5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Bf109【あぶない戦闘機】Me109

1 :名無し三等兵:2006/10/28(土) 22:38:07 ID:???
ドイツBf109戦闘機【あぶない刑事】
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1073726364/

【Bf109】もっとあぶない刑事【Me109】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1086966277/

【Bf109】ちょっと危ない刑事【Me109】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1110103395/

Bf109(Me109)シリーズを語るスレW
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1140011308/

2 :名無し三等兵:2006/10/28(土) 22:39:13 ID:???
参考サイト
Messerschmitt Bf109
http://www.adlertag.de/
Falcon's Messerschmitt Bf 109 Hangar
http://www.messerschmitt-bf109.de/
The 109 Lair
http://109lair.hobbyvista.com/
The 109 place
http://www.xs4all.nl/~tozu/me109/
Luftwaffe Page
http://w1.1861.telia.com/~u186104874/luftwaffe.htm
109がらくた箱
http://bf109.exblog.jp/
WWII Aircraft Performance
http://www.spitfireperformance.com/

参考スレッド
ミリタリーレシプロエンジン 四基目
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1157467623/

3 :名無し三等兵:2006/10/28(土) 22:39:36 ID:qjQasNrp
ゼロ戦って強いの?

4 :名無し三等兵:2006/10/28(土) 23:42:45 ID:???
スレ違いだバカ野郎、しかしゼロ戦は昔は強かったんです。

5 :名無し三等兵:2006/10/29(日) 00:20:21 ID:???
厨に荒らされるから、その位で。
とりあえず1乙。

6 :名無し三等兵:2006/10/29(日) 03:03:25 ID:???
できちゃった

7 :名無し三等兵:2006/10/29(日) 03:09:35 ID:???
Bf109はコメートのように彗星の如く爆発する危険性が無いだけ安全だろう

8 :名無し三等兵:2006/10/29(日) 08:16:15 ID:???
ドイツは何故特攻しなかったんだろうか?

9 :名無し三等兵:2006/10/29(日) 09:49:26 ID:???
>8
組織的には行われなかったけど、爆撃機に体当たりしたパイロットはいたと思った。

10 :名無し三等兵:2006/10/29(日) 11:28:19 ID:???
>>8
日本は何故特攻したんだろうか?
から考えていけば理由がわかりやすかったりして

11 :名無し三等兵:2006/10/29(日) 14:58:43 ID:???
>8
特攻は主に海上の敵艦船に対して突入していたが、そもそも独逸では地上戦で目標が。

12 :名無し三等兵:2006/10/29(日) 15:30:47 ID:???
>>8
人口が少なかった。

13 :名無し三等兵:2006/10/29(日) 16:26:41 ID:???
立案はあったが即座にボツになっていたはず。
たとえ捕虜になっても、何とか生還して再び戦力として働いて欲しいって国柄で
自爆攻撃を組織的に行おうなんて発想自体がタブーなんだろう。
欧米は一般的にこの傾向が強い。

14 :名無し三等兵:2006/10/29(日) 18:15:03 ID:???
スカパーで橋に突っ込めって命令された独パイロットを見たような気がする

15 :名無し三等兵:2006/10/29(日) 19:34:20 ID:???
自殺を良しとしない宗教観。

16 :名無し三等兵:2006/10/29(日) 22:43:31 ID:???
日本はパイロットは比較的多かった(錬度はともかく)
航空特攻のみならず水上、水中特攻にパイロットを転出してる
ドイツではパイロットの頭数が壊滅的だ
後、燃料も
機体はだぶついてたわけだがね


17 :名無し三等兵:2006/10/30(月) 13:05:01 ID:???
スラットがリンク式からスライド式に変わったのは何型から?
Me262は始めからスライド式だよね。

18 :名無し三等兵:2006/10/31(火) 16:44:33 ID:???
特攻の場合、対費用効果の面から考えても、高価な地上目標ならいざ知らず、艦船より高い目標はねーからな。
当時といってもひこーき一機作るにも莫大なコストが掛かる訳だし、ただ飛ばすだけの錬度の低いパイロットを訓練するのにも
燃料がいる。

ドイツで特攻がはやらないのも無理ないな。割りにあわなさすぎる。

19 :名無し三等兵:2006/10/31(火) 23:17:17 ID:???
そういえば日独問わず空中特攻で生還したパイロットはそこそこいるんだよな

20 :名無し三等兵:2006/11/01(水) 00:18:43 ID:???
つーか、そういう理屈以前の問題だと思うが
たとえドイツにパイロットがたくさんいたとしても、軍として特攻隊の編成はしないと思うよ。
人、国民、国家の在り方が当時のドイツと日本では違いすぎる。

21 :名無し三等兵:2006/11/01(水) 00:44:18 ID:???
ロシアは大祖国戦争初期に体当たり攻撃マジでやってた
一応パラシュート降下前提だけど

22 :名無し三等兵:2006/11/01(水) 09:34:03 ID:???
>>20
パイロットが沢山いたら、逆にふつーに戦えるじゃんw 沢山いないし腕も酷いからどうしようとなる訳で・・・・・・・
どうせ爆弾も当らないし撃墜もされるのなら、素人でも出来る体当たりぐらいでなんとか、ってなった訳でさ。
又地上目標なら動かないし、動く目標(車両)に対してひこーきぶつける必要ないし。車両は陸上部隊でもやれるが、船の場合は
船かひこーきでないと沈められないからな。

ドイツの場合、価値ある目標が無いだけだって。ヘタリアでも少数の精鋭による小型潜水部隊で特攻(に近い)無謀な作戦を行っている
ぐらいだしな。

23 :名無し三等兵:2006/11/01(水) 12:50:57 ID:???
>>22
飛行機による特攻に随分拘っているようだが、広意に自爆攻撃で捉えたならば陸上目標への、キミ的な「割の合う」方法もあるんじゃないか?
自爆攻撃は何も飛行機でやると決まっているわけではないんだし。言ってる意味わかるよね。
だが、ドイツはそれすらもやってないわけだ。
パイロットや歩兵の数が多いとか少ないとか、そんな事は話の内容に関係なく、要は3行目だよ。
もし、志願によらない命令による特攻が編成されたとしたら、あの国では市民革命が起きるだろね。
その先にあるものが何かを見透かしてしまうから、冗談じゃねえって事になる。
また、ソ連やイタリアの例は、建前であったとしても「生還」を前提にした作戦なので、日本の特攻とは一線が引かれる。

24 :名無し三等兵:2006/11/01(水) 19:17:43 ID:???
まあエルベ特別攻撃隊という例があるから、ドイツによる体当たり攻撃が皆無
だったわけではない。(「エルベ」は未だに謎が多くて断定はできないが)
ただし戦果に損失が引き合わなくて実行されたのは1回限りだった。

25 :名無し三等兵:2006/11/01(水) 21:07:44 ID:???
どなたも、スレ違いな話題はこれくらいで

26 :名無し三等兵:2006/11/01(水) 21:07:58 ID:???
>>23
陸上目標での割りの合う方法ってなんだよw ちゃんとそれについて答えてから反論したら?
無いから答えられないんだろw あまり反論になってないと思うぞ。
また陸上目標なら車両以外固定されてるから爆撃もし易いしな。更に陸上戦の場合、敢えて特攻しなくとも歩兵で充分撃破可能な
目標ばかりじゃんw 何訳のわからないことを抜かしているのさ。 全く意味不明だぞw

27 :名無し三等兵:2006/11/01(水) 22:08:21 ID:D9YRiJVk
Bf109を中心にしたゲームが売っていた事がある。
そのゲームでのBf109は一撃離脱が苦手で格闘戦
が得意な滅茶苦茶な設定だったが。

28 :名無し三等兵:2006/11/01(水) 22:18:20 ID:???
人間が爆弾抱えて戦車に特攻しなくても、パンツァーファウストとかあったしな。

29 :名無し三等兵:2006/11/01(水) 22:23:48 ID:???
>Bf109は一撃離脱が苦手で格闘戦 が得意

それは、ゼロ戦用のプログラムを使いまわしたのだろうか

30 :名無し三等兵:2006/11/01(水) 22:42:43 ID:???
>>27
ある意味間違っちゃいないが。

31 :名無し三等兵:2006/11/01(水) 22:59:59 ID:D9YRiJVk
熟練パイロットがBf109を操縦すれば格闘戦も大丈夫だったのかな?
それにしても同シリーズ機が3万機以上も製作されたのは凄すぎ。
G型(グスタフ)が一番生産されたらしい。

32 :名無し三等兵:2006/11/01(水) 23:46:56 ID:???
Bf109は格闘戦に向いてるでしょ。
迎角深く掛けられるし、余剰馬力大きいし

33 :名無し三等兵:2006/11/02(木) 00:19:40 ID:???
鍾馗以下だったような→格闘戦

34 :名無し三等兵:2006/11/02(木) 13:38:02 ID:???
日本的なる格闘戦評価とは次元が違う希ガス

35 :名無し三等兵:2006/11/02(木) 14:11:06 ID:???
日本式空中戦限定での比較じゃないの?

36 :名無し三等兵:2006/11/02(木) 14:20:45 ID:???
>>31
ハンス・ヨアヒム・マルセイユはスラットを使って敵機の旋回の内側に入り込んで
見越し射撃で撃墜したとか言われてるな。

37 :名無し三等兵:2006/11/02(木) 14:35:56 ID:???
翼面積が広い割に薄翼故に低揚力で失速しやすいスピットファイアよりも
安心して操縦桿を目一杯引けるんジャマイカ>Bf109

38 :名無し三等兵:2006/11/02(木) 19:47:25 ID:k9NgWRL9
>>ハンス・ヨアヒム・マルセイユ
総撃墜数が158機だったパイロットだね。
ついでにイケメンだったので「アフリカの星」と呼ばれていたそうな。
個性的な面もあったらしい。

39 :名無し三等兵:2006/11/02(木) 20:42:01 ID:???
個性的と言うよりヤンキー

40 :名無し三等兵:2006/11/02(木) 20:52:44 ID:???
垂直旋回に優れていれば、横倒しにしたような水平旋回でも優れると思ってるんだけど。

41 :名無し三等兵:2006/11/02(木) 23:13:35 ID:???
ドイツ機は尾翼の面積見れば分かるけど
格闘戦には全く向いてません
速度重視の一撃離脱仕様でつ

42 :名無し三等兵:2006/11/03(金) 07:51:35 ID:???
どうかなぁ
1935年に一撃離脱だけでカタ付ける空戦戦術が発想としてあったか
ドイツに限れば、編隊双方が入り乱れた時のチーム空戦術に重きを置いている感じで
単発戦闘機にはかなりの機動性能が求められているのでは?
普通に起こりうる編隊同士の乱戦を制するにはパワーと上昇力がカギというのは
世界の航空軍の共通認識で、日本陸軍の重戦闘機もコレでしょ。
だって、一撃離脱なんて大概の戦闘機はできるんじゃん、それ専用に作るなんてバカらしいよ。

43 :名無し三等兵:2006/11/03(金) 09:05:55 ID:???
今はどういう戦法が得意かって話だ

44 :名無し三等兵:2006/11/03(金) 10:20:55 ID:???
相手に追いつかれない性能が最も重要です

45 :名無し三等兵:2006/11/03(金) 12:34:12 ID:???
>どういう戦法が得意か

400km/h以下でのドッグファイト
それ以上、特に500km/hを超えると操縦性の問題から不利。

46 :名無し三等兵:2006/11/03(金) 17:12:20 ID:???
その速度じゃ零戦のカモ

47 :名無し三等兵:2006/11/03(金) 21:19:23 ID:???
ゼロ戦は300km/h以下

48 :名無し三等兵:2006/11/04(土) 01:01:22 ID:???
Bf109が採用になった新戦闘機試作は、1933年にRLM技術局が策定したR-IV仕様に沿う要求に基づくもの。
R-IV仕様では、最大速度400km/h(高度6000m)、滞空時間90分(全力20分含む)、7.92mm機銃×3か20mm砲×1を
装備する全金属製単葉戦闘機と規定され、性能の優先順位は速度と上昇力を重視して格闘性は低位だった。

49 :名無し三等兵:2006/11/04(土) 09:40:42 ID:???
高い上昇力が格闘戦を優位に進められることが何故わからん?
コーナー速度での水平旋回半径の小ささだけが格闘戦重視じゃないぞ。

50 :名無し三等兵:2006/11/04(土) 09:48:36 ID:???
間違えた、角速度の高さだ

とか言ってもわからないだろうから、簡単な言葉で言い直す。
「水平旋回半径の小ささだけが格闘戦重視じゃない」

51 :名無し三等兵:2006/11/04(土) 10:21:20 ID:???
「格闘戦」というのはある意味曖昧な言葉なので行き違いが生じ易いね。
1930年代前半に格闘戦重視と言えば、世界中どこでも如何に小さい半径で水平旋回するかを指した。
小さく回るより速く回れとか垂直面を生かせとなるのは、千馬力近い単葉戦闘機が実現した後の話。

52 :名無し三等兵:2006/11/04(土) 14:35:00 ID:???
千馬力近い、と言う言葉自体が曖昧だが
推力差を生かしての高度差や旋回維持力で優位に格闘戦する戦闘機開発が当時の流れ。
I-16がその先駆けで、それに続くのがBf109と言える。

53 :名無し三等兵:2006/11/09(木) 17:26:38 ID:RElOVqdU
D型って西部戦線でホーク75に叩きのめされたんだよね。
それで残存機の機種改編が一気に進んだんだとか

54 :名無し三等兵:2006/11/10(金) 22:37:01 ID:0jVOBk2n
>>53
A〜D型は性能が不十分だと聞いていたが本当だったんだね。
リアルタイムのゲームでも使えるBf109はE型からだった
なのは史実に忠実だったからなんだね。

55 :名無し三等兵:2006/11/12(日) 10:59:32 ID:???
非力なJumoエンジン(試作一号機はRRエンジンでしたっけ)をもって高速度戦闘機を開発する手法のひとつでしょ
日本式に骨身を削る手法ではなく、全身を小ぶりにする
コックピットは狭い、燃料タンクも小さい
弱小バイエリシェ・フルーグツォイグ・ヴェルケが試作競争に勝つ唯一の手法として選択したんでしょ
前作Bf108の発展型だし、生まれるべくして生まれた機種でしょ
貧弱な火力はルフトバッフェに、貧弱な航続力はメッサーシュミットの割り切った設計思想にその責任があるんでしょ

この認識って間違ってるかな?


56 :名無し三等兵:2006/11/12(日) 11:01:09 ID:???
55 :名無し三等兵 [age] :2006/11/12(日) 10:59:32 ID:???
非力なJumoエンジン(試作一号機はRRエンジンでしたっけ)をもって高速度戦闘機を開発する手法のひとつでしょ
日本式に骨身を削る手法ではなく、全身を小ぶりにする
コックピットは狭い、燃料タンクも小さい
弱小バイエリシェ・フルーグツォイグ・ヴェルケが試作競争に勝つ唯一の手法として選択したんでしょ
前作Bf108の発展型だし、生まれるべくして生まれた機種でしょ
貧弱な火力はルフトバッフェに、貧弱な航続力はメッサーシュミットの割り切った設計思想にその責任があるんでしょ

この認識って間違ってるかな?

57 :名無し三等兵:2006/11/12(日) 11:28:20 ID:NJ2eDcs8
前縁スラットが当時の他の戦闘機でほとんど採用例がないよね

月光くらい?

58 :名無し三等兵:2006/11/12(日) 11:30:43 ID:???
Me262

59 :名無し三等兵:2006/11/12(日) 12:11:28 ID:???
>>55
>非力なJumoエンジン
この部分からして既に認識違いかと。
1934年当時、単座戦闘機に使える程度の大きさで700馬力のエンジンは、非力どころか世界屈指の高出力。

60 :名無し三等兵:2006/11/12(日) 13:22:27 ID:???
だが、機首の大きさとJumo210の小ささを見ていると、Bf109ってヤッパリDB600が予定エンジンだったのではと勘ぐってしまう。
だってDB601がピッタリ収まってるのに較べて、Jumo210だとスペースがら空きなんだもん。
He112に至っては、明らかにJumo210にはでか過ぎる気がするし・・・
コンペ内示の時点でDB600の開発はどの程度進んでいたのだろう?

61 :名無し三等兵:2006/11/12(日) 14:07:43 ID:???
>60
「航空省から指定されたエンジンはJomo210Aで、いずれ開発中のDB600系が実用化すれば換装する予定だった(一部略)」

だそうな。

Bf109V1にはJomo210Aが間に合わずにロールス・ロイスのケストレルを積んだそうな。

62 :名無し三等兵:2006/11/12(日) 18:54:21 ID:xNRWAcVe
キ−60は3機が生産されて、それらはどうゆう風に使われたの?
終戦時に残存したの?

63 :名無し三等兵:2006/11/12(日) 18:56:37 ID:???
スレ違い乙

64 :名無し三等兵:2006/11/14(火) 18:32:17 ID:???
E−4型からE−7型までの、対
MS.406C−1
MB.152
D.520
ハリケーン1/2
スピットファイア1/2
のキルレシオってどの程度だったんだろう?

65 :64:2006/11/14(火) 18:33:50 ID:???
間違えた
E−3型からE−7型までの、 が正しい

66 :名無し三等兵:2006/11/15(水) 22:16:04 ID:???
Bf109は1940年5月〜6月の間に166機の損失(Bf109Dを含む)で221機のフランス戦闘機を撃墜したという。
対MS.406は66:34で勝ち越し。
対MB.152は63:37で勝ち越し。
対D.520は55:45で勝ち越し。
唯一負け越した対ホーク75Aは42:58だった。
スピットファイアとハリケーンは1940年7月〜9月に1023機を損失。同時期にBf109は873機が失われた。
英本土航空戦の戦果は英独で食い違うが、数字は英独が公表した損失数である。
スピットファイアとハリケーンに対する個別の勝率は判らなかった。

67 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 01:03:35 ID:???
おお、Vielen dank !
MS.406は旧式なだけに辛いけど、MB.152が以外に振るわないね。
D.520は時季が時季だけに、こんなモンかなって感じ。逆に高性能の片鱗が垣間見える。
ホークは強いね、ヤッパ。まあ、この中にはD型の玉砕が含まれるからE型となら互角かホークの若干優勢くらいか。
こうしてみると、当時の欧州戦線における主力戦闘機ってどんぐりの背比べだね。

68 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 02:45:13 ID:???
>>67
>当時の欧州戦線における主力戦闘機ってどんぐりの背比べだね。

それは、少しルフトヴァッフェに対して厳しすぎるだろ?
BOBは、英国本土上空でのBf109の滞空時間の短さや、長距離を
往復していた事などを考慮すると、もっとルフトヴァッフェを評価
してあげてもいいんジャマイカ?


69 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 07:14:42 ID:???
スペインじゃ、1969まで現役だったんだぜ…!

70 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 10:07:10 ID:???
独裁者も居ましたし。

71 :69:2006/11/16(木) 12:28:11 ID:???
んでもって映画にも出たんだぜ!
「アフリカの星」
「空軍大戦略」

72 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 13:46:33 ID:???
H.75の簡単なスペック追ってみたけど、A-3はかなりやりそうだな。
E-3だと低空域の余剰馬力で負ける。
E-4/Nなら勝てるが、もちろんフランス戦当時にはない。

73 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 17:11:06 ID:X4PL1A0I
ホ−ク75ってP36の事だろ。

74 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 18:14:59 ID:???
そうだよ
カーチスの商品名がホーク75
米陸軍呼称がP-36
フランス空軍呼称がH.75

D型では全く太刀打ちできんよ、あれは

75 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 13:31:45 ID:???
ついでに英空軍呼称はモホーク

76 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 14:17:00 ID:???
腐乱州に輸出されたホーク75って固定脚のタイプじゃなかった?


77 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 16:06:31 ID:/1U/clUy
Bf109がボロイせいでナチスは負けたようなもんだろ。
最量産機のBf109Gあたりで新型に切り替えてれば
なんとかなったんじゃないの?

キ61+DB605の方がBf109Gより明らかに高性能ですね!

78 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 16:16:07 ID:???
>>77
Me209 Me309の開発失敗
加えて、当時のドイツには、戦闘機工場の生産ラインを一旦止めて、
新型機の生産ラインを構築するだけの余裕もなかった。

79 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 16:17:26 ID:???
高空性能がへぼいフォッケ位しか、ほかに使えそうなのは無いような。


80 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 16:28:26 ID:???
>>78
日本だって、疾風を完成させて量産しましたが・

まぁ、後継機の開発に失敗して零戦を使いつづけた日本海軍の様なもんですかね。

81 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 16:30:31 ID:???
>>79
フォッケは結局Bf109以下であんまり信用できん。
中盤以降は得意なはずの中低空でも、スピットやソ連機にやられまくり。

82 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 18:30:09 ID:???
後継機の開発失敗がBf109を最後まで使い続けた主因。
G型自体がMe309のピンチヒッターだから。
まあただ、後継機が順調に戦線投入されたとしても、大勢にほとんど影響ないと思うけどね。
だってその後燃料問題でエンジン開発が行き詰まるのは明白なんだから。
だからドイツが負けたのはBf109のせいではなく、結局は資源で負けたようなモン。
そんな、たかが戦闘機の性能程度で戦争の勝敗なんか決まるかよ。

83 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 18:56:09 ID:???
>>77
ハ240ってのが出てきたんだけど戦鳥でしか出てこない。

キ61にDB605積んだとして性能推算したの何かにあるの?


