5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【激戦】沖縄戦総合スレ【玉砕】

1 :名無し三等兵:2006/01/21(土) 10:17:09 ID:???
日米とも奮闘し、数々の伝説を残した沖縄…。その実態について語ろう。

2 :名無し三等兵:2006/01/21(土) 10:18:03 ID:???
2ゲット

3 :名無し三等兵:2006/01/21(土) 10:37:09 ID:???
大和投入は間違いなのかな…?

4 :名無し三等兵:2006/01/21(土) 11:29:02 ID:???
特攻…。10機落としただけだしな。

5 :騙されるな!諸君:2006/01/21(土) 12:48:17 ID:???
■四月六日■
海軍最後の陸軍への支援とし、水上特攻艦隊『菊水1号』作戦発令。
*伊藤整一中将統率の下、戦艦『大和』率いる巡洋艦矢矧以下駆逐艦8隻が沖縄に出撃。
四月七日の沖縄第三十二軍総攻撃に呼応するためだったが、
米機動部隊の空爆により『大和』以下6隻沈没。駆逐艦4隻のみ帰投した。
この作戦に呼応して、米艦隊に空から攻撃をしたのは台湾の第一航空艦隊と第八飛行師団。
699機が参加し、特攻機の355機が奇襲攻撃した。
この後、本土の九州から陸海軍の特攻機が次々と沖縄に飛び立った。
鹿屋基地や知覧基地などが主要特攻機基地となった。
四月十二、十三日には202機、四月十六日や四月二十二日そして五月四日と
特攻の総攻撃で1,711機が散華していった。
この特攻機の襲来に米海軍の将兵は震え上った。
精神的な脅威と苦痛を与えた効果は絶大であった。

『忘れられた大日本帝国1936〜「太平洋戦争」ではなく大東亜戦争だった』より

『沖縄陸上の主力戦最終段階 軍民一体の善戦敢闘三箇月
[六月]二十日敵主力に対し全員最後の攻勢
殺傷八万、撃沈破六百隻』【朝日新聞より】
☆米軍公表
戦死者:陸軍海兵隊7613名、海軍4907名
負傷者:陸軍海兵隊5万8千余名、海軍4824名
戦闘神経症[PTSD]約1万5千名
艦船沈没36隻、損傷368隻
航空機の損失763機〜約1500機


6 :名無し三等兵:2006/01/21(土) 12:57:35 ID:???
自爆して、与えた効果がPTSDじゃ英霊が浮かばれねえな

7 : 名無し三等兵 :2006/01/21(土) 13:00:18 ID:???
まぁ軍事作戦は人間ぶっ殺し競争ではないからなぁ(w

8 :名無し三等兵:2006/01/21(土) 13:16:57 ID:hnyLLrXm
神風特攻隊は戦果は大きかったがパイロットや機体の損害が多くて高くついた
と聞くが通常攻撃の方が軍事的に見てもよかったのかな?

9 :名無し三等兵:2006/01/21(土) 14:24:44 ID:???
通常攻撃でも被撃墜率は変わらんだろう。特攻の方が命中率は高いと思うが…。

10 :名無し三等兵:2006/01/21(土) 14:31:32 ID:???
特攻:絶対返らない
通常:返るかも


そもそもマリアナ・フィリピン失った時点で降伏しろと。


開戦前に日本を、日干しする脅迫した米英に殺される恐怖のほうが大きかったんだろうけど

11 :名無し三等兵:2006/01/21(土) 14:34:08 ID:???
結局、沖縄でよく言われる

・民間人追い出し
・疎開の遅れ
・集団自決
・住民虐殺
はどうなのよ?

12 :名無し三等兵:2006/01/21(土) 14:44:34 ID:???
全部嘘かも…。その辺検証するのはどうかな。

13 :名無し三等兵:2006/01/21(土) 14:47:42 ID:???
左翼の喜びそうなネタだ。

14 :名無し三等兵:2006/01/21(土) 14:56:45 ID:???
・民間人追い出し   追い出すってどこに?
・疎開の遅れ     やろうにも船がない
・集団自決      
・住民虐殺      そこまでの弾薬物資と暇があるの?人手不足なのに

15 :名無し三等兵:2006/01/21(土) 14:58:30 ID:???
洞窟から追い出したとか赤ん坊がうるさいから殺したとか言う話か。

16 :名無し三等兵:2006/01/21(土) 15:00:04 ID:???
ちょうどここで議論になってる

ttp://www.21styles.com/web/meme/index.html

17 :名無し三等兵:2006/01/21(土) 15:10:57 ID:???
帝国陸海軍は陛下と陛下の赤子たる臣民を守る為に存在してるのってのにな・・・。
本義を忘れた軍部高官どもは国賊。


18 :名無し三等兵:2006/01/21(土) 15:12:13 ID:???
ノルマンディーやカレー並みの防御が出来てればなぁ。島なんだし。

19 :名無し三等兵:2006/01/21(土) 15:19:40 ID:???
伊祖、嘉数、前田。

20 :名無し三等兵:2006/01/21(土) 15:23:14 ID:???
横穴の洞窟に直撃弾が来ると中の人みんな死ぬから追い出したんじゃないの?

21 :名無し三等兵:2006/01/21(土) 15:35:22 ID:???
圧死??

22 :名無し三等兵:2006/01/21(土) 18:43:48 ID:???
自分的推測

・民間人追い出し<摩文仁転身のときに洞窟を追われた人がいた>
・疎開の遅れ<住民の危機意識が低い上に対馬丸の悲劇があったため徹底しなかった。
また本土に頼るとこがない人はためらった。北部に疎開しても生活苦のため南部に舞い戻るケースも>
・集団自決<さまざま。皇民化教育世代は自ら自決、他、鬼畜米英が恐くてパニくって自決、軍に強要されたという証言もあるが多分組織だったモノではない>
・住民虐殺<戦場下での乱心か?>

沖縄戦スレ待ってましたw義勇奉公忠則尽命!

23 :名無し三等兵:2006/01/21(土) 18:49:57 ID:???
すべて物不足が悪い

24 :Forell:2006/01/22(日) 09:42:03 ID:???
第九師団が引き抜かれたのが大きいね、第九師団がいればもっと米軍に出血を強いたと思うけどね。
あとはもっと弾薬を備蓄できればもっといい戦いが出来ただろうが、敵の制空権下での軍需物資の輸送は
至難だったからな。

25 :名無し三等兵:2006/01/22(日) 12:09:04 ID:???
>>23
つまり戦争できる体制ではないのに戦争したことが悪いということですね。
納得。


26 :名無し三等兵:2006/01/22(日) 15:38:54 ID:???
第九師団の引き抜きがなければ、水際で叩いたのだろうか…?

27 :名無し三等兵:2006/01/22(日) 16:30:39 ID:???
台湾へ兵力廻し過ぎ…

28 :名無し三等兵:2006/01/22(日) 16:37:22 ID:fRL7Vc9I
>>9
通常の爆撃で当たらんものが特攻で当たるわけねえだろ。

通常爆撃なら一回外してもそれが経験値になって次は当たるかもしれんが
特攻は錬度の低い兵が一回外しておしまい。

29 :名無し三等兵:2006/01/22(日) 16:39:52 ID:fRL7Vc9I
>>24
大本営の馬鹿参謀の圧力に屈したアホ攻勢がすべて。
サイパンや硫黄島で何を学んだのやら。

日本軍の無意味な狂躁体質がそのままあらわれた

30 :Forell:2006/01/22(日) 18:22:04 ID:???
29さん 保有弾薬量が1会戦分も確保できなかった中であれだけ持ちこたえて
あれだけの出血を強いたのは大善戦だったでしょう。

沖縄戦でも総攻撃などせず、持久戦を展開し、遊撃戦闘を計画的に遂行していたら
更なる出血を米軍に強いたでしょうに。

31 :名無し三等兵:2006/01/23(月) 10:49:33 ID:???
現地軍のとった行動は、当時の環境としては最高だと思うが。

持久戦というが兵糧が底を見る事態でどうしろと、
持久戦に持ち込んだからといって、すでに空襲にさらされている本土4島にとって何の意味があるのかと
台湾沖縄どっちに上陸するかなんて把握しきれるのかと



米英への恐怖があったにせよ、自国民への出血を強要しすぎる
人間はなぜこんな遠回りをしないと繁栄出来ないんだ

32 :名無し三等兵:2006/01/23(月) 12:10:46 ID:???
米軍に捕虜収容するだけの精神的物質余裕があったから沖縄人民は生き残れた

そうでなかったら、戦闘なり食料欠乏なりで沖縄人民が滅ぶことになった


こういう環境におかれれば俺だって、日本政府やアメリカ人に屈折する

33 :名無し三等兵:2006/01/23(月) 14:38:49 ID:???
戦場になった人間にしてみれば悲劇以外の何ものでもない
補給線の切れた軍隊なんか、皇軍でもなんでもない
巻き上げるだけ




とっとと降伏しろと!

34 :名無し三等兵:2006/01/23(月) 16:21:28 ID:???
特攻だと被弾したから諦めて帰ろうなんてことしないよな。その分命中率は高いし、通常攻撃だろうが特攻だろうがあの砲火から生きて帰ることは不可能だとおもわれ

35 :名無し三等兵:2006/01/23(月) 16:33:19 ID:???
>>29
>サイパンや硫黄島で何を学んだのやら。

両島とも上陸された後、沖縄戦が始まるまでの間に帰還できた人はおりませんよ?
暗号電文以上の情報が無いのに何を学べと?

36 :名無し三等兵:2006/01/23(月) 17:59:27 ID:???
なんだかんだ言って栗田のせいにしちゃう!?

37 :名無し三等兵:2006/01/23(月) 18:13:46 ID:???
(・∀・)ソレダ!!

38 :名無し三等兵:2006/01/23(月) 18:35:21 ID:???
やぱーり?

39 :名無し三等兵:2006/01/23(月) 19:12:08 ID:???
南風原陸軍野戦病院のことで詳しい方いますか?
ウチの祖父が看護の従兵で勤めていたらしいのですが
南大東島に上陸するというので派遣されて終戦を迎えたそうです。
自分だけ生き残って…という思いがずっと続いていました。
気になるのですが詳しいサイトとかあったら教えてください。
現地も全然整備されてないんですよね。
海軍壕に較べて扱いがはっきりしすぎ…

40 :名無し三等兵:2006/01/23(月) 20:08:30 ID:???
南風原(はえばる)だって。誰か詳細を!!

41 :名無し三等兵:2006/01/24(火) 01:01:03 ID:???
>>34
そういうのを思考停止というんだよ。
大体まったく持って非論理的なことを言っている。
特攻を推進した輩もそんなノリだったんだろうな。
国を守れないわけだよ、まったく国賊者だね。


42 :名無し三等兵:2006/01/25(水) 01:11:28 ID:???
南風原…びょういん。15年前ぐらい前に読んだ本にのってたよーな…。
ひめゆりのやつ。

43 :名無し三等兵:2006/01/25(水) 12:27:09 ID:???
現在の医療事故の感覚で語られることの多い野戦病院ですね。
>南風原陸軍野戦病院

44 :名無し三等兵:2006/01/25(水) 18:27:54 ID:???
>>41
対空砲火の画像見てから言えよ。弾丸が雨の如く発射されてるのに生きて帰るのはほぼ不可能だな。特に末期なんか悲惨だ。

45 :名無し三等兵:2006/01/25(水) 21:49:32 ID:???
南風原野戦病院の跡地は落盤とかもあってかなり危険だはず

46 :名無し三等兵:2006/01/25(水) 22:12:17 ID:???
南風原陸軍野戦病院じゃなくて沖縄陸軍病院な
南風原にあったから南風原陸軍病院とも呼ばれるが

とりあえずそれでググってみな

47 :名無し三等兵:2006/01/26(木) 00:17:14 ID:???
>>44
阿呆。
そんな状況で戦いを続けること自体が間違いなんだよ。
そんな悲惨な状況へ貴重な臣民を無駄に突っ込ませえるくらいなら
アンコンディショナルサレンダーの方がはるかにマシ。


48 :名無し三等兵:2006/01/26(木) 14:27:59 ID:???
ところが、それをマシと思えない教育がされていた訳で。

49 :名無し三等兵:2006/01/26(木) 21:39:01 ID:???
ピケット駆逐艦を狙って瞬発爆弾による通常攻撃
それならなんとかなった可能性がある。なんだかんだいって航空攻撃は
延べ1万ソーテイも出撃できたんだから

50 :名無し三等兵:2006/01/27(金) 18:42:30 ID:???
>>47現代価値観キモー

51 :名無し三等兵:2006/01/27(金) 19:01:42 ID:???
>>47
よく分かる
でもやっぱり後知恵なんだよね
どこかで米軍に打撃を与えて……というのが末期の日本がすがった幻想だった
それが幻想だと「断言」できるのは、我々が結果を知ってるからなんだよね

あの堀栄三氏も「未来の予測はある程度つく。しかしそれを人前で断言するのは難しい」といった言葉を残してる
多くの著名人も戦中日記でも、日本の終わりが近いことや特攻への批判を書いてるけど、それを公式に言えた人は1人もいない

それと、当時の考え方の1つに「臣民のためにも、より良い和平を」というのがあった
実際、戦争に負けた国が戦後長く苦しむことは当時から常識だったし、戦後日本の復興は「奇跡」というのが現代史の見方
それでも、今なお日本は当時のことで責められて外交で苦しんでる

52 :名無し三等兵:2006/01/27(金) 19:10:35 ID:???
>>51
なに言ってるのですか。
日本軍がアッサリ降伏する存在なら、
米軍は何も心配する事無く東京を武力制圧し
天皇陛下を殺害しましたよ。
それが可能ならやるのがアメリカ。
エゴイズムの権化であるアメリカにおいて
「やらない」と「やれない」はイコールです。


53 :名無し三等兵:2006/01/27(金) 19:22:29 ID:???
>>47
通常攻撃より戦果がずっと上なのですよ。
日本海軍航空機による戦果が特攻するまで
何年途絶えていたかご存知か?

対空砲火の目的は、攻撃隊に回避行動をとらせて
集団的な面的攻撃から個別に行う点的攻撃へと
命中率を著しく低下させる事にあります。
特攻機を空中で破壊阻止するには威力不足であり
スプルーアンス提督は本国に対空砲の威力強化を訴えています。
VT信管神話は、1993年放映のNHKドキュメンタリーの誇張による
ところが大きいです。

54 :嗚呼、帝国海軍少佐冨士信夫命:2006/01/27(金) 19:45:58 ID:???
終戦の直前、宮古島において「神風特攻第三龍虎隊」
参謀として九三式中練特攻機7機を見送った。
これらの内4機は、7月30日未明、沖縄近海に哨戒中の駆逐艦隊に突入し、
駆逐艦キャラハン撃沈、同キャッシン・ヤング大破、他2隻に損傷を負わせた。
沖縄本島に向かった3機の内2機は、P51の迎撃を受け自爆したが、
残る1機は那覇飛行場に突入し損害を与えた。
戦後は東京裁判のほとんど全部の公判を傍聴した経験から、
「私の見た東京裁判」始め東京裁判関係の著作と講演活動に没頭し、
丁度一年前、惜しくも死去。

55 :名無し三等兵:2006/01/27(金) 19:51:19 ID:???
>>53
最後の二行だけダウト。 はるか前からですよ、VT信管の話は。

56 :名無し三等兵:2006/01/27(金) 19:54:51 ID:???
>>51
ひとつだけ問題なのは、その日本が提示していた講和の条件が何だったかということ。

臣民のために、という言い方はあまり正確なものとはいえないと思うよ、現代に用いる言葉としては。
「臣民」とは「大日本帝国の良民」であり、「国民」の単純な言い換えではない。
あくまでも「このままの体制が続くことを是とする民」にとっての良い和平、であったということを明記しないと
無用に荒れるだけ、かと。

57 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 00:06:47 ID:???
現代価値観とか言ってる奴がいるが、
当時でも外道という認識は十分あったぞ。
たあ、帝国陸海軍の民度が低すぎて愚行を止めることができなかっただけ。
奴等、軍の為なら国なんてどうでもいい連中ばかりだからな。


58 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 00:37:48 ID:???
>>57
帝国陸海軍を「マスコミ」や「営利企業」に置き換えたら、今でもそのまま通じる

59 : 名無し三等兵 :2006/01/28(土) 01:17:33 ID:???
まあ企業のほとんどが軍人がつくったものだからな(w

60 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 12:27:09 ID:???
瀬島さんを悪くいうなー(棒読み)

ウチの爺ちゃん船舶振興会の故人になった会長をボロクソ言ってた。
子供の目には「と〜にかく用心♪火〜の用心♪」のCMで好感だったが。
なんでだろ?と思ってたよ。
大人になってよく分かった。

61 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 13:13:43 ID:iSpQaK1o
>>53
コストパフォーマンスという点では全然ダメなんだよ。
目先の戦果にとらわれてそんな作戦を実行するのは「敗北主義」とはいわんのかね?

62 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 13:28:40 ID:???
>>61
そうか?あの時点では特攻のほうがコストパフォーマンスがいいぞ?
台湾沖やマリアナを知らんわけではないだろ。倫理的問題はさておき。

63 : 名無し三等兵 :2006/01/28(土) 13:54:28 ID:???
>>62
コストパフォーマンスについては簡単に結論はだせない。
台湾やマリアナとは条件が違うからだ。

64 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 16:47:15 ID:???
>>62
では、計画実施前にコストパフォーマンスが良いから実施されたのだな?
その証拠がほしいものだな。例えば特攻戦術提言者が上層部を説得する為に
特攻戦術の効率を示した資料とか。
これがないとただの結果論。
(ていうか、パイロットを消耗してる時点で効率も糞もないのだがね)

65 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 20:37:20 ID:iSpQaK1o
戦果に関係なく100%の損耗のみ確定してる時点で論ずるまでもないことだろ。
そこそこのレベルの搭乗員をすり潰しておしまい。

66 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 20:56:37 ID:???
通常攻撃でも全滅。特攻でも全滅。
もう諦めるという道を選べない以上、そっから先は瑣末な問題。

67 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 21:54:09 ID:???
そろそろ第三十二軍の敢闘に話を移さないかw

68 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 22:53:12 ID:???
>>61
コストパフォーマンスが良いから劣勢にあっても
戦果を上げ得たのですよ(失笑

69 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 22:54:02 ID:???
>>64
通常攻撃でも全滅。特攻でも全滅。
ならば少しでも戦果が上がるほうがコストパフォーマンスが上といえるだろ。
小学生レベルの計算だ。

70 : 名無し三等兵 :2006/01/28(土) 23:01:41 ID:???
全滅じゃないこともあったのだがね(苦笑
機動部隊と揚陸船団でも生還に差があるのだが(w

71 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 23:22:17 ID:???
特攻に耐えかねて、米軍が艦隊の撤退を考えたって話のソース知ってる人いる?

72 :名無し三等兵:2006/01/28(土) 23:34:54 ID:???
>>70
通常攻撃でも特攻でも一定数は機体の不調や天候不順、敵艦を発見できなくて引き返したりするわな。
そんなことは常識

73 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 00:01:54 ID:???
>>71
これか? 学研 本土決戦の真実 217頁

…6月20日までに米軍艦艇の特攻機による被害は沈没36隻、撃破368隻にものぼった。
そのなかには、ネバダを含む戦艦10隻、エンタープライズを含む空母9隻、インディアナポリス
を含む重巡3隻が数えられていた。日本側が推測していた以上の戦果だった。
重傷艦はウルシー基地で、軽傷艦は慶良間島の泊地でそれぞれ修理されたが、後をたたない損傷艦
を見て、ハルゼー提督の幕僚のある者は、「包囲を解いていったん退却してはどうか」と進言した
ほどだったという。

74 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 00:23:53 ID:???
>>73
ありがとう!
今確認してみた
すっきりした

ついでに同本の216ページにも興味深い記述があったので以下に抜粋

日本軍の特攻機については、スプルーアンスは友人の1人に次のような書簡を認めている。
<特攻機は非常に効果的な武器で、われわれとしては決してこれを軽視することはできない。私は、この作戦地域内にいたことのない者には、それが艦隊に対してどのような力を持っているか、理解することはできないと信じる>  

75 :カウント2.99:2006/01/29(日) 12:33:21 ID:???
パイロット一人育てるのに結構費用も掛かるみたいですが、その辺のコストパフォーマンスも含めて
お話していますか?

76 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 12:39:53 ID:???
特攻だろうが通常攻撃だろうがどっちにしても帰ってこないんだから
パイロットの養成コストがいくら膨大だろうが何の変化もないですが?

それを言うなら「戦争やめるか否か、どっちがコストパフォーマンス上か」っていう論点しか、ない。
そして当時の日本はコスト論で戦争やれる状況になかった。「国体」の価値を無限大に見積もるようなコスト計算しかできない政治状況だったからね。

77 :カウント2.99:2006/01/29(日) 12:51:01 ID:???
特攻が通常攻撃に比べて有効な攻撃手段だったにしろ、その攻撃方法を継続できるだけの
物質的ファクターはいつまで続けられたかな。因みに終戦時陸軍の残存航空機用ガソリンの
量をご存知か?2万キロリットルですよ。いつまで戦争が出来たでしょうか。
今度は竹槍で一億玉砕ですか?

78 :カウント2.99:2006/01/29(日) 12:57:00 ID:???
機体やエンジンの量産が空襲で阻害され、南方からの燃料が枯渇し、挙句の果てには
松根油で航空機用ガソリンを生産する有様、あれだけ人員を動員して出来た松根油の
量はどれくらいだったでしょうか!? 十死零生の特攻も物質的ファクターがなくてはできませんよ!?


79 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 12:57:44 ID:???
特攻と通常攻撃のコスト計算の話をしてるのになんか突然講和の話持ち出してきてる。
はたしてこの人と会話を続ける意味があるのかどうか、非常に疑わしい。


80 :カウント2.99:2006/01/29(日) 12:58:56 ID:???
まさか男塾の江田島塾長みたいに零戦を気合で飛ばすのです!?苦笑

81 :カウント2.99:2006/01/29(日) 13:02:19 ID:???
参考になるかは分からないですが、陸軍燃料廠という本を紹介しておきます。

www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4769823819

82 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 13:03:00 ID:???
参考になりません。
「特攻と通常攻撃どっちがマシか」という話をしてるときに
あなたのようなことを言い出されてもなんの意味もありませんよ。

83 :カウント2.99:2006/01/29(日) 13:05:36 ID:???
82 特攻の方が戦果を挙げる確率があったのしろ、それがずっと続けられたと
お考えか?

84 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 13:07:58 ID:???
>>79
意味はない
「始めに答えありき」の人は論点がコロコロ変わる

85 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 13:13:08 ID:???
>>83
つまり君は「戦果を上げる確率」なんてどうでもよくて、「戦争をいつまで続けられるというんだ、アホか」と言ってるわけですね
でしたら、戦争遂行の国家体制を語るレスとかに行けばいいと思うよ

86 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 13:13:44 ID:???
あ、レスじゃなくて、スレッドね
すまん

87 :カウント2.99:2006/01/29(日) 13:20:39 ID:???
85 特攻といっても終戦も近づくと小規模なものしかできなかったでしょ?

ある程度の兵力がなければ両方とも効果を発揮しない。あと練度やいろいろな要素が絡み合うんでしょうけど。
というよりは稼動する航空機が多くなければ特効も効果は限定的。

88 :カウント2.99:2006/01/29(日) 13:22:59 ID:???
あとは特攻機を護衛する戦闘機がどれだけ多くアメリカ艦隊の頭上まで護衛できるか
というのも重要な要素でしょうけど、特攻もマリアナ沖の七面鳥みたいに攻撃機部隊が壊滅しては意味がない。

89 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 13:25:11 ID:???
>>85が読めないんですね、このアホは。
プヲタがバカにされるんでそのコテ捨ててください。

90 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 13:26:00 ID:???
>>88
だからさ、論点が違うってば
「意味がない」とかそんな話じゃないでしょ
「現実にあった特攻という攻撃法」の話をしてるんであって、その是非の話じゃないの

91 :カウント2.99:2006/01/29(日) 13:29:19 ID:???
事実を事実として言ったまでですが、

92 :カウント2.99:2006/01/29(日) 13:30:21 ID:???
というよりは沖縄戦総合なんだから陸戦の話はしないのですか?

93 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 13:30:59 ID:???
だから>>85を読め
事実を事実として言うのは結構だが、論点を無視するな

94 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 13:35:17 ID:???
コテ捨てろ! プヲタの知能指数低く見られるだろうが。

95 :カウント2.99:2006/01/29(日) 13:36:21 ID:???
94 君の文体を見ると知性の欠片すらないようですね。 そんな貴方に言われる筋合いは
ありません。

96 :カウント2.99:2006/01/29(日) 13:39:58 ID:???
というよりはここは沖縄戦の話でしょう?だったら特攻についてのスレッドで語れば
いいのでは?

97 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 13:43:01 ID:???
このスレもう駄目だな。

98 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 14:23:04 ID:???
航空機用ガソリン2万キロリットルなら、延べ5万機以上出撃可能

99 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 16:27:06 ID:???
急に黙ったなw

100 : 名無し三等兵 :2006/01/29(日) 22:10:29 ID:???
>>72
違うよ。防空力の差だよ。

101 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 11:45:19 ID:a50CWFWl
よく沖縄戦で惜しまれている第9師団ってそんなに精強な師団だったのですか?
陸式のわりに重砲兵の比率が高いとか
兵員数が多い大型師団だったとか
機械化師団だったとか
どうもこの師団は日露戦のデータは簡単に手に入るのですが沖縄戦時の情報って
ど素人ではなかなか分からなくって。
詳しい方ご教授お願いします。

102 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 11:56:27 ID:???
>>101
確かに精鋭だが
「いても戦闘が一週間延びただけ」八原談
むしろ第9師団転出が
水際決戦を断念させ、持久戦を選択させた。
ちなみに第9師団は台湾へ無事移動し、戦後帰還した。


103 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 12:11:36 ID:???
>>94

コテのおかげで、専ブラアボーンできるので、
俺はコテのままの方がいいなぁ。

104 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 15:26:03 ID:???
>>101
精鋭だけど山砲編成で重装備に欠けるのが嫌われた。


105 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 18:52:12 ID:???
陸戦に移ろうか…。

106 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 18:58:23 ID:???
馬乗りVS俎板か…

107 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 19:07:15 ID:???
・特攻機と米艦隊
・艦砲射撃と陣地
・地上部隊同士の戦い
・お互いの戦術
・左翼の良く言う集団自決や残虐行為の信憑性…etc…
ネタはいくらでもある。まずは流れに従って地上戦だな。

108 :カウント2.99:2006/01/31(火) 19:11:28 ID:???
和田孝助中将率いる第五砲兵団が結構奮戦していますね

109 :名無し四等兵:2006/01/31(火) 19:11:34 ID:/3eV/iAl
生存者に告ぐ!!
一度軍司令室に退却するのだ。
それから作戦を立てよう!!!!


110 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 19:12:26 ID:???
嘉数対戦車戦。

111 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 19:15:43 ID:???
太田司令官の電文もカコイイ

112 :名無し四等兵:2006/01/31(火) 19:18:41 ID:/3eV/iAl
我々から地上戦・空中戦のために重戦車4機と戦闘機4機を送る!!
その間に退却するのだ!!!


113 :名無し司令官:2006/01/31(火) 19:22:15 ID:/3eV/iAl
皆司令室に入ったか?

114 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 19:22:51 ID:???
>>108
砲弾がすぐになくなってますが。

115 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 19:25:36 ID:???
/3eV/iAlお前関係ないこと書き込むなよ。ウゼェ。

116 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 19:40:08 ID:lBG6SqA8
シュガーローフヒルとか、戦後測ったりしたら標高とか下がってそうで怖い。
この話読むとハンバーガーヒルを連想してしまう。

117 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 19:46:44 ID:???
あれだけの空爆と艦砲射撃を受けて無事だった奴とかいるのか!?

118 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 19:53:18 ID:???
>>108
5月4日の米第24軍団への総攻撃では1万発以上を射耗。
以後,各門当たり1日10発に制限。
まるで,パチスロ狂いの年金生活者のようだ。
ひとつの生き方ではある。

119 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 19:55:25 ID:???
無駄遣いは身を滅ぼす元だな。

120 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 22:50:26 ID:???
途中でなんで無意味な攻勢に出たんだろう
あれがなければどれだけ持ちこたえられただろうか
それでなくても米軍の損耗率35%超ってのは凄いな

121 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 23:12:54 ID:???
>>120
大本営「中部の飛行場敵に渡してどないすんねんこのスカポンタン」
 八原「中部放棄せにゃ戦えんような戦力しかよこさんのはテメーらだろうがボケ」
   長「しかし上はとにかく戦えって五月蝿いのよ、お願いだから折れてちょ八原くん」
 牛島「そんじゃ、そーいう方向で」

122 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 00:11:22 ID:???
後智慧なんだけど、
南部に引き篭りながら中部の飛行場も砲撃で殲滅できる状態だったらね。
まあでも住民保護に高い意識を見せた米軍だけに、
あんまり損害出して貰いたくも無いリアル県民の俺。


123 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 00:51:37 ID:???
那覇空襲で山積みしていた弾薬糧秣が焼かれたのが痛い。

124 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 02:08:18 ID:???
バックナー曰く
「日本軍はこの攻撃で新鋭部隊を使い果たした。我が軍に好機が到来した。」


125 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 08:31:57 ID:???
>>122
>まあでも住民保護に高い意識を見せた米軍だけに
釣りですか?

126 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 10:59:47 ID:???
>>125
在日のお前に県民の気持ちがどれだけわかるのかと小一時間(r


127 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 11:57:24 ID:???
>>126
皇軍の足を引張った挙句にその発言ですか……これだから琉球人は。


128 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 15:17:56 ID:???
>>126
米軍はバックナー暗殺の仕返しに老若男女問わず虐殺してますが
県民教育ではスルーですか?リアル県民

住民保護に乗り出したといっても便衣兵対策という側面があるからな。
収容所に終戦まで収監しているし。


129 :122:2006/02/01(水) 15:54:55 ID:???
126氏は俺じゃないよ。
いや、県民+沖縄戦に関心アリ、なら誰でも共感する話(>>122)よ。
それくらい、末期の友軍は恐かったって話。米軍が神に見える位。
バクナ戦死直後の話も関心アルやつなら誰でも目にした事あるんでは。

とりあえず米軍のロジステックスの用意周到さと、
洞窟戦+手榴弾戦の沖縄で米軍がなるたけ降伏すすめてきたのも事実。
そしてあの地獄から多くの県民が生還したのも事実。
攻めてきたのが日本軍ならそれこそ全滅してるって。
現地調達不可能の島+膨大な人口+死ぬまで闘う軍民。

ちなみに俺は日本軍マンセーなのでサヨと間違わないでな。
アンマリ鬼抵抗されて米軍にマジプッツンされたら困るだけの話よ。
実際の1945年06月でさえもキレちゃったんだから。
ちょい板違い+ツッコマレ穴ゴメ。
詳しい人、第一線の防衛線の巧緻などネタ振りヨロ。


130 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 16:30:48 ID:???
>>129
沖縄県民という単語を見た瞬間に反日だという固定観念でしかモノ見れなくなる奴が
この板の名無しには極めて多く生息してますから、名無しになってこれ以後気にしないか板出ていくかどちらかを選ばれるべきかと。


131 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 16:44:48 ID:???
沖縄戦に関しては敗残日本兵のゲリラ戦を防ぐ意味で見つけた住民は素早く保護観察下に置くのが前提だったような。
ただ、日本軍の住民対策が食料、住居問題を含めあまりにも破綻していたために逆に評価される事に。


132 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 16:54:41 ID:???
住民対策の破綻が露呈したのは南部撤退以後の話だけどな。
それ以前は民間人死者は比較的少数で留まっている。

133 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 17:29:32 ID:???
まぁ、32軍が必要以上に鬼扱いされているからな
住民対策をハナから放棄のように言われている牛島中将たちが可哀想。

内地に疎開しろ→潜水艦怖いからヤダ
じゃあ主戦線じゃない北部に避難して→皇軍がいないからヤダ
せめて知念に逃げてー!→喜屋武の方がみんながいるからいい!

これで米軍の侵攻と住民保護をどう両立しろと

134 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 18:09:19 ID:???
>内地に疎開しろ→潜水艦怖いからヤダ
むしろ潜水艦怖いからヤダで船を出さなくなったのは本土の方。

>じゃあ主戦線じゃない北部に避難して→皇軍がいないからヤダ
当時の沖縄北部は食料も無い瘴癘の地。そこに女子供老人だけだと治安も悪化する事が現地の人はわかりきっていた。

>せめて知念に逃げてー!→喜屋武の方がみんながいるからいい!
砲爆撃のあまりもの凄さにガマや洞窟の多い喜屋武に逃げたがった。

すでに市民への配給体制が崩壊しているので軍の集積物資に期待する所が多かったのが実情かも。

135 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 18:18:40 ID:???
>>133
住民保護をしなかったとわめいてるのは戦後の人間の後知恵。
いちいちそんなのを相手にして当時の県民罵倒して、
それが旧軍批判者の意図どおりの反応してることに、気付かないのかい?
日本のサヨクの資金源がどこだかは知ってるんだろ?

136 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 18:36:26 ID:???
A:沖縄を捨石にしたりしておきながら沖縄を守る為に戦ったという表現をしていることや(以下略)
B:沖縄を捨石にしたとのことですが、では何故そのような「滅んでもいいと判断した場所」に戦力を集中させて戦ったのですか?
 本土決戦に備えるのならば貴重な燃料や航空機温存するはずですが…。
A:本土決戦にいたるまでをひたすら長引かせようとしたのです。そのせいで多くの市民の方も犠牲になりました。
B:本土決戦を行うのなら大量の戦略物資をつぎ込むとは思えません。それと住民の被害は米軍の爆撃や艦砲射撃などの無差別攻撃が殆どだと思うのですが?
 軍が集団自決を強要したとの記述もありますが、そのような命令が司令部から発せられた事は一度もありません。(方言の禁止はありましたが)
A:日本軍は戦闘を長引かせる為にあえて住民の多い場所を戦場に選びました。旧日本軍にガマを無理やり追い出された住民、無理やり殺された赤ん坊は多数いたようです。
B:戦術上、人間の多い少ないで戦場(陣地)は選びません。地形的な問題であると思います。沖縄住民の内地、台湾への租界政策はきちんと行われていました。
 元々住民をまきこむ気は無かったのでは?

…と言う内容。これはどうよ??


137 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 18:38:25 ID:???
追記
>>136は某サイト掲示板での日本軍マンセー的なフラッシュに関するやり取りです。

138 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 18:43:34 ID:???
まさに典型的な中狂回し者の国家分断策そのものやん。 無視無視。

139 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 19:00:25 ID:???
シナチク&キムチ…

140 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 23:45:01 ID:???
>>129
>攻めてきたのが日本軍ならそれこそ全滅してる

どこで日本軍が殲滅戦を行ったのか。
沖縄の土人はコレだから。

141 :122:2006/02/01(水) 23:58:50 ID:???
>>130 サンクス。以後七誌で。

十十空襲と第9師団絡みでちょっと調べてみた。
当たった資料では十十空襲の米軍は
空母28、戦艦06含む艦艇合計245隻。搭載機合計1479機。
対する第32軍は、12機の戦闘機(隼と飛燕)があっただけらしい。
第一次空襲には馬場大尉が1機だけ上がって・・生還
第二次空襲には1機を除いて全機撃墜・炎上らしい。(6機被撃墜3機被弾大破1機炎上)

那覇市街地は9割を焼失。
米軍に対抗した各地区配備高射砲数や
焼失した人員・船舶・食料・医薬品・軍糧物資リストは割愛。


142 :名無し三等兵:2006/02/02(木) 00:18:50 ID:???
>>141
さとうきび畑の唄では、十・十空襲の時点で米艦が沖縄を取り囲んでて笑った。
制作サイドもよく分かってなかったのか、なんとなくそのまま米軍上陸を迎えてた。

143 :名無し三等兵:2006/02/02(木) 00:54:52 ID:???
>>142
うん。ベタ藤原氏が降臨していた以前の沖縄戦スレ関係でも
さとうきびは冷笑されていたなあ。仕方無いんだけどね。
番組はともかく、歌はヤバイよ。現場のさとうきび畑で脳内反芻するとかなり来る。
じゃ、ついで。

●第32軍の対空装備

・北・中飛行場の対空防備陣地
高射砲 44門
7センチ高射機関砲が 44門
12.7ミリ高射機関銃が 36機
レーダー 2基
(1つ故障。十十を最初に察知したのは与座岳のレーダーらしい。)

・伊江島・本部半島
高射砲 11門
高射機関砲 12門

・那覇地区
独立高射砲第27大隊 12門、
小禄の海軍の高角(射)砲台 9門。
他にも国場・桜坂・南風原村にも高射砲はあったらしい。


144 :名無し三等兵:2006/02/02(木) 04:02:38 ID:???
こういうスレって必ず地域叩きが出るんだよな
地域紛争を狙った工作員なのか、リアルで叩かれてるから
せめてネットで叩きたい対象を望んでいるのか

支那朝鮮人と同じレベル

145 :名無し三等兵:2006/02/02(木) 05:15:23 ID:???
>>144
まあまあソコは華麗にスルーしましょうよ
とりあえずコレ↓投下してオヤスミ )ノシ 激戦ネタ振りじゃなくて五面。

●現地の協力(なるべく省略)
当たり前だが、守備軍10万の兵を収容する兵舎なぞ用意されて無い。
それで総ての学校は閉鎖され、臨時の兵舎となったそう。
私の実母の実家はとある隊長さんの宿舎になっていたそうな。

また
サイパン・テニアンの守備に引き抜かれた軍の穴は
勿論・現地の男手掻き集め。防衛隊(略
無論・逃げる場所なぞないのだから中学生が鉄血勤皇隊(略
ひめゆり学徒(略
どのみち、逃げる場も無いし、1億総特攻のさきがけだし。

・伊江島飛行場建設
1日に約2000人の
男女徴用労務者が北部町村から割り当て動員されたらしい。
勿論、軍だって全力投球で、
独立混成第四四旅団の第15連隊の殆どと、
第九師団の工兵連隊3000人、第50飛行場大隊主力が建設に向かったらしい。

本島とのべ合計はまた今度。
個人が合間見ての書物漁りで出た数字なので間違いもあると思う。
気付いた方は補正宜しくm()m


146 :名無し三等兵:2006/02/02(木) 05:17:48 ID:???
>>144
話をすりかえるなよ。

沖縄土人が日本や日本軍を不当に貶めるから指弾されているだけだ。

147 :名無し三等兵:2006/02/02(木) 07:19:59 ID:???

>>145
●をNGワード登録してたから読めなかったw
なんか流れ変だなと思いつつ

148 :名無し三等兵:2006/02/02(木) 09:27:20 ID:???

恩給目当てで旧軍将兵に無実の罪なすりつけていた連中に言われてもな。
当時の県民が辛い立場に国の施策で追い込まれたのは事実だ。これには
素直に哀悼の念を捧げたい。
あくまでここで叩かれているのは旧軍叩きで商売している一部の連中だけだろ。
事実は確かに糾弾すべきだが、糾弾するためのでっち上げはよくない。
渡嘉敷の集団自決強要とかな。

149 :名無し三等兵:2006/02/02(木) 14:53:19 ID:???
>不当に貶める

土人土人五月蝿いけど、
実際に戦場で壕奪われて追い出された戦場生還組や
追い詰められて狂った友軍に家族冥土送りにされた遺族だと
幾ら呪いの言葉上げてもソレは仕方無い。

それを土人土人言うのは理解なさ杉。
無差別に板を荒らしているのはナンチャッテサヨ。つか病気。無視。

>旧軍叩きで商売
そう。それが俺の敵。
少なくとも沖縄戦の部隊消耗率と末期の1日1日の戦死者数知っている奴は
それに加担する事は無い訳で。

あ、渡嘉敷の方はわからない。
書籍を迂闊に鵜呑みすると、●日と●ンダに騙された人と同じ穴に落ちる。


150 :名無し三等兵:2006/02/02(木) 15:12:46 ID:???
●がNGらしいので・でw

・本島の飛行場建設

北(読谷)中(嘉手納)の飛行場建設には
第24師団主力、第1・第2防衛築城隊
南(浦添)飛行場には第62師団主力が投入されたらしい。

これら↑と東(西原)と小禄の飛行場、
合計5つの飛行場建設に中南部から1日約2000人の老若男女を動員。

手元の資料が参照している
防衛庁防衛研究所戦史室編の『沖縄方面陸軍作戦』によると
1944年08月末まで飛行場建設に動員された人員は
東(西原)のべ 70000人余
南(浦添)のべ 70000人弱
中(北谷)のべ 60000人余
伊江島東 のべ 20万人余
伊江島中 のべ 15万人余 だ、そうな。識者の方、補正ヨロ。

151 :名無し三等兵:2006/02/02(木) 15:55:00 ID:???
>>149
>あ、渡嘉敷の方はわからない

青年よ新聞を読め
訴訟にまでなっている。
殆どサヨに勝ち目がないぐらい首根っこ掴まれている。
沖縄の生存者の証言なんてこんなもんかと思う程のトホホな内容。
http://blog.zaq.ne.jp/osjes/article/4

(あらまし)
沖縄戦の集団自決をめぐっては、昭和25年に沖縄タイムス社から発
刊された沖縄戦記『鉄の暴風』で、赤松大尉と梅沢少佐がそれぞれ、
両島の住民に集団自決を命じたために起きたと書かれた。 この記述は、
沖縄県史や渡嘉敷島(渡嘉敷村)の村史など多くの沖縄戦記に引用さ
れている。 (つまり正史として捏造記事が使われていた)
疑問を抱いた作家の曽野綾子さんは渡嘉敷島の集団自決を取材して、
『ある神話の風景』(昭和48年、文芸春秋)を出版。座間味島の集
団自決についても生存者の女性が「軍命令による自決なら遺族が遺族
年金を受け取れると島の長老に説得され、偽証をした」と話したこと
を娘の宮城晴美さんが『母の遺したもの』(平成13年、高文研)で
明らかにしている。
お決まりのパターンだが沖縄タイムス社は現地取材もせず書いている
ことが明らかになっている。

この尻馬に乗ってやりたい放題やって訴えられたのが
大江健三郎・家永三郎など岩波の愉快な仲間たち。


152 :名無し三等兵:2006/02/02(木) 16:01:33 ID:???
・末期の守備軍の奮戦模様

手元の資料は米第10軍本部G2に報告された記録を参照したらしい。
なお砲撃や壕を爆破したりで
死体を確認できない場合は控えめな推定として報告されたらしい。

06.15 確1191 推 531
06.16 確1549 推 618
06.19 確1993 推 719
06.20 確3557 推1143
06.21 確4516 推1078
06.22 確3643 推1015
06.23 確3289 推 613

米軍が沖縄占領を宣言した21日は、
確+推で5594の将兵が1日で消滅したらしい。
なお別資料では21日の全島戦死者は
4516では無く、451「 8 」=兵+「住民」となっている。
(どっちが正しいかは現時点の私ではワカラナイー識者さん指摘ヨロ)

23日以降は掃討戦開始日の模様。数字もその模様へ。

153 :名無し三等兵:2006/02/02(木) 16:18:53 ID:???
>>151氏サンクスです。
私も曽野さん系の論を知ってえ”え”え”、となった者なのですが、何処かで
「曽野さんは・・」の類の別レッテルを見たので、今は中立としています。
;^^)>”曽野さんが正しかったら曽根さんに申し訳無いのですが、
逆の場合が余りにオワッテルので・・。

丁度指摘して頂いたので、また明日出直しまふm()m

154 :名無し三等兵:2006/02/02(木) 16:37:55 ID:???
大江健三郎について
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B1%9F%E5%81%A5%E4%B8%89%E9%83%8E
隣の国のDJと同じく、わが国で誇れるノーベル賞受賞者ではないな…

155 :153:2006/02/02(木) 20:04:50 ID:???
あっと、眠る前にまた書籍漁ってきました。
なお捨石と慶良間は荒らしを呼びそうなのでコレくらいで・・。
(異論の無い統一見解が今もって無いみたいですので荒れの元かと)
と言いつつ、
一応、気になっている部分を2つほど置いておきます。

1)安仁屋政昭さん編・「 裁かれた沖縄戦 」では

(安仁屋さんは曽根さん評として)
“事実関係の要点に触れる反対尋問に対しては
「聞いていない・知らない」を連発し、
はては「私は小説家です」と言って答弁を回避”・・と怒りまくっています。

156 :名無し三等兵:2006/02/02(木) 20:09:17 ID:???
2)米国陸軍省編 「 沖縄・最期の戦い 」や
同)第10軍G2丸秘レポートより 「 沖縄戦 アメリカ軍戦時記録 」では
03月29日未明、山地から阿鼻叫喚と手榴弾爆発(6−8発?)を聞いた我々は・・
という報告。この2書では「 命令者 」には言及していませんが、
住人250人が手榴弾やら手持ちの道具やらで自決していた様子を語っています。

これらの報告と両者の論をナナメ見るに、私的には
直接の命令は無かったのかもしれないですが、
手榴弾の出所は?渡された意味は?という所です。

米軍報告でも
米軍は鬼畜米英の蛮族と騙されて家族を手にかけた(?)事に怒り狂った住民から
むしろ守備兵を保護しなければならなかったという記述もあるみたいです。
もっとも、私が守備兵・隊長でも
渡米経験などあるわけないので鬼畜米英を信じていただろうし(実際蛮族以下のも)
万が一時の抵抗or自決用に手持ちの武器から分けれる物を分けていたと思います。

なお私は軍派でも住民派でもない中立派なので
明日にも151氏の推薦サイトも勉強してみますです。
では軍板っぽい流れの1〜74に何方かが戻してくださりますように(人)


157 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2006/02/02(木) 21:12:04 ID:???
 ざわわ、ざわわ、ざわわ〜♪
 ざわざわ五月蝿いんじゃ!
 グラマンがふわふわ飛びすぎなんじゃい!
 撃たれたら、さっさと死ね!!

