5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

朱成虎少将の人類半減計画

1 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 04:46:37 ID:???
対米先制核攻撃論で、
人民解放軍で圧倒的支持を集めた超タカ派、
朱成虎少将の対米核戦争計画について語りましょう

以下朱少将が2000年に中国人民解放軍の機関紙「解放軍報」に発表した論評の一部。

>中国主導の核戦争になれば
>軍幹部は西安より西側内陸部にある核シェルターに避難できるので安全保障上の問題はなく、
>対米関係で核兵器の抑止には米軍の十分の一で解決できる

>中国主導で全面核戦争が起これば、地形が複雑で農村地域に人口が分散している中国は生存率で他国より有利で、
>世界全体で人口が激減しても国別の人口では優位

>中国政府は一切の幻想を捨て、
>十年以内に全世界の人口の半分以上を消滅できる核兵器を保有し、
>核戦争開始直前に軍隊を用いて西シベリアやモンゴル、中央アジア諸国へ強制的に中国人口の半分に当たる避難民を大量移動させ、
>核攻撃にさらされる中国沿海部は完全放棄すべきだ

>世界の総人口が百五十億人に達すると予想される今世紀中ごろには人口問題で有効な解決方法はなく、核戦争のみが解決する。
>中華民族は核戦争で必ず復興できる

ソースttp://www.worldtimes.co.jp/w/asia/asia2/kr050818.html

2 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 04:47:30 ID:???
新たな食べ物スレの誕生に敬礼

3 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 04:51:03 ID:???
もう少しまともなスレタイにすればよかった

4 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 04:53:16 ID:???
スレタイを考えるスレにしようぜ
じゃ、俺から



朱成虎少将の麺類半額計画

5 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 05:20:43 ID:???
>>1
ややこしいことを抜きにすれば確かに中国はこれしかないな。

6 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 05:33:16 ID:???
正解:台湾をあきらめる

7 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 05:58:00 ID:???
中国人が一番人口爆発に貢献してるような・・・

8 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 08:15:34 ID:???
台湾海峡での戦争の勃発を阻止するため、
或いは遅らせるためには、我々の戦略基点を 「対等の戦略決戦」の水準に上げなければいけない。
つまり、共倒れの戦争プログラムである。もし我々が台湾海峡での戦争を勝ち取ることができなければ、
その結果は、甲午戦争よりもさらに惨めになる。それを避けるには、戦争が起きたら、日本を全面壊滅させ、
米国を機能麻痺させなければならない。この目的を達成するためには、核を使うしかない。

by遅浩田氏(元中国国防長官、中国中央軍事委員会副委員長)

部下も部下なら上司も上司

9 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 13:33:49 ID:???
>十年以内に全世界の人口の半分以上を消滅できる核兵器を保有し、
さて、あと5年でできるかな?

10 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 13:45:30 ID:???
どのくらいの数がいるのかな
百数十発保有していて、そのうち何割か分からないが、
ある程度多弾頭化されているというのを何かで読んだ記憶がある

少なくとも千発はいるだろうが・・・


11 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 13:47:02 ID:???
>>10
つか、人類の半数を絶滅させるだけの核を打つと核の冬で完全に絶滅すると思う。


12 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 14:28:43 ID:???
支那人ほど人類に貢献していない民族は存在しない。

13 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 14:33:51 ID:???
中国+インド=全世界の人口

だもんなあ

14 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 15:02:40 ID:nRfZwMCV
朱成虎ってなんか大ちゃんに似てない?
それはいいとして勝ったとしてその後どうするつもりなのか

15 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 15:04:12 ID:???
古代中国と同様の世界に逆戻り
ただしその世界には中国人しかいない恐ろしい世界に変わっているわけだな

16 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 15:10:07 ID:???
>>14
いち早く新大陸に植民するんですw

17 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 15:12:52 ID:???
でも日本を滅ぼしちゃったら
中国は国内をまとめられなくて
分裂しちゃうんじゃないのか?

あっ分裂したら自国民同士で核兵器打ち合うんだ!

18 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 15:26:38 ID:???
うんうん、戦争するならこれぐらいの覚悟が無いとな。
覚悟も準備も無しに戦争しちゃ駄目。

19 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 15:28:32 ID:UmgPXRvp
ってゆーか、シナが一発アメリカに撃ち込めば、中国なんか消滅するだろ……
報復のSLBMで中国のICBM基地は壊滅する。
まともな第二次核報復戦力の無い二流国家が、核戦争で勝てるわけがない。
オハイオ級がSSGNに改装されてるとはいえ、五隻のSSBNが太平洋にいるんだし…
核シェルターがあっても、一方的に撃ち込まれるだけかと……
マジレス長文スマソ(´・ω・`)

20 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 15:35:54 ID:???
>>19
一応、自前のSLBMとSSBNは中共海軍にも存在するけど・・・常時オンステージ
しているのは1隻だったっけ?

米本土まで届く長距離爆撃機も無いしなぁ・・・
ってか、米の基地外じみた核戦力とガチやらかしたら消滅するのがオチだな。

21 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 15:38:26 ID:???
>核戦争開始直前に軍隊を用いて西シベリアやモンゴル、中央アジア諸国へ
>強制的に中国人口の半分に当たる避難民を大量移動させ、

中国人の周辺諸国に対する意識がわかる・・・

22 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 15:46:44 ID:UmgPXRvp
>>20

一応夏級を一隻とゴルフ級を一隻いるらしいが、夏級で2100q程度の射程しかない。
ゴルフ級も進水が66年と古すぎる。

やっぱり話にならないかと……(´・ω・`)

23 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 16:00:44 ID:???
>>22
じゃ、まともに第二次報復戦力として機能するのは、移動式発射台のICBMくらい
のもんか。
現状は移動式のICBM本体も発射台車両にも問題を抱えているみたいだから、あま
りアテになる代物じゃ無さそうだが・・・

24 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 16:15:49 ID:???
でもな・・・それですら日本は壊滅するわけだ・・・

25 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 16:41:55 ID:UmgPXRvp
>>23

移動式も、東シナ海や日本海に進出した米海軍の空母機動部隊に撃破されるかと……
中国空軍なんかじゃ、空母機動部隊を五個ほど投入すれば、圧倒できるだろうし、トマホークも防ぎきれないだろうからね。
やっぱり合衆国との核戦争なんてのは……

26 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 17:02:07 ID:???
>>24
そりゃそうだ。
どうにもMDじゃキツイね。

>>25
おまけに米軍にはグアム・サイパン・ハワイと太平洋方面の策源地も山盛り
だからなぁ・・・

27 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 17:09:56 ID:???
でも、イラクでの移動発射台は米の激しい空爆の中、
しぶとく生存したらしいし…そう上手くいかないんじゃない?

28 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 17:35:02 ID:???
>>8
というか先制核攻撃は、ソースによれば軍区司令官や中央軍事委員の間で強く支持されてるらしいし。
今の人民解放軍では主流見解だという話を聞いたことがある。
もっとも、核戦争嫌なら通常戦力につぎ込むために軍事費もっと増やせ、という政府へのせっつきの面もあるらしいが。

>>19-23
よく読めばわかると思うが、先制攻撃で全世界に核をばらまき、その後報復で主要都市消滅しても、
人口の地力の差で相対的勝利を得るというトンデモな理論だ。
最初から第二次報復など考えてないだろう。
核の撃ちあいでは負けるが、放射能汚染された世界で最後に勝つのは我々だ、これぞ中国百年の計!という理屈。

なんでこんな電波が罷り通るんだろ(´・ω・`)

29 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 17:39:53 ID:???
>>28
>なんでこんな電波が罷り通るんだろ(´・ω・`)
人名の問題とかいろいろな倫理的な問題を除けば
中国にとってはそれしかないからしょうがない。

30 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 18:11:33 ID:???
たかだか一地域大国の少将風情が、何を言ってんだか。
軍人が軍事力に溺れる典型じゃねえか。


31 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 18:14:56 ID:???
自国の不利を逆用したハッタリじゃないの?
ここまでやる覚悟はあるってことで
実行するかどうかは別にして。

32 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 18:18:24 ID:???
>>30
あらやだ、>>8で国防相も同じこと言ってますわよ

33 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 18:23:26 ID:???
たかだか一地域大国の指導者風情が、何を言ってんだか。
政治家が軍事力に溺れる典型じゃねえか。


34 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 18:24:49 ID:???
>>31
やりかねないだろう。それが中国。
>その結果は、甲午戦争よりもさらに惨めになる
ここがポイントだと思う。でも台湾を無条件で独立させるなんて許容でき
ない。って結局ハルノートの時の日本と同じよ。核を持っているだけたち
が悪い。


35 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 18:27:41 ID:???
まあ現実の話としては、本当に中国がその道を進めば、
米国の餌食になるのは目に見えている訳だが。

先制攻撃をやらせれば、右に出る者はいないから。
それがアメリカン・クオリティ。

36 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 18:29:51 ID:???
アメリカのライスほか保守系と思われる政治家や学者でも
中国がアメリカなど西欧諸国と同じような行動様式と価値観で決断をする、
と無意識に思い込んでいるそうだ

>>34ではないが、行き詰まって先制攻撃、ってことはありそうだな



37 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 18:33:34 ID:???
>>36
合理的に判断するとは限らないんだよね。しかもこれだけ経済成長で
大国だ、とか愛国って国民を煽れば最後は止められないよね。

民主主義は怒りで戦争に突入するって言うけど、末期の独裁国家は
もっと危険。

38 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 18:43:02 ID:???
まあしかし、例え中国がトチ狂ったとしても、我々がそれを
座視して被害を被らねばならない義理はないわけで。

あの国も突っ込みどころ満載だから、手段を選ばなければ
崩壊させるのはそれほど難しくはないだろう。

39 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 19:03:33 ID:UmgPXRvp
先制核攻撃をシナが合衆国にしたとしても、トライデント一発で北京が世界から消えるだろうし、その威力を目の当たりにした首脳部は即時降伏を考えるだろう。
何せ、シナがもってるどの核弾頭よりも、トライデントの方が威力あるんだしな……

40 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 19:11:51 ID:???
>>30-33
溺れている、まともな判断が出来ないからヤバイのでは。
60年前の日本と同じ。

>>38
崩壊させたら、難民は周辺に押し寄せるわ、テロリストの絶好の隠れ家になるわ、核は流出するわ、
今より困ったことになる気がする。
アジアの治安は確実に崩壊するね・・・

41 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 19:14:18 ID:???
>>39
そのころには内陸の核シェルターに首脳部は避難しており、
もぬけの殻(市民は残ってるが)の北京が消滅する映像をみて大笑いして酒を酌み交わすことでしょう。

42 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 19:16:14 ID:???
ああ、なんとか3馬鹿から日本を離す方法はないものか・・できたら5000kmは離したい。

43 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 19:37:06 ID:UmgPXRvp
>>41

周恩来の地下都市があるかもしれんが、第二次核報復戦力を持たないシナは反撃のしようが無く、消滅。

>>42

どうせならシナの裏側まで離そう。5000qぐらいなら危ない

44 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 19:41:48 ID:???
ソ連の方がまだ理性的、文明的だったな
ソ連が今あれば・・・

45 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 19:45:18 ID:???
なんというか、

台湾有事に米が精密誘導兵器を使用
            ↓
中国は西安以東の大多数の都市の破壊を覚悟しなければならず

なんでこうなるか分からん

46 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 20:03:47 ID:???
>>45
脅しってこともあるが、中国共産党は中国本土の統一を成し遂げた、ってのを権力と統治の正当性にし、
「失われた」領土回復、実際は領土拡張を図ることでそれを維持している。
その矛先はウイグル、チベット、マカオ、香港、と来て、次に台湾、沖縄、朝鮮半島、そして日本へと続く
それが挫折すると自分達の正当性を維持できず崩壊する

