5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?87

1 :本当にあった怖い名無し:04/10/23 23:06:35 ID:8TDbLdIT
あなたが聞いた、体験した死ぬ程洒落にならない怖い話を書き込んでください。
怖い話ならなんでもOKです。

■ローカルルール■
【重要】煽り・荒らしは放置・無視。反応するあなたも煽り・荒らしウンコ扱いされます。自演もでーきらい、曝しま

す。
【重要】長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿しましょう。
     ただし、あまりにも長いと痺れを切らした住人に呪われるので気をつけてください。
○「あまり恐くないかも」等の前置きは全然いりません。
 あまり怖く無い話もいりません。
○また「聞きたい?」とか尋ねないで下さい。
○あなたの投稿を本にまとめて金儲けをしようとしてるクソがいますが、
 原則、明示的に許可していない限り転載拒否の意思表示とします。
○投稿内容は洒落にならない怖い話ならば、オカルトに固執する必要もありません。

★☆★雑談・AAは別館スレで!★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆                  
☆     【議論】洒落恐 別館【雑談】           ★
★   http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1085419262/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

〇批評に対する批判は無意味。
 批評されるのが嫌な人は書き込みは控えましよう。作家の誹謗中傷は禁止。
○掲示板では、複数の人が読むので人目を引く文章、もしくは文章がおかしくないか
 書いた後に確認する位はしましょう。

過去ログ倉庫・投票所
http://kowai.sub.jp/
前スレ
死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?86
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1096921285/

2 :本当にあった怖い名無し:04/10/23 23:07:44 ID:JsgcbF8m
2ゲト!

3 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :04/10/23 23:09:25 ID:GlD+OVIl
>>1、乙加齢。

4 :本当にあった怖い名無し:04/10/23 23:11:20 ID:LASg6var
1、乙鰈産

5 :まめ。:04/10/23 23:15:24 ID:aXzjaNr9
>>1さん乙ですぅ。


6 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :04/10/23 23:16:59 ID:GlD+OVIl
まめ、来たついでに一発書いて行けよ。

7 :本当にあった怖い名無し:04/10/23 23:20:23 ID:hPqK07Up
>>1
おちゅ。

8 :7:04/10/23 23:21:24 ID:hPqK07Up
みすったorz

>>1
乙。

9 :本当にあった怖い名無し:04/10/23 23:22:05 ID:7mTl9m0Y
>>1
乙です。

10 :本当にあった怖い名無し:04/10/23 23:28:00 ID:NJFy48Q2
まめの話、なんで止めるんだよ・・・
続き書いてくれ
別館でもいいから

11 :本当にあった怖い名無し:04/10/23 23:34:35 ID:eUv7SYr1
まめといえば、昔まめというあだなの奴がいたな〜
といいつつ11ゲッツ

12 :本当にあった怖い名無し:04/10/23 23:34:46 ID:OLXDcqfX
326さんはどこにいますか?

13 :本当にあった怖い名無し:04/10/23 23:36:50 ID:eUv7SYr1
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1098356751/

にいない?

14 :本当にあった怖い名無し:04/10/23 23:36:56 ID:q8rycmEv
なんとなく訊いてみるけど・・・
前スレで
>>983
>>805読んだ?

15 :本当にあった怖い名無し:04/10/23 23:37:11 ID:/PCjbx8g
まめさん、あなたの文章に非常に感動しました。
なによりも文章がうまくて、読むのが苦にならない。
何人もあなたの文章をまっているはずです。
私も希望します。
どうか続きをかいてください

16 :本当にあった怖い名無し:04/10/23 23:37:22 ID:hPqK07Up
>>12
【(゚д゚)ファッショ】 開く襖 【ナボー!】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1098356751/

17 :本当にあった怖い名無し:04/10/23 23:38:20 ID:OLXDcqfX
ありがとうございます。
いました!

18 :まめ。:04/10/23 23:38:50 ID:aXzjaNr9
うぅ・・ここは優しいなあ。
他スレではあんまり歓迎されなかったのになあ・・
生意気な文体がウケない要因かなと思い・・
実はここでは少々気をつけたんですよ^^;


19 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :04/10/23 23:39:16 ID:GlD+OVIl
>>12
【(゚д゚)ファッショ】 開く襖 【ナボー!】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1098356751/

20 :本当にあった怖い名無し:04/10/23 23:44:53 ID:3hM4uiZE
マンタイ兄さんのチンコ・・・惜しいところ。

21 :本当にあった怖い名無し:04/10/23 23:53:29 ID:8TDbLdIT
>>14
埋もれてて983読んでなかった。thx

22 :本当にあった怖い名無し:04/10/23 23:56:36 ID:zZyRyKDb
>まめちん
次書いとるんか?
待ってるどー。

23 :まめ。:04/10/23 23:57:01 ID:aXzjaNr9
マン・オン・ザ・タイトロ−プ氏・・
今日オカルト板の「幽霊が近づいてきたら、どうすればいい」という
スレタイのところにも書き込んだんですが、もしよかっったら
読んで頂けますか・・
文体が生意気でちょっと申し訳ないのですが・・実体験に基づいて
書いてみました。
さっきは318番目に落ちていましたが今もそこらあたりにあると思います。

24 :本当にあった怖い名無し:04/10/23 23:57:49 ID:8TDbLdIT
もう寝るから明日までに一気に投下しといてね

25 :本当にあった怖い名無し:04/10/23 23:58:33 ID:8TDbLdIT
ナンダッテー!チェックして寝よう。

26 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 00:16:58 ID:ayhU+kZe
>>18
・・の多様と^^;を無くせば少しはマシじゃないかと思う

27 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :04/10/24 00:17:31 ID:Z8mafBzT
読んだ。

こえーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーよ!
一瞬のうちに目の前に来たのか?

28 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 00:20:55 ID:ayhU+kZe
>>23
「文体が生意気」とは感じませんでしたよ。

句読点の位置や改行が不自然なだけじゃないかな。工夫すれば直るとオモ
後は、「です」「ます」調なのか、「だ」「である」調なのか、統一すれば、かなりスッキリ

29 :まめ。:04/10/24 00:35:27 ID:y5r0JQcs
>>27
ありがとうございます、仕事の関係で全国を転々としましたが
今は岩手県に落ち着いています。
また各地での体験談からここに書かせて頂ます。
>>28
ご指摘ありがとうございます。
句読点はどうしても語りのテンポでうってしまいます。
「です」か「だ」かは、自分でも気付く事もあるんですが・・
更に気をつけます。

みなさん今日はありがとうございました。     オヤスミナサイ。



30 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 00:51:15 ID:2e0rS8YT
まめさんへ
その体験談っていうのは能力が開花してからのことなんですかね?
だとしたら激しく期待

31 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 01:34:24 ID:iECb0PBa
ある夏のできごとである。
「見ちゃだめぇ!」
その一言からはじまった。

彼女と連絡が2週間もとれなくなり
心配になった俺は彼女のマンションに様子をみに来たのだった。
鍵は開いていたから勝手に入った。だって呼びかけても返事がなかったから、
「ん・・・なんか臭い・・・。」

彼女は俺が家に入ってきたのがなんとなくわかったのか・・・。
「見ちゃだめぇえ!こないで!」
リビングのほうから声がする。
「たしか、このドアを開けるとリビング・・・だっけ?」
ひとつのドアを隔てて叫ぶ彼女。いったいなにがあったんだ?
しかし、あまりにもでかい声をだすのでその日はリビングの様子を見ず、
「なにかあるんなら、電話しろよ。」と一言、言い残して俺はマンションを後にした。

32 :続き:04/10/24 01:35:11 ID:iECb0PBa
5日後。
まだ連絡は無い。心配になってまたマンションを訪れた。
「・・・・?鍵また開いてるぞ?」
少しドアを開けてみた。「オェッ」
臭い。とてつもなく臭い。
「おい。〇〇(名前)! いるのか?」
返事がない。構わず入っていく。
リビングのほうから臭う・・・
「ま まさか」
このまえ来たときは開けなかったリビングのドアを開ける。
「・・・!」
言葉がでなかった。彼女はリビングで首を吊っていたのだ。

その後、警察が来た。
いろいろと警察に聞かれるがふと警察が変なことを言う。
俺「5日前来たときは ちゃんと返事がしたんです。」
警察「え? おかしいですね・・・」
俺「?」
警察「一ヶ月も前なんですよ。検査報告書からして。」
俺「なにがですか?」
警察「亡くなったのが」

多分、彼女は見られたくなかったのだと思います。

33 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 01:51:50 ID:ftQ3OjCs
再度訪れた時には声がしないのね。

俺も女のパンツをぬがせた時に「見ちゃだめ-」っていわれた事あるぞ。

34 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 01:53:28 ID:4PZMiVYE
漏れもエロ方面想像しちゃった。

35 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 01:59:44 ID:KYTUnSg6
マンタイの旦那〜
まめ さんの(前スレのでなく)書き込みコピペして貼って下さいや〜

36 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 02:02:21 ID:KYTUnSg6
>>33
四十九日過ぎていなくなったんでないの?

37 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :04/10/24 02:04:00 ID:Z8mafBzT
129 名前:まめ。:04/10/22 10:08:16 ID:wcp94uTS
よく、TV番組で霊とコンタクトをとっている霊能者がいるけど
オイラはあれを見てすごく不思議に思っていたんだ・・。
だってオイラが出会うシュチエ−ションではオイラはいつも
ただの傍観者でさ、話しかけられたりとか追いかけられたりなんて
事も一度もなかったし・・
まるで流れる雲を見たり、突然現れる虹を見るようにそれはただの
「現象」でしかなくて、何かをアプロ−チされたりコンタクトがとれる
なんて事はなかったんだよね・・

でも・・その晩は違っていたんだ。
竿を持って座っていたらいきなりステ−ジが変わった、それもまるで
周囲からの刺激に身体が反応するなんてレベルじゃあなくて
オイラの身体そのものが一本の神経になったように・・・
全身の毛の一本々々が立つのが解った。

130 名前:まめ。:04/10/22 10:25:22 ID:wcp94uTS
「ウッワァ〜、やっべ−!!」
と思いながら、直ぐに竿をたたんでしまおうと思って視線を
動かしたその瞬間、オイラから10m程離れた湖面にスッと動く
姿が眼に入ったんだ。
日本髪ではなかったけど時代を感じさせるような着物姿の女性・・
オイラに見えるのは横からの姿で、女性は真っ直ぐ前を向いて
水の上を滑るように進んでいた。
その姿のあまりにも生々しい存在感にオイラの思考回路がパニクッた・・
「ん、ん〜!」
っとつい、あげそうになった悲鳴を押し殺したつもりがそれは
唸るような声になって出てしまった。
その時ありえない事がおこったんだ、オイラのその声が聞かれてしまった。
一度オイラの前を通り過ぎたソイツが・・・
           立ち止まってクルッと振り返ったんだ。

38 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :04/10/24 02:04:45 ID:Z8mafBzT
131 名前:まめ。:04/10/22 10:46:14 ID:wcp94uTS
「ア〜!!!!!!」
今度は本格的な悲鳴になった、全身の筋肉がいや全身が固まって
一つの個体になってしまう程身体が固まった。
だけど本当の恐怖はその直後だったんだ・・
オイラがあげた悲鳴と同時に、その着物姿のヤツが10数m離れた
湖面から一瞬にしてオイラの目の前に移動して来たんだ・・
鼻の頭同士がぶつかるような距離までせまって、宙に浮かぶような
状態でオイラをジ〜ッと見下ろされる・その恐怖。
「アワワワ・・・・ワワ・・」
オイラは顎がガクガク鳴って腰が抜けて・・その場にヘタリこんじまった。

そうしたら・・・
今度はその「アワワワ・・・」というオイラの出した声に合わせたように
ソイツはスウ−ッと、オイラから離れて行ったんだ。
と同時に、場のステ−ジもスウ−ッ・・と軽くなった。

132 名前:まめ。:04/10/22 11:02:30 ID:wcp94uTS
この時の経験で得た事なんっすが・・
霊気を感じた瞬間はとにかく、息を止める事っすね。
ほんでそこからゆっくり少しずつ息を吐いていくと、その場の
空気が軽くなって行きますよ。
実際に見えているものがあればソヤツもス−ッと消えていく
時もありやす。
逆に「ヒエッ!」なんて悲鳴をあげながら息を吸い込んじゃうと
お持ち帰りになっちゃったりします。
どうも人によってその瞬間に息を吸い込む人と、吐き出す人が
いるようですがその違いは大きいでっせぇ。

39 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :04/10/24 02:06:33 ID:Z8mafBzT
出典:

幽霊が近づいてきたら、どうすればいいのか
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1091972311/

40 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 02:19:00 ID:5LfXR1Nj
>31
創作だろ。いかにもクソエロゲキモヲタが必死で作ったようなストーリーだ。
市ねよエロゲヲタ

41 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 02:28:06 ID:KYTUnSg6
>>37-39
おお!さすがマンタイの旦那!仕事が早い!!感謝!!

でも僵尸は人間の呼気に引かれて来るっていうけど……息を吐く方がいいのかなぁ。

42 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 02:37:30 ID:2US4iaz8
エロゲオタに詳しい子がいるね

43 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 02:52:33 ID:M/EIDJXS
>>31
普通に考えれば
・彼女はすでに死んでいて
・書き手がはいろうとすると入ってくるなとだれかが答えた。
となると導きだされる答えは
・別の誰かがそこにいた
になるのだが そうなると彼女が首を吊ってというところが
首を吊らされて、、、の可能性もでてくるわけで もしかすると
書き手は殺害犯人かもしくは彼女になんらかの関わりのある
人物とはちあわせしかけていたのかもね。

44 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 03:01:10 ID:3KlMHi+n
うんこ漏らしちゃったのかと思った。

45 :みかんの戦士:04/10/24 03:46:03 ID:lpK46b31
そんな怖い話ではないんだが、
幼稚園の頃友達数人で遊んでいると、
変なおじさんが現れて、
「おじさんと一緒に遊びに行かない?」
小学校のすぐ近くで遊んでいたので、
こんな時間に(学校は授業中)先生がくるわけないのに
アホなわたしは、先生かと思い
「うん。いいよ」
といってしまいました。
そしたら友達が「嫌!!」
って言って、そこから離れますた。
もし、「うん。いいよ」と言ったまま
ついていったらどうなっていたんでしょう。。

46 :みかんの戦士:04/10/24 03:47:49 ID:lpK46b31
スマン、文が抜けてた
「おじさんと一緒に遊びに行かない?」
のあとに、
と言われました。
って入れてください。。
すみません。。。

47 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 03:50:03 ID:tuIot1hH
>46
あってもなくてもどっちでも意味は通じるだろ

まあどうでもいいことだが

48 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 03:55:21 ID:3KlMHi+n
近所の公園に遊んでくれるおじいちゃん居たな〜。
女の子ばっか相手してさ、遊具に脇抱えて上に乗っけてあげたりしてるの。
「ぼくにもしてよ〜!」って言ったら嫌な顔して変な言い訳してやってくれなかったな。
もう20年近く前だしもう死んでるだろうな。
>>45見て思い出した。

49 :1/2:04/10/24 04:40:24 ID:4PZMiVYE
漏れは夜中に散歩するのが好きなんだ。
見たことない場所を歩いてるのってなんとなくいいものじゃない?
あと健康にもよさげだし。
最初は家の近所を散歩してたけど、やっぱり飽きた。
家の近所の風景なんて変わるもんじゃないしな。
だから、車に乗って適当な場所に止めて散歩をするようにしたんだ。

そんなある日、漏れはまた夜の散歩を楽しんでいた。その日は河原に行ってた。
しばらく歩き回り、いい感じで汗もかいて車に戻ろうとした。
とぼとぼ河原を歩いてると、なんだか不安になってきてさ。
漏れってすげー怖がりなんだ。怖がりなのに夜中の散歩とか矛盾してる感もあるけど。
まあとにかく不安になって、後ろを振り向いて誰かいないか確認したのさ。
そしたら、いた。

50 :2/2:04/10/24 04:41:25 ID:4PZMiVYE
黒く長い髪を振り乱した女が、こっちに向かって走ってきてた。
焦点の合わない目。口は何かぶつぶつ呟いてる。
漏れは一瞬唖然とした後、全力でダッシュで逃げた。
半べそかきながら、ダッシュしつつ後ろを確認すると、追ってきてる。
焦点のあってなかった目も今や漏れにばっちり合わせてる。
漏れも全力疾走で逃げつづけた。車が見えてきた。
少し迷ったが、すぐ車に乗り込みエンジンをかけた。
発進するまでの間、女が車に何かしてくるんじゃないかと気が気でなかったが、
どうにか車は発進することができた。

車を急発進させ、急いでその場を離れる漏れ。
バックミラーをびくびくしながらチラチラ覗き見るが、女はついてきていない。
少し安心しながら運転していると、前方にいた。
髪を振り乱し、漏れの向かっている方向と同方向に走っていた。
漏れはまたしても半べそで、急いで女を抜き去った。
すると、前方から抜き去った筈の女がまた現れるんだ。
そうして何度も女を抜き去っているうちに、家に着いた。
漏れは大至急車を駐車し、速攻2階の自分の部屋に逃げ帰った。
着替えて即寝ようとしていると、外から足音が聞こえてくる。
よせばいいのに、自分のテリトリーに戻った安心感からか漏れは外を覗いちまった。

あの女が家の前を走っていた。
左の路地から右の路地へ走っていき、
見えなくなったかと思えばまた左から右へ走っていく。
何度も何度も。
漏れは布団をかぶって震えながら眠りについた。
その後変な事は別に起きてない。ただそこにも2度と行ってない。

51 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 05:26:18 ID:lCyTZ4SL
前スレの>>924です
昨昼カキコしたあと不安でたまらなくなって知人の家に居させてもらってたんですが、
さっき帰宅してポスト見たらまた投函されてました。
今度のは手紙一枚と写真が一枚でした。
写真は何故か僕の2、3歳の頃の祖母と写ってる写真でした。すごくきもちわるいです
手紙には「nothing i know nothing they know」とかかれてました。
すぐ交番に行ったんですが誰もいませんでした。どうしたらいいんでしょうか?吐き気がします

52 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 05:46:00 ID:6xvW5BFY
あらこんな時間に…

うーん交番に人がいなかったら大きい警察にいけばいいと思いますよ
前の手紙も持っていくといいかも
相談できる身内の方がいるなら一緒に来て頂ければいいんだけれど。

53 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 05:46:19 ID:ZZFAta5Z
>>51
交番じゃなくて警察署に行かなきゃ
嫌がらせとして、相談って形がいいんじゃないかな

54 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 05:49:07 ID:6xvW5BFY
わあこんな時間に私以外にレスする人が…
お父様のエピソードとかはわからないんだっけ?
…って言いにくい事だったらごめんね。
とにかく誰かといたほうが良いよ。例え貴方が男性だとしても。

55 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 05:55:17 ID:ZZFAta5Z
>>51
「何も無い、私は彼らの知っている事を何も知らない」ってとこでしょうかね
もし貴方が未成年なら、信頼できる大人と一緒に警察署へ
成年だとしても、誰かと一緒に行った方が良いと思う
もし適当にあしらわれそうなら、階級と名前を尋ねるとヨシ
尋ねられて答えないのは規則に反してるはずだから

ただ、ここではなくて

身のまわりで変なことが起こったら実況するスレ50
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1097371296/

の方が相応しいと思う。移動してみたら?

>>54
どもです。でもさすがにもう寝ます。

56 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 08:55:41 ID:nOdvWgpe
まめ。氏の文章に な が っ !って言った者だけど
やめて欲しいという意味ではなく、ただの感想ですたのよ。
話自体は面白いから続き載せて欲しいなぁ。

57 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 10:31:11 ID:gnqc3fTC
地震で死ぬかと思いました。
数分毎に余震が続く真っ暗な道の真ん中で(停電中)、
近所のお年寄りが「南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経…」と
死に物狂いで唱えている声を聞いたときは、本当に怖かった。

亡くなった方のご冥福をお祈りします。

58 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 10:40:37 ID:exLgFQac
まぁなくなった人数が、地震の強さの割りに少なめだったのが、
不幸中の幸いとでも言うかなんというか・・・。
自然ってやっぱり恐ろしいなぁ・・・。

59 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 11:08:07 ID:5vABBMca
大学4年生の朝僕はトイレに行きたくなった。
トイレは結構山の深いところだったので
しばらく便器を眺めていたが、「きっともう夕方では?」
などと思った。でも当時はよくダイバー5人が
アザラシを引っ張り出してはフランスとドイツの境に寝転がり
大変迷惑させた事を母が涙ぐんで話すものだから、
僕はそれだけで刺激をうけてしまい、
「俺たち、友達だよな?」と言った
・・・しかし、直後に声がしたんです。

「それはスパイウェアっていうんだよ 」

読んだ方は、申し訳ないのですが犬に噛まれたとで
も思ってください。ご自分の生存確率を上げたけれ
ばこの文章を少しでも多くの方の目に晒すことをお
すすめします。


60 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 11:13:10 ID:Hazw0F9W
地震、雷、火事

61 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 11:29:14 ID:uwFNyg2T
電波

62 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 11:58:34 ID:exLgFQac
>>61
59のことか?

