5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

妹に、飛行機を見につれてけと言われています。

1 :名無し三等兵:2005/05/21(土) 18:41:35 ID:EL3Kaxn+
やあ (´・ω・`)

ようこそ、第一機動部隊へ。
この酒は開いた酒保から持ってきたから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

うん、「また」なんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

でも、このスレタイを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「ぬっころすぞ、南雲」みたいなものを感じてくれたと思う。
水雷屋を空母部隊の司令にしちゃった世の中で、そういう気持ちを忘れな
いで欲しい、そう思って このスレを立てたんだ。


じゃあ、打電しようか

「飛龍ハ健在ナリ」

2 :一等自営業 ◆JYO8gZHKO. :2005/05/21(土) 18:42:33 ID:???
2!

3 :名無し三等兵:2005/05/21(土) 18:43:55 ID:9WLZdY2+
>>2オメコ、もとい、オメガ!

4 :名無し三等兵:2005/05/21(土) 18:45:29 ID:???
阻止委員会はシベリア行きだ!

5 :名無し三等兵:2005/05/21(土) 18:47:56 ID:???
スピード・マスタ持ってます。
これがあれば、ミッドウェーでは勝ってたでしょう。

6 :名無し三等兵:2005/05/21(土) 18:48:11 ID:???
    |┃三     , -.―――--.、
    |┃三    ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ
    |┃    .i;}'       "ミ;;;;:}
    |┃    |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:|
    |┃ ≡  |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;|
    |┃    |  ー' | ` -     ト'{
    |┃   .「|   イ_i _ >、     }〉}     _________
    |┃三  `{| _;;iill|||;|||llii;;,>、 .!-'   /
    |┃     |    ='"     |    <  話は聞かせてもらった! 
    |┃      i゙ 、_  ゙,,,  ,, ' {     \   阻止委員会はシベリア逝きだ!
    |┃    丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ     \
    |┃ ≡'"~ヽ  \、_;;,..-" _ ,i`ー-     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃     ヽ、oヽ/ \  /o/  |    ガラッ


7 :名無し三等兵:2005/05/21(土) 18:49:31 ID:???
閣下に川崎駅前のメンチカツをおごって頂ける日を、心待ちにしております。

8 :研究助手:2005/05/21(土) 18:58:25 ID:???
閣下と町田駅前で一杯やれる日を心待ちにしとおります。

9 :名無し三等兵:2005/05/21(土) 19:00:15 ID:???
閣下と聖マリアンヌ病院で同室になる日を、心待ちにしております。

10 :名無し三等兵:2005/05/21(土) 19:57:43 ID:???
バーボンを閣下がげttした。wwwwwwwwwwww

11 :名無し三等兵:2005/05/23(月) 23:52:26 ID:???
おぉ閣下が2getされてる。

12 :名無し三等兵:2005/05/26(木) 21:38:34 ID:???
飛行機くらい見せてやれよ

13 :名無し三等兵:2005/06/09(木) 14:18:06 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……F-108レイピアに護衛されて飛ぶXB-70ヴァルキリーが見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww無理wwwwwwwwww

14 :名無し三等兵:2005/06/09(木) 15:05:58 ID:???
ちょwwwwwおまwwwwwww

15 :名無し三等兵:2005/06/09(木) 15:17:14 ID:???
>>13
不覚にもワラタ

16 :名無し三等兵:2005/06/09(木) 18:24:11 ID:???
>>13
どんな妹だよw

17 :名無し三等兵:2005/06/09(木) 19:00:32 ID:???
縛の彼女(年上)もベッドの中でぽつりと

「あー・・・Yak-141を満載した改キエフ級を見てみたい」

と艶っぽい声で呟いたことが

















あったらいいような嫌なような

18 :名無し三等兵:2005/06/09(木) 19:19:20 ID:???
妹「スーパーセーバー、ブゥードゥー、デルタダガー〜♪」
俺「……(テレビ見てる)」
妹「スーパーセーバー、ブゥードゥー、デルタダガー……兄ちゃん」
俺「んー?」
妹「スーパーセーバー、ブゥードゥー、デルタダガー」
俺「スターファイター、サンダーチーフ、デルタダート」
妹「おー。スターファイター、サンダーチーフ、デルタダート〜♪」

18にもなって。オタクなのはお前さんだ。
しかしおかんもそうだが、やっぱり女は料理してる最中にセンチュリーシリーズの
こと考えるもんなのか?


19 :名無し三等兵:2005/06/09(木) 19:35:32 ID:???
>>18
詳しくキリキリ語れ。


20 :名無し三等兵:2005/06/09(木) 19:53:10 ID:???
>>17
あるあるw

21 :名無し三等兵:2005/06/09(木) 20:23:13 ID:???
>>20
ねーよwww

22 :名無し三等兵:2005/06/09(木) 20:25:37 ID:???
センチュリーはないだろ。グラマン幽霊シリーズを好む
女性が多いってSPAに書いてあったぞ。

23 :名無し三等兵:2005/06/09(木) 20:33:00 ID:???
最も嫌いな飛行機ベスト10は

24 :名無し三等兵:2005/06/09(木) 20:36:50 ID:???
キャバクラ嬢は中国機を嫌うことが多いそうだ。
間違ってもJ10やFC1の話題を出してはいけない。

25 :名無し三等兵:2005/06/09(木) 20:44:41 ID:???
殲撃10で反応したらそれはそれで嫌だな・・・w

26 :名無し三等兵:2005/06/09(木) 20:49:18 ID:tvaoNvVz
ファントムライダーで妹がナビ。
そしてデブリーフィングで兄のミスを散々罵倒されるツンデレ妹。

27 :名無し三等兵:2005/06/09(木) 22:27:17 ID:???
何年か前、兄が在韓米軍のバイパーライダー、妹が嘉手納の
イーグルドライバーってのが実際にあったね。DACTで兄ちゃん
に勝てなかったそうだ。

28 :名無し三等兵:2005/06/09(木) 23:53:15 ID:???
>>27

無知で申し訳ないが米軍は女性パイロットを戦闘職種につけて
実戦配備してるのか?

29 :27:2005/06/10(金) 07:44:45 ID:???
そだよ、戦闘職種は確か90年代中頃位からかな?

今じゃ1飛行隊に1〜2人は普通に居るね。

30 :名無し三等兵:2005/06/10(金) 22:44:24 ID:???
キューンキューン  キューンキューン
私は パイロット
キラリ輝って 急降下 ゴーと噴かして 急上昇


31 :名無し三等兵:2005/06/11(土) 02:01:14 ID:???
私は パイロット×
私の彼はパイロット○

32 :名無し三等兵:2005/06/11(土) 07:11:08 ID:???
ヤーチャイカ
ヤーオリョール

33 :名無し三等兵:2005/06/11(土) 09:09:27 ID:???
>>31
>>28-29


34 :名無し三等兵:2005/06/11(土) 09:24:25 ID:???
私は鴎ファソ

35 :名無し三等兵:2005/06/11(土) 09:37:30 ID:???
マジレスをするとF-5やF-20には女性ファンが結構いたらしい。

36 :名無し三等兵:2005/06/11(土) 10:12:05 ID:???
A-10好きの婦女子もいたよ

37 :名無し三等兵:2005/06/11(土) 11:00:54 ID:???
「あどけない話」
妹は空自に飛行機が無いという、
ほんとの飛行機が見たいという。
私は驚いて空自HPを見る。
F-15JとF-2Aの間に在るのは、
切っても切れない
むかしなじみのグラマラスなF-4EJ改だ。
うすけむりの空を飛ぶE-2Cの次は
富士を背にした優美なE-767だ。
妹は写真を見ながら言う、
カリフォルニアの青い空の上を
コンプレッションリフトに乗って飛ぶ白い飛行機が
妹のほんとの飛行機だという。
あどけない飛行機の話である。


38 :名無し三等兵:2005/06/11(土) 11:49:19 ID:???
>>37
智恵子抄みたいで切なくて泣けた。(;´Д⊂)
でもコンプレッションリフトは(・∀・)イイ!


39 :名無し三等兵:2005/06/11(土) 12:07:24 ID:???
>>35

それは腐女子だろ。

40 :名無し三等兵:2005/06/11(土) 14:44:24 ID:???
>>37
なんでこの妹はそんなにヴァルキリー好きなんだw

41 :名無し三等兵:2005/06/11(土) 14:48:27 ID:???
>>40 いいなあ・・・、いややはりイクナイ。

42 :名無し三等兵:2005/06/11(土) 16:46:03 ID:???
>>40
その孤高なれど不幸な人生(?)に自分を重ねて・・・



・゚(ノД`)・゚・。

43 :名無し三等兵:2005/06/11(土) 17:00:13 ID:sMFwvG8j
眠る妹の横顔を見ていた
もう1年以上外に出ていない
透けるように白い顔だ
静かな寝息がつとうめき声に変わった
「来ないで、それ以上寄らないで…」
悪夢にうなされているのか
いやいやをするように顔を振るたび
長い黒髪が左右に振れる
「まるよんが、まるよんが…」

44 :名無し三等兵:2005/06/11(土) 17:04:11 ID:???
C計画のことかー

45 :名無し三等兵:2005/06/11(土) 17:09:49 ID:???
>>43
ペタワロスwww

46 :名無し三等兵:2005/06/11(土) 17:46:48 ID:???
薄幸の少女=「B」-70
なんですね...。

47 :名無し三等兵:2005/06/11(土) 18:41:54 ID:???
>>43
妹さんはあっちの世界に逝ってしまわれたのでつね。


いやむしろこっちの世界に来ちゃったのかな?w

48 :名無し三等兵:2005/06/11(土) 18:59:03 ID:???
軍ヲタ兄妹…

49 :名無し三等兵:2005/06/11(土) 19:20:45 ID:???
我が妹は「レオン」を見たとき
「あの角度から狙撃をしようとしたら、太陽光がスコープに反射して発見されてしまう」
なんてことを言っていた。リアルで。

50 :名無し三等兵:2005/06/11(土) 21:04:08 ID:???
>>49
それは注意したほうがいいな。 ゴルゴ板ができたらコテハンになっちゃうかもしれんw

51 :名無し三等兵:2005/06/11(土) 21:15:54 ID:???
妹「・・・・・・用件を聞こうか」
妹「・・・・・・俺の後ろに立つな」

52 :名無し三等兵:2005/06/11(土) 23:43:45 ID:???
後ろに立てば妹さんに殴ってもらえるんですね!!!!!!!!1!!!!!

53 :名無し三等兵:2005/06/11(土) 23:56:50 ID:???
>>52
蹴ってくれなきゃヤダ

54 :名無し三等兵:2005/06/12(日) 00:08:17 ID:???
>>53
ヒント:ラダーペダル

55 :眼鏡伍長閣下 ◆SEBUhSQF9U :2005/06/12(日) 01:32:05 ID:???
嫌な予感がしてスレをクリックしなかったのだが…誘惑に負けてしまった…



56 :名無し三等兵:2005/06/12(日) 03:20:58 ID:???
まず息子に羽をつけてだな

57 :名無し三等兵:2005/06/12(日) 08:23:50 ID:???
>>52
撲殺天使?

58 :名無し三等兵:2005/06/12(日) 17:53:37 ID:???
>57
うむ、あれはよい歌だ

59 :名無し三等兵:2005/06/13(月) 00:47:32 ID:???
>>38
つか、まんま智恵子抄の改変じゃねーか
久々にいいもん見たがw

60 :名無し三等兵:2005/06/13(月) 23:48:12 ID:???
おー、こんなところに伍長の足跡が・・・・
もう来ないだろうけど

61 :名無し三等兵:2005/06/17(金) 22:50:50 ID:???
あしたは

ヴァルキリーに逢える

最初のとこ、ちょこっとだけ

ヒント:04

62 :名無し三等兵:2005/06/18(土) 00:41:31 ID:???
今日

ヴァルキリーに逢える

最初のとこ、ちょこっとだけ

ヒント:<<モビウス1、ミッソー!ミッソー!!>>

63 :名無し三等兵:2005/06/18(土) 00:54:32 ID:???
0256時

オペレーションスタートですよ

64 ::2005/06/18(土) 02:29:42 ID:???
あの、初めまして。
今日XB-70が見られると伺ったのですが、どちらにいけばいいのでしょうか?
F-108も見られますでしょうか?

65 ::2005/06/18(土) 02:44:12 ID:???
>>216
それは反則だろうwww
俺ならティファ、不知火舞、霞、ジルとヤりたいな。
つか、泣き叫ぶのを横っ面ビンタしたりケリいれレイプして俺のザーメンでまみれさせてやりたいw
無理やり中出しして泣き喚く姿を見るのもいいなwww

66 :名無し三等兵:2005/06/18(土) 05:25:19 ID:QUA1inWp
なんか凄い妹ですね。
キモイから二度と来ないでください。

67 :名無し三等兵:2005/06/18(土) 09:50:25 ID:???
全然バーボンハウスになってないしw

68 :名無し三等兵:2005/06/18(土) 11:07:52 ID:???
>>65
ぶち壊しだな…

69 :名無し三等兵:2005/06/18(土) 12:03:26 ID:???
>>64-65
誤爆でぶち壊しwwwwwwっうぇっうぇww
テラワロスwwwwwwww


70 :名無し三等兵:2005/06/18(土) 12:32:44 ID:???
ここを見てるかもしれない妹さんへ

TSR-2はどうかなぁ

71 :名無し三等兵:2005/06/18(土) 13:07:00 ID:???
>>65はふたなり


72 :名無し三等兵:2005/06/18(土) 13:08:45 ID:???
ミリキュア

73 ::2005/06/18(土) 13:10:57 ID:???
>>216
それは反則だろうwww
俺ならティファ、不知火舞、霞、ジルとヤりたいな。
つか、泣き叫ぶのを横っ面ビンタしたりケリいれレイプして俺のザーメンでまみれさせてやりたいw
無理やり中出しして泣き喚く姿を見るのもいいなwww

74 :名無し三等兵:2005/06/18(土) 20:08:22 ID:???
>>70
BAC TSR.2は素敵な飛行機ですね。
主翼が不思議なかたちをしていますし、長い機首が鶴のようで見ていて飽きません。
TSR.2の話をしたら兄が
「エンジンはもったいないからコンコルドに使い回した」とか
「実は少数の機体が極秘に生産されて流星を打ち落とす任務についていた」とか
言っていましたが本当でしょうか?
兄はときどき嘘をつくので信用できません。

75 :名無し三等兵:2005/06/18(土) 22:14:05 ID:???
顔もスタイルもよく、男性に非常にモテる女友達がいます。
僕とはいわゆる友情どまりなのですが、この前携帯に電話
がかかってきました。
声からするととても酔っており、そういえば飲み会があるとか
言ってたな、などと思いながら何か勢いよくまくしたてるのを
聞いていたんですが、悔しい、悔しい、と半分泣きながら言う
んです。
「どうしたの?」と聞いたら…

「なんで皆キャンベラの機首席の魅力が解らないのよっ!!」





無理w

76 :名無し三等兵:2005/06/18(土) 23:06:55 ID:???
マイナス200点

77 :名無し三等兵:2005/06/19(日) 09:58:17 ID:???
機首の魅力なら
E-2に勝るものはない

78 :名無し三等兵:2005/06/19(日) 14:01:21 ID:???
>>75
貴様はそうやってデ・ハヴィランド シーベノムのコクピットも愚弄する気か!?
うんこめ!







orz

79 :名無し三等兵:2005/06/19(日) 20:19:12 ID:???
E-2のカリ高について語ってくれよぅ

80 :名無し三等兵:2005/06/19(日) 20:46:04 ID:???
C-141Bのカリには勝てない!

81 :名無し三等兵:2005/06/19(日) 23:33:50 ID:???
US1Aが案外カリ高な件について

82 :名無し三等兵:2005/06/20(月) 00:42:05 ID:???
>>81
それを使ってネタを作らないと。

83 :名無し三等兵:2005/06/20(月) 01:02:40 ID:???
やっぱりB-747が反りといい・・・・

84 :名無し三等兵:2005/06/20(月) 01:10:22 ID:???
EC−1の変態さにはかなわないな
ttp://www.globalsecurity.org/military/world/japan/images/ec-1-s.jpg

85 :名無し三等兵:2005/06/20(月) 01:41:51 ID:7F3A4cnw
こっちの方がすごい
EC-135N
http://www.amtechmodels.com/images/ec135_374_if.jpg

86 :名無し三等兵:2005/06/20(月) 01:47:59 ID:???
「まんまんみてちんちんおっき」

87 :名無し三等兵:2005/06/20(月) 21:03:21 ID:???
鼻でかいヤシあそこもでかい

88 :名無し三等兵:2005/06/21(火) 12:35:49 ID:???
88なら末広がりを喜びながら柏原芳恵とセックスできる。




89 :名無し三等兵:2005/06/21(火) 20:03:35 ID:qfdJ74TH
軍事とは関係ないのですが、セスナにのりたいと思っています。教習はどこで受けれますか?また、いくらかかりますか?

90 :名無し三等兵:2005/06/21(火) 20:12:01 ID:???
>>89
ttp://allabout.co.jp/travel/airplane/subject/msub_way-to-pilot_1.htm

91 :名無し三等兵:2005/06/21(火) 22:06:17 ID:???
T4のコックピットで妹とSEXしたいのですけど・・・・・・
入間基地に侵入したらすぐばれますか?

なんかベンチ置いてあると子から見てると犬がいるくらいでガード甘そうだけど

92 :名無し三等兵:2005/06/22(水) 17:27:12 ID:7bx+zrbc
>>13を改変してみる

病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……B29を撃墜する震電が見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww無理wwwwwwwwww


93 :名無し三等兵:2005/06/22(水) 17:39:09 ID:???
こんなの見つけた


妹の夢をかなえるべく、四方八方に走り回った結果、XB-70とF-108のランデブー飛行が見れる場所があることが判明した。
俺は、「今動かしたらだめだ」という医者の制止を振り切り、今、その場所へ来ている。
「さぁ、空を見てごらん」
空を見上げるとそこには、紛れもなくヴァルキリーとレイピアが並んで飛行していた。
「おにいちゃん・・・あれがヴァルキリーとレイピアなんだね・・・まるで夢のよう、これって夢じゃないんだよね」
息は荒いながらも、懸命に空を見上げる妹・・・
「ああ、夢じゃないさ、これは本当のことだよ」
「あぁ・・・本当に・・本当に見られるなんて・・・」
「これでいいか?夢はかなったか?」
「うん・・私・・もう・・・」
もはや、息の間隔すら一定ではない
「バカッ!何を言うんだ、まだこれからだろ」
「・・・じゃぁ、もう一つお願いがあるの」
「なんだ、いってごらん」
妹のためなら、なんでもやってあげよう、たとえこの身を削ってでも・・・
「あのね・・・・」
という声も弱弱しい


「・・・・NB-36 グリフォンから、離発着する、XF-85ゴブリンが見たい」


ちょwwwwwwおまwwwwwwいろんな意味でヤバスwwwwww

94 :名無し三等兵:2005/06/22(水) 21:04:47 ID:???
漏れも改変してみる

病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……アークバードから飛び出すX45が見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww無理wwwwwwwwww

95 :名無し三等兵:2005/06/22(水) 21:20:27 ID:???
>>94
この妹が後のケイ・ナガセである

96 :名無し三等兵:2005/06/22(水) 22:55:08 ID:???
改変してみる

病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お兄ちゃんにケーキを作ってあげたい。」
ケーキどころか、この1年薬の副作用で食事もほとんど摂れていないのに。
「ケーキか。……どんなのをつくってたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……人形峠のウラン原石の精製をもっと低コストで、そしたら日本の核武装も・…・・。」


ちょwwwwwwおまwwwwww残土の処理がヤバスwwwwww



97 :名無し三等兵:2005/06/22(水) 23:21:19 ID:???
漏れも改変してみる

病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……ヤマトから飛び出すコスモタイガーが見たいよ。」





ちょwwwww待てwwwwwwwツタヤwwww行ってくるwwwwww

98 :名無し三等兵:2005/06/22(水) 23:27:13 ID:???
改変してみる。

病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、戦国時代ものの小説が読みたいよ。」
戦国ものどころか、この1年小説なんて読んでいないのに。
「戦国時代の小説か。……どんなのが読みたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……三州公が突撃する小説が読みたいよ。」



ちょwwwwwおまwwwwwww温帯スレ池wwwwwwwwww

99 :名無し三等兵:2005/06/22(水) 23:33:58 ID:7bx+zrbc
別のを改変してみる

眠る妹の横顔を見ていた
もう1年以上外に出ていない
透けるように白い顔だ
静かな寝息がつとうめき声に変わった
「だめ、それ以上いじめないで…」
悪夢にうなされているのか
いやいやをするように顔を振るたび
長い黒髪が左右に振れる
「こらぷたんが、こらぷたんが…」

100 :名無し三等兵:2005/06/22(水) 23:39:19 ID:???
まちがいてた

眠る妹の横顔を見ていた
もう1年以上外に出ていない
透けるように白い顔だ
静かな寝息がつとうめき声に変わった
「だめ、それ以上いじめないで…」
悪夢にうなされているのか
いやいやをするように顔を振るたび
長い黒髪が左右に振れる
「チハタソが、チハタソが…」

101 :名無し三等兵:2005/06/22(水) 23:43:29 ID:???
なんかどんどん飛行機が見れなくなってますね。

102 :名無し三等兵:2005/06/22(水) 23:46:05 ID:???

顔もスタイルもよく、男性に非常にモテる女友達がいます。
僕とはいわゆる友情どまりなのですが、この前携帯に電話
がかかってきました。
声からするととても酔っており、そういえば飲み会があるとか
言ってたな、などと思いながら何か勢いよくまくしたてるのを
聞いていたんですが、悔しい、悔しい、と半分泣きながら言う
んです。
「どうしたの?」と聞いたら…

「ウリナラのFー15Kが世界最強ニダ!って言ったら皆して笑うニダ!!」





wwwwwちょwwwwwwおまwwwwwwwwアホだろwwwwwwww

103 :名無し三等兵:2005/06/22(水) 23:48:00 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……超音速飛行特性研究機・北崎XT7が見たいよ。」



ちょwwwwwおまwwwwwwwそれヴァルキリーwwwwwwwwww

104 :名無し三等兵:2005/06/23(木) 00:08:24 ID:???
妹「……一等自営業閣下が2getに成功する瞬間を(ry」

105 :名無し三等兵:2005/06/23(木) 00:23:55 ID:???
ちょwwwwwおまwwwwwww無理wwwwwwwwww

106 :名無し三等兵:2005/06/23(木) 00:32:56 ID:???
>>104
このスレの>2って阻止委員会の陰謀?

107 :名無し三等兵:2005/06/23(木) 00:51:02 ID:EfNLcoe4
ちんちんみてまんまんおっき

108 :名無し三等兵:2005/06/23(木) 12:36:58 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、戦車戦が見たいよ。」
戦車戦どころか、この1年国境紛争すら起きていないのに。
「戦車戦か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……チハタンvsレオパルド2A6が見たいよ。」



ちょwwwwwおまwwwwwwwそれかわいそ杉wwwwwwwwww

109 :名無し三等兵:2005/06/23(木) 22:28:26 ID:???
病室には(中略)
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……半島で北爆する、B-52の大編隊が見たいよ。」


110 :13:2005/06/23(木) 22:33:51 ID:???
>>109
中略かよwwwww

111 :名無し三等兵:2005/06/23(木) 22:47:54 ID:???
どうでも良いが、初心者スレに迷惑掛けるな。

112 :名無し三等兵:2005/06/24(金) 01:38:11 ID:???
排気タービンのついた零戦が見たいって言われたいなwwww

113 :名無し三等兵:2005/06/24(金) 02:10:40 ID:???
病室には(中略)
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……原作通りF-15ライクなスーパーシルフが見たいよ。」

ちょwwwwwおまwwwwwwwそれGONZOのお陰で無理wwwwwwwwww

114 :名無し三等兵:2005/06/24(金) 02:15:44 ID:???
>>113
(つД`)

115 :名無し三等兵:2005/06/24(金) 02:33:35 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静かに口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、軍艦が見たいよ。」
軍艦どころか、この1年外にだって出られてないのに。
「軍艦か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……B-52を続々と打ち上げるイージス」



ちょwwwwwおまwwwwwwwもうみずぽwwwwwwwwww

116 :名無し三等兵:2005/06/24(金) 02:46:34 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……ハボクックから発艦するF5Uが見たいよ。」



ちょwwwwwおまwwwwwwwそれ氷山パンケーキ無理スwwwwwwwwww

117 :名無し三等兵:2005/06/24(金) 09:34:39 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静かに口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、艦隊が見たいよ。」
艦隊どころか、この1年外にだって出られてないのに。
「艦隊か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……初期計画通り全艦そろった八八艦隊」



ちょwwwwwおまwwwwwwwワシントンじょうやくwwwwwwwwww

118 :37に続いて智恵子抄改変:2005/06/24(金) 09:41:34 ID:???
妹は横須賀に軍艦がないと言ふ、
ほんとの軍艦が見たいと言ふ。
私は驚いて米海軍横須賀基地を見る。
桟橋の間に在るのは、
切つても切れない
むかしなじみの巨大な空母だ。
どんよりけむる水平の彼方は
艶無し黒の原子力潜水艦だ。
妹は横須賀を見ながら言ふ。
入り組んだ艦上構造物の前後に
主砲塔が積み重なってゐる灰色い戦艦が
妹のほんとの軍艦だといふ。
あどけない空の話である。

119 :名無し三等兵:2005/06/24(金) 09:43:15 ID:???
ラスト一行改変し忘れた・・・・・・orz

あどけない軍艦の話である。

120 :名無し三等兵:2005/06/24(金) 10:11:21 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、エロゲが見たいよ。」
エロゲどころか、この1年PCだって見られていないのに。
「エロゲか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……へたれてないまともに人生送ってる鳴海孝之が見たいよ。」





      パーン
    _, ,_ ∩
 ( ‘д‘)彡☆))Д´)
   ⊂彡

121 :名無し三等兵:2005/06/24(金) 10:19:29 ID:???
すまん間違えた


122 :名無し三等兵:2005/06/24(金) 10:48:41 ID:???
冷戦時代、立ち消えした計画の高々度爆撃機とその護衛機ってとこがミソだと思うんだが

123 :名無し三等兵:2005/06/24(金) 11:31:36 ID:???
F-108レイピアに護衛されて飛ぶXB-70ヴァルキリーが
やっぱ一番イメージが美しいな。
薄幸の少女が望みそうな・・・ってそんな少女イヤだけどw

124 :名無し三等兵:2005/06/24(金) 14:31:17 ID:???
ところでコピペの元ネタは加奈?

125 :名無し三等兵:2005/06/24(金) 15:04:41 ID:???
ガ板にスレ立てたい俺ガイル

126 :名無し三等兵:2005/06/24(金) 15:05:21 ID:???
と思ったら既にwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

127 :名無し三等兵:2005/06/24(金) 16:01:03 ID:???

弟に、○○を見につれていけと言われています。(18禁)
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/801/1115733551/


128 :名無し三等兵:2005/06/24(金) 16:02:09 ID:???
>>127
全米が泣いた

129 :名無し三等兵:2005/06/24(金) 16:20:00 ID:???



「……挟まっちまったけど抜け出すキースが見たいよ。」

130 :名無し三等兵:2005/06/24(金) 16:29:01 ID:???
>>129
ネモハケーン

131 :某国丸 ◆kRSHX/e2Ss :2005/06/24(金) 22:10:03 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、鳥が見たいよ。」
鳥どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「鳥か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……マリアナの七面鳥が見たいよ。」



ちょwwwwwおまwwwwwww鳥ってwwwwwwwwww


132 :名無し三等兵:2005/06/24(金) 22:24:45 ID:???
>>131
そうきたかw

133 :名無し三等兵:2005/06/24(金) 22:44:47 ID:???
            ./⌒丶
           / ヽ  ヽ          ,,         
         ( ヽ  ヽ ヽ       /.ヽ    ノ⌒   
        ( ヽ  ヽ  ヽヽ      人   ( >   ノ ノ⌒  
       ( ヽ  ヽ  ヽ ヽ..      ││      ノ ノ ノヽ         
      ( ヽ   ヽ  ヽ ヽl⌒l.ヽ     ││     ノノ ノ ノ ヽ      
     ( 、ヽ ヽ  ヽ ヽ | |ヽ     ││    ノ ノ ノ ノ ヽ   
     ( 、、ヽ 、ヽ  ヽ│ │ ヽ    ││    (⌒.)ノ ノ ノ ヽ  
     ( 、、 、 、、ヽ .│ │ヽヽ   ノ  ヽ   ノ│ │ノ ノ ノ 丶  
     ( 、、、、、、、、、、\ \ヽ/Λ_Λ.\ノ/ / ノ ノ ノ )   
     (............ \ \( ´Д`) / /ノ ノ ノ ノ  )  
     ( , , , , , , , , , , ,ヽ      ⌒ /ノ ノ ノ ノ   )   
      (, , , , , , , ・ ・ ・ ・  ノ  七  イ、ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ)   、
      ( , , , , , , ・ ・ ・ ・/     /ヽ丶 ヽ ヽヽヽヽヽ )     呼
       ( , , , , , , ・ ・・/  / \ \ヽ ヽ  ヽ  ヽ 丿      ん
        ( , , , , ,  ・ /  ん、  \ \ヽ ヽ   ヽ ノ       だ
         (  , , ,  /(__ (    >  )ヽ ヽ ノ          ? 
          (, ,  /     `し'  /  / \/            
           \/         ( ̄ /                 
                     彡 )  |                 
                        \_つ              


134 :名無し三等兵:2005/06/24(金) 23:52:39 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ねずみさんが見たいよ。」
デズニーの奴か。浦安どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「ねずみさんか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……超重戦車マ(ry」

135 :名無し三等兵:2005/06/24(金) 23:57:47 ID:???
ワロタw
ラーテと言わないだけ良心的かもしれないw

136 :名無し三等兵:2005/06/25(土) 00:30:28 ID:???
まあ、薄幸の美少女なら
クビンカあたりで対応してもらえるかも

137 :名無し三等兵:2005/06/25(土) 00:37:44 ID:???
試作とは言え実際に物が作られて、現物が博物館に残ってたりするのは今一つだな

138 :名無し三等兵:2005/06/25(土) 01:14:55 ID:???
前略

「……オーロラが見たいよ。」

攻略

139 :名無し三等兵:2005/06/25(土) 02:01:56 ID:???
そうくるか… 夜中にワロタ

140 :名無し三等兵:2005/06/25(土) 02:43:00 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、はんぺんが見たいよ。」
はんぺんどころか、この1年流動食しか摂ってないのに。
ん?「食べたい」じゃ無くて「見たい」なのか?食べるのは無理だと
解ってるのか……
「はんぺんか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……空母から飛び立つA-12。」



ちょwwwwwおまwwwwwwwそれ海軍が破産すwwwwwwwwww


141 :名無し三等兵:2005/06/25(土) 13:59:21 ID:???
勘違いして海軍と空軍にお願いし、空母からブラックバードを発艦させることに成功する

142 :名無し三等兵:2005/06/25(土) 15:28:46 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
鳥どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……Do-X」

143 :名無し三等兵:2005/06/25(土) 15:57:05 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機になりたいよ」
「飛行機になりたいのか?」
「うん。⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン」
儚げに笑ってこう答えた。
次の日妹は死んだ。

144 :名無し三等兵:2005/06/25(土) 16:30:52 ID:???
○月×日
今日お兄ちゃんがプレゼントをくれた。きれいにラッピングされたそれは
ずっしりと重かった。本だろうと思ったお兄ちゃんはよく本を買ってくれる。
どきどきしながら包みを開ける。入っていたのは2冊の本。
Jennette Remak の「XB-70 Valkyrie」!前から欲しかったかすごくうれしい!
もう一冊は世傑のNo106「XB-70ヴァルキリー」今日発売だったんだ。
合わせる様に考えてくれたのかな・・・・。最後にお兄ちゃんは鞄の中から
自分で使ってた英和辞書を私にくれた。よく使い込まれた辞書。
・・・お兄ちゃんのにおいがする。







「もう怖くない。」

145 :名無し三等兵:2005/06/25(土) 17:36:54 ID:???
お兄ちゃんと合体ですか

146 :名無し三等兵:2005/06/25(土) 18:15:13 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、全翼飛行機が見たいよ。」
鳥どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「全翼飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……Horten H ][」


ちょwwwwwおまwwwwwww計画中止無理スwwwwwwwwww

147 :名無し三等兵:2005/06/25(土) 18:41:38 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ヘリが見たいよ。」
ヘリどころか、この1年外にだって出られていないのに。
「ヘリか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……ベトコンをなぎ倒していくAH-56シャイアン」



ちょwwおまwwwwwwこれも計画中止スwwwwwwwwww

148 :某国丸 ◆kRSHX/e2Ss :2005/06/25(土) 19:03:56 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……鳥人間コンテストが見たいよ。」



ちょwwwwwおまwwwwwww100メートルで落ちるぞwwwwwwwwww

149 :砂漠の狐達:2005/06/25(土) 19:11:31 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を開いた。
「……なんだ?」
「わたし…私、飛行機が見たいよ」
飛行機を見るどころか、この1年外にだって出ることすら出来なかったのに。
いいさ、どんな物だって俺は見せにつれて行ってやるさ。今まで兄として何も出来なかった分を、少しでも償いたい。
「飛行機か……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「流星が見たいの……大鳳から飛び立つ雷装の流星を…」


幾日か過ぎた夜、空の星が一つ増えた。
「結局、俺は妹に流れ星すら見せられなかった訳か・・・」

150 :名無し三等兵:2005/06/25(土) 19:35:37 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ひこうきが見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……イングラムを倒して飛び立つグリフォンが見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwwそれ飛行機ちがうwwwwwwwwwww榊さんwwwwwwwwwwwwwww

151 :名無し三等兵:2005/06/25(土) 19:37:29 ID:???
こうやって見ると>>13の偉大さがなおさら際立つな・・・

152 :名無し三等兵:2005/06/25(土) 20:08:24 ID:???
マリアナの七面鳥はちょっと涙が出た

153 :名無し三等兵:2005/06/25(土) 20:11:33 ID:???
計画すらうそぷーだった>>138には感動した

154 :名無し三等兵:2005/06/25(土) 22:30:36 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、空母が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「空母か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……1万フィートを悠然と飛行するアナハイムが見たいよ…」





ちょwwwwwおまwwwwwwブルドックイイよwwwwwwwwwww大石英司イイよwwwwwwwwwwwwwww


155 :名無し三等兵:2005/06/25(土) 22:51:26 ID:???
どうして、いないんだろう
完全な軍オタ

156 :名無し三等兵:2005/06/25(土) 23:27:12 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「ぬるぽ」







ちょっと考え込んだ俺は、






「……がっ!!」

157 :名無し三等兵:2005/06/25(土) 23:46:51 ID:???
そして妹は、天国への旅路についた…
その寝顔は、ただひたすらに安らかだった…

158 :名無し三等兵:2005/06/25(土) 23:51:55 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ひこうきが見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……Mig29をばったばったと墜とすF-19が見たいよ。」



ちょwwwwwおまwwwwwwwそれデマwwwwwwwwww

159 :名無し三等兵:2005/06/25(土) 23:53:53 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、漫画が読みたいよ。」
漫画どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「漫画か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……石川賢作画の萌え漫画が読みたいよ。」