アメリカが介入すれば通常兵力で勝てる見込みはない
それでも引き下がる気がないなら核を使うしかなく、当然報復がありえる・・・




47 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 20:07:05 ID:???
中韓朝はマジでやばいからな
西側文明世界の論理の通じる相手じゃない
ソ連なら少しは通じたんだが。

48 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 20:24:55 ID:???
この理論は米の人口が4億で大都市に集中し、
中国の人口がその3倍で広く分散していることに着目しているわけだ

中国は大都市が全部消え去っても構わないが、
米はそうはいかないだろうから、
米は迂闊にこちらに手を出せないだろ、といいたいのだろう。

まぁ実際に手を出したら本気でやるんだろうが。

しかし米国も必要なら先制核攻撃をすると常々アナウンスしているし、これも脅しだけではないだろう。

報復されたら第二射が無い中国は、やるときは限定的にせず全面核攻撃をする。
米も中国の本気を察知したら、躊躇わず先制攻撃をしようとする。

MADを丁度ひっくり返した、最悪のチキンレースにならないといいんだが。

49 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 21:04:59 ID:UmgPXRvp
>>48

相互確証破壊を無視だな……

50 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 21:07:19 ID:???
相互確証破壊が成り立たない国ならば、
米が先制核攻撃で相手の核戦力を全部潰してくれることを期待する以外ない

51 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 21:12:34 ID:???
成る程と思ったな。

通常兵器では対抗出来ない
        ↓
核の積極的使用による卓袱台返し

という図式が成り立たなくなるんだよな。
米が同盟国と組んで進めているミサイル防衛構想は…
これを防ぐには核兵器自体を高性能化しんなきゃならないけど、
技術面で米国と愉快な仲間達にはまだまだ対抗出来ない。

52 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 21:14:28 ID:???
>>49
だから、中国w


53 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 21:18:33 ID:???
ロシアの技術がどこまで入るか、
米から盗んだ技術がどの程度か(かなり、らしいが)
それをどこまで使いこなせるか、

そして、MDはどれほど有効か、
によるのかな

54 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 21:20:47 ID:???
まあ中国にもタカからハトまで、いろいろ居るからねえ。
こんなのは極めつきのウルトラタカだから、まともに取り合うこともなかろう。

55 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 21:21:32 ID:???
しかしアメリカが中国から核攻撃を受けたら大変だな。
ロシアなどもあるから全ての核兵器を使用するわけにもいかないだろうし。
アメリカの国力が落ちるとそのほかの国が変わりに台頭してくるだろうし。


56 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 21:24:04 ID:???
ウルトラタカが可成りの勢力をもっているらしいことが一番の問題。
中央軍事委員の面々とか国防相も同じような意見の持ち主だし

政府がいつまで押さえつけていられるか

57 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 21:33:43 ID:???
まあ中国とコトを構えたくないのなら、それなりに面子たてて仲良くすればいい。
いまの日中間系の悪化は、実利面はほとんどなく、大半が面子の問題だから。
べつに靖国に参拝しなかったからといって、株価が下がるわけでもないし。

58 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 21:38:57 ID:???
日中というより、台湾問題が日米に飛び火する形じゃないか。
将来的には、太平洋での米中対立。

59 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 21:40:10 ID:???
韓電機工、日本原子炉整備市場に進出

韓国電力の子会社であり発電設備整備専門会社の韓電機工が、日本市場に
初めて進出する。

韓電機工は10日に北海道電力会社と「原子炉上ぶた貫通管(RVHP)」
検査サービスに関する契約を日本現地で締結すると、8日、明らかにした。

このサービスは、北海道電力会社傘下・泊原発1、2号機の核心設備で
ある原子炉上ぶた貫通管の状態を確認するためのもので、韓電機工が技術を
開発した。

受注金額は55億ウォン(約5億5000万円)で、韓電機工は今年7月から
07年8月までの間、計4回の検査を行うことになる。

キム・ピルギュ記者 <phil9@joongang.co.kr>



60 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 21:45:30 ID:???
>>59
思いっきりスレ違いだ

ついでに、これまでも外国人が整備してたのが外国の会社になったからって大差ないぞ

61 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 22:19:11 ID:J5J7WWMI
「争鳴」に狂人の狂言って書かれてたな。
軍人は国民のことをなんとも思ってないからこんな事が言えるんだと
批判もあるようで。

62 :名無し三等兵 :2005/08/21(日) 22:21:10 ID:WAqEYpTi
8の中の人は、台湾問題で10年以内に日米戦がある、とか言ってるね
ttp://www.epochtimes.jp/jp/2005/08/html/d82122.html

挙句の果てに、世界と心中するとまで・・
ttp://www.epochtimes.jp/jp/2005/08/html/d26023.html
> 2)「どのような事態になっても、我々、中国共産党は、決して歴史の舞台から引き下がらない!
> 我々は、歴史の舞台から退くよりも、あえて世界中の人民を道ずれに自決する道を選ぶ。
> “核の束縛”という論理があるではないか?つまり、核があるから、世界の安全は保たれており、
> 死ぬときは皆一緒、という論理である。私の考えでは、党の運命は世界の運命と共にある、
> という束縛があると思う。もし我々、中共がなくなれば、中国がなくなり、そして世界も終わる、
> ということである。」

63 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 22:21:47 ID:???
軍人と中共の党の指導者にとっては、党=国家なんだろう
ゆえに党が政権を維持できない=国家の崩壊なんだろうさ

64 :名無し三等兵 :2005/08/21(日) 22:22:47 ID:WAqEYpTi
ああ、スマソ
×日米戦
○日米と中国の戦争

65 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 22:48:14 ID:???
>>62
8の中の人は凶人だなw
笑ってばかりもいられないがまぁ中共のドクリトリンてそんなもんだろうな。

66 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 23:06:17 ID:K+sy89Nk
ついに仏・独の市民派も東アジアに関しては日米寄りになったのは日米がキレて太平洋やASEANの市場から締め出されるのを恐れたのかな?

67 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 23:12:40 ID:???
中華思想的に中国=世界の要=世界と・・・。

68 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 23:17:13 ID:???
>>66
中国があれだけ騒ぎ立てたら、嫌でもどういう国か解るからねえ。
少なくとも欧州と価値観を共有できるのは、中国ではなく日本だという
ことに、遅まきながら気づいたということでしょう。

69 :名無し三等兵:2005/08/21(日) 23:47:09 ID:???
結局アジアで欧米が価値観を共有出来そうなのは、
日本だけって事かな?

…G8の面々と言い、20世紀に入ってからアメリカが台頭した以外、
世界ってあんまり変化してないのかも

70 :名無し三等兵:2005/08/22(月) 07:00:04 ID:???
>>69
G8はかつて列強国と呼ばれた国で構成されているし、大枠は20世紀初頭か
ら変わってないでそ。

変わったって言えば、欧州勢の減勢と米の極大化くらいじゃない?
日本も経済面では大躍進を遂げたが、軍事・国際面じゃ減勢してるな。

結局、列強国クラブが世界の中心なんだよな。
日本はギリギリのタイミングで近代化(明治維新)に成功したから、列強国ク
ラブに入会できたけど、それができなかった中国は非常に腹立たしいと。
なんせ中華思想で自分たちこそが世界の中心の国だと思い込んでいる人達だか
ら・・・

おまけに中共は独裁政権の正当性を「外敵を打ち負かし、祖国を再び統一した」って
所に置いているからなぁ・・・
内政的にも台湾の独立を認められんでしょう。

71 :名無し三等兵:2005/08/22(月) 12:07:03 ID:KB3ggzdz
>36
自分の保身を考えた合理的判断を下すだろう。

72 :名無し三等兵:2005/08/22(月) 12:16:25 ID:???
仮に中国とアメリカが戦争になったとして
ロシアはどうするんだ?

中国を支援するのか中立の立場をとるのか。

73 :名無し三等兵:2005/08/22(月) 12:20:51 ID:???
>>72
中ロ国境に軍を並べ、もしアメリカが中国に上陸進行を
かけるなら、自分たちも時期を選んで中国領に進行する
だけ。ロシアってそういう国でしょ?その他疑問はありま
すか?w

74 :名無し三等兵:2005/08/22(月) 12:22:14 ID:???
ああ、ロシアならやりかねんな。

75 :名無し三等兵:2005/08/22(月) 12:25:57 ID:???
中国がまだ支払い能力があるうちになるべく沢山兵器を売る。
それが効率よく破壊されるようにアメに新兵器の情報を流す。
アメが沿海部を制圧しはじめると、アムール川を渡る。
終戦のドサクサに紛れて「納入兵器の未払い分」と言って、
洗いざらい金目の物を持ち出す。

それがロシアクオリティ。

76 :名無し三等兵:2005/08/22(月) 12:26:55 ID:???
>>71
その「保身を考えた合理的判断」がいかなる状況下で下されるかが
問題だと思う。

例えば、愛国教育の行き過ぎでデモ頻発、軍の若手将校は
軍や党の幹部を腰抜けと暗殺しまくる状況になればどう判断
するかとか。

77 :名無し三等兵:2005/08/22(月) 12:39:30 ID:???
>>軍の若手将校は軍や党の幹部を腰抜けと
>>暗殺しまくる状況になればどう判断するかとか。

日本はこういう状況になってから軍が暴走したな

78 :名無し三等兵:2005/08/22(月) 12:47:16 ID:???
>>77
そうなのよ。幹部が公然とこんな発言をするってことは結構
鬱憤たまってるんじゃないかと。

79 :名無し三等兵:2005/08/22(月) 13:29:33 ID:???
今は2.26事件前夜ぐらい?
盧溝橋事件は台湾海峡で起きるのかな。
んで情勢に鑑みて北京五輪は中止、と。

75年前に日本がやらかした轍をもう一回やるつもりかねえ。

80 :名無し三等兵:2005/08/22(月) 13:42:31 ID:???
>>79
核を持った国があれをやらかすと後は無いという罠。

81 :名無し三等兵:2005/08/22(月) 14:35:13 ID:???
どうも、中国軍部の若手強硬派ってのは、視野狭窄っつーか大局観に乏しい感じがして危うい。
人民解放軍ってのは元来が、国防軍じゃなくて共産党軍なんだよね。
ナチスにおける武装親衛隊みたいなモンで、共産党体制と国民の生命財産が対立した場合、
一も二もなく体制側に付くという、近代国家の軍政としてはかなり歪な組織として作られてる。
ぶっちゃけ、戦争によって国土が荒廃して人口が減ろうが、経済的に世界から孤立しようが、
それで結果的に共産党の支配体制が強固になるなら、それも許されるというシステム。

しかも、その一党支配体制の建前すらアヤシイのが今の中国。
社会主義を捨てつつある共産党に変わって、革命精神の根本に立ち帰ると称して、若手強硬派
が外敵作って勝手にドンパチはじめて、内部で腐敗幹部の粛正をはじめたとしても驚かない。
革命第一世代の長老達がまだ生きてて、党執行部と軍幹部の間でバランス取ってるうちは良い
けど、世代的に先がないんだな。現執行部に軍上がりは居ないし、今後も出てこない。

そーなると「革命精神」つーのが先の大戦の統帥権問題よろしく、共産党と解放軍の間で綱引き
になる可能性がある。軍と党が反目した場合、どんな仕組みで調停するかってのが無い。
一つ間違えると坂道転がっていくように自滅に向かって暴走する可能性が有るんだなあ……。

