5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

空想の国と戦うスレ

1 :大元帥:04/06/06 13:57 ID:???
こちらの国は苦戦している!みんな協力してくれ!
<作戦概要>
・基本的に階級などは自分で決めて。
・なりきって戦う。
・荒らしは捕虜に。
・相手の国はみんなで具体化。
・意味が分からないなら>>2に聞け!
以上、作戦概要報告。がんばってくれ。諸君


2 :名無し三等兵:04/06/06 13:58 ID:llNschTk
眠い

3 :名無し三等兵:04/06/06 14:04 ID:???
半島には地上の楽園という空想の国があるが
そことたたかうのはどうよ?

4 :名無し三等兵:04/06/06 14:06 ID:???
良スレの予感

5 :名無し三等兵:04/06/06 14:07 ID:???


6 :大元帥 ◆tr.t4dJfuU :04/06/06 14:20 ID:???
今相手との戦力差は7:3でこちらが劣っている。
君たちのがんばりにかかっている、がんばってくれ。

7 :名無し三等兵:04/06/06 14:37 ID:???
戦力差7:3もあるのに、
がんばり=精神力で補うのですか?

8 :二等水兵:04/06/06 14:38 ID:???
スープの肉が腐っているぞ!これで戦争なんてやってられるか!

9 :大元帥 ◆tr.t4dJfuU :04/06/06 16:58 ID:???
>>7
資源ならある。
>>8
検討しよう。

10 :名無し三等兵:04/06/06 17:05 ID:dU91aGFE
弾薬キボン

11 :名無し三等兵:04/06/06 17:06 ID:???
>>6
せめて5:4
なぞの中立組織が支援しているという設定で・・・・

12 :名無し三等兵:04/06/06 17:09 ID:???
せめて1:10
油の切れた敵国が無謀な奇襲を仕掛けてくるという設定で・・・

13 :名無し三等兵:04/06/06 17:12 ID:???
せめて1:30
スペースコロニーが独立戦争を挑んで来るという設定で

14 :大元帥 ◆tr.t4dJfuU :04/06/06 17:13 ID:???
>>10
もうすぐ届くと思うのだが・・
>>11
マジに答えるとそっちで決めてくれたらいいです。従うんで


15 :名無し三等兵:04/06/06 17:52 ID:???
>なぞの中立組織が支援しているという設定で・・・・
どうせなら両陣営それぞれの後ろに超大国が控えている(地上でも宇宙でもいいが)
超大国の世論や思惑、その日の気分しだいで見捨てられもするし大増援の可能性
もあるという設定で。

16 :大元帥 ◆tr.t4dJfuU :04/06/06 17:53 ID:???
>>15
もうそれで行きましょう

17 :名無し三等兵:04/06/06 17:54 ID:???
せめて百戦練磨のコテハン達がいてくれたなら。

18 :大元帥 ◆tr.t4dJfuU :04/06/06 17:59 ID:???
>>17
志願兵は募っている。君も戦え。

19 :名無し三等兵:04/06/06 21:04 ID:???
国民の一斉蜂起により、現政権は崩壊。
新政権により講和条約が締結され、平和が戻った。

無謀な戦争を起こした大元帥(自称)は
逃亡を図るも国境付近で捕縛される。

そして見せしめの為、国民の前で処刑されるのであった。


                   = 完 =



20 :名無し三等兵:04/06/06 22:01 ID:???
内戦状態の空想の国で戦うスレ
長年一党独裁が続いた国でクーデター勃発

首都圏は革命政権が占拠
政府は地方都市に逃れ反乱の早期鎮圧を表明、徹底抗戦の構え
今まで弾圧されていた少数民族(人口の一割ほど)が勝手に自治区で独立宣言
隣国が介入したがってる様子

21 :名無し三等兵:04/06/07 15:42 ID:wdT0qwx5
スーパーマリオのクッパ帝国と台湾軍はどっちが強い?

22 :大元帥 ◆tr.t4dJfuU :04/06/07 19:57 ID:???
まだ終わらんよ。一度引く。
戦略的撤退だ。

23 :ICPO:04/06/07 23:02 ID:???
>>22 には合衆国より国際手配が掛けられています。

24 :名無し三等兵:04/06/07 23:16 ID:???
>>22 はトランプだとダイヤの5です。


25 :名無し三等兵:04/06/08 16:09 ID:???
>>22

あらためて体勢を立て直し、軍備をあたためて再起しましょう。
そのためには新兵募集ですゾ

26 :大元帥 ◆tr.t4dJfuU :04/06/08 19:16 ID:???
明後日に首都奪還作戦を行う。
共に立ち上がろうぞ

27 :陣内:04/06/08 19:21 ID:???
北東人民共和国の武装スパイが潜水艦で進入してきました、明日出動です、
うちのカミさん結婚記念日なのにって怒ってたよ。

SATはつらいよ。

28 :名無し三等兵:04/06/08 20:23 ID:???
>>27
映画版はヤオ
小説版はややガチ

29 :名無し三等兵:04/06/08 21:22 ID:???
もうずっとご飯を食べていない。
負傷した所に湧いた蛆と雨水を口にしただけだ。
昨日まで喋っていた戦友は、朝気づくと、静かになっていた。
小指を切り取って、家族の許に届けることにする。
明日は我が身だろう。
明後日、勇ましい事に首都奪回作戦を行うそうだ。
動ける人間も、まともにいないのにどうする気なのだろうか?
後方で清潔な部屋で、美味いものを食ってる、元帥ドノには
前線の状況など想像もつかないのだろう。

嗚呼、こんな処で死にたくない…
家族に会いたい

30 :大元帥 ◆tr.t4dJfuU :04/06/08 21:48 ID:???
<作戦概要>
・現存する部隊を明日再編成。
・明後日、午前4:00に首都を西、東から攻撃する。
 北にはダミーの部隊を配置、おとりとする。(なお、北の部隊にはダミーという事は伝えんように)
・北の部隊は捨て駒にするため、虜囚などで編成するよう。
大まかな概要はこんな所だ。なお、下二行は極秘とする。
・・・隣国介入までに決着をつけなければ・・・・



31 :名無し三等兵:04/06/08 21:56 ID:???
こうして、外線作戦において最も重要である、自軍の部隊配置とその開始時間を、
こともあろうに日本最大の掲示板に流してしまった某元帥の軍は、敵軍に
各個撃破されたというお話だったとさ

(AA略)

32 :名無し三等兵:04/06/08 21:57 ID:???
>31
2chを使って統帥かよw

33 :大元帥 ◆tr.t4dJfuU :04/06/08 21:58 ID:???
31は抹殺。以上

34 :名無し三等兵:04/06/08 22:20 ID:???
>>33
元帥閣下。
首都奪還作戦に参加予定の将兵は皆疲弊しております。
ここは士気を高める為にも、軍事板における士気高揚の手段として有名な
食べ物関連レスの書込許可を下されるべきではないでしょうか。
さもなくば、首都への進軍は不可能となり、結果として閣下の指導責任が
問われる事態に成りかねません。

35 :名無し三等兵:04/06/08 22:40 ID:???
師団長殿が帰隊された。
ひどくお疲れのようだ。
随行した副官殿の話では元帥の演説で終始したそうだ。
攻略前日になってようやく作戦が開示された。
北部に囮の部隊を配置し、敵を誘引した隙に東西より別の部隊が首都を
攻略つもりらしい。
正気だろうか?
敵が北部の部隊に反応せず、首都に立てこもった場合はどうするのだろうか?
まして大部隊の移動は察知されやすい。
小規模の野戦での奇襲ならともかく、攻城戦で可能だろうか?
リエージュの戦いのようになるのではないだろうか?

大元帥に異論を唱えた>31殿は、その場で抹殺されたらしい。
仕える側を間違ってしまったようだ。

追記
北部部隊には虜囚を強制的に配置するつもりのようだ
これは国際的武力紛争の犠牲者の保護に関する追加議定書(第一議定書)の
第2節第43、44、45条に違反する行為であることをここに記録する。

36 :大元帥 ◆tr.t4dJfuU :04/06/08 22:45 ID:???
食べ物は許可する。みな疲弊しているようだな。
最前線に優先して物資を送る。明日に備えさせてやってくれ

37 :34=参謀:04/06/08 22:54 ID:???
では>>34を元に私が新たに軍規を定めますゆえ、元帥閣下におかれましては
そのことに関する認可を御願い致します。ここは軍隊ですゆえ、指揮系統が
曖昧では部下が混乱する恐れがありますので。

38 :大元帥 ◆tr.t4dJfuU :04/06/08 23:02 ID:???
>>37
君に一任しよう。君を正式に参謀に命じる。

39 :34=参謀=T-72神徒:04/06/08 23:15 ID:???
第一条
 「空想の国と戦うスレ」ハ万世一系ノT-72神之ヲ統治ス

第ニ条
 T-72神ハ神ニシテ侵スヘカラス

第三条
 天皇ハ食ベ物レスヲ統帥ス

第四条

 T-72神徒ヲ置クハT-72神ノ御言ノ定ムル所ニ依ル

 T-72神徒ハT-72神ノ名ニ於テ大権ヲ行フ


40 :大元帥 ◆tr.t4dJfuU :04/06/08 23:20 ID:???
第4条全面削除。

41 :34=参謀=T-72神徒:04/06/08 23:30 ID:???
T-72神は仰いました。
「汝の言うことと行うことが異なるならば、鉄色の無限軌道が汝を裁くであろう。」
>>37>>38
オブイェークト

42 :名無し三等兵:04/06/09 00:46 ID:???
なにやらキナ臭くなってきたゾ

43 :名無し三等兵:04/06/09 01:00 ID:???
すみません、この国の兵器体系はどうなっているのでしょうか?
やはり、主力戦車はT-72なのでしょうか?

44 :名無し三等兵:04/06/09 01:02 ID:???
元帥閣下におかれましては孫子の兵法(九変編)に曰く、
「将は軍にあっては、君命に受けざる所あり」を御一考して頂きたく、
>>38節に従い第>>40節を御再考頂きたいものと愚慮する所存であります。

オブイェークト

45 :名無し三等兵:04/06/09 01:10 ID:???
ここはT-72神に仕える神軍のスレになりますた。
大元帥閣下も我等と共に戦うならば必ずや
T-72神のご加護があることでしょう。

全力を以って我等を害する異教徒を殲滅せん!

   О б ъ е к т !

46 :名無し三等兵:04/06/09 01:13 ID:???
34=参謀は、ついに決起した。
多数のT-72神徒を従え全軍を掌握する。

無謀な戦争を続け、国家を疲弊させていた大元帥は、
既に国民・軍隊からも支持を失っており、
大元帥に付き従うものは少なかった。

散発的な戦闘が行われただけで、
34=参謀のクーデターは成功した。

そして大元帥は逮捕、軍法会議の後、
処刑を待つのみとなった。




47 :名無し三等兵:04/06/09 01:26 ID:???
ああ、無能な元帥が、全滅作戦を実行する前に、T−72神が僕を降臨なされた。
ヽ(゚∀゚)ノ
神への心からの感謝のお言葉をささげます。

「T-72神に近づきなさい。そうすればT-72神はあなたがたに近づいてくださるであろう」

オブイェークト

48 :名無し三等兵:04/06/09 01:34 ID:???
T-72神万歳。神とともに真の途を歩む国家に敵は無い。

オブイェークト。

49 :名無し三等兵:04/06/09 01:36 ID:???
「初めにT-72があった。T-72はヴォトカと共にあった。T-72は神であった。

USSR伝その1の1

オブイェークト

50 :北部方面の偵察機パイロットA:04/06/09 01:38 ID:???
0100
起床。まだ眠い。隙あらばくっつこうとする瞼を珈琲でこじあける。
ここ数日昼夜が逆転している。昨日団指令直々の命令が下った。
いよいよ北方に展開する敵機甲部隊を叩くらしい。
あの間抜け面の大元帥が言っていたことが現実になる。
直前の偵察活動を任されたのだが、どうも変だ。
攻撃飛行隊の連中が嫌に静かだ。準備をする気配が無い。
それに、前線に近いここならもう少し戦力を集結させても良い筈だ。
まぁいい。どっち道俺一人が考えて何とかなることでもない。
写真を撮って帰ってくる。それだけだ。

51 :一信者:04/06/09 01:46 ID:???
「レスの乏しいスレは幸いである。そのスレははあなたのものである」

軍板住民への手紙 4-11

オブイェークト

52 :44=T-72神徒:04/06/09 02:27 ID:???
「誰かが、あなたの右の装甲を撃ったなら、左の装甲を向けなさい。」

T.ツバチン5章39、J.ビックマン6章29

オブイェークト

53 :名無し三等兵:04/06/09 03:57 ID:???
しかしわれわれの国は邪教の聖地でもあったため敵国が責めてきた!

54 :名無し三等兵:04/06/09 11:07 ID:???
"ロンギヌスの竹槍"無き軍隊など、T-72神の敵ではない。

オブイェークト

55 :名無し三等兵:04/06/09 12:26 ID:???
メイデーク

56 :名無し三等兵:04/06/09 13:41 ID:???
>>41 >>44
Be generous to the obedient, but beat down those who act against you.
(奉ろう民には寛容を 逆らう愚者には粛清を)

オブイェークト


57 :大元帥 ◆tr.t4dJfuU :04/06/09 20:00 ID:???
何をバカな・・・今までのはT-72神の『夢』だ。
今午前3:00、1時間後作戦を開始する。

58 :名無し三等兵:04/06/09 20:20 ID:???
            |
          _,___|_ロ_ _____ρ
             ̄ ̄'┬‐;!宀宀丶,,
            Гく===く l□□ヽ `''‐-:;,,,,,._______________.,,,,,,,,,,,,,.______________
    γ⌒ヽ------ ̄ヽ-;,=ヽ==ヽl________彡(】┴‐‐‐┴‐‐‐┴---┴‐‐┴‐┴┘
    ,ゞ,,__ノ====!ニニ!.========i========i======='i--ヽ
      ヾ‐‐‐--:;;,,.____|______________|____________|____________|,,,,メ
      "ヽ(@)γ⌒''γ ⌒''γ ⌒''γ ⌒''γ ⌒''γ ⌒'(@丿
        ヽ、,, ゞ_ノゞ _ノゞ _ノゞ _ノゞ _ノゞ_ノ/

              T72神は仰られました。
          目に見えるものに縋ってはならない。
         あなた方の心の中に神殿を築きなさい。
      そしてあなた方が築いた神殿の中に私は住まう、と。


ココは我ら信徒のスレとなりました。

オブイェークト

59 :工作員:04/06/09 20:23 ID:???
閣下、敵は作戦に気づきつつあるようです。

60 :34=参謀=T-72神徒:04/06/09 20:26 ID:???
T-72神が仰っております。

「汝が炎の前に立つ限り、目をつぶろうとも、その火照りを感じないだろうか。
汝がシベリアの大地に立つ限り、厚着をしようとも、その寒さを感じないだろうか。
汝が私の前に立つ限り、耳を塞ごうとも、その無限軌道の軋む音を感じないだろうか。」

オブイェークト

61 :44=T-72神徒:04/06/09 23:12 ID:???
不知我之夢為T-72与、T-72之夢為我与
(我、夢にT-72と為れるか、T-72の夢に我と為れるか)

荘子 斉物論篇 第二之十三

オブイェークト

62 :名無し三等兵:04/06/10 00:12 ID:???
ここまでくるとT-72信徒が荒らしにしか見えないのです。
もう少し節度ある布教活動をお願いします。

オブイェークト

63 :名無し三等兵:04/06/10 00:45 ID:???
T-72神徒の為に、国を追われた大元帥(自称)は
亡命先からラジヲを通して、国民に訴えるのであった・・・・




    
        └(゚∀゚└)ハッスル!ハッスル!!(┘゚∀゚)┘ ハッスル!ハッスル!!




64 :名無し三等兵:04/06/10 01:17 ID:???
>>62
こんなスレで他にどうしろと?

オブイェークト

65 :名無し三等兵:04/06/10 03:05 ID:???
>>57
元帥閣下。午前3:00です。
作戦行動に移る時べく鬨の声をあげられてはいかがでしょうか?

66 :名無し三等兵:04/06/10 06:48 ID:???
作戦は失敗に終わったようですね。
神の御意志に逆らうことはできないのです。

オブイェークト

67 :名無し三等兵:04/06/10 08:12 ID:???
>>38
> >>37
> 君に一任しよう。君を正式に参謀に命じる。


すべての間違いはココからはじまったw

68 :大元帥 ◆tr.t4dJfuU :04/06/11 18:35 ID:???
<人里離れた山の中で>
まだだ、まだ終わってはいない・・・

69 :名無し三等兵:04/06/11 19:56 ID:???
大元帥はコッチ来たことある?

【オブイェークト】神戦車T−72【第五章】
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1078502969/

70 :オコーネル大尉:04/06/12 09:12 ID:???
閣下ここは一旦東方大陸まで撤退し軍備を整えるべきです。

71 :大元帥 ◆tr.t4dJfuU :04/06/12 11:26 ID:???
サテこれからどうするかだ。
今私についてきた兵はおよそ10人程度。むずかしいな・・・

72 :名無し三等兵:04/06/12 14:50 ID:???
あれだ。最初はオブイェークト教徒を迫害して、
大内乱を経験したあと、オブイェークト教を国教にして教徒を味方に付け、
一気に敵民族を討つ。

後、オブイェークト教徒と戦うという現実的で無い方法もあることにはある。

73 :オブイェークト凶徒:04/06/12 14:56 ID:???
カッとなってやってしまった。
住人が居るとは思わなかった。
今は反省している。

74 :名無し三等兵:04/06/12 15:04 ID:???
で、どうするんですか大元帥。
先ずはチハでも生産しますか?

75 :名無し三等兵:04/06/12 17:37 ID:???
元帥閣下。采配をふるってくれないとレスが進みません

76 :中佐:04/06/12 18:11 ID:???
閣下、ここは小さな村に潜み、住民たちを懐柔して徐々に支配を広げていくのがよいのでは
ないでしょうか?

77 :大元帥 ◆tr.t4dJfuU :04/06/12 19:33 ID:???
今の政府も安定はしていないようだ。
>>76が言うとおり、徐々に支配を進めていく他ないな・・・


78 :村人:04/06/12 19:35 ID:???
オブイェークト、神は偉大なり。オブイェークト

79 :名無し三等兵:04/06/12 19:46 ID:???
ここらで立て直しましょう。
たった今からこのスレは、
「T72教徒と本気で戦うスレ」になります
T72につくなら名前に教徒という事を
明記してください。
大元帥ならそのままの名前で。

80 :名無し三等兵:04/06/12 19:47 ID:???
なお、大元帥がコレを認めた場合、ホントにそれで行きます

81 :名無し三等兵:04/06/12 20:29 ID:???
大元帥、T-72の核地雷のよる殲滅作戦を立案します!

82 :名無し三等兵:04/06/12 20:52 ID:???
我ら信徒は名前など要りません
ただ聖句を唱えるのみ・・・・

オブイェークト

83 :名無し三等兵:04/06/12 20:55 ID:???
神の御前では、随伴歩兵であるか、制圧対象であるか、そのいずれかにすぎませんから。

オブイェークト

84 :隣国A:04/06/12 21:03 ID:???
国境の警備を厳重にしろ。
難民の中に大元帥が紛れ込んでるかもしれん。

T-72神徒を不必要に刺激しない為にも、
大元帥とその残党は見つけ次第拘束しろ。
抵抗あらば、射殺も許可する。



85 :名無し三等兵:04/06/12 21:04 ID:???
大元帥よ。無駄な抵抗はやめてT-72神の折伏を受け入れなさい
もう戦は終わったのです。さあ、祈りなさい

オブイェークト

86 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/12 21:18 ID:???
>>79
よかろう。そうするか。
私は隣国の友人のところへ行く。
奴なら軍を貸し与えてくれるかもしれん、T-72教徒は徹底的に・・・
潰す。

87 :名無し三等兵:04/06/12 21:23 ID:???
我々はどんな弾圧にみまわれても、けっして信仰を捨てません。
オブイェークト

88 :名無し三等兵:04/06/13 00:04 ID:???
我ら十傑集がその気になればT-72神の千両や二千両…

89 :名無し三等兵:04/06/13 00:09 ID:???
>>88
神の抜け殻をいくら屠ろうとも、我々は決して侵攻を捨てません。
オブイェークト

90 :名無し三等兵:04/06/13 01:17 ID:???
我ら信徒は、死ぬまでT-72神のために戦います。
死など恐れませぬ。
殉教者には、ウラルの地での栄光が約束されているのですから。

オブイェークト

91 :名無し三等兵:04/06/13 01:26 ID:???
ただ一心に

オブイェークト

と唱えなさい

92 :名無し三等兵:04/06/13 04:46 ID:2vS6DfmS
ていうか「大元帥」って畏れ多くも天皇陛下のことでは?
不敬罪。

93 :名無し三等兵:04/06/13 05:17 ID:???
偉大なる天皇陛下はそのような些事には拘らないのです。


94 :名無し三等兵:04/06/13 10:42 ID:???
敗北…ですか?

95 :中佐:04/06/13 11:59 ID:???
閣下。隣国は国境の警備を厳重にし、閣下の身柄を拘束するつもりのようです。
隣国へ行くのはやめたほうがいいかと。
ところで、相手はT−72信徒ですが、まともに戦うのは自殺行為です。そこで、
奴らがT−72オブイェークトなどと言わないようなアイドルを誕生させ、アイドル萌え〜、
な連中にしてしまえばよいのです!そうすれば、我が国は再び閣下のものとなるでしょう。

96 :名無し三等兵:04/06/13 13:48 ID:???
ソ連で「大元帥」といえばスターリンだけの階級だけどな。
別に陛下に限定されるわけではない。

97 :名無し三等兵:04/06/13 13:57 ID:???
大元帥より総統の方がヨカッタんじゃない?


         高田総統みたいに・・・・・・・・




98 :中佐:04/06/13 20:27 ID:???
大元帥閣下は行方不明になられたのか…?私より階級の高い方もおられぬのか?
もしかして、私が指揮をとらねばならぬのか…?

99 :名無し三等兵:04/06/13 20:34 ID:???
もう、お諦めなさい、中佐殿。
オブイェークト

100 :名無し三等兵:04/06/13 20:39 ID:???
ふむ。大元帥陣営が軍隊として編成されるのなら、
我々T-72教団も組織化して「空想の国」を作ったものか?

Объект

101 :中佐:04/06/13 20:57 ID:???
>>99
まだだ、まだ終わってない!私は大元帥閣下とともにある!我々が勝利するまで、
私は諦めないぞ!

102 :名無し三等兵:04/06/13 21:14 ID:???
中佐ー・・中佐ーー!
囲まれております。
おにげ・・・・・・・・・・・・Объект


103 :名無し三等兵:04/06/13 21:19 ID:???
とりあえず活性化の為にネタを考える。
地理的には以前の設定のまま、対立の構図を

急進的なT-72教徒によるクーデター軍
VS
大元帥率いる元の政府
(信教の自由は認めていたものの、T-72教徒の勢力圏の広がりに
 懸念を抱き、部分的に弾圧に乗り出すも失敗、首都を奪われる有様)

にしてみないか?

104 :中佐:04/06/13 22:31 ID:???
>>103
よかろう。少し勢力的にキツイが、仕方あるまい。
「アンチT−72信徒を集めるスレ」
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1087128189/l50
からの傭兵も来ないしな…。
ああ、大元帥閣下は何処へ行ってしまわれたのか…。
ところで、今までずっと思ってたのだが、オブイェークトって何だ?意味がわからんのだが。

105 :名無し三等兵:04/06/13 22:40 ID:???
>>104
唱えなさい。神に捧げる聖なる言葉です
Объект

106 :中佐:04/06/13 22:45 ID:???
>>105
私はそんな言葉、唱えんぞ!(意味わからんが)
とにかく、現在の我が軍は、大元帥閣下が仰るにはわずか10名程度…。
武装は…FA−MAS10丁、手榴弾20発、スティンガー3基(弾薬20発)、その他いろいろ、
としておくか。FA−MASの弾薬は無限ということで。
しかし、これでT−72と戦うのか…。プライベート・ライアンより無謀だな…。
早く傭兵来てくれないか…。

107 :名無し三等兵:04/06/13 22:49 ID:???
>>104
>オブイェークトって何だ?

>69

108 :名無し三等兵:04/06/13 22:56 ID:UsBJ1axI
イアイアハスター

109 :名無し三等兵:04/06/13 23:03 ID:???
状況的に大元帥軍を支援したほうがネタとしてうまくいきそうだが、
なにぶん私はT-72教徒だからなぁ…

ここは急進派のクーデター軍に対抗する穏健派軍でも作るか?
でも信者同士の内戦は嫌だし…

Объект

110 :34=参謀=T-72神徒:04/06/13 23:05 ID:???
じゃあ自分は中佐にとって悪役ということ?

今の心境は、
「冗談のつもりでやった。
まさかここまで上手に釣れるとは思わなかった。>>37 >>38
今は(本家T-72スレの住人&大元帥に対して)反省している。」

111 :34=参謀=T-72神徒:04/06/13 23:07 ID:???
>>110
スマン、忘れ物、不信心者だった。

オブイェークト

112 :103:04/06/13 23:22 ID:???
>>中佐殿

一応穏健派T-72教徒及び異教徒の混在する国が
原理主義的T-72教徒のクーデターで乗っ取られたということで。

あまりに武装を限定すると新参者が非常に入りづらくなってしまいます。
せいぜい双方の武器体系、もしくは年代の設定をしてくださいな。
陸海空といろんな戦い方をしたい者もいるでしょうし。

加えて具申いたしますが、あまり早まったスレ立ては軍板全体の迷惑になります。
これ以降、アンチT-72スレは放置の方向でお願いできますでしょうか?

113 :名無し三等兵:04/06/14 00:07 ID:???
或いは、T-72教徒の叛乱とその後の混乱に乗じて
隣国が侵攻してきたということにしては?
これ以上教団を巻き込むのは望ましくない。
まして首謀者が和平を望んでおるわけですし…

Объект

114 :隣国Bの中のヒト:04/06/14 00:07 ID:???
あんまりねー
イザコザは勘弁だねー
まあ、時期を見て調停に入らないと・・・

115 :隣国A:04/06/14 00:22 ID:???
大元帥一派は必ず戻ってくる。
激しい戦闘で共倒れすれば、漁夫の利を・・・


時が来るまで、我が軍は温存する。


116 :中佐:04/06/14 00:23 ID:???
>>112
すまない、あまりの劣勢に慌ててしまい、スレ立てしてしまった。もうあそこは
完全隔離地域に指定しよう。また、貴殿の提案を受け入れ、>>106の武装を撤回する。
我が軍の兵器体系は現代アメリカ軍ということにでもしておくか。忠告、感謝する。
そうすると、T−72信徒軍はロシア軍になるのか?
状況は、>>112殿のとおりにしよう。T−72原理主義反乱軍VS大元帥率いる政府軍(ただし、戦力激減)。
これでいこうか。ああ、大元帥閣下がおられれば、私がこんなことをしなくても済んだのに…。

117 :中佐:04/06/14 00:30 ID:???
いや、待てよ…。反乱軍がT−72を使用しているなら、我が政府軍もT−72を
使用してないとおかしいぞ。他国からの支援でT−72を得た、ということにするか?
いや、ここはT−72信徒を取り入れるためにも、我が軍もT−72を使っていたほうがよいな…。
>>116を変更、両軍とも現代ロシア軍装備。

118 :名無し三等兵:04/06/14 01:00 ID:???
神は仰有いました「始めに言葉ありき」と。
発言を二転三転させる者に人民はついてこない。

Объект

119 :103:04/06/14 01:59 ID:???
       このスレはフィクションです
    当スレに登場する人名、団体名は一切
     現実のT-72教団とは関係ありません
   ネタをネタと割り切った上でお楽しみください










         オブイェークト

120 :名無し三等兵:04/06/14 02:04 ID:???
では、神に仕える身分をそのまま、わたしは穏健派ドーリアンとして、中佐の許に馳せ参じるものとする。
同じ神を信じる友よ!
神は戦神ゆえ、信徒同士が戦う事も、お許しになるだろう。
せめて、ジグリで神の前で報告するとき、恥じるところ無くありたい。

さらばだ。
オブイェークト!

121 :103:04/06/14 02:37 ID:???
ということで舞台は一部海に面した中小陸軍国。

信教の自由の元、偶像崇拝や他宗教が蔓延。
これを危惧した原理主義者がクーデターを決行、一部隣国が影から支援。
中央部にある首都を中心に国土の半分以上、鉱産資源の殆どを掌握。
現政府は沿岸部の商工業地域を抑えているものの劣勢。

武器体系はロシアのものではあるが、最新鋭と言うには程遠い。核は無し。
陸は戦車千数百両、主力は当然T-72。歩兵、砲科部隊等は適宜。
海はせいぜい沿岸海軍。
空は作戦機300〜400機程度。

そのうち陸の六割がクーデター側、空海の六〜七割前後が現政府側

現時点での仮設定です。何か不備がありましたら適宜直して下さい。

オブイェークト。

122 :中佐:04/06/14 08:44 ID:???
>>121
設定乙。
国民の信仰の割合
無宗教        30%
T−72信徒過激派   30%
     穏健派   20%
その他宗教      20%
でどうか?陸軍には過激派が多いということで。不満があれば言ってくれ。

123 :ドリーアン:04/06/14 08:50 ID:???
>>122
申告します。義勇兵として志願致します。

124 :義勇兵 ◆XKC0w19KNw :04/06/14 09:36 ID:???
国内の過激なT-72教徒に弾圧されてきた普通のキリスト教徒であります!この十字架にかけて奴らを皆殺しにしてやります!


125 :隣国Bの中のヒト:04/06/14 12:27 ID:???
中古のT−62をどちらかに与えようかな。
A国のみに利益を挙げられてはたまらんからな

126 : 捕虜将軍:04/06/14 16:35 ID:7V9MSADU

 諸君!私は脱出してキター!
 捕虜の間、抜かりなく奴等の内情もチェックしてきたヨ。

 ジオン に 兵 無し!



127 :工作員:04/06/14 17:34 ID:???
首都でテロ起こしますか?
それともこのまま情報収集してたほうがいいですか?

128 :ひでぶ:04/06/14 18:34 ID:???
          ̄ ̄'┬‐;!宀宀丶,,
            Гく===く l□□ヽ `''‐-:;,,,,,._______________.,,,,,,,,,,,,,.______________
    γ⌒ヽ------ ̄ヽ-;,=ヽ==ヽl________彡(】┴‐‐‐┴‐‐‐┴---┴‐‐┴‐┴┘
    ,ゞ,,__ノ====!ニニ!.========i========i======='i--ヽ
      ヾ‐‐‐--:;;,,.____|______________|____________|____________|,,,,メ
      "ヽ(@)γ⌒''γ ⌒''γ ⌒''γ ⌒''γ ⌒''γ ⌒'(@丿
        ヽ、,, ゞ_ノゞ _ノゞ _ノゞ _ノゞ _ノゞ_ノ/ ∬うんこもりもり∬


129 :名無し三等兵:04/06/14 19:50 ID:???
T72教徒はこのような争いはしないのです。
あなた方が向き合っているのは過激派のT64教徒なのです。

オブジェクト

130 :名無し三等兵:04/06/14 19:57 ID:???
>>129

>>119

131 :名無し三等兵:04/06/14 20:00 ID:???
いっそのことT-072という架空戦車を・・・

132 :名無し三等兵:04/06/14 20:31 ID:???
さて、戦端を開いてもらおうかね。
信徒どもにラケータを打ち込みたまえ。
それですべてがはじまる。

133 :中佐:04/06/14 20:46 ID:???
うむ、我が軍も盛り上がってきたな。>>126の捕虜将軍閣下も、敵に兵はないと仰っている。
しかし、私の階級はたかだか中佐。指揮はやはり将官のお方がとられるべきでは?


134 :名無し三等兵:04/06/14 20:56 ID:???
すると将官を召還するしかないという

135 :退役准将:04/06/14 20:56 ID:???
あのT−72と戦えるのかっ!!

136 :中佐:04/06/14 20:59 ID:???
>>133
中佐ではついて来る人がいないでしょう…。というか、中佐が政府軍の総指揮を
とるのは異常だと。

137 :名無し三等兵:04/06/14 21:03 ID:KnVni7/8
爆弾完全マニュアル(完全版)
〜全て日用品による爆弾の作り方から時限発火装置まで〜
http://etc.jpn.ph/bomb_Manual_v11.html
花火火薬で自販機を木っ端微塵にする爆弾から1000円でつくる時限装置?
日用品で作る黒色火薬?しかも大量に作れてしまう?
一万円でビル爆破バラバラの?日用品のみで作る驚異の爆薬。
実際に事件に使用された爆弾達を完全紹介!!爆弾サイト、書籍案内も充実!!
爆弾の作り方、爆弾製造法、時限爆弾の作り方の恐怖をあなたに教えます。
内容が内容だけにすぐに削除される恐れがありますので早めに閲覧、保存して下さい。


138 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/14 21:04 ID:???
久しぶりだな。

139 :退役准将:04/06/14 21:05 ID:???
>>136
そのくらいの規模の国ということでいいじゃないか。


140 :大元帥 ◆tr.t4dJfuU :04/06/14 21:12 ID:???
コレを・・・技術班に渡してくれ。
隣国で研究中の新型爆弾の設計図だ

141 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/14 21:13 ID:???
なぜトリップが違う?・・・

142 :中佐:04/06/14 21:16 ID:???
閣下…。お帰りになられたのですね…。お待ちしておりました。反攻の準備は
整っております!ご命令を!

143 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/14 21:23 ID:???
ありがとう。同志たちよ・・・
・・・心配するな、もう負けはせんよ。

144 :義勇兵 ◆XKC0w19KNw :04/06/14 21:32 ID:???
大元帥閣下!!
自分の同志であるキリスト教徒500人と共に馳せ参じた次第であります!我らの信教の自由を与えてくださるなら現代の十字軍となる所存。

145 :岡田:04/06/14 22:25 ID:o0+baOPo
我々【イオン公国】は>>1に・・・・・

146 :ドリーアン:04/06/14 22:39 ID:???
>>143
閣下、内乱・治安戦にて重要なのは、治安機構の権威と能力を回復する事です。
警察を拡充し、装備を改善して、治安能力を高めましょう。
同じに軍の訓練を向上させ、即応能力を高めるべきです。

147 :103空軍少尉@偵察野郎Aチーム:04/06/14 23:01 ID:???
元帥殿、早急な防空体制の整備と偵察航空隊の再編をお願いします。
現在戦線は膠着状態ですが、敵軍がこちらへの侵攻体制を整えるのは時間の問題でしょう。
幸いにも現在数機のMiG25Rが飛行可能であります。優秀な整備士を優先的に回してください。
来るべき時に備え、制空権と情報面に於いて優位を確保すべきです。

148 :ドリーアン:04/06/14 23:06 ID:???
元帥閣下、地方警察の警察署の防備を強化すべきです。また予算を増加して公安能力も高めるべきです。

149 :中佐:04/06/14 23:12 ID:???
大元帥閣下、私は信頼できる部下数名と共に反乱軍支配地域に極秘に潜入し、
T−72信徒過激派占領下にある無宗教・穏健派T−72信徒を懐柔、扇動してまいります。
我が軍が反攻作戦を展開した際、タイミングを合わせて反乱軍領内で暴動を起こす算段です。

150 :ドリーアン:04/06/14 23:15 ID:???
>>149
中佐殿、危険です。公安体制を強化しないと、軍内での策動を防ぎきれません。
今は、体制を固めるべきです。

151 :中佐:04/06/14 23:18 ID:???
>>150
ううむ、そうか…。では、私は一前線指揮官として前線に向かおう。国内が
落ち着くまでに攻め込まれては意味がないからな。これなら異存はあるまい。

152 :ドリーアン:04/06/14 23:23 ID:???
まず、利用可能なリソースを特定しましょう。
信頼の置ける部下を、機動部隊に集めるべきです。
具体的には、空軍や、ヘリ機動歩兵部隊や、空挺部隊です。
機動部隊に充分な実力があれば、危機にも即応可能です。
支援を任せられる空軍部隊の、装備や体制を確認しましょう。

わたしは、治安任務にも参加できるヘリ機動歩兵の装備と体制を確認します。
精鋭歩兵は、どんな場合にも役立ちますから。

153 :工作員:04/06/14 23:25 ID:???
>>149
私は現在首都に潜伏中です。
その任務は是非私にお任せください。

154 :103空軍少尉@偵察野郎Aチーム:04/06/14 23:42 ID:???
>>ドリーアン殿

あくまで私個人の話ですが、航空学校の同期で信頼の置ける同志がいくらかいます。
現在でも互いに連絡を取り合っており、重大な任務を任せるに値する部隊については
心当たりがあります。
戦力的にはMiG-27とSu-24が各一個飛行隊、Mil-17が8機程。
尚、近年導入されたフルクラムの為に選抜された隊については良い噂を聞きません。
くれぐれもご注意を。

歩兵部隊についてはそちらにお任せいたします。

155 :名無し三等兵:04/06/14 23:49 ID:???
諸君、よくあのT-72を見たまえ!
あれは神の姿を騙った中国製の丁−了乙なのだ!
そもそもT-72神のオリジナルは地球上に6両しか存在しないのだから・・・

T-72神を破壊するにはロンギヌスの竹槍を持つ60式自走無反動砲又はチハが必要だが、
神を騙る偽者は通常兵器で破壊出来るぞ!

156 :ドリーアン:04/06/14 23:50 ID:???
>>154
承知。お任せする。
近々、航空攻撃誘導について、要員を送りたい。
よろしく頼む。

つか、漏れは任官してます?元帥閣下?

157 :名無し三等兵:04/06/14 23:53 ID:???
155だが、しまった!聖句を忘れた。

T-72神よ、神を騙る愚か者にAPFSDS弾の鉄槌を

オブイェークト

158 :中佐:04/06/15 00:02 ID:???
ドリーアン殿、忠告、感謝する。私は親によって無理矢理士官にさせられたため、
軍事については素人よりちょっと詳しい程度の知識しかないのだ。しかし、愛国心はある!
これからも貴殿の忠告には耳を傾けよう。大元帥閣下にもお願いして、早く任官してもらえるよう
努力しよう。何、貴殿ほどの実力ならすぐに私を追い抜けるだろう。
ムッ、反乱軍の歩兵部隊か…。まだこちらには気づいていないようだな…。よし!構え!
撃てッ!

159 :随伴対空派プーチン様が見てる主義虹化閥:04/06/15 00:05 ID:???
漏れはどっちにつけば良いのだろう…( ´・ω・`)…
て言うこの小市民的スタンス。

160 :名無し三等兵:04/06/15 00:07 ID:???
>>159
迷ったときには祈りましょう。
答えはそこにあります。

オブイェークト

161 :ドリーアン(臨時任用):04/06/15 00:07 ID:???
>>158
ハ、反乱軍だってー!
落ちつけ。とりあえず、それほど多くは動員で来ていないはずだ。
ヘリで偵察だな。旧式だと思うなよMi8タンだって強いぞ。
ttp://www2g.biglobe.ne.jp/~aviation/mi8.html
と、いうことで、漏れを乗せて離陸だ!急げ!

162 :叛乱軍第3歩兵師団:04/06/15 00:09 ID:???
神の戦士諸君!我等が任務は国境地帯に残る
不信心者どもの討伐である!
第1旅団は東部の国道沿いに北上し、
第2旅団は町の南西の田園地帯を通って
敵の首領が潜む町に前進せよ。

神のご加護を!オブイェークト!



…こういうネタはできれば地図が欲しいな。

163 :ドリーアン(臨時任用)@ヘリ偵察:04/06/15 00:16 ID:???
>>162
…うむ、たしかにラフな地図だ。良くこんなもんで…
そうか、ソ連の衛生国だったから、地図情報はソ連が握っていたのか…
つか、国境付近にもうもうと上がる砂埃の列…
こんなに早く機械化部隊を動員してきたのか…。

パイロット、高度を下げて後退だ。野戦防空のレベルを考えると、ヘリでの偵察は無謀だ。
空軍に出動要請、阻止攻撃だな。道路沿いに侵攻されたら、首都が危ない。


地図は、どうするかね?(つか、明日があるので落ちるわ。スマソ

164 :叛乱軍第3歩兵師団:04/06/15 00:24 ID:???
個人的には日本国内か世界のどっかの地域の地図を利用したいところ。
国家は空想でも地域は実在のほうがわかりやすいし、
一々地図をAAで描くと疲れるから。

165 :旧政府軍派農民:04/06/15 00:30 ID:???
    __
    i<´   }\   , - 、
   ヽ.._\./  .ンく r-兮、 __
    ∠`ヽ.! /   ヾニEヲぐ ,ゝ->    
   /_`シ'K-───‐-、l∠ イ      
   l´__,/l\、_ ̄0¨0)゙@Yヘ, -┤     
.    l'___|⌒ヾ''ー==、ーr='イ i二|     
   / .」   i   /./7r‐く  lー!
.   f.  ヽ‐i人.∠'<   _i. l,.-ゝ.
    トiヘヘ「ト〈      `X  トレi7__|
   〉ト:トハj`! i.    /  トー┤lルj,リ
  /‐+----+‐l    iー--i---ヾ'〃
.  l_i____i__|   |___i,__i_|

オラっとこの畑がら、こっただもんが出てきただぁ。
なんだがわがんねぇけっども、中佐様んとこさ、おとどげしときますだ。

166 :103空軍少尉@MiG25R:04/06/15 00:37 ID:???
偵察から帰りました。
我に追いつくフィッシュベッド無し。

複数ルートで敵の我が臨時首都方面への進軍を確認。
しかし敵は装輪装甲車が中心で、戦車及び砲科部隊を未だ確認できないことから、
機甲部隊の展開を見据えた浸透作戦と思われます。
いずれのルートを取るにせよ、臨時首都までの間には森林地帯が立ちふさがります。

こちらの陸上部隊の訓練、及び支援体制が整うまでの間、森林を挟む形で対峙すれば
宜しいかと。

>>ドリーアン殿
 フロッガーの攻撃隊が直ちに向かうでしょう。これ以降の偵察活動は慎重になさってください。
 輸送に使用可能なヘリは貴重です。

167 :103空軍少尉@MiG25R:04/06/15 00:41 ID:???
>>元帥殿
現状で展開可能な機械化歩兵部隊、砲を敵に先んじて前線付近に集結させるべきだと思います。
ご検討の程を。

168 :名無し三等兵:04/06/15 05:39 ID:???
しめしめ囮に引っかかったぞ

オブイェークト

169 :中佐:04/06/15 08:50 ID:???
私は、敵侵攻部隊の真っ只中に取り残されてしまったようだ。こちらの兵力はわずかに
50名程度…。幸い、この深い森と複雑な地形のおかげで敵に見つかってはいないのだが…。
「中佐、朗報です」
 意気消沈していた私のところに、1人の軍曹がやってきた。
「狙撃兵が、敵の司令官と思しき人物を捕捉したそうです。階級は少将であったとの報告を
受けております。射殺許可を求めていますが…」
 私はこの報告を聞いて飛び上がりたくなるほど喜んだ。頭を潰せば、敵は混乱する。
その隙に我々はここを脱出し、味方と合流できる。うまくいけば、敵を押し返せるだろう。
「よくやった!できれば捕虜にしたいが、この兵力では難しいだろう。射殺を許可する!」
 すぐに、私の命令は実行に移された…。

しょぼいSS風にしてみました。

170 :工作員:04/06/15 17:15 ID:???
報告致します。
T−72信徒過激派により穏健派有力議員の
暗殺計画を実行しさらにそれを我々の仕業にして
大攻勢をかける模様です。


171 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/15 20:26 ID:???
T-七拾弐使徒の暗殺を計画する。
中佐以下のものは、明日20:00に会議室に集合してくれ。

172 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/15 20:30 ID:???
>>164
日本の地図にしたいと思う。
首都は押さえられており、大阪、京都も抑えられている。
こちらは今は京都の山岳地帯にいる。以上。



173 :103空軍少尉@偵察野郎Aチーム:04/06/15 20:38 ID:???
>>172
元帥殿。
あくまで陸軍国でありますので、日本を挙げると立ち行かない点が多いと思われます。

174 :義勇兵 ◆XKC0w19KNw :04/06/15 20:41 ID:???
大元帥より信教の自由について返答が無い………10レス以内に返答が無い場合私と私の手勢は反乱軍と大元帥の軍の双方に対し無差別攻撃をかけるだろう!
我らには某キリスト教国の支援があるのだよ…。

175 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/15 20:46 ID:???
>>173
ではどこがいいかな?候補を挙げてくれ。
>>174
基本的には自由だ。
しかし最近のT-72使徒は許せん。
潰す。

176 :ドリーアン:04/06/15 20:47 ID:???
そうですか。あなたには幻滅しました。除隊させていただきます。

177 :名無し三等兵:04/06/15 21:07 ID:???
こんなものでどうでしょう?
      /~~\___
   _/ へ ○  \
_/○   へ     |       ___
 ※※   へ    /     /     \____/
 へ※※     ○\__/ ◎  へ      |
 へへ※※※               へ     |
A へ※  ※※       へ    へ      |  B国
国 へへ………※※※      へ        へへ
 へへ  ○ へへ※※※※       ○ ※へへ
  へ       へへへ※※※ ※ ………※※へ
 へ           へ へ※※※※…   ※※※※へへ
へ         へへ※※※へへへ※ ○   ※へ
     ○      へ ◎ へ    ※※    |
          へ        へ         | 
            へ へ              へ
            へ                へ
へ       へへ   ○            へ
へへ     へへへ          へへへへ
へへへ   へへへへへ    へへへ   へへへ
  へへ ○へ    へへへへへへ    へへへ
    へ  へ             ※=森 ○=都市 ◎=各首都
      へ        C国    へ=山・山脈 …=前線

178 :中佐:04/06/15 21:37 ID:???
>>175
大元帥閣下、敵はあくまでT−72信徒過激派です。我が軍にはT−72信徒穏健派も
多数参加しているので、そのような発言は控えたほうがよろしいかと。
>>176
ドリーアン殿、貴殿が我が戦列を離れてしまっては…。もう少し残ってくれないか。
あくまで敵は過激派、穏健派の君達は敵ではない、同志だ。

ちなみに、敵司令官の射殺は成功し、我々は敵の混乱の中、自軍支配地域に脱出、
現在、最前線の村にて休息中。

179 :中佐:04/06/15 21:41 ID:???
>>171
書き忘れがありました。明日20:00には戻れそうにありません。臨時首都への到着予定時刻は
明日21:30であります。会議を行う場合、21:00以降がよいのですが。
こちらの都合ですいません。

180 :某戦闘団 ◆rg6xuCj532 :04/06/15 22:09 ID:???
大元帥殿、61TK12両及び60APC8両、60RRSP24両、普通科隊員1個中隊を支援に向かわせる。

181 :名無し三等兵:04/06/15 22:24 ID:???
>>177
どれが政府軍でつか?

182 :中佐:04/06/15 22:25 ID:???
>>181
我が軍は海軍の大多数の持ち、沿岸部を掌握している、という設定だから、
北方が政府軍支配地域ではないかと。

183 :叛乱軍第3歩兵師団:04/06/16 01:19 ID:???
 とりあえず我が部隊を配置。区別の為政府軍側は《》を使われたし。
寧ろ旅団=Bri、師団=Divで略したほうがよいか?

      /~~\___
   _/ へ ○  \
_/○   へ     |       ___
 ※※   へ    /    __/     \____/
 へ※※     ○\__/ ◎  へ      |
 へへ※※※     旧政府軍首都 へ     |
A へ※  ※※       へ    へ      |  B国
国 へへ………※※※      へ        へへ
 へへ  ○ へへ※※※※       ○ ※へへ
  へ【第1旅団】 へへへ※※※ ※ ………※※へ
 へ        【 第 3 師 団 】※※※…   ※※※※へへ
へ          へへ【首都旅団】へへ※ ○   ※へ
     ○      へ ◎ へ    【第2旅団】 │
          へ   首都  へ 【戦車旅団】 | 
【 第 2 師 団 】   へ へ              へ
            へ                へ
へ       へへ   ○   【 第 1 師 団 】  へ
へへ     へへへ          へへへへ
へへへ   へへへへへ    へへへ   へへへ
  へへ ○へ    へへへへへへ    へへへ
    へ  へ             ※=森 ○=都市 ◎=各首都
      へ        C国    へ=山・山脈 …=前線

討伐軍は第三歩兵師団と戦車旅団で編成された一個軍団。
できれば都市・地域・山岳等の名前が欲しい。

184 :103空軍少尉@偵察野郎Aチーム:04/06/16 02:06 ID:???
元帥殿、わが軍の配置を明らかにしてください。

>>某戦闘団殿
 隣国よりの支援ということでよろしいでしょうか?


185 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/16 21:14 ID:???
さあ、会議の時間だ。
誰かいるのか?

186 :中佐:04/06/16 21:37 ID:???
ハァ、ハァ、遅れました!ただいま帰還いたしました!

187 :工作員@旧首都に潜伏中:04/06/16 22:43 ID:???
あれ?会議はどうしたんですか。

188 :中佐:04/06/16 23:11 ID:???
>>187
さあ?もうずっと待っているのに、大元帥閣下の発言がないんだ。閣下、早く始めて
くださいよぉ〜。作戦提示も求められていることですし。

189 :名無し三等兵:04/06/17 14:58 ID:???
我等が神に続け、神は我等と共にあり。
正しき道を行け、正しき道を。

オブイェークト

190 :捕虜将軍:04/06/17 18:49 ID:+T11qBYC

こんな日もこようかと、山を下った砂利捨て場に隠しておいたヨ。

             【 青銅の巨砲 】

 主よ願わくば、この咆哮をして、神の栄光を知らしめ給へ。。。


191 :工作員@旧首都に潜伏中:04/06/17 19:22 ID:???
とりあえず旧首都攻撃の際にテロを起こす準備は、しておきました。


192 :103空軍少尉@MiG25R:04/06/17 20:09 ID:???
命令マダ〜(AA略

193 :通信兵3:04/06/17 20:32 ID:???
中尉殿、混線が酷くいのですが、国境付近で
砲撃戦が始まっている模様であります。

サーッ?


194 :中佐:04/06/17 20:56 ID:???
命令はないのか…。会議も結局開かれなかったな…。

195 :103空軍少尉@MiG25R:04/06/17 20:58 ID:???
中尉って誰?(゚Д゚;≡;゚д゚)?
状況は混迷の度合いを増していますなぁ

196 :名無し三等兵:04/06/17 21:08 ID:???
あなたですよ、サー。何度かメモをお渡ししましたが。。。
本日0:00時を持って中尉任官辞令が出ております。
連隊尉ではありますが。。。

おめでとうございます。サー?



197 :名無し三等兵:04/06/17 21:13 ID:???
×連隊尉
○連隊位


198 :103空軍中尉@MiG25R:04/06/17 21:19 ID:???
耳をやられたかな?中尉だって(ry

命令来ないけど良いや。
とりあえず敵の砲兵陣地の偵察に逝って来る。

199 :叛乱軍第3歩兵師団:04/06/17 22:22 ID:???
ようやく師団長を失った打撃から回復できた。

全軍攻撃を開始、第1旅団は北上して港を攻略、
第2旅団と戦車旅団は共同して敵首都を目指せ。
敵は指揮系統に混乱をきたしている。今がチャンスだ!
オブイェークト!

200 :某戦闘団長 ◆rg6xuCj532 :04/06/18 08:30 ID:???
B国の南西400キロの位置に集結しております。

どの位置まで前進してよろしいか、オクレ



201 :中佐:04/06/18 22:38 ID:???
敵部隊が侵攻してきたか…。ええい!いつ始まるかもわからない会議などやってやれるか!
私の権限で動かせる部隊だけでも動かして、有事にあたる!
第1対戦車隊は東方戦線の敵T−72の進撃を阻止せよ!森が多いことを利用し、うまく立ち回れ!
ついでに虎の子の戦車部隊も派遣してやれ!
西方戦線には>>200殿にお任せしたい。私達も準備が整い次第、そちらに向かいます。

素人の滅茶苦茶な作戦ですいません。


202 :名無し三等兵:04/06/19 03:58 ID:EEH01hEm
インスマス面=秋葉を徘徊するヲタ
ルルイエ=低地に普請された水の町江戸
比率の狂った・・・=二次元

つまりラヴたんは現代日本を予言していたんだよ!

203 :工作員@旧首都に潜伏中:04/06/19 04:18 ID:???
戦闘始まったみたいなのでテロるつもりですが
どこか希望はありますか?今のところは
テレビ塔破壊するつもりですが・・・

204 :名無し三等兵:04/06/19 05:10 ID:???
大元帥閣下が敵方に拉致されたとの噂が、兵たちの間に広まっているようです。

205 :対外広報部♯:04/06/19 05:42 ID:???
 大元帥閣下への定期連絡。 19XX年より計画発足の

外国人義勇兵師団の編成スケジを繰り上げ、当初3個師団

の予定を陸兵2個師団、航空兵一個半連隊の規模にて

運用可能な状態にようやくこぎつけました。

あとはぬるぽ願います。 国籍構成は、下記参照願います。

韓国人55% 北朝鮮人20% 日本人6% アフリカ12%

ヨーロッパ5% 獣人2%(主に犬型、猿型、鳥型)


  



206 :中佐:04/06/19 11:20 ID:???
>>203
基本的にはそちらに任せようと思う。ただし、一般市民にはなるべく被害を出さない
ように。

207 :103空軍中尉@MiG25R:04/06/19 12:04 ID:???
敵砲兵部隊の移動を確認しました。
展開前にこちらの攻撃部隊で叩くべきだと思いますが、どうでしょうか?

208 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/19 12:30 ID:???
>>207
遅れてすまない。展開前に攻撃して勝てるという保障はあるのか?
>>中佐
今日の9時に会議だ。対外広報部も来てくれ。

209 :中佐:04/06/19 14:05 ID:???
今日の9時ですか?私、ちょっと飲み会が夕方にあるので、参加できる状態ならば
行きますが…。なにぶん、酒に弱いもので…。もし行けなかったら会議は進めていてください。


210 :名無し三等兵:04/06/19 15:03 ID:???
>>205
>獣人2%
ネコミミはいますか?(;´Д`)ハアハア

211 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/19 21:20 ID:???
もう9時なわけだが。
誰か来ているのか?

212 :叛乱軍第3歩兵師団:04/06/19 21:39 ID:???
敵軍なら居ますが?

213 :名無し三等兵:04/06/19 22:43 ID:???
ただいま帰りました。

214 :中佐:04/06/19 23:34 ID:???
なんとか帰ってきましたよ…。頭が痛い…。あれ、会議はどうしたんですか?

215 :103空軍中尉@MiG25R:04/06/19 23:47 ID:???
ただいま帰りました。
って、会議は?

216 :対外広報部♯:04/06/19 23:51 ID:???
 も、申し訳ありません大元帥閣下。先発した第2義勇兵師団が師団規模
 の敵部隊に捕捉され、師団長以下幕僚の大半が戦死、事実上の壊滅です。

 外国人義勇兵師団の現在位置を報告します。
 燃料、弾薬、物資のいずれもが規定配備量の50%前後しかありません。
 

      /~~\___
   _/ へ ○  \
_/○   へ     |       ___
 ※※   へ    /    __/     \____/
 へ※※     ○\__/ ◎  へ      |
 へへ※※※     旧政府軍首都 へ     |
A へ※  ※※       へ    へ      |  B国
国 へへ………※※※      へ        へへ
 へへ  ○ へへ※※※※       ○ ※へへ
  へ【第1旅団】 へへへ※※※ ※ ………※※へ
 へ        【 第 3 師 団 】※※※…   ※※※※へへ
へ          へへ【首都旅団】へへ※ ○   ※へ
     ○      へ ◎ へ    【第2旅団】 │
          へ   首都  へ 【戦車旅団】 | 
【 第 2 師 団 】   へ へ              へ
            へ                へ
へ       へへ   ○   【 第 1 師 団 】  へ
へへ《外義1師団》     へへへ          へへへへ
へへへ  ↓へへへへへ    へへへ   へへへ
  へへ ○へ    へへへへへへ    へへへ
    へ  へ             ※=森 ○=都市 ◎=各首都
      へ        C国    へ=山・山脈 …=前線

 

217 : 対外広報部♯:04/06/19 23:52 ID:???
現有戦力を報告致します。

陸兵は一個師団が10日間待機し、3〜4会戦分の物資を保有します。
 航空兵は30機のF104、20機のF4、10機のA10、12機の中型輸送機を
 保有しますが、燃料の問題から制空戦闘は約4日分、対地支援は全力爆撃
 で3回分のみとなっております。 補給物資が底を付けば我が師団は早晩に
 壊滅致しましょう。
 >>210 ネコミミ?…さぁ、犬の耳やら尻尾やらのアクセを身に着けた、
      けしからん傭兵いや、義勇兵は何人か見かけましたが…

218 :随伴対空派プーチン様が見てる主義虹化閥:04/06/20 02:08 ID:???
大元帥の暴言にはほとほと腹が立ったので、
全防空部隊は反乱軍に合流します。

例え異端と言われようが、信仰有っての異端。
大元帥を処刑する際にはシルカたんとツングースカたんの水平射撃で。是非。

【防空軍が反乱軍に合流しました】
【反乱軍はSA-300 12個中隊を手に入れました】
【反乱軍は野戦防空部隊48個中隊を手に入れました】
【反乱軍に虹萌え防空軍兵士2800名が合流しました】
【反乱軍はシルカのお守りを手に入れた】
【反乱軍はツングースカのお守りを手に入れた】
【反乱軍はトールキュンのランドセルを手に入れた】

219 :工作員@旧首都に潜伏中:04/06/20 02:54 ID:???
大元帥閣下を更迭した方がいいのでは?
後任の司令は中佐殿。
あとテレビ塔は破壊しておきました。

220 :34=参謀=T-72神徒:04/06/20 04:22 ID:???
ふふふ
深く静かに潜行せよ

オブイェークト

221 :中佐:04/06/20 17:37 ID:???
我が軍の正確な兵力が知りたいな…。何個師団あるんだろ?戦車保有台数や、
航空機、艦船の数、兵員、武器・弾薬、みんな情報不足だ。自軍の戦力がわからない
限り作戦が立てられない。

222 :叛乱軍第3歩兵師団:04/06/20 17:53 ID:???
 >>221
叛乱軍が約4個師団の兵力なので旧正規軍全体は多くてもその二倍以下、
とすると北部に篭城している旧政府軍は約3個歩兵師団ぐらいかと。
それに義勇兵が加わりますから大体5〜6個師団ぐらいでしょうか。
戦車部隊は我々の方が6個大隊。そちらは元々が3個大隊で外国からの
援助で多少は増えているかもしれません。増加分はまだ訓練中でしょうが。

なお南部にも外国人義勇兵師団が一個居るようだが…これは時間の問題ですな。

このままいくと旧政府軍崩壊で勝利しそうな勢い。
まさに神の思し召しなるぞ。
Объект!

223 :叛乱軍第3歩兵師団:04/06/20 17:55 ID:???
尚我々も世界中の信徒からの援助・義勇兵で兵力増強を実行中なり。
圧迫はできても攻略にはあと数個師団必要だ。

224 :中佐:04/06/20 21:45 ID:erOuKWsH
工作員がよくやってくれたようだ。これからも後方かく乱を頼みたい。
南部の義勇兵か…。助けたいのはやまやまだが、あの位置では救出は不可能だ…。
しかし、無駄死にではないぞ!
(以下極秘電)
第1戦車大隊及び第2戦車大隊、第2歩兵師団、第3歩兵師団、第2義勇兵師団は東部戦線へ。
敵第2旅団、戦車大隊を撃退せよ。
F−104、F−4は10機ずつ交代で出撃、東部戦線の敵部隊をミサイル攻撃。主に戦車と敵司令部を
狙え。
また、我が国沖合いに展開している海軍艦艇(巡洋艦2、駆逐艦4、輸送艦3)もミサイルで援護。
同盟国から航空燃料、武器弾薬、食糧を予算が許す限り輸入せよ。

225 :中佐:04/06/20 21:47 ID:???
ageてしまった…。すまん…。
ついでに義勇兵も大募集だ!
ところで、工作員の階級は?昇進させたいのだが。

226 :対外広報部♯:04/06/20 22:17 ID:???
 中佐殿へ、外国人義勇兵師団(事実上、我国の外人部隊です。)
 の詳細な戦力構成をメールでお知らせします。ネットより、専用の
 メールソフト「二人はプリキュア!メールDEぽん!」をダウンして
 閲覧下さい。
 
 陸兵1個師団 総人数 5000人 内、師団本部諸隊が500人。
 第1連隊 第2連隊 2250人ずつ。 内、連隊本部諸隊が30人ずつ。兵站220人。

 その隷下に第1大隊(歩兵・戦車・火砲)1000人。
 歩兵中隊は150人で構成され、3個中隊を保有。
 A中隊・高度な偵察と夜戦能力 B中隊・対戦車戦に特化 C中隊・空挺可能

 戦車中隊は12両の74式(日製)戦車で構成され、3個中隊を保有。
 A中隊・高度な電子装備 B中隊・120o戦車砲に換装 C中隊・空挺仕様

 野砲中隊は21門の火砲を保有し、1個中隊150人で運用。

 205o野砲12門  MLRS 6両 スカッドV3基(化学弾頭保有)

 反政府軍 第2師団との小競り合いが始まっています。明確な指示と補給が
 無ければ、積極的な行動は望めません。大元帥閣下におとりなしをお願い
 します、中佐殿。  対外広報部♯

227 : 対外広報部♯:04/06/20 22:54 ID:???
 ええい、>>224 祖国は私を捨石にするつもりか!…黙って死には
 しない、6年がかりで作り上げた外人部隊の兵ども全員を犠牲に
 してでも、生き延びてやる!!

 戦闘機は24時間体制で東部の制空権を確保せよ!正規軍への
 対地支援は無しだ!全爆撃力を持って敵第2師団中枢と主力を
 叩きのめせ。第1外国人義勇兵師団は損害に構わず攻撃、その後
 速やかに北上。敵第1旅団左翼を強行突破する。

 速力が武器だ、旧首都以西の敵戦力に捕捉されれば壊滅は必至。

 第2外義兵師団の残存兵力を空港の守備に充てる。1外義兵師団
 が政府軍勢力圏内に脱出後は全人員を稼動航空機全てに乗せて
 脱出、現在の基地は放棄する。           対外広報部♯

228 :中佐:04/06/20 23:01 ID:???
>>226
「二人はプリキュア!メールDEぽん!」とは何かな?どこでダウンロードできる
のでしょうか。検索してもいっぱい出てきてワカラナイ…。
南部の義勇兵師団のことかい?敵支配地域を縦断して我が軍支配地域に来るのは
厳しいよなぁ。現在、我が政府と同盟関係にあるのはどの国だったか。A国は漁夫の利を
狙ってるし、B国は中立だから、輸送機の通過は認めてくれないだろう。
輸送機4機に、護衛戦闘機としてF−104を10機、F−4を5機付けて送りたいが、
そちらに空港はあるのだろうか?
歩兵A中隊は敵第2師団の詳細な戦力を調査、報告せよ。C中隊、空挺可能とあるが、
航空機はあるのかね?敵戦車隊が来たらB中隊及び戦車A中隊、B中隊で迎撃。A中隊は
電子戦を開始し、敵の通信をかく乱。その後方より、野砲で援護。スカッドはまだもったいないな。

と、大元帥閣下に具申。

(はぁ〜、俺、こういうのやったことないから厳しいなぁ。素人だからなぁ。
 みなさん、作戦に変なところがあったら突っ込んでいいんで。直しますし、
 今後の参考にします。)

229 :中佐:04/06/20 23:09 ID:???
>>227
ニアミス!
作戦変更!第3戦車大隊及び、第1歩兵師団、その他首都・空港・港防衛の部隊以外で
東部戦線に出ていない部隊は西部戦線に集結。南方の義勇兵師団の北上・合流を支援する。
敵第1旅団を叩き潰せ!>>228で指示した戦闘機も、西部戦線の味方部隊を援護。
我々は義勇兵師団を見捨てはしない!全軍突撃、ガンパレード・マーチ!

