5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

オリジナル仮想戦記のプロットと見所を評価するR:スレ4

1 :名無し三等兵:2006/01/05(木) 22:45:14 ID:Jewolal3
前スレ

オリジナル仮想戦記のプロットと見所を評価するR;スレ
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1058948584/

オリジナル仮想戦記のプロットと見所を評価するR;スレ2
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1101737149/

オリジナル仮想戦記のプロットと見所を評価するR:スレ3
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1123866072/

まったりとプロットを発表し、まったりと評価するネタスレです。

2 :名無し三等兵:2006/01/05(木) 22:55:43 ID:???
>>1

3 :名無し三等兵:2006/01/06(金) 01:52:29 ID:Y7fbtFsB
>>1 サンクス

4 :名無し三等兵:2006/01/06(金) 07:40:03 ID:???
飢餓戦線
補給の途絶えたニューギニアで、友軍は次々と禁断の人肉食にはまって行く中
飢餓によって、この部隊も今まさに行動不能に陥りつつあった。
最初に殺されるのは誰か?次に殺されるのは自分ではないか?
自分が殺されない為に誰か犠牲者を作り上げようと、お互いが画策する中、部隊で渦巻く疑心暗鬼。


5 :逝け袋キター!愚痴:2006/01/06(金) 07:53:56 ID:???
目が覚めたら戦争は全部夢だった。

6 :名無し三等兵:2006/01/06(金) 23:33:40 ID:???
いやだから今までの戦争が全部夢だった世界を
想像するからネタになるんであって…

7 :名無し三等兵:2006/01/07(土) 12:01:06 ID:???
>>5-6
「戦争はなかった」(小松左京)

広島大火災ドームはもう撤去されているんだろうな・・・

8 :名無し三等兵:2006/01/09(月) 00:36:54 ID:???
中国軍の話の本を読んでて思いついた。

時は1950年代
朝鮮戦争が勃発し、日本では自衛隊の前身である警察予備隊が発足。
そして自衛隊の誕生となるわけであるが・・・

時の総理は経済成長中心主義を貫き、国防予算の支出をとことん抑制する。
それはもう、装備の維持と人件費がやっとで、十分な糧食が確保できないくらいに。
不満が積もる自衛隊内部では、一部部隊の勝手ストライキ、ボイコット、
組織的銀蝿が行われる。これが新聞にすっぱ抜かれ、国会で大問題になるが、
時の総理は自衛隊の時間外生産活動を認める事によって食糧事情の改善を行う事を決定してしまう。
これにより、自衛隊の食糧事情は飛躍的に改善され、余剰食糧の発生や、趣向品の生産が行われるようになる。

そして、1960年。
ついに、隊営企業が・・・・

9 :名無し三等兵:2006/01/09(月) 00:44:48 ID:???
現地調達から現地生産への脱皮かw

10 :名無し三等兵:2006/01/09(月) 13:12:15 ID:???
陸自は演習地を田んぼと畑に。
海自は護衛艦で遠洋漁業。
空自はこっそりカスミ網猟。

11 :名無し三等兵:2006/01/09(月) 15:24:39 ID:???
>>4
林譲二「妖光の艦隊」

12 :Call50 ◆D6llXYFFyA :2006/01/09(月) 15:48:30 ID:???
手垢がつきまくった「紺碧方式」の「中の人だけタイムスリップ」ネタで1つ。

WW2開戦5秒前でも、平穏な大正時代でも、負ければ滅ぶ日露戦争手前でも
どこでもいい時代に、各地にいる一般人から重要人物まで何人かの精神が、
未来の自分と入れ替わってしまった。別人でもいいが。

問題は、中身の精神が複数の平行世界から来たものだった事。
それぞれが自分の歴史で成功した手法を進めるのは良いが「艦隊決戦で太平
洋戦争に勝利した世界」「パンジャンドラム大活躍世界」「異星人とWW2を「戦った
世界」「戦艦空母大活躍世界」など、トンデモ系も相当数混じっていたのである
意味で大混乱。
実は世界でも同様に混乱していてWW2どころの騒ぎにならず。結局その混乱っ
ぷりを楽しむ妙な架空戦記に。


…売れねーな。アホな事考えてないで風邪をさっさと治そう

13 :名無し三等兵:2006/01/09(月) 16:39:25 ID:???
しかも受け入れ先一人に対して何人分も詰め込まれるとか

14 :名無し三等兵:2006/01/09(月) 16:51:37 ID:???
つまり山本五十六の中に並行未来世界からの人格が56人分入ってる訳だな?

15 :名無し三等兵:2006/01/09(月) 16:59:50 ID:???
>>14
それだけいると高野五十六も混じってるんだろうな…

16 :名無し三等兵:2006/01/09(月) 17:05:13 ID:???
海野十三の中には13人、小錦八十吉のなかには80人w

17 :名無し三等兵:2006/01/09(月) 17:32:54 ID:???
995 :名無し三等兵 :2006/01/09(月) 08:06:22 ID:???
まあ、ぶっちゃけ火葬戦記はオタクしかよまねえから、そのうち
秋葉原あたりで同人誌ってレベルに縮んで行くだろう。


996 :名無し三等兵 :2006/01/09(月) 13:29:42 ID:???
よくわかってるじゃん
火葬は消えるだろうねw

仮想戦記は縮小しても生き残るけどな


997 :名無し三等兵 :2006/01/09(月) 13:55:28 ID:???
>996
仮想戦記なんて書ける人間残ってないじゃん。


998 :名無し三等兵 :2006/01/09(月) 16:25:14 ID:???
>>995-997
書店側から真剣な話すると、駅前近くとか立地条件によっても変わるが、
仮想戦記はトラベルミステリの相似形といった感じで売れてる。
評価がある程度固いのだと年齢層の曲線が変化するかな。

仮想戦記は初刷10,000〜30,000部くらいから開始でき、上がりはそれなり。
出版全体のパイが縮小してる中で珍しく、部数が一時期の仮想バブル手前まで
復帰してるので中小の出版社的には手堅い分野だよ。

派手な話題作が無い割に、以前仮想戦記切った出版社の復帰話が出てるくらい
地味に売れてるのが本屋さんから見た仮想戦記の実情だw


上記前スレだが、一体どれが真実になるんだろうか

18 :名無し三等兵:2006/01/09(月) 17:35:59 ID:???
蟹の味噌汁

19 :名無し三等兵:2006/01/09(月) 17:48:01 ID:???
多重人格提督五十六

20 :名無し三等兵:2006/01/09(月) 18:17:49 ID:???
最後のがただしい。
つうかな、いまノベルズ全体の売れ行きがさがってるから
利ざや(単価)の大きいハードカバーをどこもだしたがるわけ。

そんな中、架空戦記は安定してる部類だよ。ただ、書き手がいないんだな。
そこが乱発ミステリーとのちがい

21 :名無し三等兵:2006/01/09(月) 18:45:00 ID:???
ミステリーだと2時間ドラマとかでテコ入れできるけど
仮想戦記は辛いね。

22 :名無し三等兵:2006/01/09(月) 21:25:01 ID:???
俺らが書けばいいじゃん。軍事板なんだし

23 :名無し三等兵:2006/01/09(月) 21:46:06 ID:???
零戦でF15に勝つ方法を小一時間考えて結局思いつかず。
この部分が出来ないばっかりにプロットが完成しないんだ。

24 :名無し三等兵:2006/01/09(月) 21:47:58 ID:???
>>23
そういう時は勝利条件を見直すといいよ

25 :名無し三等兵:2006/01/09(月) 21:50:39 ID:???
>>23
つ[飽和攻撃]

26 :名無し三等兵:2006/01/09(月) 21:52:09 ID:???
漏れも書いてるけど戦闘描写ができんorz

27 :名無し三等兵:2006/01/09(月) 22:10:08 ID:???
零戦にサイドワインダーぶら下げろ。

28 :名無し三等兵:2006/01/09(月) 22:20:08 ID:???
>>23
ミサイルが無いという前提で、しかもF-15は味方を護衛しているから離脱するわけにはいかない
というシチュエーションならどうにかならなないかな。

零戦の速度が遅すぎて、機銃のFCSがうまく対応できないとかがあると面白いんだけど。

…でも、FCSが対応できなくても普通に目視で当てられてしまうか。

29 :名無し三等兵:2006/01/10(火) 09:50:40 ID:???
空自が持っている航空機で護衛が必要な機体はどれも零戦よりも高速である件について。

30 :名無し三等兵:2006/01/10(火) 10:22:06 ID:???
ジェット機対策ならこれが鉄板でしょ。
離着陸時を狙う。っつーかできれば地上撃破。

31 :名無し三等兵:2006/01/10(火) 13:07:48 ID:???
朝鮮戦争のソ中軍は夜間に複葉機飛ばしてかく乱したけどね。
ジェット機の最低速度より複葉機の最高速度の方が遅いので対策には苦労したそうだけど。

32 :名無し三等兵:2006/01/10(火) 15:33:58 ID:???
零戦より遅いヘリがカモである点について

33 :名無し三等兵:2006/01/10(火) 17:07:29 ID:???
零戦で実戦なんて、もったいなくて出来ない

34 :名無し三等兵:2006/01/10(火) 17:11:43 ID:???
つうかそのまんまの映画があったような気がするんだが。
ほら千葉真一が出てたやつ。

35 :名無し三等兵:2006/01/10(火) 17:21:40 ID:gcCvnoGq
あー最後特攻するやつね。エイセスだっけ?題名。

36 :名無し三等兵:2006/01/10(火) 18:03:02 ID:???
漏れも小説書く事あるけど航空機の戦闘描写は難しいな
全然書けない

37 :俄将軍:2006/01/10(火) 23:49:31 ID:???
木だまたけし「平成COMPLEX」が、アワーズで新連載されたわけであり
ますが。

38 :名無し三等兵:2006/01/11(水) 09:50:23 ID:???
>>37
対空火器がファランクスだけなのは寂しいあれか

39 :名無し三等兵:2006/01/11(水) 11:57:30 ID:???
日清戦争前に朝鮮の改革が成功し日本と同盟を結び国難に立ち向かう・・・
どうにもお花畑を感じてしまう・・・

40 :名無し三等兵:2006/01/11(水) 15:36:24 ID:???
半島は独立でも何でもしてくれ
だが日本に関わって来るな
何でも賠償と言うな
絡んで来るな
捏造するな
するな
るな


41 :名無し三等兵:2006/01/11(水) 18:01:08 ID:???
マッカーサーが朝鮮戦争で核爆弾を使用したら半島ごと次元の斜め上に吹っ飛んでしまうとか…

42 :名無し三等兵:2006/01/11(水) 19:44:21 ID:???
太平洋戦争でアメリカが負けた世界のアメリカ人が
第二次世界大戦中にタイムスリップして連合軍を勝利に導く話
というのはどうだろう?

43 :俄将軍:2006/01/11(水) 20:51:27 ID:???
>>42
太平洋戦争で、アメリカが負けた世界のアメリカ人達が、第二次大戦前に、タ
イムスリップしてきて、結成されたアメリカ版の紺碧会により、この世界の
歴史が改変されたことは、疑いようもないのです。

44 :名無し三等兵:2006/01/11(水) 21:46:23 ID:???
>>43
そのアメリカ版紺碧会がないアメリカは日本以下だったのか。
どんだけダメなんだろうか…

45 :名無し三等兵:2006/01/11(水) 22:18:42 ID:???
>>42-44
古典SFになりそうだが、その辺のお薦めは「プロテウス・オペレーション(ジェイムズ・P・ホーガン)」かな。
なかなか面白い。SF好きなら一読して見るがよろし。


46 :名無し三等兵:2006/01/12(木) 00:14:39 ID:???
>>44
たとえば、
「我が国の航空産業の実力には深い不信感を抱かざるを得ない。わが国の新鋭機は常に
敵の好餌であったのだ。
F2FやF4Fではタイプ・ゼロ、F6Fにはジンプウ、自信を持って送り出したはずのF8Fですら、
ジェット艦上戦闘機のタイフウに追い回される始末。これは圧倒的な基盤工業力の遅れが・・」

‥‥こんなアメリカいやだ。

47 :名無し三等兵:2006/01/12(木) 00:16:20 ID:???
>45
貴様、オーバーロードの一人だな!

48 :名無し三等兵:2006/01/12(木) 00:35:39 ID:???
>>42
それ吉田っちの超空シリーズの死ね死ね団(Mega Death)

49 :名無し三等兵:2006/01/12(木) 00:37:46 ID:???
>>46
日本は本来のまま変わらないわけだから
それ以下となるとF4Fすら満足に配備できないレべルだったりして…
無論主力戦車はM2で主力小銃はM1903で頭の中は米西戦争レベルで停滞

‥‥こんなアメリカやっぱりいやだ。

50 :Call50 ◆D6llXYFFyA :2006/01/12(木) 00:46:07 ID:???
>>46
それをやるには…南北戦争がドローで終わるどころか、アメリカ独立戦争
とかそこらに失敗したぐらいの事をやらんと成立させるのは難しいだろー
なー。面白そうだけど。

そーいや大昔のえろげーの設定に「独立戦争に失敗し、東部と南部は租
借地だらけ。西部は広大な無法地帯化したアメリカ」があったな。

51 :名無し三等兵:2006/01/12(木) 00:55:17 ID:???
>>49 アメリカに社会主義革命が起こって体制が大混乱、有能な技術者が次々に粛清されて…

…Back in the USSAとクリムゾン・バーニングまだー????

52 :名無し三等兵:2006/01/12(木) 01:20:24 ID:???
2005年の日本とアメリカが、まとめて1925年にタイムスリップ

53 :名無し三等兵:2006/01/12(木) 01:26:09 ID:???
「やめてください。日本にはナガトとムツとイセ、ヒュウガ、フソウ、ヤマシロがいます。我が海軍で
なんとかできるのは一番古いコンゴウクラスくらいです。それも相手がこちらの鈍足につきあって
くれるという条件付きで。」

‥‥こんなアメリカはいやだ。

54 :名無し三等兵:2006/01/12(木) 01:38:32 ID:???
>>53
でも金剛怖い病は発病してないっぽw

55 :名無し三等兵:2006/01/12(木) 01:43:38 ID:???
そのかわり「日本戦艦こわい病」が発病してるけどな
なんとかできるのが巡戦だけとか(w

56 :名無し三等兵:2006/01/12(木) 01:57:29 ID:???
>50
そのエロゲ、楽しみにしてたんだけど結局出たのか?

アメリカ弱体化……「ワイルド・ワイルド・ウェスト」でのラブレス博士の計画が成功していればあるいは。
いやその場合、珍兵器のオンパレード国家になりそうな気も……

57 :名無し三等兵:2006/01/12(木) 02:10:50 ID:???
>>56
ルイジアナはフランス、テキサスはメキシコ、イギリスは…どこだっけ?
とにかく分割して残りは自分の隠居地に、だからな>ラブレス博士の計画

成功したらどうなってたやら…

58 :名無し三等兵:2006/01/12(木) 10:06:44 ID:???
世界は平和になっていたが未開

59 :名無し三等兵:2006/01/12(木) 12:59:55 ID:???
>>58
 そんな世界で、技術力の差ゆえに異星人の侵略を許してしまい、
その状況を何とかするため、過去に介入して極端な能力主義をとる軍事大国による世界支配によって、
科学技術全般の発展を促進させて侵略を阻止しようとする話ってのはどうだ。
仮想戦記からは外れてるし、反米の人たちに暗殺されそうだけど。

60 :名無し三等兵:2006/01/12(木) 13:30:10 ID:???
オリジナルにする気があるならやってみればいい
寧ろ、そういう連中の為のスレだし。
仮想戦記、とついてるけど
なにもdでも武器が大活躍、とかばかりじゃない方がいいかと

61 :名無し三等兵:2006/01/12(木) 13:41:11 ID:OU5A5xdT
対日六割
戦艦 アーカンソー、ワイオミング、ニューヨーク、テキサス、オクラホマ、ネヴァダ
空母 ラングレー、レキシントン、サラトガ、レンジャー

こんなアメリカ海軍テラ嫌す

62 :名無し三等兵:2006/01/12(木) 13:51:26 ID:tngyDgL1
>>61
なんで?


63 :名無し三等兵:2006/01/12(木) 14:31:40 ID:???
アメさんの絶対的物量に蹂躙される屈辱感が堪らないw

64 :名無し三等兵:2006/01/12(木) 20:02:27 ID:???
向こうにはテキサスが独立した仮想とかありそう。それでアメリカ三国志とか

65 :名無し三等兵:2006/01/12(木) 22:03:15 ID:???
つか、アメリカがそんなに弱いと、海軍の仮想敵国は別の国になるんじゃないか?
そもそも対米戦を前提とした漸減作戦も成立しないだろうし。

66 :名無し三等兵:2006/01/12(木) 23:25:53 ID:???
>>65
イギリスかね?>仮想敵国

でも「沿岸海軍に毛が生えた程度」と思われていたアメリカ海軍が
乾坤一擲のトラック奇襲で帝国海軍に衝撃を与える…な場面も見てみたい。

67 :名無し三等兵:2006/01/13(金) 00:17:14 ID:???
むしろ、五大湖の秘密造船所で大量産した潜水艦隊で徹底した通商破壊戦をだな(ry

68 :名無し三等兵:2006/01/13(金) 00:41:36 ID:???
当時、共和連合海軍の最強戦艦は、1910年代半ばの奇跡のような予算編成によって建造された
ニューヨーク級戦艦とネヴァダ戦艦の計四隻であった。これは13インチ砲(*1)を8門から10門搭載
した重装甲戦艦であった。云々

*1‥海軍当局は世界の趨勢である14インチ砲戦艦を希望したが、プレス機など設備面での能力
不足や技術不足などが祟り、結局13インチ砲戦艦に甘んじた。

バンクーバー海軍軍縮会議の結果、共和連合は主力艦排水量比率で対英五割を割り当てられる
に至った。対英五割は当時の大国であるフランス合衆国に割り当てられた四割五分を上回るもの
であり、共和連合にはこれだけの主力艦を建造することは実質上不可能に近かった。
これは大英帝国が、対立を深めつつあるフランス合衆国と、関係は深いものの隆盛著しい大日本
帝国という二つの新旧大国に対する牽制策と呼ぶべきものであった。云々。


やべ、書いてたらなんか楽しくなってきた(w

69 :名無し三等兵:2006/01/13(金) 00:50:56 ID:???
ちょ、おま、フランスちょっと強化しすぎwww

70 :名無し三等兵:2006/01/13(金) 00:57:13 ID:???
ナポレオンが大勝利して、ルイジアナの南半分位がフランス領で残った世界じゃないの。テキサスも独立してて。

やべ。なんか面白そうだぞこの世界設定。

71 :名無し三等兵:2006/01/13(金) 01:09:07 ID:???
>>69
共和連合って中西部はいまだ西部劇の世界なんだろうな…

>>70
米墨戦争でサンタ・アナ将軍が大活躍して
テキサスやアリゾナ、ニューメキシコがメキシコ領のままになれば
陸軍と海軍の仮想敵が別、なんてことにもなるかも

72 :名無し三等兵:2006/01/13(金) 01:27:26 ID:???
グラント大統領の時代、アメリカ合衆国は再び分裂した。それも旧大陸によって分割されたのである。
東海岸は英国に、フロリダはスペインに、ルイジアナはフランスに、テキサスからカリフォルニアは再びメキシコに。
残る中西部〜北西部はラブレス帝国となった。この帝国は奇怪な蒸気文明国として独自の発展を遂げる。

英仏西三国はアメリカ分割中は協力したものの、すぐに対立が表面化することになった。
英国植民地が第二次独立戦争を起こし、これをフランスが秘密裏に援助していたからである。
結果、英国は19世紀後半という重要な時間を新大陸での不毛な戦争に費やし、
一方でフランスはアフリカ・アジアに植民地帝国を拡大する。
第二次独立戦争がアメリカ共和連合の独立でようやく終わった19世紀末、
フランス合衆国(ルイジアナに大幅な自治権を与える事で成立した)は世界に強力な地歩を築いていた。

かくして世界の対立軸は一方に日英普墺サルジニア、他方に仏米露西という構図になる。
そして1914年7月、墺皇太子の暗殺は墺露戦争となり、これにかつて独伊統一を仏露に邪魔された普とサルジニアが介入し……
世界は未曾有の大戦へと突入するのであった。

73 :名無し三等兵:2006/01/13(金) 01:44:13 ID:???
>>72
その場合共和連合軍はラブレス帝国由来の
愉快な蒸気兵器で戦うのだろうな…

74 :名無し三等兵:2006/01/13(金) 01:53:55 ID:???
> 愉快な蒸気兵器
くわすく

75 :名無し三等兵:2006/01/13(金) 09:32:17 ID:???
>>74
蜘蛛型蒸気機関搭載巨大兵器やら各種蒸気起動メカのことだよ

76 :名無し三等兵:2006/01/13(金) 12:24:11 ID:???
その設定いいな!
フランス合衆国大統領ヒューイ・ロングとか…
やばい、オラなんだか楽しくなってきたぞ(笑)

77 :名無し三等兵:2006/01/13(金) 16:37:35 ID:???
ウィーンが陥落した世界。

オスマン・トルコの拡大はとどまる事を知らず、
ヨーロッパ大陸はもちろんブリテン島までもが
アッラーにひれ伏すようになった。


ここまで思いついたけど、
現代はどうなってるのやら……

78 :名無し三等兵:2006/01/13(金) 16:59:54 ID:???
レ・レコンキスタを唱えるキリスト教原理主義者が自爆テロを繰り返し…

仮想戦記っていうより歴史シミュレーション系かも。

79 :名無し三等兵:2006/01/13(金) 17:35:43 ID:???
イギリス人がイスラム原理主義者とつるんでテロってるのは吉田の空母血風録の現代パートだったか?

80 :名無し三等兵:2006/01/13(金) 19:42:59 ID:1ndy0eEe
八原大佐と関ヶ原決戦

第一巻 男たちの関ヶ原 上
沖縄戦直前の沖縄が関ヶ原直前の丹波にワープ。
第三十二軍は長参謀長が慶長維新を叫んで、京都で新勢力を結成する、海軍陸戦隊は大田司令官の歴史を変えてはなるぬという方針で東軍につく
八原参謀は第三十二軍と縁を切り同調した一部の独立大隊、沖縄出身の第九師団とともに丹波半島(沖縄)で様子を見る
そのころ小早川・宇喜多・脇坂・吉川を主力とする三万五千の軍勢が京都に突如現れた勢力を排除する為に進軍を開始。
そのころ第三十二軍は京都周辺の制圧、八原大佐への警戒で大阪方面を手薄になっていた
参内中の牛島司令官を心配させてはなるぬ、と道明口に長参謀長は一個連隊を直率し向かう
二千対三万五千の戦いが始まった

第二巻 男たちの関ヶ原 中
戦意に欠ける西軍を軽く蹴散らし、近江南部・山城・岐阜東部を制圧した第三十二軍は、勢いに乗り一個旅団を尾張へ派遣する。清洲城主・福島正則が豊臣家から預かった米二十万石の
兵糧を手に入れる為である。弱兵と侮った太田部隊に苦戦する第四十四旅団。しかも福島勢に後方への迂回を許してしまう
業を煮やした長参謀長は陸路で運んだ特攻ボートによる東海道の兵站の遮断を試みる。特攻ボートVS水軍の戦いが始まる。
そのころ八原大佐の元に九州の黒田如水の使者がやってきていた・・・

81 :名無し三等兵:2006/01/13(金) 19:49:57 ID:???
>>77
エロゲだけど
つ「セブンブリッジ」

オスマントルコによって欧州世界が灰塵に帰した世界、
七つの橋を越える大陸横断鉄道の話。

82 :名無し三等兵:2006/01/13(金) 23:42:41 ID:???
むしろ開戦時のアメリカの戦力は史実のままの方が面白いと思うんだけどね、
ただ史実より少し負け戦が続くと民衆の怒りが日本から不甲斐ない米軍に
移ってしまう。欧州の中立国も枢軸側に傾いていって「独立以来一度も
敗戦をしたことの無い合衆国が負けるなど許されない」との世論を
抑えきれなくなる。結果これは戦争ではなく太平洋の部隊が自衛を試みた
だけであると自体の調停を急いでしまう。バックトゥザフューチャー
のオヤジのごとく実は実力があるのに負け犬人生を歩んでしまうアメリカ
をマーティンがここぞと言う場面で救う(史実に暗いんだけどマリアナ海戦
あたり?)

83 :名無し三等兵:2006/01/13(金) 23:47:39 ID:???
>>82
その場合マーティンはマリアナ海戦でなにをするんだろうか…

84 :名無し三等兵:2006/01/13(金) 23:52:07 ID:???
調停が進んでる中で海戦は起きにくいと思うんだが

85 :名無し三等兵:2006/01/14(土) 00:04:39 ID:???
>>68を修正修正〜

当時、共和連合海軍が保有していた超弩級戦艦は、1910年代初頭の奇跡のような予算編成
によって建造されたニューヨーク級戦艦とネヴァダ戦艦の四隻であった。この四隻は13イ
ンチ砲(*1)を10門搭載し、やや鈍足ながらも防御を優先した設計となっていた。
(*1‥海軍当局は14インチ砲搭載を熱望したが、設備面の能力不足や技術的な問題を考慮し
断念。その代わり防御面を強化した13インチ砲戦艦として建造した。)
その後、共和連合は大規模な技術導入によって建艦技術の向上を図ろうと欧州列強に働き
かけたものの、世界情勢の急変によって計画は遅延した。

大英帝国からの技術導入とその国産化を着実に進めていた大日本帝国はこれと全く対照的
であった。大英帝国から購入した初の超弩級艦「金剛」型の国産化を推し進めるのと平行
して、巡洋艦で実績を積んだ三連装砲塔を採用した新型超弩級戦艦をも計画していた。
14インチ砲を12門備え、最大速力25ノットを誇る有力艦「扶桑」型である。

(中略)

バンクーバー海軍軍縮会議において共和連合は主力艦排水量比率で対英四割五分を割り当
てられるに至った。この比率は、世界大戦の同盟国盟主フランス合衆国に割り当てられた
数値と同じであり、共和連合にはこれだけの主力艦を建造することはまず不可能であった。
列強の政治バランスに付き合わされた数字といえよう。
実際、大戦により各列強とも多少の路線修正はあったものの、本質的なレベルは変化しな
かった。戦時中の英国人が「全ての戦争を終わらせる戦争」と呼んだ大戦は、実際には
「全ての混沌を先送りにした戦争」でしかなかったのだ。

86 :名無し三等兵:2006/01/14(土) 00:06:11 ID:???
対仏戦略として、また日英同盟健在とはいえ隆盛しつつある大日本帝国への牽制としてア
メリカ共和連合の取り込みをはかる大英帝国。
戦後も依然として旧大陸と新大陸の協調による大英帝国への対抗、いわゆる「ブォナパル
テの両歯車」戦略を捨てないフランス合衆国。
大戦景気により重工業を立ち上げ、大戦への積極参加やハワイ王国の取り込みなどにより
列強としての地位を固めたものの、いまだ腰の定まらぬ大日本帝国。
列強に翻弄される地位からの脱却を目指す「モンロー思想」を胸に秘めつつも弱体な国力
と国際発言力に苦渋の沈黙を選ぶアメリカ共和連合。

全てがひとまず解決されるのは、後に勃発する第二次世界大戦まで待たねばならない。


こんな感じで。

87 :名無し三等兵:2006/01/14(土) 00:30:39 ID:???
>72修正
当時のイタリアはもう統一国家だった……orz

かくして世界の対立軸は一方に日英普墺伊、他方に仏米露西という構図になる。
そして1914年7月、墺皇太子の暗殺は墺露戦争となり、これにかつて独統一を仏露に邪魔された普が介入し……
世界は未曾有の大戦へと突入するのであった。

そして墺露二国は共倒れになる形で崩壊し、墺は民族ごとに分裂してしまう。
ドイツ人地域は普を中核とした新たなドイツ帝国に編入された。
露では共産革命が勃発し、これが交戦諸国の恐怖と一時的団結を生み、第一次大戦は慌ただしく休戦となった。

ドイツは第一次大戦でようやく統一国家「第二帝国」を形成できたものの、その国土は仏露両国に蹂躙され、荒廃していた。
統一による高揚感と荒廃にとる絶望感との不可思議な共存。
それはやがてやり場のない怒りを根源とした民族的エネルギーの嵐となって爆発する。
第二帝国最初の「平民宰相」アドルフ・ヒトラーの登場である。20年の休戦、その残り時間は確実に失われつつあった……

88 :名無し三等兵:2006/01/14(土) 15:50:17 ID:???
>>87
その設定で英、日、独相手に奮戦する共和連合海軍が見たい…

89 :名無し三等兵:2006/01/14(土) 17:04:03 ID:???
きっと戦艦戦力の差を埋め合わせるために空母を揃えるんだろうな>共和連合海軍
そんで「スカパ・フローを空母でやれんかね?」という展開に(w

90 :名無し三等兵:2006/01/14(土) 17:09:35 ID:???
>>89
キングが?w

91 :名無し三等兵:2006/01/14(土) 18:13:16 ID:???
>>89
そこまではいいがその後の海上護衛戦の展開を考えると…

92 :名無し三等兵:2006/01/14(土) 18:20:42 ID:???
パナマ運河も無いんだろうな。

フランス人が出資を募り測量しようとするが、イギリスが妨害。
アメリカにとっては運河建設など夢物語、また国の中心は東海岸で、西部は荒野よりはマシ、というレベル
なので、国家としては西海岸防衛には消極的とか。
それどころか国の東西での意識の乖離が激しく、西部には「分離独立」の気運があるかも。

93 :名無し三等兵:2006/01/14(土) 18:30:03 ID:???
>>92
下手したら言語が違うかもよ>西部
テキサスからカリフォルニアはメキシコ領なわけだから

94 :名無し三等兵:2006/01/14(土) 18:41:04 ID:???
>>93
ニミッツはスペイン語訛りの英語を話すわけか…

95 :名無し三等兵:2006/01/14(土) 21:00:33 ID:???
元の出自を考えると相当に皮肉だな ニミッツ

96 :名無し三等兵:2006/01/14(土) 21:19:33 ID:???
>西部は荒野よりはマシ、というレベル
いや逆にラブレス帝国の遺産たるスチームパンクな異端科学文明国なのですだよw
ワケワカな超巨大蜘蛛型蒸気歩行戦車の大軍団がカナダをめざして進軍ですだよww

97 :名無し三等兵:2006/01/14(土) 21:54:16 ID:???
>86
>87
ナポレオンがアメリカに売った仏領ルイジアナとは、ルイジアナ、ア−カンソ−、ミズ−リ、
アイオワ、ミネソタ、ノ−ス・ダコタ、サウス・ダコタ、ネブラスカ、カンサス、オクラホマ、
コロラド、ワイオミング、モンタナの十三州にも及ぶ地域なわけだが。
超大国だなフランス合衆国。
この領土を維持してるならブラッドレー(ミズーリ出身)はフランス軍人だぞ(w

でもってアイク(テキサス出身)とパットン(カリフォルニア出身)はメキシコ軍人だ(爆

98 :名無し三等兵:2006/01/14(土) 23:07:00 ID:???
うはw
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%8A%E8%B2%B7%E5%8F%8E

そのうえテキサスが独立してて、西にメキシコがいるから、そもそもアメリカって東側しかないのか。

99 :名無し三等兵:2006/01/14(土) 23:29:51 ID:???
太平洋はどうなっているんだろう?
独立国のハワイとか
スペイン領のグアムとフィリピンとか

強化フランスのせいで
南シナ海がすごいことになりそうだなw

100 :名無し三等兵:2006/01/14(土) 23:31:42 ID:???
日韓併合のかわりに、日羽併合が実施されるに200パパス。

101 :名無し三等兵:2006/01/14(土) 23:33:46 ID:???
>>99
そのフランス対策の日英同盟でつよ

つかイギリスにしては頭も胃も痛い極東情勢だな

102 :名無し三等兵:2006/01/14(土) 23:34:49 ID:???
>>98
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%82%B3%E5%89%B2%E8%AD%B2%E5%9C%B0

メキシコが列強になりそう…

103 :名無し三等兵:2006/01/14(土) 23:46:20 ID:???
列強倶楽部はこんな感じかな?

イギリス
フランス
ロシア
オーストリア・ハンガリー
プロイセン
イタリア
日本
スペイン or メキシコ

104 :名無し三等兵:2006/01/14(土) 23:57:50 ID:???
西墨連合王国だと強すぎかな?

105 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 00:05:07 ID:???
うーん……米西戦争の替わりに墨西戦争があったりするかも。

日本海軍はメキシコ海軍を仮想敵にすることになるのか。
まぁ、どっちにしろメキシコ太平洋艦隊の司令長官はニミッツだろうw

だが、南洋諸島はドイツがスペインから買ったものをさらに日本が委任統治で得たのだけど
ドイツ統一さえままならないプロイセンにとても購入の余裕はなさそう。
それに>87じゃプロイセンは連合国。日本が直接スペインから買うしか手はないかな。
スペイン=メキシコ連合だとフィリピンどころかマリアナも最初から仮想敵の手に。
連合艦隊、いきなり台湾沖で決戦でつよw

106 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 00:16:35 ID:???
スペインがフランスに引き込まれた場合、帝国海軍のドクトリンは第一に「対英海上通商路の保持」と
なるのは必定だな。
「日本海海戦は、ひとえに陸軍への補給路を守るための戦いであった。しかし来る大戦争では、ことは
陸海軍だけに止まらぬ。日本そのものの生命線を守るための戦いである。」な雰囲気。

任務として要求とされるのは、このあたりか。
 ・日本本土〜ハワイ〜カナダ西岸の制海権保持。これは絶対条件。
 ・マリアナ諸島を含む南洋諸島の無力化。
 ・フィリピン、インドシナなど仏西植民地の無力化。イギリス東洋艦隊と連携する。

107 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 00:19:55 ID:???
そういえばマッカーサー(アーカンソー出身)はフランス軍人
ひょっとしたらマッカーサーvsアイゼンハワーとかあるかも

108 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 00:20:38 ID:???
なんか陸軍との連携のみならず、重装備の海軍陸戦隊とかが設立されそうな勢いだな。

109 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 00:47:45 ID:???
>>105
メキシコはイギリスと日本でもって、協商側に取り込むか中立に立って貰うしかないな。
さもなければ日本も英陣営から離脱してしまうだろうし。

110 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 00:58:10 ID:???
>>105
となると陸ではマッカーサーvsアイゼンハワーになるわけか。
そういえばカナダはどうなんだろ。
ルイジアナを保持するくらいなら第二次フレンチ・インディアン戦争もやれそうだけど。

111 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 01:14:45 ID:???
この世界の日本は、大英帝国が仏西露の裏庭に打ち込んだ楔の役まわりだな。

112 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 02:53:08 ID:???
>>106
海軍といえば
米、仏両海軍は少なくとも両国を結ぶ通商路の保持は絶対条件、スペインが参戦してくれればいいが…
ただでさえ優勢なイギリス海軍に加えドイツ海軍にイタリア海軍も相手なわけで

日英分断を狙って北アフリカ戦線が開かれればマルタ島を巡ってもえらい事に

113 :サヨ@犬隊長:2006/01/15(日) 06:13:20 ID:???
うわっはあ、なんかどんどん真面目に見たくなってきた(w>米国貧弱架空戦記

アラスカはロシアのままかな?

114 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 06:31:01 ID:???
アラスカは帝国の聖戦みたいに大日本帝国荒須加県でw

極東の楔なんだからイギリスも後押ししてくれるだろ

115 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 08:13:07 ID:???
クリミア戦争の負債捻出のためにアラスカを売却したんだから、日英の関係が
そのときあまり強かったら日本には売却してくれないと思われ。
イギリスの後押しは19世紀末くらいからでいいだろ。

116 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 09:44:22 ID:???
アメリカが東海岸のみだとどうかんがえても大規模な日米間の戦闘が起きそうにないですが。

117 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 10:05:53 ID:???
>>116
一応ワシントン州が西海岸なので…
でもフランス領になってるかも。あとケベックも
ナポレオン大活躍世界なわけだし。

118 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 10:15:16 ID:???
カナダはほとんどフランス領だねアルカディアとか呼ばれてるだろう
ニューオリンズのフランス語系住民をケージャンと呼ぶのは
アルカーディアンから訛っている。カナダで英国が勝ったとき
フランス系住民を大量にニューオリンズに移住させたんだよ。

119 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 10:29:55 ID:???
というよりこの世界で殴りあうべき艦船・航空機はいったいどのやうなものに?

る・ふぁんたくすヤ、りしゅりーハ生まれてくるんでつか……?

120 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 11:18:30 ID:???
>113-115
アラスカをアメリカが買ったのはぎりぎり1867年でグラントが大統領になる前。
アメリカ分割計画(wにロシアも一枚かんでいたらロシア領復帰もあり?
もしそうならロシア革命の時に白軍派が逃げ込む最後の砦になっていたかも試練
そのままロシア=アラスカ帝国を名乗ってたりしてな。

パッチワークの北米大陸(w

>119
仏海軍は大西洋にまたがる通商路の維持が目的になるから地中海用艦艇とは違った設計
(特に小型艦)になると思う。史実の英国のような感じか?
空軍は対英爆撃を考えて四発重爆を早期から開発しているかも試練
史実のB-17みたいな。フランスは一時期航空機先進国だったしなぁ……

121 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 13:16:04 ID:???
墨西戦争がこじれて仏蘭西介入、新大陸は亜米利加、仏蘭西、墨西哥の三分割に

122 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 16:12:36 ID:???
>>117
そらもう「大陸軍は世界最強ォ〜〜ッ!!」ですからね。

>>120
イギリスが「確保した英領カナダの安全を確保するため」とかでかっさらっていくのではないか。

関係ないが、日本が樺太全島を確保してたら嬉しいなあ。石油問題があるし‥

123 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 17:47:30 ID:???
第一次大戦が日英独と仏米露で戦われてるから、日本は沿海州や北樺太に出兵してるんじゃないかな。
ロシア革命も起こってるみたいだし、ある程度は割譲させたんじゃないの?

>120
そういえばドルニエって元々フランス系ドイツ人なんだよなぁ……
フランス空軍が重爆を作るとしたら彼が関わるかもね。

124 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 18:41:09 ID:???
↓こんなもんでいいかな?