84 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 19:51:34 ID:???
ドイツは別にMe109Gがあればそれほど困らなかったからな

85 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 20:56:46 ID:???
>>84
それならドイツ軍PがP51をうらやましがったりはしないだろうがw

86 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 21:24:23 ID:???
>>83
飛燕2型よりもさらに馬力UPした戦闘機になるってことで、
Bf109Gより、航続距離、武装、格闘性能は上がると思われ・・・


87 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 21:58:51 ID:???
>>85
ドイツ軍P?

88 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 22:22:41 ID:???
「ドイツ軍」の後に何やら如何わしい単語を入れたんですな、おそらく

89 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 22:32:41 ID:???
>>86
使える馬力が同じだから、全てトレードオフ関係になってしまいますよ。
あっちを立てればこっちが立たず、ってね。
ところで航続距離、武装はわかるけど、格闘性能って具体的にどういう性能?

90 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 22:50:31 ID:???
格闘→体と体のぶつかり合い→特攻

91 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 23:05:11 ID:???
メッサーは最終的にフォッケ程の発展余裕もなかったし、ヤーボにも使えない。

92 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 23:13:49 ID:???
>>90
ヤパーリそうか!

93 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 23:33:21 ID:???
>91
バカ、シッタカぶってんじゃねーよ

94 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 23:38:23 ID:???
メッサーはK−4で打ち切りです。

95 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 23:52:23 ID:???
つうか、発展余地ならドイツにはDB605Dよりも高性能なレシプロエンジンも望めないので
Me262やHe162などのタービンエンジン機以外には、どれも発展余地はない罠、実質的に。
130グレードガソリンが湯水の如く手に入るなら話は別だけど。

96 :名無し三等兵:2006/11/18(土) 02:24:07 ID:???
1934年のBf-108から1945年Me109K-4に至るまで恐るべき発展を遂げている。

97 :名無し三等兵:2006/11/18(土) 08:02:07 ID:???
>>76
固定脚のホーク75は75H・75M・75N・75O・75Qで、フランス空軍が買った75AはP-36同様の引き込み脚タイプ。
2機作られた75Hは固定脚タイプのセールスデモンストレーターで、中国とアルゼンチンに1機づつ売られた。
75Mは中国が112機発注した生産型。75Nはタイが12機、75Oはアルゼンチンが29機、75Qは中国が2機発注した。

98 :名無し三等兵:2006/11/18(土) 08:03:31 ID:???
逆に航続距離は恐るべき退化を続けている。

99 :名無し三等兵:2006/11/18(土) 09:50:18 ID:???
いや、航続距離も一進一退を繰り返しながら微増している。
B型からK型までで約200km増大。
多分、最大巡航速度が速くなりながら、重量も重くなってるからだろうなぁ>一進一退で増加
戦闘行動半径は拡がるけど、防空戦で必要な滞空時間となるとちょっとわからんな

100 :だつお:2006/11/18(土) 12:19:36 ID:o7siIkKB
メッサーシュミットBf110を装備したドイツ空軍「駆逐機」部隊は、
大戦初期の侵攻作戦を空から支援し、電撃戦を成功に導く役割をはたした。
しかしバトル・オブ・ブリテンで、Bf110の戦闘機としての限界を
英空軍のスピットファイアとハリケーンに暴かれると、その任務を単座
戦闘機に譲ることになる。
その後、駆逐機部隊は重武装と長距離作戦能力を生かして、沿岸哨戒や
地上支援任務に活躍。
また、ドイツ本土では、米軍4発重爆相手に奮戦して、多くのエースを生んだ。
だが、米護衛戦闘機の襲来により、昼間戦闘が困難になると、駆逐機部隊はついに消滅。
搭乗員は夜間戦闘機部隊へ、またあるものは新編成のジェット機部隊へと移っていった。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4499227615.html
第二次大戦のメッサーシュミットBf110エース

>駆逐機部隊は重武装と長距離作戦能力を生かして、

上でドイツ機の航続距離で議論してるようだが、何でバトルオブブリテン
でリタイアしたはずのBf110が引っ張りだこだったかを考えてみるといい。

101 :名無し三等兵:2006/11/18(土) 12:39:23 ID:???
航続距離が短いと言っても
G6で400Km/hで1000Km程度飛べるんだから欧州じゃ充分だろ。

102 :名無し三等兵:2006/11/18(土) 13:00:46 ID:???
>G6で400Km/hで1000Km程度飛べる
そんなに飛べたっけ?
DB605Aで400km/hだとかなり低ブーストだな、フェリー飛行か?

103 :名無し三等兵:2006/11/18(土) 22:03:57 ID:m7ewpEn7
空気抵抗が少ない高空を飛行すれば可能かも。

104 :名無し三等兵:2006/11/18(土) 22:28:35 ID:???
300L増槽付きでは?

105 :だつお:2006/11/18(土) 22:36:21 ID:o7siIkKB
もうひとつ面白いのは、この本で最初から最後まで主役を務めるのが
メッサーシュミットBf110という独夜間戦闘機であること。
開発当初は駆逐戦闘機などと呼ばれ、その高速度と重武装、
長い航続距離を誇ったものだったが、時代とともに技術が発達すると
高速度の優位性は失われ、むしろ双発であるがため、単発戦闘機に
くらべ鈍重で、「英本土航空戦」ではハリケーンやスピットファイア
にまったく歯が立たなかった。ところが戦況が悪化して英国の夜間爆撃
が始まると、夜間戦闘機として注目され活躍するようになったのは皮肉
なことである。
メッサーシュミットと言えば、Bf109やジェットのMe262が
日本では有名だが、大戦中ずっと最後までドイツの空を守っていたの
はこのBf110であり、その数、実に6000機以上が生産された
ことを知らないでいるのは悲しいことだと思う。

http://homepage3.nifty.com/~fwix7026/books/ww2/sternen.htm
ドイツ夜間防空戦 野戦エースの回想
著者:渡辺洋二。光人社NF文庫。

106 :名無し三等兵:2006/11/18(土) 23:18:38 ID:???
表3−3 イギリス戦闘機兵団の戦力(7月9日/9月7日)
戦闘機群           機種別中隊数
     スピットファイア ハリケーン ブレニム デファイアント グラディエーター  計
第10群  2(4)   2(4)    (1)            (1)     4(10)
第11群  6(7)   13(14)   3(2)                 22(23)
第12群  5(6)   6(6)    2(2)    1(1)            14(15)
第13群  6(3)   6(8)    1(1)    1(1)           14(13)
 計   19(20)  27(32)   6(6)     2(2)      (1)     54(61)
(注) カッコ内の数字は9月7日の中隊数
(出典) Basil Collier.The Defence of United Kingdom,HMSO.1979

<前略>
 航空機生産省は、当面、ハリケーンとスピットファイアを優先して生産した。
生産量の六五%がハリケーン、三五%がスピットファイアであった。ちなみに、
全戦闘機のうちハリケーンは五五%を占め、スピットファイアは三一%であった。
(ただし、一九四〇年五月初めから一〇月末までの撃墜された戦闘機のほぼ四〇%
をスピットファイアが占め、ハリケーンが三三%ほどであったから、スピットファイア
のほうが撃墜されやすかったということになろう)。

 日本経済新聞社「戦略の本質 戦史に学ぶ逆転のリーダーシップ」107−108頁

107 :名無し三等兵:2006/11/19(日) 06:07:16 ID:q7TEdyMD
月光なんかは複座で前方固定武装は零戦なみ後方は7.7ミリが1門でよかったよな

108 :名無し三等兵:2006/11/19(日) 11:26:13 ID:SDIdn9Ai
>>107
装甲の硬い米軍機相手なら後方は37mmじゃなきゃ難しいべ。

109 :名無し三等兵:2006/11/19(日) 12:36:23 ID:???
>>107
月光の武装は胴体上下の斜め銃(20mm×3〜4)のみ。
前方武装及び後方旋回銃を備えていたのは二式陸偵だが、十三試陸戦の名残で動力銃塔(7.7mm×2)を
2基搭載した機体もあり、その場合の後方武装は胴体下方旋回銃を含めて最大7.7mmが5挺であった。

110 :名無し三等兵:2006/11/19(日) 12:37:00 ID:???
>>108米機の防弾は基本的に7.7mm迄しか考慮されてないはずだが。

111 :名無し三等兵:2006/11/19(日) 13:23:33 ID:???
>110
戦闘機はそうだが、B-17の操縦席の防弾板は15mmある。

112 :名無し三等兵:2006/11/19(日) 13:50:03 ID:???
>>111
欧州向きはな、太平洋向きは追加装甲はされていない筈だとオモタが

113 :名無し三等兵:2006/11/19(日) 15:03:38 ID:???
Bー17のヨーロッパ向けの追加装甲ってドイツ機が正面から攻撃してくる事への対応じゃなかったっけ。

114 :名無し三等兵:2006/11/19(日) 16:34:51 ID:???
B-17の正面攻撃に対応する装甲強化は、生産ラインではF型の途中から標準化された。
生産ラインでの装甲強化に欧州向け・太平洋向けの区別はない。
装甲強化はドイツ空軍の戦術に対抗する現場レベルでの試みを標準化したもので、様々な形で装甲を強化した
B-17の登場は欧州戦線が早かったと言えるが、最終的には欧州のB-17も太平洋のB-17も装甲は強化されていた。

115 :名無し三等兵:2006/11/19(日) 17:59:44 ID:???
>>110が火器の口径を言ってるのに、>>111は装甲板の厚さを言ってるので話がかみ合ってない。そこんところ気づかずにレスを重ねるオマイら、しっかりしろと言いたい。

116 :名無し三等兵:2006/11/19(日) 18:17:04 ID:???
装甲厚と防弾能力の関係についてある程度の知識がある人からみれば
>>110>>111の会話に違和感はないだろ。

117 :名無し三等兵:2006/11/19(日) 20:10:36 ID:???
へえええ、15mmの防弾板って、どれくらいの距離でどれくらいの口径のどんな弾種が貫徹するか頭に入ってるんだ。凄いね。
もちろん、ただの鉄板じゃないんだよね。

118 :名無し三等兵:2006/11/19(日) 20:20:07 ID:???
>15mmの防弾板って、どれくらいの距離でどれくらいの口径のどんな弾種が貫徹するか頭に入ってるんだ。

まあ、そういうことだから
半年ROMってろ


119 :名無し三等兵:2006/11/19(日) 20:43:26 ID:???
落語の江戸っ子のような意地っ張りだ。感動した。

120 :名無し三等兵:2006/11/19(日) 21:08:07 ID:n0cNNa6K
B−17の装甲は硬いと結論付けられるね。


121 :名無し三等兵:2006/11/19(日) 21:58:03 ID:???
まあ、B-17はFw190に相手させといて、こっちは野馬狩でもしようや

などと根拠のない勇ましいことを言ってみる

122 :名無し三等兵:2006/11/20(月) 01:28:25 ID:???
とにかく、あの降着装置はジョークとしか思えない。

123 :名無し三等兵:2006/11/20(月) 11:32:37 ID:???
前縁スラットはガチ

124 :名無し三等兵:2006/11/20(月) 12:26:06 ID:???
めっサーシュミットのスラットは自動?

125 :名無し三等兵:2006/11/20(月) 13:24:30 ID:???
空力で勝手に動くんだから何動と言えばいいんだろうなぁ?
手動ではない罠
動力もないから自動でもない罠

126 :名無し三等兵:2006/11/20(月) 13:52:13 ID:???
>>125 オッケー、わかるよ。ズリンのツアラーと同じだ。
右と左の効きが違いそうで、狭いトレッドと相まって怖い感じだ。

127 :名無し三等兵:2006/11/20(月) 15:08:31 ID:???
>>122
ボディマウントで翼に負荷が掛からない。

128 :名無し三等兵:2006/11/20(月) 16:12:42 ID:???
>>127 そりゃわかってるって。だけど、飛行機は元々主翼で全重量の1.2倍は受け持つ乗り物(2割は水平尾翼の下向き揚力)

129 :名無し三等兵:2006/11/20(月) 17:37:14 ID:???
>>125
空気の力で動くなら空動?いや風動だな。

130 :名無し三等兵:2006/11/20(月) 19:03:27 ID:???
確かにあの長く傾いた主脚柱は離着陸時の最大のウィークポイントだろうな。
だがあの形式のために得たメリットも大きいと思う。
例えば重量が嵩むマウントが防火壁と共用で軽量化でき、油圧系も機体側だから翼が軽い。これ、かなり飛行性能に影響してると思う。
エアフレームと左右の主翼を別ラインで製造できるので生産性が高い。
同様に、分割もできるので鉄道輸送も簡単。

どうだろう?

131 :名無し三等兵:2006/11/20(月) 22:54:26 ID:???
結局Bf109って軽いだけが取り得。(上昇と加速だけ)
ってかんじでしょうか?

火力、航続距離、上昇以外の運動性能が弱点って
ほとんど駄目戦闘機?


132 :名無し三等兵:2006/11/20(月) 23:56:05 ID:???
>>129
一定量の迎角を越えると風力で作動するのなら「自動」でいいんジャマイカ?

133 :名無し三等兵:2006/11/20(月) 23:59:23 ID:???
>>130 そこだよ。いま気づいた。
防火壁にランディングギヤ取り付けるから、ちょっとした離着陸事故で廃却になるんだよ。
KMCのセミスケールUコン機と同じだ。
飛行機は完成したら飛ぶのが一番、汽車に乗せる必要はないでしょ。

134 :名無し三等兵:2006/11/21(火) 01:24:12 ID:???
クルマでも三点式タワーバー入れるとちょっとしたことで即廃車なんてことも。

独空軍が輸送機による移動を重視してたけど戦闘機を分解搬送したりはしてないの?

135 :名無し三等兵:2006/11/21(火) 02:58:07 ID:???
F4Fの車輪でもやっていけるのに。

136 :名無し三等兵:2006/11/21(火) 04:35:08 ID:???
>>135 あれは鍛冶屋の製品

137 :名無し三等兵:2006/11/21(火) 05:47:01 ID:???
>>134
エンジンとか部品とかは運んでるけど
飛行機は自力で移動するのが一番早いからな。

138 :名無し三等兵:2006/11/21(火) 09:28:46 ID:???
>>133
脚取り付け部は構造的剛性負担部にしか任せられないから
どっちみち骨折事故すれば廃却にならんか?その理屈だと。
主翼桁か防火壁か、って違いだけでしょ。

139 :名無し三等兵:2006/11/21(火) 12:44:42 ID:???
>>138 こういう風にも考えられる。
防火壁曲がる→交換→シリアル番号が変わる→帳簿上は1機抹消
片翼が曲がる→交換→部隊にいくらでも部品取り機体がある

140 :名無し三等兵:2006/11/21(火) 14:40:53 ID:???
脚が折れる事故くらいで防火壁が曲がってたまるか。

141 :名無し三等兵:2006/11/21(火) 15:00:18 ID:5vEVrnyJ
>>139
脚を折って取付部にダメージを負うことに限定するなら
通常の一本通し桁に取付部があるタイプの場合は、交換できないよ。
Bf109は桁取付ではないので桁を歪ませる要因がない。

片翼接地が原因で桁全体に受けるダメージは分割でも一本通しでも同じ。

142 :名無し三等兵:2006/11/21(火) 15:04:55 ID:9Ida7nme
アリューシャン諸島で着陸失敗した零戦は脚がもげていた。
この場合、脚への応力が一定以上になるとボルトや取り付け金具が
先に壊れて主桁にダメージが及ばないようになっている。

したがって米軍は取り付けボルトや取り付け金具を再生して、零戦を修復した。


143 :名無し三等兵:2006/11/21(火) 15:07:58 ID:9Ida7nme
Me109のG型やK型の後期あたりで尾輪柱が長く改修されて、前方視界が良くなったり、
地上滑走での直進性が良くなったけど、どういう理屈なの?

あとなんで最後期までそういう改修がなかったの?

144 :名無し三等兵:2006/11/21(火) 15:45:59 ID:???
>>143 どういう理屈という疑問は、直進性の部分だけでよいかな? 前方視界はわかるよな?
尾輪式の操縦で怖いのは地上走行中に、プロペラ後流が(日米独式の場合)常に尾翼を左へ押す力が働いている。
離陸滑走開始でパワーを入れると、思いっきり機首が右へぶれる機種もある。程度は千差万別。
次に少しスピードが付いて来て、尾輪が浮くと、それまでの左向き後流の支配下にあった垂直尾翼が、フルパワーの右向き後流の中に入る。
こうした左右の振れ要素はすべてラダーで補正するんだけど、離陸滑走中に右左のラダーを踏み変えたり、さらに地面を離れたときには、また別の理由からラダーを踏み変えなければならない。(Pファクターというけど説明は省略)
せめて最初から、垂直尾翼を高くしておけば、多少は緩和されるという理屈で、実際効果があったので採用したのでしょう。
それほどこの機体が地上で壊す例が多かったということかな。
最後期までなかったのは、戦争末期にパイロットの養成期間を思いっきり短縮する必要があったから。
「絶対に飛び上がるなよ。小一時間、三角コース走ってタキシングの練習して来い。」
「おめでとう、二時間目は単独飛行だ」
こんな感じ。

145 :名無し三等兵:2006/11/21(火) 16:01:21 ID:???
>>142
つまり取付部にダメージを受ける前に脚が折れるわけだ。
それで>>133の主張が根本的に否定されますね。

146 :名無し三等兵:2006/11/21(火) 17:25:22 ID:???
Bf109は着陸姿勢のまま翼を取り外すことだってできるんだぜ

147 :名無し三等兵:2006/11/21(火) 17:30:38 ID:???
否定されてないだろ

148 :名無し三等兵:2006/11/21(火) 18:14:20 ID:???
なんで?
脚折っても防火壁は損傷しないじゃん
これが、否定されてなくて何なの?

149 :名無し三等兵:2006/11/21(火) 23:53:27 ID:???
メッサー社とナチ党の癒着の象徴だな。
他メーカーが新型機を作っても断固NO!とにかくNO!
と言い続けた姿勢には本当に感服するよ。
そこまで嫌がるなら自分達で新型レシプロ戦闘機作れば良いのに

150 :名無し三等兵:2006/11/22(水) 01:21:59 ID:???
開戦直前にHe100を持ってこられても・・・。
せめてエンジンが現用機と被らなければ補助とすることもできたんですが。

151 :名無し三等兵:2006/11/22(水) 08:12:43 ID:???
>>150
そんな良いエンジンあったら109に積むわ

152 :名無し三等兵:2006/11/22(水) 11:05:20 ID:???
BMW801で手の空いてるフォッケあたりに頼むのはどうだろう?

153 :名無し三等兵:2006/11/22(水) 17:22:31 ID:+32cMKv1
He100はタイミング的にはF型と被るわけだが
あれを実戦仕様にすると戦力としてはトントンなんだな。
だからワザワザ換える必要性もないわけだ。

154 :名無し三等兵:2006/11/22(水) 19:15:41 ID:???
しかもHe100の方が航続距離が小さい

155 :名無し三等兵:2006/11/22(水) 19:16:09 ID:???
誉を積んだらLa-5みたいになるかな

156 :名無し三等兵:2006/11/22(水) 20:44:14 ID:???
航続距離なんて燃タンの配置でどうにでもなるし

157 :名無し三等兵:2006/11/22(水) 21:44:23 ID:???
>>156
脳内か?
BOBではどうにもならなかったんだよ

158 :名無し三等兵:2006/11/22(水) 23:06:49 ID:???
>>153
He100D-0/1の登場は1939年の夏で開戦前後のこと。Bf109E-3/4あたりが時期的にはライバルとして相応しい。
1939年9月の開戦以降、「He113」のプロパガンダ写真が盛んに配信された。英情報部はHe113の配備を事実と
考えていた節があり、多くの英空軍パイロットが英本土航空戦初期にHe113との遭遇を報告する始末だった。

159 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 00:12:01 ID:hpmXKX1Y
あの状態で「実戦仕様」はない。
実戦に耐えるよう現実的に改修すれば就役はF-1くらいになるんじゃ?