230 :叛乱軍総司令部(=第3師団の人):04/06/20 23:19 ID:???
東部戦線に我が軍に付いた防空部隊を投入、
敵航空機14機撃墜との報告だが…

まあ実際は8機ぐらいだろう。
いずれにせよなかなかの戦果だ。
SSM攻撃が煩いが、観測手段も限定されている上
すぐ弾切れになるだろうから心配は要るまい。
第2師団は総攻撃を開始。第1師団の一部も
敵の右翼を攻撃して牽制せよ。

航空部隊(F-4戦闘機・ホーク軽攻撃機)は
東部戦線を重点的に支援、西部戦線には
砲兵部隊を増強する。

神のご加護を!Объект!

231 :対外広報部♯:04/06/20 23:30 ID:???
>>228 3000メートル級滑走路が一本、基地西側にあります。
助かります中佐殿、輸送機にて補給物資を送って頂ければ、損害を
大きく抑えることが可能です! 敵の空戦錬度は低く、統制も今ひとつ
の模様です。 B国ルートは論外、A国側の山脈には攻撃態勢の
戦闘機がウヨウヨ、C国は我が師団の越境を拒否しています。
とばっちりを防ぎたいのでしょうな。 C国防衛軍が国境に集結中です。

防空軍が反乱側に転んだようですな。どのみちそちらへの対地支援は
望み薄です。 敵2師団の情報は既に浸透済みのA中隊が明日の朝に
は送って来るでしょう。司令部と防空兵器の所在がつかめれば、すぐに
でも攻撃を開始します。 12機の中型輸送機を保有していますので、
戦車一個中隊と歩兵一個中隊の空挺降下は十分に可能です。


232 :103空軍中尉@MiG25R:04/06/20 23:35 ID:???
予想どおりMiG-29の部隊の連中は寝返りましたか…
しかし、まだ望みはあります。
奴らは常日頃より替えのエンジンの不足に不平を訴えていました。
そう軽々しく出撃できはしないでしょう。

233 :中佐:04/06/20 23:37 ID:???
防空部隊が寝返ったのは痛いな…。航空機にかなりの損害が出たか…。
だが、東部戦線に投入している数は我が軍のほうが圧倒的だ、すぐに撃破してくれる!
裏切り者に鉄槌を!敵戦車大隊及び防空部隊を集中的に攻撃せよ。
また、
偵察部隊及び航空隊を出し、敵部隊の詳細な位置を調べろ。調査結果は海軍艦艇に
報告しろ。
戦闘機は敵航空機の迎撃を行え。

西部戦線では善戦しているようだな…。敵第1旅団の損耗率はかなり高いようだ。
敵旅団を撃破後は、その都市を制圧、前線補給基地とする。
また、敵の武器弾薬・食糧はなるべく鹵獲したりして自軍でも使え。装備品は
基本的に一緒だから使えるはずだ。

234 :103空軍中尉@MiG25R:04/06/20 23:43 ID:???
防空部隊は空港施設だけを叩くだけでよろしいかと。
パイロットはそろわなくとも、できることなら機体は無傷で取り返して
隣国とのバーター取引に使用できるようにすべきかと。
予算も厳しいことですし。

235 :中佐:04/06/20 23:51 ID:???
>>234
そうか、忠告ありがとう。では、そのように作戦を変更する。航空隊は敵空港施設を
攻撃。機体は鹵獲できるよう、破壊してはならん。

やはり詳しい人の助言は役に立つし、ありがたい。過去、部下や側近の忠告を
聞かずに道を誤った人はたくさんいるからね、その二の舞は踏まないようにしないと。

それにしても、大元帥閣下はどこに行ってしまわれたのかねぇ。
>>219の工作員も、あんなこと言ってるし。でも、私が疑われてしまうような発言は
厳しいね。反乱を企てているように思われてしまうよ。

我が軍の有利な点は、北部の港湾・工業地帯を無傷で保有している点だな。
それを活かしてみたいが、誰か、何かいい案はないかな?

236 : 対外広報部♯:04/06/20 23:52 ID:???
反乱側の第2師団司令部の座標が判りました。 さすがに、陸自の元ニンジャーは優秀だな。
高い金を出してスカウトした甲斐がありました。敵の歩哨はウォッカを飲みながら「オブイェークト」
などとほざく程度のレベルです。 敵側防空部隊の居所がまだつかめていないが、火砲だけで
殲滅できるでしょう。 砲撃を合図に第1外義兵師団は攻勢に打って出ます。

戦闘機隊に被害が出始めました。F104に8機の損害ですが、こちらは14機の敵機を撃墜。

傭兵諸君!我国は我等を見捨てはしない!仲間を見捨てない者だけが、明日の朝日を拝める
だろう!戦え、戦って生き残るんだ! 「MONAAAAAAAAA!!!」

237 :中佐:04/06/20 23:58 ID:???
>>236
敵兵は任務中にウォッカ飲んでいるのか…。どうやら、軍紀が徹底されていないようだな。

敵防空部隊の殲滅を確認したら、こちらは先ほどの輸送部隊を派遣したいのだが、
間に合うかね?こちらも戦闘機の被害が大きく、あまり護衛戦闘機を付けられない。

それと、これだけの部隊に命令を出すには中佐では役不足だな。大元帥閣下、昇進させてください(笑)。
みんなも異論ないよね?(あれ?もしかしてある?)

238 :叛乱軍総司令部:04/06/21 00:09 ID:???
MiG-29部隊は首都上空の警戒にあたれ。
義勇兵で第4師団を新編、これを首都警備にあて
首都旅団を西部戦線に投入。第2師団の一個旅団を
第3師団に増援。第3師団の西部戦線部隊(第2・旧首都旅団)は
第5師団として独立。戦車旅団は東部戦線を離脱。

第5師団は都市周辺の回廊地帯に縦深防御陣地を構築、
敵の進撃に対し遅滞戦闘を実施せよ。
      /~~\___
   _/ へ ○  \
_/○   へ     |       ___
 ※※   へ    /     /     \____/
 へ※※     ○\__/ ◎  へ      |
 へへ※※※               へ     |
A へ※  ※※       へ    へ      |  B国
国 へへ………※※※      へ        へへ
 へへ  ○ へへ※※※※       ○ ※へへ
  へ 【2/3Bri】 へへへ※※※ ※ ………※※へ
 へ 【1/3Bri】 /  へ へ※※※※…【1/5Bri】※※※へへ
へ 【第3師団】xx へ【第4師団】へへ※ ○【2/5Bri】へ
     ○  /    へ ◎ へ   |  ※※    |
          へ        へxx 【第5師団】 | 
            へ へ              へ
1/3=旧第3師団第1旅団・2/3=旧第2師団第3旅団
1/5=旧第3師団第2旅団・2/5=旧首都旅団

239 :中佐:04/06/21 00:13 ID:???
敵も増援を送ってきたか…。しかし、我が軍の士気は高い!必ずや敵部隊を撃退できるであろう!
と、いうわけで、私は就寝時間だ。明日は早いからな。おやすみなさい。

240 :叛乱軍総司令部:04/06/21 00:13 ID:???
修正「第3師団の西部戦線部隊」>「第3師団の東部戦線部隊」

戦力を水増ししたものの、まだ錬度に問題があるな。
しかし敵もそれは同じこと…士気では我が軍も劣らぬ。

航空部隊(MiG-29・Su-22)は敵港湾部を強襲せよ。
艦隊の支援設備を破壊するのだ。


241 : 対外広報部♯:04/06/21 00:13 ID:???
な、なぜだ?敵師団司令部は砲撃で完全に潰した。
それなのに敵の突撃が止まらない。猛砲撃も始まった。

ああ、私のスターファイターとF4が夜空に散っていく…
A10のナパーム弾が投下されるまで持ちこたえてくれ…

奴等は死を恐れないのか?T−72神とやらのために
平然と銃口に向かって来れる、これが信仰とやらの力か…

…私は大元帥閣下に人生を捧げて生きてきた。死ぬのも
コミだったとはなぁ・・・ 大元帥閣下バンザイ!  END

対外広報部責任者 シャープは戦死しました。 

242 :叛乱軍総司令部:04/06/21 00:15 ID:???
 >>中佐殿
敵側が云うのもなんですがさしあたり中将ぐらいまで昇進しては?

それとそちらの軍の状況も明示してくれませんかねぇ…

243 :工作員@旧首都に潜伏中:04/06/21 01:08 ID:???
>>225
有り難う御座います。
でも私は軍所属ではないのでその必要はありません。
>>235
>私が疑われてしまうような発言は
申し訳ありません。ついほn・・・・・・いえ、なんでもありませんよ?

244 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/21 12:43 ID:???
あまりココに来れなくてすまない・・・
今日は台風で休みなので大丈夫だ。

245 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/21 12:45 ID:???
>>237
まあ大佐位ならいいが。

246 :大佐:04/06/21 17:47 ID:???
>>245
大元帥閣下、ありがとうございます。元中佐です。これからも粉骨砕身、頑張ります!

>>241
シャープ殿が戦死!?…そうか…惜しい人物を亡くしたな…。応援が間に合っていれば
こんなことには…。シャープ殿、この仇はきっと取ってみせるぞ!

>>242
我が軍の配備状況
東部戦線
第1戦車大隊、第2戦車大隊、第2歩兵師団、第3歩兵師団が展開中。

西部戦線
第3戦車大隊、第1歩兵師団、その他いろいろ。

首都・各都市
少数の軽武装の歩兵部隊が防衛中。」

港湾部
巡洋艦2、駆逐艦4、輸送艦3が展開。港湾防衛に海軍陸戦隊2個中隊。

南部戦線
第1義勇兵師団、第2義勇兵師団の残存部隊が展開。ただし、司令官を失い統制は失われつつあり。

南部に展開する義勇兵師団への命令(極秘)
「再編成し、第3義勇兵師団とする。ゲリラ戦をとりつつ西部戦線に展開中の我が軍に合流せよ」

工作員への命令(極秘)
「テレビ塔爆破ご苦労。新たな任務だ。首都にいるT−72信徒過激派以外の住民を扇動せよ。穏健派を
 味方につけよ。また、外国勢力と接触し、我が軍への援助・協力を取り付けてほしい」


247 :大佐:04/06/21 21:13 ID:???
ふと、思ったけど、戦闘にはやっぱり判定官が必要じゃないかなぁ?
「各県対抗独立戦争」みたいに、完全に中立な人が戦闘の判定してくれれば楽だし、
公平に勝敗つけられるからね。

248 :予備役少尉@生活村:04/06/21 21:41 ID:???
村の有志と義勇兵を組織しT-72軍の後方撹乱を行っていましたが、
武器・弾薬の不足により継続が困難となりつつあります。
補給部隊から奪おうにも、トラックが詰んでいるのはウオトカばかりという有り様です。
正規軍の装備を当方に供与いただけるようご検討ください。

249 :大佐:04/06/21 21:47 ID:???
>>248
現在位置を正確に報告してくれ。可能ならば送りたい。しかし、我が軍も
物資が不足し始めている。大したものは送れないかもしれないが、勘弁してもらいたい。

…しかし、奴ら、なぜ酒ばかり飲んでいるのに強いんだ?私などコップ数杯ビールを
飲むだけで顔が真っ赤になってしまうというのに。頭は痛くなるしな。

250 :工作員@旧首都に潜伏中:04/06/21 22:51 ID:???
なんでもウォッカを飲むとT-72とのシンクロ率が上がるとのことです。

251 :予備役少尉@生活村:04/06/21 23:49 ID:???
>>大佐殿
申し遅れました。
西方の山間部を中心にゲリラ戦を行っておりましたが、
先日、敵偵察隊との遭遇戦により打撃を被り、
現在は山脈北側の森に潜んでおります(地図の☆位置)。
当初は300名を数えていた我が隊ですが、今では214名となり、
己の未熟さを呪うばかりです。


      /~~\___
   _/ へ ○  \
_/○   へ     |       ___
 ※※   へ    /     /     \____/
 へ※※     ○\__/ ◎  へ      |
 へへ※※※               へ     |
A へ※  ※※       へ    へ      |  B国
国 へへ………※☆※      へ        へへ
 へへ  ○ へへ※※※※       ○ ※へへ
  へ 【2/3Bri】 へへへ※※※ ※ ………※※へ
 へ 【1/3Bri】 /  へ へ※※※※…【1/5Bri】※※※へへ
へ 【第3師団】xx へ【第4師団】へへ※ ○【2/5Bri】へ
     ○  /    へ ◎ へ   |  ※※    |
          へ        へxx 【第5師団】 | 
            へ へ              へ
※スレてたらゴメンなさい。

252 :予備役少尉@生活村:04/06/21 23:51 ID:???
ズレてたら、であります orz

253 :大佐:04/06/22 00:06 ID:???
>>251
その位置なら前線に近いな。もう少し西方に行けば、我が軍の部隊が展開している。
連絡をしておくから、補給を受けるように。武器弾薬・食糧を、できる限り提供しよう。
これからもよろしく頼むぞ。

254 :対外広報部$:04/06/22 00:37 ID:???
連絡が遅れて申し訳ありません。 責任者のシャープが戦死したため、広報部副長こと
私$(ダラー)が外国人義勇兵師団の総指揮を執ります。まずは、ご昇進おめでとうございます。

大佐殿の極秘命令を実行致します。新編第3外国人義勇兵師団は現在の基地を放棄。
ゲリラ戦闘を行いつつ西部戦線へ進出。主力のサポートにまわります。

動ける兵と車両にあるだけの物資を満載し、夜陰に紛れての移動となります。
稼動する戦闘機とA-10をそちらへ全てお送りします。輸送機は爆砕処分しました。

最後に良いニュースです。前任のシャープは指揮官としては3流でしたが、商人としては1流だった
のかもしれませんな。 スカッド用の化学弾頭9発と爆薬弾頭36発の他に、…戦術核弾頭を3発
確認しました。トレーラーにて慎重に持ち歩いております。…命令さえ頂ければいつでも発射可能です!

255 :予備役少尉@生活村:04/06/22 01:03 ID:???
>>253
大佐殿のご理解とご好意に感謝いたします。
もっとも手近な第一歩兵師団より補給を受けさせていただきます。

>>254
ダラー殿
第3外国人義勇兵団が西部戦線へ進出されるに際して、
小官の部隊でお役に立てることがありましたら何なりとご用命ください。

256 : 対外広報部$:04/06/22 02:42 ID:???
           . . . . . . .<殺せ殺せ殺せ!
          () () () () () () ()<殺せ殺せ殺せ!
         (.)(.)(.)(.)(.)(.)(.)<殺せ殺せ殺せ!
        (v)(v)(v)(v) (v)(v)(v)<殺せ殺せ殺せ!
       (∀)(∀)(∀)(∀)(∀)(∀)(∀)<殺せ殺せ殺せ!
      (∀) (∀) (∀)(∀) (∀)(∀)(∀)<殺せ殺せ殺せ!
      (∀) (∀) (∀) (∀) (∀) (∀) (∀)<殺せ殺せ殺せ!
     (゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)<殺せ殺せ殺せ!
     (゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚) (゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)<殺せ殺せ殺せ!
     (゚∀゚ )(゚∀゚)(゚∀゚) (゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)( ゚∀゚)<殺せ殺せ殺せ!
    (゚∀゚ ) (゚∀゚) (゚∀゚) (゚∀゚) (゚∀゚)(゚∀゚)( ゚∀゚)<殺せ殺せ殺せ!
    (゚∀゚ )(゚∀゚ ) (゚∀゚) (゚∀゚) ( ゚∀゚)( ゚∀゚)( ゚∀゚)<殺せ殺せ殺せ!
   (゚∀゚ ) (゚∀゚ ) (゚∀゚ ) (゚∀゚) ( ゚∀゚)( ゚∀゚)( ゚∀゚)<殺せ殺せ殺せ!
   (゚∀゚ )(゚∀゚ )(゚∀゚ )( ゚∀゚ ) ( ゚∀゚)( ゚∀゚)( ゚∀゚)<殺せ殺せ殺せ!
  ( ゚∀゚ )(゚∀゚ ) (゚∀゚ ) ( ゚∀゚ ) ( ゚∀゚) ( ゚∀゚) ( ゚∀゚)<殺せ殺せ殺せ!
  ( ゚∀゚ )(゚∀゚ ) (゚∀゚ ) ( ゚∀゚ ) ( ゚∀゚) ( ゚∀゚) ( ゚∀゚)<殺せ殺せ殺せ!
 ( ゚∀゚ ) (゚∀゚ ) (゚∀゚ ) ( ゚∀゚ )  ( ゚∀゚) ( ゚∀゚)  ( ゚∀゚ )<殺せ殺せ殺せ!
 ( ゚∀゚ )(゚∀゚ ) (゚∀゚ ) ( ゚∀゚ )  ( ゚∀゚)  ( ゚∀゚)  ( ゚∀゚ )<殺せ殺せ殺せ!
( ゚∀ ゚ )(゚∀゚ ) (゚∀゚ ) ( ゚ ∀ ゚ )  ( ゚∀゚)  ( ゚∀゚)  ( ゚∀゚ )<殺せ殺せ殺せ!
( ゚∀ ゚ )( ゚∀゚ ) ( ゚∀゚ ) ( ゚ ∀ ゚ )  ( ゚∀゚ )  ( ゚∀゚ )  ( ゚ ∀゚ )<殺せ殺せ殺せ!
つ」7=(つ」7=∩(つ」7=∩(つ」7=∩-(つ」7=∩- (つ」7=∩ (つ」7=∩
|   j |   j   |   j   |   j    |   j    |   j   .|   j
し'⌒U し'⌒U  し'⌒U  し'⌒U   し'⌒U    し'⌒U.   し'⌒U
ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ゙ッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ

我が部隊の士気極めて旺盛也!

257 :随伴対空派プーチン様が見てる主義虹化閥:04/06/22 07:59 ID:???
防空軍速報
【SA-300】2個中隊壊滅 機材改修後 再編
【SA-300】は10個中隊+発射機2器、レーダー1機になりますた
【野戦防空中隊】を戦闘で 3 消費しました。6 に損害発生(-2~3)
【野戦防空中隊】は45個中隊になりますた。再編を行いまつ。

【野戦防空中隊】から4個中隊(ツングースカx16,トールx16)抽出
【SA-300】より2個中隊抽出
上記を【空港】に配備しまつ

【SA-300】から2個中隊+発射機2、レーダー1を抽出。首都に移動しまつ。
【野戦防空中隊】から4個中隊を抽出、首都に移動しまつ
【野戦防空中隊】損耗6個を充足4個に再編しますた。
【野戦防空中隊】から2個(シルカx24)抽出。防空軍野戦憲兵と合同し、
        対ゲリラ/歩兵支援に投入可能にしますた(待機中)

【野戦防空中隊】を33個中隊に再編しますた。
【SA-300】が6個中隊、野戦で使用可能でつ。

258 :大佐:04/06/22 18:29 ID:???
>>254
ダラー殿、これからもよろしく頼む。しかし、戦術核弾頭3発か…。シャープ殿の形見だ。
大切に使わせてもらうとしよう。合流後は、現地に展開している我が軍や予備役少尉の部隊と
協力して敵迎撃に当たってもらいたい。

>>255
そちらの部隊の規模と装備を知りたい。それと、ウォッカはアルコール度が高いんだったな。
火炎瓶みたいに使えないのかね?

259 :叛乱軍総司令部:04/06/22 18:52 ID:???
 >防空軍
情報了解せり。

本日も多少多忙なれど可能ならば我が軍の
リアクションを地図上に提示する次第。
その際政府軍の配置(予備隊・後方隊除く)も
示してみるので訂正あれば示されたし。

260 :大元帥 ◆tr.t4dJfuU :04/06/22 20:28 ID:???
ギコナビからでトリップが違うが気にしないでくれ。
      /~~\___
   _/ へ ○  \
_/○   へ     |       ___
 ※※   へ    /     /     \____/
 へ※※     ○\__/ ◎  へ      |
 へへ※※※               へ     |
A へ※  ※※       へ    へ      |  B国
国 へへ………※☆※      へ        へへ
 へへ  ○ へへ※※※※       ○ ※へへ
  へ 【2/3Bri】 へへへ※※※ ※ ………※※へ
 へ 【1/3Bri】 /  へ へ※※※※…【1/5Bri】※※※へへ
へ 【第3師団】xx へ【第4師団】へへ※ ○【2/5Bri】へ
     ○  /    へ ◎ へ   |  ※※    |
          へ        へxx 【第5師団】 | 
            へ へ              へ
という戦況か・・・?本部はドコなんだ?大佐!分かりやすく戦況、そしてわが兵力、相手の兵力をまとめた
資料をくれないか?明後日までに頼む。

261 :大佐:04/06/22 20:44 ID:???
>>260
配備状況ですが、まず東方戦線を。
第1戦車大隊、第2戦車大隊、第2歩兵師団、第3歩兵師団が展開中。制空権を
敵に握られ、少々不利なようです。また、防空軍がすべて敵軍に寝返ったため、
こちらの航空機の被害が甚大です。
敵軍は2個旅団が展開、その後方には1個師団が待機しているようです。また、敵航空機は
東部戦線に重点的に配備されている模様です。

西部戦線
第3戦車大隊、第1歩兵師団が展開中。また、予備役少尉殿の指揮するゲリラ部隊が
山岳部でゲリラ戦を展開、敵の後方かく乱を行っております。
敵は2個旅団及び1個師団を展開、また、砲兵部隊も展開しているようです。

南部戦線
第3外国義勇師団が展開。ゲリラ戦を展開しつつ、西部戦線の我が軍と合流するため、
北上中です。
敵1個師団が展開しているようですが、司令部は砲撃で壊滅させたと連絡が入っております。

さらに、敵軍は首都に1個師団が展開しています。それに対し、こちらの臨時首都は
少数の歩兵部隊が防衛するのみ。

港湾には海軍の陸戦隊2個中隊、さらに巡洋艦2、駆逐艦4、輸送艦3が展開中。

本部は一応臨時首都ですが…。まだ通信網は破壊されていませんから、問題はないかと。
ただし、たまに私自らが前線に視察へ行きます。

敵首都には工作員が潜入、テロの準備をしています。

戦況は、全体的に見れば不利です。物資が不足し始めているようです。特に
空軍ですね。しかし、士気は高いです。

ただし、明後日にはどうなっているかわかりませんが。

262 :103空軍中尉@MiG25R:04/06/22 21:54 ID:???
命令マダー?(AA略

263 :大佐:04/06/22 22:08 ID:???
>>262
敵の防空システムをダウンさせることができれば出撃してもらいたいのだが、
今のままでは被害が大きすぎる。何かいい案はあるかね?

264 :大佐:04/06/22 23:49 ID:???
大佐は首都周辺の都市から徴兵を行いました。
女性も徴兵して、後方部隊を作りました。
大佐は1個歩兵大隊と2個兵站大隊を編成しました。
訓練のため、大佐はこの3部隊を直接指揮することにしました。


265 :随伴対空派プーチン様が見てる主義虹化閥:04/06/22 23:55 ID:???
防空軍緊急速報。防空軍緊急速報。
これまで当方支配地域に収容していなかった、敵勢力圏内の我が部隊についてでつ。
旧政府軍支配地域より急ぎ脱出中の【野戦防空中隊】7が★で、
同じく【SA-300】6個中隊が▲で敵野戦軍に補足されまった。

【野戦防空中隊】充足2(トール)、損耗1(ツングースカ)を収容しますた。
【SA-300】2個中隊(充足)を収容しますた。

【野戦防空中隊】充足2(トール)、損耗1(シルカ)を敵野戦軍に吸収されますた。
【SA-300】2個中隊(損耗)を敵野戦軍に吸収されますた。

      /~~\___
   _/ へ ○  \
_/○   へ     |       ___
 ※※   へ    /     /     \____/
 へ※※     ○\__/ ◎  へ      |
 へへ※※※               へ     |
A へ※  ▲※       へ    へ      |  B国
国 へへ………※☆※      へ        へへ
 へへ  ○ へへ※※※※       ○ ※へへ
  へ 【2/3Bri】 へへへ※※※ ▲ ………※※へ
 へ 【1/3Bri】 /  へ へ※※※★…【1/5Bri】※※※へへ
へ 【第3師団】xx へ【第4師団】へへ※ ○【2/5Bri】へ
    ■○▽ /    へ ◎ へ   |  ※※    |
          へ   ▽△   へxx 【第5師団】 | 
            へ ■■     △▽      へ
ずれてたらスメンナサイ。



266 :随伴対空派プーチン様が見てる主義虹化閥:04/06/22 23:57 ID:???
つづきでふ。

防空軍現有兵力
【野戦防空中隊】▽ 充足35、損耗1(ツングースカx4)
【SA-300】△ 8個中隊

なお、先日編成を完了した【混成憲兵中隊】■(x3個)でつが、
1個を第3師団管区へ、2個を南部戦線に配備しますた。
各々指揮権を移譲しまつ。

神に栄光有れ。まつわろぬもの共に鉄槌を。
Объект 。

267 :対外広報部$:04/06/23 00:00 ID:???
>>255 ありがたい、合流を円滑に行えるように案内役の兵を先行させます。
>>258 了解しました。慎重を期します。 ウォッカだけじゃ火勢が弱いですね。
    マグネシウムでも添加させましょう
>>260 おや、生きておられたのですか。ご無事で何よりです。
>>261 シャープが潰したのは敵第2師団の司令部だけですな。現在は増援された
    敵兵力が戦力再編を行っているでしょう。基地の滑走路は爆破してありますが、
    3日もあれば修復されてしまいます。
    我が隊はA国国境沿いの山脈ルートを北上中です。
    山岳部族のサル族が協力的であり、早いペースで進行できます。




268 :大佐:04/06/23 00:01 ID:???
よし、少しだけだが、防空軍を吸収できたぞ。多少は敵航空機をどうにかできる
かもしれん。
さて、私の部隊の訓練を始めるか。最強のエリート部隊にしてやるぞ。

269 :叛乱軍総司令部:04/06/23 00:10 ID:???
 >防空軍
総司令部了解。現在作戦を検討中。

270 :叛乱軍総司令部:04/06/23 00:33 ID:???

      /~~\___
   _/ へ ○  \
_/○   へ     |       ___
 ※※   へ    /     /     \____/
 へ※※     ○\__/ ◎  へ      |
 へへ※※※               へ     |
A へ※  ※※       へ    へ      |  B国
国 へへ※☆※      へ   《第3師団》 へへ
 へへ  ○ へへ※※※※《第2師団》 ○《2TBt》へ
  へ 《1TBt》へへへ※※※ 《3TBt》 ……※※へ
 へ 《第1師団》へ へ※※※※…【1/5Bri】※※※へへ
へ  ………   へ【第4師団】へへ※ ○【2/5Bri】へ
     ○   【2/3Bri】 ◎ へ   |  ※※    |
   【1/3Bri】   へ        へxx 【第5師団】 | 
 【2/2Bri】  【第3師団】へ             へ
 【第2師団】    へ                へ
へ     へへ   ○        【1/1Bri】 へ
へへ【1/2Bri】へへへ【2/1Bri】【第1師団】へへ
へへへ   へへへへへ    へへへ   へへへ
  へへ ○《外義3師団》 へへへへ    へへへ
    へ  へ             ※=森 ○=都市 ◎=各首都
      へ

第2師団に後退を命令。現在展開中の町を放棄しその南の町まで下がれ。
第1師団から第3旅団を抽出、これを戦車旅団と合わせ予備隊とする。
南部戦線軍は攻撃を強化、外国義勇軍を殲滅せよ。

部隊の損耗が激しすぎる…

271 :叛乱軍総司令部:04/06/23 00:38 ID:???
 注意:地図の見方
イ/ロBri=イ師団所属のロ旅団の意。別に旅団の後ろに別の師団が
控えておるわけではありません。
「TBt」は戦車大隊(Tank Battalion)の略。
もっと大きな地図を作るか…そのまえに戦力表を…

272 :大佐:04/06/23 00:40 ID:???
西部戦線はだいぶ押し返したな。だが東部戦線は膠着か。
西部戦線では優勢に戦ってこそいるが、補給に問題がある。深追いはしてはならぬ。
首都の防衛がほとんどないのが不安だが、そこは警察と守備隊がなんとかしてくれるだろう。

さて、私はもう寝よう。明日も朝から授業だし…。

273 :随伴対空派ベリヤ様が見てるお姉様。:04/06/23 00:41 ID:???
全く。莫迦か阿呆じゃないかしら、ウチの司令官殿は。
【野戦防空中隊】▽ 充足35、損耗1(ツングースカx4)
【SA-300】△ 8個中隊

ではなくて、
【野戦防空中隊】▽ 充足35、損耗1(ツングースカx4)
【SA-300】△ 8個中隊
【臨編首都防空群】
 [野戦防空中隊] 充足4
 [SA-300] 2個中隊
【臨編空港防空群】
 [野戦防空中隊] 充足4
 [SA-300]] 2個中隊
【臨編混成憲兵群】
 [混成憲兵中隊] 充足3(各中隊[シルカ]x8+[憲兵]1個小隊)

なのよ。これぐらいの算数がなんで出来ないのかしら。
全【野戦防空中隊】の4割ほどが遊軍化してるわ。残りは各区師団に配備済み。
同じく【SA-300】も、東部戦線に張り付きが3、移動中が1。南部の2個は一寸暇。
脱出してきた【SA-300】2個は、そのまま西部に配備。こんなところね。

>269
総司令官殿、お気をつけあそばせ。そろそろ前線の【野戦防空中隊】の稼働率が低下しはじめるころよ。
南部の3Div.REG.I.に[混成憲兵中隊]を差し向けては如何かしら?歩兵狩りには最適ですわよ。

274 :大佐:04/06/23 00:41 ID:???
言い忘れた。
叛乱軍総司令部さん、乙です。ありがとうございます。

275 :井同通信の中の人:04/06/23 00:43 ID:???
…なんか、アンバランスな戦力だなぁ、クーデター部隊w

276 :予備役少尉@生活村:04/06/23 00:57 ID:???
>>258
我が義勇兵隊では敵軍より奪ったAK47をメインに、
少数のM14と村人が所持していた猟銃を装備しております。
今後のことを考え、正式装備へのリプレースの他、
支援用の軽機関銃、対戦車ロケットなどをしきゅうして頂けると幸いです。
なお、現在214名で活動中であります。

>>267
補給完了後は、A国国境山脈を南下いたします。

277 :叛乱軍総司令部:04/06/23 01:21 ID:???
 >>273
進言了解した。防空軍混成憲兵2個中隊をゲリラ狩りに投入。
前線の野戦防空中隊は予備の同部隊と交代。

戦車旅団と第1師団第3旅団を合同して機械化師団を編成。
野戦防空中隊4個・南部戦線のS-300中隊1個をこれに編入。

えーと、野戦防空中隊は一個師団に付き何個配置してあったかな…;
砲兵部隊とかもまとめなきゃいかんなぁ…
部隊の把握が結構面倒だわ。

278 :旧首都に住む凡人:04/06/23 18:31 ID:???
ちくしょう、近くの酒場に行っても酒がねえ!
どうなってんだ、役人に聞いてもオブイェークトしか言わねえし!
最近は店に行っても何にも売ってねえ!
俺達の生活はめちゃくちゃだ!どうしてくれる!

【旧首都に住む都会人達の不満が高まっているようです】

279 :工作員@旧首都に潜伏中:04/06/23 19:59 ID:???
>大佐殿
>外国勢力と接触し、我が軍への援助・協力
この件ですが私には無理です。外務省あたりに頼んでください。
ただ北方の島国D国が食料や燃料や物資輸送などを
後方支援してくれる可能性があります。

280 :工作員@一般人のフリ:04/06/23 20:55 ID:???
>>278
なあ、民兵組織作って新政府軍ぶちのめそうぜ?

281 :ベリヤ様が見てる主義者:04/06/23 21:41 ID:???
>278,280
通報しますた!

282 :叛乱軍総司令部(ぼやき):04/06/23 21:54 ID:???
まったく悪役は疲れるわい…

全ては神の御心のままに。
Объект。

283 :大佐:04/06/23 22:51 ID:???
>>279
了解した。早速、外務省と話をしてみる。D国か…。接触してみる価値はありそうだな。

敵に発見されぬよう、慎重をきしてくれよ。

284 :対外広報部$:04/06/23 23:18 ID:???
慢性的な食料不足を解決するため、周囲の村や集落から物資の徴発を
行う。徴発の際には兵をT72信徒過激派に偽装させて行うことによって
住民を政府軍寄りに傾かせることができるだろう。
師団司令部よりの命令
我が師団を苦しめる敵の対ゲリラ戦部隊の兵から軍装を奪い取り、集落
をまわってあらゆる物資を徴発せよ。
敵兵の捕獲には毒ガスを積んだ囮トラックを使え。
抵抗する者は自国民であっても射殺を許可する。(ROMの方、参加をどうぞ)

285 :叛乱軍総司令部(ぼやき):04/06/23 23:39 ID:???
正直、我が軍にも参加者が欲しい。
とりあえず師団長クラスは揃えたい。
防空軍にはしっかりとした指揮官がいるが、
他に砲兵総監あたりも欲しい。

それに私も政府軍側も指揮に専念しているので
戦闘の結果を判断する人間が居らず
なかなか戦闘がすすまない。

286 :ベリヤ様が見てるお姉様@西部戦線:04/06/24 01:32 ID:???
はい、私です。
…なんですって?[混成憲兵中隊]兵士の裸の遺体が?
それに近隣住民が「おまいら貧乏人から搾取かyo!ふざけんなゴルァ!」とも。
でもそのあたりって、敵の3Div.REG.Iとの衝突地域ですよね…
ふむ。向こうに佐藤儲でもいるのかしら。全く、性根がねじ曲がっていてよ?

ともかく司令官殿、総司令部から兵站と衛生を借り受けて、
当該地域へのケアと警備を増強なさって下さい。
それと兵には、私が「おまいらにはガカ-リした」と。
いえ、それで良いんです。逆に一層奮起して、自ら規律を引き締めるでしょうから。
もちろんそちらに戻りましたら、視察に参りますから、それも伝えておいて下さいな。

それでは、これより西部戦線の【混成憲兵中隊】は私が直卒します。総司令官殿によろしく。
ではごきげんよう、司令官殿。そんなに心配なさらないで下さいな。


さて。アー、アー、こちらはマイクのテストちうー。
こんにちは、山岳ゲリラの皆さん。私のことはゲインフルとでもお呼びになって。よろしくね♪
お小水はお済み?お祈りはすませたかしら?
戦友の死体に隠れながら、神に命乞いする準備はオーケイ?
覚悟なさい、ウ ジ 虫 ど も め !

287 :大佐:04/06/24 01:37 ID:???
>>284
なっ…!恐ろしいことをするな…。一時的には住民に「反乱軍憎し」の感情を
植えつけることはできると思うが、反乱軍が本気になってくればすぐにバレる
のではないか?

と、軍人なのに甘いことを言う私だが、そこのところ、プロの目から見てどうだい?
>>工作員殿。

288 :大佐:04/06/24 01:40 ID:???
>>285
どうしても我々が戦闘判定を行うと、自軍有利にしてしまいますからねぇ。
「各県対抗独立戦争」のスレや見物人から判定官を募集しますか?

指揮もして判定もするのは大変ですしね。

289 :予備役少尉@生活村:04/06/24 02:21 ID:???
武器・物資の提供、感謝いたします。
早速、第3外国人義勇兵団の援護のため、山岳地帯に入り南下いたします。

(>>大佐殿 正規軍の歩兵装備はなんでありましょーか?)

>>286
な、なんだ…? この放送は?
何はともあれ、案内役との合流を急いだほうがよさそうだ。
軍曹、念のため斥候を増員だ。
退役軍曹:「イエッサー!」


290 :大佐:04/06/24 02:32 ID:???
>>289
歩兵装備?基本的に政府軍も反乱軍も同じのを使っている設定だが、確か
現代ロシア軍装備ってことで落ち着いてなかったっけか?
しかし、私は軍事は素人なので、詳しいことはよくわからん(だったらなんで
指揮とってんだ!って文句はなしで)。AKとか、そんなのじゃないのか?
安いし。

291 :工作員@旧首都郊外に逃亡中:04/06/24 02:42 ID:???
>>287
私みたいに組織の存在そのものが否定されている者は
バレても少しは言い訳できますが・・・
まあバレても言い訳できる程度にしておいた方がいいかと。
別にバレなきゃいいんですけどね。アハハハ・・・>>281

292 :対外広報部$:04/06/24 05:54 ID:???
朝だ…昨晩は恐ろしいまでに上手くいったな。 毎夜のごとく食らっていた
最後尾への襲撃分、借りを返した。兵たちには適当に撃ち返すフリだけさせ
てわざと囮トラック一台を残して逃げ出させた。積んでおいた化学物質トキシンの
ボンベを遠隔操作で破裂させ、空散しきった頃に兵を向かわせて見れば…
一個小隊もの敵兵が皮膚を真っ青にして死んでやがった。物資徴発もうまく
いったことだし。(村娘を何人かさらって帰ってきたのには参った。)
昼寝と夜歩きをあと3日も続ければ、予備役少尉の隊と合流できるだろう。

293 :対外広報部$:04/06/24 06:14 ID:???
「ミス・ダラー、殿斥候より気になる連絡が入りました。」
指揮トレーラーの中で仮眠を取っていた私を若い兵が無遠慮に叩き起こした。
「例の対ゲリラ部隊の仕業らしいのですが、挑発的な口上を大音量のスピーカで
 我々に向けて流したというのです。」
ええ、この時にはもうピンと来たんですよ、大佐。まずいかなって…
「我が師団本隊のいる方角ではなく、斥候の潜んでいたポイントにピタリ向かって
言ってきたというのです。ゲインフルという名の指揮官を目視で確認しましたが、
狙撃どころか逃げ出すのでやっとだったというのです。ニンジャーともあろう兵が。」
明日、いや今日からは昼寝もできないかもしれないな…警備を強化させろ!

294 :旧首都に住む凡人@通報されて首都郊外の親戚の家に避難中:04/06/24 19:01 ID:???
ちょっと反抗的な態度を見せたら警察がきやがったよ・・・
まあ何とか逃げたがな、首都を少し離れた小さな村の親戚の所に逃げ込んだが
やつらまた来やがった!しかも残り少ない少ない食料を取っていきやがった!
なんか来ている服が少し違ったがもう許せん!
都合のいいことにこの逃げ込んだ村には少しだけ武器がある、近くの同じように襲われた村と同盟を組んで
新政府軍を叩きのめしてやる!

なに新政府軍が警備やケアをしに来た?自分達からやっといてなに言っとんじゃ!
先制攻撃だ、みんな行くぞ!!

【ちなみに兵力は140人前後です、旧政府軍の策略にまんまんとはまっております】

295 :叛乱軍総司令部:04/06/24 20:15 ID:???
敵の外国義勇軍殲滅作戦に航空兵力を投入する。
効果には疑問があるが心理的圧迫にはなるはずだ。

それと敵の第一師団の状況はどうなっている?
攻撃は続いているかな?

296 :大佐:04/06/24 22:06 ID:???
>>295
西部戦線に展開中の我が軍は、旧前線にあった都市を制圧した時点で進撃を停止しています。

それにしても、地名がわからないのも不便ですな…。

命令です(極秘)
先日編成した2個兵站大隊を、それぞれ西部戦線、東部戦線の後方に配備。補給を円滑に進めること。
歩兵1個大隊はこれより「第1首都防衛大隊」とし、臨時首都防衛にあたれ。

297 :叛乱軍総司令部:04/06/24 22:14 ID:???
ふうむ。旧政府軍の軍は停止しているか…

ならば今のうちに後顧の憂いを絶っておくべきだな。
それにしてもこんなに集中攻撃しておるのに
義勇軍にどれだけの損害を与えたのか、
良くわからんか…ゲリラ狩りは難しいわい。

まあ四連装23ミリの掃射を受けては、数えることができる
死体が残らないという理由もあるだろうが…。

298 :対外広報部$:04/06/25 00:04 ID:???
>>296 大佐殿、状況は最悪。敵の航空兵力に捕捉され、師団の一部が空襲に
   より損失を被った。 夜は今まで以上に苛烈な奇襲を反復して仕掛け
   られ、昼は敵航空機が的確な場所へ爆撃を行って我が隊を苦しめている。

   敵側のゲリラハント能力は一流だ。こちらから打ってでることも出来ず、
   物資徴発や補給部隊襲撃も全て阻止された。昼間は航空機をガイド
   して爆撃指示もやってるに違いあるまい。恐ろしく優秀なヤツラだよ。

   そちらに合流できる頃には、我が師団は半分以下も残ればいい方かも
   知れん。だが核弾頭とスカッドVだけは死んでも敵の手には渡さない。
   生活村の予備役少尉殿、よろしく頼む。村娘は処分して埋めさせた。

299 :工作員@旧首都郊外に避難中:04/06/25 00:06 ID:???
             もっと上のほうにD国?


      /~~\___
   _/ へ A  \
_/@   へ     |       ___
 ※※   へ    /     /     \____/
 へ※※     B\__/ C  へ      |
 へへ※※※               へ     |
A へ※  ※※       へ    へ      |  B国
国 へへ………※※※      へ        へへ
 へへ  E へへ※※※※       D ※へへ
  へ       へへへ※※※ ※ ………※※へ
 へ           へ へ※※※※…   ※※※※へへ
へ         へへ※※※へへへ※ G   ※へ
     H      へ F へ    ※※    |
          へ        へ         | 
            へ へ              へ
            へ                へ
へ       へへ   I            へ
へへ     へへへ          へへへへ
へへへ   へへへへへ    へへへ   へへへ
  へへ Jへ    へへへへへへ    へへへ
    へ  へ             ※=森 ○=都市 ◎=各首都
      へ        C国    へ=山・山脈 …=前線

解りやすいように番号振ってみました。

300 :工作員:04/06/25 00:09 ID:???
ちょっと勝手に設定
A某研究所がある。
B工業が発展している。わが国最大の港がある。
C臨時首都
F反政府軍首都
H広大な平野のため郊外では遊牧が盛ん。
IT-72神の総本山
JC国に近いことからC国人が多い。

301 :工作員:04/06/25 00:10 ID:???
気に入らなかったらスルーして進めてください。

302 :対外広報部$:04/06/25 00:13 ID:???
301>>GJ!! SUNKS!! 第3外国人義勇兵師団の現在位置は…Hの真西側の山中です。

303 :外務省職員:04/06/25 00:59 ID:???
>>283
大佐、水面下で進めていたD国との交渉ですが、
D国は補給物資の提供と引き換えに、我が軍の
軍事技術の譲渡を要求してきています。
要求に応じますか? 
交渉が長引けば、敵に察知される危険性があります、
できるだけ、お早い御決断をおねがいします。

304 :予備役少尉@生活村:04/06/25 01:36 ID:???
>>289大佐殿
そういや、そーでございました<両軍現代ソ連
自分も、あまり詳しくないのがナンですが(w
装備は、AK47を全員配備、RPGを少量支給して頂き、
既存のM14数丁は狙撃兵用に継続使用、とさせていただきます。

(以下、外人師団の連絡役とは合流ずみとして進行。
 現在位置は、Hおよび外人師団の横軸から2コ上の山(へ)です)

これ以上、我々だけで進むのは危険だ……何か指示はないのか?
連絡役:「本隊との連絡が取れません!」
退役軍曹:「爆音が発する方角からも、
外国人義勇兵師団が攻撃を受けていると考えるべきでは?」
やはり、そう考えるのが妥当なのか。クソッ!
で、我々がこのまま南下を続ける価値はあると思うか?
退役軍曹:「この戦力では戦局に大きな影響を及ぼすことはないかと」
連絡役:「同感です。戦況も、本隊を攻撃している敵の規模も解らない以上、
迂闊に動くべきではありません」
だが、友軍が攻撃されているのが解っていながら、
手をこまねいて見ている訳にもいかないだろう。
…よし! 各班散り散りに下山し近在の村々を襲撃する。
退役軍曹:「少尉!」
第3外国人義勇師団への攻撃を、わずかでも軽減させるのだ。
だが、これだけは厳命しろ。駐屯しているT-72軍の兵士以外は絶対に傷付けるな!

行動内容:連絡役と少数の兵を残し、班単位(20名前後)で下山。
手近な村に派遣された教団兵や役人を襲撃。

305 :名無し三等兵:04/06/25 17:20 ID:???


      
       [ |,,★,,| ]      [ |,,★,,| ] 
     <丶`∀´>      <丶`∀´>戦争のドサクサ中でもなければこんなコトできないニダ!
      (  つ ∧_∧  (  つ ∧_∧
    (((( ,ィ⌒( ;´Д`)  (((( (, ;´Д`)
     (_(__人__,つ 、つ (_(__人__,つ 、つ


306 :大佐:04/06/25 18:32 ID:???
遅れてすまない。レポート提出があってかなりヤヴァイ状況なのだ。

>>301
乙。非常に助かる。

>>303
やはり、タダでやってくれるわけないか…。仕方がない、背に腹は変えられぬ。
軍事技術の提供を行うから、武器弾薬食糧その他の物資の提供を頼みたい。
それと、同盟条約も結びたいが…。不可侵条約でもいいが。

命令(極秘)
西部戦線の部隊は補給物資が届き次第、再び前進を開始し、第3外国義勇兵師団との合流、
敵ゲリラ狩り部隊の殲滅を行え。それと、敵防空軍の正確な位置を確認せよ。
また、航空隊及び砲兵部隊は位置報告をもとに敵防空軍を爆撃、砲撃し、敵の防空システムを
ダウンさせよ。

307 :外務省職員:04/06/25 19:25 ID:???
>>306
承知しました、引き続きD国との交渉を行います。
それと、新たに同盟条約締結に向けて交渉を開始します。


308 :叛乱軍総司令部(宣伝放送):04/06/25 20:02 ID:???
「外国義勇軍の諸君!今の自分たちの状況をよく見てみたまえ。
始終やまぬ砲爆撃、じわじわと狭まる包囲網、不足する物資、
諸君の直面する状況は絶望的である。
しかし諸君はその精神力を以ってこれに耐えている。
これは賞賛すべきものであろう。
だが諸君、諸君は何の為に戦っているのか?
大元帥の為か?旧政府の為か?
諸君の生命と引き換えにするだけの価値が、それらにあるのか?
よくよく考えてみたまえ。T-72神は寛容である。
諸君がその武装を我々に引渡し、降伏するのであれば
諸君の生命と安全は保障する。繰り返す。よくよく考えてみたまえ。」

309 :旧首都に住む凡人:04/06/25 21:01 ID:???
所詮、戦闘などろくにしてもいない民間人を集めた寄せ集めの民兵組織だ
鍛えられた兵士達にはかなわん
140人前後いた部隊も半数以下だ・・・
まともに戦っても勝てるワケがない、旧首都のスラム街に一度逃げちまちまとテロでもするかの・・・


310 :大佐:04/06/25 21:10 ID:???
>>305の写真を見て)
むう、これは…。偵察部隊が偶然見つけたとのことだが、反乱軍の兵士ども、
こんなことまで…。よし、これを大量に印刷して、敵軍やその支配地域の住民にばら撒け。
奴らの士気はおおいに下がるだろう。あ、もちろん、被害女性にはモザイクをかけてな。

311 :大元帥 ◆tr.t4dJfuU :04/06/25 23:06 ID:???
1日くらい祭りでもするかね?

312 :叛乱軍総司令部(宣伝放送):04/06/25 23:10 ID:???
国民諸君!我が国内で大元帥派の残党と
それに操られる愚か者共が卑劣な策動を展開し、
我が神軍の栄誉を汚さんとしている。
騙されてはならない!奴等は無辜の民に暴虐を働き、
それを我が軍の行為として喧伝している。
かかる恥ずべき行いには必ずや神罰が下るであろう!

Объект!

313 :大佐:04/06/25 23:36 ID:???
>>312に対する宣伝放送
反乱軍どもはああ言っているが、そもそも躍起になって我々に罪をなすりつけようと
しているのは明白である!この写真がそれを証明している!ここに写っている2人の兵士は
軍データベース照合の結果、反乱軍に参加しているジョー・グリーン上等兵と
イワン・アレクセイ一等兵であることが判明した!所詮、反乱軍の目指していることは
この程度である!しかも、それが判明した途端、高潔な戦いを遂行している我々に
罪をなすりつけるという、外道な集団だ!懸命なる国民の諸君!正義は我らにある!
さあ、今こそ立ち上がる時だ!鬼畜な反乱軍どもを一掃しよう!

>>311
いいですな。しかし、私はレポートという悪魔に追い回されていて、あまり参加できないかも
しれません。明日の午後あたりならば平気でしょうが、それ以降は…。他の者たちにも
尋ねてみてはいかがですか?

314 :新米少尉:04/06/26 00:34 ID:???
本日づけで正規軍に参加させていただきます。

315 :大佐:04/06/26 00:40 ID:???
>>314
そうか、期待しているぞ。早速だが、君には少数の部下をつけるから、東部戦線へ
行ってゲリラ戦を展開してもらいたい。ゲリラ戦部隊は西部戦線にしかいないのでね…。
また、首都周辺で住民が反乱軍に反旗を翻したという情報も入ってきている。
できれば、彼らとも接触してほしい。なに、安心したまえ。経験豊富な軍曹をつけるよ。

316 :対外広報部$:04/06/26 00:46 ID:???
>>308 クソどもめが!! 我らは死兵!!死に向かって銃弾と共に突撃を繰り返す
   死兵なり!!契約期間を満了するまではゼウスが相手でも降伏の文字は無い!!
スカッドV発射準備完了!化学弾頭装填完了!…発射!! ズシャァァァッ!!!

>>305 やばい、うちの連中かもしれん…

>>306 フハハハ!もはや峠は越えた!!核弾頭とスカッドVは迎えの味方の手に
   渡るも同然だ!! 我が師団は500人の獰猛なる韓国人歩兵と28台の
   テクニカル攻撃車両をもって敵の対ゲリラ部隊を殲滅するべく、反撃を開始する!!

>>309 素人が出しゃばってもいいことは無い!自分の家を守れ!!



317 :新米少尉:04/06/26 00:51 ID:???
大佐、了解しました。
直ちに任務を開始します。


318 :大佐:04/06/26 00:53 ID:???
ダラー殿、なんか性格変わってるような気がするのだが…気のせいか?

319 :対外広報部$:04/06/26 00:59 ID:???
    ____
   /_____j      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   U ゚Д゚)`    <  総員配置につきました!!
   /_||∀||ヽ     \_______
  ┣(l⊃ヰ∩i≡i=━ 
   []___T_|]
    じ じ
           
    __
    [__l__     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (,,゚Д゚)    <  いかん、テンパッてしまった。攻撃開始ー!
   {~ii¶∀¶ヽ     \_______
   {(l⊃┫∩i≡i=━
   ‘[][]_T_|]
    じ じ


320 :対外広報部$:04/06/26 01:03 ID:???
  #7~~;*@`:;;;>,..,.,.,,.`;   ⊂( ̄ ̄ ̄ ̄ / ̄ ̄\) \×××××::`xメ××××××/\\
   从              ⊂ ̄ ̄⊂(´Д`; )  \  XXXX×xメ乂XXXX×××\\
        从         ⊂__ ⊂  // ̄ ̄\ \  ××××××=@;`:..,,>x #(XX
   / ̄ ̄\      ∧_∧  ⊂( ̄ ̄ ̄(; `〜´)つ \ ×××××××××   \\
   |___ |     ( ;´Д`)    ̄ ̄ ̄  / ̄ ̄\   \ ;;./, ××××××××  \\
   (; ・∀・)     (つ   )つ        (´ДT  )     \ //×××××××#";;` \\
  ( つ   )つ    人   Y   ⊂⊂ ̄ ̄     つ)つ    \//××××××××××\\
   人   Y      しヽ(_)       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄\   \××××××××××‖‖
   しヽ(_)   / ̄ ̄\足がぁぁ!! ⊂( ̄ ̄ ̄ つ(  ^^ / ̄ ̄\  \  ××××××××‖‖
           (;;`Д´)        ≡≡    ⊂ / ̄ ̄(;;`Д´)つy== \ ××××##';;*@ ‖‖
     ※∴ξ ̄ ̄ ̄ つ)つ          ≡≡⊂(_y=====^-____つ  早く!\メ ×××××|‖
 ';;`;.,,,%'[    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              ≡≡       ∧∧      ∧_∧ \ ××××Xx\
     从 ※∴    ∧_*      `;:+;;.<."'(-~≡≡ ∩  (;;,゚Д゚)つ    (´Д`; ) \###××××|
    从从       (;゜Д∴”            ≡≡⊂( ̄ ̄ ̄ ̄)つ    (つ   )   |XXXXXXXX
   '!";;+.,/{:;>     (*   )つ        ;`'..<;;;;:@;"             / / /  //xXXxxx’;‘X
  /;;`[:;;.../,/.*    人  *                            (_(_)       XXXXXXXX
 ';;;`:"#..<;;`:;;:;     しヽ(_)       ※*つ        () ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)          从xXメ×x乂

321 :対外広報部$:04/06/26 01:07 ID:???
        /___ヾ〜
        ( ゚ー゚ )〜  いまだ、C中隊前進!
   ・='三]三ヽ=/⌒\      
     ⊂ノノ⊆|___ノ ,,〉
         /⌒_ ̄ `´ヾ                
         \、 ,>⌒ソ )         
       ̄| ̄ ̄,ゞ ヽ /_,」'__            
         ̄| ̄ ̄ ̄<' ヽ、..::|
          ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
         __  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
        /___ヾ〜 ̄ ̄ ̄ ̄|
獲物はどこだ? (゚∀゚  )〜  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    ・='三]三/⌒ ̄\ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     ⊂|___.ヘ   ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|         
          ヾ、、,、ソ、.  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    
         /⌒_ ̄ `´ヾ   ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   
         \、 ,>⌒ソ \   ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
          ,ゞ ヽ, ヽ、、 ,)    ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      
           ̄ ̄   ,ゞ ヽ,     ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_

322 :叛乱軍総司令部(宣伝放送):04/06/26 01:08 ID:???
「先日、我が軍は敵『外国義勇軍』の勢力が化学兵器を使用している
証拠を入手した。彼等はなんとスカッドミサイルの移動発射機を保有し、
これを投射手段に用いて我が軍を攻撃している。
いや、単に我が軍をこの卑劣な手段で攻撃するに飽き足らず、
周辺地域の住民をもこの悪魔的兵器で虐殺しているのである。
この件について我が軍は旧政府側を強く非難するとともに、
これを支援せんとする諸勢力に警告する。
彼等は冷酷非道のテロリストである。それらを支援することは
即ち戦争犯罪と呼んでも過言ではない、と。」

323 :名無し三等兵:04/06/26 01:11 ID:???
===================================================-
    | ̄\         ||
    |(*)| _____凸____    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    \         |\  ∧_∧\  < 戦犯に…死を!!!
      \       |  \( ・∀・)\   \________
         \    \___\ _ ) \
  _______/      \  ̄ ̄ ̄\_____
 // ̄\ ̄ ̄ ̄\ ̄\      \__  \  ̄\ ̄\\
  ̄ \((器)) \((器))  \ハインドD |     |\((器))  ̄
                  \__ |_____|
ダダダダダダダダダダダダダダ           ダダダダダダダダダダダダダダッ
       \ \   \  \           \  \ \\
       \ \\   \\\           \\  \\\
         \\ \   \ \\          \\ \ \\
          \\ \\  \\ \          \ \ \\ \


324 :対外広報部$:04/06/26 01:26 ID:???
,.                            
 ;.::: :.;'   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   
   .    | おとなしく武器を捨てて降伏しろ!! お前も俺達も汚染された!!
:;' :;,;. '   \_______  ________   :;
            ;        V                 ,  
 .  ,             ,-‐‐-、        ,-‐-、   .; (;,:::: ノ;:,"  
;;, ;,.  ':;;, ,  .  ,     i___:;i        i___.:;i , .   (::; ,  ;:,.);,: 
; ;,:从;; ));,. :,. :;'   ; ' : (,´Д`,)   " . (,゚Д゚,)    ;:  . ,
;:); .;;;;, ;:从 " ;:. .   ,  ( ioi , ;ヽ '     (つニサ∩== . ;,. ;,. ;::: "
:;,: 人 ;:,  :"::;,,';:.,  , .   ヽ ○) ン  , .  O  :;| , `  ;:从;: )):.. .;,
从:::; (( ;,,.:; 从 ;;;,; ´ . .,,,;;....,|  i :;ノ  ,...   ,   `J  ' .".: ;(( .;;: ::,"从;
;;;;;;ノ ::'',;.;::ヽ;;;,; )) ;:从;, '.,;,. ,..(_,_;;),; " ' ;" ;;:. , ;.,;;. ;.从;,.:; 人:;,, ;ノ. ,..;




325 :工作員@民兵のフリ:04/06/26 01:45 ID:???
>>309
山岳越えをして正規軍部隊に助けてもらおうよ。
首都戻っても捕まって死刑にされるだけだぜ。

326 :マリア様が見てる憲兵伍長@西部戦線:04/06/26 02:39 ID:???
くそったれ、奴ら滅茶苦茶撃ってきやがる。統制も何も有ったもんじゃねぇ。
『2班、ユーリー!側面へ回れ!援護する!』
了解、曹長殿。っと、遮蔽物遮蔽物…お。
いくぞ、2班。2時の方向、50m。松とダケカンパのブッシュだ。全員で一度にいくぞ。
シモノフ、タケシ、発煙なげろ。…いくぞ、3,2,1!

ヒューッ!危なかったな、みんな、怪我はないか?よーしよし。ヨシュア、RPGよこせ。
次はもっと大変だぞ。俺があそこの土盛りまで行くから、お前ら気合い入れて援護しろ。
いいか?じゃぁな。

ずりずりずりずりずりずり(匍匐前進)

「こちらユ―リー、曹長殿、側面を取りました。攻撃可能です。」
『よくやった。180秒やる。180秒だけ奴らを引き付けろ』
了解です。さって、と。よーし、行けぇ!(ZPAM!!)
おーい!お前らも打ちまくれぇ!(PAPAPAM!DADADADADAM!)

さて、あとは曹長殿とシルカタンにおまかせ…ん?
なんだ?この土盛り、いやに臭うな…まるで腐乱死体みてーじゃ…げ!
なんで民間人の、それもこんな娘の死体が!?
「曹長殿!」

327 :ベリヤ様が見てるお姉様@西部戦線:04/06/26 02:55 ID:???
「少佐殿、突撃準備整いました。よろしくありますか。」
すっかり陣容薄くなった我が混成憲兵中隊の隊列を前にした私に、憲兵曹長が声をかけた。
「よろしくありますか?よろしくない訳でもあるのか、曹長。」
自分の父親ほども年の離れた曹長に、無愛想な言葉を投げ付ける。
「聞いているだろう?奴らは我ら信者のみならず、その辺の女子供まで手にかけたのだ。
 そのうえ、毒ガスまで用いていやがる。もっと許せないのは、アレをこの母なる大地で
 使ったことだ。ええ?曹長殿。果たして奴らの罪は許せ得るのか?」
「少佐」
「いいか曹長、私はな、神と私と指令官殿のことさえ良ければあとはどうでも良いのだ。
 だからといって、女子供と大地と水を巻き添えにして平気でいられる連中を許せるほど
 心は広くないのだよ。」
「では、つまり。」
「ああ。やってやる。やってやるとも。

 総員聞け!
 諸君、現状はどう控えめに見ても地獄だ。奴らはとうとう毒ガスまで用い出した。
 まぁ、私は平気だ。地獄は故郷のようなもの。なんとも心安まる。それに私には
 未だ打ち破るべき敵も残っている。しかし、諸君に私の帰郷に付き合う義理はない。
 それでも、私とともに神に従うというのであれば、仕方がない。
 ここに残れ。隊列を整えろ。弾薬を装填し敵を探し出し、討ち滅ぼせ。
 Объект !」

328 :随伴対空派プーチン様が見てる主義虹化閥 :04/06/26 03:13 ID:???
防空軍戦況速報

南部戦線に配属された第1【混成憲兵中隊】が、先日来より報道されている
民間人女性暴行事件の被害者の遺体を発見しますた。画像転送しまつ。
西部戦線に配属された第2【混成憲兵中隊】が、敵3Div.REG.I.に突撃を開始しますた。
交戦終了後、第3【混成憲兵中隊】に収容させまつ。
敵山岳ゲリラが散開して下山を始めた模様。第2【混成憲兵中隊】予備に哨戒させていまつが
フォロー不能でつ。至急、歩戦共同部隊を増援されたし。規模は1個大隊が至当と認む。送レ。

【S-300-ABM】誘導プログラム、および弾頭の開発が完了しますた。
アップデートパッチの配布と、弾頭の配備をはじめまつ。
アップデートパッチ適用後は、専用弾頭でなくとも弾道弾の迎撃が可能でつ。
撃破確率は通常弾頭で25%(攻撃力=2D6x3の平均値x%)、
専用弾頭で58%(攻撃力=2D6x3の平均x2x%)でつ。
弾頭配備は首都防空群より優先的に行いまつ。

329 :工作員@民兵と一緒:04/06/26 03:16 ID:???
うーむ・・・よく考えるとまずいな。
「大量破壊兵器使用をした!」
とかいってとある国がいろいろ言わなければいいが・・・

あと流石に山岳越えは厳しいので新米少尉あたりに途中で拾って頂きたい。

330 :叛乱軍総司令部:04/06/26 04:35 ID:???
 現在の我が軍の戦力

戦車部隊
 戦車旅団所属
  第1戦車大隊
  第2戦車大隊
  機械化歩兵大隊
 一般師団所属
  第1師団:第3戦車大隊>第5師団に移管
  第2師団:第4戦車大隊
  第3師団:第5戦車大隊

331 :叛乱軍総司令部:04/06/26 04:37 ID:???
歩兵部隊
 第1師団
  第1旅団>第1旅団「V・I・レーニン」
  第2旅団>第2旅団「N・S・フルシチョフ」
 第2師団
  第1旅団>第3旅団「L・ブレジネフ」
  第2旅団>第4旅団「Yu・アンドロポフ」
 第3師団
  第1旅団>第5旅団「K・チェルネンコ」
  第2旅団>第6旅団「M・ゴルバチョフ」
 第4師団
  第1旅団>第7旅団「F・ジェルジンスキー」
  第2旅団>第8旅団「ヤーゴダ」
 第5師団
  第1旅団>第9旅団「N・エジョーフ」
  第2旅団>第10旅団「L・P・ベリヤ」
予備隊
 機械化師団
  第1師団第3旅団「B・エルツィン」
  戦車旅団「J・V・スターリン」


332 :叛乱軍総司令部:04/06/26 04:44 ID:???
訂正:第1師団第3旅団>第11旅団
    戦車旅団>第1戦車旅団

編成替えの度に名前が変わるのも面倒なので旅団に
通し番号と愛称を付けました。

追加情報:我が軍は新たに2個歩兵旅団を編成。
内第12旅団「V・V・プーチン」を第4師団に、
第13旅団「マレンコフ」(独立)を予備隊に追加します。

極秘命令:第1機械化師団は西方地区に移動、
分散配置にて待機。なおこの地域に南部に配置してあった
S-300二個中隊を野戦防空中隊二個と共に配備。
部隊の防空に当たらせる。

333 :対外広報部$:04/06/26 06:19 ID:???
「外国人義勇兵戦力統合化計画」…今戦役が始まる以前、外国人義勇兵もとい
各国各地域より雇い入れた傭兵たちは2万人いた。今ではそれが3千人を切る
程度にまで減ってしまった。 シャープの奴め、こんなミサイルに頼るから…

本日0620時をもって、第3外国人義勇兵師団は味方との合流を果たした。しかし、
指揮官の予備役少尉は未だ未帰還、老齢の退役軍曹と数人の少年兵、先行した
サル族の青年から話を聞くかぎりでは、地獄の本番はこれかららしい。戦犯もばれてた。

核弾頭を積載したトレーラー1輌とスカッドV1輌を本隊より切り離し、
新首都へ出発させる。臨時編成の1個中隊を随伴させる。
外国人義勇兵師団は山中にゲリラ活動の拠点を構築し、徹底抗戦の構えをとる。

334 :対外広報部$:04/06/26 06:53 ID:???
シャープはこの国の政府人だからか、大元帥への忠誠心をやたらと強調していた。
でも正直言って、兵を鍛えあげることにはフューラーもカイザーも不要なのだ。
教官が居て、兵が居て、軍になる。産みの苦を味わった私にとって、兵は自分の子供も同然だ。
現存兵力の把握
歩兵900人 自動小銃 携帯ロケットR 少数のノクトヴィジョン 携帯SAM
74式戦車6輌 装輪装甲車8輌(対人レーダ搭載) 兵員輸送車5輌(ウニモグ)
テクニカル軽攻撃軽車両10輌(12.7o重機関銃) 液化トキシン放散車両4輌(毒ガス)

旧ソ製対空戦車6輌(4連装30o機関砲) レーダー車両2セット 指揮通信トレーラ1輌
スカッドV2輌(爆薬弾頭36発 化学弾頭6発 )

態勢を整えたら反撃を再開する。敵の注意を核トレーラに向かわせるな。
クリアな通信状況を維持しろ。連絡に気づかず逃げ遅れればトキシンの餌食になるからな。

335 :3Div.REG.I:04/06/26 07:17 ID:???
「ちくしょう、やっぱり怖いよ。もう国に帰りたい…」
煤けた天幕の中では涙目の兵士が若い娘に盛んに腰を打ちつけていた。
娘は十代の半ばといった容貌だったのが、もはや顔に精気は無く、無表情で
天幕の屋根を見つめながら、体を兵士になされるがままになっていた。

天幕の外には順番待ちの兵士たちが座り込んでいる。無駄口を叩くでもなく、
ぼんやりする者、祈る者、喫煙する者、各々のやり方で自分の番を待っていた。

明日にはみんな死んでいるのだ。 前後から敵を毒ガスで追い詰め殲滅する。
…逆だ。俺達が包囲殲滅されるんだ。必要な全てが欠乏し、あるのは毒ガスだけ。

射精を終えた兵士は娘の胸に顔を押し付け小声で泣いた。「死にたくないよ…」
娘は何も答えなかったし、何もしなかった。 最も無慈悲な復讐だった。

336 :首都在住の厨ですがなにか?:04/06/26 08:22 ID:???
http://kendo21.s35.xrea.com/z_hozon/apache.mpeg

Aとの国境でやってる山岳戦、マジですごいよ。
教団側の攻撃ヘリが外人部隊の脱走兵をミンチに
してる。 ゲリラ狩りにBC兵器使ってるって噂
ホントでつか?



