5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

辻政信という苦難を乗り越えていくスレ

1 :名無し三等兵:04/08/04 13:18 ID:???
辻政信を見ていると、本当に不思議です。
本人はかなり痛い香具師なのに、どんな大事件の渦中からも生き残る。
あげく、出世ゲーム、人生ゲームではそれなりにうまく勝ち残る。

かれを嫌ってその真価を厳しく見極めた人間(山下奉文)、あるいは
なぜか気に入って取り立てた人間(東条英機。辻の一事だけでも、東条は
戦争指導者の器ではなかったと思う)、どちらも破滅させてしまった敗戦
をさえ、かれはみごとにやり過ごし(英軍のマウントバッテン将軍は、
『草の根わけても戦犯の辻を捕まえろ』と配下に厳命していたにもかか
わらず)、戦後も筆のうまさで代議士になるという大逆転!

筆のうまさで政治家になった軍人という意味では、かれはチャーチルの
できそこないって感じです。
ちなみにチャーチルもガリポリ上陸作戦は失敗したが、ちゃんと責任も
とらされているあたり、大枠では戦争指導の要諦をはずさず勝ち組に
いのこっている、英国ならではというところか・・・

いずれにしろ彼の波瀾万丈ながら非凡な強運をみるたびに、それに結果
と して振り回されたわが祖国を思うたびに、嘆息を禁じ得ません。
なぜ日本軍部は、こういう痛い香具師をきちんと罷免できなかったの
でしょう?

辻政信的な不幸な人事が、いまなお日本の政官界にはびこっている気がする
だけに、私の思いは深刻です。かれを潰すにはどうすればよかったのか、
皆さんの知恵をお貸しください。

420 :名無し三等兵:05/03/02 22:28:36 ID:???
>>419
人格攻撃キタ━━━ !!

421 :名無し三等兵:05/03/02 22:31:11 ID:???
>>414
で、辻は戦犯として訴追される理由になった、華人虐殺について、公式に謝罪したことがあるのか?

422 :名無し三等兵:05/03/02 22:36:44 ID:???
辻の特異性は、戦犯としてよりも以前に仲間である日本の軍人を次々と死に追いやったという点だね。

423 :名無し三等兵:05/03/02 22:38:45 ID:???
確かに辻は最も強硬な対米開戦論者であり、対英米作戦の計画者であった。
しかし当時の我が国は、官民問わず、英米打倒論が主流であり、世論も支持していた。
一部対英米開戦に反対するものもいたが、そういう輩は辻たち陸軍統制派のみならず、
一般の国民からも「卑怯者」と罵倒されたというのが歴史の事実だ。そういう環境の下、
辻のとった行動は、当時の我が国においては、何ら責められるものではない。
戦後の我々日本人が、結果論で彼を批判するのは、それこそ卑怯である。

424 :名無し三等兵:05/03/02 22:41:38 ID:???
>>423
民間人の殺害は当時の基準でもダメダメなわけだが。
私物命令の乱発だって、最高刑は死刑の重罪だし。

425 :名無し三等兵:05/03/02 22:44:02 ID:???
賛否両論俎上にのぼるべき軍人は他にも何人もいるのに
辻ーんがこれほどまでに人気があるのは何ゆえであろうか。

426 :名無し三等兵:05/03/02 22:44:42 ID:???
>>421
>>424
>華人虐殺
>民間人の殺害

法的に責任追及するなら、何よりもまず証拠を示すのが常識です。

427 :名無し三等兵:05/03/02 22:51:23 ID:???
>>当時の我が国は、官民問わず、英米打倒論が主流であり、世論も支持していた。

これはどうかな? 対米強硬論が世論受けしていたのは排日移民法が成立した1920年代の話だ。

まして石油&クズ鉄資源の大部分を依存していた米国への開戦論を居酒屋談義以上のものととらえる国民は極少数だった。

428 :名無し三等兵:05/03/02 22:53:18 ID:???
>>420 シンガポールにある万骨柱は誰が建てたのかな?w

429 :名無し三等兵:05/03/02 23:10:43 ID:???
>>427
禁輸&在米資産凍結をくらった我が国が唯々諾々とアメリカ様の突きつけた要求を丸呑みせよ
などと当時の日本国民の多くは考えていたのかい?つまり我が国がシナからも撤兵せよと。