160 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 00:30:10 ID:hpmXKX1Y
ノーマルな冷却器に改めて、主翼を増積して、など
F-0は40.10就役

161 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 00:46:17 ID:???
He100D-0/1は引き込み式ラジエータを追加し武装を整理(MGFF×1+MG17×2)したいわゆる実戦型。
最初の武装搭載型のHe100C(MGFF×2+MG17×4)から実用性を向上させた生産型という位置付け。
因みに日本がライセンス生産を検討したHe100はこのD型で、1940年に3機が引き渡されている。

162 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 00:51:35 ID:???
>>157
馬鹿だね、数機どまりの試作機のカタログスペックながめて長いの短いの
と喜んでる間抜け。

163 :ストレガー:2006/11/23(木) 02:01:59 ID:???
Bf109Fの風防は大きく3つに分かれ、胴体にボルト止めされたウィンドシールド
右側に開閉できる中央キャノピー、前下端が胴体に引っかかって止まっている後部キャノピーから構成されていた。
緊急時はスロットルの前方にあるレバーを引っ張り胴体側のロック機構を解除すると、
フレーム下部に沿って取り付けられたバネの力で後部キャノピーは斜め後方に押し出され、
中央キャノピーのピボットがはずれキャノピー全体が脱落することで
パイロットの脱出を助けるという仕掛けであった。ウィンドシールド、キャノピーとも
鋼鉄製のフレーム上に1o厚のゴムパッキングをのせ、その上に厚さ6oのプレキシグラスの
窓をかぷせ上からジュラルミンのあて板を介してポルト・ナットでフレームに固定
するという組み立て方法を採っていた。
中央キャノピーの側面と上面の窓はいずれも前半分をうしろにすべらせて開けることができたほか、
ウィンドシールドの左側窓は2分割され前半分を内側に折り曲げて開けることができた。
このほかウィンドシールドの直前にはコクピット内から操作する開閉式の小さな空気取入口が設けられていた。
パイロットのための防弾装備は中央キャノピー後部に頭と肩を防護する10o厚の防弾鋼板、
背中から腰にかけては上半分が8o厚、下半分は4o厚の防弾鋼板が装着されていた。
またBf109Eと同じく途中からウィンドシールド正面の外側に55o厚の積層防弾ガラスが追加され、
先に作られた機体の一部にもレトロフィットされた。

164 :ストレガー:2006/11/23(木) 02:07:02 ID:???
与圧式コクピットを装備したBf109G-1ではウィンドシールドと中央キャノピーの各窓は
すべて二重ガラスとなり、防弾ガラスの入るウィンドシールド正面を除き6oのすきまを開けて
外側は板厚8o、内側は3o厚の特殊プレキシグラスを使い、フレームとのあいだにゴムのパッキング
をはさんで気密を確保していた。さらに二重ガラスのくもり止めに内側から乾燥剤カプセルとコクピット内と
気圧を同じに保つための小バルプがついていた。中央キャノピー側面の前方窓は与圧構造にはなっていても、
非与圧型と同様に左右とも一旦内側に引き寄せてからうしろにすべらせて閉けることができた。
ウィンドシールド正面には8o厚プレキシクラスのうしろに12oのすきまをあけ60o厚の積層防弾ガラスがはめてあり
ここだけは外側から乾燥剤カプセルをネジ込んでいた。
プラウゲルと呼ばれた乾燥剤は色が青から赤味を帯ぴた白に変わると吸湿効果がなくなったため、
新品と交換する必要があった。中央キャノピー後端には10mm厚の防弾鋼板が付き、
その上部左右には後方視認用に小さな三角形の防弾ガラスがはめてあったが、
のちに面積の拡大したプレキシグラスに換わった。
Bf109G-2のウィンドシールドと中央キャノピーと防弾ガラスの入っている
正面はBf109G-1と同じで、それ以外は二重窓の内側の3mmプレキシガラスと
乾燥剤カプセル、バルブを撤去した構造であった。
G-2初期型ではキャノピー後部の防弾鋼板がG-1と同じ直立したタイプを装着していたが、
やがてF-4と同じ頭部のクッションが付き前傾したタイプに換えられた。

165 :ストレガー:2006/11/23(木) 02:18:26 ID:???
Me109Fではエンジンが前進しプロペラ直径も小さくなり、主脚前傾角はE型より
約6度増して約17度となった。主車輪間隔はE型より87o広がり2062oとなり、
前から見た主車輪の傾き角は4度増えて9度になった。
主車輪寸法はE型と同じ650×150oであったが、総重量が増加したためタイヤの空気圧は
4・3気圧から4・5気圧に引き上げられ、ホイールはエレクトロン社製の8-2024E-1型から
構造が少し強化された8-2024F-1型に替わった。主車輪強度は最大静荷重が1・4t、
許容動荷重は3・95tという定格であった。尾輪寸法はE型と同じ290×11Oo、空気圧も
4・5気圧のままであり、ホイールもE型と同じエレクトロン社製8-2207A-3型または
クロン・プリンツ社製8-3515A-2型のいずれかが使われ、両者のハブパターンは異なる。
尾輪の最大静荷重は450s・許容動荷重は1・28tであった。
センターロック機構がないため尾脚は自由に首を振ることができたが、
1942年8月以降少数のMe109F-4にはセンターロック機構付きの尾脚がレトロフィットされ
ロックレバーがスロットルの直後に新設された。
この尾脚にはトルクアームが追加されていたため識別は容易である。

166 :ストレガー:2006/11/23(木) 02:53:42 ID:???
ダイムラー・ベンツ社では1920年代後半から30年代初めにかけて
液冷倒立V型12気筒4サイクル航空用ガソリンエンジンF2とF4を開発・製造してきたが、
ドイツ運輸省の求めに応じF4の排気量を拡大したDB600を開発し1934年にこれを実用化した。
DB600はシリンダーブロックの開き角度が60度の倒立V型12気筒ボア150o、ストローク160o、
排気量は33・9リッター、シリンダーブロックの間に気化器を置き、後部左側面に遠心式過給機を備えていた。
Me109Eに搭載されたDB601AはDB600の燃料供給系を気化器からシリンダー内への直接噴射に改め、
過給機駆動軸に流体継手を導入したエンジンであり、Me109Fに搭載されたDB601E、601Nは
DB601Aの出力向上型であった。
DB601のシリンダープロツクは鋳造の難しいアルミ合金の一体鋳造で、これに低温で冷却し
径を縮めた薄肉の鉄製ライナーをネジ込み、クランクケースヘはシリンダーブロックから飛ぴ出た
ライナー端部に径大きいナットをネジ込んで固定した。
冷却液がライナー外周に直接触れない乾式ライナーであった。
各シリンダーヘッドには吸気弁と排気弁を2本ずつ配置し、対向位置にある吸・排気弁を
共通のカムでロッカーアームを介して開閉させるSOHC形式を採用していた。
この形式は吸・排気弁にそれぞれ専用のカムを使った形式にくらべ構造が簡単な反面、
あまり高速回転には向かないものであった。
排気弁は内部に金属ナトリウムを封入し冷却効果を増していた。

167 :ストレガー:2006/11/23(木) 02:59:52 ID:???
ボアが120oを越えたあたりから航空用レシプロエンジンでは、一般に安全性と燃焼効率の面から
各シリンダーに2個の点火プラグを使っていたが、
DB601ではどちらもシリンダーブロックの外側に配置されていた。
これは整備の便を優先した結果であるが、燃焼効率の面からはあまりよくなく対向配置にすべきであった。
アルミ合金の鋳造で作られたDB601Aのピストン頭部中央はへこんでおり、外周には3本の圧カリングと
ピストンピンをはさんで2本のオイルリングがはまっていた。クランク軸は7カ所のすべり軸受で支えられ、
主連接棒には3列のころがり軸受を使用していた。この部分以外にも起動トルクが小さいという特長を持つ
ころがり軸受を多用したため、燃料直接噴射方式と合わせてエンジンが冷えた状態から短時間で発進で
きるという利点を持っていた。

168 :ストレガー:2006/11/23(木) 03:08:46 ID:???
レシプロエンジンでは高空に上がるにしたがい空気密度が小さくなるため出力が減少する。
これを防ぐため吸気を圧縮する過給機を備えていたが、通常はクランク軸から動力を得て歯車で増速し
インペラを回転させる遠心式であった。
インペラの回転速度を高空にいくほど増す無断階変速であれば、どの高度でも最適な給気圧が得られ、
その一方でインペラー駆動に要する動力を低くおさえて出力損失を減らすことができる。
DB601が過給機駆動軸に流体継手を使ったのはこの無断階変速の実現を狙ったものであった。
DB601Aの流体継手はクランク軸から増速歯車を経て駆動される入力側インペラの内と外に対向
して出力側のインペラを配置し、インペラのあいだを流れるオイル量を調節することでスリップ率を
変化させ出力側インペラの回転数を変えていた。オイルは2個の歯車型ポンプから供給され、
アネロイドで検知した外気圧の変化を一方のポンプにフィードバックさせ流量を制御していた。
入力側インペラのクランク軸に対する増速比は10・39倍で、出カ側は入力側回転数の約98%から60%ぐらいま
で無断階に変化した。しかし流体継手が定トルク方式のためスリップにより出力側に伝えられない
エネルギーは継手内のオイル温度上昇という形で消費された。このため通常のエンジンより大型の
オイルクーラーを必要とした。

169 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 04:19:53 ID:???
つーか、ドイツの技術力でマーリンエンジンをパクればよかったのに・・・


170 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 05:39:34 ID:???
>>169
パクっても燃料が無い。

171 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 07:18:33 ID:hpmXKX1Y
>>161
だからそれはハインケルの脳内実戦仕様だっちゅうの
「実戦仕様」って言うだけなら口があれば簡単。

172 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 08:33:37 ID:???
>>171
脳内もなにもHe100とはそういう戦闘機なんだから仕方がない。
もっと普通の仕様にするならHe100でも何でもないし、どんなに速くても採用にならなかった理由でもある。

173 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 08:47:08 ID:???
              Heーー!!
Heーー!!             Heーー!!    Heーー!!
                               Heーー!!
                          Heーー!!
デニーー   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                  Heーー!!
    r、r.r 、           \Heーー!!    Heーー!!
  r |_,|_,|_,| ,!             ヽ  Heーー!!
  |_,|_,|_,|_,|/::    \,, ,,/       | ニーー        Heーー!!
  |_,|_,|_人 (^i:: (●)     (●)   |     Heーー!!
  | )   ヽノ:::   \___/     | Heーー!!       Heーー!!
  |  `".`´ :!::::::::. \/     ノ       Heーー!!
  人  入_ノ、         / \  \ \ メ / )`) )    ッチャーデニー
/  \_/\:ヽ        /   \\ . \ メ ////ノ      Heーー!!
      /   ヽ、:..、     //  ヽヽ メ/ノ )´`´/彡 Heーー!!
     /      ` ー┬─ '"´     i i  /   ノゝ /      Heーー!!  
    /          |      Y  | |/| 、_,,ィ '__/,;'"´``';,._     Heーー!!
    /  y         |      ヽ_/  \_/  |ニニニニ|   
   /\/         |      / υ      /   | ̄ ̄ ̄| Heーー!!

174 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 09:37:59 ID:hpmXKX1Y
>>172
で、何が言いたいの?
ここへ来て論点すり替えか?
どこの航空軍も採用しないような半実験機みたいな代物を、実戦仕様と言ったのは君じゃないのか?

175 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 10:03:51 ID:???
>>174
He100と被るのは、Bf109FではなくてBf109Eである。

176 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 10:05:13 ID:???
ストレガーって嵐なの?

177 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 10:30:27 ID:???
このスレにも論点ずらしの零厨がいるのか?もっとマターリと行こうや。

178 :175:2006/11/23(木) 10:44:25 ID:???
当方のレスは、>>158>>161>>172と来て、>>175で最初に戻るというわけですが。

179 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 12:10:57 ID:hpmXKX1Y
半実験機と、れっきとした実用機のE型とでは「戦闘機」として被りません。
実用戦闘機として採用されるように改修すれば1年くらいは遅れて、その結果はF型と大差ない戦力にしかならないだろうという事。
それをして別機同然になるか否なかは預かり知らぬところ。
だが112の例もあるし、名称は変わらないだろうな。

180 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 18:20:13 ID:9QqTZ95Z
空冷星形P&WR2000を装備したBf109改造機って、目的はなんなの?
数年前にこの機体について質問したら、Fw190を見間違えたんだろ!とか散々なことを云われてしまったw

181 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 19:11:42 ID:SVgq0o/B
>>144
>尾輪式の操縦で怖いのは地上走行中に、プロペラ後流が(日米独式の場合)常に尾翼を左へ押す力が働いている。
>離陸滑走開始でパワーを入れると、思いっきり機首が右へぶれる機種もある。程度は千差万別。
>次に少しスピードが付いて来て、尾輪が浮くと、それまでの左向き後流の支配下にあった垂直尾翼が、フルパワーの右向き後流の中に入る

  全 く の 間 違 い 。
  左 右 を 全 く 混 同 し て い る。
   


182 :181:2006/11/23(木) 19:18:28 ID:FmzfsghG
続き
>>144
機体の姿勢の違いによるプロペラ回転面の左右の推力差を全く理解していない。

183 :181:2006/11/23(木) 19:26:39 ID:FmzfsghG
続き
>次に少しスピードが付いて来て、尾輪が浮くと、
>それまでの左向き後流の支配下にあった垂直尾翼が、フルパワーの右向き後流の中に入る

この辺の説明はもはやポカ━ン
全くのトンデモ解説。


184 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 20:11:15 ID:???
              Heーー!!
Heーー!!             Heーー!!    Heーー!!
                               Heーー!!
                          Heーー!!
デニーー   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                  Heーー!!
    r、r.r 、           \Heーー!!    Heーー!!
  r |_,|_,|_,| ,!             ヽ  Heーー!!
  |_,|_,|_,|_,|/::    \,, ,,/       | ニーー        Heーー!!
  |_,|_,|_人 (^i:: (○)     (○)   |     Heーー!!
  | )   ヽノ:::   \___/     | Heーー!!       Heーー!!
  |  `".`´ :!::::::::. \/     ノ       Heーー!!
  人  入_ノ、         / \  \ \ メ / )`) )    ッチャーデニー
/  \_/\:ヽ        /   \\ . \ メ ////ノ      Heーー!!
      /   ヽ、:..、     //  ヽヽ メ/ノ )´`´/彡 Heーー!!
     /      ` ー┬─ '"´     i i  /   ノゝ /      Heーー!!  
    /          |      Y  | |/| 、_,,ィ '__/,;'"´``';,._     Heーー!!
    /  y         |      ヽ_/  \_/  |ニニニニ|   
   /\/         |      / υ      /   | ̄ ̄ ̄| Heーー!!


185 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 20:55:53 ID:Z2MygOrQ
>>181 左右違いなら、英国機の解説と思ってくれても良いよ。
あ、ついでに補足しておくと、尾輪式の地上事故を嫌って三輪式降着装置が普及してゆくんだけど(P-38とかP-39)決定打となったのはジェット化。
ブラストで芝生がはがれちゃうから。

186 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 21:59:52 ID:???
最近はsageないのが流行り?

187 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 22:33:44 ID:h6U2BCJx
>>185
左右も違えば、なにもかも間違ってる。
プロペラ後流が尾翼に云々なんで解説してる時点で完全にアウト。
(プロペラ後流も多少は影響するが、これは尾輪式機も三輪式機も同じこと)
デタラメ解説で軍板の質を落とさないでくれタノム。

>>182を100回読んで理解してから書き込め。






188 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 22:38:41 ID:Z2MygOrQ
>>187 そんなにこだわる気はないんだが、これまでに操縦した機種書いてくれるか?

189 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 23:06:50 ID:???
もう出てこないかも知れないけど一応書く
>>187 俺とあんたの交換日記じゃないんだから、他のリーダー、特に>>143にもわかるように書きなよ。


190 :ストレガー:2006/11/23(木) 23:09:40 ID:???
給気圧を制御するためのスロットルバルプは2個あり、過給機導管の直後に配置された最初のバルブは
アネロイドにより高度に応じて自動的に開閉され、給気管が二叉に分かれる直前に置かれた2番目のバルブは
パイロットがスロットルから直接操作した。
燃料噴射ボンプを使いシリンダー内に燃料を直接噴射する方式は噴射ポンプに高精度が必要で工作に手間がかかるが、
気化器を使った方式に比べ各シリンダーへの燃料混合比を均一にする二とができるため燃料消費の減少につながり、
機体の姿勢・機動のいかんにかかわらず出力が変化しない。
また寒冷期の始動が容易といった大きな利点を持っている。シリンダーバンクのあいだに設置されたポッシュ製の
PZ12HP型噴射ポンプは歯車でクランク軸の半分の速度に減速駆動され、スロットルとアネロイドで得られた外気圧
および給気ダクトからのプースト圧の変化に応じて燃料噴射量が制御された。
DB601ではラジエーターを小型にするため冷却能力が高い水を使った加圧冷却方式を採用した。
ウォータージャケット内では沸点を高めるため約3・8気圧に加圧し、ウォータージャケット
を出た水は渦巻形の分離器を通して発生した水蒸気を分離していた。
なお寒冷期には駐機中の凍結を防止するため、水とエチレングリコールを半々に混合したものを冷却液に使用した

191 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 23:10:20 ID:6AMSCEgX
>>188
フライトシムの話か?w
言っとくけどパソコンでやるフライトシムで再現されてる離陸時の機首方位の変化なんて
まるで実機とは違ってるぞw

192 :ストレガー:2006/11/23(木) 23:12:43 ID:???
Me109F-1、F-2が搭載したDB601NはDB601Aの中央がへこんだピストン頭部形状を平らに変えることで
圧縮比を6.9から8・2に引き上げるとともに、ノッキング防止のため95〜100オクタンのC3燃料を使用した。
それとともに常用最高回転数の引き上げにより離昇出力はDB601Aの1100PS/2400rpm/1・40気圧から
DB601Nでは1175PS/2600rpm/1・42気圧へと増え、臨界高度における出力も1020PS/2400rpm/1・30気圧(高度5000m)から
1170PS/2600rpm/1・35気圧(高度4900m)へと増加した。
これに対してBf109F-3,F-4に搭載されたDB601Eは601Aと同じ87オクタンのB4燃料を使用したが常用回転数の引き上げ、
圧縮比の引き上げ、過給機の改良といった出カ向上策を採り入れていた。
その結果DB601Eの離昇出カは1350PS/2700rpm/1・42気圧、臨界高度4800mにおける出カも1320PS/2700rpm/1・42気圧と
DB601Aに比較して大幅に向上した。

193 :ストレガー:2006/11/23(木) 23:16:00 ID:???
DB601Eの外観の変化はプロペラ軸減速ギアケースを前に延長し、その内部にVDM定速プロペラの
ピッチ角変更ギア列を収容し、またスプラインが切ってあるプロペラ軸を始めから装備していた事である。
これに対しプロペラ軸取付フランジが付いているだけのDB601A、DB601Nはプロペラを装着するに先立ってこのフランジに
スプラインを切った軸をボルト止めする必要があり、エンジン前端までの寸法はDB601Eのほうが427・5o長かった。
DB601Eは常用最高回転数を引き上げるためカムプロフィールを変更し吸・排気弁のオーバーラップ角を40度から
106度へと大幅に広げた。また給気導管はシリンダーヘッドの開口部中央にあった仕切りをなくしたため、
第3・4番およぴ第9・10番シリンダーへの給気障害が解消された。

194 :ストレガー:2006/11/23(木) 23:20:57 ID:???
DB601A、601Nでは流体継手の軸受間隔がせまく軸中心を出すための調整が困難といった問題点があった。
これを改善するためDB601Eでは軸受間隔を広げるとともに軸受を4個から7個に増やし支持方法も変えて、
従来の位置関係を逆転させ真中に出力側の羽根車、その内と外に入カ側羽根車を対向配置した。
こうした構造変更の結果、DB601Eの過給機中心はDB601A、601Nより5o上に移動した。
また過給機駆動歯車のクランク軸に対する増速比は10・39倍から10.07倍へと少しさがったが、
インペラのブレードは12枚から16枚に増やされた。
過給機吸入口の直径はDB601A、601E、601Nの各型とも150o、インペラー直径も260oであったが
DB601Eではシュラウド径が少し拡大されていた。

195 :ストレガー:2006/11/23(木) 23:23:04 ID:???
DB601Eの注目すべき特徴としてクランク軸からシリンダーヘッドまでの距離を左右でわずか変えることにより、
圧縮比が左7.O/右7.2と左右のバンクで異なっていたことである。これは過給機を左側面に装着したため
過給機を出て各シリンダーに至る給気導管の長さが左右のバンクで異なることから生じる圧カ損失の差を補償する
のが目的であり、以後DB603、DB605に引き継がれダイムラー・ベンツ航空エンジンの特徴となった。


196 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 23:40:15 ID:76TxPusb
>>189
>>182を読んで理解できない奴に言葉では説明できない。
絵を描いて説明するしかない。

あえて言葉で説明すると
尾輪機の離陸滑走時には、機首が水平ではなく、
前進時に受ける前方からの相対風とプロペラ回転面に角度がある。
よって回転中のプロペラブレードの迎え角が左と右とで差異が付き
プロペラ回転面の左と右とでは推力のアンバランスが生じる。
結果、その推力のアンバランスによって機首が振られることになる。

これを低減するには、尾輪を伸ばしたり三輪式にする等して
相対風と機首のなす角度を少なくしてやればよい。

まあ、言葉で理解でる代物ではないから
Pファクターやプロペラ効果を本を買うなりして自分で調べてくれ。


197 :名無し三等兵:2006/11/24(金) 00:20:19 ID:???
Pファクターも関係してるんだよ。それは否定しない。だけど、そんな投げやりな説明じゃだめだ。

198 :名無し三等兵:2006/11/24(金) 00:24:39 ID:???
>>195
どこかの本からの引用?
できればソース教えて。もっと読んでみたいから。

199 :名無し三等兵:2006/11/24(金) 00:47:15 ID:IWVAw4C+
>>197
>196の説明はPファクターでは無いという主張か?w

200 :名無し三等兵:2006/11/24(金) 00:47:49 ID:???
いや、このままストレガーに写本してもらおう、全文
無用な出費しなくて済むw

201 :名無し三等兵:2006/11/24(金) 00:57:34 ID:???
だがなあ。ただでさえ売れない本がなあ。両手を上げて賛成するわけにもいかない。

202 :名無し三等兵:2006/11/24(金) 00:58:16 ID:???
>>197
自分で調べろ!糞が
スレ違いなことを引っ張るな

203 :名無し三等兵:2006/11/24(金) 01:06:14 ID:???
DB601Eは燃費が良いんだよな。巡航で208g/PSH、戦闘出力で210g/PSH。

204 :名無し三等兵:2006/11/24(金) 01:28:55 ID:???
別にすれ違いじゃないだろ>>197 建設的じゃないがな。

205 :名無し三等兵:2006/11/25(土) 00:22:03 ID:???
>>191
どう違うのか詳しく言って貰おう

206 :名無し三等兵:2006/11/25(土) 12:08:48 ID:???
>>205 言えないんだから深追いしないほうが良いと思うよ。それに尾輪の直進性の質問したやつも消えちゃってるし。

207 :ストレガー:2006/11/25(土) 16:21:58 ID:???
Me109では空間的な制約から電動モーターによるスターターが使えないため手動式慣性始動機を使った。
Me109FはE型と同じポッシュ製のAL/SEDAR1を装備した。
DB601A、601Nでは点火用マグネートにボッシュ製ZM12BR4を装備したが、DB601Eはシールドの強化で
高空耐性の増したZM12CR8に換わった。
DB601Eでは流体継手の構造変更による影響でエンジン後部の補器駆動部が
DB601A、601Nより後方に拡大したためMe109FはE型よりエンジンが40mm前進した。
モーカノンには高初速のMG151使用を前提として開発されたため、
アップスラスト角はE型の1度20分から0度43分に減らされた。
エンジンが前進したことを補償し前下方視界を広げるため、スラストラインはE型より少しさがり
防火壁において機軸の下116・5oのところを通っていた。
DB601Nを搭載したBf109F-1、F-2が装備した定速プロペラはVDM9-11207A
DB601Eを搭載したBf109F-3、F-4はVDM9-12010Aでジュラルミン製の3枚羽根で直径は3mだった

>>198
そんな本があったら俺が欲しいわw
雑誌の記事を一部抜粋しますた。

208 :ストレガー:2006/11/25(土) 16:23:39 ID:???
スピナーを付けた状態ではほとんど見分けがつかないほどよく似ていたが、
両者の構造には少なからぬ違いがあった。遊星歯草と歯車列をモーターで駆動する
VDM方式と呼ばれる機械式ピッチ角変更機構は両者に共通していたものの、
DB601Eがプロペラ軸減速歯車カバーの内部に最終段の2段前までの歯車列を収容していたのに対し、
DB601Nにはそれがないためプロペラボスの背後とオイルタンクとの間に歯車列を取り付けていた。
したがって9111207Aと9-1201OAとのあいだには外観とは裏腹にまったく互換性がなかった。
一般にVDM定速プロペラを装備した機体には、ほかに例を見ないユニークな特徴として、
時計と同様短針と長針を使い目盛が12等分されたピッチ角計が計器盤に取り付けられていた。
これはピツチ角変更用モーターから羽根までのあいだが歯車のみでつながっており、
ピッチ角が1度変化するためにはモーターが何回転すればよいかが正確にわかっている
VDM方式だから成り立つ計器であった。

209 :名無し三等兵:2006/11/25(土) 19:11:20 ID:???
すみません。プロペラのピッチ角って、せいぜい0度から30度くらいが表示できれば良いので、短針長針は必要ないと思うんですが。

210 :名無し三等兵:2006/11/26(日) 00:12:24 ID:???
>>207
すまそ。
トルクメーターみたいな非商用の雑誌かな?

