5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ほんのりと怖い話スレ その19

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/23 20:50 ID:jcIXO66G
“シャレにならない”ほどではないけど、なんかちょっと怖い話。
実体験に基づく話が多く、意外と“シャレにならない”より怖い話もあったり・・・
ガイシュツ・都市伝説、何でもOK!
ほんのりマターリヒヤーリと……

前スレ
ほんのりと怖い話スレ その18
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1085122310/l50
過去ログ倉庫
http://www.geocities.jp/g6thh
過去スレは >>2-

◆お願いです◆
長文を何回かに分けて投稿する場合は、メモ帳などに全部書いてから一気に投稿して下さい。

それではあなたのお話を聞かせてくださいませ…

2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/23 20:51 ID:eY9f3O0r
◆過去スレ◆

ほんのりと怖い話スレ
http://curry.2ch.net/occult/kako/987/987296535.html
ほんのりと怖い話スレ、その2〜〜
http://piza2.2ch.net/occult/kako/993/993172851.html
ほんのりと恐い話スレ、その3〜〜
http://piza2.2ch.net/occult/kako/997/997665026.html
ほんのりと怖い話スレ、その4〜〜
http://curry.2ch.net/occult/kako/1011/10117/1011757878.html
ほんのりと恐い話スレ、その5〜〜
http://curry.2ch.net/occult/kako/1016/10163/1016348927.html
ほんのりと怖い話スレ、その6〜〜
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1025561998/
ほんのりと怖い話スレ、その7〜〜
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1031831925/
ほんのりと怖い話スレ、その8〜〜
http://hobby2.2ch.net/occult/kako/1038/10389/1038937955.html
ほんのりと怖い話スレ、その9
http://hobby2.2ch.net/occult/kako/1043/10436/1043651685.html
ほんのりと怖い話スレ、その10
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1045420974/

3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/23 20:51 ID:o44xu41f
◆過去スレ◆
ほんのりと怖い話スレ、その11
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1047570631/
ほんのりと怖い話スレ、その12
http://hobby3.2ch.net/occult/dat9/1050253293.dat
ほんのりと怖い話スレ その13
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/occult/1053501524/
ほんのりと怖い話スレ その14
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/occult/1056957585/
ほんのりと怖い話スレ その15
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1057597762/
ほんのり怖い話スレ その16
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1067324241/
ほんのり怖い話スレ その17
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1078677186/

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/23 20:59 ID:luPyE7zn
ドリルちんちん

5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/23 21:01 ID:+cQRQTy+
ベアリングきんたま

6 :前スレ983:04/07/23 21:18 ID:GEbZXHIf
1さん、ありがとうございました&お疲れさまでした。
このスレ、スレタイに油断してるところにマジコワ話が出てくるのが好きなのです。
マタ〜リと続いて欲しいと思います。

7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/23 22:54 ID:9QRNRmzX
ファミコンがまだ売れてたころ、
私もファミコンカセットを幾つも持ってました。
しかし、もっともっとゲームがほしいと常々思っていました。
なので、カセットを大量に持った夢をみたんです。

カセット入れに、ズラリとならんだゲームカセット。
色は、赤や緑や様々でした。
そして、途中でこれは夢だと気付いたんです。
しかし、ゲームが大量にある夢だから、その夢を現実にしようと思ったのです。
そこで、どうゆう方法を取ったかというと、
ちょっとずつ眼を覚ましていくんです。
カセットが消えないように、ちょっとずつ。
カセットは枕元にあり、まだあることを確認しながら眼を覚ましていきました。
そして、半分目が覚めてきたのに、まだカセットがあります。
ワクワクしました。もう半分はカセットを手に入れたも同然です。
そして、失敗する気がしません。
そして気がついて眼を覚ましたら、あれ自体も夢で行なってたことでした。
枕元には、カセットがありません。正直、かなりショックだった。

8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 01:28 ID:GuBN8fpj
>>1
乙。このスレ結構好きなんで、残していきたいですね。

>>7
わかるね〜。俺もよくあります。
欲しいものを夢の中で手に入れるんだけど、目覚めて本当ガックリみたいな。
でも手の中にはまだ何となく感触が残ってるような感じもするんですよね。

ただ、スレが少し違うかと…こっちに投稿してみては?↓
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1073921776/l50

9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 02:37 ID:lfyFzk01
コンビニ入る瞬間にたのしそうな高校生くらいの女の子の笑い声が中から聞こえた。

客は一人もいなかったし、店員はお兄さんだった。

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 08:48 ID:pB5xbGIP
女子高生はレジのカウンター下に隠れたんだろう、多分。

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 11:35 ID:T2Z15jnO
レジ精算時にお兄さんの声を聞いて二度ビックリ。
さっきの女の子の声は、なんとこの兄さんの声だったのだ。


みたいな落ちだったりして


12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 11:47 ID:aH0ehinw
TV見てたんだろ、多分。

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 14:33 ID:9XHTngyl
うちの妹が小6の時に体験した話。およそ10年前。
ちなみに筆者は4つ離れた兄です。

1/2

クリスマス前に、サンタクロースのお面つきのお菓子を買ってきた。
クリスマスの次の日の夜(つまり26日)、
風呂から上がって2階の自室に戻ると電気が消えていた。
室内灯は風呂に向かうときに、
テレビもろとも点けっ放しにしていたはずだという。
テレビも消えており、逆に点けた覚えが無い、
テレビの上に飾られた小さなクリスマスツリーの電飾だけが
赤黄青赤黄青と室内をいかがわしく照らしていた。
わけがわからないまま明滅する暗い部屋を覗き込んでいると、
視界の隅で何かが動いた。
ドアの左手に壁沿いに置かれたピアノの、そのピアノの向こうから、
お菓子についていたサンタクロースのお面が
顔を傾げてこちらを伺っていた。
妹は一瞬視界が暗転しかけたらしいが、
次の瞬間家人の誰か(というか兄の私)の悪ふざけだと思い、
剛毅にも
「なんばしょっとか!やめんか!ふざくんな変態が(※福岡県民です)」
と喚き散らした。
ところが、それを聞いた私が驚いて階段を上がってきたので、
今度こそ錯乱して全裸で部屋から飛び出した。

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 14:34 ID:9XHTngyl
2/2

私および後に続く父親母親〜これで家人全員〜はその場で、
目鼻からの汁まみれで泣き喚く妹から
「どうやら部屋に何者かがいるらしい」ということを聞き出した。
母親が弾かれたように階下の電話に向かう一方で、
親父と私は恐る恐る部屋を覗いた。
部屋の電気は、ドアの外のスイッチで、何事も無かったように点灯した。
サンタのお面はピアノの向こうにも、
床にもベッドや机の下にも見当たらなかった。
窓はすべて内側から鍵がかかっている。
110番で来てもらった2人の中年の警察官のうち一人が押入れを開けたが、
中には布団以外何も見当たらない。
そこからつながる天井裏も、ホコリの様子からそもそも人が入った気配が無い。
妹は12月26日から翌年の2月まで、自室に入ろうとしなかった。

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 15:01 ID:Oy/lEJLm
全裸とか入れなきゃよかったのに

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 15:13 ID:WRtzK4dc
怖いんだけど、なんか笑ってしまった

17 :13&14:04/07/24 16:06 ID:9XHTngyl
>>15
ほんのりだから全裸くらいイイヤとおもって。
ちなみに実際現場で私と父と母3人全員がイッチバン最初に妹に言った言葉は
「よくわかんないけどとりあえずタオル巻け」

18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 16:55 ID:7nJEWTiG
男友達の昔話。
サークルの飲み会で遅くなり、帰るのが面倒になって、近くのラブホに女友達と入った。
ヤル気は全然なくって、ほんと眠るためだけのつもりだったそう。
でも相手の女の子が部屋に入ってから落ち着かなくなった。
妙にそわそわしてる。
そんな顔しなくたって、本当にやらないよ!俺は眠いんだ、お前もさっさと寝ろ!
…みたいなこと言って彼は先に眠りこんでしまった。
そして何ごともなく朝。
駅に向かう路上で、彼女がぽつぽつ話はじめたこと。
あのホテルね、ちょっと前に殺人事件あったの。
ニュースで見たの、思い出したの。
女の人がベッドの下で殺されてたんだって。
発見されるまでに、その部屋何組かお客入ったんだって。
ベッドの下の死体に気が付かないで…
どの部屋かは知らない。
なんかどこかで見たホテルだなあって思って…入ってから気が付いたの…


私もそのニュースは知ってます。気持悪い事件だった。
彼のひとこと。
…気が付いたんなら言え〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!

19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 17:42 ID:o+febU4J
>>17
全裸つっても小6だろ。つまんねー

20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 19:13 ID:pPiMURjp
なんでそこまで絡むのかわからん
ほんのりっぽくていいじゃん

>>18
よく寝られたな……

21 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 19:14 ID:d0628V8s
>>18
N県民か

22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 21:32 ID:ni8XsAbg
友達といいつつ普通にラブホテルに入るところが怖い

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 21:55 ID:W7iwp5ti
>21
京都じゃなかったっけ?

24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 22:06 ID:Xm2OM//c
ある小学校3年生の晴れた真夏の糞暑い昼下がりのできごとだった

わたしは河原で棒を見つけて遊んでいた
今思えばたぶんファイバーの釣竿だったのだろう
一通り遊んだわたしは広場に釣竿を突き差して
木陰でジュースを飲んでた次の瞬間

ドーン!!

さっきまで遊んでいた棒に雷が。
もう少し遊んでいたら・・・
その後すごい雨が降り始めた。

雷は急に来るから気をつけてね

25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 14:26 ID:dZGBYF5g
>>13
「小六の妹が全裸で汁まみれ」というキーワードで怖さよりも(;´Д`)ハァハァが優先してしまいました。

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/26 11:29 ID:nlk6glci
死ぬほど洒落にならないスレが荒らしだらけだ・・・夏休み中学生だと思われるが・・

27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/26 21:03 ID:5NnhegC3
>>26
他の板でもそんな感じになってますね
・・・夏だなぁ

28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/26 22:01 ID:/7zhDxfM
夜中、といっても夜11時。
『髪乾かして歯磨いて寝るか』と思い階下の洗面所へ。
脱衣所入って正面に洗面台、左にトイレ右に風呂がある。
風呂の戸の前に仲良く並んだスリッパが2組。
風呂の戸はすりガラスになってて中はあまりみえないんけど
何故か内側に風呂の蓋が立てかけてあって中の人影すら確認できない状況。
そして蓋の上から1つだけ頭らしき影が見えてました。

パパン&ママン・・・邪魔してスマンかったな・・・。
ちなみに昨日の夜11時頃上記と同じく階下に降りると
「あんっ・・・・んんうっ・・・」とうめき声が聞こえてきました。
てか部屋にいても聞こえるしね・・・。
元気だねぃ・・・。

ほんのりほんのり・・・。

29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/26 23:15 ID:pxByGJma
>>28
ま、円満な家庭でよかったね


30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 00:36 ID:bamYAMkV
ほんのりエロスだな…俺もそう言う家庭を持ちたいな。

31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 00:51 ID:Rou9czyv
>>28
そういうのは微笑ましいが、俺は受験勉強してるときに
前の家の夫婦が夜中に絶叫してHやりやがって
俺は頭来て窓から「静かにしろー」と叫んだことがある。
翌朝、そこの奥さんから
「すみません、昨日騒さかったですか」
とほんのり頬を染めつつ謝られた。
おれがドギマギしてたら
「昨日は夫の1周忌でしたので」といわれて
そのときは意味がわからんかったが
後から怖くなった。
1年経たない内に隣は引っ越したけど
その晩以降は1度たりともそんな声は聞こえなかった。

32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 01:01 ID:vEP9FFn1
>28
3ヶ月後の10月頃になったら、パパンから「弟か妹が出来るゾ」て告げられるんだろーか?(w

33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 07:10 ID:iotpH/zB
>>31
一周忌の法要に親戚友人が集まって、みんなで未亡人相手に乱交か。
おもしろい風習のある地方だな。

34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 09:41 ID:7+bpNroj
>>33
1周忌だから、男も女も絶叫&むせび泣きしてたんでしょ?
それがやってるように聞こえたんじゃ無いのかな?


35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 10:22 ID:XjvuAXmz
一周忌で絶叫&むせび泣きなんてするかな。

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 10:24 ID:nS7OvaOo
どんどん>>31の意図から離れていってるのにワロタ

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 10:38 ID:5qi2hQdI
いやー、おれもオチが分かんね。
旦那さんの一周期の日に絶叫することって、何だろう。


38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 10:43 ID:iotpH/zB
>>34
ああ、なるほどね。お隣は中国の人か。

>>35
多分、哭き女≠チていうのを雇ったんだよ。

39 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 12:33 ID:TY1FF6VI
一周忌ということで激しくオナーニをしたんでないの?

40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 13:10 ID:Dhw3Uhs+
>>39
男っていつも女をそんなふうに想像してるのね!ふざけないでよ!
















                                   33歳 男


41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 13:19 ID:9x+DE8uF
小学校低学年くらいの時に町内会で肝試しがあった。
脅す役は地元の兄ちゃん達がフランケンシュタインのマスクとかつけた解りやすい奴だったんだけど、
数人チームで肝試しコースを散策してた時に、
白くて長い布(レースカーテンみたいなやつ)を頭からかぶった人間のようなシルエットが、
T字路の ̄の部分を右から左にふわふわとゆっくり横切っていくのを俺だけが見た。
その時なんだか脅すとかそういうものじゃないただならぬ空気を感じて逃げ出した。
他のメンバーはそのまま散策したあとゴール、俺だけ臆病者扱いだったんだけど、
いまだにあれが何だったのかわからない。

42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 13:20 ID:/8fhGopE
>>41 くねくね

43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 13:24 ID:gRGERL8R
      ヽ|/   
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /         ヽ 
   /  \,, ,,/    |
   | (●) (●)|||  |
   |  / ̄⌒ ̄ヽ U.|   ・・・・・・・・ナンダッタンダロウ
   |  | .l~ ̄~ヽ |   |
   |U ヽ  ̄~ ̄ ノ   |
   |    ̄ ̄ ̄    |

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 13:35 ID:p4j1tl6s
お前か

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 14:38 ID:XmihreJU
>41,>43,>44
warata

46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 16:52 ID:If1LKdVy
     ヽ|/   
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /         ヽ 
   /  \,, ,,/    |
   | (●) (●)|||  |
   |  / ̄⌒ ̄ヽ U.|   ヲイ、笑いごとじゃないぞ!
   |  | .l~ ̄~ヽ |   |
   |U ヽ  ̄~ ̄ ノ   |
   |    ̄ ̄ ̄    |



47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 18:57 ID:KtIBTG4p
思い出すとほんのりと怖い話、一つあった。

まだ幼稚園に入る前ぐらいだったと思うんだけど突然母親の
片耳が聞こえなくなった。医者にいっても原因がわからなくて
母は子供の頃から知っている、実家近くの神様を拝んでその声を
聞いてくれるおばさんの所に行ってみた。見てもらうと
「なぁんだ、あんた水子がいるんじゃないか。」と言われた。母は
「妊娠してすぐに流産して、別にわざとおろしたわけじゃないのに。」
と驚いて言ったら、とにかく供養をしろとやり方を教えてもらってその日は帰った。

それから10日の間、母は家でお経を読むことになった。お団子とかもつくっていた。
お線香たても無いからガラスの器にクレンザーを入れて使っていた。
その横で私は遊んでいた。10日目も母の横で遊んでいたけどお経が
終わると同時に突然ガラスの器が真っ二つに割れた。

そのあとの記憶はおぼろげだけど神主さんのような人の写った
セピア色の写真(絵?)と花束を持って私は母と橋の上にいた。その前に
タクシーの運転手がこんなところで下ろせないとか何をするんだ
とかどうやって帰るんだとか驚いていたのは覚えている。
母は写真と花の両方を川になげて、家に帰るまで絶対に
振り返るんじゃないと鬼のような顔で私の手をひっぱって
橋を渡りきった。その後のことは覚えていないけど母の耳はその後
しばらくして良くなった。

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 19:55 ID:IO8BhZ2O
>タクシーの運転手がこんなところで下ろせないとか何をするんだとか
スマン、家庭の事情を一瞬誤解した

49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 20:05 ID:KtIBTG4p


50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 21:10 ID:kIsBH0Ab
さっき嫁から聞いた話。
今朝、職場の会議のセッティングが終わって各部署へ「準備完了したので集合してください」の
電話を入れた。
会計部へ内線を入れると、ワンコールで出たのだけれど、相手が受話器を上げて
耳に当て、「はい、会計部**(個人名)です」と言うまでの1秒少しの間に喉が潰れたような女の声。
声というより、苦しげな吐息みたいなものだったらしい。「はぁ……はぁ…はぁ」って感じの。
「はぁ」と「あ゛ぁ」の中間のような声に驚いたのだけれど、普通に「準備出来ましたか?今から主任が向かいますね」
といつもの事務の若い女の子の声がしたので、空耳だと思ったそうだ。
でも、彼女が受話器を耳から離して置くまでと思しき間にまた、同じ「はぁ……はぁはぁはぁ」っていう声。
事務の女の子が走ってきて電話に出たんじゃ?と思ったけど、ワンコールで出てるわけだし
その時間には会計部には何人も人がいたそうだ。
嫁の職場は古い神社です。


・・・・・・あんまり怖くないかな。ゴメン。

51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 21:35 ID:ade38ATk
>>48
俺も思った
タクシーの運転手が浮気相手なんだと思った


52 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 21:38 ID:KtIBTG4p
?文章の前後を読んでもそんなことを想像するの?馬鹿みたい。
橋の上で突然下ろしてくれって言ったからタクシー運転手が
驚いただけだよ。

53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 21:47 ID:GSc+yd2M
タクシーの運ちゃんは、川に身投げの親子心中か?と勘違いしたんだろうなあ。

54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 21:51 ID:KtIBTG4p
そう。

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 21:58 ID:ajRx/fsQ
>>50
茶飲んでる最中でむせたんだよ。

56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 22:01 ID:buY9UWm+
>>52
何よ!あたしを馬鹿にしたわね!ふざけてるの?


57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 22:19 ID:IO8BhZ2O
>56
使い古されたネタはやめれ
>52
最後まで読んだからキチンと理解できたんだが(故に”誤解”)
突然場面転換して「セピア色の〜〜」とくるもんだから、過去を幻視してしまったのかと思ったのよ
いや、スマン


58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/28 00:57 ID:4J25dtpQ
俺も、神主の写真とかの話から、夢で見た光景か何かを語ってるのかと思った。
なるほど、タクシー運ちゃんともめたのはそう言う理由だったか。
何で怒ったんだろうかと普通に疑問だった。

にしても、水子の話に、「振り返ってはいけない!」の母の鬼の形相。
ほんのりどこじゃないね。てゆーか、もしそこで君が振り向いてたら、
どうなってたんだろか?お母さんが流産してしまった子供が、
もしかしたら君に嫉妬していたんじゃないのか?

59 :本当にあった怖い名無し:04/07/28 23:03 ID:MQ1klFL6
そういうことなんだろうね。
でなきゃ危険な場面に子どもを一緒に連れてこない。

60 :本当にあった怖い名無し:04/07/29 01:09 ID:tCF9MT6f
こわいぃ〜

61 :aki ◆5Z7sgmagO6 :04/07/29 02:36 ID:MyMH8+c7
>>31
死んだ夫といたしていたと思ったってこと?

62 :本当にあった怖い名無し:04/07/29 08:58 ID:p4s5GzJG
>>61
そう考えると確かに怖いなぁ…
奥さん身内にサセ子説で盛り上がったけど、
相手が幽霊だったとなると…。

でも、知り合いに旦那さんが亡くなった方がいるけど、
やっぱり数年経っても話をし出すと涙を浮かべるし、
一周忌ならまだまだ泣けると思うんだけどなぁ。
あえぎ声に聞こえるまで泣くのはどうかと思うんだけど…。

63 :本当にあった怖い名無し:04/07/29 21:26 ID:zNasaFAM
>>58
そこで「今度は流さないでね」って本人がギャグで言ったらどうなっただろ。

64 :本当にあった怖い名無し:04/07/29 22:17 ID:Jt5YaUhC
>>63
おそらく死ぬまでビンタされる


65 :本当にあった怖い名無し:04/07/30 01:42 ID:4Ci9QY5w
こわいぃ〜

66 :本当にあった怖い名無し:04/07/30 10:11 ID:z33tOoMb
>>64
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

67 :本当にあった怖い名無し:04/07/30 14:05 ID:9zhjcqzf
俺(霊感まるでナシ)が友人(自称見えちゃう人)と渓流釣りに行った時の話。

早朝から釣り始める為、夜中のうちに車で現地に向かっていた。
国道とは言ってもそこは田舎、深夜になるとすれ違う車は少ない。
更に、山へと向かう道に入ると民家すら無くなってゆく。
そして完全な山道になると、自分達の車以外の明かりは無くなった。
山道に入ってしばらくすると友人が口を開いた。

「なぁ・・・・」 ←友人
『あーん?』   ←俺
「ちょっと聞いていい?」
『うん。何?』
「あのさ、この道に入ってから誰か見た?」
『へっ?』
「白い服着た女の人とかさ。見なかった?」
『いんや。見てない。』
「そっか・・・・・・」
『・・・・・・』
「・・・・・・」
『・・アハ、アハハハハ』
「アハハハハ」
『がんべんしでぐだしゃい』 ←半べそ状態



たったこれだけの事なんだが、TVの心霊特集を見てるより100万倍くらい恐怖を味わいまちた。


68 :本当にあった怖い名無し:04/07/30 17:27 ID:8B7mBckc
>>67
あーん?って言われるのが一番怖い


まぁそれは置いといて
見えちゃう人って他人の家に行ったら必ず「この部屋いるよ・・・」って言うって聞いたけど本当?


69 :本当にあった怖い名無し:04/07/30 20:15 ID:9zhjcqzf
>>68
見えちゃったなら言うんじゃない?
あ、でも、気を使って言わないかも。

70 :本当にあった怖い名無し:04/07/30 20:40 ID:6BvOIZso
言わんと思う。
すぐ口に出すヤシは
なんちゃってが多いだろ。
まー目立ちたがりだったら言うんだろうが。

71 :本当にあった怖い名無し:04/07/31 21:22 ID:TyV/wTC6
さっき鼻からミミズみたいな血塊が出てきました。引っ張っても引っ張ってもまだ出てくる。
鼻血…?ほんのり怖かったでつ。

72 :本当にあった怖い名無し:04/07/31 22:30 ID:WFiZ92kN
>>71
昔、仕込んだ万国旗

73 :本当にあった怖い名無し:04/07/31 23:56 ID:MIE3X67i
>>72
お茶吹いたよ('A`)

74 :本当にあった怖い名無し:04/08/01 03:34 ID:mtk5MILp
以前、墓場の中心で愛を叫んだモノです。
少し思い出した(またかよとか突っ込みはなしでオネガイシマス)ので書きます。いい話スレ向きかも知れんが。

俺は高専出身で、実家から離れたくて卒業後、地方大学の3年に編入した。
地方で家賃が安めなので、今時の学生はワンルームとか結構いい場所に住む。
俺はビンボーだったので、ボロい木造アパートに済んでいて、
学費や生活費もバイトで稼いでいた。バイトPGをやっていたので時給は他より断然良かった。
勿論、便所、風呂共同だ。
アパートの家主さんは人のいいおばあさんだった。
家庭菜園で取れた野菜を玄関先に置いてくれたり、
便所、風呂の掃除、玄関に置いているゴミを出していてくれたり、すごく世話になった。

そのおばあちゃんが死んだ。

正月に帰省してる間に、急逝していた。アパートに家主が死んだ旨の張り紙があった。
その後、アパートに不思議な現象が起こり始めた。
俺は階段を上ったすぐの部屋に住んでいたが、アパート全員帰ってきてるのに
階段を上る足音 だけ がしたり
廊下を雑巾掛けする音がしたからおばあちゃんかなと思いつつ
戸を開けると真っ暗で誰も居なかったり、
帰って来た時、集合玄関の靴入れの靴がバラバラだったのがスッキリしてたりね。
最後は俺ともう一人2階のヤツが居ただけで、みんな出ていってしまった。
おばあちゃんにとって俺らは孫も同然だったんだろうなと思って、今でも有難いと思ってる。

おばあちゃん、おおきにな。

75 :本当にあった怖い名無し:04/08/01 03:47 ID:mtk5MILp
またまた追記。ゴメンナ

靴なんか突っ込み放しな野郎ばっかりだったから
他人の靴まで綺麗に並べるなんてことはないよ。

アパートに入るにはうるさい戸を開けないとダメだから
セールスとかが来たら戸をガタガタ、バタッと開閉する音がするからすぐわかる。
階段は木製だからキシむ音がするんだけど
俺の部屋にはすごく響く(なんせボロアパートだから)。
だから誰かが侵入したとは考えられないんよ、コレが。

床拭いてる音で外見たのは、
幽霊でもいいからおばあちゃんにもう一回だけでも会いたいと俺が思ったから。
死んでる人がソコに居るとは俺も思ってないけどね。

そのおばあちゃん、「薫」って言うんだ。
すごく良い人でカワイラシイおばあちゃんだった。
死に際に会えなかったのをすごく後悔してます。

あげていいよな

76 :本当にあった怖い名無し:04/08/01 03:55 ID:EeLirp8I
もちろんだよ。・゚・(ノД`)・゚・。

77 :本当にあった怖い名無し:04/08/01 03:55 ID:mtk5MILp
ありがとな

78 :本当にあった怖い名無し:04/08/01 04:08 ID:r+0XEWCS
エエ話や・゚・(ノД`)・゚・。

79 :本当にあった怖い名無し:04/08/01 05:39 ID:mtk5MILp
あんたらいいヤツらだな。
これぐらいの話なら思い返せばチョコチョコあるだろうに。
ちなみに俺は霊感0だから。
千日前とか仕事の都合で夜中ウロついても
何も感じなかったがな。

客引きが「オニサーンマサージドウデースカ」ぐらいだったがな

80 :1/3:04/08/01 05:44 ID:iSKqL/z4
これは去年に友人3人で旅行に行った時の話なんだが
金銭が厳しく、夜行バスで東京から神戸に向かっていた
2階立てのバスの2階席で、自分はバス後方にある階段隣の1人席で
通路を挟んだ隣の窓側に友人2人が同じ1人席に縦に並んだ位置に居た

夜中なんで車内はもう寝に入っていて、自分もウトウトしていた
そんな時、脇の通路を人が歩く気配と音がした
普通に起きていた時にも階段下のトイレに向かう人がいたので
またトイレに行く人なんだろうと思っていた

でも脇を抜けていくはずの人の気配がしばらく消えない
車内でスリとかいると聞いていたので、もしやと思い
確認したが誰もいない。気のせいと思いまた寝に入った

ちょっとすると誰かが階段から上がってくる
ウトウトしてたが2階席の人間が下にいった音も無かった筈なので
1階に居た人が上がってきたのかなと思った

上がってきた人が自分の隣で立っている気配がする
さっきの事もあったし、熟睡に入れずイラついてたので
今度こそ確認してやろうと起きた
そうすると視界の隅でバス前方に行く人の後ろ姿が見えた
さっきのもそいつだったのかと思い、スリとかだったら嫌だから
どんな容姿でどの辺の席に居る奴かと確認しようと
腰を浮かして前を見たが誰も歩いていないし、立ってもいない

81 :2/3:04/08/01 05:45 ID:iSKqL/z4
夜行バスって車内は走行音と寝息ぐらいでけっこう静かなんだ
でも、人が座る際に発生する音も聞こえる筈なんだが聞こえない
そうしたら後から小声で自分を呼ぶ声がする
斜後ろにいた友人はGBをやっていて、まだ起きていた
そこで今、人が上がってきてこの通路を歩いていかなかったか訪ねたが
誰も上がっていないし、歩いてもいないとの事だった
釈然としなかったが、自分の財布や鞄等の安全は確保してるし
明日の予定もあるのですぐに寝に入った

明け方近くになり、ふと目を覚ますと高速上でバスが止まっていた
交通事故で足止めされてるらしいと、まだ起きてた友人が教えてくれた
バスは1時間程経っても全然動かず
ギリギリのスケジュールを組んでたので善後策を相談しようと
爆睡してたもう一人の友人を普通に起こしたら
何か妙に驚きながら、大きい声あげて目を覚ましてかなり恥ずかしかった




まぁ神戸に遅れたが到着し、そして遊んだ後に帰京のために神戸駅に向かう時
最後に起きた友人が夜行バスは嫌とか言いはじめた
もう往復分の金を振り込んでるんだから何言ってんだと聞き入れなかったが
最後には自分が差額出すから新幹線で帰ろうとまで言いはじめる
自分達は朝までに帰宅できれば良いから、そこまで言うならと
新幹線で帰京することになった

82 :3/3:04/08/01 05:46 ID:iSKqL/z4
そして電車内で金を出した奴が、昨夜のバスの話をしてくれた

そいつの話だと夜中に窓側に顔を向けて寝ていて、気配を感じて目を覚すと
通路からそいつの顔を覗き込もうとしている何かがいて
ずっとそいつの顔の真横に人の顔があり、恐くて金縛りみたいに
声も出せず完全に固まった状態だったそうだ。

目は動いたので横目で確認しようとすると、やっぱり何かいて
カーテンの切れ間の窓に映る自分の側には人間の形っぽい
TVの砂荒らしみたいなモノとフワフワした人魂みたいのが
やたら車内に浮いてて、それが目の前に来たとこで
記憶がなくなり、朝起こされたとの事でした。

学生からの友人で、そんな怪談みたいなことを言う奴ではなかったので
本気で恐かった… ってもう朝じゃん

83 :本当にあった怖い名無し:04/08/01 06:04 ID:mtk5MILp
大阪生まれの大阪育ちなんだが
途中、地方都市で優しいおばあちゃんに出会ったりしたんやけどね。

親戚が東京にいる。家族5人だと新幹線より高速の方が安いのか知らんが
車で東京の親戚のところまで行った。
途中、日本坂トンネルでオヤジが「外みんなよ」って言った。
母親が「あ、日本坂トンネルやなぁ」と言っていたのを覚えている。
俺ら後部座席の兄弟3人は当時流行ってたUNOかなんかの
カードゲームに夢中だったと思う。

あそこはかつてトンネル火災があったとこだと思うが
ガキの頃の俺らには知るよしもなく
オヤジは何かを察してたのかなとか思う。

結局何も見てないんだけどね。>>80もそんな感じのモノを見たのかなと。

今考えると俺の家系って霊感の家系なんかなぁ・・・

84 :本当にあった怖い名無し:04/08/01 09:28 ID:/Le20xyg
わたしは東京から大阪に向かう夜行バスの車内で
猫の霊をみたことがあるよ
うちにも猫3匹いるんだけど
猫って、気配がないというかなんというか静かに、独特の動きするのね
そのとき私と友達一人は一番後ろの座席だったんだけど
そしたら前の方から白と黒のブチの猫がとっとっとっとって歩いてくるねん。
「ぉ、猫」って思わず身構えて
(道で野良猫にであっても必ずちょっかい出すから条件反射)
友達に「はぁ?」っていわれて
それと同時か、その前かよく覚えてないけど
猫が私の座っている最後尾とその一つ前の座席の間で姿がふっと消えた
夜行バスの中に猫がおるわけないやーん!ってハっと気が付いた。

車にひかれた子なんかなーってぼんやり思った。
友達は「猫かってるからわかってくれるとおもったんちゃうか」
っていってるし、恐くはなかったな・・・


85 :本当にあった怖い名無し:04/08/01 10:33 ID:XrHa/UU1
>84
生まれ変わる前に、次の飼い主になる人物を下見に来たんだYO
とゆー訳で、84は近い将来、猫を拾って飼う事になるだろう(w

86 :本当にあった怖い名無し:04/08/01 16:14 ID:dT7gzSEq
昨日の夜、ファミレスで地元の友達と4人で話してたんだが、
ふとしたきっかけで心霊系の話になった。
4人のうちの1人がかすかだが霊(悪霊のみ)が見えるという。
話の内容は、
俺、A、B、C(霊が見える)とすると、
A「俺になんか霊みたいなのとりついてる?」  
C「いないよ」
B「俺には?」
C「いないねー」
俺「俺は?」
C「・・・・・」
俺「えっ?」
C「今だから言うけど、おまえについ最近までとりついてたよ」

まじヘコむ・・・・。


87 :本当にあった怖い名無し:04/08/01 19:59 ID:hD/+UBSi
>>86
オチをつけられただけだ。
おちつけ。

88 :本当にあった怖い名無し:04/08/02 17:12 ID:jRIUn+ak
父が亡くなったら、家にあった木がいくつかすぐに枯れた。
たらの木、栗、海棠、等 2本づつある内の一本が全部かれた。
もう一本も枯れたら母が亡くなるのかな。

89 :本当にあった怖い名無し:04/08/02 17:41 ID:bFq8f/bN
                ∧
             / ̄ ̄ ̄\
         |\/_冂__  \_/\
        /  ||_  ● _||  /  /\
        | @|// ̄\\  |@  |/ ̄\
       /\@ ̄/\   ̄  @  | / ̄\
      /\ \/    \   L__|\/ ̄\
     /\ |  ̄\ ̄ ̄    /     \

ゾックとしちゃったよ〜




90 :1/6:04/08/02 17:57 ID:kioYfcSx
今から9年前のこと。
中学時代からの親友Aとその彼女B、俺、俺の彼女Cの4人で
バス釣りにいくことになった。
当時俺は車を持っていなく、Aの車(白のパジェロ)でいくことになった。
その日はAとBが同棲をするための引越しを20:00ごろに片付け、
引越しの手伝いのお礼に、とファミレスで夕飯をおごってもらい、
一旦帰宅し準備後、夜中1:00に地元を出発した。

91 :2/6:04/08/02 17:59 ID:kioYfcSx
車内ではファミレスでの会計時にレジ脇に発見した「怖い話 富士五湖編」の
テープを聞きながら順調に進み、3:00前には目的の富士五湖の1つの湖の
周回道路に差し掛かっていた。
右側はガードレールでその先は湖に続く崖。左側には山が迫っており、
落石防止の金網が張ってある。
そんな道のトンネルに指しかかろうとした瞬間
「ドーン」
車の天上から轟音が・・・・・
トンネルの中で車をとめるわけにもいかず、トンネルを抜けてすぐに停車。
車の屋根やボンネットを見てみるが何も落ちた形跡は見当たらない。

そんなとき左の崖上をフとみると白い霧のようなものがフワフワと
上がっていくのが見えた。
「ん?」
と俺が思っていると親友の彼女Bも見ていたようで青ざめた顔で俺と視線をあわせる。
辺りがうっすらと明るくなってきたこともあり、「明け方に発生する霧だろう」
と片付け一路目的の湖へと向かった。

湖へ到着し、夜が明けボート屋が開店すると俺達はボートに乗り、釣りを楽しんだ。
が、さすがに重労働&徹夜ということもあり、またボートの適度な揺れで眠気が増してくる。
そこで一旦車に戻って寝ようということになり、ボートを一旦返却し、
4人で駐車場に向かって歩いていった。


92 :3/6:04/08/02 18:00 ID:kioYfcSx
「キャーッ」
最初に声を上げたのはBだった。
何が起きたか分かっていない他3人。Bは手で顔を覆い震えている。
Aが「B、どうした?」
Bは顔を覆ったまま声にならない声で「車の上・・・・」

俺が車のステップに乗り屋根の上を見てみると、そこには・・・
天上いっぱいにこびりつく長い髪の毛。

「うわ〜っ」
恥ずかしくも声を出してびびる俺。何が起きたか分からないAとC。
地面が斜めになっているので、普通に止まっている状態でも車の天上は見える。
AとCも気がついたのかそれぞれの反応を示す。

その髪の毛は濡れた状態で天上にあったようで、日が高くなったその時間には
すっかり乾き、天上に張り付いていた。
相変わらずパニくっているBの介抱をCに任せ、コンビニの袋を手袋にしたAと俺で
そのこびりついた髪をはがしては捨てる。

その日は当然これ以上遊ぶ気力もなくそのまま帰路へとついた。
(その車で帰ること自体気が乗らなかったが・・・)
帰りの車内は無言であった。(半分は寝てた、というのもあるが・・・)


93 :4/6:04/08/02 18:01 ID:kioYfcSx
次の日の夜、Aから「Bの様子がおかしい」との電話が入った。
同棲の準備はしていたが一緒に住むのはもうちょっと先とのことで
Bは実家に帰っていたのだが、AがBの家に電話をしたらBの母親から
「体調が悪いようで蒲団に横になっているが蒲団にくるまって
たまに何かブツブツいっている。何かおかしい」とのこと。
どうも、昨日のことがよほどショックだったらしい。
それからAと話をしたのは
・俺とBが目撃した白い霧のようなもののこと。
・天上に何か落ちた音がしたときには天上には何もなかったこと。
・昨日の髪の毛が何だったのか?
最後に「これからBの家にいってみる」とAが言い、電話を切った。

急に俺もCのことが気になりCに電話をかけてみるとあっさりと本人。
「眠い、日焼けが痛い、シミが怖い・・・」とのこと(笑)
まぁ、体調は悪くなさそうなので一安心した。


94 :5/6:04/08/02 18:03 ID:kioYfcSx
次の日。Bのことが俺も気になりAの家に電話をしてみるとAの母親から
「昨日の夜、車で出かけた際に事故を起して入院した」とのこと。
俺との電話の後で出かけた際の事故のようだった。
入院先を聞き、急いでCと見舞いに行った。

病室に入った俺とCの目に映ったのはギブスに足を固め、頭に包帯を巻き、
半分起きた状態で少年ジャンプを読むA。
俺「おい、だいじょうぶか?」
A 「おぉ、事故っちゃったよ・・・」
話を聞くとやはり俺との電話の後、Bに会いに行こうと車を運転してた際に事故った、という。
A 「車、廃車にしちゃったよ(笑)。まぁ、なんか気味悪かったしちょっと安心もしてる」
俺「どうして事故なんか起したんだよ」(Aは車の運転が好きで技術もそれなりにあった)
A 「なんかさぁ、あんまり良く覚えてないんだけどカーブでハンドルがきかなくなって
『まずいっ』と思ったがブレーキもきかず、夢中でサイドブレーキを引いた。
その後は病院での記憶しかない」
あとで親が警察から聞いた目撃者の話ではで中央分離帯に突っ込み、反動で車が横転した、
とのこと。幸い夜中で交通量もそれほど多くなかったようで後続の車に突っ込まれる
ようなことはなかった、とのこと。

俺「で、Bちゃんはどうした?」
A 「俺こんな状態だから連絡も取れてないんだよ・・・」
C 「それじゃ、私が電話してみるよ」
AからBちゃんの家の電話番号を聞き、Cが電話をしに公衆電話へと向かった。
数分後戻ってくると「Bちゃん、これから来るって。びっくりしてたよ」
A 「体調は戻ったのか。あんなことがあったから何か幽霊みたいなのが取り憑いたのかと
思って心配だったんだよ」
Aは笑ってそういってたが、ぎこちない笑いだった。
その後Bちゃんも見舞いに来て、話をしていたが寝込んでいた間は自分の記憶が一切ない、
とのことだった。その日の朝に普通に目がさめて「丸一日寝てた」との認識らしい。
その日はそのまま解散し、俺達はそれぞれの家へと帰った。


95 :6/6:04/08/02 18:04 ID:kioYfcSx
その夜、入院中のAから電話。
「今日、あの場ではCちゃんがいたから言わなかったけど、事故る寸前にハンドルを握る
別の白い手がたしかに見えたんだよ・・・・。正直あの車が廃車になってくれて助かった。
次に乗ったら絶対ヤバイ。あの髪の毛も訳わかんないし。」

結局AとBは結婚しても、俺との付き合いは相変わらずだが、あの日の「髪の毛の話」は
その後一切していない。







それから数年たってA、B、俺の3人でファミレスで食事をしているとき(Cと俺は既に別れていたw)、
Aがトイレにいっている間にBが
「実はあの時ね・・・一日中外に何かが私のこと監視してたの。窓の外にずっといた。怖くて怖くて
蒲団から出れなかったんだ。でもこれを話すとAが心配すると思って言わなかったんだけど・・・」




乱筆乱文、そして長くてすいませんが話は一切脚色ありません。
霊体験なんてめったにない俺にとっては怖かった・・・・


96 :本当にあった怖い名無し:04/08/02 21:32 ID:0GtjIPVD
>>90
長文 乙
ほんのりとゆーより、結構シャレになってないんじゃ・・・

97 :本当にあった怖い名無し:04/08/02 21:34 ID:adxzr+ry
結局その正体はわからなかったのね

98 :本当にあった怖い名無し:04/08/02 21:44 ID:gylbjW07
パジェロだから…

99 :本当にあった怖い名無し:04/08/02 22:11 ID:V0/cTSkm
三菱自動車の怖い話か

100 :本当にあった怖い名無し:04/08/02 23:10 ID:uCegPEwg
オイこそが 100げとー

101 :本当にあった怖い名無し:04/08/02 23:36 ID:WWJzh+Sf
厨房のときアパートの1階に住んでいた時のことですが、

2階建てベッドの2階の自分の寝床につこうとしたとき、
車の急ハンドルの音が聞えたなーと思った次の瞬間
「どーん」
とすぐ側ででかい音がした。
慌てて窓を開けてみると、電柱に車がぶつかっていた。
時間がもう少し早かったら・電柱がなかったら、多分私も無事ではない。

車を見ると、シートベルトしてなかった所為か
フロントガラスに頭突っ込んだ後が二つ。
中から夫婦らしき人二人がよろよろと出てきた。

結構な時間だったにも関わらず野次馬が大勢いた中
夫婦喧嘩始めて、うちの近所のおじさんに「エンジン止めろよ」と突っ込まれてた。

翌日の朝、ぶつかった電柱を見にいったけど、表面だけが欠けてる感じ。

フロントガラスと電柱って強いんですねー。

102 :101:04/08/02 23:37 ID:WWJzh+Sf
誤爆しました

103 :ゆきひさ:04/08/02 23:55 ID:ItNskqdc
 小学校の時、転校してきた奴で、少し変わった奴がいた。
家はやや貧乏そうで、親父さんがいないみたいだった。
お袋さんは2,3回見たことがあるけど、優しそうな人で、
そんなに不幸そうではなくて普通に明るい奴だった。
 でも、変わってるのはそいつがどんな真夏でも絶対に
長袖を着つづけていた事だった。寒がりって訳ではなかった。
夏休み前とか、長袖シャツに半ズボンで学校に来てたし。
 あと、プールの授業にも絶対出なかった。
なにか体にコンプレックスがあるのかな?ってようやく気付いて
来た頃、クラスの悪ガキ達の間でそいつをよくからかう様になった。
 その長袖シャツを剥ぎ取ろうと、みんなでからかったんだけど、
ある日、そいつが無性に怒り出して暴れて、そいつの指が俺の目に入った。
俺は涙がボロボロッと出てきて、他の奴らはそれに感化されてカンシャクを
起こして、数人で本気になってそいつの服を剥ぎ取った。
 そうしたら、そいつの右腕にヘンな物が…
「うまれてきてくれてありがとう(ハートマーク)だいすきなわたしのあかちゃん○○くん(ハート)
 ままはとってもうれしいです(ハート)いいこにそだってね(ハート)○○ままより(ハート)」
と、すこし歪んだ「刺青」が施されていた。お袋さんの「お手製」だったのかな。
 そいつは、その後しばらくしてまた転校してしまった。
それから一回も会ってないけど、今はどこにいるんだろう?今そいつも俺と同い年の25歳か…
刺青の文面はうろ覚えだし、なにしろかなり歪んでたので(成長のせい?)
けっこう適当です。
全部ひらがなとハートマークだけだったのは覚えてます。
ハートマークは赤だったか黒だったか…
この刺青彫ってるときに、「この子は将来大人になる」って
当たり前のことは考えつかなかったのか…。
でも、可愛いだけの名前を子供につける親の心境も一緒なのでしょうか。
サイコさんの行動は基準にならないか…


104 :本当にあった怖い名無し:04/08/03 00:32 ID:iXCebJ/1
19 名前: 飛鳥 投稿日:2000/12/31(日) 00:14
みんとぶる-は変態。

105 :本当にあった怖い名無し:04/08/03 00:38 ID:jC8z/pFq
江戸時代の話で、ある罪人を処刑場に引きずり出すと
「俺は無実の罪で処刑されるんだ」といって暴れて手に負えない。
困りきった首切り役人が上司の奉行に報告に行った。
頭の切れる男として有名だった奉行は腕組みをして部下の話を聞いていたが
「わかった。では私がやろう」といって処刑場に出て行く。
それを知った罪人はますます暴れていう。
「やい、このへっぽこ役人めが。無罪の俺に濡れ衣を着せて
のうのうとしやがって。呪ってやる。子々孫々末代まで必ず祟ってやるからな」
鬼神の如き凄まじい形相で睨み付けてくるのに部下は腰を抜かし
「奉行様、これほど恨みのある者を斬れば怨霊となって必ず災いをもたらします。
現に先代の首切り役は怨霊にとりころされたというもっぱらの噂です。処刑はおやめなされませ」
奉行は部下が袖に取り付くのも振り払って抜刀して前に進み
「そこな罪人。晴天白日のお裁きに不服があるとの申し上だがもはや逃れられはせぬ。
見苦しい悪あがきはやめて神妙にいたせ」
「何が名奉行だ。俺のような男に罪を着せ処刑しようとは笑わせるぜ。やるならやってみろ。必ず祟り殺してやる」


106 :本当にあった怖い名無し:04/08/03 00:39 ID:jC8z/pFq
「何が名奉行だ。俺のような男に罪を着せ処刑しようとは笑わせるぜ。やるならやってみろ。必ず祟り殺してやる」
罪人がカッと目を見開き呪詛の声を上げるのに少しも動ぜず、
「では、お前の目の前に石があるだろう。わしを呪い殺そうと言うのなら、首が胴より離れた瞬間
その石に噛り付いてみせよ。それができればおとなしくとりころされてやろうではないか」
部下は肝を冷やして止めにはいるがなんと奉行は微笑んでさえいるではないか。
「ようし、あの石だな。必ず噛り付いてみせよう。我が恨みしかと見届けよ」
奉行が刀を振り下ろすと、果たして首は宙を飛んでガブリと石に噛り付いた。みどろに髪を振り乱し
両眼は虚空を睨んでまことに凄まじい生首である。
それからというもの部下は奉行の身に怖ろしい祟りが降りかかるのではないかと気が気でない様子であったが
何日たとうとも一向になんの変化もない。とうとう痺れを切らして奉行にたずねた。
「奉行様、あのように恨みを呑んで死んでいった者の祟りが怖ろしくないのですか。私はあの生首を思い出すと
夜も寝られませぬ」
すると奉行は笑っていうのだった。
「心配はいらぬ。あの者は現世になんの恨みも残さず成仏しておる。わしが石に噛り付けといった時から
ただそのことだけを念ずるようになった。余計なことはいっさい考えず目の前の石だけを見て死んだので
真っ白に戻ったのだ。安心するがいい」
奉行の言うとおりだった。それ以降もまったく何事も起こらなかったという。


107 :本当にあった怖い名無し:04/08/03 10:41 ID:dYHW4q3r
>>106
ラフカディオ・ハーンだっけ?

108 :本当にあった怖い名無し:04/08/03 13:47 ID:Uddr9AST
>>107
小泉八雲だっけ?


109 :本当にあった怖い名無し:04/08/03 13:50 ID:LWMLjpHz
結局、無実の罪着せられて殺されたんだな
ひとい奉行だ…

110 :隣の声!:04/08/03 14:30 ID:gueUEGT1
8年ほど前にその時付き合っていた彼女とラブホテルでお話。
 ホテルに着いてことが終り、ぺちゃくちゃしゃべっていたら、隣の客がすご〜くうるさかった。
 吠えてるんですよ〜男も女も!! 彼女と「すごいなぁ〜」といいながら、壁に耳をあてて
笑いながら聞いていました。 次の日、会社に行くと、そのホテルの近くに住む、同僚が
こう言いました、「昨日の晩なぁ〜、○○のきまぐれで男女の服毒自殺があってんで〜」って!
 その日は仕事がはかどりませんでした。 僕と彼女はその晩、クスクス笑いながら壁に耳をあて、
人が死ぬのを聞いていたのかと思うと、ブルッときます。 

111 :夜明けの冷めた珈琲 ◆xdsUui9gxA :04/08/03 14:41 ID:sw+YCwhB
>「昨日の晩なぁ〜、○○のきまぐれで男女の服毒自殺があってんで〜」
>○○のきまぐれ
意味がわかんない


112 :本当にあった怖い名無し:04/08/03 14:57 ID:7mbuqBhp
○○(地名)の「きまぐれ」(ホテル名)で、って事なんじゃ?