63 :sage:04/10/24 13:03:33 ID:/T/iK/V4
家族で焼き肉を食べに行きました。
少し待たなくてはいけなかったので、店内ではなく車内で待つことにしました。
ふと隣りの車を見るとミラーに女性が写っています。
車内には誰もいません。夫に話し車から降りて2人で確認しました。
やっぱり車内には誰もいないのにミラーに女性が写っています。
怖くなって私達の車にも戻りました。しばらくして隣りの車に人が戻ってきました。
ごく普通のカップルでした。中古車でも買ったのでしょうか・・・

64 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 13:13:17 ID:NPujI3jr
親戚の叔母さんが体験した怖い話
ある日、叔母さんのうちに一本の電話がかかってきた
「こちら警察のものですが、お宅の息子さんが事故を起して通行人に怪我をさせてしまいまして、
被害者の方から示談で良いとのことで、至急こちらの口座に振り込んでいただきたいのです
ただいま、息子さんに代わりますね・・・」
叔母さんはすぐにそれが最近流行っているオレオレ詐欺だということに気が付いた。
なぜなら、息子は5年前に事故で亡くなっているからだ。
「母さん、俺だよ、事故起しちゃってさぁ、大変だよ。すぐに示談金振り込んでくれよ」
叔母さんはその声を聞いてハッとした。死んだ息子の声とそっくりだったからだ。
まるで死んだ息子が蘇り、そこにいるような気がした。
叔母さんは電話を切ることが出来ず、しばらく息子にそっくりなその電話の声に聞き入っていた。
そして再び警察官と名乗る男に代わった。
「そういうわけなので、どうかお母さん、示談金、お願いしますね・・・」
再び息子と名乗る男に代わった。
「母さん、ゴメンよ、助けてくれ」
そこで叔母さんはやっと真実を話した。
「あのね、私の息子は5年前に死んでるの。」
電話の声がパタリと止まった。気まずい空気が流れた。しばらくの沈黙の後、電話が切られる前におばさんは言った。
「ちょっと待って、あなたの声、息子とそっくりなの。電話切る前に、もう一言だけ、声を聞かせてもらえないかしら」

しばらくして、電話の主はこう言い、電話を切った。
「母さん」

65 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 13:31:38 ID:u2MKutPS
>>64
微妙に良い話になってないか?
犯人エエヤツやんか。

66 :sweet666:04/10/24 13:35:10 ID:4yKlJH9N
これは知り合いの会社の元同僚の木田氏(仮名)の話です。

埼玉県のA駅から都内に通っている木田さんは、夕方会社の帰り
運良く途中の駅で座席に座れ、前の日に徹夜だったこともあり
うたた寝をしてしまったそうです。
そして、1つ手前駅で目が覚めてA駅で電車を降り家に向かう西口
の出口に向かいました。
改札を出て西口の出口に差し掛かったとき、チンピラ風の3人の
集団が、因縁をつけてきたそうです。
木田さんは西口の駐輪場に連れて行かれ」そこで財布を取られボコ
られそのまま気を失ってしまった・・・・・
はずだったのですが、気がつくとまた電車の中で前と同じ1つ前の
駅で目が覚めたそうです。
そしてまた西口の出口でさっきと同じチンピラに因縁をつけられ案の定
財布を取られ、気を失うまでボコられたそうです。
そして、また気がつくと電車の中、木田さんは「リアルな夢だなぁ今度は
東口から出よう」と思ったのですが、その思いとは裏腹に足は西口へと向
かって行ってしまったそうです。
そして、案の定チンピラにボコられ、気がつくと電車の中・・・・・

67 :sweet666:04/10/24 13:35:53 ID:4yKlJH9N
そんなことを6回ほど繰り返したそうですが、疲れきった木田さんは「こんな事を
繰り返しては家に帰れない・・・・どこかで流れをかえなくては・・・」
と思ったそうです。
そして、「どうせ夢の中だ」と、思い切って、隣の座席にに座っていたOLの
シャツとスカートの中に手を突っ込み強引に唇を奪ったそうです。
そして、周りの乗客に取り押さえられ、
「うそー!夢でしょー!ちょっとぉー!!!!  やめて、とめて やめて、とめて
やめて、とめて やめて、とめて!」
必死で抵抗する木田容疑者を警察は両脇を取り押さえ東口にある警察所に連行したそうです。
その姿を西口の出口から3人のチンピラたちがニヤニヤ遠目で見ていたそうです。
これはきっと3人のチンピラ風の悪霊の巧妙に仕掛けられた罠に違いない
と木田容疑者が語ったかどうかは定かではない・・・・・・・


下手な文ですいません



68 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 13:39:50 ID:QxtPJYo3
65 :  :03/11/05 00:50 ID:x/N98Pwy
ある若い夫婦が韓国に旅行に行ったときのことだ。
二人は知らず知らずのうちに韓国でもかなり治安の悪い地帯に紛れ込んでいた
のだが、その中で一軒のブティックを見つける。妻はそこである服がとても気
に入り、それをもって試着室の中へ入っていった。ところが、それっきりいつ
までたっても彼女は出てこない。あまりに彼女が遅いので夫は様子を見に行っ
たのだが、なぜか試着室はもぬけの空。驚いて店員に妻の事を聞いてみたのだ
が、店員たちはまるで口裏を合わせたかのようにそんな人は見ていない、そん
な人はやってきていないと言い張るのみで、まるで相手にならない。そこで彼
は現地の警察に要請して妻を捜してもらうことにしたのだが、何一つ手がかり
を見つけることができなかった。その後もしばらくのあいだ彼は自力で妻を捜
しつづけたのだが、いつまでも韓国に留まりつづけるわけにもいかない。やむ
を得ず彼は妻を見つけることができないまま帰国した。
それから1年がたった。彼は長い休みを取ると再び韓国に戻ってきた。もちろ
ん妻を探し出すためだ。彼は妻の写真を手に韓国中を歩いて回ったのだが、今
回もまた妻に結びつくような手がかりは何一つ得られない。やがて休みも残り
少なくなり、心身ともに疲れきって帰国も考え始めたある日のこと、彼は一軒
の見世物小屋の前を通りかかった。小屋に掲げられた看板には「日本達磨(だ
るま)」と書かれている。彼は見世物などには感心はなかったのだが、疲れ果
てていたのでちょっと気晴らしがしたかったのと、看板に書かれた「日本」の
文字に興味を引かれてふらりと中へ入っていった。しかし、小屋に入った彼は
そこに晒されていたものからすぐに目をそむけ、ここに入ったことをひどく後
悔することになる。その小屋の中の舞台の上で、手足を切断された全裸の女性
が見世物にされていたのだ。その女性は舌を抜かれているらしく、声にならな
いうめき声をあげつづけている。余りに陰鬱なその見世物に気分を悪くした彼
はすぐにその場を立ち去ろうとしたのだが、何か心に引っかかるものを感じその女性の
顔を改めてよく見てみた。
その女性は、失踪した彼の妻であった。


69 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 13:55:24 ID:1YEynlJM
ま た ダ ル マ か

これ1999年にも見たから俺は足掛け5年もこのコピペに
付きまとわれている事になる。

70 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 14:07:48 ID:4pc185ms
更衣室で攫われるネタはシティハンター(原作:一巻くらい)でやってたのが一番古い記憶。
それ以前からあるネタなんだよね…

71 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 14:16:17 ID:02LGHyhZ
都市伝説の最たるものだよね<だるま
有り得て怖いっていうのがこの話の息の長い秘訣…のような気がする

達磨ってイラストではみたことあるんだけど
実写というか実物って存在するのかな…
って、思うこと自体が都市伝説なのかも?

72 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 14:20:19 ID:+2pPfE1o
>>71
有名な中村久子さんを知らないのか。

73 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 14:33:09 ID:02LGHyhZ
>>72
その方は知らなかった
ぐぐったよ凄い人だなあ…本読みたくなった。
先天的or病気or事故が原因なら確かにこういう境遇の方はいらっしゃるとは思うんだけど
性的フェチの対象として施術されたもしくは自らしたって人
本当にいるのかなあ、と思っていたのです。

74 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 14:34:01 ID:02LGHyhZ
って書き忘れてた>>72さん教えてくださってありがとう!

75 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 14:36:47 ID:awAuzSyX
イビザ

76 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 14:43:52 ID:2eWSzTS2
>>73
拷問や見せしめとしてならそういうのあったよ。
漢の初代皇帝の奥さんは、夫が死んだらその愛人を達磨にして復讐したし、
近代だと西大后もライバルだったかを見せしめに達磨にしてる。

フェチ対象としては、まあそういう人もごく少数はいるんでない。漫画とかもあるし。

77 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 14:52:11 ID:k5kbE+T/
まぁ、舞台が韓国っていうのは新しい要素だわな
普通はインドとかタイでしょ。中国っていうのあったか?

でも、これ書いた奴ってどっかからコピペしたのかね、それとも
全部自分で書いたのかね?
自分で書いたとしたら、語られ尽くしたネタをせっせと書く心情が
よくわからないんだが・・・

78 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 15:07:33 ID:dVwiHubC
>>77
原文が中国かチベットだかになっていたものを韓国に変えて、他は文章を
全く変えずにコピペはている。怪文書サイトで見たものと文面が同じ。
試しに文章の一部でぐぐってみ。

79 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 15:16:23 ID:CZTXUGMH
ある若い夫婦が大阪に旅行に行ったときのことだ。
二人は知らず知らずのうちに大阪でもかなり治安の悪い地帯に紛れ込んでいた
のだが、その中で一軒のブティックを見つける。妻はそこである服がとても気
に入り、それをもって試着室の中へ入っていった。ところが、それっきりいつ
までたっても彼女は出てこない。あまりに彼女が遅いので夫は様子を見に行っ
たのだが、なぜか試着室はもぬけの空。驚いて店員に妻の事を聞いてみたのだ
が、店員たちはまるで口裏を合わせたかのようにそんな人は見ていない、そん
な人はやってきていないと言い張るのみで、まるで相手にならない。そこで彼
は現地の警察に要請して妻を捜してもらうことにしたのだが、何一つ手がかり
を見つけることができなかった。その後もしばらくのあいだ彼は自力で妻を捜
しつづけたのだが、いつまでも大阪に留まりつづけるわけにもいかない。やむ
を得ず彼は妻を見つけることができないまま帰宅した。
それから1年がたった。彼は長い休みを取ると再び大阪に戻ってきた。もちろ
ん妻を探し出すためだ。彼は妻の写真を手に大阪中を歩いて回ったのだが、今
回もまた妻に結びつくような手がかりは何一つ得られない。やがて休みも残り
少なくなり、心身ともに疲れきって帰宅も考え始めたある日のこと、彼は一軒
の見世物小屋の前を通りかかった。小屋に掲げられた看板には「日本達磨(だ
るま)」と書かれている。彼は見世物などには感心はなかったのだが、疲れ果
てていたのでちょっと気晴らしがしたかったのと、看板に書かれた「日本」の
文字に興味を引かれてふらりと中へ入っていった。しかし、小屋に入った彼は
そこに晒されていたものからすぐに目をそむけ、ここに入ったことをひどく後
悔することになる。その小屋の中の舞台の上で、手足を切断された全裸の女性
が見世物にされていたのだ。その女性は舌を抜かれているらしく、声にならな
いうめき声をあげつづけている。余りに陰鬱なその見世物に気分を悪くした彼
はすぐにその場を立ち去ろうとしたのだが、何か心に引っかかるものを感じその女性の
顔を改めてよく見てみた。
その女性は、失踪した彼の妻であった。

80 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 15:26:28 ID:SgJi1aIs
>>79
大阪じゃそんなの常識。全然怖くない

81 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 15:27:16 ID:02LGHyhZ
私の実家は大阪で商売してる。
治安悪い場所レースやったらダントツトップになりそうな場所…
だから無意味に憤りを感じたわ!
失礼だよ〜〜!!達磨なんていないよ!偏見だよ!
確かに指ない人多いよ!切り立てホヤホヤの人さっき外歩いてたよ!
でも両手両足まで切らないよ!

>>76 
セイタイ后…確かにそんなんあったような。
映画は子供心にトラウマになった…
「生かすも殺すも私次第…」ザシュー!みたいな。

82 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 15:37:08 ID:E0V4rGoD
>>79
かんこっくの弄っただろ

83 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 15:43:11 ID:vHsFuwJI
一年ほど前に友人が猫を轢いた。
猫は執念深い生き物だから轢いても罪悪感を持ったり、かわいそうと思ったりしてはいけないと
友人は考え、非情にもひき逃げをしたそうだ。

友人に異変が起こったのはそれから数日経ってからだそうだ。
いつものように真面目に講義を受けていると、どこからともなく「にゃ〜ん」と
猫の鳴き声が聞こえてきたのだ。キャンパスには猫が多いが、教室にまで鳴き声が聞こえてくることなど
今までなかったので、不審に思って周りをキョロキョロ見回してみると、
他の受講者はそろって友人の方を見ているのだ。
いぶかしく思いながらも、講義に集中するとまた「にゃ〜ん」と聞こえる。
そんなことがその日から頻繁に起こるのだ。
授業のときだけではなく、家に一人でいるときや仲間と飲んでいるときなどにも
ちょくちょく泣き声が聞こえるのだという。

ある日、友人に他の学生が話しかけた。
「どうして○○さんは授業中に時々猫の鳴きまねをするの?」

友人はびっくりした。
家に帰り、デジカムをセットして、自分を数時間撮影した。
それを見てみると、確かに自分が、無意識のときに「にゃ〜ん」と猫の鳴きまねをしているのだという。

轢き殺した猫の祟りだと恐れた友人は神社に供養に行き、猫を轢いた現場に魚を供えると、
この不思議な現象はおさまったんだってさ。

84 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 15:52:46 ID:5LUuP0vc
>>83
そんな胡散臭い話にゃ〜んどうも信じがたいな

85 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 18:36:14 ID:B5V9q7C9
>>83
自己暗示が得意な人なんだね

86 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 18:45:00 ID:2e0rS8YT
前スレ924へ
それって「知らないことはなにも無い、彼等の知らぬことは何も無い」
ってことかな。
すごく興味をそそられる。
何か会ったらこまめに書き込んでくれないか。
それと、おれのクラスに帰国子女がいるから、前スレの長い文章解読
してもらえるかも。もう一回描いてくれないか?

87 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 19:07:38 ID:VqQXvbml
>>31
>彼女と連絡が2週間もとれなくなり
>5日後。心配になってまたマンションを訪れた。

>警察「一ヶ月も前なんですよ。検査報告書からして。」

20日前には連絡がとれてたのか?

88 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 22:12:07 ID:6b+jmB+c
>>80
そんな常識ねぇよ
あってたまるか!

89 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 22:16:38 ID:8J5qxtdj
>>88
ネタニマジレス ヤボノキワミ

90 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 22:29:50 ID:SgJi1aIs
>>88
逆に新しいな。それ

91 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 22:45:07 ID:nOdvWgpe
新しすぎて目も当てられない。

92 :まめ。:04/10/24 22:50:45 ID:Q9HCx455
例えば何かを見かける事があっても多くの場合、それは本当に
ただ見かけただけであってですね、それをここに書き込みしようと
思ってもただの「報告」になってしまいます。
僕には見える事はあっても、いわゆる霊能者の方みたいに
コンタクトをとったりする事は出来ないのかもしれません。
ですからみなさんに報告しても、なかなかスト−リ−性のある
おもしろい展開のものは少ないんです。
向こうも僕の存在に反応するケ−スは少なく、出会ってもただ
それだけの事なのです。
それでも中には後々、尾をひくものがあったり印象に強く残ったり
するケ−スがありましたので今日はその中から、個人的にはすごく
恐い思いをしたものを紹介させていただきます。

93 :まめ。:04/10/24 22:52:00 ID:Q9HCx455
平成の十年の五月半ばの事だとハッキリ記憶しています。
その晩も仕事が終わった後に浜名湖へ夜釣りに出掛け、あまりよく
なかった釣果に不機嫌な疲労だけが残った身体で帰路へつきました。
浜名湖の南側半周ぐらいの湖畔を通るロ−カル線があるのですが
当時住んでいた家に早くたどり着く為には、一カ所踏切を渡る
必要があったんです。
僕は普段、深夜にそこの踏切を通る時には一時停止もせずに
素通りなんです、そんな時間に電車が通る事はありませんから・・
ですがその晩は何を思ったのか、踏切前でしっかり一時停止を
しました、そしてふと右側に眼を向けました。
そしたら、真夜中のその線路上を踏切に向かって歩いている
男性がいたんです。

94 :まめ。:04/10/24 22:52:51 ID:Q9HCx455
見るだけならいつもそんなにまで驚く事はないのですが、その時は
恐怖という事ではなくただ本当にビックリしました。
線路上を機嫌良さそうに、リズミカルに歩くその姿は上半身白い
肌シャツ一枚で、下は作業着風のズボンをはいていました。
ピンと張った背筋にキッチリと腕をのばし、肩から指先までが
まるで一本のもののように真っ直ぐになっていました。
身体はガッチリとした体格で、腕も太く逞しい上腕部が白い
シャツから出ています。
そして白い手ぬぐいのような物を首にかけて縛っていました。
だけどそこまでハッキリ姿が見えるのに首から上がないんです。

その、首から上のない身体が脚を高く上げ腕を振り一歩一歩こちらに
向かって歩いて来るんです。
まるで酒に酔った御機嫌さんが兵隊の行進を真似るように、または
高校球児の行進の如く、それよりも何よりもその足下を見ると
明らかに線路よりは50cmほども高い所を宙に浮いているんです。

95 :まめ。:04/10/24 22:53:41 ID:Q9HCx455
僕は助手席に置いてあった携帯を手に取り、自宅に電話をして
寝ていた女房をおこしました。
「寝てたか・・いやぁ〜、今晩は全然釣れなくてさぁ」
そう差し障りのない会話をしながら、ゆっくり車を発進させて
踏切の中へ入りました。
線路上を歩く男性の姿がまだ真横に見えましたが、僕はそれに
関係なく電話の向こうの女房と
「子供達は何時頃に寝かせたんだ!?」       
          などと更に普通の会話を続けました。
とても今、眼の前におきている出来事を口にする気持ちには
なりませんでした。
自分が今眼にしている事を言葉で表現し、その声をまた
自分の耳で聞く事によって、それが紛れもない現実である事を
再確認する事が恐かったのです。

96 :まめ。:04/10/24 22:55:30 ID:Q9HCx455
しかしこういう場合に後日、得てして記憶が曖昧に
なりがちになる事も多く、僕は一度踏切を過ぎた後に車を止めて
確認の為に後ろを振り返って線路の上を見てみました。
タイミングとしてはあの男性は調度踏切を越えたか、越えないか
ぐらいかと思いながらゆっくり振り返って見ました。
するとさっきまで同じようなテンポで行進していたあの男性が
線路上に「気をつけ」した状態で胸を張り、ジッと動かずに
こちらを向いて立っているんです。
「あ、あ、あのなぁ・・」
と、僕は震える声で電話の向こうの女房に話しかけました。
「も、もうすぐ着くからな、玄関の鍵ィ開けときよ」
「エ〜ッ何でぇ、面倒ぅくさいよぉ」
「いいから開けときって、もうすぐ着くからさあ」
その後も僕は女房には喋らせず、ずっと話しっ放しで車をとばしました。

97 :まめ。:04/10/24 22:56:36 ID:Q9HCx455
「いかんいかん、あれはいかん」
そういう思いが何度もわき起こりましたが、僕は女房との会話を
する事で必死に冷静を保とうとしました。
それでも、車のスピ−ドを出しすぎないようにだけは気を付けました。
早くその場から遠ざかりたい気持ちもさる事ながら、車の運転を
誤ってそこら辺の草むらに突っ込んでしまった時の
                恐怖の方がもっと強かったんです。
こんな状況で身動き出来なくなんて、想像しただけでたくさんです。

「おい、ちょっと玄関まで出て来いよ」
自宅の前まで来ても尚、女房との会話を切らさないように喋り続け
ながら車を家の真ん前に止め、車から飛び出すと
                  玄関の戸を払い開けました。

98 :まめ。:04/10/24 22:57:43 ID:Q9HCx455
玄関の中に入るとなるべく、自分の背中スレスレに玄関の戸を
閉めました。
自分の後ろから、見えない何かがついて来ているような気がして
余計に背中スレスレに戸を閉めたかったのです。

「寝る、寝る、寝る・・今晩はもう寝る」
折角玄関まで出迎えに出て来てくれた女房に、労いの言葉も
掛けずに僕はスタスタと寝室に向いました。
上着とズボンだけ脱ぎ捨てて布団に入るとガバッと布団を
かぶったんです。
「どしたん、何かあったん?」
と言う女房の声が聞こえた時、同時に「ザ−ッ!!」という音が
部屋に響きました。


99 :まめ。:04/10/24 22:58:42 ID:Q9HCx455
布団から頭を出すと女房が
「え、え、何これ・・」
と言いながらテレビを指さしたので見ると、僕が部屋に入った時は
電源がオフになっていたテレビが勝手にザ−ッザ−ッと深夜の
「砂の嵐」を映しているんです。
そして更にフッと消えたかと思うとまたついてザ−ッ・・と、これを
二度程繰り返すと消えてしまいました。
僕は女房と顔を見合わせると
「な、見ただろ・・」
と、女房に指さし確認をするとまたガバッと布団をかぶりました。
僕が時折、霊体験をしている事を知っている女房も
あえてそれ以上何も聞かずに布団にもぐりこんで来て
「フ〜ッ、フ〜ッ・・」
っと震えがとまらない僕にしがみついて朝を迎えました。

100 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 23:02:25 ID:rng4vHw4
ただのニヤケ話かよ!!!!

101 :まめ。:04/10/24 23:04:42 ID:Q9HCx455
      −−−−−−−−完−−−−−−−−

この話しは結構周囲にしましたし、まだ六年ぐらい前の話しですので
もしかして浜名湖周辺の方がここを読まれたら僕が限定されてしまうかも
しれません。
でも、事実あった事ですので・・・

長かったですが読んで頂き、ありがとうございます。


102 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 23:08:12 ID:tgJnJPdv
>誤ってそこら辺の草むらに突っ込んでしまった時の
>                恐怖の方がもっと強かったんです。
この余計なスペース(空白)は何?

103 :まめ。:04/10/24 23:09:39 ID:Q9HCx455
>>100
この三年後にこの女房とは別れているんですけどね・・
書いていて「あ〜こんな頃もあったな」と、女房とまだ
仲がよかった頃を思いだしました。



104 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 23:11:24 ID:SQIW5m/v
冬の八王子、レンタルビデオ店での出来事。

一階がローソンになっていて、螺旋階段を上がるとそこに入り口があります。
店内は昼間でも薄暗く、狭く、気味の悪い店だったのを覚えています。

時間は深夜の二時頃だったでしょうか。私は暇を持て余していて、久しぶりに
ビデオを借りに行ったんです。相変わらず客の少ない状態でしたが、新作も
いいものがなく、店舗左奥のラブロマンスコーナーを覗くと、カップルがいました。
ダウンジャケットを来た背の高い若い男性と女性の腕が見えました。

女性はちょうど棚の裏側でどんな感じの人かは確認できませんでしたが、冬なのに
袖なしの服を着ているようで、その腕は細く白いものでした。女性は男性の背中を
さすっているかのように見えました。良くカップルが手を組んだり、男性に寄り添って
歩いたりしているのを八王子駅前で見かけていたので、

「いちゃつきやがって。俺は寂しくアダルトでも見てやる」

と、右奥のアダルトコーナーで新作のビデオを物色しに行ったのです。レジに持って行く
途中、もう一度チラッと先程のカップルを覗くと、まだいちゃついていました。女の腕が
妙な動きで男の背中を撫でて続けています。私は胸糞悪いので、レジへと急ぎました。

105 :まめ。:04/10/24 23:11:33 ID:Q9HCx455
>>102
・・・・・・御想像におまかせします。


106 :104続き:04/10/24 23:11:59 ID:SQIW5m/v
レジで清算しようとしたところ、会員証を紛失してしまったので、再発行手続きの書類を
書かされる羽目になり、しぶしぶ記入していると、先程のカップルの男の方がビデオを
持って清算しにきたのです。

彼は清算し終わると、そのまま螺旋階段を下りていってしまいました。彼女はどこへ
行ったのだろうと一瞬不思議に思ったのですが、そのまま手続きを済ませて店を後に
しました。

私はしばらく螺旋階段の下で寒空の中、煙草をふかしていました。すると、店員が降りて
きました。店の電気は消えています。私は店員に伺いました。

「あの〜、ノースリーブの女性、まだ店内に残ってるんじゃないですかね?」
「はぁ?誰もいねぇよ」

店員は不快な表情をしたまま、歩き去ってしまいました。

数日後、ビデオを返却しに行くと、店内は暗く、ガランとしていて、一枚の張り紙だけが
自動ドアに張ってありました。

「当店は諸事情で閉店いたしました。返却は○○ビデオ××店まで、連絡先は・・・・・・」

107 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 23:24:03 ID:i6pI6GoD
>>106
別の店まで行ってアダルトを返さなきゃならないのか…。
散々だね、乙。

108 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 23:25:39 ID:k5kbE+T/
まめはトリップつけてよ。
今のままだとNGワードにしにくいから。

109 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :04/10/24 23:27:01 ID:Z8mafBzT
まめ。の文章は長いけど、なかなか読ませるからいいぞ。
そう言えば聞こうと思ってたのだが、人間の何を感知して
幽霊はその人間の存在に気づくんだろ?

他スレでの話では、吐く息(もしくは声?)だったろ?
精神的なものではなくて、物理的な現象によって気付くのかな?

