5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

欺罔の葬送、狭山事件9th

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/04 14:26 ID:NpNULPYI
■前スレ■
驟雨の失踪、狭山事件8th
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1080906018/

狭山事件って何?って人は、ここを御一読下さい。
ttp://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/sayama.htm

過去スレ、関連スレは>>2-5あたり

2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/04 14:27 ID:NpNULPYI
過去スレ
××××××狭山事件××××××(2000.11〜12)21レス
ttp://mimizun.mine.nu:81/2chlog/occult/piza.2ch.net/occult/kako/975/975464201.html
狭山事件(2002.2〜7)
ttp://de.geocities.com/zeroyaruki/sayama/sayama01.html
底知れぬ暗黒、狭山事件2rd(2002.7〜10)
ttp://de.geocities.com/zeroyaruki/sayama/sayama02.html
狂気の迷宮・狭山事件3rd(2002.10〜2003.1)
http://hobby2.2ch.net/occult/kako/1034/10346/1034680074.html
殺意の因習、狭山事件4th (2003.1〜5)(html化待ち)
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/occult/1043835444/
ttp://ruku.qp.tc/dat2ch/0402/20/1043835444.html (ミラー)
虚構の闇、狭山事件5th (2003.5〜8)(html化待ち)
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1053532994/
ttp://ruku.qp.tc/dat2ch/0402/20/1053532994.html (ミラー)
闇の恩讐、狭山事件6th (html化待ち)
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1060854867/
ttp://ruku.qp.tc/dat2ch/0312/21/1060854867.html (ミラー)
闇の恩讐、狭山事件7th (html化待ち)
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1069012510/

盛況氏のHP 『狭山事件を推理する』
ttp://www.geocities.co.jp/HeartLand-Poplar/6601/


3 :(´・ω・`):04/07/04 14:28 ID:jTVjxvaI
3ならうんこ食べる。

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/04 14:35 ID:JvAYbG4j
>3
感想キボン

5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/04 14:36 ID:cCSHv3Js
5

6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/04 14:38 ID:tQxlf30r
××××××狭山事件××××××(2000.11〜12)21レス
http://piza.2ch.net/occult/kako/975/975464201.html

7 :新井 泉:04/07/04 15:54 ID:RjZETkSi
>>1
スレ立て乙彼です。

盛況様
私も少々バタついております、落ち着きましたら1-531様と相談の上来月の詳細を
決めたいと思います。
現調についてのご希望が御座いましたらご連絡下さい、なるべくご希望に沿える様
段取りをいたします。


8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/04 19:11 ID:NpNULPYI
>>6
せっかく貼ってくれたのに気付かなかった。スマンヌ。

9 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/07/04 20:48 ID:wDNF9DkG
>>1乙。
 
>>7:新井 泉氏
メンバープロパーならば車出若干の補足調査、新規な現調希望あらば再度見分も
良いでしょう。暑いでしょうが、夏のサイクリングも宜しかろう。補足調査の要
点と小生の日程に就いては追って連絡致し申す。

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/05 12:13 ID:WUhShF3t
7thのミラーってないの?

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 14:07 ID:uygCi4OY
この事件、一審では否認してないんだよね。
で、唐突に二審から否認し始めてる。
証拠捏造や不当捜査があったことは間違いないけど、実際はやってるんじゃないの?
田舎特有の事情や部落問題が絡んで、問題を徒に複雑化してるだけだと思う。

ちなみに、これは個人的なエピソードだけど。
大学時代、石川無期懲役囚が釈放になった。
法学部だったし刑法のゼミだったんで、彼のことは当然に話題になった。
けど、教授やゼミOBの弁護士や司法修習生は「彼はやってるよ」と言ってたんで、ちょっと驚いた記憶がある。
アカデミックな立場にある人たちだから、当然に冤罪だと主張すると思ってたんで、余計に面食らったよ。


12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 14:28 ID:BGhdcEYv
なるほど。
石川氏の冤罪がいまだに晴れない理由がよくわかった。
こんな奴らが日本の法曹界を牛耳っていくんだな。
貴重な情報を有難う。決して皮肉でなく感謝する。

当スレを全部読み、なおかつ事件関係の本やサイトを
一通り読んでみて、それでも石川有罪説をとるというのなら、
冗談でなく尊敬に値するので、結論が出たらまた投稿
して欲しい。ぜひ。

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 16:21 ID:uygCi4OY
学生時代に判決文と本を数冊読んだ。
色々と不可解な点が沢山あるのは分かる。
判決文通りの犯行は、ちょっと難しいはず。
でも、実は別のストーリーで石川無期懲役囚が実行したんじゃないか、とも思えてしまう。
本当にやってないなら、なぜ一審での公判中に1回も否認しなかったのか?
「警察に騙されてた」と言うが、弁護士がついていて、そんなに長期間も騙されるものなのか?
「現実とは違うけど、やってることには変わりない。だから否認はしないでおこう」と考えて、あえて否認しなかったのではないか?
否認しなかった点について合理的な説明さえあれば、ボクもすぐに冤罪説になるんだが。

14 :オッサン2号:04/07/06 16:40 ID:79O7inEB
>13
いえ、さきに石川有罪説を表明したのは貴方のほうです。ここでは、自説をカキコする人は
根拠を示しながら合理的説明をすることになっているんですよ。根拠は確かに、
「一審中で肯定していたこと」と、つけ加えれば「アカデミックな立場にある人がそう言っていたこと」
とあげられていますが、では「別のストーリー」があるとしたら、それを説明しなければならないのは、
ここでは貴方です。ぜひ、不可解な点を解明して見せてください。
まず、5月1日におけるY枝さんの行動(誰かと待ち合わせをしていたような風情だったと伝えられる)と、
石川氏の初めの接点あたりから聞かせてください。

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 16:55 ID:BGhdcEYv
>>13
うーん。煽りでなくマジだったのか…
これはちょっと深刻だな。
事件の関係書を読んだ法学部卒の人がこういう考えかたを
しているとは…

石川氏が逮捕後、1ヶ月の否認を経て長谷部警視らの奸計に
篭絡され、一審で自供を維持し続けたところに、この事件の
異様さと本質が隠されている。

とりあえずお勧めする本は「狭山事件・別件取調室の30日」
著者は自身があの「松川事件」の被告でもあった佐藤一氏。
石川氏が逮捕から自供にいたる経緯が詳しくまとめられている。

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 17:04 ID:fUQC1MyO
>>10
闇の恩讐、狭山事件7th
http://dempa.2ch.net/prj/page/captsuba/sayama7th1069012.html

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 17:45 ID:gKSIpsqi
最近事件の詳細を知り、初カキコです。
一番違和感があるのは、16歳(しかもおそらく犯人と合意で性交ズミ)の人質を
「子供」と称していることです。

直感の垂れ流しですが。

18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 19:04 ID:BGhdcEYv
>>17
封筒の宛名が父親宛になっているとことがミソ。
幼児であれ高校生であれ大人であれ、父親からみれば子供は子供。
犯人は、Y家を知らない風を装い、脅迫状も「少時」家の子供を狙った
犯行をY家に転用したと見せかけた。
つまり父親名宛に「子供」と書けば幼児でも高校生でもどちらにも
応用できるというわけだ。

ついでにいうと身代金持参者を「女の人」と指定しているところも、
なかなか頭を働かせている(Y家の母親はすでに亡くなっていた)。
父親の名も、いかにも人質から聞き出し発音を間違えて書いたように
思わせる工夫をしている(えいさく→江さく)。

これから判断できることは、Y家と顔見知りであることをどうしても
隠したいという犯人の意図。
父親は、それが誰であるか見破っているようにも思えるのだが。

19 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/07/06 20:24 ID:xZLS+Ixv
>>15
論者が法学部出身との事なので、ではここでは法理論的に行って見よう。
 
>>11>>13レスによれば、「確定判決通りの犯行は困難である事」「証拠捏造や不当
捜査があった事」は一応認めている。それでもなお、「一審死刑判決迄自白を維持して
いた事」から、石川有罪の別の真相があるのでは無いか、との結論。
要するに警察、検察が提出し確定判決で認定された「証拠」に証拠能力は無い事は認め
られるのだが、兎に角死刑判決が出ても自白を維持していた事が根拠と言う事だ。つま
りこの説では、本件に於ける唯一の証拠は「自白」のみと言う事になる。
 
ところで憲法38条によると「唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされ、
又は刑罰を科せられない」とある。つまり>>13レス迄の根拠=自白の維持 だけでは、
その自説で人を納得させる事は出来ない。たとえ石川受刑者が二審でも自白を撤回せず
全公判を通して自白を維持していたとしても、確定判決の有罪証拠を否定した上でも尚
且つ「有罪」を主張するのならば、論者は判決とは別の有罪証拠をここに提出しなけれ
ばならない。勿論所詮我々は捜査権限を有する訳では無いので、直接証拠を提出する必
要は無い。状況証拠と共に、>>14でも指摘されてる様に「では別のストーリー」をせめ
て展開した上で、疑似論告求刑をするのが良いだろう。
 
それをしないのならば、やはり根拠は「本人の自白」だけと言う事になり、しかもこの
自白は二審に入って以来撤回されており、これだけでは公判の維持どころかこのスレで
匿名の自説を維持する事すら困難な事は、法科出身者ならもう自明の事だろう。

20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 21:35 ID:2YPgZCaM
勉強してない法学部出身者もいるわけだな。>>13

否認しなかったことはすでに幾つかの本にでている。
それよりも問題なのが、警察が証拠をねつ造したことが明白にも
かかわらず今日まできていること。

21 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 00:38 ID:3WmOOP6M
大学の法学部のゼミって、一体なにを勉強するところ?
ぐうたら学生は仕方ないとして、教授・OB・司法修習生らが
口を揃えて「彼はやってるよ」だなんて、いくらなんでも信じられない。
どこの大学だろう?
バカデミックな立場にある人たちならそんなものなのかな?

22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 02:08 ID:TrHpX9sY
>>21
都の西北早稲田の隣〜♪

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/07 02:21 ID:yzq3wqqL
布川事件も証拠捏造か????

24 :1−531:04/07/07 03:36 ID:MeliXrdc
>>1様 オツです。

新スレ早々「石川有罪説」・・・・
アラシであると信じたいが、マジレスだとしたら悲しい。。。。

25 :6-278 ◆VJpTjOn9UM :04/07/07 06:53 ID:vwXDeL0I
>1,押忍!

新スレ早々の新説登場オメ! だけど説は言い出しっぺが説明しないとネ。それができなきゃやっぱ愚図。
Ma〜今日いちにち待ってましょう。昼間しかカキコできない人かも知れませんから。

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 15:29 ID:H2sN8Mcc
>>13
>「警察に騙されてた」と言うが、弁護士がついていて、そんなに長期間も騙されるものなのか?
この辺の石川氏の思考プロセスは、先ごろ出た鎌田慧氏の本を読むと分かりやすいかと。
というか「本を数冊読んだ」んだったら、「合理的な説明」に出会わなかったのかと
小一時間問い詰めてみたい。

27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 17:27 ID:IvLyw8V9
まあ自分が石川さんと同じ目にあってみないと、
なにもわからんのだろう。
昨今の若者は想像力、思考力、応用力に欠けておる。
というか、昔からこの手の人間はそうだが。

28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 18:36 ID:Eh4H1SNe
しかし石川有罪論が本当に論理的に語れるのなら聞いてみたい気がするな。
寺尾判事の判決文は詭弁を通り越して無茶苦茶な文章だもんな。
そういえば前スレだったかに、2chのどこかの板の過去ログが貼られていたが、
その中で石川氏が少女雑誌を参考に脅迫状を書いたという自供を証明しようと
したツワモノ(?)がいた。
このスレ見てるのなら続きをやってみないかな?
まあ、結果は見えてるが、恰好の暇つぶしにはなるしw

29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 20:25 ID:NMDV9TJe
身内側が真犯人とはおぞましい

30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 22:10 ID:pbyGP4dJ
まぁ想像するに現代でもそうだが
字が読めないというのはかなり情報や知識が入って来にくいと思う
知り合いで母親片親で字が読めなくて
子供が3人とも中卒のヤシが居てる
決してヤンキーではないが親が無知で
学校に行かせるという考えが無かったんだろう
本人が余程社交的であったりしないと情報は入って来にくいし
自分が無知なことを気にして人とあまり付き合わないということもある
石川さんもそうだったが立場の偉い者は絶対に正しいと
思い込む考え方をするヤシもいる
まして昔はテレビも無いし
現代の一般人では考えられないような無知さがあると思う
馬鹿にするつもりは無いが
警察のお偉いさんの言う事を鵜呑みにする事もありえるよ

31 :6-278 ◆VJpTjOn9UM :04/07/07 22:58 ID:vwXDeL0I
つうか、「アカデミックな立場にある人たちが有罪を主張したので余計に面食らった」と云いつつ、
ナニゲにそのアカデミック証言も根拠にしているところがまさに「お偉いさんマンセー」
行きたくても学校もロクに行けなかった石川氏だけではなく、法学部出もそう云うことか。
内容はともかくスレ初めに久しぶりの勢いを見て取って期待して帰宅したのに、
結局逃げを打つんですか。
部落差別や田舎事情が問題をことさら複雑にしていると云うから、
単純明快な真相を期待していたんだけどね。
ちなみにコレは「糾弾」ではありませんよ、ガッカリしているだけですよw

32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 23:26 ID:P/VRHROh
お初でございます、この事件のどの部分を考えてもループ
ばかりしておりまする。
確認方々質問をさせて下さい・・・長兄は裁判の中で
家で発見した自転車のサドルは濡れていなかったと証言してい
ますよね。土砂降りの中、超人的にちゃりから降りたとしてもそ
んなことがありうるんだろうか?
雨合羽を着ていたらまず無理でしょう、流れ落ちるから。
それでは普通の服でびしょ濡れになっていったとしたら、確かに
着てる服の種類によってはサドルはいくらかましかも知れない。
が、脅迫状がもっと濡れているはず。
今、写真で見ることができる封筒はかなりぼろぼろですが、雨に
打たれてもこもこぼろぼろじゃあなく、折り目もしっかり残って
います、脅迫状の文面はさのやと書きなおされた下の行に
汚れがあるのでこれがにじみかと、色々折り方を変え水の量を
変え再現のようなこともやってみましたが、あそこだけがにじむ
のはほぼありえないと思う。

やはり自転車・脅迫状の発見、刑札の初動捜査、これは雨が
降る前にすでに始まっていたんでしょうか。 

33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 23:30 ID:3WmOOP6M
やっぱり鎌田本は読んで欲しいなぁ。
石川さんが一審で自供を維持したことについて疑問を呈する人は、
石川さんが自供するまで1ヶ月もの間否認で頑張り通したことを
忘れているか知らないんじゃないか。

そんな石川氏を「転向」させた最大の要因は、兄が真犯人と思わさ
れたこと。それに別件だけでも懲役10年(これは大嘘)なのに、殺人
を認めても10年に負けてやるという長谷部警視の「温情」に感激すら
して嘘の自供をするに至った。

「弁護士がついていて、そんなに長期間も騙されるものなのか?」
って、その弁護士を敵と思い込まされていた経緯も知らないらしい。
第一、逮捕直後から警察が仕立てた「ニセ市長」やら「ニセ弁護士」
やらの「怪人物」が面会に来て「悪いようにはしないから犯行を認め
なさい」と説得していたという。
これでは誰が本当に自分の味方なのか判らなくなってしまうのも
当たり前の話。

34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 00:21 ID:Q7Dsebvv
俺も真犯人探しのほうが面白くて、冤罪問題にはあまり興味なかったが・・・

鎌田本に引用されている石川氏の「獄中日記」
独学で文盲を克服した人間が、これほどの文章を書けるようになるには、
どれほどの努力があったのだろうと考えると胸が熱くなる。
特に「私も男だ。無性に女が恋しくなる」の辺りでは落涙しちゃったよ。

街道関係は好きじゃないが、この本によると功績があったことは事実。
ただ、もう手を引いてもらえないのかな?
その方が再審の道が開けると思う。
感想スマソ、推理に戻ってくれ。

35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 00:35 ID:qzXDommC
拘置所の若い看守が漢字をひとつひとつ教えてくれる話は泣かせるね。
拘置所が支給するちり紙が、昔の固い紙だったのを利用して、内緒で
たくさん差し入れてくれたそうだ。

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 15:44 ID:ecBOmC/i
警察も現場にはいい人がいるが、上のほうは腐っているということか。


37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 18:40 ID:9Qekjor0
S巡査だって石川氏にとってはいい人だった。

38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 20:59 ID:+3AIYBle
立場だけで本来味方になる奴が敵にまわってしまう

39 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 22:40 ID:FS4EPn31
で、結局真犯人は誰ですか?


40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 22:42 ID:1bvGj1p+
40

41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 23:51 ID:FNENw5tM
で、結局真犯人は誰?
で、結局真犯人は誰です?
で、結局真犯人は誰ですか?



42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 23:58 ID:SmRdyijv
ヽ(・*・)ノアセルナヨ〜

43 :6-278 ◆VJpTjOn9UM :04/07/09 07:47 ID:nftYylMP
で、結局石川真犯人説は説明なしですか?
 
こうなるならはじめから黙ってりゃいいのに。

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 14:47 ID:6O2zWkwF
イタコに頼んで
オクトミゲンジと「怪しい3人組」目撃者さんを召喚・・・

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 16:03 ID:FufCCx9A
いや早いのはY枝さんを召喚。

46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 23:14 ID:HmkO1YZf
>>45
>いや早いのはY枝さんを召喚。

そりゃそうだ(わらい

47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 00:41 ID:6jxb8ENv
この事件といえば南大阪線で大和川の近くのグランドに
でっかい看板があって小さきときはなんのこっちゃって
おもてたなあ。

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 00:50 ID:qFPw4pjK
でも何だな。石川さんが自白を維持していたことあたりが原因で、
冤罪を今でも信じられないという感想をもつ者はけっこう多いんだろうな。
もちろんこういう者は事件についての知識がないわけだから、
「ではそのストーリーを語ってよ」と言われたところで、語れないのも当然だ。
ただ何となく有罪を主張しているだけだから。
何の問題でもそうだろうが、この「何となく」「そういう気がする」ということが、
一番危険なんだな。
「それならちゃんと説明してよ」と言っても、説明などできない。
そもそもが気分の問題にすぎず、自分で事件について知識を広げたわけでもなく、
論理的な思考の結果などではないから、その結果は、
「否認しなかった点について合理的な説明」を人には求めつつ、
自分では何も説明できない。
 
逆に「何故石川さんは自白を維持していたのか」を取材を通してきちんと説明できているのが、
やはり最近出た鎌田本だろう。

49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 01:02 ID:o5FJ7r7h
>48
 
>なぜ匿名掲示板が「便所の落書き」状態と化してゐるかと言へば、ひとへに「書き手のレヴェルが低い」事が
 その理由である。文章を書くとはどう云ふ事か、について、自覺的でない人間に、文章を書く媒體を與へると
 どうなるか──(某所より引用)
 
その結果だろう。
被害者宅の長男と違って、石川氏は取材拒否はしないだろうし、
遠方ならばメールでもなんでもして自分流に疑問をぶつけて見れば良いのに、
それもしないで「実際はやってるんじゃないの?」──この、
「?」がついているということは、一応質問なんだろうけどね。
或いは問題提起をしたつもりかもしれないが、
自分が書くことのレヴェルに無自覚であれば、提起にも質問にもなるまい。
 
その結末がこの有様だそうだ。

50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 01:34 ID:qFPw4pjK
>>49
そういゃ某板で昔、石川さんが、
「拘留中に被害者への謝罪の気持ちを壁に記していた。自分でこんなことをする以上、
 実際やっているからに違いない。冤罪を主張する人達は、この事実を知らないから」
と書いて事件についてのその「無知」さ加減をさんざ叩かれて、しまいには逆ギレたあげく遁走。
つまりは「この事実を知らないから」ではなくて「何故壁にそう書いたのかという理由を、
知っているかいないか」が問題で、結果逆ギレヤシの無知が暴露されるハメに。
これなどは「無知に無自覚な無謀が自滅を呼んだ」好例だな。
石川さん自身、事件当時の自分の無知ゆえに自分自身をこの境遇に陥れる結果となってしまったことを、
痛いほどに自覚する結果となったとも言え、
この事件のそうした一面さえ知らずに発言すると、以下>>49
  (もっともその板の常連たちも情けない。ここのスレのコテハン氏らが引き揚げたあとは、
   書くネタもないらしく止まったまま)

51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 01:45 ID:qFPw4pjK
>>50の初めのほう「石川さんが拘留中に・・」って意味ね。それを板に書いたのは 「100/S」って無知だ。

52 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 03:30 ID:GfSOaRUN
 矢田  杉本町

53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 11:54 ID:VLanMK/Q
あげ♪ヘ(^−^ヘ)(/^−^)/あげ♪

54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 14:02 ID:TcQ4g3CI
ただなー。
こういう無責任なレスから思わぬ方向で議論が始まるのが
2chの危険性であり、長所であるともいえる。
たとえ冤罪説が強化されるだけの結果に終わってもだ。
この手の感想は事件の真相を闇に葬ってよしとした
意識と通底しているわけで、漏れ的には真犯人なんかより
そっちの解明の方が興味深い。
まあ、どんなバカな発言にも存在は許されるってことを言いたかった。

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 18:04 ID:Wfph2GiC
関係者がこれほど次々に死んでいく事件って他にある?

56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 18:21 ID:B/Y19pZL
無いと思う。
まるで西村京太郎並。

57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 22:14 ID:GfSOaRUN
age

58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/11 22:08 ID:3kGw8loM
ヽ(`Д´)ノボッキアゲ!

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/12 00:30 ID:4z9Fydto
しばらく来なかったらなんかスレの雰囲気変わったねぇ。
やっぱ政治板から流れてくるのかね。

60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/12 20:15 ID:Eq+RVYQy
選挙のせいかな?

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/12 20:40 ID:YxoCLd3r
あと鎌田本のせいかも

62 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 05:04 ID:SBqspU9d
石川の無罪を唱えている人からすれば不謹慎なのかも知れんが、ネタとして楽しむ余裕は持って( ゚д゚)ホスィ…

63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 21:59 ID:+zXCyWuy
かも知れんじゃなくって、十分に不謹慎です。ハイ。

64 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/15 00:06 ID:x1ZW/mwV
それで、最終的に犯人は誰だったのですか。それを教えてくれれば
いっぺんにこのスレを終わらせることができるのですがなあ。


66 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/15 00:16 ID:HjJ0dNYH
そりゃそれができればなぁ。やはり狂気の迷宮なのか。
しかし、どうも最高裁は再審の準備に入っている兆候もあるようだ。
期待は禁物だが。

67 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/15 00:30 ID:2vF/J1+2
長兄は知っていることを文字にして残して・・・ないのかなあやはり。
あの人が口を開いてくれたら色々なことが一気に明らかになるかもしれないのに

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/15 12:57 ID:ZkvCqdUA
斎藤鑑定が完璧なだけに、最高裁はこれを退けるのに苦慮しているのでは?
斎藤鑑定を見る限り、脅迫状を自分が書いたとする石川自供に大きな矛盾が
生じることは誰の目にも明らか。少なくとも事実調べの必要性は感じられる。
それに斎藤氏はバリバリの警察鑑識官だった人だから、その鑑定を否定する
のは日本の科学捜査を軽ろんじる事にもなる。
今度は「鴨居には万年筆はなかった」と証言した捜査官を「年数が経っていて
信用性に乏しい」と門前払いするわけにもいくまい。
常識で考えれば再審開始→事実調べしか鑑定結果の真偽を計る方法はない
ようにしか思えない。
最高裁判事に、その常識があればの話だが…

69 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 01:46 ID:RD4oczKp
長兄と石川が死ぬまで、なんだかんだでごねるんじゃ(  ゚,_ゝ゚)ネーノ
まぁ、ネタとして楽しめればこちらとしてはどうでもいい訳だが。

70 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 02:43 ID:F6r/lguy
このスレで新事実が3つ出てきたな。

・正治の存在
・ミツがロボトミー手術をうけて死んだ
・OGが性同一障害だった

71 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 18:38 ID:N0FWwc+a
少時は正司では?

72 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/18 22:22 ID:Gs1pclE8
盛況さまへ。

埋没写真をHPに載せるのはいかがなものかと思う。

お墓の写真。
ご冥福をお祈りするというなら、謹んで仏花を供えるなど、配慮がないものか。




73 :AKIRA ◆v/5.DTWrNE :04/07/19 04:26 ID:BZqrQu6T
公判廷での家族関係者の証言には不審な点が多々あり、特に長男のそれはさまざまに言われてきた。
このような証言や態度は、一つの解釈としては警察・検察への迎合とされているわけだが、
それは勿論、逮捕・起訴された石川一雄氏をそのまま犯人と信じ込んだ結果か、あるいは、
長男は検察側の証人として出廷したわけであるから、事前に検察から証言内容について打ち合わせがあり、
弁護側の質問にはできるだけ回答を渋るように、との要請があった、と言うことになる(あるいはその両方)。
 
しかし証言内容を細かく調べて見ると、たんに石川氏犯行説を信じたとか、検察側からの要請を受け入れた、
と言うだけの理由とは思えないものもある。
それはやはり事件発覚の時、なぜ脅迫状発見から10分足らずで警察に届けようとしたのか、
その理由を「ちょっと良く思い出せない」「気が動転していて」などの、
当事者としては解せない回答をしていることにある。
 
検察側の起訴事実にたんに迎合しただけと言うが、
娘(妹)を拉致・殺害された被害者家族として、その真相を究明し、その上で犯人に極刑なり、反省なりを
求める、と言うのが普通である。ここではそうした自然な被害者感情の発露が見られず、
知っていることでも回答しようとしていない姿勢が伺われる。
 
言われてきたように事件発覚時刻の改竄が、警察の不手際により被害者の殺害を招くような事態にたち至ったことが
その理由ならばなおさら、被害者家族としてはそのような警察の不手際を許すことはできないはずだ。
捜査過程では警察に協力したとしても、公判廷になってまでも、と言うより公判廷になるとますます、
あいまいな回答になっている。長男に限ってみると、捜査過程では複数犯説をとってある種の捜査批判もしていた人が、
質問にさえまともに答えていないという事実上の証言拒否や、電話の件に見られるように事実上の偽証をしている。


74 :AKIRA ◆v/5.DTWrNE :04/07/19 04:41 ID:BZqrQu6T
特に第一審の公判廷ではまだ、家族が知る真実を語ることは、できたはずである。
後年、最近の新刊本でも書かれていたように、「もう事件のことは語りたくない」と言うことならばわかる。
刑が確定した「犯人」が、実は冤罪であったと今さら言われても、気持ちに収まりがつかないと言うのはこれまた、
自然な感情だ。まして長男は「犯人」扱いされた当人でもある。
 
が、事件直後のあの公判廷で、
それも警察が自らの初動の不手際ゆえに事件発覚時刻をすり替えたのならばなおさら、
被害者感情から言って、むしろ警察の手前勝手な偽装に、反発すら覚えるのが普通だろう。
なにしろ家族はそのせいで殺害されたと言う意識が強いのだから。
 
そう考えると、事件発覚時刻の改竄そのものは警察側の事情にその原因があったのだろうが、
家族側が捜査過程、そしてあとでは公判過程でもなお(長男は公判に入ってますます)
その警察の事情に自らをあわせるかのような証言を繰り返したのには、
警察側とは別に、家族側にとって、ある知られたくない事実が、そこにあったと言う可能性が高い。
つまり、家族自らの側に、そうした証言をしなければならないような積極的な理由があった、と言うことである。
 
さてその知られたくない事実が、
前スレまでにも言われてきたような、事件よりもずっと過去の、ある種の家族の秘密にあったのか、
それとも、事件の渦中でのなんらかの出来事にあったのか、それは今後考えて行きたい。

75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/19 13:04 ID:RCRt3Oj/
「埋没」なんて言い方する奴に文句言われたくないわな。

76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/19 13:39 ID:NjDO3Mvu

こないだからなんだァ?おまえは。まァネトでも相手にされないし、リァルではミヂメな毎日を送ってるブヲ床らしいけどね。
ゥふふ。

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/19 14:38 ID:tMrbTQZi
>>75
> 「埋没」なんて言い方する奴に

盛況のことか?

78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/20 12:12 ID:KOu2DfcH
鞄、時計、万年筆は、いずれも長兄が本物と認めている。
鞄と時計はともかく、万年筆は「書いたときの感覚」が、間違いなく
本物のそれだという長兄の法廷証言があり、これが被告の家で自供を
もとに発見された以上、石川有罪の大きな根拠になっている(長兄自身も
容疑者を有罪と思うかと聞かれ「なにしろ万年筆が家から出たというでは
ないですか」と語っている)。

では長兄が、鴨居にあったという万年筆を警察から見せられ、実際に
書いてみたときのインクは何色だったのか?
佐藤一が指摘するように、インクの色が違うと長兄が指摘したからこそ、
警察は慌てて(?)、被害者の級友の供述(濃紺インクを貸した)をとった
のではないのか?