極東第二戦線において日本陸軍の戦略は先ず「満州の内線防衛」であった。
国家としては海上通商路の維持、陸軍としては南シナ海打通作戦という二つの
重大事に力に割かねばならないという事情もあったが、日露戦争で壮絶な陸戦
を実体験した世代が陸軍中枢をしめていた、という精神的背景のほうが大きい。

事実、大戦中の日本陸軍がとった攻勢作戦は、南シナ海打通作戦と遣加軍団の
それを除けば、樺太侵攻、沿海州侵攻など防衛的発想のものが多くを占める。
(千島列島への占領は、海軍陸戦隊が担当した。)
カムチャッカ半島上陸戦はその数少ない例外といえる。

125 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 20:20:16 ID:???
そうか。
この世界だと米英が弱い分、日露戦争も史実よりさらに苦戦の可能性が高いんだな。
だから第一次大戦でも火事場泥棒みたいな真似はあまりできないのか。
でもカナダ派兵?で塹壕戦を経験しておくのは将来の戦訓になっていいかも。

126 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 20:38:16 ID:???
>>125
カナダは英側の国だろうから仏米と戦うわけだ。
この世界の一次大戦は欧州、極東、北米とまさに世界大戦

127 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 21:08:16 ID:???
>>119
ダンケルク級が建造されないで
16インチ砲搭載艦が建造されてそう。


128 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 21:59:58 ID:???
同盟勢力が史実より強く、大戦が史実より少し長引く。
海軍軍縮条約の折りには陸奥が完成し海軍に引き渡される。

それを見たフランスは「大戦は痛み分け(実質、同盟の判定負け)だったのに、英国人の子飼いだけが
16インチ砲戦艦をもつのは我慢ならぬ。我にも16インチ砲を与えよ!」と騒ぎ出す‥
イギリスも部分的には同調し、日英仏の三大海軍国がそれぞれ二隻の16インチ砲戦艦を保有。
さらにそこにフランスが押し込み、アメリカが16インチ砲戦艦をフランスより取得することになる。

16インチクラブことビッグ・セブン
 大英帝国 ロドネイ ネルソン
 大日本帝国 長門 陸奥
 フランス合衆国 ナブリオーネ・ディ・ブォナパルテ ジャンヌ・ダルク
 アメリカ共和連合 ジョージ・ワシントン

(艦名は適当。)

129 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 22:06:27 ID:???
ブォナパルテ級戦列艦の二番艦はむしろマクシミリアン・ロベスピエールのほうが(w

130 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 22:10:41 ID:???
いやいや、対英色や国民のウケを考えるとジャンヌ・ダルクも悪くないぞ
それよりヘッポコピーなアメリカがワシントンを艦名に持ってくるかな?
いっそのことジョン・カーター(PAM!

131 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 22:20:17 ID:???
第一次独立戦争の伝説的な英雄という意味で、ジョージ・ワシントンを出してきてもいいと思う。
フランスとおなじく対英色と国民の受けで。

艦名に州名をつけるとすると、候補が半分以下になるんだよね‥アメリカが1/3くらいだから。
前に出てた「ネバダ級」も別の名前にしないといけないな。

132 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 22:44:17 ID:???
米海軍は「サラトガ」「レキシントン」のニ空母も
建造していないだろうし、巡洋艦、駆逐艦もかなり減りそう

「レキシントン」級空母が建造されないと空母に建造と
運用に関するノウハウが・・・

133 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 23:00:40 ID:???
その世界の日本人は、
「なあ、なんで日本のビッグ・セヴン戦艦は「トーゴー・ヘイハチロー」や
「ノギ・マレスケ」とかじゃなくて「ナガト」「ムツ」なんだ?」
とか聞かれそうだな。

134 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 23:03:15 ID:???
戦場シリーズで戦艦壇ノ浦とか嫌やな。


135 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 23:09:17 ID:???
それは実に羅門とかの感性だな。
雅さがないというか‥

136 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 23:11:49 ID:???
>>130
そういえば、この世界の文学はかなり違った物になるな。特にアメリカ文学。
マーク・トゥエインはどうしてるやら。

137 :名無し三等兵:2006/01/15(日) 23:53:08 ID:???
>136
「アーサー王宮廷のルイジアナ・ケイジャン」という作品を書くw
ま、ジャンヌ・ダルクについての作品も実際書いてるし。

バンクーバー条約(>85)はイギリス10に対し仏米が4.5となっているが日本はやっぱり7?
てか、フランスこれだけ超大国なのによく4.5で妥協したな。
ルイジアナ分離運動でもあって足許見られたか?あと、メキシコの比率が気になるところ。

138 :名無し三等兵:2006/01/16(月) 00:24:01 ID:???
>>137
メキシコは第一次大戦は中立だったのかね?
あるいはいまだスペイン領だったとか?

139 :名無し三等兵:2006/01/16(月) 00:35:06 ID:???
>>137
修正入れた方がエキサイティングになるかな。あれからフランスの設定が進んだし。

英10 日の沈まぬ帝国を維持するのはなんとも大変‥東洋では日本を活用する方針。
日6 太平洋航路が命綱なので、第一仮想敵はメキシコ?最近、外洋海軍化が著しい。
仏6 6割だ7割だともめたが、日本は遠いし仏米合わせれば英に対抗可、で落ち着く。
米5 超弩級戦艦をもっと欲しいが、予算も厳しい…決戦兵器の開発が急務か?

墨3.3 近海迎撃海軍。両洋に艦隊を二分されるのがつらいところ。パナマに運河欲しい…
伊3.3 大戦でガタガタなのでとりあえずこれでいいですもう。地中海に蟄居しますよマカロニ。

で、どうだろう?

140 :名無し三等兵:2006/01/16(月) 00:38:40 ID:???
>>128
アメリカ向けのねじ込みの際、「(仏英合計で)四つくれ!」というフランスと、
「(仏の)二つで十分ですよ」というイギリスのやりとりが思い浮かぶ(w


141 :名無し三等兵:2006/01/16(月) 00:44:09 ID:???
間違えた。仏米合計で、だったわ。

142 :名無し三等兵:2006/01/16(月) 01:18:25 ID:???
>>140
スペインはどうだろ。
一応本国とフロリダを結ぶ航路を維持する必要があるのだが。

それとパナマ運河は結局ダメかね?
1914年よりは遅れるにしてもなんとかならんだろうか。

143 :名無し三等兵:2006/01/16(月) 01:43:47 ID:???
イギリスとしては、比較的早期に日本海軍を大西洋に流し込めるというのは嬉しいかもしれんが、
反面、メキシコにフリーハンドを与えかねないというのが頭の痛いところ。
フランスとしてもハワイを前線根拠地にしているであろう日本海軍の負担を増やしたいだろうし‥

144 :名無し三等兵:2006/01/16(月) 10:11:02 ID:???
ドイツはもしやライン同盟のままですか。


145 :名無し三等兵:2006/01/16(月) 13:18:32 ID:???
>144
ドイツについては>87が詳しい。

>138
メキシコは序盤中立で大儲けして自国の工業化を推進。
終盤で没落しつつあるスペインにちょっかい出してフロリダやキューバを掻っ攫った、というところでどうでしょう?
そんで取り損ねたフィリピンやグアム、ハワイを狙って日本と対立中、という感じで。
ポジション的に史実のイタリアみたいな。

146 :名無し三等兵:2006/01/16(月) 18:53:07 ID:???
ローマ海軍軍縮会議

補助艦に制限をかけた本会議は、当初ロンドンで開かれる予定であった。
しかしフランスがパリでの開催を主張し、折衷案としてローマでの開催となった。

英・仏・日・米・伊の五カ国が参加したが、米と伊が脱会し開催国不在という異例の
国際会議となった。

条約の主な内容としては
(中略)(史実のロンドン軍縮会議と同じ)

駆逐艦
本会議で一番もめた項目がこの駆逐艦であろう。
排水量1850トン以下というのは日・仏にとって呑めるものではなかった。
結局、日は条約を呑み、仏は更なる比率制限と隻数の制限で大型駆逐艦を認める
ということで一応の決着を見た。
しかし、これにより日英と仏の間に大きな亀裂ができてしまった。

民明書房「国際会議のすべて」より

147 :名無し三等兵:2006/01/16(月) 19:56:27 ID:???
>130
いっそ米英へのあてつけでラ・ファイエットという素敵なお方の名前を(w

148 :名無し三等兵:2006/01/16(月) 19:58:56 ID:???
>>147
味方の米にまで当てつけてどーするw

149 :名無し三等兵:2006/01/16(月) 20:47:15 ID:???
自らを開国させたアメリカが解体される様子を横目で見てた日本はガクガクブルブル、
「戦争にまけちゃなんねぇ‥絶対まけちゃなんねぇ!」と恐怖がトラウマ化にまで達し、
長らくの間、大英帝国にとって最良の番犬になったのでした、まる

150 :名無し三等兵:2006/01/16(月) 21:16:11 ID:???
設定が結構固まってきてオラワクワクシテキタゾ。

wikiでもつくってまとめてみた方がよくね?

151 :俄将軍:2006/01/16(月) 21:35:26 ID:???
日本が、史実よりも、海軍の規模を縮小して、陸軍の近代化を図るという歴史
の流れには、ならないということになるのだろうか、などと。

152 :名無し三等兵:2006/01/16(月) 21:37:47 ID:???
確かにここまで発展するとさらに突き進めてみたくなるな。

オハイオ出身のルメイはフランス空軍戦略爆撃機部隊の指揮官になってバトル・オブ・ブリテンww
ロンドンを焼夷弾攻撃だwwww

153 :名無し三等兵:2006/01/16(月) 22:01:27 ID:???
ハルゼーってどこ出身だっけ?
おいらハルゼースキーだから大暴れしてくれればどこの陣営でも良いんだがw

154 :名無し三等兵:2006/01/16(月) 22:05:59 ID:???
>>153
ニュージャージーだからガチのアメリカ軍人だ。よかったな(w
問題はこのアメリカでは、空母運用のノウハウがかなり貧弱だという点だが。

155 :名無し三等兵:2006/01/16(月) 22:07:27 ID:???
出身国の差はないのか?
アメリカの中では移動は比較的自由な状態になっているのか?

>>151
満洲でソビエトと対峙しながら中国に進出?

156 :名無し三等兵:2006/01/16(月) 22:08:45 ID:???
ちなみに船乗りの家系で親が海軍軍人だから、このアメリカでも海軍に志願しているだろうな。
Wikipediaによると第一次世界大戦では中佐として駆逐艦艦長で活躍してる。
海軍航空畑への転進は当然だが戦後だ。

157 :名無し三等兵:2006/01/16(月) 22:09:19 ID:???
>>153
ニュージャージー州出身だから米軍人だな>ハルゼー
余談だがドゥーリットルはカリフォルニア出身のメキシコ軍人
敵本土奇襲時に彼を輸送するのはだれなのだろうか。

158 :名無し三等兵:2006/01/16(月) 22:16:19 ID:???
>>156
>>98のURLの、緑の部分の大くはフランス合衆国領土と思われ。んで西部の多くはメキシコ領。
仏米はイギリス憎しで団結する友好国だが、大国のフランスと、中進国?のアメリカでは行き来は
あまり自由ではなさげ。
ちょっと距離を置いているメキシコはや、独立してるかどうかわからないがテキサスはいわずもがな。

もしもテキサスが永世中立国だったらどうだろ。

159 :名無し三等兵:2006/01/16(月) 22:22:29 ID:???
>>155
出身の州って、史実と同じにならないこともあるんじゃないの?

史実ではいつ頃その州に先祖が移民してきたのかで、作品世界と違いが生じるのかも。

160 :名無し三等兵:2006/01/16(月) 22:28:29 ID:???
まぁ、それはそうなんだが。
アメリカが分割されるまえに移民していて、しかもそれが東部だったらそのまま存在していても
それほど問題はないだろう。
元々フランス版図からの移民だったら、仏領ルイジアナに移民したことにしても問題はなかろう。

問題は西部だね。欧州からメキシコに移民するのは条件が厳しいかも。

161 :名無し三等兵:2006/01/16(月) 22:55:24 ID:???
そもそも,ペリーが日本に開国を迫りに来るのか?この世界で

162 :名無し三等兵:2006/01/16(月) 23:08:21 ID:???
>161
アメリカ分割がグラント大統領の時代だからそれ以前は史実どおりだろ。

>93あたりの流れだとメキシコ領でニミッツはメキシコ太平洋艦隊司令長官だが。

163 :名無し三等兵:2006/01/17(火) 00:16:20 ID:???
>>158
石油がなあ…>テキサス

164 :名無し三等兵:2006/01/17(火) 03:10:47 ID:???
アメリカが原油の安定供給を求めてテキサスに侵攻とか…

165 :名無し三等兵:2006/01/17(火) 04:12:44 ID:???
メキシコってカリフォルニアの金で大金持ち?

166 :名無し三等兵:2006/01/17(火) 04:45:05 ID:???
カリフォルニアとかそこにある都市はメキシコ領のままだとどう呼ばれてたんだろう?

167 :名無し三等兵:2006/01/17(火) 07:34:05 ID:???
>>165
そもそもはメキシコ割譲で領土の三分の一を失っているわけで
カリフォルニアの金とテキサスの石油は重要だろう。

168 :名無し三等兵:2006/01/17(火) 08:51:40 ID:???
サンディエゴやサンフランシスコはそのままフランス語だし、
ロサンゼルスもスペルそのまま、gの読みだけ変わってロス・アンヘルスだろ。


169 :名無し三等兵:2006/01/17(火) 08:53:12 ID:???
訂正、フランス語もといスペイン語。
なにやってるんだ漏れ

170 :名無し三等兵:2006/01/17(火) 11:24:45 ID:???
やっぱ艦名とかも地名だけでなくメキシコらしく行くべきかな?
空母ケツアルコァトルとかテスカトリポカとか(w

171 :名無し三等兵:2006/01/17(火) 12:39:57 ID:???
>>170
対立神を両方艦名にするのか?

172 :名無し三等兵:2006/01/17(火) 13:08:03 ID:???
わざわざ現地人の神様の名前つけるかい?
ピサロとかコルテスとかの方が悪役らしくて良い。

173 :名無し三等兵:2006/01/17(火) 13:18:18 ID:???
ちなみに史実メキシコの駆逐艦(米のお古)の名は
・ケツッルコアトゥル(後イルウィカミーナ)
・ネツァウァルコヨトゥル
・クウィトゥラワック
てな具合に神の名をつけてたりする

174 :名無し三等兵:2006/01/17(火) 13:18:30 ID:???
史実のメキシコ海軍の艦艇の名前は地名からとってるのが多いみたい。
「ロスアンヘルス級原子力潜水艦」が配備されてたりして。

175 :名無し三等兵:2006/01/17(火) 13:22:05 ID:???
建国の父といわれるベニート・フアレス大統領の名前は使うんジャマイカ
ちょうど彼の在任中がアメリカを分割したとされる時だから、
米墨戦争で失った領土を回復した偉大な大統領としてメキシコ国民に記憶されているだろう。

そういえば>139でメキシコ海軍は対英3割3分の設定になってるが空母と戦艦は何隻くらいになるんかな?

176 :名無し三等兵:2006/01/17(火) 14:04:42 ID:???
ワシントン条約によるイギリスの戦艦保有は3万5000d以下で合計52万5000d。
これの33%だと総d数で17万5000d。
最大サイズの3万5000dで割ってちょうど5隻。

同じく英空母は総d数13万5000d。
サイズ上限は2万7000dだけど、2艦保有に限り最大3万3000d。
これの33%で総d数4万5000d。
最大サイズだと割り切れないから2万2500d×2隻が実質的上限。

カリフォルニアの金に物言わせて、
・3万5000d級戦艦×4隻
・1万5000d級ポケット戦艦×2隻
・2万2000d級空母×2隻
・その他艦艇多数
とか揃えたら一大海軍国の出来上がりだ罠。


177 :名無し三等兵:2006/01/17(火) 14:07:49 ID:???
ところでオレゴン地方(オレゴン、ワシントン、アイダホ)は英吉利か墨西哥が分捕ったのだろうか?
アメリカ領のままならものすごい飛び地になって面白いのだが…

とりあえず六カ国協議(英、仏、西、墨、露、米)に議題といてあげておくか

当時、共和連合海軍が保有していた超弩級戦艦は、1910年代初頭の奇跡のような予算編成
によって建造されたニューヨーク級戦艦(ニューヨーク、テネシー)と
ぺンシルヴァニア級戦艦(ぺンシルヴァニア、ミシシッピー)への四隻であった。
この四隻は13インチ砲(*1)を10〜12門搭載し、鈍足ながらも防御を優先した設計となっていた。
(*1‥海軍当局は14インチ砲搭載を熱望したが、設備面の能力不足や技術的な問題を考慮し
断念。その代わり防御面を強化した13インチ砲戦艦として建造した。)
その後、共和連合は大規模な技術導入によって建艦技術の向上を図ろうと欧州列強に働き
かけたものの、世界情勢の急変によって計画は遅延した。

9年艦隊計画(ダニエルズ・プラン)
1916年、ダニエル海軍長官が提唱した海軍増強計画。16インチ砲戦艦「メリーランド」級ならびに
14インチ砲巡洋戦艦「レキシントン」級を4隻ずつ計8隻と補助艦艇多数を9年で整備するという
アメリカの国力からすれば途方もない計画である。
そのため「メリーランド」級は16インチ砲の開発が難しいとされ議会の承認をえられず、
「レキシントン」級も新開発の14インチ砲の開発の遅延により建造が遅れ、
バンクーバー軍縮会議で解体されることになったが、建造の進んでいた「レキシントン」「サラトガ」は
空母に改装された。

178 :名無し三等兵:2006/01/17(火) 16:29:25 ID:???
そろそろネタが俯瞰できないし、「プロットを評価する」から離れてきてるぞ。
まとめサイトとかつくってそっちでやったほうが建設的じゃないか?

個人的には仏領ルイジアナがそのまま西部へ拡大、メキシコと戦争して領土割譲
テキサスもこっちと合併、東西アメリカ〜の方がすっきりしてると思うがな。


179 :名無し三等兵:2006/01/17(火) 19:17:38 ID:???
>>178
それでやっと日米対決の舞台が整うな。


いや・・・日米対決なのか?

180 :名無し三等兵:2006/01/17(火) 20:42:11 ID:???
戦艦リシュリュー 42p砲四連想×3
アゾレス諸島沖海戦にて戦艦ライオン撃沈、戦艦大和大破の武勲をあげる。
翌日、日英機動部隊空母14隻からの空襲をうけ沈没。

この流れを読んでて妄想しました。
大和艦長に「化物かあのフネは!」言わせたくなったのと、洋上に数百機の
航空戦力を展開する海洋国家に呆然とするフランス海軍司令を想像したか
っただけです。 
もうしません突っ込みは勘弁して。


181 :名無し三等兵:2006/01/17(火) 21:27:53 ID:???
>>170 戦艦ウィツチロポチトリ、テスカポリトカ、空母ケツァルコアトル が良くね?

182 :名無し三等兵:2006/01/17(火) 21:28:42 ID:???
>180
結局四連装ってのは「世界設定は変わっても艦船パターンは変わらない」
っていう不文律なんだよね?

183 :名無し三等兵:2006/01/17(火) 21:54:11 ID:???
地中海海軍から大西洋海軍になるわけだからある程度は変わるんで内科医。
でも四連装は変わらんかw

184 :名無し三等兵:2006/01/17(火) 23:42:13 ID:???
問題は、大和型戦艦の要目かな。

パナマ運河がない、米海軍が弱体で、外洋海軍となっている、アメリカの工業力と経済力がない
世界だからそのおこぼれをうけて国力がかなり伸びる、という条件がある。
だが、日本はパックス・ブリタニカべったり派なので、海軍軍縮条約を遵守しているであろう‥
なんか、35000トンの条約型戦艦の量産になりそうな気がしてきた(w

条約が破棄された場合の46サンチ砲と巨大戦艦の研究・設計もしている、程度かな。

185 :名無し三等兵:2006/01/17(火) 23:46:04 ID:???
てー事は軍縮会議で卓袱台ひっくり返すのはフランス合衆国か?

186 :名無し三等兵:2006/01/18(水) 00:20:30 ID:???
さすがにWikiかなにかの纏めサイトが欲しいな‥

<大和>型戦艦 (同型艦<大和><武蔵><信濃><甲斐>)

<扶桑>型および<伊勢>型の代艦として計画された条約型戦艦。
戦艦部隊の基準速力25ノットを30ノットに引き上げるべき、という要求もあったが、条約の
制限下では困難とされ、速力を28ノットとした。
16インチ砲戦艦としては満足な直接防御力を得ることはできなかったが、超重砲弾を使用した
攻撃力や運用性などの面については現場でも評価が高く、日本海軍の第一世代新鋭戦艦として
幾多の海戦に参戦することとなる。

基準排水量 35000t
兵装 45口径406ミリ三連装砲三基、65口径10センチ連装両用砲六基
速力 28ノット

187 :御大風:2006/01/18(水) 10:59:50 ID:???
大和型(Yamato Class,IJN)

 第三次軍備補充計画に基づいて建造された条約型戦艦。
 本型は、第一次軍備補充計画で建造が予定され、ローマ海軍軍縮
条約により未起工に終わった<金剛>級代艦の設計を流用としている。
原型の平賀案と藤本案を折衷した艦形で、両者の良い点を受け継い
でおり、航空機や航空母艦の発達した時代に合わせて、機関と防空
力が強化されていた。
 また、本型は日本戦艦で唯一四連装砲塔を採用しているが、これ
は条約失効後の改装を睨んだもので、41センチ砲三連装砲塔への
換装を視野に入れて設計されている。なお、某艦船研究家が本型を
46センチ砲搭載の高速戦艦に改装する計画があったと主張している
が、公文書内においてそのような記述は一切無く、氏の創作である事
を注意されたい。
 1941年から1942年にかけて就役された本型は、四連装砲塔の初
期不良に悩ませながらも、主任務の水上砲戦の他空母機動部隊の
護衛や上陸作戦時の艦砲射撃でも活躍し、良好な運用実績を示した。
越南動乱での作戦を最後に退役し、その内の一隻は現在記念艦とし
て一般に公開されている。

要目
全長 237メートル/全幅 32メートル/機関出力 112,000馬力
最大速力 29ノット/基準排水量 35,000トン
兵装 主砲―50口径35,6センチ砲四連装三基
        (50口径41センチ砲三連装三基)
    副砲―50口径15,2センチ砲連装六基(撤去)
    高角砲―65口径10センチ砲連装四基
          (50口径12,7センチ砲連装八基)
同型艦 <大和><武蔵><信濃><紀伊>

188 :名無し三等兵:2006/01/18(水) 11:08:18 ID:???
>>186
どう見てもノースカロライ(PAM!!

189 :名無し三等兵:2006/01/18(水) 11:09:36 ID:???
187もだな

190 :名無し三等兵:2006/01/18(水) 11:13:26 ID:???
>某艦船研究家が本型を46センチ砲搭載の高速戦艦に改装する計画

この元ネタはなんだ一体
どう改装しても18インチ砲戦艦には出来ないような気がするだが

191 :名無し三等兵:2006/01/18(水) 11:19:07 ID:???
主砲塔を連装三基にして、装甲防御はそのままにすればなんとか。
まあそれは巡洋戦艦というのだが。

192 :名無し三等兵:2006/01/18(水) 11:29:03 ID:???
>>190
ttp://www8.big.or.jp/~george/endo/kongo.htm

193 :名無し三等兵:2006/01/18(水) 12:02:28 ID:???
>>192
ポカーン
無茶だろこれ

194 :名無し三等兵:2006/01/18(水) 12:20:41 ID:???
187の奴をちょっといじってみた

大和型(Yamato Type,IJN)

  第三次軍備補充計画に基づいて建造された条約型戦艦。
  本型は、 第一次軍備補充計画で建造が予定され、第一次ローマ海
軍軍縮条約により未起工に終わった<金剛>級代艦の設計を参考にし
ている。 原型の平賀案と藤本案を折衷した船体は、 両者の良い点を
受け継いでおり、 航空機や航空母艦の発達に対応するため、 防空力
と機関が強化されていた。
  また、 本型は日本戦艦で唯一四連装砲塔を採用しているが、 これ
は条約失効後の改装を睨んだもので、 41センチ砲三連装砲塔への
換装を視野に入れて設計されている。 なお、 某艦船研究家が本型を
46センチ砲搭載の高速戦艦に改装する計画があったと主張している
が、 公文書内においてそのような記述は一切無く、 氏の創作である
事を注意されたい。
  1941年から1942年にかけて就役された本型は、 四連装砲塔の初期
不良に悩ませらながらも、 主任務の水上砲戦のほか空母機動部隊の
護衛や上陸作戦時の艦砲射撃でも活躍し、 良好な運用実績を示した。
越南動乱での作戦を最後に退役し、 その内の一隻は現在記念艦とし
て一般に公開されている。

要目
全長 237メートル/全幅 32メートル/機関出力 112,000馬力
最大速力 29ノット/基準排水量 35,000トン
兵装 主砲―50口径35,6センチ砲四連装三基
        (50口径41センチ砲三連装三基)
    副砲―50口径15,2センチ砲連装六基(撤去)
    高角砲―65口径10センチ砲連装四基
          (50口径12,7センチ砲連装八基)
同型艦 <大和><武蔵><信濃><紀伊>

195 :名無し三等兵:2006/01/18(水) 12:59:30 ID:???
>>184
米国は日本の輸出先でもあったんだが、南北アメリカ大陸に進出できるってことなのか?

196 :名無し三等兵:2006/01/18(水) 20:58:15 ID:???
その世界のメキシコ海軍は自力で戦艦や空母を作れるんだろうか?

197 :名無し三等兵:2006/01/18(水) 21:07:14 ID:???
工業技術とか色々あるが、
「知名度のないオリジナル艦艇よりも著名な艦(の輸入)」の方が受けるので輸入が良いかと。

198 :名無し三等兵:2006/01/18(水) 21:31:48 ID:???
大陸に進出しているのが英仏なら、ドイツ製が本命かな。
敢えて日本製・日本海軍軍人の出向つき、というのも考えられるけど。

199 :名無し三等兵:2006/01/18(水) 22:08:11 ID:???
>>198
メキシコの旗色が英仏どちらかだな。

200 :名無し三等兵:2006/01/18(水) 22:50:29 ID:???
ここは流浪の海軍プロデューサーティルピッツ閣下に墨西哥入りしていただくとか。
ドイツ統一はWWT後なんだし。

201 :名無し三等兵:2006/01/18(水) 23:31:43 ID:???
日本で部内抗争に敗れた艦隊派がメキシコ海軍へ出向、南雲忠一提督がメキシコ海軍カリブ海水雷戦隊を育成…てのは考えた事が。
「この風、この肌触りこそ戦場よ! 多島海を利用する、海のゲリラ屋の戦い方を教えてやる!」

202 :名無し三等兵:2006/01/18(水) 23:51:09 ID:???
>>201
英国海軍vs南雲か…

203 :名無し三等兵:2006/01/19(木) 00:22:41 ID:???
連合国 日英独伊

枢軸国 仏米露西

中立国 墨葡

じゃなかったっけ?

204 :名無し三等兵:2006/01/19(木) 00:27:22 ID:???
>>203
第一次大戦はね。
第二次はメキシコ、スペインの帰趨で展開がかなり変わるだろう。

205 :名無し三等兵:2006/01/19(木) 00:30:17 ID:???
メキシコは大戦末期に、落ち目のスペインを叩いて新たな列強に成り上がったんだっけ。

206 :名無し三等兵:2006/01/19(木) 00:37:26 ID:???
誰か年表整理汁!出来れば纏めサイト希望!
そしてこの世界のタイトルを皆で決めやう!!

207 :俄将軍:2006/01/19(木) 00:57:06 ID:???
>>201
多島海だと、水上機、飛行艇だけでなく、陸上機、魚雷艇などに、非道い目に
あわされるという落ちもあるのか、などと。

>>206
一種のシェアワールドということに。

208 :サヨ@犬隊長:2006/01/19(木) 04:07:38 ID:???
どうせまとめサイトを作るなら、過去ログミラーなんかもキボンと無駄に負担を増やしてみる。


今の所WW2が主な舞台だけど、史実通りに近代化して力をつけたロシアと、
アラスカを買収したりして巨大になったカナダ地方が、北極海を挟んで対峙する、
文字通りのコールドウォー(冷戦)なんて絵面も見てみたいなあ。

北極海の分厚い氷の下、無数に隠れる原子力潜水艦群。
真白い世界に点在する黒光りした戦闘車両群。
息すら凍る厳寒の地に配置される無数の歩兵達。

209 :名無し三等兵:2006/01/19(木) 11:49:52 ID:???
設置場所お勧めねーか?
つくってもええよ>纏めサイト

210 :名無し三等兵:2006/01/19(木) 11:58:41 ID:???
wikiがいいんじゃね

211 :名無し三等兵:2006/01/19(木) 12:16:18 ID:???
ネタスレは纏めサイトを作ると廃れると言うジンクスを知らんのか?

212 :名無し三等兵:2006/01/19(木) 12:18:10 ID:???
ケースバイケースだろ

213 :名無し三等兵:2006/01/19(木) 20:26:23 ID:???
サイトじゃなくて別スレだと駄目なのか?

【ラブレス】ここだけアメリカが分割された世界のスレ【博士】とか。

214 :名無し三等兵:2006/01/19(木) 20:51:46 ID:rqLHxhwd
>213
それだとここだけ共産主義スレみたいだぞ

215 :名無し三等兵:2006/01/19(木) 20:54:53 ID:???
まあそのものズバリのタイトルじゃここの流れを知らない人にはついていけない
あんまり応用度の低いスレ立てるのもどうよって意味ではいいカモフラージュかも。
思わぬ良いアイデアを出してくれる人が立ち寄ってくれるかも知れないし。

216 :名無し三等兵:2006/01/19(木) 21:15:55 ID:???
ところで、西海岸のラブレス帝国はどうなったんだ?

217 :名無し三等兵:2006/01/19(木) 21:32:16 ID:???
なんか話の流れ上
タイムトラベルしたルーズベルトがナポレオンを殴りに行かないと
収まりそうにない

218 :名無し三等兵:2006/01/19(木) 21:35:48 ID:???
そしてルーズベルトはマグニートーのごとき不死身の超人となって永遠に平行宇宙を彷徨うのだ‥

219 :名無し三等兵:2006/01/19(木) 21:45:40 ID:???
そのルーズベルトは。セオドラか? それともフランクリンか?

220 :名無し三等兵:2006/01/19(木) 21:58:13 ID:???
セオドラって、なんか妙齢のお姉さんのような感じがしてくる響きだな。

221 :名無し三等兵:2006/01/19(木) 22:44:08 ID:???
>216
博士が死んだら一代で終わりそうな感じだからなぁ……

別スレテンプラ案

1999年ラジー賞五部門(作品賞、監督賞、脚本賞、音楽賞、スクリーン・カップル賞)受賞
「ワイルド・ワイルド・ウェスト」での悪役ラブレス博士の陰謀、アメリカ分割計画が成功し、
欧州列強とメキシコが合衆国を分割していたら?

ここだけそんな19世紀から派生した世界のスレです。

映画「ワイルド・ワイルド・ウェスト」
ttp://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=159309

☆アメリカ分割計画
各国の細かい州割りについて(詳しい人追加キボンヌ)

☆基本的な流れ
1870年代初め アメリカが分割される・普仏戦争でフランスが勝利?
1880年代初め 英領アメリカで第二次独立戦争始まる
1890年代末頃 アメリカ共和連合が独立する・フランス帝国がフランス合衆国に?
1914年〜18年 第一次世界大戦 日英普墺伊対仏露米西(墨?)
1920年代初め ドイツ諸国が統一される・バンクーバー軍縮会議(英10・日仏6・米5・伊墨3.3)
1930年代初め ローマ軍縮会議・ヒトラーが第二帝政初の平民宰相になる

222 :名無し三等兵:2006/01/19(木) 23:14:43 ID:???
>>221
というか、帝国とはいうけど、あの人子孫を残せるの?

223 :サヨ@犬隊長:2006/01/19(木) 23:30:25 ID:???
>211
それもたしかに。
実話系トリビア募集スレだと、どんどん集まっていくんだけど。

>222
  ||★||
Σ ( ´Д`)あ!

えーと、非世襲制になるのかなあ。

224 :名無し三等兵:2006/01/19(木) 23:32:41 ID:???
>>221 基本的な話だが、それだとこの板でいいのか? 
建艦計画とかやってる分にはまだしも、世界構築まで行くと世界史板あたりに移動した方がいい気もするけど。

225 :名無し三等兵:2006/01/19(木) 23:42:20 ID:???
>>222
残せないだろうから1890年代にはオレゴンを巡って一戦あるかも…

226 :名無し三等兵:2006/01/19(木) 23:42:30 ID:???
平成愚連艦隊で太平洋戦争に勝利した日本ってのが出てきたけど
富嶽+原爆2ないし3発ぐらいじゃどうやっても勝てなさそう
と一瞬思ったけど5000馬力級エンジンを実用量産化できる技術力と
原爆に目を向ける先見性と資金があるならもしかしたら勝てるかもしんない

227 :名無し三等兵:2006/01/19(木) 23:51:14 ID:???
>224
ま、世界構築はここだけスレや佐藤大輔関連スレなんかで結構やってるから大丈夫なんでない?
などと、JSP03へようこそスレ住人が言ってみる試験

228 :名無し三等兵:2006/01/20(金) 11:19:13 ID:???
え、フランス合衆国って初代大統領がロベルピエールとかじゃないの?


229 :名無し三等兵:2006/01/20(金) 14:30:20 ID:???
それだとタレイランはアメリカに亡命したままになっちゃうな。
帰化してアメリカ合衆国国務長官を目指すか(w

メキシコ海軍はどういう感じの軍艦を設計するんだろう。
太平洋では渡洋侵攻、カリブ海では沿岸防御と性格の違う艦隊を持つことになるのか?
パナマ運河の建設が難しそうなこの世界では艦艇のやりくりが難しそうだが……

230 :名無し三等兵:2006/01/20(金) 14:37:50 ID:???
>>229
陸上も通れる艦艇にすれば良いんじゃない?

231 :名無し三等兵:2006/01/20(金) 14:58:03 ID:???
>>229
船のやりくりが面倒なら飛行機を作れば良いじゃないと、
空母偏重型の編成になったり。

232 :名無し三等兵:2006/01/20(金) 18:19:28 ID:???
>メキシコ
常識的に考えれば、太平洋は切り捨てるだろう。
西海岸の国(本気ネタならラブレス帝国設定は再考が必要か)相手なら、
陸軍さえしっかりしてれば海軍は別にどうでもいい。
ハワイ・日本を相手にするのは、距離を考えればバカげている。

ペルーやエクアドルの海軍相手にでかい面したり
日本・ハワイ・オーストラリアあたりに面子が保てる程度の、
巡洋艦を2隻ほど配備しておしまいってとこじゃないか。
日本とメキシコの関係はそんなに悪くないだろうし。

戦艦持ってるチリと大西洋で対立したら、頭が痛いところだが。

233 :名無し三等兵:2006/01/20(金) 20:18:29 ID:???
WWT以前のドイツ海軍みたいに太平洋艦隊は戦艦一隻と小艦艇でお茶を濁すとか。

234 :名無し三等兵:2006/01/20(金) 20:55:03 ID:???
>>232
植民地でも得ない限りはその程度だろうな>メキシコ海軍
ニミッツも肩身がせまいだろうな…

それとラブレス帝国設定なしなら米英戦争でアメリカ滅亡とか?

235 :名無し三等兵:2006/01/21(土) 02:15:59 ID:???
大西洋艦隊で老朽化した戦艦をお色直しして船出。
米東海岸や欧州を歴訪し、喜望峰を廻って極東へ。
日本に立ち寄り豪州経由でメキシコ西海岸まで到着。
化粧を落として太平洋艦隊に配属。

そんなメキシコ海軍だったら結構萌えるな。
しかも砲艦外交にもならないくらいの旧式艦だったらもうw

236 :名無し三等兵:2006/01/21(土) 16:48:47 ID:???
映画は1869年の話だった。画面と地図を比べると概ねこういう分割。

・イギリス
ウェストヴァージニア、オハイオ、ケンタッキー、コネティカット、サウスカロライナ、ジョージア、テネシー、デラウェア、
ニュージャージー、ニューハンプシャー、ニューヨーク、ノースカロライナ、ヴァージニア、ヴァーモント、ペンシルヴァニア、
マサチューセッツ、メイン、メリーランド、ロードアイランド、ワシントン(D.C)

・フランス
アーカンソー、アイオワ、イリノイ、インディアナ、ウィスコンシン、ミシガン、ミネソタ、ミズーリ、ルイジアナ

・スペイン
アラバマ、フロリダ、ミシシッピ

・メキシコ
アリゾナ、オクラホマ、カリフォルニア、テキサス、ニューメキシコ

・ラブレス
アイダホ、オレゴン、カンザス、コロラド、サウスダコタ、ネヴァダ、ネブラスカ、ノースダコタ、モンタナ、ユタ、ワイオミング、
ワシントン

所属不明 アラスカ(ラブレスorイギリスorロシア)

237 :名無し三等兵:2006/01/21(土) 23:42:29 ID:???
>236
カナダについては触れられていないのか?

英領が独立したアメリカ共和連合とラブレス帝国が合体したことにすれば仮に第三次米英戦争があっても大丈夫だろ。
彼、子供は作れないからw死んだら帝国も終わりだろうし。

238 :名無し三等兵:2006/01/21(土) 23:47:25 ID:???
アラスカはメキシコが西部の金鉱脈に物言わせて購入。
北方開発に日本の協力を得た関係で日墨は友好的。

ってのは×?

239 :名無し三等兵:2006/01/22(日) 00:57:48 ID:???
ハワイや南洋諸島の帰属がどうなるかだよなあ
中継基地が無いと、太平洋を挟んだ国同士が活発に交流するのは難しくないか?

240 :名無し三等兵:2006/01/22(日) 01:02:52 ID:???
そこで北海道共和国の残党をハワイに入れてだなうわなにをする

241 :名無し三等兵:2006/01/22(日) 01:08:53 ID:???
日墨が友好的なら仮想敵はやっぱり米共和連合か。
山本&ニミッツの日墨合同艦隊がハルゼー率いる米艦隊と激突(w

別スレテンプラ案改

1999年ラジー賞五部門(作品賞、監督賞、脚本賞、音楽賞、スクリーン・カップル賞)受賞
「ワイルド・ワイルド・ウェスト」での悪役ラブレス博士の陰謀、アメリカ分割計画が成功し、
欧州列強とメキシコが合衆国を分割していたら?

ここだけそんな19世紀から派生した世界のスレです。

映画「ワイルド・ワイルド・ウェスト」
ttp://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=159309

242 :名無し三等兵:2006/01/22(日) 01:10:09 ID:???
☆アメリカ分割計画1869
・イギリス
ウェストヴァージニア、オハイオ、ケンタッキー、コネティカット、サウスカロライナ、ジョージア、テネシー、デラウェア、
ニュージャージー、ニューハンプシャー、ニューヨーク、ノースカロライナ、ヴァージニア、ヴァーモント、ペンシルヴァニア、
マサチューセッツ、メイン、メリーランド、ロードアイランド、ワシントン(D.C)

・フランス
アーカンソー、アイオワ、イリノイ、インディアナ、ウィスコンシン、ミシガン、ミネソタ、ミズーリ、ルイジアナ

・スペイン
アラバマ、フロリダ、ミシシッピ

・メキシコ
アリゾナ、オクラホマ、カリフォルニア、テキサス、ニューメキシコ

・ラブレス
アイダホ、オレゴン、カンザス、コロラド、サウスダコタ、ネヴァダ、ネブラスカ、ノースダコタ、モンタナ、ユタ、ワイオミング、
ワシントン

所属不明 アラスカ(ラブレスorロシア、後にメキシコ?)

