5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

自衛隊がファンタジー世界に召喚されました 43章

1 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 21:16:53 ID:???
ハイテク兵器 vs 剣と魔法。縛りはスレタイとガイドラインを参照。
むしろ半年ROMれ。

・sage厳守。行くべき所が有りません。軍板の温情に感謝致します。
・書きこむ前にリロードを。マナーとして。
・SS作者は投下前と投下後に開始・終了宣言を。分断防止のため。
・SS投下中の発言は控えてください。
・支援は50レスに1回。
・嵐、煽り、気に食わないコテは徹底放置。自然現象として脳内あぼーんしましょう。
・品性に欠けるレスはなるべく付けませんよう。
・気に食わないレスを、気に食わないコテハンまたは気に食わない人間のものと根拠無く認定するなかれ。
 ループ禁止。対策としての『萌え』などには書き手も読み手も極端な反応をしないこと。
 そんなことより海産物の話でもしよーぜ。
・以上を守らないものはぬるぽと見做し、鉄槌制裁( ・∀・)つ=■彡☆))`Д´)されます。

前スレ(42章)http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1133965694/

保存庫
ttp://shizuoka.cool.ne.jp/fantasure/
ttp://fwsdf.hp.infoseek.co.jp/

分家
http://jbbs.livedoor.jp/movie/4152/fjieitai.html

>>2-10あたりにテンプレ

2 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 21:18:57 ID:???
暫定ガイドライン
 
0.現代科学であれ男塾理論であれ異次元科学であれ議論であれ、第一に置くべきははスレ住人が楽しいこと。
1.「自衛隊がファンタジー世界に」とあるように、あくまで「現代日本」が主に関わる話であること。
2.現代日本というからには、自衛隊の組織・装備はあくまで現用もしくは近未来的に配備が予想されるものに限る。
  核・正規空母・旧東側諸国製兵器・巨大人型兵器などの日本が配備するにはナンセンスなものは極力避ける。
3.総じて知識不足によるミスは、指摘するならイヤミにならない程度に。
  指摘されたほうもムキにならず、あくまで謙虚に受け止めること。後付けのこじつけや訂正は恥ではない。
4.軍事力の背景となる社会構造などにも板違いでない程度に注意を払う。
5.あくまで「ファンタジー世界」の話であり、F世界側の設定は作者が勝手に決めることが出来る。
  ただし、「超兵器・超魔法・無敵キャラまんせー」な話にならぬよう気をつける。
  また、オーバーテクノロジーの扱いは慎重に。
6.ファンタジー側の人間もきちんと描写する方が好ましい。
  自衛官主観という演出などであえて描写しないのはこの限りで無い。
7.政治・戦略・作戦・戦術・戦闘としてありえないものを避ける。現実的でない、または作中の設定で説明できない行動も同様。
8.萌え・色気はあくまで表現手段であり、目的ではない。
  安易に狙ったり、しつこく要求するのは本来板違いであり、自粛すべき。
9.SS作者は、抽出がしやすいようにトリップ装着を推奨。
10.感想書き込む人も節度や口調を考えるべし。勿論、感想を書かれた作家も。
  作品が気に食わないなら透明あぼーんで。 それでも気になるなら、このスレのルールが届かぬ場所で。
11.『小官 ◆qG4oodN0QY 』殿とのバトル禁止。小官殿とバトルする際には、
  分家に設けられた小官殿関係専用スレにて会戦するべし。
12・レスはまとめて書きましょう
  思いつきでこまごまとしたレスをしてスレを消費するのは迷惑です。

3 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 21:21:14 ID:???
過去スレ
41 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1131744858/
40 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1128343761/
39 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1123337825/
38 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1120924478
37 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1115249813/
36 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1112971078/
35 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1108549472/
34 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1104324561/
33 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1101459904/
32 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1098163497/
31 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1096642183/
30 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1093789059/
29 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1091425925/
28 http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1088586701/
27 http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1087214093/


コレより古いスレは保存庫で


4 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 21:21:56 ID:???
参考資料

自衛隊公式サイト
http://www.jda.go.jp/
戦略、戦術について
ttp://www.d1.dion.ne.jp/~r_dom/lans_index.htm
ttp://bezkrilo.hp.infoseek.co.jp/beskrylyi/mil.htm
自衛隊の装備について
ttp://www.military-powers.com/

戦術の世界史
ttp://www31.ocn.ne.jp/~tactic/

京大RPG研究会
ttp://www.ku-rpg.org/
ttp://www.ku-rpg.org/trpg/population.html 中世の人口

Dragon's Lair by Water Dragon
ttp://ww2.enjoy.ne.jp/~tteraoka/
ttp://ww2.enjoy.ne.jp/~tteraoka/esse.htm 中世とF世界の食事
ttp://wdragon.fc2web.com/fg/index.html 中世ヨーロッパの装い(下着含む)

ファンタジー辞書
ttp://www.asahi-net.or.jp/~QI3M-OONK/tosyokan/fantasy/aafanindex.htm

Wiki
ttp://fwsdf.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?%BB%F1%CE%C1 資料

小説の書き方参考
ttp://www.feel-stylia.com/rc/creative/create.html


5 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 21:22:26 ID:???
■今までこのスレで討議された議題

・ファンタジー世界の市場規模についての考察
・麻薬による世界支配は許されるか
・江戸時代とファンタジー世界の類似性について
・大陸国家VS海洋国家戦略、その長短について
・マッチとメラ、着火手段としてどちらが優れているか
・F世界での日本経済再生と交易について
・ドラゴン・・・契約方法と空軍戦力としての有効性を考える
・自衛隊的ダンジョン攻略法
・対人地雷と魔法の罠。
・F世界における神の影響力について。
・F世界的陣地攻略法
・熊に見るモンスターの手強さ
・巨大昆虫対策〜界面活性剤から核弾頭まで
・決闘における非致死性制圧法(殺さずにいたぶる百の方法)
・F世界の街道、交通路における運搬手段が道に与える負担うんぬん
・銃弾を受け付けない素材を武具の材料に用いれるか

6 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 21:23:08 ID:???
■さんざんガイシュツの話題

・シーレーン確保における脅威の排除(海賊、海の怪物対策)
・日本が傭兵を雇用することは可能か?
・萌えは是か否か。
・議論は是か否か。
・魔法・怪物の設定(最終的には作者に一存という結論)
・補給が断たれた場合、弾薬を何とか確保可能か?不可能な場合はどうなるか?
・球形以外の世界。
・食糧対策・餓死者の局限−魔物を喰らうモノ−
・在日外国人・異世界住人対策。政治思想の殴り合いは勘弁
・資源・エネルギー問題。
・外交方針について。
・人間と亜人の共生について。
・小官を排除できないか?(無理です)

ガイシュツだが、再考察とかは特に禁止されてない。

7 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 21:23:42 ID:???
プログラマーがファンタジー世界に召還されますたスレ (datおち)

http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/prog/1061478354/
保管庫
http://f17.aaa.livedoor.jp/~pfantasy/
料理人がファンタジー世界に召還されますた
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/cook/1062341255/

コテハン叩きなどは本スレでやらずに
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/movie/4152/1094316446/


8 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 21:26:17 ID:???
小官◆qG4oodN0QY
「自衛隊がファンタジー世界に召喚されますた」スレの名(迷)物コテハン。自衛官(自称)らしいが、もはや誰も信じない。
身長185a体重81`の屈強な男(自称)らしい。アジ風な口調と主語を徹底的にはぐらかした非一義的な文が特徴である。
他人を罵るのが大好き。民間人を馬鹿にするのも大好き。あんまり構ってやると火病を起こすので注意。
だが中には参考にすべき発言もあるのでそれをとったら何も残らない粕。

◆YXzbg2XOTI
小管を一方的に敵視する農家。何かに付けて小管の揚げ足取りをする。
普段は冷静な理論派だが、具にも付かない水掛け論を乱発するあたり、本質的には小管と同類であると見ていいかもしれない。
したらばに分家を建設した巧者でもあり、それが現在の「分家の方が活発」と言う事態を生んだ。
分家の管理人でもあり、過去に小官のリモートホストを晒したw

クマラン
時々ウザイけど基本はよい人。 冗談も解る。 元自衛官であり、北方から
空挺まで幅広い朋友との人脈を持つ。

元1だおー
この「自衛隊がファンタジー世界に召喚されますた」の創設者。自衛隊に奉職されていたようですが、諸般の事情で退官されたとか。

分家228
主に分家で活動している人。 面白いネタを投下してくれる。

ロサ・カニーナ
蟹様と呼ばれることが多い。挨拶は「ごきげんよう」
軍事に関する造詣が深い。詳細は戦車不要論スレ等の過去ログで。
最近は彼(彼女?)の存在を知らない者も多くなっているようだ。

9 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 21:27:44 ID:???
小官の紹介文を少々変更。もう死に体じゃないからねw

10 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 21:34:45 ID:???
スレ建て乙>>1
今までも波乱万丈だったけど、今回はどうなるんだろうな・・・

11 :名無し三等兵 :2006/01/29(日) 22:18:22 ID:???
ロサ・カニーナで過去ログ検索させるだけじゃなく、名無し土方というコテも
添えといてあげた方が、ちょっとだけ親切じゃなかろうか


12 :元1だおー ◆SzP2gBo9JY :2006/01/29(日) 22:57:27 ID:???
スレ建てた張本人が言うのもなんですが、
なんていうか……歴史があるスレというのも珍しい。
いったい何人の方々に支えられてここまでやってきたことか。
途方もないものを感じますね。
コテの最古参は自分と……うーん、てさりすと氏と小官さんくらいなものでしょうか?
1スレ目からいるのは自分だけかも……

13 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 22:59:11 ID:???
だから消えろ偽者

14 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 23:29:26 ID:???
こらこら、何を持って偽者認定するんだ。
少なくとも、前スレではそんな指摘なかったぞ。

15 :小官 ◆qG4oodN0QY :2006/01/29(日) 23:31:22 ID:???
>>1
 新スレお疲れ様です。小官の中の人でございます。
まあ死に体なのは中の人の方で御座いまして、ハイ。
練成隊なんぞに入れるなと声を大にして言いたいです。
身体が痛いっす。蒼痣だらけっす。火力優勢を盲信する
中の人にとっては銃剣道と言う『武道』は心を養うものだと
割り切ってやっとります。それでは皆さん、健康に留意して
日々研鑽に励んでください。

 P.S.小官のレスが無いと、スレは平和そのものですね?


16 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 23:39:10 ID:???
>>15
>練成隊なんぞに入れるなと声を大にして言いたいです
ここだけの話、貴官の錬成隊入りは異世界召喚に備えてである。
空に脅威のない世界で高射特科が生き残る為だ、ここは我慢なされよ。

17 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 23:44:28 ID:???
分家の方が活発ってのが・・・。
あまりにSS執筆者へ野次を飛ばしすぎたから、
寂れたんだね。
矛盾を指摘するのはいいけど、
もうちょっと温和に指摘したほうが良いかと・・・。
まあこの発言も叩かれるのがオチなんだろうけど。

18 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/29(日) 23:45:59 ID:???
「総員着剣、とぉつげきぃぃーーー!!!」
「ウラーーーーーー!!!!」
という状況になるかもしれないので、頑張ってください。>>15

19 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/29(日) 23:49:29 ID:???
>>17
まあ、雰囲気的にあっちのほうが自由だしな。
軍板ってのも、ひとつの要因だと思うけど。

20 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 23:51:58 ID:???
>>18
剣での戦闘に慣れているF世界軍兵士に、
銃剣で挑むなどもってのほかだ・・・。
飛び道具あっての自衛隊(もしくは現代日本)なんだぞ。

21 :小官 ◆qG4oodN0QY :2006/01/29(日) 23:51:58 ID:???
>>16
 銃剣道は、防具と木銃を装備して行う試合がメインですね。ハイ。
私は実は、銃剣格闘の方が好みなのです。型重視なのですが、
弾丸が装填されて居ない実物を使えるのがもう嬉しくて嬉しくて…
でも、斬って、斬って、撃つ! その段階で自分で『ポン! 』と
言うのが空しいです…。

んでは、明日も早いので寝ます。オヤスミナサイ。良い夢を…。


22 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 23:52:14 ID:???
日本が空の脅威の全くない世界に召喚された場合、陸自はともかくとして
空自の高射特科とかはどうなるのだろうか?空自野戦師団とか編成されるのかな。

23 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/29(日) 23:54:14 ID:???
>>22
可哀想だが、干される運命にあるのかも・・・
警戒航空隊とかも暇そうだなぁ・・・

24 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 23:55:09 ID:???
給料と地位に相応しいモノは身につけてもらわないと指導に支障が出るし、後任を育てられないからねえ。
部下になめられちゃあいけないよ。

25 : ◆YXzbg2XOTI :2006/01/29(日) 23:55:28 ID:???
>>15
>P.S.小官のレスが無いと、スレは平和そのものですね?





…あんたには最早何を言ってやったら良いかわかんねーよ。




>>1
とりあえず一応、”本家より繁栄している”分家の管理者として新スレ立て乙
と義理的に挨拶しておく。

26 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 23:57:47 ID:???
>>25
オマエガナー? マジになってんじゃねーよw

27 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 23:57:58 ID:???
Gキモ過ぎ

28 :名無し三等兵:2006/01/29(日) 23:58:28 ID:???
>>22
警衛部隊に編入とかして

VADSなんかは使い道がありそうだけど

誘導弾はなぁ…

29 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/29(日) 23:59:16 ID:???
分家の繁栄は、やっぱり結果的には小官がSS書きを追っ払っちゃったせいなのかな。
このスレは好きなんだがなぁ、残念だ。
>>21
お休み。

30 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 00:00:41 ID:???
誘導弾は高空観測や宇宙開発の第一歩

31 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 00:03:00 ID:???
>>29
その分少数精鋭で鍛えることができる。聞く耳があればだけど。>>25を筆頭にまずいないけれどね。

32 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 00:03:15 ID:???
VADSも使い道あるっていってもどうなんだろう
対人射撃においてものすごい効力だろうが
M-2で足りる気もするし
弾薬代も馬鹿にならんだろうからな

33 :元1だおー ◆SzP2gBo9JY :2006/01/30(月) 00:03:52 ID:???
いや、野生の飛行系モンスター、
最悪ドラゴンクラスが領空侵犯してくる可能性があるわけだから逆に緊張を強いられるかも……
しかも航空機みたいに真っ直ぐ飛ばないし低高度で侵入してくるなど、防空において危険な存在だったりして。
ちゃんと識別しないと、ハーピィみたいな友好的な種族まで撃ち落とすわけにはいかない。
スクランブル回数が激増。大陸に進出した陸自を支援するために移動警戒隊を派遣。
輸送航空隊以外でも空自は色々大変かと……

34 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/30(月) 00:05:17 ID:???
>>32
対地攻撃で20mmとは、すげぇグロイ殺しっぷりになるだろうな・・・
陣地防衛用の対物火器・・・だめか。

35 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 00:05:40 ID:???
>>29
と言うより分家も粉飾決算w

36 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 00:06:22 ID:???
>>33
だから、その野生の飛行系モンスターとかも含めた脅威が無いF世界ってことじゃないか?

せいぜい伝書鳩レベルの航空脅威

37 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/30(月) 00:08:36 ID:???
>>33
しかし、航空燃料の都合が・・・
早期警戒機を常時二機飛ばす体制は維持できないだろうし、飛んできたら基地
の防空火器とか本土の高射を引っ張ってきて殺す、という方式になるんジャマイカ?

38 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/30(月) 00:12:49 ID:???
>>25
喧嘩腰はやめろよ。

39 :元1だおー ◆SzP2gBo9JY :2006/01/30(月) 00:12:59 ID:???
考えてみると空自に今まであんまりスポットがあたらなかっですね。
ドラゴンと戦闘機を戦わせる話で盛り上がったくらいで……

……実は私が空自ということもあってネタはたくさん考えてるんですが。

40 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 00:14:05 ID:???
>>33
一切、空の脅威のない世界での話です。勿論、モンスターもいません。
そんな中、空自高射特科はどうなるのだろうか?と言うのが>>22でだした疑問です。
ゲーリングみたく空自の影響力保持の為、野戦師団化するのかそれとも陸自に移されるのか
或いは空挺部隊化するのか、とまあ色々考えられますが。

41 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/30(月) 00:15:46 ID:???
>>39
・・・ほう?
一番整備と資源が必要&F世界で空飛ぶ脅威というと低空のものがほとんどと
いうハンデがありますが、なんとかやってみてくださいYO。
空自は資料少なくてオラ、ワカンネ。

42 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 00:17:12 ID:???
戦闘機無用論が出るだろうな。予算も限られるし。

43 :名無し三等兵 :2006/01/30(月) 00:21:20 ID:???
ふだんは高空でドラゴン等の外敵を避け、腹がすくと夜間
地表に降りてきて、獲物を吊り上げる「人喰い気球」

菊池秀行だったかのネタに、昔あったような...

44 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/30(月) 00:21:36 ID:???
金がかかるからなぁ・・・何しろ。
支援戦闘機の対地支援ならどうだろう。対地ロケットで歩兵隊を吹っ飛ばすF4
とか、誘導爆弾でゴーレムを砕くスツーカ並みのF2とか。

45 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 00:23:10 ID:???
蟲師とか

46 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/30(月) 01:22:03 ID:???
一連の流れで航空キタコレ!と思った。
ので銀輪部隊番外編を書いてみた。投下ー。

47 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/30(月) 01:23:44 ID:???
行け!銀輪部隊番外編「大空の軽騎兵」


「こちら忍野3、戦車はまだか!?」
「戦車の支援は出来ない。代替の火力支援はもうすぐ出来る。それまで全力で逃走せよ。」

銀輪部隊は創設以来の大ピンチに陥っていた。
敵の大規模攻勢を察知して本部に報告したのは良いが敵に探知されてしまい、魔道士の火炎魔法から辛くも逃
れて山道に逃げ込み、迂回して前線本部に帰還しようとしたら、とんでもないヤツに追っかけられる羽目にな
ってしまったのだ。

「わっ、きたぁ!!」

篠崎が叫ぶ。
山道の木々を薙ぎ倒し、それは現れた。模造された命。この世界における、陸戦の要。
そう、ゴーレムだ。
その石造りのボディを破壊できる火器を、悲しいことに銀輪部隊は有していなかったのだ。
当然である。本来は無反動砲のHEAT弾を何発かぶち込むか、戦車砲その他でたこ殴りにするしか、この化け物
を止める術はないのだ。斥候の軽歩兵たる銀輪部隊に、その様な糞重い装備など出来るはずもなく。
ただただ追いつかれないように死ぬ気でペダルをこぐしかなかったのだ。

「戦車がこないんなら、死ぬしかねぇじゃねぇかよ!!」
「助けて一曹!!」
「ぐだぐだ騒ぐな、ペダルこげ!急げ!!」

ゴーレムは道幅など気にしない。
ぶつかるものは薙ぎ倒し、障害は踏み潰し、ぐんぐんと自転車に迫ってくる。
歩くスピードは遅いが、気分はインディ・ジョーンズである。チェーンよ唸れ、火花よ散れ、とばかりに、彼
らはペダルをこいだ。いつか来る救援を信じて。

48 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/30(月) 01:24:16 ID:???
「(またヘリが来たら、俺は神を信じるぞ・・・)」

大田は真剣に神に祈った。信心のない日本人であるが、溺れる者は藁をも掴むのだ。

しかし、神がその意を汲んで派遣した天使は、ヘリよりもっと速かった。
蒼穹に光る真っ青な、一筋の閃光。それは音よりも速く、大田達の上を飛び去り、巻き起こされた爆音と衝撃
波が地上を席巻する。あまりの勢いに、銀輪部隊は吹っ飛ばされた。
そして次の瞬間、大田達がまだ前後不覚に陥っているうちに750ポンド誘導爆弾が、ストーンゴーレムの足
の付け根から上を細切れのバラバラに打ち砕き、さりげなくゴーレムの背中にひっついて制御をしていた魔道
士をミンチ以下の肉片に変えた。

「おぉ!!」

またも木の葉のように吹っ飛んだ自転車など気にも留めず、大田は上空を見上げる。
青い閃光・・・F-2支援戦闘機はスピードを落とし、誇らしげに旋回すると、来た方位へと帰還していった。
大田達は何とか立ち上がると、徐々に消えていくF-2の姿に向けて敬礼をした。

「空自にも外征航空隊が出来たって、本当だったんですね。」
「ああ・・・これで守護天使に助けられたのは二度目だな。本当に神様信じるわ、俺。」

鼓膜がいかれかけていたが、そんなことを話す余裕はまだあった。
F-2の衝撃波で吹っ飛ばされ、爆弾の衝撃波でもう一度吹っ飛ばされた銀輪部隊はグチャグチャのドロドロだ
ったが、最高のピンチを切り抜けた安堵感でいっぱいだった。
自転車を探し出して、再びペダルを漕ぎ出したとき、かろうじて自立していたゴーレムの二本足が、地響きを
立ててぶっ倒れた。



49 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/30(月) 01:25:29 ID:???
終了。
どうだろう。現代版スツーカ。セルフネタだけど。

50 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 01:26:44 ID:???
だからA-10こそが非対称戦争における最高の戦術航空機だって言ってるだろ!!!111!!1

51 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 01:33:39 ID:???
>>50
つ【AC130】

52 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/30(月) 01:35:40 ID:???
ファイアバードでつか。
バルカンと機関砲で細切れにされるF世界兵ハァハァ。
って在日米軍が貸してくれるだろうか?

53 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 01:49:35 ID:???
あるいは練習機の改造型とかね。
生産性の高い安価な機体が量産されて始めて、
日本は資源戦争を勝ち残ることが出来るのだ!

54 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 10:49:47 ID:???
こうも頻繁に高価な航空支援を必要とするなら、対応能力の低い銀輪部隊は廃止した方がコストダウンになりそう

55 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 13:27:48 ID:???
>>48
GJ!
F-2の活躍は最高だね。
絶頂まで逝きますた

56 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/30(月) 16:23:28 ID:???
>>54
いや、コブラに助けられたときは、運用初期で三人一班構成だったので、斥候
を退けることが出来なかった。ので火力を増強して、一個中隊なら皆殺しに出
来るようにした。
そんな頻繁にゴーレムに追っかけられはしないでしょう。
もっと書いてる以上に任務には成功している、というのがmy脳内設定。
>>55
あり。

57 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 17:27:12 ID:???
>48
読みました。面白かった。
ところで、次回からはパンツァーファウスト3か、
せめて89mmバズーカを持たせて上げられないでしょうか?
必死こいて逃げまくる銀輪部隊の方々が余りに気の毒で…

ttp://sawadaspecial.com/mt/archives/000436.html
こういう例もありますし、カールグスタフ担ぐよりは軽くてマシだろうと思いまして。

58 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/30(月) 19:36:59 ID:???
>>57
あり。
バズーカかな、持たせるなら。7kgくらいだったっけ?さすがアメ。
パンツァーファウストは、ああ見えて13kgあるし。
カール君は16kgもあるし。チャリに乗ったら絶対こける。
ロケランつき自転車・・・ワロタ。

59 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 19:55:42 ID:???
バズーカって一商品名じゃないの?

60 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 19:59:02 ID:???
WW2のドイツ軍でも前輪の左右へパンツァーファウスト30を垂直に搭載した駆逐自転車があったっけ

61 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/30(月) 20:01:54 ID:???
>>60
それなんてカミカゼ?

62 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 20:29:47 ID:???
89mmバズーカって口径3.5インチのM1バズーカのことかい?

63 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 20:33:34 ID:???
C-1が変態機動で対空魔法攻撃をかわしながら20ミリをぶちこむ姿が見たくなった

64 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/30(月) 20:41:22 ID:???
まだ米軍供与のバズーカが一部に配備されているというのは本当だろうか・・・
自衛隊はマジで物持ちが良いなぁ・・・M1とかトミーガンとかグリースガンとか。

65 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 21:13:04 ID:???
>58
レスありがとう。
仰るとおり、例に挙げた中ではバズーカが一番軽いですね。
(ランチャー:5.5kg、ロケット弾:4.04kg)
因みにスイスの銀輪部隊では機関銃(MG3の改良版)も
チャリで運んでたそうです。

>62
そうです。米軍呼称ではM20A1でしたっけ、確か?

>64
80年代半ばには、まだM1バズーカもグリースガンも配備されてました。
流石に現在では現役引退してると思われます。




66 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/30(月) 21:56:28 ID:???
>>65
あり。
む・・・バズーカは退役済みか。じゃあどんな屁理屈で導入しよう。

67 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 22:01:45 ID:???
対歩兵なら110mmみたいな大口径は不要、みたいな理由で。

68 :てさ:2006/01/30(月) 22:18:18 ID:???
銀輪氏 乙です

パンツァーファストは別にそんなに重くないですよ
分解して運搬すれば加重も分散するのである程度楽に持てますし
陸上自衛隊的には『砲』判定じゃなく『弾』判定ですからね
自転車に乗れるのならパンツァーファスト3も普通に運搬できるかと
(演習中に担ぐのは死んでもごめんだがw)
・・・84は重い。
というか、あんまりにも重いので行軍中はリアカー搬送・・・・
自転車でリアカー牽引・・・・ああ偵察科の苦労が増えそうだ・・・
 
>>65
恐ろしい事にM3グリースガンは普通科でも未だに武器庫の中に飾っている中隊がちらほらと・・・
機甲科の大半は演習でもバリバリ現役で使ってますし・・・


69 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/30(月) 22:18:38 ID:???
ふむ。ちなみに自衛隊に供与されていたバズーカはM20改4型(つまりA4)だ
そうで、軽量化などもされているようだ。

「一曹、重いです・・・」
「つべこべ言うな。伊上がバズーカ、柏は予備弾を持て。」
「うへぇ・・・」

なんてどうだろうか。

70 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/30(月) 22:21:09 ID:???
>>68
まぢですか?
というか、分解できるんですか、アレ。
やっぱり弾頭と操作部に分解ですか。でもやっぱ使い捨てなんですか。

71 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 22:25:00 ID:???
いっそ自転車のサドルを外したあとのパイプを迫撃砲にしてしまえ

72 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 22:27:26 ID:???
ここのページ(過去ログ200601c)最下段にF世界(D&D)の軍備について書かれている。
以下孫引き。


D&Dのサプリメントに「ファンタジーにおける戦争」へ言及した文章があるのですが、
それが「歩兵1個分隊には、戦場に秘術の火力を投入する呪文の使い手が1名以上含まれている。
たとえば、4レベル・ソーサラーは4回のスコーチング・レイ呪文を発動することができ、
加えて、自分自身を守る為にメイジ・アーマーとシールド呪文を使用する余裕がある。
彼にワンド・オブ・マジックミサイルとファイアボールの巻物3枚を装備させれば、
魔法版の機関銃とロケットランチャーの出来上がりだ。
ちなみに、ソーサラーにこの装備を持たせる費用は、典型的な騎士1人分の装備より安い」
なんて書いてあって燃える。


ここにあるのはあくまで一例だけど、
例えば、DQ世界のように「道具を使うとMPを使わずに魔法同様の効果が得られる」世界だと、
強くて敵いそうもないですな。

73 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 22:28:13 ID:???
トーマス!!LAWを使え!!

74 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 22:30:17 ID:???
って、リンク張り忘れ。

ttp://www.h-opera.com/200601c.html



75 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/30(月) 22:32:08 ID:???
>>71
だんだん軍隊というよりテロリストに近づいているようなww
>>73
もう気分はヴェトナムかオメガ7ですな。

76 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/30(月) 22:37:29 ID:???
>>72
自衛隊にも対魔法装備の拡充が必要になりますな、その規模になると。
しかし歩兵一個分隊につき一人は流石にやりすぎだと思う。
中隊つきの魔道小隊とか、そんな感じで単純戦力としての自衛隊と差異をつけ
ておかないといけない希ガス。
自衛隊には他の問題(資源とか)が山積なわけだし。

77 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 22:39:17 ID:???
>>76

一中隊に一台イオナズンを、ぜひ

78 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/30(月) 22:43:35 ID:???
いっそ小隊全員の魔力を集めてミナデインとか。
ヘリくらいなら落とせそうだwww

79 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 22:46:28 ID:???
銀輪部隊が偵察で密林の敵拠点の座標を
後方の砲兵部隊に報告ってネタを思いついたのですが・・・ありがちですかね?

80 :てさ:2006/01/30(月) 22:51:16 ID:???
>>銀輪氏
私の記憶が正しければ分解できます
弾頭部 照準具 砲身部?(だった気がする) の三つに分けれた記憶があります 
・・・もしかしたら演習弾限定機能なのかも知れませんが実物も分解できるはずです

『弾』判定なので、もちろん使い捨てです
使いまわし出来るのは照準具だけです
照準具も一定数射撃すると交換した方が無難です。(バネが弱って不発射の原因になる)

でもまあ有事の際は照準具以外は繋げたまま・・・かなw

・・・そうそう。書き忘れましたが64の小銃擲弾にも一応HEATありますよ
貫通力は書き込めませんが・・・まあHEATの特性を考えれば大体想像が付くかと
あれなら雑嚢に数十個は入りそうです

>>71
自転車では無いが某ドイツの原付には無反動砲が標準装備されたキワモノが・・・
ttp://www.kanshin.com/keyword-672254
ぽるしぇ博士の亡霊かね・・・

>>77
一個班に一つテイルウェイry

81 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/30(月) 22:53:59 ID:???
>>79
小官がそれをネタに一作書いてたなぁ、そういえば。
まとめ用WIKIの小官の作品欄にまだあるはず。
個人的にいうとあの人のSSは好きなんだが、現役らしいので非常に自衛隊寄り
だし、本人の人格がアレだしで・・・ふぅ。

82 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/30(月) 22:59:13 ID:???
>>無反動砲つき原付
笑えますな。なんだこのアバウトさは。
60式自走無反動砲など目じゃないな・・・

83 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 23:04:48 ID:???
>>79
銀輪部隊が密林で活動できるわけ無いだろ

84 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 23:07:38 ID:???
銀輪部隊かっこよすぎww
つか隊員のちょっとヘタレなところも・・・GJ!!

85 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/30(月) 23:21:42 ID:???
>>84
あり。そう言ってもらえると非常にうれしい。
これを書いたとき、分家への投下を考えたんだが、その直後に愚者が火病っち
ゃったんだよな・・・複雑だ。
往時の賑わいはどこにいったんだろ・・・と思ってこっちへの投下に決めた。
生暖かく見守ってくり。書くの遅いが。

86 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 23:21:50 ID:???
知らぬということは恐ろしい。
http://hokuso.com/shigo/jpeg-shigo-083c.jpg

87 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/30(月) 23:34:27 ID:???
>>80
あり。でも撃ったら捨てろ、と・・・
89小銃擲弾でHEAT・・・ならゴーレムにも勝てるか!?

88 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 23:39:52 ID:???
つかM2重機関銃が五基くらいあれば
かなりの敵に対処できる希ガス。

機関銃が多用された第一次世界大戦。
あるオーストリアの機関銃手の体験談だと、
集団戦法で突進して攻めてくるフランス軍に銃口を向けて引き金を引くだけで、
そこらじゅうに敵の屍の山ができたそうだ。

89 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/30(月) 23:48:36 ID:???
だから戦車が出来たんだろ。
重機弾の効かないゴーレム、空から飛んでくるドラゴンとか、でかい虫とかを
考えると、WW1の戦術は通じないと思ふ。

90 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 00:26:21 ID:???
銀輪殿、自転車運用の一環として施設科に「たこ」を持たせて、主要道路をひたすら締め固めさせる、というネタはいかがでしょうか?
自転車運用には地ならしが必要であると思われます。

91 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/31(火) 00:40:35 ID:???
はぁ、「たこ」ですか。
一応、普段は原住民が啓開した道を使用。隠密活動中は走れるところを走る。
という設定なのですが・・・すみませんが「たこ」ってなんですか?

92 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 00:58:12 ID:???
土木工事に使われる道具で、膝丈くらいの長さの丸太(角材でも可)の両脇に二本の棒を固定した物で、通称「たこ」と呼ばれています。
両手で棒を握りしめ、持ち上げ、地面に振り下ろし、叩く! 以下エンドレス!
昔はこうして道をならしたり、家の基礎を造る前にやっておりました。
こうして圧密沈下を防ぎます。

93 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/31(火) 01:12:55 ID:???
>>92
あり。
「子供のためならエンヤコーラ!」
「母ちゃんのためならエンヤコーラ!」
「オラオラー、しっかり働かんかい!」
つー感じでつか。

94 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 02:02:42 ID:???
重いコンダラ
試練の道を

95 :名無し三等兵 :2006/01/31(火) 02:10:30 ID:???
燃費控えめなスクーターやスーパーカブも使わせてもらえんのか...

嗚呼、素敵(うっとり)
ttp://www.panzerbaer.de/helper/f_bazook.htm


96 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 12:36:59 ID:???
自転車じゃあ夕方に黒糸でトラップ張られたら防ぎようが無いだろうなあ
タイヤに糸やロープを巻き込んだら復旧が大変だね

97 :92:2006/01/31(火) 12:57:08 ID:???
>>93
そんな風に想像してますw

98 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 14:14:12 ID:???
自転車は特徴的なわだちのせいで、どこを何人どちらへ通ったかすぐバレるし
徒歩やバイクに比べて踏破性能が著しく劣るから予想進路も特定しやすいので
帰路など数箇所の待ち伏せで簡単に潰せると思う

99 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 15:54:22 ID:???
>>94

あれ実は
思い込んだら〜って感じだったよな?

100 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 16:44:07 ID:???
自転車に乗っている状態だと両手がふさがっている上に急な方向転換も出来ない
遮蔽物に隠れたり武器を取るのも困難で襲撃に対して極めて脆弱だよ

101 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/31(火) 18:51:13 ID:???
ふぅむ、そういう見方もあるな。
>>98>>99
斥候兵って、どれくらいの割合で待ち伏せされるんでしょうね。
進攻中ならまだしも、現在はやって来た連中を斥候で見つけ、火力と機動力の
ある部隊で燃料を無駄にしないように待ち伏せ、吹っ飛ばすという戦法をとっ
ているので、斥候任務の場合、銀輪部隊が戦闘に陥るのは突発的な戦闘がほと
んどであり、待ち伏せはされないだろ、というのが脳内設定。

102 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/31(火) 18:52:07 ID:???
あ、やべ。
>>98>>100
だった。

103 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 18:52:09 ID:???
自転車を知らないF世界人がそこまで思いつくのにどれくらいかかるだろう?

104 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 18:55:54 ID:???
賢い人に情報入れば直ぐだろ

105 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 19:52:30 ID:???
>>101
相手の斥候が「そちらへ向かった斥候の痕跡」を見つけたら
生かして帰さない努力をするでしょう。
そして線で痕跡を残す自転車は非常に見つかりやすいでしょう。

106 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/31(火) 20:04:39 ID:???
>>
ふむ。参考になります。
それも踏まえてSSを執筆して見ます。
しかしリアルにやるのって、かなり大変ですな。
人型兵器とか、宇宙戦艦とか、見てくれのいいものは非合理的だし。
銀輪部隊なら、実例もあるし大丈夫かな?と思ったら以外に穴は多かった。

107 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 21:10:21 ID:???
>>106
なんかネトゲやってる(た)?

108 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/31(火) 21:18:50 ID:???
>>107
?やってませんが。
パソコンにべったりな件ですかね?

109 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 21:43:05 ID:???
戦国自衛隊でちらっとママチャリ出て来たw

110 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 22:06:28 ID:???
これから・・どうなるんだろうな・・・

って言った奴の俳優名何?

111 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 23:03:23 ID:???
つーか騎兵は馬を殺せば楽勝じゃね?的でかいし。
まあ現実世界もF世界も馬は生産コスト高いし、
生け獲りが鉄則なんだろうけど・・・。

112 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/01/31(火) 23:08:47 ID:???
迷彩服の騎兵部隊・・・微妙だ。
戦国自衛隊・・・なんか微妙らしいでつね。見てないがわしは。

113 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 23:16:59 ID:???
12.7mm車載機関銃で撃ち抜かれる足軽を見てたら、
F世界騎士団をそれで撃ち抜く描写を見たくなった俺を許して・・・。

114 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 23:22:23 ID:???
正面からじゃそんな変わんなくね?むしろ上の人のが的大きくね?
横向いててくれるなら落ち着いて上の人狙撃出来るだろうし

115 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 23:26:16 ID:???
>>113
もう既にてさりすとや1だおー氏を筆頭として
大概の作品の中で実行済みな悪寒

ていうかスレに関係ない雑談は前スレでやろうよみんな

せっかくだからついでに一言
あんな脚本ならこのスレの作者の方がよっぽどまともな内容の作品を作れる悪寒
欲をいうなら時空犯罪者のDS辺りに脚本書いてほしかった・・・

116 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 23:27:26 ID:???
>つーか騎兵は馬を殺せば楽勝じゃね?的でかいし。

銃弾じゃ馬を殺せないとか止められないとか
初心者質問スレで解答されてた気がするぞ。
ストッピングパワー足りないってさ。
殺しても勢いでそのまま突っ込んで来そうだし。
小銃でなく12.7ミリなら、どうかもわからんけど。

117 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 23:45:41 ID:???
重機関銃なら馬でもいける
現行の5.56mmNATO弾はストッピングパワーが不足しているかも
三八式歩兵銃の7.7mm実包は騎兵の突撃を阻止するための
ストッピングパワーはあったらしい
F世界で戦争したら5.56mmから7.62mmに戻せという結論になったりして

118 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 23:52:09 ID:???
そこでオートバイ斥候は45口径を片手で使えるようにしなくてはならないのだが・・・。
45口径だったら馬を殺せるかな?

119 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 23:54:52 ID:???
つか死ななくても、馬が暴れて使い物にならんのじゃないか

パドックみてると些細な事でも荒れてるけからさ銃弾なんか食らったらそりゃもう

120 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 23:55:16 ID:???
小銃は知らんがコルトM1911は騎馬を一撃で行動不能にできるようにと開発された。
それに馬は臆病なので僅かな痛みでパニックを起こす。

121 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 23:58:14 ID:???
むしろ落馬狙い?

122 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/01(水) 00:01:58 ID:???
騎馬突撃敢行真っ最中だったら、一発食らっただけで馬が暴れて落馬確定だと思う。
非力な火縄銃でも騎馬軍団をやっつけられたわけだし。F世界では手数が重要になる
(人海戦術対策)ので、5.56mmの優位は消えないのでは?

123 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 00:05:44 ID:???
>>120
痛み以前に銃声に驚いて暴れだすんじゃ…
つーか突撃してきたらスタンゲレネードでも喰らわせてやれ。

124 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 00:09:54 ID:???
バーサークの魔法を人馬にかけて突撃させて
その間に火力を発揮できる魔法使い鳴りなんなりを
前進させるという手はアリだろうか?
まぁコストがかかりすぎではあるが、不意はうてるかなぁ?

125 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 00:13:22 ID:???
火縄銃・・・弾込めに時間がかかるので数人で運用。螺旋が無い上に鉛玉なので命中率悪い。

自動小銃・・・マガジンにより弾込めが容易。命中率が高い。

鉛玉より命中率もストッピングパワーも高いNATO弾の方が馬および騎兵を殺しやすい。

126 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 00:15:00 ID:???
いやお前。
馬が臆病で従順だから大昔から交配から乗馬までコントロールできたのであって、
それを自ら駄目にするとはなにごとかと

127 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 11:53:45 ID:???
恐慌状態にさせた馬や牛を敵に突撃させるという戦術は
幾つか使われた例が歴史にあるが、あんまり有効ではない。

なぜかというと制御できないから。
ただし、元々群れで行動している生き物なんで
統制取れてないからといって突撃時にバラけるわけではなく
みんな一緒に集団で走っていこうとする(先頭についてゆく)ので
一塊になった体重300キロの集団が突っ込んでくるのは
まあ…脅威といえば脅威だよな。

128 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 12:07:09 ID:???
そういえば、小銃のストッピングパワー云々ってSSが以前あったな。知識不足で突っ込まれまくりだったが。

129 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 13:18:53 ID:???
>>123
通常軍馬は大音に驚かないように訓練される。
ゆえにほかの乗用馬(コレはコレで高いのだが)より高コスト。


130 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/01(水) 14:59:27 ID:???
有名なのは木曽義仲の倶利伽羅峠の戦か。
牛を突っ込ませて敵勢を谷に叩き落した、という奴。
自衛隊が同じ状況に陥ったら・・・重火器の一つや二つはないと駄目だな。
戦車とかがあるならまだしも、装甲車のない普通科だとやられそう。

131 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/01(水) 15:03:46 ID:???
・・・馬と牛とじゃどっちが頑丈なんだろう?

132 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 15:08:01 ID:???
現代の歩兵は散兵になっても戦闘力が落ちないので騎兵の突撃にどれだけ
の効果があるかは疑問

133 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 15:38:04 ID:???
統制崩れないしな。

134 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 18:15:02 ID:???
WW1のイギリス軍教範には、自転車部隊は敵騎兵の軍馬を威嚇する為に
自転車を上下逆に置いて車輪を回せと書いてあったらしい。

実行されたか、また有効だったのかは共に不明。
…まあイギリス人だしな。


135 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/01(水) 18:56:21 ID:???
まあパンジャンドラ(略
歩兵皆が自動火器で武装してんだから、よく考えたら負ける道理がねぇな・・・
やっぱ騎兵は時代遅れと悟ったF世界軍が、
「敵に背を向ける奴は敗北主義者だ!祖国のために突撃!」
「魔道士、あそこに喝を入れろ!ファイアボールだ!」
という方式の歩兵突撃をやらかすんだな(妄想)。

136 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 20:37:45 ID:???
そして十字砲火の餌食に

137 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 22:15:42 ID:???
このスレとここよく似てるなw


http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1128779457/

138 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 22:19:32 ID:???
>>137
なぜフィン軍スレ… 似ているというなら流浪のタイフーンがいる軍板冬休みスレジャマイカ?

139 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/02(木) 14:55:01 ID:???
>>138
だって・・・人がいねぇんだもん。よく見たら浮いてるよなぁ・・・
分家行こうかなぁ・・・

140 :名無し三等兵:2006/02/02(木) 15:11:54 ID:???
>>138
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1128779457/365-367
のことを言ってるんじゃないか?ちょっと見ただけだが

141 :名無し三等兵:2006/02/02(木) 18:26:35 ID:???
>>114
遅レスなうえに違う話っぽいが、16〜17世紀に重騎兵用の対小銃胸甲が普及してくると、
銃兵は騎兵ではなく馬の頭を狙うようになったそうだ。


142 :名無し三等兵:2006/02/02(木) 20:10:09 ID:???
馬にダムダム弾。これで万事OK!!