>>155 さん
「隠された沖縄戦」(富村順一他 著)をお勧めします。
 慶良間の集団自決に関して「あ〜多分、ここらへんが真相なんだなぁ〜」と
思えるような事が読めます。

 ところで、軍研読まれてます?
 この3年ぐらい延々と沖縄戦のことをやっていて、昨年末ぐらいまで慶良間
集団自決のことをやってたんですがねぇ……
 

158 :名無し三等兵:2006/02/02(木) 21:59:51 ID:???
福本伸行

159 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 09:22:01 ID:???
仕事から還ってきました・・って
>>157の生のベタ様みて目玉飛び出し

軍研・・すいません、浅学な者にて、まだ未見です・・。
軍研と「隠された沖縄戦」ですね?
今日から151様の推薦ページとソレを探して勉強してみます。
有難うございました。m()m

あと、以前の沖縄戦スレ関係は残念でありました。
今回こそ反斜面陣地等の軍板ならではのレスで埋まるといいですね。。

)>”ではイッテキマスデス&超オソレスですが
22様の>沖縄戦スレ待ってましたw!にハゲドウです☆

160 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 16:34:37 ID:???
>>154
>「中国や朝鮮半島の人民たちと協力して、自衛隊の全廃を目指さねばならない。」(平成7年4月30日「産経新聞」参照)

こんな素敵な方だったとは知りませんでした。本当にありがとうございました。

161 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 16:52:16 ID:???
良く言えば狂信的コスモポリタニストですから。
彼の言葉を彼の望むように理解できる人は、おそらく日本以外には誰もいない。
ノーベル文学賞もレジオン・ド・ヌールも、彼の作品の芸術性に対して与えられたものであっても
その道化以外の何にもなれていない政治的主張に対して与えられたものではあるまいに……。

162 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 18:30:33 ID:???
まったく左翼は…。
住民を洞窟から追い出した?追い出さなくても死ぬだろうが。軍人がいる=敵もいる状況なんだから。
赤ん坊が泣き止まないと殺したとか一部のキ○チ兵のやった事だろどうせ。

163 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 18:33:15 ID:X3WPGAso
>>154
作家も色々だよ。
三島由紀夫みたいに右翼そのものの思想をもった人もいるしな


164 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 18:42:37 ID:???
おまえらこれ読んで勉強しろ。

「教科書が教えない歴史」
http://www.jiyuu-shikan.org/

165 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 19:03:17 ID:???
極東三馬鹿を崇拝する人間ってキモイな。

166 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 19:13:10 ID:???
ν極に移動

167 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 19:28:29 ID:???
菊水作戦の構成見たけど米軍強すぎだろ。

168 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 19:43:12 ID:???
沖縄戦の中で起きた住民の集団自決についてひとこと。

曽野綾子という三流文士が「神話の背景」なる本で、
「軍による自決の命令はなかった」と主張しているけれど、あの本はインチキ本ですからね。

曽野は、あの本の中で、住民が自決する際に手榴弾を使ったことを認めています。
ところが、その手榴弾がどこからもたらされたかについては完全に口をつぐんでいます。
手榴弾なんていう武器を住民が普段から持っているはずもなく、
どう考えたって軍から渡されたとしか考えられないわけですよ。
ところが、なんとしても「軍による自決命令はなかった」という結論を導きたい曽野は、
都合の悪いことにはだんまりを決め込んでいます。

曽野の件の本が出版された後、沖縄の新聞社が詳細な反論を掲載しています。
また、その後に曽野と沖縄の研究者との間で討論会が行われています。
ところが曽野は、曽野討論会でも、「手榴弾の出所」についてまったく答えないどころか、
「(集団自決の問題は)現在の地球的な状況の中では共にとるに足りない小さなことになりかけていると感じる」
などといった逃げ台詞を吐くような始末です。

これ以来、曽野は沖縄に対して逆恨みをするようになりましてね、
沖縄の米軍基地反対運動に対しても、
「あまり基地のことばかり問題にすると一般の人は観光に行きにくくなってしまう」
とか書いて、「観光客が減って収入が減ってしまうぞ」と恫喝しています。
まったくいかれたばあさんだぜ。
皆さん、曽野のいかれた本にだまされないように気をつけてくださいね。


169 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 21:23:21 ID:???
宮城晴美もインチキかね?

170 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2006/02/03(金) 21:24:30 ID:???
>168
 日本史板で同じことが書いてあるのをみたことがありますわ。
 手榴弾の出所は、防衛隊経由ですわ。
 これは軍研の連載でも「防衛隊にいて手榴弾渡されたんだけど、親族が自決用に
手榴弾が欲しいって懇願されて、渡しちゃったYo!」という証言を載せていました
わ。
 でも、日本製の手榴弾はヘタレなんで不発するものが多く、手榴弾で自決できた
ものより、親族の手で首を絞めたり、剃刀で首を切ったり、石、鉈等で撲殺したり
とそれはそれは悲惨な状況に陥ったワケで……

 で、軍による命令って「私が赤松大尉から直接聞いた」とか「私が軍の誰そ
れから直接聞いた」とという話は出てこないんだよねぇ……
 あった説の人、そこら辺ヨロシ勹!
 

171 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2006/02/03(金) 21:26:24 ID:???
『鉄の暴風』では、梅沢少佐は死んだことになってるしぃ〜♪

172 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 21:37:21 ID:???
ガマに潜んでいた住民のなかに軍隊経験のあるおっさんがいて、「鬼畜米英が来ると大変な事になるから自決しよう!」とか騒ぎだして、火を点けはじめて、パニック状態に。で、ぐだぐだ。
てゆう壱エピソードが、脳内のタンスに入っている。

173 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2006/02/03(金) 21:55:13 ID:???
 で、この時期の日本軍って不発弾が多いんだわさ。
 読谷飛行場に重砲が打ち込まれても、半数以上が不発って事がザラだしねぇ……
 

174 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 22:08:04 ID:???
159です。ベタ様、良書を有難うございます。m()m(やっと読了しました)
>>167
米からエンプラと地獄猫1000匹貸して貰えたら撃退できるかな?
陸はインパールから宮崎神召還して長と交換w
海はいっそ栗田神でもいいんじゃね?空襲第1派で転進してシブトク生き抜くかも。
ガチなら木村提督を大抜擢。妄想ゴメ

175 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 22:25:56 ID:???
ついで。
とある資料によると
十十の時に沖縄襲った米機がのべ  1396機。
第32軍が反撃した高射砲の弾数が 14908発。(275門)
航空機損害が日本111機(マジカヨ)に米軍は「 21機。」

対空砲班は幾ら弾撃ってもアタンナイから
「無駄球撃つな、1発必中でいけ」ってホントカヨアンタ orz

で↑な命令かまされた後に
「今後1日100発以上撃つな」って。
14908発射撃して、落ちたのが 21。 ムリッスヨタイチョウ orz

176 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 22:36:52 ID:???
追い撃ちが多かったのかもね。
指揮官がきちんと統制したうえで対進射撃を行った陣地は、10機食ったというから。

177 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2006/02/03(金) 23:17:17 ID:???
>174 さん
 え? 「隠された沖縄戦」読んだの?
 あがなヒネクレ本が良く身近にあったねぇ……(w`;

178 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 00:04:00 ID:???
>14908発射撃して、落ちたのが 21

ん、結構いいオーダーのように感じるのは気のせいか?

179 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 02:20:36 ID:???
174でふw
>176
手元の資料では当対空陣地襲う奴以外は打つな、とかdでも指揮もあった模様です。
一応総ての資料に眉に唾つけてますが、
中国戦線からやってきた部隊なので本格的な対空戦は十十が初めてらしく
無理なからないかも、です。 
>177 それはJIMOTOなのでwただ軍研は定期購入モノなのか、まだ未発見でふ;
>178 ━━(つT)━━そういえば水上特攻の方は何機撃墜でしたでしょ?
たしか雲が低くて三式ブッ放てないわ、真上から襲ってクルわで対空戦オワッテタ記憶が。

180 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 03:15:41 ID:???
>>179
艦隊防空は、撃墜が目的じゃないですから。


181 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 04:02:25 ID:???
>>180
ラバウルやトラックだと防空どんな感じ?

182 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 04:23:10 ID:???
トラックは宴会やってましたから……。

183 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 04:57:17 ID:???
トラックもですか・・いや、書きたくなかったんですが、
十十の時、守備軍は折り悪く宴会明けに空襲喰らったっぽいんですよ。
飛行場は軍旗祭っていってたかな・・高級参謀は10日から参謀長主催で
兵棋演習の前慰労会みたいな感じ?
たまたま台風も着ていたので、前前日辺りは索敵もしていないっぽいです。
トラックもそうなら、運が悪いというか何というか。。。(話がホントなら)

184 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 13:01:28 ID:???
高射砲の撃墜想定数は米独軍でも2000〜3000発に一機くらいじゃなかったか?

185 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2006/02/05(日) 09:11:59 ID:???
 なんかネタ切れ甚だしいんで、ネタ投下。

・もしアメリカ軍が那覇その他への二次上陸をしてたら、どうなってただらうか?
 史実より早く決着する?

・米側が装甲車両を前面に押し立てての前線突破。爾後、突破部の拡大に勤めてい
 いたらどうなったであろうか?

 この二つとも、八原参謀が恐れていた作戦ね。 

186 :名無し三等兵:2006/02/05(日) 19:34:33 ID:???
183です
米独英露伊の該当資料が周辺に無くorz識者の方々お願いします>>184

ベタ様
・那覇方面で上陸作戦が成功した(過程無視)と仮定しますと
馬蹄丘晒され+馬蹄丘南面からの増援路遮断→砂糖棒崩壊→で
史実より早期に国場・南風原方面に快進撃→首里包囲→詰み、の予感です。。

でも首里戦線崩壊より先にいずれかの上陸作戦が実行されたなら、
史実よりも小禄の海軍部隊が悔しい思いをせずに済みそうです。

187 :名無し三等兵:2006/02/05(日) 22:20:56 ID:???
沖縄陥落の報が載ったのは何日付けの新聞だろう。
23日かなぁ?

188 :名無し三等兵:2006/02/05(日) 23:41:58 ID:???
>・米側が装甲車両を前面に押し立てての前線突破。爾後、突破部の拡大に勤めてい
> いたらどうなったであろうか?
そもそも米軍は沖縄の地形から戦車戦闘は不利と考えていた。


189 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 01:07:16 ID:???
>>186
那覇正面は意外と上陸可能地点は狭いよ。
現在の「夫婦岩公園」周辺は、当時は塩田で装甲戦闘車両の揚陸には不向き。
安謝港敷地は海面で海岸すぐそばまで断崖絶壁が迫っていた。
小緑飛行場海岸は重火器陣地。対岸も射程に捉えていると思う。
使えそうなのは若狭小学校正面から汚水処理場があるあたりまでだと思う
けど、そのど真ん中にある波の上神社のある大岩に重迫撃砲中心の火点を
据えられたらどうなるやら。

190 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 01:51:23 ID:???
>>189
様も、もしか●覇市民・・
そこなんっすよ・・それで、「過程無視」
恐らく、上陸第1派は、相当な被害を出すかも、です。

とはいえ、米の艦砲射撃に海岸の第1戦が何処まで耐えられるか不安です。。。
第2戦線候補の壺屋・久茂地の小丘陵地帯(使える地形・・なのか、なあ)からの火力支援と
第3戦線の大名・首里・識名・国場の高地からの緻密な砲撃支援があればいいのですが、
米機の空からの地上制圧作業が完璧ですと、かなり詰んでいるような。。。どんなでしょ・・

191 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 02:09:15 ID:???
あ、また波と派を間違えているし・・
>>188
ついでに大名峡谷辺りで米戦車部隊が水没してくれるとヒャッホーっですね☆
快進撃(とりあえず)も束の間、記録的な豪雨で戦線断絶ー各地で水没・孤立する各部隊ー
そこに・・南部で消滅するはずだった歩兵の大群が藁藁と。。

バクナ、ショックで昏倒→本国送り→米の発狂発生せず→軍民史実より多数生還?

192 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 03:39:13 ID:???
>>190
元、那覇市民です。戸籍上の本籍は粟国から移住した祖父が最初に居を
構えた辻にあります。
波の上宮がある巨岩だけでもこれで上陸部隊は連携どころの話ではなく
なるでしょうし、そのすぐ南に隣接する辻の海岸墓地も相当に堅固な対
地・防空コンプレックスに転用できることでしょう。
第一波の惨状と、思うに任せぬ砲爆撃成果に、ヘタをすると第二波以降
は上陸命令を拒絶するものと思われます。
それよりも八原参謀が恐れていたのは、米軍の強行上陸による実害より、
意表を衝かれる将兵と民間の狼狽だったのかもしれません。

193 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 07:23:23 ID:???
>>192
那覇市民の方が他にもいて嬉しいです。
もし那覇上陸作戦を見越して波の上宮地下に
早期の築城が施されていたのなら、かなり心強そうですね。
ただ、艦砲恐怖症の私の脳内は、米の艦砲の威力に少し不安ではあります。。。
後、戦史に良く出てくる米機の我が物っぷり。昼間の防衛戦はかなり難儀そうです。
しかしそれでも波の上宮の岩盤に結構洞穴あっ(たとし)て、
少しの加工で要塞化できる状態なら海岸の第1線にも光明があるような。。
辻の海岸墓地、初見です。勉強になりましたです。>軍民狼狽・・同意です。

194 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 09:19:50 ID:???
米軍が次に上陸候補に上げてたのは港川じゃなかったかな
何度か陽動を行ってるよね
まあ24師団を縛り付けておくためでもあったみたいだけど

195 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 10:17:00 ID:???
バクナは堅実な工兵マインドの持ち主ってどっかで読んだような・・
もしかしたら陽動(師団級)と艦砲(路・橋)と空撃(昼間)で
分断できる分だけで十分満足で、無茶する気はサラサラなかったのかもしれません
それでも上陸作戦するなら、、、港川が一番?

196 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 18:47:08 ID:???
鉄の暴風とか水筒だと日本軍が山賊みたいだからいやだ。

197 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 20:34:16 ID:???
そう?少なくとも劇画の方は凄い好意的(というか公平に)書いていると思う。。
メチャメチャx2・頑張ってx10、
最期、負けてx10、弾も薬も水も隠れる場所も無くなって、人間性ボーンって印象の流れ。
軍、メッサ頑張った印象の劇画。(+沖縄決戦他)最期も賀谷隊長の死で涙、のヨウナ。
水筒は米軍人が孤児抱き上げてドントクライベイビー、だったかな。読んだ時、マジ泣。
ただ、小中高学生に読ますには酷じゃね?と思っていた20年前の私。

198 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 23:15:56 ID:???
ただあの劇画って、いろんな本のエピソードをほぼそのまま漫画にしてるだけでなぁ
かと思うと、本人が分からない部分は適当に誤魔化してるし

199 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 05:10:18 ID:???
わからないところを調べずに書いちゃう姿勢って、倫理観を疑うよなぁ
そういう人に限って「戦争を風化させないために!」とか言うし…

200 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 14:01:52 ID:???
海軍壕の売店で売っていた分厚い沖縄戦漫画は偏り少なめに沖縄戦を描いていて面白かった。
実家に置きっぱなしなんだよな〜なんだっけあれ

201 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 14:20:07 ID:???
199 を見て思う事。
んー。中共の深謀遠慮の毒の影響wは凄まじいなあ、と。
彼らの思惑以上に踊って骨肉相食むのはいかがなものだろ。(w

199 の言う対称のモデルケースって
基本的に書物をまるまる信じてしまう初期の段階の人なので、
あんまり攻撃したら酷でっせ。。

で、とりあえず失点5−10の得点90-95の
ズぬけて良い点のがデカイ劇画と思うし俺。
徹頭徹尾、軍にも理解・・いや情、を注いでいる劇画というだけでも。

202 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 14:34:14 ID:???
と・・>>200の人の未見の201ですが
200の方は海軍壕に行かれたのです・・?
凄いなあ・・201はjimoto市民なのに海軍壕はまだ逝っていないんですよ・・
大田中将と小禄守備隊が眠っているというのに・・。

203 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 14:51:24 ID:???
200ゲッツのつもりでレスったら201ゲッツだった201。
200と201は別人ですので・・
北は嘉数から南はひめゆりの壕まで訪れたのですが
(嘉数とシュガーローフは20年近くビビッテいたけど逝ってよかった)

>海軍壕の売店で売っていた〜
知っている方のレスがあるといいですね・・

204 :200:2006/02/07(火) 14:59:27 ID:???
>>201
沖縄言ったら必ず行ってますよ。
初め「この腐れ軍オタが、なんで沖縄まで来たのに」みたいなことぶつぶつ
言ってた嫁が決別電報読んだ後、涙ボロボロで出口から出てきました。
それから行くといっても文句ひとつ言いません。北谷以南はヤダと言ってたのが
南部戦跡行き放題になりました。ありがとう大田少将!

205 :200:2006/02/07(火) 15:04:10 ID:???
ん?>>201>>202は別人?
まぁいいや、知っている人いたら教えてくださいませ。

206 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 17:23:29 ID:???
まともな沖縄戦史希望。

207 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 17:44:06 ID:???
自分で書けば?
既存のモノを「まともじゃない」ときめつける理由って、
どーせあんたの生活の鬱憤が転化した似非公憤でしょ。

208 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 18:16:59 ID:???
>>207
左翼に踊らされてる奴発見。

209 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 18:20:07 ID:???
あなたの脳内は単純でハッピーだねぇ

210 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 20:01:46 ID:???
>>205
201+202+203の3連レスゴメの197です。
200=205様と201が19分しか差が無かったので、
200が私201と誤解されて誤爆される前に追記レスx2いたしています。
そうなのですか・・娘さんが・・これ、これはjimoto民としてはビビッテいられないような・・
でもかえってjimoto民のがビビルんですよ。

〜209
そうなんすよ。自分で文章なり絵なり書こうとすると本気で洒落にならないんですよ。
目の前にはウジャウジャ御老人方がいるのですが、迂闊に聞けるわけも無いし・・
私の親父からして、戦中戦後の苦労は一切話しませんから。。

211 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 19:17:17 ID:???
>>201
「考証」と「思想」がすぐごっちゃになるなぁ
自分が好きなものに苦言を呈されたら、自分とは反対の思想の持ち主というのはいただけない

上のレスで嘉数が出てるからちょうどいいが、あの漫画の嘉数攻防戦、「第331歩兵連隊」なんて米軍部隊が出てくるが、そういうの適当じゃ困ると思うんだよ俺は
君がそういうのは適当でいいんだって言うなら、それは君と俺が求める正確度が異なるってだけ
中共がどうしたとか、ましてや左翼がどうのって話じゃない

212 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 20:15:25 ID:???
>>211
>>199は二行目が誤解を生む元凶。
わからないところを適当に書くのはウヨサヨとは何の関係もないことなのに、
ああいう書き方したら普通「またサヨは信用できない論者か」と見限られますよ?

213 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 20:52:42 ID:???
201です。
>>211 最初の1行目と2行目、ホント共感します。
okinawaと題がつくだけで・・あ”あ”あ”
軍板なんだから軍事専門の話しようっちゅうに、といつも思っています。
尚、3行目の様に此処はオカシイ、という所を具体的にアゲて頂けますと勉強になります。
(私が失点05-10に上げている部分は荒らし呼びそうなのでダンマリしてますね)

214 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 13:04:15 ID:???
他には、南風原陸軍病院が「南風原野戦病院」と書かれてたり
「ガス弾だぞ」とか言いながら、米兵がガス弾らしきものを壕に放り込んだり

基本的に参考文献を疑わないというか、いろんな資料に当たってみるということをせずに書いたんだと思う

215 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 17:20:54 ID:???
213の201です。
>>204様のお話に感化されて、ついに小禄の海軍壕、イッテコレマスタデス。。。
売店に置かれている劇画は見た所、
新里さん作画の三部作(沖縄決戦・水筒・白梅の碑)と、
那覇出版所から出されている与勝さん画「弾道 ひめゆり学徒隊物語」の4種でした。m()m

>>214
野戦病院・・ありがとうございますm()m平成2年版で確認いたしましたです。
第331歩兵連隊はP135ですね。
コレは恐らく381歩兵連隊の8を3と校正ミスったのと思われます。
私の数少ない頼りの文庫版「沖縄日米最期の戦闘」(米陸軍省編)の
P199二行目から第381歩兵連隊の記載が出てきます。
( >>192様推薦の墓地陣地の戦闘も出てきます。 )

216 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 17:45:25 ID:???
なお、214様三行目説も有力かと思いますが、
基本的に新里先生1人〜数人の作業と思われます。=情報の限界説
(決戦の校正係orブレーン・・いたのかなあ・・)
そう考えると、(検証とは別に)稀に見る力作と思います・・とりあえず私には決戦超えは無理っす(汗
(沖縄決戦初版は1973年のようです=白梅の碑のプロフィール参照)

私なぞ、昨晩は文庫版の日米最期の〜の
P199からP274をPCに打ち込んでー要所を抜粋して>>211様振りの
嘉数〜第一線の両軍戦闘模様〜叩き台をupしようとして・・轟沈かましてます・・orz
とフォロー(検証と別に→クドイ)+aで。↓

新里先生が「水筒」(ひめゆり学徒隊戦記)を描いていたとき、
故・学徒引率教師・仲宗根先生(水筒の主人公格)に
「君は現場を見たのか。石の形が違う。海岸の石は、鋭いカミソリの刃のようだった」
「すぐ見てきなさい」と指導されされ・・やっと産み落とせた作品だそうです。。

217 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 05:50:04 ID:???
本土決戦までの時間稼ぎなんだから戦略持久に徹すべきだったのかもしれんが
戦略持久=最終的な玉砕である以上、攻勢にでるのも仕方がなかった気がする。

218 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 09:34:25 ID:???
>>217
問題は持久するのか積極的に攻勢に出るのか特に師団以上、
大本営と陸海軍と現地指揮官と参謀とで皆考えてる事がバラバラ。
戦略持久=最終的な玉砕という美名に隠れて一体どうしたいのか
作戦の始まりから終わりまでの過程において統一された見解は終に持てなかったかと。

東京と現地、陸軍と海軍との戦略、戦術の齟齬は開戦当初からだけどさ orz

219 : 名無し三等兵 :2006/02/10(金) 11:23:56 ID:???
戦術的にいうとこの頃の日本軍にはもう功勢する能力が無かった・・・

220 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 17:26:38 ID:???
1945年03月の時点での32軍の戦力限定で、
・牧港防衛のミスなどの決定的なミス(油断)が無い場合で、
>>218の言う情けない状態を脱して、
・八原高級参謀の唱える持久戦術で全軍が統一された場合。(反攻作戦無し)
・さらに持久案を攻勢案に覆せない程度の堅実な司令部人選がなされていた場合。

これなら7月になっても堅実な戦闘が繰り広げられているかも。
(牧港の入江は当たり前なら強襲不可能で、東海岸での超接近戦ばかりの予感。)

長期消耗戦実現による餓死者の増大(沖縄)と、
原爆3個め以上の被爆確定(本土)なのは無視で。

221 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 18:09:32 ID:???
沖縄島以外の戦闘はどうだったんだろう?慶良間諸島とか。

222 :宮古島からの攻勢:2006/02/10(金) 18:37:56 ID:???
《海軍少佐・冨士信夫命》

終戦の直前、宮古島において「神風特攻第三龍虎隊」参謀として
九三式中練特攻機7機を見送った。
これらの内4機は、7月30日未明、沖縄近海に哨戒中の駆逐艦隊に突入し、
駆逐艦キャラハン撃沈、同キャッシン・ヤング大破、他2隻に損傷を負わせた。
沖縄本島に向かった3機の内2機は、P51の迎撃を受け自爆したが、
残る1機は那覇飛行場に突入し損害を与えた。
冨士氏は戦後、東京裁判のほとんど全部の公判を傍聴した経験から、
「私の見た東京裁判」始め東京裁判関係の著作と講演活動に没頭し、
昨年一月、惜しくも死去された。


223 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 19:08:57 ID:???
>>220
長期消耗戦になることで住民死者が増えたか減ったかは微妙なところですが、
原爆三つ目の投下はないでしょう。 ソ連の対日参戦は日本の戦争継続の理由をすべて奪わせる大事件です。

224 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 19:24:00 ID:NAwoeGgW
渡辺山での戦闘
http://www5f.biglobe.ne.jp/〜Tan-Lee/modo/senki/oki527.html

サツマ芋畑は真っ先に狙われて丸裸となり、 芋と言うよりは根としか呼べないような
細いものまで食べ尽くされた。 サトウキビ畑もまた同様であり、 僅かに地中に残って
いる茎まで掘り出されて胃の中に消えていった。 カエルやヘビはご馳走であり、
トカゲさえも食料の対象であった。 なお、火を焚けばどうしても煙が出て米軍に
発見されるので、 何れも生のままで食べざるを得ない状況であった。
 食料以上に困ったのは水であり、水が得られる場所は限定されるので、 水汲みは
正に命懸けの行動であった。 米軍も水の得られる場所は承知しているので、
当然待ち構えていて攻撃してくるのである。 勿論手榴弾だけの日本兵に反撃の機会はなく、
無事に水汲みから帰還することだけを念頭に置いた行動であった。
 ある水場での米軍の行動は、日本兵の常識を根底から覆すものであった。
予め日本兵の通過すると思われる地点に照準を付けておき、 発見次第射撃するのは
格別珍しいものではない。 だがそこの米軍は、「弾の川」を作っていたと言うのである。
弾の川とは何かと言えば、文字通り水の代わりに弾丸が流れているのである。
米軍は日本兵の予想通過点に対し、人間の有無にかかわらず射撃を行っていたのである。
勿論常時発砲していたのでは銃身が焼き付いてしまう。 恐らく発射速度を落とし、
断続的な射撃を行っていたものと思われるが、 そこを通って水汲みに行った日本兵は
いなかったそうである。



225 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 19:56:37 ID:???
たとえ攻勢する能力が無かったとしても、絶望的な長期持久戦で
長く苦しみぬいた末に死ぬよりか、いっそのこと早く楽になりたい、
もしくは一欠けらの僅かな希望にでも縋りたい、と思うのが生身の人間心理。
確実な死を目前にして戦略戦術とかの冷徹な論理や理屈に徹することができるほど
強い人間はそんなにいない。現地軍の攻勢決定を責めるのは酷。

226 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 20:38:58 ID:???
>>225
攻勢作戦押し付けたのは大本営。

227 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 20:52:59 ID:???
>>221 私の母は宮古島ですが、やっぱ艦砲キターだったそうです。
>>225 ある意味、長が居てくれてよかったのかもしれませんです。早期崩壊。

もっとも私は宮崎神と交代できるものなら交代してほしいのですが・・・
最後の最後までジリジリ下がって、余力(小禄・南風原)を残しつつ、首里戦線で終了で。賀谷神とのタッグ。
八原の邪魔になりそうな血の気の多い連中は切り込み隊募集で前線で死に場所与えておいて。
で、最期は脳内牛島の私が全責任を取った形で腹「切った」「事にして」
脳内召還の宮崎神に
全将兵の帰郷までの責任おっかぶせる形で勝手に死に急がないよう段取りして
幸福。もとい降伏。

>>223 ソ連参戦キツイです orz しかし沖縄が陥落していないと若手が暴走しそうな悪寒
終戦内閣は無事・昭和帝の勅令を発令しきれるでしょうか・・

228 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 01:40:05 ID:???
227です。227のお口直しに。
軍板・第二次大戦・日米方面スキーには既出ですが・・

米の戦術

・歩兵が攻撃を開始する40分前から砲撃で先制。
 最初の20分間は前線に対して行い、
 その後10分間を敵後方陣地砲撃にあて、
 最期の10分間、再び前線を砲撃。

4月19日

空からは 米機650機が ロケット弾・ナパーム弾・機銃掃射を。
海からは 戦艦6、巡洋艦6、駆逐艦6が 艦砲射撃を。
陸からは 105ミリ〜200ミリ砲( 全324門 )が砲撃を。

手元の資料を信じるのなら
午前6時30分から10分間で、日本軍第一線に19000発の砲弾が打ち込まれたそう。

その上で
4月19日の沖縄の戦闘は、米軍が撃退されて終了。
4月19日の戦闘経過を見るだけだと、
これが本当に2月(ツキ)で崩壊する軍の姿とはとても思えず orz

229 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 09:32:01 ID:???
陣地に立てこもっておるかぎりは一個一個粒さなあかんワケで。
陣地から出て攻勢に出たらそれこそ。一網打尽。
戦線が崩壊すると各個撃破、敵前逃亡、戦線離脱、軍規崩壊続出なわけで。

230 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 12:06:25 ID:???
「敵が要塞に籠っちょるから苦労するんだろうが、出てくるならこれ幸い」
長参謀役で出演していた俳優さんが別の映画で喋ったセリフです。

231 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 15:36:23 ID:???
沖縄大変だな。

232 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 16:06:24 ID:???
ベルリン最後の12日を見たら自決命令があっても不思議でないと思ったよ


233 :島の人:2006/02/11(土) 16:57:46 ID:???
>>221
石垣島では撃墜した米搭乗員を処刑した。
詳しくは
「最後の学徒兵」講談社文庫


234 :名無し三等兵:2006/02/16(木) 15:26:32 ID:???
おばけ臼砲は活躍できたの?

235 :名無し三等兵:2006/02/19(日) 18:34:19 ID:???
M4キモイ…。弱点射撃汁よ

236 :名無し三等兵:2006/02/19(日) 19:26:34 ID:hOLsnh+C
>>222
>同キャッシン・ヤング大破、


米国マサチューセッツ州ボストン港の海軍波止場にキャッシンヤングは往時の姿のまま
記念館として保存されておりUSSコンスチチューションと並んで毎日の様に観光客の
来訪を受けています。神風特攻により甚大な被害を受けた事が説明板に書かれていました。

私は3年ほど毎日、この船の横を通り過ぎて職場に通っていました。

237 :名無し三等兵:2006/02/19(日) 20:24:10 ID:???
みんな八原が悪いんや。

238 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2006/02/19(日) 22:35:15 ID:???
>二次上陸
 77師団長は伊江島攻略後、湊川湾への二次上陸させて欲しいと上申しています。
 24軍団長も、4月末に北部掃討を終えた第3海兵軍団全体で湊川湾への上陸を
具申。
 第6海兵団長も予備の第2海兵師団を湊川湾へ、海兵隊司令官は与那原海岸へ
の2次上陸を意見具申していたそうな。

 でも、バックナーは、そうなると支援艦艇を二分せねばならず、日本側の攻撃
機に対する個々の防御力が低下するとして反対したんだそうな。

239 :名無し三等兵:2006/02/20(月) 12:10:39 ID:???
>>238
アメちゃんはええのお、高級統帥が統一されていて


240 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 17:41:29 ID:???
(228です)
>>187
>沖縄陥落の報が載ったのは何日付けの新聞だろう。 23日かなぁ?

小禄海軍壕の本に乗っていた当時の新聞がソレ↑ですと、もう少し後日みたいです。
明日詳細にうpしてみます。

と、軍事とは関係ない県本に「カラカラ」という雑誌がありますが
その2002年夏創刊4号に使われた航空写真で、
首里城ー弁ケ嶽ー運玉森の最高に良いアングルな写真がありました。

・・泣きたい程狭いです。
沖縄戦史上に見られる超接近戦の舞台が、こんなクソ狭い場所で、
というのが良くわかります。& 呆然としまふ。

(初めて嘉数とシュガー・ローフに登った時の思いを思い出し。)

241 :名無し三等兵:2006/02/25(土) 19:20:07 ID:???
240続きです。
昭和20年06月26日の新聞では
「 以前、敢闘中 詳細不詳 」とありますが
最期の攻勢、激闘八十日、沖縄軍官民、悲壮牛島中将決別、
戦いはこれからだ一億沖縄官民に・・と沖縄玉砕を匂わす見出しばかり。

今拾えたのは13日報と26日報の2紙のみですので
確かな事は解りませんが26日ないし、26日よりもう少し後日、なのかもです。
知っておられる方、宜しくお願いいたします。m()m

242 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2006/02/26(日) 09:34:12 ID:???
>>241
>沖縄陥落の報が載ったのは何日付けの新聞だろう
 大本営発表の一覧を見たら25日付けで、
「一、六月中旬以降に於ける沖繩本島南部地區の戰況次の如し
(イ) 我部隊は小祿及南部島尻地區に戰線を整理したる後優勢なる航空及海
    上兵力支援の下敵七箇師団以上に対し大なる損害を與へつつ善戰敢鬪
    しありしが、六月十六日頃より逐次敵の我主陣地内滲透を許すの巳む
    なきに至れり
(ロ) 大田實少将の指揮する小祿地區海軍部隊は我主力の南部島尻地區轉進
    掩護に任じたる後六月十三日全員最後の斬込を敢行せり
(ハ) 沖繩方面最高指揮官牛島滿中将は六月二十日敵主力に対し全戰力を挙
    げて最後の攻勢を実施せり
(ニ) 爾後我将兵の一部は南部島尻地區内據點を死守敢鬪しあるも六月二十
    二日以降細部の状況詳かならず

 二、我航空部隊は引續き好機を捕捉し同島周邊の敵艦艇及航空基地を攻撃す
   ると共に地上戰鬪に協力しあり
 三、作戰開始以來敵に與へたる損害は地上に於ける人員殺傷約八萬、列島線
   周邊に於ける敵艦船撃沈破約六百隻なり
 四、沖繩方面戰場の我官民は敵上陸以來島田叡知事を中核とし挙げて軍と一
   体となり皇國護持の爲終始敢鬪せり』

 とあるから、新聞に載るなら26〜27日の間だろうと思いますよ。
 それ以降になると速報としてのニュース価値を失いますから。


243 :名無し三等兵:2006/02/26(日) 10:01:06 ID:???
(241です)
ベタ様、即日に詳細なレス、ありがとうございます。m()m
と過去に当たった資料の中でバクナ中将に関した詳しい資料を探していますが
まだ見つけていません。(238-239に続くレスのソース)
今日は休日なので終日捜してきて見ます

244 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2006/02/26(日) 10:05:49 ID:???
>>243
 コマンドマガジン44号「沖縄〜勝者なき戦場〜」も良い本だがなぁ……
 図書館に置いてある本でもないし。

245 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 05:33:11 ID:wM8CSlCQ
(243です)
タイトル見た瞬間、手が伸びそうな本です。orzまた(古)本屋巡りですね・・
と、結局今日も見つからなかったのでチョロとしたものを↓(日米戦スレ初見の方向け)

・米軍は確かに圧倒的大戦力でしたが、そんな大軍&大国でも
・レイテ攻略も、硫黄島攻略も、沖縄攻略も当初の予定日に実行なんて不可能で。
 キングは比島の次は台湾攻略したかったらしいけど
 そんな兵力ないよ、と回りに説得されて硫黄島・沖縄攻略へ。

・硫黄島攻撃に当たって
 マリアナの空軍の74日間の連続空襲も満足な結果を得られず、
 艦砲も作戦とスケジュールと手持ちの弾数の都合により3日間の準備砲撃のみで、
 第58機動部隊の空からの凶悪な支援もあったけど硫黄島占領は5日間の予定が約1月消費。
 その上で陸は硫黄島守備軍より被害を出して、海上も神風に空母やられたり。

・沖縄戦に当たっては
 台湾・中国・他琉球諸島・日本本土からの空襲圏内のエリアで
 地上軍支援やら海空警戒やら艦隊防衛やら。ニミッツ著によれば
 4月5日までに旧式戦艦2巡洋3護衛空母1含む39隻が損傷。

・高速空母部隊は沖縄陥落が見えるまで92日間海上に連続出勤。
 砲撃支援部隊・護衛空母はその後も残り、
 それらコミコミで26隻の喪失と368隻の損傷

上陸軍を支援する海軍もウンザリな忙しさ&日本の猛烈な抵抗です

246 :名無し三等兵:2006/03/01(水) 22:13:56 ID:???
大本営発表の戦果が想像したほどとんでもないものではないのを見て、
沖縄守備隊等々の敢闘ぶりが偲ばれますね。
でも「優勢なる海空支援の下」ってのを聞いて、そこはそれ、大本営発表だなぁとw

247 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 07:46:42 ID:???
トーマス氏著のスプルーアンス伝では
この偉大な提督も神風特攻の犠牲者になる所だったそうです。

提督自身、
「神風は現場にいた者しかわからないだろう」と手紙を書いているそうです。
仕事はハルゼーと05月26日に交代したそうですがス提督の幕僚はやつれはて、
ス提督自身は穏やかそのものでも数年後「胃がキリキリと痛かった」
(周囲にばれないよう猫かぶっていただけだ)との事です。

それはそうと当時の新聞(大本営発表)は凄いですね。
26日の例の新聞のノリのを毎日読んでいたら
「本土決戦・皇国不敗」を怒号した連中の声がデカかったのも仕方無しですかと。
・・・ワタシラも何かに騙されていなきゃいいけど。(笑えない

248 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 08:30:38 ID:???
(247)
で246氏の言うように
実際に日本の前線は死力を尽くして
陸では(彼が油断していたとはいえ)バクナ中将をも道連れにしてしまった程ですよって

前スレで語られていたとおり、
日本軍にも歩兵携帯の対戦車武器がありましたら、とか (ドイツ遠杉 orz
神風スレで話題に出るロケットの研究が進んでいたら、とか (予算が
大物狙いは捨てて、哨戒線のウザいピケット艦だけ狙うとか (上司が無知
368隻も道連れにした位ですから、残存機総力を上げて飽和攻撃 (燃料が

◆大本営&連合艦隊 001
沖縄は中城湾にマリアナ沖海戦を戦った連合艦隊が寄港したらしい。
すわ日米艦隊決戦か!と興奮して八原大佐、双眼鏡片手に与那原港へ。
・・実は負けて帰ってきていたんです、と知ったのは1週間後の東京での事とか。
(八原博通著・沖縄決戦より)

249 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 10:07:21 ID:???
(248)
と、いちおー、
大佐の著は牛島司令の死の日の追跡などで「?」とされる事もあるそうです。
(沖縄戦トップシークレットより)
それとニミッツ著では沖縄戦での神風の喪失は26隻と読みとれますが、
スプルーアンス伝では30隻と記述されています。
また米国陸軍省編の沖縄ー日米最期の戦闘では沈没36隻・破損368隻と。

このように「数字を詰める」のは私レベルでは余りに途方もないので
199氏にしかられそうですが、とりあえず原著を信じて抽出してみます。
足りない部分は識者の方々の補正をお願いいたします。m()m

250 :名無し三等兵:2006/03/10(金) 03:47:12 ID:8QzCUOvj
激しく気になるのだが。
あちこちの沖縄戦写真集によく載っている写真に『首里教会に頑強に立てこもる狙撃兵を迎撃する米兵たち』があるんだが。
もっと詳しいことを知りたいです。狙撃兵はどこの誰だったのか…とか。

251 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2006/03/10(金) 06:51:08 ID:???
>>250
 概ね寄せ集めの殿部隊の兵士で、その後高確率で戦死してるだろうから、どこ
の誰かなんて調べるのは無理だろう……

252 :名無し三等兵:2006/03/10(金) 09:29:50 ID:8QzCUOvj
>>251

250です。素早いお返事をありがとうございます。
それもそうですね。ただ、あれに関する記述が他にないかなー?と。何かがありそうだったので聞いてみました。

253 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2006/03/10(金) 11:30:25 ID:???
>>252
 関連話になるんですが「泥と炎の沖縄戦」で、ちびっとですが、著者が後方
の司令部に伝令に行った帰り、日本軍狙撃兵の攻撃を受けた話がありますよ。

254 :名無し三等兵:2006/03/10(金) 18:36:45 ID:8QzCUOvj
>>253
ありがとうございます。なるほどー…。って事は教会に立て籠もった狙撃兵、は味方の撤退に時間を稼いだんじゃなくって「督戦」も兼ねていたの?したら、複雑だな。素直に感動していたんですが。

255 :名無し三等兵:2006/03/11(土) 17:56:41 ID:???
(249)から254氏へ

ベタ様の言っている本は
副題が「 あるマリン兵の回想 」でして、
米第1海兵師団の1兵士の回想録のようですね。

つまり、書いた人&狙撃兵に撃たれた話の人、は米海兵隊の方なのです。
なお沖縄県史・那覇市史当たってみましたが、残念。まだみつかりません。

ベタ様の言うとおり、
前線部隊の消耗率を考えても最期まで抵抗した諸氏の特定は難しいかも、です。。

なお、督戦するまでも無いですかも。
沖縄戦後半になるまで捕虜になったのは意識不明の重症人ばかりで
文字通り最期まで抵抗していたでしょうから・・

256 :名無し三等兵:2006/03/15(水) 21:28:44 ID:???
狙撃兵と言えばバックナーを見事討ち取った勇士か
米軍の無差別報復を招いた張本人か知らんが・・・。