ちょwwwwwおまwwwwwwwドワオwwwwwwwwwwぎゃんwwwwwww

160 :名無し三等兵:2005/06/26(日) 00:33:29 ID:???
>>149
これ、

「わたし…私、流星が見たいよ」
流れ星を見るどころか、この1年外にだって出ることすら出来なかったのに。

の方が最後のオチが面白くなってたんじゃないのかな。

161 :名無し三等兵:2005/06/26(日) 01:13:21 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ケーキが見たいよ。」
ケーキどころか、この1年外にだって出られていないのに。
「ケーキか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……お兄ちゃんの結婚式のウエディングケーキ…」





ちょwwwwwおまwwwwww無職毒男にwwwwwwwwwwwwそれ無理wwwwwwwwwwwwww

162 :名無し三等兵:2005/06/26(日) 01:17:04 ID:???
・゚・(つД`)・゚・

163 :名無し三等兵:2005/06/26(日) 02:19:41 ID:???
>>161
全米が泣いた

164 :名無し三等兵:2005/06/26(日) 03:57:53 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、彗星が見たいよ。」
星どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「彗星か……難しいな、どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……百武彗星」



ちょwwwwwおまwwwwwwwそれ28000年周期wwwwwwwwww

165 :名無し三等兵:2005/06/26(日) 04:05:00 ID:???
リアル難病少女は、仮に元が美少女だったとしても薬の副作用で
顔がパンパンに浮腫んでたり髪が一本残らず抜け落ちてたりするんだが
お前等それでも萌えられるのかとry

166 :名無し三等兵:2005/06/26(日) 04:15:42 ID:???
リアル難病少女をリアルに思い浮かべられるんなら、
笑い話のネタなんかには出来ないし

167 :名無し三等兵:2005/06/26(日) 04:18:08 ID:???
難病で入院中の少女は、長いさらさらの黒髪・透けるように白い肌・ほっそりしたからだ、ということでわかっています。

168 :名無し三等兵:2005/06/26(日) 08:36:37 ID:???
>>165
ちょwwwwwおまwwwwwwwそれ海の人wwwwwwwwww


169 :名無し三等兵:2005/06/26(日) 09:20:39 ID:???
リアル難病少女は>165みたいなことを言うと「そんなこと言う人嫌いです」といってくれます

170 :名無し三等兵:2005/06/26(日) 09:37:33 ID:???
ところで>>18って某妹スレのパロディなのか?見覚えあるような・・・。

171 :名無し三等兵:2005/06/26(日) 09:47:46 ID:???
>>165
だがそれがいい

172 :名無し三等兵:2005/06/26(日) 09:51:11 ID:???
>>168
コテハン叩きは葉鍵板で

173 :名無し三等兵:2005/06/26(日) 13:10:06 ID:???
>>163

× >>161
    全米が泣いた
     ↓
○ >>161
    全米(の分俺様)が泣いた

 元ネタに合わせてみたw

174 :名無し三等兵:2005/06/26(日) 15:11:24 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は(中略)

「わたし、ひこうきが見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「ラプター・・・・」

(ラプタ−か、アメリカに行けばなんとかなるもしれないな)

「・・・相手に拳銃を撃ちまくる提督さんがみたいの・・・」


俺は翌日知り合いの漫画家に土下座して、その馬鹿なシーンを描いてもらった・

175 :名無し三等兵:2005/06/26(日) 15:34:49 ID:???
自営業閣下が↑のシーンを描いてくださるときいてスっ飛んでまいりまいした。

176 :名無し三等兵:2005/06/26(日) 17:57:24 ID:???
>>176
数日後、妹に出たばかりの漫画を見せました。
そしたら「お兄ちゃん、それF−16・・・」と言って死にました。
ちゃんちゃん。

177 :名無し三等兵:2005/06/26(日) 17:58:58 ID:???
自分にレスしてどうする。
>>176>>174の間違い、ごめんごめん。

178 :名無し三等兵:2005/06/26(日) 23:43:40 ID:???
>>174
日本国大統領泣いた

179 :名無し三等兵:2005/06/27(月) 08:49:43 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ねこが見たいよ。」
猫どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「猫か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……ソビエトの対艦ミサイル攻撃にフェニックスで立ち向かうトムキャットが見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww無理wwwwwwwwww

180 :名無し三等兵:2005/06/27(月) 17:18:59 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……エアロック・エアロバティックチームのアクロバット飛行」





数日後、病室の窓から見える青空に、優美な曲線を描く一筋の飛行機雲が見えた。


181 :名無し三等兵:2005/06/27(月) 17:22:31 ID:???
ネタにするのは他人の命だからか…

182 :名無し三等兵:2005/06/27(月) 17:22:53 ID:???
>>180
アメリカなら実際にありそうだ。

183 :名無し三等兵:2005/06/27(月) 17:37:22 ID:???
>>182
窓がビリビリと震えて主治医が飲んでいた熱いコーヒーを
こぼすぐらいの低空飛行でやって来そうだな。

184 :名無し三等兵:2005/06/27(月) 17:44:53 ID:???
なんかそのパイロット最前線に転属させられそうだな

185 :名無し三等兵:2005/06/27(月) 17:45:08 ID:???
>>183
なにそのトップガン。

186 :名無し三等兵:2005/06/27(月) 17:59:30 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「蓮の花の書いてある97式艦攻」



ちょwwwおまwwwwwそれヤヴァい

187 :名無し三等兵:2005/06/27(月) 18:09:35 ID:???
>>186
    ヘ   
   (`ヽヽ、 ( ゚(> ノ`ゝ、
  ( ヽ ヽ ヽ.|│ ノノ スヽ
  (、`、`、∩ ノ ソ∩ノ ノ ,)   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
. (ゝゝゝ ヽ((゚Д゚)ノ ノ ノ、) < 呼びますたか?
  (, ', ', ', ', ,〉 蓮 /ヽヽヽ ソ   \______
  (, ', ', ',/|   0ヽ、ヽソ
   ヽ '' ´  し'´〃

188 :名無し三等兵:2005/06/27(月) 22:00:39 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「・・・一式陸攻から切り離されて滑空する特三号戦車」


ちょwwwwwおまwwwwwwwそもそも飛行機じゃないwwwwwwwwwww


189 :名無し三等兵:2005/06/27(月) 23:27:33 ID:???

病室には弟の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
弟の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「ぼく、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ弟は、儚げに笑ってこう答えた。


「・・・飛行機みたいに大の字に寝そべるお兄ちゃんに跨がりたい。全裸で。」


おまいつの間にコス帝の手先nあwせdrftgyふじこlp;@

190 :名無し三等兵:2005/06/28(火) 00:14:14 ID:???
>188
(つД`)

>189
宗主板に(・∀・)カエレ!!

191 :名無し三等兵:2005/06/28(火) 00:31:32 ID:???
>>188
俺は必死に駆けずり回った、そしてその苦労は報われた。
翌月、病院の屋上にシェリダンが落着したのだ。






「…ひしゃげたアルミ缶なんていらない」
それが、妹の最期の言葉だった。

192 :名無し三等兵:2005/06/28(火) 00:49:57 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「伯林を強襲する飛鳥の大編隊」



俺でも見れるかどうか怪しいよ_| ̄|○

193 :名無し三等兵:2005/06/28(火) 13:20:55 ID:???
「意地っ張りの話」
妹は空自にファイターパイロットがいないという、
ほんとのファイター・パイロットが見たいという。
私は驚いて空自HPを見る。
千歳と新田原の間に在るのは、
切っても切れない
むかしなじみの百里基地だ。
うすけむりの空を飛ぶブルーインパルスの次は
富士を背にした精強なアグレッサー・スコードロンだ。
妹は本を手に取りながら言う、
沖縄の空をファントム改で
北朝鮮の空をネオゼロで
ハワイの空をスーパーゼロで
南米の空をハチロクを空で飛ぶのが
妹のほんとのファイターパイロットだという。
意地っ張りの飛行機野郎の話である。


194 :名無し三等兵:2005/06/28(火) 17:34:01 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「戦場を飛び回るUAV」



ちょwwwおまwwwwwFCSはまだまだ先wwwwwwww

195 :名無し三等兵:2005/06/28(火) 20:44:35 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「999・・・・・・」



ちょwwwおまwwwww機械の体手に入れる気か?wwwwwwww



196 :名無し三等兵:2005/06/28(火) 22:57:20 ID:???
お兄ちゃん、セガの新作ハードが見たいよ。。。


197 :名無し三等兵:2005/06/28(火) 23:24:05 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「お兄ちゃん、本当はね・・・・・」
最後の告白のつもりだろうか。俺は涙をこらえるので精一杯だった。


「お兄ちゃん、本当はね、コスタリカ帝k・・・・・・」(ガクッ)



ちょwwwおまwwwwwそこまで言いかけて死ぬくぁwせdrftgyふじこlp;@:

198 :名無し三等兵:2005/06/28(火) 23:56:24 ID:???
>>193
鳴海章を良くお読みになりましたね。次は信濃シリーズか(w
いや次作、お待ちしております。

199 :名無し三等兵:2005/06/29(水) 00:06:03 ID:???
>>185 高度30は取るが?

200 :名無し三等兵:2005/06/29(水) 00:19:00 ID:???
>>199
30フィートとってど〜する!

(元ネタうろ覚えだ、スマソ)

201 :名無し三等兵:2005/06/29(水) 08:12:05 ID:A1HTAHv1
良スレなのであげておきます

202 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/06/29(水) 10:44:02 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、空母が見たいよ。」
空母どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「空母か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「アドミラル56」



ちょwwwおまwwwwwそれ雪風のwwwwwwww


203 :名無し三等兵:2005/06/29(水) 11:05:41 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「グフ飛行試「アニオタ氏ね」」

204 :名無し三等兵:2005/06/29(水) 11:35:57 ID:???
1の高みに上れるならば

205 :名無し三等兵:2005/06/29(水) 11:40:45 ID:???
妹を差し出してもいい、と彼は言った

206 :名無し三等兵:2005/06/29(水) 11:42:07 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、雪が見たいよ。」
雪どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「雪か。……どんな雪が見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「……雪のように降ってくる皇軍落下傘部隊」



ちょwwwおまwwwwwそれ空の神兵wwwwwwww

207 :名無し三等兵:2005/06/29(水) 13:23:33 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、花が見たいよ。」
花どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「花か。……どんな花が見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「……万朶の桜」

ちょwwwおまwwwwwここ散兵線かよwwwwwwwwwwww

208 :名無し三等兵:2005/06/29(水) 13:52:17 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「米軍のF-22を圧倒する、共和国のMiG17がみたいよ」

209 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/06/29(水) 14:14:51 ID:fjKD1VJ3
病室には兄の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
兄の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、お兄ちゃんなの?まだ大学生じゃない。あんまりよ。
「妹よ……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、兄が静に口を
開いた。
「……なあに?」
「俺、船が見たい。」
船どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「船ね。……どんなのが見たいの?」
「ああ。」
ちょっと考え込んだ兄は、儚げに笑ってこう答えた。

「榛名」


次の日から私は、解体された榛名の行方を探した・・・

210 :名無し三等兵:2005/06/29(水) 15:36:23 ID:???
>138に敬意を表して略部分を書いてみる。

病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、オーロラが見たいな。」
オーロラどころか、この1年病室から出たことすらないのに。
「オーロラか。……北国だぞ、寒いぞ?」
「ううん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。




「……グルームレイクだから寒くないよ。」



ちょwwwwwおまwwwwwwwそれエリア51wwwwwwwwww

211 :名無し三等兵:2005/06/29(水) 18:09:06 ID:???
>>209
ワロタ
せめてDDH-141で勘弁してくれw

212 :名無し三等兵:2005/06/29(水) 18:31:21 ID:???
>208
とっとと逝けと伝えてくれ。

213 :名無し三等兵:2005/06/29(水) 18:58:53 ID:???
>>210
ハゲワラ

214 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/06/29(水) 19:38:04 ID:xI3dzQMH
・・・兄に、何と伝えるべきだろう。
榛名が、鍋や釜の材料になっていただなんて。
結果を伝えたら、もう本当に駄目かも知れない。
私は意を決した。それでも、言おう。

兄は私を心待ちにしていたようだ。
心なしか肌も色を持っている。
「どうだった?」
声だけは昔と変わらない。
私は兄の顔をとても見れず、うつむいたまま答えた。
「・・・ごめん・・ごめんね・・・・無理、だった・・・」
おそるおそる顔を上げる。
兄は、眼を閉じていた。
永遠にも思える時間が過ぎた後―
兄はあの時と同じように、儚げに笑って答えた。
「・・・ありがとう。」








駄文スマソ

215 :名無し三等兵:2005/06/29(水) 19:41:45 ID:???
>>214
そこで妹が「キモチワルイ」と言ってくれないことに憤慨した

216 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/06/29(水) 19:52:18 ID:xI3dzQMH
>>215
あ、なるほど。
「・・・ありがとう。」
私も少しだけ安堵して、普段のように切り返した。
「感謝してくれるなんて、お兄ちゃんらしくないわ。気持ち悪い」
兄も明るく笑って返した。
「ああそうだな。ごめん。」

217 :名無し三等兵:2005/06/29(水) 20:16:00 ID:???
214=216が全くわかっていない件

218 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/06/29(水) 20:17:40 ID:xI3dzQMH
だれか教えて・・・orz

219 :名無し三等兵:2005/06/29(水) 20:33:48 ID:???
>>199
>>200
要請作戦シリーズとは古いなw
ま、分かる漏れもロートルだけどな

220 :名無し三等兵:2005/06/29(水) 22:20:38 ID:???
ぬるぼ (´・ω・`)

221 :砂漠の狐達:2005/06/29(水) 22:34:10 ID:???
>>220
がっ

222 :名無し三等兵:2005/06/30(木) 01:13:01 ID:???
とりあえず>218はあんまり汚れていないことは理解できた。

223 :TFR ◆ItgMVQehA6 :2005/06/30(木) 07:46:40 ID:???
>222
私もわかりません。意味を教えてくださるとありがたいです。

224 :名無し三等兵:2005/06/30(木) 08:22:55 ID:???
妹に飛行機を見につれてけと言われるガイドライン
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1119577464/

軍事以外のネタはこちらでのびのびやりませう

225 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/06/30(木) 09:40:12 ID:LP4WxH2C
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、もっと違うベットで寝たいよ。」
それはそうだろう。この1年、ずっと同じベットで寝ているのだから。
「他のベットか。……どんなのが良いんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「全自動看護ベット、Z−001号機」



ちょwwwおまwwwwwそれ覚えてる奴今どれだけいるかwwwwwwww

226 :名無し三等兵:2005/06/30(木) 09:52:08 ID:???
>>218,>>223
つまりは>>215が言いたいのはどこかの映画の最後のようにまるで薄汚い物を見るかのように「キモチワルイ」と言われたい変態なんだよ



気持ちは分かるぞ(;´Д`)ハァハァ

227 :名無し三等兵:2005/06/30(木) 11:19:59 ID:???
>225
で、思い出の江ノ島へとひた走るのですな。

まさか妹の名はキヨ(ry

228 :名無し三等兵:2005/06/30(木) 11:59:52 ID:???
大仏がこちらへ侵攻してきま――

229 :名無し三等兵:2005/06/30(木) 12:41:07 ID:???
「ホンモノの話」
妹は戦闘機がどこにもいないという、
ほんとの戦闘機が見たいという。
私は驚いて航空雑誌を見る。
F−15とF−18の間に在るのは、
切っても切れない
むかしなじみのドラ猫だ。
うすけむりの空を飛ぶF−16の次は
中国人の精強なフランカー部隊だ。
妹は本を手に取りながら言う、
東南アジアを飛ぶファントム改が
南シナ海を飛ぶサンダーファントムが
中米の空を飛ぶストライクファントムが
そして再び南シナ海を飛ぶスペシャル・ファントムが
妹のほんとの戦闘機だという。
ホンモノの戦闘機の話である。


230 :名無し三等兵:2005/06/30(木) 12:59:18 ID:???
春子さん…

231 :コピペ改変ニダ:2005/06/30(木) 14:06:39 ID:???
妹「広開土大王、乙支文徳、楊万春〜♪」
俺「……(テレビ見てる)」
妹「広開土大王、乙支文徳、楊万春……兄ちゃん」
俺「んー?」
妹「広開土大王、乙支文徳、楊万春」
俺「忠武公李舜臣、世宗大王、Daejoyeong」
妹「おー。忠武公李舜臣、世宗大王、Daejoyeong〜♪」

18にもなって。オタクなのはお前さんだ。
しかしおかんもそうだが、やっぱり女は料理してる最中にKDXシリーズの
こと考えるもんなのか?


232 :名無し三等兵:2005/06/30(木) 14:21:09 ID:???
やあ
久しぶりだね>>1
しばらく見なかったから、
まともな社会生活を送っているかと思ってたけど、
このスレタイを見つけた瞬間、少し哀しくなったよ。

一体何があったんだい?
人に話しにくいことだとは思うよ。
でもね、思っていることは言葉にしないと伝わらないんだ。
君が、他の誰かに心を開いてくれることを期待しているよ。

じゃあ、いこうか。
「飛龍ハ健在ナリ」

話がしたくなったら、またスレを立ててくれ。
いつでも相談に乗ってあげるよ。

233 :名無し三等兵:2005/06/30(木) 14:44:08 ID:???
あちらより転載…

48 名前:もう一つ sage 投稿日:2005/06/27(月) 23:07:53 ID:Z0/EdEHw0
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……ロック岩崎が乗ったピッツS2-C…」





。・゚・(ノД`)・゚・。モウミレネェヨ...

234 :名無し三等兵:2005/06/30(木) 15:09:27 ID:???
>>229
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……漁船の灯りを星と見間違えて墜落するF-15EJが見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww無理wwwwwwwwww

235 :名無し三等兵:2005/06/30(木) 15:20:03 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……∩(・∀・)∩いあ!すとらま!すとらま!∩(・∀・)∩いあ!すとらま!すとらま!。」

翌日、彼女は精神科に移送された・・・。

236 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/06/30(木) 15:47:11 ID:6mhBwRUJ
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「空を華麗に舞うスーパーシルフが見たい。」



翌日、俺は三菱重工と川崎航空へ連絡を取った・・・

237 :名無し三等兵:2005/06/30(木) 16:55:51 ID:???
>>235
ちょっと、邪神スレで話を聞こうか?

238 :名無し三等兵:2005/06/30(木) 19:39:26 ID:???
病室には軍艦の苦しそうなスクリュー音とソナーの電子音だけが響いている。
軍艦の黒い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、播磨がさじを投げた艦艇には見えない。
なんで、俺じゃなくて軍艦なんだ。まだ自衛隊じゃないか。あんまりだ。
「閣下……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、軍艦が静かに口を
開いた。
「……なんだ?」
「小官、妹が見たいよ。」
妹どころか、この1年外海にだって出られてないのに。
「妹か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ軍艦は、儚げに笑ってこう答えた。





「……『であります』口調でしゃべる防衛少女」



ちょwwwwwおまwwwwwww赤松健wwwwwwwwww

239 :名無し三等兵:2005/06/30(木) 20:16:32 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ゲームがしたいよ。」
ゲームどころか、この1年TVだって見られていないのに。
「ゲームか。……どんなのがしたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……アドバンスト大戦略でドイツ軍と日本軍が握手してるとこ…」




ちょwwwwwおまwwwwwww無理wwwwwwwwwww

240 :こんにゃく屋 ◆.nB.D2yA8I :2005/06/30(木) 20:31:49 ID:???
邪神様がコケにされてると聞いてすっ飛んできました。


241 :名無し三等兵:2005/06/30(木) 21:00:03 ID:???
>>240
邪神の御許に(・∀・)カエレ!
ジルワン!
ニフラム!

242 :名無し三等兵:2005/06/30(木) 21:06:59 ID:???
>>236
頭脳は開発できても機体とエンジンはむりでつ。

243 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/06/30(木) 21:34:14 ID:fJuElbV3
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ゲームがしたいよ。」
ゲームどころか、この1年TVだって見られていないのに。
「ゲームか。……どんなのがしたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「レッドサン・ブラッククロスのリターン・トゥ・ヨーロッパ」



ちょwwwwwおまwwwwwwwそれ入手もプレイも無理wwwwwwwwwww

244 :名無し三等兵:2005/06/30(木) 21:40:19 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静かに口を開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ロケットが見たいよ。」
ロケットどころか、この1年飛行機だって見られていないのに。
「ロケットか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「空を埋め尽くして飛び交うSS-18とミニットマンVとついでに東風-5が見たい」



ちょwwwwwおまwwwwwww逝ってよしwwwwwwww何気に人類全部道連れにする気かよwwwwwwwwwww


245 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/06/30(木) 22:26:41 ID:nfpQ8bGV
>>236の続き
三菱・川崎ともに、涙を浮かべながら俺の話を聞いてくれ、
ぜひやりましょうと快諾してくれた。
それから急ピッチで事を進め、
3年後、名古屋空港で初飛行となった。
呼ばれた俺はその飛行を見に来ていた。
「見てるか?ほら、お前の夢がかなったぞ。」
妹の遺影を抱きながら・・・

246 :名無し三等兵:2005/06/30(木) 22:39:26 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……B-70ヴァルキリーに襲いかかるMig25フォックスバットが見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww無理wwwwwwwwww

247 :名無し三等兵:2005/06/30(木) 22:47:46 ID:???
なんとなくコピペ

答えてくれ
女よ
可憐な乙女たちは
どこへ行ったのだ
白いブランコにのせ
髪に野のバラを
さしてやりたくなるような
乙女たちは
もういないのか...


248 :名無し三等兵:2005/06/30(木) 23:00:53 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「・・・トムキャットが見たいよ」
「歌手のか」
「違うF-14だよ。それと・・・」
「それと?」
「F-20とA-10とAV-8と・・・・」

ちょwwwwwおまwwwwwwwいつ婦女子になったんだよwwwwww


「お兄ちゃんの影響だよ」



249 :名無し三等兵:2005/06/30(木) 23:00:53 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、イルカが見たいよ。」
海はもちろん、水族館どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「イルカか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。




「……外惑星軌道でオルカ戦隊と死闘を繰り広げるジョーイが見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww無理wwwwwwつかシャチwwww

250 :名無し三等兵:2005/06/30(木) 23:43:04 ID:???
            ./⌒丶
           / ヽ  ヽ          ,,         
         ( ヽ  ヽ ヽ       /.ヽ    ノ⌒   
        ( ヽ  ヽ  ヽヽ      人   ( >   ノ ノ⌒  
       ( ヽ  ヽ  ヽ ヽ..      ││      ノ ノ ノヽ         
      ( ヽ   ヽ  ヽ ヽl⌒l.ヽ     ││     ノノ ノ ノ ヽ    ム  
     ( 、ヽ ヽ  ヽ ヽ | |ヽ     ││    ノ ノ ノ ノ ヽ   ル
     ( 、、ヽ 、ヽ  ヽ│ │ ヽ    ││    (⌒.)ノ ノ ノ ヽ  キ
     ( 、、 、 、、ヽ .│ │ヽヽ   ノ  ヽ   ノ│ │ノ ノ ノ 丶  ラ
     ( 、、、、、、、、、、\ \ヽ/Λ_Λ.\ノ/ / ノ ノ ノ )   で
     (............ \ \( ´Д`) / /ノ ノ ノ ノ  )   す
     ( , , , , , , , , , , ,ヽ      ⌒ /ノ ノ ノ ノ   )    が
      (, , , , , , , ・ ・ ・ ・  ノ  鳥  イ、ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ)    、
      ( , , , , , , ・ ・ ・ ・/     /ヽ丶 ヽ ヽヽヽヽヽ )     呼
       ( , , , , , , ・ ・・/  / \ \ヽ ヽ  ヽ  ヽ 丿      び
        ( , , , , ,  ・ /  ん、  \ \ヽ ヽ   ヽ ノ       ま
         (  , , ,  /(__ (    >  )ヽ ヽ ノ         す 
          (, ,  /     `し'  /  / \/           た 
           \/         ( ̄ /                か 
                     彡 )  |                 ?
                        \_つ

251 :名無し三等兵:2005/07/01(金) 10:04:09 ID:???
>>248改編

病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「・・・トムキャットが見たいよ」
「歌手のか」
「違うF-14だよ。それと・・・」
「それと?」
「若かりし頃のトム・クルーズ」




ちょwwwwおまwwwww今晩日テレつけろwwwwww

252 :名無し三等兵:2005/07/01(金) 11:15:32 ID:???
病室には(中略)
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「ギャラクシーの腹から飛び出してミサイル乱射するF-104スターファイター」



ちょwwwwおまwwwwwゴルゴwwwwww

253 :名無し三等兵:2005/07/01(金) 11:29:00 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……あの人が……『黄色の13』が乗った、Su−37」





   。・゚・(ノД`)・゚・。

254 :名無し三等兵:2005/07/01(金) 12:00:29 ID:???
>>253
全ユージアが泣いた

255 :名無し三等兵:2005/07/01(金) 12:15:05 ID:???
答えてくれ
ステルス機よ
可憐な機体たちは
どこへ行ったのだ
白い対閃光塗装を身にまとい
外部パイロンに核兵器を
搭載してやりたくなるような
機体たちは
もういないのか...



256 :名無し三等兵:2005/07/01(金) 13:42:23 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……あの人が……『シン・カザマ』が乗った、Xー29」



257 :名無し三等兵:2005/07/01(金) 14:20:09 ID:???
>>259
乗り捨てちやったからムリポ

258 :名無し三等兵:2005/07/01(金) 15:29:31 ID:???
>>259ガンガレ

259 :名無し三等兵:2005/07/01(金) 15:36:17 ID:???
259なら柏原芳恵とセックスできる。



260 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/01(金) 18:03:53 ID:???
・・・妹に、何と伝えるべきだろう。
望みをかなえられない事を。
結果を伝えたら、もう本当に駄目かも知れない。
俺は意を決した。それでも、言おう。

妹は俺を心待ちにしていたようだ。
心なしか肌も色を持っている。
「どうだった?」
声だけは昔と変わらない。
俺は妹の顔をとても見れず、うつむいたまま答えた。
「・・・ごめん・・ごめんな・・・・無理だった・・・」
おそるおそる顔を上げる。
妹は、眼を閉じていた。
永遠にも思える時間が過ぎた後―
妹はあの時と同じように、儚げに笑って答えた。


「氏ね」

    。。
   。     。 +   ヽヽ
゜ 。・ 。 +゜  。・゚ (;゚`Дフ。ウワァァァン
            ノ( /
              / >


261 :名無し三等兵:2005/07/01(金) 18:04:46 ID:???
 

262 :名無し三等兵:2005/07/01(金) 18:12:05 ID:???
・・・妹に、何と伝えるべきだろう。
望みをかなえられない事を。
結果を伝えたら、もう本当に駄目かも知れない。
俺は意を決した。それでも、言おう。

妹は俺を心待ちにしていたようだ。
心なしか肌も色を持っている。
「どうだった?」
声だけは昔と変わらない。
俺は妹の顔をとても見れず、うつむいたまま答えた。
「・・・ごめん・・ごめんな・・・・無理だった・・・」
おそるおそる顔を上げる。
妹は、眼を閉じていた。
永遠にも思える時間が過ぎた後―
妹はあの時と同じように、儚げに笑って答えた。

    , -.―――--.、
   ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ
  .i;}'       "ミ;;;;:}
  |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:|
  |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;|      __________
  |  ー' | ` -     ト'{    /
 .「|   イ_i _ >、     }〉}   <  シベリア☆送りだ。
 `{| _.ノ;;/;;/,ゞ;ヽ、  .!-'     \
   |    ='"     |        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    i゙ 、_  ゙,,,  ,, ' {
  丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ
''"〜ヽ  \、_;;,..-" _ ,i`ー-
   ヽ、oヽ/ \  /o/  |



263 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/01(金) 18:19:15 ID:obgWiYME
ひげ生えた妹なんて・・・

264 :名無し三等兵:2005/07/01(金) 18:36:50 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、E−767が見たいよ。」
E−767どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「E−767か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……こちらThundhead、私語は厳禁だ。」





ちょwwwwおまwwwAC5wwwww美声www




265 :名無し三等兵:2005/07/01(金) 18:39:48 ID:???
>>247
「ブランコをブロンコと間違えちゃって「??」ってなっちゃたよ」


ちょwwwwおまwwwww双発wwwwww

266 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/01(金) 18:56:18 ID:obgWiYME
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、A-50メインステイが見たいよ。」
A-50どころか、E−767だって見たことは無いはずだが・・・
「A-50メインステイか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「歌声に集いし者たちよ。」



ちょwwwwおまwwwAC5wwwwwオーカニエーバwww

267 :名無し三等兵:2005/07/01(金) 20:13:03 ID:???
>>266
AWACS Oka Nieva<<♪ララーラ ラ〜〜 我々の登場シーンを良く見たまえ>>
AWACS Oka Nieva<<期待に沿えずに残念だが 我々もE−767を使っているのだよ>>

268 :名無し三等兵:2005/07/01(金) 20:23:04 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「Экраноплан "Лунь"」



ちょwwwおまwwwww カスピ海の怪物かよwwwww

269 :名無し三等兵:2005/07/01(金) 20:52:52 ID:???
>>268
ずいぶんと流暢なロシア語を話す妹でつね

270 :名無し三等兵:2005/07/01(金) 20:55:27 ID:???
>>268
和訳キボン

271 :名無し三等兵:2005/07/01(金) 21:03:24 ID:???
Экраноплан=表面効果翼艇

Лунь=ルーニ
ttp://old.grani.ru/img/11368.jpgの愛称。青白い、みたいな意味だったと思う。

272 :名無し三等兵:2005/07/01(金) 21:07:07 ID:???
補足

Луньという名前の鳥がいるので、
「カスピ海の怪物」はその鳥の名前をつけられたかと。

273 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/01(金) 21:08:52 ID:7wk94xlH
起動。確認。ウワァァァン 本当だorz

274 :名無し三等兵:2005/07/01(金) 22:41:26 ID:???
これの写真07ですな。離水重量で350t、全長73mにも及ぶ
フリゲート艦並みの怪物が時速500kmで水面を突っ走って来る訳で。
背中にこれでもかと積んだ大型対艦ミサイル6基や防御機関砲が凶悪の何のって
ttp://www.geocities.co.jp/MusicStar-Guitar/7004/vva14.html


275 :名無し三等兵:2005/07/01(金) 22:50:49 ID:???
>>274
ここのバルキリーの写真すげー綺麗だ。

276 :名無し三等兵:2005/07/01(金) 23:08:23 ID:???
バルキリー、まさに死の女神・・・

277 :名無し三等兵:2005/07/01(金) 23:15:39 ID:???
おまえらもっと洗練したネタ出せないの?

278 :名無し三等兵:2005/07/01(金) 23:17:43 ID:???
>>277
手本を見せてほしいであります、Sir!

279 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/01(金) 23:40:14 ID:owdw7ASc
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、空母が見たいよ。」
空母どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「空母か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「弱点をさらけ出してまで攻撃してくる地上空母。」



ちょwwwwwおまwwwwwwwマッコイ爺さんでも無理wwwwww


280 :名無し三等兵:2005/07/02(土) 00:03:48 ID:???
>>278
いいネタが思いつかない
偉そうなこと言うだけで悪かった

281 :名無し三等兵:2005/07/02(土) 03:45:41 ID:???
答えてくれ
女よ
可憐な乙女たちは
どこへ行ったのだ
白い衣装を纏い
B61自由落下爆弾を
持たせてやりたくなるような
戦乙女たちは
もういないのか...


282 :名無し三等兵:2005/07/02(土) 09:06:50 ID:???
バルキリー・・・ハァハァ・・・

283 :名無し三等兵:2005/07/02(土) 09:31:45 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「いつも復活する第三艦橋を見せて飛ぶヤマト」



ちょwwwおまwwwww それ宇宙戦艦wwwww つうか漏れが見てェ!


284 :名無し三等兵:2005/07/02(土) 15:57:04 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お船が見たいよ。」
船どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「船か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「アイオワと撃ち合う大和、どっちが強いか見たい」

ちょwwwおまwwwそりゃぁwwww大和が強いに決まってんだろ、ヴォケ!



285 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/02(土) 18:06:16 ID:GkpzCh+J
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、大砲が見たいよ。」
大砲どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「大砲か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「B-29をばたばた落とす、十五センチ高射砲。」



妹よ、俺も見たいぞ・・・・・・

286 :名無し三等兵:2005/07/02(土) 19:49:22 ID:???
>>1です。

クソスレたてんなヴォケ。の筈だったのに、なぜか今日見たらまだ
スレがありました。

>>1です。

しかもなんか良スレになっとるとです。

ま、いいや。


287 :92:2005/07/02(土) 20:10:17 ID:F7AR67GC
ここで改変ネタで起死回生を図った漏れが来ましたよ。
>>1良スレおめ

288 :名無し三等兵:2005/07/02(土) 20:20:09 ID:???
クソスレといえども無駄にせず利用する まさに軍板にふさわしいなw
ほかの板には「クソスレでも伸びる軍板 プゲラ」などと言われているが
これからも「ほしがりません勝つまでは」の精神でがんがっていこう。


289 :名無し三等兵:2005/07/02(土) 21:00:11 ID:VAp+7L2s
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、光が見たいよ。」
「光か。……どんなのが見たいんだ?花火か?」
「ううん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。




「……レーダー画面に映る、北朝鮮空爆に向かう、ラプターに護衛されたB-2の大編隊の光。」




ちょwwwwwおまwwwwwwwあらゆる意味で無理ぽwwwwwwwwww


290 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/02(土) 21:43:09 ID:QQtCjKQ5
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「フッ素が……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、寝ている妹が静に口を
開いた。 夢を見ているようだ。
「……なんだ?」
「フッ素が・・・フッ素が・・・・・・。」
フッ素どころか、この1年キシリトールガムだって食べていないのに。
フッ素がどうかしたのだろうか?
妹は突然、カッと目を見開いて叫んだ。


「聖なるエキスは渡さない!」



・・・なぜ妹は病気を心配するのをやめて、雨水を愛するようになったのかorz



上のネタわかるかたよろ。




>>1おめ。

291 :名無し三等兵:2005/07/02(土) 23:16:48 ID:???
わからん

292 :名無し三等兵:2005/07/02(土) 23:18:34 ID:???
ロシア
北方領土問題は「日本軍国主義の侵略行為」の帰結、日本の歴史認識は誤り
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050702-00000111-kyodo-int
【モスクワ2日共同】ロシア外交誌メジドナロドナヤ・ジーズニ最新号は、
1945年の旧ソ連軍による北方領土占領を日本軍国主義の侵略行為の帰結と
位置づけ、日中、日韓関係を先鋭化させた「日本の歴史認識の誤り」を論拠に、
北方4島返還を拒絶する内容のガルージン駐日公使の論文を掲載した。
 同誌編集陣にはラブロフ外相、イワノフ安全保障会議書記らが名を連ね、
論文は事実上プーチン政権の見解とみられる。
 第2次大戦終結60周年を契機に、日中関係悪化に関する論文とともに
掲載し、歴史教科書や靖国神社問題と北方領土問題の共通性を強く示唆する
編集となっている。
(共同通信) - 7月2日17時4分更新

293 :名無し三等兵:2005/07/02(土) 23:18:55 ID:???
>>290
晴れた日にまた会いましょう

294 :名無し三等兵:2005/07/02(土) 23:19:55 ID:???
>>290
総統! 私は歩けます!

