5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【絶対正義】 憲兵について語るスレ 【治安維持】

1 :名無し三等兵:2006/02/25(土) 11:33:58 ID:???
最強のエリート集団、軍憲兵隊について語ろう!


過去スレ
【世界の軍憲兵隊】について語ろうpart・1
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1065738396/
【法務部】軍法会議とか犯罪捜査部について【憲兵】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1136554412/

2 :名無し三等兵:2006/02/25(土) 11:34:44 ID:???
過去の関連スレ
憲兵について語るスレ
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1086094188/
【戦争犯罪】[4/2]墓碑に謝罪文、中国人に詫びたい「憲兵だった父の遺したもの」出版
http://news.2ch.net/newsplus/kako/1017/10177/1017745277.html

3 :名無し三等兵:2006/02/25(土) 11:36:38 ID:???
憲兵令(明治31年勅令第337号)
   第一章 総則
第一条 憲兵ハ陸軍大臣ノ管轄ニ属シ主トシテ軍事警察ヲ掌リ兼テ行政警察、司法警察ヲ掌ル


日本陸軍
沿革
日本陸軍においては、1881年(明治14年)、フランスの憲兵制度を範として、
憲兵条例により設置される。憲兵条例は明治31年勅令第337号に全面改正される。
更に、昭和4年勅令第65号により憲兵条例は憲兵令に改題された。なお、この
憲兵条例等により置かれる憲兵(以下、「勅令憲兵」という。)のほかに、
軍令により編成され軍司令官の命令に服する憲兵(以下、「軍令憲兵」という。)が
あったが、以下特記のない限り勅令憲兵について記述する。

初代憲兵司令官には、越後長岡藩出身の三間正弘陸軍憲兵大佐が就任した。但し、
その後の憲兵司令官には主に陸軍中将(少将以上には兵科の分類がない。)が
充てられたため、憲兵科出身ではない者も多く憲兵司令官に任じられた。
憲兵司令官経験者としては、荒木貞夫、石光眞正、田中静壱らがいる。


4 :名無し三等兵:2006/02/25(土) 11:58:04 ID:???
>>1
スレ立て乙!!
 
ギャルド・レパブリキャーヌ・ド・パリから南部十四郎憲兵大尉殿まで熱く語って逝きましょう

5 :名無し三等兵:2006/02/25(土) 12:03:14 ID:???
よく見たら年末まで存在してたは、part1だった。


訂正

【世界の軍憲兵隊】について語ろうpart・1
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1065738396/l50


6 :名無し三等兵:2006/02/25(土) 20:35:37 ID:???
>>3
勅令憲兵と軍令憲兵ってなんで分かれたの?
教えてエロイ人!

7 :名無し三等兵:2006/02/26(日) 20:16:27 ID:???
>>6
軍令憲兵って現地での憲兵の頭数を揃える穴埋めでしょ。
要は偽者。

8 :名無し三等兵:2006/02/26(日) 20:26:11 ID:???
>>4
よく知らないのだけど、
ギャルド・レピュブリケーヌって、憲兵じゃなくて親衛隊なんじゃ?

9 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 21:56:52 ID:88GN0B9Q
憲兵
 日本では憲兵と一括りとなっているが、西欧ではその国々の憲兵制度によって、国家憲兵(ジャンダルマリ)と野戦憲兵(ミリタリーポリス)など分けてよぶ。
●野戦憲兵
 野戦憲兵とは、憲兵という言葉が生まれる前から、古来から戦場に存在する
軍内部の秩序維持にあたる指揮官直轄部隊のことである。現在では法や規則に則り、
軍部隊・軍人に関わる警察業務を司り、捕虜の管理・尋問・輸送、司令部等の重要
施設の警備、司令官など要人警護、軍部隊の誘導と交通統制、避難民や住民の保護
などを行う。軍・師団などで中隊・小隊など部隊編制がとられているが、広範囲を
カバーできるように少ない人数での分隊・班が多く設けられているのが一般的である。
(注:旧日本軍の野戦憲兵とは意味合いが違う。下記「日本」の項を参照)

●国家憲兵
 国家憲兵とは野戦憲兵の機能に、さらに一般国民に対しても普通に警察権を行使でき、
国内の治安維持にあたる。平時から国内に分散して配置されているのが特徴である。
18世紀にフランスで設置されたジャンダルムリ・ナショネール”Gendarmerie 
Nationle”が起源で、西欧諸国ではジャンダルマリを外来軍事用語として一般的に用いる。


10 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 21:58:22 ID:88GN0B9Q
○日本
 戦前の日本は、明治維新からまだ日が浅く、軍自体が信用できなかったことや、
旧士族や自由党などの大衆政党の蜂起も予想されたと事から、フランスの国家
憲兵制度を真似て憲兵制度が作られた。日本の憲兵隊は軍事警察権は陸軍大臣、
司法警察機能は法務大臣、行政警察機能は内務大臣の指揮下におかれ、各県に
憲兵隊を設置し国内治安維持にあたった。また占領地や外地に派遣された憲兵を
【野戦憲兵】ともよぶが、上記の野戦憲兵とは意味合いが違う。第2次世界大戦
では占領地が拡大し憲兵が不足すると、一般部隊を臨時に憲兵業務を行わせる
補助憲兵を設置した。