82 :名無し三等兵:2005/08/22(月) 15:14:57 ID:???
>>81
中国の選民主義、好戦性、国際法無視の態度は何も中共、解放軍特有の問題じゃないよ。
戦前の清朝、国民党の時代から何も変わらん。
義和団事変以降の一連の暴力的排外運動や、中華思想に基づく近隣少数民族への圧迫、
近代国際法無視の態度、真実や道徳を尊重せず平気で嘘をつく国民、政府・・・
みな戦前の日本人が苦しんだものだ。日華事変だって中国側が始めたものだしね。
戦後日本では戦前の中国は被害者で、日本及び列強が一方的な加害者と教えられてるから、
中共が異常だと思うかもしれんが、異常なのは大昔からだ。
中国人はドイツ人を幾分無能にして、数段野蛮にしたようなもんだ。ロシア人より危険だよ。

83 :名無し三等兵:2005/08/22(月) 16:50:25 ID:???
(1)グローバリゼーションと情報化に伴う新しい変化や価値に応えるために。

 ◆国家主権の移譲や主権の共有へ
 ◆アジアとの共生

ttp://www.dpj.or.jp/seisaku/sogo/BOX_SG0057.html

84 :名無し三等兵:2005/08/22(月) 19:20:35 ID:???
>>81
どうなるんだろうね
暴走の仕方によっては連合軍の進駐もありえるのかな・・・
どっちにしろ、対岸の火事にするには近すぎる

85 :名無し三等兵:2005/08/22(月) 19:31:29 ID:???
中国は広すぎて進駐するのは無理
せいぜい沿岸都市ぐらい

86 :名無し三等兵:2005/08/22(月) 20:55:14 ID:jzAPnpE6
>>82
もしかしてそれ
人類全部そうじゃね?

87 :名無し三等兵:2005/08/22(月) 20:57:28 ID:???
>>86
我が大日本帝国は違うよ

88 :名無し三等兵 :2005/08/23(火) 00:33:00 ID:???
ttp://www.epochtimes.jp/jp/2005/08/html/d85630.html
本当かね、これ・・。
「中国共産党が民族団結抗戦に大黒柱の役割を果たした、という人民日報の
評論に抗議殺到・・

>○すでに21世紀ですよ、嘘をいつまで続けるつもりですか?
>○「歴史をみれば明らかだ」の「歴史」はいったいどこの国の歴史ですか?
>○自画自賛、恥知らず!
>○歴史は自分で勝手に作るものではない!
>○抗戦の大黒柱だって?国民を馬鹿にして!抗日戦争のこの8年間の中、
> 中共が大戦役に2回しか参加しなかったのに!嘘はあくまでも嘘だからね!
>○当時、何万人もいなかった中共が、日本に打ち勝ったと?すごいわね。

「どこの国の歴史か」とか、2ch並に辛らつな文言が・・

住民暴動が頻繁に起こってるらしいし、国民の不満・不信感が党や軍上層部の
焦りを招いて極論に走る要因になってる、ということなのか・・


89 :名無し三等兵:2005/08/23(火) 00:49:14 ID:???
>>88
大紀元は中国在住者に言わせると経済関係は秀逸だが他は・・・・て感じみたいだよ。
まぁ中国からアクセスできないのは事実です。

90 :名無し三等兵:2005/08/23(火) 03:00:45 ID:???
>>88
書き込みした人はプロバイダから調べられて共産党の方がコンニチワしてるでしょう
それとも海外から書き込んでるとか?
ネット上の検閲もきついらしいし

あの状態じゃ暴動起こらないほうが不自然だよ

91 :名無し三等兵:2005/08/23(火) 03:28:01 ID:???
インターネットカフェでしょ

92 :名無し三等兵:2005/08/23(火) 03:47:58 ID:???
大紀元は国民党より右に居るという希有なメディアなので、信憑性は……。

まあ反中共プロパガンダと言う事で、中共お墨付きメディア+香港親共メディア
が書いてる記事に大紀元が噛みついたからと言って、裏取り無しのせき髄反射
な割合もけっこう高いので、眉に唾しないとダメ。

新華社が書く→香港メディアがスルーする→大紀元が反対の事を書く→香港の
割と反共なメディアが控えめ大紀元に後追い→新華社の元記事が何故か消えて
いる、という場合は中共が「とばした」パターン。

新華社が書く→他の中共メディアが引用する→香港メディアも取り上げる→
大紀元が噛みつく→香港の反共メディアが大紀元の説をスルーする だと、
今度は大紀元が「とばしてる」かも知れない、という罠。

今回ので言うと「共産党軍は抗日の主役じゃねえだろ!」な部分は事実だけど、
それを市井の人まで大挙してネットで言ってる、の部分はとばし臭い。香港人や
台湾人が大陸側のWebで工作してないとは言えないので、その手の書き込みは
あったかも知れないけれど、IP抜いてる管理者じゃないと知り得ない罠。

なので現実がどこにあるかって、報道からでは見えてこない。
台湾や香港からの意見と見せかけて、中国語の出来る日本人が煽って遊んでる
パターンもあるしねw

93 :名無し三等兵:2005/08/23(火) 04:10:01 ID:???
それよりも遅浩田の共倒れ論が本当かどうかのほうが気になる。

94 :某国丸 ◆kRSHX/e2Ss :2005/08/23(火) 06:55:19 ID:???
主張の経緯が面白いね。

>核戦争開始直前に軍隊を用いて西シベリアやモンゴル、中央アジア諸国へ強制的に中国人口の半分に当たる避難民を大量移動させ、
>核攻撃にさらされる中国沿海部は完全放棄すべきだ

裕福な沿岸部にコンプレックスを抱く貧困寒村出身の将軍と見た。

95 :名無し三等兵:2005/08/24(水) 17:53:17 ID:???
沿岸部がやけに裕福になったのはごく最近じゃ?

96 :名無し三等兵:2005/08/26(金) 07:50:39 ID:???
こいつらは本気だよ。
本気で自分たちと世界が等価だと思い込んでる。
恒常的不満を持つ閉鎖集団ほど恐ろしいものはない。

世界人口を半減させるってのも脅しでもあるだろうが、追い詰められれば実行するだろう。
確かにこの「戦略」なら「勝ち」を狙えないわけじゃない。
放射能汚染された地球なんか手に入れてどうする気かしらんが、連中はゴキブリ並だからな

最大の問題はこいつらにMAD理論が通用しないことだ
報復で全都市が焼き払われても構わないと明言出来るのだから、抑止力は成り立たない。
先制核攻撃をするしかないわけだ。しかしそれは元々核報復戦力の少ない中国も同じこと。
だから危険なチキンゲームになる。
下手すると米中が競って先制核攻撃に出かねないな

まぁ日本は壊滅だね

97 :名無し三等兵:2005/08/26(金) 08:02:25 ID:???
だからこそ中国国内の社会改革が必要なわけであって。

主張の背景が見えないのよね。
軍の派閥の中でも弱小派の将軍が求心力を回復するために
ぶちあげたヨタか、それとも軍が勢力拡大を狙って民需部門から
予算や人員リソースを吸い上げるために作り上げた仮想敵と仮想戦略か。
そのいずれかによって対応は変わる。ただいかんせん情報が無くてどうしようもない。

98 :名無し三等兵:2005/08/26(金) 08:18:10 ID:???
>>1の記事を信用するか、前国防相などが同じようなことを言ってるのを考慮すれば、
どちらかといえば後者じゃないかな

実際今の予算じゃ不満みたいだし。
核戦争が嫌なら通常戦力を何倍にも増強させろ!
という意味合いも含んでいるんだろう。

99 :名無し三等兵:2005/08/26(金) 08:32:20 ID:???
その場合は予算を兵器の増額の代わりに給料・年金の増額に充てた上で
兵員自体は削減するという妥協案を提示する。
これで個人的利得を満たすと同時に社会的発言力を削減する。
量の増加ではなく兵器の質の近代化に転化させる。
こういう流れが一番良いような気はする。

100 :名無し三等兵:2005/08/26(金) 08:34:53 ID:???
しかし中国の文化でも「俺の給料を上げろー」と自分からは言い出しにくいものなんかね。
俺の給料を上げろーと言いにくい文化である反動が国防費を増やせーということなのかも
しんない。

101 :名無し三等兵:2005/08/26(金) 20:32:02 ID:???
>>98
「日帝の被害者数に脅える人民解放軍」みたいに枯れ尾花になると思うけどねぇ

102 :名無し三等兵:2005/08/28(日) 11:42:53 ID:3yqXb+at
軍事には素人の板だから、あるていど予想していたが
核ミサイルが日本に命中すると思ってる人が意外に多いので驚いた。

まず北朝鮮に日本攻撃力はありません。
北に配備されてるミサイルは、日本に当たるような物ではなく、もし撃っても
すべて撃破されて終わりです。
北朝鮮が日本を攻撃するのに弾道ミサイルは必要ありません(近すぎる)
射程1300Kmのノドンミサイルで日本列島はすべて射程内にはいります。
そしてノドンはすでに配備済みです。

北朝鮮のミサイルの原型がソ連の使っていたスカッドミサイルです。
1955年に完成したスカッドは、ようするにドイツのV2ロケットのコピー。
スカッドをエジプトから入手した北朝鮮はそれをコピーしました。
それがノドンで、スカッドの射程300Kmを大型化により1300Kmにのばしたものです。
このノドン型は輸出されパキスタンのガウリU、イランのシャハブ3として
配備されています。
シャハブ3(ノドン)は核搭載可能で、イスラエル全域をおさめる射程を持ってる。
つまりそれがアメリカのイランに対する敵意の理由です。

イラクのスカッドミサイルによるイスラエル攻撃を見ても、はっきりいって
今の技術でも迎撃が可能です。1944年のドイツV2ミサイルのコピーですからね。

これほどノドンが過大評価されるのは、それによって利益を得る人達がいるからです。
アメリカにとっては、ノドンの脅威を振り撒く事で、日本がアメリカに頼らざるを
得なくなります。
それとですね、中国が日本に核を撃つことはありません。

103 :名無し三等兵:2005/08/28(日) 11:44:16 ID:3yqXb+at
まずアメリカに届く射程1万キロの弾道ミサイルを中国はほとんど持ってない。
アメリカ西海岸を射程におさめる東風5型は、まだ24発ほどです。
北朝鮮が射程1万キロの弾道ミサイルを作るのは、まだ技術的に不可能です。

肝心なことはアメリカは弾道ミサイル迎撃システムをイージス艦に搭載して
既に太平洋に実戦配備してることです。
イージス艦による弾道ミサイル迎撃システムは1999年に確認試験が終了し
2002年に実験艦「レイク・エリー」が大気圏外を飛来する弾道ミサイル
の撃墜に成功。
迎撃実験に成功した2002年6月13日をもってアメリカはソ連にABM条約
(弾道ミサイル迎撃ミサイル制限条約)の脱退を通告。
実験艦「レイク・エリー」による弾道ミサイル迎撃実験は、これまでに多数
おこなわれていますが、撃墜率はほぼ10割。

そしてレイク・エリーは実戦改装を終え、弾道ミサイル迎撃弾を5発装填
して日本近海に配備されてます。
弾道ミサイル迎撃システムを搭載したイージス艦は、太平洋エリアに7隻が
配備されるはずです
さらに日本は4隻のイージス艦を保有し、さらに2隻を建造中。
2007年にはレイク・エリーとおなじ弾道ミサイル迎撃システムを搭載
改修する予定となってます。
つまり、いずれ日本は弾道ミサイル迎撃システムつきのイージス艦を
8隻以上もつことになります。
(むろん米軍基地など地下施設にも迎撃システムはあるはずです)

