5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

妹に、飛行機を見につれてけと言われていますpart3

1 :名無し三等兵:2006/08/11(金) 01:43:01 ID:???
この書き込みから全ては始まった…。


13 名無し三等兵 sage 2005/06/09(木) 14:18:06 ID:???

病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……F-108レイピアに護衛されて飛ぶXB-70ヴァルキリーが見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww無理wwwwwwwwww


2 :名無し三等兵:2006/08/11(金) 01:43:46 ID:???
過去スレ

妹に、飛行機を見につれてけと言われています。
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1116668495/

妹に、飛行機を見につれてけと言われていますpart2
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1125977085/


3 :名無し三等兵:2006/08/11(金) 01:48:54 ID:Ngqb0RLS
軍事オタクをナメなめんなよ! 政治も経済も明るくないけど、
兵器だけには詳しいんだぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

4 :名無し三等兵:2006/08/11(金) 03:21:44 ID:???
顔もスタイルもよく、男性に非常にモテる女友達がいます。
僕とはいわゆる友情どまりなのですが、この前携帯に電話
がかかってきました。
声からするととても酔っており、そういえば飲み会があるとか
言ってたな、などと思いながら何か勢いよくまくしたてるのを
聞いていたんですが、悔しい、悔しい、と半分泣きながら言う
んです。
「どうしたの?」と聞いたら…

「なんで皆キャンベラの機首席の魅力が解らないのよっ!!」





無理w


5 :名無し三等兵:2006/08/11(金) 07:08:47 ID:???
>>3
妹は苦しそうに顔を歪めてこう言った

それは軍事ヲタじゃなくて兵器ヲタなだけだよお兄ちゃん

6 :名無し三等兵:2006/08/11(金) 07:57:42 ID:???
いい加減ねた切れ

7 :名無し三等兵:2006/08/11(金) 09:18:46 ID:???
スレ探すのめんどいから射角アゲ

8 :名無し三等兵:2006/08/11(金) 10:13:03 ID:???
part1をバーボンスレとして立てた人です・・・よもや1年以上
生き残るとは思いませんでした。

>>13氏に敬礼wwwwwwwっうぇwwwwwwwwwww

9 :名無し三等兵:2006/08/11(金) 12:54:29 ID:???
いや、別にあんたは偉くないから

10 :名無し三等兵:2006/08/11(金) 13:07:47 ID:???
もう>>10を称えるスレにすればいいよ

11 :名無し三等兵:2006/08/11(金) 13:57:51 ID:???
uy

12 :名無し三等兵:2006/08/11(金) 14:05:39 ID:???
10は英雄だ
大変な功績だPAMPAMPAMPAMPAMPAM

13 :名無し三等兵:2006/08/11(金) 15:05:19 ID:???
フングルイ・ムルグウナフー、>>10・ル・リエー、ウガ=ナグル・フタグン

14 :名無し三等兵:2006/08/11(金) 21:01:29 ID:???
フル語でおk

15 :名無し三等兵:2006/08/12(土) 00:16:33 ID:???
永遠の名スレ
妹に、飛行機を見につれてけと言われています。
http://makimo.to/2ch/hobby7_army/1116/1116668495.html

16 :名無し三等兵:2006/08/12(土) 20:38:56 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ゲームがしたいよ。」
ゲームどころか、この1年テレビだって見れていないのに。
「ゲームか。……どんなのがしたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……HoI2のアルバニアで世界征服したいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww無理wwwwwwwwww


17 :名無し三等兵:2006/08/13(日) 00:28:43 ID:???
即死回避

18 :名無し三等兵:2006/08/14(月) 22:49:47 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お馬さんがみたいよ。」
サラブレッドどころか、この1年ポニーだって見れていないのに。
「お馬さんか。……どんなのがみたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「……核戦争下で爆心地に向かって突撃する騎兵がみたいよ。」


ちょwwwwwおまwwwwwww無理wwwwwwwww

19 :名無し三等兵:2006/08/15(火) 00:13:29 ID:???
これかwww

ttp://www2.ttcn.ne.jp/~heikiseikatsu/VCD_2.htm


20 :名無し三等兵:2006/08/15(火) 16:44:54 ID:???
ちょwww厨国wwwwっうぇww

21 :名無し三等兵:2006/08/17(木) 13:39:10 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、98式が見たいよ。」
パトレイバーのことか。確か家にビデオがあったな。
「パトレイバーか。……どれが見たいんだ?
漫画版か、OVA版か、それとも映画版か?」
「ううん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……中国の98式戦車が見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwマニアック杉wwwww

22 :名無し三等兵:2006/08/17(木) 14:24:40 ID:???
そうか?
むしろパトレイバーのほうが見たことないから知らなかった

23 :名無し三等兵:2006/08/17(木) 22:43:43 ID:???
篠原重工AV-98イングラム…旧OVA5作まで見てから映画見ろ。
映画の1はマジ神な出来。いまの大抵のアニメが見られなくなる。
2は映画としては微妙だが、ここの住人なら基礎教養レベル。

24 :名無し三等兵:2006/08/17(木) 23:29:43 ID:???
>>22
そんなアナタに前スレ>>586-624

25 :アドバンスト杜聖 ◆REH634FRNQ :2006/08/18(金) 00:35:52 ID:???
>23
時々でいいから廃棄物13号のことも思い出してやってください(´・ω・`)

26 :名無し三等兵:2006/08/18(金) 10:51:19 ID:???
スパロボ未登場のロボッタなんて認めません

27 :名無し三等兵:2006/08/19(土) 00:34:25 ID:???
ロボッタて何?

28 :名無し三等兵:2006/08/20(日) 07:00:33 ID:???
前スレdat落ち確認。

>>27
ロボダッチの事じゃないか?

29 :231:2006/08/20(日) 11:02:32 ID:???
病室には俺の苦しそうな吐息と血圧計の電子音だけが響いている。
俺は白い顔を時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げたデブには見えない。
なんで、俺なんだ。まだOOOじゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、インターネットがみたいよ。」
自分でPCつかって見ればいいのに。
「ネットか。……どんなのがみたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。



「……妹に、飛行機を見につれてけと言われていますpart2 がみたいよ。」


ちょwwwwwおまwwwwwww壷いれてないから無理wwwwwwwww


30 :名無し三等兵:2006/08/20(日) 11:04:31 ID:zsTM4JQZ
    |┃三
    |┃  、))
    |┃, --" - 、
    |┃〃.,、   ヽ
    |┃ノ ノハヽ、 i
    |┃l'┃ ┃〈リ
    |┃|l、 _ヮ/从  海洋迷彩塗装の邪神様が見たいの
    |┃/∀_ヽ.
______.| (ゝ  〈、つ
    |┃/___ゝ
    |┃/-/-|
    |┃二) ニ)
 ガラッ

31 :名無し三等兵:2006/08/20(日) 21:50:54 ID:???
サイトに載ってる画像で我慢してくれ

32 :名無し三等兵:2006/08/20(日) 23:07:08 ID:???
↑なら貼れよw

33 :名無し三等兵:2006/08/20(日) 23:29:42 ID:???
それぐらい見たいなら自分で探せ。

34 :名無し三等兵:2006/08/21(月) 02:29:27 ID:???
http://www.stavatti.com/f26/gallery/STALMA_JASDF_1.jpg

35 :名無し三等兵:2006/08/21(月) 07:04:38 ID:???
>>29
ちゃんと1000まで埋めれば、にくちゃんねるが保存してくれたのに。
次スレをあまりにも早くから立てるからこんな事になる。
誰かここに依頼しろよ。
2ちゃんねる dat落ちスレ補完所 http://www.2chdat.net/

36 :名無し三等兵:2006/08/21(月) 21:14:30 ID:???
>>29
>>35

つ【dat2html】

37 :名無し三等兵:2006/08/22(火) 11:15:31 ID:???
ふーん。自分だけ読めればいいんだ。

38 :名無し三等兵:2006/08/22(火) 11:44:10 ID:???
1000まで埋めないと取り込まれないのはにくちゃんねるの都合でしかないのに
それを他人に押し付けるのはどうかと思うがね。

39 :名無し三等兵:2006/08/22(火) 13:57:33 ID:???
うpしといたよ
カサマツさん1MB hajime1722.zip
パスはxb-70



40 :名無し三等兵:2006/08/22(火) 23:38:14 ID:???
これだけ残しておけばじゅうぶん。

952 :名無し三等兵 :2006/08/10(木) 19:11:34 ID:???
兄上へ

このレスをもって私の妹としての最後の仕事とする。
まず、私のの希望を実現するために、ライト・パターソン博物館に展示されている
1号機のレストアをお願いしたい。
以下に、安全保障についての愚見を述べる。
敵の核攻撃能力無力化を考える際、第一選択はあくまで高々度超音速侵入による
先制攻撃であるという考えは今も変わらない。
しかしながら、現実には北朝鮮の場合がそうであるように、
発覚した時点で燃料注入や攻撃態勢未満の外交的緊張状況がしばしば見受けられる。
その場合には、国連決議を含む外交努力が必要となるが、
残念ながら、未だ満足のいく成果には至っていない。
これからの安全保障の飛躍は、単なる対話以外の外交手法の発展にかかっている。
私は、兄上がその一翼を担える数少ない人物であると信じている。
能力を持った者には、それを正しく行使する責務がある。
兄上には先制攻撃能力の強化と法整備に挑んでもらいたい。
遠くない未来に、近隣諸国による軍事的脅威が日本からなくなることを信じている。
ひいては、私の希望を実現の後、兄上の国防能力強化の一石として役立てて欲しい。
「戦乙女は死をもたらす翼なり」。

なお、自ら戦略爆撃の第一線に命を賭さんと望む者が空を飛ぶこともならず、
完全看護の病室でベッドの上に死すことを、心より恥じる。



41 :名無し三等兵:2006/08/23(水) 07:46:27 ID:???
改変者?