 戦後になると、米軍のミリタリーポリスを原型として自衛隊内に警務隊が
組織される。各国ともに憲兵は全軍の2〜3%の比率であるが、警務隊は
1%ほどである。東京で外国国賓の儀杖などを行う保安中隊も警務科部隊で
ある。防衛出動時には人数不足から音楽隊などから捕虜管理隊を臨時編成する
ともいわれている。

○アメリカ
 軍内部の憲兵担当の幕僚が憲兵司令官を兼務する。各師団に保安中隊がおかれ、
5個小隊編制で190人の規模。MPの表記が有名。
○ロシア(ソ連)
 秘密警察が強大な軍事力をもつこの国には、憲兵とよばれる兵科は存在
しない。広く言えば国家憲兵ともよべるKGBなり内務省軍のMVDが、
それらの任を兼ねているからである。軍司令部中隊の一部が野戦憲兵的な
任務につくことがある。そのため憲兵科は無いが、しかし憲兵的な任務に
ついている人や部隊があるわけで、かれら憲兵が被るヘルメットは、白に
赤帯で正面が途切れ、赤い星が付けられている。


11 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 21:59:31 ID:88GN0B9Q
○中国
 国家憲兵的なものに人民武装警察があり、また各軍区に憲兵隊が設けられている。
○ルーマニア
 憲兵のヘルメットは緑に白帯で正面の白帯のなかに丸印にICの文字
○ドイツ
 第2次世界大戦ではフェルデジャンダルムリとよばれる憲兵が活躍した。
戦後の憲兵では一部の州で軍所属ながら内務省が運用する部隊が配置されて
いる。また野戦憲兵的な部隊はフエルドイエーガー(野戦猟兵)ともよばれるが、
これは脱走兵を追跡するところから名付けられた。
○フランス
 憲兵(ジャンダルムリ)は国防省所属であるが、運用は内務省が行う。
各県に憲兵隊が設置されており、さらに群や市などに広く配置されている。
また大統領官邸の警備と儀杖にあたる共和国親衛隊(ガルド・リピュブリカン)も
憲兵でルイ王朝からの伝統である。
○イタリアやチリ
 カラビエリとよばれる憲兵
○ポーランド
 憲兵のヘルメットは緑色にWSWの白文字と国家記章の鷲のマーク
○台湾
 参謀本部指揮下の憲兵隊で、戦前の日本のように各地方に憲兵隊が
配置されている。
○オランダ
 マレショウゼとよばれる憲兵
○チェコスロバキア
 憲兵のヘルメットは白に赤帯で正面が途切れ、正面に黒い丸の中に白抜きでPの文字
○スイス
 カントンポリスとよばれる憲兵
○ハンガリー
 憲兵のヘルメットは白に黒の2重の帯で正面が途切れ、正面にFの文字と記章がつけられている。


12 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 22:18:35 ID:???
なんで自衛隊は憲兵を持たないの?
仕様?

13 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 22:24:17 ID:???
>>12
憲兵アレルギーだな。

14 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 22:25:40 ID:???
マイナーな軍隊の話題。

・フィンランドの憲兵「Sotilaspoliisi」
一般警察と同じパッチ、黒字に白抜きで「SP」の腕章。

・チェコの憲兵「Vojenska' policie」は「VP」のパッチ。
ttp://home.mweb.co.za/re/redcap/czech.htm

SPの読みはソティラスポリーシだがVPは当方の勉強不足のため不明。
ロシア語感覚で読んでいいんだろうか>チェコ語。


>>12
一応警務隊がありますが。

15 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 22:33:02 ID:???
国家安泰 神霊守護 憲兵之碑
http://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/0815-3bcken.htm


 碑誌

 国破れて山河あり 
靖国の神域昔ながらの荘厳を失わず国民の尊崇衰えぬは神州不滅の証左
 というべきである

 憲兵の任務は監軍護法に存したが 
大東亜戦争中は更に占領地の行政に 或は現地民族の独立指導に至誠を尽くした 
 又不幸にして空爆の戦火靖国の神域を襲うや 挺身神殿を護持したのも憲兵であった

 敗戦は不条理な多くの犠牲を我が軍に強いたが別けても憲兵に対して著しかった 
終戦時戦死又は獄死 自決により或は謂われなき罪に問われて非命に倒れた戦友数百名に及ぶ 
 実に痛恨の極みである

 願わくは憲魂死してなお靖国の聖域に留まり 
とこしえに二百五十万余の英霊の衛士たらんことを

靖国神社創建百年の秋に当り 緑の神域にささやかな碑を建て 
 殉国烈士の霊に捧ぐと共に
憲兵昔日の微衷を吐露して後世の評価に委ねるものである



16 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 23:48:55 ID:???
オリンピックにイタリア憲兵がでてきて国旗掲揚してたね

17 :名無し三等兵:2006/02/28(火) 14:26:41 ID:???
憲法を守る兵隊だから「憲兵」なの?