337 :新米小隊:04/06/26 12:56 ID:???
>>329
了解しました、合流に向けて部隊を移動させます。

338 :アミャリカ合衆国大統領:04/06/26 13:03 ID:???
NBC兵器を使用した内戦など我が国の安全保障の観点から見て看過出来るものではない、直ちに空母2隻を中心とする機動部隊と陸軍と海隊隊の二個師団を急派する。
(15レス以内に到着)

339 :叛乱軍総司令部:04/06/26 14:18 ID:???
我々がゲリラ狩りにBC兵器を使用しているのではない。
山にこもるテロリストどもが使用しているのだ。

それにしても敵は浸透突破を図ってきたのか?
政府軍側の攻撃が始まったと言う報告も、
我が第2師団が撃破されたと言う連絡も無い。
これは敵側の欺瞞情報か…?
(戦況報告はきちんとして欲しいです。>大佐殿)

340 :アミャリカ合衆国工作員:04/06/26 15:26 ID:???
さて…T-72教徒に接触するか…機動部隊の展開の前にNBC兵器の場所を特定しなけりゃあな………それにしてもT-72教徒の反乱を支援するとは我が国も変わったものだ…。

341 :叛乱軍総司令部(親書):04/06/26 15:36 ID:???
大統領閣下。我が軍は大元帥の無謀なる計画、
核武装とBC兵器の開発を阻止すべく立ち上がりました。
彼等は核兵器で周辺諸国の介入を阻止した上で
BC兵器を以って我が教団の信徒達を皆殺しにする
意図でありました。
実際彼等は諸外国からならず者どもを多数招きいれ、
これにBC兵器を含む武器を与えて我が国民を苦しめております。
貴国の支援が実現した暁には、我々は必ずやこの
犯罪者集団を始末し、地域の安定化を実現する所存であります。
閣下とお国に神の恩恵のあらんことを。Объект。

(どうも最近旧政府軍側をボロクソに言い過ぎておりますが、
あくまでもネタの中の話ですのであしからず…)

342 :工作員@民兵と一緒:04/06/26 15:44 ID:???
ヤバイ。宇宙ヤバイ。(ry
反政府軍側が非人道的なことを行っていたという証拠見つけないと・・・
その前に顔知られちゃったから整形しないと。
ついでだからイケメンにしてもらおう。

>>337
ありがとうございます。

343 :大佐:04/06/26 15:48 ID:???
港にて
補給担当官「D国から補給物資が到着しました。食糧はもちろん、AK47を5000丁、RPG、携帯SAMも
     それこそ余るほど購入しました。しかも格安で…。まあ、軍事技術の提供があってこそですが…」
大佐   「すぐに前線の部隊にまわせ。特に西部戦線へな。西部戦線の部隊は補給を受けたらすぐに
     前進せよ(3レス後)。それにしても、大国アミャリカが首を突っ込んでくるとはな…。
     最大のキリスト教国家がまさかT−72信徒過激派に協力するとは思わなかった…」

(極秘)3レス後より、西部戦線に展開中の我が軍は前進を再開、都市Hの奪回を目指せ。敵第2師団は司令部こそ
壊滅したが、主力部隊は残っている。まあ、外国人義勇兵師団によって損害を受けているが。

(極秘)東部戦線には敵部隊の早期撃破を求める。膠着している状況を打破せよ。

(極秘)諜報部および外務省、海軍はアミャリカ合衆国の動向に注意せよ。空母2隻と海兵隊2個師団が
こちらに向かっているという情報がある。

BC兵器か…。別に使用禁止条約を批准しているわけではないのだがな…。まあ、
いざとなったら責任は…。

344 :アミャリカ合衆国工作員:04/06/26 16:24 ID:???
>>341私が大統領の使者として派遣された者であります、我が国としてはNBC兵器の破壊と貴軍への兵器類の援助を考えております…海兵二個師団は取り残された合衆国国民の保護、そして旧政府が攻撃してきた場合の反撃を想定しております

345 :アミャリカ合衆国工作員:04/06/26 16:30 ID:???
海兵二個師団が港を確保したら直ちに援助物資を陸揚げします、とりあえずの内訳はM-16が5000丁各種車両が500輛、戦車はあなた方の教義に反しそうなので見送らせていただきました…あと許可さえ頂ければ空軍も展開する準備があります

346 :旧首都に住む凡人:04/06/26 18:29 ID:???
>>337
正規の軍と合流できればなんとか切り抜けそうでつね、ありがとうございます
よくばりをいえば食料もくれればうれしいんですが・・

>>342
その顔でも十分イケメンだとおもうぞ?


347 :叛乱軍総司令部:04/06/26 19:00 ID:???
 >>344
我々の支配地域にいる合衆国国民の安全は保障する。
勿論その信仰は問わない。空軍の展開については
基地の制約もあるのでそちらが適当な空港を占拠した場合
認めることにする。

命令:航空部隊は都市Eに対する攻撃を強化せよ。
第13旅団「マレンコフ」を予備隊の機械化師団に編入する。
旅団は同師団展開地区後方で待機。

348 :新米小隊:04/06/26 20:25 ID:???
大佐、新米小隊から報告します。まもなく我が小隊は民兵の部隊と合流します。
そこで、合流後の新たな指示をください。指示がない場合は当初の作戦通り、東部戦線にてゲリラ戦を展開します。

また、合流ポイントへ移動中、敵のゲリラ部隊と遭遇、敵の殲滅には成功しましたが、部下が一名が負傷しました。

>>342
>>346
了解しました。合流後、食料の供給、負傷者の救護はさせていただきます。

349 :大佐:04/06/26 20:48 ID:???
公共電波を使って放送
「アミャリカ合衆国艦隊に告ぐ。我々は貴国と敵対する意志はない。貴国民の安全も
保障する。よって、すぐに艦隊を引き上げなさい。貴国は他の宗教を認めないテロリストを
支援するのか?偉大なるアミャリカ合衆国がそのような愚挙を行わないよう、我々は切に願う。
また、我が国の反乱軍討伐は国際的にも認知・承認されている。反乱軍を支援するということは
全世界を敵にまわすことである。どうか、そのような事態にならないよう、軽率な行動は慎んで頂きたい」

>>348
特に新たな指示はない。強いて言えば、地元住民を懐柔することぐらいだ。

敵も都市Eの奪回作戦を展開してきたか…。都市H制圧は困難を極めるな…。
(極秘)西部戦線の部隊は都市Eを死守せよ。

(極秘)稼動可能な海軍艦隊(巡洋艦5、駆逐艦7、輸送艦4)は領海を巡視、
アミャリカ艦隊に備えよ。もし領海内に進入した場合、警告を与えること。
現地司令官はアミャリカ艦隊司令官と交渉を行い、戦争は避けること。必要ならば、
アミャリカ国民の避難に協力し、彼らに引き渡す用意があると伝えよ。

350 :外務省職員:04/06/26 20:49 ID:???
アミャリカ合衆国の行為は明らかに我が国に対する侵略行為です。
直に、我が国に進行中の部隊を撤退させてください。

大佐、このアミャリカ軍の暴挙を周辺国家に伝えて救援を求めてみます。

351 :大佐:04/06/26 20:53 ID:???
>>350
任せる。しかし、A国は漁夫の利を狙うくらいだ。むしろこの動きを歓迎している
かもしれんな。B国は争いを嫌がっていたから、非難決議は出すだろう。D国もな。
C国だって戦争が拡大するのは望んでいないはずだ。正義はこちらにあるさ。
全世界の国家で我々を支持しているのは、8割もあるのだからな。

352 :アミャリカ合衆国大統領補佐官:04/06/26 21:27 ID:???
(極秘)大統領閣下、あのような放送をお気になさることはありません!かの国の地下に眠る膨大な資源を手に入れるためには多少の非難は止むを得ないでしょう…在留国民もNBC兵器も名目に過ぎません、彼らがNBCを使わなければ標的は反乱軍の予定でした

353 :アミャリカ合衆国大統領:04/06/26 21:37 ID:???
旧政府側がNBC兵器の破棄並びにNBC兵器を使用した上罪無き民衆を虐殺した者を引き渡すことを要求する、我々は妥協しない!拒否した場合は展開した海軍及び海兵隊によってNBC兵器の破壊及びNBC兵器を開発することを指示した指導者層の除去が行なわれるだろう

354 :叛乱軍総司令部:04/06/26 21:38 ID:???
アミャリカ軍の上陸はまだ始まっていないな。

機械化師団のマレンコフ旅団を南へ。

355 :アミャリカ合衆国機動部隊司令:04/06/26 21:41 ID:???
(極秘)全航空隊へ、交渉は不成立になる可能性が高い、我が艦隊の第一目標は敵の海軍である!前大戦のように敵の艦隊をことごとく葬りさるのだ!ちなみに今作戦のコードネームは「イーグル・クロウ」である。

356 :アミャリカ合衆国工作員:04/06/26 21:47 ID:???
(極秘)T-72教徒軍司令へ、我が艦隊の攻撃は間近であります!艦隊の攻撃と同時に特殊部隊がNBC兵器の発見及び後方撹乱に降下いたしますのでくれぐれも敵と誤認しないでください、海兵隊の上陸は敵艦隊の除去後になります。

357 :叛乱軍総司令部:04/06/26 21:57 ID:???
了解した。我々は義勇ゲリラ軍への攻撃を強化し、
BC兵器の発見に努める。同兵器は発見次第そちらに引き渡す。

358 :工作員@民兵と一緒:04/06/26 21:58 ID:???
下山できたらアミャリカ大統領の女性問題とか贈賄とか
見つけてみようかな?それとも反政府軍の証拠か・・・

>>346
自分ではそう思ってなかった・・・
まあ国の金で整形できるんだからかっこよく
そして女の子にモテモテでうっはうは・・・ゲフンゲフン

359 :大佐:04/06/26 22:17 ID:???
>>353
そちらの条件を呑もう。NBC兵器の廃棄および使用したダラーをそちらに引き渡しを
行う。ただし、開発したのは隣国であり、我々にその責任はない。そちらの要求は
受け入れた。ただちに撤兵すべし。

(部下に対する弁論)
ダラー殿を見捨てるわけではない。これまでの働きには感謝している。しかし、
アミャリカが参戦すれば、いかに正義が我らにあるとはいえ、勝てる見込みは少ない。
屈辱的だが、受け入れるしかなかったのだ…。

命令
第3外国人義勇兵師団司令官のダラー氏は、ただちに臨時首都に出頭せよ。後任司令官を
指名してくるように。また、NBC兵器も首都防衛大隊に引き渡すように。


360 :叛乱軍総司令部:04/06/26 22:34 ID:???
いまや機は熟した!

機械化師団、都市H包囲に当たっている敵軍の側面を迂回、
都市E攻略作戦を開始せよ。外国義勇軍との合流を図る
敵軍の交通線を遮断し、南部に孤立させるのだ!

第4師団はプーチン旅団のみを首都に残し、残りの全軍で
森林地帯を前進して敵の北部東西方向の交通線を脅威せよ!
アミャリカ軍の上陸を支援する。両方面での攻勢で敵を崩壊に追い込め!

これを「トロヤノフ作戦」と命名する。

361 :アミャリカ合衆国大統領:04/06/26 22:35 ID:???
政府側の賢明なる決断には称賛を惜しまない、攻撃は中止しよう…しかし展開した兵力はしばらく双方の虐殺やNBC兵器の使用がないかの監視のためとどめさせてもらう。(極秘)攻撃は一時中止、しかし援助物資と特殊部隊は影で運び込め。

362 :アミャリカ合衆国工作員:04/06/26 22:39 ID:???
(極秘)政府側がここまで譲歩するとは思いませんでした…しかし我々は監視の名目で海兵隊と物資そして特殊部隊は楊陸させてもらいます、我々が参戦するために政府側の軍服を着た部隊に海兵隊を襲わせるか政府側の一部部隊が暴走し我らに攻撃するような手筈を整えて頂きたい。

363 :大佐:04/06/26 22:40 ID:???
>>361
懸命な判断、感謝する。NBC兵器はそろそろこちらに引き渡されると思うので、
軍港にてそちらに引き渡す。使用したダラー氏には出頭を命じた。しかし、罪のない
市民を多数巻き添えにしたとはいえ、彼も祖国を思ってのこと。人道的な対応を求む。

364 :外務省職員:04/06/26 22:44 ID:???
大佐、今後このような事態が発生しないように周辺国家とガイドラインを結んではいいがですか?

365 :海兵遠征軍司令:04/06/26 22:44 ID:???
よし!上陸だ!政府側の抵抗?奴らが一発でも撃ったらそれが奴らの最後だ!
上陸したのち在留国民の確保と戦争犯罪の監視!撃たれたら報告しろ……すぐに海軍が航空機と巡航ミサイルで敵を天国に招待してくれる!

366 :大佐:04/06/26 22:47 ID:???
>>364
そうしたほうが懸命だな。よし、そちらに任せた。

(海兵隊上陸の報告を受けて)
何!アミャリカの海兵隊が上陸だと!約束違反ではないか!
彼らに許可したのは監視のための艦隊の駐留だぞ!
すぐにアミャリカ政府に抗議だ!それと、問題にならないよう、決してこちらから撃ってはならん!
これに違反した者は死刑だ!

367 :アミャリカ合衆国大統領:04/06/26 22:48 ID:???
>>363今後二度と過ちの無いことを祈る。
なおダラーの処遇だが彼は国際法廷に出されるだろう…罪状?虐殺及び大量破壊兵器を使ったことによる平和への罪だ。

368 :外務省職員:04/06/26 22:52 ID:???
海兵遠征軍指令、部隊の上陸を発見しました、条約違反です。
直ちに、上陸した部隊の退却を開始してください。

369 :アミャリカ合衆国大統領:04/06/26 22:52 ID:???
失礼、我が国の理解と貴国の理解が違ったようだ…「展開した兵力」の中には海兵隊も含まれているのだよ、彼らは在留国民の保護及び戦争犯罪の監視に当たるのだ。


370 :叛乱軍総司令部:04/06/26 22:53 ID:???
既に戦闘は始まっている。もはや止めようが無いのだ!
航空部隊、敵野戦軍を集中攻撃!機械化師団の突破を支援せよ!

Объект!

371 :海兵遠征軍司令:04/06/26 22:54 ID:???
どうも揉めてるらしいな…とりあえず部隊は現状維持!交渉次第によっては撤退もあるだろうから覚悟だけはしておけ!

372 :大佐:04/06/26 22:59 ID:???
>>叛乱軍総司令部殿
これ以上の戦いは無意味である。アミャリカ合衆国も派兵してきたこともある。
ここいらで休戦といこうじゃないか。誰も戦火を望むものはいない。
国境はEは我が政府、Gはそちらの政府を基準として、東西に並ぶ山脈にするのは
どうか?正式な話し合いが必要なら、アミャリカ合衆国政府、D国、その他周辺国も含め、
中立国家で会議の席をもとうではないか?


373 :叛乱軍総司令部:04/06/26 23:03 ID:???
(そうなるとネタがなくなるのではないかと危惧するが…)

交渉に応じよう。中立国での会議開催を希望する。
もしそちらから応答があれば、2日以内に停戦に入る。

374 :予備役少尉@生活村:04/06/26 23:04 ID:???
とある、すでに廃虚となった村に隠れながら。

まさか、こうも早く敵に捕捉されるとはな。
おい、キニスキー! 敵の規模はどうだった?
民兵A:「ざっと大隊規模ってとこですかね」
Holy shit! さっき合流したヨシフの班と合わせて何人だ?
民兵B:「80…83名です」
あー、もう! こんなんで戦えるか! 見渡す限りは原っぱ!
逃げるにしたって、どうすんだ? おい、誰か答えろ!

ヒューン……ドッカーン!!

どうした!?
民兵C:「チクショウ、あいつら撃ってきやがった」
民兵D:「死んだらー!」
民兵A:「少尉! 指揮を! 応戦の許可を!」
応戦? 応戦だって? バカも休み休み言え!
そこ! 建物から離れろ! 砲弾の的になるぞ!
撃つな! 撃つなって言ってんだよ、バカ!
敵が見えてねーじゃねーか!
おい、イワン! 各班長に繋げ。後退!

2時間後……村から離れ、みんな地べたに這いつくばりながら。

民兵A:「少尉、後方から……!」
おぉっ! 味方だ。第一師団が南下を開始したぞ!
RPGぶっ放して、こっちに気を引かせてやれ!
第一師団に餌をくれてやるぞ! ハッハー!

(生活村民兵隊、再度第一師団に合流します。
 しばし同行して、未帰還の約50名との合流を試みます)

375 :大佐:04/06/26 23:10 ID:???
>>376
ネタはまだきれませんよ。

(すごく極秘、大佐及び叛乱軍総司令官のみ閲覧可)
了解した。では、ただちに戦闘を停止しよう。そちらも停戦していただきたい。
無論、こちらもタダで休戦とは言わない。今回の戦いの原因、いわば戦犯である
大元帥閣下の身柄をそちらに引き渡す準備がある。
会議の開催はC国でどうか?

命令
全軍に戦闘停止命令

命令(すごく極秘)
首都防衛師団は、ただちに臨時首都司令部でふんぞりかえっている大元帥閣下の
身柄を拘束せよ。諸君らのいままでの訓練の成果が問われるときだ!

(独り言)
ふう、この日のために首都防衛師団を育ててきたのだ。やっと、無能な大元帥は失脚する・・・
FUFUFUFUFU,HAHAHAHAHA!

376 :大佐:04/06/26 23:12 ID:???
>>376じゃなかった、>>373でした。間違えてすいません

377 :新米小隊:04/06/26 23:14 ID:???
工作員さんこちらは、まもなくそちらとの合流が可能です。準備はよろしいでしょうか?
合流が完了しだい、負傷兵の治療、物資の分配を開始します。


378 :大佐:04/06/26 23:24 ID:???
首都防衛大隊兵士「大佐!大元帥を捕らえました!こちらです!」
大佐         「よくやった!どれ、様子を見てみるか」
 大元帥は縄で縛られ、身動きができないようにされていた。何やら「裏切り者」だの「恩知らず!」だと
叫んでいるようだが、大佐はそれを無視して兵士に言った。
大佐         「絶対に逃げ出さぬよう、私が設計した監獄に閉じ込めておけ。鍵は私しか持ってないからな」
首都防衛大隊兵士「了解しました!ほら、キリキリ歩け!」
 廊下に、大元帥の怒号がこだました。それを聞き、大佐はにやりと笑うのだった…。

379 :大佐の副官:04/06/26 23:24 ID:???
>>375
どうせあの狸のこと、いまごろ地下に潜伏しているでしょう。
こういったことに精通している工作員に一任してはいかがですか?
それに、彼と合流を果た新任少尉の部隊は我が軍の最精鋭です。
強引な手法を必要とする場面にも対処可能かと思います。
なにはともあれ、今後の交渉を有利に導くためにも、我々の手で大元帥を拘束せねばなりません!

380 :大佐:04/06/26 23:27 ID:???
>>379
ニアミスだったな。大元帥は無事、我々が確保できた。これで交渉は
うまく運ぶ。なに、愛国者の大元帥閣下のことだ、国の平和と発展のために
こうなったのなら不満はなかろう。

381 :叛乱軍総司令部:04/06/26 23:31 ID:???
極秘:宛機械化師団、これより二日後に停戦となる。
それまでに作戦を完遂せよ。都市の占領が難しければ
これを後続のマレンコフ旅団に委ね包囲させ、
主力部隊は敵の分断を急げ。

382 :元対外広報部$:04/06/26 23:34 ID:???
「ミス・ダラー、大佐より出頭命令が来てぞなもし。」
「出頭?戦争犯罪人?合衆国?全軍戦闘停止命令… バカな!!大佐はこの国
 を教団のやつらと分つつもりか!!!やはり首都に化学弾頭を打ち込むべき
 だったのか… この戦、長引けば亡国に至るとは私以外の誰も考えなかっと
 いうことか。」

「ミス・ダラー、部隊に戦闘停止命令を伝えるのかぞなもし。」
「…完璧な化学兵器使用の証人となりえるのは、憲兵中隊の連中だけのはずだ。」
「???何をするのかぞなもし?」

383 :元対外広報部$:04/06/26 23:42 ID:???
$「全幕僚を私の天幕へ集合させろ!!スカッドの責任者もだ!!」
ほどなくして、外国人義勇兵師団の幕僚は集合した。
$「時間が無いから簡単に説明するぞ。この作戦をもって我々は部隊を解散
  する。大元帥に最低限度の義理を果たしてそれぞれの家に帰るのだ。」
  
  作戦目標・1「旧首都に向けてスカッド対地ミサイルを撃ち込む。」
       2「戦闘地域より脱出し、兵はそれぞれの故郷に帰る」

384 :予備役少尉@生活村:04/06/26 23:50 ID:???
おい、ユーリー!
民兵A:「はっ!」
第一師団の援護はまだか? …ってか、近付いてねーじゃねーか!
クソ! オレたちは見殺しか!?
民兵B:「でも、敵も撃ってきませんぜ?」
そういやそうだな……よし、全員に待機を申し送れ。
ユーリー、こい! 通信機だ。さっさとしろ!

ピーガー…

こちら生活村義勇隊。第1師団どうぞー
……
現在、大隊規模の敵と対峙しており、師団の1キロ南に位置している。至急、支援を求む!
……
え? は? 停戦? おい、もう一回いってくれ!
……
了解!

停戦だ! 撃たれないぞ!
全員、規律! 第1師団に合流するぞ! 胸張って歩け! ファーッハハ!

385 :元対外広報部$:04/06/26 23:53 ID:???
$「戦車以外の火力を有する車両全てを使って、敵混成憲兵中隊を殲滅する。
  各車両には歩兵を乗せて攻撃に参加させる。全速力で敵中突破を強行し、
  敵背後に突出後は速やかに反転、現陣地へ全速力で戻ってこい。」

  攻撃に参加しない兵員は全員でスカッドVを防護せよ。敵航空機から
  スカッドを守るのだ。攻撃隊の出発と同時に旧首都に向けてスカッド
  弾道弾を連続発射。化学弾頭から撃てるだけ撃て!
 
  攻撃隊の帰還、もしくは全滅を確認後は液化トキシン放散車両を全て
  使って敵陣地へ突っ込ませろ。敵の制圧エリアを有毒物質で汚染して
  しまうのだ。奴らの証言は我々の戦争犯罪を立証する上で有力だ。

  一人も生かして帰すなぁ!!!解散、かかれぇっ!!!「MONA!」

386 :大佐:04/06/26 23:55 ID:???
>>384
予備役少尉殿、ダラー殿の部隊に何やら不穏な動きがある。停戦命令や出頭命令に応じないのだ。
忙しいところすまんが、ただちに彼らと接触、必要ならばダラー殿の身柄を拘束してくれないか?

>>アミャリカ合衆国殿
ダラーが出頭命令に応じず、何やら不穏な動きをとっております。我が軍は停戦中ですので、
監視役のそちらがダラーの部隊と接触してくれませんか?なお、予備役少尉の部隊もそちらに
向かっているので誤認しないよう気をつけてください。

387 :叛乱軍総司令部:04/06/26 23:56 ID:???
どうもきな臭い。停戦を申し出てくる部隊もあれば
そうでない奴もいる。敵の指揮系統が混乱しているのか・・・?

388 :海兵遠征軍司令:04/06/26 23:59 ID:???
政府軍大佐へ、了解した!直ちにこちらの偵察チームを急派する。


389 :大佐:04/06/26 23:59 ID:???
>>387
一部部隊が独走し、不穏な動きを見せている!注意されたし!
彼らはすでに我が軍の指揮下を離れている!我が軍の部隊に
確認に向かわせたが、状況はどうもよくないらしい。アミャリカ軍にも
救援を依頼した。これは我が軍の総意ではない。一部部隊の司令官の独走である!


390 :海兵遠征軍司令:04/06/27 00:03 ID:???
偵察チームより報告……化学弾頭だって!?直ちに偵察チームは退避だ!大統領閣下に報告する!艦隊の連中に一戦の準備をしろとつたえろ!

391 :元対外広報部$:04/06/27 00:05 ID:???
「装甲車班は配置完了 おくれ」「兵員輸送車班もOKだ おくれ」
「テクニカル班も全車配置完了 おくれ」
「スカッド班、指向完了 あとはボタンを押すだけです どうぞ」
「トキシンもタップリだ!!派手にバラ撒こうぜぇー!!」
「対空班全て整いました。赤外線探知ミサイルも3回までは欺瞞できます」

$「よくやった。成功すれば来週のプリキュアが拝めるぞ。行動開始5秒前、
  …2、1、スタート!攻撃開始====!!!!!!!」

外国人義勇兵師団が混成憲兵中隊へ攻撃しました。
スカッドV弾道弾(化学弾頭)が旧首都へ向けて連続発射されます。迎撃をどうぞ。


392 :大佐:04/06/27 00:06 ID:???
化学弾頭!?奴め、そんなものを持ち出して、停戦を無にするつもりか!
予備役少尉の部隊に退避命令を!至急、ダラーに通信を!

>>ダラー殿
何をしている!貴殿は停戦を無にするつもりか!そんなものを撃てば
罪のない一般市民も多く犠牲になるのだぞ!馬鹿なまねはよせ!
すぐに投降しろ!

393 :アミャリカ合衆国大統領:04/06/27 00:07 ID:???
よし!機動部隊に通達!空爆を開始せよ!ただし…化学弾頭とその部隊のみだ!海兵隊も残党狩りのために出動準備をしろと伝えろ!

394 :外国人義勇兵 攻撃隊:04/06/27 00:09 ID:???
「こちらアルファ!敵を射程に捉えた!!距離250!! ぶわがっ!」
「こちらブラボー!アルファがやられた、こっちも損傷!!
「右に指向しろぉーーーー!応戦だ、急げー!」
 いきなり包囲されてしまいまつた。
「銃弾の雨だーーーー!ロケット弾が降ってくるぅー!!」
「左弾幕薄いよ!!  もう弾が無いぞーーーー!ぎゃーーーー」

395 :叛乱軍総司令部:04/06/27 00:12 ID:???
「防空軍総司令官!首都防空群に警報だ!
敵弾道ミサイルが接近中なんだ!
今すぐ迎撃を開始しろ!首都全域の住民に
外出禁止令を発令しろ!今すぐだ!」

我々も地下壕に避難。プーチン旅団は耐NBC装備で
警戒活動を開始せよ。

396 :アミャリカ合衆国機動部隊司令:04/06/27 00:13 ID:???
全機出撃だ!…何!?すでに化学弾頭が発射された!?クソ!!待てよ…爆撃中止!撃たれてしまった以上証拠を焼き尽くすわけにはいかん………楊陸艦に残しておいたSEALSの二個中隊で奴らの身柄とスカッドを確保だ!

397 :新米小隊:04/06/27 00:13 ID:???
大佐、こちらは無事合流を完了。
負傷兵の治療、物資の分配が完了しだい、現地住民を安全圏まで護送したいと思います。

398 :ダラーだよ!:04/06/27 00:15 ID:???
>>392
$「このバカがーーーー!犠牲を恐れるあまりにもっと悲惨な展開を招いて
  いることにまだ気がつかんのか! 合衆国の介入!中国の支援を受けた
  A国!T−72信徒たちの虐殺と排斥!10万人の命ですむ規模では
  ないんだぞ! 赤い嵐の再来だ!」
    

399 :大佐:04/06/27 00:17 ID:???
発射されてしまったか…。ダラーめ、勝手なことを…。

>>叛乱軍総司令部殿
部下の暴走を止められなかったこと、まことに申し訳ない。しかし、
これは我が軍の総意ではない。休戦を反故にするものではない。
ダラーはただちに捕縛され、処罰を受けるだろう。願わくば、これが
平和の妨げにならんことを。

400 :叛乱軍総司令部:04/06/27 00:21 ID:???
「ミサイル第一波接近!その数数4、S-300ABM発射開始!」
「着弾予想地点は旧国会議事堂付近、国立病院付近、
旧大元帥親衛隊兵舎付近、及び国防省!」
「神よ…我等に幸運を…Объект。」

401 :SEALS大尉:04/06/27 00:23 ID:???
現場に到着!敵は特攻部隊を出して親玉が手薄になってやがるな…A中隊は俺と一緒にダラーの確保!B中隊は迂回してスカッドの確保だ!センパーファイ!

402 :ダラーだよ!:04/06/27 00:25 ID:???
トキシンの前には並の防護衣なんぞ無意味だ。シェルターにでも入らなければ
みんな即死だよ。
「ミス・ダラー、攻撃隊が全滅したそうぞなもし。連絡とれんぞなもし。」
$「計算より頑張ったじゃないか。 おい!あと何発残ってるんだ?」
ス「これで化学弾頭は6発全部撃ちました。あとは通常弾頭36発です!」
$「もう打ち止めでいいぞ!!航空機が来るからな!着替えを済ませて民間
  人に化けろ、全員だ。…トキシンの散布を開始しろ! アハハハハ!
  ゲインフルとかいう奴、中々苦しめてくれたがもう会えないな。」

化学物質の散布が開始されました。汚染エリア拡大中。弾道弾命中可否判定待ち。

403 :叛乱軍総司令部(混乱):04/06/27 00:29 ID:???
「ミサイル3機を撃墜…1機が…議事堂に…」
「プーチン旅団から一個中隊を当該地区に派遣せよ。
救援活動にあたる。」

「ミサイル第二波接近、数6、着弾予想は東部市街地に2発、
財務省付近に1発、及び旧首相官邸に2発、もう一発は首都近郊の
農地に着弾する模様」
「ABM、迎撃開始。」

「撃墜した第一波ミサイルの弾頭一基が生きています!
国立病院を外れてデパートに…」

404 :ダラーだよ!:04/06/27 00:29 ID:???
パスパスパスッ! スティンガーを構えた兵士がうっと呻いて倒れた。

$「敵襲ーーー!!歩兵だ抗戦しろーー!」
ス「は、発射機を爆砕しないと…爆薬、爆薬、…いっぱいあるじゃん!」

405 :SEALS大尉:04/06/27 00:30 ID:???
いたぞ!奴ら平服に着替えてるな…今がチャンスだ!トゥオンブリー!擲弾を撃て!ランディ!機銃で敵の混乱を誘うんだ!後の奴らは俺に続け!ダラー以外は射殺しろ!

406 :叛乱軍総司令部(混乱):04/06/27 00:32 ID:???
「ミサイル第一波着弾を確認…。弾頭はC兵器。
かなり強力なものを搭載していた模様。」
「デパートの状況は悲劇的。女子供を含む民間人多数が死傷、
周辺地域に汚染が拡大中。」
「国会議事堂は小破。中の人は…全滅です!」

407 :大佐:04/06/27 00:38 ID:???
旧首都は死傷者多数、民間人に多くの犠牲、か。
くそ!わたしの力が及ばないばかりに!
まさかこんな展開になるとはな…

408 :ダラーだよ!:04/06/27 00:39 ID:???
これでよかったんだよね。証人もきっとみんな死んだ。証拠も爆砕する。
私の名誉は守られるんだ。$「…殺せぇーーーーーーーー!」

スカッド責任者「ハァハァ、電気信管と、弾頭を直結すれば…できた!ダラーさん!
 このボタンを押せばのこりのミサイルごとみんなばGuSya!!」ドサっ

409 :叛乱軍総司令部(混乱):04/06/27 00:41 ID:???
「ミサイル第二波の3機を撃墜。残りが接近。」
「国会議事堂及びデパート付近を封鎖。
兵士は交代で作業せよ。」

「ミサイル第二波、着弾します…!」

410 :SEALS大尉:04/06/27 00:43 ID:???
クソ!敵の抵抗が激しすぎる!こんなんじゃ辿り着けね…うぉっ!なんだこの爆発は!?…畜生!奴ら自爆しやがった!!作戦中止だ…長居する意味もない…撤収!

411 :日本人兵士:04/06/27 00:46 ID:???
銃撃戦の最中、匍匐前進で車両の下に潜りこむアジア系の兵士が一人いた。
「あ〜、みんな撃ち合ってるなもし。ぬしは1抜けるかね〜。」
彼はトレーラの下に潜んで、降伏するつもりだった。
「あ〜、スカッドのリーダーさん、殺されたったのか〜。南無南無〜。」

412 :叛乱軍総司令部(混乱):04/06/27 00:49 ID:???
「ミサイル第二波着弾。一発は旧首相官邸前の道路に、
一発は市街地のど真ん中に着弾。農地に着弾した一発の付近でも
被害が生じている模様。」
「農地の方面に警察軍一個大隊を急派、兵力が足りん。」
「市街地の被害状況は甚大。至急救援を!」
「首相官邸付近は封鎖済み。但し経済地区に隣接の為
周辺の企業活動は当面停止せざるを…」
「そんなことはどうでもいい!人的被害の報告が先だ!」

413 :日本人兵士:04/06/27 00:52 ID:???
「うん、これは…」
むき出しの起爆装置が手を伸ばせば取れる位置に落ちていた。
「スカッドのリーダーさんはスカッドを爆発させようとしてたなもし。
 ぬしが替わりに押してあげるなもし。」  カチリ

最初に彼が下に潜んだトレーラが爆発し、1テンポ遅れて2輌のスカッドも
爆砕された。

414 :アミャリカ合衆国大統領:04/06/27 00:54 ID:???
教徒軍司令殿、首都にて起きた大惨事に私も心を痛めております、どうも兵力が足らないご様子で…首都の救援と治安維持のために展開した海兵遠征軍を首都に派遣する用意がありますが?

415 :ダラーの最期だよ!:04/06/27 01:01 ID:???
$「痛い…熱い…何も考えられない…でも寂しさだけが妙に意識できる…私は
 死ぬのか…」 
弾道弾のトレーラーがいきなり爆発して、特殊部隊らしき一団が引いていった。
戦車の陰に入っていなければ即死だったのに。 まだ生きている。
$「誰かいないのか、誰か!!」
 誰もいなかった。 でも後ろに人の気配を感じた。 …兵がさらった娘の一人
 だった。
$「他に誰かいないのか?お前一人なのか…」 PAM PAM PAM!!! どさっ

村娘はダラーの死体に向けて銃を撃ち続けた。弾が尽きては銃を拾って来て撃った。何度も。

終わり  長い間参加させて頂き、ありがとうございました。 以後ROM専

416 :叛乱軍総司令部:04/06/27 01:18 ID:???
合衆国大統領閣下。ご提案は極めてありがたいものであります。
しかし我が軍としては停戦状態に入りつつある諸戦線から
兵力を転用し、今回の惨事に対応させております…
ですので物資の支援のみで十分やっていけますので、
そちらのほうの支援をよろしくお願いします。

極秘命令:今民心は旧政府軍から完全に乖離した。
この状況を見逃す手は無い。敵の工作員を一網打尽にせよ。
第4師団の後退部隊をこれに当てる。
ただし逮捕者は殺すな。秘密裏に拘束し厳重に監視せよ。

417 :新米小隊:04/06/27 01:22 ID:???
報告します、我が隊はこれより現地住民を連れて安全圏まで後退を開始します

418 :叛乱軍総司令部:04/06/27 01:24 ID:???
機械化師団は敵の分断に成功したな、
奇襲攻撃はうまくいったようだ…よし、
E市周辺を含む地域を通る全道路に検問所を設置。
全軍に正式に一時停戦を指令する。
敵軍が検問を通過する場合、武装解除させろ。

さて大佐殿、そろそろ停戦交渉を開始しますか?
停戦が実現した場合アミャリカも交えての休戦会議を。

419 :大佐:04/06/27 01:27 ID:???
>>418
そうですな、日曜の夜10時あたりから会議を開始するのでどうです?アミャリカおよび周辺諸国も
交えて。首都攻撃についてはこのとおり、謝罪します。

(心の中で)
くっ、ドサクサにまぎれてEを制圧しやがったか…。

420 :外務省職員:04/06/27 01:31 ID:???
>>419
了解しました、周辺各国及び、アミャリカへ会議の開催を通知します。

421 :叛乱軍総司令部:04/06/27 01:32 ID:???
ではそういうことで。停戦会議を夜10時からですな。

(それにしてもそろそろ総司令官ということで階級を名乗るべきか
いつまでも「司令部」では交渉担当者が不明瞭でいかん)

さて、首都の被害を調べて賠償請求の準備をせねばいかんニダ。

422 :工作員@民兵と一緒:04/06/27 01:34 ID:???
なんか凄い・・・

>新米小隊殿
救援ありがとうございます。
私は一足先に臨時首都に戻ります。

423 :新米小隊:04/06/27 01:36 ID:???
了解しました、工作兵殿、お気をつけください

424 :工作員@整形中:04/06/27 13:35 ID:???
臨時首都到着。手術開始。暫く行動不能。

425 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/27 20:07 ID:???
??どこだ?ここは・・・・・?


426 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/27 20:11 ID:???
そうだ、私は捕えられたのか・・・・。
しかし大佐は分かっているのか?反乱軍が大佐の要求に答えるとは思えん。
また逃げるしかないか・・・・。


427 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/27 20:17 ID:???
くそ!!逃げ道がどこにもない・・・。
停戦会議は10:00から、多分私のガードも9:30には今以上に強化される。
となると、残り1時間がタイムリミット。
工作員@整形中がもしも助けてくれるなら・・・
いや、あるいは他にも私を助けてくれるものが・・・・
・・・・見込みはない。しかし・・・・。
とりあえず9時まで待つか・・・・・。


428 :ツユ国の軍師:04/06/27 20:40 ID:ri+hR8Wj
                rヘ
                │ i
       .l^l         | ヽ
       l ゝ        .゙| ヽ        _, -‐、、
       ゙l★i        !  ヽ__ , -''"´  _ヾ. _、
        ゙! ゙l、___   ,,,==,,,|  ゙、-''"´     _/
        l . l- 、`´´--=〆 `       _/
       _l` ゙l/ ̄`       ヽ -=-_、
   .---''"'"~´       、   〃  \〃 `、
''" ̄ ̄~  ___,,,,、-ー= .┴―、,,,/_ /  ̄,´^ヽ、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ヽ-=_//  `゙ヽ、. {   ヽ
                   ̄       `‐、、 _  i
                             ` `ヽ

偵察中


429 :ツユ国の軍師:04/06/27 20:51 ID:???
ageちゃったスマソ
さて、どうしようかなぁ〜

430 :大佐:04/06/27 20:52 ID:???
さて、停戦会談まであと1時間少々だ。交渉の重要課題となる大元帥の身柄だが、
彼のことだ、何か悪あがきをしようとするに違いない。警備兵を今の3倍に強化する。
なお、警備に当たるのは私が直接育てた首都防衛大隊の兵士のみとする。
彼らなら全員が私に忠誠を誓っているし、顔見知りが多いから変なスパイなんかも
入れないだろう。

431 :新米小隊:04/06/27 20:55 ID:???
報告します、只今をもって我が小隊は、臨時首都に到着しました。
また我々は、先の戦闘で難民状態となった多くの現地住民を保護しています。直ちに彼らの収容を要求します。

新米少尉「休戦協定が結ばれるのか…これでやっと戦いが終わるな…」
ベテラン軍曹「しかし、$殿の戦死、大元帥の逮捕と正規軍もだいぶ荒れましたな少尉」
新米少尉「そうだな軍曹、旧首都でスカッドが使われたという報告もある。むしろ大変なのはこれからか・・・」
ベテラン軍曹「そうですな・・・」


432 :ツユ国の軍師:04/06/27 21:00 ID:???
||||||||||||||||||||||||||llllllllllllllllllllll|||||||llllllllll;;;]lllllllllllllll|||||||||||||||||lllll||||||||||||||||||||||
                 __ll_||_ll           /  |
                 (,,;(,,;;) (( ) ̄ ヽ_____/    |
          r,==ニニニγ ̄ヽ\f ̄ ̄(二二ニニニ==、--、 (ニニニニ==-
          |l  |l |l , ―- 、ノ  l  r‐ュ r‐ュ |l |l_l |l_l /
         ()ハ()〈)γ⌒ヽ ヽ/  |「「| |「「|〈)〈)二()ハ()ニニ)
              λ  人/ Russiaノ__ノノ__ノ     、/
             l二ニ二_,,ノ_ノソ―'''''"" ̄ノ,__,,ノノ
             人_ ノ__ヽ  _:::::::―''''"
             !|_|,;/ |l|_l ̄ 
つゆ(露)国のMi24が超低空からA国に侵入した。
スペツナズを載せて。
彼らに与えられた任務は…大元帥を救出せよ!!

433 :ツユ国の軍師:04/06/27 21:10 ID:???
      ∧∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      (_ ゚Д)  < ウラー!!
     / .、_L__ \_____
  \/ゝ⊇,(0C ̄´
  ∠_/l_>
 └--゙  ̄
精鋭スペツナズが刑務所を奇襲!!
A「なんて厳重な監獄なんだ!!鍵は必要無い!!」
B「任せろ!!」
B、鍵をハンマーで思いっきり叩く
A「開いた?」
B「中小国の技術力なんてこんなものさ。」

434 :大佐:04/06/27 21:35 ID:???
>>432
A国は我が国の隣国ですよ。どうやら、大元帥を救出するつもりが、
間違って隣国A国に侵入してしまったらしいな。よく撃墜されなかったものだ。
そもそも、つゆ国ってどこにあるのかね?
なに?C国の南方だと?あんな遠くからご苦労なことだ。逆上して
我が国に来るかもしれんから、臨時首都周辺に防空軍を配置しとけ。それと、
臨時首都には夜間外出禁止令もな。つゆ国の特殊部隊対策に、首都防衛大隊の
警備態勢も強化しろ。

435 :ツユ国の軍師:04/06/27 21:39 ID:???
>>434
orz
回線切って逝ってくる

436 :新米少尉:04/06/27 21:49 ID:???
>>432
なにやら騒がしかったが、作戦は失敗したようだな…

437 :大佐:04/06/27 21:50 ID:???
そういえば、以前(>>86)、大元帥があんなこと言ってたな…。
隣国ではないが、友人がいるとはもしかしてつゆ国のことか…?

ん?そろそろ会談の時間か…。

438 :叛乱軍総司令官・陸軍中将:04/06/27 21:54 ID:???
ではそろそろ会談を開始しましょうか?大佐殿。

439 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/27 21:56 ID:???
・・・初めて、友と出会ったときのことを思い出しながら、
自分のつかの間の安息に酔いしれている自分がいる。
つゆ国の友が助けてくれるとは・・・・
とりあえず私はつゆ国に向かっている。

440 :随伴対空派プーチン様が見てる主義虹化閥 :04/06/27 21:57 ID:???
防空軍損害累計

【首都防空群】
[S-300]首都郊外に展開していたため損耗無し
[野戦防空中隊]市内主要部に分散配置していたため損耗3
       (S-300に随伴している1個中隊のみ健在)
【混成憲兵中隊】全中隊壊滅。残存戦力=ZSU-23-4 x 1、憲兵1個分隊

頭部より出血して倒れている防空司令が防空軍司令部仮眠室で発見されました。
頭部盲貫銃傷x2、胸部盲貫銃傷x2が確認されました。
防空軍司令官は何者かに暗殺されました。

ガイドライン・コマンドよりゲインフル・コマンド、ガイドライン6はロスト。
ガイドライン・コマンドよりゲインフル・コマンド、ガイドライン6はロスト。
ガイドライン・コマンドはこれよりスナッパーが預かる。
ゲインフル・コマンドは至急帰還されたし。

441 :名無し三等兵:04/06/27 21:58 ID:???
おい、大元帥は新首都に拘置されていたんじゃないのか?

442 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/27 21:59 ID:???
>>441
助けられたようだ・・・

443 :叛乱軍総司令官・陸軍中将:04/06/27 22:02 ID:???
極秘通信:なんたることだ…連中の第五列がまだ暗躍しているのか。
首都の警察・軍は徹底的に取り締まるのだ!
我が軍への協力者には秘密裏に教団から報酬を出す。

444 :大佐:04/06/27 22:04 ID:???
>>438
そうですな…。しかし、つゆ国が特殊部隊を派遣して、大元帥を救出しようとしている。
しかも、大元帥はなぜか脱走しているのだ。窓や扉すらない独房から。
一体、どういうことなのか?総司令官殿、この内戦の原因は大元帥にあります。
ここはひとつ、協力して大元帥を捕らえませんか?

445 :ツユ国の軍師:04/06/27 22:04 ID:???
えーい、>>432のA国は脳内アボーンしてくれ。
つか、国名はなによ!!

446 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/27 22:05 ID:???
君たちは今消耗している。
それを狙ってA、B、C国、それとつゆ国侵攻の恐れがあるということを忘れるな。
>>大佐
残りの少ない人生をどう過ごす?

447 :外務省職員:04/06/27 22:05 ID:???
そろそろ、時間なので会議を始めたいのですが…


448 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/27 22:06 ID:???
わが国は『日本』(にほん)だ。

449 :新米少尉:04/06/27 22:07 ID:???
>>444
大佐、脱走した大元帥の捕獲作戦を行います。

450 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/27 22:09 ID:???
今、国境を越えてC国の上を飛んでいるらしい。
ココまで来れば大丈夫だ。C国とつゆ国は同盟関係にあるからな。

451 :叛乱軍総司令官・陸軍中将:04/06/27 22:10 ID:???
大元帥の捕獲作戦についてはアミャリカも交えて協議したい。

まずは休戦の条件について双方の条件を提示しよう。

452 :アミャリカ合衆国大統領:04/06/27 22:10 ID:???
さて…会談か…我が国の提案としては非武装地帯の設立と停戦監視のための我が軍の展開だ。

453 :大佐:04/06/27 22:12 ID:???
>>446
大元帥の声明!?奴め、一体どうやって脱出したのだ?兵士たちも何も異常はなかった
と言っている!大元帥から目を離したのはたった5秒間だけだと!ええい、奴は化け物か!
残り少ない人生だと?知れたこと、我が国の平和的発展、それのみだ!

そういえば、自国の国名決まってなかったな…。

>>総司令官殿(会議の席にて)
まずは停戦が成立したことをうれしく思います。しかし、今回の戦の最重要人物である
大元帥が逃亡しました。これは私どものミスです。深くお詫びします。
内戦の終結には、大元帥の処罰、これはかかせないと思います。そこで、平和の印として
両軍協力し、大元帥の身柄を確保するのはどうでしょうか?
また、つゆ国が大元帥の救出作戦を行ったと報告を受けています。失敗に終わったようですが。
そこで、つゆ国に制裁をかけるというのもいかがでしょうか?

454 :アミャリカ合衆国大統領:04/06/27 22:13 ID:onFdzElL
大元帥の確保?我が軍の特殊部隊をだしましょうか?

455 :大佐:04/06/27 22:15 ID:???
>>451
休戦ラインですな。以前、私が提案したEを我が国、Gをそちらの
領土にし、山脈を休戦ラインにするとはいうのはどうでしょう?

>>452
それは構いませんが、停戦監視の軍隊は貴国軍だけではなく、多国籍軍が
よいでしょう。D国やB国を交えた。

456 :叛乱軍総司令官・陸軍中将:04/06/27 22:16 ID:???
さて、我々の要求を提示しよう。但しこれは最初の提案であり、
協議を重ねて双方にとってよいものにしたい。

1:化学兵器の攻撃による損害を賠償すること。
  無論現状では一括払いを求めるつもりはない。
2:大元帥を我が軍に引き渡すこと。
3:領土的要求。我々は港湾を欲している。

2、については現状では実現が不可能である為、とりあえずは
共同作戦による大元帥の捕獲というそちらの提案に同意する。

457 :ツユ国の軍師:04/06/27 22:16 ID:???
つゆ(露)国動向
首都藻スクワでクーデター発生。全軍にデフコンレベル3
大元帥を乗せたヘリはC国に着陸し、SVDが身柄を確保。

458 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/27 22:19 ID:???
<つゆ国大統領の家にて>
久しぶりだな、友よ。君の国は・・・ひどい有様のようだな。
・・・・ここからは極秘だが・・・・
明日、A、B、Cそしてつゆ国で極秘会議が開かれ、
日本占領作戦を実行するかについての決定が行われる。
事前の会議でほぼ決定しているようなものだがな。
それで君にも出席を願いたいのだが・・・どうかね?
大元帥「行かせていただきます・・・・。」

459 :大佐:04/06/27 22:21 ID:???
>>456
1、については了承しましょう。そもそも、部下の暴走が原因とはいえ、
罪のない一般市民を多数巻き込んでしまったのはこちらの責任。賠償金は
お支払いいたします(金額は外務省レベルで別途話し合いを)。

2、について、こちらの提案の同意に感謝します。

3、についてですが、都市@を共同管理ということでいかがでしょうか?非武装地帯に
指定し、経済の自由を保障する、ということで。

460 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/27 22:21 ID:???
>>457
大佐の回し者の嘘のようだな。
・・・あの程度でかく乱のつもりか?w

461 :新米小隊:04/06/27 22:22 ID:???
大佐報告します、残念ながら我が小隊は大元帥の捕獲に失敗しました。
しかし、つゆ国の兵士と思われる不審人物を一名拘束しました。

462 :ツユ国の軍師:04/06/27 22:23 ID:???
>>460
<つゆ国大統領官邸>
クーデターはデマ
デフコンレベル3は事実(戦略ミサイル軍もね)
君をここまで案内したのはSVDだよ。

463 :大佐:04/06/27 22:24 ID:???
>>461
よくやった、少尉。ただちに諜報部にその人物を引き渡してくれ。
尋問して背後関係を洗う。つゆ国め…今頃なにをする気だ…?

464 :アミャリカ合衆国大統領:04/06/27 22:24 ID:onFdzElL
>>455多国籍軍で良いだろう。ところでつゆ国に大元帥が逃げたらしいがどうするかね?要請があれば我が軍の精鋭が奪還するが?

465 :叛乱軍総司令官・陸軍中将:04/06/27 22:25 ID:???
では港湾@及びA〜都市Eの間を非武装地帯とし、
これを共同管理とする方向で如何でしょうか?

我々の事情はそちらもご存知のはず、
我々は世界各地の信徒の援助に大きく依存している。
故に港湾を通じて軍事的な部門を含む物資の搬入が
可能であることが我が軍にとって最重要であるのだ。
但し物資の搬入状況についてはそちらの査察を容れる
用意がある。

466 :青年:04/06/27 22:26 ID:???
すいません!父は少々ぼけておりまして・・・
ただの軍事マニアです!お気になさらないでください・・・。
「・・・ほら!父さん!行くよ?」

467 :ツユ国の軍師:04/06/27 22:27 ID:???
つゆ国大統領
「アミャリカも動き出しているようだ。
大元帥どの。一応、これを渡しておく。万が一の時はこれで自害するんだな。
さて、苦レムリンへ逝こう。」
そう言って、手榴弾を渡す

468 :新米小隊:04/06/27 22:27 ID:???
了解、直ちに諜報部に引渡し、背後関係を調査します。


469 :青年:04/06/27 22:27 ID:QMxGlNus
>>460
が父親だと思うと恥ずかしいよ・・・

470 :青年:04/06/27 22:29 ID:QMxGlNus
>>467
もう!父さん!帰ろうってば!

471 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/27 22:30 ID:???
>>470
父親は大切にな。

472 :大佐:04/06/27 22:30 ID:???
>>464
それはありがたいのですが、総司令官殿の意見は?私としては、
これは我が国の失態。当事者である我々で処理したいのですが…。

>>465
都市Aは我が臨時首都に近いため、受け入れは難しいですな。都市@、Eの
非武装化は容認できますが…。


473 :ツユ国の軍師:04/06/27 22:31 ID:???
赤の広場
>>470青年「父はただの軍事マニアなんだ!!」
秘密警察「落ち着きたまえ同志!君を逮捕する。」
青年「なぜだ?そうか、国家元首屈辱罪か…」
秘密警察「違う。国家機密漏洩罪だ。」

474 :青年:04/06/27 22:33 ID:QMxGlNus
ツユ国の軍師 なんて嘘ついてないで!早く帰んないとご飯なくなるよ?

475 :叛乱軍総司令官・陸軍中将:04/06/27 22:35 ID:???
ふうむ…ここはアミャリカ軍の介入を認めたほうが賢明ですな。

都市Aについては諦めましょう。その代わりに都市Eを
我々が領有することを認められたい。


476 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/27 22:37 ID:???
では、自分は眠らせてもらう・・・

477 :ツユ国の軍師:04/06/27 22:37 ID:???
つゆ国軍動向
アミャリカ軍空母を巡航ミサイル原潜で追尾。その後離脱。
日本占領作戦実行部隊が行動を開始。
Su-34戦闘機(対レーダーミサイルを搭載)が基地を離陸。

478 :アミャリカ合衆国大統領:04/06/27 22:38 ID:???
>>472>>475了解した、情報が集まりしだい奪還作戦が開始されるだろう。(極秘)協力の見返りとして我が国の企業が地下資源の採掘をするのを許可してもらいたい

479 :大佐:04/06/27 22:40 ID:???
>>475
友好の証として、あなたがたを叛乱軍ではなく「国家」として認めようと
思いますが、そのためには都市Eの我が国の領有・非武装化が条件です。

やはり、大元帥奪回にはアミャリカの力が必要ですか…。確かに、気持ちは
我々で決着をつけたいのですが、両軍ともにそのような余裕はありませんな…。
わかりました。ここはひとつ、アミャリカの介入を認めましょう。

480 :叛乱軍総司令官・陸軍中将:04/06/27 22:40 ID:???
 >地下資源
その件については国が混乱状態にある現在では
なかなか即答できるものではないですが…

一応、我々について言えば前向きに検討する、
と申し上げておきましょう。

(ついに本音が出たか)

481 :大佐:04/06/27 22:41 ID:???
>>478
わかりました。採掘権は貴国の企業に優先的に与えられるものといたしましょう。
総司令官殿も、異論はありますか?

482 :そのころ西武戦線では:04/06/27 22:45 ID:???
ゲインフル「…ドナドナドーナードーナー。ハンヴィー揺ーれーてー♪」
SEAL大尉「いや、ですから少佐殿。貴方は捕虜では」
ゲインフル「はっ。冗談だよ、冗談。アミャリカ人は冗談が好きだと聞いていたが、
      君は意外に狭量だな」
CIA職員「人によるだろ。少なくとも私はそうではないがね」
ゲ「そうか?まぁ、人の目でなく胸ばかり見て話す人間は信用できんね。」
C「…」
S「(w)あ、見えました。アレですね(前方に半壊したスカッド発射機が見えてくる)」
ゲ「どれどれ(と前部座席の間から身を乗り出す)。ふん。なんとまぁ。」
C「ああなっちゃただのハリボテだな」
S・ゲ「…ハーリボーテーェ♪ハァーリボテェー♪ちょーぉでーっかいハァーリボテェー♪」
C「おいなんだ、調子はずれの歌は辞めてくれ」
ゲ「ぷっはっはっは!(バンバンと座席を叩く)何だ、気が合うじゃないか大尉。ええ?おい。
  いやまぁそりゃいいや。…あれ?1,2,3…」
S「…1基」
C「足りないぞ」
ゲ「この間確保した捕虜の話じゃ、アレは化学弾頭らしいが…核弾頭はどこだ?」

483 :アミャリカ合衆国大統領:04/06/27 22:46 ID:???
>>480>>481賢明なる判断に深謝します、破壊された国土や旧首都の被災者のための医療品や食料などを提供いたしましょう

484 :ツユ国の軍師:04/06/27 22:47 ID:???
つゆ国動向
大元帥は、クレ無リンの仮眠室で睡眠中
議会が日本占領を容認。Su-34戦闘機が日本のレーダーサイトに対して攻撃を開始。
同時に全てのICBM及びSLBMが発射態勢。

485 :叛乱軍総司令官・陸軍中将:04/06/27 22:48 ID:???
(まあ仕方が無い…ここは一つ)
都市Eの件は…当分の間共同管理ではどうです?

採掘資源の輸送を考えても、交通の要所が
片方の勢力の管理下にあるのは望ましくない。
我々は本来港湾を欲しているのであって、
それは即ち輸送ルートの確保を意味する。
故にその点については譲歩はなかなか難しい。

486 :工作員@盗聴中:04/06/27 22:51 ID:???
整形終了。早速ナンパ・・・じゃなくて・・・

(たぶん極秘)
地下資源なんて結構見得張って採掘量水増しのとこ
とかありましたんですよ・・・

487 :大佐:04/06/27 22:51 ID:???
>>485
そうですな。争いの種にならぬよう、共同管理としましょう。また、都市Eにおける
貴国との貿易の自由も認めましょう。そちらも交易ルートが必要でしょう。

(部下が耳打ち)
…何!…失礼、先ほど報告が入ったそうです。つゆ国の戦闘機が我が国のレーダーサイトに爆撃を
開始、ICBM及びSLBMの発射準備を始めたそうです…。これはあきらかな戦争行為ですな…。


488 :アミャリカ合衆国大統領:04/06/27 22:57 ID:???
>>487なんと…奴らから先制攻撃ですか…今現在この国に我々は深く関わっている…つまり奴らの攻撃は我々に対する攻撃であるとみなしてよろしいでしょう!我々はつゆ国に対する反撃計画の策定に取り掛かります。

489 :ツユ国の軍師:04/06/27 22:58 ID:???
第一陣、Su-34帰還。結果は上上。
第二陣、Su-34、MiG-29、A-50、出撃。目標は航空基地の破壊。
戦車2個師団、1個機械化狙撃師団がC国にシフト。

C国も全軍の警戒レベルを上げる

490 :大佐:04/06/27 23:00 ID:???
>>488
了解しました。我が軍もただちに出撃させます。総司令官殿、敵戦闘機迎撃のため、
貴国上空の通過を許可していただきたい。
それにしても、C国はつゆ国の戦闘機の通過を黙認しましたな…。これは、2国が結託
している証拠…。

491 :叛乱軍総司令官・陸軍中将:04/06/27 23:01 ID:???
休戦協定案が纏まりましたな。

…今度は同盟協約を締結する必要がありそうです。

極秘連絡:首都の第4師団を除く全軍を南部に移動。
防空軍を対C国戦線に再配置。
D国の信徒団体に圧力をかけて我が軍への援助を再開させろ。
旧政府軍との和平が成立した今、D国も妨害はしまい。

492 :外務省職員:04/06/27 23:02 ID:???
ここまでの会談をまとめると
休戦協定について
1:賠償金は分割にて支払いを行う(金額については後日決定する)
2:大元帥を引き渡す。但し今は逃亡中なので、アミャリカを交え共同で捕獲作戦を展開する。
3:停戦ラインは 都市@、Eを非武装化して共有する。また都市@港での物資搬入については査察を受け入れる。
4:停戦監視については、アミャリカ、B、C国等を交えた多国籍軍とで行う。
5:政府は叛乱軍を国家として承認する。
6:逃亡中の大元帥捕獲作戦の協力の見返りにアミャリカ系企業の、地下資源採掘権を優先的に与える。またこれと引き換えに、アミャリカ合衆国は医療品、食料を提供する。
 以上でよろしいでしょうか?

493 :アミャリカ合衆国中央軍司令部:04/06/27 23:03 ID:???
たった今つゆ国が攻撃を開始したとの報告があった…我が国としては反撃の予定だ、そこで我々としては大統領閣下に以下の事を進言する。
一つ目は機動部隊の増派、二つ目は2個師団の増派、そして空軍の展開だ

494 :叛乱軍総司令官・陸軍中将:04/06/27 23:04 ID:???
ああ…国家の再建を急がねばならんこのときに!

我が勢力下にある旧政府軍のうち義勇軍を除く全軍の
武装解除措置を停止。再武装を容認する。
逮捕した旧政府派の第五列を向こうに強制送還しろ。

495 :アミャリカ合衆国大統領:04/06/27 23:06 ID:???
>>492、異論はない、両国首脳にお願いしたいのだが、内戦で疲弊した軍だけでは不覚をとる恐れがある…そこで我が陸軍と空軍を増派したいのだが?もちろんこの戦の間だけだよ。

496 :大佐:04/06/27 23:07 ID:???
>>491
つい先ほどまで憎しみあい、戦争をしていたのが、同盟条約とは皮肉なものですが、
そもそも内戦が勃発したのは大元帥の責任。これからは、打倒大元帥を目標に、
両国とも友好関係を保ちたいものです。もう同じ国民同士で戦うのはいやですからね…。

(だいたい、空想の国と戦うスレなのに、戦ってるのは国じゃなくて叛乱軍だったし)

なお、T−72信徒の信仰の自由は保障します。

命令
航空隊は全機発進。総司令官殿の国(便宜上、南日本国と呼称。我が国は北日本国)の上空通過許可が
出るまで南部国境上空を警戒。つゆ国の航空機・ミサイルを迎撃せよ。防空軍も南部国境に配備する。


497 :新米小隊:04/06/27 23:08 ID:???
大変です、大佐! 諜報部の報告によりますと、つゆ国、C国だけでなく
A国も今回の作戦に関与しているようです!

498 :叛乱軍総司令官・陸軍中将:04/06/27 23:09 ID:???
えーと、地図が限定されているので確かなことはいえませんが…

我々としてはむしろ第二戦線の構築を望みたい。
無論我が国内にも貴国の兵力を受け入れる用意はあるが、
それだけではなかなか難しいと考える。
それに、内戦で疲弊した我が国をこれ以上荒廃させたくはない。
我が軍は物資と兵員の補充が終わり次第、C国に対し全力攻撃を開始する。

499 :大佐:04/06/27 23:10 ID:???
>>495
私としては異存はありません。

>>492
うむ。ご苦労だった。賠償金についてはそちらで交渉を行ってくれ。

>>497
A国まで!奴ら、アミャリカも巻き込んで世界大戦でも始めようというのか!

500 :工作員@独り言:04/06/27 23:12 ID:???
いまさら閣下直属だったなんて言えないよな・・・
あいつ嫌いだったからいいけど・・・

501 :そのころ西武戦線では:04/06/27 23:13 ID:???
ゲインフル「…こいつが$か。くそったれ。どんな顔してたのかさえ判りゃしない」
SEAL大尉「あちらに少女が倒れていました。…暴行の跡も有ります。」
CIA職員「彼女の手当は任せてもらおう。(携帯の呼び出し音がなる)っと、失礼」
S「しかし…すごいですね、少佐。途中から我々も参戦したとは言え、
 わずか3個中隊で1個師団をここまで追いつめるとは。もし合同することがあれば、
 是非貴方の部隊に援護して頂きたいですよ。」
ゲ「そうか?我が部隊こそ他の大隊の、同志諸君の尻馬に乗ったに過ぎないからな。
  しかも残ったのはシルカが一両とわずか1個分隊だ。
  防空指令と兵の遺族に見せる顔がないよ」
S「…申し訳有りません、少佐殿。」
ゲ「いや、いい。兵たちには最高の褒め言葉だと思うよ。ありがとう、大尉殿」

C「そうか、判った。一寸待ってくれ。
 良い雰囲気のところ悪いがね、少佐。君に電話だ。」
ゲ「?はい、もしもし。私です。
  ああ、戦務参…スナッパー、ご無事でしたか。…えぇ?なんですって?司令が?!