この人は生きて故郷に戻れたのだろうか。

257 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2006/03/16(木) 21:40:05 ID:???
>狙撃兵と言えば〜
 松田定雄氏の証言によるなら、小野一等兵。
 翌19日戦死。
 出身地は東京。
 

258 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2006/03/16(木) 21:52:14 ID:???
>>175 さん
>14908発射撃して、落ちたのが 21。
 ドイツ本土爆撃でのオーダーは、1万2000発で1機、だそうな。
 ドイツは唯でさえ落ちにくい重爆撃機で、さらに高空を飛ぶので、狙いに
くかったんでしょうが、日本もそれなりに頑張ってるんじゃ……

259 :名無し三等兵:2006/03/17(金) 23:35:58 ID:???
(175です・∀・)
>>258 ベタ様
お答えレスありがとうございますm()m♪
ん〜、ドイツがでも、そうなんですか・・。以外な高戦果?に嬉しく思います。

と、あと数十分で、03月18日を迎えます。
03月18日朝は、第5航空艦隊と第58空母機動部隊が衝突したそうなんですが、
その時に米海軍機1000機を迎え撃った50〜100機の戦闘機が十十の沖縄の空にあったらなあ、とか。

260 :名無し三等兵:2006/03/18(土) 01:51:10 ID:???
(259続き)
141 でレスした時に参照したデータでは
十十空襲の米軍は搭載機合計1479機。
対する第32軍は、12機の戦闘機。(最初にまともに上がれたのは1機だけ)
12機が50機〜100機になっても、結局は全滅だとは思うのですが、

大本営の沖縄構想が元々「浮沈空母」だった様子なので、
もし12機が50−100機になっている位の気の使いようなら
・・それでも5月4日と、南部撤退は起きていた、かあ・・・

「泥と炎の」をナントカ振ろうとするも、
あまりに悲惨な戦場に沖縄戦回避の分岐点模索に走る175でし。

261 :名無し三等兵:2006/03/22(水) 18:20:02 ID:???
保守

262 :名無し三等兵:2006/03/23(木) 19:08:13 ID:???
03月23日(260)

北谷沖に数百隻の艦船が見える。
原隊の大隊から、伐木作業の終了と原隊復帰の命令がきた。(1歩兵小隊長の手記)

23日の朝7時から、空襲が始まった。

空襲非難については
十十の時に平地に掘られた露天壕が役に立たない事が証明されていたため、
沖縄式亀甲墓の空き墓に、兵も住民も避難した。
中にはI氏の様に丘から空襲を見物する者もいたが。

I氏の伝える所では、日の丸をつけた飛行機は1機もいない。
それはまるでアメリカ軍の演習か航空ショーを見学している様。
その見事さにみとれていた、と。

米機は小禄飛行場と那覇港だけに襲い掛かっている。(見れている範囲では)
最初はまったく当たらなかった近所の高射砲は午後に2機ばかり落とせていた。
が、相手さんは撃墜されても水上機に救出された、と、夕方に聞いた。(そう)

「撃墜されても助かるなら、戦争も怖くないなあ」
「悠々たるもんだ。スポーツ・チーム(米国)と決死隊(日本)だなあ」
「スポーツのつもりで来られたんじゃあかなわんなあ」
「戦にならん」「友軍機は?」「全部やられたんだろ」

夕方6時。
十十の時と同様、潮のひくようにアメリカ機は姿を消した。
1日の仕事が終わったんだろう。
現在のリーマンの様に出勤時と退社時があるように。

そして翌日もまた、朝7時にアメさんはやってくるのであった。

263 :名無し三等兵:2006/03/23(木) 19:27:46 ID:???
(今度は260が保守レス)
ついでに262修正
×=空襲非難 〇=空襲への避難方法として(は)

冒頭は
昭和20年08月15日を超えても戦闘を続けた山本小隊長の手記を微加工。
主文は「沖縄ジャーナリストの証言・沖縄の戦場に生きた人たち」を微加工。

264 :名無し三等兵:2006/03/24(金) 23:17:50 ID:???
03月23日ー24日(263)

23日、第32軍は米軍の接近を察知。
大東島守備隊、海軍の偵察機が沖縄本島東南海域で米機動部隊を発見。
23日は約400機の艦載機による空襲が朝から日没まで続き
24日はこれに艦砲射撃が加わった。

牛島司令官 万事平常どおり。一切を部下に任して読書。
長・参謀長 自筆の「 天の岩戸戦闘指令所 」を掲げたり上機嫌に皆を元気つける。
八原高級参 敵艦砲の威力を間近に観るために各地を観て回る。以外に戦えそうな新発見にニヤリ。
とある中隊
24日が部隊創立記念日=年に1度の祭日だったのに。
23日は機密書類など官物私物一切を壕に隠していたそう。
(八原著・沖縄決戦)(歴史群像49・沖縄決戦)
(証言 沖縄戦秘録)ほか

265 :名無し三等兵:2006/03/25(土) 10:34:18 ID:???
沖縄決戦どこで売ってるんだ…

266 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2006/03/26(日) 07:23:33 ID:???
>>265
>沖縄決戦
 ほ〜れ!
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/53850299/

 でも、法外な値段やなぁ……

267 :名無し三等兵:2006/03/27(月) 21:31:48 ID:???
(264)24日の八原参謀の戦訓

予想に反して、艦砲の弾痕が小さい。
( 500Kg 爆弾の弾痕より大分、小さい )

美田連隊正面に打ち込まれた弾は 約600発。
それによる死者は5名。陣地及び物資の損害は、ほぼ皆無。
まだ此方の陣地はバレていないのか、適当に乱射に終始している模様。

268 :名無し三等兵:2006/03/27(月) 21:35:59 ID:???
米軍の慶良間上陸
25日
・南部住民に国頭地区への避難を命じる
・北・中飛行場地区の防空部隊の後方後退を命じる
・台湾軍から教導連隊の派遣中止の電報を受領
・米軍の慶良間への艦砲、激烈を極める。

26日 米軍、阿嘉島ほかに上陸
27日 米軍、渡嘉敷ほかに上陸

( 慶良間群島に伏兵していた特攻艇・約300隻、機を失い、不発 )

26日 32軍直轄の特攻機、敵前出撃。(←↑↓八原沖縄決戦より)
27日 米軍の上陸地点を見極めきれず、32軍首脳は苦悩中。

269 :名無し三等兵:2006/03/27(月) 21:38:15 ID:???
1兵士のチラシの裏
慶良間を襲っている敵機は、こちらを嘲笑しているのか
たまに那覇・糸満上空にやってきては、所構わず射ちまくったり。

夜。
慶良間から友軍が脱出してくるかもしれん、という事で
波頭に目を凝らして・・敵味方を間違えないように・・

翌日。
銃眼に並ぶも眠くて眠くて仕方がない。
山頂に立ってみれば沖縄が二重三重に包囲されているのが見え、背筋に戦慄が走る。
今日で3日も寝ていない。目と頭が痛い。気だるい。
・・今夜も出動らしい。(月居沖縄戦より)

270 :名無し三等兵:2006/03/27(月) 21:52:57 ID:???
(269)今日は3連upしてみました。
慶良間に関しては「日・米・沖」何れにも組しない、という事で、
比較的信用できそうな米軍のレポ2冊から抽出しようとしていますが・・。
(本音はベタ様推奨の>>157を使いたし)

掃討戦色濃い慶良間のはどうしたものか、です。
と・・。

くだんの八原沖縄決戦の
26日 32軍直轄の特攻機、敵前出撃、について
詳しい結果が解りません・・知っている方、宜しくお願いしますm()m・・

271 :名無し三等兵:2006/03/27(月) 23:18:08 ID:2rUJd4Pk
基本的な質問で申し訳ありませんが
沖縄戦の死者 軍人5万 軍属4万 県民10万
のうち軍属ってひめゆり部隊とかも含まれるの?
そうすると県民の死者は14万近くに膨れ上がるということになるのかな

272 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2006/03/28(火) 10:18:38 ID:???
>>271
>軍属ってひめゆり部隊とかも含まれるの?
 含まれます。
 
 1944年2月の人口統計に沖縄出身の軍人、軍属が入ってなかったり、そこから
上陸開始までに外地へ疎開した人の人数等が正確に判らないので絶対的な数字は
出てないけど 「まぁ、犠牲者は15万ぐらいじゃない?」 と云うのが実情。

273 :名無し三等兵:2006/03/32(土) 01:28:29 ID:???
(270)
3月27日朝・座間味島
第77歩兵師団、住人の生存者25人を保護・治療。

3月26日・座間味島で 177人の島民自決。
3月27日・渡嘉敷島で 329人の島民自決。
3月28日・座間味島で 岩橋一徳氏、捕虜に。後に梅澤部隊長を保護する活躍。

274 :名無し三等兵:2006/03/32(土) 01:33:19 ID:???
(270)前島 in サバイバル

前島の分校長は上海事変を経験した男で、
「 軍が居た方がヤバイ 」と住民皆兵を軍に約束して軍の駐屯を辞めてもらったそうな。

で、米軍が上陸してきたらサッサと島民と降伏。

275 :名無し三等兵:2006/03/32(土) 01:34:15 ID:???
さぁ、夜が明けたら上陸だぜベイベ!

276 :名無し三等兵:2006/03/32(土) 01:38:08 ID:???
沖縄戦 in サバイバル の あれこれ

たまたま? − 屋嘉比島 −
軍はいなかった。島の銅採掘工場の所長以下、サッサと投降。

やっぱり個人的な智慧だ − 慶良間 −
の、喜友名氏は
「 こういう非常時に大勢でまとまるのは危険だ 」と判断して
途中で集団から離れ、集団自決の輪から結果的に助かったらしい。

やっぱり運なのか? − 座間味の例 −
Aの集落では、
「 B集落で捕虜になれば腹一杯の食事が食べられる 」
との情報が先に伝わってきたため、自決は回避された模様。

277 :名無し三等兵:2006/03/32(土) 01:42:23 ID:???
275のヤンキー武者震いに対し、
ガクガクブルブルの住民一同ー

ー 阿嘉島 −

26日に米軍が上陸したが、
29日には引き上げてしまったため、自然に自決の淵から脱した。

更に警備中隊の鈴木隊長から
「 今、死を急いではいけません。住民を守るのは私達兵隊の務めです。 」
「 生きられる限り、生きのびることを考えてください。 」
「 決して早まってはいけないですよ。 」

と諭されて自決を思いとどまされた島民もいたといふ。GJ!

278 :名無し三等兵:2006/03/32(土) 01:44:00 ID:???
また制備中隊の染谷小尉にいたっては
普段から
「 兵隊は国の為に死んではいけないよ。 」
「 いや、むしろ兵隊達でも命を大切にしなければいけないがね。 」
「 だから私は絶対に死なない。 」
「 敵が上陸したらスグ逃げるんだ。 」
と口癖のように島民に語っていたといふ。

小尉は米軍が上陸してくると、朝鮮人軍夫20人ほど引き連れ(!)
白旗掲げて投降し、まもなく米軍のスピーカーで投降を呼びかけ(!)

279 :名無し三等兵:2006/03/32(土) 01:46:24 ID:???
・国及び国軍による住民救済

大本営及び第32軍は「 沖縄県民の疎開計画 」を立案し、
・延べ187隻の船舶で、約八万を県外に脱出させ、
・さらに5万人を本島北部へ疎開せしめた。

最終的には約13万人から16万人が戦禍から免れることとなったという。

280 :名無し三等兵:2006/03/32(土) 01:49:15 ID:???
3月26日 天1号作戦が発動。

3月26日 石垣島出撃の特攻9機が戦艦ネバタ他に特攻。
3月27日 海軍16機、陸軍11機が出撃。戦果不明。
28・9日 出撃記録は無い模様だが、インディアナポリス被災、との事。
( 別冊歴史読本39・玉砕戦と特別攻撃隊 参照 ) 

「 八原沖縄決戦 」の26日ー27日の記録では
軍直轄特攻隊=
佐藤少佐の偵察飛行第46中隊基幹+臨時編成の部隊 約15機。

「 日米最期の戦闘 」では
29日 日本機27機撃破、24機を更に破損
28日ー31日、地上で80機撃破・・・

281 :名無し三等兵:2006/03/32(土) 01:56:47 ID:Mi3MZVmW
(270)4月1日・米軍上陸の日です。
そこで1つ、>>275 氏のレスでもってageさせていただきます。m()m

282 :もう四月なんだから…:2006/03/32(土) 09:19:02 ID:???
■四月六日■海軍最後の陸軍への支援とし、水上特攻艦隊『菊水1号』作戦発令。
*伊藤整一中将統率の下、戦艦『大和』率いる巡洋艦矢矧以下駆逐艦8隻が沖縄に出撃。
四月七日の沖縄第三十二軍総攻撃に呼応するためだったが、
米機動部隊の空爆により『大和』以下6隻沈没。駆逐艦4隻のみ帰投した。
この作戦に呼応して、米艦隊に空から攻撃をしたのは台湾の第一航空艦隊と第八飛行師団。
699機が参加し、特攻機の355機が奇襲攻撃した。
この後、本土の九州から陸海軍の特攻機が次々と沖縄に飛び立った。
鹿屋基地や知覧基地などが主要特攻機基地となった。
四月十二、十三日には202機、四月十六日や四月二十二日そして五月四日と
特攻の総攻撃で1,711機が散華していった。
この特攻機の襲来に米海軍の将兵は震え上った。
精神的な脅威と苦痛を与えた効果は絶大であった。
【『忘れられた大日本帝国1936〜「太平洋戦争」ではなく大東亜戦争だった』より】

283 :April Fool's Day:2006/03/32(土) 09:52:48 ID:???
61年前の今日、↑のような日付になっていたら、沖縄は平和だった…

284 :名無し三等兵:2006/03/32(土) 12:07:02 ID:???
>277
鈴木隊長以下警備隊一同は無事故郷に帰れたのでしょうか。

しかし整備隊長みたいな帝国軍人というのもアレだが・・・。




285 :名無し三等兵:2006/03/32(土) 14:47:31 ID:???
(277)
>>284
・故郷帰還 そこらへん、私も知りたいです^^
・みたいなw >>278例の染谷小尉を紹介した本によりますと、
流石に当時の島人(バリバリの帝国臣民w)
からもナンナンダアイツハ#?と思われていたらしいですよ(笑

286 :名無し三等兵:2006/03/32(土) 14:53:41 ID:???
(277)
あとベタ様推奨本で関係類があったような・・と、
それと例の米軍レポにも何かあったような・・落ち着いたら調べてみます。
ここ数日、数字の詰め合わせにギブして、ついでに記憶も飛んでますのでw;

あと宜しければ何方か4月1日についてお願いします〜。

287 :名無し三等兵:2006/04/04(火) 03:32:49 ID:???
 
●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になり偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になり偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になり偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になり偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になり偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になり偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になり偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になり偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になり偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になり偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になり偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になり偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になり偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になり偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になり偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になり偽装活動してる2チャンネル

288 :星砂@南西諸島 ◆CabqPGtp5s :2006/04/05(水) 09:45:58 ID:???
(286改め南西諸島)

沖縄の地理

− 西部太平洋のほぼ中央 −
日本ー台湾を弓状に結ぶ、東シナ海の城砦

日本本土から 約 600Km
中国大陸から 約 700Km
台湾台北から 約 530Km

沖縄本島
南北 96Km
東西 20Km 〜 3Km
面積 1212平方km
人口 43万5000

289 :星砂@南西諸島 ◆CabqPGtp5s :2006/04/05(水) 09:50:23 ID:???
アメリカの戦略 日本の重工業地帯の破壊
アメリカの戦術 上記の目標へ向けて 島から島へと 飛び石作戦

( 潜水艦による港湾・航路封鎖 + 空襲による日本の弱体化 )

44年 08月23日 台湾侵攻作戦が発表される。

290 :星砂@南西諸島 ◆CabqPGtp5s :2006/04/05(水) 09:55:59 ID:???

台湾攻略作戦 から 琉球侵攻作戦へ −各司令官の意見−

太平洋地区・米陸軍総司令官
「 台湾→中国→日本では 莫大な時間と努力を要する 」
「 それよか 比→沖 と、マ→硫 を提案します 」

太平洋地区・米陸軍航空司令官
「 航空基地としましては 台湾より沖縄の方がイイです 」

台湾作戦・地上軍司令官
「 米太平洋軍の 補給力や戦闘力では 作戦は不可能です 」

44年 10月02日
ニミッツ、キングに各司令の意見を伝達。
キングは、そのまま統合参謀本部へ伝達。
( キング大将は 台湾攻略の強硬論者。 )

44年 10月03日 米統合参謀本部 琉球侵攻を指令

291 :星砂@南西諸島 ◆CabqPGtp5s :2006/04/05(水) 10:05:29 ID:???

沖 縄 へ の 道
− アメリカ軍の作戦準備 −

沖縄(本島?)は最寄の米航空基地からは 2千Kmも離れているので
撮影偵察はB29と輸送機で始めたらしい。
(偵察機の基地は何処なのだろう)

44年 09月29日 と 10月10日 の空襲の時に取った航空写真で
2万5000分の1の縮図を作成して、
45年 03月01日ごろに 配布。

しかしながら
撮影環境・状況が不安定な航空写真の事( 高度・気象の変化 )。
よって、よりよい地図を目指して 何度も航空撮影が続けられた。
そうして 上陸に適した海岸が撮影されたのは 45年01月22日との事。

海岸線調査で潜水艦も(1隻?)派遣されたけど、これは遂に帰らなかったという。

292 :名無し三等兵:2006/04/06(木) 11:05:34 ID:???
 
●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になりすまし偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になりすまし偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になりすまし偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になりすまし偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になりすまし偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になりすまし偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になりすまし偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になりすまし偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になりすまし偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になりすまし偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になりすまし偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になりすまし偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になりすまし偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になりすまし偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になりすまし偽装活動してる2チャンネル

●韓国政府がスポンサーで韓国人諜報部員・工作員が一般日本人になりすまし偽装活動してる2チャンネル

293 :名無し三等兵:2006/04/09(日) 10:23:23 ID:???
>>292
チョン 乙!

294 :ベタリーニョ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2006/04/10(月) 07:54:42 ID:???
>>265
 ヤフオクで出てるぞ!
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m30051889

295 :ベタリーニョ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2006/04/10(月) 07:55:42 ID:???
>>265
 もう一冊!
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d60775616


296 :星砂@南西諸島 ◆CabqPGtp5s :2006/04/10(月) 12:58:47 ID:???
1つ目 残り3日。
2つ目 残り5日。
手元の八原さんを引っくり返して見ると・・3500円の値札が(古本屋さん価格)

265氏がまだ見ているか解りませんが
ちょっと中身紹介してみます

297 :星砂@南西諸島 ◆CabqPGtp5s :2006/04/10(月) 13:25:41 ID:???
・初期の軍の微弱さに愚痴る八原さんx聞き手の作戦課3氏
・対米戦作戦に自画自賛で御機嫌な参謀長x微笑む八原さん
・前田・牧港・南上原の戦闘を語る八原さん( P.205 )
・5月4日の攻勢に悲観する余り軍への悲憤をメモりまくる八原さん
・首里の要害要地の妙に気付く八原さん( P.267 )
・後半戦( P306-390 )沖縄戦の黄昏とその後の八原さん( P393-433 )・・です

298 :名無し三等兵:2006/04/10(月) 13:27:45 ID:???
ではageますです

299 :名無し三等兵:2006/04/11(火) 10:12:05 ID:???
沖縄で敵機来襲をいち早く伝えたのは、民間の防空監視哨だった。
警察電話を通して、第三十二軍の防空担当部署に「敵グラマンとカーチスの爆音……」と報告!
だが「お前らが、なんでグラマンやカーチスと分かる。デマを飛ばすと承知しないぞ」と怒鳴り返された。

だが、それは本当だった。
国民学校ではレコードやオルガンの和音などにより米軍機の識別が出来るような音感教育を施しており、
聴感優秀な者が監視に当たっていたのだった。



300 :有明の月:2006/04/11(火) 10:36:22 ID:dshk8DWJ
300

301 :名無し三等兵:2006/04/11(火) 10:36:29 ID:qB0FUBvP
各板の各スレに於ける生存せるスレ主これを指揮し最後まで敢闘しもって悠久の大義を生くべし。

302 :名無し三等兵:2006/04/11(火) 20:04:12 ID:???
確かに勇戦奮闘はしてるけど、何が悠久の大義かは良く分からん。

303 :名無し三等兵:2006/04/11(火) 20:31:18 ID:???
>>299
戦後のでっち上げエピソードキタコレ

304 :ベタリーニョ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2006/04/11(火) 21:16:12 ID:???
>>299
 どこに書いてあったエピソード?

305 :星砂@南西諸島 ◆CabqPGtp5s :2006/04/12(水) 13:15:04 ID:???
299氏のは・・あの本の P.111 - P.112 ですね。
題名は・・299氏、ヨロヨロです

>>303
でっち上げなんです?
もし確証がありますのなら、詳しくヨロヨロです。

306 :名無し三等兵:2006/04/12(水) 20:59:43 ID:???
つーかいつの話なの?それ

307 :星砂@南西諸島 ◆CabqPGtp5s :2006/04/12(水) 23:46:47 ID:???
>>306
昭和19年・沖縄の 十十空襲 の秘話ですよ。
叢書5・県市町村史10他、多岐を参照にした本です。
(※1部、軍板住人が退く系統も参照しています)

またこの書は >>299氏 の後に続く文(ほか)では、
「第32軍の司令部は、
 こうした監視哨からの緊急報告にさえ、怒鳴り返すほど緊張感に欠け・・」

と、十十 の被災状況を 手厳しく追求しています。

308 :名無し三等兵:2006/04/13(木) 01:05:18 ID:???
十・十空襲のとき軍がたるんでたのは事実だよ
ぶったるんでた
ところで当時「カーチス」って呼ばれた艦載機ってなんだろう?

309 :名無し三等兵:2006/04/13(木) 01:24:37 ID:???
ヘルダイバーだろ?

310 :星砂@南西諸島 ◆CabqPGtp5s :2006/04/13(木) 14:15:13 ID:???
この本では
カーチス SB2C-3 ヘルダイバー偵察・爆撃機
と紹介されています。

P.151 の 「 モリソン戦史 」引用文では
第38機動部隊は
夜明けから日暮れまでに 延べ 1.396 機が出撃し・・
( ※ 他 艦上機も合計して )

とあります。

311 :星砂@南西諸島 ◆CabqPGtp5s :2006/04/13(木) 14:16:38 ID:???
ついでに「 天王山 」からも。

大和特攻 のパート

P.73
攻撃開始のほとんど直後に、1隻の駆逐艦に爆弾が命中した。
1分足らずのうちに同艦は赤腹を見せたかと思うと、
艦尾を空中に上げて海中に没し、後には数十名の生存者が残っただけであった
( 中略 )
カーチス急降下爆撃機二機が同艦(大和)につきまとって、
黒煙と破片の弾幕をかいくぐり・・・

では、保守ageますです。

312 :名無し三等兵:2006/04/16(日) 02:06:09 ID:???
那覇市内に激戦地があったかどうか知りたいのですが
いいサイトはないでしょうか

313 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/16(日) 20:34:04 ID:???
( 311 :星砂@南西諸島 ◆CabqPGtp5s 改め )

日米両国の公刊戦史をもとに、
地図と、現在の写真をコンビネーションした
強力なページが実は各所に点在していますです。・▽・

しかし、そこは個人の方が
努力して作られたページですので、>>様に御縁がありましたら・・という事で
(申し訳無いです)
かわりに官公庁のページを紹介させていただきます。m()m

沖縄県平和記念資料館・本当中部・首里の戦闘
ttp://www.peace-museum.pref.okinawa.jp/heiwagakusyu/4/index.html

314 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/16(日) 20:37:28 ID:???
>>312さん
あと、お詫びに20日早めの 那覇市内の戦闘詳細です。
( 海兵隊員として那覇戦線から生還した方の本の要約↓ )

沢岻高地
「 ペリュリュー島の血みどろのノーズ高地 」

大名高地
「 ぺリュリュー島ですら 物の数ではない 」
戦車ですら、陸海空の猛爆撃の支援によって後退させる有様

安里新都心・シュガーローフ および
大道の大道森の戦い
「 仲間の死体を回収したくとも、丘を確保していても 」
「 日本の砲弾が飛んできて回収できない 」
雨と泥と腐乱死体と銀バエと蛆と凄まじい死臭に埋もれる
地獄の汚水溜めに放り投げられた10日間

315 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/16(日) 20:41:21 ID:???
( 311 :星砂@南西諸島 ◆CabqPGtp5s 改め )
>>312さん
ほか 天久・・石嶺・・弁が嶽・・首里・・国場川・・1日橋・・小禄・・
那覇市の北部丘陵地帯および、軍民の要路・要地は
ほぼ総てが壮絶な鉄火と死臭が満ちていたようです。

それでは保守ageますですm()m

316 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/16(日) 20:50:29 ID:???
なお、肝心の資料なのですが、

既に軍事板書籍・書評スレにて
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1140883550/l50
ベタ様が紹介されていますので機会がありましたら・・ですm()m

317 :名無し三等兵:2006/04/16(日) 22:43:09 ID:???
>>312
「白梅学徒隊」で知られる県立第二高等女学校跡地(現在、松山公園)を使用
した米軍住宅地の払い下げ住宅(ややこしい!)に住んでおりました。
那覇商業高校に接するように位置していたコンクリート塀には弾痕がいっぱい。
中には重火器で撃ち抜かれたとしか思えない大穴も。

その塀が半分囲むようにしていた小高い丘に残っていた土台下からは、三八式の
ものと思われる薬莢や未使用実包をたくさん掘り出しました。
規模はわかりませんがあそこで、何度か戦闘があったことは間違い無いでしょう。

さらには周辺からは高熱で溶けて角の無いガラス片も。

318 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/17(月) 11:04:00 ID:???
国際通りー平和通りー壺屋ー桜坂
の裏手の丘陵地の穴ぽこは、アレ、まんま残った防空壕跡なのかしら。

319 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/17(月) 11:07:31 ID:???
あと、沖縄戦関連1つ。
< 奄美大島方面の 4月の 対空戦闘状況 >
襲撃数 700機以上
撃墜数 015機
撃破数 032機
被害艦 艦艇6隻沈没

※叢書・本土方面海軍作戦 P.415 参照↑
※叢書は大島防備隊戦時日誌より参照、との事
では保守ageますm()m

320 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/17(月) 14:30:25 ID:???
昼の時間を利用して、現在の松山公園を見てきました。

海(波の上の海岸)からの緩やかな登り傾斜の途中で
(海側から見て)見事に制備された小城塞の様な近代公園が。
= 現在の松山公園。( yahoo地図では現在の海岸から約500mの内陸地点 )

321 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/17(月) 15:25:50 ID:???
海側から公園を見ますと、道路からの段差が5m?〜。
>>185-193 で話された < 那覇上陸作戦 >の場合は
後方の丘陵との連携で、
( 現・桜坂の丘の場合は 国際通りとの段差10m?〜 )
それなりに抵抗できる地形だったのかな、とか。

史実の米軍の報告では、
22日に 安里川のラインを占領
( 守備軍は狙撃・機関銃・迫撃砲で散発抵抗。 )
23日に 安里川の南の高台を占領
( 日米両軍の偵察隊の遭遇戦あり )
( 守備軍は 松尾 他の山頂から 機関銃などの抵抗 )
24日 24日も安里川南の高台で守備軍活動中。
( 安里南東1千ヤードで云々 とかも )
25日 悪天候に苦戦しつつ米戦車登場。
( 牧志の丘から日本軍の徹底攻撃にぶつかる、と。 )
など・・です。

322 :312:2006/04/17(月) 16:09:22 ID:???
312です
いろいろ詳しいレスをどうもありがとうございました。
書いてくださった事々から、いろいろ調べていきたいと思います

調べたいと思ったきっかけは、沖縄旅行のときに、ゆいレールの駅から
少し歩いて行った海軍壕を見学したことです。



323 :名無し三等兵:2006/04/17(月) 18:03:26 ID:???
修学旅行でホテルエッカに泊まった。
よく考えたらあそこは天久台。エライところに泊まってたのに
教師からはなんの説明もなし。南部戦跡でいったのはひめゆりの塔と摩文仁の丘だけ。
サヨ教師バリバリの癖に底が浅いのが分かった。

324 :名無し三等兵:2006/04/17(月) 18:39:57 ID:???
現地の人に訊きたい事がある。
1日目…ひめゆりの塔(資料館)、因伯の塔、平和記念資料館

2日目…旧海軍司令部壕、ガマ

3日目…首里城

このスケジュールってヤバい?オレ、明後日行くんだが…

325 :名無し三等兵:2006/04/17(月) 18:42:34 ID:???
個人で行くのか? ツアーか?
それで大分変わる。

326 :名無し三等兵:2006/04/17(月) 18:54:33 ID:???
どういう風にヤバいんだろう
自分は、一日目海軍壕 二日首里城ですた

327 :名無し三等兵:2006/04/17(月) 19:00:42 ID:???
ぶっちゃけると研修。
去年は気絶した椰子とかいたらしい。
人数は…200人くらいかな。結構大人数で行く。

328 :名無し三等兵:2006/04/17(月) 19:01:20 ID:???
それただの集団ヒステリw

329 :名無し三等兵:2006/04/17(月) 19:04:42 ID:???
お守りとか持っていけばいいんじゃないか と友達は言う。

330 :名無し三等兵:2006/04/17(月) 19:05:09 ID:???
塩もってけ

331 :名無し三等兵:2006/04/17(月) 19:12:38 ID:???
>>330
一応訊くが、冗談か?

332 :名無し三等兵:2006/04/17(月) 19:26:59 ID:???
清めの塩ってこと

333 :名無し三等兵:2006/04/17(月) 20:13:56 ID:???
The Okinawa Campaign
April 1 - June 14, 1945
ttp://www.onwar.com/maps/wwii/pacific2/okinawa45.htm

334 :名無し三等兵:2006/04/17(月) 20:49:18 ID:???
靖国神社の御神酒とかお供えにもっていければのう。
まぁ、家の水道の水でも供えに持って行けば用のでは。





垢が騒ぐだろうけど、だれか身内が沖縄で壮烈なる戦死を遂げた
ことにしとけばよい。

335 :名無し三等兵:2006/04/17(月) 21:26:26 ID:???
>>320
現在、(水を止められて澱んでいる)噴水がある場所の奥には昔、コンクリート
製の1段あたり1mほどの巨大な「階段(3段)」がありました。
その高みと、ガジュマルの太枝から下がったロープで「ターザンごっこ」を。

くわえて道路に向かって左手端には、小さな拝所が。
遊びつつも、子供心にそこが何か曰くありな場所であることは察せられました。

336 :☆(・⌒・)わちにんこ:2006/04/17(月) 21:45:20 ID:???
【朝日新聞 昭和二十年四月十六日付朝刊社説より】

…ガダルカナルの敵の反攻開始以来、
われらは常に偉大な戦果をもって敵に打撃を加えておきながら、
戦争の主導権は敵手に委ねざるを得ない苦い経験を嘗めつつ今日におよんでいる。
この事態をもたらしたものが、要するに主戦兵器の補給において、
敵を圧倒し得なかった結果であることは、もはや誰しもが骨髄に徹して自覚してところである。
敵は今や長大に伸びた補給線の障害に漸く弱点を暴露して来たのに反し、
われは内部要塞内の随所に基地よりする制空兵力の運用展開が自由であって、
補給条件の優劣はここに取り上げて論ずるまでもないのである。
今こそこの有利なる条件を確把して敵の弱点を衝き、
敵機動部隊に再起し能わざる打撃を加えねばならぬ。

ま さ に 勝 機 は わ が 手 中 に あ る。

しかして、これを不可能とする理由は絶対に有り得ないのである。

[●] ⊥朝 ̄]
  G\(@∀@-ア 真の勝負は最後の一戦によって決まる!
   \ <!>報\
  ∠☆ ̄\ ∠☆ ̄\ ∠☆ ̄\
G\(^∀^ G\(^∀^ G\(^∀^ ハ 驕敵、撃つべし!
 \‖~:~‖\‖~:~‖\‖~:~‖\

337 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/17(月) 22:24:55 ID:???
>>322 (312)様
お役に立てましたのなら、うれしいです。^^
( ページ、;m()m; )

>>323さん
旧ホテル〇ッカ・・
軍板住人なら、その見晴らしの良さに 感無量 の予感・・

>>324さん
集団なら心強いです。
観光気分バリバリの人達が必ずいるので、
雰囲気になれるまでは、
その人達の 明るさ に踏ん切りつけさせて貰いましょう。

>>326さん
街BBSで その手のお話がタマに拾えます。
鬼太郎アンテナの高性能な方は、バスに居残り篭城するそうです。
平和記念公園の有名な水筒は そっとしてあげて下さいです。

338 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/17(月) 22:28:43 ID:???
>>335さん

そうでしたか・・・。
現在の松山公園は、今も工事中?っぽいのですが、
どうも、その際に弾痕跡、系の痕跡が取り除かれたのか・・
これだ!という痕跡は・・発見&確信できませんでしたです。

でも、やっぱり、なんとなく戦跡っぽい感じでした。
歓楽街側は広広とした青天井なのですが、なんとなく今なお薄暗い感じ。
嘉数から武辺・鉄火の雰囲気を取り除いた感じ、そんな感じでした。

>>336
当時の新聞うp、ありがとうございます♪

339 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/17(月) 22:36:27 ID:???
では、引き続き 以下の新規御要望に
お答えできますjimotoの同志、または沖縄旅行体験者の方々のレスを
宜しくお願いいたしますです。m()m

>>324 様の案件
現地の人に訊きたい事がある。
1日目…ひめゆりの塔(資料館)、因伯の塔、平和記念資料館

2日目…旧海軍司令部壕、ガマ

3日目…首里城

このスケジュールってヤバい?オレ、明後日行くんだが…

>>326 様の案件
どういう風にヤバいんだろう
自分は、一日目海軍壕 二日首里城ですた

340 :【大本營發表】第八一八號:2006/04/17(月) 22:45:18 ID:???
一、我航空部隊は沖縄本島守備部隊の勇戦敢闘に呼応し
引続き本島周辺の敵艦船並に機動部隊を攻撃中にして、
特に四月十四日以降同十六日に至る期間に於ては右敵部隊に対し
反覆猛攻を加へ甚大な損害を与ふると共に本島北及中飛行場を急襲し
三十二箇所を炎上撃破せしめ大混乱に陥れたり
本攻撃に於て我方の収めたる戦果中現在迄に判明せるもの次の如し
撃沈戦艦二隻 戦艦若くは巡洋艦一隻 大型艦(航空母艦の算大)一隻
巡洋艦二隻 駆逐艦二隻 艦種不詳八隻(内一隻は航空母艦の算大) 
撃破大型艦(航空母艦の算大)一隻 輸送船三隻 艦種不詳八隻
右攻戦に参加せる航空部隊の大半は特別攻撃隊なり
二、我水上特別攻撃隊は四月十五日夜嘉手納沖の敵艦船を攻撃し、
艦種不詳二隻を撃沈、同一隻を撃破せり


341 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/18(火) 08:36:27 ID:???
もう朝も08時30分ですので・・

>>324 様の案件
>現地の人に訊きたい事がある。オレ、明後日行くんだが…
・姫百合や白百合の学徒さんを例に取れば、元は普通の現役セーラー服さん達。
・普通に、失礼無い様に、で大安心ですかと。

>>326 様の案件
>どういう風にヤバいんだろう
・現場をイジったり、何か持ち帰ったりしなければ、ほぼ安全ですかと。

342 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/18(火) 08:44:20 ID:???
・04月13日-15日の特別攻撃の戦果
戦艦「 ニューヨーク 」
駆逐艦5隻・護衛駆逐艦1隻・給油艦1隻・掃海艇1隻に打撃

・04月16日の特別攻撃の状況
海軍は菊水三号作戦、陸軍は第三次航空総攻撃。
沖縄特攻2番目の大規模攻撃( 総計218機 )

海軍は 154機+神雷部隊( 陸攻6+桜花6 )
陸軍は  52機。

戦果は  駆逐艦「 ピリングル 」撃沈
空母「 イントレピット 」戦艦「 ミズーリ 」
駆逐艦1・護衛駆逐艦1・掃海艇1に損害。
ミズーリは11日に続いて2回目の神風被弾。

( ※ 玉砕戦と特別攻撃隊 P.78-79 参照 )

それでは保守ageさせていただきます。m()m

343 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/18(火) 14:45:57 ID:???
>>341 修正
× 姫百合や白百合の
〇 ひめゆり や 白梅の

04月15日 晴
14日夜 、指宿の水偵から佐多岬の144度140浬にて敵艦隊発見
15日黎明 索敵を令し 索敵攻撃させたが 敵を見なかった。
15日0643 攻撃を取り留め。攻撃待機解除。
15日午後 菊水三号作戦の打ち合わせ。
15日1400 米戦闘機約80機が来襲。零戦36機が邀撃。
沖縄基地からの来襲の可能性。今後厳重な警戒。

この日地上で 掩体壕に入らぬ機材約10機が焼失。
また先手を取られた紫電2機を失った。

本戦闘機の追躡攻撃という形で菊水三号作戦が始まった。
( 叢書・沖縄方面海軍作戦 P.417-418 参照 ) 

344 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/18(火) 15:25:08 ID:???
>>343 修正
× 15日0643 攻撃を取り留め。攻撃待機解除。
〇 15日0643 攻撃を取り止め。攻撃待機解除。

菊水三号作戦

菊水二号作戦の被害は
レーダー哨戒艦艇と 陸上基地からの邀撃戦闘機のため、と考えられた。

そこで三号作戦では
1)前日薄暮に特攻隊で基地を制圧し、
2)当日は制空戦闘機の全力を1時に投入して、
3)戦場の制空権を握って攻撃をと計画された。

04月16日 晴
連日の晴天で作戦は予定どおり進行した。

菊水三号作戦の流れ。
15日薄暮、陸海軍協同で 北、中飛行場の銃爆撃
15日夜間、陸海軍協同で 北、中飛行場の爆撃ほか
16日0815、零戦52機、紫電32機で 沖縄泊地及び喜界島付近の制空
16日0830 特攻攻撃
16日1230、硫黄島からと思われる P-51 他が南九州に来襲。
16日1250、米艦上機 約100機 が 南九州に来襲・・ほか

345 :名無し三等兵:2006/04/20(木) 01:36:25 ID:???
なんだこの基地外コテのチラシの裏は

346 :名無し三等兵:2006/04/20(木) 11:35:42 ID:???
去年、無関心な嫁を連れて、南部をまわりました。
有名どころ以外にも、誰もいない慰霊碑・壕等をいくつも見たわけですが、
霊感の強い嫁が、見事に三人ほど北海道まで連れ帰りました。
日ごろから、よくお持ち帰りしては体調を崩すので、ああ、またか、
くらいに思っていたのですが、そのときはいつものお持ち帰りと違って
やたら甘いものが食べたがってました。
全国の暇な坊さんは、沖縄に集合してください。
また行きたいけど、あれじゃあチトきつい!

347 :346:2006/04/20(木) 11:43:35 ID:???
ちなみにうちの嫁は、感知できないけど一方的に
取り憑かれるだけという、厄介な霊感の持ち主です。
いつも無料で祓ってくれる知人に、余りそういう所に
連れてかないようにと注意されました。

348 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/20(木) 17:42:12 ID:???
県の報告を信じるなら、
現在・沖縄県は 136万 の人口があり、
流入は2ヶ月で  85万 の観光の方々を数えるです。

日々、136万の県民の日常生活もあれば、
各基地に駐屯する自衛隊職員さん達の日常もあれば、
各戦跡施設に日々勤務する職員さん達の生活もあります。
修学旅行に訪れる学生さん達の数も膨大な数でしょう。

それでも、たまに346様の奥様のように
説明辛い御苦労をなされる方もおられるようです。 

・4月19日は 米第10軍の大攻勢開始日。
 戦史に名高い嘉数攻防戦( >>228 )の1幕の日です。

349 :324:2006/04/21(金) 22:27:38 ID:???
今帰宅。
ガマは最初の方で気持ち悪くなって入らなかったが
後は大丈夫だった。
みんな、dクス。

350 :名無し三等兵:2006/04/22(土) 11:40:10 ID:vGJyvHXb
沖縄決戦手に入れました。サイコー

351 :島の人:2006/04/22(土) 12:03:13 ID:???
南十字星はマーンチュ?

352 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/22(土) 12:21:45 ID:???
>>351 島の人様
はい。南部在住です。

>>324
ここ近日は晴ればかりでよかったです。青い海と空は楽しめたでしょうか^^

353 :島の人:2006/04/22(土) 12:42:50 ID:???
>>352
ああ南部か、こっちは中部だよ

354 :名無し三等兵:2006/04/22(土) 12:44:26 ID:???
沖縄戦での米軍の被害ってどんなもん?

355 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/22(土) 12:48:13 ID:???
修正1。方言には方言で・・ナハ(那覇)ンチュですよ。
修正2。老父母によれば昨日以前は 雨だった曇りだったとマチマチ。
あいや、折角沖縄まできたのに雨ばかりだったのかも・・。

↑お詫び&軍事ネタ↓
04月18日ー19日の中部第一線状況

18日夜間 米軍、牧港ー伊祖に潜入
19日未明 米軍、牧港ー伊祖を奇襲
・・06時 米軍砲撃開始
・・07時 前進開始
・・朝ー 米軍、牧港から城間北方に進入 終日混戦・激戦
・・08時 米戦車群が嘉数・西原間に進出するも大勝。
・・夕刻 嘉数・西原高地は米軍を撃退。
我如古の墓石高地は西側斜面を米軍が占領。
東海岸・和宇慶は大損害ながらも今だ確保。

守備軍砲兵は 牧港の 米軍橋梁を砲撃して2個を破壊。
米軍は総攻撃のため、
野戦砲27個大隊( 324門 )戦艦以下18隻をもって支援。
(叢書・沖方陸P.411参照。沖方陸は 米公刊も参照)

356 :大本營發表第八一九號:2006/04/22(土) 12:58:50 ID:???
【四月十八日十六時三十分】

我航空部隊は沖縄本島守備部隊の勇戦敢闘に呼応し
引続き同島周辺の敵機動部隊並に艦船を猛攻中にして
四月十六、十七日の両日に於て我方の収めたる戦果
現在迄に判明せるもの次の如し
撃沈航空母艦五隻(内三隻は正規航空母艦)戦艦一隻
戦艦若く巡洋艦二隻 巡洋艦一隻 輸送船四隻
撃破戦艦一隻



357 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/22(土) 13:07:38 ID:???
>>354さん
「 米国陸軍省編 沖縄 日米最期の戦闘 」
の訳者前書き によれば 戦死者は1万1千人の模様です。
で、訳書の巻末辺りでは 死傷者計4万9千人の模様です。お知らせage

358 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/22(土) 14:02:42 ID:???
この流れなら・・・置いてもいい?