211 :名無し三等兵:2006/11/28(火) 22:08:03 ID:???
スケールアビエーションかミリタリーエアクラフトあたりじゃないか?

212 :名無し三等兵:2006/11/29(水) 22:21:41 ID:???
>>205
MSFの場合は、尾輪機の離陸時の機首偏向の方向が、実機とは逆になっちゃってるね。


213 :名無し三等兵:2006/12/01(金) 21:11:32 ID:Cn3mYDaD
中古の再生機はどれくらいなんだろう
生産機数のうち

214 :名無し三等兵:2006/12/01(金) 22:09:15 ID:OXbF7q45
あっちこっちから色んな戦闘機を集めたイスラエルはパレスチナ戦争で
相当な数を集めて運用したと思う。

215 :名無し三等兵:2006/12/01(金) 22:22:14 ID:???
20o機関砲ポッドは役に立ったんだろうか?

216 :名無し三等兵:2006/12/01(金) 22:27:03 ID:???
速度は落ちるが爆撃機を相手にして撃墜

217 :名無し三等兵:2006/12/01(金) 22:50:03 ID:OXbF7q45
爆撃機をターゲットに絞れば効果的な兵器だったのでは?
戦闘機相手なら通常装備の機体に任務を任せて。

218 :名無し三等兵:2006/12/01(金) 22:53:23 ID:???
護衛付きの爆撃機だったらどうするの?

219 :名無し三等兵:2006/12/01(金) 22:54:38 ID:???
マスタングが来るころはメッサーが梅雨払いで法華が相手

220 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 16:17:58 ID:???
だが、せっかくBf109隊が制空隊を引き付けてFw190隊の為に進路を開いても
重装備Fw190は赤子の手を捻るが如く、直掩隊に叩き落とされるのであった。

221 :F14の.野良猫♀ ◆F4k5dhGd82 :2006/12/02(土) 19:16:02 ID:???
メルッセデスME109で..FW109ってポルシェ/空冷
ME109って軸に30mm捻じ込んでた?恐ろしい機材

222 :F14の.野良猫♀ ◆F4k5dhGd82 :2006/12/02(土) 19:18:27 ID:???
勘弁w190だ...かっこわるい..
ごめんね

223 :名無し三等兵 :2006/12/02(土) 19:20:53 ID:???
>>215
ポッドは遅くなる上に、被弾すると翼が真っ二つになる恐れあり。

224 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 19:45:31 ID:???
>220
メッサースレにも知久平が出るのねw

225 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 19:59:03 ID:???
>知久平

これは何?

226 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 20:23:50 ID:???
どんな手段ででも他機を貶そうとする隼厨の事。

227 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 20:38:10 ID:???
隼厨でなくても同じような事書けると思うが
隼厨と断定した根拠は?

228 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 20:43:25 ID:???
自分の事となると反応レスも速いな隼厨。

229 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 20:58:25 ID:???
根拠無しの中傷って事でおk?

230 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 21:02:54 ID:???
ほらw

231 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 21:15:32 ID:???
答えになっていないなぁ
>>226みたいな奴は徹底的に叩いていいって事かな?

232 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 21:28:07 ID:???
>>231
法華スレで徹底的に叩かれた腹いせ隼厨?

233 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 21:45:38 ID:???
フォッケ厨でも隼厨でもどっちでもいいけど
お互いのスレでやってくれよ
お前らの言い争いにスレ貸してねぇ!

234 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 21:49:59 ID:???
とえりあえず事実だけ

だが、せっかくBf109隊が制空隊を引き付けてFw190隊の為に進路を開いても
重装備Fw190は赤子の手を捻るが如く、直掩隊に叩き落とされるのであった。


235 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 21:57:56 ID:???
しつこいよ隼厨知久平スレで叩かれてこっちに来るなよ。

236 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 22:00:54 ID:???
お前も黙って消えろ、クズ。

237 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 22:00:56 ID:???
とえりあえず事実だけ

Bf109隊が制空隊を引き付けてFw190隊の為に血路を開き
重装備Fw190は赤子の手を捻るが如く、B17を叩き落としたのであった。

238 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 22:03:42 ID:???
赤子の手を捻るのって命がけなんだなw

239 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 22:10:02 ID:???
>>215
見栄えと破壊力はいいんだよな。

240 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 22:19:01 ID:UO2O6AII
マクロスに登場したバルキリーもガンポットを装備していたね。

241 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 22:24:24 ID:???
ガンポッドとかロケットチューブとか
脅しにはもってこいだな

242 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 22:25:17 ID:fxyMPbQD
戦後にスペイン、チェコで作られた奴は対地攻撃主な為かガンポッド標準装備だよな。

243 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 23:46:32 ID:LFKsgFTl
ガンポッド、強そうに見えるけど、機動性が低下して、109の最大の利点が失われるんだよね。

俺なら乗りたくない…っていうか、フライトシミュレーターでもR仕様は使う気しないな。


244 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 00:51:43 ID:???
逆に考えるんだ。
対重爆用の攻撃機であって、戦闘機ではない。だから、多少機動性が劣っても無問題と。

245 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 02:23:10 ID:???
重爆相手にするならフォッケをくださいと訴える

246 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 12:23:32 ID:???
やっpり262下さい。

247 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 13:22:27 ID:???
じゃ、おいらにはナッターを

248 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 13:48:22 ID:9tcz7nEB
>>247
自殺志望でつか?w


249 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 15:00:30 ID:G/Ic0zAz
P-47とか相手したパイロットに言わせると、
プロペラ軸の20mm1門だと投射量が足りなくて
全然落とせないから、機関砲ポッドは必須なんだと。

なんせ20mmを5〜6発当てても平気な顔して加速して
109をぶっちぎる事が珍しく無かったらしい>P-47

250 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 15:22:55 ID:???
>>249
20mm食らって平然な訳ないだろw
どんな爆撃機だよ。

251 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 18:08:20 ID:???
MG151/20で敵機を撃墜するには何発の命中弾が必要とドイツ空軍が考えていたかというと
B-17のような四発爆撃機の場合は18〜23発、単発戦闘機の場合は4発だった。
P-47は平均的な機体より丈夫そうだが、20発でも平気なのは当たり所が良かったのかな。

252 :251:2006/12/03(日) 18:42:44 ID:???
>20mmを5〜6発当てても
と書いてありますね。流し読みで勘違いしてました。さすがに「20発でも平気」は有り得ないはなぁ。
5〜6発当たって普通なら撃墜の所を墜ちないP-47だからこそ、頑丈さで定評を勝ち得たのでしょうね。

253 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 19:15:33 ID:???
>>251
紫電改に打ちまくられたF4Uの写真を見たけど、左主翼の三分の一を失い、後部胴体に大穴、
水平尾翼もズタズタに引き裂かれていたのに、ちゃんと基地まで帰還している写真を見たことがある。
アメちゃんの飛行機っておっそろしーなー、と単純に思ったw

254 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 19:17:05 ID:???
>なんせ20mmを5〜6発当てても平気な顔して加速して
>109をぶっちぎる事が珍しく無かったらしい>P-47

是非ソースが知りたいところだが

255 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 19:23:14 ID:???
>>254私は初心者。迄読んだ。

256 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 19:26:07 ID:???
>>254
朝日ソノラマの鉄十字のエースたちで俺も見たような希ガス…
P-47は胴体下面撃たれても排気タービンとその周辺の機械やパイプやらが
防弾板の代わりになるみたいだけど

257 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 19:26:17 ID:???
Bf109に関する書籍ってどんなのがありますか?
やっぱり世傑がガチ?

258 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 19:28:30 ID:???
>>257
いっぱいあってわからん
オズプレイシリーズがわかりやすいのでは?

259 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 20:11:21 ID:???
>255
何が言いたいかさっぱりワカランw


260 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 20:35:14 ID:???
戦史について知りたいならお酢プレイ翻訳だけど
メカを知りたいなら外書しかない

世傑は止した方がいいお
それに代わるものがない現状だけど

261 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 20:57:04 ID:HFHKwZpo
古い本だけど丸メカニックが俺にとってはバイブルだったよ。


262 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 21:03:41 ID:???
スレの冒頭に貼ってあるサイトが、まず手っ取り早いのでは。
WW.II Aircraft Performance の一次資料群は、他人の偏ったフィルターを通さずに自分で考えられるし。

263 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 21:57:59 ID:???
世傑は書籍というよりか写真集。
ていうか日本にはいい書籍は無いよ。
翻訳本でも、原書では開発物語が詳しく語れてるメカニカルな部分はバッさり削られて
戦記だけになっちゃってるし。

264 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 22:34:26 ID:AB9TFPXy
アメリカのモハビ空港のショップに行って来い。
あそこの航空関係のグッズや書籍は世界最強。

265 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 22:43:02 ID:???
ありがとう御座います
自分なりにまた調べてみます

266 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 01:14:58 ID:???
>249
R6はキット全体の重量が200kg以上あり飛行性能が著しく低下したとそうだが。
その話の通りならP-47は頑丈かもしれないがよほど運動性が悪いのだとオモワレ。

267 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 04:30:01 ID:???
どんな低性能機にも射撃のチャンスは訪れるんで
そういう理屈にはならんよ。

268 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 12:21:16 ID:???
まあガンポッドは極端にしても、戦闘機の空戦能力を機動性能でしか量れない人は
G-5/6がなぜ採用されたのか永遠に理解できないんだろうね。

269 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 13:05:07 ID:???
>>268
7_の機銃が使い物にならなくなったからだろ

270 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 15:22:42 ID:???
>>221
Meはメッサーシュミットの頭文字
Fw190AはBMWだとマジレス

271 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 12:49:58 ID:???
>>253
コルセアは主桁が一本だからもし桁に命中したらそこから先が一気に折れ飛ぶ
そのコルセアは運が良かったのもあると思うよ。もしもっと胴体に近い辺りの主桁に命中してたら
石みたいに落ちてたかもな

272 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 13:27:05 ID:???
大きな搭載量と対空対地万能
戦闘機の鏡みたいなF4Uは、Bf109マニアのオレには羨ましい限り。
対戦闘機しか能が無い109が、か○わに見えてくるよ…orz

273 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 13:43:53 ID:oYtbBLZp
>>272
対戦闘機オンリーだからいいんじゃないか…
軽騎兵だろ空の。
Fw190みたいに地上攻撃機にも使われていたら叩かれる要因になる。

274 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 13:51:42 ID:???
ホッケの場合、戦闘機に対抗するのが厳しくなったからだろうね。
Me110みたいな感じだろう。

275 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 14:01:43 ID:???
>>272
スピットも一芸だけの能無しなんだから、Bf109をそこまで卑下せんでも。

276 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 14:25:04 ID:oYtbBLZp
>>275
スピットは戦闘爆撃機として使われてるけど
ロケット弾つんで…

>>274
Fw190A-8はシリーズ最低の飛行性能だからなあA-9だとちょっとまし。
D-9はつなぎだしTa-153はあれだし…
Bf109G後期とK-4はまだつかえたからな。

277 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 14:46:22 ID:???
>>272
万能の機体なんてないよ。
コルセアもオイルクーラーの位置が悪かったせいで下からの銃撃には異様に脆かった

278 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 14:52:20 ID:???
>>277
つAU-1

279 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 16:35:40 ID:???
でも、あれだけの離昇馬力があって
積めないのは何とももったいない。

280 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 17:07:03 ID:???
>>277
XF8B-1こそ万能戦闘爆撃機。

281 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 17:30:35 ID:???
>>278
制空戦闘に使えない地上攻撃機だろw
いい加減Bf109の話に戻ろうぜ

282 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 18:10:36 ID:???
XF8B-1が出た途端、万能機比較から逃走するとは、さすが空飛ぶ一直線。

283 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 18:19:44 ID:???
アホカ

284 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 18:28:20 ID:oYtbBLZp
>>276
あ!Ta153H-1tとかくつもりがスマソ

285 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 19:48:47 ID:???
Ta152じゃないの? ・・・Ta153ってどんな飛行機?

286 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 19:54:43 ID:oYtbBLZp
>>285
すまんさらにすまんTa152H-1だったよw
あせって打ち間違えた。仕事だったら怒られてるよw



287 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 20:46:34 ID:???
>>285-286 Ta153ってTa152と並行して開発されてたんだけど。
Fw190からの改造範囲がTa152より大きいということで、計画どまり。
まぁTa153H-1なんてものは確かに存在しないが。

288 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 20:49:37 ID:???
ホッケはもういいってば…
Bf109G-16ってどんなのよ

289 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 21:29:32 ID:???
質問。Bf109G-6やG-14,K-4の自重、全備重量ってどのくらい?

290 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 21:32:20 ID:???
G6で全備重量3.4t、K4で3.8tぐらいだっけ?

291 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 21:32:50 ID:???
せっかく空冷なのに、オイルクーラー撃たれただけでお釈迦ってのもなあ。
せめて遮断バルブさえあれば、パワー絞って飛び続けられるんだが。

292 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 23:44:14 ID:???
>288 G-14/R1に装甲を追加した対地攻撃型
…と言われてるが、その説の根拠がいまひとつはっきりしない。
「JG52のK-14」と同じくG-14のタイプミスだったりするかもしれん。

293 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 23:48:51 ID:???
>>290
最後の方の型ってダッシュ力や上昇力は良かったの?
P-51が潤沢に行き渡ってからも米軍がスピットを使い続けたのって、
スピットにP-51にはない上昇力やダッシュ力があったからと聞いたけど。


294 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 00:07:51 ID:???
動力性能「だけ」は誰にも負けないBf109の一芸。
積めないだけに馬力リソースを全て空中性能に振り向けられるという
何とも痛し痒しな

295 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 01:43:34 ID:???
もともとそういうコンセプトで開発された機体なわけだが。

296 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 04:30:06 ID:???
>>293
どこでスピット使い続けてたんだよ?

297 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 10:49:22 ID:???
えーと、つまり直線番長?

298 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 11:02:02 ID:T2hQZZQm
結局Bf109ってメッサーシュミットが後継機の開発に失敗して
終戦まで使われた零戦みたいな戦闘機ってことでよいのでしょうか?

フォッケも1943年の後半には米英ソ?の戦闘機に通用しなくなってるし・・・

メッサーシュミットより中島飛行機の方が優秀でFA?


299 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 11:54:12 ID:???
Bf109はDB605D搭載型の登場が遅すぎたが
DB605D搭載機の動力性能は連合軍最新機に対抗できるもので
性能的に通用しないという表現は誤ったものだ。

ちなみに日本軍最優秀機である疾風を日本陸軍は総合的にFw190Aと同クラスの飛行性能であると評価している。

中島を誉めるためにドイツメーカーを貶めれば結局それは日本機を貶める結果になるので
止めといた方がいいぞ。



300 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 11:57:32 ID:???
>>299
動力性能よりもコクピットの後方視界が無いとか、
武装が寒いとか離着陸が難しい、航続距離が短いとか
そっちのほうが問題だと思われ。P-51には全部備わったものだし。

301 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 12:32:54 ID:hceS/ZNi
>>299
K-4の戦果はどれくらいなのかなあ

302 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 12:36:43 ID:Cbo8PQOL
JG52で帝国防空識別帯(赤白)を塗った機体の写真
見たことある人いる?

303 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 12:45:38 ID:???
>>299
一般的にDB605搭載のBf109Gはバランスが悪い
戦闘機って言われているみたいですけど・・・
F型で設計寿命が尽きたとか軽自動車に大排気量エンジンとか・・・




304 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 13:39:52 ID:???
バランスが悪いというより訓練システムが劣化して
不十分な技量のパイロットを量産してしまったというのが本質的な問題。
元々飛行時間200時間足らずのパイロットには使いこなせない機体だ。

よく言われる視界の悪さについてだが、試乗した米軍テストパイロットによれば
それが気になる状況は着陸時の時に限定される。
着陸時に不用意に車輪ブレーキをかけたり舵を不用意に動かせば事故るが、
逆に言えば禁忌操作をしなければ事故らない素直な機体とも言える。
結局、それらの問題も訓練用機材を充実させるなどすれば非難されるほどの欠点ではないと言える。
G型も訓練部隊に複座仕様を大量配備して習熟させれば問題は少なくなっただろう。

G型に仕様上の問題があるとすれば高速域での操縦性に難があるという事ことだが、
その代わりに失速特性はP51やスピットよりも優れているのだ。




305 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 13:51:23 ID:???
>>299
>ちなみに日本軍最優秀機である疾風を日本陸軍は総合的にFw190Aと同クラスの飛行性能であると評価している。
ブースト制限つきでな

306 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 14:16:28 ID:???
>>302 Eagle Editionの「Wings of the Black Cross」の何巻だかに
イラストが載ってる。これまで「緑白」と言われてた写真が本当は「赤白」
だったんだよ、というもの。


307 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 15:50:19 ID:???
>>305
制限解除されてからの評価は無いの?
明らかに判る程性能向上したのなら、評価し直さないとだめじゃないの?
「戦後」元審査部パイロット達は、戦時中の疾風の素晴らしい進化を無視して
P51が一番とかFw190が一番とか言ってたのかw


308 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 15:51:27 ID:hceS/ZNi
>>303
スピットファイアL.F\だってバランスがいいとはいえないけどな。
G-10くらいでまた戻したんだけど飛行性能…
生産が間に合わないでG-14に。

309 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 15:53:16 ID:???
>>307
中の人がFw190Aのほうがいいって言ってるからカタログスペック以外に
よい点が多いのだろう。
つか、Bf109スレなんですけど・

310 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 15:59:06 ID:hceS/ZNi
>>292
見逃す所だったw
レスサンクス!
エアロディテールにG-16の図面有るけどまゆつばだったのか…
Gの末期型はいろんなタイプの部品が使われてたりするからよくわかんね…

311 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 16:12:19 ID:???
>>308
スピットファイアLF9は対Fw190用の低中高度特化型でしょ?


312 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 16:14:42 ID:???
>>307
審査部にあったのは初期の増加試作機だからね
インタビューでも1800馬力仕様だったと明言してる。

313 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 16:25:25 ID:hceS/ZNi
日本機はよそでやっとくれ
ID表示しないと嵐いなくならない悪寒
>>311
通常翼もあったようなスピットファイアもサブタイプが良くわからなくなるw
アメリカみたいな厳しい品質管理してないのかねえドイツ、エゲレス。


314 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 17:06:04 ID:Cbo8PQOL
302
>>306
とんくすす。
緑白はJG51だったかな?


315 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 17:22:25 ID:???
>313
エゲレスはどうだか知らんがドイツの場合は工場に部品のストックがあれば
それが使えるなら旧型でもお構いなしに流用して組み立てる。
爆撃が激しくなって部品供給が不安定になる頃には再生機用のパーツも流用していた。


316 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 17:24:32 ID:???
JG51は緑/白/緑。
JG77が緑/白。
ttp://www.xs4all.nl/~rhorta/jgmark2.htm


317 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 17:25:23 ID:???
質問。G-5と6と10と14ってどう違うの?