113 :本当にあった怖い名無し:04/08/03 15:10 ID:k8lsKFD2
自分は>110ではないが、「○○のきまぐれ」はラブホの名前ではないかと。

114 :トルエン洋子 ◆GFIBUPra7M :04/08/03 15:28 ID:lYSMAI0m
ヤリ友が寝てる時にイキナリ飾ってあった
UAの「雲がちぎれる時」のシングルCDが落ちてきて
(地震も風もないのにありえないのよ、しかも他にもいっぱい飾ってあったのに)
一人でビビッてたんだけど、その頃ヤリ友は夢の中でUAと逢ってたらしくて
(私とヤリ友とUAが普通に仲良くはなしてたらしいの、そして何故かUAは性転換した直後で
チンポを見せびらかしてて、そのチンポはかなり細長くって気持ち悪かったらしいわ)

ヤリ友を駅まで送る途中そんな話を聞かされて笑ってたら
本物のUAが前から歩いてきたからビビッタわw

実は昔UAの大ファンで逢いたいって思ってたんだけど
今ごろ願いが通じたのかしらね。ヤリ友も気味悪がってたわw
ちなみにUAってスワヒリ語で殺すって意味なのよね。。

115 :夜明けの冷めた珈琲 ◆xdsUui9gxA :04/08/03 15:31 ID:sw+YCwhB
>112,3 わかりやすい解説ありが噸、 理解しました。


116 :本当にあった怖い名無し:04/08/03 15:54 ID:IbQM3oBU
俺は賃貸マンションの8階に住んでいた
古めの建物で空き部屋もあり,夜は気持ち悪いので深夜には外出しないようにしていた。
ある夏の夜,あまりに暑苦しかったのでコンビニまで買い物に出かけた。
時刻は深夜の2時を過ぎたくらいだった。
マンションまで戻ると電気のついてる部屋はほとんど無かった。
俺はエレベーターに乗って「閉」のボタンを押した。
壁に寄りかかって早く閉まらねえかなぁと思っていると,扉が閉まる前にカツン,カツンと靴音が聞こえた
あぁ,誰か来たんだな。と慌てて「開」のボタンを押す
ところが待ってても誰も乗ってこない。音もしない。
ホールを見てみると誰もいなかった。
空耳かな?と思い俺は「閉」のボタンを押した。
そして扉が閉まるその時,俺の背後から耳元で一瞬「ヒヒヒヒ」って女の笑い声が聞こえた。
ゾワワっと鳥肌が立った。エレベーターの中も暑かったはずなのに寒さすら感じた。
俺はあまりの怖さに後ろを振り向くことができず,黙ってボタンのパネルを見てた。
3階,4階,5階
エレベーターは上がっていく
6階,7階・・・・
と,押してない7階で勝手に止まりやがった。
7階には誰もいなかった。
ビビリまくっていた俺は「閉」を連打した
そして8階
俺はエレベーターから飛び出し,自分の部屋の鍵を開けようとした。
その時閉まりかけたエレベーターの方向から。
カツーンと。
音が。
俺が部屋に飛び込んで頭から布団を被って寝たのは言うまでも無い。

117 :本当にあった怖い名無し:04/08/03 17:03 ID:x1OUEp5t
今から7〜8年前に俺が実際に体験したことなんだけど・・・

ある晩突然目が覚めたと思ったら体中に走る激痛。体を動かそうと思っても動かない。
「もしや、これって金縛り?」
金縛りを体験したことがなかった俺はマジであせった。
どうにかして目を開けてみたら、なんとそこには真っ白い人型の影が俺の胸の上にのってるではないか!!
「&%$#””&%!!!」
体中の毛穴が一気に開く程の恐怖を感じた俺は、目を閉じて一心不乱にお経を心の中で唱え続けた。
数分後、金縛りが解けた俺は急いで隣の部屋に寝ている両親の所へ走っていった。
「い、今金縛りにあって、なんか白いものを見た!!」
その時の俺の顔は気味が悪いほど真っ白だったらしい・・・

118 :本当にあった怖い名無し:04/08/03 17:09 ID:maSBU9qE
長くなるが小学校の頃の話
俺はクラブ活動である理科クラブを終え友人達と一緒に帰ろうと
体育館にいる卓球クラブである友人の元へ行った。
俺達はいつも4人で帰っており、うち3人が理科クラブ1人が卓球クラブだった。
体育館に行くと卓球クラブは片付けをしていて友人も片付けの手伝いをしていた。
「もうちょっと時間がかかるから待ってて」と言われたので待っていることにした。
俺達は暇なので体育館の上(2階?)にコッソリ昇って遊んでいた。
ふと隣接しているプールを見ると誰かが泳いでいるのが見えた。
多分、身長から考えて高学年の女子かと思う人が頑張って泳いでいて
手を振ってみたら気づいたらしく、こっちに返してくれた。
そして、また頑張って泳ぎ始めた。
その後、友人の片づけが終わり体育館を閉め帰ることになった。
また別の日もそのまた別の日も、この前と同じように彼女は泳いでいた。

119 :本当にあった怖い名無し:04/08/03 17:11 ID:maSBU9qE
小学校最後の1学期も終わりに近づき夏休みに入ろうとしていた時だった。
卒業アルバム用にクラブ活動の写真を各クラブが撮っていた。
俺の理科クラブが最後に写真を撮ったらしく、できあがっている他のクラブの写真を
見せてもらっていた。
「お、○○じゃん。」とか「こんな部もあったな」とみんなで見ていた。
そこには水泳クラブなど無かった。
そして、俺はその時に気が付いた。
卓球クラブが終わるとカギを持っている卓球クラブの生徒により体育館は閉められる。
プールの出入り口は体育館にしか無く更衣室も体育館内にあるのだった。
そのことに気付いたが恐怖心は無く、むしろ好奇心の方が強かった。
下校時刻の6時前くらいに体育館でプールを見てみようと思った。
そこに答えがあるはずだ、と子供なりの探求心とかあったんだと思う。

120 :本当にあった怖い名無し:04/08/03 17:12 ID:maSBU9qE
例のごとく彼女は泳いでいた。
そして6時の下校時刻になってもずっと泳いでいた。
俺が閉めるよ、と卓球クラブのヤツからカギを預かってるため閉められないが
そろそろ閉めなければ俺が怒られると思い、迷った末に帰る事にした。
最後に霊と思わしき彼を見ようとプールを振りかえると

彼女は背中を向けて浮いていた。

「やばい!溺れたのか!?」と思い慌ててプールへの出入り口を空けた。
霊とか人間とか関係無く溺れてるのを見てほっとけなかったのか俺は必死だった。
プールを見ると彼女は変わらず現実味の無い光景を見せ付けていた。
「どうにかしないと」と思って火災報知機のボタンを押した。
その間に彼女の体はどんどん沈んでいく。
職員室から先生が駆けつけて俺は「プールで誰かが溺れている」と言った。
すると「プールなんて使われてないんだ、誰かが泳いでるはずないだろ」と
当たり前の事を言われた。念のため、プールを棒などで探ってもらったりしたが
何も見つからなかった。
もし俺が先生に頼らず、沈んでいった彼女を必死で助けたらどうなっていたのか
彼女を助けられたのか、それともどこかに引きずられたのか・・・。
そんな不思議な夏の出来事。

長くなってスマン。

121 :117:04/08/03 17:18 ID:x1OUEp5t
その翌日も金縛りにあった。

前日の金縛りの時に見たものがあまりにも怖かったので、俺は目を閉じ、ひたすら心の中でお経を唱えることにした。
すると誰かが俺の体をなでるように触っている感触が!!!
その感触があまりにも生温かいものだったので、今でもまだ覚えている。

その翌日も金縛り。
3日目だったので、多少の慣れが出てきた。
いつものように心の中でお経を唱えていると、女の甲高い声(何を言ってるのか聞き取り不可能)が聞こえてきた・・・
その声は数分間程続いたのだが、あまりの怖さに発狂するかと思った。

このような体験が3日も続いたので、俺は寝るのが怖くなり軽いノイローゼになってしまった。
心配した両親は俺をお払いに連れて行ってくれて、その日以来その現象はピタリと止んだ。
だが、なんか霊感みたいなものがついたらしくて、出張先のホテルで、夜寝ている時に金縛りにあい、部屋の壁に向かって腕をもの凄い力で引き込まれた経験とかがある。

急いでレスしたからヘンな日本語になってスマソ



122 :本当にあった怖い名無し:04/08/03 19:15 ID:Oqur+zZR
>>118-120
怖いと言うより、何だか妙に切ないのはおいらだけだろうか。

123 :本当にあった怖い名無し:04/08/03 19:45 ID:YP3/1QHC
オイこそが 123げとー

124 :本当にあった怖い名無し:04/08/03 21:51 ID:wrnaY6p2
5時50分にやかんでお湯沸かし始めて、今気付いた(´・ω・‘)
空焚きしてたみたいだが、ガスコンロの自動消化装置が働いていて助かった
みんな気をつけよう

125 :夜明けの冷めた珈琲 ◆xdsUui9gxA :04/08/03 21:54 ID:sw+YCwhB
おい!かなり怖いぞ


126 :本当にあった怖い名無し:04/08/03 22:00 ID:PObeopUZ
>>116
似た話で・・・

エレベータに乗ろうとしたら何人もが乗り降りしてけっこう時間がたってしまって俺が入る瞬間に扉が閉まったんだよ。
思いっきり挟まれた。
そしたら奥の方にいやがった女子大生風二人連れのうち一人が一瞬「ヒヒヒヒ」って笑い声もらしやがった。
ゾワワっと怒りがこみあげた。
俺はあまりの怒りに女子大生風を黙ってギロリと見つめた。
ガツーンとなにか言ってやればよかったと今は思っている。

127 :本当にあった怖い名無し:04/08/04 00:20 ID:3ri+VLjp
>>126
似てない似てない。

128 :本当にあった怖い名無し:04/08/04 00:38 ID:AEfDlTJj
大学生のときの話。
彼女のいない学生寮の男4人で、休みの前日などの深夜にドライブをしていた。
夏休み前の暑い日、いつものように当てもなく出発した。
友人の車は中古車で、エアコンの効きが悪かったため、窓を開けていた。
当てもないので、普段通らないような道を進んでいた。
山道に入り、まわりに人家もなくなったため、迷惑にならないと考え、カーステレオのボリュームを上げた。
峠に差し掛かり、もう少しで峠越えをするというところで、突然、カーステレオの音声が途切れた。
いくら中古車とはいえ、カーステ自体は新品だったので少し不思議に思ったが、峠を下るころに元に戻ったため、
あまり問題にせず、そのままドライブを続けた。
当てもないドライブなので、夜景を眺めたりした後に、帰って麻雀をすることになった。
私たちは何も考えずに、行きに不思議現象の起こった峠のある道を走っていった。


129 :本当にあった怖い名無し:04/08/04 00:39 ID:AEfDlTJj
峠に向かったところ、またもやカーステが鳴らなくなった。
そこで、何かあるのか確かめようということになり、峠に車を止めて下車した。
男4人ということもあり、その時はさほど怖くなかった。
虫の声も何も聞こえず、辺りには静寂が広がっていた。
音のない世界というものは不気味なもので、4人とも黙ってしまった。
月明かりと車のライトで辺りは見渡せたが、道の両脇は草が生い茂っており特に何かがあるようにはなかった。
すると突然、車を運転していた友人が、「今、誰か喋ったか。」と怯えたように私たちを見回した。
しかし誰も喋っていない。よく冗談を言う奴だったので、「脅かすなよ」と私を含めた3人が彼に言った。
すると、
「立ち去れ」
という声が頭の中に響いた。
我々4人に同時に響いたのか、次の瞬間、示し合わせたように車に乗り、無言のうちに峠を後にした。
結局その日は麻雀などする余裕はなかった。

130 :本当にあった怖い名無し:04/08/04 00:41 ID:AEfDlTJj
それ以降、その峠を通ることはなく、話題にすることもなかったのだが、卒業前にもう一度行ってみることにした。
2月の終わりの頃、夜は怖いので昼間に出発した。
カーステを鳴らすことはなく、峠に着くと、夏の間は草で見えなかったのか、小さな立て札を見つけた。
その立て札には、青い字で、
  ここには、
  ×××がねむっています
  ××かにしてください。
(×は読み取れず)
と書いてり、傍には何かを祀っているのか大きな石が置いてあった。
我々は「何か」を怒らせたのだと感じ、全員で謝った。

結局、それが何だったのかは分からなかった。

131 :オーバーツ吉田:04/08/04 00:43 ID:x7Ox9Jc9
「書いてり」ってなんかカワイイっすね・・・

132 :本当にあった怖い名無し:04/08/04 10:30 ID:3gbnLT6U
書いてり の検索結果 約 63 件中 1 - 10 件目 (0.48 秒)

普通に使われている言葉なのか!?

133 :本当にあった怖い名無し:04/08/04 13:08 ID:6CKwF9ys
>>132
これと同じくらい普通かも
http://www.google.co.jp/search?q=%E5%BF%83%E9%9C%8A%E3%82%B9%E3%83%83%E3%83%9D%E3%83%88&hl=ja&ie=UTF-8&c2coff=1

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&c2coff=1&q=%E5%BF%83%E9%9C%8A%E3%82%B9%E3%83%83%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%88&lr=

あ、「ヒヒヒヒ」って笑い声もらしやがると呪ますよ。

134 :本当にあった怖い名無し:04/08/04 20:15 ID:ZZEyz05P
本当に「ほんのり」程度なのですが…。

友人達とファミレスでだべっていました。
どんな会話から、そんな話題がでたかは忘れましたが、
友達の彼女が、聞き流せないことを言いました。

「リカちゃん電話って怖いよね〜。
私も、番号オール0のリカちゃん電話かけたことあるけど、
『私リカちゃん、お電話…』
位で怖くなって切っちゃった」

思わずまじまじと彼女の顔、見ちゃいましたよ。

「番号オール0? ぜろぜろぜろぜろ?」
「うん」
「…多分…だけど…リカちゃん電話の番号、オールゼロじゃないよ」
「嘘!」

あとで調べてみても、やっぱりオールゼロではないし…。
(ただし、ゼロが多い番号なのは確かでした)
彼女のかけた電話は、どんな『リカちゃん』につながったんでしょうね?
最後まで聞いてたら、彼女はどうなってたのでしょうね?



135 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 10:50 ID:rOlNQTlI
私には15歳年の離れた兄がいます。
私が10歳(兄は25歳)の年に兄がお見合いをしました。
ある程度話がまとまり、お嫁さんになるはずの方が家へ挨拶に来ました。
玄関で迎えた時には、綺麗なお姉さんだなという印象だったのですが、
応接間で話をするうちに少しずつ「鬼の面」のような表情に変っていったのを覚えています。
その後お姉さんは1〜2週間に1回家へ遊びに来るようになりましたが、家にいる時間の長さ
に比例して、「鬼の面」のような表情(顔自体が変っているかも?)が強くなってゆくのです。

半年位経ったある日、応接間で談笑していたお姉さんは「鬼の面」そのものの顔で中空を見つめながら
『いつもいつもあんたのせいで嫌な思いをさせられる』
『もういい加減どこか行ってよ』と大声で言った後に昏倒してしまいました。

救急車を呼んで病院に運び、少し落ちついたお姉さんと家の両親が話をしていたのですが、
お姉さんは『家へ入る度に「般若の面」みたいなものがまとわりついてきてたまらなかった』
と話していました。

程なくしてお姉さんの両親から縁談についてお断りの連絡が入りました。

それから20年兄は女性と付き合いはするのですが、結婚話がちらつくようになると霊的
(勝手に決めつけていますが)な邪魔が入り、未だに結婚できていません。

下手糞文でスマン

136 :乱筆すまそ:04/08/05 11:25 ID:vM/PsOWi
私は小学生のころ、霊が見えると周りのみんなに言っていました。
もちろんそれは全くの嘘なのですが。
ある日私は、「通学路にある空家の窓に、女の幽霊がいたよ。髪が長くて、こわかった」と喋りました。みんなビビり、私はさらにその話をしました。
その途中で、私のこめかみの辺りに、「ビシッ」という感じの衝撃が走りました。
それから、教室の隅や、廊下などに、黒い影を見る様になりました。
その日の4時間目、私は寒くてふるえが止まらず、吐き気もするため、早退することにしました。
迎えに来た母の車に乗り、窓から景色を見ると、その例の空家が目に入ってきました。
そこで私はとんでもないものを見てしまうのです。
なんと、髪の長い女の幽霊がいるのです。
私には霊感はないはずです。なのに何故見えるの!?そう思ったとき、その女と目が合ってしまいました。
女は、窓から貞子の様にニューッとはい出て、四つ足で私の乗っている車を追い掛けてきました。
しかも、女以外にも、追い掛けてくるものが徐々にふえているのです。
これにはたまりません、私は悲鳴をあげ、母は車を急停止させました。そうしている間に女達は近付いてきます。
女が助手席の窓に手をかけるーーーその瞬間、また私のこめかみの辺りに、「ビシッ」という感じの衝撃が走りました。
頭を押さえ、しばらくしてあげると、女達の姿は消えていました。
がたがたと身体が震え、家につくまで母の服を掴んでいました。
それからは黒い影を見ることもなく、もちろん、あの女達も見ることはありませんでした。
私は霊が見えると言うのをやめました。

137 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 11:39 ID:WIYVIk0A
>>136
「そぉれ、おしおきだべぇ〜〜〜〜」 by どくろべぇ様 というわけです。

138 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 11:48 ID:DZKmQoeA
>>136
ってゆーか、小学生の時に「私には霊感はないはず」って言える
根拠は何なのかしら。

139 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 12:37 ID:XPsIAn8n
>>138
あたしも霊感は無いはずって思えるわ。
だって心霊写真特集とかの写真みてもさっぱりわからないんですもの。
これって根拠って言えるかしら。。。ちょっと自信なくなってきたわ。
・・・・ううんだめ、だめよ、あたしが自信を持たなくてどうするの。
おてんとうさんに笑われちゃうぞ♪
そうよ、あたしははっきり言えるわ。
あたしには霊感なんて無いのよ!

140 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 13:27 ID:D/Z/Kcfc
携帯からなんで読みにくい文面かもですが
今から10年ほど前の話。
当時高校三年で卒業後県外への就職も決まっていたまだ寒い2月の夜の出来事です。私は双子の兄弟の弟なのですが、この時双子の兄も県外への就職が決まっていました。
その夜10時頃の事、兄と一緒に居間でテレビを観ていると仕事から帰宅した父が
「おい、玄関先で女の子が泣いてたぞ。お前等なんかしたのか?」と言ってきました。
はあ?と思いながらも表を覗いてみましたが誰もいません。父の帰宅から私達が確認するまでこの間1分と経っていませんでした。
当時、私には彼女など居ませんでしたし何ら女性を泣かせるような事柄もありませんでしたので
さては兄に実は彼女がいて県外就職を期に離れ離れになるのが寂しくて…
なんて事を考えたのですが兄にも心当たりが無いとの事でした。
とにかく全く訳が分からなく居た私達は父に酒に酔っているんじゃないか?(酒は飲んでいないとの答え)
幻覚だったのでは?などと問いただしましたがそんなことも無いとのこと
どんな女だったと聞くと、暗かったので不確かだが白っぽいワンピースを着た髪の長い女の子で年格好も私達と変わらなく感じたそうです。
様子をついて尋ねるとうつむいたまま両手で顔を覆っていて小さな鳴き声が聞こえたそうです。

そんな女が玄関先に居るのにスルーして帰宅する父も怖いんですが
その後私達が家を出るまでその女が再び現れる事はなかったので
多分、家を間違えたのだろうという結論に至りました。

あんまり怖くないですね

141 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 14:20 ID:/i45P+4P
ほの怖だからあんまり怖くなくても大丈夫だよ。

142 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 16:11 ID:KM+1zimO
>>141いやほんと怖いから

143 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 17:31 ID:D1eG5QoC
5年位前の話
ある日の夕方、オカンにちょっと凄いから見てみ!と呼ばれた。
オカンは居間の電気の紐を指差している。紐を見るといつもは垂直に垂れているはずなのに
その時は何故か重力に少し逆らい斜めに垂れていた。蜘蛛の巣でも張ってるのかな?と
思ったが、そんな物はない。気のせいだろと思い、引っ張って電気をつけたり消したりしたけど
ピタッと斜めの位置で止まる。翌日見てみるといつも通り垂直に垂れていた。

コレは何だったのだろうか、今でも疑問

144 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 18:55 ID:PsX5mwoV
>>143
たぶんオカンの超能力

145 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 22:12 ID:K6mrBQOA
俺が小さい頃、うちには両親と妹と祖父母、曾祖母ともう一人、妙齢の女性がいた。
俺はその女性を「お姉ちゃん」と呼んでいた。
両親が共働きだったこともあって彼女はよく俺の面倒をみてくれた。
昼はだいたい曾祖母と一緒にいるか幼稚園、
夜になると仕事から帰ってきたお姉ちゃんが俺を構ってくれた。
幼稚園の年長組くらいの時にお姉ちゃんが家を出ることになって
俺はお姉ちゃんが本当に好きだったのでかなり泣いた記憶がある。

あれから15年以上が経って、先日帰省した時にふと彼女の事を思い出したので
両親に聞いてみたんだが
「あんた何言ってるの?そんな人ウチにはいないよ」
と返されてしまった…。え?嘘?マジで?って感じで背筋が凍った。
親は、近所のお姉さんの事を勘違いして覚えてるんじゃないかと言ってたが、
いくら田舎で人付き合いが濃厚だからって、
よその子供に晩飯作って食わせて風呂入れて寝かしつけてくれる人なんかいないだろ。
祖父母にも聞いたんだが心当たりないって言うし、妹は当時赤子だったんで知らないって言うし。
唯一頼りの曾祖母はとっくに他界してるし…。
一体どこの誰だったんだ?

146 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 22:30 ID:jWza3mKm
親族が居なかったことにしたい人の可能性はあるかな。
何か揉め事があって、彼方には知らせまいとしているとか。
土地相続、御妾さん、その他。

気分害したのならスマソ。

147 :夜明けの冷めた珈琲 ◆xdsUui9gxA :04/08/05 22:31 ID:Vr5bWtQc
小松佐京にそんな話無かったかね?


148 :子松左京:04/08/05 23:05 ID:CDvVBa6z
佐京じゃない、左京だ!
間違えるな〜

149 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 00:03 ID:bHnMCq0G
今から14年ほど前の冬の話です。
当時受験生だった俺は、東京の大学を受験するために
水道橋駅から徒歩10分ほどの距離にある旅館
(○○荘みたいな名前だったと思う)に宿泊しました。

俺の部屋は2階で、8畳くらいの和室でした。
夜、12時頃に布団に入ったのですが、なかなか眠れず
30分ほど経過した頃、上の階からドン、ドンと足音が
聞こえてきました。

夜中にうるせーな、と思いつつもそのまま寝ていると、
足音は部屋の角から対角線上の反対の角に向かって、
ゆっくりと俺の真上を通って行きました。

そして、天井と壁の境界あたりまで行ったと思うと、
ドサッ!と俺の寝ている階に落ちたような音がしました。
ちょうど俺の部屋と隣の部屋の壁の隙間に落ちたような
感じに聞こえました。

なんだ?と思いましたが、その後音は聞こえなくなり、
翌日の試験のためにも寝ておかねばと思い、そのまま
横になっていつしか眠っていました。

翌朝、チェックアウトして旅館から出た時、ふと昨夜の
事を思い出して振り返ってみると、旅館は2階建てでした。
2階に寝ていた俺の上から聞こえた足音はいったい・・・

ちなみに受験は失敗しました。

150 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 00:07 ID:Ng0xyx2H
1 寂しかった145が生み出した心の幻
2 居ないことにしたい親族・妾
3 近所の心を病んだお姉さん
4 心霊

このうちのどれかであることは間違いなく、どれをとっても愉快ではないですね。

151 :145:04/08/06 00:35 ID:dL1LMbRR
う〜ん、妾は囲えるほど裕福じゃなかったし親父や爺さんの隠し子にしちゃ年が半端だし
両親も本当に心当たりがない感じで、まあ酒が入ってたからうまく誤魔化されたのかも知れんが。

心の幻とか、心霊にしちゃ思い出が妙に所帯くさいしなぁ。
一緒にアニメを見た記憶とか、その主題歌?だと思うけど
「すきときめときす〜」とかいう歌歌いながら高い高いしてもらった記憶とか、
あと、晩御飯作ってる彼女の足に抱きついてそのまま引っ張られたりしたとか…

ただ、覚えてる思い出が殆ど「俺とお姉ちゃん」もしくは
「俺とお姉ちゃんと曾祖母ちゃん」だから、ひょっとしたらお袋と間違えてるかと思ったんだが、
お袋とは髪型が違うし(お袋は肩までだが一つしばりにしてた彼女はもっと長かった筈)。
仮に親族だとしても家族が知らないってどういうことだ?
近所の心を病んだお姉さんにしても、家に来てたら誰か気付くよなぁ。

なんか書いてたらだんだん怖くなってきた…ほんのりどころじゃねぇ。自分が怖い。
明日もっかい実家に電話してよく聞いてみる。

152 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 01:15 ID:WZ4OCXvX
>>151
他人事ながら気になるんで、結果報告よろ。

153 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 01:25 ID:VqrHMPBb
unnchi-!

154 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 01:48 ID:5uxVpgn8
>151
ふと思った二つ。
怖い方は実家に座敷牢があって、そこに入ってた人。
その曾祖母が不憫に思って家族にバレない時は出してあげてた。
ほのぼのの方だと座敷童の一種。
何れにせよ怖い存在ではないと思うからあまり怖がらんでも。

155 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 06:18 ID:FjJVVuJu
スキトキメキトキスーか。「さすがの猿飛」だっけ? あったねそういうの。

156 :夜明けの冷めた珈琲 ◆xdsUui9gxA :04/08/06 07:05 ID:RDG6v0+8
>う〜ん、妾は囲えるほど裕福じゃなかったし
女はそう言うもんじゃないのですよ 不思議とね。
漏,ケコ-ンして3ヶ月目で不倫したし 今でも続いてる 流石に囲わないけど(貧乏だから)
毎月の給料の中からのおこづかいじゃ遊びにも行けないので
彼女が色々と金出してくれてる 漏のどこがいいんだか…


157 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 08:00 ID:Mbf3XTzS
>>156
貴方には彼女が惹かれる魅力があるのですよ。
貴方にしかない魅力が。


158 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 12:14 ID:8dyvQZYg
昨日、TVをつけっぱなしで寝てしまった。
夜中に目を覚ますと、すでにTVは砂嵐状態。
しかし、砂嵐のザーザーという音以外に何かが聞こえる。
よく聞くと、英語で何か言っているようだった。

寝ぼけてたからそのままTVを消して寝たが、あれはなんだったんだろう・・・?
ちなみに、日テレにしたまま寝てたのに、朝起きてTVをつけたらテレ朝になってた

159 :名無しさん@( ・∀・)つ旦~:04/08/06 12:41 ID:7Zk35nb/
>>151

その姉ちゃんが出て行くとき家族でなんか会をやったりとか
出て行くときに家族が見送りに来た記憶はないのか?

160 :145:04/08/06 13:06 ID:8Pr4OTqO
えー、お騒がせしました。無事解決しました。
かなりくだらないオチですが現実ってこんなもんだよね、という事で。

先ほどまで電話で「いた」「いない」と揉めてたんですがその内にお袋が
「ひょっとしてあんた、伯父さんとこの○○ちゃんと間違えてない?」
と、言い出しまして。思い出はともかく人相風体が一致するんで問い詰めたんですが。
「いや、間違いなくウチにはいなかったよ。
 ア ン タ が 向 こ う の 家 に 預 け ら れ て た だ け で 」
聞いてみると、妹が生まれた直後に爺さんが倒れたり妹が大病を患ったりしたので
曾祖母と一緒に親戚の伯父の家に1年ほど預けられてたそうです。
『お姉ちゃん』は当時未婚だった、伯父の末娘だろうとの事。
…そういや確かに妹の見舞いに行った覚えがある。
時期も年長ではなく年少の頃だったそうで。
両親もまさか預けられていた事を忘れてるとは夢にも思わなかったらしく
「1年も預けられといて忘れるなんて…」
と苦笑いされました。確かに我ながら間が抜けすぎ。
こないだ聞いたときは「ウチに昔いた若い女の人」とはなから
家の人間だとして聞いてたから気付かなかったみたいです。
なんで伯父の事は覚えてなかったかと思ったんですが、
やたら顔が怖くて当時の俺が超苦手にしてた人でした。
近づくだけで泣いてたからお互い傍には行かない様にしてたんじゃない?とはお袋の言。
家の間取りも外見も、田舎の家なんでよく似てたんですよね…。
その後伯父は死去し、お姉ちゃんは結婚して地元を離れたそうです。
「せっかくだから電話か手紙でもしてみたら」
と言われて住所と電話番号教えてもらったのでこれから掛けてみようかと思います。
お騒がせして申し訳ありませんでした。でも俺も昨日一晩寝れなかったから許してください。

161 :145:04/08/06 13:12 ID:8Pr4OTqO
お別れ会の記憶はなかったんですが
車で行っちゃうお姉ちゃんについて行こうとして
両親につかまえられて大泣きしながら見送った記憶はあります。

…要するにコレ
「お姉ちゃんが家から出て行く時の記憶」
じゃなくて
「俺がお姉ちゃんに連れられて自分の家に戻された記憶」
だった模様。
記憶のすり替えって本当に怖いな…と実感しました。

162 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 13:16 ID:eoushcH5
>>161
いやいや、結果分かって良かったじゃないの。子供のうちの記憶って、
夢と現実を同体で扱ってたり、時系列が入れ替わってたりするそうだから、
仕方ない事やん。

……いいなぁ、美人のお姉さん。(・∀・)モエッ

163 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 13:40 ID:job+TCMc
昨晩の話だが
腹を出して寝ていたところクーラーの冷風に当たりすぎたせいか,お腹が痛くなって夜中に目が覚めた
トイレに駆け込むと見事な下痢ピー
俺はお腹を冷やさないようにして再び眠った
夢を見た
俺は広い和風旅館みたいなところにいて
周囲には人の気配が無かった
と,急にお腹が痛くなってきた
これはヤヴァイ!と慌ててトイレを探すが見つからない
あちこち探して見つけたトイレ>使用中
俺は手でお尻を押さえながら走り回った
四方を壁に囲まれた小さな部屋に入ったところ我慢の限界
ぷりゅぷりゅぷりゅという嫌ぁな感触が・・・・
うわあああああ!と叫んだら目が覚めた
恐る恐る手をパンツの中に入れてみる
・・・・・何とも無かった(ホッ
あのまま夢の中にいたらどうなっていたことか・・・
今思い出しても恐ろしい出来事でした

164 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 14:04 ID:JdPMcVZg
消防の頃、よく真夜中に便所で小便したっけな。・・・・・・もちろん夢の中の便所でな。
小便すればするほど背中が冷たくなって、不思議な感覚に襲われたもんだよ。
はっと目が醒めた時の情けなさといったらもう・・・まあ今では懐かしい思い出だがな。

165 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 14:06 ID:RDG6v0+8
↑幼い時期に親子関係で何かありましたね


166 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 14:46 ID:job+TCMc
ションベの夢だと
洋式便器に向ってションベをしている
ふと見ると便器のフチいっぱいまで水が溜まってる
うわ,ヤベ,漏れるじゃん!
と思ったところで目が覚める
慌てて布団を確認>何とも無かった(ホッ
という経験を何回かした
非常に後味の悪い夢だった

167 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 14:54 ID:6frTNkC1
>>164
大人になってもある・・・。泥酔した翌朝とか。
ちょっぴり漏らしちゃって
慌てて起きて、便所に行くが、それも夢。
何やってんだいい年して、と自分に焦りながら
便所行くが、それも夢。
今度こそ、今度こそ、と延々。
最終的にちゃんと目を覚ませたんだが、
小便しながら、本当に現実か確信持てず怖かった。

168 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 17:08 ID:hZFZ6VLD
>>160〜161は、145、151とは別人。
変なこと探ろうとしたためどっかに連れて行かれた。

169 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 18:12 ID:WZ4OCXvX
>>161>>163
心霊じゃなかったけど、セピア色の思い出イイ!!
結果報告、乙でした〜。


170 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 21:34 ID:u9tWTrO3
>>160
( ;∀;) イイハナシダナー
実にぐっとくるものがあった


171 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 21:39 ID:c0PXKSzt
http://jbbs.livedoor.com/bbs/read.cgi/spoots/16324/1091304527/l100

172 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 22:26 ID:AIL91ZUi
数年前...当時つきあってた彼女とハワイに行くことになり
成田から飛行機に乗る前夜、朝一の便だったため空港近くのホテルを予約、
深夜チェックインした。...ツーンと鼻につくにおい..(!?)
『なんだ..これ..』どちらともなくつぶやく。
ボーイに聞こうか..あっキーだけ渡されて..すぐ戻ってたなアイツ。
まあいいか。
『朝早いしもう寝ようか』ベッドにこしかける..靴を脱ごうと..黒いシミ。
たばこか?..いや職業柄わかる..”これは血じゃないか?”
彼女(同業)にも見てもらう『...うん..かも』
頭をすっきりさっせようと息を吸い込む。
またツーンとしたにおい...これは..お線香??

朝、ホテル全景をタクシーの窓から見た時思い出した。
このホテル、あの事件の...




”定説です!”                


173 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 22:31 ID:RDG6v0+8
おいおい ライフのいた部屋なんかに客泊めちゃ駄目だろ
石ノ森章太郎のTHE HOTELでも読んで 勉強し直せよ(゚Д゚)ゴルァ!!


174 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 22:32 ID:RDG6v0+8
てか、ミイラの部屋じゃないだろな?


175 :本当にあった怖い名無し:04/08/07 01:20 ID:kDYGGoT9
パソコンやってると肩越しにゴミが飛んでくる
爪楊枝の頭、丸められた銀紙、切った爪、

もうそろそろふり返ってみようか・・・


176 :本当にあった怖い名無し:04/08/07 02:36 ID:z+LpcYoV
>>175
だめよ、振り向いちゃ!

177 :本当にあった怖い名無し:04/08/07 03:08 ID:ZYOoZMiN
>>41
今から20年前にK児島県O口キャンプ場での肝試しで同じようなのが出たらしい。
見たという連中が顔を強張らせながらスタート地点に逃げ帰って来たのを覚えてる。
肝試しは当然その時点で中止になった。

ちょっと違うのは、白い布みたいなのの中身が馬のような感じだったということ。

178 :本当にあった怖い名無し:04/08/07 13:08 ID:SSRAUPND
>>171
職業って肉屋かなにか?

179 :本当にあった怖い名無し:04/08/07 13:40 ID:4gmWSP0Z
毛色違うけど一つ。

最近ハイハイする様になった姪っ子が縁側まではっていき床に落ちている“何か”を見つけてキャッキャと指で転がしてた。
目の届く所とはいえその物体が何かはわからなかったが口に運びそうになったのでさすがにヤバイとおもい
走って行き、すんでの所で止めてその“何か”を手にとりいざ見てみたら・・・

『ぎゃぁぁぁーーーくぁWせDRFTGYふじこLP;!!!』

赤黒いブニブニした何かの肉片か内臓と思われるモノだった。
近所のノラ猫が仕留めた獲物をいつのまにか家に持ち込み解体していった一部だった。
よくみると1m四方に足の様なもの、頭の様なもの(目付き)、胃袋・・・?

あれを姪っ子がもうちょっとで食べてたかと思うと(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル



180 :本当にあった怖い名無し:04/08/07 14:00 ID:QHoF3AdZ
こえーよ…何事もなくて良かったね>姪っ子タン

181 :本当にあった怖い名無し:04/08/07 14:07 ID:SX4/R5Dl
>>179
ぁー
それ家の前にもよくありますよw
我が家で飼っている猫が…ね…
なんか昔誰かから
それには毒があるから猫は食べないって
聞いたことがあるような気がする。

時間がたつと緑色に変色しますしね。。

182 :本当にあった怖い名無し:04/08/07 15:56 ID:LOs/HjgO
真夜中に目がさめた。きなくさい。
ゴムの焼けたようなニオイとかする。けむい。
火事???
慌てて部屋を見てまわり、家の中に異常がないのでベランダに出る。
モノの燃える音などしないかと耳をすませたが外は静か。でもニオイはもっと強い。くさい。
絶対何か燃えてるよーやばそうだよーどこだよー(泣
この時が一番怖かった。火らしきものが見えたら絶対通報してた。

焦ってたら突然近所の消防団のサイレン!
すぐ消防車の音。やっぱ火事!どこ!
でもうちの近くを通りすぎて、かなり向こうに行ってしまった。結局、炎などは見えなかった。
次の日探してみたら、マンションが焼けてた。
結構離れていたんだけど、風が強かったから煙が流れてきてたんだなあ…

火には気をつけましょう…

183 :本当にあった怖い名無し:04/08/07 16:15 ID:wyWdePup
>>182
ひょっとしたら、その火災現場の誰かの意識とシンクロしたのかもね。

184 :本当にあった怖い名無し:04/08/07 16:15 ID:B3Rcnv1J
猫って犬よか野獣だよね。コワ。

185 :本当にあった怖い名無し:04/08/07 16:17 ID:B3Rcnv1J
>>178フツーに考えたら医療関係者じゃない?

186 :本当にあった怖い名無し:04/08/07 16:18 ID:LuVHc5On
>183 マジな話 火事の臭いは 風向き,風の強さ,次第で3kmや4kmは軽く飛ぶよ


187 :本当にあった怖い名無し:04/08/07 20:50 ID:F+CQsHxS
ヒイィイィィー(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
それは推察するに「チューの断片」?

188 :182:04/08/07 20:51 ID:F+CQsHxS
スンマソン
>>174でした

189 :本当にあった怖い名無し:04/08/07 22:03 ID:SX4/R5Dl
幼稚園の時の話(7,8年前)

いつも通り帰りのバスに乗っている時バスの運転手さんがボソッと
『ブレーキきかない。』
走ってる前は行き止まり(そこに誰かの家があった)で
バスの中は大騒ぎになったという記憶があります。

まぁ、結局なんとか止まりました。

私はその時1人ボーっとしながら昆布をかじってました(←帰る前に貰える)
そうだったら怖くなかったのかな?でも怖かったです(ドッチダ


190 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 05:05 ID:U2Mfutu6
今、隣の部屋からガリガリ音がしてます。空家なのに。
こんな時間に改装とかするはずないし。
上から下までガリーって、何回も、途切れ途切れに。もう十分くらい。
最初同棲してる彼氏の歯軋りかと思ったが明らかに隣から。

怖いんだけど、どうしよう。

191 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 05:15 ID:86J3P7yX
>>190
高確率でねずみ

192 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 05:25 ID:U2Mfutu6
壁薄いんですがねずみって縦に走るんですか?ねずみならいいのに…・゚・(ノД`)・゚・

193 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 05:33 ID:AC+q8t4I
>>190
田舎の親父

194 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 05:39 ID:U2Mfutu6
それなら昨日の夜はセクースしてないから大丈夫だ…

てかまだおとするよ…本気で怖くなってきたのでねずみだと言い聞かせてます。

195 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 05:41 ID:86J3P7yX
音の方向感覚なんて意外と鈍いものだよ。
気にしない気にしない。よしんばねずみ以外の何かでも、放っておけばそのうちどこか行くでしょ。

196 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 05:44 ID:AC+q8t4I
>>194
昨日はって普段はよくやってんのか?俺は同棲したとたんに回数
減った月1くらいに。

それはねずみでも田舎の親父でもない、彼氏の浮気相手だな

197 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 05:46 ID:U2Mfutu6
普段は一週間に五回位…

ちなみに壁の音はさっきからいきなり。
今も鳴る…(つд`)

198 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 05:59 ID:U2Mfutu6
まだ鳴ってます

199 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 06:04 ID:AC+q8t4I
ルンペンじゃない?見てみたら?壁を叩いて見るとか

200 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 06:05 ID:U2Mfutu6
今上の部屋のギャルの目覚ましが鳴ったとたん音がなくなりました…

一時間しか経ってなかったのか…怖かった…

201 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 06:08 ID:U2Mfutu6
空き部屋で、窓もドアも鍵がかかってるので(窓が割れたお供聞かないし)
ルンペンではないと思います。

でも怖かった…この部屋にきて四ヶ月経つけどこんなの初めてだったから。

202 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 06:11 ID:86J3P7yX
随分早起きなギャルだな。

203 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 06:17 ID:U2Mfutu6
ギャルはいつも六時ぐらいに起きてチャリでどこかに行ってます。

204 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 07:23 ID:O4ub3jPX
ラジオ体操だってばよ〜

205 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 08:34 ID:P9Quvi3t
夏休みシーズンになってからなぜか毎日欠かさずラジオ体操やってるよ自分w
ところで「ルンペン」って言葉すっごく久しぶりに聞いた……死語じゃないのか……



206 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 09:07 ID:qZsV4A5k
>>205
わかってないなぁ君わぁ
死語連発の>>190は…分かるでしょ?
同棲・彼氏とかのキーワードでボカシてたんだからソっとしておやりなさい。

207 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 09:22 ID:/5XCeOLp
ば、ばかもーん!そいつがル(ry

208 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 10:25 ID:2DsqX2jD
警部がいるな。

209 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 10:34 ID:d0b6zqSg
よ〜とっつあん。

210 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 10:42 ID:i6czTY9k
あなたの心です

211 :190:04/08/08 11:07 ID:3HeqMPmq
死語連発でしたか自分…気づかなかった_| ̄|○

212 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 11:14 ID:fosbeZ+I
>>205
あのさ・・・・
何年か前にさ・・・・
ラジオ体操が新しくなりますって大々的に言ってなかったっけ?
これが新型のラジオ体操ですって結構放送されてなかったっけ?
俺だけの記憶?


213 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 11:29 ID:jz/GzoA7
いや、「みんなのたいそう」(ちょっと名前怪しい)とか言う新バージョンはあるよ。
障害ある人にもできるよう、椅子に座った体勢でもオーケーなやつ。
今もテレビ体操とかではやってるけど、いまいち覚えにくいので浸透してないっぽい。

214 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 11:45 ID:IXrgSwa7
上の部屋の足音がうるせー!
もちろん空き部屋だけどな。
これもルン(ry

215 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 11:57 ID:blCFKnzd
ルンペンってなんですか?


216 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 12:01 ID:f5Z07CzM
知らないほうがいいよ。
恐すぎて聞いた人はみんな死ぬんだよ。

217 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 12:32 ID:blCFKnzd
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

218 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 12:48 ID:+CMHYS7C
>>216
ンなこたーない。

219 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 14:26 ID:oFwH2uhO
>215
その会話は2chではタブーとされている。

そう、あの事件と同じように

220 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 14:30 ID:/5XCeOLp
さ・・鮫肌事件か

221 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 14:55 ID:0vFsPOqZ
>>215
皆意地悪だから、俺が教えてあげるよ。

ルン :ルンルンで楽しい様子
ペン :ペンは当然書き込むこと

意味としては、下らない掲示板にルンルンしながら書き込みしている奴のこと。
このスレでは>>1-219のことを指す



222 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 14:59 ID:Tr/sGTQB
ふぅ〜じこちゃあぁ〜〜ん

223 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 15:01 ID:nMuSz0lm
ぶっちゃけ、ひみつ組織の名前。
目をつけられないように気をつけな。

224 :221:04/08/08 15:05 ID:0vFsPOqZ
>>215
ほらなこういう奴らのことだからな。↑

225 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 15:15 ID:l/eKT2iv
( ´,_ゝ`)プッ


226 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 15:20 ID:f5Z07CzM
えっび まよ まよ エビマヨ
エビ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!
えっび まよ まよ エビマヨ
エビ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!
えっび まよ まよ エビマヨ
エビ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!
えっび まよ まよ エビマヨ
エビ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!
えっび まよ まよ エビマヨ
エビ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!
えっび まよ まよ エビマヨ
ユビ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!


227 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 15:29 ID:T5dXutpU
ガリッ

228 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 15:33 ID:IdHxmFxd
>>206
なんか今更でアレだけど、はじめにルンペンって言い出したのは、
>>190さんじゃなくて、>>199さんでしょ。

つい最近、昔(昭和7年くらい)の事件史読んでたら、
ルンペンって言葉が出て来て、説明も書いてあった。
昔は、ルンペンって呼び方してたんだね。


229 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 15:46 ID:f5Z07CzM
( ;∀;)σ’;,  カエセ                            
        

230 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 15:55 ID:a3nIkgUZ
俺小さい頃ルンペンって虫眼鏡のことだと思ってたぞ。

231 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 16:39 ID:M5WZ6ndO
昨日から、うちのベランダがザリガニ臭いんですが、どうしたらいいでしょうか?

232 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 16:41 ID:WNN+5lsn
202 名前:おさかなくわえた名無しさん メール:sage 投稿日:04/08/08 15:36 ID:h2iIzDO6
子供の頃、夏休みに父方の祖母の家に行くのが恒例だった。
ある年、近所の氏神さんに遊びに行く途中の農道で、同年代の子供と出くわした。
ずっと一人で遊んでいたので、連れができたのがうれしくて、一緒に氏神さんの
裏の林で虫取りしたりして遊んでた。

あたりが暗くなってきたのと、疲れたので、そろそろ帰るとその子に言うと、
まだ時間が早いよって何度も引きとめられた。
何度目か引き止められた時、お腹もすいたしと思って
「今日おばあちゃんがカレー作ってくれる、早く帰りたい」
と言うと、その子はあきらめたような顔をして
「明日また遊んで。どこの家にいるの」
って聞かれた。
祖母の家を教えて、分かれてしばらく歩いていると、氏神さんのうらで遊んでたは
ずなのに、ぜんぜん知らないところへ出た。
しかも、さっきまで夕日が差してたのに真っ暗。
慌てて夜道を走り回って見知った道まで出たら、近所のおばさんがこわばった
顔で声を掛けてきた。
なかなか帰らないので、近所の人が総出で私のことを探してた。
時間を聞くと、夜の11時。
家に帰って顛末を話すると、真っ青になった祖母が、お守りみたいなのを
私の首からさげ、手のひらとか背中とかに墨汁で字を書いた。
それから、家に帰るまで、一人で外出はさせてもらえなかった。

あの女の子はいったいなんだったんだろうな、と今になって思う。

205 名前:おさかなくわえた名無しさん メール:sage 投稿日:04/08/08 15:46 ID:h2iIzDO6
自分的には、その子と遊んだのは楽しい思い出なんだけど。
かえって、すごい形相の祖母の表情のほうが怖かったくらいで。(w
何かあるんだろうなと思って、何回か祖母に聞こうとしたんだけど、ついに
教えてもらえなかった。


233 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 16:49 ID:f5Z07CzM
>>231Σ(゚д゚lll)

えっび まよ まよ エビマヨ
エビ━━━━━━(;∀;lll)━━━━━━━!!!!!
えっび まよ まよ エビマヨ
ユビ━━━━━━(lll;∀;)σ’;,━━━━━━━!!!!!                            
       

234 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 17:41 ID:blCFKnzd
221さんありがとうございます!!
なにせ私2ちゃんねる始めたばっかりの中2なもんで…
これから色々勉強します。。。

235 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 17:43 ID:GpZHufAP
辞書くらい引けよ、とだけ言っておこう。

236 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 17:44 ID:oFwH2uhO
夏・・・・・・だな・・・・・

237 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 19:36 ID:blCFKnzd
今調べてきました。
辞書に載ってたんですね。
てっきり2ちゃんねる用語かと
思っちゃいました(´・ω・`)
恥ずかしいです |彡サッ

238 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 19:51 ID:+AI3Q+i4
>>237
まだ若いのに2ちゃんねるなんてキ○ガイの吹き溜まりに来ちゃダメだよ。
きみまで○チガイになっちゃうよ?

239 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 20:05 ID:23GJ2OcZ
呪怨2がなんでこんなに早く落とされてたのか・・・・こんなもん?

240 :221:04/08/08 21:04 ID:kfP9Blsi
>>237
嘘を教えちゃったみたいでゴメンな
実は俺も知らなかったんだよ
手元に辞書も無いし
よかったら「ルンペン」の意味教えて下さい

241 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 21:06 ID:Z4za/qQo
一般的には浮浪者を指す
ttp://gogen-allguide.com/ru/lumpen.html

242 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 21:13 ID:l/eKT2iv
( ´,_ゝ`)プッ


243 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 21:15 ID:8KwxHEfV
>>238 吉害に言われても信用できないと思われ

244 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 21:21 ID:ZZBkSC9j
ルンペンを知らない世代がいるのか・・・
コジキとかもそのうち死語になるのかなあ

245 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 21:27 ID:7Yw1kZat
ゴマキも死語だよな

246 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 21:29 ID:XupEREpT
ルンペンストーブって言葉は差別になるのかな?

247 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 21:36 ID:Z4za/qQo
差別の意図を持って発される時初めて差別する為の言葉になる
言葉自体に差別はない

248 :240:04/08/08 21:38 ID:kfP9Blsi
けっこう釣れたな・・・

249 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 21:49 ID:/5XCeOLp
つれましたか。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは 
きみたちがはじめてです

250 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 22:42 ID:ZZBkSC9j
>>240
はイザリ

251 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 23:16 ID:Li4zUm6M
4年前にアメリカのメリーランド州郊外のシルバースプリング
という町へ出張した。ジェットラグがひどくて深夜1時を過ぎても
眠れなかった。

ホテルのベッドでもんもんとしていると、突然電話が。
心臓が止まるくらい驚いたが、思い切って出てみると、
かけてきた相手は老女。

「あたしは、つい最近までその部屋に泊まっていたのよ。」

といったきり、無言になった。

ちょっと不気味だったので、「部屋に何か忘れもの
したのなら、ホテルのフロントにかけて下さい。私は
日本人なのであまり英語しゃべれないから、これで
さいなら」と伝えて一方的に電話を切ったが、一体なん
だったんだろう。

単に寂しかったので電話してきたのか。それとも
部屋になにかあるのか。

気味が悪くなって全然眠れなくなった。


252 :240:04/08/08 23:21 ID:kfP9Blsi
私は両足を使って歩けます。
知らないのは「ルンペン」です。

253 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 23:47 ID:Li4zUm6M
ルンペンはおそらくドイツ語の'Lump'の変化形
(Lumpen)だろう。ただ、この言葉の意味は
「ごろつき」、「ろくでなし」、「ならず者」
などで、「悪い人間」というニュアンスになる点が
日本語の「ルンペン」とは違うように思う。(ちなみに、
単なる「浮浪者」は'Landstreicher')。

ただし、別の言葉で'Lumpen'(ボロ雑巾、ボロボロの
服)というのもあるので、むしろこちらが語源なの
かもしれない。

254 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 23:53 ID:sGE2LrtZ
ルンペン・プロレタリアートって言葉は怒れる民って意味でしょ?

