5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

欺罔の葬送、狭山事件9th

896 :本当にあった怖い名無し:04/12/19 03:10:21 ID:MKrBhN92
http://03.members.goo.ne.jp/www/goo/k/i/keikanki/bbs.html
【投稿】関口巡査部長の謎

そこで、ひとつの試論を述べる。
狭山事件の発端、1963年5月1日被害者宅に謎の脅迫状が届けられ、その発見時間は午後7時40分、
脅迫状を持っていそぎ警察に届けたとされている。ところが・・・ぢ公文書である「領置調書」
では関口邦造巡査部長が5月1日に脅迫状・身分証明書・自転車は被害者宅で領置したとなってい
る。領置の場所が異なるということは常識ではありえないことである。とすれば、「脅迫状」は
被害者兄が警察に届けたのではなく、なんらかの方法で被害者関係者が警察に連絡をとり、関口
邦造巡査部長が被害者宅に赴いて、脅迫状・身分証明書・自転車は被害者宅で領置したと考える
のが自然であろう。すなわち、5月1日午後7時40分という狭山事件の決定的時間は成立しない。
石川一雄氏の無罪は明らかになるのである。亀井トムが指摘しているとおりである。この件につ
いて重要な証人である関口邦造巡査部長は、二審の証人喚問を前にして1966年1月14日に現職中
に腸ねん転で急死する。腸ねん転については、激しい腹痛や他の全身症状が早くから出ていたと
思うし、イレウス(腸ねん転)の診断は、医師ならしっかりと出来てあたりまえ・・という一般
的見解があることを補足する。さらに言えば二審公判で、5月1日の疑いの多い「念のための張込」
は、(上からの命令でしか動かない警察機構では決してありえないことであるが)関口邦造巡査
部長ほか4〜5人が任意でやったことにされていて、まるで「死人に口なし」とでもいわんばかり
に「利用」されている。


457 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)