18 :名無し三等兵:2006/02/28(火) 23:32:06 ID:???
さあ?
でも左翼にはそう言っておこう。

19 :名無し三等兵:2006/03/02(木) 23:35:40 ID:???
こいつらホントに憲兵って言えるのか?

GIGN
国家憲兵隊治安介入部隊
(GIGN:Groupement D'Intervention De La Gendarmerie Nationale)と呼ばれる
テロ対策特殊部隊を設置している。重装備部隊として、装甲兵員輸送車や
軽戦車も装備している。この重装備部隊は主に平和維持活動などで運用される。

20 :名無し三等兵:2006/03/03(金) 00:02:33 ID:???
何でケンペークンは将校なのに憲兵腕章してるの?

21 :名無し三等兵:2006/03/03(金) 00:16:37 ID:???
また微妙なものを持ち出してくるなあ。
あれ憲兵に対する偏見を助長してるしさ。

22 :名無し三等兵:2006/03/04(土) 00:28:55 ID:???
>>19
いまさら国家憲兵と野戦憲兵の区別が付いていないというのでもあるまいな?

23 :名無し三等兵:2006/03/04(土) 00:49:15 ID:???
>>22
なるほど。
治安維持の超強化バージョンが、
対テロ特殊部隊になるという思想か。

24 :名無し三等兵:2006/03/04(土) 12:52:02 ID:???
アメ公のMPは、強いよなー。
世界最強の米兵がみんな逃げる。

25 :名無し三等兵:2006/03/04(土) 13:10:23 ID:I33kGUMp
米軍のMPっていうと地獄の黙示録のプレイメイトのシーンと沖縄の反戦デモの
オバちゃんにM14を向けてるイメージがある。

26 :名無し三等兵:2006/03/04(土) 13:27:21 ID:???
沖縄のテロリスト連中は、ホント怖いよな。

27 :名無し三等兵:2006/03/04(土) 13:42:57 ID:???
しかも低脳で思考が短絡的だし

28 :名無し三等兵:2006/03/09(木) 22:05:52 ID:???
最終正義だな。

29 :石原莞爾:2006/03/10(金) 21:54:46 ID:???
東條“軍曹”、近頃あんたの憲兵が多勢で私の周りをうろついて困っとるんだが、やめてくれんか。
私は何もやましいことはしとらん。

30 :名無し三等兵:2006/03/11(土) 02:34:05 ID:???
旧群の憲兵は力がつよすぎたな。軍事警察、行政警察、司法警察、占領地では外交官の職務を代行する場合もある。
それでもって、身分は軍人だから。


31 :名無し三等兵:2006/03/11(土) 02:52:17 ID:???
>>30
でも日本軍の憲兵って、出世コースから完全に外れてたんじゃなかった?
実際には、あまり権力は無かったんじゃないのかな?

32 :名無し三等兵:2006/03/11(土) 05:07:50 ID:???
>>31
そら、軍部の中の権力と、外への権力は別だべ

33 :名無し三等兵:2006/03/11(土) 16:30:20 ID:???
>>9-11 転載元

軍事百科事典【カ行】
ttp://www003.upp.so-net.ne.jp/Zbv/sub02.htm

34 :名無し三等兵:2006/03/15(水) 20:41:45 ID:???
戦争直後のソ連憲兵?は、ゲーベーウだったような気がする。

35 :名無し三等兵:2006/03/15(水) 22:54:49 ID:???
イタリアではカラビエリはフツーの警察だったぞ。

36 :名無し三等兵:2006/03/15(水) 23:57:24 ID:???
>>35
のように見えるが、
実はイラクで戦死者を出しております。

37 :名無し三等兵:2006/03/15(水) 23:59:51 ID:???
一応は軍隊だから外国での治安維持活動にも派遣されるわな。

38 :名無し三等兵:2006/03/16(木) 00:19:17 ID:???
イタリアで強いのはカラビニエリではなく財務警察

39 :名無し三等兵:2006/03/19(日) 12:28:13 ID:???
憲兵の取調べ、酷すぎ。

http://chinachips.fc2web.com/repo1/015001.html
しかし、忘れられない悲惨な思い出もありました。
食料の取締りはあまり厳しくはなかったようで、チャン料理屋へ行けば内地で
はめったに拝めない銀シャリ=米の御飯)や餃子が、金さえだせば食べ放題。

