5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

信じられないが、本当だ Part59

1 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 02:42:00 ID:QnE2/EYB
古今東西軍事関係で一瞬疑うような真実の話題を披露するスレッドです。

基本的に自由ですがあまりにも軍事系からかけ離れた話題の書き込みは自重願います。
荒しもコテハンも粘着もネタを出せない者もこのスレにおいて平等に価値なし。

「信じられないが、本当だ」まとめサイト
ttp://karen.saiin.net/~clytie/

(前スレ)
信じられないが、本当だ Part58
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1159542302/


2 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 02:51:42 ID:???
>>1
こんな時間に乙なことだ。
( ・∀・)っ旦~まあ飲んどけ

3 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 02:57:09 ID:???
じゃ、既出かもしれないけど、

米海軍はイルカを軍事用に調教してる。
地雷除去や、侵入者殺害に使うらしい。
去年のハリケーンで訓練中のイルカが海に飛び出したらしい。
殺人イルカは毒矢をしょってるらしい。


ソース JWING去年のもの。カミウラのページ。 

4 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 03:20:31 ID:???
そんな怪しげなソース使うまでもなく「世界の艦船」2004年12月号『出動!イルカ部隊』に載ってる訳だが

管理担当はNWSC(Naval Warfare Systems Center)傘下の生物科学部
システム名はMarin Mammal System Mk4〜Mk8
それぞれの内容は機雷検出、水域警備、EODチームと連携しての機雷掃討、海兵隊とイルカの混成チームによる沿岸強襲

最近もCSヒストリーチャンネルのアニマルズ・イン・アクションという番組で取り上げられてたぞ

5 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 07:06:39 ID:???
イルカに潜水艦操縦してもらえばずっと潜ったままでいられるじゃん。

6 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 09:03:38 ID:???
イルカも肺呼吸だから、長時間潜ってはいられるけど、潜りっぱなしはできないぞ。

7 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 10:16:28 ID:???
米軍ならイルカ用酸素ボンベとか開発してそうだ。

8 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 10:25:45 ID:???
>3
http://www.spawar.navy.mil/sandiego/technology/mammals/

ちなみにこの部隊にはワンコもいる。

ワンコ可愛いよワンコ。

9 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 10:27:54 ID:???
>3
> 殺人イルカは毒矢をしょってるらしい。
http://www.spawar.navy.mil/sandiego/technology/mammals/Images_animals/Slide_orca.JPG
http://www.spawar.navy.mil/sandiego/technology/mammals/Images_animals/Slide_pseudorca.JPG

水中で人間殺すのに、↑に示した二種類には毒矢なんぞ不要な気がする。
まぁイルカじゃないけど。

10 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 13:18:56 ID:???
うお、流石にイルカの話は既出だったのか・・・
みんなよくしってんなぁ。

11 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 16:21:27 ID:???
>>1

それから既出でもネタフリしてくれた人もとりあえず乙。

インパール作戦前に、日本軍は飢餓行軍実験を行っていた。
少量の米と塩だけを持って、蛋白質摂取禁止で、1個大隊で徒歩の強行軍。野草は食ってよし。
実に用意周到ともいえるが、なにか配慮する部分を根本的に間違えている気がしないでもない。

12 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 19:38:57 ID:???
上官を喰って良しにすれば丸く収まる。

13 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 20:10:42 ID:???
★旧日本軍の航空特攻作戦、命中効果率は56%=予想以上の戦果−米軍機密文書
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061114-00000162-jij-int

ほんとかよ。

14 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 20:17:20 ID:???
ウチの大学。
男子トイレの個室の壁に、


    妹が 義理だからねと チョコをくれ
     君が義理なら どんなにいいか


って短歌が詠んであった。

15 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 20:26:57 ID:???
泣けるな・・・

16 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 20:28:22 ID:???
2通りの意味があるな。
>君が義理なら
義理でも貰えたらと、義理でもイラネと。。。
後者だと泣けんw

17 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 20:30:31 ID:???
むしろ君が義理の妹になってくれって意味だと突飛な解釈してみる

18 :名無し三等兵:2006/11/16(木) 20:43:53 ID:???
>17
歌の本意はそこだろ

19 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 00:07:42 ID:???
エロゲは、いつの間にかに「実」が解禁になっているな。

20 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 00:21:11 ID:???
>>17
いや、義理チョコをくれた優しい(そして多分可愛いと思われる)実妹が本当は義理の妹なら(たとえ妹相手に恋をしても近親相姦にならないから)いいのになぁ、という意味

21 :名無し三等兵 :2006/11/17(金) 01:00:49 ID:???
えらく熱心だがこんどの試験に出るのか?
その歌の解釈が

22 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 01:30:05 ID:???
ベトちゃんドクちゃんも今では25歳、ドクちゃんはもうすぐ結婚の予定だ。
信じられないわけでは無いが、時の流れを感じさせる。

23 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 02:30:33 ID:???
しかし俺は結婚どころか、恋人さえできない。

24 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 06:20:35 ID:???
>>23

それ漏れもそう…



25 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 07:58:58 ID:???

>>22
その結婚資金を日本で寄付を募ってたなw

信じられなかったが、本当だった。



26 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 11:49:19 ID:???
>>10どこかの近代陸軍にもあったぞ、
牛を使ったところが…

27 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 16:17:36 ID:???
いやいや、航空機の運搬に生物兵器を使った国もあるぞ。

28 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 17:34:44 ID:???
旧ソの地雷犬とかも…
北朝鮮では現用そうでやだなw

29 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 18:07:19 ID:???
果たして犬を飼う余裕があるかどうか。既に末端兵士の飯になってそうだが...

30 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 18:33:38 ID:???
末端兵士が犬の餌になってんじゃねえのか

31 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 20:43:44 ID:???
中共はベトナムとの戦争で、地雷原に馬を走らせたってのは既出でしょうか。

32 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 20:46:44 ID:???
>>31
馬が走ったら、歩幅がでかすぎてスルーしそうな希ガス・・・

33 :名無し三等兵:2006/11/17(金) 22:03:08 ID:???
それ以前に、地雷原に人を歩かせたり、人に地雷を背負わせたり・・・

いや、なんでもないです。

34 :名無し三等兵:2006/11/18(土) 01:11:20 ID:???
生き物の軍事利用の方法として一番いかれてる部類に入ると思われるのが、イギリスが
計画した核地雷ブルーピーコック。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%83%E3%82%AF

>技術的な問題のひとつは、地中に埋められたブルーピーコックは(特に冬の間に)非常に冷える
>ことがあるということだった。地雷は地下に埋められてから数日経つと、温度が低すぎるために
>電子部品が正常に作動せず、起爆しなくなる可能性があった。この問題に対処するべく様々な
>方法が検討された。断熱材で爆弾を包むことなどが検討された。しかしながら、これに対する
>解決方法は非常に風変わりだった。というのも、生きている鶏を保温機構の一部にするという
>ものであったためである。鶏は餌と水を与えられて、地雷内のケーシング中に封入される。鶏は
>一週間程度は生きている(それはいずれにせよ爆弾の予想最大寿命と同じである)。鶏が発する
>体温は電子部品などのコンポーネントを作動する温度を維持するのに十分だと考えられた。


ドイツとは違った方面で頭のねじが外れてる大英帝国らしい発想ですな。

35 :名無し三等兵:2006/11/18(土) 01:28:24 ID:???
そりゃ誰だってエイプリルフールネタだとしか思わんw さすが大英帝国だwww

36 :名無し三等兵:2006/11/18(土) 02:03:47 ID:???
ぱっと見モンティパイソンの何かにしか思えんな

37 :名無し三等兵:2006/11/18(土) 02:45:18 ID:???
普通電池(とヒーター用意するよな……
これだからジョンブルは……

38 :名無し三等兵:2006/11/18(土) 03:05:44 ID:???
電池じゃ1週間も持たんだろ

39 :名無し三等兵:2006/11/18(土) 03:11:59 ID:???
>>38
容量のでかいバッテリーにすればいいんでは?
電子機器部だけ保温+ヒータしとけばいいわけだから
温度を上げるっていっても0℃以上に保つとかなら電力あまりいらないし

40 :名無し三等兵 :2006/11/18(土) 03:23:18 ID:???
野外入浴セット2型の導入のきっかけは、日本航空123便墜落事故に対する災害派遣である。
その際、製作会社からボランティア提供を受け試用したところ、隊員の士気維持・向上に有効
であったとされ、制式採用に至った。



41 :名無し三等兵:2006/11/18(土) 04:13:49 ID:???
>>39
バッテリーは0度を下回ると極端に性能が低下する

42 :名無し三等兵:2006/11/18(土) 06:45:09 ID:???
核地雷なら自己が保有する核物質が発生する熱を利用すれば
良いのではないかとおもふ。

43 :名無し三等兵:2006/11/18(土) 09:57:58 ID:???
>>34
実用化されてたら、欧米のさらにいかれた動物愛護団体の抗議を受けそう。(w

44 :名無し三等兵:2006/11/18(土) 12:39:08 ID:???
どうした事か、日本軍が第2次大戦当時に韓国の済州島に作った洞窟やトーチカ、飛行場などが、
韓国で近代文化遺産として認められ、文化財に登録されたそうだ。

ttp://www.japandesign.ne.jp/EXPRESS/060920/068.php

45 :名無し三等兵:2006/11/18(土) 13:39:29 ID:???
>>41
鶏入れておけばバッテリーの温度保てる

46 :名無し三等兵:2006/11/18(土) 14:01:42 ID:???
>>45
ソレダ

47 :名無し三等兵:2006/11/18(土) 14:15:51 ID:???
>>42
普通に考えてバイメタルで通気口を作り、低温時に閉まるようにするだろうなあ。

48 :名無し三等兵:2006/11/18(土) 21:07:52 ID:???
>>38>>39>>41>>45>>46
実際の会議もこんな流れだったんだろうか...

49 :名無し三等兵:2006/11/18(土) 21:10:14 ID:???
ワロタ

50 :名無し三等兵:2006/11/19(日) 03:13:55 ID:???
>48
無論、カード進行の会議だろ?

51 :名無し三等兵:2006/11/19(日) 16:58:09 ID:???
地中は冬でもあんまり温度は下がらないのだが

52 :名無し三等兵:2006/11/19(日) 17:38:57 ID:nUAJ+uAL
つツンドラ

53 :名無し三等兵:2006/11/19(日) 18:41:45 ID:???
つツンデレ

54 :名無し三等兵:2006/11/19(日) 18:51:59 ID:???
つツンツン

55 :名無し三等兵:2006/11/19(日) 18:58:52 ID:???
つチンチン

56 :名無し三等兵:2006/11/19(日) 19:43:03 ID:???
つチェチェン

57 :名無し三等兵:2006/11/19(日) 19:52:29 ID:???
つプーチン

58 :名無し三等兵:2006/11/19(日) 20:15:11 ID:???
韓国ネタを書くと、ここでも最近荒れるようになってきているので
かかん方が良いかも知れないが、とりあえず、小ネタ。
南北境界の38度線(DMZ)に配属されている部隊のうち、第三師団が
配備されている江原道鉄原郡 は、丁度半島のど真ん中とでも言うべき所で、
夏は30度ぐらい、冬は氷点下30度位になり雪に閉じ込められる。
という場所。しかも、山奥なので、周りには、人家など殆ど無い、
と言う所らしい。当然娯楽など無いので、お休みの時も、基地内にいるしかない。
また、韓国軍の新兵いじめは、旧軍のそれよりも過酷と言われるぐらい酷い為、
ストレス発散の場が無い、先輩兵には酷い虐めを受ける、冬には雪に閉じ込められ、
任務以外では、外出もままならない、最前線なので、勤務中は、緊張の連続・・・

で、毎年、ここに配属された、新兵の何人かは、文字通り、おかしくなって、
そのまま除隊となるらしい。

59 :名無し三等兵:2006/11/19(日) 20:22:17 ID:???
>>58
信憑性もあったもんじゃねえし、議論する価値も見当たらない

60 :名無し三等兵:2006/11/19(日) 21:44:21 ID:???
日本でいえば旭川みたいな気候なのか

61 :名無し三等兵:2006/11/20(月) 00:07:57 ID:???
ここを何か議論する場所だと思っている人物が実在するらしい。
信じられないが、本当だ


62 :名無し三等兵:2006/11/20(月) 00:19:05 ID:???
信じられないが、本当の面白い話マダー?

63 :名無し三等兵:2006/11/20(月) 00:25:59 ID:???
90年ごろ、落合信彦の本の内容を本当だと思っていた。


64 :名無し三等兵:2006/11/20(月) 00:28:06 ID:???
>58
新兵が自殺しちゃうと指揮官は責任取らされて懲戒免職らしいぞ。

上も下もきびしーのな。

65 :名無し三等兵:2006/11/20(月) 03:06:31 ID:???
>>28
アフガニスタンでは地雷原突破に羊を使うらしい。

66 :名無し三等兵:2006/11/20(月) 11:22:21 ID:???
それ何てジンギスカン作戦?

67 :名無し三等兵:2006/11/20(月) 11:38:15 ID:???
>>65
正規の手続きで屠殺されてないってことは、あとで食べられないんじゃないの?

68 :943:2006/11/20(月) 22:02:18 ID:???
ムスリムは大変だな。

69 :名無し三等兵:2006/11/21(火) 18:25:41 ID:???
違うんじゃにのか?

70 :名無し三等兵:2006/11/21(火) 22:27:38 ID:???
>>63
おお同志!
てか今でも読むけどね、ネタとして…

71 :名無し三等兵:2006/11/21(火) 22:56:56 ID:???
2039年が待ち遠しいなあ。

72 :名無し三等兵:2006/11/21(火) 22:59:45 ID:???
俺もノビーと柘植を本気で信じてた。
出来れば記憶から消し去りたい。

73 :名無し三等兵:2006/11/22(水) 03:48:03 ID:???
>>67
自爆攻撃をした聖戦士を食べるなんて罰当たりな。

74 :名無し三等兵:2006/11/22(水) 05:53:23 ID:???
>>67
血抜きされていないから食えない。
コーランには屠殺の方法が細かく書いてある。

75 :名無し三等兵:2006/11/22(水) 10:53:39 ID:???
>>34
> 生き物の軍事利用の方法
こんなのもwikipediaに…

聞き耳ネコちゃん
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%9E%E3%81%8D%E8%80%B3%E3%83%8D%E3%82%B3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93


76 :名無し三等兵:2006/11/22(水) 23:16:13 ID:???
7年くらい前に、小学生だった娘を放送局の
ツアーで小野田自然塾に行かせたら、小野田さんに
「放送局ツアーで来た、”ゆかいクラブ”じゃ
ない子は行儀が悪い」と言われて、落ち込んで
帰ってきたのよ。
 うちの娘は、そんとき小学生ではあったけど、
「ルバング島ひとりぼっち」、その他
写真や太平洋戦争の本なんかいっぱい読んで、
小野田少尉の大ファン。
 つまり私と娘、ゆかいクラブなんかより前
からのファンだったのに。

 んで、そんとき小野田さんは
「イカーテハポーン、タコーテジュポーンは
フランス語です」
なんておバカなジョークをおっしゃったらしく。

 娘がそれを、心から信じて帰ってきたので、
「いやそれは違う」と言えなくて困った。

 …のも、まあいい思い出と言えば言える…か…。

77 :名無し三等兵:2006/11/22(水) 23:54:38 ID:???
自分に原因が無い理由で何か言われるっつーのはいい気分じゃないわな。相手が好きor尊敬してる人ならなおさら。
まぁ娘さんハッスルしすぎてたのかもしれんがな...

78 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 01:09:25 ID:???
おまいの娘に幸多からん事を

79 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 11:18:51 ID:???
海軍さんが欧米のビーフシチューを作ろうと思ったのに、
材料が入手できず醤油味で煮込んだら、肉じゃがになちゃった。

で、肉じゃが発祥の地として、舞鶴と呉が戦争状態に陥っている。

80 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 11:32:41 ID:???
>>75
スティーブ・オースティンより値段が高い!Σ(◎Д◎;)

81 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 16:54:58 ID:???
>>79
またご当地争奪戦か...最近じゃ商標登録も出来るようだからな

82 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 19:03:32 ID:???
戦争状態というか合同でイベントやったりしているな>海軍肉じゃが

83 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 22:29:42 ID:???
>>79
つぎは、東郷が食べたビーフシチューの探索をはじめるのが日本。

亡くなった帝国ホテルの料理長は、激戦の前にカレーを作ったらしい。
カレー粉があったが材料がないので
長ねぎ、サツマイモ、で代用したといっていた。

>>67
餓えている時の特例とかがあるらしい。


84 :名無し三等兵:2006/11/23(木) 23:41:01 ID:???
>>83
村上信夫か?漏れが聞いた話では、前線で煮炊きした為、日本軍の存在に気付いた
中国軍に逃げられ、上官から大目玉を食らったらしいのだが。

85 :名無し三等兵 :2006/11/23(木) 23:41:38 ID:???
遠い日本にまではアッラーの眼も届かないよ>豚丼
とか、いろいろと抜け道を見出すロジックはあるようだ

86 :名無し三等兵:2006/11/24(金) 01:13:53 ID:???
気づかずにうっかり食べてしまったた時は、後で神に謝るそうだがw

87 :名無し三等兵:2006/11/24(金) 01:19:08 ID:???
>>85
そうやって宗教から卒業していくんだな。。

88 :名無し三等兵:2006/11/24(金) 12:59:04 ID:???
でぶやのミスターマッスルは、平気で豚肉を食ってたけど大丈夫なのかね

89 :名無し三等兵:2006/11/24(金) 13:47:39 ID:???
>>86知らなければいいんだって。
バングラデシュ人が肉まんを食べてるところを見てびっくりしたんだが、
にやっと笑って「これは肉です。なんの肉かは知りません」と言ってたよ。
イスラム教は国によって戒律の厳しさが天と地ほども違うので、一般化は危険。

90 :名無し三等兵:2006/11/24(金) 14:57:38 ID:???
コーランには例外規定がちゃんとある。
食べざるを得ない状態ではアッラーは許してくれる。
ハディーズ(イスラム認定)食品が極めて少ない日本では間違って食べても問題はない。
イスラム諸国では認定食品しかないからこれまた問題ない。
しかし、イスラム諸国でわざと豚肉を食ったイスラム教徒は多分殺されます。