143 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/02(木) 22:25:25 ID:???
SSがホスィ・・・
分家のも良いが、こっちに投下してくれるカメラードはいないものか・・・

144 :名無し三等兵:2006/02/02(木) 22:44:32 ID:???
創作関連スレの711を待て

145 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/02(木) 23:04:10 ID:???
>>144
伝令あり。
おお、まだ戦友は残っていたのか。
漏れもまだまだだなぁ。

146 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 02:11:01 ID:???
これは既出?
http://www.militarybikes.jp/catalog/M2P001.htm

147 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/03(金) 17:48:41 ID:???
よし、出来た。
投下しまーす。時間軸は第二話直後。初めのほうのF2の話は番外編なので、そこんとこよろしく。

148 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/03(金) 17:49:37 ID:???
UH-1Jのローター音が、教会の丘に響く。
教会の中は荒らされた形跡があり、燭台などが床に倒されていた。そして、シスターの言うとおり、神父が一
人、血を流して倒れていた。どうやら傭兵達を押し留めようとして、斬りつけられたようだ。
傷は命に別状ない程度だったが、直後に気絶してしまったのだろう。結果的にそのおかげで助かったのだが。
大田がその旨を本部に報告すると、5分程度で救援のUH-1Jが飛んできた。
応急処置を終えた神父(意識を取り戻した途端、迷彩服にヘルメットに顔にペインティングの男たちが覗き込
んだので、再び気絶してしまった)をヘリに放り込み、大田達も帰還の用意をはじめた。
準備といってもいやな仕事である。皆殺しにした傭兵たちを放って置くわけにもいかないので、殺害人数の計
測をし、埋めるか荼毘に伏すかしなければならない。

「成沢班はどうした?」
「任務は終わったので帰還する、と連絡が・・・」
「すぐ呼び戻せ。あんな馬鹿タレでも、死体運びくらい出来るだろう。」

大田達の戦果は、30人以上に上った。
この小高い丘で、皆一様に背中に銃弾を浴びて死んだ彼らを引きずり、一箇所に集める。
途中からやってきた成沢班一同に盛大な罵声を浴びせつつ(無論曹長にはやんわりチクチクと)、こき使い、
淡々と作業を続けた。
日が山際に没すころ、ついに一箇所に死体を集めた彼らは、その山を前に途方にくれた。

「こんなに殺したのか?たった6人で・・・」

誰ともなく、そんな言葉を口走った者がいた。
教会の近くに死体を埋めるわけにはいかないので、丘のふもとにあった広い空き地に広く浅い穴を掘ってそこ
に死体を放り込んだ。そこに、UH-1Jが運んできたいくつかのジェリカンの中身をぶちまける。

149 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/03(金) 17:50:15 ID:???
『祟られませんように・・・』

大田はそう思いながら、先ほどヘリパイから渡されたマッチを擦り、赤く揺らめく火を放り投げた。
直後、滑るように炎は死体の山に広がり、黒煙を上げながら燃え始めた。
轟々と燃える炎は日暮れの薄暗がりを照らし出し、その周りの隊員も浮かび上がらせる。
浮き彫りになった彼らと彼らの影は、さながら幽鬼のようでもあった。
戦闘終了後の空しさと安堵感が、その場に漂っていた。

「あの・・・」

背後から聞こえた遠慮がちの声に、大田は怪訝そうに振り向いた。
そこには修道服の女性が、所在無さげに立っていた。さっきの哀れなシスターであった。

「?あぁ、シスターですか。向こうに行ってなさい、女性の見るものじゃない。」
「あ、あの・・・その・・・」
「?」
「さ、先ほどは助けてくださって、お、お礼もまだだったので、その・・・」
「???」

そこで、彼女は黙り込む。
せわしなく動く細い指とオドオドした仕草が愛らしい、と不謹慎にも思ってしまった大田はその思考を振り払
うと、体を彼女の正面に向けた。

「あ、ありがとうございました、本当に・・・」

ぺこりと、軽い礼。大田は、身中にもやもやつかえていたものが、少しだけ取れた気がした。

150 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/03(金) 17:50:58 ID:???
「・・・礼なら連中に言ってください。奴らのほうが、よく働いている。」

大田はおどけて肩をすくめながら、呆然と突っ立っている部下たちを指差す。
彼女は慌てて、彼らに向けても次々礼を言った。言われたほうもまんざらではないようで、一様に頭を掻いた
り、顔を赤らめたりした。

「・・・貴方達は、魔道士なんですか?」
「・・・え?」
「あんなに沢山の人を、いっぺんに殺してしまうなんて・・・」

ふと、彼女の口からこぼれたその言葉に、大田は自分たちがどのように見られているのかを、おぼろげながら掴

めた気がした。シスターの白い手が、少しだけ震えているのがわかり、彼女は恥ずかしがっているのではなく、

怯えているのだとわかる。当然といえば当然である。
大田は、自分が人助けをした、と少なからず奢ったことを後悔した。

「・・・別に。こいつらと同じ、ただの兵隊ですよ。」

大田は、暗がりの中で爛々と燃える、兵士たちの亡骸を一瞥した。彼女にとっては、彼らは自分より力を持った

、横暴な人間たちであり、大田達は、それをもっと強大な力で叩き伏せただけなのだ。
彼女がつられてちらりとその炎に目を向け、すぐに目を背けた仕草が、大田の胸を抉った。

「そう・・・ですか・・・」
「そんなもんです。・・・さて、帰るか。篠崎ぃ!」
「へ、はい!」

いきなりの怒声に、日ごろ怒鳴られなれている篠崎もビクッと肩を震わせる。
慌てて大田のほうに向き直り、篠崎はまたびっくりした。大田はもとから強面だが、今の彼は、揺ら揺らとした

炎の明かりと相まって、何だか鬼気迫るものすら感じさせる表情をしていたからだ。

151 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/03(金) 17:53:20 ID:???
「本部に通達!処理完了、これより帰還する!」
「りょ、了解しました!」

有無を言わせぬ大声に、呆けていた彼らも慌てて体勢を立て直した。

「お、おい、現場指揮官は俺・・・」
「はいはい、成沢曹長殿。じゃあ号令はあなた様にやってもらいます。」

大田は、困惑する成沢を軽くいなす。
いい気なものだと、大田は思った。成沢班とは別行動だったが、大田班の行動が早すぎたわけではなかった。
班の一人に事情を問いただしたところ、どうやら成沢がこの任務を嫌がっていた、と大田は聞いていた。通常の
斥候任務より戦闘に突入する確率が高かったからだ。
無能な臆病者め・・・大田は心中毒づきながら、教会に到着した時にうっちゃっておいたチャリを起こし、跨っ

た。

「そ、それじゃあ帰還する!」

成沢の号令で、全員が一斉にペダルを踏み、進み始める。
一刻も早くここから離れたい、と言わんばかりに、大田は強くペダルを踏んだ。
燃え盛る死体を背に、第三偵察小隊の二班はその場を後にした。
誰も、振り返りはしなかった。振り返ったら、大田に殴られるような気がしたからだ。

152 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/03(金) 17:55:59 ID:???

「統幕議長、作戦「鶴の恩返し」が成功しました。」
「そうか・・・よくやった。」

所変わって、新宿、市ヶ谷は防衛庁。最近はプレッシャーからか、眠れない日々が続いていた統幕議長は、久
々の朗報にほっとした。

「首尾は?」
「帝国の傭兵隊、小隊規模を我が外征団の偵察隊が発見、排除しました。負傷者なし。民間人に怪我人がでま
 したが、駐屯地の医療所に搬送、命に別状ない、ということです。」
「周辺施設への被害は?」
「教会があらされましたが、奪われたものはなし、壊されたものもない、と。」

この任務には、民間人の救援と同時に、ある目的があった。
それは、オステンの教会を守ることにより、日本国に対するオステン王国の態度を軟化させることである。卑
劣なる帝国が王国の国教を襲おうとした所を、自衛隊が颯爽と救助する。この状況を作るため、オステンに情
報を教えず、大田達が出張ることとなったのだ。

「上出来だ・・・我が自衛隊のイメージアップも兼ね、いいこと尽くめだな。」
「現地との融和は、外征軍の必須条件ですからね・・・」
「ああ、将来的にはオステンへの駐留も予測できる。我々の出番は増えるだろうな。」

そこで言葉を切ると、統幕議長はため息をついて、座っていた椅子に深くもたれかかった。
作戦は成功したが、問題は山積だった。
一つは弾薬。
急ピッチの増産体制は続行していたが、その内薬莢に必要な真鍮が不足していた。
鉄の薬莢なんて、まるで末期のドイツだ。金属の輸入場所と、そのルート探索は急務だった。
そして、石油。
なんといってもこれは痛い。
前線部隊にさえ、銀輪部隊などを創設して誤魔化している有様である。死傷者も増加している。
一刻も早く燃料のあてを見つけなければならないのだが、ドワーフの国に油田は見つからなかった。
どちらも自衛隊の作戦能力に直結する問題だったため、統幕議長も頭を悩ませていたのだ。

153 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/03(金) 17:56:33 ID:???
『勝っても負けても、俺は地獄行きだろうな・・・』

ぼんやりと、統幕議長は考える。たとえシヴィリアンの命令だったとしても、安全な車両類に制限をかけ、家
族同然の隊員を危険にさらしている自分。一生償っても、償いきれぬ業を、彼はその椅子に座った時から背負
ってしまったのだ。
思考がループし、やがてどの道この状況から逃れる道はないと、何度目かの帰結にたどり着いた統幕議
長はの
っそりと椅子から立ち上がった。

「どちらへ、統幕議長?」
「少し仮眠をとらせてもらう。それじゃ・・・」

とぼとぼと、統幕議長は歩き出す。
疲れた背中は、そこいらの可哀想な中年男と大差はなかった。


154 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/03(金) 17:58:28 ID:???
投下終了。なんか状況解説みたいな感じになってしまった。
後改行変だ・・・orz

155 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 18:06:12 ID:???
>>154
GJです。続き読みタス。
+   +
  ∧_∧  +
 (0゚・∀・)   ワクワクテカテカ
 (0゚∪ ∪ +
 と__)__) +

156 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 19:18:12 ID:???
投下乙
こんなに簡単にヘリを使っていいのかと思った。
盗賊が教会を占拠したなら教会の関係者が怪我をしている可能性は高いし、
すぐヘリが飛んできたなら最初から怪我人がいたらヘリを使うと決めていた
可能性が高い。しかし燃料を馬鹿食いするヘリを飛ばすぐらいだったら
最初から医官を装甲車に乗せて連れてった方がいいんじゃ・・・

157 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/03(金) 20:16:55 ID:???
>>156
・・・そこはそれ。
実質チャリンコで一日の距離だし。
「自衛隊すげぇ!」という印象を与えるため・・・とか・・・だめ?
いやぁ、未だに戦闘終了後、というとUH-1Jが救援に来る、というNAMな光景が
脳内に残ってるんだよなぁ・・・

158 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 20:55:15 ID:???
薬きょうは回収再利用しないのですか?

159 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 21:05:18 ID:???
>>156
前から同じような突込みを何度も受けてるけど、まったく直す気ないみたいだよ
気になるようならあぼーんした方が幸せになれる気がする。

160 :小官 ◆JoqzD6iI4E :2006/02/03(金) 21:26:15 ID:???
こう言う時は行間を読まねばな?

悪路。これに尽きる。MTBで無ければ走破できん所を通っていると
解釈すればよかろうに? 後でヘリを使う理由もしっかり書いている。

全体的に好感の持てる作りだ。さらなる投下を小官は願う。

重箱の隅突付きは、考察を入れてから行うようにな? 若い衆?

161 :小官 ◆JoqzD6iI4E :2006/02/03(金) 21:28:51 ID:???
すまん、鳥がまた変わった。

162 :小官 ◆qG4oodN0QY :2006/02/03(金) 21:30:46 ID:???
…テスト!

163 :小官 ◆qG4oodN0QY :2006/02/03(金) 21:33:09 ID:???
…失礼した。施設の活躍が見たいね、道無きところに道を作る。

164 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/03(金) 21:45:20 ID:???
>>159
あり。手厳しいな。
漏れも軍オタの端くれだから、そういうとこが気になるのはわかるし。
書いてる側になると、あまりそういうの気にしなくなっちゃうんだよなぁ。いけないとは思うんだが。
まあ努力するわ。
>>160
あり。
・・・あまり後付とか行間とかじゃなく、スパッと本編一発でやれればいいんだがな。
あ、あと質問なんだが、自衛隊の薬莢袋って、何発ぐらい入るの?言うほど邪魔なもん?
やっぱ戦闘中には外すもんかね?

165 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 21:53:07 ID:???
施設なんてそれこそ燃料なしにはやっていけない部署でしょうが…
まさかモッコとツルハシに戻るわけにもいくめぇ

166 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/03(金) 22:05:40 ID:???
まるで江戸時代に逆戻りしたかのように肉の力で土木工事をする施設科・・・
地雷原処理車の乗員、ドーザ使ってた連中も揃って上半身裸になり、
「子供のためなら(ry」
「母ちゃ(ry」
という労働をするのでつよ。
結局最後はマンパワー。・・・泣けるな・・・

167 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 22:06:31 ID:???
>>164薬きょうは戦闘が終わった後、部隊総出で回収するんですよ

168 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 22:19:51 ID:???
通れない道は担いで歩くことができるのがMTB。

169 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 22:30:42 ID:???
旧軍の浸透突破戦術かよ・・・
燃料がないと自然にそうなるか

170 :てさ:2006/02/03(金) 22:53:43 ID:???
>164
別人が回答してみる
薬莢袋その物はさほど邪魔でも無いが
薬莢袋を付けてるとつけない状態に比べて装弾不良が起こりやすくなる

空薬莢は・・・どのくらい入るんだろう?
きちんと数えた事はないけど89式で残弾処理で撃ちまくった時は100発前後入ってた気がする
MINIM用はサイズも大きいから結構(ぶっちゃけ倍以上は)入るはず
M2は下にバケツを用意w

>>戦闘中
さて・・・どうでしょう
野戦なら外して装弾不良の原因を減らしたいとこですし
CQB(近接戦闘)ならつけといた方が良いですね
空薬莢の落下地点から敵に居場所を知られる事もありますし
廊下で大量の薬莢踏みつけて敵の前で転べば目も当てられませんからねぇ・・・

>>165氏&166氏
それをリアル世界でやるのがSDFクオリティ
其処に痺れる憧れ・・・ナイ

演習場整備などでは機械より人力による工事の方が早い場合もある
まあ機械で2時間の仕事を人力だと二日かかるがw(道路整備の場合)

171 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/03(金) 23:14:06 ID:???
>>169
MINIMIとM2で敵の頭を抑えておき、こっそり近づいた屈強な普通科が銃剣突撃
で敵を蹂躙するのでつね!!!!11!!
>>170
情報あり。
つーことは空薬莢はほとんど回収OKということか。基本機動戦じゃなくて待ち伏せ十字砲火だし。
また矛盾が・・・orz

172 :小官 ◆qG4oodN0QY :2006/02/03(金) 23:37:06 ID:???
あれ付けるとなぁ…! 
 小官、64式でアレつけて射撃教習やって、顔に空薬莢当たってア〜チィチィ、アチィ! 
をやった事がある。薬莢が溜まれば溜まるほど危険。こまめに出す事をオススメする。

 薬莢の変形は…ネックの部分に良く見られる。ま、当然だわな? モロ歪んでるし。
綺麗な円形を保ってる奴はそう無いね、7.62oは(弱装、ノーマル含む)。

 5.56oはてさりすと氏が詳しいだろうね。何せ小官の職種は高射特科だから。ウム。

173 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 23:38:13 ID:???
ぶっちゃけ油田がある国を登場させれば、燃料不足は解決なんだが・・・。
思ったのだが、日本列島が丸ごと召喚されたら、
やっぱ原発も一緒に召喚されるのかな?

174 :小官 ◆qG4oodN0QY :2006/02/03(金) 23:42:17 ID:???
 作者にもよるだろうね。『見えざる神の手』で排除するも良し。
だがインフラ描写したいなら残しておくべき。日本の都市が
『不夜城』としてF世界に燦然と異様に輝いている描写が、
欲しいなら。あと、後方地域と前線の差を書きたいならば、是非、
残すべき。…このユルユルなニッポンの空気が違和感無く、
導入可能。

175 :小官 ◆qG4oodN0QY :2006/02/03(金) 23:47:45 ID:???
 おっと、質問に応えて無かった。小官が頬に軽く火傷した時は…
残り時間が無くて20発溜めた時だ。何せ野外射場では射撃可能
時間が限られているのでね? …残弾処理は楽しいぞ? 以上。

176 :小官 ◆qG4oodN0QY :2006/02/03(金) 23:50:13 ID:???
中の人の筋肉痛が酷くなってきたのでレス打ち止め…。オヤスミナサイ。

177 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 23:53:30 ID:???
>>173
まあ召喚されるのではなかろうか?
「召還側の魔術師が理解できるもの」のみ召喚されて
人と土地と道具くらいしか召喚されないとかなら別だが。

178 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/03(金) 23:54:32 ID:???
>>175
あり。

原発は・・・あります!
しかし油がありません!備蓄はあんまり残ってません!
本土の電気は良いが、やはり火力発電は・・・
軍艦島を再興させて石炭発電を(略)

179 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/03(金) 23:55:39 ID:???
と、わしの話はそんな設定です。

180 :名無し三等兵 :2006/02/04(土) 00:13:28 ID:???
休耕地で慌ててイモ栽培して燃料エタノール大増産、とか


181 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 00:14:45 ID:???
久しぶりに分家見たけど、分家も結構充実してるのに驚いたな。
何か皇軍やら第58機動部隊やらがF世界相手に暴れまわってるな。こういう
職人さん達が本家書いてくれればもっと充実するんだろうな〜。つーかその人達に
ここで書いてもらいたいな。

182 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/04(土) 00:54:06 ID:???
>>181
それは漏れもだ。
こっちに投下してほしいなぁ。対空砲火は激しいが。
あっちの自由な空気のほうが、やはりSS作者にはあってるのだろうか。

183 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 01:00:53 ID:???
とりあえず軽いノリ、ラノベ的設定に対する耐性が必要だな
余りに酷いのなら構わないが(自衛隊が使っている銃が違っているとか)
見た目整っているなら見逃してやるくらいの器がないと職人は去っていくばかりだろう

184 : ◆YXzbg2XOTI :2006/02/04(土) 01:09:41 ID:???
どっかの阿呆が余計なこと言わない限り
本スレも活気が戻ってくるよ。

どっかの阿呆が自衛隊式の
というより陸式の阿呆をスレに押し付けなければ
このまま本スレも再興するよ。

どっかの阿呆が「憎まれ役を買って出ているんだ、
感謝しろ、尊敬しろ」とか頓珍漢な事を
言い出さなければ(ry

どっかの分家みたく阿呆をIP晒して
出入りできな(ry

185 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 01:14:20 ID:???
どっかの阿呆が余計なこと言わない限り 本スレも活気が戻ってくるよ。
どっかの阿呆が自衛隊式の というより陸式の阿呆をスレに押し付けなければ
このまま本スレも再興するよ。 どっかの阿呆が「憎まれ役を買って出ているんだ、
感謝しろ、尊敬しろ」とか頓珍漢な事を
  言い出さなければ(ry / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\どっかの分家みたく
\ 阿呆をIP晒して出入り|  うるさい黙れ   |りできな(ry /
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\_______/ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                           ∨      (゚д゚ )
                          <⌒/ヽ-、__ノヽノ |
                        /<_/____/ < <

186 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 01:31:19 ID:???
感想だろうなやっぱ。
書いても無反応、あるのは揚げ足取りのみじゃそりゃ去るだろうよ。
繁栄してるネタスレはだいたいニパターンに分かれてて
1:スレ住人ほぼ全員が職人で感想よりネタの共有に重点が置かれる
→一発ネタスレに多い。静かになることはあっても廃墟になることは少ない
例:ニホンちゃん、シャア板漂流スレ、DQ主人公スレ

2:少数の職人が書き込んでそれに対する感想がスレの大半を占める
→長編系に多い。職人が去る時が廃れる時。例:SSが連載されてるスレのほとんど

13章〜16章の褌エルフ言ってた頃はこのスレも1タイプだったんだけどなあ。
実際このスレがここまで続いてたのは多分あれが楽しかったからなんだろうし
とりあえずおだててすかして職人さんを育てなきゃな。

187 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 01:35:26 ID:???
ちなみに分家は間違いなく2タイプな。
F猿氏→228氏→くろべえ氏と人気職人の存在が盛り上がりに直結している
完結させたのが228氏のみって言うのが悲しいがw

188 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 01:41:41 ID:???
今、分家ってくろべぇ、171、マモレッド、マリアナ侵攻、エログロ理系

が平行して連載されてるのかそりゃ活気もあるわな


189 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 01:51:11 ID:???
>小寒

なぁよなぁよ。ちょっと聞きたいことがあるんだけどさ。
この間、とある画像掲示板で、駐屯地祭だかで展示されたM40(?)狙撃銃による
200メートルの距離から30a的への射撃結果の写真がうpされてたのよ。良く見る
白黒同心円の奴ね。
見た感じ、20a以内に全弾着弾してて、うち3発がほぼ中心にヒットしてたのだが、
画像を見た自称現役自衛官が「はっきりってかなり下手糞。自分でも89式で同距離
でも10a以内に収まる。もちろん肉眼で」って言ってたのよ。
自衛隊ならこのくらい射撃上手くて普通なのかい?

190 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/04(土) 01:51:13 ID:???
なんか泣けてくるな・・・
職人降臨しねーかなあ。ホント。短編1レス投稿とかでも良いからさー。
ところで>>184よ。
漏れも喪前らの骨肉の争いを延々ヲチしてきたわけだが、よくもまあ続くもんだな。
まあ波風たてない程度にな。

191 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 01:54:05 ID:???
お前らマモレンジャー書こうぜ!

192 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/04(土) 01:57:19 ID:???
>>189
そんな変態がいるのかよ・・・>>陸自
自衛隊の個人技はずば抜けてる、っていうけど、それがJSDFクオリティなのか?

193 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 02:12:05 ID:???
http://next.jpn.ph/tyousa/0142/index.html
>教官が言うには訓練された自衛官は500メートル先のタバコの箱を当てることができるらしい。
こんなのがある。

194 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 02:58:17 ID:???
wikiの1だおーの作品。
筆者の情緒変化や心理状況が読み取れておもろいw

195 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 03:24:38 ID:???
「この世界で多様されている建材‥コンクリに近い性状ですが、
滑走路を建設するには十分な強度で、量も豊富です。ドワーフ族が生産に関して協力を申し出ています。
施工も彼らの技術で可能です。」
獣の匂いがするランプの下で、長谷川技官が表情を輝かせていた。
半信半疑という表情で上村空将補が応える
「我々の機体を運用できるのか?場所はどうする、最低でも2キロは必要だ。」
「どうとでもなります、エルナ川流域広がる平野を確保しましょう。管制機材は使えますか?」
「使えるはずだ、航空機と違って整備は容易だからな。いや、そもそも燃料はどうする。
陸さん海さんに燃料を供給するためのプラントはまだ本稼動はしていないのだろう?飛行機は燃料食いだ。」
スオム湖底での油脈発見から一年で燃料プラントを作り上げた長谷川の才能は認めていたが
量の確保はいかんともしがたい。
「水素化蒸留装置の拡大を予定しています。供給量は十分です。」
「そうか‥」とつぶやき、そのまま感慨に陥る上村。
千歳基地の一部、弾薬庫、ハンガーを中心とした半径500メートルの円内だけが
この世界に転送されたが、滑走路を持たない空自にできることなど無い。
隊員は陸自、海自の支援にあたる以外は、ただ装備機体維持の整備のみに費やしてきた。
陸自も海自も決して彼らを非難しなかったが、それがかえって辛かった。
戦闘機が使えれば、ドラゴンの排除はより容易になるだろう。


196 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 07:41:50 ID:???
分家の作者に米空母の名前使っているのがいて少しビビッた。

197 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 09:18:03 ID:???
>>173
なんだかんだでプルサーマルを推進。

198 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 09:57:45 ID:???
だけどさ、原発も一緒に召喚されたとして、
今まで海だった所が陸になってたら冷却水を汲みとれなくて
原子炉が暴走するのでは?
原発も召喚させるのだったら、召喚された後も原発の近くに海や大量の水がある場所という設定じゃなきゃ
矛盾しますよ。

199 :てさ:2006/02/04(土) 10:07:04 ID:???
>>189
200で人的なら黒点内に自分もほぼ全部納める自信はある
オイラ円形標的なんて一度も撃った事ないからよく分からないが
いくら200でも中央から10cm圏内に全部撃ちこむと言うのはさすがに冗談かフカシだと思われ
本当ならそいつ射撃徽章餅だということになる
単に中心とは関係なく集弾が10cm内に収まると言うのなら・・・まあ現実味がある射撃力だわな

>>193
>>五百でタバコ
・・・それって銃の集弾性能超えてる悪寒
仮に恐ろしく精度の良い銃だったとしても少なくとも肉眼じゃ不可能な世界
・・・そもそもタバコの箱を認識できるのだろうか・・
おいら視力両目2.2以上だが500m何て言ったら人間が消しゴムサイズに見える世界だし・・・


ていうか、そのリンク先の探偵の意見は現役が鼻で笑うような事が多いよ
64小銃について
>当たらない。重い。部品が多い
少なくともガク引きさえしなければ『当たる』銃ではある
と言うか64式が当たらない銃ならM16とかAKはもっと当たらない銃だし・・・
重さについてもあれは小銃ではなく一種の軽機関銃だと思えば諦めが付く
沖縄の加数高地(字あってるか不明)のような攻防戦を想定して作られてた筈です
BAR見たいな物ですな

200 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 10:12:40 ID:???
それを言い出したら港湾施設、民間含む各種艦船等にも同様のことが言えるぞ。
それがなんらかの話のキーとなってくるケース以外では省いてかまわないんじゃないか。
元世界から変化していない事象ばかりつらつらと描かれても冗長になるだけだし。

201 :200:2006/02/04(土) 10:14:26 ID:???
ごめん、リロードしてなかった。
>>200>>198へのレスね。

202 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 11:16:21 ID:???
>>202 嘉数だったはず。確かに嘉数での激戦は有名ですね。

203 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 11:22:17 ID:???
>>202がシールド張っていて侵入不能だ!応援を請う

204 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/04(土) 11:57:36 ID:???
>>195
短編乙。
新素材ハケーン、か。
油も見つけたようだし、体制は磐石だな。紆余曲折あったんだろうが。
陸海空がフルパワーで動いたら、どんな惨事になるか・・・
飛行機は容易に動かせんから、空幕は肩身が狭かっただろうに。
やっぱり空自が威信をかけて基地警備用の64式とかVADSとか短SAMとかで野戦師団を(ry

205 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 12:14:31 ID:???
千歳基地の一部にたまたま陸自海自がいて、召喚されてしまったのか?

206 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/04(土) 12:22:25 ID:???
陸海は別個に召喚されたんでねぇの?

207 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 13:10:31 ID:???
>>195の海自はどれだけの艦船が召喚されたのだろうか……。
F世界の港に停泊する護衛艦を見物してる民衆が目に浮かぶ……。

208 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 14:42:18 ID:???
>>198
冷却水が取れなくなっても、その後適切な処置をすれば暴走することなく
停止させることが出来ると思う。別に原子炉に詳しいわけじゃないが、
冷却水が取れなくなる状況はいきなり海がなくなる以外にも十分あり得るし。
ポンプが故障したとか、取水口がクラゲで詰まったとか。知らんけど。
まあ海岸線にあるはずの原発が内陸に召喚されたら機能停止を余儀なくされるのは
間違いないけど・・・

209 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/04(土) 20:21:37 ID:???
そこで原子力の出番ですよ。
原子力戦車に原子力装甲車、原子力オートバイに原子力ヘリ。
そしてとどめの原子力チャリ・・・HAHAHAHA。

210 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 20:29:59 ID:???
そして原子力炊飯器、と。

一夜にして異世界に飛ばされたら、現在試験中の完全リサイクル原子炉がもてはやされそうだな。

・使用済み燃料や劣化ウランを燃やす。ウラン鉱石に含まれるエネルギーの99%以上を利用可能。
・僅かな廃棄物には半減期の長い超ウラン元素はほとんど含まれない。(500年の隔離でおk)
・今後数百年ウラン採掘が不要。
・ウランの富化は永久に不要。
と、にわかには信じがたいメリットの数々が(w

211 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 21:34:44 ID:???
だから一度や二度の失敗にめげないで頑張ればいいのに・・・。
最近は住民やらエセ環境団体やらに石を投げられるから、原子力の専門家に
なりたい人間が少ないらしい。くそばか。

212 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 22:15:40 ID:???
原子力って便利だけどさ、
内燃機関は水素の方がまだ安全そう・・・。

213 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 22:31:42 ID:???
1999年のデンバー国際会議で、米NRDCに「原子力事故や対策に関する情報公開が
ロシアにすら劣る」と酷評された国。
日本。

214 :名無し三等兵:2006/02/05(日) 00:54:39 ID:???
その実例が東海村。
それに加えて姉歯などの建設業。
こいつらどうにかしないと、原発の安全確保なんてとてもとても。
高利貸しなんかより原発関係のCMバンバン流した方が特だろ。

215 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/05(日) 01:56:59 ID:???
投下!投下!投下!

216 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/05(日) 01:58:13 ID:???
「さぁ、今日も元気に職務遂行だ!!」

一日たてば、大田は元通りだった。

「一曹・・・眠いです・・・」
「うるさい!たるんどるぞ篠崎ぃ、朝は元気に自衛隊体操だ!」

時刻は、0530。いつもの稀少時刻より30分早い早朝に、大田は班員をたたき起こしていた。
ピンと背筋を伸ばした大田は、皆眠くて死にそうになっている部下たちを一喝する。

「任務明けなんですよ・・・」
「俺だって任務明けだ!」
「そりゃそうですが・・・」

渋々、体操を始める大田の部下たち。任務達成の高揚から、眠れなかったものもいたが、大田はそんなこと知
ったこっちゃなかった。大田とは長い付き合いの篠崎は、屈伸運動をしながらもこのハイテンションぶりに、
少しだけ違和感を感じていた。

『昨日のあの顔といい、一曹は何かあると、思いつめるからなぁ・・・』

何年か前、大田の父親が急病で入院した時も、彼は終始こんな調子で、普段やりもしない体力練成をやりまく
ったり、私物の突撃ラッパを吹きまくったりと、うざい位ハイだった。
昨日の教会で何かあったんだろうな、と、篠崎は体を目いっぱい反らしながら思った。
上体反らしで目に入った空は、早朝ではあるが、突き抜けるような青さだった。


  第三話「ガチで殴り合え!」

217 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/05(日) 01:58:43 ID:???
「皇帝陛下、第二軍団からの応答がありません。どうやら壊滅したようです。」

皇帝の白髪交じりの眉が、ピクリとつり上がった。
”西方大陸”の西海岸にその首都を構える帝国、名をディルレという。
その皇帝の居城であるツァイゼ城には、日に日に悪いニュースが飛び込むようになっていた。
散在していた地方領主たちを束ね、逆らうものは殺し、勢力を拡大し続けた帝国は、今や”西方大陸”におい
てオステン以上の力を誇り、大陸の派遣を握るのは、目前と思われていた。
そう、あの国が現れるまでは。

「ジエイタイ・・・か。」

その名は皇帝の頭痛の種であった。
王国を包囲するために、帝国はドワーフたちの勢力圏に侵攻した。たやすく陥落すると思われたその国は、異
形の兵士たちによって堅く守られていたのだ。
曰く、炎を吹き、一瞬にして命を吸い取る杖を持ち。
鋼鉄の猛牛が噴き出す業火は、ゴーレムすら打ち砕く。
火を噴く箱が、羽を回しながら空を飛ぶ。
かろうじて生き残った帝国軍の兵士は、それだけ報告すると口から泡を吹いて死んだという。

『やはり、奴らが・・・』

皇帝は玉座に深く身を預け、思索を練り始める。
異形の兵士たちを、どうすれば屈服させることが出来るのか。
それは、彼の覇道を実現させるための、最重要命題なのだ。

218 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/05(日) 01:59:19 ID:???
「ねぇ、いいでしょ、ちょっとだけですから。ね?」
「いいや、だめだ!」

朝食を食べ終えてから、しばらくしてやって来た突然の来訪者に、警衛の二曹はいい加減うんざりしていた。
彼の眼前には、背が低くて太った男が一人。顔がわからなくなるほどモジャモジャの髭を生やして、両手を合
わせて彼を拝むようにペコペコしている。

「あのロクイチっていうセンシャもいいけど、あの新しい奴も触ってみたいんだよぉ、いいだろぉ!?」
「うるさい!キュウマルには指一本触らせんぞ!」

男は、ドワーフの金工だった。
鉱脈のカタに戦車を譲渡されてからは、日がな一日あちこちを弄繰り回し、材質を研究していた。
しかし、その戦車は、現在彼らが使っているのとは違うものだった。彼は、新型の戦車を弄りたい、と熱望し
ていたのだ。

「あのカクカクの部分の材質が知りたいんだよ、ね?ちょっとだけで良いからさぁ!」

そう、あの前面部分。
覆いがかけてあって、材質をうかがい知ることは出来ないが、きっと自分が見たこともないような金属で出来
ている、と彼は喝破していた。
調べたくて調べたくてしょうがないのに、いくらラブコールを手紙にしたためても相手にされないので、つい
に単身乗り込んできたのだ。

「だ・め・だ!!」
「お・ね・が・い!!!!」
「おいおい、なんの騒ぎだ。うるさくてしょうがねぇぞ。」

ついには大声の出し合いになった口論に、ちょうど通りかかった大田が割って入った。
自分がうるさくする分には全くOKだが、他人がうるさいと我慢できない性分なのである。


219 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/05(日) 02:00:40 ID:???
「「こいつが・・・」」

そこからは、二人の声が混ざってしまい、大田は何が何だかわからなくなってしまった。

「何だかよくわからんが・・・なんか要望があるんならドワーフの長に言え。こっちに直接来ても駄目だ。」
「なんだ、そうなの・・・じゃあ帰って長に話すか・・・」

大田が言うと、名残惜しそうに男は帰っていった。

「なんだったんだ、一体・・・」
「ドワーフって、マニアが多いんだ、きっと・・・」

自分が昨日に言った「ドワーフは我々と価値観が似ている」の言葉に、少しだけ戦慄を覚えた大田だった。

「大田一曹、小隊長がよんどります。」

呆然とドワーフの小さな後姿を見送る大田達に、背後から不意に声がかかった。
偵察班、不意の召集であった。

「おう、今行く。じゃ、見張りよろしく。」
「頑張れよ。キュウマルはしっかり守ってやる。」
「ナハハハ・・・」

今日の警衛は、駐屯地業務隊、急円二曹。
機甲科でありながら、90式に乗れなかった、キュウマルマニアだった。

220 :回線切れたorz ◆2LyZBX0jcM :2006/02/05(日) 10:28:28 ID:???
「大田、帰ってきたばかりで悪いが、今日も偵察任務についてくれんか。」

偵察小隊本部。
やってきた大田に、そう出し抜けに前藤は言った。大田には、心なしか顔色が悪いように見えた。

「そんな・・・一日明けですよ?」

大田はいきなりの命に困惑する。
昨日も一日チャリをこぎ、戦闘を潜り抜け、死体処理まで自分達でやったのだ。正直、大田もかなり疲れてい
た。部下達はというと、体操の途中でぶっ倒れる奴もいた有様である。

「みな疲れていますし、このままでは支障が出ます。」

前藤はため息をついて、大田から目をそらしながら、言った。

「・・・第二偵察小隊の一班が、連絡を絶った。任務の報告後、すぐにだ。」

そこで、言葉を切る。
大田の目が、はっと見開かれた。驚愕に顔がゆがんでいた。

221 :回線切れたorz ◆2LyZBX0jcM :2006/02/05(日) 10:29:18 ID:???
「・・・そいつは本当ですか?」

大田がうつむく。
前藤は後ろを向いて、後ろ手を組んだ。それは、無言の肯定だった。

「・・・我々の任務は?」

ぼそりと、それだけを問う。
お互い部下を持つもの同士、感情をむき出しにするわけには行かない。
部下を叱咤し、共に戦うのが上司の役目。弱気にならないわけではないが、弱気を見せるのは、愚の骨頂であ
る。その心構えを、大田も、前藤も、堅持しようと努力していた。
前藤は地図を広げ、赤線のルートをなぞる。線の終わりの罰点で、指は止まった。

「・・・まず、敵の脅威の有無を確認しろ。そして、この地図のポイントを探索し、第二小隊の連中を見つけ
 ろ。燃料制限がひどくなった。自分の身は自分で守れ。」
「強力な敵脅威と遭遇した場合は?」

前藤は無言で、天幕の支柱に立てかけてあった黒い物体を持ち上げ、地図の上にゴトリとおいた。

「こいつがお前の守り刀だ。小銃擲弾のHEATよりは強力だろう。」

110mm対戦車榴弾、パンツァーファウスト3。
それが、銀輪部隊、最強の兵器であった。

222 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/05(日) 10:31:59 ID:???
投下終了。
なんかめまぐるしい感じがするが、考察されたものを適度に入れてみた。

223 :名無し三等兵:2006/02/05(日) 12:47:07 ID:???
偵察任務に目立つ自転車はお荷物です。
場合によっては放棄しての逃亡を選択肢に入れましょう。
足を遅くする1発こっきりの大火力が役に立ちますか?
偽装が巧い隠密作戦専門家で状況に対応出来る、徒歩の空挺レンジャーを投入するべきです。
レンジャーがいなくても、機甲科の主人公チームより普通科小銃班を送る方がよっぽど適材適所。

銀輪部隊にはちゃんとふさわしい任務がありますから、そちらで活躍させましょう。

224 :名無し三等兵:2006/02/05(日) 14:22:42 ID:???
>>223
燃料が少ないのだから、偵察にはチャリが必要だろ?
大体その一発火力をどう使うかが作者の腕の見せどころなんだろ?

225 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/05(日) 19:31:23 ID:???
ふう。
人はいない。対空砲火は激しい。
ここに投稿するのはある種求道的だな。

226 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/05(日) 19:32:13 ID:???
まあ、どの道好きでやってるんだが・・・

227 :政府広報課:2006/02/05(日) 20:00:46 ID:h2YAFLbS
お!
なんか知らないけど、新しい職人がいる〜!?

活躍に期待、ワクワク♪

それはそうと先日、OSが起動画面までいかなく
なったんですわ、ハイ。
おそらくPCの横蓋あけて配線確認しないといけ
ないけど、予想では多分OS再インストしないと
いけないかと・・・。

何が言いたいのかと言うと、日本異邦戦記の
続きが消えてしまうかも知れないという危機
的状況アハハ(orz

さてどうなる事やら・・・。

228 :名無し三等兵:2006/02/05(日) 21:02:41 ID:???
>>227
とりあえず真面目に…
つ[新しいHDD]
まずはこっちにOSを入れなおしましょう。そして古いほうを調べましょう。

つ[ファイナルデータ]
それでだめならこれで救出。

229 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :2006/02/05(日) 22:32:30 ID:???
あげてる事に気付かなかった(死

新しいHDDかぁ。。
買う金が今のところ厳しいのよー。
出来れば、買わずに済ましたいとこではあるけど・・・。

うんこれ以上はスレ違いか・・・。

230 :名無し三等兵:2006/02/05(日) 23:55:25 ID:???
>>229
ならばどこかのPCショップで産総研HPに逝ってKNOPPIXのCDを焼いてきましょう。
それを使えばHDDの調査だけはできます。

231 :元1だおー ◆SzP2gBo9JY :2006/02/05(日) 23:58:57 ID:???
道路や車関係に詳しくないので分からないのですが、
サービスエリアのテナント(?)で親会社が全部同じということはありえるんでしょうか?

……今度新人賞に応募する作品はサービスエリアが舞台になって話が進むんですよ。
前述の89式FVの話と絡めつつ、いろんなアイディアを融合させたのですが。

232 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 00:11:27 ID:???
>>223
米軍が実際に偵察に自転車使ってるよ。
騒音と排熱がないからバイクよかいい場合があるから。

233 :名無し三等兵 :2006/02/06(月) 00:51:39 ID:???
アップダウンの多いとこだとうんざりするだろな

234 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 01:00:22 ID:???
電気補助のチャリ使えばいいじゃん

235 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 01:32:57 ID:???
>>234
長距離もたん。

236 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/06(月) 01:39:34 ID:???
前スレにあったアパッチと米兵とチャリの写真はモノホンだったのか・・・

「一曹・・・急勾配に急な下り坂・・・もううんざりです・・・」
「つべこべぬかすな、黙ってペダルをこがんかい!」

とまあ、これがJ隊クオリティ(待て
パンツァーファウストの見せ場はちゃんと作ります。そんなに重くないと情報も来てますし、いいかな、と。

237 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 04:20:42 ID:???
そんな長い距離なのか?
体力のが先に尽きそうだが

238 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 07:04:54 ID:???
>>236
パンツァーファウストを持つ隊員はちゃんと小銃を置いていくんだろうね

239 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 08:46:48 ID:???
>>236
当然モノホン。多分湾岸戦争のときの写真と思われ。敵地に隠密潜入し
トマホークの終末誘導や攻撃機への目標指示を行ないスカッドハントの一翼を
担ってたと聞いたことが。

240 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 15:06:54 ID:???
>>238
2LyZBX0jcMに対してその手の突っ込みはやらないで置いてやれよ。
親切で書いて>225みたいに対空砲火扱いされても不愉快だろ?

おまけに「対空砲火」は人扱いされてないし。
対空砲火ってほど突っ込みを受けているなら人はたくさんいるはずなんだけどな。

以後2LyZBX0jcMに対してはマンセー以外禁止ということで。

241 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 15:09:54 ID:???
銀輪は分家行ったほうが良いと思うよ。
ここ空気悪すぎ。

242 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 15:25:28 ID:???
まぁ自分で空気悪くしているんだから仕方ないじゃん。
分家でも口の利き方はもうちょっと気をつけたほうがいいと思うよ。

243 :てさ:2006/02/06(月) 15:35:38 ID:???
銀輪氏乙です
行方不明部隊の捜索ですか・・・なかなか面白そうな展開です
常識的に考えれば何らかのアクシデントに巻き込まれたと思われますが・・さて


>>223
>偵察任務に目立つ自転車はお荷物です
A 米軍のリコンやアフガン展開中の山岳兵にも言ってあげて下さい。

>足を遅くする1発こっきりの大火力が役に立ちますか
A 立つ。『とっておきの火力』が一つでもあるなら士気の面でも
 戦術の面でも無い状態に比べれば非常に優位に立てる
 ・・・重いけど

>偽装が巧い隠密作戦専門家で状況に対応出来る、徒歩の空挺レンジャーを投入するべきです。
>レンジャーがいなくても、機甲科の主人公チームより普通科小銃班を送る方がよっぽど適材適所
まず第一に主人公達は(作者氏がどう考えているかは別として)機甲科ではなく『偵察科』ですな
潜入斥候任務なら並みのレンジャーより実力を備えてますよ(少なくとも斥候訓練は受けてる)
(FTCで敵陣地に浸透しすぎて捕虜になった馬鹿もいるが・・・)
空挺がいかほどのものか私は知りませんが、少なくとも普通科を投入するよりよっぽどましでしょう
・・・ていうか連隊戦闘団規模の部隊なら今回の銀輪部隊の投入はある意味もっとも適切かと

>>238
いえ・・・だから自衛隊的にはパンツァーファストは『弾』扱いなんですって
「弾」を持ったからって「銃」を置いていく人はいないでしょう
陸自では両方担ぐ。84は84だけしかもたないけどね


244 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 16:05:51 ID:???
AKみたいなライフルを大量生産できればそれだけで革命が起きるな。
あとは狙撃銃や迫撃砲などを量産して騎士や傭兵に訓練してみたい。
ベトコンのゲリラ戦術とかもファンタジー世界では使えそうだ。

245 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 16:19:05 ID:???
>>240
なに仕切ってんの?

