5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★★★★★タカツカヒカル★★★★★

535 :世界の中心で、愛をさけぶ:04/09/04 23:52 ID:PJsYWDey

「もう疲れちゃった。治療の苦しみに耐えることにも、病気のこと考えるのも。
わたし、朔ちゃんと2人で世界一きれいな青空を見に行きたいな・・・」
アキは日ごとに弱っていった。髪はほとんど抜け落ちていた。身体のあちこちに
小さな紫色の出血斑が出ていた。ぼくらにもうためらってる時間なんかないんだ。
アキをオーストラリアへ連れて行く!こんなところでアキを1人で死なせない!
 
ぼくは航空会社のカウンターへと向かった。もう何もかも振り切ってしまいたい。
アキと一緒にオーストラリアへ行く。アキに世界一きれいな青空を見せてやる。
怖いものなどもうなかった。前だけをみていた。そのとき、後ろで物音がした。
振り返ってみるとアキがソファの下に倒れこんでいた。
 
「アキ」
 
駆け寄ったときにはすでに周りの通行人も何人か足をとめて、集まり始めていた。
抱きかかえたアキは鼻と口が血で真っ赤になっていた。もう間に合わないのか?
何もかもが音をたてて崩れていく。アキと結婚することも、幸せに暮らすことも、
そして、たったひとつ最後に残されたオーストラリアへ行くことすらも・・・。
 
「たすけてください! たすけてください!」
 
空港の係員がタカツカ氏をつれてやってきた。アキの手にタカツカ氏の手が乗ると、
アキはかすかに目を覚ました。引き続き、タカツカ氏は血で真っ赤になったアキの
口、鼻、と順に手をかざしていった。不思議なことにアキの出血は止まったのだ。
 
ぼくとアキはその後、定期的にタカツカ氏のヒーリングを受けるようになった。
驚くことにアキの腕や足から紫の斑点は次第に消えていき、体調もみるみるうちに
回復していった。ぼくもタカツカ氏の著書や体験セミナーを参考にヒーリングを
学んだ。そして、アキはすっかり髪の毛も伸び、入院の必要すらなくなった。
 
「タカツカさん、ありがとう」

356 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)