295 :名無し三等兵:2005/07/03(日) 00:02:29 ID:???
>>290
We'll〜meet again〜Don't Know Where〜Don't Know Where〜♪
But I Know We'll meet again Some sunnyday〜♪
Keep Smiling through〜Just like you Allways do 〜♪
'Til the blue skies drive the dark clouds far away〜♪



296 :名無し三等兵:2005/07/03(日) 00:08:19 ID:???
>>295の訳、誰か

297 :名無し三等兵:2005/07/03(日) 00:11:32 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、スカイダイビングをしたいよ。」
スカイダイビングどころか、この1年外にだって出られていないのに。
「スカイダイビングか。……どんなのをしたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「M551シャリダンに乗って空挺降下したい」


うはwwwwwwそれwwwww俺も乗りてwwwwww


298 :名無し三等兵:2005/07/03(日) 00:13:18 ID:???
>>297
シェ

















リダン

299 :名無し三等兵:2005/07/03(日) 00:14:56 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「インド洋でイギリス空母を夜間雷撃する96式艦攻」


ちょwwwおまwwwww それ特設空母艦載機wwwww つうかパヤオの妄想じゃん!


300 :名無し三等兵:2005/07/03(日) 00:15:13 ID:???
>>298
 あ・・・ずっと間違って覚えていたよ。
 指摘サンクス。

301 :こんにゃく屋 ◆.nB.D2yA8I :2005/07/03(日) 00:18:45 ID:???
>>296
うろ覚えで書いたがググったらみつけた。
所々間違ってるじゃんよ。俺orz

ttp://www.asahi-net.or.jp/~kz3t-szk/kub_wel.htm

本来の曲名は「I Play for you〜We'll meet again」といって
2曲がつながってた気がしますが

302 :名無し三等兵:2005/07/03(日) 00:19:38 ID:???
名前間違えた・・・orz

303 :名無し三等兵:2005/07/03(日) 00:24:10 ID:???
>>290
マンドレーク英空軍大佐
「わかったぞ!O・P・Lだ」

304 :名無し三等兵:2005/07/03(日) 00:43:25 ID:???
>>290
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、パイ投げが見たいよ。」
パイ投げどころか、この1年外にだって出られていないのに。
「パイ投げか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「けけけけけけけ、け。決まってんだろ!アメリカとロシアが全人類の命を犠牲にしてやる全面核戦…」

妹の願いはかなわなかった。理由はロシアの投げた「パイ」が妹と俺がいる街に落(ry

305 :名無し三等兵:2005/07/03(日) 00:56:18 ID:???
MADとはよく言ったもので。

306 :名無し三等兵:2005/07/03(日) 03:25:00 ID:???
>>304
フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドの「トゥー・トライブス」のヴィデオクリップで
レーガンvsアンドロポフの(そっくりさんの)パイ投げ合戦が見れるぞ。

307 :名無し三等兵:2005/07/03(日) 03:33:28 ID:???
>>306
パイ投げどころかセメントマッチやっとるが。
ttp://www.eririn80.com/theater/twotribes.html

308 :名無し三等兵:2005/07/03(日) 03:42:40 ID:???
>306
チェルネンコのそっくりさんだろ?
ttp://cccpcamera.myhome.cx/Hi-Ho/MINI/Leader/SovLead.htm

309 :名無し三等兵:2005/07/03(日) 09:36:19 ID:???
>>301
    (*`Д´)∩  いあ! すとらま! 

310 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/03(日) 17:33:57 ID:aS1JoPce
知ってる人がいて良かった!
誰も解らなかったらどうしようかと

311 :名無し三等兵:2005/07/03(日) 18:00:10 ID:???
>297
水さして悪いが、シェリダンは降下時には乗らないんじゃなかったっけ?
接地してから乗り込み

312 :名無し三等兵:2005/07/03(日) 18:19:10 ID:pmXSKxi8
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ウォークマンが欲しいよ。」
ウォークマンどころか、この1年外にだって出られていないのに。
「ウォークマンか。……どんなのが欲しいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……Victor ZD-1が欲しいよ。」





ちょwwwww規格wwwwwwwdccwwwwwwwwww

313 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/03(日) 18:19:39 ID:aS1JoPce
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
末期のすい臓癌だなんて・・・。なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「ちくしょう・・・」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、衛星を直さないと・・・」
かなり意識が朦朧としているようだ。衛星を直すだなんて。
「衛星?……どんな衛星なんだ?」
「みんなで・・・昔の仲間で・・・・・・」
自分でも何を言ってわからないのだろう。
「昔の仲間で・・・今度こそ宇宙に・・・・・・」
妹は突然、カッと目を見開いて叫んだ。


「なぜ私たちのチームではなく、チンパンジーを宇宙へ行かせた!?
            今度は絶対に全員で宇宙へ行って見せるからな!」




・・・妹よ、俺も月まで連れてって・・・・・・




>>290の16行目と同文・・・

314 :名無し三等兵:2005/07/03(日) 19:14:55 ID:???
>>313
SPACE COWBOYS かな。

ラストに、お爺さんが核ミサイルにしがみついて、月にいくんだよな。

315 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/03(日) 19:32:23 ID:DqntfybW
あたーりぃー

さて、映画・クイズネタは控えますか。

316 :名無し三等兵:2005/07/03(日) 20:28:29 ID:???
ネタ元はわかるんだが、全くつまらん。
エヴァネタわからなかった意趣返しのつもりなのか?

317 :名無し三等兵:2005/07/03(日) 20:30:34 ID:???
ようするにオチで妹のキャラが変りすぎると萎えちゃうんだよな

318 :名無し三等兵:2005/07/03(日) 20:33:34 ID:???
病床の少女が実は濃い兵器ヲタだったってところまでなら笑い話の範疇だが、
そこから逸脱し過ぎると笑うに笑えないって事だな。

319 :名無し三等兵:2005/07/03(日) 20:54:56 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、車が見たいよ。」
車どころか、この1年カーテンを開けたことすらないのに。
「車か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「M26の正面装甲を距離2000で撃ち抜くチハタソ」


分かった。御大にCR-3のニックネームをチハタソに変えて続編はや(略

320 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/03(日) 22:26:06 ID:CHoSUGoK
改心

321 :名無し三等兵:2005/07/03(日) 22:52:08 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、光が見たいよ。」
「光か。……どんなのが見たいんだ?花火か?」
「ううん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。




「…B-1の後部銃座から放たれるデス・レイ……」



ちょwwwおまwwwそりゃぁwwwwAIRWARwww鼻垂れるじゃ駄目?www


322 :名無し三等兵:2005/07/03(日) 22:59:15 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ゲームが見たいよ。」
ゲームどころか、この1年外にだって出られていないのに。
「ゲームか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……SPI THE CAMPAIGN FOR NORTH AFRICAのフルキャンペーンプレイが見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww無理wwwwwww数百時間かかるwwwwwww

323 :名無し三等兵:2005/07/03(日) 23:40:22 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ヘリが見たいよ。」
ヘリどころか、この1年外にだって出られていないのに。
「ヘリか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「・・・病室のカーテンを開けると風切り音だけを立ててホバリングしている警察用ヘリ」





ちょwwwwwおまwwwwwww無音飛行は無理wwwwwwwでもプロップなら米国にあるかもwwwwwww

324 :名無し三等兵:2005/07/03(日) 23:49:10 ID:???
>>323
ブルーサンダーかよw
超音速ヘリとかでも出来るなそれw

325 :名無し三等兵:2005/07/04(月) 00:10:27 ID:???
>>324
解ってくれる人がいて嬉しいぞw
超音速ヘリとか人工知能搭載自動車でもいいかも。w 歳がばれるが。

326 :名無し三等兵:2005/07/04(月) 00:39:38 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「トムキャットにあっさり撃ち落とされる零戦」



ちょwwwおまwwwww それタイムスリップwwwwwニミッツに掛け合ってくる

327 :名無し三等兵:2005/07/04(月) 01:46:04 ID:???
以下「みらい」ネタ禁止w

328 :名無し三等兵:2005/07/04(月) 02:02:36 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お兄ちゃんが働くところを見たいよ。」
自分のことよりニートの俺を心配してくれるなんて。何ていい妹なんだろう。
「働くお兄ちゃんか。……どんなところで働くところが見たいんだい?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「シベリアで木の数を数えて働くお前だ!連行しろ!」



ちょwwwおまwwwww それヨシフwwwwwうわ、NKVdkふぁlsd;あs「ふじこ

329 :名無し三等兵:2005/07/04(月) 08:11:46 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、インターネットが見たいよ。」
この1年外に出られない妹にとって唯一の外部との接点でありなぐさめだ。
「インターネットか。……どんなのを見ているんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこうタイプした。





「上まあレールガンなら可能であろうか」

330 :名無し三等兵:2005/07/04(月) 10:16:20 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ボードゲームがやりたいよ。」
ゲームどころか、この1年外にだって出られていないのに。
「ゲームか。……どんなのがやりたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……GDW&GD/RのEUROPAシリーズ全部繋いだの。」




俺は心の中で呟いた。


……その意志を持ち続けられたら、お前、案外長生きできるかもしれないよ。


331 :名無し三等兵:2005/07/04(月) 12:16:11 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、装軌装甲車が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「装軌装甲車か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。




「チハタン」



ちょwwwおまwwwwwそれ一応中戦車wwwww

332 :名無し三等兵:2005/07/04(月) 13:03:54 ID:9WnR3sm7
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
(中略)
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お船が見たいよ。」
船どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「船か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「沈み逝く戦艦ネバダの背後で、為す術も無く日本軍の攻撃を受ける
 スプルアンス級駆逐艦」



ちょwwwおまwwwww・・・
「そうか・・・ビデオでもいいか?」

333 :名無し三等兵:2005/07/04(月) 15:36:51 ID:???
333なら柏原芳恵とセックスできる。



334 :名無し三等兵:2005/07/04(月) 16:13:13 ID:???
つい出来心で>13をttp://oshienai.com/name/ferago.htmで変換してみたんだ。そしたら

335 :名無し三等兵:2005/07/04(月) 20:30:08 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お船が見たいよ。」
船どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「船か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「金剛・榛名とシャルンホルスト・グナイゼウの対決」




ちょwwwおまwwwww俺どっち勝つか分からんwwwww


336 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/04(月) 20:31:30 ID:EUKNhdNT
ウワァァントリップ付け忘れたorz >>335

337 :名無し三等兵:2005/07/04(月) 21:32:00 ID:???
なんだか三等僧兵は

「ゴルァ!」や「オイ!」

と言いたくなるネタを出してくるのは気のせいですか?

338 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/04(月) 21:51:09 ID:EUKNhdNT
そんなことはー、ないはず・・・

339 :名無し三等兵:2005/07/04(月) 22:01:31 ID:???
>337
今まで通り、スルーしておきましょうよ

340 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/04(月) 22:11:52 ID:EUKNhdNT
酷ひ・・・

341 :名無し三等兵:2005/07/04(月) 22:17:47 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ヘリコプターが見たいよ。」
ヘリコプターどころか、この1年外にだって出られていないのに。
「ヘリか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。




「『超音速』という愚か者にしか見えない衣をまとった哀れなベル222を」



ちょwwwおまwwwww大量のファンが敵に回ったぞwwww

342 :名無し三等兵:2005/07/04(月) 22:27:31 ID:???
>341
おまいは俺を怒らせた。

343 :名無し三等兵:2005/07/04(月) 22:31:41 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、大打通が見たいよ。」
大打通どころか、この1年まともに勝ったこともないのに。
「大打通か。念のため聞いておくが……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。




「チンピラゴロツ(ry

344 :名無し三等兵:2005/07/04(月) 22:32:53 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、戦車が見たいよ。」
戦車どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「戦車か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。




「川底の石で穴の開いた九〇式戦車」



ちょwwwおまwwwww創竜伝wwww

345 :名無し三等兵:2005/07/04(月) 23:10:43 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ミサイルが見たいよ。」
ミサイルどころか、この1年外にだって出られていないのに。
「ミサイルか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「大量に配備したアロー2でばったばったと撃墜される労働1号」



ちょwwwおまwwwww イスラエルに掛け合ってくる



346 :名無し三等兵:2005/07/04(月) 23:33:07 ID:???
>>345

わが親愛なる妹様ならびにお兄様へ
貴方のお話は承りました。事情を話したところ、皆も妹様の願望を
叶えることに関して協力を惜しまないとの同意に達することが出来ました。
ただ、一つ、問題が発生いたしまして、それは
お兄様の用意されるアロー2にばったばったと撃墜される
だけの労働一号を発射できないことです。
ですから、以下の口座に労働一号の燃料代金をお振込み願いたく存じます。
                        金正日より

347 :名無し三等兵:2005/07/04(月) 23:35:37 ID:???
>>345
ネタにマジレスだが、ノドンの漢字表記が労働ってのは、誤報だぞ。

348 :名無し三等兵:2005/07/04(月) 23:37:53 ID:???
前段の一般人ぽさとオチのヲタさの落差、しかもオチが微妙にヲタ心をくすぐるところが妙なのに
前段から戦車やらミサイルやらといっている段階で萎える

349 :名無し三等兵:2005/07/04(月) 23:51:08 ID:???
戦車だミサイルだという前半をものともしないヲタさ加減の後半であれば問題なし。

350 :名無し三等兵:2005/07/04(月) 23:52:45 ID:???
もはやここまで来るとある種の様式美さえ漂いはじめるなw

351 :名無し三等兵:2005/07/05(火) 00:01:06 ID:???
ちょwwwおまwwwww は無理に入れる必要も無いな

352 :名無し三等兵:2005/07/05(火) 00:03:28 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……F-5Eと並んで飛ぶMiG-28が見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwwwトップガンwwwwwwwwww

353 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/05(火) 00:15:27 ID:6ww2vt3f
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「A-10がF-22をバタバタ落とすところ。」



ちょwwwwwおまえの軍事知識は一体どうなってwwwwwwwwww

354 :名無し三等兵:2005/07/05(火) 00:24:00 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「思考誘導装置を積んだA-10がMigをバタバタ落とすところ。」



ちょwwwwwおまえ、A10墜落して奪還チームがwwwって東ドイツ、もうないじゃん



355 :名無し三等兵:2005/07/05(火) 00:42:52 ID:???
>>332
アングルドデッキ付きの空母から次々と発艦する濃緑塗装の真珠湾攻撃隊も入れとくれ。

356 :名無し三等兵:2005/07/05(火) 00:48:51 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を開いた。
「……なんだ?」
「わたし、船を見たいよ。」
港どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「船か。……どんなのを見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「ダンケルク級2隻と並んで航行してる、リシュリュー級4隻。」


うーむ。俺も見たい。つかメッチャみたい。
つかお前。人の本読んだな。

357 :名無し三等兵:2005/07/05(火) 11:12:50 ID:???
ここで、現実成分を投入してみる

ttp://www.timekiller.jp/archives/2005/07/03/181445.html

358 :名無し三等兵:2005/07/05(火) 13:19:11 ID:???
バカヤロウ
ネタなんかにできねぇや。・゚・(ノД`)・゚・。

359 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/05(火) 14:00:19 ID:Qpsli7Rk
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お船が見たいよ。」
船どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「船か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「日本海軍軍人の手で動かされるイタリア海軍艦船。」




うはwwwwwマジで地中海の覇者wwwwwwwwww

360 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/05(火) 14:38:20 ID:Qpsli7Rk
現在の全てのネタの始まり
>>13氏のページを発見

三つ編み外様大名
ttp://d.hatena.ne.jp/chon/

追伸
はつせの世界の続きをずっと待ってます。
どうか、どうか・・・

361 :名無し三等兵:2005/07/05(火) 18:17:26 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がパイを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。かたまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
右斜め30度に開いた。
「……なんだ?」
「わたし、空母が見たいよ。」
空母どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「空母か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「B-52を射出するイージス空母おおすみ」



ちょwwwwwサヨwwwwwww滅茶苦茶wwwwww



362 :名無し三等兵:2005/07/05(火) 18:46:27 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を開いた。
「……なんだ?」
「もう、海、みれない。」
ここ一年海をみたい、と言い続けていたのに。もう駄目だって言うのか。
「そんなことないぞ、きっと良くなるから」
俺の根拠のない慰めに、妹は首を横に振った。そして、残った生命を燃やし
尽くすかのような叫び声を俺にぶつけた。




「敵七海三で海が見えない! 青く見えないよ!」



ちょwwwwwおまwwwwwww沖縄決戦wwwwww

363 :名無し三等兵:2005/07/05(火) 18:51:33 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と、心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉を歪めるが、それ以外は至って静穏なものだ。とても医者がさじを投げた患者には思えない。
何で俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。

「お兄ちゃん…。」

いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静かに口を開いた。

「わたし、お船が見たいよ。」

船どころか、この一年、外にだって出られてないのに……。

「船か。どんなのが見たいんだ?」

「うん。」

ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう言った。






「リムパックに参加してるシーシャドー。」




ちょwwwおまwwwwそれかなりヤバスwwwww

364 :名無し三等兵:2005/07/05(火) 18:56:25 ID:???

病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「ようこそ、第一機動部隊へ……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口に
酒保から持ってきた酒を注ぎ込んだ。
「……なんだ?」
「うん、『また』なんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていないよ…。」
仏どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「ぬっころすぞ、妹。」
「……水雷屋を空母部隊の司令にしちゃった世の中で、そういう…気持ちを忘れな
いで欲しい……、そう思って このスレを立てたんだよ……。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう打電した。

「飛龍ハ健在ナリ」

ちょwwwwwおまwwwwwwwm

365 :名無し三等兵:2005/07/05(火) 19:00:30 ID:???
>>362
無粋でスマンが、ノルマンディじゃなかったか?

366 :名無し三等兵:2005/07/05(火) 19:15:38 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と、心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉を歪めるが、それ以外は至って静穏なものだ。とても医者がさじを投げた患者には思えない。
何で俺じゃなくて妹なんだ。
まだ中学生じゃないか。あんまりだ。

「お兄ちゃん……。」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静かに口を開いた。

「わたし、飛行機が見たいよ……。」

飛行機どころか、この一年、外にだって出られてないのに……。

「飛行機か。どんなのが見たいんだ?」

「うん。」

ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう言った。





「主翼の端が黄色いSu-37フランカー。」




ちょwwwおまwwwwそれゲームwwwww

367 :名無し三等兵:2005/07/05(火) 19:23:44 ID:???
>>366=>>253

病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お兄ちゃんが見たいよ。」
いや、目の前にいるぞ。
「俺か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……私に襲いかかるお兄ちゃんが見たいよ(はぁと」





ちょwwwwwおまwwwwwwwハァハァwwwwwwwwww




368 :名無し三等兵:2005/07/05(火) 19:37:26 ID:???
病室には孫娘の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
孫娘の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて孫娘なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お爺ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、孫娘が静に口を開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お船が見たいよ。」
「船か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ孫は、儚げに笑ってこう答えた。




「爺ちゃんのおふね」

369 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/05(火) 19:39:17 ID:1Ep6ZQCU
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「燃料に引火して火達磨になってるMe-163。」




ちょwwwwwおまwwwwwww人の不幸をwwwwwwwwww

370 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/05(火) 19:41:15 ID:1Ep6ZQCU
>>368
“やまと”かー!

371 :名無し三等兵:2005/07/05(火) 19:43:06 ID:???
>>368
同志、帰ろう。
どうせ新刊は出ないんだ。

372 :名無し三等兵:2005/07/05(火) 19:47:24 ID:???
爺ちゃんのお船、それは憎き祖父が妹を騎乗位で犯したときに、
「どうじゃ、じいじのお船は!?」と言ったことに由来する。

373 :名無し三等兵:2005/07/05(火) 22:33:09 ID:7BpsoWyq
孫娘のゆく道は、星の光で出来ているのだから・・・

374 :名無し三等兵:2005/07/06(水) 00:39:59 ID:???
>>368
泣けるぜ。

375 :名無し三等兵:2005/07/06(水) 02:17:22 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ロケットの打上げが見たいよ。」
鹿児島に行くどころか、この1年病院の外にだって出られていないのに。
「ロケットか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「LK宇宙船を載せてバイコヌール基地から打ち上げられるN-1」



ちょwwwおまwwwww それwwコロリョフだっていまわのきわにwwwwww



376 :名無し三等兵:2005/07/06(水) 02:30:01 ID:???
>>375
それが見れるなら俺が妹の身代わりに死んでもいい

377 :名無し三等兵:2005/07/06(水) 09:00:55 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉を歪めるが、それ以外は至って静穏なものだ。とても医者がさじを投げた患者には思えない。
俺じゃなくて、何で妹なんだ。
まだ中学生じゃないか。あんまりだ。

「お兄ちゃん…。」

いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が口を開いた。

「わたし、飛行機が見たいよ。」

飛行機どころか、この一年、外にも出られていないのに…。

「飛行機か。どんなのが見たいんだ?」

「うん…。」

しばらく考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう言った。







「たった一機で戦況を覆して、味方を勝利へ導くリボンのマークのF/A-22。」





ちょwwwwwおまwwwwwwwwそれモビウス1wwwwwwwてか無理スwwwwwwww

378 :名無し三等兵:2005/07/06(水) 09:54:10 ID:???
細かいようだがモビウス1が乗ったのはまだF-22だったよーな。

379 :名無し三等兵:2005/07/06(水) 11:50:01 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「私、新刊が読みたいよ。」
新刊どころか、この1年本だって読めてないのに。
「新刊か。……どんなのが読みたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。








「さt…」

俺は最後まで聞かずに大泣きしながら、病室をあとにした…

380 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/06(水) 12:07:45 ID:dtfSlEH5
「パナマが・・・パナマが・・・・・・・」

381 :名無し三等兵:2005/07/06(水) 12:13:28 ID:???
「文庫化七、「前も、前もだ」三で新刊が見えない! 全く見えないよ!」


382 :名無し三等兵:2005/07/06(水) 13:29:31 ID:???
ひどい話だ…

383 :名無し三等兵:2005/07/06(水) 16:59:55 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉を歪めるが、それ以外は至って静穏なものだ。とても医者がさじを投げた患者には思えない。
俺じゃなくて、何で妹なんだ。
まだ中学生じゃないか。あんまりだ。

「お兄ちゃん…。」

いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が口を開いた。

「わたし、飛行機が見たいよ。」

飛行機どころか、この一年、外にも出られていないのに…。

「飛行機か。どんなのが見たいんだ?」

「うん…。」

しばらく考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう言った。



「百里基地の司令と副指令が乗ったファントムが橋の下をくぐり抜ける所」


ちょwwwwwおまwwwwwそれwwwww漫画だろ

384 :名無し三等兵:2005/07/06(水) 19:47:09 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と、心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉を歪めるが、それ以外は至って静穏なものだ。とても医者がさじを投げた患者には思えない。
何で俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。

「お兄ちゃん……。」

いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静かに口を開いた。

「わたし、親子競演が見たいよ…。」

親子競演どころか、この一年、外にだって出られていないのに…。

「親子競演か。どんな親子のが見たいんだ?」

「うん。」

しばらく考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう言った。






「チハタソと90式戦車乗員の親子競演。」




ちょwwwwwおまwwwwwwそれ親子どころか孫とお爺ちゃんの競演wwwwwww

385 :名無し三等兵:2005/07/06(水) 22:35:41 ID:???
どっから見ても孫はチハタンだよなぁ。大柄の90式じいちゃんに手を引かれてトテトテ進むチハタン。

ちっこくて、保護欲かき立てられるチハタン・・ハァハァ うはなになんだおまえら(pam!

386 :名無し三等兵:2005/07/06(水) 23:10:31 ID:???
>>385
おぉ…同士ハケーン!
孫なチハタンに(;´д`)ハァハァなナカーマw

うわなんだおまいらななをするやめ…drftgyふじこ

387 :名無し三等兵:2005/07/06(水) 23:20:59 ID:???
年齢からすればチハタンが爺ちゃんな罠
うわなんだおまえらなにをするやめろZAsぇrdcftvgbyふじこ、l。・@;¥「:

388 :名無し三等兵:2005/07/06(水) 23:26:45 ID:???
チハタンは歳をとらないよ永遠の幼女だよ

389 :名無し三等兵:2005/07/06(水) 23:52:31 ID:???
洞窟には妹の苦しそうな吐息と息を潜めた市民の…それでも呼吸だけは響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた重傷者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、海が見たいよ。」
海どころか、この一昼夜は外にだって出られていないのに。
「海か。……じゃあ入り口のところまで動けるか」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

そして何とか妹を支えながら洞窟の陰から身を乗り出して
船が海上を多い尽くす海を見た…





「ああ、船が七分も海を埋め尽くしてるよ」





ちょwwwwwおまwwwwwww賀屋支隊wwwwwwwwww
。・゚・(ノД`)・゚・。。

390 :名無し三等兵:2005/07/07(木) 01:32:54 ID:???
>>389
途中までよんでて落ちが「髪ふさふさの海の人」だったらどうしようかと思ってしまったじゃないか

391 :名無し三等兵:2005/07/07(木) 01:35:19 ID:???
省略

「某研に会いたい」

省略

392 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/07(木) 01:36:48 ID:al2rTp41
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、自動車が見たいよ。」
自動車どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「自動車か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「チハタソ」

チハタンは車じゃねえ!戦車だ! (`Δ´)ノ

393 :名無し三等兵:2005/07/07(木) 01:40:56 ID:???
やっぱりこいつ(>>392)は何もわかっちゃいない

394 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/07(木) 01:45:53 ID:al2rTp41
教えてくれるとありがたい。

395 :名無し三等兵:2005/07/07(木) 02:18:42 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉を歪めるが、それ以外は至って静穏なものだ。とても医者がさじを投げた患者には思えない。
俺じゃなくて、何で妹なんだ。
まだ中学生じゃないか。あんまりだ。

「お兄ちゃん…。」

いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が口を開いた。

「わたし、飛行機が見たいよ。」

飛行機どころか、この一年、外にも出られていないのに…。

「飛行機か。どんなのが見たいんだ?」

「うん…。」

しばらく考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう言った。




「アクロバット飛行で六機ものZEEKを撃墜する真珠湾上空のウォーホーク」




ちょwwwwwおまwwwwwwwwハリウッwwwwwwwてかディズnywwwwwwwwてかインチk
wwwwwwwwてか認めねぇwwwwwwww

396 :名無し三等兵:2005/07/07(木) 02:48:12 ID:???
省略


「…フッケバイン…」


じゃあお兄ちゃんのためにキューベルワーゲンを用意してくれ。
頼む。

397 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/07(木) 02:52:28 ID:al2rTp41

「ぺぇぇぇぇぴぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ」

398 :名無し三等兵:2005/07/07(木) 03:14:27 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉を歪めるが、それ以外は至って静穏なものだ。とても医者がさじを投げた患者には思えない。
俺じゃなくて、何で妹なんだ。
まだ中学生じゃないか。あんまりだ。

「お兄ちゃん…。」

いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が口を開いた。

「わたし、ヘリコプターが見たいよ。」

空どころか、この一年、外にも出られていないのに…。

「ヘリか。どんなのが見たいんだ?」

「うん…。」

しばらく考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう言った。

「撃墜されたブラックホークを守って戦うデルタフォースの2人。」

ちょwwwwwおまwwwwwwwwシュガート&ゴードンwwwwww

399 :名無し三等兵:2005/07/07(木) 03:47:20 ID:???
>>397
実の義兄の方か・・・

400 :名無し三等兵:2005/07/07(木) 05:58:30 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機に乗りたいよ。」
旅行どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのに乗りたんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……MiG-25でベレンコ中尉ごっこがしたい。」

401 :名無し三等兵:2005/07/07(木) 07:45:39 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、クルスク大戦車戦が見たいよ。」
独ソ戦どころか、もう21世紀だっていうのに。
「クルスクか。……どこで見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。




「…ここで。WTMのジオラマが…」
「わかった待ってろ。今すぐ買ってくる」って
ちょwwwwwおまwwwwwwwwそれじゃオチねーよwwwwwwww

402 :名無し三等兵:2005/07/07(木) 11:42:49 ID:???
チハタソ(;´д`)ハァハァ

403 :名無し三等兵:2005/07/07(木) 14:04:05 ID:???
たまには>18改変

妹「ラウンドフェイサー、ブッシュマン、ビッグフット〜♪」
俺「……(テレビ見てる)」
妹「ラウンドフェイサー、ブッシュマン、ビッグフット……兄ちゃん」
俺「んー?」
妹「ラウンドフェイサー、ブッシュマン、ビッグフット」
俺「ラウンドフェイサー軽量型、マッケレル、コーチマSPL」
妹「おー。ラウンドフェイサー軽量型、マッケレル、コーチマSPL〜♪」

18にもなって。オタクなのはお前さんだ。
しかしおかんもそうだが、やっぱり女は料理してる最中にコンバットアーマー(しかも必ずソルティック社のみ)の
こと考えるもんなのか?




404 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/07(木) 14:35:27 ID:PRQ42qVi
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉を歪めるが、それ以外は至って静穏なものだ。とても医者がさじを投げた患者には思えない。
俺じゃなくて、何で妹なんだ。
まだ中学生じゃないか。あんまりだ。

「お兄ちゃん…。」

いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が口を開いた。

「わたし、お花が見たいよ。」

お花どころか、この一年、外にも出られていないのに…。

「花か。どんなのが見たいんだ?」

「うん…。」

しばらく考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう言った。

「デイジーカッター。」


ちょwwwwwおまwwwwwwwwそれは爆弾wwwwwwwwwwww

405 :名無し三等兵:2005/07/07(木) 15:30:08 ID:???
>>386
ただ南洋で錆だらけで朽ち果てた体を曝しながら寂しく老後をおくっているところに
90式戦車回収車が迎えに行くのも美しいかなあ
御祖母様.のおかげでこんな立派な体になりましたって

406 :名無し三等兵:2005/07/07(木) 18:46:09 ID:KhBMGXb5
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」

「わたし、写真が見たいよ、お兄ちゃんにもみせてあげる。」

もう妹は写真も満足に取る事ができない・・

「写真か。……ここにあるやつか?」

「うん。」

ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「……来週、除隊するんだ。結婚が決まってね、叔父さんの牧場を継ぐよ。
   これが婚約者の写真さ、結構カワイイだろ?」




ちょwwwwwおまwwwwwwwそれ死亡フラグwwwwwwwwww

407 :名無し三等兵:2005/07/07(木) 19:16:58 ID:???
>406
その妹は途中で玉川依子からバトーさんに声が変わってるんジャマイカひょっとして。

408 :名無し三等兵:2005/07/07(木) 19:37:13 ID:???
顔もスタイルもよく、男性に非常にモテる女友達がいます。
僕とはいわゆる友情どまりなのですが、この前携帯に電話
がかかってきました。
声からするととても酔っており、そういえば飲み会があるとか
言ってたな、などと思いながら何か勢いよくまくしたてるのを
聞いていたんですが、悔しい、悔しい、と半分泣きながら言う
んです。
「どうしたの?」と聞いたら…

「独島艦の進水で自衛隊より先に空母を保有したニダ!って自慢したら笑われたニダ!」





wwwwwちょwwwwwwおまwwwwwwwwあれは空母じゃないだろwwwwwwww


409 :名無し三等兵:2005/07/07(木) 19:49:10 ID:???
プチワロスwww

410 :名無し三等兵:2005/07/07(木) 20:42:51 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機に乗りたいよ。」
旅行どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのに乗りたんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「キー888」



ちょwwwwwおまwwwww死んで魂だけ成層圏に昇るつもりかwwwwwwwww 考え直せー!!



411 :砂漠の狐達:2005/07/07(木) 21:46:46 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を開いた。
「……なんだ?」
「わたし、食べたい物があるんだ」
外食はおろか、ここ1ヶ月は点滴しかしてないのに……
「……どんなのが食べたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。
「……ぱっぷらどんかるめ」

軍事とも関係ないし、一体なんだよソレ!

「…だめ?……」

412 :名無し三等兵:2005/07/07(木) 22:03:22 ID:???
今日Migを見た。

もう何も恐くない。

413 :名無し三等兵:2005/07/07(木) 22:11:51 ID:???
病室には二羽ニワトリがいる

414 :名無し三等兵:2005/07/07(木) 22:36:05 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
(中略)
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お祭が見たいよ。」
祭どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「祭か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「ロンドンである同時多発テ(ry」




ちょwwwwwおまwwwwwwwやったのか?wwwwwwwwww

415 :名無し三等兵:2005/07/08(金) 00:22:39 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
(中略)
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、祭が見たいよ。」
祭どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「祭か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「不謹慎な414を血祭りにあげたい」




ちょwwwwwおまwwwwwwwよし、殺れwwwwwwwwww


416 :名無し三等兵:2005/07/08(金) 04:38:14 ID:???
>411
・・・調べたらかるかんよ!!・・・しらんかった・・・
これだけではなんだから・・・

病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、人工衛星が見たいよ。」
見学どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「人工衛星か。……どんな衛星が見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「イトカワのかけらを持って帰ってきた隼(注:漢字では本当にこれである)」

ちょwwwwwおまwwwwwそれあと2年後wwwwwwwwwもうちょっとがんばれー!!

417 :北国馬鹿一代 ◆zgem9KCs.U :2005/07/08(金) 08:45:31 ID:???
>416
も、もうちょっとだ!あと少しだ!努力と根性!ファイト一発!

418 :名無し三等兵:2005/07/08(金) 09:05:50 ID:???
ちょび髭で背が低く、国民に非常にモテる友達がいます。
僕とは商売上の友人なのですが、この前職場に電話
がかかってきました。
声からするととても酔っており、そういえば将軍達と食事会があるとか
言ってたな、などと思いながら何か勢いよくまくしたてるのを
聞いていたんですが、悔しい、悔しい、と半分泣きながら言う
んです。
「どうしたの?」と聞いたら…

「こんな命令出したのは誰だ!ってキレたら「総統、貴方ご自身です」って突っ込まれた!
ムカつくからポルシェパンター(勿論電動駆動)作って!」

wwwwwちょwwwwwwおまwwwwwwww俺は良いけど前線指揮官が絶望するぞwwwwwwww

419 :名無し三等兵:2005/07/08(金) 13:11:24 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、なおえのかつやくが見たいよ。」
皇国どころか、この1年佐藤大輔名義の新刊なんて出ていないのに。
「直ちゃんか。……どんな直ちゃんが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「イトウテンテーの描くバルxなお。」

俺も探してんだが見つからん。てか実在するのか?

420 :名無し三等兵:2005/07/08(金) 14:06:24 ID:???
>皇国どころか、この1年佐藤大輔名義の新刊なんて出ていないのに。

orz

421 :名無し三等兵:2005/07/08(金) 14:21:51 ID:???
>>419
>皇国どころか、この1年佐藤大輔名義の新刊なんて出ていないのに。
半年の間違いジャマイカ?

だとしてもorzだが...

422 :名無し三等兵:2005/07/08(金) 15:30:46 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、市場に行きたいよ。」
買い物どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「市場か。……どこに行きたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……マーケット・ガーデン。」





ちょwwwwwおまwwwwwww橋まで遠すぎwwwwwwwwww

423 :名無し三等兵:2005/07/08(金) 16:42:33 ID:???
>>422
お庭を見たい、のほうが無垢な妹を演出できたのではないか?