すると、長兄はインクの色が違うのに「書き味が同じ」なので、それを
本物と断定したのか?
これは「乗り心地が同じ」という理由で色の違う車を「同じ車」と証言する
ようなものではないのか?
少なくとも、万年筆については長兄が法廷で偽証した疑いは濃厚だ。
警察に迎合した、という次元をはるかに逸脱している。

79 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/20 18:00 ID:KjDEmfKg
>>78
そのへんの流れって詳しくわからないんだけども。
インクの色が違うと言ったのは長男なの?
だとしたら偽証したとはいいにくいのではないか。



80 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/20 18:45 ID:KOu2DfcH
>>79
鴨居の万年筆のインクは(蒸発して?)無くなっていた。
そこで鑑定に廻され、微量の残存インクからインクは薄青色との鑑定結果が出た。
このことから、警察は偽万年筆を用意したが、インクの色までは気が廻らず、
鴨居から「発見」した万年筆を長兄に見せたところ、長兄から「インクの色が違う」
と指摘され、慌てて(?)インクを「蒸発」させ、同時に級友から「濃紺インクをYさん
に貸したことがある」という供述を引き出し、念のため(?)Yさんが立ち寄った郵便局
のインクも濃紺だったという「証拠」を揃えていた、という推理。

この推理が正しければ、長兄は、法廷でインク色の件を隠し偽証した、ということになる。
仮に、試し書きした万年筆が濃紺インクだったならば、長兄に見せる前に警察がそれ
(インク色の違い)に気付き、インクを入れ替えた、ということになる。
しかし、鑑定結果が「薄青」と出ている以上、これはまずありえないだろう。

つまり、長兄は鴨居の万年筆のインクの色がYさんが使っていたものとは違う、という
ことを知っていたことになり、法廷証言で「妹からよく借りて使っていた」のなら、肝心の
インクの色の違いに気付かないはずはないだろう。なぜそれを法廷で証言しなかったのか?
という結論になる。いくら書き味が同じでも、インクの色の違いは無視できないはず。
すなわち、長兄は法廷で偽証した疑いが大変濃い…ということになるのだが。

81 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/20 18:47 ID:KOu2DfcH
失礼。>>80の中断に間違いあり。以下に訂正。

この推理が正しければ、長兄は、法廷でインク色の件を隠し偽証した、ということになる。
仮に、試し書きした万年筆が薄青インクだったならば、長兄に見せる前に警察がそれ
(インク色の違い)に気付き、インクを入れ替えた、ということになる。
しかし、鑑定結果が「濃紺」と出ている以上、これはまずありえないだろう。

82 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/07/20 20:34 ID:CfqaZBoE
>>79
>>80
補足的に。
万年筆の鑑定(警視庁科学警察研究所)ではペン先の状態に就いて極僅少な使用状態
との結果で、これにより、試し書きをした時の「ペン先の硬さ」と言う一審での長兄
証言が否定される結果となった。二審ではこの点を弁護人から指摘されて「相当使っ
たというほどでもないです」と言い、証拠品の万年筆が被害者の物である根拠は結局、
「ただ色とペンの外見」と言う証言になった。
 
長兄としてはこの訂正で、万年筆が妹の物に間違いないと言う一審証言と、ペン先の
鑑定結果が矛盾しない事を示唆しようとしたのだろうが、結局は、万年筆の製品とし
ての「外見」だけが、たんに「似ている」だけの物である事を、語るに落ちた感じで
認めざるを得ない結果となった。一審での長兄証言が正しいのなら証拠品の万年筆は
被害者の物ではないし、二審の証言が正しいのなら根拠は外見だけである。
 
これと、>>80でのインク色の件を合わせれば当然、一審証言は「偽証」と言う事にな
る(この様に上告審で原審の証言を「訂正」する事自体が法的に「偽証罪」となるか
どうかはまた別の話だが)。そうなると問題はやはり、何故そのような、迎合をも凌
駕する事を言ったのか。と、言う事になるだろう。

83 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/20 21:37 ID:KOu2DfcH
>>82
ペン先の感じとか書き味とかなら、「勘違い」ということで、いくらでも言い訳が
できそうだが、インクの色となるとわけが違う。
二審で弁護側が「試し書きした鴨居の万年筆のインクは何色でしたか?」と、
なぜ質問しなかったのか不思議なくらいだ。
それともYさんは、以前は濃紺インクを使っていたのだろうか?
それならそれでそれを立証するノートなりがあったはずだが。
このへん、通報時刻も重要だが、長兄に一番聞いてみたい疑問点だ。
再審が開始さえすれば、事実調べで法廷に呼ばれる可能性はあるのだが…

84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/20 23:47 ID:kXG8v17D
万年筆の軸の色が違うという説もあったね。
本物はオレンジだが、出てきたものはピンク色だったとかいう。

85 :AKIRA ◆v/5.DTWrNE :04/07/20 23:58 ID:21CaJGG7
>>84
うん、ありましたね。
たしか、亀井トムの「無罪の新事実」だったか?に出ていた。
図書館で読んだので手元になく、記憶不確かだけど、
「本物はオレンジ」と言うよりも、品ぶれに使ったものと出てきたものが違った?のだったかな。
そのへん不鮮明でスマソ。
 
しかし矢張り、話題にあがっている万年筆の証言のことも考えると、
警察への迎合以上のなにものかが、家族側にもあったとするほうが、いいように思う。

86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/21 00:58 ID:tD8Izut1
>>85
亀井トムというより、「刑札自演説」同様、あれは栗崎豊&文珠社説だね。
ところが栗崎らはその後亀井に下駄を預けたまま事件について沈黙してしまう。
その亀井も続編を書いたあと音沙汰なし。
一体全体、彼らに何があったのか?
メンバーの一人(片桐軍造)の変死がなにか関係しているのかしていないのか?
当時、「刑札自演説」にハマった者としては大いに気になるところだ。
本橋信宏サンあたりが取材してマイナー誌にでもそれとなく書いてくれないものか。

87 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/21 15:09 ID:HOlsliMV
六本木にて
ttp://domo2.net/bbs/image/1050241915.jpg

88 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

89 :.:04/07/23 01:14 ID:xLeEkIcV
.

90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/23 06:33 ID:294da120
ド素人の分際で複数の最高裁判事の判断にあれこれケチをつけることができるのだから、匿名掲示板とは便利なものだ。

オマエラ偉そうな口を利きたければ司法試験に受かって修習を終え、任官してからにしろや。恥ずかしい。

91 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/23 06:52 ID:MKEEi2nz
 ↑
朝からナニ興奮してんの 
 
    w

92 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/23 10:24 ID:cj2QRkUz
既出だろうけど
脅迫状、第一発見者の兄が怪しいと思う。
無限回廊も、そういう編集意図で書かれてない?

93 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/23 12:40 ID:+ZG+9HGQ
書かれているけどサゲてね。ここではage=あらし

94 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/23 16:17 ID:XtaEv63O
>>92
あれを「編集意図」という?
一応、事件のあらましを述べて、いくつかの本を紹介し、
最後に自分の意見を書いているだけだと思うが…
別になんの「意図」も感じられないけどな。

95 :.あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/23 18:01 ID:xLeEkIcV
書かれているけどサゲてね。ここではage=あらし

96 :6-278 ◆VJpTjOn9UM :04/07/23 23:10 ID:apI3lWw0
>>93
だから、荒らしなんだから相手にするんじゃねえよ。見ろ、喜んでいるじゃないか。
しょせん、頭の足りないヴァカだかサァ!

97 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/23 23:51 ID:KrueRml/
トトロって狭山のはなしなんだって?

98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 00:24 ID:ktj5jaIC
>>94
編集意図ではないかもしれないけど、無限回廊での兄、怪しげだよ。
俺もそう読んだ。

99 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 16:18 ID:jTaYx/oS
お前たちは事件を複雑に考えすぎる。

101 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

102 :.あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 22:45 ID:Xo7xoVNE
age

103 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 23:23 ID:7CZAuyNP
>>97
どのへんが?

104 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 23:51 ID:E8RqjPCa
>>97
狭山丘陵は所沢にあるんだよ

105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 13:55 ID:YEotCjpm
トトロザワのお化け
から来てるからな

106 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 14:59 ID:WabKNC9K
>>96
日本語が不自由な人ですね。
朝鮮人ですか?

107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/26 02:13 ID:pIY4ktk3
http://mentai.2ch.net/rights/kako/978/978163064.html

僕は京都伏見の醍醐にある被差別部落地区の出身です。
幼い頃は、市営の同和団地と隣保館で過ごし、引きこもりがちでした。
父親は屠殺業者で牛や豚を殺戮してましたが、生活は苦しかったです。
母親は淫マン業でした。団地の部屋には僕を含め9人の子供が住んでました。
父親が誰か分からない様な子も多く、顔や頭のデキも様々でした。
タチの悪い兄らが、ワリと顔の可愛い妹に近親相姦してるのは、
いつもの光景です。京都の同和団地では、その様な事は日常的なのです。
僕ら同和の者は、恋も許されませんでした。誰も相手にしてもらえないのです。
中学校に進学した頃には、僕への差別は絶頂期になっており、物を荒らされたり、
給食の中に便所のウンコを入れられるのは日常茶飯事でした。
高校を出た後、調理師の見習いを始めたのですが、
昔の復讐の為に、客に出す食べ物に自分のウンコを混ぜました。
しかし、そこでも差別に会い、悔しくて、ある日発狂してしまいました。
そして、ついに事件を起こす事にしたのです。カッターナイフを購入して、
コンビニを襲おうと思ったのですが、客が多いので、
バスに乗った女性をやる事にしました。200円しか女は持ってませんでした。
大阪に行けと運転手に言ったのですが、途中、覆面パトカーに囲まれ、
結局、茨木市内で捕まりました。次は、通報しやがった阪急を襲います!



108 :夜型:04/07/26 04:31 ID:qH/NwtT2
少時→小時→小父→おじ
で 少時様=おじ様 って読むのか?
脅迫状の本文も所々に当て字が使用されてるし、無理な解釈では無いと思う。
しかし、訂正前の原文を奥富玄二が書いたと仮定すると、彼が「おじ様」と呼ぶ人物は一体誰に当たるのか?
可能性としては、
@実際に血縁関係のある叔父または伯父
A血縁関係は無いが、親しく付き合っている者で年上の人間
等の人物が思い浮かぶ。
奥富は中田家に住み込みで働いていたことが有り、中田家とは親しいとまでは断定できないが近しい関係にあった事は確か。
勿論、被害者の父である中田栄作も例外では無かったろう。
もし「おじ様」=中田栄作であるとすれば、以下のような推論ができる。




109 :夜型:04/07/26 05:28 ID:qH/NwtT2
次の推論は、
・被害者が事件以前に既に性経験を持っていた可能性がある
・被害者の日記に「身内と喧嘩して、くやしい、くやしい」との記述
・奥富が事件後の5月6日に不可解な自殺を遂げている
・奥富は結婚を5月7日に控えていた
・「少時様」が「中田江さく」に訂正されている
等の事実から組み立てた。


110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/26 18:12 ID:bKpG6GQV
他の当て字は、すべて真犯人の意図(?)どおりに読めるので、
どう読んでみてもそうは読めない「少時様→おじさま」説(?)は、
十分に「無理な解釈」。
それに仮にそうだとして、OGが「おじ様=中田栄作」に宛てて
わざわざ自分の正体をばらすようなことをするものか?

筆跡に無頓着な奇怪な脅迫状ではあるが、訂正文字については
しっかり(?)筆跡を誤魔化している。
このことから、真犯人がなんらかの口実を設けて何者かに4月29日
付の文章を書かせ、のちにこれを事件に転用した、と推理する方が
はるかに無理がない解釈だと思う。
騙された「何者か」がOGである可能性は高いとは思うが。

111 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/26 22:22 ID:0mYzkeNU
仮にOGに書かせたとしたら、
OGは何か脅かされて書いたのだろうか?
それとも最初から共犯だったのか。

結婚式を控えて、こんな大それた犯行に及ぶ性格とは思えない。
主犯はよほどOGとの関係に深い者なのか。

112 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/26 23:50 ID:UhC6wQTt
すでに出ている推理だが、選挙妨害か、あるいは嫌がらせに近いもの
ということで、資産家で幼児がいる「しょうじ家」を脅す必要があり、その
脅迫文を書くよう依頼された、とみるのが最も妥当だろう。

OGは依頼を受けた人物に、なんらかの弱みを握られていたか、かなりの
恩義があり、断りきれなかったのではなかろうか。
ただ、いくら弱みや恩があったとしても、まさか殺人事件に加担すること
になろうとは夢にも思わなかったに違いない。
そうと知っていれば、いくらなんでも拒否したはずだ。

そう深くは考えず、割と安易な気持ちで協力したのかもしれない。
それが、あの、ためらいがほとんど感じられない脅迫状の筆致に、よく
現れているようにも思う。

113 :本当にあった怖い名無し:04/07/28 09:48 ID:xbNNsXaf
言語板の脅迫状鑑定スレがおもしろかった。

114 :113:04/07/28 09:50 ID:xbNNsXaf
あっ! 名無しが変わってる!!

115 :本当にあった怖い名無し:04/07/28 12:42 ID:kwPUBKZw
>114
どれどれ、テストしてみよう。

116 :本当にあった怖い名無し :04/07/29 17:07 ID:iCuufpHE
本当にあった怖い名無し

117 :本当にあった怖い名無し:04/07/29 20:30 ID:KZdfBInG
な〜るほど。
名無しと話をかけてるワケね。
しかしこのネーミング、狭山事件にぴったしだね。
佐野屋で「おいおい」と声をかけてきた男は、
本当に怖い名無しだ。

118 :本当にあった怖い名無し:04/07/30 23:42 ID:k7YEDZGh
本当にあった怖い名無し

119 :本当にあった怖い名無し:04/07/31 20:23 ID:WxvssQBz
この事件のことを知って、全身が冷たい空気に包まれているような、
不思議で不気味な恐怖感を覚えた。自分なりに納得できる回答を得ない限り
この恐怖感から開放されることはないと思い、資料を集めてみたが、
知れば知るほど謎は深まるばかり、闇は濃くなるばかりだ。

事件が起こった日、つまり脅迫状が警察に届けられ、捜査が開始された日、
それはもしかして、4月29日以前なんじゃないか?
4月29日とは、脅迫状に書かれていた最初の受け渡し日時。
後に、何者かが「5月1日」に修正した、と・・・

こう考えれば、警察が5月1日の時点で、この事件を
被疑者不詳に対する営利誘拐恐喝未遂被疑事件、と称したことも
西武園を捜索したことも、納得がいく。

では、何者が何のために脅迫状に手を加えたのか?
そもそも、脅迫状が真犯人から送られてきたものかが怪しくなり、
「誘拐」そのものが怪しくなる。
残る唯一の確実な事実は、「善枝さんが5月1日に死んだ」ということだけ。

個人的な考えでは、この事件の真相は、
地元区長である父親の栄作に対して、私怨を持つ者及び地元利権を争う者が
引き起こし、犯人達の弱みを握った部落開放同盟が手を組み、利権を拡大していった。
という仮定の上で推理を進めているのだけれど、
それだけでは解決できない謎が多くあり、被害者親類内の事情、
警察の情報操作やでっちあげなど、数々の「ノイズ」があり
この事件に絡む「意図」は1つや2つではなく、多数の者の意図が絡み合い、
事件を複雑にしている気がする。恐ろしい・・・

120 :本当にあった怖い名無し:04/07/31 22:43 ID:XHUucFzH
3週間ぐらいかけて全スレ読了しました。
で、読んでる途中に浮かんだ妄想がどうにも止まらないので書かせていただきます。誤字脱字誤認脱事実あったら御免。

・被害者本人の意志の在処
 まず16歳の誕生日というところが非常に気になりました。法律上結婚できるようになる、まさにその日。
 もしかしたら「痴情のもつれ」説の様な後ろ向きの状態ではなく、駆け落ち即入籍という計画だったかもしれません。
 (あくまでも被害者側の意識の話。相手が本気だったのか騙して殺す気だったのかそもそもバックにN家に恨みを
  抱く連中の計画の一環だったのかは??)。

 こう考えると、謎の一つが解決するのです。「濡れてない自転車がいつの間にかいつもの置き場に戻ってた」件。
 つまり、本人が極力近所の人に見つからないように自転車に乗って帰り、兄が車で出かけたスキに自転車を戻した、と。
 自宅周辺の死角なら、そこの家の子供が一番良く知ってるでしょう。

  ここで、もしかしたらこの時に姉に見つかった(あるいは、荷物を取りに部屋に忍び込んだところを見つかった)
  のかも知れません。カバンの中身を姉が知ったのはこの時かも。
  もう一つ、脅迫状の件。実は、あれは脅迫状じゃなくて被害者としては家族に手紙を残すつもりだったのに、
  待ち時間にヒマだったのか見直そうと思ったのか封を開けてみたら自分が書いた手紙ではなく禍々しい脅迫文
  だった、とか。まあ駆け落ちだけでなく狂言誘拐込みならば合意の上での脅迫状であっても不思議ではないですが。



121 :本当にあった怖い名無し:04/07/31 22:43 ID:XHUucFzH
 で、詳しい方に訊きたいのですが、自転車の「鍵」ってどういう状況だったか、どこかの資料に書いてませんか?
 何故かというと、自転車に乗る人はわかると思いますが、
 ・自分の自転車を降りる→鍵を閉める、は無意識のうちに一連の動作となっている。
 ・他人の自転車の場合は、どんなに似た自転車でも鍵のクセがあるから簡単に閉められない。
 ・そもそも犯人が自転車を持ち込んだなら、鍵をかけて持ち出したら余計な証拠を持ち帰ることになるので
  鍵を閉めるとは思えない。

 故に、発見された時点で自転車の鍵がかかったままだとしたら、
 ・少なくとも自転車を最後に降りたのは、被害者本人。
 ・鍵をかけたまま徒歩で自転車担いでN家に持ってゆくというのはあまりにも無理があるので、よくある説の
  通り兄が車で持ち帰ったのではないか(犯人が車で届ける、というのはやっぱり無理がある)。

 ちょっと話が前後しますが、現在の様にアジア産の安い自転車が大量輸入されてる時代と違って、当時の自転車は
 高校生にとっては愛着のあるものだったのではないでしょうか。ならば、駆け落ちする人間としては自宅に帰すか
 駆け落ち先まで持って行くか、とにかくそこらに放置するのには抵抗があるでしょう。狂言誘拐の場合なら尚更
 所在地の証拠になるからなんとかしなければならないし。
 そこで、目撃者無く自転車を自宅に無事戻す、というのがこの駆け落ちのトリガーだと考えたらどうでしょう。
 誰かに見られたら延期、と(脅迫状の元の日付は、もしかしたら本当に一回失敗したのかも)。5/1はちょうど
 雨が降っていてうまくいった、と(そうすると誕生日駆け落ちの主張がちょっと崩れますが、まあ16歳には
 かわりないし)。


122 :本当にあった怖い名無し:04/07/31 22:44 ID:XHUucFzH
推測に推測を重ねる愚を承知の上でもう一つ。
駆け落ち&狂言誘拐だった場合、あの身代金の金額の中途半端な低さは、もしかしたら持参金のつもりだったのでは
ないでしょうか。相手の正体がわからないですが、駆け落ち先での新生活の初期費用としてちょうどそのぐらい必要
だった(というか被害者を納得させ得る金額)のかも。
さらに、死亡推定時間との絡みもありますが、もしかしたら佐野屋に現れた人物も、同じ意識だったのかも。
狂言と知ってるから、捕まってもちょっと怒られるぐらいだよとか犯人に説得(騙?)されて、ノコノコと危機感も
なく現れたらなんか雰囲気がおかしいので逃げた、ということだったのかも。

……とまあ取り留めなくなってしまいました。これだけ書いておいて自分の犯人像がいまいち鮮明にならないし。
ともかく、自転車と佐野屋という犯人側の二大無謀行為を、これならば比較的無理なく説明できるかな、と思いました。


123 :本当にあった怖い名無し:04/08/01 00:50 ID:PddsQpdG
5月1日より前に捜査が開始された、というのはありえないな。
なぜなら5月1日、善枝さんは学校に投稿しているのだから・・・

124 :本当にあった怖い名無し:04/08/01 06:06 ID:ovDwYqa5
でも被害者本人の視点はちょっと置き去りにされてた感もあるんでは?

125 :本当にあった怖い名無し:04/08/01 18:34 ID:mRJnsFLC
駆け落ちや狂言であれば、少なくとも数日は家を出てどこかに身を隠す
必要があるわけで、そうなると下着や洋服の着替えなどを持って登校し
ていなければおかしい。
警察も、駆け落ちや狂言はともかく家出の可能性ありという前提で初期
捜査を行なっているが、結局、他の状況証拠が見つからず、この線は
消えている。

家出をするほどの切羽詰まった家庭の事情は当時なく、駆け落ちの
可能性も少ない。
やはり、誕生日のお祝いを口実に誘われ事件に巻き込まれた、とみる
の最も無理がないように思う。
だが、それほど大それた考えではない狂言誘拐が事件の発端だった
という可能性はゼロではないと思う。

いずれにせよ、被害者は、彼女を誘った人間に完全に心を許し、そして
裏切られた、ということには変わりはないだろう。

126 :120-122:04/08/01 21:28 ID:9bV5LJP2
>>125
>駆け落ちや狂言であれば、少なくとも数日は家を出てどこかに身を隠す
>必要があるわけで、そうなると下着や洋服の着替えなどを持って登校し
>ていなければおかしい。

朝から荷物持っていったら、簡単にばれてしまうのでは?その場合なら呑気に学校なんか行かずにそのまま
消える方が合理的だと思うんですが。
故に、わざわざ自転車を置きに帰ったのには荷物類を取りに帰った意味もあるのではないかと。自転車を返して
脅迫状を突っ込んで、さらに荷物も持ち出す、これならば行動原理としてなんとなく理解できませんか?

127 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/08/01 23:15 ID:madBw2yp
>>126
まず、自転車の鍵についての資料は小生の知る限りはありません。なるほど鍵
の有無で推測は変わって来る。がこれに就いては小生は、鍵は自転車に付いて
おったママであったのではと思う。被害者は犯人(達)のアジトに誘われ、そ
こに自転車を置いた、だから鍵はずっと付いたままであったと想定。
逆に返却時、鍵が掛かっていたとしたらどうだろうか。むしろ被害者が持ち込
んだのなら、鍵は掛けないように思う。自宅敷地内の納屋に置くならば、小生
なら鍵は掛けない。がこの点は解らない。
 
自転車を置きついでに荷物を取りに帰宅との想定に就いては、まず、帰宅途中
に誰かに目撃されていない。まぁこれは運良くクリアーしたとして、帰宅して
からは家人には目撃される。密かに家内に忍び込み、用意しておいた荷物だけ
を持出すと言っても、頭から足の先迄ズブ濡れの状態で家に上がり込んでいて
誰にもバレないと言う事は無いと思う。長兄は出掛けた後としても、家には父、
姉、次兄、末弟がいた。しかも既出の如くその時刻には既に通報もしており、
その中を自宅に戻っていてこれがバレないと言う事は無いであらう。仮にここ
でも運良く誰にも見つからなかったとしても、傘を持って家を出、今度は徒歩
で犯人の居る所へ向かう途中はどうだろう。
家に向かう時、家に入った時、家を出た後、それらすべての状況をクリアー出
来る可能性が低い以上、その想定だとやはり家族側に(例えば姉)共犯者を求
めねば無理が出てくる様に思われる。
 
家族の共犯を想定しないのであれば、いずれにせよ見つかった時点で、娘=妹
をそのまま又行かせる事は無いであらう。理由は、既に誘拐を通告され脅迫を
受けそれを通報しているからです。

128 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/08/01 23:38 ID:madBw2yp
投稿しついでに、「自宅周辺の死角」と言えばやはり自宅の裏道が思い浮かぶ。
あの道は今でも、ほとんど人が通行しない道らしい。5月に行った時にそこに
2、30分位佇んでいたのだが、誰も来なかった。舗装は現在もされていない。
道のド真ン中に蜘蛛の巣が張っている程。今では裏道への入り口付近に、何軒
かの家屋が建っているが、事件当時はそれも無く、幾つかの推理本に書かれて
いる様に、自転車を返却するとすればこのルートが最適な事は確かだ。
 
但し、これらは全て事件の発覚が発表通りだとしての事。そうで無いならば、
やはり話は違って来る。

129 :本当にあった怖い名無し:04/08/02 00:37 ID:EdEdCjxb
やはりどう考えても、自転車を納屋にきちんと戻しておく必然性がまるでない。
これは、事件が狂言で、戻したのが仮に被害者自身であったとしても同様。
ましてや犯人が、誘拐が嘘ではないことを示すために危険を承知で返却した
などというストーリーを、警察もマスコミもまともに信じていた、という事実に
驚嘆させられるほど(一部には反対意見もあったようだが)。

いかに人通りがない裏道を選んだとしても、納屋に行く途中に絶対に見つから
ないという確証は全くない。
危険を犯すのは脅迫状の差し入れだけでいいはず。
中に身分証を入れていることだし、これだけで営利誘拐と思わせるに十分だ。
自転車返却など危ない橋を渡る必要などないし、第一、自転車が濡れないように
被害者がいつも置く場所にきちんと置かれてあったら、家族は「もしかして帰宅した
Y枝のいたずらでは?」と思うのではないか?

こういう情況で、ものの5分で家族が派出所に駆け込んだ、という話がまた信じら
れない。本当に、警察も検察も判事も、こんなデタラメな作り話を信じ込んでいた
のか?全く疑いは持たなかったのか(検事は自転車の件はかなり気になっていて
石川氏に「なぜ自転車を返したのか」としつこく問い質しているようではあるが)。

絶対になにかが隠されている。
納屋に返されていた自転車と、5分で警察に走った家族。
思うに、そのは警察・家族共有の秘密であり、それを明らかにするわけにはいかな
いところが、事件が41年も未解決になっている原因だと思う。
その秘密を解く鍵が、東京高検に眠っているのだろう。

130 :本当にあった怖い名無し :04/08/02 01:06 ID:Tzv10zJP
本当にあった怖い名無し

131 :本当にあった怖い名無し:04/08/02 02:28 ID:JUa3sl2D
気になること。−

一つ目、脅迫状といわれる手紙。
身代金を要求していることから「脅迫状」とされているが
子供が死ぬことを何度も強調している点に着目すれば、「殺人予告状」の様相を呈す。
あの手紙は脅迫状という形式をとった「殺人予告状」である。

二つ目、被害者遺体の埋葬。
一緒に埋まっていた、ちぎれた風呂敷の本体には「寿」と書かれていた。

三つ目、遺体の埋葬法。
農道を掘り、死体をうつぶせにし、頭のに石を乗せ、埋める。
かなり大雑把だが、両墓制など考えなくとも、これがどういうことか想像できる。
つまり、農道の下に埋められた死体は、そこを通る人に踏まれるのだ。
顔は石の上から踏まれることになる。


以上3点から、主犯格は、中田家もしくは中田家の誰かに対し強い恨みを持っていた。

132 :本当にあった怖い名無し:04/08/02 13:34 ID:sotG7FGt
それほど凄い恨みがあるというのに四女とは仲良し、
というのが解せないんだよな。
強い怨恨を果たすために四女と親しくなったのか。
まるで「ケープ・フィアー」の世界。

133 :本当にあった怖い名無し:04/08/02 13:42 ID:sotG7FGt
強い怨恨を果たすっておかしいね。
強い怨恨があり、その復讐を果たすため、
という意味です。

134 :131:04/08/02 17:36 ID:JUa3sl2D
>132
>それほど凄い恨みがあるというのに四女とは仲良し、
>というのが解せないんだよな。

この事件は「解せない」「腑に落ちない」のオンパレード
ケープフィアーなんて可愛いもんじゃありませんか?


主犯格と被害者は仲良しだったという説においても
仲良しになった後に恨みを持つようになった、という経緯も起こり得る。
また、仲良しだった人が被害者を連れ出したところを主犯格が利用した、なんていう説も考えられる。
いずれにしても、>131に挙げた3点から犯人の動機に「私怨」は外せないものと考える。

さて、挙げた3点のうちの2番の、風呂敷の本体は芋穴におかれていたそうだが、遺体に「寿」とは
遺体の冒涜だけでなく、遅かれ早かれこのことを知るであろう中田家に対する究極の嫌がらせ、ととれる。
そして同時に、過去に起きた1つの事件が思い出される。昭和8年の5月12日の墓石投げ込み事件。
被害者の両親の結婚式の翌朝、中田家の庭に墓石が投げ込まれてあった事件だ。
結婚式に墓石、遺体に寿。普通なら「墓石」と「寿」が全く逆である。
このことから墓石投げ込み事件と狭山事件は共通した何かがあると考えられる。

135 :131:04/08/02 18:16 ID:JUa3sl2D
そして、墓石投げ込み事件(両親の結婚)に際して地元に流れた噂、「中田家の女は育たない」というもの。
この噂が示しているのは、被害者の祖父母の代、あるいはもっと前の代にも、「中田家の女」に関して何かがあったということだ。
そしてこの噂というか、「中田家の女は育たない」という認識から、被害者の父は地元の女、敬遠されていて
遠方から嫁をもらう以外になかったではないだろうか。
墓石投げ込み事件は、母親と以前交際していた人物がいやがらせのためにやったという説があったが
この事件においても、「村」か「区」か「講」か、地元全体の一体化した自己防衛意識と、犯人を外に求める意識がこの説を導いたと考えられる。

ところで、気になることパート2。−
私は過去ログの1から7、そして現スレを読みながら、「あるキーワード」を探していたのだが、一度も出てこなかった。
もしかしたら8に出ているのかもしれないが今は読むことができない。
そのキーワードは「中田」という姓に関することなんだが、このことに関して、推理した人もしくは噂など情報を持っている人はいないかな。
2ちゃんねるに出てこないのがずーっと不思議なんだ。

136 :本当にあった怖い名無し:04/08/02 18:43 ID:1T6GKr5V
>>135
戦前からの旧家だからそれはないんじゃないの?と勝手に邪推したりして。

137 :本当にあった怖い名無し:04/08/02 19:11 ID:sotG7FGt
「中田」はたしか「なかだ」と読むんでしたよね?
こういう読み方って、この地方に多いんですか?