42 :名無し三等兵:2006/08/23(水) 13:54:30 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、クルセイダーが見たいよ。」
クルセイダーか。戦闘機にしろ戦車にしろ探せば実物があるかもな…
「クルセイダーか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……砂漠の中から出てくる鉄柵モドキを翼を折りたたんで
 くぐり抜けるクルセイダーが見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww無理wwwwwwwwww

43 :名無し三等兵:2006/08/23(水) 17:39:17 ID:???
これで妹にコリア日日の方見せたら本当に逝きそうだな。

44 :名無し三等兵:2006/08/23(水) 22:21:48 ID:???
>>42
gyao見れば?

45 :名無し三等兵:2006/08/24(木) 11:53:31 ID:???
>>44
妹に死ねと仰るか

46 :名無し三等兵:2006/08/25(金) 00:50:24 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、謝らないといけないことがあるの。」
もう、いいんだ・・・・俺はお前のすべてを許す…
「何をいまさら?何のことか知らんが気にしてないぞお兄ちゃんは」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……左舷、弾幕が薄い。砲撃手、何やってんの・・・・・・・・・・
本当はとっても厚かったんだよ」





ちょwwwwwおまwwwwwwwいろんな意味でご冥福をお祈りしたwwwwwwwwww


47 :名無し三等兵:2006/08/25(金) 11:43:26 ID:???
ご主人様、いままでとても楽しかったです。
よく軌道が変て怒られたけど小ちゃっくってごめんなさい。
太陽系が、入れる予定だったカロンはあたしの妹です。
妹だけど、実は双子の妹でした。
素直な子で、氷もあります。
この子のせいだから本当はちょっとくやしいです、
これからは妹といっしょに可愛がってもらえるとお姉さんとして嬉しいです。
いままで目だ立たない子でごめんなさい…
そして太陽系に入れてくれて有難うございました。
あたしはもう消えちゃうけれど最後にお願いがあります。
聞いてくれると嬉しいです。
ご主人様の持っている太陽系の図鑑捨てないでください。
あたしが載っています。今のあたしじゃないけどあたしです。
どきどき見たり触ったりしてくれると嬉しいです。
太陽系に入れてもらえて、プルートは幸せ。

48 :名無し三等兵:2006/08/25(金) 11:51:56 ID:???
>>47
いや、消えてなくなるわけじゃないから、
と、いつ見ても突っ込みたくなる


49 :名無し三等兵:2006/08/25(金) 17:37:40 ID:???
>>47
セーラムーンという解釈でいいか?

50 :名無し三等兵:2006/08/25(金) 18:01:49 ID:???
>>49
主人公が既に・・・

51 :名無し三等兵:2006/08/25(金) 19:01:24 ID:8k2PGXQ7
ミサトさん・・・

52 :名無し三等兵:2006/08/25(金) 19:18:03 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたしの変わりに助けて欲しい娘がいるの。」
他人のことを心配するというのか、自分がもう助からないというのに。
「……分かった、誰を助ければいい?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……墜落したF-15Kのブラックボックスを回収して上げて。」





ちょwwwwwおまwwwwwww無理wwwwwwwwww

53 :名無し三等兵:2006/08/26(土) 22:09:14 ID:???
出来なくもない。
日本に仕掛けてきたら、糞ほど墜ちるからww

54 :名無し三等兵:2006/08/26(土) 22:26:26 ID:???
連中にそんな勇気は無い罠

55 :名無し三等兵:2006/08/26(土) 22:36:38 ID:???
というかF-15Kを落としたのは邪神様

56 :名無し三等兵:2006/08/27(日) 01:30:43 ID:???
むしろ邪神様のブラックボックスを回収して欲しい

57 :名無し三等兵:2006/08/27(日) 16:36:59 ID:???
@

58 :名無し三等兵:2006/08/27(日) 17:10:43 ID:???

  ・

59 :砂漠狐達 ◆eVB09GorVw :2006/08/27(日) 23:35:37 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、石像が見たいよ。」
石像どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「石像か。……どんなのが見たいんだ?バーミヤンの大仏か?」
「そんなのじゃないよ・・・それに、それはもう無いじゃない・・・・・・」
妹は、儚げな笑顔を浮かべ、こう答えた。





「……飛ぶ、光線を放つ、喋る、瞬間移動する、御色町の黒い翼を持つ犬の石像」




ちょwwwwwおまwwwwwww無理wwwwwwwwww
「へい、ガァールっ!ゴイロ町に連れて行けばイイんだなっ!」
・・・・・・変な奴も湧いて来たしwwwwwwwwwwwwwww

60 :名無し三等兵:2006/08/30(水) 23:28:34 ID:???
ほしゅ

61 :名無し三等兵:2006/08/30(水) 23:29:32 ID:???
させるかよ

62 :名無し三等兵:2006/08/31(木) 22:03:24 ID:fDQ0kyZX
自室には妹の苦しそうな吐息とパソコンのファンの音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、夏休み遊びまくっていたようには見えない。
なんで、先週じゃなくて今日なんだ。もう31日じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「自由工作が終わらないの。」
ちっ、一番めんどくさいもの残しやがって…。
「……分かった、何を作るんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……イランに攻め込む為の偽造書類。」





ちょwwwwwおまwwwwwwwオチ読まれてるwwwwwwwwww


63 :名無し三等兵:2006/08/31(木) 22:28:20 ID:QfmP1TXD
>>40の元ネタは特攻隊の遺書?

64 :名無し三等兵:2006/08/31(木) 22:31:25 ID:???
白い巨塔を読め

65 :名無し三等兵:2006/08/31(木) 22:43:52 ID:???
ああ、そういえば。財前か。

66 :名無し三等兵:2006/08/31(木) 22:44:38 ID:???
>63
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/gline/1081014390/

67 :名無し三等兵:2006/09/01(金) 22:01:49 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……よう、相棒。戦う理由は見つかったか?」





ちょwwwwwおまwwwwwww片翼の妖精wwwwwwwwww



68 :名無し三等兵:2006/09/02(土) 13:36:41 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、今年の誕生日はが欲しいプレゼントがあるの。」
プレゼントどころか、ここ数年まともに誕生日を祝えてすらいないのに。
「プレゼントか。……どんなのが欲しいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「メビウス1、プレゼントには終戦記念日を頼む。」





ちょwwwwwおまwwwwwww交戦開始wwwwwwwwww


69 :名無し三等兵:2006/09/02(土) 20:22:06 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……オメガ隊、全機が一斉にイジェークトするのが見たいよ」





ちょwwwwwおまwwwwwww五十二万七千五百四十六機wwwwwwwwww



70 :名無し三等兵:2006/09/02(土) 21:10:03 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、叶えてほしい願い事があるの。」
願い事どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「願い事か。……どんなのがいいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……我々の美声を聞きたまえ」





ちょwwwwwおまwwwwwwwオーカニェーバwwwwwwwwww

71 :名無し三等兵:2006/09/02(土) 21:12:03 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、聞いてほしい事があるの。」
願い事どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「聞いほしい事か。……なんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……もう少し、もう少しだけブレイズの二番機で居させて」





ちょwwwwwおまwwwwwwwナガセwwwwwwwwww

72 :名無し三等兵:2006/09/02(土) 21:14:28 ID:???
なにこれ……

73 :名無し三等兵:2006/09/02(土) 21:19:18 ID:???
エスコン厨が来てるのか

74 :名無し三等兵:2006/09/03(日) 07:04:36 ID:/Xfas5GF
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機がみたいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。・・・・どんなのがみたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……プリンタで印刷するステルス無人機が見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwwwあるわけないだろwwwwwww


と思ったら、こんなものがあるのね・・・・・・・http://japanese.engadget.com/2006/07/26/polecat-uav/
よかったな妹よ。 というか、お前知ってたろ?