255 :190:04/08/08 23:58 ID:Bq67A3sZ
さっき家に帰ってきました。
ついでに隣の戸締りも確認しましたがちゃんと閉まってる様子。
ルンペンは入り込んでなさそうですw


256 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 00:22 ID:Yqfa6HU1
語感が軽やかだね、ルンペン。

257 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 01:45 ID:IU7CDO23
ttp://gogen-allguide.com/ru/lumpen.html

258 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 09:04 ID:EfshBmk/
帰省で思い出した子供の頃の出来事。

ウチはほどよい田舎で、大型ゴミが山に不法投棄されてたりするのね。
そんなゴミを数人の友達で探検して遊んでいたんだけど、その時は車が
捨ててあったんよ。ボンネットを開けたりドアを開け閉めしてたんだけど、
子供だからすぐ飽きるわな。そのとき仲間のAが、どこからか野良猫を
捕まえてきたんだ。

しばらくその猫で遊んでたんだけど、やはり野良は臭う。
臭いが手や足に付き、体が臭くなってきたのでひとまず家に帰ろうと
いうことになったんだ。しかしその間に猫に逃げられちゃイカンという
ことで、とりあえず廃車のトランクに閉じ込めて帰って来たんよ。

それっきり…で、20年経ってしまいますた。ほんのり。

259 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 09:07 ID:QLU5s/D+
頼むから氏んでくれ


260 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 09:12 ID:IrQrxg+y
名無しさんの名前が変わってることに今頃気付いた自分に…

261 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 09:28 ID:gSNxyeh7
>>258
一生呪われろ、糞野郎。

262 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 12:01 ID:axXdzByV
ルンペンや野良猫といえば、近所のゴミ屋敷に浮浪者がいて
そこに何匹か野良猫が住み着いていた。
だがそこの浮浪者が死んだことをきっかけに、近所のじじいが
野良猫一層狩りをはじめた。私は顔なじみの猫も多かったので、
激しい怒りと悲しみに襲われたが、野良猫なので文句も言えない。
そのうち狩りはエスカレートして、飼い猫もお構いなしになった。
外を歩いてる猫は捕まったらもれなく抹殺された。
それから暫くたって、その家の息子が突然自殺した。
そのじじいも癌になり余命いくばくもないらしい。
全部猫のたたりと結びつけるつもりは無いが、正直ざまあみろと思った。

263 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 12:46 ID:QLU5s/D+
それでいいんじゃないかな 先日の赤の国の無様な負け方と一緒でさ


264 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 13:09 ID:dAVRYUK8
>>258
なにが「ほんのり。」だ池沼
お前がトランクに入って市ね。

265 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 13:43 ID:xaLiXwbg
昔、漏れが厨房だった頃の話。
漏れの中学ではスカートめくりが流行っていて、最初は女子生徒だけ
だったのが、段々女の先生達もターゲットにするようになっていった。
漏れもスカートめくりの常習犯だったが、別に変な意味はなくただ悪ふざけの
つもりでやっていた。そんなある日、漏れの中学に美人で背の高い女の先生が
赴任してきた。漏れとは違うクラスの担任になったが、そのクラスの友達に
女の先生のことを聞いてみた。すると友達は「なんか俺っちを避けてるみたい
なんだよ。」と不思議な答え。だが一週間もするとそのことは忘れ、漏れは
その先生のスカートをめくることを決定した。休み時間、教室から出てきた
先生の後ろから先生のスカートを掴み、一気にバッ!とめくり上げた。
すると見てしまった。太ももの後ろ側に目玉のような気持ち悪いイボイボが
無数についているのを!「うわぁっ!!」腰を抜かして座り込んだ漏れと、
見られたことに気づいて大声で泣き始める女の先生。それからは大変な騒ぎ
だった。クラスでの漏れの評判は「最低」から「人間の屑」へ。その女の
先生もそれっきり学校に来なくなり、しばらくして担任に聞いたら「違う
学校へ行った。」と。他の生徒は「何があった?」と漏れに聞いたが、漏れは
一言もイボのことは言わず、スカートめくりも止めた。今でもまたあの先生に
会って謝りたいと思っている。
ただ一つ、パンツが見えなかったことが心残りでならない。

266 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 14:04 ID:3dpZXQqN
>>262
ええっ?自分は園芸が趣味で、庭を荒らされるのが大嫌いだから猫どんどん処分してる。
でもぜんっぜん呪いなんてかからないよ。畜生に呪う力なんてないって。
むしろ餌やりおばちゃんとかが迷惑だ。呪われるなら無責任な餌やりおばちゃん
が呪われればいいよ!














やっぱあれか?処理方法っていうのが、避妊手術したあげくに完全室内飼い
にしたり、完全室内飼いできる飼い主みつけたりっていうやり方だから
呪われないのかな?おいら。50坪のおうちに13にゃーんぎっしり♪しあわせ。

267 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 14:07 ID:/zkR0PfJ
>>266
それは「処分」とはいわないの。「保護」という行為です。

268 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 14:08 ID:3Czv4P5T
ニャリン♪

269 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 14:25 ID:wjusmQYr
>>266
あなたのような方に、幸あれ。

で、猫のほんのり話で思い出したんだけど、漏れが高校2年の時に家にいた黒猫、ミィって
奴なんだけど、すごいジャンプが得意な猫でね。良く雀だとか、蝉とか捕ってきては、
得意げに見せに来てたんですよ。

んである日、居間でテレビみてたらミィが何か引きずってきた。はぁ? 引きずってきたぁ?
と思ってよく見てみたら、いわゆる白鷺だった。コサギって言うのかな? 体長40cmくらい
あるサギ。

おまえっ! それどうしたっ! と駆け寄ると、体のあちこちから出血してんの。真っ黒だから
遠目には分かんなかったけど、結構傷が深っぽい。あわてて獣医さんに連れてったけど、
サギのくちばしに抉られてたそうで、何カ所かは腹腔まで貫通してた。

……いや、無事に完治したんだけどね。おまえ、何もそこまでバトルせんでもと真剣にオモタ。

270 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 14:36 ID:1w+vy8WI
>>266
ひどい!ひどすぎる!

271 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 15:01 ID:/afQNvy/
>>269
鷹か鷲に、襲いかかり飛びつく白黒猫の写真を思い出したヨ。


272 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 15:27 ID:1CFTtBWS
<野良猫のエサやり>

ちゃんと管理できる人ならいいけどさ、残飯を猫のたまり場にばら撒くだけの連中はマジでイラネ。
近くに住む飲み屋やっている馬鹿夫婦が最大の糞野郎。
粗大ごみは放置するし、人の敷地に入り込んで物は壊す。

注意すれば、動物愛護だなんだと喚く。
愛猫家でもネコババア、ジジイはウザイ存在。
対極の存在である>>266は神。

273 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 15:58 ID:QLU5s/D+
<野良猫の正しいエサやり>

買い物帰り野良っぽい♀の猫を見掛ける どうやらお腹がすいてそうな ふいんき ← (なぜか変換できない
  ↓
思わず手持ちのちくわを一本与えてみる
  ↓
うまそうに食べる
  ↓
あまりにもうまそうに食べるので 旦那なの餌のおかず マグロのさく 100g 650円もちぎって与える
  ↓
鳴き声をあげながら食べる (完食)
  ↓
感謝の挨拶、喉をゴロゴロならし擦り寄ってくる
  ↓
可愛いから 明日からは猫缶とカリカリを用意してこようと心に誓い 夕日を眺める
  ↓
それから2年後、その周辺一帯野良猫だらけに
  ↓
でも、猫好だから(゚д゚)ウマー


274 ::04/08/09 16:27 ID:z8b3vinw
>どうやらお腹がすいてそうな ふいんき ← (なぜか変換できない

「ふんいき」でやってみ

275 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 16:32 ID:xYHGEaJR
@地下鉄のホームに熊の人形を持ったオッサンが立ってた。
A犬が部屋の端を見つめる。
Bエアガンで殺したはずのゴキブリが30分放置してたらいなくなってた。
Cゲーセンでシューティングゲームをしているデブが弾を避けてた、
それ見てたらこっち見られた。

276 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 16:36 ID:5U4hoBkf
オッサンの人形を持った熊だったら怖いけどな。

277 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 16:56 ID:5HYyS8x+
ねらーはホント猫だいすきだな

278 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 16:59 ID:iNaOLX+e
>>274
そんな餌にクマー

279 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 17:00 ID:non+fLGi
熊の人形持ったオッサンって自分かもしれん。
ヤバイヤバイ

280 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 17:03 ID:ykGFai8j
猫を去勢しているくせに、私は猫を可愛がっているんです・・・なんて言い張るような愛護は本当に死んで欲しい。



281 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 17:46 ID:vj0oI1zG
おっと失礼、板を間違・・・・・アレ?

282 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 17:47 ID:whnV3nJh
小学校5年の頃の話。
午前中だけ学校がある土曜日(その頃は第二、第四土曜日だけが休みだった)の
午後から、同じクラスの友達6,7人と近くの図書館に行くという妙な
習慣があった。(別に勉強をするために行ってたわけでもないw)

ある日、図書館に行った帰り、帰り道に公園があるのを見つけて、
その日から私たちは、
図書館→公園(そこにある船みたいな遊具に登って怖い話をする)
というやっぱり妙な行動をするようになった。

そんなことを繰り返してたある日、いつものようにその公園で怖い話をしていると、
突然友達の一人が遊具から落ちた。
幸いケガはなかったんだけど、その日からその公園に行って怖い話をすると、
必ず誰かが遊具から落ちるようになった。(ちなみに私もその一人w)
しかもその遊具のある決まった部分に座った子が落ちる。
最初はみんな面白がって、
「そこ、呪われてるんじゃな〜い?」とか、
「次来た時は私が座ってみるー!!」とか言って笑ってたけど、
ある時、やっぱりその部分に座ってた子が頭から落ちかけて、
みんな本気で怖くなってそこに行くのは止めた。

今ではその時一緒に行ってた友達と、
「あれはなんだったんだろうね〜」
と笑い話になってるけど、よく考えたら怖い(苦笑)
ケガしかけてるのに懲りずに通い続けた私たちも怖いけどw

長文&文章ヘタでスミマセン・・・


283 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 17:58 ID:1CFTtBWS
>>273
市街地かい?
だとしたら近所で嫌われているよ。
軽く恨まれている呪われているだろうね。
土井中だったら問題なし。

284 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 18:12 ID:3Czv4P5T
>>282はもう少し恐い目にあったほうがいい
いいか、もし君が入院することがあったらだな
「○○○号室の○○だ! 用があるなら俺の病室に来い!!」
って言ってみな
夜部屋がギッシリになるから。

285 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 19:25 ID:Ph7t8v17
野良猫にえさを与えるとお礼にうんこしてくれるよ!

286 :本当にあった怖い名無し:04/08/10 06:44 ID:zcrGQ2Wm
↑ほんとに?
わ〜いわーい


287 :本当にあった怖い名無し:04/08/10 18:01 ID:LVvU72Lg
あれは今から20年くらい前のことです。
当時自動車整備工場で働いていた俺はその日仕上げる車の整備を工場長と二人でしていました。
工場長が”O君、この部品持ってきて”と言います。
はい!。2階の部品倉庫へ部品を取りに行く俺。

階段を上って事務所、その奥が部品倉庫。
事務所の横を通ったとき、”♪〜”と男の低い鼻歌が部品倉庫のほうから聞こえる。
あれ?工場には二人しかいないはずなのに誰か残ってたのかな?。
と、そのときは大して気にしていなかったのですが、倉庫の照明スイッチを入れたとたん
鼻歌がピタッっと止まりました。
”誰かいますか?”と聞く俺。返事はない。
6帖程度の狭い部品倉庫を見て回っても誰もいませんでした。
その工場での死亡事故などなく、同じような現象を聞いたこともありませんでした。
結局数年勤めて辞めるまでの間にそんな不思議な現象はあの日一回だけでしたが
いまだにあの日のことがなんだったのか、幻聴だったのか、謎です。

288 :本当にあった怖い名無し:04/08/11 10:16 ID:ciwjBOAf
青木さやかが週刊誌のグラビアに出てるー!!!
こ・・・怖いィィィィィィィィィィィィィィィィッ!!!!

289 :本当にあった怖い名無し:04/08/11 12:43 ID:5mP2kQP8
何年か前、がらがらのパチンコ屋でさ、客は俺一人なの、俺、スロットうってたのね
そしたらさ、誰もいないはずの007のシマからターンって告知音がなったの、みたらリールが赤く染まってるのね。7揃えたよ、で、流して帰った。


そんな夢を見た

http://www.freepe.com/i.cgi?mizuki1015

290 :本当にあった怖い名無し:04/08/11 13:01 ID:s578uE7b
>>288
こじんまりした清純派っぽい名前の人だね


291 :本当にあった怖い名無し:04/08/11 13:33 ID:WxVu+s7f
青木さやかは結構好きです。

292 :本当にあった怖い名無し:04/08/11 13:52 ID:p/mV8iV7
http://dir.yahoo.co.jp/talent/images/W04/W04-0537-0405.jpg

293 :本当にあった怖い名無し:04/08/11 13:56 ID:ubjv0iLD
>>288
不覚にも勃起してしまった。
結構ええ体してた…。

294 :本当にあった怖い名無し:04/08/11 15:33 ID:JLvkCzyP
>>292
いや、知ってるけどさw
オカ板貼るなよw

295 :本当にあった怖い名無し:04/08/11 21:07 ID:R4VcTndP
漏れは地方小都市に住んでるんだが、チャリで5分程の所に比較的大きな神社が有って、
時々お参りに行ったりする。
その神社は、著名な戦国武将が戦勝祈願に来たとか、歴史は古いんだが、田舎の神社
だから普段は誰も居らず、お守りとか買いたくても買えない。
昨日は、その神社の花火大会だったが、今日は人っ子一人居ないだろうと思って、
特にその神社方面には用もなっかたけど、買い物へ行くついでに、ちょっと遠回りして
寄ってみた。
すると、後祭の様な祭礼をやってて、珍しく社務所も開いており、お守りを購入する事
が出来た。
遠回りだから行くのは面倒だなぁと思いつつも足が向いたのは、呼ばれたのかもしれな
い…と思うと、ちょっぴり嬉しい。

296 :本当にあった怖い名無し:04/08/11 21:27 ID:YGdJdNei
>>295 いいお話しですね。

297 :猫ゴキ野郎:04/08/11 21:57 ID:22Rb/pvQ
久々にいってみようか、えぇ〜タイトルは知的障害者の母が、夜の街角で
春を売る話。まず俺の住んでいた団地は最低の人間達が住んでいたのは以
前にも話した通りだが、俺が小学生の頃に近所の別の棟にKという女が住ん
でいた。頭に毛が無くて、いつも帽子をかぶって学校へ来ていた。勿論俺
とKは校舎の廊下などではすれ違うことも無く、Kは大体の雰囲気で察する
と同じ小学校の特殊学級に通っているらしかった。Kのお母さんは結構良い
車に乗り、金回りが良さそうだった。そんな頃は家族三人だったのだろう
が、その内にどういう理由か夫婦は離婚して(知的障害者の娘Kが原因なの
か?その辺は不明)女で独りでKを育てているしっかりしたお母さんという
のが印象だった。俺の知る限りそのお母さんは、こんな暑い夏の盛りには、
決まって近所のどの家にも無いような大型の組み立て式プールを団地の草
の生えた庭に展開し、4〜5階の高さからホースをだらんと地上に垂らし、
そこから水を供給してKを遊ばせていた。小さな自転車にまたがり、そこに
通りかかった俺は「すげぇ」と圧倒された記憶がある。みんなもうらやむ
子供だった。俺が後から考えると、これがKのお母さんが、Kにしてあげら
れる精一杯のことだったのかなぁとも思う。


298 :猫ゴキ野郎:04/08/11 21:58 ID:22Rb/pvQ
月日は流れ、俺や同年代のガキ共がスーパーでアルバイトをしたりする年
齢になっても、Kは相変わらず帽子をかぶって路線バスに乗って、そっと何
処かへ行ったりしている様子だった。数年経ったそんなある日、俺は友達
と夜の繁華街で自動車に乗って、女の子をナンパしていた、すると、カラ
オケ店のPの前で別の仲間と偶然に合流し、そこで「一緒に飯でも食って
騒ごう!」という事になった。勿論ナンパ行為も込みである。すると、何
処かで見たおばさんが道行く人に「春いりませんか?」と言って声をかけ
て回っている姿が俺の眼に飛び込んできた。その姿は間違いなく、いつか
団地の庭で見たKのお母さんである。ナンパに意気込んでいた俺は、その瞬
間になんともやるせない気持ちになった、、、、。

肝心のKはそんな事を知ってか知らずか、今日も灰色の団地と向き合って、
剥げたアスファルトの道路を、道行く人に混ざって往復しているんだろう。
故郷を離れて10年近くになる俺には、団地の事情はよく聞こえてこないが、
ふとKはもう結婚したんだろうか?なんて思ってしまう時がある。保育園で
は共に遊んだ子供だった俺とK.。今は障害者同士が押し込まれた施設or職
場か何処かに押し込まれているのかも、、。まぁ俺も含めてだが、あの団
地の連中は、おしなべて不幸とダンスしながら、生きて行くように運命づ
けられているのかもね。障害者で無い俺には分からないけれど、決して障
害なんかに負けないで欲しいよ。

299 :本当にあった怖い名無し:04/08/11 21:59 ID:nMlUpCRe
青木さやかおもろい

でもグラビアは見たくねー

300 :本当にあった怖い名無し:04/08/11 22:00 ID:jtIsGqDD
比の結婚式で人肉 男性刺殺後、遺体を焼いて披露宴に
http://www.asahi.com/international/update/0811/010.html


301 :本当にあった怖い名無し:04/08/11 23:05 ID:pi8C00/M
十年以上前の話です。自称霊感ありで登山好きの友人が、雨の山道で女を車に乗せてやった。
しばらく走ると、もともと受信状態の悪かったラジオに一段とノイズが入り、どこを選局しても
ザアザアいうばかり。
人里に近づき、ふと女を乗せた後部座席をふりむくと女が消えている。そして突然、ラジオの音声が
戻ったそうです。

ここまではありがちな「車に乗る幽霊」のお話なんですが、その直後、友人は車を処分してしまった。
なぜかと聞くと「あの女、まだあの車から降りてないんだ。さすがに気味が悪くて」と答えた。
当の車が誰の手に渡ったのかはわかりません。

302 :本当にあった怖い名無し:04/08/11 23:09 ID:D0Dtsu0C
猫ゴキ野郎さん、ありがとう。
俺はあんたの話好きだよ。今回のはかなりやるせないが…。

303 :本当にあった怖い名無し:04/08/12 00:20 ID:7xUNTAmM
猫ゴキさんお久しぶり。
私もあなたのカキコが好きです。

304 :本当にあった怖い名無し:04/08/12 02:51 ID:Mt2vhRci
子供育てるのはそれだけ大変だって事だよね。

うちのほんのり恐い話だけど、父はやけに「結婚するな」と子供達に言う。
普通だったら嫁に行って欲しくないのかなとか思うところだろうけど、
これが違うんだな。

自分の人生を振り返って、結婚なんかするんじゃなかった。子供なんか
作るんじゃなかったと「反省」して、それを「教訓」として子供に教えてる
つもりらしい。子供四人も産ませておいて。

私達は若気の至りで産まれたのであって、必要だったわけじゃない。
孫も欲しくないそうだ。
金をせびるだけの孫なんかいらない、金は自分のために使うと公言。
金を溜めて、子供とも縁を切って、老後は外国で暮らすんだとさ。

それはそれで、自立してていいけども、子供の人生を無理矢理捻じ曲げようと
したりしないで欲しい。いくら自分の結婚が失敗だったからといって。
「遺伝子なんか残さなくていい」とか言ってるが、私達それぞれの子供達は
自分の遺伝子を残したいと思う人と出会うかもしれないのに、どうして
親の「遺伝子を残したくない」なんていう我侭に振りまわされなきゃいけないのか。

無視してますけどね。

305 :本当にあった怖い名無し:04/08/12 03:12 ID:Z1T6dmEs
>>297
ごめん どこが怖い話なのかわからない

あなたの話は、後味の悪い話とかのほうだと思うんだが

306 :本当にあった怖い名無し:04/08/12 11:03 ID:SOP9lVTS
>305
同意
ツマンネってことじゃないんだが、後味スレの方が向いてると思う。

307 :ぼんちage:04/08/12 19:54 ID:YP2DdL8U
僕が高校生の頃だったろうか、当時住んでいたマンションの近くで殺人があった。
犯人は25歳位の男で、殺されたのも同年代の女だったと思う。
死体はバラバラに解体、冷凍されていたらしい。
この事件がなぜ発覚したかというと、犯人が自分の部屋に火をつけたのだ。
ボヤですんだのだが、不審に思った消防士が冷蔵庫を開けると死体が・・・。
でも、頭部だけが無い。犯人は頭部だけ始末していたのだ。
発見時、犯人は錯乱状態だったらしい。
ひょっとして彼は何かに恐怖したんじゃないんでしょうか?
首の無い女が毎晩、自分の首を探して冷蔵庫を開けている姿とか・・・。

308 :本当にあった怖い名無し:04/08/12 20:06 ID:CN2A44d6
19歳の頃、深夜のバイトの帰り。午前2時の出来事です。

その日は雪が降り、路面が滑りやすい状態でした。
普段そんなに雪の降る地域でもないので、タイヤはノーマルでした。
日陰があり、道が緩やかなカーブになっている部分がありました。
軽くブレーキを踏んだつもりが、車は滑りだしそのまま田んぼにつっこみました。

次の瞬間、車がふわっと浮いたようになり。
田んぼと田んぼの間の道に車が止まりました。
エンジンが止まってしまったので、エンジンをかけ直しました。
ふと、窓の外を見ると左右の積雪が大きくえぐれ、
まるで何かが居たかの様な形になっていました。

私は何か不思議な力に助けられたのだと思いました。
同時に少し恐い気分になり、帰ってから仏壇に手を合わせました。

309 :猫ゴキ野郎:04/08/12 20:22 ID:ttu8VvCa
302.303<レス有難う。こんな下手な文を読んでくれてうれしいです(笑)
俺はオカルトとか霊とか、そういう次元での話も好きだが、現実に起こっ
ている事の方が、もっと怖いと思うんだよね。理想と現実のギャツプ。こ
の振幅こそが人生の醍醐味かも?なんて思っています。それはきれいな言
葉に代えると「真実」になるのかな、まぁ俺にはよく分からんが、、(咳)
まず、関西にある古い首都の○条通から○山に抜けた場所に○谷霊園とい
う超デカイお墓の団地みたいなのがある。国道○号線からも見えると思う
よ。確か将○塚の下辺りだと思うが、、。その場所には線香とか御供え物
等を売ったり、墓参りの道具を有償で預かったりして生計を立てている?
屋さんがいる(俺は彼らの職業名すら知らぬ馬鹿なので許して欲しい)俺
の母の墓もそこにあるんだけれど、なんせ道に迷うぐらい墓が多くて、墓
参りの度に難儀する場所だった。その?屋さんのおやじの話では、何十年
もこの墓の中で生活しているけれど「霊など一度も見た試しが無い」との
事。それと「夜に生きている人間に出会う事の方が怖い」のだそうだ。そ
れを聴いて以来、俺は霊なるものをあまり信じないようになった(笑)で
も、そんな事を言っていては、このスレとスレを愛する人に申し訳ないの
で、自分なりに怖い話を書こうと思ったんだよね。俺のはおおむね経験に
基づく実話かもしれないし、そうでないかも知れない。読んだら分かる?

304<レス有難う。色々読ませてもらったよ。ちと失礼かも知れんが、酒
でも飲んでいるのか?と疑いたくなるようなお父さんだね(苦笑)でも、
心配ご無用。きっとあなたの事を愛しているから、わざとそういう冷たい
言葉を吐くんじゃないかな?寂しいんだと思うよ。違ったらごめんなさい(笑)

俺の父親なんて、マジでセリエAクラスの人格破綻滅人間だから、、、。

実は母子家庭育ちの俺には、冷たい親父が居る。俺と母親を見捨てた男だよ。

おっと、この話はこの辺にしておこう、、、。

310 :本当にあった怖い名無し:04/08/12 21:18 ID:U3QUjAKj
>>308
手天童子の護鬼かい

311 :猫ゴキ野郎:04/08/12 21:24 ID:ttu8VvCa
そうそう、さっき見つけたが、君らへはこれを贈ろう!>305・306

http://streaming.yahoo.co.jp/program?k=bats00003

風呂上りに俺もひとつだけ見てみようかな、、、、(笑)

312 :本当にあった怖い名無し:04/08/12 21:35 ID:1zI4gkJa
>309
>墓に囲まれて生活していても霊なんか見ない人
そもそも霊自体、どこで生活(例えがおかしいな)しているんだろう。
ぼくの考えは身近な人の傍(つれあいであったり、息子や孫)だと思う。
基本的には仏壇(あるいは位牌)
でも、仏教的には黄泉の国から墓経由で家なんだよね。お盆限定で。


今日のテレビで娘三人を例の飛行機事故でなくした老夫婦が、山に登って
娘たちに会いに行くってやってた。
命日に限らず、春も冬も山に登る。
そして帰る時は『また来るよ』って声をかける。

彼らにとって、娘たちは永遠に山で暮らしているんだろう。
枯れ木が燃えた様(老夫婦談)になった娘たちは家にも帰れないのかな?
って思うと、ちょっとせつない。


313 :本当にあった怖い名無し:04/08/12 21:49 ID:tc27aehv
>>311
怖くて見られません。
>>312
…老夫婦、可哀想。

314 :本当にあった怖い名無し:04/08/12 21:53 ID:jRkJsm4M
>>309

>何十年
>もこの墓の中で生活しているけれど

“もこの墓”かと思ってしまった…
ワタクシ馬鹿すぎですorz

315 :本当にあった怖い名無し:04/08/12 21:55 ID:lUpVwuyP
仏教的に黄泉(≠あの世)があるかどうかは疑問だが
日本人の観念では「いつでも何処かで見ている」んだよな

316 :kjh:04/08/12 21:59 ID:qIzeq7zq
高校2年の時
俺がブックオフで立ち読みしてると
母親がYという男あてに送ったメールが俺に届いた
その中身というのが

件名 やだ〜Y
本文
体中に赤いぽちぽちというか、おひげのあとが出来て、赤くなっちゃった

血液型占いあたってるね、私を受け入れてくれないYって感じ
帰ってから寝た?私は寝てません
☆Yの○○(母親)☆


その翌年めでたく離婚しましたとさ
めでたしめでたし

317 :312:04/08/12 22:04 ID:1zI4gkJa
>315
そっか、黄泉≠あの世なんだね。
適当に書いてしまった。

草葉の陰ってのは仏教が入ってくる前の話? 後の話?
ぼくは特定の神様仏様を崇めるより、八百万の神の方が好きだけどね。
...ってスレ違いだな。


318 :本当にあった怖い名無し:04/08/12 22:15 ID:h9RFl0aN
>>313
稲川淳二の恐〜い話

319 :本当にあった怖い名無し:04/08/12 22:47 ID:C+9gPp1z
>308 突っ込んでいい?

>19歳の頃、深夜のバイトの帰り。午前2時の出来事です。
>日陰があり、道が緩やかなカーブになっている部分がありました。


320 :本当にあった怖い名無し:04/08/12 22:55 ID:CN2A44d6
>>310
すいません。それ知らないっス。
>>319
えと、日陰って雪降った時夜中アイスバーンになりません?
ちょい、文章が悪かったですね。スマソ

321 :本当にあった怖い名無し:04/08/12 23:03 ID:tc27aehv
>>318 Danke schön!

322 :猫ゴキ野郎:04/08/12 23:27 ID:ttu8VvCa
KJhさん<幸せだっただけに?気持ちは分かりますよ。俺が書いた事で
嫌な思いをさせてしまったのでしたら謝ります。いや、厳密には俺には
Kjhさんの気持ちは全部分からないけれど(汗)う〜ん、きっとKJhさん
のお母さんは若くて才能に溢れていたのかな。そして子供を持つには早
すぎた?KJhさんの吹っ切れたような書き方の裏側に流れる「困難を乗
り越えた人間としての強さ」を、俺は少しだけ文から感じとりました。
親の影響下で生きている頃は辛い事でも、親の影響下から離れたら、途
端に楽になる事は沢山あるので、長い人生、離婚とか家庭の事情で悩ん
でいる人には、希望を捨てて欲しくないなぁ〜と、、。

俺の場合、父親と母親は結婚する以前に関係が破綻していたらしく、俺が
出来たとき、すでに6ヶ月過ぎていて「中絶」できなかったんだよね。そ
の事を母親が歩道橋の上で父親に話したら「俺の子じゃない」と言ったら
しい。そこで裁判になり、、、、まさに泥沼だよね。尚、DNA鑑定かは知
らんが、ドイツの医学で俺が99%父親の子供であると確認されたので、
一応「認知」はされています。その時の認知に際して父親は「金銭の要求
をしない事」を条件としたらしい。某有名大学理学部の親父は、生活能力
の無い母親を見越して、用意周到に先手を打ったと・さ。さぁ残された赤
子の俺はどうなる? ←まぁこんな感じです。

323 :本当にあった怖い名無し:04/08/13 01:13 ID:LLxGS+u9
>322
スレ使い分けたら?
現実社会のお話と、いわゆるオカルト話と書き込むスレを分けるべきだと思うんだけど。

324 :本当にあった怖い名無し:04/08/13 01:43 ID:0G3HZGI5
こいつ荒らしだからブラウザでさくっとあぼーんした方がいいよ。
以前から登場しては誘導掛かってるのに一度も従ってないもん。

325 :本当にあった怖い名無し:04/08/13 02:02 ID:dgbCsLI/
もういいよ。
ここは怖い話をするスレッドなんだからさぁ・・・
だいたい、お前らオカシイと思う。
よっぱらいと基地害の溜まり場みたいになってんじゃん!!!!
│発喰らわしてやろうか?

326 :本当にあった怖い名無し:04/08/13 02:31 ID:h+KMVbxH
はぁ?病院行けば?

327 :本当にあった怖い名無し:04/08/13 03:36 ID:K62bHz13
マンションの水道水に砂のようなものが混じってた…
さっきシャワー浴びてて、水面器にたまってたのを見て気付いた。
気持ち悪いよー
古いマンションだから水道の水は飲まないようにしてたんだけど
沸かしてお茶飲んだり、氷作ったりはしてたんだよね…
そういえば氷作る時、たまに砂みたいのが入って
ヤカンのフタのサビでも落ちたかな?って捨ててたんだけどさ。
そういやフタは塗装が少しはげてたけど、錆びてなんかいなかったんだな…

何年か前はひからびた0.1mmくらいの幼虫みたいなのが出て来たこともあったよ…
お風呂にお水ためてたら、水面に何匹か浮かんでてさあ…
それで大家に言って業者に掃除してもらったのに、またかよ_| ̄|○

328 :本当にあった怖い名無し:04/08/13 05:40 ID:zPiCDYrK
>>302-303みたいなのがいるから糞コテ荒らしが調子づくんだよ。


329 :本当にあった怖い名無し:04/08/13 09:32 ID:GEUkVIMs
もういいからもまいらのんのりしる!
つ旦~~~

330 :本当にあった怖い名無し:04/08/13 10:37 ID:BXCxnPij
怖い話じゃなくて申し訳ないんですがちょっと不思議な事がありました。
自宅の2階にある自分の部屋でいつものように寝ていたんですが、明け方(時間は分からないけど薄明るくなっていた)ふと目がさめました。
まだ寝れると思って寝ようとすると外の方からパイプオルガンのような大正琴?のような音が聞こえてきました。
イントロっぽいのが終わると甲高いお婆さんの歌が始まりました。昔のラジオみたいな感じで遠いところから、しぼりだすような声でした。
怖いっていう感じじゃなくてただ「えっ?何?」って感じでした。そのうち1曲終わると2曲目が始まりました。
違う曲なんですが曲調は同じでした。少し早めのテンポで全体的に高めです。でもどこか暗くて聞いていたいと思うような曲ではありませんでした。
歌?が終わると急に怖くなって布団をかぶって寝ようとしました。でも怖くて結局眠れなくてずっと起きていました。
家族が起きてから皆に聞いて見ましたが、誰もその歌は聞いてないと言ってました。
夢ではないと思います。いつも静かな住宅地だしそんな時間に音楽を聞くような人は近所にいません。
怖くないうえにわかりにくい長文すみませんでした。

331 :本当にあった怖い名無し:04/08/13 11:09 ID:IXeBFSDV
あんまり怖くないが、事実です・・

4月に叔母が死んだ。おれは49日に法要に参加したが、初盆には参加出来なかった
(ちょっと早いが初盆の法要は3日前の10日に行われた。)母だけが参加した。
今日13日に帰ってくる予定が何故か昨日の昼に予定を早めて帰ってきた。
「早かったね。どうしたの?」と聞くと「とてもあんな家にいられないから
帰ってきた」と言う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
法要が終わった後母は叔母の家に泊まった。仏壇のある部屋に。
叔母の家は、農家で家自体は立て替えたのだが、間取りは伝統的な間取りだ。
座敷や土間や縁側がある伝統的な農家の間取り。結構広い。

でその晩、母は仏壇のある座敷に一人で寝た。叔母の家族はそれぞれ自分の部屋で寝た。
客としての母は座敷に寝るしかなかったので。
寝る前から何か異様な雰囲気があったという。うつらうつらしていると
台所で何か「どん」というような音がした。ついで廊下を誰かが歩く音がして、
だんだん近づいてきたそうだ。足音は座敷の前を通り過ぎ風呂の方へ行ったり、
また戻ってきたりウロウロしていた。しかし、誰もいない。ガラス障子だから
(戸に透明部分がある)誰かが歩いているとわかる。しかし足音はすれど誰もいない。
そのうち足音は壁をはい、天井をどたどた歩いたという。足音は
天井付近から聞こえついに座敷に入ってきた。母は数珠をまいてお経をとなえて
いたらしいがついに金縛りにあった。金縛りにあいながら、お経を唱え続けていたら
金縛りはふっと解けたそうだが、物音は一晩中続き、結局一睡も出来なかったという。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
母は今日もまだ数珠を手放さないで居る。

332 :本当にあった怖い名無し:04/08/13 14:52 ID:E7jcQ1bs
>>331
ほんのりスレでは、こういうお話が最適だと思います。
お盆にふさわしい、良い話読ませていただきました。ありがとうございます。

333 :本当にあった怖い名無し:04/08/13 15:29 ID:Tw1QNLUK
そうなんだよねー、大抵お客さんを泊めるのは使っていない和室で
お仏壇があるうちは大抵和室にあるんだもんね。
結構お仏壇のある部屋に一人で泊まるのは嫌って言う人多いと思ふ。

334 :もこ:04/08/13 15:53 ID:mhplFosL
>>325
もこ怒るよー

335 :本当にあった怖い名無し:04/08/13 16:59 ID:Hbop9l0x
この前パソコンの整理ということで、いらないファイルとか消してたんだけど
そのうちに「夢」というタイトルのメモ帳のファイルを見つけた。
自分はまったくそのファイルに覚えがなくて、前に書いたまま忘れた恥ずかしいポエムかな
とか思って開いてみたら、

図書館
おばあちゃん
男の子
海の上....(後は覚えていない)

と言う感じで文章はなく、ただ言葉が10個くらい羅列されていた。
なんだか意味わからなくて不気味に感じてすぐ消した。
妹に聞いても知らないというし、謎だ。





336 :本当にあった怖い名無し:04/08/13 20:12 ID:1lxU56da
>>335
夢に見た内容をメモったとか

337 :本当にあった怖い名無し:04/08/13 22:02 ID:pVQg4Y+A
>>335 もしかして、それは心理テストor性格診断の答えのメモじゃない?
問題に対して連想する答えを書いていくタイプの(さらに、それらの特定の答え同士から、連想する物を書いてくというのもある筈)。

338 :本当にあった怖い名無し:04/08/13 22:38 ID:dgbCsLI/
>>335
もしかしたらお父さんかお母さんのファイルかもしれませんね。
こういう事はよくあるので
だめもとでいいから両親に聞いてみてはいかがでしょうか?
よく分からないからといって消してしまうのはどうかと。。。
|回ゴミ箱から拾い出して文章を見せてみたらどうかな?

339 :本当にあった怖い名無し:04/08/13 22:58 ID:uUGmVrDz
>>338
やはり君が犯人だったか……

340 :本当にあった怖い名無し:04/08/13 23:19 ID:uwus9RP/
小さい頃なんだけど、
父方の田舎へ泊まりに行くと、夜中山の方から鉄を叩くような音が
カキーンカキーンと響いていた。
妹も聞えてたみたいで
「お姉ちゃん起きてる?あのカキーンって音なに?」
「鍛治屋さん」と答えておいた。

妹「なんで夜中にお仕事なの?」
私「夜涼しいから。」
妹「なんか近づいてきてるみたいだけどなんで?」
私「屋台なんだよ」
妹「どこ行くの?」
私「お得意様のところ」

自分もかなり混乱してたけど、姉の威信を保つ為
落ち着いてる振りして訳のわからないことを言ってた。

なんか音が本当に近くなってきて家の側の道路にいるように感じた。
流石に怖くなって
「布団かぶれっ!」と妹へ言って私も布団にもぐりこんだ。

音は今度は遠くなり無事寝つくことができたんですが、
なんだったんざんしょ?4〜5回そんなことがあった。
今は田舎に行っても聞えない。でも少し懐かしい。

駄文スマソ

341 :本当にあった怖い名無し:04/08/14 00:59 ID:8N2B0Lwv
お姉ちゃんカコイイ!

342 :本当にあった怖い名無し:04/08/14 01:21 ID:PjPAAtOu
>340
火の用心の見回りの人が叩く拍子木の音?

343 :本当にあった怖い名無し:04/08/14 02:28 ID:EG9iZgt4
>妹「なんか近づいてきてるみたいだけどなんで?」
>私「屋台なんだよ」

ワロタ

344 :本当にあった怖い名無し:04/08/14 06:08 ID:xwW41F3l
>>340
ワロタ
姉妹のやりとりがほのぼのしてて面白いね


345 :本当にあった怖い名無し:04/08/14 10:15 ID:V3ju322f
それほども怖くないのでこちらへ。

今の部屋に住みはじめて4ヶ月になるんだけど、住み出した当時から
気になることがある。それは、部屋のいたるところに猫かウサギのような
毛が落ちていること。数mm〜3cm位で、少しねじれていて、
細い毛。絶対に人の毛じゃない。

一人暮しで、当然ペットもなにも飼っていないし、そう言う毛のある置物や
ぬいぐるみなんか置いてない。しかし、掃除をしても掃除をしても、
どこからとも無く出てきて、パジャマ代わりのジャージや短パンに何本もついてくる。
きっと近所でペットを飼っていて、その毛が洗濯などについて
入ってくるんだろうと思って気にはなるが、無視してきた。

所で、つい最近、暑いのでリビングのカーペットをはがして、ゴザを敷いた。
ゴザにしてから、寝ようと思って静かにしていると、カサカサカサッ!って、
ゴザの上を走るような音がするようになった。
ゴキブリか?といろいろ用意したんだけど、電気をつけても、なにもいない。

ここ2週間くらい、電気をつけていたり、昼間でもカサカサが聞こえることがある。
ちょうど、ハムスターくらいの動物が走るような。

346 :名無しさん@( ・∀・)つ旦~:04/08/14 10:21 ID:DOGxYmzX
きっとネズミだYO
猫いらず設置しる

347 :本当にあった怖い名無し:04/08/14 10:30 ID:V3ju322f
>>346 IDが犬!
ゴキ疑惑のときに、部屋片付けたので、逃げ込む隙もないんだけど、
何にもいないんだよな。電気ついて明るいし、テレビを見ている時、
テレビとの2mくらいのちょうど真ん中当たりから音がすることも。

348 :本当にあった怖い名無し:04/08/14 11:13 ID:U8tABB1y
>>345
やっぱりネズミだと思うよ。
壁の中に巣があるんじゃないかなあ。排水口から上がってきたりするよ。

私は以前、エアコンの中に巣を作られたことあるよ。

349 :本当にあった怖い名無し:04/08/14 14:55 ID:8wm/jdeq
>>347
それはハムスターの霊だろ

350 :本当にあった怖い名無し:04/08/14 15:14 ID:JUF4XSOI
>347
前に「引っ越した先での恐怖体験」とかいうスレ(ごめんスレタイうろ覚え)で
野良ハムスターが、って報告結構あったよ。

351 :本当にあった怖い名無し:04/08/14 18:09 ID:k8wd1GLV
野良ハムっていい響きだ

352 :本当にあった怖い名無し:04/08/14 18:54 ID:ruQWBLq5
タイショーくんですね?>野良ハム

353 :本当にあった怖い名無し:04/08/14 19:11 ID:tRqhwepx
想像もつかないような小さな穴からネズミは侵入するらしい。
いま被害が増えているらしいですよ。
人を怖がらなくなったようだし、くまネズミ等、垂直の壁をちょっとした取っ掛かりでするするあがって
高層マンションの上のほうの階にも入りこんでいるらしい。
マンションのベランダにごみをおくのは御法度らしい。
ある意味ゴキブリよりすごい。

354 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 00:35 ID:/fSbnUB2
なんか怖い話ないの?

355 :354:04/08/15 00:35 ID:/fSbnUB2
すまん。意味不明な誤爆した

356 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 01:10 ID:6Q6x6jqy
>>355
どこらへんが誤爆なのかわからん

357 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 01:13 ID:2vuMr11I
時々ある事なんだが、たった今もだ。
上の階は住人が引っ越した後で、空き部屋になってるはず。
なのに人(子供?)が走り回るような音が天上から響いてくる事がある。
真夜中だから部屋を見に来た人でもない。外から見たんだが電灯は付いてない。
何なんですかこれ…気持ち悪杉ですよマジで…

358 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 01:16 ID:AkXlc+Hl
自分が一年位前体験したマジ話。

自分と友達2人でカラオケ行って、普通に歌ってた。
すると後ろから『ドン、ドン』と壁を叩く(?)ような音。
ちょうど自分達が座って背もたれにしてるところに震動が伝わってくる。
「隣の人らうるさいなぁ、はしゃぎ過ぎやろ」とか言いながらカラオケ続行。

したらしばらく静かになってたんやけど、また何回か間隔あけて『ドン、ドン』ってしてきたし、二人ともむかついて
「何なん!?チョットくらい静かにせぇよっっ(怒)」ってお互い顔見合わせた瞬間。
『ドンッッ!!』
ってゆう凄い震動とともに、一瞬壁がグニャっと曲がった。(ベニヤ板で出来てるみたいに。)
その瞬間背筋に冷たい感触が。二人で固まってた。
もちろんカラオケの壁は防音やし、叩いてもむちゃむちゃ固い。
即効フロント行って、会計した。

店出る直前店員さんに聞いたら、「そんな事なるはずない」って怪しげな目で見られるし、
ホンマ散々やった。

長文&駄文スマソ。

359 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 01:20 ID:hRZJW0sE
1/4
あまり怖くはないのですが、嘘偽りない実話です。

小学3年の夏休み、釣りが好きで好きで、毎日のようにじいちゃんと近所の小川に行っていた。
山に囲まれた田舎なんだけど、当時は水も綺麗で魚も沢山すんでいたものだ。

ある日、じいちゃんに教えてもらったとっておきの釣り場に行ってみることにした。
けどその日はなぜか一人でいったんだ。自分にとっては大冒険だった。
朝暗いうちから自転車を一時間位こいでいくと、お地蔵さんが見えた。
「ここが山への入り口だな」
自転車を置き、釣具と弁当を持って山の中へ続く小道を歩いていったんだ。

結構歩いたと思う。朝靄の中、一本道を進んでいくと水の音が聞こえた。
草むらを掻き分けていくと、川がそこにあった。
ポイントを決め、はじめると釣れるわ釣れるわ。無我夢中で釣りまくった。
お弁当を食べ、昼寝したあとも、面白くて一日中釣りを楽しんだ。

あたりは、もう薄暗くなっていた。バケツの中はもう魚であふれている。
「帰ってじいちゃんに見せてやらなきゃ」
そう思って帰り支度をはじめた時、今まで全く気がつかなかった周囲の異常に気がついた。


360 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 01:20 ID:hRZJW0sE
2/4
「なんか静かだな」
虫の声、風が木々を揺らす音、水の音。何も聞こえない。
「今、この山のなかにいるのは自分だけなんだな、、」
そう考えると、何故か急にものすごい恐怖感が湧き上がってきた。
支度を終え、もと来た小道へ戻ろうと斜面をあがって行き、ふと川の方を振り返ると、
麦わら帽子を被ったおじさんが自分がさっきまでいた場所に立っていた。

おじさんは、怒っているように見えた。俺の釣り場を荒らした奴がいる、という感じだった。
自分が何か悪いことをしたように思え、気づかれないよう逃げようとしたとき、何かに躓き転んでしまった。
ガバッと起き上がり、川の方を見ると、おじさんがじーっとこちらを見ている。
「まずいっ!」
急いで小道へ出て、早足でふもとの方へ歩いていった。

歩きはじめてすぐ、20m位後ろで、「おーいっ」という声がした。
優しそうな声だったが、自分は無視して歩いていた。
「待ーてよーっ」
口調が違う。聞いた瞬間にはもう走っていた。


361 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 01:22 ID:hRZJW0sE
3/4
10分くらい走っただろうか。立ち止まって休むことにした。
辺りはもう暗くなっていた。
「ふもとまであとどれくらいだろう、、」
月明かりで道は見えるが、逃げてきた方を振り返ると奥の方は暗闇で何も見えない。

息が整ってきて、さてそろそろ、というときに足音が聞こえてきた。
暗くて見えないが、確実に暗闇の中誰かが歩いてきている。
また自分は走り出した。
「おいっ!」 さっきの人の声だと気がついた。数m後ろまで来ている。
「ごめんなさい!」 と叫んで、走っているとき、その声を確かに聞いた。

「ころしてやる」

自分は全速力で山を駆け下りた。
あまりの恐怖にわけがわからなくなっていたんだと思う。このあとのことはほとんど何も覚えていない。
気がつくと家にたどり着いていた。


362 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 01:22 ID:hRZJW0sE
4/4
泥だらけで、夜遅く家につき、親に怒られたのはいうまでもない。
魚も全部なくなってて、じいちゃんに自慢もできなかった。

けど、その日あったことは誰にも言えなかった。
きっと言ったらもっと親に怒られると思ったからだと思う。
それからしばらくは釣りに行けなかった。
次の夏、じいちゃん死んじゃったけど、結局一度もあの釣り場に一緒に行くこともなかった。

いったいあのおじさんはなんだったんだろう?

最高に楽しかった思い出と、恐怖の思い出。
遠い夏の日の思い出。


363 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 01:25 ID:djQsONhB
ほんのりぢゃないぢゃないかあ(つд;)コワイ

364 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 01:26 ID:MhLlPeMR
トイレ行けない。・゚・(ノД`)・゚・。

365 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 01:35 ID:6Q6x6jqy
>>359-362
乙。こういうのスゲー怖い・・・

366 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 01:36 ID:mRZXk0Of
何これくらいでビビってんだよ。

だ、誰か一緒に歯を磨きに行かないか?

367 :逢魔ヶ時(1/2):04/08/15 02:09 ID:PILV/iGr
知り合いがタクシーの運転手やってるけど、怖い話とか実際あるらしいね。
で、これもその知り合いから聞いた話なんだけど。

逢魔ヶ時ってあるでしょ?
一番「魔」に遭遇しやすい時間帯だっけ?そう、確か夕方くらい。
その時間帯に、なぜか町に殆ど人がいなかった。
本来は儲かる時間帯なのにこれじゃ商売にならない。
一旦引き返すか…と思ったら1人だけお客さんが来たんだ。

どちらまでいかれます?
「…とりあえず出してください」
…えーと、目的地とか…
「………」
(なんか雰囲気がおかしいな…とりあえず走らせるか…)

かれこれ10分ほど道なりに走っているけど、お客さんは何も言わない。
こっちが話しかけても反応なし。
このままいくと市外に出ちゃうなぁ…どこまでいくんだろう…。

さすがに怖くなってきて、ダメ元で聞いてみることにした。

このままいくと市外に出てしまうんですよねぇ。
ここ、曲がります?

そしたらお客さんは クスッ と笑ってこう答えた…

368 :珠緒:04/08/15 02:10 ID:wcJcbeKH
>>359-362
ここはぁ
ほんのりと怖い話のスレッドですよ!!!!ぷんぷん!

369 :逢魔ヶ時(2/2):04/08/15 02:10 ID:PILV/iGr



「おう、曲がっとき」

















「おう、まがっとき」

370 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 02:23 ID:PILV/iGr
元々寒いけど間が開くともっと寒いヽ(`Д´)ノウワァァァァン!!

ということで>>368は怖い話すれ!

371 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 02:33 ID:hRZJW0sE
後日談

子供って楽しい思い出って強烈に印象づくんだよね。
中学二年になって、友達四人でもう一度あの釣り場へ行こうとしたんだ。
けどお地蔵さんはどこにもいなくて、結局行けなかったよ。
場所もうろ覚えだったし、じいちゃんいないから聞けないし。
残念というよりもなんか不思議な感じがした。


372 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 02:38 ID:djQsONhB
あ、あんた楽しかったんですか!!!!((((;゚д゚)))

373 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 03:59 ID:hF7UBXtG
おいおいおいおい、軽く覗いただけなのに恐いじゃねぇか。

しょうがねぇから俺のほんのりと恐い話してやるよ。

去年の夏の出来事。
俺は2週間の転勤でかなり地方の田舎村に行くことになった。
道に迷ってしまい、バスに乗り遅れてしまった。
雨が降ってきてしまい、誰もいないバス停で1時間以上待つハメになってしまった。

しばらくすると、傘をさして白いワンピースを着た高校生位の女の子がやってきた。
彼女は俺の隣に座ると軽く会釈した、
2人しか居なかったので場の空気が悪くなるのを恐れ、俺は世間話をした。
そうするうちに、何故か俺は酷い眠気に襲われていた。
数分だっただろうか、軽くうとうとしてしまい。
ふっ、と目を開けると隣に居たはずの彼女の姿はなくなっていた。

そして、一週間前嫁が急に変なことを言った。
あなたが車で出て行く時に助手席に白いワンピースを着た女が居たわよ。
一年前の彼女のことを思い出して、その日は恐くて眠れなかったYO!