318 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 17:29:40 ID:???
G-5 与圧式コクピット
G-6 非与圧式コクピット
G-10 エンジンをDB605Dに変更
G-14 G-6にMW50を標準装備


319 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 18:11:31 ID:???
G-1とG-5には本当にGM1が積まれていたのか?
どこを探しても作動時の飛行性能が見つからないのだが
メッサーシュミット社振り出しの高度7000mで時速700何がしなんて
フォッケ並みの眉唾スペックはあるにはあるが・・・

320 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 18:38:37 ID:???
>>318
thx。Gシリーズは種類が多すぎてワケワカメなんだよな・・・。

ついでにぐぐった限りだとG-6の自重が2.6t?とかG-10の自重が2.2t?とか
変動しまくりでよくわからん・・・。

321 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 19:22:06 ID:???
>>319 GM-1は標準じゃなくてU2というオプション装備。
実際に使われた証拠はなかったんじゃなかったか。
GM-1搭載が確認されてるのはE-7/Z、F-4/Z、T型くらいでは。
H型も積んだ可能性が高いが写真の1枚もないからなあ。

322 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 20:45:48 ID:hceS/ZNi
>>320
気にしだしたら止まらなくなるぞw

323 :\(^a^、ク 【卍】帝国元帥:2006/12/06(水) 21:36:36 ID:???
イチイチ気にするな♪

どうせG型だろうとK型だろうと
燃料不足で連合軍ヤーボの餌食か
『自殺体当り機』としてしか使用されなかったんだから♪



324 :F14の.野良猫♀ ◆F4k5dhGd82 :2006/12/06(水) 22:26:55 ID:???
ドイツ空軍士官の
この命国のため...読んだ?

325 :ストレガー:2006/12/07(木) 00:10:51 ID:???
K-4はモーター・カノンに、小型機に命中すれば一発で撃墜できる程の大きな威力をもった
Mk108 30mm機関砲を装備した。Mk108は通常の銃砲にある砲尾の閉鎖機構がない代りに、
重い遊底が弾薬を保弾子から薬室に押し込みながらまだ前方に動いている間に電気着火により
弾丸を発射する事で、遊底がもつ慣性力で砲腔ガス圧に対抗するという機構を採用していた。
このためガス圧が高くとれず必然的に初速が遅いという欠点を持っていたが、その一方で
弾丸発射サイクルに要する時間が短いため、口径の割りに発射速度が大きいという特徴も持っていた。
弾丸の初速は490〜520m/秒、発射速度は1分間に約600発で、弾丸には炸裂曳光弾、炸裂焼夷弾、
焼夷曳光弾、榴弾の各種があり、通常は焼夷曳光弾1、榴弾1の割合で使用する事が多かった。
MK108はMoL108/1C型砲架を介してエンジン後部に装着され、最大67発の弾薬を収容
する弾倉はMK108の上に設置された。

326 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 00:19:12 ID:???
>>325
>弾丸の初速は490〜520m/秒

零戦21型の20mm 99式1号より初速の遅いションベン弾ですか orz



327 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 00:29:11 ID:???
ワロタ

何だかフォッケの臭いがしてきたな

328 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 00:29:53 ID:???
弾の威力は20mmより遥かに大きい訳だが。

329 :ストレガー:2006/12/07(木) 00:31:33 ID:???
K-14のプロペラは後退角付きの羽根や4枚羽根を含め種々の型式が計画されていた。
しかし4枚羽根は3枚羽根より30s以上も重量が増加するため、性能向上は著しいが総重量・
重心位置等の制約から不適当とされ、性能試算の段階から先へは進まなかった。
K-14の計画が中止された1944年11月下句の時点では、K-4が使ったVDM9-12159Aと同じ直径3m、
ジュラルミン製3枚羽根で羽根幅は9-12159Aと同じものの、羽根の厚さを30%も薄くし推進効率を向上させた
VDM9-17018の装備が予定されていた

330 :ストレガー:2006/12/07(木) 00:33:34 ID:???
またK-4に9-17018を装備した場合は数%の速度向上が見込まれるため、
1945年1月上旬の時点ではDB605DC搭載のK-4にも装備が予定されており、計算では高度6300m
で時速741qの最高速度が見込まれていた。羽根は厚みが異なる以外、形状が9-12159A
と同じ9-17018・10型と、それに後退角を付けることで推進効率が目堅人1・5%ほど向上する9-17018・11型の
2種類がこの時点では計画されていた。最終的にどちらが採用されたかは明らかでないが、
今のところDB605DCの搭載が確認できる唯一のK-4である製造番号331466の試験報告書などから判断する限りは、
後退角なしの9-17018・10型羽根を採用したと思われる。

331 :ストレガー:2006/12/07(木) 00:39:32 ID:???
推進効率が最大1・5%ほど向上する、だ。
>>298-327
第二次世界大戦最優秀戦闘機マスタングにはちょっと劣るがそれでも連合軍機には
劣っていない、フォッケウルフを貶すのは俺は許さん!!!11!

332 :ストレガー:2006/12/07(木) 00:47:01 ID:???
K-14に搭載が予定されていたDB605Lは、DB605Dの機械駆動1段過給機を2段過給機に改めたタイプで、
共通の駆動軸上に1段目と2段目のインペラーがちようど串刺しにされた格好で結合されており、
最大幅はDB605Dより94o広がり931oなった。1段目のシュラウドは同一半径のため渦巻状になってはおらず、
2段目のシュラウドとインペラー径は基本的にDB605Aと同じ寸法であった。
過給機吸入口の直径は不明であるが、DB605Dより20oほど拡大した190o前後と思われる。
DB605Lの重量は、補機類を完備した状態でDB605Dより約10s重い約780kgに増加した。
DB605Lの離昇出カはC3燃料を使用して1700PS/2800rpm/1・75気圧で、DB605DMより100PS低下したが、
臨界高度9600mでは1350PS/2800rpm/1・75気圧とDB605DMより約300PSも増大した。
DB605Lの出力線図にはDB605A・605Dといった1段過給機付のタイプとは異なる特徴が現れていた。
DB605A・605Dでは地上から高度500mないし2100mの間のどこかで離昇出力より大きい出力のピーク点が
存在したのに対し、DB605Lでは最大出力が離昇時に発生し、上空にいくに従って出カは低下した。
これは高度3000mあたりまでは過給機駆動軸の流体継手におけるスリップ率を大きくして、
インペラーの回転速度を下げていたからである。
流体継手のスリップ率が大きくなるとそこを流れるオイルの温度上昇も大きくなるため、
K-14ではK-4が使用したF0987より入□面積が41%も拡大した大型オイル・クーラーの装備が予定されていた。

333 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 00:50:34 ID:???
>>326
Mk108の低進性は意外に良かったらしいぞ

334 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 00:54:44 ID:???
昔頑張っていたタンコ152に似てるなあ>332

335 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 01:02:58 ID:???
Mk108って試験的に実戦で使われた新型があったとオモタが。
砲身を長くして初速を速くした奴。

336 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 01:06:07 ID:???
関係ないのでアレだが30mm砲といえば
昭和18年ラバウルの零戦32型に試験的に積んでたね。

337 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 01:28:16 ID:???

名   称   2式  17試
────────────
口   径    30   30
────────────
初   速   710  750
────────────
発射速度   410  500

338 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 10:20:32 ID:???
>>335 MK103じゃないの<長砲身

339 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 11:23:45 ID:???
メッサースレになんで唐突に日本の、それも海軍の話が出てくるんだ?
日本機スレは一杯あるんだからそっちでやれや。

340 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 21:08:38 ID:NZ8GKYsA
それにしてもどうして
Fの主翼で最後まで突っ走ったんだ?
せめて「209V6」の翼だけでも量産して
K型で使えなかったものか。

341 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 22:54:06 ID:6NH73X1S
大戦後半になると新設計の主翼を量産する余裕が無かったのでは?
連日のように戦略爆撃を受けていたんだから。


342 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 23:44:24 ID:4BrgVw5T
Fの主翼に何の不満があっただろうか?
取り立てた改良点が無いのに、作り替える意味もないでしょ
より高出力エンジンを前提にされているMe209V5の主翼では
翼面馬力が下がって命の速度性能が失われる。

343 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 08:56:04 ID:4PW08g1s
>>342
原理主義者

344 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 11:04:43 ID:???
>>342
翼を拡大して20mm搭載可能に、あと燃料タンクの拡大とか


345 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 11:50:54 ID:4PW08g1s
結局Bf109は
「持ち味」を含めて
あの「翼」でないと成り立たない機体
ということだろうけど・・

でもさ、あそこまでの発展性のない「翼」

日本の「17試」のように
「用兵の要求」による「必然性」ではないと思う。


346 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 12:43:12 ID:???
翼の桁に穴を開けて剛性が下がるようなことをしたくなかったと言われ照るじゃん
K型じゃ桁の前にMk108を搭載する予定

347 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 12:54:15 ID:4PW08g1s
操縦士全てを「メルダース」にはできないんだから。
ある程度は「機体」が要求に答えられないと・・

それでも109は大好き。


348 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 12:57:26 ID:wUqyvsIf
>>344
軽騎兵だからこそ萌えなんだよ

349 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 16:41:53 ID:???
極端なまでに引き上げられた翼面馬力が109のキャラクターを形成しているのであって
下手に搭載量を増やせるような事をすれば、後世の評価で失うものが多すぎる。
そりゃDB605の離昇馬力を生かせば結構積める筈だが、それは結局FW190と同じ。
肥えた109になんて、今頃ほとんどファンいないんじゃないか?

350 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 17:32:05 ID:4PW08g1s
>>349
評価?
俺は109の「正攻法的進化」も見たかったから言ってる。

そう敵視しなくてもいいだろう
原理主義者さんよ。







351 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 17:35:53 ID:GwqNpfkv
そこで可変キャンバー翼と包絡線フラップですよ!

352 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 18:08:36 ID:6NXQyXW5
>>350
なら勝手にオナニーしててね
被害妄想さん

353 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 18:10:31 ID:???
>>350
後継機は全て失敗しますた。現実見ろよw

354 :名無し三等兵 :2006/12/08(金) 18:33:34 ID:???
Bf109のシリーズで評価が高いのは
つBf109F
総合能力が高いのは
つBg109G
ゲテモノは
つMe209

私的にはこんな感じ。

355 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 18:33:35 ID:???
HA1112M-1-Lはある意味正統進化か?w

356 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 18:35:08 ID:???
>>355
黒歴史にしてくれw

357 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 18:53:15 ID:???
DB605版飛燕3が最強ということで・・・


358 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 19:23:10 ID:???
>>357
火葬戦記でつか…

359 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 19:28:51 ID:???
>>354
Bf109G-2とG-10は別物に近いような

360 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 20:47:03 ID:wUqyvsIf
>>355


361 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 00:13:54 ID:???
>>357
エンジン換えるんなら多分マーリンのほうがもっと性能上がるだろ

362 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 02:00:10 ID:???
零戦の堀越さんだったっけ「当時、戦闘機を設計する者にとってはマーリンを使う戦闘機を
設計するのが夢だった」みたいなこと言ってたのは?

363 :ストレガー:2006/12/09(土) 02:15:55 ID:???
敗戦で何処か謎めいた所のあるDBエンジンに比べ、現代でもレーサーに使ってるマーリン。
だけど当時の日本じゃ改良発展は無理だから初期型のまま使い続けて陳腐化するだろうな。

364 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 07:10:48 ID:???
日英同盟が続いていればマーリンエンジン
日本機があったんだろうな・・・


365 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 08:16:01 ID:ethEDS8H
古い本、丸メカニックにマーリンとDBについてこんな記載があった。
マーリンは旧態依然としたキャブレターであったのに対し、DBはインジェクションを採用していた。
この為スピットファイヤは背面飛行等縦方向の運動には制限があり、
メッサーシュミットは機体姿勢に影響を受けず常に理想的な燃料供給がされた。
これって、バトルオブブリテン頃かな?
他にイギリスで捕獲メッサーシュミットにマーリン搭載して飛ばしたとか・・・

366 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 09:18:34 ID:???
マーリンはV型でDBは倒立V型だから飛燕や彗星に積んだら機首のイメージが変わりそう。

367 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 09:33:02 ID:???
>>366
飛燕は鼻垂のイメージがあるからキリリとするかもな。
彗星はウォーホークみたいな感じになるかな。

368 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 09:48:36 ID:ethEDS8H
マーリン搭載飛燕・・・
埼玉で作ったムスタングになる悪寒・・・

369 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 10:16:57 ID:???
実用化当時では、DB601はマーリンに較べて周辺機器に若干の先進性が見られると思う。
気筒個別高圧フューエルインジェクションとインペラーのフルカン駆動がそれだが、これを除けば別段取り得の無い普通のエンジンに見えるよ。
だから、これをどちらも持たないベースエンジンDB600はJumo211と共に凡エンジン。
マーリンは本体設計がDB600系よりも巧みで上を行っているように思える。流体理論を採り入れた吸排気系などに。
この差は大戦間の競技実績が直接反映しているのでは?
また、大戦初期の戦闘ではインジェクションとフルカンでドイツ機にアドバンテージを獲られたが、キャブが改良され差が縮まった。
その後の高高度高出力化には、2段過給と巧みな熱交換でやってのけたマーリンに対し、内径拡大による容積アップと高回転化で応じたDB605は技術の行き詰まりが感じられる。
更に高性能化していくマーリンに対し、DB605も水メタノール噴射など付け焼刃の技術でなんとか追い縋るが2000馬力が見えた時点でブロックの限界。
マーリンは2000馬力を超えていく。
よく言われる高パフォーマンス燃料の有無による差も原因の一つなのは間違いないけど、大戦間に培った基礎技術の差が相当なウエイトを占めているような気がしてならないな。

370 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 10:49:16 ID:OnT7UVUE
「DB605」だって軸内砲の要求がなければ
過給器関係の進化も早足で進んだはず。

これも「翼内砲」もまともに着けられない「翼」のしわ寄せ。
もったいない話。

109で抜いてるような奴には馬耳だろうが。






371 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 10:58:47 ID:???
>>369
マーリンの流体設計はカーチスから特に進歩してない。
燃焼室の巧みさでいうならDBはまたステキな工夫してるし
吸気系の取り回しでいうならアリソンのほうが勝ってる。
凡庸なエンジンという部分ではどっちも同様だろう。
またマーリンは実戦仕様では2000馬力やってない。
ヘッド飛ばしてブースト制限入ってるぐらいで、そこまでいかないのだ。

372 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 11:18:11 ID:???
マーリンって比較的小排気量・低圧縮比のエンジンで基本的には大した事ないじゃん。
強力な過給器でガンガン燃料と酸素をぶち込んでパワーを搾り出すわけで
アメリカ製の高品質ガソリンが無ければ無理無理エンジンじゃん。

373 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 11:48:43 ID:???
>>372
ふーん。で、どういうのがすごいエンジンなの?
まさか、なんちゃって2000馬力の複列18気筒とか言わないよね。

374 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 12:20:47 ID:???
>>365
BoBの頃の話ですね。
Bf109乗りには「スピットに後ろに付かれたら、操縦桿を前に倒して急降下しろ」は常識だったとか。
スピットが追おうとして同じことをすると、マイナスGで一瞬燃料供給が止まって、エンジンが
止まりそうになる。 その間にBf109は加速して離脱。
・・・でも、スピットはすぐに改良された。

ただ、零戦の坂井さんに言わせれば「横転して降下すれば無問題」だそうだから・・・どうなんだろ?

375 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 12:39:09 ID:???
その手の話は曲芸飛行なんかで問題になるんで、実戦ではそんな問題に
ならんと思う。
で、マリーンとDB?
技術的にはWWIIでは枯れていたマリーンと、当時としては設計の新しい
DBを比較しても仕方あるまい・・・
って、ここにイスパノスイザが混じるともっと面倒な話にw

376 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 12:53:37 ID:???
>>374
横転する分だけ遅れるのが問題視されたわけで

377 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 13:21:30 ID:???
>>374
いや対策はされたんだが、解消するのはかなり遅いんだ・・・。

378 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 13:42:07 ID:???
マーリン>グリフォン
DB601>DB603

結局、両方とも排気量の大きなブロックになったような・・・

379 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 13:49:16 ID:???
>>371
あれ?本土防空部隊に配備なかったっけ?

380 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 14:00:19 ID:???
まぁ両方と馬力増を狙っても、後にジェットエンジンが控えてる
って状況だったしなぁ

381 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 14:18:18 ID:8mvbraa9
>>375
クリモフとかソビエトのエンジンは無視ですか
チューニングが低空オンリーという恐るべきエンジンを!

382 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 14:19:50 ID:???
>>374
零戦と戦ったXは対策されとらんよ
日本機は専用スレッドで

383 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 14:21:47 ID:???
クリモフってイスパノの亜流じゃなかったっけ?

384 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 14:28:36 ID:???
>>383
MiG-3用の高高度ようもあったしイスパノ亜流だな
La-5/7のエンジンもP&Wの派生

385 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 14:28:52 ID:???
フランスにあんなに割り切ったエンジンに仕上げる事が出来たか疑問だから露助オリジナルと見てやろうよw

386 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 14:33:37 ID:???
MiG-3はBMW系のミクリンだろ

387 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 14:33:44 ID:ly43ydeZ
はい、そうですよ。
ww2の液冷エンジンはマーリンとDBを抜かせば実質イスパノのコピーといえますよ。

388 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 14:34:40 ID:ly43ydeZ
はい、そうですよ。
ww2の液冷エンジンはマーリンとDBを抜かせば実質イスパノのコピーといえますよ。

389 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 14:35:09 ID:???
>>388
なんで二回言うねん

390 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 14:38:34 ID:???
Me209V5は、逝ったエンジンでさえなければ、いい飛行機だと思うんだがなァ
スーパースピットに該当する正統Bf109の発展進化形だ。
だが都合のいいマトモなエンジンが無かトです...orz

391 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 14:39:52 ID:ly43ydeZ
ごめんなさい。
押し間違えです。

392 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 14:40:27 ID:???
>>390
Me209は機体にも問題ありだし無理だろ実用化
Me262が間に合ったのがさすがドイツというべきか

393 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 14:42:19 ID:???
そう?
具体的にどんな問題を抱えていたんだろう?
DB603なんていうバカエンジンくらいぢゃない?

394 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 14:44:55 ID:???
>>393
機体がエンジンに比べて小さすぎる

395 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 14:48:55 ID:???
一瞬レーサー機のMe209と勘違いしそうになったw
V5がないと混同したりしなかったり・・・

396 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 15:08:06 ID:???
>>394
ひょっとして別名Bf109Rの事だと思テタか!?

397 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 15:53:04 ID:???
>>371
>燃焼室の巧みさでいうならDBはまたステキな工夫してるし

でもプラグの配置が悪くて燃焼効率が悪いんじゃ相殺なんじゃない?

398 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 16:04:40 ID:???
>>397
プラグ配置の悪さではマーリンも同じだが
DBの面白いところは
この工夫で着火性の良い濃い混合気を
プラグの近くに持ち込む点にあったりする。

399 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 17:08:21 ID:???
混合気?
燃料を直接噴射する方式じゃなかったっけ?

400 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 17:28:23 ID:???
うん、その混合気を燃焼室形状で作った
ちょっと特殊なスワールに乗せて回すのです。

401 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 19:15:36 ID:???
ちょっスワールでググってみますた。
なるほどスワールをマーリンより作るのが巧みだったのね。

402 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 06:51:37 ID:???
スワールをググルようなレベルで優劣云々言ってたのか。

403 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 13:57:29 ID:???
スワールを知らない人がいたくらいでそんなにはしゃぐなよ

404 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 15:43:52 ID:???
設問1 スワールは横回り。では縦回りは?

答えはCMの後で

405 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 16:16:31 ID:???
たぐい希なる上昇力・・・
鋭い動き・・・
正確無比なモーターカノーネ・・・

・・・この翼には全てがある

Me109、これを手にした時から、あなたはエクスペルテのキャリアを記し始める


――― メッサーシュミット株式会社 ―――

406 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 16:37:04 ID:???
ドイツの会社って、有限会社じゃなかったか?

407 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 16:47:53 ID:???
最高水準の飛行性能、欧州最強の砲火力
クラスを超えた搭載量、使ってこそわかる信頼性


・・・エア・スペリオリティ、クローズ・エア・サポートと
マルチに働くあなたのために

フォッケ・ウルフ以下略

408 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 17:12:53 ID:???
あなたは、今お乗りのパンツァーカンプヴァーゲンに不満はありませんか?
装甲の厚さは大丈夫ですか?
出遭った相手を確実に仕留められますか?

あなたの不満はこれで全て解消します。
“パンター” X号戦車
今、デビュー

409 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 17:57:12 ID:???
>>404
レシプロエンジンスレッド並の糞スレにしたいのか?

410 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 18:29:59 ID:???
男は黙ってT-34


411 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 20:46:32 ID:???
にっぽん男子ならチハタン一筋!

412 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 21:31:01 ID:???
さあ!
スワールは横回り。では縦回りは?

は!?

413 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 21:32:22 ID:???
タンブル〜〜〜!!!

414 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 21:34:48 ID:???
んなもん、車に多少詳しければ誰でも知ってるw

415 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 23:11:41 ID:yH3pLYL7
敗戦後もスペインで使用されたBf109だ。
どうだ。参ったか。
文句をグダグダ言う奴は黙れ。

416 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 23:41:41 ID:draIQGhd
敗戦後にはチェコでも作られて使われていたワケだが?