246 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 16:21:30 ID:???
>>245
そうやって雰囲気を悪くしないでください。

247 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 17:10:51 ID:ZP7URwId
なんで自演してんの?

248 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 17:13:32 ID:???
>>246
君にとって240の発言の方は放置して良いのか・・・?
ああ、もしかして『嵐』に構うなという意味かな?
そういう意味なら悪い。余計な一言だったね

さて。作者様及びスレ住民へ。ガイドラインを読み直してみよう

>>10.感想書き込む人も節度や口調を考えるべし。勿論、感想を書かれた作家も。
>> 作品が気に食わないなら透明あぼーんで。 それでも気になるなら、このスレのルールが届かぬ場所で。

ついでに240へ
>>184も似たような事書き込んでるけど
感想も言わずに反論や意見だけだと叩きと思われても仕方ない罠
異論や意見があるのなら、せめて代案を提示してはどうかと思う
常日頃リアリティーを主張する人は間違った情報などを提供しないでしょうし
それがスレ住人や作家、そのお互いのためになる

249 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 17:24:04 ID:???
>>248
>感想も言わずに反論や意見だけだと叩きと思われても仕方ない罠

>異論や意見があるのなら、せめて代案を提示してはどうかと思う


なんか前後関係が支離滅裂っすよ。

AなしにBであればよろしくない。
しかしながらBであったとしてもせめてCがあるのならば問題ない。
AよりCの方が難易度高いというのに、どのへんが「せめて」なんでしょう?

代案がないなら意見をいってはならないというのならば、そこまでやっていられない
から、黙ってしまう人の方が多いのではないかな?

そしてみんな黙ったところで「ここは人は少ない」とほざくわけですか?

みんなを黙らしたのはいったい誰なのでしょうね?

250 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 17:29:27 ID:???
もちろんGと小官www

251 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 17:45:01 ID:???
♀「今日どうするー?映画観に行こうよ」
♂「映画は観たくないなー」
♀「じゃあ何したいのー?」
♂「別にないな」
♀「映画嫌なら何するか決めてよー」
♂「何で映画やだって言ったからって俺が決めなきゃいけないわけ?」
♀「帰れよ」

252 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 17:48:29 ID:???
おみごと

253 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 17:53:30 ID:???
男「今日の夕飯はラーメンにしようかな」
友「夜にラーメンは体によくないと思うよ」
男「じゃなにを食えばいいんだよ」
友「さぁ?」
男「代案もなしにお前はオレの夕食にケチをつけたのか?代案出せよ」
友「知るか!自分で決めろボケ」


254 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 17:58:01 ID:???
おみごと

255 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 17:58:29 ID:???
>>249
その理論ってどんなシチュで成立するの?
実生活でさ、お前でいつも会話止まるからハブられてない?

256 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 18:01:54 ID:???
>>255
>253
当事者でもないのにいちいち代案を求められたらうっとおしい。

それよりあんたは意見をもらうたびに毎回代案を求めるの?
実生活でさ、うっとしがられてハブられてない?


257 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 18:56:39 ID:???
>249
>>代案が無ければ意見を言ってはいけないのか?
悪いとは言わんが・・・普通疑問に思った事を意見する時は自分で解決案を考えてからにしないか?
少なくとも私は自分なりの解決案か仮案を考えてから意見を口にするぞ
それが正しいかどうかは別として
それにサルの条件反射じゃ在るまいし『違うと思うから違う』じゃ社会に出ると思考能力を疑われるぞ?
もしこの例えが伝わりにくいのなら
『戦争は悪い事だ。だから戦争反対しない奴は悪い奴だ』
『○○先生が大東亜戦争は正当な戦争だったと言っている。だからあの戦争の大儀に疑問を持つ奴はry』
と言ってる某政党や市民団体と同じレベルの事を君が言ってるといえば通じるかな?
悪いのなら何処が悪いのか。違和感を感じたのなら何処に違和感を感じたのか
少なくとも意見を書き込む以上、なんらかの疑問や違和感は持ったのだろう
それは個人個人の自然な感情や感覚だとは思う。だけど子供じゃないんだから
意見を思いついたなら意見を構成する自分なりの根拠や仮説に思い至らないかな?
その根拠や仮説をそのまま書き込めばいい
たいていの場合その仮説や根拠が代案として機能するんだから

カレーエルフネタだって元々は
『魔法使いの魔法エネルギーは何処から来てるんだ?体内か?』 
『体内なら食事からエネルギーを取っていると言う事か?つまり魔法使いは大食い?』
『大食いと言えば店屋物・・・吉野家とかよさそう』
『いや、カロリーとか考えるとカレー辺りの方が良いんじゃないか』
見たいな流れで大きなネタになっていったんだしね

>>253
いや・・その場合男の方が普通じゃないのか?
>>256
私は自分の意見や計画に意見されたら相手に代案を求めるぞ
もしくは何を根拠に意見や疑問を持ったのかを訊ねる
感情や感覚が理由ならそれはそれで認めるし、何らかの根拠が在るならもっと嬉しい

もっとも。常日頃リアリティを口にしてる人達が感情論で意見を述べるのもどうかとは思いますがねw

258 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 19:41:27 ID:lGWf6k3q
G乙


259 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 19:50:24 ID:???
みんな餅搗け。
少なくともこのスレの趣旨は代案いるかいらないかではない。
色んなやつが色々書き込むから板は成り立っている。

260 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 19:54:49 ID:???
>>256
たしかに>257をみてハブりたくなったw

261 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 20:11:36 ID:ZP7URwId
>>256
>友「夜にラーメンはよくないと思うよ」
あるあwwwねーよwwwww

男「今日の夕食はラーメンにしようかな」
友「夜にラーメンはよくないと思うよ」
男「うぜーwww俺の勝手じゃね」


262 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 20:15:16 ID:???
>>261
あぁ。
確かにID:2LyZBX0jcMはそれをやってるね。

ひょっとしてあんた本人?

263 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 20:15:53 ID:???
IDじゃねーや。トリップな<2LyZBX0jcM

264 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 20:20:00 ID:ZP7URwId
銀輪がID出せば解るんじゃね?
その為に俺ID出してんだし

265 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 20:32:30 ID:???
俺は昼も夜もパスタだ。

266 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 20:33:14 ID:???
あげんな、ヴォケ。

267 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 20:40:56 ID:???
それなんてイタリア人?

268 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/06(月) 21:38:05 ID:???
・・・すまん。
口の利き方が悪かったな。
漏れのSSについて考察してくれる人には感謝している。
しかし、わかっちゃいるが憤ってしまう時もあるのだ、つい。
漏れが大人気なかった。反省する。
自演といわれるのも嫌なので、必要ならIDだすが・・・ageていいのか?

269 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 21:54:53 ID:???
何か小官に文体が似てきたな

270 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 21:57:06 ID:???
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/movie/4152/1139108925/

271 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/06(月) 22:10:03 ID:???
>>269
・・・小官に?
ま、まってくれ・・・ちょ・・・マジで?

272 :名無し三等兵 :2006/02/06(月) 22:17:48 ID:???
よかったな。廃人一歩手前で踏み止まることができて。

273 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 22:52:11 ID:???
>>269
うはは。
無駄に尊大な言い回しをするところとか、我慢しているということを免罪符に無理を通そうとするところとか、
そのくせこれっぽっちも我慢していないところとか、そっくりだよな。

後は自演するところとかもw

274 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 22:53:27 ID:???
>271のしょげ方も、ベンゼン中尉そっくりといわれたときの反応とよく似てるな。

275 :名無し三等兵:2006/02/06(月) 23:12:21 ID:???
>>248
>>249
べつに代案があろうがなかろうがこの場で会話を継続するに必要なことか?または障害になるのかい?
一般常識的な問題を問うたところで、どうせお前らみたいに持論を展開し合うだけで最大公約数的な回答
など得られないのだから。

ただ>>249が、>>248の主張がAだのBだの、みんなを黙らす等に当て嵌まると言う前提条件での持論を持
ち出すのはどうかと思う。
意図が不明だもん。


276 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/06(月) 23:32:53 ID:???
>>275
正論だな。
次回からはそういう発言はしねぇから、切り上げてくれ、この辺で。な?

277 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 00:59:49 ID:???
分家の皇軍や米軍に燃え!















く○べえさん!ヨー○タウンさん!1○1さん!こっちで書いt(ry

278 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 01:00:37 ID:???
まあ持ちつけ。

279 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 07:35:27 ID:???
無断転載すればいいじゃない

280 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 07:55:30 ID:???
>>279
無断転載しようにも、1○1氏はともかく他の二人は自衛隊モノじゃないぞ?

281 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 08:22:02 ID:???
そういや分家って本家スレタイにあう作品少ないのな

くろべえ、171、マモレッド、マリアナ侵攻、エログロ理系 (>>188から引用)

の中自衛隊モノでさらにギャグやグロは除外としたら171だけしかあてはまらん。


282 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 08:30:13 ID:???
そもそも228やF猿が分家に書き始めず本家に書いてれば本家も栄えてただろうし
分家が今のように栄える事も無かったわけだ。つくづく惜しいな。


283 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 09:36:17 ID:???
それだと共倒れ。

284 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 09:48:03 ID:???
>>275
>>>248
>ただ>>249が、>>248の主張がAだのBだの、みんなを黙らす等に当て嵌まると言う前提条件での持論を持
>ち出すのはどうかと思う。
>意図が不明だもん。

意味不明

285 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 11:30:01 ID:U1xLt2z7
>>284
もんもう

286 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 11:37:10 ID:???
んもう☆

287 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 11:41:25 ID:???
>>285
超能力者

288 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 11:51:26 ID:???
>>276
元凶のお前が言うとむかつくな

289 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 12:34:54 ID:???
まあまあ、みんな抑えて抑えて。

銀輪に横から一言だけ。
コテつけると大して他の名無しと言葉使いがかわらなくても、かなり横柄に見える。
コテってそういうものだからよく気をつけとけ。
今はマジで小寒や某農家並に横柄に見えるぞ。

290 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 12:46:57 ID:???
>>282
本スレが衰退した理由は一つや二つだけじゃあないけど
本家だと荒れたり煽りあいが起きやすいってのもあって投下しにくいのもあると思う。
GとSのバトルだけじゃなく名無し同士でも叩きあってるし。
特に荒れていた時期にはSS投下して方向修正しようと試みるも
SSそっちのけでスルーされて意欲なくしたりしたコテも少なくなかったわけだし。

でも分家が荒れない理由って下手な事するとGがIP晒すかもしれない
からみんな大人しくしてるってのもあるかもな。

291 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 13:37:42 ID:???
てさりすと氏、解説乙

292 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 13:43:13 ID:???
兎に角書き手さんがSSを投下しやすいように、
暖かい眼差しを・・・・・・送ることが出来たら既に廃れてない罠・・・・・・

293 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 14:25:18 ID:U1xLt2z7
>>287
意味は解るだろ
意図が解んないけどさ

294 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 15:33:54 ID:???
しかし分家にも欠点があるぞ。
それぞれのスレを一人の職人が長期に渡り独占、私物化しているからな。
例をあげればくろべえなどその筆頭。
これでは新しい職人が投下できない。
これは独占禁止法違反だ。
自由で平等な競争が阻害されている。
公正で自由な活動を。しかし新規参入には保護を。


295 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 15:34:43 ID:???
>>293
age厨ウゼェ

296 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 15:41:32 ID:???
>>294
なに訳の分からんこと言ってんだ?

297 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 15:43:19 ID:U1xLt2z7
で?

298 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 16:12:13 ID:???
sage進行じゃないのか?ageるのは600以下になったときで良いよ。
それまではずっと潜らせとけ。荒れるから。

299 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 16:20:44 ID:???
一応>>1にはsage厳守とあるな。

300 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 17:10:18 ID:???
>>284
意味不明と吐くからには
それ以外のことが全て理解できて認めているという前提が必要であり、
自認であることを忘れてはいけない。
あるいは自分の発言の意図をそっくり否定されてしまった時反撃のパ
フォーマンスとして「意味不明」と吐き捨てる。
言葉とはこうも馬鹿を除外してしまうのだ。
ならば馬鹿に論述の必要性は無く、まっとうなコミュニケーション能力
も無い。
つまり死ねという事だ。
結論:馬鹿は死ね。

301 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 17:25:06 ID:???
>>300
意味不明

302 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 18:37:27 ID:???
いっそのこと、SS投稿専用と感想・意見の二つのスレに分ければ?
読者の目が気になる作者は覗いてみるもよし、「どうだ、俺様のSSは凄いだろう!」と誰も読まない作品を書き込み続けるもよし……。
というのは?

303 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 19:07:14 ID:???
>>294
マモレッド氏は?
他にもSSスレという王道中の王道のスレがF猿氏がいなくなってからずっと空いてんだが

304 :171(携帯):2006/02/07(火) 19:08:08 ID:???
>>277

ますますのご声援ありがとうございます
が、当方は卒研・就職戦線への召集令状が届いているため
分家で手一杯、また自衛隊に関する知識がこちらで投下するには乏しいので
こちらへの投下はまず無いとご了承ください

分家での批評、ご感想を心待ちにしております

305 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 19:38:54 ID:???
>>304
御武運を祈りまつ

306 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 20:16:00 ID:???
>>300
何で簡潔な文章書けないの?
読んでもらう為にレスしてんじゃないの?
チラシの裏にでも書いてろ池沼

307 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 20:20:02 ID:???
>>306
お前は馬と鹿の見分けもつかないクズなんだから黙ってろ。

308 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 20:29:29 ID:???
>>306
結局>>294での意図を明確にしないで罵倒で逃げ通すのか。
そういうことか。馬鹿は自分の発言に責任をも持たない。答えられない。
レトリックで裏打ちした虚構を絶対に信じて疑わない。だから馬鹿。
証明完了。

309 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 20:52:25 ID:???
>>308
幸せ回路だね

310 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 20:57:44 ID:???
本家が廃れるわけだ・・・

311 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 20:58:08 ID:U1xLt2z7
>>308
なんで絡んでない俺に意味解んないレスするわけ?
自分の文章構成力の逸脱を棚にあげてよくそんなレス返せるね。しかも他人に
ID出さなきゃ自分が正しいと思い込んでる馬鹿には伝わんないか

312 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 20:59:40 ID:U1xLt2z7
>>309ミスった

313 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 21:06:13 ID:???
>>311
自ら絡んで来て今更これだ。「逸脱」の用法も知らぬと来ている。
自分の状況判断能力を棚にあげてよくそんなレス返せるね。
おまけにageる意味不明な行動。
馬鹿とはここまで自身のそれを曝け出せるものなのか。

314 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 21:07:47 ID:I+sY/lpY
おまいら>>1
・品性に欠けるレスはなるべく付けませんよう。
・気に食わないレスを、気に食わないコテハンまたは気に食わない人間のものと根拠無く認定するなかれ。
 ループ禁止。対策としての『萌え』などには書き手も読み手も極端な反応をしないこと。
 そんなことより海産物の話でもしよーぜ。
・以上を守らないものはぬるぽと見做し、鉄槌制裁( ・∀・)つ=■彡☆))`Д´)されます。


315 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 21:14:43 ID:???
なんでいっつも罵倒スレになるかね・・・

316 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 21:17:55 ID:???
>>302
分家に感想用スレがあった気がする。
本スレがSS投稿と考察、
分家が避難所や感想・意見って
方向性も示唆された事もあった。

317 :313:2006/02/07(火) 21:20:08 ID:???
>>314
分かった。
以後はROMに徹する。

318 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 21:26:09 ID:U1xLt2z7
>>284(誰か)で意味不明発言
>>300(阿呆)でレッテル貼り
>>301(誰か)で意味不明発言
>>306(俺)で阿呆の指摘←sage奨励言われたからsageた
>>308(阿呆)で勘違いして俺に噛み付く
>>309で勘違いの証明

>>300>>284を馬鹿呼ばわりしてるのに何で小難しい文章書くの?>>284にレスするならレベル落としたら?
って意味だったんだがね
自分で決めた設定(>>284馬鹿説)無視すんなら書くな文盲

319 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 21:27:54 ID:???
ただでさえ板違いなんだから感想スレとかいらないし。

320 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 21:30:45 ID:???
ネコちゃんの方が一万倍優秀であります!
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1138819503/l50


    /l、
   (゚、 。 7  
    l、 ~ヽ
    じしf_, )〜


321 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 21:33:52 ID:???
ゼロやマイナスの1万倍でも困るぞ

322 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 21:39:21 ID:???

    /l、
   (゚、 。 7  
    l、 ~ヽ
    じしf_, )〜


323 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 21:40:48 ID:???
スレ滅んで2ちゃん有り……

324 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 21:41:08 ID:???
↑これかわいいので貼った^^

325 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 21:44:41 ID:???
猫萌え〜

326 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 21:46:07 ID:???
眉毛が現代風に整っている農民のムシュメであります!

A−10で撃破してやりたいであります!
なんで我が国はA−10導入しないでありますか!
なんだか悔しくて涙がちょちょぎれるであります!

ファンタジーが国防でありますか!

327 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 21:50:24 ID:???
そりゃおまえスリープクラウド系の魔法が最強だよ。
野球投手がスリープクラウド使えてみ?
はっきり言って宇宙規模だよwwwwww?

328 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 21:51:29 ID:???
野球投手サイキョwwwwwwwwwwww

329 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 21:53:28 ID:???
>>318
実際、引用に対して一つの論拠も無いレスを繰り返す馬鹿が主張だけ通そうとする
構図か。端から見ても無能の証だわな。
己もレッテル張りがしたいなら論拠の一つでも捻り出してはどうか?
ageID出しを免罪符のごとく扱うのも失笑も買うだけ。免罪符でもなければお前は唯
感情の振り回されて手元も見えないブチキレ厨。
おまけに>>318を読ませられてから、こんな奴に文盲呼ばわりされていると思うと失笑を
禁じえない。

330 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 22:05:19 ID:???
みんな落ち着け。

331 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 22:23:32 ID:???
例えば俺がファンタジー世界に飛ばされて、偶然であった猫と遊んでるとするだろ。
そして山賊が現れて猫を食用にしたいといったら、まじで俺の空手が火を噴くぞ。
俺の蹴りは巨木をなぎ倒すからな。
はっきり言ってRPGとかよりマジで強い。速さは光速の7倍だし。
しかも隠し持った手斧が宙を舞うとき、石の城壁は紙と化し、尖塔は飴細工のように崩れ去る!
俺最強。

332 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 22:36:50 ID:???
>>329
えーと、何が言いたいのかよくわからんから
第二次世界大戦で例えてくれないか?

333 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 22:41:24 ID:???
煽るなよ……

334 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 22:45:19 ID:???
>>332
お前は馬と鹿の違いも分からないのだから以下略

335 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 22:46:34 ID:???
プラトーンで見たベトコンが出た。。

336 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 22:51:21 ID:???
>>318
>>329

戦国自衛隊は確かに糞だが。
だからと言ってここで鬱憤を晴らすのは良くない。

337 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 23:33:07 ID:U1xLt2z7
まだやってたのかw
読解力ないから文盲って言ったまで
他人を非難することで独り善がりな正当性を維持したいんだろうね


338 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 23:38:11 ID:???
>>337
自分で自分を煽って楽しいでつか?

339 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 23:38:14 ID:U1xLt2z7
>>329
筋通すなら俺に誤爆した詫びが先だろ
他人を攻撃する事でかろうじて平静が保てる人?
論点すり替えがお得意ですね

340 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 23:45:53 ID:???
>>337
まだだらだらageレスしている人が
>まだやってたのかw
なんていってもねぇ。

>293みたいなことを言う人が
>読解力ないから文盲って言ったまで
なんていってもねぇ。

だらだらと人に因縁をつけ続けている人が
>他人を非難することで独り善がりな正当性を維持したいんだろうね
こんなこといってもねぇ。

ぜーんぶ自分に帰ってくるだけでは?

個体特定させてこんな間抜けなことを続けることができるなんて
なんて大人物なんだろうね。

341 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 23:51:55 ID:???
とりあえずお前らは素人さんが趣味で書くSSの揚げ足取りする前に

プロの脚本家が書いた「戦国自衛隊」に茶々入れとけ

342 :名無し三等兵:2006/02/07(火) 23:54:15 ID:???
>感情の振り回されて
意味不明

343 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 00:00:21 ID:???
>他人を非難することで独り善がりな正当性を維持したいんだろうね

はいはい。そっくりそのままお返しします。

>>339
痛いところを突かれるとむきになってageるみたいね。
その稚拙さが自身の程度の低さと、無能さを否応無しに示しているみたいで悲壮感が漂う。
俺の書いたことも理解半分、認識半分程度だろう。
それとも、被害者意識がお前に厨言動をとらせるのか?

>>342
ごめ。タイプミス。IとOって近いじゃない。



344 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 00:05:09 ID:U1xLt2z7
>>340
止める言っといてレス返してたからだし、因縁付けてきたの向こうだし特定されても特にデメリットないし、
あるとすれば俺に対する住民の感情が悪くなる程度かな

345 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 00:05:49 ID:???
いつもならこう言う罵り合いはスレが800超えてから勃発するもんだが・・・

346 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 00:08:49 ID:???
おい下げろ。


347 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 00:16:45 ID:???
>>344
俺は止めるとは言っていない。言っておくが>>317は俺じゃないぞ。
それにお前の発言のどこに「止める言っといてレス返してたから〜」に通じる下りがあるんだ?
やっぱり馬鹿は自分の発言に責任を持たないな。
「論点すり替え」と書いても、結局はお前の読解能力が低いことが原因だろう、馬鹿馬鹿しい 。

348 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 00:21:44 ID:UBncihdO
>>343
今日に限ってじゃなくてageで書き込みしてる訳だが、それこそ無根拠な憶測ですね
昨日のログ読めば?まだ100も行ってないだろ

内容は理解してるが書き込みの意図が解らない
てか、都合のいい部分にだけレスするの好きだよね

349 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 00:21:48 ID:???
>・sage厳守。行くべき所が有りません。軍板の温情に感謝致します。

百回口に出して嫁。
それから最低限のルールすら守れない奴は相手にすんな、おまいら。

350 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 00:26:33 ID:UBncihdO
>>347
ROMって言ってんじゃん

351 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 00:31:04 ID:UBncihdO
まだだらだら〜に対するレスだよ文盲
お前じゃなかったら誰なんだよ>ROM宣

352 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 00:32:42 ID:???
米陸軍の中佐にして心理学の教授が書いた
邦題「「人殺し」の心理学」で取り上げられていたことだけど
第二次世界大戦当時の空戦では
戦果の実に四割を僅か2%のパイロットが上げていたという
殆どのパイロットはいざ敵を前にするとトリガーを引けなかったのだそうだ
地上戦では戦闘時に実際に銃を撃てる兵士が二割
そしてその殆どは空中などに向けて威嚇として撃たれていた
人が人を殺すのは想像以上に難しい
現在の兵士は適切な訓練でほぼ総ての兵士が銃を撃つことができる
ただしその結果戦後のPTSDが深刻な問題になっているらしい

353 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 00:33:42 ID:UBncihdO
>>306
馬鹿は自分の発言に責任を持たないな

354 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 00:35:52 ID:???
>>348
自分の発言はいざ知らずか・・・
そりゃあ一時間足らず前の”昨日”からお前はageを連発してるな。
俺との遊戯に興じた時から。
併せてお前は文章に説得性を持たせるのを放棄している。


>>350
>>351
もう一度言おうか。>>317は俺じゃない。
それと、人に物言う前に自分を見直してはどうかな?文盲くん。

355 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 00:36:27 ID:???
>>353
ウザいぞ、小官。

356 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 00:48:34 ID:UBncihdO
>>354
26時間位遡れ池沼

357 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 00:52:32 ID:UBncihdO
で、お前の文章のどこに説得力があるんだ?

358 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 00:54:09 ID:???
sageろDQN。

359 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 01:01:03 ID:???
>>356
U1xLt2z7と現在のUBncihdO意外に意味はあるのですか?
それ以前のageがお前だとどうやって示すつもりなのか。
それに言ったでしょう?お前が俺との遊戯にageを持ち出し始めたと。
ageIDに一両日前の事実を言及された時点で、それがどのような差異を齎すのかくらい判断つくでしょうに。
もう少し見地を養って欲しいものです。

>>357
お前のな
心情を吐露するだけなら小学生でもできる。

360 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 01:06:57 ID:???
>>359
だから相手にするな。スルーしろ。

361 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 01:18:06 ID:???
どうでもいいけど、「戦国自衛隊」を見てあまりにがっくりきてしまった
しかし、日テレの掲示板は若者のマンセーばかり。えり好みしてりゃ当たり前か
さすがにここでは建設的な議論が、と思ったんだが……
素人のSSに対する揚げ足取り論で延々と罵倒
終わったな……

362 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 01:20:17 ID:UBncihdO
都合が悪くなるとageるって言う安易な憶測に対する反論は成立するだろ
>>306の時点で俺がどう都合が悪かったのかを提示しろ
自信満々でずいぶん偉そうだけど切っ掛けの>>308についてはスルーなんだよね
都合が悪い内容は煽って反論しようとしない人が何言うか、、、

363 :名無し三等兵 :2006/02/08(水) 01:23:48 ID:???
いいからもう黙ってくれ。これ以上荒らすな。

364 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 01:25:39 ID:UBncihdO
ageについては自分からお前と絡んだからだって言ってるはずだが
何を今更、論点がずれてる
俺:都合が悪くなると〜の反論→元からこういう奴
お前:自分との絡みで嫌がらせの為ageる

365 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 01:27:05 ID:???
プロが金とってやってるんじゃないし、そもそも銀輪氏のはまだ未完だし。
作者の隠し弾があるかもしれないのに片っ端から重箱の隅を突いたら誰も書かなくなる
そのくせ、大まかな作品のプロットや細かなセンテンスに対してはほぼ突っ込みはない。
これじゃ誰でも「揚げ足取り」って思うよ。
2ちゃんだからとか、軍事板だからってのは免罪符じゃないしな
まともな書き手ならもっと建設的な意見をもらえるところに引っ越すし、
残るのはSやGみたいなキャラになっても仕方がない
今日の本家の荒廃は誰がとか個人の問題じゃなくて、とるに足らないとは言わないが針小棒大に
書き手に対して茶々を入れてきた住人。それをフォローしなかった住人。
つまり、俺たち全員の責任だよ


366 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 01:27:17 ID:???
>>361
戦国自衛隊についてはここで話されてるぞ。ネタスレっぽくなってるが。
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1139322247/
1979版と2006版とクレしんを比べると圧倒的にクレしんが凄いんだがwww

367 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 01:28:10 ID:UBncihdO
説得力まだー?

368 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 01:34:47 ID:UBncihdO
>>363
さんざん煽っておいてそりゃないぜ

369 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 01:36:35 ID:???
>>362
>安易な憶測に対する反論は成立するだろ

成立しないね。確かに俺はIDが変わる以前のお前がどれだか示すことはできない。
だが大まかなことは>>359に書いた通り。
現時点での行動で反論の論理足る物が無い。流動的な対象を持ち出して「ほら、違うだろ」と両手を振り回している
に過ぎないのだよ。
説得力を持たせたかったら、持論だけでは足りないのは明白

>>339に対して>>342でお前の行動を指摘した。なぜ「>>306の時点で」と切り出すのか
理解しかねる。それでは都合が悪いからなのか。
>>308で発言したことをスルーとは。一体何が言いたいのか意味不明。
それなら俺も>>311に対する>>313についてはスルーなんだよね・・・と言ってみる。

370 :369:2006/02/08(水) 01:47:13 ID:???
おおっと間違えた。
>>>339に対して>>342でお前の行動を指摘した
ではなく
>>339に対して>>343でお前の行動を指摘した

こゆのはちゃんと釘を刺しておかないと。

371 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 01:56:07 ID:???
NGID:UBncihdO

372 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 02:00:14 ID:???
>>367
俺は自らの言うことに常に説得性を持たせるよう努力した。もちろん言葉足らずもある。
それは認める。
なのにお前と来たら、
意味不明
ageでブッチギリ
簡潔な文を書け
池沼
阿呆
言うに事欠いたら「文章構成能力が〜」「文盲」
馬鹿とそうでない人との間にある壁は、こういった基本的な結論に至るための
説明が出来るか否かというところにもあるんだよねぇ。

・・・てか>>308で俺>>294氏にレスしてるじゃないの(^^;
本当は>>249のおかしい所を指摘したかっただけなのに。ごめんなさい>>294


373 :名無し三等兵 :2006/02/08(水) 02:02:46 ID:???
だからよ、続きがやりたきゃ他所でやってくれ。
もううんざりなんだよ。

ただでさえ人が減ってるスレからさらに住人が
逃げ出すだろうが。


374 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 02:32:09 ID:???
気にすんな、挙げ足なんかとらねーよ
>>372
俺がいつ意味不明って言ったんだ?取り敢えず>>249と俺を混同してるのは解った
どおりで噛み合わない訳だ。いきなり>>308での盲目的な煽りが原因だろ
2/7のID伏せは>>306>>309だけ。IDの件はお前が同一視しそうだったからなんだけど文盲相手には意味なかったな

375 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 02:53:59 ID:UBncihdO
>>249のとこ>>284に変更、ついでに>>249も俺じゃない

376 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 02:55:01 ID:UBncihdO
変更→×
訂正→〇
挙げ足取るの好きそうだから

377 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 02:56:47 ID:???
どうせGの名無しでカキコだから反応するだけ無駄だよ>>374
コテも名乗れないこわれたオモチャにはヘタな煽りが精一杯なんだよ

頭がかわいそうな奴はほっとけ

378 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 02:59:15 ID:???
新シャアからきました荒らしはGとかいう奴ですかゆるしませんよ

379 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 03:07:54 ID:???
>>377
はいはい。お前もG。あいつもG。俺もG。
みんな名無しでGGG。

380 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 03:14:35 ID:???
じゃあ戦国自衛隊でサトエリがサトリを開いたラストについて
思いのたけをぶつけ合おうか。

381 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 03:46:29 ID:???
二回連続で、戦国自衛隊を見逃した俺は負け組orz
大体どんなのだった?

382 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 04:24:31 ID:???
「俺、元の時代に帰ったら結婚するんだ」 「元の時代に帰ったら何が食べたい?」 「俺はラーメンとギョーザかな?」 「俺は女房の手料理が食べたい」「あっはっはっはっは」 死亡フラグの大安売り ↓
フラグから5分以内にサトエリ以外、敵の急襲で全員死亡 ↓
サトエリだけ、プラズマの力で現代に帰還(記憶喪失) ↓
キチガイになって街をうろつくサトエリ ↓
大仏ポーズで悟りを開く

383 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 09:05:41 ID:???
ところでさ。

戦国自衛隊戦国自衛隊っているやつはいったい何なのかな。
何でここでケチつけないといかんのやら。

そもそもあんな地雷とわかっている映画を見るほうがあほなんじゃない?

話題そらしにしてもあまりに稚拙な気がする。

384 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 10:10:14 ID:???
俺達は大きな間違いを犯していた!
ここは「職人のSSを楽しむ場所」じゃない!
「罵り合いを楽しむ場所」だったんだ!!!!!

385 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 11:42:31 ID:???
>>377
むしろageIDのやつの方がGくさいけど。

386 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 13:45:07 ID:???
>>383
映画?

387 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 15:41:26 ID:???
>>385
というよりageてる人は、関係ない人間まで巻き込んでることに気付いていないのかな。
ぶっちゃけ言い争いは別に構わないが、ageるのはやめて欲しい今日この頃。

388 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 15:45:51 ID:???
>>383
たまにテレビくらい見ろ。
ドラマでやってたんで時事ネタだよ。
このスレのネタ自体戦国自衛隊と被るところも多いから、アレンジの出来がよけりゃ
勉強にもなるだろ。

389 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 15:55:08 ID:???
sageて

390 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 15:55:42 ID:???
>>388
でも「けちをつけろ」って話しかしてないみたいだけど。
「アレンジの出来がよけりゃ」が成立しない以上勉強にならんのでは?

391 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 16:11:34 ID:???
>>390
そうさな。確かに糞っぽかったが。
このスレでは「けちをつけろ」って話が出た事実は無い。
別に「アレンジの出来がよけりゃ」が成立しなくたって、剣VS銃みたいなカタルシスを話の種にくらいできるしな。

392 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 16:27:52 ID:???
>>391
>このスレでは「けちをつけろ」って話が出た事実は無い。
>341はみないふり?

>別に「アレンジの出来がよけりゃ」が成立しなくたって、剣VS銃みたいなカタルシスを話の種にくらいできるしな。
つまり勉強にはならんってことだね。
だからどうしたって感じだ。

393 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 16:31:28 ID:???
>>341はみないふり?
あ、マジか。これは失敬。

>つまり勉強にはならんってことだね。
>だからどうしたって感じだ。

反面教師って言葉は思い浮かばないのかね?

394 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 16:36:30 ID:???
まあ、ケチつけろって話しかしてないわけじゃないからねえ。
>>341を見て以降の流れを省みないだけなら確かにそう思うだろうが。


395 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 16:37:07 ID:???
>>393
388≠391なのかな?

わたしは単に>388で「アレンジの出来がよけりゃ」という限定をしているから
その前提にしたがって書いただけだけど。

391は>388はでたらめを書いているという主張をしている?

396 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 16:38:18 ID:???
>>394
しかしそのあとはケチしかつけてないよね。
>341にしたがって(あるいは>341が自演で)ケチをつけているんだと思ったけど。

397 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 16:46:38 ID:???
>388≠391なのかな?

違うよ。

>わたしは単に>388で「アレンジの出来がよけりゃ」という限定をしているから

いや、単に>>392のラスト二行に対して反面教師と言ったまで。
前提に従うなら俺も>>390に対して反面教師を使う。

398 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 16:50:22 ID:???
>>396
俺はケチを付けているようには読めないな。
戦国自衛隊の評価が行われているスレURLを張ったり、話の大筋を書き込んであるに過ぎない
と思うが。少なくとも話の内容を指摘してケチ付けているようには見えない。

399 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 17:02:02 ID:???
>>382
遅レスだが、サンクス!

400 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 17:06:41 ID:???
>>397
あああ、スマソ。≠を=と読んでしまった。
>>388≠391です。
はい、その通りです。

401 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 17:07:41 ID:???
上は>>395に当てたレスね

402 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 17:18:41 ID:???
>>397
>>398
この前、街行く小学生がノーブラだったんで
思わずムラムラして「おっぱい見ーせて☆(^・^)」って
声かけたら「うん!いいよ☆」って快く承諾して
くれて、その成長過程のおっぱいの谷間のところに
顔うずめて「ぱふぱふ!」ってしようとしたら
急にその小学生のおっぱいが膨張しはじめて、
そしてついに爆発した
これが世に言うビックバンである
宇宙はこうして生まれた
そして数十億年の歳月が経ち
現在の我々がここにいるのだ


403 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 17:26:24 ID:???
F世界に日本が召喚されたら神道や陰陽道は使えるかな?ひふみでアンデッド倒す自衛官とか

404 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 17:29:31 ID:???
>>398
>>>396
>俺はケチを付けているようには読めないな。
>361はみないふりですか?

まぁ話の内容は書いてケチをつけてはいないけどね。


405 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 17:30:38 ID:???
呪文唱えて数キロ先にいるアンデッドを全滅させるとか、死体に祈祷を施して
アンデッドとして再利用できなくするとか。
そう言う絶対的なアドバンテージが無い以上は陰陽師を使うことは無いんじゃないかな。

406 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 17:32:38 ID:???
魔法みたいな確立した技術体系じゃなくて、只のオカルトな為無理


407 :タイフーン ◇i3FjaNbBfI :2006/02/08(水) 17:34:46 ID:???
今からここは白石学園(魔法少女)と稲葉学園(第三帝国)のSS、妄想スレです

SS職人は随時募集中、小ネタも大歓迎。
前スレ

http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1126515112/

避難所
(PC)
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/5513/
(携帯)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/i.cgi/otaku/5513/


まとめサイト

http://typhoons.hp.infoseek.co.jp/


408 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/08(水) 17:35:16 ID:???
>>405
そのネタいいな。
本州で幽霊騒ぎが続発とか、旧軍人の英霊パワーで大和浮上とか。

409 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 17:35:25 ID:???
>>407


410 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 17:41:53 ID:???
>>404
がっくり。は感想であってケチでは無いのでは。

すみません。もうこの辺でやめます。

411 :タイフーン ◆i3FjaNbBfI :2006/02/08(水) 17:44:36 ID:???
>>407
それは自分ではないのですが…

412 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 17:46:09 ID:???
ますます板違いに…


413 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 17:47:32 ID:???
>>405 陰陽師でなくても鳴弦ぐらいなら普通の自衛官でも出来そう

414 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 17:49:37 ID:???
>>407、なんかトリップが変だぞ

415 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 17:57:12 ID:???
>>411
大丈夫でしょ ご苦労様

416 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 17:57:21 ID:???
>>410
理由+がっくり≒ケチ
どっちともとれる罠。そもそもケチの定義が(ry

417 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 18:06:59 ID:???
●ケチをつける
けなしたり、言いがかりをつけたり、わざわざ欠点を見つけてイヤミを言ったりする事をいう。

418 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 18:12:33 ID:???
廃スレを渡り歩きつつも良くやっている人達もいるというのに俺らは何をやってるんだろうな…。
まあ分家が本スレと考えればここは不満の噴出し場としてよいのかもしれんが。

419 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 18:21:37 ID:???
空砲で恐れおののいて逃げ出す悪霊なんかは面白そうだね

420 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 18:47:34 ID:???
こいつ誰だよ

534:◆ZYEMgbhZg2 :2006/02/08(水) 18:41:29 ID:??? [sage]
自衛隊ファンタジースレにタイフーン殿の名前を語って書き込んだ、
いわゆる「無能な働き者」です。
罵詈雑言が飛びかう向こうのスレに、タイフーン殿の名前を語って書き込めば、
一種の清浄剤のような役割が期待できるのではなかろうかと思ったのです。





魔法少女vsドイツ第三帝国軍
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1127579612/
を立てた者より。

421 :ハンス・フォン・ゼークト:2006/02/08(水) 18:50:45 ID:???
よし、お前銃殺。

422 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 18:50:56 ID:???
>>403
式神vsF-15の空中戦をなんとかして出来ないかと最近妄想してた。

423 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 19:10:10 ID:???
いいスレ紹介してくれてありがとう
さっそく彼らのキモさを指摘しに行こう

424 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 19:55:49 ID:???
>>423
ぶっちゃけここも似たようなものだけどな

425 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 20:01:05 ID:???
このスレもうダメぽ

426 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 20:07:45 ID:???
分家から職人を本家権限で召集しよう!

427 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 20:08:45 ID:???
できたらやっとくがな

428 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 20:15:21 ID:???
誰を召集する?

429 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 20:19:57 ID:???
小管

430 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 20:25:26 ID:???
マモレンジャー

431 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 20:50:06 ID:???
晒しage

432 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 20:51:16 ID:???
うんこうんこ

433 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 21:30:18 ID:UBncihdO
なにやってんだか

434 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 23:13:11 ID:???
本当にしょうもないスレになったな。

435 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 23:17:14 ID:???
だがそれもいい

436 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 23:22:23 ID:???
あげ

437 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 23:40:34 ID:???
下げてくれんか?

438 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 23:52:32 ID:???
ageんなヴォケどもsageろ!

439 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 23:54:12 ID:???
やだ

440 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 23:55:43 ID:???
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1131032910/925

925 名前: 名無し三等兵 投稿日: 2005/11/06(日) 04:07:29 ID:NlkL5EiN  ←ID注目
冷血売国奴小泉に鞭打たれる事を至上の喜びとする
気違い信者が集まるスレッドがあると聞いてやってきました

スレを読みましたが何の実績もない口先だけの劇場型独裁者に恍惚となる
哀れな無知無能の集まりですねいい加減目を覚ましたら如何でしょうか(冷笑

http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1131219120/16
16 名前:名無し三等兵 投稿日:2005/11/06(日) 05:23:15 ID:NlkL5EiN   ←ID注目
小泉狂信者は日本から出ていったらどうなのか?
キモイ
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1131219120/21
21 名前: 名無し三等兵 投稿日: 2005/11/06(日) 12:06:46 ID:NlkL5EiN  ←ID注目
>>361 これ参照
★ヴァルキリー『いきます』名台詞
ヴァル「あああぁ……きました……きますぅ……ああ、いきます……いくいくいくいくいくいくいくいくううぅ!」
ヴァル「はぁあ……なんていやらしいの……ああ、来た……また来た……いく、いきます……いっいくいくいくいくいくうぅ!」
ヴァル「ふく、ん、うう……いく、イきます……あぁん、おっぱい……いくうぅぅううっ!!」
ヴァル「はあぁ……ああ、私……い、イキます……いっ、いっちゃう……んんっ、いっ、いくぅ!」
ヴァル「すごい興奮します……んんっ、はあぁ……いきます……ぶっといオチ○チンで処女膜破れます!」
ヴァル「いきます! 私、私ぃ……赤ちゃん欲しいのぉ! いく、いくぅううう!」
ヴァル「あふっ、いぐのぉおおおっ、オマ○コすごいぃいいい! いいぃ、私いきます! いぐぅううううう!」

以下略
↑V層の伝説的な書き込み。

参照スレ 戦乙女ヴァルキリー Part3
http://idol.bbspink.com/test/read.cgi/hgame2/1134044988/


441 :名無し三等兵:2006/02/08(水) 23:58:23 ID:???
糞スレ

442 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 00:03:03 ID:???
まさかとは思ったがこのage厨君はなんと!V層であったかw

443 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 00:09:28 ID:???
V層ってなんだよクズ共

444 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 00:15:40 ID:???
マジでV層なんだ。この粘着力がV層の何よりの証だなw

445 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 00:20:05 ID:???
ますますこのスレぬるぽな気が…

446 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 01:14:12 ID:UORpc6V/
なんの為に目欄にage入れてんだ?