374 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 04:58 ID:5KTe/X4C
1/3

霊の存在を否定はしないけど、幸い今まで怖い体験を一度もしたことが無かったから
特に信じている ということはなかった。
死ぬほど怖い話の保管庫とかは興味半分で読んだり、
TVの特集なんかは好きで見てしまうほうだった。 
だから、まさか俺が なんて思わなかった。

先ほど(午前2時過ぎ)コンビニへ弁当を買いに行った帰り道、
目黒通りで信号待ちをしていた。
真夜中で車の流れがほとんどなく、歩行者用信号は赤だったけど俺は渡り始めた。
中ほどまで歩き、全く車がいなくて遠くまで見通せる車道が珍しく、
ある種別世界的な感覚に包まれて横断歩道をノロノロ歩いてた。

横断歩道を渡りきる直前に、「こっち側」でも信号待ちをしてる人がいたことに気付いた。
その人は横断歩道の端っこに立っており、俺はもう片方の端っこ(自転車横断帯側)を歩いていたので
少し距離があった。
何となく視界の端で見た限りでは、何か黒っぽい服を着た女性のように思えたが、
全体がぼんやりとモヤがかかったように、影のかたまりのようにも見えた。
不思議な違和感を感じて、顔をややそっちのほうへ向けて見ても
信号の支柱の影のせいか暗くて顔が分からなかった。

375 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 04:59 ID:5KTe/X4C
2/3

するとその「影のかたまり」もこっちを向いたような気がして、ん?と思っていると
「フャーゥ」と声を出した。
何?鳴いた?猫の鳴き声?と不思議がってると、「影のかたまり」はすぅーっとこちらに近づいてきた。
その瞬間、体中の毛がブワッと逆立つような鳥肌が立つような感覚に襲われ、
コイツはヤバイと思い、反射的に猛ダッシュした。背後で「アーゥ」という、やはり猫のような声が聞こえた。
気持ち悪さを抑えつつ暫く走り、アパートに近づく頃には早歩き程度になっていた。
目の前の角を曲がるとすぐアパートの入り口がある所まで来て、正直ホッとした。

角を曲がった瞬間、息が止まった。 アパートの門の前に黒猫がいた。
再び体中の毛がブワッと逆立つような鳥肌が立つような感覚に襲われたが、
元来動物好きなため、不気味さはあったが猫を邪険に追っ払うというよりは
「チッチッチ」と舌を鳴らしてそっと近づいて「どいてもらう」方法をとった。
一旦はスッとどいたが、すぐに同じ場所に戻りこっちをジーッと見ている。
さすがに気味悪くなり、持っていたコンビニ袋でガサガサ音を立て追いやると、
アパートの横に逃げ込んだが尻尾が見えてる。
ふと気付くと、隣家との境のブロック塀の下側が通気のために穴あきのものになっており、
そこから俺を睨みながら「フャーゥ」と鳴いた。


376 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 05:00 ID:5KTe/X4C
3/3

その瞬間、さっきの「影のかたまり」の事を思い出し、慌てて家の中(1階)に入った。
ドアに鍵をかけた瞬間、外側でゴソッという音がしてカリカリと引っかくような音がし始めた。
足元ではない。肩の高さの辺りだった。ドアの外には何も台になるようなものは置いていない。
猫だったらあり得ない高さだ。恐怖心に駆られ部屋のほうへ逃げ込んだ。
部屋の突き当たりにあるガラス戸の戸締りを確認し、カーテンを閉めた。
直後、ガラス戸の下の方(デコボコして曇りガラスのようになっている)をガリッガリッと
引っかく音がする。
ドアの方では相変わらず高い位置でカリッカリッと引っかく音がしていた。


TVをつけ、やや大きめの音で気を紛らわし、震える手でなんとかこの文章を書いているうちに
いつの間にか音は引っかく音は消えていた。
俺、今日の午後お見合いがあって、ほんとは違う板に書き込む事を考えてたんだけど、
まさかこっちに先に書くことになるとは思わなかったよ。

皆さんの話に比べて全然怖くない上に、長くてスマンコ。

377 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 05:10 ID:hF7UBXtG
>>376
いや、恐いよ。勘弁してくれよ。

まあ、とにかくお見合い頑張れー。

黒猫ってのは霊的な話が多いから、化け猫とかの類かもね。
結構知らないうちに猫が死んでる場に居合わせたりして、
猫は死ぬ瞬間に見たものを呪ったりするから、
また同じようなことがあるようなら、お払いとかした方がいいかもしれん。

378 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 05:38 ID:lVs0IJV5
376 相手が明日の見合いの下見……
ガクブル

379 :376:04/08/15 06:31 ID:5KTe/X4C
下見……

ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタガクブル

ジョワー
(*´д`*) モ、漏ラシチャッタ・・・

380 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 08:50 ID:EPFQcFAi
なんかこっちのほうが、死ぬほど・・スレより怖いね。
>>379
きちゃなーい!!wwwとにかくお見合いがんがれ。

381 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 10:25 ID:lUStuoJ4
キャットウーマンでは?
お見合いの事を嫉妬している。

382 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 11:55 ID:Q0S3V2Um
黒猫ってのは性格良いの多いんだけどなー。色のせいで損してるよなぁ。


383 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 11:56 ID:mRZXk0Of
親戚の家に茶色の子猫が2匹と黒の子猫が2匹いたけど
黒は両方とも気が強かったな。やっぱそういうもんか

384 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 12:21 ID:DXpIUS/j
>>362
自転車は置いてっちゃったの?

385 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 12:49 ID:hRZJW0sE
>>384
自転車はちゃんと乗って帰ったよ。
水の入ったバケツをハンドルに引っ掛けて。

386 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 22:36 ID:wdIahYBF
>382 だいたい大人しいよね


387 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 23:12 ID:Gcoo17p6
うちも黒猫いるよ。
ガブガブ人の手を噛むけど優しい奴だ。

うちの猫と野良猫の喧嘩の仲裁に入って血まみれになったことあるけど
猫ってのは癒される。

388 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 01:23 ID:ynpSzk8D
おはつです。
怖いというか変な感じの体験です。
小学生の時、父親が心臓病で深夜に病院にかつぎこまれました。
秦野の山の上にある病院です。
緊急治療室に運びこまれたのが、多分0時過ぎ。
とりあえず、一命をとりとめ、母親と駆けつけてくれていた叔母は担当医に
呼ばれて同じフロアの別室に。おいらは廊下のベンチで待ってた。
(今、思うと、何で一緒にいかなかったんだろう・・・)
廊下の先を眺めていると、ストレッチャーがカラカラと通り過ぎていった。
記憶だと5mくらい先だったかな。座ってた場所からね。
顔に白い布かぶせた方が乗せられていました。
たださ・・・ストレッチャーって押しますよね・・・
おいらが見たのは廊下に消えていくストレッチャーだけだっさ・・・
(廊下を横切っていくとこを最初から見てました・・)
そのときは怖いとも感じなかったんだけど、母親と叔母が戻ってきたら
急に体が震え始めたのをいまでも憶えてます。
もう、おれもおっさんだから30年近く前の話です。


389 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 01:59 ID:fOmoOyJT
>>388
変な感じじゃないよー。十分怖い。
想像して ((((;゚д゚)))


390 :名無しさん:04/08/16 03:05 ID:lzsaaXH8
ちょっぴり恐い体験をしたので書き込みます。

一昨日のことなんですが、めずらしく帰りが遅くなり23時頃電車に揺られるはめになりました。
中途半端な時間のせいか車内は空いており、端席をゲットしてぼーっと携帯をいじっていました。
同じ座席の列の反対端に、何故かこんな時間に女子高生が3人座っていて騒がしく喋っていました。
するとその三人が
「え?ちょっとあれなに?」「は?は?は!?」「え?キャー!!!」
その声にびっくりして彼女達の視線の先を追うと何やら正面の窓ガラスを見て怯えている様子。
私には真っ暗で何も見えず、彼女達は隣の車両に逃げて行きました。
・・・でもすぐ理由解っちゃいました。
彼女達が見ていたのはガラス越しに写った私の隣の席だったようです。
彼女達と私の間には誰も座ってないのに、ガラスには腕のない首の角度が明らかにおかしい女の人が写っていました。
・・・気付いたら終点でした(ノд`)

391 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 03:12 ID:ZmfbXXU9
>>390
怖いですね

392 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 03:12 ID:sXDP02+v
ちょっぴり恐い体験をしたので書き込みます。

一昨日のことなんですが、めずらしく帰りが遅くなり23時頃電車に揺られるはめになりました。
中途半端な時間のせいか車内は空いており、端席をゲットしてぼーっと携帯をいじっていました。
同じ座席の列の反対端に、何故かこんな時間に女子高生が3人座っていて騒がしく喋っていました。
するとその三人が
「え?ちょっとあれなに?」「は?は?は!?」「え?キャー!!!」
その声にびっくりして彼女達の視線の先を追うと何やら正面の窓ガラスを見て怯えている様子。
私には真っ暗で何も見えず、彼女達は隣の車両に逃げて行きました。
・・・でもすぐ理由解っちゃいました。
彼女達が見ていたのはガラス越しに写った私の隣の席だったようです。
彼女達と私の間には誰も座ってないのに、ガラスには腕のない首の角度が明らかにおかしい女の人が写っていました。
・・・気付いたら終点でした(ノд`)

393 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 03:22 ID:ZmfbXXU9
2年位前、洗面所で歯を磨いていたら伏せてあった
マグカップがガサっと動いた。中に何かいるのかと思って覗いたが
なにもなかった・・・

1年前の深夜、寝ようとしたらテレビが勝手についた

394 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 03:24 ID:enRP1ujk
>>392
良妻になるのかとおもたらただの2重パピコか・・・

395 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 10:37 ID:hmt/0UPd
なんでID変わったんだろう?

396 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 10:37 ID:4ofSSGoH
>394
じゃあこれからレイプするから、窓ガラスの中の女を追い出してくれ。

397 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 11:56 ID:xORS4hp5
あんまり怖くないけど書き込んでみます。

修学旅行でのホテルの話。
3人部屋で、一人がシャワー浴びてる時にもう一人と駄弁ってたんです。
そしたら前触れも何もなく障子がガタガタガタガタと
まるで強力な地震が来た時のように揺れました。実際何も起きてないんですが。
「風かな?」と思ったんですが

部 障 ま
屋 子 ど

こういう造りになっていて、窓は閉まってました。
どう考えても物が勝手に揺れるとは考えられませんでした。

何だったんでしょう…?
ちょっと友達といっしょに唖然としてたんですが。

398 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 14:45 ID:A3cHyY84
障子がガタガタだけじゃ何とも言えないなー

399 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 16:09 ID:bidUeoL+
いいじゃん、ほんのり なんだから。

400 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 18:04 ID:jiFYxB9U
>>397
地震だよきっと
俺も経験ある

401 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 18:08 ID:9fY+TrBw
>>393
漏れも牛丼屋で味噌汁椀が勝手に・・・

402 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 18:14 ID:KWfiVkSh
汁椀って結構動くよね

403 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 18:25 ID:xmHxZDue
あの〜どなたか詳しい方いたらおしえてほしいんですけどおとといの夜中から紺色の着物を着たジイサンが部屋の隅で半分消えたり泣いたりしながら居座ってるんですが…この人どーすればいなくなってくれるんでしょうか?詳しい方お願いいたします。

404 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 18:28 ID:LAlS2OIL
>>403(((((( ;゜Д゜))))))と、とりあえず、
このあたりで相談してみては?
また、報告おねがいします。
身のまわりで変なことが起こったら実況するスレ47
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1092504263/

【実況/相談】珈琲しながら怖い話2【雑談/挨拶】
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1090615468/

405 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 18:29 ID:jiFYxB9U
>>403
塩持ってこい塩!

406 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 18:29 ID:fOmoOyJT
>>403
一つ質問。一人住まい?

407 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 18:48 ID:ElGDOUBa
1か月くらい前の午後11時ごろ、駅で切符買おうとしたら
二十歳くらいの男の人がススッと寄ってきて
「100円で良いのでお金下さい」
と言ってきた。
なんだこいつと思ってその人を良く見てみると、結構背の高い
ちょっと猫背ぎみだが、ジーンズに白いTシャツ姿の極普通の人だった。
私はなんて答えようか迷ってしまい、もたもたしているうちにその人は
無視されたと思ったのか、居なくなってしまった。

そんなこともすっかり忘れていた昨日の夜、家の近くの自販機でジュース買おう
として100円玉を入れたが、何回入れても戻ってきてしまって買えない。
返却口から取り出して入れて、取り出して入れてをしばらく繰り返した頃、
ふと、後ろに気配を感じた。
振りかえるとあの男の人があの時と全く同じように立っていた。
ちょっと猫背なところもそのままに。
驚いて声もでない私に向かって、
「その100円は・・・」
とだけ言うと掻き消すようにフッと消えた。
一瞬の出来事だったので私は気のせいと思い込む事にしたが、
なんか気持ち悪いのでその100円はコンビニで使ってから家に帰った。



408 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 18:51 ID:xmHxZDue
塩は部屋にまくのか?ジイさんにかけるのか?

409 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 18:52 ID:KWfiVkSh
>>407
寸借サギの幽霊?

410 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 18:52 ID:vgiSI9zx
>>408
なめるんだよ

411 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 18:55 ID:xmHxZDue
>>410

412 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 18:55 ID:/Z1TFrCJ
>>403
マジレスすると、お盆で帰ってきたのはいいけど、先祖がきちんとお返ししなくて
帰れなくなった霊だな

普通に供養すれば(ナスとキュウリで人形作って)いなくなると思う
無理なら来年までいるかもな〜

413 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 18:56 ID:xmHxZDue
なにもかわりませんけど…

414 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 18:59 ID:KWfiVkSh
ナスとキュウリの乗り物に乗って帰っていくご先祖さま・・・(゚ー゚*)

415 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 19:01 ID:NUmDNT+x
昨日の明け方4時くらいでした。
コンビ二に行こうと外に出ました。
外はまだ薄暗かったのですが、
向こうから白いTシャツを着た自転車に乗った人が近づいて来るのがわかりました。
しかし、良く見ると首から上がないのです。
いままで霊感のれの字もなかった俺も、
遂にこんなものを見るようになってしまったのかと
内心ドキドキものでした。
寝ぼけていたせいだと思いたかったのですが、オリンピックを見ていたので
寝ていません。
オカルト板で呪いのビデオとか怖い画像とか見ていたせいかなとも思いつつ、
もう一度良く目をこらして見ました。








黒人でした。


416 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 19:04 ID:xmHxZDue
直接ジイさん塩かけてみましたが変化ないです…あと部屋が妙に臭いんですけどなに?

417 :じいさん:04/08/16 19:08 ID:hmt/0UPd
>>416
何するんじゃ、びっくりして漏らしてしもたわい。

418 :赤木春江:04/08/16 19:12 ID:mOqBU6D3
ジョークだと差別発言だと思われんか?

419 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 19:19 ID:xmHxZDue
だれかなんとかしてくださいよ

420 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 19:26 ID:B8Heltdd
追い出そうするからいけないんだ。
まずは飲み物でもあげて、身の上話を聞きだせ。
じいさんだから茶がいいぞ。

421 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 19:32 ID:xmHxZDue
麦茶を置いてみたが飲まない…話かけてるけど無視されてます

422 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 19:38 ID:vgiSI9zx
>>421
いいかげんに空気読めや。
その手のネタにちょうどいいスレ逝け!

423 :406:04/08/16 19:43 ID:fOmoOyJT
んだよ。俺の質問スルーかよ。
まぁいいや、とりあえず写真撮ってupしてみ。

424 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 20:06 ID:mXa7wkeH
ていうか誘導掛かってんじゃん。>404
スレ違いだっての。

425 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 20:15 ID:9JZg0IFR
一昨年から大学の関係で一人暮らしを初めた。
実家では兄には部屋があったけれど自分と妹は
一緒の部屋を使っていた。
妹も自分の部屋が出来るって喜んでいて姉妹で
通販カタログを見てて、このカーテンは?
このバスマットは?時には家族でワイワイしながら
見ていて、少ない予算でもとても楽しくしていた。

そして東向きの下はコンビニになっているアパートを
見つけた。家賃も親の提示している予算がちょっと余って
水道代くらいにはなる感じだった。6畳と3畳(和室)の
2LDK。
つづきます。

426 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 20:49 ID:9JZg0IFR
つづきです

通販カタログで、カラフルな玉暖簾を見つけました。
和室っぽく使うのが嫌だったのでアジアンテイストで
行こう!と和室の入り口につるしました。

妹や兄や両親、友達なんかと鍋をやったり焼き肉したり
大学にいったりと毎日たのしかったのです。
5月の連休はバイトの為夜は一人で家に居る事が多くなりました。
今まで気がつかなかったのですが、和室の方で人の気配がします。
息を殺してこっちを見つめているような感じで自分も少しピリピリ
していました。コンビニにいつも人がきてるので、その気配だろう
と思っていました。
でも、ある日扱ったので軽く除湿をかけたので和室の襖を閉めました。
お茶を入れて借りて来たビデオでも見ようと襖の前を通ったとたん、
誰かが手のひらで玉暖簾をサラサラと音をたてて撫でたのです。
ビックリしてお茶をおいて襖をパーン!と開け放つと無人。
布団で寝ていたのでベットの下という物も存在しません。
親に訳を言わず、やっぱり寂しいと家に戻りました。
家族には「この、おこちゃまがぁ!」と馬鹿にされましたが、
気持ち悪いより良いです。
余り怖くなかったかも。ごめんなさい。

427 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 20:51 ID:9JZg0IFR
すいません
初め→始め
扱った→暑かった

すいません、バカでごめんなさい。

428 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 21:32 ID:vgiSI9zx
>>427
謙虚なのは感心だが、
落ち着いて書き込みを用意・再読するともっと感心。

429 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 22:18 ID:xORS4hp5
>>428
ずいぶん偉そうだな

430 :本当にあった怖い名無し:04/08/17 07:23 ID:+wRAdlGf
>>427
そんくらいの誤字なら、2chでのはやりみたいな感じでわざと間違えた
ままにしてるのかと思った。

431 :本当にあった怖い名無し:04/08/17 07:23 ID:k6Qz3Ji+
429
まーな。よく言われる

432 :本当にあった怖い名無し:04/08/17 08:17 ID:8o7IN5j9
いやでも文句出なかったからよかったものの
メモに書いてからうpってルールは守った方がいいかと

433 :本当にあった怖い名無し:04/08/17 18:01 ID:qi8q0X+S
昨日のことです。
時間は午後三時半頃で人通りも多く明るい時間でした。
帰ろうと駅に行くと男の人(四十代?)がタバコを吸いながら
自動販売機の横に立っていました。
誰かを待っているようでした。
私を見ると(まわりには誰もいませんでした)
タバコを捨て笑顔で手を振ってきました。
その人の格好が一昔前の若者みたいだったので
反射的に目を合わせないようにしました。
男の人はずっと笑顔で手を振り続けていたと思います。
はっきりとは見てはいませんが視界の隅に動いていたのが見えました。
通らないわけにはいかないところだったので
横を通り過ぎたとき男の人が囁きました。
「ずっと待っていたんだよ」
その後出来る限り早足で駅の中に逃げ込みました。
幸い追いかけられませんでした。
都市伝説でこんな話があったと思いますが
実際に体験すると怖くてたまりません。
その人はそこでは有名な奇怪な行動をする方なのでしょうか。
顔見知りでもありません。
笑い話になることを願っています。

434 :本当にあった怖い名無し:04/08/17 18:25 ID:vg1XBU/l
つい数時間前、自分で髪の毛をブリーチするためブリーチ剤を髪に塗って
ネットしてたら風呂から上がってきたオカンが来て「あんたさっき風呂場に来た?」
と言う。なんかオカンが髪洗ってたら遠くから私の声で「私もあとで入る、、、」
と聞こえたすぃ。私のテレパシーが通じたのか、それとも別の誰かが???


435 :本当にあった怖い名無し:04/08/17 18:40 ID:nPu22owb
>433 ずっと待ってたのに…


436 :本当にあった怖い名無し:04/08/17 21:20 ID:MgqWDCy6
>>433
一昔前の若者って格好が気になる・・・・
俺が高校生の時は外に出る時スーツにネクタイ、サングラスだったけどそんな感じ?

437 :433:04/08/17 21:21 ID:qi8q0X+S
>435 もしやあなたが…(((( ;゚Д゚)))
「ずっと待っていた」のは
1.服装と違和感が無い年齢(若者時代)から「ずっと待っていた」
あなたが若者の時私は赤子です。
2.ただ単に駅に来るまで「ずっと待っていた」
それなら名刺を出すなどしてほしかったです。

そして今日もいましたね…。

438 :本当にあった怖い名無し:04/08/17 22:18 ID:7FcGZ+rR
yahooのページ、上のロゴっていうのかな?
あれにオリンピックの競技のイラストがついてるじゃない?
それを見たときに あ、バレーのイラストだ。今日はバレーの試合があるのかな?
とか思ってたんですよ。
そしたら、バレー負けてたし、イラストがサッカーだった時も、サッカー負けてたし
思えばソフトも負けてたし。
で、今みたら、野球なの。
きっと野球負けるな。

439 :本当にあった怖い名無し:04/08/17 22:28 ID:wxSjq7vX
>>438
キュ−バ戦ですよね?ありえる・・・。

440 :433:04/08/17 22:35 ID:qi8q0X+S
割り込んですみません。
>436
服装から受けた印象が70年代でした。はっきりとは見ていませんが。
今日はサングラスをかけていました。明日もいるのでしょうか。

441 :本当にあった怖い名無し:04/08/17 22:42 ID:u97n8x0b
8月16日の深夜0時20分頃でした。
久しぶりに実家に帰りお風呂に入った後のことでした。
居間を歩いているとこもった声で((((((おかえり))))))と母の声がしました。
ちょっとびっくりしました。母は一昨年亡くなっているのです。
「おかあさん?」と思わず声が出ました。
隣の部屋には父が寝ており、母もその部屋にいつもいました。
その部屋からいわれたくらいにこもった声だったので、父の声を聞き間違えたのか?
そう思ってのぞいてみると、父はぐっすり寝ていました。
他の家族は2階にいたので、声が聞こえることはありません。
姉がいたら声は似ているとはいえませんが聞き間違えたかもしれません。
ですが姉は看護師をしており、この日は夜勤で不在でした。
とりあえず声の聞こえたところに戻って「ただいま」と言いました。
恐くはなかったです。母の声でしたから。
ちょうど母のことを思い出す出来事が最近続いたせいでそんな声を聞いたのかな。
そんな風に思っていたら少し泣けました。その日は居間に布団を敷いて寝ました。

442 :本当にあった怖い名無し:04/08/17 22:49 ID:NAKSarYB
16日は送り盆。
帰らずに待っててくれたのかな。

443 :本当にあった怖い名無し:04/08/17 22:50 ID:nPu22owb
>440 晴れたらね ♥ (゚∀゚)アヒャヒャヒャ
てか、マジに何度も声かけられるようならK察に相談したほうがいいかもよ。


444 :441:04/08/17 23:28 ID:jZ1X/EUF
>>442
実家は旧盆で7月が実際にはお盆なのですが、
私は7月には仕事の忙しさと体調不良で帰れませんでした。
8月のお盆にも帰ってきて私を心配して待っていてくれたんだと思いたいです。

自分の家に帰ったら、聞き覚えの無いおじいさんの声で
留守電に名乗らず「うちのばあさんおら〜ん?」とだけ、
間違い電話だと思いますが入ってました。
お宅のばあさんはおりませんが、うちのおっかさんは実家にいたわさ、
などとも思いました。

445 :本当にあった怖い名無し:04/08/17 23:43 ID:97/MYhUI
3、4か月ぐらい前、夜8〜9時頃に実家の親と電話してたら突然、
「ありがとうございました」と中年の女性のような声が割り込んで来た。
親もその声を聞いたらしく、「なんね?今の」と背筋が薄ら寒くなった。

何だったんだろう?


446 :本当にあった怖い名無し:04/08/17 23:44 ID:NAKSarYB
自分にも経験あります。
いつだったか、名前を呼ばれました。

447 :本当にあった怖い名無し:04/08/17 23:45 ID:NAKSarYB
446
>>444

448 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 00:22 ID:AtwWSbq8
ほんのりか死ぬほどか迷ったんだけども一応こっちに。
俺が唯一、霊というか不可思議なモノを見たときのお話をば。


学生の時分、俺がバイトしてた清掃会社にIさんという人がいてさ。その人は社員さんなんだけど。
俺もIさんもパチンコや麻雀が好きだったもんで結構仲良くなってね、たまに一緒に呑んだりしたんだ。
大体は安い居酒屋とかIさん馴染みの店だったけど、ある時Iさんのアパートで飲む機会があった。
バカ話しながらチーズ鱈やカシューナッツを肴にして焼酎飲んでるうちにIさんの背後にあるアルバムが目に入った。

俺「それアルバムですか?」
Iさん「んー? おお、そうだよ。見るかー?」
俺「見たいっス」
Iさん「あいよ。ほれっ」

別に男二人で野郎のメモリアル写真見てもしゃあないとは思うが、酒入ってたし。
実際、単なる記念写真ばっかだったけども酒入ってるとそれなりに笑えたりもするじゃん?

俺「うわはははっ! なんスかこの髪マッキンキンの人! ガラ悪ーー!!」
Iさん「すげえだろ? 校則で金髪って決まってたんだよ」
俺「ぜってー嘘っスよw」

そんな風にしながらアルバムを肴に笑ってたんだけど、そのうちIさんが思い出したように言ったのよ。

Iさん「●●(俺の名)おまえ、心霊写真って見たことある?」
俺「無いっスけど……えっ? もしかしてこの中にあんの?」
Iさん「ある。探してみ? 当たったら所長におめーの時給上げてもらうように話してやる」
俺「うっしゃあ!」

一枚一枚丹念に見てみた。でもそれらしい写真なんか全然見つからない。そんでとうとう降参。 

449 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 00:23 ID:AtwWSbq8
俺「無いっスよ。どれなんスか?」
Iさん「んーとな……おお、これこれ」
俺「……?」

単なる結婚式の写真が何枚か貼ってあるページ。ようやく髪の色が落ち着いたIさんももちろん写ってる。
その中の一枚。多分二次会かなんかだろう、新郎新婦らしい人を囲むIさん達の写真。

俺「どのへんが心霊写真なんですか?」
Iさん「左から二番目にちょっとケバい女いるだろ。そいつの後ろ、よーく見てみな」

見てみた。後ろって言っても、いかにもスナックらしい鏡張りの壁にその女の顔が映ってるだけ。

俺「やっぱなんもないッスよ。この女の人が霊ってこともないでしょ?」
Iさん「あのな。その女ってさ、新郎の昔の彼女だったんだよ。いろいろあったけど新婦の友達でもあるから
    呼ばないわけにもいかなかったらしくてさー……そしたらその『顔』だ。参るわ、マジで」

顔? 顔って? ニコニコ笑いながら新郎と新婦を見て……。

うわああああああああああああああああ

俺「…………何これ。何なんスかこれ!」
Iさん「いや、そんなモン俺が聞きたいくらいだ。怖いよなあ……」

ニコニコ笑ってるその女。すぐ後ろの鏡に映った顔は、ぞっとするような冷たい無表情だった。

……酔い、醒めましたw つうか怖くなってその日は泊めてもらいました。 

450 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 00:39 ID:RkXAM87W
>>449
う・・・うpできませんか?!

451 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 00:54 ID:G7bVOXEJ
>>445
よくあることだよ。しょせん電波だからな

452 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 00:58 ID:FJD7Yab9
>>449
その女性は横向きだったわけ?
カメラに向いてる方の顔はニコニコ、鏡に映ってる側は無表情?
アシュラ男爵状態だったのか?(アシュラ男爵がわからない場合はお父さんか
お母さんに訊いてくれ)

453 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 00:59 ID:dlVti+Oo
おかあさんじゃわからないと思います


454 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 02:05 ID:G3yHm02D
よくわかりませんが、アシュラ男爵の画像置いときますね。
ttp://www.gasyapon.ne.jp/jpg/zk01_01.jpg

455 :おむつ:04/08/18 02:12 ID:gNydxAJw
この前飼い犬に「ワンっ」ってほえられて
それがなぜか俺には「おい」って言ったように聞こえて
「ぎゃああああ犬が・・・しゃべったぁ!」
ってなった

456 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 03:03 ID:GKC1eRiV
>>454
ジローちがうだろ・・・

お仕置きとして、笛吹いてやろう。

457 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 04:28 ID:mNewG2P2
俺の経験したちょと怖い話

俺は一年間の浪人生活を経て田舎の大学に進学し下宿生活をはじめた。
信じられないぐらい田舎にある大学で、周辺には無人駅と田んぼしかなかった。
そこの大学で同じ一年生の親友Aとサークルで出会った。
Aとは特別仲が良いと言う仲ではなかったが、Aが自分がバイトしている所を紹介
してくれたため、バイトを通して俺たちの仲は親友とよべるぐらいに深まっていった。

夏休み。俺は浪人時代にとれなかった車の免許を取る事と車を買う為のお金を稼ぐ為に
地元に帰らずにバイト漬けの生活を送っていた。
努力のかいがあってか
8月の前半には車の免許をとり、8月の後半には安い中古車を買う事ができた。

9月に入っても地元には帰らずに大学が始まるまでバイトに通う日々が続いた。
9月のある日、俺と親友Aはバイトを終えて酒を飲みに行く事になった。
俺は親友Aを乗せて駐車場のあるバーに入った。そこで朝まで二人で飲み明かした。

俺たち二人は酔いも覚めた朝5時ぐらいに車に乗り込んだ。
俺は酔いは覚めたが意識がもうろうとしていて運転に不安があった。
だが、このへんの地理に詳しいAが隣にいたので頑張って運転する事にした。
助手席のAは眠気と疲れの為、はっきりとした道案内をしてくれなかった。
俺も適当に行けば家に着くだろうと思い来た道を戻ろうとした。

しかしどうもおかしい。明らかに道を間違えて人里離れた所へ来てしまった。

458 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 05:05 ID:mNewG2P2
「道間違えちゃったかな…」
俺は助手席で半分眠っていたAを起こした
するとAは目を開けた瞬間、急にとびあがって俺に尋ねた
「お前バーからどっちに走った?」
適当に走らせたよなどと俺は答えて、やっぱり道間違えたのかななんて思った。
Aはとりあえず戻ろうと言い蒼ざめた顔で道案内をはじめた。
だが、地元の地理に詳しいはずのAが突然道が分からないなどと言いはじめた。
Aが言うにはここらへんには立ち入ってはならない地域が存在し
Aも子供の頃から決して立ち入ろうとは思わなかったようだ。
俺たち二人はとりあえず大きな通りに出ることを目指して車を走らせた。
辺りには民家と田んぼがあるだけで車を進めるうちにどんどん狭い道になっていった。



459 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 05:06 ID:mNewG2P2
そしてやがて行き止まりに突き当たり、しょうがなく俺はバックしようと思い
ギアを「R」にいれてバックした。
そして再びギアを「D」に入れて車を走らせようとした
しかし、どんなけアクセルを踏んでも車は走らない。
俺は動揺してもう一度ギアを「R」にいれてからもう一度「D」に戻した。
しかし車は動かない。俺たちは完全にパニックに陥ってしまった。
だが車が走らないので、どうしようもなく少し落ち着こうなどと話していた。
すると一台のバイクが民家に入って行くのが見えた。
時間的に新聞配達の人かなと思ったが、その人はスーツを着ていてどうみても
郵便配達の人にしか見えなかった。
「こんな時間に郵便配達?」
俺は不思議に思い何度も目を疑った。
そう思っているとそのバイクに乗った人が民家からまた出てきた。
今度は目の前を通った為はっきりと郵便配達の人だと確信した。
俺たちはビビっていた。
早く家に帰ろうと思い車を走らせようとした。
今度は車は走った。
丁度スピードに乗り始めようかというところでまたバイクが前方からやってきた。
郵便配達の格好をしていた。今度はさっきより速いスピードでやってきた。
すれ違った瞬間、その人の顔を見たがそれはもう言葉では表せないような顔をしていた。
バイクはさっきと同じ民家に入って行った。
俺は怖くなって車を走らせたが、後ろからバイクがまたやってきた。
俺はスピードをあげた。
しかしそのバイクは俺たちの後を追う様に着いてきた。
逃げるように真っすぐ進むと森の中に入って行ってしまった。
真っ暗の森の中、俺は気が狂ったかのように車を走らせていた。
バックミラーにはあのバイクがずっと映っていた。
本当に死ぬかと思った。

終わり。あんまり怖くないかな



460 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 05:19 ID:GKC1eRiV
(まいったなあ・・・)

461 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 07:12 ID:X31DxNlv
やっぱり、「ほんのり」の方が怖い。

462 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 09:00 ID:vQSr1Dzy
>>449
怖くて二度寝できねぇよ

463 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 10:12 ID:OW2kfoYE
そうか?稚拙すぎてむしろ面白いぐらいだが。

464 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 16:42 ID:0xiZn/5J
>>438
外れたな

465 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 16:52 ID:tMbug5aV
>>464
野球は別格だよ。
勝つか負けるかを予想するのではなく、どんな勝ち方をするか予想する競技だからね。

466 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 17:05 ID:GKC1eRiV
(予想する競技・・・)

467 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 17:19 ID:DIPP5dsY
昔の実家はとても古い家で、襖と障子で仕切ってあるだけで
壁があまり無いような感じでした。
その障子や襖が、よくガタガタと震えてるような音が
する事があったんですが、前の道に大型のトラックでも
通って揺れたんだろうと思って気に留めてませんでした。
中学位の時に一人で留守番してる時に初めて揺れてるの
は一枚だけだと気付いてちょっと怖いなぁと思ったけど、
それ以上の現象は無かったし気にしない事にしました。
何年か前、家を建て直して「きれいになったよね〜」と
兄と話してて、そういえば・・・と震える襖の話をしたら
「お前も気付いてたのか?」とびっくりして、
「誰にも言わなかったけど、ある日本を読んでたらちょうど
 背中の位置の障子がガタガタ震えだしたんで、ウルセーって
 言いながら手で障子を押さえたら、すごい力で押し返されて
 障子がたわんだ拍子に、横の障子との隙間から子供の小さい
 手がチラッと見えたんだ・・・」
と話してくれました。
その後はガタガタしてても押し返したりしなかったらしいです。
今の家では別に変な現象はないみたいですが、あのガタガタしてた
戸の向こう側には何がいたのか・・・とちょっとゾクっとしました。


468 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 17:23 ID:dlVti+Oo
あぁ… ザスキワラスだったのに もったいない
このあとは没落するだけだね (藁


469 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 17:24 ID:D7pviQMX
>>467
申し分なく、ほんのりと怖い

470 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 18:16 ID:vQSr1Dzy
>>ある日本を読んでたら
ここの読み方を間違えてちょっと詰まった

471 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 18:22 ID:70+idch/
同じく。すぐわかったけどね。

472 :a:04/08/18 22:39 ID:fir3FJOl
同じく

473 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 23:14 ID:bMUw566S
「あるイルボンを読んでたら」でいいんだよね。

474 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 23:44 ID:E7syywHY
「洒落にならない」よりも「ほんのりスレ」の方が
コワイ話多いよね。
ここは控えめな人が多いね。

475 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 23:56 ID:S/7BYmKl
今 帰宅するときに 隣家の脱走中の犬に頭突きされた。
意味不明だし、 犬に頭突きされたことなんて初めてなので
びっくりするというより 怖かった。

476 :本当にあった怖い名無し:04/08/19 00:12 ID:wKzu8seR
今風呂入ってたら不気味な笑い声がして振り向いたら
次の瞬間窓の横をドタドタドタとノースリーブらしき男(10代)が駆け抜けて行った…
窓の外は家と家との間で人が通る道じゃないのに
(((゜Д゜;)))ガクブル
見つけたらヌッ頃す

477 :本当にあった怖い名無し:04/08/19 01:34 ID:mPuIEVWe
>>476
すまんな、急いでたもんで。

478 :本当にあった怖い名無し:04/08/19 01:53 ID:0unPt/1M
>>476
漏れそうだったんだよ

479 :本当にあった怖い名無し:04/08/19 02:19 ID:LmeDjgJO
>>476
メンゴメンゴ、笑っちゃうぐらいアレな裸だったもんで、つい。

480 :本当にあった怖い名無し:04/08/19 02:19 ID:3EGC6BTO
>>476
いきなり振り向かれたんでこっちがびっくりしたよ

481 :本当にあった怖い名無し:04/08/19 06:20 ID:NTZRqfen
>>476 オパ-イ小さかったけど(;´Д`)ハァハァ しますた。


482 :本当にあった怖い名無し:04/08/19 08:46 ID:2eJZAYXp
>>476
大人気ですな。
と言うか>>477-481全員がノースリーブだったのか…

483 :本当にあった怖い名無し:04/08/19 10:16 ID:LUDTh87r
ノースリーブにジーンズ、頭にバンダナ、指なし手袋、重そうな紙袋。
トレンディ・ファッションですな。

484 :本当にあった怖い名無し:04/08/19 11:25 ID:sN5Xs9ts
今週月曜日に経験ほやほやのほんのり話を・・・

私と夫は大友最新アニメ「スチームボーイ」を六本木ヒルズで観たあと、
ぶらぶらと散歩をしていました。
夫「ここには昔、ハートランドのつた館があったんだよなあ」
私「うん、池と庭だけだね、残っているのは」と、昔話をしながら。

麻布トンネル側の石造りの階段脇下を歩いて、ふと手すりに目をやると、
男の人の手が階段を昇っていくのが見えました。最初は夫の手かと思ったのですが、
方向も手の向きも違うし、第一、そんな長い腕は夫は持っていません。
「あ、他の人か」と思い直しました。
それにしても手しか見えないんで、どんな格好で階段を昇っているのかと、
階段下に来て振り向いたら、誰もいなかった。

私「あれ、誰もいないや」
夫「何が?」
今、見たことを説明して「ちょっと確かめてくるね」と戻ろうとしたら、
「頼むからやめてくれ」って、ビビリ顔の夫に止められました。

あれはなんだったんだろう。手だけのゆうれい?
それにしてもずいぶんはっきり見えたなあ。
                       

485 :本当にあった怖い名無し:04/08/19 12:44 ID:TsbfKj5Q
それでそれで?

>夫「ここには昔、ハートランドのつた館があったんだよなあ」
>私「うん、池と庭だけだね、残っているのは」と、昔話をしながら。

↑この部分はなにかの伏線なんだよね?

486 :484:04/08/19 13:45 ID:CU9MGbnc
いや、伏線もなにもナイ・・・w

ただ、「つた館」のトイレとか店内にゆうれいが出たという噂は
ありましたけど・・・・
池もいわく因縁はありましたね。とにかくヒルズ全体が、妙なとこだということです。



487 :本当にあった怖い名無し:04/08/19 17:36 ID:cb3V6/Og
六本木のキャバクラでバイトしてた時、初台に安アパート
をかりてチョイ乗りバイクで通勤していた。
深夜、店がひけてから客と御飯たべにいって午前2時頃
店の前に止めてあったバイクで帰宅途中に青山霊園を通った。
信号で止まっていると6才ぐらいの少年が手をパーに開いて
シュタシュタ全力疾走していった。
ふーん。って思ったが信号が変わったので走り出して
深夜、大人でも怖い人気のない墓地に少年が一人でいるはず
ないと気がついて鳥肌がたった。

488 :本当にあった怖い名無し:04/08/19 18:57 ID:u/xFT55W
手をパーに開いて疾走ってとこがポイントだな
陸上選手?w

489 :本当にあった怖い名無し:04/08/19 19:56 ID:cb3V6/Og
黄色い帽子が似合いそうな年頃の子でした。
全面に笑みを浮かべて楽しくてしょうがないって感じです。

もしかして、これは仮想なんですが、若くして重篤な病気で
歩く事もままならず儚くなった子なのではないかと。
なんか、うわ。走れる、もっと走れる、超走れる!
って感じだったので。

490 :本当にあった怖い名無し:04/08/19 20:22 ID:4wwSO/oo
走れるなんて凄すぎる。
がんばれ。超がんばれ。

491 :本当にあった怖い名無し:04/08/19 21:19 ID:y4Eahmpc
夢遊病とかかもしれないな

492 :本当にあった怖い名無し:04/08/19 23:04 ID:UnpjsQmZ
ほんのり恐かったんではなく、ただひたすら疲れた話ですが。

数年前、普段滅多に使わない路線の地下鉄に乗っていた時のこと。
少し込んでいて、私は立って本(海外の怪奇短編小説)を読んでいた。
2つ目くらいの駅を出たところで、突然立っていられないくらいに気分が悪くなった。
同時に、ドスンと誰かにのっかかられた気配。
ヤバいなーと思っているうちに脂汗がガンガン流れ、額が冷たくなるのが解る。
このままでは倒れると思い、次の駅で降りてホームにへたり込んだ。
数本電車を見送ったころようやく回復し、電車に乗った。
電車が動きだし、再び気分が悪くなる。
次の駅で降りてへたり込み...を繰り返し、このままでは埒があかんっと思い
念じてみた。
「空の見えるとこまで一緒に来て良いから、もうちょっとおとなしくして」
その後、のっかられた気配はそのままながらなんとか電車に乗ることが出来、
目的地に着いた。
「はい、外に出たよー。好きなとこに行けるよー」
って思いながら自分の肩をパンパン叩いたら、すっと体が軽くなり、
それまでの気分の悪さが急に消えた。
30分程度の距離を倍以上の時間かけて移動したお陰で、非常に疲れました。

特に体調が悪かったわけでもないので、乗り物酔いしたとも思えません。


493 :本当にあった怖い名無し:04/08/19 23:10 ID:YgXQDc8T
>>492
小説読んでると、方向感覚を失うから。気分悪くなったんだと思うよ。


494 :本当にあった怖い名無し:04/08/19 23:11 ID:KAaiQ5OZ
何言っているんだッ!!\(゚∀゚)ノそれじゃこのスレの意味がないだろ


495 :本当にあった怖い名無し:04/08/19 23:18 ID:YgXQDc8T
>>494
わかった、俺が怖い話を一つ。

俺がコンビににいって踏み切りで待っていると、向かい側に
老婆が四つんばいになっているのが見えた。やばいと思って目を逸らそうとしたが
目が合ってしまった。と同時に電車が通過。
電車が通り過ぎた後は、老婆はいない。嫌な予感がしたが踏み切り
を渡る事にした。すると・・

老婆が四つんばいになって、物凄い形相で追いかけてきた。

僕は生きた心地がしないまま全力疾走で逃げた。
自宅玄関前でふと、後ろを振り返ると・・


496 :本当にあった怖い名無し:04/08/19 23:23 ID:UnpjsQmZ
>>493

冷静かつ沈着なレス産休。
しかし電車でいつも本を読むけど、そんなふうになったのはこの時のみ。
あーでも、何でも霊現象と思うより、493みたいに考える方がいいですねー!

ちなみにこの時の本、どこで読んでも何かしら妙なことがあったので、
きっと偶然だとは思いつつも捨てました。

497 :本当にあった怖い名無し:04/08/19 23:34 ID:YgXQDc8T
>>496
>しかし電車でいつも本を読むけど、そんなふうになったのはこの時のみ。
めったに使わない路線を使ったからじゃないですか?

>数年前、普段滅多に使わない路線の地下鉄に乗っていた時のこと。

副交感神経(心臓の鼓動や、意識で制御できない神経)
が、ストレスやバランスが乱れると吐き気や気分が悪くなることがあるよ。

私の場合も、急に電車で気分が悪くなったことがある。
脂汗だらだらで、立っているのもやっと。でも電車を降りてしばらくすると直った。

全てが霊の仕業じゃないかと、そういった気の持ちようで
呼びもしない本当の悪霊を引き寄せる場合も有るかと。



498 :本当にあった怖い名無し:04/08/19 23:45 ID:MPSE67I6
>>497
仮に>>492で語られている異変が、
ごく純粋に生理的な作用とその不快な反応だったとして
(実際そうなんだろうけど)、
>>492氏は最終的に「肩をパンパン叩」くことで、
文字通り“掃った”ってことですよね。

なんだかよくわかんないけれど、
不都合だったり不愉快な異変を、
「霊」ってことにして、最終的に復調に至っているわけで、
これこそが「憑き物落とし」のコンテクストなんだなあと感心。

しかも、自力でってところがある意味健全。

499 :本当にあった怖い名無し:04/08/20 02:22 ID:mUdn12hA
以前、建設関係で働いてたんだけど建設工事にまつわる話は意外に多い。
そんな工事現場の"井戸"にまつわる話。

「井戸には水神様がいるから埋めちゃいけない」って話をまた聞く。迷信みたいな話だけど、
建設現場では暗黙の了解で、むしろ役職が上の人間ほど信じてる場合もある。

ある時、設計上どうしても井戸の上に鉄筋コンクリート製の建物を建てなきゃならなくなった。
工期を遅らせる訳にもいかず、とりあえず井戸は埋めずに壁と2Fの床(天井)の型枠を作り作業を進めることにした。
床の高さは地面から3〜4m。床下と床上で十名以上の作業員が数十トンのコンクリを流し込む作業をしていた。
その時どこからか「ミシ・・・ミシミシッ」と音が。ハッと気付いた現場監督が「ヤバイ、逃げろ!」と叫んだ瞬間、
「ドドドドドド・・・・!!!」と物凄い音と共に床が崩れ落ち、数トンのコンクリが一気に流れ出した。
全員、間一髪で避難したので巻き込まれて怪我をした人はいなかったが崩れ落ちた天井の下を覗いて見ると
そこに例の"井戸"が。一歩間違えれば死亡事故に繋がる所だった。

判りづらくてスマソorz


500 :本当にあった怖い名無し:04/08/20 03:26 ID:lOvZD1or
先日の盆休みで実家へ帰った時の事。
最近買ったばっかの新車でぶらぶら流してたら、町へ抜ける山道で母親の
車とすれ違った。家に戻ってしばらくしたら母親も帰ってきてこう言った。
「さっき神社の前ですれ違ったよね? 助手席に乗ってた○○ (俺の弟) は
もう帰ってきてたの?」

弟はその翌々日帰省する予定だった。いや、それ以前に、あの時乗ってたのは俺一人なんだが…
母親は絶対乗ってたって言い張ってる。幸い弟も俺も車も今んところ無事です。

501 :本当にあった怖い名無し:04/08/20 04:41 ID:aT//Xd1T
>>499
判りづらいのは、2階の床=1階の天井の入れ替えが頻繁だからです。

まずは、語り手(あるいは現場監督)のいた場所を基にして、
床なり天井なりで一元化することです。

ただこの話は、事件の由緒を冒頭で開陳しているため、
整理すればするほど恐怖できなくなっていきます。

 例:5行)
 「井戸には水神様がいるから埋めちゃいけない」ってよく聞くけど、
 ある現場で、工期押せ押せだったんで井戸の上に建物作り始めたんですよ。
 ところが2階の床をふくとき、型枠が崩れてコンクリ数トン流出。
 奇跡的に怪我人は一人も出なかったんだが、
 その崩れた場所がちょうど井戸の真上・・・。

万全の作業だったのに事故が起きて、
よくよく調べたら、井戸埋める形でした・・・みたいな展開だと、
ちょっと不気味な後味になるかもね。


502 :本当にあった怖い名無し:04/08/20 10:41 ID:su6C3WpW
このニュースがほんのり怖かった

タクシー走行中に無理心中
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040820-00000342-jij-soci

503 :本当にあった怖い名無し:04/08/20 13:09 ID:13L6lAsX
>>489
でも、あそこら辺の土地柄、そんな変わった子供もいるかも・・・

504 :1/3:04/08/20 17:17 ID:zvf4HVYs
去年の夏、友達同士で電車の旅に出た。
メンバーは私(女)の他に、I(女)とS(男)の三人旅。
ある駅に着いた時、その寂れかたに驚いた。9時前なのにぜんぜん人がいない。
駅前の店も全部シャッターがおりていた。なぜか川の流れる音だけがはっきりしていた。
「一応市なのにね」とか言いながら宿を探した。行き当たりばったりの貧乏旅行だったから、
ホテルなどは選べずに、一番安かった「民宿○○」みたいなところに飛び入りでチェックインした。
ぜんぜんやる気のない感じのおばさんが二階の部屋に案内してくれた。
そこは明らかに古い民家を建て増ししたような建物で、階段の踊り場からいくつも階段が出ていたり、
暗い廊下の先に木の格子の嵌った部屋が見えたり、四方を廊下に囲まれてなぜか小さな中庭があって、
その中に謎の日本人形がいくつかガラスケースに飾られていたりと、「いかにも」な雰囲気が漂っていた。
床や扉の軋む音が、なによりそれらしかった。
そんな状況を楽しんでいたのは私一人だったようで、怖がりのIは部屋につくまでにすでに半泣き、
どちらかというと敏感なSは、笑いながらも私たちの部屋を去り際に、「俺一人部屋すごく嫌なんだけど」と私たちに縋った。
追い出した。

続きます。

505 :2/3:04/08/20 17:19 ID:zvf4HVYs
おばさんが去った後の宿泊棟は、私たち以外誰もいないようだった。
相変わらず川の音は響いていたが、慣れると旅情があって結構良かった。
ひとしきりはしゃいだ後、疲れもあったしさっさと寝ようということになり、洗面所(共同)で歯を磨いていたとき、
Iがコンタクトの洗浄液を取りに部屋に戻った。怖がりのIは、長い廊下を曲がるまでの間何度もこちらを振り返った。
私とSは、戻ってきたIを怖がらせてやろう!と計画した。急いで洗面所を片付けて電気を消し、
中庭に面した階段の踊り場(結構広い)にしゃがみこんで息を潜めた。ここからだと向こうの廊下からは見えないはずだ。
丁寧なことにその踊り場にも郷土名産らしい「こけし」や人形がいくつか並べられていて、
私とSは「これ怖いよ〜」などと、おどけて話していた。
やがてIが静かに戻ってきて、何度か私たちの名前を呼んだ。
最後は涙声になっているようだった。
「しまった、かわいそうなことしちゃった」と思うと気まずかった上、
怖がらせようという計画だけでオチを考えていなかったので、なんとなく出づらかった。
Sも同じ気持ちだったんだろう、彼も静かだった。
そうしているうちにIは部屋に戻っていき、気まずい沈黙を残したまま私たちのいたずらは終わった。

もう一回だけ続きます。

506 :本当にあった怖い名無し:04/08/20 17:21 ID:zvf4HVYs
部屋で半ギレで待っていたIに、私はとにかく謝った。でも特に何もなかったということで、笑い話で片付ける気まんまんだった。
「すごい怖かったんだから!」と言いながら、Iも本気で怒っている様子はなかった。
私も「涙声だったよね、最後」などとからかったりしたが、なんとなく話がかみ合わない。
Iは私たちを呼んでいないと言うのだ。
怖がらせ返しかと思い追求したが、まじめな顔で否定する。
私も少し怖くなってきて、今まで黙りっぱなしだったSに同意を求めた。「Iの声だったよね?」
しかしSは曖昧な返事をして、はっきり話したがらない。結局それはそのままにして、私たちはそれぞれの部屋で眠った。

次の日民宿を出た後で、昼食を食べながらSがぽつりと言った。
「あのさ、昨日のことだけど、(私)、俺と一緒に踊り場いたよね」
「いたねー。あれはもしかしたら本当に出てたのかもね」
「あそこに人形とかあったじゃん。庭のところにもあったじゃん」
「あったねー」
「あれ全部こっち向いてたよ。そんなわけないよな?でも俺見ちゃったよ…」

まさかとは思ったが、何も言えなかった。ほんのり。

507 :504:04/08/20 17:23 ID:zvf4HVYs
最後だけsageちゃった。
長くてゴメン。

508 :本当にあった怖い名無し:04/08/20 20:10 ID:dKcFsQOL
いや連続投稿の時は、sageで書き込んで最後にageるのが正解。


509 :本当にあった怖い名無し:04/08/20 22:32 ID:8wOFfHpV
数年前、電車に乗っていたときのこと。
急行電車の車内は結構混んでいた。春だったか秋だったか...空調の効いていない
時期だったから、ほとんどの窓が全開になっていた。
高架の上(って言い方でいいのかな?)を走っていた時、窓の外から突然。

「うわぁぁぁぁぁっ」

男の叫び声がハッキリと聞こえた。
一瞬車内は沈黙。その後、騒然。
電車が何かにぶつかった気配もなかったし、後日事故のニュースもなかった。
あの絶叫はなんだったんだろう。


510 :本当にあった怖い名無し:04/08/20 23:00 ID:dKcFsQOL
前のレスみてて突然思い出した。
ガキの頃夏休みによく友だちと連れ立って房総の海に行った
その行き帰りの電車の中で トンネルに入るとよく空き缶を窓から投げ捨てたな…
その頃の電車は 特急電車クラスじゃないと冷房さえ付いてなかったし
空き缶もアルミ缶じゃなくスチ-ル缶だった 良い音するんだ、これが。


511 :本当にあった怖い名無し:04/08/21 14:15 ID:TlDwbJgl
大橋巨泉が11PMやってた頃だから、えらい昔の話でスマソ。
11PMのUFO特集か心霊特集で出た話がほんのり怖くて忘れられない。

鎌倉の鶴岡八幡宮からまっすぐ伸びる、段蔓(だんかずら)の参道。
そこに店を構える老舗のばあちゃんの若い頃の目撃談。
夜中、店の前の道を「シャーン シャーン」と鈴のような音をさせながら、
何か見たことのない、ちいさい生き物をたくさん乗せた乗り物が走っていった。
あれはいったい何だったんでしょうねぇ?・・・ という話。

それだけの話なんだが、「由緒ある老舗のおかみで、オカルト話を
語るような人物じゃないだけに、怖いんだよね。」との巨泉談話だった。
まあ今ではとっくに亡くなってるばあちゃんの若い頃の話だから、
7〜80年も前の事かもしれない。

512 :本当にあった怖い名無し:04/08/21 15:15 ID:auRj+e4H
>>511

       .∧_∧ ∧_∧
       (´・ω・`) (´・ω・`)
       ( つ旦O .( つ旦O
      __と_)_)_と_)_).__
    , '"――――‐ , '"====ヽ`1
   ./ ∧_∧   .//ヘ__.∧l.|.|:|| ∧_∧ ∧_∧ .∧_∧
  ..i (´Д`;.)  .i !´・ω・`i |.|:||(´・ω・`) (´・ω・`) (´・ω・`)
.[;]__!_っ⌒'と ).0[;]l |. r‐_,.-'..|.|:||( つ旦O .( つ旦O. ( つ旦O.___,
  ~l、二二二二二ノi.'ー''"~.....__.|.i:|i| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i1
.  .li:-.., ___ ,..-:iコ   ..::__~_!i_|i|,,____,,____,,____,,___,,!|
  l!_} ≡≡ {_」;i..::' /⌒ヽヽll::!=イ二ll二二ll二/_/ ⌒ヽヽ(ニ(]
.  {i=i::l=[二]=l::i=i::」  |i.(*).i;;;;|:lii□□:(ニ三ニ)::::|;;;;;;|ii.(*) i;;;|二l]  三  ;;::('⌒ ;;:⌒
   ̄ ̄ゞ三ノ ̄ ̄ ̄ゞ_ノ ̄    ゞゞ三ノ    ̄ゞゞ_ノ~   ≡ (´⌒(´⌒;:




513 :本当にあった怖い名無し:04/08/21 15:56 ID:I3jlY7Yh
>>511
その番組、多分私も見たと思う。当時UFO研究でバリバリだった矢追さんが仕切ってたよね。
子供の頃の記憶なんで違うかもしれないけど、11PMのUFO特集から派生した特番だったと思う。
その小さな人って今で言う”グレイ”じゃなかったかな。
おばさんが描いた絵がそんな感じだった。
で、おばさんがびっくりしつつも物陰から見てたら、その中の一匹(?)が
おばさんに気づいて、隣のグレイに耳打ちしたんだけど、そいつ頷いただけで、
結局通りすぎていったんだよね。
宇宙人は夜中に鎌倉見物するのかーなんて、気楽に見てたけど、なんか記憶に残ってる。

514 :511:04/08/21 16:22 ID:TlDwbJgl
>>513
覚えてるんだ!?私はばあちゃんの絵までは記憶が無かったなー。
矢追番組かどうかも覚えてないや。
グレイだという事になっちゃうとあんまし怖くないかも・・・
>>512
かわいいw

515 :本当にあった怖い名無し:04/08/21 17:47 ID:s/5LM+7m
>>511
30年くらい前、私もその「シャーン シャーン」を聞いたことあります。
幼少の頃、夜中に布団の中で遠くの方からその音を聞いて
一体何の音だろう??と思った記憶があります。
そのまま寝ちゃったので、何かを見たという訳ではないのですが。

その後しばらくして、夜更かし小学生だった私は偶然>>511のテレビ番組を見て
(11PMだったかは忘れました。でも確かに小学生の頃11PM見てたなー。
11PM見てる小学生って…)そのおばあさんの話を聞いて、
「そのおばあさんが聞いた音と私が聞いた音は同じものに間違いない!!」
となぜか直感的に確信しました。

以来30年、あの音と同じ音は今まで一度も聞いた事がありません。

516 :本当にあった怖い名無し:04/08/21 19:00 ID:s5rEz9uT
風呂場でひっくり返ったゴキブリ踏んだ。素足だったし、ゴキは裏側だったから、感触が……

517 :ゴキ:04/08/21 19:20 ID:CatSU5pL
>>516
君が来るのを待っていたよ。
2つの生命を今、ひとつに・・・

518 :本当にあった怖い名無し:04/08/21 19:23 ID:mmK+RN5A
今、ここ1週間ほど止まってた時計を偶然見たら、3時39分で止まっていた時計が
いきなり動いていた。それも、10時29分になっていた。
10時29分になんかあるのかな?