自衛隊の怖い話 part3?
ttp://society3.2ch.net/test/read.cgi/jsdf/1121482645/

沖縄の怖い話や心霊スポット
ttp://okinawa.machi.to/bbs/read.pl?BBS=okinawa&KEY=1099721219&LAST=50
ここの レス292番例が346様のケースに似ています。

346様の奥様は、青い空の下で白く輝くビーチで(恩納村の観光ビーチとか)
沖縄バカンスを楽しまれるのに集中なさって貰う方がいいかも。

359 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/22(土) 14:11:27 ID:???
難儀なされました346様の奥様や、
もしか折角沖縄まで来たのに雨ばかりだったかもしれない324様宛。
沖縄観光の1例、恩納村の観光ビーチです。↓
ttp://www.vill.onna.okinawa.jp/tour/beach/miyukibeach.html

次回は上手い具合に、こんな青空の下で沖縄を楽しまれます機会がありますように・・・。

360 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/22(土) 14:19:56 ID:???
お出かけ前にラス。

19日、軍は多数の米戦車が擱坐したとの報に
これを使用するために戦車第27聯隊の人員を派遣したが、
残念ながら第一線部隊が徹底的に破壊した後だった、そう。

少し、もったいないような話。
( でも無事、回収&リサイクルまで出来た状況だったんだろうか )

20日
伊祖方面・・包囲攻撃にて勝利
城間方面・・米軍の南進を阻止
嘉数方面・・米軍を撃退 かつ 西原を支援
西原方面・・頂上にて至近距離で相対
我如古南・・南側高地は失うも、142高地は撃退成功
和宇慶西・・の北側斜面は米軍が占領( 叢書・沖方陸 P.411-420 参照 )

361 :大本營發表:2006/04/22(土) 16:03:20 ID:???
>354

『沖縄陸上の主力戦最終段階 軍民一体の善戦敢闘三箇月
[六月]二十日敵主力に対し全員最後の攻勢
殺傷八万、撃沈破六百隻』【朝日新聞より】


☆米軍公表

戦死者:陸軍海兵隊7613名、海軍4907名
負傷者:陸軍海兵隊5万8千余名、海軍4824名
その他に戦闘神経症[PTSD]約1万5千名

艦船沈没36隻、損傷368隻

航空機の損失763機〜約1500機
☆周辺海域での戦闘および連合軍全体の戦死者は、1万5千人位にはなっている。

362 :《航空決死兵》の歌:2006/04/22(土) 17:10:19 ID:???
稲野静哉・作詞

@払へど散らぬ黒雲の 東亞の空に吹きすさぶ
世紀の嵐身に負ひて 飛ぶよ航空決死兵

A積りに積る暴戻を 砕くは今ぞこの時と
曠野にそゝぐ瞳は燃えて 飛ぶよ航空決死兵

B祖国の安危担いては 断じて生きて還らざる
男の子の決意高鳴りて 飛ぶよ航空決死兵

C狂へる龍を撃つは此処 わが討死もこの空と
征夷の翼血に染めて 飛ぶよ航空決死兵

Dあゝ戰場の月の空 故郷よ父母よさらばよと
かすめる涯をおがみつゝ 飛ぶよ航空決死兵



363 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/22(土) 18:54:19 ID:???
※上の >>361さんの 「 763機 」は

4月1日〜7月1日 の空中戦損害の合計、みたいです。
資料の注によると、英空母機の98機 も含むそう。

@19日の守備軍の 対・米戦車戦 (嘉数)
・米戦車が真横を晒す=側面を射撃するチャンス=時期を待ち、
・300〜400mで射撃。
・初弾から命中し、殆ど1発ずつで米戦車を仕留めたそう。

364 :名無し三等兵:2006/04/23(日) 00:11:58 ID:???
>>360
戦車を鹵獲しようとした話、初耳でした。
M4で米兵を蹴散らす日本兵。面白いことになったでしょうに。

365 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/23(日) 11:07:57 ID:???
私も激しく見たいです・・( 泣
( 蹴散らされるアメさんには悪いのですが orz )

っと・・

04月21日 伊江島、落つ

米軍ですらー例えば 第307連隊大隊では
04月21日までに将校30名=同大隊の殆どが戦死あるいは負傷
の、阿修羅の末に。( 光人社文庫版だと P.176 参照 )

366 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/23(日) 11:16:23 ID:???
× 米軍ですらー例えば 第307連隊大隊では
〇 米軍ですらー例えば 第307連隊第2大隊では

04月19日 東海岸・スカイライン
むしろ米軍が守備軍放棄トーチカや沖縄亀甲墓に逃げ込む有様と。
ある小隊は、負傷して峰から転げ落ちた6名以外は全員が戦死と。
( もっとも守備軍側はもっと深刻な打撃を受けていた )

04月20日 和宇慶高地の戦いが始まったが・・・
前日の戦闘に懲りて、スカイライン丘陵はそのままにされた。と。
( ほんまかいな )

367 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/24(月) 18:02:23 ID:???
04月20日-21日
米軍と第62師団の激戦の最中。
伊祖の戦場に向かう独立歩兵第15大隊の山本小隊長は
出発前の仮眠中に、河南で死んだ戦友に「 山本。発煙筒は持ったか。 」と。

この時、夢で告げられた発煙筒が小隊を救った。

戦闘の最中、夕刻前の艦砲射撃の可能性に夢のお告げを思い出した。
「 第3分隊、左向け発煙筒うて 」
第2分隊、第1分隊も命令されるまでも無く次々に発射。
米軍は煙が流れ出した200m左のサトウキビ畑に射撃を集中しだした。
小隊はその隙に退いた。案の定、艦砲も始まり、小山が消え、穴だらけ。

山本小隊長の率いる小隊は、
小隊長以下8名を除いた40名が消えていた という。
( 沖縄戦に生きて 山本義中 著 参照。大隊は2日で421名が戦死。 )

このころ、
海兵隊のスレッジ上等兵は
宮城島でのバカンスのような日々を追え、中部の偵察任務についていた。
( 泥と炎の沖縄戦 E.B.スレッジ 著 参照 )

368 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/24(月) 18:34:16 ID:???
八原参謀・著の「 沖縄決戦 」には、( P.207 )

主力の歩兵部隊、
独立歩兵第15大隊・独立歩兵第21大隊の犠牲甚大の例と

砲車を馬に牽かせ、ガラガラと伊祖城址に侵入し、
同地で孤立無援のまま戦闘を続けていた臼砲連隊の1小隊70名と合流できた
須川中尉の歩兵砲中隊の奇跡的成功例が。( 22日夜、囲みを破って退却 )

369 :中野五郎著《かくて玉砕せり》より:2006/04/24(月) 22:34:17 ID:???
《昭和二十三年☆日本弘報社刊より》

二○ 日本の敗北

硫黄島の占領以後、沖縄島の攻略戦より日本本土の総攻撃へと、
急速調で展開するアメリカ海空陸軍の複合的戦闘力の圧倒的な威容は、
いかにも世界戦史に比類なき太平洋戦争のフィナーレにふさわしくまことに劇的なものであるが、
しかしここに紹介するには敗戦の跡は八千万の日本人にとってあまりに痛ましく、
かつなまなましいものであるから、私はただその中より、日本人の立場より注目すべき、
ことに未知の諸事実をつぎに列挙して参考に供するにとどめたいとおもう。

(一)沖縄島ならびにその防備、日本軍の状況などに関して、
攻略戦実施まえまで連合国情報は情けないほど不十分かつ不正確であったと、
キャント氏も指摘しているが、
たとえば43万5千人の住民の生態は動物よりも幾分ましに描かれていたにすぎず、
また全島に毒蛇がはびこり、日本軍の防備は東岸に固められ、
守備隊の兵力5万ないし7万5千という情報であった。
また島内の飛行場の数さえも明確ではなかった。
この情報の欠乏は日本のごとき警察国家との戦争には避けられない弱点であって、
日本がいかに厳重に沖縄島のごとき《海外領土》を外国人に門戸閉鎖していたかの証拠である。

370 :中野五郎著《かくて玉砕せり》より:2006/04/24(月) 22:59:15 ID:???
(二)沖縄島を孤立させるため、アメリカ空軍は四つの指揮系統の空軍を出動させた。
第一は第58機動部隊の空母群の海軍攻撃機、
第二はマリアナ基地の陸軍第20航空隊のB29、
第三はルソン島の陸軍第5航空隊の爆撃機、
第四は中国の多数の分散基地のクレーア・L・シェンノート少将指揮の陸軍第14航空隊の爆撃機である。
硫黄島を基地とする第7戦闘機隊司令部は、
1945年4月中旬まで本州にたいする長距離戦闘機攻撃の準備ができなかったので、
これらの爆撃出撃には第5艦隊の空母集団に属する戦闘機1千2百機がつねに参加したのであった。
(三)沖縄島攻略戦にはスプルーアンス中将指揮の第5艦隊のものに、
英国艦隊の第57機動部隊が参加していっそう強化された。
そは戦艦『キングジョージ五世』および2万3千トン級空母『インデファティガブル』『インドミダブル』
『ヴィクトリアス』『イラストリヤス』四隻より編成された強力なものであった。

371 :中野五郎著《かくて玉砕せり》より:2006/04/24(月) 23:27:37 ID:???
(四)沖縄上陸作戦の指揮はふたたびリッチモンド・ケリー・ターナー海軍中将があたり、
まず西方の慶良間列島攻略が企てられた。
これは沖縄島攻略を容易ならしめる一方、
飛行艇および水上機基地として東支那海より朝鮮海峡にいたる偵察を万全ならしめる目的であった。
慶良間列島の上陸作戦には、日本軍の兵力不明のため、
アンドリュー・D・ブルース少将指揮の第77師団(『自由の女神』師団)の全力を使用し、
3月26日朝まず阿加島に上陸し、ついで急速に慶良間島、座間味島、渡嘉敷島ほか数島を占領した。
しかしこれらの島の日本軍守備隊は、朝鮮人部隊をふくめて総勢わずかに8百人にすぎす、
その抵抗は問題にならなかった。
したがってニミッツ総司令部公表の『―列島は占領されたり』という言葉は誤った印象を与えやすかった。
しかし、アメリカ軍はらくらくと慶良間列島に上陸したものの、
はじめて琉球諸島の住民に接して、彼らの先入観の間違いを痛感した。
それは琉球人は身体は小さいが、日本人よりもむしろ中国人に近似しており、
また日本の排外宣伝を盲信して『白色の蕃人』たるアメリカ兵を恐れて2百人も自殺した。
いずれも子供たちを殺してから両親が自殺し、渡嘉敷島のみでも150人の自殺者を数えた。

372 :04月21日・22日 ◆CabqPGtp5s :2006/04/25(火) 12:59:31 ID:???
04月21日
城間 終日死闘続くも確保( 伊祖・安波茶 )
嘉数 独歩23大隊、20日.21日で戦力の3分の1を失う。
西原 頂上を1時占領されたが撃退
稜線 米軍はスカイラインで小銃250他の破壊・鹵獲

棚原正面の米第382連隊は21日夕までに戦力半減の模様。
ホッジ少将、ブラドフォード准将に嘉数作戦遂行の全責任を委ねる

04月22日
城間 戦闘続くも確保( 伊祖・安波茶 )
嘉数 米軍不活発
西原 頂上付近・至近距離戦闘・阻止。

有川旅団長、独歩15大隊を後方へ。( 反撃2日で3分の1喪失 )
独歩23大隊、第62師団命令により主力を安波茶へ後退。
賀谷大隊長、 142高地の守備隊を棚原付近へ下げ。

夜、ホッジ少将は
嘉数陣地の日本軍を一気に潰すため、特攻隊編成を決意。

373 :04月21日・22日 ◆CabqPGtp5s :2006/04/25(火) 13:01:55 ID:???
04月23日
全戦線で戦闘続くも、嘉数は攻撃を受けなかった模様。
東海岸の独歩第11大隊正面の米軍は、23日も不活発。

伊祖城址に孤立していた部隊、脱出。
第62師団は嘉数・西原・棚原・157高地の守備隊を23日夜に下げ。
第24師団、戦線に参加。24日朝までに所命の位置に前進。
ブラドフォード特攻隊、作戦準備完了。位置につく。

04月24日・朝
ブラドフォード特攻隊、嘉数を、占領。

小銃の音もなく機関銃の放火もなかった。
日本兵の死体も2、3しかなく、
戦場にありがちな遺棄死体や武器弾薬の乱雑さもなく、
きれいに片付けられていた。( 最期の戦い 光人社文庫 P.273 )

軍ハ予定ノ如ク戦線ヲ整理中ナリ
( 叢書・沖縄方面陸軍作戦 P.429 )

※米軍のは 最期の戦闘 P.270 - P.273 参照(※文庫版)
※32軍のは 叢書沖方陸 P.420 - P.429 参照

374 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/25(火) 13:38:15 ID:???
ttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-3287-storytopic-31.html
04月08日の嘉数攻防戦、と伝える方の証言のようです。

八原参謀・著の「 沖縄決戦 」 P.208 では
昨日うpした >>368 の >( 伊祖城址孤立部隊は )
22日夜、囲みを破って退却、とありますが、

叢書 沖方陸 P.425 では
04月23日夜に、脱出、と見て取れます。
( 臼砲第1聯隊、独歩第15大隊、独歩第21大隊の各1部 )
※叢書は「 独立臼砲第1聯隊指揮班長 久保次郎少佐の回想 」

その方の証言でしょうか。
決戦同 P.208では
伊祖城址より生還した臼砲隊の小隊長の報告として
実戦場における詳細な 対・米軍マニュアルが見て取れます。
しかし、それゆえに怒りを買ったのかも。(詳しくは同書を。

375 :名無し三等兵:2006/04/25(火) 14:23:52 ID:culH9RGN
日本の対戦車砲の活躍カキコ期待

376 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/25(火) 14:33:28 ID:???
んがふふふ・・ベタ様や詳しい方、おながいします〜 ( >>375様の )
とりあえずage。

377 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/25(火) 17:04:43 ID:???
どなたかかのレスがあるまでのつなぎでふ。>>375

04月14日〜04月19日

・米軍は散兵線を動かさず、偵察隊を出して出て
・守備軍の防御陣地を探り、砲撃、艦砲、空撃で
・迫撃砲、砲兵陣地、基地施設を破壊

第62師団は 発泡せぬうちにやられぬよう砲の隠蔽。

04月19日朝、米軍の陸海空からの
「 太平洋戦争でかつてみたことのない1大集中砲撃 」
陸砲324門19000発、海・戦艦6巡6駆6の艦砲 空・650機の空襲

東海岸方面のある丘では
午前7時頃の15分間で、戦車2、火炎装甲車3だけに
丘陵の表側にいた兵が殆どやられてしまった。
(丘の反対側にいた兵と表側を制した米兵とで頂上を巡る接近戦へ)

378 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/25(火) 17:07:57 ID:???
午前08時30分

米歩兵部隊が嘉数高地前方の小山をあきらめて後退しかけた時、
戦車隊が三列、四列になって嘉数台地を横断、嘉数ー西原間を南進。
火炎戦車を含む30輌のうち、帰ってきたのは8輌だった。(ー22輌。

台地付近で地雷により  3輌
西原丘陵の47粍対戦車砲 4輌( 米軍観測16発に1発も打ち返せず
道迷い中にまた対戦車砲 1輌
嘉数村落を焼き払ったが 14輌( 多くは地雷と対戦車砲による、と
あと1輌は?
総退却する米兵の隊列から離れた戦車が、これまた爆薬で撃破。
これかな。合計22輌。

米国陸軍省 最期の戦闘
の伝える19日の戦闘では、↑な感じで読み取れます。
なお、19日の戦闘の米第24軍団の戦死傷者+行方不明は720名
との事( 光人社NF文庫版 第6章 P.180 - P.213 )

379 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/25(火) 17:10:27 ID:???


守備軍の作戦

A)敵は 戦車を先頭に やってくるだろう
B)嘉数丘陵 と 西原丘陵 の間を突破してくるだろう
@)戦車隊 と 歩兵部隊 を 分断すべし

独歩22大隊
機関銃4、高射砲2、連隊砲3、第2迫撃砲大隊の81粍砲
A)これで両高地間に弾幕を張る作戦
B)機関銃は至近距離に
C)1分隊10名の 歩兵2個分隊が 米歩兵に備える
D)陣地防衛に47粍砲 と 自爆攻撃隊

嘉数ー西原では
歩兵自爆含む 10kg 爆薬箱で 米戦車6輌が撃破されたと。

380 :名無し三等兵:2006/04/25(火) 17:54:51 ID:???
せめてパンツァーファウスト程度でも持たせてやれたら・・


381 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/25(火) 19:58:38 ID:???
ベルリン攻防戦スレ浮上中。上げてみましょう。

382 :名無し三等兵:2006/04/25(火) 23:20:13 ID:???
歩兵自爆・・・今からでも特攻認定できんのかな。宇垣のアホでも特攻扱いだろうし。

383 :☆索敵行◎:2006/04/26(水) 18:31:53 ID:???
♪日の丸鉢巻き締め直し ぐっと握った操縦桿
万里の怒濤なんのその ゆくぞロンドン ワシントン
空だ空こそ国かけた 天下分け目の決戦場

♪来るなら来てみろ群雀 夜なきしていたこの腕だ
最後の無電とばしたら 片っ端から逆とんぼ
空だ空こそ国かけた 天下分け目の決戦場

♪翼に南の月うけて 今宵また飛ぶ索敵行
七つの海に大空に 晴れの勝ちどき上げようぞ
空だ空こそ国かけた 天下分け目の決戦場

  ( ⌒ )
   l | /
  〃◎\◎|
⊂(*‘д‘)<来たなら地獄へ逆落し!!!
 /冊▽冊ノ∪
 し―-J |l| | 
   ノd-▼J▼\-=3 ペシッ!!

384 :名無し三等兵:2006/04/26(水) 22:55:59 ID:???
現地の俺がマジレスすると民間人虐殺は本当にありそう
ジジババは本土の人間にはまったく分からない方言しか話さないし
しかも戦闘中という極限状態でストレスがMAXになると
意味不明の言葉をしゃべる壕を占拠する人間は殺しちゃうだろうなぁ

385 :名無し三等兵:2006/04/26(水) 23:49:00 ID:???
住民が住民を殺すくらいだから

386 :名無し三等兵:2006/04/27(木) 00:52:44 ID:???
>>385
岐阜とかな。

387 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/27(木) 20:48:06 ID:???
とりあえず私は >>375様へ追加しておきますね。
↓のは
「 沖縄の最期 」 古川成美・著 河出書房新社
の、P.097を参照しています。

本の後書きによると、
昭和22年の戦後直後に旧版出版、
昭和48年に新版、
昭和63年に重版の模様です。

なお、日付も小隊長名も明記されていましたが、
詳細は同書を宜しく、であります。m()m ↓

388 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/27(木) 20:50:15 ID:???
04月ー日
前田陣地正面に、
初めてM4戦社数輌が姿を表したが、射つには少し遠かった。

04月ー日 朝
再びM4戦車5輌が、歩兵とともに陣地に迫った。
戦車は悠々と陣地に近づてくる。
戦車のうしろに続く歩兵の(日に焼けた)顔も見える。

距離500m。
照準鏡に先頭戦車が固くとらえられた。
そして小隊長T小尉の命で、ついに第1発が発射された。
これが沖縄における高射砲による最初の対戦車射撃であった。
弾は先頭戦車をみごとに貫き、つづく第2弾、第3弾を、
反転、後退しようとする戦車群に浴びせた。


389 :中野五郎著《かくて玉砕せり》より:2006/04/27(木) 23:25:30 ID:???
>371(続き)
(五)自殺好きの日本軍は、フィリピン戦でリンガエン湾に使用して失敗したにもかかわらず、
沖縄島戦でふたたび爆薬装備の体当り用特攻艇を大規模に使用して、
アメリカ軍艦艇を奇襲する計画をたてたが、実行する機会はほとんどなかった。
そして慶良間列島の小さい島々の洞窟には爆薬を満載したモータボートが
三百隻も匿されていたのを発見拿捕された。
(六)連合国軍はすでにシシリー島およびノルマンディ海岸で2回の大規模な上陸侵攻作戦を実施していたが、
しかし沖縄島侵攻上陸作戦の計画は戦史上より最大の困難かつ複雑なものであった。
それは作戦基地より上陸地点にいたるまで前例なき遠隔の距離であった。
なぜならば補給は距離に正比例せずして、距離が2倍になれば補給は5、6倍に増大するからである。
(七)沖縄島上陸軍は新編成の第10軍で、シモン・ボリヴァー・バックナー中将が指揮にあたった。
それはローイ・S・ガイガー少将指揮の第3海兵上陸軍(第1、第2、第6海兵師団より編成)と
ジョン・R・ホッジ少将指揮の陸軍第24上陸軍(第7、第27、第77、第96師団より編成)よりなり、
このほかに陸軍第81師団が補充として総兵力8個師団におよび、1400隻の艦船舶が使用された。
(八)沖縄島攻略戦のDデーは1945年4月1日と決定されたが、
アメリカ軍の間では実際にLデーまたはLOVEデーとよばれた。
それは当時、硫黄島の上陸作戦のDデーと同時に二つの作戦が計画されていたので混同を避けるためであった。


390 :中野五郎著《かくて玉砕せり》より:2006/04/27(木) 23:46:09 ID:???
(九)沖縄島の日本軍司令官は、
アメリカ軍の侵攻まえに島の北方の三分の二(3千5百人の日本軍が
抵抗したのを除いて)と南方中央地区とを全然放棄して、
全兵力の97%を南部の那覇、首里、中城の線に集結した。
この兵力移動はDデーの一週間前に行われ、
十六歳から六十歳までの一般住民男子をすべて使役して、
大砲、弾薬、貯蔵品まで運搬させた。
したがって4月1日朝アメリカ軍が沖縄島西岸の残波岬の南方3マイルの海浜に上陸したときには、
日本軍の歩哨さえ海浜にはみられず、
高さ10フィートより15フィートの暗礁を乗り越えて渡渉したアメリカ兵は、
全く狐につままれた感があった。
なぜならば、もし日本軍がこの絶好の地形を利用して自動火器、地雷、臼砲などで応戦したならば、
アメリカ軍に甚大な損害を与え得たからである。
上陸第1日にアメリカ海兵隊の死者は事故と病気でわずか2人にすぎず、
また6時間も前進後に発見した日本兵の死体はたった14人であった。

391 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/28(金) 10:56:02 ID:???
>>387-388 付記
なお、本の資料性の精度は、まだ不明です。
このスレの上であったように、この本についての色々なお話が見られますように。
期待age。

392 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/28(金) 11:03:01 ID:???
上げミス。再ageついでに >>388 補足レスです。

P.093
本当にはがゆかった。(中略)
無数の飛行機と無尽の砲弾で、日本軍を目つぶしにした敵は、
まるでピクニックのように口笛を吹きながら、自動小銃を小脇にはさみ、
ゴム裏の靴をはいてぶらりぶらりと進んでくる。

彼らは昆虫でいえば、その長い触角の役目、1発でもこちらが射とうものなら、
すぐに携帯の無電機で後方の砲兵陣地にその位置を知らせる。
二分とたたぬうちにこちらの小さな陣地などは、山ぐるみ吹っ飛ばされてしまう。

393 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/28(金) 11:16:32 ID:???
本は、そのうえ、トンボに見つかったら最期、
跡形なくなるまで執拗な砲撃を浴びせられ、
洞窟に篭り続けていても、隙間から飛び込む艦砲弾の破片などで毎日戦死者が出たそう、

それで、結局、先の戦車砲撃の高射砲(2門)も
その後、百倍返しを喰らって連絡が途絶えた模様。

394 :学研の本:2006/04/28(金) 12:30:41 ID:???
学研の本だったかに

撃墜された《トンボ》の写真が載っていたので

ザマアミロと愉快になったが、キャプションに

《義烈空挺隊機の残骸》となっていて、凹んだ…。

|||(-_-;)||||||

395 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/28(金) 12:46:37 ID:???
キャプ義烈・・・( ;´д`)・・・。

396 :名無し三等兵:2006/04/28(金) 20:48:52 ID:???
まぁ、嘉数高地〜前田辺りを眺めたいのなら浦添城址かようどれ辺りがお進めだな。




397 :中野五郎著《かくて玉砕せり》より:2006/04/28(金) 21:27:06 ID:???
(十)日本軍の作戦はアメリカ軍の主力を奥地に引入れ、
その補給のために集結している膨大なるアメリカ艦船を
好機をつかんで一挙に撃滅しようと狙っていたが、
それはレイテ湾の惨敗で試験済みの戦略の反復にすぎなかった。
ただしレイテ湾の惨敗で艦隊力を喪失した日本軍は、
こんどは唯一の武器として航空力―とくにカミカゼ特攻隊をたよるばかりであった。
上陸後の最初の五日間に日本機は少数でたびたひ来襲したが、合計65機が撃墜された。
4月6日正午すぎ、日本軍の500機の大編隊が来襲したが、
その大部分は沖縄島東北部で第56機動部隊の快速の攻撃機のために要撃されて245機が撃墜され、
かろうじてアメリカ艦船の上空に到達した200機ばかりも空母戦闘機のため55機以上を撃墜され、
また高射砲火にて61機を撃墜された。
かくて日本機で基地に生還したものは全体の約20%で百機内外にすぎなかった。
しかし目標に達した日本機は数理的には少数であっても軍事的には無意義ではなかった。
神風機の攻撃でアメリカ艦船は一隻また一隻と命中損害をこうむり、第5艦隊は酷しい試練をなめた。
翌7日は日本の182機が来襲したがその55機は空母戦闘機で撃墜され、35機は高射砲で撃墜された。
しかし体当り攻撃の成功数ははなはだ少く、
あるアメリカ海軍士官は『もう数日間このような日が続いたならば、
日本空軍はもはや一機も残らないであろう』と快哉を叫んだくらいだ。



398 :中野五郎著《かくて玉砕せり》より:2006/04/28(金) 21:59:27 ID:???
(十一)沖縄島攻略戦には最初60日説が行われ、ついで3ヵ月説が行われた。
日本軍の主要陣地の攻略戦は一時膠着状態をていしていたが、
アメリカ軍司令官バックナー中将は上陸後30日に全戦線を視察のうえ、
戦況が計画どおり進捗中であることを確認して
『アメリカ兵の生命は進撃を焦って犠牲に供するにはあまりに貴重である』と声明したのは注目される。
(十二)5月3日深夜、600人の日本軍決死隊が上陸用舟艇でアメリカ軍前線の背後に逆上陸し、
他の方面にも大逆襲を企てたが3千人の死体を残して失敗した。
(十三)沖縄島戦に日本軍は神風機、体当り魚雷艇、親子飛行機、飛行爆弾などの新兵器をくり出したが、
科学力の発達したアメリカ軍専門家の目よりみると、
体当り魚雷艇は単なる『自殺ボート』にすぎず、
また『眼のあるV1号』と日本で宣伝された『搭乗員を有するロケット弾』
神雷特攻隊もアメリカ軍の間では『馬鹿爆弾(BAKA―BOMB)とよばれて馬鹿にされていた。


399 :中野五郎著《かくて玉砕せり》より:2006/04/28(金) 22:30:32 ID:???
(十四)6月10日、アメリカ軍は、
日本軍の死守する最後の陣地にたいして全線にわたり総攻撃を開始したが、
バックナー中将は日本軍司令官牛島滿中将に『名誉ある降伏』を勧告した。
牛島中将はこれを無視したが少数の下士官兵が投降した。
しかし6月18日バックナー中将は前線司令部におもむき総攻撃観察中、
日本軍の砲弾が炸裂して戦死した。
これは南北戦争以来戦場で総司令官が戦死した最初の例であった。
後任はガイガー少将が中将に昇進して第10軍の司令官代理に任命された。
(十五)6月21日午後1時、沖縄島の日本軍の組織的抵抗は終止したと公表された。
攻略戦に要した日数は、最初アメリカ軍司令官の70日計画にたいして実際には82日であった。
アメリカ軍の損害は死者6900名、負傷者29598名に達し、
太平洋戦争の全戦闘をつうじて最大の死傷者数であった。
アメリカ艦隊は援護砲撃のため3万5千トンの大型砲弾(口径5インチ以上)を費し、
またダーギン少将指揮の護送空母集団のみで延べ3万5千回以上を出撃した。
上陸軍の各種火砲は6万6千トンの砲弾を射ちつくした。


400 :○祝天長節○:2006/04/29(土) 10:31:21 ID:???
天皇陛下万歳

秋山健蔵著『東亞交渉史論』昭和十九年三月刊より

『天皇陛下のもとに在る国家、この国家に生きる国民、
この天皇・国家・国民一つに結ばれた生命体としてあるところがニッポンである。
而して今や 天皇陛下の御稜威のもとに、アジア全体が包まれ、
名実ともに、世界の太陽アジアの姿は、明確になりつつあるのである』

『八紘一宇の大精神は、既に滿洲帝國において、中華民國において、
タイ國において、またビルマにおいて、フィリッピンにおいて、
着々と顯現している』

401 :○祝天長節○:2006/04/29(土) 10:45:49 ID:???
阿里延著『沖縄海洋発展史』昭和十五年刊より

『蘭印・仏印等の南海諸国を含めての東亞新秩序の建設に
向かはんとする躍進日本の動向は、
沖縄人の南海発展をいよいよ促進し、
南進国家の第一線に立たしめんとしている現状である』

[●] ⊥沖 ̄]
  G\(@∀@-ア <死んだら神様よー!
   \ <!>報\
  ∠☆ ̄\ ∠☆ ̄\ ∠☆ ̄\
G\(^∀^ G\(^∀^ G\(^∀^ ハ チバリヨー!
 \‖~:~‖\‖~:~‖\‖~:~‖\

402 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/29(土) 14:11:20 ID:???
昨日今日と沖縄はすんごい雨。
砂糖棒の見える とある丘(名称伏せ)の
あの地面の見える斜面は今頃、エラく滑るようになっているんだろうな、、と。

先日、新都心からの帰り道、
スレッジさんはどこらでタコ壺掘っていたんだろう。
斜面で滑ってばかりの描写がジモチ〜にはやたらリアルで。
とか、ぼ〜っと考えながら坂登っていたらタクシーと事故りそうになった。

403 :沖縄の歌:2006/04/29(土) 15:32:31 ID:???
石なぐぬ石ぬ
大瀬になるまでぃん
うかきぶせみしょり
我御主がなし
首里天加郡志
百とぅわりちょわり
御万人ぬまじり
拝でぃしでぃら

[●] ⊥沖 ̄]
  G\(@∀@-ア <ヘイタイサンヨ、アリガタウ!
   \ <!>報\
  ∠☆ ̄\ ∠☆ ̄\ ∠☆ ̄\
G\(^∀^ G\(^∀^ G\(^∀^ ハ
 \‖~:~‖\‖~:~‖\‖~:~‖\

404 :ゾル:2006/04/29(土) 16:27:23 ID:S17Mhv8f
>>392

 しかし、沖縄戦での米地上軍の損害は小さくない。最前線で米軍の将官が戦死した例は、他になかった。
 山本七平が、戦後のフィリピンの収容所で米軍将校から「沖縄作戦はスマートだった。あれを徹底的にやられたら、参った」と言われたと書き残している。
 嘉数高地前面の戦いでは、1個中隊以上のM4を火葬にしたしな。

405 :中野五郎著《かくて玉砕せり》より:2006/04/29(土) 16:57:00 ID:???
(十六)たしかに沖縄島攻略戦はアメリカ陸軍にたいして最大の損害と消耗を与えたのみならず、
アメリカ海軍のこうむった損害も甚大であった。(ガダルカナル島攻略戦がこれにつぐものであろう)
すなわち駆逐艦を含む艦船35隻が沈没し、299隻が損傷した。
第5艦隊の人的損害は、3月18日東京攻撃より6月20日までに、
死者および行方不明4907名、負傷者は4824名に達した。
かくて中部琉球諸島攻略戦に要した陸軍、海兵隊、海軍の死傷者(行方不明を含む)総計は46319名におよんでいる。
(十七)これにたいして日本軍は沖縄島で11万7千名の死者および捕虜を出した。
これはアメリカ軍の損害(負傷者を含む)46319名にたいして5対2の比率である。
もし死者のみを比較すればこの比率ははるかにアメリカ軍に有利となるであろう。
要するに、11万7千と4万6千という日米両軍損害の数字よりみれば、
日本本土決戦の最後の牙城たる沖縄島戦もまた日本軍のテクニカル・ノックアウトであった。

406 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/29(土) 19:01:06 ID:???
>>404 ゾルさん ほか
色々お教え宜しくお願いしますです。m()m

・米地上軍の損害
実際に前田や嘉数ほかを歩いてみますと、冗談じゃない要害でして。
( 標高は無くても、歩兵の身ではクソ大要害の地です=&首里 )

もし、第32軍が
< 飛行場制備はチョイチョイで済まし >きれて
< 要塞築城に専念できる 流れ >が最初から来てましたら
そんだけでも500%マシな戦況になりましたかと。

407 :名無し三等兵:2006/04/29(土) 19:02:23 ID:???
>翡翠@南十字星◆CabqPGtp5s


自治スレ荒らすな

408 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/29(土) 19:17:04 ID:???
@米地上軍の損害
地上戦の準備が「 全く 」なされていない場合+劣勢装備。
=慶良間の座間味の場合 / 米軍は水陸両用戦車30を伴う

・梅澤戦隊の第1中隊・第2中隊が夜間斬り込み
→第1中隊、中隊長I小尉以下、殆ど全滅
→第2中隊、中隊長A小尉以下、大分が戦死

守備側損害 100名以上
米軍側損害 死者7、負傷12( ※沖縄 陸・海・空戦史より )

※米陸軍公刊戦史ではC中隊が
格闘戦含む猛攻=迫撃砲手、機関銃手の射手代え数回 との事

409 :名無し三等兵:2006/04/29(土) 19:26:38 ID:???
>>405
投入戦力の差からしたら日本軍が戦史に記されるべき敢闘をした事実は
牛島を「末期日本軍の歩兵戦闘の名将」と形容する欧米人がいちばんよく知っている……

410 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/29(土) 19:56:28 ID:???
ここ1週間の日米軍の動きの簡易表でふ

04月23日 第62師団、戦線整理。後退。
04月24日 米軍前線、嘉数・西原・棚原に進出。
04月25日 安波茶と城間付近、激戦続く。
04月26日 前田高地の全戦で戦闘。見事な反射面戦闘で南下完全阻止。
04月26日 幸地・小波津地区に、米第七師団。
04月27日 小波津の伊東大隊、全擲弾筒を集中。約300発発射。
04月28日 小波津の伊東大隊、約700発の擲弾筒にて今だ確保。戦車阻止。
04月28日 幸地・翁長の部落に、米軍進出。
04月28日 前田で苦闘中の賀谷大隊長と救援の志村大隊長、合流。
04月29日 小波津陣地、砲兵の支援と集中射撃で敵戦車撃退。
04月29日 米第96師団、第77師団と交代。第381連隊は戦力40%に減
04月29日 賀谷大隊も戦力払底。米軍は前田と幸地を分断。
04月30日 伊東大隊に変り丸地大隊が小波津に進出。
04月30日 前田陣地にナパーム弾の航空攻撃
04月30日 独立歩兵第273大隊、前田に進出。

( ※沖縄陸・海・空戦史参照 )

411 :大衆と嘘:2006/04/29(土) 19:56:59 ID:???
>361

現在判明している米軍の損害は、
上記の《かくて玉砕せり》の1948年当時よりも
我が大本営発表に近い数字となっております。∠(^_^;)

なお沖縄に行かれる方は、
琉球新報刊《沖縄戦トップシークレット》を読んでみて下さい。

《犠牲者二十四万人》のからくりが解明されています。

412 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/29(土) 20:01:19 ID:???
敵軍からの賞賛こそ、総てなような。
賀谷大隊長も沖縄戦の米軍からスターのように見られていたみたいです。

413 :名無し三等兵:2006/04/29(土) 20:03:13 ID:???
>>412
自治スレ荒らすな

414 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/29(土) 20:14:38 ID:???
沖縄戦トップシークレット 、いい本ですよ〜☆
私は↑の最初の、慶良間諸島の米軍の軍民救済活動に涙したクチです。

沖縄戦を研究する方には是非オススメしたい1冊ですかと。
( あと山本小隊長の本も合わせて読んでほしき )

415 :名無し三等兵:2006/04/30(日) 10:20:10 ID:sx7BsYuQ
前田高地南斜面から北側に今も貫通してる陣地壕が一箇所あって小学生の息子と入ってみました。携帯の照明だったので暗かったが何とか行けました。良く手で掘ったものです。

416 :名無し三等兵:2006/04/30(日) 10:30:47 ID:???
勝手に、軍隊のエリアに逃げ込んできて、犠牲になったぁ?
ふざけるなよ、沖縄反戦厨

417 :名無し三等兵:2006/04/30(日) 12:02:35 ID:???
>>415
公務員住宅住人ですか?
あそこの山の上には、砲撃の後のクレーターがあったり、
サトウキビ畑の脇に、
農家のおじさんが勝手に処理した不発弾が転がっていたりしてた

20年位前の話


418 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/30(日) 14:26:21 ID:???
偶然ですが・・(驚

今日は山川→弁が嶽スタートの小波津行きが、
何を間違ったか前田浦添をぐるぐる回って、最期は
展望台と ようどれ から嘉数を展望して今、帰ってきました。(夜勤明けでふ)
今日はしーみーなのか、いたる所で家族連れが・・ええ、浦添城址公園は
ゲートボールに老人施設から爺っちゃん婆っちゃんが占領していましたとも。
(世間は日曜日なのですの)

今日は本当にゴッツええ天気っすね。

419 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/30(日) 14:42:46 ID:???
もっとも、ようどれは今日が始めてなのです。
階段手前まで行って、階段手前の岩をちょいヨジのぼって
嘉数のナナメカットだけを見て引き上げてきたのですが。(王墓に遠慮

為朝岩?の裏手の消防署から石嶺のBOOKBOXへ抜ける小道のいたる所が
昔のままのような。はい。・・・今も陣地壕が残っているのですね・・・

420 :名無し三等兵:2006/04/30(日) 14:43:18 ID:???
自治スレ荒らすな

421 :名無し三等兵:2006/04/30(日) 15:49:29 ID:???
公務員住宅の住人ならそれこそ嘉数から前田までの地形が一望できるいいところだとおもふ

一般人にむやみにお勧めするようなことはできないから
浦添城址やようどれを挙げた訳だが

消防のころはサトウキビ畑を分け入って牧港川にタナゴのお化けみたいなのを釣りに行ってた

数年前になつかしさのあまり、沖縄旅行の途中に立ち寄ったら、
前田から西原辺りが随分栄えていたのにびっくりした。

とりあえず、沖縄が少しは豊になったのかなと安心した
漏れのいた頃は、本当に貧しそうな同級生がいたからな
しがない公務員のガキが見てそう思ったんだから
あのころの沖縄は貧しかったんだろうな


422 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/30(日) 15:52:29 ID:???
前田高地の戦い 1
志村大隊は夜襲で前田東側高地を奪回した。
しかし夜が明けると第五中隊の軍曹と兵士1人を除く中隊全員を失った。

夜襲は簡単だったという。
米軍は大半を後方に下げるのが常だから。
しかし夜が明けると、岩石ばかりの山なもので、とどのつまり
隠れる場所も無く砲撃で一掃されてしまうのだった。

そこは「 魔の高地 」と言われていたという。

423 :なんとグロテスクな人生の回り道だ…:2006/04/30(日) 15:57:55 ID:???
♪kiss me, girl, and your old one
 き み  が  あ よ  お  わ
a tip you need, it is years till you're near this  ち  よ  に い い や ち  よ  に
sound of the Reds "will she know  さ   ざ   で   い し の
she wants all to not really take  し  わ  お と な り  て
cold caves know moon is with whom mad and dead"  こ   け  の  む  う す   う  ま あ で

訳: 僕にキスしたら君のその古臭いジョークにも(サヨナラの)キスをしておやりよ
君に必要な忠告をあげよう アカたちのこの声が君に届くまで何年もかかったんだよ
「国家ってのは本当に奪ってはならないものを欲しがるけど
そのことに気がつく日が来るんだろうか?
冷たい洞窟だって知ってるんだ
(戦争で傷つき)気が狂ったり死んでしまった人たちを
お月さまはいつも見てるってことを」

424 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/30(日) 15:59:54 ID:???
そういえば私がちいさい頃の波の上の写真とか見ると鬼ナツカシスw
私の地元も大分変りました。
オンボロな家が普通でした。
気がつけば白亜なマンションばかりになりました。
・・ライオンズマンションは赤いマンションですが。(寂笑

425 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/30(日) 16:12:52 ID:???
>>423様へのオマージュ

前田高地の戦い 2・志村大隊長の回想(沖陸海空より)

この時、つくづく指揮官の辛さ、
指揮官は孤独なり、ということを痛感した。

命令とはいえ、全滅することは目に見えている。

しかし、たとえ全滅しても、
攻撃すること自体が米軍の進出を1日遅らすことになり、
それだけ前田高地の確保が延びるわけである。
そのうちに友軍が進出して来るに相違ない。

したがって、たとえ大隊が全滅しても、
とに角この魔の高地を反復攻撃しなければならない。

426 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/30(日) 16:21:48 ID:???
その必要性は十分解る。
しかし、次々と部下を見殺することになる。
大隊長として、どうしたらよいのか。他に手のうちようがない。
言いようのない苦しみを味わいながら、
大隊長として次々と部下中隊を死地に投ずる他はなかった。

この苦悩を十分察した第六中隊長・菊地中尉は、

「 大隊長、よく解ります。私には何も命令はいりません。
  私はあそこに行って命のままに死んで来ます 」

と答え、ニ人で水杯を交わした。(中略)
そして翌日、第六中隊は魔の高地で玉砕した。

第六中隊長は、
志村大隊長が 見習い士官の時の 中隊付准尉で、
後に小尉候補者となり志村大隊の中隊長となった。

大隊長が心から信頼していた中隊長だったという。

427 :名無し三等兵:2006/04/30(日) 16:23:01 ID:???
翡翠@南十字星◆CabqPGtp5s


自治スレ荒らすな

428 :翡翠@南十字星 ◆CabqPGtp5s :2006/04/30(日) 16:34:15 ID:???
私は自治スレ31にレスした事もないし、
それは自治の人たちには十分知られている事。
自治の人たちも無闇に人の恨み買う真似しませぬよ。

つまり、自治の人の振りして各所を荒らし、
更にその罪を私に着せようたって、困ります。以後、無視。

429 :名無し三等兵:2006/04/30(日) 16:36:37 ID:???
おいおい、散々荒らしておいてそりゃないだろ

430 :名無し三等兵:2006/04/30(日) 17:03:00 ID:???
★平和暴徒爆走中!

       ∧_∧   
     ミ ○<#@Д@> < 明日はメーデー労働者階級の祝日だ★
      ヽ ∧_ ○))   
    ミヘ丿 ∩Д@;)  < だからと言って参加を強制するの?
    (ヽ_ノゝ _ノ 





431 :名無し三等兵:2006/05/01(月) 08:46:52 ID:pTtcJ1u+
415です。私は中城南上原在住です。ここには独歩大12大隊の碑があるのですが区画整理がおしよせていて小山一帯がなくならないか心配です

432 :名無し三等兵:2006/05/01(月) 08:54:51 ID:???
高速道路一帯も随分と削られていますし。。
そういえば新都心のガストの辺りは
沖縄戦の頃は戦史にものった小山だったそうです。今は影も形もです。

433 :名無し三等兵:2006/05/01(月) 12:57:28 ID:???
>>350
ウラヤマシス

434 :名無し三等兵:2006/05/01(月) 13:19:51 ID:???
文庫版とか出ないかな

435 :名無し三等兵:2006/05/01(月) 13:41:43 ID:???
文庫出てほしいなあ…光人社あたりが出さないかしら。

436 :名無し三等兵:2006/05/01(月) 16:56:37 ID:???
>434>435

激しく同意。

沖縄決戦と、NF文庫の八原本って内容かなり違うのかな?