447 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 01:19:28 ID:???
>>443
>>446
ageるならあんた等の自制心をageてください。

448 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 01:24:50 ID:???
一旦落としてしばらくしてから改めて建て直した方が良いかもな

449 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 01:30:11 ID:UORpc6V/
>>447
俺はsageないだけです

450 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 01:49:17 ID:???
     ∧__∧
ピュ.ー ( ^┏┓^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^┏┓^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄〕
  = ◎――─◎                      オサマ・ビン・ラディン

451 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 01:52:30 ID:???
>>448
適度な所で新スレ立てる。
こっちは罵倒スレで良いだろう。


452 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 01:55:25 ID:???
>>449
>>1に反してまでageに拘る意図を明確にして下さい。


453 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 02:30:47 ID:UORpc6V/
>>452
なんとなく

454 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 02:34:05 ID:UORpc6V/
>>452
>>1に反してまで俺にレスする意図を明確にして下さい。

455 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 02:44:45 ID:???
>>453
理由になっていませんね。
回答拒否と言う事で良いでしょうか。

>>454
私事で行うことで私自身が制裁されても構わないと思っているからです。
荒らしは容赦無く叩くつもりです。

456 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 02:52:18 ID:???
新スレはこっそり立てた。

457 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 05:32:03 ID:???
>>455
ほらほら叩けよ池沼

458 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 06:09:30 ID:???
「池沼」とか汚い言葉を慎みなさいよ。

459 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 11:03:15 ID:???
>>457
死ねよ

460 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 13:41:06 ID:UORpc6V/
>>455
暇つぶしに理由求められても(苦笑

461 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 13:47:30 ID:???
660 :名無し三等兵 :2006/02/09(木) 02:47:46 ID:9eaZdOWK
誰か、
ここを何とかしてください。
自衛隊がファンタジー世界に召喚されました 43章
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1138537013/


662 :名無し三等兵 :2006/02/09(木) 07:59:22 ID:???
>>660
えっとレスの削除依頼だせばいいの?それともスレの削除?


663 :名無し三等兵 :2006/02/09(木) 09:06:38 ID:???
スレの削除


664 :名無し三等兵 :2006/02/09(木) 10:52:16 ID:???
>>660
長寿スレではよくあることだよ。

スレ住人が言いたいことを言い終えて、静かになるのを待つのが良いかと。
厨房のカキコに過剰反応すると荒れる一方なので慎むべし。


462 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 13:57:40 ID:???
>>460
回答拒否した人間が手を出すかな?普通。

463 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 13:59:39 ID:???
      ./       ;ヽ 
      l  _,,,,,,,,_,;;;;i  <いいぞ ベイべー!
      l l''|~___;;、_y__ lミ;l  意図的に嵐ネタを書きこむ奴はVIPから出張してきたリアルニートだ!!
      ゙l;| | `'",;_,i`'"|;i |  VIPの見え見え嵐にいちいちツッコムのは
     ,r''i ヽ, '~rーj`c=/    よく訓練されたVIPの自作自演だ!!
   ,/  ヽ  ヽ`ー"/:: `ヽ
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l, ホント VIPの存在は2ch中で地獄だぜ! フゥハハハーハァー
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_        ri                   ri
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |


464 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 13:59:50 ID:???
もうやめてくれ・・

465 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 14:04:06 ID:???
アンチ嵐を装った煽りと
それに踊らされるage嵐
もう終わりだ・・・

466 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 14:14:01 ID:???
なんかもう惰性で続いているだけって感じだな。いっそ誰かが一思いに止めを刺してやった方がいいのでは?

467 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 14:35:01 ID:???
削除依頼よろしく

468 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 15:19:29 ID:UORpc6V/
>>462
日本語をお勉強して来てからレスして下さい、若しくは半島にお帰り下さい
何が言いたいのか理解に苦しみます


469 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 15:21:23 ID:???
やめ
ぬるぽ化しない


470 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 15:21:26 ID:???
とりあえず日本語を勉強するのは ID:UORpc6V/の方だと思う。
sageろ。

471 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 15:24:11 ID:???
>>468
暇があるなら知識でも吸収してろ、能無し
日本語の不足は己が内省から始めよ

472 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 15:27:10 ID:???
>>471
かまうなって

473 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 15:30:15 ID:???
Gの本家破壊工作だろ。そこまでするかねぇ普通。

474 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 15:32:09 ID:???
もう終わり

475 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 15:47:37 ID:???
しかし泣けてくるな。
分家の皇軍スレなんて、有意義な軍版的な議論を続けてもう5スレ目だぞ?
ここ2日で見ても、長めの作品2点とその感想や議論で60レス消費だ。
それにひきかえ本家は罵り合いで終始している。
お前らああいう議論ができないのか?

476 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 15:53:29 ID:???
>>475
空気嫁

477 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 15:57:06 ID:???
>>475
なら作品投下しろや。

478 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 16:04:07 ID:???
>>475
あそこは特別だよ。
あれだけ自由な議論やつっこみを許す職人なんてくろべえくらいだ。なんであんなに低姿勢なのか疑問だがな。

479 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 16:36:22 ID:???
>>477
何この馬鹿

480 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 16:46:49 ID:???
馬鹿ばっかりw

481 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 17:01:32 ID:???
>>475
銀輪乙

482 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 17:07:40 ID:UORpc6V/
>手を出すかな普通
日本語おかしいだろ池沼

483 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 17:08:20 ID:???
ほらほら荒らせ

484 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 17:12:08 ID:???
日本語が読めない馬鹿ってうざいですねぇ

485 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 17:18:41 ID:???
>>482
言うに事欠いての悪あがきでなければ確固たる指摘をしていただきたい。
それとも、言語に関するワンパターンなが煽りが多いのは、自身の日本語力に何かコンプレックでも
抱いているからでしょうか?

486 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 17:20:07 ID:UORpc6V/
理由無いなりに回答してから絡んでる(手を出してる)だろ
煽り合いに明確な目的や理由を求める方がおかしい。無いものをどう説明しろと?

487 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 17:27:17 ID:UORpc6V/
>>485の訂正の序でに何で一昨日から即レスなのか納得出来る理由を教えて下さい
コンプレックスは特にないですが、いきなりコンプレックスを引き合いに出してくる貴方こそ日常で何か持ってそうですね

488 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 17:33:03 ID:???
>>484
お前とかな

489 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 17:34:19 ID:???
>>486
>>485での回答になっていませんね。
それは理由としての釈明であってあなた自身が>>484で指摘した日本語の問題では無いでしょう。
また、煽りは手段であって、目的では無いはず。そこに行き着くまでの理由も不明瞭です。
それも併せてお教えいただけると期待しています。

>>487
>訂正の序でに何で一昨日から即レスなのか

失礼ながら質問の意図、意味共に理解しかねます。具体的に指摘していただけないでしょうか。

>いきなりコンプレックスを引き合いに出してくる

本当にコップレックスが無ければそこだけを問題にしません。
むしろ引き合いに出して抗弁することこそコンプレックス持ちの良い証拠です。

490 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 17:36:07 ID:???
だから相手にしない

491 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 17:38:19 ID:???
さあ盛り上がってまいりました

492 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 17:44:31 ID:???
sageて

493 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 17:51:18 ID:???
もう最後なんだからインジャネ?

494 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 17:51:57 ID:???
いじると面白いオモチャが二つもあるしな

495 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 17:57:29 ID:???
>>494 詳しく

496 :だつお:2006/02/09(木) 18:23:48 ID:???
削除!削除!

497 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 18:51:07 ID:???
      ./       ;ヽ 
      l  _,,,,,,,,_,;;;;i  <いいぞ ベイべー!
      l l''|~___;;、_y__ lミ;l  意図的に嵐ネタを書きこむ奴はVIPから出張してきたリアルニートだ!!
      ゙l;| | `'",;_,i`'"|;i |  VIPの見え見え嵐にいちいちツッコムのは
     ,r''i ヽ, '~rーj`c=/    よく訓練されたVIPの自作自演だ!!
   ,/  ヽ  ヽ`ー"/:: `ヽ
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l, ホント VIPの存在は2ch中で地獄だぜ! フゥハハハーハァー
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_        ri                   ri
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |



498 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 18:57:12 ID:???
保守

499 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 19:05:25 ID:???
>>451
スレを作り変えるのならばスレタイ及びテンプレも変えよう
廃れる理由であり彼につけこまれる原因にもなった厳しさはもういらん
自由だ。自由と寛容が必要だ。具体的にはこれから考えていくとしよう

500 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 19:13:55 ID:???
>>499

スレタイ

案1
”自衛隊が異世界に召喚されました”

案2
”現代軍隊が異世界に召喚されました”

案3
”現代軍隊が平行世界に召喚されました”

501 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 19:16:25 ID:???
実は、もう建っている。
テンプレはかなり変えた。

自衛隊がファンタジー世界に召喚されました Vol.1

502 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 19:18:44 ID:???
確かに分家を見る限り自衛隊を現代軍、近代軍辺りに変えたほうが良さそうだね。
「現代軍が異世界に召喚されました」らへんで良いかな。
後はテンプレか…。

方針には自由、寛容に加えてマッタリが欲しいね。

503 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 19:19:55 ID:???
自衛隊とかが異世界とかに召喚とかされました

504 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 19:21:11 ID:???
テンプレはこのようにした。



※書き込む際は必ずメール欄へ半角英数の小文字で「sage」と入力するのを徹底してください。※

●各自の知性と紳士としての態度に期待する●

・SS作者は投下前と投下後に開始・終了宣言を。分断防止のため。
・SS投下中の発言は控えてください。

嵐、煽りはスレの混乱を見て喜ぶ愚か者です。
決して相手をしてはいけません。
……どうなるかは、過去を知るべきです。

自衛隊がファンタジー世界に召喚されました 43章
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1138537013/


505 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 19:23:55 ID:???
フーン

506 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 19:25:23 ID:???
      ./       ;ヽ 
      l  _,,,,,,,,_,;;;;i  <いいぞ ベイべー!
      l l''|~___;;、_y__ lミ;l  意図的に嵐ネタを書きこむ奴はVIPから出張してきたリアルニートだ!!
      ゙l;| | `'",;_,i`'"|;i |  VIPの見え見え嵐にいちいちツッコムのは
     ,r''i ヽ, '~rーj`c=/    よく訓練されたVIPの自作自演だ!!
   ,/  ヽ  ヽ`ー"/:: `ヽ
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l, ホント VIPの存在は2ch中で地獄だぜ! フゥハハハーハァー
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_        ri                   ri
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |


507 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 19:37:08 ID:???
架空兵器と架空軍隊は明確に禁止してほしいな

508 :批評待ち:2006/02/09(木) 19:45:53 ID:???
新ガイドライン案

近代軍がファンタジー世界に召喚されました

スレ住人として良識ある行動をお願いします

1.多彩かつ自由なネタの議論が本スレの強みです、積極的な議論参加を
2.SSはこのスレの燃料です。何かネタが浮かんだら迷わず投下を。知識不足はスレ住人が補ってくれます
3.自衛隊に限らず近代軍に関わる物ならOK、スレタイに拘る必要はあんまりありません
4.一通りスレを読んだら積極的に参加を。ROMる必要無し、できれば過去ログ読んで流れを把握してください
5.ラノベだろうがグロだろうがどんな内容でもSSは大歓迎、ただし余りに「寒い」内容は勘弁して下さい
6.スレ内容に多少でも関わりがあるなら雑談に近くても推奨。「スレ違い」はなるべく言わないように
7.職人さんは皆素人です。あんまりやる気を無くすような叩きをしないように。気に入らないならNGを
8.リアリティが無くても面白かったり興味深いネタならば躊躇せずお願いします。
9.いくら自由と言っても良識の範囲内でお願いします。人型ロボット等はさすがに受け止めきれません。
10.荒らしは放置
11.age、中傷、高圧口調禁止。守れない人はどんな良い事を言ってても荒らしです、放置して下さい

最後に。他に行くべきところがありません、軍板の方々の温情に感謝します

509 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 19:53:47 ID:???
>>508
割と妥当な線かも。




で、それはそれとしてフライング気味に立てられた↓はどうする?
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1139419178/l50

方向性の分割で行く?

510 : ◆WfF9xp26nA :2006/02/09(木) 19:57:17 ID:???
Vol.1を建てたものですけど。

スレが落ち着いてくれれば、どうゆう形でも異論ありません。

511 :508一時トリ付け ◆cR7h0y3X7g :2006/02/09(木) 20:12:54 ID:???
>>510
新スレ立てthx

そのスレの利用で良いと思う。元々日陰スレだし限りある資源は利用しなきゃ
vol.1スレが終わる時にまた新スレ名議論すれば良いと思う。

…で新ガイドラインは>>508で良い?1日くらい議論した方が良さそうだけど。


512 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 20:21:13 ID:???
全く問題ありません。

ただ、新ガイドラインは一つのレスにまとめるのでなく、
2つから3つに分けたほうが良いと思われます。
「長文」は「読まない人」が出て来る為です。

参考までに。私はこのスレのテンプレからヒントを得ました。↓
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1138986854/

513 :510と512 ◆WfF9xp26nA :2006/02/09(木) 20:23:17 ID:???
トリップ忘れました……

514 : ◆cR7h0y3X7g :2006/02/09(木) 20:26:39 ID:???
二つ三つに分けると>>1に収まんないのが少しネックになるんだよなー…

良い案募集、及びガイドラインへの批評募集。
荒らしもいるし新スレ稼動まで1,2日様子見ましょう。

515 : ◆WfF9xp26nA :2006/02/09(木) 20:32:30 ID:???
そのあたりは初心者質問スレのように、

>>1->>3読め

とすれば、とりあえず解決可能かと。

516 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 20:41:37 ID:???
新スレ立てることに意味あるんだろうか…タダの重複スレの気がするんだが…
しかも同じ軍板だし。

更に言うなら、コテの人達の意向とか聞いてないよね?燃料投下する人達の
意見無しで新スレって…自分勝手にも程があると思う。

517 :500・509:2006/02/09(木) 20:54:54 ID:???
>新スレ立てることに意味あるんだろうか

もう復帰・修復が不可能と見てここをいったん廃棄、
スレ完走を待たずにテンプレ等を改良した新スレとして立ち上げる。

巧遅よりは拙速、という言葉もある。
完走まで持たなくてコテや住人が離散する前に避難場所を
作って誘導ってもの一つの手かもしれないよ。

それに、コテが既にもうこのスレ見限ってるかもしれない。
もし、もう来ない(となると悲しいが)場合は待っているのも…

518 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 20:55:40 ID:UORpc6V/
>>489
回答している以上、回答拒否なら手を出すな的なレスに対する誤りの指摘
>あなた自身が>>484で指摘した
してない上に意図を把握出来ないので、正しくアンカーを付けて指摘して下さい
>具体的に指摘
>>485
>ワンパターンなが煽り
を訂正すると思ったのと、常に即レスだったから
>そこだけを問題にしません


519 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 21:00:09 ID:???
早速sageを知らないバカも湧いてきたしな。


520 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 21:06:32 ID:???
新スレに移行するにせよこのスレを使い続けるにせよガイドラインは変更で良いんじゃないか
厳格排他でやるんだったら分家のSSスレでも間借りすればいいんだしな。

521 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 21:08:34 ID:???
>>518
俺はもはやお前が何言いたいのか、
誰と議論してるのかも把握できない。
そもそもいったい何の話してるんだよ
お前と相手は。 どっちの味方もできやしない。
つーか引っ張りすぎだし不毛だよ。

522 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 21:09:08 ID:???
いや、そいつただの荒らしだから。

523 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 21:13:21 ID:???
>>510
なんか一つ標語が欲しい
内容は良いんだがゾロゾロ並べてあるせいで目に来ない

「スレ住人が楽しむことが第一です」とか何とか

524 : ◆WfF9xp26nA :2006/02/09(木) 21:27:00 ID:???
このスレは作品・作品を投下する作者があることで成り立ちます。
大切に扱いましょう。


こんな感じですね。

525 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 21:27:20 ID:???
>回答している以上、回答拒否なら手を出すな的なレスに対する誤りの指摘

何が誤りなのでしょうか。
残念ながら一方通行な感情の暴露は、誰も理解できません。

>>あなた自身が>>484で指摘した

失礼。「>>482で」が正解です。これで私の質問が一層明確に伝わり、当然回答も頂けると
期待しております。

>>ワンパターンなが煽り
>を訂正すると思ったのと

タイプミスですが何か?

>常に即レスだったから

「貴方の書き込みに私が常に即レス」と言う意味でしょうか?それなら私から見たら貴方の
方こそ即レスと言うことになります。御自分の質問した内容についてご理解頂けましたか?

526 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 21:33:09 ID:???
      ./       ;ヽ 
      l  _,,,,,,,,_,;;;;i  <いいぞ ベイべー!
      l l''|~___;;、_y__ lミ;l  意図的に嵐ネタを書きこむ奴はVIPから出張してきたリアルニートだ!!
      ゙l;| | `'",;_,i`'"|;i |  VIPの見え見え嵐にいちいちツッコムのは
     ,r''i ヽ, '~rーj`c=/    よく訓練されたVIPの自作自演だ!!
   ,/  ヽ  ヽ`ー"/:: `ヽ
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l, ホント VIPの存在は2ch中で地獄だぜ! フゥハハハーハァー
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_        ri                   ri
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |


527 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 21:35:57 ID:???
>>517
ち、ちょっと待って下さい。

荒らされた=もう復帰・修復が不可能=新スレ立てる。ですか?
ここは2ちゃんねるですよ、荒らされるのは当然です。

>>コテや住人が離散する前に避難場所を 作って誘導ってもの一つの手

……あぼんすればいいコテはともかく、住人が前回と同じじゃ、新スレ(避難場所)立てても
無意味じゃないですか。UORpc6V/とか、G&Sとかスルー出来ないんですから。
解決になってないですよ。

まさか新スレで同じことが起こったら、また新スレ立てるんですか?

528 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 21:39:56 ID:???
500程度でスレ捨てるのはリソースの無駄


529 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 21:41:47 ID:???
てかこういう時って放置しとけば2、3日もすれば正常化するんだがな


530 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 21:51:28 ID:???
今日で何週目だ・・・?

531 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 21:59:24 ID:UORpc6V/
>>521
俺も解ってないし、どっちかが無視しない限り終わらないと思う。暇つぶしに抽象的なレス返してくるだけなんだもん

>>525
〜だったら〜するな の用法がおかしいという指摘です
回答している以上は、〜だったらの条件に当て嵌まってません
そちらこそどういう意図のレスだったのかが解りかねます

文章の内容に不必要な修飾語を好んで用いる意図を明確にして下さい
全レスの勢いなのに、最後の部分だけレスを拒否した意図を明確にして下さい
ミスを尊大に、何か?と言われても回答しようがありません
結局何が言いたのかを簡潔にどうぞ

532 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 21:59:49 ID:???
まあガイドライン変更は悪いことじゃなかろう
今まで話が盛り上がりそうになると「スレ違い」って叫んで潰す輩が居た訳だから
どんな話でも出来るように自由化するのは悪くない

533 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 22:03:22 ID:???
>>531
お前の存在が現スレ継続使用のネックになってるんだよ、黙れ。

534 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 22:04:31 ID:???
>>530
何週も経ってないと思うが?

535 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 22:06:49 ID:???
>>524
トリ外したらどうだ?
このスレではSS投下しないコテに拒否反応があるから。
そもそもコテになる理由が分からんし

536 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 22:41:05 ID:???
>>531
残念ながらあなたのレスは回答と呼ぶには程遠いものです。

さて、私の主張は、ageに拘る意図を明確にせよ。です。残念ながら得られた回答
は非常に曖昧かつ抽象的なもので、質問の内容を無碍にしたとしか思えないもの
でした。
自らの行動を客観的に分析することができないのなら、残念ながら相手になれな
いと言うことでレスを遠慮するか、行動をもって謝罪の気持ちを誠意ある形で伝え
てみてはどうでしょうか。
どのように考えているのかお聞かせください。

それと、私は修飾語を好んで用いたことはありません。
>>452であなたが何故ageに拘るのか意図を明確にせよと続いて来た中で直接とは
関係の無い事柄を持ち出して場を濁す意味は何でしょうか?

>そこだけを問題にしません
残念ながら私には上の行をコピペしただけの意味が分かりません。
私の言った言葉を不明瞭な意図でそのまま引用しないで頂きたい。恥ずかしい。

あともう一つ。質問がコロコロ変わるのは何故ですか?論点をすり替えようとする
一環と見られるのですが、それについての釈明もできますでしょうか?


537 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 22:52:00 ID:???
せっかくですから討論はvol.1スレでやってもらえませんか

538 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 22:57:08 ID:???
>>535
すいません。
分かりやすいかな、と思って。

539 : ◆cR7h0y3X7g :2006/02/09(木) 22:57:53 ID:???
意見テンプレ
1.新スレ使用か継続か
2.方針(ガイドライン)変更か継続か、また変更の場合>>508で良いか
3.その他これからについての意見

私の場合
1.保留。このスレを使うにせよ新スレに行くにせよ方針が転換できれば良いです
2.変更。スレタイに拘りすぎた結果がこの廃れ様だと思うので
3.とりあえず二日くらい様子見ましょう。本稼動は荒らしの人が飽きてからで

540 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 23:03:58 ID:???
>>531
自分でも解んないのだったら即刻止めろ。
それこそ意図も意味も意義も不明だ。
どっちかっつーならお前から無視しろ。
無視という解決策がわかってんなら。

541 :てさ ◆V2ypPq9SqY :2006/02/09(木) 23:13:34 ID:???
久方ぶりにss投下してみる
以前投下したときは名乗り忘れたから今度はきをつけないと・・・


542 :新条3曹の冒険 マタギ戦記 ◆V2ypPq9SqY :2006/02/09(木) 23:14:36 ID:???
 唐突で悪いが、俺は誰かに叫びたい
 それもどんな難聴者にでも一発で意味が通じるぐらいに大きな声で叫びたい

『腹が減った!』 と

 そう。俺事新条司三等陸曹は腹が空いている。途方も無く空いている
 なぜか意味も無く空を飛ぶトカゲが素敵なステーキに見えたり
 青白くチェレンコフ光の様な光を放つキノコがマツタケの親玉に見えたり
 何かを食うたびに卵を産む緑色のトカゲを思い出して本格的に飼いならしたくなるぐらい腹が空いている
 ご先祖様が体験した東南アジアでのデスマーチには適わないかも知れないが
 意味も無く感情が高ぶったり塞込んだりする程度には腹が減っている
 
 理由は簡単。しばらく何も食していない ただそれだけ
 もし具体的に言うとすると もう4日ほど水しか口にしていない と言う辺りだろうか

 ああ。どうしてこんな事に成ったのだろう
 弾薬庫歩哨についていた私が見回りのために巡回を始めようとしたその時
 妙な光がパワァァって感じに頭上で光ったのは覚えている
 覚えてはいるのだが、其処から先のことがまったくと言って思い出せない
 気がついたら自分ひとりでこのわけの分からない世界に居たのだ
 そう。火蜥蜴が堂々と徘徊していたり
 イノシシの親玉が槍をもって群れで追っかけてくるというフザケタこの世界に
 せめてもの救いは弾薬庫事召喚されたお陰で弾薬には全くといっていい程困らない事ぐらい
 召喚された当初こそ弾薬に手をつけることを躊躇ったが、
 空腹が転移後三日目にしてその弾薬に手をつけることを決意させていた
 一度手をつけてしまえばもう後戻りは出来ない
 弾薬の詰まった缶をこじ開けて紙製の弾薬箱を取り出した俺は
 目に入った仰天生態系というべき珍獣達にストレス解消と食料確保のために銃口を向けたのだった
 

543 :新条3曹の冒険 マタギ戦記 ◆V2ypPq9SqY :2006/02/09(木) 23:15:13 ID:???
 そうしてこの世界で生活を始めてから三ヶ月と少し
 最後に口にした『二足歩行のワニような生き物』はもう胃どころか腸にも残ってはいまい
 ああ・・少々筋張っていたがなんと美味だったのだろう・・・
 なぜか動物の癖に火を吐いたり銃剣の刃も通らないような鱗を持っていて
 仕留めるのに苦労したが、奴のお陰で1週間は食いつなぐ事が出来た
 今一度・・今一度奴を発見できないものか・・
 そう考えて山林を歩き回り獲物の痕跡を探したが一向に見つからない
 もしかすると二足歩行のワニような生き物は『山親父』に該当する生き物だったのかもしれない
 昔狩猟にはまっていた同期に聞いた事を思い出す

「どんな山にもボスって言うのがいる
 大抵年取った熊とか猪なんかがそれに当たるんだが
 こいつらが狩られたり事故かなんかで居なくなると
 不思議としばらくの間、山中の動物が姿を隠すんだよ。野生の感?て奴なのかな 」

 いやはや、いやな習性もあったものだ
 動物の危機感知能力が優れているのは身をもって体験できたが
 これではオマンマの食い上げである。猟師さんも困ってしまうのである
 しかし嘆いた所で獲物がノコノコと出てきてくれる訳でもなく
 仕方なく俺は住処にしていた弾薬庫を離れ、遠出する準備を進めた

544 :新条3曹の冒険 マタギ戦記 ◆V2ypPq9SqY :2006/02/09(木) 23:15:57 ID:???
『きゃぁぁーーーー−』

 その場所違いな奇妙な遠吠えを聞いたのは旅を始めてから3日目の事
 実質的に一週間を山菜とたまたま見つけた蜂の巣を一つ食べただけですごし 
 空腹に正気を失いかけていた俺が明らかに毒キノコにしか見えない
 チェレンコフキノコ(仮称)に終に手を伸ばそうとしていた時だった
 俺は直ぐにキノコを投げ出しそばの木に立てかけてあった89式小銃を手に取った
 直後、二足歩行のワニのような生き物が同じ方向から咆哮するのが聞こえてくる
 即座に声が聞こえてきた方向を確かめる
 悲鳴が聞こえてきたのはそう遠くない場所からだった
 距離にすれば2、300m。しかも風上の方向から聞こえてきているという大幸運
 しかも獲物が少なくとも二匹は居る 俺は足音に構うことなく全力で走った
 本来の狩のセオリーから言うと静かに音源に近寄る所なのだが
 どうやらワニもどきが何か見つけた獲物を追いかけているらしい
 風下に位置しているという有利もある。うまくいけば両方仕留める事が出来るかもしれない
 火事場の馬鹿力というのか、食欲のなせる業なのか
 ほとんど絶食のような状況が暫く続いているというのに
 俺は一分もしない内に音源が聞こえてきた付近に到着する
 
 どこだぁ〜 俺の飯はどこだぁ〜

 脳の中に沸き始めた怪しい成分が幻聴ともに奇妙な高揚感を生み出しているのが自分でも分かる
 安全装置を外しっぱなしの銃を構えながら俺は草を掻き分けながら音源の場所にたどり着いた
『いやぁ!こないで!こないでぇ!!』
『誰か!助けて!助けて!!神様!!!』

 その間、悲鳴のような遠吠えがまるで誘導電波のように俺を呼び続けているのが聞こえていた
 なにやら人の悲鳴のように聞こえないでもなかったが、おそらく気の迷いに違いあるまい
 

545 :新条3曹の冒険 マタギ戦記 ◆V2ypPq9SqY :2006/02/09(木) 23:16:36 ID:???
 俺が草を掻き分けて飛び出したそこは
 ちょっとした広場のような場所になっていた
 もちろん日本で見かけるような公園のように広々とした場所という意味ではない
 自然公園よろしく適度な視界を持った林であるという事だ
 そして適度な視界イコール適度な射界があるという事である
 辺りを見渡した俺は直ぐに体長2m強ぐらいのワニモドキの姿を発見する事に成功する
 前に仕留めたワニモドキと同じタイプだがサイズが倍ほども違う
 なんていう幸運だろう。これなら一ヶ月は食いつなげる
 そう考えている奴が自分を狙っているとも気づかず、
 ワニモドキは岩場に追い詰めた獲物を前に、食事前の神への祈りのように咆哮を続けていた
 この位置からでは木が邪魔になってもう一匹の獲物の姿を捉えることは出来ないが
 雰囲気から察するにどうやら抵抗を諦めているようである
 もう先ほどまで聞こえていた奇妙な遠吠えはもう聞こえていない
 既に仕留められたのか、恐怖に身がすくんで声も出ないのか
 どちらにせよ。俺がすることに変わりはない
 おれは射界に収めた竜のわき腹に、60mほどの距離から一連射を撃ち込んだ
 咆哮。いや悲鳴というべきか、突然の襲撃に恐慌をきたしたワニモドキは
 大地を震わし大声を上げると『何事か』と叫ぶようにこららに向き直った
 あらら・・5.56mm弾が2、3発命中した程度では死んでくれないようだ
 ならば仕方あるまい引き金に掛けた指に力を込め、三点射で何度も何度も銃弾を目標に叩き込んでいく
 命中 命中 また命中
「餌ゲェ〜チュッッ!!」
 そう叫びながら放った弾丸は誰かに自慢したくなるような百発百中の成果が現していくが
 こうも目標がデカくて近いと外すほうが難しいのかもしれない
 弾奏を空にした頃、ワニモドキは動きを止めた

546 :新条3曹の冒険 マタギ戦記 ◆V2ypPq9SqY :2006/02/09(木) 23:17:19 ID:???
(やったねパパ。今夜はハンバーグだ)

 脳内に現れた息子(鉄バット装備)がそう叫んでいる幻聴が聞こえてくる
 やけにリアルな音声に思わず相槌を打ちそうになるが
 そもそも俺が未婚であることを思い出せば、やはり幻聴以外ではあり得ない
 頭を振りかぶって幻聴と幻覚を脳内から追い出し、いそいそと弾奏を取り替えた俺は念のために
 ワニモドキの頭に至近距離から2,3発銃弾を叩き込んで反応を確かめてみる
 脳漿がはじけ飛ぶが体はピクリとも動かない
 ワニモドキは死んでいた。いや、死んでいなかったとしてもたった今確実に仕留めた
 これで一安心である。とりあえず当面の食料ゲッツである
 となるとあとの作業は一つ
 もう一匹の獲物をどうにかしないといけない
 出来れば長期保存の観点から生け捕りにしたい所だが・・・
 銃口を竜が睨んでいた方向に向けながらゆっくりと目標を視界に納められるように回り込む
 だが、現れたのは鹿や犬のような生き物を想像していた
 俺の予想とは全くといって良いほど違う生き物だった

 すらりと伸びた細長い手足。敗れた衣服の隙間からかすかに見える白い柔肌
 頭に大型犬の耳のようなものが付いていたり、
 尻尾のようなものが見え隠れしているのが非常に気になるが
 明らかにそれは俺が良く知る生き物だった
 
『・・だ、誰なの・・・あなた』

 人 人間 ヒューマン 呼び方は言語と表現の数だけあろうともそれは間違いなく人間だった

『・・・もしかして・・山の神様ですか?』

 怯えたように破れた衣服から除く素肌を隠しつつ
 訳の分からない言葉で話しかけてくるその人間を前に、俺は言葉を失った

547 :てさ ◆V2ypPq9SqY :2006/02/09(木) 23:18:56 ID:???
 終了
 言語の通じないファンタジー世界に召喚されたというネタで書き込んで見ました 
 主人公は一人です
 今まで試した事のないタイプの話なので反応が楽しみだったり・・・

 続きは未定 

548 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 23:27:24 ID:???
乙!
ヨッシーとチェレンコフキノコのせいで腹筋が痛いw
珍しいアグレッシブ自衛官のおかげで明るい物語になりそうだし続きを期待してます。

ワニモドキ…竜の一種と考えると現地の人からするとありえないことをやってのけてますね、
言葉が通じないとなるとこれから現地人との接触が面白いことになりそうだ。

マタギ戦記っていう名称からすると猟師になんのかな?

549 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 23:36:53 ID:UORpc6V/
>>536
sageない事について、良く考えたら回答の義務はなかったですね
きっかけは何となくですが、強いて言うならあなたが>>1に反して絡んでくるのと同じ様な理由です
>>1を無視する同類に非難されるいわれはないんで無視してれば良かったですね

論点すり替えてるのはそっちですよ。話題の展開はあなたが勝手にしてるだけですが。。。
俺はレス返してるだけで、話題の提供は殆どあなたからですよ?
自レスくらい自分で把握してから言って下さいよ


550 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 23:41:23 ID:???
流れも見ずに投入

「なるほど。確かに何らかの精霊の力が働いた形跡があります」
白いローブに身を包んだ年齢不詳の女が囁いた。
「本当ですか、ストラッツさん? それはどんな術なのかわかりますか?」
驚きと安堵の感情が篭った声で紺のスーツに身を包んだ男が聞き返す。
乱雑な部屋では鑑識のフラッシュが光っている。
「私の持っている知識で一番近いのは『呪殺』と呼ばれる術です、サイグーケーシー」
ストラッツ、警視庁鑑識課特別顧問に任命されている魔術師ストラッツはそう答えた。
「『呪殺』? 相手を呪い殺すということですか?」
警視庁捜査一課第一係主任、三枝警視は聞き返した。
ストラッツは流暢に日本語を話せるのに、何故か三枝の名前と役職だけは
おかしな発音になる。



551 :550:2006/02/09(木) 23:42:18 ID:???
「でも藁人形も魔方陣も見当たりませんね」
やや着慣れていない感じの紺のスーツを着た朴訥とした長身の男が
部屋を見渡しながら声をかける。
「そうです。私もそれが不思議なのです。ここには『場』がないのですよ、キムー」
ストラッツは戸惑ったような声で答える。ローブに隠れているが彼の眉間には皺が寄っていた。
何か府に落ちないらしい。
「君村くん、この現場の管轄は私にあるのだから、余計な発言は謹んで欲しいな」
三枝は君村に硬い声で注意する。
(ストラッツは君村の名前がうまく発音できないのでキムーと呼んでいる)
それから少し小声で
「頼むから余計なことを言わんでくれよ。うちは魔術系の事件を専門に
扱ってるから色眼鏡で見られてんだ。
この上自衛隊の連中に口出しされたなんて噂されたら溜まったもんじゃないん」
と懇願した。
自衛隊からの出向で、現在「警視庁鑑識課特別顧問補佐」というわけのわからない
身分の君村も小声
「悪かった。つい思ったことを口にしちまう性質でね」
と囁き返して
「もうしわけありません、三枝警視殿。出すぎた真似をしました」
と同じく硬い声で返した。



552 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 23:42:53 ID:???
SS投下乙。続き期待

それにしても本土召喚以外の時は補給がネックになるな。
物語を組み立てるにはご都合主義に目を瞑るしかなくなる。面白いから構わないが

553 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 23:45:04 ID:UORpc6V/
主張は何でsageないのか?だけらしいが、今だにそれに何の意味や意図があるのか解らない
目的は荒らす事だとは思うが、結局何が言いたいんだろ?

554 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 23:46:31 ID:???
>>541
激しくごめん
もうやめる

555 : ◆YXzbg2XOTI :2006/02/09(木) 23:46:46 ID:???
>てさ氏
乙。 チェレンコフダケ(仮)は青く発光してますか。
それよりも犬耳! 犬耳!







>sageない事について、

俺は両方sageてたら「自演なんじゃないの?」で住人全員スルーする
可能性があるからじゃないかと思うのだが。
はっきりいえば、片方sageてもう片方ageて、二人で議論して荒らしているように見せかけている。
もしそうなら手の込んだ事で。 よくもまあ飽きもせず。

556 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 23:50:31 ID:???
>>550
あ、申し訳ない分断してしまった…。

呪い殺すという事が可能ならば日本にとっては相当恐るべき事態になるな
魔法を知らない日本にとって対抗手段が無い以上首脳部は常に命の危険に晒される事になる

557 :550:2006/02/09(木) 23:51:10 ID:???
世界情勢が一段落し、移民の流入などが進むにつれて
これまでにない形で治安が悪化した。
すなわち「魔術」である。
何時の時代でも、人間が新しい技術を手に入れると、
まず悪いことに試そうとする。

しかし、実際には魔術で行う犯罪というのはそれほど大した
影響はなかった。
理由は2つ。
1つは、魔術自体がオカルト、すなわち秘される技術であるということから、
まともに術を使いこなせる人間がいなかったからだ。
無論、真似をしようとする人間は多かったが、大抵は失敗し自滅していた。
もう一つは、魔術を使うにはある程度の準備が必要であった。
それは魔方陣であったり、秘薬であったり触媒であったり。
しかし、科学に比べるとその苦労の割には得られるリターンが少ないのが
実情であった。むろん、科学の及ばない恐るべき結果を得られる魔術も存在したが、
失敗したときのリスクの大きさを考えると、あまりにも危険な博打であった。

558 :名無し三等兵:2006/02/09(木) 23:58:45 ID:???
>>550
投下乙
 なんか『ドラグネット・ミラージュ』の影響が濃厚に・・・

559 :550:2006/02/09(木) 23:59:43 ID:???
また、政府も魔術師との戦闘での教訓から魔術を無効化する技術の研究を進めていた。
その結果、ルーン文字や梵字などによるお札や結界などの解析が行われ、
各家庭に仏壇や神棚が復活した。
公共施設に神棚などが導入されるときは「政教分離」を危ぶむ党もあったが、
党本部に魔術を利用したテロが行われた後は反対の声は聞こえなくなった。

人的犯罪については一時的に緊張が高まったものの、
このような対抗策の提供により人々の不安は沈静化した。

しかし、本当の問題は、別のところにあった。

560 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 00:06:46 ID:???
転移の影響のためか、日本全体が所謂「精霊」の影響を受けやすくなっていた。
それは、特異な自然災害という大きな形から、日常生活のちょっとした不思議という小さな形まで
様々な形で現れた。
「白いワニが二本足で新宿を歩いている」
「雨が空に向かって降っている」
「家に帰るたびに家具の配置が変わっている」
etc・・・。

これに対処する役所、特に警察は通報の山でパンク状態になっていた。
そこで、日本が友好条約を結んだ某王国に対して、魔術関係についての
専門家の派遣を要請した。
当初は特別捜査官としての役職も考えられたが、どちらかというと
犯罪捜査というよりは、状況調査のような仕事が多かったため、
「鑑識課の顧問」という線で落ち着いた。
司法解剖をする医者などと同じような扱いである。

561 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 00:13:54 ID:???
>>549
そもそも回答とは具体性、統一性を持ってなされるべきなのであり、
>>453で「なんとなく」
>>460で「暇つぶし」
>>549で「強いて言うならあなたが>>1に反して絡んでくるのと同じ様な理由です 」、と
そのいずれもが欠けた似非回答が肯定される謂れは無いのです。

>論点すり替えてるのはそっちですよ

むしろ御自分の書き込みを遡ってみればよく分かりますが。
残念ながら私から論点のすり替えを行った事実はありません。話題の展開も同様です。
あなたは自分の行為を相手に当て嵌め、非を捏造しているにすぎません。
それが言い逃れを繰り返す敗者の弁だと認識する時間は、一見関係ありそうで関係な
い話を始めるのが精々のあなたでは、数多の時間を費やしても徒労に終わりそうです・・・

>>553
まあ、一応
>残念ながら相手になれな いと言うことでレスを遠慮するか、行動をもって謝罪の気持
>ちを誠意ある形で伝え てみてはどうでしょうか。
上を>>455と掛け合わせ、改めて「ageレスを遠慮するか、何かしらの行為を持って贖罪
とするか」と釘を刺して置きます。




562 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 00:14:58 ID:???
名前欄にトリップが入っていた・・・モロバレorz
そして分断ごめん。 侘びにSS投下。


融合召喚世界のイラク派遣


今日も強烈な日差しが肌を焼き熱風の吹き付ける砂漠のサマーワ駐屯地。
駐騎スペースの日陰でバテている迷彩模様の鱗を持つ巨体は、96式WAPCだ。
走行荷台を取り外されて、ゼエゼエ舌を出してごろりと地面に横たわった。
肩にペイントされた”毘”のマークも剥げ落ちそうなくらいにだらしなく、
古代の二足歩行恐竜にも似た騎竜は熱帯の暑さと砂で体調に著しい不調を起こしている。
こうして毎日獣医官が見てやらないと、動く事すらままならない。
というか、竜は暑さ寒さに対して人間以上に手がかかる…

「まあ生き物だからなあ」

イラク派遣に竜を連れて行くことに関しては制服組も当初は懸念する意見が出た。
何しろ、90式戦竜や89式装甲竜をはじめ、自衛隊の使う竜は日本での気候・地形適正にあわせて品種改良された竜だ。
高機動馬や軽装甲機動馬は、馬だからまあ、なんとかなる。
米軍のエイブラムスなんかは、砂漠用の専用処置を行っている。
だが、自衛隊は外地、それも熱帯の砂漠での運用を想定していない。
人間もそうなのだが、運用している竜や飛竜も体温を冷却するような装備を調達も開発もしていない。
そもそも予算がない。 元々乏しい予算をどうにかやりくりしてなんとか誤魔化しているのだ。
なので、こういったことには酷く原始的な手法が使われる。

”でっかいうちわで扇ぐ”

これでどうにか持ってくれればいいんだがなあ。
人の背丈ほどのうちわ(派遣部隊現地製作)で仰がれながら樽の水をがぶ飲みする96式WAPC
を見つめながら、遠い日本の豪雪地帯の涼しい夏を思い出した。

563 :550:2006/02/10(金) 00:15:19 ID:???
ストラッツは王国から派遣された3人の魔術師の一人であるが、
妙齢の女性らしいということ以外はほとんどが秘密になっていた。
これは魔術師自体が王国の最重要機密の一つであるため
やむをえないことであるが、日本側としても名前と性別しかわからない人間を
受け入れるわけにはいかない。
さまざまな交渉が行われた結果、お目付け役をつけることで妥協が図られた。
それが、「補佐」の君村の役割である。

実は、君村は王国・日本の連合軍と帝国との戦闘においてストラッツと縁浅からぬ
間柄であり、それは王国、日本とも公知の事実であった。
(それについては今回は述べない)
日本としてはスパイ監視の意味合いもあるが、同時に魔術師とコミニュケーションを図って
魔術に関する対処を円滑に行ってもらう必要がある。
王国にしても、スパイ的な任務もさせたいが、高度な技術をもつ友好国日本との
関係を崩したくなかった。
双方の政治的背景の結果、双方に顔の通じる君村に白羽の矢が立ったのだ。

564 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 00:16:39 ID:???
>>550
投下中悪いのだがメモ帳か何かで書いてから纏めて投下してくれないか。
スレが停滞してしまうし分断されて読みにくい…。

565 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 00:26:06 ID:???
三枝警視はエリートコースを進んでいた。
東大卒のキャリアで自他共に認める有能な男である。
何か悟ったようなところがあって多少野心に欠ける面はあるが、
担当した事件は確実にこなしていた。
三枝当人も、出世レースに勝ち抜くには多少潔癖なところがあったため、
最優勝者は難しいだろうとは思っていたが、今のところ出世コースには
乗っているつもりだった。
少なくとも、魔術関係の事件が多発するまでは。
いや、正確には実家が寺の三枝が、魔術が原因と思われる現場で
思わず読経を唱えたところ、ピタリと怪現象が止まるまでは。

魔術関係の事件で頭を悩ませていた上層部は、この報告を聞くと
よくわからない事件を全て三枝に回すようになってしまった。
お陰で三枝は
「二本足で歩くワニの捕獲」
だの
「会社から帰ると必ず家具の配置が変わっている原因の調査」
だの、訳のわからない事件の解決に振り回される毎日となってしまった。
だが、生来真面目な性格である三枝はこれらの事件もコツコツと
解決(というよりはお祓い?)していって実績を積んだため、
更に「魔術系事件に強い男」と評価され、更に訳の分からない事件を
回されるスパイラルに陥ってしまった。

566 :550:2006/02/10(金) 00:28:27 ID:???
今日はここまで。
>564
ごめんよ、リアルタイムに勢いで書いてたもんで。

567 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 00:39:03 ID:???
>>550
乙。次からは纏めて書き込んでくれると嬉しい。結構面白いのにもったいない。
魔術に直面した本土っていうのは今まで余り触れられてない世界だから是非続けて欲しい
しかし読経等の宗教的行為による魔力というのはどっから来るもんなんだろう。
神か?信仰心か?