519 :ユリ・ゲラー:04/08/21 19:57 ID:xSa+QoGW
>>518
悪い!
それ俺。

520 :本当にあった怖い名無し:04/08/21 22:02 ID:2qxHXF72
>>511>>513
なんかそれ俺も覚えているけど、道じゃなくて、家の前を流れる川じゃなかったっけ?


521 :本当にあった怖い名無し:04/08/22 02:58 ID:tQAEXzzA
有名な文豪の娘で、自身も有名な女性小説家
が、友人の大学に講演会だかに来たときの話。
講演を聴き終わった友人が、一人で歩いていたら
「みちこさん?・・・」と後ろから声が。振り向いたら
その小説家だった。何の面識もないので驚いている
友人に、彼女は
「あ、ごめんなさい・・・女学校の時のお友達にそっくりだったので・・・」
といって、去っていった。
当時女子大生の友人にそう声をかけたその小説家は当時80をこす高齢、
もともとそういう天然な人で有名だった事は考慮に入れるとしても
ちょっと引っかかったのは
友人の名前も”みちこ”だという事だった。


522 :本当にあった怖い名無し:04/08/22 03:54 ID:FfZ4mhGF
友人も80ならこの話はべつに不思議はないわな。

523 :本当にあった怖い名無し:04/08/22 04:38 ID:JUEAhSpd
>>521にもあるけど
友人は当時女子大生ですよー
しかもその作家とは一面識もなし。


524 :本当にあった怖い名無し:04/08/22 04:54 ID:LKLvnBH3
森OGUYの娘かな。

525 :本当にあった怖い名無し:04/08/22 05:22 ID:npP2ffRa
女子大生ですよー、って言われてもなぁ

80の女子大生だっているし。

526 :521:04/08/22 06:32 ID:WvyAkkvq
>>522
;´Д`)
>>524
BINGO
よくわかりましたね


527 :本当にあった怖い名無し:04/08/22 09:03 ID:ScWuYNKO
>>511>>515の話を読んで思い出した。

20年以上前のある小学館の雑誌(小学○年生)とかの読者投稿の怖い話体験談でこんなのがあった。
夜中に目が覚めた時に「シャン、シャン」とお祭りの時になってる鈴の音のような音がした。
「こんな夜中にお祭りの練習・・・?」と不思議思って耳を澄ましていた。
その音がだんだん家の方に近づいてくるので、窓を開けて恐々外を見ると・・・。

首のない馬に乗った武将のカッコした幽霊と目が合った。

というのを子供の頃に読んで、しばらくお祭りの時のあのシャンシャンした鈴の音が怖くて
中3くらいまでお祭りにいけなかったよ。

528 :本当にあった怖い名無し:04/08/22 09:07 ID:x9CkNSQ0
>>527
首が無いのは馬だよな?

529 :本当にあった怖い名無し:04/08/22 11:13 ID:kPmToSyt
「シャーン シャーン」という音なら、俺も子供の頃聞いたことがある。
冬の夜中、音に気づいて窓を開けると、
トナカイがひくソリに乗った、赤い服のじいさんと目が合った。
チッと舌打ちしたじいさんは「誰にもいうんじゃねえぞ、ガキ。」
と凄んだあと、夜空の彼方へ消えていった。

530 :本当にあった怖い名無し:04/08/22 11:23 ID:x9CkNSQ0
>>529
そいつ家宅侵入の常習犯だぞ。
警察呼んだか?

531 :本当にあった怖い名無し:04/08/22 12:38 ID:Je9YkxBi
>>530
違うよ。
お父さんだよ。






あ。ごめん。君には居ないんだっけ。

532 :本当にあった怖い名無し:04/08/22 12:43 ID:rUOCDp8/
うーん、ツマンネ

533 :本当にあった怖い名無し:04/08/22 12:49 ID:o60Fu8+l
怖い違いだけど


http://human5.2ch.net/test/read.cgi/sfe/1092661835/91-94

↑強制ID制の板のここで ID:b28ndTTJ = ID:R1eaQboV が
自作自演失敗、けど本人はそ知らぬ顔
やっぱ女って怖いよ
って、回線切ってまでコテハン叩きしてるヤツを初めて見たよ

534 :本当にあった怖い名無し:04/08/22 12:57 ID:H+/Fa1+f
交通事故で死んだ彼女の霊が
毎晩血だらけで僕の枕元に出てきます♪( ´∀`)マターリ

535 :本当にあった怖い名無し:04/08/22 12:57 ID:x9CkNSQ0
>>531
ああ、今年の春に癌でお亡くなりになったよ。

お盆に帰ってきてたみたいだがな・・

536 :本当にあった怖い名無し:04/08/22 13:24 ID:kPmToSyt
>>533
いや、IDさえ違えばバレないだろうと思って自演を繰返す香具師は
どの板にも居るよ。たいてい文体とか内容ででわかるのにね。

537 :本当にあった怖い名無し:04/08/22 13:26 ID:kPmToSyt
>>536
そのとおりだね

538 :本当にあった怖い名無し:04/08/22 13:34 ID:yfRfTGf6
ぬるぽ

539 :本当にあった怖い名無し:04/08/22 13:35 ID:fHq/newc
>>538
ガッ

540 :本当にあった怖い名無し:04/08/22 14:53 ID:plbQNfc5
>521 の話を読んで思い出した。

数年前、旅行先で電車待ちで駅前の地元の有名百貨店、と行った感じの
店に入ったら、いきなり「○○ちゃん!」と呼ばれて年配の女性に駆け寄られて抱きつかれた。
びっくりして固まってたら、付き添いらしい人が慌てて来て、私から
その人を引き離したんだけど、その年配の女性は「△△の○○ちゃん!」
と叫んでる。そのまま訳わからなくてうろたえて走って逃げたんだけど。

祖父の三回忌で久しぶりに行った親戚で偶然祖母の名前が○○であった事を知った。
もしかして、と思って旅行先の場所に知り合いがいないか祖母に聞いてみたら
昔、中の良かった近所の人で、子供ができないので離縁されて、ちょっと気が
おかしくなった人じゃないか、引越し先がたしかその県だったような気がする
と言われた。

祖母と私は昔からよく似てるといわれてたけど、最後に祖母の前からその人が
姿を消した時の祖母の年代と今の私の年代はほぼ同じ。
私に祖母の姿を見たその人は、何を思い出して何をいいたかったのかな、と思う。

541 :本当にあった怖い名無し:04/08/22 14:57 ID:4KBivhPa
いい話じゃんかよ
逃げるなよ

542 :本当にあった怖い名無し:04/08/22 16:44 ID:Qja79cpY
>521
その友人がみちこさんの孫とか

543 :本当にあった怖い名無し:04/08/22 17:11 ID:nR6WVOtx
>>540
祖母の名前がみちこさんだったらちょっと怖いな

544 :本当にあった怖い名無し:04/08/22 17:25 ID:9XQ7gkT8
>521
森茉莉好きなんだけど、それどこの大学ですか?
あと、どういう話をしたのかも知ってたら教えて下さい。
ヒントだけでも。

545 :本当にあった怖い名無し:04/08/22 21:46 ID:Emq3qcUr
私が小学4年生ぐらいの時の話。
今はもうないけど、築50年以上の古い家に住んでた。

それで、ある日学校から帰ってきて、いつも通り皆学校や仕事で
いないから図書室で借りてきた本を居間で寝転んで読んでた。
その時いた居間は、隣の寝床を仕切る障子があって寝床には
廊下(台所やトイレ、離れに出る道に続いてる)を仕切るすりガラスの
戸があった。
障子がその時には30cmぐらい開いてたんだよね。
本を読んでたら、トントンという音がしたから、顔を上げたら
すりガラスの向こうに長いソバージュで白いシャツ、青いジーパン
を履いた女の人がたってた。
その時、なぜか私は二番目の姉だと思っちゃったんだよね。
なんかいちいち命令してきて、アイス買って来い、マンガ買って来い
って言ってくるから、あーどうせろくなことじゃないなと思って無視してしまった。
3ページぐらい読んで家には私以外誰もいないということに気づいて、
パッと顔を上げたらもう誰もいなかった。

数年後、すりガラスだと向こうにいる人は影に見えて、着ているもの
なんか分からないことに気がついた。


546 :521:04/08/23 02:05 ID:rtjgStow
>>544
10年以上前に聞いた話で、その友人とも疎遠になっているので
講演内容とかはよく知らないんです。ゴメンナサイ
場所は確か、I袋近辺のキリスト教系大学と思います(全然隠してないですね)


547 :本当にあった怖い名無し:04/08/23 02:13 ID:gzKr4BO3
小学生の頃、校舎の向かいに墓地があったのですが、そこで人魂らしきものを見ました。
家なんかないので人魂だっ!!と思ったのですが、
霊感もないし誰も信じてくれないのでなにかの見間違いだと思う事にしました。

12年後のついさっき。
6歳下の弟も同じ物を同じ場所で見ていた事が判明。

姉弟揃って見てるとは・・・

548 :本当にあった怖い名無し:04/08/23 17:16 ID:WoVhS5i5
今日さ、いつも通り通勤してたんだわ。

そしたら、前から歩いてきてた全然知らないおっさんに

「電車人身事故で遅れてるよ〜」

ってにこやかに言われたわけさ。まあ、一応例を言って
また歩き出したんだが…ほら、よくあるべ?
振り返ったら消えてた〜みたいな話がさ。


なんか急に怖くなってさ、振り返ったんだわ。


マジでいなかった!!(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル


いや、どっかの角でまがったんだろうけどもさ。
あんまりにもベタ過ぎてほんのり。

549 :本当にあった怖い名無し:04/08/23 17:35 ID:BweRLiPQ
>>548
人身事故で死んだ人だ

550 :本当にあった怖い名無し:04/08/23 17:37 ID:Zlq3+QfA
ほんのり怖いです。

小4か5くらいのある夜 一人で風呂に入ってました。
うちの風呂は脱衣場と風呂場が すりガラス で出来ていて、その日、風呂に浸かっていると
そのすりガラスごしに人が立っていました。(すりガラスなんでハッキリとは見えませんが。)

その姿は、白い帽子みたいなものに白い着物みたいなものを着ている人でした。
驚いた俺はいそいで裸のまま風呂から出て、親がいる居間へ走りました。

そして親にそのことを伝えようとしたとき、テレビがついていたのでふと見ると、
そこには何かのドキュメントなのかただのニュースなのか覚えてませんが、
お寺みたいな所で、白い服と白い帽子みたいな姿の人たちが何人も並んでいて、
なにかの儀式みたいなのをやっていました。
「さっきお風呂にこの格好の人いた!」と、親父に説明すると、
親父は怖がらせないようにしたんだろうけど、
「じゃあきっとおばぁちゃんが来たんだろう」と、言いいました。

親父の言うおばぁちゃんというのは、俺が小学生になる少し前に、癌で亡くなった祖母です。
生前 俺が小学生になるのを楽しみにしていたそうです。

親父は、「テレビに映ってた白い服の人たちは 神様の使いだから、きっと風呂で出た人も
怖い人じゃないよ。きっとおばぁちゃんが来てくれたんだろう」
と、言ってくれた事を覚えてます。

今となっては親父の筋の通った子供だましなんだが、自分的にもそう思いたいと思ってます。
僕の友達も、その祖母らしきひとを亡くなった後で目撃したらしいので・・。

551 :匿名:04/08/23 18:54 ID:SLKjDyzl
裏返しになって死んだ死体見たことありますか?
靴下みたいに一瞬にして裏返しになって死ぬそうです。
なんでそんなことになってしまうかというと、
この話を聞いて二時間以内に他の人間にこの話をしないと、
そういう目に遭うそうです。。。
私はサイトで読んでしまいました。知り合いを殺したくはないので
ここに書かせていただきます。信じるかどうかはどうでもいいのです。
だれかが2004年8月23日午後7時45分までに読んでくれさえすれば。
お願いだから読んだらなにか投稿してください。
むやみに他のところに掲載して犠牲者を増やしたくありません。

552 :本当にあった怖い名無し:04/08/23 19:15 ID:NMDACGde
↑チネッ!

553 :本当にあった怖い名無し:04/08/23 19:27 ID:Ij92S+lX
>>551
僕が読んだよ。
安心してね。


554 :本当にあった怖い名無し:04/08/23 19:32 ID:TxxdupRU
>>551
あんた最低だね。
自分と自分の周りの人が助かれば良いから
その為にここにその話を書いたって事だよね?
これだからガキはむかつくんだよ。

555 :本当にあった怖い名無し:04/08/23 19:33 ID:Fybqr2ed
ていうか洒落怖で既出じゃなかったっけ

556 :本当にあった怖い名無し:04/08/23 19:35 ID:t/wQ16os
無差別リング

557 :本当にあった怖い名無し:04/08/23 19:36 ID:qdhc0UJq
気分を害される方がいたら申し訳ありません。これはある日、私宛に突然届いたメールに
添付されていた、ある「呪われた文章」に関するお話です。もしかしたら貴方も
いつか目の当たりにしてしまう可能性がありますが、その場合、すぐに削除する事をお勧めします。
一見、なんの変哲も無い文章のはずです。しかし、その文章には、ただ目を通しただけでは
わからない、ある細工が施されています。サブリミナル効果をご存知でしょうか?無意識の中から貴方
の死にたいという願望を、その文章は無理矢理引き出し、活性化させます。自分でも訳がわからない
うちに貴方は死にたいという願望に駆られるようになります。回避する方法はただ一つ。文章に隠された
サブリミナルをぬきだし、意識化することで、その暗示から開放される事が出来るのです。

さぁ、急いでください。貴方は既に、その呪いの文章を読み終えてしまったのですから…

558 :本当にあった怖い名無し:04/08/23 19:41 ID:k0RebE1O
みんな!斜め読みだ!
これで死なずにすむな!

559 :本当にあった怖い名無し:04/08/23 19:42 ID:HL3ZHXzD
 私は現在12歳の中一の女の子です。今年の夏体験したほんのりと怖い話です。
私の家はちょっと特殊で、私は普段は勝手に外出できません。しかし、夏休み中の
ある日、ひそかに禁を侵し友達と外出することにしました。地下鉄に乗って秋葉原
というところに行きました。こうして女の子2人だけで電車に乗るなんて、生まれて初めての体
験でした。秋葉原に着くと、色々なお店を見て回りました。かごの鳥だった私にとって、
もう何もかもが目新しく珍しく、歩いているだけで胸がワクワクしていました。
 そんな時、私たち2人は誰かに声をかけられました。見ると、太ってメガネをかけた
色白の若い男性と、やはり若くてメガネの、ガリガリにやせた色黒の男性2人が
立っていました。太っているほうの男性が私に言いました。「おネエちゃん、ちょっとお願いがあるんだけど」
私は「何かいやだなー」と思いました。その人たちはとても気持ち悪かったからです。「お願いって
何ですか?」私は尋ねました。「俺のことを『お兄ちゃん』って一回言ってくれ」そう言って
気持ち悪くニヤニヤ笑いました。「イヤです。あなたは私の兄じゃありません」と私が答えると、
その人は「ケチケチすんなよ! それぐらいいいじゃねーかよ!」
と怒鳴り、気持ち悪い顔を近づけてきました。私たちは泣きそうになりました。友達も私の肩をつかみ
震えているようでした。そこで私は彼の目をまっすぐ見つめ、一言小声で「お兄ちゃん・・・」
と言いました。するとその男性は、耳に手をあて「アーン聞こえんな?」と言うので、私はもう自棄になって、
あたり一帯に響き渡るような大声で「お兄ちゃん!!」と怒鳴りました。
すると彼は今まで打って変わって優しそうな表情になり、「ありがとう、これで昼飯でも食いな」
と私に千円札を握らせました。私は返そうとしてしばらく押し問答が続きましたが、結局私が負けて、
千円もらったまま彼らと別れました。
「でも、良かったですわね。ばれなくて・・・」と友達が私に言った時でした。後ろからさっきの男性
の声がしました。
「達者でな! 殿下!」
私たち2人は顔を見合わせ、一目散にその場から逃げ出しました・・・・

560 :本当にあった怖い名無し:04/08/23 19:43 ID:QPPeo9dB
昨日の夜の話。
あたしはマンションの3階に住んでるんやけど、
夜中12時頃に煙草買いに行こうと思ってエレベーターホールまで行ったんよ。
じゃあどっかから
『シュー』
って、何か気体が漏れてるような音がどっかから聞こえてた。
「なんやろ?」って軽く思ったくらいでそんなに気にしてなかったんやけど。。。
エレベーターが来てドアが開いた瞬間、さっきよりもデカイ音でその『シュー』って音がして、
全身に鳥肌がぶわっと立った。
むっちゃ気持ち悪くてビックリした。
ダッシュで家まで走って逃げた。ビビリ。(笑)
まじであの音何なんやろ・・・十年以上住んでてこんなん初めて。
今日乗ったら普通やったし。まじ謎。

561 :本当にあった怖い名無し:04/08/23 20:03 ID:Fybqr2ed
蛇の威嚇音?

562 :本当にあった怖い名無し:04/08/23 21:12 ID:XBGoCJZY
>551 つまんねぇな そんなネタで面白いと思ってるの? これだから夏休みは(ry



563 :本当にあった怖い名無し:04/08/23 21:28 ID:NCI/6oEu
コピペに対して煽ってる人がいる。

564 :本当にあった怖い名無し:04/08/23 22:38 ID:6a7u+X8D
ほんのり怖いというか、自分的に気持ち悪くて怖い話

今日、10時頃に出かけようと服に着替え
寝間着を部屋にあるベットの上に投げて出かけた
18時頃に帰って飯を食い、風呂に入ろうとベットの上にある
寝間着を持ち上げてみると、なんかおかしい
見ると濡れている
雨も降ってたしなーとか思って調べてみると
緑色の変な物体がベットと寝間着の間に挟まれていたらしく
両方に付いていた
出かける時には何も無かったし、あったとしても
今付いたように湿っていた
抹茶みたいな感じだったが家には緑色の食べ物は無い
部屋に入った家族もいない
気味が悪くて怖かった

565 :本当にあった怖い名無し:04/08/23 22:45 ID:jPU7+OjH
昨日の夜のことでした。
レンタルビデオを、全部返したと思って お風呂に入って
ほっとしてました。そうしたら、子供たちが、ビデオを見てました。
げげ!うちのだんな、いつの間にコピーしたんだ?と思ったら、
思いっきし返し忘れたビデオでした。
半泣き状態で、返しに行くことにしました。
続く

566 :本当にあった怖い名無し:04/08/23 22:49 ID:jPU7+OjH
(今日が締め切りでしたので)
で、返却した後、立ち読みをして帰途につくと、、、
その道は真っ暗で、怖いのですが車が少ないので
通ったのですが、夜中なのにおばあさんが歩いているのです。
めったに人が通らないのに、この夜中に何で??
と思っていたら、なんと片手にわら人形が。
でも、白装束じゃないしな。へんなの?と思いながら、
怖いのでさっさと自転車で通り抜けました。
でもって、電車の踏切を過ぎたら、さっきぬかした
おばあちゃんが前にいるんですよ。
そんなばかな。さっきの所にはいなかったし??
なんでやー。叫びだしたくなりましたが、何とか抑えて
速攻で帰宅しました。
駄文に付き合っていただきありがとうございます。

567 :本当にあった怖い名無し:04/08/23 22:50 ID:sTrvrb55
中学生の頃。
夜眠っていると、なんだか胸苦しさを覚えて薄ぼんやりと目が醒めた。
布団をかぶった自分の上に、黒くてもやもやした物がいる。
「なんだー、うっとうしいなー」
そう思い、2〜3度腕で払った。なんの手ごたえもなかったが、黒いもやもやが
消えたのでそのまま寝てしまった。

...と、まぁここまではよくあることですが。
ほんのりと恐くなったのは、大人になってからでした。
偽装する記憶と言う話を御存じですか?あまりに堪え難い経験をした場合、
精神を正常に保つため、無意識のうちに記憶を作り替えてしまうと言う物です。
例えば、宇宙人に誘拐された人物に催眠療法を施してみると、宇宙人に
遭遇した事実などなく、幼少時に肉親による性的虐待を受けた事実が蘇った、
とか(このパターンはかなり多いそうです)。
で、自分の経験を振り返った時、あれは霊にのしかかられていたんじゃなく、
実は人間にのしかかられていたのでは...。自身の精神を守るために、記憶が
作り替えられたのでは...。
でも誰にも確認できないので、霊の仕業と言うことにしています。
ああ、ほんのり。

568 :本当にあった怖い名無し:04/08/23 22:58 ID:/slXHQSs
漏れも昨日の夜の話

昨日はやたら眠かったわりになかなか熟睡できず
半分意識がある状態でうとうとしてたんだけど。

突然何者かに唾を吐かれた。

唾をぷっと吐く音も聞こえた上に、唇に冷たいものが直撃。
前述のとおり半分意識はあったし、ぺとっとついた感じからしても明らかに自分の唾ではないわけ
当然驚いて飛び起きたけど、ワンルームに一人暮らしなんだから他に誰もいるわけない。
しかも時計を見ると午前2時丁度。
しかし眠いのに寝付けないのもあって、怖さよりも怒りが沸いてきて
「死んだ人間が生きた人間様の邪魔するんじゃねー」と悪態をつきながら再度寝なおしました。
でも、ほんのり怖かったので電気つけっぱなしで寝ましたけどね。

569 :本当にあった怖い名無し:04/08/23 23:49 ID:CLQnR+aH
>564
くさい玉じゃない?

570 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 00:23 ID:uxsfFtRB
フリーターだった頃の話。
バイト先の仲間で集まって閉店後心霊ツアーに行こうとAさんが言い出しました。
夜1時頃閉店の店ですからあまり乗り気ではありませんでしたが、Aさんはバイト先のリーダーでしたから結局私を含めて4人集まる事になりました。
バイトが終わって私とAさん・BさんとCさんと言う組合せで火事で焼けた旅館に行く事になりました。
Aさんはこう言うのが好きだけど見た事が無い人で、「見えたら教えてくれよ」と言い、子供みたいにはしゃいでました。
お目当ての場所に到着しましたが、そこは有名な心霊スポットですから人が沢山いて、怖いとは微塵も感じませんでした。
三十分ほどぶらぶらしましたが「全然怖くないな、帰ろう」と言う事になって帰る事になりました。
私はAさんの車に乗ろうとしましたが、何故か嫌な感じがしたので「Bさんに用がある」と言ってBさんの車に乗せてもらう事にしました。
Bさんと私はそんなに共通の話題がある訳でもなく、Cさんも寝てしまったので特に会話の無いままに店に到着しました。
解散する時にAさんに挨拶に行った時、違和感の理由がわかりました。
Aさんは色の黒い方なんですが、ミラーやウインドウガラスに映ったハンドルを握る手は白い女の人の手だったんですよ。
自転車組の私とCさんが自転車置き場に向かう時、Cさんがこう言いました。
「君がBさんの車に乗るって言ったから、Aさんの方に乗るの嫌だったから寝たふりしたよ。
なぁ、君もわかってたんだろう。」

571 :527:04/08/24 00:40 ID:nTG/ncnL
亀レスになってスマソ。
>>528
その通り、馬のほうです。
当時読んだ本にはは挿絵も書いてあって、子供の頃の自分には
その首なし馬の絵が焼き付いちゃってトラ馬だった。

572 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 00:41 ID:wVNS4e5Q
高校生の頃、友人と電話で話をしていました。
友人が一旦、受話器を置いて友人の部屋に戻っている時
受話器から私に聞こえてきました。

「うラみ〜ます〜」

ただそれだけ。
すんごい音痴が歌ってるみたいな感じでした。
男か女かも解らない声でした。
その時は、まったく怖くなかったので、戻ってきた友人に
今あった出来事を話し、笑いのネタにしました。

573 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 01:02 ID:nTG/ncnL
中島みゆきの「うらみ・ます」って曲思い出した。

574 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 01:11 ID:ExChoa3q
ってかその歌を誰かが歌ってたという話だろ?

575 :572:04/08/24 01:49 ID:wVNS4e5Q
>>573.574

中島みゆきの「うらみ・ます」は私も知っていたので
続きを待っていたのですが(ホントに)でもそれだけ。




576 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 02:55 ID:E9S3N+48
電話の脇を、鼻歌を歌いながら家人が通り過ぎたんだろうな。

577 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 04:23 ID:8dL3Q7id
サビの部分だけ歌ってたとか。

578 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 08:02 ID:z3r+7PaH
友人Aから聞いた話

Aは彼女とラブホテルでエチーしていたという。
そして正上位の状態で今まさにAが棒状の物体を差し込もうとしたそのとき
突然彼女が何かに驚いたようにビクッ!となった。
Aが彼女にどうしたのかと尋ねると
ベッドの前を白黒の女の人が通ったという。
Aは恐くなったがせっかく金を払ってきてるのに(ホテル代)
イかずに帰れるかと思いエチーはそのまま続けたがイった後はすぐにホテルを出たらしい。

579 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 11:21 ID:z3r+7PaH
そういえば俺の中学時代の友達の家に幽霊がいたって聞いたな。
俺達の間では結構有名な話。

そいつは夜寝る前に部屋の戸締りをして鍵をかけて寝るらしいんだけど
なぜか朝になると鍵が開けられてて窓もドアも全開になっているらしい。
家族に聞いても誰もそいつの部屋には行ってないという。
それが何日も続いたんで気味が悪くなって坊さんかなんかに御払いをしてもらったらしいんだけど
そのときに坊さんがこの家には女の人の霊がいるって言っていたそうだ。

んでまあ御払いをしてもらってからはそういうことも無くなったみたい。連投スマソ

580 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 11:40 ID:B2Gg4j67
中学生ぐらいの頃に姉の持っている漫画を読んだんだけど、僕の地球を守ってとか言うのが怖かったなぁ。
雑誌掲載時に広告があった所に、作者がファンレターの内容を書いてました。
「私も前世の記憶がある」「私も植物と話ができる」とか電波な事を書かれてるのに作者は喜んでましたよ。
漫画自体転生物でムーテイスト溢れる内容だったけど、作者は連載後どーなったんでしょう。

581 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 12:14 ID:3W/q+fEa
>>580
今でも普通に漫画書いてるがw

つか、喜んでたっけ?
俺の記憶じゃ、作者も引いてたと思うが
わざわざ「くれぐれも、この物語はフィクションです」「自分自身過去の記憶も変な能力もありません」
って明言してたような

怖いのは作者でなく、ごく一部のファン…と儲がフォローしてみるてすt

582 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 12:15 ID:ExChoa3q
>>580
新興宗教の教祖になっている
に30000ムー

583 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 12:18 ID:queTMhFV
ほんのり怖いというか、自分的に気持ち悪くて怖い話

今日、10時頃に出かけようと服に着替え
寝間着を部屋にあるペットの上に投げて出かけた
18時頃に帰って飯を食い、風呂に入ろうとペットの上にある
寝間着を持ち上げてみると、なんかおかしい
見ると濡れている
雨も降ってたしなーとか思って調べてみると
緑色の変な物体がペットと寝間着の間に挟まれていたらしく
両方に付いていた
出かける時には何も無かったし、あったとしても
今付いたように湿っていた
抹茶みたいな感じだったが家には緑色の食べ物は無い
部屋に入った家族もいない
気味が悪くて怖かった
ペットが胃液でも吐いたんだろうか

584 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 12:23 ID:kQbXwQ4E
それ知ってる

585 :580:04/08/24 12:35 ID:B2Gg4j67
>>581
作者引いてたっけ?
いい加減な事書いてゴメン。
初めて読んだ時は自称転生戦士ってマジでいるのかとびびったなぁ。
そう言えば、自然と対話する宗教だかサークルに入った声優さんもいたような気が。
>>582
俺の勘違いみたいですね。
俺としては教祖オチでも楽しかったんですが。

586 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 12:45 ID:EjcavnRG
>564>583
このまま1行ずつ増えていったりして

587 :581:04/08/24 13:16 ID:3W/q+fEa
>>585
自称転生戦士ってのは居るよ。そりゃーもう普通にw
「なりきり」通り越して、本当に自分がその漫画の登場人物だと思いこんでる輩
詳しくは同人板の合宿所スレでも覗いてみればいい
ああゆうのは一般の人にはあまりにもネタっぽくて信じられないかもだけど
ちょっとでも、コミケとかヲタっぽいのに関わってたら
100%ネタ、とは言い切れんのよねw

雑談気味失礼。ほんのりと怖い人間の話題ってことでご容赦を

588 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 13:35 ID:GKn6OFSA
合宿所はほんのりじゃ済んでないw
しかも今丁度ボクタマのなりきりがいるよ(笑)。

589 :スラ仏 ◆a/5C75iDn. :04/08/24 15:43 ID:S/3aq6DD
ほんのり怖かった体験

大学の時、ほとんどガッコに行かずバイト三昧だったの。
なか卯みたいな小さな食い物屋で朝から働いてた。
暇だから漏れともう一人はカウンターで雑談してて、
店長は厨房の奥でうたた寝してた。
真昼間だけど曇りで薄暗かったのはよく覚えてる。

ぼーっとしてたら店長がいきなり「コラァァ!スラ仏!」とか言って
怒りながらカウンターに入ってきた。
バイト2人で訳も分からず首を傾げていたら
「・・・お前じゃないのか・・・?」って急におとなしくなった。

590 :スラ仏 ◆a/5C75iDn. :04/08/24 15:43 ID:S/3aq6DD
後で聞いたら漏れのいたずらだと最初のうちは思ってたらしい。

3人で店長が寝ていた厨房に行く。
いつもの厨房。いつもの流し。いつもの包丁。いつものまな板・・・
の上に、真ん中に、肉が置いてあった。子供の手のひらくらいの大きさの肉。
裁いたばかりの鶏肉のような塊が。ちょっと血がにじんでる。
漏れたち3人で凍りついた。・・・なんでかって?

だってウチ、たこ焼き屋なんです。
肉なんて全く使わないから冷蔵庫にハムすらない。

とりあえず換気扇にネズミが突っ込んで自爆したのが飛んできた、ていう
偶然みたいな原因をこじつけてみんなで納得したんだけど。
100歩譲ってアレがネズミだとしたら。漏れ、その肉ちゃんと見てたんだけど

なんで皮が全体的に剥けて残ってないの?
あと、アタマはどこいった?

漏れはしばらくしてそこを辞めた。

 人
( 'A')ノ < その店、今は別のテナントが入ってまつ。

591 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 16:33 ID:tvIbipoP
>>590
((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル ほんのりじゃないんだが。

江戸時代に京都に出現した「肉人」を思い起こさせますな。

592 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 16:40 ID:HW0hTGnC
>>591
肉人って何?詳しくキボn

593 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 16:45 ID:lV0axMd8
>>592
ttp://hima.que.ne.jp/zatsugaku/kobanashi/hou.htm


594 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 16:56 ID:qnxg6ckm
肉人ねぇ。確かに何かが存在したんだろうねぇ。

595 :スラ仏 ◆a/5C75iDn. :04/08/24 16:59 ID:S/3aq6DD
なんか下の方のヌッヘッホーが気になるんでつが

596 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 17:05 ID:X9/+edeo
>>593
半分くらいしか意味ワカンネヽ(`Д´)ノ

597 :スラ仏 ◆a/5C75iDn. :04/08/24 17:11 ID:S/3aq6DD
(・∀・∀・)ヌッヘッホー

【ぬっへっほー】  
オカ板発祥のキャラ。
作者はコテハン“くされマムコ”で、川島屋スレでの
「今日あたりはもう何だかヌッヘッホーなので、 私も寝ますよ? ぷんすかぷん」
の一言で始まった。
モナ板の(・∀・∀・)ホホーを組み合わせ現在の形になる。
その後〜((((((・∀・∀・)ヌッヘッホーなどの新種も生まれ
現在では自スレを持つほど成長している。
挨拶に・気分を表すときにと、その用途は様々である。
 「川島屋クロニクル」より
 AA大辞典(仮) aadic.lzh(825k@2002/08/24)

 人
(; 'A') < ・・・もしかして肉人と関係あるのか!?

598 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 17:23 ID:wiAMNYcV
 人
(; 'A') < ・・・もしかして肉人と関係あるのか!?
kiniiranai
 人
(; 'A') < ・・・もしかして肉人と関係あるのか!?



599 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 17:24 ID:36ssnjUY
俺が消防だったとき、夏休みの早朝から遊ぶのが流行ってた。
両親が寝てるか確認して顔を洗いに洗面所へ行く途中。洗面所までにトイレがあるんだけどなんか変な気配がした。電気も点いてないし両親も寝てるはずだった。でもトイレから何故かトイレットペーパーを巻き取る音が。カラカラカラ…。
もちろんトイレの中を確認できるはずもなく、二度寝しに寝室に戻りました…。

600 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 17:26 ID:wiAMNYcV
 人
(; 'A') <<599 全然怖くない


601 :gy:04/08/24 17:32 ID:wiAMNYcV
岡山県民いるか?

602 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 18:33 ID:whdajmm1
従弟の話。従姉が夜中に目が覚めて従弟の布団を見たらいなかったのでトイレかと思って
見に行ったけどいなかったらしく玄関の鍵が開いていたのでもしやと思って探しに行った
ら家から200mぐらい離れたところを歩いていたのを見つけました。
従弟は靴をはいてなかったしどこに行くのか聞いたら「誰かに呼ばれて行かなあかん気が
した」らしいです。そのことは後から聞いたら本人は覚えてないらしい。
そのとき探しに行ってなかったらいったいどうなってたんやろ・・・。

603 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 18:44 ID:yhQnKRwN
別に心霊現象でもないし、他の人が聞いても大して怖くないかも知れませんが、
俺が今までで一番印象に残ってるほんのり恐怖実体験。

大学に通ってた当時、俺はアパートを借りて1人暮らしをしてました。
そのアパートはよくある1LDK8畳の部屋で、はしごを使って登るロフトがついており、俺はそこを万年床にしてました。

1人暮らしを始めて半年ほど経ったある日、いつも通り自炊しようと台所にたったのですが、
いつも置いてある大小2本の包丁の小さい方が、その日に限ってありませんでした。
「アレおかしいな?」と思いながら台所中の棚や洗った食器を入れておくカゴ、流し台をくまなく探したのですが結局見つかりませんでした。
仕方ないのでその場はもう1本の大きい包丁で調理したのですが、メシ食い終わった後もずっと
「何処いったんだ?あの包丁は」と考えながら台所を探し続けていました。

小1時間探して結局見つからず、
「まーもういいや」と諦めて、ロフトを登って電気消して毛布捲って布団に潜ったその時です。
首筋にひどく冷たい感触を受けました。
ビックリして飛び起きて電気つけたら

マクラの陰にあったんですよ 見つからなかった包丁が。

ゾッとしました。ありえないんです。こんなことは。
使い終わった包丁はいつも同じ場所に片付けるから、包丁が台所以外にある、なんてことは考えられないんですから。
そもそもこんなとこに包丁持ってきた覚えが無いし、普通そんなことしないし。
「誰かが勝手に部屋に入ったか?」と思って窓とドアをチェックしましたがそんな形跡はなし。
部屋を荒らされてもいないし、貴重品だって無くなってないからその線もどうやらなさそう。
「すわ、心霊現象か?」とも思いましたがアパートは新築で俺が初めての入居者。近所に怪しげなものがあるわけでもなし。

腑に落ちませんが、うっかりロフトに包丁持ったまま、なんか用を足しに行って、うっかり包丁をそこに置き忘れて、
それをド忘れしていた、という脳内結論に結局は達しました。(かなり苦しいですが)
以来特に不可思議現象が起きるわけでも無し。結局それだけのことだったんです。
ただ、うっかり俺はとんでもないことをやらかしてまうかもしれないな、という教訓だけが残りました。

おしまい

604 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 19:13 ID:U1aIOy78
>599
誰もいないのに日常の音で思い出した。

じいさん死んで久々に実家帰った。
夜、茶の間に家族全員居るのに、爺さんの夜中の見回りコースだった、普段使わない物置の階段から、
パタッパタッて、スリッパ履いた爺さんに似た足音が、たまに聞こえた事あった。
(古い家なの軋む音が大きく、歩き方や体重で大分音変わる)

家族に、足音聞こえるよね・・・・((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブルと訴えた所、
まぁね、それが何か?( ´_ゝ`)と、あまりにも軽くかわされたので、こっちもこれって日常茶飯事なんだ・・・
と思って、わすれてました。
それで家族がビビッてくれれば、自分も怖かったのに・・・

605 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 19:19 ID:myt+wFS9
>604
薄情な孫だな
死んだじいさんがかわいそー

606 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 20:00 ID:bQKu7YH+
>>602
それは立派な夢遊病だな。

607 :名無しさん@( ・∀・)つ旦~:04/08/24 20:36 ID:cYh0vHFO
>>572

半年くらい前にテレビでその部分だけ歌っている(しかも下手)があったからそれじゃないかな?

608 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 21:11 ID:82qh+Cen
今から10年位前、両親が泊まりで出かけた日の夜のことです
戸締りを済ませ、夜も更けたので兄と二階に上がりました。
兄は和室に、私は洋室にと別れ、寝ながらテレビを見ていた時です
トントントントン… 階段を上がる音が聞こえてきます
トントントントン… 次は階段を下りる音が聞こえてきます
それが数回、人が階段を上がったり下りる音が響きます
しっかり戸締りしてるから泥棒じゃないだろうし
さては兄ちゃんがふざけてるんだな?
そっちがその気ならこっちも… と洋室のドアノブを掴み、息を殺す自分
階段は13段。洋室のドアを開けると目の前に階段、横を見れば廊下です
トントントントン… 4段上がった音がドアの向こうから響く
トントントントン… 8段目を上がった音が響く
もう少しで目の前でいきなりドアが開けられ、驚く兄ちゃんの姿が見れる
笑いをこらえながらドアノブを後ろに引くタイミングを計ってる自分
トントントント… 12段くらいにさしかかった時、ついにその時が…
勢い良くドアを後ろに引いた自分の目の前には…

誰も、何もありませんでした。
そんな、さっきまでドアの向こうに兄がいたはず。
身を乗り出して階下を見つめるが誰もいない。階段の電気もついていない。
あれ?と不思議に思いながら廊下を見ると
廊下のつきあたりの奥の和室が10センチくらい開いていて
部屋の薄明かりが兄ちゃんの後頭部を照らしていました。寝ているようです
そんな、数秒で和室に行くなんて…第一、和室の引き戸はたてつけが悪い
開け閉めをしたら間違いなく大きい音をたてるはず…
さっきの足音はもしや…と思いつつ、何もなかったように静かにドアを閉めると
一番明るい電気をつけたまま朝を迎えました。   以上です。


609 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 22:01 ID:60uDPZ8e
>>589
コラァァ!スラボトケ!



・・・すごい名前だ


610 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 22:05 ID:U1aIOy78
604
>605
てへ。じーさんごめんね。
未だに実家帰っても、一人で夜にその階段近づけないよ。((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル
親は幽霊信じてないのに、「じーさんじゃない?」とへーぜん。

>608
足音って結構多いね。
608は、心当たり無いのに、いきなり出たんだよね?
家もじーさんだと思ってたけど、実はじーさんじゃなかったりして

611 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 22:07 ID:lV0axMd8
>>609
スライム、じゃないかな(・∀・)?

612 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 22:24 ID:tJQwSGsu
1/2

おれが学生の頃なんで、今から10年ちかく前の話。
おれの地元は春スキーで有名なスキー場があって、
おれはそこで冬と春休みは住み込みでバイトをしてた。
バイトの仕事は宿泊施設で泊り客の飯作り。
食堂は宿泊施設とは渡り廊下で繋がってる離れにあり、
2階が食堂と厨房、1階は食料品の倉庫とトイレなんかがあった。

ある吹雪の日、泊り客の夜の食事が終わりおれ達は後片付けをしてた。
厨房のシェフに言われ、おれとバイト仲間のAの二人で
余った食品を1階の倉庫の大きな冷蔵庫に片付けにいったんだ。
まぁ普通に片付けて、2階に上がろうとしたらAが
「おれ、大(便)してからいくから先行ってて」てトイレに入っていった。
おれは寒いからダッシュで2階にあがろうと小走りに階段を上っていったんよ。
ちょうど折り返し地点(学校の階段みたいに途中で踊り場のある階段だった)で
なにげなく下をみると誰かがたってる。
誰かいるなって思いながら階段を上ろうとして、ハッとなった。
その足は素足でなにも履いてないっぽかったから。

613 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 22:26 ID:tJQwSGsu
2/2

ビビリながらもたしかめようと思ったおれは上がりかけた階段を降り、
踊り場に戻って下を見てみた。
確かに足がある。
しかし、この寒いのにズボンはおろか靴すら履いてない。
真冬の暖房もついてない廊下でまずありえない光景だ。
なんだ、、なんかおかしい…ってよくみるとひざから上がない。
(゚Д゚;≡;゚Д゚)
その瞬間ダッシュで2階に駆け上がり厨房に戻っていったよ。

5分後くらいにAが戻ってきて、おれに
「お前、便所の中うろうろしてたべー?」って言ってきた。
当然1階にはその時Aしかおらず、だれもいるわけがない。
おれが見たことを言うとAは最初冗談かと笑ってたが、
おれのビビり具合をみてAも半泣きになってた。

これだけの体験なんですけど、おれ的には恐かった体験ですた。
駄文・長文失礼しますた。


614 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 22:46 ID:5XxD9Tb+
ほんのり怖いというか、自分的に気持ち悪くて怖い話

今日、10時頃に出かけようと服に着替え
寝間着を部屋にあるペットの上に投げて出かけた
18時頃に帰って飯を食い、風呂に入ろうとペットの上にある
寝間着を持ち上げてみると、なんかおかしい
見ると濡れている
雨も降ってたしなーとか思って調べてみると
緑色の変な物体がペットと寝間着の間に挟まれていたらしく
両方に付いていた
出かける時には何も無かったし、あったとしても
今付いたように湿っていた
抹茶みたいな感じだったが家には緑色の食べ物は無い
部屋に入った家族もいない
気味が悪くて怖かった
ペットが胃液でも吐いたんだろうか
なぜかぬこが冷たい目で漏れを見てたのが印象的だった


615 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 22:50 ID:+XKo0OlI
>>611
>>614へのレスなのか?
超能力者だな

616 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 22:51 ID:ytIEqtpd
>>614
ぬことは?
新種の生物ですか。

617 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 22:51 ID:ysgCLMXe
(;´Д`)ハァハァ

http://ime.nu/ime.nu/kantweb.s7.x-beat.com/bbs1/img-box/img20040821174117.jpg

618 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 22:55 ID:lV0axMd8
>>614
だんだん行数が増えていく呪いのコピペですね(・∀・)

619 :ゴメンヨ:04/08/24 23:03 ID:GF0qS7Si
裸足で膝から下しかない幽霊((( ;゚Д゚)))ガクブル

620 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 23:17 ID:XVA1GAXg
>>601
おるよ。市内在住。
でも↓の方がたくさんおると思う。
岡山県の心霊スポット
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1088569025/l50


621 :_| ̄|○ :04/08/24 23:38 ID:MEdO3kpS
夜遅く1歳になる息子が起きて訳の分からんことを
ごにょごにょ言い出したので何かと思い見てみると部屋の隅を
指差して「ちゃ〜ちゃん、ちゃ〜ちゃん」と繰り返している。
寝ぼけていたせいもあって寝なおすと暫くしてからその方面から
「ガタン」と音がしてマジびびった。

622 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 23:42 ID:5XxD9Tb+
ちゃ〜ちゃんが居たんだろ? 気づいてやれよ


623 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 23:45 ID:lV0axMd8
>>621
ちゃ〜ちゃんって「おかあさん」?