75 :名無し三等兵:2006/09/03(日) 09:04:06 ID:???
3Dプリンタは「印刷」するわけではないので注意。

76 :名無し三等兵:2006/09/03(日) 09:10:11 ID:???
印刷するのもあるお
ttp://www.venus.sannet.ne.jp/eyoshida/aa6b2.pdf#search='%E7%B4%99%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E6%A9%9F%E3%80%80%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%B9'

77 :名無し三等兵:2006/09/03(日) 10:23:15 ID:???
>>75
一応知ってましたが、そっちの方が面白いかなっと。
アメリカの発想ってのはすごいよなあ。

「一方、ソ連はナイフを使った」?

78 :名無し三等兵:2006/09/05(火) 11:32:58 ID:???
>68
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1125977085/664
664  名無し三等兵 sage Date:2006/04/27(木) 23:49:15 ID:???
>>662
AWACS SKYEYE
<<今日は妹の誕生日だ。勝利をプレゼントしてくれ>>










<<メビウス1、明日は妹の命日だ。供花には終戦記念日を頼む。>>


79 :名無し三等兵:2006/09/06(水) 17:39:47 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……ソルバルウが見たいよ。」





数日後、兄の倉庫にはあちこち走りまわって集めたBAEライトニングの後部とXFV-12があった―――

80 :名無し三等兵:2006/09/06(水) 20:24:17 ID:???
ゼビウス?

81 :名無し三等兵:2006/09/09(土) 18:28:25 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……サボイアS.21 戦闘試作飛行艇がみたいよ。」




翌日、俺は三鷹に電話をかけた……

82 :名無し三等兵:2006/09/09(土) 22:37:44 ID:???

病室には私の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
兄の健康な顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた心臓病の患者の兄には見えない。
なんで、兄じゃなくて私なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りや呪詛や怨恨が終わる前に、私は静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お兄ちゃんがあることをしてるとこが見たいよ。」
飛行機どころか、この1年病室の外にだって見られていないのに兄ときたら外を遊びあるきやがって。畜生。
「俺か。……何をしてるのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んで私は、儚げに笑ってこう答えた。





「……心臓移植のドナーカードに記入したあと事故にあうお兄ちゃんが見たいよ。」




83 :名無し三等兵:2006/09/09(土) 22:48:21 ID:???
黒いって……やぁねぇ〜
このおませさん

84 :名無しの三等僧兵 ◆LtXpAzPv62 :2006/09/10(日) 00:39:40 ID:jLXjR0x1
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、海の牙城を読みたいよ。」
この間、5巻を読み終えたばかりだと言うのに。
「海の牙城か。……もう一度読むのか? 何巻だ? それとも曙光から読み直すのか?」
「ううん。違うの。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。







「海の牙城4巻で、浦賀水道を通過する米艦隊が機雷で大打撃を受けて砲撃を断念するシーンが読みたいよ。……三笠は爆散しちゃ駄目だよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww今からノビーに掛け合ってくるwwwwwwwwww


85 :名無し三等兵:2006/09/16(土) 00:42:13 ID:qPD96KSf
保守しときますね(はぁと)

86 :名無し三等兵:2006/09/16(土) 08:10:12 ID:???
ネガティブ

87 :名無し三等兵:2006/09/21(木) 18:00:19 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、インターネットでゲームしたいよ。」
ゲームどころか、この1年外にだって出られていないのに。
「ネトゲか。……どんなのがやりたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「お兄ちゃんどいてそいつ殺せない」





ちょwwwwwおまwwwwwwwS県月宮wwwwwwwwww


88 :名無し三等兵:2006/09/21(木) 20:36:56 ID:???
>>87
兄の彼女がアコなわけだな。

89 :名無し三等兵:2006/09/22(金) 13:30:32 ID:Yq4topfO
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、波乗りがしたいよ。」
波乗りどころか、この1年外にだって出られていないのに。
「サーフィンか。……どんなのがやりたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「フライングアーマー装着して超音速によって発生するソニックウェーブで大気圏に突入」

ちょwwwwwおまwwwwwそれウェーブライダーwwwwww
宇宙世紀までおまちくださいっ!!wwwww

90 :名無し三等兵:2006/09/22(金) 14:06:02 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、最終回まで生きたいよ。」
テレビは病室から出られない妹の数少ない慰めだった。
「最終回か……どんなのドラマなんだ?」
「ううん、ドラマじゃないの。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「レッドサンブラッククロス第四次世界大戦編の最終回が読みたいよ」

ちょwwwwwおまwwwww100歳まで生きても無理wwwwww

91 :名無し三等兵:2006/09/24(日) 11:10:49 ID:???
>>91
>100歳まで生きても無理
だからこそ儚げに笑うんだろうなぁ。
諦観ともいうか。

92 :名無し三等兵:2006/09/24(日) 22:54:21 ID:???
お前は何をしに北?

93 :名無し三等兵:2006/09/25(月) 06:45:06 ID:???
殺すためです。Sir

94 :名無し三等兵:2006/09/25(月) 19:04:20 ID:???
なら大丈夫だ

95 :名無し三等兵:2006/09/28(木) 09:41:03 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「兄さん。とにかく話しかけないでって言ってるでしょう」
「時に妹よ」
「入院中の病室でも顔を合わせるとはなんたる不覚。
 もしかしなくてもこの男はストーカーなのではないかしらん。
 で、どうしたの、兄さん」
「そう嫌わないでくれ。仲直りしようと思ってこれを買ってきた」
「亀ね」
「亀だ」
「ああもう沢山。この兄と来たら陰茎の事ばかり。
 得意げな顔をして髷を動かしている。こんな兄の血を引く自分が憎い」
「100円だったぞ。安いものだな、亀と言うのは」
「卑猥にすぎる。日本はどうなってしまうのか」

96 :名無し三等兵:2006/09/29(金) 01:47:55 ID:ig80+wPb
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、潜水艦に乗りたいよ。」
潜水艦どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「潜水艦か。……どんなことがしたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「スレッド下層から緊急浮上」

ちょwwwwwそれ保守wwwww

97 :名無し三等兵:2006/09/29(金) 22:41:21 ID:???
>>96
妹乙

98 :名無し三等兵:2006/09/30(土) 09:40:58 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、タイの警察が見たいよ。」
タイか、クーデターでてんやわんやだろうに。
「タイ警察か。……どんな警察が見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「クーデターの首謀者を逮捕するために
 埋め立て地に出動するタイ警察が見たいよ」

ちょwwwwwなんか混じってるwwwww

99 :名無し三等兵:2006/09/30(土) 15:46:43 ID:???
>>98
まぁアレの冒頭は舞台がカンボジアだったしな。

100 :名無し三等兵:2006/09/30(土) 19:45:52 ID:???
100なら妹死亡BED

101 :名無し三等兵:2006/09/30(土) 20:13:28 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を開いた。
「……なんだ?」
「わたし、レスが見たいよ。」
2chのスレへのレスか?いつも見てるだろうに。
「レスか。……どんなレスが見たいんだ?」
「うん。」
ちっとも考えずに妹は、ニヤニヤ笑いながらこう答えた。


>>100 妹死亡 BED 」


言うてやるな。流してやれorz

102 :名無し三等兵:2006/10/02(月) 18:32:39 ID:???
妹死んだお< ^ω^>

103 :名無し三等兵:2006/10/03(火) 01:41:30 ID:???
おお、妹よ、死んでしまうとはなさけない。
もう2度とこのようなことが無いようにな。
では、ゆけ!妹よ!!

104 :名無し三等兵:2006/10/03(火) 19:05:32 ID:???
ヴァルハラヘ!!!

105 :名無し三等兵:2006/10/06(金) 00:17:48 ID:???
これが最後の妹とは限らない
いずれ第二、第三の妹が(r

106 :名無し三等兵:2006/10/06(金) 04:56:09 ID:???
「私の代わりはいるもの。」

107 :名無し三等兵:2006/10/08(日) 12:08:22 ID:???
保守しときますね(はぁと)

108 :名無し三等兵:2006/10/08(日) 12:23:50 ID:???
くそスレ保守んな
妹市ね

109 :名無し三等兵:2006/10/08(日) 12:47:21 ID:???
なんで妹が>>108みたいな奴に罵倒されるんだ
まだ中学生じゃないか、あんまりだ

パス?