417 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 00:18:35 ID:???
チェコスロバキアのDB605搭載タイプは名前こそ違え
全くのオリジナルG-14かG-10だぬ

418 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 13:06:42 ID:???
アビアの戦後メッサーの生産は、手持ちDBが無くなり次第Jumoに切替生産されたらしいけど
なんでJumo211がそんなにダブついていたんだろう
どうせならDBがダブついていてほしかったジョ

419 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 13:12:11 ID:???
「私も1960年代まで使われてましたが」と対抗するスピットさん。
「なんの、ドミニカで1984年まで現役だ」と鼻息荒いムスタングさん。


420 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 13:31:50 ID:???
>>418 チェコにユンカースのエンジン工場があったから。
ttp://www.geocities.com/hjunkers/ju_others_a1.htmより、

Koeniginhof (Czechia)
Transfer Branch from Leipzig-Lindenthal (Engine Production)

421 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 15:09:21 ID:Yowvefny
チェコって自動車とか結構作ってる国だねえ

422 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 16:05:28 ID:???
G-16ってどうなのよ?

423 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 17:36:33 ID:???
G16ってヤーボだっけ?

424 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 17:44:20 ID:???
>>421
シュコダがラリーの世界選手権走ってますね。

425 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 17:48:21 ID:Yowvefny
>>424
中身はまんまゴルフだったとおもうが

426 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 17:49:39 ID:???
チェコは工業国で(バドワイザーの語源のブジョビツェなどビールも有名だが)
スロバキアは農業国。

427 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 21:50:06 ID:UHnbe6bu
うわさの
「砂噴射」仕様も
チェコらしいな。

428 :名無し三等兵:2006/12/12(火) 13:17:40 ID:9yZFbi66
>「砂噴射」仕様も

機関車にはデフォで装備してますが、なにか?

429 :名無し三等兵:2006/12/12(火) 13:19:26 ID:SqKVWYR2
>>428
レジスタンスで水エタノール噴射のところに砂入れたんだろw

430 :名無し三等兵:2006/12/12(火) 13:31:51 ID:???
別に、出てこないと困るだけで、砂が噴射されるわけじゃないだろ。

431 :名無し三等兵:2006/12/12(火) 18:43:32 ID:9yZFbi66
そういや、帆船フリゲートも砲撃や狙撃で被弾負傷戦死した連中の血糊で滑らないように
砂を甲板に撒いていたね、

432 :名無し三等兵:2006/12/12(火) 19:01:39 ID:???
>>431
日清戦争の頃にもそんな話あるからけっこう後までやってたようだよ。

433 :名無し三等兵:2006/12/12(火) 19:29:17 ID:SqKVWYR2
Bf109の話しろよw

434 :名無し三等兵:2006/12/12(火) 19:35:20 ID:???
>>400
DBは希薄燃焼エンジン?
直噴だから?
馬力出ねーだろ。

435 :名無し三等兵:2006/12/12(火) 21:32:22 ID:???
>>429
おまいの爺さん戦争にいって酒代わりに飲もうと思って
メタノールとエタノールを間違えて飲んだろw


436 :名無し三等兵:2006/12/12(火) 21:35:17 ID:???
>>434
他のエンジンよりもリーンに振ってるけど
パワー空燃比よりも濃いぐらいのとこで回してる。

437 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 13:38:12 ID:tPf17Z/y
軍事板で定評のある渡辺洋二の三式戦闘機を読んだ
全速三十分使うと800キロしか三式戦飛べないからBf109Eより航続距離がでかいとはいえ
日本機厨が自慢するほど航続距離が長いわけでもなさそう。
エンジン同じだしな。

438 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 14:29:16 ID:Rb6j54VP
Bf109の座席の形をした燃料タンクが恐ろしい。

439 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 15:22:47 ID:???
巡航/戦闘共に210g/PSHぐらいなのでDB601の燃費は悪くは無いよ。
栄は巡航200g/PSH、戦闘230g/PSHぐらい。



440 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 15:34:34 ID:tPf17Z/y
>>439
南方での航続距離だから飛燕の燃費はもっと悪いんじゃね…
DB601aがいいエンジンなのはわかってるよ

441 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 17:36:48 ID:???
航続距離なんて運用者の要求で決まるもので
速度、上昇力、包括した機動性能なんかと同一にまくし立てるスペックじゃないんだよな。
ゼロ戦厨はそれがわかってない。

442 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 18:13:40 ID:???
Bf109Eを太平洋仕様に再設計するとなるとどうなるか?
低速巡航して航続距離を稼ぐのだろうからBf109Tのような主翼となって
翼内タンクを増設。胴体タンクも容量を増やす。
翼内に500g、胴体に500gの合計1000g、全備重量は900Kgぐらい増えそうだな。



443 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 18:15:05 ID:tPf17Z/y
>>442
そんな面倒なことドイツはしないと思われ

444 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 18:15:43 ID:???
ドイツだったら空中給油とか考え出しそう

445 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 18:24:54 ID:???
>>441
このスレに
>ゼロ戦厨
とやらは存在しないわけだが?

446 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 18:43:28 ID:tPf17Z/y
ときどき日本機の話が出てくるから問題提起したまで。
零戦厨は代表例じゃないかな。バッタ飛行機と馬鹿にしてくるから
事実で対抗したまで。

447 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 19:28:20 ID:???
>そんな面倒なことドイツはしないと思われ

具体的にどうするんだい?

448 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 19:30:31 ID:???
親子機

449 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 19:31:06 ID:???
>>447
Tのまま運用するだろ
艦載機ならFw190Aのほうが向いてそうなんだがなあ
空冷だしといってみるテスト

450 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 19:34:31 ID:???
Tって何キロ飛べるんだ?

451 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 19:50:23 ID:???
Tは失速速度が90Km/hだからなー低速巡航に向いた機体だろう。

452 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 20:08:03 ID:???
>>451
Tは謎が多いとされていたけど実戦で使われていたからそんなに完成度は低くなかったのね。
空軍機としてだけど

453 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 20:26:39 ID:???
グラーフ・ツェッペリンに載っていたとしても艦載機の管轄は空軍だ、と言ってみるテスト

454 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 20:58:34 ID:???
>>441
航続距離が必要になったとき、実際どう対処したの?
米軍には速度・上昇力・火力・航続力を兼ね備えている機もあるわけだが。

455 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 21:30:07 ID:7+9ZM7xk
燃料タンク増設
翼面積拡大

H型とまでは行かなくても、やる事の方向性は同じ。
日本機もやってる事は同じ。
更に生存性リソースを航続距離リソースに回したのがゼロ戦。

456 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 21:35:47 ID:???
>燃料タンク増設
>翼面積拡大

簡単に出来るのかな?

457 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 22:06:00 ID:???
>>454
増槽積んだまま空戦

458 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 22:11:34 ID:???
T型についてはモデルグラフィックス誌184号にクニエタンが記事を書いてます。

459 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 22:34:19 ID:???
>>456
簡単に出来たらBOBでスピット相手に余裕で戦えることになる。


460 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 23:06:42 ID:???
>簡単に出来たらBOBでスピット相手に余裕で戦えることになる。
てか、スピットには今までに無い手ごたえを感じただけで、
撃墜比率で言えばスピットを一方的に虐殺していると言っても
過言ではないんだが。
海を渡って戦闘して、また帰るって言うミッションに無理があって、
帰れなかった機が少なく無かったってだけで。

461 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 23:08:05 ID:???
>海を渡って戦闘して、また帰るって言うミッションに無理があって、


工エエェェ(´д`)ェェエエ工

462 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 23:21:14 ID:???
>>455
そうだね。キ44がキ84になったりしたね。

463 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 23:32:09 ID:???
ま、主桁の間にタンクを配置すればいいだ。
機関砲やGM-1ボンベよりか簡単な話だ、結局落下タンクで済ませただ。

464 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 23:42:33 ID:???
>>463
それでどれだけタンクの容量増やせるの?

465 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 23:55:26 ID:???
>>460
>海を渡って戦闘して、また帰るって言うミッションに無理があって、

つまり、やる前から結果がわかっていたわけか。

466 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 23:57:18 ID:???
>>460
アフォか?だから零厨とやらにバカにされるんだろ
>>441から読み直してから書き込んでくれ

467 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 00:05:07 ID:???
ロンドンまで行くのがまずかったのであって、ドーバー海峡の制空権を奪取する可能性はあったでしょうね。

468 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 00:05:42 ID:???
>航続距離なんて運用者の要求で決まるもので
>速度、上昇力、包括した機動性能なんかと同一にまくし立てるスペックじゃないんだよな。
>ゼロ戦厨はそれがわかってない。

タンク増やすために形状変更したら
速度、上昇力、包括した機動性能なんかもかわるんじゃないの?

469 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 00:06:32 ID:???
ボンベと違って内部形状を有効利用出来るから片翼100〜150gはいけるな。

470 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 00:09:49 ID:???
>>468
零戦二一型と三二型で比べろよ。

471 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 00:18:16 ID:???
スツーカに空挺人員ポッド付けた例なんか考えると、翼上に補助燃料タンク付けるくらいは大した難度ではなかったと思うんだけど。
翼下でなく上ね。

472 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 00:20:49 ID:???
>>469
駄目っぽいな

473 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 00:23:31 ID:???
そりゃさあ、巡航最大速度でぶっ飛ばして500kmそこそこの航続性能しか求められていない戦闘機なんだよ、Bf109って。
だから機体もそういう作りなわけ。
400lの機内タンクだけ確保して、後は全部機動性能と攻撃力と生存性にリソース割り当ててるんだから
そんな戦闘機にゼロ戦並みの滞空時間を求めたら、並大抵の改造では出来ないし戦闘機として成立させる事自体むずかしいかもしれない。
逆に、端からその要求があればその様に造られるし、栄よりも離昇で上回るエンジンを持っているんだから
ゼロ戦並みの飛行性能で生存性も考慮した戦闘機だって実現可能。
航続距離なんてそんなモンだよ。
また戦闘機として不十分でいいならH型みたいにドロップタンク込みで3000km以上飛べるBf109もあるにはある。

474 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 00:25:30 ID:???
火達磨零厨は駄目だな

475 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 00:31:15 ID:???
敗北宣言ですか。

476 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 00:31:16 ID:???
>逆に、端からその要求があればその様に造られるし

Bf109じゃないよな、これは。
こんなもの持ち出しても無意味。

477 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 00:33:25 ID:???
要求されてないんだから、ゼロ戦並みの航続距離を持ち出すこと自体

無意味

478 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 00:36:31 ID:???
>>477 それはない。bobでえらいめに遭った最大原因なのだから。

479 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 00:37:56 ID:???
>また戦闘機として不十分でいいならH型みたいにドロップタンク込みで3000km以上飛べるBf109もあるにはある。

「そんなモン」じゃ無かったのかよw

480 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 00:39:35 ID:???
元々BOB自体、昔から計画されていたわけではないから。

そうするとBf109にも航続距離が必要だとルフトバッフェが考え始めたのは何時?
そもそもBf110がその当初の役目を果していれば・・・

481 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 00:44:17 ID:???
BOBで爆撃目標をロンドンに変更したのが間違い。

482 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 00:45:15 ID:???
航続距離伸ばしてくれっていう軍の要求を
メッサーシュミットが突っぱねたって話無かったっけ?

483 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 00:49:59 ID:???
まあ、あくまでBf109で航続距離をもっと伸ばすなら、T型ベースで燃料タンク増設増量だろうな。
馬力が同じくらいのF4F並にはなるはず。
それでも速度はF4Fより少し速いだろう。
ゼロ戦並にするにはコックピット周辺の防弾取っ払って、燃料タンクも防弾無にして増量するしかない。
後は更なる構造の軽量化か

484 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 00:51:36 ID:???
おいおいそれじゃあ零戦と弱点が変わらないじゃないかw

485 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 00:51:42 ID:???
>>480
フランス戦で航空撃滅戦を奥深くまで行えなくて
増槽装備がBOB後半に出てくる。
109Hとか、Ta152Hなんかのは、滞空時間狙いの航続力強化で
あれは本土防空戦で空中待機を続ける都合上求められたもの。

零戦の航続力は空中待機狙いで
侵攻距離狙いだったのは陸軍の隼のほう。
どっちも高速長距離も低速長時間も馬鹿みたいにできるけどね。

486 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 00:57:37 ID:???
>>468
性能落さずにそれが簡単に出来たらバッタ機なんて存在しなくなる。

同一の技術を使った場合・・・・・、
質量が同じなら小型なほど強度が出る。
同様に、強度が同じなら小型なほど軽量になる。
ライバルより小型という事は、
馬力荷重・翼面荷重・翼面馬力で有利になる。
小さいほど敵弾が当たり難い。
小さいほど安上がり。

良いことだらけだが燃料・火力の搭載量に難があり、発展性に乏しい。
所詮、侵攻速度の遅い地上軍に合わせて最適化された制空戦闘機。
航空機が侵攻速度の速い戦闘艦艇に勝るだろうと予測する以前の時代の産物だ。

487 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 01:07:41 ID:???
>>484
しかたないよ、ゼロ戦の航続性能はそうやって実現してるんだから。
だがBf109のほうが馬力に少し余裕がある分、軽量化はしなくて済むかも

488 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 08:20:35 ID:???
防弾鋼板も無い零戦と一緒にしたりすんな。
Bf109は96艦戦と同世代でその頃では航続性能は充分。

489 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 08:35:15 ID:???
名前:名無し三等兵 投稿日:2006/12/13(水) 13:38:12 ID:tPf17Z/y
軍事板で定評のある渡辺洋二の三式戦闘機を読んだ
全速三十分使うと800キロしか三式戦飛べないからBf109Eより航続距離がでかいとはいえ
日本機厨が自慢するほど航続距離が長いわけでもなさそう。
エンジン同じだしな。

だから、戦闘行動半径は550`くらいだろ実質。メッサーシュミットと比べてどこがどう優れてるんだ。
登場は遅いし。

490 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 08:40:34 ID:???
>>488
だが零戦と同等の航続力を持つ隼は防弾してるという事実。

491 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 08:45:37 ID:???
>>489
三式戦の嫌らしい所はアスペクト比でな
低速になればなるほどBf109とは必要馬力差が拡大するのだ。
エンジン同じだから馬力あたりの消費量は同じでも
同じ速度で使う馬力が違うので消費量が変わってくるのさ。

492 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 10:36:59 ID:???
隼なんて7.7mmの最低火力で論外w


493 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 10:44:41 ID:???
7.7mm×2は極初期の量産決定前のみ。
開戦時は7.7mmと12.7mm一丁づつ。

494 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 11:19:06 ID:mLKGPtdc
Bf109スレ住人は日本機厨煽るのがうまいなw
同じエンジン積んだ飛燕との比較で零戦や隼がなんで出てくるのかわからん

Bf109Gはフィンランドのパイロットたちもメルスは燃料に気を使う証言していたから
航続距離の短さは飛燕に比較にならないほど深刻だったおもうのだが。
全速20分で一時間くらいしか飛べないから。
敵のソ連の機体はもっと短いから問題は深刻にはならないみたいだけど。

495 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 11:35:02 ID:???
飛燕は高アスペクトの主翼で誘導抵抗を減少させて航続性能を搾り出そうとしたわけなんだが、
高アスペクトにすると今度はロールが鈍くなって戦闘機としてはどーよ?となる。
基本的に鈍重になりやすいのでそれを補うためには同じエンジン積むなら軽量化しかないだろ。
で、飛燕は軽量化に失敗してP40にカモられる羽目になったわけだ。

496 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 11:50:14 ID:???
P51はえらく重くてアンダーパワーだが
失速しやすいデメリットに目を瞑って層流翼を採用し
抗力を減少させ高速化と航続性能を実現させ
更に高速域の操縦性を重点的に高め低速域の操縦性を捨てる事で、
高速域では従来機に優位な操縦性を確保した。

従来機は複葉機から単葉機への移行期であったので低速域の操縦性を重視しないと
パイロットから拒否されてしまうのでP51のような匙加減は無理な話なのである。

そんなわけでP51も欠点の多い機体で下手すりゃ殺人機呼ばわりされたかもしれない。
ちなみに母なるロシアはP51はBf109よりも劣ると評している。

オーヴイェクト

497 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 12:02:43 ID:mLKGPtdc
>>496
朝鮮戦争で自慢のYaK-3もP-51Dに喰われていますが
オブイェークト

498 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 12:12:33 ID:???
P-51は決してアンダーパワーではないが(なんせエンジンが恐怖マーリン66なんで)
大筋同意。

Bf109もやろうと思えば、後にMW50タンクスペースになる位置に115lの燃料を得ることができる。
またE型までならモーターカノンが無いので、防火壁後方にもスペースが確保できそう。
あとは主脚柱収容部と桁に挟まれた両翼付け根部分。
ただ、航続距離が伸びれば、これらスペースはオイルタンクとの捕り合いになるな。
まあ、でもノーマル翼ではどっちにしろ低速時の誘導抵抗大きそうだからT型の翼はやっぱ欲しいな、航続距離伸ばすなら、だけど

おれは別にあのままでいいよ。

499 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 12:15:31 ID:mLKGPtdc
>>498
エンジンより背部燃料タンクが問題だろP-51D垂直尾翼の面積拡大がH型で図られてるくらいだし。

500 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 12:30:51 ID:???
>>496
ちなみに「父なるロシア」が正しいですよ。アゲアシスマソ
オブイェークト

501 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 12:43:01 ID:???
>>499
P-51Dで図られた垂直尾翼の面積の拡大がH型になってもさらに拡大が図られているのにだったよ
スマソ


P-51Dはロシア系の技術者は加わっていないんじゃ
アングロサクソンとゲルマンの系譜の戦闘機

502 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 13:03:45 ID:???
>>493
その12.7mmも発射直後に爆発してエンジンを壊して信頼性なんかないけどなw

503 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 13:08:05 ID:???
えーい!P-51も隼もイラネ…どっちも専用スレがないから来るんだろうけど
Bf109の話しろよ。垂直尾翼といえばGの後期型も大型化してるね。
エンジンに合わせて機体を新調すればいいのに。戦争末期のドイツにゃむりか。


504 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 15:29:16 ID:???
釣り師現る

505 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 16:03:22 ID:mwRu2q3C
>>503
つMe209/Me309


506 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 16:14:20 ID:mLKGPtdc
>>505
失敗しただろw
何回ループさせる気だ

507 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 16:31:14 ID:4oSk9W0E
Me209-Uはいいと思うけど
エンジンさえ逝ってなければ

508 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 16:34:31 ID:mwRu2q3C
>>506
「Bf109の後継」に限定しなければ、ガランド同様にMe262と言いたい所なんだけどね…
それだとスレ違いになるからさ…


509 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 18:43:42 ID:???
ま、DB603が大失敗な時点でドイツのレシプロ戦闘機開発は終わったんだよな。
DB605Dで最良の設計を求めるしかないわけだ。

510 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 19:11:51 ID:???
ガランドもMe262に乗ってみるまでは「ワケワカランモンにリソース使わんと早く109の後継機を開発せんかい!」だったとか・・・

511 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 21:01:20 ID:???
DB603が大失敗のソースでも出して欲しいものだな、阿部氏が以前フォッケで
603の記事を書いてくれたんで、それを覆すようなのをな。
いまTa152やってるから、603にも触れるだろう。

512 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 21:23:14 ID:???
>>511
失敗かどうかはともかく成功はしていないな。

513 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 21:29:09 ID:???
はい、ソース。

514 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 21:47:04 ID:???
ABC

515 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 22:00:27 ID:mLKGPtdc
>>513
ブルドッグボソッ…

516 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 23:31:23 ID:???
単純な質問でアレだが
話に出てきたT型の主翼の燃料タンクは防弾は施されていたの?