138 :本当にあった怖い名無し:04/08/03 04:07 ID:G4jyNA7R

中田喜直 

139 :本当にあった怖い名無し:04/08/03 12:34 ID:oKTVlF2X
事件当時の少女雑誌。
内容は「うーむ」だが、長兄らしき人物が写っている。
農道の遺体確認後の写真か?

ttp://www.asahi-net.or.jp/%7Egr9m-ymuc/friend/HTML/m1.htm

140 : あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/08/03 18:38 ID:6xeR0RZ9
>>121.127
写真集P17の写真を見る限りでは、自転車の鍵はどうやら付いたまま返却されたようですな。


141 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/08/03 19:46 ID:s1/OJyhA
>>140
実は写真集は新井 泉氏宅に行っておりましてネ、今手元に無かったんですな。
他の本にも自転車の写真は出ているが、はっきりしてなくて良く解らん。が、
鍵の位置は後輪のトコでしょうか?なるほど、キーは付いたままの様子。
 
>>139
前に長兄の写真を見た時の印象が強烈だったのだが、断定は出来ないがその人
は長兄ではない様に見えます。その「おともだち」の親か、教師でなかろうか。
しかしその記事内容はヒドい。ヒドすぎて藁える。暴力をふるう変質者(藁

142 :本当にあった怖い名無し:04/08/03 20:05 ID:oKTVlF2X
>>141
ひどいですよねぇ…
今では絶対考えられない内容だけど、当時の「少女フレンド」に
こういう記事が普通に載っていたということは、差別捜査で冤罪を
作り出したこともなるほどな、と思わせるに十分。
「からだのどこかが不自由な人」が変質者扱いだもんなあ…
まあ、小原保はそうだったわけだが…

143 :本当にあった怖い名無し:04/08/03 22:44 ID:2BLsYKuh
>>139
全然参考にならない変質者の特徴だね・・・・・
こんなものが普通に出回ってたとわ。
ほんの数十年前・・・


144 :本当にあった怖い名無し:04/08/03 22:57 ID:A5fELgM2
>>135 たぶんどれぐらい親族がいてるのか?と言うことかな

145 :本当にあった怖い名無し:04/08/04 02:02 ID:1czi9Nnx
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
―――――――――――――‐┬┘
                        |
       ____.____    |
     |        |        |   |
     |        | ∧_∧ |   |
     |        |( ´∀`)つ ミ |
     |        |/ ⊃  ノ |   |   盛況を窓から捨てる
        ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄    |   
                        |



146 :本当にあった怖い名無し:04/08/04 06:58 ID:1xzpl6AI
じつはそれ、やればやるほど、相手の宣伝になっているんだな、いまじゃ。
 
しかも相手からはもう歯牙にもかけられてない。
 
憐れんどこ。

147 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 04:19 ID:SF3I3UG/
昔の農村社会がベースとなって起きた事件だから、
どうしても現代の感覚で考えてしまい、難しい。

今の人のほうが客観的に物事を見れるのかもしれんが、
昔のことが分からないのは辛いね。
「当時は祠を住家にするような不良少年や乞食は非常に多かった」
とか・・・実感がわきにくいし。

148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/08/05 10:53 ID:egYdBLfQ
>>141
見易くする為少々修正を加えました、お役に立てれば・・・
ttp://imgboard.s2.x-beat.com/up/upload/src/aiolos_0280.bmp

149 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 15:06 ID:TH9I1S4T
事件の深層は、農村社会による「よそ者の排除」なのではなかろうか。
鎌田本にも、死体は「異界」に近い場所へ「埋葬」された、との記述がある。
被害者の母親はとかく噂があったらしいが、「よそ者」と関係してできた
子供が被害者であり、区長選挙や土地開発利権などで対立する一派が、
「異端の排除」と共に父親の影響力を無くす目的で事件を起したのでは。
そしてなおかつ、犯行を「よそ者」に見せかける小細工まで施した。
こう考えると、被害者家族の不可解な言動にも合点がいくような気がする。

150 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 16:11 ID:SF3I3UG/
被害者家族は犯人を知っていたが、犯人が捕まってしまうと、
こちらのスキャンダルも暴露されてしまうと考えていたんだろうね。
だから警察にもきちんと真相を話さなかった。
つまり事件の解決は、被害者側にも犯人側にも不利益だったから、
別の「犯人」を仕立て上げる方向へ大きく力が働いたんだろう。

自分が興味あることは、
・あの周辺地区にはどれぐらいN家の親戚が住んでいたのか?
・当時の農村において、よそから嫁を迎え入れるのはどれぐらい問題になるのか?
・警察の人間はN家父あるいは他の有力者とどれぐらい懇意だったのか?
だね。どれも今の都市像とは大きく違うだろうし。

151 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 16:30 ID:y/UuPJSA
ちょっと質問。 四女だけ種違いだったの? >>146

152 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 19:22 ID:TH9I1S4T
>>150
 ・あの周辺地区にはどれぐらいN家の親戚が住んでいたのか?

親戚は多いようだ。たしか隣と向側の家も中田姓で親戚だったはず。
脅迫状の「気んじょの人にもはなすな」は、親戚を指しているとの説
もあり(意に反してわずか5分で向いの家に走ったのは不可解)。

 ・当時の農村において、よそから嫁を迎え入れるのはどれぐらい問題になるのか?

問題は嫁入りではなく、嫁の素性だろう。
嫁入りの翌朝の椿事は、その後に起きる事件の予兆ともとれる。
ただ、嫁が亡くなって十年後に、いかに「異端児」とはいえ、共同体
から抹殺してしまおうということが、昭和38年の時点で関東の農村社会
で実際に起るものなのかどうか、という疑問は湧く。
従って、ここから「事件は被害者一家のスキャンダルを利用したもの」
という推理も出てくるわけだ。

 ・警察の人間はN家父あるいは他の有力者とどれぐらい懇意だったのか?

地元警察は区長の父親とは当然じっ懇だったろうが、これだけの
大事件となると、捜査の主導権は県警が握っていたはずなので、これを
追及しても、あまり意味はないとは思う。

153 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/08/05 19:47 ID:v/G8syxX
>>148
多謝。
更に拡大。→ttp://v.isp.2ch.net/up/fa95c345344d.jpg

154 :150:04/08/05 22:58 ID:SF3I3UG/
>>152

>地元警察は区長の父親とは当然じっ懇だったろうが、これだけの
>大事件となると、捜査の主導権は県警が握っていたはずなので、これを
>追及しても、あまり意味はないとは思う。

このことについて、
「意に反してわずか5分で向いの家に走ったのは不可解」
とも関連するのだけれど、翌日(5月2日)の時点で、
狭山署にマスコミが集まり、県警本部長まで来ていたという事実が引っかかる。

普通の誘拐事件なら5月3日までこういった目立った動きは取らないはず。
マスコミがそんなに集まれば、「刑札に話した」ことが犯人に筒抜けだ。
家族も警察も「既に死んでいる」と確信しているとしか考えていない。

家族が被害者の死を確信しているのは裏事情があるからいいとしても、
死の確実性を警察に納得させて翌日から大規模な捜査網を展開させるには、
N家がそれなりに地元警察に対して発言力をもっていたのでは、
というのが疑問だった。

155 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 05:21 ID:JLPESmgW
>>154
当時の誘拐の捜査なんてそんなもんじゃないの?
当時の他の誘拐事件に比べてどうなんだろう。

156 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 11:40 ID:vKgJOyLX
>>154
>N家がそれなりに地元警察に対して発言力をもっていたのでは

そもそもこの事件、初動捜査から埼玉県警の本部長が指揮を
とっていたことは何度か指摘されている通り。
当然、ブン屋もそれを嗅ぎつけ、なかば報道協定に近い状態での
捜査だったようだ。

こういう情況では、N家が実力者で地元の狭山署に顔が利く
うんぬんの次元ではなかろう。
まだ家出やいたずらの可能性があった初動時点で、なぜ県警
本部長が動いていたのか、ここが真相解明のポイントだと思う。

157 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 16:00 ID:PuJatr6h
>>156

「義展ちゃん事件」で警察が誘拐事件に対してデリケートになっていた、
っていう「定説」はお嫌いですか?

158 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 16:19 ID:vKgJOyLX
>>157
「デリケート」というのはどういう意味?
「ナーバス」ならまだ分るが。

初動捜査の件は、このスレに何度も出ている、5月1日の6時過ぎ
には、すでに県警が営利誘拐事件を想定して動いていた謎について
のことだよ。

だいたい、いくら脅迫状が届いたとはいっても、通学に使っている
自転車がちゃんといつもの場所に戻っているんだから、家出か
いたずら、または狂言ではないかと疑うのが常道のはず。
死体が発見された後から見ると、なるほど「犯人が自転車に乗って来た」
という見方もできようが、最初の時点でそう考える人間は、あまり
いないはず。

家族が「もう死んでいる」と確信し、県警が大慌てで初動捜査する、
なんらかの「事態」が発生していたと思わない方がおかしい。
いくら地元の有力者だとしても、県警本部長を直接動かすほどの
力はないだろう。

159 :本当にあった怖い名無し:04/08/07 02:41 ID:Ivd9PlwI
一日午後六時の段階で西武園の捜索が既に下命されていたのも謎。
あらかじめ嘘の遺体投棄場所を指定する犯人の狙いが、
警察の動向を監視することにあったのは分かるが、
脅迫状を受け取った直後から遺体の捜索を行なうとは
警察はあまりにバカげていないか?

160 :本当にあった怖い名無し:04/08/07 12:53 ID:RYSiTSKP
午後6時に西武園が捜索されていたことが事実だとして、これが
「バカげ」た捜査方法とまではいえないように思う。
そもそも、吉展ちゃん事件は誘拐されたのが幼児だが、狭山事件は
人質が16歳の女性。

誘拐されたのなら、殺害される公算が高い。
脅迫状が稚拙(むろんこれは偽装だったが)なことから、警察は、
人質はすでに殺されて池に遺棄されている可能性を考えたのだろう。
むしろ、その考えの方が自然であり、捜索しない方がおかしい。
捜索を急げば、救助できる可能性もないことはない。

むろん捜索は私服警官が目立たないように行なったはず。
実際は西武園はアベックなどの客が多く、実際に捜索されたのは
隣の狭山湖だったらしいが。

161 :8-775 ◆84775/cxuk :04/08/07 23:40 ID:yqi7/gE9
御無沙汰しているうちに前スレが落ちてしまった……。
8thにて時代背景・土地柄等調べていた5月1日生まれの775です。
一応トリップ付けてみました。

実は先日実家に帰る機会がありまして、50代の父に狭山事件について訊ねてみました。
「触るな」……即答でした。
多摩に生まれ育った父に取っては、本当の本当にタブーだったようです。
「そんなに興味があるなら、うちと縁を切ってからにしてくれ」とまで
言われてしまいました。
さすがに親子の縁を切りたくは無いので、部落関連についての調べは打ち切ります。

残るは……皆様のように推理力も無いしなぁ……。
武蔵野についての調べを細々と続けようかしら。

162 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/08/07 23:49 ID:7oAdPTnd
>>161
50代位の人でも、そう言う事があるんですねぇ。まあ、本を読んだりネット
で調べものをする程度なら、密かにやっていても良いでしょう。
それにしてもそのトリップ、良く見つけて来ましたねぇ。

163 :8-775 ◆84775/cxuk :04/08/08 00:18 ID:Mop0EIAi
>>162
あまり詳しく書くとアレですが、父方の祖父が公務員だったんです。
んで、父自身も過敏になった、と。
母は東北出身なので訊ねても「?」って感じでした。
調べはしますが、正直部落関連はお腹イパーイです……。
武蔵野と云う土地の歴史とか、そういうのを調べて行きたいですね。
ミステリ好きなのにマジで推理下手なもんで……orz

トリップは、コテ付けをお薦め頂いた時にトリッパーをブン回したら出て来ましたw

164 :8-775 ◆84775/cxuk :04/08/08 00:20 ID:Mop0EIAi
あ、一度回線切ってるのでID変わってますが>>161=163です。

ちなみに父曰く、私の生まれ育った街には韓国の方の部落があるそうです。
父の故郷は部落だらけだそうで。
明確な地名は教えてくれませんでした。それ程に、ヤバいんだなと再確認。

165 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/08/08 04:39 ID:lDiTeBXV
漸く仕事が終わった。ト言うより終わりにした。
 
>>164
此処のIDは日付を跨ぐと変わる様ですヨ。それに、トリ使用の人はID不要。
 
で、前擦レのミラーが出来た模様。
http://makimo.to/2ch/hobby5_occult/1080/1080906018.html

166 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 23:21 ID:IfOVyel4
何度も言われてるけど、3日までに警察が施した偽装工作があるとすると、
もしその偽装が犯人の行動に関わるものであれば、
いざ真犯人を逮捕したときに、自供されると困ることになる。
(石川氏にやったみたいにシナリオ通りの供述を強要する気があれば別だが)

ということは、早い段階での警察の偽装工作があったと仮定した上でだが、
1.ハナから警察は真犯人逮捕は諦めていた→自供の心配なし
2.警察の偽装工作が、犯人の行動とは無関係なものである→自供の心配なし
のどちらかが考えられる。

前者であればOG自殺の段階で、死んだ彼に全てをなすりつければいい。
しかし警察は「被害者を殺されて犯人にも自殺された」という大失態を避けるため、
あくまで生きた犯人を捕まえる方向を宣言した。
この時までは、まだ犯人逮捕できると警察が踏んでいた、と考えるほうが自然だ。

となれば後者ということになるのではないだろうか。
従って、1日に取り逃しが実はあったとか、犯人との接触を隠蔽するような
偽装工作は可能性が低いのでは、と考える。

167 :本当にあった怖い名無し:04/08/11 14:54 ID:aP4X4bnO
早期に発見されたゴムヒモとスコップが、犯人の偽装工作か否か、という点が
ポイントなんだよね。
これが犯人の工作ではないとするなら、警察の偽装という可能性もゼロではなく、
これほど早い時期に証拠を偽装した理由はなぜか、ということになる。

168 :本当にあった怖い名無し:04/08/13 03:11 ID:9UEbGimh



本当にあった怖い名無し

169 :1-531:04/08/16 02:37 ID:Hrtt7kWm
保守・AGE
五輪に甲子園にと、おもろい時です。
祭りのあとが寂しそう・・・・
>>167
警察はハナから部落地域に犯人がいると決め付けていたのですかね。
証拠さえ出しておけば、あとはどうにでもするって。
恐ろしいことです。

170 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 03:22 ID:c8anTt4l
>>169
というか部落の者から犯人を出すつもりだったとか…。

171 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 21:55 ID:lJEbYwWb
>>170
というより、無学な不良だったら誰でもよかったんだろう。
そこに部落がなくても、誰かがいけにえにされたはず。
狭山事件は大事件だったからここまで問題化したが
(それでも冤罪が叫ばれ始めたのは7〜8年後)、
他にも知られていないでっち上げ事件って、結構あるの
ではなかろうか。
狭山事件とか熊谷ニ重逮捕事件をみると、ぞっとすると
同時に、強くそう感じる。
石川氏も少年時代に列車置石事件の犯人にされかかった
ことがあるわけだし。

172 :1-531:04/08/17 01:48 ID:sVvBwwqb
>>171
まぁケーサツなんざぁ、今も昔も腐りきった暴力組織。

私は子供のころ、実際に線路に石を置いたことがあるわけですが・・・・

173 :age:04/08/17 04:04 ID:BhUB1RKy
age

174 :本当にあった怖い名無し:04/08/17 13:59 ID:StOmE1PO
袴田事件、再審なるか。

 ttp://www.asahi.com/national/update/0817/002.html

175 :本当にあった怖い名無し:04/08/17 21:19 ID:GHMgNtxI
>>172
禿胴。別のスレでも前に何回か書いたけど、警察の体質って戦前から
全然変わってない。事件の放置や揉み消し、証拠の捏造、身内への手心、
お目こぼし…。捜査も裏社会の協力無しじゃ何にもできない。
GHQの意向で組織がほぼ温存されたのを良いことに旧態依然のやり方が
まかり通ってるのが警察だよ。


176 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 00:15 ID:P6XJqEM3
最近の事件では筋弛緩剤事件と恵庭OL殺人事件もあるね。
これらが冤罪とすれば、大変恐ろしい。

177 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 11:06 ID:XcKuy5HR
恵庭OLはどうかな・・・? ってのがいろいろ見ての正直な感想。

冤罪といえば東電OL事件のゴビンダだな。

178 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 13:17 ID:XEQhy7ch
>警察はハナから部落地域に犯人がいると決め付けていたのですかね。

この事件の前の「吉展ちゃん誘拐事件」での失態もあったので
警察は今回は何としてでも威信を回復しなければいけなかった。
「犯人を生きたまま捕らえる」と言った。
要するに「(真犯人が居たとしても)死んだ人間には用は無かった」ってこと・・・?
本末転倒というのでしょうかこういうの。

石川氏は生きていた。警察にとっての望ましい条件も揃っていた。だから捕まった。

頑張ったんだなあ・・・石川さん。

179 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 16:37 ID:ijALsZ/e
あの過酷な取り調べを1ヶ月間耐えたんだからね。
長谷部らは、石川氏がどうしても落ちない場合は、
とりあえず筆跡鑑定をもとに「脅迫状だけは書いた」
という供述調書を無理やり作成し、実行犯は別の
人物を引っぱることも考えていたらしい。
結局例の「男の約束」と「兄を逮捕する」という手で
落としたわけだが、最初の自白調書はそのストーリー
になっている。

ところが複数犯と思い込んでいた犯人像が石川氏に
まったく当てはまらず、あの「逆さ吊り」や「万年筆」を
でっちあげ、単独犯というシナリオに「改作」せざるを
得なかった。
おそらくこの時点で、石川氏が事件に無関係という事
には、長谷部は気付いていただろう。

180 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 20:45 ID:Ihe8EYkg
おいおい、きてンのかよ

181 :本当にあった怖い名無し :04/08/19 21:28 ID:6DHMZ0dj
本当にあった怖い名無し

182 :本当にあった怖い名無し:04/08/21 09:04 ID:P0/JoNSo
脊髄反応age

183 :本当にあった怖い名無し:04/08/21 23:45 ID:OUNVzkB7
本当にあった怖い名無し

184 :本当にあった怖い名無し:04/08/23 23:12 ID:wVnLytpP
狭山市引っ越し記念age
現場すぐ近くだわ。のどかなところなんだが、
こんなミステリアスな事件があったとは。

185 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 07:48 ID:5ebO/1Va
 『犯人 「狭山事件」より』(晩聲社/殿岡駿星/1990)でも犯人を推理している。
はっきりと名指しで誰が犯人であるとは書かれてはいないのだが、
1990年(平成2年)4月13日、著者はその人宛てにいくつかの質問を列挙した手紙を出している。
それは宛先人が犯人であるという前提で質問したような内容になっている。
その宛先人が誰であるかをここでは言えませんが、自殺や事故死?した人物でないことは確かで、
石田登利造を犯人とした亀井氏の推理とは違っている。
その相手から返事がきたのは5日後だったが、手紙には<書状は確かに受け取りました。
その設問にはお答えする事は出来ません。
平成2年4月18日 ○○○○(自分の名前)>と3行だけ書かれてあった。

○○○○って誰の事?

186 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 15:48 ID:mTXVc/QD
なんかわくわくするねぇ

187 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 16:07 ID:VFoGsf7w
>>185
ageてるから半分荒らしなんだろうが、殿岡説は
過去スレですでに論破されているよ。
あれはただの推理小説。
現実の事件と混同してしまってはいかん。

○○○○さんは法廷証言に不審な箇所があるが、
あの小説のようなスーパー犯罪者であるわけがない。

188 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 02:45 ID:I27u6WI+
誰か長男に真相を聞いてきておくれよ

189 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 06:35 ID:r91PzVUM
この前鎌田某が逝ったろ

190 :本当にあった怖い名無し:04/08/27 10:34 ID:6hKUVDog
「袴田事件」の再審開始認めず 東京高裁が即時抗告棄却
ttp://www.asahi.com/national/update/0827/006.html

袴田事件とは?
ttp://www.h3.dion.ne.jp/~hakamada/text%20folder/index.html

191 :本当にあった怖い名無し:04/08/30 00:01 ID:Xmelw6MY
『無限回廊bbs  狭山事件の真相は?』
 284 名前: 通りすがり 投稿日: 2004/08/17(火) 02:55
 279は
 > この「特別抗告」とは、高裁の決定に憲法違反があることを理由とする場合
 > に限られる・・と本日の朝日新聞にありました。
 と、特別抗告の定義を朝日から引用しただけです。
 この引用から281-283のようなコメントが出てくるのは理解の域を超えます。
 『朝日』で脊髄反射しちゃったんですね、可哀想に。

とこのスレ>>182
は同一人物。


192 :本当にあった怖い名無し:04/08/30 21:12 ID:fElXmbYM
袴田事件が棄却なら、狭山事件も危ないかもな。
「バランスをとって」狭山はOKとするかもしれないが。
だとしたら袴田死刑囚があまりにも不憫・・・

193 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 02:34 ID:YdpXC2Yq
昭和38年3月 吉展ちゃん誘拐事件 公園で吉展ちゃんが誘拐。犯人は既に殺しておきながら身代金を要求する残忍さ。
昭和38年5月 狭山事件 埼玉県狭山市で女子高生が誘拐され殺害。部落問題が複雑に絡む事件に発展。
昭和38年8月 波崎事件 茨城県波崎町で男性が帰宅した直後死亡。毒殺の嫌疑で逮捕された男は無罪を主張。
昭和38年9月 草加次郎事件 地下鉄銀座線の車内で「草加次郎」手製の爆弾が爆発。東京を震撼させた。
昭和38年10月 森吉幸喜・6人殺害事件 高知・徳島・香川の四国全域で連続殺人魔が出没。四国全域で恐怖の1週間。
昭和38年10月 西口彰連続強盗殺人事件 専売公社の集金車を襲い運転手を刺殺。その後の逃亡で驚くべき実態が。
昭和38年11月 国鉄・鶴見事故 国鉄(現JR)の鶴見駅付近で列車・貨車三重衝突で161人の死者を出す大惨事に。


復讐するは我にあり

194 :本当にあった怖い名無し:04/09/02 02:25 ID:9P7h1Xj2
?

195 :本当にあった怖い名無し:04/09/02 13:59 ID:ELYY6waB
昔の日本人は熱かったね

196 :本当にあった怖い名無し:04/09/02 18:43 ID:QHJyaKkx
犯罪者も熱けりゃ、警察も検察・裁判所も熱かった。
マスコミも熱かったし、一般市民も熱かった。
熱さで頭がイカレて無実の人間を死刑台に送ろうとした。
熱が冷め、過去のあやまちを認めもしないでもう41年の
歳月が流れた。
権力やマスコミの責任が重大な冤罪事件だが、
部落出身の「不良青年」が捕まって拍手喝采した市民が
たくさんいたことも忘れてはいけない。

197 :本当にあった怖い名無し:04/09/02 18:55 ID:qa0oGuoJ
>>196
今だってそれほど変わっちゃいない。一皮剥けばちょんまげ時代だ。



198 :本当にあった怖い名無し:04/09/03 17:46 ID:mjPbihKV
津山で小3少女がめった刺しに。
あのへんはこわいな。

199 :本当にあった怖い名無し:04/09/03 18:10 ID:UuiSeaDM
で、県議“U”とは誰よ?
昨年話題になって辞職した“T”さんと関わりあるの?

200 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 00:40 ID:lZc0nYER
テメエで調べるんだな

201 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 21:37 ID:LKZQE4me
T氏とは直接関係ないんじゃないかな。
面識はあるだろうけど。

202 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 23:11 ID:7/nIezRh
なんだ? このスレ? オカルトと関係ないじゃん。
削除依頼だしとけよ>>1

203 :本当にあった怖い名無し:04/09/07 10:38 ID:Qnd3Sp7j
>>202
スレ1から読めば分かるよ。

204 :本当にあった怖い名無し:04/09/07 18:19 ID:garXzIfU
>>202
最初はオカルトだったんだが、変なのが紛れ込んでこうなっちゃった
最初の方は面白いよ

205 :本当にあった怖い名無し:04/09/07 19:35 ID:4LTAEHj3
>>202
削除依頼だしても認定はムリだよ。
それよか、ageずに放置しておけばそのうちdat落ちするさ。もう終わったスレだから。
 
>>205
最初の頃には削除依頼が目立つぞ。

206 :本当にあった怖い名無し:04/09/07 23:29 ID:vwWQGoEB
この事件に関して、オカルトに触れたのは、他ならぬ被害者の兄。
石川氏逮捕の報を聞き、マスコミのインタビューに彼はこう答えた。
「犯人逮捕と聞いたとき、仏壇の鐘がチンと鳴った。
これはあの世に逝った妹が(喜んで)鳴らしてのだと思う。
実は、母が亡くなったときも仏壇の鐘が同じように鳴ったんですよ。」

母親の不審死(?)と、Y枝さんの殺害を結びつける推理は無責任で
危険とする考えが今では一般的常識になっているが、間接的にせよ、
両者をオカルト風に直結させたのは、なんと二人に一番近いところに
いた人物だったわけだ。

これは果たして単なる偶然か?
母親と妹の非業の死について、それらが関連していることを、兄なりに
それとなく表現したものではないのか?
本当に仏壇の鐘が鳴ったのなら、それは霊界からの喜びの表現など
ではなく、「その人は犯人じゃない。早く真犯人を捕まえて」という、
Y枝さんの浮かばれぬ魂の叫びだったはず。

おそらく、仏壇の鐘は判決の日にも抗告棄却の日にも鳴ったことだろう。

207 :真相究明隊:04/09/08 18:38 ID:54MVR8eL
少時は無意味な言葉ではない。
脅迫状/宛名を書いた者が意味を込めて書いている。
それが誰を指すのか、正治なのか昇司なのか、正司なのか。
そこを明確に出来れば解決の糸口になるだろうと思う。
”古くからの何ものかがひそんでいた・・・は田舎の
人付合い・・・と取れる。それが真相究明を難しくしたと。
そして「善枝!本当にこの人なのか?」

208 :本当にあった怖い名無し:04/09/08 19:24 ID:YpDJbCwk
「少時」に、真相につながるような意味はないと思うけどな。
捕まれば確実に死刑(当時)になる犯罪なのに、
わざわざ手がかりを教えるような真似はしないはず。
姓にも名にもとれて、なおかつ漢字がたくさんある名前を
数ある中から選んび出したのだろう。
他の漢字当て字も一緒に推理すると、この犯人、漢字に
相当造詣が深く、字を見た人間がどういう反応を示すかを
よく知っているインテリ(くずれ?)のような気がするな。

209 :202:04/09/09 18:14 ID:B8lh5MPe
過去ログ読んだ。なんだなかなか面白いじゃん。推理小説みたいで。
でもやっぱり板違いでは? つーかこの板じゃなくて
他でやったほうがもっと盛り上がるんじゃないの?
確かにもうここでは終わりっぽいし。まあえらく昔の事件なんでネタがないのかな

210 :本当にあった怖い名無し:04/09/09 19:34 ID:UthD5xY8
この事件、いろいろ面倒で厄介な問題が複雑に絡み合っているので、
他のスレでは荒れまくって収拾がつかなくなるからじゃないの?
自分も偶然このスレ見つけて、3くらいから読み始めたが、よくぞ
たいして荒れもせずにここまで続いたものだ、と感心しているくらい。
現実の事件で、これだけ関係者が次々に死んで行く事件というのは
他にないと思う(あったら教えて)。オカルトの名にふさわしいとは思うが。

211 :本当にあった怖い名無し:04/09/10 02:46 ID:mTZYGUm6
っていうか202って誰?
スルーでいいんじゃないの?

212 :本当にあった怖い名無し:04/09/10 13:55 ID:b0gaUuS9
遺体の埋め方もオカルトだね。
あれだけ不可解な死体の埋め方をした事件というのも
他にはないだろう。

213 :202:04/09/10 18:21:42 ID:lY6G3Osb
>>211
んじゃもうこねーよ。そのかわりageんなよ。

214 :本当にあった怖い名無し:04/09/10 23:33:17 ID:XRUEi0fv
>>213
せっかく興味を持ったんなら推理本の一冊くらい読んでみなよ。
・・・ってもういないか。

215 :本当にあった怖い名無し:04/09/11 00:46:19 ID:RtWo9LK7
>>213
うっせーんだよ、おまえは。

216 :本当にあった怖い名無し:04/09/12 00:55:30 ID:szf7+pLS
本当にあった怖い名無し

217 :本当にあった怖い名無し:04/09/12 14:25:28 ID:TbNsT8s6
>>213
もとよりここはsage進行基本なわけだが

218 :本当にあった怖い名無し:04/09/13 21:30:36 ID:UYcVrjss
無限回廊は盛り上がりつつあるが、こちらはすでにジ・エンド?