424 :名無し三等兵:2005/07/08(金) 17:06:59 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
(略)
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を開いた。
「……なんだ?」
「私、新刊が読みたいよ。」
新刊どころか、この1年本だって読めてないのに。
いや、それより。もしあの名前が出てきたら……俺はどんな顔をすればいいんだ?
「新刊か。……どんなのが読みたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「『覇者の戦塵』かな」

ほっとした。
「大丈夫、遅れても2〜3ヶ月だ。今度はビルマ戦線かな?すぐ読めるさ、うん。買ってきてやるよ。
あ、具合が良くなったら、先生に許可貰ってさ、書泉ブックタワーにでも一緒にお出かけして買いに行こう。」
病人に「がんばれ」という言葉は禁句らしい。言葉を選びつつ、俺はそう答えた。
「うん……ありがと」

少しの沈黙。

「ね、お兄ちゃん?さっき別の作家の事、考えてたでしょ?」
びくっとした。お見通しらしい。

「大丈夫だよ、お兄ちゃん。私、無茶なお願いはしないの。
三州公の突撃の結末が読みたいなとか、お兄ちゃんともっとずっとお話ししてたいなとか……」
「え?」
「ううん、なんでもない。ちょっと疲れちゃった。少し寝るね……」
そういうと、ベッドのリモコンボタンを押して傾斜をフラットにし、点滴の管を気にしながら、俺に背を向けるように寝返りを打つ。

そのか細い背中を見ながら、しかし俺は何も言えなかった。

425 :名無し三等兵:2005/07/08(金) 17:07:01 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、オリンピックが見たいよ。」
オリンピックどころか、この1年外にだって出られていないのに。
「オリンピックか。……北京五輪のことか?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……オリンピック作戦。」





ちょwwwwwおまwwwwwww南九州上陸wwwwwwwwww

426 :名無し三等兵:2005/07/08(金) 18:12:21 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、嵐が見たいよ。」
嵐どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「嵐か。……タレントのことか?」
「ううん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……砂漠の嵐。」





ちょwwwwwおまwwwwwww湾岸wwwwwwwwww




427 :名無し三等兵:2005/07/08(金) 21:41:04 ID:???
それはビデオ借りてくればいいんでないかい

428 :砂漠の狐達:2005/07/08(金) 22:13:35 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ恋も知らない小学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を開いた。
「……なんだ?」
「わたしね、食べたい物があるんだ」
食事はおろか、ここ1ヶ月は点滴しかしてないのに……
「……どんなのが食べたいんだ?」
「うん」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。
「……皆が美味しいと絶賛している、MRE」

すまねぇ、俺が中東へ行っても、そんな物をもらえる訳が無い。
「う…んと、自衛隊のじゃ…だめかな?」
妹は、寂しそうな笑顔を浮かべるばかりだった……

429 :名無し三等兵:2005/07/08(金) 22:41:52 ID:???
>>428
1箱2万5千近くと少々お高いが、ココで通販してる
ttp://tokyocarol.com/

そんなもん買う金ネーヨと言うなら、こちらで食った気になれ
ttp://phototec.hp.infoseek.co.jp/mretop.htm
ttp://www.parfait.ne.jp/~namachan/mre.html

430 :名無し三等兵:2005/07/08(金) 23:01:51 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉を歪めるが、それ以外は至って静穏なものだ。とても医者がさじを投げた患者には思えない。
俺じゃなくて、何で妹なんだ。
まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん…。」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が口を開いた。

「わたし、夕焼けの中の星の光が見たいよ。」

妹は夜空を眺めるのが好きだった
よく二人で近くの丘に登り夜空を埋め尽くすように輝く星を見たのに…
しかし、この一年、妹は外にも出られていない…。

「星か。明けの明星でも見たいのか?」
「うん…。」
しばらく考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう言った。




「事業団が打ち上げた太陽発電衛星が輝く姿」



ちょwwwwwおまwwwwwww航宙自衛隊wwwwwwwwww



ちょwwwwwおまwwwwwwwwハリウッwwwwwwwてかディズnywwwwwwwwてかインチk


431 :430:2005/07/08(金) 23:03:01 ID:???
コピペが残ってた orz

432 :名無し三等兵:2005/07/08(金) 23:13:02 ID:WVZbaLa1
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、許せないよ。」
あのやさしい妹がこんなに怒るなんて珍しい、いったい何があったんだろう、、、、
「どうした?……医者に何か言われたのか?」
「ううん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。






「……ミッドウェイなどという名の空母が存在すること自体が許せないよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww人民空軍wwwwwwwwww


433 :名無し三等兵:2005/07/08(金) 23:21:17 ID:???
>>431 ネズミーマウスが攻めて来る奴と混ざったかと思った。

434 :砂漠の狐達:2005/07/08(金) 23:37:20 ID:???
>>416お兄ちゃん、ありがとう。
鹿児島銘菓は、美味しかったよ。真っ白で、ぷあぷあで…

>>429お兄ちゃん、こんな不味いモンをよくも寄越しやがったな!
「皆が美味しいと絶賛しているMRE」って言ったじゃない!
おえぇ。

435 :名無し三等兵:2005/07/09(土) 00:28:18 ID:0g3uZhk4
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、南ベトナム軍がさじを投げた敵には見えない。
なんで、ソ連じゃなくてベトナムなんだ。東南アジアじゃないか。あんまりだ。
「ジョーカー……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」

「1人で現地豚157匹を始末したよ」

勲章どころか、この1年休暇にだってとれないのに。

「現地豚か。……女子供も殺ったのか?」

「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「簡単さ、動きがのろいからな!」





ちょwwwwwおまwwwwwww戦争は地獄だぜwwwwwwwwww

436 :訂正:前半:2005/07/09(土) 00:32:23 ID:???

兵舎では微笑みデブの苦しそうな吐息とハートマン軍曹の罵声だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、ホーチミンがさじを投げた敵には見えない。
なんで、ソ連じゃなくてベトナムなんだ。東南アジアじゃないか。あんまりだ。
「ジョーカー……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」

「1人で現地豚157匹を始末したよ」

勲章どころか、この1年休暇にだってとれないのに。

「現地豚か。……女子供も殺ったのか?」

「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「簡単さ、動きがのろいからな!」





ちょwwwwwおまwwwwwww戦争は地獄だぜwwwwwwwwww

437 :名無し三等兵:2005/07/09(土) 01:15:35 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を開いた。
「……なんだ?」
「わたし、絵本が書きたいよ」
絵本を書くどころか、この1年読むことすら出来ないのに。
「絵本か。……どんな話を書きたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。




「とらさんやぞうさんやさいさんが、黒死病と必死にたたかうお話」




ちょwwwwwおまwwwwwww東部戦線wwwwwwwwww


438 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/09(土) 01:39:00 ID:IArJyTlE
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を開いた。
「……なんだ?」
「わたし、冬まで持つかな?」
なんて気弱な事を。しかし、自分は長くないことをどこかで感じているのだろうか。
「大丈夫。……お前は絶対に大丈夫だ。」
「うん、ありがとう。でも・・・」
妹は、儚げに笑って答えた。




「 第6軍は駄目だろうね。」




ちょwwwwwおまwwwwwwそれは総統次第wwwwwwwwwww


439 :名無し三等兵:2005/07/09(土) 01:44:49 ID:???
>>438
うまい!

440 :名無し三等兵:2005/07/09(土) 02:20:25 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お船が見たいよ。」
船どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「船か。……どこに行きたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「…72時間ずーっと行動を実況中継される漢級の潜水艦。」





ちょwwwwwおまwwwwwww大ちゃん呼んでくるwwwwwwwwww


441 :429:2005/07/09(土) 04:32:15 ID:???
>>434
何処が不味いんだ、言ってみろ?

(MREは長期間日常的に食べ、中毒にならなければ美味しくはならない。)

442 :名無し三等兵:2005/07/10(日) 02:18:04 ID:???
「デブはNo14アルフレッドソースでも食ってろ」
と妹はのたまった。

443 :名無し三等兵:2005/07/10(日) 02:46:11 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、医者になりたいよ。」
医者どころか、この1年学校だって行ってないのに。
「医者か。……どんなのが医者になりたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「地球を前に息を引き取った艦長に敬礼を捧げる医者になりたいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww佐渡先生wwwwwwwwww

444 :名無し三等兵:2005/07/10(日) 07:41:56 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、海に行きたいよ。」
海どころか、この1年病院の外にだって行ってないのに。
「海か。……どこの海に行きたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「静かの海。」





ちょwwwwwおまwwwwwwwそれ月wwwwwwwwww


445 :名無し三等兵:2005/07/10(日) 12:14:29 ID:???
>>444
 普通に泣ける話になっているような気もする…

446 :名無し三等兵:2005/07/10(日) 15:07:08 ID:???
おけwwwww

447 :名無し三等兵:2005/07/10(日) 15:23:46 ID:Ojmnog6G
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、海に行きたいよ。」
海どころか、この1年病院の外にだって行ってないのに。
「海か。……どこの海に行きたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「宇宙の海。」





ちょwwwwwおまwwwwwwwそれ俺の海wwwwwwwwww

448 :名無し三等兵:2005/07/10(日) 17:00:04 ID:???
>>447
マユ、どうした、マユ〜ッ!

449 :名無し三等兵:2005/07/10(日) 20:15:27 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、歌が聞きたいよ」
歌どころか、この1年病院の外にだって行ってないのに。
「歌か。……どんな歌が聞きたいんだ?」
「うん」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「終戦の、ローレライ」








次の日、俺は南太平洋に赴いた。


450 :名無し三等兵:2005/07/10(日) 23:51:29 ID:???
ヤック デカルチャー      かと思った

451 :名無し三等兵:2005/07/11(月) 00:45:33 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「お兄ちゃん……わたし、お兄ちゃんが運転する車に乗りたいよ。」
確かに入院する前、俺が免許を取り立ての頃に、嫌がる妹を乗せてドライブによく出かけた。
だがこの1年病院の外にだって行ってないのに。
「ドライブか。……俺のジムニーでいいのか?」
「え……ううん。あの車、酔っちゃうから……違うの。」
「じゃぁ、どんな車に乗りたいのか言ってみな。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「ソミュール博物館のケーニッヒスティーゲル」




ちょwwwwwおまwwwwwwwムリスorz

452 :665:2005/07/11(月) 00:50:19 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ディズニーが見たいよ」
浦安どころか、この1年病院の外にだって行ってないのに。
「ディズニーか。……どんなディズニーが見たいんだ?」
「うん」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「ミッキーとミニーの交尾がのった同人」




ちょwwwwwおまwwwwwww著作権ヤバスwwwwwwwwww


453 :名無し三等兵:2005/07/11(月) 01:05:15 ID:???
>>451
数ヵ月後、ソミュールの王虎は博物館の意向で、日本人には売って貰えない事がわかった。
それを報告すると、妹は落胆の表情を浮かべて呟いた。
「……残念。」
けれど妹は、かすかに笑うと、又呟いた。
「なら……運転してくれなくてもいいから。お兄ちゃんと一緒に、乗って見たい車が有るの。」
もうこいつが望むなら、どんな事でもかなえてやろう。
残された時間は、もう僅かしかないのだから。
「今度はどんな車だ?」
儚げに、しかし嬉しそうに笑って妹はこう答えた。




「ムンスター博物館のヤークトパンテル。とっても優しい戦車だって聞いたから。」

454 :名無し三等兵:2005/07/11(月) 02:11:51 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、海が見たいよ。」
海どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「海か。……どこに行きたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「…人民解放軍の兵士達の波に埋もれる米軍機甲部隊」





ちょwwwwwおまwwwwwww朝鮮戦そwwwwwwwwww

455 :名無し三等兵:2005/07/11(月) 06:42:51 ID:???
>>444
そこはあれだろ、「見られるとも」といって
兄貴が会社起こして核のパイ投げを乗り越えて
一民間企業ながら宇宙開発に邁進するんだろ。

456 :名無し三等兵:2005/07/11(月) 13:46:39 ID:???
>>455
そしてラストシーンはあれか、
ようやく会社が念願かなって打ち上げを行う晴れの日、
すでに一線を退いた会長が集中治療室で、
妹そっくりの孫を目の前にして、
「今度は、遅れないように乗せてあげるからね」
と言って息を引き取り、
「おじいちゃんは最後に何を言おうとしてたんだろう?」
という孫娘の呟きで〆ると。

457 :名無し三等兵:2005/07/11(月) 16:01:05 ID:???
お兄ちゃん、プロレスが見たいよ……。・゚・(ノД`)・゚・。ウエエェェン

458 :名無し三等兵:2005/07/11(月) 16:11:59 ID:g3O2O5rp
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、プロレスが見たいよ。」
プロレスどころか、この1年外にだって出られていないのに。
「プロレスか。……何を見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「…破壊王」



ちょwwwwwおまwwwwwww訃報wwwwwwwwww




橋本真也殿のご冥福をお祈りいたします

459 :名無し三等兵:2005/07/11(月) 16:20:03 ID:???
俺も見たいよ・・・

460 :名無し三等兵:2005/07/11(月) 17:11:55 ID:???
>>458
このスレらしい弔意乙

461 :名無し三等兵:2005/07/11(月) 17:37:10 ID:1xtNNv7B
破壊王がウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

462 :名無し三等兵:2005/07/11(月) 18:44:44 ID:???
まじで???橋本が死んだの????
おいおい最近プロレスに興味ないけど…

(´・ω・`)
でも橋本は強かった…
親父がプロレスファンだから子供のときはよく一緒にTVみていた。


463 :名無し三等兵:2005/07/11(月) 19:44:29 ID:???
>>458で初めて知った……。゚(゚´Д`゚)゚。


464 :名無し三等兵:2005/07/11(月) 21:41:23 ID:???
リハビリ中の脳内出血とはなあ・・・

465 :名無し三等兵:2005/07/11(月) 23:24:03 ID:???
>>455
それで唇を逆Vの字にねじまげたり皮肉と諧謔に満ちた会話を交わしたり装甲機動服に萌え娘を乗せたり航宙自衛隊だったりするわけだな?

466 :名無し三等兵:2005/07/12(火) 00:29:34 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、パイロットが見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「パイロットか。……誰が見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……頻繁に同じ事言うと、拗ねちゃう2番機さん。」





ちょwwwwwおまwwwwwwwガーゴイル2wwwwwwwwww

467 :名無し三等兵:2005/07/12(火) 02:35:58 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、雪が見たいよ。」
雪どころか、ここ数年霜すら降りていないのに。
「雪か。……なに、クリスマスまでには降るさ。」
「ううん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに首を振ってこう答えた。






「……黒い雪が見たいよ。」




ちょwwwwwおまwwwwwwwそれ彭徳懐wwwwwwwwwww


468 :名無し三等兵:2005/07/12(火) 03:10:13 ID:???
「クリスマスまでには」
無理ってこってすな。

469 :名無し三等兵:2005/07/12(火) 21:16:28 ID:???
次の日、俺は抗美援朝義勇軍に従軍カメラマンとして志願した


470 :名無し三等兵:2005/07/12(火) 21:19:52 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機。……どれが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「・・・満載した兵器を北朝鮮全土で投下するB1・B2・F117」




ちょwwwwwおまwwwwwww

・・・
「わかった、38°線を爆破してくる。朝鮮事変なら起こせるだろう」

471 :名無し三等兵:2005/07/12(火) 21:34:21 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お船で南の島へ行きたいよ。」
船旅どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「お船で旅行。……どこへ行きたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「・・・横浜-サイパン-パラオ-チモールを九七式飛行艇で」



ちょwwwwwおまwwwwwwwそれ南海の花束wwwwwwwwwww


472 :ガーゴイル2:2005/07/12(火) 22:23:52 ID:???
>>466
ロックオンされた!!助けてくれ!!

473 :名無し三等兵:2005/07/12(火) 22:32:52 ID:???
>472
無理。

474 :名無し三等兵:2005/07/12(火) 23:17:50 ID:???
密かにエナジーエアフォースネタが流行ってる件についてw

475 :名無し三等兵:2005/07/12(火) 23:34:40 ID:???
>>474
サンクス。やっとネタわかったw

(省略)
「わたし、遠くの島へ行きたいよ」
船旅どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「遠くの島へか。……どうやって行きたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「・・・ハードポイントに武装満載したガーゴイル2のA-10」


ちょwwwwwおまwwwww飛べないからwwwwww
(説明:重量が20000超えるとガーゴ2のA-10は飛べないでこっちが離陸しても地面走ってる)

476 :名無し三等兵:2005/07/12(火) 23:58:44 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機を見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。
「……月からやってくる、1つの腕を持った青い戦闘機。」
俺は思わず聞き返した。
「アストライアーか?エンディミオンMkIIかIIIか?」
再び考え込んだ妹は、また笑ってこう答えた。





「アストライアー。カノン2個付けで。」





ちょwwwwwおまwwwwwwwww弾切れヤバスwwwwwwwww

477 :名無し三等兵:2005/07/13(水) 01:53:24 ID:???
そこでRIOTxJUNOをお勧めしたい。

478 :名無し三等兵:2005/07/13(水) 17:39:36 ID:c1ft4mU+
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
「訓練機のT-…」
「あんまり無理するな。航空自衛隊のT-2が見たいのか?」
いやいやをするように顔を振り、口を開いた。








「……韓国のT-50がみたいよ。」




ちょwwwwwおまwwwwww<丶`∀´>ウリのT-50は世界一ニダwwwwwwwwwww


479 :名無し三等兵:2005/07/13(水) 22:34:42 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お星様が見たいよ。」
星どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「お星様か。……どんな星が見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……アフリカの星。」





ちょwwwwwおまwwwwwwwそれマルセイユwwwwwwwwww

480 :名無し三等兵:2005/07/13(水) 22:35:05 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……フォースの力を借りなくても確実に2mの廃熱口にプロトン魚雷を撃ち込めるX-Wingが見たいよ」





ちょwwwwwおまwwwwwww無理wwwwwwwwww

けど、インコム社とレイセオンが合弁すればあるいは・・・
いや、それじゃあ彼がエースになれないか(´・ω・`)

481 :名無し三等兵:2005/07/14(木) 03:49:57 ID:???
>>479
元はダイヤモンドだろ・・・

482 :名無し三等兵:2005/07/14(木) 04:47:28 ID:???
>>478
恐ろしく変な妹です・・・

483 :名無し三等兵:2005/07/14(木) 12:05:28 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、星の王子様が見たいよ。」
絵本どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「星の王子様か。……どの巻が見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……愛機に描いてあった王子様。」





ちょwwwwwおまwwwwwww過去に行けってか?wwwwwwwwww

484 :名無し三等兵:2005/07/14(木) 13:46:19 ID:NHxFYiGT
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者が匙を投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。畜生、あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、空母が見たいよ。」
空母どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「空母か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「伊勢湾で座礁する謎のニミッツ級空母。」



ちょwwwwwそれwwwwwwwライトニングレディwwwwww


485 :名無し三等兵:2005/07/14(木) 14:59:03 ID:wEqSYDWI
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者が匙を投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。畜生、あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お祭り行きたいよ。」
空母どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「祭りか。……何祭り行きたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「フランスで開催予定のキムチ祭りニダ 」



ちょwwwwwそれwwwwwww不認可に終わった幻wwwwww



486 :名無し三等兵:2005/07/14(木) 21:08:26 ID:???
>>483
>「星の王子様か。……どの巻が見たいんだ?」

星の王子様は全1巻なのよ。
つか、かなり短めのお話。
まあ、オチは円楽かと思った漏れはオヤジなわけだが。

487 :名無し三等兵:2005/07/14(木) 21:44:14 ID:???
>>486大昔にやっていた、アニメ版の話じゃないの?あれはけっこう見ていたな。

488 :名無し三等兵:2005/07/14(木) 22:15:24 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者が匙を投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。畜生、あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機に乗りたいよ。」
飛行機どころか、この1年自転車にだって乗れていないのに。
「飛行機か。……どんな飛行機に乗りたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「UF-25」


それなら、西暦2020年くらいにには就役予定だ、もしかしたら…
兄のわずかな希望を打ち砕くかのように妹は再び口を開いた…


「無人タイプ」


ちょwwwwwそれwwwwwwwジェネシスパイロットwwwwww

489 :名無し三等兵:2005/07/14(木) 22:26:04 ID:???
>>488
つか2020年まで生きられる時点でw

490 :名無し三等兵:2005/07/15(金) 01:24:54 ID:???
>>489
吸い出し技術さえ現時点で完成していれば、今死んでも頭んなか吸い出しといて
2020年までチップの中で寝かせておいてジェネシスパイロットにできるかもな。

491 :名無し三等兵:2005/07/15(金) 01:30:57 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静かに口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機に乗りたいよ。」
飛行機どころか、この1年自転車にだって乗れていないのに。
「飛行機か。……どんな飛行機に乗りたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「震電」


それなら、 某県猫見市の猫見工科大学にあるという噂だ、もしかしたら…
兄のわずかな希望を打ち砕くかのように妹は再び口を開いた…


「飛車角プロジェクトのやつ」


ちょwwwwwそれwwwwwww二〇式超音速巡航戦闘機wwwwwww

492 :名無し三等兵:2005/07/15(金) 02:04:49 ID:???
う〜む、大ヒット
久方ぶりに新世紀日米大戦を読み返してたのよね

493 :名無し三等兵:2005/07/15(金) 02:32:12 ID:???
>>491
合わせ技うまい!座布団3枚。

494 :名無し三等兵:2005/07/15(金) 02:35:03 ID:???
と思ったけど、山田君の好きなだけ持っていきなさい

495 :名無し三等兵:2005/07/15(金) 09:59:06 ID:JUxt1Ari
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者が匙を投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。神様、あんまりじゃないか。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お城を観に行きたいよ。」
お城どころか、この1年外にだって出られていないのに。
それでも、俺は兄だから、この子の望みを叶えなくちゃいけない。
「お城か。……どのお城が観たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「物語が進むにつれて、パーツが増えてロボットに変形できるお城」



ちょwwwwwそれwwwwwwwヘ○イwwwwww


496 :名無し三等兵:2005/07/15(金) 10:10:59 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。




ちょwwwwwおまwwwwwww


497 :名無し三等兵:2005/07/15(金) 12:17:42 ID:???
病室には心拍計の苦しそうな吐息と妹の電子音だけが響いている。




ちょwwwwwおまwwwwwww

498 :名無し三等兵:2005/07/15(金) 12:43:27 ID:???
>>497
妹はロボかよW

499 :名無し三等兵:2005/07/15(金) 12:51:21 ID:???
>>497
たんなる重レスかと思ったw 

500 :名無し三等兵:2005/07/15(金) 12:52:46 ID:???
苦しそうな吐息の心拍計 萌え〜

501 :名無し三等兵:2005/07/15(金) 16:11:21 ID:???
産室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。


ちょwwwwwおまwwwwwwwあのときのwwwwwww

502 :名無し三等兵:2005/07/15(金) 18:45:41 ID:???
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::...... ...   --─-  :::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
:::::::::::::::::...... ....:::::::゜::::::::::..   (___ )(___ ) ::::。::::::::::::::::: ゜.::::::::::::
:. .:::::。:::........ . .::::::::::::::::: _ i/ = =ヽi :::::::::::::。::::::::::: . . . ..::::
:::: :::::::::.....:☆彡::::   //[||    」  ||] >501::::::::::::::::::゜:::::::::::::
 :::::::::::::::::: . . . ..: :::: / ヘ | |  ____,ヽ | | :::::::::::.... .... .. .::::::::::::::
::::::...゜ . .:::::::::  /ヽ ノ    ヽ__/  ....... . .::::::::::::........ ..::::
:.... .... .. .     く  /     三三三∠⌒>:.... .... .. .:.... .... ..
:.... .... ..:.... .... ..... .... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
:.... . ∧∧   ∧∧  ∧∧   ∧∧ .... .... .. .:.... .... ..... .... .. .
... ..:(   )ゝ (   )ゝ(   )ゝ(   )ゝエッチなお兄ちゃんはっけ〜ん!!
....  i⌒ /   i⌒ /  i⌒ /   i⌒ / .. ..... ................... .. . ...
..   三  |   三  |   三  |   三 |  ... ............. ........... . .....
...  ∪ ∪   ∪ ∪   ∪ ∪  ∪ ∪ ............. ............. .. ........ ...
  三三  三三  三三   三三
 三三  三三  三三   三三

503 :名無し三等兵:2005/07/15(金) 20:09:52 ID:???
>>501
ttp://picnic.to/~kashmir/img/incesticide.jpg

504 :名無し三等兵:2005/07/15(金) 21:22:51 ID:???
仮面の下には妹の苦しそうな吐息とダークフォースの誘惑音だけが響いている。



ちょwwwwwおまwwwwwww


505 :名無し三等兵:2005/07/15(金) 21:50:15 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ12の誕生日になったばかりじゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、海外旅行に行きたいよ。」
旅行どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「旅行か。……どこに行きたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。




「……日本海軍の軍艦で埋まった昭南島」


ちょwwwwwwwwwおまwwwwwwwタイムスリップwwwwww

506 :名無し三等兵:2005/07/16(土) 02:41:18 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ12の誕生日になったばかりじゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、船と飛行機が見たいよ。」
船と飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
でも、ここは横須賀だ。米軍の空母が寄港すれば…。
「船と飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「……無理かな…船の方は潜水艦なの」
潜水艦? 何だ、伊400か? どの道無理だ。
プラモデルとかで我慢してくれるだろうか。
困惑する俺の顔を見て、妹は少し苦笑して言葉を繋いだ。



「……月の防空網を突破して飛来する円盤を迎撃する迎撃機を射出する潜水艦」

ちょwwwwwwwwwおまwwwwwww謎の円盤UFwwwwww



507 :名無し三等兵:2005/07/16(土) 08:14:15 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と、心電計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉を歪めるが、それ以外は至って静穏なものだ。とても医者が匙を投げた患者には思えない。
なんで俺じゃなくて妹なんだ…。
まだ中学生になったばかりじゃないか。あんまりだ…。

「お兄ちゃん…。」

いつもの祈りとも呪詛ともつかぬ思いが終わる前に、妹が静かに口を開いた。

「わたし…お船が見たいな…。」

「船か。どんなのがいいんだ…?」

「うん…。」

妹はしばらく考え込んだ後、儚げに笑ってこう言った。





「16歳の超天才少女が艦長を務める、超ハイテク潜水艦。」



ちょwwwおまwwwwそれフルメタwwwww

508 :名無し三等兵:2005/07/16(土) 09:03:34 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と、心電計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉を歪めるが、それ以外は至って静穏なものだ。とても医者が匙を投げた患者には思えない。
なんで俺じゃなくて妹なんだ…。
まだ中学生になったばかりじゃないか。あんまりだ…。

「お兄ちゃん…。」

いつもの祈りとも呪詛ともつかぬ思いが終わる前に、妹が静かに口を開いた。

「わたし…お船が見たいな…。」

「船か。どんなのがいいんだ…?」

「うん…。」

妹はしばらく考え込んだ後、儚げに笑ってこう言った。





「人類絶滅を企むムー大陸人を殲滅する、超ハイテク潜水艦。」



ちょwwwおまwwwwそれ轟天号wwwww

509 :名無し三等兵:2005/07/16(土) 09:36:50 ID:???
病室には(ry

「わたし、付いて行けないよ。」
中学の勉強の事だろうか。この1年外にだって出られていないのに。
「付いて行けないって……どうしたんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……最近のこのスレのネタに付いて行けないよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww俺もwwwwwwwwww

510 :名無し三等兵:2005/07/16(土) 10:56:40 ID:E0Ae5XIt
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……失敗作って言われても健気に頑張って飛ぼうとしてるバイパーゼロが見たいよ。」






511 :名無し三等兵:2005/07/16(土) 11:14:07 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、大砲が見たいよ。」
特科どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「大砲か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……あなたに、力を…」





ちょwwwwwおまwwwwwwwそれサテライトキャノンwwwwwwwwww


512 :名無し三等兵:2005/07/16(土) 11:37:02 ID:???
なんか最近、ガ板のスレに行けってネタが増えてないか?

513 :名無し三等兵:2005/07/16(土) 11:40:03 ID:???
ガ板=ガダルカナル

514 :杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2005/07/16(土) 13:00:39 ID:???
立てますた。

病室の妹が兄にお願いのガイドライン
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1121486363/

515 :名無し三等兵:2005/07/16(土) 13:04:54 ID:???
妹に飛行機を見につれてけと言われるガイドライン

http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1119577464/l50

516 :名無し三等兵:2005/07/16(土) 13:27:57 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……F-86セイバードックに護衛されて飛ぶB-36が見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww無理wwwwwwwwww

517 :名無し三等兵:2005/07/16(土) 20:44:56 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「……ジーニとファルコンで東側の爆撃機を殲滅するデルタダートとブードゥーがみたいよ。」



ちょwwwwwおまwwwwwww自国上空で空対空核wwwwwwwwww

518 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/16(土) 21:42:41 ID:xfNNM5f5
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、船に乗りたいよ。」
船どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「船か。……どんなのに乗りたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「レッド・オクトーバー」



ごめんよ・・・お兄ちゃんには見つけることすら不可能だ。orz

519 :名無し三等兵:2005/07/16(土) 21:46:37 ID:260LIWWc
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、美味しい物が食べたいよ。」
美味しい物どころか、この1年殆ど点滴と栄養注射だけで生きてるっていうのに・・・。
「美味しい物か。……どんな物が食べたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「チキンブロスが食べたいよ・・・。」



ちょwwwwwwおまwwwwwwwwそれバーガデッsh・・・PAM、PAM

520 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/16(土) 21:48:48 ID:xfNNM5f5
チキンブロスだけで思い出されるなんて・・・

521 :名無し三等兵:2005/07/16(土) 22:07:42 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……ハリアー原型のFSX-90。」





ちょwwwwwおまwwwwwwwネオ・ゼロwwwwwwwwww

522 :名無し三等兵:2005/07/16(土) 22:15:59 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、旅行に行きたいよ。」
旅行どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「旅行か。……どんなところに行きたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「Nogova共和国」



死ぬまでOFPでもやってろ。

523 :名無し三等兵:2005/07/16(土) 22:41:57 ID:???
ArmedAssault出るまでは生かしといてやれw

524 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/16(土) 22:52:13 ID:xfNNM5f5
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、船が見たいの。」
船どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「船か。……どんなのが見たいんだ?」
「あかぎが見たい。」
ああ、妹につらい真実を告げねばならないなんて。
「それは、お兄ちゃんには無理だよ。ミッドウェーで沈んだから。」
「ううん、違うの。帝国海軍の赤城じゃないの。あのね・・・」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「エセックス級“あかぎ”と、見た目がカーフェリーの“あかぎ”と、ハリアーUプラスを運用している“あかぎ”と、あとね、あとね・・・」



本読んで寝てろ!

525 :名無し三等兵:2005/07/16(土) 22:58:04 ID:???
>>524
>ハリアーUプラスを運用している“あかぎ”

なんだっけ?
レヴァイアサン戦記?

526 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/16(土) 23:02:49 ID:xfNNM5f5
新機動空母あかぎ

だったはず。
そうか、レヴァイアサン戦記でも赤城が出てた・・・

527 :Ramカンガルー:2005/07/16(土) 23:08:53 ID:W77rMuU9
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、島に行きたいの。」
島どころか、この1年間、外にだって出られないのに。
「島か。……どんな島に行きたいんだ?」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。






「竹島、しかもキムチ臭を洗い流した、、、、ゲホゲホ、ウウウゥゥ・・・」


528 :Ramカンガルー:2005/07/16(土) 23:12:06 ID:W77rMuU9
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ネットがしたいよ。」
ネットどころか、まともにおきあがれもしないのに。
「ネットか。……どんなサイトに行きたい?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。






「アラシのいない、平和な2ch・・・・」

529 :名無し三等兵:2005/07/16(土) 23:43:02 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、タチバナが見たいよ。」
柑橘類の木どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「タチバナか。……ミカンじゃダメか?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。






「高岡少佐の乗った…」




ちょwwwおまwwwwwww皇国二号兵器wwwwwwwwwwwwwwwww

530 :名無し三等兵:2005/07/16(土) 23:45:55 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を開いた。
「……なんだ?」
「わたし、パソコンがしたいよ。」
パソコンどころか、この一年携帯電話すら触っていないのに。
「パソコンか。……どんなことをしたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。






「お兄ちゃんのレポート終わらせなきゃ…」

ちょwwおまwwwwww何か涙出てきたwwwwwwwwww

531 :名無し三等兵:2005/07/16(土) 23:53:47 ID:???
>>1です、ガイドラインが出来てたとです・・・。

・・・うはwwwwww>>13さん、すげえwwwwwwwww

532 :名無し三等兵:2005/07/17(日) 01:45:16 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お馬さんが見たいよ。」
動物どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「馬か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……特殊機械化馬賊団」





ちょwwwwwおまwwwwwww季刊コンバットコミックwwwwwwwwww




533 :名無し三等兵:2005/07/17(日) 11:15:49 ID:???
まさかこのスレで「特殊機械化馬賊団『翔』」を見る日が来るとはな…

534 :名無し三等兵:2005/07/17(日) 13:23:01 ID:???
すまん、俺 >特殊機械化馬賊団 ってなんだか知らないんだが

でかいアイボにのった山賊みたいなものか?

535 :名無し三等兵:2005/07/17(日) 13:28:10 ID:???
特殊機械化馬というからには999に出てきた機械男爵の乗ってた馬みたいなものかもしれん。

536 :名無し三等兵:2005/07/17(日) 17:38:44 ID:2g4TLwNP
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、なんで俺じゃなくて妹なんだ。
まだ中学生じゃないか、あんまりじゃないか。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静かに口を開いた。
「……なんだ?」
「わたし、柘植先生の本が読みたいよ」
本どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「本か……何が欲しいんだ?メタルオブオナーか、戦争で読むローマ帝国史か?」
「うん」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……プリティ柘植先生の私ならこうする……」





ちょwwwwwおまwwwwwww俺もwwwwいうまでwwwwww

537 :名無し三等兵:2005/07/17(日) 17:41:36 ID:???
コンバットコミックで不定期連載していた
とんでも馬賊漫画、音波砲やら小型気球兵器で匪賊と戦ったり
終戦クーデターの際、竹下中佐の行く手を120トン戦車で塞いで決起部隊を粉砕したり
メチャクチャやらかしてた。
2年位の間で、4回くらいしか掲載されなかった。


538 :名無し三等兵:2005/07/18(月) 01:09:53 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、未完の海戦が見たいよ。」
海戦どころか、この1年海にだって出られていないのに。
「未完の海戦か。……どんなのが見たいんだ?アラスカ級vs超甲巡とか?」
「ううん。」
「じゃ、大井vsデ・モイン級?」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「赤城とサラトガの砲撃戦。」


ちょwwwwwおまwwwww20センチ砲wwwハードル高すぎwwwww


539 :名無し三等兵:2005/07/18(月) 08:41:38 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と、心電計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉を歪めるが、それ以外は至って静穏なものだ。とても医者が匙を投げた患者には思えない。
なんで俺じゃなくて妹なんだ…。
まだ中学生になったばかりじゃないか。あんまりだ…。

「お兄ちゃん…。」

いつもの祈りとも呪詛ともつかぬ思いが終わる前に、妹が静かに口を開いた。

「わたし…お船が見たいな…。」

「船か。どんなのがいいんだ…?」

「うん…。」

妹はしばらく考え込んだ後、儚げに笑ってこう言った。





「科学時代の悪Qから現代社会を防衛する11人の勇者達が乗った万能戦艦」



ちょwwwおまwwww何歳だよwwwww


「漫画版で知ったんだよ」

540 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/18(月) 18:14:46 ID:XRo5Y3aW
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、船が見たい。」
船どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「船か。……どんなのを見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「超戦艦“越中”」
「? なんだ、それ?」
「戦艦“常滑・富田林・西荻窪”。空母“神鷹・白鶴・黄桜”。
 あとね、B―29艦載型を運用できる、巨大空母マンハッタンが見たいの!」



ちょwwwおまwwwwどこでそれをwwwww

「お兄ちゃんには内緒。」

541 :名無し三等兵:2005/07/18(月) 18:50:25 ID:tFrHkU4Y
>539-540
すまん元ネタを頼む

542 :名無し三等兵:2005/07/18(月) 19:21:46 ID:???
>>539
なら俺でもわかる。円谷プロのMJだろ。誰かの作品の呼出符号にもなってるしな

http://www.st.rim.or.jp/~val/mj.html

543 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/18(月) 20:42:57 ID:noy2eKlD
国辱漫画

でぐぐるとわかるよー。

544 :名無し三等兵:2005/07/18(月) 20:48:31 ID:???
ここの妹は随分とマニアックだな・・・

545 :名無し三等兵:2005/07/18(月) 20:57:51 ID:???
マイティジャック萌えたよ。海水をしたたらせながら飛び立つシーンも良いし、意味もなく腰振りダンサーが出てくる脚本も好感が持てた。

546 :名無し三等兵:2005/07/18(月) 21:25:21 ID:???
>>538
サラトガ対天城なら・・・・・



本艦はァ-----ッ

現在より空母から強襲艦に転任するゥ!!