110 :名無し三等兵:2006/10/08(日) 13:08:47 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、戦車が見たいよ。」
戦車どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「戦車か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「……クーデターでバンコク市内を走るM41ウォーカーブルドッグがみたいよ」



ちょwwwwwおまwwwwwwもう、撤収済みwwwwww

111 :名無し三等兵:2006/10/08(日) 13:12:49 ID:???
(ええい、ならばオレが人柱に・・・・・・・)

病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、レースが見たいよ。」
レースか、そういや、今日はF1日本GPだったな。
「レースか。……鈴鹿には行けないけど、2時からフジテレビで見られるぞ?」
「うん。でもちがうの。」
「じゃ、どんなレースなんだ」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「豚キムがブッシュ相手に一歩も引かないチキンレース。」





ちょwwwwwおまwwwwwww・・・・・・・・・今日やるのかなあ?



112 :名無し三等兵:2006/10/08(日) 13:13:44 ID:???
>>110

なあ、これだけ過疎ってたのに、わずか4分違いって・・・・・

113 :名無し三等兵:2006/10/10(火) 02:19:27 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、駐車が見たいよ。」
駐車どころか、この1年駐車場すら見れて無いのに。
「駐車か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。


「……空中にある駐車場にジャンプする車がみたいよ」


ちょwwwwwおまwwwwwwどこのWEBサイト見たwwwwww

ttp://portal.nifty.com/2006/10/06/a/

114 :名無し三等兵:2006/10/10(火) 23:19:56 ID:???
>>113
ナイト2000が欲しくなるな。

115 :名無し三等兵:2006/10/13(金) 21:45:46 ID:QaJPbcns
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静かに口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お礼がしたいの。」
いつも無茶な要求に答えてきたんだから当然だろうが…。
「礼なんていいぞ、兄妹だから当たり前だ」
「勘違いしないでお兄ちゃん。お礼がしたいのは別の人。」
「…じゃあ、誰なんだ?」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「バーボンだったこのスレをここまで盛り上げた1スレ目の>>13

ちょwwwwwまだ居るのか?wwwww


116 :名無し三等兵:2006/10/15(日) 18:39:55 ID:???
>>115
イルヨー
でも、お礼なら最初に改変した人に言っておくんなさい。

117 :名無し三等兵:2006/10/16(月) 13:24:07 ID:???
>>116
ヽ( ・∀・)ノ ハイ

でも、大元が無きゃここまで来ませんからね

118 :名無し三等兵:2006/10/16(月) 17:27:29 ID:???
>>116-117
そんなに自己顕示せんでも……

119 :名無し三等兵:2006/10/18(水) 13:38:48 ID:???
>>118
まぁ、いいじゃないか。コテ名乗るわけでもなし

120 :名無し三等兵:2006/10/18(水) 22:03:37 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、仮病には見えない。
なんで、仮病なんだ。まだ中学生じゃないか。演技力ありすぎだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、外出したいよ。」
外出どころか、退院許可だって出ているのに。
「外出か。……どこに行きたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……ディ○ニーランドに行って、○ィズニーシーにも行って、あ、もちろんお兄ちゃんのおごりで…」





おら!退院するぞ!なに?急に頭が?唾でもつけておけ!


……退院祝いでディズ○ーランドに行こうか?

121 :名無し三等兵:2006/10/18(水) 22:07:37 ID:???
なあに午後にはディズニーランド見物できるさ

122 :名無し三等兵:2006/10/24(火) 01:35:51 ID:8SMR4+YB
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静かに口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お兄ちゃんにご飯作ってあげたいの。」
ご飯を作るどころかここ数年ろくに料理すら食べていないのに…。
「どんなご飯を作ってくれるんだ?」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「お兄ちゃんのベッドの下にあったエロDVDの真似してもんじゃ」

ちょwwwwwゲロ物DVD置いていった馬鹿友人wwwww
妹に見られたじゃねぇかwwwwwwヴちコロスwwwwww

「ぅげぇぇぇぇぇぇぇ・・・」

ちょwwwwwホントに吐くなwwwwww

123 :名無し三等兵:2006/10/24(火) 04:27:43 ID:dM0kXi7N
123

124 :名無し三等兵:2006/10/24(火) 06:53:23 ID:???
祖父は関東軍の士官だったんですが
戦闘は皆無で地元の少女をさらってみんなで強姦するのが唯一の暇つぶしだったと言っていた

日中は街中をぶらつき可愛らしい少女を物色したり
地元の百姓をハンティングして

夜は昼間に見つけた少女をさらって少女の親族を虐殺するのが楽しかったんだって


うちの大叔父は大陸で4桁の少女を強姦して妊娠させたのを未だに自慢します

医師が妊娠を確認したら性器から軍刀を差し込み殺害して肉を鍋にして部下に振る舞ったそうです

朝鮮に駐屯した時分には毎日数人は娯楽代わりに射殺したり娯楽したそうです


フィリピンといえばマカーサーが去ったマニラにうちの祖父は突入した
そこでまずしたのは禁止も制限もされていなかったので
残留白人女性を老女から赤ん坊まで強姦し
白人男性は四肢を切断して便所に放り込むこと

でも足らないから現地人を強姦して殺戮しまくった

流石に上官に止められるかと思ってが
上官は司令部から大本営からもっとやれって言われてたから協力してくれたんだって


125 :名無し三等兵:2006/10/24(火) 07:05:43 ID:???
俺の祖父は、↑のようなバカな日本兵は一人もいなかったって。
ただ、妄想狂・偏執狂の半島系日本人が、ぶつぶつと↑のような独り言を言ってて、
いざ戦闘になると真っ先に逃げ出すので始末におえなかったそうです。

126 :名無し三等兵:2006/10/24(火) 07:53:34 ID:???
祖父は軍の士官だったんですが
戦闘は皆無で超高速・高々度・長航続距離の条件を備えた新型爆撃機の開発が唯一の暇つぶしだったと言っていた

日中は街中をぶらつきノースアメリカンに注文つけたり
地元のロッキードのプランをハンティングして

夜は昼間に見つけたプランを見て「これでは飛行機ではない、三機編隊だ!」って怒鳴り散らすのが楽しかったんだって


うちの祖父は大陸で5兆円以上の予算を請求して開発させたのを未だに自慢します

国防長官が中止を命令したら高々度を飛行することで対空防御をかわすと言って試作機三機を作らせたそうです

宣伝用フィルムを撮影の時分に事故を起こした後博物館に眠っているそうです


XB70といえばB52が去った後の機体としてうちの祖父は開発させた
そこでまずしたのは計画の禁止も予算の制限もされていなかったので
爆撃機をアラスカからモスクワまでカバー可能にし
随伴護衛機は音速を超えて爆撃機についていけるように

でもそれじゃ足らないから上司を説得して予算をとりまくった

流石に上官に止められるかと思ったが
上官は司令部から儚げに笑って
「……F-108レイピアに護衛されて飛ぶB-70ヴァルキリーが見たいよ。」
って言われてたから協力してくれたんだって

127 :名無し三等兵:2006/10/24(火) 09:45:22 ID:???
そのおじいちゃんは日本の都市無差別爆撃を指揮した極悪人ですね。

128 :名無し三等兵:2006/10/24(火) 15:26:56 ID:???
創作活動に行き詰まった「僕」は、
故郷のサナトリウムに、昔の幼馴染に会いに行く事にした。
装甲列車を降りると、昔と変わらぬ要塞都市の光景が広がる。見舞いに行くと、文字通り
病的に白く美しい彼女に目を奪われてしまった、まるで彼女の周りだけ時間が止まっているよふである。
ふと病室の壁に目をやると、7.62mmの薬莢弾帯が飾られていた
「こういうのがお好きなんですね」
「ええ、小型軽量で汎用性も高いから・・・・」
「でも脇役でしょう?、使い捨てだし」
「皆さんそうおっしゃるのね。でも私はそれでもよいと思ふの、だってこれは、
弾頭を撃ち出す為に生まれ、それをこの世に射出することで生きた証を残し、
天寿を全うする、きっと満足なんじゃないかしら。俺はここに存在したんだ、無駄な
一生じゃなかったんだって。」
「はぁ、そんなもんですかね」
錆びた薬莢達をぼおっと見ながら「僕」は言った
「そふ言へば、僕は明日東京に帰りますが、また正月には来ます、何か欲しい物など
ありますか?東京にはヒヨコなんて名物菓子なんかも

「わたくし・・・赤ちゃんが欲しい・・・・・・」
いつのまにか「僕」の背後にいた彼女がそっと呟いた
「ええっ!?」
僕が目を白黒させて振り向くと、彼女はいたずらっぽく笑って続ける
「ホホホ、冗談ですよ。ほら、入院生活って退屈でしょ、だから貴方みたいな真面目な方を
お見受けすると、一寸からかってしまいたくなりますの、どうかお許しになって」

「そ・・・そうですか」

「ああもうこんな時間、こんな肺病女の所に長居するとうつってしまいますわよ、それに
帰りのバスもなくなってしまうんじゃないかしら」

「え、ええ、そうですね、ではまた」

129 :名無し三等兵:2006/10/24(火) 15:27:05 ID:???