219 :あなたのうしろに名無しさんが…:04/09/14 01:09:17 ID:mBhZiyIi
>>218
一部の名無しがコテ叩きをしてて、常連コテも愛想をつかせたのでしょう。
折角ウザコテもいなくなったのだから、今こそコテ叩きをしていた名無しに持論を展開していただいては如何?
敢えて言わせてもらうと、あなたも他人を当てにしてないで持論(総合的な推理)を投稿しては?
誰も推理を展開しないで盛り上がるもへったくれもないかと思うのですが…


220 :本当にあった怖い名無し:04/09/14 01:53:24 ID:1bm+bxwB
あちらは初心者が参加して、それなりにイイ感じだと思うよ。
こっちもきっかけがあれば盛り上がるさ。
っていうかべつに盛り上がらなくてもいいわけだが。

221 :本当にあった怖い名無し:04/09/15 00:40:58 ID:s+gbqJED
>>220,221
まぁ事件推理は今はあちらにまかせるとして、こちらは2ちゃんらしくその「コテ叩き」をやるのがいいよ。
でさっそく、
 レイムダック
甲斐説がだめなのは当然、それをえんえんのべた後、おそらく明日以降は「70年代の噂ばなし」説に行くのだろうが。
こいつの「推理」は所詮噂ばなしの域を出ないってのは、真実だと思うがね。ヴォケ。

 おっさん
をいをい今度はそっちに来てるのか?
ここでOG単独犯説をやってなにも説明できずに叩かれて消えたと思ったら、
チャッカリあちらにお目見えだ。いいかげんにしろっつーの。

222 :本当にあった怖い名無し:04/09/15 02:41:14 ID:vfbfW1ID
>>221
そんなこと書くから、あっちのBBSつながらないぞえ。


223 :本当にあった怖い名無し:04/09/15 11:34:40 ID:xE4nZpfq
>>221
藻前リアルでも頭悪いって言われてるだろ?

224 :本当にあった怖い名無し:04/09/15 19:29:33 ID:0V+Rospn
駄目だこりゃ。



■■■■■■■■■■■■■■■終了。■■■■■■■■■■■■■■■■

225 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/09/15 20:11:18 ID:VnRwiXWL
>>221
>2ちゃんらしくその「コテ叩き」
それマジで言ってんの?
今時コテ叩きしてれば2ちゃんねらーだと思ってる香具師痛すぎるぞ
おっさんは兎も角レイム(ryなんて2ちゃんと関係ないじゃん
だいたいよその掲示板気にしてるようじゃ終わってるな
>>223-224
禿げ上がる程同意

226 :素人探偵:04/09/16 17:03:11 ID:I9mg9pJe
実に久しぶりのカキコ。
盛況さんのサイト「狭山事件を推理する」に、スレ6で展開した
自分の「狂言誘拐→突発殺人説」が詳細に紹介されていて、
汗顔のいたり。
盛況さん、愚説をわざわざまとめていただいてありがとう。
サイトのアドに直接メールしようと思ったけど、このスレに
投稿した意見だし、このあと色々意見交換するかもしれない
ので、一応ここでお礼言っておきます。

話は変わりますが、高裁の長兄証言の中で、法廷に出された
脅迫状が入っていた封筒の切れ端について、長兄は自分が
届けたものではないと言っているそうですね。
さらに、封筒本体も「こんなに破けていませんでした」とも証言
しているようです。

このことから長兄は、重要な証拠品である封筒類を、当局が
ぞんざいに扱ったことに対して不満の意を表しているともとれ
そうです。
その他の証拠品については、検事の意のままに証言した長兄
が、なぜが封筒については迎合していない。

封筒を乱雑に扱ったのは誰か、という疑問とともに、どうもこの
一件が引っかかりますね。



227 :新井 泉:04/09/16 23:25:04 ID:1BuTyBfW
>>226 素人探偵様
お初にお目にかかります、盛況様と調査行動を共にしております新井 泉と申します。
私が言うのも変ですが、是非一度盛況様サイトにあるアドレスに御連絡下さい。
我々の調査において6スレ当時とは違った事実がいくつか出て来ております。
また、もし御都合が合うなら私供と現地調査など御一緒出来ませんでしょうか?
真に不躾ではございますが、平に御容赦を。


228 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/09/17 00:44:18 ID:8uUqSpIJ
>>226:素人探偵氏
小生サイトでの「狂言誘拐説」は元来、「異説」頁に取り上げたいと思い、
時期を見計らっていたものです。とは申せ、ほとんど反論の形になったのは
個人サイト故の事として何卒お許しあれ。しかし新井氏にもこないだの現地
で話したのですが、小生個人としては当時の貴兄と、Musashi氏も交えての
法医学論争が一番面白かった。そして小生が参加してからの論争としては、
素人探偵氏との議論が一番印象に残った故、敢て別頁として取り上げさせて
頂きました。
今宵は取り敢えず御挨拶レスのみで(メールはお気軽にお寄せ下さい)。

>>227 :新井 泉氏
素人探偵氏への早速のアプローチ、新井泉氏らしい気の早さ(藁
もとより、小生もソレを望んでおります。

229 :本当にあった怖い名無し:04/09/17 13:36:58 ID:bYjJW2qh
いま話題のプロ野球コミッショナーって、元東京高検の
検事長だった人だね。
ファンの声を聞かず経営側に立ち、やるべき仕事を
全くしない。
こういう人間が検察のトップなんだから、冤罪事件が
起きるのも必然といえば必然。

230 :本当にあった怖い名無し:04/09/18 11:15:14 ID:UoKw+faM
プロ野球界のゴタゴタは予想通りの展開。
検察のトップって、世間とかけ離れた感覚の持ち主でないと
勤まらないことがよく判った。
まともな人間は絶対に出世できない仕組みなんだろうな。

231 :本当にあった怖い名無し:04/09/18 23:10:23 ID:YLWaZCF2
組織に永く居ると、まともな人間でもおかしくなってしまうのです。

232 :本当にあった怖い名無し:04/09/19 02:20:17 ID:epOYNWSp
そもそも国家権力をまとおうと思った時点で、
我々とは神経が違う人間なんじゃないの。
警察に限らず、税金でメシ食ってるヤツラはみんな腐ってるよ。

233 :本当にあった怖い名無し:04/09/19 19:20:51 ID:OxTcfciy
本当にあった怖い名無し

234 :本当にあった怖い名無し:04/09/19 21:22:07 ID:faxKC6n8
亜日記か

235 :本当にあった怖い名無し:04/09/19 23:36:56 ID:QMzToZ0T
少時って「しばらく」とも読むのね。
漱石の小説読んでて気づいた。

236 :本当にあった怖い名無し:04/09/20 20:11:21 ID:UAniftU6
「しばらく(待て)」と「時間が少ない(急げ)」の両方の意味、というのが亀井説。

237 :本当にあった怖い名無し:04/09/21 12:03:07 ID:h1V9YkJY
ここはかなり詳しく、写真や地図・図版も抱負。

「狭山事件の真実」
ttp://www.tcn.ne.jp/~masah/sayama.htm

238 :本当にあった怖い名無し:04/09/22 18:32:26 ID:nL8khY26
>>237
見に行ったけど音楽センス最悪w

239 :本当にあった怖い名無し:04/09/22 18:47:15 ID:VSqfO0y7
音消して見るよろし

240 :本当にあった怖い名無し:04/09/22 18:58:27 ID:ogm8jl68
http://www.tcn.ne.jp/~masah/symjk.htm
こっから直接見るのがいいよ。
推理HPじゃないが事件を知るにはなるほど詳しい。
それにしてもあっちこっちの本やHPから取ったらしい写真満載だけど、
こういうのって著作権上はどうかね。

ま、いいか。

241 :本当にあった怖い名無し:04/09/23 00:44:14 ID:4iQe2cXn
写真は当時の新聞や、いくつかの書籍、あるいは公判記録から採録
したものばかりだから、著作権の問題はクリアしているんじゃないの?
本はほとんど解放同盟関係のものばかりだし。
しかしこのHPホントに詳しいね。
狭山事件のことならこのHPと盛況氏のHP見ればこと足りるね。
それともちろん、このスレもねw
もう終点間近らしいのは残念だけど・・・

242 :あなたのうしろにケンジさんが:04/09/23 03:19:23 ID:m72iLim0
>>もう終点間近らしいのは残念だけど・・・

いえいえ、そんなことはありませんよ。

243 :本当にあった怖い名無し:04/09/24 10:58:30 ID:RkDXmZiL
>>240
そのサイトの「差別裁判うちくだこう」って凄い歌だなw
かなりわらかしてもろたw

244 :本当にあった怖い名無し:04/09/24 11:26:05 ID:RBm1fRuC
「キャベツ、大根、売りさばこう」ねw

245 :あげは Self Pot:04/09/26 04:39:34 ID:yknDJQ/Y
あげは Self Pot

246 :本当にあった怖い名無し:04/09/26 04:59:56 ID:z6aGH7uP
狭山事件ってオカルト?

247 :本当にあった怖い名無し:04/09/26 05:03:08 ID:ZQRwfAOY
>>246
早朝の保守アゲ御苦労!
一応、ひろ〜い意味で、オカルトってことになるらしいよ。
9thまで来ても板移動や削除にならないとこ見ると。

248 :本当にあった怖い名無し:04/09/26 05:27:34 ID:U5P/udiX
俺は今25歳なんだが、
この狭山事件をテーマにした同和教育、人権教育を小学校の1年〜6年まで受けました。
狭山事件の記念日(年に3,4回はあったような・・10.31全校集会ってな名目)には全校生徒が
集合して作文とか読むんです。
作文の内容は、
「石川さんは無罪なのに、部落の問題で犯人扱いされてかわいそうです・・」
ってな内容。
今考えるとかなり気持ち悪い。個人名(石川)を出して、何も知らないかわいい
かわいい幼い子供を洗脳して、作文を読ませるなんて・・
こういう教育って全国的にされてたのかな?



249 :本当にあった怖い名無し:04/09/26 06:45:26 ID:GECIFja7
北海道はされてない
つーか早く犯人殺しなよ

250 :本当にあった怖い名無し:04/09/26 10:53:55 ID:3H6zsujZ
東北もやってないねぇ。
むしろ国家公務員や、関西資本の企業に就職して初めて「ビデオ」見せられ、
江戸時代みたいなこと未だ拘ってる連中がこの日本にいたのかと驚くのが大半。
だから子供みたいに単純に可哀想とは思わんよ、「双方アホだな」ってだけ。

251 :本当にあった怖い名無し:04/09/26 12:21:25 ID:v2hj791Z
>>248
私も同じ様な事をやりました。
全校集会では普通に同和関係のビデオを見たり先生の話や
部落差別を受けた人の話を聞いただけだけど、
担任の先生がすごく熱心で、クラスでの事前同和教育の時間に
狭山事件の地図を見て考察したり現地へ行った事もあります。
他のクラスはそこまではやらなかったみたいだけど。

252 :本当にあった怖い名無し:04/09/26 15:36:30 ID:JeNNVtl0
>>248
狭山市出身の30歳ですが、狭山でもそんなことはやらなかったっす。

253 :本当にあった怖い名無し:04/09/26 18:01:18 ID:djuWC2lm
あまりやり過ぎたのが逆効果だった面はあるかもしれないね

254 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/09/26 18:29:39 ID:68fE+gRo
すみませんここは何をするスレですか?

255 :本当にあった怖い名無し:04/09/27 05:46:39 ID:VsmQ2VZu
自殺した姉の遺書って何処にあるの?
それに真犯人が書いてあったりして

256 :本当にあった怖い名無し:04/09/27 17:26:33 ID:jV99FgrS
http://www.asahi-net.or.jp/%7Egr9m-ymuc/friend/HTML/m1.htm
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Poplar/6601/


257 :本当にあった怖い名無し:04/09/27 19:49:52 ID:O3VBsTe3
小学2年生から狭山市ですが、
狭山事件について授業で取り上げたことはなかったなぁ。

258 :本当にあった怖い名無し:04/09/27 19:54:39 ID:O3VBsTe3
同和問題なんていまだにあるのかね?

そんなこと人生で一度も意識する機会がなかったが。

259 :251:04/09/27 20:01:04 ID:fkoS1g0E
>>257
あんまりこの話題をしてもスレ違いになってしまうかもしれませんが…。
私も小一から中ニまで狭山でした。
実際の現場とはちょっと離れたところでしたが、結構活発にやってましたよ。
社会の時間にも士農工商を習った時に狭山事件の話を聞きました。

260 :本当にあった怖い名無し:04/09/27 20:20:39 ID:jV99FgrS
http://www.asahi-net.or.jp/~mg5s-hsgw/sayama/jiken/index.html


261 :本当にあった怖い名無し:04/09/28 00:30:56 ID:B1DaWpyS
>すみませんここは何をするスレですか?

ここは狭山事件の真相について推理をしてみるスレですが実質終了なのであとは消化試合ってとこです。

>自殺した姉の遺書って何処にあるの? それに真犯人が書いてあったりして

さぁね。私は判らんけど、なんであなたは自分で調べないの?

262 :あなたのうしろにゲンジさんも:04/09/28 03:06:45 ID:24yP6he0
>>258
知らぬが仏ってこと。

>>259
スレ違いではありませんよ。OKです。
私もガキの頃、デモに参加しました。
「石川のおにいちゃんをかえせ!」ってね。

まあこの事件、街道にしゃぶりつくされ、
もはや市民を味方に出来ないことが悲しいサガか。

263 :本当にあった怖い名無し:04/09/28 10:59:20 ID:T0DUM4A1
おれは父親犯行説を唱えるぞ。

264 :本当にあった怖い名無し:04/09/28 11:45:46 ID:5TZ8AvK1
>>263
じゃあはやく唱えてよ。

265 :本当にあった怖い名無し:04/09/28 14:01:39 ID:T0DUM4A1
父親のアリバイ状況が不明だが、
突発的なのか計画的なのかまだ検討中。
問題として、殺害してから脅迫状を書けるかどうかが・・
日付けや名前の訂正は、カモフラージュと考える。
いかにも計画的に誘拐事件としてみせるために行なった。

被害者にはすでに親密なBFがいることを知っていた父親は
それこそ激怒したに違いない。
汚れた母の遺伝子をさぞかし怨んだだろう。
BFとの密会現場に踏み込み、突発的に首を絞めてしまう。
淫行したBFとしては、もはや父親の命令を聞くしかなかった。
こうして偽装誘拐事件として動き出した。
佐野屋に登場したのはもちろんBF。
脅迫の文面は父親。

長男がどこで共犯になったかはさらなる考察が必要。

266 :本当にあった怖い名無し:04/09/28 15:58:35 ID:teQEZOTQ
長兄主犯説が定着していると思うんだけどねえ
車で学校へ行き、その帰りに車で自転車を「回収」したのは長兄
だから自転車のサドルは濡れていないし、犯人の足跡や自転車のタイヤの跡もなかった

脅迫状を差し入れたのも、長兄の自作自演
わざわざ自分でとらず、弟に取らせている


267 :本当にあった怖い名無し:04/09/28 16:02:19 ID:40rb50Wi
>>266
佐野屋の男は誰?

268 :本当にあった怖い名無し:04/09/28 16:09:49 ID:5TZ8AvK1
取らせた弟の指紋は脅迫状、封筒のどこにもなかった。

長男が犯人なら脅迫状の前に誘拐通告をする理由はない。

以上の疑問に答えを出さない限り、「長兄主犯説」は「定着」などしない。
そのほかの身内主犯説も同様。
事件のことを知らなさ過ぎるようだね。

269 :本当にあった怖い名無し:04/09/28 16:49:30 ID:40rb50Wi
何度も言及されているが、肉親犯行説だと佐野屋の一件が
どうしても辻褄が合わなくなるんだよ。
何かの理由で四女を抹殺したいという強い動機が家族に
あったと仮定しても、第三者を雇い、佐野屋で大冒険をさせる
という奇想天外な筋書きを想定せねばならない。

270 :本当にあった怖い名無し:04/09/28 19:24:33 ID:0Wwi8biV
>長男が犯人なら脅迫状の前に誘拐通告・・
とはどういうこと?

身内が犯人としても佐野屋に誰かが現れても不思議ではない。
絶対的な弱味をもっている人間に行かせることで、さも誘拐事件のように
みせかけることができる。そしてアリバイ作りも容易になる。
また張り込み配置などの情報も流せる。
情報、土地カンなどから絶対に捕まらないと踏んだんだと思える。
さらには姉も何らかで共犯であれば、犯人との不思議なやり取りなども
納得がいくし、犯人を逃がす役割も担ってたのかもしれない。

被害者に精液が付着していた事実を考えると、この男性が絶対的な弱味を
握られてしまったと考えるのが自然か。



271 :本当にあった怖い名無し:04/09/28 19:42:50 ID:5TZ8AvK1
>>270
こういうことです↓
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2776/1061689365/313

272 :本当にあった怖い名無し:04/09/29 00:19:02 ID:aB84YqAQ
>>270
推理小説読みすぎ。
一度現地に行ってみるといい。
その推理が成り立たないことがよくわかるよ。
もっとも何度も現調しながら長兄単独犯という
推理小説書いた人もいるけど。

273 :本当にあった怖い名無し:04/09/29 00:25:13 ID:ERiMtB6F
その当時の農村では不可能はない。と。


274 :本当にあった怖い名無し:04/09/29 01:32:04 ID:PGkETYmh
実際に歩いてみると、発見現場とOG新居(と思われる場所)が近いのにビックリしました。
入間川病院の裏手の道を通れば3分ほど。

275 :新井 泉:04/09/29 02:54:06 ID:XIE+hmWE
久々にのぞいて見ると身内犯行説が花を咲かせておりますな(w

アドバイス的に一言
次女、四女の墓は平成になって建て直されております。
もし身内が(特に長兄が)犯行に及んだとしたら、
わざわざ墓を(特に被害者の)建て直したりするのでしょうか?
(詳しくは盛況氏のサイト参照の事)

276 :本当にいた怖い親父:04/09/29 03:25:11 ID:8vw5kJAB
エイサク犯人説にはちょっと興味があるね。
しかもエイサクとカズオがグルだったとしたら・・・
これは鬼に金棒だ!

277 :名無しさん┃】【┃Dolby:04/09/29 04:30:44 ID:0yvMgCTc
ところで、被害者はどこで殺されたのでしょうか
自供では、自転車で帰宅途中に呼び止められ森の中に連れ込まれて強姦され
その後殺されたことになっているが

まさか、普通に帰宅し(自転車があるのはそのため)、自宅で家族に殺されたのかな?
殺される前にトマトめしを食べたとしたら、強姦されたのはいつだ?
長男が雨の中、学校まで捜しに行ったのはその偽装?


278 :本当にあった怖い名無し:04/09/29 05:48:47 ID:JrTIyDna
>>277
OG宅。
警察がそこでの科学分析の結果を発表しないことからも濃厚。
家族は犯行には加担してないと見るのが妥当。

279 :本当にあった怖い名無し:04/09/29 06:07:06 ID:tclK4NfB
>>278
OG新居での単独犯なの? まあ彼は血液型B型で、被害者の死体に残っていた精液と一致するけど
彼はなんらかの弱みを握られて、脅迫状を書かされただけかと思ってたけど

だとすると、彼が自殺した後で警察がアリバイがあったからシロと発表した理由は
「犯人捕まえる前に自殺されちゃった」ではしめしがつかないため
生きている犯人を捕まえることにこだわったためか・・・


280 :本当にあった怖い名無し:04/09/29 06:39:58 ID:vu4kp8h7
で、犯人誰なの

281 :本当にあった怖い名無し:04/09/29 07:40:47 ID:tclK4NfB
ちなみに、長兄の血液型は?


282 :本当にあった怖い名無し:04/09/29 11:28:55 ID:2bC50eFf
犯人の血液型については、その判定方法に疑義が出されていて、
B型とは断定できない可能性も指摘されている。


283 :本当にあった怖い名無し:04/09/29 11:44:17 ID:dSP1rzlC
>>275
別に身内が犯行に及んだと考えても
墓を立て直しても不思議ではない。

ところで父エイサクの没年はいつ?

284 :本当にあった怖い名無し:04/09/29 12:25:25 ID:2bC50eFf
>>283
平成2年。
そりゃ疑えば誰でも疑えるが、身内が真犯人だったら、
事件直後に自宅前にあたりを威圧するような大きな地蔵を
建立したりはしないだろう。
毎日毎晩、家族はこの地蔵を見て、自らの犯行を思い返す
ことになる。
正気の人間なら堪えられないよ。

285 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/09/29 12:57:44 ID:WBWafB8E
>>283
わざわざ盛況さんのサイトに誘導してあるんだから見てみれば。
それともあなたは文盲?

286 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/09/30 00:36:21 ID:ADCqjCxP
>>285
トイウか自分で努力はナンもしないゴジンだらうネ(藁
 
長兄犯行説、懐かシイナ。
小生もタタカれたモンだヨ。
シカシソレも、まだ3スレだから良いと思ッタ。
それに第一、言わせてもらえバ、
もうチト、詳細マデ自説を語ったモンだ。
たった1年半で、此処迄水準低くなるモンかネ(太藁

287 :本当にあった怖い名無し:04/09/30 00:54:37 ID:UagmdU6U
でも初心者を口汚くからかうのは感心しないな。
常連ならもっと心を広く、せっかく事件に興味を持ってくれた人に
感謝しなきゃ。
誰でも最初は興味本位のシロート推理からスタートするわけだから。
一人でも多くの人が事件に関心を持つことが再審開始につながる。
再審決定はすなわち事件の真相解明への道に続いている・・・はず。

288 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/09/30 01:04:07 ID:ADCqjCxP
誰だって初めは初心者さ。
初心者だからって、甘えるのは関心しないネ。
ちなみに小生も、初めは初心者で、シロート推理からスタートしたんですヨ。
(マ、今でも『プロ』では無い限り、シロートだけどな)
人間、叩かれて成長するモンですワ。

言っとくが、この「2ちゃんねる」という掲示板は、別に小生のサイトでは
ないので、いくら荒しや叩きが来ようが、小生は何も痛くも痒くも無い。

どうもこのスレが継続して来た途中から、変な「誤解」があるようだったので、
ここらでソレはハッキリ言っておきますわ。

キチンとしたレスには、小生もキチンとレスして来ましたヨ。ソレだけのコト。

289 :本当にあった怖い名無し:04/09/30 01:37:53 ID:KoWTQ13I
>>279

そう。身代金取られて、被害者も死んで、犯人にも自殺された、
じゃ恥ずかしすぎるからね。

290 :1−531:04/09/30 03:57:16 ID:SSpQEdYy
私も常連のハシクレとして言わせて頂くと、
事件に興味をもった人に感謝する義理は感じませんな。
まぁうれしいんだけどね。
そんな私はといえば、めぐりめぐって何の説も支持しない
ただの傍観者・・・トホホ

291 :本当にあった怖い名無し:04/09/30 07:20:46 ID:iRyQjIso
犯人は盛況
間違いない

292 :本当にあった怖い名無し:04/09/30 08:15:57 ID:CkdfxQ6T
OG単独犯は無理ではないかな
彼は長兄にだまされて脅迫状を書かされただけ
選挙の嫌がらせに使うから本当に子供を誘拐するわけではない、とそそのかされて
「少時様」という人物も実在したわけだし

「5月2日」と「さのヤ」の部分を書き直したのは長兄では?


293 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/09/30 10:10:59 ID:ieKCE1oz
>>292
IT+石川説の方がまだ説得力あるぞwww

294 :本当にあった怖い名無し:04/09/30 11:18:01 ID:/zfnXTrR
長兄は警察が脅迫状の封筒をすり替えたのではないかと
疑っているようだね。
警察が封筒をすり替える意図がいまいちよく分からないが。
封筒に触れているはずのない人物の指紋が検出されるのを
避けたかったのかもしれない。
それは誰かと訊かれても困るが・・・

295 :本当にあった怖い名無し:04/09/30 11:19:53 ID:Q/uJwO6u
脅迫状の発見及び、誘拐発覚時刻が
発表より前に行なわれた。という亀井本に関して。
当時動いていたであろうマスコミ関係者も欺くことができるであろうか。
さらには現地取材において、このような話が幾つも聞かれたのであろうか、
という疑問。
所沢署長の証言の信ぴょう性。
本庁が発表操作をしたのであれば、当然お達しがあり
所沢署長、狭山署長にもかんこう令が布かれたと考えられる。



296 :本当にあった怖い名無し:04/09/30 11:31:36 ID:os537J79
>>284
>事件直後に自宅前にあたりを威圧するような大きな地蔵を
>建立したりはしないだろう。
とすると、ひょっとして善枝ちゃん地蔵は、真犯人へのプレッシャー
目的に設立されたとか。
例えば、真犯人が地蔵をしょっちゅう目にせざるを得ない位置に
住んでいるとかだったら、さぞかし凹んだのではないかと。


297 :本当にあった怖い名無し:04/09/30 11:58:15 ID:WdgCv3cQ
>>295
脅迫状ではなく、農協の有線(電話ではない)に脅迫電話がかかってきたという説がある
で、夜6時頃には、すでに西武園の池の捜索が始まっていたらしい
当時は電話番号を知らなくても、交換手を呼び出して「なんとか町の中田さん」と
指定すればつながったらしいし
「娘を誘拐した、西武線のガード下に自転車と共に脅迫状を置いたからそれを読め」と
で、長兄が学校まで探しにいく偽装をして、自転車と脅迫状を持ち帰った

しかしこのことは伏せられ、なぜか夜7時40分に脅迫状が門に差し入れられ
それで初めて誘拐を知ったということになっている
理由はよく分からない



298 :本当にあった怖い名無し:04/09/30 12:01:46 ID:/zfnXTrR
>>296
そう。その可能性の方が大きいと思うよ。
いくらなんでもあれはお地蔵さんとしてはあまりにも
高い位置にありすぎ(今はもう無いが)。
おそらく真犯人(グループ?)への威圧だったと思う。

299 :本当にあった怖い名無し:04/09/30 12:14:23 ID:WdgCv3cQ
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Poplar/6601/
「長兄の電話」の欄にもあるが、なぜか長兄は自宅に電話があったことさえ
隠そうとしている
もし本当に「営利誘拐」であれば、犯人は電話で接触してくるのが自然であろう
佐野屋に現れたのは、元軍人で真っ暗闇でも走り回れる中年の男か
どうしても「営利誘拐」に見せたかったので、人を使ってまで危険な演技をした

なぜならば、身代金を一度も受け取りに来ずその後、電話による接触も無ければ
「営利誘拐」は見せ掛けで、身内に疑いが向けられるのは必然であるから


300 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/09/30 12:36:45 ID:Y6o87m8u
お〜い>>287出番だぞ〜!!

初心者様に懇切丁寧に説明してやってくれ

301 :6-278 ◆VJpTjOn9UM :04/10/01 00:14:18 ID:gOk9vA7e
>278? あっ、>287かっ!

>295
結論はナニが云いたいのかな?ちょっと判りませんが。

>300
ムリッしょ。ナンクセつけたかっただけのようだから。

ひさかたぶりに来てみたけどたしかに水準低いねー。
句読点も打てないらしいから。日本語ができなくてなんでーw。
>285
ってことでたしかに@文盲っw。らしいっすよ。

・ばかりじゃなく、一応マジレスしておきますと、
身内犯行説はそれなりのことはあると思うのだが、
全部過去でロムパされちゃってるんで、
それを逆ロムパする論点で迫ってもらわないと、特にコメントしようもないですね。

302 :本当にあった怖い名無し:04/10/02 01:52:44 ID:bf9LsecI
>>296

だから、撤去した。

303 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/10/02 03:11:18 ID:of7pTCC6
>>291
ノーコメント

304 :1−531:04/10/02 03:16:57 ID:h4qW0cfc
本日、埼玉県北部にて盛況氏・新井氏と「お茶会」を決行しました。
地蔵つながりのネタをひとつ・・・
写真集に掲載されていたどこぞの巨大地蔵
(新刊では本物にすり替え済)
の身元がほぼ判明し、新井氏に現物の確認をして頂く予定であります。

305 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/10/02 03:25:26 ID:of7pTCC6
そうです。
小生は「威圧」されるのがイヤなので確認は新井氏に依頼した。

306 :1−531:04/10/02 03:36:46 ID:h4qW0cfc
ですね。私も「威圧」は苦手なので、
確認は元軍人で暗視のきく新井氏が適任であると考えます。

307 :本当にあった怖い名無し:04/10/02 10:23:37 ID:ko1WVz6u
>>297、299
電話があったということはあくまで推測だよね。
それによって、脅迫状発見前後の状況の妙さをクリアしようとしている。
刑札は当然隠していることになるわけで、果たして初動捜査時間を隠し通せるかが問題。

もし身内が犯行に及んだとしたら、アリバイ作りのためにも
電話ではなくて、脅迫状にするだろう。
発見現場に自分が居たことによって、さも他に犯人がいるように見せかけることができる利点がある。
最終的には刑札が初動捜査時間を誤魔化す必要性がみえない。

>>301
論破なんかされてないぞ。

308 :本当にあった怖い名無し:04/10/02 11:33:20 ID:tQ771ojC
>>308
・隠し通せるかが問題。
→だからすでに1977(昭和52)年の時点で初動捜査開始時刻の隠蔽が発覚している。
・誤魔化す必要性がみえない。
→見えない事実を推理するのがここのスレだが。

全体に、ループ(過去スレにない新しい論点がないということ)。
今あえて再び長兄(身内)犯行説を唱えるのであれば、
結論だけをしるす前に、もうすこしていねいに論説を述べてほしい。

309 :本当にあった怖い名無し:04/10/02 11:35:32 ID:tQ771ojC
>>308,ではなく>>307だった。スマソ。

310 :本当にあった怖い名無し:04/10/02 13:10:51 ID:Tj/wVnmU
石川がやったんだろ。

311 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/10/02 14:38:19 ID:of7pTCC6
 電話があったと言う事は勿論飽く迄推測であるが、長兄が自ら脅迫状を差し込んだ、
と言う事も飽く迄も推測である。それによって『脅迫状発見前後の状況の妙さをクリアー』
しようとした説である。どの様な説を取るにせよ、推測や仮定を前提とする事は止むを得
ない。
 一方、事件発覚時刻と状況(従って初動捜査開始時刻)が公式発表(確定判決)とは異
なっていたと言う事の根拠は、細田行義元所沢署長の証言に基づいている。細田氏は、昭
和38年10月に定年退職。細田氏を文珠社グループと亀井トム氏らが訪問したのは昭和
51年6月初旬であった。なお裁判状況は当時、最高裁へ上告書提出段階であった。
 これは推測や仮定では無くそう言う「証言」であると言う事だ。
 証言内容そのものに就いての詳細は既出なので省略する。
 
 では、その証言そのものに信憑性が無いとする場合のケースを考えて見る。
 1=細田氏の記憶違い(上田県警本部長の所沢署訪問は2日以降、或いは全く無かった)
 2=細田氏の虚言(何らかの理由で上記の事を「1日6時半」と嘘を言った)
 3=亀井氏らによる虚構=創作
 
 1に就いては亀井氏らにとっても、証言が事実とすれば狭山事件の様態を根底から覆す
重大事実である為、合計7回に渡って細田氏宅を訪問し、確認を重ねている。それに対し
細田氏自身も『如何なる事を言われようと自分の言った事に間違いは無い』と断言した。
何故『1日』と断言出来るのかに就いては『メーデーとの結びつきで記憶している』。
 2に就いては、警察にとって確定判決を根底から覆すこの様な証言を、わざわざ嘘をつ
いて迄証言する理由が無い。
 3のケースはどうだろう。これがもし「元警察幹部A」と言った匿名のニュースソース
による記事であったならば、その信憑性は少なくとも半分は減少するのだが、公刊書籍へ
証言者の実名を記載しての「ガセネタ」を、亀井氏らが、敢て掲載した蓋然性は極めて低
い。 
 以上の理由から、この証言は無視出来ぬものと考えて良い。勿論公刊書籍に書いてある
事だからと言ってその全てを正しいとする訳には行かない。但しこの証言に限って言えば、
現時点ではそれを「無視」出来ないと言う事である。

312 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/10/02 14:39:01 ID:of7pTCC6
 この証言の件も含めて、それを取材、執筆した亀井氏らに是非会って、事の経緯を聞い
て見たいのだが、今の処亀井氏らの行方が解らない。他にも個人的には、荻原佑介氏にも
話を聞いて見たいものだ。ご両者とも存命中かどうかも不明だが。
 また素人探偵氏からの私信によれば、文珠社は元々、文芸春秋社を介して佐木隆三氏の
取材チームであった経緯から、佐木氏への接触を試みて居ると言う事である。
 困難はあるだろうけど、共に努力あるのみって処だ。

313 :本当にあった怖い名無し:04/10/02 16:10:28 ID:k01OSMDJ
2ちゃんねるの盛況さんのスレってここのことですか?