まさにハリネズミの状態。
これでは日本に撃ったとたんにアメリカは報復を恐れることなく反撃でき
北京はアメリカのICBMでドロドロに溶けてしまいます。
日本の中国よりの左翼新聞などが政権打倒に必死になるのもわかりますね。

104 :名無し三等兵:2005/08/28(日) 12:32:18 ID:???
>102,103
ひどい情報認識の齟齬もはなはだしいな。
北に配備されているミサイルが日本に当るようなものではなくという時点で電波炸裂だ。
でノドンミサイルが弾道ミサイルじゃないと発言している時点で軍ヲタですらない。唯の知ったか厨だといえる。
で仮に撃ったとしても迎撃可能である、と断じているのが尚痛い。
秒速3km以上にも及ぶノドンを迎撃するのは、航空機やイラクで迎撃した短距離弾道弾(精々射程500km以下)の
速度と比較にならないぐらい早い。(イラクの場合精々秒速1kmだった)
現状、アメリカのMDの迎撃実験ですら、SM-3にいたっては射程700kmのアリーズ標的ミサイル(しかもブースター付き)
しか行われていないし、PAC-3においてはそれらの実験ですら行われてはいない。(速度の遅い巡航ミサイルの迎撃実験
や前出の実績があるだけ)

妄想をさももっともらしく話すのは止めろ。中共か、北朝鮮の工作員ならまだしもわかるが。本物の工作員だったりして。www


105 :名無し三等兵:2005/08/28(日) 13:37:05 ID:???
まぁどうでも良いが

人口爆発を抑制するには戦争が一番ってこった

106 :名無し三等兵:2005/08/28(日) 13:37:56 ID:???
飢餓の方が人口減少には響く。

107 :名無し三等兵:2005/08/28(日) 13:42:09 ID:???
>106
飢餓で人口減になる前に必ず戦争(もしくは紛争)になるど!

108 :名無し三等兵:2005/08/28(日) 14:16:43 ID:???
米の精密核の目標命中精度で殲滅される厨狂。

109 :名無し三等兵:2005/08/28(日) 15:14:47 ID:???
>>106
慢性的な飢餓地域でも人口は増えてたりする。

110 :名無し三等兵:2005/08/28(日) 17:11:01 ID:???
「新黄禍論」とでも名付けようか

111 :名無し三等兵:2005/08/28(日) 18:42:33 ID:???
最近軍板って>>1すら読まない人が増えたね。>>108とか。

112 :名無し三等兵 :2005/08/28(日) 20:57:41 ID:???
しかし世界的な資源不足考えたら、傍若無人の中共には億単位の人減らしを
してもらわんといかんしな・・
さて、どうやって自滅して頂いたものか

113 :名無し三等兵:2005/08/29(月) 05:12:08 ID:???
米が先制核攻撃して報復の被害を局限すればいいんじゃね

114 :名無し三等兵:2005/08/31(水) 20:04:46 ID:???
人類滅亡期待上げ

115 :名無し三等兵:2005/08/31(水) 21:32:44 ID:/mLaP4lF
黄色人種(新モンゴロイド)は日本人だけでいいじゃん

116 :名無し三等兵:2005/08/31(水) 23:13:23 ID:JIliifEO
中国とインドの核戦争希望

117 :名無し三等兵:2005/08/31(水) 23:14:22 ID:???
>>115
なんちゅーか、喪前、日本人じゃねーだろ。

118 :名無し三等兵:2005/08/31(水) 23:23:54 ID:???
>>116
それにインドネシアと物の序でに某半島も加えてくれ

119 :名無し三等兵:2005/09/01(木) 19:43:51 ID:???
インドネシアをオランダが支配したままだったら色々楽だったのにさ。
中国かぶれ・土人かぶれが全部台無しにしやがって。
オランダ本国がポルトガルみたいに疲弊したかもしれんが知ったこっちゃねぇ。

120 :名無し三等兵:2005/09/01(木) 19:44:03 ID:???
>>106
最凶は何といっても黒死病

121 :名無し三等兵:2005/09/01(木) 19:44:23 ID:???
あげちまった

122 :名無し三等兵:2005/09/01(木) 19:47:03 ID:???
>>120
いまならインフルエンザだろう。
日本でも老害が1万ぐらい死ぬかもしれんが、中国なら1億じゃないの?

123 :名無し三等兵:2005/09/01(木) 19:59:37 ID:???
>>122
子供も死ぬ可能性があるのが大問題…>流行性感冒
まあ、人口を三分の一減らしたってペストには敵わん気がするが

124 :名無し三等兵:2005/09/01(木) 20:24:24 ID:???
SRASやら何やらで既にアウトブレイクという話もあるけどね。
WHOが警告云々の度にそういう噂が流れるのはどうにかならんものかねぇ

125 :名無し三等兵:2005/09/01(木) 20:39:45 ID:???
羊飼いとおーかみ、ってパターンが怖いやね

126 :名無し三等兵:2005/09/01(木) 20:40:25 ID:???
こいつらをとめるには内戦しかないな。
もちろんウイグルチベットなど全く当てにならないので、
人民解放軍の非主流派との間での内戦が起こることに期待するしかない

ロシアあたりが両方を煽ってくれないかな

127 :名無し三等兵:2005/09/01(木) 21:03:08 ID:???
>126
中国が不安定化すると今度はロシアの脅威が増大すると思うが

128 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 02:13:06 ID:???
今のロシアにそれは無理

129 :名無し三等兵 :2005/09/02(金) 02:15:03 ID:???
ロシアにそんな余裕のない、今だからこそ


130 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 05:17:25 ID:???
今の原油高騰が今後も数年続くのなら、ソ連崩壊からこっちロシアが抱えた
財政難なんて全部キレイに片づくよ。エネルギー産業への依存度が高い事
の裏返しでもあるけれど、これまでは相対的にコスト競争力が無いと言われ
てきたシベリア開発も投資が順調だし、ペイするどころか丸儲けって水準だ。

石炭以外は純輸入で、エネルギーコストの増大が経済失速を招きかねない
中国とは全く逆。原油も天然ガスも出る国土ってのは大きいね。オイルクライ
シスならロシアの国力が増大する。需給が改善すれば中国が今後も伸びる。
両方揃ってコケルという要因は無いので、日本としてはどっちが伸びても対抗
出来るように備える必要は変わらない。

個人的には国内を安定させられない中共が外に向かって暴発するよりは、
ロシアが国力を増大させる方がまだ「制御可能な危機」なので組しやすいので
はないかと思うけれど、政治は一朝でひっくり返るので分からん。

131 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 07:11:46 ID:???
ロシアは政治的には安定するだろうけれども、その安定がどちらに向かうかにもよるかな。
ここで蓄えた資本がきちんとした方向に向けば良いのだけど。

ただそう言う意味ではロシアは中国の経済発展を支援する意味があるんだよね。
エネルギー需要が増えて石油価格が高騰すればロシアにとってもメリットがある。

132 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 13:54:52 ID:4wiiMD7C
>131
潜在的脅威と思ってなければね。
今のところは、遠い未来のことを考えてる余裕はなさそうだが、、、、

133 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 14:23:00 ID:Tn93ZkFu
ロシアを旅すると、元帝国の蛮行に立ち向かった英雄の石碑や銅像がある。
草原にポツンとある。当然蛮行についても語り継がれている。
ロシア人の遺伝子レベルに黄禍論が刷り込まれていて、
嫌中感情が当然のこととして存在する。
中ソ蜜月時代でさえ「この辮髪チビのクソ野郎」と中国を罵っていたわけで、
今でも中国を滅ぼすだけの核を保持して狙いを定めている。
現在のロシアの核兵力は対中国だよシベリア極東防衛兵力もないし。

あ、ロシア人は朝鮮人のことも「ケリエツ」(日本人をジャップと呼ぶようなモノ)と
軽蔑して呼んでるね、ドコに行っても中国と韓国朝鮮は嫌われていたなぁ。
でも、やたらと親日なんだよね、少なくとも市民レベルでは。
リップサービスではなくて老若男女問わず親日。

134 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 14:41:20 ID:???
>133
そりゃ日本人は金をもっているからな。国境を境にしている国(中国)は特に昔からそれらをめぐっていざこざがあるのは
常だし、そして大概は悪感情をデフォルトで持っているもんだ。

あと朝鮮人に関してはロシア国内にもスターリン時代の強制移住政策で沢山いるからそれらの民族摩擦もあって当然だろう。

かつての時代とは違い、今日本と直接利害が対立することは北方領土問題を除いては何もないからな、ロシアは。

135 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 15:09:29 ID:???
つか、劣等人種に海戦でボロ負けしたなんて、
ロシア人のプライドが許さんだろ。

…チャーチルがロンメルを褒めたみたいに、
「相手が強いから負けたんだ…まあ最終的には我々が勝ったけど」
という事にしたいし、
冷戦時代にも日本漁船とソ連の巡視艇の心温まる交流がw
(小学校時代の先生の話によると渡す賄賂として
日本酒と共に何故か山口百恵のレコードが人気だったらしい)

136 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 15:21:01 ID:6rg5ISZB
>世界の総人口が百五十億人に達すると予想される今世紀中ごろには人口問題で有効な解決方法はなく、核戦争のみが解決する。
>中華民族は核戦争で必ず復興できる

現在のキャパからあふれてしまう将来の増加人口を助けるために
現在の自国民のほとんどは死んでもいいという理屈(にもなってない)は
狂気以外何者でもないな。

「新生中国の先駆け」どころか「13億特攻の先駆け」

137 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 15:31:05 ID:???
ぶっちゃけ核戦争で自国民を減らしたいんじゃね?

138 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 15:36:10 ID:???
自分達が進んで減らされる側に立つなら、
ある程度は納得出来るがな。


139 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 15:39:28 ID:???
ポトラッチか

140 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 15:50:08 ID:???
>137
合法的に、なあ。そこいらの通常戦争や虐殺じゃいわゆる超回復してしまうし、
ジェノサイドや文化革命はもはや党がつぶれる。難民輸出は国が叩かれる。
八方塞りでえいやって気持ちにもなろう。


141 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 16:10:57 ID:???
>>136
「自国民」という発想が日本人的なのさ
共産党と軍にとっては党及び軍が重要なのであって、その他は・・・

142 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 17:54:32 ID:???
>>141
 人民解放軍は例えるならばナチスの武装親衛隊のようなもので
国防軍が存在しないで武装SSだけが国防を担っている。
 それも全部隊が第3SS師団みたいなものなのかな

143 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 19:50:28 ID:DDGUqoAy
さすがに歴史には素人の集まりの板だな・・・
レーニンはカルムイク人(モンゴル人の仏教徒)とドイツ系ロシア人の混血だぞ?