517 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 23:35:35 ID:???
>>516
T型の主翼に燃料タンクなど無い。

518 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 00:17:39 ID:???
>>511
ソースはエンジン工学などの本にあるんではないかな
ただし必ずしもDB603についての記事ではないかもしれないが
ガソリンエンジンとディーゼルエンジンなんかをキーワードにすると見つかりやすいかも

君が好きなミリタリー本には多分ソースは無いだろう

519 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 00:29:54 ID:???
>>517
スマソ
てことは基本的には主翼を延長しただけ?
ならあまり、飛蝗な航続距離は変わらないんじゃ・・・

520 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 01:04:17 ID:???
他はまったく同じ機体で、主翼だけ延ばすと・・・・
翼面積も増えるが、低速で仰角が押さえられるのと翼端渦が押さえられるので、スピード落として航続距離は延ばせると思うんだが。

521 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 01:11:53 ID:???
>>509-512-518
つまり、君はソースも無しにテキトーな事を言ってると。

522 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 01:48:03 ID:???
そういやT型の航続距離の話って少し前に出て具体的な数字が出てこなかったな。

523 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 10:02:08 ID:/n3dxjUc
航続距離、滞空時間は延びるだろうな、理論的に考えて

ところで、うろ覚えだがB-17世界初撃墜はT型だったような

524 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 10:18:07 ID:???
坂井さんだと何かで読んだような・・・B17初撃墜

525 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 10:35:40 ID:???
>>524

 オスプレイの「Bf109F/G/Kエースに」拠れば、
世界最初のB-17撃墜とされる記録は、
1941/9/8にBf109Tが撃墜した
英空軍所属のフォートレスIだそうであります。

 米陸軍航空隊のB-17であれば、同年12/10に
台南空が落としたコリン・ケリーのB-17Cが
初撃墜になりますけど。

526 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 11:12:13 ID:???
>>518 SUDO厨 乙

527 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 12:21:35 ID:???
内燃機関の常識を立脚点にすれば、誰でも同じ事を言うんじゃ?
今のところ、常識を覆す新発明がなされたとは聞かないし。

528 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 12:56:30 ID:???
>>524
でも日本軍の記録に記載されていたパイロットは別人で
それで戦果横取りを指摘された坂井三郎は零戦搭乗者の戦友会から除籍されたとか・・・・

529 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 12:57:04 ID:???
エンジンの一般論と、具体的なDB603の開発と戦史と、
議論の立脚点が違うからいつまでたっても平行線だろうな。

前にもエンジンスレだかフォッケスレだかで書き込んだ気がするけど、
DB603の開発は1936年。DB605じゃなくてDB601の構造を元に、
排気量45リットル級の大型エンジンを作ろうというもの。
だから、比較相手は、ドイツ国内ならJumo213じゃなくてJumo222、
連合国ならグリフォンじゃなくてバルチャーあたり。
同世代の大排気量液冷エンジンの中で、実際に使い物になったのは唯一
DB603だけといっていい。下手に気筒数を増やして構造を複雑にするより
単純にV12で大型化した方が軽量で済んだし戦力化もできた。

SUDO厨の「大ボア、大ストロークは駄目、気筒数を増やせ」という説は、
エンジンの一般論では正しいかもしれないが、WW2当時の開発経緯と戦史から
言えば間違い。

530 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 13:04:25 ID:QVHFl/lM
>>529
DB605で十分だったわけだが結果的に
日本の誉だって無理して失敗に近い
日本機厨が現れるだろうけど

531 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 13:15:32 ID:???
>>529
おいおいグリフォンはRだから1936年には既に有るんだぞ。

532 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 13:53:28 ID:???
>>530
DB605の方がDB603より後に開発されたんだってば。型番見ればわかるよな。
「DB605あればDB603イラネ」ってのは「MK9/ハ43(が間に合ったとして)
あれば火星はイラネ」っていうようなものだ。
>>531
ルーツがケストレルのスケールアップに遡るのはわかってる。
けど排気量はDB605より少し大きい程度だろ?
だから「同世代の大排気量液冷エンジン」と書いた。

533 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 14:01:22 ID:???
>>532
つまりは各国とも理性的にバカサイズのシリンダーをやらなかっただけだろ。
DB605よりもでかくて重たいのに馬力が殆ど同じじゃ成功とはいえんよな。

534 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 14:33:03 ID:???
そりゃオーソドックスなV12なんだから動かすのは簡単でしょ、47リッターV12のBMWだって動いてたんだから。
なので他の多気筒エンジンとは同列に語れんよ。
動けば運用はできるから、それを以って「成功」と言いたいならご勝手に、てところだね。
皆がDB603をダメエンジン呼ばわりするのは、重い割に馬力が無い、嵩の割に馬力が無い、時間当り排気量の割に馬力が無い
つまり42年生産開始なのに、まるで世代の古いエンジンと見紛うばかりの効率激悪だからだよ。
ここの住人はドイツ機厨じゃないから、そんなエンジンに夢は見ないのさ。

535 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 14:49:22 ID:???
そもそも成功した大型液冷エンジン代表は
ミクリーンAM-42だと思うのだが・・・

536 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 15:10:44 ID:???
誉の完成でイラネとなった護に該当するんじゃないか
>DB603
うんこエンジンで共通だし

537 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 15:51:19 ID:???
最後の戦果がイスラエルで使われエジプトのスピットファイア撃墜だったのが皮肉だなあ

538 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 16:07:31 ID:???
皮肉と言えば、ケストレルに始まりマーリンに終わった事のほうがよっぽど

539 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 20:29:46 ID:2RPxbeAq
>>534
お前の話だと駄目エンジンになるDB603
どうしてFwが欲しがったのか
その理由も考察してくれよ。
そこまで叩くンなら。

上齧りの諸元の数値計算だけじゃなくて。。




540 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 20:37:49 ID:???
DB601、605は金星って所だな、603はハ43、、ハ44、ハ45だな。
ウーフーA-7もこれがあったればこそ。

541 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 20:41:02 ID:???
>DB603
He101だかなんだかが積んでノーズヘビーで酷い目にあってた記憶が…


542 :ストレガー:2006/12/15(金) 21:02:51 ID:???
DB605と言ってもAとDでは違う。D-1はC3で離床1550PSに過ぎないし量産開始も遅い、
1944春の爆撃のせいでもあるが。
Fw190Raシリーズの高空性能改善の研究でタンク技術部長は排気量が大きい603の
将来の出力増加の余地が大きいとし好んだのも事実である。


543 :ストレガー:2006/12/15(金) 21:09:05 ID:???
603が重いといっても約900kg、グリフォンと同等で高空性能の改善も見込まれる
ロールスロイスより開発が一歩遅れるのはいたし方あるまい。


544 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 21:19:00 ID:???
なんだドイツ厨か

545 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 21:20:52 ID:???
>>543
どうやったら高空性能の改善が見込めるのか?
大排気量で高高度性能を稼ごうとしたら
大容量で大圧力比の過給器が必要になるのだが
ドイツはそのどっちも限界に達して無かった?

546 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 21:24:21 ID:???
実際、古い世代の設計だったから。<DB603
たぶんダイムラーベンツの目論見としては、DB603は1936年に開発を開始して、
1939〜1940年ごろに1500〜1700PSで量産と想定してたのだろう。
603の開発に「待った」がかかったのと、後から開発されたDB601N/605A〜Dが
それを凌いでしまったので、時期を逸してしまった。

547 :ストレガー:2006/12/15(金) 21:24:55 ID:???
DB605DMはC4で離昇1800PSだが、搭載したG-10、K-4は1944秋に部隊配備。
悪化する燃料事情でB4燃料を使用した場合は離昇1275PSでしかない。

548 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 21:29:28 ID:???
>>547
>悪化する燃料事情でB4燃料を使用した場合は離昇1275PSでしかない。


('A')

549 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 21:36:02 ID:???
>>546
けっこう古いんだな
まともな稼動率になるのが44年末あたりだろ。



550 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 21:42:57 ID:???
>>533
栄エンジンだけで戦争をやれって言ってるのと同じでアホだな。

551 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 21:47:53 ID:???
>>550
栄に対する誉のように
シリンダ数増せば良いだけのこと。
バルチャーやセイバーはそうしたわけでな。

552 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 22:02:00 ID:???
かってに妄想こいてろ。

553 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 22:04:52 ID:18E3TuMl
ストレガータン、フォッケスレ立ててよー


554 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 22:06:34 ID:???
バルチャーが実用化できたと言えるかな?
予定ではすごい性能だけど、実用に足る信頼性がなかったエンジンと、
平凡な性能だけど、とにかく使い物になったエンジンと、
どっちがマシかと言えば、主観の問題でしかないと思うけど。

セイバーの36リットルは排気量でも出力でもV12のグリフォンやDB605と
大差ない。24気筒を開発する意味があったか?ということに。

555 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 22:34:42 ID:wN+VnD0B
それは後知恵というものだよ。
1000馬力級のエンジンを2基つなげるか、
1気筒あたりの出力を倍にするか、
どちらが正しいか、誰にもわからなかったのだからね。

556 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 22:41:08 ID:???
>>554
セイバーやバルチャーは単なる2000馬力エンジンではなく
24気筒という次世代構造の第一世代だからその開発意義は大きいぞ。

557 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 22:59:01 ID:???
次世代っつても、結果論でいえばジェット時代になって、液冷24気筒は
無用の長物にしかならなかっただろ?グリフォンをもっと量産して
セイバーなんか止めとけばよかったのに、とも言えるのではないか。
(テンペストが活躍したのは認めるが、グリフォンスピットやP-47が
あればOKだったわけで)

558 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 23:18:45 ID:???
>>557
バルチャーやセイバーがあそこまで失敗するとは
予想もしてなかったのが1939年の段階。
グリフォンも2段過給器型は遅れたし
実は馬力向上の余地があまり無かったりと、良かったわけでもない。
ターボプロップが登場するまで大出力ペラ機は戦後でもレシプロだ
時系列を整理して眺めてみれば、偶々成功したのがグリフォンだっただけで
多種多様なエンジンを何種類も用意してたのが英米だったっつうこった。

559 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 23:20:59 ID:???
追記しておくと
グリフォンが出力向上に手間取ったのも、大ボアの弊害。
いい燃料使ってもブースト上げるとノッキングが出ちゃってね・・・。

560 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 23:33:21 ID:???
あぁ、結局いろいろ並行して手がけられるだけ金と開発力があって、
いい燃料があればいいという、相変わらずの結論になるのだなあ。

561 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 00:19:47 ID:???
続きやりたきゃ↓こっちでやってね
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1157467623/l50

昔、フォッケスレからレシプロエンジンスレが独立した時と同じ状況になってるから
もうBf109が置き去りだ罠

562 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 00:49:28 ID:???
どう議論してもBf109じゃ限界!
という結論にしか辿り着かないような気がする。
やっぱりG50を採用しとくべきだったかな〜

563 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 00:50:14 ID:???
じゃなかった、
G55を採用しとくべきだったかな〜

564 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 04:21:25 ID:fIKvOG6E
話題蒸返しでスマソだが、
少しマエの航空ファンにスミソニアンかどっかに保管されている日本が開発していたH型、X型液冷エンジンってのがあったんよ。
アレって日本独自でDB601系ベースの改造を試みたなれのはて?

565 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 04:40:30 ID:tkjGbtrm
いっぼう日本はハー50を開発した

566 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 09:39:09 ID:M02W4IFY
組み立てクランクなんて手間のかかるDB601/605で
最後までひっぱった努力は凄いし
だからこそBf109が長生きしたことは理解する。

だけど、生産エネルギー効率の犠牲が大きい
DB601・605の「高エンジン効率」云々なんて
戦争の要求を省みない論理に過ぎない。


567 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 11:38:21 ID:???
飛燕の話だけど、ニードルベアリングが行かれたら現場では手の施しようがなくて、稼働率が低かったと叔父が言ってたな。軍人だが兵科でミスやって東京勤務だった。
防空戦でこのありさまだと。

568 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 12:14:10 ID:/cb0StjP
>>567
防空戦じゃ海軍の302空の雷電のほうが活躍したな。
1800馬力の高出力エンジンだからなあ。

DB605Aがあれば

569 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 12:52:30 ID:???
>>568
B29を通算10機前後しかおとしてないのに?

570 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 14:10:42 ID:???
>>566
スマン、言ってる意味がわからん

571 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 14:20:35 ID:M02W4IFY
>>570
ならスルーでいいよ。

572 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 14:32:57 ID:???
あなたを深く知りたいんです

573 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 15:58:49 ID:???
>>554
>セイバーの36リットルは排気量でも出力でもV12のグリフォンやDB605と大差ない。

グリフォンはともかく、DB605と出力は大違いだろw

574 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 16:08:02 ID:M02W4IFY
>>572
もし、イチャモンを付けたいんだったら
カラミ方ってもんがあるぞ。
今はとりあえずあんたのことスルーにしておく。

575 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 16:23:28 ID:/cb0StjP
>>569
もっと落としてると思うが…
陸さんは体当たりするからなあ

>>573
DB605がせいっぱいだったドイツ…
やっぱエンジンかねえ


576 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 21:33:06 ID:???
エンジンだな
まあ、ドイツもイギリスとレシプロ開発競争すれば勝てないと分かっていたので
早くからガスタービンに軸足を置くようになるのだが

577 :ストレガー:2006/12/16(土) 21:39:32 ID:???
DB605AはB4燃料で離昇1475馬力でしか有りませんからねえ。

578 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 22:05:29 ID:fIKvOG6E
内燃機関設計のノウハウはイギリスが上なんですか?
材料面では冶金学はイギリスが進んでいたみたいですが、
関係あるのでしょうか?

579 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 22:27:07 ID:???
ドイツは第一次大戦後のブランクに加えて航空再開後も大馬力エンジンの開発は制限を受けていた。
DBもJumoも1930年代に入って急ピッチで開発されたから技術の蓄積という点で英国に遅れを取った。

580 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 00:24:33 ID:???
ドイツの本音は
DB601の優位が崩れないうちに全ての決着を付けたかったのだ。

581 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 01:43:45 ID:???
>>578
材料や設計が進んでいれば同じ出力や耐久性なら軽量に作る事が出来るな。

582 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 03:31:44 ID:???
そりゃC3仕様のDB605にB4使えば馬力は落ちるだろ
B4仕様のDB605ASBかDCMにすりゃよかろ。

583 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 05:22:14 ID:???
>>579
第一次世界大戦時点でダイムラーベンツもアウストロダイムラーも
既にイスパノスイザに水を開けられていましたしね。

>>682
DB605A-1はB4仕様でしょ、元から
C3仕様の605はAM、ASM、ASC、DC

584 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 06:26:10 ID:???
>581
レアメタがふんだんにあるからなUKは

585 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 07:49:45 ID:xE2MIAxB
>>584
マーリンは材質ケチってたよ

586 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 10:09:47 ID:pfRgQ5R1
DBは軸内砲と倒立V型構造という制限故に
RRに開発競争で負けたってのが、
少し古い本では「定説」でしたが
それ以外の要因も随分あったのですな・・・

587 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 12:34:28 ID:xE2MIAxB
>>564
成れの果て…

588 :ストレガ−:2006/12/17(日) 14:14:28 ID:???
DB605D-2にMW50ノズルを付けC3とMW50を併用して、ブースト1.7
点火時期、混合比、燃料噴射量の調整をした状態でDB605DMと言う。
ハイオクと水メタを使わないと1800馬力出ない訳で、603GはC3のみで1900PS
603EはB4のみで1810PS、DB603EMはC3とMW50併用で2100PSと、
この馬力の差の意味は登場時期や事情をかんがえれば大きい。

589 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 16:28:32 ID:???
Fw190はBf109の後継機として使っていればよかったと思う。
1940年から実戦で使用開始。
バトルオブブリテンで大活躍。

590 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 16:44:10 ID:???
>>589
アフォかテスト中だったろFw190A
フォッケはあくまで補助戦闘機だっつーの


>>564
空技廠ハ-74-01。X型液冷2500馬力。エゲレスのセイバーでさえあれだったから
日本じゃ実用は無理だったなあ。


591 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 16:47:14 ID:xE2MIAxB
>>588
馬力に対して機体の方が小さくなったんで垂直尾翼増積してるけどBf109G-10/14/K-4
基本設計が古すぎた…
量産考えたらそのままの方が良かったんだろうが…

592 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 17:11:53 ID:???
>>588
夢はエンジンスレで語ってね

593 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 17:20:11 ID:3WB5LMiM
601原理主義者ですかw水メタが噴射できなきゃ1500馬力のエンジンは終わってる

594 :ピテカントロプス:2006/12/17(日) 18:50:23 ID:???
( ゚Д゚) つ〃∩ おまいら、猿人に詳しいな…





(´・ω・)…ひょっとしてネアンデルタール人?




595 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 18:56:39 ID:xE2MIAxB
>>594
>空技廠ハ-74-01。X型液冷2500馬力。エゲレスのセイバーでさえあれだったから
>日本じゃ実用は無理だったなあ。

何その変態エンジンw
セイバー笑えないよ

596 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 19:19:24 ID:???
改良型の74-11が3200馬力w

H型というと陸軍航空工廠のハ75-01か?

597 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 20:29:51 ID:???
どう考えても実用じゃなくて新形式のエンジンの実験用だろ

…と思ったけど彗星や銀河を量産させた前例があるからなぁ<空技廠

598 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 22:37:35 ID:pfRgQ5R1
作れる事を実証するお役所仕事が空技廠。
今も昔も役所は変わらないなぁ・・・(・_・;)
量産とか採算考慮しないし。

599 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 00:25:10 ID:???
まあ何れも終戦時にテスト中という代物ですから
むしろ何もしてない方が組織として異常かも。

600 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 00:32:39 ID:???
DB605DBが1月下旬実用化、DCが3月中旬って遅すぎ、もう操れる人が居ません。
DC搭載メッサーにいたっては配備したともされないとも言われわからん。

601 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 00:47:22 ID:???
スペインBf109は如何なる根拠を以って開発が続行されたのかが不可解だ。
いい加減1950年になれば陳腐化していた事は明白だろうに。


602 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 04:13:48 ID:???
>>601
フランコ舐めすぎ

603 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 07:19:36 ID:wablwV9r
>>601
スイスも1957年までP-51D配備してたから別に問題ないんじゃ

604 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 07:41:47 ID:???
他に飛行機売ってくれるところ無いからな

605 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 12:06:00 ID:sW6GgLgi
反政府ゲリライジメには何も当時最新鋭のジェット機を導入する必要無かったんでしょ。
お陰で映画用の機体が多数輩出したから感謝しなきゃ。
イスラエルじゃ戦闘機として運用してエジプトのスピットファイヤを圧倒したらしいし、
ミリヲタとしてはフランコ政権に感謝しなきゃいけないな。

606 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 12:39:03 ID:???
>>605 対地攻撃仕様の Avia S-199 でスピット9を墜としてんだよな。
   中の人ネ申杉・・・・

607 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 13:38:33 ID:wablwV9r
>>606
チェコでSって練習機?
C.210じゃないの
ていうかまともな国ならP-51Dでさえただ同然でかえる時代に

608 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 13:43:10 ID:???
S-199が落としたのか
俺はてっきりS-99だと思ってたよ
S-199ならたいしたもんだ

609 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 14:01:14 ID:wablwV9r
釣れなかった…w

610 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 16:05:29 ID:???
釣りだったの?
本スレではフランコ政権に感謝。イスラエルパイロットは神。
以上の結論に達しましたが・・・

611 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 20:25:30 ID:???
1950年頃のイスラエルって装備もやり口もドイツそのまんまなんだよな。でもそれを打ち消すかのようにハリウッドの映画には、アラブを支援する旧ドイツ軍士官とかが悪逆非道だったりしてわけわからん。

612 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 23:43:14 ID:sW6GgLgi
映画BoBの際にイスバノメッサーとハインケルを売却した代金で中古セイバーを購入したとか何とか
20年前位のHJ「ムービーバード特集」にあったっけ・・・。
当時は情報も少ないから信じてしまったが、
今考えると眉唾モンだなぁ。

613 :605:2006/12/19(火) 00:46:02 ID:???
ごめんなさいm(_ _)m
イスパノメッサーとアビアメッサーを混同していましたm(_ _)m

614 :名無し三等兵:2006/12/19(火) 17:32:51 ID:b/qa+bE1
>>612
中古のセイバーはリースか供与だったからただ同然
F-4Cとかももらってなかったスペイン空軍
最近は大分近代化に成功してるみたいだけど

615 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 13:21:45 ID:ivPU5fHA
>>611
っていうか敗戦国の装備格安で手に入れたから
戦闘機はふっかけられたみたいだけどな

616 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 20:30:44 ID:???
69年にセイバー中古で買う国はないだろ・・・もしかしてスーパーセイバー?
こっちは使えるぞ。
空軍大戦略で浮いたお金は、ホークみたいな練習攻撃機買ったような記憶があるんだけど。

617 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 18:24:27 ID:i5I1FqCe
>>616
セイバーのE型
すぐにF-4Cだったとおもうが

618 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 15:13:56 ID:OvSIcYbm
>>613
やばい緊急増速!

619 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 16:13:48 ID:idixfer/
まあ、でも、ロールズエンジンの源流は
ドイツから盗んだダイムラーエンジンらしいんだけどね。

620 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 17:14:18 ID:???
>>619
まあケストレルの前で途切れちゃってるんだけどね。

621 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 17:31:33 ID:Ix9eZ01r
イギリスは戦勝国になったから敗戦国のドイツに対してライセンス料
を払う必要性が消えてウマーだね。
V1とV2とMe262でなくエンジンもドイツ発祥とは時中のドイツ
はアメリカを抜く超化学技術大国だったのか。

622 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 17:40:27 ID:???
>>621
どうせWW1んときの話しだからな>RRのぴーこ

623 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 17:50:32 ID:???
>>621

アメリカは泥臭い田舎モノ国家だったんだけど、移民(ドイツ系など)を大量に
受け入れて技術立国になった。

第2次大戦の際、チャンとした魚雷も満足に作れないような糞国家だった。
後はレーダーやエンジン技術もヨーロッパに多くを依存してたし。

戦後の発展も技術を見渡せば結構ヨーロッパ系の技術者に依存している。
無論、アメリカ生粋の技術者もいない訳ではないが・・・・・・・・・

ライト兄弟もその業績は後からなってみて結構?だし、エジソンも産業界で
アコギな真似をしくさっている。GEがあれだけ巨大に焼け太っていたのも
それだしw

下品極まりない国なんだよな、実際問題として。


624 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 18:51:49 ID:Ix9eZ01r
>>623
技術的な貢献をする移民を受け入れて研究開発を自由に出来る国だと
科学技術が発達するのか。
WWU後になってから西欧をブッチぎる科学技術大国になったのも
欧州移民の貢献なんだね。

>>下品極まりない国なんだよな、実際問題として。
道徳だけじゃ世界の支配国になれんのだね。
いつまでアメリカが世界の支配国として君臨可能なのか不明だが。


625 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 19:26:34 ID:???
話ぶった切って悪いけどFw190のスッドレなくなってるぞ
日本機厨の被害担当艦の意味でも立ててくれ
冬になったら厨房が暴れまわるぞまた…

626 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 19:33:15 ID:OvSIcYbm
なんかG-10ともG-14とも判別のつかない機体があったw
G末期はある意味すげー

627 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 21:34:07 ID:???
爆撃でパーツ供給が途絶えても工場にあったパーツで組んで納品していたからな。
組めるならなんでも使ったしな。

628 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 21:36:57 ID:???
>>625キチガイ法華厨除けかw

629 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 22:03:45 ID:???
アメリカの原子力航空機ってあったよな・・・・・・・・・・・・・・・

まちがいなくあれだよ

630 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 22:26:35 ID:???
>>626
正直もう終わってる。

631 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 22:53:58 ID:???
>>625
正直、住む世界違うからなぁ・・・

632 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 23:00:19 ID:???
最近有名になったコレとかもね。下手にレストアされなかったおかげで
つぎはぎ具合が今になって貴重なサンプルに。
ttp://www.clubhyper.com/reference/luftcambg_2.htm


633 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 12:42:18 ID:XjfyUohl
>>631
まあ、そういわず立ててくれ…
零戦厨がまたわらわら出てくるのが目に見えてる
特に航続距離で叩こうとする馬鹿が
上の方にあったけど三式戦闘機だって戦闘行動半径は550キロくらいなのになあ。

634 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 13:44:36 ID:???
飛燕は航続性能評価されてないじゃん

635 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 13:47:16 ID:???
>>633

釣りか? 戦闘行動半径と航続距離そのものと比べるなってw
戦闘行動半径が550kmもあったのなら、それだけで1100km+α飛べる計算になるんだぜ?