314 :真スレッドストッパー:04/10/02 17:12:26 ID:CFRAMS41
停止しませんですた。( ̄ー ̄)ニヤリッ

315 :本当にあった怖い名無し:04/10/02 18:34:20 ID:/oXw5S1k


316 :307:04/10/02 21:31:02 ID:BFdW6I/S
>>盛況氏
詳しい説明で感謝。

この細谷所沢署長証言を信じるところから出発するしかないのかなあ。
そして、さらには1日夜の犯人取り逃がし。

本庁が嘘の公式発表をした訳であるから、この辺の証言や話しがもっとあって
も、と考えてしまう。または本庁がかんこう令をひいたであろうと
考えられるのに所沢署長はなんと云う爆弾発言をしたのだろう。
亀井氏を囲んで討論会したいねえ。

脅迫状も刑札のでっちあげならいいのにと思ってしまう。
もう一度、身内説で考えてみます。

317 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/10/03 00:35:25 ID:pYZVCMb2
ちょっと出掛けていて今帰宅。

>>316:307氏
小生としてもこの証言がガセネタであってくれたら、どんなに楽か知れないと言う
のが本音です。これがあるが為に、「では何故警察はその様な隠蔽をしたのか」に
就いて考察しなければならなくなっており、しかも今の処、その事を説明仕切れる
有力な説を小生自身も出せないで居る、と言うのが現状。
だからこそ、ここはやはり亀井氏や文殊社の面々、そしてその本が出る前に文殊社
と縁があった佐木氏に、当時の状況等を聞いて見たい、ト言う訳です。
 
何故細田元署長が、その昭和51年当時その様な証言をしたのだろうか。
その事もここで少し考察して見ると、昭和39年9月、石川氏は第二審で初めて、
一審でも維持して来た「自白」を撤回。しかし、その二審も49年10月、ほぼ
丸10年を経た揚句に有罪=無期懲役判決となった。細田証言時点ではまだ判決
確定の段階では無かったが、警察官僚サイドとしてはほぼ有罪確定と言った雰囲
気であったと思われる。
他方「所沢署長」と言う、事件捜査本流からすれば言わば傍流の(所沢署が捜査
に果たした役割は、脅迫状に「西武園」と言う管轄区域が含まれていた事と、勿
論佐野屋を含め狭山署への応援体制も組んだが、飽く迄「狭山署現地」からすれ
ば管轄区域外)の警察署長であった事、そして細田氏自らも既に定年後10余年
を経過していた事、などから、事の重大性をさほど認識していなかったのでは無
いか、と、その心理を推測出来ると思う。
 
小生としては別に「身内犯行説」自体を絶対否定とする立場なのでは無く、どの
説を取るにせよ、現時点では一応、この細田証言を取り入れた上での展開が必要、
との立場。身内犯行では早期の誘拐通告(どう遅くとも1日6時)に、余り必然
性が無いのではないかとの立場でもありますが。

318 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/10/03 00:54:16 ID:pYZVCMb2
事によると細田行義氏自身、事件当時から「箝口令」に反発を感じていたのでは
無いか。「メーデー警備がやっと終了して一服していた時に、突如として県警本
部長が現れて西武園の検索を命じられて深夜早朝迄働かされた揚句、それを無か
ッた事にしろ、とは」と。それでも10年は黙っていたが、折良くと言うべきか
現れた取材の連中に、その鬱積も含めて暴露した、と。所沢署長は隠蔽工作や冤
罪デッチ上げの首謀者には入って無かろうから、そうした感慨を抱いていたとし
ても、あながち不自然では無いと思われる。
勿論これも推測ではある。

その細田氏も存命ならば当年101歳。残念ながら、もう亡くなっている可能性
が高い。

319 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/10/03 01:00:21 ID:pYZVCMb2
ちなみに、本を持っていない人は初代スレの>>268に証言部分がコピペされてある
ので参照して欲しい。

320 :本当にあった怖い名無し:04/10/03 03:27:29 ID:4olWz04A
はじめはみんな長兄を疑うんだよ。
しかし、行きつくところはOGってわけ。
これを地元では

「ケンジ・ゲンジの法則」

と言っているワナ。

321 :本当にあった怖い名無し:04/10/03 11:25:30 ID:s5dg0SQx
OGは最初から疑われているだろ

322 :本当にあった怖い名無し:04/10/03 12:48:43 ID:L7bFcuoi
>1日夜の犯人取り逃がし。

これは何ですか、「門の前」での取り逃がしですか?
翌日の「さのヤ」が劇団おまわりによる自作自演、という説もありますが


323 :本当にあった怖い名無し:04/10/04 02:27:35 ID:CeNOdyvg
昨日、ライオンズVSファイターズの試合見てきた。
そして思ったのだが、ここいらへん一帯を開発したのは
言わずと知れたSグループなわけだよね。
黒幕に地元議員がいたってのが「黒幕説」。
そのさらに黒幕が・・・・・・            

                                コワ

324 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/10/04 18:02:53 ID:ltqQGSu7
>>323
土地利権に絡むってやつねw

過去ログにも何度か出た説ではあるけど、実際地元議員若しくはN家が
利益を受けたって話は聞かないし、利権が絡む公共工事をした形跡が
現地にはないんだよね?

敢えて『地元議員とかの黒幕説』を唱えるのであれば、その辺の詳しい
調査が必要かと・・・

物語としては面白いけど、イマイチ裏付けが弱いんだよなぁ。

325 :本当にあった怖い名無し:04/10/04 18:25:09 ID:ZpOKZVaC
N家が直接利益を受けていた、というわけではなく、N家の家長がこの地区
の区長だったので、水利工事などについての影響力があったのではないかと。
実際、区長選挙については、かなりの確執があったらしいことは、いくつかの
本にも出ているし。

ただ、だからといって高校生になる娘をさらって殺す、というやり方は、あまりにも
短絡的という気がする。
むしろ、犯人側には、被害者をどうしても抹殺せねばならないという、切羽詰った
事情があったとしか思えない。
となると、動機は男女関係ということになるわけだが、それでは隠ぺい工作が
あまりにも大掛かりで手際がよすぎ、という疑問がまた生じる。

両者(陰謀説と男女関係清算説)をミックスすれば、一応辻褄は合ってくるが・・・

326 :本当にあった怖い名無し:04/10/04 23:31:43 ID:ajYGQXwm
324

おまえみたいなレスが一番つまらないんだよ。
>>‥だよなぁ。
なんていってないで、自説はどうなのよ。少しは自分で考えてレスしろ。
ここまで来てくだらなさすぎる。

327 :6-278 ◆VJpTjOn9UM :04/10/04 23:36:16 ID:MZ3iRZ74
324


>323
いや、
そもそもコイツもだゼ。適とうなこというんじゃないよ。
まあ総じて、両者とも今までになんの自説も、まして調査もしてないのは明hw

328 :1-531:04/10/05 02:09:31 ID:B594Dhmo
6-278さん、まぁまぁ大目に見てやりましょう。
議員のうしろに大企業さんが・・・ってことはよくある事ですし。
325氏が言われるように、N家が利益を得なくても有り得る話で、
「大黒幕説」というのもけして不真面目な説ではないと言えなくもありません。


329 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/10/05 02:12:24 ID:35FjegKx
>>326
そこまで言うのは多いに結構。
では俺は考えないでつまらんレスをしていると鼻息荒く言うのなら、
相当面白い何かを持っているようなので、是非思慮深い貴殿の自説とやらを語ってくれ。


330 :1-531:04/10/05 03:14:52 ID:B594Dhmo
で。盛況氏がこだわっておられる「初動捜査時刻の隠ぺい」にカラんで、
ちょっと考えてみたのですが。
私がかなりの確率で「あった」と思っている5・1夜の張り込み。
これが念のためのリハーサル的なものであったか、そうではなかったか、
いずれにせよN家の前の門は夜の夜中に尋常ではなかったはず。
これをネタに「N家は警察にバラした」と犯人(犯人達)がその時点で
ヨシエさんを殺害したとしても不思議ではないです。
そのむねの連絡が何らかの方法でN家にあり、
死体は意外に早く発見された。OGの新居近辺で。

警察は張り込みの失敗と死体発見で絶望し、
死体をどこかに埋めることを決意。
真犯人逮捕を放棄していくことになる。
そして、サノヤでの大芝居・・・・
おっとこれはイカン。この辺で止めておかねば!(w


331 :1-531:04/10/05 04:05:22 ID:B594Dhmo
>>298
カメレス申し訳ございませんが、
本物の地蔵さんは高い位置にあったわけではありません。
まわりの畑と同じ高さの地面に、普通に立っておられました。
驚くほど大きなモノでもありません。(盛況氏HPの写真を御覧下さい)

それから、地蔵様は長兄あるいは父が積極的に立てたのではなく、
第三者より寄贈されたもの、とのことです。

332 :本当にあった怖い名無し:04/10/05 08:58:51 ID:IoJCLyBf
初動捜査時刻の隠ぺいおよび1日の犯人取り逃がしで
何ゆえに被害者家族が刑札に加担したのだろうか。
どうしても適当な推理が浮かばない・・

333 :本当にあった怖い名無し:04/10/05 11:23:47 ID:1cM0ethE
>>331
その地蔵は建替えられた二番目のものじゃないですか?

334 :本当にあった怖い名無し:04/10/05 14:31:46 ID:iVKtIaiR
>>333
「地蔵が2体在る」という事自体が、誤った情報
詳しくは、盛況氏HPを参照して下さい

335 :本当にあった怖い名無し:04/10/05 15:16:48 ID:1cM0ethE
地蔵問題は決着してるんですか?

盛況氏HPを見ましたが、これはあくまで盛況氏の見解でしょう。
本橋信宏のコラムでの一文「あたりを威圧するかのような」という表現や、
タクシーの運転手が目印にしていたという事実に、写真集初期版などを
総合的に判断すると、地蔵自体はそれほど大きくないにしても、かなり
高い位置に建立されていたとしか思えないし、写真集が誤って別の地蔵
の写真を載せるなどということは、まず考えられないと思えるのですが。

第一、地蔵は被害者家族の家の前にあったわけだから、間違いようが
ないでしょう。仮にも裁判闘争をしている団体が、そんな初歩的なミスを
するとはちょと思えない。
決着がついている(?)ことを蒸し返すようで気が引けますが。

336 :本当にあった怖い名無し:04/10/05 17:04:10 ID:iVKtIaiR
>>335
その写真集に掲載されている写真が初期の物と最新版とで変わっているのです。
途中で建て替えられた可能性も在りますが、それならば再刷にあたり
注釈があるはずですので、単に間違いであったと思われます。

また大きさについても、公表されいてる寸法は、本体121cm蓮華台40cm
中台(1-531氏撮影で銘板が付いている石材)30cmですから、基礎の20cmを
含めて2m強です。
普段「お地蔵さん」あるいはお墓にある「六地蔵」と呼ばれている物より
「大きい-高い」のは事実ですが、「巨大」と表現するのがふさわしいかは
疑問です。
また、当時は建立されている敷地に入り込みじっくり見る事はなかなか難しい事で
あったと思われますので、車からの視線であれば更に大きく・高く見える事から
そのような表現となったと考えます。

337 :本当にあった怖い名無し:04/10/05 17:33:53 ID:1cM0ethE
>>336
そうですか。
そうかもしれませんが、仮に写真集が間違っていたのなら、大チョンボというべきで、
再刷の際注釈を入れるのは、こちらの方だと思いますが。
建て替えられたのなら、増刷の時に新しい写真に差し替えた注釈などいらないでしょう。
どちらもその時点での正しい写真なわけだから。

338 :本当にあった怖い名無し:04/10/05 18:33:21 ID:iVKtIaiR
>>337
初期の写真は、まさに見上げる位置に建立されています。
2代目とされる写真では背景が異なっておりまたその様な築山がありません。

また、地蔵そのものは、事件の年の10月に同じ「中田姓」と言う事で寄進があったそうです。
少なくとも犯人に対する嫌がらせの為に長兄なり父親が建てた物ではないと言う事です。

339 :本当にあった怖い名無し:04/10/05 23:37:09 ID:+0RwgtVt
>>337
再刷の際に「前の版に間違えがありました」なんて注釈が入るなんて話は
聞いたことないぞw


340 :本当にあった怖い名無し:04/10/06 00:12:32 ID:8oCiKdk9
>>339
あとがきに断り書きが入る例はよくあるよ。
特にあの写真集は事実関係を争うために出版されたものだろう?
それが被害社宅の前にあることは誰でも知っている地蔵を、
他のものと間違えるなんてありえないよ。

341 :m ◆yQ.eFxOXJk :04/10/06 00:59:44 ID:fUL5Vuj8
当方、堀兼ちかくの中新田の住人。

おおやけの出版物が、特に被害者宅の前に立っていることが明白な地蔵を、
他の物とまちがえるなんてあり得ないと思っているのなら、それはしかたがないが、
この人たちは(何人かは知らないが)地元に行ったことがあるのだろうか?‥
あそこの被害者宅の前の土地(被害者宅の畑だが)は、
昔からまったいらで、どんな写しかたをしても、写真集の地蔵のようには映らないんだ。

前々スレだったかでこの議論をしていた時にも思ったのだが、
地蔵そのものが違うという以前に、
立っている場所の「地形」が違うのだ。
昭和53年から中新田に住み、何度かなんの気なしに善枝地蔵は見てきたが、
その頃から地蔵は盛況氏HPでのものだった。
ただそれ以前にあの写真集の地蔵があって、あとで531さん撮影のものに立て替えたとしても、
いちばんのネックはやはり周囲の地形なのだ。
同じ写真集のP29,写真53を見ても、事件当時から被害者宅前の地形はへいたんであったことがわかる。
そのいっぽうで写真114「善枝地蔵」とされている地蔵が立っている場所は、
やや高台であり、その後方がさらに高くなっていて、地蔵の周囲の地形がやはり違うのだ。
その結論はやはり、その写真の地蔵は別の場所の別の地蔵、ということになる。
 
考えられない、ありえない、と思うことは自由だが、
事実現地を見ればいかに「違う場所を撮ったものか」がわかる。
公刊書籍に掲載してあることが、絶対のものだと信じ込むことが、
地元に住んでいるものには信じられない。
だってほんとに、あの場所(被害者宅の前)は、あんな所ではないのだから。

342 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/10/06 01:25:48 ID:FfCbcEpR
なるほど、「最高裁迄が認めてるんだから、石川有罪=確定判決 に間違いが
ある訳が無い」ト言う姿勢と同じって訳ですな。最高裁も解同も、なるほど、
一私人に過ぎぬ小生と比べれば、相応の権威は持っておりますな。
なら、仕方無いや。

>>335
解同って、そんなに信頼性のある団体ですかね。ま、仮にも裁判闘争をしてい
る団体である事は全くその通りなんですが。

少なくとも、小生のとしては、当初建立された地蔵の形体及び各部の寸法と、
その写真の地蔵との比較、そして言われている様に、写っている「地形」から
推定しての結論です。

後は、やはりどちらの言う事に「権威」があるかと言う事になると思うので、
これ以上の議論は不毛だろう。各自の自由と言う事でOK。

343 :本当にあった怖い名無し:04/10/06 01:36:27 ID:e4J9MDpA
>>340
所詮人間のやっている事だ、間違いくらいあるだろ。
クダラン論議だ。

344 :1-531:04/10/06 02:47:16 ID:AF1EhR0e
>>盛況氏
わたくしが撮影した善枝地蔵尊の写真を、
初代でも二代目でもなく唯一の本物として掲載させて頂いているからには、
「各自の自由」であっては申し訳ございませぬ。(W

ハッキリ言わせて頂きます。
旧写真集にある114の地蔵は、狭山駅の北西にある「慈眼寺」の地蔵であると
断言します。(当然ながら当時のモノ)
しかもこの慈眼寺の写真は写真集にも載っており、
かすかながらに地蔵も写っておりまする。
この慈眼寺地蔵が、何らかのミスで「善枝地蔵」として
写真集に掲載されてしまったことは明明白白な事実なのであります。

つまり、N家の前にあった地蔵が「善枝地蔵」であることを
間違えるアフォはいないが、掲載すべき写真を間違えるアフォはいたってこと。
以上。
それでもまだ「公的出版物」の方が正しいというのであれば、ご自由に。

345 :1-531:04/10/06 03:47:41 ID:AF1EhR0e
<地蔵見解・締め>

・盛況氏HPおよび写真集新刊に掲載されているモノが
  唯一の「善枝地蔵尊」である。

・旧写真集に掲載されているモノは、慈眼寺の地蔵である。

・地蔵尊は「巨大」でもなく「高い」場所にあったわけでもない。
  
・N家が立てたものではなく、寄贈されたモノである。

・したがって真犯人を「威圧」するモノではない。

・街道はアフォである。

                        以上でよろしいか?


346 :1-531:04/10/06 03:53:42 ID:AF1EhR0e
(追記)
地蔵によって実際に犯人が「威圧」されかどうかについては、
我々が想像するしかないでせう。

347 :本当にあった怖い名無し:04/10/06 11:56:48 ID:ROinoQnh
すると本橋サンも間違っていることになるね。

348 :本当にあった怖い名無し:04/10/06 12:12:03 ID:4x6FhRcu
>>347
おそらく現地に行かず、あの写真だけ見て、「身の丈の何倍もある巨大な地蔵」と思ったのでは?
引き合いに出すのは間違っているかも知れませんが、観光地の「日本三大カッガリ」のパターンでは?

349 :本当にあった怖い名無し:04/10/06 14:15:31 ID:ROinoQnh
>>344
慈眼寺の地蔵は見上げるような高い位置にあったの?

350 :m ◆yQ.eFxOXJk :04/10/06 23:31:28 ID:fUL5Vuj8
>344 、1-531氏
>この慈眼寺の写真は写真集にも載っており
ヌァルホド!
そう云われてあらためて本を見てみましたが。

>347
まちがいは誰にもあるだろうね。

>349
横レスだけど.
写真本をみるかぎりはそうだろうね。
それにしてもアナタは、写真本さえ持っていないの?

>343
結局この話の結論はそういうことだと思うんだけど。

結論が出ているはなしは終了。
 (そうでないと云うならばもっと新材料なり新説なりをしめすべき)


351 :本当にあった怖い名無し:04/10/07 00:19:37 ID:DENvwfHc
ということは、間違った善枝地蔵を掲載しているサイト
も全部修正しないといけないね。
しかしなぜこんな間違いが生じたのか、別の意味で
興味があるな。

352 :1-531:04/10/07 02:36:32 ID:DgROxrY9
>>349
書き込みで断言したからには、最低限の確認は必要と思い
昨日現地に赴きました。
都合により慈眼寺の前を通り過ぎただけですが、
ありましたよ、問題の地蔵さんが・・・・
だいぶ黒く変色してはいましたが、間違いなく当時と同じモノです。
そして「見上げるような」高さであり、周囲の状況も
旧写真集の写真と合致します。
隣に巨大な石碑が二本、地蔵とならんで立っており威圧感は充分。
本橋証言、タクシードライバー証言とも合致します。

353 :1-531:04/10/07 02:56:23 ID:DgROxrY9
>>350 m氏
新説と言いますかどうか、こういう可能性はあるのか?ないのか?
この一件、単なるミスで済ませるにはちょっとひっかかることも事実でして。

・慈眼寺の地蔵が寄贈されたモノで、一般市民が参拝出来るように
  寺が預かり設置した。

・N家前の地蔵はN家がプライベートなモノとして自ら設置した。

つまり、二つとも本物の「善枝地蔵」であった・・・・?
慈眼寺を訪問して調査したいところです。

354 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/10/07 06:53:39 ID:8hEu953G
>>353:1-531氏
慈眼寺の地蔵の年代は訪問すれば簡単に解るので、次回調査項目に入れておき
ます。

いづれにしろ小生サイトに載せてある事は、推理部分は別として、一応調査を
して得られた事を根拠としています。何々わけがない、はずがないと思うのは
自由だが、裏くらい取ってから言って欲しいものです。

355 :本当にあった怖い名無し:04/10/07 19:48:07 ID:kuWtb6Dn
>>354
調査報告まってるでよー。

個人的には、写真集にお目にかかれないので
イマイチ地蔵問題はわからんのですが、地元の住職に
このへんにまつわる話しが聞けるとイイですな。

356 :本当にあった怖い名無し:04/10/07 20:07:42 ID:vjmIXVsg
http://k.excite.co.jp/hp/w/pc/TospUserImgDisp.asp?imgCd=224376

>>355
鮮明さに×けどこれが写真集のお地蔵さんだよ↑

357 :本当にあった怖い名無し:04/10/07 20:33:43 ID:nFEoOueE
>356
それは旧版ですね。

358 :本当にあった怖い名無し:04/10/07 20:53:09 ID:vjmIXVsg
だから吸盤の写真がそれで、新盤のが盛況参のhpの(と同じ地蔵)だよ。

359 :1-531:04/10/08 02:30:30 ID:qiqWckDo
>>356 サンクス
この写真で判るように、太陽光は地蔵の右側(写真向かって左)
からあたっておりますね。ということは地蔵はほぼ東を向いているわけです。
慈眼寺の地蔵はまさに東を向いて立っております。

地蔵は前の道路を見下ろすように立っており、
地蔵の奥の方が寺の敷地で、さらに高い地形になっています。


360 :本当にあった怖い名無し:04/10/08 10:12:58 ID:atdbAAqI
あとはそこの寺での写真と地蔵の年代がわかって、
なおかつもしその姿が初版写真集のものと一致すれば明白ですね。
それにしても答えが出ている問題をたいした根拠もなくむしかえした>337と>340は
せめて反論するなり、撤回するなりしなよ。
書き込みがないことは論破されたことを認めたということだとは思うけど。

361 :本当にあった怖い名無し:04/10/08 10:21:00 ID:+lwSBoGD
盛況氏のサイトは事実関係を明確にしようとして調査などを行っているし
他の人が調べた結果と照らし合わせても問題点はないと思う。
ただ、盛況氏のサイトを見ていない(理解していない)人は
思い込みなどで突拍子のない意見を述べる可能性がある。
そういうタイプを変に刺激すると暴れだすことが多いから、放置がいいと思う。

362 :本当にあった怖い名無し:04/10/08 15:57:25 ID:atdbAAqI
>361
いや別に>337とかは「そういうタイプ」ではないと思うし、
その点は認めた上で、
いちおう自分から質問というか問題提起をしたわけだから、
さらに反論なり撤回なりすればいいのにと思ってね。

363 :本当にあった怖い名無し:04/10/08 23:38:15 ID:RkaJrLHH
しかし写真集やライターの勘違いで片付けるにも謎多し。

364 :本当にあった怖い名無し:04/10/08 23:48:09 ID:IPFIVVoD
反論になってないじゃん。さよオナラ。

365 :本当にあった怖い名無し:04/10/09 00:43:42 ID:nBegknS8
最初から不可解な謎と書いて、その疑問を提示しているのだから、
反論も何もないと思いますが。
現地調査した人には敬意を表しますが、それとて100%の確信では
ないわけでしょ?

現地で精緻に調査せねばものが言えないというわけでもなかろうに。
現地調査した人も最初は机上の推理を好き勝手に書いていたのに
調査結果で導き出した結論(?)に、疑義を挟んだらお前も調査せね
ば反論は許さんなんてことを平気でおっしゃる。

100%の断定ができる調査でなければ外野から野次が飛ぶのは当然。
「善枝地蔵は寺と自宅前に同時に存在した?」という推測も、この疑問
点から出てきたわけで、これが事実ならばそれでめでたしめでたしですが。
そうならば単に「謎が解明できて良かった。解明してくれた方、どうも
ありがとう」と思うだけで論破とかという次元では全然ないわけですがね。

366 :本当にあった怖い名無し:04/10/09 00:55:53 ID:1A3lCC7Y
写真集の誤植の経緯などどうでもいい
スレ違い甚だしい

367 :本当にあった怖い名無し:04/10/09 01:42:13 ID:c0xHLhaf
うざいからage

368 :1-531:04/10/09 03:33:52 ID:SITHq2+3
>>365
少なくともN家の前にあった地蔵は盛況氏HPにある写真であり、
犯人その他を威圧するような大きさでも高さでもない。
貴兄がN家の前にあったと思っていた地蔵とは100%別物。

これは100%の確信をもって100%の断定が出来る。
ちがうかね?

