5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ハイオクガソリン総合 Part.11

1 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:2006/05/21(日) 02:55:16 ID:HjgjrcG30
ハイオクガソリンについてマタ〜リと語る11缶目です。

・各社ハイオクガソリンのWebページ
ttp://kygnus.jp/products/highoc.html キグナス石油
ttp://www.cosmo-oil.co.jp/ss/magnum.html コスモ石油
ttp://www.j-energy.co.jp/station/products/fuel/ JOMO
ttp://www.showa-shell.co.jp/products/shellpura/index.html 昭和シェル石油
ttp://ss.eneos.co.jp/product/vigo/index.html ENEOS
ttp://www.taiyooil.net/company/product/product.html 太陽石油
ttp://www.tonengeneral.co.jp/tonengeneral/products/difference.html 東燃(ゼネラル/Esso/Mobil)

※以下は製品情報はありません。
ttp://www.idemitsu.co.jp/index_f.html 出光

・前スレ
ハイオクガソリン総合 Part.10
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/car/1140779273/l50


886 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:2006/08/29(火) 18:03:20 ID:h1Ntwku40
こんなページもあるね。一応学術的な内容なのかな?

ttp://www.mech.nitech.ac.jp/~thermal3/car_related.html

○石油系の燃料の単位重量(質量)あたりの発熱量は,各種ガソリンのあいだだけでなく,
 灯油や軽油などを含めて,ほぼ同じだということです.
○ガソリン,灯油,軽油など,それぞれの燃料の比重 (密度) はかなり違います.これらの
 燃料は液相で販売されていますが,それらを重さで買うのではなく,液の容積を単位
 にして売られているものを買います.
○比重(密度)は,レギュラガソリンで 0.73,プレミアム (ハイオクタン) ガソリン 0.77 くらい
 のようです.
○レギュラガソリンとプレミアム (ハイオクタン)ガソリンとでは,比重は 5 % 異なりますから,
 リットルあたりの価格の差がもし 5 % なら実質的な値段の差はないことになります.

887 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:2006/08/29(火) 20:19:24 ID:YOyjCI5F0
>>885
自分が理解できないからって勝手に釣りにすんな。

>>886
実はその記述も正しくないというか古いです。
ハイオクとレギュラーの比重はJISの規格では区別がなく(規格は0.783以下)
一般のレギュラーは0.73程度が目安とされてますが
ハイオクは0.77とか0.78あるのかというと「今はそんなに無い」んです。
実はイソパラフィン系炭化水素の比重は0.694〜0.72しか無いんです。
国内ガソリンは10年ぐらい前にアルキレート化(イソオクタン精製)に移行してるので
ハイオクの比重はレギュラーより「軽いか精々同じぐらい」です。
以前は芳香族炭化水素(比重0.865〜0.884)を生ガソリンに混ぜてたんです。
キシロールとかトルオールは120相当ぐらいのオクタン価なので
比重0.7〜0.75程度の80オクタンの生ガソリンに2:3で混ぜれば
96オクタンで比重は約0.78になったわけで、JIS規格もこれをベースにしてるんです。
ちなみに芳香族入りの旧ハイオクの熱量は重量当たりで11,000弱ぐらい。
イソオクタンが比重0.71で11,400ですから
容積あたりの熱量は芳香族混じりのほうが悪いです。

248 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)