  はい…はい…判りました。いや、判った。
  全防空群のIFFコマンドを変更、C国およびつゆ国軍機をただちに排除せよ。
  防空戦全面展開、野戦防空中隊予備をC国との国境に移動。IIRモードのみ使用するよう
  伝達せよ。S-300は東部より2個引き抜き、南部に移動させろ。
  神のご加護を。Объект 。
  ゲインフル・コマンド、以上。ただちに帰還する。」

502 :外務省職員:04/06/27 23:14 ID:???
北日本はC国、つゆ国に対し宣戦布告を行います。
よろしいですか、大佐?


503 :大佐:04/06/27 23:14 ID:???
>>498
了承しました。すぐに第3歩兵師団を派遣します。また、航空隊も攻撃に参加させましょう。
まったく、宣戦布告もしないとは、大元帥とその仲間もこの程度の人物だったということか…。

命令
第3歩兵師団はただちに南日本国軍を援護するため、第2戦線を構築せよ。航空隊も南日本国を
通過し、C国の戦略拠点を攻撃せよ。

今度は世界地図が必要になってきましたな…。

504 :ツユ国の軍師:04/06/27 23:15 ID:???
つゆ国大統領
「親愛なる露死亜国民と世界の皆さん。皆さんは、我が軍の行動に驚いているでしょう。
現在、日本は大変不安定な状態にあり、また、複数のNBC兵器を保有している事は確実であります。
周辺国は、日本に怯え、恐れ、眠れぬ日々を過ごしているのです。
我が軍の行動は、日本の脅威を取り除き、我が露死亜及び同盟国の安全を確保する為に行なわれているのです。
そして、この問題は、あくまで我々の問題であり、第三国が介入すべきでありません」

505 :アミャリカ合衆国大統領:04/06/27 23:15 ID:???
>>498>>499いずれにせよ陸軍はまだ展開の準備ができていないが空軍は迅速に展開できるだろう…100機程度ならすぐに掻き集められる。第2戦線については検討する、私としてはつゆ国本土に対する強襲上陸が戦さを早く終わらす手段だと思う

506 :大佐:04/06/27 23:16 ID:???
>>502
うむ。文面は任せる。とにかく、宣戦布告もなしに攻撃してくる卑怯者!とか、
正義は我にあり!とか、過激なのを頼む。

507 :新米少尉:04/06/27 23:17 ID:???
我が小隊はいつでも動けます。大佐、ご命令を!!

508 :「南政府軍」総司令官・陸軍中将:04/06/27 23:18 ID:???
D国の教団はT-72神兵軍2万人を送るそうだ。
我々を過激派と見るむきも大分和らいできた。
他の諸国の教団からも合計数万になる兵力、
戦車を含む数百の車両が輸送中だ。

ここに我々ははT-72神聖戦車帝国の建国を宣言し、
全世界のT-72教徒の援助を以ってC国及び
つゆ国の殲滅を目指すものである。

(これぐらい言っとかんと、敵味方双方から見くびられる。
我々の後背に全世界の教団があることを示しておかねば…)

509 :C国沿いの山中イヌ族村:04/06/27 23:18 ID:???
犬娘「シャープさん、おかゆができましたよ。今日はきのこ入りのおかゆ
   でしゅよ〜。」
シャープ「あ、あ、あう…あうあうあ〜(半身麻痺が残っている)」
犬娘「ラジオで戦争が終わったって言ってましたよ。明日にでも政府の人に
   電話して病院に連れていってもらいましょ。」

シャープ「あうあ〜(テレビを、テレビを見せてくれ!核はどうなった?核弾頭
   は使用されたのか?まさか叛乱軍の手に渡ったのか?ダラーに連絡を…)」

犬娘「テレビはごはんを食べてから見まちょうね〜。」
犬爺「シャープさん、将棋でもやりぁせんかい?」

510 :大佐:04/06/27 23:20 ID:???
忘れてた…。

命令(極秘)
第2歩兵師団及び第2戦車大隊はA国国境に集結。A国の動きを監視せよ。ただし、
さきほどの会談で決まった非武装地帯には入らぬよう、ギリギリの場所に展開せよ。

その他の部隊は待機。傷を癒せ。

D国から物資を購入したいが、予算は大丈夫か?可能な限り、輸入したい。

511 :アミャリカ合衆国大統領(演説):04/06/27 23:20 ID:???
合衆国国民の皆さん!
我々は日本における内戦という名の悲劇を終わらすために手助けをしました!そしてその努力は実を結びました…しかしつゆ国という悪の帝国が再び日本を侵略という黒い雲で覆おうとしているのです!こんなことを許していいのでしょうか?
いいえ!許していけません!我が国は日本に対する全面支援を開始します

512 :ツユ国の軍師:04/06/27 23:22 ID:???
つゆ国、新たに2個機械化歩兵師団と1個戦車師団、2個砲兵旅団をC国にシフト
砲兵部隊(2S19ムスタ・2S3アカ―ツィア・スメルチ)による砲撃を開始。

C国軍は、2個戦車旅団(T72及びT62を装備)、4個歩兵師団などを動員。

513 :海兵遠征軍司令:04/06/27 23:24 ID:???
南日本国に対しC国国境への展開許可を求む!!陸軍はしばらくこない!我が海兵隊が貴国の盾とならん!

514 :大佐:04/06/27 23:27 ID:???
うーむ、南日本国が「T−72神聖戦車帝国」と国名を変更したか…。
我が国も、なにも大元帥が決めた「日本」という名に固執する義理はないな。
それに、いまとなってはこの国の事実上の支配者は私か…。

「私、大佐は、ここに、サンライズ王国の建国を宣言するものである!サンライズは日出づる国、
前途ある、希望のある国だ!…そして、初代国王に、力不足ながら、私が即位する!私は諸君らに
約束しよう!この国を豊かにしてみせると!そして、世界中の国から尊敬される、徳のある国にして
みせると!」

大佐は国王陛下になりました。

>>507
今のところ、そちらの部隊の規模ではできることは限られているな…。
工作員とともにC国に潜入して情報収集にあたってもらうか…。


515 :防空軍本部:04/06/27 23:30 ID:???
防空軍はコマンドをガイドライン6よりゲインフル6に移譲します(戦意+10,命中判定+15%)
防空軍残存戦力は以下の通り

【野戦防空中隊】充足33(損耗2は西部戦線3Div.REG.Iで発生)
【SA-300】充足7個中隊、損耗1個(発射機x4健在、レーダー車全滅)
【臨編首都防空群】
 [野戦防空中隊] 充足1、壊滅3(機材回収、洗浄中。12レス後に復帰予定)
 [SA-300] 2個中隊
【臨編空港防空群】
 [野戦防空中隊] 充足4
 [SA-300]] 2個中隊
【臨編混成憲兵群】
 [混成憲兵中隊] 損耗1(ZSU-23-4 x 1、憲兵1個分隊。司令部警備に復帰予定)

旧首都造兵廠跡地より対弾道弾レーダーx6を発見。洗浄終了後、
首都防空群および南部戦線防空群に接続予定(12レス後)

516 :アミャリカ合衆国の中の人:04/06/27 23:30 ID:???
(これは素であります)実は携帯から来ているのですが携帯でもわかるような地図ってないでしょうか?地理がわからなくて困ることが…。

517 :ツユ国の軍師:04/06/27 23:33 ID:???
ICBMの発射演習を行ない、アミャリカを牽制
新たに空挺旅団×1と戦車旅団×1を展開。

露国地上兵力
戦車師団×3 機械化狙撃師団×3 砲兵旅団×1 戦車旅団×1 空挺旅団×1
C国軍
戦車旅団×2 歩兵師団×4

露C連合軍の戦車旅団×3 戦車師団×1 (機械化)歩兵師団×5が日本に侵入。
Su-27、Su-25が上空に展開。Su-34はレーダー及び空軍基地破壊を継続。

518 :新米少尉:04/06/27 23:34 ID:???
了解、合流した民兵・現地住民の中で我が軍に入隊を志願している者を現地徴用兵として、我が隊に加え任務を開始します。

519 :T-72帝国軍総司令官・陸軍大将(昇進):04/06/27 23:40 ID:???

      /~~\___
   _/ へ A  \
_/@   へ     |       ___
 ※※ 「1.Div」   ./     /     \____/
 へ※※   *  B\__/ C  へ      |
 へへ※※※ * 《2Div》サンライズ王国 へ     |
A へ(共同管理)*     へ   へ        |  B国
国 へへ    ※※※      へ        へへ
 へへ  E へへ※※※※       D ※へへ
  へ********へへへ※※※ ※    ***※※へ
 へ           へ へ※※※※**  ※※※※へへ
へ         へへ【4Div】※へへへ※ G   ※へ
     H      へ F へ    ※※    |
   《1Div》   へ T-72帝国 へ         | 
            へ へ              へ
        【3Div】 へ   【M1Div】   《3Div》
へ 【2Div】  へへ   I            へ
へへ     へへへ  【1Div】   【5Div】 へへへへ
へへへ   へへへへへ    へへへ   へへへ   こっちはB国?C国?
  へへ Jへ    へへへへへへ    へへへ
    へ  へ                 ※=森 ○=都市 ◎=各首都
      へ       C国        へ=山・山脈 …=前線
アミャリカ軍海兵隊:「」T-72帝国軍:【】サンライズ王国軍:《》C国・つゆ国軍:『』

520 :工作員:04/06/27 23:40 ID:???
あー、大佐が国王になったってことは陛下直属になるのですか?

521 :国王陛下:04/06/27 23:41 ID:???
大佐改め国王陛下となりました。以後よろしく。

さて、戦力の確認をしないとな。それに、王国軍として再編も必要か。

サンライズ王国陸軍保有戦力
第1師団(旧第1歩兵師団及び第1戦車大隊)
第2師団(旧第2歩兵師団及び第2戦車大隊)
第3師団(旧第3歩兵師団及び第1戦車大隊)
近衛師団(旧首都防衛大隊+新規志願兵)
第1兵站大隊
第2兵站大隊
第101航空隊
第102航空隊
各都市防衛隊
その他ゲリラ部隊(予備役少尉の部隊や新米少尉の部隊)
諜報部

第2師団がA国国境に集結中。
第3師団は戦車帝国とC国の国境で第2戦線を構築中

522 :C国沿いの山中イヌ族村:04/06/27 23:42 ID:???
シャープ「クチャクチャガツガツズビッズビッ!!ガフガフ」
犬爺「そんなに急いで食わんでもええがな。テレビ見ながら食えばよかろ。」ポチッ!
(アザッム!弾持ザッって来ザザッーい!アパザザザッーム!ザッPAM!)
犬娘「テレビ局がまだ直ってないのね。ただでさえ山間は映りが悪いのに。」
シャープ「ぅゆーす、ぅゆーす…>>514 …ふぁいさぁ!おぅゆぅことら!」

犬娘「大変、戦車教の兵隊が村に来るかもしれないわ。どうしよう…」

523 :国王陛下:04/06/27 23:43 ID:???
>>519
乙です。昇進おめでとうございます。

>>520
まあそうだが…あまり今までと変わらないような気がするな。

524 :T-72帝国軍総司令官・陸軍大将:04/06/27 23:45 ID:???
アミャリカ軍の前進を許可する。同軍には都市11の方面を任せたい。
現在敵の侵攻部隊の詳細を確認中。
同時に我が軍の再編成に着手。

525 :外務省職員:04/06/27 23:48 ID:???
つゆ国・C国政府に対し
「貴国らの行為は明らかな我が国に対する侵略行為であり、宣戦布告以前の攻撃は国際法に違反するものである。
 貴国らがこれ以上の侵略行為を続けるならばこちらにも、徹底して貴国らと戦う用意がある。
 我が国における長き内戦の終了を記念するこの日に新たな戦火をもたらした、貴国らが何等かの制裁が与えられることを
 我々は警告する。」

526 :ツユ国の軍師:04/06/27 23:49 ID:???

      /~~\___
   _/ へ A  \
_/@   へ     |       ___
 ※※ 「1.Div」   ./     /     \____/
 へ※※   *  B\__/ C  へ      |
 へへ※※※ * 《2Div》サンライズ王国 へ     |
A へ(共同管理)*     へ   へ        |  B国
国 へへ    ※※※      へ        へへ
 へへ  E へへ※※※※       D ※へへ
  へ********へへへ※※※ ※    ***※※へ
 へ           へ へ※※※※**  ※※※※へへ
へ         へへ【4Div】※へへへ※ G   ※へ
     H      へ F へ    ※※    |
   《1Div》   へ T-72帝国 へ         | 
            へ へ              へ
        【3Div】 へ   【M1Div】   《3Div》
へ 【2Div】  へへ   I            へ
へへ     へへへ  【1Div】   【5Div】 へへへへ
へへへ   へへへへへ    へへへ   へへへ   こっちはB国?C国?
  へへ Jへ   ↑へへへへへへ    へへへ
    へ  へ   └┐           ※=森 ○=都市 ◎=各首都
      へ      | C国        へ=山・山脈 …=前線
アミャリカ軍海兵隊:「」T-72帝国軍:【】サンライズ王国軍:《》C国・つゆ国軍:()
C国・つゆ国軍侵攻ルート→


527 :外務省職員:04/06/27 23:50 ID:???
失礼、読みにくくなってしまった。
>>510
かしこまりました、陛下 直ちにD国へ支援を要請します。

528 :海兵遠征軍司令:04/06/27 23:53 ID:???
>>524了解した!11の守備に入る!我々は合衆国の中でも精兵だ!敵は食い止めてみせる!
(素ですが、大将殿の地図は参考になりましたm(__)mといっても携帯では正確にはわかりませんでしたが(>_<)やはりネカフェから確認しかないのか…)

529 :防空軍本部:04/06/27 23:57 ID:???
損害判定

空港防空戦
【臨編空港防空群】
 [野戦防空中隊] 損耗1発生
 [SA-300]] 損耗2発生
空港の防空力が20%減少します。
航空機の損害発生率を20%加算して下さい
敵航空機を7撃墜

南部戦線防空戦
【S-300ABM】健在1
【野戦防空中隊】健在4
ただし戦力が低すぎるため防空力が低すぎます。
敵変態の侵入を阻止できません。
敵航空機を6撃墜

南部にS-300が、東部より2個、西部より1個移動中。
さらに東部より1個、西部より1個の引き抜きを行い、
敵進入経路に配置します。
野戦防空中隊が予備より4個移動中
野戦防空中隊予備の全てを全師団に配備します(全師団に+4)
各師団の防空力が15向上します
サンライズ王国の軍倉庫よりSA-2ガイドライン核弾頭装備型1個中隊を発見しました
S-300ABM弾頭を空港防空群および南部に移動中のS-300に分配します

530 :防空軍本部:04/06/28 00:00 ID:???
>529
>敵進入経路に配置します
場所は秘密。空港と首都への航空機侵入経路に配備の意。


531 :国王陛下:04/06/28 00:00 ID:???
戦車帝国に尋ねたいが、第2戦線は地図上ではどこになるのか?

都市Cの港にて
補給担当官「陛下!このようなところに…」
国王陛下 「よいのだ。なんでも、D国から物資が届いたそうじゃないか」
補給担当官「はい!M−1エイブラムスを20両、購入しました」
国王陛下 「ん?T−72じゃないのか?」
補給担当官「はい。なんでも特価だとかで、料金を半額にしてくれたのです」
国王陛下 「ん〜、他の戦車大隊とまぜると補給が大変だな。M−1エイブラムスだけで
       新たに第4戦車大隊を作るか…」

532 :工作員:04/06/28 00:02 ID:???
>>523
まあ形式上ですよ。給料とかの。
軍属でないため諜報部の所属ですらありませんでしたから。

533 :外務省職員:04/06/28 00:03 ID:???
陛下、アミャリカのD国への圧力が効いているようです。
さらに、追加で物資の支援を取り付ける事に成功しました。

534 :工作員:04/06/28 00:04 ID:???
この際どさくさ紛れで諜報部に入れてもらおうかな?

535 :ツユ国の軍師:04/06/28 00:06 ID:???
すみません。もう寝ます。

536 :合衆国の中の人:04/06/28 00:07 ID:???
(素)私も朝早いので寝させていただきますm(__)m最近このスレが楽しいです(^O^)

537 :T-72帝国軍総司令官:04/06/28 00:08 ID:???
そろそろ防空戦力の補充が必要だ…
しかし露国が敵に回った今、これらの兵器を生産する
つゆ国(=ロシア?)はこれを我々に引き渡すまい。

シルカとゲインフル、ガイドラインについては探してみよう。
場合によってはガネフやゲッコー、よければガドフライあたりも
手に入るかもしれん。保有国・他の生産国からなんとしてでも買い付ける。
だがツングスカとS-300シリーズ、トールあたりは無理そうだ。
予算のほうは当該国の教団の援助もあろうが、
地下資源の輸出再開を進める。
我が教団の影響力を見せてやるのだ。Объект!

(では私も寝ます)

538 :国王陛下:04/06/28 00:10 ID:???
>>533
よし、M−1エイブラムスをさらに50両追加購入だ。購入したら第4戦車大隊にまわすぞ。
それと、食糧・医薬品・弾薬・燃料も必要だな。

>>534
諜報部は君を歓迎するそうだ。

さて、私もそろそろ寝るか…。

539 :新米小隊:04/06/28 00:10 ID:???
《新米小隊》

新米少尉 隊長
ベテラン軍曹 副長
伍長×2 歩兵
二等兵  通信士
三等兵×3 歩兵

現地徴用兵×6

以上の編成で任務に就きます。


540 :工作員:04/06/28 00:15 ID:???
>陛下
では階級を指定してください。

541 :工作員:04/06/28 05:00 ID:???
やっとマトモな給料がもらえるからよかった。
まあもともと採用された経緯もマトモじゃないんだが。(元犯罪者)

C国には新米少尉殿が行くようなので、
私はまずA国に行きます。

542 :予備役少尉@生活村:04/06/28 07:38 ID:???
飲んだくれてる間に内戦が終了しとる(w

どうしたもんかな、俺達。
民兵A:「村はTー72の領土ですもんね」
もう敵ではないとは言え、いまさら教団につく気にはなれんよ。
村に帰りたい者は止めない。
俺はもうしばらく、ここの世話になるとしよう。

※義勇兵隊は現在王国軍の第一師団に居候中。
 予備役少尉について112名が残留。

543 :工作員@A国で調査中:04/06/28 11:47 ID:???
A国は資源目当てという裏の事情もあるようですが、
なんでも古代遺跡を狙っている可能性が浮上しました。
引き続き調査します。

544 :大元帥 ◆tr.t4dJfuU :04/06/28 17:41 ID:???
スレの雰囲気を乱すかもしれないのでスルーしてくれてもよいですが。
>>536
ありがとうございます、楽しんでください。
>>国王陛下様?
あなたのおかげでここまでこれやってこれました。どうもです。
そのほかの人たちも感謝しております。
でわ。ここは関係ないものとして扱ってください。
T−72使徒の人のスレとは関係はありませんw

545 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/28 17:43 ID:bGGmM4QU
>>544
又トリップが違いますが、>>1です。

546 :旧首都に住む凡人:04/06/28 17:52 ID:???
2,3日来ない間にすごい事になってる・・・

>>539
じ、自分は旧首都に住む凡人といいます

新米小隊の一員にしてください
殺されても文句はいいません!(敬礼)

547 :工作員の中の人:04/06/28 18:53 ID:???
>>545
500であんなこと言ってますが中の人の考えではありません。
気分悪くしたらすいません。

548 :新米小隊:04/06/28 20:15 ID:???
>>546
了解した。凡人殿、志願感謝する。早速我が小隊の一員として潜入作戦に参加していただこう。

>>544
拝見させてもらいました。これからも、みんなで良いスレを作っていきましょう。


549 :名無し三等兵:04/06/28 20:54 ID:???
なんだこのスレ・・・
コスタリカスレの後継か?

550 :ツユ国の軍師:04/06/28 20:59 ID:???
ツユ国軍A‐50AWACS
>>529を見ろ!!すでに13機が撃墜されておるぞ。」
「MiG29、4機とSu34、9機がやられました。」
「Su34は配備数が少ないんだ。いったん下げてSu-24を出せ!!」

つゆ国侵攻軍航空戦力現状
MiG-29×24(うち4機を損失)
Su-34×20(うち9機を損失)
Su-27×36(損失なし)
Su-25×12(損失なし)
A-50×2(損失なし)
さらに本国よりSu-24×12を呼び寄せる。

551 :ツユ国の軍師:04/06/28 21:04 ID:???

      /~~\___
   _/ へ A  \
_/@   へ     |       ___
 ※※ 「1.Div」   ./     /     \____/
 へ※※   *  B\__/ C  へ      |
 へへ※※※ * 《2Div》サンライズ王国 へ     |
A へ(共同管理)*     へ   へ        |  B国
国 へへ    ※※※      へ        へへ
 へへ  E へへ※※※※       D ※へへ
  へ********へへへ※※※ ※    ***※※へ
 へ           へ へ※※※※**  ※※※※へへ
へ         へへ【4Div】※へへへ※ G   ※へ
     H      へ F へ    ※※    |
   《1Div》   へ T-72帝国 へ         | 
            へ へ              へ
        【3Div】 へ   【M1Div】   《3Div》
へ 【2Div】  へへ   I            へ
へへ     へへへ  【1Div】   【5Div】 へへへへ
へへへ   へへへへへ    へへへ   へへへ   こっちはB国?C国?
  へへ Jへ   ┌へへへへへへ    へへへ
    へ  へ   └┐           ※=森 ○=都市 ◎=各首都
      へ      | C国        へ=山・山脈 …=前線
アミャリカ軍海兵隊:「」T-72帝国軍:【】サンライズ王国軍:《》C国・つゆ国軍:()
C国・つゆ国軍侵攻ルート→
現在、山岳地帯を侵攻中。
C国軍のMiG-27×7がIに対して爆撃を敢行。(3機を損失)

552 :国王陛下:04/06/28 21:10 ID:???
>>工作員
君を大尉に任命しよう。

>>544
こちらこそ、2ちゃん新米の私がここまで上り詰められたのも
あなたのおかげです。暴言を吐いておりますが、これもスレ上のこと。
気分を害された場合は謝罪します。これからも頑張って戦争やりましょう。

>>543
古代遺跡…?そんなものが我が国にあったのか。至急、A国の動向と、
その古代遺跡について調査してくれ。

(国内向けの宣伝にて)
全土にて志願兵の募集を行う。卑劣な侵略者、つゆ国を撃ち滅ぼすのだ!

(独り言)
我が軍の兵器は現代ロシア装備…。だが、その主要生産国であるつゆ国と
戦争状態の今、兵器の補充が難しくなってくるだろう…。国内の穏健派
T−72信徒には申し訳ないが、ここは主力戦車をM−1エイブラムスに
切り替えていくか…(値ははるが)。その他の兵器も、以後はアメリカ装備に
切り替える。

553 :T-72帝国軍総司令官:04/06/28 21:20 ID:???
ふうむ…とりあえず第1師団を山岳地帯に急派。
敵機甲部隊の侵攻を阻止せよ。

だが寧ろC国人の多い11市と第5師団前方の
山地が途切れた地域のほうが心配だ。
他の部隊は現在の配置を維持せよ。
防空軍と空軍は当面防空作戦の集中せよ。

(すみません。第5師団の右側に描いてますが
あの辺はB国ということでいいんでしょうか?
あと海兵隊は二個師団居るみたいですね…;)

554 :国王陛下:04/06/28 21:51 ID:???
>>553
B国でいいと思います。我が王国陸軍の第2師団もそちらに派遣しております。
貴軍と共同戦線をはりたいのですが、どの地域がよろしいでしょうか?

555 :新米小隊:04/06/28 21:54 ID:???
報告します、我が小隊は国境を越え無事C国へ潜入を完了しました。
最寄りの都市に潜伏して、情報収集にあたります。

556 :ツユ国の軍師:04/06/28 21:56 ID:???
第二次I爆撃部隊MiG-27×3にSu-24×4、Su-34×4(SEAD)、出撃。
地上部隊、山岳地帯に悩まされる。

557 :T-72帝国軍総司令官:04/06/28 22:29 ID:???
 >>国王陛下
即位奉祝のご挨拶が遅れ、申し訳ない。
 >共同戦線
では現在我が第5師団が担当している地域を
担当していただきたい。平地の故敵の別働機甲部隊が
進撃路に選ぶ危険性が高いですが、
それは承知していただきたい。一応危機に陥れば我が軍の
予備隊から兵力を増派する用意はあります。
 >第二戦線
私としてはアミャリカによるつゆ国直接上陸を
希望しているのですが…如何せん地図が…

558 :工作員改め諜報部大尉:04/06/28 22:55 ID:???
>国王陛下
任命有り難う御座います。今後とも王国のために頑張ります。

A国の件ですが古代遺跡に眠るとされる伝説上の
「ロンギヌスの竹槍」を狙ってるそうです。
ただ今のところ発掘されたとは聞いたことはありません。

559 :諜報部大尉:04/06/28 22:55 ID:???

     /~~\___
   _/ へ A  \
_/@   へ     |       ___
 ※※   へ    /     /     \____/
 へ※※     B\__/ C  へ      |
 へ☆※※※               へ     |
A へ※  ※※       へ    へ      |  B国
国 へへ………※※※      へ        へへ
 へへ  E へへ※※※※       D ※へへ
  へ       へへへ※※※ ※ ………※※へ
 へ           へ へ☆※※※…   ※※※※へへ
へ         へへ※※※へへへ※ G   ※へ
     H      へ F へ    ※※    |
          へ        へ         | 
             ☆へ              へ
            へ                へ
へ       へへ   I            へ
へへ     へへへ          へへへへ
へへへ   へへへへへ    へへへ   へへへ
  へへ Jへ    へへへへへへ    へへへ
    へ  へ             ※=森 
      へ        C国    へ=山・山脈 …=前線

彼らの狙ってる古代遺跡は恐らく☆のある3ヶ所であると思われます。


560 :某戦場:04/06/28 23:04 ID:QiThc6Lr


       ,;r''"~ ̄^'ヽ,      
      ./       ;ヽ    
      l  _,,,,,,,,_,;;;;i
      l l''|~___;;、_y__ lミ;l
      ゙l;| | `'",;_,i`'"|;i |     戦車の突撃だ!我々だけでは支えられない!
     ,r''i ヽ, '~rーj`c=/         ヘリをよこしてくれ!          
   ,/  ヽ  ヽ`ー"/:: `ヽ
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l,
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_        ri                   ri
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |
  _,,,,,,,,,ヽ、        ,,,,,r-'''''ーー'''|   |  | |
''"    ヽ,,___,,,r‐''''''二__    |__|  | |
          \'''"   /     ノ    | |


561 :ツユ国の軍師:04/06/28 23:24 ID:???
>>560
山中でT-72帝国と思われる歩兵部隊と遭遇。
空挺旅団を展開、Mi26ヘイローからリペリングで敵側面に投入。
Su-25にナパーム弾を装備し、待機。

562 :予備役少尉@生活村:04/06/28 23:25 ID:???
第一師団の陣屋にて……

軍曹たち、帰らないな……。もう、何日だ?
イワン:「ひどい有り様だったそうですからね、第3外国人師団は」
やっぱ絶望的か。俺以外の、唯一の軍隊経験者だったのにな。
イリイチ:「俺等だって、今じゃ立派な兵隊ですよ!」
ヨシフ:「そう、王国軍が誇る精鋭ゲリラ部隊だ! アヒャヒャ」
自惚れんなよ。オマエラに指示を下してる時、俺がどんだけ不安なのか解ってないだろ?
ヨシフ:「あ、そうきますか?じゃ、俺もマジなこと言わしてもらいますけど、
俺だって少尉の命令受けてる時、おんなじ気持だたすよ」
ニキタ:「おい、ヨシフ!」
いや、いいんだ。
士官学校を出たはいいが、家の事情とはいえ任官から2年ばかりで除隊した俺も、
ほんの何日構えまで鋤鍬を振り回してたオマエラも違いはねーよ。
実際、帰郷してった奴等より、死んだり帰ってこない奴の方が多いのは、俺がアホだからに違いねーんだ。
ヨシフ:「そんなつもりで言ったんじゃ……」
あー、気にすんな。それを含めて、もっと軍隊経験者が必要だってのは、前から思ってたんだ。
だが、俺等は正規の兵士じゃないし、今となっちゃ王国人でもないからな。
正規軍から下士官を派遣して下さい、って訳にもいかんだろうなぁ。
イリイチ:「考えてみっと、えらい立場なんすね、俺達」
ま、そこいらは都合よく考えてみようや。こんな物好き、俺達だけじゃねーだろ?


なげー。スマン。
って訳で、第一師団長に許しを請うて一時離脱。
T-72領内で、「編入されちゃったけど本心言うとは王国(旧政府)派」な
軍隊経験者をターゲットにした募集活動をします。
帝国の対面も考え、あくまで「対C・露国」を名目に。

563 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/28 23:32 ID:???
<スレの進め方について>
・戦闘(作戦)についてなどを判定なども含めてはっきりさせときます。
@戦闘(作戦)開始。(とりあえずひとつずつ作戦を消化していきましょう。それぞれの国の首脳が作戦、または戦闘開始をする)
                      ↓
A戦闘20〜30スレぐらい?の間にAAやSSなどで戦闘を盛り上げる。
                      ↓
B作戦の合否を決める。
(方法)・その戦闘をしている国の首脳がIDを出しそれに含まれている数字(ID:bGGmM4QUなら4です。)を競い、多いほうの作戦が
     成功となる。戦闘なら、その作戦の行われた領土をゲット。
                      ↓
C作戦の合否から10スレ目までが準備期間?でちょうど11番目の人の国の作戦がスタートする。
                      ↓
                    @に戻る。
こんなんでどうでしょうか?いまさら決定するのも遅いような気もしますが、とりあえずこんなカンジで。
意見があればを述べてください。長文失礼しました。

564 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/28 23:35 ID:???
あと、A,B、C国の首脳も募集です。一人一役でお願いします。ダラーさんなどがやられては?

565 :T-72帝国軍総司令官:04/06/28 23:37 ID:???
 教団義勇部隊と支援物資で機甲部隊を強化しました。
改編
 機械化師団>第1戦車師団
  第11旅団>第1自動車化歩兵旅団「B・エルツィン」
  第1戦車旅団「J・V・スターリン」
  第2自動車化歩兵旅団「V・V・プーチン」
新編成
 第2戦車師団
  第2旅団戦車「G・K・ジューコフ」
  第3自動車化歩兵旅団「コーネフ」
  第4自動車化歩兵旅団「カツコフ」
兵力強化の予定
 D国そのほかから防空軍向けの装備品として、
SA-6SAMを4個中隊、SA-4SAMを6個中隊、SA-2SAMを6個中隊分入手。
明日までにはZSU-23-4が10個中隊分到着する。
兵員については教団義勇兵から約800名を抽出、防空軍に編入し訓練中。
これに加えて牽引式のZU-23機関砲50門、ZU-37機関砲20門を入手。
国内でのの徴兵も推進中。

566 :T-72帝国軍総司令官:04/06/28 23:40 ID:???
 >ID制
用兵の巧拙が戦闘結果に反映されない罠。
戦略面との兼ね合いの考慮も必要と考える次第。
それに野戦軍の殲滅と領土の奪取が直結するとは
限りませんし…

ある程度割り切るべきか…

567 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/28 23:41 ID:bGGmM4QU
>>567
不評なら即やめますが・・・・
なんか作戦の合否判定がよく分からないときついかなと思いまして。

568 :国王陛下:04/06/28 23:47 ID:???
>>563
作戦合否ですが、IDの数字よりも、判定官を募集したほうがよいのでは?
数字だと、数的に不利な部隊が大軍相手に圧勝してしまう可能性もあるわけですし。

>>559
A国との国境線沿いに遺跡があるのか…。ロンギヌスだかなんだか知らんが、
A国なんぞにくれてやる義理はない!しかし、非武装地帯だから進軍ができんな…。

>>557
了解した。ただ、>>554の私の「第2師団を派遣」は、「第3師団を派遣」の間違いです。
ただちに第3師団を向かわせよう。
それと、A国が国境沿いの非武装地帯にある古代遺跡を狙っていることが判明した。
緊急事態として、非武装地帯への進駐許可を求む。これは一時的なものであり、制圧を意図しない。

569 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/06/28 23:50 ID:???
>>568
判定官ですか・・・いいですね。誰かやってくれませんかね?

570 :国王陛下:04/06/28 23:52 ID:???
>>569
ダラー殿くらいしか思い浮かばないですな…。名無しの方々が名乗りをあげてくれればいいんですが。

571 :国王陛下:04/06/28 23:55 ID:???
名無しで思い出したんですが、このスレって名無し少ないですね。
みんなコテハン持ってる。私がよく見にいく「各県対抗独立戦争」のスレは
ここより国家数多いのに名無しいっぱいいますよ。

572 :予備役少尉@生活村:04/06/28 23:58 ID:???
IDの数字だと、展開内容はおろか部隊規模や装備も考慮されないので、
判定官に賛成。

>>570
押し付けるようで恐縮だけど、他に名乗りがないのなら国王陛下を支持します。

573 :予備役少尉@生活村:04/06/28 23:59 ID:???
>>571
それは恐らく、参加人口が少ないのでは、とか言って見たり。

574 :C国沿いの山中イヌ族村:04/06/29 00:00 ID:???
>>564 ダラー$とシャープ#は私が操作してました。頭悪いから国操作は無理です。

シャープ「親父さん、娘も長い間私を世話してくれてありがとう。明日にでも私
はおいとまするよ。このお礼は必ずするつもりだ。私は仕事の後始末をする。」
犬爺「あんたが村にしてくれたことに比べれば、どうという事ではないじゃろ。
しかしテレビを見る限りでは、あんた政府に捕まったら処刑されてしまうぞ。」

シャープ「水力発電所のことか…観光名所にする人造遺跡の工事なんかも、村を
潤したろうな。正直言って、私はイヌ族を利用していただけだ。」
犬娘「利用?なにに?電気代はタダになったし、イソターネットにも繋がってアタシは
楽しいよ。そうそう昨日イソターネットでね、うざいドキュソがさあ…」

シャープ「あの遺跡は…小規模だが核の製造施設をカバーしたものなんだ。イヌ族
に上辺を工事させて、地下に濃縮から弾頭化までを一括して行える設備がある。
あとは人員と核資源を搬入するだけだった。…内戦が勃発しなければ、私はイヌ
族を皆殺しにするつもりでいたんだ…全ての秘密を守るためという名目でね。」

575 :外務省職員:04/06/29 00:00 ID:???
ダラー殿が判定官をなさらないのだったら、取り合えず私が判定官に立候補します。
(あまり、作戦にも関っていませんし)
しかし、やはり素人なのでみなさんで、ある程度ガイドラインのような物を決めて欲しいのですが…

576 :諜報部大尉:04/06/29 00:00 ID:C/aeJjnk
多分住人自体が少ないのでしょう。

577 :諜報部大尉:04/06/29 00:01 ID:???
あげちゃった・・・

578 :国王陛下:04/06/29 00:02 ID:???
>>572
マジッすか!?…いや、すまない、あまりの驚きに国王らしくない言葉を使ってしまった。
私は軍事に関しては素人(今までの作戦を見て頂ければわかると思いますが)同然です。
判定つけられるほど知識がありません(なんせ、このスレが始まった当初はT−72すら知らなかったからね)。
別の、軍事に詳しい人物で、公平性のある人がよいかと…(かといって、具体的に誰、とは答えられないですが)。

579 :予備役少尉@生活村:04/06/29 00:03 ID:???
防空司令の人とかも、判定に適役な気がしますが、どうでしょう?

580 :予備役少尉@生活村:04/06/29 00:06 ID:???
>>578
いや、ダラー殿の推薦を支持します、ってこと(w
押し付けたらわりーな、ってのはダラー殿に、でございます。
曖昧な文でごめんなさい。

581 :新米小隊:04/06/29 00:07 ID:???
>>572
私も陛下を推薦したいんですが、陛下が判定官になって中立サイドの人間になったら、サンライズ側の指揮を取れる人間がいなくなってしまいますよね。

582 :国王陛下:04/06/29 00:08 ID:???
>>575
ありがたい!では、作戦は一時休止して、ルールを作ろうか(って、今更かよ)。
みんな、意見は?

>>579
そうですね、勝手に決めちゃうのは悪いから本人の承諾も必要だけど、適当だと思います。


ルールを決めよう!…課題
課題1  国家予算をどうするか?(調達、物資の輸入など)
課題2  作戦の判定方法について
課題3  スレ内の時間について(部隊が瞬間移動したりしたら困るから)
課題4  禁止事項
課題5  国際法、条約の締結方法など

こんなものですかね…。

583 :外務省職員:04/06/29 00:10 ID:???
>>582
確かに私が判定官をやるかどうかはともかく、ルール作りは必要ですね

584 :ツユ国の軍師:04/06/29 00:13 ID:???
すみません。私はもう寝ます。
ルールを決めるのはいいのですが、本格的なモノになると、私も参加できなるなるかも…

585 :外務省職員:04/06/29 00:17 ID:???
>>584
確かに少数で運営している以上、ルールが複雑化すると維持が困難になりますね。

586 :諜報部大尉:04/06/29 00:18 ID:???
T-72とか竹槍は現実の戦力と同じなのか、
それとも2ちゃん的戦力が付加されるのかも気になったり。

587 :国王陛下:04/06/29 00:24 ID:???
>>584
本格的にはしないつもりです。私も参加できなくなってしまうから…。
簡単な「お約束」みたいな感じで。

で、自分で少し考えてみました。
課題1  国家が所有している都市の数×100億円くらいで?
      共同管理都市は管理している国家数で割るってので。
      100レスごとに徴収?
課題2  判定官に作戦を提示→判定が基本
      これは難しいですね…。思い浮かばない…。
課題3  1レスにつき1時間くらい?
課題4  現存しない兵器の使用(モビルスーツだとか宇宙戦艦だとか対消滅爆弾とか)
課題5  国際法はあってもなくても…。リアル国際法と同じでどうでしょう?
      条約締結ですが、条約の種類は「休戦条約」「不可侵条約」「停戦条約」
      「相互防衛条約」「同盟条約」くらい?

意見があれば遠慮なくどうぞ

588 :予備役少尉@生活村:04/06/29 00:25 ID:???
今までみたいな感じでもいいかなー、とか直接戦闘に関わってない人が言ってみます。

589 :ダラーの亡霊だよ!:04/06/29 00:26 ID:???
基本を戦争物ボードゲームから参考にして、2ch独自仕様のシステムを
考えなきゃならんな。 まさか参加者にサイコロ用意させるのも無粋かも
しれんし…国家予算はポイント制で考えて、ポイント消費でイベントを起こせるシス
テムがあったな。 作戦(戦闘のことか?)損害判定なんかはスカッド
ミサイルを迎撃した人が表記してたものがいいかもしれんな。サイコロだが。
スレ内の時間については、現実の日時を使ったほうが混乱が無くて良いかも
しれない。一日の内の時間だけ、別に設定すればいいのか?

とりあえずBC兵器とレイープは禁止だな。殺伐とするから。

590 :T-72帝国軍総司令官:04/06/29 00:28 ID:???
一応教団の教えではT-72戦車は神が自らに似せて
創りたもうた万軍の統率者ということになっていますが、
世界に散らばるそれは言うなれば神仏の像に相当する
ものでしかない(いや、そうであるからこそのT-72教なのですが…)
わけでありまして(この辺も宗派や聖職者によって見解が異なるかもしれない)
T-72神のご本尊そのものは世界に数両しかないと言われております。

つまるところ偶像である一般のT-72戦車が神がかり的な能力を持つかと言うと
そういうわけではないので…
残念ながら信徒以外の人にとっては普通の戦車なのです。
(と、この場における私は解釈している。)

591 :予備役少尉@生活村:04/06/29 00:36 ID:???
参加者レベルでは、
・判定には文句言わない。
・判定官はコテハン指揮部隊が壊滅しても生死は濁す
(実は生きてた! とかはコテハン委任)
・指導者間の交渉中は行動を自粛
くらいでいいんじゃないかな。
予算も曖昧でいいんじゃないかな。
いままでみたいに、@から援助を求める、他国の教徒からの支援、
みたいに。
それらしい財源ネタをだせば、それを通しちゃえ!(w
そこまではやりすぎじゃん? っとなったら、判定官だけじゃなくスレ住人で指摘すればよし。

592 :T-72帝国軍総司令官:04/06/29 00:38 ID:???
 >判定官
ではよろしくお願いします…
作戦の判定方法というより彼我の損害・戦果の判定ですね。
たとえば兵站線を切断したり、側面を脅かしたりすれば
相手側もそれなりに考えざるを得ないでしょう。
(流石に補給が無いのに前進したりはせんでしょう。)
あとは物資や士気についての考察も必要になりますが…
これは難しいので各参加者に委ねるとしますか。
 >国家予算
例の地下資源やら都市の破壊状況やら教団への流入資金やら、
他に考えるべき事項はありますが基本はそれでよいかと。
 >時間
真夜中早朝に奇襲されたら対応できません(w
戦闘時間を決めておいてはどうかと。
出来れば来られない場合の代理も居れば…


593 :外務省職員:04/06/29 00:41 ID:???
やはり難しいのは、時間ではないでしょうか?
私も含め皆さん常時接続というわけには、いかないでしょうし…

>>591
確かに、これくらいのルールが最適かもしれませんね。
やはりこのスレの良い所は、参加者の自由な発想ですから。




594 :国王陛下:04/06/29 00:43 ID:???
>>591
参加者レベルのルールはそれで構わないと思います。

>>592
士気は重要ですが、戦況によって指導者が決定するのでよいのでは?
そうですね、時間はやはり問題でしたね…。時間についてはレスで決めるのは
やめましょう。

予算については意見が分かれたな…。どっちがいいだろう?

595 :新米少尉:04/06/29 00:56 ID:???
>>593
やはり、ある程度の自由度は重要だと思います。
あんまりルールで固めてしまうと、敷居が高くなって新規参加者が入りにくくなってしまいますからね。
>>592
確かに、真夜中早朝の戦闘はつらいです。みんなが都合がいい時間をある程度決めてその間を戦闘の時間にするのが良いんじゃないですか?
それ以外の時間はコテハンキャラのイベントや作戦を練ったり、交流の時間にするのが良いと思います。



596 :国王陛下:04/06/29 01:01 ID:???
>>595
時間はそうするしかないですな。平日は夜11時くらいに戦闘が行われるようにしますか?
それ以外の時間では、部隊の移動なんかもさせといて。
それと、軍艦の建造についてですが、あれこそ時間かかりますからね。建艦は港でのみ可、
1港につき1隻建造可で、完成まで300レス、とします?こういうのはレスで決めたほうが
いいと思うのですが(まあ、軍艦の建造ができる国家は限られますけどね)。

597 :新米少尉:04/06/29 01:12 ID:???
>>596
軍艦ですか? うーん、そうなりますともっと正確で大規模な地図がな…いと行動の把握が困難になるな

598 :新米少尉:04/06/29 01:14 ID:???
>>597
すいません変な所に、「・・・」が入ってしまって読みにくくなってしまいました。

599 :国王陛下:04/06/29 01:14 ID:???
>>597
しかし、軍艦は内戦時には既に我が軍が使用してましたからねぇ。
アミャリカ合衆国も空母やらなんやら持ってたし。
地図は…明日、絵のうまい友人にでも頼んでみるか…。AAじゃきつくなってきた…。

600 :国王陛下:04/06/29 01:20 ID:???
さて、みんな静かになってきたし、私は寝るかな…。
ルール制定はまた明日…。

601 :外務省職員:04/06/29 20:36 ID:???
昨日、判定官に立候補させていただきましたが、やはり時間の折り合いがつかないので辞退させていただきます。
みなさん迷惑をおかけして、大変申し訳ありません。

602 :国王陛下:04/06/29 21:50 ID:???
>>601
それならば仕方がないですよ。誰にでも都合というものがありますから。

地図については、友人が快諾してくれました。ただし、少し時間がかかるとのことなので、
少々お待ちを。完成したらうpします。


603 :T-72帝国軍総司令官:04/06/29 22:12 ID:???
できればこの際地域・地形・都市等に名称を
付与していただければありがたいと考えるのだが…

604 :国王陛下:04/06/29 22:54 ID:???
>>603
わかりました。では、こちらで適当に決めてもよいでしょうか?
何か希望があれば聞きます。

605 :随伴対空派の中の人:04/06/29 23:16 ID:???
すいません。自分も仕事がクソ忙しくて参加できません…orz
今後はSS描きとしてたまーに参加する方向で。

ルールの明文化案は自分でも考えて居たのですが、
中隊規模での戦闘をモデル化する(大戦略と同じですな)方法を
取っていたのでやたら式が長くなって断念orz
仕方ないのでソードワールドの式を簡略化、来襲数は常に24と仮定して計算してました。

とりあえず各部隊ごとのユニット数、装備ごとの命中率と破壊力と有効高度、
高度(航空〜地上〜水中)、あとは回避率と特殊能力(ステルス、弾道弾、浸透突破etc)
について係数を決めておけば納得できる数字が出せるのですが…めんどくせぇぇぇ(´Д`)モメン。
地上戦力に関してはもうちょい簡素化した方が良いでしょうな。
ウォーゲーム詳しい人の光臨キボンヌ。

>603
と言う訳で総司令官殿、防空軍は「軍の効率化を図るため」、
陸軍の指揮下に入ったことにしてくださいませ。
その時ゲインフル6と憲兵隊を独立特殊部隊にして頂けるとなおグー。
よろしくお願いします。

606 :T-72帝国軍総司令官:04/06/29 23:39 ID:???
 >>国王陛下
特に希望はないです。あえて言えば都市地形だけでなく
国内の行政区画…例えば州などの名称があると分かりやすいかと。
 >>随伴対空派殿
了解しました。ゲインフル6及び憲兵隊を旧防空軍から独立、
統合参謀本部直属の中央特殊作戦群の配下に置きます。
この作戦群の指揮権は貴官に。司令官は…少将か大佐ぐらいでしょう。
防空軍本隊は空軍・陸軍に統合しておきます。

607 :国王陛下:04/06/29 23:57 ID:???
>>606
州の名称は、その都市の名前にしては?都市=州都ということで。
そのほうがわかりやすいと思います。

今のところ、ルールとして決定している(異論がない)のは
・現存の兵器以外の使用(宇宙戦艦、対消滅爆弾など)の禁止
・判定官が判定(ただし、判定官が決まっていない。判定方法も未決)
・国際法関係、条約関係
ですかね。予算については今までどおりに勝手に決めるか、100レスごとに
都市×100億円くらいの収入にするか、で意見がわかれてますね。
あと、>>591の参加者レベルのルールも異論はなさそうですね。
>>596の軍艦建造についても特に異論はないようです。

さて、予算方法と判定方法を決めようか。


608 :T-72帝国軍総司令官:04/06/30 00:18 ID:???
予算についてはある程度決めておく必要はあろうかと。
基本は単純なほうがよいでしょう。
ただプラスアルファの要素はどうしても必要だと思います。
(鉱山収入・教団の支援金・第五列による収入低下等)
それぞれについて基礎となる数字を定め、
変動要因とその幅を規定しておけばあとはなんとかなるかと。

609 :国王陛下:04/06/30 00:26 ID:???
>>608
そうですね、ではやはり予算は100レスごとに都市の数×100億円、
地下資源が100レスで1000億円、それをサンライズ、戦車帝国、アミャリカで分割、
教団支援金が20億くらいにしますか?収入低下などは判定官などに判定させるのも
おもしろいかも。…判定官探さないと…。
兵器の値段は、そういうのが乗っているHPでも探して、そこを参考にしますか。

610 :新米カメラマン:04/06/30 04:54 ID:???
                                 o
                                /〜〜〜〜〜,
                               / T-72    /
                               /         /
                               /〜〜〜〜〜'            
                             /γ//~ヽ うら〜
                            (^ミ゚Д゚,(u)
                         ヽ ̄ ̄~ヽ:' ロ゙ヽ            
           __             / 二二二/ ̄ ̄ ̄l ̄ヽ
            (O)ロ)_)ニニ)二)ニニニ))__) 7/ /    ̄ 、j  ヽ 
           ~~        / γ//~ヽ  /_______ヽ        l二二l三三l
           _,..-'''" ̄ ̄ ̄ ̄(゚Д゚,(u) ̄_,..-'''" ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
      _,..-()),, ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,..-'''" '      l ''       ''            ・   l)
     ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ    _______l______________l)_
    l~ ヽu               u゙l ̄ l- ..____________________/__  ヽ
    l__lヽ                   l__l ≡,,~ー-―-―-―-―-―-―-―-―-―-―- 、 __l
     {≡;;ヽ二二二二二二二二二二二{≡≡{0)´`ヘγ´`ヽγ´`ヽγ´`ヽγ´`ヽγ´`ヽ ´`l

とある村に進撃してきたT-72帝国軍のPT-76水陸両用車を撮影した。
写真では分かりづらいかもしれないが、車体前面に小銃弾と思われる弾痕が複数あった。
おそらく歩兵と戦闘した後、76mm主砲でそれを撃退したのであろう。
撮影しようとしたら随伴していた歩兵に撃たれそうになったのは秘密だ。




611 :国王陛下:04/06/30 23:14 ID:???
王都にて
国王陛下 「さて、国内の状況を把握しなければな。調査結果を読むか」
側近    「これがその結果でございます」
国王陛下 「ふむふむ。人口はおよそ2000万人か。内戦で国が分裂したから、半分に
        なってしまったな」
側近    「そうですね。家族離散のめにあった家族も多いようです」
国王陛下 「それは早急に再会させなければ。なんとか戦車帝国側と話を進めてみよう。
        どちらにせよ、C国、つゆ国との戦争が終わってからだろうけどな」

側近    「至急、兵を集めましょう。第4師団を編成したいですからな」
国王陛下 「いや、第4師団ではない。第1機甲師団にするのだ。つゆ国の強大な陸軍力に
        対抗するためにな」
側近    「了解しました。そのように手配します」

612 :名無し三等兵:04/07/01 23:17 ID:KWWFT/V3
もう細かいルールはいいからさ、参加者の常識の範囲で部隊移動とか生産とか
やってさ、戦闘については当事者同士がその場の空気とメールのやり取りなん
かで決着付けてさ、なるべく面白く、盛り上がるようにしていけばいいじゃない。

不自然にならなければいいんだし。楽しむスレッドにしようよ。

613 :諜報部大尉:04/07/01 23:47 ID:???
続けてよろしゅうございますか?

614 :T-72帝国軍総司令官:04/07/01 23:51 ID:???
続けましょうぞ。しかし私としてはC露連合軍の動き
(というか、その作戦結果)が分からんことには
反応のしようがないのです…

勝手に敵を負かすわけにはいきませんから。

615 :国王陛下:04/07/02 00:31 ID:???
お久しぶりです。

なんかルール制定が面倒になってきましたな…。>>612のいうとおり、
とにかく面白さを追求しますか。文句があれば抗議すればいいし。

地図ができました。ただ、少し調整が必要なので、数日後にうpします。

状況報告(おもな部隊のみ)
第1師団     戦車帝国国境付近で休息中。充足率78%
第2師団     A国国境付近に展開中。充足率89%
第3師団     戦車帝国軍とC露連合軍の前線に配備。充足率82%
近衛師団    首都防衛。充足率100%
第1機甲師団  首都近郊で訓練中。充足率74%

命令(極秘)
兵站部隊は戦車帝国軍への補給準備を開始せよ。

>>総司令官殿
我が軍の兵站部隊2個大隊およびその護衛に歩兵2個中隊を貴国領に配備してもよろしいでしょうか?
貴軍の後方より、補給を行います。

616 :T-72帝国軍総司令官:04/07/02 00:48 ID:???
 >>国王陛下
 >補給活動
承認しましょう。ただ我が軍の必要と貴国の供給に
ズレが生じる可能性もありますので、
遠からず兵站部隊は我が軍のそれを強化し、
順次自国のそれと切り替えていきたいと考えます。

…現時点では兵站線が短いので兵站部隊の少なさは
それほど問題はありませんが、
後のことはわかりませんからね…

617 :諜報部大尉@A国で調査中:04/07/02 00:59 ID:???
報告
ロンギヌスの竹槍の件ですが
本当かどうかは分かりませんが
古文書の通りなら世界を支配する力(破壊する力?)
とやらがあるそうで、その文明はその力に滅ぼされたともあります。
A国は調べてもこんなのしか出てきません。
A国を出てつゆ国の行きますがよろしいですか?

618 :国王陛下:04/07/02 01:23 ID:???
>>616
協力を感謝します。弾薬等は、こちらが徐々にアメリカ装備に変更していく
ことを考えると適当ではありませんから、食糧や燃料の提供を中心に行いたい
と思います。

>>617
了解した。世界を破壊する力か…。そんなもの、ただの人間に扱えるわけがない。
どうせその力に取り込まれてしまうに決まっている。本当にあれば、厄介なことに
なりそうだな…。
つゆ国での行動を許可する。思う存分調べ上げてこい!特に、戦犯の大元帥や、
つゆ国が戦争を仕掛けたわけ、C国がそれに加担した理由を調べるのだ。
いくらつゆ国・C国の陸軍力が強大とはいえ、こちらにはアミャリカがついている。
何か裏があるに違いない。

619 :新米少尉:04/07/02 02:16 ID:???
定期報告を致します。
我が小隊はC国の軍事技術の奪取に成功しました。しかし、長期にわたる潜伏で物資も底を尽きかけているうえ、部下達の疲労も溜まっています。
これ以上の作戦続行を断念して、一度本国へ帰還します。
以上−


620 :名無し三等兵:04/07/02 03:56 ID:???

\ …この国は中々儲かりそうだな…市場調査を行え。/
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ...| ̄ ̄ |
   /:::|  ___|       ∧∧    ∧∧
  /::::_|___|_    ( 。_。).  ( 。_。)
  ||:::::::( ・∀・)     /<▽>  /<▽>
  ||::/ <ヽ∞/>\   |::::::;;;;::/  |::::::;;;;::/
  ||::|   <ヽ/>.- |  |:と),__」   |:と),__」
_..||::|   o  o ...|_ξ |::::::::|    .|::::::::|
\  \__(久)__/_\::::::|    |:::::::|
.||.i\        、__ノフ \:|    |:::::::|
.||ヽ .i\ _ __ ____ __ _.\   |::::::|
.|| ゙ヽ i    ハ i ハ i ハ i ハ |  し'_つ
.||   ゙|i〜^~^〜^~^〜^~^〜|i~
   ...||            ||


621 :名無し三等兵:04/07/02 23:28 ID:???
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1085929586/l50
\ …このスレは参考にならんかね?歴史長いよ。/
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ...| ̄ ̄ |
   /:::|  ___|       ∧∧    ∧∧
  /::::_|___|_    ( 。_。).  ( 。_。)
  ||:::::::( ・∀・)     /<▽>  /<▽>
  ||::/ <ヽ∞/>\   |::::::;;;;::/  |::::::;;;;::/
  ||::|   <ヽ/>.- |  |:と),__」   |:と),__」
_..||::|   o  o ...|_ξ |::::::::|    .|::::::::|
\  \__(久)__/_\::::::|    |:::::::|
.||.i\        、__ノフ \:|    |:::::::|
.||ヽ .i\ _ __ ____ __ _.\   |::::::|
.|| ゙ヽ i    ハ i ハ i ハ i ハ |  し'_つ
.||   ゙|i〜^~^〜^~^〜^~^〜|i~
   ...||            ||


622 :国王陛下:04/07/03 01:01 ID:???
>>619
了解した。戦車帝国に駐留している我が軍の兵站部隊から補給を受けたまえ。
その後、A国国境の古代遺跡へ行き、ロンギヌスの竹槍を探してくれ。
決して、あれをA国に渡してはならんのだ。

昇進
予備役少尉→正式に中尉に任官
新米少尉→新米中尉に任官
諜報部大尉→諜報部少佐に任官
外務省職員→外務次官に昇進
不満があれば今までのままでよいが。功績が多々あるからな、諸君は。

623 :名無し三等兵:04/07/03 13:26 ID:psaHBvcm
もしも、「ショッカーアメリカ支部」があったら??

624 :新米中尉:04/07/03 21:31 ID:???
陛下、任官ありがとうございます。
早速、補給が完了しだい、A国へ潜入を開始します。

625 :国王陛下:04/07/04 02:50 ID:???
このスレ、過疎化が進んだな…。

626 :諜報部少佐:04/07/04 06:47 ID:???
少佐に任官していただきありがとう御座います。
つゆ国に到着し現在調査中ですがガードが固くて・・・
近隣諸国最大の港部が目的の
可能性もありますがはっきりとしたことはまだ・・・


627 :T-72帝国軍総司令官:04/07/04 12:37 ID:???
私は常駐しておりますが敵軍が動かないので…

山岳地帯での足止めに成功したといえばそれまでですが。

628 :ロンギヌスの竹槍をねらう謎の組織総帥:04/07/04 20:16 ID:???
サンライズがロンギヌスの竹槍の存在に気づいたようだな・・・
今は脅威ではないが、今後我々の邪魔をするなら消えてもらうしかないな・・・

629 :国王陛下:04/07/04 20:21 ID:???
そういえば、以前言ってた地図をうpしたいのだけど、
どうやればいいのかな?うpしたことがないから
わからんのですよ。誰か教えていただけません?

630 :諜報部少佐:04/07/04 23:01 ID:???
http://www.uploda.net/
こことかでうpすればいいかと

631 :新米中尉:04/07/04 23:02 ID:???
うPするには、URLを貼り付ければOKですよ

632 :新米中尉:04/07/04 23:26 ID:???
>>631
正確には、「うpしてから」ですね


633 :国王陛下:04/07/05 01:50 ID:???
upload8270.jpg
これでいいのかな?地名は載ってないですけど。

634 :新米中尉:04/07/05 02:09 ID:???
http://venus.aez.jp/uploda/dat/upload8270.jpgですね
地図よくできて


635 :新米中尉:04/07/05 02:12 ID:???
失礼、トラブルで文が途切れてしまった
地図良くできてます、陛下ありがとうございました。

636 :国王陛下:04/07/05 18:55 ID:???
>>634
新米中尉、わざわざありがとう。地名が入っていないので、
誰か適当に入れてくれないでしょうか?私がやると絵を駄目に
してしまいそうで。
できれば、サンライズの首都は王都クロノス、港町はボニア、ファストと名づけて
ほしいです。戦車帝国の首都は神都オブイェークトってのはどうですか?(笑)

637 :国王陛下:04/07/05 19:52 ID:???
さきほど、
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1088163861/l50
のスレでT−72信徒と戦う、という「TKたん信徒」が布教活動しているのを
発見したのだが。戦車帝国として看過できない問題では?
邪神とか言っていたぞ。

港にて
補給担当官「あ、陛下。たびたびご苦労様です」
国王陛下 「気にするな。王都にいても息苦しくてな。で、注文したM−1
      エイブラムス40両が届いたと?」
補給担当官「はい。現在、品物の確認中ですが…。これが予算状況です。
      かなり厳しいですね。やはり、アメリカ製は高いです…」
国王陛下 「つゆ国と戦争になり、ロシア製装備が手に入りにくいこの状況では
      仕方あるまい。予算については考えておこう。アパッチが欲しかったが、
      この予算では購入するのはキツイな。ヒューイコブラにでもするか」
補給担当官「僭越ながら…地下資源の採掘を再開しては?」
国王陛下 「そうだな…。内戦で採掘がストップしていたからな…。忠告ありがとう。
      ただちに採掘を再開し、資源を輸出して金を得る。国内工場では銃や装甲車の
      生産を続けさせよう」

638 :T-72帝国軍総司令官:04/07/05 20:32 ID:???
 >地図
作成有難うございます。帝国の下がC国、
その下がつゆ国でよろしいですかな?
 >新興邪教
勿論直ちに取締りを開始します。
まだ新興の為勢力は弱いようですが、
陸自神道系のチハ派等を取り込まれると厄介です。

639 :T-72帝国軍総司令官:04/07/05 20:34 ID:???
 >首都
オブイェークト(客体)…寧ろウラルグラードとでもしたいですね。
神の非公式の愛称が確か「ウラル」ですから。

640 :国王陛下:04/07/05 21:56 ID:???
>>638
そうです。このスレを知らない友人に作成してもらったので、
少しおかしいところもあるかもしれませんが、タダで作ってもらったので…。
首都名については「ウラルグラード」ということで了解しました。
ただ、やはり地図に地名を入れるのは他の人が…。私は下手なので…。

641 :新米中尉:04/07/05 22:12 ID:???
http://49uper.com:8080/img-s/7982.jpg
とりあえず、うpしていただいた地図に地名を書き込んでみました。
気に入らなかったらスルーしていただいて結構です。

642 :国王陛下:04/07/05 22:16 ID:???
>>641
おお、ご苦労!うーん、かなり地図らしくなってきたねぇ。

643 :T-72帝国軍総司令官:04/07/05 22:50 ID:???
さて…敵軍のほうが動かないな…

そろそろ三個目の戦車師団を編成しようかしらん。
予算・物資的にあと一つぐらいまでは…

644 :国王陛下:04/07/05 23:18 ID:???
つゆ・C国連合軍も、アミャリカ海兵隊も動かんな…。
一体、何があったのか…?
ところで、地図を見てて思ったのだが、我が国は内戦前はかなりの大国だった
のだな…。全然気づかなかった…。

報告
第1、第2、第3師団及び第1機甲師団の補充が完了。
充足率すべて100%に。第1機甲師団は引き続き訓練を続行。
その他の部隊もそのまま。



645 :新米中尉:04/07/05 23:40 ID:???
>>644
確かに・・・大陸の中で一番領土が広かったんですね。
内戦で分裂すれば隣国が侵略してくるのは必然的だったか・・・

報告
A国遺跡にて
新米中尉  「敵をまく事に成功したか?軍曹!」
ベテラン軍曹「何とか・・・敵の追撃を振り切ったみたいですな。」
新米中尉  「遺跡の内部が迷宮になっていたのが不幸中の幸いだったな。」
ベテラン軍曹「全くですな・・・しかし気になるのは先程の敵部隊の中にいた戦闘兵です。
         明らかにA国の兵士以外の者が紛れこんでいましたな。          」
新米中尉  「・・・! もしや、この前のロンギヌスの竹槍を狙う組織とか言うやつか!」
ベテラン軍曹「おそらくは・・・」
新米中尉  「どうやら、調査を急いだほうが良さそうだな・・・」


646 :国王陛下:04/07/06 22:03 ID:???
サンライズ王国・T−72神聖戦車帝国国境近くの山脈(モンコーラ山脈と命名)
国王陛下 「採掘ははかどっているかね?」
採掘責任者「陛下!このような所に来られては、お召し物が汚れてしまいます!」
国王陛下 「構わんさ、どうせ○ンキで買った安物、1000円もしないTシャツだからな。
      で、採掘は?」
採掘責任者「はい!採掘作業は順調に進んでおります!人手も十分足りておりますし、
      採掘量も膨大です。特に、このモンコーラ産の銀は質が良いです」
国王陛下 「そうか。ここでは金、銀、銅、ボーキサイト、石油、天然ガスなどが
      とれるのだったな?」
採掘責任者「そうです。まさに宝の山です!ただ、採掘した資源を加工・輸出するために
      北部の工業地帯に輸送するための手段が不足しています」
国王陛下 「わかった。鉄道や道路を整備しよう」

647 :T-72帝国軍総司令官:04/07/06 22:45 ID:???
  新規編成
 第3戦車師団
  第3戦車旅団(第7・第8戦車大隊)
  第5自動車化歩兵旅団
  第6自動車化歩兵旅団
 第6師団
  第12旅団
  第13旅団
現状での兵力増強はこれぐらいが限界だろう。

  命令
第1師団と第2師団と交代、第1師団は後退せよ。
第5師団及び第3師団は山地を前進、敵侵攻部隊の翼側に展開せよ。

それにしても資源開発の面で陸封国家化は辛いものがある。
とするとC・露の宣戦も一つの機会かもしれん…

648 :C国首脳部・戦車帝国との国境沿い山脈にて:04/07/07 00:20 ID:???
シャープ「こちらが核施設の中核となる区画です。」
おお…   ざわ  ざわ   ざわ   ヒソヒソ…
C国国王「ここの施設だけで、核兵器が完成させられるわけ?」
 一団の中でも最も若い男が、C国において最も権力を持つ人間だった。
シャープ「はい。様々な用途別の弾頭化を目的とした施設ですので、スカッドの
ような短距離弾道弾や、対地核爆弾など、あらゆるものに対応できます。」

C国王側近「…この施設の存在が戦車帝国にもサンライズにも知られていない
というのが事実ならば…」

C国王「やり方次第で、Cは核保有国になれるわけだ。…シャープ、おまえを
登用しよう。今後は我が国の為に力を尽くせ。」
シャープ「ははーっ!(大元帥閣下、お許し下さい。)」

C国王「フフフ、この大陸は、アミャリカやサンライズの馬鹿共にくれてやるには
    もったい無さ過ぎる。 王宮に戻るぞ!」

649 :国王陛下:04/07/07 00:57 ID:???
敵が動かないからSSで盛り上げるしかないな…。

王都クロノス・郊外にある陸軍の演習場
国王陛下 「これが新たに編成した、第1機甲師団か」
師団長  「陛下!お待ちしておりました!」
国王陛下 「うむ。これが、M−1エイブラムスだな。で、性能はどうだ?」
師団長  「はい。T−72信徒には叩かれるかもしれませんが…まさに最強、
      この一言につきます」
国王陛下 「そうか。訓練状況は?」
師団長  「毎日激しい訓練をしていたため、実戦経験こそないですが、
      かなりの練度を持った隊になりました。戦場での活躍を楽しみに
      していてください」
国王陛下 「うむ、期待しておるぞ」

発注
アミャリカにF−22戦闘機を10機注文。

650 :新米中尉:04/07/07 01:05 ID:???
A国遺跡にて
新米中尉  「うおっ・・・なんだこれは・・・」
ベテラン軍曹「巨大なT−72戦車の像に竹槍が刺さっていますな」
新米中尉  「これが・・・ロンギヌスの竹槍なのか・・・?」
ベテラン軍曹「どうやら、そのようですな」
新米中尉  「本当に世界を支配する力があるのかコイツに・・・?」
ベテラン軍曹「とにかく回収を急いだほうがよろしいですな」
新米中尉  「よし、あの像から槍を引き抜くぞ!」

新米小隊は【ロンギヌスの竹槍】を手に入れた

651 :国王陛下:04/07/08 01:46 ID:???
王都クロノス・王宮(旧大元帥府)
側近   「陛下、A国国境にある古代遺跡の調査に向かっていた新米小隊から、
      報告が届きました」
そう言って>>645>>650を国王陛下に見せる。
国王陛下 「ううむ、A国軍および、謎の武装集団か…。これはゆゆしき問題だな。
      至急、諜報部に調査させよう。それと、ロンギヌスの竹槍と思われる
      物体を確保、か…」
側近   「報告ではかなりの重量があります。1個小隊だけでは持って帰るのは
      厳しいのではないでしょうか?」
国王陛下 「そうだな…。私の直属部隊のひとつ、チャン小隊を派遣しよう」
側近   「チャン小隊ですか…?確かに、彼らは優秀ですが、指揮官は…」
国王陛下 「うむ。君が懸念するように、かなりの変人だ。だが、だからこそ
      このような任務には向いているのではないかね?彼らは実績もある」
側近   「大元帥捕縛作戦、ですな」
国王陛下 「そうだ。彼らの手際は見事だった。ただ、やはりチャン少尉は心配
      だからな、新米中尉に見張ってもらうのだよ」
側近   「さすがは陛下…感服しました…」

国王陛下はA国国境の古代遺跡に「チャン小隊」20名を派遣しました。

652 :名無し三等兵:04/07/08 03:11 ID:???
報告です。
・大元帥について
大元帥は露国とA国の国境付近の山中に潜伏してるとのこと。
ただ原住民に変装してるので発見かなり困難な模様。
ただの原住民のおっさんにしか見えないらしいです。(耳とか尻尾とか)
・露国について
露国の首脳部にT-72教系の者がいて聖地奪還が目的。
ただそれほど信者が多いわけでないため、
資源の確保ということにしてる模様。


653 :諜報部少佐:04/07/08 03:12 ID:???
ナマエイレワスレマシタ

654 :ツユ国の軍師:04/07/08 14:02 ID:???
アク規制解除キター!!
>>649
>アミャリカにF−22戦闘機を10機注文。
敵はF-22かよ!!