437 :名無し三等兵:2006/05/01(月) 17:03:00 ID:???
なんの沖縄決戦だろ〜

438 :名無し三等兵:2006/05/01(月) 18:46:24 ID:???
>FM文庫の八原本
「沖縄 悲劇の作戦」って本のこと?

439 :名無し三等兵:2006/05/01(月) 19:34:58 ID:???
沖縄 非遇の作戦(NF文庫)?

沖縄決戦は八原・著のやつを言ってるんじゃないかな。
手に入りにくい‥‥。

440 :気になるのは…:2006/05/02(火) 23:25:18 ID:???
   ∧∧
  (  ・ω・)どうして映画『ひめゆりの塔』作られる度につまらなくなったんだろう?
  _| ⊃/(___
/ └-(____/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




441 :ベタリーニョ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2006/05/03(水) 12:20:18 ID:???
>沖縄決戦
 は〜い! 一冊出てるYo!
http://search4.auctions.yahoo.co.jp/jp/search/auc?p=%B2%AD%C6%EC%B7%E8%C0%EF&auccat=2084008553&alocale=0jp&acc=jp

 でも、これよりは、軍研のが早く一冊に纏まってほしい。

442 :名無し三等兵:2006/05/07(日) 22:39:30 ID:O3Bk5vNT
今日は八原博通大佐の25回目の命日です。
合掌。

443 :名無し三等兵:2006/05/11(木) 00:42:20 ID:u+qLWbqd
漫画に義烈空挺隊をゲリラ戦に投入するって言う奴があったけど実際には飛行場の
強襲とどっちが効果があったのかな?

444 :名無し三等兵:2006/05/11(木) 00:45:04 ID:???
どっちにしたって何の意味も……

445 :名無し三等兵:2006/05/11(木) 12:32:36 ID:1JelgdvB
しかしぎれつ空艇隊も無謀な事するなぁ。特攻とかわらん。

446 :名無し三等兵:2006/05/11(木) 12:59:54 ID:B01k1Vxt
紛れもなく特攻だよ、でも背中に地雷を背負って戦車に特攻した名も無き歩兵達を思えば
当時持ち得る精一杯の装備を持って記録に残っているだけ幸せな部類といえる。


447 :ぐれつ喰い放題:2006/05/11(木) 17:28:27 ID:???
最初は、マリアナ群島の米軍B‐29基地を攻撃して
上手く行けば分捕って帰って来る計画だった。

けれどもチャンスが訪れないままに戦局がヤバくなったので、沖縄に投入された。

《ぐれつ喰い放題》とは、
いささかヤケになった隊員が自嘲気味に名付けた仇名である。


448 :名無し三等兵:2006/05/11(木) 17:37:28 ID:7rChEKfp
その連中に死に場所与えるためだけが作戦目的だとワケで。作戦目的には大成功なワケで。

449 :名無し三等兵:2006/05/11(木) 23:50:25 ID:???
そんなら基地で腹でも切らせればよかろうに。
「死に場所を与える」なんて偉そうに言う割に最期を敵に面倒見てもらうわけだからな……
死ぬことだけが目的の作戦なんかやるくらいだったら自殺命じてみろや、
ほんと末期大本営の作戦立案者は腸の腐ったような連中揃いで……

450 :ベソ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2006/05/12(金) 15:55:42 ID:???
>「死に場所を与える」
 端的に云えば、義烈空挺隊は各隊からの選抜だから、当初目的の達成が不可能
になった時点で解散しちゃえば良かったんだけどね。

 まぁ、結局大本営は反対だったのに、第六航空軍と義烈の隊長が意気投合して、
大本営が作戦を採用せざるを得ない状況にしちゃったんだけどね。

451 :其ノ功萬世ニ燦タリ…:2006/05/14(日) 11:19:44 ID:???
それでもね…

   ∧__,,∧
   ( ´・ω・) 突入成功僅か一機、敵機33機撃破は凄ス…。
  /O義●烈O
  し―-J .



452 :名無し三等兵:2006/05/16(火) 10:22:13 ID:???
遅れ馳せながら 映画 沖縄決戦見ました。

453 :名無し三等兵:2006/05/16(火) 18:59:46 ID:???
映画「沖縄決戦」は好きだ

454 :名無し三等兵:2006/05/17(水) 19:02:47 ID:???
この前の土曜日に知覧特攻平和館に行ったけど、
海法秀一氏の義烈空挺隊突入の絵に圧倒されたね。

画面は史実とは言えないかも知れないが、
国立近代美術館の宮本三郎、藤田嗣治、中村研一等
アカデミックなプロの作品とは違ったリアリティを感じたね。



455 :名無し三等兵:2006/05/17(水) 19:29:46 ID:???
映画「沖縄決戦」 丹波哲郎 軍服似合い過ぎですな。




456 :名無し三等兵:2006/05/17(水) 23:57:09 ID:???
「沖縄決戦」いいよね。住人追い出し、自決命令の場面も出ててバランスがいいし。
沖縄県民の三人に一人が・・てのは愕然とした。戦争邦画で一番好きかも。名台詞も多いし。

「這ってでも行ける。這ってでも行きな。」

行けませんw


457 :名無し三等兵:2006/05/18(木) 08:43:47 ID:???
沖縄決戦の最後のほう、八原が投降する時、米兵に言ったセリフが分からなかった…。
英語?でなんか話し掛ける名シーンだと思うんですが。

458 :名無し三等兵:2006/05/19(金) 04:41:36 ID:V2x1je/K
映画の沖縄決戦って、ガイナックスの庵野も絶賛してるらしいね。

459 :名無し三等兵:2006/05/19(金) 07:13:38 ID:???
義烈空挺隊は忍者みたいにベルトに軍刀を通しててかっこええな。
本来はこれが日本式だと思うがなんで後向きに軍刀を差してたんだろうな?
軍刀が足が絡んでこけた隙に射殺された将校もいたって話だが
この時代に軍刀を装備する事の是非は横に置いておくとして

460 :名無し三等兵:2006/05/19(金) 11:42:01 ID:???
>>455
203高地の児玉、連合艦隊の小沢は似合い過ぎ

461 :名無し三等兵:2006/05/19(金) 11:45:25 ID:???
>>459
パラシュート降下して着地する際、足は着地と同時に折りたたんで衝撃を吸収する。
そこに軍刀などという「つっかい棒」があっては十分に衝撃を受け止めきれず、要らぬケガをする、てとこでどうかな?

462 :名無し三等兵:2006/05/19(金) 15:45:32 ID:M43st7ER
沖縄戦は結局、無駄な戦闘だったということでいいでしょうか?

463 :名無し三等兵:2006/05/19(金) 16:08:03 ID:???
>>462
アメリカが日本側に受諾可能の提案を出す契機となり、
日本がポツダム宣言を受諾、
日本・アメリカ双方の多数の人命が救われる結果をもたらした、
大きな意義のあった戦闘です。

464 :名無し三等兵:2006/05/19(金) 17:24:16 ID:???
>>458
あ奴はナディアで使うと言って東宝に封印された映画「ノストラダムスの大予言」の
試写会をやらせるほどのオタクだからな。

465 :名無し三等兵:2006/05/19(金) 18:45:40 ID:???
>>458
劇場版エヴァンゲリオンで沖縄決戦を再現してるしな。
硫黄島と沖縄決戦がなければ本土決戦が行われて、もう100万ぐらい
日本人が死んだんじゃねーの?

466 :名無し三等兵:2006/05/19(金) 19:53:03 ID:???
本土決戦実施なら戦死者100万ではきかないだろう。

467 :名無し三等兵:2006/05/19(金) 19:57:25 ID:???
エヴァンゲリオンってそうゆう話なのか?

一度も見たことないので知らなかったよ。

468 :名無し三等兵:2006/05/19(金) 21:46:36 ID:???
大分違うけど、火炎放射兵あたりの描写は確かに沖縄決戦から持ってきてるな。

469 :名無し三等兵:2006/05/21(日) 09:49:43 ID:???
>>465
庵野と沖縄決戦といえばトップの雷王星決戦。

470 :名無し三等兵:2006/05/21(日) 21:02:01 ID:I9qED+wX
映画「沖縄決戦」って何で仲代も丹波も眼鏡してないのだろう…


471 :名無し三等兵:2006/05/21(日) 21:06:38 ID:???
ないちゃ〜は沖縄人虐殺の罪を反省してないってこのスレ見てたら思いました

472 :名無し三等兵:2006/05/21(日) 21:42:06 ID:zlqVbJWd
別に本土決戦やっても、皇軍の民間人に対する対応はあんなもんです。やだね、赤琉球は。

473 :名無し三等兵:2006/05/21(日) 21:44:47 ID:???
なるほど
皇軍は凶暴なんですね


474 :名無し三等兵:2006/05/21(日) 22:28:10 ID:???
みんな凶暴なんです

475 :名無し三等兵:2006/05/21(日) 22:54:40 ID:???
戦場で負け戦の持久やった最後のほうだからね

476 :名無し三等兵:2006/05/22(月) 07:31:27 ID:???
人間追い込まれるとヤバイって事ですね
とにかくないちゃーには戦争の悲劇を繰り返してほしくないからとりあえず自衛隊をどうにかしてくれませんか
軍隊だろ軍隊なら軍隊らしく軍って付けろよ

477 :名無し三等兵:2006/05/22(月) 13:41:23 ID:???
日本国では主権が国民にあるので、内地人も沖縄人も同じ責任を持つと思うのだが。

何故、内地人のみに何かを求めるのだろうか?


478 :名無し三等兵:2006/05/22(月) 13:50:59 ID:???
ヒント:分断政策を仕掛けて得をする国

479 :名無し三等兵:2006/05/22(月) 13:55:12 ID:???
ヒントさんくす。
たしかに句読点のない文章だった。

480 :名無し三等兵:2006/05/22(月) 16:44:14 ID:???
ぶっちゃけ、沖縄で極端な自衛隊廃止論を唱えてるのは一部の運動家のみ、
彼らはそれを県民の意思などという言葉で発信するから困る。

481 :名無し三等兵:2006/05/22(月) 18:46:38 ID:???
>480

県民の総意じゃないと分かるようになったのもネット(オレは2chだが)のおかげ。
最近、新聞の記事の意味(社会の流れ)が分かるようになった。


482 :情けないやな…:2006/05/22(月) 20:21:25 ID:???
本土決戦最後の砦、

松代大本営の建設工事における死者は、

日本人1名と朝鮮人3名のみ。

強制連行による奴隷労働ではなかった。

沖縄住民が日本軍に虐殺されたと
まことしやかに宣伝されているが、
証言のみで裏付けのない事例しかないのを掻き集めても百名足らず。

   ∧__,,∧
   ( ´・ω・)  …カワイソス
  /O軍●皇O
  し―-J .

483 :名無し三等兵:2006/05/22(月) 21:22:34 ID:???
>>482
そういう無茶苦茶な論法を使うのは「地域分断を狙う連中」のみ。
大陸人や半島人は自分の領域に帰れ。

484 :翡翠(星砂) ◆CabqPGtp5s :2006/05/22(月) 22:38:35 ID:???
市民に手をかけた犯罪人には、何を言ってもいい。
戦場心理・軍隊組織の論理とは言え、護るべき国民の命より、自分や部隊の命を優先したのだから。
つまり彼等は、その行為により、
怨嗟の化身となった遺族から八つ裂きにされても仕方ある無いかと、です。

んが、です。
何かというと、反省、反省と誰彼構わず「反省」を強いる筋違いの人がいます。
反省なんかされても、犠牲者は返ってこないのに。

何の縁故も筋もない戦後世代に向かって「反省しる!」・・・・沖縄から出て行ってください、と。

>証言のみで裏付けのない事例
これが非常に難しい問題なのです。
だって、命令書なんて残っている訳が無いのですもの。

率直な意見としては、大いに不満なのですが、、、、、、
少なくとも県民の怨嗟の的の「ソレ」は、敗残兵化した個人・部隊・軍の仕業で、
正真正銘・潔白の方々も少なくない訳です。(最前線で消滅した方達は特に)

なんつうか、1をもって100をさばく。
そして1に不利な情報には耳目を塞ぐ。 いずれもダメダメなのです。。。

485 :名無し三等兵:2006/05/22(月) 22:57:14 ID:AJ6OEqqT
戦場で軍隊は国民を守りません。と言うより守れません。
そんなことができる軍隊は世界中でアメリカ軍だけです。

486 :名無し三等兵:2006/05/22(月) 22:58:10 ID:???
>>480
自由な発言が許された国には、どうしてもその悩みはつきまとう
でも極端な意見がバランスの取れた意見の肥料になるのも事実
俺は、小学校で鬼畜日本人を教わり、部落差別の作文を書かされ、入学式でも卒業式でも君が代は一度も歌ったことがない土地柄だけど、それがおかしいことにはバカでもない限りやがて気づく
で、いったん気づくと思想の押しつけを嫌うようになる
同時に、偏った主張と無知を見抜けるようになる

沖縄戦に関する本を読み漁るうちに、「無知ほど世代を持ち出す法則」と「無知ほど軍部という言葉を持ち出す法則」を見つけたんだけど、見つけるきっかけは小学校での偏り教師の授業だったよ
今では感謝してる

487 :翡翠(星砂) ◆CabqPGtp5s :2006/05/22(月) 23:28:10 ID:???
(484続き)

ここは軍板なのです。
沖縄戦は、国内戦をやればどうなるか?の貴重な戦訓ゆえに、今も軍事板にスレが立てられ。
決して、筋違いな怨嗟をブチ撒ける場所では無いのです。。。

>亜米利加だけ
実際、可能そうなのは、そうですかと。。。

・怨嗟関連
軍が6月前に首里から撤退したのは軍事上の正解なんでしょうけれど、
正直、どうだったんでしょ。
末期の南部でもやたら善戦していますが、末期に至るも、数万の兵が残っていたのですから、
ナンデ逐一、前線に投入してやらなかったのでしょう。
前線の部隊は全滅するまで頑張らしたり無茶ばかしさせているのに。

・義烈関係
大和以下が倒した米艦載機数を思えば、大活躍なのですが、
かの方達が小禄に向かっていたのなら・・・
たしか、小禄海軍壕の陥落前にも、夜間の救援物資投下作戦が成功していたような。
上手くいけば、海上で落とされた義烈機以外は全部無事到着、
戦に不慣れな、後に米軍に蹂躙される県出身郷土兵を指揮して見事な夜襲を毎日していたような。

488 :トルエン大尉 ◆HLQcUQEQBs :2006/05/22(月) 23:39:33 ID:???
>>487
>軍が6月前に首里から撤退したのは軍事上の正解なんでしょうけれど、
>正直、どうだったんでしょ。

本当は首里で決戦のはずでしたが、5月攻勢の大損害のため運玉森などが急速に陥落し
計画よりはやく戦線を縮小せざるをえなくなり、残存戦力では首里に収容できなくなり、
首里を放棄せざるをえなくなったというところでしょう。

489 :翡翠(星砂) ◆CabqPGtp5s :2006/05/22(月) 23:54:15 ID:???
! 大尉殿、レスありがとうござますです。
っとそれと、他の方々も宜しくお願いいたしますです。m()m

未回答・映画関連
234 おばけ臼砲は活躍できたの?
440 気になるのは…どうして映画『ひめゆりの塔』作られる度につまらなくなったんだろう?
457 沖縄決戦の最後のほう、八原が投降する時、米兵に言ったセリフが分からなかった…。
英語?でなんか話し掛ける名シーンだと思うんですが。

返す返すも、空港建設が一大悔恨であります。
空港建設への情熱と時間が、第2戦線である前田高地一帯の要塞化などに転嫁できれば。
何せ、与座岳・八重瀬岳も糞硬い珊瑚で築城がまるで駄目だった模様。

なんか、軍は何時も悪いほうに、悪いほうに、、本当に運が無い・・
南部一帯の築城の情熱も、奇襲上陸への備えまでで、対・内陸の準備は成されていなかった模様。

490 :名無し三等兵:2006/05/22(月) 23:55:00 ID:fk32A72E
首里城を放棄した辺りから組織的な抵抗は難しくなって崩壊へ急速に進んでいったんだな
砲戦力が充実していた分かなりの損害を与えていたみたいだね

491 :翡翠(星砂) ◆CabqPGtp5s :2006/05/23(火) 00:26:24 ID:???
480様もこられたので、私も安心してまたロムに戻ります。m()m
映画ねたもヨロなのです。エヴァ関連とか始めて知りました。(エヴァ素人)

んで、ラスレスでふ。
最近、与座岳に登ってきたのですが、やっぱ、あそこは駄目ですよ・・・
ヤルなら、相互の火力支援ができ、後方に兵を隠す余地があった
中部〜首里戦線の時点しかありません。つかあんな狭い後背地なんて嫌杉。

あれじゃ皆皆発狂しても仕方無いのですよ。
よーどれから、嘉数台を望んだときは、オラ、コイ! とDQNな高揚もありましたが。
やっぱ、最末端の兵隊の気持ち、わかっていなかったんじゃないのかなあ・・。
あんなトコで戦いたくないよ、ママン・・。(了

492 :名無し三等兵:2006/05/23(火) 00:28:19 ID:???
失礼しました m()m 490様でした・・。

493 :名無し三等兵:2006/05/23(火) 06:05:40 ID:iIhafJrb
>怨嗟関連

まあ、やっちゃったものはやっちゃったんだからしょうがないな
追い込まれた兵隊は、名にやってもおかしくない、それこそ夜盗とおなじだし

その代償として沖縄が一大左翼王国と化してるから

494 :名無し三等兵:2006/05/23(火) 18:35:20 ID:???
そういえば読谷補助飛行場が返還されるみたいだね。
あれって元々日本軍が作ったやつだろ?

495 :名無し三等兵:2006/05/24(水) 19:18:34 ID:???
あすこが北飛行場だったのな。知らなかったYO。
昭和19年買収だとさ。何十年ぶりに返ってくるのナ。

496 :名無し三等兵:2006/05/24(水) 23:29:26 ID:???
ttp://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=39274555
の右端近辺か。
滑走路はとっくに村道として使われているので、返還されていたものと
思っていたが(もしかして掩体と誘導路の辺り?)。

497 :名無し三等兵:2006/05/25(木) 08:20:44 ID:???
俺は村の人じゃないからワカンネけど、国道58号線から西へ1Km辺りみたいね。
飛行場西側は楚辺通信所がらみでまだ返還されないみたいだけど。

498 :名無し三等兵:2006/05/25(木) 15:36:33 ID:???
映画「沖縄決戦」って何で仲代も丹波も眼鏡してないのだろう…


499 :名無し三等兵:2006/05/25(木) 18:35:41 ID:???
>>496
今までは使用黙認だったらしいよ。
で、正式に返還が決まったとか。

500 :名無し三等兵:2006/05/26(金) 04:31:36 ID:RAdzxpNx
仲代と丹波の眼鏡使用は黙認されていたの?

501 :名無し三等兵:2006/05/26(金) 16:47:53 ID:???
八原大佐の眼鏡無し写真なら見たことあるけど、長少将の写真は
眼鏡有りしか見たことない。

502 :昨日は海軍記念日だったね:2006/05/28(日) 15:37:25 ID:???
昭和二十年五月二十七日『菊水八号作戦(第九次航空総攻撃)』開始。

総出撃数115機、うち特攻34機、未帰還37機

[戦☆果]
●駆逐艦ブレイン2機命中大破
●駆逐艦アンソニー小破
●高速機雷掃海艦サウザード損傷
●駆潜艇1396号損傷
●YDG10号損傷
●高速兵員輸送艦ロイ及びレッドノア損傷
●測量艦ダットン中破

♪鉄砲玉とはおいらのことよ
待ちに待ってた門出ださらば
戦友よ笑って今夜の飯を
俺の分まで喰ってくれ

503 :名無し三等兵:2006/05/28(日) 15:39:51 ID:???
沖縄は今日も雨。昭和20年05月の撤退の時の様に。

504 :名無し三等兵:2006/05/28(日) 21:28:55 ID:???
那覇空港は海軍小禄飛行場、
嘉手納空軍基地は中飛行場だったらしい、
南飛行場はどうなったの?

505 :名無し三等兵:2006/05/28(日) 22:26:27 ID:???
国道58号線海寄りの牧港補給廠「キャンプ・キンザー」になった。

506 :名無し三等兵:2006/05/29(月) 21:38:10 ID:???
雨ばかりだ。
片腕片足ならまだしも、両足無い者達は、どうやって山河を越えていったんだろう。

507 :名無し三等兵:2006/05/30(火) 10:58:06 ID:???
檜山良昭の現代日本VS沖縄侵攻軍の話は面白かった。

508 :名無し三等兵:2006/05/30(火) 21:21:20 ID:???
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1139279145/l50

すみませんが、このスレで暴れている沖縄嫌いを引き取ってもらえませんか?

509 :名無し三等兵:2006/05/31(水) 15:05:40 ID:HAOSH9+t
>457
仲代は米兵に「Don't shoot!」(撃つな!)と言ってます。

510 :名無し三等兵:2006/05/31(水) 23:28:02 ID:DTXWlmpV
いや、民間人が巻き込まれた戦場は地獄よ
バーサンの話聞いたら悲惨この上なかった
満州も地獄だった

511 :名無し三等兵:2006/05/31(水) 23:33:30 ID:L9pAIhZP
田代まさし氏、栗林氏と対談へ

512 :457:2006/05/31(水) 23:50:24 ID:???
>>509
おお、サンクスです。
疑問がとけてスッキリしました。

513 :飛行第二十戦隊:2006/06/01(木) 22:04:03 ID:???
■芦立孝郎命■
陸軍少尉、昭和二十年六月一日出撃散華。享年十八。

遺書
おのが身に遂に来たれり決戦の敵轟沈に血潮躍るも
神国超非常時二辺リ神国男子ト生レ特別攻撃隊誠飛行隊ノ一員トシテ
良キ死処ヲ得タル小生ノ心中唯満足二御座候。
飛行兵時代二於ケル各上官教官先輩各位ノ御鴻恩二対シ厚ク御礼申シ上ゲ候。十八年余ノ間神国男子トシテ育テ下サレシ祖母様父上様ノ御鴻恩二対シ何ラ
御恩返シモ出来ズ先立ツ事ヲ何ヨリモ心苦シク思ヒ居リ候。
此ノ上ハ必ズヤ必死必中ノ体当リヲ敢行、敵艦ヲ轟沈スル覚悟二御座候。
敵艦ヲ見事轟沈シタ暁ハ祖母様父上様何卒御喜ビ下サレタク御願ヒ申シ上ゲ候。
最後二神国日本ノ一層ノ御隆昌ヲ祈リツゝ体当リスルモノ二御座候。
出撃前夜
孝郎 書
祖母
  様
父上

轟沈
神国日本万歳
大日本帝国万歳
皇軍戦闘機隊万歳
見敵必殺
体当リ轟沈


514 :翡翠(星砂) ◆CabqPGtp5s :2006/06/05(月) 21:58:57 ID:???
今日、今さきの、NHKニュースで、
第62師団「石部隊」の慰霊祭があったとの報です。

たしかYさん(85)もいたヨウナ・・・

515 :名無し三等兵:2006/06/09(金) 20:47:23 ID:MKzVgH32
沖縄決戦入手したぽ。
次は沖縄方面陸軍作戦だ。

516 :名無し三等兵:2006/06/09(金) 21:18:27 ID:???
決戦ウラヤマ
でも沖縄方面陸軍作戦は入手済み

517 :名無し三等兵:2006/06/10(土) 16:49:20 ID:???
こうして軍オタは小遣いを喪失していくのであった。

518 :翡翠(星砂) ◆CabqPGtp5s :2006/06/11(日) 12:02:07 ID:???
しかし、データやよさげな論を見かけるとネコマッシグラ。orz。
背広を新調しないといけないのになあ・・

519 :('◇')ゞ鳥肌実中将:2006/06/12(月) 18:56:52 ID:???
[●] ≦(*) ̄>
  G\(T∀T-ウ <明日は玉砕祈念日!
   \ T 曲\

520 :名無し三等兵:2006/06/13(火) 09:37:35 ID:???
米軍基地が望みどおり全部返還されたら沖縄県はどう活かすつもりなのだろうか?


521 :名無し三等兵:2006/06/13(火) 12:26:05 ID:???
中国に基地として貸し出すんじゃねーの?

522 :翡翠(星砂) ◆CabqPGtp5s :2006/06/14(水) 11:27:42 ID:???
本来なら住宅地で埋まりそうだけど、基地従業者対策で何らかの誘致をねだるのかと。

とりあえず海軍司令部壕に入った時の御話でも。
海軍司令部壕受け付けに入った時は埃で息が詰まりそうになったけど、
他の人は平気なのかしら。
今では、司令部壕に埋もれた人達が早速降りてきたのかな、とか思うけど。

地下は信じられない程、しっかりしていたですね。
そして、当時、その床が英霊で足の踏む場も無かった事とか想像できず。
観光気分で足に羽が生えていた若く明るい男女6人〜8人は何時の間にか消えていて、
壕の中には私以外に爺様婆様夫婦と職員らしき2人、外人夫婦、外人バックパッカー。

やがて住宅街に続く別出口で、時代の移り変わりを感じて呆然としていますた・・・。
明るい日差しと、ただただ、壕に吹き込む風だけがそこにありました・・・。

523 :朝日新聞より:2006/06/15(木) 18:43:52 ID:???
【昭和二十年六月十九日付より】

…かつてレイテ決戦といい、
ルソン決戦といい近くはまた沖縄決戦が唱えられた。
しかし、結果から見れば、何れも戦いの本質は決戦ではなく、
他の離れ島防御と同様に徹底せる消耗戦略に終始した。
何が故に決戦を叫びつつ、これが消耗戦略に終わったか。
物量と兵力機能において絶対優勢な敵に対し、
我方の戦力補給が続かず結局不利な離れ島作戦に終わったからである。
…この際離れ島消耗戦の意義は、敵に出来得る限りの出血を与え、
時を稼ぐところにある。
最後の勝負を決するのは、いうまでもなく本土決戦である。

☆陸軍大臣・阿南惟幾

524 :名無し三等兵:2006/06/16(金) 14:42:37 ID:29mpyD+y
俺のばあちゃん米兵より日本兵が怖かったって言ってた

525 :名無し三等兵:2006/06/16(金) 20:11:11 ID:???
俺の今の家のすぐ近くに長参謀長のお墓がある。立派で福岡市内を一望、
とまではいかんが眺めもいい。引越しして直ぐに墓参させて頂いた。

526 :名無し三等兵:2006/06/16(金) 20:38:03 ID:???
>>524脳内のばあちゃんが何言ったんだ?

527 :翡翠(星砂) ◆CabqPGtp5s :2006/06/16(金) 23:23:37 ID:???
敗残兵化した兵(国問わず)に出会えばそりゃ怖いと思いまふよ・・・

我が国の将兵にも信じられない程高潔な方が多々いられたように、
米の方にも信じられない位人間性に優れた人が多々いたりしていたみたいですし、
そういう方たちと運良く出会っていれば、尚更。

・・長参謀長には批判じみている私ですが、
国に必要分の兵力を求めている時の参謀(長)らしい鋭利な頭脳や、
内心の不安を他所に剛毅に振舞ったり、
(そこらへんの細やかさもないと女性には持てないと思いますし。)
ワザと牛島将軍に悪名を着させぬ様なフシの数々といい、

せめて、ビルマかサイパン辺りの、まだ国力があった頃に
それらの地で十分な兵力を与えられていたら・・とか、思ったりします。合掌。

528 :名無し三等兵:2006/06/16(金) 23:24:36 ID:???
いいんだよ、沖縄なんてどうだって。

529 :少佐:2006/06/17(土) 00:11:12 ID:kUR2rSAr
いくら当時のアメリカ兵が自動小銃を装備していたといっても、
バナナマガジンで弾が30発入るというような仕様では無かったのだし、
百発百中のゴルゴ13というわけでもなかっただろう。
当時の綿密なデーターはないが、ベトナム戦争ではアメリカ兵一人が
べトコン一人を射殺するのに実に6万発もの銃弾が使用されてる。

530 :少佐:2006/06/17(土) 00:14:39 ID:kUR2rSAr
現代の自動小銃でも200メートルの距離で200発から
300発に一発の確率でしか人間の標的に当たらないという
平均的データーがある。
つまり仮に200メートルの距離で300発発射されても、
299発はまったく当たらないというわけだ。
もちろん最初の一発でいきなり急所に当たって即死する可能性もあるがね。


531 :少佐:2006/06/17(土) 00:17:13 ID:kUR2rSAr
当時のアメリカ兵が使用した自動小銃ライフルは発射のたびに
ボルトを操作する必要はないが、機関銃のように連射できるわけじゃない。
反動もあるわけだしね。
もちろん弾切れや故障もある。


532 :名無し三等兵:2006/06/17(土) 02:53:23 ID:???
なんの話だよ

533 :age:2006/06/17(土) 03:08:52 ID:???
>>101
 最強の一師団を供出せよとの命に対して、もともと評判の高かった第9師団
を出した。
 でも、豆鉄砲の山砲装備の同師団よりも、火力にまさる重砲装備の第24師団
を残したくて、現地軍は結局第9師団を出したらしい。
 大本営、台湾軍もそのへんはわかってたのかな。

 このへんのことは、「日本陸軍の最期」だったかにあった気がします。

534 :少佐:2006/06/17(土) 03:14:43 ID:kUR2rSAr
太平洋戦争を通じて日本がアメリカに与えた人的、物的被害は
かなりのものがあるだろ?
だからこそアメリカは怒り狂ったわけだろ?
日本軍は弱すぎてアメリカに何のダメージも与えておらず、一方的
にたこ殴りにされたというのは事実に反するよ。

535 :少佐:2006/06/17(土) 03:17:40 ID:kUR2rSAr
映画スターリングラードを見たら解るように優秀なスナイパー
は敵に少なくないダメージやプレッシャーを与える。
命中率が良かったらしい、38小銃が全然アメリカにとって
脅威じゃなかったなんてあり得ないだろうよ。
少なくとも小銃やサブマシンガンで戦うアメリカ兵にとっては
脅威だったはずだ。


536 :名無し三等兵:2006/06/17(土) 03:20:34 ID:???
>>487
> 義烈関係
 大田中将についての書籍「沖縄県民斯ク戦ヘリ」だったと思うのですが。
 夜間に数回、航空機を用いた手榴弾の補給を試みたようなのですが、結局
米軍海兵隊陣地内に落ちてしまったようです。
 大田閣下は、補給機の活動可能な夜間は自軍陣地内にパラシュートが落ちる
可能性が殆どないこと、対空砲火が激しく補給機も危険なことから、丁重に
航空機による補給を断ったようです。


537 :少佐:2006/06/17(土) 03:20:53 ID:kUR2rSAr
日本軍の手のひらサイズの小さな迫撃砲や軽機関銃なんかにしても、
命中率が良かったとか言われるが、これもアメリカ兵にとっては
脅威だろよ。
全体でアメリカ軍優勢でも最前線の当時のアメリカ兵は防弾チョッキ
もないんだから。
大砲やチハ戦車も然りで、小さいチハ戦車がちょこまか動くのは
狙いにくかったのではないかと思うし、チハ戦車でもアメリカの歩兵
にとっては脅威だ。


538 :少佐:2006/06/17(土) 03:23:25 ID:kUR2rSAr
零戦でもアメリカ空軍に格闘戦を避けろというマニュアルがあった
ということは脅威だったということだし、疾風や紫電改もアメリカ
のパイロットにとっては脅威じゃないと言ったら嘘だろう。


539 :名無し三等兵:2006/06/17(土) 03:26:51 ID:???
>>134
>すでに市民への配給体制が崩壊しているので軍の集積物資に期待する所が
多かったのが実情かも。

 知念半島に備蓄したあった第44旅団の糧秣被服に関しては、八原大佐
が住民の自由利用を起案し、軍司令官が決済しています。

 米軍の砲撃に追われて行った、というのが実情では?

540 :翡翠(星砂) ◆CabqPGtp5s :2006/06/17(土) 05:18:07 ID:???
帰ってきましたら・・・あららららら。

>1人倒すために6万発

これだけの弾があったら、
もしか8月の終戦日まで沖縄落ちていなかったかも。
スレッジはんや、米国陸軍省の報告では、物凄い弾幕が張られていた事になっていますが、
こっちの防衛隊ときたら小銃のかわりに竹槍もっていた方もいたんですから。
当然、伊江島や南部で軍と突撃してきた民衆もその程度だったと思われ。
というかこちとら指揮官自ら軍刀とかいう世界ですし・・・。

っと、どのででしたっけ・・
日本軍ときたら突撃戦ばっかていたんだから機関銃あればねえ、と言う、
なるほどそうよね、というのを読んだ記憶が・・・

541 :翡翠(星砂) ◆CabqPGtp5s :2006/06/17(土) 05:25:40 ID:???
って、それだけ弾丸バラ撒けきれたら+機関銃装備なら
南方の各諸島やビルマやニューギニアでもまだまだ戦闘中かもですね。
つか中国降伏しているかもですよ。

>200発

当たらなくてもいいんですよね。
頭上に弾の雨降っているとしたら誰も動きませんって。
沖縄戦中の記録でたまに米兵単独での凄い武勇伝あったりしますけど・・・

300発も弾幕張られたら逃げてますよ。きっと。

542 :翡翠(星砂) ◆CabqPGtp5s :2006/06/17(土) 05:28:52 ID:???
続きはまた後ほど・・

543 :翡翠(星砂) ◆CabqPGtp5s :2006/06/17(土) 14:01:04 ID:???
>チハ
制空権さえあれば・・支援爆撃で連合国の戦車さえ排除してもらえれば・・ですの

544 :翡翠(星砂) ◆CabqPGtp5s :2006/06/17(土) 20:34:05 ID:???
>零戦
真珠湾以降後期まで続く索敵の怠慢と油断で失った分、
暗号流出でマリアナ前に襲われた地上飛行機分、
遥か海の彼方の敵地・ガダルでの消耗戦で失った分・・・・・

軍板はハワイ太郎などと、真珠湾、MI作戦には否定的でありますが、
淵田美津雄中佐信者の翡翠的には、
死なずに済んだかもしれない子の数を数えての
膨大な数の機数を思えば、、、零戦、、、十分でありますとも・・・。

真珠湾以来の勇者じゃなくても、
数さえあれば・・・沖縄戦末期にも小禄基地に物資投下できたんですから・・・

545 :49年:2006/06/17(土) 22:46:17 ID:/BJfwEzh
>>317
ウルトラ亀レスですまんが
もしかして、、、
しー○ー?

546 :(((-@∀@)爻(◯m◯-))):2006/06/17(土) 23:14:09 ID:???
六月十日、アメリカ軍は、
日本軍の死守する最後の陣地にたいして全線にわたり総攻撃を開始したが、
バックナー司令官は日本軍司令官牛島満中将に『名誉ある降伏』を勧告した。
牛島中将はこれを無視したが少数の下士官兵が投降した。
しかし六月十八日バックナー司令官は前線司令部におもむき総攻撃視察中、
日本軍の砲弾が炸裂して戦死した。
これは南北戦争以来戦場で総司令官が指揮中に戦死した最初の例であった。

[●] ⊥☆ ̄]
  G\(@∀@-ア <敵司令官を倒したから我が軍の勝利だ!
   \ <!>報\
  ∠☆ ̄\ ∠☆ ̄\ ∠☆ ̄\
G\(^∀^ G\(^∀^ G\(^∀^ ハ
 \‖~:~‖\‖~:~‖\‖~:~‖\

547 :翡翠(星砂) ◆CabqPGtp5s :2006/06/18(日) 12:24:18 ID:???
そして始まる米軍大発狂・地獄の〇日間 (((((orz))))))

ある意味、日本軍が不幸(怠慢)
(師団欠落、食料消滅、弾薬爆消え、台湾沖、牧港入江、無意味な突撃etc)続きで
ちっともx3 実力発揮出来ないヨワヨワしゅーりょーだったのは・・・

アメを本気にさせたら駄目よ、という神様のおぼしめし状態の貴重な戦訓・・・
(=砂漠に消えたイラク軍同様)

548 :翡翠(星砂) ◆PujjQOi5D. :2006/06/19(月) 15:49:49 ID:???
てすと。ちょいと鳥変えてみます。

549 :名無し三等兵:2006/06/19(月) 23:24:39 ID:???
>>548いちいち書き込みウザイ

550 :('◇')ゞ鳥肌実中将:2006/06/21(水) 17:45:41 ID:???
『沖縄陸上の主力戦最終段階 軍民一体の善戦敢闘三箇月
[六月]二十日敵主力に対し全員最後の攻勢
殺傷八万、撃沈破六百隻』【朝日新聞より】
☆米軍公表
戦死者:陸軍海兵隊7613名、海軍4907名
負傷者:陸軍海兵隊5万8千余名、海軍4824名
戦闘神経症[PTSD]約1万5千名
艦船損害:沈没36隻、損傷368隻
航空機損害:損失763機、損傷約1500機



551 :名無し三等兵:2006/06/21(水) 21:13:54 ID:???
意外と正確だなw

552 :翡翠(星砂) ◆PujjQOi5D. :2006/06/21(水) 22:34:25 ID:???
21日も終わり、22日がやってきます。

21日の司令部壕の空は、真夏の太陽があるだけの快晴だった模様。
未明、残存兵力と学徒隊による最期の総攻撃。

末端の守備軍兵は切り込み脱出に移り、
ある者は仲間に見取られる事も無く倒れ、ある者は捕虜になった模様。

攻める米軍の方も超接近戦で、
6月後半の時期もまだ正確な守備軍の砲撃に驚かされながら、
平和な文明人の対極にいた人と、住民救出の神の手となった多くの人と。

19日は賀谷隊長もまだ元気だった様子
20日は司令部の視界の中にもトラックに運ばれて去る民間投降者が見えたそう。

553 :翡翠(星砂) ◆PujjQOi5D. :2006/06/21(水) 23:06:37 ID:???
上のはうる覚えですので、
もしかトラックじゃなくてジープだったかもしれません。

各書の伝える所、戦場の真っ只中にも平和が訪れていたそう。

ほんの少し手前の藪や壕には「守備兵」が息を殺しているのだけれど、
その彼らの目の前で無警戒に近い米兵と、その米兵の指示に大人しく従って北上する避難住民の群。

海岸にいたばっかりに、
その平和の訪れに気付かないまま自決していく人達。

勿論、文字通り悪鬼のような者も確実に居た模様なので、
結局は運なのですが・・・

554 :翡翠(星砂) ◆PujjQOi5D. :2006/06/23(金) 11:48:06 ID:???
慰霊の日age

555 :翡翠(星砂) ◆PujjQOi5D. :2006/06/23(金) 12:00:13 ID:???
黙祷

556 :名無し三等兵:2006/06/23(金) 18:20:14 ID:DwBOxnFm
翡翠さんは書き込みのバランスが良いな。
今の2chで、ウヨサヨ在日認定などで荒れないのは、さすが軍板といったところか。
わしも黙祷。

557 :名無し三等兵:2006/06/23(金) 18:27:12 ID:???
沖縄に向かって黙祷。

558 :名無し三等兵:2006/06/23(金) 20:42:30 ID:e02A5UCQ
よくたたかえり。

ありがとう。お疲れ様。

黙祷

559 :名無し三等兵:2006/06/23(金) 21:50:44 ID:???
日本軍狙撃兵がんばりまくり。
死因不詳のバックナー中将以外にも准将とか連隊長クラスをしとめてるし。


560 :トルエン大尉 ◆HLQcUQEQBs :2006/06/23(金) 23:08:55 ID:???
黙祷します。

561 :名無し三等兵:2006/06/24(土) 09:37:19 ID:???
今日の朝日の記事に沖縄特集があって

軍が非難民を殺したり、自決を強制したとあるんだが、マジなの?

562 :名無し三等兵:2006/06/24(土) 09:49:17 ID:???
>>561
軍が、というより「兵が」と言った方が正確。
極限状況に追い込まれた兵士個人個人の判断。

軍隊という組織としては、そのような命令は下していないし、
最後まで民衆を守るよう努力している。

563 :名無し三等兵:2006/06/24(土) 10:08:42 ID:???
その「兵」も半分以上は半敵前逃亡状態だったとか・・。

564 :軍属:2006/06/24(土) 10:39:32 ID:ontxzVOy

沖縄戦に関するブログ発見
http://blogs.yahoo.co.jp/kusinakayone/archive/2006/6/24

565 :名無し三等兵:2006/06/24(土) 11:36:34 ID:???
>>532
まあ、沖縄方言で話す奴はスパイと見なして処分しろって命令したりもしたけどな。

566 :( ´・ω・`)つ〃∩ ショボーン:2006/06/24(土) 17:38:58 ID:???
( ´・ω・`)つ〃∩ ショボーン

「米軍が使用している面積」の比率では沖縄は現在全国の28%、
普天間の移設に伴い、キンザー、普天間、フォスター南側、桑江の各基地が
返還されると全国の17%ぐらいになります。
17%でも少ない数字ではありませんが、他にこれといった国益負担をせずに
補助金の類をたっぷり貰ってますからねえ。
基地という形での国益負担が嫌なら、替わりに何を負担するのかを
積極的に提言すれば良いと思いますが。

全米軍基地の75%が集中なんて嘘なんだけどねd(^-^)



567 :名無し三等兵:2006/06/24(土) 17:43:06 ID:???
確か米軍人家族用の住宅とかを合わせると75%になるんだったような。

568 :名無し三等兵:2006/06/24(土) 18:41:54 ID:???
高級参謀の八原大佐の戦後はどうだったか興味あるな。同じく生き残った航空参謀の神中佐にクソミソ
に言われてたらしいけど、かわいそうな人だな。

569 :名無し三等兵:2006/06/24(土) 21:17:07 ID:???
NF文庫の「沖縄 非遇の作戦」に詳しいよ。
戦後故郷の米子に戻って夫婦で服地販売をしていたらしい。
昭和47年に長男の住む鎌倉市腰越に移住して、昭和56年に死去。
享年78歳。

八原大佐にも黙祷。

570 :名無し三等兵:2006/06/25(日) 00:34:08 ID:???
>>567
米軍専用施設面積の約75%な。自衛隊が使う共用施設は別計算。

571 :名無し三等兵:2006/06/25(日) 03:33:26 ID:???
そういえば奴らの電気代は国費負担だったな。
本国に2、3ヶ月帰るときにもクーラー付けっぱなしらしいぞ。
なんでも家が湿気るからとか……

572 :{{{{(+_+)}}}}:2006/06/25(日) 07:54:55 ID:???
そういえば、イギリスで2年間エアコンが作動したままの部屋から
乾燥しきった死体が発見されたとかいうニュースを見たな。{{{{(+_+)}}}}…コワス



573 :名無し三等兵:2006/06/25(日) 08:13:16 ID:???
>565

誰が何処の部隊に出した命令?