彼女の訃報を聞いたのは、東京に戻り日が経たない内だった。
軍用無線の向うでは、相変わらず呑気な父が、葬式に出るかと問ふてきたが、「僕」は
仕事を理由に断った。厳粛な葬儀の中、子供のように泣き崩れる自分が手に取るように
想像できたからである。無線を切った後、「僕」は涙が止まらなかった


あれから数年の月日が流れた。
真性のAK厨だった「僕」は、あれ以来7.62mm弾を撃つことは無かった

130 :名無し三等兵:2006/10/24(火) 16:21:01 ID:???
元ネタ?

131 :名無し三等兵:2006/10/25(水) 13:00:39 ID:???
ひよこは博多じゃなかったっけ?

132 :名無し三等兵:2006/10/25(水) 17:37:23 ID:???
>>131
東京と博多、両方の名物らしい
ってか、元ネタは?

133 :名無し三等兵:2006/10/26(木) 03:41:44 ID:???
「妹と月イチでHなことしてる♪」と女子高生タレントがblogで発言→炎上中 ★2
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1161654591/


134 :砂漠狐 ◆eVB09GorVw :2006/10/28(土) 22:16:16 ID:???
「それでね、変な夢を見るの」
義妹の高校卒業と同時に、俺達は結婚した。そして、この北の地へと引っ越したのだった。
「熊だの穴熊だのが庭にやって来るんだけど、亡霊がいつも追い払ってくの」
民法上、義兄妹なら結婚は問題なく出来るのだが、近所の目が辛いからな。
「聞いてるの?お兄ちゃ…まことさん」
愛する妻にデコピンを食らわせつつ、笑顔で俺は答えた。
「ちゃんと聞いてるよ。でもな、あいにく俺は宇宙人の夢判断は出来ないんだ」
「うにゅぅ、宇宙人なんてヒドイよ、まことさん」
頭のアンテナを振って抗議する妻を横目に、俺は表へ出た。

自衛隊の戦闘機が上空を通過していく。今日は何しに何処へ行くんだろうね。
今は遠き空の下にいる友よ、北海道の空は今日も青。風は爽やかだ。

参考
アナグマ
ttp://f35.aaa.livedoor.jp/~gotozoo/mammal/anaguma.htm
Tu‐16
ttp://military.sakura.ne.jp/aircraft/2_tu16.htm
Tu‐95
ttp://military.sakura.ne.jp/aircraft/2_tu95.htm
F‐4
ttp://military.sakura.ne.jp/aircraft/1_f-4.htm

135 :名無し三等兵:2006/10/29(日) 16:39:10 ID:???
ういんど乙

136 :名無し三等兵:2006/10/31(火) 14:18:55 ID:eMoWwglx
うんどげ

137 :名無し三等兵:2006/10/31(火) 21:55:44 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏 なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。

「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静かに口を開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。
「遠くまで、飛んでいく奴が見たい。」
俺はすぐに紙を折り紙飛行機を作った。
「よく見てろよ。」
窓の向こう側に投げる。紙飛行機は風に乗って眩しい光の中を遠くまで飛んでいった。
「綺麗だね、お兄ちゃん・・・」
「ああ、本当にそうだな。」
「私も・・・あんなふうに、飛べるかなぁ?」
「何言ってるんだ!お前は元気になって、たくさん紙飛行機を折って、
たくさん飛ばせばいいんだよ!」
「うん、、、そうだね、お兄ちゃん・・・でももう、私無理みたいだ・・・」
「な、、、何言ってるんだっ!お兄ちゃん、許さないぞ、そんな弱気言ったらっ、許さないからな。」
「ごめんね、お兄ちゃん・・・私、がんばれなかった・・・。今度はもっと強い子で生まれたいな・・・
 そしてお兄ちゃんと一緒に、紙飛行機を飛ばすんだ・・・。」

そういうとゆっくりと目を閉じて、静かに息を引き取った。
涙が出た。
医者がドタドタと静寂を壊して入ってくる。だけど涙は止まらなかった。

遠く、飛ばした紙飛行機は静かに地面に落ちていた。

138 :名無し三等兵:2006/10/31(火) 22:08:56 ID:??? ?2BP(0)
不覚にも泣いた

139 :名無し三等兵:2006/10/31(火) 23:27:56 ID:???
ここは笑いのスレであってほしかった

140 :名無し三等兵:2006/11/01(水) 01:26:03 ID:???
>>137

妹の火葬の日、空は晴れ渡っていた。
俺は、最期の慰みに彼女が最後に望んだ紙飛行機を棺に入れた。
そして、出棺のその時・・・
雲ひとつ無い青空に白い糸を引きずってXB-70ヴァルキリーが飛んでいった。
それは彼女が望んだユメのカケラだったのか、それとも俺の幻覚だったのか・・・。


141 :名無し三等兵:2006/11/01(水) 12:59:20 ID:???
飛ぶな!wwwww

142 :名無し三等兵:2006/11/01(水) 21:30:53 ID:???
それは誰もが手にするソラノカケラ。

143 :名無し三等兵:2006/11/01(水) 22:00:39 ID:???
>>140
ちょwwwきれいに終わらせとけよwww

144 :名無し三等兵:2006/11/01(水) 23:07:02 ID:??? ?2BP(0)
>>142
エースコンバットはいらねぇwww

145 :名無し三等兵:2006/11/02(木) 15:40:47 ID:???
ユメのカケラをソラノカケラと読んでしまった事は
秘密だ

146 :140:2006/11/02(木) 20:08:36 ID:???
>>145
ちょっと狙った。
まるっとソラノカケラっていうとエスコン厨叩き厨に叩かれそうだから
わざと変えた。
期待通りの脳内補完に感謝。

147 :名無し三等兵:2006/11/03(金) 23:56:55 ID:???
XB-70じゃなくてSR-71である事を祈る漏れ。。。

148 :名無し三等兵:2006/11/04(土) 15:35:06 ID:???
病室にはナガセの苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
ナガセの白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくてナガセなんだ。まだ20代じゃないか。あんまりだ。
「ブレイズ……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、ナガセが静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、飛行機が見たいよ。」
飛行機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「飛行機か。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだナガセは、儚げに笑ってこう答えた。





「……エスパーダ隊に護衛されて飛ぶXB-0フレスベルグが見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwwwZEROwwwwwwwwww

149 :名無し三等兵:2006/11/04(土) 21:44:55 ID:???
頭上をかすめる電波ソング……
 青く輝く陵辱シーン……
  地獄を照らすバットエンド画面……
   その日、妹は
    ”お兄ちゃん”と言った

150 :名無し三等兵:2006/11/04(土) 23:06:41 ID:???
>>149
エロゲ88にカエレ

ttp://pie.bbspink.com/test/read.cgi/erog/1158555355/

151 :名無し三等兵:2006/11/05(日) 23:15:12 ID:GrKPHtUd
>>149を改良

頭上をかすめるXB-70
白く輝くF-108
天空を駆け昇る白い雲
その日、妹は
星 となった


>>エリア88とは懐かしい

152 :名無し三等兵:2006/11/06(月) 17:57:29 ID:???
口直しに前スレから転記

662  名無し三等兵 sage Date:2006/04/25(火) 23:05:13 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、戦闘機が見たいよ。」
戦闘機どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「戦闘機か。……どんな戦闘機が見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……真っ青な空を飛ぶお兄ちゃんのF/A-22。」





<<モビウス1エンゲージ>>


153 :名無し三等兵:2006/11/06(月) 17:59:18 ID:???
664  名無し三等兵 sage Date:2006/04/27(木) 23:49:15 ID:???
>>662
AWACS SKYEYE
<<今日は妹の誕生日だ。勝利をプレゼントしてくれ>>










<<メビウス1、明日は妹の命日だ。供花には終戦記念日を頼む。>>



154 :名無し三等兵:2006/11/06(月) 18:00:43 ID:???
860  名無し三等兵 sage Date:2006/07/18(火) 21:41:50 ID:???
最期の言葉
「けっきょくスーパーフランカーとラプターどっちが強かったの?
 お兄ちゃん」

863  名無し三等兵 sage Date:2006/07/19(水) 09:30:57 ID:???
>860
「スーパーフランカーは大空に消え、地上に戻ることはないよ」