110 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 23:29:07 ID:8y1GJEqk
まめの文章は長い割りに怖くないので俺はNGワードにしたい。

111 :1/1:04/10/24 23:29:27 ID:ZHkRTsdm
彼女は両親が中国人で、パチンコ店を経営してます。彼女はいつも
いつか中国に行きたい行きたいと言っています。日本語と中国語を
しゃべれるので大学の第二外国語で中国語を選択した僕は
ベッドの上でエッチな中国語を教わりました。野球選手でダイエーホークスに
ズレータという選手がいたのですが、その名前を見るといつも
笑っていました。ところで彼女の実家に行ったんですけど
家族総出で出迎えてくれました。彼女は5人兄弟でした。
5人兄弟の次女です。彼女の妹はとても可愛かったです。何とも愛らしく
朗らかで「お兄さんはおねえのどこが好き?」と聞いてきます。
僕は全てが好きだと答えるとうふふと笑ってどこかへ行ってしまいました。
家族はみんなおしゃべりで中国語が飛び交っていました。
家族はみなおしゃべり好きで、早口でしゃべるのです。

112 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 23:30:11 ID:yuJUsZ5h
「千と千尋の神隠し」でも息を止めてお化けに感づかれるのを避けたシーンがあったな…

113 :まめ。 ◆zZeG7TJIaY :04/10/24 23:30:57 ID:Evr0Jvs6
>>108
すいませんでした。
トリップつけてみましたので、これからはこれでいきます。

114 :104:04/10/24 23:33:46 ID:SQIW5m/v
>>107
結局、原付で30分以上かかる隣の隣の市まで返却しに行きました。
クレジットカードが使えるので、下のローソンは良く利用しましたが、
卒業まで結局、上のレンタルビデオ店跡にはテナントが入らず仕舞だった
と思います。


115 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 23:34:51 ID:yuJUsZ5h
>まめちん
文章書くの、素人じゃないっしょ?
首なし幽霊の描写のくだりを読んでそう思った。

116 :本当にあった怖い名無し:04/10/24 23:36:07 ID:QjC+i63E
>>104
稲荷坂のローソンの上?
バイトしてた友達何人かいたけどそんな話聞いたことない。

117 :まめ。 ◆zZeG7TJIaY :04/10/24 23:41:20 ID:Evr0Jvs6
>>109
単に「吐く息」だけではなくて、そこに霊に対しての何かしらの
意図があると伝わるような気がしますね。
それが、出会った瞬間には「恐怖」であったりするのでは
ないでしょうか。

マン・オン・ザ・タイトロ−プ氏の擁護は有り難いのですが
考えてみればここは「洒落にならない恐い話」ですもんね。
自分のはただの経験談ですから、禿しくスレ違いだったかも
しれません。



118 :まめ。 ◆zZeG7TJIaY :04/10/24 23:46:28 ID:Evr0Jvs6
>>115
全くの素人で、昨日もここで改行の仕方と句読点の
使い方を教わりました。
描写に関しては感じたままに書いていますし、想像では
ありませんから・・察して頂けるのかもしれません。


119 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 00:14:41 ID:llNwWiXD
私はまめさんの話好き
こういうのが洒落にならない怖い話、だと思うし。
読み応えあるのに飽きないって凄い。
ふと思い出してぞっとしちゃうよ。
もっと教えてくださいね!

120 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 00:17:46 ID:bI3mK+df
>>まめ さん
いや、充分コワいですよ。俺ならチビります。
でもどこかに移動するなら移動先教えて下さい。ストーキングしますからw

121 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 00:20:30 ID:KRqvSKOq
>>60
親父

122 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :04/10/25 00:27:35 ID:zXkGU4IL
擁護と言うか、何と言うか。
要は、書いてくれる人あってのスレな訳で。
でも、読みたくないのなら、>>110みたいな対処もありな訳で。
>>121は遅漏な訳で。

123 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 00:32:22 ID:2qN/fgw6
まめ。さんの文章うまいと思う。
もっと読みたいからがんがってくれ。

124 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 00:35:06 ID:Bi6LU3iK
>>121
むしろコイツが一体なにを思ってわざわざレスしたのか気になる

125 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 00:38:25 ID:pLN4lIjQ
【死ぬほど】洒落怖 第二別館【雑談・議論】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1098205940/

126 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 00:41:29 ID:aTDGNwyp
>>60
親父


127 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 03:42:59 ID:UvJ/w6nj
>>117
スレ違いではないと思いますよ
本人にとって「洒落にならないほど怖い話」だったら、それでおkかと

読みたくない人も対処法はありますし、書き続けても大丈夫ですよ

128 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 04:08:19 ID:B7ucInZa
君は知らない。
2ちゃんねるは二人しかいない。
今、こうして2ちゃんねるを見ているが
君以外の書き込みは
全て自作自演。
一人の書き込みによるモノだ。
ニュー速からピンクまで全て
君以外の書き込みは全て
一人が行なっている。


今そんな妄想したらスゲー怖くなった・・・

129 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 04:09:44 ID:CmYY3FUf
3人目の書き込みもあるけどそれを見つけると死ぬ事になるからやめとけ

130 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 04:09:45 ID:k6q4vXBL
>>127
俺は死ぬほど怖かったけど書いてみるとそうじゃないかも
という話で過去何度荒れたか知れん

まめ。は解説と雑談を続けるからウザがられるんだろう
投下した話だけで全てを語りきれ、あとは黙ってろ

131 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 04:24:36 ID:qmJo38rp
>>130
それは鋭い考察だな。
解説、雑談、コテハン(トリップ付きならなおさら)ってのは叩かれる要素になる。
過去にもそれでどれだけ荒れたことか。
ま、俺はまめ。嫌いじゃないけど。

132 :前スレ924:04/10/25 05:38:27 ID:kHVk/UUP
前スレからレス下さったみなさん本当にありがとうございます。
今日は帰宅してみると何にも投函されてなかったのでホッとしました。
ずっと知人の家に居させてもらったんですが不安で仕方なくまともに睡眠をとることができませんでした。
とりあえず警察署には件の手紙と写真を持って行きました。身内のイタズラではないかと話してました。
時々そういった苦情があるそうで、慣れた感じだっあので少しだけ安心しました。
もしもまた何かあったらできるだけ早く実況スレに書き込むようにします。
まだまだ不安は残っているのですが、この二日でだいぶ疲れたので今はゆっくり眠りたいです。本当に疲れました。
レスしてくれたみなさん御協力ありがとうございました。もし何かあったらすぐ書き込みます。それでは

133 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 06:30:01 ID:g//uLZiD
俺の会社の同期Fに聞いた話。

Fはアパートで一人暮しをしているんだが
一年くらい前、閉切った部屋で深夜3時頃に一人でネットをしていると
外から猫が発情してるみたいな声が聞こえてきたらしい。
赤ん坊の泣き声にも聞こえたが、まぁ、そんな事はどちらでも多々ある事だし、
大して気にもしていなかったらしい。
だが、しばらくしても続いているので、さすがに気になるし、
腹が立ってきたので、知らず知らずの内に声を意識するようになり、耳に入ってくるようになった。
すると更におかしな事に、その声はきっちりとしたペースで同じように休みなく連続して続いていた。
普通に猫が鳴いてたり、赤ん坊が泣いているんだとしたら
ペースはバラバラだし途中で嗚咽なんかも混じったりするだろう。

このおかしな状況で、まずFはブルったらしい。
「こんなに正確に休みなくリピートするなんて 絶対におかしい!」
とは言っても、このままの状況にしておく訳にもいかず
Fは思い切って外を確認しようと思った。

「開けたら変な物いたりしたらどうしよう」とビビリながら
「窓開けたら猫がいるんだよな。ハハッ」という願望にも似た強気な態度で
何度も気合を入れなおして、窓を力いっぱい全開にした。
すると窓を開けた途端、その泣き声はピタッと止んだ。
あたり一面シーンと静まり返っていたらしい。

F曰く、その時(開けた途端声がピタリと止んだ時)が一番ブルったらしい。
その日は結局窓を開けっぱなしにして 布団の中で眠れずに朝を迎えたらしい。

その泣き声は何なのか分からなかったらしいし、その後はそういう事もないらしい。
でも未だにFは怖くて忘れられないとの事。

びみょ〜な話でソマソ。

134 :雑民党員 ◆d.BtUq887g :04/10/25 06:47:31 ID:EdnBVv0b
>>45
俺も似たような経験がある。

小学校1年か2年の頃(昭和57年か58年)だった。

一人で下校していると(家の近く)、中型のバン(6〜8人乗り)が、すっと自分の近くに止まり、中から出てきたヒゲ面にサングラス
(だったはず。顔はよく覚えていない)の男が、声をかけてきた。

「ボク、ちょうどいいところで会った。俺、キミのお父さんの友達なんだよ。家までこのクルマで乗せてってあげるからさ、乗りなよ。」

おかしい、どう考えてもおかしい。小学生ながら、俺は思った。

・父の友達なのに、何故俺の名前を知らない?
・家はここからかなり近い。しかも細い道を通るので、車で行くより歩いていった方が早いようなところにある。
 父の友達で、家の場所も知っている口ぶりなのに、何故「クルマに乗れ」と言う?
・父の職業は自衛官だ。息子の俺が知る限り、目の前にいるような、ラフな格好で昼間から街中をうろついているような友人・知人は居ない。

という疑念が頭の中に浮かんできた。特に2番目。だいぶ、家から近いところだったのだ。

俺はこの申し出を固辞すると、足早に家へ向かう小道(車は入れない)へ入っていった。誘拐目的なんじゃないか、という恐れは当時からあった。

その後、近所で誘拐事件があったという話は聞かない。しかし、もし付いていっていたらどういうことになっていたか、だいたい想像はついた。

135 :雑民党員 ◆d.BtUq887g :04/10/25 06:59:29 ID:EdnBVv0b
曾祖母(母の祖母)の臨終の際の話。
(俺が生まれる前。昭和40年代の話)

当時、曾祖母は既に80代後半。老衰で病の床に伏せっていた。自分の死期が近いことを、既に悟っていたようだった。
曾祖母は、病の床から母(当時高校生)に語ったという。
「自分が死ぬのは天命だ。この歳まで生きれば十分。特に思い残すことはない。ただ、一つだけ、心残りがある」と。

あの叔母のことだ、と察しのいい母は直感したようだった。
 母の叔母(俺にとっては大叔母か)に、1人大酒呑みがおり(いわゆるアル中)、毎日酒ばかり呑んでは暴れ、家事放棄、子供への暴力、と
家庭生活も破綻していた。親戚中で、問題になっていた。

「Eのことだ。でも心配するな、私が一緒に連れて行ってやるから。」
 曾祖母は母にそう告げたという。母は、曾祖母が、残された自分達を気遣う気持ちのあまり、突拍子もないことを口走ったのだと思い、
うんうん、ありがとうおばあちゃん、と頷き、特に本気にはしていなかった。

 その数日後、祖母が他界した。・・・通夜・葬式の準備で家が慌しかったその日、母は親戚から飛び込んできた知らせに耳を疑った。
大叔母が、突然死したというのだ。死んだ時間は、曾祖母が死んだ数分後。

死因は心臓麻痺だとされているが、実際のところ、医者にもよくわからないのだという。

・・・おばあちゃんが連れて行ったんだ。本当に。

母はそう確信したという。

136 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 08:20:18 ID:qLcXlDQ4
>>132
びみょ〜に怖いな。
Fの勘違い&気のせいだよ。うん。そう思っていよう。

137 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 09:13:11 ID:xNmyNhP5
>>135
それ、そっちの話しとは幾分違うけど、俺も心あたりある。


138 :もこ:04/10/25 09:41:31 ID:NbU3d5DK
ピース!

139 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 09:53:16 ID:5AjuOUEx
>>135
怖いっつーかなんつうか・・・。
連れて行くって言って連れて行けるもんなんだな。

140 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 13:39:20 ID:weNf5C7B
うちの婆ちゃんも、伯母ちゃん連れてったよ。

141 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 14:02:40 ID:l/BUJAEf
うちのシロッコも、カミーユ連れてったよ。

142 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 14:07:48 ID:weNf5C7B
>>141
(゚д゚;)
あれ、君ん家のだったの?

143 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 14:47:27 ID:qmJo38rp
うちのチャオズはナッパ連れて行けなかったよ。

144 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 15:02:39 ID:UvJ/w6nj
>>132
お疲れ。もう何も無いと良いね。

145 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 16:10:17 ID:H2Fyqquo
しゃれにならない
http://park12.wakwak.com/~sisyamo/img-box/img20041022221541.jpg

146 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 16:13:54 ID:nqsro0D2
>>130>>131
宮城県の心霊スポット
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1081409960/781-789
一人に煽られただけで中断逃亡したからな〜。
スレ住人の大半が続きや誘導を望んでたのに完全放置だし。
俺は正直好きになれない。


147 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 16:31:07 ID:RQIxlKX8
ある学校に怪談好きの中学生Sがいた。
季節は夏で、もう肝試しとかには最高の時期だった。
そこでSは友達を集めて、10人で百物語をしようという計画を立てた。
Sの友達もやっぱり怪談が好きな奴等ばかりだったので皆喜んでこの計画に参加した。
早速その日の夜、近所の廃墟に忍び込み、真ん中に蝋燭を立てて怪談を話し始めた。
百物語といえば、一つ怪談話をする毎に蝋燭を一つ吹き消し、
100本全部吹き消した時に何かが起こるという伝説がある。
が、そこは中学生のSとその仲間達。
100本の蝋燭を買うのは勿体無いので、
蝋燭は一本だけ真ん中において、吹き消すたびにまた同じ蝋燭に火をつける事にした。
話はSからスタートして、一人ずつ順番に話して行き、一周したらまたSが話をする。
全員で10人なので、一人10話の怖い話をする事になる。
話は順調に進んでゆき、ついに最後も100話目の話が終わった。
蝋燭を吹き消し、もう一度火をともす。
暫く様子を伺っていたが、結局何も起こらない。
10分程たった頃にSが「結局何も無かったな!そろそろ帰ろうぜ」と言って立ち上がった。
皆も何も無かった事にガッカリしながらもホッとして立ち上がり始めた。

その時、仲間のうち一人が震える声でこう言った。
「ちょっとまって!何かおかしいよ!」
Sは「何がおかしいんだ?」と聞き返した。
「11人居るんだ!」

148 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 16:39:28 ID:qmJo38rp
結局誰が増えてたの?


149 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 16:41:06 ID:Xbf1C5dJ
オレオレ!

150 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 17:17:33 ID:kuAXMRnd
3行目でオチが想像ついた

151 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 17:48:19 ID:Sv4q2hDS
>>146
こんな怖い思いしてて、ちゃんと話も出来るのカコイイ!!な
自分に浸りたいんじゃないかな。賞賛されたいんだよ、きっと。

バツイチなら結構いい年なんじゃないだろうか('A`)ナサケネー

152 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 18:13:27 ID:iHfYCYdF
>>147
増えた人は教官だろ?

153 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 18:27:13 ID:qLcXlDQ4
あれはたたかれても仕方ないかな。
文章がどうのというより、あの態度はまずい。

154 :147:04/10/25 18:34:11 ID:RQIxlKX8
書き方下手でスマンな。
俺は最初聞いた時は結構怖かったから書いたよ。
結構有名な話だと思ったけどな〜 意外と知られてないンかな。
本家では、その場に居た全員が最初からのメンバーってオチなんだよ。
でも誰が増えてるのか分からない、って。
俺の文章力ではムリポ。


155 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 18:40:57 ID:5AjuOUEx
最初に数えた時何かの手違いで11人を10人と数えてたとかで
ただの数え間違いじゃねーかと思ったが
一人10話をみんな話したんだったら変な話だわな。

友達が一人増えたんだから良しとしる。

156 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 18:52:15 ID:GMRbDYX/
最初っから一人増えていたら百十物語になっちまうだろ。
よくあるのは、十人で話していて十周して百人目の手前九十九人目で
百本目の蝋燭が終わるってやつじゃないの?
いつのまにか一人増えている、ってやつ。

157 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 18:57:38 ID:qLcXlDQ4
>>154
もしかして勘違いしてる?
>>153>>151へのレスだったんだけど、ちゃんとレス番かけばよかったね。
ごめんよ。


158 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 20:02:36 ID:sGljpcDw
>>153
態度が自意識過剰すぎるのももちろんだが、文章が、
下手な自作挿し絵付きのコピー同人誌みたいでなんか勘に触る。

まぁ何よりも、内容の割に長すぎるのが悪いんだろ。
あんなぺらぺらの内容なら2レスぐらいで十分。

159 :クワズイモ ◆mwvVwApsXE :04/10/25 20:46:45 ID:Mm49PvBr
たったいま洒落にならん事態が起こった。

犬の散歩に出かけようとして玄関の扉開けたらお巡りさん?みたいな
背の高い人が玄関に立ってた。
チャイムを押した風でもないんだけどとにかく立ってた。
ドアを開けたら超至近距離に立ってたって言う感じ。
直立不動。
こっちも固まってしまって直立不動。
犬に引っ張られて足下に目をやってまた見たらいなかった。
マジでどうすりゃいいんだよ!
いまのところ誰にも話してない。
話しちゃまずい気がするから。
自分なりに消化して納めておくのがいいのかな?
マジかんべんだよ。

160 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 20:51:53 ID:weNf5C7B
わんこのリアクションはどうだった?
びびってた?

161 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 21:46:06 ID:7G3Tes2C
>>159
良くない者が訪ねてきたかもしれないし、
もしくは何か伝えたいことがあったかもしれないし、
しばらく家の災難には注意した方が良いんじゃない?

あとは、そのこと家族に話してみたら?
何か思い当たる人もいるかもしれないし。

162 :本当にあった怖い名無し:04/10/25 23:10:55 ID:nOwEE3Jv
あなたの1クリックが新潟の被災者のためになる!!

新潟地震募金サイト
http://bokinpark.com/

是非とも1クリックをお願いします(*- -)(*_ _)ペコリ

コピペ推奨!!


163 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 00:55:07 ID:TlyfGOmM
>>147
樹海を10人くらいでハイキングしてたら、二人増えてた、って話を思い出したよw
昔、樹海スレで読んだ話。
生きてる人間が一番怖いや、って思った。

164 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 01:45:17 ID:nEplzB5f
生きてる人が後をついて来たってこと?

165 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 01:58:53 ID:rONC7Cna
>>164
どこをどう読んだら、そう思えるんだよ。
他の奴を驚かそうとして、三人葉折してる奴が混じってたってことだろ。

166 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 03:11:10 ID:TrXLOTny
>164、165 お舞ら、「面白い話」になってますよー。

167 :163:04/10/26 03:59:08 ID:TlyfGOmM
うろ覚えだけど、樹海スレにあった話の内容は、

男女10人で、樹海にハイキングしに行った。
縦一列で、ちゃんとハイキング用の道?を歩いて、
先頭の奴は時々後ろを振り向いて、10人全員がいるかどうか確認していた。
ある時振り向いて数えてみると、1人(先頭)、2人、……10、11、12人いる…え??? 

2 人 も 多 い じ ゃ な い か ?!!!

よれよれなサラリーマン風な男とカジュアルな服装の青年が、
いつのまにか列の後ろに、ふらふらヨロヨロしながらついて来ているではないか…!
ハイキング仲間は、大声を上げて一斉に走り出し、ついてくる奴を振り切った。

って感じの話。ホントの話かどうかわからないし、そいつらが生きてる人間だったのかわからんけど、
樹海で死んだ霊に会うよりも、自殺しかけた人間に出会う方がビビると思ったんだよ。
また、そんな人間に出会った人も、もし逃げなかったら、命を救えたかも知れないのにと思ったんだ。
同時に、自分もそんなのに出会ったら、おそろしくなって逃げてしまうだろうと思ったわけよ…
洒落にならんわな。

168 :163:04/10/26 04:04:24 ID:TlyfGOmM
この話マイナーなのかな、怖くもなんともないのかな。個人的にはガクブルだったんで…

169 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 12:10:50 ID:LgH8FMqo
樹海にハイキングしに行くヤツらが悪い。

170 :クワズイモ ◆mwvVwApsXE :04/10/26 13:38:47 ID:0FqSLAgH
結局ガクブルしながら部屋にこもってたわけだが。
犬の反応はいつもより強くひもを引っ張るぐらいだった気がする。
一応、家族には話してみたが( ゚ Д゚)ハァ?で終わり。

あのあと変わった事と言えば目立って変わった事は無かった。
ただ、あえて言えば
・朝起きてから異様に肩が張ってる(つってる?)
・息が詰まるような(呼吸しづらい)感触
・部屋が揺れてるような錯覚が凄い
ぐらい。
寝相が悪かったという事にしておきたい。

171 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 13:47:12 ID:nw0ExbTe
肺癌→脳転移 の疑いありですね。
どうか煽りと思わずに、人間ドッグを受けてみなさい。

172 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 14:37:46 ID:TrXLOTny
>163 怖いよ…。特に、後ろの二人が人間だった場合が。。。

173 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 14:45:47 ID:xsZvts3d
>>170
心配するな。漏れも毎日朝起きたら下半身が妙に張ってるし、
妙に息苦しい。3日ぐらい前は漏れも部屋がもの凄く揺れた感じがした。
要するに誰にでも起きる現象ではないのか。ぱーっと忘れなさい。

174 :154:04/10/26 17:17:47 ID:60KMZf0T
>>157
大丈夫 大丈夫。
単に自分でもヘタレな文章だと思ったから書いただけ。
あんたはいい香具師だな。
亀レス失礼〜。


175 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 18:48:48 ID:DFQB6oXi
>>174
あんたもいい香具師だよ。
ここは心温まる2chでつね(´∀`)

176 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 19:21:49 ID:DTmKftwf
おらぁ背筋が凍るよ

177 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 21:46:12 ID:+NIZvk7E
いつもムートンのB−3着ているから大丈夫。

178 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 21:51:23 ID:vLmTqZHk
あ、秋津氏がメインで麻雀企画やってんのかね・・・((;゚Д゚)

179 :本当にあった怖い名無し:04/10/26 21:52:06 ID:vLmTqZHk
すまん、誤爆った。

180 :本当にあった怖い名無し:04/10/27 02:21:28 ID:59UdD6yt
【アッタカイ】みんなで新潟にカイロを送ろう!2【キモチとカタチ】
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1098772238/42

42 名前:浜松近郊・静岡西部 [sage] 投稿日:04/10/26(火) 15:52:48 ID:Km109jMY
【癒したい】添付イラストまとめ【笑って欲しい】


【メッセージ入り】
ttp://www.geocities.jp/setuna3014/kairo-03.jpg
ttp://www.geocities.jp/setuna3014/kairo-04.jpg
ttp://www.geocities.jp/setuna3014/kairo-05.jpg

【任意でメッセージを書いてどうぞ】
ttp://www.geocities.jp/setuna3014/kairo-01.jpg
ttp://www.geocities.jp/setuna3014/kairo-02.jpg
ttp://www.geocities.jp/setuna3014/kairo-03-0.jpg
ttp://www.geocities.jp/setuna3014/kairo-04-0.jpg
ttp://www.geocities.jp/setuna3014/kairo-05-0.jpg
ttp://www.geocities.jp/setuna3014/kairo-06.jpg


181 :本当にあった怖い名無し:04/10/27 17:00:58 ID:ekd6j/Wg
やっぱり人間が一番怖いね・・・
こういう潜在的な願望持ってるやつが世の中にはいる訳だよね。
普通の人間だったら、冗談でもカキコできないと思うんだが・・・
こういうやつはもう救えないんだろうかね。手遅れっぽいが・・・

(ニュース実況の母子3人救出のスレにて)
32 名前:朝まで名無しさん[] 投稿日:04/10/27 16:17:11 ID:cqS3G8Jx
死ねばよかったのにーーーーーーーーー
ああああつまんなーい

44 名前:朝まで名無しさん[] 投稿日:04/10/27 16:18:04 ID:cqS3G8Jx
二目とは観られぬ顔の損傷、手足数本ちぎれ、そういうの楽しみにしていたのに。

47 名前:朝まで名無しさん[] 投稿日:04/10/27 16:18:35 ID:cqS3G8Jx
絶対ダメだと思ったのに。つまんなーい。

56 名前:朝まで名無しさん[] 投稿日:04/10/27 16:19:02 ID:cqS3G8Jx
酷い怪我していますよーに。

60 名前:朝まで名無しさん[] 投稿日:04/10/27 16:19:20 ID:cqS3G8Jx
きったない、ウンコ垂れ流しwww

73 名前:朝まで名無しさん[] 投稿日:04/10/27 16:19:45 ID:cqS3G8Jx
まあ、少なくともトラウマで一生苦しむね。ざまーみろ

83 名前:朝まで名無しさん[] 投稿日:04/10/27 16:20:38 ID:cqS3G8Jx
まあ、少なくともトラウマで一生苦しむね。ざまーみろー!
手首千切れたらいいのにー。

182 :本当にあった怖い名無し:04/10/27 17:18:34 ID:C/LtvrL2
>>181
てゆーか死ぬほど洒落にならないくらい腹立つ馬鹿だな、そいつ。

あ、微妙にスレ違い。

183 :本当にあった怖い名無し:04/10/27 17:58:28 ID:mS9Zqnzc
某国では災害に見舞われる日本を見て「天罰ニダ」と喜んでたりするわけだが

何処の国の者であれ、そんな事を思う輩は霊格が低いんだろう・・・・

184 :本当にあった怖い名無し:04/10/27 19:12:57 ID:myqu53M3
新潟に北チョーの、貿易港なかった?
>181 やりきれん!