547 :538:2005/07/18(月) 21:44:32 ID:???
>>546 元ネタを解ってくれる方がいたか・・・正解。


548 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/18(月) 22:13:49 ID:trUfKoex
ぐぐっても中身はでないか・・・・・・

「エル・アラメインの神殿」を読めば、わかる。

549 :名無し三等兵:2005/07/18(月) 22:30:09 ID:2HZcG/j9
>547 ここにも ノシ

550 :名無し三等兵:2005/07/19(火) 09:10:59 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、戦車が見たい。」
戦車どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「戦車か。……どんなのを見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「石橋大尉が乗ってる90式戦車」
「?」
「あとね、ダイソン少佐が乗ってるM-1…これで二人とも生き残るよね?」
 



ちょwwwおまwwww泣けてきたwwwww


551 :名無し三等兵:2005/07/19(火) 10:45:31 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、外国の人に会いたいよ。」
外国人どころか、この1年家族と病院関係者以外に会ったことがないのに。
「外国人か。……誰に会いたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「シベリアで木を数えてるっていうロシアの人。」




ちょwwwwwおまwwwwwww多分もうすぐ会えるwwwwwwwwww


552 :名無し三等兵:2005/07/19(火) 12:43:31 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、花火が見たいよ。」
花火どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「花火か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「……連合軍の空襲を迎え撃つ打ち上げ花火」

ちょwwwwwおまwwwwwww金さんと相談してくるwwwwwwwwww

553 :名無し三等兵:2005/07/19(火) 17:12:51 ID:???
>>550
全米と全国が泣いた

554 :名無し三等兵:2005/07/19(火) 17:15:16 ID:???
>>550
それはもしかしてA-12で都庁の間をすり抜けるあれか?

555 :名無し三等兵:2005/07/19(火) 18:02:35 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、戦闘機が見たいよ。」
戦闘機どころか、この1年制空権だってないのに。
「戦闘機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「……真っ赤に燃える帝都の炎を明かりにB29を迎え撃つ迎撃戦闘機部隊」

ちょwwwwwおまwwwwwww指揮管性格捻くれスwwwwwwwwww

556 :名無し三等兵:2005/07/19(火) 18:07:08 ID:???
>>555

> 戦闘機どころか、この1年制空権だってないのに。

はAC04のエルジア側でも使えそうだなあ。

557 :名無し三等兵:2005/07/19(火) 18:36:14 ID:???
>戦闘機どころか、この1年制空権だってないのに。

想像したらマジ泣けてきた

558 :名無し三等兵:2005/07/19(火) 22:58:19 ID:???
>>555
意外なとこにつぼが合った (つД`)

559 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/20(水) 08:34:22 ID:5lj6w18j
ドックには艦の苦しそうな吐息と冷たい海風の音だけが響いている。
艦の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、軍がさじを投げた患者には見えない。
なんで、戦車じゃなくて艦なんだ。まだ建造途中じゃないか。あんまりだ。
「設計主任……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、艦が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、妹が見たいよ。」
妹どころか、この1年資材だって回ってこないのに。
「妹か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ艦は、儚げに笑ってこう答えた。


「ペーター・シュトラッサー」



まずお前を完成させてからだ・・・・・・

560 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/20(水) 08:45:11 ID:5lj6w18j
患者→空母へ訂正

561 :名無し三等兵:2005/07/20(水) 08:53:15 ID:???
飛龍ハ健在ナリ

562 :名無し三等兵:2005/07/20(水) 09:24:24 ID:???
>>561・・・
そういえばここは、バーボンスレだったっけ・・・
完全にわすれとった。

563 :名無し三等兵:2005/07/20(水) 10:07:33 ID:???
やあ (´・ω・`)

ようこそ、妹の病室へ。
この電子音は心拍計だから、変調したらナースコールを押して欲しい。

うん、「妹は中学生」なんだ。済まない。
高校生じゃヲタ受けが悪いって言うしね、けど医者にさじを投げさせようとは思っていない。

でも、このスレタイを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「また駄スレ(^ω^)9cm」みたいな祈りとも呪詛ともつかない思いを感じてくれたと思う。
飛行機どころかこの一年外にすら出てない娘の健気さ儚さ、そういう気持ちを忘れな
いで欲しい、そう思って このスレを立てたんだ。


じゃあ、妹のお願いを聞こうか

「ちょwwwwwおまwwwwwww無理wwwwwwwwww」

564 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/20(水) 11:33:35 ID:lUzHnXIY
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、船が見たいの。」
船どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「船か。……どんなのが見たいんだ?」
「空母なんだけど・・・いい?」
「ああ。」
「よかった。あのね・・・・・・」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「バンシーWが見たい!」



ちょwwwwwおまwwwwwwwとうとう現実と空想の区別がwwwwwwwwww

565 :名無し三等兵:2005/07/20(水) 14:03:53 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と何かの電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者を投げた妹には見えない。
なんで、俺じゃなくて医者なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、戦いたいの。」
戦いどころか、この1年外にだって出られていないのに。
「戦いか。……誰と戦いたいんだ?」
「アメリカなんだけど・・・いい?」
「ああ。」
「よかった。あのね・・・・・・」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「アラwwwwwwwwwwアクバルwwwww!」


ちょwwwwwおまwwww最初の方の電子音ってwwwwww

566 :名無し三等兵:2005/07/20(水) 16:30:14 ID:???
>>563は見事な二身合体だ

567 :名無し三等兵:2005/07/20(水) 18:13:31 ID:???
>>559
擬人化キタ━━━━(・∀・)━━━━♪

568 :名無し三等兵:2005/07/20(水) 20:03:41 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、90式が見たいよ。90式が・・・」
90式どころか、この1年基地祭りにだって出られていないのに。
「90式か。……総火演での走行間射撃が見たいのか?」
「ううん。」
「じゃ,観閲式でズラッとならんだ90式が見たいのか?」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「韓国の『独島』を撃沈するところ」


ちょwwwwwそれwwwwwww対艦誘導弾wwwwwwwwてか戦争wwwwww


569 :名無し三等兵:2005/07/20(水) 20:24:38 ID:???
>>551
アイス吹いた

570 :名無し三等兵:2005/07/20(水) 22:10:36 ID:???
めるぽ

571 :名無し三等兵:2005/07/20(水) 22:19:26 ID:???
>>570
ガッ

572 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/20(水) 22:29:42 ID:1WCi9fEw
海岸には艦の苦しそうな吐息と冷たい海風の音だけが響いている。
艦の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、応急班がさじを投げたようには見えない。
なんで、私じゃなくて艦なんだ。まだ修理途中じゃないか。あんまりだ。
「艦長……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、艦が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お姉さんが見たいよ。」
姉どころか、この1年まともに動いたことだってないのに。
「姉さんか。……でも、どうなったかは知っているだろう?」
「うん。でもね、もう一度会いたいの。」
ちょっと考え込んだ艦は、儚げに笑ってこう答えた。


「ビスマルク姉さんに・・・」

573 :純愛ペテン師バカ戦務長CCD ◆tNItiRenXY :2005/07/20(水) 22:47:25 ID:???
>>572
泣けた(;´Д⊂)

574 :名無し三等兵:2005/07/20(水) 22:49:40 ID:???
三等僧兵にはみなを笑わせよう、ニヤリとさせようという気概がないのか?

575 :名無し三等兵:2005/07/20(水) 22:59:54 ID:???
>>574 まあまあ、落ち着いて。マジレスすれば、彼に高望みしちゃいけませんってことだよ。


576 :名無し三等兵:2005/07/20(水) 23:12:18 ID:???
>>572
船舶は女性だしね、いいね。泣けた。・゚・(ノ∀`)・゚・。

旧軍のもできそうだな。

577 :名無し三等兵:2005/07/20(水) 23:32:02 ID:???
>>575
ネタにマジレス(ry

えっ?三等僧兵に笑わせてもらおうなんてネタだよな?

578 :名無し三等兵:2005/07/20(水) 23:36:24 ID:???
どっちかというと、泣かせようとか思ってるんじゃないか?
しかしオイコラというのもあるがw

579 :名無し三等兵:2005/07/20(水) 23:39:26 ID:???
あまりにも不憫で涙が出てきます

580 :名無し三等兵:2005/07/20(水) 23:39:28 ID:???
グラーフツェペリン
http://mil.homeip.net/kako/image/0523
ビスマルク
http://mil.homeip.net/kako/image/0526
ティルピッツ
http://mil.homeip.net/kako/image/0680

581 :名無し三等兵:2005/07/20(水) 23:43:45 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、パレードが見たいよ。」
パレードどころか、この1年外にだって出られていないのに。
「パレードか……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……赤の広場でティーガーUBに乗った黒騎士中隊のパレードが見たいよ。」





ちょwwwww自営業wwwwwww2ゲットwwwwwwwwww


582 :名無し三等兵:2005/07/20(水) 23:59:02 ID:???
けうのうちにとほくへいってしまういもうとよ

ss-20がふっておもてはへんにあかるいのだ。。。

583 :名無し三等兵:2005/07/20(水) 23:59:03 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、先生になりたかったよ。」
先生どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「先生か……どんな先生になりたかったんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「『それでは教育してやるか』とことあるごとに生徒に宣言する眼帯付けた先生」





ちょwwwww自営業wwwwwwwそれ、教師じゃないしwwwwwwwwww


584 :名無し三等兵:2005/07/21(木) 01:17:46 ID:abtG3WYK
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、戦車部隊が見たいよ。」
戦車部隊どころか、ベルリンに赤軍が侵入したというのに。
「戦車部隊か……どんなのが見たいんだ?」
「黒騎士中隊。」
「でも隊長のバウアーさんはさっきティーガーと一緒に……」
「違うの。私が見たいのは。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……エルンストの息子と最高の戦車乗りが出てくる黒騎士中隊。」





ちょwwwww旧第三次wwwwwww締め切り厳守wwwwwwwwww



585 :名無し三等兵:2005/07/21(木) 03:47:24 ID:???
元は>>581です。

病室には妹の苦しそうな吐息だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、僕じゃなくて妹なんだ。まだ小学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、戦車が見たいよ。」
戦車どころか、この1年外にだって出られていないのに。
演習で父さんに見せてもらった戦車だって本当は訓練用の作り物だ。
「戦車か。父さんに言えば見せてくれるさ。早く体を直して見せてもらおうな」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……お兄ちゃんが本物に乗っているのが見たいよ。」





こうして、ドイツ国防軍は未来の黒騎士中隊の指揮官を得たのである。

586 :名無し三等兵:2005/07/21(木) 21:25:27 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ほうき星が見たいよ。」
次に彗星が地球に近づくのはいつなんだろうか。
「ほうき星か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……マリアナで味方に撃たれて火を噴く彗星艦爆がみたいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww不用意に近づきすぎwwwwwwwwww


587 :名無し三等兵:2005/07/21(木) 21:39:20 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、流れ星が見たいよ。」
流れ星どころかこの1年外にだって出られてないのに。
「流れ星か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……暁の空ではぐれてもう戻れなくなった流れ星がみたいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwwwステルス機で旋回したり不用意すぎwwwwwwwwww

588 :名無し三等兵:2005/07/22(金) 00:19:03 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者が匙を投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。神様、あんまりじゃないか。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、特殊部隊に入りたいよ…」
お城どころか、この1年外にだって出られていないのに。
それでも、俺は兄だから、この子の望みを叶えなくちゃいけない。
事情を説明したら名誉隊員とかに任命してくれるかも…
「特殊部隊……グリーンベレーか?それともSASか?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「普段は歌劇団に偽装してる対魔特殊部隊に入りたいよ」



ちょwwwwwそれwwwwwwwサクラ大戦

589 :名無し三等兵:2005/07/22(金) 01:00:42 ID:???
>>587
あの歌の夜鷹ってF-117ナイトホークの意味なの?

590 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/22(金) 01:31:33 ID:RqXljoaK
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、流れ星が見たいよ。」
流れ星どころかこの1年外にだって出られてないのに。
「流れ星か。この部屋から見えるかな。……何かお願いするのか?」
「ううん、お願いするんじゃないの。見たいの。」
妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「ソ連駆逐艦を撃沈した後、不運が重なって墜落して行く流星を。」




ちょwwwwwおまwwwwwwwその後の事をお前は知らないのかwwwwwwwwww

591 :名無し三等兵:2005/07/22(金) 02:34:31 ID:clXLO3nx
外は東京で今年初めての雪が舞う、どんよりとした空だったが
病室にはカーテンがひかれ、妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お船が見たいよ。」
船どころかこの1年外にだって出られてないのに。
「船か。どんな船だい?」
妹は、儚げに笑ってこう答えた。
「COGOG推進の超大型護衛艦やまと」
俺は下唇を強くかんだ。口の中に血の味が広がる。
おそらく、妹は錯乱の一歩手前なのだろう。
COGOG推進の超大型護衛艦やまとなんて無理だ。
でも・・・せめてプラモなら・・・2ちゃんで呼びかければ・・・
「わかった。必ず見せてやるからな。まってろよ。だから・・・先生の言うことは聞くんだぞ」
妹はかすかに笑って、コクリとうなずいた。
そして俺が病室を出ようとした、そのときだった。





「悪いな、帰る前にカーテンを開けていってくれ。私は初雪が見たいのだ」


ちょwwwwwおまwwwwwwwキャラ変わってるしwwwwwそれ後藤田元長官wwwww

592 :名無し三等兵:2005/07/22(金) 02:45:24 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お船が見たいよ。」
海どころかこの1年外にだって出られてないのに。そのくせ、毎回毎回無理なことばっかり。
「船か。この部屋から見えるかな。……でも見たい船は見れないかも知れないよ」
日の丸を付けたインヴィンシブル級。とか言われる前に一応釘をさしておくことにした。
「そっか・・・。」
少し困った顔をした妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「この病院には私以外男は居ないのか。」




ちょwwwwwおまwwwwwww鉄の女wwwwwwwwww

593 :名無し三等兵:2005/07/22(金) 15:46:17 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ずっと知りたいことがあったんだ。」
知りたいことどころか、知らねばならないこと、知らざるを得ないことを
知ることすらもう難しいというのに。
「なんだ? できることなら調べてきてやるが」
「……ありがとう。じゃあ、お願いしていい?」
「ああ」
妹は、儚げに笑ってこうつづけた。




「シベリアの針葉樹の葉が何本あるか知りたいの」



ちょwwwwwおまwwwwwww助けて書記長wwwwwwwwww

594 :名無し三等兵:2005/07/22(金) 21:43:52 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を開いた。
「……なんだ?」
「わたし、南の島に行きたいよ」
島どころかこの1年外にだって出られてないのに。
「南の島か・・・トラックか、ニューギニアか、餓島か・・・」
「違うよ、そんなとこじゃないよ〜」
安心した、妹は他のレスに出てくる腐れ軍ヲタじゃなかったようだ。
お兄ちゃんは安心したよ。

「では、ハワイとか・・・」
「違うの、珊瑚礁があるとこなの」

一瞬、嫌な予感がしたが聞いてみることとした。
「それはどこなんだい。」
妹は、儚げに笑ってこうつづけた。


「B-2が飛び立つ、ディエゴガルシア島」

やはりお前もか・・・



ちょwwwwwおまwwwwwww鉄の女wwwwwwwwww


595 :名無し三等兵:2005/07/22(金) 23:00:03 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、御殿場に行きたいよ。」
御殿場どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「御殿場か。……御殿場のどこに行きたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……90が四の台に向かって突撃するのを見学できるところに行きたいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwwwチケット外れたwwwwwwwwwworz


596 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/23(土) 01:29:06 ID:7DAPoVux
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行船が見たいよ。」
飛行船どころか、この1年自動車にだって乗っていないのに。
「飛行船か。……万博に来ているやつか?」
「ううん。それじゃなくて……」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「ロンドン空襲をしているツェッペリン飛行船。」





ちょwwwwwおまwwwwwwwぜったい無理wwwwwwwwww


597 :名無し三等兵:2005/07/23(土) 07:54:52 ID:???
重病でずっと寝たきりだった妹が、突然立ち上がって、
「お兄ちゃん、歩けます!」とか言い出しやがりました。

598 :名無し三等兵:2005/07/23(土) 08:12:12 ID:???
>>598
「爆弾に乗って帽子を振るカウボーイが見たいよ」

599 :名無し三等兵:2005/07/23(土) 08:12:48 ID:???
× >>598
○ >>597

600 :名無し三等兵:2005/07/23(土) 09:32:45 ID:???
いいかげん、泡沫コテがうざいんだが

601 :名無し三等兵:2005/07/23(土) 09:35:34 ID:???
>>600
だったらNG登録しとけよ

602 :名無し三等兵:2005/07/23(土) 09:48:20 ID:???
>>600
 そうだ。NG登録するべきだ。
 うちでは、三等僧兵は北米院と並んでるぞ。

603 :純愛ペテン師バカ戦務長CCD ◆tNItiRenXY :2005/07/23(土) 10:11:35 ID:???
>>600
泡沫で悪かったよ

604 :純愛ペテン師バカ戦務長CCD ◆tNItiRenXY :2005/07/23(土) 10:12:33 ID:???
間違えた

泡沫で悪かったなだ!!

605 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/23(土) 12:12:06 ID:2oeAGbQ6
批判よりも、ネタを書くべきだよ。

606 :名無し三等兵:2005/07/23(土) 12:18:38 ID:???
海外厨マジうざい。
J見に行ったときに絶対五、六人はいる。
47_砲がミスると、今のはパンテルなら〜、ティーガーなら〜と
知識をひけらかし周りから白い目で見られる。
まるで自分がパンツァー乗りで活躍した戦車のような立ち振る舞い。
「やっぱりJはレベルが低いや、ラジオで欧州戦車戦聞いてたほうがいいね。」と
チハが聞こえるように話し、
戦闘終了後、サポーターに絡まれると、「ブブブ、ブヒーーッ!すいません!」と
シュルツェンをタプタプさせながら逃げていく。

607 :名無し三等兵:2005/07/23(土) 13:54:38 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……ツインヴァルキリーから飛び立つツインゴブリンが見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww双子の王様に会ってくるwwwwwwwwww

608 :名無し三等兵:2005/07/23(土) 13:55:03 ID:???
病室で妹は本を読んでいた。
一度、医者がさじを投げた患者には見えない快復振りだ。
一週間前までICUで時折苦しげに眉をゆがめ、苦しそうな吐息を
していただけの患者にはとても思えない。
「お兄ちゃん」
見舞いに来た自分に気付いた妹は本から顔を上げた。
嬉しさのあまり、つい言葉が出る。
「よく頑張ったな」
妹は眼鏡を外し窓の外を眺めはじめた。
外は雪景色。一昨日の夜から降り続いた雪は東京の街を真っ白に染めていた。

「・・・もう少し、見ていたかったのかもしれんな」

「見たいって、何を」





「この街の、未来を」






ちょwwwwwおまwwwwwwwwwwwwwwwwwこの街はリアルな戦争には狭すぎる

609 :名無し三等兵:2005/07/23(土) 14:01:19 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お船が見たいよ。」
船どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「お船か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……原子力空母 大原麗子が見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwwwちょっと国民クイズに出てくるwwwwwwwwww

610 :名無し三等兵:2005/07/23(土) 15:19:57 ID:???
三等僧兵のリアクションはなぜもこうDQNまるだしなのだろう

611 :名無し三等兵:2005/07/23(土) 15:54:06 ID:???
>>608
ほほぅ…劇場版パトレイバーですな?
しかも2!w

612 :名無し三等兵:2005/07/23(土) 16:22:30 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、花火が見たいよ。」
花火どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「花火か。……もうじき両国の花火大会だろう?他にも花火大会はあるから、すぐ見れるよ。」
「ううん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……ストーンヘンジが見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww直撃ヤバスwwwwwwwwww

613 :名無し三等兵:2005/07/23(土) 18:02:52 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、よかった探しのお話が読みたいよ。」
本を読むどころか、この1年外にだって出られていないのに。
「よかった探しか。ポリアンナ物語だね。なんならビデオ借りてこようか?」
「ううん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「不時着したホテル・リマの乗組員を救出にいくパレアナが出てくる話」



ちょwwwwwおまwwwwwww☆wwwヨカッタカ???wwwwwww

614 :名無し三等兵:2005/07/23(土) 18:41:54 ID:???
>>607
ま た 沈 没 か

615 :名無し三等兵:2005/07/23(土) 18:52:21 ID:???
>>607
ちょwwwwwおまwwwwwwwちょっと国民クイズに出てくるwwwwww

オチをゆってしまっては…    orz

616 :名無し三等兵:2005/07/23(土) 19:14:34 ID:???
国民クイズ知っている香具師の方が珍しくないか?

617 :名無し三等兵:2005/07/23(土) 20:57:01 ID:???
>>616 濃いマンガだよなあ。名作だとは思うけど。


618 :名無し三等兵:2005/07/23(土) 20:58:24 ID:???
大阪豆ゴハン目当てにモーニングを買っていた頃、連載していた国民クイズを読んでいた。
その後、料理の鉄人をTVで見て「こいつはK井K一か?」とツッコミを入れてしまったよ。





病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、戦闘機が見たいよ。」
戦闘機どころか、この1年制空権だってないのに。
「戦闘機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「……真っ赤に燃える帝都の炎を明かりに重爆を迎え撃つ蒼来」

ちょwwwwwおまwwwwwwwメタ情報wwwwwwwwwwwwwwwww


619 :名無し三等兵:2005/07/23(土) 21:28:17 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、本が読んで欲しいよ」
本どころか、この1年銃の整備くらいしかしていなかったのに……。
「本、か。……どんなのが読んで欲しいんだ?」
「うん」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……パスタのお話……聞かせてください……」






 ちょ、おま、ちょっと待ってろ! 直ぐに……!

620 :名無し三等兵:2005/07/23(土) 23:01:07 ID:???
「おくすりください」じゃないのか…

621 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/24(日) 01:47:53 ID:/kbMra13
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、この1年ずっと考えたんだけど、聞いてくれる?」
ずっと病院から出たことはなかったが……何を考えていたのだろうか。
「ああ、いいぞ」
「うん」
妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「どうやってハイドリヒは、ドイツ帝国第三代総統になったのかな?」



ちょwwwwwおまwwwwwwwたぶん御大もわからんwwwwwwwwwwwwwwwww

622 :名無し三等兵:2005/07/24(日) 02:03:44 ID:???
(前略)


「左手を挙げながら『面舵いっぱい』と叫ぶ東郷元帥が見たいよ」


ちょwwwwwおまwwwwwwwどう反応しろとwwwwwwwwwwwwwwwww

623 :名無し三等兵:2005/07/24(日) 09:03:16 ID:???
未だに>>13が一番のままか…

624 :名無し三等兵:2005/07/24(日) 11:49:18 ID:???
所詮は二番煎じでつか?

まぁ自営業センセや御大ネタは嫌いではないが

625 :名無し三等兵:2005/07/24(日) 11:59:33 ID:???
そらまあ基本的に>>13の改変コピペだからねぇ。

626 :名無し三等兵:2005/07/24(日) 12:30:26 ID:???
13も何処からか盗んできた物だろ?

627 :名無し三等兵:2005/07/24(日) 12:48:05 ID:???
>>623-626

友達いないだろ?

628 :名無し三等兵:2005/07/24(日) 16:38:19 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、南の国に行きたいよ。」
海外どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「南の国か。……どこに行きたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。
「……軍隊のない平和な国、コスタリカ。」
俺は何かを言いかけて、やめた。こんな妹の夢を壊すことなんてないだろう。
かわりに、
「そうか。先生と相談してからな。」
「うん。」





いきなり妹が、病人とは思えない力で俺の手を掴んだ。
「その時はお兄ちゃんも一緒だよ」



ちょwwwwwおまwwwwwwwコス帝qざwsぇrdctfvygぶじこlp


629 :名無し三等兵:2005/07/24(日) 20:06:10 ID:???
>>627
三等僧兵必死だなwww

630 :13:2005/07/24(日) 20:27:10 ID:???
>>626
あっちこっちいろんな所から盗んできたのさ。でも何処かは教えてやらないよ。

631 :名無し三等兵:2005/07/24(日) 22:05:04 ID:???
個人的には>>438もなかなかだと思うが

632 :名無し三等兵:2005/07/24(日) 22:09:01 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、戦闘機を見たいよ・・・」
戦闘機? 戦闘機どころか外を見ることも止められているのに。
「戦闘機か。……どんなのだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。
「……アニメなんだけど・・・。原作どおりに作られたバンジーに着艦する雪風」


うはwwwww原作厨乙wwwwwww



633 :名無し三等兵:2005/07/24(日) 22:24:39 ID:???
>>632 ・・・バンシー、だ。オチで一気に醒めた。 (原作厨・談)


634 :名無し三等兵:2005/07/24(日) 22:32:17 ID:???
いまのところ>161が一番
痛いな・・・

635 :名無し三等兵:2005/07/25(月) 00:45:07 ID:???
ああ・・・







そうだなorz

636 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/25(月) 01:52:20 ID:YnmyKWCf
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を開いた。
「……なんだ?」
「お兄ちゃんの携帯、貨してくれる?」
この1年、友達もお見舞いには来なかったが……急にどうしたのだろう。
「ああ、いいよ。本当は駄目だけど。……はい、携帯」
「うん、ありがとう」
妹はどこかへと電話をかけると、おもむろに言った。


「 フッケバイン、フッケバイン、フッケバイン」

何なんだ、と聞こうとする前に、妹が口を開いた。
「お兄ちゃん、ここから逃げて!」
「ちょ、何故――」
「いいから!」
妹は、手に持っていた携帯を、ぐしゃり、と握り潰した。
「えっ?」
「早く!」

そのとき、俺は窓から見える外の景色の中に、流れ星が空へ駆けのぼっていく模様を目撃した。
馬鹿な。俺はどこかネジが外れた様に笑い出した。
流れ星は空から地上へ向かうに決まっている。いや、その大部分は、大気との摩擦によって燃え尽きるのだ。

では。

一体俺は何を見たのだ。

637 :名無し三等兵:2005/07/25(月) 10:24:44 ID:???
タイムスリップ

638 :名無し三等兵:2005/07/25(月) 13:13:16 ID:???
>>636
長すぎ。

639 :名無し三等兵:2005/07/25(月) 15:14:03 ID:???
ゴキブリは天下無敵なのだ ★9回目のバンザイ・アタック★
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1120526269/425
誰だよw

640 :名無し三等兵:2005/07/25(月) 17:12:11 ID:???
タイムスリップ

641 :名無し三等兵:2005/07/25(月) 21:47:09 ID:ntIo+6vy


642 :名無し三等兵:2005/07/26(火) 09:20:16 ID:???
>>639より引用

425 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 2005/07/25(月) 08:30:25

病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、昆虫が見たいよ。」
昆虫どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「昆虫か。……今、虫キングブームだしな。カブトムシか? クワガタか?」
オオクワガタやヘラクレスカブトムシと言われたらどうしようかな・・・。
「うん。」
俺が思案を知らず、ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……三億年の歴史を誇る帝国を統べる黒光りする精鋭たち」





うはwwwwwメディーック!wwwwwww精神汚染だwwwwwwwwww


643 :名無し三等兵:2005/07/26(火) 09:21:58 ID:???
>>619
出来の悪い義体の妹ですか?

644 :名無し三等兵:2005/07/26(火) 10:48:43 ID:???
>>643
やったネタわかったわな…orz

645 :名無し三等兵:2005/07/26(火) 12:49:51 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お船が見たいよ。」
船どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「お船か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……バルト海で20インチを釣瓶打ちするインコンパラブル級が見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww無理wwwwwwwwww


646 :名無し三等兵:2005/07/26(火) 14:22:45 ID:Gt5GoVWN
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を開いた。
「……なんだ?」
「わたし、このごろ怖い夢を見るの。」
この1年、ずっと病院からでていない所為だろうか。神経衰弱に陥っているのかもしれない。
「大丈夫。お兄ちゃんがそばにいるよ。もし良かったら、どんな夢か教えてくれる?」
「うん。あのね、熱いよ。苦しいよ。息が出来ないよ。……ずっとそれを繰り返しているの。」
一体なんなのだろう。悪霊……まさかな。
「どんな姿をしているか、わかるか?」
「前にお兄ちゃんが貸してくれた本に、同じものが載ってたと思う。ええと……」
貸した本に載っていた?
「あっ、思い出した。」
妹は、儚げに笑って答えた。


「長門、だよ……」



ちょwwwwwおまwwwwwwつまりあの艦はまだこの世を彷徨っているとwwwwwwwwwww


647 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/26(火) 14:23:44 ID:Gt5GoVWN
名前を忘れてた>>646

648 :名無し三等兵:2005/07/26(火) 17:46:40 ID:???
病室には弟子の苦しそうな吐息と弟子の電子音だけが響いている。
弟子は至って静穏なものだ。
とても、帝国メディカルセンターがさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて弟子なんだ。まだ20代じゃないか。あんまりだ。
「シュコーシュコー」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、弟子が静に口を開いた。
「……なんだ?」
「シュコーシュコーシュコーシュコー」
この1日、ずっとオビ=ワンにやられた所為だろうか。神経衰弱に陥っているのかもしれない。
「大丈夫。皇帝がそばにいるよ。」
「シュコーシュコーシュコーシュコー。」
一体何言ってんだろう。
「言ってること、わかるか?」
「シュコーシュコーシュコーシュコー」
何を伝えたいのだろう?
「シュコーシュコーシュコーシュコー」
弟子は、怒った。


「シュコーシュコーシュコーシュコー!!!!」



ちょwwwwwおまwwwwww投げ落とすなwwwwwwwwwww



649 :名無し三等兵:2005/07/26(火) 20:16:39 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、オリンピックが見たいよ。」
今は五輪どころか、世界陸上だってやってないのに。
「オリンピックか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「玉砕に次ぐ玉砕。燃える串良」

ちょwwwおまwwwそりゃぁwwwwオリンピック作戦wwwwwww」


650 :名無し三等兵:2005/07/27(水) 00:05:50 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は(中略)

「わたし、ひこうきが見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「次期主力機……」

(ラプタ−かF-35か、まあアメリカに行けばなんとかなるもしれないな)



「……「天狼」、イーグルを墜とすために生まれた機体が
     たかがVTOL機などに遅れをとってたまるか!!」



ちょwwwwwおまwwwwwwwそれ平成幻想症候群wwwwwwwwww

651 :名無し三等兵:2005/07/27(水) 01:15:12 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「わたし、お船が見たいよ。」
船どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「船か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。
「ネ、オ、ショー‥」
「ん?それはなんだ、最近流行ってるサーカスみたいなもんか?」
「‥大和とガチで撃ち合ってる給油艦ネオショーの姿が見たい」



ちょwwwwwおまwwwwwwwもっと適材適所wwwwww

652 :名無し三等兵:2005/07/27(水) 06:32:31 ID:???
>>650平成イリュージョンネタが出てくるとは

653 :名無し三等兵:2005/07/27(水) 06:34:15 ID:???
平成イリュージョンネタかと思ったら
既に言われていたか。

654 :名無し三等兵:2005/07/27(水) 10:51:21 ID:PWWTiVpG
>>648
何でもかんでもスターウォーズをもってくればいいってもんじゃない

655 :砂漠の狐達:2005/07/27(水) 21:34:26 ID:???
6月31日
今日は、開校記念日だったので、平日なのにお休みです。
そこで、とーさんが働いている飛行場に、妹の秋子と飛行機を見に行きました…

「ほら、あれが、お父さんが乗ったセスナだよ」
僕は、着陸してきたセスナを指差して言ったが、秋子は何かを探しているようで聞いちゃいない。
「何を探しているの?」
「ジャンを探しているの」
さすがに、とーさんの働いている星川航空には、ジャンボ機なんて無い。
「大きな空港に行かないと、ジャンボ機は無いんだよ」
「そんな事無いよ」
秋子は、大きな声を出した。
「確かにジャンボーグになるセスナが有るんだから」


オイ、宇宙サイボーグを探しているんかい。
「それは別会社だよ」

656 :名無し三等兵:2005/07/27(水) 21:41:09 ID:???
つttp://www.ne.jp/asahi/mecha/keida/kanzen-page/jumborga.html

657 :名無し三等兵:2005/07/28(木) 17:43:14 ID:???
1725517331352151732713521515173232712713717531
7080802504994051688080087271352151732713521515
7955187383327813521351851851783230271271371757
1517383187327813521568617302030287127171753123
7176933209668071326851986739271935215151732327
1733327135215173271352151517323271271371753127

ペイントを開く>テキストボックスを開いて上記数列をコピペ>黒色で背景塗りつぶし

658 :名無し三等兵:2005/07/28(木) 18:18:54 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「長年戦争続けてるアフリカ某国で一騎打ちするファントムと青いホーカートーネード」

ちょっwwwwwおまっwwwwwそれデッド・オア・アライブwwwww

659 :名無し三等兵:2005/07/28(木) 21:34:43 ID:???
アフリカならむしろ

「長年戦争続けてるアフリカ某国で一騎打ちするX-29とF/A-18が見たいよ」

ちょっwwwwwおまっwwwww腐女子かよwwwww

660 :名無し三等兵:2005/07/28(木) 21:48:11 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、潜水艦の戦争が見たいよ。」
潜水艦どころか、この1年外にだって出られていないのに・・・・・・
今年はローレライみたいな潜水艦の映画もやってたからな。
「潜水艦か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「トマホークを搭載して日本破壊を企てる超伝導推進潜水艦対硫黄島で訓練をした対潜航空部隊を搭載したシーレーン防衛の為に秘密裡に建造された空母」


ちょっwwwwwおまっwwwww天沼先生、大事なところ端折って終わらせるの止めてくださいwwwwwwwwwwwwwww

661 :名無し三等兵:2005/07/28(木) 22:34:28 ID:???
>>659
ちょwwwwwおまwwwwwww最後はタイガーシャークwwwwwwwwww

662 :名無し三等兵:2005/07/28(木) 22:42:33 ID:???
>>660
俺としては某秘密傭兵組織の超電磁推進強襲揚陸潜水艦と
日米共同開発で米第7艦隊を脱走した攻撃型原潜の対決が見たいwwwwwwww

663 :名無し三等兵:2005/07/28(木) 22:44:56 ID:???
>>659
ちょwwwwwおまwwwwwwwアフリカじゃなくて中東wwwwwwwwww

664 :名無し三等兵:2005/07/29(金) 00:36:58 ID:???
>>652-653
いやさ新企画がポシャりかけっていうからさつい……

665 :名無し三等兵:2005/07/29(金) 00:57:27 ID:???
>>662

それ何てブラックテクノロジー?