その日も例によって先輩同僚6人で、赤紙=召集令状)のきた先輩の送別会で
チャン料理屋へ繰り出し、パイチュウの勢いも手伝って職場の愚痴などを喚い
ていたらしい。
ーー内容はよく憶えていませんが、多分いつも検閲にくる若い憲兵が生意気だ
とか、その程度のたわいのない話だったと思いますが、そんな話を隣室で盗聴
され、翌朝、顔なじみの憲兵2人が来て、局長室へ呼び出されて散々絞られた
挙句に、局裏のいつも体操をする広場に引き摺りだされて顔が変形するほど殴
られました。

「靴を脱げ!」全員を裸足にさせて、素手で殴ると自分の手が痛いので、その
靴で殴り、立っていられなくなってしゃがみこむ者は襟首をつかんで引っ張り
上げられてまた殴り続け「お前らは国賊だ!」「国外追放だ!」などと怒鳴り
気絶する者が出てやっと終わりました。

翌日から熱が出て2日間寝込み、一週間は口の中の傷で流動食しか食べられま
せんでした。子供の頃から”できんぼうず”で、家では親父に殴られ、学校で
もしょっちゅう先生に殴られて慣れてはいましたが、この時は本当に恐怖でし
た。これが16歳前後の少年に対する制裁でしょうか?いつも見る彼等とは人
が変わったように冷酷な一面を見せつけられて震え上がったものでした。



40 :名無し三等兵:2006/03/19(日) 12:29:04 ID:???
支那料理屋はテーブルごとの個室になっていて、彼等は毎日盗聴していたんで
すね!、憲兵は暗号文の検閲のため殆ど毎日局に顔を見せ態度は横柄でしたが
冗談を言い合う仲でしたのに? 彼等にとって殴るなんて日常茶飯事で憲兵隊
兵舎の前を通ると、いつも聞こえてくるスパイ容疑者と思われる泣き声と絶叫
がいかに凄まじい拷問によるものか実感しました。

後日談ですが、憲兵の上級将校は、敗戦の情報をいち早く得て行方をくらませ
たようですが、直接手を下した下っ端は、敗戦と同時に地元住民の報復の対象
になり、威張り散らしていた報いとはいえ、吊るし上げられて虐殺され、その
死体処理が私達若い者に回ってきました。

同僚数人と、大八車2台を引っ張って市役所の倉庫まで行き、そこに転がされ
た死体を見て暗然としました。紛れもなく憲兵さんと解りましたが、後ろ手に
縛られ見るも無残な青アザだらけ、撲殺されたことが一目瞭然でした。

真夏のこととて、早くも腐敗が進んでいて、大八車に乗せるとき私は顔を見る
のが怖くて足を持ったのですが、ひやりとした冷たい感触と持った処の足の皮
が”ズルリ”と剥けて、思わず「ヒヤー!」と悲鳴をあげたのを今でも思い出
します。川原に穴を掘り、念仏を唱えて4体の仏を埋めましたが、あの方達も
名誉の戦死として届けられているのでしょうか?


41 :名無し三等兵:2006/03/19(日) 12:30:21 ID:???
憲兵ってろくでもないね。

42 :名無し三等兵:2006/03/19(日) 17:43:21 ID:GwZlQmYV
>>36 ていうか、近代以降のイタリアの関わった戦争にはほとんど出兵してるし。。。

43 :名無し三等兵:2006/03/19(日) 17:46:40 ID:???
反論できなくてプギャーしか言えない、と。
プギャーって言えば勝ったつもりなんだろw

44 :名無し三等兵:2006/03/19(日) 17:47:12 ID:???
誤爆orz

45 :名無し三等兵:2006/03/25(土) 01:31:41 ID:???
憲兵はたくさん死んだ。

46 :名無し三等兵:2006/03/25(土) 08:08:07 ID:???
>>7
補助憲兵と間違えていないか?

47 :名無し三等兵:2006/03/25(土) 11:29:55 ID:???
憲兵において「階級の壁」はどうなっていたんでしょう?

例えば一等兵の憲兵が、酔って暴行を働く大尉を逮捕できたんでしょうか?
日本と海外でも異なるのかな?

48 :名無し三等兵:2006/03/25(土) 19:23:36 ID:VTUdcEB+
>>10 「各国ともに憲兵は全軍の2〜3%の比率である」
兵隊50人に付き1人以上は、憲兵ということですか?
憲兵だらけじゃないですか。


49 :名無し三等兵:2006/03/25(土) 21:44:05 ID:???
森本賢吉の憲兵物語は読んでおくべき

50 :名無し三等兵:2006/03/25(土) 23:42:20 ID:???
>>48
戦場は3Kなんだよ。

51 :名無し三等兵:2006/03/26(日) 03:32:03 ID:???
>>47
日本の憲兵は上等兵から。
将校に対しては「ちょっと憲兵隊まで」だったらしいが。
相手は高等官だからな。


52 :名無し三等兵:2006/03/26(日) 13:23:35 ID:???
国家憲兵と公安警察はどこが違うんでしょうか?