☆基本的な流れ
1869年 アメリカが分割される
1870年 プロイセンがフランスの強大化にビビッてドイツ統一を断念する
1880年代初め 英領アメリカで第二次独立戦争始まる
1890年代末頃 アメリカ共和連合が独立する・フランス帝国がフランス合衆国に?
1900年代初め アメリカ共和連合とラブレス帝国が再統一する
1914年〜18年 第一次世界大戦 日英普墺伊対仏露米西(墨?)
1920年代初め ドイツが統一される・バンクーバー軍縮会議(英10・日仏6・米5・伊墨3.3)
1930年代初め ローマ軍縮会議・ヒトラーが第二帝政初の平民宰相になる

243 :名無し三等兵:2006/01/22(日) 01:14:43 ID:???
ハワイ王国は日本と同盟ってどこかに無かったか?

244 :名無し三等兵:2006/01/22(日) 10:44:40 ID:???
スレ立ててみました。

ここだけアメリカが分割された世界のスレ
ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1137894148/

245 :名無し三等兵:2006/01/22(日) 14:58:50 ID:???
>>244
乙です。
いきなりこのスレに誘導されてて
ワロタ

246 :名無し三等兵:2006/01/22(日) 18:02:14 ID:???
>>244-245
勝手なことをするなよ火葬厨ども
まったく…。

247 :名無し三等兵:2006/01/23(月) 21:08:01 ID:???
200レスぐらいこのテーマで消化してしまってるので
それ程無茶な展開ではないかと思う

248 :名無し三等兵:2006/01/26(木) 01:44:35 ID:???
だな、他のテーマを投下し難い

249 :名無し三等兵:2006/01/26(木) 01:45:23 ID:???
うむ!
見事に誰も居ないw

今の内に
散々語りつくされたネタでオリジナルなネタを展開してみる。

1930年代。
ドイツ美人局が派遣したメイドによって次々と骨抜きにされる駐在武官を見て
ドイツとイタリアの総統閣下は天才的な閃きをした。
「そうだ、いっそのことメイドを使って日本を支配してしまおう!」
かくしてイタリアに“公社”と呼ばれるメイド派遣会社が設立され、
極東の島国に向け続々と欧州美人メイドが送られるのであった!

諜報員としての訓練のみならず、催眠術を使って「御主人様」を
ドイツ・イタリアに都合の良い様に誘導するメイド達。
『ドイツの土産は冥土の土産』

次々と送られる大日本帝国の生の台所事情に唖然とする総統。
「よし、総統であるワシ自ら日本に戦時経済を教えちゃる」
突如来日し、現場で次々と指導するヒトラー。
かくして日本に滞在したまま1936年、欧州で第二次世界大戦が始まるのであった。
『総統のいない夏』

250 :名無し三等兵:2006/01/26(木) 01:53:57 ID:???
>>249
隊長! 欧州での戦争指導は誰がやっているのでありますか!?

251 :名無し三等兵:2006/01/26(木) 02:14:00 ID:???
ムッソリーニ。

252 :名無し三等兵:2006/01/26(木) 02:32:09 ID:???
ちょw
総統、戦争投げすぎwww

つか、ムッソリーニ版「はじめてのおるすばん」?w

253 :249:2006/01/26(木) 02:38:32 ID:???
>>250

日本を弄るのに夢中の余り、
我らが伍長閣下は参謀本部にまかせっきりというトンデモ妄想。

・開戦数ヶ月前
総統「これこれの期日に戦争を開始すること、でおいらはそれまでに帰れりゃ良いだろ」
・開戦直前
ヘス「どーすんだよ! あの莫迦、全然帰る気配無いぞ!! 」
マンシュタイン「副総統、全軍配備につきました……も〜しゃーないっしょ。ヘスっち、あんたが号令かけて」
ヘス「俺かよ! 日本の総統達からはまだなにもない?」
ハイドリヒ「ヒムラー長官からは、え〜と『今日は満州国皇帝武装親衛隊立ち上げの記念日です。総統や国家元帥も出席します』って報せしか着てないよ」
トート「なぁ、今日ポーランドに攻めるっての日本に居る連中覚えてると思うか」
グーデリアン「あ〜も〜い〜よその話。戦争は俺達で適当にやっから」

てな具合


254 :名無し三等兵:2006/01/26(木) 02:40:40 ID:???
「ムッソリーニのお留守番」だとコミカルで‥

う、逆に面白くなりそうだと思った俺がいる。

255 :名無し三等兵:2006/01/26(木) 03:10:08 ID:???
>>253
総統の場当たり的インスピレーションは無いけど、
戦争計画に従って粛々と作戦遂行するわけでありますな。

モルヒネデブも極東なら三軍の連携は完璧であります。
ジョンブルをダンケルクに追い落とした勢いで、
一気にゼーレーヴェ作戦発動でありましょう。

256 :名無し三等兵:2006/01/26(木) 03:37:33 ID:???
>>255
いや、ゼーレヴェは物理的に無理なような…海軍が無いに等しい訳だしBOBで追い込まれれば米がさらに援助してきそうだし

257 :名無し三等兵:2006/01/26(木) 04:05:27 ID:???
北欧方面で海軍が疲弊する前にアシカ作戦とか。
大陸派遣軍がダンケルクで残らず捕縛されて大ショック受けてる所へなぐり込み。
水上艦艇の有りったけ&ダイナモの鹵獲船舶総動員でイギリス南部に橋頭堡建設。
大量の捕虜と引き替えなら単独講和に至るやも。

258 :名無し三等兵:2006/01/26(木) 04:14:13 ID:???
ナチス独逸とアメリカが共闘してる世界で、
ルーズベルトに「おお!総統、歩けます!」を言わせてみたい

そんだけ

259 :名無し三等兵:2006/01/26(木) 05:07:30 ID:???
>249
しかし大日本帝国にはこのことを良く思わない人間達がいた。
主軸は米内、山本、井上の三人である。
彼らはドイツ美人局に対抗すべく
「巫女を使って欧州を支配せよ!」
・・・こんなん出ましたけどorz


260 :名無し三等兵:2006/01/26(木) 10:50:58 ID:???
巫女さんをいたく気に入った総統閣下が阻止


261 :名無し三等兵:2006/01/26(木) 11:00:51 ID:???
>259
ふつうそこへいくなら「ゲイシャ」だろ…エロゲのヤリスギデスヨ

262 :名無し三等兵:2006/01/26(木) 11:15:22 ID:???
そういえば華僑の肉便器に飽きたドイツ潜水艦乗りがゲイシャガールとヤリたいと言って困らせてたな

263 :名無し三等兵:2006/01/27(金) 21:32:44 ID:???
>>249
いちおう聞いとくが,1936年の欧州大戦って,スペイン内乱が
拡大したのか?

264 :249:2006/01/27(金) 22:42:47 ID:???
>>263
うはっ史実より三年も早いじゃねえかww
って、自分で何やってんだとorz



265 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 04:46:41 ID:???
>>263
よしそれで行こうw

266 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 20:04:04 ID:???
発火元がスペインで戦争のイニシアティブをとってるのがドゥーチェ閣下ですか。

267 :249:2006/01/28(土) 20:13:28 ID:???
>>265
ww
でも三年早いと電撃戦やる戦力が整わないような希ガス(´・ω・`)ショボーン

……
よ〜しコジツケだ!
1936年のスペイン内乱を”きっかけ”にした『欧州大戦』だ。
「1936年に勃発したスペインの内乱に、世界中から義勇軍や観戦武官が参加し局所的世界大戦となった。
それもこれもヒトラーが“天才的な閃き”を発揮し、当時冷や飯を食わせていたSAを重武装で軒並み送り込んでしまったのだ。
少なくない増援により反乱軍は、確かに有利になったが共和国軍側を支援していたフランスとメキシコ、そしてソ連は
意趣返しとばかりに師団規模の義勇軍の派遣を行ったのだ。
かくして内乱は泥沼化。三年後、ドイツ第三帝国はスペインで戦う“同胞”を救うためという題目のもと西欧打通作戦を決行することとなった」


よ〜し、これならニュアンス的には……やっぱ駄目?



268 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 22:32:03 ID:???
独と連合国が停戦、嫌々ながらも共闘…。

赤軍に襲いかかるヤーボ、制空権を得て大暴れの王虎、充実した物資を得て快進撃の独機甲軍

チラシの裏でした

269 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 22:41:16 ID:???
1946年 ビキニ環礁で95隻の艦船に対して核実験が行われたがそれらの艦艇は
原爆炸裂の直後に忽然と消失した。だがその艦隊は消滅しては居なかった

何故か平行世界の昭和16年の横須賀沖に出現したのである。
米英のレーダー技術やら連合艦隊が1セット増えた帝国海軍は何処へ行く。





ダメだ、日本が強くなり過ぎてネタが思いつかん・・・・・・・





270 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 22:43:17 ID:???
1セット増えても中の人が足りない罠

271 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 22:46:14 ID:???
>>270そういや確かに。長門Uは慣れてるからすぐ
使えるだろうけど他のは米国製艦艇だからなぁ

272 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 22:49:27 ID:???
ジェノヴァ共和国はコルシカ島をフランスに売却しなかった。

……そして1796年、フランス共和国イタリア遠征軍の前に立ちはだかる一人の男。
ナポレオーネ・ヴォナパルテは果たしてフランスの侵略を撃退し、イタリアを統一できるか?

273 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 22:52:37 ID:???
>>271
長門Uを使ってる間、長門の中の人はどこから持って来んねん

274 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 22:57:36 ID:???
他の戦艦から少しずつ人員回して訓練するしかないな。
95隻も増えた分の殆どは完熟を兼ねて海上護衛総隊に回されるだろうけど

275 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 23:02:09 ID:???
大量抽出で練度が落ちて緒戦でボロボロ
即効ギブアップで単独講和w

276 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 23:10:08 ID:???
>>274
大井中佐「こんな燃料馬鹿食いする船なんぞいらんわ!!!
       そんな物よこすならばらして海防艦作れこのタコ!!」

こんな感じで怒りそうだなwwww

277 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 23:15:50 ID:???
>>275新米には通商護衛でもさせとけば問題ないんで無い?
艦艇が充実(名目上)するから真珠湾攻撃案も即効で却下されそうだ。
練度が落ちて緒戦でボロボロどころか余裕に任せて艦隊決戦にひた走りそうな悪感

278 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 23:17:14 ID:???
>>276酒匂とかドイツ重巡とか米駆逐艦もあるからそこら辺は問題ないと思う。

279 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 23:35:44 ID:???
駆逐艦と海防艦じゃ燃料の食い具合が全く違うよ。

でもPFもあるんだっけ。あれが手に入ったらかなり海防艦建造の参考になりそうだ。

280 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 23:37:54 ID:???
>>268 かなり読みたいかもw

281 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 23:38:06 ID:???
ドイツのデーゼルエンジンを日本海軍が運用できるかが鍵だな

282 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 23:48:24 ID:???
>>279米国製レーダーの入手の方が戦術的にはデカい気がする


283 :サヨ@犬隊長:2006/01/29(日) 00:02:08 ID:???
確かに>269でも書かれた、レーダーを主とする艦内に残された様々な技術が一番役立つかも。

あ、でも実験に使われた艦って、どの程度の装備や資料が残されてたんだろう?

284 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 00:07:49 ID:???
>>283確か米艦は弾薬から航空機までフル装備だった気がする

285 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 00:10:36 ID:???
>>280 高貫布士「大日本帝国欧州大戦」を勧めとく。
ヒトラーが暗殺されてアデナウアーが新首相に。英独が和解して、日本を巻き込んで対ソ戦開始。
米国は日和見中。ル大統領はソ連寄り、議会は英独寄り。
とりあえず、ペリリューの中川州男と地獄峠のヴィルヘルム・バッハが組んでテルモピュレイに立てこもるって展開にマジ燃えた。

286 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 04:33:47 ID:???
終戦により解体された戦艦、「榛名」「伊勢」「日向」。
しかし実際は、石川島播磨の極秘ドックで修繕作業が行われていた!
2007年、中国軍の局地的侵攻が発生し、62年の長き歳月を経て碇を上げた三隻の戦艦。
兵装は当時のまま! 動かすために無理やり徴収された全国の漁師4000名!

日本は一体どうなる!?




適当に思いつきましたハイ。

287 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 11:23:50 ID:???
まず、伊勢日向の後甲板をハリアーが運用できるように改造しなくちゃ

288 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 11:27:21 ID:???
いやその前に捕鯨機能の装備を!

289 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 11:45:03 ID:???
なんとか「ワリャーグ」を空母にでっち上げた中国海軍。
喜び勇んで沖縄侵攻……と思いきや艦の内装がホテル&カジノになっていた!

かくして侵攻艦隊は即日降伏。沖縄侵攻艦隊は沖縄振興歓待として長く観光の目玉となるのであった。

290 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 21:55:19 ID:???
ネット上にある仮想戦記のリンク集とかないの?

291 :Call50 ◆D6llXYFFyA :2006/01/30(月) 00:22:39 ID:???
>>290
有名どころのページに行けば用が足りるからなー

292 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 19:29:55 ID:???
牟田口閣下の世界打通作戦(勿論、歩き)

293 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 22:21:42 ID:???
常任理事候補国日本・ドイツ・インド・ブラジルが理事会参入のため生物兵器テロで怯んだアメリカの代わりに悪の枢軸を制裁する夢見た。

294 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 01:02:13 ID:???
電波とびまくってる火葬戦記ってない?

295 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 01:13:27 ID:???
>>294
ttp://homepage2.nifty.com/muraji/esekakuu/esekakuu.htm

296 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 01:29:02 ID:???
波動大戦もなにかある意味で電波はいってたなぁ‥

297 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 01:29:38 ID:???
帰ってきた九条公人の小説工房くらいの火葬をお願い(´∀`)

298 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 02:22:17 ID:???
電波飛びまくりの仮想戦記つーたらジョージの「蝕・太平洋戦争」じゃね?
妖星からの電波飛びまくりで混乱する日本海軍w

毒電波限定なら「大日本帝国航空隊戦記」の4巻とか。
大興安嶺の毒電波研究所が出てくるしw

299 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 20:33:23 ID:???
私闘!北洋の大海鮮
捕鯨戦艦長門vs虹の戦士号

300 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 22:27:53 ID:???
>>300なら寝る

301 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 22:30:39 ID:???
>>294
戦記とは言わないが
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1127985442/

302 :名無し三等兵:2006/02/02(木) 19:06:55 ID:???
中国の尖閣諸島侵攻に対して日米台同盟軍は中国侵攻を開始した
中国海軍を蹴散らしすんなりと上陸した同盟軍だがそこには信じられない物が待ち構えていた
EUとロシアから兵器を大量輸入し、さらに韓国・北朝鮮からの義勇軍を加え
大幅に戦力アップした中国軍が存在したのであった
ユーロファイターとフランカー、さらには電子戦機が織り成す猛攻
さらに地上での人海戦術による波状攻撃により同盟軍の進撃は海岸部で止まってしまった
疲弊した同盟軍と中国軍の睨み合う中に投下される無数の核
同盟軍は全滅し増援を乗せた船団は日本へ退避していった
そしてすぐにでも開始されるであろう本格的な日本・台湾侵攻を前に同盟軍政府は絶望した
日本は?そして東アジアの平和は!?どうなるのであろうか・・・・・・・

てのが前編、んで後編は
日本と台湾に展開したラプター20機が日本のE767と協力して
中国軍をちぎっては投げちぎっては投げして戦力を壊滅させて最終的には
日米軍が報復として朝鮮半島侵攻を開始して小泉総理とブッシュ大統領が笑みを浮かべながら握手して
空自にラプターが納入されて自民党本部で朝鮮の再開発についての天下りやら癒着の相談会が開催され
半島侵攻に向かう兵士がテレビの取材に対して「日本とアメリカが協力して世界平和云々」と発言する

中国脅威論を利用したただのプロパガンダ戦記ww

303 :名無し三等兵:2006/02/02(木) 21:43:17 ID:???
いま戦国自衛隊スレに書き込んだんだが、

戦国奇兵隊

後装式ミニエー銃と4キロ砲で装備した、高杉晋作指揮する奇兵隊1個中隊が戦国時代に。
徳川300年をその始まりからひっくり返し、ついでに自由と民権の世をいち早く作り出し、あわよくばアメリカを切り取るべく、水車動力の工場で300年後の兵器を生産して天下取りに乗り出す奇兵隊。彼らが作り出す世の行き先は?!

…「敬天布武」まんまか…

304 :名無し三等兵:2006/02/02(木) 22:55:25 ID:???
250年後の未来から、一席の巡洋艦が亜空間を通過して
21世紀初頭の日本海に出現した。

巡洋艦は宇宙空間と大気圏内での航行能力を持ち合わせ、
太陽光をエネルギーに転換しちゃったり潜水までできる
優れ物だった。所属は大東亜連邦軍日本州軍である。

出現場所に問題があった。中国側が主張する中日中間線の
中国側に出現していた為に、中国政府は巡洋艦の管理権を
日本に対して主張した。

305 :サヨ@犬隊長:2006/02/02(木) 23:44:05 ID:???
>302
マジレスすると、尖閣は台湾が欲しがって・・・あ、日米にすりよる事で台湾が独立と
尖閣の利権を得ようとする展開でOKかな。

>303
夢まぢかの時に高杉が病気で倒れて 「第1部 完」 というラストを想像した(w

冗談はさておき、高杉の病気をからませればタイムサスペンスっぽい展開もできるし、悪く無いとマジレス。
自衛隊ほどの技術格差がないから、江戸末期の技術がそのまま戦国でも通用し続ける気もする。

>304
Σ( ・Д・)あ!

元ネタはわかるんだけど、タイムスリップの前後で国境が違うために起きる権利問題って真面目に
面白い着眼点だと思う(最近の仮想戦記を知らないから、有名な前例があるかもしれないけど)

306 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 08:57:39 ID:???
>>302
ユーロファイターはF−22でもかなりてこずると思うんだが…
トランシェ2の欠陥でも出るとか?

307 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 16:24:31 ID:???
>>305
日付変更線による日にち混乱ネタなら「巨艦伝説」にあったな。

308 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 16:46:44 ID:???
>>306
やっぱりまだ運用に慣れてないとかダウングレード版を売りつけたとか・・・・・・

最初の上陸部隊が最後の悪あがきで海岸のレーダーを壊して(ここでフラグ立て)
そこに生まれた対空網の穴からF117とB2とB1が突入して
飛行場を叩いて数を減らしてF22とF15とFA18とF4とF2とF1が
ユーロファイターに飽和攻撃とか・・・

309 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 00:34:33 ID:???
21世紀も中盤に入り
萌えを始めとするオタク文化はイスラム圏にも
根を張り始めた。
これを良しとしないイスラム過激派がその大元である
日本に対して無差別テロを慣行する。
……戦争とはちと違うか

310 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 14:39:26 ID:???
>>309
そのアフォみたいな理由で発生するテロに
困惑する政府首脳達てのはおもしろそうだなぁ。
首脳達が集まる部屋だけに限定するとかw


311 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 15:04:12 ID:???
>>310
21世紀中盤なら政府首脳にも相当ヲタがいそうな気が

312 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 16:46:55 ID:???
>>311
すでに漫画オタが食い込んでるからな…

313 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 16:55:46 ID:???
秋葉原に出没する各国の首脳たち。

それと知らずに意気投合し、いざ首脳会談となって
「あのときの?!」
となるわけですね。

314 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 17:00:34 ID:???
国同士は関係が緊張してたのに、
首脳の好みジャンルが同じで宥和に転じたりw

315 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 17:53:46 ID:???
そこへ偶像崇拝を禁じられ人目を忍んで萌えなきゃならないイスラム教徒が
「お前らみんな腐っとる!」
と血の涙を流しながらRPG抱えて飛び込んで来るんですね

316 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 18:02:12 ID:???
で、某国首脳が持ってたフィギュアを前に、
「で、できねぇ」
とか言って泣き崩れるテロリスト。

317 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 19:41:12 ID:???
>314
え?五大国の代表が新作のギャルゲの5人のヒロインの党派闘争とジャ○プの新作漫画のカップリング論争で揉めて、最後は核戦争で落ちじゃないの?

318 :Call50 ◆D6llXYFFyA :2006/02/04(土) 22:25:10 ID:???
まーリアル秋葉に外交官ナンバーの車で乗りつけるア…じゃなくて猛者がいますか
らねぇ。

ちなみにブッシュが訪日した日にも来ていて「ブッシュ用のおみやげ?」と場かな話
がでてましたっけ。

319 :逝け袋キター!愚痴:2006/02/04(土) 23:37:53 ID:???
アキバのM'sで大量に買い込んだアニメのコスを大統領命令で次々に着替えさせられ撫然とするライスタン萌え

320 :名無し三等兵:2006/02/05(日) 08:26:25 ID:???
>>316 続き
「悲しむな若者よ、ムスリムでもそうでなくても人目を忍ぶ
 肩身の狭さに変わりは無いのだ人前で萌エ〜とか言ってたら
 オタクじゃないか?」
ぎこちない笑いの起こる中相互理解に向かって歩き始める世界。

321 :名無し三等兵:2006/02/05(日) 10:02:32 ID:???
なんか
「この戦争が終わったら等身大フィギアを買うんです。」とか
「死ぬなジョン!!また一緒に秋葉原に行こう!!」とか思いついてしまった。

322 :名無し三等兵:2006/02/05(日) 10:42:38 ID:???
>>319
ツンデレなライスタン、(;´Д`)ハァハァ

323 :名無し三等兵:2006/02/05(日) 10:42:40 ID:???
ギャルの叫ぶ「きんもー」って声をスピーカーから流すだけで、自己嫌悪に陥って
士気が崩壊しそうだが。
それとも3次元女への敵意から士気が向上したりするのかな。萌えオタの生態はしらんから
どっちかわからん。

324 :名無し三等兵:2006/02/05(日) 13:13:00 ID:???
なんか、嫌な世界だが、ある意味平和だよな

325 :名無し三等兵:2006/02/05(日) 17:32:26 ID:???
ドールに着せる衣装デザインをめぐって争い、戦争になる世界はいやだ。

326 :名無し三等兵:2006/02/05(日) 17:54:20 ID:???
>>325
最後は双方の指導者がドールの魅力について世紀の大演説をぶって〆

327 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 03:33:31 ID:???
>>317
なにそのアイルランド紛争!?

328 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 20:29:13 ID:hMjw40iT
昭和6年夏…
宝永の噴火以来沈黙を保っていた富士山が突如噴火。
その後も富士火山帯は鳴動を続け、各地で小規模な地震が頻発することになる。
そして、地質学の権威、田所博士の極秘裏に提出したレポートは日本の中枢を激震させた。
近年中に巨大な地殻変動が日本列島に発生し、その結果日本列島はその大半が
海に没することになるだろうというものだった。

この恐ろしい予言に対し政府はひそかにある決定を下す。
ちょうど発生していた満州事変を利用し、まさに大陸に日本人の新たな生存圏を
獲得しようとするのだった。次々と海を渡る日本兵、その後に続く民間人。
世界がその異常な日本の行動を注視する中、次第に秘密が漏れ始める。
円は暴落し、入植者は現地人の強硬な抵抗に合い、中国軍との戦いは
人命を無視したより凄惨なものへと発展する。
さらに日本の没落にあわせ、朝鮮で大規模な反乱が発生、ソ連も不気味な動きを見せる。

国内にも本土にとどまろうとする人、船へ殺到し少しでも早く渡ろうとする人、
信じようとせず移民の足を引っ張る国粋主義者のテロが頻発、さらに
大規模に渡ってきた日本人に対する残虐な行為が、南北アメリカなど移民先で発生、
このカタストロフに対し世界はどう動くのか、民族の存亡をかけることになった
日中の戦争の行方は?

爽快感まったくなしの仮想戦記「大日本帝国沈むとき」

329 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 20:57:51 ID:???
>>328
普通に読みたい。


北樺太・ニューギニア・インドシナの購入案(艦船バーター)で
移民先は確保できるような。

330 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 20:58:09 ID:aWx5md0x
>327
ちげーよ。1〜9回の十字軍と4回の中東戦争だよ

331 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 20:59:28 ID:aWx5md0x
>329
小説版の日本沈没じゃ駄目なのか?
十分面白いよ
君の言ってる事そのままやってるし

332 :329:2006/02/06(月) 21:16:27 ID:???
>>331
同じ現象でも時代背景でどう違ってくるか・・・を楽しみたいわけで。

草薙のにあったように改変し杉は好みじゃないんで。

333 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 23:06:42 ID:utDEW8et
こんな話を考えたのだが、どうだろうか?

南米ABC三国の海軍が戦艦を配備したのに対抗して、ペルー海軍も
戦艦を建造する事を決定。
そして艦名は、インカ帝国の皇帝にちなんで「マンコ」と命名。
事もあろうに、建造を日本に発注。
その結果生じる喜劇。

334 :サヨ@犬隊長:2006/02/07(火) 00:47:43 ID:???
>>328
そのころ、円ってそんなに高い価値は無かったと思う。
というかそもそも、日本の工業力等が今では考えられないほど全体的に低い。

繊維の輸出で資源を買って、そのほとんどを軍事に回してようやく強国になれてたんだ。
それを前提にして考えると、さらに元ネタと違うストーリーになるかも。

昭和6年といえば、リンドバーク来日が上手くからめそう。

>>329
朝鮮半島への入植も可だろう。

335 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 01:31:28 ID:???
>>309を見て

「Soft Cold War」

時は冷戦終結後、湾岸戦争も朝鮮半島危機も発生しなかった世界。
世界は平和を謳歌し、ジョセフ・ナイのソフトパワー論は世界で絶賛され
先進諸国の指標となる。
アメリカはディズニーと映画を、日本はアニメを、
各国はこぞって自国文化の波及のため映像作品の輸出を開始する。
日本のアニメは各国でオタク化を進行させ、一部国家では労働能率の低下など
深刻な問題が発生する。そして、アメリカが日米貿易摩擦が深刻化した際に日本アニメを禁止した時
世界はささやかな対立へと進んでいく・・・・・

336 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 01:39:50 ID:???
>>335
行く末が気になる…

337 :328:2006/02/07(火) 01:40:45 ID:???
「日本沈没」を軍事力で領土を奪うことがまだ許されていた最後の時代に
起こして文字通りの民族の存亡をかけた大戦争を起こしたいなと考えたのです。
原作では基本的に国際社会の援助を当てにしていたはずなので。

円は当時1ドル=2円くらいだったはず、というか当時の円が弱い通貨で
あったことはともかく、通貨の信用がなくなり海外からの資源が手に入らなくなる
というのは価値の高い低い関係ないのでは?
まあ、弱い通貨がさらにインフレ起こすということで。
最後には船を動かす石炭も重油も手に入らなくなり…

朝鮮+満州に新日本国を建国して終わるくらいが落としどころかな。
文字通り死に物狂いの1億人と正面から戦争したい列強がいるとも思えないし。
で、戦後は国際社会からは腫れ物のように扱われるということで。
文字通りの大虐殺の嵐で日中両方併せて死者5000万人、
新日本国はその後も餓死者が慢性的に発生する状態に…

あまりの凄惨さに第2次世界大戦抜きで人権思想が世界に普及するかもしれないし
総統閣下もびびって生存圏獲得に及び腰になって世界大戦が起きないかも。

338 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 01:59:34 ID:???
>>336
熾烈な殲滅戦の後に日本に進駐してくる米軍。
一面の焦土と化した東京、焼け崩れたビルの前で一人の兵士が呟く。

「もう、あのアニメの新作は見られないんだ・・・・・」

終劇

339 :サヨ@犬隊長:2006/02/07(火) 02:45:16 ID:???
>337
>通貨の信用がなくなり海外からの資源が手に入らなくなる
>というのは価値の高い低い関係ないのでは?

それはそうだね。
日本沈没より日本の技術力が重宝されないから、ほとんどが単純労働者としての難民扱いかも。

それから戦前の人口だから、色々合わせても5000万人くらいじゃないかな。
さらに災害で半分になりそうな気もする。
・・・意外と樺太と朝鮮くらいでまかなえたりして。

あと、満州の権益は結局国際社会から認められなかったり、満州事変ごろで領土を軍事力で奪うのは
ちょっと遅いかも。
つまり災害が起きるのは日露戦争くらいがベターじゃないかな?
日本にとっても領土を奪わないと国民を養えないギリギリの国土面積なころだと思うし。

340 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 02:48:17 ID:???
日露頃の技術で沈没を予見できるかが問題だな。

できるん?

341 :サヨ@犬隊長:2006/02/07(火) 04:24:28 ID:???
 ||★||
(´д`;)ウッ・・・どうなんだろう。

地形変化研究の、初めて詳細なレポートであった昭和新山とかも、昭和十数年の話だ。
そう考えると満州事変がベターなのかも。

342 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 06:47:04 ID:???
>>341
生存圏を求めての対外戦争って
ガミラス帝国みたいですね

343 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 13:29:13 ID:???
1945年3月。春の目覚め作戦を行わずイタリア、クールラントから部隊を引き上げた独軍は戦後を米軍に任せるとして、東部戦線に兵力をかき集める。

さてどうなることやら

344 :豆パチ:2006/02/07(火) 14:49:50 ID:BDG2d7ew
ドイツ軍関係の架空戦記読みたいけど何かないか?

345 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 14:57:16 ID:???
つベルリン1945

346 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 21:29:48 ID:???
>>340-341
昭和20年に弾丸列車用朝鮮海峡トンネルが出来ることよりは些細なことw

347 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 22:41:31 ID:481YZFO0
>>339
確か人口は6000万じゃなかったっけ?
戦時中のスローガンの一億がどうのこうのってのは、朝鮮の人口も
含んでの数字だったはず。

余談だが「一億総懺悔」は非難すべきではなかったな。
国民あげて、受け入れるべきだった。
謝罪と賠償を要求する連中も、共に懺悔させるべきだった。

348 :名無し三等兵 :2006/02/08(水) 00:13:53 ID:???
鷲は舞い降りた は最高!

349 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 00:53:07 ID:???
200X年、イスラエルは全世界に宣戦布告した。

ただ一国の暴走と思われたその戦いはユダヤ人のネットワークと財力によって全世界に波及
世界各国で親ユダヤ集団が武装蜂起し一部の国では親ユダヤ派による政権奪取すらおこる
イスラエル側に寝返る国も出始め、世界はユダヤの手に落ちるかに見えた…

が、そのときひとりの男が立ち上がる。
男の名はアドルフ・ヒトラー、彼は生きていたのである。

と、このような状況で始まり全編ひたすらユダヤ人の汚さ、卑怯さ、欠点を批判
ヒトラーおよびナチスのユダヤ人政策を擁護し作中人物も老若男女問わずに徹底的にヒトラーを称え
「連合国は間違っていた。」「チャーチルはユダヤの手先だった」等の電波を垂れ流す。
ラストでは核によるユダヤ人消滅と
その後のヒトラー人気(銅像建てられる、ユダヤから世界を救った英雄とし教科書に掲載等)の模様を延々描写

そんな常識に真っ向からケンカを売ったような火葬戦記

350 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 01:36:51 ID:???
>>349
それは、出版されたら人死にが出そうだな・・・。

ハッ!>>349が出版されて、アレしていく世界で仮想戦記にすればいいんだ!

351 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 03:17:07 ID:???
人種差別ネタは危険ですよ^^

352 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 04:06:35 ID:???
現代兵器に超能力やら妖魔やら加えて、菊池秀行の世界を作り挙げるのは面白いな。
その場合は主人公はエスパーくらいになるかな。
しかし常に思うのは、現代戦は次第に味気がなくなってくるね
機械技術に頼るとこが大きく、一人の英雄に寄るとこが少なくなってくる
三国史の時代のような豪傑や軍師の入る余地が次第になくなっているのだよね。。
だんだん、一人の主人公が活躍する小説は作り難くなっている

353 :サヨ@犬隊長:2006/02/08(水) 04:35:36 ID:???
>347
うーん、どうだったんだろう>人口

余談についてだけど、だから戦前では在日朝鮮人にも選挙権があったんだよね。
同時に、南洋で支配下に置いた人々もふくめ、○等国民とかの明確な差別もあったけど。

>349
・・・さすがに、そんなんネオナチしか買わないだろうな。
ナンセンスギャグとして突き抜ければ別だけど。
ひっとらあ叔父さんとか。

>352
パルチザンやレジスタンスの物語。
小国が防戦一方になる話だとエースが生まれやすい。

たとえば日露戦争で日本がぐだぐだに負け、ロシアが樺太と朝鮮半島の両面から侵攻。
さらに日本海もロシアが制し、その状況で背水の陣となった日本がどこまで耐えられるか。
・・・なんて仮想戦記。

354 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 09:51:57 ID:???
>>349
イランでならベストセラーになるかもなw

355 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 13:05:00 ID:???
>>.352
例えば石弓が出てきたあたりとかファランクスが登場したあたりにもそんなことが言われてたような気もするけどなw

356 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 21:14:23 ID:???
ザビエル、秀長、秀吉が病死せず、顕如達が朝鮮に追放された世界の話

第一部 
「ホトケノマエデハ、リャンバンモハッチョウモ、アリマセーン」
と活躍し瞬く間に一向宗が浸透。
善政を行い朝鮮南部を自給自足社会から商業化社会に移行させてしまう。
結果、李朝と対立し内戦状態に
その頃、ザビエルの中国布教が成功し、福建省でキリシタンの勢力が拡大。
三百年早くヤジロー指揮する太平天国の乱が発生する。
と、秀吉が唐入を決意。一向宗と同盟を結び、補給を確保し満州に乱入するが・・・


357 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 01:57:51 ID:???
ヌルハチに追い返されるのか?

358 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 03:16:46 ID:???

「さまよえる日本人」

ペリー来航の50年くらい前。
日本の漁業は前代未聞の不漁を迎える。
まったく魚がとれない!
そんな声に、
書くのアキタ
とりあえず、
魚がとれなくてどんどん遠洋に出て行ったら
いろんなトコと対立しちゃって
日本は勝手に海洋国家になっちゃいましたよーって話


今、日テレでワーグナーのさまよえるオランダ人やってるのでなんとなく(内容全然違うが)



359 :サヨ@犬隊長:2006/02/09(木) 06:00:20 ID:???
戦国自衛隊を見てて思いついた。
すでにおおかたの自衛隊タイムスリップ物はやりつくしている。
しかしたぶんこれはないだろう。

富士山麓にて大規模演習を行っていた自衛隊。
ふと濃霧にまかれ、視界を失う。
やがて霧は晴れたが、ひどく暑くなった。
GPSも通信機も役に立たず、天を見上げれば高々と昇った太陽。
そしてすぎさる米軍レシプロ機(ちょっと時系列おかしいかな?)。
そう、陸上自衛隊一個師団が丸ごと戦時中の日本にタイムスリップしたのだ。

しかし、それは8月15日だった。

ご聖断が下された後に突如出現した未来の大戦力。
それを神風ととらえて戦争続行を主張する一部過激派。
どれだけの技術力があろうと戦闘継続は不可能と主張する大多数。
手に余る存在を消去しようと自衛隊への攻撃を企図する一部軍人。
ミズーリ艦上正式降伏までの空白期間をどう進むべきか悩む自衛隊。
おのおのの思惑がからみあい、日本の運命が加速していく……!

『日本の一番短い日』

>358
>書くのアキタ

ちょっ・・・!

360 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 09:16:30 ID:???
>356はおそらく他の宗教を信じるウンコ野郎

361 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 10:35:30 ID:???
>359
何がなんだかわからないまま、状況把握しようとしている間に終戦じゃないかな。
御前会議の始まる1週間前くらいじゃないと純粋に時間が足りないと思われ。

それに自衛隊の中の人って、この状況下で旧軍に協力しようとするかなあ?

362 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 11:04:07 ID:???
>>359
それは萌えるな。
でもどうせなら、タイムスリップしたタイミングを広島、長崎への原爆投下阻止が可能な時間帯のほうがおもしろいかもしれん。
って、それは>>361のタイミングじゃないか。

事後の死者を含めて三十四万人。戦後民主主義のなかで絶大な悪だと教育されてきた原爆投下。
それを阻止しうる状況に送り込まれた自衛隊員の選択は?
「止めるべきだ! 我々がここに送り込まれたのは有史以来の惨劇を食い止めるために違いない!」
「仮に原爆投下を止めたところで、悲惨な本土決戦になるだけだ、何も変わらない。悲劇が長引くだけにすぎない!」

目先にちょっとした餌をおいておくのがポイント。
さらに原爆投下は二回あったりするのが彼らにとって悩ましいポイント。

363 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 11:26:19 ID:???
歴史干渉絶対反対の引き篭もり主義者から、
反共火病で対ソ戦完遂な国士様の一団まで、
自衛隊側も一枚岩ではいかないだろうな。
かろうじて統制が取れるのは食糧が持つ間までだろう。
……3日? 長くて1週間?