574 :少佐:2006/06/25(日) 08:16:31 ID:JoUb9AQh
38式小銃と手投げ弾があり、そこそこ射撃も上手く、巧妙に
迷彩塗装し、隠れる場所がたくさんあるならゲリラ戦には
うってつけだろう。
現代のイギリス特殊部隊やグリーンベレーもそうした環境を
想定して訓練をしている。
井戸、酒、甘くておいしいサトウキビ畑も至る所にあるしね。
一応近代的なインフラや町並みも一応だがあったわけだしね。
大砲や機関銃も一応あったわけだしね。
ハブが多いのがたまに傷だが、ハブは捕獲すれば食用にもなる。
噛まれたら酷いがね。

575 :名無し三等兵:2006/06/25(日) 10:59:23 ID:???
方言を使うなという布告は出してた気がするが、使ったら処分しろってのはあったっけ?



576 :名無し三等兵:2006/06/25(日) 11:00:41 ID:???
何故キングシーサーは沖縄戦のときに出ず訳わからん70年代に出現したのだ?
あれほど沖縄の危機はないだろうに。
まぁ得意の右目で光線を吸収して左目で反撃する技は米軍の実体弾打ち込まれて
役にはたたないだろうけど。

577 :名無し三等兵:2006/06/25(日) 13:18:54 ID:???
>>562
「兵も民も」がより正確。
住民だって、邪魔な人は殺したし、泣く赤ん坊を殺させもした。
それこそが極限状況だし、だからこそ戦争は恐ろしい。

578 :名無し三等兵:2006/06/25(日) 18:12:53 ID:???
よくよおく突き詰めていくと住民自殺は軍の強要より
国民学校の訓導とか自治会長あたりが犯人というか元凶なケースが多いよ。


579 :名無し三等兵:2006/06/25(日) 18:57:11 ID:???
>>578
慶良間諸島のうち、軍の人間がいなかった島では国民学校の校長が自殺を思いとどまらせたというケースも。
自殺へと先導する者がいたかどうかによるのでは。軍人は元々いざとなったら死ぬ覚悟だから民間人を自殺へと先導した人多かったんじゃないかな。
もちろん訓導や自治会長の中にも軍人のような意気込みの人はいただろうが。


580 :名無し三等兵:2006/06/26(月) 02:58:57 ID:???
>>579
逆に島尻では、軍人が住民の自殺を止めたケースもあるよ
住民に投降を勧めた軍人が、婦人から非国民呼ばわりされたケースもある
身分よりも、人格と知識の問題だと思う

581 :名無し三等兵:2006/06/26(月) 05:52:02 ID:???
>>580
いろいろなケースがあったと考えるのが妥当なはずだが、
軍人が全て悪いとか軍人は全く悪くないとか、極論に走る奴が多すぎる。

582 :名無し三等兵:2006/06/26(月) 08:15:49 ID:???
>>579
慶良間の民衆に対する軍人の玉砕命令は無かったと証明されつつあるんだがな



583 :579=581:2006/06/26(月) 10:33:52 ID:???
>>582
???
「命令」の定義にもよるが、まあ普通の定義で言えば「命令は無かった」、でいいと思うが。
ちなみに>>579の一行目は前島の話ね。日本軍の駐屯を拒絶したこの島では集団自殺はなかった。


584 :名無し三等兵:2006/06/26(月) 11:14:01 ID:???
まあ、特攻ですら命令では無かった事にした軍が、二等国民への命令なんかで証拠を残す訳がないわな。

585 :名無し三等兵:2006/06/26(月) 11:22:22 ID:???
これが敗戦だ

586 :名無し三等兵:2006/06/26(月) 11:28:31 ID:???
負けた者がコテンパンされるのはサッカーでもあきらか

587 :名無し三等兵:2006/06/26(月) 15:50:30 ID:???
捕虜になりたくなくて死ぬなんて戦争じゃよくあること。
「誰がために鐘は鳴る」でも見ればいい。
弱い者が土地や家や食い物を奪われるのも当たり前のこと。
「風と共に去りぬ」でも見ればいい。

戦争が負けで終わると誰もが被害者ヅラすることも、勝てばいかに自分が協力したかをアピールすることも万国共通。

588 :317:2006/06/26(月) 19:41:03 ID:???
>>545
ハイパー亀レスで恐縮ですが、たぶん違うと思います。

589 :名無し三等兵:2006/06/30(金) 18:06:19 ID:zZuoPzeT
保守

590 :名無し三等兵:2006/06/30(金) 18:39:09 ID:34CfyoW7
ところで沖縄上陸した米兵は何日もかけて本土から輸送船に揺られてきたの?
あるいわ硫黄島から来たとか?

591 :神雷櫻花特別攻撃隊[神雷部隊]:2006/06/30(金) 18:48:17 ID:???
米本土から来たのは少ないよ。

学研の本に出ていたな。



592 :('◇')ゞ鳥肌実中将:2006/06/30(金) 23:55:28 ID:???
学研『沖縄決戦』p.22より

☆沖縄上陸作戦の兵力集中☆

◇シアトル・サンフランシスコ⇒輸送艦13隻、兵員3,111名、軍需品30,044t

◇ハワイ⇒輸送艦39隻、兵員12,837名、軍需品69,423t

◇ソロモン諸島⇒輸送艦159隻、兵員74,970名、軍需品285,279t

◇マリアナ諸島⇒輸送艦61隻、兵員31,771名、軍需品119,673t

◇レイテ島⇒輸送艦186隻、兵員71,163名、軍需品32,048t

(☆)  ≦($)>
  G\[@⊂@-♭<TAKE IT EASY!
   \ <!>曲\   ∠ ̄ ̄\ ∠ ̄ ̄\ ∠ ̄ ̄\
G\(^∀^ G\(^∀^ G\(^∀^ ケ
 \´Y`$\´Y`$\´Y`$\


593 :学研『沖縄決戦』p.22より:2006/07/01(土) 00:06:23 ID:???
◇レイテ島からの軍需品は320,148tの間違いね…

[●] ⊥▽ ̄]
  G\(@∀@-ア ♪敵は幾万ありとても
   \ <!>報\
  ∠☆ ̄\ ∠☆ ̄\ ∠☆ ̄\
G\(^∀^ G\(^∀^ G\(^∀^ ハ ♪すへて烏合の勢なるぞ
 \‖~:~‖\‖~:~‖\‖~:~‖\

594 :名無し三等兵:2006/07/01(土) 13:18:44 ID:???
おつですー キングシーサーage

595 :名無し三等兵:2006/07/01(土) 13:26:13 ID:???
>>580
ある日、司令部壕に両脇を抱えられた若い女子がやってきた
壕にいた記者が「どうしたんだ?」と声をかけた
傍らの将校が「どうしても斬り込むと言って聞かんのだ」

「沖縄戦こぼれ話」より

596 :富山の○本君発見:2006/07/01(土) 14:12:48 ID:???
誰彼構わず2愚鼠とか言う前に、自己紹介しとけよ。
http://makimo.to/2ch/tv3_sfx/1040/1040902333.html
http://makimo.to/2ch/salami_sfx/988/988877648.html
http://tv-2.log.thebbs.jp/1128046920.html


299 :金土日 ◆B/2ch/ss26 :2006/06/30(金) 20:24:16 ID:I+z+oy29
富山の知恵遅れ君はいつまでたってもおんなじことを繰り返しているなぁw

変な改行の糞スレを立てる→批判される→2愚痰扱い&仕切る
→「地獄に落ちなされ」→岡本君とバレる→自分は岡本ではない、と言うもすぐにバレる。

富山の知恵遅れ、岡本先生マンセー!


300 :CC:2006/06/30(金) 20:28:03 ID:u24gRq/5

このスレで、「2愚鼠」&「2愚痰」発言を連発している基地害は、富山のプロ固定にしてプロ知恵遅れO本達せで良いのかなw
進歩ねぇな相変わらず社会の底辺のゴミクズがよwww

ttp://salami.2ch.net/sfx/kako/988/988877648.html の>49〜 や
ttp://aikokuseigijuku.com/ 掲示板 の>1241〜でも基地害ぶり発揮しているがwww

http://that4.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1138265204/l50から逃げ出してんじゃね〜ぞ、負け犬www



597 :富山の○本君発見:2006/07/01(土) 14:35:27 ID:???
おやおや、翡翠とやらと同じ文体がここにもいるなあ・・・

http://that4.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1138265204/l50
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1129598819
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1144076390/l50

598 :富山の○本君発見:2006/07/01(土) 14:37:10 ID:???
776 :この子の名無しのお祝いに :2006/06/28(水) 08:40:19 ID:WuyjRU9j
結局、富山の知恵遅れ達せ君は単なる荒らしだということだな。

そうですかセーラー服マニアですかそうですかそうですか。

達せ君のまとめ

●「ダイロシアン」スレで教えて君ぶりを発揮する
●本名と生ヅラを晒していたウェブサイトを発掘され、反2へ
●その風貌と理解力のなさから「知恵遅れ」と命名される
●1chをはじめとする反2サイトでもウザい書き込みで嫌われる
●一時期エセ右翼、大日本愛国政義塾にすりよるも、そこですらも嫌われる
●また2chに戻るが相変わらずのキチガイぶりを晒す
●セーラー服大好き


777 :この子の名無しのお祝いに :2006/06/28(水) 15:26:35 ID:B6t8a40b
>>776www
●某掲示板でスレ建てまくるがすべて人気無し⇒嫌われ者⇒追い出される
●小心者の為すぐにHNを変える
(例:名前の無い猫・まっくろくろすけ・通りすがりの侍・名無しさん@〜・捨て反・せめてお名前を・名無しの海軍中将・荒野の素浪人 etc)
●電車好き、パペットマペット好き、友近好き、エンタの神様好き・・・・・www
●スタートレック好き、連合艦隊好き、亡国のイージス好き
●2chを批判するくせにまんまと寄生・・・・友達いない上、ネットでも居場所が無い為
●同じ内容を何度も繰り返す書込みがウザイ・・・・存在自体もウザイ

599 :翡翠(星砂) ◆PujjQOi5D. :2006/07/01(土) 17:57:36 ID:???
よくわかりませんが・・翡翠は沖縄県民。
修学旅行で長崎ー熊本ー宮崎ー鹿児島までは行った事がありますが、
本州の他の県の事は行った事もないでありますよ。

富山っつったら・・・
越中一向一揆とか戦国時代辺りなら知っているかなあ。上杉とか佐々とか。

600 :翡翠(星砂) ◆PujjQOi5D. :2006/07/01(土) 18:23:11 ID:???
良い機会ですので、1つレスしますと、
富山県出身者の方が、沖縄戦で900名近くも亡くなられている模様であります。
(県の調べで最も亡くなられている都道府県は北海道の模様です。=10000人余)

ここに県民として深い哀悼の意を・・・黙祷であります・・・

601 :しかし考えてみれば―:2006/07/06(木) 23:02:12 ID:???
神奈川県の『横浜―平塚』線以南の面積位の地域で3か月もの間、
毎日日本側が二千人づつ、米軍側が八百人づつ
死傷者を出していたなんてやはり凄すぎ…。


602 :名無し三等兵:2006/07/08(土) 01:09:55 ID:???
毎日米軍死傷者数800人と聞いたら勝ち戦のようにしか聞こえない俺ガイル

603 :d〇メ〇b 大川襲名:2006/07/08(土) 02:37:23 ID:???
ただ残念ながら、
日本側は負傷すれば即、
死を意味するのに対して、
アメリカ軍は後方移送を意味する。

よって日本側ではほとんと毎日、
二千人づつ死んでいたのに対して、
一日当りのアメリカ側の死者は、
二百名以下に止どまっていた。



604 :名無し三等兵:2006/07/08(土) 11:27:35 ID:???
>>602
日本政府の見解では、沖縄戦は日本軍の敗北だが、
米政府の見解では、沖縄戦は米軍の敗北ということになる。

沖縄戦でより多くの死傷者を出して、土地を失ったのは日本だが、
米側にとっても、自軍の損害が民主国家が甘受できる損害規模を越えていた。

605 :神風('◇')ゞ鳥肌実中将:2006/07/08(土) 13:09:29 ID:???
>546

>550

米軍が制圧に要した期間と損害は、
日本軍の旅順占領に払った犠牲を上回った。

606 :名無し三等兵:2006/07/08(土) 19:56:25 ID:VNzYWD8J
何げにシャーマンを200両撃破してるのもスゴス

607 :名無し三等兵:2006/07/08(土) 20:01:49 ID:???
>605

住民除外して軍人同士のキルレシオはどうなんだろう>

608 :五月四日未明…:2006/07/08(土) 21:20:53 ID:???
ここにおいて、ぢり貧となるよりはと、四月二十九日攻勢に転ずるに決し、
その期日を五月四日とした。
大本営はむしろ制止すべきところを大喜びして激励した。
四日未明よりいよいよ攻撃を開始したが、至るところ損害続出、
遂に五日夕攻撃中止の軍命令を出し、出発点に戻った。
この出撃によって主力第二十四師は戦力の三分の二を失い、
砲兵団は弾薬の七○%以上を消耗し、
兵員の損害は七千名近くにおよび逆上陸の船舶工兵は全滅した。
米軍の損害は僅かに八百二十名ばかり。
大規模の攻勢は絶対にとるべきではなかった。

《常岡滝雄『大東亞戦争の敗因と日本の将来』山紫水明社刊より》

   ∧__,,∧
   ( ´・ω・)えー?本土決戦の時間稼ぎの捨石じゃなかったの??
  /O(-@∀@)O
  し―-J .



609 :名無し三等兵:2006/07/09(日) 01:35:17 ID:???
>608

この自滅作戦さえなければおそらく8月まで首里城あたりでがんばれたはず。
南部の避難住民と軍の間も分断されるので住民保護も結果として○。

610 :名無し三等兵:2006/07/09(日) 04:25:23 ID:???
捨石だからこその反攻作戦、とは考えられないだろうか?
嘉手納空港を米軍に占領されたままだとそこから本土攻撃されちゃうから、
本土を守るため嘉手納再占領をめざして総攻撃、みたいな。

611 :名無し三等兵:2006/07/09(日) 11:58:49 ID:???
いや、ここで問題にするべきは、
大本営とか他の軍は、米軍の火力を全然知っていなかったくせに
後ろで踏ん反りかえっていた、のでは?ということではあるまいか

612 :名無し三等兵:2006/07/09(日) 12:02:20 ID:???
>>607
対米、というか米軍の損害比率では
最悪が硫黄島で2番目が沖縄で3番目がベトナムのどこかじゃなかったか?

613 :名無し三等兵:2006/07/09(日) 12:22:09 ID:???
針木映画では
ベトナム >>>超えられない壁>>> 硫黄島
米作の沖縄戦映画は寡聞にしてしらない。

彼らが沖縄戦を描くとどうなるんだろう?

614 :名無し三等兵:2006/07/09(日) 14:34:59 ID:???
>>613
日本兵が住民に軍刀振りかざしたところに米兵Aが飛び掛って軍刀で殺され、キレた主人公が日本兵殺して民間人を逃がして云々
というような現実離れしたシチュエーションが見られるぞ!!
それに水冷のゼロ戦やSAM搭載した米艦艇、ボルト操作なしで銃を乱射する日本兵とか遠距離でトンプソンを命中させる米兵。ヘルメット着火をせずに手榴弾を投げる日本兵なども見所だな。

615 :名無し三等兵:2006/07/09(日) 15:21:53 ID:???
イラクで糞な目に合っているアメリカが沖縄戦に気がつくと
本当に614の映画が見れそうだな。

でも不思議だな。米軍がそんなに酷い戦績なら
もう少し沖縄戦が真面目に研究されて戦果を喧伝されてもよさそうなものだが。

616 :名無し三等兵:2006/07/09(日) 19:08:03 ID:???
ヨーロッパ戦線では、その程度の戦績は日常茶飯事でしたから。


617 :名無し三等兵:2006/07/09(日) 19:58:26 ID:???
ヨーロッパは広いからなあ
それに、まがりなりにも優秀な装備と物資でまともな総力戦のイメージがある

沖縄は下手すると竹槍レベルだからな

618 :名無し三等兵:2006/07/09(日) 22:11:22 ID:???
やっぱり八原大佐はすごい。

619 :名無し三等兵:2006/07/09(日) 22:50:01 ID:grVsyLYA
沖縄でシャーマンそんなに撃破してるとは思わなかった。
すごいな・・・。
612はホント?
なんか映画の影響で今まで
ベトナム>硫黄島>>>>沖縄かと思ってた。
沖縄戦の本も何冊か読んだけど
ガバメント片手に持ってトントンと肩をたたいて振り向いたところを米兵が撃ったとか
アメリカは楽勝で勝ったみたいな文章ばっかが印象に残ってる。


620 :名無し三等兵:2006/07/09(日) 23:01:02 ID:???
沖縄戦のことを取り扱った本の多くは、さまざまな政治的理由から
南部撤退以後の(大局的に見て)米軍による掃討戦の時期を中心に扱ってるから……
八原戦術が徹底されていた4月の時期は、住民があらかた避難し終わった領域での戦闘であったため
そうした「政治的な」観点からはあまり取り上げられないのですわ。

空陸海、圧倒的な火力と兵力を誇る敵相手に、いくらかの重砲支援のみを頼りに歩兵でいかに立ち向かうか、という
純戦術的な観点からは、この4月の戦闘はいくら研究してもし足りないものではあるんですけどね。

621 :名無し三等兵:2006/07/09(日) 23:48:13 ID:???
ttp://www.h2.dion.ne.jp/~o.senshi/
知ってるかもしれないけど沖縄戦の各戦闘について大変詳しく書かれているページ。



622 :嗚呼、伊五十三號潜水艦:2006/07/10(月) 00:13:42 ID:???
昭和二十年七月十四日、回天6基を搭載した「伊五十三潜」は、再び大津島を出撃、
レイテと沖縄の中間洋上で、すでに占領された沖縄へ補給しつつある米大型油槽船を一瞬の間に轟沈、
さらに同水域で敵巡洋艦を轟沈するといった戦果をたて続けにあげたのである。
[米軍記録によれば、
七月二十一日、上陸輸送艦マラソン損傷。
七月二十四日、護衛駆逐艦アンダーヒル沈没。]
戦果はさらに拡大していった。
敵駆逐艦に発見された「伊五十三潜」が、深く潜航して逃げまどっているとき、
降りくる爆雷の雨の中を発進した2基の回天が、頭上の敵艦2隻に体当たりしてこれを轟沈、
たちまち危急を救うという放れわざを演じてくれた。
[米軍記録によれば、
八月四日、回天の体当たりにより護衛駆逐艦・アール・V・ジョンソン損傷。]


623 :回天による戦果:2006/07/10(月) 00:39:19 ID:???
【回天搭載潜水艦による戦果】
19.11.20 給油艦ミシシネワ撃沈、伊号四七潜または伊三六潜。
20.01.12 輸送艦ポンタス・ロス小破、伊四七潜。
20.01.12 歩兵揚陸艇LCI-600撃沈、伊三六潜。
20.01.12 弾薬輸送艦マザマ大破、伊三六潜。
20.04.27 輸送艦カナダ・ビクトリー撃沈、伊三六潜。
20.04.27 輸送艦ボーズマン小破、伊三六潜。
20.05.02 輸送艦カリーナ小破、伊四七潜。
20.05.27 駆逐艦ギリガン大破、伊三六七潜。
20.07.24 駆逐艦アンダーヒル撃沈、伊五三潜。
20.07.24 駆逐艦R・V・ジョンソン小破、伊五三潜。
20.07.28 駆逐艦ロウリー小破、伊五八潜。
20.07.30 重巡洋艦インディアナポリス撃沈、伊五八潜[雷撃のみ]
20.08.04 駆逐艦アール・V・ジョンソン損傷、伊五三潜。
20.08.12 駆逐艦トーマス・ニッケル小破、伊五八潜。

624 :訂正します。:2006/07/10(月) 01:21:05 ID:???
(^_^;)抜けてました。

>624

20.07.21 輸送艦マラソン小破、伊五三潜。

(^_^;)それと
『20.07.24 駆逐艦R.V.ジョンソン小破、伊五三潜。』は、多分間違いでしょう。



625 :名無し三等兵:2006/07/10(月) 20:58:42 ID:???
たしか、旧軍の潜水艦の運用については
米軍の方が日本に手厳しい評価だったハズ

626 :名無し三等兵:2006/07/11(火) 00:28:33 ID:6fkd+RwF
回天も映画化

627 :名無し三等兵:2006/07/11(火) 02:24:41 ID:???
また特攻ネタ映画か

628 :名無し三等兵:2006/07/11(火) 09:02:14 ID:???
回天映画化は難しいだろうなあ。インディアナポリス撃沈なら監督次第かもだが。

629 :名無し三等兵:2006/07/11(火) 09:35:21 ID:???
出口のない海
映画化

630 :名無し三等兵:2006/07/11(火) 10:37:38 ID:???
ホント特攻ばっかだな

631 :名無し三等兵:2006/07/11(火) 10:45:22 ID:???
>>625
日本の実情を知らない一方的な評価です。

632 :名無し三等兵:2006/07/11(火) 10:54:32 ID:???
>>631
なんでアメリカが相手の内輪の事情まで踏まえて日本軍評価に下駄履かせてやらんといかんの?


633 :名無し三等兵:2006/07/11(火) 11:03:45 ID:???
>>632
そうじゃなくて、自分たちの運用法に従った基準で日本についても同様に評価してるのよ。
端的に言えば「なんで通商破壊せんかったんやアホ」なんだけど、最近ゆうか氏が「したくても出来なかった」点を挙げて論破してる。
やれるとこでは日本もやってるからね。

634 :名無し三等兵:2006/07/11(火) 12:16:04 ID:???
海老蔵主演「出口のない海」

635 :嗚呼('◇')ゞ鳥肌実中将:2006/07/11(火) 12:28:33 ID:???
インディアナポリス撃沈ならば、90年代アメリカ製作の映画がヴィデオにある。
撃沈されてからの米軍将兵の惨事が主体で、しかも日本側の演出が、
パールハーバー並のクソなので痛快さには欠けるが、御参考まで。

636 :名無し三等兵:2006/07/11(火) 12:57:37 ID:???
>>633
だから、その「したくても出来なかった」のはアメリカ側が斟酌すべき要件じゃないでしょ、って言ってるんだが。
「アメリカ側の評価」なんだから。

悪いのはむしろ、「アメリカ側の評価」が中正公平なものだと思いたがる一部の人間なんだろーが。

637 :名無し三等兵:2006/07/11(火) 13:03:50 ID:???
実際にアメリカ西海岸やインド洋で暴れてるじゃろう。

戦局悪くなってそれどころじゃなくなったが。

638 :名無し三等兵:2006/07/11(火) 13:34:53 ID:???
>インディアナポリス撃沈
スピルバーグも昔映画化してたよね。

639 :名無し三等兵:2006/07/11(火) 15:29:31 ID:???
>>636
その「アメリカ側の評価」が「実情を知らない一方的な評価」つうことで問題なくFAじゃないのか?
>>632が余計だな。

640 :名無し三等兵:2006/07/11(火) 17:15:04 ID:???
>>635 ジョーズ映画より内容ヤバイ?

インド洋作戦なんか、日本映画界でちとやってくれんかな。
ハリウッドにはまかせられん。

641 :名無し三等兵 :2006/07/11(火) 17:43:33 ID:g20F4YXV
沖縄戦では米兵が上陸してレイプを繰り返したためたくさんの混血児が生まれたんだよね。
その混血児たちは今も生きているのかな?

642 :名無し三等兵:2006/07/11(火) 18:02:52 ID:???
そのあと何年米軍統治時代が続いたか知らないの? その間に生まれた混血児のほうがはるかに多いっつーの。

643 :名無し三等兵 :2006/07/11(火) 18:10:35 ID:g20F4YXV
上陸してから今までだから相当な数になりそう。
多くの沖縄の人には米軍の血が混じってるんだろうね・・

644 :名無し三等兵:2006/07/11(火) 18:15:45 ID:???
犯罪行為よりも通常成婚のほうがはるかに多いわけでね。
そこらへんは基地の町であればどこでも一緒。

645 :名無し三等兵:2006/07/11(火) 19:26:12 ID:???
これほど優れた兵器と人員が、これほど不適切な運用をされた例は、人類史上他に類を見ない…だったか、本人自身サブマリナーなニミッツ提督の評価。
「本当の潜水艦の戦い方」で、海自の潜水艦長だった著者が全面同意していたが。

646 :名無し三等兵:2006/07/11(火) 19:50:50 ID:???
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1092036061/

534 :世界@名無史さん :2005/08/15(月) 14:08:58 0
サイパン戦で生き残った田中徳祐・元陸軍大尉(独立混成第47旅団)の証言

・「米軍は虐待しません」の呼びかけを信じて洞窟から出てきた婦女子全員が素っ裸にされ、
数台のトラックに積み込まれた。「殺して!」「殺して!」の絶叫を残してトラックは走り去った。

・次には滑走路に集まった老人と子供の周りにガソリンがまかれ、火が付けられた。たちまち
阿鼻叫喚の巷と化した滑走路。我慢ならず我が兵が小銃射撃をしたが、米軍は全く無頓着に
晩行を続ける。

・火から逃れようとする老人や子供を、米軍はゲラゲラ笑いながら火の中へ蹴り飛ばしたり、
銃で突き飛ばして火の中へ投げ入れる。2人の米兵は草むらの中で泣いていた赤ん坊を
見つけると、両足を持って真っ二つに引き裂いて火中に投げ込んだ。「ギャッ!」といふ悲鳴を
残して蛙のように股裂きにされた日本の赤ん坊とそれを見て笑う鬼畜の米兵ども。

・こんなに優勢な戦闘状況にも拘らず、米軍は毒ガス弾(赤筒弾)攻撃まで仕掛けてきた。

・マッピ岬にたどり着いた田中大尉は、岩の間に一本の青竹を渡し、それに串刺しにされた
婦人を見た。さらに自分と同じ洞窟に居た兵士や住民が五体をバラバラに切り刻まれて
倒れているのを眼前に見た。

『正論』平成17年9月号「NHKウォッチング」
中村粲・元獨協大学教授、昭和史研究所代表 


647 :名無し三等兵:2006/07/11(火) 20:07:59 ID:???
極東板にでも逝って書き込んでこいよ。
つうか毒ガスはシナ派遣軍でもちょくちょく使ってるんであまり人のことはいえませんがな。


648 :名無し三等兵:2006/07/11(火) 20:44:27 ID:???
洞窟攻撃には毒ガスよりも火炎放射器よる酸欠が有効たったそうだが。




649 :義勇兵役法:2006/07/11(火) 21:27:03 ID:???
【義勇兵役法 昭和二十年六月二十二日】
第一条 大東亞戦争に際し帝国臣民は兵役法に定むる所に依るの外本法の定むる所に依り兵役に服す
本法に依る兵役は之を義勇兵役法と称す
本法は兵役法の適応を妨ぐることなし
第二条 義勇兵役は男子に在りては年齢十五年に達する年の一月一日より年齢六十年に達する年の十二月三十一日迄の者
(勅令を以て定むる者を除く)、
女子に在りては年齢十七年に達する年の一月一日より年齢四十年に達する年の十二月三十一日迄の者之に服す
前項に規定する服役の期間は勅令の定むる所に依る必要に応じ之を変更することを得
第三条 前条に掲ぐる者を除くの外義勇兵役法に服することを志願する者は勅令の定むる所に依り
之を義勇兵に採用することを得
前項の規定に依る義勇兵の服役の期間に関しては勅令の定むる所に依る
第四条 六年の懲役又は禁固以上の刑に処せられたる者は義勇兵役法に服することを得ず
但し刑の執行を終り又は執行を以て定むるものは此の限に在らず
第五条 義勇兵は必要に応じ勅令の定むる所に依り之を召集し国民義勇戦闘隊に編入す
本法に依る召集は之を義勇召集と称す
第六条 義勇兵役に関し必要なる調査及届出に付ては命令の定むる所に依る
第七条 義勇召集を免るる為逃亡し若は潜匿し又は身体を毀傷し若は症病を作為し其の他詐偽の行為を為したる者は二年以下の懲役に処す
故なく義勇召集の期限に後れたる者は一年以下の禁固に処す
第八条 前条の規定は何人を問わず帝国外に於て其の罪を犯したる者にも亦之を適用す
第九条 国家総動員法第四条但書中兵役法とあるは義勇兵役法を含むものとす
附則
本法は公布の日より之を施行す

   ∧__,,∧
   ( ´・ω・) ヒッキーなら懲役を選ぶんだろうな…
  /O(-_-)O
  し―-J .

650 :名無し三等兵:2006/07/11(火) 22:41:58 ID:???
>>646
サイパンは県民の移住も多かったから最悪な話ではある。
これが日本や沖縄でなく中韓なら、さっそく映画のネタにするのだろうか。

はだしのゲソ読んでいるヒッキ―がいたら懲役は選べないギギギ

651 :名無し三等兵:2006/07/11(火) 23:23:54 ID:???
>646
『正論』的には、物証のない証言など信用出来ないんじゃなかったっけ。

652 :名無し三等兵:2006/07/11(火) 23:36:07 ID:???
日本兵の証言ならアメリカ悪く言うに決まってるじゃねーかwwww
ちなみにそれが悪いとは言わん。嘘だとも言わん。当然だとは言う。

653 :名無し三等兵:2006/07/11(火) 23:49:32 ID:???
>>649 実際、規定通りに食事を出さなくちゃならない刑務所の中のほうが、敗戦直前には民間人より給与が良かったって話だしなあ。

654 :名無し三等兵:2006/07/11(火) 23:52:04 ID:???
>>653
食料なくなって暴動起こされたらたまったもんじゃないという点において、
監獄と軍隊は似たよーなもんだしな……

655 :名無し三等兵:2006/07/12(水) 07:34:31 ID:???
しかし、氷山作戦の陣容はノルマンディーの比じゃないな。

656 :名無し三等兵:2006/07/12(水) 08:56:44 ID:???
>>646
酷いな・・・・、日本軍のやった南京大虐殺や沖縄人殺戮に匹敵する蛮行の証言やね。

657 :名無し三等兵:2006/07/12(水) 15:41:01 ID:???
そういやベルリンを守った兵隊はなんぼだったかのお。

658 :名無し三等兵:2006/07/12(水) 22:26:28 ID:???
>>646
まるで南京関連の中国側の証言内容みたいだな。
っていうかそっくし。ホントに載ってんの?


659 :658:2006/07/12(水) 22:36:50 ID:???
>>646
この筆者の人ぐぐったら…まあこの人が
書くのは納得ですが、連載もたせてまんま載せる「正論」って…

これ物証ある話なの?他の日本兵捕虜や生き残った在サイパン邦人
米軍側等からの証言や証拠は?いままでこんな露骨な虐殺聞いたことある?
ないのなら特定アジアの酷い言いがかりと同レベルじゃないの?



660 :名無し三等兵:2006/07/12(水) 22:40:18 ID:???
>>658 内容自体は、立風書房の「我ら降伏せず」から持ってきてるな。ただ、俺も結構首かしげながら読んだけど。
あと中村氏は…この人が言ってるってだけで、信憑性が80%落ちるのは確かだね。

661 :('◇')ゞ鳥肌実中将:2006/07/13(木) 21:38:04 ID:???
確かに証言しかないので疑問を持つのは良く解るが、
リンドバーグの戦中日記を読んでみたらどうかな?

連合軍が『正義の軍隊』でなかったことがわかるはずだが。

662 :名無し三等兵:2006/07/13(木) 21:42:51 ID:h0qfYxaW
ペリリューや硫黄島なにがおこなわれたか?

663 :('◇')ゞ鳥肌実中将:2006/07/13(木) 21:52:11 ID:???
負傷して苦しむ老婆を射殺して『惨めな境遇から救ってやった』と嘯く米兵。

シャーマン戦車の正面に日本兵の骸骨を乗せて、無抵抗な日本兵を踏みつぶす映像。

東京大空襲に参加したB‐29搭乗員の証言
『トーキョーに芸者ハウスを作ってやったぜ!ブロードウェーよりも明るいぜ』

色々とあるんだが…

664 :アメリカン国士:2006/07/13(木) 23:19:12 ID:???
戦意高揚のための捏造記事じゃね?
真に受けてるのは反米厨だけだろ。

665 :名無し三等兵:2006/07/14(金) 00:06:45 ID:???
確かに証言しかないので疑問を持つのは良く解るが、
本多勝一の一連の著作を読んでみたらどうかな?

日本軍が『正義の軍隊』でなかったことがわかるはずだが。

666 :名無し三等兵:2006/07/14(金) 00:09:06 ID:???
本多勝一つう時点で釣りとしか思えん。
奴は中国関係記事の捏造でそれだけ信用を失っている。

667 : 名無し二等兵 :2006/07/14(金) 00:11:45 ID:???
正義ってなんだろうね?
時代とか立場によっても変わるんだろうね。

668 :名無し三等兵:2006/07/14(金) 00:35:51 ID:???
>>685
利を享受する側である中国ですら、草の根レベルでは既に半ば大っぴらに
「荒唐無稽」扱いされている追従者を未だ神輿にしている奴がいるとはね…

669 :名無し三等兵:2006/07/14(金) 00:54:16 ID:???
まあ、>661 は、そのレベルの話って事やね。

670 :名無し三等兵:2006/07/14(金) 02:52:01 ID:???
本多勝一は時系列的に不可能な事を書いてるから、
捏造って事がばれてしまっているのに未だに持ち出してくる人間が多いのは何故だろう?

671 :名無し三等兵:2006/07/14(金) 02:54:25 ID:???
反米厨の戯言と同じレベルだって皮肉ってるんだろ。

672 :名無し三等兵:2006/07/14(金) 10:38:45 ID:???
>>664
>>665
>>669
>>671

663はわかりませんが、多くの連合国による残虐行為を記録した、
リンドバークの第二次世界大戦日記そのものは、
アメリカ側の専門家からも信憑性がある文献として扱われています。
著名な歴史家であるダワーの「容赦なき戦争」でも、
他の連合軍による残虐行為の証言と共に大きく取りあげられていますね。

このころリンドバークは、その比類ない名声と軍事的貢献の為に、
前線で自由に戦闘に参加できる民間人という特殊な地位にいました。
民間人なのに、マクドナルド、マクガイアなどとともに空戦に参加もしています。

そして、リンディは日記の信憑性を確保するために、かなり複雑な手続きを踏んでいます。


673 :名無し三等兵:2006/07/14(金) 11:02:21 ID:???
>>672
自己レス。

リンドバーク→リンドバーグですね。

674 :名無し三等兵:2006/07/14(金) 21:46:34 ID:???
え?リンドバーグってアメリカ孤立主義者でナチスと中立条約結べって言った人だろ?
その日記に自分の主義主張によるバイアスがかかってないと言い切れる?

675 :名無し三等兵:2006/07/14(金) 22:39:41 ID:???
>>674
彼がドイツ擁護派に転じたのは、Jr事件の犯人とされて死刑になった
ハウプトマンが、当のアメリカの色眼鏡による冤罪被害者である可能
性を悟ったから。
そして、「世界的な有名人」が、バレた時のリスクを冒してまで自国に
濡れ衣を着せるかどうか?

676 :名無し三等兵:2006/07/14(金) 23:27:38 ID:???
>>674
アメリカ軍の戦闘機開発に携わったアメリカの英雄ともいえるわけで。
ちなみに、アメリカ第一委員会関係者には、優秀な軍事専門家で、
米軍の勝利も貢献した人物がかなりいますね(ウッデマイヤー、トルーマン・スミス)。

もちろん、リンドバーグは後世の疑問をクリアするために、
自分の日記について、神経質なほど慎重な扱い方をしています。
原本をどこかの図書館に寄託して、
さらに複数のコピーを別々の図書館に寄託することで、
後世の捏造や後知恵による書き換えの可能性を排除したわけです。
しかもかなり時間が経過して、
第2次世界大戦の評価が決定的になってから発表しています。

なお、アメリカ側の歴史書はリンドバーグ以外にも、
アメリカ軍の残虐行為を記録した証言を採用しています。


677 :七氏:2006/07/16(日) 08:24:28 ID:JFrOIYci
沖縄戦に関するブログ発見
http://blogs.yahoo.co.jp/kusinakayone

678 :名無し三等兵:2006/07/16(日) 12:10:11 ID:???
>>676
最後の一行でアメリカの懐の深さがはっきりと

679 :名無し三等兵:2006/07/16(日) 12:36:15 ID:???
いや、日本でも歴史書に自軍の残虐行為を記録した証言を採用しているのはアメリカ以上に
多いし、偕行社にいたっては南京事件を認めているんだが。

無かった事にして、見ないふりをする奴も居るけどな。

680 :名無し三等兵:2006/07/16(日) 13:27:18 ID:???
>>678
そうかな? 米西戦争から現在に至るまで、彼らのやり口を見ていると、
「勝ってから口先だけ謝ればよい。それよりも勝つことが先だ」という
姿勢が透けて見えるが。

さらにはその後始末、ニュルンベルクや東京で行われた国際軍事裁判は、
「如何に自分が正義であったか」を世界に向けて喧伝する狙いがあった
としか思えない(実際、裏目に出かけた途端に「恩赦」を下して、クチ
を拭ったし)。一般に言われている復讐よりも卑しいことこの上無い。

681 :名無し三等兵:2006/07/16(日) 20:15:33 ID:???
生来の侵略者であるアメリカを舐めてはいけないぞ
建国前から東部13州をインディアンを追い出して、ついでにイギリス国王の軍隊も追い出して
太平洋まで打通したのがアメリカ人だ
ついでにハワイ王国を軍事力で併合し、スペイン領フィリピンをメーン号事件を奇貨として
素早く奪い取っている。

682 :名無し三等兵:2006/07/16(日) 23:04:35 ID:???
>>681
そもそもペリーを日本にやった目的が同じだし
もし日本が鎖国を貫くつもりなら武力で占領するつもりだった
その手始めにまず琉球を占領するつもりだった

683 :名無し三等兵:2006/07/18(火) 22:31:56 ID:???
>>681
帝国主義全盛の時代は、その程度の行為はやってて当たり前。できなきゃ滅びます。
なんだかんだ言って西欧列強には後れを取ったものの、台湾、朝鮮を併合して、大暴走の末に大陸に傀儡国家までぶち建てた我が国もあまり人のことはいえないし。
まあ当時は自国が繁栄するためには何やってもおkな風潮だったんで今の価値観を強制すること自体が無意味かと。


684 :名無し三等兵:2006/07/18(火) 22:33:56 ID:4ogu71jx
>帝国主義全盛の時代は、その程度の行為はやってて当たり前。できなきゃ滅びます。

アメリカがハワイを侵略しなくても、フィリピンを植民地にしなくても
カリブ海で棍棒外交しなくても

どう考えても滅ぶとは思えないのだが……


685 :名無し三等兵:2006/07/18(火) 23:11:41 ID:???
>>684
フロンティアスピリッツだなw
多様な人生観を有するあの国は、
常に外敵がいないと、ひとつにまとまっていられないのだ。
しかし!!
あの国の保護無しには生きられないシステムが完備した我が国の国民は、
そんな事を、ネット以外で口に出してはいけないのだw


686 :名無し三等兵:2006/07/18(火) 23:33:37 ID:MMLbAuAK
ここで日本人として最高の礼を尽したかったからです
靖国神社は、神道ですが、ちょっと違うところがあります。
神道の信仰の中で、國や公共の為に、著しい貢献をした方で、その為に、命を捧げた方を神として祀り、この神様が、子孫の幸福を暖かく見守ってくれているとの信仰が神道にあります。
靖国神社は240万余柱のこのような神々を祀る神社なのです。
台湾出身真の方で先の大戦で亡くなられた志願兵、28,000余柱も靖国神社に祀られています。この方達は日本の守り神となったと日本では信じられているからです。
そんなわけで、凶惨恐怖支那政権や、シナ人の馬英九、そしてシナ系の台湾のマスコミが言っていることは根拠の無い言い掛かりです。 
これに対して、靖国神社は一切の反論をしません。
反撃するのは日本人で靖国神社ではありません。神道とは人と争わない宗教です。神社はひたすら祀るだけです。
他の神社にも行かれることを薦めます。清浄感と静寂さ、そして森と水を大切にする日本人の心を感じ取る事が出来ると思います。
多分、大東亜戦争末期に龍潭から多くの若者が、沖縄の空を目指して特攻に飛び立って往かれたことをご存知の方であったと想像しています。
龍潭は近くの、八塊、観音両基地と共に沖縄に向けての前進基地として、1945年四月から六月まで陸軍特攻隊が連日のように出撃しておりました。
 龍潭は一式戦闘機“隼”を使う飛行二十戦隊の出撃基地であったと記憶しております。八塊、龍潭から飛び立った台湾の若者達、そして彼等が出撃までの数日をすごした、大渓と言う町の佇まいは六十余年を経た今でも忘れることが出来ません。


687 :広島原子爆弾民衆法廷終る:2006/07/18(火) 23:47:27 ID:???
確かにアメリカが原子爆弾を投下したことは罪であるが、
それを《民衆法廷》で裁くことはいかがなものか…
原告が日本人ならばその根拠も
昭和天皇陛下の《終戦の御詔勅》に拠らなければならない。

「…敵は新に残虐なる爆弾[原子爆弾]を使用して頻に無辜を殺傷し
惨害の及ぶ所真に測るべからざるに至る
而も尚交戦を継続せむか
終に我が民族の滅亡を招来するのみならず
延て人類の文化をも破却すべし
斯の如くむは朕何を以てか億兆の赤子を保し
皇祖皇宗の神霊に謝せむや
是朕が帝国政府をして共同宣言[ポツダム宣言]に
応ぜしむるに至れる所以なり…」

  ( ⌒ )
   l | /
 愛国市民
⊂(*‘д‘)<慰安婦裁判の二番煎じが!!!
 / ● ノ∪
 し―-J |l| | 
   ノ<`∀´>\ -=3 パカ倭奴!!