53 :名無しさん@6周年:2006/03/26(日) 15:27:21 ID:CTlgv43q
>>52
国家憲兵というのは軍隊の規律維持及び犯罪防止、犯罪捜査を行う野戦憲兵とは異なり、
一般人に対する法執行権を持ち、一般社会において犯罪捜査を行う権限を持つ憲兵のこと。
代表的なのはイタリアのカラビニエリ、フランスのジャンダムリエ。
現代においては一般人に対する法執行制度は、文民警察のそれと変わらない。
ただ基本は飽くまで憲兵なので、海外派兵され憲兵活動をする点で文民警察と大きく異なる。
カラビニエリはイラクに派遣され戦死者を出したし、ジャンダムリエもコソボで治安維持活動を行った。

公安警察というのがなにを指しているのかがわからん。
日本で言う公安とか公安調査庁のことであれば、これらはテロリストなどを見張る情報機関ということになる。
中国の公安と言えば日本で言う警察と同義。
いずれにしても上記のような国家憲兵とは全く違う。

54 :名無し三等兵:2006/03/26(日) 21:21:24 ID:???
>>53
公安警察は刑事警察ではない警察だそうです。
テロリストを見張るのは公安警察なら、国家憲兵はテロリストを見張りませんか?

55 :名無し三等兵:2006/03/29(水) 03:48:46 ID:???
>>54
見張るよ
イタリアやフランスの国家憲兵は対テロ任務があるじゃない
日本の公安警察とは分けて考えよう
ちなみに公安調査庁には司法警察要員の資格が与えられていないから
逮捕や証拠の押収ができない
警察の公安部は文字通り警察だから捜査・逮捕が可能


56 :名無し三等兵:2006/03/32(土) 00:21:09 ID:???
萌え防衛白書でお馬鹿な軍人が増えそう。

57 :名無し三等兵:2006/04/05(水) 00:06:04 ID:???
>14
・チェコの憲兵「Vojenska' policie」は「VP」のパッチ。

「ヴェンスカ ポリッツエ」 「ヴェペー」
友達のチェコ人に読み方聞いてみた。

58 :名無し三等兵:2006/04/12(水) 22:05:29 ID:???
保守

59 :名無し三等兵:2006/04/22(土) 18:46:32 ID:???
ところでスペインのGUARDIA CIVILは、
憲兵みたいなものと考えて良いのかな?。

フランコの時代は秘密警察で、
今はなんか火付け盗賊改みたいなことをやっているみたいだけど。


60 :名無し三等兵:2006/04/23(日) 03:03:23 ID:x0Ko/LqX


61 :名無し三等兵:2006/04/29(土) 17:28:47 ID:???
憲兵は悪魔

62 :名無し三等兵:2006/04/29(土) 17:40:56 ID:???
東條の手先め!

63 :名無し三等兵:2006/04/29(土) 18:49:21 ID:cu2U2HJi
 戦後教育は制度的に間違っとる!
 陸大教育は永遠です
 陸幼→陸士→陸大
 これぞ永遠のエリートコース
 途中までこのコースに乗ってゐた蒋介石大元帥も同意見だっ
たから、白團を誘致して
中華民國の事實上の陸大とし、その卒業生を國家、國軍の中枢
に据えた。


64 :名無し三等兵:2006/04/30(日) 03:26:53 ID:???
なぬ?エリートコース?
憲兵と無縁だから、取り締まり対象だ!

65 :名無し三等兵:2006/04/30(日) 03:28:46 ID:???
>>63
純粋培養は頭固いんだよなー。

66 :名無し三等兵:2006/04/30(日) 09:14:40 ID:???
戦術、軍行政に加えて科学知識まで学べる砲工学校が真のエリート

67 :名無し三等兵:2006/04/30(日) 21:06:20 ID:???
>>66
憲兵科に入学できない、憲兵と無縁のエリートコース。
よって取り締まり対象。

68 :名無し三等兵:2006/04/30(日) 21:23:29 ID:???
ttp://www.nikkeibp.co.jp/sj/interview/70/index.html

69 :名無し三等兵:2006/05/01(月) 18:59:44 ID:GegCoj9J
小学生の頃、治安維持法を習い、特高が思想家を弾圧した、などと習ったから
おばあちゃんに「特高って怖かった?」と聞いたが、
「憲兵の方が怖かった」と答えてたな。農民であったおばあちゃんにとっては
憲兵の方が身近な存在だったのかも、などと思った。

70 :名無し三等兵:2006/05/01(月) 22:41:30 ID:YXUe294E
憲兵って大戦の末期には交番に巡査と一緒にいたらしいからな。

71 :名無し三等兵:2006/05/01(月) 23:02:01 ID:???