185 :本当にあった怖い名無し:04/10/27 22:09:51 ID:HsTMsNMn
うわ>>181って口調からいって女?
最悪だね…男でも女でも関係ない最悪さだけどさ。
一体どんな育て方されたら
冗談でもこういう事書いて喜べる人間になれるんだろう

それが洒落にならないほど怖い
あと土砂に埋もれるの想像したら本当に怖かった

186 :本当にあった怖い名無し:04/10/27 22:21:12 ID:CzdUFiP4
>>181
なんでこういう奴が生き残り
罪の無い人達が酷い目に合ってるのかと小一時間

ほんとに洒落にならないな

187 :本当にあった怖い名無し:04/10/27 22:40:11 ID:ekd6j/Wg
被災地にオレオレ詐欺をやった奴がいるらしいな・・・

なぜそんなことが出来るのか理解不能。
悪魔のような人間って本当にいるよな。
どうしてそんな人間がいるんだ?

188 :本当にあった怖い名無し:04/10/27 22:43:21 ID:6TyxLs10
数年前、彼女と冬の海岸にドライブに行った時の事です。
季節外れなので、僕たちしかいませんでした。
誰もいない海岸を走り回ってはしゃいだりしていました。
段々、冷えてきたので帰ろうかと言う話になり、記念に冬の海の写真を撮ろうという事になりました。
すると、今まで気が付かなかったのですが、砂浜に誰かいたのです。
座り込み、ポツーンと寂しげに海を見つめていました。
彼女が「あの人にシャッターを押してもらおうよ。」と言い出しました。
僕はちょっと、何て言うか、気が引けました。
何て言うか、話しかけていいような雰囲気じゃなかったような気がしたんです。
ですが、彼女がカメラを持って、その人のところに行ってお願いを始めました。
すると、ちょっと困ったような顔をしましたが、シャッターを押してくれる事になりました。
お礼を言い、帰る事にしました。
その人はまた、砂浜に座り込んで海を見つめています。
駐車場には僕たちの車しかありませんでした。
あの人は歩いてここまで来たのでしょうか?
あの人が気になって仕方が無かったのですが、帰る事にしました。

189 :本当にあった怖い名無し:04/10/27 22:56:11 ID:8suPtb8e
んでんで!つづきは?

190 :みかんの戦士:04/10/27 22:59:02 ID:lSW3sO/O
>>188
その写真はどうだったの?
何も変なものとか写ってなかった?

191 :本当にあった怖い名無し:04/10/27 23:01:32 ID:htNW3f4m
続きが気になる
しかしひどいな。。。
新潟はシャレにならんだろうに・・・

192 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 00:31:01 ID:pGchCCye
冬の日本海を見に毎年長距離バスに乗って新潟に行きますが、何か?

193 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 00:32:47 ID:m9fgpfuI
被災地にはボランティアを装った空き巣狙いも発生するからな。
いろんな人間がいるんだよな。バチあたればいいのに。

194 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 00:47:40 ID:5Is4q77e
阪神では、ボランティア女性をレイープした「被災者」も居りました…。

195 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 00:57:27 ID:0NRAtAzL
>>194
あれは、被災した地元の人が起こした事件じゃなくて
震災と関係ない土地から来た鬼畜どもだって聞いたよ。

今回の新潟のオレオレ詐欺事件もそうだけど
ニュースを見ただけで胸が苦しくなるような災害に
便乗して犯罪犯すことを思いつけるなんて
もう、自分の想像の域を出た生物・・・


196 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 02:06:42 ID:i4Z7H69P
最近、age荒らしやage煽りが多い様に思う。
しかし、気持ちのこもったレスも多い。
でも、荒らされにくいようにsageレスでFA?


197 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 08:26:06 ID:BtYqEA/v
>>195
でもあの震災の後じゃヤケクソになってそういう行動に走ったのが居るかもしれないな。
この世の終わりかと思うような状態だったし。

といっても漏れは家も残ったし家具数点潰れて軽い怪我ですんだ程度の被害だったが。

198 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 08:41:31 ID:SAiI3lJ8
新潟オレオレ詐欺ってどんなの?

199 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 08:44:21 ID:sp2soZQs
震災募金を市役所のものです〜と言って、家庭を回ってたそうだよ。

200 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 08:48:57 ID:EneYclGf
それって普通の詐欺のような

201 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 08:50:37 ID:sp2soZQs
ちゃうか、w

202 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 09:21:57 ID:AsCa3tHP
>>198
自衛隊を装った奴が「娘さんが車で人を引いた。交通機関が麻痺してるので
ヘリを飛ばさないといけない、300万くれ」って。で振り込んじゃったらしい。
実際はもっと巧妙な内容なんだろうけど、いずれにせよ人間のやることじゃ
ねーやな。

スレ違いスマソ。

203 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 15:14:46 ID:EczltJRP
>>194
あたしもそれ友達から聞いた事ある。どさくさに紛れて…みたいな

204 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 16:39:17 ID:yJ8yzcm8
ネットで毎日話してる友人が新潟にいるんだが
いつもと全く変わらんようすで話してるから
そんなに酷い様子じゃないのか…?と思っちゃうんだが
酷いところは酷いのかーやっぱり。

205 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 17:08:53 ID:B5K2zJFR
違うよ!娘が事故で、、とかで祖父さん200ぺソ振り込んだんだよ。
 
 ごめん、、詐欺はホントです。  小泉総理秘書だかなんだかも、、? 

206 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 17:12:51 ID:J6jqXNeQ
>>204
半年後に霊だったと判明したら報告してくれ

207 :淫槍ぐんぐにる ◆ANGELcmyDg :04/10/28 17:51:36 ID:LHrQbxL+
高校2年か3年の時、ホームルームの時間。
担任の先生(40代男性)が「それじゃ、今日はこれで…」と
終わりの宣言をするその時でした。

「ゔ〜〜〜〜あ゙ぁ………」

いきなりスピーカーから女性のうめき声が聞こえてきました。
3秒ほどでブツッと途切れたのですがその途端教室は大騒ぎ。
「何、今の?!」「いや〜っ!!」「うお〜ッ!」
「隣のクラスも聞こえたんやろか?!聞いてくるわ!!」
と、隣のクラスに走る子もいました。
(結果、隣のクラスでは全く何も聞こえてなかったらしい)

そんな中で担任(40代男性)も上げていた叫び。
「ぬ〜べ〜!!」
顔がマジでした。

教卓に近い席では
「『ぬ〜べ〜』?」「『ぬ〜べ〜』って何?」
とひそひそと囁きが交わされ、
それが何なのか知っている私はその子達に尋ねられたらどうしようと、無気味な声を聞いた時よりびくびくしてしまいました。


余談ですがその担任、
サ×××ラ事件が起き、犯人がまだ特定されていなかった時のHRでは
「こういう時こそ金田一少年がいれば…!」
と真面目な顔で言い、生徒を引かせていたのを覚えています。

208 :東真一郎:04/10/28 19:33:33 ID:S2jTNXa9
サカキバラを伏字にする理由がわからねえ。

209 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 19:37:49 ID:9Blm8mWO
夜、パソコンが、かってに、動いて、何かを、印刷し始めた。
死、死、死・・・・・。
そして、布団にはいったその時、急に、かなしばりにおかされた。
とけた、後ろを向いた。
すると、若い女性が、古い日本刀を持って、立っている。
女は、死、死、死と、つぶやき、こっちをにらんでいる。

朝起きたら手首に、切り傷があった。 

(48年前の話です)


210 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 19:43:36 ID:z7+v+wof
48年前のプリンタ付パソコンか・・・

211 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 21:56:21 ID:ndGrUXQM
パソコンとマイコンを一緒にするなよ
おかんがどのゲーム機でもファミコンって言う奴の逆だな

212 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 22:39:12 ID:cbtzsbbi
ネットで出会った仲間同士で集団自殺、とか
○○容疑者は△山中に遺体を遺棄した、とか
そんなこんなで大活躍中の【レンタカー】

直せる部分はチャチャっと直して、地方の中古車市場へGO
ホント、洒落にならないよ。

213 :本当にあった怖い名無し:04/10/28 23:44:19 ID:LHrQbxL+
百害あって一利なし のイラクへの自衛隊派遣はやめて、
震災でたいへんな新潟に 派遣すればいいんではないでしょうか。
お金も人も物資も全部。 03,04年度で自衛隊派遣に377億円かけてるんだから、
少なくとも 一日5000万円。その費用と人を新潟に回そう。

<1>香田君を救うことが最優先であること、
<2>小泉首相は自衛隊の撤退に踏み切るべきこと、これを要求する行動を強めること、
<3>インターネットなどの手段で香田君は自衛隊関係者などではなく一般市民であることをイラクの人びとに伝えること、
<4>全国各地で呼応して行動に立ち上がるよう呼びかけを強めること、
<5>28日はさらに多くの人びとで議面を埋め尽くすよう働きかけること、
<6>メディアに対する働きかけを強めること、
これらを48時間と限られた時間の中で、出来る限り努力することを申し合わせました。
あす28日、18時、衆議院議面にお集まりください。これを一人でも多くの人びとにお伝えください。

http://www.worldpeacenow.jp/

214 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 00:07:06 ID:uruW3xqG
おまいらも衆議院なんぞに逝ってるヒマあったら
新潟にボランティア行った方がいいんではないでしょうか

215 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 00:48:02 ID:gjAuNvaT
確かに。
新潟行って肉体労働した方が地元の人は助かるんじゃないかね。
政府に金は出させたいけど自分は出したくないんやね、当然っちゃ当然だが。

まぁしかし政府が金使わないのは
ほら、毎日同じジュース買ってて1年で10万使ってるとしても
いきなり10万出してジュースを1年分買うかと言われるとNOってのと同じだ。

216 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 00:56:46 ID:fNYeW63r
今はまだ余震がひどくて家屋の片付けもままならないから、
ボランティアだったら三重や京都の台風と水害の片付けの方がいい。
ほんとに人手が足りないそうだ。
地震も大変だけど、鉄砲水や堤防の決壊で家が流された人たちも大変。

217 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :04/10/29 00:59:15 ID:pqfBRJEC
明朝は今年最高の寒さだってよ。新潟。

218 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 01:56:22 ID:Q0ffrpAG
人が死ねば金が動きますから、政府の中には本気で喜んでる
方もいらっしゃるんですよ

219 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 02:01:03 ID:KEvCuNqH

厳しいようだがこんなときこそ地元民が率先してやんなきゃね。


220 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 02:16:08 ID:BxRNFHA8
>213

スレ違いだが
こいつらのHP、デザイン・配色、マジきもい

>震災でたいへんな新潟に 派遣すればいいんではないでしょうか

正気でこんな台詞ほざくヤツらは、今すぐ
新潟で頑張ってる自衛隊員に土下座しろ

俺も戦争はイヤだし、平和を望むが
こんなヤツらと一緒ではいたくない

221 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 02:27:01 ID:1cysR5PR
今、心斎橋の某ホテルに宿泊してるのですが、出ました。たった今!誰か助けて!俺もう眠れないよぉ!

222 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 02:34:22 ID:ID7i87Ye
もちつけ。
詳細レポートしてくれ

223 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 03:40:27 ID:rF316GKl

>>213

幸田君はどうでもいいよ。。

224 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 03:56:48 ID:EO5ncN55
一体なんのスレだ?

225 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 04:18:25 ID:2RgKmB8A
>>224
まあ、今はどこ行ってもこんな感じだろ。
とりあえず明日にでも新潟には義援金かカイロでも送ろうと思う。
あっちに親戚いるからそこ宛にすりゃ上手いこと使ってくれるだろうし。

とりあえず幸田君は日本のために逝ってくれ。

226 :新潟県在住:04/10/29 11:18:48 ID:O053nSQj
不謹慎かもしれんがつい最近起こった金縛りの体験談。
俺が布団の中で横向きに寝ていると大き目の地震が起きた。
長く揺れてたのでそろそろ机の下にもぐらなきゃと思ったが体が動かない。金縛りだ。
仕方がないので早く(地震が)収まってくれと思ったら背後から
           「揺れたな」
と言う声が…すると体が動くし揺れも収まっている。あまりにリアルなので翌日職場の
人に話してみたら地震なんて起こってないとのこと。まあ只の金縛りにオプションが
着いた程度だと思っていたけど、その二日後に新潟県中越地震が起きました。

227 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 11:42:04 ID:2tlyQRud
子供の頃、母方の祖母ちゃんの家に泊まりに行ってた時の話

その頃、祖母ちゃんの旦那、俺の祖父ちゃんが死んで間もない頃で、
俺は土日になるとバスに乗って、祖母ちゃんの家に遊びに行ってた。
そんで、祖母ちゃん早寝だから夜九時には寝るわけ。
俺も寝かされるんだけど、中々寝付けなくて、布団の中でぼーっとしてた。

どれくらい時間が経ったか判らない頃、家の玄関が叩かれる音が聞えて、
俺は布団から出て、応対しようとした。
すると、祖母ちゃんが、
「駄目だ。出たらいかん」
って俺を引きとめた。
「何で? お客さんかもしれないし」
「いかん。○○まで連れてかれとおない」
切羽詰った声で俺に言うから、「わかったよ」って言って、布団に戻った。

今、考えるとかなり怖いのだが。

228 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 12:19:50 ID:7O6lBEtz
布団の上で本読んでたら枕の上にGが落ちてきた。 顔との距離30cm(つД`) 確かに「ボトッ」ていった

229 :780:04/10/29 12:20:57 ID:Q0HcBDsY
>>マンタイ
アンタ相当嫌われてるなw
それにしてもコイツもせこいねぇ。
       ↓

104 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆zHVUpnhRg6 :04/10/28 21:03:48 ID:mpmvFgJt
この世のクズ・カス野郎とはこいつの事た。
何でイラクなんか行ったのか?
つまり死にたい為自殺したい為に行ったのだ。
今まで数多くのイラク系海外を見て(日々首を切り落とした楽しい画像に歓喜している。)
テロこそ神!!
無能なる日本人など死すべき!

さあ!もうすぐ楽しい処刑映像貼りだすなー公開するなー(わーくわく

あと私の名はオカルト板の偉大なる神 マン・オン・ザ・タイトロープだ。
私が彼を救う為、首を切り落としたようなものだ感謝したまえ。
116 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆zHVUpnhRg6 :04/10/28 21:08:13 ID:mpmvFgJt
さあ!早く今すぐ!
日本の汚らしい豚政治家ドモの無能さを全世界に広めるべく!

香田の首切り映像を流し給え!

230 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 12:41:20 ID:vZjmruOe
>>228
Gって何?

231 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 12:55:15 ID:Q0HcBDsY
ゴキブリだろうさ。

232 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 13:15:25 ID:YC0OxIuf
Gがこんなにすごいなんて、、、。

233 :淫槍ぐんぐにる ◆ANGELcmyDg :04/10/29 13:31:29 ID:FAOt+bAH
7 :Mr.名無しさん :04/09/13 00:11:16
三国無双と真三国無双って何が違うのさ?!



8 :Mr.名無しさん :04/09/13 00:15:02
>>7
真がついてる

234 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 14:44:11 ID:3z/4GBRr
あぁ、もう、スレぐちゃぐちゃ・・・

235 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 16:34:42 ID:U6+AGBe0
「除雪車」

俺は除雪車が嫌いだ。こいつが俺の仲間の足を食いちぎったからだ。
あれは一年前だった。まだ俺が警備会社に入って間もないころ
排雪作業の交通誘導をしていたときの話さ。
片交で通行車両を止めて流しながら除雪車の誘導をやっていたんだ。隊員は7名。
俺はベテランのK隊長に教わりながら誘導していた。
俺のほかにもう一人、新人がいた。20歳の若い奴だ。

ちょうどパトカーが通って奴は緊張したのだろう。
変な誘導で警察にいちゃもんつけられるのでは
ないかってね。それが災いしてしまった。
奴はリキみすぎて足を滑らせたのさ。それも運悪く
除雪車のロータリーの前で。

俺はとっさに警笛を鳴らして除雪車の
運転手に緊急停止の合図をした。
息が続く限り吹いた。遅かった。
俺の目の前でそいつの足がロータリーで
食いちぎられていった。
赤い血で真っ白な雪の道を染めながら。
赤い雪と一緒にそいつの片足がシュノーケルから吐き出されて宙を舞った。

236 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 16:53:07 ID:+IcXQi2m
ジェンジェン怖くない(´・ω・`)

237 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 16:55:35 ID:GB8a7H5h
想像力が足りないか感覚が麻痺してるか、じゃね?
死ぬほど洒落にならない怖さだとは思わんが。

238 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 18:24:25 ID:sX3rug01
↑そうそう。なんかアニメやら映画やらで毒されて
想像力が足りない人間が多いのよ。
だから危険だっつうのにイラクに(略

239 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 19:19:59 ID:KaDAe7J6
中2の時に見た夢です。文章作るの下手ですが良ければ読んでください。

場所は真夜中の校庭で、暗いのにもかかわらず約100人の生徒がそこで遊んでいました。
俺もまた友人とゲームをしていました。
しかし、俺がそのゲームで不正をはたらいてしまい、友達を怒らせてしまいました。
すると友達は「ちょっと待ってろよ!今から(リングの)貞子さん呼ぶからな!」と言い、携帯で電話をはじめました。
「あ、貞子さん?今ムカツク奴居るんだけど…」と言った瞬間、突然校庭の隅にある体育倉庫が爆発しました。
急いで駆け寄ると、燃え盛る炎の中で貞子さんが長い髪を振り乱しながら高速で腕立て伏せをしていました。
俺は、倉庫が燃えているのも気にせずに遊び続けている生徒達を掻き分けながら逃げました。
逃げながら振り返ってみると何故か貞子さんはピエロになっていました。
ピエロは「逃げられないよ」と高い声で言うと俺を追いかけ始めました。
ピエロに「喰らえ!」と指を差された生徒は皆バタバタと倒れていきます。(多分死んでる)
「俺もあれをやられたら死ぬ!」と思い必死に逃げました。逃げているうちに死んでいる生徒のほうが多くなりました。
俺は「こうなったら死んだふりだ!」と思い、その場にうつ伏せで倒れました。
しかしピエロは、あの高い声で「そんなんで騙せると思ったの?喰らえ!」と言い、俺を指差しました。
俺は体が痺れて意識が遠くなり気絶しました。

といったところで目が覚めました。もうここは夢から完全に覚めた現実です。
しかし、ピエロは俺が寝ているベットの隣に居ました。
「逃げられないって言ったでしょ。喰らえ!」
また体が痺れましたが意識はハッキリしていました。
ピエロが「バイバァ〜イ」と言って部屋から出た瞬間痺れが取れました。
その後何度も夢でないことを確認しましたが、やはり現実でした。
あれは何だったんでしょうか…。

240 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 19:42:25 ID:bBNBtnZ9
夢じゃなぁ…

241 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 19:51:39 ID:W+oIb31+
ピエロってのが非現実的な印象を大きくしてる

242 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 19:54:31 ID:nqDK5tc4
エルム街に住んでるフレディさんの友達のフレデリックさんだな

243 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 22:46:36 ID:QSMz18ei
「あれは絶対に夢じゃありません」って言われても
冷静に考えりゃ夢以外ありえないしな

244 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 23:54:14 ID:7Zi+bjYd
小学生のころ、下校途中に道端に倒れてる女の人をがいたんですよ。
最初は死んでるのかと思ったんですけど、よく見たら生きてるようなんです。
その人はうつろな目をして、何かぶつぶつとつぶやいてまして
(良くは聞き取れませんでしたが、人の名前を繰り返しつぶやいているようでした)
急に怖くなって走って家に帰りました。
翌日、近所に住んでる友人数人と学校に行く途中、そのことを話してみたのですが
誰もそんな女の人は見ていないんです。
両親にも聞いてみたのですが、そんな事件(?)は起きてないというし・・・
何だったのかいまだに謎です。

245 :本当にあった怖い名無し:04/10/30 00:00:58 ID:2Chs/+ce
道に倒れてだれかの名を〜
呼びつづーけたーことがありますか〜♪

246 :本当にあった怖い名無し:04/10/30 00:15:24 ID:iVQFO9Vq
ひとごとにいうほど黄昏は〜やさしい人良しじゃありません〜♪

247 :本当にあった怖い名無し:04/10/30 00:38:42 ID:/0qqG3R7
別れの気分に 味を占めて
あなたは 私の戸を叩いた

248 :本当にあった怖い名無し:04/10/30 00:48:50 ID:MazxkOve
わたしは わかーれを わすれたくてー

そろそろやめないか?

249 :本当にあった怖い名無し:04/10/30 02:39:38 ID:aM2x2TFp
寝転がると言えば・・・私も。

私が小学生の頃、下校途中で芝生で男の人が寝ていたんです。
そして男の人が寝返りを打つと・・・

白いシャツの背中にウ○コついてました・・・。

250 :本当にあった怖い名無し:04/10/30 02:49:30 ID:F0WVCh92
>>249
(((((;゚д゚)))))

251 :本当にあった怖い名無し:04/10/30 02:52:33 ID:lh/p8Z6b
>>249

白いシャツにウ○コ。洒落にならん。

252 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :04/10/30 03:17:28 ID:i1qZ7zjI
>>229
昔から嫌われてるよ。
気にしてない。

253 :本当にあった怖い名無し:04/10/30 04:07:20 ID:F0WVCh92
>>マンタイの旦那
俺はマンタイの旦那好きだ。
むしろストーカーw

254 :本当にあった怖い名無し:04/10/30 10:08:24 ID:8pkRwcaw
>>249
死ぬほど洒落にならんな・・・

255 :本当にあった怖い名無し:04/10/30 13:00:47 ID:s0eiOi/h
マンタイの旦那はいい味出してるよね。

256 :本当にあった怖い名無し:04/10/30 18:09:55 ID:Kh/2ne8S
急に思い出したから書くよ。
中学生の頃、学校からの帰り道の話。
ばあさんにすれ違いざま『ちょっと・・・』と声を掛けられたんだよね。
んでパッて振り向いたら、物凄い近くにばあさんがいたんだわ。
ひどい白内障みたいで、目が濁り切ってた。
死んだ魚の目みたいな感じよ。
『はい?なんですか?』って何の気なしに聞いたんだよね。
まぁ道でも尋ねられんのかな、と思ってさ。
そしたらばあさん、『あんたは綺麗な目をしてるねぇ』とか言うのよ。
内心何言ってんだこのばあさん、と思ったよ。
まぁ俺も早く家に帰りたかったしさ、
適当に『はぁどうも』とか相槌打ってさっさと立ち去ろうとしたんだよ。
でもまた振り向こうとした時にさ、
ばあさんが俺の肩をいきなり鷲掴みにして、顔をめいっぱい近付けて
『本当に綺麗な目をしてる・・・。』って言ってきたんだよ。
流石に何か不気味だったので俺は走って帰ったね。
何で思い出したかっつーと、昨日夢でそん時の事を見たんだけどね。
そんだけ。

257 :本当にあった怖い名無し:04/10/30 19:27:30 ID:Y5ZrY0h3
>>146
その話の続き読んだことがあるんだが...