と言って、そっと妹の香りの残るハンカチを埋めた...。
妹の記憶は混沌となり ひとつの夢となって 現実の舞台を去った。

864  名無し三等兵 sage Date:2006/07/19(水) 09:41:37 ID:???
心地よく鼻をくすぐった 消毒液の 匂いもかすれ果てた
彼女の病室も 今では ただの空き部屋にすぎない
私は今 手紙を書いています
あのむなしかった闘病生活の最後に あなたのような兄と巡り会えたのは―
彼女には 望外の喜びだったに違いない―
せめてそう信じたいものだと―
それを確かめる相手は 彼女を看病したあなたしか残らない
だから こうして あなたへの手紙を―


155 :名無し三等兵:2006/11/08(水) 01:29:50 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ACが見たいよ。」
エースコンバットどころか、この1年マリオすらやっていないのに。
「ACか。……どんなACが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「ネクストを片っ端から落とすノーマル・・・」

ちょwwwwwwwwおまwwwwwwwwそれAC違い

156 :名無し三等兵:2006/11/08(水) 13:14:04 ID:fZ9jImA9
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、ACが見たいよ。」
エースコンバットどころか、この1年マリオすらやっていないのに。
「ACか。……どんなACが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「初期機体からライフルとミサイルを撤去してブレードだけでナインボールセラフを・・・」

ちょwwwwwwwwおまwwwwwwwwそれAC違い


157 :名無し三等兵:2006/11/08(水) 14:34:46 ID:wliKzM1p
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静かに口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お兄ちゃんが飛んでる姿が見たいよ」
飛んでる姿どころか、ここ一年は空もまともに見せてやれてないのに。
「今度基地のヤツに撮影してもらうよ……。どの機体がいい?」
「うん。」
ちょっと考え込んだあと妹は、朗らかに笑ってこう答えた。

「JETバックパック」
その機体は流石にないわorz

158 :名無し三等兵:2006/11/09(木) 20:52:07 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、幸せな家庭を築いてみたかったよ。」
家庭どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「幸せな家庭か。……どんなのだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「…ゆっくりと抱き締めてよ。それで満足だから」

「…これでいいのか?」
ゆっくりと抱き締める。暖かく心地よかった
「うん。お兄ちゃん、ありがとうね。これでやっと悔いが無くなったよ」
苦しそうに笑う妹の顔が微かに、しかし確実に穏やかな笑みを
浮かべたように見えた。
「縁起でも無い。必ず良くなって、幸せになるんだろう?」
笑い混じりにそう言い返したが、返事が来ない。
「おい!?冗談だろ!返事をしてくれよ!!」
もう決して返事を返す事の無い少女の頬は涙で濡れていた

「…おやすみ。今度こそ幸せになれよ」
震える声ではこれを言うのが精一杯で病室を飛び出してしまった
そんな時こんな声が聞こえた気がした
―――お兄ちゃん。最後まで迷惑かけちゃってゴメンね。
私はとっても幸せだったよ

159 :名無し三等兵:2006/11/09(木) 21:27:34 ID:??? ?2BP(0)
そろそろ飛行機から外れてる罠

160 :名無し三等兵:2006/11/09(木) 22:35:38 ID:???
>>159
妹板がないから他に移りようがない。
仕方が無いのさ

161 :名無し三等兵:2006/11/11(土) 16:58:32 ID:???
ttp://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1151854542/731

162 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 18:30:31 ID:???
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1124768951/7


163 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 22:05:06 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、Su-24が見たいよ。」
フェンサーか、ならヴァルキリーよりかは簡単だろう…
「フェンサーか。……どんなのが見たいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「……自衛隊法と憲法を逆手にとって、警告射撃すら出来ないイーグル
 を尻目に悠々と沖縄本島を偵察するSu-24が見たいよ。」





ちょwwwwwおまwwwwwww押井守がなにげに絶賛してたwwwwwwwwww

164 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 02:32:40 ID:???
詳細。

165 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 03:06:58 ID:???
僕はイーグル。だっけか。亡命機、と書いてファルクラム、と読ませる読んでてストレスのたまる小説。

166 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 16:54:22 ID:???
>>164
>>165
そだよ。アホな政府とか自衛隊嫌いのマスコミとか
保身しか考えて無い役人とか日教組とか本当に読んでてストレスたまる。
恐るべしは1巻は911テロ以前に書かれてるんだよなー

押井作品が好きなら楽しめると思う

167 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 22:11:30 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、幸せな家庭を築いてみたかったよ。」
家庭どころか、この1年外にだって出られていないのに。
「幸せな家庭か。……どんなのだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「…ゆっくりと抱き締めてよ。それで満足だから」

「…これでいいのか?」
ゆっくりと抱き締める。妹も抱き返してきた。暖かく心地よかった
「うん。お兄ちゃん、ありがとうね。これでやっと悔いが無くなったよ」
苦しそうに笑う妹の顔が微かに、しかし確実に穏やかな笑みを
浮かべたように見えた。
「縁起でも無い。必ず良くなって、幸せになるんだろう?」
と、笑い混じりにそう言い返そうとしたが、返事ができない。
(おい!?冗談だろ!返事をさせてくれよ)
もう決して返事を返す事のできない俺の首は妹の腕でロックされていた・・・。



168 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 22:18:10 ID:???
>>167 幸せな家庭を築くため兄を消したのか・・・。

169 :名無し三等兵:2006/11/21(火) 17:56:12 ID:J1wVsF95
「お兄ちゃんは私の望む幸せな家族には入れない」
妹の声がやけに大きく聞こえる。
「だって……お兄ちゃんは2chで私をネタにしているんだもの……」
意識が遠ざかる中、妹の笑い声だけが脳に焼きついていた。


BAD END

170 :こんな妹はちょっとマイナーだ:2006/11/22(水) 08:16:01 ID:???
僕には10歳年の離れた妹がいる
名前はミカ
元気な幼稚園児
ちょっとかわった特技を持っていて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


















グレネードランチャーで狙撃ができるんですorz


171 :名無し三等兵:2006/11/22(水) 11:26:11 ID:???
>>170
ジェド・豪士かよwww

172 :名無し三等兵:2006/11/22(水) 13:09:05 ID:???
僕には10歳年の離れた妹がいる
名前はミカ
元気な幼稚園児
ちょっとかわった特技を持っていて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


















Ju87Gで狙撃ができるんですorz

173 :名無し三等兵:2006/11/22(水) 18:57:36 ID:???
>172
ルーデル大佐乙

174 :名無し三等兵:2006/11/22(水) 19:22:36 ID:???
僕には10歳年の離れた妹がいる
名前はミカ
元気な幼稚園児
ちょっとかわった特技を持っていて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・















    /ノ 0ヽ
   _|___|_
   ヽ( # ゚Д゚)ノ   口でクソたれる前と後に「サー」と言え!
     | 个 |      ふざけるな!大声だせ!タマ落としたか!!
    ノ| ̄ ̄ヽ
     ∪⌒∪

…orz

175 :名無し三等兵:2006/11/22(水) 19:53:26 ID:???
地雷犬とお話ができるんじゃないのかww

176 :名無し三等兵:2006/11/22(水) 21:16:57 ID:???
新しい流れがwww

177 :名無し三等兵:2006/11/22(水) 22:06:50 ID:???
ワロスage

178 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 00:28:11 ID:???
なんで「動物のおしゃべり」ネタになってるんだよw

179 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 08:03:46 ID:???
分かった!妹に罵られながら兄は飛行機を見に連れて行くんだな!

180 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 12:52:15 ID:???
「ちょっと!そんなに早足で歩かないでよ!そんなんじゃこの人ごみの中すぐ離ればなれに
なっちゃうじゃない!私を迷子にしたくなかったらちゃんと手を繋いでてよね!!」

「ん?そんなにお兄ちゃんと手を繋ぎたいのか?頬真っ赤にしてかわいいやつめ(・∀・) ニヤニヤ」

「バカ!わ、私はただ迷子になりたくないから仕方なく……!!!」

「その割には恋人繋ぎになってるぞマイシスター(・∀・) ニヤニヤ」

「わ、私はまだあんたを兄だなんて認めてないんだから!ちょっと私より年上だったからって
勝手に兄貴面しないでよね!!!!!><」

こんな感じで宜しいでしょうか>>179様www

181 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 19:14:36 ID:???
あうあうwwwww

182 :名無し三等兵:2006/11/25(土) 01:58:35 ID:NOjKu+j4
いちおうあげとこ

183 :名無し三等兵:2006/11/25(土) 18:35:57 ID:???
>>180
ちょwwwクリーンヒットwww

184 :名無し三等兵:2006/11/26(日) 20:04:20 ID:???
そんないもうとが欲しい。
エロゲでもいいや。

185 :名無し三等兵:2006/11/26(日) 23:37:37 ID:???
もはや軍事ですらないw

186 :名無し三等兵:2006/12/01(金) 06:53:50 ID:???
http://pic.skr.jp/src/img20061125182127.jpg