祖父は「戦争」という言葉を聞くと、まるで壊れたテープのようにいつも同じことを話し出します(別に呆けてはいませんけど)。
1945年8月15日。日本はポツダム宣言を受諾し、太平洋戦争は終結しました。
祖父はその数日前に「8月16日に憲兵隊へ出頭するように」との葉書を受け
取っていましたので、終戦の翌日の16日に憲兵隊へ出頭しました。すると、
そこにはいつもなら高圧的で粗暴な憲兵が一人もいません。いるのは不似合いで
ブカブカの軍服を着た、小柄で貧弱そうな青年が一人。腕に墨で「憲兵」と
殴り書きされた腕章を着けたその青年を見た祖父は「帰っていいですか?」と
聞き、青年も「どうぞ帰ってくださって結構です」と返したそうな。要するに、
本物の憲兵達は民衆の反撃を恐れ、終戦と同時に逃げ出し、下っ端の兵隊さんを
その代わりに立てた、ということ。祖父は家路に着く途中、憲兵に恨みを持つ
民衆からリンチを受け、惨殺され、川(横浜なので多分帷子川)へと投げ込まれた
憲兵を何人も見かけたそうです。無政府状態ですから、たとえ警官であろうと
そのことを咎めれば逆に殺されてしまいます。実際、憲兵と同じ末路を迎えた
警官もいたそうです。結局祖父は、戦時中は当時勤めていた化学薬品会社の
事故で視力と左耳の鼓膜をやられていたので徴兵されることもなく、完治後に
出頭命令を受けたが、出頭する前日に終戦を迎えため、戦地へ赴くこともなく
現在に至った、ということらしいです。そんなお話です。

72 :名無し三等兵:2006/05/01(月) 23:12:16 ID:???
>>70>>71
本当かな?国内の憲兵なんてそんなに数はいなかったんじゃないの?

73 :名無し三等兵:2006/05/01(月) 23:58:33 ID:???
戦争中、憲兵と特高は度々混同されたらしいから。

74 :名無し三等兵:2006/05/02(火) 01:41:52 ID:???
>>72
嘘だろう。少なくともかなり誇張されてるのでは?
日本において戦後、無政府状態で殺人が平気で行われていたとか、
暴徒化したなんて話聞いたことない。
8月16日と言えば国民は打ちひしがれていた状態だしね。

まして無実の警官まで殺されていたりしたら、その後事件化して
歴史に残っているだろうし。

75 :名無し三等兵:2006/05/02(火) 02:56:03 ID:???
>>74
たぶん半島での話じゃないのか?


76 :李・・・:2006/05/12(金) 23:24:26 ID:???
伯父を探しています。伯父が日本憲兵の軍曹でしたが、1944年秋に朝鮮
半島の洪義洞の憲兵隊に勤務しました。伯父は中国人の朝鮮族で、19歳の時
日本に留学しました。

77 :名無し三等兵:2006/05/12(金) 23:38:50 ID:DOpFne0A
家のじじいが「俺は昔憲兵少佐だったんだ。」とか言ってるんですが偉かったんですか?

78 :アガシ:2006/05/14(日) 22:21:26 ID:olCTkFoU
憲兵は別に民衆に恨まれてゐませんし、終戦後も治安は大きく乱れておりません。
70は全くの虚偽です。

79 :u:2006/05/15(月) 17:29:42 ID:MYaR63TG
77> 憲兵少佐なら憲兵隊本部の課長級・憲兵分隊長級(他兵科の大隊長級)だから、偉い。
海軍でいうと駆逐艦長・潜水艦長級。
警察の警視くらい。警察署長みたいなもん。
お役人でいうと、本省の課長補佐級。鉄道でいうと急行が停車する駅長級。
学校の先生でいうと、小学校長か中学校長、大学の教授。
江戸時代でいうと、火付盗賊改の馬に乗った与力。
裁判所でいうと、検事くらい。
やくざでいうと、地方都市を牛耳る大きな組の代貸しくらい。
会社でいうと、部長か次長くらい。
くらいかな。

80 :名無し三等兵:2006/05/15(月) 17:40:25 ID:iw8bYrfM
>>79
えーくどいですw

81 :名無し三等兵:2006/05/15(月) 18:08:58 ID:jzaBsf+q
>>12
軍隊ではないから、軍法がない。
よって、民間の警察とのパイプ役としての長官直轄警務隊と、野戦憲兵役の保安隊で十分。

82 :名無し三等兵:2006/05/15(月) 18:14:48 ID:???
>>79
逆にどのくらい偉いか分からなくなってきたぜw

83 :名無し三等兵:2006/05/15(月) 22:31:11 ID:???
第二次大戦中、日本に国家憲兵ってあったのかな?特高警察は公安警察あたりだと思う

84 :u:2006/05/17(水) 10:35:19 ID:g5522mI+
82> まー今時の県庁所在地の警察署長くらいと思ってればヨイであります。

85 :u:2006/05/17(水) 12:33:39 ID:g5522mI+
83>憲兵司令部がいうなれば国家憲兵だわね。お膝元の東京憲兵隊長は陸軍省の軍務局長に軍内外の政治勢力の動静についていちいち報告していたし。
陸軍大臣が意のままに使える秘密警察機能を持っていたらしい。