91 :名無し三等兵:2006/11/24(金) 15:32:40 ID:???
豚丼を箸で上手く食べて味噌汁の御代わりまでして
最後に御馳走様ーっと言って帰るアラブ系の人なら
近くの松屋に良く居るな。

92 :名無し三等兵:2006/11/24(金) 16:02:29 ID:???
味噌汁のお変わりができるとはしらなかった。

93 :名無し三等兵:2006/11/24(金) 16:27:07 ID:???
イスラムは豚以外にもアルコールがダメなはずだが、
トルコなんて、ワインが名産品だったり。

94 :名無し三等兵:2006/11/24(金) 16:43:20 ID:???
ワインはキリストの血だから大丈夫。

95 :名無し三等兵:2006/11/24(金) 16:43:45 ID:???
>>92
50円払ってました。

96 :名無し三等兵:2006/11/24(金) 17:10:20 ID:???
>>84
隊長も食っていたらしい。
陸軍は、飯の平等だからな。

海軍でなく陸軍を選択して生き残った人だな。

97 :名無し三等兵:2006/11/24(金) 18:53:38 ID:???
アフリカのイスラム系もわりとゆるゆるの場合が多いようだ。
サンコンも酒ガンガン飲むらしいし。

98 :名無し三等兵:2006/11/24(金) 21:33:36 ID:???
まあ、コーランに焼酎とか日本酒、バーボンなんかを駄目とは書いてないしな。

99 :名無し三等兵:2006/11/24(金) 22:43:18 ID:???
>>93
トルコ共和国初代大統領のケマル・アタチュルクの死因は酒の飲み過ぎ。
トルコ名産のラク(度数50の蒸留酒)を1日に2本空けていた。

が、生前医者に「ラクが死因ではないと診断せよ」と言い残している。
よっぽど好きだったんだねえ。

100 :名無し三等兵:2006/11/24(金) 22:47:10 ID:???
豚骨ラーメン食べながら、なんで仲良くできんのかねえ、と話し合うユダヤ人とイスラム教徒の話があったなぁ。

101 :名無し三等兵:2006/11/24(金) 23:04:58 ID:???
映画「硫黄島からの手紙」は全篇アイスランドの砂浜で撮影された。
硫黄島で撮影したシーンは監督であるクリント・イーストウッドの意向でカットされた。
と、ショウビズでやってた。

102 :名無し三等兵:2006/11/24(金) 23:19:07 ID:???
>90
イスラエルは軍事費を少しでも縮小するため、肥育効率のいいブタを軍メシで使えないものか
どうかタルムードを調べまくったようだけどよい抜け穴が見つからなかったみたい。

103 :名無し三等兵:2006/11/25(土) 00:08:58 ID:???
アルコールは信仰者の敵だ。
だが、神は汝の敵を愛せと言った。

104 :名無し三等兵:2006/11/25(土) 01:38:02 ID:???
愛するものさえ敵である、と。

105 :名無し三等兵:2006/11/25(土) 02:56:41 ID:???
クラウゼビッツは言ったぞ!征服者はいつも平和愛好者である。抵抗されずに国を乗っ取りたいのだから

106 :名無し三等兵:2006/11/25(土) 04:04:06 ID:???
イスラムで偶像崇拝と酒が禁止されているのはよく知られているが、
貸金の利息、賭け事、占いも禁止されている。

107 :名無し三等兵:2006/11/25(土) 06:52:07 ID:???
>>106

貧乏人にとっては正に地獄のような宗教だなw 博打(パチンコ、競馬、宝くじなど)は禁止、赤提灯で一杯引っ掛けるのも
禁止、嫁をもらうのにも金がないと無理。

こんなので正にあの世で美女にでも囲まれて生活できるお、って言われないと正直人生捨てたくなるよなw
あっ、連中正に捨ててるか、毎日命をw

金持ちは何人も嫁を貰ってウハウハだけどねw

108 :名無し三等兵:2006/11/25(土) 08:30:15 ID:???
革命後のイランで
家族でトランプ→近所の人が目撃→革命防衛隊に通報
→タイーホ って事件があったな。

109 :名無し三等兵:2006/11/25(土) 12:30:15 ID:???
>>79大正時代のばぁちゃんがシチューとして食卓に出す物に
こんなメニューがある。

牛肉、タマネギを炒め、水適量。
乱切りのジャガイモ、にんじん投入し醤油、塩のみで味付け。
黒胡椒と青ネギをたっぷりかけ、いただく。

シンプルな味付けで調理も簡単。牛の出汁だけで充分旨い。
もの凄く美味なので、泊まりに来た友人に振る舞ったら
「シチューというより肉じゃがだね」と言われた。

なるほど、なぜシチューと呼ばれるのかが解ったよ。
海軍シチューだったんだな。
夜食に最適だ。胡椒だけは忘れるな。
翌日の煮くずれたジャガイモが絶品だよ。

110 :名無し三等兵:2006/11/25(土) 17:09:12 ID:???
>>109
亡くなったばあちゃんがよく作ってくれたのと同じだ。
明治産まれ。
鶏肉を少しいれるとさらに良いスープが出るんだよなあ。

>胡椒だけは忘れるな。
そうそう、たっぷりの胡椒が美味しい。

111 :名無し三等兵:2006/11/25(土) 23:05:55 ID:???
>>109
>>110

まあ、シチューというと、あのどろりとしたソースのやつを想像するかもしれんが、
「アイリッシュ・シチュー」はホワイトソースもブラウンソースも使わず、

 ・羊肉
 ・馬鈴薯
 ・玉葱
 ・塩
 ・胡椒
 ・水

で作るシンプルなやつ。 漏れは、こいつが肉じゃがの祖先ではないかと考えて
いるんだが、ソースがない(笑)



112 :名無し三等兵:2006/11/25(土) 23:22:09 ID:???
誰が美味いもの挙げろと言った

113 :名無し三等兵:2006/11/25(土) 23:34:00 ID:???
>>93
酒は案外飲んでるみたい。
エジプトのガイドさんはラマダンの夜は酒のめるって言ってた。

114 :名無し三等兵 :2006/11/26(日) 00:05:05 ID:???
日没から日の出までの間に、熱暑の昼に耐えられるように
まとめ食いまとめ呑みするようだな

115 :名無し三等兵:2006/11/26(日) 12:39:45 ID:???
何この料理スレッド

116 :名無し三等兵:2006/11/26(日) 13:15:16 ID:B7Us2/z7
>>115
軍板半年ROMってから出直せ

117 :名無し三等兵:2006/11/26(日) 19:39:21 ID:???
>>111
「とりあえずその辺にある食材ぶち込んで簡単な調味料でテキトーに味付けしましたが、何か?」
的な料理は洋の東西を問わずどこにでもあるもんだからな

メジャー所の国はたいてい「○○風肉じゃが」でググるとヒットするぞw

118 :名無し三等兵:2006/11/26(日) 20:12:36 ID:???
まあ、アイルランドはことのほか貧しかったからな。>ホワイトソースもブラウンソースも使わず

119 :名無し三等兵:2006/11/27(月) 05:56:47 ID:???
>>115
ルーツはイタリア軍スレッドあたりだと思うぞ

120 :名無し三等兵:2006/11/27(月) 11:01:28 ID:???
>>115
戦場においても、人間の生理現象に関しては如何ともしがたいからな。
寝る、食う、排泄するはどうしても避けられない問題だ。

あと、サカりがつくなども、本能的衝動として対処する問題と看做す事が出来るかな?

実際、軍隊において戦う時間よりも、それらに対してどう対処するか?にエネルギーの大半を使うわけであって、
軍事における最も重要なファクターなのでは?と思ってしまう・・・・・・・・・

あと、貧しい食事(てか貧相な食文化)の所が結構軍隊が強いんじゃないかと思ったりもする。

ジャンクフード帝国であるアメリカ、お茶ぐらいしか思いつけない大英帝国、ジャガイモばっかり食ってんじゃねーよの
ドイツと、美食なフランスやイタリアよりも軍隊は強いし・・・・・・・

今の日本は飽食国家だから、案の定自衛隊という訳の判らん軍隊もどきしかない・・・・・・・・

121 :名無し三等兵:2006/11/27(月) 11:21:59 ID:???
詭弁にも程がある

122 :名無し三等兵:2006/11/27(月) 11:23:04 ID:???
>>120
 食文化が豊か=農業国だったり、もともと食物が多彩で豊富。それを活かす文化が
発展し、経済レベルも上。=古来から大国だつたり、国内で争う必要がないので、性根
が甘くなる=軍隊弱い……じゃね? 乱暴ではあるが。
 アメリカって農業国でもあり、貧しい国でもないのに、なんで食文化がインスタント&
ジャンクな方向に進化しちゃったんだろう?

123 :名無し三等兵:2006/11/27(月) 11:48:42 ID:???
>>122はアメリカを誤解してる・・・



アメリカは肉とBBQ
ttp://www.media-k.co.jp/jiten/wiki.cgi?%A1%E3%A4%BF%A1%E4#i65

124 :名無し三等兵:2006/11/27(月) 12:17:27 ID:TmlaFULe
>>123
それとくどく激甘のデザート

125 :名無し三等兵:2006/11/27(月) 12:28:42 ID:???
>>123
 料理を工夫するって方向に進化しなかったのね……アメリカ。いつまでも、開拓時代
のノリでいるんじゃねーぞ……。

126 :名無し三等兵:2006/11/27(月) 12:35:32 ID:???
>>125
つまり・・・野蛮なだけ?

127 :名無し三等兵:2006/11/27(月) 12:44:04 ID:???
焼いただけの肉の美味さを知らんとみえるな。
BBQの火加減に関しては欧州より新大陸の方が上。

あんまり自慢にならんかw

128 :名無し三等兵:2006/11/27(月) 13:46:17 ID:???
ものすごい昔なら>>120も真だと思うけどね。

基本的に定住農耕民族より
狩猟民族のほうが馬術、弓術に優れているだろう。

129 :名無し三等兵:2006/11/27(月) 13:46:47 ID:???
>>122
開拓者の鉄鍋簡易料理が伝統料理になったからだと思う。

軍隊の弱さにかけては(`ハ´)も料理の影響か?

130 :名無し三等兵:2006/11/27(月) 14:50:08 ID:???
 今週の「味っ子U」によれば、「世界中の人の大半は、食べ物の味なんか気にしてない」
だそうで。
 まあ、そーだよな。「オフクロの味」とか「家庭の味」ってのが、なんだかんだでもてはやさ
れるってのは、舌に馴染んだものしか食えねぇ人ばかりってことだよな。オレは、自分で作っ
たカレーなら、味に関係なく10日は食えるぜ。ちゃんとしたカレー(インスタントでも)、香辛料
が効きすぎて、一杯で勘弁だ。

131 :名無し三等兵:2006/11/27(月) 15:34:30 ID:???
>>130
>「世界中の人の大半は、食べ物の味なんか気にしてない」

それって、発展途上国を中心に味なんか構っていられない、
食料難であるということではないのかと。

132 :名無し三等兵:2006/11/27(月) 16:53:43 ID:???
世界中の人の大半ってーと中国インドアフリカの貧民無学土人のことだからな


133 :名無し三等兵:2006/11/27(月) 18:10:27 ID:LIOxfCww
>>132
普通に中華とインド料理は上手いよ

王朝料理やらマハラジャ料理で無くてもね



134 :名無し三等兵:2006/11/27(月) 19:01:18 ID:???
シドニー湾攻撃の旧日本軍特殊潜航艇を発見=オーストラリア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061127-00000042-jij-ent

64年も昔の特殊潜航艇が驚くほどよく原形をとどめて見つかったらしいが、本当か?

135 :名無し三等兵:2006/11/27(月) 20:49:00 ID:???
>>134
NHKの映像を見る限り、非常に状態が良いようですよ。
原型を保っています。

136 :名無し三等兵:2006/11/27(月) 21:23:26 ID:???
塾帰りのリサーチ済みの○学生を純潔を頂いてくる

長かった…街中で発見してから半年もかけたから完璧だよ



信じられないが、本当だ

137 :名無し三等兵:2006/11/27(月) 21:45:10 ID:???
日本の今の法律だと、13歳以下との性交は強姦と同じ扱い。
先進国では16歳以下としているところが多い。

138 :名無し三等兵:2006/11/27(月) 21:57:58 ID:???
>>135
中の人は?

139 :名無し三等兵:2006/11/27(月) 21:59:42 ID:???
俺が派遣されてたコソボでは現地の子供の民兵が泥水みたいな豆スープを喜んですすってたな。

140 :名無し三等兵:2006/11/27(月) 22:13:30 ID:???
元海軍大佐(故人)が保管していた拳銃が見つかり、遺族である川崎市多摩区の無職男性(75)
が多摩署に届けていたことが二十四日、分かった。拳銃とともに見つかった遺稿には、終戦直後、
この拳銃で自決を試みたが果たせなかった元大佐の無念の思いが、生々しく記されていた。
同署は「旧軍人が悪意なく保管していた拳銃で、刑事処分は問わない」と同日、行政措置として
廃棄を決めた。

届け出たのは、九月二十五日。男性が、父親である元海軍大佐の遺品を整理していたところ、
竹で編んだ箱の中に、旧海軍の書類とともに、新聞紙に包まれた拳銃を見つけたという。

同署によると、拳銃は旧ドイツ共和国製で、自動式の「オルトギース」。実弾八発が込められたまま
で、発射した形跡はなかった。

元大佐は戦後「自分は死に後れた。戦友や部下に申し訳ない」と、家族に話していたという。原稿
用紙四十二枚に及ぶ遺稿には、一九四五年八月十五日に自決した上官に従おうと、同十九日に
「一死を以(もっ)て君国に謝罪せん事を決心し」とあり、自決するため、拳銃に弾丸を装てん
しようとしたが、故障でできなかったこと、また数日後に別の拳銃を入手して海岸で試したが、再び
不発に終わったことなどがペンで切々と書かれていた。

表紙には、「追想」と書かれ、毛筆で「信は当年のことに発し 義は千載の後に及ぶ」と続けられて
いた。最後に「昭和二十五年稿」とあった。

元大佐は一九六二年、六十歳で病死したが、男性は遺品を改めずにそのまま保管。九八年に
亡くなった母親の遺品とともに、今年になって整理していたという。

http://www.tokyo-np.co.jp/00/kgw/20061125/lcl_____kgw_____006.shtml

141 :名無し三等兵:2006/11/27(月) 22:26:53 ID:???
>>136
その後、警察のご厄介になろうとは、夢にも思っていない >>136であった・・・・・・・・・

こうして惜しい(くもないw)軍ヲタ住人が、又一人戦死するのであった。 完

142 :名無し三等兵:2006/11/27(月) 22:39:29 ID:???
>>138
これから内部を調査するようですが・・・
おそらくまだ御遺体は中におられるでしょう。
合掌。

143 :名無し三等兵:2006/11/27(月) 23:49:26 ID:???
ガンダムと今のジェット機実は大きさはそんなに変わらない
信じられないが本当だw

ガンダムが本当にリアルでできてもやくにたたないだろうなぁ
足集中攻撃されてアボン

144 :名無し三等兵:2006/11/28(火) 00:13:43 ID:???
>>137
「以下」じゃなくて「未満」。13歳は含まれない点で異なる。

145 :名無し三等兵:2006/11/28(火) 01:03:35 ID:???
>>134
ン百年前のブツだって水中より錆びやすい環境に置かれてても
無事な事があるんだからン十年単位なら別段不思議では無いよ。

>>143
そこでガンダムタンク(ガンタンクに非ず)の出番だな!

146 :名無し三等兵:2006/11/28(火) 04:10:07 ID:???
そこでコスモ・ゼロ

147 :名無し三等兵:2006/11/28(火) 04:14:30 ID:???
ガンタンクのAパーツ(上半身)+ガンダムのBパーツ(足)はシュール

148 :名無し三等兵:2006/11/28(火) 10:04:35 ID:???
>>147
 昔、消しゴムのヤツで、ガンキャノンがなかなか手に入らず、ガンダムとガンタンクで
それぞれ一個小隊ぶんあったから作ったことがある。
 大砲背負った上半身に対して脚が貧弱だわな。

149 :名無し三等兵:2006/11/28(火) 10:48:46 ID:???
ガンダムのサイズって人間の10倍ってことだから、
たぶん全長は17〜18mぐらいだよね。
んでF15が全長19mか。

なるほど、こうしてみるとガンダムって意外と控えめな設計(設定)だな

150 :名無し三等兵:2006/11/28(火) 11:30:13 ID:???
>>149
でも、その大きさで60t〜90t、120mm(機関!)砲に耐えるらしいよ・・・

151 :名無し三等兵:2006/11/28(火) 11:39:22 ID:???
表面積からすると、250tぐらいはないと120mm抗堪は嘘っぽいよなぁ。
でもそうなるとあの細い足ではめり込んで歩けん罠。

……装軌にすれば解決?<それガンタンクw

152 :名無し三等兵:2006/11/28(火) 15:29:18 ID:???
あとハイパー核融合炉の出力が2000馬力くらいしかないよ(1,380kW)
ガンタンクの砲の射程が260kmあるんで、あれが一番使えると思うよ

153 :名無し三等兵:2006/11/28(火) 15:55:22 ID:???
>>152
センサー有効範囲(大体10000mぐらい)の20倍以上?
 相手の位置が掴めれば、アウトレンジ攻撃で圧勝だなw コロニーの端から端まで砲撃
できそうだ。

154 :名無し三等兵:2006/11/28(火) 16:27:39 ID:???
企画のガンダムは地球に降りる話がなかったらしいが。

そういえば、松本零士はガンダムは自分の企画から生まれていると信じている。
・・・これを初めて聞いた時は信じられなかった。


155 :名無し三等兵:2006/11/28(火) 17:04:00 ID:???
>>154
小澤さとるはヤマトは自分の企画から生まれたと信じている。
…これは信じられるし本当だ。
俺もそう思う、しかも小澤がやった方が良作になったであろうとも思っている。
但し小澤の法則が発動して、爆発的ヒットもしないだろうがorz

156 :名無し三等兵:2006/11/28(火) 17:48:49 ID:???
>>155
そもそも完結するのかが問題。>小澤版ヤマト

157 :名無し三等兵:2006/11/28(火) 18:17:42 ID:???
>>154
 というか、名前だけじゃなかったかな? 
『ダンガードA』のジャスダム基地の候補に「ガンダム」があった。それを誰かが見たに
違いないって主張してるって話は聞いた。

158 :名無し三等兵:2006/11/28(火) 20:56:01 ID:???
>>149
というか、そもそもその大きさ自体が艦載機(F−14かな?)を元に設定されていると聞いた覚えがあるのだが……

159 :名無し三等兵:2006/11/28(火) 21:54:41 ID:???
>>151
ルナ・チタニウム合金

160 :名無し三等兵 :2006/11/28(火) 22:36:53 ID:???
ムダにかさばる巨体に機動性や強力な火器・抗堪性を与える
同じ技術で、既存の兵器をもっとコンパクトで強力なものに
するほうがよほど簡単で安上がりだろうに...