369 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/10/09 08:41:21 ID:/0Lug43E
なんだ、結局たんなる「野次」かよ。マジレスして損した。おしまい(藁

370 :6-278 ◆VJpTjOn9UM :04/10/09 14:30:46 ID:CQWAtRTQ
7thと前スレのはじめのほうでその議論をしていた当事者として論点をまとめてみる。

・写真集初版の写真と後のY枝地蔵の写真の地蔵自体はまったくのべつもの。ここまでは誰でもが認めるところ。
・その理由は地蔵が建てかえられた。これが前スレはじめまでの結論。
・その後の盛況氏らの調査で、地蔵自体がべつものなのはもちろんだが、その理由は地蔵がはじめから一体と
 いう結論を出した。
・その根拠は写真集のほうのは「蓮華座がない」「周囲の地形が被害者宅前とはことなる」
・前者は寄進当時の情報として各部の寸法が発表されているのに対し、たしかに写真集のには蓮華座がない。
・後者はその2枚の写真と、あの場所に行ったことがある者ならば一目瞭然。
 私としてはとくにこの「地形」がやはり「一体」だったことの強い根拠だと思う。

ちなみに私じしんは過去に一度だけあの場所に行った。地蔵が撤去されたあとだったが。
つぎに「外野からの野次」のまとめ。
・本橋信宏氏が「あたりを威圧するかのような」と表現している
・タクシーの運転手が目印にしていた
・仮にも裁判闘争をしている団体がそんな初歩的なミスをするとは思えない
・被害者宅の前にあることを誰でも知っている地蔵を他のものと間違えるなんてありえない

371 :6-278 ◆VJpTjOn9UM :04/10/09 14:31:26 ID:CQWAtRTQ
「威圧」については、主観の問題。仮に威圧するかのような印象だったとしても、
これは地蔵じたいが一体か二体かとは無関係。本橋氏もこのてん、とくに間違った感想だったとは、
云えないと思う。つまり一体だったとしても2mほどの地蔵に威圧を感じるひとがいてもいい。
「目印」については、本体、蓮華座、中台、基礎部分ひっくるめた全高2mほどの地蔵が、
あの場所にあったならば、目印にしてもべつにおかしくない話だ。ただこれも、
地蔵じたいが一体か二体かには無関係。目印になっていたとしても、そのこと即二体、一体の
根拠にはならない。
「仮にも‥」については私も,それを云うなら仮にも最高裁判所が棄却、確定した判決なんだから、
冤罪とは思えない、と云う有罪論者がよくいう稚拙な論理と似ている。出版社をふくめてマスメディアが、
間違いをすることは逆によくあることだ。しかも解放出版社などとはくらべものにならない大手が。
「被害者宅の前に」については、もちろん、いくらなんでもよその地蔵を撮ってきて、
これがY枝地蔵ですなどというヴァカはしないだろう。だとしたらよほどのアフォ。
そうではなく、たとえばY枝地蔵と別の地蔵と2枚の写真があって、編集者のミスでこうなった、
というようなことは考えられる。撮影者と編集者が別人だったのだろうから。

372 :6-278 ◆VJpTjOn9UM :04/10/09 14:58:46 ID:CQWAtRTQ
ミスのしかたについてはたとえばの話であり、事情はそれこそ推測するしかないが、
私が「2枚の地蔵写真が」と書いたのは、こんな理由から。
すでに語られている「慈眼寺」というところhttp://sukekawa.hp.infoseek.co.jp/page045.html#lcn001
ここは石川サンが事件当時とおった場所(自白ではなく真実の行動)として写真集のp119にも出ているが、
http://www.f2.dion.ne.jp/~sayama1/ki/ki149/ki149.htmによると子供のころに石川サンが遊んでいた場所でもあるらしい。
この写真集をつくる時に、当然この寺も撮影したのだろうから、もしかするとそこにある地蔵の写真を撮ったかと。
もちろん推測にすぎない、これは。

373 :6-278 ◆VJpTjOn9UM :04/10/09 15:18:24 ID:CQWAtRTQ
おしまいに>365
その「机上の推理」さえ一度も書いたことがないアナタが、なにを好き勝手に野次を飛ばすのですかね。
>疑義を挟んだらお前も調査せねば反論は許さん
というのはたぶん、
>裏くらい取ってから言って欲しいものです
に対応したものだろうけど、その裏をとってから掲載している他人さまのhpの結論を間違っていると
最初に云いだしたのはアナタですが。逆ギレしているとしか思えませんがw
たしかに、反論とか論破とか云う次元では全然ありませんね。なぜならアナタのかかげた根拠はさっきも書いたように、
>たいした根拠もなくむしかえした>337
と呼ばれてもしかたがないもので、ぜんぜん説得力がありません。
たいした根拠もアゲずに、他人さまのhpの記載事項を誹謗するのを「許さん」のは当然ですがネ。
365でのかきっぷりは、有罪論者が結局最後にたどりつく、根拠をアゲずにおかど違いのものいいをする、
あのパターンによく似てますよ。

hpですでに結論付けされていることに、あえて疑義をさしはさむなら、
ここで野次っていないで自分でしらべてみたらいかがでしょう。

374 :本当にあった怖い名無し:04/10/09 16:26:30 ID:lPk/Fd5q
それだったら現地調査ができない人はなにも発言できないのでは?
365は誹謗とまではいえないと思うが。
でもまあ、実際に現調して汗かいた人は頭にはくるだろうね。

375 :本当にあった怖い名無し:04/10/09 17:35:00 ID:eI6jTBf5
まあ、365の発言は誹謗とまでいかないんじゃない。
推測したことに対しての単純な疑問を述べただけだろう。
さらなる調査聞き込みを期待している、ということでスミだと思うがな。

376 :6-278 ◆VJpTjOn9UM :04/10/09 18:21:13 ID:CQWAtRTQ
>374
>現地調査ができない人はなにも発言できないのでは?
そうじゃなくて、現に現地を見たひとが、地形のちがいやなんかを云ってるレスがあるのに、
なんで>365みたいなカラミ口調になるのかってこと。
>375
ま私もいまや期待しかできないんだけど、この件については。
期待しかできないならナニも野次ることはなかろうにってこと。

377 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/10/10 01:45:31 ID:ObQzcSDq
スイマセンが地蔵問題を再調査する気はアリマセン。同じ調査を2度する程暇
ではありませんのでネ。但慈眼寺にはそのうちに行って見ます。そこに初期本
のと同じ像があったら、ソレが初版のモノと結論付けるし(当然画像を掲載)
更にその年代を調べる事によって、問題はハッキリするでしょう。逆に慈眼寺
にソレらしき物体が無ければソレ迄。その場合でも初版の画像が「モノが違う」
「建っている場所も違う」ト言う小生らの結論に変化は無しです。
別の結論を持ってらっしゃる方もござっしゃろうが、それは当方の結論では無
いので、それを論証する材料は御当人方でお集め下さい。その結果によりまし
ては、小生らとしてもサイトでの記載に就き、お詫びと訂正をする事にはやぶ
さかではありません。

378 :諦め半分:04/10/10 19:42:49 ID:fHtdGY2n
善枝地蔵については解同本部に聞いてみたらどうですか。
おそらく回答が返ってくるでしょう。
小生も解同出版の公判記録や警察検察調書が余りにもミスが多いので問い合わせ
したら 「筆記したものが間違えたのでしょう、今はもう出版していません」との
回答が返ってきました。
当時は世論を盛り上げる事しか頭になく、内容の正確性などそっちのけだったの
ではないか。
いずれにしても、想像によらず、証拠品に焦点を当て確認する事が大切でしょう。

379 :本当にあった怖い名無し:04/10/10 21:32:22 ID:Ldlr6Bpv
内容の正確性などそっちのけで冤罪裁判が闘えるのか!

380 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/10/11 00:54:23 ID:aabhvaIs
>>378
だからウチらにとってはもう結論が100%出ている問題なんで、どこにしろ
聞く気はアリマセンや。ま、>>365のひとに言ったンだと思いますがネ。
左様、小生らの事は全部諦めてヨ。聞きたけりゃ貴方が聞いてチョ。

381 :本当にあった怖い名無し:04/10/11 01:42:17 ID:uSh0kSHs
>>378
オマエ、新手の荒らしだろう。

まったくもってウザすぎ。

そんなに気になるんなら、テメーで電話しろや!

ヴァカじゃないの。

もう来ないでね。

382 :1-531:04/10/11 02:28:14 ID:IQZ8T9nw
しかし「たかが街道」の出版物を信じて疑わない人が、
天下の警察が犯した事件でもある「狭山」に興味をもつというのも皮肉。
まぁ街道にプロパされて国賊となるのがオチか。



383 :1-531:04/10/11 02:49:00 ID:IQZ8T9nw
どこぞのライターだかファイターだか知りはせぬが、
鵜呑みにしておっては真実は見えぬってわけで。
旧写真集を見てか、N家前の実物を見てかは知らぬが、
殺人事件の被害者の地蔵と知りながら、それが大きかろうが高かろうが
「威圧」を感じるとはどういうことか?
N家に悪意をもっているか、犯人かである。
あるいは薬物の禁断症状が出ている危険人物だ。
地蔵は何も知らない人なら気づかずに通り過ぎるだろうし、
気づいたとしても、手を合わせて祈りたくなる程度のモノだったし、
それが健常な人間である。

384 :1-531:04/10/11 03:07:30 ID:IQZ8T9nw
タクシードライバーの話も、ちょっと考えればどういうことかわかる。
ドライバーが日常的に、田舎の畑の片隅にある地蔵を目印にする必然性などない。
地蔵が目印足りえる状況とはただひとつ。
客が「N家に行って」と言った時だけだ。
普通のドライバーなら、あの道路沿いのどれがN家であるかわかりにくい。
家の前に地蔵があれば迷うこともなかろう。
大きく、高く、威圧感があるから目印になるとはコジツケもいいところだ。
これまで、タクシーでN家へ向かう人も少なくはなかったであろう。

385 :本当にあった怖い名無し:04/10/11 19:39:38 ID:ejtRBT8L
街道にとっちゃもう冤罪がどうこうより「運動」を続ける事の方がずっと重要だろうから

386 :本当にあった怖い名無し:04/10/11 19:54:58 ID:B7CYZh9C
そうだろうね。そもそも童話利権がオイシくなってきてから本格的に裁判運動に取組みはじめた。

387 :本当にあった怖い名無し:04/10/11 23:43:28 ID:Sn76sz5Z
解同批判はもういいよ。
これやり出すと荒れて手を付けられなくなる。

388 :ゆきゆきて神軍@1-531:04/10/12 02:31:05 ID:3Mu0IlZO
知らぬ存ぜぬは許しませぬ!

おのれの事実誤認を素直に認めることも、
勇気ある人間だぞよ。             >>374

389 :本当にあった怖い名無し:04/10/12 06:49:23 ID:7Av7j4V1
  >>374 :本当にあった怖い名無し :04/10/09 16:26:30 ID:lPk/Fd5q
       それだったら現地調査ができない人はなにも発言できないのでは?
       365は誹謗とまではいえないと思うが。
       でもまあ、実際に現調して汗かいた人は頭にはくるだろうね。


??>388
 
意味不明 >?
 

390 :本当にあった怖い名無し:04/10/12 12:42:34 ID:jXnMvbkV
常連さんにはもっと心を広くしてもらいたいね

391 :本当にあった怖い名無し:04/10/12 18:54:17 ID:/ccQ1klI
なんてったって、ゆきゆきて神軍だモン。

逆らっちゃいけんぜよ。

392 :本当にあった怖い名無し:04/10/12 22:25:21 ID:d0s85nlB
知識が狭い奴には心を広くしなくてもいいですよ。

393 :ゆきゆきて神軍@1-531:04/10/13 02:13:09 ID:krKhXpBx
>>389
ん? 誤爆であったかな?
374はまぎらわしいですな。

あのですね、わからない人には優しく教える。
それでだめならキツク言う。
それでもだめなら、本来なら暴力なんですよ。

この事件、ただでさえ事実が少ないのに、
事実誤認していては推理も糞もないっつーの。


394 :本当にあった怖い名無し:04/10/13 10:07:25 ID:aigofPP+
少しは自分で努力しろってことですな。

395 :本当にあった怖い名無し:04/10/13 21:41:22 ID:q4zolhqi
2ちゃんでそういう真っ当な意見は通用しないよ

396 :本当にあった怖い名無し:04/10/13 23:14:27 ID:Y5AxQpzq
ナニが2チャンだよ、おい たかが掲示板ぢゃん

397 :本当にあった怖い名無し:04/10/13 23:38:52 ID:nZ9ktHBp
だからたかが2ちゃんの掲示板だっての

398 :本当にあった怖い名無し:04/10/14 01:48:47 ID:xhQZyNlC
たかが2ちゃんの掲示板の・・・

399 :ゆきゆきて神軍@1-531:04/10/14 01:51:28 ID:y4QSi/As
まぁ一服しましょうよ。
妖怪人間ベム・ベラ・ベロって、
どうして指が4本なんだろう?

400 :本当にあった怖い名無し:04/10/14 10:20:18 ID:wDoPZ9fh
妖怪だったからでつ。

ベラってやっぱ化粧してたのかなあ・・

401 :本当にあった怖い名無し:04/10/14 12:32:13 ID:Lr6dsvRB
そうでつか。

402 :本当にあった怖い名無し:04/10/14 17:43:54 ID:YRHn2j9h
それいったらミッキーマウスもそうじゃん

403 :S型:04/10/14 20:58:11 ID:7c9SiYSE
B型の血統ですな。

404 :本当にあった怖い名無し:04/10/14 22:29:31 ID:DF6PGw9p
ここはノイズの多いインターネットですね

405 :本当にあった怖い名無し:04/10/15 01:03:32 ID:SdVH/Vpb
この事件とまったく正反対なのが、山形県新庄のマット事件ですね
逮捕されて一度は犯行を認めた少年たちがその後犯行を否定し、無罪放免
被害者が自分からマットに飛び込んで自殺したという判断が下された

日本の田舎の閉鎖性がよく現れていますね


406 :本当にあった怖い名無し:04/10/15 08:03:36 ID:wXJSr+dC
通りすがりなんだけどさ。

現実に起こった事件を「推理」するのってどうよ。不謹慎じゃないか?
警察の捜査を批判したり、冤罪主張するのは良いけど、
誰々が怪しいとか軽々しく言うなよ。疑われた方はたまったもんじゃないぞ。
ただでさえ関係者の自殺が多いんだろ。
冤罪作り出した警察・法曹関係者と同じことしてることになるぞ。

まあネタスレなら別にかまわんがね。
妙に真面目な書き込みが多いようだから気になった。


407 :本当にあった怖い名無し:04/10/15 10:15:17 ID:eVjtEvv1
>>406
> 冤罪作り出した警察・法曹関係者と同じことしてることになるぞ。

意味不明。

「何が分かっていて何が分かっていないか」から始めて一つずつ論理的に
事件の真相を推測したい、というのがスレの趣旨だと思うので、
むしろ警察のこれまでの仕事とは真逆を向いてると思うんですが。

つーか2chで「不謹慎」とか言われても、、、

408 :本当にあった怖い名無し:04/10/15 11:36:25 ID:iFN4jJAB
いやむしろほとんどの人が「○○が怪しい」と思っていた点について、
このスレでその推理が誤りであることを指摘した功績は多いかと。

409 :本当にあった怖い名無し:04/10/15 13:59:52 ID:E4roqKJr
ぷ、功績だって。
そんなもんあるとマジで思ってるの?

ようは面白いか面白くないかしか存在しない。

410 :本当にあった怖い名無し:04/10/15 15:30:05 ID:iFN4jJAB
だから推理を面白くした功績だよ。
あんたも面白いからこのスレ覗いてるんだろう?

411 :本当にあった怖い名無し:04/10/15 18:40:22 ID:b/QrRaRa
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20041015k0000e040036000c.html
地蔵


412 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/10/16 00:20:40 ID:Ogdl/tVn
通りすがりが生意気コクンぢゃネエヨ(藁
ま、気に喰わないンなら書込みをヤメさせて見るコトだネ。

で、>>409
オメーの投稿は全然『面白くない』ンだけどサ、ドーなんだい?(大藁

413 :盛況 ◇cQ5CwQT2.c :04/10/16 01:14:39 ID:fgk8Wohv
のバカ

414 :本当にあった怖い名無し:04/10/16 05:26:23 ID:8ZFY6tI4
初めての書き込みです。
甲斐本や野間宏の狭山裁判など古本で手に入るものは手に入れたのですが,
どうにも気になっていることがあります。
次姉のさのやでのやりとりなんですが,以下、殿岡駿星「犯人」からの
抜粋です。

殿岡駿星 「犯人」P188〜P202から抜粋
一審公判調書  富美恵証言
犯人おいおい。
犯人おいおい。
犯人来てんのか。
富美恵来てますよ。
犯人警察へ話したんべ。
富美恵・・・・・・
犯人そこに二人いるじゃねえか。
富美恵一人で来ているから,ここまでいらっしゃいよ。
そばにいた警察官が犯人の方へ進むように手で合図をしたので富美恵さんは
四メートルほど犯人に近付いた。
富美恵私はここまで来ているんだから,あんたの方で出て来なさいよ。
犯人本当に金持って来ているのか。
富美恵ええ,持ってますよ。
富美恵さんはここで風呂敷を解きながら,さらに犯人の声の方向へ進み出た。
富美恵私がここまで来ているんだから出て来なさいよ。あなた男なんで
しょ。男らしく出て来たらいいでしょ。
犯人・・・・・
富美恵さんは犯人が何も言わないので元の場所へ戻る。
犯人取れないから帰るぞ。帰るぞ。
富美恵私は時間厳守で来ているんだから,ここまで来なさいよ。
犯人・・・・・
白っぽい陰が南の方向に動いて消える,少しして警察が飛び出した。

(つづく)

415 :414:04/10/16 05:27:20 ID:8ZFY6tI4
PTA会長証言
犯人おいおい。
犯人おいおい。
富美恵いるわよ。
犯人金持って来たか。
富美恵持って来ました。持っているわよ。
犯人金を持っていたらこっちへ持ってこい。持ってこいよ。持ってこいよ。
富美恵こっちへいらっしゃいよ。
犯人こちらへ持って来なさい。持って来いよ。
富美恵あんたもあんた男だったら,男だったらこっちへ出ていらっしゃ
い。取りに来なさい。男だったら取りに来なさい。
犯人こっちへ持って来い。こっちへ持って来い。こっちへ持って来い。
富美恵・・・・・・
犯人サツに漏らしたな。一人じゃねえな。
富美恵・・・・・・
犯人時間だからおら帰るぞ。おら帰るぞ。
それから一分足らずで警察官がみんな飛び出してきた。

一審 警部証言
「男がさらに,二人で来ているんではないか,警察に話したろう,まあもっと
こっちへ来なさい,というふうな声がしまして,富美恵さんが私も時間通りに
来たんだからこっちへ来なさい,というふうな答えがありまして,その次に,
持って来ないんなら三十分たてば帰らなくちゃならないんだから帰るぞ,と
いうふうな男の声がしました。さらに富美恵さんが,あなたも男ならこっちへ
取りにきなさいよ,という答えがございまして,それから,俺は帰るぞという
ふうな男の声がしまして,さらに富美恵さんのほうからも,もっとこっちへ
来なさいよ,というふうな答えがございました。」
「その後応答がないので,刑事が飛び出したのに引き続いて私も飛び出しまし
た。」
(つづく)

416 :414:04/10/16 05:29:51 ID:8ZFY6tI4
次姉のさのやでのやりとりなんですが,殿岡駿星の「犯人」ではPTA会長の
証言などと比べて次のことが論点にされています。
1.「時間になったから」「三十分たったから」という犯人の言葉がふせられ
ている(私も時間厳守で云々は,犯人のこの言葉を受けてたのではと推理され
ている)。
2.刑札が二人きてるだろうという犯人の指摘が,最初と逃げる直前とに証言
が分かれている。
他の本で裏付けられないかと思いましたが,野間宏の本に次姉の証言が書いて
あるだけで,PTA会長や警察官との証言の比較はわかりませんでした。

1について今更長兄が,という気はありません。
2については,過去ログでも分かれていました。

次姉の証言だと,初っ端から警察がいることを見破られて,犯人にペースを握
られてしまったという感じですが,PTA会長証言だと,最後の方になって次
姉の素振りで,犯人は刑札がいるのに気がついて逃げたと言う感じで,どうも
全体的にお間抜けな感じを受けてしまいます。

次姉は見破られたという印象が強くて,最初にこの言葉を証言してしまったの
かもしれませんが,もし最初に犯人からこの言葉があったなら本当に暗視装置
付きの眼を持った軍人がいたのかもしれません。
でも,次姉の素振りで気がついたなら,取れるものなら取っておこうと言う感
じで,脅迫状をつくったグループと別のグループが来たような感じがしてなり
ません。

この点に関してわかる方がいれば,ご教授願えませんでしょうか。



417 :ゆきゆきて神軍@1-531:04/10/16 10:39:54 ID:3tCb9WlU
>>現実に起こった事件を「推理」するのってどうよ。不謹慎じゃないか?

現実に起こった事件だから「推理」してるのだが・・・・
書き込む前に少しは頭を使わないと赤っ恥をかくだけだ。

418 :本当にあった怖い名無し:04/10/16 11:59:52 ID:IZPWyK9n
>>414
犯人が「サツにいったんベぇ。そこに二人いるじゃねぇか」と
姉をなじったのが、冒頭なのか最後なのかは、たしかに証言が
分かれていて、殿岡説ではこの点に注目して自身の推理を
展開している。

公判では弁護士(?)からの質問で
「最初に警察が二人いるじゃないかと言われて、あなたは刑事が
隠れていることを犯人に見破られたと思いませんでしたか?」
と問われて、姉は
「そう思いました」
と答えている。

姉が嘘を言っているのでなければ、この証言を聞く限り、姉は
犯人が張込みを見破った可能性を最初の段階で認識していた
ことになり、勘違いではないという気はする。

419 :本当にあった怖い名無し:04/10/16 12:18:01 ID:IZPWyK9n
姉は、張込みを見破っていながら逃げようとはしない犯人に訝りながらも、
犯人を少しでも引きつけようと、「あなた男なんでしょ」といい、犯人を挑発
している。
おそらく会話は長くて5分程度だったろうから、その間に刑事が飛び出して
犯人を捕まえてくれることを期待していたのだろう(PTA会長も「刑事が
飛び出すのを今か今かと待っていた」と言っている)。

犯人が野戦訓練の経験がある元軍人であったとして、夜目が利く人物だった
としても、茶垣の蔭に潜む二人刑事の姿があの位置から見えるわけがない。
それを最初に言ったのか逃げる前の捨て台詞で言ったのかは別にして、
「家族が警察に通報したので人質は殺した」という印象を与えたかったがため
の台詞であったように感じられる。

身の危険を感じて逃げるのなら、何も言わずスタコラ走り去るのが普通で、
余計なことを言う余裕はないはず。
ここに、犯人(グループ?)の、ある意図を感じずにはいられない。

420 :本当にあった怖い名無し:04/10/16 17:28:02 ID:Ien+XMao
>>419
でもその前に20万円のためにわざわざ取りに来るか、ということも
問題だよね。
または、これ自体もお芝居だったという説もありーの。
いままでの推理では、分かれるところでもあるかな。

・犯人グループの一味が登場
・実行犯が誘拐偽装のため出現
・劇団おまわり説


421 :本当にあった怖い名無し:04/10/16 19:00:06 ID:IcYuU7Hq
一番の疑問点は、次姉が身代金をとりにきた犯人に対して
「誘拐された妹は無事なのか(生きているのか)?」ということを
一度も確認していないこと

はじめっから演技だったのかな


422 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/10/16 20:22:15 ID:Ogdl/tVn
一番の疑問点は、次姉が身代金をとりにきた犯人に対してあああああああああ

>>414
佐野屋でのやり取りで問題の台詞が前か後かに就いては、こうも考えて見る。
但しこれは教授では無く飽く迄推理。
姉は当事者でその緊張と恐怖を察すれば、後の法廷で台詞の前後を入れ違って
証言したとしても一応納得は出来る。投稿されている様に、張込みを見破られ
たと言う心理から「そこに二人いるじゃねえか」を先の事として証言したとし
ても、そう奇異な感じでは無い様に思える。

一方PTA会長の方は協力者と言う立場で一応は第三者的存在。且つ、元憲兵
としてこうした張込みの経験者でもあり、姉と比較した場合、より冷静な判断
(と記憶)が出来ていたとも見られる。これらの事からすると、敢て姉と会長
の証言を比較するならば、会長の言う事の方が正確と言う可能性の方が高いの
では無いか。

但し佐野屋でのやり取り証言の食い違い部分に就いて小生自身は今の処、推理
上はそう重視はしていない。犯人像とその動機、佐野屋の犯人にとっての意義
の部分は、>>419での結論にほぼ同意する。

>>413 :盛況 ◇cQ5CwQT2.c 氏
無い知恵を搾った能書よりもそのシンプルさが光る。このスレだけでは効果が
薄いので、2板全スレにソレをコピペしておいて下さい。結果的には、当方サ
イトの宣伝とアクセスアップに貢献するナイスレス。勿論ageる事は忘れずに。

>>417 :ゆきゆきて神軍@1-531氏
今日一番の藁エルレスです。架空の事件を「推理」する事は可能なんでしょうか?(太藁

423 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/10/16 20:25:09 ID:Ogdl/tVn
422の一行目は字数を揃える為のコピペに就き不要のモノを間違って其のママ
貼っちゃった。悪意はアリマセン。

424 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/10/16 20:26:35 ID:Ogdl/tVn
次に「警察自演説」に就いての小生自身の見解を、今迄投稿して来なかったの
でこの機会に書いて見る。
この説の要点は3日零時過ぎの佐野屋以前に本来の張込みと犯人の出現があり、
そこでの取り逃がし、従ってその結果としての被害者殺害を隠蔽する為、警察
の一部幹部により工作されたのが3日の佐野屋であった、と言うものである。

この説のネックは脅迫状にある。ネックと言って悪ければ、この説を取る場合
には脅迫状本体も、初めから警察の偽造と言う条件を加える必要がある、と言
う事だ。
その理由は日付の訂正部分にある。「五月2日」と訂正される前の日付は、
「4月29日」であった。とすると、例えば犯人指定の日付が5月1日であっ
たとする事は、脅迫状を見る限りでは有り得ないと言って良い。
つまり「犯人は1日夜、前の門に現れたがこれを取り逃がしてしまった。そこ
で警察は脅迫状を訂正し、日付を2日に、場所を佐野屋として偽装を計った」
とは言えない訳である。訂正前の日付は確実に「4月29日」だったのだから。

仮に身代金の受渡指定「1日」は、電話で通告されたのだとしても、そうなる
と今度は脅迫状の存在意義自体が全く無い事になる。

従って、2日夜12時(3日零時)の佐野屋が警察の偽装であったとする説を
取る場合には、脅迫状自体も、訂正部分だけでは無く全部、警察の偽装としな
ければならない、と言う事である。

425 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/10/16 20:44:13 ID:Ogdl/tVn
「脅迫状の存在意義自体が全く無い事になる」は過言だとしても、いづれにし
ろ、脅迫状の全部を警察が用意したのならば訂正前日付を「4月29日」にし
た事は至極納得が行く。警察は「1日の取り逃がし」を完全に隠蔽したいので
あるから、脅迫状作成に当たっては「4月29日」と書き、それを意図的に、
「五月2日」と訂正する事によって、
『当初「少時」方の子供を誘拐する予定の犯人が後で誘拐対象と日時を変更し
た』との筋書きを作った。そうなる。

この脅迫状を犯人が作成し、日時と場所の訂正だけが警察の偽装、且つ犯人指
定の本当の日付は1日だった)とすると、訂正前の日付が矛盾して来る、と言
う意味。

426 :本当にあった怖い名無し:04/10/16 23:11:50 ID:ciEP3Vuv
それで、トム氏は自らの持論について唖黙ってしまった。と。

脅迫状はやはり犯人側が書いたと推理した方が無難ですね。
ただココで登場した犯人は、刑札の演出なのか実際の犯人なのか?
どちらともとれるよなあ・・

421氏の云うことはもっともな解釈だと思う。
過去レスでも云われているように、姉はすでに " 妹が殺されている事 "を知っていた可能性もある。


427 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/10/17 00:05:41 ID:gWxYQIWZ
脅迫状を犯人が書いて尚且つ指定日付が「1日」だったのなら、脅迫状の訂正
前日付も「5月1日」でなければ辻褄が合わない。脅迫状は警察が書いたもの
とした方が、この点はクリアー出来る。と言うのが上記の結論。
 
但し、警察が脅迫状を作成したとすると、難点が一つ。
それは、石川氏がその訂正前日付に就いて4月「28日」と自供させられてい
る事だ。警察が自分らで脅迫状を作っておいて、こう言う間違いをわざわざ自
供させているのが矛盾する、と言う事。

もっとも、脅迫状の作成など「佐野屋」の陰謀に加担した者と、石川氏の取調
べに当たった捜査官が違う、とも一応は考えられる。しかし、取調べを主導し
た長谷部警視が、「陰謀」を知らなかったとは考えにくい。

脅迫状を犯人が書いたにしろ、警察が作成したにしろ、「1日本来説」には、
この様にどうしても矛盾が出て来る事から、小生としてはその説を取りにくい、
ト言う訳です。

428 :本当にあった怖い名無し:04/10/17 00:19:41 ID:HBzCH12m
脅迫状の日付の訂正は、宛名の訂正とともに、この事件の深い謎の部分
であり、この謎が解ければ、真犯人に迫ることができるだろう。
無知で無学その上粗野で無軌道な不良共の犯行と見せかけるための工作
とする推理が大勢だが、同時に脅迫状を書いた人物自身をも欺く策略だった
とすれば、真犯人の人物像を想像することは可能だ。

それは、物事を合理的かつ冷静に計画し、実行することができるという非常に
怜悧な性格である。
そう考えるならば、この事件は単純な色恋清算を動機とする、突発殺人など
ではないとも言い切れるだろう。
企図・発案した人物は一人で、殺害実行も同一人物である可能性が高いとは
思うが、その周辺には、かなりの多くの人間が関わっているように思う。

それは、一にかかって、あの佐野屋の逃走事件である。
警察の張込配置を完全に把握していなければできる芸当ではないし、間抜け
なメッセンジャーボーイを利用し、僥倖を得た結果でもない。

ならば、ずばり、地元の警察官に仲間がいたのではないか?
警察だけではない。山狩りをした消防隊その他、仲間は一人や二人ではない
のではないか?
事件後、証拠品を調達し、出現せしめた張本人も、彼ら一味ではなかったと思
えるのである。

証拠品である以上、本物が発見されれば偽装工作の証拠となり、かえってマイ
ナスとなる。ということは証拠を用意した人物は、本物が絶対に出現しない(する
はずがない)ことを知っている人物でなければならない。
証拠品が他ならぬ捜査当局者周辺から忽然と現れている事実を持ってしても、
犯人一味が警察関係者あるいはその近辺にいる可能性を疑うに十分だと考え得る。

429 :ゆきゆきて神軍@1-531:04/10/17 02:42:46 ID:SjjJnGbT
>>428
一人の女子高生を亡き者にするにしては、あまりにも大掛かりですよね。
警察官、警察関係者、消防、元軍人、議員・・・・
これらの大人たちが、いったい何のために動いたのか?
Sグループのドンが退いた今日、
何か新しいヒントが出て来はしまいか?          ナンテネ

430 :本当にあった怖い名無し:04/10/17 20:19:27 ID:Gq3wPQTi
>>429
http://www.uwasanoshiokinin.com/series-seibu.html
西武の堤も関係あるの?