364 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 11:55:48 ID:???
食料はともかく介入するにしろ弾薬だって燃料だってとても足りないぞ。
傍から見ればいろいろできそうかもしれないが自分がその中にいると思ってみ。
いきなり別の時代に放り出されて、しかも物資の補給のめどが立たない。
それに当時の日本人を同胞だと思えるか疑問だよ。向こうも思ってくれるか…
しかも日本脳炎だって赤痢だって何だってありの世界だぞ。ワクチンあるのか
現代人だからそれらの病気に対する免疫も弱いし、医療レベルも低い。
「その後」を考えるので精一杯で歴史に対する介入なんて考える暇もなさそうだ。
かわぐちかいじの漫画に出てくるような、その場限りのかっこつけだけしかない
脳天気どもじゃないんだからさ。無理やりドラマにしようとすれば
そんなステレオタイプの性格の人間混ぜ込むしかないだろうけど。

というわけで、地味に戦後を生き残ろうとする自衛隊員たちの奮闘を描くことになったり。
戦後は農家出身の隊員中心に畑仕事して、その後は会社作って、技術と歴史知識で発展、
朝鮮・ベトナムや安保闘争などでようやく介入をめぐって隊員間の確執があったりして
ラストでは大会社の相談役になった主人公が孫を抱きながら昔話して終了。

すみません。こういった話だと、自衛隊の中の人が異常人格者ばっかみたいな扱いばかりなのでつい。

365 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 13:43:39 ID:???
逆に物凄く介入するのもありだな・・

太平洋戦争開戦の間接的原因になった満州事変を阻止する為
皇居の地下の秘密研究所にあるタイムホールから1931年の満州に送られる2個普通科大隊
関東軍を完膚なきまでにやっつけた派遣軍は関東軍が本土へ尻尾巻いて帰るのを見届けてから
証拠を完全に隠滅して現代に帰ってきた
しかし帰ってきたら東京の風景が少し変わっている・・・
なんと大日本帝国が続き今だに東京は帝都と呼ばれ自衛隊は大日本帝国軍のまま
2006年になってしまっていたのだ
さらにはこの歴史操作の事実を隠す為かつての幕僚長だった陸軍大臣直々の命令で抹殺されそうになる派遣軍
全国で指名手配された上に帝国が残ったおかげでパワーアップした元自衛隊に追っかけられる派遣軍
元同僚の記憶からは派遣軍の記憶が次元の彼方へ飛んでいってしまって覚えていない為
躊躇い無く派遣軍を殺しにかかる
さらには続々と追跡に投入されるPXやらCXやら衛星兵器やらTKX
派遣軍は最後の希望としてまたタイムホールに突入しようとするが、皇居の手前で挟み撃ちされ
ミニミとTKXの同軸機銃の前になすすべなく全滅する
最後は市ヶ谷の元防衛庁こと大本営で元幕僚長達が派遣軍の全滅を聞く所で終了

366 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 14:10:59 ID:???
1941年12月、楽園は炎に消えた。突如、異星人の超巨大宇宙船が事故により航路を外れ、ハワイに落下したのだ。
異星人らは全世界に救援要請を発信、真珠湾を太平洋艦隊ごと喪った米国が大混乱に陥る中、
大本営はハワイ攻撃に向けて進撃中だった一航艦に速やかな異星人との接触を命令、指揮官の南雲中将を臨時の全権大使に任命する。
オアフ島に到着し、異星人との接触に成功した南雲以下の一航艦司令部は畑外れの仕事とカルチャーギャップに戸惑いつつも
何とか彼らとの交渉を続け、少しづつ信頼を育んでいく。が、列強各国はこれを座視せず、
異星のオーヴァーテクロノジーを我が物にせんと動き出す。混乱を収拾しサンディエゴから出撃する再編太平洋艦隊、
シンガポールを出航した英国東洋艦隊。ソ連軍は極東軍をソ満国境に集結させ、ドイツも三国同盟を楯に日本政府に異星人の引き渡しを迫る。
戦争という概念を持たない異星人達と、反面その恐るべき技術力を知った一航艦司令部は苦悩する。既に友人と呼べるに至った彼らを、
地球の争いに巻き込んで良いのか? 二転三転する本国からの指示。目前に迫った米英艦隊。最後に南雲が下した決断とは?
「漂流者の平和」

367 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 14:28:06 ID:???
>>365
帝国が存続していれば自衛隊が満州事変を阻止する事はない。
阻止されないから満州事変は勃発し・・・

親殺しのパラドックスじゃん。

368 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 14:34:51 ID:???
どっか別の平行世界に移行したんだろ

369 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 16:55:50 ID:???
あーあれだ、ろこーきょーで関東軍が交戦したとされてる部隊がその介入者だったなんてのはどうよ。
結局阻止どころか、自分らが原因でした〜みたいな

370 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 17:02:08 ID:???
それだと史実どおりに事が運ぶだけじゃん

371 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 17:32:15 ID:???
>366
見てたらなぜかラストで宇宙人と南雲提督が自転車に乗って
空飛んでいる絵が浮かんできた…

それはともかく、
ハワイ沖で捕獲した宇宙人のオーバーテクノロジーで地球統一の野望を抱いた
大日本帝国は全世界に宣戦布告。圧倒的な破壊力で勢力を広げ始めた…
昭和天皇=皇帝、山本五十六=ダースベーダーって感じで。
前半は宇宙人から奪ったオーバーテクノロジーで連合国艦隊を
ちぎっては投げしていたが、若きアメリカ人が宇宙人(美女)を
救い出して逆転。
ラストは山本の乗った大和(改)VS主人公のモンタナの一騎打ち。
レールガン撃ちまくり

いや、なんとなく帝国軍のテーマに乗って日本艦隊が攻めてくるって
絵が見たいだけなんですけどね。

372 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 17:55:46 ID:???
異星人VS人類連合軍。
第二次宇宙戦争の拡大版みたいな感じで。

あふれんばかりのT−34を指揮下に収めて感動してるグーデリアンとか、
「これがワシの求めていた艦だ」とかいいながら信濃で吶喊するハルゼーとか、
Ta152あたりで心行くまで一撃離脱を繰り返す岩本徹三とか、
ステンガンとバズーカ抱えてゲリラ戦始める金日成(本物)とかw

ネット小説でしかやれんネタだわな

373 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 21:06:45 ID:???
>>372 ところがそれはアメリカに実在する。未訳だが。
Hurry TurtlrdoveのWorld Warシリーズだ。ぐぐってみ。

374 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 21:45:45 ID:???
>>365
つ「パラレルワールド大戦争」(豊田有恒)

375 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 22:04:35 ID:???
>>373
さすがに「ゲリラ戦始める金日成(本物)」はなかった気がしたがw

376 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 22:12:59 ID:???
>>372
そいつは笑える!

377 :サヨ@犬隊長:2006/02/09(木) 23:34:18 ID:???
>361
ぶっちゃけ、タイムスリップしたけど、時間が全く足りないってのを狙いたかったわけ(・∀・)
だから、『日本の一番「短い」日』
時間がたっぷりある展開なら、ジパングや架空戦記や火葬戦記で色々あるからね。

まあ、>364さんが書いているように世界情勢が安定するまで隠遁するのが結論になるだろうけど。

>362
それだとウィンズオブゴッドという名作舞台劇があるから、新味が足りないかも。
特攻隊に現代人2人が転生するだけだけど、未来を知る者の葛藤をうまく描いていた。

去年テレ朝でドラマ化したけど、わざとらしい反戦描写もなく、意外と良い出来だった。

>366
藤子F不二雄先生の短編に優しい大型宇宙人と日本軍が仲良くなる作品があった。
そんな感じかなあ。

378 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 01:06:57 ID:???
ミッドウエー開戦の幕が上がったが
……よく見ると

……さあどうしよう
1、日本軍がそのまま2倍
2、アメリカ軍がいません
3、西暦2000年(両軍気付いていない)
4、両軍とも100倍超
5、第3勢力ロシア艦隊がいる
6、自衛隊艦が混じってる
7、お好きなのをどうぞ

379 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 01:07:46 ID:???
あ、1〜6は頭に「なぜか」を付けて

380 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 03:09:37 ID:???
8、イタリア海軍vsボリビア海軍


なぜかボリビア海軍が圧勝。

381 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 03:26:27 ID:???
>>380
至極真っ当な結果ジャマイカ
イタリア海軍相手ならモンゴル海軍だって完勝だ

382 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 03:56:20 ID:???
いやミッドウェー島にフリーな美人が待ち受けていれば、現代米海軍が相手でも勝ち残る。
それがイタリア人クォリティー。

383 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 09:09:18 ID:???
パスタが大量にあるか、パスタ補給艦を敵が撃沈してる場合でも
382と似た結果になるな

384 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 15:20:51 ID:???
個人的には
ロシア(ソ連の間違い?)艦隊
が完全第3勢力として登場を見てみたい

>>381
さすがにモンゴルは無理w

385 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 18:27:10 ID:???
>>384
大蒙古海軍とかw
歴史改変の結果モンゴルがユーラシアを席捲している世界かも知れんぞw

それはそれで見てみたい気もするがなw

386 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 19:23:08 ID:???
>>384
真珠湾奇襲に向けて進撃中の南雲艦隊を、「アメリカに恩を売る為」
ソ連海軍が攻撃するってのはどう?
独ソ密約によって極秘に建造されたグラフ・ツェッペリン級空母〈アドミラル・ロジェストヴェンスキー〉
の艦載機の奇襲で炎上する〈加賀〉、ガングート級の殴り込みを受ける第三戦隊
初動で大損害を受けた南雲艦隊は「北太平洋海戦」をいかに乗り切るのか?!

387 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 20:18:05 ID:???
>>356
どこまで本気で書いているのか知らんが、あえてマジな話をする。
日本が経済発展したのは、浄土真宗の浸透ではなくて、むしろ禅宗の浸透。
日々の労働まで修行の一環とする禅宗が、勤勉の美徳を生み出し、それが
日本の経済発展の原因となった。
確かに禅宗と浄土真宗の信仰者の人口を比べれば、後者のほうが遥かに
多いが、浄土真宗は農民・被支配者の宗教。
被支配者が働くのは当たり前の事であって、肝心なのは支配者たる武士が、
働くのかどうか。
支配者まで勤勉を美徳としたからこそ、日本の経済発展があった。


「勤勉の美徳」というと当たり前に思うかもしれないけど、儒教の考え
では働く事は卑しい事であって、朝鮮・中国はその儒教にべったり浸かって
いたので、経済発展・近代化が遅れた。

ちなみに、産業革命をなしたヨーロッパで勤勉の美徳を説いたのは、
プロテスタントの信仰。
だからヨーロッパでもカトリック諸国は、近代化が遅れている。

388 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 20:25:29 ID:???
>>386
ガングートの速度と防御力では、糞の役にも立たない。
WW2の頃には、巡洋戦艦並みの装甲と、標準的戦艦の速度しか持たない戦艦。

389 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 20:39:34 ID:???
>>369それいいな。そのネタで小説一本書けそうだ

390 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 20:52:56 ID:???
>>388
ということは、まず精強なソ連海軍を作るための歴史改変をしなければならんなw

>>389
それ、なんてターミネータ?

391 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 21:00:04 ID:???
ちなみに、世界で初めて実戦で航空機で戦艦を沈めたのはドイツ軍だったりする
ちなみにやったのはハンス・ルーデルで沈められたのはロートルのガングート級だがw

392 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 22:06:31 ID:???
スペイン内戦でスペインの弩級戦艦が沈んでないっけ?

393 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 22:27:27 ID:???
>>392
んにゃ、朝日ソノラマの「スペイン戦争」で確認したが
人民政府側の「ハイメ一世」がフランコ空軍の攻撃で中破してるが、
沈没したのは修理中の火薬庫爆発が原因となってる

394 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 22:46:28 ID:???
>>387
ウェーバーだな

395 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 23:14:16 ID:???
オリジナル仮想戦記を書くとしたら、舞台は近未来。
国際戦略よりも一人の兵士を中心とした作品を書いてみたいね

396 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 23:15:22 ID:???
もう一つ書いてみたいとしたら、左派の平和論が如何に空虚なものか。
国家とは何かってのを書いてみたいな。

397 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 00:00:55 ID:???
20XX年
日本ではとある左派政党が政権の座に着いていた。
記念すべき就任の日、宰相となった男は言った。

「平和憲法はいまだ十分に広まっているとはいえない。我々は攻勢にでるべきではないだろうか。」

誰もがそれを彼の政治信条からの発言と理解した。そう誰もが

数年後、国民保護隊(自衛隊より改組)は北九州にて発生した大規模テロの救援のため出動
幾多の輸送機に搭乗した彼らは…その日玄界灘を越えた。世界に平和憲法を広めるために。

これがのちに言う「憲法戦争」の始まりである。

398 :387:2006/02/11(土) 00:10:29 ID:???
>>356
もうひとつ追加。
あんたは、一向宗の浸透によって善政・平等社会が実現すると考えて
いるようだが、実は一向一揆により門徒支配の国になった加賀においては、
僧侶が貴族化・支配者階級化しており、早くも平等の理念は瓦解している。
本願寺の家宰であった下間家は、「本願寺の門主を天皇に、下間家を将軍にする」
という「下間幕府構想」を持っており、決して一向宗は平等の理念で動いて
いた訳ではない。

さらに言うと、この「一向宗」という呼び名も、少なくとも呼ばれた側に
とっては「間違った呼び名」である。
蓮如上人も「他宗派の者が我々を一向宗と呼ぶのは仕方ないが、自分たちで
一向宗などと自称するのはいけない。我々は浄土真宗である」という意味の
事を言っている。

399 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 00:14:28 ID:???
>>397
「ふむ、指揮官。あの付近はまだまだ野蛮なようだな。平和のための努力を注入してやりたまえ。」
といって敵に重砲をドカドカぶちこませる政治士官(w

400 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 00:54:11 ID:???
>>399
政治士官ではなく、平和士官ですよ! あなたは平和的精神が不足しているようですね!

401 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 00:55:04 ID:???
自衛隊も「平和維持隊」に改名すべきではないか。

402 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 00:56:42 ID:???
>>400
違います!平和的文民です!シビリアンコントロールは絶対です!

403 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 00:57:49 ID:???
文民と言うことは、選挙で選ばれるんですね?

404 :サヨ@犬隊長:2006/02/11(土) 02:23:42 ID:???
>397
それ、日本の左派平和論を皮肉っているようでいて、実は米国自由主義の皮肉になっちゃってるよね(w
いや、僕は中国なんかよりは米国の政治体制が良いと思ってるけどさ。

>401
あーそれブラックすぎ。

405 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 21:48:28 ID:???
>>404
中国の政治体制はともかく、
軍が企業経営する愉快な軍事体制が(建前上は)改編されたのは非常に悲しいところ



406 :サヨ@犬隊長:2006/02/12(日) 03:37:04 ID:???
あそっか、そこは軍オタ的には美味しいネタだよね。
軍の企業経営をネタにした仮想戦記を何か・・・

407 :名無し三等兵:2006/02/12(日) 03:43:08 ID:???
ジョージ林の通商さんがそれっぽい
軍外ではあるが空母持ち部隊が漁師兼水産加工業みたいなこともやってる

408 :名無し三等兵:2006/02/12(日) 13:09:06 ID:???
よし、いっそのこと
『独立通商護衛愚連艦隊』
にしてしまおう。
勿論両方の作品の良い部分をミックスしてだな……あれ?
大して変わらないぞ

409 :名無し三等兵:2006/02/12(日) 14:40:59 ID:???
>>408
ジジイが全体のトップか航空部隊のトップかしか違わないな、概ねw

410 :名無し三等兵:2006/02/12(日) 17:07:54 ID:???
日本の戦闘機をフィンランドに送るスレに刺激されて思いついたネタです

主人公は2式単戦を配備された飛行隊の指揮官
格闘戦に拘っては消耗を招くだけで重戦こそこれからの戦闘機
との持論の持ち主で航続距離の短い鍾馗でも前線の移動に応じて
滑走路を設営できるような部隊運用ができれば全く問題はないと
上官に訴えていた。ある日ノモンハン事件の関係者でその件に触れられる
事を嫌う上官と決定的な衝突をして除籍となってしまう。

そんな彼に謎の人物が近づく、彼はフィンランドの有力者の代理で
日本に戦闘機の買い付けに来ている彼の戦闘機隊の指揮能力を用いて
ヨーロッパまで輸送して欲しいのだと言う。除隊後酒漬けになっていたのと
その有力者の家族という金髪美少女に魅せられて戦闘機と輸送機に乗せた
空挺隊員によりソ連内陸の航空基地を強襲、燃料を分捕りながらフィンランド
まで強行突破などというトンでもない作戦を発案してしまう。

一方政府上層では真珠湾での目覚しい戦果を最大限に利用すべく
ソ連を仲介にアメリカと和睦しようという動きが起こっていた。
いかに国力があろうとも国外での戦争に巻き込まれることに懐疑的な
者はいる筈ここは大きく譲って国民に不評を買おうとも長期の戦争
を避けるのが得策と腹を括っていた。
しかしそんなことをしても何の利益にもならないとソ連はのらりくらりと
その役に乗ろうとしない。この態度が日本で一番怒らせてはいけない男を
怒らせてしまった。「ソ連の奴ここまで決めたわしらの覚悟をあしらうと
どういうことになるか目にもの見せてやる!」流石に米国との交戦中
ソ連との開戦にまでは持ち込めないがそんな矢先にこの男はフィンランド
からの武器買い付けに目を付けた。「わしがケツ持っちゃる!ソ連に一泡
吹かせて来い!」

411 :名無し三等兵:2006/02/12(日) 17:09:05 ID:???
>>410続き)

とても実現不可能と思われたソ連横断行はこの影の実力者の援を得て
インド(の反英勢力)、ルーマニアでの補給の渡りまでついてしまい
引くに引けなくなってしまった。こうして日本の介入をそこはかとなく
隠蔽するためルーマニアのインシグニアを描き込まれた2式単戦と零式輸送機
の強襲部隊はやけな勢いでソ連国境を突破していく。

やがて全く戦略的意図の掴めない連続的な襲撃の情報はスターリンの耳にも
入る。「襲撃機の国籍は不明、誤認かとは思いますがルーマニア籍を記した
日本機との情報もあります」「君はそれだけの情報も役に立てることが
できないのかね同士?」「ハッ!不可侵条約を結んでおきながら敵対政府
に武器を輸出した件外交上有利な切り札にいたします」「バカモン!直ちに
ルーマニア国境に戦闘機を増強しろ!」「しかしそれでは対独戦線が手薄に…」
「そちらをおろそかにしたら貴様の責任だ!いいか今国内を荒らしている
戦闘機は一機たりともヨーロッパに入れさせるな!」

ついに逃げ道を塞がれ残された道はヤコレブ戦闘機が待ち受けるルーマニア
国境しかなくなった襲撃隊彼らの運命は?
ヒマラヤの凍結湖を滑走路に使って消耗した機体から部品を取り
残された残骸は春が来れば湖の底に証拠隠滅とか、戦後糸川英夫が
フィンランド人に礼を言われるとかいろいろ脂っこいエピソードは
思いつくんですがノリだけで考えてるので考証的に説得力がある
所まで持ってくのは無理がありそうだな…


412 :名無し三等兵:2006/02/12(日) 18:26:31 ID:???
>>411
凄く読みたい><! 良かったら書いてみて
独ソ戦はどうかわるの?

413 :名無し三等兵:2006/02/12(日) 18:36:22 ID:???
本当に書いたらがっかりしますよ…きっと
でもこういう局所的な仮想だとそういう小さな歪からグイグイ変わっていく
パターンと結局主要人物は包囲網を突破するけど機体は修理不能なまでの
傷物になり結局歴史変わらず、不成功なのでフィンランドも日本も以後
そのことについて口にせずソ連も国内を戦闘機に無断で横断されたなんて
不名誉な発表はしないってパターンもありますよね。糸川博士も外人に
鍾馗はいい戦闘機だったなって言われてキョトンとしてるような。

414 :名無し三等兵:2006/02/12(日) 19:52:05 ID:???
『ヘルシンキ飛行指令』ですか。
トージョーは足(航続距離)と脚(滑走能力)がダメダメだから、
こういうミッションには死ぬほど向かないと思う。
凍結湖から発進なんてやったらこけること間違いなし。
飛んでしまえば(そして燃料があるうちは)悪い機体じゃないんだけどね。

415 :名無し三等兵:2006/02/12(日) 19:55:47 ID:???
フィンランドだったらライトサイクロン搭載鍾馗とかやりそうだ

416 :名無し三等兵:2006/02/12(日) 23:30:06 ID:???
>でもこういう局所的な仮想だとそういう小さな歪からグイグイ変わっていく
パターン

おおおお!凄い期待
せっかくいいアイディアがこのすれ埋もれていっちゃってるんで
書いてくれるなら応援するよ><
良かったらほんとに書いてください



417 :もし東条暗殺計画が三日前に発動していたら:2006/02/13(月) 04:27:58 ID:???
7月17日、神重徳、高木惣吉、三笠宮を中心とするグループが
東条暗殺計画を決行。近衛が首相に
そして九月、末次、高木、神の主導で榛名を除く戦艦部隊と囮の空母部隊によって
サイパン奪回作戦が決行される。
囮作戦と台風の襲来が功を奏し、米戦艦部隊と激突するも当然返り討ちに

第二次マリアナ沖海戦
米;撃沈 ニュージャージー、レキシントンU、プリンストン、護衛空母4隻
  大破 サウスダコタ、クリーブランド、護衛空母3隻
 
日;撃沈 山城、伊勢、武蔵、龍凰、千代田、千歳 重巡9隻、軽巡2隻 駆逐艦12隻
  大破 長門、扶桑、日向、大和(翌日、全艦とも航空攻撃で沈没)
  
結果、神は辞任。艦隊決戦で敗北し水上部隊が壊滅したことで
海上護衛に護衛艦艇が回されるようになり海上護衛総体の発言力が増す
だが、戦争は継続されていく・・・・

最後はルソン決戦(20.4まで)→硫黄島(20.3〜)→八月にソ連参戦、原爆で戦争終結
戦死者がちょびっとへってソ連での悲劇が無くなる・・


平凡になってしまった・・・




418 :名無し三等兵:2006/02/13(月) 07:47:08 ID:???
>>417
むしろ人生に疑問を感じた青年東条が家出して一兵卒として軍に入隊
そのまま古参兵となり下士官から将校に昇進
歴戦の中隊長として大陸へ…のほうが良くなるだろう。

419 :名無し三等兵:2006/02/13(月) 21:07:49 ID:???
本能寺の変で信長は生き延びていたパターンだろうか?

420 :名無し三等兵:2006/02/16(木) 12:59:32 ID:bjNr6KOd
巫女さんを落とすために大日本帝国へと宣戦布告したイタリア。
目的が目的なだけに、イタリア軍の士気は天に届く勢いだった。

リットリオ級に血祭りにされる大和・武蔵。
空母アクラの艦載機によって壊滅する機動部隊。
CR42によって次々に撃墜される零戦。


日本に、巫女に明日はあるのか!?


421 :名無し三等兵:2006/02/16(木) 16:43:54 ID:???
>>420
その手のバカ話なら続きは

メイドスキー&シスター属性な独露が手に手を取り合って伊本国に侵攻w
お留守番なマンマの怒りは怒髪天、ガクブルで本国奪還に向うイタリア軍

でどうよ?w

422 :名無し三等兵:2006/02/16(木) 19:48:17 ID:???
珍しく強いイタリア軍が見れそうなw

423 :名無し三等兵:2006/02/16(木) 20:58:51 ID:???
>>421
猛攻によりフレンチメイドとカトリックのシスターを併呑した独露軍だが、
メイドとシスターの配分をめぐり紛糾、ヨーロッパはふたたび内戦状態に。
そこへ女性の魅力に乏しく放置されていたイギリスが、漁夫の利を狙い参戦。
戦争は泥沼化。

424 :名無し三等兵:2006/02/17(金) 05:05:10 ID:???
まて、メイドってイギリスが本家だぞ(w

425 :名無し三等兵:2006/02/17(金) 17:38:51 ID:nBJmO4Lp
メイドいいね。
ヒィンランド人は美人だから余計萌えるね。
で、架空戦記か
まあいいや

426 :名無し三等兵:2006/02/17(金) 19:42:55 ID:???
メイドコスの舞妓さん
「マイド」は登場しますか?

427 :名無し三等兵:2006/02/17(金) 19:43:28 ID:???
イタリア軍が神に近い攻撃を見せてくれそうだ。

「距離、37000!」
「目標、ヤマト級戦艦。各艦打ち方始め、一斉打ち方」
「各艦打ち方始めました」
「3,2,1,だんちゃーく、今!」
「1、遠、2、近、3、敵艦命中!」
「敵第1、第2主砲より黒煙、発砲不能の様子」
「いいぞ砲術! この調子でムサシも沈黙させてやれ。巫女さんは我々のものだ!」

428 :名無し三等兵:2006/02/17(金) 21:43:06 ID:???
そんな距離でやったら瞬殺されるぞ。


途中まで友好親善の振りして近づいて、15000を切ってから攻撃ならなんとか殺れる。

429 :名無し三等兵:2006/02/17(金) 21:50:29 ID:???
開戦前に甲板にメイドさんを並べて帝国海軍軍人が鼻の舌を長くしてる間に近づくべし。

もちろん乗員が男性だとメイドさんが危ないので、全員女性。艦長は肝っ玉マンマあたりで。


これなら勝てる。

430 :名無し三等兵:2006/02/17(金) 22:28:49 ID:???
>>429
巫女さん奪う意味が無い。。。

431 :名無し三等兵:2006/02/17(金) 22:29:43 ID:???
そもそもイタリア軍が外国軍を圧倒するには、たとえ女がかかっていても、
部隊の人数を11人以下に押さえ込まねばならぬ。

11人で動かせる戦艦を建造すればよい。
空母の搭載機を単座機11機にすればよい。
航空部隊の保有機数を単座機11機を基本とすればよい。

これで無敵だ!

432 :名無し三等兵:2006/02/18(土) 05:43:32 ID:???
>431
・・・とりあえずイタリア空軍の編成調べてこい

433 :名無し三等兵:2006/02/18(土) 14:14:37 ID:???
イタリアン・ヒーロー効果を有効にするには、部隊単位ではなく、
一個の基地に11機までにしなきゃならんのじゃないか?
なんか基地が無数にありそうだな(w

434 :名無し三等兵:2006/02/18(土) 18:06:41 ID:???
イタリア陸軍
師団などは編成せず、すべて分隊で構成。
補給? 戦略? そんなものは何とかなる!

イタリア海軍
11人乗り水雷艇多数保有。
沿岸海軍だから事が足りる。うまくいけば戦艦だって沈められる。

イタリア空軍
四発爆撃機の戦闘機型を配備。もちろん11人乗り。
防空なら上等。


なんだ、簡単じゃないか。

435 :名無し三等兵:2006/02/18(土) 18:25:18 ID:???
> 四発爆撃機
ゲンを担いで11発にしとけw

436 :名無し三等兵:2006/02/18(土) 18:27:12 ID:???
超重爆撃機富嶽のイタリア版か(w
エンジンパワーが足りないから片翼三発づつを五発づつにして、さらに機種にも一発(w

437 :名無し三等兵:2006/02/18(土) 18:43:19 ID:???
投棄可能な上翼を追加してピアッジョ P108を複葉に

438 :名無し三等兵:2006/02/18(土) 20:59:13 ID:???
載っている地図のほうがめずらしい。そんな存在感のないヨーロッパの小国。アレンドラ公国。
若く美しい大公妃が治めるこの国は、グローバル経済のなかで生き残るためにタックスヘイブン
として他国の企業を誘致し、公国政府みずからもヘッジファンドを経営し財源としている、金融国家。
そんな公国ファンドがアメリカの大手ヘッジファンドにそそのかされ、円をあいてに一大博打を
打つものの日銀の無慈悲で強烈な反撃にあい、有象無象のファンドとともに見事に撃沈。
公国政府は破産の寸前にまでおいこまれる。このままでは大公妃さまの日常生活にも支障をきたすことに
なる・・・と憂鬱な公国の忠臣一同。そんなとき、公国お抱えの歴史学者がとんでもない解決策を献策する。
「わが国は1945年に日本に宣戦布告しておりますが、その後わが国の存在をみんな忘れていたため、
講和条約は結ばれておりません。つまりわが国と日本はいまだに戦争状態なのであります。そこで
提案です。わが国は日本に侵攻して講和条約を強制して賠償をとり、それを基に財政を再建するのです!」

突拍子もない提案に一同呆然とするも、事態にまともな解決策なし。公国はダメ本で日本に侵攻作戦を実施する。
総兵力15人、武装は軍旗が一本と刀剣のみ。
「日本人は戦争なんて忘れてる。ま、俺達も戦ったことなんて500年ほどないが・・・」
はたして公国と日本の運命はいかに?

・・・本ネタがわかりやすすぎるかなw

439 :名無し三等兵:2006/02/18(土) 21:03:49 ID:???
そして「平和のための努力」を輸出する日本。

440 :名無し三等兵:2006/02/18(土) 21:26:19 ID:???
企業戦士ジャパニーズビジネスマンを傭兵として輸出する日本。

441 :名無し三等兵:2006/02/18(土) 21:44:11 ID:Nc7FZNAZ
大本営発表を元にして考えた

珊瑚海海戦で、日本側は米英艦隊の戦艦「カリフォルニア(テネシーを急遽改名)」 、
「ヨークタウン」、「レキシントン(サラトガを改名)」を撃沈。更にキャンベラ、ウォースパイトを大破。
これに対し「祥鳳」を失う。

正直・・・・・どうだろう・・・

442 :名無し三等兵:2006/02/18(土) 21:45:34 ID:Nc7FZNAZ
「ヨークタウン」、「レキシントン」は航空母艦だった。

誰か441に付けたしおねがい

443 :名無し三等兵:2006/02/18(土) 22:00:15 ID:???
>>438
確かにネタはわかるけどw 日銀砲で撃破された後なわけねw

「敗戦」後日本から破産管財人がやってきて、GHQよろしく立て直し拍手喝采うけつつ去っていく

ショートショート系のオチになりそうだw

444 :名無し三等兵:2006/02/18(土) 22:10:12 ID:???
>>443
グランドフェンイック大公国もアメリカ(のワイン醸造業者)に虐待されたためにやむを得ず
戦争に訴えたわけですから。まあ小国が大国に喧嘩を売るなんてよほどの事情がないかぎり
ありえないですし。ただ日銀の円防衛の巻き添えを食ってだと、同情が減ってしまうかな?

445 :名無し三等兵:2006/02/18(土) 22:23:23 ID:???
戦争状態を盾にするなら経済破綻も軍事作戦の一環とその破綻で済まされそうだな
なんつっても喧嘩売った先は現在アメポチだw

446 :名無し三等兵:2006/02/18(土) 23:17:53 ID:???
 天皇陛下はウルティマオンラインで遊ぶことが好きだった。
しかしウルティマワールドは殺伐としている。侍従らが交代
で自キャラを操作し、陛下のキャラを影から援護していた。
(陛下のキャラに遭遇しそうなモンスターを狩っておく、
PKキャラを排除しておく等)

ある日のこと、ウルティマ世界で陛下は自称アメリカの
女子高生が演じるキャラに誘われて、侍従の護衛が伴わ
ないままでダンジョンへと入った。しかしそれは罠で、
陛下が苦労して集めた金品や不動産、レアアイテムを
目的としたPKたちによって、陛下のキャラは惨殺さ
れる。陛下は軽く鬱に入り、紀宮様も女の子を産んだ。

 宮内庁は激怒した。皇族の血を引く防衛庁長官も
憤怒し、全自衛官の中から選りすぐった333人の
ネットゲーマーを官費でウルティマ世界へと投入。
他に数人の皇宮護衛官もウルティマ世界に潜入する。
警視庁のサイバー犯罪捜査部門もが名を売るチャンス
としゃしゃり出て、陛下をハメた腐れプレイヤーども
を狩りださんと動き始める。

447 :名無し三等兵:2006/02/18(土) 23:31:16 ID:???
リ○ージュで日韓大戦とかそういうのきぼん

448 :名無し三等兵:2006/02/18(土) 23:32:38 ID:???
リュージュ?

449 :名無し三等兵:2006/02/19(日) 04:19:26 ID:???
まあ、宮家の方々にとってはネットで下々に混ざれるってのはおもしろい体験なのかもしれんな。

……ふしあなトラップとか引っかかったらあれだがw

450 :サヨ@犬隊長:2006/02/19(日) 04:54:21 ID:???
そのPK連中もタイ国王とかの各国王族だったら嫌ゲだな。

自称アメリカ女子高生がエリザベス女王とか(w


キッズウォーみたく、途中でリアルな国家間陰謀を動かすゲームに発展したりして。

451 :名無し三等兵:2006/02/19(日) 04:59:15 ID:???
ぉぃぉぃタイ王国になんか私怨でもあるのか?
PKやるような下司の国籍は決まってんだろw

452 :名無し三等兵:2006/02/19(日) 07:56:37 ID:???
大国がのさばることは否定しながら
大量破壊兵器による抑止力はしっかり肯定しちゃってるから
あの本は仮想マニアにとって鬼門のような気もするが

453 :サヨ@犬隊長:2006/02/19(日) 07:58:08 ID:???
いや、単に王族で真っ先に思い出したから。
次に思い出したエリザベス女王はオチに使っちゃったし。


あ。ヘンリー王・・・

454 :名無し三等兵:2006/02/19(日) 09:19:20 ID:???
その多国籍のロイヤルファミリーはいったいどこのサーバーで遊んでいるんだよ

455 :名無し三等兵:2006/02/19(日) 09:25:11 ID:???
水戸黄門のように下々の苦しみを理解しようとネットを漫遊する子孫の話
水戸黄門引き篭もり記

456 :名無し三等兵:2006/02/19(日) 13:25:54 ID:???
>451
その国には王族がいないんじゃないか。
あっ! 北朝鮮か!

457 :名無し三等兵:2006/02/19(日) 19:06:20 ID:rkzkGMmF
幕末自衛隊。
ヘリ搭載護衛艦に土方歳三指揮の切込隊を搭乗させ、政府甲鉄艦を強襲。

わりと普通。


458 :逝け袋キター!愚痴:2006/02/19(日) 22:14:08 ID:???
土方が南軍のモスピーズ・レイダースみたいなゲリラ戦を展開、資金・兵器・義勇兵まで露・仏が提供し、英米新政府連合軍と激戦の末に講和。
色々あって二次戦前には赤化北海道が帝国に睨みを効かせてる。

459 :名無し三等兵:2006/02/21(火) 12:54:33 ID:???
紆余曲折あって白色日本と連合軍を組むとき、初めて日の丸が翻るのですね


460 :名無し三等兵:2006/02/22(水) 19:38:29 ID:???
共産日本と手を組んでも
赤白半分じゃないと納得してもらえないんじゃなかろうか

461 :名無し三等兵:2006/02/22(水) 20:53:20 ID:???
インドネシアの国旗かい!

462 :名無し三等兵:2006/02/22(水) 22:08:40 ID:???
オーストラリア(+ニュージーランド)
をイギリスのものにしないで別の国にしたらどうなるか考えた。

何故か日本語と英語がごちゃ混ぜ

S型駆逐艦
サイクロン ストーム サンシャイン ソードマン スノーマン 
桜 薄 スワロー 深海 蒼海 

T型駆逐艦
トルネード タイフーン 轟 ターコイズ タロット 
トータス トート 天狗 大海 

等など


463 :名無し三等兵:2006/02/23(木) 10:57:45 ID:???
どのあたりから歴史改変するのかな?イギリスの植民地にならなかったと
しても、18世紀のオーストラリア原住民が自力で国民国家を打ち立てるのは
無理ぽ。代わりにフランスかオランダかポルトガルの植民地になるんじゃ
ないかな。
オーストラリアに到着した最初の白人は、オランダのWillem Janzで1606年。
イギリスのクック船長が到着したのは1770年で、その後イギリスによる
植民地化が進んだ。
日本が進出するとしたら、江戸幕府が鎖国しないでオランダと一緒に
東南アジア進出→オーストラリア進出ってところかな。

464 :名無し三等兵:2006/02/23(木) 12:38:04 ID:???
なぜかスペインの植民地>オーストラリア
米西戦争でアメリカの州に。
当然WWIでの中部太平洋の日本委任統治は認められず。

開戦時からマリアナ沖状態。っての今思いついた。

465 :名無し三等兵:2006/02/23(木) 17:10:29 ID:???

レーガンの強行政策によって米ソの緊張は頂点に達し、ついに核戦争が勃発。核の炎で焼き尽くされた
世界に「核の冬」が訪れた。しかし、長くても数年とされていた冬は半世紀を経ても終わらず、地球
全体が一千メートルを超える氷河で覆われた。海も山も谷も全て氷の下に埋まり、見渡す限りまっ平らな
氷の平原が出現した。わずかに生き残った人類は、分厚い氷と地面を掘ってやっと得られる僅かな
資源を頼りに生活することを強いられた。そして、「生きる為に手に入れた資源を守る者」と、「生きる
為に資源を奪おうとする者」による、生き残りを賭けた戦いが始まった。

零下50度を下回る気温と、一年中吹き続けるブリザード。航空機なんぞ上がるわけもなく、
歩兵の行軍や下車戦闘など自殺行為に等しく、太陽は出ても視界はゼロ。しかも、作戦地域までの
移動距離は数千キロ単位。かくして、原子炉を動力とし、居住施設を持った砲とミサイルてんこ盛りの
巨大戦車で編成された大軍団が、氷の平原を突っ走る!






  ・・・・・・・地上の戦艦を復活させたかっただけです、ごめんなさい。   

466 :名無し三等兵:2006/02/23(木) 17:17:46 ID:???
オーストラリアを米英に関係ない海軍国だとして
やっぱり仮想敵国はアメリカになるだろう
ということは最初の攻撃はフィリピンで行われるだろうな


467 :名無し三等兵:2006/02/23(木) 21:34:49 ID:???
>>465 白銀の聖域? 氷上帆船だけどね。

468 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 14:10:42 ID:???
>>465
資源乏しい割に贅沢すぎるんじゃまいかw

469 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 14:43:50 ID:???
ダーウィンあたりに日本人街(つか、交易拠点)が出来てて、そっから内陸の開発が進んだら〜

とか考えたが、あの辺ぜんぜん交易路じゃないからダメだなorz>おーすとらりあ

470 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 17:05:21 ID:???
>>469
其処をどうにか強引に纏めるのが仮想戦記作家の腕の見せ所

471 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 20:38:45 ID:???
故郷を追われた鍛冶師の一族が移民してきて、鉱山開発&製造業主体で開発、なんてのを考えた事なら。



472 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 22:01:50 ID:???
西暦5000年辺りから未来人の一団が(ry

473 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 22:23:32 ID:???
世界史板に該当スレがあった気ガス>おーすとらりあ

474 :名無し三等兵:2006/02/25(土) 14:16:13 ID:???
1944年8月。
もはや敗色濃厚な独逸のバルト海沿岸に、謎の巨大隕石が落下。
調査の結果、それは大気圏外から落下した異星人の機体と判明。
発見された瀕死状態のヒューマノイド型異星人を尋問した結果、
驚くべき事実が明らかとなった。
・・・太陽系近傍では2種の異星人が長らく戦争状態にあり、
ヒューマノイド型異星人は次第に劣勢となりつつある。
しかも彼らこそは、かつて類人猿に遺伝子操作を施し、人類発祥の基礎を
築いた種族であるというのだ。
異星人は、独逸政府に技術供与を申し出る一方、戦争勝利の暁には
星間戦争に協力せよ、と取引を持ちかける。
・・・かくして、レールガン・戦術核・パワードスーツを装備したSS第六装甲軍が
クリストローゼ作戦に臨む。

そのころ、アラスカでは、アメリカミスカトニック大学の調査隊が、
人類発祥遥か以前の遺跡を発掘していた。
全ての知的生命の天敵・クトゥルーの目覚めであるとも知らずに・・・

475 :名無し三等兵:2006/02/25(土) 16:54:07 ID:???
そこで邪神解放戦線の出番ですよw


476 :サヨ@犬隊長:2006/02/26(日) 02:29:03 ID:???
ふと、その時代の南方戦線において、数々の(あまり強くなかったりする)妖怪が出現する展開を思いついた。
その中心、あるいは特異点に存在したのは、人間にして妖怪の領域に踏み込んだ男、水木しげ(ry

かくして第二次世界大戦は異星人vsクトゥルーvs妖怪の代理戦争のおもむきに。

477 :名無し三等兵:2006/02/26(日) 02:41:11 ID:???
WW2で日本軍でクトゥルーってジョージがweb小説で書いてなかったか?
ショートだけど

478 :名無し三等兵 :2006/02/26(日) 04:02:09 ID:???
黒い顔の観音様にお告げを頂く・・という一節が商業作にあったな

479 :名無し三等兵:2006/02/26(日) 04:03:40 ID:???
黒くて顔のない観音様ジャマイカ?

480 :名無し三等兵:2006/02/26(日) 04:06:19 ID:???
>>476
熊野の山奥に隠棲する妖怪たちが
大戦の折に軍への協力を申し出たが
陛下にたしなめられ、不干渉を貫く

というのなら、書いた事が・・・

481 :名無し三等兵:2006/02/26(日) 09:27:09 ID:???
そこで808狸の登場ですよ

482 :名無し三等兵:2006/02/26(日) 18:52:56 ID:???
>>481
軍板宗主からヘルプにきた801狸が掩護するですね!1!!!1!11!!