161 :名無し三等兵:2006/11/28(火) 23:43:00 ID:???
おまえらなぁ
あれはああいう物なんです
もしくは
あの世界の物理法則はああなっているんです
で納得しとけよ
話自体がなりたたんだろうが

162 :名無し三等兵:2006/11/29(水) 00:35:05 ID:???
大鑑巨砲主義の極みだと考えれば良い。(ちと違うか?)
いまのご時勢じゃ、ナノテクノロジーで云々て話になっちゃうから

163 :名無し三等兵:2006/11/29(水) 00:39:08 ID:???
しかし軍ヲタならそういう素人でも突っ込むようなところじゃなくて、
なんで中尉が偉そうに艦長なんかやってんだ、とか大尉が軍艦3隻の指揮してるわけねえだろ、とか
前線に自分で操縦してノコノコ出てくる大佐がいるのかよ、とかそれらしいところに突っ込んだらどうだ。

164 :名無し三等兵:2006/11/29(水) 00:40:44 ID:???
>163
そこはほら、余程人材不足なんだろうなと涙するところだから。

165 :名無し三等兵:2006/11/29(水) 01:31:28 ID:???
>前線に自分で操縦してノコノコ出てくる大佐

(・∀・)つハンス・ウルリッヒ・ルーデル
アドルフ・ガーランドなんぞ中将になっても出撃してたからドズルってとこか

166 :名無し三等兵:2006/11/29(水) 07:12:00 ID:???
>前線に自分で操縦してノコノコ出てくる大佐がいるのかよ

残念ながらこの前例ってけっこうあるんだよな。

167 :名無し三等兵:2006/11/29(水) 07:35:01 ID:???
銀行の支店長が原チャリで飛び込み営業しているようなものか。

168 :名無し三等兵:2006/11/29(水) 07:58:55 ID:???
>>167
ある意味師範となる人間ではないのか?

169 :名無し三等兵:2006/11/29(水) 10:03:51 ID:mOhE21Wi
日本中毒情報センターは地下鉄サリン事件の際に情報提供機関となった。
サリンに関する初期の問い合わせはほとんどが医療機関からで、faxによる情報提供を要求され、一時はfaxが煙を吹き対応不能となった。
連続使用して煙を吹くなんて、いまどきマンガみたいなことが、本当にあった。

http://www.j-poison-ic.or.jp/homepage.nsf/7bf3955830f37ccf49256502001b614f/943cb6d745addd65492567e700306edc?OpenDocument

170 :名無し三等兵:2006/11/29(水) 10:17:17 ID:???
施設艦・怒和島は、対潜行動と称して、爆雷で魚を獲っていた。
立派な50センチの真鯛とかを司令官に献上したら、
ご褒美に機銃と弾丸が貰えたので、充実した対空装備を誇っていた。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4861060222.html

171 :名無し三等兵:2006/11/29(水) 10:19:34 ID:???
>166
日本陸軍航空隊が典型的だぬ。
もちろん敵から見れば、「デスクワークと兼任の若くて30代半ばのパイロット」に過ぎない。

というわけで「率先出撃・率先戦死」が続き、昭和20年に入った頃には、
「23歳の大尉が戦隊長」てな戦隊とか、「24歳の少佐」なんて事例が見られるようになった。

172 :名無し三等兵:2006/11/29(水) 10:49:37 ID:???
>>167
身内に金融機関勤めが多いが、大手でも実際やっとるよ。
雲の上から人をアゴで使うようなのは要らんってことだろな。

「実るほど頭を垂れる」というまさに率先垂範の世界。

173 :名無し三等兵:2006/11/29(水) 10:52:33 ID:???
だけど隠密作戦に赤い服で来ちゃうのはどうかと思う

174 :名無し三等兵:2006/11/29(水) 11:11:56 ID:???
しかも宇宙服着たがらないし

>>158
それはマクロスのVF-1では?
VF-0はジェットエンジン積んでたみたいだがw

175 :逝け袋キター!愚痴:2006/11/29(水) 12:41:02 ID:???
「ガンダムタンク」は「やや実在」する。
現役放送時に発売された駄玩具に15センチくらいのソフトビニール製のフィギュア(wがあるが、パッケージの裏面に上半身と下半身を交換する例が印刷されていて、その一例として「ガンダムの下半身にガンタンクの上半身」もあった。
因みに、キャラクターの紹介もあって、主人公は「安室 玲」だった(と思う)。

176 :名無し三等兵:2006/11/29(水) 14:39:36 ID:???
マンタンクが実在するのも栗田のせい。

177 :名無し三等兵:2006/11/29(水) 14:50:33 ID:???
それなんてZ武?

178 :名無し三等兵:2006/11/29(水) 15:05:12 ID:???
>>174
見た目は似てるがサイズはVF-1の方が5m近く小さいよ

179 :名無し三等兵:2006/11/29(水) 16:31:19 ID:???
>>175
しかし、なんの役に立つんだろう? ガンダムタンク

ザクのように腐るほどある量産機なら、純作業機への改造プランもありだろうけど、
虎の子・上位機をそんな風に使う意味が見えない。火力・機動性なしのゴミができる
だけじゃん。

180 :名無し三等兵:2006/11/29(水) 16:37:49 ID:???
>>179
まだガンプラつーより超合金的なオモチャの時代だから。
そろそろ軍事に戻さないと怖いおじさんが来るぞ

181 :逝け袋キター!愚痴:2006/11/29(水) 18:33:21 ID:???
こらあっ!
いつまでアニメネタやってるんだっ!
ここは軍事板なんだから、真面目な軍事関係の書き込みなんかしてないでアニメネタやエロネタ限定で書き込めッ!

182 :名無し三等兵:2006/11/29(水) 18:34:09 ID:???
>>179
大気圏突入の際にガンダムの下半身が壊れてて、使えるのガンタンクの下半身しかなかったから。
そして、近くにとんでもない砲台があったためホワイトベースは身動きがとれず、
おまけにガウの編隊がこっちに飛んできてたので、
その砲台を見つけてさっさと叩き潰す必要があった。

目標近くまで来たら、ガンペリーが下半身運んできてくれたけどね。
下半身がガンタンクだったら、絶対にグフには勝てなかっただろう。

183 :名無し三等兵:2006/11/29(水) 19:07:06 ID:???
>>182
シャアがアレでナニだったヤツか。

184 :名無し三等兵:2006/11/29(水) 20:15:25 ID:???
>>179
玩具としてのガンダムの初期プランとしては、
ガンダム・ガンキャノン・ガンタンクは基本性能が同じで用途が違うだけだったとか。
状況に応じて上半身と下半身を組み替えることで多様な状況に対処できたとか何とか。

発想としてはゲッターロボだったらしいんだな。

185 :名無し三等兵:2006/11/29(水) 21:16:45 ID:???
最近流行のモジュール構造だな。

186 :名無し三等兵:2006/11/29(水) 23:20:44 ID:???
>>184
 はじめて見た時、三段変形(タンク→キャノン→ダム)すると思いました。

187 :名無し三等兵:2006/11/30(木) 00:29:20 ID:???
>>186
タンク、キャノンはわかる。しかし、ガンダムの「ダム」とはなんなのだ。

188 :名無し三等兵:2006/11/30(木) 01:41:52 ID:???
“ガン”ボーイ フリー“ダム”で、ガンダムという説が有力。

189 :名無し三等兵:2006/11/30(木) 03:09:27 ID:???
>>188
 脹脛から締まった足首へのラインでは?w ダム

原企画『フリーダムファイター』のフリーダムと、それにクローバーのオモチャ案を組み
込んだ『ガンボーイ』(ガワラデザイン)のガンの合体ですね。ガンダム

190 :名無し三等兵:2006/11/30(木) 07:17:16 ID:???
そんな方言なんぞ、知らん。

191 :名無し三等兵:2006/11/30(木) 07:24:22 ID:???
ガンダムスレでやれw

192 :名無し三等兵:2006/11/30(木) 10:20:42 ID:???
そういや当時のネタ雑誌「OUT」に掲載されたギャグ小説Oガンダムの
「本体は小型にし重量軽減で運動性を確保、日常はドンガラ付けてカバー」
という思想、本家と現実が追いかけちゃったなァ。

193 :名無し三等兵:2006/11/30(木) 11:09:56 ID:???
マゼラアタックが最初に見た戦車だったから、
それからしばらくは戦車の砲塔は飛ぶものだと思ってたな。
そう言えば最近までマゼランアタックだと勘違いしてたのは公然の秘密だ。

194 :名無し三等兵:2006/11/30(木) 13:37:18 ID:pzIeEpVm
age

195 :名無し三等兵:2006/11/30(木) 17:26:51 ID:???
>>154
漫画家のとりみき氏とトリビアの泉のアドバイザーの唐沢俊一氏と映画監督の押井守氏は
漫画家のゆうきまさみとバンダイに毎年「機動警察パトレイバー」の著作権は自らにある
とう旨の内容証明を別々に送りつけて関係者の頭を痛めさせているそうだ。

196 :名無し三等兵:2006/11/30(木) 18:06:50 ID:???
名字を「ヘッドギア」に変えた奴の物だろう。

197 :名無し三等兵:2006/11/30(木) 18:52:53 ID:???
>>168
「模範」だろ!
「師範」になってどうするんだ、武道でも教えるのか?

198 :名無し三等兵:2006/11/30(木) 18:54:14 ID:???
営業にも営業道というその道があるんだよ、きっと

199 :名無し三等兵:2006/11/30(木) 19:39:33 ID:???
>>195
間を取って出渕センセのもんってことで

200 :名無し三等兵:2006/11/30(木) 22:12:58 ID:???
>>195
wikiを見たら、ゆうきが漫画・原案担当やな。


201 :名無し三等兵:2006/11/30(木) 22:42:12 ID:???
>>195
唐沢俊一ってパトレイバーに関わってたの?

202 :戦湯:2006/12/01(金) 17:52:13 ID:???
重巡洋艦インディアナポリスは日本の伊58潜水艦に撃沈され、さらに
4日にわたる漂流で鮫に襲われるなどして880人の乗員が海の藻屑と化した。

この惨事の責任を問われ、
艦長チャールズ・マクベイ大佐は軍法会議にかけられ有罪とされ、
やがて海軍を去り、その後、自殺した。

この艦長の不名誉な経歴は、半世紀を経て再審により撤回されたが、
それは11歳の少年による丹念な歴史課題研究の成果だった。

近著「少年が救った提督の名誉―原爆運搬艦インディアナポリスの悲劇」
映画化されるようなので乞ご期待!!

203 :名無し三等兵:2006/12/01(金) 22:22:36 ID:uIeLnhPE
有罪になったことでマクベイ元艦長の海軍での経歴は終わり、死んだ乗組員の遺族に責め立てられ1968年に自殺した。

部下を万単位で餓死させといて、中華ジンギスカンハウスを開店したやつを知らなかったのかな、彼。

204 :名無し三等兵:2006/12/01(金) 22:30:42 ID:???
知ったところでどうなる...

遺族に「俺よりもっと沢山殺してるヤツだって居るじゃん?」とでも言うか?
それで遺族が「じゃぁしゃぁない、おまいは勘弁したるわ」って言ってくれるか?

205 :名無し三等兵:2006/12/01(金) 22:41:19 ID:???
>>201
弟で漫画家の唐沢なをきがアシスタントとして作画に参加してて兄貴がストーリーなんかのアドバイスしたと主張してるんだと。

206 :名無し三等兵:2006/12/01(金) 22:42:06 ID:???
アシスタントとアドバイザーであって作者じゃねーじゃん

207 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 02:35:07 ID:???
>>204
エノラ・ゲイ、ボックスカーの乗員はどうなる?
今でも8月に日本のマスゴミにチクチクやられているが

軍人が自ら行った軍事行為を否定するリスクはわかるが、「投下は正しい」と
原爆ドームで被爆者に言い切られると正直、日本人として腹がたってしまう・・・orz

208 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 02:50:02 ID:???
あれは敵国民だから何人殺してもどうでもいいんだろうね。

209 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 05:06:33 ID:???
役回りが回ってきて敵を大勢殺しただけの乗員と
無謀な事やって味方大勢殺したジンギスカンは
だいぶ次元が違うんじゃないか

210 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 05:31:47 ID:???
>>209
チンギス・ハーンのことだと思ったよ。

腹を切ってお詫びしてく(ry

211 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 05:44:29 ID:???
切腹だと?

そんな仁義好かん。

212 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 06:31:20 ID:???
エラノラゲイでは無いが元B29の搭乗員が。
正直、日本人を同じ人間と思った事はなかった
と日本のマスコミのインタビューで答えてたな。
正直だね。

213 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 09:44:33 ID:???
 そんなこと考えて戦争してるヤツなんかいないだろうな。少なくとも戦場で戦ってる最中には。
 いたら、その方がイヤだ。

214 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 09:54:34 ID:lH3rwYBT
 機上戦死されたとされる山本長官だが実は陸攻が墜落した後に
死亡したとされる説。さらに同乗して墜落後も生存してたといわれる
軍医は炎上する機体から長官を救出したところで絶命したとのこと。
 だが当時、国民及び軍の戦意が低下することを恐れた海軍は一ヶ月
論議した末に勇ましい機上戦死を大本営発表とした

215 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 11:09:21 ID:???
機上戦死五十六→後の機動戦士ガンダムである。

216 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 11:59:20 ID:???
>>204
同じように中国人に毛沢東は日本軍よりも、もっともっとたくさん殺してるって
言ってみても無駄だな

217 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 12:10:13 ID:???
小日本て、その小日本に攻め込まれてボコボコにされたのがお前らじゃないか、頭数ばっか揃えても無能揃いじゃ意味ねーなW

としか思わないな

218 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 16:06:42 ID:???
同じ人間だと思ったうえで戦争するとベトナム帰還兵みたいになるってことだろ

219 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 16:17:00 ID:???
次いってみよう!

220 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 17:08:02 ID:???
http://www.cre.ne.jp/writing/IRC/write/2006/08/20060813.html

[ENO] さすが電撃文庫(w
[ENO] 榊さんとかは、弟子をとっていろいろ後進の育成に力を入れているそうだけど
[ENO] 進化論の話をしたくて「ダーウィンって知ってるだろう?」と話を振ったら、30人中3人しか知らなかった、とか(W
[ENO] 進化論の細かいところを知らないのかと思って「名前ぐらいは聞いたことがあるだろう」と振ったんだけど、マジに知らなかったらしい(w
[ENO] 基本的に、アンテナが低い、というか、知らないことが怖くないんだと思う

最近はダーウィンの名前知らない作家志望の輩が9割。
これが日本の文芸の現状。
一般人ならもっとひどいんだろうな。

221 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 17:16:28 ID:???
ラノベ志望は作家志望ではない
もっと下衆な何かだ

222 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 17:58:51 ID:???
今時の若者はスーパーリアルダーウィンも知らないのか……
そのうちゼビウス知らない若者とか育つのだろうか

223 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 18:16:00 ID:???
知識なんて無くたって
奇妙奇天烈な文体こねくり回せば売れっ子作家になれると考えているやつがほとんど
これが現実だ

224 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 18:30:07 ID:???
↓こんなの?

お部屋を、犯人です。

225 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 18:42:08 ID:???
「お部屋をお連れします」と「あなたを犯人です」が混じってますw

あれはミスとネタの産物

226 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 18:44:10 ID:???
>スーパーリアルダーウィン
流石にこれは知らなくてもしょうがないよってか知らないのが普通だろ
>ゼビウス
これも古すぎる

知ってるのはかなりオサーンだ

227 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 18:45:38 ID:???
リアル鬼ごっことかあるし
馬鹿が無謀な夢見るのも無理は無い

228 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 18:46:42 ID:???
「リアル鬼ごっこ」出したのって自費出版の会社だと聞いたが

229 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 19:52:12 ID:???
物心ついた時にはプレステだった世代にゃスーパーファミコンですら、
ある意味白黒テレビみたいなもんだからな…

230 :名無し三等兵 :2006/12/02(土) 21:57:50 ID:???
[ENO] 色々指摘するんだけど「価値観の違いです」と言って直さない(w
[ENO] ンでもって、文句を言う「いつまで経ってもデビューできないのはあなたの教え方が悪い」(w

・・・能力とプライドがぜんぜん釣り合ってないうえに、他人に作家に
「してもらう」積もりだったりすると、もう救いようがないな

231 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 22:14:36 ID:???
既出とは思いますが、少々横道にそれている様なので、小ネタを一つ。

第二次大戦劈頭、フィリピンでジープを鹵獲した帝国陸軍。
(マニア垂涎のレア物、バンダムジープで、一説では、僅か69台しか
作られなかったプリプロダクションモデルだった、とも言われている)
早速本土に持ち帰って、その性能をテスト。
我国もこれをパクじゃない、参考にして、和製ジープな車両を作ろうと決意。
トヨタ自動車に試作を命じた。で、この時陸軍から、

「参考にしても、ジープに似た車を作ってはならない」

と、無茶と言うのか、馬鹿と言うのかな、命令が付いて来た。
アメリカに比べ、自動車技術に関しては、ほぼ全ての面で劣っている、当時の我国。
さらにジープは、その時点でも、相当合理的に作られていたので、「同じような性能」
の車を作ろうとすると、どうしても「ジープにソックリ」な車になってしまう。
が、当時の軍の命令は絶対。
が、この「ジープを参考に、ジープと同じような性能で、ジープに似てない車。」
と言う無理難題は、思わぬ所で解決した。

試作車が完成したのは、戦争末期。物資統制の為、バンパーなんかいらない、
エンジンフードは必要最小限、フェンダーは簡略化のため丸みを帯びた一枚板、
そしてヘッドライトは一つだけ。
という、陸軍の要望通り、本家ジープに比べてかなり違った貧そ、じゃない、
アバンギャルドな外見を持つ、和製ジープが完成したのであった。

ttp://www.geocities.co.jp/Technopolis/5215/gazou/jeepJ.jpg

和製ジープ、四式小型貨物車の勇姿。
まことに残念ながら、試作車が数台作られただけで、量産されることは無かった。


232 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 23:02:32 ID:???
上の写真見たら、なんとなくだが
ジョジョのホイールオブフォーチュン思い出した