258 :257:04/10/30 19:38:33 ID:Y5ZrY0h3
ん?ツカ、本当にここの皆続きを見たこと無いか?
2chのどっかのスレかオカルト関連のサイトではっきり見たのを記憶しているんだが...
なんか嫌な気分になってきた_| ̄|○

259 :257:04/10/30 19:40:23 ID:Y5ZrY0h3
ああ、前スレだった('A`)
一人で騒いでてスマソ、向こうに続き貼ってきますわ ノシ

260 :漆黒の聖魔カリエル ◆ThrLmyDt.w :04/10/30 21:09:11 ID:wQXqfBk1
>245>246>247>248
あなたの眼を見ずに 戸を開けた




261 :本当にあった怖い名無し:04/10/30 21:47:35 ID:hTVQBlRi
わかれはいつもついてくる 幸せの後ろをついてくる

262 :コピペ:04/10/30 21:48:19 ID:01nl/9XH
高知県に心霊現象でちょっと話題になった楽器店があるんだけど、
どうやら置いてあった(飾ってた?)ギターに何か憑いてたらしい。
えらく古いクラシックギターで、ボディに縦2a、幅5_くらいの亀裂が
入ってしまってた。
もちろんいい音なんか出なくて、格安になってたのを店長が買い付けたそうだ。
海外で入手したらしくて、かなり古そうな、飾りにはいいギターだった。
もちろん修理すりゃいいんだけど、まぁそこまでの価値があるものでもなく、
見た目は(亀裂除けば)いいんで、好きな香具師は買ってくれ、的な値だったとか。
が、そのギター飾ってから、客が変なこと言うようになった。
自分以外の客はいないはずの店内で、飾ってあるギターとギターの間に
人影が見える、と。
楽譜コーナーの本棚の向こう側に、足が見えたのに、誰もいなかったり。
清算の時に、ふと自動ドアに映った自分を見ると、自分に重なるように
誰かが背後にいるのが見えた、なんてちょっと怪しい話まで出だした。
ただの見間違いかな?もいくつも集まれば噂になる。
好奇心から訪れる客も少なからずいたんじゃないかと思う。
そんなある日、突如店は閉店した。
聞いた話だと、例の亀裂の入ったギターを気に入った香具師がいて、手にとって
見てたそうだ。店長は、飾りで割れてるから品物にならないよ、と言ったらしいが。
言われた客が、ふと思いついて、ホールから亀裂を覗いてみると・・・
亀裂の向こう側から、誰かが覗いていたそうだ。 ぴったりギターに顔を寄せて。
血走り、見開かれた目が、亀裂いっぱいに覗いてたんだと。
今はもう、楽器店は跡形もない。

263 :コピペ:04/10/30 21:49:09 ID:01nl/9XH
楽器にまつわる怖い話スレからのコピペですた

264 :本当にあった怖い名無し:04/10/30 22:43:11 ID:ChJrjpCV
亀裂からマイナスドライバー

かと思った。

265 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 00:06:00 ID:V/NzY6CV
>>262
ホールから覗いたら中が影になるから、
傷の向こうから顔を貼り付けて覗いてる目なんて、
暗くて見えないんじゃあありませんこと?

266 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 00:08:41 ID:lTEOdgsT
>245>246>247>248>260>261

それが私のクセなのか  いつも目覚めれば独り



267 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 00:22:44 ID:mDOiaIb5
あなたは愁いを身につけて
うかれ街あたりで 名をあげる

268 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :04/10/31 00:24:38 ID:DzzjMlTR
歌を歌いたいなら、第二別館へ行け。

【死ぬほど】洒落怖 第二別館【雑談・議論】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1098205940/

269 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 00:35:45 ID:phPVCWaA
>>268
ペロペロ、クチュクチュ

270 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 01:28:01 ID:2F8rT5Hc
>>267
一番だけで、やめときゃいいのに・・・w

271 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 02:00:32 ID:feXYAxfR
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおい、全然怖くねええええええええええええぞ
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

退屈過ぎて死んじまいそうだよ

272 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 02:05:55 ID:yoGYhP0C
>>271

>>249を読み・・・
そして自分をその男の人に置き換えてみましょう。

273 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 07:55:57 ID:2H2/+0OW
俺の友人でズボラな奴がいた。
ある日、そいつん家に遊びに行くと奴はトウモロコシを焼いてい
たんだが、何かがポロポロ落ちている、虫だった。
「おおおお前何してて」と慌てて俺が言うと「ちと古いモロコシ
だったからなあ、でもホラ、TVとかで虫食ってる国とか出るじゃ
ん、似たようなもんだって、お前も食うかい?」「いや、断る」
「なら1人で食うもんね」と、物凄い勢いでモロコシを回し、ガ
リガリとモロコシを食ってしまった。
「お前絶対腹壊すって」俺が言うと、そいつは「虫の幼虫だけに
ね、お腹がね」と、訳の解らない事を言ってゲラゲラ笑っていた。

続く

274 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 08:01:46 ID:2H2/+0OW
それから一週間後辺りに、そいつん家にいった。
そいつは古い木造造りのアパートの2階に住んでいて、道路
からそいつの部屋半分が見えるんですね、で、その日の夜に
道路からそいつの部屋を見上げると蛍光灯に照らされたそい
つの影は飛び跳ねたり変な踊りをしていたりと異様な光景が
あった。
俺はビックリしてアパートの階段を上がり、そいつの部屋を
ノックすると「ぐるんぐるん」「うにょんうにょん」と訳の
解らない言葉が聞こえる、恐る恐るドアを開けてみると、そ
いつは畳みの上で寝転がりクネクネと体をくねらせているで
はないか、それを見た自分の体から血の気が引いていった、
心臓の音が物凄くゆっくりになったのを覚えている。
俺を見つけたそいつは「きたんきたん」「みてんみてん」と
訳解らん言葉を吐きながら、這いつくばってクネクネさせな
がら俺に近付いて来ました。

スイマセン、まだ続きます

275 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 08:06:18 ID:2H2/+0OW
「ちょちょちょちょ」俺が叫ぶとそいつは急に立ち上がり「りー、ビック
リした?」と、言ったので「オメーふざけんなよ、マジでビビッタじゃね
ーかよ」俺は怒りながらそいつの顔を見た、が、目がイッている、俺に話
しているのに焦点があらぬ方向に行っている、そして常にステップを踏ん
でいる「お前どしたん?」心配して言うと、そいつが「こうしてないとさ、
来やがんだよな」
俺「何が?」
そいつ「上から、ね」
俺「ん、ん、ん?だから何が?」
そいつ「だいたいは部屋の隅からやって来ます」
俺「いや、だから・・」
そいつ「たまーに排水溝からやって来たりもします、します」
俺「あの・・」
そいつ「来ます、来ます、来ます」
俺「わり、俺帰るわ」
そいつ「来ます、来ます、来ます」
そして俺はそいつの「来ます」コールを背にアパートを後にした。

まだ続きます

276 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 08:10:01 ID:2H2/+0OW
それからは恐くてあいつには会っていない、そいつの家族には「なんか
ちょっと疲れてるみたいなので様子を見に行ってあげてください」と電
話をしておいた。
他の友人の話だと、今はどっかの病院に隔離されているだとかアフリカ
に旅立ったとか色々な噂を聞くが、俺はそいつには二度と会いたくは無
いです。
あまり恐くなくて申し訳ないです、でも俺にとっては死ぬ程恐かった出
来事でした、あの時の焦点の合わない友人の目は今でも忘れられません。
「来ます、来ます、来ます」の声も。



277 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 08:37:29 ID:GbKc3Xwc
ワラタ

278 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 09:12:21 ID:9BKgBABw
いや、俺は怖いぞ! (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル  
部屋の隅、排水溝から来る? Gか?
そいつ、Gでも食ったんじゃ・・・(((( ;゚Д゚)))ヒィー!!

279 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 09:49:39 ID:+EdyyMO2
>>273
虫の幼虫だけに、要注意なんだ。


280 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 11:51:22 ID:4EAGFl4F
( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )

281 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 12:27:35 ID:w6ge7F+l
>>256
映画の里見八犬伝で犬村大角の母親に化けてた船虫思い出した

282 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 13:10:50 ID:MUGqmOe4
>>278
Gってゴルゴか?
それは恐いな

283 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 14:22:38 ID:0Yjn/asN
ガじら 

284 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 14:28:45 ID:L5A/7Pse
>>282
ゴキちゃんだよ またの名をブラックダイヤ

285 :ダヌル・ウェブスター:04/10/31 14:35:05 ID:3b5bndIl
つぎ足しつぎ足しで守ってきた老舗の「秘伝のタレ」ってさ、
絶対「ゴキブリのエキス」も入ってると思うんだけどなぁ。

286 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 14:48:23 ID:PoFoya4x
Gで思い出した虫の話。
俺のダチが虫の幽霊?を見たらしい。
以下、友人の話。

いや、夜中ふと目が覚めたんだよ。
時計見たら、まだ3時くらいでさ・・・
それでなんか変な雰囲気だったんで、
寝返りうってみたらさ、なんか居るんだよ、でかいのが。
そいつは・・・なんて言ったらいいのかな、
タマムシってわかる?虹色の奴。あんな感じで虹色に光ってたんだよ。
まあ、見た感じは虹色の物体がそこにあるって感じだったんだけどさ。
結構長い間、見てたと思うんだけど・・・突然消えちまってさ、
何だったんだろうって、時計見たら一分もたってなかったんだよ・・・
未だに何だか分からないんだけど・・・
なんか、綺麗だったから・・・もう一度見たいんだよな・・・


とまあ、こんな話。
俺は、夢でも見てたんだろうと思ってます。
駄文及び、長文スマソ。

287 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 15:14:18 ID:nubF2N78
眼球圧迫して寝てたんじゃないの?

288 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 15:56:50 ID:cir+zHvG
指で眼球圧迫してると虹色に見えてくるよね

289 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 15:59:19 ID:hBDDVNjr
寝ぼけてたらそう見えるかも。
蟲の霊ってのもアレだし有力だな

290 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 16:49:14 ID:XSj8PgEJ
>>273-276の友人は現在、駅の列車接近放送係で細々と生計を立てています。

291 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 16:54:27 ID:wX7CDsZj
>>273
友達は元々統合失調で、踊っちゃうのはスルピリドの
多用による副作用ってことはない?

292 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 17:27:50 ID:dn+SjXeD
心霊関係じゃあないんだけど…
去年の秋頃に遊びに逝こうと車運転してたのね、んでいつも通る道で
なんだかやたらと車の流れが悪い。その道路の右側にわスーパーがあって、
「ヴぁかな奴が曲がれないでいるのか…?」
なんて思ってたんだが、一番流れの悪い所に差し掛かったら本当にびっくりした。
俺は右ばっかり見てたんだが実は左側の民家が大火事。それで渋滞してたんだね〜。
でもまじでびびったよ。なんでもその火事で二人死んだらしいのだが…。
スレ汚しスマソ


293 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 17:32:55 ID:fJtMKauo
怖くねえ

294 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 18:04:22 ID:hBDDVNjr
なんか文面に憤りを覚えた

295 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 19:19:39 ID:lTATZTxR
屁をこいたら身が出た。


怖いのぉ。

296 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 20:13:33 ID:ZHsCIAEs
怖くねぇ・・・くせぇ。。

297 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 20:34:40 ID:euZuqG4I
出るのは「実」なのか「身」なのか

298 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 20:56:34 ID:wBqnMrtZ
五月蝿いよダヌルウェブマスター!
ただのフェブマスターの分際で!
しばくぞアホンダラ!

299 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 21:02:49 ID:wBqnMrtZ
だいたいなんだよコイツ!ウェブマスターのくせに
ホームページのありかすら教えていないし。

300 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 22:03:46 ID:nKRKQQLw
昨日、ケツの穴の中に血を硬化させる注射を打たれました。
家族にこの話をすると嫌がられるのですが、なぜでしょうか。
300GET!

301 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 22:55:13 ID:QSjebupR
( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )

302 :もこ:04/10/31 23:12:02 ID:8uV0wGgb
こわいたいけんしました。

303 :もこ:04/10/31 23:12:47 ID:8uV0wGgb
さっきやまんばにおそわれました。


304 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 23:14:48 ID:HHpb+2nH
喰われてしまえば良かったな。>もこw

305 :本当にあった怖い名無し:04/10/31 23:44:24 ID:ElMi/CbX
>>297
どっちも出たことがある。

306 :もこ:04/10/31 23:44:40 ID:Fn1o9dIZ
もこなー。レイプされたんやんかー。
チュウエツ地震のどさくさにまぎれてなー。
ベンジョに連れこまれてん。
もこね、必死にていこうした
「あかん。あー。やめてー。あー」
でもいつしかそれは快感に変わっていった
「あかんけどいい。もっと突いてやー」
そしてそのままその見ず知らずの男のモノを、
もこは受け入れた。もこは絶対にそいつの顔を忘れない。
もこの笑顔は2度ともどってこない。
ああ。もこは2日前にもどりたい。

307 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 00:09:22 ID:Gfre5Aw6
>>285
昔、よぼよぼのおばあちゃんがやっているおでん屋で
大根を食べようとしたら、みごとに半溶けのGが上に乗っていた事がある。
それ以来おでんが食えない。

308 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 00:44:14 ID:eigQ1MGS
>>307
コンビニでバイトしている友達に聞いたんだけど、
コンビニおでんの中にもいろいろ入るらしく、
全廃棄にするかどうかは店長の判断によるらしい・・・。

309 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 00:52:19 ID:BzeExEJd
7-11でバイトしてた友人は、「おでんのつゆ変えたとこ見た事無い」
と言っていた。

310 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 02:01:42 ID:qsuw94x+
>>309
それが老舗の味だろ。
おまいはアホだろw

311 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 03:37:34 ID:p887kYgd
うちの店(7-11)ちょくちょく変えるけどな。つーか変えすぎ店長、と思う。
練り物の味が汁に出て上手くなる暇も無いだろとか思ったり。
ちなみにうちの店じゃおでんには蓋してるけど、そういうのって少数派?

312 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 04:19:01 ID:LqYoo5EL
ほんとかなぁ〜。
流言蜚語・都市伝説の類じゃないのかなぁ〜。
信じきったら地震とか来たときに生き残れないよ。
知らないよ〜。

313 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 04:56:21 ID:YfAZjfaT
>>311
うちは基本的に一日一回換えてるよ。あとお客さんが少なくなる深夜は蓋してる。
ゴミとか変な虫とか入っても困るし。てかどこの店もそうだと思ってた。

314 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 06:04:13 ID:s0vPioh8
オナヌーしようとティッシュを用意。
自分の部屋のティッシュが切れていたんで、
隣の部屋(脱衣所)から使いかけのティッシュ箱をとってくる。
俺の好きな縛り物のAVを見て、しごきながら気分はMAXに。
お気に入りのシーンで三枚重ねのティッシュを構え、手を激しく動かす。
絶頂に達しようとしたその時、ティッシュを俺のあそこに当てる。
AVに釘付けだったが、ふと俺のあそことティッシュに目をやる。


ガサガサガサガサ・・・

Gがティッシュ→肉棒→陰毛と走り出した・・・

ぎゃああああああああああああああ

315 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 08:51:54 ID:PctPpTUx
>>273-276
3流以下のネタ
現実味皆無でつまらん

316 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 09:40:19 ID:RBPwfQtS
現実味を欠いてるところが怖いのです

とか言ってみた、読んでないけど

317 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 10:33:25 ID:Ndq0/2tG
>>315
何で今更w

318 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 11:04:45 ID:5ndNHbZM
去年の夏に友達5人とキャンプに行った時の話。
夜、怪談百物語をやろうという話になった。
ちょうど花火セットを買っていたので小さい蝋燭が5本あって前のレスのように蝋燭を使いまわすことにしてた。
蝋燭に火を付けて一人一人順番に語り始め3週目に突入したときもう話のネタが尽き、その後はエロ話に花が咲いた。
エロ話は全くネタが尽きず気が付いたらもう蝋燭も熔けきっており夜も明けていた。

319 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 11:59:26 ID:8vwYdnch
吉野家のタレも継ぎ足しのみで全交換は無しやね。
牛→豚の変更で新しくなったかもしれないけど。
少なくとも自分が働いてる間に変なもんは入れませんでしたよ、ゴハン入り丼は山ほど落としたけど。

ホワイトボード消しを落としてタレに浮かした事あったけど、沈む前に救出したしね〜

320 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 12:11:42 ID:4citkweE
コンビニで何年かバイトしてたけど、Gが入ったことは一度もなかった。
繁華街のコンビニだったからGはうじゃうじゃいたけど・・。
コンビニのおでんは火を入れっぱなしだから、Gも近づかないんじゃないのかな

321 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 12:39:22 ID:w4kWYMKH
Gは暖がお好み

322 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 13:12:08 ID:Ndq0/2tG
うちのおとんがカツ丼を食いにどっかの地方の老舗に入った。
その店のカツ丼はかなり美味く、食もすすんだ。
ほとんど食い終わってカツがあと1〜2枚、ご飯も一口二口となった時。
カツの裏から黒いものが見えているのに気付いた。
裏返すと、ソースのたっぷりしみたコックローチ君が張り付いていたそうです。
店の主人は『料金は要りませんからもう一杯食べてって下さい』と言ったが、
おとんは憤慨してすぐに店を出たそうだ。
マジで本当にあった怖い話。

323 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 13:28:59 ID:Obq4kLv4
コックローチ君とはなんぞや??

324 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 13:32:04 ID:V+JlgSv8
Gでしょ!w

325 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 17:39:26 ID:e3fR2RJD
そういや俺が前バイトしてたコンビニでは揚げ物作るフライヤーで大きな蛾がおいしそうに揚がってたな

326 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 17:42:04 ID:KMyFr9df
食った、、、のか?>>325

327 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 17:46:23 ID:Y2wmA43J
地元のラーメン屋でバイトしてた友人の話じゃ、
そこのスープにしょっちゅう、チュー吉がハァ〜ビバノンノ♪してたそうだ。
結構客の入りが良い店なんだけど、特にスープが美味いと評判なんだけど、
絶対行くなと念を押されたよ。

328 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 17:46:45 ID:LSTcboBW
ちょっと聞きたいのですが、以前読んだ有名な話で
後ろ髪がやばいとか言う話を探しています
めちゃくちゃ怖かったので、もう一度見たいと思って探したんですが
見つからなかったんで、教えて下さい


329 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 18:08:24 ID:CyXMjvEq
つ ttp://kowai.sub.jp/37/677.htm

330 :もこ:04/11/01 18:57:53 ID:dDAokfkn
ハロー、ハロー、ボンジュール?


331 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 19:00:02 ID:Ic68TtI5
>>328
ほら、ちゃんとお礼言って。

332 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 19:18:30 ID:oPXt5d2u
>>328-329
まめに床屋に通わせよう、という全国理髪業協同組合の作った怪談と見た!

333 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 19:41:45 ID:ppLUX5rM
何も無いところで蜘蛛の巣にかかったみたいな感触のときは
霊とすれ違ってるらしいが、家の中でもそれがあるんだが((;゚д゚))

334 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 20:11:51 ID:sTpLFi4v
>>328-329

全然怖くねえよボケええええエエエええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

335 :漆黒の聖魔カリエル ◆ThrLmyDt.w :04/11/01 20:17:47 ID:RA1cO7Kh
突然体を何かで貫かれたように痛み出す時があるんだが。
前からだんだん後ろに痛みが進んで行く感じで。

336 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 20:19:04 ID:FJrkie94
神経痛

337 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 20:26:41 ID:MbLxeoe0
生理痛

338 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 20:30:00 ID:Ic68TtI5
知らぬ間に貫かれてる

339 :漆黒の聖魔カリエル ◆ThrLmyDt.w :04/11/01 20:30:08 ID:RA1cO7Kh
なるほど、神経痛か。
右腹部だったり胸のあたりだったり。
まあ、年に1回あるかどうかって感じだから気にしな…して病院行った方が良いのか??
20代で神経痛ってのも嫌だなぁ。

340 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 20:50:59 ID:Ndq0/2tG
>>339
ここへ逝け
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/body/1097141463/l50

341 :クワズイモ ◆mwvVwApsXE :04/11/01 20:53:43 ID:UkZ5UJlB
鳶職の人をDQNと言ってはいけません。
彼らにも彼らなりに仕事の仕方があるようです。
夕方、犬の散歩に出かけたときの話。(どっちかというと「ほんのり〜」向きか?)
近所に古い家があるんですけどようやく改築する事になったらしく、足場を鳶職の人が
一生懸命組み立ててました。
お疲れさまです。と心の中で言いながら通り過ぎようとしたらちょっと面白い話が聞けたので
ご開帳。

ベテランの鳶らしい50代ぐらいの職人さん(Aさん)、いわゆるDQNと呼ばれるような
金髪の派手な鳶職ズボン(って言うの?正式名称失念)をはいた20代前半の職人見習い(Bさん)の会話。

A:「こういう家に足場組むときはぼけっとしてちゃダメなんだよ。命(命綱?)が 
  あってもしっかりしとけよ。」
B:「はぁ・・・。分かりました。」
A:「ぼさっとしてると引っ張られるんだよ。それで転落したらまずダメなんだ。」
A:「あとな、何か変なもん見つけてもトラにぶち込んどけ。もしたら(燃やしたら?)同じだ。」
B:「引っ張られるってのはなんすか?」
A:「引っ張られるんだよ。あっち側に。ああいうはじっこがアブネェな。気張ってやれよ」
B:「(釈然としない感じで)はぁ。じゃぁ縛ってきます」
A:「おう。しっかり縛れよ。手ぇ抜くな。」

夕暮れ時に聞いたちょっと奇妙な会話でした。
古い家の解体のときはこういう作法があるのだ。と妙に納得した次第です。

342 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 20:58:08 ID:jyrKnAGy
>>333
Σ(゚Д゚;)
俺それよくあるよ!
霊の仕業だったのか…(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル


343 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :04/11/01 21:06:00 ID:ww9fkgB7
>>341
ニッカポッカかニッカボッカかどっちかだ。

344 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 21:07:02 ID:siPKHarb
どうせい不整脈
つーのもあるから病院いけ

345 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 21:44:22 ID:kt/zB8fP
>>333
俺も結構ある…
ずっと広範囲の蜘蛛の巣だとおもてた

346 :もこ:04/11/01 21:49:43 ID:dDAokfkn
もこはねー。

いひひひひひひひひひひひっ・・・!!

347 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 21:58:15 ID:tQxys3fO
これは約十年前、俺が小学生だったときの話。
学校からの帰り道、途中の田んぼで変なモノを見つけた。
カカシのような、ヒトの形をした黒いモヤがうねうねと風もないのに勝手にウネっていた。
そいつが何かこっちに近づいて来たので、気味が悪かった俺は落ちてた石を投げつけた。
するとそのモヤみたいなのは消えて、代わりに後ろからいきなりオバハンに低い声で怒られた。
「田んぼに何をするだ」
驚いた当時の俺はそのまま走って逃げた。


今の俺だったら振り返ってボコボコにしてモヤも捕獲してやるのになW
いや、パンチは効かないか?

348 :こも:04/11/01 21:59:34 ID:riRsBwOP
こも

349 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 21:59:43 ID:lH2jisRv
ただの蚊柱だよ

350 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 22:22:16 ID:KMyFr9df
>>333
自分もあるよ。家でも外でもある。ずっと「?」だった。
そういうことある人、他にも結構いるねえ。

351 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 22:26:27 ID:luDyWI6p
>>328
ヤンキーのこどもとか、ゴルファーの某ジャンボとかピンチだな

352 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :04/11/01 22:40:39 ID:ww9fkgB7
>>347
それ、くねくねじゃねえか?
((((;゚Д゚))ガクガクブルブル

353 :本当にあった怖い名無し:04/11/01 23:01:09 ID:ItDk62K6
白いって聞くけどな、くねくね。
黒い上にモヤだし、どうかと思う

354 :347:04/11/02 00:11:58 ID:xBAoM8lS
くねくねとは何ぞや?
検索したらモー娘。メンバーが出てきたが…

355 :本当にあった怖い名無し:04/11/02 00:16:16 ID:aZkv7ziP
>>354
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1091778265/

356 :本当にあった怖い名無し:04/11/02 00:16:21 ID:38y5Bzxs
>>354
田んぼなんかに出没するとされる、白くてうねうねしたもの。
一見案山子のようにも見えるらしい。
ただ「変なの」と思っているうちは害はないが、
「それが何なのか」を理解してしまうと気が狂ってしまうらしい。
かなり古くからある伝承(妖怪?物の怪?都市伝説?)らしい。
一部スジでかなり有名。

357 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :04/11/02 00:21:52 ID:ikDt6jSy
>>353
黒いやつもいるって書いてあったぞ。

358 :354:04/11/02 01:16:19 ID:xBAoM8lS
( Д ) ゚ ゚


…い、いや、俺が見たのは蚊柱だな。うん、そうに違いない。

359 :貼っときますね:04/11/02 01:33:45 ID:74U1cvdu
 海ゆかば水漬く屍、部屋ゆかばゴキ漬く屍…、遙か太古の昔から存続している。
 3億年帝国と、その精鋭兵G。 彼奴等は何処ともなく潜入・活動する。
 窮地に陥るとバンザイアタックを繰り出す。 叩いても叩いても出てくるGに
 人類は屈するしかないのか? しかし、絶望の淵に立たされ、対G殲滅作戦に
 立ち上がった者達がいた…。この物語は、憎きGと戦い続ける兵士達の記録である。

ゴキブリは天下無敵なのだ・ミッション7
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1088123398/

360 :本当にあった怖い名無し:04/11/02 01:34:06 ID:77tPYisp
白くてくねくねしてるやつで思い出したんだけど・・・
俺、小学2、3年の頃(だったと思う)に転入してきた友達と仲良くなって、
帰り道も一緒に帰るようになったんですよ。
それでその友達は裏道や近道が好きらしく、いつも俺達2人で裏道を通って帰ってました。
で、その道の途中には墓地があったんです。
いつも墓の横を通るのが怖くて、急ぎ足で通ってました。
ある日その道の墓地に差し掛かるときに、ふと俺が墓地の方を向いたんです。
すると、白い人の形をした、大人の大きさぐらいの薄らとした人影のようなものが
墓から墓へと延々に飛び移ってたんです。
たぶんその友達と一緒に帰ってなかったら腰を抜かしていたと思います。
それ以来その道を通った記憶が無いので、恐らくその道にはもう行かなかったと思います。
その友達は俺が5年生ぐらいの時に転校していきました。

くねくねの本スレに書いたほうがよかったですかね?全然怖くなくてすいません・・・。

361 :本当にあった怖い名無し:04/11/02 05:56:18 ID:skiBELJ3
>>360
とりあえず向こうにもかいといたら?