ソ連が世界唯一の共産国であったとき、唯一の友はモンゴル共和国であった。
ドイツ軍を押し返したのもモンゴル師団だし
中ソが仲違いしたときもモンゴルはソ連につき北チョンは中国についた。
ロシアとモンゴルは非常に仲良いぞ。

だいたロシアはむかし、500年もジンギス・カンの長男の国の臣下であった。
西側には東ローマ帝国のモスクワ大公を名乗り
東側にはモンゴル帝国の白汗国と名乗っていたのだぞ。

ロシア皇帝はモンゴルの姫を婚姻し、かの有名なイワン雷帝が死ぬと
後継者にジンギスカンの子孫であるモンゴル貴族が挙げられたほどだ。


おまえらの知識レベルはロシア人が
織田信長をしらずに日本史を語ってると同レベルだ。ぷっ

144 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 19:58:25 ID:???
>>135
日露戦争後は日露最高の蜜月時代なんて言われてるが・・・
日米も同じだし、案外戦後処理が上手ければすぐに仲良く出来るのかもな

145 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 20:01:10 ID:???
>>144
まあその時点での最大の懸案事項が、
双 方 完 全 に 納 得 す る 形 で
解決されたってコトだからな(苦笑
人間の本能的にも、消化しやすいんだろ

146 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 20:04:16 ID:???
>>143
中国に付きたくなかったんだろ

147 :牟田口廉也 ◆NqbU/cv6co :2005/09/02(金) 20:10:14 ID:???
朱成虎=石原莞爾

加藤紘一・かわぐちかいじ・佐治芳彦の出番だ!

日中同盟と東亜連盟の結成で
欧米連合と東亜連合の間で最終戦争!



148 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 20:13:39 ID:???
>>147
むしろ武論尊と原 哲夫の出番だろw

149 :名無し三等兵 :2005/09/02(金) 20:30:56 ID:???
そうか!

そうして大陸全土が戦場になり、荒廃した世界を舞台に、
名作「北斗屋拳ちゃん」に繋がっていくのだな・・

150 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 20:36:52 ID:???
>>143>>102-103
だったら歴史の専門家の板に帰れば?

151 :名無し三等兵 :2005/09/02(金) 20:50:36 ID:???
スルーしようぜ

152 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 23:23:26 ID:DDGUqoAy
まあまあ、逃げを打たずに
ロシア人がモンゴル人を嫌ってるというが、それならばだ
モンゴル人であるレーニンが、なぜロシア皇帝を倒して赤い皇帝に
なれたのか説明してもらおうじゃんか。

だいたい共産体制のときは人種憎悪を煽るような行為は
そくシベリア送りだった筈だが、それも知らんのかと

153 :名無し三等兵:2005/09/02(金) 23:27:17 ID:???
>>152
スレ違いだから他でどうぞ。

154 :名無し三等兵:2005/09/03(土) 03:39:35 ID:???
野党をファシストと言って攻撃する、大統領個人の武装親衛隊なんかつくってるロシアが、
まともな方向に向かうとはとても思えないな

155 :名無し三等兵 :2005/09/03(土) 13:16:54 ID:???
ロシア連邦構成国の中央離反も進んでるしな

156 :名無し三等兵:2005/09/04(日) 10:17:32 ID:???
外に向かって暴発するより、内に向かって権力闘争してくれた方が助かるね。
大躍進政策と文化大革命をもう一回やってくれれば、10年ぐらいは大人しくなる気がする。
現幹部が江沢民やケ小平批判を行い、それを阻止して復権しようとする勢力が暴発して、
出来れば上海以南vs北京を中心にした中共南北戦争でもやってくれれば良いのに。

157 :名無し三等兵:2005/09/12(月) 09:18:27 ID:???
保守あげ

158 :名無し三等兵:2005/09/14(水) 21:50:35 ID:???
この軍首脳の発言、
ひょっとして、
日本を対象にしているのでは?

159 :名無し三等兵:2005/09/14(水) 22:08:16 ID:???
日本も、だな

160 :名無し三等兵:2005/09/14(水) 22:20:53 ID:S21AulKW
燃料追加

ttp://www.epochtimes.jp/jp/2005/09/html/d51569.html

海外博訊ネット(7月17日付)によると、
朱成虎氏は7月6日の国防大学内部の会議上で講演した際、世界の人口過剰問題を提起している。
朱氏の認識では、世界人口の総数はすでに地球資源と生態環境の許容能力を超えており、

戦争、疫病或いは飢饉などの手段を用いて大量に人口を消滅させ、

そして人類を引き続き生存させるべきだとしている。さらに、「中国政府は全力で核兵器の開発に取り組み、
十年以内には地球上の半数以上の人口を消滅させるだけの核兵器を装備することができる」と発言している。


161 :名無し三等兵:2005/09/14(水) 22:33:13 ID:???
>>160
資源的な余裕は計算したけれども大丈夫のはず。
食糧不足は真水の不足が原因だから、海水の淡水化装置を大量に造成してそれで
耕地面積を広げる。
レアメタル類が不足するのは製品の小型化をする時に困るだけで、少しごつい筐体で
良ければそれほど大量のレアメタル類が必要なわけではない。
石油不足は原子力発電や燃料電池へのシフトで解決できると思う。
だから、人口を減らす必要は無い。

162 :名無し三等兵 :2005/09/14(水) 22:35:10 ID:???
中国において、現体制が潰れるより先にそれができるかどうかは別


163 :名無し三等兵:2005/09/14(水) 22:36:53 ID:???
>>161
いや、単に理屈をつけて自分達を勝ち組にするための理由付けだろ

164 :名無し三等兵:2005/09/14(水) 22:39:36 ID:???
>>162
中国は国民の生活を考えているとは思えないので需要はそれほど伸びないから大丈夫。w

165 :名無し三等兵:2005/09/14(水) 22:40:47 ID:???
だったら手始めに中国の人口を減らそう!!
食糧と資源の問題もちっとはマシになるだろう

166 :名無し三等兵:2005/09/14(水) 22:56:40 ID:???
>>158 >>159

たしかに、日本も、だろうが、
日本と違って、軍事に関する知識が国民的に有る程度有る台湾あたりは、
相当「いやな」発言なんでは?

台湾ではどのように報道されているのか、、、

167 :名無し三等兵:2005/09/14(水) 22:59:01 ID:???
古森 義久 氏の文。

http://nikkeibp.jp/sj2005/column/i/03/

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050910-00000008-san-int


あと、古森 義久ではないが、、、
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/news/20050912k0000e030055000c.html


168 :名無し三等兵:2005/09/14(水) 23:41:31 ID:???
心配しなくても中国はそのうち内乱が起きて、人口も減る

169 :名無し三等兵 :2005/09/14(水) 23:57:58 ID:???
億単位で減ってもらわないといけない、そこがネックじなんじゃねえか

170 :名無し三等兵:2005/09/15(木) 04:18:49 ID:???
>>161
中国の妄言は置いといて、
環境の悪化(主に温暖化の各種作用)で食糧生産は今後数十年でかなりダメージを受けると予測されている。
可耕地は大幅に縮小する、水があってもどうしようもない。

171 :名無し三等兵:2005/09/15(木) 04:22:02 ID:???
減るのは農地だけじゃなくて居住地もな。

172 :名無し三等兵:2005/09/15(木) 06:56:37 ID:???
>>170
耕地が北に移動するだけなので移動のコストは増えるけど何とか対応は可能。

地球温暖化対策は北極海と南極海で製氷施設を作って零度付近の水を製氷して
それを棚氷の上にはじき飛ばす施設を作れば解決できるのではないかという妄想を
したりしているのだけどこれって現実的なのかな。

173 :名無し三等兵:2005/09/15(木) 06:57:08 ID:???
とりあえずコストの問題は置いておいてだけど。

174 :名無し三等兵:2005/09/15(木) 11:55:15 ID:???
>168
核を持った国で、内乱が起こるなんて最も最悪の事態な訳だが。
その核が暴発しないとどうしていいきれる?テロ組織に流れないともかぎらんしな。

どちらにしても日本にとってヤバイ事態なのは変わらないと思うぞ。

175 :名無し三等兵:2005/09/15(木) 21:42:29 ID:???
毛沢東が言うには、
中国で内乱になれば難民が周辺に流出、
内乱が収まった頃にはシベリアからインドネシアまで漢族だらけになり、
長いスパンで見れば中国は拡大する、とのことだ。

176 :名無し三等兵:2005/09/15(木) 21:55:30 ID:???
>>175
ただ華僑は中国本土にはもう戻れない身であることがしばしば……。

177 :名無し三等兵:2005/09/15(木) 22:05:13 ID:???
もどれなくても、
シンガポールみたいに
国を作ってしまうから問題なし

178 :名無し三等兵:2005/09/15(木) 22:06:59 ID:???
>>177
それが中国の利益になることなの?

179 :名無し三等兵:2005/09/15(木) 22:45:01 ID:???
>178
汎中華主義だな。東南アジアの華僑達は現地人と溶け込まずに経済的にも支配者の位置にある。
その彼らの影響もあってかなり中国寄りになってきているぞ、東南アジアは。

チベットの2の舞を演じないとは限らんぞ・・・・・・・

180 :蒼龍伝:2005/09/15(木) 23:07:04 ID:???
始は中国も中国人も好きだ。右手のカバンにわずかな資産を詰めこみ、左手に子供の手を引き、
背中には万能調理具である中華鍋を背負って、中国人は世界中どこへでも旅だっていく。
「おれの立っている場所こそが中国だ」と、わざわざ口に出してはいわないが、しっかりと大地を踏みしめ、
異郷に根をおろし、いつかそこに街をつくりあげる。
彼らの生命力、堂々たる生きかたは尊敬に値する。
ただ一〇億人をはるかにこす中国人の全員が善人ではありえないのは当然のことだ。


181 :名無し三等兵 :2005/09/15(木) 23:50:32 ID:???
中国人の1/10が悪人でも、それだけで周辺国の大半を数で圧倒できるな

182 :名無し三等兵:2005/09/15(木) 23:59:31 ID:???
奈津子は日本も日本軍も好きだ。
右腰のカバンにわずかな手榴弾を詰めこみ、
左腰に銃剣をぶらさげ、
背中には万能調理具である飯盒を背負って、日本軍は米の食えるところどこへでも進出していく。
「おれの立っている場所こそが日本だ」と、わざわざ口に出してはいわないが、
しっかりと大地を踏みしめ、異郷を進撃し、いつかそこに満州国等をつくりあげる。
彼らの生命力、堂々たる生きかたは尊敬に値する。
ただ100万人をはるかにこす日本軍の全員が善人ではありえないのは当然のことだ。

183 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 00:58:04 ID:???
中国が広いといっても耕作面積や飲める水の量は案外少ない。
混乱を機に、ウイグルとチベットは独立すべきだ。
偽りの繁栄より確実な荒廃なら生まれる難民に警戒すべきだろう。
貧民が地方から本当の革命を起こせば、それはまさに皮肉である。

184 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 03:13:40 ID:???
>>183
1行目とそれ以降のつながりがわからん

この少将は安徽省出身らしいが肉を切らせて骨を絶つの核戦争で都市部に復讐するつもりなのか

185 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 07:14:15 ID:???
>>179
その汎中華主義とやらがさ。日本の五族協和・八紘一宇・大東亜共栄圏という妄想と同列に
並ぶような妄想的政略じゃないのかと言うこと。
達成しようとする時の犠牲ばかりが大きくて、それが達成された時に何がどうなるのかという
利益がさっぱり分からん。

186 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 10:49:18 ID:???
>185
普通の感覚ならその通りなんだが、朱将軍やその一派はどうもそんなことはどうでもいいらしい。
長期的な展望でものを見ているんだろ。

一時的に壊滅状態になろうとも、長期的にみて今人類が半減するなら人口の多い中国が必ず世界のトップに立てると
連中が主張しているではないか?