624 :本当にあった怖い名無し:04/08/24 23:50 ID:Z9zcOkx1
わたしもちいさいとき「ちゃーちゃん」っていってたよ。
自分やまわりの生き物全部 → ちゃーちゃん

甘えた感じで「ちゃーちゃん、じゅーちゅのむ」→いま「ジュースくれ」

625 :_| ̄|○ :04/08/24 23:54 ID:MEdO3kpS
>>623 もしかしたらね。漏れの母親は12年前に自殺して、
寝ているその和室に仏壇置いてるんやけど、息子は時々2階の部屋でもそう言って
誰もいないところ指差してるときがある。まあ孫やから見守ってくれてるんかも
しれんけど。

626 :夏祭りの後に。1:04/08/25 00:39 ID:JNyBzTiU
小学生時代のとある夏休みの一日。

自治体で主催していた夏祭りに、友達に誘われて遊びに行った。
夏祭りと言えば、24時間テレビや大晦日、お正月など、子供が夜遅くまで起きていても怒られないイベントのひとつだった。
心ゆくまでお祭りを楽しみ、その後はお祭りの後片付けなどを手伝って楽しい夏祭りは終了した。
さて帰ろうかという時、友人の母親が夜も遅いから車へ乗っていきなさいと言う。
(行きは、祭り会場が近くだったので徒歩だった。)
駐車していたところが離れていたので、友人の母親は先にそちらへ行って車をこちらへよこしてくれることになった。
「ちょっと待っててね」
友人の母親はそう言って、私たちをその場へ残し駐車場へと向かっていった。
待っている間その場にずっといるのもつまらなかったので、駐車場のほうへと向かって、
私たちは祭りの楽しかったことや宿題のことなどを喋りながら、だらだらと歩き始めた。
会話の途中友人が、ふと立ち止まった。

「あれ?電話のところに誰かいる…?」

つづく


627 :夏祭りの後に。2:04/08/25 00:39 ID:JNyBzTiU

友人の示す先へと目をやったが、最初はわからなかった。数度、やりとりをしてようやく気づく。
私は息を飲んだ。確かに誰かがいる。
祭り会場の側には自治会館があり、外には一台、公衆電話が取り付けてあった。
コンビニの前にあるような、鉄の柱の上に乗っかった緑色の公衆電話だ。
その公衆電話の下に、蹲るようにして赤と黒の何かが蹲っている。
ぴくりとも動かず、ただ膝を抱え蹲っている。顔は下を向いているせいでわからなかった。
人間…?目を凝らすと、長い黒髪に赤いワンピースのようなものを着た女性のようだった。
目が醒めるような、赤、赤、赤。そこだけが切り取ったように赤く暗闇に浮き上がっている。
じっと見つめるうちに、なにか、全身が粟立つような感覚が襲った。
ゆらり、赤い女性が動いたような気がしたその時。
私たちは一目散に駆け出した。「逃 げ ろ」その感情だけが身体中を駆け巡る。
必死で走った私たちはやっと、友人の母親の運転する車を見つけた。

今でもあの「赤い色の何か」が人間だったのか、そうでないものだったのかわからない。
祭りはとうに終了し、祭り会場にも自治会館の周りにもその時は私と友人の二人しか残っていなかった。
周りは住宅地で、夜も遅いせいか灯りはちらほらとしか見られず、ひっそりと音もなく…。
今でもあの赤い色は、恐怖と共にはっきりと脳裏に焼き付いている。

628 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 01:42 ID:lVdSlT5g
俺がまだ小学生の時。いつものように家族4人で居間で寝ていた。
夜中3時頃。当然4人とも熟睡している時間帯。
突然親父がガタガタ震えだし、「南無妙法蓮華経!南無妙法蓮華経!」と大声でお経を唱え始めた。
3人とも一斉に目を覚ます。恐怖で泣き叫ぶ俺と姉。うろたえながらも親父を揺り起こすお袋。
しばらくして正気に戻った親父に話を聞くと、何やら得体の知れない者にのし掛かられたらしく、
親父が子供の頃に母親(ばあちゃん)に教えられた通り、お経を唱えて追い払おうとしたらしい。
今となっては笑い話だが、亭主関白で冗談も言わなかったような親父があんなに怯える姿はガキだった俺にとって何より恐怖だった。

俺にとっては怖かったんだが、普通は怖くないか・・・

629 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 01:46 ID:MglaQoZ5
>>628
それ「お経」じゃなくて「題目」。
もうひとつ(なんまいだ〜)のポピュラーなやつを「念仏」っていうの。

この違いって、実社会ではけっこうシビアなの。
覚えておいてね。

630 :628:04/08/25 02:02 ID:lVdSlT5g
>>629
失礼いたしました。今後覚えておきます。

631 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 02:04 ID:nf8SexKA
>>612-613
なにげにこわいな、それ。足だけってめずらしいね。

>>621
やっぱ子供は見えてるのかな?うちの犬もたまになんもないとこにすごい剣幕で吠えるけど。

>>626-627
赤い服の貞子を想像してしまった(((((( ;゚Д゚)))))

632 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 02:17 ID:8ANY7zuN
親父が小学生くらいの頃、学校の自転車置き場で友人と指と指の間から
空間を見るという遊びをしていたら友人が一言「なにかいる・・」で、よく
見てみると物陰に何か黒いもやっとした人の形のものがいくつかあってそれは指の隙間
から目を離してみるとその位置には何も無い、だが指の隙間を見るとやはり存在する。
しばらく見ているとそれが物凄い速さで手足を振りながら指と指の空間めがけて走って来たので
二人して必死でその場を離れた。そしてそれ以来その遊びはやってないとの事。

633 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 02:59 ID:K1U5GPnd




http://www2.gazo-box.com/nazo/img/4837.jpg




634 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 03:50 ID:esxGpmJs
学生の頃、『エンジェルさん』というものが流行った。
いわゆるこっくりさんの変化系で、私と、霊感のあるK子とでよく遊んだ。
そのときは偶然近くにS香がいたので、嫌がる彼女を無理矢理参加させた。
S香はK子曰くもの凄くソッチ系の力があるらしい。
早速召還の儀をはじめる。しばらくして、指の下で10円玉が振動したかと思うと、
きん、という鋭く透き通った音と共に、綺麗に二つに割れてしまった。
ちょうど10円玉の真ん中辺りを押さえていた私の人さし指の腹には、縦にすっと浅い切れ込みが残った。
「ちょっと大きすぎたみたい」とS香は言い、その十円玉を川に投げ捨ててしまった。
あれの召還に成功していたら、いったい何が起こったのか、今でも時々考える事がある。

635 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 07:39 ID:1CNNvWcK
>634
K子曰く「凄くソッチ系の力がある」と言うS香は、本当は自分の力に気付いてたのかな?
もっと2、K子&S香の話しキボンぬ

636 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 07:52 ID:gNsdl4cK
>>629 漏れも知らなかった まぁまぁいいこと知ったな

637 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 09:00 ID:2KXflomd
>>592
すげー痴レスだけど、「肉人(にくびと)」と「ぬっへっほぅ(いわゆるのっぺらぼう)」は別のもの。
最初の記載は、推古天皇の前に現れた奴だっけかな? 見た目にもただの肉の塊で、
そこから腕のようなものが一本生えて天を指していたという。いつの間にか消えるものらしい。

その後も度々見かけられたそうだけど、「肉人」は時代の変わり目とか、動乱期の予兆で
現れるものらしい。

638 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 09:57 ID:uHGYvIKa
三年ほど前、隣のマンションに男の人とその愛人風の若い女の人が住んでいました。ある時期から女の人は狂いだし、窓を開け放って裸を露出するようになりました。つづく

639 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 10:03 ID:uHGYvIKa
「チンチンちょうだい」、など意味不明な言葉を叫びながら…。ある日、友人とそのマンションの前で雑談していました。「あの部屋にね、変な女の人がいるんだよ。今はカーテン閉まってるけど…」と、彼女の露出のことを話すと、友人がおもしろがり、つづく

640 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 10:06 ID:uHGYvIKa
部屋に向かって「ねえねえー!!」と叫びました。やめときなよ、と慌てた瞬間、いきおいよくカーテンが開き裸の彼女が現れました!私たちは驚き、低い塀に身を隠しました。まだつづく

641 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 10:11 ID:uHGYvIKa
「いま、呼んだでしょう」と正気のない声で言いながら、オナニーショーを始めました。おびえている私たちを見かねた母が「なにしてんの!!」と怒鳴ると、女はおとなしくカーテンを閉め、部屋に入りました。

642 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 10:13 ID:uHGYvIKa
その後、おとなしくなった彼女の存在を忘れかけていたころ、二階でくつろいでいた私はなにげなくカーテンを開けました。すると、

643 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 10:21 ID:uHGYvIKa
彼女のマンションのベランダ(二階)がよく見え、下半身を露出した彼女が二本の腕のみで体を支え、白い脚を開き、フェンスから身をのり出していました。慌ててカーテンをしめ、見なかったことにしました。

644 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 10:26 ID:uHGYvIKa
それから彼女と愛人は引っ越し、今では別の人が住んでいます。今思い出すとあの光景はなんとも不気味でした。狂気に支配された女の表情や、声や、白い四肢や乳房や…。省略のしかたがわからず、長くなってごめんなさい。

645 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 10:30 ID:63CtXnGE
幽霊と性行為した人いますか?
私は何度かあるみたいです。(←曖昧な言い方ですが夢かも知れないので確信が持てない。)
した事があるていう人はどんな状況で行為に至ったか教えて下さい。

646 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 10:30 ID:VxuHvzeN
目にゴミが入ったなと思って、いつものごとくまつげ抜けたかな?と思って
まつげっぽいものを取ろうと手でつかんだ瞬間、
ズルズルズルと自分の髪の毛(約30センチぐらいあった)が
目の中から出てきた時は怖かった。

自分にしか怖くなくてゴメン

647 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 12:24 ID:m+wMtleY
>>645
中学の時見たお昼の夏休み特番ドキュメントでそんなのがあった

文通していた少女が死んだらしくてその夜から彼女が裸で部屋に来てって話だったと思う


648 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 12:43 ID:yxtqzoxb
>>646
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
すごく怖い

649 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 12:48 ID:63CtXnGE
>>647
その文通相手と行為に至ったんでしょうかね?
私の場合は金縛りに遭う時に人の気配にのしかかられます。
金縛りに遭ってる上になんとなく気配があるだけでも充分に恐いのに。
目を閉じていても相手が若い男で眼鏡をかけているところまで解ります。
無理矢理キスをされるところから始まり首筋を吸われ全身を愛撫され両脚を開かされてそこに顔をうずめて…
感覚はものすごくリアルです。
しかも通常のセックスより遥かに感じやすくなっています。
ものすごく恐いのに何度もイかされてしまうんですよね。
同じ経験した人いないかな?

650 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 13:18 ID:LcOjlGrM
どっかで幽霊にヤられて妊娠状態になって十ヵ月後くらいに
白い液体吐き出した女の話は見たことあるけど・・・
悲惨だったよ

651 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 13:29 ID:z5CcocCR
>603
朝起きて枕元の目覚まし時計に手を伸ばしてもそこになかった。
どこへやったんだろう?と台所に行ってみたら、
電気コンロの上にあった。パラッパラッパーの目覚まし時計。
まぁ寝ぼけていたのだろうお互いに…。

652 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 14:26 ID:JOOjiCSe
>>637
わかりやすい解説サンクs。

653 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 14:29 ID:Y4yIPynt
終電が過ぎてしまって困っていた。
「あぁ、どうしよう」そんなことを何度も呟いていた。
ふと気づくと、目の前に黒いスーツを着た男が立っていた。
その男は俺と目が合うと驚いた表情をして俺にこう言った。
「お前さん、この前の・・・」
俺は考えた。見覚えがない人間にそんなこと言われても。
10秒間の沈黙があった。何故か俺はただならぬ危機感を感じていた。
「お前さん、この前の」
男が再びその言葉を口にしたとき、俺は気づいてしまった。
俺はその場を駆け出した。必死に走った。
もう大丈夫だろうと思って後ろを振り向くと男の姿はなかった。

俺は呟いた。
「あぁ、どうしよう」

数日後、俺がその男に殺されたのは言うまでもない。

※4〜9行目と最後の行をよく読み返せば・・・


654 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 14:54 ID:lFnHgZWW
>>653
?わかんない・・・・

655 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 15:03 ID:Jq1z1J76
>>653
謎。わかんない…

656 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 15:04 ID:SC9NWemY
うちの(というか私の)お雛様は、木の台座にお雛様とお内裏様が乗っていて、
それがガラスケースに入っている。
木の台座部分にはネジが付いていて、回すと「おひなさま」のオルゴールが鳴るしくみになってる。
毎年、お雛様をうちのオカンが飾って、オカンか私が気付いた時にネジを回しておひなさまを
鳴らしていた。
「気付いた時」というあいまいなタイミングでしか鳴らさないので、全然鳴らさない年があった。
そんな年のある日、リビングに家族みんな居る時に、突然
チャラララ チャラララ チャララララーーン… と座敷に飾ってあるおひなさまのオルゴールが鳴り出した。
絶対うちの座敷には座敷わらしがいるんだ!!と思って真面目に怖くて大泣きした。
うちのオカンは「座敷わらしの居る家は幸せになれるんだよ」と言った。
座敷わらし様のために、毎年お雛様を出したら、2日に1回くらいはおひなさまを鳴らすようにした。
そしたら勝手に鳴ることはなくなった。

657 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 15:04 ID:+HJS4mX7
降参です・・・

658 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 15:32 ID:UxwaSShJ
>>649
幽霊に、しちゃった・されちゃった話 0.5
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1053519093/

こういうスレもあるよ

659 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 15:40 ID:MglaQoZ5
>>653
荒れる予感

・・・がすることが、ほんのり怖いってわけじゃないよね・・・

あー気分悪い

660 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 15:41 ID:bHvyTN16
>>659
詳細キボンヌ


自分自身ってわけじゃないよね?

661 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 16:06 ID:GjSKYK1L
海が近いせいか、漁師さんの迷信みたいな話しを近所でよく聞かされた。
『入り盆、送り盆には漁をしてはいけない』、とか『海川に入ってはいけない』とか
でも、この話しはうちの近所だけじゃなくても一般的みたいだけど。
この話しもそんな話し、お盆じゃなくて地元のルールのようです、初めてヤバイと思った体験です。

釣りが好きな僕が友達Nを誘って海に行こうとしたら。
船は持ってるけど漁師を引退した、友達の爺さんが面白そうに
『今日から、あさってまで峰ノ州の方に行ったら、いかんぞ。助けられんからな』
っと、わざとらしく語りかけてきた、だけど目だけは厳しかった。

峰ノ州と言うのは地元で呼んでる浅瀬のことです、知らない人が見たら只の磯にしか見えません。
友達Nが『わかってるよ、釣れなかったら帰ってくるから』っと返事だけして
僕とNは釣りに出かけた。



662 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 16:08 ID:GjSKYK1L
釣り場まで、自転車で15分ぐらいで付いたホントは原チャで来たかったのだが
Nがまだ免許を持っていなかった事と、ガソリンを入れに行くのが面倒だった為、チャリにした。
釣り場には、4駆と見慣れない大学生の風2人組みが何か釣りのような事を先にしていた。
ちょうど例の峰ノ州の手前の防波堤で(2〜3百メートル先が峰ノ州)、暇そうにタバコを吸ったりしていた。

僕とNは少し遠慮しながら横でいつものように釣りをはじめた。
すこし離れてるとはいえ、見慣れない2人組みはこっちの
様子が気になるようで、しばらくして話し掛けてきた。

少しパーマのかかった人あたりの良さげな片方が
『こんちわ、ここ釣れるの?ゼンゼン駄目なんだよね』
警戒させない声だった。



663 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 16:09 ID:GjSKYK1L
もう1人は、隣のNの仕掛けに興味があるみたいで、ジロジロと竿先や仕掛け入れを観察していた。
それから、2人とも色々と面白い話しをしてくれ、缶コーヒーまで貰った。

2〜3分ほど話してみると、その大学生2人組みの仕掛けがこの場所では
まったく不向きな仕掛けだというのがすぐに判った。
僕らはその2人が釣りたい魚が目の前の峰ノ州によくいる事を知っていたのと、
その仕掛けが峰ノ州なら向いているだろうと思った。

だから、良くしてもらった御礼になればと思って峰ノ州の場所の事を話した。
その時は、もうNの爺さんが言ってた事なんかどうでもよかった様に憶えている。
子供が行くわけじゃないし、大学生といったら、もう大人なんだしと思っていたんだと思う。
その日、僕とNも釣れなければ峰ノ州に行くつもりでいたぐらいだ。



664 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 16:11 ID:GjSKYK1L
二人は、クルマに荷物を積み込むと『ありがとね、行ってみるわっ』と言い残してさっさと行ってしまった。
僕はあの二人に狙いの魚が釣れるとは思えなかったけど、可能性が高くなった事に少しだけ満足していた。
Nにいたっては、『釣れないようなら、手伝いに行くかな?』と言いながら貰った缶コーヒーをん飲んでいた。

それから、2〜30分たっただろうか?遠く、峰ノ州の磯先に先ほどの二人の姿が見えた、竿を持って歩いている。
さらに、しばらくしてこっちに手を振っているのが判る、『釣れたんだろうね』っとNが手を振る。
それから、僕とNも自分達の釣りが忙しかったので、あの2人組みの事は忘れていた。
少し、日が傾き始めた頃、気が付くと天気は曇り空に変わっていた。グレーの空を映す海は、あまり綺麗とは言えない。



665 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 16:13 ID:GjSKYK1L
僕が、紐で結んだバケツで海水を汲んで水換えをしていると、Nが『あれ?みて!見て!』と峰ノ州の方を指差す。
『何?』僕はバケツの紐を引きながら、峰ノ州を見た。

『!!』例の二人組みが、僕らから見てありえない場所、海の上に立っている。更にその先に歩いてる様にも見えた。

点の様にしか見えない2人だが、だんだん小さくなっていくのが判る。
遠くに移動していると言うよりも、沈んで行ってるように見える。事実、上半身しか見えない。
点の片方が、振り向いたのが見えた、ハッキリしないが慌てて戻ってるようだ。
もう一人は、まだ振り向かない、僕とNは多分、家を出る前の爺さんの言葉を思い出していたと思う。

僕とNは黙って、手元の道具を片付けながら様子を見守った。
一人はもう、頭だけになった、そして潜るように消えた。



666 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 16:15 ID:GjSKYK1L
Nが『爺ちゃん、の言う通りになった』とつぶやいて放心しているのが感じられた。
僕もNもまだ携帯電話なんか持ってはいなかった。何もできないでいた。
戻っているように見えた男が何度か海に転ぶのが見えた。



667 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 16:16 ID:GjSKYK1L
そして、僕は、もがく男が波の表面から複数の白い手のような物に絡め摂られて沈むのを見た。Nも見えたと言っている。
3回ほど頭を出して、それを覆い引き擦り込む様にして灰色の波が、缶コーヒーをくれた大学生を隠してしまった。
僕とNは唖然としていた、時間にしてみれば3〜4分の事か長くても10分ぐらいかもしれない。




668 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 16:17 ID:GjSKYK1L
とり合えず、僕は自転車で近くの家まで警察と救急を呼びに、Nはその場に残って見守る事に
その後の事はあまり憶えてないけど、警察と消防署に事情聴取されてそのまま僕とNは帰った。
消防署の人が『後で何かあったら電話するから、電話番号を教えて』と言う言葉が耳にまだ残ってる。

実際に1人目の死体が揚がったのが2日後だったと思う。
もう1人は揚がらず仕舞い、その日の事は地元でしかニュースにならなかった。



669 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 16:18 ID:GjSKYK1L
今でも、思い出すがあの『白い手』は絶対に見間違いなんかじゃないと思う。
Nが爺さんに峰ノ州に行ってはいけない由来を聞いてみても爺さんもよく知らないようで
『ただ、あそこは昔からこの季節は行ってもいい事がないから、もう行くな』とだけ言われたようだ。

何年かしてNの爺さんが『普段見えん物が見えると人間、奥まで行くから帰れんようになる』と言っていた。
Nがその後、好奇心で峰ノ州まで行こうとしたが、どうしても途中から足がすくんで動けなかったらしい。

特に言われはないけどそんな場所があって、ひょっとしたら僕とNの身代わりになった
あの2人には今でも申し訳ないと思っています。


670 :スラ仏 ◆a/5C75iDn. :04/08/25 16:25 ID:OdjWet7G
  人
(((; 'A')))) カナリコワイヨ・・・

671 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 16:46 ID:2KXflomd
ここ数スレこんな調子だけどさ、ほんのりが関連中一番 ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!●~*ヒイィィィ!!(゚ロ゚ノ)ノ
なのはどういうわけだいね。

672 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 16:49 ID:IZjl+R/U
あんまり怖くなくてもグダグダ言われない→気軽に書き込めるからいい話も集まる・・・かな?

673 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 17:39 ID:wHmz7Z5L
ある日、私は森に迷ってしまった。
夜になりお腹も減ってきた。
そんな中、一軒のお店を見つけた。
「ここはとあるレストラン」
変な名前の店だ。
私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。
・・・なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
私は苦情を言った。
店長:「すいません作り直します。御代も結構です。」
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
私は店をでる。
しばらくして、私は気づいてしまった・・・
ここはとあるレストラン・・・
人気メニューは・・・ナポリタン・・・


674 :スラ仏 ◆a/5C75iDn. :04/08/25 18:02 ID:OdjWet7G
>>673
 人
('A`)へ コピペモウオナカイッパイ

675 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 18:03 ID:bHvyTN16
>>653の詳細キボンヌ!!

676 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 18:28 ID:KQkpA0ft
>>629
学会の方でつね

貴方にとっての常識が普遍的なことと思わないでね
高飛車な態度で指摘するほどのことではありません

677 :629:04/08/25 18:30 ID:MglaQoZ5
>>676
残念ですが、真言宗徒そわか。

678 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 19:14 ID:/Dbein3i
普通の人の定義によってはお経と祝詞の区別も付かないようなのが普通になるような気がする、今は。
アメリカと戦争したのを知らない女子高生や、世界地図で五大陸も書けない若者が闊歩する国ですよ、日本は。

679 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 19:27 ID:A4Mc5rfM
今日の朝、学校で友人と交わした会話。

友人「○○、何時の間に彼女を?」
おれ「はあ? おれは年齢と彼女居ない暦が同じピュアな身体だが」
友人「昨日の晩、××の信号の所で女をバイクのケツに乗っけてたべ、見たぞ。すぐに信号変わったんで声かけそこねたけど」
おれ「ちがうって、おれじゃないよ」
友人「髪が長くてオーバーオール着てた女」
おれ「確かに夜中にハラへったんで、バイクで吉牛に行ったけど1人だよ。見間違いだろ」
友人「今時NSの400Rなんて骨董品に乗るなんて、おまえ以外にいる分けねーだろ」
おれ「失礼な。見間違いだよ」
友人「いーや、あれはおまえのNSだって、カウルのぶしょったいガムテープとかで分かる」
おれ「・・・・・」
友人「今度、彼女見せろよ」

おれは、1人で吉牛(今は豚だが)食いに行っただけなんだよ。キミの悪いこと言うのはヤメレ。ヽ(´Д`;)ノ


680 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 19:32 ID:OYYPgvNp
>>679
浜松か?

681 :名無しさん@( ・∀・)つ旦~:04/08/25 19:43 ID:dLuZkziW
どうでもいいが5大陸って納得イカン
北南米、ユーラシア・アフリカは繋がってるジャン
と、消防のときから思っている

682 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 19:49 ID:A4Mc5rfM
>>680
もうチョイ東、掛川。
1号線沿いにある吉野家に行く途中、掛川西高の信号で見られたらしい。

なんか浜松にあるの?



683 :本当にあった怖い名無し:04/08/25 22:08 ID:9nOZR3je
>>678は放置ですか?
オカ板も煽り耐性高くなったな。

684 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 00:16 ID:+URzaqJ6
>>681
運河で…、いやなんでもない

685 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 01:21 ID:ynEvkdYO
>>653>>673がいまいちよくわかんない
673は何かの童話か何かかな?

686 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 01:55 ID:1zHEeCp9
謎話のふりした、たちの悪いイタズラだから気に寸名。

687 :三十路ナースマン:04/08/26 01:56 ID:WJNeNOCX
十数年前、総合病院に勤務してた時の話。
俺がいたのは内科病棟。当時はまだ野郎の看護師が、整形や透析以外で勤務してたのは珍しかった。まあそれは全然関係無い…と思うけど。
その病院、西と東で一つの階に違う科があった。俺の勤めた内科は東、西病棟は産婦人科だった。
ナースルームは隣接してたが、西はいつも陣痛の呻きと赤ちゃんの泣き声、それに家族さん達の喜びの声。
それに比べて、こっちの内科はダークなオーラを醸し出してる人たちでいっぱい。正に天国と地獄。一週間に平気で3人はステッてたし。エンゼルセット大忙し。

688 :三十路ナースマン:04/08/26 02:14 ID:WJNeNOCX
ある日の準夜帯、いきなり西の産婦人科から、妊婦さんが一人ストレッチャーでウチの内科に運びこまれた。西のナースたちの顔色が真っ青。イヤな予感。
運ばれてきた妊婦さんには見覚えがあった。「結婚してから、8年もかかったんです〜」と、隣のナースセンターでコロコロ、幸せそうに笑ってたのを見たことがある。確か、出産間近だったはず。
「胎盤が早期剥離した!!母胎も胎児もヤバい!!」産婦人科のドクターの血相が変わってた。ストレッチャーの下半身、比喩じゃなく真っ赤っか。こっちまで青ざめた。ちなみに、男は女より血に弱い。

689 :三十路ナースマン:04/08/26 02:28 ID:WJNeNOCX
要するに、まったくお産の予定が無い場合、産婦人科は夜勤帯はナースの手が無い。
緊急呼び出ししてる余裕も無いため、その時たまたまヒマだった内科に連れてきたらしい。まあ、産婦人科よりは多少緊急時のセットはあるが、外科のほうがいいのになあ…とか思いつつ、処置の手伝いを始めた。
後から思えば、違う階にある外科病棟まで連れて行くほどの余裕も無かったんだと思う。廊下に細い血の河ができるほどの出血だった。今でも思い出すと気分が悪くなる。その時は頭は完全救急モードになってたけど。

690 :三十路ナースマン:04/08/26 02:43 ID:WJNeNOCX
長文でゴメン。初心者なもので。
で、空いてる部屋に患者さんと機材を慌てて運び込み、処置が始まった。
とは言え、夜勤組んでた相棒はともかく、俺は産婦人科はシロウト。血液ルームから輸血パック運んだり(確か全部で六千CCぐらい)、処置や投薬の内容をメモるので精一杯。
「イノバン側注!」「血圧60/30!胎心音微弱!」とかなんとかドクターとナースが怒鳴りあってるのを、必死で手近な紙や手の甲にボールペンでメモッてた。後で看護記録にまとめなきゃいけないから。
左手の甲が、ペンのインクで真っ黒になったのを覚えてる。

691 :三十路ナースマン:04/08/26 02:56 ID:WJNeNOCX
結論を言うと、結局母胎も胎児も助けられなかった。
元々その妊婦さんは血小板の機能が弱く、それまでも何回か流産を繰り返してたらしい。
「今回は順調だったのに…」普段は明るい豪快なドクターが肩を落としていた。西病棟のナースも、半泣きになりながら家族に電話をしていた。
俺はと言えば、普段は入らない産婦人科ナースルームで看護記録を書かされていた。
正直凹んではいたけど、まあ他病棟の患者だし、自分なりにできる事はしたつもりだったし。それよりも、自分の左手にメモッた事項を記録にするのに一苦労だった。

692 :三十路ナースマン:04/08/26 03:09 ID:WJNeNOCX
看護記録をようやく書き終えたのはもう午前二時過ぎ。正直、さっさと帰って休みたくなっていた。
暗い表情の西病棟ナースに記録を見せて、東病棟に戻った。もうとっくに深夜勤のナースも出勤していた。
「スゲェ大変でしたよ〜」と深夜のナースに愚痴りながら、手を洗い始めた。左手の『モニターフラット』だの『死亡確認』だの、ロクでも無い字を早く消したかった。
皮膚にボールペンで字を書いた場合、逆性石鹸とかよりも、アルコールのほうが簡単に落ちる。ウ○ルパスをスプレーすると、案の定簡単にインクは落ちた。インクだけは。

693 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 03:14 ID:On8CfRFI
>>インクだけは。って何が他に残ってたの?
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

694 :三十路ナースマン:04/08/26 03:23 ID:WJNeNOCX
左手が、妙にヒリついた。アルコールが沁みた痛み。
「?」と思って左手を見ると、赤いインクが落ち切れてなくて、字が残ってる…
赤いインクじゃない。当時看護記録は、夜勤帯は赤ボールペンで書いたけど、病室には持って行ってない。第一、字の大きさが違う。記録する事が沢山あるのに、俺はこんな大きな字で手に書いたりしない。
ボールペンのインクじゃなかった。引っかきキズが赤く手の甲に浮かんでいた。
『う ん で やる』

695 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 03:34 ID:6kfGXyeB
ナースマン怖いよナースマン

怖いけど、せつないね

696 :三十路ナースマン:04/08/26 03:39 ID:WJNeNOCX
絶対こんなコト書いてない!他の字が偶然そんな風に見えてるワケでもない!!
当時若くて、バカだった(今もだが)俺は、怖いというより興奮して、深夜勤に来たナース(超ベテラン)に手を見せた。
「これ、すごいッスよ!!あの人のメッセージですよ!!」寝不足でテンパッてた俺は、自分でもよくわかんないテンションで妙に感動してた。いや、感動する場面じゃないんだけど。
「すごいッスよねえ…よっぽど赤ちゃん欲しかったんですねぇ…俺にメッセージ残したんですね!」ベテランナース、しばらく俺を眺めてたが、ボソッと呟いた。「…それ、違うよ」

697 :三十路ナースマン:04/08/26 03:50 ID:WJNeNOCX
「はい!?」急に言われて、ボケッと先輩を見た。
先輩、妙に無表情に俺の左手を指さした。
「そこ…『う』の次…ちゃんとよく見てみなよ」
「はあ…?」改めてシゲシゲと眺めた。確かに、『う』と『ん』の間に、読みにくかったけど、文字が一字浮かんできた。

『う らん で やる』
次の年の3月、そこの病院は辞めた。ナースマンは続けているが、常に分厚いメモ帳常備、手にメモる事はあれから一度も無い。
長文駄文、失礼しました。

698 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 03:52 ID:On8CfRFI
ウワワーン恐いよう逆恨みもいいとこだよう。
ナースマンさん乙、面白恐かった。

699 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 04:48 ID:7NWiN4C/
ナースマンさんお疲れ様。
怖い話の後で何ですが、変な夢の話を一つ。
中学生の頃から一人の女の人がたまに夢に出てきます。
彼女はいつも裸で、スタイルも俺好みのややぽっちゃり系だったりします。
当然エロガキな頃ですからセックスする訳ですが夢精はしません。
彼女が夢に出る時はいつも寝ようと思って寝るのではなく、布団に横になると急に意識がなくなるんですよ。
精が吸われて疲れる訳でもなく、オナニーしようと思ってパンツをずらして急に意識が無くなった時も、パンツをはいた状態で目覚めたりします。
几帳面な娘さんですねw
その女性は夢で何回も会っているのに顔を覚えていません。
夢の中では顔を見、覚えているのに何故か目覚めると顔だけはもやが掛かっているんですよ。
こう言うのって若い頃特有の脳内の理想の彼女なのかと思ってましたが、いい年してまだ夢で会ったりします。
肉体的には害は無いんですが、現実に付き合った女性とセックスする時に何故か比べてしまい振られてしまう事が何度かありました。
頭の仲で別の女性の事を考えると相手にばれてしまうんですよ、女の人って鋭いですね。
夢の中で「また君のおかげでで振られたよ」と冗談ぽく言うと、彼女は困ったような嬉しそうな顔をします。
今付き合っている人にも「別に好きな人がいるんじゃないの」と聞きかれる時がありますよ。
男っていつまでも心の中に理想の彼女って居続けるものなんですかね。

700 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 07:22 ID:BUhuTLXI
かぜのなかのすぅ〜ばるぅ〜♪


701 :するめげそ ◆l1QR4V50Nw :04/08/26 07:25 ID:J4Bu/KW1
>>699
なんだか…不思議というか切ない感じです。昔亡くなった幼なじみや知り合いの女の子がが成長して会いに来てるのかなあとか考えたのは僕だけですかね?そういう子まわりにいませんか?ってか駄文ですねm(_ _)m

702 :629:04/08/26 09:12 ID:jfJO9ILC
むかし某所でアルバイトをしていたとき、
気のあうバイト仲間でよく飲み会をしていました。

あるとき、ちょっと年上で元気のいいA君が入ってきました。
体育会系ではないそうでしたが、声も大きく、
挨拶とかいつも「慣れている」ってかんじにハキハキしている人でした。
ちょうど忙しい時季だったため、
歓迎会飲み会は3ヶ月くらい後になりました。

飲み会の席で、バイト仲間のB子がボソっと、
「地方在住のライブ友達を家に泊めてから金縛りで・・・」。
当然みんな怖い話が好きですから「それでそれで」と盛り上がります。
B子は「マジ怖いんだって、ちょっと聞きなよ」と説明を続けます。

毎晩ではないものひんぱんに、
ベッドに入ってしばらくウトウトしたころにそれは来るそうです。
腕だの脚だの髪の毛だのを引っ張られることがあるけれど、
なにか嫌なものを見てしまいそうなので、いつも目をつぶっていると言います。
「ほっとけばそのうちいなくなるんだけど、あるとき、
 なんみょーほーれんげきょーって唱えたら・・・」

なんと、目を閉じた顔のすぐ前で(クックックッ)と笑われたのだそうです。
聞いていたみんなは「うぉぉぉぉ怖えー!」と盛り上がっていますが、
B子は涙目に・・・。
その場はなんとかとりなして、塩置けとか、お札貼れとか、
みんな適当で無責任なアドバイスをする程度でした。
ただ、なぜかA君だけは、
真剣というのとはちょっとちがう、妙な目つきでB子を見ていました。
(つづく)



703 :629:04/08/26 09:15 ID:jfJO9ILC
それから一週間もしないうちに、
別のバイト仲間から「A君、B子ちゃんと付き合い始めたらしいよ」と聞きました。
なるほどーあのときの目つきはそういうことねーと思いましたが、
お似合いのカップルかもねと、みんなでそうっと見守る雰囲気に。

ところが飲み会から数えて一ヶ月後くらいしたころ、
B子から「うちの近所にステキなお店できたんで一緒にどう?」と誘われました。
わたしは(ははーん、A君のことで相談ね)とピンと来たので、
シフトを合わせて、二人で飲み会のあとB子の家に泊まることにしました。

お店の雰囲気もすごくよくて、お料理もお酒もとってもおいしく、
「いいねー楽しいねー」とひとしきり盛り上がって、ようやくB子の相談タイムに。
ニヤニヤしながら聞いていると「実はさ、A君と・・・」・・・。
例の飲み会の後で、A君から話しかけてきたそうです。
「金縛りだいじょうぶ? バイトで疲れてない? 僕でよければ力になるよ」
はじめはA君がタイプじゃないこともあって、いまいち乗り気じゃなかったB子も、
顔を合わせるたび「どう、だいじょうぶ?」と丁寧に気にかけてくれるA君に、
だんだんと好意を持つようになったそうです。
それでも一時期ほどではないものの、相変わらず金縛りは続いていたそうです。

「付き合うってほどじゃなかったんだけど・・・」
いつしかバイト後にいっしょに食事をしたり、
ミニドライブなどもするようになったそうです。

あるときA君が言ったそうです。
「金縛りが起きるのには原因が必ずある。放って置くのはよくない。
 僕はたいていの原因ならよく効く方法を知っている」
B子は(これは泊まりに来たいっていうこと?)とちょいドキしたそうですが、
A君の言う「お祓いってわけじゃないけれど、絶対よかったと思えるところ」に、
一緒にいくことになったのだそうです。
(つづく)


704 :629:04/08/26 09:16 ID:jfJO9ILC
「それってどこだったと思う?」
B子は腹が立つというより、金縛りより気味悪いといった顔でこう言いました。
「〇価学会会館だったのよぉぉ!」

わたしは笑うに笑えず、でも笑いをこらえながら、
「今夜はじゃんじゃん飲みましょー」と、飲み物の追加オーダーをしたのでした。



とまあ、こういうこともあるので、
題目と念仏の違いくらいは、きちんと把握しておきましょうね、
というつもりで>>629を書きました。>>683さま、これでいいですか?
まだ高飛車な態度でしょうか>>676

A君との擬似恋愛モードがぽしゃったこともあり、
B子の金縛りは緩解するだろうなとは思いましたが、ダメ押しで、
その晩B子の家であれこれ説明して、ちょっと一芝居打っておきました。
効果があったようで、たまに金縛りになっても幽霊は出ず、
怖くもなくなったといいます。

B子はその後、A君とはあからさまな疎遠を装い、
噂が広まって居心地の悪くなったA君もバイトをやめました。
わたしは黙っていたので、噂はB子が自分で広めたようです(笑)

あるとき、上座仏教の本場で自称修業をしたある自称僧侶が曰く。
「経典をありがたがるのは結構だけどさあ、
 日本語タイトルをひっつめて連呼すれば、
 なんとかなると思うって土人の宗教未満」(一同爆笑)
あ、土人は差別語だっけ?とダメ僧侶はビールのジョッキをあおっていましたが。

結婚してベビーに手を焼くB子とお盆に電話で話しました。
「金縛りになってもいいからぐっすり寝たい」とのことでした。

705 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 09:23 ID:MLEqRIUo
>>629
どーでもいいです、そんな事。

706 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 09:25 ID:MLEqRIUo
>>629
今頃長い言い訳を書かれてもなぁ。
どーでもいいです、そんな事。

707 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 09:32 ID:jfJO9ILC
>>705
>>706
工作員さん、さっそくご苦労様です

708 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 09:44 ID:RD+ys+P9
>>629での人を小馬鹿にした言い方は悪いって感じてないんだろうな。
>>704でもなんか引っ掛かる言い方してるし、少し可哀想な人だなと思った。

709 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 10:21 ID:U5NLrJ9P
629と704の話がどう関係するのかいまいち分からないけど、
B子は金縛りに遭うは、そんな男に言い寄られるはで踏んだり蹴ったりだな。
昔どっかで読んだ話で、婚約までした男が○価の人とわかり、
脱会してくれるようお願いしたら、それから一切連絡取れなくなり、
私は男の心の狭さにびっくりしたが、女の方は彼とよりを戻すため、
頑張って○価に入り、修行を積んだらしい。
読んでて寒くなる内容だったけど、○価の人には絶賛されてた。((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル

710 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 11:28 ID:v/xWcmso
>708
少し可哀相って部分に同意だな。
コミュニケーション能力がちょっと足りない感じがする。

711 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 11:31 ID:kWar6eNJ
>>702-704がなんで

>とまあ、こういうこともあるので、
>題目と念仏の違いくらいは、きちんと把握しておきましょうね

ってことになるのかがわかんないんだけど、俺の読解力が無いからか?

712 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/08/26 12:52 ID:vE86H1iD
いや、629が可哀想な人ってだけ。

713 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 13:25 ID:P5A11HFv
題目と念仏の違いよりも大事なものが>>629には欠けてる。
ま、一生気付かないのもいいさ。

714 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 13:59 ID:Zw5c1ebj
これだから宗教は好きになれない。

715 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 14:23 ID:C9194DH3
ほんのり怖くなくてバカな話。
去年の冬、電気ストーブつけっぱで布団の脇に置いて寝てた。

この一文で結果は分るだろうけど、書く。
夢を見る、息苦しい。なんか、へんな臭いもして、早く外へ
出ようという夢。
そしてふと目がさめる。真っ暗、でも臭い。なんやろと思いまた寝る
よく考えたら、そのとき既にストーブの上に布団がかぶさってて
ストーブの明かりも無かった。そんで煙も充満してた。
そんで夢の世界にまた入り、次目を覚ましたら
掛け布団が既に燃えている。煙が部屋に充満してる。
布団は、掛け布団の上表面が、メラメラしてて、毛布は
くすぶってる状態。

ええ、そりゃ、水かけまくって消しましたよ。
次の日、親にも姉にも怒られてしゅんとしたけど
あの、目がさめた瞬間にじぶんが被ってる掛け布団の足もと
が燃えている映像は、いまだに覚えてます。

これから秋、冬と、みなさんストーブとか使うと思うけど。
やっぱ暖房が一番!!!!(安全)
ていうか、いっぱいかぶって寝るのが一番!!!

716 : ◆BkSUvdlHVU :04/08/26 16:13 ID:lmpHKSHD
>>705-714
もうやめれ。
>>704
あんたも火に油を注ぐようなことを・・・

717 :699:04/08/26 16:29 ID:MLEqRIUo
>>701
そう言う人はいませんねぇ。
ここまで長い付き合いだと、何か分からないままの方がいい気がしますよ。
そう言えば学生の頃「夢の女は闇の勢力の悪魔で、君に取り憑いている。
私達が救ってあげるから集会に来てリーダーに会いなさい。」
と自称光の戦士に言われましたよ。
「女にヤリ殺されるならこのままでいい」やと言うと何か怒ってたけど。

718 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 16:45 ID:8NpLMemn
すみません。>>673
ここはとあるレストラン の ナポリタン の意味がわからないの。
私だけ?

719 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 16:53 ID:P5A11HFv
>>718
「牛の首」みたいなもん。話を膨らませようとするバカが少ないこのスレは流石。

720 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 17:00 ID:u8iYwhvD
>>653の奴はちゃんとした答えあるんだけど(他の板で聞いたんだけど)
673とかの理不尽なものが流行った後なんで真剣に考えてる人があんまし居ないみたいね。


721 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 17:32 ID:XEApJJxv
えっ、答え聞きたい。
720サン教えて〜。

722 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 17:34 ID:nWptFugs
http://game8.2ch.net/test/read.cgi/gsaloon/1092534234/93
↑これ見たあとこのスレを最初から見たら>4を見て驚いた

723 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 17:35 ID:gcPPvCKe
>>709
A君が学○員だったため、B子の唱えたという「なんみょう〜・・」に
過剰反応してしまったわけだ。
なむあみだぶつ・・・と、唱えたと言ったのだったらA君に言い寄られることも無かったと。

724 :するめげそ ◆l1QR4V50Nw :04/08/26 17:55 ID:J4Bu/KW1
>>717
闇の勢力ですかあ…光の戦士がいうなら間違いないかも(藁
でも闇つながりでいくと僕もサキュバスを連想しました。

725 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 18:48 ID:w9T7GGfi
あぁ・・
そういやオレ高校の頃「風属性の戦士」と認定された事があるわ、ほんのり怖い人に。
属性ってなんだよ・・・

726 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 19:03 ID:RD+ys+P9
>>725から風をカンディル

727 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 19:05 ID:4RLg5oG/
>>720

他板でも>>653の答えを教えて!っていう質問がことごとくスルーされてるのが
俺にとってはほんのり怖いんだが・・・。

で解答キボン

728 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 19:07 ID:RD+ys+P9
>>727
スルーされてる意味がわからない君がほんのり怖い。

729 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 19:08 ID:/cqjPdVE
三谷幸喜のドラマにも答えのない問題がでてくるよね

730 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 19:09 ID:MaSVkO1S
>>727
答えはあるけど、答えになってない

731 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 19:12 ID:IFkof+Gh
>>729
赤い洗面器がどうたらってやつだっけ?

732 :727:04/08/26 19:12 ID:4RLg5oG/
つまり答えはない、でOK?

733 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 19:14 ID:/cqjPdVE
>>731
それそれ
向こうから歩いてきてどうのこうのって、、、

734 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 19:18 ID:MaSVkO1S
>>732
   笑える呪われたコピペ    
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1093403803/

735 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 19:35 ID:4RLg5oG/
わかりました。正解は





 お  ま  ん  こ 




ですね。アリガト

736 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 19:35 ID:HIv9/ixe
中2の時に経験した話。
日曜の午後、俺は何となく「部屋の模様替えでもするかぁ〜」と思い、部屋の模様替えを始めた。
机とか本棚とかを動かし、ポスターとかも剥がしたりして、何となくイイ感じになってきて最後にベッドを動かした。
それまで西枕で寝ていたんだけど、模様替えした部屋では北枕で寝るのが一番良く思えたので、その日から北枕で寝る事にした。

その夜、深夜0時過ぎに布団に入り、明日学校だし、とっとと寝ようと思い目をつぶった。
が、中々寝つけない。何回も寝返りをうったりしていて、2時頃になった。
ウトウトしていて、あっ、寝れるな・・・って思った瞬間だった。
急に部屋のドアをドンドンドンッ!!!とすごい勢いでノックされた。
ノックと言うよりドアを叩かれている感じだった。
ビックリして飛び起き、部屋の電気を点けたけど、ノックはなお続いている。
怖くてどうしようと悩んでいると、やがてノックはやんだ。
悩んだが勇気を出してドアを開けた。が、そこには誰もいなかった・・・。

次の日の朝、親と弟に「昨日2時くらいに誰かドアノックせんかった?」と聞いたが、誰も知らないと言う。
すると、それを聞いていたウチのバアちゃんが「あんたぁ、変な事したんでないだか?」
と、聞いてきた。
俺は、「ただ部屋の整頓して、寝る向き海の方にしたくらい」と言った。
すると、バアちゃんは「あんたが、北枕で寝とったけぇ、迎えに来られたんだがぁ」
と、言われた。
北枕は死んだ人が寝る方向とその時知って、俺は鳥肌が立った・・・。
その日から俺は枕を南枕にして寝た。

っつう経験をしました。
今でもあのノックを思い出すと、鳥肌が立ちます。


737 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 19:38 ID:IFkof+Gh
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1092981653/719

738 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 19:43 ID:4mHjUJUl
>>737
やっぱあっちはふいんき(←何故か変換できない)悪いな。
>>736もマルチやってねーでこっちのスレに常駐しる。

739 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 19:48 ID:ZQTyfEKi
>>725
妹とか姉とか、そういうアレじゃねえ?

740 :720:04/08/26 20:49 ID:u8iYwhvD
>>727
うーん、自分で書いておいてなんだけども、
逆に真剣に考えすぎたりした人にはあの答えは納得できないかも
まあ、こういうのは「あぎょうさん、さぎょうご」みたいな感じで前からあるんだけど。
で答えはもう他のスレ見て分かったと思うけど

「お前さん、この前の」→「お」前、3。「こ」の前。で
「いけ」
つまり「逝け」って意味なんだと。2chでしか通用しないね。
ま、たぶんこれが答えで間違いないかと。そんなもんです。

741 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 20:54 ID:dM5ovot5
最近よくみるナポリタンのレストランコピペって薬やって捕まった人の
失恋レストランっていう歌の歌詞なんだと思ってた・・・

742 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 21:43 ID:MP94Mkzt
今朝のほんのり……

朝出勤しようとして靴を履いたら、誰かの脱ぎたてホヤホヤって感じに暖かかった。
犬も猫も飼ってない独り暮らしだし、玄関は北側だから日差しでってのも考えづらい。
木下藤吉郎の霊なのか((( ;゚Д゚)))オダオダサルサル

743 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 21:53 ID:zJBOWb9V
高校生の頃親戚の家族と旅行した時の話。
叔父さんに酒を飲まされて倒れた俺は、大学生の従兄弟の姉さんに看病されていました。
ぐっすり寝ていたはずの俺が、夜中に急に起き、周りを見まわしたと思ったら隣にいた姉さんの胸を触ったそうです。
姉さんはビックリしましたが、酔っていた俺が誰かと間違ったと思って「止めとき」と言い俺の手を払ったそうです。
すると俺は今まで聞いた事無い声で「「やっぱり〇〇の方が好きなのか、あいつの方がいいのか」と泣き出したそうです。
姉さんは何が起こったか分からず呆然としましたが、俺は「俺の方が前から好きだったのに」とか言いながら泣き続けたそうです。
姉さんに何も危害を加える様子が無かったので「●●(俺の名前です)、私の事が好きなの?」と聞くと
「また違う男の名前を言いやがって。誰だ●●って」と言ったそうです。
俺はしばらく泣き続けると、また急に倒れ眠りだしたそうです。
朝になり夜あった事を姉さんに聞かれましたが何も覚えていませんでした。
姉さんの事を好きと言うか憧れていたので、「私の事が好きなのって聞いたらまた泣き出したよ」と言われた時は恥かしくて顔を見れませんでした。
俺は何かに憑かれたんでしょうか、それとも酒に酔って本音を暴露しちゃったんでしょうか。
今でも恥かしくて情けないけど大切にしたい思い出ですよ。
数年後姉さんの結婚式で、嬉しいけど寂しくて、飲めない酒を飲んでしまい倒れてしまいました。
その時は何も憑かずに「おめでとう、おめでとう」とソファーに寝かされて呟いてましたよ。

744 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 22:09 ID:WJNeNOCX
>>743ほんのりいい話だ。

745 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 22:29 ID:eE56e18m
えぇ姉ちゃんや

746 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 22:50 ID:o2su5YT+
>>742
ああああ、ゾワゾワッと来ました。

747 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 23:09 ID:O9BxiCi5
>743
それは、従姉妹の姉さんのほうに心当たりあるんじゃ・・・
姉さんに異常な恋心を寄せる男の生霊に取りつかれたんじゃないか?