430 :名無し三等兵:05/03/02 23:36:43 ID:???
>>429 御前会議で米国領フィリピンの対岸にあるインドシナ南部への進出を決定したのが1941年7月2日。

その対価として対日禁輸をくらったのが8月1日、在米資産凍結をくらったのは7月25日。

その後11月26日に対日禁輸&資産凍結解除の条件として中国-満州国境以西からの撤兵を要求するハルノートが交付され、対米開戦は12月8日。

13日間で対米開戦を求める世論が盛り上がったとは、とんだ民主国家ですなw

431 :名無し三等兵:05/03/02 23:44:07 ID:???
当時は民主国家ではないね。
軍政でマスコミさへコントロールしていたので、
国民はだまされていた。

432 :名無し三等兵:05/03/02 23:52:50 ID:???
>>430
1940(昭和15)年の北部仏印進駐に対して米の屑鉄全面禁輸公表から
日米関係の悪化は始まってますよ。この頃から日米両国とも明白な
「戦争一歩手前政策」が採られています。日米交渉のプロセスをもっと
勉強すれば?

433 :名無し三等兵:05/03/02 23:54:23 ID:???
>>431
>当時は民主国家ではないね
そういう風に戦後の日本人は洗脳されました(笑)

434 :名無し三等兵:05/03/02 23:58:00 ID:???
>>1940年の北部仏印進駐に対して米の屑鉄全面禁輸公表

これも日本の行動に対する対価ですが、何か?w

インドシナ北部も米国領フィリピンの対岸にあるんですが、米国は自国領を保護するために必要な措置を段階的にとった訳ですが、それさえも許されない行為だとおっしゃるんでしょうか?ww

435 :名無し三等兵:05/03/03 00:01:45 ID:???
>>433 「戦前の日本は今と同じ民主国家だった」と よしりんに洗脳されたクチかな?

恥晒しだからウロウロすんなよw

436 :名無し三等兵:05/03/03 00:04:43 ID:???
>>435
何いきり立ってるの?
「戦前の日本は今と同じ民主国家だった」
なんてどこに書いた?日本語読めますか?(笑)

437 :名無し三等兵:05/03/03 00:12:27 ID:???
現在みたいに一般国民が情報に接することができなかったにせよ、
当時の我が国で新聞程度を読めるひとなら、
三国軍事同盟・大政翼賛会発足―新体制・南進政策
ぐらいのことはみんな知っていたでしょうに。

438 :名無し三等兵:05/03/03 01:05:19 ID:???
>>436
>そういう風に戦後の日本人は洗脳されました(笑)


439 :名無し三等兵:05/03/03 03:39:18 ID:QXA6TCuo
(昭和15年=1940年)当時の日本の報道言論はあげて、ドイツの絶対優勢を報道し、
論説し、各政党政派はあげて、親英米外交から枢軸外交(親独伊)への転換を決議したり、
要望したりいたしました。左翼政党たる社会大衆党ですら、戦後日本社会党の執行委員長
にもなった浅沼稲次郎氏らの代表が、中央執行委員会の決定した強硬な要望書を、
6月20日政府に提出いたしました。その中には「世界及び東亜新秩序建設のため
日独伊枢軸を強化すること。英米追随外交を清算し、日英・日米交渉を即時中止すること。
仏印経由の援蒋ルートを遮断し、実力を以て仏印当局の不誠実な敵性を放棄せしむるの
保障を確保すること」などが、含まれていたのであります。
                   瀬島龍三『大東亜戦争の実相』より
>>427
信じたくないかもしれないが、当時の我が国の世論は
やはり“対米英強硬論”であったというのが事実だよ。
ちなみに、アメリカのカリフォルニア州における日本人
排斥運動が起こったのは明治39(1906)年です。州議会が
日本移民入国禁止法を通過させたのもその頃のこと。

440 :名無し三等兵:05/03/03 03:49:41 ID:???
説に対して異論を唱える気はないが、ソースが瀬島龍三ってのはどうか


441 :名無し三等兵:05/03/03 04:07:30 ID:???
>>440
瀬島氏がかつてハーバード大で行った講演録だから内容は大丈夫だろう

442 :名無し三等兵:05/03/03 16:06:00 ID:???
>>431
>当時は民主国家ではないね。
>軍政でマスコミさへコントロールしていたので、
>国民はだまされていた。


こういう歴史観って、もろアカだなw
講座派マルクス主義歴史学ってか?