>>562
融合世界…アメリカの持ってる戦闘用竜が恐ろしいことになってそうな…。
軍事基地とか牧場なのかやっぱwww

568 :名無し三等兵 :2006/02/10(金) 01:09:59 ID:???
川底の石でお腹をこするとベソかいて戦闘不能に陥る

と、一部で噂される90式戦竜

569 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 01:15:33 ID:???
本土召喚無しで召喚された場合で補給問題をなんとかする方法無いかなぁ。

570 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 01:18:50 ID:???
それはパラレルワールドにでも行かないと無理では……

571 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/10(金) 01:25:31 ID:???
>>547
乙。
狩猟採集生活自衛官・・・さすがJSDFはクオリティ高い(笑
パパは自衛隊員だったんですかw息子は念動力とか使えるんだろうな・・・小遣いとか大変ですな。
>>550
乙。
魔術かぁ・・・神道とか仏教にもそういうパワーがあるのだろうか。
興味深いので続き希望。
>>562
乙。
戦車!戦竜!
なんか、想像すると燃える要素ですね。

572 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 01:26:38 ID:5DEAQ79w
SSの投下があったからやめる言ったのにお前はどこまで馬鹿なんだ?
答えが存在しないものを回答しろ。しかも、>>452の質問の意図が叩きたいからなら、回答云々は詭弁
最終的に自身の粘着性で目的を逸する。破綻だらけですよあなた


573 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 01:49:08 ID:???
SS職人さん乙
にわかに盛り上がってきたしこのスレ継続使用で良さそうだね。

574 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/10(金) 01:56:04 ID:???
漏れも投下しまつ。

575 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/10(金) 01:56:36 ID:???
「とうとう俺たちも、こんなもんで武装するようになりましたか・・・」

眼前を先行する柏が特製のおぶい紐・・・ではなくスリングで背負うパンツァーファウストを見ながら、篠
崎が言った。柏は、ひいひいとあえぎながらペダルをこいでいた。

「どうなってんでしょうね、連中・・・」
「知るか、行けば判る。」

漠然とした不安を抱えながら、行方不明になった連中とは違うルートを、彼らは行く。
待ち伏せを防止するため、多少遠回りのルートが選ばれた。多少勾配の激しいこの地帯には、細い林道がい
くつか通っていた。
少しづつ目的地に近づく中、不意に大田が後続を手で制し、止めた。

「隠れろ!」

鋭い一声。
大田の後続は慌てて自転車を放り、道脇の草むらに伏せる。無論、自転車も見えないように倒して。

「一曹・・・」
「しぃっ!」

つい頭を上げそうになった篠崎の顔面を地べたに押し付けながら、大田は目を凝らす。
死角だった林道の曲がり角から、三つの人影が徐々にあらわになっていくのを、大田の目は認めた。

「3人・・・か。安全装置解除。」

89式小銃の切り替え金座が、一斉にかちりと音を立てて「レ」を指した。各々、照星上に人影を収め、引
き金に指をかけた。
人影は、だんだんと近づき、とうとうはっきりとしたシルエットが判るまで肉薄した。

576 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/10(金) 01:57:13 ID:???
「・・・?あれは!」
「ぬ、撃つな!」

今か今かと待ちかねていた彼らは、大田の一喝に慌てて照準を外す。
大田は視認した人影の服装に、目を疑った。
戦闘服に吊りベルトをかけ、頭には鉄帽。89式小銃を持ち、一人はMINIMIを持っていた。
向かいからの人影は、自衛隊員だった。
足元がふらつき、辺りに注意を配っているようには見えなかった。

「第二小隊の連中ですかね?」
「判らんが・・・様子が変だぞ、あいつら・・・」

大田は違和感を覚えた。敵がいるかもしれないというのに、まるで夢遊病患者のように力が抜け切っている
。一班六人構成の筈が、三人しかいない。尋常ならざる事態を、大田は予想した。
ついに、大田達が伏せる地点から10メートルほどまで彼らは近づくが、彼らはまるで気付かない。

「一曹・・・」
「よし・・・」

大田が、小銃の被筒をぐっと握り、一気に立ち上がる。間髪いれず、3人に向けて銃口を向けた。

「止まれ、誰何!」

伏せていた篠崎たちの方が、ビクッとするほどの大声だった。
しかし、当の彼らは、全く動じた様子もない。少し頭をかしげて、自分たちより頭一つ高い位置に立つ大田
を見ただけだった。

「・・・?」

一瞬の逡巡。
動いたのは、3人の方だった。大田は、咄嗟の動作に、一瞬躊躇してしまい、動きが遅れた。
5.56mm弾が飛び出す、乾いた炸裂音が、森に響いた。

577 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/10(金) 01:58:04 ID:???
「おわっ!!」

大田の足元が弾け、草葉がちぎれて宙を舞った。彼らは、何と片手で小銃をぶっ放したのである。
しかも肩に床尾を当てることもせず・・・要するにろくすっぽ狙いもつけなかったため、銃弾は一発も大田
に当たらなかったのだ。

「き、貴様、何を・・・ってわぁ!」

余りに突拍子もない出来事にさしもの大田も動転し、抗議の声を上げようとしたところを第二射が襲った。
再び地面が炸裂し、大田はもんどりうって草むらに倒れこんだ。

「か、隠れろ!」

林道の両脇は土手になっており、そこから緩やかな下りになっていた。
土手の頂上から安全な死角へ、銀輪部隊は自転車を放棄して飛び込んだ。頭を引っ込めても、ひっきりなし
に発砲音が響き、隊員の神経を削った。

「なにすんだ、この野郎!!」

涙目になった大田の怒声も、炸裂音にかき消された。
大田達はこの世界の兵士とは勇敢に戦っていたが、現代戦を経験していなかった。自分に向かって弾丸が飛
んでくる恐怖で、篠崎は足がすくんでしまっていた。

「ひゃぁ!」
「助けて一曹!!」

ほかの隊員たちも、似たようなものだった。
なんで撃ってくるんだ、とか、反撃せねば、という感情は、もう端から失せてしまっていた。みな蹲り、ヘ
ルメットを腕で押さえつけて、胎児の様に丸まってしまっていた。

「お、お前ら、落ち着け・・・って、あれ?」

578 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/10(金) 01:58:41 ID:???
大田がやっと体勢を立て直し、どう落とし前をつけるか、という思考に切り替わった時、唐突に89式小銃
の破裂するような発砲音が止まった。
MINIMIの軽快な音は、もう少し長く続いていたが、やがてそれも止まった。

「あれれ・・・?」

嫌な静かさがあたりに漂った。リロードには、長すぎる時間だ。
大田は、歯を食いしばって、土手の向こう側を覗く。そこに、ちゃんと彼らはいた。
彼らは大田に気付いたのか、銃の引き金を引くが、銃弾は出ない。弾切れになってしまったのだ。
まごまごした様子で、腰に吊り下げてある弾帯には目もくれず、ただ引き金を引く彼らに、大田はただ一言
、こう言った。

「・・・かかれ。」




思う存分の私刑が終了すると、大田は倒れ伏す3人の顔を確認する作業に移った。うつ伏せになっていた奴
は、つま先でけり転がした。

「おい、こいつは日本人じゃないか?」

ちょっとでこぼこが増えていたが、彼らの顔立ちは明らかに東洋人種のそれだった。
無線手の小平が、小隊長から預かっていた、失踪班の顔写真と見比べて、言った。

「・・・間違いない、こいつら、行方不明だった連中だ。」

579 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/10(金) 02:00:08 ID:???
終了。

580 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 02:04:46 ID:???
乙。
精神操作か?

581 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 02:09:42 ID:???
>>572

>SSの投下があったからやめる言ったのにお前はどこまで馬鹿なんだ?

どこでその様な発言をなされたのか良く分からないのですが、もしIDに代わる肩書きを付けずに発言した
のならそれは貴方の怠慢。
それとも、あなたは名無しから一人を特定することが可能なんですか?
むしろ引用部分が本当なら相当な鳥頭ですね。

>答えが存在しないものを回答しろ。しかも、>>452の質問の意図が叩きたいからなら、回答云々は詭弁

貴方が回答をはぐらかしているに過ぎません。行動には理由が伴うのですから。
「回答云々が詭弁」も成立しませんね。まずage荒らしに走った理由を弁明した後、然るべき選択をするのです。

>最終的に自身の粘着性で目的を逸する。

それはどこから捻り出された妄想でしょうか?無責任な発言は控えていただきたい。
それにしても毎回言う事が変わりますね。破綻だらけですよあなた。

582 :名無し三等兵 :2006/02/10(金) 02:20:28 ID:???
>>581
スレがせっかく本来の目的に沿って活気付いてるのに、もの凄く目障りなんですけど。

出・て・行・け。

583 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 06:56:36 ID:???
てさりすとがマタギちゃんをパクりやがった?

584 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 11:44:24 ID:???
マタギちゃんってなに?
・・・て、ぐぐったら妙な漫画が・・・
凄いな。こんなもの迄漫画化する人がいるとは
T72神経由であふがにすタンの存在は知ってたが
こんなもの迄あるとは思わなかったです
参考になったっす

585 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 12:15:51 ID:???
>583
犬耳と犬尻尾のキャラ造型だけ修正すれば無問題

586 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 18:45:44 ID:???
これがマタギちゃんか
ttp://w5.oekakibbs.com/bbs/matagichan/data/23.png

587 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 21:00:25 ID:???
犬耳と犬尻尾自体はありふれてないか?

588 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 21:13:25 ID:???
>>556
デスノートでは現代の警察組織が呪殺に対抗しようとしてますね

589 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 21:36:50 ID:???
おお!!
もうこのスレも終わったな、と思ったら新しいSSが投下されている。
職人さん達乙です。

590 :550:2006/02/10(金) 21:48:51 ID:???
再度投下ー。

現場検証が終わって、捜査員は所轄の地元署へ引き上げを始めていた。
現場には立ち入り禁止の看板と、風水に従った盛塩が行われていた。
何の効果があるかは誰も知らないが、この手の魔術系の事件の後は
各署で習慣的に行われていた。
年配の刑事にはゲンを担ぐ人間も多く、経理部も
「盛塩代 ○○円」
の領収書を認めていることから、あえてこの習慣に異を唱える人間はいなかった。

591 :550:2006/02/10(金) 21:50:01 ID:???
ストラッツはしばらく右手にもった杖を使って気配を探っていたが
「おそらく問題はないと思いますが、一応精霊の鎮撫の術を施しておきます。
よろしいでしょうか?」
と三枝に同意を求めた。
協定により、何らかの魔術行為を行うときは必ず現場責任者(この場合は三枝)の
同意が必要だった。
「了解です。8:40、術式の実施を認めます」
これはストラッツへの許可と共に、携帯しているレコーダでの記録のための台詞である。
日本政府は国内での魔術の使用について異常に神経を使っていた。
最近は緩和しつつあるが、当初はすぐに「対応」できように補佐である君村には
常に懐のSIGを握っているように命令が出ていたほどだ。
「では」
何かワイングラスをスプーンで叩いたような澄み切った呪文詠唱の声がわずかに響くと、
辺りは一瞬穏やかな光に包まれ、静寂が訪れた。

592 :550:2006/02/10(金) 21:51:32 ID:???
魔術が使われると、それが成功しようと失敗しようと『場』が乱れ、
さまざまな精霊の『暴走』が起こることがある。
ストラッツが行った術式は、そのような『場』の乱れを整えるための術である。
「終わりました」
何の乱れもない声でストラッツが三枝に伝えた。
「8:41、術式の完了を確認。お疲れ様です」
三枝はストラッツには敬語で対応している。何といっても友好国からの派遣であるから
気を使わざるを得ない。
それでも派遣された3人の魔術師のうち、陸自に配属になったのは
貴族出身でかなり尊大な男らしいという噂を聞くと、
三枝はつくづく警視庁に配属されたのがストラッツでよかったと思う。

593 :550:2006/02/10(金) 21:52:21 ID:???
次の投下は少し時間が空きます。

594 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/10(金) 22:08:25 ID:???
>>593
乙。
伝奇ものの様な感じもするな。片やピストル、片や呪文。

595 :550:2006/02/10(金) 22:21:44 ID:???
気が向いたら書くかもしれませんが、
あんまり戦闘シーン書くつもりないんです。
ノホホンと話が進むだけの予定です。

もし「呪術 VS 近代兵器」みたいのを期待されている方がいらしたら、
先に謝っておきます。


596 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 22:30:50 ID:???
どうしてこのスレは43章も続いて絵師がよりつきもしないのか

誰か絵板を立てないか?

597 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 22:32:58 ID:???
>>596
小官が定期的にエログロを書くから

598 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 22:34:56 ID:???
>>596
みんないなくなっちまったからな…

599 :てさ ◆V2ypPq9SqY :2006/02/10(金) 22:48:39 ID:???
>548氏
どうもです
チェレンコフキノコ(仮)はこれからも地味に活躍するので見ていてやってください
ワニモドキ → て言うか地上種のドラゴンです
暴れだすと凶暴ですが割と大人しいので(ほかの竜種に比べれば)
金持ち限定ではありますが騎乗兵なども居ます

>珍しいアグレッシブ自衛官
というよりはストレスと疲れから来るハイテンションボーナス中というところでしょうか
いろいろ辛い時は塞込むよりは無意味なまでに明るく振舞うほうが楽しいですし
精神衛生上も非常に良いですからね これからも彼には張り切って暴れてもらう所存です

>マタギ戦記という名称
うーむ・・狩人ネタはいろいろ考えてたんですが
どうやら『マタギちゃん』とやらと被るので、ちょいと最構成中です
ケルト系の狩猟ネタとだったんですが、マタギネタも少なくなかったので

>550氏
お疲れ様です
魔法が持ち込まれた国内問題SSですか・・・良い感じのお話です
そのうち国内でも『されど罪人は竜と踊る』見たいな状況になりそうですね
それにしても・・リアルタイムでこの量はすごいですねぇ
当方には真似の出来ない速度であります
 
>552氏
どうもです 
そうですね・・補給問題はご都合主義で遣り繰りするしかないですね
演習帰りで空砲すら持っていない自衛官ネタというのも考えましたが
どうしても弓や罠系が主体になってしまい、自衛官ぽく無いので止めにしました
・・いや、ある意味自衛隊らしいですケド・・・

600 :てさ ◆V2ypPq9SqY :2006/02/10(金) 22:51:03 ID:???
>555氏
どうもです
おっしゃるとおり毒々しい青色で光っちゃってますw
暗い部屋でも大量に持ち込めば新聞が読めるほど光っちゃってます
貧乏で明かりを変えない地方民はこの光で生活をしてるという設定です
蛍の光で勉強するようなものです
ちなみにこの世界の貧乏学生の平均寿命がきわめて短いのは時代のせいです
決して放射能とかに汚染されて死んじゃう訳じゃありません・・・たぶん
>562氏
お疲れ様です
いやはや、面白い世界観の自衛隊ですな
確かに生物を兵器として扱うといろいろ問題が発生するでしょうねぇ・・・
リアル世界のナチスドイツ軍にも従軍獣医なんてのが居ましたが
この世界なら何処の国の部隊にでも普通に居る職種なのかもしれません
>583氏
存在すら今日始めて知りましたよ・・・
半角二次元板は擬人化兵器ネタで一度だけ見に行った事がありましたが
584で書き込んだようにまさかマタギをネタにしたスレがあるとは思っても居ませんでした
>パクリ
『死ぬ事見つけたり』の狩猟の影響が強かったり
まあ、原著のほうは火縄銃ですけどね
>585氏
犬耳じゃないとお話の根幹に関わるネタが使えなくなるので勘弁してください  
>587氏
そうですね・・・某葉のゲームになんか獣耳しか出てこないゲームもありますし 
>596氏
寄り付きもしないというより、
無意識の内に追い出してしまうような事があったりしたから・・・・
一応、保存庫に数点絵師による作品があると思います
もしスレに絵師が光臨してくれるなら自分は大歓迎なのですが

601 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 22:51:27 ID:???
>>596
絵を描くったって色気も糞も無い近代軍だからな。
写真ならともかくこれ程絵(それもアニメ系の絵)の題材に向かないのも無いだろう

602 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/10(金) 22:54:39 ID:???
>>601
一回非常に上手い画像職人が降臨しましたな。
城のある山を背景に、ドラゴンとコブラとチヌークが飛んでて、一番手前に
偵察警戒車が停まってる画像。燃えたなー。

603 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 23:05:48 ID:???
>>601
メイド、エルフ、獣娘がそこらじゅうに氾濫しているではないか!!

銀輪 ◆2LyZBX0jcMはシスターを出した
てさりすとは服がぼろぼろの獣耳娘
550は妙齢の女性らしい魔術師

女性登場率100%ですよ、この助平どもは

604 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 23:16:22 ID:???
さすがにむさい男だけじゃ息が詰まるけど
女性キャラが登場するだけで、お話が面白く感じる

605 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 23:23:27 ID:???
男臭いのがいいウホッでもいい
萌えはいらんから燃えほしいそれだけ

606 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 23:27:15 ID:???
描けるもんなら描きたいよ。

607 :550:2006/02/10(金) 23:27:51 ID:???
再々投下ー。

「三枝警視。捜査本部が設置されました。9:30より第一回の会議が行われます」
中年のやや盛りを過ぎたくらいの男が三枝に声をかけてきた。
「ああ、太田さん、雑用を押し付けちゃってすいません。こちらも移動します」
「ストラッツさんもご苦労様ですなー。しかし、あの魔術って奴は何時見ても
見とれちまいますな」
太田警部はニコニコしながらストラッツに話しかけた。
「いえ、まだまだ私などは未熟です」
「それはそうと、この前のケーキはどうでしたか? 
 うちの娘がストラッツさんの口に合うか心配してましてね」
「はい。大変おいしかったです。あのような菓子は国でも食べたことがありません」
「ほう、そりゃよかった。娘も喜びますよ。さっそくメイルしてやらないと」
魔術事件の増加に伴い、三枝のところには山のように事件が回ってきたが、
事件以上にやっかいなのが組織内の調整であった。
この手のわけのわからない事件は、各担当部署を横断するような対応が必要な場合が多く、
三枝は事件以上にそのような部内調整でオーバーワークになりかけていた。
そこで抜擢されたのが
「仏の太田」
と呼ばれる太田警部だった。

608 :550:2006/02/10(金) 23:28:37 ID:???
その人格と人当たりの良さと顔の広さは警視庁内でも右に出るものがなく、
部内調整の手腕と交渉能力は神業と呼ばれていた。
何しろ、警視総監ですら、この人に頼みごとをされると
嫌とは言えないという噂が流れているほどだ。

三枝のオーバーワークの件に加え、政府レベルで決まった魔術師(ストラッツ)の配属が
現場に無関係に決定したとき、三枝は「死んだ」と思った。
ストラッツの対応を魔術関係に強い(と勝手にされている)自分に任せられるのは目に見えていたし、
今の激務に加えて友好国の国賓の対応まで加わったら、胃袋に穴が空くどころか、
胃袋自体がなくなるほどのストレスに見舞われるだろう。
三枝は真剣にホルダーのベレッタで頭を打ち抜こうと考えたほどだ。

上層部としても、三枝がオーバーワークなのは把握していたし、
(何故なら、自分達がその状況に追い込んでいるから)
魔術事件に対応できる貴重な人材を失いたくなかったので、
せめてもの対策として雑用を専門に片付ける人間を抜擢したのである。
それが太田警部だった。

609 :550:2006/02/10(金) 23:29:51 ID:???
太田自身は、実は引退を考えていた。
元々は犯人を捕まえたりするよりは、皆が仲良くできるように仲裁を行う方が好きだった。
若い頃から「田舎の駐在になってのんびりと暮らしたい」などと言っては同僚に笑われていた。
それが出来なかったのは、太田自身の実務能力の高さ故である。
同僚達も「有能な奴の引退をネタにした冗談」と思って笑っていたが、
太田自身は真面目に考えていた。

捜査がうまくいかない理由の半分は、面子の問題や縦割り社会の弊害などで、
個々の捜査員の連携がうまくとれないためである。
太田はそういう調整が抜群にうまく、いつでも所属するチームの能力を
最大限に発揮させることができた。
太田自身は、「自分には捜査官としては三流だ」と自分を評価していたが、
チームの力を最大限に発揮させるマネージメント能力は、
単に優秀な捜査官が一人いるだけよりも重要である。
上層部は言を左右にして引退を認めなかった。

610 :550:2006/02/10(金) 23:32:46 ID:???
ストラッツの配属時期が決まったときに、上層部は決断した。
こんな重要な仕事を任せられるのは太田警部しかいないと。
そこで引退の交換条件、三枝の補佐役をもちかけた。
『最後の奉公として、2年間面倒を見てくれ。そうしたら引退を認める』
上層部との駆け引きにより、太田は三枝のフォローにまわることになった。
上層部が危惧した、ストラッツに対する風当たりも太田がうまくフォローすることで
最小限で済んだ。

当初は、フードを決して外さず素顔を明かさないストラッツに反発もあったが、
君村と太田の巧妙な情報戦略により『ストラッツ15歳説』と、『素顔に近い似顔絵』が出回ると
『地下支援組織(要するにファンクラブ)』が密かに結成され、
陽に暗に彼女をフォローする人間が増加していった。

なお、彼女の素顔や年齢は、戦闘中に目撃した君村以外は警視総監や
外務省ですら知るものがいない。そのため、『15歳説』や『似顔絵』が正しいかどうかは
本人と君村以外は誰も知るものがいない。
情報操作をした太田自身も見たことがないにも関わらず、強力な支援組織を作り上げた手腕は
さすがとしか言いようがない。


611 :550:2006/02/10(金) 23:35:40 ID:???
本日はここまでー。

ホノボノ路線を進もうと思っていますので、
燃えを期待している方はごめんなさい。
ストラッツの年齢については勝手に想像してハアハアしてください。
ただ、萌えというのを描写するのは苦手なので、期待には答えられないかも?

612 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 23:42:46 ID:???
1日に何回も投下するのは自重してね

613 :550:2006/02/10(金) 23:44:17 ID:???
>>612
なんで?

614 :名無し三等兵:2006/02/10(金) 23:51:17 ID:???
投下乙

>>612の言ってる理由が全く分からんが
毎日投下のほうが長持ちする燃料にはなるね。

しかし顔を隠した警察官というのはOKなんかな?まあ覆面パトカーの一種ということでOKかw

それにしても霊脳捜査とか今の世の中じゃ完全に詐欺マガイの物が初めて導入されるときは色々いざこざがあったろうな。
とりあえず珍しい民間物、続き期待してます。

615 :名無し三等兵 :2006/02/11(土) 00:00:09 ID:???
1日に10個以上とか、一人でこのスレを埋める勢いで投稿してるならアレだが

これくらいの投稿ペースなら困る人はいないかと


616 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 00:03:20 ID:???
自衛隊がファンタジー世界と融合しました(正式タイトル)


ニュース 2006年01月30日

富士牧竜は1月25日、防衛庁から受注していた陸上自衛隊向け戦闘飛竜AH-64D(通称:アパッチ・ロングボウ)
の社内における初飛行に成功した。 ホバリングも含め、15分程度の飛行を行ったという。
AH-64Dは富士牧竜が日本独自仕様を含む日本国内でのライセンス繁殖を実施。
今年の3月から陸自に納入される計画。 2001年に導入が決定されてから実に5年越しの実践配備となる。

同機はすでに開発のおおもとであるアメリカをはじめ、世界中で900頭以上が運用されている。
制空権を得た上での対地攻撃能力と運用性の高さはピカイチで、特に地形が複雑な日本では同騎の感覚器官
(首の付け根上部にある鏡餅のような瘤)を使った攻撃能力が十二分に発揮できることだろう。
また、その攻撃能力だけでなく小回りが効く使い勝手のよさから、海上自衛隊などでの導入も検討すべきといえる。

導入機数は今年度に2頭、2008年までに合計で8頭の予定。
兵器はある程度まとまった数がないと有効な運用ができないのは世の常だが、1頭あたりの導入単価が
約74億円と通常の多用途飛竜UH-1J(約12億円強)と比べても6倍近いことを考えれば、仕方ないのかもしれない。
大量繁殖をすれば単体コストは下げられるのだろうが……。


「よう、おはよう。 今日も寒いな。 どうだい、新居は慣れたかい。 …お前さんの仕事は繁殖だ。
みんなの期待を背負ってる。 いい仔竜を産んでくれよ?」

吐く息も白い、冷たい空気の厩舎内。 富士牧竜社員の飼育係官は雌のAH−64Dの長い首を
優しくさすりながら語りかけた。
ライセンス繁殖は、原産国からの輸入に比べると手間のかかる手法である。
既に成体になった個体ではなく、卵から孵化させえて、育成する分の時間とコストは相当なものだ。
飛竜の成長は早く、一年でほぼ成体になるとはいえ、一度に産む卵の数は多くなく調達ペースもかなり遅くなる。
しかし、輸入個体と違って”刷り込み”による調教訓練はやりやすく、竜に組織や国家への帰属意識を
持たせやすいという明らかなメリットがあった。


617 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 00:05:59 ID:???

竜は賢い生き物だ。 大人しく従順で、乗り手の意を汲んでくれる知能を持っている。
元々群れで行動する生物なので集団への協調性は高い。
反面、外敵に対しては獰猛になり、仲間を守るために勇敢に戦う。
馬のように御しやすく、犬のように役に立ち、象のように巨大で、それでいて豚のような
雑食性は餌の種類を選ばない…量にさえ目を瞑れば。
人間が労役に使う家畜としての歴史は浅く、軍事に利用されたのは第一次世界大戦以来だが、
現代では竜を使わぬ軍や社会は無いといわれるほどに普及した。
とはいえ、民間の飛竜は小型で食餌コストの低いものを、一部企業が飼育しているぐらいで
AH−64Dのような大型で、しかもブレスを吐くことの出来るような種類は軍用に限られるのだが。

隣の厩舎から、もう1頭のAH−64Dの鳴き声が聞こえてくる。
寝そべっていた若い雌は首を持ち上げて、厩舎の木の扉の向こうを見つめた。

「お婿さんは寂しくて呼んでいる、か。 初夜が待ちきれないと見える。 こらえ性の無い奴だな。
なんだ、お前さんもあっちが気になるか? ははは」

飛竜の花嫁は厩舎の扉越しに長く鳴いて返事を返した。
つい昨日見合いを済ませ、相性は悪くないと確認できたばかりだ。
体調も悪くなく、今はちょうど繁殖期に入る絶好の時期。
きっと、この繁殖は成功することだろう。

「何年か後には、お前さんたちの子供らが編隊組んで日本の空を飛ぶ事になるんだろうなあ」

飼育係官はそう言って、感慨深そうに目を細めた。
これは陸自迷彩の鱗を持った最初のAH−64Dが国内で初飛行を行う、しばし前の出来事だった。

618 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 00:16:42 ID:???
ウチの入院している妹が飛んでいる竜の編隊を見たいって!
そのうち見せてやるって妹に言ってやる!(泣

619 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/11(土) 00:45:21 ID:???
たまには「コブラ」と名前のついている対戦竜飛竜のことも思い出してあげてください(泣

620 :名無し三等兵 :2006/02/11(土) 00:48:00 ID:???
ファンタジー世界における大容量情報伝送手段としてどうか
ttp://japanese.engadget.com/2006/02/09/snail-data-transfer/

・・・とりあえず配線は要らないようだ


621 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 01:07:05 ID:???
レイプされる寸前のシスターを救って尊敬されるとか
殺される寸前の犬耳少女を救って「神様」と勘違いされるとか
F世界から配属された魔法少女にファンクラブがあるとか

萌えばかりだね

622 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 01:22:26 ID:???
何か問題でも?

623 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 01:25:41 ID:???
>>621
参照
新ガイドライン:ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1139419178/22-23

624 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 02:11:13 ID:???
>>823
ちょWW

625 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 03:44:17 ID:???
>>623
そんなの重複スレを勝手に立てたバカどもの言い分だし。
節度ってもんがわからんのかあいつらは。

626 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 04:49:14 ID:???
つーか数日荒れたくらいで新スレって…気が早いよ。
しかも勝手にガイドライン変えてるし。
ちゃんと削除依頼出しとけよ、重複なんだから。

627 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 04:56:47 ID:???
絶望するぐらいの荒れっぷりだったからな……

628 :小官 ◆qG4oodN0QY :2006/02/11(土) 07:18:01 ID:???
小官が荒らした時でもスレは存続したし、あれ位で荒れたとは言えんね?

629 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 07:33:16 ID:???
小寒やら小寒アンチやらアンチのアンチで
混沌としていた時もあったからな

630 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 08:00:10 ID:???
今度からはアンチ嵐を装ってしつこく相手のブチ切れを狙う奴に注意せんといかんね、

631 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 08:09:17 ID:???
スルー汁とマターリ汁を常飲している俺にはなにほどのこともないぜ!

632 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 08:36:21 ID:???
さて…と。
>>628
ごふぅ!.;'.・(Д`(●=(゚Д゚#)オルァー!!
小官!朝っぱらから湧くな!えらい縁起悪いわ!

633 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 08:52:30 ID:???
まあなんだかんだといっても軍版屈指の長寿スレだし。一番長寿がアレっていうのが頭痛モノだが。

634 :てさ ◆V2ypPq9SqY :2006/02/11(土) 09:26:59 ID:???

療養室には妹の苦しそうな吐息と定期的に鳴動する魔心拍計だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏なものだ。
とても、医者や魔術師がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ学院生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を開いた。
「……なんだ?」
「わたし、竜の編隊が見たいよ。」
竜の編隊を見るどころか、この1年外にだって出られていないのに。
「竜の編隊か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「北欧の空を飛ぶダブルデルタ翼のヨハンって名前の竜の編隊が見たいよ」

ちょwwwおまwwww確かに竜だけどww



・・・・・・・・
上の書き込みを見て思い付いてやった
今は反省している・・けど後悔はしていない

>銀輪氏
乙であります
洗脳なのか心身衰弱状況なのか、よく分かりませぬが怪しい状況ですな
書き込みは遅れたけど続きを楽しみにしております

635 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 15:50:08 ID:???
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1125977085/l50
このスレか!

636 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 19:22:01 ID:???
「銃・病原菌・鉄」、30年に一度の良書と言ってもいい。

今後ファンタジーとか書く人間はダイヤモンドの解釈を無視して仮想世界の大陸分布を描くことは難しいだろうな。

637 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 19:44:28 ID:???
>>636
このスレでの「F世界」の場合マナとかでなんとかできそうな部分もあるとは思う。
南北に長い大陸の問題点とか。

638 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 19:49:33 ID:???
なんだ?日照時間をかえるのかえ?w
日本に関する記述はまあアレだが、本当に良書だな。
分裂国家の説明にもなるしな。

639 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 19:56:07 ID:???
>>636
要約すれば、
ばい菌が多いところにいた方が人間は強くなる。
そしてばい菌を多くするには都市化が必要だ。

結局、人類史の謎を病原菌だけで説明されています。

「不便だがかっこつけて使っているだけ」との日本人の漢字使用に関する考察を見るに、
案の定西欧的価値観に偏ったトンデモ論がありますが、
この種の解説書としては比較的視点がグローバルです。

640 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 19:59:11 ID:???
>>638
作物のマナ栽培とかやるんじゃないかw
海底の熱水噴出孔ばりにマナが噴出してる場所とかで

641 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 20:33:16 ID:???
>>640
そこまでして農業しなきゃならない状況って…>マナが噴出してる場所
戦に破れて辺境に逃れた部族が復仇のために自衛隊召喚とか?

642 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/11(土) 23:14:16 ID:???
投下ー。

643 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/11(土) 23:15:08 ID:???
「ほ、本当か?」

小平の一言に、大田は狼狽しながらそれだけ言い、写真を覗きこむ。
写真を大田達に見やすいように傾けながら、小平は写真の中の人物を指差した。

「ほら、この写真の、これとこれと、これです。」
「本当だ・・・こりゃえらいこった・・・」

大田がそう言うと、他の隊員も次々と写真を覗きこみ、そのたび仰天した。

「とりあえず本部に連絡だ。不明隊員3名発見。えーと、原田二曹、玉木一士、土谷士長・・・だな。錯乱
 していたので、実力で制止した、と言っておけ。」
「了解。」

てきぱきと無線機の用意を始める小平を尻目に、その他の隊員は倒れ伏す三人を中心にして、これからどう
するかを話すことにした。

「殺さなくて良かったですね、一曹。」
「全くだ。」

大田はうんうんと頷いた。3人に私刑を執行した時、真っ先に小銃を振り上げて突っ込んだのは大田だった
。それは大田なりの逆上だったのだが、そのおかげで火線は遮られ、他の逆上した隊員が小銃をぶっ放すの
を阻止することが出来た。

「しかしこいつら、何で俺たちに発砲したんでしょうね?」

篠崎がぼそりと呟く。それは今、この場の全員が知りたい疑問だった。
大田が腕を抱えて唸った。聞き出そうにも、三人を手ずから夢の世界へ送り届けてしまった今では、それも
叶わない。

644 :元1だおー ◆SzP2gBo9JY :2006/02/11(土) 23:15:30 ID:???
>>602
私なんかはあの画像は本当によくできていたので今でも壁紙に使ってます。
「メイド」のリオミアを描いてくれた方もおられましたね。
あの方も非常にしっかりとした画力をもっていましたので、
描いていただいてとても嬉しかったです。
コミカルにエルフ娘さんに手当てされる陸自隊員達を描いたものとかもよかったです。

絵板は私もあったらいいと思いますね。
絵師さんが光臨されるといいのですが……

645 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/11(土) 23:15:49 ID:???
「造反か?」
「反戦主義にかぶれたとか」
「ふらふらしてましたし、ヤクでもキメてたのでは?」

どの推測もこの3人がどうしようもない人間である、という結論にしかならなかった。

「ちょっと調べてみるか。」

そう言いながら大田はしゃがみこみ、1人の顔を覗き込む。
殴打でボコボコになっている以外は、特に異常はないことを認めると、大田は彼の背に手を入れ、ひっくり
返す。

「?」

大田の眉がピクリ、と吊りあがった。

「何です一曹?」
「お前ら、ちょっとこいつを見てみろ。」

大田が男の後頭部を指差す。彼らは大田に言われたとおり、しゃがみこんで男の頭を凝視する。
鉄帽の下の首筋が、プクリと膨れ上がっており、そこから細い、注意しなければ見落としてしまうような糸
が伸びているのが見て取れた。
その場の全員に、緊張が走った。

「こいつは・・・」
「何かに操られていた・・・というわけか。」

大田は彼の首筋から伸びる糸を手に取り、引っ張った。しかし、皮膚が引っ張られただけで、切れたりはし
なかった。その糸は、かなり丈夫に出来ていた。まるで操り糸のように。

646 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/11(土) 23:16:29 ID:???
「かなり遠くまで伸びてますよ、これ。」

篠崎も、糸を引っ張りながら言った。

「小平、本部に通達。」

大田はそれだけ言うと、すっくと立ち上がった。
そして、まるで演説のようにもったいぶって咳払いをした。

「敵の脅威は存在している。偵察班を襲い、あまつさえ彼らを操って俺たちと戦わせたんだからな。それに
 ・・・」
「残りの3人が見つかっていませんしね・・・」

パンツァーファウストを負ぶったままの柏が付け足した。
大田は泥まみれのボコボコで地に倒れ伏す3人を見た。その痛ましい姿に(したのは大田達だが)彼の胸中
には言い知れぬ義憤が沸き起こってきた。

「ならば・・・あとは本部からの返答を待つのみだ。」
「一曹、返事が来ました。」

全員に、緊張が走る。通達次第では、強敵と対峙することになるかもしれないのだ。

「・・・何といっている?」

しかし、大田は不適に笑う。小平もそれにつられてにやりと笑い、言った。

「打ち倒せ、と。」

その一言で、銀輪部隊の任務は決定した。
誰かがごくりとつばを飲む音が、大田の耳に聞こえた。

647 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/11(土) 23:17:21 ID:???
終了。
戦闘パート突入。

648 :元1だおー ◆SzP2gBo9JY :2006/02/11(土) 23:19:47 ID:???
うおお……
すみません割り込んでしまって……

649 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 23:23:48 ID:???
さすがに1分差はしょうがないですよ
投下までの時間が52秒では予告の意味が無い

650 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/11(土) 23:27:03 ID:???
漏れにも責がありまつね・・・
次回からは気をつけます。

651 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 23:28:47 ID:???
投下乙…うおぉ燃える展開だな

しかし身を隠して遠くから駒を操る敵に重火器は出番あんのかな?
見つけられなければおしまいだし見つけたら89式で片付きそうだが

652 :名無し三等兵:2006/02/11(土) 23:58:30 ID:???
投稿お疲れさまです

全員で写真や男を凝視して周辺の警戒を放棄したのはまずいのでは
チームを組んで役割分担する意味がありません
本部からの命令も適当で、いつ、どこで、何を、どれだけの時間、どうすればいいのかさっぱりです
この部隊の能力が脅威に対抗するに足りていると判断する能力が本部にあるのでしょうか?
6人が負傷していた場合、たった3人を送ったところで救助が実行できるはずがありません
糸に対する処置は無しですか、操作技術の応用で仲間が今すぐ殺されないという保障はありますか?

「打ち倒せ」とは、生存者を危険な場所に放置して進撃しろということですか?

653 :名無し三等兵:2006/02/12(日) 00:03:47 ID:???
>>644
みなさんがかっこいいとおっしゃってるその壁紙の画像がどんな物か見てみたいです。
すみませんがどこかうぷろだにあげてもらえませんか?

654 :元1だおー ◆SzP2gBo9JY :2006/02/12(日) 00:09:56 ID:???
>>653
ちょっとまっててください。
うpしてみます。

655 :元1だおー ◆SzP2gBo9JY :2006/02/12(日) 00:20:27 ID:???
ttp://www.uploda.org/uporg310414.jpg.html

パスはisekai

656 :元1だおー ◆SzP2gBo9JY :2006/02/12(日) 00:35:29 ID:???
見れましたか……?

657 :名無し三等兵:2006/02/12(日) 00:39:01 ID:???
「jigに対応していない」と出ましたorz
画像リサイズもorz

658 :元1だおー ◆SzP2gBo9JY :2006/02/12(日) 00:40:23 ID:???
自分PCにあまり詳しくないんで……どうすればいいんでしょう?
私が確認で落としても正常だったんですが……

659 :653:2006/02/12(日) 00:40:30 ID:???
>>656
はい、見れました。
ここを見るようになったのは最近で昨日から気になってました。
とてもかっこいいものをありがとうございました。

660 :657:2006/02/12(日) 01:00:48 ID:???
>>658
実は私もパソコンに詳しくないんです。ここで変換できませんか?
http://tama.s68.xrea.com/ezch/resize.php

661 :元1だおー ◆SzP2gBo9JY :2006/02/12(日) 01:05:38 ID:???
小さくすればいいんでしょうか……?

662 :名無し三等兵:2006/02/12(日) 01:08:52 ID:???
1600x1200、1280x1024、800x600版作りましたけど。

663 :名無し三等兵:2006/02/12(日) 01:11:46 ID:???
うpりました。DLパス同じ。
ttp://www.uploda.org/uporg310491.lzh.html

1280x1024版は縦横比を変えたのと、変えずにリサンプルして右側を切ったものの二つが入ってます。

664 :657:2006/02/12(日) 01:32:41 ID:???
駄目でしたorz
携帯厨の私には閲覧できないようです。
引っ込みます。

665 :657:2006/02/12(日) 01:33:49 ID:???
お手数おかけして申し訳ありませんでした。

666 :名無し三等兵:2006/02/12(日) 10:25:22 ID:RjtARORl
はい?

667 :名無し三等兵:2006/02/12(日) 16:10:28 ID:???
>>652
>全員で写真や男を凝視して周辺の警戒を放棄したのはまずいのでは
たしかにまずいが、「それだけ仰天な出来事があった」ということを端的に表している。
戦場でミスをしない人間はいない。そういった「ミス」のひとつと考えればよい。

>本部からの命令も適当で、いつ、どこで、何を、どれだけの時間、どうすればいいのかさっぱりです
最初に与えられた命令とは矛盾しない。
命令内容が「敵脅威の確認」から「敵脅威の確認と排除」に変更されただけ。

>この部隊の能力が脅威に対抗するに足りていると判断する能力が本部にあるのでしょうか?
この前の話で「増援は送れない」とはっきり言っていたはず。
また、脅威に対抗できるかは本部には判断できない。また、それは大田の部隊にも
わからない。この場合脅威かどうかを確認する必要があるので任務続行は自然な流れ。

>6人が負傷していた場合、たった3人を送ったところで救助が実行できるはずがありません
救助よりも大田に当初与えた任務を優先させているだけだろう。
それに当面の脅威が近くにいる状態で救出部隊を派遣するのもちょっとした博打だ。

>糸に対する処置は無しですか、操作技術の応用で仲間が今すぐ殺されないという保障はありますか?
処置のしようがない。引きちぎったらどうなるかは誰にもわからないわけだから。

668 :667:2006/02/12(日) 16:13:53 ID:???
処置についてだが、よく考えたら縛り上げるなどの
処理はするべきだろう。が、別にこれは次の話で
描写すべきことだし。

669 :名無し三等兵:2006/02/12(日) 19:01:46 ID:???
215 名前:専守防衛さん 投稿日:04/07/10 09:51
「対空戦闘用意、CDS制御、WCP発射、
QRマニュアル、主砲WCP発射」
(※各部、対空戦闘用意よし)
「エンゲージオーダー、DAC指示」
「デジグ、FCS1,2。追尾状況良好」
「アサイン、ランチャーFCS2。アサイン MT FCS1」
「主砲、射撃用意よし」
「シースパロー発射用意よし、射程内!」
「シースパロー攻撃始め、サルボー」
「発射用意〜、てー。シースパロー発射よし」
「MIF」
「インターセプト 30秒前・・・10秒前
スタンバーイ マーク インターセプト ターゲット サーバイブ!」
「ガン イン レンジ」
「主砲、攻撃始め」
「発砲!」
(バン、バン、バン)
「CIWS AW オート」
(ブー)
「ターゲット サーバイブ!」

(ドーン)船体に大激動〜

「総員離艦用意・・・」


220 名前:専守防衛さん 投稿日:04/07/16 12:40
>>215
ちとまずくないかい?
そこまで手順を書いちまうのは

670 :名無し三等兵:2006/02/13(月) 01:40:29 ID:???
守秘義務違反でシベリア送り。

671 :名無し三等兵:2006/02/13(月) 03:18:43 ID:???
重複スレ消えたね

672 :名無し三等兵:2006/02/13(月) 14:31:46 ID:CFxfJauA
なんで新スレ消したの?馬鹿?