86 :名無し三等兵:2006/05/17(水) 19:46:54 ID:MDXkdvs1
大学教授 高等官二等(勅任官二等)正五位・勲二等
陸軍少佐 高等官五等(奏任官五等)従六位・勲五等
警視   高等官七等(奏任官七等)従七位
駅長   高等官七等(奏任官七等)従七位
小学校長 高等官七等(奏任官七等)従七位

87 :u:2006/05/18(木) 11:33:53 ID:HEBOXmke
勅任二等の大学教授は学部長か学長か総長級、ヒラの教授は奏任で大佐〜少佐くらい
奏任七等の警視は中尉級のキャリアの新米。警視は奏任の上から下までにまたがっていて、古手は大佐級。
小学校長は奏任「待遇」じゃなかったけ?中学校長は奏任で従四位なんて人もいた。
駅長は京都駅やら仙台駅などになると、やはりもうちょっと上級の奏任官でしょう。
七等ならだいぶん小さい駅なのでは。
官等表みると、等級の幅と該当職が載ってるよ。
即ちお役人の等級はひとつの官等がひとつの職に該当するのではなくて、上下に幾つもの官等の幅があって、
年功をふるに従い、昇格していき、職も段々上級のものに移っていくのでした。



88 :名無し三等兵:2006/05/18(木) 11:37:19 ID:JvJDW8Nn
みなさん、お若いのによくご存知で
by元憲兵のジジイより

89 :名無し三等兵:2006/05/20(土) 16:24:03 ID:???
ここ軍板ですから(^ ^;

90 :u:2006/05/25(木) 11:08:53 ID:on/mduQt
旭日輝く地平線ん〜
護法の鬼の聖剣はあ〜
闇を断ち切り輝けるう〜
嗚呼、○○分隊ここにありい〜
(どこかの憲兵分隊長が作った歌)

91 :名無し三等兵:2006/05/25(木) 11:29:59 ID:1smJSfy9
ていうかつじーん引っ張らなかったのなんで?
大本営参謀には手が出せなかったのか…
関東軍参謀時代のタムスク空爆なんて命令無視もいいところなんだが…

92 :名無し三等兵:2006/05/29(月) 13:35:56 ID:???
>>91
大本営参謀(津野田少佐)が参謀肩章をつけたまま、
公衆の面前で逮捕と言うこともあったけど。

93 :名無し三等兵:2006/06/01(木) 04:30:04 ID:aeLNgufZ
憲兵だった祖父の写真の中に「中支憲友」って同窓会の写真があるけど、
これって何?

94 :名無し三等兵:2006/06/01(木) 07:39:20 ID:???
【初めて】ほしのあきヌード写真集【脱いだ】
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/tropical/1144587341/l50

95 :u:2006/06/01(木) 14:56:13 ID:VE7vxRoN
93>中支那派遣軍の憲兵のOB会。

96 :名無し三等兵:2006/06/01(木) 18:11:44 ID:orhwQE0q
誰か、台湾で古尾憲兵少佐をご存知ありませんか?
本人はB級戦犯で現地で絞首刑されて、部下は蒋介石に戦犯にあらずの
確約をとらせて、全員米軍のリバテイー船で引き揚げさせた方です。

97 :名無し三等兵:2006/06/01(木) 19:15:38 ID:???
松浦憲兵大佐

98 :名無し三等兵:2006/06/02(金) 12:51:04 ID:iYPFm+lS
>>96
リバティー船で思い出したが、引き上げの際に軍隊で空威張りしていた連中
結構、東支那海に放り投げられたらしいな。
なんでも、程ほどって〜のが生きる全てだな

99 :名無し三等兵:2006/06/02(金) 19:43:23 ID:hebkbPuX
>>95
それって偉かったのですか?

100 :名無し三等兵:2006/06/03(土) 00:21:11 ID:???
>>98
お礼参りだな

101 :u:2006/06/06(火) 14:51:50 ID:LIqU4HVG
99>戦友会だから、偉いのも偉くないのもまじっているんじゃないでしょうか。

102 :名無し三等兵:2006/06/09(金) 23:43:52 ID:9qSjIWHQ
フランス国家憲兵隊について↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E6%86%B2%E5%85%B5%E9%9A%8A

フランス国家憲兵隊の共和国親衛隊について↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD%E8%A6%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A

103 :名無し三等兵:2006/06/09(金) 23:50:48 ID:???
スミマセン。
第二次大戦下ドイツの憲兵はどのような表記と格好をしていたか教えていただけませんか?

104 :名無し三等兵:2006/06/10(土) 01:00:17 ID:2dF+FAG3
>>101
そうですよね…

てか戦時中の写真もあるのだが、中国人と一緒に笑いながら写っているぞ。
ほんとうに酷いことしたのか疑問???