国防議長「大統領閣下。遅れを取り戻さねば!!攻撃命令を!!」
大統領「議長。残念ながら、今はそれどころではないのだ。」
国防議長「なぜ!!」
大統領「現在はテスト期間中なのだ。明日も化学や古典のテストがある。」
国防議長「そうでありますか…」
つーわけで、完全復帰はもう少し待って。

655 :国王陛下:04/07/08 16:47 ID:???
王都クロノス・王宮
側近   「今日は大変だったようですね」
国王陛下 「うむ。>>651を書き込んだあと、寝ようと思ったら、今日提出の
      宿題があることに気づき、慌ててやっていたからな。おかげで
      就寝が0230時になってしまった…」
側近   「それは…さぞ辛かったでしょうな」
国王陛下 「そうなのだが、実はそれだけではない。朝4時に私の携帯に迷惑
      メールが来てな。それで一度起きてしまったのだ。お陰で授業は
      寝てばっかり」
側近   「今日は2限からでよかったですな」
国王陛下 「それが救いだ。ところで、つゆ国だが」
側近   「>>654にあるように、現在テスト中のようです。しばらく動きはない
      でしょう」
国王陛下 「化学や古典か…。懐かしい響きだ。私も半年前は古典と英語を必死に
      やっていたな…パソゲーやりながら」
側近   「……。ともかく、今は戦力増強の時です」
国王陛下 「地下資源の輸出は順調だ。これで、新たに兵器を購入できる。今は資金を
      貯めねばな」

サンライズ王国は地下資源の輸出で大儲けした!

656 :ツユ国の軍師:04/07/08 17:54 ID:???
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown-Rook/3131/00.htm
ついでに参考にどうぞ!!
しかし、ツユ国は東側の装備しか使えんのが…
ミラージュ2000欲しいよ(泣

657 :新米中尉:04/07/08 19:20 ID:???
A国国境付近
新米中尉  「くそっ・・! 国境はまだか軍曹!」
ベテラン軍曹「我々は現在、国境まで15キロの地点にいます。」
新米中尉  「15キロか・・・ それまでもつか・・・」
ベテラン軍曹「先程からA国の部隊と立て続けに接触してますからな・・・」
新米中尉  「この竹槍のせいで、こちらも思うように動けん!」
ベテラン軍曹「>>651 先程通信で、チャン小隊がこちらの応援に向かっているそうです。」
新米中尉  「チャン小隊だと・・・ とんだ疫病神を呼び込んでしまったようだな・・・」
三等兵   「隊長!敵襲です!!」
新米中尉  「またか! 迎撃いそげ!応援が到着するまで耐えるぞ!」


658 :国王陛下:04/07/08 21:11 ID:???
A国国境・古代遺跡付近の森林
チャン少尉「なんなんだよ、これ!?敵ばかりじゃないか!」
胃潰瘍軍曹「だから私たちが派遣されたんじゃないですか…」
チャン少尉「え〜、めんどい!なんで俺ばっかり…」
胃潰瘍軍曹「スネてないで、新米小隊の救出に行かないと、間に合わなくなりますよ」
チャン少尉「わかってるよ!」
そう言って空き缶を投げる。
胃潰瘍軍曹(痛っ!この野郎〜、何の脈絡もなく怒り出しやがって!)
チャン少尉「どうしたんだよ!早くしろよ!」
胃潰瘍軍曹「胃が痛くて…。すいません」
チャン少尉「まったく、何やってんだよ!」
胃潰瘍軍曹(てめえのせいで胃潰瘍になったんだろうが!早く死ね!このクソ少尉!)
こうして、チャン小隊は数々の問題を抱えながらも先を急いだ…。

659 :T-72帝国軍総司令官:04/07/08 21:47 ID:???
新編師団の訓練を終了。投入準備よし。

某国の125o滑腔砲用の新型APFSDSの調達を開始。
機甲師団の戦車部隊への配備を急ぐ。
第2自動車化狙撃兵師団の自動車化(装輪)大隊2個を
BMP-2装備の部隊に改編。余ったBTR-80装甲車は歩兵師団へ。

660 :C国首脳部:04/07/08 22:50 ID:???
C国王「準備の進展はどんなもんなの?」
側近 「裏方は戦車帝国側の方がほぼ完了です。サンライズ側では7割ほど。
    アミャリカの手勢に注意している分を考慮すれば順当かと。」

…裏方は民間人や軍属に扮しての消極的破壊工作が主になります。「主要幹線道路」
「鉄道基幹路線」「発電所・変電所」「通信・放送関連施設」「橋梁・トンネル」
「送電鉄塔」「港湾・吊荷設備」 「食料・燃料備蓄施設」「資源採掘施設」 

これら物流・インフラ関連を同時に使用不能状態にすることで軍事力に劣る我国が
進出できる「空白」を得る。これが本作戦の目標となります。

軍の主力は戦車帝国との国境ラインから5kmの距離を取り展開。テロ攻撃後に
安全保障の確保を名目に地下核施設を含むラインまで進出します。アミャリカ本国
では我国配下のロビイスト達が議会活動を開始しており、計画は滞りなく進展しております。


661 :T-72帝国軍総司令官:04/07/08 23:26 ID:???
 >>652
ふと疑問に思ったのですが何故T-72教を国教とし
神聖国家を建設した我が国に対して
「聖地奪還」なるものが企画されるのですかな?
我々が異教徒ならともかく。

662 :国王陛下:04/07/08 23:43 ID:???
>>661
そういえばそうですな。実はつゆ国はTKタン教徒とか?
そもそも、つゆ国の軍師殿は、>>504でこの戦争の意義を国内に演説ぶっている。
聖地奪還が目的とは思えないが…?
それと、最近、大元帥とアミャリカ殿が来ませんな…。
あと、ゲインフル殿、外務省職員殿も。みんな、仕事が忙しいのでしょうかねぇ。

663 :新米中尉:04/07/08 23:48 ID:???
戦闘の後・・・
新米中尉  「敵はもういないな!軍曹?」
ベテラン軍曹「はっ、撤退を開始した模様です。」
新米中尉  「チャン小隊は間に合わずか・・・」
ベテラン軍曹「結局、我々だけで乗り切りましたな。」
新米中尉  「奴め、つくづく疫病神だな・・・」
ベテラン軍曹「まったくですな・・・」
新米中尉  「とにかく国境を目指す、これ以上の戦闘は危険だ」
ベテラン軍曹「了解」

664 :国王陛下:04/07/08 23:54 ID:???
王都クロノス・王宮
国王陛下 「イージス艦が欲しいな…」
側近   「陛下、我が国は陸軍国ですから…」
国王陛下 「わかっておる。言ってみただけだ。なにより、資金も余裕が
      できてきたし、以前約束した戦車帝国への賠償金を払わなければ
      ならんだろう?」
側近   「ああ、化学弾頭の損害賠償ですね。ダラーが暴走して発射した…」
国王陛下 「あの外国人義勇兵師団はなぜか大元帥派が多かったからなぁ。シャープも
      大元帥派だった。彼は優秀だったなぁ…。あのころは私はまだ大佐。
      それが今じゃ国王だよ。人生、何が起きるかわからないねぇ」

>>T−72戦車帝国軍総司令官殿
休戦協定で約束した賠償金をお支払いいたします。
1000億ドルお支払いしました。

側近   「これで、再び予算に余裕がなくなりましたな」
国王陛下 「そうだねぇ。まあ、地下資源はまだまだあるし、輸出すれば
      すぐに元は取れるだろう」
側近   「何も、一括払いにしなくてもよかったのでは?」
国王陛下 「私は分割払いが嫌いなんだよ。一括のほうが楽でいい」
側近   「はあ…そういうものですか?」
国王陛下 「そうなのだよ。それより、早くロンギヌスの竹槍を確保したまえ」
側近   「了解しました」

>>総司令官殿
賠償金、こんなもんでよろしいでしょうか?

665 :国王陛下:04/07/08 23:56 ID:???
>>664
訂正
×1000億ドル
○100億ドル

1000億ドルも払ったら破綻してしまいます…。

666 :諜報部少佐:04/07/09 00:07 ID:???
すいません。
T-72教“系”ということでTKとかチハたんということにしといてください。
とりあえず信仰してるのは一部の軍を動かす権限のある
お偉いさんだけです。

667 :T-72帝国軍総司令官:04/07/09 00:20 ID:???
 >>国王陛下
戦時でもあり、同盟関係などを考慮すれば
これ以上の要求は不適切でしょう。

賠償問題の解決を宣言します。
 >>諜報部少佐殿
では勝手にチハタソ信者ということにしてしまいます。
我々の聖典ではチハは神の子として認められていますが、
少なくとも現時点ではTKを一般の装軌装甲車両から
特別視する見解はありません。恐らく彼等も聖地にある…
と、ここまでにしておきますか。

668 :C国の概要:04/07/09 02:04 ID:???
第X次世界大戦の後に南半分が共産化し、ツユ国となる。北半分が現在のC国である。

特徴として、大陸の中では工業水準が最も高く、大陸中最も少ない人口で構成された小国である。
主力戦車は世界的にも有名な「メルカバ」シリーズを純国産開発する他、クフィール超音速戦闘機
などを世界各国に輸出できるほどの技術立国でもある。情報機関「ドサモ」は大陸に留まらず、
世界的にも高い水準の諜報活動を広く行うことで、これまでの自主独立を維持してきた。

冷戦崩壊後は経済破綻と政府腐敗に苦しむツユ国への影響力は強大なものになっており、
現在も国王の電話一本で戦車帝国への侵攻を中断させている。法律で宗教信仰に年齢制限を
かけるほどの政宗分離を貫き、宗教が政治的に力を持つことを恐れている。

戦車帝国のような宗教国家の出現は安全保障上黙認できず、核保有による抑止力獲得を企む。

669 :新米中尉:04/07/09 02:40 ID:???
報告
先程より我が隊と交戦しているA国の兵士の中にTK信徒を確認。
どうやらTK信徒がA国の進軍に関係している模様。

新米中尉  「まもなく国境だ、とりあえず危機は回避したな」
ベテラン軍曹「どうやらそうのようですな・・・! チャン小隊より救援要請です。
        なんでも、敵に包囲されて身動きが取れないとのことですが・・・ 」
新米中尉  「何!? 連中め我が隊の救援に来たのではないのか!?」
ベテラン軍曹「我々には、ロンギヌスの竹槍の緊急確保命令が出てますが・・・ どうしますか、隊長?」
新米中尉  「友軍を見殺しにはできん! これより我が隊はチャン小隊の救援に向かう!」
ベテラン軍曹「了解!!」

670 :TK信徒兵 VS チャン小隊の巻!:04/07/09 03:00 ID:???
  ____
        |\       ,. ‐''":::::::::::::;::::`'-、      
 剣狼→   |ヘ|    /::::::::::::::;:/´ヾヘ;:::::::::ヽ    
        |ヘ|   /::::::::::((,/    `、::r、:::゙,     
         | ̄|   ,'::::::::::::i゙  \   / i::::i          
        (∃⊂ヽ  !::::::::::::|  ●    ● l::::|  / 〉  大国に与する邪教徒共め!
───   └┘\ !::::::::::::!          !:::!/\/
        \/  \::::::::!"" ____  ""!::| \/
────   ヽ    |::::::|   l,   /   ノ::i  /    ちょっと死後の世界行こか!
            `、   i:::::l、ヽ.,_ `''''"  _,..イ:::::i  /
─────    ゙、  ヽ;i \ヽ,.l ̄_,l  |:::/ /
            ゙、     ヽ`、 | /  レ' /
──────    ゙、 /     `ヽ''"  i.  /
             /    /TK/    |/
───────  /              |


671 :国王陛下:04/07/09 16:14 ID:???
A国国境付近の森林にて
チャン少尉「なんなんだよ、これ!?敵はA国軍じゃなかったのかよ!」
胃潰瘍軍曹「TKタン信徒…?なぜこのようなところに?」
チャン少尉「知るか!おい、お前、早く迎撃しろよ!」
胃潰瘍軍曹「…ダメです!敵がNEVADAそっくりだと知って、兵たちが
      動揺しています!ここは一旦、退却を…ズバッ!」
胃潰瘍軍曹は首をカッターナイフで切られ、死亡した。
チャン少尉「軍曹!…なんなんだよ、これ!?くそ〜、これでどうだっ!」
チャン少尉はマシンガンを乱射!TKタン信徒は全滅!
チャン少尉「やった!…ん、これは…」
足元に落ちている手榴弾を持ち上げる。
チャン少尉「なっ、なんなんだよ、これ…ドカーン!」

チャン小隊は全滅しました。
攻撃してきたTKタン信徒も全滅しました。

672 :国王陛下:04/07/09 16:23 ID:???
>>668を見て…
国王陛下 「敵はメルカバとクフィールか…。イスラエル製とかやっかいだな」
側近   「クフィールは確か、ミラージュのパクリだとか言われてましたな」
国王陛下 「形状が似ていたからだったか?まあ、どちらにせよ脅威ではあるな」
側近   「奴らの諜報機関は優秀です。我が国の諜報部で太刀打ちできるでしょうか?」
国王陛下 「諜報部少佐たちは優秀だ、彼らを信じるしかあるまい。それより、
      奴らの諜報活動に気をつける必要があるな・・・」
側近   「警戒を強化しましょう。それで奴らを止められるか疑問ですが」
国王陛下 「ダメだったらそのときにまた考えればよい。どうせテロでは歴史は動かん」
側近   「田中○樹の言葉ですな」
国王陛下 「ヤン・ウ○ンリーの言葉と言ってくれたまえ」

命令(極秘)
>>諜報部
C国諜報部の動向に注意せよ(諜報戦が見てみたい…)

>>新米小隊
チャン小隊は全滅したとの連絡が入った。至急、王都へ帰還せよ。

>>採掘担当官
ガンガン採掘せよ。また、港湾都市ファスト沖で、原油埋蔵の有無を調査を行え。

673 :新米中尉:04/07/09 21:05 ID:???
戦場にて
新米中尉   「酷い・・・ 辺り一面死体だらけじゃないか」
ベテラン軍曹 「チャン小隊は自爆して、敵を食い止めたみたいですな」
新米中尉   「生存者はいないと思うが念の為だ、捜索を行うぞ!」
《捜索中》
ベテラン軍曹 「やはり生存者はいないようですな・・・」
新米中尉   「この爆発だ・・・ 例え生きていたとしても、ただでは済むまい」
三等兵    「大変です、隊長!生存者を二名確認しました」
新米中尉   「何!?本当か!」
三等兵    「はい、一名は民間人と思われる少女です。もう一名はチャン隊長だと思われます。」
新米中尉   「チャンだと・・・悪運の強い奴め! とにかく治療を急げ、それが完了しだい王都に帰還する。」


674 :ツユ国の軍師:04/07/09 21:11 ID:???
大統領「クフィールはミラージュVのコピー機ニダ」
国防議長「なにを言っているのですか?大統領?」
大統領「ところでC国がイスラエルである事が判明したわけだが?」
国防議長「イスラエル=C国説を採用すると、ベングリオン!!ラビ!!F-15I!!アローミサイル!!」
大統領「イイ!!」

侵攻部隊は、山岳地帯で待機中。
C国に新たに1個戦車師団及び2個機械化歩兵師団を展開。
さらに空軍戦力を増強。MiG-29*24、MiG‐23*36、Su‐27*12、Tu‐160*1をC国航空基地に派遣。
C国国王にC国陸軍部隊の派遣を要求。

675 :T-72帝国軍総司令官:04/07/09 21:24 ID:???
すいません。>>512-517の流れを見るにどう考えても
C国の兵器は露国製と思われるのですが。
それに部隊規模も露軍のほうが上になっています。
変更するなら一言そういってくださいな。
問題の無い限りにおいてちゃんと受け入れますので。

あんまり設定に拘りすぎてはいけませんが、
せめて一定の整合性を持たせる努力を
お願いしたいです。申し訳ありません。

676 :ツユ国の軍師:04/07/09 21:39 ID:???
>>675
私的にはC国は旧ソ連を構成していた共和国の一つくらいに考えていたのですが…
とりあえず、C国さんの登場を待ちませんと…

677 :国王陛下:04/07/09 21:55 ID:???
(独り言)
つゆ国が動き始めたか…。我が軍は陸軍第3師団のみが戦車帝国領の
前線に展開中…。どちらにせよ、我が軍はA国対策に軍を本国に
残さんといかんから、これ以上は派遣できんな。それと、内戦で大損害を
受けた空軍を立て直さねば…。

王都クロノス近郊・クロノス空軍基地
基地司令 「陛下!」
国王陛下 「そう緊張するな。発注したF−22ラプターが届いたそうだな」
基地司令 「はい!技術者とともに、先ほど到着しました」
国王陛下 「補給や整備の面で問題はないのか?」
基地司令 「なぜか、我が軍は戦前から、陸軍はロシア装備、空軍はアメリカ装備
      でしたから、さほど問題はありません。技術者も一緒ですし」
国王陛下 「そうか。航空隊が2個しかないから、ローテーションが厳しいかも
      しれんな」
基地司令 「…そうですね、はっきり言えば、パイロットたちにも疲労が表れています。
      ただでさえ、この軍事的緊張状態が長引いているのですから」
国王陛下 「なんとかせねばならんな…」

678 :C国首脳部:04/07/09 22:23 ID:???
>>675 ハハハ!連絡が遅れて申し訳ありませんでした。…我国は弱小です。
   今でもつゆ国の属国という立場は変わっておらず、>>512-517に出てくる
   描写は、「C国駐留のつゆ国戦力」という意味に捉えて頂ければ助かります。
   軍事力の規模ですが、つゆ国に対してC国軍は半分程の規模となっております。
   決して貴国に脅威を与えるものではありまえんよ。ご安心ください。

>>676 貴国の仰るとおりです。我国は地政学的に旧共産圏の支配を免れることが
   出来ないので、冷戦終結までは共産側「寄り」という姿勢をとってまいり
   まいりました。…今でも、「一応は」貴国の属国ではありますがね。

679 :ツユ国の軍師:04/07/09 22:39 ID:???
>>678
宛:C国首脳部
発:ツユ国大統領
(極秘)
C国軍の戦車帝国への派兵を要請する。

大統領「大変です!!国防議長!!」
国防議長「なんだね?大統領?」
大統領「偵察衛星が恐るべきモノを捉えました。」
国防議長「これは!!F-22戦闘機ではないか!!王国軍がこれを?」
大統領「ところで、なんで立場が逆転しているんだ?」
国防議長「さぁ?」

680 :新米中尉:04/07/09 22:44 ID:???
報告
我が小隊は無事、サンライズへの帰還を完了しました。
@ロンギヌスの竹槍の回収に成功
Aチャン隊長とTK信徒の少女(互いに重症)を救助
提案
開発部からの報告によるとC国より奪取した敵軍事技術の中に、露国製の潜水艦に関する技術を発見、
これを応用して我が軍も新型潜水艦が可能との事です。ぜひとも資金投資をお願いします。

681 :C国国王:04/07/09 22:47 ID:???
側近「陛下、ツユ国より部隊派遣の要請がきています。いかが致しましょう。」
 国王はしばらく黙ったままで、パソコンのモニタを眺めていた。
国王「…国境前の部隊は現在位置を保持したままで待機させろ。ツユ国には
準備がまだできていないとでも言っておけ。」
側近「それでは、ツユ国も黙ってはいないでしょうな。何もしないというのは…」
国王「なあ、C国とツユ国を、家が隣同士の、ある意味共同体的な二つの家とする。
   近所で喧嘩や暴動が起こって、Cの家が危険だ。それなのにツユの家は暴動
   に加わろうとして、家を守るC家も巻き込もうとするのを、C家の住人たち
   はどう捉えるだろうね。」
    側近はニヤリと不敵な笑みを浮かべた。
側近「はた迷惑なDQNですな。」

国王「ツユの連中がやろうと思えば、都市のひとつでも占領されるだろうけど、
   こっちもその気になれば、いつでも連中を叩きだすことはできるんだ。
   国境にはシャープが山岳部族を使って監視網を引いているんだしね。
   今は静かに待つことが、最良の一手だよ。」

682 :T-72帝国軍総司令官:04/07/09 22:56 ID:???
さて…そろそろ我が軍も何か考えてもいい頃合だな。

しかし敵の動向が不可解だ。
何故山岳地帯からの攻勢に固執するのだ…?
そして何故敵の動きに新たなものが見られないのだ…?
A国かB国の参戦を待っているのか、
或いは連合軍内部に対立があるのか…

683 :国王陛下:04/07/09 23:00 ID:???
>>680を見て
国王陛下 「潜水艦か…。つゆ国の潜水艦(ロシア製)はなぁ…。確か、アメリカの
      原潜が1隻でやる任務を、わざわざ個別に専用艦を作ってまで行うと
      聞いたことがあるな…」
側近   「兵器の解説本を実家に置いてきてしまったのは痛いですね。すべて記憶のみ
      ですから」
国王陛下 「夏休みに帰省したら持ってくるか。それまではググるしかない」
側近   「そうですね。やはり、アナログのほうがいざというときは便利ですね」
国王陛下 「今ひとつ、デジタルは信用ならんな。…そもそも、我が国は陸軍国だろう?」
側近   「原潜ならば持っていて損はないと思いますが…」
国王陛下 「…まだいいだろう。予算も厳しいしな」

>>新米中尉
任務ご苦労だった。ロンギヌスの竹槍は王都クロノスの軍事技術研究所に
運んでくれたまえ。
…中尉なのに小隊長なのは不釣合いだな…。中隊長に格上げだ。新米中隊を
編成しよう。所属は近衛師団だ。任務は今までどおりとなるだろう。
負傷者はすぐに軍病院へ。…チャン小隊の生存者はチャン少尉だけか…。軍曹の
ほうが優秀だったのだがな…。

684 :ツユ国の軍師:04/07/09 23:01 ID:???
>>681
国防議長「閣下、C国より部隊派遣の拒否がきています。いかが致しましょう。」
 国王はしばらく黙ったままで、パソコンのモニタを眺めていた。
大統領「…C国内の部隊は現在位置を保持したままで待機させろ。
     C国は準備がまだできていないと主張しているのだな。」
側近「おそらく、C国は派兵する気がないのでしょう。何もしないというのは…」
国王「なあ、ツユ国とC国を、家が隣同士の、ある意味共同体的な二つの家とする。
   近所で喧嘩や暴動が起こって、ツユとその周辺の家が危険だ。それなのにCの家は
   自警団に加わろうとせず、家を守るツユ家を黙って見ていようとするのを、ツユ家の住人たち
   はどう捉えるだろうね。」
   側近はニヤリと不敵な笑みを浮かべた。
側近「裏切り者ですな。」

国王「Cの連中がやろうと思えば、C国内の我が部隊を追い出す事ができるだろうが、
   こっちもその気になれば、いつでも連中を核攻撃することができるんだ。
   国境には対外情報部がスペツナズともに監視網を引いているんだしね。
   今は静かにC国の動きを観察しておこう。」

685 :イヌ族村より:04/07/09 23:31 ID:???
イヌ族村の公民館は秘密の指揮所に改造され、シャープ氏の指揮によって
山岳地帯とその近辺に結集する各国の戦闘部隊を監視していた。
犬娘「うひひ、クソスレハケーン!」カチカチカチカチ…「って、アク禁かよっ!」

シャープは扇風機に吹かれてなお湧き出る汗で書類を濡らしながらも、逐次
集められてくる情報をつぶさに分析していた。「Cとツユは動かんか…」
犬爺「戦闘はいつごろ起こりそうかね?核ミサイルが降ってきたりはせんのかね?」
 犬爺が切ってくれたスイカで休憩に入る。後遺症の残る手が震えるが、今年のスイカ
はうまかった。

シャープ「しばらくは大きな戦闘は無いかもしれないな。アミャリカがいることも一因で
はあるけど、Cもツユも単独では勝利できない以上、足並みをそろえないと動かない気で
いるだろう。どっちもヘタレ属性の上に、サン王国と戦車帝国の戦力回復も遅れてるようだ。」
(プレーヤーがそろわんと、このまま膠着状態でサウザンド・ウォーになっちまう。)

686 :国王陛下:04/07/09 23:37 ID:???
>>685
サンライズ王国軍の陸上兵力・海上兵力は100%回復しましたよ。空軍のみ、
戦前の60%といったところですが、F−22導入で多少は強力になってきてます。

港湾都市ファスト沖・調査船上
採掘担当官「……」
部下   「……」
採掘担当官「…やったぞ!原油だ!…しかも、モンコーラ油田より遥かに
      多い埋蔵量だ!」
部下   「やりました!早速、王都に連絡します!」
採掘担当官「頼んだ!…これで、我が国は石油を輸入しなくて済む…。いや、
      それどころか、かなり輸出できるじゃないか!」

ファスト油田が発見されました。サンライズ政府はただちに開発を開始します。

687 :諜報部少佐@ヲタ:04/07/09 23:41 ID:???
つゆ国ヲタ系喫茶店にて
諜「え、ベルクト?」
ヲタ「そうなんだな。この間基地で見つけたんだな。」
諜「テスト機じゃなくて?」
ヲタ「そうかもしれないけど。3機以上はあったんだな。」
諜「よく見つからなかったな。」
ヲタ「ちょっとやばかったんだな。見つかりそうであせったら
カメラ壊しちゃたんだな。でもかっこよかった(;´Д`)ハアハア」
諜「前進翼はかっこいいからなー」
ヲタ「今にも変形しそうなとこも(;´Д`)ハアハア」

ベルクト発見。テスト機か配備されたのかは不明。

688 :国王陛下:04/07/10 00:00 ID:???
>>687
ベルクト?奴ら、F−22に対抗するためか?
だが、ステルス性では遥かに性能が上のF−22ならば、発見される前に
撃墜してしまうぞ。万が一、機銃でのドッグファイトになれば負けるかも
しれんが…。発見されることはないだろうからな。

689 :イヌ族村より:04/07/10 00:03 ID:???
それは夕飯も終わり、食卓を片付けた犬娘がさっそく2chに取り掛かって
から少し後だった。 犬娘「あん?これは…スカッド?」 仕事を続けるシャープ
を呼びに席を立つ。 シャープは現在も政府内に残る人脈から情報を得ており、
それらを分析し、認識を改めていた。シャープ「なんてことだ…石油まで出るとは。」
犬娘「シャープさん、ちょっと来てください。」 娘にせがまれハアハアかと思いきや、

[{マジで!?}なぜかここにスカッドがあるスレ15{どこに!?}]

シャープ「…よくあるネタスレじゃないか。これがどうした?」 犬娘「このスレの初代
スレが立ったのは一昨日のことなの。初代スレの1がうぷした画像がこれなんだけど。」
   カチカチカチカチ…   ピワワッ

シャープ「…あべしっ!」   …UPされた画像には、見覚えのあるスカッドV移動発射基
が、サンライズ王国の沿海部らしき場所に放置されたようなものだった。ミサイルを装填
したままで。 興奮のあまりにシャープは勃起してしまい、そのまま立ち尽くす。
犬娘「ウホッ!いい竿ブリ!」 それを撮影した犬娘は画像をアップしてスレを荒した。


690 :国王陛下:04/07/10 00:18 ID:???
王都クロノス・王宮
側近   「陛下!」
国王陛下 「どうした、騒々しい」
側近   「大変です!スカッドV移動発射基が、ミサイルを装填した
      ままの状態で発見されました!」
国王陛下 「なんだと!どこだ?」
側近   「港湾都市ファストの郊外、ど田舎もど田舎の山中です!」
国王陛下 「…どこのものなんだ?」
側近   「恐らく、内戦時に外国人義勇兵師団が放棄したものでしょう」
国王陛下 「そういえば、スカッドを積んだ部隊を先行させるとか言っていたが…
      休戦協定やら何やらで忙しく、忘れていたな…。で、目撃者は?」
側近   「…多数です。最初に発見した人物が2ちゃんねらーだったようで、
      ネットで写真が堂々と公開されています…。毎日、見物人が訪れているようです」
国王陛下 「参ったな…。ただちに軍を派遣、付近一帯を封鎖しろ。サイバーポリスも
      総動員して、問題の写真をネット上からすべて消し去れ!」
側近   「御意!」

691 :新米中尉:04/07/10 00:28 ID:???
>>683
昇格ありがとうございます。早速新たな部隊編成を開始します。
提案
>我が国は陸軍国だろう?
いや陛下、我が国は一応海に面していますし、海軍の兵力増強は重要だと・・・
それと、つゆ国の技術に不安があるなら、アミャリカに技術提供を申し出てみてはいかがでしょうか?

692 :イヌ族村より:04/07/10 00:53 ID:???
シャープ「も、もうだめだ、全部ばれた… アミャリカの追求が始まれば、8年がかり
で作りあげたコネクションも兵器ルートも全部、切られる…報復だってあるかも。」
勃起がおさまると共に、シャープはへたりこむ。彼が今日まで築き上げた実績が、
なにもかもチャラになったも同然なのだ。

犬娘「あり、元気なくなっちゃった。」ピンッ!と男のモノをはじいても、それは既に
硬度を失っていた。 シャープ「…疲れた。もう寝るぽ。」 犬娘「きゃー、犯されるー!」

犬娘は元気にふざけて茶化す。・・・しかし彼は疲れていた。疲れ切っていた!

693 :T-72帝国軍総司令官:04/07/10 01:09 ID:???
一応我が軍も戦力は増強してあり。
しかし整備運用のコストと要員の訓練の問題上
空軍に関しては強化再建が遅れておる次第。

なお航空兵装については東西混在しております。
ただ露国の件もあり東側装備が手に入りにくいです。
というわけで現在F-16の購入をアミャリカに要請中。

694 :国王陛下:04/07/10 01:31 ID:???
>>691
しかし、今は海軍より空軍だ。戦力がかなり低下しており、このままでは
戦争遂行も辛くなる。制空権が維持できないのだ。また、つゆ国は大陸の
反対側。海戦になることはまずないだろう。

ちなみに、現在の航空兵力(戦闘機・攻撃機)
F−4   8機
F−104 26機
F−22  10機
A−10  10機
その他、中型輸送機が20機程度、早期警戒機10機程度など。
国土のわりには少ないな…。

それと、防空部隊も2個中隊しかない。これはただちに増強しよう。
防空部隊さらに2個中隊追加。訓練を開始。
F−22パイロットを大量に育成中。

695 :新米中尉:04/07/10 14:08 ID:???
>>629
気になったのですが、我が軍の海軍の戦力はどれくらいあるのでしょうか?(あと、つゆ国を含め他の国も・・・)

696 :国王陛下:04/07/10 16:21 ID:???
>>695
我が国の海上戦力
巡洋艦  5隻
駆逐艦  8隻
輸送艦  6隻
その他小艦艇ってところか。海上保安庁所属の警備船もある。

697 :ツユ国の軍師:04/07/10 17:29 ID:???
>>695
太平洋艦隊                黒海艦隊
 巡洋艦*1                 巡洋艦*3
 駆逐艦*5                 駆逐艦*2
 フリゲート*2               フリゲート*2
 哨戒艇・ミサイル艇etc*30       SSK*9
 SSBN(弾道ミサイル原潜)*3     哨戒艇・ミサイル艇etc*15
 SSGN(巡航ミサイル原潜)*2
 SSN(攻撃型原潜)*3
北洋艦隊                 バルチック艦隊
 SSBN*10                SSK*2
 SSGN*4                 駆逐艦*2
 SSN*11                 フリゲート*4
 SSK(通常動力攻撃潜水艦)*2   哨戒艇・ミサイル艇etc*26
 空母*1
 巡洋艦*3
 駆逐艦*5
 フリゲート*2
 哨戒艇・ミサイル艇etc*26

698 :ツユ国の軍師:04/07/10 21:27 ID:???
急速浮上!!
ツユ国海軍太平洋艦隊所属のオスカー級巡航ミサイル原潜が、潜望鏡深度に浮上した。
艦長「王国のF-22を巡航ミサイルで破壊ねぇ。うまくいくものかねぇ?」
副長「さぁ。とりあえず、命令を待ちましょう。」現在、待機中。

スカッドミサイル(通常弾頭)を都市Iに対して12発発射。
地上部隊、山岳地帯を突破。
Su-24*12、MiG-27*16、Su-27(護衛)*16は発進。都市I及び敵部隊を爆撃。
付録:つゆ国侵攻軍航空戦力現状
・MiG-29×44   ・Su-34×11 MiG‐23*36
・Su-27×48    ・Su-25×12  MiG‐27(C国駐留部隊)*16
・A-50×2      ・Su-24×12 Tu‐160*1
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   《1Div》   へ T-72帝国 へ         | 
            へ へ              へ
        【3Div】 へ   【M1Div】   《3Div》
へ 【2Div】  へへ   I            へ
へへ     へへへ  【1Div】   【5Div】 へへへへ
へへへ   へへへへへ↑  へへへ   へへへ   こっちはB国?C国?
  へへ Jへ   ┌へへへへへへ    へへへ
    へ  へ   └┐           ※=森 ○=都市 ◎=各首都
      へ      | C国        へ=山・山脈 …=前線
アミャリカ軍海兵隊:「」T-72帝国軍:【】サンライズ王国軍:《》C国・つゆ国軍:()
C国・つゆ国軍侵攻ルート→


699 :国王陛下:04/07/10 22:04 ID:???
王都クロノス・王宮
国王陛下 「懸念されていた空軍力の強化案だが」
側近    「はい、なんでございましょう?」
国王陛下 「原油を掘り当てて資金に余裕が出てきたし、ここいらで一発、
        どーんとやってみようと思ってな。さきほど、アミャリカにF−22を
        30機、追加注文した」
側近    「30機!それはまた、随分と奮発しましたな…。軽くイージス艦が数隻
        買える金額ですよ…」
国王陛下 「このくらいしなくては、他国にバカにされるからな。ついでにP−3Cも
        15機注文した。つゆ国は妙に海軍力があるからな。原潜で首都を核攻撃
        されたらかなわん」
側近    「でも、いくらなんでも予算は大丈夫なんですか?」
国王陛下 「私は国王とはいえ、庶民とほぼ同じ生活をしているから、金はかかっていない。
        また、某国のように無駄に高速道路を作ったり、官僚に1億円も退職金を
        与えるようなことはしていないから、予算は十分にある。石油なども輸出が
        はかどっておるしな。ついでに、前から欲しかったアパッチも20機買った」
側近    「…ヒューイコブラじゃなかったんですか?」
国王陛下 「金があったからな。まるで中東の石油成金国家みたいだが、儲けた金は兵器購入以外にも、
        国内の産業基盤を育てるのに使うぞ」
側近    「…他国に睨まれますよ、こんなに急速に軍拡すると」
国王陛下 「今は戦争中だから大丈夫でしょ」

F−22を30機購入しました。
P−3Cを15機購入しました。
アパッチを20機購入しました。

700 :ツユ国の軍師:04/07/10 22:31 ID:???
>>966
ソレあわせると4〜5000億円くらいになるのですけどね。
>国王陛下 「今は戦争中だから大丈夫でしょ」
はっきり言うと、戦争中の国がそんな贅沢ができるとは思えない。
F-22を30機買えるなら、その金でF-16を倍の数買った方がいい。

701 :サン王国首都クロノス潜入中シャープより:04/07/10 23:02 ID:???
>>699 シャープ「…こんなに調達してどうするつもりだ、あいつ(元大佐現国王)…」
シャープの後輩「例の油田地帯を先行調査した結果が公開されまして、300億ドルの
融資枠や投資が集まったんですよ。戦争リスクもアミャリカ軍の存在が効いたのか、
あまり問題視されていませんね。この大陸自体、あまり関心を持たれないエリアでしたから。」

首都郊外のさびれた喫茶店で、シャープはコネのある人間と情報交換を行った。
互いに不都合なく、利益が発っしさえすれば、戦時機密などの情報は簡単に国境を
越えて交換された。情報貿易とも言える営みは冷戦時代から、敵対する国家間においても栄えた産業である。

シャープ「調達費用はともかく、人材や施設はどうするつもりだ?一千万強の人口で持てる
レベルじゃないぞ。外人兵やスタッフを雇うにしても、即戦力級のヤツラなら集めるだけでも
一億ドルは越えるぜ。 時間だってどんなに削っても1ヶ月はかかる。」
後輩「それとインフレが心配です。人手不足、物不足も重なってものすごい圧力がたまって
きてるんです。入ってくる金力と国力がまったく釣り合っていない。」

702 :T-72帝国軍総司令官:04/07/10 23:07 ID:???
我が軍の航空戦力
 西側系
F-16*20
F-4*6
ホーク軽攻撃機*14
A-10攻撃機*3
 東側系
MiG-29*12
MiG-23*4
MiG-21*5
Su-22*8

露軍との戦闘で空軍戦力は半減。再建を急ぐも損害が多すぎる。
最近F-16を20機購入。更に10機を追加の予定。
戦力化にはもうしばらくかかる模様。

703 :T-72帝国軍総司令官:04/07/10 23:08 ID:???
なおF-104は全滅。東側系はそろそろ廃止したいが
敵の攻勢真っ只中、そんな余裕が無い…

704 :国王陛下:04/07/10 23:12 ID:???
>>700
まあ、国債もたくさん発行したということで。それに、我が国はまだ直接戦闘してる
わけじゃないし。まあ、第3師団だけは前線に派遣してるけど、本格的な戦闘には
なってないですから。
>F-16を倍の数買った方がいい
F−22が好きなんだもん。サンライズ王国は国王の趣味で装備品が決まるのです(笑)。

王都クロノス・王宮
側近    「ほら、睨まれたじゃないですか」
国王陛下 「うーむ…調子にのって買いすぎたようだ。おかげで、私の大嫌いな
        借金をすることになってしまった」
側近    「よく考えずに買うからです!それに、借金じゃなくて国債ですよ」
国王陛下 「国債も借金も同じだろう…」
側近    「とにかく、今度からは参謀本部に相談してから注文してください!戦争前の
        大事な時期に大金を使って…」
国王陛下 「わかったわかった。次からはそうするよ…」

705 :新米中尉:04/07/10 23:16 ID:???
>>698
言わんこっちゃない、空軍も重要ですが、海軍も増強しましょう陛下!
海から首都を制圧される危険性があります。


706 :T-72帝国軍総司令官:04/07/10 23:16 ID:???
 >>国王陛下
空軍をもっと増派してください。
我が航空部隊は敵の優勢な航空攻撃の前に
消滅の危機に瀕しています。
空軍がなくなれば防空軍、更には陸上部隊も
どんどんやられてしまいます。

707 :諜報部少佐:04/07/10 23:16 ID:???
新兵器はエリア88みたいにエトランゼな感じで運用するんでしょうか。

708 :サン王国首都クロノス潜入中シャープより:04/07/10 23:24 ID:???
>>703 日本の三菱が開発した無人戦闘攻撃機を買うといい。シンプル1500万ドルシリーズ
だとかで、アミャリカ製を30機買うよりこいつを100買う方がお得らしい。まだ先行量産
お試しモデルだとかで安くなるらしいぞ。

犬娘「ねぇー、早く服買いに行こうようー。夕方になっちゃうよう。」足をバタつかせて
まで密談をぶち壊す。爺さんはともかくこいつまで連れてきたのは間違いだったな。
シャープ「うるせぇ…カードを貸してやるからとっとと行ってこい!済んだらすぐにホテルへ
帰れよ!」  「アヒャ!アメックスシルバーだ!」 バタバタバタ…  シャープのこの行いが、
この後に大陸全土を巻き込む大殺戮劇の発端になるとは、この時は知る由も無かった…

後輩「ハァハァ!イヌミミ娘…いいなぁ! 言うことは何でも聞くんですか!?」
シャープ「聞かねーよ!あいつら、ちょっと隙を見せるとすぐたかってくるから嫌いだ。」

709 :ツユ国の軍師:04/07/10 23:29 ID:???
航空部隊
>都市Iに対する爆撃は終了。敵の対空砲火及び対空ミサイルによりSu-24×3、MiG-27×4を損失。
>Su-25×6が地上部隊支援の為、出撃。敵部隊に対してロケット弾、対地ミサイルを発射。
地上部隊
>ツユ軍地上侵攻部隊の戦力は戦車旅団×3 戦車師団×1 (機械化)歩兵師団×5 空挺旅団×1
>2S19ムスタ自走砲、2S3アカ―ツィア自走砲、スメルチロケット砲による砲撃を敵部隊に向け開始。
海軍
>オスカーU級原潜が、王国艦隊を目標にしてミサイル攻撃訓練を実施。

710 :C国首脳部:04/07/10 23:34 ID:???
C国王「全軍、準備完了なんだね?」
側近 「はい!戦車帝国の航空戦力も弱体化する一方です!今なら…」
機は熟した… 今ならきついストレートをかまして、バックステップで離脱できる!

C国王「侵攻軍団全軍に告ぐ!これより我が軍は国境線を突破し、30km進出ののちに
戦線を構築する。24時間体制の航空支援を主力とし、一点集中突破をもって
目的を達成するのだ!」

C国は戦車帝国領土に侵攻開始しました。


711 :国王陛下:04/07/10 23:34 ID:???
>>706
了解した。F−4を8機、F−104を16機派遣しよう。また、防空軍も
2個中隊派遣する。

>>707
エリア88がわからないのだ。すまないが、素人にもわかるよう、
説明してくれないか?ってか、新兵器って何?F−22のこと?

王都クロノス・市街地
国王陛下 「たまには視察もいいな。中佐・大佐時代はよく街へ行ったが、
        国王になってからは来てないからな」
側近    「しかし、つゆ・C国と戦っているんですよ。危険です!」
国王陛下 「そう言うと思ってね、実は私のまわりにいる人は、みんな一般市民に
        変装したSPだよ。私も変装しているから、見事に成金社長になってるしね」
側近    「…で、どちらに行くんです?」
国王陛下 「…着いた着いた。このデパートで、服を買おうかと思って」
一同、店内に入る。すると、そこには犬娘が大量にブランド物の服を買っていた。
国王陛下 「犬娘か、この国では珍しいな。旅行者か移民だろうな。それにしても、
        奮発してるなぁ。シルバーカードじゃないか。若いのに、金もってるなぁ。
        きっと、良家のお嬢さんなんだろう」
側近    「さ、早く用事をすませましょう」
国王陛下 「そうだな」
一同は別の階へ向かった。

712 :新米中尉:04/07/10 23:46 ID:???
警備中
新米中尉   「はぁ・・・ 陛下も戦争の真っ最中だというのに市街地で買い物か・・・」
ベテラン軍曹 「隊長!、元対外広報部のシャープが首都で目撃されています。」
新米中尉   「何!シャープ殿が・・・ 生きているとは聞いていたが・・・」
ベテラン軍曹 「念のため、部下を数人調査に向かわせました。」
新米中尉   「ふむ・・・ 詳細がわかり次第報告をたのむ。」
ベテラン軍曹 「了解しました。」


713 :T-72帝国軍総司令官:04/07/10 23:46 ID:???
敵軍、第2師団主力を撃破、都市10へ侵攻開始。
第2師団残存兵力は同市へ後退、第6師団を増援に送る。
なおアミャリカ海兵隊には担当者が復帰するまで私の
指揮下に入ってもらおう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   《1Div》   へ T-72帝国 へ         | 
            へ へ【1Div】          へ
       【6Div】    へ   【A1Div】           B国
へ   【A3Div】 へへ   I   【A2Div】     へ
へへ     へへへ  【2Div】      へへへへ
へへへ「1Div」 【3Div】へ↑  へへへ 《3Div》へへ 
  へへ Jへ   ┌へへへへ【5Div】    へへへ
    へ  へ   └┐           ※=森 ○=都市 ◎=各首都
      へ      | C国        へ=山・山脈 …=前線
アミャリカ軍海兵隊:「」T-72帝国軍:【】サンライズ王国軍:《》C国・つゆ国軍:()
C国・つゆ国軍侵攻ルート→


714 :諜報部少佐:04/07/10 23:47 ID:???
>新兵器って何?F−22のこと?
そうです。新規購入兵器と言ったほうがよかったですね。
エリア88は航空機の傭兵部隊です。
舞台はベトナム戦争終結後の中東の石油国家「アスラン王国」。
そのアスラン王国政府軍には報酬を目当てに世界各国から凄腕の軍人
たちが集まる「エリア88」という部隊が存在する。その部隊の隊員
には「地獄の契約書」にサインすることが要求される。その契約書
にサインした者は150万ドル払うか、3年間生き残らなければ
除隊できないという条件がある。ちなみにアスランは反政府軍
と内戦中です


【F-8】エリア88を語ろう【X-29】
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1074998650/l50

715 :T-72帝国軍総司令官:04/07/10 23:51 ID:???
というわけで。第3機甲師団・海兵隊第1師団は都市11を発し前進、
C国領内に侵攻せよ。既に第3師団が前進拠点を確保している。
第1・第2機甲師団も第5師団・王国軍第3師団と共同してC国へ侵攻、
全軍、東西の両翼から敵の後方へ進撃、交通線を遮断せよ。

王国軍に応援を要請、都市10へ至急1個師団以上の兵力を
送られたし。

海兵隊の第2師団は首都経由で都市10後方へ、そこで待機!

716 :ツユ国の軍師:04/07/11 00:01 ID:???
国防議長「大統領閣下!!C国がようやく動き始めました!!」
大統領「そうか…ようやく重い腰あげたか。広報担当、C国をしっかり誉めとくように。」
広報担当「ダー!!」
国防議長「それとですが、我が侵攻部隊が、都市Iに侵入しました。」
大統領「市街地戦か…ヘリを増やした方がいいな。」
国防議長「それとですが、航空技術研究所(仮)が、例の試験機2つとフランスから格安で買ったあれを実戦で試したいと。」
大統領「うむ。よかろう。」
>広報部
記者会見で、C国が参戦した事を発表。C国を誉めまくる。
>空軍部隊
対空砲火でSu-25×1を失う。航空技術研究所よりS-37×4、MiG-1.42×3、ミラージュ4000×1(←私の趣味です)をC国ツユ軍航空基地に派遣。
>陸軍部隊
武装ヘリ(Mi24、Mi28、Ka50)×24、輸送ヘリ(Mi26、Mi8)×20を派遣。
都市Jより敵部隊の出撃を確認。C国で待機中の部隊より機甲師団×1、歩兵師団×1、砲兵旅団×1が前進、防衛線を展開する。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   《1Div》   へ T-72帝国 へ         | 
            へ へ【1Div】          へ
       【6Div】    へ   【A1Div】           B国
へ   【A3Div】 へへ   I   【A2Div】     へ
へへ     へへへ  【2Div】      へへへへ
へへへ「1Div」 【3Div】へ↑  へへへ 《3Div》へへ 
  へへ Jへ     へへへへ【5Div】    へへへ
    へ  へ   ←┐           ※=森 ○=都市 ◎=各首都
      へ      | C国        へ=山・山脈 …=前線
アミャリカ軍海兵隊:「」T-72帝国軍:【】サンライズ王国軍:《》C国・つゆ国軍:()
C国・つゆ国軍侵攻ルート→



717 :国王陛下:04/07/11 00:02 ID:???
>>715
了解した。ただちに陸軍第1師団を派遣する。

>>714
「…アスラン?アスラン・ザラ!」「キラ・・・。キラ・ヤマト…」
…いや、なんでもないです。F−22のパイロットは現在育成中です。
ただし、訓練には多少時間がかかるので、戦況が急を要す場合、
そのような傭兵も必要になるかも…。

命令(極秘)
陸軍第1師団はただちに戦車帝国領都市Iへ向かえ。
敵軍との交戦が予想される。フル装備でお願いね。武器弾薬食糧等はたっぷり持って。
忘れ物はしないように。

718 :C国首脳部:04/07/11 00:16 ID:???
第一段階として、山岳地帯における高価値のルート、重車両や平坦地にさしかかる
道という道を制圧します。ミサイル装備のレンジャー歩兵5000人、
多連装ロケットバギー山岳仕様が300輌、8人乗りウニモグ装甲車200輌が主力です。

支援にはアパッチ攻撃ヘリコプターが60機体制で対地支援を行います。火砲による支援
はまだ行いません。 上空制圧には長射程AAMを積んだ主力戦闘機が40機体制であたります。

攻撃機による対地支援は初期段階でのみ行えるでしょう。山岳地帯の制圧をもって戦車を含む
主力が国境線を突破します。  国境線より30q地点を進出限界線に設定し、
そこまでの進出をもって、戦車帝国側に停戦交渉を申し込む手はずです。

719 :C国首脳部:04/07/11 00:22 ID:???
>>716 てへっ、ほめられちゃった。嬉しいから基地を使ってもらっちゃおう。

国王「えっ?もう国境を突破しちゃったの?」
側近「軍団は侵攻予定を繰り上げました。すでに軍団は山岳を越え、航空支援に
合わせて戦闘に入ります。 重砲による山越え砲撃が開始されました。」

国王「ちょっと変な気がするな…あまり損害は出したくないが…」

720 :C国首脳部:04/07/11 00:25 ID:???
明日は選挙があるのでもう寝るぽ。

721 :国王陛下:04/07/11 00:43 ID:???
王都クロノス・軍病院にて
チャン少尉 「…ん、んん…。…な、なんなんだよ、これ…。ここどこだよ…?」
看護婦    「あ、お目覚めになりました?ここはクロノスの軍病院ですよ」
チャン少尉 「軍病院?…俺は助かったのか…」
看護婦    「手榴弾がゼロ距離で爆発したのに、なんで生きてられるんだって、お医者様も
         びっくりされてたわよ。しかも、回復がとても早いし…」
チャン少尉 「そうか…」
看護婦    「あと数日で退院できるわよ。身体は完全に治ってるから。ただ、あなたが
         起きなかっただけ」
チャン少尉 「新たな命令は?」
看護婦    「こんな書類が来てたけど…」
看護婦はチャン少尉に辞令を渡した。それを開けてみるチャン少尉。
チャン少尉 「…新米中隊に異動?小隊長をやれって?」
こうして、チャン少尉は新米中隊に配属となった。

>>新米中尉殿
チャン少尉、そちらにお預けする。まかせた。
口癖は「なんなんだよ、これ!?」でお願いします。

722 :新米中尉:04/07/11 00:57 ID:???
新米中尉  「軍曹、シャープ殿は見つかったか?」
ベテラン軍曹 「いえ、捜索の範囲拡大して調査を急ぎます。それより隊長本部より辞令です。」
新米中尉  「なになに、本日をもってチャン少尉を小隊長に任命する・・・だと」
ベテラン軍曹 「すでに、少尉は軍へ復帰可能までに回復したとの事です。」
新米中尉  「バケモノかやつは・・・ しかし命令ならしかたあるまい、直ちに隊の再編成を頼む」
ベテラン軍曹 「了解しました」

723 :悲劇の発端:04/07/11 01:56 ID:???
犬娘「うひひ、2マソドルも使ってしまった。…?」
 ホテルへ歩を進める犬娘は、通りの反対側でお菓子をばらまくアミャリカ兵を見つけた。
「アミャリカ カラノ オクリモノデス! スキナダケ オトリナサイ!」
『アミャリカ、ヒーロー!アミャリカ、ウェルカム!』…化学兵器によって親を亡くした
おおぜいの子供たちが、米兵の乗っている装輪装甲車のまわりに群がっては、お菓子や缶詰
を拾い集めていた。 その顔は皆どこか必死であった。

犬娘「あたしにもクレクレー!」 高価な衣服を着た16歳の獣人は、子供たちが生きる糧を
必死の形相で集める中で見事に浮いていた。 露出度も高めだったからか、アミャ兵がすぐ目を付けた。

「ヘイ ケリー、アノムスメヲミテミロヨ。 アタマヨワソウダゼ!」
「イイジャネエカ ブッシュ。 ガキバカリデウンザリダッタガ、デルトコデテルノモイルモンダナ!」

724 :悲劇の発端 2:04/07/11 02:11 ID:???
「オジョウサン、ドコカヘイカレルトチュウナラ、ワレワレノ クルマデ オオクリシマショウ」
アミャリカ海兵隊中尉ケリーは犬娘の腕をつかんで車中に誘う。生まれてからの殆どを野山で
過ごした犬娘は、世の俗悪というものをまだ知らなかった。
「うわーありがとう。大元帥万歳ホテルまでお願いしていい?」 「タヤスイコトダ!」

犬娘がシートに着くとドアをロックし、二人のアミャ兵も運転席に滑り込んで車を急発進させた。
「ドイテロ ガキドモ!ヒカレタイノカ!」態度を豹変させた軍人は自分達で撒いた菓子を
踏み潰して、その場を去った。 残った食べ物屑に子供たちがまた群がる。
あらかじめ見つけておいた人気の無い空き地に装甲車を停車させた。「?ここどこ、ホテルじゃないよ。」
「ハハハ、エンジンガオーバーヒートシタヨウダ。 サメルマデ、ココデヤスンデイヨウヨ。」
「ソウダ、サンニンデ キモチヨクマトウジャナイカ…HAHAHAHA!」

二人のアミャリカ兵はズボンを降ろしながら、犬娘ににじり寄っていく…

725 :悲劇の発端 3:04/07/11 02:32 ID:???
「うるせーーーーーーー!」ドキュン! ビシュッ! ドサッ… ケリー中尉はパンツまで
降ろした状態で脳天を撃ちぬかれ即死した。 ブッシュ中尉もまた、ベルトに吊っていた
拳銃はズボンごと床に脱ぎ捨ててある。 自分の精子、ではなく生死が目前の少女に握られて
いる。 「ヤメロ…ヤメテクレ!タノム、コロサナイデ!」 ゴツン! ブッシュ中尉はアゴを
拳銃で殴られて気絶した。 犬族は幼少から拳銃の取り扱いを叩き込まれる。知らぬが仏とはこのことか。

「かーっ、ぺっ。」ピチャ「フン、アミャリカ兵も結局はこんなもんか。慰謝料貰っとくよ。」

犬娘は装甲車を運転してホテルの近くまで戻った。駐車場から自分達が山から乗ってきたバン
に乗って停めた装甲車の所に戻ると、拘束したブッシュ中尉をトランクに押し込む。
バンを駐車場に再度戻し終えると、アミャ兵から取り上げたドル札を数えながらカフェーに向かって行く。 

726 :悲劇の発端 4:04/07/11 02:46 ID:???
シャープ「うわはははは!息子さんが無事だとわかって本当によかったなぁ!」
犬爺「これも役人に口を利いてくれたあんたのおかげじゃ!あんたのおごりで
   盛大に飲もうじゃないか、ふぉふぉふぉふぉ!」 後輩「ゴチになります!」

犬爺が用件を済ませてカフェーにいるシャープと合流し、酒盛りを始めていた。大ジョッキの
ビールが次々と空けられていった。 シャープ「会計を済ましてくるよ…いかん、カードが無い」
手持ちの現金では足りず、犬爺と後輩に割ってもらおうと考えた。そこへ、胸元から
背中までパックリ開いたドレスに着替えた犬娘が戻ってくる。「へへへ、似合う?」
「…なんつー服を。それよりお前、カード返してくれ。」  カランラン! 店内に入って
きたのは、8人の軍人だった。サンライズ王国の兵らしい。

新米中尉「マスター、俺を入れて8人だ。冷たい飲み物とサンドイッチでも頼む。…あ、」
シャープ「…あ、 どぞ。」 …この時点ではシャープは新米中尉と面識は無かった。 しかし、
シャープの面は割れており、手配書となっていたために新米中尉はシャープの顔をよく知っていた…   

727 :国王陛下:04/07/11 21:21 ID:???
王都クロノス・王宮
国王陛下 「第1師団も前線に派遣したわけだが」
側近   「はい。どうかしたんですか?」
国王陛下 「直接国土が戦争になっていないから、国民はいまだ平和ムードだ。
      まあ、それはいいとして…」
側近   「はい」
国王陛下 「借金はしたものの、石油開発などでガンガン資金が入ってくる。しかし、
      我が国は人口が2000万人程度しかいない。そこで、移民政策をしようかと」
側近   「まあ、国内は人不足ですからね」
国王陛下 「そうだ。移民を増やそう。年間50万人くらい来てくれればいいが。それと、
      食糧の増産だ。基本的に我が国は自給率80%程度だが、戦争が本格的に
      なれば不足がちになるかもしれん。予算をまわしておけ」
側近   「御意」

728 :C国首脳部:04/07/11 21:27 ID:???
地上主戦力は全部隊が山を越えた。 ふもとに防衛陣地を数箇所に構築させる。

航空戦力は先行して敵部隊を襲撃する。制空権があるうちにできるだけ敵勢を削らせる。
C国側攻撃部隊 
ミラージュV(戦闘爆撃)60機 F−5EタイガーU(戦闘攻撃)40機 クフィールC2(制空戦闘)40機
AH−64A(地上襲撃)60機 J35Jドラケン(要撃任務*主に地上部隊を守る。)30機

T−72戦車帝国側の3Div、5Divに対して攻撃開始。基地はC国内のものを使用する。

これはC国の保有する軍用航空機の8割が参加する大作戦であり、失敗すればもうだめぽ(^^;)
750レスに達(するまで持ちこたえたら)した時点で、T−72戦車帝国に停戦交渉を申し込む予定です。







729 :新米中尉:04/07/11 21:44 ID:???
カフェーにて

新米中尉「・・・! シャープ殿!?」

目の前にいる人物の正体に気づいた部下達は持っていた銃を一斉にシャープへと向ける。

新米中尉「やめろ!銃をおろせ!」

しかし依然として銃口はシャープへと向けられている。

新米中尉「銃をおろせと言ったのが聞こえなかったのか!!」
部下   「しかし、隊長・・・!」
新米中尉「ここには民間人もいる、それとも民間人を巻き込んで、こんな市街地のど真中で戦闘でもする気か!」

中尉の怒鳴り声がカフェーに響くと、部下達はようやく銃をおろした。

新米中尉「シャープ殿、司令部の方からあなたの拘束命令が出ています。大人しく基地まで同行してもらいましょうか?」


730 :韓国政府です。このたびは心から感謝を申し上げたく…:04/07/11 21:45 ID:???
 ┏━━━━━━━━━━━┓                         
 ┃密入国・出稼ぎ・不法滞在┃                   
 ┗━━━━━━━━━━━┛          
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    
 |_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧  
 |`∀´> `∀´>丶`∀´>`∀´> 
 | ∧_∧  ∧_∧   ∧_∧  
 |<丶`∀´>  ∧_∧ <丶`∀´>「売春宿を開くニダ!」
 |⌒ ∧_∧<丶`∀´>.∧_∧ 
 |>  <丶`∀´>∧_∧<丶`∀´>
 | /⌒   ヽ<丶`∀´>    ヽ 
 | /| |   | |/⌒   ヽ   | |  
 |ノ \\ /|/| |   | |\./| | 
 |   \\ ノ \\./| |\\ | | 「嫌々ながら移民してやる!」「「参政権よこせ!」「公務員にさせろ!」
 |/⌒\し'/   .\\ | |ヽ し'(ノ 「移住に際して発生した金銭的な損失を補填しろ!」
 |     >/ /⌒\し'(ノ  > )   「文化交流しろ!」(反日捏造・侮日妄想100%のシロモノ)
 |   / /    > ) / /   「税制・法律の面での優遇と規制緩和を適用しろ!」(架空講座・損金扱い・パチンコ賭博など)
 |  / / つ    / / (_つ   「歴史教科書は我々の許可を得よ!」「日本の味方をするのは許さん!」
 |  し'     (_つ    
                ゾロゾロゾロゾロゾロ…

>>727 これは住み着きやすそうな国ニダ!素晴らしいニダ!早速生活保護を要求するニダ!