つまりそういうことだ。

187 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 10:57:25 ID:???
>>186
だって仮にたとえそうであったとしても、壊滅するのは経済発展地区だから、
インターネットの主要施設が壊滅(核攻撃に耐性を持たせるのがそもそもの
インターネットの発端とは言っても、いくらなんでも都市部が全滅すれば
誰もメンテナンスできなくなって拡張できない)、港湾部が壊滅して物流停止、
鉄道の主要路線も断線、電力も途絶、殺菌された清潔な水の入手も困難、
核の冬が発生して食糧危機、このような状態でその半分に残った人類が生き残れるの?
それにそれで人口が増えるころには朱将軍はとっくに寿命を迎えていそうな
気がするんだけど。

188 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 17:23:49 ID:5nPX/D7x
人間が生きるには水が必要
中国も黄河や長江など大きな河に沿って文明が成り立つ
長安・洛陽など内陸部の都市はすべて川沿いだ。

だから中国がひろいといっても
水の有る狭い地域が破壊され、放射能で汚染されれば
もう昔の人口を養うことは不可能なんだよ

189 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 17:47:48 ID:???
電力も無い、必要な医療機器の消耗品の補充も途切れるし薬品の補充も無くなるから寿命は下がる。
栄養事情も悪くなるし伝染病を防止することも難しくなるし。

朱将軍は核戦争で生き延びた人間は核戦争前と同じ水準の生活を送れるものとでも
思っているのだろうか。

190 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 18:25:53 ID:???
この少将さんの頭の中では勝ち負けの基準自体が違うんでしょ
国民が焼け死に、人民解放軍がずたぼろになっても
シェルターの中のエロい人が残れば勝ちという斬新な発想だ

シェルターの中で何年待つつもりかしらんが
生き残った国民が一致団結してインフラを再建し
シェルターから出てきた首脳陣の前には
米国が滅亡した今、世界最強の軍団となった人民解放軍が
核戦争前と変わらぬ姿でパレードを行い
世界を中華主義で塗り潰して行くわけだ

191 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 18:28:05 ID:???
ぶっちゃけシェルターの中ですら
殺し合いが起こりそうなわけだが

192 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 18:38:57 ID:???
国民=中国人全て
ではなく
国民=党員
なんだろうよ

193 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 18:43:32 ID:???
だって、鉄を生産するのにも鉄鉱石と石炭が必要なんだよ。その2つの採掘地を連絡しないと
鉄は生まれない。しかも何のノウハウも無い最初に作られる鉄なんて大して性質も良くないしね。

火を起こすライターやマッチだって、設計図も何もなしで作ってみてなんて言われて作れる人なんて
ほとんどいないでしょ? ガスで火を起こそうにもガスラインなんて壊れているし。
インフラの再建と言っても、電気鉄道を通すのも大変。発電設備なんて壊れているだろうし、
大量の電気を運ぼうにも電線も崩壊している。そもそも大量の発電をするためには大量の石炭なりが
必要なわけでそれらの物資をどこからどうやって運んでくるの?という問題がある。鉄道が機能しないのよ。

そして大量の人口を養うのに必要な食糧が無い。食糧が無ければ自前で作るしか無い。結局人間は
ほとんどが自給自足の農業生産に追いまくられるので精一杯。人間の労働力は自分が生きていくための
農業生産にほとんど取られて余剰生産力が無いからインフラの再建なんて夢のまた夢。
そして核の冬で作物は育たない。大凶作。一年目で多くの人が死ぬし、核シェルターにはそこまでの
食糧の備蓄は無い。人が死ねば乏しいノウハウ、その断片のノウハウを知っていたところで他の
ノウハウと有機的に組み合わせないと機能しないノウハウだけど、そういうノウハウも消えていく。
ますますインフラ再建は絶望的になる。

そういう図式を理解しているんだろうか。まず自分が援助も何もない状態で無人島で暮らしてみて
文明的な生活を取り戻すことが可能かどうか確かめてみないことには理解できないのだろうか。

194 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 18:48:04 ID:???
それに核が炸裂した後は当然大量の死人が出る、死人が出れば死体は腐る、蛆がわく、
不衛生になる。伝染病大流行。
その死体を焼こうにも労力が無い、焼くための燃料すら確保できない。衛生的な水も確保できない。
上下水道の区別も無くなるから上流で糞尿が垂れ流しにされて下流でその水を飲む。
赤痢大発生。
医薬品なんてものは無い。医薬品を生産する工場は崩壊しているし、医薬品工場に原料を
運び込もうにも原料工場もその輸送手段も破壊されているし、当然仮にそれなりの薬を作れたと
してもそれを中国まで運び込む手段も無い。遠隔地に連絡を取ろうにもインターネットも無線通信も
死んでいる、そもそも電力が死んでいるのだから。だからご自慢の党員とやらに連絡を取ろうにも
取れない。結局党員からも切り離された、見捨てられた状態になる。
その状態で生きていけるなんて本気で信じているんだろうか。

195 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 18:58:24 ID:???
そろそろゴルゴに少将の殺害が依頼されるころだろう


依頼主はもちろん中国政(ドキューン

196 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 19:01:18 ID:???
んで自分が狙われてることを知った将軍は自慢の核シェルターにこもって無駄な抵抗をするわけかw

197 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 19:04:14 ID:???
連絡員の中国美女とのセックルも忘れるな

198 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 19:20:37 ID:???
カンボジアで、
汚れた文明を破壊することこそ、
理想社会への第一歩と主張し、
実際に
全人口の18パーセント〜60パーセント(説によって違う)の人間、
特に知識人や技術者を抹殺した連中は、
毛沢東シンパではなかったか?


理性はもちろん想像を絶することを実際にやる人間、
やろうとする人間はいる。

日本にも、地下鉄にサリンをまかせた人間や
それに帰依し協力した高学歴者がいるわけで、、、

中共の場合、その元々の主義・原理から、
トンデモが排除されにくいのではないだろうか?

199 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 19:22:54 ID:???
>>198
原理・主義と言うか、出世の基準がコネなんだろうね。
有力者に気に入られたらトンデモでも出世できて、有力者に気に入られなかったら
どれだけ優秀でも出世できない。
日本などでもそういう傾向はあるけど、中国の人脈第一主義は日本の比ではないから。

200 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 19:28:31 ID:???
言ってることが一昔前の漫画にありがちな
「世界を滅ぼして選ばれた者だけの新世界を作るのだワハハハハハ!」系の
キチガイラスボスと同レベルな気がする

201 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 19:32:27 ID:???
大量の人口を養う云々は兎も角、冷戦期の米国はロッキー山脈・アパラチア山脈、ソ連はウラル山脈に
大規模生産施設を含むシェルターをつくっていて、「核戦争後」の経済復興計画までちゃんと策定して、
核使用後の戦争に備える気満々だったわけだが。
もちろんシェルターは百万単位が何年も生活出来るようにつくられていた。(残りの数億数千万は死ぬわけだが)

逆をいえば、核だけで敵を潰せるとは思っていなかったし、シミュレーションでもある程度の数を撃ち込んだ段階から核攻撃の殺傷効率が悪くなり全滅に至らないことが憂慮されていた
したがって破壊しつくされた地上で軍が敵をもとめてさまよい、地下で細々と兵器や物資が生産される構図を本気で想定していた。
敵司令部のシェルターに到達して内部の人間を皆殺しにするまでは。

戦争への気合が違うんだよ気合が。

ただ五大国が揃って放射能の被害をかなり軽視していた(今もだが)のは事実

202 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 19:35:28 ID:???
また会いましょう、どことも知らず、いつとも分からないけれど
でもいつかまた晴れた日に会いましょう
いつものあなたのように笑顔を絶やさないで
青空が暗い雲を吹き飛ばしてくれるまで

知ってる人に会ったら、ハローと言って
もうじき私に会えると伝えてちょうだい
私がこの歌を歌っていたと知れば
きっとみんな嬉しがるでしょう

また会いましょう、どことも知らず、いつとも分からないけれど
でもいつかまた晴れた日に会いましょう

203 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 19:36:41 ID:???
遅浩田が言ってるじゃん、中共のない世界に価値はないから、その時は世界を道連れにするって

204 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 19:37:38 ID:???
今の日本の場合、
自国はもちろん、
特定アジアの原子力装置の事故の可能性とか考えると、
もう少し核シェルターに気を配った方がいい気が、、、

205 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 19:39:40 ID:???
>>201
米では自由は人の命より重いからな

206 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 19:42:52 ID:???
>>204
冷戦期でもまともな核シェルターをつくらなかった日本・・・
つか原子力事故ぐらいでいちいち核シェルターに篭るわけにもいかないと思うが

やはり悪いことは考えたくないのが日本人か。

207 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 19:43:16 ID:???
>>204
経済活動を止めて全員が核シェルターにこもるよりは
経済活動を続けたまま微量の放射線を浴びて一部白血病の方が
国力への悪影響は少ないだろうけどね。
悪魔の選択?

208 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 19:43:29 ID:???
結局この将軍の言ってることは戦争ですらなく
いっぺん人類がほぼ滅亡すれば、人口比的に残った人間の大多数は中国人だから
俺たちの勝ちってことなのか

209 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 19:43:52 ID:???
チェルノブイリで核シェルターに篭った国なんかないぞ
気にしすぎ

210 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 19:46:15 ID:???
歴史的に見れば人命や個人の幸福が何かのイデオロギーより重く見られた時代・地域のほうが稀。

211 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 19:47:33 ID:???
しかしまたイデオロギーよりも人命や個人の幸福を重く見ると結局生産力の増加につながるわけで。

212 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 19:48:38 ID:???
生産力で太刀打ちできないから発想を逆転させたんだなw

213 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 19:49:31 ID:???
生産に対する認識が甘いからいつまでも非生産的・非効率的な体制しか作れないとも言う。

214 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 19:51:34 ID:???
体制が最重要で国家の生産力などは二の次、国民の福祉などは三の次

215 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 19:52:48 ID:???
それは将来袋小路の貧乏国路線と言わないかい?

216 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 19:56:11 ID:???
>>209
チェルノブイリは、旧ソ連のヨーロッパ地域のほぼ真ん中で起こったわけで。

で、旧ソビエトは東側諸国にはろくに情報を伝えなかったわけで。

韓国・上海あたりの原子力発電所と、
最寄りの日本や九州あたりとの距離と、
チェルノブイリと当時の西側ヨーロッパとの距離を比較してみると、

もし、万が一の場合、
一週間程度はシェルターに入って保存食食ってもいいくらいの感じがするが。

217 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 20:00:52 ID:???
偏西風で直撃食らうしなー。

しかし1週間も1億2000万人収容できるシェルターっていくら金がかかるんだ?
地震が来たらぶっ壊れそうだし。

218 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 20:03:11 ID:???
中国は原発がメルトダウンしても隠蔽するべw

219 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 20:06:55 ID:???
>それは将来袋小路の貧乏国路線と言わないかい?
未だにODAを貰う側ですが何か


これはやるほうに問題があるわけだがorz

220 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 20:09:52 ID:???
ODAは公共事業なのです。間に外国政府が噛んでるだけの違いです。
腐った日本の企業は国に面倒見てもらわないと生き残れないのれす。
昔はマルコスやスハルトに賄賂送っとけば仕事が受注出来たのです。

221 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 20:10:27 ID:???
中共体制の維持という目標を掲げていたら、結局先進国入りはできないと思う。
今の段階で黄信号がともり始めているし。つか北京オリンピックできるのか?
観客が一切入らず黙々と競技だけがおこなわれているオリンピックはオリンピックと
言わないぞ。

222 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 20:12:16 ID:???
>世界の総人口が百五十億人に達すると予想される今世紀中ごろには人口問題で有効な解決方法はなく
あ、わかった

実は中国はもうスペースコロニーを建設済みなんだよ!