483 :名無し三等兵:2006/02/26(日) 19:37:34 ID:???
>>479
黒い腹の観音様だろ

484 :名無し三等兵:2006/02/26(日) 20:31:48 ID:???
>>477 これか。
ttp://www.asahi-net.or.jp/~ft1t-ocai/jgk/Jgk/Public/Other/Story100/story-81.html

485 :名無し三等兵:2006/02/26(日) 21:28:22 ID:???
日英同盟がWWUまで存続した世界で天皇がロンドンに訪問した時
バッキンガム宮殿で歓迎の夜会を行ってる最中、ドイツの爆撃隊が
誘導爆弾で宮殿を爆撃、天皇一行は無事ながら英国王室は全滅、
なぜか暫定的に天皇がイギリスの全権を握ってしまった・・・つー夢を工房の時に見た。

486 :Call50 ◆D6llXYFFyA :2006/02/27(月) 01:07:11 ID:???
紺碧方式のネタでひとつ。
紺碧のに「だれそれの魂に現代人(別に孔明でも誰でもいいんだが)がのりうつった」は
というのは有名すぎる状態にある。
大抵は山本五十六などの日本人に未来の日本人が乗り移って大活躍だが、それだけでは
飽きる。
それではルーズベルト大統領?これはほっといても勝つから駄目。
それではチャーチル首相?同上。
それではムッソリーニ統領?ある意味面白そうだが今回はパス。
それではフランコ総統?WW2に積極介入してもなー
それではヒトラー総統?「なにわの総統一代記」というすごいものがあるからなー
とゆー事でシュガシヴィリことスターリンおぢさんに現代日本人がのりうつってもらいましょう。

歴史を知っているがゆえに粛清をやりたがらなかったり、妙にものわかりがよくなってベリヤを
はじめとるする側近は混乱。そーしているうちに粛清をしないもんだからスターリンが「甘くなった」
と判断して追い落としを図る連中が出てきた。
中身日本人なスターリンは、このまま現実路線続けて権力から追い落とされて殺されるか、それ
とも粛清に手を染めるか悩む事に…


ソヴィエトを舞台にした架空戦記はないなーと思ったが、同時に売れないなーとも思ったり。

487 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 03:02:25 ID:???
陸上戦艦大和はルーズベルトにJFKが降りてメタメタだったんだがw

488 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 03:03:39 ID:???
そりゃ相手が悪い(w

アグリカルチャーだもの(w

489 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 03:08:37 ID:???
キンメルに未来キンメルが降臨して戦艦を湾外に出したら全部サルベージ不能っての有ったよな
ナッチーだっけか?

490 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 03:16:34 ID:???
小泉純一郎首相が、小泉又次郎に憑依!

「あれ、夢か‥ふゎぁ‥‥いかんいかんうたた寝してしまった。変な夢を見たな‥」
「あ、首相。お起きになられましたか。」
「いや安倍くん、申し訳ない。次の予定まで何分あるかな?」
「はい、次の予定は、日満安保条約の延長に関してに、満州国大使との談話の予定です。」
「え?」

491 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 03:40:02 ID:???
スターリンは面白そうなんだがなあ。
なにわの総統と同じ方式でソ連のためにできる限りのことをしようとすると
現在の中国の修正社会主義を最終的な目標にするのが一番かな?
過剰な粛清はともかくロシアの文化風土からして一定の粛清は避けられないのではないか

大祖国戦争序盤からソ連軍が後退を許可されて包囲殲滅がなし、
さらに戦車の集中投入戦術を採用するだけでドイツ軍の攻勢は止まりそうだな
トハチェフスキーとそのシンパは粛清済みだとしても何とかなりそうだ。
そも、歴史を知っているならドイツ軍が返り討ちになりかねない。
すると日本がバスに乗り遅れるなと参戦することもなくなるなあ。
アメリカも参戦しないぞ。ドイツ全土+イタリアまでが東側になって大戦終結か?

492 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 17:09:58 ID:???
いつ入れ替わるかにもよるな。
開戦前なら独ソ不可侵条約を結ばずに英仏と組むという選択肢もあるわけだし。

493 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 17:30:06 ID:???
レーニン存命中に入れ替わってトロツキーと両輪体制

そんな恐ろしいソ連なんか凄く見てみたいw

494 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 17:36:49 ID:???
スターリンをシベリアへ直送しトロツキーが支配したソ連

495 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 19:53:15 ID:???
何をとち狂ったのかワシントン条約で一万トン以上の排水量をもつ艦艇の保有が禁止されて
戦艦と大・中型空母がない世界の太平洋戦争という夢を転寝してる時に見た。
高雄が単装40cm砲積んでたり一航艦が龍驤級で編成されてたりで中々ワケワカメな夢だった。

496 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 20:33:38 ID:???
>>494 そりゃ三木原の「鋼鉄の紋章」だ確か。打ち切りだけどさ。

497 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 20:54:35 ID:???
あふれんばかりの巡洋艦を量産したはいいものの、
水上砲雷撃戦のできる大佐は1000人も量産できなかったアメリカ。

498 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 21:23:52 ID:???
>>495
ふつうに陸攻(米軍なら重爆)が量産されて艦隊あぼーんな悪寒

499 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 22:16:33 ID:???
もはや出尽くした感のある戦艦大和タイムスリップものでひとつ。

昭和20年4月、沖縄へと水上特攻を敢行すべく徳山を出撃した大和は豊後水道で濃霧に遭い、二水戦各艦を見失ってしまう。
それどころか電探にもまったく艦影が写らなくなってしまいパニックに陥る第二艦隊司令部。
やがて霧は晴れたが、やはり二水戦は見当たらない。が、その代わりに左右両舷に見渡す限りの大艦隊が!
なんと大和は第一次世界大戦中のかの有名なジュットランド沖海戦の最中に飛び出してしまったのだ。
元の世界の盟友ドイツに味方するか、当時の日英同盟を遵守するか、それとも・・・
第二艦隊指令伊藤整一の決断は!?そして大艦巨砲全盛の時代に突入した大和の運命は!?

500 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 22:25:33 ID:???
それはおもしろそう!

501 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 22:47:15 ID:???
そりゃ普通に面白そうだ。というか、どうせなら二水戦丸ごと飛ばした方がいい。

日本軍水準の電探でもその時代なら絶対兵器だし、水上機も最新鋭戦闘機を上回る無敵機だし…やべ燃えてきた。

502 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 23:12:22 ID:???
しかし、海戦中に飛び込んだとして、状況を即座に理解できるのかな?

それ以前に、ドイツ大海艦隊と英国本国艦隊両方から撃たれそうだ…


503 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 23:22:20 ID:???
とりあえず英国は日の丸見れば接触取るんじゃないかな。
問題は伊藤中将が先にドイツ艦隊と話そうとした場合だが、問答無用で撃たれたりしていやおうなく
反撃、とか。
タイムスリップしたと状況知れば、親英米だし英国艦隊に協力しそう。

504 :名無し三等兵:2006/02/28(火) 09:18:57 ID:???
1917年のイギリスの技術力で作れないものがほとんどない(笑)
主砲も装甲も現物さえあればらくらく作って見せそうだ。

大正の欧州の工業水準>昭和の大日本帝国の工業水準だから。

505 :名無し三等兵:2006/02/28(火) 14:39:41 ID:???
>>504
装甲だが、VHの冶金学的特性の再現に米が成功したのは1953年。
(これは希少資源やコスト抑制も含め、後戦車用圧延装甲の参考とされ生かされてる)

冶金や何かは戦間期に長足の進歩遂げてるからなぁ。
工業水準の面で現物さえあればキャッチアップは容易になるだろうが、時代の差はやっぱ大きいよ。

506 :名無し三等兵:2006/02/28(火) 14:46:57 ID:???
>>505
先の再現だけど、あくまでl(量産可能な上で)特性の再現ね。
サンプルや試片から再現するのは難しいだろうが、実験室とか少量生産レベルでただ
物を再現するだけなら、資料と現物ある分もっと早いと思う。

大和クラス以上になると、1917年の英で再現の際問題になるのはドック等の設備と弱電回りかな。

507 :名無し三等兵:2006/02/28(火) 18:01:01 ID:???
大和級がポストジュットランド型になるのかw
その世界のWWUには一体どんなモンスター戦艦が勢揃いするのか、想像しただけでテラオソロシス

508 :名無し三等兵:2006/02/28(火) 18:06:05 ID:???
水上艦の経費対効果が悪化したせいで、
むしろ早く航空主兵主義が到来しそう

509 :名無し三等兵:2006/02/28(火) 18:22:38 ID:???
しかし大和の所為で対空電探ももたらされてるからな。WW2あたりには夜間空襲がデフォになってる悪寒。

あるいは英国あたりが技術を独占して帝国再建とかやり始めるかも試練。
で、大和に敗れたドイツはいつかあの化け物戦艦をこえる戦艦を造ろうと無い国力を振り絞るとか

510 :名無し三等兵:2006/02/28(火) 18:30:12 ID:???
そして十年早くヤマトファイトが始まるんですね!!1!11!!

511 :名無し三等兵:2006/02/28(火) 18:56:54 ID:???
大和だけじゃくて二水戦も一緒なら酸素魚雷ファイトになるかも
大和造るより阿賀野や陽炎の方が費用効果じゃ有利だろうし

512 :名無し三等兵:2006/02/28(火) 21:40:37 ID:???
レーダーと誘導酸素魚雷による夜戦…うわ、何か萌える
…しかし戦艦も捨てがたい、八八艦隊がオール18インチ越えなんて萌える…一方その頃米は三二〜四八隻一六インチ戦艦を作ってますけどね

513 :名無し三等兵:2006/02/28(火) 22:37:51 ID:???
ハードウェアとしてのヤマトの存在よりもソフトウェアとしての伊藤中将他のWW2の記憶の方が影響力大きくないか?
まあ「記録」じゃなくて「記憶」なので、言い方によって、捉えられ方もかなり変わるのがまた悩ましい

514 :名無し三等兵:2006/02/28(火) 23:27:07 ID:???
とりあえず日英同盟は何が何でも存続汁! と、陸軍の馬鹿参謀の暴走を始まる前に叩き潰せ!の二点はネジ込むだろうな>一億総特攻の魁艦隊

515 :名無し三等兵:2006/02/28(火) 23:30:11 ID:???
当たり前の話だが、WWTに大和が寄港できる軍港は存在しないわけだがどうするんだ

516 :名無し三等兵:2006/02/28(火) 23:34:10 ID:???
普通の港に商船として入港しよう!

ん?砲?これは花火発射装置ですよ?
花火を主砲と高角砲で全力射撃
機銃で火花を打ち上げる大和
平和願いつつ大和は全世界を周回するのであった・・・・

517 :名無し三等兵:2006/02/28(火) 23:38:51 ID:???
>>515
寄港はできるだろ
普通に沖泊して艀で移動すりゃ良いんだから

518 :Call50 ◆D6llXYFFyA :2006/03/01(水) 01:01:56 ID:???
酔ったいきおいで紺碧方式でまた一つ。

有名どころのWW2期国家元首の中に、未来の本人や未来人の魂が入ってしまった。
当然「よし。歴史知ってるからかなり有利だ」とニヤニヤした、が

自国が異常なレベルで荒廃しているので、歴史の変更よりも建て直しに苦労す
るハメになった世界を描く架空戦記。

例1:粛清をやりすぎて国家維持に支障が出るレベルにまで悪化したソヴィエト
例2:硬直化がタングステンレベルにまで進んだ官僚制度に苦しむイギリス
例3:世界恐慌のダメージが大きすぎ、有名企業が軒並み倒産し、技術は散逸
教育や設備投資もできなくなるほど困窮したアメリカ。
例4:人口爆発が発生し、移民をさらに大規模にすすめないと人であふれる日本。
例5:WW1講和時に小国に分割され、しかも対立するよう仕向けられて戦争多発
の独逸。

問題はほとんどが内政話になることか。
あーでも不満をそらすために戦争にうったえるがあまりにも困窮しているので戦争
がむちゃくちゃしょっぱくなりそー
なんだか陸上戦艦やまとみたいな話だけどまーいっかー

519 :名無し三等兵:2006/03/01(水) 06:40:34 ID:???
今朝方、紺碧式転生者である東条英機中尉がその前世記憶を綴ったメモを、
石原莞爾少将が執拗に付け狙うという夢を見たのですが

520 :名無し三等兵:2006/03/01(水) 11:11:57 ID:???
仮想戦記になりそうな題材なら4か5ですね。
2はゴーメンガーストだし3は高い城の男みたいになりそうですね。

こういったタイムスリップで権力者が入れ替わるというネタを考えていたら。
なんつーか眉村卓の司政官シリーズを思い出した。
連邦から派遣された司政官と未来から来た未来記憶の持ち主の違いはあれど
その行動、現地の権力を持ちながら、現地の問題を常に高みの視点からみて、
苦悩と挫折をしつつ、より良い方向に社会を導くという面では同じじゃないかな。


紺碧などはこういった視点をまったく能天気に排除しているんだよなあ。

521 :名無し三等兵:2006/03/01(水) 12:16:02 ID:???
ついでに決して権力基盤は十分でない、というのも共通点かと。
未来から来ようが現時代での権力がなくては何もできない。
逆に、改革しようとすればすでにある基盤を揺るがしかねない。
司政官もSQ1以下のロボット官僚がついてきているだけだったものな。

522 :名無し三等兵:2006/03/01(水) 12:17:20 ID:???
日本にはないがたぶん欧州にはある。
商船規格で45650トンのアキタニア号が、
開戦前に完成してるぐらいだから。

知ってるかい。大日本帝国が使用したもっとも大きなドックは、
セレター軍港のキングジョージ6世ドックなんだよw

523 :522:2006/03/01(水) 12:18:43 ID:???
あ、ヤマトが入渠できるドックの話ね。

524 :名無し三等兵:2006/03/01(水) 12:22:12 ID:???
大戦前夜、突如として地球が平らになり地図のような世界に
日本式なら大西洋が、欧米式なら太平洋が分断される。

前者ならアメリカの支援を連合国が受けにくくなるからドイツ有利
でも猛攻を受ける日本ヤバス。
後者なら逆であろう。

525 :名無し三等兵:2006/03/01(水) 13:26:13 ID:???
世界の端から流れ落ちる海水に巻き込まれて壊滅する各国海軍ww

526 :名無し三等兵:2006/03/01(水) 17:01:39 ID:???
ネオアトラスを思い出したw

527 :名無し三等兵:2006/03/01(水) 17:29:30 ID:???
>>522-523
ダウト。

              (拡張工事終了年)   サイズ
  呉四号(造船船渠)      1937      314m×45m   
  横須賀六号船渠       1940      335m×48(51)m
  佐世保第七船渠       1941      332m×47m   

 シンガポール
  セレター第一船渠
  キングジョージVI.世ドック   1939      306.62m ×39.62m


528 :527:2006/03/01(水) 17:39:33 ID:???
ちなみにキングジョージVI.世ドックの対応排水量は65,800トン。
(地盤の問題で底の強度がちと少ない)

英海軍が保有した主要乾ドックの中ではこれが最大(他は長さ260m台前後)
だから、造修設備の制約は日本以上に厳しかったといえるな。

・・・見方によっては日本のほうが恵まれてると言うのも・・・もちろんアメリカは論外な。

529 :名無し三等兵:2006/03/01(水) 17:46:57 ID:???
条約時代ド真ん中なら日本が有利かもしれない。

あの時代に戦艦造船船渠4つも維持してたキチガ’(ry

530 :サヨ@犬隊長:2006/03/01(水) 23:41:40 ID:???
実に「無茶しやがって」のコピペが似合う國だったな・・・

531 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 03:08:16 ID:???
>>499
それ、吉田の「続・超空の神兵」初期プロットに近い
沖縄沖海戦から帰還途上の大和が日本海海戦に参加、
その後グレートホワイトフリートを偶発戦闘で撃滅、第一次大戦でもドイツ艦隊を圧倒し、
その後世界中がポスト大和型戦艦を建造し始め、
アメリカがグレートホワイトフリートとそれに続く第一次太平洋戦争の復讐に超大和型戦艦ひっさげて
第二次太平洋戦争をふっかけてくるってお話だが

532 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 22:02:39 ID:???
ヤマトファイトの源流はその辺ですか…ってM田さんですか?>>531氏。

533 :俄将軍:2006/03/03(金) 18:47:38 ID:???
第二次改装後の金剛、比叡、榛名、霧島が、ジュットランド沖海戦の数ヶ月前
に、インド洋近海に出現するのでは、大和ほどのインパクトはなく、という
ことになるのか、などと。

534 :名無し三等兵:2006/03/03(金) 19:28:54 ID:???
金剛型はやっぱ平屋の頃の方がカコイイよな
扶桑・山城は改装後の不法建築みたいな方がカコイイけど

535 :名無し三等兵:2006/03/04(土) 01:54:36 ID:???
 ミッドウエー戦直後の日本に現代の愛知県がタイムスリップ、トヨタイズムに覆い尽くされカイゼンの嵐が吹き荒れる帝國。
 一方、凋落著しいビッグ3の根拠地デトロイトが、大軍備拡張下のデトロイトと入れ替わる。戦争よりもUAWとの増産交渉に
苦しめられる米政権。
 東海地震との時間競争の中、果たして帝國は勝利をその手に掴むことができるだろうか。
『カイゼン太平洋戦争』

536 :俄将軍:2006/03/04(土) 03:52:59 ID:???
>>534
第二次改装後の金剛型は、大年増になっただけ、ということになるのと、悲
しすぎるということになるのか、などと。

不法建築を思わせる魅力に関しては、同意せざるをえないわけですが。

>>535
トヨタイズムだけに、落ちは、お客さん、カンバンですよ、ということになる
のか、などと。

537 :名無し三等兵:2006/03/04(土) 19:03:17 ID:???
>>518
このスレの初めの方で考えてたのは3のパターンなんだよ
ただそんなはっきりとした原因があってアメリカが弱いんじゃなくて
なんとなく負けが込んで俺たち勝てないんじゃないかと思い込んでしまってる
状態。イギリスが爆撃機どんどん落とされてるのを見て「ああB-17なんて
いっぱい作っても身の破滅だな…B-23適当に作っておけばいいか…」とか
イギリスがノースアメリカンにP-40の生産を頼みに行ったら「…わかりました
準備ができたらお受けします…でも我が社はカーチスの飛行機を頼まれたから
生産するだけですよ…誰かに聞かれたらそう言ってください」と答えるとか。

538 :Call50 ◆D6llXYFFyA :2006/03/05(日) 01:12:18 ID:???
>>518の話なんだが、例を全部採用してしまおうとたくらんでいたりした。
で、列強が困窮した文の富をどこにまわそーかと企んでみたが…南米
しかないんかな?問題はあったがいろいろ国力あったし
あとは、イタリーとか、北欧も面白い?

539 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 02:12:01 ID:???
そこでオーストラリアの早期独立を

540 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 09:11:05 ID:???
アメリカと戦争をしないで日本軍が三国人を征伐する話をつくってよ


541 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 09:39:26 ID:???
>540
イスラエルvsハマスの市街戦みたいなのを読みたがる人は少なかろう

542 :俄将軍:2006/03/05(日) 12:29:59 ID:???
>>538
列強が困窮した分の富が、何れかに流れるゼロサムゲームな、世界経済になる
とは、限らないということになるのか、などと。

相対的に、列強以外の経済力が、大きく見えるだけ、ということになるのか。

>>540-541
市街戦の前に、情報戦ということになると、スパイであり、見目麗しき女性諜
報員ということになり、男娼な諜報員という嘆美な作品世界を構築してみる
というのは、如何なものか、などと。

18禁仮想戦記に、新たな地平を、ということになるのか。

543 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 12:32:47 ID:???
誰か軍オタでも満足できるようなエロゲシナリオを投下してくれ

544 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 12:37:21 ID:???
>>543
嗚呼、従軍慰安婦戦記

545 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 13:27:59 ID:???
そういうのは21禁板でやっとれ

546 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 14:06:49 ID:???
第三帝国が「最終的解決」としてシオニストと組んでユダヤ人のパレスチナ移民を推進
結果親独的なユダヤ人が増加し二次大戦開戦後
国外からのユダヤ人義勇兵からなる「SSソロモン王師団」が編成される。

547 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 17:16:40 ID:???
日清日露両戦争で日清ではチェコ銃と赤痢
日露では機関銃と脚気で甚大な被害が出た日本軍
陸海軍どちらも人員が不足し100%の充足率など夢のまた夢
国力回復の為大本営や軍本部や近衛師団を解散して
さらに各省庁を統合や軍に吸収したりリストラクチュアリングしても全国で深刻な男手不足の日本
そんな日本の軍部の会議で・・・・・

陸軍士官「兵士の数がが足りない・・・・・・」
海軍士官「海外ではこんな張り紙があるらしい」
女性が写っている海外の徴兵のポスターを大量に取り出す
陸軍将校「これだから海軍は!男がいないのに徴兵なんてしても意味が無いだろう!!元から海軍の・・・」
とそこで将校の発言を遮る人が出てくる
陛下「そうか!!これだ!!何でこんな簡単な事に気が付かなかったのかね?」
陸軍大将「??どうゆう事ですか?陛下?」
陛下「兵士を女性にすれば良いのだよ!男手は足りなくても
    女手はまだ何とか足りているしむしろ余ってるではないか」
陸軍大将「そんな無茶な!大体何処もそんな事やってないですよ」
陛下「我々が世界で始めて行えば良いでは無いか!これは大発見だ!」
陸軍大将「しかし他の責任者達が納得しますかねぇ?」
陛下「文句があるのかね?ならまず私達皇族が行えば満足かね?」
その他全員「えーーーー!!!」

そんなこんなで女性だらけの軍になった日本(しかも昭和天皇から天皇も女性に)
世界でも国際戦争法で強姦はナニを××に入れたらアウトで
逆ならOKなので突撃一番を配るだけで後は何もしなくても良い為日本に追従する各国(除イスラム)
で何故か連合艦隊司令長官に就任した男性が主役の仮想戦記
>>543こんな感じ?

548 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 17:28:06 ID:???
なにそのスカストもどき

549 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 19:00:08 ID:???
超宇宙戦艦「大和」

191X年、南極を調査していた探検隊が、謎の古代遺跡を発見。
各国からの調査隊が調査をした結果、これが1万年以上前の古代文明の都市である事がわかった。
この古代文明は現代を上回る高度な科学を持つ事が分かり、遺跡内には謎の遺物が多数発見された。
その中でも最大の発見が、古代人が宇宙船の動力にしていたと見られる「反重力装置」だった。
この装置が今でも使用可能らしいことが分かると、列強各国の調査隊はこの数十基の反重力装置を
奪い合うようにして持ち去っていった。
そして研究により「装置に電気を流す事で反重力が発生する事」「電気の操作で反重力の調整が
出来る事」を解明し、さっそく各国はこの装置を組み込んだ宇宙船を製造。
こうして人類は帝国主義のメンタリティのまま宇宙進出を開始したのだった。

宇宙時代を迎えた事で、軍隊にも新たな使命が与えられた。
それは「宇宙船、特に反重力装置の防衛」である。
反重力装置は原理も構造も不明、コピーどころか分解も修理も不可能。
この装置を失えば、その国は宇宙進出に大きな打撃を受ける事になる。
そこで列強各国は最強の戦闘ユニット、すなわち戦艦に反重力装置を組み込み宇宙戦艦を建造して
宇宙船の防衛を行う事にした。
宇宙戦闘は宇宙戦艦同士が戦い、破れたものは反重力装置を失う。
そしてすべての反重力装置を失った国は敗北して宇宙進出の手段を失い三等国に転落する。
これが新たな戦争ドクトリン「宇宙決戦思想」である。

550 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 19:00:28 ID:???
我らが大日本帝国においても、宇宙戦力の拡充は急務の課題となった。
資源の乏しい日本にとって、宇宙資源の確保は国の存亡をかけたものになるからだ。
そこで海軍は、国力で勝る列強に対抗すべく、決戦兵器となる巨大宇宙戦艦「大和」の建造を開始した。
大和は貴重な反重力装置を2基搭載し、従来の戦艦の2倍以上の巨艦となった。
数が少なく貴重な反重力装置を1隻の船に2基も積む事は常識はずれの事であり、これをあえて行う事で
技術で勝る列強の戦艦を上回る圧倒的な戦闘力を手にする事が出来ると考えたのだ。

そして1940年、月面資源の独占を計るアメリカの宇宙覇権の野望を阻止すべく、アメリカ宇宙艦隊の
拠点となる宇宙ステーション「パールハーバー」を目指して、宇宙戦艦大和を中心とする宇宙連合艦隊が
出撃するのだった。


第二次大戦の技術で宇宙戦争というネタはどうだろう?

551 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 19:22:34 ID:???
で、反重力装置の小型化に成功した第三帝国はハウニブを投入するのねwwwwwww

というのは冗談で凄い面白そう><
ただ、生命維持装置の技術がないと宇宙に出ないで高高度で戦う方が自然になってしまうし、
月面あたりで、たまに発見するとかしないと、損失を恐れて戦争が起きない気が・・・

552 :551:2006/03/05(日) 19:23:25 ID:???
ただ、推進装置は未来技術で他が20世紀中葉レベルというのは楽しそう><

553 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 19:28:54 ID:???
WW2頃の技術だと気密が不完全で出撃した艦隊は片っ端から窒息潰滅とかw

ところでどんな武器で殴り合うんだ?
デカい砲とか撃つと吹っ飛んだり回転したりで大騒ぎっぽいぞえ

554 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 19:56:54 ID:???
つ「ドリル」

ってのは冗談にしても、体当たりってのはアリかも

555 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 19:59:45 ID:???
避けられたらすっ飛んでくし、
当たれば双方ダメージ食らうし、
宇宙空間での衝角戦は命がけだな

なんかスペイン名物っぽいような気もするけど

556 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 20:02:25 ID:???
衝角突撃ときたら接舷斬り込みも欠かせまい

557 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 20:33:59 ID:???
機関の重要性を考えればかなりありそうな展開ではあるよな。接舷斬りこみ。。

558 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 20:50:26 ID:???
真空中をどうやって?

559 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 21:56:40 ID:???
>>558
陸戦隊長「よーしみんな息止めろ」
日本兵は真空中での持続時間の長さで知られていた・・・
元ネタは聞かないで・・・

560 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 22:00:42 ID:???
>>559
あの原作は真鍋節全開で結構燃えたのにアニメがグダグダな作品でつね。

561 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 22:27:46 ID:???
宇宙要塞ソロモンを構成するガダルカナル・ポートを巡って消耗戦が起きるのですね

562 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 23:29:08 ID:???
宇宙で派手な戦いが行われている間、地上でもしょっぱい戦いが…

チハすらない陸軍がレーザー銃で武装した米軍とジャングルで戦闘。
ウォーカーマシンに丸太ぶつけて倒す帝国陸軍燃え。

563 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 23:46:45 ID:???
圧搾空気で射出する酸素魚雷?ならなんとかそのまま宇宙で使えそう。

564 :名無し三等兵:2006/03/06(月) 00:05:41 ID:???
しかしなあ。当時の電子技術で戦争するには、あまりに宇宙は広すぎると思うんだが。
戦場を地球〜月のガンダム並の世界に限定したとしても、すれ違うことすらできそうにないぞ。
さらに武器の有効射程が数km〜数十kmじゃあ話にならない。
そも、戦艦の速度が秒速数十kmの世界で大砲の弾なんて止まっているようなもんだろ。

…ビクトリア朝の海戦みたいに、ごく近距離で大量の弾をばら撒きあう戦いになったり。
しかも相対速度が馬鹿でかく、気密などの技術が未発達のため一撃必殺に近い。。

565 :名無し三等兵:2006/03/06(月) 00:19:11 ID:???
もう一つの世界から艦隊が東京湾に転移してくる
その世界はww2並の艦艇数を保持していて近代化済み、あげく大日本帝国が覇権を握っている(アメリカも凄いがカルフォルニア州が地震で沈んで太平洋からは手を引いている)

ただし転移してきた艦隊はあちらの日本のものでなくややこしいことに白ロシアの艦隊、日系人が沢山いるため意志疎通はできる、

戦艦4(サウスダコタ相当2・先の艦の46センチ換装バージョン・榛名)
空母2(ミッドウェイ級相当)
砲戦型重巡4・CG×3
DDG×2・DD×12

ミサイルだけでなく砲装備にも予算がかなりついてたらしくミサイルディフィンスがえらく硬い(ミサイル性能はこちらの世界より↓砲装備↑)

米軍は別の世界を知り、手を汚さずにやんわりと消しにかかり
浦賀水道の封鎖で大消費都市東京は困ったことに、東京湾横断道路に並ぶ74式に第一護衛艦隊
旭新聞のヘリが警告無視して艦隊に近づき撃墜され艦隊側は硬化、しかしまだあるが、石油は確保したい
日系人と元日本艦艇の榛名以下の存在にニッテイのなんたらとファビョる半島に中国は補給をしたら宣戦布告宣言

果たして紳士的に艦隊は御帰りねがえるのか

題名アカなんて大っ嫌い♪

566 :サヨ@犬隊長:2006/03/06(月) 00:34:27 ID:???
形状的には潜水艦っぽくなるんじゃ無いかな。それも海上航行の必要がないので葉巻型に。
あ、密閉は良いとしても空気をどうすんだ?

やっぱり大気の薄い超高空で空気圧搾装置を積んだ鋭角の物体が飛行する感じにならないかな?
高度30〜50kmくらいで。
それなら敵と遭遇しやすいし。

>540
アメリカが中国利権を狙うようになるころ、つまり明治以降は無理。
そして三国人という呼び方が生まれたのは欧米人が日本人の意識の中心になるころ。
つまり歴史や文化レベルから改変する必要がある。

567 :名無し三等兵:2006/03/06(月) 01:00:33 ID:???
各国で船の形状が異なるとか。
合理主義ドイツは球体、ロマン派日本は通常の船に近く、アメリカは葉巻型。
ロシアはゴリアテみたいなゴテゴテの空中要塞、デザイナーイタリアは鋭角体。
フランスは飛行船型で、イギリスはどんなんだろ。

568 :名無し三等兵:2006/03/06(月) 01:34:09 ID:???
パンジャンドラム型

569 :名無し三等兵:2006/03/06(月) 01:37:38 ID:???
帆船型。しかも木造。

570 :名無し三等兵 :2006/03/06(月) 01:39:59 ID:???
エゲレスお得意の「何で誰も止めなかったのさ」的大迷走かw

571 :名無し三等兵:2006/03/06(月) 02:06:50 ID:???
でも切り込み前提だからなぁw

572 :名無し三等兵:2006/03/06(月) 02:10:43 ID:???
>>567
ドイツって○ペっすか?

>>568
中の人はそれこそ大変だw

573 :名無し三等兵:2006/03/06(月) 05:50:01 ID:???
>571
そこで艦首ドリルの出番ですよw

574 :名無し三等兵:2006/03/06(月) 23:24:54 ID:???
関東大震災が12時間早く発生した世界

→震災手形の発行量が少ないので経済混乱が現実より軽度
→後藤新平の帝都改造が実現
→空母「赤城」「天城」竣工(加賀は廃艦)
→中国満州への進出は米英仏と仲良く
→1940年東京オリンピック開催

RSBCとあまり変わらないなぁ…


575 :名無し三等兵:2006/03/07(火) 17:42:20 ID:???
サンフランシスコ大地震が50年早く発生した世界。
復興に足を引っ張られてアメリカは孤立主義の天下に。

576 :名無し三等兵:2006/03/07(火) 17:48:29 ID:???
もひとつ。ピナツボ火山が50年早く噴火するのもおもしろいかも。
スビックとクラークが機能を失ってしまい、復興援助と称してさっさと占領する日本軍w

577 :名無し三等兵:2006/03/07(火) 17:55:24 ID:???
ドイツ国防陸軍総司令官にムタグニーチェ元帥が就任
同じく軍医本部総本部長にモリーニ・オウガー医師が就任

マジノ線に無補給のまま正面突撃して全滅する陸軍師団
さらに伝染病や感染症でばったばった死んでく各軍将兵
第二次世界大戦が1940年中に終わっちゃいそうな仮想戦記

578 :名無し三等兵:2006/03/07(火) 18:22:13 ID:???
林太郎は伝染病や感染症には対処するだろ
能力が追いついてるかどうかはともかくw

しかしドイツの食生活で脚気ってのも考えにくい罠

579 :名無し三等兵:2006/03/07(火) 18:51:37 ID:???
関東大震災と阪神大震災と東南海地震と南海地震が一度に起きたらどうなるかな

580 :名無し三等兵:2006/03/07(火) 19:48:26 ID:???
相互に振動が相殺しあってノーダメージw

581 :名無し三等兵:2006/03/07(火) 21:02:04 ID:???
近代の戦争と疫病といったら忘れちゃならないのがスペイン風邪。
史実よりもう少し伝染力と死亡率が高くて、欧米の人口が1920年までに
激減してWW1が自然休戦状態になった世界なんてのは?


582 :名無し三等兵:2006/03/07(火) 21:23:55 ID:???
1913年から流行し始めて第一次大戦自体が起こらなくなっちゃうとか。

583 :逝け袋キター!愚痴:2006/03/07(火) 21:47:01 ID:???
成人男子がはしかにかかりまくり生殖能力が落ちまくる!


584 :名無し三等兵:2006/03/07(火) 21:55:54 ID:???
 史実じゃあツングースカに落ちた彗星はどこに落とすのが一番効果あるだろう?

585 :名無し三等兵:2006/03/07(火) 22:11:50 ID:???
>>581 あれはアメリカの田舎町の産だから、アメリカが本格的徴兵を始めないと世界に広まらない悪寒。
(アメリカ産のソースは、「史上最悪のインフルエンザ」アルフレッド・W・クロスビー みすず書房)

586 :名無し三等兵:2006/03/07(火) 22:17:58 ID:???
>>585
確かアメリカの田舎の連隊の調理兵がスタートだったですな

587 :名無し三等兵:2006/03/07(火) 22:29:22 ID:???
>584
つメッカ
つエルサレム
つモスクワ
つローマ(バチカン)

宗教を絡めると出版できないか…

588 :名無し三等兵:2006/03/07(火) 23:19:40 ID:???
>>587
つワシントン

589 :俄将軍:2006/03/08(水) 01:30:33 ID:???
>>587-588
ロンドン、ニューヨークというのは、如何なものか、などと。

590 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 02:28:14 ID:???
南極。

氷が溶けて海面が上昇し世界中が戦争どころではなくなる…
そこまでの威力はないか。

>ロンドン
当時のロンドンの国際金融センターと海底ケーブル網が消滅したら
世界恐慌どころの騒ぎじゃないな。
ニューヨークが発展するのはだいぶ先の話しだし。

591 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 07:43:23 ID:???
>590
>海面が上昇し
オランダが酷い目に合いそうです
確かに戦争どころじゃないかと

大挙してジャワに移住とか
日本軍としては、攻めづらい事この上ない

592 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 09:20:01 ID:???
>>584
1889年4月20日のオーストリア=ハンガリー帝国のブラウナウ

593 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 12:42:09 ID:???
ヒトラーがいなくなる以前に二重帝国が大打撃を受けて
第一次大戦が早まらないか?

594 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 13:54:55 ID:???
グルジアじゃダメなの?

595 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 20:51:17 ID:???
南京もいいかも

596 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 20:57:31 ID:???
フッケバイン!
フッケバイン!
フッケバイン!

597 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 21:01:34 ID:???
呉大空襲直前の昭和二十年七月、突如として重巡青葉が忽然と姿を消した。
青葉乗員が気が付いた時、そこは漆黒の闇に包まれたサボ島沖だった!
なんと青葉は手痛い失態を犯したあのサボ島沖海戦の日にタイムスリップしていたのだ!
あの日の雪辱が晴らせると沸き立つ青葉艦内。だがしかし、今の青葉には燃料が・・・

虚しくも漂流する青葉はあの日の第六戦隊を救えるのか!?
これは、燃料のない青葉を騙し騙し操って第六戦隊を救うべく奮闘する青葉乗員の汗と涙と笑いの戦記である。


ちなみに次巻では重巡利根がミッドウェイ沖に(ry

598 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 22:21:29 ID:???
>>597
五藤君が昭和二十年の青葉を敵と誤認して攻撃しそう・・・


599 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 22:48:16 ID:???
>>598
そこで「ワレ、アオバ」

600 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 23:06:24 ID:???
>>599
それに返して「ワレ、アオバ」

601 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 23:10:57 ID:???
最後に五藤君がびびって反転してハッピーエンドな訳だな

602 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 23:20:17 ID:???
延々「ワレ、アオバ」を繰り返しててアメさんに見つかるってオチはどないだ?w

603 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 23:21:16 ID:???
米艦隊「ドレ、アオバ?」

604 :名無し三等兵:2006/03/09(木) 00:24:33 ID:???
↑戦場に飛び交う「ワレ、アオバ」に混乱するスコット少将

605 :俄将軍:2006/03/09(木) 00:44:10 ID:???
混乱するサボ島沖に、隕石が落下してくるところで、クライマックスを迎える
のですね。

606 :名無し三等兵:2006/03/09(木) 01:10:32 ID:???
隕石の中から異星人が!

607 :名無し三等兵:2006/03/09(木) 01:12:27 ID:???
五藤提督そっくりの異星人と五藤提督が入れ替わって帝国海軍大パニック!?

608 :名無し三等兵:2006/03/09(木) 15:52:29 ID:???
MIBも動き出し
戦争そっちのけの情報戦へ!

609 :俄将軍:2006/03/09(木) 18:08:43 ID:???
>>606-608
落下した隕石で死んだ帝国海軍の水兵さんに、ウルトラマンが、乗り移ること
は、定説ということになるのか、などと。

第二次大戦中に、人知れず、ウルトラマンが、宇宙人や、怪獣と戦うというこ
とで、目撃されたUFOの正体の説明もつくということになるのか。

610 :名無し三等兵:2006/03/09(木) 18:51:26 ID:???
で、青葉はどこに行った?

611 :名無し三等兵:2006/03/09(木) 19:11:16 ID:???
燃料が無いから流されてサボ島沿岸の浅瀬で座礁、浮き砲台になったと安心して
スコット艦隊砲撃してたら流れ弾が17年青葉艦橋、古鷹、吹雪に命中。
あまりの展開に自失茫然となったところをスコット艦隊に反撃されて大破
で、その後空襲の終わった呉沖に帰ってくるというブラックユーモア話


のつもりだったんだが流れが流れなんで正直困った。(笑)

612 :名無し三等兵:2006/03/09(木) 19:41:41 ID:???
スバル大田工場に納入するためにインプレッサ用タービン2000個を積んだ
大型トラックが落雷で1944年の同地へタイムスリップした世界

→航空機エンジン1機あたり4〜6個タービンを使えば流用可能
→陸軍と海軍で2000個のタービンを奪い合い
→貴重な時間はほとんど奪い合いの政争に終始
→結局試作機で高性能を確認した時点で敗戦


613 :名無し三等兵:2006/03/09(木) 20:57:43 ID:???
>>612
ひでぇwww
けど実際もそうなるだろうけど



614 :名無し三等兵:2006/03/09(木) 21:01:49 ID:???
>612
いっそ10億個ぐらいタイムスリップさせれば(w

615 :名無し三等兵:2006/03/09(木) 21:38:56 ID:???
電子レンジ10万台も送り込んだらどうよ?

616 :名無し三等兵:2006/03/09(木) 22:13:42 ID:???
>615
殺人光線でB29を墜とそうって研究が活発化して、
で、
何も変わらない?

617 :ボー&bow ◆nCOdVecG1w :2006/03/09(木) 22:17:59 ID:???
PSE法の煽りを受けて山間部に不法投棄された電気製品がタイムスリップ
高品質すぎる真空管を大量にゲットした帝国陸海軍の明日はどっちだ?