431 :本当にあった怖い名無し:04/10/17 23:11:44 ID:kELK55b7





432 :本当にあった怖い名無し:04/10/17 23:34:09 ID:kELK55b7
真ペケは自らの所業を誇示するがごとく、現場に戻って自己満足するがごとく
多くを語った。

433 :414:04/10/18 22:16:35 ID:fdXmAI3Y
>>418,>>422
ありがとうございました。
県警が配置を換えたのが2日の午後8時ごろという話があったので、1日夜の下見を
計画したということはあり得ないだろうな(場所がさのやかも分からないし)と
思って、腰の引けた感じで来た犯人と刑札のへまが噛合ってしまった結果かなぁ
という印象になってしまったんですが、よく考えてみると「俺は帰るぞ」と最後
に宣言(?)している点の方が、逆に3者の証言で共通しているんですね。

>身の危険を感じて逃げるのなら、何も言わずスタコラ走り去るのが普通で、
>余計なことを言う余裕はないはず。
>ここに、犯人(グループ?)の、ある意図を感じずにはいられない。
正しくその通りだと思い至りました。ありがとうございます。

434 :本当にあった怖い名無し:04/10/18 23:44:05 ID:LX1DGQPh
「おらぁ、けぇるぞ」
は、おそらく一緒に畑に潜んでいた仲間への逃走の合図だろう。
石川氏は「ナイフを持った共犯者」について、しつこく刑事に詰問されている。
逆方向に逃げた仲間の足跡もあったそうだが、単独犯ということになって
これらの証拠品はすべて隠蔽された。
検察が証拠の開示に応じないのは、これらが白日に晒されるからだろう。

435 :本当にあった怖い名無し:04/10/19 07:13:28 ID:TVFHoa1F
逃走犯2人説だね。
ということは、劇団おまわりの演出ではなかったのか。

436 :本当にあった怖い名無し:04/10/19 12:33:03 ID:83Lp5ZVa
だから警察が脅迫状に手を入れたと想定しないと
劇団おまわり説とやらは成り立たないんだって。

437 :本当にあった怖い名無し:04/10/21 14:45:54 ID:l2CREuV5
>>435
犯人役を2人用意したのかも。
逃げる途中で張込み刑事に変身して
「おい、そっちはどうだ?」とかね。
まるでルパンか怪人二十面相の世界だね。

劇団おまわり説は荒唐無稽かもしれないが、
警察犬が役に立たなかった点は、そう考えると
一応辻褄が合うんだよね。

438 :m ◆yQ.eFxOXJk :04/10/21 21:10:21 ID:ke71U18z
>>437
そう。1日以後時点ですべて警察の謀略だったという説は完全には否定できない。
裁判所はそれを知っているから再審に応じられないと。
>>436
>>警察が脅迫状に手を入れたと想定しないと
正確には脅迫状そのものが警察のでっちあげと想定しないと、だと思う。
ただ、斉藤鑑定だと脅迫状は1日以前に書かれていたとも考えられる。
このへんをどうするか。

439 :本当にあった怖い名無し:04/10/22 00:22:29 ID:0JrrTaS4
脅迫状の矛盾点を抜きにしても「劇団おまわり説」にはかなり無理があるよ。
それより、警察の内部に犯人一味がいて、張込み配置を事前に教えていた、
とした方がまだ無理がない。

440 :本当にあった怖い名無し:04/10/22 01:46:46 ID:qn4CKPON
>k札の内部に〜

それこそ何でもありの御都合主義では?

441 :本当にあった怖い名無し:04/10/22 17:07:56 ID:YLGE753J
「刑札の内部に仲間がいた」というと確かに信じられない話だが、もともとこの
地域は地縁・血縁で結びついた閉鎖的農村共同体。
狭山署内にその仲間がいたとしても不思議ではない。
殺人計画に加担することはないかもしれないが、「後始末」に協力する(あるいは
せざるを得ない)ことは、妄想とまでは言い切れないだろう。

それには根拠がある。
佐野屋の逃走事故以外にも、警察関係者かその周辺の人物が絡んでいるのではと
思いたくなる事例がいくつかあるからだ。

ひとつは、あの事件解決に「大活躍」したS巡査の存在。
大事件で、あれほどの功績を挙げながら、のちに栄転したという話を聞かないの
も不可解としかいいようがない。
それとTNとOSという二人の「情報提供者」の存在。

二人とも、「仲間」の意向のもとに「重要情報」を持ち込んだ疑いが強い。
OSは「一定の効果」を挙げたあと、その「重要証言」を全面撤回して消え去った。
一方、TNは「本ボシ」を追及しつつあった(?)刑事らに、その意図を見破られ(?)、
厳しく責められた。

思うに真犯人グループ(?)にとって、2度に亙るTNの「任意取り調べ」の時期が、
最も緊張する「危険な事態」だったのではあるまいか?
TNの「理解しがたい突然の自殺」とその「自殺方法」に、真犯人(?)の、あせりを
感じずにはいられない。

真実の一端は、TNの調書の中にあるよう気がするのだが、この調書が日の目を見
ることはまずないだろうな。

442 :本当にあった怖い名無し:04/10/23 01:50:37 ID:EeyYvpeQ
そもそも、TNは自殺じゃないしな

気の弱い田舎の青年が、ためらい傷もまったくなく、肋骨をうまく避けて
心臓を一刺し
しかも、包丁は手に強く握られたままだった

何者かが手を下し、警察もさっさと「自殺」と断定して発表した
彼が「あやしい3人組を見た」というのは、真実だったのだろう


443 :本当にあった怖い名無し:04/10/23 03:48:47 ID:OSk1Yu+e
>>434
>「おらぁ、けぇるぞ」
>は、おそらく一緒に畑に潜んでいた仲間への逃走の合図だろう。
そう考えると、「お前等、撤退の合図も打ち合わせずにトッこんできたんか!!」
という気持ちに、私はなってしまうんです。もっと、何気なさそうな合図を打ち
合わせられたのでは、と思うんです。
犯人が、「俺は帰る」と言ったのを刑札が「まさか帰るはずがない」と思ったら、
本当に犯人が帰ってしまっていた、という笑えるんだか、笑っちゃいけないんだか、
という事態が発生してしまいました。
この事態は、1.県警の指示で畑周辺の張り込みが変えられた。2.次姉が持って
きていたのは偽の札だった(本物の現金を持ってきていたら、こっちへ来いと言わ
れた時点で犯人方向に放り投げていたら、展開は変わっていた筈)
3.「俺は帰るぞ。」を刑札が本気にして飛び出すことをしなかった。
と、いうような要因が絡んでいると思います。
いっそ、この場面だけで考えれば、劇団おまわり説の方が考えやすい
くらいだと思います(こんなに偶然が重なったのならば)。

どうも私は、「俺は帰るぞ」は刑札を馬鹿にしたかった位しか
思いつかないのですが(T_T)


444 :443:04/10/23 03:57:42 ID:OSk1Yu+e
>(こんなに偶然が重なったのならば)。
まあ、間抜けなので逃がしちゃったのが真相だろうという気はしているんですが。

445 :本当にあった怖い名無し:04/10/23 09:44:43 ID:RTS+g9e2
この時点で姉はもう妹が死んでいることを確信していた。
なぜか?
そして、ここでの会話のやりとり「俺は帰るぞ」とは
犯人が共犯の姉に言った合い言葉?


446 :本当にあった怖い名無し:04/10/23 16:02:16 ID:rxQpjmrG
しかし捕まれば死刑確実(当時)という犯罪犯していて、
刑事の張込みに気付いているというのに、わざわざ
「帰宅のご挨拶」までしてくれる犯人さんって、実に不思議。
不可解。奇々怪々。
刑事の誰かが言ったように、この事件の犯人って本当に、
「バカなんだかりこうなんだか分からない」。

447 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 00:35:42 ID:4YqP4aB+
☆素朴な疑問☆

1)なぜ本札ではなく偽札を持たせたのか。当時のレートとは言え、たかが20万如きで。
2)夜間の張り込みとはいえ、犯人(一味)の逃走時に投光器などで姿を見ていないの?

448 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 01:07:20 ID:qdv3uZHG
犯人は車でやってくるという先入観があったから


449 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 01:37:20 ID:wvjJIozu
>>447
お芝居だから。

450 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 02:18:44 ID:4YqP4aB+
スマソ。偽札の件は盛況氏のHPで既出でした。

ただ、投光器の件については甚だ疑問。県警レベルが動いていたなら、あらかじめ
ハイビームのものを何灯も持ち込んで犯人逃走時に一斉照射するのが常道だろう。

それと、新たな疑問がもうひとつ。
男女関係の清算を動機・目的として殺人に至るケースってそもそもありうるのか?

451 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 10:48:37 ID:1ah2thtR
>>45
そもそもというのは、一般論としてですか?それともこの事件に関して?
一般論的にはよくあるケースといえる。
この事件に関していえば、今までその動機はいろいろに検討されてきましたが、
いまひとつ決め手を欠くという印象だった。
ありえないこととまではいえないと思うが…

佐野屋に臨んでの警察の装備についてはほかにも、
ハンディトーキーなどの不備などさまざまに指摘されてきて、同意。
装備以前にそもそも、土地鑑のない県警のおえらいさんを当時まっ暗やみの佐野屋へ配置するなど、
常道に外れたどころか言語道断。

ただ投光器については、
あらかじめそういう装備を設置しに現場に赴くことは、
犯人側にけどられるという恐れも想像できるから、それでやめたとも思える。


452 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 15:37:13 ID:4HJMegW0
前の方のスレに出ていたが、投光器については、それを隠すスペースが
なかったのと、犯人はどうせ車で来るはずだから必要なし、ということ
だったようだ。
警察犬については手配が間に合わなかったのと、車で逃げる犯人には
不要との判断もあった模様。

車で逃げようとする犯人を、いかに捕まえるかに重点をおいた配置だった
ので、若く脚力のある刑事は道路側に張り込んでいた。
身代金20万円については、やって来た犯人は絶対に捕まえる作戦で、姉が
持つ風呂敷包みを犯人に手渡すという選択肢はもともとなかったので、中身
が偽札だろうと本札だろうとどちらでもよかった、ということ。
それなら無理に現金を用意する必要なし、ということで偽札にしたのだろう。

453 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 16:54:19 ID:4YqP4aB+
なるほど。投光器の件、男女関係の清算云々の件ともに納得しました。

ただ、逃走時に威嚇射撃するなど、逃走犯を拿捕すべく全力を注いで
いてもよさそうなものを、あっさり取り逃がしすぎという印象は受ける。

454 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/10/24 17:22:28 ID:hNc7XUxJ
>>453
威嚇射撃に就いては「国家公安委員会規則」の中に警察官の「拳銃使用・取り
扱い規範」と言うモノがあります。旧「拳銃警棒使用・取り扱い規範」を警察
官の殉職が多発した為2001年11月に改正したもんです。これにより、警
察官自身の身に急迫不正の侵害(生命の危険)が及んだ際等での拳銃使用基準
が緩和された。

が、この改正前に於いては拳銃使用は過度に規制されていた事は周知の如く。
増して佐野屋では犯人の姿を見た警察官は居ない。見えない相手に発砲は出来
ぬ道理。これは使用基準が緩和されている現在でも同じす。

455 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 17:34:42 ID:4YqP4aB+
>>454
なるほど。

捜査上のセオリーについて明るくないため、些か荒唐無稽な疑問を呈しましたが
丁重にご回答下さりサンクスです。

456 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 20:26:35 ID:KsPjGT3z
>>450
被害者と男女関係にあったOGが、結婚式を目前にして邪魔になって
殺したという可能性はないわけではない
逃げ切れないと観念して自殺したという推測も成り立つ


457 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 20:48:11 ID:1ah2thtR
「推測」はもういいよ。
だったらその可能性とやらを早く詳しく聞かせろ。
だがループアゲってのもあるんだね。

458 :6-278 ◆VJpTjOn9UM :04/10/24 20:59:11 ID:QKTSED9q
初めてカキコした奴がたった3行で自説を述べたつもり?w→456
>457
よく観察してると判るがこのスレでアゲてる奴のカキコってな、
低レベルマル出し。自分のヴァカさかげんをご丁寧にわざわざアゲてよく恥ずかしくねえなって思うねw
前から云ってるんだが句読点くらいつけろってさ!

459 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 17:38:54 ID:8CVixEIq
>>452
それでも念のため20万くらいなら現金を持っていくべきでは?
と思う人もいるだろうが、本札だったならば、姉が不用意に包みを
渡してしまう可能性がある。
犯人には包みを絶対に渡さず、車から降りて取りに来たところを
捕まえるという作戦だったのかもしれない。
そうであれば、あえて偽札を用意させたのは理にかなっていたと
いえるかもしれない。
作戦自体は大失敗であったが。

460 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/10/25 23:25:47 ID:Im5JBuGu
それに関して・・・。
大谷木警部の証言によれば、佐野屋張込みの当日5月2日午後8時頃になって、
中勲県警本部刑事部長、将田政二捜査一課次席、長谷部梅吉刑事調査官らが、
狭山署に乗込んで来て、犯人が徒歩で来ることをも想定した張込み体制をムリ
矢理に返させたと言う周知の事実。
 (ここに長谷部の名が挙っていると言う事は、もし警察による佐野屋での
  なんらかの作為があったなら、この長谷部がその事を知らなかった事は
  まずは有り得なかったろうと想定して良い)
ここで問題にしたいのは、では、その様な県警からの横槍が入らなかったなら
ば、現地組としては張込隊を畑側にも配置し、よって結果的にはその場合、犯
人を捕える事が出来たのでは無いか、と言う事。

単純に考えれば県警の横槍さえなければ、いかに犯人側が脅迫状その他で狡猾
な策略を弄しようとも、簡単に捕縛されていたのか?要するに佐野屋は犯人に
とって、予期せぬ「県警の横槍」と言う全くの「僥倖」だけによる成果であっ
たのか?
単純に考えれば、2日午後8時になってからの県警の介入は、犯人にとっては
全くの幸運となり、勿論警察側にとっては全くの「大失敗」と言う事になる。
しかしこの「県警の介入」さえ無ければ、その逆の結果、つまり警察にとって
は「大成功」となっていたのだろうか。

そこから、ではやはり何故、県警はその時点で介入して来たのだろうか。
県警が脅迫状を「犯人は(絶対に)車で来る」と判断した結果。そう考えれば、
これは全くその通りなんだけど。

考えて見ると、事件発覚時刻の謎と共に、ここにも全ての謎が集約されている。

461 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 09:44:12 ID:PUxWTuae
現地組みが張り込んだとしても犯人を捕らえるのは
やはりムズかしかったのでは。
犯人が畑の中からやってきたということは、どこかで張り込みに気付いた
はず。普通に考えれば犯人は現れなかったのではないか。



462 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 12:17:14 ID:8eTGHpVB
ところで、善枝が「正冶」と「ミツ」との間にできた子、という可能性は無いだろうか?

463 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 12:22:24 ID:8eTGHpVB
それと、被害者宅近隣に住む「気んじょの人」たち(親戚筋含む)の相関関係や利害関係、
あるいは各人のアリバイの有無や妥当性はどうなんだろう?特に親戚筋に関して気になる。

464 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 13:00:45 ID:8eTGHpVB
OG(享年31)が中田家にて作男を務めていた時期、というのはいつ頃なんだろう?
時期によってはひょっとすると、善枝がOGの子、という線もあり得ない訳ではない。

465 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 14:31:46 ID:rBlKDrAd
OGが中田家の作男だったのは「中学を出て間もなく」(当時の新聞による)。

OGは昭和38年に31歳だったので「中学を出」たのは昭和22年前後ということになるが、
その頃はちょうど戦後の学制改革の時期にあたっているため、正確な卒業時期は
わからない。
常識的に考えると、ここで「中学」と言われているのは国民学校の高等科と思われる。
(偏見かもしれないが、地域性やOGが作男に出るような家柄から考えて、OGが旧制
中学に行っていたとは思えない)。その仮定が正しければ14歳で卒業なので、OGが
中田家で働き始めたのは昭和21年の春から夏頃ではないかと思われる。
被害者は昭和22年5月1日生まれだから、可能性としてはありえなくはない。

466 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 15:11:40 ID:rBlKDrAd
>>462はありえないでしょ。「S」の死亡は(盛況さんHPにあるお墓の享年が正しければ)
昭和19年10月。被害者の誕生日は上記の通り昭和22年5月なので、時間的にムリ。

あえてシナリオを書くとしたらこんな感じか。
「実はSは台湾沖航空戦に出撃後、機体の故障を装って不時着、そのまま軍を脱走して
逃亡に成功し、N家に帰ってきた。名誉の戦死を遂げたはずの次男が脱走して帰ってきた
ことを、N家は一家を挙げて気んじょには隠してかくまっていた。その中でSは世話をして
くれていたM(被害者の母)との間に過ちを犯してしまい、被害者が生まれた。
しばらく露見することはなかったが、昭和28年になって何らかの理由(血液型検査?)で
それが露見してしまい、激怒したEはMを精神科へ強制的に入院させるとともに、SをN家から
追い出した」
こういう形のシナリオだったら誰でも被害者の父親になることができてしまうわけだがw

なお、上のシナリオの後半部分はOGが父親だった場合にも流用可。

467 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 15:15:08 ID:eNHkvkkQ
すけきよかよ!

468 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 16:16:22 ID:8eTGHpVB
以下、あくまで想像。

--

色情狂の噂が絶えなかった母であるが、作男との間に子を作った事が発覚し
これが周知のものとなるのを恐れた家族は、表向き入院療養というカタチで
隠蔽のため内々に「処分」。無論、こんなことが明るみになったら中田家の
地位は間違いなく失墜し、「土地にいられなくなる」。

「中田家の女は育たない」というのは、「中田家の女」には昔から、間引き
もしくは楢山節考的慣習により、女子は未成人のうちに「処分」されてきた
歴史があるのではないか?

(「間引き」自体は、昭和中期までは農村部を中心に各地で残っていた風習らしい)

そうした歴史の有無、あるいはそれが有ったとして、被害者の家族が知って
いたか否かについては定かではないが、もし上記のようなことが区長一家で
行われたとするなら一大スキャンダルであり、一家が何としても隠蔽しよう
とするのはすんなりと理解できるし、一家にとって政敵、もしくは利害面で
対立する者が居たとするなら、揺すりのネタとしてこれ以上ないはず。

469 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 19:44:34 ID:0PWEwQhM
あくまで想像にしてもひどいもんだね。



470 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 20:00:03 ID:0PWEwQhM
>>466
正司ならどうですか?



471 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 20:37:35 ID:8eTGHpVB
>>469
書いた俺自身、常軌を逸していると思ったため冒頭の一文を付記しましたが、
この線について検証する中で、「間引き」のような風習がつい半世紀前まで
残っていたのを知って愕然とするとともに、民俗学的可能性のひとつとして
検証するに値する要素では?との考えから記すに至った、という訳です。

472 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 20:58:33 ID:x6yjijXF
OGが被害者の父親なら、それこそ近親相姦ということになるのでは?
被害者は死ぬ前に性交のあとがあったわけだし
精液の血液型もB型で、OGもB型


473 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 21:46:23 ID:8eTGHpVB
OGと被害者との間に性的関係があったか否かは不明だが、仮に父子の間柄なら
OGは被害者を気に掛けていただろうし、一方で、目前に迫る新婚生活に向けて
一抹の憂いとなっていた、とも考えられるかと。

474 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 21:54:41 ID:8BaXpncp
長男は何型?

475 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 22:31:04 ID:8eTGHpVB
母の死が被害者の出生経緯にあるのでは?と考えるのは、被害者はS22に出生、
つまり、S28(母M入院)の時点で6歳となるわけで、ひょっとすると小学校
入学を控えて健康診断のようなものが行われた可能性がある。その一環で血液型
検査も行われ、その結果ある重大な事実が判明。それは・・・後はご想像の通り。

476 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 23:08:50 ID:rBlKDrAd
毎日新聞(夕刊)昭和38年5月6日付より。人物名や住所を仮表記とした以外はほぼ原文ママ。

元作男、井戸で自殺 事件の参考人
狭山署捜査本部は現場近くに住む被害者と顔見知りの者の犯行と見て捜査していたが、六日午前八時
四十分ごろ有力な参考人としていた狭山市青柳○○、農業、OMさん(七〇)の二男、OGさん(三一)
=S通運入間川営業所勤務=が農薬を飲んで自宅裏の古井戸に投身自殺した。OGさんは被害者Nさん
方で中学を出てまもなく作男をしたことがあり、NYさん(被害者)とも顔見知りであるうえ、付近の地理
にもくわしいのでこんどの事件と関係あるのではないかと本部で調べている。
OMさんの妻OTさん(六〇)の話によると七日の結婚式に備えて、朝から家族の者たちが祝宴の準備を
していた。ところが午前八時四十分ごろ、いきなりOGさんは「死ぬ」と叫びながら、土間にかけおり、
表に飛びだした。OTさんがおどろいて後を追ったが、約十五メートル先にあった古井戸に農薬を飲んで
飛び込んだという。
NYさん殺しとの関係については、O家が死体発見現場から東北二キロの地点にあり、身代金の引渡し
場所として指定した佐野屋、Nさん方から一キロ足らずのところにあって付近の地理には明るい。
NTさん殺しのあった一日は出勤したが、午後三時半ごろ営業所を出ている。身代金を要求した二日夜は
自宅にいたという。
遺書には「病気に負けた。結婚したくない。両親をよろしく頼む」と書いてあったことなどから、当局
ではOGさんは事件とはまず関係ないのではないかという見方を強めている。しかし一応捜査本部では
OGさんの遺書と脅迫文の筆跡が同じであるかどうか、身代金を要求してきた去る二日夜、佐野屋付近で
とれた足跡があうかどうか、血液が一致するかどうか、など照合を急いでいる。

(OG氏の顔写真があり、そのキャプション)
結婚直前のOGさん
近所の人の話によると、OGさんは女のようにおとなしく、素直な働き者で評判はよかった。
三十五年四月S通運に臨時雇で入社、三十六年五月に社員となり、同僚の評判もよく、結婚のため四日
から休んでいた。

477 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 23:31:56 ID:8eTGHpVB
病気=色欲?

478 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 23:42:14 ID:rBlKDrAd
疑問1:この記事の前半では「事件と関係あるのではないかと本部で調べている」、後半では「当局は
事件とはまず関係ないのではないかという見方を強めている」と矛盾している。この辺、「本部」「当局」
の方針の混乱を反映しているのだろうか。

疑問2:結婚式の準備中に「死ぬ」と叫びながら飛び出して、となると、農薬はどこに準備してあったのか。
記事全体の感じからいうと突発的・発作的な自殺という印象だが、農薬を飲んでということだと相応の
準備が必要なのではないか。

疑問3:朝早く(8:40)に自殺というのも解せない。悩んで自殺というなら、夕方とか夜になるような希ガス。
(個人的意見だが)

ちなみに、オカルト板だからと言うわけではないが、記事にはOG氏が飛び込んだという古井戸の写真が
出ていて、マジで某ホラー映画の井戸に似てる。今にも貞子が...というふいんき(←なぜか(ry))。

479 :本当にあった怖い名無し:04/10/27 00:01:52 ID:ifbRofKL
>>475
小学校の健康診断で血液検査まではしないだろう。

480 :本当にあった怖い名無し:04/10/27 00:19:53 ID:gw4ku2u/
エンドリンのヒト経口推定致死量は、体重1キロあたり19.5mg。
塩素系農薬で中枢神経系に作用し、主に知覚障害やマヒを引き起こす。

これを経口摂取したのちに、井戸に「飛び込んだ」ということは、

毒物摂取+重度の物理的ダメージ、外傷+窒息(井戸底部は通常、無酸素状態)

の多重効果を狙っており、つまり、確実に死ねるよう意図したものである。

481 :本当にあった怖い名無し:04/10/27 00:25:26 ID:gw4ku2u/
>>478
>朝早く(8:40)に自殺というのも解せない

事件発覚直後ということもあり、うなされて一睡もできなかった可能性はありうる。
一晩中悩みぬいた末、農薬の即効性も考慮して朝食摂取後に服毒したのではないか?

482 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/10/27 00:35:08 ID:mihBn+io
本日のレスは面白く読ませて頂いた。>>466、467辺りは特に爆笑してしまった。
御無礼。

>>461
小生は其の事よりも、やはり県警は何故その時刻になってから横槍を入れて来
たのか、ト言う動機ですな。

>>469、470
あくまでウ゛ァカにしてもひどいもんだね。ホレ、怒れ、宣伝マン!(藁

>>478
有機塩素系農薬中毒、特にエンドリンの場合、激しい痙攣に見舞われる様です
な。
OG宅も農家であるので、農薬自体はありふれた所有物だったのではないか。
それを発作的にか、計画的にかは別として、飲めばたちまち苦悶、痙攣に陥る。
すぐに死に至らず、慌てて井戸に身を投じたのではと思う。自殺の意思が堅か
ったならばの話ではあるが。
遺書の内容に就いては、その真偽も含めて、小生自身は可成懐疑的な思い。

483 :465=476:04/10/27 00:51:07 ID:lojzhMiV
ついでにOG氏関連でもう一つ疑問。
OGは、いつ頃までN家で働いていたのだろうか。また、彼がN家の作男を辞めることになった理由は?

S通運に入社したのは昭和35年とのことなので、昭和21年からの14年間、彼がどこで何をしていたか
というのはどこかに資料がないだろうか。この辺に何か推理のヒントがあるかもしれない希ガス。

484 :本当にあった怖い名無し:04/10/27 00:52:22 ID:mAPv8DpL
>>479
独身童貞?
>朝早く(8:40)
ひと仕事終わって一息つく時間だよ。
ひきこもりの時間感覚でもの言うな。

485 :本当にあった怖い名無し:04/10/27 01:13:01 ID:gw4ku2u/
農薬ネタでは、パラコートと呼ばれる薬品がある。
これは有機リン系の薬物で、1940年代にドイツで開発。
主に除草剤として使用されるが毒性が強く、極微量の摂取でも死に至る。
主な症状は、使用者の肺、腎臓、胃腸、男性生殖機能障害、そして「脳出血」。
即効性はなく、摂取後、数日から一週間後に死亡するケースが多い。
類似のものにパラチオン、ペンタクロロフェノル、ホリドールなど。

cf)パラコート連続毒殺事件
http://gonta13.at.infoseek.co.jp/newpage159.htm

486 :本当にあった怖い名無し:04/10/27 10:57:28 ID:0LGkVyxc
>>476
この記事では、ほとんど犯人扱いだね。
実名を出しているし、今なら考えられない報道。
OGの自殺の原因については遺書に「病気に負けた。結婚したくない」
とあることから、地元では、結婚式直前に性的不能を苦に自殺に至った
といわれている。
気の弱い人なら、それも考えられなくはない。
いずれにせよ、大胆不敵な偽装(?)営利誘拐事件を企て、危険承知
で佐野屋に赴く強心臓の犯人像とは一致しないように思われる。

487 :本当にあった怖い名無し:04/10/27 17:09:50 ID:n4zyXxVf
でも共犯で実行犯から脅迫を受けていた場合は
佐野やに行くのも可能性としてはありうる。

またここで病気に負けたとあるのは、
たとえばロリだったとか、通常の病気を指していないのかもしれない。
そして婚約者とは結婚したくないということは、
他につき合っていた彼女が存在したということもなくはない。

今まででてきた情報からも完璧にシロとは言えない。が真犯人とも言いにくい面があるのはこれまで通り。
ただ見かけと内面は違うのが世の中の常。


488 :本当にあった怖い名無し:04/10/27 19:21:07 ID:gw4ku2u/
被害者の母について。

かつて刑法には「姦通の罪」というものが規定されていた。
現在では殆どの媒体より削除されている。以下、その内容。

--

【刑法】第183条「姦通の罪」(昭和22年削除)

(第一項)
有夫の婦姦通したるときは二年以下の懲役に処す。其相姦したる者亦同じ。

(第二項)
前項の罪は本夫の告訴を待って之を論ず。
但本夫姦通を縦容したるときは告訴の効なし。

--

489 :本当にあった怖い名無し:04/10/27 19:22:12 ID:gw4ku2u/
>>488は要するに、既婚女性の不貞は犯罪であること、及び親告罪であることを
規定している。

こうしたものが刑法上規定されているということは、当時の人間にとって
女の不貞とは単に「望ましくない」行為というより、「犯罪」行為に近い
ものとして認識があってもおかしくはない。

そうした背景を鑑みると、刑法上の罰則規定とは別に、地域コミュニティ
(例えば前出の「講」など)毎に独自の罰則が規定されていたり、私刑が
行われていたとしても不思議ではないし、地域の有力者である被害者一家が
ひたすらに秘匿したとしても不思議ではあるまい。

少なくとも、一族や地元民の不満や反対意見があったとされるなか、それを
押し切るでわざわざ「外」から貰った嫁がこうした禍根を地域にもたらした
という構図を考えたとき、潜在・顕在を問わず地域社会が異質なものを拒絶
(または排除しようと)する感覚は無視できない要素ではないか?

490 :本当にあった怖い名無し:04/10/27 22:03:34 ID:N4Jnb7/9
殿岡本だったと思うが、OGは男娼をしていたとか(ホモ相手の売春婦?)
その過去がバラされるのがイヤだったのではないか
性的不能(インポ)ではないと思う

また、彼が殺害の実行犯でなくても、長兄にそそのかされてニセの脅迫状を
書いたことを悔やんでの自殺かもしれない


491 :本当にあった怖い名無し:04/10/27 23:47:55 ID:gw4ku2u/
ここで思い出されたのが5月11日に「自殺」したというTN。
この人物は「5月1日夕刻掘兼へ行った帰り、狭山精密近くの山林で3人の怪しい
男を見た」との情報提供者。二日間にわたって警察の厳しい取り調べを受け憔悴
して帰宅した後、ナイフを心臓に突き立てての変死。

--

スレ5−196の盛況氏のレスを見てふと思ったのだが、操作撹乱を目的とした
偽証説があるこの証言、ひょっとすると「この時点で犯人グループに初動操作を
気付かれたことが、被害者殺害の契機となったかも知れない」と取調官が考えた
からこその、厳しい取調べだったのではなかろうか。

あるいはそれが公然となった際の警察批判回避をも意識しつつ。

492 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 00:10:34 ID:l9I7Hca0
>>490
殿岡本にはそんなこと書いてないよ。

493 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 00:15:30 ID:8yCeYYUW
高検に眠るとされるTNの調書。
これは検察に任官後、高検に配属されれば閲覧することができるのだろうか?