443 :名無し三等兵:05/03/03 17:02:42 ID:???
11:レッテル貼りをする



どうでもいいけど、偉大なる辻参謀への批判に対してファビョってる奴が
詭弁のガイドラインそのままなのはわざとやってるのか?

444 :名無し三等兵:05/03/03 17:40:49 ID:???
北陸人って火病患者率高くね〜? 辻〜んは半島系日本人という事でOK??

445 :名無し三等兵:05/03/03 17:59:47 ID:???
 我が国のマルクス主義歴史学で最も有力だった「講座派」は、
明治維新で成立した天皇を中心とする国家体制を、ヨーロッパ世界
における中世封建社会末期、つまり絶対主義王制に相当すると判定
した。大東亜戦争敗戦以前の我が国は近代ではなく、中世末期の
状態にあり、フランス革命が典型を示したブルジョア民主革命の
前段階に過ぎないと大真面目に考えていた。

 我が国には未だ階級闘争による抑圧階級の勝利がないから近代
ではない、そう規定する限りにおいて、明治、大正、戦前期昭和
に対する歴史的評価は低いものにならざるを得ない。講座派の連中
はまた、明治維新以後、天皇制絶対主義王制をブルジョア階級が
打倒しなければならなかったのに、明治憲法下の国家権力は強力で、
自由民権運動などの革新勢力を抑圧したため、我が国では革命が
成就しなかったと盛んに主張した。

 ところが戦後、占領軍が我が国をブルジョア民主主義社会に変えた
という誤解が我が国に広まったことで、講座派の説く荒唐無稽な説明が
説得力を持ったかのように見えた時期があった。明治から大東亜戦争の
敗北までの我が国は、封建遺制にまみれた社会であり、それが野蛮な
軍国主義、侵略主義とあいまって世界大戦の悲惨を招いたのだと。
しかし、講座派の理論を基礎にしているこのような歴史の理解は、
共産主義国家群の自滅という歴史的事実を見れば明らかのように、
壮大な妄想に過ぎなかったわけだ。

446 :名無し三等兵:05/03/03 18:09:23 ID:???
↑ついにコピペに堕ちたかw

447 :名無し三等兵:05/03/03 18:10:56 ID:???
辻政信批判じたい彼への人格攻撃の域を出ていないわけだが(笑)

448 :名無し三等兵:05/03/03 18:12:53 ID:???
>>446
辻批判者=アカについては反論しないのか?(笑)


449 :名無し三等兵:05/03/03 18:27:38 ID:???
>>447
ノモンハンでの暴走
華僑虐殺
捕虜虐殺命令


450 :名無し三等兵:05/03/03 18:34:48 ID:???
>>443

レッテル貼りをする、と指摘する自分が

>ファビョってる

ってレッテル貼りしていることに気づいていないんだろうか?

おそろしく頭がわるいなw

451 :名無し三等兵:05/03/03 18:38:49 ID:???
>>449
信憑性のある証拠は?

>華僑虐殺
>捕虜虐殺命令

↑真実なら、帰国後間違いなく責任追及されたはずだが。

452 :名無し三等兵:05/03/03 18:55:39 ID:???
>>450
ファビョっているというのは行動を表しているのであって
レッテル貼りとは異なるということすらわからんのか

453 :名無し三等兵:05/03/03 19:07:35 ID:???
>>452

レッテルを貼る
一方的に或る評価・判断を下す。

もっと国語の勉強して来い。カス。
知能レベルの低い軍ヲタはどっか行け。

>>449
証拠もないのに話を捏造する手法は朝日新聞と一緒ですな(笑)



454 :名無し三等兵:05/03/03 19:08:19 ID:???
>>453
そういう行動をファビョってるっていうんだが

455 :名無し三等兵:05/03/03 19:12:23 ID:???
>>454
ことばの意味をわかってから書き込め。バカ。

456 :名無し三等兵:05/03/03 19:17:55 ID:???
ageの人、なんか嫌なことあったの?