748 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 23:22 ID:7En5XnQg
夜、布団に寝そべりながら本を読んでいると
背中に小さくチクリと感触
手で払いのけると、ゴキの赤ちゃん・・・

あいつら食おうとしやがるんです

749 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 23:41 ID:w9T7GGfi
よく言われることだが
北枕ってそれほど悪いいわれはないよな

750 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 23:43 ID:nHDSySrE
>>748
短文なのにいい感じにほんのり怖い。

751 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 23:50 ID:4Yfnt+ED
ある日の深夜、真っ暗な中目が覚めました。
仰向けで寝ていたので寝返りをうって寝直そうとした時、体が動かないというか、引っかかるんです。
あれ?っと思って起き上がろうとしても、引っかかって起きれないというか…。
金縛りなどになったことがないので、これが金縛りなのかな?と微妙に怖くなってしまいました。

結局は、その頃腰まで伸ばしていた髪を体で敷くようにして寝てたからだったんですけど…ちょっと怖かったですw
( ´∀`)

752 :本当にあった怖い名無し:04/08/26 23:58 ID:o2su5YT+
北枕ググッたら↓

ttp://www.tree-olive.com/kitamakura.htm

五行目でブッ

753 :本当にあった怖い名無し:04/08/27 00:42 ID:xGFljK95
>>748
釣りをしていて、余りにも釣れないのと暖かい陽気だったので堤防で寝てた
体の下側がチクチクするので目が覚めて起き上がった
数匹のフナムシが走り去った

あいつらも食おうとしやがるんです

754 :本当にあった怖い名無し:04/08/27 01:15 ID:iJcLkUjO
ほんのり怖い話。
兄貴と初めて見に行った映画が野村宏信主演の「学校の怪談」だった。
当時小2だった俺は、出てくる幽霊をドキドキしながら見ていた。
その中でも一番インパクトがあったのが、保健室にいる口裂け女だった。
映画が終わった後、俺は売店で口裂け女のペタッっとくっつくやつを、親にねだって買ってもらった。

そして家に帰り、疲れた俺はそれを枕元に置いて寝てしまった。
しかし、夜中ふと目が覚めた俺は目を疑った。
何と口裂け女が暗闇の中光っているでかないか!!
その人形、暗闇で光るというやつだったのだ!!
怪しげに光る口裂け女を見て泣きそーでしょんべんちびりそーになった俺は
二段ベッドの上に寝ている兄貴の布団にもぐりこみ、朝を迎えたという事があった。



755 :本当にあった怖い名無し:04/08/27 01:25 ID:ybtWWTv9
そしてその時できた子が私です。

756 :本当にあった怖い名無し:04/08/27 02:15 ID:duBRlG1L
野村「宏伸」だろ

757 :本当にあった怖い名無し:04/08/27 03:57 ID:q5b92LuP
>752
それテレビで見たことある。
死んだ人に生き返って欲しくて、体に良い北枕にするとかなんとか。
本当に良いかなんてちょっと眉唾っぽいが

758 :本当にあった怖い名無し:04/08/27 06:56 ID:1MUQzrpw
北枕は体にいい

759 :本当にあった怖い名無し:04/08/27 10:32 ID:d9Yjt8Bk
その時は怖かった話
高校の頃、寝付きが悪いなあと思った日。
夜中に目が覚めたんです。それもジャスト深夜2時で、丑三つ時じゃんとか思ったんです。
そしたらね耳元で気配がしたんですよ、私は「?」って気になったんですが、
突然男の人の声で「目が覚めたら棺桶の中だった」って言われたんですよ。
それも耳のすぐ後ろの辺りから。
怖かったんで、すぐ、がばっと起きだして、両親起こしに行きましたね。泣いた。

760 :本当にあった怖い名無し:04/08/27 11:33 ID:iJcLkUjO
俺がちっちぇえ時に見た夢の話。
夜中、トイレに起きた俺は部屋を出て階段まで歩いて行った。
そして、階段の電気を点けて降りようと下を見たら、そこに誰かいる。
よく見てみると、年寄りが還暦?か何かの時に着る赤い帽子とはっぴみたいなものを着た、知らないおじいさんが笑いながらこっちを見ていた。
俺はビビって逃げようとしたが、体が動かず、しかもおじいさんは笑いながら階段を上がってきた。

っつうトコで目が覚めた。
ビービー泣いたのを覚えている。

761 :743:04/08/27 12:31 ID:HR+WWLnL
>>747
俺は○○と言う名前に心当たりがなかったから、そう言うのかも知れないね。
姉さんに聞くか、旅館の人にいわくつきの部屋なのか聞けば良かったんだろうなぁ。
その時は恥ずかしくてそれどころじゃなかったから。

762 :本当にあった怖い名無し:04/08/27 20:25 ID:cebgC1Js
>748
ばあちゃんちに遊びにいったときマックを食べたんです
食欲が満たされれば、あとは睡眠欲だ!と思い眠りましたが
チクチクという痛みに目が覚めて目を開けたら
黒々としたアリンコが隊列を組んで、マックの空袋と私の手と庭を往復してるんです

あいつら食いすぎです

763 :本当にあった怖い名無し:04/08/27 21:14 ID:ZT96G/IE
北枕は、よく眠れる。


764 :本当にあった怖い名無し:04/08/27 22:35 ID:eo0PX8bP
>>759
ツボにはまてハゲシクワロタ

765 :本当にあった怖い名無し:04/08/27 22:44 ID:nr7xPLoP
うつらうつら眠りに入っていたら、耳元で
男の人と女の人に名前を呼ばれた。異口同音で。
びっくりして目を覚ましたけどもちろん部屋には誰もおらず。
1、2分ちょっと考えて、ヨダレを拭き直して、もう一回スヤスヤ。

766 :本当にあった怖い名無し:04/08/28 07:50 ID:rVSOVX7F
昨日見た夢。

オレの親父が、矢沢栄吉とそのバックバンド達にボコられてた。
ものすごく哀れで思わず涙してしまった。


767 :本当にあった怖い名無し:04/08/28 07:57 ID:TzScaHfC
親会社を首になったおっさんがお情けで俺の会社に入社した。
全くやる気がなく、仕事もしないしやっても遅い、どうしようもないおっさんだった。
会社からは一人増えたからと言う理由でノルマを増やされた。
他の社員に迷惑がかかるから、サボってるおっさんを見たらキツく叱ってた。
おっさんは言い訳し、愚痴を言って逃げていた。
ある日おっさんが会社に来なくなった。
会社に理由を聞いても家庭の事情としか教えてくれなかった。
最近飲み会があって、酔った上司にこんな話を聞いた。
「前に辞めたおっさん、お前の事呪ってたみたいでな、呪いの道具とか買ってたみたいやで。
おまえに全然呪いがきかへんからだんだんエスカレートして、変な時間に道の真ん中で猫殺したらしいわ。
それをたまたま通りかかった人に通報されたんやって。」

768 :本当にあった怖い名無し:04/08/28 07:58 ID:jd1ke1iM
>>766
そんなときは、アミノ酸まとめてど〜ん

769 :本当にあった怖い名無し:04/08/28 08:27 ID:2RquGDMw
>>767
こわっ

770 :本当にあった怖い名無し:04/08/28 10:21 ID:PWW23FmW
>>767
上司も最後まで黙ってりゃいいのに…

771 :本当にあった怖い名無し:04/08/28 12:44 ID:Tz8ZcQgg
会社に来なくなってよかったね

772 :本当にあった怖い名無し:04/08/28 13:10 ID:M3bd/K4g
>>765
あしゅら男爵みたいな感じ?

773 :本当にあった怖い名無し:04/08/28 16:54 ID:MW8EVj7R
今、けっこー雨でかなり寒いのに・・
裏の町内盆踊り会場から 血液ガッタガタ♪ って流れてきた・・・
雨の中の盆踊り ほんのりどころじゃなくコワ (((;皿;)))

774 :本当にあった怖い名無し:04/08/28 17:23 ID:/djkr9Mg
>773
で、その会場に行ってみたら盆踊りの櫓だけが
ポツンと雨に打たれてて、誰もいなかったと。

775 :本当にあった怖い名無し:04/08/28 17:43 ID:MW8EVj7R
>774
おそるおそる窓から見てみたら、、、、、
とても踊りなんか無理そうなジジイ達が雨の中もそもそ蠢いてた。
町内会の役員だと必死に言い聞かせたけど・・・
老人て動きがこええんダヨ!!! 凸(`ヘ´;)

776 :本当にあった怖い名無し:04/08/28 19:20 ID:05BIvfLt
>>773
てか、その血液ガッタガタ♪というのは773の地方では
有名な盆踊りミュージックなのか?

777 :本当にあった怖い名無し:04/08/28 20:23 ID:P+oeHCdH
>776
20歳くらい年上の人に聞けば多分知ってるよ<血液ガッタガタ♪
何故か22の俺も知っているけど。

778 :本当にあった怖い名無し:04/08/28 21:04 ID:tjLbwH7V
よいよいよーいやさー
しか聞いたことない>盆ダンスミュージック
血液ガッタガタなんてものがあるのか。

779 :本当にあった怖い名無し:04/08/28 21:25 ID:s0Wyp0s6
>>777
前に漫才師が歌ってた様な気がするけど。

780 :1/2:04/08/28 21:55 ID:i/4v7Ro3
ありきたりな話で申し訳ないがオレには怖かった体験。
元々霊感なんてまったくないオレだが・・・・

冬、2月ぐらいだったと思う。
夜中にフと目が覚める。が、体が動かない。
「おぉ〜、これが金縛りか?」
金縛り初体験のオレだが結構余裕かましてた。
目は動くので、オーディオのディジタル時計を見ると1:41。

が、そのときにオレの寝ている足元にかすかな重みを感じる。
「????!!!」
体は動かないが感覚はしっかりしている。
そのかすかな重みはゆっくり、ゆっくりとオレの体の上へ上へと這ってくる。
赤ん坊が布団の上を這ってくるかのように・・・・

スルッ・・・・スルッ・・・・

かすかに、しかしはっきりと布団を摺る音が聞こえる。
さっきまでの勢いはどこへいったか、怖くて目をつぶるオレ。
その重みはだんだんと上がってくる。足の先から、腿、腹へ・・・・・
そして胸のところまで上がってくるともうオレは心の中で半泣き状態。


781 :2/2:04/08/28 21:56 ID:i/4v7Ro3
ここで異変に気づく。
足の先で感じた重さより確実に重い。
しかし、どうすることもできずに硬直状態のオレ。
そこにトドメの一撃が来た。

「フフフッ・・・」

女の笑う声が耳元で囁かれる。

「うあ〜っ ※△×@・#☆#っ!」

気がついたら朝になっていた。どうやらオレはそのまま気を失ったらしい。
起きてリビングにいくと母親がビックリした顔でオレに言った。
「あんたどうしたの?その首?」
なんのことだか分からないオレは鏡を覗くと・・・・・首には3つの痣が・・・




まぁ、その日はそのまま学校に行きましたけどね。
過去そんなことのあった部屋で今もコレを書いてます。


782 :本当にあった怖い名無し:04/08/28 22:35 ID:THGGvPcJ
首には3つのキスマークが・・・

783 :本当にあった怖い名無し:04/08/28 22:40 ID:oIosN2Mc
痣ではなくて牙の痕

784 :本当にあった怖い名無し:04/08/28 22:40 ID:d+MrHhuq
微妙に眠い中読んでたら母親が夜中に忍び込んだのかと思った・・・

785 :本当にあった怖い名無し:04/08/29 01:07 ID:KSH1Agpq
もう12時も近くなった頃、駅から家に向かう道の途中。
住宅ばかりですっかり静まり返っているし、何かと物騒なので
急ぎ足になっていた。

角を曲がった時、薄暗い駐車場と老人ホームの傍にある電柱の脇に、
何となく場違いな外回りのリーマン風の男性が、うなだれて立っていた。
酔っているのかと思ったが、それにしてもあまり身動きしない。
街灯の真下で顔は真っ黒だし、無気味になってさらに脚を速めた時、
男性が身動きした。



…立ちションしてんじゃねえよ( ゚Д゚) ゴルァ!

786 :本当にあった怖い名無し:04/08/29 21:56 ID:qaA6M9T8
去年のまで都内の金融屋に勤めてたんだけど
事務所のドアの両脇に入り口に盛り塩があった。

理由を聞いてみると、過去に多重債務に陥った客が
ノイローゼか何かで焼身自殺、
その後、入り口の監視カメラにときたま人影が写りこむようになった
盛り塩を置いたらおさまったそうです。

俺は見たことなかったけどね

787 :本当にあった怖い名無し:04/08/29 22:10 ID:MOoAnWZ2
↑を読んで思い出した。

工房の頃バイトしてた喫茶店、三階建ての建物で一階がDPE屋、三階が金融屋だった
その金融屋に金借りて返せなくなり、追い込み駆けられて
腹いせに丁度金融屋の入り口の前の階段の手摺にロープかけて 首吊った野師がいた。
喫店の更衣室が屋上の手前の踊り場、丁度ロープかけてぶら下がってた辺り…
見たとか出るとかいろいろ噂は在ったけど 漏れ適には 時々人の気配がする位で実害はなかった
しかし女の子のバイトは絶対に独りで着替に行かなかったな…
バイトの漏れ達に着替見られるより 独りの方が嫌だったみたいだ (藁

解りづらくてスマン

ちなみに お●茶屋の駅前でし。


788 :本当にあった怖い名無し:04/08/30 01:00 ID:uEVe5wz3
聞いて下さい、「アールブリアン」ではないのですが同じ大阪日本橋界隈にある(恵美須町でんでんタウン)
「THRIVE」という画廊の連中がビラを配っていたのですまず、アーケードから1本奥に入ったニノミヤPC館の前あたりで
3人組がビラを配っており、私はそれを無視して通り抜けると、女が「ちょっとなんで受け取ってくれへんの〜」
と捨てセリフを吐き、男は「逃げんといてくださいよ〜」と言い、そのあとアーケードの中に入ると、以前中川ムセンが
あったところに男2人組が同じそのビラを持っており、そのうちの1人が無理やり渡しに来たので、そのビラを「いいですよ」と下に捨て、
私はさっきのことを彼らに言うとそのうちの1人(27歳のホスト崩れ野郎)が因縁を付け胸倉をつかみ殴りかからんとする勢いできたのです。
その時はもう1人の男が止めに入ってきたのですが、その男もしつこく恫喝気味にかかってくるので私は適当にそこはあしらいましたが、
100mほど歩いて即座に浪速警察署へ電話を入れました(ビラ配りが歩いている人間に胸倉つかむ事など信じられない)
そして、おまわりさんが来て、私が事の顛末を話し、また連絡するのでケータイの番号を教えて、後を任せる事にしました。
ところがです、私はデジカメを買いに来ていたので、アーケードを歩いていると、さっきの男がまた信号を挟んだ反対側にいるのに
早歩きで私を見つけると「なんで逃げるんですか」「デジカメ買いに来ている”だけ”なんでね」と言うと
冷たい表情で(お互いに)それぞれ別の方向へ歩きましたが、さすがに嫌になったので、でんでんタウンを諦め、
梅田のヨドバシカメラで買う事にし、恵美須町を後にしました。
おそらく、これからもその連中は恵美須町でビラ配りをしていると思うので、皆さん気を付けて下さい。
なお、夕方警察から電話が入り、警察側から注意をしたそうです。
聞くところによると、この画廊の悪さはかなり評判になっており警察にも何度か苦情が来ているそうです。

島田香織
http://kaorin.pussycat.jp/
http://pksp.jp/kaorinzb/
http://kaorin.pussycat.jp/top05.jpg
http://pksp.jp/kaorinzb/img/016/00/94/src/00000001.JPG
http://www.em-net.com/KAO/ACT/OSK/actress_o.html

789 :本当にあった怖い名無し:04/08/30 02:27 ID:4yzFy017
無駄に怖い話。
パパンが、てぢからでゴキブリを首ちょんぱしてゴミ箱に捨てたら
その後ゴミ箱から一日中カサカサと音がした。

790 :本当にあった怖い名無し:04/08/30 02:32 ID:z9aaDA2N
何が恐いって「てぢから」これだね。

791 :本当にあった怖い名無し:04/08/30 02:33 ID:4nv0gAdZ
二年浪人した

792 :本当にあった怖い名無し:04/08/30 02:34 ID:JdLQ4nv1
実家は築30年近くなるんだけど今まで霊現象とか全くなかったのに、
ここ数年急に人影を見るようになったり話声が聞こえたり
ラップ現象が起きるようになってた。
見えるのは私だけで母と妹なんか全然信用してくれなくて
「精神科連れてくか?」と言われたこともあった。
でも去年、赤いドレス(着物?)を来た髪の長い女性をよく見るようになって
母に行ったら「貞子だ貞子、きっとそうだハハハ(笑)」と笑われて終わった。
が、翌日怖いので親の部屋で寝たら夜中に父が
「ウ〜ッ、ウ〜ッ・・・」と聞いたこともない唸り声上げてて、
具合でも悪くなったかと思ってビックリして起きようとしたら
金縛りで体が動かない!
見ると父の足元にあの女性が立ってた・・・
翌朝父に「夜中どうしたの?」と聞くと
「なんか知らないが髪の長い女がオレを高い所から突き落とそうとするんだよ・・・」
それ聞いて母もビックリして「お払いしてもらおうか?」ってことになった。


793 :本当にあった怖い名無し:04/08/30 06:20 ID:ob97dVbD
>>792
良ければ俺にその人ください、黒髪長髪着物貞子萌え。

794 :本当にあった怖い名無し:04/08/30 08:07 ID:F3HEdPKe
高校の修学旅行で九州に行ったときのこと。
宮崎のホテルの部屋に入ってすぐに、隣のA部屋の班の2人が
「部屋に幽霊がいる」と半泣きでこっちのB部屋に飛び込んできた。
幽霊は信じてるけど、霊感は全くない自分はA部屋に入りたがらない友達を
安心させようと、しばらく何人かの友達とA部屋で過ごして見せることにした。
そのA部屋は、入ってすぐ嫌な空気がして自分たちが泊まるB部屋より寒い気がした。
20分くらい我慢してテレビを見ていたが、この部屋にいたくないって強く思うようになって
「大丈夫だったよ」とか言いながら自室に戻った。
他のC部屋に泊まってる友人(霊感があるらしい)が、自分が泊まってるB部屋に遊びに来たときに
いないって言ってくれたらいいなと思って、どうかな?って聞いてみた。
そしたら「この部屋にはちょっと入れないな。お前のB部屋も隣のA部屋の影響でちょっと空気違うでしょ」って遠慮がちに言われた。
それを聞いたA部屋の人たちが大騒ぎしたので先生やホテルの人が来てしまい、
これ以上その話で騒がれると迷惑ですってかなり怒られた。
先生も「このホテルでそんなこと言った生徒は今までにいない」とすごい剣幕だったが
絶対にA部屋に入らなかった。
A部屋の階にある共同トイレには盛り塩があったり、A部屋の柱にはお札をはがした跡のようなものがあったり、
部屋の前には布団敷く従業員が分かりやすいように何人泊まってると書いてあるのに、
A部屋には1人分多く布団を敷いてったりした。
翌朝、身支度してたらA部屋の1人が飛び込んできて
「今トイレに軍人が立ってた」って泣きながら言った。
A部屋の見える2人や、C部屋の友人の話を総合すると
A部屋にいるのは戦争で亡くなった日本兵で、遺骨がホテルの側の海に流れ着いたけど
墓には入っていない。せめて墓を見つけて供養して欲しいとのことらしい。
A部屋の友人の1人は夢でその荒れた墓を見たそうな。
自分の高校は毎年同じコース、同じホテルに泊まるんだけど、何年か前も霊感があるって人が
「この部屋には入りたくない」って泣きながら訴えて、担任の部屋に泊まったこともあったらしい。
これが同じホテルの話かは分からないんだけど。
今はコースは同じだけど宮崎のホテルには泊まらないんだって。


795 :本当にあった怖い名無し:04/08/30 13:12 ID:pebqlU0W
女子トイレに忍び込むとは軍人の風上にもおけんやつだ

796 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 11:57 ID:WLpiKQwe
女子トイレに忍び込んでわざと音を立てて女子がキャーヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノーャキ騒ぐのを興奮しながら楽しんでた男なら知っている。

797 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 12:27 ID:MdhDDdxE
>>796
コラー!変な男がトイレにはいってきたらそんなうれしそうにキャーキャー言わないよー!

798 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 13:54 ID:nibTO5jK
まあまあ、796はリア消なんだから。

799 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 15:33 ID:c6Qov1P1
もう夏休み最後の日ですね。

800 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 15:56 ID:76i6B1UO
じゃ、嘘八百ってことで

801 : ◆euqTSupH/A :04/08/31 16:40 ID:NJpXs65T
俺が都内の音楽大学(お嬢様学校)に入学した年の5月(6月だったかも)
新入生歓迎旅行ってやつに参加したんだ。
中央道の談合坂SAで休憩を終わりバスに乗り込もうとした時、
となりのバスから降りてきた高校生に突然挨拶された。
それも1人ではなく大量のDQN連中。
リーゼント・ボンタン(誰もしらないか)短ラン・長ラン、あげくの果てには
黒くてシースルーのダボシャツまでいた。
何だこいつらは?と思って確かめたところ、俺が3月まで通っていた高校の遠足だった。
バスの入口で挨拶されたもんだから、かくしようがなかった。

旅行が終わるまで、お嬢様方に口をきいてもらえなかったのは言うまでもない。

802 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 17:52 ID:8mKfZ8wf
約2年前、私はある所に勤めていたんですが、そこで仲良くなった人がいました。
仮にRさんとしておきます。私より少し年上の26でその人       
が勤め先をやめた後も時々、飲みに行ったりしたんですが、
ある時その人から「あるもの物」を見せられました。
それは、偽造の免許証と、もう一つの免許証。
今まで「Rさん」だと思っていた人が実は本名が「T」という人でした
彼は「R]の方の身分証で生活に関するほとんどの契約をしていたそうです、
彼は、地元の広島から、東京に出てきた時にこの身分証を買った、と言っていました。
私が過去のことを聞いても、なんだかんだではぐらかされました。
もしかするとはそういう人が居てもおかしくないとは
思っていましたが、実際自分が出会ってみるとショッキングな出来事でした。
最近は音信不通で、現在彼がなにをやっているかもわかりません。
ちなみに彼は少し短気なところもありましたが、面白くて
いいひとでした。

彼の過去を想像すると、いろいろ浮かんできてほんのりこわいです。

長文、駄文すいません。

803 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 18:14 ID:LG0kScSB
>俺が都内の音楽大学(お嬢様学校)に入学した年の5月(6月だったかも)新入生歓迎旅行ってやつに参加したんだ。


「俺が」「お嬢様学校」にね…。
一行目からほんのり…

804 : ◆euqTSupH/A :04/08/31 18:27 ID:0n75bmDY
>>803
音楽大学を調べればわかるけど、90%以上が女の学生なのよ。
最近男を受け入れるようになった学校も多い。
音大なんて男がいたってお嬢様学校なんだよ。

805 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 18:27 ID:KyEymqlI
>>801


806 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 18:46 ID:jpjh0JPu
引越しが終わって手伝ってくれた友達とカップラーメン
食べるためにお湯を沸かしていたら、
A「なんか変な匂いしない?」
俺「引っ越す前にバルサン炊いたからその匂いだろ」
B「おい!ガスチューブ燃えてるぞ!」
あわてて水をかけてけしたがまじでガクブルきた、
30秒らい手が震えていたよ。

燃えていたものは正確にはガス管とチューブを止める奴だったからよかった

807 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 19:24 ID:QiBfiOMm
今私は里帰り中です。
さっき昼寝していたときの話をします。
半分寝ている状態ってありますよね???
その状態で夢を見ていたらしく、夢の中の私は2階に上がっていきました。
2階の部屋のカーテンを何気なく開けました。
ベランダには、髪の毛がぼさぼさで口から血を流している首を吊った女の人が
目を見開いてこっちを見ていました。
そこでいっきに現実の体に意識が戻ってきて、心臓が痛いくらいにバクバクしたんです。
そして金縛り。。。。。。。
右腕の手首から上のみが動いていたので、固まらないように絶えず動かしていました。
声も出ず、部屋の何かの気配が怖くて目は開けられなかったです。
右足が動いたところで一気に金縛りが解けました。。。。
しかし、体は重いままで、今も頭痛がしています。
元は死んだおばあちゃんの家でけっこう大きいんです。
昔からソレっぽい現象は沢山起きていたので
引越しする機会に御祓いしてもらったのに。。。。。
まだ1週間滞在するのにウツだYO。。。
長文スマソ。。。

808 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 19:26 ID:cJiibAXh
>>804
ああ、そーゆーことか。スケ番の方かとオモタ。

809 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 20:26 ID:quKTrqJe
現実の怖い話
http://www.toride.org/

810 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 21:07 ID:0X1gbah+
>>809
これ、ほんのりとじゃすまないね・・・・・orz
選挙の票集めまで、強制されてるの?こわ。

811 :本当にあった怖い名無し:04/08/31 22:06 ID:uQ0ZUsZn
>>797
いや、そういう話があったんだよ(正確には漫画)
その興奮に耐えられなくて全裸のままで気絶したって話なんだけど知らない?


812 :本当にあった怖い名無し:04/09/01 00:07 ID:KBm5GjSh
>>811
ジャンプでやっていた王様はロバってやつじゃ

813 :本当にあった怖い名無し:04/09/01 01:02 ID:TeFBVQBR
>>812
それは孤島に一人すっぱだかで暮らしてた男に
神様が「恥を知れ」つって女の子を連れて来る話じゃないか?

814 :本当にあった怖い名無し:04/09/01 18:06 ID:DMiivyfd
>>813
なすびとかいう奴を思い出した。

815 :本当にあった怖い名無し:04/09/01 20:58 ID:KBm5GjSh
>>813
それもあったけど、812の話もあったと思う。
次の日登校時にばれてるかどうか興奮して、その興奮を続けるために登校しなくなってって

816 :本当にあった怖い名無し:04/09/01 22:09 ID:VAO5OfzT
>>815
その純君みたいな話の終わり方はやめれ

817 :本当にあった怖い名無し:04/09/01 22:43 ID:+mXEUsWD
孤島で思い出すのが、B21スペシャルの(深夜?)番組。
チンが孤島に置き去りにされるはずが、デビが代わりに置き去りにされてしまう。
で、デビに与えられた荷物の中にビデオカメラがあったんだが
そこに正体不明な何かが映っていた。
う〜ん、どんなのが映ってたか、よく憶えてないんだが・・・観た香具師いる?

818 :本当にあった怖い名無し:04/09/01 23:11 ID:JH90Oec5
>817
それ見ました。
1or8(ワン・オア・エイト)という深夜番組でした。
テントの中?かなにかでカメラに向かってデビが喋ってました。
喋ってるデビの後ろを,白い顔の人がユラリと写ったと記憶しています。


819 :本当にあった怖い名無し:04/09/01 23:51 ID:+mXEUsWD
あー、顔だっけか。
その時デビが「視線を感じるんですが・・・」って、やたらビビってたよね。

820 :本当にあった怖い名無し:04/09/02 04:25 ID:eJEZ5DxH
夜中の二時まで散々飲んでさっき帰ってきた
そのままの格好で床に座り込んでテレビを見てたんだが、
何か部屋の様子がおかしいことに気付いた

ベッドの上の毛布、今朝起きたときのままクシャクシャに丸めて置いてあったはずなのに
人が座ってる形に盛り上がってる
思わずじっと見つめてしまったが全く動く様子もない

実家は遠くだし来るって話も聞いてない
もちろん彼女なんかいないし

正直かなり酔っ払ってるから何か変なものが見えてるのかもしれん
気付かない振りしてPC打ってるがやっぱり毛布は人の形に盛り上がっている
めくってみるべきか。
声でもかけてみるか
それとも気付かない振りしたままさりげなく一旦脱出するか

さて、どうしy

821 :本当にあった怖い名無し:04/09/02 04:30 ID:HEnWerg7
>>820 勇気を出して点検汁!

822 :本当にあった怖い名無し:04/09/02 04:34 ID:LGVt7Y5+
>>820
さんざん飲んで、それだけ理路整然と書けるなんて、
たいしたものですねえ!

823 :法華:04/09/02 10:39 ID:V3RfDjvE
ラップ音

家でじっとしているとき、どこからともなくラップ音がきこえてきた。
「なんだってー!幽霊がいるのか!?」

そう思った瞬間、YO!YO!とか、そんな感じで細菌の若者が日常的に使っている掛け声のようなのきこえてくる。

…こりゃラップ音じゃなく、RAP音だわさ。チェケラッチョ。

824 :本当にあった怖い名無し:04/09/02 12:27 ID:9C3NzzoI
いま父の仕事場で手伝いをしているんだが今朝からどうも挙動がおかしい。

事務所に来るなり「誰かにつけられているようだ」と。「誰?」って聞いても何も答えず。
一通り今日やることをしゃべってたんだけど、いつもと違って落ち着きがない、目が虚ろ。
終わるとすぐ「出かけるから」と言って行き先も告げずあわてて出て行った。
何かあるのか。変だ、気持ち悪い。

昼に弁当頼んでおけと言っておいてまだ帰ってきません。

825 :本当にあった怖い名無し:04/09/02 18:36 ID:XYY24H2A
>>824
ある日 パパが 言ったさ 僕を胸に抱き
この世に辛く 悲しいことが あるって事を

826 :824:04/09/02 21:21 ID:Pjd5Jqv9
まだ帰ってきません。っていうか連絡も取れません。
何日くらいたったら警察に言えばいいのでしょう。

827 :本当にあった怖い名無し:04/09/02 21:28 ID:n5HEVG1+
>>826
挙動不審な動きを確認してるなら一応すぐ連絡しておいた方が良いと思われ

828 :本当にあった怖い名無し:04/09/02 21:44 ID:LGVt7Y5+
>>826
弁当はどうなったのか、それが気がかりでなりません。

829 :本当にあった怖い名無し:04/09/02 21:55 ID:XvD/Tr2V
>>824
オカルトよりも精神病かトラブルの可能性が高いと思われ。
今日帰ってこなかったら明日通報した方がいいかも。

830 :本当にあった怖い名無し:04/09/02 22:01 ID:OSQR1qQI
>>828
おれも
早く食べないと悪くなるよ

831 :本当にあった怖い名無し:04/09/02 22:21 ID:njrBCuhi
クスリじゃないか?

832 :本当にあった怖い名無し:04/09/02 23:37 ID:f87xiPD/
失踪届は24時間経過しないと受理されないとか。

833 :本当にあった怖い名無し:04/09/03 00:37 ID:SLv6vGOW
ベントウモッタイナイ

834 :本当にあった怖い名無し:04/09/03 01:35 ID:bT1/pezn
>>819>>818
俺の記憶だと、
大びびりのデビが焦りながら自分に向けて、ぶれあびっち状態でカメラを回す。
「今こっちに人の息づかいが聞こえたんですよ・・・」の台詞と共に、
デビの右側の肩の辺りを映す。
肩の向こうの暗闇の中に、二の腕辺りから上の人型シルエットが映し出される。

835 :本当にあった怖い名無し:04/09/03 04:54 ID:nSpi6Zfv
先日夜中3時くらいにマンションの下で遊んでる3歳くらいの子供がいた。
しかもなぜか周りにはやたらゴミが散乱してて
その子は黙々とそのゴミをイジったりしてた。
「こんな時間に1人で何をやってるんだ?」と気になって
ちょっとの間見ていたのだけどそばに親とかがいる気配もない。
さすがに声をかけようかと思ったのだが街灯にぼんやり照らされた
その様子があまりにも不気味でそのまま家に帰ってしまった。
あの子は何をしてたんだろう・・・?

836 :本当にあった怖い名無し:04/09/03 05:17 ID:h7n7uIYx
((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル


837 :本当にあった怖い名無し:04/09/03 05:52 ID:UAb6DnPM
朝飯の準備だろ


838 :今は寝巻き:04/09/03 06:19 ID:V+e2XXdt
先ほどの話っす。
バイトから帰ってお風呂に入りドライヤーを当ててると、
パチッパチッ!と顔に何かがあたった。
「ん?!」とドライヤーを止めてみた。・・当たったものをじっと見。。
・・足だ。ゴキの足だった。
「ヒギャアアアアアアアアアアアアアス!」裸体で叫んだ。
なんだか、ドライヤーからカサカサ音が。。。。2階へダッシュ(半裸)。
お父さんに話し、何とかしてもらうことに。
父「ゴキブリ入ってたわー・・半分燃えてた」
改めて真実を言われて悶絶しそうになった。・・・が、
父「もう中のん出しといたから。使えるでー」


捨ててよパパ・・・

839 :本当にあった怖い名無し:04/09/03 07:00 ID:/WRw5GHm
>>838
女だったらやっほい

840 :本当にあった怖い名無し:04/09/03 08:25 ID:HuRk/84P
巻いちゃってんだ…暑くね?

841 :本当にあった怖い名無し:04/09/03 11:24 ID:OCkOTK2Q
>>838
あのね、お風呂でドライヤーって危険だよ
ある洋画でお風呂とドライヤーで自殺するってシーンあったし


842 :本当にあった怖い名無し:04/09/03 11:29 ID:WWtduwI3
「お風呂に入り」→「お風呂から出て」だと思うよ。
風呂入りながらドライヤーなんて感電怖くて一般常識あればできん罠。

843 :本当にあった怖い名無し:04/09/03 11:56 ID:R737ImOE
ゴキの足があたった顔を洗ってから寝たほうがいいよ

844 :本当にあった怖い名無し:04/09/03 20:35 ID:QwSO/9fb
>>843
なんか、あまりに普通のレスすぎてワラタ

845 :本当にあった怖い名無し:04/09/03 21:11 ID:3IwHjRJV
昨日の夜の話。
駅前の地下自転車置き場に駐輪して通勤してるんですが、仕事が遅くなると地下への通路がちょっと怖かったりするんですよ。
昨日も遅くなって嫌だなぁと思ってたんですが、少し前を30代前半ぐらいの女の人が歩いていました。
ほっとしてしばらく歩いていたら「お母さん」と子供が呼んでいる声が聞こえました。
前の人の子供かなと思ったけど、子供らしき影はありません。
俺男だしなぁなどと間抜けな事考えてたら、今度は子供が甘えたような声で「お母さん」と話し掛けるのが聞こえました。
ふと声のした方向を見ると前を歩いていた女の人が、驚いたようなありえない物を聞いて狼狽しているような顔でこっちを見ていました。
怖くなったので、駐輪した後遠回りになるけど反対側の出入り口からから駅に行きましたよ。
俺は誰の声を聞いたんでしょうか。

846 :本当にあった怖い名無し:04/09/03 21:22 ID:877j/mlr
前を歩いていた女の人の腹話術

847 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 04:12 ID:rpLSdolE
コンマンワー!地下駐輪場のタヌキでぽこ

848 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 06:47 ID:QSIWCQpo
ジャンプで連載中のマンガの男キャラをネタじゃなくマジで女キャラだと言い張る方々。
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1088693424/

なんつーか女だと言い張るオタ夫のキモさがほんのり怖い・・・。

849 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 08:32 ID:Wp1FNAxK
小学生低学年の頃、姉の友だちS子ちゃんの家であるT教の教会が近所にあり、たまたま遊びにいった時に行事で集まっていた信者から、
子供用のありがたき?読み物などを頂き、何故だか素晴らしく美味なタコヤキを焼いてご馳走になり感激したことがある。
S子ちゃんは姉の友人の中ではダントツに美少女でとても優しい憧れの人だったので、子供時代はT教に対してただならぬ好印象を抱いていたのだった。
休みの日などに紫旗を掲げ拍子木を鳴らしながら歩いている行列に後に並んでについて行こうとしたことがあったが、
チンドン屋のそれとは違ってT教の儀式に関しては母に常々厳しく制止されていたので宗教的な行いは何となく避けなければいけないと心がけつつも、
教会の祭壇や信者の立ち居振る舞いには謎が深まりほのかな好奇心を膨らませていたのであった。
そんなある日、S子ちゃんの家の方角に隊列になっている集団がいるので、またタコヤキをご馳走してくれるのではと密かな期待を抱き何だろうと近寄っていくと、
黒礼服で集合している人々がたむろしており、マンションから棺桶が担ぎ出されてきた。
すぐさまT教とは関係のないただの葬列であることを悟り親指を隠し、その場を去ろうと駆け足で追い抜かしたところ、突っかけて履いていたサンダルが脱げ側溝に落ちてしまった。
喪主が挨拶している横でガサガサと水気のない溝のドブ板をずらしてサンダルを回収し、立ち去ろうとすると道端に奇妙な棒きれが落ちているのが目に入ってきた。
何だろうと思って見ていると、葬列のおばさんと目が合い棒きれを手にとって渡そうとしたところ、おばさんは解らないと言って受け取ってくれない。
そのまま放置すれば良かったのだが、ふとT教に持って行って奉納すれば良いのではという全く意味のない考えが頭をよぎった。
T教へ向かおうとしたところ、霊柩車が出入りしはじめ葬儀会場の前を横切るのが気持ち悪いので道を引き返し別の道へと戻った。
かなり昔のことなので曖昧であるが、棒きれを手にとって眺めたところ「霊素麺」と手書きで記され黒い羽根のような絵柄が描いてあり、
凄く不気味な感じがして背筋か凍り付いた記憶というか感触がある。

850 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 08:33 ID:Wp1FNAxK
なんだか「霊素麺」を手に持っているのが異常に気味悪くなり、すぐに捨てようかと思ったのだが罰が当たると嫌なので、
誰かに処分して貰う方が良いような気がし、ふと立ち止まったところ同級生のK藤君の家の横に来ていたので門の植え込みに投げ入れその場を振り返らず逃げ去ってしまった。
その後、T教の前で手を合わせ家で塩を体に撒き自己流の除霊をしたものの、K藤君には悪いがやはり気色悪いので「霊素麺」の事は誰にも話さずそのままにしてしまった。
それから暫くして(一年後くらい)K藤君の父親が病気でお亡くなりになった。
これは「霊素麺」の一件とは全く関係ないと信じているが、流石に自分なりに忌みビビって数年間は怖いのでK藤の家の前は通らないようにしていた。
「霊素麺」の話は自分だけの門外不出事項にしていたのであるが、以前友人と酒の席で人には言えない罪悪感を抱いている話題を打ち明けあったことがあって、
その時に魔が差して語ってしまったことがあり、暫くしてその友人にも不幸があった。
「霊素麺」は何だったのか?自分としては不幸とは何の関係もないと信じていますが、今朝未明に雷鳴が轟き近所の犬がやたらと騒ぎ立て起きてしまい
良く寝付けなかったためか「霊素麺」が夢に出てきて久々に思い出してしまった。
「霊素麺」をネットで検索したのだがそういう語彙はどうも一般的ではないようなので、こちらのオカルト知識豊富な方々に知って頂こうと思い書き込んだ次第です。
以上


851 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 08:35 ID:PnB82b5a
無駄になげえ

852 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 08:47 ID:Y9QGiYV9
霊素麺あげ


853 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 08:54 ID:MVQd+/Sr
電車内で女子高生3人が物凄く
はしゃいで喋っていた。五月蝿い奴らと思ったが
途中の駅で2人が下車すると
車内に残った1人は電池が切れたよーに
おとなしくなった。プッと思った瞬間である。
放心状態の彼女の表情がほんのりと恐かった

854 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 09:17 ID:t8ot7JM9
>>849-850
普通に考えて香典返しのソーメンの束ではないでせうか?
自分はソーメン貰った事はないけど、香典返しの品としておかしくないし
葬儀会場の近辺に落ちていても不思議じゃないと思いまふ。

855 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 09:44 ID:elF1e1/P
でも、そのネーミングがすごいよね…。

856 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 09:54 ID:NIGVn98V
小学生低学年が霊だの麺だの読めるだろうか。習ってないだろ、多分。
うじゃうじゃっと書いてあった漢字らしき文字三文字を脳内変換して霊素麺としてしまったんじゃないの、後で。
マジな話だったらの話だが。

857 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 10:36 ID:Q46rtOqM
>>856
同意
ほんとに麺だった?

858 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 10:37 ID:Y9QGiYV9
「奥さん 僕の如意棒がもうこんなに…」


859 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 11:01 ID:YRrW2hGD
>>854が正解でしょ。
葬儀返礼品の素麺だよ。香典返のカタログにも結構のってるし。
「霊」素麺と書く事があるのかどうかはわからんが。

860 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 11:12 ID:Q46rtOqM
>>859
ああ、なるほど
紙か何かで包まれてれば木切れと間違えるかも

>>853もちょっと怖いな
というか本人はこう思われたくないだろうが、ちょっと可哀相

861 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 12:21 ID:R55dPKWr
霊や麺くらい小学生でも普通に読めるだろう。俺が小学生のころ
丹波哲郎の大霊界がはやっていたりしたし。

862 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 13:04 ID:qY8Dw5yi
いくら不気味だからって(つーかそれなら、なおさら)
自分で拾ったものを平気で知り合いの家の植え込みに投げ入れる
>>849自身がほんのりだよ。

863 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 14:19 ID:KKjQKFsw
>>853

一人ではしゃいでたらそれこそ怖いけど(w

864 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 18:01 ID:9VNVLUuV
>853はいじめられっこ出身と見た

865 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 18:26 ID:Wp1FNAxK
「霊素麺」について、いろいろなご意見ありがとうございます。
以前、酒の席で語ったときも、やはり友人は「霊素麺」ではなくて「冷素麺」と勘違いし見間違えたのではないのか?
香典返しでは?と軽く笑われてしまいました。
しかし、不思議なのは告別式会場前で転びそうになって、サンダルを拾おうとした時にタイミング良く手元に丁度それがあったのか?
なお、素麺はお供え物として一般的に利用されているアイテムの一つですが、
「霊素麺」は木製(鰹節形状?)の手作りで既製品ではありません。
何かの宗派の葬儀とかに使う用具なのかと、勝手に推測していたのですが調べてもよく解りません。
地方によっては、盆などに野菜や海産物等を道端に置く習慣もあるのかも知れませんが、
当時、私が住んでいた千葉県でそういった習わしは聞いたことがありません。
木材に筆でしたためられていた文字は、多少崩してあったものの確かに「霊素麺」と読み取れたことを記憶しています。
「霊素麺」が何であるのかご存じの方、本気で聞いて回れば居そうな気もするんですが…
面倒くさいし気持ち悪いんで、これ以上は詮索するつもりはありません。
本当のところどうなんですかね?

866 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 22:29 ID:qDyMXSHf
去年8年ぶりに法事であった時に、叔母から聞いた話です。

叔母は昭和38年生まれで未亡人。夫と買った家でずっと一人暮らしをしていました。
特に寂しいこともなく普通に暮らしていたある夕方のこと、
電話が鳴って出てみると、それは叔母が会ったことのない甥からの電話でした。
叔母の姉はその10年程前に事故死していたのですが、その直前に離婚していて、
叔母は父方に引き取られた甥を一度も見たことがありませんでした。
電話の内容は、父親の実家まで行く途中だが、
手違いでホテルに泊まれなくなったので泊めて欲しいというお願いでした。
顔も知らない甥でしたが、死に目に会えなかった姉の息子ということで、
叔母はすぐに了解して駅に車で迎えに行きました。

867 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 22:29 ID:qDyMXSHf
駅についた叔母は驚いたそうです。
確かに子供っぽい声ではあったが、しっかりした受け答えだったので、
てっきり高校生くらいの男子を想像していました。
しかし待ち合わせ場所には、髪を後ろで束ねた女の子が一人ぽつんと立っているだけ。
ところがその子が甥でした。
可愛らしい顔立ちと長い髪をみて、勝手に女の子だと思ったのです。
叔母は甥を家に入れ、お風呂と食事を用意してもてなしました。
甥は話しかけなければ答えない大人しい子で、母親の遺品を持っていて、
その中に叔母の子供の頃の写真がありました。
甥はそれを叔母に「どうぞ」と差し出して、9時頃になると寝てしまったそうです。
ところが深夜、叔母は甥のうなり声で目を覚ましました。
甥は汗だくで熱を出しているようでした。
子供用の解熱剤がなかったので、救急病院に連れて行こうとしたところ、
甥が目を覚まして断ったそうです。
すぐに熱もさがったので、叔母は再び眠りにつきました。

868 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 22:31 ID:qDyMXSHf
次の日叔母は大事をとって、午まで様子をみようと甥に提案しました。
案の定甥はまた熱を出して、実家に電話を入れてもう一晩様子をみることにしました。
その日の夜、叔母は近所の宴会に誘われましたが、断って甥と共に寝ました。
明け方前、物音で目を覚ました叔母は、隣で寝ているはずの甥がいないことに気が付きました。
「トイレかな?」と思った通り甥がトイレから戻ったので、安心して寝ようと思った時でした。
「ドーン」という音と振動で身体が浮き上がり、次ぎに激しく揺さぶられました。
阪神・淡路大震災でした。
咄嗟に甥の上に覆い被さって、揺れが静まるのを待って、家から出ようとしました。
しかし玄関に着いた時、甥に腕を引かれて転んでしまいました。
そのあと激しい振動と共に目の前が暗くなって、叔母は気を失ってしまったそうです。

869 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 22:31 ID:qDyMXSHf
目覚めた時叔母と甥はまだ玄関にいて、叔母は身も凍る思いをしました。
前のビルの屋上から車が数台落ちて、玄関の前に山積みになっていたのです。
あの激しい振動は車が落下した衝撃でした。
もしあのまま外に出ていたら、間違いなく車の下敷きになっていたでしょう。
しかし甥はまったく怯えた様子もみせず、叔母はケガした足を手当してもらったそうです。
叔母と甥はその後復旧活動に参加して、数日が過ぎた時のことでした。
突然甥が、父親の実家には行きたくないと言い出しました。
話を聞くと、実は甥は父親が亡くなったので父の実家へ行くのだが、
父と父の実家は非常に仲が悪く、甥は引き取られに行くのではなく、
施設に預けられる手続きをするために九州へ行く途中だったことがわかりました。
叔母はすぐに甥を引き取って、今は二人で暮らしているそうです。
おわり。

870 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 23:10 ID:zqIV7CIl
普通にええ話やないか

871 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 23:12 ID:0rGi43aZ
まんが日本昔話の現代版って感じだね

872 :本当にあった怖い名無し:04/09/04 23:16 ID:Tdm978CZ
>>866〜869
未亡人の叔母は、866〜869氏の父もしくは母の妹で
事故死した叔母の姉は、866〜869氏の叔母または伯母で
神戸で未亡人の叔母と幸せに暮らしているのは
866〜869氏の従兄弟ということで……いいですか?

873 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 00:17 ID:brXBZUxs
ツアコンをしてる知人から聞いた話。

ツアコンの研修会で沖縄に行った時に列の一番後ろを歩いていたら、後ろに人の気配がした。
知人は「ああ、研修に遅れて参加した人が追いついたんだな」と思って後ろを見ると
誰もいなくて、子供の背丈ほどの窪みのある岩肌があるだけでした。

知人は「気のせいか?」と思いながらそのまま歩き続けていたら、また人の気配がする。
振り返ると今度も岩肌に窪みが。
そんなことが何度か続きながら、知人は研修の目的地である丘の上にたどり着きました。

到着するとすぐに研修の担当者から周囲の説明が始まったのですが、
「戦時中、窪みの中で兵隊さんが手榴弾を使って自決されたそうです。」
とのこと。

自決された方の霊が見ていたんでしょうね・・・・

874 :1:04/09/05 08:28 ID:jga8uy+9
友達から聞いた話

その友達のバイト先の店長の話なんだけど、
その店長ってのが白髪交じりでいつも憔悴した顔ながら、なかなかの男前。
若いころはかなりモテたらしくて、女性関係もかなり派手だった。
で、付き合っていた女の中に一人地味で正直やや不細工な女がいたんだって。
何でそんな女と付き合ったかというと、酔った勢いとそのときの雰囲気でエッチしちゃったら、
付きまとわれて半ば仕方なく付き合うことになったらしい。
付き合ってみると料理も上手いし良く尽くしてくれる、性格も温厚で悪くない。
でも、やっぱり顔が好みでない。ブスは三日で慣れると言うけど、
やはりかなりモテていた店長、やがてかわいい子と知り合って、その女の子に乗り換えようとした。
上手く別れようと考えていた矢先、
そのかわいい女と楽しげに話しているところを目にしたらしい現彼女である地味めの不細工が咎めてきた。
しかもその様相がかなりヤバイ、温厚だと思っていた性格など微塵も感じさせない雰囲気で、
顔を真っ赤にして喚きながら、あたしを捨てるつもり云々、
店長もとうとうキレて思わず「おまえみたいな不細工、俺が本気で好きになるわけないだろ」と言ってしまった。


875 :2:04/09/05 08:31 ID:jga8uy+9
その一言で彼女は一気に沈黙、その場で泣き出した。
彼女を残してその場を去ろうとする店長に、彼女が呟いた「絶対忘れないから」。
修羅場も何度か経験していた店長、あまり気にせず新しい彼女と付き合い始めた。
その後暫らくしてから、友達の一人からあの彼女が自殺したと知らされた店長、
何故と友達に尋ねると、遠慮しながら友達が人づてに聞いたと話し出した、
なんでも店長にふられた理由が自分の容姿の所為だということでかなり思いつめていたらしい、
それで彼女は整形手術を繰り返しうけて、理想の顔になろうとした、
何度目かの手術でようやく満足のいく顔になったらしく、
友達からも良かったねと祝福され、元気を取り戻したかのように見えた矢先、
自宅で大量の睡眠薬を飲んで自殺した。


876 :3:04/09/05 08:32 ID:jga8uy+9
話を聞いた店長はぞっとしながらも、自分にはもう関係ない話だ、忘れようと思い込もうとした。
が、その日家に帰ると一通の手紙が自分宛に届いていた。
差出人はあの彼女、慄きながらも、開封すると電波な内容を綴った手紙と共に一枚の写真が入ってる。
それは自分が知っている彼女の面影など全くない美女の顔、
手紙の最後には「会いに行くからね、今度はちゃんと愛してね」と書かれてある。
あまりの気味悪さに店長は写真と手紙を燃やして捨てた。
暫らくの間かなり滅入っていた店長だけど、その後特別気味悪いことも起こらず、
時が経つにつれて、彼女のことも手紙や写真の事もすっかり忘れていった。

877 :4:04/09/05 08:35 ID:jga8uy+9
それから店長は普通に就職して結婚して子供も生まれて、幸せに暮らしていたんだけど、
ある日店長の一人娘に不幸がおこった。
大学生だった彼女が、バイト先からの帰り何者かにレイプされた。しかも暴行までうけた。
顔を酷く殴られ、傷つけられ、病院で手当てをした後もかなり目立つ傷痕が残り、
骨折の所為で歪んだような顔になってしまったらしい。
精神的な傷も酷く、暫らくのあいだいっさい口をきかなかった。
ようやく口を開いた彼女が言った言葉は「整形したい」。
それで彼女が元気を取り戻すならと、店長と奥さんは賛成し、彼女の頼みを快諾した。
もともと美男美女の両親のわりに、それほどぱっとしなかった彼女、手術前にはいろいろ欲張ってあれこれ注文したらしい。

878 :最後:04/09/05 08:37 ID:jga8uy+9
手術は成功して、ようやく包帯が取れる日、
店長と奥さんはどんな顔になっていても、
驚いたりせず、出来るだけ普通に接しようと決めていた。
包帯を解き、娘の顔を目にした店長は思わず言葉を失った。
目にした娘の顔が、あの写真の顔と全く同じだった。
何とか自然に振舞おうとしても、
頭の中ではあの手紙や別れる間際の彼女振る舞いが蘇ってきて、まともに娘の顔を見られない。
その後半年もしないうちに、店長は家を出た。
精神的にかなり参っていたらしく、会社ではミスが多くなり、
そのうち仕事も手につかないような状態になってしまい、
家では娘の仕草一つ一つが、あの彼女そっくりに見えてくるようになった。
終いには娘が自分を誘っているよう思えてきて、もう駄目だと感じ、
適当に理由をつくり、自分勝手だが離婚をしてくれと話して、家族と別れ、会社も辞めてしまったらしい。


879 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 08:38 ID:S+7gBLSk
今度は捨てないでね


880 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 09:21 ID:yn/OYQSP
>>874-878
乙。短編ドラマで見てみたいような話だね。

881 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 09:57 ID:+T6M1SnT
>>843

五期の足が髪の毛に絡まってないか、気になりますた。
と、遅レスしてみる。

882 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 10:29 ID:Sx7wD0GS
おもしろかった

883 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 11:50 ID:Sie3MU7C
なんで、手術が成功して美人になれたのに
大量の睡眠薬飲んで自殺したんだろ?って突っ込みは不粋ですか?