223 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 20:12:32 ID:???
まぁソ連は結局崩壊したわけだが
中共が崩壊するとそのインパクトだけでも悲惨なことになりそうなのが、頭の痛いところ

224 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 20:13:28 ID:???
そしてハコモノだけ出来て電気も水も食糧もないコロニーに10万人くらいすし詰めにしておくわけだな。w

225 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 20:14:36 ID:???
>>223
そう? 案外中国の中も外も共産党政権は無かったかのように何ごともなく平穏に過ごしていると思うけど。
慌てているのは当の本人達だけで。

226 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 20:16:40 ID:???
だったらアメリカにコロニー落としをしたほうが手っ取り早いのではw

227 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 20:20:05 ID:???
党が崩壊した後で、党員達が「私たちは党に騙されていたんです!」と言えば無問題。

228 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 20:20:41 ID:???
>>225
あ、>>223は中華人民共和国の略で書いたw

229 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 20:21:58 ID:???
中共前国防部長であった遲浩田氏も内部で講演を行っている。
演題は「戦争は遠からず。そこから中国は生まれる」。
これは、中共の最も根本的な思想を曝露した。
一般に公開された文面によると、生物兵器を用いて米国を「粛清」し、米国を占領するとしている。
ttp://www.epochtimes.jp/jp/2005/09/html/d51569.html

占領する気らしいです


230 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 20:23:38 ID:???
>>229
生物兵器で米国を粛正って、アメリカに大量の中国移民を送り込むだけちゃうんかと小一時間。

231 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 20:24:01 ID:???
工エエェェ(´д`;)ェェエエ工

232 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 20:24:25 ID:???
>「絶対に我々共産党が歴史舞台から退出することはない!
>私たちは、この世界、この地球全体と党の存亡が一緒であるとしても
>歴史舞台から退出することはない!」
なにこのティターンズ

233 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 20:27:03 ID:???
>>229
>中共国防大学防衛学院・朱成虎氏

あれ? 少将は軍を辞めたの?

234 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 20:28:08 ID:???
前から国防大学防衛学院の少将だぞ

235 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 20:34:38 ID:???
しょうしょう、しょうしょう、しょうしょうしょうしょうしょうしょう、
朱成虎少将

少将、少将、少将少将少将
朱成虎少将

中共の少将、
解放軍の少将、
防衛学院の少将、少将


236 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 20:36:32 ID:???
なるほど、これが今中国で大流行しているジョークですか。


237 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 20:36:52 ID:???
カストロの弟子―ベネズエラのチャベス大統領が、
イラン・ブラジル・中国と協力して核開発とか叫んでたけど、
そのうちベネズエラに中共の核が運び込まれてキューバ危機が再来する希ガス。

その前に例のキリスト教原理主義者に暗殺されるかもしれんがw

238 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 20:39:21 ID:???
中国はどうも自分の国の領土の安泰が第一に欲しくて、そういう敵に打撃を与えるとか
敵を抑制するとかというような戦略に対して動かないようなイメージがあるのよね……。

239 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 20:44:14 ID:???
中越戦争

240 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 20:45:55 ID:???
>>229
巡洋艦34隻ってフリゲートのことだろうか。

241 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 20:58:18 ID:???
>>170-172
去年あたり世界が凍りつく映画があったが、あれはフィクションだが寒冷化自体は起こり得るらしい。

米国防総省の予測では、メキシコは温暖化で、欧州やカナダは寒冷化、結果米に難民が殺到する可能性があるから、対処しると警告している。

仮にこういう状況が現実化すると、当然食糧生産地は南北から同時に狭められてしまい、北に移動すればいいという話ではなくなる。

242 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 21:02:26 ID:???
ただ逆に相殺効果で大丈夫だ、という楽観論もある

243 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 21:04:53 ID:???
高まってる圧力を内に向かわせる算段を考えないと。
相手はキチガイが刃物もってる状態。けれど一人じゃない所を逆手に取る。
世界には警官が3人いるが、刃物を持ったキチガイは15人いる。
3人の警官が15人全員を取り押さえるより、キチガイ同志が殺し合って最後の一人を捕まえる方が楽だ。
分裂して三国志状態に戻らないかなあ→中共

244 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 21:15:35 ID:6dKU7k6x
これかな

ttp://hotwired.goo.ne.jp/i/news/20031209303.html

>地球温暖化の影響でヨーロッパが寒冷化?
>AP通信

>2003年12月7日 2:10pm PT イタリア、ミラノ発――科学者や環境保護論者たちは、地球温暖
>化の影響で西ヨーロッパ地域がむしろ寒くなるかもしれないと懸念を表明している。
>融けた北極の氷が、ヨーロッパの温暖な気候を作り出す主な原因となっている暖流の水温
>を下げるためだという。


ttp://www.cuc.ac.jp/~a240129/iso14001/2004-6-1.html

>アメリカ・国防総省(ペンタゴン)がまとめた温暖化に関する秘密報告書が、
>英オブザーバー紙にすっぱ抜かれ、その内容があまりに衝撃的なものであったため、
>アメリカ内外に大きな波紋を投げかけています。この報告書は昨年秋まとめられたもの
>で、今年2月下旬、同社のニューヨーク特派員の特ダネとして同紙に掲載されました。

>2020年頃にイギリスなど西欧がシベリア化(寒冷化)する
>この報告書の中で、もっとも衝撃的な部分は、2010年から2020年の間に、
>大西洋の海流循環に異常が生じ、2020年頃にはイギリスやドイツなどの西ヨーロッパが
>シベリア化(寒冷化)し南へ向け民族大移動が起こると予想していることです。


まぁこんなことも書かれているがw
>2025年に中国国内は内乱状態になり、国境紛争が拡大

245 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 21:18:35 ID:???
>>243
そうすると三国の間で核が飛び交う地獄絵図になりかねないわけだが。
もちろん日本がとばっちりを受ける可能性も大。
さらにテロリストに核が流出するのも確実

246 :名無し三等兵:2005/09/16(金) 21:22:16 ID:???
基地外核国家に温暖化にテロリストに疫病。
「21世紀は中世暗黒時代の再来」説はほんとだったのかw

247 :名無し三等兵:2005/10/04(火) 10:40:43 ID:???
>>232
俺も思ったw

中国共産党=ティターンズ
ジャミトフ准将=江沢民
バスク大佐=朱成虎少将

>>238
そりゃちょっと不勉強に過ぎますぜ。
中越・中印とか対外的武力行使に踏み切った例もある上に、スプラトリーや
尖閣諸島等、中国の膨張主義的な政策は明らか。

これで軍事的冒険の味をしめたら第2のナチスになるw

248 :名無し三等兵 :2005/10/05(水) 01:26:50 ID:???
第二次大戦後に限っても、国境を接する多くの国々と
むしろ自分から、何らかの国境紛争を起こしてるように
思えるが


249 :名無し三等兵:2005/10/06(木) 00:48:04 ID:???
昔、世界史の授業で、中華人民共和国の対外戦争は、共産党政府の政策の失敗を
ごまかし、政権の統率力をアピールするためのパフォーマンスの意味がある、
という意見がありました。
(当たり前のことだったらすいません。私はなるほど、と思ったのです。)
つまり大躍進政策(1958-1959)の失敗に対して中印国境紛争(1959-)、
文化大革命(1966-1977)に対し中越戦争(1979-)てな具合です。
だから>238様のご意見は、戦争の目的が対外戦略というより国内問題対策だという
意味で、もっともだと思います。
中国国内が目に見えて不安定化している今、仮に中国が分裂しそうになったら、
政権主流派はまたどこか近くの国を生贄にして延命を図るんじゃないか、と不安です。


250 :名無し三等兵 :2005/10/06(木) 00:53:23 ID:???
一人っ子政策押し付けておいて、その息子を紛争で
奪われたら・・

見切りを間違って不用意に犠牲増やしたら、かえって
命取りになりかねんような・・・

251 :名無し三等兵:2005/10/06(木) 01:02:34 ID:???
>250様
>命取り
政権内反主流派にとっては望むところなので(なにぶん政争は生きるか死ぬかの
お国柄ですから)、軍部を煽ってでもやる‥‥という可能性はあると思います。


252 :名無し三等兵:2005/10/08(土) 09:53:54 ID:???
しかし、少将にひとつだけ聞きたいんだが・・・
地域紛争ごときで核ミサイルを先制使用して数十億人抹殺するような事をして、
万が一政府が生き残ったとしても、国民が従うと本気で思っているのかね?
はっきりいって私が中国国民なら間違いなく反政府暴動を起こすが。

253 :名無し三等兵:2005/10/08(土) 10:52:13 ID:???
少将

「その時は、
真の人民解放軍が勝利を治める。」

254 :名無し三等兵:2005/10/09(日) 04:30:09 ID:???
国民は銃で従わせるものだろ

255 :北京市准委員:2005/10/11(火) 17:49:26 ID:???
朱君じきに没落するよ。
「諸君には多くの長所があり、大きな功績があるが、だからといって、
くれぐれも傲慢にならないよう注意してもらいたい。諸君はみんなから
尊敬されて当然だが、尊敬されると、とかく傲慢になりやすい。もし諸君が
傲慢になって、謙虚さを失い、努力しなくなり、他人を尊重せず、幹部を
尊重せず、大衆を尊重しないなら、諸君は英雄や模範になろうとしても
なれない。過去にそういう人が何人かいたが、かれらを見習わないように
希望する。」
これ毛主席語録から。朱君は増長してるから胡同志に睨まれている。

256 :名無し三等兵:2005/10/11(火) 21:03:25 ID:yx8UacwO
その計画じゃ米露の人類絶滅計画には勝てないな。英仏印パの対象国破壊計画とあまり変わらないな(笑)

257 :名無し三等兵:2005/10/12(水) 18:13:51 ID:???
>>255
毛語録かよ。まさに「オマエモナー」だよなw

258 :名無し三等兵:2005/10/13(木) 08:41:17 ID:???
朱君てシエ君の手下だった?

259 :名無し三等兵:2005/10/16(日) 16:36:35 ID:vahKMYS3
こっそりMDの完成度を上げておいて、「またも実験失敗!」見たいなニュースを流す。
 ↓
米中衝突で核戦争勃発
 ↓
支那の核ミサイルが支那沿岸でバタバタと撃ち落される(ごく少数が米本土に到達)
 ↓
米の全面核攻撃で支那消滅
 

260 :名無し三等兵:2005/10/16(日) 20:56:01 ID:8ZxXscLh
>>249 

なるほど。もう崩壊かというところで相手は日本ですか?

我々日本はベトナム外務省、インド外務省、ロシア外務省と
このチンケな糞国家の分割案をする必要がありますね

261 :名無し三等兵:2005/10/16(日) 21:10:23 ID:fwMBQtan
石原慎太郎を殺せ!!!
安倍晋三を殺せ!!!
殺掉石原慎太郎!!!
殺掉安倍晋三!!!


262 :名無し三等兵:2005/10/16(日) 22:23:13 ID:eweiuTLM
決して自己を客体視出来ない、それが常に判断を誤らせる、半世紀ほど前のように。
その表層をなぞった流行語を、自称ネトウヨ??とか称するお馬鹿さん達が、2チャンネルを踏み台にして自分の独創的な落書きと思いこみ、まき散らす。「小泉劇場」と何ら変わらぬ構図だ。

http://blogs.yahoo.co.jp/tlabyo/13597474.html?p=1&t=2

263 :名無し三等兵:2005/10/17(月) 22:35:32 ID:???
小泉劇場ってマスゴミは品の無い表現しか出来ないのか?