731 :ツユ国の軍師:04/07/11 21:56 ID:???
大統領「C国もがんばってるなぁ」
国防議長「なんと、保有する航空機の8割を投入したとか…」
大統領「え〜!!軍用航空機の8割?もしかして、実質、戦力を全て動員している事にならない?もう、戦闘機ないんじゃない?」
国防議長「おそらく。」
軍用航空機は、戦闘機、攻撃機だけではない。空自の作戦機のうち半分以上は、支援用の航空機。
早期警戒機とか救難機とか輸送機とか練習機とか…ヘリまで含めるなら他にも輸送ヘリや偵察用のヘリも配備している筈。
軍用航空機8割が対戦車ヘリ、戦闘機、攻撃機で占められているなら、残りの2割は…
大統領「で、我が国は?」
国防議長「都市Iで市街地戦を行なっていますが、予想以上に苦戦しているようです。」
>空軍部隊
対空砲火でさらにSu-25×1、MiG-27×2を失う。引き続き、都市I及びアミャ第1海兵、帝国第3機甲師団、第3師団への攻撃を行なう。
・MiG-29×44(18機(うち12機が爆装)が出撃)     ・Su-34×11(待機中)
・MiG‐23*36(20機(うち12機が爆装)が出撃)     ・Su-27×48(12機が出撃)
・Su-25×10(6機が出撃)                  ・MiG‐27*14(待機中)
・A-50×2(1機が出撃)  ・Su-24×12(4機が出撃)  ・Tu‐160*1(待機中)
>陸軍部隊
武装ヘリ(Mi24)×4、輸送ヘリ(Mi26、Mi8)×3を敵携帯SAMにより失う。
抵抗を受けているも都市Iを確実に制圧中。

732 :サン王国首都クロノス潜入中シャープより :04/07/11 21:58 ID:???
シャープ「よさないか!」 …シャープが突然大声を張り上げると、犬娘は
拳銃に手を伸ばすのを止めた。 シャープは軍人に向かったまま怒鳴ったので、
犬娘には兵隊の注意は向かず、シャープは不自然ながらも惨事を免れた。

シャープ「年貢の納め時とはこのことだな。武器は携帯していない。おとなしくするよ。
そのかわり説明させて欲しいことがある。」  新米中尉は無言でうなずく。

シャープ「この娘と、向こうの席にいる二人。一人はこの娘の保護者だ。訳あって戦場で
死にかけていたところを保護されたのだ。恩返しにと、首都での用事を手伝っていた。
もう一人の男は今日はじめて知り合って、酒の席に一緒してもらっただけだ。追求はしないて
やってくれ。」 新米中尉は何の反応も返さずに、シャープを見据えている。 男は覚悟を決めた。

シャープ「…明日の朝一番で村に帰るんだ。寄り道はできるだけするな。…看病してくれてありがとう。
     元気でな。」

シャープは新米中尉の一向に拘束されました。 



733 :C国首脳部:04/07/11 22:16 ID:???
C国王「うう、今わが国の領空を守れる戦闘機は20機だけか…」
F−16D ナイト・ファルコン 20機

側近「戦争の内容自体は軍人たちにまかせないとだめですな。我々が口出しできる
段階ではありません。」
C国王「どうなんだ?負けてないだろうな?」
側近「今のところは。ですが敵の航空戦力増大を示す情報が、工作員より続々と
寄せられています。今日から3日間が山ですな。」
C国王「ツユ国はどうしてる?勝っているんだろうね?」

側近「我国の空軍が戦車帝国を押さえていますから大丈夫でしょう。…でも三日後以降は
保障できないとのことです。」

734 :T-72帝国軍総司令官:04/07/11 23:24 ID:???
え〜と、露国及びC国の指導者の方々。
出来れば戦力表を示し各師団・旅団に番号か
固有名を振ってくれませんか?
今戦況表示用の拡大地図AAを作成中なので。
(現在の戦線のみを拡大したものです)
C露連合軍の戦力でちょっと頭の中が混乱してまして…
大体の規模が一貫しておることはわかりますが、
細かいところでちょっと誤差が…

735 :国王陛下:04/07/11 23:28 ID:???
>>730の様子を見て
側近   「なんか変なのがいっぱい来ましたね…」
国王陛下 「勝手なことを要求してるが、生活保護だと?自分で稼げ!」
側近   「まったく、アメリカ移民は一家総出で働いていたというのに…」
国王陛下 「まあ、売春宿とギャンブルは我が国では合法だからな。その点では
      彼らも満足するだろう。きちんと国籍を得た者には参政権もくれてやる。
      だが、それ以外の要求はダメだ」
側近   「…ところで、戦車帝国南部戦線で、C国が大攻勢に出たそうです。
      航空戦力の8割を投入した大規模な作戦だそうで…」
国王陛下 「8割?随分と強気に出たねぇ。都市Iもかなりやばそうだ。そうだな…
      内戦前からあるハインドD、確か20機くらいあったな。それを全部差し向けて、
      市街地掃討戦を手伝おう。F−4が8機、F−104が16機じゃ足りないかもね。
      A−10を5機、F−104を10機、さらに追加で派遣しよう。本国の守りが薄くなるが、
      それは向こうも同じことだ」
側近   「やっぱり、F−22を買わないで、F−16を大量に買ったほうがよかったのでは?」
国王陛下 「そうかもしれないねぇ」

>>総司令官殿
航空機、さらに増派します。王国軍第1師団、都市I防衛に入ります。
ところで、我が国の沖合いにアミャリカ軍の空母が停泊していたはずですが、
どうしましょう?戦闘機もいっぱいあるはずじゃ…。

736 :T-72帝国軍総司令官:04/07/11 23:34 ID:???
 >>国王陛下
かたじけない。至急敵空軍の迎撃に投入。
 >アミャリカ軍空母
露国の核の恫喝でしばらく様子見の模様。
ただし艦載機の一部を「貸して」くれるよう交渉中。

そろそろF-16の戦力化が完成。総計30機が防空任務につく。
MiG-21、MiG-23、Su-22は用途廃止。
教団のコネクションで売却、その僅かな利益はF-16購入予算の穴埋めに…

F-16を更に20機購入予定、但し代金は後払い…

737 :T-72帝国軍総司令官:04/07/11 23:43 ID:???
王国軍第1師団は都市10の東、第6師団は西に配置、
野戦築城を強固に施した防衛線を構築。
市街地の第2師団は海兵隊第2師団と交代、
これに加えて予備隊の第1師団を投入。

西部から侵攻した三個師団は敵の強固な抵抗に会い
その前進は鈍る。東部から侵入した四個師団は順調に前進、
C国内部へ大きく侵入。特に抵抗は無し。

できましたら王国軍の機甲師団を予備隊として頂戴したい。
それと南部の陸上部隊の指揮権は私に一本化してよろしいですか?

738 :新米中尉:04/07/11 23:44 ID:???
>>732
新米中尉 「賢明な判断だ、シャープ殿・・・ 三人の身柄の安全については保障しよう。 よし、シャープ殿をつれていけ!」
部下    「了解!」

報告

元対外広報部責任者シャープの拘束に成功しました。 彼の身柄につきましては、陛下に一存いたします。


739 :国王陛下:04/07/11 23:55 ID:???
>>738
ご苦労だった。しかし、彼が王都で我々に顔も出さず、何をやっていたかは
わからないが、シャープ自身は別に悪いことはしていないはず。化学弾頭ぶっ放したのは
ダラーだし。まあ、化学弾頭や核弾頭をどこから手に入れたか、王都で何をしていたか、
など、聞きたいこともあるから、とりあえずは基地で質問してみようじゃないか。
ところで、チャン少尉はどうかね?彼は変わり者だから扱いが大変だと思うが。

>>737
指揮権に関しては一任します。
第1機甲師団は我が軍の虎の子ですが…この際、仕方ありません。
予備としてそちらに派遣しましょう。ただし、主力戦車がM−1エイブラムス
ですので、T−72主体の貴国軍とは補給の面で難があります。補給は以前、
我が軍が派遣した補給大隊が行います。

王都クロノス・参謀本部
国王陛下 「第2機甲師団を作るべきじゃないか?」
参謀総長 「戦車が足りません。予算も空軍に割り振って使い果たしたのでは?」
国王陛下 「じゃあ、一応人員だけ確保しといて、訓練はさせよう。戦車は…
      そうだな。750レスまでいったら発注しよう」
参謀総長 「わかりました」
国王陛下 「それと、第4師団も作ろう。移民者は金がないから、募集すれば飛びつくだろう。
      なにか特典もつけてな」
参謀総長 「では装備品を調達します」

第2機甲師団の編成を開始。
第4師団の編成を開始。
D国から小火器、装甲車、通信機器、弾薬などを購入。

740 :C国首脳部:04/07/11 23:59 ID:???
C国王「ツユ国は何をやってるんだ!この国が最前線になってしまったぞ!」
C国王宮の戦況管制室は大騒ぎになっている。 防戦にあてる兵力が足りない。

側近「制空戦闘機とアパッチ以外の航空機は全て国内の防衛にあてましょう。
首都師団以外の(01Div)、(02Div)、(03Div)を東部に侵入する敵軍にぶつけます。
04Divを西部の守りにあてますが、後はもう兵力がありません。」

C国王「T−72戦車帝国領土内に潜ませた工作員を動かせ。主要交通路をつぶして
増援を防ぐんだ。都市はどうでもいい、敵軍隊の妨害が最優先だ。」

側近「シャープのヤツから連絡がありませなんだな。こういう事態を防ぐ為に雇ったのに…」

741 :T-72帝国軍総司令官:04/07/12 00:18 ID:???
極秘:C国内部のT-72教系秘密組織(つまるところ第五列)に指令。
   敵首都及び敵侵攻部隊後方の補給線上において破壊工作を
   開始せよ。敵側の劣勢を首都住民に暴露し騒擾を煽れ。
   都市I侵攻部隊に対し我が軍の敵本土進出を宣伝。
   士気を減衰させよ。

指令:F-16を10機・A-10を全機東部軍に投入。
   連合軍の全軍を三個軍に組織。
   夫々東部方面軍・中央方面軍・西部方面軍とする。

武器購入:F-16の追加購入交渉が纏まり次第弾薬調達に重点を移す。

742 :C国首脳部:04/07/12 00:18 ID:???
側近「東部の戦況は芳しくありません。一進一退の繰り返しですが除々に押されて
います。航空支援が無くなれば総崩れになりましょう。首都師団が増援に動きました。」
C国王「そ、それじゃ王宮にいるのは近衛師団だけか!!」 近衛師団は儀礼的な要素が強く、
戦力としては2線級だった。
国王「東部でがんばってるのが1〜3Div、装備の質はT−72帝国側より少々良いくらいか。
西部で押さえをしてるのが4Div、首都にいるのが近衛師団、東部へ移動中が首都師団…」

側近「航空兵力は制空戦闘機とアパッチ攻撃ヘリのみがT−72国内でツユ国の支援を続行中です。
その他の航空兵力は全て国内の防戦にあたっています。…敵国領土内の地上部隊を国境線まで
退かせましょう。なりふり構っていられません。」

C国王「やむなしか…シャープの核施設は爆破させよう。惜しいが、国と引き換えにはできん。」

C国はT−72帝国領土より地上部隊を撤退させます。

743 :T-72帝国軍総司令官:04/07/12 00:22 ID:???
予備隊の王国軍第1機甲師団を東部方面軍に追加投入。
東西両方面軍は総攻撃を開始。C王国軍を完全に殲滅せよ。

今こそ勝利は我にあり。オブイェークト!

(C国内部の地図が必要になってきた…かも)

744 :C国首脳部:04/07/12 00:26 ID:???
使い走り「陛下!諜報部が国内において敵性分子の大規模な工作活動の兆候を発見しました!
すでに防止に動いていますが、サン王国と戦車帝国内に人手を取られており数が足りません!」

C国王「これまでだな…ツユ国への支援は中止させろ。全ての戦力を国内へ呼び戻して、
敵の侵攻を食い止めるんだ。 全力を結集すれば、かならず第一派は押し返せる。」
側近「ここまでやって今更とは。見通しが甘かったようですな。」

C国王「言うな。 戦車帝国に停戦交渉を正式に申し込め。工作員たちは帝国領土内で
待機だ。いつでも破壊工作を行えるようにさせておけ。…まだあきらめたわけじゃないぞ。」

C国より T−72戦車帝国 宛     停戦交渉の申し込み

745 :ツユ国の軍師:04/07/12 00:32 ID:???
宛 C国首脳部
発 つゆ国
@C国に対してT-90戦車数十両を無償及び有償で供与
A短距離弾道弾スカッド12基をC国に配置(NBC弾頭を含む)。
B攻撃機による侵攻部隊に対しての巡航ミサイル(NBC弾頭を含む)攻撃の実施。
等の軍事支援を行なう準備がある。

746 :C国軍アパッチ攻撃ヘリ:04/07/12 00:35 ID:???
ヴァンヴァンヴァンヴァンヴァン… アパッチ攻撃ヘリコプターの8機編隊は
退却するC国の戦車部隊を発見した。追撃する敵軍は怒涛の人海戦術と物量作戦で
味方を圧倒している。…しかし、空はまだ完全には敵の手に落ちていない。
「へへへ、最新鋭の味を教えてやるぜ!」 高度を取りつつ敵の最前列をとらえた
アパッチ編隊はナパーム弾をたっぷりとプレゼントしてやった。 500人以上の敵兵が黒こげになったようだ。

バコバコバコバコ!!  バコバコッ! 「うおお!」 T72戦車から放たれた12.7o機関銃弾が
アパッチの脇腹を叩いた!…「へ、へへへ、さすがアパッチだ!なんともないぜ!」 アパッチは悠々と敵軍上空を
引き上げていく。

しかし、敵の侵攻は依然として激しさを増すばかりだ。

747 :C国首脳部:04/07/12 00:42 ID:???
ツユ国への連絡

我国はT−72戦車帝国へ正式に停戦交渉を申し入れた。回答はまだだが、
もしも停戦交渉が拒否、あるいは我国の独立を脅かすような内容に帰結する
ようであれば、ツユ国の軍事介入を全面的に了承することを約束する。

もう寝るぽ

748 :T-72帝国軍総司令官:04/07/12 00:48 ID:???
要請への回答は翌日に。

山岳地帯に特殊部隊を展開。
撤退する敵軍を妨害せよ。

アミャリカ軍の空母艦載機「貸与」が認められ次第、
これを敵撤退部隊・本土への爆撃に投入する。

749 :ツユ国の軍師:04/07/12 00:53 ID:???
>陸上部隊
・第1戦車師団(>>517時にC国に展開)=都市Iを制圧中
・第2戦車師団(同上)=西部戦線を防御
・第3戦車師団(同上)=C国で待機中
・第4戦車師団(>>674時にC国に展開)=C国で待機中
・第1戦車旅団(>>517時にC国に展開)=都市Iを制圧中
・第2戦車旅団(同上、元C国駐留部隊)=都市Iを制圧中
・第3戦車旅団(同上、元C国駐留部隊)=都市Iを制圧中
・独立第322砲兵旅団(同上)=西部戦線を防御
・第1空挺旅団(同上)=都市Iを制圧中
・第1自動車化狙撃師団(>>517略)=都市Iを制圧中
・第2自動車化狙撃師団(同上)=都市Iを制圧中
・第3自動車化狙撃師団(同上)=都市Iを制圧中
・第4自動車化狙撃師団(>>674略)=C国で待機中
・第5自動車化狙撃師団(同上)=C国で大気中
・第1歩兵師団(>>517略、元C国駐留部隊)=都市Iを制圧中
・第2歩兵師団(同上、元C国駐留部隊)=都市Iを制圧中
・第3歩兵師団(同上、元C国駐留部隊)=西部戦線を防御
・第4歩兵師団(同上、元C国駐留部隊)=C国で待機中
国防議長「しかし、C国内で戦闘か…」
大統領「そうか…ところで、我が軍の兵力をまとめてみたのだが…」
国防議長「なんか凄い事に…やっぱ最初にC国軍として部隊を駐留部隊にしてしまったのが…」
大統領「もう寝る」
つーわけでもう寝ます


750 :T-72帝国軍総司令官:04/07/12 22:26 ID:???
 >>749
なんかこっちの想定以上に兵力が多い…
歩兵師団4個とかはC国軍の兵力ではないですかね?
それにしても博打がすぎたな…

 >>C国政府宛・極秘
停戦の条件を提示する。
1.我が同盟軍はC国の領土を一辺も侵さず、
 貴国と露国もまた我が国領内から撤退する。
2.我が同盟諸国は貴国の政治体制に介入しない。
 C国王及びその政府はこれまでどおり温存される。
3.露国の意図する戦争継続を防ぎ、また両国の関係を進展させる為
 我が帝国と貴国は軍事同盟協約を締結する。
4.戦況次第では貴国の軍は近衛師団を除き我が軍の指揮下に入る。
 但しこれは一時的な処置とし、状況が改善すれば直ちに解消される
 ものとする。

了承を受け次第貴国領内に侵入した全軍を撤退させる用意がある。

751 :T-72帝国軍総司令官:04/07/12 22:35 ID:???
 >>露国政府宛・極秘親書
我が帝国はC国のみならず貴国までもが我が同盟諸国に
対し宣戦するに至ったことを極めて残念に思う。
我が国は内戦を克服し、ようやく国の再建に取り掛かった
ばかりであり、貴国は勿論隣接の諸国に対し何らかの
脅威を及ぼさんとする意図は無い。
故に我が帝国は可及的速やかに停戦が実現することを望み、
その阻害要因を少しずつでも解消していく努力を行う意図を
ここに表明するものである。

なお、今回の戦争においてC国が果たした役割は看過しがたく、
これに対し何らかの監視処置が必要であると貴国がお考えに
なるのであれば、我が国は貴国と共同してC国を臨時統治し、
戦争遂行勢力の撲滅に助力する意図がある。
担当地域の分担に関してはC国国土をほぼ二分する緯度線を
基準に検討することを提案する。

752 :ツユ国の軍師:04/07/12 23:10 ID:???
>なんかこっちの想定以上に兵力が多い…
私も同感です。いつのまに…
>歩兵師団4個とかはC国軍の兵力ではないですかね?
えー、そうだったんですけど。いつのまにかC国駐留のツユ国軍になってしまっていました…
一部を撤退させるかね本国に…

宛 T-72帝国軍総司令官
発 露国大統領
極秘
我が露死亜連邦の軍事行動の目的は、貴国が我が国及び同盟国に与える不安を排除する事を目的としている。
我が国が最も恐れているのは、貴国内に現在でも存在していると思われるNBC兵器だ。内戦時に使用され、その脅威を市民は恐れている。
我が国の要求は、そういった危険を取り除く事にある。
繰り返して言うが、我が国は恐れているには、NBC兵器なのだ。

C国は我が国の同盟国であり、C国が参戦したのも我が国と同様の理由である。これからも同様だ。

大統領「で、大元帥の奴は?侵攻作戦を言い始めたのは香具師だぞ!!」
国防議長「それが見当たりません…」
>軍事行動
戦略ロケット軍、ICBMの発射態勢を解除
C国内で待機中の第4歩兵師団及び第5機械化狙撃師団は本国に撤退の用意を始める。

753 :T-72帝国軍総司令官:04/07/12 23:21 ID:???
あれだけ予備兵力があればあんな大博打はうたなんだw

 宛 露国大統領
 発 T-72神聖戦車帝国軍総司令官
 極秘親書
NBC兵器の件は我が国ではなく旧政府側、現王国に責任があり、
これを名目に我が国の領土を侵すのは甚だ見当違いである
ということは以前より申し上げていた次第です。
勿論かかる兵器を消滅させることは我が国及び同盟国
アミャリカの望むところであって、既に発見された兵器は
アミャリカ側に引き渡され、無力化されています。

ところで最近C国内部の協力者複数から同国において
一時期秘密地下施設が我が国との国境地帯に建設され、
NBC兵器の開発を行っていたという情報が齎されていますが、
心当たりはございますか?もしこの情報が確かなら
地域の安全を脅かすのは我が国ではなくむしろC国では
ないでしょうか?そしてC国こそ然るべき査察と制裁を
受けるべきものではないでしょうか?
我が国としてはC国との間で相互査察を行うことを提案します。
なお、王国側にもこの件は近日中に要請しておきましょう。

754 :国王陛下:04/07/12 23:25 ID:???
いつの間にか750レスを過ぎてるな…。では予定通り、M−1エイブラムスを
追加発注するか。

D国にM−1を40両発注。友好国ということで定価の9割の値段。

しかも、休戦しそうだしな。ま、我が国は直接被害を受けていないからなぁ。
では、休戦したら派遣した部隊は撤退させるか。

>>総司令官殿
休戦もしくは停戦が決定したと同時に、貴国に遠征中の我が軍、
第1師団、第3師団、第1機甲師団、および航空隊は撤兵します。よろしいですか?


755 :T-72帝国軍総司令官:04/07/12 23:32 ID:???
 >>国王陛下
了解です。ただまだ状況は予断を許しません。
C国がどう出てくるか…

(どうやら領土は奪えそうに無い…残念。)

756 :国王陛下:04/07/12 23:34 ID:???
ファスト油田
かなり大規模な油田が発見されたファストは、まさに特需といった様子だった。
国内や海外(とくにアミャリカ)の石油メジャーが進出し、次々と開発が進む。
ファスト油田海上にはメガフロートが建設され、空港や港湾が建設、一大工業地域と
なった。まさに、海上都市である。また、ファスト油田-ファスト-王都クロノスを
結ぶパイプラインも完成し、輸出も本格的になってきた。

国王陛下 「ここは活気のある街だねぇ」
側近   「世界で一番、活気がある街でしょう。このファストは」
国王陛下 「もともと港湾都市として栄えていたけど、さらに発展したようだ」
側近   「我が国の企業だけでなく、規制緩和のおかげで続々と外国資本も
      入ってきています。まさに国際都市です」
国王陛下 「これを起爆剤に、国内経済基盤の発展をさせたいねぇ。ところで、
      M−1エイブラムスのライセンス生産の件、どうなった?」
側近   「D国の反応は上々だそうです。近日中には承認されるでしょう」
国王陛下 「いつまでも輸入に頼るわけにはいかないからねぇ」

757 :ツユ国の軍師:04/07/12 23:41 ID:???
 宛:T-72帝国軍総司令官
 発:露国大統領
内戦以後、旧日本は大変な混乱の中にある。そのような中で、責任は王国側であり、すでに無力化された、という言葉をどれだけ信用できようか?
貴国内もしくは王国内に現在、NBC兵器が存在する可能性は現在でも否定されていない。その確証が得られない限り、我が国は、手を引く事は出来ない。
 そして、繰り返して言うが、C国は我が国の同盟国である。貴国の発言は、C国に対する侵略行動の危険を考えざるえない。
我が国は、あらゆる手段を駆使し、C国を防衛する。

大統領「しかし、C国の核とは?」
国防議長「・・・」
大統領「なぜ、黙る?」
>軍事行動
C国内の露国軍の警戒レベルをうp。スカッドミサイルを数基、C国に移動。弾頭は核(国防議長の独断)。

758 :C国首脳部:04/07/12 23:45 ID:???
C国王宮内では既に戦後処理の準備に取り掛かっていた。諜報部よりもたらされる
情報を元に、停戦交渉以後の取引を有利にするため、適当な材料を集めるのにおお
わらわだった。 当面の死活問題として、武器輸出が行えない現状を急ぎ解決する
必要があるのだ。
C国王「T−72帝国側のだした条件に問題は無いが、少しばかりおかしいな。」
側近 「はい。まるで聖人でもなければ出せないものです。2枚舌外交かもしれません。」

C国王「とにかく、停戦は締結する方向で返事をだしてくれ。ツユ国に対しては、
状況的に戦争協力は一切停止せざるを得ないと納得させるんだ。領空の通過も遠慮して
もらおう。   例の地下核施設はどうなってる?」
側近 「コンクリートを流し込んで、出入り口と排気口は全てつぶしました。隠蔽も終わり、
観光用の人造遺跡としか見えないでしょう。それと、原住民が遺跡建設に動員されていた
ことがわかりました。 彼らは核施設の存在を知らされていないようですが。」

C国王「処分しろ。女子供含めて全部だ。念には念をいれておかんと、どこから口が漏れるか
わからんからな。 あのへんの山岳部族だと、…イヌ族か。かわいいメスがいたら、一匹連れて
こさせよう。」   側近「御意に。」

759 :C国首脳部:04/07/12 23:52 ID:???
側近B「陛下!ツユ国が我国の領土内に弾道兵器を運び込んでいます!」
C国王「…連絡の返事はどうなっている?」
側近 「応答はまだありません。 連中はあくまでやる気のようです。」

C国王「サンライズの連中は核やら化学やらたんまり持ってるんだろう?T−72
の連中だって持っているにちがいあるまい。 これでツユまでが国内にミサイルなんか
持ち込んだら…」
側近 「我国を舞台にした核戦争ですな。」
C国王「うぎゃーーーーーーーー!諜報部を総動員してツユ国のミサイルを潰せ!
なりふりかまうな!諜報部が失敗したら軍を全部使ってでも追い出すのだ!」

760 :ツユ国の軍師:04/07/12 23:55 ID:???
宛 C国首脳部
発 露国大統領
(超々極秘)
T−72帝国は貴国に対して危険な行動を見せている。
我が国は、貴国を考えうるあらゆる手段を駆使して防衛する事をここに約束する。
また、貴国と我が国が同盟関係にあること確認しておく。
第2に大元帥の行方を探している。貴国内に潜伏している可能性がある。

大統領「日本侵攻作戦は、大元帥によって計画されたものであるぞ!!>>458参照」
国防議長「それが所在をつかめなくて…」
対外情報部「我々の目を何時の間にすり抜けたのやら…」
大統領「くそ〜。どいつもこいつも…」

761 :新米中尉:04/07/12 23:57 ID:???
王都クロノス・軍病院 ドクター診察室
新米中尉  「失礼、ドクターいますか?」
中尉が診察室に入ると、そこには大きく生え際が後退したいかにも神経質そうな中年の男が立っていた。
ドクター   「緊急事態の概要を・・・! なんだ中尉か・・・ 今日は何をしに来たのかね? 定期健診は来月だと思ったが・・・」
新米中尉  「今日は私の診察で来た訳ではありませんよ、ドクター」
ドクター   「じゃあ、何の用だね?こう見えても私は忙しいんだ」
新米中尉  「実はチャン少尉の事で・・・」
ドクター   「チャン少尉・・・? ああ、あの患者か!彼の回復力は驚異的でね、とても興味深い、是非とも次の学会で・・・」
新米中尉  「彼を研究するのは結構なんですが、あいにく彼は私の隊への編入命令が出てましてね」
ドクター   「編入命令だって!? 実に勿体無い! 彼を研究すれば医学史に名を残せるのに・・・」
新米中尉  「医学史に名を残すのは、また今度の機会にお願いします」
ドクター   「ふむ・・・命令なら仕方がないか、彼の様態だが、現在リハビリを始めたところだ。彼の回復力なら、2〜3週間で復帰可能だろう。」
新米中尉  「あれだけの重症を負っていたのに・・・ (まさしくバケモノだな・・・) とにかく彼の事はドクターに任せます、治療が完了したら連絡をください。」
ドクター   「解ったよ、中尉 復帰の目途がつきしだい君に連絡する。」
新米中尉  「お願いします ドクター」
中尉はそう言い残すと診察室を後にした。

762 :C国首脳部:04/07/13 00:06 ID:???
諜報1課長「やれやれ、王様のご機嫌斜めが相手じゃ分が悪すぎるか。」
諜報2課長「まったくだ。5年もかけて日本に植えつけた工作活動が全て
水の泡になるとはね。実際やる気を無くすよぉ、ハハハハハ!」
昼休みにビールを酌み交わすのはC国の伝統である。飲まないのは非常識とされるほどだ。

諜報1課長「君のところは、部下をみんな日本から引き上げさせたんだろ?人が
余っていたら、ミサイル探しを手伝ってもらえないか?」
2課長はまゆげを潜めてつぶやいた。
諜報2課長「…ここだけの話、例の大元帥の捜索に使えるやつは全員使っていてね。余裕は
無いんだ。…シャープの奴を知っているか?奴が大元帥にかなり近い人間だったのだが、
どういうわけかサンライズ王国に拘束されちまったらしい。」

763 :T-72帝国軍総司令官:04/07/13 00:16 ID:???
 宛 露国大統領閣下
 発 T-72神聖戦車帝国軍総司令官
混乱を収拾すべく努めている最中に貴国が侵攻し、
全てを再び混沌の中に陥れたのである。
然るべき平和的プロセスも踏まず、
突如として戦争に踏み切った行為は断じて許されない。

我が国の和平の意志をいつまでも無視しつづけるのであれば、
それは双方にとってマイナスにしかなりえないことをここに
忠告申し上げる次第である。

764 :T-72帝国軍総司令官:04/07/13 00:22 ID:???
 宛 C国国王陛下
 発 T-72神聖戦車帝国軍総司令官
貴国との和平を目前にしてなお露国の動向が不審であり、
かの国は混乱に乗じて貴国を属国化する意図があるのでは
ないかと懸念する次第であります。
故に可及的速やかに貴国軍を我が同盟軍に編入し、
貴国内部に展開する露国軍の追放にあたりたいと考える次第であります。

なお貴国との同盟関係成立の暁にはサンライズ王国及び
アミャリカ合衆国から貴国に然るべき援助が為されるよう
仲介する用意があることを通達する次第であります。

総司令官:急がねば…対露交渉はもう見限れ!
      ただし書簡のやり取りだけは継続しろ。
外務担当書記:了解しました。

765 :C国首脳部:04/07/13 00:31 ID:???
C国王「我国の領土内が最前線になることだけは、絶対に阻止するんだ!」

C国は厳戒態勢に突入。全ての予備役国民は武装化、所定の基地に集合する。

C国中央部にはいかなる外国軍も侵入を拒否する。ツユ国、およびT−72帝国軍

はC国領土内での軍事行動はできうる限り控え、軍の通過、戦闘は極東部、極西部

区域内に限定して許可する。    C国国王 タータ・ノブモン・ラグ4世 署名

766 :ツユ国の軍師:04/07/13 00:37 ID:???
大統領官邸(極秘)
国防議長「大統領閣下!!帝国とC国間の通信を傍受しました。」
大統領「うむ。やむえん、我が国と帝国間の通信の一部をC国に公開しよう…」

宛 C国諜報部
発 露国対外情報部
(極秘)←だから傍受不可
「我が国は貴国と共同してC国を臨時統治し、戦争遂行勢力の撲滅に助力する意図がある。
担当地域の分担に関してはC国国土をほぼ二分する緯度線を基準に検討することを提案する」
「地域の安全を脅かすのは我が国ではなくむしろC国ではないでしょうか?
そしてC国こそ然るべき査察と制裁を受けるべきものではないでしょうか?」
これは我が国と帝国間で行なわれた通信の記録である。これはT-72帝国側の発言である。

宛 T-72帝国総司令官
発 露国大統領
(極秘じゃないので傍受可)
 貴国は、我が国にC国に対する共同の制裁と統治を訴えたではないか。
貴国は我が国の安全保障に口を出す権利は無い。
我が国は、同盟国の安全を守る為ならば…C国の為ならば手段を選ばない。

(もう寝るか…)

767 :C国首脳部:04/07/13 00:40 ID:???
 ┏━━━━━━━━━━━┓                         
 ┃犯罪者・ヤクザ・不法滞在┃                   
 ┗━━━━━━━━━━━┛          
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    
 |_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧  
 |`∀´> `∀´>丶`∀´>`∀´> 
 | ∧_∧  ∧_∧   ∧_∧  
 |<丶`∀´>  ∧_∧ <丶`∀´>「軍隊に入ってハクを付けるニダ!」
 |⌒ ∧_∧<丶`∀´>.∧_∧ 
 |>  <丶`∀´>∧_∧<丶`∀´>
 | /⌒   ヽ<丶`∀´>    ヽ 
 | /| |   | |/⌒   ヽ   | |  
 |ノ \\ /|/| |   | |\./| | 
 |   \\ ノ \\./| |\\ | | 「ウリたちが兵士になれば怖いもの無しニダ!」「武器よこせ!」「士官にさせろ!」
 |/⌒\し'/   .\\ | |ヽ し'(ノ 「家族の生活費用分も支給しろ!」
 |     >/ /⌒\し'(ノ  > )   「軍需品の納入業者に指定しろ!」(他業者排他・相場より割高なシロモノ)
 |   / /    > ) / /   「兵役に着くんだから普通の国民より地位を高くしろ!」(無銭飲食・婦女暴行・乱闘ふっかけ)
 |  / / つ    / / (_つ   「戦争するなら我々の賛成を得よ!」「日本の味方をするのは許さん!」
 |  し'     (_つ    
                ゾロゾロゾロゾロゾロ…

>>727 景気のいいサンライズ王国軍の兵士になって、給料をいっぱいもらうニダ!平民より偉くなるニダ!

768 :国王陛下:04/07/13 00:49 ID:???
このまま終戦で平和になるかなー、なんて読みは浅かったようだ。
このままつゆ国と全面戦争か?C国はどう動くか?
我が派遣部隊はまだ帰ってこなそうだし、こちらも準備だけはしておくか。
金だけはあるからなー、我が国は。

 宛 ツユ国大統領閣下
 発 サンライズ王国 国王陛下
はじめまして。サンライズ国王、国王陛下です。
さて、現在、この大陸は非常に危険な状態にあります。
その発端は、無謀な旧日本国の大元帥が起こしたT−72信徒の迫害による
日本内戦ですが、これはアミャリカ政府の仲介もあり、現在はサンライズ・
T−72神聖戦車帝国は良好な関係を維持しつつ、国内の復興を行っています。
内戦によって軍事力は疲弊し、既に両国は他国へ戦争を仕掛ける能力は
喪失しました。また、内戦末期に使用されたNBC兵器も、そのすべてが
アミャリカ管理のもと、無力化、または廃棄されております。
しかし、それにも関わらず、貴国及びC国は我が友邦である戦車帝国ならびに
我が国に宣戦をなされました。これはあきらかに侵略行為であり、貴国の主張する
「戦車帝国・サンライズ王国の危険性を排除」というものは現状と矛盾しています。
よって、貴国はただちに軍を戦車帝国およびC国から撤兵させ、停戦するべきであります。
貴国の懸命なる判断を期待します。

…長文だな。なんか変な文章のような気がするが、私に文才がないだけだな。
別につゆ国をバカにしてるわけじゃないし。早期停戦こそが、世界の発展のためなのだ。

769 :T-72帝国軍総司令官:04/07/13 00:50 ID:???
 帝国政府公式発表
「両国の間にそのようなやりとりは存在しない。
これは露国の捏造であり、我が国への侵略を
目的とした今回の戦争の責任をうやむやにしようとする
策略である。」

 宛 露国大統領閣下
 発 T-72神聖戦車帝国軍総司令官
 (同じく傍受可能)
我が国への侵略を自国の安全保障と言い換える貴国の
姿勢には失望させられる。
手段を選ばないとするならば我が同盟勢力もまた
同じことを貴国に対して申し上げざるを得ない。
我が軍は全力で貴国の侵攻を防ぐ。

総司令官:戦争の継続はやむなしだ。
      C国の要請も東西地区以外への戦闘拡大防止…
      いまのままなら寧ろこれを破るのは露国。
      我が軍は現在の位置を維持しさえすればよい…

770 :国王陛下:04/07/13 00:57 ID:???
>>767
軍隊に入るのは大歓迎だが、士官学校を卒業or士官昇進試験or戦功をたてていない
者を誰が士官にするか!生活費も自分で戦って稼げ!給料は他国の軍隊よりいんだから!
兵隊だからって無銭飲食・婦女暴行・乱闘は許されん。即刻軍法会議のうえ、
場合によっては死罪だ!ちなみに、兵士になって得られるのは地位ではない、名誉だ。
それと、日本は既に消滅した。日本の味方とは大元帥一派だ!納入業者?自分で
努力して指定されるよう頑張るんだな。
婦女暴行なんかしないで、高給なんだから売春宿行けばいいのに…。

771 :T-72帝国軍総司令官:04/07/13 00:59 ID:???
 宛 C国国王陛下
 発 T-72神聖戦車帝国軍総司令官
既にご存知の通り、我が帝国は貴国と露国の火事場泥棒的
侵略行動に対し強い怒りを持ち、
これを叩き潰すべきとする勢力を内部に多数抱えている。
故に国内には貴国の占領と直接軍政の実施を求める意見も少なくない。

真の友は武器を取れと言い、
侵略者は中立を守れと言う。

ここは敢えて敵国側にある貴国に「武器を取れ」と申し上げた
我が国の姿勢を評価していただきたい。
繰り返しますが我が国は貴国に侵略を受けたものであり、
未だ多くの国民が貴国を激しく憎悪する敵国であります。
融和への一歩を踏み出すか、終わり無き争いを選ぶか、
貴国政府に賢明な判断を求めたい。

772 :ツユ国の軍師:04/07/13 01:14 ID:???
宛 サンライズ国王陛下
発 露国対外情報部長
(極秘)
現在、大統領閣下は、他国と交渉ができる状態ではありませんので、私はかわりに交渉を行ないます。
我が国は、まず第一に貴国が本当にNBC兵器を無力化もしくは廃棄したのか、疑っているのです。
ですので、NBC兵器を廃棄したという、確実な証拠を示していただきたい。
そうすれば、少なくとも貴国に対して我が軍が軍事行動にでることはありえません。
また、C国は我が国の要請により参戦したのであり、C国の軍事行動による被害は我が国にその責任があります。
にも関わらずT−72帝国は、我が国に共同で、C国に対して制裁を行い共同で統治しようと申し出てきました。
我が国はT-72帝国にはC国を侵略する意図があると判断せざるえませんでした。
我が国は、同盟国としてC国を守る義務があるのです。
それに関連して、我が国とT-72帝国の通信の一部を公開します。
「我が国は貴国と共同してC国を臨時統治し、戦争遂行勢力の撲滅に助力する意図がある。
担当地域の分担に関してはC国国土をほぼ二分する緯度線を基準に検討することを提案する」
「地域の安全を脅かすのは我が国ではなくむしろC国ではないでしょうか?
そしてC国こそ然るべき査察と制裁を受けるべきものではないでしょうか?」
そして、最後に、この不幸な戦争の裏に、<あの大元帥>が居る事をお伝えします。
この戦争は大元帥によって計画されたものであります。
大元帥は現在、姿を晦ましており、我が情報部は、C国諜報部とともに捜索を行なっております。
貴国に対して大元帥捜索作戦に対して協力を要請します。

宛 T-72帝国総司令官
発 露国副大統領
(極秘)
我が国の現在の軍事行動は、貴国の脅威からC国を守る為に行なっているものである。
貴国がC国より撤退するならば、我が軍も貴国領内から撤退し、戦争のよる被害を補償する。
また、今後、C国に対する、あらゆる干渉、制裁を認めない。
もし、撤退を受け入れないのならば、我が軍は最終攻撃態勢に突入せざるえない。

773 :ツユ国の軍師:04/07/13 01:31 ID:???
(極秘)
副大統領「大統領は?」
秘書官「今、休んでおられます。」
対外情報部「さて、帝国は我が国の要求を受け入れてくれるだろうか?」
副大統領「我が大露死亜には、これ以上の譲歩はできんよ。」
対外情報部「しかし、軍部は納得するしょうか?せっかく得た占領した都市(都市I)を手放すなんて」
副大統領「帝国軍を撤退させる事ができれば「同盟国の防衛」という大義名分を果たした。軍部にはこれで納得してもらうしかない。」
国防議長「えぇ。私が説得します。」
対外情報部「しかし、あなたもたいした事をしてくれましたな。」
国防議長「えっ?なんのことです?」
対外情報部「スカッドミサイルの事ですよ。核弾頭の。我々が知らないと思っていたのですか?」
国防議長「そうですか…おそらくご存知だと…」
対外情報部「C国の核施設ですか?あれはすでに閉鎖されたようです。」
国防議長「そうですか。私はC国が帝国に対して核を使用した場合…」
対外情報部「罪を被るつもりだったのですか?ふざけないでください。あなたは…」
副大統領「おちついて…」

その頃、露死亜対外情報部は、確実に大元帥を追い詰めていた。

今度こそ本当に寝る

774 :国王陛下:04/07/13 01:44 ID:???
>>772
 宛 ツユ国大統領
 発 サンライズ王国 国王陛下
(極秘)
NBC兵器無力化の証拠ですが、これにはアミャリカ政府が立会っております
(というよりも、アミャリカ政府に依頼。我が国には廃棄能力がないため)。
よって、少なくとも我が国にはNBC兵器は存在しておりません。これは戦車帝国も
同様であると思われます。NBC兵器はすべてをアミャリカに引渡し、アミャリカ政府からは
無力化・廃棄した、との通知を受けております。引渡しの証拠については、
映像テープがございます。

テープの映像
サンライズ側官僚 「では、これが我が国で確認できた最後のNBC兵器です。
          処分、よろしくお願いします」
アミャリカ側官僚 「OH!リョーカイシマシタデェス!ショブンハ、ワガクニガ
          セキニンヲモッテオコナイマース!」
化学弾頭が次々とアミャリカ軍の貨物船に積み込まれる。
サンライズ側官僚 「では、処分、頼みました。後日、処分されたかどうか、視察団を
          派遣します」
アミャリカ側官僚 「OK、OK。ノープロブレムデェス!」

なお、確認のための使節団派遣は貴国およびC国との戦争勃発により、
中止されました。
C国に関する戦車帝国のコメントについては、話の前後がわからないため、我が国は
コメントを控えさせていただきます。 大元帥に関してですが、彼は我が国・戦車帝国にとっても戦争犯罪人。その行方は現在も
全力をもって追跡しております。
ともかく、一度、貴国、我が国、戦車帝国、C国、アミャリカを交えた会談を持つべきではないでしょうか?
いきなり武力に訴えるのは大国ツユ国の名誉を汚すものだと、私は思います。
そこで、一時休戦のうえ、D国で会議を行うことを提案いたします。


775 :諜報部少佐@ヲタ:04/07/13 01:52 ID:???
またまたヲタ系喫茶店にて
諜「ここの店員はなかなか萌えだな。とくにあの獣耳なんか」
ヲタ2号「アレは全部本物ですよ。」
諜「ほー、付け耳とかじゃないんだ?」
ヲタ2号「犬族とか猫族かです。」
諜「そろえるの大変そう。」
ヲタ2号「なんでも村に突然、長老の昔の友人とかいう男が現れて
こういう店作れば儲かると言われとか・・・」
諜「どこでそんなことを・・・」
ヲタ2号「実は更衣室に盗聴器と隠しカメラを・・・」
諜「そら犯罪・・・」

(仕事終わったあとの店員をゲットして聞き出してみるか。
その前にこのヲタぽいふくを着替えよう・・・)



776 :諜報部少佐:04/07/13 02:20 ID:???
ネコミミ娘ゲット!
かわいかったので本来の目的忘れるとこだった。
諜「・・・という訳でその俺の唯一の肉親の
伯父かもしれない男の本人確認したいから
体組織か指紋とってきて欲しいんだけど。」
ネコミミ娘「分かりました!あなたのためがんばちゃいます!」
諜「人違いかもしれないから絶対ばれないようにね」

777 :C国首脳部:04/07/13 23:13 ID:???
側近A「陛下、我国内での戦火は収まりつつあるも、ツユ国、T-72帝国との間では
我々の意思とは無関係に緊張が高まりつつあります。これを受け流す策が必要かと。」

C国王「たしかに、そのことは僕も考えていた。しかし、T-72帝国内に潜ませた
工作員たちも全て引き上げさせてしまったし、今から用意できるネタでは、さして
効果はあげられないんじゃないか? それとも何か手があるのか?」

側近B「諜報部1課と2課の仕込んだネタは全てダメになりました。しかし、3課が
仕込んだネタを使うならば今が絶好のチャンスとなっています。 移民を扇動するのです。」

C国王「サンライズに移民が大量に入植しているとは聞いたがね、これも3課が仕込んだと
いうのか?」

側近A「まさにおおせのとおりです。諜報3課がお膳立てした韓国人移民を扇動し、大規模な
暴動を起こさせます。すでに工作員が扇動と武器の配布にかかっており、陛下の許可が頂ければ
明日にでも大暴動がサンライズ王国内で発生するでしょう。」

C国王「…我国に高まる緊張をどれだけ薄められるかは疑問だが、今はどんな手でも欲しい。
使える策はみな使うべきだろう。 移民の扇動を許可する!徹底的にやれ!」

778 :諜報部少佐:04/07/13 23:16 ID:???
>国王陛下
大元帥らしき人物の指紋と毛髪を入手したので鑑定をお願いします。
本人だった場合特殊部隊等拘束の準備をおねがいします。
場所は猫族と犬族が暮らすギコゾヌ村です。
それと大元帥捕まったらツール・ド・B国を
観に行きたいので休暇を下さい。

779 :サンライズ王国某所・シャープ尋問中:04/07/13 23:22 ID:???
 いつのまにか夢を見ていた。 ずっと昔の夢だ… 大元帥と初めて会ったあのとき。

俺の家は貧しい移民の貧しい農家。 痩せた土地で米を作ってたけど、俺は米なんて
一度も食ったことが無かったな。 空腹に我慢できなくなった俺は、山に入って食い物
を、木の実や山菜なんかをよく採ってたんだ…

猟師の鉄砲の音がよく聞こえた日だった。 びわの実を背籠に背負って山を降りる途中で、
羽をばたつかせてもがく鴨をみつけたんだ。 よく太った立派な鴨だった。きっと猟師が
鉄砲で撃ったやつだ。 急に泥棒になった気分になって、あたりを見渡しても誰もいないと
わかると、俺は鴨の首をつかんで走りだした。 少しでもはやく家に帰るんだ。

780 :T-72帝国軍総司令官:04/07/13 23:33 ID:???
 宛 C国国王陛下
 発 T-72神聖戦車帝国軍総司令官
貴国は自国中央部の中立化を希望された。
その容認は我々にとって最大の妥協である。
故にC国に直ちに貴国中央部におけるツユ国の
活動を停止させる、つまり全露軍を中央部から排除し、
それが確定するまで中央部での補給活動を含む
全てのツユ国の軍事活動を停止させることを要求する。
この要求が通らなければ、我が軍は自国領に侵攻した
ツユ国軍排除のために貴国中央部に対しても
軍事行動を継続せざるを得ない。
直ちにツユ国との同盟関係の破棄を実力を以って履行せよ。
そうすれば中央部への軍事行動は見合わせる。
尚貴国の東西地区の運命はツユ国との交渉次第であるが、
もし向こう側が軍を撤退させれば我々もそれに倣うことを
ここに宣言しておく。

我々は侵略者を許さない。
まして火事場泥棒をたくらむが如き不逞の輩は、
それが独立国家であろうとも断固として征伐する意志がある。
しかし彼等が自らの行いを悔い、改めて平和を望むのであれば、
我々もその存在を認めるという選択肢を選ぶことになろう。


781 :サンライズ王国某所・シャープ尋問中:04/07/13 23:36 ID:???
ガーン!ズバッ! 『ひやぁっ!!』 走る俺のすぐ目の前の土が弾けた。
驚いた俺は前のめりになってころんで、びわの実をばらまいた。起き上がった
時にはもう、猟銃を持った男が3人で俺を取り囲んでた。『この盗人が!』
平手で俺を殴った男が指図すると、もう二人の男が俺を脇からかかえあげて、
歩き出す。 ああ、俺はきっと殺されるんだ、鉄砲で撃たれて死ぬんだ。

涙が止まらなかった。 でも、家に帰りたいとも思わなかった。両親はいつも、
俺をどこかへ高く売ることを考えていたから。そんなやつらに泣いて助けてと
頼むのも、癪だったんだろうな。

『殿下!獲物盗人を捕らえました。いかがしましょう?』 大きな日よけ傘の下
で立派な椅子に座って、上等な狩猟服を着た若い男。なんだか面白くなさそうな
顔で、白い握り飯を食っていたあの男。白い飯… 俺はつばを何度も飲んだ。

『もぐもぐ…うん、おかわり。』 若い男が言うと、綺麗な姉ちゃんが握りめしを
取り出して包みを開く。わざわざ男の前でかしこまってから差し出した。男は口を
もぐもぐ言わせながら握り飯を一つ取ると、『ん、ほら』と言って俺の目前に握り
飯を持って来た。 『殿下、そのようなものに』 『うるさい』 猟銃を持った
いかつい男たちより、いやこの場の誰よりも、この若者は偉いらしい。

782 :T-72帝国軍総司令官:04/07/13 23:44 ID:???
 宛 ツユ国大統領閣下
 発 T-72神聖戦車帝国軍総司令官
貴国との戦争を停止する為の我々の条件を提示いたします。
まず貴国はC国との同盟関係を解消し、ここに駐留する
全軍を撤退させていただきたい。既にC国は中立路線へと
その政策を転換させ、貴国の標榜する同盟国防衛の大義は
現在においては有名無実と化しております。
我が国はこれまで幾度と無く貴国の行動には失望を味わい、
大いに落胆させられてきました。
しかし今回に限って、貴国の求める要求即ちC国からの
我が軍の撤退を実行し、平和への一歩を踏み出したいと考えます。
我々は貴国を信用したい。

総司令官:文面だけは随分と綺麗なものだな。
外務担当書記:あのツユ国が受け入れるわけがありませんが、
       少なくとも我が国が平和的であるということを示さねばなりません。
総司令官:で、例の件についてのアミャリカ側の返答は?
外務担当書記:はい。これ以上の軍の増派は不可能と…
       ただ以前の第二戦線の約束の件で揚陸戦部隊を
       ツユ国南方に展開してくれるそうです。
       …あくまでも展開するだけですが。
総司令官:まあよい。敵の兵力を分散させられれば十分だ。

783 :C国首脳部:04/07/13 23:47 ID:???
 宛 T-72神聖戦車帝国軍総司令官
 発 C国首脳部

 この度は我国の不手際によって貴国に対し重大なる損害と不安を
 与えた事実を深くお詫び申し上げる。 この件、我国にとっては
 最低限度の安全保障を得るべく必要な軍事行動であったとの認識
 の元に、当初より貴国領土中枢への侵攻の意志は微塵も無かった
 ことをこの場で申し上げたい。我国の意図はあくまでも国境手前
 での戦火拡大を防ぐ為に必要な防衛陣地の構築であり、貴国への
 実質的な侵攻意図は無かったということをご了承頂きたい。

 ツユ国とは以前より我国内からのツユ国戦力の全面撤退を交渉中
 であり、実力での排除は目下最終的な手段として国王陛下をも含
 めた我国中枢の意志であることをご了承頂きたい。

 国王陛下は情勢を見誤った自身の不覚を深く後悔しており、この
 たび貴国にあたえた損害に慰謝の念も含めた分に相応な賠償を検
 討しております。具体的な内容については後日詳細にご相談を。

 あなあなかしこ

784 :サンライズ王国某所・シャープ尋問中:04/07/13 23:57 ID:???
白い飯を受け取った俺は、男の視線を痛いほど意識しながら、白い飯を口に入れた。
ムシャムシャ… ゴクリ。 …男は黙って俺を見ているだけだった。 
1個食べ終えると、もう一つ食えと言わんばかりに、男は俺に握り飯をくれた。

3個食い終えた俺は「もう食えない。」と言ってしまった。たっぷりと具がつまった
握り飯は大きく、まだ10歳だった俺には2個でも多かった。

『3個おにぎりを食べたから、お前は30年間、予の子分になるんだぞ。』

男が言ったことがしばらく理解できなかったが、日暮れになると俺はその男
と共に立派な自動車に乗って首都へ向かった。 車が停まったのは、日本で
一番偉い人が住む建物だった。この男は後に父親より政権を奪いとり、自らを

[大元帥] と称した。  俺は大元帥の影の部下となっていた。

785 :ツユ国の軍師:04/07/13 23:59 ID:???
・軍事行動
>C国戦略軍
戦略潜水艦、地上ICBM部隊、空軍核攻撃部隊を総動員した大演習<報復核戦力2004>を実施。
>C国地上軍
欧州方面部隊を非常動員し、大演習<機動力2004>を実施。
広報部は「極東方面への展開の可能性も十分にありうる」と発表。
>国内問題
チェチェンで大規模な反乱が発生(裏で対外情報部が動いたという噂が)
チェチェン独立派が旧日本から流出したNBC兵器を入手したという情報が入り込む
現大統領、辞任を表明。新大統領が就任。
ロシア対外情報部、大元帥に対して逮捕状を出す。
 就任挨拶
「現在、C国も中立路線へと向い、また、日本北部の安定化を確認しました。
すでに我が軍の軍事行動の目的である「危険の排除」が達成されたものと判断し、
さらに、我が母国内に発生した新たな危機を排除する為、T-72帝国から部隊を撤退させる事を決定しました。
 また、現在、我が国は財政的にも苦しい状況であり、国防政策に関しても改革が求められています。
現在、我が国はC国に精鋭部隊を展開していますが、これを撤退させる事を決定しました。
これは予算削減の為の行動であり、C国との友好関係には何ら影響はありません。
我が国は、35時間以内に、T-72帝国から、4ヶ月以内にC国から部隊を撤退します。」
都市Iより機甲旅団×2が撤退第一陣としてC国内駐屯地に移動。

786 :ツユ国の軍師:04/07/14 00:07 ID:???
宛 C国国王
発 露国新大統領
(極秘)
貴国との同盟継続を望む。
我が国と貴国は地理的にも政治的にも極めて深いつながりを持っており、同盟を破棄すべきでは無いと判断する。
我が国と貴国の同盟破棄は、貴国の企業の露国内での活動にも影響がある事は確実である。
予算削減による駐留部隊は撤退させるが、我が軍は技術革新を進めており、
現在の機動力を持ってすれば、貴国支援は本国部隊でも十分に可能であると判断する。

宛 T-72帝国
発 露国新大統領
新大統領が発表したとおりである。貴国がC国より速やかに撤退する事を望む。

宛 サンライズ王国国王
発 露国新大統領
(極秘)
我が国から今回の紛争の完全な解決を目指し貴国に特使を派遣したい。

さて、寝よ。

787 :C国首脳部:04/07/14 00:11 ID:???
C国はツユ国の政治的判断に賛成の意を示すべく、部隊の円滑な撤退を支援する
ことを約束する。 

また、事態の沈静化が進むにしたがい、段階を追って今回の軍事行動に関する
情報公開を行う用意がある。T-72帝国との国境線に、監視のために軽武装の
小規模な部隊を派遣し、ツユ国とT-72帝国双方の軍事力の撤退を確認する。

密談
C国王「やばいことは一つもバレなくてよかった。イヌ族の始末はどうなった?」
側近A「停戦監視部隊に扮した特殊部隊が1個中隊向かいました。今晩にでも片付くでしょう。」

C国王「サンライズ王国内の暴動は?」
側近A「準備は整っています。明日の昼頃には騒ぎが始まる予定です。」

788 :T-72帝国軍総司令官:04/07/14 00:27 ID:???
同盟軍の軍事行動を停止し、部隊の撤退を開始する。

指令:西部方面軍、都市11へ撤退せよ。
    東部方面軍、第1・第2戦車師団を後方へ、
    この二個師団は緊急時の予備として本国へ移動。
    中央方面軍、敵の撤退を待って、順次旧領へ進駐せよ。

総司令官:これで終わったのか…
外務担当書記:油断はなりませんが、恐らく。
         アミャリカ側もこれを機に部隊を削減し、
         一個師団のみを停戦監視部隊として残すようです。
総司令官:となると都市11に?
外務担当書記:いえ、内戦の停戦監視ですよ、北西部の非武装地帯に
         配置されるはずです。
総司令官:そうか…もう内戦から何年もたったようだよ…

789 :国王陛下:04/07/14 01:21 ID:???
ゲームしてたらいつの間にかこんな時間に…。

宛 ツユ国新大統領閣下
発 さんらいず王国 国王陛下
(極秘)
まずは大統領就任おめでとうございます。
さて、貴国からの特使派遣の件ですが、こちらとしては異存はありません。
特使滞在のためのホテルを用意しておきます。
戦争の早期終結という貴国の英断、まことに正しいものであると私は判断します。
大国ツユ国に栄光あれ。

文を考えるのが大変なのでこれだけ。

790 :国王陛下:04/07/14 01:27 ID:???
>>789
うお!「サンライズ」が平仮名になってた!

王都クロノス・王宮
側近   「陛下。最近問題になっている韓国系移民ですが」
国王陛下 「あの身勝手な要求してた奴らか?それがどうかしたのか」
側近   「はい。実は、最近不穏な動きがあるとか。裏で小火器などを
      売買し、武装を進めているとか…」
国王陛下 「それはゆゆしき問題だ。…で、どこからわかった?」
側近   「飲酒運転で捕まえた酔っ払いの韓国系移民が吐いたそうです。
      警官も、当初は戯言だろうと思っていたのですが、どうも
      筋が通っているので調べてみたそうです」
国王陛下 「わかった。各都市に厳重警戒態勢。近衛師団も出動準備しておくように」
側近   「御意」

791 :国王陛下:04/07/14 01:33 ID:???
王都クロノス・軍基地
取調官  「シャープさん、いい加減話してくださいよ?あなたは、
      行方不明になったあと、一体どこで、何をしていたんですか?」
シャープ 「……」
取調官  「…はぁ。じゃあ、質問を変えましょう。あなたは、この王都に
      何をしに来たのですか?まさか陛下に会いにきたわけではないでしょう」
シャープ 「……」
取調官  「あなたは、大元帥の居場所を知ってるんですか!?」
上司   「こら、そう熱くなるな。…シャープさん、腹が減っただろう。
      ほれ、カツ丼の差し入れだ。ここのカツ丼はうまいぞ。食ったら、
      俺にいろいろ聞かせてくれないか?」
シャープ 「……ガツガツガツ!モグモグモグ!」

王都クロノス・軍研究所
研究員A 「本当にこれが大元帥の髪の毛なのか?」
研究員B 「一流の諜報部員が持ってきたそうだから、間違いないんじゃないのか?」
研究員A 「まあ、なんにせよ調べるのは俺達だからな」

792 ::04/07/14 02:25 ID:???
温暖化してみるテスト

793 :サンライズ王国某所・シャープ尋問中:04/07/14 23:06 ID:???
シャープ「ふう、腹も一杯になったし、まとめてお話しよう。」

戦闘中に敵砲撃の至近弾を受け、意識を失う。この時に全身を負傷する。
              ↓
傭兵として雇っていたイヌ族の兵士たちに助けられ、イヌ族の集落へ運びこまれる。
              ↓
気がついた時点で2日が経過しており、しかも体中がマヒした状態で連絡が取れなかった。
              ↓
大元帥が失脚し、日本国より追われたことにより、現政府は自分をよくは扱わないと判断。
              ↓
イヌ族村で教師をやって生活をする。戦場稼ぎに出て行方がわからない村の関係者たちの
安否を確認するために首都へ上京。イヌ族の老人と孫娘を案内していた。→拘束される。

シャープ「ざっとこんなもんだ。処刑でも拷問でも強制労働でもなんでもしてくれ。
    その前に、カツ丼もう一杯いただこうか。」

794 :王都クロノス・軍基地:04/07/14 23:17 ID:???
Dogaaaaaaaaan!! ビリビリ! パラパラ…
地下の取調室にまで伝わった爆発音と衝撃、その後に大勢の人間が基地になだれ
こむ音が聞こえてきた。Gagagaga!!! 激しい銃声が聞こえてくる。
取調官 「なんだ!何事だ!」
シャープ  「???どこかと戦争でもしてるのか?」
上司  「勝手に立ち上がってはいかん! 様子を見てくる、ここからその男を
     動かすなよ!」 バタバタバタバタ…なおも戦闘音は激しくなり、鳴り止む気配
は一向に無かった。

(…ワアァァァァドガガガガ!!! ドカン!ガガガガ!ワァァァ!ウリナラマンセー!)

シャープ  「ちくしょう、一杯食ってまた一杯…か!」

795 :国王陛下:04/07/14 23:33 ID:???
側近   「陛下!大変です!以前報告した韓国人移民たちが王都の軍基地を
      襲撃しました!現在、警察と近衛師団が鎮圧に向かっていますが、
      敵の数が多く、しかも素人にしては統制がとれているため、苦戦しています!」
国王陛下 「なに!…ついに動いたか!全土に戒厳令を布告。警察と軍は鎮圧にあたれ!
      外務省と諜報部は外国の動きを監視・牽制せよ。介入されてはたまらん」
側近   「それよりも陛下、ここも危険です。脱出したほうが…」
国王陛下 「ここには私直属の精鋭、親衛隊がいる。問題はない。それよりも、
      暴徒の動き、統制がとれていると?…裏にどこかの国がついているな。
      なるべく、暴徒は殺さずに捕らえよ!特に幹部はな!徹底的に尋問してやる!」
側近   「ハッ!」

796 :はい、サンライズ王国首都上空、中継のクリスドスです!:04/07/14 23:34 ID:???
 はは、はい!こちら上空より映像中継しますクリスドスです。本日午後1時ごろ

 より発生しました暴動は首都北部での拡大を皮切りに、国内の全ての都市に伝播

 した模様です!暴動の先頭に立つのはアジア系移民の一団ですが、彼らは火炎ビン
 
 や鈍器の他に自動小銃や対戦車ロケット筒まで所持しており、制圧に向かった警察

 車両や消防隊、はては機動隊までもが返り討ちにあっており、暴動は沈静化するどこ

 ろか、激化する一方となっております! 都市の各所で火の手があがり、銀行、商店、

 ビル、住宅などが手当たり次第に破壊と略奪の嵐にさらされ、暴動の一団が過ぎたあと

 には放火なども行われている模様です! 暴動に参加しなければ殺されるか集団強姦さ

 れるかといった状況下で、移民だけでなく一般の国民までもが自ら暴動に加わっており、

 その規模は膨れあがる一方です! しかし、政府は未だ有効な手段をとれないままでおり、

 被害は以前として拡大するばかりです! 以上、上空より中継でした!

797 :T-72帝国軍総司令官:04/07/14 23:42 ID:???
サンライズ王国が何か厄介な状況に陥っているな…

ツユ国の軍の撤退が完了したら約束どおり
三個師団をそちらにお返しします。

東部方面軍、国境地帯まで後退開始。

798 :ウリナラマンセー!ウリナラマンセー!まだまだいっくニダ〜!:04/07/14 23:45 ID:???
誇りを奪い返すニダ!財産を取り返すニダ!ウリナラ民族の恐ろしさを思い知らせるニダ!
      ________
  ニダ  |       ∧___|| ニダ
      |_∧ ⊂<`∀||
  ゾ     |`∀´>  ゝ  O_____  ニダ
  ロ    :|  とノ/⌒、_||○※※∧_∧
    ゾ   | ̄ ̄し' ̄ ∧_∧※< `∀´>
    ロ  .| ̄ ̄∧_<`∀´ > (⊃  と)∧_∧ ニダ
      |   <`∀´/  []O | | |<`∀´ >
         ⊂   UI⌒、   ∧∧ ∧∧     )
     //   (_(__(_ノ(_ Σ<゚Д゚;≡;゚Д>
   / /  い、いやぁーー!(つ ⊂) ∧_∧
   /  / ニダ             ヽ  ノ <`∀´∧_∧ 炎
  / ∩∧_∧       ∧_∧ レU  (   < `∀´>火ニダ
  / .|< `∀´>_     < `∀´>     |  | (     つU
 //.|     ヽ/ ̄    (     )    (_(_| | |
 " ̄ ̄ ̄ ̄ヽ_つ      ニダ

799 :C国首脳部:04/07/14 23:54 ID:???
側近A「陛下、日の昇る国に火の手が上がりました。」
C国王「始まったようだな。しかし、これほど大規模だとは思わなかったぞ。」
側近B「陛下のおっしゃるとおりだ。我々の存在に感づかれでもすれば、和平が
    水の泡になりかねん。」

諜報3課長「ご心配にはおよびません。 現在暴動を指揮しているのは、私の配下の
      者によって一通りの芸を仕込まれた、本物の韓国系移民です。幹部や首
      謀者をどれだけ捕らえても、C国の名につながることはありません。
      物理的にね。」

C国王「ぐわはははは!よくやった!褒めてつかわすぞ!悪いことをして、そのうえ
    バレないというのは爽快だわい!あとで褒美をやろう!ぐわはははははは!」

800 :新米中尉:04/07/15 00:03 ID:???
王都クロノス・軍基地
新米中尉   「街の方の様子を報告してくれ軍曹!」
ベテラン軍曹 「かなり酷い状況ですな・・・ 暴徒の中には武装している者もいるようです」
新米中尉   「民間人とはいえ、武装しているとなると流石に厄介か・・・ やむ終えん、我が隊も暴動鎮圧のため出撃する!」
ベテラン軍曹 「しかし隊長! チャン小隊の編成が完了していませんが・・・」
新米中尉   「チャン少尉はまだ前線復帰は無理だ、君がチャン小隊の指揮をとれ!」
べテラン軍曹 「はっ!了解しました」
新米中尉   「相手は民間だが、油断はするな!!」
部下一同   「了解!!」

801 :国王陛下:04/07/15 00:04 ID:???
くっ…まだ鎮圧できないのか!今までは生け捕りを考えていたが、
このままでは被害が大きくなるだけだ!軍を出動させ、暴徒をあらゆる手段を
使ってでも鎮圧させろ!