457 :名無し三等兵:05/03/03 20:05:01 ID:???
日米戦争前夜、わが国の要路にある人から国民一般まで、
「対英米強硬論」が大勢であったのは動かぬ事実です。
このことを指摘され、その反論の要旨であるところが、
「国民は軍部に騙されていた」程度ではあまりにも稚拙です。

このような強弁は、最近のわが国でも見受けられました。
北朝鮮による拉致事件について、旧社会党のひとたちは、
たしか「反動右翼によるでっちあげ」と言い放っていました。
ところが実際に事件が明るみになるや否や、驚くなかれ、
「われわれも共和国に騙されていた」と。

こういう恥知らずな日本人に対して、わたしは軽蔑の感情を
持つことを禁じ得ません。

458 :名無し三等兵:05/03/03 20:21:14 ID:???
辻擁護から話ズレすぎ

459 :名無し三等兵:05/03/03 21:15:47 ID:???
仮にマルクス主義に立脚した歴史観が正しいとしよう。
そうすると、辻政信は帝国主義戦争を主導した一員として
糾弾されるのは当然である。しかし、当時の日本人もまた、
無知ゆえに軍国主義者に騙されて、帝国主義戦争に協力した
わけであるから、戦後のわれら「地球市民」からすれば、
戦前のわれらが父祖らもまた、同様に糾弾されるべきであり、
辻政信の拙劣な作戦によって、多数の日本将兵が命を落としたことも、
帝国主義戦争に手を貸したことの自業自得といえるのではないか。

460 :名無し三等兵:05/03/03 21:25:01 ID:???
マルクス主義に立脚した歴史観ねぇ・・・
まさか本気で煽ってるとは思わんが

461 :名無し三等兵:05/03/03 22:18:13 ID:???
なんか辻の噺から随分ズレたね〜、粘着ご苦労w

462 :名無し三等兵:05/03/04 01:48:52 ID:???
辻君にもね、親類縁者がいたんだから
その中には一人くらい身内を弁護する人もいるだろうサ。

せめてここでくらい、いっぱい辻君を弁護させてもいいんじゃないの?
それが血縁の者の勤めと思っているかもしれないんだよ。可哀想だけど…

463 :名無し三等兵:05/03/04 02:43:42 ID:???
やっぱ文房具屋の大将の身内かw

464 :名無し三等兵:05/03/04 04:10:59 ID:???
まあ、ドイツの快進撃をみて
英米与し易し、と思った当時の日本人を
今の日本人が責めるのは確かに「後出しジャンケン」だがね

465 :名無し三等兵:05/03/04 05:15:15 ID:???
とはいえ当時においてさえも、
英米の方が強い、相手してはならない、
中国に深入りしてはいけない。
そう主張した少数派は存在したからね。

タックマン女史の「愚行」の定義には当てはまる。

466 :名無し三等兵:05/03/04 05:27:16 ID:???
>>465
山本五十六みたいな日本人が多数派だったなら
そりゃ日米戦争はなかったかもしれない。
でもこういうありえない仮定をするのはどうかと思うよ。

467 :名無し三等兵:05/03/04 05:53:27 ID:SD5RBBDF
ノモンハンの戦いについて、我が軍の敗北の決定的な原因といえば、
参謀の立案した作戦の巧拙ということよりむしろ、もっと重大な問題
である軍備の近代化の遅れということを指摘できよう。したがって、
辻政信氏のみに責めを負わしめるのは酷というものであろう。

468 :名無し三等兵:05/03/04 06:07:19 ID:???
>>467
大本営の命令を無視したのは?

469 :名無し三等兵:05/03/04 09:04:34 ID:7wc7COwe
>>468
命令無視の先達はかの石原なんだが。

辻は石原の真似をしてのし上がったのかな?

470 :名無し三等兵:05/03/04 09:24:54 ID:6x4KXBwf
ウハwww親戚にA級戦犯がいるよwww「無罪放免にされたから大丈夫」とかじゃないよwwwwデラワロスwwwwwwww

471 :名無し三等兵:05/03/04 09:31:17 ID:???
>>470
A級 >> B級 とかって思ってないか?