187 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 08:00:14 ID:???
>>186
ちょwwwwww早朝になにはってんすかwww

188 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 08:20:09 ID:???
>>187
いや。。。ちょっとみんながうらやまめしかったもんで

189 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 09:36:39 ID:???
羨ましいのか恨めしいのかどっちなんだwww

190 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 11:04:54 ID:???
とりあえず・・・

妹が全然不健康じゃなくなってきている件について
はっきり言ってグインサーガが完結しても生きていて
『次は火浦がちゃんと本を完結させるとこがみたいよ・・・』
とか言い出しそうなんですけど・・・

191 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 12:42:20 ID:???
 ||  !| │
  ||  !| │              ,.-─‐-.、
=||=!| │              /:::::::::::::::::::::ヽ ←いもうと
  ||  !| │            |:::: ::::::::::::::::::::::l
  ||  !| │             |::: ::::::::::::::::::::::::!
Ξ||Ξ!| │              |:::::::::::::::::::::::::::::l
─.─.┤ |             !:::::::::::::::::::::::::li:|ニニニニニ.、
     |  .!               !:::::::::::::::::::::::::l|::| ̄ ̄.!| |.!
     |  .!            、r, /|::::::::::::::::::::::::ll.,7:!  .!| |.!
    ||`ー|. ̄ 丁 ̄|\   ´ミ《 |:| !:::::::::::::::::::::::l|.l|:.:.!_」.! !.!
  __||二二二]|__ || |    .!| !::!|:::::::::::::::::::::├.|:.:.::l─´. !.!
  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.!l `ヽ !、   |l/:.:.:|:l|::::::::|!:::::::ll|::l|:.:.:.:|=コ|.|
  ||  l三三l  ||  ,_」____!l_:.:.:|:|.!:::::::|l!::::::|l:.:||:.:.:.::l'丑丑|ニl___,'ニヽ___
  ||.==========!l  '‐┬┬‐─ヽ|ll_|__:_!|::!:.::l‐!:.:.:.::l.─────┬┌′
  ||  l三三l  ||   | /丁´/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ!:.:.:.:.:! ̄ ̄ ̄ ̄丁ヽ、|
  ||==========:!|   | !.| | / ::/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.::_│      !  | |
  ||  l三三l  !l   .| !.! ||、:::.!:.:.:.: :.:.:.:.:.: :.:.:.:.:.:、:`<ヽ,     .!  ! !
  ||----------|.! ___,| !.|_メ´丶、:: ::::::::::::, -‐─、:ヽ:::::`\     ヽ .| l _
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ー'" 、┴-、:_:_;:-l_____, -ー‐‐‐‐' ´      `ー'

192 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 12:43:35 ID:???
      ,. ::'"´ ̄::::::::::::: ̄`゛'ヽ、    
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\.
    ,':::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ, ←いもうと
   ./::::/:::::/::::::/___/:::::::/::i::::::::::i:::::::',
  /:::/:::::::/::::::://:::__/:::::::/::/i:::L__::i:::::::::|     
  /:::イ::::::/:::::::::/rィて`'!ヽ!::/ |::::i__::::i:::::::::|      
. /:::::::i::::::i:::::::::/ ハ   リ   L,イ''ト,/|::::i::|..    
,':::::::::::L_::!::ハ::::」 ゝー゛     トソハ/::::!:」 . .    
::::::::::::::::/::::::/|:::| ""       、 ` ,,|::|::|.      
::::::::::::::::::::::/::|::::|     、_____    !::::|        
:::::::::::::::::::/::::|:::::ト、     || ||「´ ,.イ::::|       
::::::::/::::::/::;__|::,!へヽ.、   || ll|,.イ:|::|:::::| ズゾー  
:::::;':::::::::,. '" く \\   r| ||ト、:|:::|::|::::|       
:::/:::::/ ⌒ヽ/⌒ヽ.\_T.|| l| !:::|::|::::| (   ) .  
/:::::/  __,,./ 、 \`ヽ,\ ||| |イヽ|/::          
:::;:イ // / ヽ、\ノ、ノ\\ |   i:::(  )     
:/ !/   ト、 ヽ、ソ!「L___\|\>  ( )       
ハ     ト、`'´ ,/    `|| |
         ,:'      、ゑ
        ,'    ;  i  八、      
        |,! 、 ,! |  ,' ,〃ヽ!;、  
         |!| l川 l リへ'==二二ト、
        リ川 !| i′  ゙、    ', ',
        lルl ||,レ′   ヽ   ,ノ ,〉
         |川'、  ,,.,.r'"    ,,ン゙
          `T"  ! ,/ '.ノ,/|
           /   ,!´ !゙ヾ{ |
            /   ,'   i ゙ ! ,l゙

193 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 13:05:03 ID:???
↓XB-70ヴァルキリー

________
|              |
|  / ̄ ̄ ヽ,  |
| /        ', |
| {0}  /¨`ヽ {0}, !
|.l   ヽ._.ノ   ', |
リ   `ー'′   ',|
|              |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

194 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 13:54:52 ID:???
>>193
こっちみんなw

195 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 14:55:56 ID:???
つまり、>>190の妹は栗本薫だというわけだな(違

196 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 17:29:55 ID:???
妹は、やはり何もせず、NASAへ赴いた。そのメーカーはその時いやな手段を使った という。
何事もなく実機が完成した、とたん、「開発中止」と言って鉄くず化したという。災難である。
一瞬のことである。妹は、呆然自失したという。ややあって、くやし涙が沸いて出た。
さもありなん、と私は、やはり淋しく首肯している。そうなってしまったら、ほんとうに、
どうしようも、ないではないか。
若し之が私だったら、そのメーカー、生かしておかないだろう。私は、人の三倍も四倍も復讐心の
強い男なのであるから、また、そうなると人の五倍も六倍も残忍性を発揮してしまう男なので
あるから、たちどころにそのヴァルキリーの主翼を、めちゃめちゃに粉砕し、エンジンをぶっこ抜き、
ぐしゃぐしゃに噛んで、べっと吐き捨て、F-104と接触させ、それでも足りずに近所近辺の信者ことごとくを
撲殺してしまうだろう。
こちらが何もせぬのに、突然「これからはICBMの時代」と言って開発中止するのとはなんという無礼、
凶暴の仕草であろう。 いかに軍事製品といえども許しがたい。ヴァルキリーのふびんの故を以って、
スレ住人はノースアメリカンを甘やかしているからいけないのだ。容赦なく酷刑に処すべきである。


197 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 18:03:10 ID:???
>>196
元ネタわからん・・・・・

198 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 18:59:49 ID:???
>>197
http://www.deston.net/dazai/chikukendan.html

199 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 13:26:39 ID:???
☆彡

200 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 11:17:45 ID:???
200!

201 :砂漠狐 ◆eVB09GorVw :2006/12/08(金) 00:19:20 ID:???
前略 お兄ちゃんへ

おうちに帰ったら、結婚するんだ。

202 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 01:12:41 ID:???
そしてお兄ちゃんは星になった。

203 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 05:55:17 ID:???
夢を見ていた。
気持ちが良い。
どこまでも青い空を見上げながらフワフワと飛んでいる。
初めての感覚。
ふと気付く。遥かかなた上空に白い鳥。
急に体が浮き上がる。

あの鳥はなんだろう?知ってる気がする。
追い付けない。もう少しなのに。



204 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 05:56:47 ID:???
急に体が傾く。頭が痛む。
誰かの声がする。ひどい雑音。我に返る。
何百という鉄の鳥が黒い卵を抱えて海峡を渡る。産卵場所はもうすぐ。
飛行ルートを確認し報告する。もうすぐ始まる。
小さな鳥達が向かって来ては離れていく。我々は必死で卵を守る。
雲の切れ目に卵を落とす。皆それにしたがう。

大鳥達は黒い絨毯の上をもと来た道を引き返す。
機体が激しく揺れる。怒りに燃えた小鳥達は私を巣へと帰すまいと群がってくる。
仲間が倒れる。恐怖に震えながら銃を撃つ。
背中から殴られ壁に叩きつけられる。目の前に赤い空。
自分の名を呼ぶ声がする。空が見える。雑音が遠退く。



205 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 05:59:42 ID:???
懐かしい声が聞こえる。家族の声。母は泣いている。
妹は小さい頃から鳥になりたいと話していた。飛行隊に配属されたと分かると羨ましがられた。
それから毎週のように手紙が来た。空を伝えた。
ある夜妹は鳥になった。うず高く積もった瓦礫が墓標になった。

空。
どこまでも青く透き通る空。私を暖かく包み込んでくれる。
多くの白い鳥達と共に遥か空をめざす。


もうすぐ一緒にはばたける。



206 :203・204・205:2006/12/08(金) 06:03:45 ID:???
つまんなかったらスマソ。

207 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 06:25:28 ID:???
>>206
いいね。