いや、面白かっただけに、ちょと気になって。

884 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 11:53 ID:8QQ1xLWz
>>883
いざ綺麗になってみたけど空しさを感じたんじゃないかな?

885 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 12:14 ID:LJGXQxaS
肝試しでドッキリ!「心霊スポット」で首つり遺体発見

4日午前6時ごろ、福岡県二丈町の約30年前に廃業したリゾートホテル「ケープホテル」で、
肝試しをしていた福岡市内の大学生4人が、首つり自殺をした男性の遺体を見つけ、前原署に通報した。

調べによると、男性は身長約1メートル70のやせ形で、25―35歳。死後5、6時間とみられ、
2階天井部分のむき出しになった鉄筋にロープをかけ、首をつっていた。
黒の半袖Tシャツ、白のズボンを着用し、金縁眼鏡をかけ、紺のリュックサックを持っていた。

この建物はインターネットの掲示板で、「心霊スポット」「幽霊が出る」などと紹介され、肝試しの名所になっている。

ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20040904i512.htm



886 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 13:06 ID:/63HAALh
整形したいって美容整形してんのかよ

887 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 15:10 ID:QRwp+AlS
>>883
たとえばうつ病の人が、
ドロドロのうつ状態から抜け出して、
にっこりできはじめたころ、自殺してしまう、
というケースは少なくないよ。

>>874-878
世に云う「悪女の深情け」そのものですな。

888 :三十路ナースマン:04/09/05 15:36 ID:GEOnrv1Z
以前書いた病院を辞める直前の話。
日勤でフツーに朝出勤すると、職場が『飛び降りがあった!!』と大騒ぎ。
その病院は糖尿の人の散歩の為、屋上は常時施錠していなかった(その後、時間解放になったらしい)。
飛んだのはまたもや産婦人科の患者様。妊娠中毒症で入院中、マタニティブルーやら旦那の浮気やらで、ちょっとアレになってたらしい。
ドクター専用駐車場(ナース用は無かった。畜生)に落ちたブツはすでに回収されていて、『もうちょっと早ければ見れたのにね〜』と同僚。見たくねーよンなモン。

889 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 15:47 ID:f95IgoAP
怖いっていうか後味悪いね。まだ生まれてもない赤ちゃんを道連れに…
「またもや」ってことは結構あるのかな。

890 :三十路ナースマン:04/09/05 15:47 ID:GEOnrv1Z
騒ぎも収まりかけて、仕事に戻りかけたら、ケーサツが病棟に聞き込みに来た。制服着たお巡りさんじゃなく、ブルゾンみたいなの着たホントの刑事さん。
『ウチの病棟関係無いじゃん?』とか思いつつ、手を動かしながら聞き耳立ててると、どうやら「誰か遺体の側に行って、何かやったか?」というのを調べてるらしい
『おお、もしかして他殺の疑いが!!』とか思ってワクワクしてたら(←サイテー)、隣の病棟(例の産婦人科)からもう一人の刑事さんが…って、そのちょっと前に俺の従姉妹と結婚した、県警の捜査一課の刑事さん。結婚式以来。

891 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 15:53 ID:S+7gBLSk
ワケワカメ



892 :三十路ナースマン:04/09/05 15:59 ID:GEOnrv1Z
お互い思わぬ所で会ってビックリ。『あ〜、その節は』『イエイエとんでもない』とか大人の挨拶をしたあと、ちと雑談。
俺『なんか、アヤシイ所でもあるんすか?』
刑『いや、不審死は一応調べるから』
俺『不審なんすか?』
刑『事故でも自殺でも、はっきりする前は全部不審死』
俺『でも自殺でしょ?かなりイッちゃってた人みたいだったし』
刑『さっき聞いた。そうみたい』
その後、急に義理のイトコの目から、刑事さんの目になった。鋭い鋭い、はっきり言ってビビッた。声まで2オクターブぐらい低くなった。

893 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 16:00 ID:cZJNB5iG
頭悪そう

894 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 16:06 ID:g0wW589o
あまり恐くなかったらスマソ

(中略)

長いうえに読みづらくてスマソ
同じような体験した人いる?

895 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 16:09 ID:g0wW589o
>>○○
それってただの○○「では?」
または○○「とか」

896 :三十路ナースマン:04/09/05 16:16 ID:GEOnrv1Z
刑『ところで、本当に誰も御遺体に手を触れてないよね?』
俺『(ちょっとビビりつつ)いや、救命できそうだったらなんかするでしょうけど…』
刑『いや、そう言う事じゃなく…』
雰囲気はオッカナイままなのに、なんか困ってるカンジ。
刑『飛び降りた人、まっすぐ落ちて、体の全面がまっ平らになっちゃった感じだったんだよね』
俺『まあ、屋上から飛び降りたんなら…』
刑『その拍子でだかなんだか、お腹の中の赤ちゃんまで、外に飛び出しちゃったみたいなんだ』
俺『うげ…グロい』
刑『破裂はしてなくて、股間から飛び出してたんだけど…』

897 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 16:18 ID:S+7gBLSk
(・∀・)イイヨイイヨー


898 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 16:28 ID:2NzosdAn
    ∧_∧
    ( ・∀・) ドキドキ
  oノ∧つ⊂)
  ( ( ・∀・) ワクワク
  oノ∧つ⊂)
  ( ( ・∀・) 
  ∪( ∪ ∪
    と__)__)


899 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 16:32 ID:DCpICHQb
ゴクリ…

900 :三十路ナースマン:04/09/05 16:42 ID:GEOnrv1Z
急に携帯からアクセスできなくなった…続き。
刑『…5ヶ月ぐらいの赤ちゃんって、動くかな?』話がトートツにかわってハア?
俺『胎動とかはするでしょ?』
刑『いやそうじゃなく…ハイハイとか』
俺『はいはい?』
刑『自力で動けるかって』
俺『無理でしょ?』
刑『だよね…』
俺『なんで?』
刑『飛び出した赤ちゃんが…お母さんの横まで、移動したのかなって』
俺『…なんかの拍子で、そうなったんでしょ』
刑『まあそうなんだろうけど、水(羊水?)が、ナメクジみたいに、上に移動しててさ…股間から、自力で這ったみたいに』

901 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 16:49 ID:RIp2rOTP
今から20年位前の実家での話。
2階の自室で寝ていると、フト目が覚めた。午前2時。
再び眠りにつこうとしたところ、階段を上がってくる足音。
あぁ、お袋が寝に来たな〜、と思っていたところ扉が開く気配がする。
たまに布団を掛けに来たりするから、覗きにきたのかなぁと思った。
夏だったので、当方、ベッドから片足を垂らした状態の情けない姿。
人が近づく気配がし、放り出した足を持ち上げベッドに戻す。
(あぁ〜、暑いから足を出して寝ているのに〜。よけなことするな!)
翌朝、お袋に抗議すると、
「知らないよ。夕べは12時には寝たから」
・・・じゃあ、いったいあれは誰?

家を新築し、引っ越して間もない頃の話。
そういえば、飼い犬が誰もいない空間に向かって威嚇吠えしたり、風呂場の扉が開かない、
誰もいないはずの2階の廊下を歩く音がする、など不思議なことがおきた家だった。

隣家のご主人が若くして亡くなったのを契機に何も起きなくなったが、あれはなんだったんだろう。
今でも両親はそこで暮らしているが、何の問題も起きていない。

902 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 16:50 ID:S+7gBLSk
来たね インタ-セプト(藁


903 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 17:40 ID:9wcDjpBa
>>900
5ヶ月の赤ちゃんが、お母さんにすがりつこうとしてたのか…( つД`)・゚゚・

904 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 19:12 ID:9WgeJSLs
>>三十路ナースマン
乙!!
怖いっつーか、ほんのりっつーか、
…切ない話だね(´・ω・`)

905 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 19:41 ID:YLJ2w45F
>>900
赤ちゃんは助かったのですか?

906 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 20:12 ID:GE1CevPZ
>905
五ヶ月じゃ無理じゃないかな
衝撃で中身もぐちゃぐちゃだろうし

胎盤から、お母さんの不安とかそういうのを感じ取っちゃったのかなぁ

907 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 21:19 ID:z9sW0Krh
>901
>・・・じゃあ、いったいあれは誰?

隣家のご主人?

908 :901:04/09/05 22:18 ID:rUL66SdJ
>>907
あえて書かなかったが、土地に問題があるのか、
ニュータウン内では、世帯主が亡くなるという
偶然ともつかないことが起きていた。
もしかして、家の番だったのが隣が引き受けてくれたのかな?


909 :本当にあった恐い名無し:04/09/05 22:20 ID:XJ5z7lok
自分的にカナーリびびった体験です。

最初に言っておきますが私には霊感のようなものは一切無く、幽霊どころかラップ音すらきいたことがありません。

一年程前のことです。
ある日私は突然40度近くの高熱にうなされ、既に一週間大学を休んでいました。
これはもう救急車呼ぶしかないと思い携帯に手を伸ばした瞬間、ふと頭の中に一番中のいい友人の顔が浮かびました。
何故か怒りに燃えた凄い形相で私を睨んでいる映像が浮かび、私はとっさに「呪いだ!」と直感しました。(かなり仲が良かったのでこんなこと思う自体不思議なんですが・・・)
私は咄嗟に「○○ちゃんもうやめてよ!!」と泣き叫びました。
すると身体がフッと軽くなり、その日の夜には熱も下がりました。
大事をとってもう一日休み家でゴロゴロしていたら、別の友人からメールが入りました。
「寝込んでるところごめんね。でも本当に大事な話があります。
信じられないかも知れないけど○○ちゃんが昨日脳溢血で倒れて亡くなりました・・・以下略」
倒れた時間は私が叫んだ時間とほぼ同じ時間でした。
葬式が終わった後、気になって共通の友人に聞いたら○○ちゃんは私の彼の事が好きだったらしく、影で私のことを「死ね」とか言っていたらしい。
呪い返しってやつですかね?
皆様も人を憎む時は気を付けてね〜(つд`)・゚・

910 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 22:33 ID:/63HAALh
そんな簡単に返せちゃうのか 祝いって・・・

911 :名無しさん@( ・∀・)つ旦~:04/09/05 22:35 ID:7wO/Xn4V
人を呪わば穴二つ か・・・

912 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 23:05 ID:gpk7A4/i
>>910
呪った相手が判れば簡単に返せるらしい。だから丑三つ時は
人に見られるとまずいって話だよ。

913 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 23:11 ID:lE/YwI3w
>>894-895  ←これ何?

914 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 23:13 ID:TQQl8Zc+
板内でよく使われるパターンを指摘したものと思われ

915 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 23:16 ID:qBE/K4Nt
>>909
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

916 :本当にあった怖い名無し:04/09/05 23:34 ID:YLJ2w45F
>>913
行間を読むのだ、日本人特有の奥ゆかしさの感じられる素晴らしい書き込みだとは思わないか?

917 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 00:12 ID:Lo4v2b1J
なぁ、つっこんでいいのか?
みんなわざとするーしてるのか?
どうなんだろう
やめといたほうがいいのかな?
うわあ、どきどきしてきたよ
じゃあ、やっちゃうよ
>>910
祝いってなんだああああああ

918 :本当にあった恐い名無し:04/09/06 00:19 ID:qLCVVsrX
>917
正直救われた(ry
だがスルーする優しさもバファリンの成分

919 :次元 ◆neko6PFwEM :04/09/06 00:21 ID:QS47vqRa
( ゚Д゚)<また地震かよ!!さっきのより酷いな!!今夜は徹夜か!!濡れ濡れだぜ、俺の部屋wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

920 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 00:30 ID:C/JeYpVJ
会社で、いやな上司からいやがらせ受けていた。上司は私の席の後ろにいて、
仕事中もじいっと見てる感じがして、すごくいやだった。
そして、なぜか上司の視線を感じる頬に、いくつも吹き出物ができた。友人に
愚痴ったら、「だったら、机に鏡を置いて、上司の視線を返すようにしてみたら?」
と言われて、実行したら、吹き出物は消え、かわりに上司の頬に大きな痣ができ
た。
不思議に思って聞いたら、「いやな気持ちを受けてたから、それを返せたのよ」
という答え。彼女はしばしばそういうことがわかるらしい。
飲み会なんかで、気を抜いてると触った相手のことがよくわかるらしい。ものすご
く疲れるらしいが。

921 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 00:37 ID:rfFqO+PL
>917-918
前いろんな所に貼られてた画像の真似だろ?
突っ込むほど面白くなかったからスルーしてた

922 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 01:33 ID:Icar4bj3
スルーしちゃイヤン

923 :長文スマソ 1:04/09/06 04:36 ID:x2rHlydf
友達が通っていた中学校での話しで、
文化祭を前にしてその友達が所属していた放送部が出し物を何にするか話し合っていた。
いろいろ企画が決まっていき、最後に怪談話として学校の七不思議を紹介しようという事になった。
しかし、その学校は比較的新しく設立された学校という事で、先輩や先生に聞いても全く不思議話が集まらない。
文化祭は迫っているし、今更新しい企画を考えるのも面倒、それにこの手の話は受けがいい。
いろいろ話し合った結果、放送部みんなで適当にでっちあげることにした。
定番系の、音楽室で深夜にピアノが鳴り出すとか、美術室に置かれたデッサン用の置物の向きが勝手に変わる、
毎日誰かしらがその場所で必ず転ぶ階段とかありもしない話しを勝手に決めていく。
六つまで結構すんなり出来たものの、最後のひとつがなかなか決まらなかった。
そんな中、自称霊感不思議系少女で、珍しくその日はずっと黙っていた女の子がある案を出した。
どんなものかというと、文化祭の発表の際、
放送部の後に順番が来る演劇部に本当の「幽霊」部員がいるという話を七不思議に加えて紹介する、
そして、前もって友達何人かに頼んで実際に演劇部が発表しているときに、
なんか幽霊みたいなのが見えたと騒いでもらうというものだった。
その案を聞いた放送部のみんなは結構ノリノリで、面白そうだからやってみようという事になり、
部員それぞれが友達にヤラセ役を頼む事になった。


924 :2:04/09/06 04:38 ID:x2rHlydf
文化祭当日、講堂で段取りどおり放送部の発表が終わり、演劇部の出番になった。
明かりが消され、舞台の上にだけスポットライトが照らされる。
演目が終盤にさししかったころ、予定通り仕込み役が騒いでくれたのか、
講堂に集まった生徒たちの所々からざわめきが起こった。
ウソォ、マジで?などの声が上がり、俺の友達も面白くなってきたなと思っていたが、
結局はそれほどの騒ぎにならず、文化祭は何の支障もなく無事終了。
でも、それなりに効果はあったらしく、文化祭が終わったあと、
放送部が紹介した七不思議のうち、演劇部の幽霊部員ネタだけが結構話題になっていた。
実際、ヤラセを頼んだ生徒以外からも演劇部が発表しているときに幽霊を見たという話を聞くこともあった。
さらにこの話が盛り上がったのが、文化祭の写真を先生が廊下に張り出したときで、
演劇部が舞台の上で発表している様子を写した写真に白いモヤのようなものが写っていた。
友達曰く、はっきり言って全く幽霊には見えなかったらしい、
でもたまたま時勢に乗ったというか、演劇部の幽霊部員話で盛り上がっていたので、
女生徒なんかはキャーキャー騒ぎだし、
男子生徒も面白がって心霊写真だと、そこらじゅうに言ってまわる始末。
放送部では自分たちがこのブームを作ったって感じで、みんなどこか得意げな雰囲気、
そんな中、案を出した当の本人だけがなぜか浮かない様子だった。
俺の友達が理由を聞いても「別に」としか答えない。
友達も、ま、いいかと特に気にも留めずにいた。


925 :3:04/09/06 04:40 ID:x2rHlydf
三ヶ月ほどして、心霊写真の騒動もすっかり収まったころ、
なぜか演劇部員が次々と退部し始めた。
もともとそれほど人数がいなかった部だったので、
一ヶ月もしないうちに演劇部は部員が足りなくなって廃部になってしまった。
あんな噂を勝手に作ったこともあって、俺の友達は何か引け目を感じたらしく、
辞めていった演劇部員の子にそれとなく話を聞いてみた。
すると、躊躇いながらも、部室で変な事がおこるし、
練習をしている教室で実際に幽霊を見た子がいる、それで怖くなってやめたと教えてくれた。
さすがにこれには驚いて、放送部員のみんなにこのことを話して、
先生に文化祭での事を打ち明けようという話になった。
例の霊感少女だけは浮かない顔をしていたけど、
とにかく先生には言っておこうという事に決まった。
放送部顧問の先生に話をすると、困った顔を見せて、
とりあえず文化祭の事は演劇部の顧問の先生を通して伝えてもらうから、
おまえ達は演劇部の人にきちんと謝りなさいといわれた。


926 :4:04/09/06 04:42 ID:x2rHlydf
数日後、前もってある程度話をつけてくれた顧問の先生に引率され、
演劇部員と演劇部の顧問の先生の前で、
その日休んだ霊感少女以外の放送部皆で申し訳ありませんでしたと謝った。
深々と下げていた頭を上げた瞬間、
目の前にいた演劇部全員と顧問の先生がなぜか大きな声で笑い出した。
訳が分からず呆けていると、顧問の先生が理由を話し出した。
なんでも、文化祭の一件以来、
心霊写真のこともあって演劇部の部員は結構マジでびびって、
練習にも身が入らないようになっていたらしい。
困った顧問の先生がどうしたものかと頭を悩ましていたとき、
たまたま生徒の一人から文化祭の一件は、放送部が仕込んだヤラセだったということを耳にした。
それで早速部員たちにその事を伝えると、
信じられない、許せないなどの声と共に仕返ししないと気がすまないという意見が出てきた。
もともともノリのいい先生、よしやるかと今回の幽霊による退部騒動を考えたという事だった。
俺の友達が辞めた部員に理由を聞かなくても、
それとなく放送部に幽霊騒動退部話が伝わるようにしていたらしい。


927 :5:04/09/06 04:45 ID:x2rHlydf
そんななか、演劇部の一人が文化祭のヤラセの一件は誰のアイディアなのかと訊いてきた。
今日休んで来なかったあの霊感少女だというと、その子は、やっぱり!!と声を荒立てた。
何でもその女の子と放送部の霊感少女は、もともととても仲が良かったのに、
つまらない事で喧嘩して以来、口もきかないほど険悪になっていたらしい。
自分が心霊とかそういうのが大嫌いと知っていて
それでこんなことしたんだわ、と彼女は皆の前で怒った様子をみせた。
明日絶対何か言ってやると彼女が息巻いて、
その日は皆解散、演劇部もその時点で復活となった。
でも、次の日放送部の自称霊感不思議系少女は来なかった。
それどころか彼女は全く学校に来なくなった。
まさかちょっと気まずいくらいで登校拒否になるかと思っていたが、
結局彼女はそれ以降姿を現す事がなかった。
放送部の部長が気になって、
家まで行ってみたものの、彼女どころか家の人にも会えなかった。
しかも人が住んでる気配すら感じなかったという。


928 :6:04/09/06 04:47 ID:x2rHlydf
それから数日後、
先生から彼女は引っ越して転校したという話があった。
俺の友達が、なんか変だなという思いを抱きつつも、
いつもどおり放送室に向かうと、部員の一人が妙な噂を聞いたと話し始めた。
何でも、あの霊感少女は表向き転校したという事になっているけど、
本当は自殺したらしいなんて噂が広まっているという。
同じ部活に所属している自分たちが知らないのに、
何処からそんな話がと思ったとき、演劇部の女の子のことが頭に過ぎった。
幾らなんでもこんな噂をするのは不謹慎だろと思い、
放送部皆で演劇部の元へ向かうことにした。
練習している彼女を呼び出して、
噂の件を話し、君が広めたんじゃないかと問いただす。
しかし、彼女は絶対に自分ではない、
自分も他の子からこの噂を聞いてびっくりしたくらいだと話した。
その後ほかの部員に訊いてみたものの、結局分からずじまい。
先生に尋ねてみると、妙な顔を見せ、
親御さんからは転校しますということしか聞いていないと告げられた。
噂の出所が分からないまま、
生徒たちの間では噂が元で自殺した女生徒という感じでその新しい噂が定着してしまった。


929 :7:04/09/06 04:49 ID:x2rHlydf
次の年の初め、放送部の部長が自殺した。
突然の事で、悩んでいる素振りも困っている様子もなかった。
俺の友達もあまりのことに驚いて、暫らく勉強も手につかなかったという。
受験を控えていたこともあって、
その後その自殺のことは出来るだけ話題にしないようにしながら、
俺の友達は無事志望校に合格して卒業していった。
そして、次の年、新しい放送部の部長が事故で死んだ。
学校に来る途中、車に轢かれて即死だった、俺の友達は後輩からそう告げられた。
さすがに二年連続で不幸が続くと生徒たちも妙な噂をしだす。
二年前の、あの文化祭の一件と、
それが元で自殺したという女生徒の噂、
その呪いが放送部に祟っているなんて噂をしだした。
結構な騒ぎとなっていた所為か、
先生たちはわざわざ朝それぞれの教室で生徒たちに向かって、
バカな噂をしたり、それを本気にしたりしないようにと結構厳しい口調で話をした。


930 :長文スマソ ラスト:04/09/06 04:52 ID:x2rHlydf
そして次の年、こんな状況の中で放送部の次の部長となった男子生徒は、
心身ともに健康で卒業まで無事学校生活を終える事が出来た。
先生たちも安心して、良かった良かったといって卒業式を済ませ、生徒たちを送り出した。
それから何日も経たない後、高校入学を控えた春休み中、
その男子生徒が心不全で死亡したという知らせが学校に届いた。
次の年から放送部は廃部になり、その仕事は先生が受け継ぐことになった。
いまだにその学校に放送部はなく、昼休みや放課後の放送などは先生が行っているらしい。

この話、地元では結構有名らしく、
ラジオでも紹介されたこともあると友達が言っていた。
前半部分は省略されて、なぜか放送部が新聞部にかわって、
ただ何の理由もなく新聞部の部長が毎年なくなって
それが三年続いてから新聞部は廃部になった学校があるという感じで話されていたらしい。
ちなみに友達は関西出身で、
そのラジオは2chでもそこそこ有名なラジオ番組でちゃんと番組スレもあるみたい。
その友達とは東京で知り合ったんだけど、バイト先が変わってから疎遠になってます。
最後まで読んでくれた方どうもです。


931 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 05:39 ID:YvPBrJkv
長杉読む気がしない いつか過去ログで読むかも


932 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 05:46 ID:BxP9NR5j
>>923>>930 乙! コワイヨー

933 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/09/06 05:50 ID:ysyr/EkS
自分は最後まで読んだよ。
確かに結構長いけれど読み易い文章だったから難無く読めた。

何て言うか、本当にほんのりだね。
全て偶然とも片付けられるけれど怖いっちゃ怖い。

934 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 05:57 ID:sxj0QGDM
>>923-930
5まではいいんだけど、
7の部長の自殺が唐突すぎ。

舞台が中学校っていう段階ですでに失敗かと。

全部説明しなくてもいいのだから、
冗長な無駄を省こう。

(いつのまにかオーディション審査モードに・・・)

935 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 07:36 ID:+NUTAUqX
まぁ、怖い話の肝が放送部の怪死の部分なら、演劇部が仕返しで退部騒動云々は
完全に省いていいところだわな
霊感少女の転校のくだりも省いてもいいかも

936 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 07:52 ID:6RvDuzXT
ゲームの流行り神みたいな話だなぁ

937 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 09:05 ID:JIhR5x+O
要旨まとめキボン

938 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 10:56 ID:T4dInagd
まとめると面白くなくなるんじゃ
ちょっと散らかってる所がほんのり怖い感を出してるから。

939 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 11:37 ID:cyOJBxpW
>>878
ブラックジャックに似たような話があったな・・・。

940 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 15:30 ID:AEGy67mW
全然怖い話じゃないんだが、昨日母と車で出かけたときに起こった出来事。
途中母が
「最近、疲れてて少し幻覚を見ることがある。ここ1週間は治ってる」
と話していて、フーンと聞き流していた。
その後、おいらがタバコを買いにコンビニに駐車し、母を助手席に乗せたままに
エンジンかけたままでコンビニ店内へ。
ふつーにタバコを買って車に戻った際、隣に駐車していた車の助手席に
女性の人影を視界の隅っこに認識してた。
車に乗ると
「やっぱり、疲れてる。隣の車の助手席に女性が見えた。」
え・・・?
改めて隣の車を見ると・・・誰も乗ってない・・・。
車を降りて、隣の車の中を見ると、助手席にはカゴに入った花束が一つポツンと置かれていた・・・。
何の為の花束だったのか気にはなったが、そのまま目的地へ向かって発車しました。

長文スマンかった。

941 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 16:01 ID:afUERRcQ
>>940
「漏れにも見えたからキニスンナ!」って言ったところで
何の解決にもならないでしょうか…(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

942 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 17:59 ID:KYSAl3NY
>>937
ある中学の放送部が文化祭の出し物で学校の七不思議を紹介した(適当に作った)。
最後のひとつは、演劇部に「本当の幽霊部員」がいる、というものだった。
ところがその後、本当に演劇部で幽霊騒動が起こり、しまいには廃部してしまった。
放送部はあわてて七不思議が作り話だったことを打ち明け、謝罪することにしたが
「幽霊部員」の発案者であった放送部の霊感少女は、そのまま学校に来なくなってしまう。
ところが、その廃部騒動は、実は演劇部が仕返しにしくんだ逆どっきりだった。
しかし、霊感少女は学校に来ないままであった。数日後、少女が転校したと先生から
伝えられたが、一方では、転校の話は表向きで、実は自殺したという噂が流れる。
噂の出所が分からないまま、次の年の初めに放送部の部長が自殺。
翌年には、新しい部長が車に轢かれて死亡。その次の部長は、卒業直後に心不全で…

今ではその学校には放送部は無く、昼休みや放課後の放送などは先生が行っているらしい。

943 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 19:23 ID:xQ7UCxdN
>>942
ブラーヴォ!

944 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 19:24 ID:Al+0kUKQ
いやみな塾の教師が混じっているな!

945 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 19:36 ID:/t0sfsy3
>>942
もうちょっと長くしていいかも。

946 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 19:51 ID:rfFqO+PL
>945
いちいち水差すのやめてくれ

947 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 20:32 ID:ELwsmLJT
>>942
感謝

948 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 22:30 ID:lbBhraiY
. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: ::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ
 一生懸命書いてんだから
 ちゃんと読んでやれよ…

949 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 22:32 ID:WB89363g
オ、オマイラ・・・・・本一冊とか読んだことあるか?

950 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 22:35 ID:WB89363g
あ、ヤベ。似たようなレスついてた。

951 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 22:36 ID:nmWXOcvU
>>948
一生懸命を否定はしないが、
過程を評価するなら、それはどの話も同じでしょう。
「遠足は家に帰るまで」って校長先生も言ってました。

ちょっとたとえがちがうだろう>自分

952 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 23:15 ID:Ws8o4vIJ
>>942
演劇部の仕返しが原因で自殺したのであれば霊感少女は演劇部を祟るべきでは?
それとも放送部の関係者が次々に非業の死を遂げたのは延々と続く演劇部の仕返しの一環とか?


953 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 23:50 ID:RrDl1dHD
ほんのりのほの字の程度な友人Aの話

Aは子供の頃の夏休み、毎年田舎に帰っていた
その田舎の家は農家の家でただっ広く
トトロに出てくる婆ちゃんの家みたいな造りだった
Aと弟は田舎に帰ると毎日家で隠れんぼしたり、虫取りしたりして飽きることなく過ごしていたそうな
ある日、いつものように二人はただっ広い家の中で隠れんぼをしていた時のこと
Aは鬼で隠れた弟を探していた
なかなか見つからず、10分は探していたらしい
弟は怖がりですぐに見つかるのだが、今回はめぼしい場所にはどこにもいない
Aは駄目元で押し入れを探すことにした
すると、暗い所が大嫌いな筈の弟が押し入れの中にうずくまっていた
「見つけた、早よ出てきい」
ところが弟は押し入れから動かず、出てこようとしない
Aは早く鬼を交代したい一心で弟の手を引っ張った
だが弟はそれでもその場から動かず
逆にAの腕を引っ張りはじめたのだ
Aがいい加減にしろと叱りかけた瞬間
「お姉ちゃん、どうしたん?」
背後から弟の声
振り向くと今にも泣き出しそうな弟が立っていた
えっ、とAが思った瞬間
押し入れの中の誰かは、パッ と手を離した
覗きこんでも誰もいなかったそうだ
弟は、Aがあまりにも遅いので、心配になって探しにきた、との話だった


だが二人はそれに懲りず、しばらく隠れんぼはやめられなかったそうだ


954 :本当にあった怖い名無し:04/09/06 23:54 ID:RrDl1dHD
日本語が所々おかしくなってるね

「いつものように二人は」×
「いつものように二人が」○

955 :本当にあった怖い名無し:04/09/07 00:05 ID:BSp/yygu
>>954
そんな事は気にスンナ。折角のほんのりコワーな余韻が楽しめないだろ。

956 :本当にあった怖い名無し:04/09/07 00:23 ID:nYgmAVdS
とっちらかった文章でも咀嚼できるようでないとオカ板は楽しめない気がする。



957 :本当にあった怖い名無し:04/09/07 00:48 ID:Yv5+wVZL
>>953
×ただっ広い >> ◯だだっ広い

>>955
気になったもので、つい…
逝ってきます


958 :本当にあった怖い名無し:04/09/07 01:07 ID:4TnUWM/E
…山岸涼子の漫画を思い出してしまった。
ところで>>957はしつこくして異性に嫌われるタイプ?

959 :本当にあった怖い名無し:04/09/07 01:17 ID:OBvhtuFr
>942
ある高校の光画部が生徒会長に部室を取り上げられてしまった(校内の空スペースは全部廻った)。
最後のひとつは、第一校舎の端で「本当の幽霊部員」がいる、というものだった。
ところがその後、本当に光画部で幽霊騒動が起こり、しまいに生徒会と体育祭でバレー対決
する事になってしまった。
体育祭実行委員はあわててエキジビジョンマッチを組むことにした。
ところが、その対決は、実は光画部の事を良く思っていない生徒会長の仕組んだ嫌がらせだった。
しかし、試合は荒れたまま光画部の勝利にされてしまった。
数日後、生徒会長は幽霊部員の少女が転校して来たと伝えられたが、一方では転校の話は表向きで
実は幽霊であった少女を恥じた少女の祖母との妥協の産物だとか、単なる受け狙いだとかいう噂が流れる。
噂の出所が分からないまま、次の年の初めに光画部の部長は卒業できず留年。
翌年には、新しい部長が修学旅行に行っている間に学校が占拠され、前部長は行方不明・・・

今でもその学校には光画部があり、昼休みや放課後の校庭などで運動部の備品を着服しているらしい。


960 :本当にあった怖い名無し:04/09/07 03:02 ID:PwWvAhPB
あーるか?何れにせよあんまり面白くない。

961 :本当にあった怖い名無し:04/09/07 03:14 ID:1D5fPbDY
>>959
何の話?あたしシロウトだからワケわかんなすぎて逆にウケたんだけどw

962 :本当にあった怖い名無し:04/09/07 04:23 ID:km7E3Yln
>960
何がほんのり怖いって、あの話が半分ほど事実だってコトなんだよな…

>961
「あーる 光画部」あたりでググって見るといいかも

963 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/09/07 05:15 ID:mu1occhx
究極超人、懐かしいな。

964 :本当にあった怖い名無し:04/09/07 09:13 ID:eMYbr7MR
>>953
結構怖かったす。

965 :本当にあった怖い名無し:04/09/07 09:29 ID:Oinmfjy/
ここは、面白いねー。久しぶりに来たけど、やっぱし粒ぞろいだよね。
何より、敷居が低くて入りやすい雰囲気がとても安心出来るよ。

966 :本当にあった怖い名無し:04/09/07 17:21 ID:mFTBVWu6
>>953
同じ話を何度か読んだことがあるが、そういうイタズラが好きな妖怪でもいるんだろうか?

967 :本当にあった怖い名無し:04/09/07 19:42 ID:p5ylI54K
>>962
マジで?!
ロボット三等兵が実際に居たのか!?

968 :本当にあった怖い名無し:04/09/07 22:54 ID:BxkfjRPC
霊をよく見るという友人との、電話でのやりとりです。

本題の用件が済んだ後の会話
友人「そういや、この前久々に見ちゃったよ。幽霊。」
オレ「ほぉー。どんなどんな?」
友人「んーと、仕事が外回りの日だったんだけどさ。横断歩道を信号待ちしてたんよ。」
オレ「車じゃなく、歩き?」
友人「うん。電車の方が得意先に早く着くから。それでね、道路を挟んで向こう側にも
   信号待ちの人が沢山居るわけさ。そん中に居るんだよねぇ、しかも俺の真ん前。」
オレ「え? 人いっぱい居るのに判んの? 『幽霊だ』って。」
友人「うん、そん時はね。だって半分透けてんだもん。」
オレ「あー、それじゃ判るわ。」
友人「でさ、信号変わったから、みんな渡り出したんだけど、案の定つーか何つーか
   その幽霊も歩き出したんだわ。俺に向かって一直線に。うわーって思って必死に
   斜めに進んだね、人を掻き分けてさ。周りの人達の視線が痛かったよ。」
オレ「な〜んだよ。人たくさん居るんだろ? なにビビってんのさw」
友人「いやいや、つーかね、内臓はやっぱパスなわけで。」
オレ「はい?」
友人「内臓だよ内臓。胃とか腸とか心臓とか。」
オレ「ナニヲ トツゼン イイダスンダネ チミハ…」
友人「半分透けてるって言っただろ? 内臓だけ透けないで赤いまんまなの。」
オレ「あ…半分て…そーゆー意味だったのね……。」


オワリ



969 :本当にあった怖い名無し:04/09/08 00:32 ID:bw574Tnp
>>968
うわー ホントにほんのりこえぇー


970 :本当にあった怖い名無し:04/09/08 00:38 ID:SsujaflC
肉より臓物系ウマーな俺にとっては涎モノだな。

971 :本当にあった怖い名無し:04/09/08 03:07 ID:sYFlmcsd
>>968

 っ
  き
   り、「お前、見えるのか」って幽霊がす
                          れ
                           違
                             いざまに言うヤツかとヲモタ。。。ア
                                                  ッ
                                                   パ
                                                     レ
                         
           

972 :本当にあった怖い名無し:04/09/08 09:32 ID:5OT2hZjJ
>>971
モマイさんのレスにもほんのりしました。

ところで次スレは?

973 :本当にあった怖い名無し:04/09/08 09:47 ID:jfMNBpFa
>>980を次スレ大臣に任命する

974 :本当にあった怖い名無し:04/09/08 09:55 ID:dsmaFiJ/
テンプレ



“シャレにならない”ほどではないけど、なんかちょっと怖い話。
実体験に基づく話が多く、意外と“シャレにならない”より怖い話もあったり・・・
ガイシュツ・都市伝説、何でもOK!
ほんのりマターリヒヤーリと……

前スレ
ほんのりと怖い話スレ その19
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1090583433/
過去ログ倉庫
http://www.geocities.jp/g6thh
過去スレは >>2-

◆お願いです◆
長文を何回かに分けて投稿する場合は、メモ帳などに全部書いてから一気に投稿して下さい。

それではあなたのお話を聞かせてくださいませ…



975 :本当にあった怖い名無し:04/09/09 14:48 ID:46JdmCwS
急にスレの進みが止まりましたね…

976 :本当にあった怖い名無し:04/09/09 16:05 ID:JNmO7fja
>>975
ほんとに・・・。
何でこんなに書き込みないんだろうか。
もうすぐ1000なのに・・・。

977 :本当にあった怖い名無し:04/09/09 16:50 ID:LrZfc79o
俺の彼女、一緒に話してる時とか、ふとした瞬間に
何もない空間を見る時が結構ある。
例えば猫が部屋の隅を見る時みたいに。

俺「どうしたの?」
彼女「ん?何でもないよ!」

明らかに何か見えてる。でも教えてくれない。
俺に霊感は無いから全く見えないし。
ってか、何が見えてんだよ!!

978 :本当にあった怖い名無し:04/09/09 16:58 ID:dh+RbCqp
そうやって遊ばれてんのかもよ
フユーフユー(<-口笛できねえ)

979 :本当にあった怖い名無し:04/09/09 17:13 ID:lDeeN7SB
↓次スレ宜しくお願いします

980 :本当にあった怖い名無し:04/09/09 17:29 ID:84rmMLre
>>977
ボーっとしてるだけだよ。

981 :本当にあった怖い名無し:04/09/09 17:46 ID:rR+fDHJB
>>980
次スレおね

982 :本当にあった怖い名無し:04/09/09 18:29 ID:mvXeuiZw
怖くないかもなんですけど自分は凄く怖かったので書きます

多分一年前だと思うんですけど、やけにリアルな夢を見たんです
私は箱を持っていて、中身を机の上に全部出しました
中には部屋のジオラマや、人形などが入っていたんですけど
そのなかの坊主の子供の人形がどうにも気になりました
変な人形で、中国の小坊主みたいな顔をしていました
その人形が気になって仕方がありませんでした
今にもまばたきをしそうだ、と思ってじっとみていたら
目が動いたんです。いつの間にかさっきと違う目つきで
私はものすごく恐ろしくなって、叫びたいのをがまんして
人形の頭をつかんで地下にいる親に見せにいきました
このあとはなんかよく分からない内容なので省きますが
こんな夢でした

続きます

983 :本当にあった怖い名無し:04/09/09 18:35 ID:sPunXCzG
>>980では無いけど次スレ立てました

ほんのりと怖い話スレ その20
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1094722465/


984 :本当にあった怖い名無し:04/09/09 18:50 ID:mvXeuiZw
続きです

そのあと怖くて、いつもとは全然違う時間に起きてしまいました
いつもは昼頃起きていたのですがあさの8時頃でした。
いつもなら二度寝するところでしたが、怖さの方が勝ってしまい
二度寝する気にもならないので、この夢を早速母にでも話そうと思い
リビングに向かいました。
母は朝の支度で急がしそうで話しかけたら怒られてしまいました
なんとなくTVをみると陶器の置き物が映っていました
パッと画面が切り替わって陶器の人形が映りました
坊主の人形で、夢にでてきた人形と同じでした
夢で見たのと同じ目でこっちを見ていて
まだ夢を見ているのかと思いました

いつもなら絶対起きない時間に起きて
絶対二度寝するのにしなかったし、何故か母に話そうと思ったし
ただそれだけなんですけど、そのときはものすごく怖かったです

985 :本当にあった怖い名無も:04/09/09 18:58 ID:p/yYGGUx
次スレに書き込んでる気の早いヒトいるからここはもうウめるべき?

986 :本当にあった怖い名無し:04/09/09 19:10 ID:0XGaz8OQ
別に埋めなくてもいいと思う

987 :本当にあった怖い名無し:04/09/09 19:28 ID:rR+fDHJB
埋めろよw

988 :本当にあった怖い名無し:04/09/09 19:34 ID:T6DR9gsy
埋めなきゃなんないってのは誤解で
むしろやらない方がいいんだけどね。
まあやりたい人がやればいいんでない。

989 :本当にあった怖い名無し:04/09/09 20:16 ID:Uy0bSqV1
これは高校生の夏休みに田舎に帰省した時に体験した話です。。その田舎の家は夜になると真っ暗になってしまうので、一人でトイレに行くなんてこわすぎて行けませんでした。。
ある夜のことです。その部屋の一番廊下側に寝ていた私。電気を消してもなかなか寝つけませんでした。すると、左側の障子の外の廊下から人の歩くようなぎしぎしとした音が聞こ
えてきました。近付く音はついに私の横まで来ました。「誰だろう。」泥棒かと思いそばに寝ていた兄弟や親を起こそうと思ったところ、障子が開いて、閉まる音がしました。
そして、畳の上をゆっくり踏んで、足音の主はついに私の隣に来ました。必死に寝たふりをした私。ぎゃーっとか叫んで助けを呼べばよかったのですが怖すぎて身じろぎできません
でした。そして、その足の主は寝ている私の腹の上にのりました。今でもその感触は忘れません。直径20センチくらいの丸いものがのった感触。なに丸い感触はしません。
「これは何だろう?」わからないまま、大声でとなりに寝ていた兄弟を呼びましたが起きてくれませんでした。20秒程たってから、その主は腹の上から降りていきました。
そして、最近ニュースで、ある田舎の田んぼに丸い跡が直線に横切ってついているニュースをみました。専門家によれば陥没ではできないし、子供の足跡にしてはきれいな
直線すぎるとの事。地元の人によれば、ここでは「一本だたら」という妖怪がでるという迷信があり、実際に夜に車を運転していた人がやぶの中からでてきた大きな
ひとつ目、牙をはやした大きな口の一本だたらに追いかけられたそうです。この妖怪は昔の古文書の絵なんかだと人を食べてました。その番組を見た夜、子供の頃、自分の腹
の上にのった丸いものと、ニュースで見た田んぼの丸い跡が頭の中で一致した時はぞっとしました。子供の頃に私の上にのったあの丸い感触は一本だたらだったかもしれません。。

ほんのり。。

990 :本当にあった怖い名無し:04/09/09 20:23 ID:Eu/Kv5kh
>>984
朝の8時で早起きなのか・・・・・。
水商売のねぇちゃん?

991 :本当にあった怖い名無し:04/09/09 21:08 ID:wQ/i7rl9
>>989
その足の主は寝ている私の腹の上にのりました。今でもその感触は忘れません。直径20センチくらいの丸いものがのった感触。なに丸い感触はしません。

残念!一本だたらじゃなくて、ドラえもんだ。


992 :本当にあった怖い名無も:04/09/09 21:16 ID:p/yYGGUx
じゃ、ほんのりと怖かった話を…

今年7月の終わりごろ、夜中(2時頃)に2chでオカ板みてたんですよ
で、ふと気が付くとなんかPCの画面を黒い影が横切るんです
それも周期的に…
でもオカ板見てたので
「これは疲れたから気のせいだ、目の錯覚だ〜」
と思って、すぐには振り向かずにいたんですけど…
この影もなかなかしつこい
で、根負けして後ろを振り返ると…

コウモリさんでしたヾ( ´ー`)ノ

部屋の中を必死にグルグル飛び回ってましたよ…出るところがなかったせいで('A`)

993 :本当にあった怖い名無し:04/09/09 21:41 ID:YnS79mH1
>>992
結構洒落になってないと思う

994 :本当にあった怖い名無し:04/09/09 22:01 ID:Px1CH2sl
僕のバイトしてるカラオケ店に去年の4月から入ってきた短大生の女の子の話です。

カラオケのバイトは注文がない限りかなり暇で
深夜などはカウンターでバイトの仲間とお喋りばかりしています。
その女の子は明るい子で同世代ということもあって、話も合いとても仲良くなりました。
外で一緒に遊んだりご飯に行ったり学校がない日が合えばよく一緒にいました。
ある時ふと彼女の服装がいつもパンツ姿だということに気付き、尋ねました。
「何でいつもパンツなの?好きなの?それともなま足に自信がないの?」
「別に意味はないよ・・・」 と彼女らしくないそっけない返事。
触れてはいけないのかな?と感じた僕はそれ以上突っ込むような質問は止めた。
女の子のバイトの制服はスカートで彼女はいつも膝まであるようなルーズソックスを
はいてました。バイトに入りたての当時に店長が「もっと短い靴下はないのか?」
と冗談ぽく聞いた時も「すいません。これしかないので大目に見ていただけませんか」
と泣きそうな顔で訴えてました。
彼女に下の服装の事を聞くと、いつも明るい雰囲気が一転いきなり沈んだ空気になります。

つづく


995 :本当にあった怖い名無し:04/09/09 22:04 ID:Px1CH2sl
先月の末バイトの遅い盆休みをもらった僕たちは、バイト仲間6人で山の方へ
キャンプ&BBQをやりに出掛けました。もちろん彼女も一緒です。
車2台に分乗し、山間の川縁で一日中楽しく遊び、家路に向かう頃には
深夜2時をまわってました。
僕が運転する車には彼女とバイトの先輩とその友達が乗ってましたが
疲れていたしアルコールも入ってたので、すぐに彼達は眠ってしまいました。
僕は飲んでなかったし、みんなが花火をしている時に仮眠をとっていたので
あまり眠くは無く静かに運転してました。
みんなの家まで後30分ぐらいの距離まで来た時、突然彼女が
「そこを左に曲がって!!」と絶叫に近いくらいの大声で指示しました。
てっきり寝ていたと思い込んでいた僕は驚きの余り急ブレーキを踏み、車は
軽く横滑りをして交差点の真ん中で止まりました。
「止まらないで!早く発進して!!!」と驚き呆然としている僕の肩を激しく揺らし
彼女は叫んだ。
訳が分からないまま彼女の勢いに押され車を進めた。バックミラーで彼女を見ると
正に鬼気迫るといった表情で前を睨んでました。その横には
この騒ぎにも全く起きる気配の無い先輩の友達。
一方助手席で寝てた先輩は、彼女に「何だ?!どうゆうことだ?!!」と
激しく詰め寄ってました。   
つづく


996 :本当にあった怖い名無し:04/09/09 22:05 ID:Px1CH2sl
訳が分からなくパニック気味になってる先輩を無視し
暫く黙って前を睨んでた彼女も信号待ちで止まった時に重い口を開いた。
「さっきの道を真っ直ぐ行くと、どこを横切るか知ってる?」
と静かに聞いてきた。
「知らねぇよ。」無視され続けられた先輩は、少しキレ気味に答えた。
彼女は子供に言い聞かせるよう優しく言った「古戦場だよ。」
静かに聞いてた僕は、小学校で習ったこの辺りの古戦場の事を思い出した。
そこは戦国時代のある武将が、全く勝ち目のない敵に見事な奇襲をかけ勝利した所らしい。
そこには戦死した人達を奉る大きな石の碑や、矢の傷が残ってる樹齢400年の杉が
ある観光地的な公園みたいな所だ。
そこは武士の幽霊が出るって有名で、好奇心の強いの人達や、度胸試しをする人達が行き
本当に見たという話は後を絶たない。

つづく


997 :本当にあった怖い名無し:04/09/09 22:06 ID:Px1CH2sl
先輩は地元の人ではないので、この古戦場の事は知らないようでした。
「古戦場だからなんだよ!?大声上げたり、急ブレーキ踏ませたりしるような事かよ!?
納得できる説明をしろよ!」少し興奮しながら先輩はまくし立てた。
それに動じる事もなく彼女は静かに言った。
「私がまだ高校生の頃、夏休みに学校の友達10人くらいでそこの古戦場に肝試しに行ったんだ。
深夜1時に近くのコンビニで待ち合わせて、自転車や原付に乗ってそこに向かったの・・・。」
少し怯えたような表情で僕たちを見回し、彼女は話を続けた。
「公園の前まで来て、みんなで行っても怖くないから2人か3人くらいで行こうって事になったの。
その時は、ワイワイみんなで楽しくじゃんけんで順番を決めたり、公園内のどこに行くか話したり
カメラで記念撮影をしたり、なんか修学旅行の自由時間みたいに楽しくて浮かれてたんだ。
結局、クラス一のお調子者のサトシと陸上部のヒデ君とリーダー的な存在のジュンジュンが
行く事になったの。
この3人の男子は、仲良しで運動神経もいいしクラスでは人気者の3人なの。
彼らが行った後10分後に次の3人、でその後に最後の4人が出発して
碑の前で写真を撮って解散ってことだったのね。
でも最初の3人が行って3分くらい経った時に、ヒデ君とジュンジュンが
もの凄い勢いで走って来て「やべぇ!逃げろぉ!!!」って叫んできたの・・・。
私たちは最初冗談だと思ってたんだけど、近付くにつれ彼らの表情が青ざめ恐怖に歪んで
必死に走ってくるのを見た私たちは、本当にやばいって感じて一斉に走り出した。

つづく


998 :本当にあった怖い名無し:04/09/09 22:08 ID:Px1CH2sl
× 急ブレーキ踏ませたりしるような事かよ!?

○ 急ブレーキ踏ませたりするような事かよ!?


バイトで疲れたので寝ます。続きは18:00くらいに書きます。
気を持たせるような事をしてごめんなさい。


999 :本当にあった怖い名無し:04/09/09 22:08 ID:yucKq465
長いな…


1000 :本当にあった怖い名無し:04/09/09 22:08 ID:yucKq465
ついでに 1000ゲット おつかれちゃん


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

377 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)