472 :名無し三等兵:05/03/04 09:45:29 ID:???
日本がアメリカに譲歩して、枢軸陣営から離脱し、
中国、仏印から撤兵し、中国の門戸開放・機会均等
を認めるなんてことは、陸軍だけでなく日本国民が許すはずがない。
日本が中国大陸でどれだけ犠牲を払ったのかをアメリカが
知らないわけないし、あの時日米交渉をまとめたところで
遅かれ早かれ日米戦争は起こっていた。だから結果論でいっても、
陸軍の対米強硬派の見識は、何ら問題はない。当然、辻政信も正しい。

473 :名無し三等兵:05/03/04 10:29:20 ID:???
日米交渉の破綻の背景の説明から、どうして辻政信が正しいという結論が出てくるのか、さっぱり分からん。

474 :名無し三等兵:05/03/04 10:45:10 ID:???
戦争回避が難しいなら、海軍みたいにモタモタするより、早いうちにアメリカに一発かましてやるという陸軍の考え方のほうが、道理にかなっているということだろう

475 :名無し三等兵:05/03/04 10:52:09 ID:???
兵は拙速を尊ぶっていうからな

476 :名無し三等兵:05/03/04 10:53:18 ID:???
>>467 ノモンハンでの敗因は彼我の陸戦戦力差にあるのは明白だが、戦力差を無視した紛争対処方針を厳命し、あたら自軍の損害を拡大させ なおかつ前線指揮官にのみ責を負わせた辻の罪は重い。

477 :名無し三等兵:05/03/04 10:59:23 ID:???
>>472 国家/戦争/社会資本継続の資源供給を頼っていた国に対して奇襲攻撃を以って開戦するなど、マトモな国家の対外政策として ありえない選択であるw

あの犯罪国家 北朝鮮でさえ、自国の生命線である日本に対して悪口雑言を吐きつつも、開戦などしていない。

478 :名無し三等兵:05/03/04 11:01:21 ID:???
>>477
まあ、既に石油が禁輸されていたわけだが。

479 :名無し三等兵:05/03/04 11:24:34 ID:???
そうそう。石油をストップすること=戦争になるというのは常識。


480 :名無し三等兵:05/03/04 11:26:28 ID:???
自軍の活動で禁輸されちゃった訳だがw

当時の日本には課せられた対価が自分の行動の結果だという点が理解できていなかったようだが...
対外折衝能力は北朝鮮以下だったかもしれんなww

481 :名無し三等兵:05/03/04 11:28:28 ID:???
>>477
北鮮とあの頃の日本を同列に論じるところがド素人の考えだわな(笑)

482 :名無し三等兵:05/03/04 11:49:56 ID:???
よく似てるよ、ホント親子だもんねw

483 :名無し三等兵:05/03/04 11:56:03 ID:???
米国からの石油をストップされる=日本の軍事活動が制約を受ける という事であって、ストップされた側の選択は自軍の活動自粛/代替石油購入先の模索/代用石油の開発といくらでも選択肢が存在する。

しかも、現代日本に比して当時の日本では石炭資源への依存度が高いエネルギー革命前の社会構造である。

石油をストップすること=戦争 というのは最悪の思考経路であり、現在の北朝鮮以下である。

484 :名無し三等兵:05/03/04 12:12:58 ID:???
石炭で軍艦も飛行機も動かせないよ

485 :名無し三等兵:05/03/04 12:20:22 ID:???
自然科学者であり近代的合理精神の持ち主だった昭和天皇が、対米開戦決定に際して詠んだ「四方の海 みな同朋と 思ふ世に など波風の たちさわぐらむ」に期する心がなかったとすれば、もののふとしてあまりに未熟であろう。

486 :名無し三等兵:05/03/04 12:46:00 ID:???
>>石炭で軍艦も飛行機も動かせないよ

当たり前の事だが、対米開戦すると 恐れ入って米国が石油輸出を再開してくれる訳ではない。

新規に獲得し得る石油資源は 盟国ドイツに占領されたオランダの植民地で直線距離では日本から遥かに離れたスマトラ島のパレンバンに存在するのみだった。

この油田を確保し原油を日本へ搬出するためには、
1. 英国東洋艦隊と陸軍の在するマレー/シンガポール要塞を突破
2. 後背を突く恐れのある米国太平洋艦隊と米国領フィリピンの陸軍を無力化
3. オーストラリアを根拠地とする豪州連合軍と英国空軍を殲滅
させなければならない。

