5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ハイビジョンブラウン管TV総合スレ Part67

1 :名無しさん┃】【┃Dolby:2006/12/03(日) 23:24:17 ID:+z9kcN3A0
16:9ブラウン管ハイビジョンテレビ・ワイドテレビの総合スレッドです。

前スレ
ハイビジョンブラウン管TV総合スレ Part66
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/av/1163835690/l50

2 :名無しさん┃】【┃Dolby:2006/12/03(日) 23:27:24 ID:qS2FGxN00
// // ///:: <   _,ノ`' 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ   ,へ、        /^i
///// /::::   (y ○)`ヽ) ( ´(y ○)    ;;|  | \〉`ヽ-―ー--< 〈\ |
// //,|:::     ( ( /    ヽ) )+     ;|  7   , -- 、, --- 、  ヽ
/ // |:::     +  ) )|~ ̄ ̄~.|( (       ;;;| /  /  \、i, ,ノ    ヽ  ヽ
/// :|::       ( (||||! i: |||! !| |) )      ;;;| |  (-=・=-  -=・=-  )  |  ブラウン管は、絶滅です・・・
////|::::    +   U | |||| !! !!||| :U   ;;; ;;;| /  <  / ▼ ヽ   >   、
////|:::::       | |!!||l ll|| !! !!| |    ;;;;;;|く彡彡  (_/\__)  ミミミ ヽ
// / ヽ:::::       | ! || | ||!!|    ;;;;;;/⌒⌒⌒\  (___ノ      ミミ彳ヘ
// // ゝ:::::::: :   | `ー----−' |__// / / /⊂)   ヽ--  ___/   \
        :    ヽ_     丿


3 :名無しさん┃】【┃Dolby:2006/12/03(日) 23:30:21 ID:qS2FGxN00
■ブラウン管
 昔々、ブラウンさんが開発したとかしないとか、んなことはどうでもいい。
今は、今だ。とにかくブラウン管の欠点は、場所を取りすぎることと重量が
重いことだろう(そして色も汚い、長持ちしない)。50インチ大になると、
もはや一人では運べない。というか事故の元だ。殺人事件の凶器に・・・
なるかもしれない、そのぐらい重い。昨今では、表面が平らなものも出ているが、
平らではなく曲がった表面のものが多い。つまり、醜いもとい、見にくい。
これは、もはや時代に置いていかれた技術といっても過言ではない。

4 :名無しさん┃】【┃Dolby:2006/12/04(月) 11:00:26 ID:4krXNWpN0
動画を表示するデバイストとして一番重要な部分は応答速度であり
これが中途半端な時点で動画デバイスとして失格だ。
そういう意味で今の薄型テレビは本当に出来の悪い映像デバイスという訳。

画質面で見れば、ブラウン管に対する薄型テレビの利点は「フォーカス」だが
これはあくまで民生用で比較した場合であり、CRTモニタやマスモニなどは
液晶と遜色が無いほどシャープであり、CRTモニタは水平解像度も1000本を
超えており静止画、動画ともほぼフルHDの解像度を誇り、動画の解像度では
フルHDの薄型を余裕で超えている。

ちなみにPDPのMPRTは8ms、LCDは16〜18でインパルス駆動で10ms。
完全に残像が無くなるMPRTは5.7ms。CRTは2.5〜4msで応答速度はμsと言う超高速
応答速度。これを見れば分かるとおりまだまだ動画ではCRTが最高だと言うこと。
ttp://www.nanosoftware.co.jp/MotionArtifact/information/FPDinternational20051021.pdf


そのほか、薄型はコントラスト比でもブラウン管に負けている。
CRTのコントラスト比は10000:1〜100000:1。
薄型はPDPやリアプロ、プロジェクターで最高で10000:1程度でLCDは最高で2000:1。

あと、CRTの最大の利点はアナログ故の無限の階調特性。薄型はまだまだCRTの
階調表現には達していない。

結論としては現時点では総合画質で薄型はCRTにボロ負けしていると言うこと。


5 :名無しさん┃】【┃Dolby:2006/12/04(月) 11:51:30 ID:Ydu+7393O
SHARP 32C-PB500

6 :名無しさん┃】【┃Dolby:2006/12/04(月) 22:58:43 ID:qLsHo0z40
minnna------------------

7 :名無しさん┃】【┃Dolby:2006/12/23(土) 08:53:31 ID:rsFqiFWL0
■SEDは製作者の想いが伝わる感動画質に

この写真では伝えきれないが、女性の肌の表現がすばらしい

今回SEDの画質を見て特に強く感じたのは、高画質を超えた映像の圧倒的な訴求力、エネルギーだった。これからは画質を形容する言葉が変わっていくのではないかとも思えた。
階調とか解像度とかいうタームではおさまりきらない、映像の深み、人間性、凋密さ、本物感こそ、論じなければならない時代がやってくる。


特に女性の肌の表現が非常にスムーズで、シャドウから明部に移るときのグラデーションのうつろいとたたずまいの細かさの表現は、
これまでのすべてのディスプレーデバイスと比較して、体験したこともないレベルであった。
それはコンテンツが持っているリアリティを素直に、そして濃密に表出していることといってもいい。



スペインの港町のロングの夜景シーンでは、暗闇の中で地上の街灯がきらめくように光っていた。港の水面も怪しくきらめいていた。同じライトでも照明のライトと車のヘッドライトの色の微妙な違いがわかる。

漆黒な黒の中に、白ピークがきわめて尖鋭に立ち上がっている。
ダイナミックレンジが極端に広い映像なのだ。


この夜景の映像で分かったことだが、SEDは撮影者の意図をそのまま再現している。漆黒とライトの対比こそ、ここでの場合の撮影者の意図であり、
それを本物以上のリアリティで伝え、観る者を圧倒的な臨場感の世界に誘う。
まるでそこにはディスプレーというメディア機器はなく、あたかもコンテンツをダイレクトに眼前に見ているかのようなスーパーリアリティさえある。

これぞメディアの理想の形ではないかと思う。

SEDは薄型TVの「レクサス」――圧倒的高画質は折り紙つき
http://it.nikkei.co.jp/digital/news/index.aspx?n=MMITxw000017102006&cp=1

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)