264 :名無し三等兵:2005/10/18(火) 06:54:21 ID:???
>>259
なんでわざわざ抑止力を下げるようなことをせにゃならんの

265 :名無し三等兵:2005/10/18(火) 09:03:00 ID:???
中国国民が先進国並の生活を送るようになって資源需要が急増した時にどうするかという問題は
前世紀から語られていたわけであるが、未だにその有効な解決策は示されない。

また仮に中国が経済発展に失敗したとしても、インド等についても結局同じ問題がついてまわることになる。

マクロ経済は漏れは苦手なのだけど、これに対する有効な解はあるのか。

266 :名無し三等兵:2005/10/19(水) 05:45:22 ID:???
マクロ経済は関係なくね?
資源足りない。それだけ。

267 :名無し三等兵:2005/10/19(水) 20:15:07 ID:/sZoQ+nG
中国経済が仮に日本やアメリカ並の先進国になったとしても、「エンジンだけ」では何も出来ないんだよ。
経済エンジン動かすには燃料、つまり石油と食料が必要。

中国が人口規模どおりに日本の十倍、アメリカの五倍の経済規模になったとして、自分ひとりでは
それをうごかす資源がない。
すでに石油も食糧も輸入に頼ってる中国の現状では、それをどこまで集められるかが今後の成長点の
折り返し地点、限界になる。
かつて満州や台湾を持ってた大日本帝国は、経済制裁をうけてアメリカと戦争したわけだが
敗戦で領土が小さくなったから、1億をやしなえればそれで良くなった。

戦後アメリカと日本は西側経済圏として世界中の資源をつかえたから、誰はばかることなく大きくなれたが、
後からわりこむ中国は、他者のぶんまで取るしか手がない。
だが、先進国の先輩である欧米や日本が自分の取り分を、中国に奪われて黙ってる訳がない。

フランスやイギリスなどヨーロッパのTVメディアは中国の悪口を言いまくってる。
いかに中国が狂った国であるかをニュースで取り上げ笑い者にしてる。

最終的には欧米の意志で中国を押さえ込むだろうな。
でないと世界が飢えることになる。
ドイツ帝国や日本帝国とおなじだよ。石油や食料の供給上限をきっちりルールきめて押し付ける。

中国は経済崩壊するか、革命内戦で混乱するか、世界に戦争を仕掛けるしか手がなくなる。
といっても中国の軍隊が勝つ可能性はせいぜい人海戦術で陸伝いに攻めるくらい。

遠く地球の裏の産油国まで軍隊で占領し、シーレーンを守るような空軍力・海軍力はもてない
(もし持とうとすれば、世界の脅威として戦前のロンドン条約やワシントン条約のように干渉されるだろう)

いくら経済成長しても中国のキンタマは欧米に握られてるんだよ。肝心のシーレーン確保は出来ない
おもちゃのような中国海軍は、いつでも握りつぶすことができる・・・

268 :名無し三等兵:2005/10/20(木) 20:00:24 ID:???
>267
そこで中国は核を使った。
でアメリカは反撃に核を使った。
しかし中国は人が多すぎるので却って適正人口にまで減り、国力が増大する要因となった。
以上中国の勝ち、ってシナリオをマジで考えているみたいなんだが?中国軍の強硬派は。


269 :名無し三等兵:2005/10/20(木) 20:56:21 ID:???
実際は
察知するや米軍は先制核攻撃で中国軍第二砲兵を殲滅
唖然とする中国人民15億人に向けられた平和の使者

なのになぁ・・・

270 :名無し三等兵:2005/10/21(金) 18:27:53 ID:???
お前等何言ってるんだよ。日本みたいな小国ならともかく
中国のみたいなでかい国を武力で滅ぼせる訳ないだろ。
日本は空襲で降伏したが中国は空襲でも陸戦でも一度も降伏したことが
無い。アフリカは欧米に分割されたが、中国大陸は分割できなかった。
これは全て事実だ。

今中国を馬鹿にしている欧米はいずれ中国とともに地獄へ道連れにされ
阿鼻叫喚の地獄絵図が展開されるだろう。

271 :名無し三等兵:2005/10/21(金) 20:01:02 ID:???
>>270

>今中国を馬鹿にしている欧米はいずれ中国とともに地獄へ道連れにされ
>阿鼻叫喚の地獄絵図が展開されるだろう。

お説の通りになってほしいですね。

欧米中いんふぇるの

272 :名無し三等兵:2005/10/21(金) 20:56:31 ID:???
>271
その欧米中に対する貿易で日々の糧を得ているイルボンも・・・・・・・・・
ニュージーかオージーにでも移住するか。www

273 :名無し三等兵:2005/10/21(金) 21:18:21 ID:???
貿易先を変えれば、
欧米中以外で日本の日々の糧は
とりあえず足りるのでは?

274 :名無し三等兵:2005/10/21(金) 22:36:25 ID:???
>273
ビンボーな国に自動車や高級家電をそんなに買ってくれるところがあるか?
世界のGDPをみても判るとおり、アメリカ・日本・欧州の合計をあわせるとそれだけで3分の2にはなるだろ?
つまり残りの国ではそれらの代替にはならんよ、とマジレス。

275 :名無し三等兵:2005/10/22(土) 02:19:32 ID:???
>>274

ニュージーやオージー等が生産するものを
まとまって輸入出来る所、
そういう環境で、日本以外にあります?

欧米中が逝ってしまっているなら、
なにも販売品は高付加価値高価格品でなくとも良い。

縮小したところでそれなりの均衡・安定は可能かと。

276 :名無し三等兵:2005/10/22(土) 03:34:56 ID:ll/xJM0c
食糧生産には大量の水が必要
とくに牛肉はたいへんな量の穀物=水を浪費する。
日本は穀物や肉を輸入することで、世界中から莫大な真水を輸入してるともいえる。
この食糧生産に必要な水に困らないのが新大陸アメリカ。

ロシアは冷戦時代からすでに小麦や大豆に困り、アメリカからの食糧輸入に頼っており
アメリカの穀倉地帯に核を打ち込めば自分のくびがしまる。
ソ連は生命線である食料を制されたことで間接的にアメリカに降伏したといってもよい。

日本より食糧自給率が低いのが韓国である。
なにせ南朝鮮は北海道と同じ面積しかなく、人口は5千万である。
北海道が500万であることを考えると、日本より人口密度で切迫してるのが分かる。
中国にしても、砂漠を差っ引き、河ぞいの人の住める面積で計算すると日本より人口密度は高い。
ユーラシア大陸は古い老いた国であり、農業自給率で言えばもう破綻してる。

さてアメリカやブラジルは比較的開発が新しく、まだ膨大な真水がある。
だが、アメリカの5大湖の水位はどんどん下がってるといわれ、数十万年かけてたまった真水を
わずか200年で使い切れば、もう代わりはない。

アメリカは去年だけで3千万人の移民を受け入れたといわれる
あと10年もすれば移民分だけで3億人も増える計算だ
この調子でいけば、あと30年もすれば、新大陸の限りある真水ストックもきれるであろう。

新大陸は移民爆発+水不足で食料を輸出できない
古い大陸ユーラシアはもともと破綻

中国が強く食料をもとめ暴動=食料が高騰=世界戦争はさけられない

277 :名無し三等兵:2005/10/22(土) 03:54:46 ID:ll/xJM0c
世界にとり理想的なシナリオをいえば、アフリカや中国のような国はずっと貧しい後進国でいて貰い
エイズのような疫病や、戦争内乱で人口が減って欲しい。
これはアフリカで実証したように、欧米諸国がいくらでも仕掛けることができる。

欧米の狙いとしては日本が再軍備して、空母もたせハイテク兵器で互角以上
にしてパワーバランスをとりつつ中国と日本が叩き合うのが理想的。

つまり日本は中国を痛めつける尖兵として使えるというわけだ。

ヒトラー台頭は米英の大資本がバックについて反共の尖兵として期待され
ドイツ再軍備はフィンランドなど北欧侵略に野心を見せるソ連をおさえるため黙認された。

いざとなればドイツも叩き潰してしまえる、というのが米英資本のハラ。
じっさい歴史はそのとおりになった。

中国つぶしのシナリオはいくつかあるが、疫病をばらまく、内乱を仕掛ける、などすべてが失敗したら
英米日本の連合軍が徹底的に中国を叩くことになるだろう。

そして日本は、領土こそふえるもののWWU後の英国のように疲弊してぼろぼろに・・・

278 :名無し三等兵:2005/10/22(土) 07:15:03 ID:???
いやもう欧米が手をださなくても中国人民大暴れですから。
今はまだ農村部だけだけども、ちょいとつつけば都市部でも。

なんか靖国参拝してるだけで勝手に中国崩壊すんじゃね?

279 :名無し三等兵:2005/10/23(日) 07:29:08 ID:???
中共が本気を出せばまた何千万人も虐殺して生き残りを図る
西側は非難するが、ロシアやブラジルやイランは手を切らないだろう

280 :名無し三等兵:2005/10/31(月) 12:02:54 ID:???
ワロタ

なんだこれw
実話なのか

281 :名無し三等兵:2005/11/01(火) 04:41:48 ID:???
実話です
事実は小説よりとはよく言ったものだ

282 :名無し三等兵:2005/11/04(金) 21:24:42 ID:???
「中国が核を落とすなら沖縄か東京」 石原都知事が米講演で発言
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051104-00000019-ryu-oki

<石原都知事>「経済的に中国封じ込めを」 米で講演
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051104-00000034-mai-int

南京虐殺、「最多は蒋介石軍」=中国の戦略強化に懸念−石原都知事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051104-00000024-jij-int


283 :名無し三等兵:2005/11/14(月) 18:45:08 ID:bBxwEL5X
>>282
どうでもいいけど、いつもアメリカやら日本には威勢よく文句言うマスコミが
なんで中国相手だと途端に文句言わない及び腰なのか
日本には文句を言えて、中国に文句を言えないマスコミ
その理由を是非とも問いつめてみたい物だ

284 :名無し三等兵:2005/11/14(月) 18:51:19 ID:???
>283
「日中記者協定」

285 :名無し三等兵:2005/11/14(月) 18:53:00 ID:???
>>283
誰もが不思議がっている。
不思議に思わないのは当のマスコミ。

286 :名無し三等兵:2005/11/14(月) 19:03:18 ID:bBxwEL5X
>>384
いま検索したよ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E4%B8%AD%E8%A8%98%E8%80%85%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E5%8D%94%E5%AE%9A
>1.中国を敵視しない
>2.二つの中国を造る陰謀に加わらない
>3.日中国交正常化を妨げない
んなもんがあったのか
「敵視じゃないよ、これは中国に対する心配だ」とか言って切り崩せよ
記者切り上げが怖いなら、日本も駐日記者への報復的処置を示唆すりゃいい
いくらでもやりようはあるだろうに
努力もせずに中国政府の政治的圧力に屈するとはマスコミの風上にもおけないな


287 :天才荒木大将閣下:2005/11/14(月) 19:07:39 ID:???
竹槍千万本あれば、米英恐れるに足らず。


朱将軍にも、私の意気が通ずるようで宜しい。


288 :名無し三等兵:2005/11/15(火) 09:00:20 ID:???
>>283
マスコミが理想とする世界は中国、北朝鮮のような世界
中国、北朝鮮への批判は自分たちへの批判と同義語だから。

289 :名無し三等兵:2005/11/16(水) 07:18:30 ID:???
>>286
支局が閉鎖されたら管理職のポストが減る

290 :名無し三等兵:2005/12/02(金) 20:20:15 ID:qm3BJ4qr
ティターンズ上げ

87 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)