233 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 23:14:56 ID:IzeoPn9D
これが中国の現実だ!直視しろ!
最も有名な中国収容所の全貌。

 冷たいコンクリートの上に裸で這い蹲らされている
  http://ca.c.yimg.jp/news/20061108135610/img.news.yahoo.co.jp/images/20061108/rcdc/20061108-00000010-rcdc-cn-view-000.jpg
 信じられないほどの過密な収容環境。
  http://www.chinadaily.com.cn/english/doc/2005-12/01/xin_411202011703074867912.jpg
 一列に並べられはずかしめられる
  http://www.pandafix.com/photos/other_pandas/wolongcubs_20051009.jpg
 人間性のかけらもない収容施設記念写真
  http://www.uoregon.edu/ ̄nsagara/panda/pandas.jpg


234 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 23:38:13 ID:???
>>230
だって、能力のあるヤツは、もっと稼げる仕事につこうとするもの。

235 :名無し三等兵:2006/12/02(土) 23:41:54 ID:???
>>233
酷いな。人間の扱いじゃねえ。
厳罰主義の俺ですら、家に引き取りたくなった。

236 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 01:45:01 ID:???
戦時中に輸送部隊にいた曾祖父によると日本軍では将校とか乗せる野戦用の乗用車は全て”ジープ”と言っていたそうだ。

237 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 03:57:57 ID:???
>>236
ある意味今でも似たようなもんでしょ。すでに車種のようなもんになってる気もする。ウォークマンとかマジックペンみたく

238 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 05:09:58 ID:???
意味取り違えるといけないんで聞くけど、
日本軍のその種の車両をジープと言っていたの?
たぶんサイドカーくらいしかなかったような印象があるけど。

239 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 05:10:52 ID:???
あなたの、お部屋に、犯人を、お連れします。

240 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 08:19:04 ID:???
>>238
普通の乗用車とか六輪の軍用乗用車、
それに四駆(旧軍風に言えば四起)の「くろがね」偵察車なんてのが、けっこうきちんと使われてる。
ジープみたいな汎用性のあるオープンカーじゃないけどね。
ノモンハンの戦場写真なんかに出てくるのが、有名かも。

ジープと呼んでたのは、おいらには初耳だ。おもろい。

241 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 09:00:46 ID:???
映画「硫黄島からの手紙」で、栗林を迎えた部下が、
「ジープを用意当時「ジープ」って言葉使ってたのかな?
実物に接したのは、戦争が始まってからだし…

242 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 11:15:29 ID:???
括弧が成り立ってなくてわけわからん

243 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 11:53:33 ID:???
日本の軍人にも、ポパイを読んでいた奴がいたって事だろ。

244 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 12:02:05 ID:???
日本の軍人にも、オパイを揉んでいた奴がいたって事だろ。



245 :241(訂正):2006/12/03(日) 14:22:42 ID:???
映画「硫黄島からの手紙」の中で日本兵の言葉、
ジープやライフルというのが気になっているのだけど、
戦時中、こんな英語使っていたのかな。

たとえば…
栗林中将を迎えた部下「ジープを用意しましょうか?」
負傷した西中佐「おい!ライフルをくれ」

246 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 16:35:49 ID:???
まず、映画の台詞に関しては、英語で脚本を作って日本語訳した台本だろうから、
信じるに足りないと思う。

ただし、ジープに関しては、少なくとも一部の前線では、
乗用車一般を本当に「ジープ」と呼んでいたというのが、>>236の証言だろ。
で、問題は>>236の証拠としての信憑性になるわけだが。

英語使用に関しては、陸軍系列が嫌ったが、
陸軍モノの戦記を読んでも、かかる指示は不都合だとして無視したりしてる場合もある。

247 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 17:37:25 ID:???
>>245
西中佐はロス五輪に出てたくらいだし、おかしくないんでは??

248 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 17:48:17 ID:???
>>245
結構考証には力を入れていて、旧軍関係者の話や役者の意見をイーストウッドは取り入れたと
きいているんだけど?
それが万全かどうかはアレだけどねw

249 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 19:09:23 ID:???
>>246
戦車兵よもやま話で戦車をタンクやねじ回しをドライバーという外来語を使って戦車兵が憲兵に叱られる話がある。

その憲兵を怒鳴りつけて戦車兵たちを助けたのが辻政信なんだが。

250 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 19:48:49 ID:???
「十文字ネジ回し」とか言うのかな>+ドライバー

251 :943:2006/12/03(日) 20:01:36 ID:???
「柄付き螺まわしと呼べ」って怒られたらしい。

252 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 20:04:24 ID:???
>>251
それじゃプラスマイナス区別できてない件(´・ω・`)

253 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 20:17:26 ID:???
>>249
寺本「戦車隊よもやま物語」(258ページ以下)の話なら、
昭和18年1月ころの旅団長巡視の際、旅団長に随行していた将校が、
「ドライバー」「ウェス」などを聞きとがめて、ドライバーは「柄付螺回し(えつきらまわし)」と指導。
中隊長の筆者が、血液型や軍隊符号のTKなどもだめかと問い詰め、
ボルトやナットなどの日本語化された言葉にまで神経を使う余裕なしと、はねつけている。
連隊長に上申したら、連隊長も笑って済ませたと。
連隊本部で調べても、特に命令としてそういう指導があったことはないと。

辻ーんがでてくるのは、まったく別のエピソード。
開戦時に、タイ国軍を攻撃するよう、指揮系統無視で命令され、びっくりした話。
わりと個人的に気が合ったようである。

254 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 20:34:40 ID:???
>>252
プラス+ドライバーは、戦時中の日本では全く普及していない。
プラス+ネジが身近になるのは昭和30年代以降。
本格普及は電動/エアー工具が利用される40年代に入ってからだ。
通産省から家電製品などで一般人が開けてはいけない部位を
+ネジとするような指導が昭和50年頃まで残っていたほどだ。

255 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 21:35:11 ID:???
たしかに。
最近1900年代物の国産掛け時計2こくらい弄ったんだが
全部、ムーブメントまで全部-ネジだったなー

256 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 22:42:17 ID:???
プラスネジの発明者は日本人

257 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 23:23:15 ID:???
プラス螺子ってフィリップ型って言うから外国産だと思ってたよ

258 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 23:51:19 ID:???
wikipediaにはこうあるけど

>雄ねじの頭には、ねじを締め付ける際に工具を差し込んだり引っ掛けるための特殊な工夫がしてある。
>形状には、主にプラスとマイナスがある。なお、プラスとマイナスという呼称は、欧米圏では通じない。
>プラスは、一般的にフィリップス・ヘッド、マイナスはスロッティド・ヘッドと呼ばれる。プラスの形状は
>1933年にアメリカのフィリップススクリュー社がJ.P.Thompsonの発明したパテントを買い取って発売した形状で
>あることからそう呼ばれる。ドライバーの先端のくさび角とねじ頭のくさび角が一致するので押し付ければ
>外れなくなるので自動ねじ締め機に適合し、急速に普及した。


259 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 00:12:46 ID:???
重要な発明品は
全て日本人の発明という事で知られています


260 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 00:14:30 ID:???
ここは何時から信じられないし、本当でもない話を披露するスレになったのかね?

261 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 00:21:43 ID:???
「プラス(ネジ)」という呼び方が日本人の発明?

262 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 00:30:08 ID:???
ウヨ装ったクソチョンがうざすぎる

263 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 00:45:47 ID:???
ウヨだチョンだと言うやつが湧いてきて困る

264 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 01:04:27 ID:???
……昨夜、某有名コメンテーターの自宅が放火された。
外国人参政権を礼賛する主旨のコメントをTVで発言するようにとの要請を断ったからである。
北朝鮮から潜入した破壊工作員の仕業であろう。

今朝、B地区を騒がせた地元選出の某議員脅迫事件の犯人が検挙された。
在日から派遣されたスパイに洗脳されて悪事におよんだのであろう。

中国で大規模な反日デモを起こさせたのも、竹島を韓国軍に武力占領させたのも、
日本海沿岸で何人もの日本人を北朝鮮の工作員に拉致させたのも、
すべて在日の破壊工作の一端であるにちがいない。

ああ、在日よ、汝は万能の悪なる者として、歴史上に屹立せん……

265 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 01:06:32 ID:???
>>258
http://www.hatsumei.co.jp/column/column01/coulmn76.html

266 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 01:23:59 ID:???
>>264
>今朝、ビーチクを

まで読んだ。

267 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 04:53:56 ID:???
http://homepage2.nifty.com/retrokan/ESSAY2.htm

オートバイを作り始めた会社の創世記、海外に視察と工作機械の買い付けに出
かけ、ついでにマン島レースも見てくる。会社の資本金の何倍もの工作機械を
買い付け、マン島レースにでるぞ!勝つぞ!と勝利宣言を発する。型破りの人
間である。だからと言って誇大妄想狂ではない、技術を信じ技術の裏付けがあ
るからこそ、無謀と思えるようなことを言う。海外の工場見学をした時も、し
っかり床に落ちているプラスねじをポケットに入れてくる。当時日本で使って
いたのはマイナスねじで、機械が使えない。ところがプラスねじだと、機械締
めができる…量産には必要な事である。そういったことをちゃんと押さえている、優秀な技術者である。

本田宗一郎がきっかけだったようだ。

268 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 05:42:49 ID:???
 宗一郎はただレースを見に渡欧したわけではなかった。彼はついでにヨーロッパの工業界がいかなるものであるかを確かめたかった。
 彼は片っ端から工場を視察、ヨーロッパ先進国の技術を頭に叩き込んだ。
 さて、その際にこんな話がある。
 宗一郎はとある工場を視察していたときある奇妙なことに気づいた。
(なんだあのネジは?)
ヨーロッパの工業製品には宗一郎の見なれないネジが使われている。
 宗一郎は工場を回りながらそのネジが目に入る度に疑問に思った。
 すると、工場の隅に一個、なにか光るものが落ちている。見れば例の奇妙なネジである。
「おっ」
宗一郎はすぐさまその物体を拾い上げ、まじまじと観察した。
 普通のネジとさほど変わりはない。ただ、宗一郎が見慣れているネジはみな頭の溝がマイナス(-)なのに対しこのネジは溝がプラス(+)なのだ。
 これは宗一郎の無知のせいではない。今からすると滑稽なくらいの話だが、当時の日本にはプラス溝のネジがなかったのだ。
 プラス溝のネジの利点というのは機械でネジを回すことができるということである。電動式、もしくは空気圧で自動的に回転するドライバーは生産
効率をあげる為には必須であった。ところがマイナス溝のネジで機械を使って急激に回転させるとどうしてもネジの溝が潰れてしまうのだ。
 そのために開発されたプラスネジだが日本にはまだそれがなかった。
 これを初めて日本にもたらしたのが宗一郎である。
 現在、日本で製造されるあらゆる機械製品にプラス溝のネジが使われていることを考えると宗一郎が日本の工業界で果たした役割は、この些細な一事だけでも絶大なものである。
 さて宗一郎がプラス溝のネジの効用に気づくまでにはもう少し工場を観察していなければならなかったが、しばらく物珍しげにそのネジを眺めた後、
(落ちてたものだからいいだろう)
と思いそれをポケットの中にしまって日本まで持って帰った。

http://www.ucatv.ne.jp/~ntsubasa/bannse14.html
もっと詳しいエピソードもある。

269 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 08:52:45 ID:???
本田宗一郎がプラスネジを見て感心するほど、
日本の工業製品は遅れていたということだね。(情報も技術も)

戦時中も、鹵獲したアメリカ機の補器類に用いられている
プラスネジに驚いた整備員の話があった。

270 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 09:01:26 ID:???
>>255
腕時計とか懐中の機械式の臓物は今でも大抵マイナスだよ
マイナスはドライバーを研磨していくらでも細くできるから

271 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 10:17:40 ID:???
これまでのレスで+と-二つのドライバーが何故存在するのか、という疑問が解けました。
知って納得

272 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 12:42:39 ID:???
×ドライバー・・・いえなんでもありません。

273 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 13:17:27 ID:???
本田の創設者は窃盗犯だったんですね。

274 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 13:53:36 ID:smHWw6RO
226事件のとき天皇は状況を知るために自ら警察署に電話をかけた

275 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 14:07:42 ID:j/D6woSg
かけてません

276 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 14:09:50 ID:???
>>231たかがジープのコピーに二年も掛かるようなボンクラの分際で
偉そうっっっな話だなオイ。カネ出した陸軍としては三ヶ月から半年で
完成し生産に移行せねばならないのに2年もの歳月を必要とした技術陣
はカスだろう

277 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 14:09:56 ID:???
>>271
プラス、マイナス以外にもトルクス(星型)、ポジドライブ(プラスを二重にしたような八枚羽根)
とか外車整備しているといっぱいあるぞ

278 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 14:17:21 ID:???
そういうのって精密部品だけだと思ってた。
でかい特殊ネジもあるんだな。

279 :277:2006/12/04(月) 14:20:37 ID:???
>>278
オレが見た一番でかいトルクスはステアリングの軸止めてた
4センチ位は軽くあるT50。

280 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 14:30:08 ID:???
戦前の車産業は帝国陸軍にたかるカス事業だと言うのはよく分かった。
せめてガワぐらいはちゃんとした納期で作ろうよ正直

281 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 14:40:27 ID:???
陸軍も「ぶっちゃけ、コピーでいいや」くらい言ってくれないと

282 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 14:52:16 ID:???
>>280
車を買ってくれる中産階級の出現は戦後になってから
戦前は国が貧乏だから、車の買い手があまりいない。
だから大量生産できない。大量生産について考えることも無い。
軍からの発注が無ければ維持できないくらい、自動車産業全体が貧弱
そんな国力でアメリカに戦争しかけた国がカスだから
その国の自動車産業もカスで当然

283 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 14:55:14 ID:???
やっぱトルクスがその名の通り一番負荷に強いのかね。

まあハードディスクのトルクスは負荷がかかるというより、一般のドライバーで開けられないためだと思うけど。
ちなみに大型ホームセンターで特殊ドライバーを売っていたので、入手は可能。

284 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 14:57:49 ID:???
大阪市立大学には、創設時から受け継がれている言葉に「国立大学のコッピーであってはならぬ」があります。

285 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 14:58:29 ID:???
>>277
家電でもユーザーに勝手に開けて欲しくない所はそういうネジ使ってるよね。
ゲームボーイのY字型ネジを細い−ドライバーで無理矢理外したりしたもんだ。

286 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 15:04:41 ID:???
電力会社が滞納で供給止めるときにメーターにする封印もY字ネジだよな

287 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 15:13:21 ID:???
>>283
フィリップス(プラス)ドライバーは、構造上強い力で回すと
抜けようとする力がかかる(カムアウトという現象)。
トルクスはこれが起こらない上、六ヶ所の接触でしっかりトルク
かけられるので、締め込み強さはフィリップスの比じゃあない。
振動に強い所に使う、という意味も強いと思うよ。昔のMacなんか
普通の所はフィリップスでHDDまわりだけトルクスの機種とかあった。

>>285
トライウイングだね
そういうのはこれが詳しいぞ
http://www.neji-no1.com/order2/imgstep2_16.htm

288 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 15:16:34 ID:???
>>282
国内のインフラも貧弱だからね〜。
買えた所で走れる道路がなけりゃ話にならない。

289 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 16:14:50 ID:???
>>281
で、どこかみたいに、機銃で開いた穴までコピーするんだな。w

290 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 22:01:53 ID:sw+U5DrZ
【卍】ナチスドイツ・ヒトラー統一スレ【卍】 2
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1144167891/l50

ポーランドは歴史上有数のゴロツキ国家だ。
第二次世界大戦も原因はポーランドだ。
信じられないが事実だ。

291 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 22:33:28 ID:???
俺は先日、「硫黄島からの手紙」を観た。
ラストシーンでなぜか日本軍が西洋風の全身鎧を着て馬上槍を持ってラストサムライよろしく米軍の陣地に突撃していた
なんだこれはと絶叫しそうになったが、その瞬間目が覚めて夢だったということがわかった。
そんな俺はまだ硫黄島からの手紙をあまり見る気がしない。
信じられないが本当だ


292 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 00:28:05 ID:???
>>291
むしろそっちの硫黄島を見たくなった俺も自分が信じられない

293 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 05:57:36 ID:???
住民の力を合わせて作ろうぜ。

294 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 10:40:14 ID:???
>>291
ヒント:前世の記憶

295 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 10:49:09 ID:???
前世、硫黄島で戦っていた人を探しています。
所属は○○で戦死したときの状況は・・・

ってこんなのがムーに載っていたら嫌だな

296 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 13:06:50 ID:???
>>295
アンビリバボーで似たような話やってたな。

297 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 19:48:48 ID:???
>>291
パールハーバーはいっそのことそこまでやった方が高評価を得られたのではないだろうか

…バカ映画として

298 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 20:57:01 ID:???
零戦にまたがり釘バットを持った西洋甲冑の侍達が何故かハワイにいる栗田を
タコ殴りにする映画ですね!すげー見たいなあ


299 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 21:02:04 ID:???
ついでにプレデターの硫黄島編を作って欲しい

300 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 21:19:00 ID:???
エイリアンVSプレデターの続編なら作られるらしいぞ、サブタイトルは適者生存だそうだ

301 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 22:44:49 ID:???
「エイリアンVSプレデター」って、最初プレデターの宇宙船がエイリアンに遭遇する、人間が一切出てこない映画だと思ってた。
映画「エイリアン」の登場人物をプレデターに置き換えたような感じの

302 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 23:09:38 ID:???
無いとは思いながらリン・クロサワ登場に一抹の希望を抱いてしまった...

303 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 05:06:18 ID:???
>>301
それだとセリフがまったく無い映画になりそうw


304 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 23:00:42 ID:???
ガイシュツ?
ttp://kaz1910032-hp.hp.infoseek.co.jp/110220.html

305 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 01:57:52 ID:???
ガルシア大佐に敬礼!

306 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 10:15:46 ID:???
かしらー、右ッ!

307 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 13:35:39 ID:???
>>304
ほう。良い話だ。
俺は海戦史には暗いので初耳だが、どのくらい知られている話なんだろう。

308 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 13:37:32 ID:???
ちょっと待て。いきなり外国語で操艦や砲撃の指揮が執れるもんだろうか。

309 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 15:05:34 ID:???
>>308
士官とは英語で話が通じるんじゃないか?