673 :名無し三等兵:2006/02/13(月) 14:49:22 ID:???
削除人が重複だと判断したからだろ

674 :名無し三等兵:2006/02/13(月) 15:06:41 ID:???
まだあんのかよこのスレ

675 :名無し三等兵:2006/02/13(月) 15:18:01 ID:???

少しだけでいいから助けて欲しいです。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。超困ってマス( p_q)
エーン
お腹減ったよぉo(;TдT)o
近頃だんだん痩せ細ってきましたo(;TдT)o
ちんこ生フェラするのでお願いo(;TдT)o
ご飯おごって下さいo(;TдT)oコンビニのおにぎりでもいいですo(;TдT)o

676 :名無し三等兵:2006/02/13(月) 18:21:01 ID:???
悪いが男に興味はない。

677 :550:2006/02/13(月) 21:37:21 ID:???
所用で間が開いてしまいましたが、再度投稿します。



「太田さん、所轄の連中はどんな具合でしたか?」
所轄の巡査が運転する車内ですべきではない話だが、
捜査会議が始まるまで余裕がないので仕方がない。
捜査本部が設置された地元署へ向かうパトカーの中で、三枝は小声で太田に話しかけた。
「ここの署の課長が私と同期でしてね。下のほうにはそれとなく話を通してくれると言ってます」
太田も小声で答える。
「そうですか。そりゃ助かります」
僅かに三枝の緊張が緩む。縄張り意識の強い現場では、魔術師の参加はあまり喜ばれない。
「若手の連中は歓迎する人間が多いようですよ。
まあ、最近は魔術系の事件に皆手を焼いていますからな。
昔ほどは邪険には扱われなくなってますし・・・おっと、失礼」
携帯電話のメイル着信を知らせるコールが鳴った太田は、懐から携帯を取り出してメイルを確認する。
『 差出人:君村
 件名:代表より連絡
 ファンクラブは彼女の来訪を心より歓迎するとのこと。非公式な協力体制も取り付けた。
 以上』
太田は抜かりのない男だった。


678 :550:2006/02/13(月) 21:38:44 ID:???
「それでは捜査会議を始める。まず、現場の状況と被害者について説明を行う」
所轄の捜査課長が進行役で会議が始まった。

「事件の発見は本日7:00。被害者のアパートの隣の住人である。
この住人は陸上自衛隊員で、先の戦闘での負傷で除隊している。
そのため、血の匂いなどには敏感で、朝の置きぬけに
 『忘れようとしても忘れられない匂い』
を感じ取り、発見につながった」

課長がページを捲った。
「すぐに大家に連絡を取り、マスターキーで中にはいったところ、被害者が顔から血を流して
倒れているのが見えたため、すぐに110番通報を行っている。
これは警視庁の記録とも符号している。まあ、諸君も見ての通りの惨状だっため、
救急措置はとらなかったらしい」

君村は配られた現場の写真のうち、まるで頭部が内部から爆発したような遺体を見ていた。
前線では頭部が吹っ飛ばされた死体などは珍しくはなかったが、しかし、この惨状は・・・
 『わからん・・・』

679 :550:2006/02/13(月) 21:41:17 ID:???
三枝は、その後行われた報告の結果を頭の中で整理しながら手持ちのノートパソコンに
入力していた。
『被害者は27歳男性。近くの工場に勤める。
前日は同じ工場の同僚と飲みに行き、22時に帰宅。
その後出かけた形跡なし。部屋の鍵は内部から閉まっていた。
鍵は1本は被害者のポケットに、もう一本(スペア)は机の引き出しに入っていた。
窓は4箇所にあるが、いずれも施錠されていて外部からは開けられない構造になっている』
そこまで入力して三枝は眉をしかめた。出来の悪いミステリーを読んでいるような気がしたからだ。

『被害者の死因は頭部の破裂(?)。鑑識では毒殺されてから頭部が破裂した(させた)可能性も
指摘しているが、いずれにせよ、どうやった破裂させたかは不明。
現場での簡易検査では硝煙反応などが見られなかったため、銃や爆発物の可能性は低いと
見られる』


680 :550:2006/02/13(月) 21:44:19 ID:???
三枝はそっとストラッツの様子をうかがった。
当人は「慣れている」と言っていたが、あんな酷い遺体を見て平気なのだろうか?
しかし、白いフードは彼女の表情を深く隠していた。

『なお、”破裂”と表現したが、正確には内部から顔面に向けて指向性をもった爆発という方が
正しい。その証拠に後頭部、および即頭部や耳の付近には遺体の損傷は特に見られない。
(後頭部に裂傷が見られるが、これは遺体が倒れたときのものと考えられている)。
鑑識、および君村の私見では、このような指向性をもった損傷は通常考えられないとのこと。
例えば、散弾銃を口に突っ込んで引き金を引くとこれに似たような損傷になるが、
その場合は後頭部が吹き飛ぶはずである。顔面が破壊するには、後頭部から顔の前面に向けて
撃つ必要があるが、頭部の後面にはそのような弾が入射した形跡は見つからない。
また、手榴弾などの場合、全方位に飛び散るため顔面しか破壊されない状態は考えにくい。
仮に、対人地雷のような指向性をもつものを利用したとしても、
遺体に金属片などが見つかるはずである。そもそも、人一人殺すのに何故そんな方法を取ったのか
説明がつかない』

681 :550:2006/02/13(月) 21:45:26 ID:???
三枝は、一旦データを警視庁のデータベースに転送した。
この手の魔術系の事件について、各所轄が参照して判断を行えるように警視庁では
事件のデータベース化を進めていた。
最初の登録は現場指揮者が行うが、詳細なデータ登録は若手の連中が行うことになっている。
ただ、三枝はいつも頭を整理するために、ある程度までの入力は自分で行っていた。

「では、最後に本事件が王国の特異な技術について行われた可能性について、
特別顧問のストラッツさんに意見を述べていただく」
君村は皆にバレないようにそっと笑った。年配の人間はどうしても「魔術」というのを嫌がって
あれこれを彼らにとって常識的と思われる表現に言いかえをしようとする。
毎回君村と三枝はそのセリフを賭けの対象にするのだ。
『三枝、今日のランチはおまえのおごりだな』
ストラッツは静かに立ち上がった。

682 :550:2006/02/13(月) 21:46:22 ID:???
本日はこれまで。

なるべく定期的にアップする予定ですが、
仕事もありますので多少不定期になります。

683 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/13(月) 22:28:20 ID:???
>>682
乙。
警察ものが大好きな漏れは続きが気になってしょうがありませぬ。
楽しみにしております。

684 :名無し三等兵:2006/02/13(月) 22:33:15 ID:???
乙です
生活描写が現代とほとんど変化ないようだけど
パソコンの部品や通信インフラは消耗していないのかな
トリック明かしの他に被害者の人間関係調査や容疑者の絞り込みなど
基本的な捜査もきちんと書いてほしい

685 :550:2006/02/13(月) 22:43:13 ID:???
>>684
インフラについては、資源開発が最大限うまくいって
影響が最小限に済んだと考えてください。
捜査の過程を書き込んでいると、なかなか話が進まなくなるので
ばっさり切っています。
(一度書いたけど、全然本題にはいれなかったのでカットしました)
一応、今後の展開で説明は入れますが、あんまり細かい突っ込みは
勘弁してください。

686 :名無し三等兵:2006/02/13(月) 23:17:07 ID:???
ずーっと前から気になっていたんだが、インテルやAMDの互換CPUを国内で産業規模で生産できるのかな
資源はあってもノウハウや技術はリバースエンジニアリングにも限界があるし
優先順位の低い技術は一部の技術者が死んだら失伝してしまいそうだね
小さな町工場が世界で唯一それを生産できるなんて部品がたくさんあるらしい

687 :名無し三等兵:2006/02/13(月) 23:28:35 ID:???
輸出先が消えたら、そういった町工場から消えていくんだろうね
貯蓄もなさそうだし財産の機械も買い手がつかないだろうし、生き残るのも難しそう
自殺も増えるだろうね
金融は崩壊して保険金も受けとれないだろうなあ

688 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/13(月) 23:35:56 ID:???
>>687
そこでF世界青年開拓義勇軍ですよ。
キャッチコピーは無論
「拓け大陸の大沃野」・・・
引き上げの時には苦労しそうですな。

689 :名無し三等兵:2006/02/14(火) 03:44:06 ID:???
前それやろうとしてスレ違い言われた…

690 :名無し三等兵:2006/02/14(火) 03:56:06 ID:???
必要資金はおろか渡航費まで完璧自腹だったら救い様がねえな。
数割援助でも焼け石に水だが。

691 :名無し三等兵:2006/02/14(火) 06:49:44 ID:???
それ、何のドミニカ移民?

692 :名無し三等兵:2006/02/14(火) 12:38:55 ID:???
>>689
分家なら問題無く書けると思うが。
軍事がちょっとでも引っかかっていればオッケーなところだし。

693 :名無し三等兵:2006/02/14(火) 15:09:35 ID:???
>>688
新しい土地行って何するかって言ったら第一次産業と製造を除く第二次産業か?
資源採取が可能になるまで何年かかるんだろう。


694 :名無し三等兵:2006/02/14(火) 15:26:42 ID:???
>>688
何の教育も受けてない中年失業者が殺到。いくら海外に人送っても内需規模に帰結する
から職にあぶれる人が大量発生。地域ごとの超経済格差が併発。国家財政破綻。
外資を絶たれた金融と保険は崩壊。国の福利厚生も怪しい。資源不足から来るインフレ。
国内の残留外国人問題。医薬品の輸入も不可能。通貨・・・m9(^Д^)プギャー!!
一人暮らしの老人が空のポテチの袋を抱えたまま餓死とか、非常にお寒い状況が続く。
産業なんか必要最小限規模にまで縮小するから、今日本を支えてる技術がどれくらい失
われるか想像も着かんねぇ。資料として残せるが、電子情報として保管してる奴はどう
すんだろ。大容量記憶メディアなんか十年持てば良い方だしな。ハードの供給自体不可能
になる確立が高い。全部紙媒体に移すのか?
ずっと内需でやってくと何十年技術退化するのだろう。海外市場の見通しも不明瞭だし。
もう元の世界に戻れねえわ

695 :名無し三等兵:2006/02/14(火) 16:21:23 ID:???
不景気によって国民の不満が増大すれば、平和平和なんて言わなくなるし
このスレ的には好都合ジャマイカ。自国は大不況、周りは中世国家なんてことに
なればやることなんて決まってる。
レゾンテートル確立のために、民族の生存のために、国民よ、立てよ国民よ!
ジークニホン!ジークニホン!!

696 :名無し三等兵:2006/02/14(火) 16:21:37 ID:???
やはり屯田兵か…

697 :某伍長:2006/02/14(火) 16:56:37 ID:???
金融? 文化破壊人種のユダヤ人が裏で糸引いてる職業など滅んでよい。
老人? 生産的でない人間は滅んでよい。
外国人? 文化創造人種たるわが国民さえ生きていればそれで良い。
財政?・・・将軍、あなたは戦争経済というものをご存知でない。
技術? その活性化のために海外侵攻するんだろうが!我が国を見ろ!戦時中には凄いことになってるぞ!
土地?食料? 現地の文化破壊人種を皆殺しにして、我が国民が入植すればよい。

698 :名無し三等兵:2006/02/14(火) 17:20:20 ID:???
現代戦で戦争経済が成り立つかと言ったら、ならないよねぇ。米露を見れば一目瞭然。
でも今時、生存の為の対外戦争なんかあまり無いから実際のところ分からん。

699 :名無し三等兵:2006/02/14(火) 17:25:38 ID:???
>>698
イラク戦争時のアメリカは、平時のままで戦争をやってるようなものだから。
別に民間の経済活動を統制してるわけでもないし、徴兵すらしていない。
現代戦というか、F世界に飛んだ日本がするのは極端な非対称戦争なので、
今の情勢が参考になるかというと・・・

700 :名無し三等兵:2006/02/14(火) 17:33:08 ID:???
>>695
あんたみたいのが多ければ失敗するね

701 :名無し三等兵:2006/02/14(火) 17:40:29 ID:???
>>699
ベトナム戦争やアフガン侵攻は米露にかなりの経済的損害をもたらしたよね。
二度の大戦でも欧州は偉い経済損失を受けたし。
国内で需要のある物を三流国家相手の戦争で獲得するって構図が大英帝国
以降あまり無い。

702 :名無し三等兵:2006/02/14(火) 17:45:29 ID:???
日本に戦争で利益を上げてくれる軍産複合体があるのか。
むしろF世界側に自衛隊の損失を強制してくれるほどの相手がいるのか。
それが問題だ。

703 :名無し三等兵:2006/02/14(火) 19:03:19 ID:???
戦争で経済が潤うとしたら、自国が戦争するんじゃなく、
関係ない他所の戦争してる地域に兵器を売りつけたほうが
いいんじゃないかなとか思う。



704 :名無し三等兵:2006/02/14(火) 19:37:24 ID:???
その代価はどうやって貰うのかな

705 :名無し三等兵:2006/02/14(火) 19:52:49 ID:???
>>704
その国に資源があるなら戦後にその資源の採掘権をー、
とか言いそうだけどそれなら自国の軍隊送って参戦したほうが確実。
資源が無い場合は経済力だけあれば何とか金でどうにかしてもらいたいが。

ついでに戦争中から政治や経済に食い込んでおいて
その後も兵器を買わせ続ける体制を作る。

その国の技術が向上してきて「国産開発にしたい」
とか言い出したら外交カードや圧力用いて
問答無用で国産計画を叩き潰すか、共同開発にさせて
自国の兵器の開発費の負担を押し付ける…

あれ、資源も国力も軍事力も沢山ある何処かの国と
その国に占領統治されたことのある国っぽい関係だな。


706 :名無し三等兵:2006/02/14(火) 20:37:03 ID:???
進路クリアー発進どうぞ!!

707 :名無し三等兵:2006/02/14(火) 21:05:48 ID:???
>>706
どうした、早く発進せんか!

708 :名無し三等兵:2006/02/14(火) 22:02:03 ID:???
>>701
それは、資源が市場で購入できるから、そして国際的な貿易体制が
十分整っているから、わざわざ戦争するよりも貿易したほうがコストが安いからそうなっている
だけで・・・
WW2の時の日本は、米英に輸出入の全面停止を食らって国際市場からたたき出されたから
戦争を決意したわけで。
現地勢力に資源を採掘する技術がないとなると、日本が直接出向くしかないわけだけど、
その勢力が有力な軍事力を持っていた場合は平和的に、持ってないなら占領したほうが
やりやすい。
まあどうせ、あんたの土地を掘らせてよっていっても、断られるに決まってるだろうから、
こちらの意思を無理やり通す方法=戦争は避けられないわけです。

709 :名無し三等兵:2006/02/14(火) 22:06:27 ID:???
いやあ軽く鉄のオフネを向こうの主要都市沿岸に浮かべて
ついでに森の一つや二つ灰にしちゃえば
向こうも快く掘らせてくれるんじゃないだろうか。

710 :名無し三等兵:2006/02/14(火) 22:19:39 ID:???
ベトナムとアフガンは資源戦争か?

711 :名無し三等兵:2006/02/14(火) 22:36:27 ID:???
ベトナムとアフガンは、国防戦略上の予防戦争・・・みたいなものか。
日本で言うと日清戦争とか日露戦争みたいな。
資源戦争ではない希ガス。国際的な力関係を操作するための戦争かな。

712 :てさ ◆V2ypPq9SqY :2006/02/14(火) 23:44:48 ID:???
 ヴァレンタインデー

 それはある意味で自衛隊に置ける一つの鬼門とでもいうべき行事である
 なにしろ職場的に女性からチョコをもらえる可能性が限りなく低い
 ただ単に低いだけでなく絶望的に低い
 町に出て個人的に交友のある人からチョコを得る幸運な隊員を除けば
 下手をするとチョコの「チ」と言う言葉すら聞かない悲惨な隊員も少なくない
 女性隊員の多い職種ならばチョコを手に入れることも夢物語ではなかったりするのだが
 それは夢あふれ胸ときめかすような『プレゼント』として贈られるのではなく
 義務とか義理とか言う言葉付きで『支給』とか『配給』されるものなのである


「それを思えば、俺って幸運なんだろうなあ・・」

 3尉は案内の皇女付きの侍従兵の後ろを歩きながらそうつぶやく
 彼が皇女によってこの奇妙な世界に召喚されてから暫く
 彼の活躍によって皇国軍は共和国軍を押し返し有利な戦況を呈し始めている
 今日はその労を労うため、皇女自ら褒美を彼に与えると言う話だった

「こちらで皇女がお待ちになっておられます」
「分かった。ありがとう」

 3尉は期待に胸をときめかせながら、皇女の居室のドアを開けた
 なにしろこの皇女様 日本の文化や風習にとても興味を持っており
 いままでも除夜の鐘を始とする数多くの日本の行事を
 再現して楽しむと言う変わった趣味を持っている方なのだ
 たまに妙な誤解でおかしなことをしでかす事もあったが
 概ねの再現には成功している勉強家であった
 そして今日は2月の14日である。とすればもらえるものは1つしかない


713 :てさ ◆V2ypPq9SqY :2006/02/14(火) 23:46:17 ID:???
 ヴァレンタインデー

 それはある意味で自衛隊に置ける一つの鬼門とでもいうべき行事である
 なにしろ職場的に女性からチョコをもらえる可能性が限りなく低い
 ただ単に低いだけでなく絶望的に低い
 町に出て個人的に交友のある人からチョコを得る幸運な隊員を除けば
 下手をするとチョコの「チ」と言う言葉すら聞かない悲惨な隊員も少なくない
 女性隊員の多い職種ならばチョコを手に入れることも夢物語ではなかったりするのだが
 それは夢あふれ胸ときめかすような『プレゼント』として贈られるのではなく
 義務とか義理とか言う言葉付きで『支給』とか『配給』されるものなのである


「それを思えば、俺って幸運なんだろうなあ・・」

 3尉は案内の皇女付きの侍従兵の後ろを歩きながらそうつぶやく
 彼が皇女によってこの奇妙な世界に召喚されてから暫く
 彼の活躍によって皇国軍は共和国軍を押し返し有利な戦況を呈し始めている
 今日はその労を労うため、皇女自ら褒美を彼に与えると言う話だった

「こちらで皇女がお待ちになっておられます」
「分かった。ありがとう」

 3尉は期待に胸をときめかせながら、皇女の居室のドアを開けた
 なにしろこの皇女様 日本の文化や風習にとても興味を持っており
 いままでも除夜の鐘を始とする数多くの日本の行事を
 再現して楽しむと言う変わった趣味を持っている方なのだ
 たまに妙な誤解でおかしなことをしでかす事もあったが
 概ねの再現には成功している勉強家であった
 そして今日は2月の14日である。とすればもらえるものは1つしかない


714 :てさ ◆V2ypPq9SqY :2006/02/14(火) 23:47:50 ID:???
「おお。良く来てくれた。今日はお前に褒美を取らせようと思ってな
 貴殿の右側にあるそれじゃ。」

 労いの言葉もそこそこに皇女は部屋の片隅にある木製のコンテナを指差した
 それを見た3尉の脳裏をなにやら嫌な予感がよぎる
 皇女の指差した箱はとてつもなく大きかったのだ
 それこそ「戦車」でも入りそうな大きさである
 
「まさか、、そんなベタベタなオチはいくらなんでも」
「・・・なにを警戒しているのじゃ?
 まさか余がそなたを害するようなものを送るとでも思っているのか?」
「いえ、そんなことは微塵も思ってません」
「ならばよい。はよう中を確かめよ」

 彼は言われるがままに開封というより解体に近い作業を開始した
 彼の脳裏に、ある戦車の姿が浮かんでは消えるがかまわず作業を続ける
 数分後。現れたそのプレゼントに3尉は目を疑った
 箱の中から椅子に腰掛けたひげ面の中年の紳士が現れたのである
 織田信長に良く似た紳士は大儀そうに目を開くと何も言わず彼に紙箱を投げ渡す

「皇女様?これはいったい・・・?」
「チョコレートなる洋菓子じゃが?そなたの国の行事じゃろう」
「いえ・・そうじゃなくてこのお方はどちらさまで」
「そなたの国の暦の2月14日
 その日は『ヴァレンタインにチョコ』を貰うのだと聞いておる
 だからヴァレンタイン傭兵隊長にお越しいただいただけじゃが・・」

・・・ 

 すみません。思いつきをやって見たかっただけなんです・・・
 時間に間に合わせるのがいっぱいいっぱいで文章を考える余裕なかった・・
 しかも二重投稿だ・・・

715 :名無し三等兵:2006/02/14(火) 23:55:10 ID:???
時事ネタ乙。
個人的に某国歩兵戦車がよかった・・・(笑

716 :名無し三等兵:2006/02/15(水) 01:26:15 ID:???
乙です。
戦車ネタ、防衛女子校スレで読んだから、こちらは新鮮でしたw
当日、会社社長の奥さんから板チョコ渡されるまで忘れていたよ。

717 :名無し三等兵:2006/02/15(水) 19:18:26 ID:???
ヴァレンタインも終わったな・・・

718 :名無し三等兵:2006/02/15(水) 20:45:40 ID:???
ところで、F世界の特異な風習に翻弄される日本人、という設定はどうだろう。
「箸なんか使うな、この無礼者!!!11!1」
とか。

719 :550:2006/02/15(水) 20:50:14 ID:???
間が空きましたが投下します。



「このようなフードをつけたままで発言することをお許しください。
王の命により、これを外すことは許されていないのです」
ストラッツは小さいがよく透る声で頭を下げた。
これは三枝と太田の入れ知恵である。最初に下手に出ておいて余計な反発をなくすのが目的だ。
「今回の住宅での出来事は、大変恐ろしいことです。魔術で行われた可能性があると思います。
しかし、魔術で行われたと考えるにはいくつのかの疑問点があります」
「それは何ですか?」
後方の座席から若手の刑事が質問をした。ストラッツは少し三枝を見つめる。
三枝はうなづきながら立ち上がって、所轄の捜査課長に発言した。
「私は今回の件は魔術によるものである可能性が高いと考える。
だから、ここで魔術というものがどういうものか簡単に説明を受けた方が、
今後の捜査に役に立つと思うがどうだろうか?」
捜査課長は一瞬渋い顔をしたが、
「警視が必要だと考えるならば、した方がよいでしょう」
と、巧妙に責任を転嫁するような形で発言を認めた。
以前に比べればまだましだが、現場にはまだまだ魔術アレルギーとでもいうものが残っていた。
ストラッツは捜査課長と三枝に軽く会釈をしてから話始めた。


720 :550:2006/02/15(水) 20:51:05 ID:???
「魔術というものは、簡単に言うと精霊に働きかけて様々な事象を顕現させることを指します」
ストラッツは母親が小さい子供に噛んで含めるような口調だ。
「魔術はでたらめに行って結果は得られません。それは皆さんの『科学』と同じで、
正当な手続きが必要です。
例えば、皆様がそばの出前を頼むとき、そば屋に電話をかけるとそばを持ってきてくれますね?
そば屋を精霊に、電話を魔力に置き換えてもらえれば少しはイメージできますでしょうか?」
君村は椅子の上で尻をもぞもぞさせた。この例えを考えたのは君村ではあるが、
ストラッツの口から説明されると、おそろしく違和感がある。
案の定、会議室に参加している刑事達はポカンとした顔になっていた。
ストラッツは穏やかな声で説明を続ける。

721 :550:2006/02/15(水) 20:52:41 ID:???
「そば屋の電話番号が違えばそばを頼むことができません。またそば屋に寿司を
お願いしてもその望みは叶えられないでしょう。魔術も一緒です。正しいやり方を行わなければ
精霊に働きかけることはできませんし、願いに応じた精霊に働きかけなければ
それが叶うことはありません」
「違和感」という空気に押しつぶされそうになった捜査課長が何とか口をはさんだ。
「そ、それと今回の事件と、その、関係はあるんですか?」
「今の説明は、魔術というものがデタラメに行われているものではないことを
分かって欲しかったのですが、わかりにくかったでしょうか?」
ストラッツはやや首を傾げるようにして捜査課長に尋ねた。
「い、いや、実にわかりやすい比喩だったと思います」
すっかり調子を狂わされたような口調だった。
ストラッツは口元に僅かに笑みを浮かべて説明を続けた。
どうやらストラッツ当人はこの反応を楽しんでいるようだ。

722 :550:2006/02/15(水) 20:56:53 ID:???
「精霊に働きかけるには魔力と呼ばれる力が必要です。魔力自体は誰でも持っていますが、
魔力だけでは何かを行う力は持っていません。
電話は願いを伝えるだけで、それ自身がそばを作るわけではないのと同じです。
・・・私の言っていることはわかりますでしょうか?」
「ええ、よくわかります」
三枝はわざと声に出して相槌を打った。年配の刑事達が
『自分達はひょっとしてからかわれているのでは?』
と疑惑の面持ちになってきたからだ。
「精霊自身は霊力と呼ばれる力で、人からの働きかけに応えます。
我々は「神秘を顕現化する力」のことを霊力と呼んではいますが
これがどんなものなのかは誰にもわかりません。
ただわかっていることは、この力は事象の過程を経ずに結果のみを
与えることができるものだということです」
「過程を経ずに、とはどういうことです?」
三枝は、既にその答えは知っていたが、敢えて聞いた。
これはむしろ、この会議室の他の刑事達のためだった。
一体何人がこの話について来ているのか?

723 :550:2006/02/15(水) 21:03:40 ID:???
「詳細にお話しすると、7つの日の出を過ぎても語りきれませんが、そば屋でのお話をすると、
電話で注文を受けただけで、お店の主人がそばを作らなくても既にできているようなものでしょうか?」
「”作る”という過程がないということ?」
「うまく例えられているかわかりませんが、霊力がおこなうのは”そばを作る”ことではなく、
”そばがそこにある状態にする”ことなのです。私にもこれ以上は説明できません」
皆がちょっと黙り込む
「そばの話は何となくわかりましたが、それと今回の事件との関係は?」
一瞬停滞した空気を破るように太田がストラッツに質問する。
「話が長くてごめんなさい。つまり魔術の源は霊力に行き着くというのが前提なのです。
霊力というのは神秘の力であり、現界の常識に反した事象を引き起こすため、
我々の世界に乱れや歪が生じます。その一つが魔力の乱れなのです。
みなさまも、徹夜などの無理をすればどこかに歪が現れるでしょう? 
霊力を行使する場合にも同じことが言えるのです」

724 :550:2006/02/15(水) 21:08:08 ID:???
「はあ、はあ、するとさきほど仰っていた魔術が使われたことに対する疑問というのは」
「ええ、先ほど魔術の流れを探ってみましたが、あの事象を起こすに足る霊力の行使に伴う
魔力の乱れは感じられませんでした」
会議室の後ろで質問を求める手が上がった。
「あ、あの、でも、被害者の死亡推定時刻が0:00前後ですから、
顧問殿(ストラッツのこと)が現場に来たときには、その、乱れが消えている可能性はありませんか?」
若手の刑事が戸惑いつつも質問をした。
「よい質問ですね」
ストラッツはフードから僅かに見える口に微笑を浮かべた。
若手の刑事は照れたように笑った。
太田はふと思った。
『君村くんからのメイルにあった”ファンクラブの支援”というのは彼のことかな?』

725 :550:2006/02/15(水) 21:09:19 ID:???
「霊力で乱れた魔力は簡単には元に戻りません。少なくとも3つの日の出を過ぎなければ
落ち着きません。時間の経ち方については・・・」
ストラッツが助けを求めるように三枝に顔を向けた。
「王国風に言うならば、事件が起きてからストラッツさんが検証するまで一昼夜も経っていないから、
魔力に乱れは残っているはずですね」
「ありがとうございます。私の国ではそれほど厳密に時間を考えませんので・・・」
「先ほど、ストラッツさんが現場の「場」を鎮めていましたが、それが行われた可能性はありませんか?」
三枝は、ふと思いついた疑問を口にする。
「あれは、無秩序な流れにとなった魔力に秩序を与えただけです。
通常の状態であれば魔力は湖の水面が凪いで入るような状態で、流れ自体が存在しないのです。
私は早く流れが静まるように僅かな秩序を与えただけです。
流れ自体を消し去ることはできません。術を行使しても魔力が乱れた痕跡を消すことはできません」

726 :550:2006/02/15(水) 21:09:57 ID:???
本日はここまで。

背景を説明しようとすると、なかなか本編に入れない・・・。

727 :名無し三等兵:2006/02/15(水) 21:37:08 ID:???
乙です
やっぱり半端外人は例えが下手だなあって感じますね
言いたいことは何となくわかるが、結論をずばり言え、と思う
いちいち説明しなくてすむように文書くらい用意してほしいです
自分が考えた「例え」にこだわるコミュニケーション下手な人って多いですよね

728 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/15(水) 22:58:39 ID:???
>>726
投下乙。
刑事の皆さんには、まず魔法を理解することが難問ですな。

729 :550:2006/02/15(水) 23:23:15 ID:???
本当は警務隊を主役にする予定だったんですが、
職制とか捜査の体制がどうなるのかよくわからないので
警察に舞台を移しました。
ただ、その設定に囚われすぎて、スレタイの自衛隊が全然活躍しない
話になりつつあります。
さて、今の路線で進もうか、それとも物語の方向性を修正しようか?

730 :名無し三等兵:2006/02/15(水) 23:31:25 ID:???
分家行け

731 :名無し三等兵:2006/02/15(水) 23:54:01 ID:???
そしてまた本家には何も無くなる訳か

732 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/15(水) 23:56:31 ID:???
漏れも投下ー。

733 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/16(木) 00:01:52 ID:???
「えらいこった、えらいこった・・・」

外征混成団本部。隊員たちは前線からの通信に大慌てであった。その内容はなんと、隊員が敵によって直接
的に操られる、という事態が起きている、というものであった。
新興宗教のマインド・コントロールなどではなく、首筋から糸を生やして、まるで傀儡の様に。
この由々しき状況に、

「至急情報部に調べさせろ!」

と、指令が飛んだ。
陸上自衛隊第一外征混成団、外征情報部。
情報部、とはいっても、統合幕僚会議の情報部の任とは一線を画し、軍事的情報だけでなく、この世界の情
報・・・鉱物、植物、動物、その分布・・・について、統合的に収集する、いわば本国研究機関の前線基地
のような体裁をとっていた。

「おい、起きろ。仕事だ、おい!」

半長靴のずかずかという音と、無粋な大声に、PCの前で居眠りしかけていたこの天幕の職員たちは飛び起き
た。
情報部本部の天幕は大陸のそこらじゅうから集められた文献で埋め尽くされていた。技術力は中世レベルの
この世界。コンパクトな媒体などあるはずはない。あるのは古めかしい紙媒体のみである。情報化は急がれ
たが、なにしろこの世界の言語を解する人間が皆無(この世界の言語は発音、文法共に日本語ではあるが、
表記体系が日本語と非常に異なっているのだ)であり、遅々として進まなかった。
日ごろは紙片をめくる乾いた音しか響かないこの天幕は、突然の急務に、にわかにあわただしい雰囲気に包
まれた。

「は・・・操り、でありますか?」
「そうだ、この世界で該当する魔法とか、生き物とか、該当するものを探してくれ、大至急だ!」

734 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/16(木) 00:02:49 ID:???
それだけ言うと、本部からの伝令は帰っていった。情報部の職員に残されたのは、通信によって送られてき
た状況を記した紙片のみである。

「えらいことになったぞ・・・」
「この中からさがすのかよ・・・」

途方にくれる職員たちの目に映るのは、日に日に増えていた文献の山、山、山。
やる気が失せる、というより、不可能に近い仕事だった。

「フォイ。君、何か知ってること、ないか?」

一縷の望みをこめた目で、職員の一人が、ほぼ紙束に埋め込まれるように設置された椅子に座る、ずんぐり
した男を呼んだ。

「・・・?なんでぇ?」

さっぱりと髭のない口元が、しかしもごもごと動いた。
男はドワーフだった。日本が初遭遇した異世界の人間であり、ドワーフの中で一番初めに日本語の読み書き
を覚えた男だった。

「こいつなんだが・・・」

フォイは渡された紙片を、じっと見つめ始めた。
少しずつ瞳が紙面を滑る様を、職員たちは自らも文献を引っ張り出して調べる片手、固唾を呑んで見守った。

「なんだ、こいつはフエルバじゃねえか。」
「ふえるば?」

拍子抜けしたような顔のフォイに、職員たちは間抜けな鸚鵡返しをした。

735 :名無し三等兵:2006/02/16(木) 00:03:02 ID:???
つ[パワーポイント]
つ[Impress]
つ[模造紙とポスカ]

736 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/16(木) 00:03:58 ID:???
「ここら辺じゃ滅多にお目にかかれない、肉食植物さ。動きはしねぇが、蔓草みたいな蔦で動物を絡めとっ
 て、食っちまうのさ。」

そう言って、自慢げにフォイはふんぞり返った。

「じゃあ、この情報にある糸って、なんなんだ?」
「まあそう騒ぐなって。・・・いいか?フエルバは獲物を狩るとき、必ず二匹捕まえる。一匹はその場で食
 っちまって、もう一匹は糸で繋いで、次の獲物を誘うのさ。」
「そ、そんな奴がいるのか・・・急いで書き留めろ。他に知ってることはないか?」

情報部は大騒ぎしながら、情報を整理し始めた。




「打ち倒せ、といったって、一体どうすんです?」

まさか気絶している3人の隊員を担いで討伐するわけにもいかんでしょう、と篠崎は冗談をかました。
大田はそれが気に入らなかったらしく、篠崎を思い切り睨みつけた。

「篠崎ぃ・・・」
「じょ、冗談ですよ一曹・・・」

それだけで篠崎はすくみあがってしまう。悲しい性だった。
再び、大田は咳払いをする。

「さて、これから任務を遂行するに当たって、まずはこの犠牲者の処遇だが・・・今本部がこの種の魔術、
 それから魔法生物について検索している。それまで保留。縛り上げとけ。」
「その糸をぶった切っちまえばいいのでは?」

737 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/16(木) 00:05:01 ID:???
「馬鹿野郎。切った途端に死んだらどうする。情報が少なすぎる・・・今は息してるし、そのままにしてお
 くのが無難だ。」

大田の命令で、伊上と篠崎が小銃のスリングと、自生していた蔦植物で3人をふんじばる。猿轡を適当に噛
ませれば、気分はもう凶悪犯罪者だ。
問題は、この犠牲者の護衛だった。しかしながら、六人一班の銀輪部隊、護衛にさける人足は、無い。

「救援については、普通科の支援を要請した。・・・時間はかかるがな。小平、返事は来たか?」
「はぁ・・・一曹、応援は来ないそうです・・・」

無線機を手にしたままの小平が、途方にくれた声で伝えた。

「なにぃ!?」

大田はそう叫ぶなり、通信機を小平からひったくってがなりたてる。

「おい!貴様、どういうつもりだ。俺たちにKAMIKAZEでもさせる気か!オクレ!!」
「い、いや、自転車でそこにたどり着くまで、最低でも3時間はかかる。そのルートじゃ狭すぎて車両も通
 れん。それに・・・」
「?」
「敵の正体が判明した。緊急を要する。オクレ・・・」

敵の正体がわかる。それだけでも作戦の成功率はグンと上昇する。
朗報に再び、大田の眉がピクリとつりあがった。

「・・・で、何なんだ、その敵とは。オクレ」
「それが・・・」




738 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/16(木) 00:05:41 ID:???
「・・・植物?」

急増した大田の握力に、無線機の通話機が危うく圧壊しそうになった。
舌の根の乾かぬ間に、大田は二の句をついで怒鳴る。

「俺たちは機甲科偵察部隊だぞ!そんなもん、施設科の土いじりにやらせとけ!!」

大口から唾が飛び散り、無線機のあちこちに付着した。
叩きつけるような「オクレ」の後、無線手もかなり辟易した様子で、おずおずと話し出す。

「だから、緊急を要するといっているだろう・・・早くしないと、その隊員たちは死ぬぞ。オクレ。」
「・・・そりゃどういうことだ。オクレ。」

739 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/16(木) 00:08:40 ID:???
こんな中途で終了。情報部もちゃんと自衛隊員がやってるが、「隊員」だと
しっくりこないので、職員にしちゃいますた。
>>735
・・・誤爆?

740 :名無し三等兵:2006/02/16(木) 06:30:35 ID:???
>>739
>しっくりこないので…しちゃいますた
長いことスレを見て来たが、おまえみたいなアホは初めてだ
自衛隊の会話も書けてねえ、あんな無駄なしゃべりしねえよ、雰囲気ぶちこわし

741 :名無し三等兵:2006/02/16(木) 07:48:23 ID:???
>>740
だから、貴様のような労いもかけずに揚げ足取りばかりする大バカヤロウが一番雰囲気をぶち壊していると小一時間(ry


銀輪さんお疲れ、操られた隊員が死ぬって毒でも送る気かね…

742 :名無し三等兵:2006/02/16(木) 12:32:10 ID:???
>発音、文法共に日本語ではあるが、表記体系が日本語と非常に異なっている
具体的に説明してください
出来ないなら消えてください

743 :名無し三等兵:2006/02/16(木) 13:02:30 ID:???
740=742

何こいつ

744 :名無し三等兵:2006/02/16(木) 13:11:49 ID:???
文体に見覚えあるだろ、職人さんを追い出したいだけの荒らしだから放置

745 :名無し三等兵:2006/02/16(木) 13:25:16 ID:???
>>742
じゃあ説明出来たらおまえが消えろ

746 :名無し三等兵:2006/02/16(木) 14:12:29 ID:???
実は銀輪は人工言語を研究している院生で
742をズバリ切って捨てたら面白いな

747 :名無し三等兵:2006/02/16(木) 15:08:12 ID:???
分家じゃマモレンジャーが五色揃ったというのに本家ではこれかよ…

748 :名無し三等兵:2006/02/16(木) 15:12:02 ID:???
>>747
いつものことだけどな。

749 :名無し三等兵:2006/02/16(木) 15:48:29 ID:???
>>746
だったら
>発音、文法共に日本語ではあるが
なんてヌるい設定にしないだろう。

この辺はF世界側の説明を省くためのご都合設定(これはこれであり)なんだから
突っ込むだけ野暮。

正直説明しても面白くもならなければ、軍板的にもならないしな。


750 :名無し三等兵:2006/02/16(木) 17:47:50 ID:???
>>747
でも読者の反応が無いんだよね
作者同士で感想をやりとりしてる状態
みんな飽きたのかなあ

751 :名無し三等兵:2006/02/16(木) 19:52:09 ID:???
>>750
正直マモレッド以外のはニ次創作に見えてしまうんで感想が書く気が余り起こらない
折角職人デビューしたんなら本家ででも分家ででもオリジナルのSS書いてみたらどうだ?

752 :名無し三等兵:2006/02/16(木) 20:01:32 ID:???
>>744
 ↑
正直、こういう根拠の無い当て付けをする奴が一番邪魔。

753 :名無し三等兵:2006/02/16(木) 22:16:32 ID:???
笑える。笑えるけどそれだけだから感想がない。

754 :名無し三等兵:2006/02/16(木) 22:23:33 ID:???
>>753
それで良いんじゃね?
ギャグってのはそういうものだろ。
笑えるのであればそれで良し。

755 :名無し三等兵:2006/02/16(木) 22:49:51 ID:???
>>751
マモレッドだって元は戦隊物のパロディなんだから他も差別しないで

756 :名無し三等兵:2006/02/16(木) 23:03:43 ID:???
まあマモレンジャーの最大の貢献は新しい職人を4人も出したことだな
彼らがオリジナルのSSを書いてくれれば盛り上がることだろう。

話は変わるがマモレンジャーは初心者には書きやすいな
登場人物少なくて済むし、定型が作られてるし、職人養成スレとしてはかなり良いスレな気がする。

757 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :2006/02/17(金) 01:39:33 ID:???
日本異邦戦記を再開しようと書くのはいいが、他の作者のSS見たりして
結局6行ぐらいしか書けんかった漏れ様は負け組みですorz

明日かあさって当たりにUPしたいなぁ・・・(願望

758 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/02/17(金) 19:14:35 ID:???
>>756
マモレンジャーは軽いノリでかけますし、やりやすいですよね。
それで職人が増えるのは万々歳ですな。
漏れも分家にSS投下してみようかな。
>>757
カモーン!!

759 :名無し三等兵:2006/02/20(月) 21:20:13 ID:???
何があった?

760 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :2006/02/20(月) 23:32:52 ID:???
誰もいないから、今のうちー。
という事でss投下!

761 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :2006/02/20(月) 23:34:05 ID:???
「日本異邦戦記」


平成15年8月19日15時
東方暦1048年6月16日
シュレジエン東部

 後ろからアムデス兵がいつ現れるか恐れつつ避退する避難民らの足取りは重く、時間が経つにつれその歩みは
次第に遅くなっていき、その避難民を守る残存シュレジエン兵の士気が時間と共に喪われていくのは、目に見え
る一方で、彼らが守るべき避難民同様、足取りが重くなっていく。

 空挺団を率いる黒木陸将補と交渉団護衛隊の長原三佐らは、その様にまずいものを感じたのも当然といえた。
また避難民らを抱えている為、街道沿いに撤退せざるを得ずアムデス軍の逆襲を恐れるという極めて危機的な状
況であり、常に斥候を出して進出してきた第十三旅団との邂逅は、彼らを破滅から救ったともいえる。

 秘匿名称「ヴォルガ」と呼ばれ、シュレジエン派遣部隊が橋頭堡を築きつつあるシュレジエン東部海岸に、シ
ュレジエン政権の主だった面々と、園山博恵女史らのシュレジエン交渉団を始めとする人々が到着したのは、そ
れから2日たった8月21日の事だった。

762 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :2006/02/20(月) 23:34:54 ID:???
 シュレジエン方面隊総監福田陸将は、いくつもの天幕が置かれた中の一つに入るべく声を掛ける。
「中へ入ってもよろしいですか?」
 中にいる人物にそう丁寧に声を掛けるところを見ると、どうやらそれなりの人物らしかった。
返答を待つまでもなく中から、どうぞ、と言う声が返された。
「失礼いたします」
 そう前置きして天幕へと入ると、数人の女性が福田陸将のほうを向く。
彼らの主らしい女性が近くにある椅子に座るよう丁重に手で示し、軽く会釈して椅子に腰をかけた。

「このたび、貴国の支援を行う部隊の指揮を取っている福田定一と申します」
「ご助力に感謝しております」
 その女性は福田陸将に対して、高位の女性らしくゆっくりと礼を返した。
福田陸将は、女性が顔を自分に向けるのを待って続けた。
「先の戦闘において、貴国の陛下が身罷られた事、残念に思います。王妃陛下におかれてはお悔み申し上げます」
「その言葉、ありがたく存じます」
「所で、このような場所に王妃陛下を始め両殿下がとどまられるのは、まことに心苦しいのですが、如何せん近く
の宿などを借り上げる余力が、今のところないのです。今しばらくご寛恕頂きたく思います」
「判っております。わたくしらにそのような余裕がない事は確かなれば、貴殿らにお任せ致します」

763 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :2006/02/20(月) 23:35:25 ID:???
 女性、そう先の王都撤退時に散っていった故ウィンダ三世の奥方であって、二人の子供の母親でもあるエクスタッ
ト王妃は、軽くうつむく。
福田陸将の言葉にエクスタット妃は、戦死した国王の事を思い出したのだろう少しばかり俯いたままで、その様を
見やりつつ、辛いかと存じますが、決してお気を落とさずに。可能な限り体を休める場所を早くご用意します、そ
う言うと、王妃の下を辞去したのだった。

764 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :2006/02/20(月) 23:36:51 ID:???
今のとこ、これだけ投下しときまつ。
続きは鋭意製作ちゅー。
明日あたりに上げれたらいいなー(死

765 :名無し三等兵 :2006/02/20(月) 23:59:56 ID:???
うい、頑張って。


・・・
福田はんは、歴史が趣味で総白髪だったりしますか

766 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :2006/02/21(火) 00:32:36 ID:???
・・・
福田はんは歴史が趣味かもー?(ぁ
50代の時って総白髪だっけか?(マテ

767 :名無し三等兵:2006/02/21(火) 07:24:45 ID:???
>>758
おめでとうスレスト74時間大記録!
みんなが君の人格を嫌っている
ぶっちゃけマモレンジャーうざいからシカトされたんじゃね?