もし可能ならば、それだけのために修習所で任官希望しようか迷うのだが・・・。

494 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 04:24:06 ID:6HBOpq7f
OGは変死という話も絶えなかったけど(野間本で口の中や吐物から農薬の匂いが
したからといって、臓器内を解剖して調べなければ本当に飲んだのか、死んだ
後に農薬を振りまかれたのか分からない等の批判もあったと思う)、>>476
記事を読む限り、動機はともかく目撃者(OGの両親)のいる前での自殺に
間違いないということなんでしょうか?

495 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 04:48:38 ID:V3HdpyiY
>>494
目撃者や「証拠」があるからといってそれが必ずしも「真実」とは限らないというのが
この事件の一番ややこしい部分じゃないの?記事も、記者が母親の話をそのまま
書いてるだけだろうし。

「OGが犯人と悟った両親が、親類の手を借りて殺した」
「共犯者(黒幕)が殺したが、両親は黒幕の『力』が怖くて偽証している」
その他可能性はいくらでも考えられる。

>>493
口述終わったんですか?合格するといいですね。

496 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 05:55:06 ID:V3HdpyiY
ところで、>>441氏も指摘してるけど、「刑札全体がグル(劇団おまわり)ではなく、SG巡査
部長(狭山署交通係主任、最後にIKの「自白」を引き出した人)が個人的に犯人グループに
加わっていた」という説はガイシュツ?
証拠もないし信じてるというわけではないが、そう考えるといろいろな点の説明がつくもので。

そもそも(これは結構指摘されてるけど)SGは、交通係の一巡査部長の割には、ゴムひもや
カバンの発見、万年筆の偽装工作などこの事件のキーポイントで顔を出しすぎ。特に、ゴム
ひもはIKが逮捕される以前、というよりNYの死体が発見される前の5月3日にSGによって発見
されている。この段階から「証拠」の意図的な操作が始まっているものと仮定すると、SGの
何らかの関与を仮定せざるを得ないのではないか。常識的に考えて、さすがにこの段階から
刑札全体のデッチ上げが始まっているとは思えないので。
地元の刑札官だからそれだけ活躍できた、という見方もあるかもしれないが、他にも何十人
も地元刑官はいただろうし、そもそもSGは3年前に狭山署に転任してきたばかり(それ以前は
所沢署勤務)だったことを考えると、本当の地元刑官の方が土地勘・地縁などはあったものと
思う。


497 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 05:57:16 ID:V3HdpyiY
事件が起こった当初、SGは、県刑から来たお偉方(H警視やN刑事部長)と地元刑札の間で
起こった反目、ならびに自分自身が狭山署に赴任してまだ3年目で、いわば進駐軍である
県刑と地元刑札の両方を理解できる立場であるという売り文句を利用して、お偉方の信用
を勝ち取っていったのではないか。その中で、最初の段階でのゴムひも発見というのは
非常に強力な(信用を勝ち得る)武器になったことだろう。
そうして、捜査の途中からはH警視の手足となって証拠探し(デッチ上げ)をしたり、IKの
自白に立ち会ったりというところまで捜査本部内での地位を確立した。こうなれば怖いもの
なしで、実際にはH警視やN刑事部長を操る(彼らは上がってきた情報を元に判断を下す存在
であるわけで、上げる情報を操作すれば特定の方向に判断を向けることはそう難しくない)
ようなこともしていたのではないか。

「刑札や犯人は、真犯人が捕まった場合にバレてしまうおそれがあったのに、なぜ様々な
偽装工作を行ったか」という疑問についても、SGの関与を仮定するとある程度説明がつく。
要は、最初から被差別部落の若者を「犯人」としてデッチ上げるつもりだったのではないか、
ということだ。
SGは、狭山署に赴任してきてからすぐに被差別部落の若者たちに野球を通じて近づいており、
「この中の誰かは、自分が説得すれば自白に持って行ける。また、証拠も公判を維持できる
程度にデッチ上げられる」という自信があったのではないだろうか。その中でIKが選ばれた
のは、たまたま事件当日のアリバイがなかったという偶然(というか不運)というだけの話。

498 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 05:58:05 ID:V3HdpyiY
自転車・脅迫状の謎に関して。事件発覚時刻の繰り下げ説(実際には事件発覚は数時間
早かった)とする本スレの仮定で説明ができると思う。SGは関与していないか、関与して
いたとしても刑札全体としての発覚時刻の繰り下げに従った、というレベルではないか。

さのヤの1件について。狭山署交通係主任であるSGであれば張り込みの詳細計画を手に入れる
のは可能。それに基づいてルートを設定して共犯者に声を掛けさせる。そもそもさのヤに
行ったのは営利誘拐を偽装するためで、金を取る気はなかったので、とにかくその場で
捕まらないようにだけ気をつけさせて、逃げるときに万一共犯者が捕まった場合には、SGが
口添えして逃がす、という算段があったのではないか。あるいは、地元刑官が重要地点に
配備されないことが決まった時点で、SG自身も「地元民にバレないようパトロールを
します」とか何とか言って抜け出し、現場に一緒に行った可能性もある。


499 :465=476:04/10/28 06:03:58 ID:V3HdpyiY
この説の最大の問題は、動機と「なぜSGはそこまでやったのか」という点だろう。
この点については本スレの他の方々による「黒幕」説を個人的には採りたい。
「黒幕」であれば、一巡査部長を何らかの方法(カネ、脅迫、利権)で手駒にするのは
たやすいとも思うので。

劇団おまわり説に代表される刑札全体としての事件への関与説に対して、「そんなに
多数の人間を巻き込んだら、発覚のおそれが大きいのではないか」という反論がある。
それに対抗する意味で、SG一人でもこれだけのことができる、という思考実験をやって
みた次第。皆様の意見、罵倒、誹謗、中傷をお待ちする。

500 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 08:58:27 ID:qthtSPy1
現像巡査はもともと被差別部落を監視するために
配属された隠密だったんだよね。
これは狭山署の意向だったのか、県警の意向だったのか。

>>499
黒幕説を考えるに、なぜそのターゲットが16歳の被害者だったのかが
疑問。


501 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 10:15:23 ID:oc8zNnzl
>>500
被害者がOGとの間に接点があり、OGを利用できたことがターゲットにされた
理由とは考えられないだろうか?

502 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 15:59:38 ID:7GHQIn5y
>>501
OGを利用できたことがターゲットにされただけでは・・
もうちょっと肉づけがないと彼女を殺害する動機としてはなあ。
被害者は実の父親の息子と関係を持って、それを知った実の父親が
殺害もしくは息子が殺害してしまい、その一家が計画を練ったとか。

この地域の農村って、やはり姦通罪に対する意識が高かったのだろうか。
または過去スレでの夜這い的な慣習も盛んに行われていたのだろうか。
その当時の村の風潮がもう少し判ればと思う。
いくらなんでも父親がタネ違いの娘を引き取り、母親を簡単に許すとは
思えない。さらには相手の不倫男も許すとも思えない。


503 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 19:23:21 ID:dlGFJKEB
主犯がOGを騙して脅迫状を書かせ、なおかつY枝さんを誘う役割(新居の提供も?)
をさせていたとすれば、真犯人の用意周到な完全犯罪計画が浮かび上がってくる。
5月1日の時点では、OGはまさか凶悪犯罪の共犯に仕立てられたとは思いもしなか
っただろうが、事件報道を見て自殺せざるを得ない状況に追い詰められた。
気弱な性格といわれるOGだけに、彼の逮捕は主犯逮捕にもつながりかねない。
OGを「自殺させる」ことは最初からの計画どおり」だったのだろう。

となれば、佐野屋に来た男がOGであるはずがない。
佐野屋に赴き、張込みの裏をかいて逃走するのは、当初からの計画だったはず。
ならば、警察の動きを逐一把握する必要が絶対にある。
事件全体の計画性をかんがみて、佐野屋の逃走劇のみが「いちかばちか」だった
ということはありえないだろう。

すなわち、事件の裏に、当局側の協力者が絶対にいるはず。
それは、事件後も不可解な現象が相次いでいることからも判る。
県警幹部も、途中からその事実に気付いていたはず。
だが、そもそもこの事件、40人体制で犯人を待ち受けて取り逃がし、人質は無残に
殺害されるという、警察の大失態で開幕した大事件。

このうえ、犯人グループの協力者を警察関係者から出すなど、考えられない状況
だったのだろう。
闇雲に無学の青年の単独犯行に仕立て上げた、隠された事情がそこにこそあると
推理せざるをえない。

504 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 20:46:55 ID:8yCeYYUW
利権がらみでも黒幕説のような上からの圧力という構図ではなく、
地域住民からの突き上げ、あるいは双方からの板挟みと考えたら
どうだろう?

時は高度成長期真っ只中。地価の高騰とともに豊かになっていく
周辺地域に負けじと、利権誘導あるいは開発を望む声が住民間で
根強いにも関わらず、なかなかゴーサインを出さない超保守的な
中田区長。

そうした構図があったとすれば、利権誘導をスムーズに行いたい
対立陣営の苛立ちもさることながら、住民から異論や不満の声が
挙がってもおかしくないわけで、その中でも特に急進的な一派が
勇み足的に企てた犯行だとすれば、事後処理の鮮やかさも含めて
割合スムーズに解釈できるよう思う。
(利権スキャンダルの発覚を恐れた有力者サイドが隠蔽に助力)

またそうした構図なら、被害者一家やそれに準ずる人間にとって
犯行グループが「あいつらの内の誰か」とまでは察しがついても
それが誰なのか?まではわからないであろうし、心当たりだけで
公言するわけにはいかないだろう。

>>495
労いのお言葉ありがとうございます。

505 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 21:04:56 ID:8yCeYYUW
たとえば脅迫状や埋葬をはじめ、真犯人によるものとされる
様々な偽装工作の一件。「向こう側の人たち」に嫌疑の目を
向けさせたということは、犯人一味はこちら側の人間である、
と考えるのは早計だろうか?

あるいは脅迫状の文言にしても「金目当ての犯行に見せかけた」
のではなく、「20万円という軽微な額に執着し、営利誘拐の
動機になりうる者の犯行に見せかけた」とは考えられないだろうか?

また、真犯人が複数だったとして、共犯関係を支えうる背景に
「講」のような農村共同体が関与していたとするなら、強固な
連帯意識に基づいて互いに隠匿叉は蔵匿し合っていたとしても
おかしく無いのでは?

506 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 21:10:59 ID:8yCeYYUW
そう解釈すると、「善良な農夫」TNが「自殺」間際にうわ言のように
口にしたとされる

「おれ『は』やっていない」

の真意についても、ある程度合理的に説明できるように思う。

507 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 22:30:55 ID:ug8DNtFq
被害者の殺害が目的だったのか、他の目的のために殺害されたのかに
よって考え方や方向性が変わってくる。
後者の場合に考えにくいことのひとつに
なぜ彼女だったのか?彼女ではならない理由があったのだろうか。
>>504氏のいう”そうした構図”の中で生け贄として彼女が選ばれるだろうか。
用意周到な犯人もしくはグループであれば、彼女である必要性が薄いと思われる。

508 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 23:02:41 ID:8yCeYYUW
>>507
有体ですが、

・粗暴な者の犯行に見せかけるうえで、小児誘拐よりも強姦殺人のほうが
 より適切である、と犯人側が考えた
・現実問題として、誘い出し可能ななんらかの事情・手段があった
・共同体から排除するなんらかの事情があった、
 あるいはそうした意図を暗に示すことで被害者一家にプレッシャーを与えたかった

といった理由では弱いでしょうか?

個人的には、「中田家の」「女」を狙った、という部分にある程度の必然性が
あったと考えていますが、それはなぜか?について、より合理的な説明が必要
であり、そのためにもっと踏み込んだリサーチが必要だという認識は同じです。

509 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :04/10/28 23:48:43 ID:gKcMhUBb
昨晩から今日にかけて3つの論点が出て来た。
1、被害者の母の死因に関連して、やはり被害者(宅)に何らかの極秘事項が
  あったのでは無いか。
2、石川氏と知人であり自白獲得に威力を発揮した関源三が何らかの形で犯行
  に関与していたのでは無いか。
3、既出の「講」その他の昔からの地縁関係が何らか事件に関係、或いは遠因
  になってはいまいか。

それぞれ別個に取り上げても色々論じる事が出来るテーマでありつつ、この3
つを線で結合して行くと、あくまで一つの可能性=仮説としてではあるが、そ
れなりの自説を構築出来そうな気がする。

何故殺害されたのが被害者だったのか?
これに関して、では被害者の殺害自体が目的であった場合に考えられる事には、
被害者自身への怨恨、痴情の縺れ、男女関係清算等があった。また、殺害自体
は突発的なものと見る事も出来た。
それに対し、別の目的の為の犠牲と見た場合に、では何故被害者だったのか?
これに就いて、個人的にはやはり上記1や3あたりの論点に近く、被害者の存
在自体が、被害者一家にとってのある種の弱点である事を最大限利用したので
は無いか、と。これがあればこそ、当時小学生であった末弟よりも誰よりも、
殺害は被害者でなければならなかったのでは無いかと思ってはいるが。加えて
現実問題として、OGを教唆、利用、そして犠牲者と出来る様な状況。

今宵は時間が無いもんでこんな処にしておきますが、今後のレスに期待してい
る。2、3日留守にするもんで。

510 :9-504:04/10/29 00:25:05 ID:qOaIBpTK
それから動機面とは別に、犯人の力量をどう捉えるか?というのも
重要なポイントではないだろうか。

仮に佐野屋の夜に現れた者が真犯人グループの一人だとするなら、
地元の地理に詳しく、夜目が効くのみならず、ある程度兵法的な
心得がある人物なのではなかろうか?

また、「ひこつくし」をはじめ諸々の埋葬物やその様式、または
遺留物にまつわる諸々の偽装工作(警察によるとされるものとは
明確に区別した上で)について、真犯人グループによるものだと
仮定するなら、「それが偽装になる」ことを知っており、さらに
それが再現できるだけの観察眼やスキルを有している人物ではないか?

ここで「あちら側の人間」に嫌疑の目を向けさせようとした場合、

1)その者たちの生活様式にある程度精通しており、
2)こちら側の人間にそれとわかる記号的要素をピックアップし、
3)それを再現できる

だけの能力を備えている必要があると分かる。これは単独犯説を
採るにせよ複数犯説を採るにせよ同様で、後者の場合においても
総体としてこうした能力を発揮しうるためには、やはりこれらの
能力を有した者が犯人グループに居る必要がある。

511 :9-504:04/10/29 00:55:40 ID:qOaIBpTK
こうした観点に基づいて、事件を時系列に沿って紐解いて行くと、
内通者の有無とは別に、犯人側には確かな戦略的視点に基づいて、
時々刻々と移りゆく状況の中で的確に戦術を立案し、着実に遂行
(行動)できるだけの能力を持った人物が必要ではなかろうか?

さらに脅迫状の内容等から、犯人グループの中に諸々の心理効果、
あるいは人心(大衆心理)や警察組織内における力学を熟知した
人間の存在を感じるのは、些か勇み足に過ぎるだろうか?


#個人的には、この事件の実行犯は土着の任侠系組織を中心とした
#少数精鋭である、とするのが最も齟齬が少ないように思うものの、
#現状においては裏付けらしい裏付けが無いため、遠大ではあるが
#まずはこの地域の農村共同体や、それにまつわる諸要素に関する
#民俗学的考証から手をつける必要があるのでは?との認識です。

512 :9-504:04/10/29 03:01:39 ID:qOaIBpTK
石川氏逮捕時に長兄が発表した有名な手記中の一節、

「農村にひそむ古い何者か」

とは果たしてなんなのか?

1)血縁にまつわるスキャンダル
2)痴情のもつれ
3)「内」に潜む真犯人をよそに、「外」の人間になすりつけた体質
4)農村共同体の存在、もしくは農村固有の文化・風土・気質

上のいずれかに該当するのか、あるいは複数か。

513 :465=476:04/10/29 08:01:46 ID:34nEyuV0
NYが被害者でなければならなかった理由の一つに、「被差別部落の青年に罪をなすり
つけるのに都合が良かったから」というのはどうだろうか。

被害者が毎日通学路として被差別部落のそばを通ることはちょっと調べればわかる
だろうし、弟をねらうとすると堀兼小中学校はN家に近く、部落からはかなり遠いので、
部落の青年がそこまで行って犯行に及ぶというのはちょっとムリがある。
まして、お姉さん(NT)を誘い出してというのは、部落の青年の犯行に見せかけるのが
難しくなってしまう可能性が高い。

あんまりこの点を強調しすぎると某組織の主張に似てきてしまいそうなので、これ以上
は自粛。

514 :465=476:04/10/29 09:28:40 ID:34nEyuV0
>>512
正確には、「農村という古くからの何ものか」。

この手記の、サンケイ新聞(昭和38年5月23日夕刊)に掲載されたものを見ると、いくつか気になる
点がある。(一応過去ログには目を通したつもりですが、もしガイシュツだったらごめんなさい)

1.元の手記を切り貼りして印刷してあり、その貼り込んだ紙の輪郭がうっすらと見えているのだが、
 「この様な憎むべき犯罪が Y以外に、誰の許にも起らぬ様、世の皆様にお願ひ致します」と
 「苦しかったことだろうYよ!」という行の間に、4行くらい不自然に空白がある。また、そこに何か
 書いてあったのを上からさらに紙を貼って隠したのではないかと見えるような輪郭がうっすらと
 見えている。

2.これは誰かが指摘していたが、よく長男の手記として紹介される文章の中で、「犯人たるおまえに
 なぜ善人に戻って呉れなかったのか、悪に取りつかれたおまえでさえ戻るのみの善をおまえは
 もって居た筈であり、その善は今日のこの日を待っては居なかった筈なのに‥‥」という3行は
 サンケイ新聞には掲載されていない。この文章はどこから出てきたのか?元々長男の手記には
 あったものをサンケイがカットしたのか、そうだとしたらどうやって後世にこの文章は伝わったのか。
 「安らかにねむりたまえ」と署名との間には、明らかに途中を切って別々に貼り付けた痕(輪郭)が
 見えているので、この間に文章があってもおかしくはないとは思うが。

3.上記の1.と2.を合わせると、実は「犯人たるおまえに〜」の文章は1.の空白部分にもともと入って
 いて、それを掲載時に隠蔽したという可能性もある。そうだとするとなぜか。また、どうやってこの
 文章が後世に(以下同文)。

515 :465=476:04/10/29 09:36:06 ID:34nEyuV0
なお、長男の筆跡と脅迫状の筆跡は別人に見える。
当方、筆跡鑑定の専門家でもないし、縦書き(手記)と横書き(脅迫状)の違いもあるので
確実には言えないが、たとえば「ら」の字の書き順に関して、手記では点が先、脅迫状では
点が後に書かれていると思われる(位置関係や運筆から推測)などの明らかな違いがある。

516 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 12:12:39 ID:nj2Vs1Ms
全文は朝刊に記事として掲載されたのだと思う。
夕刊では手記実物の写真が載ったが、スペースの関係で
3行が割愛されたのではなかろうか?

517 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 15:32:33 ID:mwtLkwVd
<狭山事件>再審請求中の石川さん 最高裁に初の上申書提出
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041029-00000060-mai-soci

518 :ライオン:04/10/29 16:02:51 ID:He+LmK/t
test


519 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 17:26:38 ID:7Np6doM7


13 名前:& ◆Z7LnoXioJY 投稿日:04/10/29 16:26:45 ID:KTbOyh/q
周りが冤罪だというから
「思い込み」で無罪だと主張しているんでは?
このくされあほぅはあつかましいわ。




…。なにをかいわんや


520 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 19:03:37 ID:aV9p/4H2
犯人一味による計算し尽くされたスーパーミラクル完全犯罪。
こんなの信じてる人もいるんだな。。
これが意図してできるなら、
被害者一家皆殺しにするぐらいは簡単だろうに。
利権絡みで障害があったとしても、
余裕でクリアできる才覚があると思うけどね。
わざわざ人を殺さなくても。

521 :本当にあった怖い名無し:04/10/30 00:10:21 ID:FC8Zn4eA
すべてが計画どおりにいった犯罪ではないだろう。
特に被害者の死自体は突発的事故だった可能性も捨てきれない。
また、被害者が犯罪自体に関与しているという見方は外れている
かもしれないが、親友にも内緒で何者かと待ち合わせの約束を
していたとなれば、最初は狂言誘拐的な目論見があったとも思える。

だがしかし「佐野屋で張り込む警察の裏をかいて逃走する」計画だけ
は、用意周到だったと考えられる。
それは、脅迫状の文面(誤誘導)と、佐野屋でのあざやかな逃走劇
が一体化しているからだ。

警察側の不審な動きは、3日午前中に開始された山狩りから、もうす
でに始まっている。
このとき、ゴムヒモを「発見」したのは、あのSG巡査。
彼の「活躍」なくしては、この完全犯罪計画は「完成」できなかった
のだろう。

522 :465=476:04/10/30 00:30:29 ID:muCYK0fG
>>516
そうかもしれないと思ったので前後の紙面も見たけど、漏れが見た限り見あたらなかった
んだよね。他の文面に比べてあの3行の印象が強いだけに、気になる。

523 :465=476:04/10/30 00:32:11 ID:muCYK0fG
OGの最期について、ちょっと気になったので他の新聞も調べてみた。
(すべて昭和38年5月6日付夕刊、人物名以外原文ママ)

・毎日新聞
 >>476のとおり
・朝日新聞
 自宅横の深さ十メートルの古井戸に飛込み苦しんでいるのを家人がみつけた
・読売新聞
 自宅裏の井戸で自殺しているのを家族が発見
・日経新聞
 農薬を飲んだうえ、自宅の井戸にとび込んで自殺した
・サンケイ新聞
 自宅わきの竹やぶの中の深さ七メートルのから井戸の中で死んでいるのを家人がみつけた
・東京新聞
 OTさんが捜査本部に「二男の自動車運転手G(三〇)が朝八時半ごろ自宅裏の古井戸に飛び込み
 自殺した」と電話で届け出た。本部で調べると、自宅には家族に当てた遺書があり、部屋に農薬の
 あきビンがころがっていた

「家族の見ている前で『死ぬ』と叫んで」というのは毎日だけだが、その毎日は母親の話というソース
を明らかにしている。どっちが正しいのかはよくわからん。

524 :465=476:04/10/30 00:35:58 ID:muCYK0fG
ちなみに、東京新聞はOGが犯人とほとんど決めつけるような報道をこのあと2日間続けている。
一部を抜き出すと(例によってほぼ原文ママ)

(5月6日付夕刊)
・前にはNさん宅や近くの農業MSさん(引用注、下の名前の音が「しょうじ」)宅などの作男をしていた
 こともあったという。(中略)本部では去る四月二十八日MS(しょうじ)さんの子どもをねらったこととも
 関連しているのではないかとみており、
・OGさんはあす七日に地元の農家の娘さんと結婚する予定で、NYさんの死体が発見された場所から
 わずか三百メートルの所に新しい家を建築中だった。
・欠勤したことはなかったのに四、五の両日は突然休み、欠勤届けも出ていなかった。
・事件のあった一日は、午後急に「帰る」といい出し、午後三時すぎに早退したという。
・本部ではOGさんが家を新築して資金に困っていたことや、営業所を出た時間がNYさんの襲われた
 時刻に接近しており、帰宅の道すじもNYさんの通学路と一致していること、さらに結婚をきらっていた
 という話もあることなどから事件との関係について捜査を続けている。
(5月7日付朝刊)
・(大見出し)OGさんの疑い強まる
・(見出し)犯人の血液(B型)と一致 事件当日に四時間の空白
・これまでの調べによるとOGさんは事件のあった一日午後三時すぎ、勤め先のS通運入間川営業所を
 出て自転車で自宅の方へ向かった。しかし家に帰ったのは同七時すぎで、その間の約四時間は空白
 のまま。本部でも立ち寄った場所、足取りをつかめない。
・このタオルは東京都江戸川区長島町×× T食品工業会社(HR社長)が盆、暮れ、正月の三回、それ
 ぞれ三千本作り、得意先へ配っていたもので現場周辺の得意先では所沢一軒、飯能に三軒、入間川
 に一に(ママ)軒があった。この入間川の一軒がOGさんの勤めているS通運であること
・日本手ぬぐいは同市入間川峰○○米屋ITさん方で得意先にくばったものだが、やはりS通運がこの
 店の米の運送を一手に引き受けていた。
・なおOGさんが数回結婚や縁談に失敗して、最近ノイローゼ気味だ、という話もあり

525 :465=476:04/10/30 00:36:47 ID:muCYK0fG
(5月7日付夕刊)
・(見出し)OGさんの足取り追及
・OGさんの不振な行動については六日中に結論を出すことはできなかった。
・このため本部は七日もOGさんのアリバイ、足取りの解明につとめ、

5月8日付朝刊になって「OGさんの疑い薄れる」という記事を出しているものの、文中で「まったく
関係ないとまだ断定はできないと同本部ではいっている」としてOG犯人説に未練を残している。
5月1日はメーデーでOG以外の従業員も早めに帰ったことはほぼ明らかなのに、あえて「急に帰ると
いい出し」とOGに不利な記述をしているなど、正直これらの記述がどこまで信頼できるのかは疑問が
残る。
タオルに関しても、5月8日付朝刊では「狭山市でこのタオルが配られたのは入間川△△S屋(引用注、
さのヤではない)本店の一軒で、二十本ほどしか同市内にははいっていない」となっていて、じゃあ
入間川に入ったのがS通運の1軒だけという前日の報道は何だったのよ、という感じ。

526 :465=476:04/10/30 00:39:00 ID:muCYK0fG
なお、OGがNさん宅で作男をしていたのは、「二十三年ごろから二、三年ほど」(日経新聞5月6日付
夕刊)とのこと。そうなると、作男をしていたときに被害者の母と過ちを犯して生まれたのが被害者
という仮定は成り立たないことになる。

ついでに、他の新聞のOG関連報道で目についたものをピックアップしてみる。
・二百六十万円で新築した新居の残金を払っておらず、金に困っていた(サンケイ5/7朝刊)
・以前縁談がまとまったが、ノイローゼが原因で破談になり、自殺しかけたことがある(同上)
・一年前からノイローゼ状態だった(読売5/6夕刊)

もう一つ、OGの事件当時の年齢が30歳(朝日、日経、東京)と31歳(毎日、サンケイ、読売)と2説
出ている。下記の理由により満30歳が正しいように思うが、如何。
・OG犯人説に基づいてかなり取材をしていたらしい東京新聞が30歳説である
・当時はまだ数え年と満年齢が混在していて、31歳は数え年だったとすると説明がつく
・「中学を出てすぐにNさん宅で作男」が昭和23年からということになると、昭和38年時点で満30歳
 という方がしっくりくる。昭和22年3月に国民学校高等科(堀兼中)を卒業、1年ほど実家の農業を
 手伝った後Nさん宅に作男として出た、という感じね。この間が2年も開いたら「中学を出てすぐ」
 という感じじゃないでしょ。あるいは、学制改革の中で新制中学に編入されて、卒業が昭和23年
 だったかもしれない。

527 :本当にあった怖い名無し:04/10/30 00:40:56 ID:FC8Zn4eA
>>524のMSさんは増田さん?


528 :465=476:04/10/30 01:08:48 ID:muCYK0fG
>>527
Yes

529 :本当にあった怖い名無し:04/10/30 01:54:45 ID:Igt3nNci
>>465=476
よく調べたねえ。
こうして読むとOGがさも犯人っぽいよね。
でも刑札は早々とOGシロと断定して、生きた犯人捜しにB地区から
捜し出してきた。
ここでもしOG犯人で終わっていたとしても何の問題もなく
事件解決。県警は何のおとがめもなかっただろうに・・
長官のひとことで、証拠をねつ造してデッチあげなければならなかったんだろうか。

530 :1-531:04/10/30 03:18:01 ID:l/XjBtwz
OGさんはだいぶ分が悪くなってきましたね。
私もOGのパーソナリティーには大変興味があります。
たとえば、OGの病気とは「性同一障害」ではなかったのか・・・?
当時はむろんそんな病気が理解されるはずもなく、
世間体を気にして何度か結婚を試みたのではないか。


531 :本当にあった怖い名無し:04/10/30 07:52:42 ID:pB1opg09
>521
さのやの件は、別に警察の裏なんてかいてないでしょ。
当初地元警察は、歩きも想定して犯人が現れた畑側にも人員配置する予定で、
それが実行されてれば、歩きだろうが車だろうが捕まってる可能性は高いと思うが。

仮に、巡査なりが内通して、配置を犯人に教えたとしても、
配置が変わったのは、警察の上層部が単に馬鹿だっただけでしょう。
それとも、さらに上の警察幹部すらも抱き込んだ未曾有の犯罪?
だとしたらすごいな。。

まぁ幹部が協力してたとしても、
吉展ちゃん事件で信頼が失墜してる警察の面子を、さらに潰してまで、
犯人がさのやに現れることに協力しなければならない理由もさっぱりわからん。
別にそんな茶番演じなくても、誰かを冤罪に持っていくぐらい朝飯前だろうに。

457 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)