310 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 19:22:44 ID:yJtO2Lca
昭和二十年四月十三日、夜十一時過ぎから、東京はB29の大編隊に襲われた。
百数十機におよぶ大編隊による絨毯爆撃で四谷、新宿、淀橋、高田馬場辺の空がいっせいに火の海になった。
翌日、靖国神社に避難していた映画脚本家の植草圭之助氏は、そこで異様な光景に遭遇する。

私はつよい咽喉の渇きを覚え、境内の雑踏をよけながら水飲み場を探し歩いた。
私はおどろいた。空の炎の色が薄らいだとはいえ、あたりは薄暮のような明るさなのに、第三者の眼を憚りながらも灌木の蔭という蔭で男と女の交合が激しい動きで行われているのだ。
夫婦なのか愛人同士か、そのどれもが防空頭巾、防空服、もんぺ姿で、性愛の逸楽、愉しさなどの姿態とは程遠かった。中には年若い恋人らしい二人が、ただ固く抱擁したまま、まるで塑像のように動かぬ一対も、そこ、ここに眼に入った。
私はとっさに、このような非常なときに、こんな人目の中で、なんと不謹慎な・・・・・・と心外に思いかけた。
がなにか彼らの行為に淫楽、淫靡さが感じられず、明日も知れぬ、いまをかぎりの思いに追い立てられた人間たちが最期に求め合っている激しい愛の、性のいとなみの相(すがた)なのだ、と思いあたった。
ぐるりの人たちもほとんど背を向け、卑猥な眼を向ける者もないようであった。
(植草圭之助『わが青春の黒澤明』)

神国大日本帝国落城寸前、敗戦前夜の、白昼堂々の事実である。


小池喜明『「葉隠」の叡智』41〜42ページより

311 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 20:23:10 ID:???
植草一秀氏が手鏡で まで読んだ

312 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 23:50:26 ID:???
>>310
大昔の実話系だと、空襲でいつ崩れ落ちるか判らないような防空壕の中でしたのが一番キモチよかった
みたいな話が散見される。生命の危機に子孫を残そうとする本能はさすがというべきか。

話変わって、イトマン事件で主犯格の許永中。他の闇紳士と同様にバブルの最中は派手に遊んだが、
「えげつないのも含めて色々と遊んだが、一番キモチよかったのは好き合ったオナゴと普通にすること」だ
そうである。

313 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 00:18:01 ID:???
>>310
佐藤優氏もロシアクーデター未遂事件の場で似たような光景を目撃したと書いてたな

差し迫った危機ではわかるけど
30代、ボーナスすらないベンチャー平社員としては
まだ観ぬ将来への不安考えるとその気すらうせるわ。

314 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 01:37:20 ID:???
〜42ページより
まで読んだ

315 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 02:44:39 ID:???
ドイツのWW2強制収容所送りの列車内も凄かったと聞くね。
収容所へ着くと男女区分されるわけだが、着くまでは割りと適当に押し込み。

316 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 03:41:58 ID:???
ただし、その詰め込みと言われている状態でも日本の通勤ラッシュには遠く及ばない……
はっきり言って「どこが詰め込み?昼下がりの人が居ない時間帯ですか?」って感じ
日本でユダヤ人を運んだ列車内部の写真がほとんど出てこないのはそのせい

317 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 03:46:09 ID:???
>>316の勘違いっぷりにワロタ

318 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 13:14:30 ID:???
ラッシュ時の山の手線は気分が悪くなったら降りられるし、乗ってる時間も30分前後が
普通だろう。
ユダヤ人の場合、便所も付いてない貨物車両に何日も閉じ込めれてたわけだから比較する条件が
そもそも間違ってる。

ただ、1943年以降の日本帝国陸軍の兵員輸送船の船内環境なんかは、まちがいなくアウシュビッツ行きの
列車より酷かったと思う。
もっと言えば、乗ってた人間のその後の生存率もいい勝負な気が・・・・・・

319 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 14:03:52 ID:???
夜の11時過ぎに白昼堂々はないだろう。

320 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 15:04:20 ID:???
>>319
翌日だけどな。

321 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 15:10:53 ID:???
>>318は最強線利用者に謝れ!

というか>>315の「凄かった」の意味は分かっているのか・・・?

322 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 16:28:02 ID:???
だれか>>314に突っ込んでヤレよw

323 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 17:29:02 ID:???
ベルリン陥落直前の総統地下壕もかなりエロエロだったらしいしなぁ。

324 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 18:42:33 ID:???
トップをねらえスレには爆縮が分からない奴が巣くっている。

325 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 00:27:40 ID:???
>>316,318
>>315の「凄かった」というのはラッシュが凄かったというわけじゃなくて、
>>310-312を受けて、生命の危機を察して車内でサカリまくってたという話を
してるのだろう。(ラッシュ時の痴漢の話を返してるわけじゃないよな?)

…なんでいちいちこんな解説してるんだ、俺は。

326 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 01:33:11 ID:???
>325
つまりまとめると、満員電車の中で痴漢行為が起こるのは生命の危機を感じてサカるからだ、
ということでOK?

327 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 02:09:07 ID:???
休職外交官佐藤優はソ連の外交官の忠告に従わなかったのでKGBにボコボコにされたことがある。
そのせいでいまでも右耳が聞こえない。

328 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 10:36:22 ID:???
今の宮内庁長官は、北海道の幹部職員だった頃に東アジアナントカ戦線の道庁爆破事件に巻き込まれて
いまでも両耳が不自由だぞ。

329 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 12:15:20 ID:???
というか逆に収容所では妊婦を先に殺していたんだっけ。
じゃあ車内での行為が女性側の生存率低下につながっちゃったんだなー

山崎拓は子供の頃、学校のガラスが割れて片目を失った。

330 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 12:24:35 ID:???
亀井静香は巡査だったころ派出所に逃げて来たトルコ嬢を庇ってボコボコにされてからヘンな顔になったって本人が逝ってたぞ。

331 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 12:34:35 ID:???
キャリアは警部補で警察庁入庁だから「巡査だったころ」はないな。

332 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 12:38:51 ID:???
>>329
ホロコーストは捏造だが。
世界史板のホロコーストスレにいけば解る。

333 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 15:55:12 ID:???
>332
みたいなことを信じてるやつがいること自体が信じられない

334 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 16:03:51 ID:???
>>333
句読点の使い方を知らない奴は、日本人ではないようだ。

335 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 18:46:54 ID:???
>>334
君が学んだ日本語学校ではそう言われたのかもしらんが、日本語の表現ってのは
許容範囲が広いのだよ。

336 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 18:47:42 ID:???
信じられないが、本当の話マダー?

337 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 19:11:19 ID:???
>>331
ちゃんと巡査として派出所勤務したんだって制服着た当時の写真がTVタックルで何度も出てるぞ。

338 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 20:17:16 ID:???
>>337
交番勤務はあったかもしれないが、
巡査でも警部補でも制服は一緒だぞ。階級章が違うだけで。

339 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 20:18:26 ID:???
警察庁に限らず、キャリア入庁組はゼネラリスト教育の一環として最前線の職場を
一通り経験させられるらしいからなあ。

340 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 20:35:14 ID:???
>>337
「ちゃんとお巡りさん(階級は警部補)として派出所勤務」が正解だろうな。

341 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 21:15:46 ID:???
疑問だったんだけど、キャリア組は警察学校に通うの?
あそこは体育会系だからキャリアと合わないような気がするんだけど。
キャリアの場合、射撃経験がないってこともありえるのかな?

342 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 21:50:39 ID:???
>>341
キャリアは各県にある警察学校ではなく東京・中野にある「警察大学校」から始める。
警察官としての訓練はきちんとやるから射撃訓練だって当然ある。

343 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 22:30:19 ID:???
他省庁のキャリアが出向で警察庁に行く場合、泥縄式の射撃訓練ってこともあるらしいぞ。
昔、国鉄の幹部がなぜかどこかの警察本部出向になって、慌てて練習しました、なんて
新聞記事を読んだ記憶がある。

344 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 23:18:05 ID:???
警察官よりも厚生省の麻薬取締官のほうが射撃がうまいと
どこかで聞いた覚えが

345 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 23:23:44 ID:???
>>344
警察官と言ったときの範囲の広さはどの程度考慮に入れての比較?
海兵隊じゃねーんだから射撃下手な駐在さんもいるだろう
警察官代表選手とマトリ代表選手が射撃競技会で出したスコアでの比較なら別に驚くことでもないしな

346 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 23:24:18 ID:???
ほほう。
警察大学校は射撃場とかもあるのか。
ビルが近未来的なのでサイバーなイメージがあった。

347 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 23:27:16 ID:???
警察出身の作家が、ゲーセンで射撃ゲームが上手くて、対戦相手にビックリされたって言ってたよ。
「プロだから」というと対戦相手は逃げていった。

348 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 23:49:51 ID:???
>>345
ほぼ全員が「訓練の時以外撃ったことはない」というのが実情だし。

そういやオリンピックとかの射撃の選手で警察官とか自衛隊員とかいるけどどこで
練習してるんだろ。

349 :名無し三等兵 :2006/12/10(日) 23:52:26 ID:???
射的の屋台は警官と自衛官お断り

350 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 00:01:35 ID:???
>>348
競技会専門に訓練してる選手がいる

351 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 00:05:46 ID:???
そういや、自衛隊から幹部が警察へ出向しているとのレスを2ちゃんで見た記憶がある。

352 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 00:08:41 ID:???
佐々淳行は、警察官僚から香港の領事に出向したね

353 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 00:14:14 ID:???
>>351
http://mltr.e-city.tv/faq05h02.html#01259

354 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 01:07:41 ID:???
>>352
軍板的にはサッサの親分は外務省より、防衛庁に出向(官房長→防衛施設庁長官)というほうが。

355 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 13:57:37 ID:???
http://www.doshisha.ac.jp/kyouiku/kougaku/kyouin/kyo_08.html
TOP > 教育・研究活動 > 教育研究機関 > 工学部・工学研究科 > 教員・研究テーマ

物質化学工学科

日高 重助(教授)
粉体シミュレーションを用いる新しい機能性材料と生産プロセスの設計

堀内 龍太郎(教授)
  ドーナツにダンゴを押し込んだら、ドーナツがどう変形するかを研究

###   ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
###   ( ゚д゚)  (つд⊂)ゴシゴシ  (;゚д゚)

伊藤 正行(教授)
  地球環境変化の予測と評価、及び環境に優しい材料の開発

近藤 和生(教授)
生物反応工学観点からの反応プロセスの定量的現象解析

356 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 14:04:42 ID:???
ドーテイがマンコに押し込んだら、ドーテイの性格がどう変化するかを研究

357 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 15:18:44 ID:WGq5hcZa
>>355
全く的が絞れてない3番目の教授のテーマより好感が持てるけどなぁ。
「食品加工に於ける素材挿入時の相互影響及び変形の研究」とかで煙に巻いてないところが。
「転進」と言わずに「退却」と言うようなもんだ。

4番目の教授のテーマだった実際やってるのは「猫だましの研究」かもしれんぞwww

しかし定量化できるのか?タイトルはファンキーだが大真面目にやろうと思ったら地球シミュレータークラスが要るんじゃないか?


358 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 15:38:21 ID:???
上場企業にお荷物学生を押し込んだら、翌年からの求人がどう変化するかを研究

359 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 15:51:07 ID:???
案外こういうどーでも良さそうな物の解明に
パンピーには理解不能な関数とか使われるから困る

360 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 17:22:05 ID:???
>>357
パソコンでちびちび解析してたりしてなw
この世が終わるまでに解析できますように…

361 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 18:11:22 ID:???
プルトニウムを電力源としている心臓ペースメーカーがある。

362 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 18:16:04 ID:Um0Fb/LQ
>>361
ソース希望!

363 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 18:19:56 ID:???
>>358
マジレスするが、それは社会工学的観点か、組織工学的観点

364 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 18:27:25 ID:???
>>362
とりあえず「原子力安全白書(平成13年版)」(原子力安全委員会)に
「また、心臓に規則的な電気パルスを与えるぺースメーカーは体内に埋め込む必要があることから、
小型で10年以上使用できるプルトニウム電池がペースメーカの電源として実用化され、かつて欧米で
多く使用されていました。現在では寿命の長いリチウム電池が開発されたため、使用されなくなっています。」
という記述があることは確認できた。
ttp://www.nsc.go.jp/hakusyo/hakusyo13/114.htm

365 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 18:39:57 ID:???
軍事板的には

セメントに角砂糖を押し込んだら、要塞がどう崩壊するかを研究

366 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 18:44:42 ID:???
セメントを撹拌しているところに角砂糖を放り込んで混ざらんといかんのじゃなかったっけ?

367 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 19:01:27 ID:???

 ガゾリンタンクに砂糖を混ぜても、エンジンは焼き付かないそーで。

368 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 19:11:40 ID:???
そりゃあガゾリンの強さだろう。

369 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 19:22:36 ID:???
一個や二個じゃあなw
大量に混入しないと焼きつかせられない。

370 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 19:25:16 ID:???
つか、今のインジェクションの車での話では無くて、昔のキャブレター式の車に通用してた話。
タンクに砂糖。

371 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 19:31:53 ID:???
>>348
よその県警のことは知らんが、俺の知っている限りでは、警察官1名あたり何発というように
予算化されている。その中から予備弾や一般警察官分の予算から少しずつ削って、選手用に流用している。
競技用の拳銃も特別扱いで、調整に出している。


372 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 21:14:48 ID:???
>>339
その昔、銀座五丁目交差点の交番(三愛前)には、キャリア組が派遣されていた。
外国人観光客(中にはVIPもお忍び)が来るので、英語が喋れる……と、ゆーか判る
お巡りさんって、昔はキャリア組しかなかったらしい。

>>344
漫画家も射撃が上手いらしい。射撃に必要な何とか言う指の筋肉を、日常的に使っている
職業が漫画家なのだとか。実際に、複数の少女漫画家のエッセイで「ハワイで話のタネに
射撃体験したら、面白いよーに的に当たった」「この調子なら、漫画家でスナイパー集団
が作れるカモ。でも、体力が無い連中ばかりだから、ムリかもね」てな事を描いていた。

373 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 21:39:16 ID:???
>>372
塀の中に入っちゃった漫画家いたねw

374 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 21:45:50 ID:???
人を殺したんです

375 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 21:51:35 ID:???
ちょろいもんだぜ

376 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 22:08:48 ID:skfb/clx
満州映画の自称中国人美人女優、李香蘭は本名、山口淑子は戦後、国会議員になって
いまは従軍慰安婦保証問題を支援している、当時は国内外ともに軍隊に慰安婦はつきもので
公娼制度が合法で建前上は慰安婦の方が高給取りだったことを知ってか知らずか、

つぐない基金つうものの実体は善意に支えられた詐欺集団なんぢゃないかと思うが。

377 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 22:20:35 ID:???
>>376
お前さんは山口先生の本も読まないだろうし話も聞かないだろうからひとつ教えてやる。
山口淑子事務所の開設当初の顧問は田中角栄である、理由は李香蘭のファンだったから。

378 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 23:46:52 ID:skfb/clx
角田房子「甘粕正彦」とか満州映画関係、満州鉄道関係、
「戦時下のタカラジェンヌ」、とかその辺は読みましたが、多読ではないです。

田中角栄と山口淑子女史の関係が、従軍慰安婦のつぐない基金どういうふうにつながるのか
良く分かりません。つぐない基金関係にたずさわっている大沼保昭東大教授とは
研究会で話したことはありますが、公娼の合法性や現在のインドネシアの詐称慰安婦の
問題にはこれといった解決策は無く、基金運用における日本側の善意と補償を貰う側の節度ウンヌンとか、難しい問題
だと嘆息されてました。

379 :名無し三等兵:2006/12/12(火) 00:44:20 ID:???
別に信じられなくもないし、多分本当だろう
で?

380 :名無し三等兵:2006/12/12(火) 00:47:14 ID:???
たとえ合法でも、今思えば道義上良くないというものもあります。
国家賠償の対象となるかどうか別として。

あとは道義的感覚の相違のようにしか思えません。
詐欺師の片棒担ぎ呼ばわりは適切ではないでしょう。

もうひとつ適切でないのは、スレの趣旨に合わぬ書き込みである点でしょう。

381 :名無し三等兵:2006/12/12(火) 02:56:35 ID:???
オウムが作ったVXの類縁の物質であるアミトン。
なんと50年代にダニ殺虫剤として出荷されていた。
いくらなんでも猛毒の神経ガスを民間に持たせるのはまずいんで回収となった。

382 :名無し三等兵:2006/12/12(火) 04:12:39 ID:???
そうは言っても、もともとチクロンBやサイローム(両方とも青酸ガスが主成分)は、
民間用の殺虫剤だったりするんだな。

383 :名無し三等兵:2006/12/12(火) 10:44:59 ID:???
>>357
申し訳ないが、研究内容は数学なんだ。
ドーナツ(トーラス=穴が開いていて、空間内の2点を結ぶ経路が2本以上ある立体)と
団子(球=空間内の2点を結ぶ経路が一本しかない立体)の位相幾何学的相互作用を
研究してるんだと思う。

384 :名無し三等兵:2006/12/12(火) 11:09:39 ID:???
>>352
佐々の香港時代の左近允中将にまつわる話は泣ける。

385 :名無し三等兵:2006/12/12(火) 11:53:46 ID:???
ちなみに、青酸ガスが主成分の殺虫剤は日本でまだ使われている。
チバクロンというシアン化水素薫蒸剤が、検疫などの際に使われている。

386 :名無し三等兵:2006/12/12(火) 21:54:36 ID:???
俺バナナ屋だから毎日使ってるよ。

387 :名無し三等兵:2006/12/12(火) 22:25:33 ID:???
>>383
ネタにマジレスカコ(・∀・)イイ!

388 :名無し三等兵:2006/12/12(火) 23:01:57 ID:???
ルネッサンス時代のイタリアの都市国家シエナでのお話。
敵が攻めてきたとき、シエナは傭兵を雇って町を防衛、見事に撃退した。
指揮をとった傭兵隊長に感謝の贈り物をしたいのだが、どうしたら感謝の気持ちを
表現できるだろう。町の衆が首つき合わせて考えに考えた結果、

隊長を殺してシエナの守り神として祭ることにした。

389 :名無し三等兵:2006/12/12(火) 23:20:05 ID:???
>388
((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

390 :名無し三等兵:2006/12/12(火) 23:48:52 ID:PcaMPI6d
東洋っぽい発想

391 :名無し三等兵:2006/12/12(火) 23:53:11 ID:???
軍事関係ないが、軍オタはドイツ好きなので1つ
現在の駐日ドイツ大使館の大使の名前は、
セカンド・ネームまで「ハンス・ヨアヒム」
しかし、苗字は「デア」

アフリカの星、マルセイユ大尉もビックリ!