768 :名無し三等兵:2006/02/21(火) 10:19:10 ID:???
>>767
お前みたいな馬鹿(←よめる?w)がいるから
スレがさびれるんだよ。

チラシの裏にマスかいてクソして氏ね。

769 :名無し三等兵:2006/02/21(火) 11:45:58 ID:???
>>768
まあ持ちつけ

770 :名無し三等兵:2006/02/21(火) 12:00:52 ID:???
どうせ荒れるのを期待しているんだから、相手するのはやめて無視して下さい。

771 :名無し三等兵:2006/02/22(水) 15:47:05 ID:???
人イナイネ・・
まあこんなものか

772 :名無し三等兵:2006/02/22(水) 15:59:33 ID:???
皆罵り合いにならないと出てこないから。

773 :名無し三等兵:2006/02/22(水) 16:02:55 ID:???
オリンピックが散々だシナ

774 :名無し三等兵:2006/02/22(水) 16:11:53 ID:???
直前に渡航費と滞在費だけ渡したくらいでメダル取ってこいとは笑止。
メダル取れなかったら四年間社会から放置で、選手に何のサポートもしなかった人間が後で偉そうにあれこれ批判する。
普段選手に目もくれないくせに要求だけは一丁前に厳しいよなw


775 :名無し三等兵:2006/02/22(水) 16:55:26 ID:???
本番になったときのみ過剰な期待して終わったらポイは日本の伝統。

776 :名無し三等兵:2006/02/22(水) 21:54:51 ID:???
で、ぶっちゃけメダルとれなさ杉なんですが。

777 :名無し三等兵:2006/02/22(水) 22:45:32 ID:???
ルール改定があってメダル取りにくくなったらしい。
例えばジャンプではスキー板は
「身長+80cm(?)」だったのが
「身長の146%(?)」となり、でかい奴有利になった。
似たような改正がいくつかあって不利なんだとさ。

778 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :2006/02/22(水) 22:56:51 ID:???
一切の流れを無視して、取り合えずSS投下
更新いきまつ

779 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :2006/02/22(水) 22:58:51 ID:kj2hb0Ff
「日本異邦戦記」

>>763の続き


平成15年8月22日10時
シュレジエン東部海岸

 大陸へと足を踏み入れた自衛隊の様々な作業で賑やかな場所からやや離れてはいるものの、ある程度開けた場所
に彼らの姿がある。
「ペドラザ、今度は首の下吹くから上向いてよー」
 やや小柄な少女のされるがままに、まるで言葉が判るかのように、首を上に向け、しかしながら少女が拭けるよ
うに、伸ばす1頭の竜があった。
その少女―つまりはレスティンは、桶に付けたタオルを絞って片手をペドラザの首の横に添え、もう片方の手で、
首の下を吹き始める。
 ペドラザはおとなしくレスティンにタオルで拭かれるがままになり、気持ちがいいのか、目を閉じている。

780 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :2006/02/22(水) 22:59:25 ID:???
 王都から逃げ延びたあと、レステインはペドラザの横で、ペドラザと共に泥のように眠った。
いな、王都が陥落するという状況で竜と人とが共に大層疲れ果て、ペドラザ同様着地してしばらくするやいなや、寝
入ってしまったといえた。

 ペドラザの体を拭いているレスティンは王都を巡る戦いでひどくはないものの傷を負い、左腕に薬を付けていた。
まだ完治はしてないが、痛みはないようだ。
ペドラザも傷の具合を気に掛けているようで、タオルで体を拭かれつつも具合を確かめるようにレスティンに感
覚的に問いかける。
 言葉は通じないものの、相手が何を思っているかぐらいは互いに判るおかげで、レスティンは大丈夫よと言いたげ
に頷いてみせるのだった。

781 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :2006/02/22(水) 23:00:11 ID:???
 だがレスティンとペドラザはまだましだと言える。
瀕死の重傷を負いつつも乗り手をここまで運んで息絶えた竜、帝国兵らの放つ石弓などの矢によって傷を負い、竜の
背から落ちたりなどした者もいるからだった。
 この時点でシュレジエン近衛竜騎兵団は半壊状態と化していた。
もっとも、王都撤退戦において負傷者を置いての出撃での事で、その彼らが合流してではあるけども、それでも竜騎
兵団が戦力を完全に回復するには相当の時間が必要だった。

 ペドラザの体を拭き終わって桶の水を捨て、タオルを乾かす為に棒に掛けてから、レスティンは負傷者の傷の手
当ての手伝いをするため、看護処へと足を向けた。

782 :名無し三等兵:2006/02/22(水) 23:00:17 ID:???
>>774
電通工作員乙

783 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :2006/02/22(水) 23:01:13 ID:???
 看護処では無傷の者に混じって、レスティン同様比較的傷の浅い者が薬師の指示の元、包帯を取り替えたり、薬師
を手伝ったりしていた。
慣れない者か゛包帯を外すものだから、包帯にこびりついた血液と共に肉がついたりなどして、余計痛みを怪我人に
与えてしまうものもいる。

 その様にわずかに目を細めながらも、レスティンも傷の手当てを手伝い始めるのだった。

784 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :2006/02/22(水) 23:10:03 ID:???
とりあえず、更新かんりょ

次回「日本異邦戦記」

「お前が好きだ!・・・だから!」
「・・・ごめんなさい。でも判って。これしかもうないのよ・・・」
「そんな・・・。そうするしかないというのか!?それしかないというのか?」
「私にできるのは、もうこれだけなの」

第九十九話「彼女がウサ耳をつけたとき」
乞うご期待!




ウソです、ごめんなs ・・・ウボォ(゜/ /д゜)ズバァ

785 :名無し三等兵:2006/02/23(木) 17:07:19 ID:???
Winnyで極秘資料流出とか、自衛隊も存外脆いなw

786 :名無し三等兵:2006/02/23(木) 17:26:09 ID:???
しかも、そのPC所有者の隊員は相当の変態だったみたいだなw
奴隷小学生.jpgってのまであったとか

787 :名無し三等兵:2006/02/23(木) 18:07:56 ID:???
陸上自衛隊の最精鋭部隊の隊員が「イラクに行きたくない」と万引きし、
処分されました。

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1140543829/

788 :名無し三等兵:2006/02/23(木) 18:20:49 ID:???
自衛隊も上も下も腐ってるのは変わりないんだな。
この御時世だから仕方ないが。

789 :名無し三等兵:2006/02/23(木) 18:29:09 ID:???
もともとこんな程度。
最近になってスポットが当てられてきただけ。

790 :名無し三等兵:2006/02/23(木) 19:26:47 ID:???
奥さんにイラクに行くのを猛反対されて
家庭崩壊の危機、しかし志願は今更取り消せない、
どうしようもなく…っつー噂を聞いた。 真偽はともかく
とりあえず自衛隊の上の人も警察もかなり穏便に済ませようとしてるみたい。

791 :名無し三等兵:2006/02/23(木) 20:24:23 ID:???
そんな自衛隊も妄想の中では絶対無敵の最強軍隊。
哀しいね。

792 :名無し三等兵:2006/02/23(木) 20:25:12 ID:???
>>790
なんだその女。
それこそ離婚しちまえよ。

793 :名無し三等兵:2006/02/23(木) 20:57:53 ID:???
自衛隊は精強であってほしいもんだがなあ・・・
つーか、米軍とも亀裂はいっちゃったりしねぇ?>>今回の事件で
ラプターはどうなるんだろ・・・

794 :名無し三等兵:2006/02/23(木) 21:00:36 ID:???
日本にしろ、先進諸国にしろ、平安な世の中の軍隊なんてこんなもんだよ。
すぐにPTSDになるし。

795 :名無し三等兵:2006/02/23(木) 21:09:36 ID:???
>>794
湾岸とかで戦車乗り回したアメ公達も機密漏らしたりするんだろうか・・・
つうかお前らは帝國海軍の子孫じゃなかったのか海上自衛隊・・・
曹士でもこんなやつらばかりなのか・・・ orz

796 :名無し三等兵:2006/02/23(木) 21:17:03 ID:???
帝国海軍の後継だからこそだよ。
悪いところまできっちりと継承して‥

797 :名無し三等兵:2006/02/23(木) 21:18:34 ID:???
そのくせ、旧軍を馬鹿にしてる奴等がいるからな。
悪癖しか継承してないくせに、妙にイマドキぶってる奴が。

798 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 12:02:48 ID:???
>>784
投下乙です。今までの前編は保管庫で見れますかね?

普段新しいネタにはスレ違いだって叫ぶ奴も今の流れには何も言わないのな。
>>785-797
スレ違いだからそろそろやめろ。

799 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 15:46:28 ID:???
>>798
自衛隊を描写する参考資料として現実を知ることは大事ですよ

800 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 15:57:40 ID:???
失敗もするという人間臭さや組織的体質の問題点も抱えるという、
自衛隊も完璧超人ではない、という証明と思っておこう。

米軍だって精強さと戦争の合間に馬鹿写真や馬鹿映像撮影するユーモアを
両立させているのだし。 戦闘中にヘビメタ放送するし。

801 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2006/02/24(金) 16:43:16 ID:hmhVMLmj
海上自衛隊の資料の大流出ですが、旧軍の海軍でも戦時中の前半にそういうのありましたよ。
それが原因でフィリピンを懸けた海戦を始め様々な海戦に負けて敗戦の要因になったそうです。
今回は事後策はとられたみたいだからましだけど、不安ですよね。
私物といっしょくたにしてウイルスにやられて流出、こんないいかげんなの、
スパイ容疑で41日間とり調べてもお釣り来ますよね。なんてったってアイドルに合わせて
徒手ササイズがお勧め。

802 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2006/02/24(金) 16:44:24 ID:hmhVMLmj
馬鹿写真や馬鹿映像撮影を是非見たいです。

803 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 18:51:03 ID:???
>>800
だから敵役を自衛隊上に愚か者として描写する訳か。
まるで無能なアニメ監督のようだな。

804 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 19:49:13 ID:???
>>803
科学が発達してない中世西洋的な敵が出てくるこのスレに
おいては、自衛隊より戦術的に劣っていても不自然じゃないかもよ。
ナポレオニックな時代の軍隊と現代軍隊を比較したら、
密集して隊列組んでゆっくり進軍してゆくと数十キロ彼方から
榴弾砲やロケットで一方的に殺戮されて対抗手段を持てない
間抜けな敵の描写が完成する。
その時代の軍隊はどこまでも同時代レベルの敵しか想定してない
マニュアルで戦うしかないわけで…つまりこのスレや戦国自衛隊の
本質は、”弱いもの虐め”という事もできてしまうわけだよ。

805 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 20:12:41 ID:???
やっぱさー、ファンタジー世界にはエスカフローネやダンバインみたいな巨大ロボ(?)が
あったり、細身で恥美系の勇者が大剣を振り回したり、手を振るだけでエネルギー波を出
せたりしても良いと思うのよ。
だって、今まであった異世界接触系アニメとかじゃ、現代の軍事力とファンタジー系のモン
スターや戦士が戦えば、普通後者が勝ってたべ。
華奢でオッパイでかくて美少女でそれでいてロリコンを取り入れたボディの女の子が剣で
90式戦車ぶった切ったり。
オサレ系でホッソリしてて誰が見ても美男子な魔法使いが米第七艦隊を一瞬で葬り去る
方が面白い。

806 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 21:18:59 ID:???
>>804
ここのSSだと大半が対ファンタジー世界じゃなくて対中世世界にしか過ぎないからな。
結局世間で爪弾きのオタクと腐れ自衛官によるオナニー物語に終始する事になるんだよ。
805が挙げてるようなラノベ系ファンタジーじゃなくても、
指輪物語系のファンタジー世界であっても、もっと現代自衛隊は苦戦する所だ。



807 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 21:25:01 ID:???
どのような感じで苦戦するか詳しく。

808 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 21:49:17 ID:???
>>805
ロボットは過去のあるSSと作者が原因で以後禁止になりました。


制約緩めて寛容に、というのが今の流れっぽいけど
流石にそんな荒唐無稽すぎてラノベでも時代遅れなのは
今更面白くないだろ。


>>806
でも過去スレには充分自衛隊が苦戦した話も投下されて来たが。


809 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 21:57:06 ID:???
>>806じゃないけど、
例えば映画LotRでサルマンがやったような天候のコントロールや鳥を使った偵察
なんかも自衛隊にとっては十分脅威足る。そもそもアレは原作からして神話的な
雰囲気を持たせた作りであって、魔法を大きくフィーチャーした作品ではない。
が、それでも前途したような脅威を想定できる。
広義においてのファンタジーは必ずしも魔法的要素を含んでなくてはいけないって
訳ではない、が。スレタイに剣と魔法と書いてあるのだから、>>804のようなただの
現実歴史の反復だけでなく魔法の力を考慮したカタチに持って行くべき。

810 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 22:04:27 ID:???
幻覚や転送魔法とかでも使い方によっては十二分に脅威になるだろう。

811 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 22:07:11 ID:???
>>807
今のガキって、自分で考える力も無いんだな・・・



812 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 22:08:57 ID:???
なるほど。
ガチのパワーだけが戦じゃないからな。
厨設定にはしらなくてもF世界には、現代にはない様々なアドバンテージがある。

813 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 22:17:56 ID:???
>>805
ACEきたこれ


814 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 22:23:09 ID:???
>>809
魔法の杖で敵を殴り殺す爺は勘弁な。

815 :名無し三等兵 :2006/02/24(金) 23:07:56 ID:???
魔法が使えない乱戦状態になってから本領を発揮する
暴力魔法使い爺いのことかー!

816 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 23:12:34 ID:???
>>811
議論する気がないなら来るなよ。
どこがどう苦労するのか、説明すべきは>>806の方であるのに>>806は具体的なことは
何も述べていない。
である以上>>807が具体的な例を挙げるよう求めるのは当然だろう。それを何で

>今のガキって、自分で考える力も無いんだな・・・

みたいな煽りにしかならないレスをするのかねぇ。
>>807にレスするなら、>>809のようなレスにしてくれよ。
ここは一応2chなわけだし最低限の議論のマナーは守った方が良いと思う。

817 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 23:13:38 ID:???
猿男との肉弾戦はまた派手だったなあ。
あ、ありゃ魔法使ってたか。

天候の変化のせいでチヌークが撃破される、というネタをどこかで見た気がする。

818 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 23:15:34 ID:???
短いけどSS投下いい?

819 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 23:19:18 ID:???
俺が責任を取る。真上に落とせ。

820 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 23:22:43 ID:???
『自衛隊がファンタジー世界と融合しました』


ゴーレムとは無生物を擬似的な生命体として使役する魔法である。
その用途は様々で、土木作業用のパワーショベルゴーレムから
弾道ミサイルなどの飛翔体ゴーレムまで、民需・軍事問わず利用されている。
もちろんイラク派遣にも、両腕の先に作業用の爪付きアームを
供えた施設作業ゴーレムが持ち込まれているのだが、現在
陸自隊員の魔法士が操縦しているのは荒地を二本の脚で走破する
無骨な外見の標準的なゴーレムではなかった。

イラク サマワ陸上自衛隊駐屯地  午後9時24分(現地時間)

駐屯地の敷地上空を、トンボのような細い体に薄い羽を備えた
飛翔体ゴーレムが2体、浮遊している。
FFOSと呼ばれる観測用の使い魔ゴーレムである。
元々は野戦特科の弾着観測用に使われる。
FH70投石器や99式自走投石ゴーレムが投じた石弾が命中したかどうか
のデータを地上の指揮所に送り、指揮所はそれを元に修正を行う。
しかし、現在FFOSが行っているのは着弾観測ではなく、どちらかと
いえば米軍のゴーレムであるUAVが行うような偵察活動だった。



821 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 23:23:37 ID:???

いくつもの柵と防御用バリケードで覆われた駐屯地を包囲する
武装集団の群れの中から青白い発光が灯る。
魔法の組成式が術者の掌の先、何もない中空ににHEAT弾頭と
ロケットモーターの推進薬を精製、安定翼力場を形成し、完成した
戦術魔法”RPG”は尾の様な噴煙を吐き出しながらバリケードへ
放たれた矢のごとく弧を描いて飛んでゆく。
火の玉のような弾頭は命中後、爆発。
バリケードの厚い石壁の一部が粉砕され、武装集団は槍を高く掲げて喝采する。
RPGは魔法展開時の組成式発光量が派手なまでに目立ちやすく、
発射後は即時移動しなければならないのがセオリーだが、
駐屯地のバリケードの向こうからは何発打ち込んでも反撃が来る気配がない。
日本軍は恐れをなしている、そう思い込んだ武装勢力は次々と
魔法士の作り出すRPGをバリケードに向けて発射した。

と、砂漠の闇の中、バリケードの方から地面の上を小さい火花が走ってくる。
武装集団の中の一人がそれに気付いたが、コーランを声高に叫びながら
槍を天に突き上げる周りの人間たちの多くは気にも留めていなかった。
次の瞬間、上空のFFOSは体の下のほうに取り付けられた単眼で
集団の包囲の一角が爆炎とともになぎ倒されるのを観測した。

地上でデータを受け取った幹部自衛官はニヤリ、と笑うように口元をゆがめて
FFOSの地上端末に繋がっている人工神経コードを首の後ろから引っこ抜いた。


822 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 23:24:45 ID:???
爆発したのは設置型の対人障害…米軍で言うところのクレイモア地雷だ。
導火線で爆破するこの黒色火薬兵器は内部に火薬の他に大量の
鉄片を混入させており、扇状に広範囲の人間を殺傷する。
魔法と違って作動の際に組成式の発光を伴わない火薬兵器は
比較的察知されにくく、トラップとしてはかなり便利な道具である。
しかし、威力と精度では魔法にまだ及ばないので、火薬兵器は
戦争の主力兵器となるにはまだかなり発展・改良の余地があった。

神経コードを抜いた自衛官の視界は、先ほどまで共有していたFFOS
の上空からの映像から駐屯地内の指揮所内へと戻される。

「英軍・蘭軍の応援要請は?」

「現在、両軍ともに武装勢力の攻撃を受けており、こちらへの応援は
送れないとのことです。 逆に救援に来て欲しいと」

念話通信士の報告を受けて彼は軽く失望の舌打ちをする。
着込んだ迷彩模様の金属甲冑がやけに重く感じた。
現在駐屯地内に居るのは600名の陸上自衛隊員、半数以上が
後方支援のための施設科中心の復興支援編成部隊である。
装甲竜・馬、そして魔法士は自衛のために必要な最低限の数しか居ない。


823 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 23:26:25 ID:???
FFOSの撮影データでは包囲する武装集団は約200名前後、武装も
中東では多く出回っている歩兵槍AK47と判断されたが、RPGや迫撃雷砲を
使える魔法士も多数存在する模様。
3重の柵とバリケード、加えて堀に守られているとはいえども、これを防ぎきるのは容易ではない。
そして、頼みの綱の外国軍は同様に武装勢力の襲撃を受けており、
通信では向こうのほうはさらに大規模な攻勢で苦戦しているようだった。

また1発、RPGがバリケードを粉砕する音が聞こえてくる。
走行化されクロスボウを装着した荷台を牽引する96式騎竜や
金属板の甲冑を纏った軽装甲機動馬が不安そうにいななく声も。

どうするべきか。 逡巡するが答えは出ない…



(続く)

いい訳みたいだけど現実の自衛隊が無事帰還できることを祈ってます。

824 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 23:38:50 ID:???
乙。
しかしなにも成形炸薬弾を無理に出さなくてもいい希ガス。
日本軍なんて、大戦中ドイツから技術供与されて、やっと作れた代物だし。

825 :名無し三等兵:2006/02/24(金) 23:56:39 ID:???

ここに現実自衛隊が召喚されるわけですな

826 :名無し三等兵:2006/02/25(土) 00:03:49 ID:???
>>825
それは、すごく見てみたい

827 :名無し三等兵:2006/02/25(土) 00:06:42 ID:???
F「君らも専守防衛か」
現「お互い大変ですなあ」

828 :名無し三等兵:2006/02/25(土) 00:33:34 ID:???
>>805
後つけ設定で収拾がつかなくなるから止めとけ。

829 :名無し三等兵:2006/02/25(土) 01:37:11 ID:???
「召喚された日本から影響を受けるF世界の日常」
とかは分家に投下するべきかな。
自衛隊は伝聞形式で少ししか登場しない。

830 :名無し三等兵:2006/02/25(土) 02:22:29 ID:???
おまいがSS書くの?

831 :名無し三等兵:2006/02/25(土) 19:16:02 ID:???
ま た ゴ ー レ ム か

Gウザス!

832 :名無し三等兵:2006/02/25(土) 19:20:04 ID:???
材質や燃料の設定無しにゴーレム万能論な運用されても、考察に困る

833 :名無し三等兵:2006/02/25(土) 20:12:32 ID:???
>>832
自衛隊絶対無敵な考察なんぞ要らん

834 :名無し三等兵:2006/02/25(土) 20:26:43 ID:???
現実の軍備は、科学理論と工学技術との営々たる積み重ねと、軍事理論という経験の集積体で成り立ってるからな。

そりゃ魔法とかとは食い合わせが悪いわ。

835 :名無し三等兵:2006/02/25(土) 20:48:57 ID:???
アニメや漫画作品で軍隊が超大馬鹿に描写されてるのは、(軍人ではない)主人公を引き立たせる、という要素のほかに
「ぶっちゃけそうしないと話が進行しない」
という切実な要素もあると思う。強すぎて。
>>834の言うように、軍隊は人類が延々と殴り合って積み重ねたものの結晶だからな。
現代最高の力を保有する軍隊をまともに描写し、なおかつワンサイドゲームにしないためには、F世界の連中が使用する装備はある程度現実離れした力を持
ってないといけないと思う。
無論自衛隊にも制約があるように、F世界にも制約はないといけないが。

836 :名無し三等兵:2006/02/25(土) 20:55:49 ID:???
しかしそれは矛盾やらご都合主義があまりに鼻につきすぎるという諸刃の刃。
アニメヲタにはともかく軍ヲタにはお勧めできない。

まぁ、そもそも全面戦争にする必要はないんだよな。
ぶっちゃけマクガイバーみたいに、勇気と科学知識による日曜工作で、敵の軍勢を撃退する自衛官とか。
ファンタジー世界のテルモピレーを守る小部隊とか。

837 :名無し三等兵:2006/02/25(土) 21:01:02 ID:???
そこでファンタジー版特攻野郎Aチームですよ。

838 :名無し三等兵:2006/02/25(土) 21:09:20 ID:???
既製作品のパロディだと「一発ギャグ面白」と笑われて終わりでは?
分家のマモレンジャースレの感想の少なさを見ても
考察を楽しめない作品はレスがつかないで失速すると思われ

839 :名無し三等兵:2006/02/25(土) 21:12:23 ID:???
既存作品からヒントを得るのと単なるパロディに終始するのは全くことなると思うが。

840 :名無し三等兵:2006/02/25(土) 21:12:37 ID:???
感想が「おもしれーw」ですむようなのは考察とか関係なく飽きるまで続くってだけだと思う。
単純さが面白い要素なのだし。

841 :名無し三等兵:2006/02/25(土) 21:25:47 ID:???
平和憲法で鳴らした俺たち自衛隊は、濡れ衣を着せられ朝日新聞に叩かれたが、駐屯地を脱出し新天地に潜った。
しかし、地下でくすぶってるような俺たちじゃあない。
筋さえ通りゃ金次第でなんでもやってのける命知らず、
不可能を可能にし、巨大な悪を粉砕する、
俺たち自衛隊Jチーム!

俺は、リーダーの統幕議長斉藤三弥。通称超苦労人。対ソ連と特殊部隊の名人。
俺のような天才策略家でなければ、戦闘処女のヒヨッコどものリーダーは務まらん。

俺達は陸上自衛隊。通称バッタ。自慢の迷彩に、女はみんなドンビキさ。ハッタリかまして、薬莢からキュウマルまで、
何でもそろえてみせるぜ。

海上自衛隊、通称海の人。帝国海軍の後継だ。ルーズヴェルトでもぶんなぐってみせらあ。でも、神風だけは勘弁な!

よぉ、お待ちどう!俺様達こそ航空自衛隊。通称ハンバーガー野郎。パイロットとしての腕は天下一品!ルメイ?F-2?
だから何。

俺たちは、正論の通らぬアカどもに敢えて挑戦する、
頼りになる神出鬼没の
自衛隊Jチーム!

 助けを借りたい時は、いつでも言ってくれ!

842 :名無し三等兵:2006/02/25(土) 21:27:21 ID:???
なぜか陸自が緑装薬、海自が海の人、空自がTFR御大で構成されたJチームを想像してしまった。

843 :名無し三等兵 :2006/02/26(日) 00:23:45 ID:???
紅一点として蟹さまを加えてみよう

844 :名無し三等兵:2006/02/26(日) 15:17:22 ID:???
蟹様の攻撃は人類を26回消滅させれる威力。

845 :名無し三等兵:2006/02/26(日) 15:19:08 ID:???
じゃあ緑の代わりに蟹様だな。着上陸にも造詣が深く、「陸自はもっと増やしなさい!」論者だし。

846 :名無し三等兵:2006/02/26(日) 19:00:42 ID:???
陸自は蟹様にするとして、軍事とファンタジー、共存させるにはかなり微妙なさじ加減が必要だよな。実際。
軍事は具体的だ。実際存在しているからな。
しかしファンタジーは、書き手の設定次第だ。いかに作者が暴走を抑制できるかがカギだな。


847 :名無し三等兵:2006/02/26(日) 21:10:27 ID:???
おいおまいら、今日は2・26ですよ。
クーデターですよ。自衛隊も平成維新とかしねぇかなあ。

848 :名無し三等兵:2006/02/26(日) 23:45:48 ID:???
PCのFOMAカード壊れて更新出来ない・・・
まあ携帯でスレは確認出来るから別にこまらないですが
暇なので着上陸スレの過去ログ読んでたら面白そうなネタを思い付く
魔術ゲリコマと戦う自衛隊と言うネタ
847氏
まずはカレーを準備しましょう
空腹にイラだった自衛隊への扇動は三島ですら失敗しました
彼の敗因は昼食前、しかもカレーの日に決起したことです
カレー食って満腹ならおとなしいので話だけは聞いてくれると思います

849 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 05:40:24 ID:???
SS作家としての小官にリクエスト

F側と自衛隊の猟兵同士の戦闘を求む

F側はエルフ女で大弓装備
自衛隊側は男で64式装備

エロ描写はあまり無いほうが望ましい

850 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 07:17:36 ID:???
>>849
自演乙。うざいから二度と出てくるな。

851 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 07:35:29 ID:???
G乙 >>850

852 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 17:06:05 ID:???
おいおいお前ら……
やっと落ち着いて来たんだから争いの種をつくるなって

853 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 21:30:31 ID:???
自衛隊に猟兵っていたっけ?
降下猟兵とか戦車猟兵とかならきいたことあるけど。

854 :名無し三等兵:2006/02/28(火) 13:09:26 ID:???
ゴーレムやトレントは脅威だよね
他は

855 :名無し三等兵:2006/02/28(火) 21:04:55 ID:???
ゾンビとかフランケンシュタインとか

856 :名無し三等兵 :2006/02/28(火) 22:30:50 ID:???
携帯火器で撃っても死なない、あるいは弾が突き抜ける系の相手は
たしかにイヤだねえ

857 :名無し三等兵:2006/02/28(火) 23:40:38 ID:???
・パターン1
「うてー!」
パパパパパ!
「な、何だって!?効かないぞ!」
・パターン2
「うてー!」
パパパパパ!
「う、うわ、速すぎる、照準できん!」

ラノベキャラで強い奴って、大体こんなんだよな。

858 :名無し三等兵:2006/02/28(火) 23:46:47 ID:???
パターン1+2

パパパパパパパ!
「ちくしょう、早すぎて当たってるんだかいないんだかも判りゃしねー…」
「いや、多少は当たってるみたいだけど効いてないようだな」

859 :名無し三等兵:2006/03/01(水) 00:56:47 ID:???
>>856
そう云う敵は術者を殺すんだ

860 :名無し三等兵:2006/03/01(水) 00:56:54 ID:???
そして、多対一より一対一で勝負したほうが効率よく相手にダメージを与えられると。

861 :名無し三等兵 :2006/03/01(水) 02:05:57 ID:???
射撃時にダイスを振って一定の値が出た時のみ相手にダメージが・・
土地によって数値は異なる。

かくて、隊員とクリーチャーが交互にダイスを振りつつ交戦する
のどかな昼下がり・・

たいがいはお互いバカバカしくなってドロー

862 :名無し三等兵:2006/03/01(水) 06:40:32 ID:???
>>857
つ[重機を並べて撃ちまくり]
下手な鉄砲でもそのうちあたります。


863 :名無し三等兵:2006/03/01(水) 10:25:32 ID:???
>>857
そして究極のパターン3
「うてー!」
パパパパパパパ!
「よし!仕留めた・・・ってあれ?」
「ふ 、復 活 し て や が る !!」
(反撃で自衛隊アボン)

最大の脅威は「弾が当たっても再生する」、これよ。
「なるたる」の自衛隊がこれにあたる。(チェーンガンで細切れにされても、ヘルファイアでふっ飛ばしても再生するアレって・・・)
まあ実際は、カール君一丁あれば大体アボンできるのだが・・・

864 :名無し三等兵:2006/03/01(水) 13:05:48 ID:???
つ[火炎放射器]
汚物は消毒だー!!

865 :名無し三等兵:2006/03/01(水) 22:04:04 ID:???
つ[87AW]

866 :名無し三等兵:2006/03/01(水) 22:33:39 ID:???
つ[燃料気化爆弾]
核に次ぐ強さ!!!!
しかも放射線無しで近辺のモンスターに影響なし!!!!

867 :名無し三等兵:2006/03/01(水) 22:37:00 ID:???
>>866
つ[little boy]
素直になれよ。

868 :名無し三等兵:2006/03/01(水) 22:50:08 ID:???
>>867
つ[非核三原則]
法の範囲内なら燃料気化爆弾の方が現実的

869 :銀輪 ◆2LyZBX0jcM :2006/03/01(水) 23:18:25 ID:???
>>866

「何ということでしょう、自衛隊はついに『貧者の核兵器』まで用いるようになってしまったのです・・・」

圧倒的な爆圧によって切り開かれた森を背に、リポーターは鬼気迫る表情でマイクを握る。
少しカメラをずらせば、累々と重なる異民族の死体、その山、山、山。
僅かに蠢く迷彩服の男達は幽鬼のように、淡々と死体を片付けていく。彼らの仕事はそれだけである。

「鬼ぃ!!悪魔ぁ!!」
「自衛隊はんたーい!!」

どうやってこの最果てまで来たのだろうか。彼らはのぼりを掲げ、シュプヒレコールをあげる。
男達は死体を片付ける手を止め、幾多の死を見つめてきた空ろな瞳で、ただそれを見ていた。
彼らの仲間もまた、この今はただ物言わぬ屍となった異民族たちに殺された。その事を、声を張り上げる彼らは知っているのだろうか。

「あんたらとは違うんだよ、もう、俺達は・・・」

ぼそりと、誰かが言った。



・・・そういえば、燃料気化爆弾って、EMP効果もありましたね。F世界じゃあまり役にたたなそうですが。

870 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 01:32:21 ID:???
そういえば過去スレにB-2核攻撃SSがあったな。

871 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 04:39:38 ID:???
>>866
なにその荒巻並フィーリング

872 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 05:10:49 ID:???
そこで燃料気化三式弾ですよ。

873 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 13:49:38 ID:???
砲がねーよw

874 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 14:20:57 ID:???
雲霞と群がるグラマン戦闘機を一撃のうちに灰燼と帰せしめる帝國の切り札。
その威力は異世界に転移しても変わることはない。
って旭日艦隊とかがF世界に召喚されたら最強じゃねwwwww

875 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 15:54:51 ID:???
>>869
そこで大義名分が必要なんですよ。

例えば、
F世界側の戦闘員が無抵抗のこちらの民間人を殺したっていう事件を意図的に起こせば、
世論は自衛隊がどんな風に向こうの人間を殺してもあまりその事に触れなくなる。
つまり、こちらの民間人をこちらの手で暗殺して、F世界側の仕業と濡衣を着せればOKなんですよ。

876 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 15:59:11 ID:???
非核三原則は法じゃネーヨ、と。
問題は九条なわけですが、日本がF世界と戦争すると言うことは向こうに攻め込んでいる
状況がまず可能性として一番高いわけで。そうなると憲法九条は改正、もしくは超法規的に
停止しているはずなので、核を使わない理由はあまりないわけであります。
資源や農地が欲しいのに核を使ってどうすんねんという話もあるけど。
土地の放射能汚染を気にせず使える状況と言えば・・・やはり敵国の首都への核攻撃でしょうか。
敵国が雑魚である場合、あるいは首都も後々拠点として利用したい場合は通常兵器のみで戦う
ことになるかもしれないですが、敵国の軍事力がそれなりで、戦争をするコストが高くつきそうな
場合はNBC兵器の使用も視野に入ってくるのではないかと。

877 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 16:50:04 ID:???
>>876
>そうなると憲法九条は改正、もしくは超法規的に
>停止しているはずなので、

おめでたい人だ。

878 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 17:20:12 ID:???
>>376
敵国を丸ごと占領するのはそれなりにコストとリスクがかかるわけで……。
しかも、
核を使う=民間人をも含む大量虐殺
になる。
そこまで来ると、世論が黙らない。もちろん燃料気化爆弾だって例外じゃない。

879 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 17:21:49 ID:???
すまん……

× >>376
○ >>876

880 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 18:20:29 ID:???
F世界だと核攻撃した都市の住人が放射能で巨大モンスター化する虞があるから。

881 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 18:32:36 ID:???
>>878
現代の国際政治では、戦争による不利益をトータルで見ると、必ず損であるという意見が支配的
だと言うのは日本人にとっては常識だと思う。中国人やアメリカ人に言わせるとまた違う意見が
ありそうだけども。
しかしそれはあくまで現在の地球での話で、ファンタジー世界では常識とは限らない。
俺は、日本が生存に必要な農地、資源地帯を確保、支配することは日本にとってプラスだと思う。
しかもぎりぎりプラスではなくて、圧倒的なプラス。リスクを取らずに国を豊かにすることは
出来ないしね。
それと、民間人の大量虐殺についてだけど、現在の日本を見ていると核を使って異民族を
殺戮するのは躊躇するのではないかとは俺も思う。ただし、我々の次の世代はどうなるか分からない。
自分が強者である場合、国家はその力を使うことを躊躇わないと俺は思っている。

882 :881:2006/03/02(木) 18:33:40 ID:???
×戦争による不利益
○戦争による利益、不利益

訂正。

883 :878:2006/03/02(木) 19:30:07 ID:???
>>881
確かにそれも言えるとは思うが、
例えば全体を占領じゃなく欲しい土地を割譲という形で現地政府と条約を結んだ方が、遥かにリスクは少ないと思う。
まず占領又は併合した場合、日本は法治国家として新たに拡大した領土の治安を保障しなければならない。
インフラも整備されてない、未開の土地がある国を丸ごと手に入れるよりも、
欲しい土地を手に入れる方が良いと思う。

という事を言いたかったのだけど、
完全に俺の説明不足でした……

884 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 19:44:51 ID:???
>>881
日本の政治がそんな身軽だったら、現実世界でももっとうまくやってるってばw

>自分が強者である場合、国家はその力を使うことを躊躇わないと俺は思っている。
そもそも「国家」って誰よ?

885 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 20:09:00 ID:???
>>884
一般的な「国家」。

国家(こっか、英:state、独:Staat、仏:état、伊:stato)とは、一定の土地または領域と人民とに排他的な統治権を有する集団もしくは共同体のこと。
by wiki

力の論理、利己的な観点のみで国家の行動を語ることは出来ないと思ってはいるが、理念や理想だけで語ることもまた出来ないとも思う。
F世界に放り出された日本は、例えて言うと、肉を目の前に並べられた餓死寸前の虎、というところか。
そういう国が理想の実現を第一に考えて行動すると思うならそれは明確に誤りだ、と思う。俺は日本の平和主義なんて
信用していない。またそうであるべきとも思わない。

886 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 20:20:46 ID:???
>>885
だがマスコミがな……

887 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 20:26:26 ID:???
>>885
「誰」と聞いている。国家は人格をもたないし判断もしない。
強者であることを自覚もしないし、ためらうこともない。

ためらうのは人間。国家指導陣。

>俺は日本の平和主義なんて信用していない。またそうであるべきとも思わない。
ファンタジー世界での日本の世界征服wを妨げるものが「理想」や「平和主義」だと思っているあたりおめでたすぎる。
「優柔不断」が日本を殺すに違いないよ。

888 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 20:40:11 ID:???
>>887
明確な「誰か」などいない。国家は人間の集団、あるいは自然環境をも含んだ総体だから。
国家指導者が力の行使、この場合は核攻撃、をためらうなら、それは何故ためらうの?
民間人の大量虐殺は人道に反するから?
核を使うかどうかは状況によりけりだけれども、恐らく選択肢には入れ続けると思われる。
そして機会があれば実際に使う。核兵器は、双方が核兵器を保持している場合にのみ
禁断の兵器と化す。一方的に使用できるならば最後の最後まで使えない兵器ではなくなる。

国家の衰退には様々な理由があるし、永遠に繁栄が続く国家などないのは当然だが、
判断力の欠落が日本の凋落を招くかと言われると・・・・・・十分にあり得るかもしれない。
日本の政治を見ていると。ショック療法を与えれば多少は目が覚めるのではと思いたいが・・・。

889 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 21:01:00 ID:???
>>888
てめえみたいな糞蟲が左翼とともに亡国に導くんだろうな

890 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 21:01:54 ID:???
法が人を裁くのではなく、人が法を捌くのだよ。

891 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 21:02:58 ID:???
自衛隊員が死んだら非難轟々。
損害を抑えるために全力投球すると虐殺認定。
しかし手に入れにゃならぬ御国の生命線。
ここは一つ、強力な火砲と重機の支援による現代流浸透突破戦術で(略

892 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 21:10:57 ID:???
>>889
言い杉やめれ

>>888
現実的に日本は核を持ってないから、
貴方がその主張をするとしたら『核保有国がファンタジー世界に召喚されました』の場合だと思うよ。

>>891
その為の報道統制

893 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 21:15:42 ID:???
FAEって、すぐ作れたっけ?
ナパームなら手軽に出来るし、F世界でかなり厄介な部類に入る天然の要害を排除できるし。
高威力の兵器解禁第一弾は、ナパームなんじゃね?

894 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 21:23:02 ID:???
確か話の始まりは、
『動きが早すぎて、ダメージを喰らわせてもすぐ回復するモンスターへの対処武器』だった希ガス

895 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 21:26:39 ID:???
>>888
>>>887
>国家指導者が力の行使、この場合は核攻撃、をためらうなら、それは何故ためらうの?
>民間人の大量虐殺は人道に反するから?

人道だの何だのが理由になると思っているのか?本気で?
おめでたいレベルでなくて本格的にバカだな。

自分が後で責任を取るのがいやだから。
これより大きな理由はないぞ。

896 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 21:31:43 ID:???
>>895
正論だ……。
いやしかし、誰が最初に大量破壊兵器を都市または人に向けると言った?
始まりは対モンスターについてだろ?

897 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 21:35:15 ID:???
ぷっ!
食肉目的で畜生殺すのにも反対するアホがいるってのに
モンスターが殺されてそいつらが黙ってるはずないだろ!
うぷぷぷ

898 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 21:38:57 ID:???
>>897
え?
見るからに無機物っぽいゴーレムや奇怪な形のモンスター、野生の狂暴なモンスターでも?

899 :Call50 ◆D6llXYFFyA :2006/03/02(木) 21:40:33 ID:???
>>870
ごめん。それ私が書いた奴。
レギュレーション違反に気がついたのは投稿直後でした。

900 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 21:42:25 ID:???
いつの間にか900突破じゃね?

901 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 21:43:19 ID:???
熊や猪も人を襲いますよ。
凶暴化した猪の群れに発砲した人がテレビで放映されて愛護団体からすごい非難されてましたよ。

902 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 21:58:11 ID:???
>>894
それだったらやっぱ
つ[燃料気化爆弾]
もし民団の抗議が怖いのなら
つ[87AW水平射撃]
レーダー連動だし、俊足にも対応可能。
>>901
そういう連中こそ駆除しちまえ。

「そいつをすぐに逮捕しろ 役人は戦争を理解しとらんのか」

903 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 22:12:46 ID:???
化学物質に漬けてみるのはどうだろう。硫酸のタンクに入れて始終再生しては
溶かされの繰り返しとか。

904 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 22:17:41 ID:???
中和されるのが先か溶かしつくされるのが先か・・・・

905 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 22:20:50 ID:???
>>901
そういう動物達の住みかを人間が荒らしたから、愛護団体が騒ぐんだよ。
逆に街道を我が物顔で歩き、旅人を殺したりするモンスターは、滅して当然って感じになるだろ。
まぁムツゴロウがモンスターに殺されれば誰も文句を言わないだろ。

906 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 22:29:31 ID:???
>>904
供給装置をくっつけて常に硫酸が圧倒的になるようにすればいいんじゃね?

907 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 23:04:13 ID:???
>>875
わざわざ自分で手を下さなくてもいいのでは?その辺は山賊さんがたにお任せということで。

908 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 23:40:01 ID:???
>>893空自って焼夷弾持って無かったけ?

909 :名無し三等兵:2006/03/03(金) 15:02:33 ID:???