近衛師団が出動しました。
第2師団が出動しました。
まずは王都およびファストにて鎮圧作戦を展開します。
戒厳令を布告、違反者は射殺対象とします。
あらゆるメディアを使い、国民に家を出ないよう命令、暴徒に関しては
自衛のための殺害も止む無しと伝えました。

802 :T-72帝国軍総司令官:04/07/15 00:12 ID:???
王国にて大規模な暴動、ウラルグラードの第4師団は警戒せよ。
緊急に聖地防衛の為に軍事警察旅団を編成する。
(聖地の名前はヴァゴンカとでもしておきます)
なおこの部隊はあくまでも治安維持専用であって、
他意のないものであることをC・ツユ両国に通達する。

803 :C国諜報3課より、サンライズ王国は混乱の極みです!:04/07/15 00:17 ID:???
  ∧_∧
  (@∀@)                   
  (  つつ   ∧_∧
            
  )  ) )   <丶`∀´>〜♪  
 (__)__)  ┣(l⊃ヰ∩i≡i=━
            
         (  ヽノ

           
    ∧_∧ レ\__フ                 ∧_∧
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   <丶`∀´>      ∧_∧
           <丶`∀´>〜$   <軍隊だって怖くないニダ!
  ┣(l⊃ヰ∩i≡i=━
 <丶`∀´>〜♪      ┣(l⊃ヰ∩i≡i=━
   \_______
   (  ヽノ

     ┣(l⊃ヰ∩i≡i=━
       (  ヽノ

            

   レ\__フ       (  ヽノ

            レ\__フ      
              レ\__フ                  
      |\
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
| みんな!AK47だぞ! RPG−7も好きなだけ使え! │
\_______________________/

804 :C国諜報3課より、画像が乱れてる!再転送しろ!:04/07/15 00:19 ID:???
  ∧_∧
  (@∀@)                   
  (  つつ   ∧_∧             
  )  ) )   <丶`∀´>〜♪  
 (__)__)  ┣(l⊃ヰ∩i≡i=━             
         (  ヽノ            
    ∧_∧ レ\__フ                 ∧_∧         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   <丶`∀´>      ∧_∧            <丶`∀´>〜$   <軍隊だって怖くないニダ!
  ┣(l⊃ヰ∩i≡i=━  <丶`∀´>〜♪      ┣(l⊃ヰ∩i≡i=━    \_______
   (  ヽノ      ┣(l⊃ヰ∩i≡i=━        (  ヽノ             
   レ\__フ       (  ヽノ             レ\__フ      
              レ\__フ                  
      |\
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
| みんな!AK47だぞ! RPG−7も好きなだけ使え! │
\_______________________/



805 :T-72帝国軍総司令官:04/07/15 00:20 ID:???
もしかしてステルス改行?AAEを御使用ですか?
(´д`)Editなら多分そういう問題はないと思いますよ。

ツユ軍の撤退は完了したのだろうか…

806 :暴動の過ぎ去った地区:04/07/15 00:27 ID:???
        _,.... -─-r‐- 、 __
       /,シ/ィ /lj !ヽヽヽヽ\
     // / ///l|ハl | ヽ丶ヽヽヽ
    ,.'// 川 | | |l-ゝ! 、 ! | l l | l ヽ
    !イ //!j !l | l、ゝ==、` lj y'jヾjノ
     | !/,.- 、!|ヾ!` ヽヾ;;シ   ィ;}'´       
    l ハ rソミ、    `''"  丶ヽ    「なんや、唐辛子くさいおっちゃん達が暴れてるがな。」  
    ヽ!j,ヘ、ヽ,!   ""     _   j        
       ゞ彡ゝ、  u     /         
       | rヽ`フヽ     _____/
      ! lハYゝ,l     !


C国王「なんだ?さっきのめちゃくちゃな画像は?」

側近C「諜報部が新しい器材の扱いに失敗したのでしょう。」

C国王「フフフ、もう寝るぽ。」


807 :ツユ国の軍師:04/07/15 00:35 ID:???
C国・戦車帝国国境線付近
 報道陣と各国の監視員が見守る中、露国軍最後のT−90戦車が、C国領内に入る。
C国側で待機していた露国の将校が、国境線付近に立っている帝国軍将校に近寄る。
二人は国境線を挟んで向かい合った。
露国軍将校「報告します。12:00…帝国領内より露国軍の撤収を完了しました。」>敬礼
帝国軍将校「了解しました。ただちに首脳部へ伝えます。」>敬礼
露国軍将校は、そのまま装甲車に乗り込むとC国内の駐屯地への向かう。

>広報部
王国内で韓国系住人による暴動の発生を確認し、王国に対する渡航規制解除を延期した事を発表。
>外交部行動
王国に滞在している露国人の安否確認に負われる。
>軍事行動
暴動の露国への波及を恐れ、全軍が警戒態勢に入る。

宛 サンライズ王国国王様
発 露国外交部
(極秘)
 我が国は、貴国で発生した韓国系住人による暴動を確認した。特使の派遣を延期したい。
また、貴国に滞在する露国人保護の為、大使館に空挺旅団から精鋭1個中隊を派遣を検討している。
貴国に我が軍を展開する許可を頂きたい。

さて、寝る。

808 :新米中尉:04/07/15 00:51 ID:???
王都クロノス・軍基地
新米中尉  「シャープ殿にお会いしたい、よろしいかな?」
取調官    「これは中尉・・・ たしか中尉の隊は出撃命令が出ていたはずですが・・・」
新米中尉  「どうしても出撃前に、シャープ殿と話しがしたくてね・・・」
取調官    「解りました、どうぞこちらへ」

取調室

新米中尉  「すまんが、込み入った話をしたい席をはずしてもらえないか?」
取調官    「中尉を疑うわけじゃありませんが・・・」
新米中尉  「五分でいい」
取調官    「仕方ないですねぇ・・・ 今回だけですよ」
渋々ながらも担当官は取調室を後にした
新米中尉  「さて邪魔者もいなくった・・・ これでゆっくり話ができますね シャープ殿・・・」

809 :国王陛下:04/07/15 00:52 ID:???
宛 露国外交部
発 サンライズ王国政府
(極秘)
特使の派遣延期、了承しました。
露国軍部隊の派遣ですが、王都では暴動は鎮圧されつつあり、大使館は既に
安全だと思われます。ですが、貴国民保護作業をを円滑にするため、大使館および
王都空港にのみ、1個中隊の展開を許可します。ただし、我が国民を不安に陥れないよう、
軽装備でお願いいたします。

側近   「軍投入により、王都およびファスト周辺部のみ暴動が鎮圧されつつ
      あります」
国王陛下 「その他の都市は?」
側近   「いまだ混乱の極みにありますが、状況は改善の方向に向かっています。
      ただし、一部の暴徒が武装ゲリラと化し、戦車帝国との国境付近、
      モンコーラ山脈周辺部に集結しつつあります」
国王陛下 「わかった、戦車帝国に注意を促しておこう」

>>総司令官殿
暴徒の一部が武装ゲリラと化し、貴国との国境付近(モンコーラ山脈)
に集結しつつあるようです。注意してください。また、もし彼らが貴国領を
侵犯した場合、貴国領内においては容赦なく撃破しても構いません。

810 :ツユ国の軍師:04/07/15 01:05 ID:???
寝ると言いつつカキコ
宛 サンライズ王国政府
発 露国外交部
(極秘)
軍の展開を許可していただき、ありがとうございます。
装備は軽装備に限定し、貴国に脅威を与える存在になりえない事を約束します。
また戦車帝国より我が軍の撤収を完了しました事を報告します。

C国で撤収準備中の空挺師団から1個中隊を選別し、輸送機に搭乗。装備は小銃に限定する。
明朝に王都空港に着陸を予定。
王都の露国大使館には滞在露国人が保護を求めて続々やってきていた。

今度こそ寝る

811 :T-72帝国軍総司令官:04/07/15 01:05 ID:???
帝国領内からのツユ軍の撤退を確認か…
さて、このまますんなりツユ国がC国から手を引くか…

全同盟軍は国境線を越えそのまま待機。
第6師団をモンコーラ山脈へ急派。
全軍警戒態勢を維持。

国内の安定化が進み、戦争も一段落した今こそ
我が国の経済を再建せねばならんというのに…

とりあえず交通網の復旧作業を本格化せよ。

812 :怒れる暴徒の集団が大使館通りに迫りました!:04/07/15 01:17 ID:???
 ∧_∧
  (@∀@) おおいみんなぁ〜!外国人たちが我々から搾取した財物を持って引き上げようとしているぞ!
∧_∧
 <#`∀´> 逃げる奴も全員つかまえるニダ! ウリ達は正義の代行者ニダ!

     ┌───────
     │お、犯される〜♪
     └──────v─
                ∧_∧
      ‐=≡   (;´Д`)
    ‐=≡_____/ /_
  ‐=≡  / .__   ゛ \   .∩
 ‐=≡  / /  /    /\ \//
‐=≡  ⊂_/  /    /  .\_/
  ‐=≡    /    /
   ‐=≡   |  _|__                              ┌────
    ‐=≡  \__ \                         .   │逃げなくちゃ!!
_∧    ‐=≡ / / /                           └──v─
;`∀´>   ‐=≡  // /                               ((( )))
 ._つ  ‐=≡ / | /                                 Σ(´д`; )
.Y  ‐=≡ / /レ                                   (    )
_フ ‐=≡ (   ̄)                      

813 :新米中尉:04/07/15 01:41 ID:???
取調室にて
新米中尉 「シャープ殿、あなたは隠しているつもりかも知れませんが、行方不明中C国と接触を行った事は既に我が軍では調査済みですよ。」
シャープは黙って俯く
新米中尉 「交換取引といきましょう。あなたがC国に関する情報を我が軍に提供すれば、あなたの身柄の解放を約束します。あなは今回の暴動の件についても何かご存知なんでしょう?」

 

814 :国王陛下:04/07/15 02:05 ID:???
側近   「陛下!暴徒の一部が各国大使館に…!」
国王陛下 「何!王都ではほぼ鎮圧されたんじゃなかったのか!」
側近   「それが…まだ隠れていたのがいたようでして…」
国王陛下 「大使館には防衛隊を派遣してたな。暴徒は構わず射殺しろ!
      大使館員には避難してもらうしかあるまい。空港と主要幹線道路は
      維持してるはずだ」
側近   「はい。近衛師団の精鋭が防衛にあたっているため、暴徒どもは
      ことごとく返り討ちだそうです」
国王陛下 「では、部隊を派遣して空港まで護送する。また、疲れているところ悪いが、
      戦車帝国から戻ってきた師団も鎮圧作戦に参加させる!各国、特に露国の
      部隊が到着するまで持ちこたえろ!暴徒はモンコーラ山脈に向かっているから
      数は減っている!一気に叩き潰せ!」

命令
第1師団、第3師団、第1機甲師団をただちに暴徒鎮圧作戦に投入。
第1師団は各国大使館の防衛にまわれ。
第1機甲師団は空港の防衛に、第3師団は市内掃討作戦を展開。

王都だけでも鎮圧しなければ…。

815 :国王陛下:04/07/15 02:11 ID:???
サンライズ新聞・見出し
・政府、韓国政府に抗議 韓国人移民の受け入れ中止
・王都、いまだ暴動続く 新たに3個師団を鎮圧に投入
・露国軍、戦車帝国から完全撤退

816 :深夜に入ると地方部の暴動は一転して沈静化の方向にあります。:04/07/15 02:17 ID:???
タイーホしたぞ!/       ((⌒⌒)) \ このコーリアン共め!
 ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄  アイゴー ((((( )))))   ̄∨ ̄ ̄ ̄
 ____              | |     ___
 ヽ=@=ノ      ∧_∧   ∧_∧  ヽ@= ノ
 ( ´∀`)      <`Д´ ;> <#`Д´>  (´∀` )
 (つУ つ ―――⊂-⊂―)-⊂-⊂―)―⊂ У ⊂)
  | =◎= |       | | |   | | |    |.=◎= |
 (__)_)     (_(__)  (_(__)  (_(__)



  ったくしょーもないモナ         アイゴー!! ナンテコトニダ!!   シッパル!!!
   _____  _____  _____                       _____
  ヽ.=@=/_ヽ.=@=/_ヽ.=@=/_∧_∧∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ _ヽ=@=./
  ( ´∀`)  ( ´∀`)  ( ´∀`) < ;`Д´> ;`Д´>#`Д´>#`Д´> (´∀` ) 一網打尽モナ
  (    つ (つ   )  (    つ (   ((つ   ((つ   ((つ  ((つ (    つ
   人  Y   人  Y    人  Y    人  Y 人  Y   人  Y 人  Y    人  Y
  し (_)   し (_)   し (_)  し (_)レ (_フ  し (_)レ (_フ   し (_)
                      _________∧__
                       半万年ウランデヤルニダ!!


817 :各地の留置場には続々と暴徒が収容されています。:04/07/15 02:21 ID:???
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| べ、弁護士と家族に連絡を・・・
\_________  __________
          |   / \, ∨   ,|| .|| .|| .|| .|| .||
  ,, ,,, ,,,,   |    ̄ ̄~~  ,    || .|| .|| .|| .|| .||
    ,,, ,,, ,,, |  _____ ,, || .|| .|| .|| .|| .||/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          | ,┃‖‖‖‖┃ ,|| .|| .|| .|| .|| .|||  内乱罪を犯した者には認められないモナ!
 ,,,, ,,,,   ,  | ,┃‖‖‖‖┃, || .|| .ii‐ii‐ii‐ii|
,,,,  ,,,, ,    |  ∧_∧ ̄  ̄  || .|| .ll .|| .|| .|| \_  ____________
          | ,,<#`Д´∧_∧ || .|| .|| .|| .||=||D  ∨ヽ@= ノ
 ,   ,,,,  ,, |⊂∧_∧;`Д´>_,||_,||_,||_,||_,||_____________(´∀` )
        /,,  <;`Д´>   ) || .ll .|| .|| .||       ( V  )
      / , ,,, (    )| |  \!!、|| .|| .||.       |=◎=|
    / ,,    | | | _フ_フ   \!!、|| .||.      (_(__)
  /    ,,  〈_フ__フ   ,,  ,,  \!!、||
/,,_________________,,\!!



818 :新米中尉:04/07/15 03:37 ID:???
大使館にて
新米中尉   「異常は無かったか?軍曹」
ベテラン軍曹 「お戻りでしたか隊長」
新米中尉   「ふむ、私用で少し手間取ってな、すまなかった軍曹」
ベテラン軍曹 「いえ、こちらも異常はありません。暴徒の一部が押し寄せましたが、無事逮捕・拘束に成功しました。」
新米中尉   「よし、引き続き警戒を怠るな!」
部下一同   「了解!」

819 :名無し三等兵:04/07/15 15:42 ID:???
昨日の暴動発生より一夜明けた現在も、国内の各所では軍が暴徒鎮圧のため戦闘を行っています。
      ,----、  
      i,,___i   ____    ,从,,                 ∧_∧
      ,(||[ヲ○ニ三Iiiiiiiil==i━   ,‐― ‐  ― _      <`Д´ヽ>
 (⌒) ⌒_丶_⊃'ノ ミ     |  Y''Y"            ━=i≡i∩:.;":.
                                      !.;":.;":    〃〃∩∧ ∧
      ,:--;、                              U(_(_了    ⊂⌒<ヽ;`∀´> <た、退散ニダ…
     i__;i    BAPAPAPAM!                          `ヽ_つ ⊂ノ
     (||゚Д゚)    ,从,
     | ⊃ヱ∩:d―,‐  ― ‐  ― _ - ̄ _ ̄                  ∧ ∧
    ~て ) _) ロ    'Y'Y                    __.;"_∧__  <`д´;∩ミ  <オッパー!アボジー!
    (/ ∪                           ○)  <゜Д´ヽ>  ) ⊂_  イ        (兄さん!父さん!)
                                    ̄ ⊂二二 )  ̄    .;":.;": ジタバタ
                                       √_イ )
                                      (_」 し>
 キャスター「あーっ、激しい銃撃戦があちこちで展開されているようですが、この状況はいつまで続くのでしょうか?」

 解説者  「これはひどいですねぇ。暴徒と言っても一般市民に軍が銃を向けるというのはねぇ。」

 キャスター「たしかにやりすぎとの非難が各国より寄せられています。 ああー、あの少年足がもげてる…」

 解説者  「政府はこれを皮切りに軍を使った国民の弾圧を一層強めるでしょうな。軍国主義の再来だよキミィ。」



820 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/07/15 19:35 ID:???
久しいな。露国に入ってからどれほど過ぎたんだ?戦況も分からん。
世間では私はどうなっているのだろう?
・・・・・ん?どこかで砲弾の音が聞こえるな・・・・

821 :名無し三等兵:04/07/15 19:53 ID:???
世間ではビンラデン状態でつ。

822 :ツユ国の軍師:04/07/15 20:51 ID:???
>軍事行動
空挺旅団が王都に到着。大使館の警備を開始。韓国人暴徒と銃撃戦が発生。負傷者を出す。
チェチェンに機械化歩兵師団を展開。王国の韓国人暴徒に世界の注目が集まっているうちに殲滅を狙う。
C国駐留部隊司令部が本国へ移動。
>対外情報部
王国韓国人暴徒事件で、その裏に第三国の影があるとの情報有り。
アミャリカ、韓国、A国、帝国、C国の5ヶ国に注目。
>国民
露国人に対する韓国人暴徒のレイプ事件が報道され、韓国大使館前でデモが発生。
在露韓国人に対する暴行事件が多発。警察・軍が出動。

823 :国王陛下:04/07/15 20:58 ID:???
>>820
お久しぶりです。あなたは今、ツユ国からも追われていますよ。戦犯として。
先日、我が国の諜報部少佐が大元帥と思われる人物を発見し、その毛髪を
検査にかけているところです。

王都クロノス・王宮
側近   「民間メディアが>>819のようなことを」
国王陛下 「軍による一般市民弾圧ねぇ。銃や対戦車ライフルを持った集団を
      一般市民と言えるのかねぇ。まったく、メディアはそこをわかっていない」
側近   「かのテレビ局は韓国系ですから、擁護しているのかもしれませんね」
国王陛下 「気にすることはない。多くの市民はこの混乱におびえているんだ。
      彼らを一刻も早く安心させなければ。それと、警察力の強化が必要だな」

警察の予算を大幅に増額。人員・装備を強化。

824 :T-72帝国軍総司令官:04/07/15 21:06 ID:???
また周辺の環境が悪化しているか…
我が帝国は今回は無事のようだが。

ツユ軍はC国内から撤退したのかな?
そろそろ歩兵師団の一部を動員解除したいが…

825 :C国首脳部:04/07/15 23:01 ID:???
C国王「ぐわはははははは!我が領土より外国の軍が次々と退いていくぞ!
    我々の目が黒い間は、C国の土は一握りだって持ち帰らせんは!」
側近A「陛下、諜報部が>>820にて大元帥を発見しました。いかがしますか?」
C国王「放っておけ!それよりもT−72帝国とサンライズ王国に書簡だ!」

 宛 サンライズ王国政府
 発 C国首脳部

 この度の貴国にて進行中の事態に対し、我が国は国民一同
 のご心配と国王陛下への応援を心から申し上げます。
 我々としては、微力ながらも事態の収拾と事後の復興など
 のお力になるべく、日々千羽鶴を折る毎日です。事態が無
 事に解決した暁には、我国より祈りをこめて折った千羽鶴
 をお届けいたします。 サンライズ王国の永遠の友邦国より。

 あなあなかしこ。


826 :C国首脳部:04/07/15 23:08 ID:???
 宛 T-72帝国軍総司令官 殿
 発 C国首脳部

 C国の領土領空内よりツユ国の戦力はほぼ撤退したことを
 確認しました。 もう帰っていいよ。

 あなあなかしこ。

827 :ツユ国の軍師:04/07/15 23:16 ID:???
宛 T-72帝国軍総司令官様
発 露国大統領
記者会見でも言ったように、C国からの撤収には数ヶ月必要です。
なにしろ、大祖国戦争時代から部隊が駐留しており、短時間の撤収は現実的に不可能です。
もう、数ヶ月、お待ちください。

>軍事行動
第4歩兵師団の撤収第一陣が駐屯地を出発。
チェチェンの反乱は、空爆と機械化狙撃師団による攻撃でほぼ制圧。民間人に多数の死者が出るが、王国の暴動に世界の注目が集まっているので、問題にならず。

828 :C国諜報部・3課長のメモ:04/07/15 23:24 ID:???
  __
      |・|        .____, ──ー┬─┐______
  __|ロ|       .ノ──−||−−−└┬┴======.\_  ,.―――‐―┓
 [|ロ |||ニコニニニニニ|二コニニニ[||_⊆⊇  |_━__。。__。_・ ・ ゚ _| ゚ ̄  ,―――、┃
   ̄ ̄ ゚̄ ̄ ̄ ゚̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    `−’ | | ̄ |゚Ч ) ,|_ ̄〈 ̄ ̄―‐‐_` ̄ ̄  ┃
                         //  ./ .` ̄ ヽ、ヽ、      ̄ ̄――┛
                          //  ./        ヽ_)
                       //  ./
                      </ ./
                       .ヽ/
   ____0  ,,______ イラッシャーイ、イラッシャーイ!
   |AK &:|| ||\_____\ イマナラ、AK-47ガタッタノ29ドル!
   |RPG :|| ||  || ∧ ∧ |:/ /:||    ヤスイヨ、ヤスイヨ!
  .ノ,,,__:|| ||_||( ・∀・)|'~~~'|| ヨッテラッシャイ、ミテラッシャイ!
       .|| |  |TTTTTTTTT|  コドモサンノオミヤゲニイカガ?
       .|| |  |;|;,|;,|;,|;,|;,|;,|;,|;,|;|
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
大量の移民を一度に流入させたサンライズ王国では、お決まりの密輸と治安の悪化が
顕著に現われていた。しかし当の政府と国民は戦勝と石油景気に浮かれており、この
劣悪な環境の発生に気づかなかったのか、見てみぬフリを決め込んだのかは微妙だ。
しかし、一歩スラムマーケットに入りこめば、数十枚のドル札でAK47自動小銃や
RPG−7対戦車ロケットが弾込みですぐに手に入る。我々が背中を押さずとも、
放っておけば移民たちは勝手に武器を取って立ち上がっていただろう。権利を求めて。

829 :T-72帝国軍総司令官:04/07/15 23:27 ID:???
…とりあえず国境線沿いの部隊を再編するか。
既にC国内部からは撤退したし、王国の内乱も
こっちには波及してきてないし。

 指令
第6師団を動員解除。三個の方面軍司令部を解散する。
全軍を二個方面軍に再組織、サンライズ王国・B国方面国境に
沿って第3師団(8市)・第4師団(首都)を配置。これを北部方面軍とする。
C王国・A国方面国境沿いには第1師団(9市)・第2師団(11市)
・ヴァゴンカ軍事警察旅団(10市)・第5師団(東南部)を配置。
これを南部方面軍とする。三個戦車師団は首都周辺に駐屯させ戦略予備とする。

ウラルグラード市・ヴァゴンカ市の再建を開始。
鉱山開発事業を本格化、アミャリカ資本の呼び込みを進める。

830 :T-72帝国軍総司令官:04/07/15 23:29 ID:???
はて?ツユ国とC国の間で確認の相違があるのか…?
両国からの連絡に用に差異がある。

831 :諜報部少佐@サボり中:04/07/15 23:44 ID:???
ツール開催期間中は観戦とかその他いろいろに必死で仕事になりませんw


832 :国王陛下:04/07/15 23:51 ID:???
王都クロノス・王宮
側近   「陛下。さきほど、暴徒たちに武器を売っていた武器商人一味を
      逮捕しました」
国王陛下 「一味?大勢いるのか?」
側近   「はい、奴ら、大胆にも路地裏で売っていましたよ。片っ端から
      捕らえました。武器も押収しています。ただ、その際に銃撃戦に
      なり、負傷者も少々出ております」
国王陛下 「わかった。しかし、これで多少は落ち着くな。ファストでは暴動が
      完全鎮圧されたようだ。王都も沈静化し、地方都市でもほぼ制圧。
      あとはモンコーラ山脈の奴らだけだな」

>>諜報部少佐
君には頑張ってもらったから休暇を出そう。羽を伸ばしてきなさい。

833 :C国諜報部・緊急連絡「アクシデントだ!」:04/07/15 23:52 ID:???
邦人を乗せて避難するアミャリカ軍のヘリコプターが暴徒に撃墜された…
                          ,,/|
                        ,,;;''  '',,;
                         ;; ,,;;;'''
                        ,;'" ;,"
                      ,;'" ;,"
                      ,;'' ;;
                   ,;'" ;,"
                 ,;'' ;;
              ;;;;;;''' ,,;:  ├─ ┐      ─ │
             ,,;;''   ,,;  └─ ┴  ̄ ̄  ─┘
      バシュッ  /○ ;;;;;;
            / /''''''''
       ∧_∧.,○)   ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  ,(´⌒ <,,ヽ;`д >ノ   (@∀@∩ < アメリカ軍のヘリがウリ達を│
(´⌒:(´⌒(   __つ    (つ    ノ  | 殺しにやってきたぞ!!   │
  ,(´⌒ '' 人  Y      ヽ  ( ノ   \___________/
   (´⌒;.し(_)       (_)し'
                 |\
           / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄\
           |撃ち墜としてやれ!  |
           \________/



834 :ツユ国の軍師:04/07/15 23:55 ID:???
対外情報部「>>826これを…」
大統領「私のところにアル報告とは内容が異なるが…みんな出発しているのか?」
国防議長「いえ。一部の部隊を除き、撤収の準備をしている段階です。」
大統領「もしや…」
国防議長「ありえますねぇ。」
対外情報部「少し揺さぶりをかけてみようか。」

広報部発表
「現在、サンライズ王国では非道なるコリアンの暴動が発生し、王国国民や多くの外国人が被害を受けました。
我が露国も例外では無く、すでに露国民6人の尊い命が奪われ、多くの露国人女性がレイプの被害にあっています。
一部には、サンライズ王国の暴動に対する行動を非道であるとか、やり過ぎであるとか、そういう非難の声が出ていますが、
我が露国は、サンライズ王国の行動を全面的に支持に、また支援を行なってゆきたいと思っております。
 また、この暴動が偶然起きたものではなく、第三国による陰謀であるのなら、我が露死亜は、その国を絶対に許しません。
北の大国として、暴動を行なう韓国人や、その背後に居るものを見過ごすわけにはいかないのです。」

宛 各国政府
発 露国外交部
我が国は、王国を支援する為に必要な行動を行います。
我が国は、暴動韓国人が使用している各種火器の密輸ルートを特定し、その断絶を試みます。
すでに武器の販売を行なっている一味が王国による逮捕された、という報道がありました、我々の予測では、それは氷山の一角に過ぎないでしょう。
王国への火器の流出を止める為には、その根本を撃滅するしか手段は無いのです。
すでに、武器の密輸に関与していると思われる犯罪組織を壊滅させるべく空挺旅団に出動命令を発しました。
国際情勢を考慮し、部隊の展開は我が露死亜国内に限定しますが、それでも多大な成果を得られると確信しております。

また情報部は今回の暴動についてあらゆる方面への調査を開始いたしました。
我が国は、韓国人暴動事件の首謀者を必ず明らかにし、各国共同で処罰を与えるべきであると考えております。

835 :C国諜報部・緊急連絡:04/07/15 23:58 ID:???
諜報員「撃墜!どういうこっちゃああああああああ!」

工作員「港湾の方に逃げ込んだ連中が、アミャリカ空母に向かうヘリにRPGを…」

諜報員「言い訳はいい!どういう計算したんだ?!今日にはもう完全におさまる予定だろが!」

工作員「そ、それが、移民の中に異常にしぶとい連中がいたことと、サンライズの連中が
    いまいち詰めが甘いことが計算外のようでした…」

諜報員「どうしよう、こんなの全然考えてなかったよ。何て報告すればいいんだ…」

836 :C国王宮・因果応報の始まり:04/07/16 00:06 ID:???
>>833
C国王「(゜д゜)ポカーン…」

>>834
側近A「(・∀・;)…バレータ?」

>>835
諜報3課長「:;∴(・゚д)-=y;ターン…」



837 :諜報部少佐@休暇中:04/07/16 00:23 ID:???
>国王陛下
有り難う御座います。
恐らく25日までこのスレには来ないと思います。

838 :国王陛下:04/07/16 00:25 ID:???
アミャリカ軍ヘリを撃墜!?しかも民間人ごと!?
なんて奴らだ…許せん!徹底的に暴徒を鎮圧しろ!沈静化してきている
とはいえ、まだ残党は多く残っているぞ!早く潰せ!あらゆる手段を講じてでもだ!

839 :T-72帝国軍総司令官:04/07/16 00:32 ID:???
C国情勢がまたも不穏な空気か…
それにしてもツユ国の声明の第三国とは…
C国もあからさまに嘘をいいおってからに…

アミャリカも激怒しているな。
まあこの混沌とした情勢で彼等の援護を受けられるのは有難いが。
我々も国内に敵の第五列が居ないか捜索してみるか…

宛 サンライズ王国国王陛下
発 T-72神聖戦車帝国軍総司令官
我が国は既に戦争状態の解消を完了し、
他の方面に注意を向ける余裕ができました。
ここでモンコーラ山脈南方から軍を進撃させ、
そちら側との共同作戦にて暴徒勢力を
挟撃包囲する作戦を提案いたしますが、如何でしょうか?

840 :新米中尉:04/07/16 00:33 ID:???
新米中尉   「移民者の暴動に続き、武器の密輸・・・ どーもできすぎているとは思わないか軍曹?」
ベテラン軍曹 「確かに・・・ ここのところ国内で不穏な空気が漂っていますな」
新米中尉   「やはり誰かが裏で糸を引いているな・・・(C国それとも露国か・・・?)」
ベテラン軍曹 「とにかく鎮圧の為、我が隊も全力を尽くしませんとな」
新米中尉   「そうだな、軍曹・・・(またシャープ殿をあたってみるか・・・)」
部下      「大変です!アミャリカのヘリが暴徒に撃墜されたと報告がありました!」
新米中尉   「何!? 連中め!相手を選ばんのか! とにかく我が隊も出るぞ!!」
部下一同   「了解!!」

841 :C国諜報部・現場より報告です:04/07/16 00:45 ID:???
諜報員「暴徒化した移民の一団の行動は、我々の算出した予測を完全に逸脱し、
    もはや現況の把握すらも困難な状況にある。」

工作員「勢いが落ちてきたと思えば、数時間後にはふたたび盛り返し、軍に叩かれた
    と思えば、なりを潜めてほとぼりが冷めた頃にまた暴れだす。この繰り返しです。」

諜報員「もともと、下町レベルの商業ネットワークを一番早く拡大したのが韓国系の
    移民だったこともあって、武器弾薬と食料の供給も未だ途絶えていない。」

工作員「我々が扇動した結果、動員できた韓国系移民は全土で約千人です。それが
    他国からの移民と元々の国民も合わせて5万人の規模にまで膨れあがった。」

諜報員「(@∀@∩←…そういえば、コイツは一体何者なんだ?前から気になってたんだ。」

工作員「日本からきた共産党系左翼らしいです。勝手にやらせても差し支え無いと思い、
    扇動を手伝わせてました。 今日はもう寝て、明日また仕事しましょう。」

842 :国王陛下:04/07/16 00:58 ID:???
>>839 (極秘)
了解した。こちらも第2師団を派遣し、北方より攻撃をかける。

国王陛下 「韓国政府はこの件に関しては無関係だとぬかしている。だが、
      もとはといえば韓国政府が国民をきちんと教育しないから…」
側近   「陛下、それよりも暴動の鎮圧を。それと、既に刑務所・拘置所が
      満杯です。逮捕者はどうしますか?」
国王陛下 「片っ端から射殺したいくらいだが…そうだな、さほど罪が重くなさそうな
      奴らは韓国に強制送還するか。それとも、ロケットにのせて宇宙に放り出すかね?」
側近   「ご冗談を。では、強制送還させましょう。それと、現場からですが、死体の処理に
      困っていると。暴徒を片っ端から殺害してますから」
国王陛下 「身元確認は…大変だな。とりあえず、一般市民の目につかない場所に安置しとけ」
側近   「わかりました。…鎮圧作戦を続行します」

王都クロノス・港湾都市ファストでの暴動は完全鎮圧。ただし、その他の地方都市では
依然暴動続く。

命令(極秘)
第2師団はモンコーラ山脈へ。集結しつつある韓国ゲリラの掃討作戦を行え。
なお、この作戦には戦車帝国軍も参加する。共同作戦をとるように。

843 :新米中尉:04/07/16 01:41 ID:???
暴動が発生している都市にて

新米中尉 「なんて有り様だ・・・ 至る所に死体の山ができている・・・」
部下    「隊長!」
新米中尉 「どうした!?」
部下    「不審な行動をとっている民間人一名を拘束しました。」
新米中尉 「よし・・・ ここへ連れて来てくれ」
部下    「了解しました」
 
民間人が連れて来られる

新米中尉 「・・・! 貴様、民間人じゃないな・・・ 間違いない、コイツはどこかの国の工作兵だ! 至急本部に連絡を急げ!」
部下    「はっ!」

報告
民間人に偽装して国内に潜入していた工作兵を一名拘束しました。  



844 :工作兵:04/07/16 20:57 ID:???
・・・・どこに運ばれているんだ?自分が工作兵だということがバレたという事は、誰かが裏切ったという
ことか。しかし・・・・警備はさほどきつくはない。
 
左右1人ずつ、間合いは十分。
・・・・やるか。

845 :T-72帝国軍総司令官:04/07/16 23:02 ID:???
 極秘命令
モンコーラ山脈へ北部方面軍を派遣。
王国軍との共同作戦にて敵を殲滅せよ。
航空部隊は同山脈を爆撃、敵を威嚇せよ。
これより山岳地帯の敵に対し投降を呼びかけ、
一定期間を置いて攻撃に移る。

…山岳地帯ゆえ人の目は少ない。
投降を拒む連中には情けをかけるな。

846 :武装暴徒の一団:04/07/16 23:18 ID:???
少年「…もう無理だよ、ヨンジュン。食べ物も薬も、もう少ししかないのに、
   山を越えて聖地にたどり着くまで皆体がもたないよ。」

暴徒を率いたリーダー格の青年の弟は、やせこけた顔に涙を滴らせながら言った。
仲間の大半が怪我と空腹によって衰弱しており、軍隊を突破するどころか聖地に
辿りつくことさえも困難な状況だった。

ヨンジュン「弟よ、ここであきらめてはいけないよ。僕らの窮乏も、これから僕ら
を殺しにやってくる軍隊も、あの天に輝くポトリスが与えたもうた試練なんだ。
この試練に真っ向からぶつかり、最後までポトリスの星の下に信仰を貫いたもの
だけが天に昇り祖国の空に輝くことができるのだから。さあ、泣くのはおやめ。」

ヨンジュンは立ち上がった。T-72帝国軍の戦車が砲口をこちらに向けてやって来る
のが見えたからだ。うつむいていた暴徒たちはそれをみるとわれ先にと立ち上がる。

ヨンジュン「さあ、みんな行こう!我らが生命は死してなお天に昇りて星になれる!
武器を取れ!戦おう!走り続けた先にあるのがポトリスの星の下、聖地だ!」

武装暴徒はT−72帝国軍の一団に向かって突撃を開始しました。
(絶対的な信仰)士気+100% 死を恐れない AK47&RPG−7  

847 :国王陛下:04/07/16 23:34 ID:???
都市の暴動は落ち着いたようだな。外国人も脱出したようだ。あとはこの暴動の
首謀者をつるし上げるだけか。第三国が関与しているという噂もあるが…諜報部少佐は
休暇でいないからなぁ。

命令(極秘)
新米中隊は拘束した人物を最寄の基地へ連行し、尋問をせよ。

命令(極秘)
第2師団はゲリラに対し攻撃を開始せよ。容赦はするな、徹底的に潰せ。
F−22も5機投入する。性能を見てみたい。

D国に発注したM−1エイブラムス40両が到着。第2機甲師団に配備。
第4師団、訓練終了。各都市の治安維持任務にまわす。

848 :新米中隊:04/07/17 00:13 ID:???
>>847
了解! 直ちに最寄りの基地へ連行します。

部下    「隊長、軍病院から連絡です。」
新米中尉 「うむ、で? 何を連絡してきた?」
部下    「はい それが・・・ チャン少尉の復帰の目途がたったそうです。」
新米中尉 「何!? リハビリが完了するまであと2週間はかかるはずだぞ!
             (やつめ 本物のバケモノだな・・・) 
         わかった最寄りの基地へ少尉を招集してくれ          」
部下    「了解!」




849 :ツユ国の軍師:04/07/17 20:18 ID:???
急速浮上!急速浮上!
王国沖の公海に露国軍巡航ミサイル原潜が浮上した。
副長「王国は大変な事になっているみたいですね。」
艦長「マンドクセ」
副長「我々はなにをすれば?」
艦長「マンドクセ」

850 :名無し三等兵:04/07/17 20:22 ID:???
マンドクセなんて言ってる間に
前線司令部に敵特殊部隊が突入した。
民間記者どもはションベンをチビり
新聞も勝ち目のない戦いと書くらしい。

851 :国王陛下:04/07/17 21:11 ID:???
王都クロノス・軍研究所
研究員A 「…結果はどうだ?」
研究員B 「…間違いない、大元帥のものだ!」
研究員A 「なんだって!すぐに報告しないと!」

王都クロノス・王宮
側近   「陛下、以前、諜報部少佐が入手した大元帥のものと思われる毛髪ですが、
      鑑定が終わりました。大元帥本人のものと見て間違いないそうです」
国王陛下 「本当か!で、奴は今どこに?」
側近   「>>820にて目撃されていますが、その後、再び行方をくらましたと…」
国王陛下 「本当に神出鬼没だな…。しかし、暴動後の混乱で捜索にまわす人員はない。
      今回はあきらめるか…。大元帥の生存が確認できただけでもよしとしよう」



852 :T-72帝国軍総司令官:04/07/17 21:20 ID:???
 極秘命令
侵攻…信仰においては我が軍も劣らぬわ。
敵は投降を拒否した。皆殺しだ。
山岳の森林をナパームで焼き払え!

神よ、歯向かう邪教徒に制裁を与えたまえ。
Объект!

853 :武装暴徒の一団:04/07/17 23:24 ID:???
ヨンジュン「みんな!夜空に輝く星々のごとく散らばって戦うんだ!」

リーダーである屁 四純(ヘ・ヨンジュン)を先頭に、ポトリス教徒800人が
T−72帝国軍に向けて突撃を始めた。 森の中での散開戦闘によって突破を
もくろむヨンジュン達の頭上を、T−72帝国軍の攻撃機がかすめていく。

攻撃機から投下された物体は燃焼物質を撒き散らす。地表に落ちると同時に無数の
火花を散らしたそれを中心に、地獄の炎が竜巻となって吹き上がった。

「ああああーっ!オモニーー!」 「ひぎゃぁぁぁぁぁっ!あづいあぢいあじゃいあぁ〜!」

ポトリス教徒の半分がナパームによって黒炭化するも、なお先頭集団の勢いは
止まらずにT−72帝国軍地上部隊に迫った! どうする?T−72帝国軍!

来週も見てくれなきゃ、督戦しちゃうぞ! Объект!

854 :国王陛下:04/07/17 23:32 ID:???
武装暴徒どもは帝国軍に夢中だ!今なら背後を狙える!
チャンスだぞ!撃てっ!撃ちまくれ!恨みをはらせ!

サンライズ王国陸軍が武装暴徒の後方を奇襲!大損害を与えた!

855 :C国首脳部:04/07/17 23:35 ID:???
 アミャリカ軍のヘリを撃墜したのは我々が扇動した暴徒たちだ。民間人を
乗せたチヌークヘリは都市部に不時着し、乗員の半分が死亡したらしい。

生き残った半分も、サンライズ王国軍とアミャリカの合同救援部隊が到着する
までに、また半分の人間が暴徒たちによって殺害された。一歩間違えばソマリア
の二の舞になるところだった。

とはいえ、暴動の規模の大きさにより我国にかかっていた軍事的圧迫もだいぶ緩和
された上に、サンライズ王国は貧富の差を拡大させ、急速な治安悪化が進行しつつ
あるなどの問題点を世界中に発信できたことは大きな国益につながる。

C国王「よって、立役者である諜報3課長に褒美を取らす。三菱製の大型トラックを
    与えよう。」
側近A「陛下、きゃつは>>836で自殺しております。 しっかりなさいませ。」

856 :T-72帝国軍総司令官:04/07/17 23:38 ID:???
敵は山を降りてきたな…

全地上軍敵に対し攻撃を開始。
派手に歓迎してさしあげろ。
まず砲兵大隊が敵の突撃隊に対して曳火射撃を開始、
次いで方面軍直属戦車大隊と歩兵部隊が
前進してこれに攻撃。勿論迫撃砲の支援を十分に付ける。
ついでに特殊作戦群の野戦憲兵大隊のシルカを投入して、
敵を肉片に加工しろ!

Объект!

857 :武装暴徒の一団:04/07/17 23:41 ID:???
「ヨンジュン!後ろからも軍隊が来た!」
機関銃弾や戦車砲弾がポトリス教徒たちの背後からも降り注いだ!しかし彼らは
走ることをやめない。立ち止まれば確実に殺される。RPGの射程距離にT−72
帝国の車両を捕らえるまであと100メートル強はある。

ヨンジュン「みんな!勝機が見えてきたぞ!後ろから来る軍隊と前にいる軍隊を
ぶつけさせてやるんだ!やつらの車に取り付け!同士撃ちさせるんだ!」

うぅぅぅおぉぉぉぉぉおおおおお! ポートーリースーーーーーー!!!!!!!!!

858 :武装暴徒の一団:04/07/17 23:44 ID:???
しかし、ポトリスの星は更にむごい試練を教徒たちに課した。

その試練とは、全員にひき肉になれという内容だった。

859 :新米中尉:04/07/17 23:44 ID:???
基地にて
新米中尉   「なんとか、基地まで連行できたか・・・」
ベテラン軍童 「工作兵の身柄はどうします?」
新米中尉   「基地の担当の者へ引き渡してくれ」
ベテラン軍曹 「了解!」
チャン少尉  「中尉!」
新米中尉   「・・・! チャン少尉だな、今日から貴官は正式に我が隊の一員だ、まぁがんばってくれ」
チャン少尉  「了解・・・ めんどくさいけどやるかぁ〜」
新米中尉   「(厄病神めっ・・・!)」

860 :T-72帝国軍総司令官:04/07/17 23:46 ID:???
ちっ…肉薄攻撃か…野砲の曳火射撃の中よく
頭も下げずに生きていられるもんだ。やはり弾薬不足か…

全軍後退開始。地雷原の後ろまで下がれ。
王国側には進出限界線を提示してあるはずだ。

861 :国王陛下:04/07/17 23:51 ID:???
くそっ!奴ら、戦車を恐れないとは!全軍停止!同士討ちになるぞ!
どうせ戦車に突っ込めば全滅だ!

862 :武装暴徒の一団:04/07/17 23:57 ID:???
「あはっ!ヨンジュン!敵が逃げていくよぉっ!はぁはぁぜぁぜぁ…」

ヨンジュン「僕らは勝てるぞ! 軍隊を追いかけて車を奪い取ろう!」

弾薬の残量に不安があるT−72帝国軍は狙いを精密にやりすぎ、全ての
ポトリス教徒を殺すことができなかった。残った240人の教徒たちは走る
ペースを落とさない。    バボンっっ!   ドヴァン!

走るポトリス教徒たちがひとり、またひとりと宙を舞った。ヒザから下の足
をもがれながら。

ヨンジュン「地雷原だ! …ポトリスよ、これも僕らが克服するべくあたえたもう試練ですか?」

863 :大韓民国の空に輝く偉大なるポトリスの星:04/07/18 00:07 ID:???
ポトリス「そうだよ。そのとおりだよ。」

ヨンジュンは地雷を踏んだ。宙を舞い上がりながらポトリスの声を聞いた。

ポトリスの声を聞くのはこれが2度目だ。一度目は韓国で兵役についていた時だった。

先頭のリーダーが地面に墜ちると、全てのポトリス教徒たちがたちどまってしまった。
片足を失ったリーダーの所へ駆け寄る途中でも何人かが地雷を踏んで宙を舞う。

「えーんええーん、ヨンジュン、死なないで!ヨンジュンが死んだら、僕達どうすれば
 いいかわからないよぉ。 えーん、えーん。」

ポトリス教徒たちは全員が地雷原の中で孤立した。 あとは死を待つばかりだ。

864 :T-72帝国軍総司令官:04/07/18 00:14 ID:???
敵は停止した。全砲火を敵に集中!
一人たりとも生かすな。

865 :随伴対空派ベリヤ様が見てるお姉様:04/07/18 00:22 ID:???
「惨いものね、お姉様」隣に伏せた同志軍曹が呟いた。前任の最先任軍曹は別働隊を率いている。
「まったくね、祐実。久しぶりに骨のある連中に出会えたと思ったのに。」
数週間ぶりの不正規戦。死を恐れない敵手。繰り返される突撃と数多の人生の終焉。
正規兵相手にはそれがない。それらこそが戦争の楽しみであると言うのに。

ああ、まったく。地雷原に孤立した程度でなんたる無様。
あれが我らの新たな敵だと言うのか。
「クソガキどもが、つけあがるからよ。」立ち上がり、つばを吐く。
こんなことのために戦争をやっているのではない。糞、糞、糞。

「全員、銃を確認しろ。」
「お姉様?」
「慎重に狙え。一発も外すな。せめて一撃で楽にしてやるのだ。
 寛容なる神の、偉大なる慈悲をくれてやれ。」

糞が。

866 :武装暴徒の一団…を構成していた数人:04/07/18 00:34 ID:???
う う  うう  うううぅうぅうう〜…

足をもがれたポトリス教徒たちは最初こそ激痛に耐えかねて叫び声をあげた。

失血と共に痛みを感じなくなると、それはポトリスの星の下に旅立つ殉教者を

詠う祝詞に変わる。  祝詞を唱えながら死んだものは、よりよい星になれるのだ。

遠くから銃声が途切れ途切れに聞こえてくるけど、もう大丈夫。僕は星になるんだ。

オモニ、アボジ、ずっと空から見守ってるからね。     …PAM!

867 :随伴対空派ベリヤ様が見てるお姉様:04/07/18 00:46 ID:???
「お姉様、シルカちゃんの弾丸は」
「焼威瑠弾と通常弾を半々で使いなさい」
「…歌が聞こえます…」
「狙撃なさい」
「彼らにも神はいるのですか、中佐殿」
「だから何?殺すのがお嫌?ならお帰りなさい。
 勘違いしてはいけないわ。私ならそんな慈悲はあげられない。
 同情するにやぶさかじゃないけれど、それとコレとは話が別だわ」
「でも…彼らはまだ子供です…いや、多少大人も混じってはいるようですが」

「…だったら早く楽にして差し上げなさいな。お願いだから、早く。」
そういうとゲインフルは銃を構え直し、狙撃を開始した。
それを見て憲兵大隊の射撃が始まる。

狙いは外さないよう、無駄弾は撒き散らかさないよう蹂躙するのが彼らのたしなみ。
無論、同情から狙いを外したり、いたずらに苦しませるようなはしたない真似をする
兵など存在していようはずがなかった。


銃声が完全にとまったのは、それから30分以上後になってからだった。

868 :武装暴徒の一団…は壊滅した。:04/07/18 00:51 ID:???
国連は本日付をもって、サンライズ王国にて発生したアジア系移民を主とする

暴動は完全に鎮静化し、事態は終息に向かいつつあると発表した。

今後、在サンライズ系韓国人たちは激しい差別の中を生きることになるだろう。

869 :C国首脳部:04/07/18 00:59 ID:???
側近A「陛下、……とのことです。」

C国王「全ての生命は死して星になり天に昇る…か。今夜はゆっくり眠れそうだ。」

側近B「おやすみなさいませ、陛下。」

870 :T-72帝国軍総司令官:04/07/18 01:26 ID:???
…全軍山岳地帯を捜索。残党狩りだ。
鼠一匹たりとも逃すな。

C国情勢は大丈夫かな?

871 :国王陛下:04/07/18 01:40 ID:???
ようやく暴動は収まったか…。側近、すぐに被害を調査し、報告を。
その後、復興作業を行う。それと、暴動に参加してない韓国人に対する差別は
禁止するとの通告を。ここで差別したら同じことの繰り返しになる。

第2師団は残敵掃討を帝国軍と共同で行え。
その他の師団は各都市の復興と治安維持にあたれ。

872 :新米中尉:04/07/18 01:47 ID:???
報告
工作兵を取り調べて、今回の暴動の真相究明を提案します



873 :シャープ・留置中:04/07/18 03:24 ID:???

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|
|  500ドルやるから、コソーリと釈放してくれないか?
\_________  __________
          |   / \, ∨   ,|| .|| .|| .|| .|| .||
  ,, ,,, ,,,,   |    ̄ ̄~~  ,    || .|| .|| .|| .|| .||/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ,,, ,,, ,,, |  _____ ,, || .|| .|| .|| .|| .|||
          | ,┃‖‖‖‖┃ ,|| .|| .|| .|| .|| .||| 1000ドルなら考えてもいいモナ!(新米中尉には内緒…)
 ,,,, ,,,,   ,  | ,┃‖‖‖‖┃, || .|| .ii‐ii‐ii‐ii\___  __________
,,,,  ,,,, ,    |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  || .|| .ll .|| .|| .||        ∨
          | ,,     ,,,     || .|| .|| .|| .||=||D      ∧_∧
 ,   ,,,,  ,, |___∧ ∧,,,,__||_,||_,||_,||_,||_,||_____________(´∀` )
        /,,  ,,, ,(,,゚Д゚)  ,,   \|| .ll .|| .|| .||       (    )
      / , ,,, , ,,,/  |    , ,  \!!、|| .|| .||       | | |
    / ,,    \(___ノ     ,     \!!、|| .||      (_(__)
  /    ,,  ,,,       ,,  ,,   \!!、||
/,,_________________,,\!!


874 :サンライズ解放戦線:04/07/18 10:20 ID:???
 POSH!!
 サイレンサーを装着した拳銃特有の微妙な銃声が鳴り、金額を吊り上げようとしていた警備兵は地面へと崩れ落ちた。
 しかし出血はしていない。
 彼が倒れたのは、首筋に撃ち込まれた麻酔弾が原因だからだ。

「な、何事だ?」

 シャープが状況を把握できないうちに、サンライズ軍の格好をした兵士達が三名、荷物を抱えて室内に現れた。
 全員ごく普通の、そこいらにいそうな兵士だ。
 使い古された野戦服。適度に手入れされている小銃。この近辺の部隊の部隊章。
 不自然な点は何もない。
 極めて無表情なリーダー格の持っているサイレンサーが装着された拳銃を除いて。

「我々はサンライズ解放戦線のメンバーです」

「そうか。ご存知かと思うが、私は悪名高いシャープさんだ。で?」

 武装した三人組相手に、シャープは極めて簡潔に返答した。

「我々の目的はただ一つ。遠い将来に訪れるであろう我が国の完全な一人立ちを、影でより完璧なものにするための下準備です。
 この国は、我々国民の物です。アミャリカの植民地じゃない、ツユの射爆場でもない、C国のおもちゃでもない」


875 :サンライズ解放戦線:04/07/18 10:27 ID:???
 そこまで言うと、リーダー格は無表情を崩し、急に気合の入った表情を浮かべた。

「このままでは我が国は他国に依存し、そして近隣諸国に怯えつつの独立しか得られない!
 滅茶苦茶になってしまった祖国を、完全に一人立ちさせるためには、政府の行う無難な手では駄目なんです!
 悪逆非道を躊躇わず、目的のために如何なる手段をも正当化し、そして祖国には一切の損害を与えない。
 そういった手法を用いるほかないのです。
 我々は僅かに三人。ここにいるだけしかいません。
 ですが、協力者は探せば得られるかもしれない。ある程度の武器も手に入るかもしれない。
 しかし!それだけでは駄目なのです!普通の人間が集まっても普通の事しか出来ないのですっ!」

 リーダー格は一気にまくし立て、そして黙った。
 感情的になった事が恥ずかしかったのか、軽く咳をし、そして再び口を開いた。

「そこで、貴方の力を貸していただきたい。
 貴方のコネクションを作る能力と、そしてそれを最大限活用できる才能を、我々に貸してほしいのです」

 リーダー格は拳銃を背嚢にしまった。

「別に断っても何もしません。貴方はそこにいただけ。彼は」

 そう言ってリーダー格は気絶している警備兵を見た。
 他の二人の兵士によって、哀れな警備兵は椅子に座らされ、麻酔弾を取り除かれている。

「居眠りをしていただけ。そして、我々はたまたま通りがかった巡察。ここでは何も無かった。解放戦線など存在しない。
 貴方は彼に1000ドル渡して逃亡するか、あるいは尋問の末に処刑される。
 さあ、どうします?」


 すいません、今までROMってたんですけど急に参加したくなりますた。
 ダラダラと駄SS書いてスマソ
 

876 :国王陛下:04/07/18 17:29 ID:???
王都クロノス・王宮
側近   「陛下、これが暴動による被害総額です」
国王陛下 「ご苦労。…意外と多いが、国が転覆するというほどではないな。
      我が国だけで対処できるだろう。すぐに復興予算を組め」
側近   「わかりました」
国王陛下 「それと、再び韓国政府に抗議。もう韓国人移民は一切受け入れないとな。
      国交断絶も辞さないぞ、私は」
側近   「ではそのように外務省に連絡しておきます。…今回の戦争や暴動で、
      多国籍軍による帝国との国境監視は有名無実になりましたね」
国王陛下 「まあ、我が国や帝国がお互いに戦争するとは思えないだろ。今回の戦争での
      我が国の支援がそれを表している。協議の上、彼らには撤退してもらおう」
側近   「わかりました。…それとA国情勢ですが、変化はないようです。どうやら、
      我々の心配は杞憂だったようですね」
国王陛下 「だが安心はできん。国境警備は怠るな。それと、復興に差し支えない程度の
      予算を使って、軍の補充を行うんだ」
側近   「御意」

877 :シャープ、性欲をもてあます。:04/07/18 22:34 ID:???
 シャープは瞬時に現在と未来に思考をめぐらせ、本気の目になった。

シャープ「…君がリーダー格のようだな。 所で君、いい体をしているな。」

リーダー格の男はたじろぐ。 「はっ? たしかに鍛錬は行っていますが。」

シャープは勃起した。 目の前の男たちは自分を再び戦場に連れ出してくれると言う。

シャープ「仕事が無いと、性欲をもてあます。」 ジーっ!(シャープはおもむろにチャックを開いた。)

シャープ「私は目的実現のためとあらば、敵国だろうが北朝鮮だろうが国際的テロ組織とだって
平気で手を組むのが流儀だ。 それでも良しとする覚悟なら、君たちに腕を貸そう。どこまでもね。」

新米中尉が戻ってくる前に、シャープは牢獄を脱出した。 自分の戦場に帰るために。

878 :ウリはただの学生ニダ!暴動には関わっていないニダ!:04/07/18 22:55 ID:???
   ______          ゚ヽ
   .__|_(_)_|__|_(_)__|ゝ   _______   ゚ヽ\从/ ゚ '゚ ___
   /━━━━━━━ヽ  /=@=,,,)     ∧_∧ ヽ=@=ノ  
  /            ヽ  ( ´⊇`)    <丶`Д´> (・∀・ #) <うるさい!話は署で聞こうか。 
/            ヽ──────┐⊂     つ⊂  ⊂ |   (このコーリアン野郎め!)
/ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ 首都警察 │   (⌒ ノ   |=◎=|
|[l二l二| ̄ ̄◇ ̄ ̄|二l二l] ̄ ̄ ̄ ̄‖ε=`ゝ_)=3.(___(___)
|   <============>  |─────                
二二二二二二二二二二二)   


879 :名無し三等兵:04/07/19 03:33 ID:???
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ___ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /     \ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    /=ヽ \   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |   -●-●- .| < あばよ新米クン!俺は愛に生きるぜ!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |     )●(  |.  \___________
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \     Д   ノ ハヤクイヌムスメトゴウリュウソシテガッタイダゾ!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;    \____/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;; l_!!! ,、 ,..-ヽー'',,.. ' ノ`丶--'ー--、 -―--、 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;; | ! !_!|i::::::::::`´ー''´:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::,..、::`ヽ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;; ! ', ,|!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/---‐'´`\::::\ ;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;; !、_,イ:::ヽ::::::::::::::::::::::├┤:::/::| ;;;;;;;;;;;;;;;;; \:::ヽ、_ ;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;; ',::::::',::::::|ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::l ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ヽ'◎ ヽ ;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ',:::::::',::::! ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::,! ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ヽ __ '、
       ',:::::::::::|   ',::::::::::::::::::::::::::::/|          ヽゞー'
       ヽ_ ノ   ヽ::::::::::::::::::::::::::::::!


880 :国王陛下:04/07/19 21:48 ID:???
王都クロノス・王宮
側近   「…これが韓国政府の返答です」
国王陛下 「どれ…。今回の暴動は韓国人移民を不当に扱ったサンライズ政府に
      責任があり、我が国は一切関知しない。彼らは自由と平等を求めて
      立ち上がったのだ、だと?…我々がいつ、移民を不当に扱ったというのだ!
      奴ら、どこまで真実を捏造すれば気が済むのだ!」
側近   「陛下、落ち着いてください。それと、重大な案件です。軍基地で尋問中の
      シャープが昨日、脱走したそうです!すぐに追っ手を出しましたが、発見できず、
      との報告が…」
国王陛下 「何!」
側近   「残念ながら事実です。同時に、基地の兵士3人が行方不明になっています。
      彼らが今回の脱走劇に深く関わっているのは明白でしょう」
国王陛下 「すぐに捜索だ。…しかしあのシャープのことだ、捕まえるのは容易では
      ないだろうな…。奴め、一体何を企んでおるのだ?」

881 :T-72帝国軍総司令官:04/07/19 21:58 ID:???
サンライズ王国との国境付近のインフラを回復。
同時に王国との経済協力の推進を図る。

C国との間でも経済的関係の拡大を目指して
自由貿易協定の交渉を開始。

それにしても元・大元帥め…
今度はどこに逃れおったのだ?
またどこかが戦争を仕掛けてこなければよいが。

882 :サンライズ解放戦線:04/07/19 22:48 ID:???
「どこに向かっているんだ?」

 トラックに揺られつつ、やや不安そうにシャープが尋ねる。
 王都クロノスを出発した一行は、兵士に変装したシャープを連れてA国国境へと向かっていた。
 しかし、彼らは単独ではなく、二個機械化歩兵中隊と行動を共にしていた。

「A国国境です」

 ハンドルを握っているリーダー格、ペソ上等兵が答える。

「国王、ああ、以前辣腕を振るっていた例の大佐です。が、不測の事態に対処するべく部隊を派遣したんです。我々の目的地に近かったため、現在それに合流しています」

「ありがたいことに、この部隊は我々の原隊でもあるんですよ」

 助手席で小銃を抱えているフラン一等兵が言葉を続ける。
 彼の抱えている小銃は、狙撃用スコープ・サイレンサー装着に始まり、マガジンクリップ、どう見ても頑丈すぎる銃剣装着装置など、ありとあらゆる場所に改造が及んでお

り、それが正式採用されている小銃であるかどうかはよほどのガンマニアでなければわかりそうもない。

「それに、政府は今頃こいつら」

 そう言って荷台にシャープと共に乗っているポンド一等兵が会話に参加する。
 彼の視線は片隅に置かれている中型の木箱に向いている。

「行方不明の兵士三名の向かいそうな場所を探っているはずです」

 その木箱の中には、王と脱出の際に彼らのことを発見してしまった哀れな憲兵の巡察が放り込まれている。
 彼らはうかつにも制止の声を上げてしまったため、フランの射撃によって脳天をブチ抜かれてしまったのだ。


883 :サンライズ解放戦線:04/07/19 22:56 ID:???
「キミらのアジトってのはどういった場所にあるんだ?」

 哀れな憲兵達には大して気を向けずにシャープは尋ねた。
 場合によっては早速腕を振るわなければならないかもしれない。

「混乱期に兵員が確保できなかったために放棄された監視拠点です。書類のミスらしく電気ガス水道が通ったままなので我々が利用させてもらうことにしました」

「ふむ、それで到着したとして、どうしたい?」

 既に何かを考えているらしい表情のシャープが尋ねる。
 彼の頭の中では、現状と将来の予定が次々と擦りあわされ、現実的な行動計画を練り上げつつあるのであろう。
 ペソは、満足感を覚えつつ答えた。

「ひとまず、C国を荒らし、ツユとアミェリカの目を我が国から逸らさせたいと考えいます」

「C国?どうやって?」

 予想を裏切られたらしいシャープの声を聞きつつ、ペソ上等兵は彼らの知る秘密を語りだした。

884 :C国王・ハーレムを大元帥と共に楽しむ。:04/07/19 23:34 ID:???
場所はC国王宮の南側テラス。国王専用のルーフ式トロピカルプールである。

C国王はリクライニング・チェアに軽く寝そべりながら、隣でくつろぐ男と
談笑していた。 腰やら背中やらを数人の若い娘たちがマッサージをする。
全員が、犬族の娘であった。

C国王「貴方ともあろう方が、我国ごとき小国に身を寄せてくださるとは、今
思い返してもやはり驚きますな。 こんごの身の振り方にはあてがおありで?」

大元帥「戦前に懇意にしていた有力者や富豪は世界中にいる。ヨーロッパや各地の
不動産からの収入もスイスの隠し口座にしっかり振り込まれてる。当面はのんびり
とやるつもりだよ。」 もみもみもみもみ…こりこりこり… 娘「ア・・・アン、アン・・・」

大元帥「この機械的な反応、どうにかならないのか?」大元帥はマッサージ娘の乳房
をおもむろに刺激するも、精気の抜けた表情の娘は台本を棒読みしたような反応しか
返さない。 はたから見ていてもみながマネキンのようである。

885 :C国王・ハーレムを大元帥と共に楽しむ。:04/07/19 23:35 ID:???
C国王「機械で無理やり暗示と催眠を施したものですから…少し味気ないのは仕方ありません。
それよりも面白い計画があるんですよ。 韓国政府がサンライズ王国に軍の派遣を
検討しているのです。邦人保護を名目にね。 実現すれば、またひと儲けできそうなんですよ。」

C国の謀略はまだまだ終わらない。


886 :ツユ国の軍師:04/07/20 00:11 ID:???
C国王宮 ハーレム…
メイド「国王様、大元帥様、こちらは露死亜産のウォッカです。どうぞ。」
一人のメイドが、ウォッカのビンを持って現れた。
C国国王「おお、ありがたいね。」
大元帥「こんな美味いウォッカを頂くのは、何年ぶりかな。」
そのとき、護衛は見逃さなかった。メイドが大元帥を一瞬睨んだのを…

メイドは自分の部屋に戻ると、懐から小型のモバイルを取り出した。そう彼女は露国のスパイなのだ。

プスッ

あまりの激痛にメイドはその場に崩れ落ちた。彼女の肩は鮮血で染まっている。
 
「まさか、ツユ国対外情報部のスパイだったとはね…」

彼女の運命は?そして、C国の謀略の結末は?