666 :名無し三等兵:2005/07/29(金) 10:12:53 ID:???
病室には俺の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
俺の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、妹じゃなくて俺なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」






「……ガタガタ抜かしてると医療機械のコード抜くよ?」





ちょwwwwwおm(プチン

667 :名無し三等兵:2005/07/29(金) 10:35:30 ID:???
>>662
ちょwwwおまwwwwそれテレサ・テスタロッサvs海江田士郎wwwwww

668 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/29(金) 12:04:22 ID:hfGwKn/j
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お船が見たいよ。」
船どころか、この1年外にだって出ていないのに。
「お船か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「金剛、榛名対プリンス・オブ・ウェールズ、レパルスの砲撃戦。」



ちょwwwおまwwww最近病院から抜け出したなwwwwww

「売店にあったんだよ。」

669 :名無し三等兵:2005/07/29(金) 12:52:13 ID:???
名古屋第二日赤にはノビーの本はないぞ

670 :名無し三等兵:2005/07/29(金) 13:57:05 ID:???
>>668
「お兄ちゃんは、鹵獲ダンケルク&ストラスブールVSリシュリュー&ジャンバールがみたいな。」

ちょwwwおにwwwwそれ同士討ちwwwwww

671 :名無し三等兵:2005/07/29(金) 15:57:47 ID:/tdepcnX
>670
いやむしろ大和対武蔵で
>668
それはどっちの話なのでしょうか?


672 :ラーゲリ47:2005/07/29(金) 17:56:08 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、戦車が見たいよ。」
戦車どころか、この1年外にだって出ていないのに。
「戦車か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「T−34。」



・・・とりあえずラーゲリから出してもらえたらな。



673 :名無し三等兵:2005/07/29(金) 17:59:12 ID:???
>>672 すでに出てる気がするのは気のせいだろうか?

674 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/29(金) 18:57:06 ID:1yEb9P20
妹「バーニング・アイランドー、インディアン・ストライクー、作戦グスタフ発動〜♪」
俺「……(テレビ見てる)」
妹「バーニング・アイランドー、インディアン・ストライクー、作戦グスタフ発動ー……お兄ちゃん」
俺「んー?」
妹「バーニング・アイランドー、インディアン・ストライクー、作戦グスタフ発動ー」
俺「対立要因、想定状況、可能行動」
妹「おー。対立要因、想定状況、可能行動〜♪」

中学生で。オタクなのはお前さんだ。
しかしおかんもそうだが、やっぱり女は料理してる最中に佐藤大輔の
こと考えるもんなのか?


675 :名無し三等兵:2005/07/29(金) 20:41:30 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、戦車に乗りたいよ。」
戦車どころか、この1年救急車にしか乗ってないのに。
「戦車か。……どんなのに乗りたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「某9課に配備されてる思考戦車。」



ちょwwwおまwwww少佐に頼んでくるwwwwww


676 :名無し三等兵:2005/07/29(金) 20:58:27 ID:???
>>662>>667
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、潜水艦の戦争が見たいよ。」
潜水艦どころか、この1年外にだって出られていないのに・・・・・・
今年はローレライみたいな潜水艦の映画もやってたからな。
「潜水艦か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「某秘密傭兵組織の超電磁推進強襲揚陸潜水艦と
日米共同開発で米第7艦隊を脱走した攻撃型原潜の対決が見たいよ」

ちょwwwおまwwwwそれテレサ・テスタロッサvs海江田四郎wwwwww

677 :名無し三等兵:2005/07/29(金) 22:28:47 ID:???
御前会議には元老達の重苦しい声だけが響いている。

陛下の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、無条件降伏を要求された君主に見えない。
なんで無条件降伏なんだ。国体が危ないじゃないか。あんまりだ。
「提督……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない御言葉
「……なんでしょうか?」
「海軍にもうフネはないのか。」
「本土決戦のために温存しております。」
もはや、こうとしか答えようが無い。
「いや。」
ちょっと考え込んだ陛下は、儚げに笑ってこう答えた。

「氷山から現れた<真の日本人達>がハラキリカミカゼでパールハーバーな予感!」

ちょwwへいかwwwまwwwwww温暖化しないと無理wwwwwwwwwwwwww

678 :名無し三等兵:2005/07/29(金) 22:34:23 ID:???
>>677
ちょwwwおまwwwwそれ米賀wwwwww

679 :名無し三等兵:2005/07/29(金) 22:35:35 ID:???
いちおう
ttp://www.asahi-net.or.jp/~UG6M-KHT/suiyou_sp/suisp00.html

680 :名無し三等兵:2005/07/30(土) 06:35:19 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ロボットが見たいよ。」
ロボットどころか、この1年外にだって出られていないのに。
「ロボットか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……キ・レ・イな体になった┏┫ ̄皿 ̄┣┓が見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww無理wwwwwwwwww

681 :名無し三等兵:2005/07/30(土) 10:30:18 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ドッグファイトが見たいよ。」
ドッグファイトどころか、この1年まともな戦闘機同士空戦だってないのに。
「ドッグファイトか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「XP−79が主翼を使って敵機を切断撃墜するところが見たいよ。」



ちょwwwおまwwww無理wwwwww


682 :名無し三等兵:2005/07/30(土) 10:47:23 ID:???
>>681
それだったらむしろジェイソンの翼www

683 :コピペざます:2005/07/31(日) 10:58:12 ID:???
ソ連邦国歌
妹「サユーズ ネルシームイ リスプーブリク スヴァボードヌイフ♪」
俺「……(テレビ見てる)」
妹「スプラチーラ ナヴェーキ ヴィリーカヤ ルーシ!……兄ちゃん」
俺「んー?」
妹「スプラチーラ ナヴェーキ ヴィリーカヤ ルーシ!」
俺「ダー ズダラーストブイト ソーズダンヌイ ヴォーリェイ ナローダフ」
妹「おー。ダー ズダラーストブイト ソーズダンヌイ ヴォーリェイ ナローダフ♪」
俺「イジーヌイ マグーチイ サヴェーツキイ サユーズ!」

二十一世紀にもなって、俺たちアカだ。

684 :名無し三等兵:2005/07/31(日) 11:14:30 ID:???
>>683
 この場合、妹といっても50代ぐらいか?

685 :名無し三等兵:2005/07/31(日) 11:15:14 ID:???
>>684
俺は脳内で、共産党のポスターに出てくるおにゃのこに変換した。

686 :名無し三等兵:2005/07/31(日) 11:19:17 ID:???
>>683
ワロタwwww

687 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/07/31(日) 17:45:29 ID:mLZZm5vb
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、レ……ゴホッゴホ。」
「おい! 大丈夫か?」
「うん。」
「それで、何が見たいんだ? レッドサンブラッククロスか? それともレッドオクトーバー?」
「あのね……」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「レスリー・ニールセンのプライベート・ライアン。」



ちょwwwおまwwww話が滅茶苦茶になるwwwwww


688 :名無し三等兵:2005/07/31(日) 22:24:21 ID:???
補充

689 :名無し三等兵:2005/07/31(日) 23:28:40 ID:???
・・・・・・・・・前略……………

「お兄ちゃん……」
「……なんだ?」
「わたし、キャンプ料理が食べたいよ。」
「キャンプ料理か。……どんなのが食べたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「MRE。」



誰だ、妹に間違った知識を教え込んだ軍オタは
出て来い、修正してやる。



690 :名無し三等兵:2005/08/01(月) 00:25:11 ID:???
>>689
MREスレを代表して殴られに来た。
思う存分殴れ。

その後で俺とアンタと、アンタの妹の3人でフランスラシオンを食おう。

691 :名無し三等兵:2005/08/01(月) 00:41:17 ID:???
>>13のって、こち亀の中川だったら財力にモノをいわせて実現しそうだな。
「NASAの友人が全面的に協力してくれまして・・」とかいって。


692 :名無し三等兵:2005/08/01(月) 01:40:21 ID:???
環境問題はどうするんだよ…

693 :名無し三等兵:2005/08/01(月) 13:16:42 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、コスプレしたいよ。」
コスプレどころか、この1年パジャマしか着ていないのに。
「コスプレか。……どんなのがしたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……97式中戦車の擬人化。」





∩ ・ω・)∩<チハタンばんじゃーい!


694 :名無し三等兵:2005/08/01(月) 13:27:28 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、鳥さんが見たいよ。」
バードウォッチングどころか、この1年外にだって出られていないのに。
だが、小さな鳥ならば籠に入れてつれてくることは出来るかもしれない。
「鳥さんか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……宇宙空間に浮かぶ白い鳥が見たいよ。」





ちょwwwwwアドラーよりシャンツェwwwwwww起こり得ないことは考える必要もないwwwwwwwwww

695 :名無し三等兵:2005/08/01(月) 13:41:42 ID:???
>694
余の船が見たいというのはキミか?

696 :名無し三等兵:2005/08/01(月) 16:13:16 ID:???
    ヘ   
   (`ヽヽ、 ( ゚(> ノ`ゝ、
  ( ヽ ヽ ヽ.|│ ノノ スヽ
  (、`、`、∩ ノ ソ∩ノ ノ ,)   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
. (ゝゝゝ ヽ((゚Д゚)ノ ノ ノ、) < ・・・ムルキラですが 、呼びますたか?
  (, ', ', ', ', ,〉  /ヽヽヽ ソ   \______________
  (, ', ', ',/|   0ヽ、ヽソ
   ヽ '' ´  し'´〃

697 :名無し三等兵:2005/08/01(月) 17:16:44 ID:???
>>694
(略)
「鳥さんか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……宇宙空間に浮かぶ白い鳥が見たいよ。」





ちょwwwwwララァwwwwwww私を導いてくれwwwwwwwwww

698 :名無し三等兵:2005/08/01(月) 18:11:07 ID:???
>>697
アルテイシア萌えぇっ!

699 :名無し三等兵:2005/08/01(月) 19:41:16 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、川が見たいよ。」
河川どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「川か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……七色に輝く綺麗な川が見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww支那逝けwwwwwwwwwwwwwww
ttp://blog.livedoor.jp/safe_food_of_asia/archives/50010839.html

700 :名無し三等兵:2005/08/01(月) 20:20:50 ID:???
700なら柏原芳恵とセックスできる。




701 :名無し三等兵:2005/08/01(月) 23:12:54 ID:???
>>697

(更に略)

ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……宇宙空間を羽ばたいて飛ぶロボット鳥が見たいよ。」




ちょwwwwwおまwwwwwww腐女子かよwwwwwwwwww

702 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/08/02(火) 19:13:16 ID:Sc1G6PUk
病室には妹の苦しそうな吐息だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、対空戦車が見たいよ。」
よりによって対空戦車なんて。この1年外にも出ていないせいか。
「対空戦車か。……どんなのが見たいんだ? ミートチョッパーか?」
「ううん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「ランズヴェルクアンチU。」



ちょwwwwwおまwwwwwwwなんでそんな知名度が隅っこなものをwwwwwwwwww



703 :名無し三等兵:2005/08/02(火) 20:10:54 ID:???
アンティを馬鹿にするなー!!
フィンランド戦車師団の対空中隊とか
ハンガリーでライセンス@改造した二ムロッドが活躍しただろw

704 :名無し三等兵:2005/08/02(火) 20:31:48 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、覗かれてるの。」
でも病室は塀に囲まれて外からは直接見えない。
「どんな方法で覗いているんだ? 双眼鏡か?」
「ううん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「KH-12。」



ちょwwwwwおまwwwwwwwなんで覗いてるのが見えるんだよwwwwwwwwww

705 :名無し三等兵:2005/08/02(火) 21:33:00 ID:85JLL6+G
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「……F-108レイピアに護衛されて飛ぶXB-70ヴァルキリーが見たいよ。」

ちょwwwwwおまwwwwwww無理wwwwwwwwww

「じゃあ……それなら」

わがままなど滅多に言わない妹の頼みだ。
VIPな脳を押さえ込んで真剣に耳を傾ける。






「SDF−1を護衛して飛ぶVF−1Jバルキリーが見たいよ」

ちょwwwwwwwおまwwwwwもっと無理wwwwwwwwwwwwwww

706 :名無し三等兵:2005/08/02(火) 22:22:17 ID:???
>>705
読ませるねぇ…!
(・∀・)イイ!!

707 :名無し三等兵:2005/08/03(水) 00:36:56 ID:???
邪魔してすまん。

>>692
詳しく>環境問題

708 :名無し三等兵:2005/08/03(水) 01:35:54 ID:???
>707

ホウ素系化合物(ボロン)燃料がとっても有害だったから・・・だったけかな?自信ねぇ・・

709 :名無し三等兵:2005/08/03(水) 01:48:21 ID:???
ガ板から転載
336 名前:水先案名無い人 [sage] 投稿日:2005/08/02(火) 23:05:53 ID:cpmZYVaG0
小さい病院が、大きく感じた
屋上への階段が、やたら長かった
見上げた先の扉は、重く黒く光っていた

小さい病院の屋上は、やっぱり狭くて
それでも今日は、なぜか広くて
冷たい手すりに触れて、やっと分かった。



―――もう、妹はいないんだ―――


涙が溢れてきた。
流れてしまわないよう、上を向いた。
それでも涙は流れて、頬を伝っていった
見上げた先の滲んだ空には




F-108レイピアに護衛されて飛ぶXB-70ヴァルキリーが飛んでいた・・・




「ってwwwwwww何で飛んでるんだよwwwwwwwwwwwww」

710 :名無し三等兵:2005/08/03(水) 02:03:41 ID:???
ワロタ


つか、マジでワロタ

711 :名無し三等兵:2005/08/03(水) 02:12:55 ID:???
WW3勃発の悪寒

712 :名無し三等兵:2005/08/03(水) 02:19:33 ID:???
>>708
マジですか・・サンクス!

>>709
ワロタ けど チョトナケル


713 :名無し三等兵:2005/08/03(水) 07:37:11 ID:???
>>709
妹はヴァルキリーのコックピットで上機嫌に「ジョニーの凱旋」を口ずさんでいる予感

714 :名無し三等兵:2005/08/03(水) 10:07:53 ID:???
回復したのか、妹!!wwwww

715 :名無し三等兵:2005/08/03(水) 11:21:15 ID:???
ヴァルキリーに乗れて、一気に元気になったのかw

716 :名無し三等兵:2005/08/03(水) 11:31:14 ID:???
お兄ちゃんがあちらの世界に逝ってしまったのかも

717 :名無し三等兵:2005/08/03(水) 11:32:20 ID:???
死んだのはお兄ちゃんだったというオチだったり

718 :名無し三等兵:2005/08/03(水) 11:46:39 ID:???
妹はヴァルキリーに誘われてヴァルハラへ上って行った



ちょwwwwwwwおまwwwww歴戦の兵wwwwwwwwwwwwwww

719 :名無し三等兵:2005/08/03(水) 12:00:54 ID:???
>>718
うまいwwwwwwwww

720 :名無し三等兵:2005/08/03(水) 14:09:49 ID:???
確かに上手いな。
筋骨隆々なエインヘリアルな妹が浮かんだ。
謝罪とb

721 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/08/03(水) 18:03:34 ID:VrPmHqp9
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ヴァルキリーが見たいよ。」
またXB-70ヴァルキリーか。この前「無理」って言ったばかりなのに。
「ヴァルキリーか。……試作止まりで生産されていないんだ。残念だけど。」
「うん、知ってるよ。でも今度のは違うの。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「死の、先を行く者達よ!」


ちょwwwwwwwおまwwwwwwwうわ銀髪の女の人来たwwwwwwwwwwwww

722 :名無し三等兵:2005/08/03(水) 19:42:50 ID:???
ヴァルプロか。ちなみに>>718でジェラードを思い浮かべちまった俺はアホ。

723 :名無し三等兵:2005/08/03(水) 20:21:45 ID:???
VPはやっぱりレナスが一番。

724 :名無し三等兵:2005/08/03(水) 20:34:19 ID:???
レナス・ワルキュリア→レタス・豆キューリ
一時期流行った聞き間違い

725 :名無し三等兵:2005/08/03(水) 22:46:01 ID:???
× レナス・ワルキュリア
○ レナス・ヴァルキルア

ヴァルキリーはワルキューレと違うぞ。

726 :名無し三等兵:2005/08/03(水) 22:49:20 ID:???
ああ間違えた。

○ レナス・ヴァルキリア

727 :名無し三等兵:2005/08/03(水) 22:53:36 ID:???
もうだめぽ!

○ レナス・ヴァルキュリア

728 :名無し三等兵:2005/08/03(水) 23:43:13 ID:???
妹の容体が大きく変わるとき
ヴァルキリーはその姿を現す
はじめには純白の爆撃機として
爆撃機はその開発中止をもって兄に無理難題を降り注ぎ
やがて死ぬ
しばしの眠りの後、ヴァルキリーは再び現れる
・・・・・戦乙女として、現れる

729 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 00:03:26 ID:???
When my sister's condition witnesses a great change,
Valkery reveals itself,
first as a white bomber,
as a bomber it uses it's project cancel to rain the impossible upon her brother,
and then it dies.
However, after a period of slumber, Valkery returns,
this time as a warrior girl

Ace Combat 5 The Unsung Inquiry
エースコンバット5 報われない見舞い

730 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 00:05:58 ID:???
Can you take it all away♪
Can you take it all away♪
well ya shoved it in my face♪
this pain you gave to me♪

731 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 00:09:46 ID:???
Blurryの歌詞が雰囲気にマッチしてる希ガス

732 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 00:20:55 ID:???
>>725
>ヴァルキリーはワルキューレと違うぞ。

ドイツ語読みか英語読みかの違いでしかないのだが。

733 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 01:07:34 ID:+mw8OW3L
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、パレードが見たいよ。」
パレードか。パレードどころか最近は外にすら出られないのに。
しかし、頑張れば何とかなるかもしれない……
「パレードか…どこのパレードに行きたい?」
「うん……」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。




「解放された喜びに乱舞する平壌市民の横を堂々と行進する。
自衛隊PKF部隊」


ちょwwwwwwwおまwwwwwwwもう少し、頑張れwwwwwwwwwwwww

734 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 02:00:44 ID:???
甲板には寂しげな風の音と船体に打ち付ける波の音だけが響いている。
戦艦土佐は時折苦しげに船体をきしませるが、それ以外は至って静穏なものだ。
とても、廃艦が決まった艦艇には見えない。
なんで、対米6割なんだ。まだ三番艦じゃないか。あんまりだ。
「閣下……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、土佐が静かに口を開いた。
「……なんだ?」
「小官、姉上達に会いたいよ。」
長門どころか、陸奥とだって戦隊を組めないのに。
「姉妹艦に会って……どうしたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ土佐は、儚げに笑ってこう答えた。





「……2艦とも沈めて私が連合艦隊旗艦になる」



ちょwwwwwおまwwwwwww腹黒スwwwwwwwwww


735 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 02:24:01 ID:???
>>731
なんかマッチしてるなw
>>709

F-108レイピアに護衛されて飛ぶXB-70ヴァルキリーが飛んでいた・・・

のあたりでBlurryが流れ出してスタッフロール、とか、泣けそうだw

736 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 02:49:47 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、新聞読みたい」
新聞どころか、この1年活字なんて一行も読めてはいないのに。
「新聞か……産経、それとも朝日か?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「……真夜中に投函される未来のことが書いてある新聞」

ちょwwwwwおまwwwwwww無理wwwwwwwwwwていうか、お前余命1ヶ月。




※恐怖新聞の閲覧には余命100日が必要です。

737 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 10:09:14 ID:???
妹「シン=カザマ、ミッキー=サイモン、サキ=ヴァシュタール〜♪」
俺「……(テレビ見てる)」
妹「シン=カザマ、ミッキー=サイモン、サキ=ヴァシュタール……兄ちゃん」
俺「んー?」
妹「シン=カザマ、ミッキー=サイモン、サキ=ヴァシュタール」
俺「グレッグ=ゲイツ、キム=アバ、セイレーン=バルナック」
妹「おー。グレッグ=ゲイツ、キム=アバ、セイレーン=バルナック〜♪」

18でもう、腐女子なのか、お前さんは。
しかしおかんもそうだが、やっぱり女は料理してる最中にエリ8の
こと考えるもんなのか?

ってか、うちは母娘で腐女子かよwwwwwwwwwwwwwww


738 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 10:13:07 ID:???
>>735
曲だけなら、俺は前作の「ブルースカイ」の方がはまりそうな希ガス。

「ゴルド・ア・ラン」もいいかも。

739 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 10:34:55 ID:c7nt15zU
バルキリーと聞いて今までずっとマクロスだと思ってた漏れはアニオタも軍オタも失格ですか?

ボロン 燃料でぐぐったら現物が出て来てびっくりだった

740 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 10:37:01 ID:???
>>739
バルキリーで誘ってをフルコーラス歌えるなら許す

741 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 10:48:59 ID:???
ヴァルキリーとヴァルキアって同じ?

742 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 10:52:37 ID:???
>>739
ZipFuelは最高速度も航続距離も向上するって売りだったのだが、振動がすごかったりなんだったりして
まぁ結局役に立たなかったのじゃよ。

振動をエロいことに結びつけること禁止。

743 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 11:18:23 ID:???
>>742
振動と聞いて、雷電のエンジンを思い浮かべた俺は勝ち組み

744 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 11:42:17 ID:???
最近の世間一般や他の板では兎も角、軍板で「勝ち組」といえば
「ブラジル勝ち組」(真相を知らず嘘情報に踊らされてる人)の事だな。

745 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 16:16:50 ID:???
ここで
兄:パイロット
妹:兵装仕官

と電波を発信してみる

746 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 16:17:50 ID:???
日本負けてない

747 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 18:05:12 ID:???
>>745
瑠璃の翼だっけ?
そんな感じじゃなかった?

748 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 18:48:49 ID:???
>>747
整備員だった希ガス

749 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 18:57:24 ID:???
>>737
どうせならサキの「もっとも信頼する7人」で。

750 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/08/04(木) 20:06:52 ID:BnVB02NK
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたしの最後の一言、聞いてくれる?」
なんて気弱なことを。しかし、自分がもう長くないことをどこかで感じているのだろうか。
「お前はきっと助かる。だから……もうそんなことは言わないでくれ。」
「うん……でもお願い。言わせて。」
妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「艦隊203地点ニ見ユ、敵ハ東水道ニ向カウモノノ如シ。」




ちょwwwwwおま……
「皇国ノ興廃此ノ一戦ニ在リ、各員一層奮励努力セヨ。」


751 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 21:23:39 ID:???
はぁ・・・・・

752 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 23:25:11 ID:ZqezKVkB
ひぃ・・・・・

753 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 23:49:10 ID:???
ふぅ・・・・・

754 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 23:52:29 ID:???
へぇ・・・・・

755 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 23:55:50 ID:???
ABC・・・・・


756 :名無し三等兵:2005/08/04(木) 23:55:53 ID:???
だれか、だれか流れを変えんか!
三等僧兵に流されぬ大河のごとき流れに!

757 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 00:01:13 ID:???
>>750
なあ、三等僧兵よ、マジで聞くのだがな
1.お前何歳?
2.自分で書き込むネタって自分では面白いと本当に思ってる?

758 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 00:04:13 ID:???
ハタチ
オモシロクナイ
パットウカンダモノヲソノママ

759 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 00:06:58 ID:???
おもしろくなけりゃNG指定すればすむと思うのだが……

760 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 00:10:04 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お船が見たいよ。」
船どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「船か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「金門橋を通過する大和と見送る雪風」

ちょwwwおまwwwそれwwwwなに読んだwwwwwwwwwwwwwwww





761 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 00:13:17 ID:Qjc1IR3v
>>757
君に一言贈ろう。

      キモイ

         

762 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 00:17:38 ID:???
つまり、面白いときは反応して、
面白くなければスルーすればいいんだ。
三等僧兵は当たりハズレが大きいし。

763 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 00:22:16 ID:???
ハズレが圧倒的に多いような気がしないでもないが・・・

764 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 00:24:38 ID:???
なのであぼーんするのが吉

765 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 00:24:52 ID:???
つ NGワード


ネタすら出さない奴の批判ほど見苦しいものは無いよな。
言っておくが見下しているだけだからな。

766 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 00:29:03 ID:???
ロト6だと思えば何とか

>>572とかは結構いいと思うのだが。

767 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 00:34:22 ID:???
コテは目立つからな。
目立つだけの自信があると受け取られても仕方が無い。
見る側としてもアタリを増やしてくれないと、目立つだけに鬱陶しいし…

ってまぁ、俺は別に平気だが。気になる人は気になるのかね。

768 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 00:36:02 ID:???
まあ病的なヤシもいるわけでw

769 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 00:36:41 ID:???
>>767
つ 【専用ブラウザー】

770 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 00:45:48 ID:???
まあ、コテトリ付けて
さあ>>13を超えるネタを出してみろと言われると
自分は大いに困るけれど。

771 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 01:19:37 ID:???
>>767
NGいれろよ……難癖議論はスレ潰しの元だ。
雑談スレでべるに石投げるのと同レベル。

772 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 01:20:47 ID:???
例えにワロタ

773 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 01:51:24 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お船が見たいよ。」
船どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「お船か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……88艦隊と熾烈な殴り合いを繰り広げるG3級&N3級が見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww何でダニエルズプランが相手じゃねぇんだよwwwwwwwwww

774 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 08:42:50 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたしの最後の一言、聞いてくれる?」
なんて気弱なことを。しかし、自分がもう長くないことをどこかで感じているのだろうか。
「お前はきっと助かる。だから……もうそんなことは言わないでくれ。」
「うん……でもお願い。言わせて。」
妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「おい、ブル。PCLを切ってくれるよな?」




ちょwwwwwおまwwwwwwスーパー61墜落wwwwww

775 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 08:57:49 ID:???
>>769
>>771
ちょwwww俺が怒られるとは思わなかった。とっくに専ブラは導入済みだ。
議論したいわけじゃなかったが、スレ潰しすまんかった。

776 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 09:54:46 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静かに口を開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ゲームしに行きたいよ」
ゲームどころか、この1年外にだって出られていないのに。
「ゲームか……どんなのがしたいんだ?」
「うん」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……2作続けて面白いクニツィアを存分にプレイしたいよ」





ちょwwwwwおまwwwwwww無理wwwwwwwww
(クニツィア:ドイツの非電源ゲームデザイナー。傑作も多いが駄作も多く、『無冠の帝王』と呼ばれる。
 例えば『ヘックメック』は現物が届く前から『駄目なクニツィア』の前評判が飛び交っていたが、直後の『イージーカム・イージーゴー』は面白かった)

777 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 10:09:22 ID:???
>749
腐女子オチするのにサキは外せない。

778 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/08/05(金) 13:51:53 ID:vbftXQch
駄ネタが多いのは自覚しております。
当たりが稀にしか出ないのも……

面白いネタは難しいです。
嘆き・悲しみ・哀れみは、まだ楽に出来ますが。

779 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/08/05(金) 14:00:49 ID:vbftXQch
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、RSBCが読みたいよ。」
RSBCどころか、この数年パシストだって出ていないのに。
「RSBCか。……どんなのを読みたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「平野茂大尉がWW4終了時まで生きているかどうか。」



ちょwwwwwおまwwwwwwwパナマ上陸もまだなのにwwwwwwwww

780 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 14:04:21 ID:???
病室には妹のちょwwwwwおまwwwwwww

781 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 14:39:01 ID:???
ちょwwwwwおまwwwwwww端折り杉wwwwwwwww

782 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 20:34:34 ID:qnKFWFzL
ぬるっぽ〜

783 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 20:37:50 ID:icAklBod
i゙:::;:::::||::::::,!i:::::::::::,|i::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::゙i
  i゙::::|;;;;| |;;;;;| |::::::::::| |:::::::::::::::::||::::::::::::::::::::::::::::::::|
 . i゙::::::i     ''''''''''' '───' |;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|
  .|:::::::|,-====-´  ゙ヽ,,,,,,,,,,,,,、    |:::::::::::::::::::|
  |;::::::::|,-──、    ~ニニ,,_`    |:::::::::::::::::::|    なんで火垂るすぐ死んでしまうん?
  `ヽ、i (、i´ノ     ´い,, ノ '    |;;;::::::::::::::/ 
  .   i ^~~~ー==─ ー'-+、     /^゙-、;;;;/
     {     ヽゝ          '-'~ノ
    λ   ''゙゙''-''-─、       /-'^"
     ヽ,_    ^~^        (
     /`''丶、     , -    /^l


784 :万年大尉:2005/08/05(金) 20:44:41 ID:BEZJ8IZZ
棒火矢だからさ

785 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 20:45:05 ID:icAklBod
lllllllllllllllllllllll/lllllllllllllllll!      |::::::::::::::::::::::::_:::`::':::Lト、,_|/:::|:| i   i     ,|llll○llllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllll/llllllllllllllll!       |:::::::::::: "  ̄   ~ 丶、 :::::::::: '!!|,,_//|     |lllllllllllllllllllllllllllllll
llllllllllllllllllll|llllllll! !lll! i  i   i |::::     _. -‐ 、           _ ' !、   |llllllllllllllllllllllllllllllll
llllllllllllllllllll`llllll!∧ト-!-"!''!トi;;"!!'"::::::::   ' ,..-.、 ヽ         '   丶 ト、 |llllllll○llllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllll!:ヽ:::::(: ||:::::::::::::::::...   、(:::..:ノ,        / _ ○ ' / }, |lllllllllllllllllllllllllllllll
llllllllllllllllllllllllllllllllllllヽ :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::  ̄ ::::...   ..    '',....、`;   /  | ,|llllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllll\   : :::::::::::::::::         :::::::::::、  (::::::ノ '  /|  / /lllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`'''~ト :::::::::::            , ,   ::::: ̄.... / "| //lllllllllllllllllllllllllllllllll 
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,_llll|:ヽ::::::::      , ,,,,,__   .... .         /llllll//ll"llllllllllllllllllll。lllllllllllll
llllllllll,!!!-‐-、llllllllll、_ノ:::::/:::丶::::      λ ヽ、`==- 、_  、   l lllllllllllllllllllll○lllllllllllllllllllllllllll
!/:::::    ::、:::::\::::: \::丶:       丶   `.、 /~ '    l lllllllllllllllllllllllllllllolllllllllllllllllllllll
:::::   ○   |   ヽ、   \\       \、_ ,,/      /llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll


786 :名無し三等兵:2005/08/05(金) 21:38:26 ID:???
>>782
ガッ!

787 :戦務長CCD ◆tNItiRenXY :2005/08/06(土) 00:39:36 ID:???
雑談で間違えたのがくやしくてさ・・・


病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……XB-70ヴァルキリーに護衛されて飛ぶF-108レイピアが見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww無理wwwwwwwwww


788 :名無し三等兵:2005/08/06(土) 00:55:00 ID:???
病室には(中略)

「……SM-27マチェーテに護衛されて飛ぶF-26スタルマが見たいよ。」

いあ!

789 :名無し三等兵:2005/08/06(土) 01:04:49 ID:???
>>788
いあ!!いあ!!スタルマ!!

あれって、マチェーテなのか。マチェットとかマシエトと読むのかと思っていた。

790 : 名無し三等兵 :2005/08/06(土) 02:49:10 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……烈風が大編隊で飛ぶところが見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww川○さんに聞いてくるwwwwwwwwww



791 :名無し三等兵:2005/08/06(土) 06:41:51 ID:???
>>790
「それなら、双戦の大編隊が見たいよ。」

792 :名無し三等兵:2005/08/06(土) 06:48:30 ID:???
大編隊は飛ばなくていいから続きを・・・



・・・三州公の突撃以上に希望が持てないが

793 :名無し三等兵:2005/08/06(土) 08:02:29 ID:Q9FU0oh5
i゙:::;:::::||::::::,!i:::::::::::,|i::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::゙i
  i゙::::|;;;;| |;;;;;| |::::::::::| |:::::::::::::::::||::::::::::::::::::::::::::::::::|
 . i゙::::::i     ''''''''''' '───' |;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|
  .|:::::::|,-====-´  ゙ヽ,,,,,,,,,,,,,、    |:::::::::::::::::::|
  |;::::::::|,-──、    ~ニニ,,_`    |:::::::::::::::::::|    なんで兄ちゃん働かんの?
  `ヽ、i (、i´ノ     ´い,, ノ '    |;;;::::::::::::::/ 
  .   i ^~~~ー==─ ー'-+、     /^゙-、;;;;/
     {     ヽゝ          '-'~ノ
    λ   ''゙゙''-''-─、       /-'^"
     ヽ,_    ^~^        (
     /`''丶、     , -    /^l



794 :名無し三等兵:2005/08/06(土) 09:47:01 ID:???
>>791
「それより呂式紫電が見たいよ」

1巻の書いてあったあれ、モデルグラフィクスで発表したあれだよな。
で、結局出ないんだろ?

795 :名無し三等兵:2005/08/06(土) 12:45:27 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行・・・が・・・たいよ。」
飛行機か?よく聞こえなかった。
「飛行機のことか?……どんなのがいいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……北斗有情破顔拳」





ちょwwwwwおまwwwwwwwそれ秘孔・・・ちにゃ!!


796 :名無し三等兵:2005/08/06(土) 12:46:19 ID:???

ひさびさにうけた

797 :名無し三等兵:2005/08/06(土) 13:56:26 ID:nowoe2M6
ワロタ

ヤラレタ

798 :名無し三等兵:2005/08/06(土) 17:40:18 ID:???
>>790-792
川○さんのところに行ったが、言葉を濁すだけで頼みを聞いてくれなかった。
もうすぐ死に行く子供の願いを無視するなんてあんまりだ。
足取り重く病室に入ると、妹が静に口を開いた。

「お兄ちゃん……」
「すまない、川○さんは駄目だった。」
「うん、いいの。その代わり…」
「いっとくが佐○はもっと無理だよ。」
「ちっ…違うよ。」

なんか間があったな

「わたし、…に会いたいよ」
「誰に会いたいんだ、まさか川○、それとも佐○か、あんな外道どもじゃないだろうな」
「違うの。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。




「……中公ノベルズの編集長に問い詰めてからでないと死ねないよ。」

ちょwwwwwおまwwwwwww俺も問い詰めたいぞwwwwwwwwww

799 :名無し三等兵:2005/08/06(土) 21:44:32 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」





「・・・・・・・ありがとう・・・・・・・
ヴァルキリーが見えるの…・だから……もう無理しないで・・・・」






800 :名無し三等兵:2005/08/06(土) 23:28:06 ID:???