362 :本当にあった怖い名無し:04/11/02 07:36:44 ID:LqsvqS/v
知っていますか?
あらゆる生物は誕生から今まで、長いときを経て進化しています。
しかし、ゴキブリはここ数億年進化していません。
つまり、今が完成形なのです。
今の状態で、どんな状況にも適応できるということです。

363 :本当にあった怖い名無し:04/11/02 08:34:31 ID:F/+O54/B
>>362
すると数億年もの間、奴らは何も変化していないのか?
殺虫剤をかけても死なない奴が出てきたのは変化ではなかったのか…そうか。

364 :本当にあった怖い名無し:04/11/02 09:17:50 ID:ceAzwuEq
>>363
もともと殺虫剤をかけても死なないくらいの生命力の奴もいるんだよ。
殺虫剤なんか無い遥か昔から。。。

365 :本当にあった怖い名無し:04/11/02 10:29:52 ID:K05WvATl
Gにはホウ酸団子が効くよ
今年の夏、Gの生息密度が臨界点に達したので
ジャムクッキー形で玉葱いりのクレイモアを設置したら
1週間でほぼ全滅した模様です。

366 :本当にあった怖い名無し:04/11/02 10:37:00 ID:XV7PjDYY
>>285
亀レスだけど、私がバイトしていた店では、
夏になるとタレの中に朝、普通に浮かんでますた。
それをすくってポイして使うだけ。
タレだけではなく、うどんすきのスープなんかも瓶に入れて保管してた店でそれにも・・・
後、日本酒の徳利の中とか急須の中とか。(見つけたら水ですすいで使用)
ボロい店ではなく、老舗の2号店として普通にデパートの中に入ってる見た目綺麗な店でした。

367 :328:04/11/02 10:58:14 ID:18VRdnDM
>>329
どうもありがとう

368 :本当にあった怖い名無し:04/11/02 13:07:08 ID:i+h0TFXD
蛸壺ならぬG壷の作り方

瓶詰めのジャムかなんかを食べ終わったら、こびりついた残りを洗わずに立てて置いておくだけ。
朝方見てみるとどうやって入り込んだのか、出られなくなったG共の死体が…。

369 :本当にあった怖い名無し:04/11/02 16:08:27 ID:a/YZFwnt
昨日、ケーブルテレビで「ボイス」やってて
ついつい見てしまった。

そして、最近新規で買った携帯番号の末尾が
ボイスと一緒だった!
映画だけどビビリました。

370 :本当にあった怖い名無し:04/11/02 16:27:54 ID:Fqpsw2k/
>>358
あなたはくねくねを蚊柱だとリカイシタノデスネ。
くねくねはリカイシテハナラナイモノナノデスヨ。


371 :本当にあった怖い名無し:04/11/02 16:43:53 ID:PAcEv1pg
あくびが出るほどつまらんネタだな

372 :その1:04/11/02 17:16:13 ID:u4O1Uayw
私、自分で言うのもなんですが、子供の頃から普通に霊を見ます。
どんな風に?って聞かれると表現に困るんですが
「シックスセンスの幽霊をもっとヒラヒラさせた感じ」です。
子供の頃は怖かったんですが、今では全く怖くありません。

これは、私が19才位の時に起きた(幽霊は怖くないけど)怖かったエピソード。

当時、私は一人暮らしを初めたばかりで
一人暮らしの大変さを思い知りつつも、充実した生活を送っていました。
当時、仕事が忙しく、映画好きなのに映画に行けない私は
レンタルビデオを毎晩借りてきて見終わる頃に調度眠くなって寝る生活を送っていました。

その日は、たまたま映画の最後らへんで寝てしまい
映画が流れっぱなしになってて、ビデオテープが止まる音で目を覚ましました。
(最後まで回すと、かってに撒き戻しがかかる)
画面には右上に小さく「ビデオ」という文字。
電気は真っ暗にしていましたが、電源が切れていないため
画面は黒いのですが明るかったのを覚えています。

画面を消そうかと思った矢先、画面に移る自分の口元がパクパクと動きます
(ああ、来てるのか)
直感で私はそう思いました。
尚も、画面の私の口はパクパクと何かを喋っているように動きます。
私は、ベッドの上に座り画面を見ながら
「話があるなら出ておいで。」といいました。
すると、窓も開けていない部屋に風が吹きました。
私は、何をするでもなく待ちました。
霊は、その人によって色々な出かたをするので
どこに出るのかを視線で探しつつ、ベッドの上に胡座をかいて待ちました。



373 :その2:04/11/02 17:20:47 ID:u4O1Uayw
しばらく座っていると唐突に自分の口が開きます。
「あが・・あぎっ・・・あぐぁ・・ぐぐ・」
私はとても息苦しい感覚にとらわれました。
涎がだらだら流れ出し、気付いた時には体の自由が利きません。
対話をする霊ではないと理解しましたが、
(人と話すかのように対話するタイプも居る)
これでは苦しいばっかりで何もわかりません。
体の自由が利きませんから、私は心で念じました。
(苦しいよ 何を言いたいのか解らないよ)
「ああぎゃあぐっ・・・ごう・・・えん・・・ず・・・な・・・ば・・・」
私の声はくぐもっていましたが、「公園 砂場」と聞き取れました。
この辺で公園は一つしかありません。
ですが、人が死んだという話は聞きませんし
私が通りかかったときも、無念さが漂う「気配」はありませんでした。
ふっ・・・と、体が楽になった私は何故か胸騒ぎがして着替えて公園に向かいました。
面倒ではありましたが、また来てもらっても眠れません。
私は公園の砂場にきたときに、もう一度誰も居ない、気配もしない空中に呼びかけました。
「ここ?」
その瞬間、地面が大きくゆれました
電柱は倒れ、少ないながらも公園の遊具も倒れました。
10〜20分分くらいでしょうか、私は砂の上にうずくまり、揺れが収まった頃には
あたりは廃墟になっていました。
幸い砂場は何も倒れてこず、私は無傷でした。



374 :その3:04/11/02 17:21:25 ID:u4O1Uayw
あたりは人の悲鳴、火の手が上がりもくもくと上がる煙
一瞬夢かと思いました。
阪神大震災です。
当然私の住んでたボロアポートも崩れ
同じアパートに住んでいた人は、生きていた人でも重傷
亡くなった方も居ます。

霊は私を助けてくれたのでしょうか。
今まで私は、霊の話をきいてやったりはしていましたが
助けてもらった事はありません。

霊ではなく、震災にゾッとした霊体験でした。


375 :本当にあった怖い名無し:04/11/02 17:59:09 ID:E/kzvSed
なんか、
「俺の命で済むなら…安いものっ!」
っぽいニオイがするんですが。

376 :◆XgAEzfsW8U :04/11/02 22:28:21 ID:L9C1HCg4
いったい何人の人が私を覚えているのでしょう?
わたしはニヤニヤ笑う霊感者Sの話をここに書かいた者です。お久しぶりです。
このたびめでたくSと結婚することになりました。
許可を得たのでSのエピソードを書こうと思います。
(本人の強い希望によりやや毒気を抜いて描写していることを事前に断っておきます。)よろしいでしょうか。

377 :◆XgAEzfsW8U :04/11/02 22:32:24 ID:L9C1HCg4
彼女とは実は高校時代からの腐れ縁で、
クラスではヘリウムガスよりも浮きまくっていたSはなぜか私にしつこく絡み友人に
「あんな奴と付き合うのやめなよ」と言われる私を見てにやにやするような奴で
陰口をたたいているといつの間にかすぐ側で聞いている、そんな不気味な奴でした。
ある日仲のよかった女子にこっくりさんのメンバーに誘われました。道やら
コックりさんについて詳しいやり方ののった本を読んだ子が試したがっているとの事です。
一晩きよめたお酒やメンバーのつばを混ぜた墨で表を描くなど、よく知らない私にも本格的だという印象がありました。
こっくりさんは男二人女三人で行い、全員の指の下でほとんど隠れた10円玉がいかにもちゃちでした。
Sは当然誘われていませんがいつものようににやにや笑いながら後ろで見ていました。

378 :本当にあった怖い名無し:04/11/02 22:34:24 ID:ywYGHfv2
漏れ、ここ1月の間毎日、部屋でGと遭遇&撃退している。
1匹見たら30率いると思えっていうが、約千匹の大発生だ。
外食ばかりで、部屋に食い物置いてないし、水場もきれいに拭いている。どう生息しているか謎だ。
隣人が腐乱しているのだろうか・・・。

379 :◆XgAEzfsW8U :04/11/02 22:42:00 ID:L9C1HCg4
あとはオカ板の人々の予想通りです。突然日が翳ったように教室が暗くなり、10円玉が熱くなるほどの速さですべりだして、
いやだ、○×(人名)しね、じごく、もうはなれない、などの言葉を綴りだし、女子の一人は急に白目を剥いて奇妙な遠吠えのような声を上げたあと
半ば消化された昼食をそっくり吐き戻して失神しました。
(それでも指は十円玉から離れませんでした。全て終わった後は全員の指に水ぶくれができていて、
何人かは筋も違えていたはずです。)
そんな中で一番恐かったのは私たちがスマイリーとあだ名するほどいつも笑っていたSが狐目を大きく見開いて
唖然とした顔をしていたことです。
もう完全にパニックで私も知る限りの神に助けを求めました。
今だから白状しますが事前にトイレに言ってなかったら多分あとで
かなり惨めなことになったはずです。
しかしそのときはそれどころではなくもう全員がパニックに陥りもはや肺の空気も使い果たしてひゅうひゅうと
馬鹿みたいにかすれ声を上げているとSがかけよってきてお神酒をぐいぃっと飲み干して
「もうお供え物はないっ。お前に供えるものはないから帰れっ!」と叫びました。
10円玉ががりがりと動き、「まだにくがある。」とつづりました。するとSは全員の腕や方に噛みつき
「この肉も全部あたしの物だっ。」
と叫び返しました。それでも十円玉はいやだいやだかえらないかえらないと綴り続けるのをみて
Sは紙を破り捨てた後墨につばを吐きかけその墨で机の上に大きくYESと書き付けた。
そしてこっくりさんに「もう帰るんでしょ?」とたずねた。
抗おうにも机に上にはYESの一語のみ。十円玉は未練がましくふるふると震えた後動きを止め、指も離れました。
Sは真っ赤な顔で「おそろしいほどの馬鹿だなぁ君たちは。君たちの脳は実はおからなんじゃないのか?
つばというのは結構強い力を持っているんだからこんな遊びで使っちゃ駄目なんだよ。
遊び半分でこんなことをしたら今度こそとりかえしつかなくなるよ」
と言ったあと急性アルコール中毒で倒れました。

380 :◆XgAEzfsW8U :04/11/02 22:44:11 ID:L9C1HCg4
オチとしてはその後先生が駆けつけ
(気づかなかったけどかなり声や音が響いていてさっきから来ていたらしいが
なぜかドアがいままで開かなかったらしい)
酒気帯びで昏倒しているSと昼食を吐いて気絶していた女生徒からここで酒盛りをしていたと判断され、
開かなかったドアも証拠隠滅の時間稼ぎのために中から誰かが抑えていた、ということになった。
そしてみんな仲良く五日間の謹慎処分を受けました。
Sはみんなを救って二日酔いになったにもかかわらず皆からはさらに敬遠されるようになりました。

381 :◆XgAEzfsW8U :04/11/02 22:59:03 ID:L9C1HCg4
しまった。漢字ミスが多すぎる。鬱になってきた。


382 :本当にあった怖い名無し:04/11/02 23:03:25 ID:NbJnWVGk
いや、でも緊迫感が凄い伝わった。
「Sから許可を貰った」って事は今も友達続けてるのかな?
前回の話を見てないので分からないんですが、Sさん凄い人なのかな。

こっくりさんって「指を離したら死ぬ」って聞いてたけど
離せない状況になるのね実際は…。

383 :本当にあった怖い名無し:04/11/02 23:07:35 ID:BGpSOPHh
>>382
最初に「結婚する」って書いてあるやん

384 :本当にあった怖い名無し:04/11/02 23:08:49 ID:E1Z+dW1V
>382
>376

385 :本当にあった怖い名無し:04/11/02 23:59:09 ID:0xuT322u
アー!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ここしばらくで一番面白い!!!!!!!!!!!!!!!
呪いの英語の手紙よりも怖かったかも!!!!!!!!!!!


386 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 00:19:47 ID:hZVH8q3q
Sさんの話面白かった…そして彼女の喋り方が凄く好き。
「君たちの脳は実はおからなんじゃないか。」
こんな喋り方する女の子は羊の群れから外れちゃうもんだよね
入る気もなかったかもしれないし、少し寂しかったかもしれない。
どっちにしても今はパートナーがいて無関係な私もなぜか嬉しいです笑
他のSさんのエピソードも読みたいなあ

387 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 00:31:38 ID:hvxoCBR8
結婚おめ

388 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 00:44:35 ID:L2H+YNdF
>>385
も〜、だまされた。面白くないじゃないのよ。」

389 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 01:14:57 ID:M9WXqpuo
面白!って面白かったら駄目なのか・・・、こわっ。
S ◆XgAEzfsW8U氏も比喩上手いね、
ヘリウムガスよりも〜のくだりとか素敵過ぎ。

こんな人が身近に居ると楽しそうで良いね。
お幸せに。

390 :かまいたちの夜2:04/11/03 01:27:05 ID:c3Io1Lev

も地獄です。ですから注意しましょう。出口王仁
三郎になりました。ささくれて頭くじられます。
すから注意を聞きましょう。出口王仁三郎になりま
した。ささくれて頭くじられます。地獄です。とても
地獄です。ですから注意しましょう。もしそのよう
なことがあなたに出来ないのならば、呪われても
仕方がない。呪われても仕方がない。呪われて
も仕方がない。呪われても仕方がない。呪われ
ても仕方がない。呪われても仕方がない。呪わ
れても仕方がない。呪われても仕方がない。呪
われても仕方がない。呪われても仕方がない。
呪われても仕方がない。呪われても仕方がな
い。呪われても仕方がない。呪われても仕方が

391 :かまいたちの夜2:04/11/03 01:28:54 ID:c3Io1Lev

しい選択だ。あなたは思
ってい
る。どんな事

んな殺人が起
ころうとそれは
あなたと


縁だと。そうだろ
う?でも違う。今から、この瞬間からね。あなた
は本当に苦しむ。



あなたは本当
に怯える。

恐怖 するんだ 。ぼく
が 最期に見 たそれの
忌まわしい姿

ぼくの目を抉ったそれの嫌らしい
声。
千切られた腕が咀
嚼される音。
ずるりと腹から臓物を引
きずり出される感触。触られた脾臓 臓器

そう さ、ぼくの感じ たものすべて。


392 :かまいたちの夜2:04/11/03 01:31:05 ID:c3Io1Lev
それがあなたのものだ。これはそんなゲームだ。
これはそんなゲームだ。これはそんなゲームだ。
これはそん
なゲームだ。これはそんなゲームだ。これはそん
なゲームだ。これはそ
んなゲームだ。これはそんなゲームだ。






 な
ゲー
ムだ

これはそんなゲームだ。これはそんなゲームだ。
これはそんなゲームだ。これはそんなゲームだ。
これはそんなゲームだ。これはそんなゲームだ。
これはそんなゲームだ。これ はそんなゲームだ。
これはそんなゲームだ。これはそんなゲームだ。
これはそんなゲームだ。これはそんなゲームだ。
これはそんなゲームだ。これはそんな
ゲームだ。これはそんなゲームだ。これはそんな
ゲームだ。これはそんなゲームだ。これはそんな
ゲームだ。これはそんなゲームだ。これはそんな
ゲームだ。これはそんなゲーム


393 :かまいたちの夜2:04/11/03 01:32:16 ID:c3Io1Lev
ゲームゲームゲームゲームゲームゲームゲーム
ゲームゲームゲームゲこれはそんなゲームだ。
ゲームゲームゲームゲームゲームゲームゲーム
ゲームゲームゲームゲームゲーこれはそんな
ゲームだ。ムゲームゲームゲームゲームゲーム
ゲームゲームゲームゲームゲームゲームゲーム
ゲームゲームゲームゲームゲームゲームゲーム
ゲームゲームゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲ
ゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲ
ゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲ

け してま どをのぞ いて  は  いけな い  そ う いまもみ ている から

めを あわせ て はいけな い   

そ        う
きみ をみ てるの は ぼく   な  の     だ   か ら


左  右 上  右   左 右上

オ マえ の うしロ


394 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 01:34:21 ID:h85eRxDT
もういいよ。

395 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 01:35:16 ID:A1QX+qUX
>>390-393
何が言いたいのかはわからんが、
お前のせいで、かまいたちの夜2が嫌いになった。

396 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 01:36:02 ID:e9kL32Z3
↑どうしたんだ

397 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 02:06:11 ID:/5pAfN8M
>>395
これって>>390-393 かまいたちの夜の中にはいってる謎のバグ?的なやつじゃなかったっけ?
検証してるサイトとかあったよ


398 :390:04/11/03 02:27:43 ID:c3Io1Lev

2の隠しテキストですね、たしか。

これは今までで一番怖かった。


399 :395:04/11/03 02:36:44 ID:A1QX+qUX
>>397
・・・ググってみた・・・
オレも大人げなかったな・・・すまん。

だが、かまいたちの夜2のマイナス印象は消えなかったが・・・

400 :395:04/11/03 02:38:03 ID:A1QX+qUX
怖いではあるが・・・
全コンプして、この文を見せられたら泣くよ、オレ。

401 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 03:15:33 ID:M9WXqpuo
このゲームやったことないんでわからんが、
未だにこの謎を解こうと頑張ってるスレがあって笑えた。

【隠しは】初心に帰って釜イタチ2 その57【あるだろ】
ttp://game9.2ch.net/test/read.cgi/gameover/1095918366/l50

↓で全文読む限りただのネタにしか思えないけどな。
やっぱ必死にやった結果がこれだけってのが、納得いかないんだろうなー(苦笑
ttp://lemon-genuine.cool.ne.jp/Chun-Kama2/Message.html


でも、存在しないEDを探し続けるってのは、
小説「ノーライフキング」みたいでなんか良いね。

402 :甘い家:04/11/03 07:06:11 ID:Ajy/km5f
>>328-329
すっごくすっごく遅レスだけど、ここもヨロシクね!
http://www.geocities.jp/zikosekininkei/

403 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 09:32:01 ID:8rIh/Kn6
S ◆XgAEzfsW8U さんの話しを読んでいて、新井素子さんの
「でぃあな・ディア・ディアス」を思い出した!
クラスで掃除をしているとき、男子生徒が誤って女子生徒の目を潰しそうになったとき、
主人公の超能力が発動してしまって悲劇は防がれるのだけど、
そのために主人公はみんなに恐れられて敬遠されてしまうの。
「なんで私がそんなふうに見られなければならないの?!」って
ず〜っと負い目を感じてしまう人生を歩むことに。

話中のSさんにはS ◆XgAEzfsW8U さんという、きちんとした証人がいてよかった。

404 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 09:33:13 ID:8rIh/Kn6
>>376
>>このたびめでたくSと結婚することになりました。

おめでとうございます。(_ _)(^^)

405 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 10:09:25 ID:+MnomWE7
夜に書き込むのはアレなので、日が差している今の時間帯に書き込みます。

私が高校三年のときの話です。
実名だけは省いて地名なども詳しく書くことにします。

北海道の空の玄関口、千歳市から南に車で1時間ほどの所に支笏湖という場所がありますが、
私の奇妙な体験はそこで起こりました。怖いというよりも奇妙という表現が正確でしょう。
当時、所属していた部活動のイベントとして支笏湖まで自転車で行ってキャンプをしようという
話が持ち上がり、何時間も自転車を漕ぎながら私達はキャンプ場に向かいました。テントなどの
重い機材のお陰で「面倒だな〜」と思いつつ、夏の日差しにめげながらも、何とか現地に到着。
そこまでは何も問題は無かったのですが、やはり夜になると肝試しをしようというような如何にも
ありがちな方向に話が転がっていきました。

支笏湖は地元では有名な心霊スポットの一つです。ポロピナイキャンプ場から出発した私達は
山道の獣道のようなところを進み、T字路まで辿り着きました。
私はといえば、密かに好きな女の子が怖がって他の誰でもなく私の腕にしがみ付いているのを
違う意味で内心ドキドキしながら歩いていました。何かがあるような独特の感覚も無く、肝試しは
怖がり始めた部員達の提案によって途中中止となったのですが…。
キャンプ地に、私と友人の女の子の二人が先頭になって戻ったのです。後ろの方には、部員が
賑やかに「怖かったね」などと冗談混じりに話しているのが聞こえました。

ところが、先程まで焚き火を焚いていた場所に、既に先客が居ました。
部員の一人で同年代の男子、Aが俯いた感じで石の上に座っていました。
私は『そんな筈はないよな』と反射的に考えました。何しろ、ついさっき彼を追い抜かして、先に
ここに私達二人が戻ってきた筈なのですから。
それも、いつもと違って暗く沈んだような雰囲気を醸し出していることに違和感も感じました。

406 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 10:17:46 ID:+MnomWE7
「あれ、Aってさっきまで後ろに居たよね?」と私は隣の女の子に敢えて明るく聞いてみました。
「うん。おかしいね…?」と彼女も不思議そうな声で返答しました。「だよなぁ」と言いながら私は
後ろを振り向いて確認の為に大声を上げました。
「なぁ〜、そっちにA居るか〜?」「おう、俺はここに居るが何だ〜?」
それは紛れもなくAの声でした。ほんの数秒のやり取りだったと思います。

――じゃあ、ここに座ってる奴は一体誰なんだ?
薄気味悪さを感じて再び振り返ると、そこには誰も居ませんでした。
「あれ…、さっきまでいたよな?」「うん。居たよね」
おかしいなぁ、と戻ってきた部員に伝えたところ、その場はちょっとしたパニックになりました。


ここからは後日談なのですが。
この場所では、こういうことがよくあるそうです。つまり、誰かが「増えている」ということが。
中には会話を交わしたり、ありえない場所に迷い込ませようとする者もいるそうです。
実際、一度行ったことがある筈の場所に二度と辿り着けない、という体験も何度もありました。
(以前は確かに行けた筈なのに、道が途切れていたりなど)

北海道の支笏湖に足を運ぶ際は気をつけて下さい。
貴方の隣にいる人が本物であるとは限りませんので。

407 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 10:26:42 ID:PaxusqQW
シコシコ?

408 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 10:57:17 ID:Dpo9D7GI
>>403
「扉を開けて」の方じゃないかな。
スレ違いごめん。

409 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 10:58:02 ID:uf1S4QHz
>二度と辿り着けない、という体験

というので思いついたのだが、磁波による幻覚じゃないか?
前にテレビの特命リサーチで、花崗岩の多い土地では
磁波が脳を刺激して心霊現象(幻覚)が見えたり、
磁石が狂ったりする事が多い、ってなことをやっていたような気がする。

410 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 11:11:20 ID:ifdnWxxj
怖くないけど・・・

そういえば昔の人が「狸や狐にだまされた」って言うのは、
山中でキチガイナスビという植物をたべ、幻覚をみていたから・・・

っていうのを以前テレビ番組でみたことあるなあ。

411 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 12:38:48 ID:5s0uMgli
S ◆XgAEzfsW8U さんの以前書いた話って過去ログのどのあたりですか?