その対価としては、米国を2次大戦に参戦させ、盟国ドイツの立場を悪化させ、インドに及ぶ全英軍を敵に廻し、対ソ北進を無期限中断してソ連の中立維持を懇願する、という困難を抱え込む事になった。

これでは困難&失うものが多すぎると判断するのが常識だw

そのために 自軍の活動自粛/代替石油購入先の模索/代用石油の開発 etc といった当たり前の選択肢があった訳だが、まるで検討せずに対米開戦という結論に収斂したのが不思議ではある。

やはり北朝鮮並みの奇怪な思考経路にとらわれていたとしか考えられない。精神鑑定の対象であろう。

487 :名無し三等兵:05/03/04 12:49:49 ID:???
結局アメリカに泣き寝入りするしかないってことじゃねーかよ

488 :名無し三等兵:05/03/04 12:50:36 ID:???
日蘭会商を蹴ったのは信じられない愚行だ。

489 :名無し三等兵:05/03/04 12:59:24 ID:???
アメリカの軍門に降ることで日本は繁栄を取り戻した。
英霊に日々感謝してわれわれは生きていかねばならないよ。

490 :名無し三等兵:05/03/04 13:00:45 ID:???
>>487 米国に一時的に頭を下げて、力を蓄えてから捲土重来を期す とは考えずに、大陸派兵でさえ精一杯なのに対米開戦で自爆...

これでは北朝鮮以下としか言いようがないw

491 :名無し三等兵:05/03/04 13:03:20 ID:???
>>489 相手が米国で本当に良かった。相手がソ連やら英国なら、いまごろフィリピン/ベトナム程度の生活水準で、ひーひー言いながら生活してただろうw

492 :名無し三等兵:05/03/04 13:06:08 ID:???
>>英霊に日々感謝して

そう、だからこそ多くの先達をムダ死にさせた辻の罪業を、未来永劫 語り継ぐ必要があるんだよ。

493 :名無し三等兵:05/03/04 13:10:03 ID:???
辻は日本人をたくさん殺すために陸軍中枢に送り込まれたアメリカのスパイという説がある

494 :名無し三等兵:05/03/04 13:10:47 ID:???
なまじ植民地があると瀬戸際外交も出来ないもんだ。

495 :名無し三等兵:05/03/04 13:12:28 ID:???
>>493
だから生きて帰ってこれたのか!

496 :名無し三等兵:05/03/04 13:57:57 ID:???
>>466
戦争は無くても無謀なギャンブルするんなら手におえないぞ…

まあ、そういうつもりで言ってるんじゃないだろうけど。認識のことかな

497 :名無し三等兵:05/03/04 14:11:07 ID:???
>>493 そうか、それで日本に密入国してからGHQのウィロビー機関に匿われたのかw

498 :名無し三等兵:05/03/04 14:52:33 ID:???
>>493
なんか色々納得できるんですけど・・・

499 :名無し三等兵:05/03/04 19:16:19 ID:???
>>478
>>477
> 資源供給を頼っていた国に対して奇襲攻撃を以って開戦
に対して、「もう、頼りにならない状態だった」という意味だったんだが…
禁輸=開戦ととられたのか…orz

500 :名無し三等兵:05/03/04 21:55:43 ID:???
北朝鮮の外交能力おまいら低く見すぎてないか。どう考えても大日本帝国よりはるかに上だぞ。
…まぁ、国家意思の決定能力が一本化されてるだけと言えばそれまでと言うか、その程度一本化しろ「日本」と言うか。

501 :名無し三等兵:05/03/04 22:26:40 ID:???
日本みたいな外交下手の代名詞みたいな国と比較したら失礼だろ(笑

502 :名無し三等兵:05/03/05 01:14:12 ID:???
>>500
確かに。
イラクと違ってうまくやってるね。
あーだこーだと引っかき回して譲歩引き出したり。


…しかし話がどんどん辻たんから逸れていく

503 :名無し三等兵:05/03/05 02:25:00 ID:???
蘭印の油田地帯を北印度シナと同様に押さえてしまえば、
少なくとも日本から開戦するという汚名を避けられたはず。

504 :名無し三等兵:05/03/05 02:49:27 ID:???
辻がアンポンタンでダメダメなのはFA?

