5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

欺罔の葬送、狭山事件9th

923 :728=ID:B6k4VZ+F ◆ciZcxmKtYg :04/12/21 22:42:38 ID:ZSw0DjNU
 >>922
 では自転車がふだん被害者がいつも置いていた場所に、
 正確に返されていたことはどう解釈できますか?

 その推理ではすなわち、
 自転車の返却と脅迫状の投函は、発表どおりと言う解釈でいいですか?

 自分としては車で乗り付けて自転車を運んで来たというのは、
 かなり危険度が高いと思い、その危険度は佐野屋同様と考えて今までの推理を組み立てているんですが、
 仮にそのあたりはクリアーするとしても、
 自転車返却の前に(おそらくは)電話での第一回脅迫をすることの必然性が見いだせないのです。
 脅迫は自転車と脅迫状を届けるのだけで十分成立することと、
 第一回脅迫は自転車返却時の危険度をみずから増す結果になるだけで、
 犯人の行為としては矛盾すると思うのがその理由。
 
 したがって919氏の推理では、
 第一回脅迫はどのような意味を持つのかも質問したいと思います。
 6時半ごろには狭山湖の検索を県警本部長から直々に指示されたと言う話ですから、
 おそくとも5時半には警察への通報があったと思われます。

 結局自転車返却の危険度を重視するかどうかで違ってくるのだとは思いますが、
 犯人が用意周到であったとするならば、
 あらゆる危険度を冷静に計算するのではないかとも思っているんですが…。

457 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)