208 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 07:16:22 ID:???
病室では穏やかな時間が流れている。
妹は今日も病室の窓から雲が流れるのをぼんやりと見ている。
その横顔は白く、光が美しく反射していた。

「お兄ちゃん……」
「……なんだ?」
「お兄ちゃんて、飛行機みたいだね」
「飛行機か。どんなところが?」

妹ははにかみながら、ややあってこう答えた。











「働けるはずなのに、燃料が不足して働かないところなんか、北朝鮮の戦闘機そっくりw」

209 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 12:24:58 ID:???
まだまだ妹元気そうだなw

210 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 20:50:18 ID:???
今日までの出来事が全て、夢だったらいいのになって何度も思った。
だから、書いてみた。書いて夢になると信じて。

ほら、よく漫画の中の夢にあるじゃない?
私の目の前に食べきれないほどのお菓子が積み上げてあって、
それに手を伸ばし、まさに食らいつこうというところで、
無粋に起こされて目を覚ますの。

それはとてつもなく長い長い夢で、
私は1年以上も眠っていたことになっている。

そう。
私は、お兄ちゃんと飛行機を見に行ったあと、有頂天に駆け出して、
赤信号の横断歩道に踊り出して、バイクにはねられてしまった。
それでずっとずっと1年以上も意識が戻らなくて、
ようやく、目が覚めるの。

まぶたを開けた時、そこには病院の天井が飛び込んでくる。
それから、ずっと看病しててくれたお兄ちゃんが覗き込んでくれて…。
あははは。さすがにこれは出来すぎか。

でも、いいよね?
こういうことにしてもいいよね?

生まれてきて、ごめんなさい。

211 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 18:17:50 ID:???
詩音乙

212 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 18:54:14 ID:???
しかも妹じゃなくて姉だ

213 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 16:20:05 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お兄ちゃんに伝えたいことがあるの。恥ずかしいけど。」
伝えるどころか、ここ1年電話も使っていないのに…
「どんなことを伝えたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。





「インディア
 リマ、オスカー、ビクター、エコー
 ヤンキー、オスカー、ユニフォーム
 ……オーバー!」




言い終えた瞬間、妹は事切れた。
妹が伝えたかったフォネティックコードを解読したのはそれから2日後だった
今日も、あの空にはF-108レイピアに護衛されて飛ぶXB-70ヴァルキリーが輝いている


214 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 23:42:22 ID:???
>>213
泣いた(つД`)

215 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 22:08:24 ID:???
復唱!

インディア ロメオ ユニフォーム ブラボー ヤンキー オスカー ユニフォーム!

216 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 05:44:11 ID:???
IRUBYOU…ってダメじゃん兄w

217 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 06:41:58 ID:???
>>213
畜生。泣かせやがって。(つД`)

>>215-216
本気で釣られてやる。
伊良部っていまどうしてんの?w

218 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 06:53:19 ID:???
妹の最後のメッセージが伊良部かよ!(つД`)

219 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 09:02:31 ID:???
I rub you.
だろ。

220 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 21:40:48 ID:AnSebbL2
だから連れていけよ〜(;´д`)

221 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 21:51:52 ID:???
私は貴方を擦ります?



結城恭介だな

222 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 02:46:16 ID:???
 

223 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 20:09:53 ID:???
「ヲタが七分に通路が三分で通路が見えない、見えないよ!」

ビッグサイトでの一コマ

224 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 21:19:28 ID:???
>>223
先生それ通路見えてません?

225 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 11:55:50 ID:???
>>219
スラング風に書くとI luv U

226 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 23:15:05 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お兄ちゃんに伝えたいことがあるの。」
伝えるどころか、ここ1年電話も使っていないのに…
「どんなことを伝えたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、人を馬鹿にした薄ら笑いでこう答えた。
「キロ インディア マイク オスカー オスカー タンゴ アルファ!
 ユニフォーム ズールー アルファ インディア!!!! 」

即座にフォネティックコードを解読した私は、病院の電源を遮断した。
自家発電装置が作動するまでのわずかなタイムラグで、妹は死んだ。
私に後悔はなかった
その後、妹の荷物を整理していたとき、妹の日記帳を発見した。
妹は、自分の闘病生活が果てしなく続き、しかも回復の見込みも
ほとんど無いことを悟っていた

そして、思いを寄せる私の足手まといになることを何より恐れ、最終作戦
を発動する覚悟を決めた旨、妹が死んだ前日の最後のパラグラフに簡潔jに
書いてあった

私はその日、妹が死んで初めて、泣いた


227 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 23:17:26 ID:???
もういい加減アルファーブラーボーチャーリーはいいよ。

228 :クリスマスに何してんだオレ?:2006/12/25(月) 00:09:50 ID:???
病室には妹の苦しそうな吐息と心拍計の電子音だけが響いている。
妹の白い顔は時折苦しげに眉をゆがめるが、それ以外は至って静穏
なものだ。
とても、医者がさじを投げた患者には見えない。
なんで、俺じゃなくて妹なんだ。まだ中学生じゃないか。あんまりだ。
「お兄ちゃん……」
いつもの祈りとも呪詛ともつかない思いが終わる前に、妹が静に口を
開いた。
「……なんだ?」
「わたし、お兄ちゃんに伝えたいことがあるの。恥ずかしいけど。」
伝えるどころか、ここ1年電話も使っていないのに…
「どんなことを伝えたいんだ?」
「うん。」
ちょっと考え込んだ妹は、儚げに笑ってこう答えた。

「チェックメイトキングより、チェックメイトキングツーへ。」
「最早周囲を敵に囲まれ、絶望的だ。」
「更に敵の軍師がやって来てどうやら降伏勧告を我々C分隊にしているようだ。」
「降伏の許可を請う、オーバー」

そう言い終えた瞬間、妹は満足そうに微笑んだ。

そして俺はつい咄嗟に「NUTS!!」と逝ってしまった。
すると妹もすかさず逝ってしまった。

ああああああああっ!!!!! エライこった、どうしよう。センセー直ぐキテー!!!

229 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 20:56:05 ID:???
初めまして、すいません。
このスレの>1の話を含む原作を頂いてそれに更に自分の創作を加えて
漫画製作をしているのですが、出来上がったら
このスレでのその漫画公開と拙作ブログでの公開をしてもいいでしょうか。

このスレの>1の話を含む原作を書いた方には了承とってます。
と言うか、この>1の原作書いた方、まだこのスレに居るんでしょうか?

230 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 21:01:07 ID:???
>まだこのスレに居るんでしょうか?

わかんないです><

231 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 22:23:38 ID:???
つか、1スレ13氏はサイトもってなかったか?
たしか1スレめで晒されてたような。

232 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 22:33:52 ID:???
って言うか高々コピペになに言ってんだよwwwwww

233 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 23:34:48 ID:???
>231 どこか分かりませんか?
>232
たかがコピペ。されどコピペ。
うーん。深く考えすぎですかね。
無報酬の趣味漫画ですしねぇ。それに大したものでもないし。

既にネーム23P目。
20ページ前後にするつもりだったのに30ページぐらいになりそうな予感。
ま、いいや。取り合えず完成まで突っ走ります

234 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 00:04:52 ID:???
>うーん。深く考えすぎですかね。

あたりめーだろ
そんなのにいちいち許可が必要ならガイドライン板なんて存在し得ねーよw

235 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 00:08:15 ID:???
宣伝が目的なら他でやってください

236 :こんな妹は通信兵だ:2006/12/26(火) 00:19:38 ID:???
僕には10歳年の離れた妹がいる
名前はミカ
元気な幼稚園児
ちょっとかわった特技を持っていて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・僕には10歳年の離れた妹がいる
名前はミカ
元気な幼稚園児
ちょっとかわった特技を持っていて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ナヴァホ語で会話ができるんです!!

237 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 00:30:34 ID:???
(・∀・)ホリョダ!!

238 :233:2006/12/26(火) 05:19:43 ID:???
なんかよく分からないけど
原案の著作権放棄してるって事と
好きにやれば?って雰囲気と
こっちに投下するな、というのは分かりました
お騒がせさまでした。

239 :231:2006/12/26(火) 09:19:08 ID:???
>>233

気になったんで探してみた。
ttp://kagayaki.gozaru.jp/reaction/076-841-842.html
>>360にあった

三つ編み外様大名
ttp://d.hatena.ne.jp/chon/

ここらしい。
著作権を放棄してるかどうかは知らん。
ま、2chなんだから気にすることねんじゃね?

240 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 16:19:36 ID:???
>>233
「完成したらリンクだけでも張ってね、応援してるよ>>233お兄ちゃん」


と妹が


86 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)