392 :名無し三等兵:2006/12/12(火) 23:54:44 ID:???
>>388
単純に払う金が惜しかったから殺しただけだったのかも

393 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 00:52:25 ID:???
昭和天皇から嫌われていた真崎大将の子真崎秀樹が天皇お気に入りの通訳になったことは有名だが、
天皇からファッショと警戒されていた警保局長、第二次近衛内閣書記官長の子は
最近有名になった元宮内庁長官の富田朝彦だったりする。

394 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 01:11:32 ID:???
その一方で「松平の子の宮司」は「親の心子知らず」だし、裕仁の周辺の人物には、親子で相性が逆という例が多かったのだろうか。

395 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 01:24:59 ID:???
父は富田健治ね。書き忘れてた。

396 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 01:43:51 ID:???
サリンは第二次世界大戦の直前に発見されたとよく言われるが、
実は1902年にすでに合成されていた。
当時は毒性が良く分からなかったのだろう。

397 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 03:49:21 ID:???
サリンの亜種の神経ガスの名前は「タブン」という。

398 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 03:54:06 ID:???
>>397
例の事件当時さんざん既出

399 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 05:37:52 ID:???
なんでも現在イランにおいて、ホロコーストを再考する会議が開かれているんだとか。
ま、欧米じゃ出来ない事ですから。

400 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 05:41:45 ID:???
否定論者しか集めない、単なる反ユダヤオナニーだろ。

401 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 09:02:54 ID:???
単に敵の敵は味方だべさ

402 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 14:44:53 ID:???
ミサイルの四枚翼の弾道計算を始めてやったのはノーベル賞物理学者湯川秀樹

2008年大河ドラマの主人公篤姫の義理の甥は日華事変勃発時の首相、公爵近衛文麿

本土決戦に備え、鈴木内閣は日本民族の血を守るため、
女性にカッターを配給して上陸して来る米兵にアベサダさせようとしていたが、
刃の数が足らずに終戦

403 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 15:16:48 ID:???
カッターって戦後発明のような気もするけど、要するに肥後の守とかカミソリ?
それすら不足なのか・・・
って各家庭になかったのか?

404 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 15:56:12 ID:???
安全カミソリだったスマソ
女四千万人に対し一千万枚しかなかったので
妊娠能力のない女には配らなくていいとその数を調べるところまでやったそうな。
ソースは鈴木内閣の迫水書記官長。

405 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 15:58:33 ID:???
しかし、その種の事件が5件くらい発生したら、もう警戒されて起こらないような気がするんだけどね。

406 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 16:45:20 ID:???
abesada?

407 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 16:56:52 ID:???
アベサダは恋人の男のペニスを切って有名になった女。
日華事変の前くらいだったかな。

408 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 17:07:52 ID:???
事件は昭和11年。
本人は消息不明だそうだが、まだ生きてるかもしれない。

409 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 18:15:13 ID:???
ウィキペディアで記事が書かれて、ある管理者が「こんなローカルな事件は不要」といって削除しようとしたことがあった。
もちろん、日本史の有名事件だから存続となった。

410 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 23:54:31 ID:???
いまさらですが、新しいネタもあるので。

オランダにはスケベニンゲンというリゾート地がある(現地読みだと“スヘフェニンヘン”)。
しかもスケベニンゲンにはヌーディストビーチがある。
さらに第二次大戦時には、スケベニンゲンの発音がドイツのスパイを識別するのに使われていた。

411 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 23:57:31 ID:VEc1/S1r
近衛内閣の文相になった荒木大将は女学生が一人称二人称にぼく・きみを使うのを禁止しようとした

平沼内閣の昭和14年、女学生のプチ家出が頻発した

戦時中、大きな工場では男性管理職数人に対し動員された女学生数千人というところがあった

412 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 00:18:19 ID:???
超既出だと思うけど、誕生と同時に、同時期の全ての戦艦を時代遅れにした
英国のドレッドノート級戦艦の戦果は、ドイツの潜水艦一隻を体当たりで沈めた事のみ。
日本の大和型戦艦と同じく、あまりにもしょぼい戦果である。

413 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 00:30:58 ID:???
>>412
まあ、それだけその時期の戦艦の進歩が早かったんだよね。
WW1開戦時には第一線兵力じゃなかったから。

414 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 01:13:13 ID:???
410
日本じゃ森村正(もりむらまさ)という名前がネイティブ日本人か判別するのに使われたらしい。

415 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 01:54:45 ID:???
五円五十銭みたいなものか、あんまりアテにはならんな…。

416 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 02:15:25 ID:???

「お前ギルアデ人か?まさかエフライム人じゃねえよな?ギルアデ人だったら"shibboleth"って言えるよな?」
「"sibboleth"」
「・・・」(ニヤソ)
正しく発音できないヤツはエフライム人認定!42000人のエフライム人があぼーんされますた。

旧約聖書
士師記12章6節(オレ訳)


417 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 11:26:47 ID:???
ユーゴ内戦では、ムスリムかスラブかを見分けるのに、指で数を数えさせたらしい。
詳しくは忘れたが、指を折る順序が違うとされた。

418 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 14:57:25 ID:???
ロシアではバレーボール協会の幹部は諜報機関の幹部が兼務している場合が多い。

419 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 19:19:28 ID:???
あー、この間バレー大会の応援でFSB長官が来日してたな

420 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 20:03:57 ID:???
BARの銃床は1942年にウォルナット(クルミ)製からプラスチック製に替えられ

wikipediaより

421 :名無し三等兵 :2006/12/14(木) 22:14:26 ID:???
大戦中の大陸では、顔の洗い方で中国人でないことを見破られ
潜入中の軍偵が暗殺されたとか

422 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 22:17:17 ID:???
>>421
顔の洗い方で朝鮮人と日本人を見分けるってのも有った気がする。

423 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 22:22:27 ID:???
手を動かすか、顔を動かすかだっけ?

424 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 22:36:02 ID:???
サウナに入るときロッカーの鍵のついたゴムヒモを手首に嵌めるのが日本人で足首に嵌めるのが朝鮮人らしい。

425 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 22:54:09 ID:???
>>392
大変に遅レスで申し訳ないが、ルネサンス史の会田雄次(アーロン収容所の
著者でもある)の解釈によると、「あまりに功績が大きいので、英雄扱いすると
変な野心(町を乗っ取ろうとか)を持つかもしれない」と警戒したからではないか、
との事。

426 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 23:18:50 ID:???
狡兎死して走狗煮らるですね。

427 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 23:30:14 ID:???
キリスト教徒と異教徒を区別する時
とりあえず手当たり次第にぶっ殺してOKってことにして
「神は自らのしもべを救いたもう」
とそこいらの選択を神に任せたのは十字軍だっけ。

428 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 00:04:07 ID:???
区別しなかったのはベトナムだな。
HA−HAHA!地獄だぜ!

429 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 00:09:44 ID:???
>427
それどころかカソリックとプロテスタントで同じことやらかしていた気が…

430 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 00:22:59 ID:???
誰でも中学生の頃にやりとした事のある中東の国「オマーン」
ここの正式な発音は「オーマン」である。なぜなら国際空港とかもあったりしちゃうんだから
このまま発音できないだろってことで、外務省が変えさせたそうだ

431 :名無し三等兵 :2006/12/15(金) 00:38:45 ID:???
自分の単行本のタイトルを、オマーン国債にしようと提案して
編集に突っぱねられた某エロ漫画家が居たな


432 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 11:26:37 ID:aZW/0EDH
軍事板住人として、戦国ランスは買わねばなるまい
http://www.alicesoft.com/rance7/index.html

毛利軍
ttp://www.alicesoft.com/rance7/img/vcg07.jpg
独眼流政宗
ttp://www.alicesoft.com/rance7/img/chr65.jpg
今川義元
ttp://www.alicesoft.com/rance7/img/chr61.jpg
謙信
ttp://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1166117453.jpg
魔人信長
http://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1166123782.jpg

ttp://2ch-news.net/up/up32425.jpg
ttp://2ch-news.net/up/up32426.jpg
ttp://2ch-news.net/up/up32427.jpg
ttp://2ch-news.net/up/up32428.jpg
ttp://2ch-news.net/up/up32429.jpg
ttp://www.alicesoft.com/rance7/img/chr30.jpg
ttp://www.alicesoft.com/rance7/img/vcg18.jpg
http://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1166121807.jpg

433 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 14:29:02 ID:???
さらっとネタバレ画像を貼るのは先生感心しないなー

434 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 16:51:37 ID:???
フィリピン沖海戦で、撃墜した米海軍のパイロットを捕虜にした。
持ち物の鞄を検査したら、立派なサバイバルキット一式の他に、
大量の日本の軍票と、コンドームも入っていた。
アメリカさんは万一に備えて、準備万端だったようで。

435 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 18:49:51 ID:???
>>434
日本軍軍票って、本物だったのか偽物だったのか。

436 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 19:01:35 ID:???
米軍が刷った偽札のほうが、印刷精度や紙質がよくて通用したとかいう話を聞く。

437 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 19:14:20 ID:???
>436
日本が作った中国紙幣も、本物より出来のいいものだったらしいなw

438 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 19:36:19 ID:???
これは出来が良いな…偽物だ!

439 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 20:32:19 ID:???
カリ公「近頃、質が上がるばかりだな……刷りなおせ」
ジュ「しかし、それでは納期に……」
カリ公「納期を遅らせてはならん」

440 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 20:50:38 ID:???
大戦中、米国は蒋介石政権にドルの原版を渡して印刷させたらしい。
それがまだ一部流通してるとか。

441 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 23:03:12 ID:???
>>437
確か、偽札大量に刷って、大陸でばら撒いて、経済混乱を起こす。
って事をもくろんだが、"本物"の紙幣自体が不足していたんで、
特に混乱も起こらず、"本物"の紙幣と一緒に流通しただけだった。
という、笑うべきなのか、泣くべきなのか、な落ちが付いたんですよね。

442 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 00:24:02 ID:???
>441
俺の聞いた話は全く逆。インフレ狙いでバンバン作ったものの、
日本で偽造した量なんか目じゃないくらい向こうでもバンバン
作ってたんで、関係なかったとかなんとか。


443 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 00:34:14 ID:???
俺が聞いたことがあるのは、
もともとの流通量が多かったので日本が作った量ぐらいでは経済は混乱しなかった。
でも大陸での物資の買い付けには役立った。
とか。

444 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 00:38:37 ID:???
>>442>>443
すんません、そうでした、ありすぎて、でした(深謝)


445 :名無し三等兵 :2006/12/16(土) 02:31:17 ID:???
>>430

正式な発音は「オマン」(Oman)
オーマンも外務省が変えさせた発音。

446 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 03:17:09 ID:???
アラブ首長国は昔アラブ土侯国といっていた。

447 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 04:21:02 ID:???
オーストリア大使館はオーストリーに日本語表記を変えようとした
ウィーンでカンガルーはどこ?と聞く日本人観光客が多すぎるため

だが、あっちこっちから反響が来すぎて、オーストリアのままでいくらしい

448 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 05:32:42 ID:???
ウィーン金貨とカンガルー金貨はどっちも売れてるね。
確かに紛らわしい国名。

449 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 05:39:20 ID:???
オーストラリアは「アウストラロピテクス(南の猿人)」のアウストラル

オーストリアは「オストラント(東方領)」のオスト

と、語源を押さえておけば間違いっこない



450 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 06:50:13 ID:???
オストアンデル

451 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 10:39:13 ID:???
>>427
とりあえず、その手の話で有名なのは、1209年のシモン・ド・モンフォール率いる
アルビジョア十字軍だな。
これは南フランスに広がっていた異端のアルビ派を征伐するために起こされた
もので、教皇特使のアルノー・アモーリは、異端であるアルビ派住民と、正統派
カトリック住民をどう区別するか?と問われて曰く
「全て殺せ、区別は主が成したまう」
と答えちゃったもんだから、さぁ大騒ぎ。
この時殺された1万の住民の内、アルビ派は500人だったという話すらあったりする。

452 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 11:04:18 ID:???
>>451
講和した後に虐殺したりしたんだっけ。
で、教皇側の指揮官が「自分は正しかったのか?」って悩んでいたら、神父が「異端者に対する
誓約は守る必要がないからOK」とかって。

453 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 11:29:23 ID:???
第一次十字軍の時もアンティオキア、エデッサ、エルサレムでキリスト教徒もムスリムもユダヤ人もまとめて皆殺しにしている。


454 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 11:31:39 ID:???
ビザンツが野蛮人と呼んだのも頷けるな

455 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 11:36:54 ID:???
第1回はマシな方じゃない?
第4回なんかスポンサーのヴェネツィアの意向でキリスト教国を略奪してまわったんだから。

456 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 11:53:36 ID:???
実際前線で戦ってる奴らはどう思ってたんだろうな
とりあえずよくわからんけど敵だからやっちまえとか
建前はキリスト教でも、敵に内通した背信者どもだからおkだとか
そんな感じなのかな

457 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 12:05:17 ID:???
>>449
「語源を押さえる」なら
「テラ・オーストラリス」(南の大陸)ではあるけど猿は関係ないだろ

458 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 14:50:37 ID:Jxy2cnzr
南の笑う人=テラワロス
でおK?

459 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 15:13:59 ID:???
>>458
え、なにいってんの?

460 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 15:38:44 ID:???
>458
おkおk! www

461 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 17:05:04 ID:???
>>458
それじゃあ「笑う大陸」だよ

462 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 17:37:18 ID:EwpbcfhS
北朝鮮は独自で米ドル紙幣を印刷しているらしい。

463 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 17:51:39 ID:???
北の十字軍という、マイナーな出来事もあるぞ。
北欧を略奪したとか。
以前に本を読んだがかなり忘れてしまった。
騎士団長ユンギンゲンの戦死のシーンとか、結構ドラマティックな内容だった。

464 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 17:52:39 ID:???
宇宙SFだとテラって地球の意味で使われてるけど、大陸って意味もあるのね。

465 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 18:20:14 ID:???
>>462
それ一枚ネタで欲しいんだけど、どこで手にはいるかなあ。
中国に行かないと無理かなぁ。

466 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 18:37:25 ID:???
>>465
冗談でも持ってるだけタイーホされるぞ

467 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 18:48:21 ID:???
>>466
そんなことは無い
知らなくて本物のドル札だと思っていたと言い張ればOK

468 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 18:57:35 ID:???
>452
なにその13課

469 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 20:57:57 ID:???
軍隊にも日常生活にも欠かせないファスナーだがトップシェアはYKK
と言うのは過去の話で現在は中国のメーカーが世界のファスナーの75%を生産していると言う
そのメーカーの名は「YQQ」

ってちょっと前にディスカバリーチャンネルで見たんだが誰かソースきぼん

470 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 22:19:57 ID:???
ヒネルトジャー

471 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 22:57:50 ID:AAJdnllQ
ヒトラーはオーストリア人

472 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 23:27:02 ID:???
そんな国はないよ

473 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 00:15:50 ID:???
>>472
http://www.austria.or.jp/index-j.html

ペーター・モーザー 駐日オーストリア大使による プレス・ステートメント

「オーストリアの公式日本語表記変わらず」

オーストリア大使館は日本国外務省に対し日本語におけるオーストリア国名の公式表記の変更を要請していないことを明らかにする。
表記の変更は専ら日本国の裁量下にあると認識している。



474 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 01:53:47 ID:???
発音ママの「オーストリッチ」にすれば金持ち国と思われて好印象なのに。


475 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 01:54:32 ID:???
>>464
エクストラテレストリアルとかか?
テラ=土→土地、陸、地球など。

476 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 01:56:18 ID:???
>>474
なんかバッグとかにされそうだ

477 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 02:06:27 ID:???
>>469
YKKの中国現地法人、上海YKKが中国市場でかなりのシェアを誇っている。


478 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 12:31:17 ID:oIVICgS2
アク禁で書き込めなかったけど、「スケベニンゲン」という
名前のパスタ屋が銀座にある。勿論、由来はオランダの
かの地。

479 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 12:38:08 ID:fg8vfK0D
行ったことあるが、イタリアンの店なのでテキトーに付けた名前なんだろうと思う。

480 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 12:54:54 ID:???
「味修行」という名の糞不味い物しか出さない飯屋が都内にある。

481 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 14:01:19 ID:???
年金暮らしの親方が整備兵で九州の特攻基地にいたそうだが、
戦後初めて階段昇る車をみて仰天したそうだ。

それがジープ(4駆)なんだけどなw 
日本軍ではジープなんてなかったろ

482 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 14:27:43 ID:???
都内で見かけた看板。
『フランス料理 バルセロナ』
なんなんだそれは。

483 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 15:11:12 ID:???
>>481
2行目まで読んで、実家の家の中にある階段を想像して、
なんて小さな車なんだと思った俺アホス

484 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 15:33:50 ID:???
>>482
写真が欲しい(w

485 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 17:52:10 ID:???
俺が修学旅行で沖縄に行った時に泊まったホテルの名前は”京都観光ホテル”だった。
いや、文句は無いんだけどね。名前意外は。

486 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 18:58:48 ID:???
>>485
修学旅行で沖縄行って到着後出た食事がジンギスカンだった俺に比べれば

487 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 19:10:15 ID:???
麻生太郎が会頭を務めたこともある社団法人日本青年会議所が
太平洋戦争史を中心とした近現代史検証報告書を発表した
その参考図書の中には「著者 小林よしのり」の名前が多数あり、
それと同じ表現等も多数見受けられる、コヴァ史観に基づく報告書である
信じられないが、本当だ

488 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 19:13:18 ID:???
あれは威勢のいいこと言ってるだけで
中身はウリナラ史観とどっこいじゃねーか


489 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 19:17:01 ID:???
「威勢のいい事」を「読者のニーズに合わせて」煽っているだけの
「単なる取材資料の整理と個人的なコメントの集合」であることにはやく気付け

490 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 19:30:59 ID:???
しかし2chでも昔じゃ
「コヴァのいう事は絶対正しい」みたいな時期があったんだよなあ・・・

491 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 19:47:32 ID:???
>>487
ジーザス・クライスト!