つ『衣食足りて礼節を知る』
(まあ、国内のキティとの葛藤をえがくのもSSの醍醐味なのでしょうが)


この程度の法則も知らないであおってるわりには
自分の意見も録に表現できていない頭の不自由な方は
申し訳ありませんが、消えていただけませんでしょうか?


910 :名無し三等兵:2006/03/03(金) 16:21:46 ID:???
録、じゃなくて碌だな
論理よりも基礎だな
教養ってのは大事だな
無いと阿呆に見えるw

911 :名無し三等兵:2006/03/03(金) 17:33:57 ID:???
糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞
糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞
糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞
糞糞糞糞糞糞▽糞糞糞糞糞糞糞糞▽▽▽糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞
糞糞糞糞糞糞■■▽糞糞糞糞糞糞▽■▽糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞
糞糞糞糞糞▽■■糞糞糞糞糞糞糞■■▽糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞
糞糞糞糞▽■■▽糞糞糞糞糞糞▽■■▽▽▽▽■■▽糞糞糞糞
糞糞糞糞■■■糞糞▽▽糞糞糞▽■■■■■■■■■▽糞糞糞
糞糞▽▽■■▽糞▽■■▽糞▽■■▽▽▽▽▽■■■糞糞糞糞
糞▽■■■■▽▽■■▽糞糞▽■■■糞糞糞糞糞▽■■▽糞糞
糞▽■■■■▽▽■▽糞糞▽■■▽■▽糞▽■■■糞糞糞糞糞
糞糞▽■■■■■■▽糞▽■■▽▽■■▽■■■▽糞糞糞糞糞
糞糞糞▽■■■■▽▽糞▽■▽糞糞▽■■■■▽糞糞糞糞糞糞
糞糞糞糞▽■■▽▽■▽糞▽糞糞糞糞▽■■■糞糞糞糞糞糞糞
糞糞糞糞▽■■糞糞■■▽糞糞糞糞糞▽■■▽▽糞糞糞糞糞糞
糞▽▽▽■■■■■■■■▽糞▽▽■■■■■▽糞糞糞糞糞糞
糞■■■■■■■■▽■■▽▽■■■■▽■■■■■■▽▽糞
糞■■▽▽▽■■糞糞▽▽■■■■▽▽糞糞▽■■■■■▽糞
糞▽▽▽糞糞■■糞▽▽▽■■■▽▽■▽▽▽▽■■■■▽糞
糞糞■■■▽■■■■■▽■■▽糞▽■■■■▽▽▽▽▽糞糞
糞糞■■■▽■■▽■■▽▽▽糞糞▽■■■■■■▽糞糞糞糞
糞糞■■■▽■■糞▽■■糞糞糞糞糞▽▽■■■■▽糞糞糞糞
糞▽■■■糞■■糞▽■■▽糞糞▽糞糞糞▽■■▽糞糞糞糞糞
糞▽■■■糞■■糞糞■■▽糞▽■■▽▽▽糞糞糞糞糞糞糞糞
糞▽■■▽糞■■糞糞■■▽糞▽■■■■■▽▽糞糞糞糞糞糞
糞▽■■▽糞■■糞糞▽▽糞糞▽■■■■■■■■▽▽糞糞糞
糞▽■■▽糞■■糞糞糞糞糞糞糞▽▽■■■■■■■▽糞糞糞
糞糞糞糞糞糞■■糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞▽■■■■■▽糞糞糞
糞糞糞糞糞糞■■糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞▽▽▽▽糞糞糞糞糞
糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞
糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞
糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞

912 :名無し三等兵:2006/03/03(金) 21:53:31 ID:???

はいはい、同レベ同レベ。
必死すぎてわるいけど、君たちウザイからよそでやってくれね?


913 :名無し三等兵:2006/03/04(土) 01:24:14 ID:???
どうしてこのスレは消費速度が急上昇したり急停止したりするんだwww

914 :名無し三等兵:2006/03/04(土) 06:58:45 ID:???
急上昇の時は大抵罵り合いだがナー

915 :名無し三等兵:2006/03/04(土) 07:40:57 ID:???
>>913
二人組がいないときはこんなものです。

916 :名無し三等兵:2006/03/04(土) 07:44:34 ID:???
やはりF世界向きなのは物部神道なのだろうか?それとも死霊術系に強そうな中臣神道なのだろうか

917 :名無し三等兵:2006/03/04(土) 09:35:07 ID:???
全ての物には神または精霊が宿っており、
それを操ることに長けているのがF世界の魔術師だと俺は思うのだが。

918 :名無し三等兵:2006/03/04(土) 17:33:23 ID:???
まるっきり神道ですな。

919 :てさ ◆V2ypPq9SqY :2006/03/04(土) 22:13:44 ID:???
 降り注ぐ鋼の雨が辺りを穿ち、大地を掘り返しつくした戦場で
 その再生能力ゆえにただ一人生き残った吸血鬼が叫んでいた

「認めぬ!認めぬぞ!!
 こんな結末は余は認めんぞ!!!!」

 古の昔よりその地方には吸血鬼達が住む
 吸血鬼達は鉱物の宝庫である山麓に潜み近寄るものをことごとく切り払い退け
 グール達の軍隊で諸王国の軍団の攻撃すら幾度となく撃退したその場所は
 まさに不死者の楽園とも言うべきその場所だった―――ほんの、1時間前までは
 妙な服装で吸血鬼の聖地を侵した人間達をいつもの様に始末してから一週間後の事
 報復にやって来た緑の軍団は問答無用で迎撃に出た吸血鬼の軍勢に死をばら撒いた
 MLRS二個特科中隊による一斉射撃
 15榴装備の二個特科大隊の全力射撃すら軽く凌駕するその破壊力を前に
 たやすくグールや怪物たちは『グールや怪物』だったモノに成り果て
 吸血鬼すらその屍を大地にさらした
 だがこの最初の攻撃で死に絶えられたものは幸せと呼べただろう 
 50tの鋼鉄の化け物を主力とする鋼の騎兵に蹂躙されなくてすんだのだから
 

「やかましいぞ化け物。貴様らの負けだ。とっととオッ死ね」 

 無慈悲な報復者の構える重機関銃が咆哮し
 無数の鉛玉が吸血鬼に降り注ぎその身を蜂の巣にしていく
 だが吸血鬼はこの程度のものでは死にはしない
 その証左に、神話にすら歌われるほどの再生力を持つ彼らは
 数多の英雄の必殺の攻撃を受けてなお生存し逆に挑戦者達を屠って来ている
 それでもなお―――この吸血鬼の無敵の体をもってしても
 ―――無慈悲に弾をばら撒く目の前の男『達』のほうが強い 

920 :てさ ◆V2ypPq9SqY :2006/03/04(土) 22:14:43 ID:???
 頭が弾け腕が千切れ胸を抉られ足が意味を成さなくなっても攻撃は病まない
 再生が追い付かない。再生した片端から吹き飛ばされていく 
 一撃で死なぬなら百撃を加え
 100の弾丸で殺せぬのなら1000の銃弾を叩き込む

 無間地獄を思わせるその攻撃を前に、吸血鬼ごときが生き残れるはずも無い
 故に―――最後の吸血鬼がその銃撃に最後まで耐え切った事は本当に奇跡だった

「ち・・・弾切れか。運がよかったな吸血鬼」
「・・・なぜだ。なぜ500年以上も戦場で暮らし学び生き抜いてきた余が
 たかが100年も生きられぬ人間ごときに負けるというのだ!!」

 急激に衰えた再生能力の限りを尽くし辛うじて声帯を蘇らせた吸血鬼の慟哭が響く
 
「あぁ? たかが500年しか戦場を知らないアマチュアの分際で戦場を知った積もりか?
 人間様をなめるなよ吸血鬼
 『俺達(人間)』は4000年以上前から戦場で戦い生き残ってきた『戦争屋』だ
 正面から突撃するしか脳の無い体力馬鹿共ごときに負けるわけがあるか
 俺達に勝ちたけりゃ最低後3000年は修行を積んで出直して来い」
「下等種の分際で何をほざくか!!!」
「ならその下等種様の力を教育してやる
 三曹。前進だ。奴を踏み潰してその上で踊れ」
「よ、よせ!やめろぉーーーーーーーーーー!!!」
 
 最後の吸血鬼がこの世を去るまでにかかった時間は約5分ほど後の事
 それをもって50トンの鋼の騎兵が超信地旋回という名の踊りをやめた

 不死者達の楽園はこの世から姿を消した

921 :てさ ◆V2ypPq9SqY :2006/03/04(土) 22:15:51 ID:???
 スレの流れに出遅れながら現実世界軍マンセーで書き込んでみる
 もはや自衛隊では無い等の突っ込みは聞こえませんのであしからず

 >>857から>>863の流れで出てくる奴は現実問題として大半は全然怖く無い
 弾がスパスパ通りぬけるような奴なら84なり手榴弾で粉砕すれば終わりだし
 再生する奴は再生できなくなるまで粉々に繰り返し粉砕すれば良いだけだからなぁ・・
 当たらない奴には命中を期待出来るだけの火力を叩き込めば済むし・・・

 個人としてなら脅威でも少なくとも『自衛隊』という組織の適では無い罠
(バヨネット神父は何とか処理できるだろうがアーカード見たいなのは勘弁な)
 などと、某銃を語るスレと同じノリで書き込みしてみる

 怖いのは『最後の大隊』見たいな化け物が完全に組織化され
 近代武装で攻め込んでくるのが一番怖い。あとコスモスみたいな連中
 しかしこれをやってしまうと剣と魔法 ではなく
 銃と魔法の世界になってしまうという諸刃の剣


922 :名無し三等兵:2006/03/04(土) 22:25:31 ID:???
物資的攻撃が効かない相手だとやばいけどね精神生命体とか

923 :名無し三等兵:2006/03/04(土) 23:55:44 ID:???
物質的ね

924 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 00:02:33 ID:???
誹謗中傷攻撃が効いたりして

925 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 00:04:41 ID:???
じゃああえて物資的攻撃が聞かない相手を考えてみようか。

一万のF世界歩兵を軽くあしらう魔王とか

926 :名無し三等兵 :2006/03/05(日) 00:13:10 ID:???
指輪を手に入れてしまった冥王サウロンみたいなもんか

927 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 00:21:14 ID:???
ロンされると消滅します

928 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 09:29:44 ID:???
F世界は、2億年前に今の地球の歴史から分離したパラレル世界だった……と想像している俺。
なんかアニメの鋼の錬金術師みたいな発想だなorz

ただ、ハガレンみたいな世界は色々とつじつまが合いやすそうなんだよね。

929 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 10:40:47 ID:???
>>928
一見現代風だが微妙に違う世界か。
「三つ目がとおる」の三つ目族の魔術社会みたいだったあれだが

930 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 13:59:54 ID:???
>>603
ばーか

931 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 14:07:59 ID:???
>>930
あっ!ブルージャスティスだ!

932 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 14:42:07 ID:???
>>930

>>603じゃなくて>>903の間違い

933 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 18:58:42 ID:???
自衛隊に化学部隊があるって硫酸じゃ化学違いですよ

934 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 19:20:59 ID:???
富江みたいなのか?

935 :新条3曹の冒険 ◆V2ypPq9SqY :2006/03/05(日) 21:06:16 ID:???
>>546の続きいきます


「はぁ、はぁ、はぁ・・・・・・誰か、助けて!」
 
 地竜に追われ息も絶え絶えになるほどの速度で走りながら彼女――シャムは助けを求めた  
 先ほどまで同行していた案内の狩人は既に逃げ去っており
 ここから先はシャム一人で快足を誇る竜から逃げ延びなければならなかった
 だが入り組んだ林の中とは言え、
 神殿暮らしの長いシャムの脚力では野生動物の王である竜種から逃れるわけは無い
 飛び掛ってきた竜の鋭い爪による一撃を辛うじて紙一重で交わし
 なんとか逃げ出そうとしたところを木の根に足を取られ無様に地面に倒れ付す

「あぅ!」

 とっさに起き上がろうとした所を鋭い竜の尾が薙ぎ払い彼女を岩肌に叩き付ける
 その強烈な衝撃に呼吸もままならない。
 悲鳴を奏でるはずの喉笛は最早掠れた風音しか響かせなかった

(ああ・・・・・・私こんな所で死ぬんだ
 あんな我侭な王様の命令なんかのためにこんな所で・・・・・・)

 香竜の森にこの我を打倒し得る戦士が現れたという神官長の予言があった
 面白くも糞も無い老いぼれの戯言ではあるがこのような話を捨てては置けん
 神官シャム・ハート。貴様はその真偽を確かめよ
 もしそのような者が居れば、あらゆる手を尽くし我の前に引きずって来るのだ
 一月探して現れなければ戻ってくるがよい
 我を謀ろうとした老いぼれの死を特等席でその目に刻ませてやろう

936 :新条3曹の冒険 ◆V2ypPq9SqY :2006/03/05(日) 21:06:56 ID:???
 王はそう言って彼女を神殿から追い出した
 断るという選択肢は初めから彼女には与えられていない
 少しでも反論や拒否でもしようものならシャムの頭と体は永遠の別れを告げる事になっただろう
 反撃に出たところで竜の群すら単独で屠る最強の王に新任神官如きがかなうわけも無い
 シャムは生きるために竜の住む死の森へ足を踏み入れ
 そして当たり前のように死に直面していた

 竜は嬲る様にゆっくりと近づいてくる
(神様・・・・・お願いです・・・・・私はこんな所で死にたくない)
 竜は止まらない。それどころか神などこの世に居るものかとばかりに
 大地を揺るがさんばかりの勝利の咆哮を天に向かって吠え立てシャムを睨み付ける
 シャムはついで襲い来るであろう鋭い牙による痛みを想像しその身を固めた
 だが、やって来たのは竜のその鋭い牙のよる痛みではなく
 軽快な軍楽隊の小太鼓のような連続する破裂音
 
 恐る恐る耳をピンと緊張させたまま目を開けたシャムの視界に飛び込んできたのは
 体中血まみれになった竜の頭が弾け飛ぶその瞬間と
 竜の頭を弾き飛ばした火を吐く奇妙な鉄の槍を構えた兵士らしき姿だった
 森の中に溶け込むような衣服を身に纏ったその人影に思わずシャムは尋ねた

「・・・・貴方は誰?」
 緑の兵士は答えない。唯し敵では無いと判断したのか奇妙な槍を下ろす
「もしかして・・・・・・貴方は森の神様?」

 竜すら屠り、自然と同化するような存在
 彼女のその問いに明確な理由など無い
 魔法使いで無いのなら神様かも、という単純な思考が原因だった
 緑の兵士は答えず。ただ惚けたように彼女を見下ろしていた

 --------------------

937 :新条3曹の冒険 ◆V2ypPq9SqY :2006/03/05(日) 21:07:53 ID:???
「こんなもんかな」

 竜を鱗と肉に分離させるという作業に一段落つけ俺は振り返って理解しがたい現実と直面する事にした
 念の為に言って置くと理解しがたい現実と言うのはこの世界の事ではない
 確かに訳の分からない世界だったが三ヶ月強の月日を数えるに至り、いい加減慣れて来ている
 いやはや、さすが南極やシベリアにすら人間を居住させているだけあって人類の環境適応能力は偉大である
 理解しがたいというのは、後ろからこの作業を見守っている彼女の事である
 
 人間で言うのなら学生ほどの年頃だろうか
 泥に汚れているとは言え、透き通るような白磁の肌に
 今は破れて使い物になっていないが白一色の高そうな衣服を着込んだその姿は
 本来ならまるでテレビで見た木造船の船首像のように美しく見えるだろう
 今は破れた服装のまま放置するのはあまりに可哀想なので迷彩外皮を羽織らせてあるが
 それでも隠しようの無い百合のような線の細さがすこし目に痛い
 人間の耳に当たる部分に大型犬のような犬耳が出ていたり
 フサフサの尻尾がふらふらと揺れていたりする事に違和感を感じてしまう
 その事やこの森の事など、いろいろ問い質したい事もあるのだが
 どうしても言葉が通じないので無言に成ってしまうのである
 時折、彼女のほうから

『あの、森の神様?よろしければ私と一緒に王都に来てもらえないでしょうか』
『あのー。私の言葉通じてますか?』

 などとなにかと話しかけてくれるのだが、
 意味が分からないので曖昧に返事する事しか出来なかったのだ
 双方が同じような事を数回繰り返すうちに、いつの間にか重苦しい無言の時間が流れ始めていた

938 :新条3曹の冒険 ◆V2ypPq9SqY :2006/03/05(日) 21:08:37 ID:???
 しかし何時までもこうしていても仕方が無い
 此方からもう一度、接点を持ってみよう
 ワニモドキの肉を串刺しにしたものとその血抜きの血を受けた鉄帽を手に俺は彼女に話しかけた
    
「なあ君 腹は減ってないか?」
『え?あ、はい。何でしょう?』
 
 悲しい事に予想道理の肯定なのか否定なのか判別不可能な言葉が返ってくる
 しかしそれは既に想定済みの反応だったりするので構わず
 彼女の正面に鉄帽を置いてその上に座る事にした
 血を受けた鉄帽とは別の本来の装備品であるフリッツ形に良く似たほうである
 その周りに串刺し肉を順番に突き刺して火であぶっていく
 暫くの間、沈黙と肉の焼ける音が辺りを支配する
 油の滴る肉を適度にひっくり返しながら話しかける

「そういえば、君の名前はなんていうんだい」
『はい?』

 ふたたび急に話し掛けたためか、彼女は此方に目を合わせてくる
 言葉の長さと表情から考えるに、何らかの疑問系の言葉だったのだろう

「俺は新条司って名前なんだ。君は」
『・・・ごめんなさい。あなたが何を言ってるのか私には分からないんです』

 すまなさそうに首と耳をかしげながら彼女は何事かを告げてくる 


939 :新条3曹の冒険 ◆V2ypPq9SqY :2006/03/05(日) 21:09:09 ID:???
 たった今気づいたのだが、よく考えればこのように彼女が返事をしてくれた所で
 それが名前なのか、それとも別の何かを答えているのかの判断のつけようが無い
 さてさてどうしたものか。かくなるうえは手話でも試みてみるか?
 肉を引っくり返す手を止め、俺は自分自信を指差しながら改めて話しかけてみる
「俺は」「新条 司」今度は相手を指差しながら「君の名前は?」とたずねてみる
 彼女は首を傾げたまま此方を見詰め続けるが構わず何度も繰り返す

『「ツカサ」・・・あなたは「シンジョウ ツカサ」と言う名前なのですか?』
「そう。俺は新条司って名前だよ」

 恐る恐ると言った風情で此方を指差しながら彼女が確かめるように何度も俺の名前を繰り返す
 その度に俺も何度も頷いて肯定する

 通じた

 言葉は分からなくても人間、意思の疎通は可能なのである
 なんとなく、九官鳥とかオウムに言葉を教えている気分になるがこの際気にしない方がよいだろう
 思わずこぼれた笑みにつられたのか彼女も笑みを零す

「それで?君の名前はなんて言うんだい?」
『「シャム シャムハート」』 
「シャムシャムハート?」
『違います。「シャム・ハート」です。妙な呼び方をしないでください』

 何か気に障ることでもあったのだろうか
 何度も訂正するように彼女はシャム・ハートと自分の名前を繰り返す

940 :新条3曹の冒険 ◆V2ypPq9SqY :2006/03/05(日) 21:09:45 ID:???
「シャム・ハートね・・うん。アラビアンって感じのいい名前だ
 よろしくな。シャムさん」
『あはは・・・やっぱり何を言ってるか分からないですよ「ツカサ」様』

 長く短い自己紹介がやっとのことで終わった
 この世界のことについていろいろ問いただしたいが
 どうせ言葉も通じないし、今はこれで良しとしよう
 ちょうどよい感じに焦げ目の付いた肉を少しかじってみる
 カリカリの香ばしい食感がゆっくりと胃を満たし、
 言いようの無い至福の瞬間が世界を支配する

 ああ。神様。日ごろ信じて無い貴方を今だけ信じます

 一週間ぶりの食い物を普通に受け付ける頑丈な胃に感謝しつつ
 この幸福感を誰かに共感してもらいたくてシャム嬢にぐいっと肉を差し出した

「ほらシャムハートさん。あんたも食いなよ。うまいぞ」
『これってさっきの竜の肉・・いえ私は結構です』
「ん。どうした。あんたも腹減ってるだろ」
『竜の肉には悪魔が宿ってるって神官長が、私達が食べると死んじゃうって言ってましたし』
「遠慮するなって。ほら。ワニモドキの肉なら腐るほど在るんだから」

 なぜか異様なまでに手振り身振りで「全力で遠慮させてもらいます!」って感じの
 シャムハート嬢に強引に肉を持たせて食べるように促す
 しばらくそのままの体制で恐る恐るこちらの様子を伺っていたが
 俺がバクバクと食いまくっていくのを見てようやく決心したのかワニモドキの肉を口に運んだ
 ・・・・・寸前にか細い腹の音が聞こえた気がするが気にしない

941 :新条3曹の冒険 ◆V2ypPq9SqY :2006/03/05(日) 21:10:26 ID:???
『・・・おいしい』

 一口食べて驚いた顔をした彼女はそう呟くとその味が気に入ったのか
 そのままもくもくと口に運んでは満足そうに頷いている
 よかった。せっかくのご馳走なんだから喜んでもらえると嬉しさが倍増する
 
 それを見ながら俺は鍋に手を伸ばし、竜の血を無理矢理体内に流し込む
 生臭いし飲み難いし鉄臭いという史上最悪な竜の血だけで構成されたこのスープは
 その実非常に得がたい完璧な総合栄養食である。非常に糞不味いという欠点さえ無視すれば。
 何しろ天然ミネラル満タンだ。鉄や塩はおろかありとあらゆる物が収縮されている
 イヌイットやインディアンも野生の鹿の血を愛飲されていたりする辺りがその証明でもあるだろう
 細菌感染が非常に怖いが、現状でそんな事はあまり気にして入られない
 しかしこんなに不味い代物でも
 やはり誰かと一緒に食べるとわずかながらだが上等な食料に思えてくるから不思議だ

 薄暗くなりかけた夕闇の森の中を照らすように焚き火の炎が揺らめいている
 危険な森の中の、言葉も通じない相手と鍋を囲んだ夕食
 だが穏やかなこの三ヶ月ぶりに誰かと一緒に食事を取った風景は
 朝焼けの太陽の輝きのようにまぶしく記憶に記録されるだろう

 ・・・て。感傷にふけっている場合じゃねェ。
 ワニモドキの解体は途上なのである。さっさとバラシテ処理しておかないと
 野生動物は寄ってくるわ臭くなって食い難くなるわと問題だらけである
 さっさと仕事に戻らねば。そう思って席を立とうとした瞬間

――――――警戒用の鳴子が甲高い音を立てて地面に落ちた音が響いた

942 :新条3曹の冒険 ◆V2ypPq9SqY :2006/03/05(日) 21:11:01 ID:???
 何かが来た。落ちた鳴子は北東に向けて設置していた物だ 
 竜の死体のある方向から放射状に何かが接近してきている
 何が近づいてきているのかは分からないが、
 複数の鳴子の反応から頭の回る奴らだということだけは分かる
 統率が取れていることの証拠に奴らはほぼ均等に距離を詰めて来ている

 即座に銃を取り装填を確かめ椅子代わりに使っていた鉄帽を被る

「シャムさん。コッチだ」   
『あの音は・・・・ツカサさま?あの?痛っ・・・・痛い!』

 脅えたようにこちらを見上げるスピット嬢の手を強引に引っ張り岩場に移動させる
 その間にも段々と近づいてきているであろう接近者の方角へ注意をはらう

 徐々に近づいてきたそれは段々と人影になり始め金属の光沢が僅かに焚き火の炎を反射する
 その正体は一向に不明だが、なにやら物々しい格好で迫ってきている事は間違いなかった 

『何なんですか!突然・・・モガッ』
「静かに。何かが来た」

 その口を押さえ身振りで声を出すなと合図する
 こちらの意思が通じたのかそれとも脅えて何もいえないのか
 シャム嬢も息を潜めて近づく人影に目線を向ける

「誰何!!!」

 つい癖で現れたの人影達に問いかけるが当然通じるわけもなく返事は無い
 武装した兵士たちはなにやら警告の言葉と感じたのか立ち止まってこちらを見据える

943 :新条3曹の冒険 ◆V2ypPq9SqY :2006/03/05(日) 21:11:42 ID:???
 しばらくの警戒の後、危険は無いと判断したのか
 再び弓や弩を構えたままゆっくりと近づいてくる
 隙の無い動き、隙の無い配置だった
 この状況ではこちらの武器がいかに自動小銃とは言え
 一瞬で飛び道具を持つすべての人間を排除することは出来ない
 目の前に現れたのは間違いなく訓練を受けている
  
『おい貴様。先ほど竜の死体を見つけたが、あれは貴様がやったのか』

 泥と草木で薄汚れた弓道用の胸当てのようなものを着けた
 犬耳男が一歩前に出て何事か話しかけてくる
 悲しいかな。何度も言いますがワタクシ。ワンワン言語に通じておりませぬ
 まあ状況から考えるに、降伏勧告か何かの要請、もしくはその類のものだろうとあたりをつける
 ふと思った。あたりを着けたは良いが、どう返事をしたらよいのでしょうか・・・・?
 ワンワンワーン とか?・・・・・なんか問答無用で殺されそうだからやめておこう

『近衛騎士団!?助けに来てくれたのですか』
『シャム様!!?ご無事でしたか!もう竜に食い殺されたかと!!』

 突然の背後からの声。此方の懊悩など知らないシャムが彼らの方に駆けていく

「なんなんだ一体・・・」

 シャム嬢はその勢いのまま先頭の男に飛びついていく
 ・・・どうやらお知り合いのようである。
 よかった。始めてあった人の集団が野党の群れとかだったら嫌過ぎるからなぁ

944 :新条3曹の冒険 ◆V2ypPq9SqY :2006/03/05(日) 21:12:24 ID:???
『皆様。私のため等に、よく来てくれました』
『ありがたきお言葉 このトルネドにはもったいのうございます』
『『『神官殿!』』』
 
 感動の再開シーンらしきものが目の前で繰り広げられている
 言葉が分からないので実際の所どういうやり取りがなされているのかは分からないが
 弓を構えていた兵士たちまで一斉に武器を納め駆け寄っていくからには似たようなものだろう
 銃を下ろした俺はその様子を伺う

『・・・しかしシャム様。そのお姿・・いったい何が』
『これはあの方・・・ツカサ様が私を・・・』
『なんですと!!』

 指揮官らしき男の視線がシャム嬢の全身を確かめるように上下したと思うと
 突然はっとした表情で今度は此方のようすを伺う
 なにやら先ほどまでの楽しげな雰囲気はいつの間にやら消え去り
 あからさまな敵意がシャム嬢を除く全員から発せられているのが確認できた
 しかもその対象は間違いなく俺に向けられている
 いちばん端の一人に至っては剣に手をかけている始末である

「ありゃ?」

 なぜか分からないが、やばい状況である
 武装兵達は徐々に間隔を広げ先ほどと同じように包囲隊形をしき始める

 状況が分からない わからないので状況を再確認してみよう
 知り合いと再開することに成功したと思われるシャム嬢が彼らに飛びついていった
 で、シャム嬢の様子を確かめたあのオッちゃんが突然こっちを睨み付け今に至っている

945 :新条3曹の冒険 ◆V2ypPq9SqY :2006/03/05(日) 21:13:01 ID:???
 つまり彼女の外観上の問題が俺に敵意を向けさせる原因に――――

「あ」

 シャム嬢の現在の服装を思い出した俺は 
 たった今自分が恐ろしい誤解の対象にされていると直感で感じた
 迷彩外皮を着せているとは言えワニモドキに引き裂かれた元々の服の方はそのままである
 チャックやボタンのつけ方なんて分からない彼女は
 外皮の前を開いたままの、ほとんど半裸に等しい服装だった 

―――不味い。不味い 非常に嫌な予感がする

 こう。なんというか、
 通りかかった殺人事件現場でそれと知らずに拾った凶器をもっている姿を
 通行人に見つかってしまい通報されてしまったような状況なのでは――――――!!! 
 
『トルネド!違うのです!これは竜が・・・・』
『シャム様。もう心配いりません。すぐに始末して見せます』 
『心配せずとも大丈夫です。神官殿。われわれは何も見ませんでした
 後は、奴さえ始末すれば神官殿の将来に禍根は残りません』
『だから違うの!!』

 立ちふさがるスピット嬢をにこやかな表情で押しとどめた武装兵達が
 同一人物とは思えない形相で此方を睨み付けてくる
 ・・・どうしてだろう。
 言葉が通じないというのに容易にその目の前のやり取りの内容が想像できてしまった

『貴様が何者であるかは知らぬ
 だが、神官殿に手を出したその罪―――万死に値する!!!』 

946 :新条3曹の冒険 ◆V2ypPq9SqY :2006/03/05(日) 21:13:39 ID:???
 抜剣した兵士たちがにじり寄ってくる 

 ああ神様仏様。信仰心薄い私ですが、最後に、最後にひとつお願いを聞いてください
 もう無茶な願い事は言いません。貴方を馬鹿にするようなことも今後一切口にしません
 だからもしこの世に本当にいるのならお願いします









「もう何もするんじゃねぇ!!!!」


 助けてくれとは言わない。泣き言も言わない
 だから何もしないでくれ。頼むから何もしないでくれ
 俺はポケットから取り出した閃光手榴弾を彼ら手前に放り投げながらそう叫んでいた

947 :てさりすと ◆V2ypPq9SqY :2006/03/05(日) 21:14:25 ID:???
・・・・・・・・・・・・・
 続く
 ・・・自衛隊というかなんと言うか・・・ラノベのノリで
 マタギネタはなにやらネト漫画と被るらしいので冒険物に方向変換

948 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 21:22:33 ID:???
犬なのにシャムかよ!
犬耳にはヘッドフォンとヘルメットの規格が合わない
戦車兵にはなれないな

がんばんなさいネ―――

949 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 22:38:37 ID:???
強姦魔認定かよwww
テラカワイソス。

950 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 22:49:10 ID:???
犬耳小学生はどうやってメガネをかければいいんだ?
パンツは穴開きか? え? 履いてない!?
具体的にどんな服を着ているんだー!?

>香竜の森にこの我を打倒し得る戦士が現れたという神官長の予言があった
神官長も政治の分からん奴だな

951 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 22:51:47 ID:???
>どうやってメガネ
アロンα
>パンツ
ただの布です
>どんな服
全裸で

952 :名無し三等兵:2006/03/05(日) 23:07:48 ID:???
この速さなら次スレは>>980ぐらいでいいよ。

953 :950:2006/03/05(日) 23:37:41 ID:???
>>952
ではその通りに

954 :名無し三等兵:2006/03/06(月) 06:57:48 ID:???
耳はダカーポの頼子さんみたいなかんじ?

955 :名無し三等兵:2006/03/06(月) 09:06:06 ID:zY4QVeSI
>>951
矛盾してんじゃん

956 :名無し砲兵:2006/03/06(月) 15:42:41 ID:???

親衛隊長パースウィグ「首長!これを!」
エルフ族首長ライル「どうした?」

パースウィグ「ついさっき、ハーフリング族の者からうけとった密書です」
ライル「わかった、読ませろ」

   " 我がハーフリング族は長年、貴殿らエルフ族に搾取されつづけていた
     だが、それも今日限りだ

     我がハーフリング族は人間と手を結ぶため、貴殿らとの縁を切ること
     にする、よってここに独立を宣言し、明日には両族の関係は戦闘状態
     に突入するだろう
                       ハーフリング族首長 ライオネル”

ライル「ふっ邪族め、人間と手を結ぶとはたわけな事してくれるわ
    今すぐ出陣の準備を始めろ!」
パースウィグ「ははっ!」

こうしてエルフとハーフリングの戦争は始まった、武器の質と量にまさっていたと思われていた
エルフの楽勝だと思われたが、事態は急速に変わっていった

ハーフリングの村の近くまでエルフの軍隊が到着した頃である、大きな爆音とともに現れた炎を
吐きながら飛んでいく龍がいきなりあらわれ、黒い箱を落としていった、数人の兵士がその箱に
近づいた瞬間、大爆発がおき、そのばにいた30人あまりの兵士の命がその瞬間、消えた

そのまたすぐ、さっきの龍がこんどは5匹くらいで現れ、また黒い箱を落として容易には近づけ
ず、その日は撤退する事にきめた

ライル「あの野郎、人間どころか龍とも手を組みやがったか?」
パースウィグ「さあ、私にはわかりかねますが
       しかもあんな龍は私も見たことはありません」

957 :名無し砲兵:2006/03/06(月) 16:04:17 ID:???
その頃、ハーフリングの陣地では

ハーフリング族首長ライオネル「いやあ、南郷殿。助かりました
               いよいよ明日は総攻撃でありますな」
航空自衛隊某航空隊長南郷雄一「そうですな、こんどは航空部隊だけではなく地上軍も参加させましょう」
ライオネル「はっはっはっ、もちろんそうしてくれ、耳の長い奴らに未来の文明がどれくらい怖いのか見
      せてやってください、無論、我々ハーフリング族も参加することにしましょう」
南郷雄一「では、明朝出撃ということに全軍に命令させておきます」

そして、明朝
絶対勝つと信じていたエルフ族の陣地に突然鉄の馬が現れ、エルフ族のほとんどが鉄の馬による砲撃で爆死
した。なんとか鉄の馬から逃げきれたエルフもゲリラ部隊に射殺され、300人もいた兵士で生き残ったのは
二人だけであった
鉄の馬車から出てきた兵士は既に死亡しているエルフにも銃弾を浴びせ、身包みを剥ぎ取り、文字通り殺戮
の場、いくらエルフといえども生き残ったのは二人だけというのも無理はない。
だが、かれら緑の軍団の殺戮はまだ続く、こんどはエルフの村に逆侵攻し、女子(おなご)といえども殺害
し、救援に駆けつけたドワーフや人間も同様に射殺された。もはやエルフ達がこの村に住めるはずがない、
彼らは全員村から逃げ出し、もう二度と帰ってこないだろう・・・・・・・・・・

958 :名無し三等兵:2006/03/06(月) 16:26:47 ID:???
シャムたんの下半身はパンツいらないくらい暴暴だよ
もうヘソの下までタワシ状態
そこは洗っていない犬の臭いがするよ

959 :名無し三等兵:2006/03/06(月) 20:29:56 ID:???
>>958
なるほど、ニムはそういう娘がこのみですニカ。
しかし私はそういうシュミはないので、
頭の中だけにしてほしいニダ。



960 :名無し三等兵:2006/03/06(月) 21:41:17 ID:???
>>959
すべてはてさ氏の趣味のままに

961 :名無し三等兵:2006/03/07(火) 00:12:09 ID:???
パンツいらないくらい暴れ暴れって読んでもうた

962 :名無し三等兵:2006/03/07(火) 02:06:15 ID:???
|
| \
|ω・`) ダレモイナイ・・・
|⊂  イマノウチニ
|  シエンガゾウヲ
| オイテオキマスネ
ttp://newsstation.info/up/img/ns6149.jpg

963 :名無し三等兵:2006/03/07(火) 07:05:35 ID:???
>>962
素晴らしいです。
GJ

964 :名無し三等兵:2006/03/07(火) 10:12:33 ID:???
銀色のかたつむりが。。。

965 :北条時宗:2006/03/07(火) 18:40:28 ID:???
強力な対艦ミサイルきぼんぬ

966 :名無し三等兵:2006/03/07(火) 19:20:48 ID:???
対艦ミサイルにぱんつをはかせたり脱がせたり、またはかせたり脱がせたりしたい

967 :名無し三等兵:2006/03/07(火) 19:42:49 ID:???
唐突に投下してバックれよう……


地上より10000mの高空にプロペラの音を響かせ突き進む巨体が3つとジェット機が1つ…航空自衛隊が保有するC-130H輸送機と改良型T-4である。

輸送機の積み荷は重火器に各種弾薬。
今回C-1ではどう頑張っても届かない位置に目的地はあるのだ。
別に海外派遣ではない(ある意味海外だが)、昔の言い方なら“外地”。
最近日本が手に入れた土地の防衛の為に派遣された陸自混成大隊の為の弾薬……。

航空機が4機も飛んでいる空の下は何処かの国だろう……。
今4機は領空侵犯をしているのだが、迎撃戦闘機の姿は一向に現れない。
否、この高空に領空侵犯なんて概念は無いのかもしれない。
“この世界”にも領空の概念はあるが、それは“防衛出来る限りの高度”なのだ。
そして4機が進む先…広大な砂漠に覆われた場所は、
首都東京から東方におよそ1500kmの所にあるのだ……。

968 :名無し三等兵:2006/03/07(火) 19:44:25 ID:???
「防衛基地施設を視認しました……。ここがマスタドーレですか……?」
「ああ……俺達の命綱だ……。」
第1航空輸送隊所属のC-130Hのコクピットで、操縦士と副操縦士が言葉を交わす。
『貴輸送編隊をレーダー及び目視で確認した。そのままこちらの無線誘導に従われたし。』無線が入る。
本土から飛び立ち三時間。
二尉は久しぶりに一尉以外の声を聞いた気がした。
既にその地域…マスタドーレ砂漠の第三級防空ラインに差し掛かりつつあった3機と1機は着陸体勢に入った……。

969 :名無し三等兵:2006/03/07(火) 19:46:15 ID:???
基地の野戦飛行場に立つ二人。
「地上ですねぇ〜!一尉!」
「バカ!空自隊員が地上を恋しがるなんて恥ずかしいと思わないのか!!」
一尉が呆れながら言う。
「そんなこと言われても私は防大では陸上が好きでしたし……」
「ハァ……そんな事言ってたな……どうせなら陸自さんに配属されれば良かったのにな。」
「冗談よしてくださいよ!!いくらなんでも背嚢背負って走りたくない…「いまの我々には君のような人材が必要なんだが?」

970 :名無し三等兵:2006/03/07(火) 19:50:14 ID:???
突然声を掛けられ振り向く。
その途端二人は直立不動の姿勢で敬礼を取る。
「基地司令!?」
「そう緊張せんでもよいよ。」
そこには一見穏和そうだが、日焼けで肌が浅黒く、
数々の実戦をくぐり抜け、強い意志を宿した瞳を持つ男と、
現地の航空施設の責任者で、今の二人の上官に当たる三等空佐がいた。

「今回本土から輸送編隊の指揮を任じられました、航空自衛隊一等空尉 坂下です!」
「同じく、航空自衛隊二等空尉 軒本です!」
「当基地の司令を任された、陸上自衛隊特別派遣大隊長 藤守(ふじがみ)陸将補だ。
坂下一尉、今任務ご苦労だった。空自さんにはいつも感謝してるよ……。
それより疲れたろう?こんな暑い場所だがゆっくり休んでいきたまえ。」
「しかし我々には……。」
坂下がどう返答したらいいか悩んでいるところに三佐が微笑みながら、
「一尉、基地司令の言葉に甘えたまえ。」
と言ってくれた。
「ハッ。お心遣い感謝します。早速他のものにも休息をとらせたいと思います。」
「うむ…それがいい…それがいい。」

そう言うと、藤守と三佐は司令部に戻って行った……。

971 :名無し三等兵:2006/03/07(火) 19:51:20 ID:???
続きはまた今度……

972 :名無し三等兵:2006/03/07(火) 20:04:01 ID:???
自衛隊は警戒用にリアル犬は配属しないのかな?
それで、発情したら出血で汚れないようにパンツ穿かせる

973 :名無し三等兵:2006/03/07(火) 20:15:46 ID:???
空自で日焼けはステータスになるのかな?
きわどく競泳パンツの形に焼け残ってたりして
GPSが使えない状況で航法はどうしたんだろう
地形スキャンティ航法?

974 :名無し三等兵:2006/03/07(火) 20:34:58 ID:???
>>972
空自は3曹の階級章つけた警備犬がいるらしい
>>973
基地につくまではINSやIRSで位置測定

基地が近づいたらVOR/DMEに切り替え計器航法で慣性航法の誤差修正ってとこじゃないか

975 :971:2006/03/07(火) 20:54:56 ID:???
>>973-974

スマン……。
実は日本が転移されてから1年は経ってる。
転移された直後に種子島から多用途人工衛星を打ち上げたっていう都合設定。
一応転移したのは惑星で、その惑星の質量、環境共に地球に酷似している。
だがそこには大気中にマナと呼ばれる未知の物質が多量に含まれていて、
その所為で竜などの不思議な生命体もいるという設定です。

976 :新条3曹を応援する人:2006/03/07(火) 22:52:24 ID:mCMTmMym
新条3曹を応援する人です
新条3曹を書いてる人がんばってください

977 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 02:19:34 ID:???
|
| \
|ω・`) ダレモイナイ・・・
|⊂  マタオイテオキマスネ
| 
|
ttp://newsstation.info/up/img/ns6204.jpg

978 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 03:50:54 ID:???
柄の長さから考えると刃が異様に長いな

979 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 11:05:55 ID:???
片手剣はこんなものだよ。左手には盾を持ってるから両手で持つことは
最初から考えていない。

980 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 12:05:59 ID:???
どっかで見た構図

981 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 16:07:53 ID:???
つぎぬれまだー?

982 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 16:45:21 ID:???
立てたけど新参の民兵だから議題とか話題、コテについてよくわからん
あとは頼むつhttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1141803533/

983 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 21:27:42 ID:???
ふと思ったんだけど、保管庫全滅?

984 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 21:46:43 ID:???
>>983
wikiと分家は生きてる

985 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 21:47:54 ID:???
消えてないよ?

986 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 22:34:27 ID:???
>>984
本当だ。d
>>985
上は止まってるだけだけど、下が見えん。ページが真っ白

987 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 22:39:34 ID:???
全部wikiに移したんかなぁ?

988 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 22:49:55 ID:nNDc2atU
988

989 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 22:50:47 ID:???
>>977
ゴメン、その画像どうやって見るの?
あんまりそうゆうの詳しくなくて、おねがいします。

990 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 22:50:55 ID:nNDc2atU
989

991 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 22:51:49 ID:nNDc2atU

orz

992 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 22:57:34 ID:???
>>989
ブラウザのアドレス欄にコピペして、頭にhをつけて(つまりhttpってして)、アドレス欄横の移動ボタンを押す

993 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 23:21:14 ID:???
>>992
有難うございます、見る事ができました。
 …それにしても43章も終わりですか、次章はどんなSSが始まるのでしょうね 


994 :名無し三等兵:2006/03/08(水) 23:21:30 ID:???
専ブラ入れればいいじゃん

995 :名無し三等兵:2006/03/09(木) 00:50:58 ID:???
やっぱエルフを脱がしまくるんだよな

996 :名無し三等兵:2006/03/09(木) 01:04:32 ID:???
σrz

997 :名無し三等兵:2006/03/09(木) 01:41:46 ID:???
ダークエルフの方がいいよ

998 :名無し三等兵:2006/03/09(木) 02:13:08 ID:???
998か…

999 :名無し三等兵:2006/03/09(木) 02:16:27 ID:???
次章では、SS投稿したいな。

1000 :名無し三等兵:2006/03/09(木) 02:26:55 ID:???
1000!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

345 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)