505 :名無し三等兵:05/03/05 03:43:49 ID:8rXhTAsE
おまいらはどうして満州事変が起こったのか、わかっているのか?
戦争に負けて、何でもかんでも日本が悪いことになっているから、
真相のほどをよく知らんのだろうが、ワシントン体制という国際協調の枠組を
ぶっ壊したのは、他でもない?介石のシナが日本の権益を脅かしたからだ。
国民党指導の下、シナに在留する日本人、特に婦女子に対して唾を吐いたり、
投石したり、乱暴したりなどの排日侮日運動が行われたわけだ。昨年のアジアカップ
の様子を見ても想像がつくだろう。困惑した在留邦人がすがったのが関東軍というわけだ。
ここまで書けば、いかに当時の日本人が関東軍を信頼していたか、頼りにしていたかが
わかると思う。その関東軍にあって当時少佐であったわれらが辻政信氏は、
第一次上海事変いらいシナ各地で大活躍し、関東軍そして満州国に最も精通した一人だった。
当時の日本人からみれば、神のような存在だったわけだ。おまいらももっと辻政信氏を
尊敬しなさい。

506 :名無し三等兵:05/03/05 03:46:14 ID:???
変な改行なのにたてよみなしかよ


辻政信に対する苦情を乗り越えていくスレ

507 :名無し三等兵:05/03/05 03:47:31 ID:???
>>504
いや、有能なのは間違いないだろう。
その方向性が・・・というだけで。

508 :名無し三等兵:05/03/05 03:49:54 ID:???
>>505
「当時の日本人」には「神のような存在」かもしれないが、
それをもって「現代の日本人」が辻政信氏尊敬せねばならぬ理由にはならない。

509 :名無し三等兵:05/03/05 03:52:02 ID:???
>>508
すごいなおまい

あれを全部読んだのかよ

510 :名無し三等兵:05/03/05 03:53:29 ID:???
>>509
文盲でつか?

511 :名無し三等兵:05/03/05 04:23:34 ID:???
そもそも日本人が中国へ利権を求めて侵略したのが始まり。
欧州に負けじと、隣国という立地条件から大挙派兵し、
ナンチャッテ事件を中国のせいにして領土を増やさんとしたのが関東軍。
逆に中国への派兵無く、友好的な交流を行っていれば、
>>505が言うような時間はなかったろうね。

512 :名無し三等兵:05/03/05 04:26:44 ID:???
ワシントン体制という国際協調の枠組の破綻は
 革命外交をやった国民党政府
 革命外交を容認した米国政府
 政策をふらふらさせた英国政府
 満蒙勢力圏外交に固執した日本政府
 横槍入れ続けたソ連政府 
みんなで作りあげたものですが



513 :名無し三等兵:05/03/05 04:40:44 ID:???
後知恵で言うとすれば、日本はアメリカと協調して
シナを分割すればよかったのに、とつくづく思う。
赤化しなくて済んだかもしれんし。

514 :名無し三等兵:05/03/05 06:26:28 ID:???
>>512 そして貧乏クジを引かされたのは、そんな大陸で英国の番犬役を解除されて野良犬となった大日本帝國でしたw

515 :名無し三等兵:05/03/05 06:41:14 ID:???
>>513
今まさにそのチャンス到来かも。
史上最高の日米蜜月時代の今こそ
不遜なるシナに鷹懲の鉄槌を下すときだね。

516 :名無し三等兵:05/03/05 06:48:00 ID:???
米国がその気にならないとねw 米国にとって中国は儲かる場所だから。

517 :名無し三等兵:05/03/05 10:11:47 ID:???
極東の憲兵としての日本が復活しつつあるね。

518 :名無し三等兵:05/03/05 10:19:26 ID:???
世界の警察(笑
極東の憲兵(笑

519 :名無し三等兵:05/03/05 10:50:34 ID:???
辻政信ら陸軍の統制派が構想した「高度国防国家」は
60年の時を経て、ようやく現出しているのかもしれない。
おそるべし、帝国陸軍!
辻政信、万歳!

229 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)