688 :名無し三等兵:2006/07/19(水) 00:51:06 ID:???
>>684
ガンガン勢力範囲広げてかないと他の列強が美味しい所かっさらってっちゃうじゃん。
我関せずで内政Maxにするような引きこもりプレイも良いけど、それを延々続けるとしまいにゃ自分が「美味しい所」にされちゃうと思われてたんだよ。
少なくとも当時は。

689 :名無し三等兵:2006/07/19(水) 10:58:37 ID:???
琉球政府の「沖縄県史」9・10巻あたりは読むのがつらいな。



690 :名無し三等兵:2006/07/19(水) 20:54:35 ID:???
アメリカの覇権主義は、グノタ的には見上げるばかりの成功例だけどな。
まあその先にある日本にはいい迷惑だったわけだが。

691 :名無し三等兵 :2006/07/22(土) 01:41:59 ID:uT9gBPk7
日本が真珠湾を攻撃しなければ沖縄は地上戦に巻き込まれなかった。

692 :名無し三等兵:2006/07/22(土) 12:56:33 ID:???
ウホッ

693 :名無し三等兵:2006/07/22(土) 13:38:08 ID:???
いいおきなわ・・・

694 :名無し三等兵:2006/07/23(日) 06:01:43 ID:???
や ら な い か

695 :名無し三等兵:2006/07/23(日) 11:10:46 ID:???
ウホッ!いい岡本達也

696 :名無し三等兵:2006/07/23(日) 14:37:00 ID:TyPuYQFZ
本土出身。現在沖縄在住。
沖縄に来たら、見てほしいところ。

「白梅の塔」の横の「自決の壕」
ここは人が来ない。静かでひっそりしている。賑わっている「ひめゆりの塔」とは全然違う。
「自決の壕」に入る前に予備知識を持っていくと良い。10代の少女5人くらいが自爆または、火炎放射
で死んでいる。昭和50年ごろ骨が発掘された。彼女らの氏名や顔写真も関連書籍でわかる。
夜はおそろしいところ。糸満市国吉付近、バックナー中将戦死の丘から東へ数百m。

 






697 :名無し三等兵:2006/07/23(日) 14:46:00 ID:TyPuYQFZ
696のつづき

「一家全滅屋敷跡」
これは、南部一帯の集落にたいていある。糸満市喜屋武、米須、真栄里、豊見城市翁長などの集落を歩けば
容易に見つかる。集落の中にところどころ、歯が抜けたように家がなく、地面をコンクリートで固めてあり、
真ん中に小さな小屋が建っている。小屋の中には、香炉や位牌が並んでいる。これは沖縄戦で一家が全滅し、
跡取りがいなくなった家の跡。かつてそこに家があって、家族の生活があった場所。見ていて、せつない。

698 :翡翠(星砂) ◆PujjQOi5D. :2006/07/23(日) 14:47:27 ID:???
8月も目前であります。age て おきましょう。

699 :名無し三等兵:2006/07/23(日) 22:56:46 ID:???
バックナー中将の首を挙げたのは大手柄なんだが・・・。
その後ヤンキーが本気になってインデァン狩り始めたからなぁ。

700 :忘れられた終戦後の悲劇…:2006/07/24(月) 00:30:51 ID:???
《対馬丸撃沈から一年後の大虐殺》
昭和20年8月22日午前4時半ごろ、小笠原丸(1400トン)は留萌南西沖で雷撃を受けて沈没、
乗船人員702名中641名が死亡した。
22日5時過ぎ、海軍の特設砲艦・第二新興丸(2700トン)は留萌北西沖で雷撃を受け、
船尾を破壊されたが、とどめを刺すために浮上してきた潜水艦と砲戦を交え、これを撃破した。
損傷しながらも第二新興丸は留萌港に達した。
乗船人員3600名中死亡250名、行方不明100名。
22日10時ごろ、泰東丸(2000トン)は留萌西方沖で雷撃を受け、
乗船人員780名中667名が死亡した。
また22日午後3時ごろ、登登呂丸(1100トン)が避難民を迎えに行く途中、
宗谷海峡においてソ連空軍3機の波状攻撃を受け轟沈した。
終戦からすでに1週間を経た時機に「危険と破壊から、日本国民を回避させる」
という理由で、戦闘と全く関係のない引き揚げ船に対する攻撃によって、
総数約1700名が北海道上陸直前で殺害されたのである。

701 :対馬丸事件なんですが・・・:2006/07/24(月) 18:43:31 ID:???
今の時期、定番の「対馬丸」なんだけど、世間的には軍を責める声が大なわけですが・・・ただ

沖縄からの疎開船は19年7月から20年3月まで延べ178隻を動員して 人員にして約7万人を疎開
させたわけです。その中で犠牲になったのは対馬丸のみでした。
また当日、対馬丸と同時に出航した和浦丸・暁空丸は無事に本土に着いています。

確かに対馬丸の撃沈は悲劇ですが、ただこの事実の方にも目を向けて欲しいのです。
軍の疎開の目的として「人道面」よりも「軍務の妨げになる」を理由に糾弾する人も
いますが、これも必ずしも正しくなく、やはり人道目的での疎開の面も確かにありました。
また計画では10万人を疎開の予定でしたから、当時の悪化する航路事情で、これだけ
「少ない犠牲」で計画の約7割の7万人を疎開させられたのはある意味で快挙です。
もしIFが許されるなら、対馬丸さえ撃沈されなければ、民間人の悲劇ばかり語られる
戦争末期に於いて、奇跡の成功として讃えられたかもしれません。

ま、あっち系の人には怒られるのは承知な意見ですけどね。

702 :名無し三等兵:2006/07/24(月) 18:45:05 ID:???
「激動の昭和史 沖縄決戦」はいい。

703 :名無し三等兵:2006/07/24(月) 19:49:34 ID:???
>>701
そうなんですか??
あくまで僕の印象なんですが、疎開船を沈めた米国のひどさ、
という感じで語られているのが多いと思います。

沖縄戦は軍が悪かった、な意見が今も昔も大勢だと思いますけど。

704 :名無し三等兵:2006/07/24(月) 19:58:17 ID:???
>>703妄想乙

705 :名無し三等兵:2006/07/24(月) 21:14:52 ID:???
>>701
そんないーかげんな「軍を責める声」なんかどうでもよろしい。
ちょっとつっこんで調べりゃ、米側が意図的に学童疎開船狙って攻撃した事実も提示できるんだし。

そういうわけでおまいさんのIFが成立する可能性は極度に低いわけだが、
仮にそうなったとしても南部撤退をやらかした時点で
「日本軍は民間人保護なんか知ったこっちゃねー」的印象を覆すのは無理になっちゃう。

706 :名無し三等兵:2006/07/24(月) 23:34:49 ID:???
>>705
ポーツマス、ポーツマス、
まで読んだ

707 :名無し三等兵:2006/07/25(火) 03:02:51 ID:???
701と705は何を議論してるのだろう いや、煽りじゃなく。

708 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2006/07/25(火) 08:04:56 ID:???
 昔、TV番組で対馬丸沈没後、船員と子供が同じ筏で漂流している最中、眠っ
た子供を「眠るな!」と言って、船員が子供の太ももを釘で刺した、というエピ
ソードを見た女優(?)が、

「釘を刺すのは酷い!」

 と云っていたのが印象的でしたねぇ…… (w`;

709 :名無し三等兵:2006/07/25(火) 10:09:11 ID:???
眠ったほうから波間に沈んでいくからなあ。
サメさえよってこなければ上手い手なんだが。

そういえば対馬丸ではインディアナポリスみたいな話はあんまりきかないな。
アニメ映画版では疲労で波間に沈んだばあちゃんが喰われていたが。

710 :名無し三等兵:2006/07/25(火) 10:52:49 ID:???
アニメで見た対馬丸では思いっきり軍人さん達が悪者扱いでした。
あんなゴミみたいな県民の為に貴重な船舶と護衛兵力を供出した事を
むしろ感謝すべきなのに・・・非国民が


711 :名無し三等兵:2006/07/25(火) 11:30:22 ID:???

2点。

2行目後半が、
軍板住人という正体を晒している(w
つまり1行目と2行目前半と3行目は釣り針。

沖縄戦を研究すると、
県民に頭上がらなくなるのが普通だからね。(なりきり脳内将官なら尚更ね)
で、攻防戦を調べると、大本営発表なんかメじゃ無い精鋭部隊が出るわ出るわ。

結論として、
ギャンギャン五月蝿いのは真っ当な軍板住人の意見にあらず。=釣りw
体験者は別としてね。( 個人の運命・体験は千差万別なので )

軍板では
評判悪そうな劇画版の沖縄決戦系でも、
ちゃんとヒューマンな軍人や、護国の鬼になった英霊の描写が主。といかメイン。

浦添攻防戦で消えていった将兵を思うと、あれでもまだ描き足りない位だとは思うけど。


712 :翡翠(星砂) ◆PujjQOi5D. :2006/07/25(火) 12:12:30 ID:???

8月も近くなったので、
そろそろ大丈夫かな、と夜中に、南部一帯を放浪。

いや、
お持ち帰りの人じゃない(ハズ)だから、
与座岳の南遥か、までくると、
しばらく、東シナ海と太平洋の潮騒を遠望しているけれど。

そういや1度はそれとは気づかないまま、とある海岸で雨に濡れながら寝ていましたの。

夕暮れに、
その日の適所で、ぼうっと、与座岳を眺めていると、
風とともにトンボがやってきて、どっかにとんでいった。鳥が鳴いているだけの、静かな夕暮れ。

玉城や知念の山の中で、雨(台風)に煽られたときもあったかな。
まあ、地元の人にとっては365日の何時もの事。何時もの風景。

小波津とかに行っても、
ここの何処にそこまで踏ん張れる要害があったのかと思う位、
住宅地で埋まっている所が殆どなのですが。

ちなみに、先日の7月の南部の夜空は、静かで、メタメタ美しかったですよ。


713 :名無し三等兵:2006/07/25(火) 19:08:58 ID:???
>>711
2点・・・までは読んだ


714 :名無し三等兵:2006/07/25(火) 19:09:42 ID:???
>>712
>>713
日本語不自由か?
帰国子女か?

715 :名無し三等兵:2006/07/25(火) 19:34:04 ID:???
>>714それよりコイツを見てくれ


716 :名無し三等兵:2006/07/25(火) 19:45:11 ID:???
>>712
>>713
ここは坊やの夏休みの日記帳じゃない。
日記帳がなければママにパートの帰りに買ってきてもらえ。
日記帳も買う金がなければ1食ぐらい抜け

717 :翡翠(星砂) ◆PujjQOi5D. :2006/07/25(火) 20:37:34 ID:???
そんなことより、
純軍事的な貴方方の沖縄戦を聞かせてくれ。

できれば
フィールドワークの感想とか聞かせてくれると嬉しい。

このフィールドワークというのが曲者で、
左の人達は平気であちこちに突撃するからなあ・・・

左・右・誰が悪いとか、
そーゆー次元の話はイラネから、体験レポとか寄せてくれると、嬉しい。

718 :翡翠(星砂) ◆PujjQOi5D. :2006/07/25(火) 20:56:41 ID:???
>>713 長文ゴメ
>>715 ゴメ
今日は長崎の子供達が壕に潜ったり、ひめゆりの塔に献花をしていたそうな。

↓ では、なにごともなかったかのように、ヨロ。↓

719 :翡翠(星砂) ◆PujjQOi5D. :2006/07/25(火) 21:11:12 ID:???
・・また抜けていた。
せっかく、ベタ様も着ていたのになあ・・orz マジデヘコム

おわびに1つ。
沖縄戦も末期も末期のころ、
湊川に上陸した米軍を叩きに、砲兵の生き残りが砲を引っ張って出動したそうでふ。
でも残念ながら、砲撃する前に砲を失ったそうでふ。

最後の最後で、弾を打ち尽たせぬまま、砲を失った方々の辛さ。
前田とか各所所の壕の中に無為に埋もれていった弾薬食料も哀しい。(了

720 :名無し三等兵:2006/07/27(木) 23:33:35 ID:???
「沖縄県民斯ク戦ヘリ」の著者田村洋三氏が新刊を出したね。
今度は嶋田顕知事と荒井退造警察本部長を描いた「沖縄の島守」。
当時の地図や時には、現在の宅地図に話の舞台をポイントしたマップが
あるので、より読みやすくなっている。

なお、本章後の解説によれば今度は、沖縄一中の配属将校篠原保司中尉
(6.10、喜屋武村にて戦死)を描くとか。
本章中では一中卒業式の最中、近くに着弾した艦砲弾にも動じなかった
猛者として描かれているので、彼が主人公となる次回作も楽しみだ。

721 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2006/07/28(金) 06:48:50 ID:???
>>720はん
>「沖縄の島守」
 新刊ちゃう! 新刊ちゃう!
 ハードカバーで3年ぐらい前に出てる。

722 :名無し三等兵 :2006/07/28(金) 11:56:02 ID:qUWux6NV
米軍上陸間もなくレイプにより生まれた混血の人を見てみたいんだけど
いるのかな?

723 :名無し軍曹:2006/07/28(金) 12:06:11 ID:aHxUgxgP
座間味島、渡嘉敷島、伊江島ではアメリカ軍が上陸してくるときに玉砕命令
によって民間人800人が集団自決したんでふ。
またスパイ容疑の濡れ衣を着せられてころされた民間人もいるようでふ。
言い忘れてましたヨロでふ

724 :名無し三等兵:2006/07/28(金) 12:17:48 ID:???
>>723
それって最近否定されていない?

戦後補償金もらう時、軍命令で集団自決したほうがもらえる金が違うからと

725 :名無し三等兵:2006/07/28(金) 14:39:07 ID:???
>>724
>>151 を見たら裁判で掃討戦のレベルに入ってる

726 :名無し三等兵:2006/07/28(金) 15:56:01 ID:???
>>151 に誘導されて、捏造キターと狂喜乱舞して
>>153-177 でカウンターを喰らう図式再び

727 :名無し三等兵:2006/07/28(金) 17:08:43 ID:???
>>726
>>153-177を見たが
どうみても止めを刺している流れにしか見えないんだが…
ベタ藤原氏がバーサーカーと化している

728 :726:2006/07/28(金) 21:36:14 ID:???
>>727
最高裁までいくかはわからんけど、詳細がハッキリするといい。
要は慶良間で何があったか?なんだが、
左も右も他の事例を差し置いて1を金科玉条にして、他99を印象誘導するのが超ウザイ。
どっちも叩き潰されるといい。真実は1つしかないんだから。

残念ながら、その真実を握っている者の殆どが< あの世 >というのが、
この手の救いのない話、なのが。

729 :名無し三等兵:2006/07/28(金) 21:47:30 ID:???
>真実は1つしかないんだから。

残念ながら、真実は事実を見る人の視点の数だけあります。
慶良間の住民にとって都合の良い真実が、それまでの軍命令による集団自決だっただけのこと


730 :726:2006/07/28(金) 21:55:32 ID:???
ベタ藤原氏バーサーカーについては、むしろ大歓迎なのでは。

正体バレバレの726は、前スレで、
ベタ藤原氏が純軍事な話をしようとするたんびに腰折られていたのに
腹据えかねていたから(今回)参戦したんで。

おっと、レスありがとう。またね

731 :726:2006/07/28(金) 21:59:30 ID:???
うわ、もう1つレスがあったか・・でも、また!

732 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2006/07/28(金) 22:58:45 ID:???
 ここだけの話。
 なんかまた沖縄戦のTVドラマ撮ってるらしい。

「沖縄従軍少女看護隊 最後のナイチンゲール(仮)」
http://www.ntv.co.jp/drama-sp/
 酷い日本人の日本兵しか出てこなそう (w`;

733 :名無し三等兵:2006/07/28(金) 23:41:36 ID:???
>>732
看護隊を強姦する日本兵とか出てきそうだ;

734 :名無し三等兵:2006/07/28(金) 23:59:03 ID:???
「カンポーヌクイヌクサー(艦砲の食い残し)」だったうちのばっちゃは、
婦人従軍歌をピアノで弾くのが好きだったな。
あの生き地獄を経てなお、時の国軍を思い出させる軍歌・戦時歌謡が好きで
なければ、絶対にこのようなことはしない。

日本軍人復権の兆しが見られる今、ヘタな嘘をつくと、地元の元高女生から
思いっきり背中を撃たれるかも(マスコミは隠すだろうけど)。

735 :名無し三等兵:2006/07/29(土) 03:02:18 ID:EkUuoDfY
ひめゆり学徒隊はどうだったんだろう?
やっぱり大変だったのかな?
詳しく教えてくれる方誰か居ませんかぁ?

736 :名無し三等兵:2006/07/29(土) 03:36:12 ID:???
まぁ、学校の先生の人たちのコトだからねぇ。
共産党の人ばかりだし。

737 :名無し三等兵:2006/07/29(土) 06:12:01 ID:???
大田実 海軍少将
昭和20年6月6日付け電文

(前略)本戦闘の末期と沖縄島は実情形口口、一木一草焦土と化せん。
糧食六月一杯を支ふるのみと謂ふ。
沖縄県民斯く戦へり。県民に対し後世特別のご高配を賜らんことを。

辞世
身はたとへ沖縄の辺に朽つるとも、守り遂ぐべし大和島根は
大君の御はたのもとにししてこそ、人と生まれし甲斐でありけり

738 :名無し三等兵:2006/07/29(土) 06:15:49 ID:???
牛島満 陸軍中将
決別の辞

(前略)最後の決闘にあたり、すでに散華せる数万の英霊とともに、皇室の弥栄と皇国必勝とを衷心より祈念しつつ、
全員あるいは護国の鬼と化して、敵のわが本土来冦を破壊し、あるいは神風となりて天翔り、必勝戦に馳せ参ずる所存なり。
戦雲碧々たる洋上なお小官統括下の離島各隊あり。
何卒よろしく御指導賜りたく、切にお願い申上ぐ。
ここに平素の御懇情、御指導並びに絶大なる作戦協力に任じられし各上司、各兵団に対して深甚なる謝意を表し、遙かに微衷を披れきし以て訣別の辞とする。

辞世
矢弾尽き天地染めて散るとても、魂還り魂還りつつ皇国護らん
秋待たで枯れ行く島の青草は、皇国の春に甦らなむ

739 :名無し三等兵:2006/07/29(土) 07:44:43 ID:???
>>736
1960年代後半までの沖教組がどういう組織だったか知らんで言ってるだろ。

沖縄を右や左で語ろうとすんな。 あそこは「琉球原理主義」とでもいうべき視点でなければ読み解けない地だ。

740 :名無し三等兵:2006/07/29(土) 09:43:55 ID:???
>>736
今の状態が嘘なぐらい復帰前は日の丸打ちを振るい、君が代を声高く歌っていた
学校で復帰運動を指導?していたのでその時代の学生は
♪沖縄を返せ〜の歌を知っている

741 :名無し三等兵:2006/07/29(土) 13:19:57 ID:???
>ここに平素の御懇情、御指導並びに絶大なる作戦協力に任じられし各上司
牛島司令官はきつい皮肉を言う人なんだと思った

742 :名無し三等兵:2006/07/30(日) 03:40:30 ID:???
皮肉が通じるような相手じゃないわい。

743 :名無し三等兵:2006/07/30(日) 03:42:09 ID:???
>739


復帰後の状態で言ってるんですが、なにか。
だいたい、占領されていた期間と復帰後の期間どちらが長いと。



744 :名無し三等兵:2006/07/30(日) 07:32:51 ID:???
>>743
根本的に判ってねーな。 沖縄の左傾は見せ掛けだって言ってんの。
状況が変わればあっさり右傾する。 あそこの人間にとって右だの左だのは方便にすぎないんだから。

745 :名無し三等兵:2006/07/30(日) 14:32:28 ID:???
全ては沖縄原理主義のための道具にすぎないってことね
左傾しているように見えるのは、その方が都合が良いから

746 :名無し三等兵:2006/07/31(月) 08:09:34 ID:i8Ug9/hn
>738
なかにはこれを、日本人として戦ったという認識の人もいます。

747 :名無し三等兵:2006/08/02(水) 11:41:52 ID:Bm6kdw7a
勇保守

748 :名無し三等兵:2006/08/03(木) 12:19:55 ID:8xPM3245
沖縄民間人を疎開するために老骨にむち打って危険な航海を続けた長鯨、迅鯨の苦労も分かってくだちい。

749 :名無し三等兵:2006/08/03(木) 12:31:11 ID:IDE/JIlh
沖縄戦は司令官が無能だったのと、兵の指揮系統の乱れが敗因だな!牛島のいいところは最後に腹かっさばいて切腹したトコぐらいだ。

750 :名無し三等兵:2006/08/03(木) 13:52:47 ID:???
>>749ウホッ

751 :名無し三等兵:2006/08/03(木) 16:56:38 ID:???
最初から必敗決定の戦場に敗因もくそもないもんだ。
牛島司令官は3ヶ月も沖縄を保たせたこと自体素晴らしい運営手腕なのだが。
大本営が総攻撃指令出さなかったり第9師団引き抜いたりしなければもっと持ちこたえただろう。

それが沖縄住民にとって幸いかは別問題だがな・・・

752 :名無し三等兵:2006/08/03(木) 18:11:59 ID:???
牛島中将と八原大佐の関係はうまくいってたのかな?八原大佐への現場指揮官の風当たり
はキツイものがあったようですが。

753 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2006/08/03(木) 20:59:22 ID:???
>牛島中将
 牛島満って沖縄戦で、何したっけ? 
 5月4日の大攻勢で「みんなが攻撃するって言ってるのに、お前だけ反対
すんなYo!」と、木刀を素振りするのと、鰹節削るのと、切腹した以外、
思い出せないんだが…… (w`;
 

754 :名無し三等兵:2006/08/03(木) 21:25:26 ID:???
牛島中将はいい人。
なんだかんだで司令部をまとめてたし、八原の作戦計画を受け入れてたところから考えて
案外見る目も確かなんじゃないか?
頭の悪い司令官ならかなり異色の八原の作戦計画は容れなかったんじゃないか。

755 :名無し三等兵:2006/08/03(木) 21:41:02 ID:???
軍参謀長が長勇じゃなくて栗林忠道だったら、展開が全く変わってただろうな…

756 :名無し三等兵:2006/08/03(木) 21:56:42 ID:IDE/JIlh
そもそも米軍を無血上陸させたトコから間違ってやがる。

757 :名無し三等兵:2006/08/03(木) 21:57:48 ID:???
>>755
栗田健男だったら?

758 :名無し三等兵:2006/08/03(木) 21:59:53 ID:IDE/JIlh
守備隊とゆう呼び方からして弱腰になっている。

759 :名無し三等兵:2006/08/03(木) 22:52:45 ID:???
>>756
米軍を水際撃滅なんていう妄想を放棄したところからしか日本軍は作戦立てようがない

760 :名無し三等兵:2006/08/04(金) 00:11:47 ID:???
釣りだよ

761 :名無し三等兵:2006/08/04(金) 04:19:26 ID:???
<戦車第二七連隊>
戦車27連隊は、沖縄に配備されたほぼ唯一の機甲戦力でした。
(ほかに、24Dの捜索24連隊に94式軽装甲車有)
撃兵団として有名な戦車2師団の師団捜索隊を昭和18年に改編した部隊です。
編成は、連隊本部(97式改×3、95式×1)以下、
第一中隊(軽戦車)、第二中隊(中戦車)、第三中隊(中戦車?)、第四中隊(戦車無く重機のみ)
の4個戦車中隊に加え、
機動歩兵中隊(120名、47mm速射×2)、砲兵中隊(75mm機動×4)などを含む、
ミニ機甲師団型の諸兵科連合部隊でした。
砲兵中隊は別にあるので、第四中隊は、本来は中戦車を装備させたかったのでしょうか。

このうち、第三中隊は宮古島に分遣されたため、
本島の戦闘に参加したのは、残りの97式改×14、95式×13程度と思われます。
米軍上陸時には、中城湾に面した与那原地区に展開しており、
艦砲射撃を避けるため、丘陵背後の洞窟に分散退避しています。
この際、米軍掃海艇に発見されますが、日本軍魚雷艇が撃沈して救援したそうです。
その後、4月後半の空襲により、第二中隊の第三小隊は全滅。
おそらく、ほかにも若干の損害を受けているものと思います。

762 :名無し三等兵:2006/08/04(金) 04:21:41 ID:???
5月上旬の総攻撃に参加するため、5月3日夜半、連隊主力は北へ行動を開始します。
第24師団に協力すべく首里北方の石嶺方面に展開しますが、
連隊本部と第二中隊は、移動中に艦砲射撃を受け、本部の中戦車(通信車)を破壊されます。
また道路破壊と残骸により、第二中隊主力は、落伍してしまいました。
攻撃発起までに終結したのは、第一中隊の95式×9、本部・第二中隊の97式改×2、95式×1
兵力不足の本部と第二中隊は下車戦闘を選びます。(ほかに、機動歩兵と整備班などの歩兵戦力)

4日午前3時、連隊は攻撃を開始。前田高地南方から建設途上の滑走路方面へ突入します。
奇襲成功したものの、5時頃からM4戦車十数両を含む反撃を受け、軽戦車は大損害を受けます。
この際、煙幕を利用して襲撃をかけたとの説がありますが、
第二中隊の将校の戦記に拠れば、退却時に使用したようです。
攻撃発起時には、まだ暗かったというので、退却時が真相と思います。

同日夜、追いついた第二中隊主力の97式改×6を基幹に夜襲しますが、
再びM4戦車を含む反撃を受け、車両の大半を失い石嶺まで後退しました。
攻撃主力の第24師団や守備隊の第62師団とは、全く連携できませんでした。

763 :名無し三等兵:2006/08/04(金) 04:24:24 ID:???
以後、石嶺付近に陣地を構え、第24師団22連隊などと共に防衛戦を展開します。
残存戦車6両(おそらく軽戦車主体の混成)は、
石嶺前方の130高地後背でダックインしての戦闘になります。
機動野砲はまだ健在で、かなり健闘したようです。ほか歩兵中隊1が配属。
5月15日、石嶺に米軍が侵攻しますが、撃退。
5月16日、再び米軍の攻撃を受け、残存戦車は、M4との交戦で全滅しました。
米軍は、日本戦車は容易に破壊したが、37mm砲装備でそもそも脅威ではなかった、と評しています。
連隊は、特設大隊1を配属されて抵抗を続け、月末まで固守した後、首里方面へ撤退しました。(以下略)

なお、もう一つの機甲戦力、捜索24連隊も、同時期に攻撃に出ています。
有名な94式軽装甲車の残骸写真は、この部隊が総攻撃時に失ったものと思います。
おそらく、この5月の戦闘で全戦力を失っていました。

Q.捜索24連隊について記述がある資料って、なにかありますか?

764 :名無し三等兵:2006/08/04(金) 13:19:08 ID:???
>>751
首里前面で終戦まで持ちこたえれば、沖縄県民の犠牲者も減ったかもしれない。

>大本営が総攻撃指令出さなかったり第9師団引き抜いたりしなければもっと持ちこたえただろう。

この両方が揃えば、なんとか可能だったかも。
まあ、第9師団が有れば、総攻撃への圧力は一層増えるだろうが。


765 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2006/08/04(金) 17:53:26 ID:???
>>763はん
 戦車第二七連隊についてそこまで詳しく書かれているのは初めて見ましたわ。

>捜索24連隊
 残念ながら知らない……

766 :763:2006/08/04(金) 18:46:52 ID:???
肝心の参考文献が抜けてましたね。
丸エキストラNo.66「沖縄血戦記」に出てきた「月明に消えた最後の戦車隊」
著者は、黒崎隆雄という同連隊第二中隊で大尉だったという方です。
中隊長ではなく、指揮班長とのこと。
主に、総攻撃時の下車戦闘の個人視点と、掃討戦での命拾い談1つ。

それに、沖縄戦についての日本語ページ。たぶん有名なところ。

767 :763:2006/08/04(金) 18:49:54 ID:???
もうひとつ、木俣滋郎「戦車戦入門」(光人社)

768 :『大和』は、沖縄に着いていた!:2006/08/05(土) 22:13:38 ID:14blaAQH


[●] ≦(*) ̄>
  G\(@∀@-ウ <実は、昭和十九年六月二十二日に沖縄に入港していたのだ!
   \ T 曲\
  ⊆⌒ ̄⊇ ⊆⌒ ̄⊇ ⊆⌒ ̄⊇
G\(^∀^ G\(^∀^ G\(^∀^ ク
 \‖゙∇"‖\‖"∇゙‖\‖゙∇"‖\

769 :名無し三等兵:2006/08/05(土) 22:14:30 ID:???
>>756
本来は武兵団を正面にぶつける予定だったのを
台湾に引き抜かれたからやむを得ないと思う。

撃つな、という命令に反して海軍の砲台が発砲し
すぐさま位置を補足されてあっという間に破壊されたが
同じような事になってたと思うよ。

770 :名無し三等兵:2006/08/05(土) 22:28:04 ID:???
>>764
米軍の損害は格段に増えるだろうけど、それでも終戦まで持たせるには弾薬が絶望的にたりないかと。



771 :名無し三等兵:2006/08/05(土) 23:45:20 ID:???
>770
米軍の損害増やすのが作戦目的だろうが・・。



総攻撃なんてわざわざ餌食になるだけだし
掃討しやすくして差し上げただけの利敵行為としか。

772 :名無し三等兵:2006/08/06(日) 03:22:31 ID:???
>>754
感状の清書を忘れているyop

牛島中将は西郷南州の生まれ変わりとも言われた人徳の人だyop
この人で無いと長参謀と八原参謀を纏め切れないyop

弾薬も食料も集積不十分で長期戦になると南方の孤島の様に
住民もろとも飢餓地獄に陥るのはミエミエなので攻勢と言う形で
早く決着を付けたがった現場指揮官も多かったんだyop



773 :名無し三等兵:2006/08/08(火) 04:35:20 ID:???
>>761補足
宮古島に派遣された第三中隊は、中戦車装備に改編済みだったようです。
中戦車5、軽戦車1という数字が出てきました。(土門周平「人物戦車隊物語」)

同書に拠れば、連隊総数は中戦車25、軽戦車14ということになります。
仮に中戦車中隊(中11、軽1)、軽戦車中隊(軽11)、連隊本部が中3、軽1とすると、ピタリ。
ただ、戦力が充実しすぎている気はしますし、第三中隊の実数からしても?
第三中隊は宮古島輸送中に、半数(中戦車6)海没か? あるいは未充足か?

なお、石嶺放棄直前の5月27日に、連隊長の村上乙中佐(陸士36、騎兵)は戦死しています。

774 :名無し三等兵:2006/08/10(木) 01:37:33 ID:TMIwfnJ3
八原保守

775 :名無し三等兵:2006/08/10(木) 09:14:21 ID:???
もっとsage持久せよ。

776 :名無し三等兵:2006/08/10(木) 14:22:10 ID:???
地上戦突入前〜地上戦の期間と、戦後〜本土復帰までの沖縄史はよく語られるが。
沖縄陥落〜終戦までの間はどういった状況だったんだ?

生きてる軍人は全員捕虜として、民間人も親米派を含めて全員収容所送り?
逃亡生活を続けた香具師や、ゲリラ化した沖縄人は居ないの?

777 :名無し三等兵:2006/08/10(木) 16:23:39 ID:???
777げとー!

778 :名無し三等兵:2006/08/10(木) 16:57:14 ID:???
米軍主力が投入された南部は7月上旬で一応戦闘終了
沖縄北部の制圧は8月以降。
捕虜になった軍人は当然収容所に、民間人は米軍軍政下で、ある程度通常の生活。
逃亡者や塹壕に篭った人は軍人、民間人含めて当然いる。

779 :防衛庁図書室にあった:2006/08/10(木) 21:40:31 ID:???
米軍の沖縄戦闘日録によれば、
終戦まで毎日のように日本軍機が沖縄本島に襲来していて、
師団本部間近に爆弾を投下したりもしていた。
また八月十二日には、戦勝間近で浮かれていた
戦艦ペンシルヴァニアを大破させてもいる。
  ( ⌒ )
   l | /
  〆◎◎ヽ
⊂(*‘д‘)<決して見捨てていた訳じゃないゾー!!!
 /冊▽冊ノ∪
 し―-J |l| | 
   ⊂☆(。∀。)★⊃=3 ペシッ!!

780 :名無し三等兵:2006/08/10(木) 22:35:36 ID:???
>>779
もういいから 去れ

781 :名無し三等兵:2006/08/10(木) 23:59:47 ID:???
>>778
っつっても一般県民が収容所から解放されたのはもっと後の話だったりする。


782 :名無し三等兵:2006/08/11(金) 00:54:43 ID:???
>>776
小4の頃、学級文庫にあった「捕虜になるまで」という本を何度も読み返した
(この歳にして既に思いっきりイヤなガキだ)が、牛島司令自決後も一部住民
の米軍不信と避難生活は続いた。
彼らの水汲みや移動の際にはやはり、草むらや夜闇に隠れて動く生活が続
いたのだが…これは米軍の目から見ると当然、挙動不審者。
掃射対象として扱われたそうだ。
このため散発的ながら、終戦後も日本人犠牲者の発生は続いたようだ。

もっともその一方で「沖縄県民斯ク戦ヘリ」によれば、抵抗を続ける日本軍
兵士が未だ立て篭もっていた帝国海軍沖方根司令部に入り込んだ米兵にも、
平等に死が襲い掛かってきたようだ。

783 :名無し三等兵:2006/08/11(金) 11:42:20 ID:GPLgQ2Ss
沖縄戦とか硫黄島戦とか、いまの教育では「人が何千何万と無駄死にした壮大なる悲劇・愚行」としか語られていないけど、
軍事学的に見れば非常に劣勢な装備、人員で圧倒的な大軍の攻撃をよくもって耐えた素晴らしい戦闘なんだよな。
日本軍もやられてばかりでなく、その分米兵も道連れにしてやったという輝かしい歴史をちゃんと教えてほしい。

784 :名無し三等兵:2006/08/11(金) 12:08:21 ID:3yJwvvDr
勝てば官軍、負ければ賊軍、だからなー
>>日本軍もやられてばかりでなく、その分米兵も道連れにしてやったという輝かしい歴史
だとブサヨとか日狂鼠が「戦争肯定反対」とか吐きそうだ

785 :名無し三等兵:2006/08/11(金) 12:10:26 ID:???
ニュース23 からのお知らせ

靖国参拝についてあなたのご意見をお聞かせください。

Q1.首相の靖国参拝に賛成ですか?反対ですか?
   また、その理由は何ですか?

Q2.A級戦犯の合祀・分祀についてどう思いますか?

Q3.あなたにとって靖国神社とは何ですか?


年齢・性別を記名の上、番組までメールをお送りください。

※タイトルに「靖国SP」とお書きください

お寄せいただいたご意見・ご感想に関しては個人を特定できない形で当サイト上、番組上で紹介
させていただくことがございます。

皆様の個人情報の保護に関しては十分な配慮をさせていただきます。

http://www.tbs.co.jp/news23/your_voice/060809.html


786 :名無し三等兵:2006/08/11(金) 21:44:44 ID:???
>>783
そんなレベルの視座で現状の教育語る奴が国士面しないでくれないか?
いくら夏だからってちょっと酷すぎる。

787 :名無し三等兵:2006/08/12(土) 00:26:02 ID:???
>>785
やめとけ
TBSに都合が良ければデータは採用
都合が悪ければボツ、もしくは「ネットに広がる無知の証明」になる

788 :名無し三等兵:2006/08/12(土) 07:33:39 ID:???
>>785
スレ違いすぐる。

789 :名無し三等兵:2006/08/12(土) 12:31:18 ID:???
夏だなぁ・・・


790 :名無し三等兵:2006/08/13(日) 01:21:23 ID:QRIq+tSQ
沖縄

791 :名無し三等兵:2006/08/13(日) 06:20:36 ID:???
あんな狭い硫黄島であれだけの損耗を米軍に強いたのに
より広い沖縄ではそれに比例する損耗を与えられなかったのは何故でつか?

792 :名無し三等兵:2006/08/13(日) 12:37:45 ID:???
サイパンでもフィリピンでも損耗を与えられてませんが何か?

793 :名無し三等兵:2006/08/13(日) 14:35:27 ID:JapseIr+
ざわわ〜ざわわ〜

794 :名無し三等兵:2006/08/13(日) 14:41:19 ID:???
マシンガンの前に突撃してくる日本兵は良い日本兵だぜベイベー♪

795 :名無し三等兵:2006/08/13(日) 14:45:30 ID:QRIq+tSQ
さとうきび畑再放送アゲ

796 :名無し三等兵:2006/08/13(日) 15:15:02 ID:???
さんまアボーンだけ見ようと思うんだけど何時ごろかな?

797 :名無し三等兵:2006/08/13(日) 15:23:13 ID:???
5時近くまで放送するから4時20分くらいからアボーン待ちと予想

798 :名無し三等兵:2006/08/13(日) 15:31:00 ID:???
さんまのキャラさ
ライフイズビューティフルのグイドをぱくってねーか?

799 :名無し三等兵:2006/08/13(日) 15:31:47 ID:???
>>797
サンクス 床屋いってくる

800 :名無し三等兵:2006/08/13(日) 15:35:01 ID:???
ざわわ〜ざわわ〜( ・∀・ )

801 :名無し三等兵:2006/08/13(日) 15:35:57 ID:???
戦国自衛隊の61式ってこれか?

802 :名無し三等兵:2006/08/13(日) 15:40:06 ID:???
こんなことするために生まれてきたんじゃないんですよ!

803 :名無し三等兵:2006/08/13(日) 15:43:14 ID:???
さんまといえばよくお笑いで日本兵の格好してたが・・・
こんなの真面目に演技するということはどういうことなんだ?
不謹慎な奴に思えてきた。

804 :名無し三等兵:2006/08/13(日) 15:54:37 ID:???
日本版エリアス軍曹が出てますね。

805 :名無し三等兵:2006/08/13(日) 16:05:27 ID:???
なんで悪役将校は無名俳優にやらせるんだ?
悪意を感じる

806 :名無し三等兵:2006/08/13(日) 16:09:40 ID:???
日高みないでこれ見てる奴は神w

807 :名無し三等兵:2006/08/13(日) 16:35:20 ID:???
すまん床屋から帰ってきたんだが写真みてるな・・
秋刀魚あぼーんおわっちゃった?

808 :名無し三等兵:2006/08/13(日) 16:40:35 ID:???
>>805
テレビに出てるのだけが俳優ではない。
大杉蓮とかもそうだけど舞台でも実績のある役者さんだよ

809 :名無し三等兵:2006/08/13(日) 16:47:15 ID:???
さんまアボーン

810 :名無し三等兵:2006/08/13(日) 16:48:12 ID:???
>>808
あれ大杉蓮だったん?
わかんなかったよw



811 :名無し三等兵:2006/08/13(日) 20:12:42 ID:???
サンマといえば「入間の立琴」だぎゃぁ。

812 :名無し三等兵:2006/08/13(日) 21:22:03 ID:???
どうみてもライフイズビューティフルだろ・・・・これ・・・

813 :名無し三等兵:2006/08/15(火) 01:58:41 ID:pMfgridW
終戦保守

814 :名無し三等兵:2006/08/17(木) 23:44:30 ID:lqnCTxmY
沖縄復活

815 :フヌケばかりだな…:2006/08/17(木) 23:55:43 ID:???
佐藤 「A級戦犯合祀について?」
小沢一郎自治大臣
「基本的に、お国のために、一所懸命、その是非は別として、戦ってそれで亡くなった方であるから、
そういう戦没者に参拝することによって、誠の気持ちを表す、また自分なりにそれを考えるということである。
従って、A級であろうがB級であろうがC級であろうが、そういう問題ではないと思っている。』

  ( ⌒ )
   l | /
  愛国市民
⊂(*‘д‘)<勝ってに公式発言を撤回するな!!!
 /天●誅ノ∪
 し―-J |l| | 
    ノ(。⌒。)\-=3 ペシッ!!

816 :名無し三等兵:2006/08/19(土) 11:53:45 ID:???
>815
「基本的に、お国のために、一所懸命、その是非は別として、戦ってそれで亡くなった方」て定義してるじゃんか。
東条はともかく白鳥とか松岡が「戦ってそれで亡くなった方」といえるかどうか。



817 :名無し三等兵:2006/08/19(土) 17:49:32 ID:da8PLYFL
実際に日本兵が県民を虐待することってあったんですか?
今度放送される日テレの戦争ドラマでそんなシーンあったんで。

818 :名無し三等兵:2006/08/19(土) 18:30:10 ID:???
無かったら人間じゃない。 南部撤退以後はそれくらいの極限状況だった。

819 :名無し三等兵:2006/08/19(土) 21:55:51 ID:LOydLO4y
22日の日テレの沖縄戦ドラマの掲示板に意見を書いてみたけど見事にスルーされた。


820 :翡翠(星砂) ◆PujjQOi5D. :2006/08/19(土) 22:15:25 ID:???
(==)いやあ〜、流石にソレは仕方ないかと。
よければアドレスきぼん。

821 :名無し三等兵:2006/08/19(土) 22:23:31 ID:LOydLO4y
http://www.ntv.co.jp/drama-sp/

書いた内容だけど、そんなに過激なことは書いてないよ。
実はここのレスをいくつかくっつけてアレンジしただけw

822 :名無し三等兵:2006/08/19(土) 22:25:10 ID:LOydLO4y
とりあえず、15秒予告編って言うの見てがっかりすた。

823 :名無し三等兵:2006/08/19(土) 22:33:49 ID:???
琉球王朝の宝物って、本当に米軍に略奪されたの?

824 :名無し三等兵:2006/08/19(土) 22:34:06 ID:RIb3p3z3
>>817 戦争ってそんなもんでしょ。
ハーフっぽい顔の県民はスパイ容疑かけられて上からの命令で殺された人もいるし、防空壕で赤ん坊が泣いてたらうるさいと口を塞がれ殺されたのもいる。
名護や与那原など南部はそうとう酷かったらしいし。
逆にひめゆり部隊などと共に行動し、県民を守ってくれた日本兵がいたのも確か。

825 :名無し三等兵:2006/08/19(土) 22:36:40 ID:RIb3p3z3
>>823 みたいね。最近持ち主が判明してその人がテレビに出てたよ。

826 :翡翠(星砂) ◆PujjQOi5D. :2006/08/19(土) 22:38:13 ID:???
)ノシ 見てきた。ありがとお。
結論。軍板の人が逝っただけで荒らしになるっしょ;(w
いや、あれで十分かと。
リアル追求すると・・10日単位で風呂に入らない状態から役作りとかしなきゃいかんし。

827 :翡翠(星砂) ◆PujjQOi5D. :2006/08/19(土) 22:42:47 ID:???
というか、スタッフから完全にスルられていた?
上から下までパッと見たけど、一般の人たちのレスしかなかったですよ。

いや、ま、
あの雰囲気に、あの娘ッ子さん達に軍板レスとか・・・
ホント、空気嫁だから。(苦笑w

一般女子学生(男子か)さん達にアピールできればいい、くらいで。

828 :名無し三等兵:2006/08/19(土) 22:44:32 ID:LOydLO4y
>>826
いや、ハセキョーさんとかの美人が出てるのは全然いいんですよ。
予告編はご覧になりました?
狂ったような日本兵が看護士の人たちに
「洞窟から出ていかないと殺す!」
って凄んでいるヤツ。

こんなん見たら戦争に興味がない女の人とかは
「昔の日本兵は酷い!!」
っておもっちゃいませんかね??

829 :名無し三等兵:2006/08/19(土) 22:46:12 ID:LOydLO4y
>>827
スルーっていうかテレビ局の検閲で削除されたかと。

830 :名無し三等兵:2006/08/19(土) 22:50:31 ID:???
>>825
黄金の王冠や、宝石が発見されたの?

831 :翡翠(星砂) ◆PujjQOi5D. :2006/08/19(土) 22:51:52 ID:???
>>827 うん。仕方無いかと;(^^
>>828 私のPC、10年前のかつマウス仕えなくて、
画面も25%オワッテていて、更にキー操作駆使ってるから・見なかったけど・・

まあ、怖い兵隊さんはアリでっしょ。実際怖いし。
艦砲に追われて、戦車に弾幕の物量大暴風雨だし。

でも最初の頃とラスは、
カッコイイ兵隊さんが出ると予想。王道は踏んでいると思う。


832 :名無し三等兵:2006/08/19(土) 23:09:23 ID:LOydLO4y
そういえば女性(彼女、母、女友達とか)に
「最初の頃は日本も白人に勝ってた。
あの戦争のおかげで白人の植民地支配が終わって
人類が対等に話をすることが出来るようになった。」
みたいな事を言うんですが、
「戦争は怖い、良くない」の一点張りであまり聴こうとしません。

父に聞いてみたんですが、
女は子供を生むんで本能的にそういう話が嫌いだから
仕方がないといっていました。
やはりそういうもんですかね?

833 :翡翠(星砂) ◆PujjQOi5D. :2006/08/19(土) 23:20:00 ID:???