青年会議所の略称はJC(Junior Chamber)である

492 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 20:11:13 ID:???
>>483
階段は神社のだ。

493 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 20:15:34 ID:6lhBK0AM
>>488-490
そんな本を正々堂々と参考資料として使ってるところが驚きなの
今年はJC会頭と安倍晋三の対談なんかもやったのにねえ・・・

494 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 20:18:29 ID:???
>>473
ヒトラーが生まれたのはオーストリア・ハンガリー二重帝国

495 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 20:19:28 ID:???
JCってついこの間、会員が酔った勢いでウォッカかなんかを人間に浴びせて焼き殺した
事件起こした団体じゃなかったっけ?

496 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 20:22:22 ID:???
>>495
そう
八尾JC焼殺事件起こした
ただ、あそこはB地区だからその辺も考慮しないと

497 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 20:23:19 ID:???
>>493
関連史料の羅列としては割とよく取材出来てるとは思うが
イデオロギーの為に悪用するのは勘弁なw

498 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 21:13:12 ID:???
>>496
その辺考慮しなくてもJCなんて松竹新喜劇に出て来そうなアホボンの
ための寄り合いだろ。

499 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 21:54:59 ID:???
>>481
読んですぐ、田舎育ちの人がエスカレーターのことをそういってるのかなと思った。
だけどエスカレーターには車といえるほどのものはないし。

500 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 21:56:14 ID:???
500get!

501 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 23:15:35 ID:???
>>482
バルサ負けたね

W杯代表を10人そろえるスター軍団なのに…
相手は代表一人もいないのに…

やっぱブラジル人はすごいよ

502 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 23:29:41 ID:???
選手の質・量とも比類ないからな

503 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 07:35:09 ID:???
小林よしのりといえば、
何年前だったか、「戦争論」に影響を受けた中学生が
爆弾作って防衛医大に立てこもった事件がありませんでしたっけ?。


504 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 07:55:13 ID:???
以下のレスする奴がいる。信じられないが、本当だ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1158752031/362-363

505 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 16:37:32 ID:???
>>503
確か防衛医大の学生寮かなんかだったかな?
へたくそな字で北方領土を奪還しろとか他国になめられるなとか
そんな犯行声明文も出していた

506 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 16:46:43 ID:???
小林よしのりって以前朝生で、核武装するとしてNPT脱退しなければいけないし
アメリカは許してくれないよどうするの?って質問に対して
「アメリカを説得するんですよ」という到底現実的でない提案をしてたな
これって結構2chでも盛り上がっていたネタだから知ってるやつも居ると思う。
それで今出てるサピオ読んでみたら、核武装の議論がどうのこうの自立手段だとか何とか
どうやら自分の言ったことを忘れてるみたいだな

507 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 19:31:43 ID:???
同人コミケ板(当時)より
719 名前:ぷくこ c200251.ppp.asahi-net.or.jp 投稿日:2001/07/20(金) 23:36 ID:3PCnzL6M
27歳なのでまだ若いです。
バカ映画じゃないですよ?
まあまあいい映画だったです。
海軍って、陸地でも戦うって知ってる?
飛行機も別に空軍だけじゃなく、陸軍も海軍も飛行機を持ってて、
それぞれ管轄が違うんですよ。
いちばんのエリートが海軍。
だから海軍のパイロットといえば、超エリートなんだよ。

736 名前:ぷくこ c200251.ppp.asahi-net.or.jp 投稿日:2001/07/20(金) 23:43 ID:3PCnzL6M
第二次世界大戦の話です。
パールハーバーは、ハワイの真珠湾での戦争の話ですよ。
でも、そもそもなんで戦争がはじまったの?
今日は人が多くて、聞きたくても聞かなかった。

750 名前:ぷくこ c200251.ppp.asahi-net.or.jp 投稿日:2001/07/20(金) 23:46 ID:3PCnzL6M
アメリカは、ほんとは戦争を回避したくて最後まで頑張ってたらしい。
日本が友好的な振りしてだまして安心させてて奇襲をかけたんだよ。
その部分は、みてて同じ日本人として恥ずかしいと思った。


508 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 19:32:55 ID:???
784 名前:ぷくこ c200251.ppp.asahi-net.or.jp 投稿日:2001/07/20(金) 23:53 ID:3PCnzL6M
日本って一度も占領されたことがないんですよね。
これは凄いことだと思う。

809 名前:ぷくこ c200251.ppp.asahi-net.or.jp 投稿日:2001/07/20(金) 23:58 ID:3PCnzL6M
近代史はこの映画を観るまで、興味すらなかったんです(汗
アメリカが敵だとはマジで知らなかった。

891 名前:ぷくこ c200251.ppp.asahi-net.or.jp 投稿日:2001/07/21(土) 00:16 ID:pDrFZVM6
そういえば映画の中で、原爆の事が出なかったですね。
あれも、きちんとした理由がありそう。
アメリカだし。

946 名前:ぷくこ c200251.ppp.asahi-net.or.jp 投稿日:2001/07/21(土) 00:30 ID:pDrFZVM6
パールハーバーは、今日の映画でしか知らないけど、嘘じゃないと思う。
朝のマターリした時に奇襲をかけて、何万人も殺した日本軍はよくないと思った。
また奇襲をやろうとしてたから、日本に原爆が落とされたのなら、それは
しょうがないと思う。

989 名前:ぷくこ c200251.ppp.asahi-net.or.jp 投稿日:2001/07/21(土) 00:41 ID:pDrFZVM6
日本はなんでハワイに原爆を使わなかったの?
原爆って、普通の爆弾(なのか?)とどう違うの?


509 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 19:46:07 ID:???
さすがにネタだろうこれは・・・

510 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 20:16:24 ID:5femmtBq
久々に「信じられないネタ」だったね。

511 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 20:26:37 ID:???
>>509>>510
ネタじゃないよ(w
軍板の映画パールハーバースレまで出張して来てたよぷくこタン

512 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 20:37:51 ID:???
これは馬鹿な振りして構ってもらいたいだけの人種だろ

本物の馬鹿なら趣味カテゴリに埋もれた軍板の
更に埋もれたパールハーバースレにわざわざ出張とか
ありえないから


513 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 20:42:39 ID:???
事実なんだからしかたない。

514 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 20:44:09 ID:???
http://teri.2ch.net/tubo/kako/995/995643516.html

515 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 20:50:31 ID:???
某研やだつおのひしめくこの軍板では
馬鹿が一匹わいたところで何も不思議ではない


516 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 20:56:19 ID:???
涙でモニターがぼやけた。

517 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 22:00:26 ID:???
腐女子脳の悲劇だ。

518 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 23:49:43 ID:???
>>507
また、懐かしい物を引っ張り出してきたな。(w

519 :名無し三等兵:2006/12/19(火) 00:21:08 ID:???
電脳ってことは側頭葉のシベリウス裂に電極刺してビリビリやってる人ですかの?

520 :名無し三等兵:2006/12/19(火) 00:59:28 ID:???
ぷくこ って有名な自称ネットアイドルじゃん
顔が話題になったけどね。

521 :名無し三等兵:2006/12/19(火) 07:14:54 ID:???
虫が飛んでいたのでインテリアとして置いてあったM203の砲弾で潰したら
爆発して片腕が吹っ飛んだ人がいる

522 :名無し三等兵:2006/12/19(火) 11:27:40 ID:???
ttp://www.afpbb.com/article/1174867

誰だよ、このプラカード作った奴は。

523 :名無し三等兵:2006/12/19(火) 12:20:05 ID:???
>>522
OK吹き出さずにはいられなかった

524 :名無し三等兵:2006/12/19(火) 14:13:12 ID:???
え?コラじゃないの?

525 :名無し三等兵:2006/12/19(火) 14:59:06 ID:???
むしろぷくこの顔がコ(ry

526 :名無し三等兵:2006/12/19(火) 17:56:14 ID:???
>>507-508
このログ久々に見たなw
リアルタイムで見たときは自分の目を疑ったが

527 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 05:40:09 ID:zOj01ZaG
電車の中でカップルが硫黄島映画見た帰りらしく、会話をしていた。
女「で、硫黄島って磁石が狂ったりするんでしょ? やっぱり霊とかあるのかなぁ」
男「そうだよ。心霊スポットで有名なとこだろ」
女「どうして硫黄島っていうの?」
男「強い硫黄でできているから」
なんて会話を延々と続けていた。怒付いてやりたくなった


528 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 06:56:13 ID:???
もしかしなくても単斜硫黄と斜方硫黄の強さの話じゃなーい!

529 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 07:28:05 ID:/bb0f8a1
>521
あったねー。去年位の話だったっけ?

530 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 08:02:40 ID:???
信じられないが、本当だ
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1166518329/l50

531 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 11:48:45 ID:???
森昌子と森進一が同じ回で歌うのか
ttp://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/20061220et01.htm

532 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 11:50:05 ID:???
>>531
それ、あいうえお順

533 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 12:45:17 ID:???
どうやったら硫黄島が心霊スポットとして有名になれるんだ...自衛隊員の口コミか?

534 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 14:32:08 ID:???
>>533
遺骨回収ボランティアの間では有名な話。

535 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 14:40:17 ID:???
なんで東京大空襲や広島原爆の幽霊がでないんだろうな?
数で言えば数十倍なのに

536 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 15:34:45 ID:???
広島や東京みたいに戦後に都市が発展して、世界第2位の経済大国になった姿を見ていないから
硫黄島出身ではないので、故郷に帰りたいから
女性がいないから



537 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 15:38:21 ID:???
>>535
都会での自殺が多いのは、空襲で死んだ人の
幽霊を見てしまうからです(嘘

538 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 19:00:41 ID:???
>>535
 数で言えば、有史以来何人の人間が死んでいるだろう……そう考えれば、誰でも
どこでも幽霊が見えても不思議ないと思うのよね。
 ちなみに、幽霊もUFOも見たことありません。宇宙人は可能性としてありとは思うけど、
オカルトは否定派(不思議な事をオカルト的に説明つけてOKというのは安易で下品と
思うのよ。不思議なままに受け止めればいい)。

539 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 19:18:49 ID:???
霊界では人口が増えすぎて社会問題になっています

540 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 20:04:29 ID:???
霊界に行ってないから不可解な現象が起こる訳で

541 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 20:19:38 ID:wxGZ2R0y
宇宙人はいる分けないと思ってるやつって、自分を何様だとおもってるんだろね。

542 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 20:30:02 ID:???
サラセン人やクリンゴ星人は実在するんだぞオマエら

543 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 21:04:32 ID:???
自称霊感が強くて自殺者の霊に憑依されちゃって困るとか言ってる奴が
自殺の名所中央線で普通に通勤通学してるようなもんか?

544 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 21:13:33 ID:???
幽霊が写真に写るなら僅かながら質量があるってことだ
今までに死んだ人間が幽霊となっているならば
そのうち地球が押しつぶされますよ

545 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 21:15:10 ID:wxGZ2R0y
俺なんかスポックっていwれてたんだぞ

546 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 21:19:52 ID:???
俺はピッコロ

547 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 21:31:04 ID:???
オレ、ポロリ。

548 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 21:49:36 ID:???
ポロリ有り!か

549 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 21:57:42 ID:???
俺の叔父さんはベジータの声の人だよ。

550 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 22:01:36 ID:???
じゃあおれはじゃじゃ丸担当ですか

しかしおれはゴロン太のほうがいいのです。

551 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 22:03:42 ID:???
ゴロン太ごろごろタコ焼き食べて〜♪

わかる人は三十代以上。

552 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 22:07:36 ID:???
>>535
地元では、戦没者の幽霊の目撃情報があるよ。例えば、広島の某女子校(犠牲者が多かった)
では、ボロボロのもんぺ姿の女学生の姿が度々目撃されたりとか。深川でも、防空頭巾姿の親子
連れの目撃話とかある。

553 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 22:08:23 ID:???
>>552
軍事的に幽霊の存在を証明してこいよ。

554 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 22:28:49 ID:???
>>552
軍事的にいうと、靖国神社があるので証明簡単

555 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 22:32:24 ID:???
オマエ馬鹿…つーか精白だろ?薬なに飲んでる?

556 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 22:36:16 ID:???
軍事的に証明って要するにお偉いサンが「いる」って言えばOKってこと?

557 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 22:37:04 ID:???
著名政治家の多くが祟りを恐れて毎年参拝するほど英霊がいっぱいいるしな靖国

558 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 22:57:03 ID:???
まぁでも政治家が怖いのは票なんだけどな。

559 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 23:30:20 ID:???
んでまぁ最後にゃあつーいお茶が一杯怖い、と。

560 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 23:50:51 ID:???
じゃ、冷めたお茶を……
つーか、猫舌なんで熱いお茶が飲めん。

561 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 00:47:41 ID:???
コーヒー好きだが熱い一杯で火傷する
ラーメン好きだが食べ終わる頃には伸びている
おでん好きだが餅巾着かじると熱い汁に迎撃される

562 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 02:36:35 ID:???
靖国の英霊を尊敬できないバカは日本から消えろよ

563 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 03:55:52 ID:???
             . ィ
.._ .......、._    _ /:/l!
 :~""''.>゙' "~ ,、、''‐'、|         _    またまたご冗談を
゙、'、::::::ノ:::::::_,.-=.  _〜:、         /_.}'':,    
 ``、/:::::::::__....,._ `゙'Y' _.ェ-、....._ /_゙''i゙ノ、ノ
 ,.--l‐''"~..-_'.x-='"゙ー 、`'-、 ,:'  ノ゙ノブ
"   .!-'",/  `'-‐'') /\ `/ でノ-〈
 .-''~ >'゙::    ‐'"゙./  ヽ.,'   ~ /
   //:::::       ',    /    ,:'゙




564 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 06:28:56 ID:???
少なくとも東條英機は英霊じゃないな、疫病神だ。

565 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 11:33:52 ID:Aj1nwP+g
東条英樹の子孫の俺が通りますよ

566 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 11:53:51 ID:???
>>562
それだと一億人近く消さなきゃいけなくなる気がする
尊敬してる人間なんていったいどれくらいいるんだよ?硫黄島が何のことかわからない人間までいるくらいの日本で

567 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 13:35:38 ID:???
まず「靖国の英霊」という存在そのものを知らない人が大多数であるので
それは差し引かねばなるまいよ

568 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 15:32:37 ID:qPakRPZ9
>>565
なんか言えよ

569 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 15:50:11 ID:???
>>521
よく片腕で済んだな……

570 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 16:32:31 ID:vI7xD0Gj
あの本間て 本間司令官の息子ですが…!

571 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 16:40:25 ID:???
東條hyde機

572 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 17:06:37 ID:???
ttp://www.youtube.com/watch?v=Zr3_9u5SD80&mode=related&search=

573 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 17:20:07 ID:???
>>570
マジか
ソースは?

574 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 17:44:58 ID:???
前世占いで
あなたは名参謀辻の生まれ変わりですよ
といわれた俺の未来は前途洋々

575 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 17:47:21 ID:???
>>574
前世の業で散々な一生を送らないようになw

576 :名無し三等兵 :2006/12/22(金) 18:48:09 ID:???
>>574
>俺の未来は前途洋々

12/24の予定も前途洋々?

577 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 19:07:15 ID:???
>>574
インドシナに旅行する時は気をつけろよ

578 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 20:14:45 ID:jb8fOCyB
宇宙人はいる分けないと思ってるやつって、自分を何様だとおもってるんだろね。

579 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 20:25:20 ID:???
>578
どうした?何を突然!?
話題のフリ方が唐突すぎるぞw

580 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 20:32:50 ID:???
名物の誤爆であろう

581 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 20:36:21 ID:vI7xD0Gj
噂の本間さんは 日本陸軍本間司令官の息子ですか!

582 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 23:54:43 ID:???
>>538
>  数で言えば、有史以来何人の人間が死んでいるだろう

アーサー・C・クラークが、小説版”2001年宇宙の旅”(1968年)の序文で、およそ1000億と書いていたが…

583 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 02:31:53 ID:???
>>470>>450
ヒネルトジャー・オストアンデル提督?

584 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 20:15:04 ID:???
平賀源内でググれ>>583


585 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 20:17:07 ID:???
トルクメニスタンには軍隊は存在しない。

だが相互条約で緊急時には同盟国であるロシア軍がトルクメニスタン警察(警察官は自動小銃標準装備、戦車・ジェット戦闘機保有)と共同で国土を防衛する。

586 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 22:57:57 ID:???
ほんまかいな!

587 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 23:02:31 ID:???
>>585
>トルクメニスタン警察(警察官は自動小銃標準装備、戦車・ジェット戦闘機保有)

コスタリカみたいなものか。(w

588 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 23:19:28 ID:???
「中国で百人切りしました すごいっしょ 記事にしといてね」   ∩( ・ω・)∩ ∩( ・ε・)∩ばんじゃーい

東京日日(現・毎日)の新聞記事になる

(大戦中)将校の自慢話 ( ´ω`) ( ´ε`) オレタチスゲェダロ
「百人切りの歌」を作ってもらう。

(敗戦・軍事裁判) ( ゚ω゚ ; ) ( ゚ε゚ ; )ヤパーリ ヤッテナイナリ イヤ..セントーコウイナリ
判決「戦闘で斬れる訳ねーだろ。捕虜や農民を斬ったに違いない」

処刑 ( *ω* ) ( *ε* ) 遺書「書いた事に間違いはないのですが、曲解です・・・」

戦後しばらくして朝日に載る

ウヨが南京大虐殺否定論に利用しようとする。 そのせいでまた有名になり、遺族がキレる。

ウヨが便乗して訴訟へ

捕虜や農民の据え物切りだったとの証言がでる。 m9( `・∀・´)ヤブヘビ
百人斬りを自慢した手紙を故郷に送っていたことがわかる。

第一審棄却

原告が控訴 控訴審で稲田弁護士が地裁裁判官を中傷 → 審議打ち切り → 1日で敗訴

原告が上告

駄目押しの棄却

稲田弁護士逃亡←いまここ

589 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 23:26:58 ID:???
>>586
1995年に国連でトルクメニスタンは永世中立国として承認されると国軍を放棄している。
警察の主な任務は国境警備と石油施設の警備であり思想統制はしていない、
だから独裁者ニヤゾフ大統領がやってることはメチャクチャでも国民から支持されてる。


590 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 23:48:44 ID:???
高度に発達した警察は、軍隊と見分けが付かない。

トルクメニスタンのは警察と言っても、「国境警備」ってことは、交戦権があるってことだろ?
そう言う点においては、軍隊と言っても差し支えないよな。
準軍と言うか、コーストガードみたいな物だろう?