まあ、判っていて敢えてレスしてるんだろうけど。釣られたかなw

636 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 13:48:22 ID:???
>>634
日本機厨の最後のよりどころだから航続距離…
飛燕が3000キロ飛べるといって憚らない…
まあ、厨が来ても華麗にスルーだな。

637 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 14:01:45 ID:???
戦闘行動半径が800キロや550キロの話のページに
機内増加タンクを外しても落下タンクを2個つければ
カタログ上では最大2500キロ飛べる計算とは書いてあるね。

638 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 15:37:01 ID:XjfyUohl
>>637
最良の状態でならだろ

639 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 15:37:32 ID:???
ま沖縄戦には参加してないけどね。
単発機で参加するほうがおかしいけど。

640 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 15:45:28 ID:???
>>639
台湾からとか沖縄戦に参加してますよ
三式戦つかここBf109スッドレだった

641 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 15:52:40 ID:???
第八飛行師団って全機特攻で参加かと思ってたら違ったのね(少数だけど

>Bf109スッドレ
正にw


642 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 15:56:56 ID:???
>>638
>飛燕が3000キロ飛べるといって憚らない…
への回答だからそれで問題なし。

643 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 16:52:43 ID:???
ところで、BF109の戦闘行動半径ってのは、一体いくらなんだ?
巡航一時間+全開20分だとか(テキトーに答えているがソース調べるの面倒誰かフォロヨロw)
は良く見かけるけど、それだと戦闘行動半径550kmなんてとても無理だと思うんだけど?


644 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 17:11:08 ID:XjfyUohl
>>643
E、F、Gと違うからなんともだけどなEの初期型は増槽ないし。
用兵側の要求で決まるから。飛燕の場合は川崎が空気読んで燃料多く詰めるようにした。


645 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 17:14:42 ID:???
>643
エミール初期で航続距離740km

646 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 17:16:35 ID:???
答えになっていないなw

647 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 17:22:30 ID:???
>>644の事ね

648 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 17:22:33 ID:???
>>646
おまえが答えろこの怠け者

649 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 17:45:47 ID:XjfyUohl
>>646
Me262が全速20分で一時間飛べるってなんかの本で読んだ。Bf109Gはそれより短いらしい。
といってもドイツはインフラが進んで飛行場があるから無問題。
ソビエトの機体はもっとみじかいけどなあ。詳しくはわかんね…
大体Gだけでサブタイプが幾つあると思って…

650 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 18:00:21 ID:???
分からんなら無理に答えんでいい

651 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 18:39:18 ID:???
>>649

>Me262が全速20分で一時間飛べるってなんかの本で読んだ。Bf109Gはそれより短いらしい。
>といってもドイツはインフラが進んで飛行場があるから無問題。

どういう理屈やねんw 飛行場が整備されていたら航続距離が伸びるとでもいいたいのか?
さっぱり意味不明だな。

652 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 18:47:43 ID:???
戦闘行動半径
G-6標準装備状態;260km
300gドロップタンク装備;450km

飛行マニュアルから

653 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 18:58:34 ID:???
マニュアル

654 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 19:36:13 ID:???
>>651
もう迎撃戦主体だからおしっこして弾薬燃料積んで出撃を繰り返すんでいいんです。

655 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 21:19:43 ID:???
負け犬専用だね!

656 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 21:46:04 ID:???
>>652

ドロップタンクを装備しても450kmか・・・・・・・
ムスタングなんかと喧嘩したら、迎撃戦であっても燃料切れを心配しなきゃならないのは
ルフトバッフェの方だなw
標準で260kmって基地上空ぐらいしかまともに飛べないって事か・・・・・・・

なんか悲しい気分になってくるなw

657 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 22:10:27 ID:???
因みに、スピットファイアXIVは標準で250km
スリッパタンク装備は知らない。

658 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 22:12:35 ID:???
あ、それとテンペストが350kmくらい

659 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 22:18:31 ID:???
>>657
BOBで無線が通じたのも逆に良く判る気がする。MkTとかIIだけどw
だって戦闘機隊が自国上空でのみ交戦していたんだからw

その当時のRAFの無線機材も貧弱なもので対空8km、対地上で56km
程度の通話出力しかなかった。(電信ならもっと伸びるが・・・)

でRAFはイギリス全土に携帯電話の基地局宜しく無線の中継局を
作りまくって対応したと。

そう考えるとなんだかなぁ、て気もせんでもないな。

660 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 10:00:17 ID:gYSwMwHt
>>656
やたら長くても人間の生理的限界こえたカダルカナルみたいなことしそうだから…


661 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 10:14:24 ID:???
>>660

P51も結構大変だと思うが・・・・・・・・
硫黄島出撃の奴とか。

662 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 10:47:25 ID:gYSwMwHt
>>661
米軍は日本上空でも無線で航法頼めたりするから大分状況が違う
沖縄陥落の後はやばくなったらそちらに逝くことも出来たりする
最悪捕虜になるという選択肢もあるし
カダルカナルじゃ鮫の餌だからねえ

663 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 11:35:12 ID:W17DhH4q
無条件に鮫が食う選択より日本が捕虜にする選択が生き残る確率が高いね。
高速特性があるけどダメージコントロールが低い液冷エンジンを搭載して
広大な太平洋を飛行するのは危険な点がある。



664 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 11:43:19 ID:???
662
ガ島出撃でも42年12月に近距離のバラレ・ムンダに飛行場ができてからは
その状況はだいぶ緩和されてますが?

665 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 12:44:17 ID:???
>662
>沖縄陥落の後はやばくなったらそちらに逝くことも出来たりする

本土攻撃から沖縄ってだいぶ遠いんじゃねぇか?w

666 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 14:01:10 ID:???
>>662
>最悪捕虜になるという選択肢もあるし
>カダルカナルじゃ鮫の餌だからねえ

どっちも運命は変わらない

667 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 15:29:50 ID:14DT6T/X
だから、何でいきなり日米戦の話しになるんだよ…該当スレでやってくれ。



668 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 15:34:51 ID:???
米軍もガダルカナルから長距離侵攻してるから変わらんよ

669 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 16:18:56 ID:???
話を強引に戻して、東部戦線で圧倒的な敵に対して一日4回とか出撃して神経をすり減らすのと、
ガダルカナルで8時間以上も空の上、のどちらも結構過酷だな。
まあ、東部戦線は撃墜されても、陸の上だから生存の可能性が大だが。
しかも、前線から近い所で戦うスタイルだから、捕虜になる可能性も低く、軍務に直ぐに復帰出来る。
やっぱ、海の上で戦うのは嫌だなw

670 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 16:58:35 ID:gYSwMwHt
>>669
Bf109Gが足短いといってもソ連機もおんなじかそれより短いのもあるからなあ
大体Bf109機体自体が小さいから…
ドイツ軍のパイロットにP-47Dはどうみえたんだろうね。

671 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 17:14:53 ID:???
納屋の戸

672 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 18:20:00 ID:???
考えたら、あのマルセイユも、BOBで7回撃墜を記録したが、自分も6回落とされてるんだよなw
日本海軍なら、一度の出撃でMIAだなw

673 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 18:25:53 ID:???
ドーバー海峡も堕ち方しだいだけどね。
凍死するし。

674 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 19:45:51 ID:Uka2Rcs4
冬を迎えたドーバー海峡の真ん中に落ちたら非常に不味そう。
1時間ずっと海に浮かんでいたら体力が落ちてアボーンだね。

675 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 21:00:02 ID:???
Bf109も増層つけりゃよかったのに。BOBで。

676 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 21:31:10 ID:???
ラジエーター口の境界層を除くには出来たのに。F型で。

677 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 21:31:19 ID:14DT6T/X
後半に付けてる。
E7だったかな。



678 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 21:51:44 ID:???
>>674

暖流が来ているとはいえ、冬季だと低体温症で一時間ももたんのと違うか?
タイタニックの遭難と一緒で、カチンコチンの死体が出来上がりだろうな。

679 :ストレガー:2006/12/24(日) 22:20:35 ID:???
どっかのスレで誰かLa-7の大きさを聞いてたんで、とりあえず此処で。
fuselage station〜rudder hinge lineは5.285mmと言う事で、全長は8670mm。
燃料は翼付け根左右に各148g、その間の中央に170g。航続距離は655キロ。
翼面荷重は面積17.59平方メートル、185kg/平方メートル。
離昇1700PS/2400rpm、排気量41.2g。

零戦二一型は翼面荷重、面積22.438平方メートル、108kg/平方メートル。

680 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 23:24:25 ID:???
ウッチャンナンチャンの番組でドーバー海峡横断遠泳やってたのを思い出したぞ。
あれは真夏にもかかわらず一人1時間足らずで交代してガチガチ震えてたっけ。

681 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 00:07:04 ID:???
>679
う、La7ってFw190クラスの戦闘機だな

682 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 00:19:02 ID:0q8hzwic
>>678
アルプス山脈より北部だと厳しい寒さなんだね。
飛行機が着水したらゴムボートを用意して救援機を待つ手も
あるけどゴムボートを用意する余裕なんか無いんだろうね。

683 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 00:51:10 ID:ffHAwc26
普通は、落下傘降下だから、ゴムボートなんて無理だよ。

あと、ドイツ側だけでなく、イギリスのパイロットも結構犠牲になってるよ。


684 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 01:28:59 ID:???
Ju88などはゴムボートが標準装備されてたけどBf109じゃ重量と容積の点で無理ぽ。

685 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 07:10:03 ID:0ywFPJXZ
真冬の欧州戦線においてドイツ・イギリス・ドーバー海峡のメンバーで
三つ巴の戦闘が激しく行われていたのか。

686 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 09:21:58 ID:???
ドーバー海峡を挟んだ英独の対峙を極東で例えるなら
間宮海峡を挟んで日ソが対峙しているのに等しい。

687 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 09:41:17 ID:oLvvS8bJ
なるほどなるほど。
間宮海峡を見れば酷寒の海や地理的な対立状況もイメージし易いね。

688 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 09:43:56 ID:???
>>686
>>687
アホか?
何故無理やり例える必要が有るんだよ…ちゃんとスレタイ読めよ。
なんで日本厨は、スレ違いのスレで話題振りたがるんだ?
該当スレでやってくれ。



689 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 10:29:47 ID:oLvvS8bJ
お約束のビーエフVSフォッケを開始しまつ。

690 :686:2006/12/25(月) 10:45:39 ID:???
>>688
欧州の寒冷気候を表現するのに、わかり易い例示をしたまで。
文体から『それくらいの事』わかりませんか?
あなた以外のかたはほとんどわかったと思いますがね。

691 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 11:35:27 ID:oLvvS8bJ
P−51AはBf109と誤認されて味方から攻撃された事が続出した。
もしかするとP−51Aを設計したスタッフ一同はBf109をパクって
僅か102日間と言う短期間で完成させたかも。
アメは戦勝国だから勝手に特許問題をスルー。

692 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 12:11:54 ID:???
液冷のほっそりした機体は、翼平面形に特徴でも無ければどれも似たようなモン。
ドイツ軍もハリケーンとMS406を誤認しているケースがかなりある。
敵味方識別装置などない時代
識別帳開いてじっくり観察する暇などない航空戦での機種識別は至難の業。
しかも生死を賭けて極限状態の緊張のなかでは

693 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 12:12:58 ID:???
パクッたと言っても層流翼だしラジエーターは胴体下部だし
脚の取り付け位置も違うし

694 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 12:24:46 ID:oLvvS8bJ
P−51Aはオリジナルな部分が多いのか。
これで安心して昼寝できる。

(ついでに)
変なマーキングや塗装の無いバージョンのP−51Dは美しいね。

695 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 12:31:46 ID:???
>>691
P−51が他のアメリカ機と違って洗練されてるのは、皮肉なことに
設計者のエドガー・シュミードが亡命ドイツ人だからなんだな。
 

696 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 12:59:07 ID:oLvvS8bJ
P−51を設計したエドガー・シュミードもV2弾道ミサイル(の祖先)
を設計したフォン・ブラウンもドイツ人だ。
なるほどゲルマン民族は優秀だね。

697 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 13:43:10 ID:???
「ゲルマン民族」なんて十把一からげしたら収拾つかなくなる
止めておけ、そういう発想は

698 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 13:47:29 ID:???
>>690
>>688は日本が嫌いな外人だから許してやってくれw
余程日本人に嫌な思いをさせられたようだw

699 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 14:17:46 ID:???
F4Fばかりか二式単戦にまでコケにされようとは。

戦力比較検証 大日本帝国VSドイツ第三帝国
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1164674252/291
旧日本軍弱小列伝について語るスレ 11
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1166357073/390

700 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 15:04:41 ID:???
自分の書込みわざわざ宣伝しにくんなヨw

701 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 16:46:52 ID:yMkLpIl8
>>697
忠告を感謝する。
WWUにおけるドイツ人の科学技術能力は最高だね。

702 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 18:00:25 ID:???
お前らは日本人or東洋人だなw

703 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 18:50:42 ID:???
ID:oLvvS8bJ みたいに平気でウソつく奴は困るね

704 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 19:06:32 ID:v802rDxU
スレが盛り上がってきた。
今夜は朝まで激論が始まるヨカ〜ン。

705 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 19:23:49 ID:???
北のMig-17って、敵機や敵艦に直接突っ込んでくるらしいな。昔の日本軍みたいに。

706 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 19:23:59 ID:???
>>701
どこが技術最高かよ?
会社にある独逸の技術で完成した装置、こりに懲り捲った装置で馬鹿ちゃうか?と
何時も仲間と言っている。
一方、英国製の技術で作った装置は単純で懲り捲る事なく、とても良く気に入っている。

707 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 19:40:51 ID:v802rDxU
>>706
ドイツ製の製品にもヘタレがあるのか。
ブリテン製の製品が素晴らしいのが意外。

だけどドイツ国家は発音が容易で歌っていると気分が
盛り上がるのでお勧め。

708 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 23:46:58 ID:???
つうか
ここには「ドイツの科学は世界一ィィィ!」なんて思ってるやつ一人もいないよ。
Bf109にはドイツの優秀なところはたくさん詰まっているが、反面その限界も明確に示しているからね。
まあ、その辺の事も含めて、皆109を愛しているんだけど。
荒らしがことごとく空振りに終わる理由はそこなんだな。

709 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 23:54:57 ID:v802rDxU
なるほどなるほど。
109の後継機が思うように出現しない中で健闘したパイロットは
大したもんだと思う。
大量に侵攻してきたP−51D相手に善戦した事を讃えてイイと思う。

710 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 02:08:11 ID:???
>>709

善戦? ドイツ空軍末期は、虐殺の歴史だろ?アルデンヌの際、なけなしの空軍力を
使ったのはいいが、あっというまに戦力をすり切らしてしまったし、地上軍は天候の
悪さによって侵攻が上手くいってただけだし。
お天気まかせのドイツ軍だったのが、実情じゃんw

711 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 04:26:40 ID:???
>荒らしがことごとく空振りに終わる理由はそこなんだな。

航続性能は言い訳しまくってたけどw

712 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 07:05:41 ID:P/+pPTvR
>>711
1945年に入ったらダメダメ状態だったのか。
雲行きが怪しくなったら速攻で降伏するヘタリア政府は得策かもしれん。
そしてサッカーとパスタと被服とナンパに専念する。

713 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 08:53:19 ID:???
Tu-4見たことある人いるかな?

714 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 10:52:59 ID:???
>710
アルデンヌの損耗原因の大半は対空砲火と事故なんだが。

715 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 13:57:58 ID:d7kWp0fz
>>714
秘密にしすぎて味方に撃たれたんだよね

716 :名無し三等兵 :2006/12/26(火) 14:18:37 ID:???
やっぱりあの脚は初心者には難しかったか…

717 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 14:48:34 ID:Nvh0arns
>>715
それ、ボーデンプラッテだよ。



718 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 15:20:36 ID:???
>>714

そもそも目立って活躍してないのと違うか?アルデンヌでは空軍力による一時的優勢の
確保、というより、天候の悪さに助けられていただけのような・・・・・・・・・

719 :我が演説より\(^■^ ラ 【卍】:2006/12/26(火) 15:22:33 ID:???
【卍】 ≦予 ̄>
  G\(^■^ ラ 祖国防衛こそが主任務だ!
   \ <!>+\
わが軍隊はその兵士たちを、これまで我々がなし来たったと同じく、
好戦的な軍国主義に教育するものでないことを知っている。
それはもっぱら兵士をして社会の信頼すべき秩序ある分子たるべく教育する。
必要と危険の時に当って、
忠誠をもって国家と運命をともにしようとする兵士に教育するのである。
しかして運命が峻厳極まる試練をもって我らに臨むとも、
勇気と名誉をもって自己の民族のために戦うところの兵士に教育するのである。
これがわが軍隊再建の意味である。
これは侵略戦争を行うために編成されたのではない。
ドイツ民族を防衛し、ドイツ国民が過去十五年間に嘗めるべく強いられた
悲劇的運命に再びドイツを陥らざらしめるために編成されたのである。
これは他国民からその自由を奪うためのものではなく、
我がドイツ自身の自由を護るためのものである。
わが軍隊が今ここにある所以は、即ちこれである。

【1935年9月13日、ニュールンベルク】

720 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 15:29:01 ID:d7kWp0fz
>>718
P-47のエース達読むともうこの頃のドイツ空軍のパイロットは鴨同然だった
一部のぞくと…
ろくに回避行動取れなくなってる。

マリアナ沖海戦の日本機と同じ

721 :我が演説より\(^■^ ラ 【卍】:2006/12/26(火) 17:36:42 ID:???
【卍】 ≦予 ̄>
  G\(^■^ ラ
   \ <!>+\
  〇〇ヾゝ 〇〇ヾゝ 〇〇ヾゝ
G\(^∀^ G\(^∀^ G\(^∀^ ク

若い世代はいま成長しつつある。
彼らはまだ有毒な政党政治に感染したこともなければ、
議会民主主義制度の腐敗を経験したこともない。
それらのものは、わが青年たちにとって縁なきものであり、
最初から不可解なものであり、最初から不可解なものである。
年長者の中には今なお疑念を抱いている者があるかも知れないが、
青年はすべて我々に帰依している。
彼らは肉体的にも精神的にも、我々に味方して来た。
青年はこの誇るべき鉤十字のドイツに生きている。
このシンボルを彼らは永久に心から引き離すことはできないであろう。



722 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 15:40:30 ID:Jkj24jjm
>>712
弱小国家はその方が懸命なんだよ
フィンランドだって和平してるしな
日本みたいにあんな状態になるまで戦うのが間違ってるかも…

723 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 18:11:13 ID:XicVj23D
ソ連(当時)に領土を奪われても徹底抗戦をしないで戦後にソ連(当時)
から戦闘機を購入して大人しくしているのも手なのか。
冷戦時代は中立を保っていたが。



724 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 18:53:04 ID:Jkj24jjm
>>723
徹底抗戦してないのは日本も同じ…沖縄があれになったが
天皇が止めてくれなかったら戦争今の日本ないだろ。

Bf109スレだから日本の話はもういい

725 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 19:19:30 ID:ffV//Mt0
何のスレか
もう一度・・

726 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 19:39:24 ID:Jkj24jjm
>>725
orz
俺が釣られたばかりに…

727 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 20:01:57 ID:ffV//Mt0
>>726
分かればよろちい。

728 :\(^a^、ク 【卍】帝国元帥:2006/12/27(水) 20:17:12 ID:???
彡´_⊃`) ドイツ人が開発して

(´_⊃`) アメリカ人が実用化

ミ´_>`) イギリス人が投資し  

(・ш・) 日本人が小型化に成功

(´_J`) イタリア人がデザイン 

ξ・_>・) フランス人がブランド化

(`ハ´) 中国人が海賊版をつくり

<`A´> 韓国人が起源を主張する



729 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 20:20:16 ID:???
6つめまでは建設的だが、7つめ8つめは・・・・・・・・・・・・・・・・( ̄∇ ̄;)

730 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 20:21:18 ID:Jkj24jjm
>>679
二単に近い性能だなあ

731 :\(^■^ ラ 【卍】:2006/12/28(木) 08:49:17 ID:???
ドイツとその国民と我々の国土の運命を決する最後の戦いはクライマックスに達している。
世界の大半は我々との戦いのために同盟し、世界を破滅させる意志を固めている。
我々は持てる力の最後の一片までふり絞って、この脅威に立ち向かわねばならない。
我々は今、祖国ドイツの歴史の上でかつてなかった危機に迫られている。
それは復活の可能性を叩き潰す最終的な破壊である。
ドイツの戦士の最高の理想を最大限に発揮することによってのみ、
この危険を回避することができる。
このため、本官はこの重大な危機に臨んで、諸君の力に期待をかけている。…

【卍】 ≦予 ̄>
  G\(^■^ ラ
   \ <!>+\
  ≦¥ ̄ゝ ≦¥ ̄ゝ ≦¥ ̄ゝ
G\(^∀^ G\(^∀^ G\(^∀^ ク ♪ろーと しぇんと でぃ ぞんね
 \用:用±\用:用±\用:用±\

174 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)