女性は特に、そう。
怖いアメちゃんみている人は特に。

それに女の人は、いずれワカルと思うけど、
自分の好きな人や家族友人以外は< 見ない・見えない・見る気もない>だから。

親父は逆に軍隊容認派だけど。
「いっぺん戦争やらんとワカラン」とか突き放しているし。>世間

男と女じゃ、まあ、差が出るのは仕方ないかと。


834 :翡翠(星砂) ◆PujjQOi5D. :2006/08/19(土) 23:22:23 ID:???
つか、姫百合、
本気で役作りしたら、髪は抜けるわ、しらみとノミだらけになるわ、
月単位で着替えが無いとか< 人間やめました >だから。

だから、あんま無茶いうのはアレだと思う。

835 :名無し三等兵:2006/08/20(日) 00:06:25 ID:???
>>828
沖縄戦の末期、「南部撤退」以降はその手の事例は日常茶飯事。
無理難題を重ねに重ねたうえに、実質上「すこしでも苦しみ苦しませて死ね」な命令が下ってる状況下では
民間人保護なんてお題目を守れない精神状況に陥った兵士が出ないほうがおかしいんです。

そこから「戦争は恐ろしいものだ、避けなければならない」という方向にいくか「日本軍は鬼畜だ」という方向にいくか、
それは受け手の知能レベルに依存する問題で、製作者側を責めても仕方ないことです。


836 :名無し三等兵:2006/08/20(日) 00:28:06 ID:???
>>835
「自分達(軍人)が極力時間稼ぎするから出来るだけ逃げて!!」
みたいな話はなかったんですかね?
住民虐待のほうがごく少数って思うんですが?

837 :翡翠(星砂) ◆PujjQOi5D. :2006/08/20(日) 00:32:45 ID:???

つか、美談も山ほどあっただろうけれど、
全部艦砲と弾幕の暴風雨であの世に消し飛ばされたのかと。

ぶっちゃけ、
生き残った人たちなんて、アメに見つからないように、
壕の奥で息を潜めていた人たちだけだし。


838 :翡翠(星砂) ◆PujjQOi5D. :2006/08/20(日) 00:37:00 ID:???
山本の率いた小隊は小山ごと吹き飛ばされたし、
このスレの上でもレスした前田を守っていた部隊は、

艦砲と砲撃だけで、この世から消し飛ばされたし。
無理よ。無理むり無理むり無理。

どの話にも
「 道端で赤子や童が泣いている。でもどうしてやることもできない 」
手足失った人が< 地面を這って >原隊に合流とか、
この世の地獄よ。どうにもならない。無理むり無理むり無理。

でも美談はありますよ。でも期待するのは幾らなんでも無体。そんなトコかと。


839 :名無し三等兵:2006/08/20(日) 00:42:30 ID:???
>>836
どこへ逃げるのさ? 太陽の光と同じくらいに米軍の砲爆撃が降り注いでくるって状態で。
そんな下を行き場をなくした民間人と大義も目的も(大本営のトンチキな命令に)奪われた兵士たちが右往左往してるわけで。

個々のケースであれば、そりゃあ民間人に投降を勧めて玉砕した部隊とかいろいろありますよ。
ですが住民虐待があったことも事実ですし、それがあったからどうということでもないのです。
こんな破滅的な戦場においては、むしろそんなケースが無いほうがおかしいのですよ。

840 :翡翠(星砂) ◆PujjQOi5D. :2006/08/20(日) 01:05:21 ID:???
ところで今は最低3人以上いると思うけど・・・(ロムは膨大かもだが)
逃げ場の無い南部で、負け戦確定なんだけどさ、どうする?

いちお3人(+ほか)とも米国も市民生活も知っている中流階級で、
鉄拳制裁オンリーの脳味噌赤錆のド田舎鈍牛ドモの階級世界に、
本気で嫌気がさしている訳だが。

・・・?
なんか知らんけど、金モールつけたエッラソーなアホが
「突撃しろ!!11!!」とか逝っているんだけど、殺すか?この馬鹿?
あーあの糞軍曹も殺しておこうかね。
とか。

諸兄らならどんなかな?

841 :翡翠(星砂) ◆PujjQOi5D. :2006/08/20(日) 01:15:41 ID:???
翡翠の中の人なら、ヤルキでないよ。
突撃するフリして、勝手にサボる。
尊敬している上司や、信頼している仲間が死のうとしているなら別だけど。

沖縄戦末期ともなると、
八原高級参謀のスグ側まで「ドー見てもオマイ、脱走兵だろ?」
とかな風体のがボーっと立っているとか。

もちろん、野外では
部隊が全滅したりで散り散りになった兵たちが「 俺の原隊、どこ?どこ? 」
って西に東に彷徨ったり・・・

orz だめよ。人のことなんかカマってらんない。
夜まで適当な壕か墓穴に篭っていないと、本気でシネルし、
ぐずぐずしていると朝は頭の上はアメちゃんだらけ、とか本気で鬱な展開。(了

せめれません。人間だもの。
つか自分が同じ立場なら血管切れるし。(誰にだ)(了


842 :名無し三等兵:2006/08/20(日) 09:05:57 ID:???
「 俺の原隊、どこ?どこ? 」
て香具師どう再編成するかの問題が欠除してたからな。
日本軍は。
壊滅部隊でも原隊追及しか他に無い。
原隊合流できないかぎり遊休兵力だし。

ドイツみたいにその辺にいるこの手の兵隊かき集めて臨時編成できたらいいだけど、
補給に指揮権や人事権、論功行賞の問題で無理無理なんやけどね。

843 :名無し三等兵:2006/08/20(日) 18:36:12 ID:???
沖縄戦の話ではなく、レイテ戦の話でもうしわけないが、
適当に軍参謀を送り込んで、遊兵を再編させようとしたケースはあるみたいです。
たしか旧野戦病院地区かなにかで、地名を取ってバレンシア集成隊とか、そんなだったような。
ただ、再編用の物資も何も持たされないから、もちろん、失敗したようですが。

指揮官が「責任取って」部下を放り出して自決しちゃうパターンが多すぎ。

844 :名無し三等兵:2006/08/21(月) 00:53:47 ID:???
ルソンでもあったと山本七平が(伝聞だが)言ってるよ。小沼参謀副長が遊休兵を再編して切り込み隊を作ってるのから逃げ出したとか。

845 :名無し三等兵:2006/08/21(月) 03:03:33 ID:???
>>バレンシア
あそこは、物資集積地でもあったから、装備自体は現地調達できたのかもよ

846 :名無し三等兵:2006/08/21(月) 17:00:34 ID:???
ひめゅりさん投稿日:2006/08/20 19:25:02 10歳〜19歳 女

戦争ゎ,やってゎL1けなL1!!!!



こんなふざけた意見は掲載されるのになぜ俺の文はスルー???



847 :名無し三等兵:2006/08/21(月) 17:02:56 ID:DNAesX2+
左翼の良く言う集団自決や残虐行為の信憑性は??

848 :名無し三等兵:2006/08/21(月) 21:54:29 ID:???
無いほうがおかしい。 古今東西、国が滅びるときにはあたりまえに起きていること。

849 :m()m ◆PujjQOi5D. :2006/08/21(月) 22:00:39 ID:???
>>846
いや、ほら、いかにもアレっぽいし(w
なにより無臭無害な反戦平和1行レスだし。orz


850 :名無し三等兵:2006/08/21(月) 22:04:36 ID:???
>>849
無害だけど、その代わり何の役にも立たないなw

851 :翡翠(星砂) ◆PujjQOi5D. :2006/08/21(月) 22:11:26 ID:???
全くだ(w
お題目唱えて暴力やめてくれる連中なら、この世に不幸はありえん訳で(w

852 :名無し三等兵:2006/08/21(月) 22:15:54 ID:???
無害ならいいじゃないか。下手に「俺は役に立つんだ」と勘違いして破壊を撒き散らす連中よりゃよっぽどマシだ。

853 :翡翠(星砂) ◆PujjQOi5D. :2006/08/21(月) 22:21:06 ID:???
orz ワタス も スレストパー&マガツ神の親戚みたいなモンだからナー ;

854 :名無し三等兵:2006/08/21(月) 23:03:42 ID:???
翡翠さん、昨日いろいろ質問したものです。
今日はかなりトーンを普通っぽくして書いたのにまたスルーです、、、。
最後に
[沖縄戦で亡くなった数多くの民間人がいたことを風化させてはいけない]
とかの一般向きのリップサービスwも入れといたのにorz

855 :名無し三等兵:2006/08/21(月) 23:06:49 ID:???

yaaさん投稿日:2006/08/20 19:00:59 10歳〜19歳 女

今日の午後にやっていたドラマの紹介番組を見ただけで涙が止まりませんでした。途中ドラマのなかで、
みんなで歌を歌ってる部分を見て、はっとしました。私は中学の頃合唱部だったのでその曲を歌ったことがあったのです。
題名「安里屋ユンタ」沖縄の民謡ですよね。初めて先輩が歌っているのを聞いたとき思わず泣いてしまった覚えがあります。
そして私自身歌ってとても思い入れがある歌だったので、歌ってるシーンを見たときは思わず涙が溢れてきました。
私は###に住んでいるので、このドラマが放送されることがなければ、ひめゆりの塔を知らなかったかもしれません。
このドラマで戦争の怖さ、戦争によって変わっていく人間の怖さというものを、多くの人に伝えることが出来ればと思っています。
今も続いてる内戦の軍隊たちにも見てもらいたいほどです。


856 :名無し三等兵:2006/08/21(月) 23:07:04 ID:???
だからあんな場所に何を期待してるんだと……

857 :名無し三等兵:2006/08/22(火) 03:21:47 ID:???
>>854
要するに何がしたいの?


858 :翡翠(星砂) ◆PujjQOi5D. :2006/08/22(火) 12:13:00 ID:???
>>854さん
最速でレス返せなくてごめんなさい。(人)
えっと・・最初のレスで、「 あ、この人は危険だ 」
とかブラックリストにのってしまったのですかと。

優秀な監視員さん(会社)だと、
過去に危険な発言をした人を残らずリストアップしているものですし。
だから856さんのように、期待しないで、
せめて良いメッセージが戦争・軍事処女の方々に伝わればいいなあ、と。

859 :翡翠(星砂) ◆PujjQOi5D. :2006/08/22(火) 12:16:19 ID:???
甲子園でハンカチ王子さんが大人気ですが、
普通の人達の関心は日々、左に右にと落ち着く暇もないですから、
なるべくハンサムな俳優さんが揃っていればいいなあ、とか。

むしろ悪役日本兵は必要ですよ。
ハンサムな俳優さんがカッコイイ役どころを演技しきってくれれば、
それだけ軍事に関心もってくれる方(時間)も増えるので・・・。

翡翠の人はこれくらいで。

860 :名無し三等兵:2006/08/22(火) 16:30:33 ID:8S+T8Zmc
さとうきび畑 vs はせきょ

861 :名無し三等兵:2006/08/22(火) 17:14:52 ID:???
はせきょ

862 :名無し三等兵:2006/08/22(火) 21:05:35 ID:qY5NPMSa
今日のドラマには八原大佐は出てくるかな?

863 :名無し三等兵:2006/08/22(火) 21:19:02 ID:???
ハセキョがベルグマン乱射するってマジですか?

864 :名無し三等兵:2006/08/22(火) 21:20:23 ID:???
ハセキョが92式重機を乱射するってマジですか?

865 :名無し三等兵:2006/08/22(火) 22:03:11 ID:???
むしろハセキョが慰安婦になって乱射されます
朝日新聞曰く「大胆に脚色された性愛描写」

866 :名無し三等兵:2006/08/22(火) 22:24:10 ID:wWzUOMiB
まともな設備もないから、
重症の人は、自分で逝くこともできずに
人の手で逝かされたそうだ。


867 :名無し三等兵:2006/08/22(火) 22:54:15 ID:???
ふと思って「沖縄 唯一 地上戦」でぐぐってみると、沖縄は日本で唯一地上戦が行われたというサイトが結構
引っかかる。うーん、硫黄島や北方領土の地上戦も忘れないでやってください。


868 :名無し三等兵:2006/08/22(火) 23:10:25 ID:???
ハセキョー撃たれた。

869 :名無し三等兵:2006/08/23(水) 00:15:31 ID:OcO/Wm1t
椎名桔平はどこに行ったんだろう…

870 :名無し三等兵:2006/08/23(水) 00:18:37 ID:???
ハセキョがゲラゲラ笑いながら100式を乱射。
バックにはチョウチョチョウチョ

871 :名無し三等兵:2006/08/23(水) 00:20:53 ID:???
内容はともかく

極限状態で貪るようにするせっくる

というのに非常に興奮した自分がいました。


872 :名無し二等兵 :2006/08/23(水) 00:21:04 ID:???
>>870
クロスオブアイアン乙

873 :名無し三等兵:2006/08/23(水) 00:28:43 ID:???
椎名が布団爆弾でシャーマン破壊するシーンには感動した!

874 :名無し三等兵:2006/08/23(水) 00:38:08 ID:???
>>870
「きみの小隊はどこにいるかと聞いているんだ、ハセキョ軍曹!」
「あんたが俺の小隊だ。金鵄勲章がどんなものかを見せてやる!ついて来い!」。

875 :名無し三等兵:2006/08/23(水) 12:59:27 ID:OcO/Wm1t
本当にハセキョーのモデルになった人はあんな死に方したのか?

876 :名無し二等兵 :2006/08/23(水) 14:03:04 ID:???
「ハセキョ軍曹は連隊長の命の恩人だ」

877 :名無し三等兵:2006/08/23(水) 16:11:43 ID:???
ハセキョ軍曹「逃げるな!射殺するぞ!」

878 :名無し三等兵:2006/08/23(水) 16:12:38 ID:???
ハセキョ軍曹の

「貴様等全員銃殺だ!」

は名台詞だったね。

879 :名無し三等兵 :2006/08/23(水) 16:20:06 ID:???
ハセキョ軍曹「境界線だ!境界線だそ!撃つな!!」

880 :名無し三等兵:2006/08/24(木) 12:10:02 ID:i1J4P85o
ハセキョ先任軍曹「マスかきやめー!」

881 :名無し三等兵:2006/08/24(木) 22:46:08 ID:???
>>875
モデルになった方はこんなに凄い人なんですけどね。脚色酷すぎ。


http://suwiun-an.seesaa.net/article/22411725.html




882 :名無し三等兵:2006/08/24(木) 23:16:32 ID:???
抜きどころ

ttp://www.youtube.com/watch?v=vbo5rODUg6c

883 :名無し三等兵:2006/08/25(金) 01:15:43 ID:???
>>881ドラマだと味方に撃たれたもんね。遺族が可哀想。

884 :日本人 :2006/08/25(金) 14:27:04 ID:g1X/HW57
もう怒る前に呆れる!

日テレの『最後ナイチンゲール』がナイチンガールってどうなってるんだ!
(御叱りを受けます。)

物凄い危険な思想ドラマ、日本軍・日本兵(男)=絶対悪、米軍・慰安婦(女)=絶対正義
と言う終戦記念を謳い文句にしたフェミニズム宣伝ドラマ!偶然なのか日本兵の苗
字が橋本、森、小泉、山崎、自民党国会議員と同じ!!ちなみに従軍看護隊の苗字は、
照屋(自民)平良(護憲)、玉城(無所属)地元沖縄県議などの政治家の苗字と同じ。

このドラマの中で従軍看護隊の主演女優が負傷兵との濡れ場シーンを流れたがこれか
の従軍慰安婦なる娼婦集団が戦中、戦地の兵隊にこれと同じ事をした事になるのか?
http://www.tamanegiya.com/urabbs/


885 :oresama777:2006/08/25(金) 14:28:54 ID:g1X/HW57
「自決を強制」するシーンが数多く、子供を泣き止ませるために
上官が部下(在日の俳優・・)に命じて銃殺させる・・・・なんか
しょうもないことをさも事実みたいにやってましたね。
なべつね自体が赤い人なので、怪しいマスコミでした。元々。
頭いたいな、日本テレビ・・・。

★「自決を強制」?
oresama777が必死に調べた限りでは、自決はほとんどが住民たちの
意思だったと聞いてます。(それだけ国民一丸となって鬼畜米英に
立ち向かった、ということですよね。)
それが逆に伝わっているのは、戦後の補償時に、民間人が自決を自主的に
行うと、ただのよくある巷の自殺案件になってしまうが、
軍から強制、命令された、ということにしておくと
軍に協力して殉死みたいな扱いになって遺族らにお金が出たから、という
ことだったようです。
(間違いだったらごめんなさい。ご指摘いただければ幸いです。)

しかもその前に当時の沖縄戦線は命令系統などぐちゃぐちゃで
統制なんかされていなかったらしいですが。

★「子供泣き止ますのに銃殺」?
oresama777が上官だったら弾丸もったいないから、絶対にそんなこと
させません。敵に向かって撃たせます。実際もそうだったんじゃ。



886 :”管理”人:2006/08/25(金) 14:29:47 ID:g1X/HW57
わたしはそのテレビ番組は見ていないのですが、
沖縄戦が悲惨な戦いであり、多くの沖縄住民の皆様がそのために犠牲になら
れた事は事実ですが、そのために事実がゆがめられて伝えられる事はゆるされません。
座間列島の住民集団自決での命令者とされる梅澤少佐と故赤松大尉のご遺族
が大江健三郎と岩波書店を訴えている「沖縄集団自決冤罪訴訟」がその典型と思われます。


887 :名無し三等兵:2006/08/25(金) 18:49:42 ID:eBc9JvoT
160:名無し三等兵sage2006/08/25(金) 18:41:20 ID:???
沖縄少女暴行事件の米兵が自殺
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060825-00000013-jij-int

可哀想に・・・基地外沖縄人に人生をぶっ壊されたな・・・

888 :名無し三等兵:2006/08/25(金) 19:00:46 ID:???
暴行された少女が自殺じゃないのか・・・

889 :名無し三等兵:2006/08/25(金) 20:31:58 ID:???
>ID:g1X/HW57
論理学に弱い日本人の典型的なレスですな。
俺はだまされないぞ、とわめいてる奴がいちばんだまされてるという罠。

890 :名無し三等兵:2006/08/25(金) 20:43:25 ID:???
>>889
どのように騙されているか示さないと、タダの言いっぱなしだぞ

891 :名無し三等兵:2006/08/26(土) 00:24:35 ID:At2dgbGe
沖縄方面陸軍作戦売ってねぇ〜
沖縄決戦は買えたのに〜

892 :名無し三等兵:2006/08/27(日) 04:57:51 ID:???
うちの地元でパトリオット配備反対とか言ってる馬鹿がいるけど、
ミサイル防衛網が強化される事が、何故危険が増大する事につながるのかさっぱり分からない。
ぶっちゃけ俺としては、今の状態のほうが危険な気がするのだが。

893 :名無し三等兵:2006/08/27(日) 05:05:09 ID:???
>>892
アメリカ人乙

894 :名無し三等兵:2006/08/27(日) 05:58:58 ID:???
>>893
中国人乙

895 :名無し三等兵:2006/08/27(日) 06:21:45 ID:???
>>891
座間の米軍キャンプでは
米本国から司令部が移転してくるって
反対してたんだぞ


896 :名無し三等兵:2006/08/27(日) 07:18:30 ID:???
>>892
中国や北朝鮮の攻撃でおまいの家が焼けたら分かるかもな。平和ボケここに極まれり。

897 :名無し三等兵:2006/08/27(日) 13:03:42 ID:???
そりゃま、パトリオットで撃墜しなけりゃ家の頭の上を超えていくだけで大した事はないが、
撃墜でもされた日には、弾頭ごと破片が家に降ってくるからな。

898 :名無し三等兵:2006/08/27(日) 14:46:42 ID:8qnu6G5g
結局ハセキョーは妊娠できたの?

899 :名無し三等兵:2006/08/27(日) 14:51:46 ID:???
【沖縄戦】「ウソをつき通してきたが…」 "日本軍の命令で自決"、実は創作 当局者が実名で初証言…渡嘉
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1156656891/
この話に誰も触れていない
軍板的には当然の話なのかな?

900 :コヴァ:2006/08/27(日) 16:02:23 ID:JXhspWyz
 沖縄ブサヨは、既に先手を打っている模様。
ttp://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-06-06/15_01_1.html

『2005年6月6日(月)「しんぶん赤旗」
沖縄戦の「集団自決強要」
教科書から削除狙う 「つくる会」副会長ら
体験者や作家ら集会で批判
(中略)
 沖縄戦で当時二十八歳の父と三歳の兄を失った元高校教師(60)は「軍の直接の命令がなかったとしても、
それまで軍の命令を伝えていた役場の職員などが命じれば住民は従う。強要であることにかわりはない」』
 お決まりの「広義の軍命令」説……
 NHKにも登場の沖縄ブサヨ、宮城晴海婆も、
『宮城晴美さんのメッセージが読み上げられました。「自由主義史観研究会」はこの母親の証言を「軍命はなかった」
とする根拠に使っています。宮城さんはメッセージで、著作を「都合のいいようにつまみ食い」され腹立たしい思いを
しているとのべ、「軍の命令はなかったということに固執し、なぜこのような悲劇が起こったのかを解明すること
なく」、子どもたちにかつてと同じような教育をおこなおうとしていると批判しました。』
 軍命令の存否こそが問題だから、引用されたのだ。
 論点をずらすな。「犠牲者」だから、基地の「被害者」だから、何をやっても許されるという考えは、醜い。

901 :名無し三等兵:2006/08/27(日) 16:04:03 ID:???
>>899
沖縄戦に関する本をアトランダムに10冊も読めば「自決命令」をいかがわしく思うだろう。
20冊も読めば「証言者」に重複や偏向があることがわかる。
30冊も読めば現代でも普通にある現象のひとつだと知る。

ポイントは「アトランダム」に読むこと。

902 :名無し三等兵:2006/08/27(日) 16:45:01 ID:???
あと、証言だけじゃ証拠にならないと言う南京ルールがあるから。

903 :名無し三等兵:2006/08/27(日) 17:05:45 ID:???
第二次大戦末期の沖縄戦の際、渡嘉敷島で起きた住民の集団自決について、戦後の琉球政府で
軍人・軍属や遺族の援護業務に携わった照屋昇雄さん(82)が、「遺族たちに戦傷病者戦没者遺族等
援護法を適用するため、軍による命令ということにし、自分たちで書類を作った。当時、軍命令とする
住民は1人もいなかった」と証言した。現在も多くの歴史教科書で「強制」とされているが、信憑性が
薄いとする説が有力。琉球政府の当局者が実名で証言するのは初めてで、軍命令説が覆る決定的な
材料になりそうだ。

照屋さんは、旧軍人軍属資格審査委員会委員を務めた。当時、援護法に基づく年金や弔慰金の
支給対象者を調べるため、渡嘉敷島で聞き取りを実施。この際、琉球政府関係者や日本政府南方
連絡事務所の担当者らで、集団自決犠牲者らに援護法を適用する方法を検討したという。
同法は、一般住民は適用外となっていたため、軍命令で行動していたことにして「準軍属」扱いと
する案が浮上。村長らが、赤松嘉次元大尉(故人)に連絡し、「命令を出したことにしてほしい」と依頼、
同意を得たという。照屋さんらは、赤松元大尉が自決を命じたとする書類を作成し、日本政府の
厚生省(当時)に提出。これにより遺族や負傷者が弔慰金や年金を受け取れるようになったという。

照屋さんは「うそをつき通してきたが、もう真実を話さなければならないと思った。赤松隊長の
悪口を書かれるたびに、心が張り裂かれる思いだった」と話している。

渡嘉敷島の集団自決は、昭和25年に発刊された沖縄戦記「鉄の暴風」などに軍命令で行われたと
記されたことで知られるようになった。大江健三郎さんの「沖縄ノート」では、赤松元大尉が「『命令
された』集団自殺をひきおこす結果をまねいたことのはっきりしている守備隊長」と書かれている。
その後、作家の曽野綾子さんが調査やインタビューを基にした著書「ある神話の背景」で軍命令説への
疑問を提示。平成17年8月には、赤松元大尉の弟らが岩波書店と大江さんを相手取り、損害賠償や
書物の出版・販売の差し止め、謝罪広告の掲載を求める訴えを大阪地裁に起こしている。(一部略)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/16661/


904 :名無し三等兵:2006/08/27(日) 18:21:15 ID:???
>>902
それもアウシュビッツルールのパクリだけどな。

905 :892:2006/08/27(日) 22:42:09 ID:???
>>897-898
中朝のミサイルの発射数と着弾点の誤差、滑走路から家まで2、300Mしかない距離を考えたら、
ミサイルは頭の上を飛び越えずに降ってくるような気がするんだ。
だから俺としては迎撃してもらったほうがありがたいんだが。


906 :名無し三等兵:2006/08/27(日) 22:43:02 ID:???
>>896-897ですた。

907 :名無し三等兵:2006/08/28(月) 02:00:54 ID:???
478 名前:名無しさん@6周年 :2006/08/28(月) 01:55:39 ID:17Y98epn0
ばあちゃんが言ってたけど、戦中は軍人さんより地元青年会の人達
がえばってたんだと
で、自決用の手投弾配ったのも、青年会のおっさん達で
でもそいつらは全然自決しなかったそうだ
で、戦後は自決させた奴の人数数えて
「うちの地元は忠誠心が高かった」とか自慢していたそうだ


908 :名無し三等兵:2006/08/28(月) 02:52:27 ID:???
というか、むしろ漏れはこの記事に対する他のマスコミの「沈黙」の方が怖いよ。 

天皇のお言葉の時は「擁護」・「否定」・「利用」のマスコミの立場に関わらず 
各社は速報ニュースとして配信。 

ところがこの件は見事にスルー 
どうしていいか分からず対応決めかねてるつーのもあるだろうが 
「沈黙」「黙殺」という態度は、誰かさんの言葉を借りていうなら 
「この国の危うさ」を感じざるを得ない 


909 :名無し三等兵:2006/08/28(月) 03:06:53 ID:???
>>908
沖縄の基地問題や沖縄戦に関する件なんてスルーがデフォ。
これが仮に「軍命令は確かにあった」というような内容だったとしてもマスコミが大きく扱うことなどないよ。
所詮ローカルネタだろ、って感じの扱い。

910 :名無し三等兵:2006/08/28(月) 04:31:47 ID:???
>>909
まあ大江健三郎は訴訟に負けるけどな

911 :名無し三等兵:2006/08/28(月) 05:05:17 ID:???
>>910
だから何?
勝っても負けても沖縄絡みのネタなんてマスコミはスルーだって。
第一、軍命令はなかったなんてずっと前から言われてることだろが。
ウヨが喜ぶような内容であれサヨが喜ぶような内容であれ、いずれにしても全国紙は沖縄戦なんか無視するに決まってるだろ。


912 :たまねぎや:2006/08/28(月) 10:31:34 ID:???
>>890
そのとおり
>>889
理解不能

913 :名無し三等兵:2006/08/28(月) 12:29:56 ID:???
百人切り競争→反日活動家が騒ぐ→嘘がバレる→「多かれ少なかれ日本軍の蛮行はあったのだから」
南京大虐殺→反日活動家が騒ぐ→嘘がバレる→「数は問題じゃない! 多かれ少なかれ虐殺はあったのだから(便衣兵・虐殺の定義無し)」
従軍慰安婦→反日活動家が騒ぐ→嘘がバレる→「広義の強制性が問題だ! (無理矢理という話はスルー)」
朝鮮人強制連行→反日活動家が騒ぐ→嘘がバレる→「広義の強制…」
沖縄集団自決強要→反日活動家が騒ぐ→嘘がバレる→「広義…」
新たに何度でも日本の蛮行が明らかになる→筑紫が騒ぐ→嘘がバレる→筑紫がさらに嘘をつく。


914 :名無し三等兵:2006/08/28(月) 20:23:48 ID:???
集団自決は日本軍ではなく日本兵がやったものだが.
投降が許されない日本兵による無理心中.
軍(というより雑兵ども)による残虐行為はそういうもの.
敗残兵など英霊ではなくただの暴徒ども.
それを理解せずに「軍命令」の有無などというのは悪徳弁護士と同じ.
追い詰められた犯人が周りの人を道連れに自爆するようなもの,
というのが集団自決の本質.

915 :名無し三等兵:2006/08/29(火) 01:04:53 ID:???
祖国が滅びそう

916 :名無し三等兵:2006/08/29(火) 03:38:08 ID:???
右翼も左翼も座間味島の集団自決は問題にするが久米島については何も知らない人が多い。

917 :名無し三等兵:2006/08/29(火) 11:15:57 ID:???
左は日本政府を罵倒したいがために、
右はそういう連中を嘘つきと罵倒したいがために、 沖縄を利用してるにすぎない。
沖縄戦下の民間人と軍の関係についての個別的な調査はいくらでもあるが、
全体的な関係像がいまだに不明瞭なのはそうした歪んだ研究姿勢がもたらしたもの。

そして当時を知る人間の多くは死に絶えた。 わずかに残った人間が過去を好きなように舌先で捏造する時代がもうはじまっている。

918 :名無し三等兵:2006/08/29(火) 16:43:17 ID:???
>>917
>左は日本政府を罵倒したいがために、
>右はそういう連中を嘘つきと罵倒したいがために、 沖縄を利用してるにすぎない。

だな
実際の話、ほとんどの人は沖縄戦になんか興味ないから
よく聞こえる話として「右と左のバトル」と「ひめゆり」しか知らなかったりする

しかし当時の人が真実を知っていて、後の人が捏造するというのは違うと思う
当時の人も捏造してきたし、知らないし、自分に都合が悪い証言は叩いてきたんだから
体験者の言葉ってだけで真実になることを知ってて嘘をついてきた
「若者の無関心」を嘆く一方で、「体験してない奴になにがわかる」ともいう

919 :名無し三等兵:2006/08/30(水) 07:37:45 ID:???
「少年H」が良い例だろう
戦中派のデタラメ満載
年寄りの知識人もデタラメに気が付かず大絶賛
専門家以外は、検証能力も資料も持たずに戦争を論じてるのが実状だよ

920 :名無し三等兵:2006/08/30(水) 08:03:27 ID:???
あと小林よしのりとかも。

921 :名無し三等兵:2006/08/30(水) 13:49:49 ID:HwMO7Sca
ウホッ!

922 :名無し三等兵:2006/08/30(水) 19:22:16 ID:???
>>920
ハワイを目指す南雲艦隊は電波発信しまくり、というデタラメですね

923 :名無し三等兵:2006/08/31(木) 06:56:52 ID:???
保守

924 :名無し三等兵:2006/09/01(金) 00:30:43 ID:usqqVDCU
よしのり出てこいや

925 :名無し三等兵:2006/09/01(金) 04:33:40 ID:???
しかし沖縄戦で意外なのは、日本陸軍がカニバリゼーションに走らなかったことだ。

926 :名無し三等兵:2006/09/01(金) 06:47:32 ID:???
>>907
沖縄人自身が内地人に認めてもらおうと頑張ってたのはあるよな。
教師や有力者が率先してたというか。内地人よりも日本人にみたいなノリ。

927 :名無し三等兵:2006/09/01(金) 07:52:35 ID:???
>>926
日本全国どこでもそうですよ。

928 :名無し三等兵:2006/09/02(土) 09:22:28 ID:???
>>925
住民や軍が元々居る以上、ある程度の備蓄はあったし、食料が絶望的に不足するほど長期間の戦闘だったためでは?

929 :名無し三等兵:2006/09/02(土) 09:41:10 ID:???
>>928
「糧食六月一杯ヲ支フルノミナリトイフ」

930 :名無し三等兵:2006/09/02(土) 14:13:11 ID:???
>>925
無知だと何でも意外に思えるし不思議に思えるもんだよ

931 :名無し三等兵:2006/09/02(土) 22:33:09 ID:???
>>925
>>928
集積していた糧秣も飛行場設営や陣地設営優先で隠蔽できず
露天のまま空襲や艦砲射撃で焼き払われてしまっている。

6月過ぎれば住民ともども飢餓地獄に陥るのは明らかなので
各師団の兵站にとっては八原参謀の様な持久作戦構想など
どだい無理な相談だよ。

攻勢を急いだのはその辺の焦りもあったと思われ。

また、首里を放棄した時点で蓄積してあったなけなしのの糧秣も
輸送力不足で放棄しているよ。



932 :名無し三等兵:2006/09/03(日) 01:26:29 ID:???
>>931
元より本土のために死んでもらうための持久作戦だから無問題。
飢餓地獄の中米軍になぶり殺されてる間は本土上陸はない。完璧。


933 :名無し三等兵:2006/09/03(日) 02:07:22 ID:???
>中米軍になぶり殺されてる
メキシコその他のレイープを受けている美ら島をを連想
北米・英連邦が支援を含む不介入路線でいくなら、かなりマシな戦いが出来る!

934 :名無し三等兵:2006/09/03(日) 10:55:33 ID:O5DmjEFZ
日本語でもう一度

935 :ベタリーニョ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2006/09/04(月) 04:57:38 ID:???
>>927はん
 人類館事件や、学校での標準語教育とかを見てるとね『日本人より日本人』
らしくなろうとしたのはあると思うよ。

 正式な武士でない人間が「武士とはこういうものだ!」と云って作った新撰
組が、本当の武士から見たら異様な規律に縛られた集団になってしまったのと
同じ感じですよねぇ……

936 :名無し三等兵:2006/09/05(火) 01:16:47 ID:???
>>433
>本当の武士から見たら異様な規律に縛られた集団
それって日本軍そのものでは?

937 :名無し三等兵:2006/09/05(火) 09:56:48 ID:???
ステレオタイプなイメージで日本軍をとらえてる奴が軍事板にもいるのか

938 :名無し三等兵:2006/09/05(火) 15:26:04 ID:???
あーた、日本軍の歴史もそこそこありますがな。
一概には言えんのだから、ステレオだろうがトランジスタだろうが間違いではないだらう。

939 :名無し三等兵:2006/09/05(火) 16:53:21 ID:???
一概には言えないからこそ、特定のイメージにはめるのは変じゃまいか?

940 :名無し三等兵:2006/09/05(火) 21:08:24 ID:???
(^■^ ラ 国家は、商業団体や実業家たちの集まりではない。
それは肉体的にも精神的にも平等な人間が、
その種族の発展のために結合した一つの協同体である。
そのことによって、そのことによってのみ、
国家の真の意味と目的が成り立つのである。
経済は、単なる付加物に過ぎない。
したがって国家をつくる力は、つぎのように要約できる。
すなわちそれは、協同体のために喜んで自らを犠牲にしようとする
個人の能力と用意の結果に外ならないということができる。
[・ム・ ] だが、あらゆる国は、今や、
外国に経済的に依存することから免れようとして努力しているのである。
それを達成するには、何よりも一国の武備を充分ならしめる必要がある。
この国防上の独立がないとすれば、折角の経済的独立も期待されぬ。
またその正反対なことも言える。
たとい、純粋に経済的な国策といえども、軍備の後援なければ、
たちまち、横暴な外国の干渉を招くに至ることは必定である。
伊太利は今正に戦争の一大試練に対抗せねばならぬように要求されている。
それは、何時?如何なる方法によってか?は、天帝のみが知るところである。

941 :名無し三等兵:2006/09/06(水) 20:41:48 ID:cHmCFldX

昨日ひめゆりの塔に行ってきた。

さすがにDQNカップルらも館内ではシ〜ンとおとなしくしてた。



942 :名無し三等兵:2006/09/07(木) 02:37:04 ID:???
>>927
おまえはなにもわかってない
ゆとりですか?

943 :名無し三等兵:2006/09/07(木) 03:54:15 ID:???
>>942の言いたいこと
・やたらと東京の真似をしたがるのは沖縄県民だけ
・戦時中、いわゆる軍国主義教育をしていたのは沖縄県だけ
・県内の有力者が政府や大本営を支持していたなんて県は沖縄県だけ

944 :名無し三等兵:2006/09/07(木) 04:41:27 ID:???
軍国主義教育を行っていたのは沖縄県だけ???

はあ〜??????

945 :名無し三等兵:2006/09/07(木) 07:14:40 ID:???
>>942
大丈夫か?????

946 :名無し三等兵:2006/09/07(木) 12:33:21 ID:???
吉村昭の「殉国」はどの程度リアルですかね
主人公はフィクションですがね

947 :名無し三等兵:2006/09/07(木) 19:08:57 ID:???
942=943とは限らない

948 :名無し三等兵:2006/09/07(木) 20:27:53 ID:???
942=943=947ってことね。

949 :名無し三等兵:2006/09/07(木) 21:24:34 ID:???
不毛だ…

950 :名無し三等兵:2006/09/09(土) 22:02:52 ID:D3hA3A0k
沖縄方面海軍作戦

951 :名無し三等兵:2006/09/10(日) 00:27:42 ID:???
県内で反基地行進やってる連中の他県住人率が異様に高いのは何故だろう。
それでいてマスコミは県民の総意と報道するから困る。

952 :名無し三等兵:2006/09/10(日) 00:37:37 ID:A8ddtImk
バックナー中将狙撃はもっと評価されていいと思う

953 :名無し三等兵:2006/09/10(日) 10:20:31 ID:???
八原大佐ももっと評価されていいと思う

954 :名無し三等兵:2006/09/11(月) 23:55:25 ID:C2vAarFy
神航空参謀とか氏ねばいいのに

955 :名無し三等兵:2006/09/12(火) 00:04:24 ID:???
戦後の神八原の対決は面白すぎるから良い。

956 :名無し三等兵:2006/09/12(火) 00:47:05 ID:U9loXm4B
僕のお爺さんのお兄さんの話。(以下おじさん)
おじさんは特攻隊を護衛する直掩(字違うかも)でした。直掩には熟練パイロットが多数いて2人1組で組んでいたそうです。
日に日に特攻の命中率が下がる中、直掩から特攻に志願するパイロットが増えて行ったそうです

957 :名無し三等兵:2006/09/12(火) 01:38:31 ID:KpgDykqj
>>955資料とかありますか?見てみたいです。

958 :名無し三等兵:2006/09/14(木) 22:49:13 ID:StIbUVKL
保守

959 :名無し三等兵 :2006/09/15(金) 01:24:37 ID:???
正直、神航空参謀ってアフォだろ

960 :名無し三等兵:2006/09/15(金) 02:04:39 ID:???
神航空参謀は神

961 :【大本営発表第847号】:2006/09/15(金) 20:54:08 ID:???
|│ /
|●\
|^∀^)― 皇室では沖縄慰霊の日には御一家で黙祷されるんだよ。
|_/
|│ \
|
|☆ ̄>
|∀`)< 御国の春に
|勤●皇]
|-@∀@)< 黄泉がえらなむ
|⊂/
|ノ
|

962 :名無し三等兵:2006/09/15(金) 23:27:23 ID:???
まあ当然ではあるが、某A級戦犯より扱いが上だな。

963 :名無し三等兵:2006/09/17(日) 22:31:07 ID:Quwq/h8Z
八原大佐アゲ

964 :名無し三等兵:2006/09/17(日) 22:38:44 ID:???
次スレッド立てました。
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1158500292/l50

965 :名無し三等兵:2006/09/17(日) 22:42:15 ID:???
>>964
乙!

966 :名無し三等兵:2006/09/17(日) 22:42:49 ID:???
う〜ん、この連休中に立てちゃったのは失敗かも・・・
すでに次スレ荒らしが沸いてるし。

967 :名無し三等兵:2006/09/17(日) 22:43:56 ID:???
>>964
乙です。

>>966
荒らしにはスルーで対処。

968 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 08:33:10 ID:???
>>964


969 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 13:27:53 ID:Lxq016H+
で、機動速射砲が有効に運用された沖縄の戦場ってどこ?

970 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 13:58:23 ID:???
かつて独立国家だった沖縄で勝手に日本とアメリカが人々を
戦争にまきこんで大勢の人が巻き添えで殺された。
日本人は深く反省し、自衛隊と米軍を沖縄から引き上げて欲しい。

971 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 14:17:53 ID:L8tYc7s6
資本も引き上げますが、如何?

972 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 14:33:45 ID:???
>>970
ハワイ

973 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 15:14:50 ID:???
そうなの?

974 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 16:56:58 ID:ZedPOPoJ
自走砲投入されていたの?

975 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 18:19:16 ID:???
>>974
日本軍には,なかったと思う。

976 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 18:29:59 ID:yZaF5ftJ
>>975
何で?

977 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 19:18:45 ID:???
噴進砲はどうだったの?

978 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 19:20:51 ID:???
>>977
硫黄島では随分暴れたらしいが、沖縄ではどうだったかな・・・?

979 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 20:03:22 ID:5RJ7Klup
>>978
自走砲は?

980 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 20:31:40 ID:???
日本陸軍の自走砲にはどんなのがある?

981 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 20:34:37 ID:???
アメリカ人がドイツ人を憎むには、彼等のしたことを学ばなければならないが、
ジャップに対しては憎しみが自然と湧いてくる。これはかつてインディアン達
と戦った時と同様に、自然な感情だ。(ライフ誌の記事より)



982 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 20:50:30 ID:???
スレを埋め立て?

983 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 21:16:03 ID:???
梅?

984 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 21:24:05 ID:???
984

985 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 21:26:00 ID:???
985

986 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 21:28:21 ID:???
986

987 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 21:28:44 ID:???
梅干上げ

988 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 21:32:31 ID:???
988

989 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 21:32:54 ID:???
988

990 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 21:36:48 ID:???
990

991 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 21:39:05 ID:???
991

992 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 21:39:24 ID:???
埋め

993 :神風:2006/09/18(月) 21:41:15 ID:???
■四月六日■海軍最後の陸軍への支援とし、水上特攻艦隊『菊水1号』作戦発令。
*伊藤整一中将統率の下、戦艦『大和』率いる巡洋艦矢矧以下駆逐艦8隻が沖縄に出撃。
四月七日の沖縄第三十二軍総攻撃に呼応するためだったが、
米機動部隊の空爆により『大和』以下4隻沈没。駆逐艦6隻のみ帰投した。
この作戦に呼応して、米艦隊に空から攻撃をしたのは台湾の第一航空艦隊と第八飛行師団。
699機が参加し、特攻機の355機が奇襲攻撃した。
この後、本土の九州から陸海軍の特攻機が次々と沖縄に飛び立った。
鹿屋基地や知覧基地などが主要特攻機基地となった。
四月十二、十三日には202機、四月十六日や四月二十二日そして五月四日と
特攻の総攻撃で1,711機が散華していった。
この特攻機の襲来に米海軍の将兵は震え上った。
精神的な脅威と苦痛を与えた効果は絶大であった。

『忘れられた大日本帝国1936〜「太平洋戦争」ではなく大東亜戦争だった』より

994 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 21:41:58 ID:???
993

995 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 21:42:17 ID:???
小梅

996 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 21:43:17 ID:???
次スレ
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1158500292/l50

997 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 21:43:36 ID:???
997

998 :大本営発表:2006/09/18(月) 21:43:48 ID:???
『沖縄陸上の主力戦最終段階 軍民一体の善戦敢闘三箇月
[六月]二十日敵主力に対し全員最後の攻勢 殺傷八万、撃沈破六百隻』【朝日新聞より】
☆米軍公表の損害
戦死者:陸軍海兵隊7613名、海軍4907名
負傷者:陸軍海兵隊5万8千余名、海軍4824名
戦闘神経症[PTSD]約1万5千名
艦船沈没36隻、損傷368隻
航空機損失763機、損傷約1500機

999 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 21:44:19 ID:???
1000GET

1000 :名無し三等兵:2006/09/18(月) 21:44:33 ID:???
1000get!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

312 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)