591 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 00:14:26 ID:???
トルコ行進曲はモーツァルトが作曲したのとベートベンが作曲したののふたつがある。

592 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 00:16:05 ID:???
もう次からは旧軍をコケにしてネトウヨをプギャーするスレでいいよ。

593 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 00:16:08 ID:???
>>590
そんなこと言われてもトルクメ憲法で軍事力を放棄してる。
警察です。陸上警察に航空警察。

594 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 00:17:50 ID:???
>>591
多分2つどころじゃないとオモ

595 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 01:03:32 ID:???
>>593
そのうち時空警察と宇宙警察も創設するんだろ?

596 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 01:33:01 ID:???
侯景という中国の武将は、宇宙大将軍を名乗った。

597 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 09:23:36 ID:???
>>596
名称と結果のギャップが凄いな。

598 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 11:28:34 ID:???
トゥルルル、トゥルルル・・・・

女「もしもし、いきなりごめんね。

  クリスマスイブって... 暇 ? 」

俺「えッ!?う、うん暇だよ!」

女「あはっ、やっぱりーwww」
(後ろで多人数の笑い声)

ガチャ、ツー、ツー.................


信じられないが、本当だ
誰か嘘でもいいから夢だと言ってくれ・・・・・・・・・・・・

599 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 12:03:28 ID:???
>>598
おまいは、今、泣いてイイ



600 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 14:11:19 ID:???
いいコピペだ、時節にも合ってる。

601 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 15:00:29 ID:???
・゚・(゚´Д`゚)・゚・ウワァァン

602 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 16:36:54 ID:???
>>598

只今より、軍板住人の総意により、 >>598を名誉の戦死と認め、2階級特進とする。

総員、かかげー筒!!

603 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 16:50:41 ID:???
マスかきやめ!パンツあげ!

604 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 17:26:44 ID:???
パンツを高く掲げよ!突撃隊は行進する!

605 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 18:26:48 ID:???
尺余の銃も武器ならず
寸余の剣恥じばかり
マスかきここに二十年
鍛え鍛えし男魂

606 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 19:31:46 ID:???
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200612210031.html
当番兵!シャンパンを開けろブタめが死んだぞ。

607 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 20:20:44 ID:???
ちょっと上のレスもみないのか。
死ぬのは貴様が先だ。

608 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 21:37:08 ID:???
いーや貴様だ!

609 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 22:25:04 ID:???
>このほか、大統領令として、金歯やテレビ司会者の化粧、若者のひげを禁じたり、首都以外の病院や図書館を閉鎖。自由な発言は許されておらず、特に大統領に関する批判などは処罰の対象となっており、人権団体や欧州社会からは、強い批判を受けていた。

で、どこが思想統制してないわけ?

610 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 23:07:11 ID:???
トルク高めにしたん

611 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 19:14:07 ID:???
>>609
取り締まりがないのだよ。

612 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 19:33:18 ID:???
>処罰の対象となっており
取り締まりがないのに処罰されるとはこれいかに。

613 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 20:34:37 ID:5lZCQk2g
取りつくしまがないのだよ

614 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 21:13:57 ID:???
つまり、>>606のリンク先は、かの国の指導者に不利な国際世論の形成を意図したもの、ということか?

615 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 23:20:48 ID:???
>>614
トルクメニスタンの秘密警察の手先さん乙です。


616 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 01:08:54 ID:???
今日CD屋に行ったらフルトヴェングラー指揮、交響曲第9番「合唱」の
「総統生誕祝賀会前夜祭」ライブ盤を発見。

「よくこんなもんあったな・・・」と。


617 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 02:20:15 ID:???
>>616
でまた、「よくこんなややこしいもの出すな・・・」と。

618 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 02:32:29 ID:???
クラシックはよく分からんのだが、同じ楽譜でも今と昔では演奏スタイルが違うのか?

619 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 03:04:42 ID:???
>618
俺も詳しくは知らないが、演奏された時代によって解釈が違う箇所があるらしい。
後で弟子が作っちゃった箇所があるとかないとか。要するに、楽譜自体が微妙に違うみたい。

で、安かったから買って来たんだけどね。演奏はベルリンフィルで、録音は1942年4月19日。
太平洋じゃ赤城がまだ健在で、欧州じゃもうちょいで第二次ハリコフ戦って時期。
演奏云々とか、フルヴェンが云々ってのはよくわからんのだが、とにかく音質が酷い。
でもまあ、このノイズを歴史の味だと思えれば結構楽しんで聴ける。
年末だし、安かったんで(1980円)後悔はしていないw

2004年発売で「Never before released!」だそうな。

ttp://www.eurojapantrading.com/CD/ARPCD0270.htm


620 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 04:20:30 ID:???
作曲されてから何十年何百年もたつと、廃れてしまって演奏家のいない楽器がでてきたりする。
それを似たような音の楽器に置き換えたら、音量のバランスが崩れたり、果ては和声が破綻したりするので、
うまいこと編曲して、まともな楽曲に直す。

例えば大バッハの作品は、彼の死後100年ほど忘れられてて、メンデルスゾーンによって発掘されたんだけど、上記のような理由で大幅な編曲が行われている。


621 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 04:35:56 ID:???
>620
なるほどねえ。初期のピアノなんて、音量出ないもんな。



622 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 06:11:56 ID:cNik3Yo8
うーん、音量を絞れば当時のままの音になるの?

623 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 07:03:06 ID:???
音量云々のレベルじゃない希ガス・・・>ピアノ
てかバッハの時代ってまだチェンバロとかクラヴィコードなんじゃまいか

624 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 13:13:35 ID:???
大バッハの時代でオリジナル演奏が可能なのは声楽とパイプオルガンぐらいでは?
管楽器も弦楽器も鍵盤楽器もその後の進歩で「オリジナル」当時の楽器や演奏法が
残ってないので、丸ごとオリジナルを再現しようと思うとクラシック以前の古典楽器の
復活から始めにゃならん。

いわゆるグランドピアノの原型が発明されたのは17世紀。大バッハの死の前年に、
本人がまだ一般的でなかったこの楽器を触った、という記録がある。

最初からピアノがあった時代の作曲家はモーツァルト以降という事になる。

625 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 14:27:00 ID:???
漏れはジャズ好きなんだが、ジャズ奏者にも昔はクラシックを齧っていたという人々は多く、
しばしば、「プレイ・バッハ」「プレイ・モーツァルト」などと題して、
スコアをジャズ風にアレンジして演奏するライブや演奏を収めたレコードがある。
>>620の「うまいこと編曲」の一つに分類できるだろうか。

もっとも大きな特徴の一つであるアドリブなどのおかげで、
「名曲はなく、名演奏や名盤があるのみ」
としばしば言われる世界なので、オリジナルのクラシック演奏と聴き比べると
「ちょwwwおまwwwwアレンジしすぎwww」なものもないわけではない。

626 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 17:05:53 ID:???
札幌で毎年クリスマス前にやっているミュンヘン クリスマス市
店員の外国人は、もちろん全員がドイツ人
と思いきや、実は中にはロシア人の店員がいたりするwww

以上、軍事関係なくてスマナイ

627 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 17:56:10 ID:???
ロシア人とアメリカ人は存在がギャグに見えるから困る

628 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 18:06:19 ID:???
>618
ベートーベンの場合はとんでもない悪筆で、楽譜を彼専属の職人(写譜師)に清書して
もらわないと誰にも読めないようなものだったらしい。しかも出版社が誤植しても、
うるさく訂正を催促する場合もあれば放置する場合もあり、出版されてから楽譜を
改訂したりもしてるので、「ベートーベンの楽曲の正確な楽譜」を作るのは魑魅魍魎の
世界になってるんだとか。

629 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 18:28:00 ID:cNik3Yo8
石原慎太郎もそうらしい。
出版社には石原専用の解読係がいたとか。

630 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 20:03:08 ID:???
>>626

千葉にある「東京ドイツ村」は、従業員が全員日本人。

東京でもなきゃドイツでもない。


631 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 20:04:12 ID:???
昔、東京ドイツ村のスレがあったなぁ。
当然のことながらネタスレ化してなかなか面白かった。

632 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 20:48:49 ID:???
>628
一瞬、「ベートーヴェンは目が見えなかったから仕方ないな」と思ってしまったw

>629
石原じゃないけど、時間ぎりぎりなんで作家が直接印刷所に持っていったら、
「こんなもん読めっこねえだろボケが。今度書いたやつに丁寧に書けとよく言っとけ!!!」
的なことを言われて、酷く傷ついた女性作家がいたらしい。


633 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 20:53:43 ID:???
第二次大戦中のフランス軍に

ウンチージェ

という指揮官がいる。

634 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 20:55:13 ID:???
>633
プチャーチン提督が日本に来たときの艦長の名前は

ウンコスキー

635 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 20:58:41 ID:???
ウンコフスキーだろう。

636 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 21:53:03 ID:???
沖縄は宮古島にもドイツ村があるけども。
かつてのドイツ植民地南洋諸島を想像するにはいいかもしれない。
言ったことないけれど。

637 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 22:09:51 ID:???
第二次大戦中にドイツ軍は自爆猫を開発したが、敵の所に行かず
友軍の所に帰ってきて爆発する事例が多数出たため、作戦中止。
数百匹の猫は反逆罪でアウシュビッツ送りにされた。

これは、嘘のようだがマジな話。

638 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 22:26:25 ID:???
という嘘

639 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 22:29:45 ID:???
>>636
あそこは、沈没ドイツ船を助けた縁だったとか。
まあ、俺もダイビングに行って最初に聞いたときは、「はぁ?」だったが。

640 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 22:44:59 ID:???
>>632
スレ違い続きで申し訳ないが、
「フランス革命史」で有名なトマス・カーライルは凄まじい悪筆でも有名であった。
ロンドンの出版社が、カーライルの本を出すのに、あまりの悪筆ぶりに驚いて、
わざわざスコットランドから腕利きの植字工をスカウトしてきた。
ところが、件の植字工は渡された原稿を一目見るなり、アタマを掻き毟り、
「オレはこの字を見るのがイヤで、ロンドンまで逃げてきたのに!」と叫んだ。

641 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 22:52:24 ID:???
>>632
向田邦子のエッセイにある話だと思う。
お遣いの女の子かなんかと勘違いされて、
「先生本人にはいえないけどねぇ、お宅の先生の字、詠みにくくて困るんだよ。」
てなことを愚痴られて恥ずかしかった、てなことだったと思うが。

642 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 22:56:35 ID:???
関東大震災で壊滅的な被害を受けた日本政府はその直後
遷都をマジで考えた。

遷都候補地は姫路と京城(現ソウル)

643 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 04:35:03 ID:???
>>640
凄いオチだ

644 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 04:57:32 ID:???
>>632
ロール・オーヴァー・ベートーヴェン









ベートーベンは目じゃねぇ(w

645 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 06:37:06 ID:???
ベートーベンなんか目じゃないって?

646 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 09:34:10 ID:???
悪筆と言えばカール・マルクスだろう。
彼の文字は「象形文字」と言われ、彼自身自分の草稿ですら何書いたんだか読めないことがしばしばあったらしい。
ただ、彼の奥さんのイェニーは読めたらしい?ので彼の著作の大半は彼女が清書したという。

しかし、彼は哲学博士号を持ち、職業はジャーナリストであった。




647 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 14:39:53 ID:???
ついこの間イスラエルがイスラム武装勢力を攻撃するためにレバノンに侵攻したが


同じ理由で今度はエチオピアがソマリアに対して宣戦を布告した。
信じられるし本当だ。


しかしこのことを国内マスメディアは報道していない。


http://www.cnn.co.jp/world/CNN200612250017.html

648 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 15:14:22 ID:???
>>647
朝のNHKで報道していた気がしたけど、勘違いかな。

649 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 15:51:33 ID:???
どこかしら大国が関わってないと食指が動かないんじゃないの
元々アフリカ人同士の内輪もめなんて滅多に取り上げられないし

650 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 18:04:56 ID:???
土人は勝手に死ねということですね。なんたるサベツ

651 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 18:22:13 ID:???
ソマリアやルワンダでレアメタルかレアアースの鉱床でも見つかれば
大国が介入するかも知れないが、今のところ何のメリットもなさそうだし。

652 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 18:26:39 ID:???
エチオピアって、エリトリアの独立で海港を喪ったんだよね。
ソマリア侵攻って、そのへんの思惑もあるのかしら?

653 :名無し三等兵 :2006/12/27(水) 19:45:36 ID:???
>>652

エチオピアに日本語が堪能で軍ヲタでチャネラーな香具師がいれば
即答してもらえるけど。

654 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 20:48:40 ID:???
>>653
そいつが何で日本語が堪能なのかといえばアニヲタだから…とか。

655 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 21:21:26 ID:???
>>647
読売新聞の国際面にも大きく出てるぞ。

エチオピア空軍が空襲をかけて、モガディシオ空港に被害が出てるとか。

656 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 22:26:53 ID:???
>655
エチオピア空軍と言えば、旧ソ連の傭兵パイロットだな。
スホーイが、機体とパイロットと整備士、その他機材一式全部まとめてレンタルしてるとかなんとか。

657 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 22:34:36 ID:???
イスラム法廷連合って、空軍ないんだよね?
あんな貧乏所帯じゃ対空兵器もないだろうし。
当面は虐殺状態かしら。

658 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 23:18:22 ID:???
それでもRPGとAKは腐るほど持ってるだろうから、実際に地面を確保
して敵対勢力を排除するまでには、相当の出血を強いられるのでは?
イスラム法廷側はまとまってどっかに行軍する予定もなけりゃ、原野や
海岸へ迎え撃って野戦をするわけでもない。都市そのものの攻略が
戦略目標で、そこに立てこもったゲリコマが敵という構図は、装備の
差ほどはお互いの損害の差にはならない。

まあブラックホークダウンの米軍と違って、エチオピア側も最初っから
損害覚悟で突っこむだろうから、途中で投げ出す可能性は低いけど。

659 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 23:21:25 ID:???
エチオピアは兵士の命は安そうだからなぁ。

660 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 00:01:20 ID:???
しかし、イタリア軍を悩ませたのもエチオピアだしなあ。

661 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 00:11:43 ID:???
エチオピア料理ってそんなにうまいのか?

662 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 00:38:36 ID:???
エチオピアとエリトリア間の紛争では、Su-27 VS MiG29という厨房の妄想みたいな
素敵対決もあったらしいな。

663 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 00:48:20 ID:???
エチオピア金あるなぁというかエリトリア良く飛んだな

664 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 00:53:13 ID:???
>663
金はないだろう。レアメタルの鉱山とか、そんなんじゃね?

665 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 01:13:43 ID:???
中東からアフリカにかけてソ連がくさびを打ち込もうと援助したんじゃないの。

666 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 04:32:56 ID:???
>>654
いそうでやだな。

667 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 04:34:46 ID:???
技術先進国の欧米で、終戦後、それは「これ以上抜本的に進歩しない」と思われていた。

その間に、液冷エンジンも満足に作れなかった極東の貧乏国は、
第一次大戦の戦闘機並みの速度で大地を駆ける「それ」をつくり、敗戦から19年で実用化しちまった。

信じられるか?

668 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 05:09:24 ID:???
>>666
韓国軍とかドイツ軍に実際いるからなぁ

669 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 05:25:08 ID:???
>667
F1とかMoto GPとかだな。欧米へのコンプレックスと勤勉さの賜物だな。

670 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 05:37:10 ID:???
>>669
F1とかMotoは進化しないもの、とは思われていないぽいが
1964年は東海道新幹線開通

671 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 07:04:44 ID:PXvj+7Yt
ロータリーエンジン@松田?

672 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 08:15:08 ID:???
ロリータ@ナボコフ?

673 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 10:26:15 ID:???
ホンダのF1参戦も1964年だから。
鉄道は蒸気機関車から電車への抜本的進歩があったわけだが、こと自動車のメカニズムに
関しては両大戦間に原型はほぼ出尽くしたと言える。
あとは量産技術と制御技術の進歩のおかげで、昔は高価すぎたり制御が難しかったものが
市販車搭載レベルまで降りてきている。

674 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 10:40:35 ID:CgwxsWvc
今月のMG誌の旧日本軍輸送船の連載で、アッツかキスカ辺りに運ぶ陸軍部隊を
乗せていた輸送船がアメリカの潜水艦(ガトー級5番艦)と出くわし、魚雷を打ち込まれるも
沈まず、逆に砲戦の末に敵潜を撃沈した話が載っています。

この輸送船には暴力大将でも乗っていたのかな?

675 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 10:45:02 ID:???
>>674
武装した輸送船と76mm砲1門の潜水艦の砲戦なら、いい勝負じゃないの?
安定しているだけ輸送船の方が分がいいかも。
輸送船はどんな武装だったのかしら。

676 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 10:49:48 ID:???
>>675
もちろん甲板上に搭載したチハたんの主砲を旋回させt

677 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 11:16:04 ID:???
チハで潜水艦の装甲破れるわけが(ry

678 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 13:42:52 ID:???
とある土地を巡る口論

A「てめぇ、俺らの土地から出てけよ」
B「なんだと?ここは俺らの土地だよ。おめぇらなんか来るな」
A「ふざけんなよ、俺っちの神様が、昔俺らにこの土地をやるって約束してんだよ」
B「ざけんな。ソース出してみろ」
A[おお、出してやるよ。これ(聖書)がソースだ。ちゃんと神様との契約書に明記してるだろ」
B「ざけんなよ。そんな世迷言知るか。神様との契約?なに電波受信してんだてめぇ」
A「俺らの神様馬鹿にすんのか?上等じゃねぇかおまえら皆殺しにしてやんよ!」

・・・・こんなんで、2000年戦争やってる。

信じられないが、本当だ

679 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 13:43:38 ID:???
>>674
海軍輸送船鹿野丸ですね。
相手は米潜水艦グラニオン。
確か8cm砲じゃあなかったかな。

680 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 13:50:45 ID:???
初〜中期レーガン政権が犯した最大の失敗であるレバノンMNFUへの海兵隊派遣で最初に殉職した海兵隊員は
レーガン伍長である

681 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 15:57:19 ID:???
「温度計 赤い水銀」でググって見ると・・・
信じられないが、本当にそう思ってる人もいる。

150 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)