……ゴミになるんなら在庫を不法投棄するよ、っつーインタビュー聞いててふと思った。

618 :名無し三等兵:2006/03/09(木) 22:48:34 ID:???
>>616 レーダーに改造、と615は言いたいんじゃないか? 「波動大戦」でやってたよ。

619 :名無し三等兵:2006/03/09(木) 22:58:45 ID:???
電子レンジのマグネトロン管は安定性が高いからねぇ
電探に使えるか知らんけど

620 :名無し三等兵 :2006/03/09(木) 23:40:39 ID:???
さいきん後継者不足などで余り気味の漁船が魚群探知機や
レーダーとセットで・・・

621 :サヨ@犬隊長:2006/03/10(金) 00:15:47 ID:???
いやー、魚群探知機やレーダーってけっこう高価で、使ってない漁船も多いらしいからそれは無理ポかも。

身の回りの物が過去に飛んで歴史が大きく変わるネタか・・・
オーソドックス(?)なところで電卓とかどうだろう。

622 :名無し三等兵:2006/03/10(金) 00:23:05 ID:???
>>621
最近の電卓はワンチップで全部まかなっているから、内部構造を
解析できない時点でアウトだと思われ。

むしろ80年代の廃棄家電100トンのほうがおもしろいかもなー

623 :名無し三等兵:2006/03/10(金) 00:37:44 ID:???
現代の日米が二次大戦直前にタイムスリップしたらおもしろそう。

624 :サヨ@犬隊長:2006/03/10(金) 00:47:06 ID:???
あえて内部解析できず、技術的に計算能力のみを突出させようと考えたわけ。
でも、話がネタとしてあまり広がらないのは改めて言われると確かに。


・・・ちょっと危ないネタで原子力発電所一基とか。

625 :名無し三等兵:2006/03/10(金) 01:01:44 ID:???
タイムスリップして面白そうなってえと…

…つくば市から土浦市あたりが、つくばでやらかした何らかの実験ミスで飛ぶのはどうかな。
並ぶ大学、研究所、陸自の補給処に武器学校。それぞれの中の人。
更に、極秘の首都防衛要塞施設(つー噂は本当にあるw)まで、かなり面白くなりそうだが。 

626 :名無し三等兵:2006/03/10(金) 01:18:46 ID:???
ゲルトラ1tも送り込んでやりたいが、
最近プレミアムとかついてるんだよなぁ

627 :名無し三等兵 :2006/03/10(金) 01:20:51 ID:???
それ、「上書き」するってことか?

予科練が消えちまうし・・それに何より当時は日本最大の色街とも
言われていた土浦の桜町が、閑散としたソープ街になっちまうぞ!
あぶれた兵隊さんが大暴動だ!

628 :名無し三等兵:2006/03/10(金) 01:30:27 ID:???
もうこうなりゃ、第一次外惑星動乱の前夜の木星をまるごとタイムスリップとか。

629 :名無し三等兵:2006/03/10(金) 01:30:29 ID:???
大学にイキのいい無戸籍のが腐るほど(ry

630 :名無し三等兵:2006/03/10(金) 01:33:40 ID:???
>>626
ゲルマニウムトランジスタ?

631 :名無し三等兵:2006/03/10(金) 06:09:23 ID:???
現代の仏伊が二次大戦直前にタイムスリップとか

632 :名無し三等兵:2006/03/10(金) 06:48:08 ID:???
>>631
仏が即座に独ソに核打ち込んで終了ジャマイカ?

633 :名無し三等兵:2006/03/10(金) 09:26:46 ID:???
1960年代のソ連が1935年にタイムスリップ


634 :名無し三等兵 :2006/03/10(金) 14:32:42 ID:???
>>633
そして二人のスターリンが殺し合いをはじめると

635 :名無し三等兵:2006/03/10(金) 15:36:11 ID:???
死んでるって。

636 :名無し三等兵:2006/03/10(金) 15:37:41 ID:???
冗談抜きで世界制服できるだろうな・・・

637 :名無し三等兵:2006/03/10(金) 21:08:15 ID:???
1990年のゴルバチョフがマルクスのもとにタイムスリップ

638 :名無し三等兵:2006/03/10(金) 21:42:55 ID:???
じゃぁ、逆に1930年代のソ連が現代にタイムスリップ。

639 :名無し三等兵:2006/03/10(金) 22:08:43 ID:???
樺太GEEEEEEEEEET!!!!

640 :俄将軍:2006/03/10(金) 23:57:38 ID:???
1996年のロシアが、1980年に、タイムスリップというのは、如何なも
のか、などと。

641 :名無し三等兵:2006/03/11(土) 09:01:34 ID:???
現代のアフリカが1860年くらいのアフリカに……

642 :名無し三等兵:2006/03/11(土) 11:11:33 ID:???
五藤提督だけ後世世界に転生

後世世界で「ワレ、アオバ」

643 :名無し三等兵:2006/03/11(土) 17:50:22 ID:???
某第三新東京市で「ワレ、アオバ」

「二人居る!!」w

644 :名無し三等兵:2006/03/11(土) 18:39:41 ID:???
信長消失

本能寺襲撃直前、丹波国人の検地反対一揆を理由とする明智軍の襲撃は
光秀の翻意によって中止された。しかし、それを不満とする旧幕府集及び丹波国人の
武将が暴走。所属を隠し僧兵や諸勢力の残党を煽りたて本能寺及び二条城を襲撃。
結果、信長・信忠は死亡。明智光秀はあわてて関係者を秘密裏に処罰。
真相は不明と成る。

織田信考は光秀決起と勘違いした津田信澄に返り討ちに、双方共に討ち死にする
織田信雄は慌てて伊賀越えをするも落武者狩りに遭い討ち死に。
家康は無事帰還し三法師(秀信)を保護。
滝川一益は織田家が滅んだわけではないと説得に成功し上野北信濃を保持
秀吉は急遽大返しを行い光秀と信長下手人討伐を行う
柴田勝家は上杉と泥仕合

その後、家康を秀信の後見人とする集団指導体制で織田家は進み、四国と上杉を服従させる
家康は権力を高めていき、服従した上杉家を謀反の兆しありと追討を行う
しかし、秀吉は家康の専横を危惧し親友の光秀を誘い幼い秀信を総大将として安土にて決起を行う。
世にいう関ヶ原の戦いである


645 :名無し三等兵:2006/03/11(土) 18:46:44 ID:???
西軍 十一万
羽柴秀吉(宇喜多・黒田・摂津集・与力含む) 三万五千
明智光秀(摂津集・旧幕府衆・細川・筒井含む) 三万
丹羽長秀 五千
小早川隆景 一万五千
雑賀衆 二千
蒲生氏郷 二千

日和見(松尾山に配置)
前田利家 一万一千
長宗我部元親 五千
四国勢 五千

東軍 十万二千
徳川家康 三万五千
滝川一益 一万二千
柴田勝家 二万五千
佐々成政 8千
金森長近 二千
北条氏邦 二万五千
森長可 三千


中山道
東軍 二万五千 酒井忠次・石川数益・徳川秀忠・北条援軍
真田勢 五千

646 :名無し三等兵:2006/03/11(土) 18:47:27 ID:???
という関ヶ原が個人的に見たかった><

647 :名無し三等兵:2006/03/11(土) 19:13:26 ID:???
中国海軍明級潜水艦がWWU直前にタイムスリップ!愛国心にはやる乗員達はいきりたって
日本海軍を攻撃しようとするが、実は党にも国家にも冷め切っていた政治士官がボソッと一言
「・・・補給とかどーすんのかな。それにこの艦めっちゃ旧式だから、この時代の艦にそんなに
アドバンテージがあるわけでもないし。艦隊一つ全滅させて、俺らも終わりだよ?」

冷静になった乗組員の決断は?仮想戦記「さまよえる中国人」

戦闘シーンはありません。ただただ悩む乗組員達の姿を描きます。

648 :名無し三等兵:2006/03/11(土) 20:39:40 ID:???
>647
漢級原潜でやった方が面白くないか?
日本領海を侵犯し、海上自衛隊に追いまくられた漢級原潜がWW2最中にタイムスリップ

日本海軍を攻撃するのか?米国海軍を攻撃するのか?
食料品が残り少なくなり、選択の余地が徐々に狭くなっていく艦内で乗組員は、政治士官は、艦長はどんな決断を下すのか

649 :名無し三等兵:2006/03/11(土) 20:55:22 ID:???
>>648
さすがに漢級でも、原潜ともなると歴史を大きく変えてしまうでしょう。中国版ジパングになってしまうと思います。
たいした力がないがゆえの悩み苦しみなわけでして。
祖国は侵略者の横暴に苦しんでいる。でも自分にはそれを変えるほどの力がない・・・

650 :ボー&bow ◆nCOdVecG1w :2006/03/11(土) 20:56:44 ID:???
漢級は潜航したい時に潜航できなくなったりしちゃいそうだからお勧めできない

651 :名無し三等兵:2006/03/11(土) 21:02:05 ID:???
>649
日帝を攻撃すると、気持ちはすっきりするけど、米国が史実よりもさらに強力になるかもしれない。
でも、米国を攻撃するのは日帝を利する。
今のところ祖国はまだ建国される前…

しかも、頼みの原子炉の調子が悪い…
史実を(有る程度)変える力はあるけど、
(直接的に)祖国のためになる選択肢が見あたらないところがミソで

652 :名無し三等兵:2006/03/11(土) 21:08:37 ID:???
なんて事を日本近海でガラガラ良いながら潜ってやってると、
日帝や米帝に見つかって沈められかねんぞえ

653 :名無し三等兵:2006/03/11(土) 23:37:01 ID:???
>651
サンフランシスコ沖でメルトダウン、これが一番
どうせ戦略じゃなくて攻撃原潜だし

654 :俄将軍:2006/03/12(日) 03:12:56 ID:???
>>653
何故、ニューヨークまで、足を伸ばさないのだろうか、などと。

655 :名無し三等兵:2006/03/12(日) 03:44:40 ID:???
マゼラン海峡で沈みそうだしw

656 :サヨ@犬隊長:2006/03/12(日) 03:55:17 ID:???
むしろ国民党をどう扱うかが主眼になりそうな気がする。
当時は完全な日本領である台湾をどうするかは置いて、日帝に対して共闘しつつも反目を続け、
大戦終結後にすぐさま戦う相手だ。
それでいて中国の主導権は国民党が握っている。

>651
> 日帝を攻撃すると、気持ちはすっきりするけど、米国が史実よりもさらに強力になるかもしれない。

それはないと思う。
米国にとって日本が敵となりえないのは同じだし、どうせ戦後の日本は米国の下につくし。

657 :名無し三等兵:2006/03/12(日) 12:27:57 ID:???
しかし日帝を43年とかに始末してしまうと、
中共が農村を再編する前に内戦が来る可能性が。
打通作戦やビルマでの打撃とかがない分だけ、
国民党の戦力は多く残ってるはずだし。

まー、それでも、根っこが腐ってる国民党に勝ち目はないんだけどね。

658 :名無し三等兵:2006/03/12(日) 14:09:09 ID:???
>654
その場合、遥かなる星シナリオが始まるのではないかと

659 :名無し三等兵:2006/03/13(月) 05:28:58 ID:???
2006年、岩国。
空母艦載機の移転案は住民投票で否決。
しかし政府はそんなことを全く無視して移転を強行する。

業を煮やした住民団体・平和団体はついにある手段に打って出る
イスラム過激派との同盟。
立場は違えど米軍を嫌悪する気持ちは同じ。

そして低空飛行する米軍機に対して対空ミサイルが撃ち込まれ、次々に基地が爆発していく・・・

660 :名無し三等兵:2006/03/13(月) 21:38:22 ID:???
うわそれ大石あたりそのうち書きそう

661 :名無し三等兵:2006/03/13(月) 22:27:46 ID:???
>659
岩国基地周辺にイスラム過激派が武器を大量に持ち込むの?
それとも、岩国基地周辺の住民がテロリストの訓練キャンプで修練を重ねて、
武器も持ち帰るの?

その辺をクリアできなさそうだが

662 :ボー&bow ◆nCOdVecG1w :2006/03/13(月) 22:32:05 ID:???
・東広島の弾薬庫襲撃して敵の武器略奪
・中国火工にシンパ作って秘密裡に適当な代物作る そのあと武器は敵から奪取
レジスタンスに供給されたリベレーター拳銃みたいな感じで

ダメそうだな……

663 :名無し三等兵:2006/03/13(月) 22:38:33 ID:???
ちょっと変えてみる。

2006年、岩国。
空母艦載機の移転案は住民投票で否決。
しかし政府はそんなことを全く無視して移転を強行する。

業を煮やした住民団体・平和団体はついにある手段に打って出る
人民解放軍の招致。
立場は違えど米軍を嫌悪する気持ちは同じ。

米軍基地を包囲する形で有志により提供された土地に非武装で合法的に駐留する人民解放軍
(観光ビザで来日、期限内に帰国)

だめだ、続かない…

664 :名無し三等兵:2006/03/13(月) 23:22:18 ID:???
>>663

本国からの補給もなく、金銭的な援助もない。
あるのは住民団体から提供されるわずかばかりの(軍隊の食事に比べて)食糧。
途方にくれる人民解放軍の苦悩と工夫を延々と書いて
ガチ戦闘とかはほんの数頁とかどうよw

665 :名無し三等兵:2006/03/13(月) 23:24:09 ID:???
期限内に帰国しちゃだめだろww

666 :名無し三等兵 :2006/03/13(月) 23:57:03 ID:???
しかし脱走者続出で流れ解散状態に

667 :名無し三等兵:2006/03/14(火) 00:14:02 ID:???
軍食に比べて僅かだと餓死者出ないか?

668 :名無し三等兵 :2006/03/14(火) 00:47:58 ID:???
地雷原・・・の予定地でなし崩しに畑作開始

お願いだから開戦は収穫が終わってからにしてくれ
替りに適当なところで降伏するから・・と密かに頼み
こまれる自衛隊

669 :664:2006/03/14(火) 02:25:11 ID:???
>>668
そこは、軍営企業というアレな風土のある人民解放軍。
周りの住人をあの手この手で立ち退かせ、どんどん広がる畑作地域。
そしていつのまにか、騒音地域のほとんどが人民解放軍の畑作地域になってしまったのである。
かくして、岩国市の騒音問題は解決されたのだ。

−これはそんなある日の夜の一幕

岩国の空には星が溢れ、その中を米軍のF/A-18EがNLPのため
爆音をまき散らしながら着陸態勢をとっている。
それを見上げる人民軍兵士が二人
「なぁ、俺らってなんで日本に来たんだっけ?」
「忘れたよ。それよか、さっさと飯にしようぜ」

670 :名無し三等兵:2006/03/14(火) 18:38:42 ID:???
何かのショートショートみたいなうまい落ちだなw>>669

671 :名無し三等兵 :2006/03/15(水) 00:22:20 ID:???
そして岩国の新観光名物に「解放軍の朝市」が加わって久しい。
品質にうるさい日本人客に合わせ、最近は品質もずいぶん向上
している。

収入も安定し、企業としての解放軍は上手くいっているようだ。
農業で儲かる、ということじたい、彼らの本国ではまず考えられ
ないのである。
彼らを捨石同然にここへ放り込んだ本国からは、泡を食って譴責
やら召喚命令が届けられたが、代表取締役兼司令官は通信アン
テナをへし折ることで答えた、という。


672 :サヨ@犬隊長:2006/03/15(水) 01:29:22 ID:???
水さすようだけど、人民解放軍は中国国内だと異常に優遇されてるし、そういうエリートであれば
中国と日本の経済格差はそんなに無いから、必ずしも日本に居続けたがるって事はないだろうと思う。
土地で生活する内に愛着がわくって事はあるだろうけど。

韓国あたりだと南北格差がすさまじく、それでいて潜入作戦が多いから、リアルでそんな事があるそうだ。
韓国に長年潜入して、家庭を作って子供も出来て、もう北朝鮮の勝利はありえないとわかっている工作員の
悲哀を描いた映画があったような・・・

673 :名無し三等兵:2006/03/15(水) 01:55:57 ID:???
豊田有恒の短編で世界中のめぼしい軍隊に駐屯してもらうネタがあった気ガス

674 :名無し三等兵:2006/03/16(木) 10:20:27 ID:???
ここはひとつコスタリカ軍に…


675 :サヨ@犬隊長:2006/03/16(木) 23:41:31 ID:???
いや分かってると思うけどコスタリカに軍無いから。
警備隊みたいなんはあるけど、重火器くらいしか持ってないのよね。
貧乏国で、あえて軍事費を抑えて別の部署に金を回す政策を取っているわけで。
まあ、平和団体が呼ぶとしたら人民解放軍よりはありうるけど。

>673
イタリア軍がレーション調理、イギリス軍がティータイム担当、アメリカ軍が物資提供・・・
・・・と予定を立てたら一個づつずれてイギリス軍が調理、アメリカ軍がティータイムとなって、
全軍が「違ーう!」と叫ぶわけでつね。

676 :名無し三等兵:2006/03/16(木) 23:43:37 ID:???
>>675
人民解放軍はキニシナイ

677 :名無し三等兵:2006/03/16(木) 23:48:00 ID:???
>>675
コスタリカの秘密の軍隊を知らないのか?
あ、なんか宅配便届いたみたいなんで取って来ます

678 :サヨ@犬隊長:2006/03/17(金) 00:13:00 ID:???
ええと、あれはあれで・・・

679 :名無し三等兵 :2006/03/17(金) 00:35:42 ID:???
米海軍と合同演習したり、米陸軍から特殊部隊の訓練を受けたり、
武装ヘリやロケット砲等小規模のゲリラの侵攻くらいなら独力で対抗
できる兵力もあるし・・・。

まあ、アメリカのすぐそばで集団保障条約を結んでる国だからこそ
できる「離れ業」だ罠

軍隊じゃない、警察ていど、・・・と言いくるめてあの国に無理やり夢を
見ようとする、一部のお花畑の住人はなんとかならんものでしょうかね




680 :名無し三等兵:2006/03/17(金) 00:40:50 ID:???
国境警備隊程度とでもしておけばいいさ。

681 :サヨ@犬隊長:2006/03/17(金) 01:28:20 ID:???
原則として軍隊という名称じゃないんだし、法によって軍を持つ余裕を持たせつつ抑制され、自衛隊と違って
法が相当に機能しているし、力も国によっては警察ですら同程度の装備を持てる程度にすぎない。
日本だって、警察は自衛隊と共に訓練したりしている。

僕は、コスタリカに全く重火器の類いが存在しないって言ってる人を見た事がないんだ。
外交能力の高さに裏打ちされた軍事費の抑制と国家予算における教育費率の高さをうらやんでいるサイトを
見かけた事はあるけど、そんなのは少数で、そもそも左系サイトではコスタリカ自体の話題が少ない。

何となく、実在しない空想的平和主義者を仮想しているような気がするんだよね。
そんなにネットの思想にくわしいわけじゃないんで、そういう人が多い場所もあるかもしれないけども。


・・・んー、中南米繋がりで思い出したけど、ペルーは日本に宣戦布告してるよね?
それをネタにした仮想戦記を1つ。

682 :名無し三等兵:2006/03/17(金) 14:40:02 ID:???
1884年12月、閔妃一派の武力排除を計画していた金玉均一派は、日本公使が
独断で密告を行った守旧派によるカウンタークーデターを受け壊滅した。
続く東学党蜂起や日清戦争での朝鮮の対応を見た伊藤博文以下の日本政府要人は
その民度の余りの低さに呆れ果て、台湾と同様の直接統治や大規模な開発投資による
根拠地化を諦めた。
結局、朝鮮改め大韓王国から得たのは釜山−漢城−義州間の鉄道敷設と重に黄海沿岸の
港湾使用権、周辺の開発権と守備隊駐屯権、そして巨済島・済州島の租借のみに留まった。
日露戦争では初期兵力の満洲軍を朝鮮鉄道(鮮鉄)で送った他は主に海路で輸送補給が行われ、
満洲に足掛かりを得た日本にとって最早韓国は防波堤の役割しか期待されていなかった。

1910年、韓国の国内格差は日本が造営した計画都市・大田をはじめとする鮮鉄沿線の発展地域と、
主だった列強資本からも素通りされたその他貧困地域の間で異常に拡大し、大院君の晩年に
ようやく守旧派が一掃された時には国家財政は破綻の瀬戸際にあった。
そして済州島は日本に有償割譲された。疲れ果てた朝鮮の民草は賤民の島が他国の物となっただけ、
懐が暖かくなったついでに厄介払いが出来たとしか考えられなかった。

済州島と周辺の島々は黄海道と呼称され、半ば近くを軍用地として接収する代償として日本本土に
準じた開発が行われた。最初に着手されたのは教育だった。
自ら進んで格落ちの黄海道知事となった伊藤博文は、早速新設された中学校開校の場でこう述べた。
「諸君らは紆余曲折の末に縁あって日本の国民となった。
 確かにこの黄海道は他者の手によって売り買いされたのだろう。
 だが、かつて日本を支配した徳川家康公も幼少のみぎりにわずかな金で売り渡され、
 又、諸君らの故郷と同じく売られたコルシカ島からはあの英雄ナポレオンが生まれた。
 そう、諸君らは現代のナポレオンたれ!」

683 :俄将軍:2006/03/18(土) 01:55:00 ID:???
>>682
>そう、諸君らは現代のナポレオンたれ!」

某宗教団体のナポレオン展など、連想したり、ということになるのか、などと。

684 :サヨ@犬隊長:2006/03/18(土) 07:30:18 ID:???
>683
お、そこに繋げてくるか!

685 :名無し三等兵:2006/03/18(土) 10:15:32 ID:???
伊藤がデュゴミエで再生された。

686 :名無し三等兵:2006/03/18(土) 23:02:20 ID:???
まーアレかな、朝鮮への開発投資を抑えてうんぬんというIFに持ってくのかな>682
史実の朝鮮は北部=工業、南部=農業のはずだけど、これだと北部の工業化は鮮鉄本線から
自前の鉄道を伸ばした範囲どまりになっちまうよな。
それとも開発するかわりに人的資源の供給源化=日本の軍事リソースを海軍寄りにするトリック?

687 :名無し三等兵:2006/03/19(日) 23:14:30 ID:???
朝鮮系の青年が軍隊を出世の踏み台にした結果、日本軍の中枢が朝鮮系で占められるってネタが、「京城・昭和六十二年」であった気がするなそういや。

688 :名無し三等兵:2006/03/19(日) 23:18:06 ID:???
占められる前にさすがに制限すると思うが
すげー優秀だったりしない限りは

689 :サヨ@犬隊長:2006/03/19(日) 23:25:05 ID:???
実際に獅子身中の虫になろうと軍隊に入った朝鮮人もいたらしいけどね。

>682を見返してみたら、植民地の反抗勢力を内輪もめさせる策謀にも見えた。
インド内のイスラム教徒をイギリスが支援して独立運動を混乱させて、パキスタンが分離した感じ。
そういう事やると、植民地政策をやめた後にとんでもない火薬庫になっちゃうけど。

690 :名無し三等兵:2006/03/19(日) 23:26:41 ID:???
諸葛亮位の頭脳なら偉くなれるかも

691 :名無し三等兵:2006/03/20(月) 10:15:53 ID:???
>688
同じ人間だから実力にあんまり差はないし、白将軍みたいな人も結構居るから人口比ぐらいは占められるんじゃないかと

ニダザーフッドの読みすぎか

692 :名無し三等兵:2006/03/20(月) 10:30:58 ID:???
日本がまともな経済発展すればありえるでしょう。
戦後世界のように中産階級がしっかりそろって、
軍人になりサラリーマンの方が収入もステータスも大きい社会ができれば。
もっとも、大日本帝国体制と植民地主義=土地信仰が続いてる限り、
まともな経済発展などまずありえませんが。

693 :名無し三等兵:2006/03/20(月) 16:03:52 ID:LZ2eK1bS
ほしゅ

694 :名無し三等兵:2006/03/20(月) 20:45:38 ID:???
>682を見返してみたら、植民地の反抗勢力を内輪もめさせる策謀にも見えた。

当時のおジャップ様にそんな高等テクが使えるワケがない
袁世凱にアメムチで懐柔された在韓公使が日本的場当たり主義で対応したのを
分岐点にした朝鮮放置プレイIFかと

695 :名無し三等兵:2006/03/23(木) 12:43:27 ID:???
1938年に転送された80年代前半のソヴィエト連邦
この調子で世界制服と思いきや、ドイツはUFO兵器を装備し、日・米・英・加は21世紀から転送されていた!

果たして赤軍は世界を解放出来るのか?

696 :名無し三等兵:2006/03/23(木) 13:52:36 ID:???
>>695
仏伊やベネルクステラカワイソス

697 :名無し三等兵:2006/03/23(木) 15:00:10 ID:???
フランスはナポレオン時代から、イタリアはローマ帝国時代から転送!

698 :名無し三等兵:2006/03/23(木) 16:19:04 ID:???
朝鮮半島はひっそりと永遠の10年後からタイムスリップ

699 :名無し三等兵:2006/03/23(木) 17:29:33 ID:???
>697
技術水準が21世紀で、兵士がその時代ということにすれば(w

700 :名無し三等兵:2006/03/23(木) 17:43:56 ID:???
>>699
時代によってはイタリアに純粋ゲルマン人の傭兵がw

701 :名無し三等兵:2006/03/23(木) 20:35:27 ID:???
>699
つかえないのでわ(w

702 :名無し三等兵:2006/03/23(木) 23:40:21 ID:tyAPCoZw
>698
永遠の10年後からタイムスリップってことは、一撃目で日本を潰してロシアといいとこいくんじゃないのか

703 :名無し三等兵:2006/03/23(木) 23:55:53 ID:9XFp+/eb
>>702
きっとソウルオリンピック開催前日を延々繰り返している世界からやってくるのさ。

704 :俄夢邪鬼将軍:2006/03/24(金) 03:13:26 ID:???
>>698 >>702-703
パラドクスで、世界が崩壊するに、違いないということになるのか、などと。

最後は、ハチャメチャになって、タイムパトロールの出番ということになるの
か、などと。

705 :名無し三等兵:2006/03/24(金) 09:51:18 ID:???
時間統一戦争が起きているのはここですか?


706 :俄将軍:2006/03/24(金) 19:55:55 ID:???
>>705
無数の時間流がタイムパトロールによって、争われるということになるのか、
などと。

タイムパトロール大戦争の局地戦によって、歴史が変化するということになり、
「第二次世界大戦」も、変化し続けるということで、決して、設定ミスなど
ではないということになるのか、などと。

707 :名無し三等兵:2006/03/24(金) 19:58:55 ID:???
ありとあらy(ryスレが思い浮かんだ。

708 :664:2006/03/24(金) 21:26:51 ID:???
タイムスリップの話が出ていたので思いつきで。

20XX年、大東亜戦争で日本が勝ってしまった世界。
(日本軍の戦線の一つとして太平洋戦争があったなどと)
独立国として存在しているが、日本軍が駐留しているアメリカで
ある天才科学者がタイムマシンを完成させた。
なぜか憂国ぷりを発揮したその科学者は、現在のアメリカを憂い
太平洋戦争に介入する事を決心する。

つまり、if世界が修正されて史実になっていくというバカ話です

709 :名無し三等兵:2006/03/24(金) 21:35:57 ID:???
>>708 

>つまり、if世界が修正されて史実になっていくというバカ話です

…えーと、「モンゴルの残光」って読んだことないか? ないなら結構お勧め。

710 :名無し三等兵:2006/03/24(金) 21:57:21 ID:???
>>708

ホーガンの「プロテウス・オペレーション」もおもしろいよ

1.ナチスが原爆を使って大勝利を収めた世界
2.現実の世界
3.1919年以降、大規模な戦争が発生しなかった世界
の3つの世界が相互に干渉するお話

711 :サヨ@犬隊長:2006/03/24(金) 23:22:55 ID:???
古典。

つ高い城の男

712 :ボー&bow:2006/03/25(土) 00:36:33 ID:???
高い城の男って
「異なる世界が相互に干渉しあう話」でしたっけ?

713 :名無し三等兵:2006/03/25(土) 01:44:13 ID:agDbFvvK
>>712
ナチスが勝利した作中世界と、
『いなご身重たく横たわる』の作中作世界で
干渉し合っている・・・と言えなくも無い

714 :俄将軍:2006/03/25(土) 02:17:50 ID:???
時間線を遡って、恐竜から進化した「人類」や、非酸素生命型「人類」との時
間統一戦争ということになると、如何なる「第二次世界大戦」が、というこ
とになるのか、などと。

715 :サヨ@犬隊長:2006/03/25(土) 03:39:48 ID:???
書き手が天然なために干渉っつうか混線している感じも。

架空戦記ちゃうけど、時間干渉戦争の古典はジャックウィリアムソンの航時軍団かなあ。
異なる2つの未来が互いの存在を確定しようと時空移動しあうという・・・

716 :俄将軍:2006/03/25(土) 05:57:05 ID:???
>>714
>非酸素生命型

「非炭素酸素型生命体の」などに、修正した方がよいのか、大意が伝わればよいということに
なるのか、などと。

>>715
美女が登場しなければ、お話にならないということで、「ホミニッド」では、問題というこ
とになるのか、アニメ風の擬人化であれば、特に問題もないということになるのか、などと。

717 :名無し三等兵:2006/03/25(土) 10:56:10 ID:???
経済的に発展した日本が、5段空母とか奇想天外で微妙な兵器を駆使しまくってアメリカに負けるというのはどうか

718 :名無し三等兵:2006/03/25(土) 12:00:07 ID:???
672 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2006/03/13(月) 18:05:34 ID:???
空母にアングルド・デッキと言う物があり、ようするに滑走路をひとつ増やしたものだそうですが、
なぜ片舷にだけあるのでしょう?両舷にあれば3つ滑走路が使えるしバランスも取れると
思うのです。もしかしてこの考え特許取れるですか?どきどき

673 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2006/03/13(月) 18:16:35 ID:???
>>672
残念ながら甲板が3つある空母は日本海軍が三段飛行甲板空母で特許を取ってしまっているのです。
世界中の海軍が3つ滑走路がある空母を作りたがっているのですが、日本海軍が特許を持っているので
作れないのです。

719 :名無し三等兵:2006/03/25(土) 12:29:35 ID:???
>>718
プチワロス
日本海軍がとった特許って何時のだYO
特許は15年で更新不可だろw

720 :名無し三等兵:2006/03/25(土) 13:00:02 ID:DPxdkBI+
>>718
いとおかし

721 :名無し三等兵:2006/03/25(土) 15:17:53 ID:???
SFのヨタ話しかしてないことに気がついて
コテハンアボーンしたらだいぶんすっきり


722 :名無し三等兵:2006/03/27(月) 08:25:21 ID:???
日記乙

723 :682の続き:2006/03/28(火) 12:54:21 ID:???
1915年、イタリアの協商側参戦に伴い日本は日英同盟に基づき、青島に続いて
欧州への出兵を求められた。対露戦後、主に東北・北海道・樺太の開発・工業化
へ人的資源を割く中で常備19個師団(遣韓1個野戦師団相当を含む)体制を維持して
いた日本は大韓王国(韓国)軍との合同を条件に派兵を決定、その下準備に入った。

韓国の軍備近代化は日露戦争前にさかのぼる。日清戦争直後、閔妃一派の失脚で
保身を図った守旧派は、八道へ師団管区を設定して戦時に補給段列を協力させる
という密約を交わす事で、親露化を恐れた日本の支持を受けた。各道の師団は
1〜3個歩兵旅団と騎兵・砲兵連隊で構成される事になっていたが、2個歩兵連隊と
砲兵大隊を定数とする各旅団は日本から旧式装備を治具込みで無償供与を受けた
後も1個連隊が独立大隊のままだったり、旅団砲兵大隊(しばしば中隊)の保有弾薬
が1基数すら充当していないという有様だった。
日本はそうした事情を知りつつも参謀本部が極秘裏に算出した損害予想から自国の
産業が破綻しない程度の派兵を行う為、満洲の間島に色気を見せていた韓国から
人員のみで借り受けた2個師団を含め、3個歩兵師団と2個特設重砲兵旅団その他で
秋山大将を団長とする遣欧兵団が編成された。

724 :名無し三等兵:2006/03/28(火) 13:13:40 ID:???
何で信さんなん?

725 :名無し三等兵:2006/03/28(火) 13:17:07 ID:???
兄貴のほうだろう

726 :名無し三等兵:2006/03/28(火) 13:21:58 ID:???
いや、その兄貴のほうを言ってたんだけど…
調べたら史実で1916年から朝鮮軍司令官なんね。スマソ

727 :682の続き:2006/03/28(火) 13:55:43 ID:???
1917年、遣欧兵団はカポレットで崩壊した戦線の穴埋めでピアヴェ川上流へ布陣、
そのまま血みどろの塹壕戦へ移行した。しかし秋山大将は旅順攻略戦の戦訓からか
濃密な重砲支援こそ行う物の、鉄条網が繁茂した戦線での昼間突撃は厳に戒めた。
その為、イタリア軍やフランス軍から「臆病者のアキヤマを更迭せよ」「勇敢な
日本兵はポート・アーサーで絶滅した」という(的外れな)非難が続出、どうしても
攻撃を行わねばならない時には夜襲を選択した。
秋山というより日本に不満を抱いていた韓国軍が独断で攻勢に出ては大損害を被る
事態が続出する中、その危機を救う部隊があった。独立88連隊分遣隊、通称・虎である。

済州島改め黄海道には守備隊と要塞砲兵の他に演習場が置かれた。さほどの広さも
ないその場所は、だが主に地元出身者や台湾の高砂族から選抜された精鋭が山岳
歩兵等の特殊技能を叩き込まれるこの世の地獄であり、何時しか「虎の穴」と
呼ばれる様になった。欧州戦線より戦訓が伝わると教育内容に塹壕戦術が加わり、
更にはカポレットで見られた浸透戦術すら試行錯誤込みで教えられるようになった。
秋山は浸透戦術を知る数少ない人員を遣欧兵団に加えるべく奥元帥に働きかけて
黄海道守備隊を独立歩兵88連隊へと改編させ、その中から歩兵大隊(3個中隊基幹)と
機関銃中隊、迫撃砲中隊を抽出して兵団司令部総予備とした。

虎は鉄条網の中で十字砲火に切り裂かれる韓国軍の撤退を助け、時には側面包囲や
浸透を図るドイツ軍を叩き帰したりしていた。特にストークブラン迫撃砲を装備した
迫撃砲中隊は夜襲時の機動火力としても活躍した(後に2個中隊に増設された)。
対露戦末期の樺太での不祥事から戦時法に神経質な日本軍と違い、損害続きで士気の
著しい劣化から白旗の無視や捕虜の虐待が日常茶飯事だった韓国兵は同盟側に捕まれば
即時処刑が当然だった中、虎部隊は兵士の守護神として無言の畏敬を受けていた。
両班将校の指揮官が「白丁風情に助けられる不名誉よりは戦野に仆れる名誉を選ぶ」
と叫びつつ無謀な突撃を行い、一兵残らず全滅した中隊もあったのだが。

728 :名無し三等兵:2006/03/28(火) 15:03:04 ID:???
無駄に嫌韓チックだな

729 :名無し三等兵:2006/03/30(木) 12:13:14 ID:???
保守代わりに
紺碧日本軍VS志茂田日本軍オールスターズ(含巨人軍)のスーパー日本軍大戦が読みたい。

730 :名無し三等兵:2006/03/30(木) 19:03:45 ID:???
>>729
(含巨人軍)にワロタw

731 :Call50 ◆D6llXYFFyA :2006/03/30(木) 22:22:11 ID:???
紺碧テイスト半分含有のネタ

朝、目が覚めたら、自分は芋虫に…じゃなくて隣国の国家指導者になっていた。
どうやら頭の中身だけが隣国の国家指導者になってしまったらしい。一応は体の持ち主の記憶など
が読めるので大丈夫なのだが、この後どうしようと途方にくれてしまった。
昨日までは大日本帝国首相であった東条英機はクレムリンの執務室で、ヨシフ・スターリンの体で、
大量の書類を前にしながら考えていたが、気を取り直して仕事を始めた。そうして書類を片付けている
うちにふと思った。
「そういえばスターリンの中身はどこに行ったんだろう?それに私の体はどうなったんだろう」

実はスターリン→ヒトラー→チャーチル→ルーズベルト→東条英機→スターリンの順に意識が移動し
ていたと知るのはかなり後の事だった。

題名は「突撃!となりの国家指導者」



……やっぱり俺疲れてるな。

732 :名無し三等兵:2006/03/30(木) 22:50:45 ID:???
おもしろそうだから書いたら読みたい

733 :名無し三等兵 :2006/03/30(木) 23:28:31 ID:???
いちばん割り食ったのはルーズベルトか

世界最強国から、列強とは名ばかりの貧乏国家に・・

734 :名無し三等兵:2006/03/30(木) 23:42:33 ID:???
いや、むしろ太平洋戦争開戦前なら好都合だぞ。
当初の計画で戦端を開く準備が整いきる前にわざと開戦して、
さらに作戦内容を合衆国にわざと漏らせば・・・
半年間で太平洋戦争はしゅーりょーww

735 :名無し三等兵:2006/03/30(木) 23:45:10 ID:???
それで戦犯で処刑されちゃったらどうすんのよ

736 :名無し三等兵:2006/03/31(金) 00:37:11 ID:???
対米宥和に路線変更しようとして襲われたり…
開き直って改革にのりだしたり…

737 :名無し三等兵:2006/03/31(金) 00:39:41 ID:???
>>735
今風に言えば"内通者"として逆に厚遇される可能性が高いんじゃないか?

やるなら全員反対陣営に変えなきゃややこしくなるな。そのややこしいのも面白そうだが。こんなんどうでしょ?

米 チョボ髭
英 メモ魔
日 車椅子
ソ ブルドック
独 髭パイプ
伊 チョボ髭2
仏 ドゥーチェ

738 :名無し三等兵:2006/03/31(金) 01:01:03 ID:???
前代未聞の、ゴミ箱を漁る「サー」が見れるのかw

739 :名無し三等兵:2006/03/31(金) 02:22:07 ID:???
チャーチルは公爵じゃなかったか?