105 :名無し三等兵:2006/06/10(土) 01:03:04 ID:???
>>104
まあ色んな側面があるよな 部隊や地方にもよるよ
日本軍は蛮行しかしなかったって言うやつも
日本軍は中国では規律がよく尊敬されたって言うやつも
どっちも肯定できんわけだ

106 :名無し三等兵:2006/06/10(土) 02:54:37 ID:???
日本の憲兵はあんま良い評判聞かんけど、他国でも憲兵に対する見方は似たようなもんなんかね。

107 :名無し三等兵:2006/06/10(土) 04:12:53 ID:???
日中戦争までの憲兵隊はエリート中のエリート。
各連隊ごとに割り当てがあって、中隊ごとに優秀者を競って送り込んだ。
そも、法律学はもちろん、取り締まる側なんだから、マルクス経済学なんかも
勉強しなければいけないわ、情報関係のスキル身に着けなきゃならないわ、
語学だって大変だし…
制服着て腕章つけて「私は憲兵です」なんて堂々としているやつは落ちこぼれ。
まともな憲兵は私服で勤務、諜報やっているんだから当たり前といえば当たり前の話。

だがしかし、日中戦争拡大後は憲兵隊も大拡張されたため質が落ちる。
しかも実戦に出るようになったため各中隊は優秀な人材を手放さず、
必然的におちこぼれの問題児が憲兵隊に集うようになる。
また、いったん社会に出た予備役の将校が入ってきて元の勤務先と癒着する。
そういうわけで憲兵隊は二極化したわけです。数としては悪いほうが多くなってしまった。

108 :名無し三等兵:2006/06/12(月) 12:00:21 ID:???
泣く子も黙る憲兵隊

109 :名無し三等兵:2006/06/12(月) 12:51:35 ID:???
>>106
基本的に軒並みそうわな。

米軍だと「お偉いさんと憲兵と軍楽隊は前線戦地にもでないでデカイ面してるひよっこ野朗ども」と聞くし、
ドイツ軍でも党やSSの犬と並んでゴルゲットに袖章にオレンジパイピングの憲兵は嫌われていたとか。
ソヴィエト赤軍は(ry

憲兵は軍の規律を守り取り締まるのが任務だし、他の兵科らとは違うからな。
ナム戦時に米軍憲兵隊が戦闘行動に参加した事とかはあるけど、稀だし。

110 :名無し三等兵:2006/06/12(月) 13:13:49 ID:k1OVPPaD
イタリアの警察官って、軍隊に所属してるんだってな・・・

111 :名無し三等兵:2006/06/12(月) 13:31:50 ID:???
普通の警察もあれば、カラビニエリ(軍警察)も財務警察もありますが

112 :名無し三等兵:2006/06/12(月) 14:25:20 ID:k1OVPPaD
ふ〜ん、ありがとう

113 :名無し三等兵:2006/06/12(月) 15:52:28 ID:???
どうでもいいけど、赤塚不二夫の親父って憲兵だったんだな。

114 :名無し三等兵:2006/06/17(土) 17:13:06 ID:???
漏れの遭ったカラビニエリは気のいいオサーンでつたね。
漏れのナガシマ英語を聞き分けてくれ、流暢な英語で返してくれるし。
最後はツーショット写真を撮らせてもらったよ。

115 :名無し三等兵:2006/06/20(火) 22:49:55 ID:x4LXHsPr
昭和40年代の半ば、学校出て就職したら当時はまだ戦争体験者、というか軍隊
経験者が大勢いました。その中に非常におっかないオジサンが二人、どちらも
体が大きく、気分屋で無愛想というところもよく似ていました。聞けば二人とも
かつて憲兵だったとのこと。話に聞く憲兵とはこういう人間だったのかと納得し
ました。

116 :名無し三等兵:2006/06/20(火) 23:10:23 ID:???
中学の時、副担を憲兵と呼んでたw

117 :名無し三等兵:2006/06/20(火) 23:40:36 ID:???
>>116
普通は生徒指導の先生だろ

118 :名無し三等兵:2006/06/21(水) 12:14:32 ID:???
ちなみに副担は女の先生でした。

119 :名無し三等兵:2006/06/21(水) 13:12:37 ID:???
唐草風呂敷がトレードマークのコメディアンだった「東京ぼん太」も東京憲兵隊の憲兵出身

120 :名無し三等兵:2006/06/24(土) 09:42:46 ID:N5BbO/Bx
↑ お笑いが出来る憲兵って・・・

121 :名無し三等兵:2006/06/24(土) 09:43:55 ID:???
憲兵だって人間だもの。


122 :名無し三等兵:2006/06/30(金) 19:57:08 ID:???
このスレ的にヤングキングアワーズの「平成コンプレックス」はどう?

123 :名無し三等兵:2006/06/30(金) 22:14:12 ID:???
ヘルシングと新谷かおるしか見てない

124 :名無し三等兵:2006/07/02(日) 02:59:24 ID:???
ハーイル、イルパラ(ry

33 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)