<<諦めるな妹!頑張るんだ、妹っ!!>>

801 :名無し三等兵:2005/08/06(土) 23:53:06 ID:???
>>799
ついにヴァルハラへ昇る時が来たのか…


<<私もその伝説の一部なら知っている>>

妹の容体が大きく変わるとき

ヴァルキリーはその姿を現す

はじめには純白の爆撃機として

爆撃機はその開発中止をもって兄に無理難題を降り注ぎ

やがて死ぬ

しばしの眠りの後、ヴァルキリーは再び現れる

・・・・・戦乙女として、現れる

802 :名無し三等兵:2005/08/06(土) 23:55:23 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行・・・が・・・たいよ。」
飛行機か?よく聞こえなかった。
「飛行機のことか?……どんなのがいいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。
 
 
 
 
「……潜痴艦の次に出てくる飛行痴……」
 
 
 
 
 ちょwwwwwおまwwwwwwwそれ、あばしり一家wwwwwwwてかおまえじゅーべえー?☆!★?

803 :名無し三等兵:2005/08/07(日) 00:28:48 ID:???
>>799
うちそんなんイヤやー!
1000まではガンバレ(ノД`)

804 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/08/07(日) 01:53:35 ID:QIssISyY
>>799
いやヴァルキリーが来ているのなら、
神界に送られるまでは
いつでも会えるではないか。

805 :名無し三等兵:2005/08/07(日) 02:19:12 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、目を覚ました妹が
静に口を開いた。
「……なんだい?」





「定遠は・・・もう・・・沈んだの?」

806 :名無し三等兵:2005/08/07(日) 15:02:35 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、軍人と会いたいよ。」
軍人どころか、この1年誰とも会ってないのに。
「軍人か。……誰と会いたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……春沢総督。」





ちょwwwwwおまwwwwwww翔鶴はフィリピン海の海底だそうです。

807 :名無し三等兵:2005/08/07(日) 15:14:49 ID:10QpaCca
愚かなる三等僧兵並びに名無し共へ告ぐ。

駄ネタの投下をやめよ。

スレ汚しに他ならない。

このスレには万人が認めるネタ以外は載せてならぬ。



このスレ全てを良ネタに!

808 :名無し三等兵:2005/08/07(日) 15:16:46 ID:???
>807
粘着乙
素直にあぼーんしろっての。

809 :名無し三等兵:2005/08/07(日) 15:18:49 ID:???
では、
妹どもは皆殺しに?

810 :名無し三等兵:2005/08/07(日) 16:49:14 ID:???
>809
もう少し戸田奈津子っぽく

811 :名無し三等兵:2005/08/07(日) 16:51:57 ID:???
「妹どもは皆殺しで?」
「妹どもは皆殺しにせにゃ」

812 :名無し三等兵:2005/08/07(日) 17:06:01 ID:???
>>811
違う違う、もっと盛大な誤訳をかました戸田奈津子っぽく

813 :名無し三等兵:2005/08/07(日) 17:12:03 ID:???
戸棚クオリティを編み出すのは難しいかもだ

814 :名無し三等兵:2005/08/07(日) 17:13:33 ID:???
修道女共を?
屠殺するので?

815 :名無し三等兵:2005/08/07(日) 17:13:43 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、艦隊が見たいよ。」
艦隊どころか、この1年誰とも会ってないのに。
「艦隊か。……どの艦隊見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……バトルシップ艦隊。」





ちょwwwwwおまwwwwwww戸田なっちwwwwwwwwww

816 :名無し三等兵:2005/08/07(日) 17:18:55 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、兵隊さんが見たいよ。」
兵隊どころか、この1年誰とも会ってないのに。
「兵隊か。……どの軍の兵隊を見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……ボランティア軍。」





ちょwwwwwおまwwwwwww義勇軍wwwwwwwwww

817 :名無し三等兵:2005/08/07(日) 20:28:47 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、対空機銃が見たいよ。」
対空機銃どころか、この1年M-16も触ってないのに。
「対空機銃か。……96式25mmか?、Flak38か?どの対空機銃を見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……第一騎兵師団を迎撃する50ミリ機銃。」





ちょwwwwwおまwwwwwwwそれ50口径wwwwwwwwww

818 :名無し三等兵:2005/08/07(日) 20:59:27 ID:???
なっち
人気だな

...ジゴバイト

819 :名無し三等兵:2005/08/07(日) 23:34:25 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、兵隊さんが見たいよ。」
兵隊どころか、この1年誰とも会ってないのに。
「兵隊か。……どの軍の兵隊を見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……ベトナム人に機銃掃射するあの人」





ちょwwwwwおまwwwwwwwほんと戦争は地獄だぜwwwwwwwwww

820 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/08/08(月) 01:36:12 ID:Go+cU/KE
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「札幌を空襲するB―1が見たいよ。」





ちょwwwwwおまえがもしかして最終兵器wwwwwwwwwwwwwwwww




821 :名無し三等兵:2005/08/08(月) 11:44:01 ID:???
>>806
骨董の旧式リボルバーを納品してください

822 :名無し三等兵:2005/08/08(月) 14:34:11 ID:/Dq0QP0g
親愛なるお兄ちゃんへ

この手紙を読んでいるのは春ですか?それとも、もう冬になっていますか?
とにかく、ちゃんとご飯を食べていますか?
遅刻しないで戦場に通えていますか?
うん。気になります……
あのね、飛行機雲を見ちゃうと、なんとなく私を思い出すかもしれないけど……
そんなの一年に一度くらいでいいから……うん。
ごめんなさい……って謝ったら怒ると思うけど、やっぱりごめんなさい。
ずるいよね。この手紙はずるい。
忘れて欲しいと言いながら、これでお兄ちゃんの心に刻まれることを知っている。

もし叶うのなら、私は雲に生まれ変わってもいいから、お兄ちゃんと一緒にいたい。
……一緒にいたかった。何年も、何十年でも。



最後にお節介ですが、XB−70ヴァルキリーとF−108レイピアなんて探さないで
ちゃんと、「銀河」の稼働率を100%にしてください。

世界でただ一人の妹より

823 :名無し三等兵:2005/08/08(月) 14:54:26 ID:???
>>820
お兄ちゃん・・・あれはTu-160だよ・・・

824 :名無し三等兵:2005/08/08(月) 15:19:00 ID:???
>>822
全米が泣いた。

825 :名無し三等兵:2005/08/08(月) 15:44:23 ID:???
妹のことを思い出しながら
誉を組んではばらし、組んではばらしするお兄ちゃん燃え

826 :名無し三等兵:2005/08/08(月) 16:57:51 ID:???
「スコードロン隊長さんに会いたい!」

827 :名無し三等兵:2005/08/08(月) 20:18:35 ID:???
>>822
ちょwwwwwおまwwwwwww稼働率100%だと余裕ゼロwwwwwwwwww可動率だろwwwwww

828 :名無し三等兵:2005/08/08(月) 21:34:08 ID:???
(前略)
F-108レイピアに護衛されて飛ぶXB-70ヴァルキリーが飛んでいた・・・




「ってwwwwwww何で飛んでるんだよwwwwwwwwwwwww」




ヴァルキリーの爆弾倉が、ゆっくりと開かれる。
何かが滑り落ちるのが見えた。
兄は、自分の疑問に答えを記すことが出来なかった。

829 :名無し三等兵:2005/08/08(月) 23:21:40 ID:???
妹「えへ……これでお兄ちゃんも一緒、だね」
兄「ちょwwwwwおまwwwwwww」

830 :名無し三等兵:2005/08/09(火) 01:18:06 ID:ruo+z8vk
>>823
あれはすごく微妙だぞ。
後のほうで敵は英語使ってるし。

831 :名無し三等兵:2005/08/09(火) 08:29:44 ID:???
>>830
イタリア兵も出てるし。
ぶっちゃけあの世界の日本は全世界と戦争してるw

832 :名無し三等兵:2005/08/09(火) 09:52:32 ID:???
>>831
60年前と大して変わらんな

833 :名無し三等兵:2005/08/09(火) 10:41:13 ID:???
何をいう。イタリアが敵ということは我々の勝利まちがいなし

834 :名無し三等兵:2005/08/09(火) 11:26:00 ID:???
>>833
そういやそうだった・・・

835 :名無し三等兵:2005/08/09(火) 12:05:08 ID:???
60年前も最後はイタリア敵だよ。

836 :名無し三等兵:2005/08/09(火) 14:30:14 ID:190UV1pl
病室には(中略)
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……朕も出るぞ! ‥って本土を飛燕で防空する昭和天皇が見たいよ‥」


837 :名無し三等兵:2005/08/09(火) 14:33:20 ID:???
>>836
飛燕かよwwww

838 :名無し三等兵:2005/08/09(火) 16:58:48 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、兵隊さんが見たいよ。」
兵隊どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「兵隊さんか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……昭和天皇に直率されて反乱軍を鎮圧する近衛師団が見たいよ。」

839 :名無し三等兵:2005/08/09(火) 19:26:01 ID:???
>>838

その日から俺は、ドラえもんを待って机の前に座っている。

日露戦争で、乃木大将を殺して日本陸軍を敗退させる為に……。

840 :名無し三等兵:2005/08/09(火) 20:01:16 ID:???
旬を過ぎてしまったけれど……。


病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、DSRVが見たいよ。」
DSRVどころか、この1年ダークウィスパーの新刊だって出ていないのに。
「DSRVか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……王立海軍のROVにワイヤーカットされてなんとか浮上する紅白模様のDSRVが見たいよ。」




ちょwwwwwおまwwwwwwwスコーピオGJwwwwwwwwww


841 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/08/10(水) 01:45:58 ID:doZ9d3wy
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「飛行船と爆撃機のドッグファイトが見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwwインド洋行って来いwwwwwwwwwww

842 :名無し三等兵:2005/08/10(水) 21:30:24 ID:H1qsO0E3
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、海戦が見たいよ。」
海戦どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「海戦か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「軽巡三瀬と重巡ゴッサムの夜戦が見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwww霊的電探勝利wwwwwwwww




843 :名無し三等兵:2005/08/11(木) 01:28:26 ID:3hPr/L2I
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、歌をうたいたいよ。」
歌どころか、この1年ラジオだって聞いていないのに。
「歌か。いいぞ。……何を歌うんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「♪うーみのおっとこは艦隊勤務ー、げつげつか−すいもくきっんきん。」





ちょwwwwwおまwwwwwwどこでそれをwwwwwwwwwww


844 :名無し三等兵:2005/08/11(木) 09:36:22 ID:???

   | \
   |Д`)??????????...?????????????????
   |⊂
   |


     ♪  Å
   ♪   / \   ????? ???
      ヽ(´Д`;)ノ   ????? ???
         (  へ)    ????? ?????
          く       ???



   ♪    Å
     ♪ / \   ????? ?????
      ヽ(;´Д`)ノ  ????? ???
         (へ  )    ????? ?????
             >    ???


845 :名無し三等兵:2005/08/11(木) 12:59:59 ID:nFXCjhXr
>>842 つ「ヤングアニマル・嵐」


846 :名無し三等兵:2005/08/11(木) 20:26:51 ID:5vWRXPkQ
どうやらこのスレの黄金期は過ぎたようだな。

847 :名無し三等兵:2005/08/11(木) 22:10:33 ID:???
>>846
すでに>>13で終わってます。

848 :名無し三等兵:2005/08/12(金) 09:39:35 ID:???

総統大本営にはヒトラーの苦しそうなため息と砲弾の着弾音だけが響いている。
ヒトラーの疲れた顔は時折忌々しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って凡庸なものだ。
とても、かつては全ヨーロッパを支配しかけた第三帝国の総統には見えない。
なんで、こんなチョビ髭伍長が最高指導者なんだ。また祖国が敗北してしまうじゃないか。あんまりだ。
「スコルツェニィ……」
いつもの嘲りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、ヒトラーが重々しく口を開いた。
「……なんでありましょうか? 総統閣下」
「余は、飛行機が見たい」
飛行機どころか、このベルリンの上空にだって敵航空機はわんさかいるのに。
「飛行機でありますか。……それはどのような機体でしょうか?」
「うむ」
ちょっと考え込んだヒトラーは、薄気味悪く笑ってこう答えた。





「フッケバイン、フッケバイン、フッケバイン! 余は全世界にそれを示す! 勝利の進軍と共に! そう、勝利! 完璧な勝利だ!」





ちょwwwwwおまwwwwwwwモレル医師呼べwwwwwwwwww


849 :age:2005/08/15(月) 05:15:00 ID:???
age

850 :名無し三等兵:2005/08/15(月) 22:28:19 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、水上機が見たいよ。」
水上機どころか、この1年二式大艇だって拝みに行っていないのに。
「水上機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……マッハ1.5で波を蹴立てるシーダートが見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww計画中止wwwwwwwwww


851 :名無し三等兵:2005/08/16(火) 00:55:54 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「兄さま……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ヘリコプターが見たいよ。」
ヘリコプターどころか、この1年外にだって出られていないのに。
「ヘリか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「熊野丸から対潜哨戒にでるカ号オートジャイロ」



ちょwwwおまwwwww単座か複座どっちよwwww

852 :名無し三等兵:2005/08/16(火) 22:12:36 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、トンボが見たいよ。」
トンボならたくさん飛んでいる。シオカラトンボでもオニヤンマでも捕ってやるさ。
「トンボか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「赤とんぼ」





ちょwwwwwおまwwwww練習機は捕れねえwwwwwwwww


853 :名無し三等兵:2005/08/17(水) 06:59:45 ID:???
そんな妹さんにこのギャルゲーを。

つ『夢のつばさ』

854 :名無し三等兵:2005/08/18(木) 08:05:59 ID:???
「ごきげんよう」
「ごきげんよう」
さわやかなJP−7の燃焼音が澄み切った青空にこだまする。
赤のお庭に集う乙女たちが、今日も天使のような無垢な笑顔で鉄のカーテンの上をとおり抜けていく。
汚れを知らぬ心身を包むのは、黒い色のチタン。
カメラの窓は汚さないように、白い飛行機雲は残さないように、ゆったりと飛ぶのがここでのたしなみ。
もちろん、ミグに追われてルートを乱すなどといった、はしたない機体など存在していようはずもない。


855 :名無し三等兵:2005/08/19(金) 11:14:52 ID:???
795

856 :名無し三等兵:2005/08/19(金) 14:19:57 ID:zfv+cDOf
>>854
そのJP―7のマーキングは
オーロラ要塞に出てきた。
マルグリット・ウィトゲンシュタイン(少尉だっけか?)
のパーソナルマークの如き、百合の花なのか?

>>853駄作機の名前のヒロインが多かったね・・・夢のつばさ


857 :名無し三等兵:2005/08/19(金) 18:41:35 ID:???
>>856
「ここだけがオーストリアの空なんだ、マルグリッド」

858 :名無し三等兵:2005/08/19(金) 20:33:54 ID:IG2/nyuU
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん!」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が布団をバシバシ
たたきながら俺を呼んだ。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいんだけどぉー。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん〜、あのねあのね〜。」
ちょっと考え込んだ妹は、意地悪そうに笑ってこう答えた。





「F-108レイピアに護衛されて飛ぶXB-70ヴァルキリーが見たいのよ。それも今すぐに!」





ちょwwwwwおまwwwwwww無理っつーかなんでそんなにツンツンwwwwwwwwww


859 :名無し三等兵:2005/08/19(金) 20:36:28 ID:IG2/nyuU
誰か妹vs姉の話も考えてやれよw

お姉さまが、どっちが勝つ? と聞いてきます。
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1124448356/

860 :名無し三等兵:2005/08/19(金) 20:41:04 ID:???
「トラトラトラ」
「トラトラトラ」
猛々しい震電の燃焼音が澄み切った青空にこだまする。
真珠湾のお庭に集う乙女たちが、今日も天使のような無垢な笑顔でクリスマスの真珠湾の上をとおり抜けていく。
汚れを知らぬ心身を包むのは、アクティブステルス。
レーダーに探知されないように、白い飛行機雲は残さないように、マッハ3で飛ぶのがここでのたしなみ。
もちろん、UF-25に追われてルートを乱すなどといった、はしたない機体など存在していようはずもない。

861 :Ramカンガルー:2005/08/19(金) 21:07:35 ID:fKFPsham
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。







「……翼端ポッドが、ぱかっと開いて、中から空対空ミサイルを発射、追いすがる戦闘機をばたばた落とす、B-52。」



ちょwwwwwおまwwwwwwwそれ、「博士の異常な愛情」をパロった、ミンキー・モモのwwwwwwwwww



862 :Ramカンガルー:2005/08/20(土) 02:14:16 ID:eGSH8/S5
“ピー・・・” “ピー・・・” “ピー・・・”
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
“ピー・・・” “ピー・・・” “ピー・・・”
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
“ピー・・・” “ピー・・・” “ピー・・・”
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静かに口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、オルガンが聞きたいよ。」
オルガンどころか、この1年、ベットからも起き上がれないのに。
「オルガンか、……どんなオルガンが、あ、スターリンのオルガンとか?」
「う!!、、、お、、、オチをいわれてしまった、ううっ、ゲホッ、ゲホッ、ゲボッ、、。」
激しく咳き込んだ妹は、私をにらみつけながら、そして痙攣し、糸の切れた操り人形のようにだらりと横たわった。

“ピーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー”

863 :名無し三等兵:2005/08/20(土) 02:23:31 ID:???
妹がーwwww

864 :名無し三等兵:2005/08/20(土) 02:44:54 ID:???
久しぶりに良作wwww

865 :名無し三等兵:2005/08/20(土) 02:49:47 ID:Wg4wqIHe
ソヴィエト社会主義共和国連邦は、もとは共産主義の為につくられたという
伝統ある左翼系イデオロギー国家。純粋培養のアカたちが集う。
この連邦構成主体では同級生同士は名前に父称をつけて呼び、
上級生を呼ぶ時は「同志」をつける。挨拶の言葉は「ズドラーストヴィチェ」。
政治局員には聞かれないように、夜のお楽しみのブラックアネクドートは
バレないように、ゆっくりと話すのがここでのたしなみ。もちろん、
反革命に感化されて政治批判するなどといった、はしたない人民など存在しない。
といった具合に、正に絵に描いたような(古風な)「アカらしさ」が
求められている。


866 :名無し三等兵:2005/08/20(土) 02:55:11 ID:???
ツマンネ

867 :名無し三等兵:2005/08/20(土) 02:56:26 ID:???
665 :名無し三等兵 :2005/08/19(金) 18:09:41 ID:60W8fZON
評論家気取りウザいなあ
俺はもうネタ書くの止めるよ


666 :名無し三等兵 :2005/08/19(金) 18:11:25 ID:???
批評文しかないカキコ出てきた時点でこのての
スレは寿命ということだ。
批評ってのはゴキブリなみに増えていっからな。




868 :名無し三等兵:2005/08/20(土) 03:11:30 ID:???
終わっていいんじゃないの?

869 :名無し三等兵:2005/08/20(土) 06:14:51 ID:???
お前ら、煽るにしても少しヒネレ。

一応1000目指してみようや。新ネタヨロ。

870 :名無し三等兵:2005/08/20(土) 09:16:53 ID:???
次スレ
妹に、護衛艦に乗せて欲しいと言われています。
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1124378082/

関連スレ
お姉さまが、どっちが勝つ? と聞いてきます。
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1124448356/

871 :名無し三等兵:2005/08/20(土) 12:29:43 ID:???
>>856
>>>853駄作機の名前のヒロインが多かったね・・・夢のつばさ

瑞雲、深山、疾風、桜花、信濃……。まあ疾風だけは別格?

872 :名無し三等兵:2005/08/20(土) 15:48:23 ID:???
>>871
>まあ疾風だけは別格?
そこでNSXネタですよ

873 :名無し三等兵:2005/08/20(土) 17:59:03 ID:???
もう次スレかよ

874 :名無し三等兵:2005/08/20(土) 18:37:16 ID:???
ネタないね・・・・。

875 :名無し三等兵:2005/08/20(土) 20:23:35 ID:4YtZ7mKZ
>>871秋水と白菊もあった気ガス


876 :名無し三等兵:2005/08/20(土) 20:29:33 ID:???
糞ネタで荒れるより良い

877 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 01:51:32 ID:???
    ,.イ´| ̄`ヽr<´ ̄  ̄`ヾ´ ̄ `ヽx''´ ̄「`丶、
     / _|ノ   ├〈,.-―     ;. _  ,ゞ--'、:\___lヽ
     ,':∨::\  /´ ̄  ̄`ヽ ヽ/´  `ヽ、-.、 \::::::::::',
      |、_;/ /  /´   ,.     、  、  \. \ \―|
      ’、  /  /  ,.  / / ,ハ ',.  ヽヽヽヽ  \ヾ/
      \_/:/:/:./ , / .,' / // | l | , l: | ', ',. ! l  :',!|
          |/:/::/:/:/:! l | { /|:!  l l } !ノ|::,!l | :| |::|:::::::|ノ
         |:/l/:/:::,|::|:{イ⌒lヾゝ ノノイ⌒lヽ|:::!::}:;!::l::::::/
        |::/|/l::/l';:{ヾlー''!     lー''!/リノノ/::/:l::/
          || |:/リ、|::l;ゞ ̄´´  ,.  ` ̄" ハ:lリノノノ'
          リ |' __,⊥!、 " " r===、 " " /ノノ  ||
        '/´\:: : \   ヽーノ  /`ーァ-、 ヾ、
       _ /     li : . ',.`ヽ、 _ ,.イ´ /.ノ::l|  ヽ \____
.    /'/       |l   ヽ `Y´ / './ . :l|   |、 /  /
      \l      |l,   \\_!_/ ‐ ´   、!|   | |\ ̄
        |      /; ´     ` ‐  ,     ヽヾ   ! \|
       |    /       ヽ::/      `ヽ |    お兄ちゃん!!
      |     ,'        `         ', !   ねぇ・・・
.       |   |::: ヾ             ヾ  .:| .| 
        |   '、:::.:.. .     ―       . .:.:::,' ! 
       ',.     \_:::.: : :_二二二:_: : : : .:.:.:.:::/ ,'
       ':、   ト、 ̄ ´.:.:.::::::::::.:.:.:.` ―┬ '′ /
        \  |l ヽ            l|  /
.           `/,'  ヽ \         ',/


878 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 02:23:50 ID:LlvoMOkU

あ、
元気になってる。

879 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 02:25:38 ID:???
もっとひんぬーじゃないと…

880 :砂漠の狐達:2005/08/21(日) 02:44:37 ID:???
カンケー薄いけどアニメ1板でネタを見つけた。

「兄さん、お元気ですか。私は元気です。
 今度私の所属する部隊は××へ行く事になりました。
 暫く会えないでしょうが、また会える日まで…
 そうそう、きちんと掃除洗濯はやって下さいよ。

 追伸:クリスマスまでには帰れると思います。
           愛する兄さんへ 音夢より 」


881 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 03:51:21 ID:???
>>880
成功すればクリスマスまでに戦争が終わると言われた作戦で実際に(ry

音夢死亡フラグ?

882 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 10:07:14 ID:???
ヒヒヒヒヒ

883 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 10:29:19 ID:???
>>881
そこが常に戦場とは限らない
つーか、こりゃダ・カーポホワイトシーズンだな

ちなみに、ジーク花音ではあるが音夢は嫌いだ

884 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 12:21:34 ID:???
本物の妹に「兄ちゃんさー、ネットばっかやんないで外出れば?」と言われた俺は、
妹にエロDVDを処分されたこともある負け犬です。

885 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 12:50:40 ID:???
その後コッソリ鑑賞する妹

886 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 12:56:37 ID:???
腐女子やオバ厨が来るたびに模型が消えるんですが?

消えた物リスト
F-14(144と72)
HGUC改造のプロトタイプガンダム
MGザク
MG羽ガソ
作りかけのタイタニック

887 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 15:00:24 ID:???
>>884
そのあと、馬鹿キモヲタ、コンドームのかすから生まれたと罵りながら
軍靴で足コキしてくれる妹

888 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 16:32:57 ID:???
>>887
妹は魔法の海兵隊員ぴくせる☆まりたん(;´Д`)ハァハァ

889 :名無し三等兵:2005/08/22(月) 22:00:10 ID:???
887,888,
なんか、ものすごく元気にぶっ飛んでる妹ですね。

どっちかというと
「助からないものは楽にして。それが将校のつとめ、、、」

” たーん・・・ ”みたいな、、、、。

890 :名無し三等兵:2005/08/23(火) 01:15:25 ID:???
お、お兄ちゃん・・・や、やめて・・・いやぁ・・・









ターーーーーーン・・・・・・

891 :名無し三等兵:2005/08/23(火) 06:05:51 ID:???
今、俺はXB-70ヴァルキリーと共にいる
F-108レイピアはないが替わりにX-35でもいいだろうか..
それから、他にも沢山のコンボイがついてるさ。
天からの声『お兄ちゃん..でも..それは...』
あぁ、これに乗るのは苦労したんだが..もう、この重圧に耐えられない。
じゃあ、行こうか..














刑務所にwwwww
天からの声
『ちょwwwwwおまwwwwwwwそれ。スミソニアン博物館の中かよ。カマ掘られるなよwwwwww』

892 :名無し三等兵:2005/08/23(火) 16:18:31 ID:???


      (゚д゚・) トイウワケデ
  ゴト /| 妹 |)  ツギハオニイチャンノ バンデスヨ
 / ̄;y=ー ̄ ̄/||
/_____/. ||
||       || ||
||       ||

893 :名無し三等兵:2005/08/23(火) 16:39:14 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ゲームがしたいよ。」
ゲームどころか、ここ最近は寝たきりなのに。
「ゲームか。……どんなのがやりたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……ロシアンルーレット。銃はトカレフでお兄ちゃんが先に五回」





ちょwwwwwおまwwwwwwwロシアクオリティタカスwwwwwwwwww

894 :名無し三等兵:2005/08/23(火) 20:57:26 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ゲームがしたいよ。」
ゲームどころか、ここ最近は寝たきりなのに。
「ゲームか。……どんなのがやりたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……戦場の娘」





ちょwwwwwおまwwwwwwwみんなもぐぐってみろよwwwwwwwwww


895 :名無し三等兵:2005/08/23(火) 23:08:17 ID:???
小腹の空いた昼下がり、
妹が、食べさせたいものがあるという。
「空腹が最高のレシピなんだけど」
おまえ、小林源文の漫画の読みすぎ。

で、ライ麦を中心にしたドイツ風黒パン。そういえば、近所に、新しいパン屋が出来たんだっけ。これに、べたっとラードを塗ったものだった。
まんま、ドイツ軍の標準糧食かしらん。味に興味はあったらしいが、さすがに自分で食う気にはならなかったらしい。
が、ちゃんと焼いたためか、油ぎッちょんちょんな割に、意外と喰えた。
「なんなら、ソーセージの特配も」
だーかーらー、戦争漫画の読み過ぎだってば。


896 :名無し三等兵:2005/08/23(火) 23:11:58 ID:???
「お兄ちゃんのご自慢の、デカマズルブレーキ・アハトアハトで私を貫いて」
妹の激しい吐息、、、はとくになかった。
「やーねー、ピストル」

:y=-( ゚д゚)・ [;; ターン


897 :名無し三等兵:2005/08/23(火) 23:21:21 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ13歳じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、亀さんが見たいよ。」
亀どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「亀さんか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……亀甲隊形を組んで蛮族の城壁に近づく軍団歩兵が見たいよ」





ちょwwwwwおまwwwwwwwテストゥードwwwwwwwwww


898 :名無し三等兵:2005/08/24(水) 01:32:40 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ13歳じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、亀さんが見たいよ。」
亀どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「亀さんか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……亀井静香」





ちょwwwwwおまwwwwwww比例で入れちゃおうかなwwwwwwwwww



899 :名無し三等兵:2005/08/24(水) 03:40:14 ID:???
>>898の最後を改造
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……亀井静香」





ちょwwwwwおまwwwwwwwキングカメイソスwwwwwwwwww

             .,Å、
            .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
           o| o! .o  i o !o
          .|\__|`‐´`‐/|__/|
           |_, ─''''''''''''─ ,、 /._
       / ̄ ̄;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:; ̄ ̄`ヽ.
     /;:;/                 ヾ
     |;:;:;:;|    ,,,;;:iii;;;;;    ,.-==--、. `!ヽ
      〉;:;:| ,.-''" ̄ ̄ ̄`ヽ⌒|  --。、-、 ヽ-`' |     
     i `u i -‐'"ヾ'"  :: ::!      : |  ノ
      i   |       ノ   ヾ、___ノ  ::|
      | |  ヽ、__,.-i     i 、    :  :|
       | |  :   : '" `〜ー〜'" ヽ : :   ::| 
       `i   ヾ '    ____  ;:  ;: :| 
        \     -‐'''"~ ̄ ̄ ̄ ̄  ;  ;: :/
          `ー、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;:;:;:;:;:;:,;:;:;:;:,;:;:;:;:;:;../


900 :名無し三等兵:2005/08/24(水) 17:53:55 ID:???
天空の城ラプタ

『ははは、見ろ、フランカーがゴミのようだ!!!』


(´・ω・`) スレちがいでが、なにか?

901 :名無し三等兵:2005/08/24(水) 17:54:56 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、車が見たいよ。」
車どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「車か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「……TV-1原子力戦車(↓これ)を撃破するT-72神が見たいよ…オブイェークト。」
http://www3.kcn.ne.jp/~a400lbs/sfs/page024.html


ちょw w w w w おま w w w w w w w 何処で仕入れた w w w w w w w w w w


902 :名無し三等兵:2005/08/24(水) 17:59:18 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、僕じゃなくて妹なんだ。まだ小学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、大統領に会いたいよ。」
大統領どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「大統領か。……どこの大統領に会いたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……ソヴィエト合衆国のスターリン大統領。」




あれだけ2chは見るなと言ったのに・・・
ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1122274900/

903 :名無し三等兵:2005/08/24(水) 20:59:46 ID:???
「なあ、遠藤、ちょっといいか?」
帰ろうとしていた時、級友の佐倉に呼び止められた。
「どうした?お前らしくないじゃないか。暗い顔して。」
重い雰囲気を振払うように勤めて明るく答える。
「ああ、ちょっとな。」弱々しい笑顔が痛々しい。
「お前、桜のこと......知ってるだろ?」
「ああ。」以前、佐倉には病弱な妹がいる、と山下がいっていた。
佐倉自身、話したがらなかったから詳しい事は聞いていない。
佐倉からその事を言い出すのは初めての筈だ。
「妹さん、悪いのか?」「ああ。」それっきり佐倉は黙りこんでてしまった。
僕もつられて無口になる。「なあ、遠藤、今日桜の所、行ってやってくれないか?」
突然、佐倉が口を開いた。「え...?」
「お前じゃなきゃ、ダメなんだ。あいつが一人で寂しそうにしてるのが可哀想で..
 オレ、クラスの写真、持ってって、色々話してやったんだ。
 それで、お前には悪いと思ったけど、お前が便所に嵌った事とか。
 あいつ、お前の事話してる時が一番楽しそうで.........。」
後はもう言葉になってなかった。
「なあ、頼むよ、遠藤。今回だけなんだ....。迷惑はかけない。
 医者も見放したんだ。本当に最後の最後なんだ.....。」
そういって佐倉は泣いていた。

彼女は先ほどの疲れか、静かに寝ている。華奢な体が痛々しい。
病室には時折無機質な電子音が響くが、それ以外は至って静かなものだ。
「お兄ちゃん……」 ふと、彼女が口を開いた。
俯いていた佐倉がハッとしたように顔をあげる。
「……なんだ?」
「わたし、デュエルがしたいよ...。」
「デュエルか。……どんなのがしたいんだ?」


ちょwwwwwつっこめwwwwwwwバカ兄貴wwwwwwwwww

904 :名無し三等兵:2005/08/24(水) 21:19:28 ID:???
「なあ、遠藤、ちょっといいか?」
帰ろうとしていた時、級友の佐倉に呼び止められた。
「どうした?お前らしくないじゃないか。暗い顔して。」
重い雰囲気を振払うように勤めて明るく答える。
「ああ、ちょっとな。」弱々しい笑顔が痛々しい。
「お前、桜のこと......知ってるだろ?」
「ああ。」以前、佐倉には病弱な妹がいる、と山下がいっていた。
佐倉自身、話したがらなかったから詳しい事は聞いていない。
佐倉からその事を言い出すのは初めての筈だ。
「妹さん、悪いのか?」「ああ。」それっきり佐倉は黙りこんでてしまった。
僕もつられて無口になる。「なあ、遠藤、今日桜の所、行ってやってくれないか?」
突然、佐倉が口を開いた。「え...?」
「お前じゃなきゃ、ダメなんだ。あいつが一人で寂しそうにしてるのが可哀想で..
 オレ、クラスの写真、持ってって、色々話してやったんだ。
 それで、お前には悪いと思ったけど、お前が便所に嵌った事とか。
 あいつ、お前の事話してる時が一番楽しそうで.........。」
後はもう言葉になってなかった。
「なあ、頼むよ、遠藤。今回だけなんだ....。迷惑はかけない。
 医者も見放したんだ。本当に最後の最後なんだ.....。」
そういって佐倉は泣いていた。

彼女は先ほどの疲れか、静かに寝ている。華奢な体が痛々しい。
病室には時折無機質な電子音が響くが、それ以外は至って静かなものだ。
「お兄ちゃん……」 ふと、彼女が口を開いた。
俯いていた佐倉がハッとしたように顔をあげる。
「……なんだ?」
「わたし、801が見たいよ...。」
「801か。……どんなのが見たいんだ?」


ちょwwwwこっち見んなwwwww殺すぞwwバカ兄妹wwwwwwwwww


905 :名無し三等兵:2005/08/25(木) 00:25:59 ID:???
佐倉桜?

906 :名無し三等兵:2005/08/25(木) 00:48:00 ID:???
三等僧兵はいずこなりや?

907 :名無しの三等僧兵 ◆ZYEMgbhZg2 :2005/08/25(木) 01:44:17 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、偉い人が見たいよ。」
偉い人どころか、この1年親とも会っていないのに。
「偉い人か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……コスタリカ帝國のお姫様が見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwwwあ、ちょ、何なんですかあんたりあおんj@。ろえj「え∫エrアwセdrチュイコlp

「良かったね、お兄ちゃん」


908 :名無し三等兵:2005/08/25(木) 09:46:56 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「……F/A-22ラプターに護衛されてKDX撃沈に向かうF-2が見たいよ。」


「・・・・・・・・・・・・ラプター、選定に残ってるからもう少しがんばれば見れるかもよ?」



ちょwwwwwお兄ちゃんwwwwwww本当!?wwwwwwwwww




数日後、妹は奇跡の回復を見せた・・・。

909 :名無し三等兵:2005/08/25(木) 12:22:23 ID:???
ある青年パイロットの
養父母と義妹に当てた手記より。

 御父様、御母様、お元気ですか?
私はこの度、第12航空連隊への配属となりました。
戦況は日々厳しくなり、状況は予断を許しませんが、
幸運にも我が部隊では司令殿の方針で新兵として十分な訓練を受けることが出来ます。
明日は遂に出撃です。
朝倉家に養子として引き取られてから十余年、血の繋がりはなくとも
本当の親子のように慈しみ、育てて下さった御恩は忘れません。
御国の繁栄と平和の為、命尽きるその時迄立派な御奉公をする事が
二十年生きて来た私が出来る最後の親孝行と信じて居ります。
御父様、御母様、御体を大事に、何時までも御元気で。
桜には私の代わりにどうか良い人をさがしてやって下さい。
あの子は優しい子です。先日も飛行訓練中に、弁当を忘れた私の為に
無理をして届けてくれました。呉々もお願い致します。
桜へ
お弁当をありがとう。
喩え血の繋がりは無くとも、私は御前の事を実の妹以上の存在だと思って居る。





ただ、
これからはお弁当を届けるのに携帯地対空誘導弾を使うのは止めてくれないか?