887 :ツユ国の軍師:04/07/20 00:24 ID:???
外交部「大統領。韓国軍がサンライズに派兵を検討しています。」
大統領「韓国軍が?どうやって展開するんだ?」
外交部「C-130輸送機を利用した空輸でしょうかね。」
大統領「韓国の介入か…ますます混乱が…なんとか阻止する方法はないかな?」
外交部「あります。まず、アミャリカにイラクへの派兵の増強を韓国に命じるように要請するのです。」
大統領「次に?やはり北チョン共和国か?」
外交部「はい。北チョン共和国の指導者が暗殺されたとか、クーデターが発生した、とかいう情報を流すのです。」
大統領「アミャリカの要請と、北の脅威の増大。旧共産圏の小国に派兵しようなどという考えはすぐに消え去るな。よし、それでいこう。」
対外情報部「大変です。大統領閣下。C国に送り込んだスパイが一名、消息を絶ちました。」
大統領「そうか。この前のあれといい。やはり、暴動の裏にはC国がいるのか?」
外交部「結局、>>834にもC国はなんの動きもありませんでしたが…その他の国は?」
対外情報部「サンライズ、T-72、アミャリカ、チェチェン、A国。各地のスパイは、これといった異常は確認していないそうです。」
大統領「そうか。しばらくC国関係に重点を置く必要があるな。ところで、前大統領は?」
外交部「そういえば、前大統領がお亡くなりになったそうだが。情報部が関わっているのか?」
大統領「いえ。あれはあくまで<不幸な事故>ですよ。」
対外情報部「ええ。あくまで<不幸な事故>ですねぇ。」
外交部「・・・・・」ガクガクブルブル
文才ないな漏れ。さて、寝るか。

888 :C国王・調子に乗る:04/07/20 00:50 ID:???
側近A「お楽しみ中に失礼いたします陛下、お耳に差し上げたいことが…」

特殊部隊に命じて焼き払った犬族の集落に、一台のバンがやって来た。
乗っていたのは犬族の老人とその孫娘でした。

C国王「若い娘がまだいたのか!殺さずに捕らえたのだろうな?」
側近A「そうでなくて…その者たちの車を調べたところ、拘束されたアミャリカ軍士官を
発見しました。 しかもその士官、ただものではありませんでした。ヒソヒソ…」

C国王「!!!!!!!ブッシュ!現大統領の子息か!!!!!!」 大元帥「???」
側近A「陛下お声が!… 諜報部に裏取りをさせましたが、本人で間違いないようです。」

C国王「ぐわははははは!最近の我国は大ヒット連発ではないかぁ!これも朕の
日ごろの行いがよいおかげだな!ぐわははははは! サンライズの油田の利益が
我国のものになる日も、そう遠くはないて!!!ぐわははははは!」

889 :T-72帝国軍総司令官:04/07/20 01:05 ID:???
ようやく鉱山開発の利益が出始めたか。
残念ながら我が国内に油田のような派手な代物は無い。

ここは地道にいくより他あるまい。当面は…

 軍事
F-16の代金支払いを完了。追加20機の購入契約成立。
全東側航空機の売却契約成立。利益はF-16の追加購入に。
攻撃ヘリAH-1Zの10機購入を交渉中。
 経済
首都圏の経済の再建が完了、国内の開発はゆっくりとすすむ。
軍需産業の再建も進み、弾薬の自給体制がほぼ確立。
 極秘
レオパルト2の購入を生産国に打診。

890 :国王陛下:04/07/20 01:08 ID:???
王都クロノス・王宮
側近   「陛下、大変なニュースです!」
国王陛下 「なんだ、騒々しい。私は今世界史を勉強していて忙しいんだ。
      あとにしてくれないか?」
側近   「世界史って、趣味の第2次世界大戦やってるだけじゃないですか!
      またナチス・ドイツの所ばかり見て!」
国王陛下 「何を言う!ヨーロッパ戦線は最高じゃないか!バルバロッサ、タイフーン、
      オーバーロード…。大作戦がたくさんあって感激するぞ」
側近   「そんなことはどーでもいいんです!韓国が、我が国に軍隊を派遣することを
      検討しているそうです!」
国王陛下 「なに!奴ら、ついにそこまで…。アミャリカ政府は韓国とも同盟国のはずだ。
      なんとか、派兵を止めてもらえるよう要請するんだ。それと、声明を発表する」

全世界に向けて声明
「…我が国は、内戦、対ツユ・C国戦争、韓国人移民による暴動など多くの困難を乗り越え、
 現在は国内の復興に邁進している!しかし、それを快く思わない者も多くいるようだ。なぜ、
 国内の復興を行うことが悪いことなのか、我々には理解できない。…(中略)…よって、我が国の
 許可なく我が領内に侵入した外国軍に対しては問答無用で攻撃を加えるものとする。
 また、そのような行為は我が国に対する宣戦布告とみなす!」

国王陛下 「これで韓国も無茶はできないだろう。ヤブヘビにならなければいいが」
側近   「大丈夫でしょう。何も国際法には違反していませんから」
国王陛下 「そうかな。…じゃあ、さっきの続きでも…」

891 :サンライズ解放戦線:04/07/20 08:36 ID:???
「王都での動乱の際、我々は治安維持部隊として投入されていました。
 難儀しましたよ、あいつらと来た日には、正規軍顔負けの装備と、テロリストですら顔を顰めるような残虐性を思う存分に発揮しやがるんですから。
 で、まあ、こいつはなんかおかしいと思ったわけです」

「いくら我が国の内情が乱れているとはいえ、武器の数が多すぎる、と?」

 考える目をしたシャープが先を言う。

「ええ、正規軍が蜂起した一般市民に火力で負けるなどありえない。こいつは裏に何かあるな、と」

「そして我々はこの写真を手に入れました」

 フラン一等兵が会話に参加し、シャープに一枚の写真を渡す。
 そこには驚くべきものが写っていた。

「こいつは・・・おい、まさか・・・」

「そう、軍情報部から定期的に回ってくる広報でお馴染み、C国諜報部員第23号です」

 それは内乱が起こる前から情報部が定期的に配布している資料によく登場する男だった。
 ある時はクーデター未遂事件で、ある時は悲惨なテロ事件で、その男の写真はいつも資料に載っていた。

892 :サンライズ解放戦線:04/07/20 08:37 ID:???
「こいつは確か顔を出して他の人間を働きやすくさせる役だったはず。と、いうことは」

「ええ、今回の暴動。その背後には必ずC国が絡んでいます。この写真をなんとか活用し、そしてあの国を乱してやりたいのです。できるだけ派手に」

 ペソ上等兵の言葉を最後にシャープは黙った。必死に頭を回転させ、最大限の効果を与える方法を考えているのだ。
 車内は静まり返り、エンジン音だけが大きく響いている。
 と、何気なく窓の外に目をやったシャープは、周囲の風景から機械化歩兵が消えていることに気づいた。

「目的地が近いのか?」

「はい、もう間もなくです」

 やがて、木々の間からよく偽装された施設が見えてきた。
 コンクリートの上に土を敷き、一部には木を植えてある。
 施設前には草むらが広がり、どう見てもその施設が利用されているようには見えない。

「到着です。我々はこのトラックを始末してきますので、施設内でお待ち下さい。これが鍵です」

 そう言うとペソ上等兵はやたらとゴツい作りの鍵を渡した。

893 :サンライズ解放戦線:04/07/20 11:19 ID:???
監視拠点西方1km付近

「さて、こんなもんかな」

 トラックを眺めつつペソは言った。
 運んできた三体の死体を並べ、そして激しい銃撃を加えたトラックは、脱走中に襲撃を受け、応戦する暇もなく破壊されたように見える。

「撤退する」

 そして三人は施設目指して歩き出した。
 100m程行った所で、不意にフランが口を開く。

「しかしシャープ殿、何か策を考えてくれるだろうか?正直なところ我々の行動には計画性があまりない。あの写真だって価値があるのか検討もつかん」

「でも脱走しちまったもんはしょうがないでしょ、って、誰か!?動くな!」
 
 最後尾を歩くポンドが誰何の声をあげる。
 その言葉を聞いた二人も素早く散会し、そして銃を構える。

「撃つな!友軍だ!」

 慌てた声が聞こえ、そして一個小隊程の集団が現れた。

894 :サンライズ解放戦線:04/07/20 11:22 ID:???
「そこの兵士達。見たところ脱走兵のようだが、どうだ?我々の仲間にならんか?」

 相手のリーダー格らしい兵士が叫ぶ。
 どうやら捜索隊ではないらしい。

「原隊はどこだ!?」

 ペソが叫ぶ。
 友軍に対して『仲間にならないか』と尋ねるという事は捜索隊ではない。
 おそらくは野党、あるいは裏切って敵軍へと寝返ろうとしているのかもしれない。
 しかし、現実は彼の予想を裏切った。

「我々は祖国の将来を憂い決起したサンライズ憂国団の者だ!政府の生ぬるいやり方に不満はないか?このままでは我が国はアミャリカの植民地になってしまうぞ!?」

「ペソ上等兵殿、どうやら『友軍』を見つけたようですな」

 後ろを振り向かずにフランが言う。
 ペソは思わず笑みをこぼしている自分に気づいた。
 そして答えた。

「我々はサンライズ解放戦線の者だ!そちらのリーダーと話がしたい!」


 かくしてサンライズ解放戦線は、A国国境付近にて活動を開始することとなる。



サンライズ解放戦線は以下のものを習得しました。

【一個小銃小隊】

895 :国王陛下:04/07/20 19:33 ID:???
王都クロノス・王宮
側近   「陛下、M−1エイブラムスのライセンスの件ですが」
国王陛下 「ん?そんな話あったっけ?」
側近   「忘れないでください。>>756で話したではないですか」
国王陛下 「ああ、そうか。あれからいろいろあって忘れていたよ。で、それが
      どうかしたのか?」
側近   「D国が承認しましたよ。まあ、D国の上層部を多額の賄賂で抱え込んだ結果
      ですが」
国王陛下 「おお、そうか!では早速、各工業地帯に工場を作って生産させよう」
側近   「わかりました。それと…」
国王陛下 「なんだ、まだあるのか?」
側近   「はい。A国国境に近い田舎で、我が軍の兵士3人の死体が発見されました。
      どうやら、トラックに乗っていたところを何者かに襲撃されたようです」
国王陛下 「A国だろうか?」
側近   「それはわかりませんが…。問題なのは、殺された3人がシャープ脱走時に同時に
      行方不明になっていた3人なのです」
国王陛下 「何!で、シャープは?」
側近   「不明です。3人はただ単に武装勢力に襲われただけなのか、それとも仲間に
      口封じとして処分されたのか…」
国王陛下 「それは重大だな。調査を続行しろ」
側近   「はい。それと、同時期に、陸軍の1個小銃小隊が行方をくらましておりますが、
      これは韓国人移民による暴動鎮圧に向かったまま連絡がないそうです」
国王陛下 「韓国人に撃退されただけのような気もするが、一応、調査しとけ」
側近   「御意」

896 :国王陛下:04/07/20 23:16 ID:???
国内の治安状態、ほぼ回復しました。
各都市に展開していた部隊は補充を開始します。
警察が増強され、各都市に配備されました。

近衛師団は王都クロノスに配備。
第1師団はファストに配備。
第2師団はモンコーラ山脈に配備。
第3師団はA国国境付近に配備。
第4師団はB国国境付近に配備。
第1機甲師団は王都クロノスに配備。
第2機甲師団はモンコーラ山脈に配備。

海軍艦隊はサンライズ沖を哨戒。韓国の動きを警戒せよ。

897 :アルカイナ・要人暗殺ターン:04/07/20 23:43 ID:???
                :::::::;;;;;;;;;;;;;;;|
       ___      ::::::;;;;;;;;;;;;;|
      /     \     ::::::;;;;;;;;;;;|
     /   ∧ ∧ \   ::::::::;;;;;;;;;;|
    |   -●-●-  |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |     )●(  |  < サンライズ国王氏ねおめー
    \     ー   ノ    \_______
   ,/  \____/`ヽ  :::::::::::::;;;;|
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l,  :::::::::::::;;;|               ズギュウウウーーーーソ!
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_ ::::::::::::|    ri                   ri
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |    从从
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ   WW
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |


898 :T-72帝国軍総司令官:04/07/20 23:49 ID:???
独逸め…こちらが戦車生産能力が無いのを
いいことにとんだ値段を吹っかけてきやがった。

まあ交渉だけは続けておこう。だが今は金が無い。
国内のレアメタル採掘を増産するか。
折角タングステンも産出するのだから
もう少し我が国の技術力が上がれば125o砲用の
高性能APFSDSを生産できるのだが…

そろそろ議会と内閣を再建するべきか…
しかし現在の権力は捨てがたい。

899 :アルカイナ・要人暗殺ターン:04/07/20 23:54 ID:???
                :::::::;;;;;;;;;;;;;;;|
       ___      ::::::;;;;;;;;;;;;;|
      /     \     ::::::;;;;;;;;;;;|
     /   ●-●  \   ::::::::;;;;;;;;;;|
    |  ; ・ ・   |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |     )●(  |  < 間違えて空砲撃っちまったぞおめー
    \     ー   ノ    \_______
   ,/  \____/`ヽ  :::::::::::::;;;;|
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l,  :::::::::::::;;;|               
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_ ::::::::::::|    ri                   ri
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |    
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ  
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |



900 :ツユ国の軍師:04/07/21 00:03 ID:???
宛 T-72帝国装備科
発 C国軍需産業
T-90を格安で売りますよ。
(在庫多数でマズ―)

今日のツユ国国営放送のニュース報道
北朝鮮でクーデター発生か?
韓国人暴動事件、王国の周辺国が関与している可能性
大統領、新軍需工場を視察
外交部長が欧州を訪問。対帝国紛争で失った信頼を取り戻そうと必死


901 :C国首脳部:04/07/21 00:05 ID:???
側近A「陛下、ドイツ政府より礼が入っています。T−72帝国との交渉は、
終始ドイツ側が主導権を握れたと…」

C国王「ははは。ドイツには恩を売れて、T−72帝国の増強を止めることも
できて一挙両得。 サンライズとT−72にはいつまでも不安定でいてもらわないとな。」

諜報員「失礼します。 韓国政府がサンライズへの派兵を無期延期すると通告してきました。」
側近A「事実上の中止だな。 あまり期待はしていなかったが。」

諜報員「それともう一つ。 拘束した現アミャリカ大統領の子息を使った映像が完成しました。
最終加工次第で、どこの国に対しても使えるネガティブ・キャンペーンが行えます。」

C国王「首はね映像か。 人質の背後に立つ連中をどこの国の軍人に扮させるかが問題だ。
しばらく温存しておこう。」

902 :新米中尉:04/07/21 00:17 ID:???
提案
@ 逃走中のシャープの追跡を是非とも我が隊にやらせてください!
A 先日拘束した工作兵はC国と関わりがあるようです、取調べを強化して詳細を調査してはいかがですか?

903 :国王陛下:04/07/21 00:34 ID:???
>>902
よかろう、君達に任せようではないか。諜報部少佐が休暇中の現在、
頼れるのは君達だけだ。

金と資源はあるが人がいない…。かといってまた移民を多く受け入れると
韓国人移民のように暴動を起こすかもしれん。参ったな…。多産を奨励するか。
効果が出るのに時間はかかるが…。

904 :T-72帝国軍総司令官:04/07/21 00:46 ID:???
ツユ国にも困ったものだ…外交機密を公開などすれば
どこも連中を信用しなくなるのは目に見えていように。

まあいい。ツユ国に対しT-90の購入を前向きに検討すると伝えろ。
独逸に揺さぶりをかけるのだ。しかし数をそろえるなら
むしろこっちのほうが安価でよいかもしれん…

そういえばそろそろC国内からツユ軍は完全撤退したのかな?

 軍事
F-16の追加購入により帝国空軍戦力はF-16*70機、
ホーク軽攻撃機/練習機*10機となる。
先の戦争で他の機種は全滅or売却。

そろそろツユ・C両国に侵略戦争の賠償支払いを求める。

905 :新米中隊:04/07/21 01:16 ID:???
>>903
新米中尉   「了解、これより我が隊はシャープ追跡の任務に就く、各員気を引き締めてかかるように!」
ベテラン軍曹 「しかし、追跡するにしても手がかりが少なすぎますな・・・」
新米中尉   「確かに・・・ 現在の状況では連中の潜伏場所を特定するのは困難か・・」
ベテラン軍曹 「現在の情報から察するに考えられるのは、A国国境付近ぐらいですかな・・・?」
新米中尉   「軍曹もそう思うか? 確かに最近あそこで起きている事はあまりのにも不可解すぎる」
ベテラン軍曹 「ええ・・・  行方不明になっていた兵士三人の死体の発見、それに続いて一個小隊の失踪・・・」
新米中尉   「決まりだな… これより我が隊はA国国境付近でシャープ捜索を行う、各小隊は出撃準備を急げ!」
部下一同   「了解!!」
チャン少尉  「りょ−かい!(はぁ・・・ めんどくせぇなぁ・・・)」

906 :国王陛下:04/07/21 09:37 ID:???
>>904を見て思い出した、空軍の状況を発表してなかった…。

F−22 40機
F−104 10機
F−4  2機
A−10  5機

F−104、F−4、A−10は数が中途半端すぎて維持の面から見ればマイナス面が
あるな…。売却するか、それとも練習機にするか…。少数精鋭だけど、数が少ないのは
痛いな…。しかし、今は国内復興で予算が手一杯。軍拡ができない状態だ。この調子で
レスが進めば次スレ移行するだろうから、そしたら拡張しよう。

907 :大陸の詩人 Fancy:04/07/21 21:29 ID:???
この島は太陽のきらびやかな光を浴び

はるか遠くの丘は血色のマントを羽織る

孤独な風が木々を揺らして囁く

ただ独り、過去を目撃した兵

908 :C国首脳部:04/07/21 22:07 ID:???
諜報1課長「大元帥も見つかって、やっと休めると思ったらまた命令だ。」

諜報2課長「サンライズ王国とT−72帝国をもう一度戦争させろってもなあ。」

諜報3課長(新任)「陛下はイラクとイラン、インドとパキスタンのような関係を
サンライズとT−72の間に築くことを望んでいる。生半可なことではいくまい。」

誰か、よい考えのある者はいないのか? このさい部外者でもかまわん。

広く人材をあたろうではないか。 

909 :T-72帝国軍総司令官:04/07/21 22:40 ID:???
 宛 C王国政府
 発 T-72神聖戦車帝国軍総司令官
戦後処理も一段落し、国際環境も落ち着いたところですので、
約束の戦争賠償金をお支払い願いたい。
とりあえず帝国に500億j、サンライズ王国に300億j、
アミャリカに200億jの合計1000億jを提示する。
尚、我が国については軍用航空機による現物支払いを考慮してもよい。

 宛 ツユ国政府
 発 T-72神聖戦車帝国軍総司令官
文面は同じ、金額については帝国に700億j、王国に400億j、
アミャリカに300億jの合計1400億jを提示する。
尚、我が国についてはT-90・BMP-3等陸戦兵器による
現物支払いを考慮してもよい。

910 :C国首脳部:04/07/21 23:11 ID:???
側近C「1000億ドル…って本気か…?」

側近B「強欲な連中よ! なぜサンライズやアミャリカにまで賠償しなければ
ならんのだ! 頭にのりおってからに!!!」

側近A「フッフッフッ、そう血を上らせることもない。実戦テストをしたかった
新兵器の価値を試す絶好のチャンスだわい。開発中の無人攻撃機をくれてやろうぞ。」

宛 T-72神聖戦車帝国軍総司令官
発 C王国政府
貴国への賠償として、我国の先端技術の粋を結集した最新兵器を供与します。

NPFA-04 無人戦闘攻撃機ミサイガー 90機+運用キット

運用部隊からの指令とAIの判断により完全無人での対地対空戦闘を行える
我国の新鋭兵器です。 近隣諸国への侵攻の際にもってこいでしょう。


911 :T-72帝国軍総司令官:04/07/21 23:27 ID:???
(真面目な話過去の旧政府軍、今のサンライズ王国側が
内戦終結の際我々に支払ったのが1000億jなので、
まあ独立国でやってるんならそれぐらい払ってもらわんと。)

 宛 C王国政府
 発 T-72神聖戦車帝国軍総司令官
大変素晴らしい申し出ではありますが、残念ながら我が軍の
現状では左様な最新兵器を使いこなす余裕がありません。
またサンライズ王国におけるF-22運用の苦労を見て、
新しすぎる兵器の運用には軍内部にも慎重論が強くありますので、
今回の申し出は遠慮させていただきます。

もし貴国側に余裕が無いのでしたら、輸送機や練習機でも
受け入れる用意があります。

912 :C国首脳部:04/07/21 23:38 ID:???
側近C「ええーい、後進国めがぁぁぁ! 威張れるのは軍の規模だけか。
軍用航空機で300億ドル分も今から生産できるわけがない!」

側近B「しかし、T−72帝国側の言うことももっともだ。 ミサイガーの
運用には現状でも高レベルの技術者と専門の人員が大勢必要になる。」

側近A「仕方あるまい。ミサイガーの運用人員もセットで派遣しよう。T−72
帝国側の人員を訓練させるという名目であれば、きゃつらも納得しようぞ。」

 宛 T-72神聖戦車帝国軍総司令官
 発 C王国政府
新兵器の導入については最初はどこの国でも不安なものです。
そこで我国は貴国に新兵器の運用スタッフと専門の技術者を
派遣させていただきます。貴国の軍人で無人機を運用できる
ようになるまで、手取り足取り教えさせますのでご検討下さい。

913 :ツユ国の軍師:04/07/22 00:00 ID:???
>>909
宛 T-72神聖戦車帝国軍総司令官
発 ツユ国政府
貴国軍との戦闘で発生した被害の補償費として550億jを支払う用意がある。
しかし、王国、アミャリカへの補償は、王国、アミャリカと直接交渉する。
貴国は介入しない事を望む。
なお、T-90戦車1両につき9M119対戦車ミサイル(主砲から発射します)を3発、サービスさせていただきます。
(赤字確定だがうれないよりマシさ)

>軍事行動
現在、C国駐留軍のうち半分がツユ国領に戻っている

914 :新米中隊:04/07/22 00:08 ID:???
A国国境付近
新米中尉   「各隊の報告を急がせろ!」
ベテラン軍曹 「第2分隊より報告です。先程、所属不明の隊より攻撃をうけた模様です。」
新米中尉   「それで、その所属不明の隊は?」
ベテラン軍曹 「遭遇後、逃走した模様です。なお分隊が引き続き追跡を行っています。」
新米中尉   「最近、国境警備隊を襲っているのもその隊かもしれんな・・・」
ベテラン軍曹 「おそらくは、ここ数日だけでもかなりの被害がでいるようです・・・」
新米中尉   「やはり、シャープが関っているのか・・・ 周辺の部隊に第二分隊の援護するように伝えてくれ」
ベテラン軍曹 「了解!」

915 :T-72帝国軍総司令官:04/07/22 00:37 ID:???
 宛 C王国政府
 発 T-72神聖戦車帝国軍総司令官
貴国の御厚意、大変ありがたく感じております。
しかしやはり我が国は簡単な無人偵察機の運用経験すら
欠いており、いきなり攻撃兵器を、しかも大量に導入するのは
あまりにもリスクが大きすぎるのです。その辺の事情を
どうかご理解願いたい。

なお賠償の件ですが、貴国の特別の配慮を勘案して
半分の250億jに削減いたしましょう。分割払いも結構です。
その代わりまずは貴国の無人偵察機運用技術の導入を行いたいので、
技術者・軍人を貴国で研修させたいと考えます。

 宛 ツユ国政府
 発 T-72神聖戦車帝国軍総司令官
その額での賠償を受け入れます。他国の賠償の件は夫々に委ねましょう。
なお貴国よりT-90*200、BMP-3*200、スメルチ*60(と同弾薬車10)、ムスタS*100
を購入、これを賠償に換えさせていただきます。合計4億9750万jなり。
(参照、間違いあらば通達されたし)
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Rook/3131/00.htm

(兵器価格に比してちょっと賠償が高いですね…
一桁少なかったことにしましょうか>両国)

916 :ツユ国の軍師:04/07/22 00:46 ID:???
 宛 T-72戦車帝国総司令官
 発 ツユ国政府
分かりました。貴国に対して550億jを支払います。
また、T-90*200、BMP-3*200、スメルチ*60(と同弾薬車10)、ムスタS*100を輸出します。
兵器は10スレ後に貴国に到着する予定です。

>国内行動
T-72帝国に対する賠償金(補償金)550億jを捻出。名目は復興支援予算

917 :サンライズ解放戦線:04/07/22 16:16 ID:???
「増えたものだな」

 書類をまとめつつシャープは呟いた。
 三名からスタートしたサンライズ解放戦線は、いつの間にか三個小隊を編成できるほどの大所帯となっていた。
 とはいっても部隊ごと寝返ったのではなく、あちこちをさまよっていた脱落兵、壊走した部隊を吸収し続けた結果だ。
 彼らはいくつもの部隊に分かれて戦跡を巡り、小銃やレーションをひたすらに集めて回っていた。
 また、除隊せずに彼らに賛同する一部の部隊よりの横流しも始まっており、その戦闘能力と継戦能力は正規軍ではない武装集団としては文句のないレベルに達している。

「しかしなぁ国境守備隊と揉めたのはまずかったな」

 森の中から散発的に聞こえてくる銃声を聞きつつぼやく。
 物資回収作業中に野戦憲兵隊と遭遇し、そして逮捕を逃れるために撃退したまではよかった。
 しかし、その結果として悪名高いチャン少尉がいる錬度の高い部隊がこちらに頻繁に接触してくるようになった。
 今のところは地の利を生かして相手に出血を強いているが、政府が本腰を入れて介入するようになればおしまいだ。
 そうなるまえに拠点を移動するか降伏するかしなければ・・・

918 :国王陛下:04/07/22 16:56 ID:???
>>915
油をさすようで悪いですが、わが国が貴国に払った賠償金は100億ドルです。
>>665で訂正しております。申し訳ありません。当時はまだ油田が発見されたばかりで
開発が進んでおらず、国内予算はあまりありませんでしたから。

宛 C国・ツユ国首脳部
発 サンライズ王国 国王陛下
(機密)
我が国は貴国に対し、賠償金として50億ドルを要求します。なお、現物支給は
認められません。現金でお願いします。
(以下、ツユ国にのみ追加文。極秘)
C国が何やら不穏な動きをとっているとのことですが、本当でしょうか?
もし、今回の我が国における暴動に関わっているのでしたら、我が国としては
看過できません。情報提供を要請します。

919 :国王陛下:04/07/22 17:04 ID:???
王都クロノス・王宮
側近   「我が国が100億しか払ってないのに、他国は何百億ドルも払うでしょうか?」
国王陛下 「最初間違えて1000億ドルって言ってしまったからねぇ。今ならそのくらい、
      なんとか払えるが…。まあ、我が国の場合、戦争の補償というよりは
      化学兵器使用による復興支援だからねぇ、実際」
側近   「…それと、両国にそれぞれ50億ドルずつ、要求しましたが、戦車帝国よりも
      かなり少ないですがよろしいので?」
国王陛下 「我が国が直接被害を受けたわけじゃないから。それに、あまり高い金額を
      請求すれば恨みを買ってまた戦争になるだろう。第1次世界大戦のようにな。
      ツユ国が本気になって、アミャリカが味方してくれなかったら、我が国は
      危険だぞ」
側近   「そうですか。それと、A国国境付近で謎の武装勢力が国境警備隊やチャン中隊
      に攻撃を繰り返していると…」
国王陛下 「奴らの正体は?韓国人か?」
側近   「いえ、脱走兵のようです」
国王陛下 「まったく、こんな時に…。チャン中隊に追撃を命じろ。それと増援で歩兵1個中隊を
      送る」
側近   「御意」

920 :某通信監視システムオペレータ:04/07/22 17:33 ID:???
>>916
(´_`)。oO(10レス後に到着の間違いじゃなかろうか……

921 :新米中隊:04/07/22 20:00 ID:???
A国国境付近
新米中尉   「司令部から連絡?」
べテラン軍曹 「はい、 ”引き続き追撃を続けよ”とのことです。それとさらに1個中隊を送ると・・・」
新米中尉   「>>919 チャン中隊? 司令部の表記ミスか? とりあえずチャン少尉の隊に追撃の指示を頼む。」
ベテラン軍曹 「了解!」
新米中尉   「(やつめ・・・ 以前のようなヘマをしなければよいが・・・)」


922 :国王陛下:04/07/22 20:07 ID:???
>>921
こちらのミスだ。訂正する。
チャン中隊→新米中隊
チャン小隊だけでは対応できんだろう。それと、増援に1個中隊を送った。
彼らが到着するまで待機せよ。到着は3レス後とする。

923 :T-72帝国軍総司令官:04/07/22 22:06 ID:???
(ありゃ…賠償金ミスしてたか…まあこの辺は当該国に任せよう)
それにしても兵器到着は10レス後ですよね…

総司令官:それにしてもC国は随分しつこいな。
      私が欲しいのは連中のミラージュやアパッチなのだが。
空軍司令官:怪しげな最新兵器で誤魔化すつもりなんでしょう…
      彼等とて空軍力の削減はできないのでしょう。
総司令官:まあ無人機の技術を獲得出来ればよしとしよう。
      それよりも派遣要員に間諜を紛れ込ませるほうが重要だ。
外務担当書記:暴動がらみの証拠が手に入れば今度こそC国を…
      少なくともサンライズ側に恩を売ることはできます。

924 :C国首脳部:04/07/22 22:11 ID:???
側近A「陛下、賠償金の額がほぼ決定しました。T−72帝国に250億ドル、
サンライズに50億ドルです。」

C国王「我国の国家予算はドル換算で2000億ドル弱に過ぎないというのに…」

側近A「資金調達部隊が総力を挙げておりますが、1スレッドで支払える限度は100億ドル
程度になる模様です。それ以上だと経済にダメージを及ぼし、悪循環が始まります。」

C国王「非常資金を全て使おう。T−72帝国は隣国だから機嫌を損ねるとまずい。
サンライズには無人攻撃機の話をもっていって再度交渉だ。」

925 :C国首脳部:04/07/22 22:20 ID:???
宛 サンライズ王国 国王陛下・T-72帝国軍総司令官
発 C国サンライズ王国

T−72帝国に対し、250億ドルを賠償金として支払う。
併せて、無人偵察機の運用ノウハウの基礎を提供すると共に、人員の養成を
請け負う。

サンライズ帝国に対し、100レス毎に10億ドルを賠償金として支払う。
それに付随して、無人戦闘攻撃機とその運用キットの売り込みを行う。

これにより、C国は大規模な工作活動と軍事力の拡張を当面の期間は凍結する。

926 :ツユ国の軍師:04/07/22 22:34 ID:???
はーい。10レス後の間違いです>T-90その他。当然、9M119ミサイル付ですよ

宛 サンライズ王国
発 ツユ国政府
貴国に対して補償金として50億j支払う。
(機密)
暴動へのC国の関与の可能性がある。現段階では、それ以上の事は分からない。
貴国は、C国に関する情報をなにかもっているか?

927 :新米中尉:04/07/22 22:51 ID:???
>>922
予定より少し遅れたが増援の1個中隊が到着した。これより我が隊は増援部隊ともに追撃作戦を展開する。

928 :T-72帝国軍総司令官:04/07/22 23:06 ID:???
戦車帝国はT-90その他を手に入れた。
戦車帝国はC王国からの賠償金を手に入れた。

総司令官:C国の売り込みがはたと止んだな…
空軍司令官:どういう風の吹き回しやら?
総司令官:とにかく、陸空軍の再編と強化を進めよう。
      賠償金の一部は経済再建にも使わねばならん。
内務担当書記:それはそうと…政府機構の再建も急いでください…
      いつまでも軍事独裁ではまずいですよ。
総司令官:まあうちは聖職者会議議長を形式上の元首におく
      神聖国家だから…一応議会は再建しよう。
      だが首相と国防相、軍総司令官は私が兼ねることにする。

929 :国王陛下:04/07/22 23:32 ID:???
宛 C・ツユ国首脳部
発 サンライズ王国 国王陛下
賠償金の支払いに感謝する。二度とこのような悲劇が繰り返されぬことを願う。
(以下、C国宛・極秘)
現物は受け付けない。現金のみ、そちらの提案通り、100レスごとに10億ドルという
ことにする。
(以下、ツユ国宛・極秘)
暴動直前、C国の諜報部員が王都に潜入していたとの報告があるが、彼が何をしていたか、
彼の行方などはわからない。また、現在外国の工作員1名を捕らえているが、口が堅く、
何も語ろうとはしない。しかし、彼がC国人であるのは濃厚である。

930 :国王陛下:04/07/22 23:36 ID:???
命令(極秘)
>>新米中隊
増援部隊と合流後、武装勢力の追討作戦に移れ。
また、武装勢力はC国と関与している可能性もある。幹部と思しき人物は
出来る限り生きて捕らえよ。

さて、テスト勉強でもするか。今日はもう落ちます。

931 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/07/23 22:30 ID:???
・・・・・赤い彗星と呼ばれたわしも地に落ちたな。
・・・(ガノタじゃないけど国王陛下が好きそうだから)
ってのは置いといて次スレはコレにpart2って付けるのでいいですか?

932 :国王陛下:04/07/23 22:58 ID:???
>>931
大元帥閣下、よく私がガノタだとわかりましたね…。
次スレは「part2」より「第2次」のほうがいいと思うのですがどうでしょうか?
戦争っぽいし。

933 :C国・某所:04/07/23 23:04 ID:???
レンガ造りの建物の一室に、一人のアミャリカ人が拘束されていた。
口にはサルぐつわをかまされ、両手首と両足首を手錠で拘束されてたまま、
正座をする姿勢でビデオカメラの前にいた。 彼の背後には、覆面をした3人の
T−72信徒が立っている。自動小銃と大きなナタを携えて。

?「はい、シーン3スタート!」 カチンコ☆

934 :C国・某所:04/07/23 23:13 ID:???
ブッシュJrr「…u,uuuuueeaaaaa…」
(;´д)<(はずして、さるぐつわをはずしたげて…)

ブッシュJrr「ワ、ワタシハ アミャリカ合衆国ダイトウリョウ ノ ムスコ、
ジョーク・ブッシュ・ジュニアジュニア デス。 ワタシハ アミャリカグンノ
シカントシテ ヘイ ヲ ヒキイマシタ。 ブリョクデ コノタイリクヲ 
シンリャク シマシタ。 ジョセイヤコドモ ヲ タクサンコロシマシタ。」

T−72信徒「それだけならまだしも!!!!この男は更に許せないことを
アミャリカ合衆国の命令の下に行ったのだ!!さあ、全世界に向かって白状しろ!」

ブッシュJrr「私は…私は…T−72戦車に放尿した上につばを吐きかけ、その上で
火炎放射器で中の乗員もろとも丸焼きにして遊んだのですっ!」

935 :C国・某所:04/07/23 23:24 ID:???
T−72信徒「神よ!我らはこれよりこの醜悪なる邪教徒を粛清します!
始原の溶鉱炉に放り込まれるこの悪しき存在が溶鉄の海に還らせたまへ!」

      こいつの頭を砕き割れっ!  ふんじばれッ!

ブッシュJrr「あぁあああ!やめてくれ!許してくれぇぇ嫌だぁああっ!」

屈強な二人のT−72信徒に両肩を押さえつけられ、アミャリカ人は身動
きがとれないまま、脳天に斧を叩きこまれた。 ブゥンッ  ガチャッ!!

3人のT−72信徒「Объект!!! Объект!!! Объект!!! ワハハハハハ!」

?「カット!」

936 :大元帥 ◆JEhW0nJ.FE :04/07/23 23:31 ID:???
>>970まで行ったら次スレ建てます。第二次で。

937 :C国・某所:04/07/23 23:32 ID:???
監督「よっしゃ、こんなもんだろ!糞AD!すぐに編集にまわしてくれや。」

頭を砕き割られたブッシュJrrは立ち上がってタオルを受け取ると、演出用の血糊を
ぬぐう。  T−72信徒たちもその正体は、C国の若手諜報員だった。

監督「いやー、今までで一番冴えた演技でしたよ御曹司!これなら演技と疑う人間は
一人もでやせんでしょうな。ハハハハ!」  ブッシュJrrは苦笑いするばかりだ。

ブッシュJrr(俺はもう用済みになったのではないか…?それならもう…)

T−72信徒過激派によって現アミャリカ大統領の一人息子が殺害される映像が
インターネットを介して全世界に広まった。 先進各国の主要なテレビ局にも、
CD−Rで映像データと犯行声明文が送り届けられた。

938 :国王陛下:04/07/23 23:43 ID:???
>>936
ありがとうございます、では、よろしくお願いします。

王都クロノス・王宮
国王陛下 「(>>933-935を見ている)……。これはすごいな…。今流行りの
      首切り動画というやつか?」
側近   「別に流行ではありませんが…。しかし、これが本当だとするとかなり
      厄介ですね。T−72信徒が世界中で暴動を起こしますよ。韓国人など
      とは比類にならない力を持った彼らのことです。派手なものとなるでしょう」
国王陛下 「T−72信徒の過激派がアミャリカに聖戦を開始する…。もちろん、それは
      その同盟国も攻撃対象となる…。我が国は正式には同盟は結んでいないが、
      極めて良好な関係だ。勘違いされると困るな…」
側近   「まずは、アミャリカに確認を求めたほうが…」
国王陛下 「そうだな、そうしよう」

939 :T-72帝国軍総司令官:04/07/23 23:45 ID:???
 緊急声明
今回の件に我が国は一切関わっていないことをここに明らかにする。
なお、我が国はこの件の調査について積極的に協力し、
真相の解明に努める用意があることをここに表明する。

総司令官:それにしても妙な話だ。我が軍は既に国内の
      戦車の全てを掌握している。小隊ごとに聖職者を
      配置して御神体を冒涜から守っているのだ。
      昇天された戦車も敵味方区別無く然るべき供養なり
      修理なり行っているのだ。
      いくら同盟軍兵士とはいえそんなことができるか?
陸軍参謀長:神に誓ってそのようなことはさせませんとも!
      現在保有する全戦車について調査中ですので、
      数時間後にはことの真相が明らかになるでしょう。
空軍参謀長:軍に警戒警報を出したほうが賢明では?
総司令官:いや、それは止めておけ。それよりC国・サンライズ王国の
      教団地下組織はまだ生きているな。今すぐ両国について
      調査させるのだ。特にC国を重点的にだ!
      前回の戦争で相当恫喝してやったのだ、かの国の国王も
      かなり頭にきていると考えてよい。

940 :C国王宮:04/07/23 23:46 ID:???
若い娘の膝まくらの上でまどろむC国王。

側近A「陛下、サンライズでの暴動騒ぎについて、各国が我々の関与を察知
しつつあると報告がありました。 ご采配をお願いします。」
C国王「…よきにはからえ。…」
側近A「はっ?陛下、この資料にお目通しを頂かないと。」
C国王「二度はいわんぞ。さがれ。私は忙しいのだ。むにゃ。」

側近A「(だ、だめだ。 腐りきっている… やはり王位に就けるのは早すぎ
たんだ… どうにかしないと。)かしこまりました。」

誰かC国プレイしてくださーい。

941 :T-72帝国軍総司令官:04/07/23 23:50 ID:???
賠償で得た資金の一部を周辺諸国の教団公然組織へ寄進。

聖職者会議はアミャリカ軍への避難声明を発表。

総司令官:馬鹿!何故聖職者会議を止めなかったのだ!
内務大臣:申し訳ありません…
外務大臣:既にアミャリカは我々を疑いはじめています。
      このままいくとまずいことに…

942 :国王陛下:04/07/23 23:53 ID:???
命令(極秘)
T−72を保有する陸軍第1、第2、第3師団は至急、戦車の調査を行え。

政府はアミャリカに事実確認を行う。内容は
「あの人物は本当に大統領の息子か?」
「T−72を冒涜したのは事実か?」

国王陛下 「恐らく、かの国の性格なら真っ赤になって否定するだろうな」
側近   「我が国にはT−72信徒の穏健派しかいないのが幸いです。過激派は
      すべて戦車帝国に流れましたからね、内戦で」
国王陛下 「流れたというよりは過激派が内乱を起こして戦車帝国を建国したのだがな」
側近   「そうでしたね。…ところで、新米中隊は追撃を再開したようです」
国王陛下 「そうか。武装勢力も何か関わりがあるかもしれんな。それと、C国に
      賠償金の支払い方法を連絡しておけ」
側近   「御意」

宛 C国首脳部
発 サンライズ王国 国王陛下
(極秘)
賠償金50億ドルの支払い方法ですが、次スレ開始時に10億ドル、その後
100レスごとに10億ドルを支払うということで。400レスで支払い完了となります。
よろしいですか?

943 :C国諜報部:04/07/23 23:56 ID:???
諜報員「くだんの映像の評判は上々です!T−72帝国とアミャリカの間には、
早くも対立ムードが流れはじめています。」

諜報係長「この勢いで第2弾、第3弾をリリースしましょう!アミャリカ軍兵士
がT−72戦車を破壊した上に、レイプする映像が既に編集を終えています!」

合成画像やCGを駆使した残虐映像が、C国諜報部によって次々と発信されていく。

アミャリカ本国では、T−72戦車のプラモをまとめて燃やすデモが行われた。

944 :国王陛下:04/07/23 23:57 ID:???
>>940
差し出がましいかもしれませんが、では大元帥閣下がC国のプレイヤーになっては?
現在、設定では大元帥はC国に匿われている、ということになってますし…。

945 :C国首脳部:04/07/24 00:02 ID:???
宛 サンライズ王国 国王陛下
発 C国首脳部 
提示された支払い方法を了承いたします。
(広告)ついにでた!AI技術の奇跡!ミサイガー無人戦闘攻撃機!
全くの無人機でありながら、空軍先進国のベテランパイロット級の
空戦能力を24時間発揮しっぱなし!この機械にぜひどうぞ!!!
NPFA−04 無人戦闘攻撃機ミサイガー 一機150万ドル!

946 :T-72帝国軍総司令官:04/07/24 00:03 ID:???
(とはいふもののアミャリカ軍担当者がいない今日この頃・・・)

陸軍参謀長:我が国の戦車にそのような冒涜を受けた戦車は
      存在しないとのことです。
総司令官:だとすれば…?で、C王国については?
内務大臣:白とはいいきれません。ただ証拠は出てきません・・・
      あの戦争の折組織の一部が崩壊してしまいましたので。
総司令官:ならサンライズ王国は?連中も旧領土奪還を企図している
      可能性があるぞ。
外務大臣:こちらは白ですね。第一石油利権を我々が奪取する
      口実を与えるだけの話ですから。
総司令官:と、なると・・・まさか大元帥?

947 :ツユ国の軍師:04/07/24 00:08 ID:???
苦レムリン
外交部「Tー72教徒が大変な事になっています。」
大統領「なんということだ!!」
対外情報部「まったくです。」
大統領「Tー72の本家本元は我が大露死亜なんだぞ!!」
情報・外交「「そっちかよ!!」」
大統領「対外情報部…調査を行い、適切な処理を行なう事を命ずる」
対外情「ダー!!」
外交部「ガクガクブルブル」

元ウラル車両工場設計局工場設計主任技師、L.N.ヴェネディク〇フを特別召喚。
ツユ国内のT-72教徒と情報交換

948 :過激映像:04/07/24 00:08 ID:???
各坐したT−72戦車の後部に乗り上げたM1A2エイブラムス戦車が、
小刻みに前進と後進を繰り返す。 その周りでアミャリカ軍兵士がはやし立てた。

ガォオオオン! エイブラムスはひときわ大きい唸り声を上げると、T−72戦車
から降りてスッキリした顔つきをしてみせる。

てごめにされたT−72戦車の後部にはエイブラムスの爪あとが痛々しく残っている。
アミャリカ軍が引き上げた後、わが身の不幸を恨んだT−72戦車は涙して崖から身を投げた。

949 :国王陛下:04/07/24 00:10 ID:???
王都クロノス・王宮
側近   「大変です!戦車帝国の聖職者会議がアミャリカに非難声明を出しました!
      アミャリカと戦車帝国間はすでに不信感が漂い始めています!」
国王陛下 「…その非難声明は政府が出した公式のものなの?」
側近   「いえ、聖職者会議が勝手に出したもののようです」
国王陛下 「総司令官殿も大変だねぇ。我が国はいまのところ異状はないようだが?」
側近   「はい。国民も意外と冷静でした。それよりも今は復興でそれどころではない
      のかもしれませんが…」
国王陛下 「そうかもしれん…。どちらにせよ、我が国はこの件にはあまり関与したくない。
      戦車調査の結果が出たら発表しておけ」
側近   「御意」

950 :ツユ国の軍師:04/07/24 00:17 ID:???
宛 T-72帝国
発 ツユ国政府
(極秘)
我が国は、貴国とアミャリカとの対立を望まない。
我が国から貴国にT-72戦車の産みの親というべきL.N.ヴェネディク〇フ元工場設計主任を派遣する事を提案する。
彼ならば、T-72教徒過激派を抑える事ができると確信している。

951 :T-72帝国軍総司令官:04/07/24 00:21 ID:???
総司令官:事態は急速に悪化しつつあるか…
      それにしてもこの過激映像、どこで撮影してるんだ?
外務大臣:撮り貯めていたものを一斉放出した感じですね…
      となるとそれなりの規模の組織が背景に?
内務大臣:いや分からん。どこぞのガキが合成で作った画像かもしれん。
総司令官:…アミャリカが攻めてくるとしたらやはり中立地帯駐屯の
      軍を先頭にやってくるか。いや…待てよ?
      CIAか国務省にわが教団のスパイはいるか?
外務大臣:一応数人は…しかし我が国というより教団のシンパです。
総司令官:この際だ、彼、若しくは彼等には殉教を覚悟してもらおう。


数時間後、戦車帝国の意を受けたCIA工作員数名がC王国へ向かった。
C王国に戦車帝国への侵攻を促す為に。アミャリカ軍との共同作戦を
提示するのである。勿論これは偽計。アミャリカは「まだ」軍事作戦までは
用意していない。しかしこれが帝国にとって最後の手段であった・・・

952 :国王陛下:04/07/24 00:27 ID:???
王都クロノス・王宮
国王陛下 「(>>948を見ている)……。これは…レイプなのか?」
側近   「そのようですね…」
国王陛下 「アミャリカ軍は戦車の扱いがうまいな。我が軍には戦車であんなことが
      できる者はいないだろう」
側近   「確かに簡単にはできないでしょうが…できないほうがいいと思いますよ?」
国王陛下 「うむ。…そういえば、C国はなぜ我が国に無人戦闘機の売込みを必死に
      やってるんだ?私は無人機は好きではないのだがな」
側近   「自国の兵器を売りたがるのはどこの国でも一緒ですからね。一儲けしたいのでしょう」
国王陛下 「無人機はエレガントでないな。やはり人が戦ってこそ戦争。絶大な攻撃力をほこる
      メガビームキャノンと、鉄壁の防御をほこるプラネイト・ディフェンサーが標準装備の
      ビ○ゴUならば購入を考えてもよいが…」
側近   「エレガントって…あなたはトレ○ズ閣下ですか…」

953 :T-72帝国軍総司令官:04/07/24 00:28 ID:???
 宛 ツユ国政府
 発 T-72神聖戦車帝国政府
 (極秘)
技師の派遣を受け入れる用意はあります。
ただ問題はわが国内に留まらないのです。
現在世界中の信徒から我々に決起を促す声が
届いています。下手をすれば、世界中の信徒が
対米聖戦を開始するでしょう。
それを押さえるには、この不愉快な画像をばら撒いている
扇動者を捕獲せねばなりません。しかし我が国は未だ
それを発見できずにいます。どうか捜査にご協力を願いたい。

総司令官:もし、仮にC王国が計略に引っ掛かって我が国が
      これを制圧できたとしても、彼等が犯人でなかったら?
陸軍参謀長:そのときは大陸全体に戦火が拡大するでしょうな・・・

954 :ツユ国の軍師:04/07/24 00:41 ID:???
 宛 T-72神聖戦車帝国政府
 発 ツユ国政府
(極秘)
すでに対外情報部が行動している。情報が入りしだい、貴国に伝える。
我が国は、貴国に対して適当な協力を行なう事を約束する。

>外交行動
ネット上の映像を発信している者を非難する声明を発表。
L.N.ヴェネディク〇フ元工場設計主任が、問題解決の為、T-72帝国へ向け出発。
>軍事行動
>>785の演習<機動力2004>の資料映像を公開。
T-72戦車部隊を中心に編集された映像で、T-72の雄姿を拝む事ができる。

955 :C国・政変の兆し有り…:04/07/24 00:45 ID:???
C国王宮の茶室・C国王は犬娘の膝まくらの上でまどろむ。

C国王「…やはりお前が一番良いぞ。今度、お前を連れて旅行に行こう。京都がいいかな。」
犬娘 「…」

側近B「失礼いたします陛下、レルナ殿下がお話をしたいとおっしゃられました。」
C国王「ふん、とおせ。」
  十代の半ば頃と言った少年が部屋に入ってくる。
レルナ「親父、アミャリカと手を組む話、断ったんだって?」
C国王「子供が出る幕ではない。 おとなしく勉強しておれ。ここにきて戦など、愚者の極みよ。」
レルナ「…親父、あんたもう終わってるよ。 いや、これから終わらせてやるよ。」

956 :C国・政変の兆し有り…:04/07/24 00:46 ID:???
                :::::::;;;;;;;;;;;;;;;|
       ___      ::::::;;;;;;;;;;;;;|
      /     \     ::::::;;;;;;;;;;;|
     /   ∧ ∧ \   ::::::::;;;;;;;;;;|
    |   -●-●-  |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |     )●(  |  < レルナ様万歳!C国王氏ねおめー。
    \     ー   ノ    \_______
   ,/  \____/`ヽ  :::::::::::::;;;;|
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l,  :::::::::::::;;;|               ズギュウウウーーーーソ!
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_ ::::::::::::|    ri                   ri
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |    从从
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ   WW
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |


957 :新米中隊:04/07/24 00:48 ID:???
報告
我が隊は敵武装集団のアジトと思われる施設を発見しましたが、既に敵は逃走した模様です。
なお今回の作戦で敵を数名捕獲に成功しましたが、どうやらその大半は我が軍の脱走兵や正規兵と思われます。

958 :T-72帝国軍総司令官:04/07/24 00:49 ID:???
 政府声明
国内のアミャリカ軍の撤退を要求する。
現在わが国内においては反米世論が拡大し、
これ以上国内にアミャリカ軍をとどめておくことは
危険であると判断した。
なお中立地帯の同軍についても同じく撤退を求める。

総司令官:こうでもせんと我々が過激派に暗殺されてしまう。
陸軍参謀長:軍は一応掌握できています。しかし
        聖地ヴァゴンカ周辺で不審な動きが。
内務大臣:信徒による・・・対アミャリカテロ発生は時間の問題だな。
総司令官:少なくとも撤退の諒解だけでも・・・さもないと大変だ。

959 :C国・政変の兆し有り…:04/07/24 00:51 ID:???
部屋になだれこんだレルナ配下の兵によって、C国王タータは射殺された。

兵「レルナ様、主要な官庁と機関は全て制圧が完了しました。全ての権力は、
レルナ様の下にあります。」

C国王レルナ「大陸全土に発表しろ。C王国にて無血革命が遂行され、無能なる
先代国王は投獄された。以後のC王国全権は私レルナが統括すると。」

  無人戦闘攻撃機ミサイガー、このおもちゃは、もて遊びがいがありそうだ。

C国にて政変勃発!  指導者が交代した模様です。

960 :ツユ国の軍師:04/07/24 00:53 ID:???
宛 T-72帝国・アミャリカ・サンライズ王国
発 ツユ国対外情報部
(超極秘)
諜報部員が、息子レルナのクーデターを確認。
C国国王は暗殺されたもよう。C国で政変が発生した!!

961 :国王陛下:04/07/24 00:58 ID:???
>>957
ご苦労だった。捕虜はただちに後方基地へ移送し、尋問と裁判を行う。
新米中隊は引き続き追撃を続行せよ。

王都クロノス・王宮
側近   「新米中隊が謎の武装勢力のメンバー数名を捕虜にしましたが、ただの
      脱走兵のようで、C国や他国の関わりはなさそうです」
国王陛下 「そうか…。とりあえず、尋問しておけ。裁判も忘れるなよ。…それにしても、
      アミャリカ軍の撤退か。まあ、このままの状態では駐留しているアミャリカ軍に
      テロ攻撃が行われるのも時間の問題だからな。もし彼らが撤退すれば国境地帯および
      中立地帯は非武装になってしまう。T−72を擁する第1、第2、第3師団に待機命令を
      出し、もしアミャリカ軍が撤退した場合に国境防衛に当たるよう指示する。こちらも
      T−72を保有しているし穏健派とはいえ信徒もいる。テロ攻撃される可能性は低いと
      思うが…」
側近   「しかし、一応対策はしておいたほうがいいですね。手配しておきます」
国王陛下 「わかった」

962 :国王陛下:04/07/24 01:01 ID:???
王都クロノス・王宮
国王陛下 「C国で革命?国王タータは息子レルナに暗殺された?
      …至急、諜報部に連絡、レルナの情報を集めさせよ」
側近   「御意」
国王陛下 「さて、ますます混迷を増してきたな…。この大陸、どうなることやら…」

963 :T-72帝国軍総司令官:04/07/24 01:11 ID:???
外務大臣:C国王が暗殺されました。
総司令官:何?まさかT-72信徒が…
外務大臣:いえ、手を下したのは皇太子レルナです。
      クーデターではないかと。
総司令官:Объект!神は仇敵に天罰を下された。
      アミャリカ軍の撤退は?
外務大臣:わが国内からは撤退しましたが、
      中立地帯からの撤退を渋っています。
総司令官:あの忌々しいタータ王が死んだのだ。今のうちに
      アミャリカの撤退を実現する。三個戦車師団を
      中立地帯国境後方へ。アミャリカの侵攻を抑止せよ。
陸軍参謀長:C王国方面はどうします?
総司令官:今は放置しろ。王が死んだのだ、すぐには動くまい。

964 :国王陛下:04/07/24 01:22 ID:???
王都クロノス・王宮
側近    「戦車帝国領からアミャリカ軍が撤退しました!ですが、中立地帯からの撤退は渋っている
        模様です」
国王陛下 「我が政府からも撤退をするよう忠告しておけ。貴国の安全を考えると撤退したほうがいい、とな」
側近    「そう簡単に撤退するでしょうか?」
国王陛下 「するかしないかではなく、忠告したかしてないかが重要なのだ。これを機に我が国は他国の影響を
        受けない完全な独立国となる…」
側近    「アミャリカを敵にまわすのでは?」
国王陛下 「それはない。軍に撤退してもらうだけだ。軍事交流は続けるし、経済交流も同様だ。地下資源の採掘権は
        彼らが多く持っているしな。まあ、ファスト油田のほうは我が国が100パーセント権益を持っているが」
参謀総長 「では、国境地帯に軍を展開させてもよろしいですね?」
国王陛下 「うむ。ただし、戦車帝国に刺激を与えないように。あくまでただの国境警備活動だからな。我が国は
        もはや他国を侵略しなくても食っていけるだけの資源があるのだから、変な誤解はされないようにしなければ」


965 :C国・王宮:04/07/24 01:52 ID:???
☆後世にて、タータとレルナ、2代の王に仕えた側近Aは語った。☆
 「タータ王は無能な俗物だった。レルナ王はとびきり有能な超機知外だった。」

C国王「アミャリカに伝えろ。撤退する必要はなし、文句のある連中は全てうちが
片付ける。とな。」
側近A「しかし陛下!我国には諜報や工作活動の分野では大陸一ですが、軍事力では
まったくT−72に太刀打ちできませぬ。我が方の優勢は航空戦力とテクノロジーの
分野のみ。どうやってT−72に負けない戦を仕掛けるのです?」

C国王「無人機がカギだ。輸出用のミサイガー全てのブレインデバイスを、試作機の
ものと同じグレードに換装させろ。あのままでは役にたたん。」
側近A「試作機のブレインデバイス…あれは人間の、子供の脳を使用した狂気の産物です!
先代もそれだけは絶対に許しませなんだ! どうか、どうか戦はおやめください。」
バシッ! …C国王は側近を蹴飛ばした。 倒れた側近の頭を踏みにじりながらつぶやく。
C国王「・・・T−72の連中を滅ぼさなければ、5年後には我々が滅ぼされるのだ。今言った
ことが一つ。もう一つ、国内のT−72信徒に関連する人間を全て吊り上げろ!諜報部に命じてな。」

966 :C国・某レストラン:04/07/24 02:15 ID:???
C国諜報員77は美味い飯を食った。つゆ国の諜報員は、飯がのどを通らない。
つゆ諜報員「ま、まさかこれを全て公表するつもりか? そんなことをすれば・・・」
諜報員77「君の国が黙っていない。そして、君も責任を問われて処刑かシベリヤか・・・」

諜報員77がつゆ諜報員につきつけた書類。その内容は、大陸全土に埋め込まれた
つゆ国のスリーパーエージェントたちの、氏名と勤め先や諜報網などの、詳細にして精密
な組織図が記されていたのだ。つゆ国が彼らをイリーガルとして送りこむのに使った金と
時間は、半端なものではなかった。 それを、C国は全て水泡に帰そうというのだ。

つゆ諜報員「下手な脅しだ!我々の商売に手をだすなら必ず報復するぞ!」
諜報員77「あんたも楽天家だね。サンプルを挙げてみよう。XXX、XXX、XX、…」
つゆ諜報員の顔から血の気が引いた。アミャリカ、サンライズ、T−72、A・B・D国、
その他諸々の地域でNo.1をつとめる諜報員の名前を実名で挙げられたのだ。

諜報員77「国に帰ったら、君のボスと大統領にようく報告するんだな。全ての諜報網を
失いたくなければ、今度の喧嘩には全面的にC国に協力するんだ。君のボスも大統領も情報
畑出身者だ。この手の話の重要さはよくわかるだろう。手始めに、C国内に潜むT−72の
息のかかる人間を摘発する。これも手伝ってもらうぞ。全面的にな。」

967 :C国:04/07/24 02:18 ID:???
              ・・
それからほどなくして、C国は無人戦闘攻撃機の量産・運用体性を整えた・・・

968 :T-72帝国軍総司令官:04/07/24 23:00 ID:???
内務大臣:例のCIA要員・国務省職員から連絡です。
      ・・・C王国が我が国に戦争を仕掛けると。
総司令官:何?例の工作は失敗したのではなかったのか?
内務大臣:ええ、しかし一応継続はさせておりました。
      連中のアミャリカ外交ルートは我が手中にあります。
      さて、アミャリカへはどう伝えさせましょうか?
総司令官:そうだな・・・「C王国は大陸北部の秩序再編の為、
      帝国及びサンライズ王国を併合する、
      作戦開始までに撤退を完了せよ。作戦終了後に
      貴国の再進駐を求めたいと考える。」
      これをC王国のメッセージとしてアミャリカへ伝えろ。
内務大臣:それと・・・C王国内で教団地下組織幹部への
      捜査が始まっている模様です。
総司令官:・・・C王国の教団に裏ルートで連絡。
      今回の件はC国の謀略である。現政権を打倒せよ。
内務大臣:信徒の怒りのはけ口をかの国に・・・ですか。

969 :新米中隊:04/07/24 23:16 ID:???
A国内にて

報告
敵武装勢力はA国内に逃亡した模様、現状の戦力ではこれ以上の追撃は危険と判断し国境まで後退します。

970 :国王陛下:04/07/24 23:46 ID:???
>>969
了解した。国境警備隊の基地で休養したまえ。

王都クロノス・王宮
国王陛下 「C国で不穏な動き?」
側近   「はい。国王が変わってから、C国内のT−72信徒が行方不明になる
      事件が頻発しています。それと、軍事力の強化をはかっていると…」
国王陛下 「復讐でもやるのかねぇ。戦車帝国もいろいろ大変だ。もっとも、我が国に
      飛び火する可能性は非常に高いが…」
側近   「それと、ライセンス生産しているM1A1エイブラムスですが、これを
      我が国で生産する体勢が整いました。M1A3と名付けます」
国王陛下 「わかった。ただちに量産を開始してくれ。それにしても700レスにいったが
      ついに次スレ移行になるのか…。長かったな…」

971 :T-72帝国軍総司令官:04/07/25 00:12 ID:???
総司令官:そういえばツユ国はどうでると思う?
陸軍参謀長:恐らく中立でしょう。場合によってはC国に
      侵攻して手早く併合なり保護国化なりするのでは?
外務大臣:最近の傾向を考えてもツユ国の外交政策は
      大分穏健化しています。
総司令官:・・・彼等に一つ「踏み絵」を踏ませてみようか。

 宛 ツユ国大統領閣下
 発 T-72神聖戦車帝国首相兼軍総司令官
我が軍は貴国より購入した諸種の兵器の性能に満足しております。
よって兵器の追加発注を行いたい。内訳はT-90戦車*322、
BMP-3*322、ムスタS*100(及び同弾薬車50)です。

972 :ツユ国の軍師:04/07/25 00:44 ID:???
ツユ国対外情報部
A「畜生!!C国の野郎、舐めやがって。」
B「しかし、奴らは、我々の情報網を・・・」
C「その通りだ。だが、残っている手駒は0ではあるまい。」
D「薊の連中が残っています。彼らなら…」
C「薊の連中?奴らは、ここ10年間活動を停止していた筈ですが?」
B「組織は維持しているよ。アフガン専門の連中だが、なんとかなるだろう。」
A「よし必要な情報を収集し、敵を殲滅する。我が対外情報部の恐ろしさを思い知らせてやる。」
B「空軍にも…最悪の場合、精密爆撃を行なってもらう。」
C「大統領には?」
A「秘密にしておこう。この時期、このような大問題を持ち込むわけにはいくまい。責任は私がとる。」
D「しかし、それではシビリアンコントロールが…」
A「我が国にそのようなモノがあると思っているのかね?」
諜報網薊が10年ぶりに行動を開始
大統領には報告されず

宛 T-72神聖戦車帝国首相兼総司令官
発 ツユ国大統領
分かりました。ご注文の商品はお届けします。
到着は10レス後です。

973 :C国・危機迫る:04/07/25 01:32 ID:???
C国某所・航空機試験場  地下格納庫に同型の軍用機が3機収納されている。
C国王は技術仕官の熱心な説明に耳を傾ける。

技術仕官「つまり、この無人機は試作機と量産機、輸出仕様機の順で性能が劣る
のです。この差は中枢部品に使う材料によって顕著に現れます。
人間の脳≫≫≫イルカの脳≫≫≫≫≫≫サルの脳 という具合です。」

C国王「有人機に対する勝率は…人脳で52%、イルカ脳で39%、…サルで22%か。
やはり人脳でなくては、使い物にならんな。 爆撃機や警戒機には応用できるのか?」

技術仕官「既に研究を開始しておりますが、実用化は早くて次スレかと。」

C国王「早速だが、輸出用の無人機を改造してもらいたい。空対空地戦闘を行えるミサイガーを
50機用意しろ。もちろん、人脳搭載機にだぞ。(つゆ国の防空部隊相手にどこまで通用するか…)」

側近D「レルナ殿下!じゃなくて国王陛下!諜報部より緊急連絡が入っております!ご采配を!」

974 :国王陛下:04/07/25 02:09 ID:???
王都クロノス・王宮
国王陛下 「うーん、韓国との友好は絶対に無理な気がするよ」
側近   「突然どうされたのです?」
国王陛下 「さっき日韓翻訳チャットをROMってたのだが、奴らの歴史は
      聞いていた以上に捏造されてるな…。しかも日本は格下って思い込んでいるし」
側近   「そうですね…。それは、我が国の対韓国政策に影響を?」
国王陛下 「暴動の件で既にかの国とは対立している。断交してもいいくらいだ。
      あの暴動がなければ今頃は軍拡を進めていたのに…」
側近   「背後に第三国が関わっていたそうですが…」
国王陛下 「証拠がないからなぁ。そろそろ諜報部少佐が復帰すると思うのだが、
      彼が復帰したらC国について徹底的に調査させよう」
側近   「了解しました。…それと、妙な報告が」
国王陛下 「どうした?」
側近   「C国がイルカを大量に輸入したそうです。表向きは水族館用ですが…」
国王陛下 「C国は内陸国だから当然じゃない?」
側近   「しかし、短期間に多くの、しかもイルカのみを、です。どうも怪しい」
国王陛下 「そうだな…。しかし、今の我が国には何もできまい。どうせ、ロクなことじゃ
      なかろう」

975 :大元帥 ◆tr.t4dJfuU :04/07/25 13:04 ID:???
新スレ立てました。


976 :ツユ国の軍師:04/07/25 13:18 ID:???
【第2次】空想の国同士で戦うスレ【対戦開始】
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1090728162/l50

977 :名無し三等兵:04/08/07 23:44 ID:???
mL( ^∇^ )グッチャー!

978 :名無し三等兵:04/08/08 02:15 ID:a220/yrX
コスタリカはもちろん空想の国ですともえぇ
だよな!

979 :名無し三等兵:04/08/08 02:30 ID:/msOrMBc
通信兵:航空部隊から入電!
航空部隊:目標攻撃成功!直ちに帰還する
航空部隊:全機作戦終了


470 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)