5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

欺罔の葬送、狭山事件9th

871 :863:04/12/15 23:08:09 ID:BMutQ92l
犯人は、第一の脅迫を電話で行った。
そして身代金の受け渡しを、「今日の夜だ」と指定した。
誘拐の電話があったので、長兄は犯人が証拠を置いたとする
場所を探した。
ここで>>846さんが可能性を指摘しているように
自転車とともに、身分証と脅迫文を発見、持ち帰る。
ところが脅迫文を読むと、身代金の受け渡しは
「五月二日の夜十二時」と指定している。
この「夜十二時」というのがミソで、ちょうど日付の変わる時間。
犯人の電話での「今日の夜」という脅迫を考慮して
二日の夜十二時ではなく、
一日の夜十二時だと長兄たちは判断した。
時間が無く、とてもそんなお金を作れないので、
親戚に相談&警察に通報。
結果、紙切れを間に挟んだ偽のお金を用意した。
こう考えると、>>850が指摘しているような
「1日の予備張込みこそ本番で、2日は警察偽装」
「第1次の身代金受取の指定時刻はもっと早かった」
という説にも納得がいく。
>>862がいう「代金受け渡し時に予め警察犬を用意していなかった」のは何故か?
一日は豪雨だったから、警察犬の鼻がきかないからだ。
足場もぬかるみ、張り込んだ警察も犯人を追えなかったのではないか。



と僕は推理しました。ここまでいくと妄想かも

457 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)