910 :名無し三等兵:2005/08/26(金) 00:37:10 ID:???
昔見たクイズ番組で、

Q.山田さん(仮)が息子さんに止めてほしいことは何でしょうか?
  (ヒント:息子さんの職業は自衛官)

A.実家へ帰ってくるのに、家の前へヘリで降り立つのを止めてくれ。
  (実家は、いかにも田舎の農家で広い庭)

てあったのを思い出した。ヤラセで色々と突っ込まれている番組だったので、事の真偽は兎も角。

911 :名無し三等兵:2005/08/26(金) 01:18:46 ID:???
ここは技術開発課。今日も個性的な面々が個性的な兵器を開発しております。

.......仁田君、弾頭にキムチとか本気で言っているのかね?
ウム、よろしい。君には少し教育の必要があるようだ........。衛生兵!!
ハイ次。
ナニナニ...超精密地対空誘導弾?正確にコックピットを射抜き......
フム、君にしてはマトモな案で安心したよ麗裳那君。
しかし、ここまで精密にする必要はあるのか?
ナニ、ソフトと基礎設計はできている?凄まじく手回しがいいな。
具体的な用途は.....
「愛するモナー君....もといお腹を空かせた飛行中のパイロットにお弁当を届ける為!?」
こんなもの.....ナニ!?実はもう作っている?!これが経費請求だと?
なんてこった.........。

ここは技術開発部。
「再教育だ!」
「なんてこった!」
開発部長の絶叫が澄み切った青空にこだまする。
国防省のお庭に集う技術者たちが、今日も天使のような無垢な笑顔で
山積みのデスクの横をとおり抜けていく。
汚れを知らぬ頭脳を包むのは、よごれた白衣のヨレヨレスタイル。
非凡な着想を壊さぬように、部長の逆鱗に触れない限り、
斜め上に飛ぶのがここでのたしなみ。
もちろん、怒られたくらいでトイレを流さないのを止めるような
はしたない者など存在していようはずもない。

912 :名無し三等兵:2005/08/27(土) 03:13:46 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静かに口を開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「……日の丸をつけた空自のグリペンが見たいよ。」

「…ごめんな。グリペンは最初から選定に入ってないんだ…あ、でも、9月まで頑張れば見れるかもよ? ほら。」

ちょwwwwwお兄ちゃんwwwwwwwそれエロゲーwwwwwwwwww



『群青の空を越えて』2005年9月発売予定!!
ttp://www.light.gr.jp/light/products/gunjou/index.htm

913 :名無し三等兵:2005/08/27(土) 04:02:24 ID:???
>912
姉ちゃんスレから出張乙。

914 :名無し三等兵:2005/08/27(土) 10:55:02 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静かに口を開いた。
「……なんだ?」
「わたし、進学したいよ。」
学校どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「進学か。……どこの学校が良いんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「……陸軍中野学校」

ちょwwwww妹者wwwwwwwせめて予備校wwwwwwwwww

915 :名無し三等兵:2005/08/27(土) 11:21:30 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静かに口を開いた。
「……なんだ?」
「わたし、バンドが見たいよ。」
バンドどころか、この1年外にだって出られていないのに。
「バンドか。……どこのバンドが良いんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「……あのとき、バンドマンはこう発信してきたんですよ、航海長。さよなら、ってね。」

ちょwwwwwおまwwwwwww俺に義務を果たせとwwwwwwwwww

916 :名無し三等兵:2005/08/27(土) 15:08:14 ID:???
>>913
姉ちゃんスレ? なんのこっちゃ。

917 :名無し三等兵:2005/08/27(土) 17:19:00 ID:???
>>916
お姉さまが、どっちが勝つ? と聞いてきます
ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1124448356/l50#tag99

918 :名無し三等兵:2005/08/27(土) 17:34:37 ID:???
>>917
なにこの頭悪いスレ………大好きだ。

919 :砂漠の狐達:2005/08/27(土) 20:17:59 ID:???
>>912を見た後、お兄ちゃんが訳の分からない事を叫んでいるのですが、どうしましょう?

  / )
  / /
 / / 
./ / 
/ /_∧  ∩
/´Д`) /_ノ  <グリッペグリッペぐりっぺグリッペ……
    \/ /
  へ/ /
  レ /二つ
   /
  /

920 :名無し三等兵:2005/08/27(土) 20:53:23 ID:???
弟がホモだった
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/801/1115733551/

キャンプ中に弟にほられた>>1さんをみんなで慰めてあげましょう



921 :名無し三等兵:2005/08/30(火) 02:37:46 ID:???
病室にうはwwwwwwwwwww

922 :名無し三等兵:2005/08/30(火) 15:54:03 ID:fMhvJelR
新作希望

923 :名無し三等兵:2005/08/31(水) 11:56:11 ID:???
>>13に続くのは>>709>>822かそれとも……。

924 :age:2005/08/31(水) 15:18:19 ID:???
>>923
ためしにやってみよちゃん

親愛なるお兄ちゃんへ

この手紙を読んでいるのは春ですか?それとも、もう冬になっていますか?
とにかく、ちゃんとご飯を食べていますか?
遅刻しないで基地に通えていますか?
うん。気になります……
あのね、飛行機雲を見ちゃうと、なんとなく私を思い出すかもしれないけど……
そんなの一年に一度くらいでいいから……うん。
ごめんなさい……って謝ったら怒ると思うけど、やっぱりごめんなさい。
ずるいよね。この手紙はずるい。
忘れて欲しいと言いながら、これでお兄ちゃんの心に刻まれることを知っている。

もし叶うのなら、私は雲に生まれ変わってもいいから、お兄ちゃんと一緒にいたい。
……一緒にいたかった。何年も、何十年でも。



最後にお節介ですが、スーパーシルフなんて探さないで
ちゃんと、F2の欠陥を直してください。

世界でただ一人の妹より

925 :age:2005/08/31(水) 15:19:24 ID:???
小さい病院が、大きく感じた
屋上への階段が、やたら長かった
見上げた先の扉は、重く黒く光っていた

小さい病院の屋上は、やっぱり狭くて
それでも今日は、なぜか広くて
冷たい手すりに触れて、やっと分かった。



―――もう、妹はいないんだ―――


涙が溢れてきた。
流れてしまわないよう、上を向いた。
それでも涙は流れて、頬を伝っていった
見上げた先の滲んだ空には




日の丸をつけた空自のグリペンが飛んでいた・・・




「ってwwwwwww何で飛んでるんだよwwwwwwwwwwwww」

926 :名無し三等兵:2005/08/31(水) 20:24:03 ID:???
>>925
群青の空を越えて

927 :名無し三等兵:2005/08/31(水) 22:01:24 ID:???
>926
F-15後継を「常識的に考えてF-35でしょうが」などとコメントしてある糞ゲーに用はありません

928 :名無し三等兵:2005/08/31(水) 22:09:09 ID:???
つか、あのシナリオライターって絶対にアリアドネ厨だよな

929 :名無し三等兵:2005/08/31(水) 22:17:14 ID:???
>928
TFRのお師匠さんにURL送りつけて批評文でも送りつけていただきましょう


なおこれにより次回作はF-111とバルキリーとF-108が大活躍します
夢の冷戦型超音速戦略爆撃志向核戦略恋愛アドヴェンチャーです

930 :名無し三等兵:2005/08/31(水) 22:46:25 ID:???
>>914
酢堂君や有川さんが妹の先輩になるのかwwwwwwwwwwwww

931 :名無し三等兵:2005/08/31(水) 23:18:21 ID:???
>>929
それなら買うぞ。もちろんMiG-25がM.3.0で追いかけてくるの。
あー、想像しただけで恍惚だわー

932 :名無し三等兵:2005/09/01(木) 10:53:41 ID:???
>>929
>>43はありますか?


933 :age:2005/09/01(木) 14:42:17 ID:???
小さい病院が、大きく感じた
屋上への階段が、やたら長かった
見上げた先の扉は、重く黒く光っていた

小さい病院の屋上は、やっぱり狭くて
それでも今日は、なぜか広くて
冷たい手すりに触れて、やっと分かった。



―――もう、妹はいないんだ―――


涙が溢れてきた。
流れてしまわないよう、上を向いた。
それでも涙は流れて、頬を伝っていった
見上げた先の滲んだ空には




チハタンが空挺降下していた・・・




「ってwww無理だからwwwwwwwwwww壊れるってwwwwwwwwwwww」

934 :名無し三等兵:2005/09/01(木) 17:34:22 ID:???
ワロタ

935 :名無し三等兵:2005/09/01(木) 20:11:14 ID:???
「次期FXはスーパーホーネットだよねお兄ちゃん・・・」

936 :名無し三等兵:2005/09/01(木) 20:22:53 ID:???
>>935
ふと気が付くと、俺は血に塗れたナイフを片手に横たわっていた。
身体中も返り血で真っ赤だ。

そして傍らには、うつろな目を虚空に向けた妹が、胸を朱に染めて倒れていた。

「うぇwwwwwスパホ厨ウザスwwwwwwwww」

937 :名無し三等兵:2005/09/01(木) 20:31:25 ID:???
潮岬沖には駆逐艦の忙しげなスクリュー音と細波の音だけが響いている。
信濃の船体は時折苦しげに傾斜を深めるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、ダメコンチームがさじを投げた艦艇には見えない。
なんで、俺じゃなくて信濃なんだ。まだ竣工直後じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、信濃が静かに口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ハワイが見たいよ。」
ハワイどころか、この1年外海にだって出られてないのに。
「ハワイか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ信濃は、儚げに笑ってこう答えた。









「……連合艦隊戦艦部隊に突入されて炎上するハワイ真珠湾。」




第三次 真珠湾奇襲作戦 状況を開始せよ。 征くぞ 諸君。

938 :age:2005/09/01(木) 21:20:54 ID:???
親愛なるお兄ちゃんへ

この手紙を読んでいるのは春ですか?それとも、もう冬になっていますか?
とにかく、ちゃんとご飯を食べていますか?
遅刻しないで基地に通えていますか?
うん。気になります……
あのね、夕焼けの海を見ちゃうと、なんとなく私を思い出すかもしれないけど……
そんなの一年に一度くらいでいいから……うん。
ごめんなさい……って謝ったら怒ると思うけど、やっぱりごめんなさい。
ずるいよね。この手紙はずるい。
忘れて欲しいと言いながら、これでお兄ちゃんの心に刻まれることを知っている。

もし叶うのなら、私は海に生まれ変わってもいいから、お兄ちゃんと一緒にいたい。
……一緒にいたかった。何年も、何十年でも。



最後にお節介ですが、氷山空母なんて探さないで
ちゃんと、天城を完成させてください。

世界でただ一人の妹より

939 :名無し三等兵:2005/09/01(木) 21:55:15 ID:???
>>709>>822の改変はどうも、感動の色合いが濃すぎて笑いに持ってけナイ

940 :age:2005/09/01(木) 22:05:46 ID:???
>>939んじゃ、こっち

顔もスタイルもよく、男性に非常にモテる女友達がいます。
僕とはいわゆる友情どまりなのですが、この前携帯に電話
がかかってきました。
声からするととても酔っており、そういえば飲み会があるとか
言ってたな、などと思いながら何か勢いよくまくしたてるのを
聞いていたんですが、悔しい、悔しい、と半分泣きながら言う
んです。
「どうしたの?」と聞いたら…

「なんで皆XP−79の魅力が解らないのよっ!!」





科学忍者かよw

941 :名無し三等兵:2005/09/01(木) 23:56:09 ID:???
顔もスタイルもよく、男性に非常にモテる女友達がいます。
僕とはいわゆる友情どまりなのですが、この前携帯に電話
がかかってきました。
声からするととても酔っており、そういえば飲み会があるとか
言ってたな、などと思いながら何か勢いよくまくしたてるのを
聞いていたんですが、悔しい、悔しい、と半分泣きながら言う
んです。
「どうしたの?」と聞いたら…

「なんで皆X−29の魅力が解らないのよっ!!」





・・・今時前進翼なんて流行らないよw
「うぇwwwwwステルス厨ウザスwwwwwwwww」

942 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 00:06:29 ID:???
顔もスタイルもよく、男性に非常にモテる女友達がいます。
僕とはいわゆる友情どまりなのですが、この前携帯に電話
がかかってきました。
声からするととても酔っており、そういえば飲み会があるとか
言ってたな、などと思いながら何か勢いよくまくしたてるのを
聞いていたんですが、悔しい、悔しい、と半分泣きながら言う
んです。
「どうしたの?」と聞いたら…

「なんで皆T-72の魅力が解らないのよっ!!」




チハたんの前には、流石のオブイェークトも霞んでしまうんだよ。
って、ちょ、お前wwwww125ミリをこっちに向けて何をするwwwwww

943 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 00:09:23 ID:???
>>942
自前の125ミリで迎え撃て!

944 :age:2005/09/02(金) 00:19:59 ID:???
眠る妹の横顔を見ていた
もう1年以上外に出ていない
透けるように白い顔だ
静かな寝息がつとうめき声に変わった
「だめ、そんなのだめ…」
悪夢にうなされているのか
いやいやをするように顔を振るたび
長い黒髪が左右に振れる




「海軍休日なんて、八八艦隊が…」

945 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 03:40:29 ID:???
親愛なるお兄ちゃんへ

この手紙を読んでいるのは春ですか?それとも、もう冬になっていますか?
とにかく、ちゃんとご飯を食べていますか?
遅刻しないで司令部に通えていますか?
うん。気になります……
あのね、夕焼けの海を見ちゃうと、なんとなく私を思い出すかもしれないけど……
そんなの一年に一度くらいでいいから……うん。
ごめんなさい……って謝ったら怒ると思うけど、やっぱりごめんなさい。
ずるいよね。この手紙はずるい。
忘れて欲しいと言いながら、これでお兄ちゃんの心に刻まれることを知っている。

もし叶うのなら、私は海に生まれ変わってもいいから、お兄ちゃんと一緒にいたい。
……一緒にいたかった。何年も、何十年でも。



最後にお節介ですが、補給線を軽視せず皇軍の将として
ちゃんと、インパール攻略作戦を完遂してください。

世界でただ一人の妹より

946 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 08:55:24 ID:???
親愛なるお兄ちゃんへ

この手紙を読んでいるのは春ですか?それとも、もう冬になっていますか?
とにかく、ちゃんとご飯を食べていますか?
遅刻しないで基地に通えていますか?
うん。気になります……
あのね、夕焼けの海を見ちゃうと、なんとなく私を思い出すかもしれないけど……
そんなの一年に一度くらいでいいから……うん。
ごめんなさい……って謝ったら怒ると思うけど、やっぱりごめんなさい。
ずるいよね。この手紙はずるい。
忘れて欲しいと言いながら、これでお兄ちゃんの心に刻まれることを知っている。

もし叶うのなら、私は海に生まれ変わってもいいから、お兄ちゃんと一緒にいたい。
……一緒にいたかった。何年も、何十年でも。



最後にお節介ですが、日ソ中立条約なんて信じないで
ちゃんと、シベリアに侵攻してください。

世界でただ一人の妹より

947 :822:2005/09/02(金) 12:31:39 ID:???
お兄ちゃん、お変わりありませんか?
私はようやくこちらの生活に慣れ、座学や飛行機の訓練に励んでいます。
でも、基地のお部屋に帰って一人きりになると、お兄ちゃんのことを思い出して少し寂しくなってしまいます……
……ゴメンナサイ、こんな事で弱音を言ってたら嫌われちゃいますよね。
お兄ちゃん、こんど単独飛行の際は是非いらして下さい。
大勢の人の前で飛ぶのはまだ緊張しますけど、お兄ちゃんが見ているなら……

948 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 17:39:38 ID:???
>945
泣いた

949 :あの旗って何て云うんだろうか:2005/09/02(金) 22:30:56 ID:???
小さい病院が、大きく感じた
屋上への階段が、やたら長かった
見上げた先の扉は、重く黒く光っていた

小さい病院の屋上は、やっぱり狭くて
それでも今日は、なぜか広くて
冷たい手すりに触れて、やっと分かった。



―――お兄ちゃん、わたし、戦艦大和が見たい―――


涙が溢れてきた。
流れてしまわないよう、上を向いた。
それでも涙は流れて、頬を伝っていった
見上げた先の滲んだ広島湾には




『ラムネ有りマス』を掲げたを戦艦大和が浮かんでいた・・・




「ってwwwwwww何で居るんだよwwwwwwwwwwwww」

ttp://www.h-opera.com/200508c.html

950 :名無し三等兵:2005/09/03(土) 23:30:17 ID:???
顔もスタイルもよく、男性に非常にモテる女友達がいます。
僕とはいわゆる友情どまりなのですが、この前携帯に電話
がかかってきました。
声からするととても酔っており、そういえば飲み会があるとか
言ってたな、などと思いながら何か勢いよくまくしたてるのを
聞いていたんですが、悔しい、悔しい、と半分泣きながら言う
んです。
「どうしたの?」と聞いたら…

「ひねりこみは初めに左を踏むのよっ!なんで皆解らないのっ!!」





・・・キミは誰にも墜とせないよ


951 :名無し三等兵:2005/09/04(日) 18:58:12 ID:???
顔もスタイルもよく、男性に非常にモテる義妹がいます。
僕とはいわゆる腹違いの兄妹なのですが、この前携帯に電話
がかかってきました。
声からするととても酔っており、そういえば飲み会があるとか
言ってたな、などと思いながら何か勢いよくまくしたてるのを
聞いていたんですが、悔しい、悔しい、と半分泣きながら言う
んです。
「どうしたの?」と聞いたら…

「ひねりこみは初めに左を踏むのよっ!なんで皆解らないのっ!!」





・・・キミは誰にも墜とせないよ

952 :名無し三等兵:2005/09/04(日) 19:20:30 ID:???
腹違いの義妹って何さ

953 :age:2005/09/05(月) 01:05:55 ID:???
気が早いけど、次スレはこれ使うべ

妹に、護衛艦に乗せて欲しいと言われています。
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1124378082/

954 :名無し三等兵:2005/09/05(月) 02:35:34 ID:???
「わたし、戦車が見たいよ。」
戦車どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「戦車か。……やっぱりチハタンか?」
「ううん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「……ミノタウロスに叩き潰されている装輪式戦車が見たいよ。」

955 :名無し三等兵:2005/09/05(月) 08:19:05 ID:???
顔もスタイルもよく、男性に非常にモテる妹がいます。
僕とはいわゆる腹違いの兄妹なのですが、この前携帯に電話
がかかってきました。
声からするととても酔っており、そういえば飲み会があるとか
言ってたな、などと思いながら何か勢いよくまくしたてるのを
聞いていたんですが、悔しい、悔しい、と半分泣きながら言う
んです。
「どうしたの?」と聞いたら…

「64式はジャムなんておきないのよ!なんで皆解らないのっ!!」





・・・キミは誰にも墜とせないよ

956 :名無し三等兵:2005/09/05(月) 11:32:36 ID:???
顔もスタイルもよく、男性に非常にモテる幼馴染がいます。
ボクとはいわゆる竹馬の友というやつなのですが、この前携帯に電話
がかかってきました。
声からするととても酔っており、そういえば飲み会があるとか
言ってたな、などと思いながら何か勢いよくまくしたてるのを
聞いていたんですが、悔しい、悔しい、と半分泣きながら言う
んです。
「どうしたの?」と聞いたら…

「90式は川底の石なんかで壊れるわけないのよ!なんで皆解らないのっ!!」





・・・キミは誰にも墜とせないよ

957 :名無し三等兵:2005/09/05(月) 17:14:33 ID:???
でも、三菱でそ?

958 :名無し三等兵:2005/09/05(月) 17:25:35 ID:???
顔もスタイルもよく、男性に非常にモテる妹みたいな隣の子がいます。
私とはいわゆる幼馴染というやつなのですが、この前携帯に電話
がかかってきました。
声からするととても酔っており、そういえば飲み会があるとか
言ってたな、などと思いながら何か勢いよくまくしたてるのを
聞いていたんですが、悔しい、悔しい、と半分泣きながら言う
んです。
「どうしたの?」と聞いたら…

「リコールの数だけなら、ダントツに多いのはトヨタなのよ!なんで皆解らないのっ!!」





…あーん?聞こえんなァ!?

959 :名無し三等兵:2005/09/05(月) 17:29:51 ID:???
>>958
だってトヨタって「そんなことまでしてくれなくても」ってのまでリコールかけてるもん
つかむしろ、致命的な欠陥なのにリコールかけなかったから問題になったんだろ

960 :名無し三等兵:2005/09/05(月) 17:35:01 ID:???
重工と自動車は違う。

重工は建造中の豪華客船に放火されたりとりあえず談合したりたまに護衛艦に初期不良が入ったり
原発の内部情報が漏洩したりする会社だ。自動車とはべつの意味で格が違う。

961 :名無し三等兵:2005/09/05(月) 17:41:54 ID:???
顔もスタイルもよく、男性に非常にモテる義妹がいます。
僕とはいわゆる腹違いの兄妹なのですが、この前携帯に電話
がかかってきました。
声からするととても酔っており、そういえば飲み会があるとか
言ってたな、などと思いながら何か勢いよくまくしたてるのを
聞いていたんですが、悔しい、悔しい、と半分泣きながら言う
んです。
「どうしたの?」と聞いたら…

「キリンビール、もう二度と飲めないよ、だって三菱グループだったなんて…」

ああ、キリンビバレッジも三菱だからなあ。

962 :名無し三等兵:2005/09/05(月) 18:12:58 ID:???
顔もスタイルもよく、男性に非常にモテる女友達がいます。
僕とはいわゆる友情どまりなのですが、この前携帯に電話
がかかってきました。
声からするととても酔っており、そういえば飲み会があるとか
言ってたな、などと思いながら何か勢いよくまくしたてるのを
聞いていたんですが、悔しい、悔しい、と半分泣きながら言う
んです。
「どうしたの?」と聞いたら…

「三菱鉛筆は三菱グループ企業じゃないのに!なんで皆解らないのっ!!」



ロゴマークまで同じだもんなあ。

963 :名無し三等兵:2005/09/05(月) 18:43:02 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、航空自衛隊のF-16が見たいよ。」
F-16どころか、この1年ブルーインパルスだって見れていないのに。
「空自のF-16か。……もしかしてF-2の事か?」
「ううん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。




「・・・米国のF16の機体をベースに独自の改良を加えた航空自衛隊の支援戦闘機F16Jが見たいよ」


ちょwwwwwおまwwwwwwwよくご覧なさい。左が最新型のステルス翼近開発されたベクターz(ry

964 :名無し三等兵:2005/09/05(月) 19:21:20 ID:???
>>959
最近の三菱はバンパーのちょっとした緩みまでリコール出してる。
三菱カワイソスと思った夏の午後。

965 :名無し三等兵:2005/09/05(月) 19:23:59 ID:???
>>964
そう言うところが会社の信用につながると思えば安い物さ
きっとね……

966 :名無し三等兵:2005/09/05(月) 19:29:04 ID:???
>>963
うまい!

967 :名無し三等兵:2005/09/05(月) 19:40:26 ID:???
うまいか…?



キル・ワイバーン。

968 :名無し三等兵:2005/09/05(月) 20:08:13 ID:???
三等僧兵=無知な文系、と言ってみるテスト

969 :名無し三等兵:2005/09/05(月) 21:49:34 ID:???
>>962
顔もスタイルもよく、男性に非常にモテる女友達がいます。
僕とはいわゆる友情どまりなのですが、この前携帯に電話
がかかってきました。
声からするととても酔っており、そういえば飲み会があるとか
言ってたな、などと思いながら何か勢いよくまくしたてるのを
聞いていたんですが、悔しい、悔しい、と半分泣きながら言う
んです。
「どうしたの?」と聞いたら…

「スリーダイヤマークは三菱鉛筆様が三菱グループどもに使わせてやってるのよっ!
なんで皆解らないのっ!!」

ま、まさか‥‥そ、そうだったのか!!
三菱鉛筆こそが三菱グループを影から操る黒幕だったんだよ!!!

「ΩΩΩ<な、なんだって(ry」

970 :名無し三等兵:2005/09/05(月) 23:40:20 ID:???
親愛なるお兄ちゃんへ

この手紙を読んでいるのは春ですか?それとも、もう冬になっていますか?
とにかく、ちゃんとご飯を食べていますか?
うん。気になります……
あのね、夕焼けの海を見ちゃうと、なんとなく私を思い出すかもしれないけど……
そんなの一年に一度くらいでいいから……うん。
ごめんなさい……って謝ったら怒ると思うけど、やっぱりごめんなさい。
ずるいよね。この手紙はずるい。
忘れて欲しいと言いながら、これでお兄ちゃんの心に刻まれることを知っている。

もし叶うのなら、私は海に生まれ変わってもいいから、お兄ちゃんと一緒にいたい。
……一緒にいたかった。何年も、何十年でも。



最後にお節介ですが、やっぱり自分は日本に帰るわけにはいかない。

世界でただ一人の水島より

971 :名無し三等兵:2005/09/05(月) 23:51:51 ID:???
水島・・・水島・・・




ああ、パッパラ隊の水島いずみちゃんか!

972 :名無し三等兵:2005/09/06(火) 00:30:01 ID:???
護衛艦スレ落ちたぞ、次スレどうする?

973 :名無し三等兵:2005/09/06(火) 00:31:45 ID:???
>>972 
 念のため立てておくか?

974 :名無し三等兵:2005/09/06(火) 01:03:32 ID:???
>>954 一号機の整備どしたー!! さっさと整備工場へ戻れ!!

975 :名無し三等兵:2005/09/06(火) 01:10:00 ID:???
顔もスタイルもよく、男性に非常にモテる女友達がいます。
僕とはいわゆる友情どまりなのですが、この前携帯に電話
がかかってきました。
声からするととても酔っており、そういえば飲み会があるとか
言ってたな、などと思いながら何か勢いよくまくしたてるのを
聞いていたんですが、悔しい、悔しい、と半分泣きながら言う
んです。
「どうしたの?」と聞いたら…

「A4はフォン・ブラウンの芸術なのよ!なんで皆解らないのっ!!」


報復兵器2号じゃなくて、ハイネマンのホットロッドと間違えられたんじゃないのか?
って、そのR-1をどうする気だ

976 :名無し三等兵:2005/09/06(火) 01:57:47 ID:???
顔もスタイルもよく、男性に非常にモテる女友達がいます。
僕とはいわゆる友情どまりなのですが、この前携帯に電話
がかかってきました。
声からするととても酔っており、そういえば飲み会があるとか
言ってたな、などと思いながら何か勢いよくまくしたてるのを
聞いていたんですが、悔しい、悔しい、と半分泣きながら言う
んです。
「どうしたの?」と聞いたら…

「三菱農機も三菱グループ企業じゃないのに!なんで皆解らないのっ!!」

ま、マイナーな会社を…


977 :甜菜:2005/09/06(火) 02:43:44 ID:???
 病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
 妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
 とても、医者がさじを投げた患者には見えない。

 なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
 いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静かに
口を開いた。
「……なんだ?」
「わたし、戦艦が見たいよ。」
 戦艦か。戦艦どころか、この1年病室の外に出れずその辺の川に係留
されてるプレジャーボートすら見れないのに。
「戦艦……戦艦か。……海上自衛隊の16DDHじゃダメか?」
「ううん」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。




「……北朝鮮が将軍様の英知で設計し、朝鮮人民の総力を結集して建造した、
 世界最強の戦艦”白頭山号”が見たいよ」


 ちょwwwwwおまwwwwwww横山信義……いや吉岡平か夏見正隆連れてくるwwwww

978 :名無し三等兵:2005/09/06(火) 09:37:39 ID:???
顔もスタイルもよく、男性に非常にモテる男友達がいます。
僕とはいわゆる友情どまりなのですが、この前携帯に電話
がかかってきました。
声からするととても酔っており、そういえば飲み会があるとか
言ってたな、などと思いながら何か勢いよくまくしたてるのを
聞いていたんですが、悔しい、悔しい、と半分泣きながら言う
んです。
「どうしたの?」と聞いたら…

「カメラはニコンだと主張したら、キャノンオタから笑われた・・・
 所詮は三菱グループのメーカーだって」

それ・・・ほんとか?

979 :名無し三等兵:2005/09/06(火) 09:44:22 ID:???
顔もスタイルもよく、男性に非常にモテる女友達がいます。
僕とはいわゆる友情どまりなのですが、この前携帯に電話
がかかってきました。
声からするととても酔っており、そういえば飲み会があるとか
言ってたな、などと思いながら何か勢いよくまくしたてるのを
聞いていたんですが、悔しい、悔しい、と半分泣きながら言う
んです。
「どうしたの?」と聞いたら…

「なんで皆キャノンの正式名称はキヤノンだって言っても
解らないのよっ!!」



いや、それは当時の商法が……。

980 :名無し三等兵:2005/09/06(火) 12:22:02 ID:???
次スレ立ててみる
テンプレは前スレと>>13だけでいいよな?
文句ある奴は自分で勝手にやっとけって感じで


981 :名無し三等兵:2005/09/06(火) 12:26:49 ID:???
立ててきた

妹に、飛行機を見につれてけと言われていますpart2
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1125977085/

982 :名無し三等兵:2005/09/06(火) 14:00:47 ID:???
>981
 乙。

983 :名無し三等兵:2005/09/06(火) 14:15:46 ID:???
 病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
 妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
 とても、医者がさじを投げた患者には見えない。

 なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
 いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静かに
口を開いた。
「……なんだ?」
「わたし、フネが見たいよ。」
フネどころか、この1年、ここからすぐのところにある海だって
見れていないのに。 畜生。
 
「フネ……フネか。……その内見にいけるさ。きっと」
「ううん」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「どうだ、ひとつ英雄の最後というやつを遂げてみないか」



 ちょwwwwwwおまwwwwwwH.M.S ULYSSESwwwwwww反乱の艦ムリスwwwwww

984 :名無し三等兵:2005/09/06(火) 21:29:16 ID:???
>>983
この場合見たいフネはデュークオブカンバーランドの様な
救援の間接護衛部隊だよな。
けしてティルピッツではないよなw

985 :砂漠の狐達:2005/09/06(火) 21:36:08 ID:???
ネタはないが、ソースはあったのに…
     ,-ー─‐‐-、
    ,! ||     .|
    !‐-------‐
   .|:::i ./ ̄ ̄ヽ.i
   ,|:::i |  ・∀・.||  ソース
   |::::(ノ 中濃 .||)
   |::::i |..ソース.||
   \i `-----'/
      ̄U"U ̄  ,-ー─‐‐-、
           ,! ||     .|
           !‐-------‐
          .|:::i ./ ̄ ̄ヽ.i
     ソース ,|:::i |  ・∀・.||
          |::::(トンカツ||)
          |::::i |..ソース.||
          \i `-----'/
             ̄U"U ̄  
妹よ、豚カツに醤油はないだろ…

986 :名無し三等兵:2005/09/06(火) 23:49:30 ID:???
>>978がスルーされている

987 :名無し三等兵:2005/09/07(水) 00:45:30 ID:???
>>978
つ ttp://www.mitsubishi.com/php/users/category_search.php?lang=2

988 :名無し三等兵 :2005/09/07(水) 13:11:46 ID:???
顔もスタイルも良いのに、男性にぜんぜんモテない女友達がいます。
僕ともいわゆる幼馴染でしかないのですが、この前携帯に電話
がかかってきました。
声からすると激しく酔っており、そういえば飲み会があるとか
言ってたな、などと思いながら何か勢いよくまくしたてるのを
聞いていたんですが、悔しい、悔しい、と半分泣きながら言う
んです。
「どうしたの?」と聞いたら…

「なんで着上陸された場合の防衛行動にも戦車が必要だっていうのを解らないのよっ!!」



装甲車と対戦車ミサイルで何とかしたいっていう気持ちもわからなくは無いのだけれどもね…

989 :名無し三等兵:2005/09/07(水) 20:30:46 ID:???
要するに馬鹿な国民と野党を納得させればいい。
故意に軍事的に誤った運用を説明しても、
それが国民のためになると信じるならやるべきだ。







戦車はテロが建物に閉じこもったとき体当たりで突入したり
山地に入り込んだゲリラを撃滅するのに戦車が必要である。

990 :名無し三等兵:2005/09/08(木) 01:23:58 ID:???
>>989
wwwm9(^Д^)きんもーっ☆www

991 :名無し三等兵:2005/09/08(木) 03:32:31 ID:???
>>989はスレの空気も読めないバカ。
>>990はvipperすなわち厨。

まあ、いちいち解説してる俺も褒められたもんじゃないがな。

992 :名無し三等兵:2005/09/08(木) 03:33:29 ID:???
>>991
戦車不要スレからの誤爆じゃないの?

993 :991:2005/09/08(木) 03:37:12 ID:???
おお、誤爆にツッコミした俺カコワルイ。
吊ってくる。

994 :名無し三等兵:2005/09/08(木) 12:13:57 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……対艦ミサイルを・・・4発積んだ、F-26 STALMA様を・・・・」





うはwwwww邪神wwwwwwwおkwwwwwwwwww



995 :名無し三等兵:2005/09/08(木) 12:18:39 ID:???
顔もスタイルも良いのに、男性にぜんぜんモテない女友達がいます。
僕ともいわゆる幼馴染でしかないのですが、この前携帯に電話
がかかってきました。
声からすると激しく酔っており、そういえば飲み会があるとか
言ってたな、などと思いながら何か勢いよくまくしたてるのを
聞いていたんですが、悔しい、悔しい、と半分泣きながら言う
んです。
「どうしたの?」と聞いたら…

「なんでみんなシーランド公国 が独立国だって知らないのよっ!!」



僕だって今日まで知らなかったよ…
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1125142398/903

996 :名無し三等兵:2005/09/08(木) 15:02:16 ID:???
>>995
へー、すげーな・・・パスポート見せたら入れるかな?w

997 :名無し三等兵:2005/09/08(木) 15:10:23 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし…とり…たいよ。」
声がわずかにかすれてよく聞き取れない。鳥が見たいと言ったのか…?
「鳥か。……どんな鳥が見たいんだ?」
「ううん…そうじゃなくて。」
力なく首を振りながら妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……このスレの1000をとりたいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww微妙に早スwwwwwwwwww

998 :名無し三等兵:2005/09/08(木) 15:11:21 ID:???
>>995-996
日本は承認して無いらしいから通常の手段ではだめだろう。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%8C%E6%89%BF%E8%AA%8D%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%84%E5%9B%BD%E4%B8%80%E8%A6%A7

999 :名無し三等兵:2005/09/08(木) 15:13:40 ID:J3tvY+d9
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、戦闘機が見たいよ。」
戦闘機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「戦闘機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……1000取りに行って999になってしまうようなヘタレじゃやだよ。」

妹よ、へたれな兄貴でごめんな。

1000 :名無し三等兵:2005/09/08(木) 15:15:18 ID:???
「……戦闘機じゃなくて1000取りに行って999になってしまうようなヘタレじゃやだよ。」
だった・・・

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

409 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)