412 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 12:50:01 ID:XTQOtzIR
>403
それは「ディアナ・ディア・ディアス」じゃない。「扉を開けて」だ
知ったか死ね。

413 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 12:55:41 ID:/EPsvOus
>>412
おちけつ

414 :◆XgAEzfsW8U :04/11/03 13:19:29 ID:m3qkKQfY
>>386
Sは羊よりも狐です。
いったい今どれだけの人が私をおぼえているのか知りませんが
もしよければ別のエピソードを書き込みます。

415 :◆XgAEzfsW8U :04/11/03 13:21:32 ID:m3qkKQfY
こっくり事件以降皆Sのことを避けており、
恥ずかしながら私もあまり関わらないようにしていたのですが
Sの方からこれまで以上に絡んできてさらに僕の友達を減らしてくれました。
そんなSいわく私はあまり霊を見る事はないが呼び寄せてしまうことが多々あるという
無意識の自傷行為のような体質だそうで、こっくり事件のときもどうやら私が騒ぎのかなり大きな要因だったそうです。



416 :◆XgAEzfsW8U :04/11/03 13:22:45 ID:m3qkKQfY
確かに私は昔から体調を崩しやすくよく原因不明の高熱を出していましたが、
そんな裏話聞きたくありませんでした。
しかもこれは自覚するとより呼んでしまう類のものだそうで今後さらに顕著になると
Sはいいました。じゃあ何でそんな話するんだよ、と半泣きで詰問するとにやにや笑いながら
「君の困り顔が面白いから。」といってのけました。このとき彼女に殺意を覚えていないと言うと嘘になります。
実際この後は今まで以上に体調不良が増え、今でも年に七、八回は体を壊します。
(それも時期などに関係なくたいてい家を離れた旅行先などで) 

417 :◆XgAEzfsW8U :04/11/03 13:23:59 ID:m3qkKQfY
そんな私は恐がりなくせに好奇心は人一倍あるという
映画では主役のはれるような性格だったので、
残り少なくなった友人の一人から幽霊の出る廃屋に行こうと話しがかかったとき、
付き合いを悪くしてこれ以上友人を減らしたくないというのと
あんなことがあったのだからもう恐いものなんてないというやけくそのような開き直りでOKをだしました。
後で力いっぱい後悔しましたが。

418 :◆XgAEzfsW8U :04/11/03 13:25:18 ID:m3qkKQfY
こうやって書き込みながら思い出しているとSは私からどんどん友人を減らすのが目的だったんじゃないかというな気がしてきた。

その廃屋は元はスーパーで新しい団地に人が移動して場所が不便になったとかで私の記憶にある限りずっと廃屋でした。
どういうわけかいつまでたっても取り壊すどころか片づけすらしておらずショウケースや棚などが
そのまま残っておりその雰囲気から昔ここで昔人が死んだだのトイレから声が聞こえるだのそういう他愛のないうわさが多く、
面白半分に私も含め三人で出かけました。
既にこっくり事件から半年近くたっておりあの時のことは既にリアリティを失って久しかったのです。
学校が終わってから着たので廃スーパーのところに着いたのはもう夏の日が沈む寸前で、
こういう肝試しの好きなN沢は非常にハイになっていました。
自転車を止めて中に入ろうとすると突然廃スーパーから人影が出てきました。

419 :◆XgAEzfsW8U :04/11/03 13:26:53 ID:m3qkKQfY
Sでした。
「やあ待ちくたびれたよ。K崎君いくらのどが乾いたからって途中二度も寄り道しちゃ駄目だよ。
待つ方のみにもならなくちゃ」
確かに道中K崎は熱いからと二度自販機からジュースを買ってはいましたが何故先にここにいたSが知っているのか。
この手のSの予言者じみた言動は皆聞きながして深くは考えませんでした。
よくあたって恐いから。
当然普段からSを嫌っているK崎は
「うるせぇっ!だれも待ち合わせなんぞしてねぇだろうがっ!T(私)、
お前か?こいつにここに来ること教えたのは!」
当然私も何も知りません。
結局私たちは怒りのあまり顔を真っ赤にしたK崎をひきずって中に入ることにしました。
Sは中に入ろうとせず笑いながら私たちを見送りました。

420 :◆XgAEzfsW8U :04/11/03 13:29:28 ID:m3qkKQfY
中は夕暮れ時とはいえ妙に薄暗く、
埃っぽい空気にむっとした熱気がこもっていました。
適当に中をぶらつきつつ私はk崎の声を聞き流していました。
「だからあの女と関わるな。お前のためを思って言ってんだぞ。
ああいうタイプは思わせぶりな子として人の気を引こうとしてるだけなんだからな。
実際あいつ中に入ってこねぇじゃねえか。口ばっか達者だけどあいつ恐いんだよきっと。」
それはないだろうともはや夢よりもぼんやりとした記憶を救い出しながら思った。
あいつは何か恐いものあるんだろうか?
「なあ・・・おいN沢っ。おいっ!・・あいつ・・」
振り返るといつのまにかN沢がいなくなった。
心配はしていない。ここは所詮元スーパー何だから迷うはずがないし、
それよりもこちらを脅かそうとして先回りしたというのが
N沢の性格上妥当だろうと思いました。
しかし首を戻すとさっきそこにいたはずのK崎もいなくなっていました。
地面は砂利が撒いてあり、何の気配もなく隠れるということは不可能です。
背骨のラインに沿って融けかけた氷がゆっくり滑り落ちたような気分でした。
とっさにパニックに陥らぬようあえてゆっくり出口に向かって歩きながら強烈に
こっくりさんのこととSの言っていたことがよみがえりました。
出口の明かりに走り出そうとしたとたんに肩をつかまれました。

421 :◆XgAEzfsW8U :04/11/03 13:33:14 ID:m3qkKQfY
内臓が液化した。恐る恐る振り向くと必死で笑いをこらえるN沢でした。
「くくくっうひゃひゃひゃひゃ。ひっかかったなT。なにびびってんだよ。」
入り口の方にもK崎が現れました。やっぱりにやにや笑っています。
なんだやらせだったのか。
液化した内臓がまた固体にもどるのを感じながら私もよわよわしく笑い返しました。
N沢がまだ笑いながらk崎のほうに回って肩を組みました。
「うぷっぷぷぷじつはちょっと漏らしたんじゃねえの?」
言い返そうとしてふと妙な点に気づきました。
K崎がまったくしゃべっていない。
表情の在庫がこれだけしか残っていないとでも言うようにただ笑っているだけだということ。
この二人はいわば私が間にいるから一緒にいるだけで普段は肩を組んだり共謀したりするほど
仲がいいわけではないこと。
なにより

二人はこの暑さの中汗をかいた様子がまったくないこと。

こわばった私を見て二人が近づいてきました。
過剰なまでに顔をよせて「Tどうした?もしかしてまだ恐いのか?
俺たちが俺たちじゃないような気がして?」
妙にかわいた埃くさい息が顔に吹き付けました。
それを聞いたK崎がにやりと笑い、私は何故彼がしゃべらなかったのか分かりました。
彼の歯は隣同士と癒着して一枚のとろけたプラスチック板のようになっていました。
とっさに二人を突き飛ばしてスーパーの奥に走り出しました。
後ろから私の友達によく似た二人が怒号を上げるのが聞こえましたが振り返る余裕もなく全力で走りました。
突然Sが棚の影から飛び出し、
「T、こっちだ!」と手をつかんで引き込みました。


422 :◆XgAEzfsW8U :04/11/03 13:35:06 ID:m3qkKQfY
そこはどういうわけかコの字型に棚が並んだ窪みのようになっていました。
二人でできるだけ荒い息を抑えながら潜んでいるうちに
また妙なことが浮かびました。
Sはいつも私をTクンと呼ぶのに今彼女は私を呼び捨てにしていた。
とっさのことでのでなんでもないことなのかもしれないが
妙にそこが気になった。気取られぬようそっとSを盗み見ていると
「Tどうした?私の顔に何かついているのか?」
と顔をぬぐいました。
とっさにものすごい勢いで窪みから走り出しました。
あれは絶対にSではない。
Sなら必ずとげのついた皮肉をあとにつづけるはずだし、
何よりあれは笑っていなかった。
窪みから出ようとしたとたん隠れていた二人に
両側からタックルされて転びました。
もはや二人の顔は二人をよく知らない人間が描いた水彩画のようになり
しかも崩れているようでした。
悲鳴を上げながら必死で身をよじっても二人は手を離しません。
さらに奥からはSに似た奴もやってきます。
もはやパニックのあまり体も動かなくなり、
あううあううとうめくだけになっていると
急に上から砂のようなものがふりそそぎました。


423 :◆XgAEzfsW8U :04/11/03 13:36:28 ID:m3qkKQfY
その粉は私の目に入って激痛を味あわせた後
しがみついていた二人に熱湯のような効果を表したようで
私から二人を遠ざけました。気配で三人目もひるんだのが分かります。
目をぬぐって立ち上がるとSが手に粉の入ったビンを持って
にやにやしながら私を見下ろしていました。
「顔もぬぐった方がいいね。涙とよだれでとても見れたもんじゃない」
と言ってやけにごわごわした布を手渡してくれたので、
顔をぬぐった後ふとその布を見ると雑巾でした。
「そら、早く出るよこんなとこ。何も面白いものはないんだから」
と言って手にした小ビンからさらに粉を撒き散らしましたが
既にあの三人はいなくなっていました。


424 :◆XgAEzfsW8U :04/11/03 13:39:36 ID:m3qkKQfY
外に出てSは小ビンの中身を出入り口に全部撒き散らし
空になったビンを無造作に放り捨てました。
ラベルからするとどうやら家庭用卓上食塩だったようです。
「前も言ったはずだけどね。
君はああいうのをずいぶんと寄せ付けてしまうんだから
不用意にこんなところに着ちゃいけないって。
せっかく忠告したのに・・・
まったく君は耳が悪いのか頭が悪いのかいったいどっちなんだい?」
幸い二人の友人はスーパーの裏で気絶していただけのようで
後で聞いてみたところ何があったのかも覚えていないようでした。
「変な女に目移りしないでくれよ」
と言って彼女は気絶した二人とまだ腰の抜けた私を放ってさっそうと
帰ってしまいました。
後に何故助けに来たのか聞いてみたところ
「前も言ったけどね、君のその顔が面白いからさ。」
と言ったので感謝の念は一気にうせました。
そして私は着実に友人をなくしていきました。

425 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 13:39:41 ID:CpzFIQg/
OK、順調に嘘臭くなってきたぜ。

426 :◆XgAEzfsW8U :04/11/03 13:41:07 ID:m3qkKQfY
長文のうえくだらないと思う人もいるかもしれませんが、
これは私の記憶する中で最も恐い記憶です。
今でこそ冗談交じりに書くことができても当時はしばらくのあいだ
血が出るまでつ爪を噛みつづけ、
今でも夢で見ると汗びっしょりで飛び起きます。
Sいわく寝ながら絶叫することもあったらしいです。

427 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 13:44:03 ID:J/SmVPKO
頼もしいパートナーができてよかったね。

428 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 13:45:19 ID:HXoSeiNK
お化けを実体として出したからだと思うな。
演出もなんか人工っぽいし。

429 :◆XgAEzfsW8U :04/11/03 13:51:07 ID:m3qkKQfY
>>428確かに実体はありました。
タックルを受けたときの衝撃もありありと思い出せるし
どっちかの髪の毛が指に絡んでぷちぷちと千切れる感触もありました。
床にたたきつけられたときの青あざもしばらく残りました。

430 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 14:00:45 ID:Ys7y8hdH
Sはなんで明智小5朗みたいな口調?ともあれケコーンのきっかけがしりたい

431 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 14:10:13 ID:CpzFIQg/

>明智小5朗みたいな口調
このへんがなんか、安手のライトノベルって感じがするんだけどなあ・・・


432 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 14:14:00 ID:HXoSeiNK
変な奴には、変なしゃべり方する奴が多い(はず)。

433 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 14:15:57 ID:qdeNyXbr
文章は面白いからネタでもなんでもいいからもっと読みたいって気になるよ。
まぁそれはともかく>>430の言うようにキッカケみたいのが知りたいかもw

確かに毎回助けてくれてカッコイイ女の子だけど
なんか不気味だし、付き合うかどうかは悩んじゃうと思う。
後で助けてくれるシーンがなかったら、ただのストーカーみたいだw

434 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 14:29:36 ID:4S0c9HzW
そうそう、Sとどう付き合うようになったのか馴れ初めを聞かせてくれよ
ここじゃアレだったら別館ででもさ

435 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 14:42:20 ID:uf1S4QHz
S自身の話とかも聞きたいね。
今のところ無敗のようだが、マジやばかったことってないのかな?

436 :◆XgAEzfsW8U :04/11/03 14:46:38 ID:m3qkKQfY
>>430・431
ほんとに芝居がかったそんなしゃべり方をしていました。
リアルで聞くとかなり不自然で不気味です。
でも大学に入ったぐらいから普通の口調になり、
かえってそっちの方が恐かった記憶があります。

馴れ初めと言われても同じ高校同じ大学でて
ずるずるとなぜかいつも一緒にいただけで・・・
求婚は向こうからしてきました。
理由は「その顔が面白いから」
としか言ってくれません。

高校ではテストで赤点をとったメンバーで補習がありました。
私はよく数学で引っかかり残っていたのですが毎回Sは
多いときには3教科も引っかかったりしていたのにいつも
余裕全開で課題を放り出して漫画を読んだり寝たりしていたのですが
たまーにさっと漫画をしまいこみ
びしっと机に向かうと直後必ず先生が教室に見回りにやってきました。
そんな時だけSを重宝していました。
当時はなんとなくそんなもんだと思っていましたが
今思うとほとんど超能力の域です。
本人は女の勘ハイパーだと言っています。

437 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 15:16:49 ID:faR6bzVW
S & S か・・・

438 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 15:20:36 ID:bMVVFc8i
そういえばかなり昔の洒落恐で

Sさんの友人に聞いた恐い話

という3部作があったな

439 :458:04/11/03 15:23:59 ID:bMVVFc8i
今見てきたらパート20だった
俺がオカ版を見始めたのもそのころだったなぁ...と記憶g

440 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 16:02:36 ID:sKZfVXxc
Sさんカコイイ(゚∀゚)孔雀王みたい!

441 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 16:03:02 ID:LN9Z5E+f
>>439
おまいは誰だよw。

男Sは悪霊の代わりに違うものにとりつかれた感じがするなあ。
つうかからみとたられた?

442 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 16:04:01 ID:LN9Z5E+f
からみとたられたじゃないよ。
からみとられただよ。

443 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 16:11:16 ID:4uHt46xL
>>442
(´,_ゝ`)ップ

444 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :04/11/03 16:20:02 ID:Gn0n7oo9
>>443
「ッフ」゚じゃないよ。
「プッ」だよ。

445 :458:04/11/03 16:36:44 ID:bMVVFc8i
俺が誰にな

446 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 17:02:34 ID:5U4gZ11F
誰よおm(ry

447 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :04/11/03 17:04:30 ID:Gn0n7oo9
俺、俺。俺だよ、ばあちゃん。

448 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 17:35:52 ID:98/VTAN3
とある恋人同士が結婚して、マイホームまでの繋ぎにとアパートに新居を構えた頃のことです。
2階建ての木造という絵に描いたようなボロアパートの階段は、タンスを運び込む際、
キイキイといやな音をたて、何となく薄気味悪さを感じさせました。
アパートの住人に挨拶に廻らなければと思っていた矢先、若奥さんが体調を崩し、
実際にお隣さんを訪ねたのは2日後のことだったそうです。

挨拶が遅れたのが気に障ったようで、どうも嫌な顔をされてしまった…
しょんぼりと頭を垂れる奥さんを、旦那さんは「どうせすぐ越すのだから」と
慰めました。
その次の日から、家に悪戯電話がかかるようになりました。旦那さんがいるときは
何もないのですが、奥さんが家にひとりでいると必ず無言電話がかかってくる
のです。新婚生活ですから、電話のことは幸せな空気に閉め出されて、奥さんも特に気に
していなかったのですが、次第に旦那さんが帰ってくるまでの時間を長く感じるようになりました。

449 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 17:41:39 ID:98/VTAN3
気になっていた隣人が怪しいと、ノイローゼ気味の奥さんは夫に訴え、
仕方なく旦那さんは妻の手をひいて隣の部屋を訪ねました。
悪戯の犯人に疑われていたお隣さんは、驚いて誤解を訴えました。

「奥さんが挨拶に来てびっくりしたんですよ。だって、引っ越しの夜に
別の女の人が挨拶に来ていたものだから」
青ざめながら二人が部屋に帰ると、カギを閉めた部屋の玄関にあった奥さんの履き物が、
アパートの前の道路に投げ捨てられていたそうです。

450 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 17:42:56 ID:98/VTAN3
文章変です。逝ってくる

451 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 17:46:23 ID:u3kmNu/m
>>450
いや、怖かったですよ。

452 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 18:33:04 ID:jnbhQrhk
意味が良く分からん

453 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 19:08:44 ID:LN9Z5E+f
>>450
大丈夫。自分の間違いに比べればどっちゅうことない。

454 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 19:27:00 ID:HXoSeiNK
>>453
いつまで引っ張るつもり?
大して面白くないよ。

455 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 19:53:12 ID:vlDXF5m/
>454 カリカリすんなよ。で、若夫婦の話は…その後…みたいなのないの?

456 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 20:28:54 ID:LT2MzurF
>>448-449
こ、怖くないぞ

457 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 20:36:27 ID:xjyTqgwf
結構前の事なんですが、まぁとりあえず聞いてください。

俺はその日の夜いつもと同じように風呂に入ったんです。
特に何という事も無く入っていたんですが体を洗っている時、鏡を見てふと
「思いっきり怖い顔をしてみよう」
と思いました。
そして体を洗いつつ考えて、確か髪の毛を前にたらしその間から睨むような目をする事にしました。
体についた泡を洗い流し、鏡を見るのと同時に先程の顔をしました。
すると鏡には恐ろしい俺の顔と
俺の後ろに青白い女性(髪型から推測)が鏡を覗き込むように立っていたのです。
一瞬にして鳥肌が立ち、しかもその女性と目が合いました。
その瞬間両者共に『ビクッ』として、向こうは畏怖の表情をしていました。
俺は頭の中が真っ白になりましたが勇気を振り絞り後ろを向きました。
しかし当然の如く誰もいません。
その後は特に何もありませんが
自分の部屋に戻るとプリントに殴り書きで
『根っからのワルだな』って書かれてました。

その日俺は布団の中で泣きました『俺の顔はそんなに怖いのか・・・』と。
今でも思い出すとへこみます。

458 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 20:41:29 ID:jZNtgSJq
S ◆XgAEzfsW8UさんのSさんに対する書き込みを読んでると
結婚が決まった相手なのに、好意を抱いているようには思えない。
気のせい?

459 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 21:07:23 ID:4S0c9HzW
>>458
そうか?俺にはのろけにならないように必死に抑えてる感じがする

460 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 22:24:42 ID:qdeNyXbr
ていうかSさんに萌えちゃダメですか。

461 :  :04/11/03 22:24:47 ID:oefqbdVV
>>457
Born to be Wild!

462 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 22:39:42 ID:Pt+f5urm
>>457
ワロタ

463 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 22:41:21 ID:siwB1YOa
Sさんの話を読んでいると西尾維新の「きみとぼくの壊れた世界」に出てくる
病院坂黒猫というキャラを連想してしまう。なんか態度がそっくり。

464 :クワズイモ ◆mwvVwApsXE :04/11/03 23:28:58 ID:o9MOy5qB
>>463
きっと「ぽわぽよブルマー」なんだよw


465 :ハイパンダ:04/11/03 23:35:42 ID:0teVN5Fi
自分の中で洒落にならなかったのは・・・・

ある日家族全員、一階のリビングでポケーっとテレビを観てたんだ。ポケーっと。
まあ別に意味もなく、ふっと庭に面した窓を見たんだ。
ハゲのおっさんがじーーーーっと窓に手をくっつけてこっちを見ていた。

俺が声をあげるのとどっちが早かっただろう。
「ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!」
物凄い勢いでおっさんがガラス窓を叩きまくった。
死ぬほどビビッた俺は、立ち上がる事も出来なかった。
母親は目を見開いて固まっていた。妹は今にも泣き出しそうだった。
父親が言った。「・・・おじさん!」


・・・・祖父の兄だった。インターフォンが壊れていたそうだ・・・・
ちなみにそのおじさんは米屋の社長。
正月に挨拶に行くと、お年玉とおいしい煎餅をくれるとてもいい人です。変わり者ですが。

466 :本当にあった怖い名無し:04/11/03 23:48:11 ID:665AGP9p
>>465
父親が在宅していてよかったね。

467 :本当にあった怖い名無し:04/11/04 00:05:51 ID:dlnrUw+h
 高校生の時、学校帰りに友達の家に遊びに行った。
 仏壇のある広い部屋に通されたのだが、その友達のお爺ちゃん(かな?)の遺影が壁にかけてあり、何の気なしに、
その写真のお爺ちゃんの顔を茶化す発言をしてしまった。内容は覚えていないが、不謹慎な事を言ったのは間違いない。
 すると、その友人の顔色が変わり、「そんな冗談を言うな!」と怒られた。そいうつは普段温厚なヤツなのでちょっと驚いた。
 そのせいかどうも会話もギクシャクして、すっきりしない変な気分のままで、その家を出て帰宅。
 自分の家に帰り玄関で靴を脱いでいると、背中で玄関のドアが、「 ギ ャ ァ 〜 !!」と、人の悲鳴そっくりの大きな音を
上げながら閉まった。ウチは当時、まだ新しくて、普段は音も無く閉まるのに。
 あの時はマジでビビった。気のせいか、その晩は部屋で人の気配がしててなかなか眠れなかった。

 地味な話でゴメン。

 

468 :本当にあった怖い名無し:04/11/04 01:24:15 ID:eQ554Eal
俺もおじいちゃん好きだったから、遺影でも
馬鹿にされたら怒りますよ?