740 :名無し三等兵:2006/03/31(金) 02:58:09 ID:???
あー、Dukeって言うのが正しいのか?正直よく知らなかったスマソ

741 :名無し三等兵:2006/03/31(金) 03:01:55 ID:???
SirではなくLoadだったかな、この場合。

742 :名無し三等兵:2006/03/31(金) 03:42:44 ID:???
× Load
○ Lord
道かYO

Sirってのは騎士位で男爵より下だからな
公爵に使ったら手打ちになるかもしんない

743 :名無し三等兵:2006/03/31(金) 19:34:23 ID:???
現代の架空戦記作家が往年の架空戦記作家、水野広徳とか池崎忠孝とか平田晋策とかに紺碧式転世

特高に引っ張られてお終いですかねやっぱり

744 :名無し三等兵:2006/03/31(金) 19:46:45 ID:???
水野は海軍軍人で独自のコネクション持ってるから、
場合によってはうまいこと戦略に干渉できるかと。

普通にタイムスリップするパターンなんかでも、
水野広徳や堀悌吉みたいな、もののわかった海軍軍人
(だからこそ予備役編入なわけですが)に話をつけるのは、
最初の一手としては悪くないかと。

745 :サヨ@犬隊長:2006/03/32(土) 00:24:35 ID:???
あるいは、物の分かった海軍軍人に親しい人間とかね。
そうやって当時の人間と情報交換していく、と・・・

もっと大物の架空戦記作家らしい人物で石原なんかもいるけど、彼はけっこうありがちネタかな。

746 :名無し三等兵:2006/03/32(土) 00:56:42 ID:???
宇垣に早い段階で接触して三月事件を叩き潰す…戦争起こらなくなるかな。

747 :名無し三等兵:2006/03/32(土) 11:57:04 ID:???
保守

748 :名無し三等兵:2006/03/32(土) 12:40:58 ID:???
韓国を見てわかる通り、民主主義が十年以上続けば各種圧力団体が力を持ってきて
政治的に無視できない存在になる。
その場合は政治に無知な連中が感情的にいろんなことを言い出すものだから、かえって都合が悪い事態になるよ。
日本が戦後、自虐外交で来たのも、下手に国粋主義が高まればやっかいなことが起こりかねないから、そのような方向に誘導された可能性もあるだろう。
何れにしても中国が民主化した場合は民族主義の色濃い政権が立ち、今以上に反日にならないかが心配だよ

749 :名無し三等兵:2006/03/32(土) 18:28:31 ID:???
>>731 笑わせてもらいました

750 :名無し三等兵:2006/03/32(土) 20:46:54 ID:???
>748
言論の自由と思想信条の自由が無い括弧付きの民主主義だから一般化するのは如何なものかと>韓国
あれは民族主義であって民主主義とは似て非なるものだと思うぞ

751 :名無し三等兵:2006/03/32(土) 21:51:29 ID:???
>>750
ついさっき、リアルニダーと話してたんだが
「たった一字の違いじゃないか」と言われて凹んだ・・・>>民「族」主義と民「主」主義

一体どういうタイミングだよorz
愚痴たれてスマソ

752 :750:2006/03/32(土) 21:54:28 ID:???
補足。
>>751言ったの韓国籍の留学生ね。日本語バリバリ上手いんで不意打ち受けた気分

・・・しかし仮想戦記でこういう彼我のずれとコミュニケーションギャップを活かす方法って何かあるだろうか。
あまり見ないような気がするんだが。

753 :名無し三等兵:2006/03/32(土) 21:59:44 ID:???
>>751
そう言うときは「一字以前の濁点の有無だけでも全然違う」て逝ってやれ

「ハケに毛が有りハケに毛が無し」とか、
「墓は死ななきゃ入れない、馬鹿は死ななきゃ治らない」とかw

754 :名無し三等兵:2006/03/32(土) 22:33:06 ID:???
>>748
てかたった十年で民主主義がうまく機能するはずがない。何しろ民主主義を
運用するのは国民なんだから。最低一世代か二世代はかかる。
圧力団体に関しては程度問題だな。民主主義というシステムはどうしてもそういう存在が付きまとう。
未成熟な民主主義国家が、国民の短絡的な意見に押し流されると言うのは日本にとっても
お馴染みだけど。

755 :サヨ@犬隊長:2006/04/02(日) 00:26:34 ID:???
>748
日本が自虐外交でやってきたってのは対米に関してのみだと思う。

>751
相手はそれこそ自虐的冗談のつもりだったかもしれないし、民族自決権を念頭に置いた発言かもしれない。

>754
そもそも、どんな政治形態でも組織化が行われば権力がどこかに集中し、利する者が絶対出てくる。

それをなるたけ分散するために、あえてあらゆる方向性の圧力団体が存在しうるよう民衆の権利を
拡大したのが民主主義、という考えも出来る。
直接統治者が最大の力を持つ独裁政治に対し、直接の統治能力を持てない圧力団体なら一定以上の
政治力を持ちえないし。

もちろん、現行の民主主義も完璧なシステムではないだろうけどもね。

756 :名無し三等兵:2006/04/02(日) 15:31:50 ID:???
M14至上主義者の地球侵略

多分、敵は2500隻ぐらいの艦隊でしょうね。
一隻は約1億トンぐらいの規模です。
大気圏内に侵攻する艦載機は480万機ぐらいです。
マッハ5ぐらいで巡航し、滞空時間は1週間です。
武装はハープーんの弾頭レベルの威力を持った誘導光弾で、
毎分6000発の発射速度と3400msの初速をもつ知能化エネルギー弾頭です。
携行段数は9600発です。母艦からの直接攻撃はなぜかありません。
開戦1日目で地球上の航空機が軍民問わず消滅します。
2日目ですべての船舶が消滅します。3日目には鉄道、車両が消えます。
4日目には10万人以上の規模の都市が壊滅します。
5日目には無線通信施設が全滅します。
6日目には水道が止まり、道路がすべて寸断されます。
7日目には総人口の90%を失います。
一旦、戦闘は休止されます。敵はなぜか人類以外の動植物には興味が
ありません。攻撃も捕獲もありません。家畜や田畑はそのまま残ります。
さらに、海中の潜水艦は攻撃を受けていません。(浮上したものは別)
残存する人類は地下や森林に逃げ込み、反攻の機会を準備します。
移動の手段は馬や自転車による騎兵隊と銀輪部隊と海中の潜水艦隊です。
通信手段は有線の地中敷設のみです。

なお弱点はお経のようです

757 :名無し三等兵:2006/04/02(日) 15:32:51 ID:???
なんだよ

758 :名無し三等兵:2006/04/02(日) 15:43:24 ID:???
>>756
もう終わってるし

759 :名無し三等兵:2006/04/06(木) 17:16:27 ID:???
>>756 ネタなに?

760 :名無し三等兵:2006/04/08(土) 21:01:58 ID:st9sTkPT
hosyu

761 :名無し三等兵:2006/04/09(日) 15:00:05 ID:???
>>757->>759
ここと思われ

もし宇宙人との戦争になったら
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1141911689/


762 :名無し三等兵:2006/04/12(水) 15:28:12 ID:???
昭和20年4月6日。帝国海軍最後の艦隊が出撃した日、大井篤は日吉の倉庫からあるものを発見する。
航時機と書かれたそれはどうやらタイムマシンと呼ばれるものだった。
大井篤は早速このタイムマシンを使い敗戦必至の戦争を阻止…しなかった。

大井篤は出撃前日に戻り、第二艦隊に奪われた燃料を海上護衛総隊に取り戻すことにした。
失敗とタイムパラドックスを繰り返して大井中佐は5日と6日を往復する。

763 :名無し三等兵:2006/04/12(水) 20:28:18 ID:???
時を駆ける大井タソ萌え

764 :名無し三等兵 :2006/04/12(水) 21:53:45 ID:???
ラベンダーの香りの大井タソ

765 :名無し三等兵:2006/04/13(木) 09:02:48 ID:???
実にくだらない

766 :名無し三等兵:2006/04/13(木) 17:22:11 ID:???
禿同

767 :俄将軍:2006/04/13(木) 21:08:55 ID:???
>>762
同時に、三人の大井篤が居合わせてしまい、全員拘束されるという落ちになる
のですね。

768 :名無し三等兵:2006/04/13(木) 22:17:47 ID:???
大和のタイムスリップ物で
行き成りホワイトハウスやペンタゴンの上空にタムスリイプっとか考えたが
続かないので辞めた。

769 :名無し三等兵:2006/04/13(木) 22:43:17 ID:???
ホワイトハウス直撃するのは既に在るだろ
タイムスリップじゃないけど

770 :名無し三等兵:2006/04/14(金) 00:49:04 ID:???
>>769
飛行戦艦大和ね
ポトマク川を遡って途中から噴射
ホワイトハウスは爆発しましたとさ


771 :名無し三等兵:2006/04/14(金) 02:33:03 ID:???
>>770
議事堂も吹き飛ばして予備大統領もまとめてあぼ〜んだっけ?
無茶しやがってw

772 :サヨ@犬隊長:2006/04/14(金) 07:04:08 ID:???
もう無茶なんだかなんなんだか(w

ふと、戦前(日露戦争〜ハルノート辺り)に富士山が噴火したらどうだろう?と思った。
わりと現実にありえて、近辺にけっこう重要な設備が存在していて、それでいて即座に
日本壊滅と言うわけじゃなく、あまり前例も多くなさそうな・・・

徹夜で眠いんで、どんな展開が面白いかはパス。

773 :名無し三等兵:2006/04/14(金) 23:46:15 ID:???
関東大震災が昭和十六年までずれ込んだ世界。
地球にとってみれば十数年なんて誤差にもならんし。
ハル・ノート受諾で総体としてみれば犠牲も少なくて済む。
あぁ……でも支那派遣軍や関東軍が暴走して駄目かな……

774 :名無し三等兵:2006/04/15(土) 00:14:32 ID:???
関東・東海・愛知・新潟・宮城県沖・阪神淡路・北海道南西沖地震が同時発生
さらには富士山・浅間山・阿蘇山・三原山・有珠山が同時に噴火
とどめに超大型台風が30個日本本土を直撃して戦争どころじゃ無くなった日本
んで災害派遣に来たアメリカと仲良くなっちゃう日本
ここで急に一気に討つべしと中国共産党とソ連が満州と国民党領地に侵攻
大陸と日本海を舞台に日米中対中ソの大東亜戦争勃発
欧州は欧州でドイツがソ連に電撃戦を仕掛ける

日米英と共産と枢軸の三つ巴に

最後は共産政権が地球上から消えて
枢軸と連合の冷戦に

775 :名無し三等兵:2006/04/15(土) 00:18:03 ID:???
スーパーホットプリュームがアメリカ直撃。文字通り分裂したアメリカ。

776 :名無し三等兵:2006/04/15(土) 00:35:00 ID:???
>>773
あからさまに暴走したらさすがに陛下ブチ切れじゃね?
「我が統帥に従わぬ者は、もはや我が臣民に非ず」てな具合に

777 :俄将軍:2006/04/15(土) 03:58:40 ID:???
昭和に内戦ということになると、魔界転生によって、死んだはずの元老達が蘇
るというのは、如何なものか、などと。

778 :名無し三等兵:2006/04/15(土) 13:15:53 ID:???
>>777
魔界転性吹いたw

>>773
「天災だから仕方ないねw」という“良い訳”が出来て、
大陸から手を引くことが出来そう。
ついでに救援と言うことで英米から支援を受けられればなおよし。

779 :名無し三等兵:2006/04/15(土) 16:31:48 ID:???
>>778
満州防衛のために米英の駐留軍も引き込んでしまえw

780 :名無し三等兵:2006/04/15(土) 22:43:28 ID:???
「天城」が空母になってるかわり、建造中の「信濃」が駄目になるのかな。

781 :俄将軍:2006/04/16(日) 06:04:57 ID:???
>>778
「魔界転生」ではなく、「魔界転性」ということになると、物語世界の可能性
は、更に広がるということになるのか、18禁の世界に、ということになる
のか、などと。

782 :名無し三等兵:2006/04/16(日) 10:43:06 ID:???
関東大震災で、軍事予算がけずられたのは本当の話。

ただし、すぐ後に軍国主義に走ってしまったのであるが。
それはそれでまた別のお話であるな。

783 :名無し三等兵:2006/04/17(月) 00:26:07 ID:???
震災手形と金融恐慌の関連が後ろにずれ込むとなると昭和初期は案外マターリ?
幣原外交が命脈を保つか?

784 :名無し三等兵:2006/04/17(月) 00:33:00 ID:???
仮想戦記の歴史改変で無難にいくなら、
日露戦争後、日本軍は満州から引き上げて、
朝鮮半島の領有権を世界に認知させたところで、我慢するとか。
そこで大陸進出をストップさせて、国内インフラの整備に専念するとか。
日本の国力が倍増したところで、大戦に突入と。

でも、我慢できないだろうな・・・。

785 :名無し三等兵:2006/04/17(月) 00:44:36 ID:???
満州が無いと恐露病が治らないんだがな

やはり満州建国に米英中を引き込んで
って、いつぞやの「はじるす」ネタじゃねーかw

786 :784:2006/04/17(月) 00:54:08 ID:???
>>785
恐露病、なるほどそうだな。これは治療がむずかしい。

かといって、日本が満州の領有権を主張したら、英米が反発するのも必然。
中国の軍閥たちと泥沼の戦闘状態にはまってしまう。
英米つながりでフランス、オランダも一緒になって、
結局は連合軍を敵にまわして史実の通りになってしまう……。

前の書き込みの人みたいに、そこで大地震とか富士山噴火とか、天災が効果的かなぁ。

787 :名無し三等兵:2006/04/17(月) 01:02:32 ID:???
日本単独だから叩かれるのよ

国府的にも緩衝国家は欲しいだろうし、
大陸権益を持たない米国も声をかければ断るまいし、
その道のプロの英国も以下同文

このABCJ四ヶ国で結託すれば余所は文句言い難いんじゃね?

なんかエラい発展しそうな気もするけどw

788 :784:2006/04/17(月) 01:27:22 ID:???
>>787
第一次世界大戦後、国際連盟の発足のとき、
日本は列強主要国の仲間入りしたんだよな(史実)。

そのとき、うまく外交を展開して、米英仏と確実な友好関係を作ればなと。
はぁ・・・。しかし、外交こそが日本の一番の苦手なのだな。

実際、国際連盟発足のときも、
日本は黙って英仏の言うことを追認するばかりで、
自ら何もすることがなかったいう。

現実世界で、日本が外交下手がなんとかなるのは、だいぶ後なんだな。

高度成長が終わって、プラザ合意で日本はのけ者にされ、
ユーゴ紛争もアフリカ内戦も湾岸戦争も何もすることができず。
知らんうちに冷戦終結して、今、なんとかやってるという段階か。

789 :名無し三等兵:2006/04/17(月) 01:56:12 ID:???
日英同盟を存続できればまだしも、だったんだろうけどねえ。

シベリア出兵しながらも同時に赤軍とモスクワで交渉して、
政権承認の見返りに白軍脱出と北樺太の日本割譲、
その後に食糧・医薬品の提供あたりで恐露病もなんとかなるかな?

790 :名無し三等兵:2006/04/17(月) 14:58:54 ID:???
WW1に介入しすぎて欧州派遣軍に気合入れすぎて「陸戦コワイコワイヒー」になればいいんじゃね?


791 :俄将軍:2006/04/17(月) 18:26:30 ID:???
中国を市場と考えた場合、資本、技術力などで、英米といった列強に、遠く及
ばない日本というのは、最終的に、中国大陸から、追い出されるということ
もあるのか、などと。

792 :名無し三等兵:2006/04/17(月) 18:39:21 ID:???
ないないない。
たしかに資本や技術力では遠く及ばないけれど、
その分労働者のコストなんかも安いわけで、
その隙間にうまく入り込んで十分やっていける。

ただし、中国が自国で繊維製品が製造できるようになると、
そのニッチが消えるんで、それまでの間に、、
高度経済成長期の日本か、今の韓国・台湾ぐらいの位置までもってって、
パクリ製品のコストパフォーマンスで勝負できるようになる必要がある。


793 :俄将軍:2006/04/17(月) 19:11:31 ID:???
>>792
市場としての中国に、日本から輸出するだけではなく、中国への日本企業が進
出という面もあるのか、などと。

軽工業だけでは、中国の民族資本が勃興してくると、現在の韓国の規模を大き
くしたポジションに追い込まれるということになるのか、などと。

794 :名無し三等兵:2006/04/18(火) 00:27:24 ID:???
>>793
>現在の韓国の規模を大き くしたポジション
それ、ものすごくありがたいんですが・・・

韓国 対日赤字が累積
ttp://japanese.joins.com/article/article.php?aid=71581&servcode=300§code=300
 対日貿易で生じた累積赤字が2500億ドルを超えた。
 産資部の関係者は「韓国の半導体・自動車・鉄鋼など先端業種は、核心生産設備や部品などを
 日本に依存しているため、主力業種の輸出が増えるほど、対日貿易赤字も増えるという構造ができている」と説明した。
 この関係者は「韓国が中国に輸出する品目も半導体・石油化学・一般機械など、日本から入った設備で作った製品」と付け加えた。

コア技術を独占してる技術立国日本は大もうけです

795 :名無し三等兵:2006/04/18(火) 00:37:00 ID:???
70年代の日本もだいぶ苦しんだよな。
機械工業の中核になる基本的な技術はアメリカが独占していたし。
80年代に入ってから半導体の生産で成功するが、
そこでも特許はアメリカが持っていた。

90年以降だよな。自立できたのは。長い道のりだったが。

796 :名無し三等兵:2006/04/18(火) 00:47:24 ID:???
いっそ、五・一五事件や二・二六事件での若手将校たちが
クーデター成功した、というのはどうかな?

新政権成立後、クーデター主導者どうしが対立して、
昭和恐慌の経済破綻がさらに深刻化。
そこに、カウンター・クーデターで議会主導の政権で、
新憲法制定して、経済成長へ進む。

仮想戦記では、ありきたりかな。

797 :名無し三等兵:2006/04/18(火) 02:52:18 ID:???
陛下大激怒で速攻鎮圧なんじゃね?
例え一時的に成功しても

798 :名無し三等兵 :2006/04/18(火) 03:28:03 ID:???
陛下みずから軍服姿で近衛を率いて乗り込む・・

その時点で叛乱勢力も様子見してた軍上層部も
言い訳の余地が無くなるな。


799 :俄将軍:2006/04/18(火) 09:21:47 ID:???
>>794
中国の民族資本が勃興してくると、中国ではなく、日本が、現在の韓国を大き
くしたようなポジションに、追い込まれるということになるのか、などと。

安価な人件費を、日本と中国が、競うという形になるようでは、ということに
なるのか。

800 :名無し三等兵:2006/04/18(火) 21:38:50 ID:???
>>796 クーデターやらかそうとしたら、待ち構えていた警官&暗殺対象本人(渡辺総監)がSMGで迎撃して大乱戦
銃弾が飛び交う帝都で陸軍の幹部連中がうろちょろする中、しまいにゃ陛下ご本人がルイス機銃を抱えて皇国無双…てなネタなら振った事が。

801 :名無し三等兵:2006/04/18(火) 22:19:00 ID:???
その時、陛下にヒトラーの霊が降りた!

802 :名無し三等兵:2006/04/18(火) 23:18:50 ID:???
>>798
そんなマイケル・ウイルソン的な陛下も見たいような見たくないようなw

803 :名無し三等兵:2006/04/18(火) 23:22:33 ID:???
2,26の時はそうなる寸前だったとか

804 :名無し三等兵:2006/04/18(火) 23:22:50 ID:???
日清戦争直後くらいに,関東大震災がドシン!
遼東半島を英米に売却して,災害復旧費用に当てた
おかげで,三国干渉を免れた日本

北清事変を機に対立を続ける英米対ロシア
その後方支援で経済力をつける日本・・・



いかんなぁ・・・戦争が始まらない


805 :名無し三等兵:2006/04/18(火) 23:34:13 ID:???
>>804
ソレだと日露戦争に当たる時期に第一次世界大戦が起こるんじゃまいか?
日露戦争=第零次世界大戦論者が喜びそうだな。

で、バルティック艦隊の相手をグランドフリートがするから、日本はウラジオ&旅順の極東艦隊をたたく事を求められる、と。
アメリカの戦争への関与の仕方が微妙になりそうだけど。
英米日対露仏独でイイのかな?組み合わせとしては。

806 :名無し三等兵:2006/04/18(火) 23:38:18 ID:???
>>802
「叛乱を自ら御鎮圧あそばされるですと!?危険です!」

「問題ない。なぜなら!朕は!大日本帝国天皇だからだ!」

807 :名無し三等兵:2006/04/18(火) 23:44:51 ID:???
「朕は!大日本帝国天皇!裕仁であーる!」

808 :名無し三等兵:2006/04/18(火) 23:47:15 ID:???
「何故なら! 朕は! 大日本帝国陸海軍大元帥だからだ!」の方が良かないかw 

809 :名無し三等兵:2006/04/18(火) 23:57:27 ID:???
>>808
それ採用(w

810 :名無し三等兵:2006/04/19(水) 00:25:59 ID:???
弾道弾A-10にしがみついて「ちょっとアメリカへ行ってくる」という陛下。

811 :名無し三等兵:2006/04/19(水) 01:25:19 ID:???
陛下カッコヨス

>>805
アメさんからフラッシュデッカーしこたま貰えるな
大量に有れば通商護衛とかにも潤沢に廻せるんジャマイカ?
なんせロット毎の当たり外れがアレだからなw

812 :名無し三等兵:2006/04/19(水) 12:52:22 ID:???
日本がハルノートの回答をのらりくらりと先送りし、
イタリアが、自ら戦争を仕掛けず。
お陰でドイツがロシアを制圧できた世界、

ロシア陥落を見たヨーロッパ諸国がドイツに事実上の降伏をして
一方の日本も中国の抵抗をほぼ抑え込んで

満を期してのアメリカ攻略が始まる……

813 :名無し三等兵:2006/04/19(水) 16:01:40 ID:???
資源を売ってくれる国も、製品を買ってくれる市場もなく、
人口と国力を中国・ロシアの広大な大地に無為に投げ捨て、
自滅していく日本とドイツ。

戦争の勝利が国力の増大に繋がるという幻想にしがみつく日独指導者層は、
対米貿易を仲介していた中立国イタリアの和解提案を蹴っ飛ばし、
米国に対して言いがかりをつけて宣戦布告を行う。

緒戦の攻防こそいい勝負になるものの、
英ソの亡命技術者や、各国商船隊などを傘下におさめ、
日独の膨張に対抗すべく軍拡に転じた米国の戦力は圧倒的で、
両大洋には搭載機1000機を越える空母機動部隊が配備され、
六発爆撃機と水爆が日独の都市をなぎ払う。

1950年までに、日本語とドイツ語は地獄の片隅で語られる言語になってました。
ちゃんちゃん。

814 :名無し三等兵:2006/04/19(水) 18:05:44 ID:???
地獄に靖国建て始める日本、
地獄の物理法則と先住民族について詳細に研究し始めるドイツ…。

815 :名無し三等兵:2006/04/19(水) 22:29:24 ID:???
WW2中に平行世界から各国にその国の機動兵器が一通り転移してくる。
ただし転移場所は地上5m(当然落下する)、どの国の兵器ならまだ使えるだろ?

816 :名無し三等兵:2006/04/19(水) 22:46:19 ID:???
5mなんてけちけちせずに高度を二桁上げて
敵国上空に転移させる
……日本、ドイツが瞬間で壊滅するな、
仮想戦記にもならん

817 :名無し三等兵:2006/04/19(水) 22:49:34 ID:???
T-34なら間違いなく使えるな

818 :名無し三等兵:2006/04/19(水) 23:12:26 ID:???
むしろ地下1.5mに転移、
物語の大半はアウトバーンに埋まった
4号戦車をほりだす事に費やされる

819 :名無し三等兵:2006/04/19(水) 23:17:14 ID:???
別に4号じゃなくてもいい気きがするな

820 :名無し三等兵:2006/04/19(水) 23:36:47 ID:???
日本軍の機動兵器。

理由:日本軍の機動兵器といえば歩兵しかないからw
チハたん? ああ、愛玩動物でしょ


821 :名無し三等兵:2006/04/19(水) 23:40:16 ID:???
ソ連の方が国力は上だから制圧はムリポ
国力が下であったとしても面積的に無理だし

822 :名無し三等兵:2006/04/19(水) 23:47:17 ID:???
どう言う条件で停戦を結ぶかだな、
要は
>>818
あの分厚いアスファルトから戦車が突き出て道路が使えない状態か、
どうやって掘り出すんだw

823 :名無し三等兵:2006/04/20(木) 02:03:55 ID:???
>>816
アメリカがミュンヘンの地下地中に劣化ウランの固まりを転移させ、元からあった原子と
強制核融合をおこさせることで、一揆を起こす直前のヒトラーを爆殺するに一票。

824 :名無し三等兵:2006/04/20(木) 02:28:46 ID:???
劣化ウランは核燃料にはならない
再濃縮にかけて僅かに残ったウラン235を抽出するか、増殖炉にでもかけてプルトニウムにしなければならない

ウランは核融合を起こさない
恒星内で通常に核融合されて生成するのは鉄まで、超新星爆発で生成するのはウランまで


>>823
そんな物理法則にも従わないトンデモ設定なんぞ窓から捨ててしまえ


825 :名無し三等兵:2006/04/20(木) 02:43:00 ID:???
 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
―――――――――――――‐┬┘
                        |
       ____.____    |
     |        |        |   |
     |        | ∧_∧ |   |
     |        |( ´∀`)つ ミ |
     |        |/ ⊃  ノ |   |  >>823
        ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄    |
 

826 :名無し三等兵:2006/04/20(木) 02:45:20 ID:???
物体の中に物体を瞬間移動させると、原子核同士がきわめて近い距離に位置する可能性がある。
それによって核融合爆発を起こすってのは、SFでは古典的なネタだ。まあ瞬間移動自体トンデモな仮定だが。

ウランがほかの元素と核融合を起こすと仮定すると、エネルギーを急激に吸うので核爆発はしないが。
まー何も起こらんわけじゃないから、暗殺に使えないことはないか。
つうか素直に通常爆弾でも落とせ。(w

あと、超新星爆発でも超ウラン元素は生成される。
量もあれだし半減期があれなので、数十億年後に発生する生物にとっては無いも同然だけど。

827 :名無し三等兵:2006/04/20(木) 02:47:59 ID:???
ソースね。
ttp://ksgeo.kj.yamagata-u.ac.jp/~kazsan/class/chronology/synthesis.html
>r−プロセスでは超ウラン元素まで作られる。現在の地球ではウランがもっとも重い元素であるが、
>超新星の観測からはカリフォルニウムの生成が確認されている。

828 :名無し三等兵:2006/04/20(木) 02:54:16 ID:???
てかタイムトラベル自体、物理法則に従っていないので>>815を窓から(ry
因果律壊れちゃうし

829 :名無し三等兵:2006/04/20(木) 03:05:11 ID:???
>>828
それだけはいわない約束ですよ、おとっつぁん。
火葬の世界はSugoku Fushigiなのでセワシ君理論が成り立つんですから。

830 :名無し三等兵:2006/04/20(木) 14:16:01 ID:ts8AH5Ng
ドラえもんさえ居れば戦争にかてる。

831 :名無し三等兵:2006/04/20(木) 16:11:56 ID:???
明治維新が失敗し、そこそこ近代化された徳川政権がマターリと続く。


832 :名無し三等兵:2006/04/20(木) 18:59:56 ID:???
ある意味平和だな、
ってマタ−リ続いたら仮想"戦記”にならねいよ

833 :名無し三等兵:2006/04/20(木) 19:15:44 ID:???
心が平行世界の過去の米大統領に飛ばされたアメリカの誰かが、歴史の知識元に有利に
戦おうとしたら、相手はなんと近代化に成功した徳川幕府で読みが外れまくって大弱りって
火葬ならあった。

834 :名無し三等兵:2006/04/20(木) 21:31:07 ID:???
アグリカルチャー!

835 :名無し三等兵:2006/04/20(木) 22:03:48 ID:???
心が並行世界の過去の日本首相に飛ばされた日本の誰かが、
歴史の知識を元に有利に戦おうとしたら、相手のアメリカはなんと・・・

836 :名無し三等兵:2006/04/20(木) 22:12:46 ID:???
アメリカ合衆国皇帝兼メキシコ護国卿ノートン三世の治世であった。

837 :名無し三等兵:2006/04/20(木) 22:33:28 ID:???
伝書鳩と手旗信号の技術が南北戦争並みに発達したナポレオニック…

…絶対売れねえ…

838 :名無し三等兵:2006/04/20(木) 23:47:21 ID:???
プランタジネット朝が英仏統一帝国を建設し、
東方ではポーランド=リトアニア連合王国が覇権を確立した世界での二十世紀冷戦構造を……
ダーシー卿シリーズかよ!

839 :名無し三等兵:2006/04/21(金) 00:00:56 ID:???
インカ帝国がイベリア半島に押し寄せてきそうだな。

840 :名無し三等兵 :2006/04/21(金) 00:06:08 ID:???
捕虜は心臓をえぐ...

841 :名無し三等兵:2006/04/21(金) 00:40:12 ID:???
>>840
それは大層名誉な事なのだぞ

842 :名無し三等兵:2006/04/21(金) 00:52:25 ID:???
サッカーで勝った方が心臓捧げたんだっけか

843 :名無し三等兵:2006/04/21(金) 01:39:32 ID:???
ドッジボールだと椎名高志だな

844 :俄将軍:2006/04/21(金) 18:46:11 ID:???
スペイン風邪が、史実よりも、日本、米国で大流行し、中国に介入する意欲をなくした日米両
国というのは。

845 :名無し三等兵:2006/04/21(金) 23:21:51 ID:???
>>840-842
それインカじゃなくてアステカ。

846 :名無し三等兵:2006/04/23(日) 13:01:15 ID:???
えー、ではタイムスリップものでひとつ…
「激闘のチハ! 戦国マレー島田戦車隊」
1942年、山下兵団の尖兵としてシンガポールを目指す島田戦車隊。
しかし、ジットラライン突破作戦中のジャングルで、刀槍で武装したマレー人
の軍団に遭遇する。その軍団を率いていたのは日本人。アユタヤ王国軍を率い
てパタニ王国攻略にむかう山田長政であった。後世の東亜の平和を願う島田豊
作隊長は西欧の進出を阻止すべく山田長政とともに大王国建設の戦いを開始す
るのだった。
{見どころ}パタニ王国軍の象軍団対チハの戦闘。チハ危うし!w
 


847 :名無し三等兵:2006/04/23(日) 22:48:46 ID:???
関東大震災と東南海地震(1945)が入れ替わると……どうなるんだろ?
帝都再開発も震災恐慌もなくなるかも試練が、大筋に変化はないだろうから
対米戦の一番きつい時期に関東大震災……戦争どころじゃなくなって早めに降伏することになったり?。

848 :名無し三等兵:2006/04/24(月) 00:11:33 ID:???
縄文式戦車。
ツィメリット・コーティングの模様が縄をころがして作った。
当時の材料技術が未発達であり、砲塔は鋳造によって作られた。
戦車そのものが貴重であり、主に祭礼儀式に使用されたという。

写真:
「∩( ・ω・)∩チハタンばんじゃーい」と叫びながら、
戦車の周りを踊る縄文人たち。

849 :名無し三等兵:2006/04/24(月) 08:56:35 ID:???
>847
東南海地震(1945)が同規模で関東大震災の時代に起きた場合
帝国に与える影響はインフラ整備度の差でかなり軽度になるのではなかろうか。
おお、面白そうだな。

#天城は倒壊しないかな?

850 :名無し三等兵:2006/04/24(月) 09:11:40 ID:???
名前が悪い 天城と陸奥は使っちゃ駄目

851 :名無し三等兵:2006/04/24(月) 09:17:56 ID:Jg49vmy8
>>849
おまいらは東海地方を破壊する気ですか。
濃尾地震から30年ぐらいしか経っていないのに……
下手すると愛知航空機や三菱・川崎の航空部門が全滅して、97艦攻も生まれませんぞ。
それと繊維産業の中心地だから主要輸出品の生産ががた落ちです。

852 :名無し三等兵:2006/04/24(月) 09:24:08 ID:???
97式艦攻は中島じゃないのか?

853 :名無し三等兵:2006/04/24(月) 09:29:46 ID:Jg49vmy8
あ、九九式艦爆だった。

854 :名無し三等兵:2006/04/24(月) 09:54:50 ID:???
>下手すると愛知航空機や三菱・川崎の航空部門が全滅して、97艦攻も生まれません

関東大震災の年(1923年)にそんなに設備あったかな?ってことさ。
SF的短編として地震が入れ替わってその結果の歴史改変で
旧軍は善戦するが45年に関東大震災でアボーンってのがよんでみたいかも。

855 :名無し三等兵:2006/04/24(月) 11:18:42 ID:???
日本海軍に1000隻の大和が、ただし
全てttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1143725777/l50
からのテレポート

856 :名無し三等兵:2006/04/24(月) 14:28:04 ID:???
近代から日本人が積極的に海外進出を進めた世界
信長、秀吉の占領した台湾や朝鮮南部を始め日本人は広大な地域に植民している
しかし、その世界の日本は豊臣政権崩壊以降統一されたことがなく
伊達氏や上杉氏など諸将が割拠している、
そんな日本も20世紀初頭のドイツやイタリアの統一を機会に統一の機運が高まり
徳川家が日本を統一するべく挙兵
これ以上強敵を増やしてたまるかと英仏連合軍が島津、毛利と手を組み
日本を攻撃する
徳川もドイツ、イタリア、ロシアに応援を頼み、
新大陸では北米原住民蜂起や中南米の反英を煽る

日本統一戦争は世界中に戦火を広げようとしていた

そんな日本中心な世界大戦で

857 :名無し三等兵:2006/04/24(月) 15:07:38 ID:???
宇宙海防艦シムシュ
ヤマトがイスカンダルから帰ってくるまで地球と月の物資輸送を護衛しつづけ
た宇宙海防艦シムシュの地味な活躍を描くSF火葬ロマン。
「みどころ」全編地味ですから…

858 :名無し三等兵:2006/04/24(月) 15:21:05 ID:???
二回ほど盛り上がりそうだな
一度目は北方作戦、いやガミラスの冥王星基地占拠作戦と
もう一度はガミラスの生き残りに襲撃されて沈没 までの経緯・・・

859 :名無し三等兵:2006/04/24(月) 22:59:07 ID:???
>>856
インスパイアされて3分で妄想してみますた。
後、出だしは近世から〜の誤りですよね?

沿海州・シベリアが上杉
北海道・アリューシャン・アラスカあたりが伊達
北米西海岸が豊臣(直轄化した名残、豊臣家の勢力は此処と大坂だけ)
南米太平洋岸に長宗我部
南洋諸島が島津・毛利
琉球・朝鮮南部・台湾は織田(直轄化の名残織田家勢力は本土では有楽斎が史実どおり小さくいるだけ)
本土は大坂に豊臣家がいる以外大体史実に似た感じの勢力比率(配置は多分変わってるだろうが)
徳川は外に行かない代わりに本土で大きな領土を得た、とか。
皇室、朝廷は史実よりも貧乏なまま京に逼塞?



860 :名無し三等兵:2006/04/24(月) 23:13:55 ID:???
>>856 >>859
「猿飛佐助」(新巻義雄)を勧めてみたり。

ちなみに
伊達:陸奥・蝦夷・北米東岸
上杉:出羽・越後・関東・沿海州
大坂城:徳川
その他が天皇の元での連道制。
大和大陸やら新日本島に入植したり。
アメリカ合衆国は東部13州のみ。


そんな自分は時空人。

861 :名無し三等兵:2006/04/24(月) 23:38:09 ID:???
大戦後、イー400を接収した米軍が晴嵐からコピー生産したV-1に積み替えて朝鮮戦争に投入するのはどうだろう?

862 :名無し三等兵 :2006/04/25(火) 00:00:42 ID:???
制海権をほぼ確保していた米軍が、そんな奇襲向きのいやがらせ兵器を
こそこそ投入する必要無いだろ

863 :名無し三等兵:2006/04/25(火) 01:00:22 ID:???
むしろ日本列島から直接打ち込むんだよ、
ちょうど弧を描いているから効率いいぞ、

韓国に命中するが

864 :名無し三等兵:2006/04/25(火) 01:21:46 ID:???
アメリカのV-1コピーってえと、リパブリックJB−2の事か?
潜水艦から発射するのは実際にやってるよ。日本艦からじゃないが。

ttp://www.geocities.co.jp/NatureLand/2965/jb2.htm

865 :名無し三等兵:2006/04/25(火) 08:47:00 ID:???
兵隊やくざ大宮一等兵VSランボー
まあ、内容はタイトル通りだ。



866 :名無し三等兵:2006/04/26(水) 14:10:02 ID:???
らんぽおって漫画あったな

867 :名無し三等兵:2006/04/26(水) 16:45:46 ID:KHSC6yj0
人間空母っていう教師のキャラもいたな(らんぽう

868 :名無し三等兵:2006/04/26(水) 18:02:10 ID:???
>>866
× らんぽお
○ らんぽう

869 :名無し三等兵:2006/04/26(水) 19:44:58 ID:???
春の目覚め作戦が成功する話なんてどうかな

870 :名無し三等兵:2006/04/27(木) 00:00:41 ID:???
ロンドン海軍軍縮会議が締結されてしまい重巡洋艦さえこれ以上造れなくなってしまった日本海軍。
しかし米英の戦艦に対抗するには今ある古鷹・妙高・高雄級だけでは戦力不足・・・
どうしようと頭を抱えた海軍首脳の中である者が妙案をひねり出した。
 「そうだ!備砲がない状態で巡洋艦船体を造っておいて、いざと言うときに武装させればいい!建造時は軍艦じゃないんだから条約にも引っかからないぞ!」
屁理屈でしかないこの意見に重巡洋艦の補填をなんとしてでも図りたかった日本海軍はすぐさま飛びついた。
こうして武装のない妙高・高雄やその改良型の船が色々な名目で作られたのである。
測量船、砕氷船、高速貨物船、さらには民間の貨客船として造られる船さえ出る始末・・・。

無条約時代突入と同時にこれらの船をいっせいに重巡洋艦に仕立てるべく計画を実行に移す日本海軍。
だがここで思わぬ落とし穴が・・・なんと船体を造ることのみに専念しすぎた所為で肝心の武装が足らなくなってしまったのである。
さらに思ったより早く第二次大戦が始まってしまい、その他の船として使用していた際に取り付けた調度品をいちいち外して軍艦と
して艤装しなおす時間もなくなってしまい、なし崩し的に戦争に突入してしまう。


そして終戦時、シンガポール・セレター軍港にて妙高級船体で造られた『氷川丸』を訪れた英軍兵が一言。
 「我々はいまだかつてこのような軍艦を見たことがない。我々の艦が巡洋艦なら、ヒカワマルは客船だ」
と・・・

871 :名無し三等兵:2006/04/27(木) 00:06:14 ID:???
何でもかんでも軍艦型船体でこさえて、
んで片っ端から飛行甲板載せるのを遠藤の爺さんが書いてたよな

872 :名無し三等兵:2006/04/27(木) 00:07:03 ID:???
費用対効果が糞悪そうだな

873 :名無し三等兵:2006/04/27(木) 00:18:26 ID:???
というか武装が無いだけの妙高・高雄級じゃ見た目ですぐに改装できるってもろばれなんだから
最上級軽巡の重巡改装みたいな偽装効果は無いような希ガス

アメちゃんあたりが「日本海軍がその気なら・・・」とか言って武装の無い戦艦船体の民間船造って、
開戦早々聨合艦隊あぼーんになりそうだw

874 :名無し三等兵:2006/04/27(木) 00:57:35 ID:???
>>870-873
軍縮会議後「俺って天才」的な閃きで進められる、
軍艦型商用船の大量配備計画。
しかしここで大きな問題にぶち当たった!
日本に大量生産ノウハウが無かったのだ!!

