5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

怖かった夢(;´д`)ハァハァ 第2話

221 :本当にあった怖い名無し:04/09/21 02:25:46 ID:svXAh4aJ
夜、学校かどこかの中で何かの作業をしている。人が多く、ざわついていてうるさい。
周りは知ってる人もいれば知らない人もいる。
突然、「しずかにしろっ!」「しずかに!」「だまれっ!」と数人がほぼ同時に尋常でない言い方で言う、
一瞬の静寂の中にスピーカーから流れるニュース放送みたいなものが聞こえる。
(なんだニュースか?)(え、なに?)(なにこれ?)とまたざわつく。
「いいからだまれ!」「うるさい!」とまた数人。
聞いたことのない、全く抑揚のない日本語(ともはっきり分からなかった)、玉音放送を平坦にして
話しているニュースと言う感じだった。中国語や朝鮮語、またはその訛りではなかった。
「天皇陛下だ」「なんだこれ」「もうだめだ」と一部が騒ぎ、「いいから聞けっ!」とまたその放送を聴く。
「天の光を待つ、この事態不可避、遺憾」という内容だけ分かった(聞き取れた)。
隣の人が「俺たち、あと5分で終わりか・・・」と呟く。
その放送が終わるころ、周りは静まり返り、正座する人、下に項垂れる人、色々いたが、静かだった。
それとなく、自分も座り、窓をじっと見つめていた。夜を照らす光がほんの一瞬見えた。そこで夢から覚めた。

436 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.06 2022/04/29 Walang Kapalit ★
FOX ★