艦政本部「こりゃしゃーない…型の数を絞り構造を簡略化してコストを下げて…そうだ、ネジの規格とかも統一すりゃコスト下がるかも」
軍令部「ええ゛〜〜? 構造を簡略化って、それじゃ搭載する火力が当初の予定より下がるじゃん」
艦政本部「いいえ、全ては重巡【大量配備】のためです!火力なんて二の次」

かくして品質管理やら何やらが整っていった。

つ〜のはミリかwww

875 :名無し三等兵:2006/04/27(木) 00:59:03 ID:???
開戦前夜、仮装巡洋艦愛国丸に新任艦長が着任した。その名は、大井篤。
開戦反対論を唱えすぎて、海上勤務とはいえ第二線級の任務に回されたのである。

幹部士官を集めて、大井艦長が言う。
「本艦は開戦後、インド洋方面で通商破壊を行う事になっている。
 詳細については後ほど通達するが、基本戦術はただ一つ―逃げて逃げて逃げまくれ! 
 なるべく多くの敵艦を引き付け、困惑させ、疲れさせるんだ。間違ってもまともに戦おうなんて思うな!」

追う英艦隊と逃げ回る愛国丸。頭脳派艦長の下、インド洋に地味で静かな戦いの幕が開く。
 

876 :名無し三等兵:2006/04/27(木) 01:01:24 ID:???
大井さんは井上提督同様デスクワーク向きでは

877 :名無し三等兵:2006/04/27(木) 03:59:08 ID:???
艦長部屋でデスクワーク三昧の大井タソ
欺瞞行動も遁走機動も全部デスクワークで

878 :名無し三等兵:2006/04/27(木) 04:07:14 ID:???
>>870-874
それなんて帝国の楯?
まぁ、あれはあれではっちゃけてて大好きなんだが・・

879 :名無し三等兵:2006/04/27(木) 04:09:10 ID:???
>870
>「備砲がない状態で巡洋艦船体を造っておいて、いざと言うときに武装させればいい!」
史実じゃこうだったね(w
「飛行甲板ない状態で潜水母艦とか造っておいて、いざという時に空母にすればいい!」
つ祥鳳だの瑞鳳だの龍鳳

880 :名無し三等兵:2006/04/27(木) 12:36:30 ID:???
艦隊旗艦施設つきの船は大量にはいらないから妙高が基本になりそうだな。
以下軍艦型商船分類妄想

甲型…建造中に無条約時代に入り重巡として竣工したタイプ
乙型…発射管の製造が間に合わず砲装備のみで竣工したタイプ
丙型…主砲の製造が間に合わず高角砲を大量装備した防空艦タイプ
丁型…高角砲と機銃、爆雷を装備した護衛艦タイプ
輸送艦型…まったく手が付けられずに高速輸送船として使用されたタイプ

881 :名無し三等兵:2006/04/27(木) 15:44:00 ID:???
信濃を早期にタンカーにして(43年初ぐらいまでに)
南方経由の油が大量に輸送できて万々歳!思わず
大井さんが、『連合艦隊は栄光なんだよ! バンザイ!』と叫ぶ。

というSSを書いてみたいが、43年当時の日本国内の油の精製能力ってどれ位あったんだろう

882 :名無し三等兵:2006/04/27(木) 23:02:03 ID:???
>>877 いや、本当にそんな感じで。
海図にグリッドを区切り、通信諜報に耳を傾け、徹底的に敵艦がいない方向へずらかって船団にヒット&ラン、余裕があったら鹵獲。

883 :名無し三等兵:2006/04/27(木) 23:18:53 ID:???
仮装巡洋艦バシリスク。

884 :チラシの裏 ◆OtQl08.rcI :2006/04/28(金) 07:46:30 ID:???
>>882
高速輸送船を改造し通信機能とCICを満載した仮装指揮艦が、南洋を跳梁跋扈!
寸断される連合軍の兵站線!
そんな指揮所に鎮座する大井に最強のライバルが表れた!

キング「知将には知将を」

アメリカ海軍のヤン提督ことスプールアンスが仮装艦隊に立ち塞がる

885 :名無し三等兵:2006/04/28(金) 08:55:01 ID:???
マジでチラシの裏だな

886 :名無し三等兵:2006/04/28(金) 08:58:26 ID:???
満州戦争〜Manshu/tank night〜

仮想戦記的お約束によって史実よりお金持ちになって領土も増えた日本。
日本は満州の大地を独逸の技術、アメリカの資本を導入することによって開発。
その後、第一次大戦の処理やら大恐慌やらで仲違いし、日本は満州国を建国するも、米独の権益も残すが、彼らは不満を持つ。
何とかして満州市場に食い込みたいイギリスや、極東侵攻を目指すソ連とも小競り合いあり。
そして各国とも微妙に仲が悪くて強力な同盟関係なし。
こんな泥沼な状況で満州で各国の代理戦争が巻き起こる……?
で、主人公は健軍途中で日本で二線級になった装備しかない満州国軍を指導する日本の軍事顧問団の将校。
日本の辺境警備軍とソ連の意を受けて国境侵犯と偵察を行うモンゴル軍との小競り合いに主人公が巻き込まれたところから
満州全土を舞台とする戦争が勃発。主人公は日本との同盟によって派遣された新型戦車実験中隊を率いる女性将校と
時に対立しつつも共同して満州の大地を守るため戦いに参加する………。



はい、もろfate/stay nightのぱく…もといインスパイアですね。
ちなみに、日:遠坂&アチャ(三式)、独:アインツベルン&バサカ(ティーゲル2)、米:マキリ&ライダー(M4)、満:士郎&セイバー(五式)、
ソ連:言峰&ギル(ヨシフ・スターリン)、モンゴル:ランサー(T34)を想定しています。



887 :名無し三等兵:2006/04/28(金) 12:43:47 ID:???
月厨乙

888 :名無し三等兵:2006/04/28(金) 16:35:37 ID:???
月厨といえば昔はネコミミモードだったのになあ・・・
本家のためにも型月厨と正式名称で言うべきではないだろうか

889 :名無し三等兵:2006/04/28(金) 16:58:12 ID:???
>>888
共に価値がない

890 :名無し三等兵:2006/04/28(金) 21:54:48 ID:???
月厨と聞いて、
SA-8厨な捻くれ者の俺が来ました。

>>801
舞い降りたのが奸雄・曹操!

【ミッドウェー海戦後】
山口「陛下にお出ましいただかねばならぬこの事態。痛恨の至りにございます」
天皇「多聞」
天皇「老けるどころかどころか歴戦の将の首は、見るたびに太くなってゆくな」
山口「重ねておるのは不甲斐なき戦績」
天皇「敗北にこそ才が必要だ」
天皇「敗戦の中で何をどれだけ見出すことができるのか!?」
天皇「“歴戦”の価値はその能力で決まる!」
天皇「おまえこそ、その範ではないか、新司令官山口多聞」
天皇「おのれを雄大な絵柄の緻密な織物とみなせ!」
天皇「その将器に一戦一戦を入念に織り込み生涯をかけて仕上げるのだ!」







891 :名無し三等兵:2006/04/29(土) 01:08:07 ID:???
>>886 どこの「旭日の鉄騎兵 満蒙に咆ゆ」だそれは!

892 :Call50 ◆D6llXYFFyA :2006/04/29(土) 01:29:11 ID:???
>>886
三式が遠坂&アーチャーならば、家事が得意である事にひっかけて、各種派生車両が山ほどある事にしよう。
戦車型、戦車回収型、突撃砲型、工兵型、自走砲型、弾薬運搬型、電子戦型、空挺型…本当に糧食班まで
APC型で移動してそうなぐらいの機械化率になるなー
問題は「肝心な時に致命的なミスをする」うっかりさんをどこで表現しようかな。






エロゲー板と某隆山に帰るか…

893 :名無し三等兵:2006/04/29(土) 01:33:43 ID:???
1940年、北アフリカに駐留するイタリア軍にある噂が広まっていた
その噂とは「エチオピアに駐留している兵士は皆女性らしい」という物だった
その噂のお陰で戦意が急上昇した北アフリカのイタリア軍は
開戦と同時に掻き集めた新兵器を駆使してアフリカの大地を打通していった
エジプトのイギリス軍は瞬く間に蹴散らされチャーチルはエジプトが占領されると思ったが
現地のイタリア軍は「占領?興味無いな。俺達が目指すのはエチオピアだけさ」と一蹴して
全軍一路エチオピアを目指す。

そんな北アフリカ大陸打通作戦

894 :名無し三等兵:2006/04/29(土) 02:07:10 ID:???
自国領目指して進撃するのか?

895 :名無し三等兵:2006/04/29(土) 02:12:06 ID:???
いくら不甲斐無いイタ公だからって馬鹿にし過ぎではないか

896 :名無し三等兵:2006/04/29(土) 14:25:54 ID:???
乗り移りモノになるんだろうか・・。


200X年、ある男の精神が1935年の日本に飛ばされてしまう。
そして男は、来るべき太平洋戦争に勝利するため、山本五十六への憑依を実行しようとする!
だが、運命のイタズラか、何故か男は海軍兵学校の食堂のおばちゃんに憑依してしまったのだ。
絶望する男(おばちゃん?)。だが、海軍兵学校で最も古株だったおばちゃんの記憶には、後に有名となる将校達の
嫌いな食べ物リストや、海軍兵学校時代の痴態の数々があった。
男(おばちゃん)は、それらを駆使し、将校達への嫌がらせ、脅迫により
様々な歴史改編を行い日本軍を勝利へと導いていく!

・・・海軍兵学校の食堂におばちゃんがいたかどうかわからんがね。




897 :名無し三等兵:2006/04/29(土) 15:45:45 ID:???
装備や作戦面ではなく性格や人間関係を断面に
太平洋戦争を描く「寮母さんは見た!」
読んでみたい

898 :名無し三等兵:2006/04/29(土) 15:47:32 ID:???
「寮母さんは見た!」
軍事予算の色と欲

899 :サヨ@犬隊長:2006/04/29(土) 23:41:59 ID:???
最近の話だけど、天皇付きの料理人が書いたノンフィクションがあったっけ。

900 :名無し三等兵:2006/04/30(日) 02:48:07 ID:???
「昭和天皇と鰻茶漬」か。名著だな

901 :名無し三等兵:2006/05/01(月) 00:44:09 ID:???
56「どうせハワイ攻めるなら攻略せにゃ意味がないだろう、大井君何とかしてくれたまえ」

大井「補給が続きません!」

56「なら大和型の資材と予算を転用して輸送船を作ればいい」

福留「アメリカの戦艦に対抗できません!」

56「これからは航空主兵の時代だ、機動部隊があれば大和なぞ要らん」

富岡「南方戦線が!」

56「蘭印の石油を確保したら後は長期持久に徹すればよい、ハワイを押え続ければアメリカと講和可能だ」

大井「其処まで言うのなら補給線確保のための護衛部隊設立を!」

な経緯で海上護衛総隊の設立が早まり、機動部隊と南方⇔本土⇔ハワイを結ぶ航路を守るために数だけ増えた海上護衛総隊しかない海軍。
そして各航路をひた走る大和の予算を転用して作られた輸送船やサーヴィス部隊通称ヤマト運輸(マテの
じみ〜な活躍と苦労を描く大井たん主役の仮想戦記

902 :名無し三等兵:2006/05/01(月) 01:34:02 ID:???
えーと‥‥

聯合艦隊司令長官ごときの権限では、海軍軍備にはくちばしも挟めませんが。

903 :名無し三等兵:2006/05/01(月) 01:38:37 ID:???
作戦にも挟めない筈なのにハワイまで逝っちまったのが56クォリティ

904 :名無し三等兵:2006/05/01(月) 01:46:06 ID:???
軍備となると作戦みたいな一転突破は出来ん。予算にも絡むし。
それにタイムスケジュールを考えると、GF長官どころか海軍次官やってた時期に開始しても遅すぎる(w

905 :名無し三等兵:2006/05/01(月) 01:49:23 ID:???
覇龍井上成美並の妖怪で、戦前ずっと海に出ずに作戦部長〜軍令部長官のラインにいすわって、
10年以上赤煉瓦を支配してれば可能じゃないか?平時の海軍人事と思いっきり相反するが。

906 :名無し三等兵:2006/05/01(月) 08:35:17 ID:???
>905

そんなら伏見宮博恭王の脳内を改変し(ry
軍令部長就任も昭和七年だしぴったりじゃまいか(笑)

907 :名無し三等兵:2006/05/01(月) 12:33:23 ID:???
「覇王ドゥーチェ伝」文庫版「ムッソリーニ新記」
一巻「タラント炎上」
二巻「欧州普請」
三巻「遣欧艦隊突撃」

908 :名無し三等兵:2006/05/01(月) 15:38:21 ID:???
>>907
タイトルが悪いw
3巻まで出して再販と文庫化を続けそうな気がするよ、そのタイトルじゃ。

909 :名無し三等兵:2006/05/01(月) 15:49:43 ID:???
>>907

ちょwwwそれ漏れが御大スレに書いたやつじゃねーかwwww

910 :名無し三等兵:2006/05/01(月) 20:50:22 ID:???
昭和3年観艦式、英国のケント級来日に対抗すべく突貫工事で完成させた我らが『那智』
優美な造形は各国海軍関係者をあっと言わせたが、艦内を訪れたやんごとなき御方が一言
「この船は少々居心地が悪そうだが、乗組員はこれで大丈夫なのかね?」
奇しくも直前に訪れた英国海軍兵が皮肉った内容をストレートに言われ衝撃を受ける日本海軍
この一言により造船台上で建造中だった全重巡の設計見直しが行なわれる


そして昭和12年、日本海軍は居住性の悪さで悪名を馳せてしまった那智のイメージを払拭すべく居住性が大幅改善どこれか豪華絢爛な内装を施された『足柄』を英国に派遣する


しかしいざ戦争になると凝った内装が仇になって火災を起こすと皆一撃あぼーん
ラストはそれでも生き長らえて賠償として英国に渡った足柄でクルーズするチャーチル卿の優雅な朝食でエンド

911 :名無し三等兵:2006/05/01(月) 22:14:11 ID:???
>足柄でクルーズするチャーチル卿の優雅な朝食でエンド

吹いたw

912 :名無し三等兵:2006/05/02(火) 20:19:26 ID:???
当代スレ初めの方で進められたプロテウスオペレーション読み終わりました
ホーガンの本なのにちっとも売ってなかったんだもん。
これはSFか仮想戦記か?ギリギリだけど自分は活躍しなかった兵器でも何とか
日の目を見せてあげたいという愛が仮想戦記の根本と思っているので
何もわからないうちにイギリスに沈められてしまったフランス艦艇が活躍
というシナリオを掲げたこの本は仮想戦記だ!(でもフランス艦隊のかっこいい
所とか期待して読まないでねこじつけだから)

913 :名無し三等兵:2006/05/02(火) 22:09:21 ID:???
プロテウス・オペレーションの日本は大東亜共栄圏と経済的繁栄とを両立させているんだよなぁ。
オーヴァーロードを、特にエコノミストで何人か確保したんだろうか?

914 :名無し三等兵:2006/05/02(火) 22:31:26 ID:???
石橋湛山が早い時期に国政の舵取ったんじゃないの? 
日本本土以外はとっとと独立汁って一方で、各国の反政府勢力に武器援助して親日政権作らせて。

915 :名無し三等兵:2006/05/02(火) 23:24:36 ID:???
平成コンプレックスの大東亜共栄圏がそんな感じじゃね?
イリュージョンの方じゃ伊400潜&晴嵐で独立支援のゲリラ戦やってたみたいだし

916 :名無し三等兵:2006/05/03(水) 22:54:49 ID:???
>>913 ソ連はドイツと挟撃して滅ぼしアメリカは孤立主義を気取って
   太平洋の向こうに引っ込んじゃってる。資源は自足できるだけ
   ある筈なのに海外市場から切り離されちゃうと灰色の未来に
   なっちゃうんですねアメリカ。高い城の男と違って滅ぼされて
   ないみたいだけどイタリアどうなった!?

917 :名無し三等兵:2006/05/03(水) 23:53:40 ID:???
>916
プロテウス世界(送り出した方ね)での描写はされてないけど地中海でそれなりにやっているのでは。

早川書房でぜひ文庫化して欲しいのがフレッド・オルホフ「夜の稲妻」
1940年にアメリカで書かれた仮想戦記。
イギリス降伏後、ユーラシア大陸を三分割した日独ソ(当時はまだ独ソが準同盟国と見られていたようだ)。
さらにラテンアメリカとラブラドル半島にも触手を伸ばしてくる。
そして1945年、日ソ連合艦隊が突如ハワイを空襲……
あぁ、アメリカの運命やいかに?!

ぜひ手元に置いておきたい。

918 :名無し三等兵:2006/05/04(木) 00:38:48 ID:???
早川仮想戦記コレクション、てのはひじょーに簡単に出来て、確実に一定数は売れる企画だと思うがなあ。

「夜の稲妻」「闇よ落ちるなかれ」「鉄の夢」「大魔王作戦」「本土決戦」(ウェストハイマーの奴)「枢軸万歳!」(河出から版権買って)、
あと既訳を適当に見繕ったアンソロに、ドラカかBack in the USSAでも新訳すりゃ、それぞれ万は堅い気がする。
(タートルダヴの南北アメリカ分断シリーズでもOK)

919 :名無し三等兵:2006/05/04(木) 08:36:17 ID:???
万が堅いかは怪しいが(早川だし)、
普段出してる採算のきわめて怪しいハヤカワJAとかよりは、
よほど利益率の高い計画だと思う。


920 :名無し三等兵:2006/05/04(木) 08:53:07 ID:???
>>918
短編の『高い城の男2』も忘れないで上げてください

921 :名無し三等兵:2006/05/05(金) 21:44:50 ID:???
「風戦の艦隊」
中島飛行機が開戦前からふ号の研究に取り組んだ結果、
ニイタカヤマノボレ1208が発動されると同時に、
日本各地から出撃する無人空中艦隊こと風船爆弾「ふ嶽」の無数の群れ。

究極のアウトレンジ攻撃によって、開戦と同時に戦略爆撃にさらされることになった
アメリカの運命やいかに。

922 :名無し三等兵:2006/05/05(金) 21:47:56 ID:???
ふ嶽テラワロスw

923 :名無し三等兵:2006/05/05(金) 22:13:39 ID:???
>>921
麦の病気を起こすBC兵器の搭載も検討されてたらしい。

924 :名無し三等兵:2006/05/05(金) 22:55:44 ID:???
>>921
不幸にも不発弾の風船爆弾「ふ嶽」に触ってしまったアメリカ人女性。
だが彼女は、こんにゃくアレルギーだった。
BC兵器と誤認された結果恐れられ、アメリカ本土にパニックを巻き起こす

925 :名無し三等兵:2006/05/05(金) 22:57:45 ID:???
のちのヘルシー食品ブームである

926 :名無し三等兵:2006/05/05(金) 22:59:37 ID:???
>>923
麦角病を積んだら麦にはダメージが少なくて、
逆に葡萄が種無しになってパニックとかw

927 :名無し三等兵:2006/05/05(金) 23:00:53 ID:???
そしてスタインベックが「種無し葡萄」というプロパガンダ小説を書くw

928 :名無し三等兵:2006/05/05(金) 23:04:39 ID:???
やなスタインベックだな、おいw

929 :名無し三等兵:2006/05/06(土) 00:20:33 ID:???
>>921
だいぶ原爆開発が遅れそうだなぁ。それに市街地にも落ちるだろうからアメリカ市民の反発も強くなって
ダウンフォール作戦を許容する雰囲気が醸成されてしまい史実より凄惨な負け方をするんじゃ?

930 :名無し三等兵:2006/05/06(土) 00:40:36 ID:???
20年前くらいにボードSLGであった「大天使作戦」ってご存知の方いますか?

1945年5月、ベルリン陥落寸前の欧州戦線でソ連軍が米英軍に対して攻撃を
開始するって内容だったと思うのですが…

931 :名無し三等兵:2006/05/06(土) 12:14:19 ID:???
ゲームは知らないが、早川書房から「大天使作戦を撃破せよ」という小説が出ていた。
もっとも、その小説は赤軍上層部の一部が連合軍を奇襲攻撃しようとする陰謀を阻止する小説だったが。
その小説がゲーム化されていたのかな?

932 :名無し三等兵:2006/05/06(土) 19:30:36 ID:???
昭和19年10月、囮となるべく第三艦隊旗艦として出撃した瑞鶴
囮なんだから目立つ方が良いと無理矢理組み込まれた雲龍や龍鳳、歴戦の瑞鳳が撃沈の憂き目をみる中、巧みな操艦により攻撃を凌ぎきる瑞鶴
ハルゼーは全日本空母撃沈に失敗した上、囮に気を取られすぎた所為で第二艦隊のレイテ通過(つまり一撃離脱)を許してしまう
佐世保帰還後、燃料もなくそのまま終戦を迎えた瑞鶴は葛城と共に復員船として使われるが、その後米軍に接取される
処遇に関して解体や原爆実験の標的等が挙がったが、ハルゼーの強い推進により米軍に正式に編入され、横須賀を母港とする任務部隊に組み込まれる瑞鶴


そして昭和29年、突如としてあらわれた巨大怪獣は東海道を北上
東京を潰されては困る米軍も迎撃するがフリゲートでは歯が立たない
ベアキャット、スカイレーダーを満載した瑞鶴に出撃を命じようとしたハルゼーの前にかつてのライバルである小沢と元瑞鶴艦長の貝塚があらわれた!

933 :名無し三等兵:2006/05/06(土) 21:15:52 ID:???
>>930,931
米、英とは最終的には相容れないが陸戦国のソ連は
海を越えて攻め込むことはできない、どうせやるなら
主力が大陸ヨーロッパにいる今しかないって事ですね。
しかしヨローッパ独り占めにできたところでソ連の下で
復興にいつまでかかるんだろうか

934 :Call50 ◆D6llXYFFyA :2006/05/06(土) 21:30:18 ID:???
今回は非紺碧方式でひとつ。

レセップスがニカラグアに海面式運河の建設を計画。建設を開始したが資金面で行き詰まり、計画を放棄した。
その後をうけてアメリカ合衆国は1902年に連邦議会でニカラグアに運河を建設することを決定した。いわゆるニ
カラグア運河である。
その後、ニカラグア運河は3億ドル以上の資金を費やし、1914年に完成。経済面・軍事面でアメリカ合衆国にと
って大きな利益をもたらした。

さて、時は流れて1941年12月8日に大日本帝国はアメリカ合衆国に宣戦を布告。太平洋戦争が開戦した。
その時に実はもう1つの大ニュースが飛び込んできた。
ニカラグア運河近くの山が突然噴火。溶岩が周辺を埋め、ニカラグア運河が完全に埋めたてられてしまった。
噴火は継続している為に復旧の目処が立たない。太平洋-大西洋の大動脈を突如失ったアメリカ合衆国は
兵力移動・補給線・経済への悪影響を抱えたまま太平洋戦争を戦う事となった。

運河閉塞を自然がやってくれて大喜びの帝國海軍首脳部。
海運を大陸横断鉄道と空路の「超」大拡張でのりきろうと画策するホワイトハウス。
艦隊のホーン岬経由移動計画『オペレーション・マゼラン』を立案するアメリカ海軍。
運河を失った歴史はどのような動きを見せるのか!


注.「オペレーション・マゼラン」は某隆山よりお借りしました。他にちょうどよい名称が思いつかなかったので。



935 :Call50 ◆D6llXYFFyA :2006/05/06(土) 21:34:47 ID:???
運河計画でパナマ案とニカラグア案がありました。
確か子供の頃に読んだ本ではニカラグア案が「火山の噴火」で危険性が判明
した事によりパナマ案になったとあったよーな覚えがあったので書いてみました。

936 :名無し三等兵:2006/05/06(土) 21:53:49 ID:???
>>934 西海岸に仮設造船所山ほど作って、DEとリバティー船の量産に乗り出す悪寒。

937 :名無し三等兵:2006/05/06(土) 21:56:43 ID:???
>>936
無理。
資材が届かない。
西海岸の造船施設が東よりはるかに少ないのはそういう事情。

938 :名無し三等兵:2006/05/06(土) 22:05:50 ID:???
1902年に近くの島で火山の噴火があり、
パナマ運河推進派は噴煙を上げる火山の姿を切手にして大々的に宣伝したようだ。
ttp://www10.plala.or.jp/shosuzki/chronology/nicarag/~1934.htm#ニカラグア年表%20その2

939 :名無し三等兵:2006/05/06(土) 22:20:48 ID:???
ならば、コンスタンティノーブル攻防戦におけるスルタン・メフメットの艦隊山越えの古事にならって
東海岸にて米大陸横断艦隊を建設すればおk

940 :名無し三等兵:2006/05/06(土) 23:07:59 ID:???
船頭を5万人ばかり雇えば良いんじゃね?
したらロッキー山脈ぐらい楽勝で越えるだろw

あれ?
登るだけだったかな?

941 :名無し三等兵:2006/05/07(日) 01:25:20 ID:???
南回るより北回ったのが早くね?と、いうわけで大型砕氷艦と大型砕氷砲艦を山ほど生産。
暖房設備もそこそこに大輸送作戦、オペレーションタイタニックを敢行。
案の定船団は遭難。あまつさえ漂流した船団が日本に鹵獲されてしまう。
膠着状態に陥る太平洋。
大量に入手した戦略物資は日本だけでは有り余る量だった為ドイツに輸出。
砕氷艦や砕氷砲艦は護衛戦艦に改装され護衛艦隊に編入されたり希望岬回りでの対ドイツ船団護衛に回される。
英アジア艦隊と米英大西洋艦隊を撃破し最後に立ちはだかる英本国艦隊!劣勢のなか現れる独伊艦隊!

942 :名無し三等兵:2006/05/07(日) 01:52:52 ID:???
戦略物資の到着で活気づくドイツ工業。護衛艦隊はそのままドイツに貸与され
通商破壊に従事し欧州に於けるパワーバランスを崩し始める。
日本はインド洋決戦で機動部隊と打撃部隊が負った傷を癒し、
鹵獲したエセックス級空母や数十隻にのぼる巡洋艦以下の艦を不忠艦隊として編制し戦力化を急いでいた
イギリスどころじゃない!西海岸に日本軍が押し寄せる!!
この危機に米国は懲りずに北回りでの大輸送作戦オペレーションモビーディックを敢行。
砕氷艦の増備と輸送船の暖房設備の充実や一部では原爆での航路開拓などが前回より変更された

943 :名無し三等兵:2006/05/07(日) 02:14:18 ID:???
米太平洋艦隊が物資不足で身動きが取れないことをいいことに
日独はアラビア打通作戦を敢行。日本は不忠艦隊と機動部隊を投入した。
そんな中出現する米輸送船団。この船団の破壊、奪取、護衛のため出撃する日米打撃艦隊。
紅海では英地中海艦隊対日不忠艦隊と機動部隊が、
北太平洋では日米打撃艦隊が激闘を演じる………

なにこれ。

944 :名無し三等兵:2006/05/07(日) 09:25:15 ID:???
戦争の物資消費量を甘く見すぎ。
100隻もの輸送船団でも1国の生産を数日〜十数日支えるのが関の山。

945 :名無し三等兵:2006/05/07(日) 17:22:36 ID:???
100隻全部タンカーだったとして、運べる石油はせいぜい50万トン。
連合艦隊が全力出撃したら消えてなくなる量だな。


946 :名無し三等兵:2006/05/07(日) 19:19:54 ID:???
>>944-945
なぁーに船団を数千隻規模にするなり船をでかくするなりすればいい。
で、連合国の輸送船数減少と枢軸国の輸送船数増加でウヘッウヘェーヘヘヘ

947 :名無し三等兵:2006/05/07(日) 19:34:57 ID:???
それだけの船に荷を積むにも降ろすにも港湾設備という上限があるのだが?
大体数千隻が隊形組むのに何十日かかると思ってんのよ?
たかが数十隻でも半日とか一日かかるんだぞ?

948 :名無し三等兵:2006/05/07(日) 19:36:13 ID:???
>>947
まあそんなにつっこんでやりなさるな。
霧島那智レベルの火葬戦記だと思えばいい。

949 :名無し三等兵:2006/05/07(日) 20:23:41 ID:???
そうだそうだ。だいいちアメリカは現にそれをやってのけていたんだからな。

950 :名無し三等兵:2006/05/07(日) 20:25:44 ID:???
いや現実のアメリカは北極海回りをメインの流通ルートにするなんてアホなことはやってないだろ‥

951 :名無し三等兵:2006/05/07(日) 20:28:38 ID:???
>>950
次スレよろ

952 :名無し三等兵:2006/05/07(日) 20:32:46 ID:???
あいよ。ちょっと待っててくれ。

953 :名無し三等兵:2006/05/07(日) 20:35:18 ID:???
立ててきた。

オリジナル仮想戦記のプロットと見所を評価するR:スレ5
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1147001657/

954 :名無し三等兵:2006/05/07(日) 21:15:05 ID:???
運河が使えなくて南回りするしかないんだから何十日かかろうがどっちが早いかっつー話ですよ。
なぁーに自走浮きドックとコンテナシステムを開発させちまえばいいさ。

955 :名無し三等兵:2006/05/08(月) 23:36:57 ID:???
>>954
流石に新旭○の艦隊レベルの技術暴走がないと無理じゃね?

956 :名無し三等兵:2006/05/09(火) 21:26:52 ID:???
ドイツ輸出船団は米東海岸で編成なった機動部隊により希望岬沖で全滅
波間にただよう自軍の物資の残骸をみつけて、ぽかーんな米軍てオチなら可

957 :名無し三等兵:2006/05/10(水) 00:25:52 ID:???
ヴァルター機関の爆発事故からFAEを思いついて実用化しちゃうドイツ軍
コレでモスクワもスターリングラードもロンドンも焼払える、と御満悦な総統閣下
だが、肝心の運搬手段がなくてOTL
そしてウラル超重爆撃機の開発進捗を厳命するちょび髭伍長
やがて各方面に犠牲を強いつつもプロジェクトXな開発秘話が展開される



そしてラストはロンドン爆撃に飛び立つウラルの勇姿で完

958 :名無し三等兵:2006/05/10(水) 19:41:14 ID:???
>>957
かなりワクテカする展開だな。
作中の描写はかなりえげつない事になりそうだが……

959 :名無し三等兵:2006/05/11(木) 08:37:14 ID:???
伏龍で攻撃するほうがまだましかもしれない
どっちもいやだが。 ヴァルターなんていつ爆発するか・・・

960 :名無し三等兵:2006/05/11(木) 19:58:45 ID:???
そのウラル爆撃機と入れ違いにベルリンに飛来するエノラゲイ


961 :名無し三等兵:2006/05/11(木) 21:19:46 ID:???
「風戦の艦隊」
プロローグ 中島知久平の憂鬱
 第一章  フルメタル・パシフィック!
 第二章  戦う子女と空飛ぶ爆弾
 第三章  多聞の空、UFOの冬 
 第四章  銀翼カレイドスコープ
 第五章  戦艦大和はアウトレンジを狙わない
 第六章  ふ嶽の征けぬ空は無し
エピローグ ゼロヨンイチハチ

962 :名無し三等兵:2006/05/11(木) 21:35:24 ID:???
ハイハイワロスワロス

963 :名無し三等兵:2006/05/13(土) 13:21:27 ID:???
>>955
もっと効率よくしないと船団をでかくできねーよ
んーいい方法ねーかな。
……デッカイ箱に入れればいーんじゃね?サイズ統一して簡単に積み上げれるようにしてさ
大西洋側はともかく太平洋側に積み降ろし施設建設すんの大変じゃん
積み降ろし機能だけの船造ればいーんじゃね?
みたいな感じでお願いします。

それになにより砕氷砲艦だから合理的?にドリル戦艦を出せる。

964 :名無し三等兵:2006/05/14(日) 23:01:23 ID:???
そいで持って氷山空母に乗り上げて超信地旋回を(ry

965 :名無し三等兵:2006/05/14(日) 23:35:24 ID:???
アルキメディアンスクリュー激萌え

966 :名無し三等兵:2006/05/15(月) 01:08:25 ID:???
戦艦大の超大型魚雷とか

967 :サヨ@犬隊長:2006/05/15(月) 02:43:09 ID:???
>964
砕氷艦vs氷山空母か。

あまりにバカすぎて吹いた。コーヒー飲み終わってて良かった。

968 :名無し三等兵:2006/05/17(水) 00:58:36 ID:???
しかし、アノ世界ほどありえない方向に火葬な大和クラスって他にないよなぁ

969 :名無し三等兵:2006/05/19(金) 23:14:34 ID:???
226事件の情報をソ連が入手,蜂起に呼応して共産党が一斉に活動を開始
加えて不良外国人が帝都に放火し,東京は大混乱,さらに騒動は全国に
飛び火して,天皇一家は一時満州へ避難することとなった

天皇を迎え入れた関東軍は調子付いて,勝手に中国と戦争を始めるが
国内の秩序回復に忙しい軍部は,これを掣肘できず,あれよあれよという間に
中華大陸の大部分を制圧してしまい,中華民国も中国共産党も滅亡
天皇を新たな中国の皇帝とする「和朝」が誕生してしまう

攻め込んだ異民族を取り込んで,自家薬籠中のものにしてしまうのは
漢民族の常套手段

日本が混乱を取り戻した時には,天皇皇帝と関東軍を中心にした新中国が
朝鮮半島と日本列島への侵攻を開始していた

天皇の侵略から日本国土を守るため,帝国陸海軍の戦いが始まる??


970 :サヨ@犬隊長:2006/05/20(土) 01:43:02 ID:???
いやあ・・・ちょっと無理があるんじゃないかと。
正確にいうと、もっと無理なくほとんど同じ展開にできるのに、不要な部分が多いと思う。

関東軍+天皇を守ってついてきた軍隊だけじゃ、中国全土制圧は無理だろう。
国土に対して人員が少なすぎる。

それに共産党はゲリラ的にちくちく戦っていたから全滅は難しい。逆にいえばそのころは放置しててオッケー。
国民党はなんとかなるかもしれないけど、欧米から文句が出ないはずがない。

共産化した日本に対し、満州へ逃げていた皇道派が反攻に出るってネタは面白いと思う。

971 :名無し三等兵:2006/05/20(土) 01:45:49 ID:???
共産化した日本にアメさんの支援を受けた56タソと配下が喧嘩売るのなら既存だな

972 :名無し三等兵:2006/05/21(日) 05:37:13 ID:???
マリアナ沖海戦直前、地球の地殻変動によって沖縄、先島諸島硫黄島、マリアナ諸島、フィリピン諸島、ニューギニア、南洋諸島、ウェーキ、マカッサル、アリューシャン千島諸島、オーストラリア
といった西大西洋におけるほとんどの島々が完全水没。潜水部隊と補給拠点を失った米軍と防衛拠点を失い本土が丸裸になった日米の戦闘を描く。


973 :名無し三等兵:2006/05/21(日) 05:37:50 ID:???
潜水部隊→潜水部隊の拠点

974 :名無し三等兵:2006/05/21(日) 07:35:12 ID:???
>>972
タイトルは『内南洋沈没』か?

975 :名無し三等兵:2006/05/21(日) 10:00:04 ID:9ptJgS4I
ほしゅ

976 :名無し三等兵:2006/05/21(日) 18:05:59 ID:???
>>972
逆に本土に集中して戦力を投入して意外と善戦するかも
それに天皇ももっと早く終戦を薦めちゃったりするかも

977 :名無し三等兵:2006/05/22(月) 09:30:03 ID:???
980で次スレよろ

978 :名無し三等兵:2006/05/22(月) 12:52:44 ID:???
え?もうたってるだろ? 
ちがうの?

オリジナル仮想戦記のプロットと見所を評価するR:スレ5
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1147001657/

979 :名無し三等兵:2006/05/22(月) 16:07:31 ID:i21jbjnz
準鷹の話みたいな、海軍独立愚連隊ものが書きたいなぁ…

数合わせに陸軍機を乗せた、飛鷹型程度の客船改造の空母に
随伴の5500t型か夕張型二番艦、
ビシーフランスから買い取ったラモット・ピケとか
あと雑木林だの満州国海軍の摂津だのタイの海防戦艦だのがごちゃごちゃと
寄せ集まってあちらこちらと行ったり来たり。

980 :名無し三等兵:2006/05/22(月) 20:14:16 ID:hILY5oNA
それどこの第7艦隊

981 :名無し三等兵:2006/05/22(月) 20:16:00 ID:???
デスノートだと思ったらハルノートでした

982 :名無し三等兵:2006/05/22(月) 20:35:04 ID:???
アメリカでヒトラーが当選したそんな悪夢のような米帝世界。
もちろん夢は東方(ユーラシア)植民。移民のくせに。

983 :名無し三等兵:2006/05/22(月) 21:19:56 ID:???
>>982 とっくのとうにバトル・オブ・ジャパンで既出ですがな。
実物のヒトラーの台詞を微妙に変えて、真の民主主義者たる合衆国大統領に仕立て上げるあたりが絶妙だった。

984 :名無し三等兵:2006/05/22(月) 21:49:35 ID:???
ヒトラー大統領自体、大昔のログインの読者公募ネタで既出だしな‥

985 :名無し三等兵:2006/05/22(月) 22:10:54 ID:???
あったあった。太平洋の嵐のシナリオだったな。
「偉大なるローマの子孫、アメリカ人たちよ!」だっけ。
米軍の制服に星条旗の腕章のヒトラーがまだ頭に残ってるよ。

986 :名無し三等兵:2006/05/22(月) 22:13:27 ID:???
どうせならムッソリーニ大統領くらいブッ飛んでやらないと。

987 :名無し三等兵:2006/05/22(月) 23:03:40 ID:???
「アルフォンス・カポネ人民評議会議長」をやらかした奴なら、未訳だが実在する。
Back in the USSAまだかー。ドラキュラ紀元だけでなく、こっちも二見あたりでやってくれー。

988 :名無し三等兵 :2006/05/22(月) 23:38:01 ID:???
なにわの社長がヒットラー・・・

あれは傑作でありました。

989 :名無し三等兵:2006/05/23(火) 00:23:19 ID:???
もはや使い古されたミッドウェー海戦ネタで

ミッドウェー島を攻撃中、同島を発進したB17の攻撃を受けた南雲機動部隊。
4発機の水平爆撃など・・・と楽観していたらそのうちの一発が赤城艦橋を直撃。南雲以下一航艦司令部は一瞬にして消滅する。
思わぬ形で一航艦の航空戦の指揮を執ることになった山口多門、とそこへ米機動部隊発見の報が入る。
先手必勝と爆撃隊のみ先行攻撃を行うが、機数の少なさもあって甲板の破壊には成功するが撃沈には至らない。
さらに入れ違いで殺到した米軍機により加賀、蒼龍は甲板大破、飛龍に至っては直撃弾多数で爆沈する始末。
これはもはやダメか、と誰もが思うなかほくそ笑む人物がいた。GF参謀長、宇垣纏である。
彼は言った。
「敵も見方も空母が使えない今こそチャンスです!大和でもって敵を粉砕するのです」

その一言で大和を先頭にミッドウェー近海になだれ込む第一艦隊に対し米軍も全戦闘艦艇でもって迎撃に当たる!
絶対有利と思われた第一艦隊だが大和への一発の命中魚雷がその流れを変え・・・果たして艦隊戦の帰趨は・・・・



実はそれはどうでもよくて『作戦中止』令が出なかった為先に接近してた第七戦隊がミッドウェーをいつのまにか叩いてて栗田が英雄になってエンド。
大和?沈めちゃってもいいんじゃない?

990 :名無し三等兵:2006/05/23(火) 03:20:35 ID:???
>>989
栗田勝手に帰っちゃうし、居もしない敵主力艦隊発見してさ

つか空母が使えないんなら普通に逃げるだろ米軍

279 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)