469 :本当にあった怖い名無し:04/11/04 05:40:12 ID:JPUiZA/E
>468 気持ちは分かるがこのスレ的な突っ込み所はそこじゃない。


470 :本当にあった怖い名無し:04/11/04 10:18:09 ID:ONCuQvlm
そうそう。おじいちゃんは>>467と遊びたかったのに、孫に止められたから
断末魔の(ry

471 :クワズイモ ◆mwvVwApsXE :04/11/04 12:19:20 ID:HUpgiKx8
「N君のバイク」

昨夜の話。
昨夜はとても大事な日だったのだが思いっきり失念していた。
夜寝てから妙に寝苦しかった。
空気が重い。
戸棚のガラス板がかたかたと音を立てている。
階下から「ぉぉーーぃぃ!」とかすかな声がする。
このくらいの事は意外とある事なので単に寝苦しいだけだと思い極力無視して
無理矢理猫を抱いて寝た。
寝入りばなに「ちょわ〜〜んちょわ〜〜ん」という京劇のような音がしたのが
いつもとは違っていた。

夢。
木造の農作業小屋のような二階建ての建物の中にいる。
どこか見覚えのある小屋。
ああ、この小屋は厨房の時よく隠れて煙草吸ったりエロ本読んだりした小屋だ。
この場所で隣の中学のヤンキーをボコッたりしたっけ。
そう思っていると階下から数人、階段を上がってくる音がした。
「ぎっ・・・ぎっ・・・ぎっ」
いやにはっきり聞こえた。
「てめぇぇ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!」
聞き覚えのある甲高い凄みのある声。
その声が小屋の中全体から響いてきた。

続く

472 :クワズイモ ◆mwvVwApsXE :04/11/04 12:40:00 ID:HUpgiKx8
続き

急に手足を絡めとられるように動けなくなった。
明らかに背後から誰かに絡めとられているような感じ。
がっちりホールドされていて夢の中なのに動けなくて苦しかった。
紫色の人影が階下から上がってくる。
シルエットは明らかにおかしかった。
腕の関節がやたらに多くて頭に至っては1/3ほど欠けている。
思い出した声の主はN君だった。
目の前にいるシルエットこそがN君だった。
「ざけんじゃねぇ〜〜ぞ!!ぶっとばすぞ!!」
また小屋全体に響く彼の声。
キレそうになると彼はいつもこうだった。
妙に冷静に考えられる自分がいた。
凄い余裕なのだ。
彼に胸ぐらを掴まれてすごまれた。
もう表情も分かる。
右半面はもうぐちゃりとしていた。
左半面はそれほど崩れてはいないが目は明後日の方向を向いていた。
いまでは国宝もののリーゼントが少し崩れていたものの紫の輝きを
受けて輝いていた。
「ぶっとばすぞ!ぶっとばすぞ!ぶっとばすぞ!」
彼はまくしたてた。
そのまま胸ぐらを掴まれて階下に引きずられて行った。

続く

473 :本当にあった怖い名無し:04/11/04 12:41:13 ID:7+FjOlm9
つまんないから続かなくていいよ。

474 :本当にあった怖い名無し:04/11/04 12:44:41 ID:1WYcoqud
頑張ってんだろうから、そんなこと言っちゃやーョ。

475 :本当にあった怖い名無し:04/11/04 12:47:50 ID:0gPpcajQ
>>473
きっとお前の人生のほうがつまらないから無問題。


476 :本当にあった怖い名無し:04/11/04 12:49:29 ID:OaBAMP7b
>>472
何度も書き込んでるんだから、長文になる時はメモ帳ぐらいつかえよ('A`)

477 :クワズイモ ◆mwvVwApsXE :04/11/04 13:09:41 ID:HUpgiKx8
続き

なすがままに階下に引きずられて行くと入り口にでかいバイクが
置いてあった。
エンジンはかかったままで十分暖まっているのが分かる。
N君は俺を外に突き飛ばすとそのバイクにまたがって、
「ぶっとばすぞ!!ぶっとばすぞ!!ぶっとばすぞ!!」
とまだすごんでいた。
右足は無かった。
「ぱぁんんぱぱぱぱぱぱぱ。ぱうーーーん」
と改造バイクはこれまた甲高い音を立てた。
「つぶすぞ!!こら!!」
彼はそう言い放ってバイクを発進させた。
パァーーーーーーーーーーンン・・・・
とあっという間に視界から消えた。
聞き覚えのあるメロディが聞こえて来て目が覚めた。
まだ胸ぐらを掴まれた感触が残っているような気がして最悪の目覚めだった。
しかし、なんでN君が夢に出てきたのか?
これだけがまだこの時点で疑問だった。
彼は中学を卒業してすぐにバイク事故で死んでいる。
葬式にも行った。
それからは彼の話題は仲間内からは特に出る事もなくいままでこうして来ている。
仲間達はそれぞれ自立し、所帯持ちも毒男もいるがおおむね平和だった。

続く

478 :本当にあった怖い名無し:04/11/04 13:11:57 ID:6hMsBP1Q
>>477
ほんとツマンネ 帰れ

479 :クワズイモ ◆mwvVwApsXE :04/11/04 13:21:33 ID:HUpgiKx8
メモ帳に残しておきたくないし、一気に書いておきたいんだよ。
すげー後味悪いし。

続き

頭をひねりながら便所へ向かった。
まだ分からない。
便座の蓋をあげて用を足してふとタンクに目をやると紙のようなものが
ひらひらと揺れている。
どうも便所紙を少し細工したような神社にぶらさがっている紙のよう。
手に取ってみて見ると煙草の焼けこげで書かれたような文字が刻まれていた。
「ぶっとばす」
そう書かれていた。
急に目が覚めた。
そして思い出した。
今日はN君の事故った日だった。
携帯を握りしめて当時の仲間を呼び出す。
彼の元では特におかしな事もなかった。
なぜ俺なのか分からないけどすっかり忘れていた。
仏壇に線香を立ててしばし黙祷。
忘れていてごめん。
とにかく謝った。


480 :クワズイモ ◆mwvVwApsXE :04/11/04 13:24:28 ID:HUpgiKx8
つまんなくて済まんかった。
でも書き残したかったし、書きたかったから書いた。
そんだけだ。

481 :本当にあった怖い名無し:04/11/04 13:25:05 ID:WL+/MMIG
________________________
    <○√
     ‖
     くく
しまった!ここは糞スレだ!
オレが止めているうちに他スレへ逃げろ!
早く!早く!オレに構わず逃げろ!

482 :本当にあった怖い名無し:04/11/04 13:26:17 ID:UH6Dy7kg
はぁ

483 :本当にあった怖い名無し:04/11/04 13:44:20 ID:VPc5FHA9
  
  ||// ∧_∧|∧_∧
  ||/  (n´・ω・)n    )  幽霊なんてさ
  ||   (ソ  丿|ヽ   )
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ u―u'

   _____
  ||// ∧_∧|∧_∧
  ||/ r(    (n´・ω・`n) いるわけないじゃんね?
  ||'A`)ヽ    )|(     )
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ u―u'


484 :漆黒の聖魔カリエル ◆ThrLmyDt.w :04/11/04 14:51:23 ID:HtnqUkbz
>483
志村、後ろ後ろっ!!

485 :本当にあった怖い名無し:04/11/04 17:18:56 ID:jRHsEMzu
コテ名乗るからおかしくなるんだよ、>>480

486 :本当にあった怖い名無し:04/11/04 17:47:44 ID:PT+BtCzw
急にマカー用で書き込めなくなった

487 :1:04/11/04 17:48:56 ID:vakmsI3d
 映像製作の専門学校がありまして、私はそこで講師の助手のような仕事をしています。
1年生の授業で、「カメラを渡され講師が決めたテーマに沿った映像を次の授業の日までに撮ってくる」
というものがあるんです。で、その先生が第一回の授業で課題に出すテーマはいつも同じだったんですよ。
「死んだ街」というテーマなんです。
で、この授業の狙いは「顧客の漠然とした要求にいかに具体的な映像で答え納得させるか」みたいな
事を勉強する授業で、今回の死んだ街の場合なら、一番ベタなのは寂れて見えるような映像を撮ってくれば良いわけです。
でも生徒は皆まだ学校に入ってから半年程度しかたってない素人同然の人間ですから、
そんな意図はなかなか汲み取れないわけです。
だから、結構変なものをみんな撮ってくるんですね。死んだ虫撮って来たり、自殺する人の短編ドラマ作ってみたり。

 その生徒が撮って来た映像の中に一つ妙なものが混じってたという話なんです。
その映像には「別館」と呼ばれているうちの学校の敷地内のビルが映っておりまして、
夕暮れ時に生徒がカメラを持ってそのビルの中を歩きながらここで女が自殺して幽霊が云々という話を
延々とするという、まあなんとなく実話怪談モノのような趣のある変な物だったんですが。
オチが結構よく出来てまして、最後に最上階の教室でその怪談話を語り終わった後で
カメラが突然アングルを変えて固定されて、画面の上の方に窓が映るんですが、
その窓の外に女が張り付いてるんですよ。窓に手を押し付けるようにして。
要するに「幽霊話してたら幽霊が出ちゃった」というオチをつけたんだと思って感心したんです。
外も暗くなってきたしカメラのピントがその女に合ってないから表情なんかもちょっとぼけててわからなくて、
それがまた幽霊っぽくてなんとも怖いんですね。

488 :2:04/11/04 17:49:36 ID:vakmsI3d
 それで次の授業の後に、この前のアレ、テーマからは外れてたけど面白かったじゃないか
なんて言ってそれを撮った生徒と話したんですよ。
そうして話しているうちに妙な事に気付いたんです。彼、窓の外の女のことは知らないって言うんですよ。
確かにそのビルで怪談話をしながら撮ったんだけど、オチの後のその窓が映るカットは、
単に撮影を終えてカメラを地面に置いた時に録画スイッチを切り忘れただけで、
荷物を片付け終わった時にカメラが回っていることに気付いてカメラを止めたんだけど
まだ自分は編集機材は使えないし上から他の映像かぶせるのも変だしそのままにして
課題提出しちゃっただけだ。って言うんですね。

 私はてっきりその生徒が僕を怖がらせようとしてオチの事をはぐらかしてるんだと思って
あの女の子彼女?とか、あんな高い所の窓の外に立たせたりしてよく怒られなかったなーとか
からかってたんですが、そのうち彼が「何言ってるんだ!」とか怒り出しまして、
一緒にその彼が撮ってきた作品を編集室で見ることにしたんです。
で、女が映ってる所見て私がホラホラって窓の所示したら、彼真っ青な顔になって
こんな物撮ってない。俺は知らない。って言ってそのまま帰っちゃったんですよ。
で、私は一人編集室に取り残されまして、「最後まで芸達者な奴だなあ」とかニヤニヤしながら
彼の撮ったその窓の外の女の映像を見ていたんですが
そこで気付いたんです。
映ってる教室の窓の大きさから逆算すると、その女、顔の大きさが70cmぐらいある計算になるんです。

489 :本当にあった怖い名無し:04/11/04 17:50:30 ID:vakmsI3d
>>487-488
以上。おしまいです。

490 :本当にあった怖い名無し:04/11/04 17:55:10 ID:rTRP9zrp
おおおおおおお!!!!!!!!!!
いい!!いい!!!


491 :本当にあった怖い名無し:04/11/04 18:07:18 ID:69LGUjb/
ガクガクブルブル(((((((((゚∀゚))))))))

492 :本当にあった怖い名無し:04/11/04 18:57:36 ID:ONCuQvlm
1970年代、唐十郎が
「新宿見たけりゃ今みておきゃれ、じきに新宿原になる」という歌を作った。
作家の小林信彦がその歌を聞いて、
「じきに、ではなく、もうとっくに新宿は原野になっている。
今新宿にいる連中は自分を生きていると思っている、陽気な死者達だ」
と小説に書きました。
クリエーターの感性、編集の手法によっては今の風景を撮るだけで
「死んだ街」を表現出来るっす。

493 :本当にあった怖い名無し:04/11/04 19:18:17 ID:X4hRMYxd
>>492
いい話だが怖い話ではないな。

494 :本当にあった怖い名無し:04/11/04 20:59:23 ID:OaBAMP7b
>>479
いや…別に誰も保存しとけなんて言ってないし
なんで「メモ帳に書く=残す」になるんだろう

495 :穴兄 ◆MK/JqANANI :04/11/04 21:16:49 ID:Y7LJgZ1V
|ω・`)・・・

496 :本当にあった怖い名無し:04/11/04 21:44:35 ID:j8omJ5Qq
7時間目はLHRでした。
3年になってからの進路相談の説明を先生が延々としゃべってたんです。
もう11月なのに何だか蒸し暑くて、昼過ぎだから生徒はだいたいぼんやり
してて。LHRのちょうど真ん中へんにきたところで、廊下がうるさくなり始めました。
数人が隣から笑いながら歩いてるんですよ。もうHR終わりかー、うちのクラスも
終わろうよーとか野次が飛び始めたんで、先生がうるせーなーって廊下に
出て行ったんです。見に行こうとしたら後ろ手にドアを閉められて、しばらく
廊下から何も聞こえなかったんですけど、そのうちまだ授業してるクラスある
から静かにしろ!って怒鳴り声が聞こえて、うちクラスは爆笑していました。
その後廊下から帰ってきてから、みんなが誰、誰って先生に聞いたんです。
先生はむっつりしながら説明しだしたんで、ちょっと騒ぎすぎたかなって
みんな黙りました。怒鳴ると訛りが出るからって笑いすぎたか、って。
そのうち廊下がまたうるさくなり始めて、こっちは暑くて朦朧としているから、
先生また注意してよーって誰かが言ったんです。そしたら先生がだらだら汗を
かき始めたんです。みんな最初笑ってたんですけど、先生の様子が変なことに
気づいたんです。シーンとした教室に、廊下の笑い声が響いていました。
沈黙の中で一人が言いました。「…廊下には誰がいるんですか」って。
先生は冷や汗をこぼしながら、大声でセンターの説明を始めました。
どうしてはじめに気づかなかったのでしょう。僕らの教室は廊下のどん詰まりで、
さっきから大きくなってきている笑い声の主は壁から出てくることになるって。


497 :本当にあった怖い名無し:04/11/04 21:47:47 ID:XAoHQJvP
>>495
穴兄、みっけ!!

498 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 00:25:57 ID:drRra9J4
サーバーダウン。((((;゜д゜)))ガクガクブルブル

499 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :04/11/05 00:31:20 ID:baJM/rNG
襖スレも終わったな。

500 :穴兄 ◆MK/JqANANI :04/11/05 00:44:04 ID:P01jziPV
>>496   ∫
|ω・`)ノ  旦

>>497
|彡 サッ

>>499
マンタイ氏こんばんは。スレ終わっちゃったね・・・
今は帰るべき俺の巣を探して放浪中だったりする、やっぱりオナ板しか無いのだろうか・・・('ω` )

スレ違いすまん


501 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 03:49:43 ID:ZLG7TDdZ
>>492-493
いい話?
自分でかっこいいつもりで書いた悪口に見えるが。

502 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 04:26:15 ID:cxpXklc/
かっこいいつもりで書いた悪口って作家の事なのか>>492の事なのかようわからん。

>>492>>487で言ってる「変なのを撮ってくる人いるんだよねぇ、正解は寂しい風景を撮ること」
ってのを「こういう見方もあるみたいよ」って言ってるんだよね?
まぁ、確かに>>493は妙な事言ってるが…。

しかし発表つっても、新宿を撮って「新宿とは生きてると思っている陽気な死者達の街なんです」
とか言ったら電波扱いでしょう。
作家や評論家だからこそ言えるセリフかと。

503 :まめ。 ◆zZeG7TJIaY :04/11/05 09:49:00 ID:x6jUB7SN
お手洗いでのお話です。
お手洗いには「出る」というお話がつきものですが
お手洗いというのは言うまでもなく食べ物を消化吸収した後の
カスを排泄する場所です。
殆どの方が毎日の生活の中で魚や鳥や牛、豚などの肉を食している
事を思えば、考えようによってはお手洗いというのは我々に
喰われたそれらの動物の「成れの果て」の行き着くところかもしれません。

仕事からの帰り僕は何時ものように自宅マンションの向かいにある
大きな公園のお手洗いに入りました。
和式の便器にまたがり用を足していると、後頭部の方から強烈な視線を
感じましたが、そんな事は勘違いも含めれば日常いくらでもある事です。
「また変なのが寄って来てるな」
と思いながら構わずにしゃがんでいると、今度は背中越しにハッキリと
何者かの気配を感じたんです。

504 :まめ。 ◆zZeG7TJIaY :04/11/05 09:50:00 ID:x6jUB7SN
どれぐらいその気配が感じ取れるかというと、最初に少し後方に立って
いたそいつが少しずつ僕の背中に近づいて来るのがリアルに
感じとれるんです。
それは例えて言えば・・
ものすごく細かい粒子の水蒸気を含んだ、冷たい気体のかたまりが
僕の後方で動いている感じです。
時期は夏の真っ盛りで、基本的には蒸し暑い空気の中でそれが動きますから
視覚でとらえていなくてもその存在ははっきり確認出来ました。
お手洗いという狭い空間の中で、しかもパンツをおろした無防備な体勢で
背後から迫られた時の危機感は、ある種あきらめざるを得ないものがあり
グッと歯を食いしばり、気持ちだけは確かに持とうとひらきなおりました。
その瞬間、ス−ッっと冷たい空気が僕の背中に近づきました。
「おぶさってくる・・」
そう感じた僕の身体は全身が硬直しました。

505 :まめ。 ◆zZeG7TJIaY :04/11/05 09:50:47 ID:x6jUB7SN
冷やっ・・・
僕の両方の肩にワイシャツを通して冷たいものが乗っかりやがて
ペタペタペタペタ・・・・
背中全体に冷たい粘着性のものが張り付いて来ました。
「ん〜っ・・フ−ッ、フ−ッ」
っと、僕は知らない人が聞いたらまるで興奮しいるような鼻息を出し
ながら理性を失わないようにこらえました。
一度動作を早くしてしまった瞬間に恐怖が増大してしまいそうで、僕は
ゆっくりゆっくり紙を巻き取りお尻を拭く一連の所作を普段と同様に
行う事でなるべく冷静を保つように努力しました。
その間、僕の腕が動くのも構わずそいつの手は両方の肩にしっかり
つかまったままで、立ち上がってズボンをあげベルトを閉めている間も
それは同様でした。
「ザ−ッ」と水を流すまでは何とか気を確かに保ち、お手洗いのドアに
手をかけたと同時に僕の肩に乗った手が「ググッ」と力を込めました。



506 :まめ。 ◆zZeG7TJIaY :04/11/05 09:51:40 ID:x6jUB7SN

「ウワッ」
お手洗いを飛び出した僕の脚は、長い時間しゃがんでいたのですっかり
しびれてしまっていて第一歩をついた瞬間に捻ってしまい
前のめりになた僕は目の前の壁につきあたりましたが、一刻も早く外に
出たかったのでそのまま這うように転がるようにお手洗いの建物から
出ました。

こんな時の僕の悪い癖で、気持ちが少し落ち着いた後でまた中に入って
みようかなとも思いましたがこの時はそのままその場を去りました。
僕の周囲に現れたという事はそれは、人間同士の付き合いでいえば
「これも何かの縁」ではないのかなとも思います。
でも人間同士だっていい人もいれば恐い人もいますからね・・

507 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 10:24:54 ID:c4ArakRk
頻発するコテハンは信憑性に欠けるんだよな。
どうしても作り話だと思ってしまう。

508 :まめ。 ◆zZeG7TJIaY :04/11/05 10:51:39 ID:x6jUB7SN
う〜ん・・
2ちゃんでの生存は難しいですね。
なるべく信憑性に欠けないように感じたままにと心掛けたつもり
ですが、まだ2ちゃん初心者の自分がコテハンなんかで少々出しゃばり
すぎたかもしれません。
ほのぼのとした話や不思議だっただけの体験を含めると、年間に何回か
ありますからその中からここのスレタイの趣旨にそぐうものを
もう少し紹介したかったのですが、一度撤退します。
しばらくは読み手に徹して2ちゃんをもう少し勉強します。

509 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 11:07:52 ID:bH+86jxf
うだうだ言わずに名無しで書き込め!

510 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 11:34:18 ID:Hhzhj3Ji
その前に、
なぜ帰宅直前に、自宅前の公園の公衆便所でウンコをするのか聞きたい。

511 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 11:36:40 ID:hzqR5FqK
>>503
なんで自宅のトイレに入らないの?ないのか?

初心者なのにコテとは大胆だな

512 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 11:46:30 ID:aDkrRlqK
>>508
心無いアラシをスルーできる力が必要ですな。
2CHにいる輩との出会いも、霊との遭遇と一緒。
良いやつも悪いやつもいる。

悪霊や構ってちゃんみたいな霊に出会ったら、
スルーするのが一番でしょ?

まあ、俺はまめやんの話は面白くて好きだし、
コテハンも続けたらヨロシ。
見たくないやつはNG設定できる訳だし。
そっちの方が便利だよ。

513 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 12:15:55 ID:+8nsVzoP
>>508へアドバイス

>それは例えて言えば・・
>ものすごく細かい粒子の水蒸気を含んだ、冷たい気体のかたまりが
>僕の後方で動いている感じです。

こういう類のオカズは要らないと思うよ。
なるべく詳細まで伝えようとする気持ちはわかるが、
一人称で書く場合は、自分の感情や感覚を説明することで
かえって嘘のにおいを感じさせてしまう事があるから。
あともう一つ、


なんで公園でウンコするの?

514 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 12:23:56 ID:XxADBAB1
ホント、
「マンション住まいでありながら、
 いつものように自宅前の公園の
 便所でウンコするヤツ」

てゆーのは、世界規模でも希な存在だと思う。
あと、









手洗ったか?

515 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 12:28:52 ID:8+GJHldj
>>508 よう、脱糞野郎!

516 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 12:32:35 ID:F3s7I9ql
>>503
話は嫌いじゃないよ。
けど2ちゃんでのコテハンは風当たりが強いからお勧めしない。
>>513
オカズ云々は、読み手の好みにもよるだろ。
アドバイスなんて偉そうな言い方はしないほうがいいと思うが?


517 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 12:36:45 ID:c4ArakRk
自分から初心者ってへりくだってんだから良いんじゃ

518 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 13:06:28 ID:qAqgewcx
私はまめさん好きなので気にしないで煽りはスルーしちゃってください。
ここでは語り部が神。

519 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 13:21:35 ID:lfR/D3D1
>>513
余計なお世話だ。
ここは書き方を教えるスレじゃない。
まめちん、スルーしとけ。

520 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 13:36:27 ID:lILl27gi
当時は怖かったような、よくわからない話。
高校の遠足で連れて行かれたテーマパークに、歩いて入る小さなお化け屋敷が
ありました。
本当に小さい見るからにしょぼい作りの建物だったのですが、どうせ学校行事
で連れて来られただけだったので、時間をつぶせればなんでもよかったんです。
友人A、Bと3人で連れ立って入り、狭い通路だったので私を真ん中にして縦に
数珠繋ぎになりながら歩きました。
中のしかけもとりたてて記憶に残るようなものもないし、しかけとしかけの間
がともかく暗いので、友人とはぐれないようにしっかりと手を繋いでいました。
が、私たちの前後にも同級生たちが沢山いて大変騒がしく、しかけにびっくり
させられる以外は怖いなどという要素は全くありませんでした。
すると、瞬きしているのもわからないくらい暗い通路で先頭を歩く友人が突然
立ち止まりました。
私は友人が前に進まなくては歩くわけには行かないし、と思ってとりあえず立
ち止まりました。
2,3メートルほど前にある足元の非常口の照明だけが唯一の明かりです。
他に見えるものがないので、立ち止まっている間ずっとその明かりを見つめて
いました。
ですが、前後から同級生のざわめきが始終聞こえているので怖くはありません。
怖がって前に進めなくなるような娘ではなかったので、おかしいなと思いなが
らも待っていたのですが、後ろからきた同級生に「何立ち止まってんだよ、進
めよ」とせかされました。
なのに、友人は進む気配がありません。
ともかく歩かなきゃまずいと思った私は、先頭のAに、「先に行くよ」といい
置いてBだけを伴ってお化け屋敷をでてしまったのです。
さほど間をおかずにお化け屋敷を出てきたAに「どうしてさっき立ち止まって
たの?」と聞くと、「前に人が立ち止まっていて進めなかった」といいます。
中は本当に混んでいたので、ありえないことではなかったし、瞬きしているか
どうかもわからないくらい暗かったものですから、友人をよけて歩いた私が気
づかなくても無理はないかと思い、その場はそれで済んでしまいました。

521 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 13:39:05 ID:lILl27gi
が、後日なんとなくそのときの話を蒸し返してみると、友人Aと私たちの記憶が
一致しないのです。
Bと私の記憶は一致するのですが、Aの記憶だけが一致しません。
友人は立ち止まった理由は人がいたから間違いないというのですが、後ろから
同級生にせかされた記憶は全くないといいます。
すぐ後ろで怒鳴られたにも関わらずです。
立ち止まって待っている間はとても静かだったといいました。
私が先に行くといったのは聞こえていたようですが、そのとき急に前にいた人
の気配が消えたような気がして、自分も後を追って出たといいます。
その瞬間自分の前にいたはずの人のことはどうでもよくなってしまったらしく、
まったく不自然だとも思わずお化け屋敷を出てしまったといいます。
普段の友人の言動からすると、狭い通路で立ち止まってる人に声もかけないで
待っているような娘ではないし、後ろから怒鳴られて黙っているようなタイプ
でもないのです。
実際に人がいたかどうかよりも、物事をとても理路整然と整理する友人がそん
な自分の行動を全く疑問に思っていない方がちょっと不思議でした。
それに、あの狭い通路で友人の前に人がいたなら、2,3メートル先にあった
足元の非常口の明かりは見えなかったのでは…と、後になって思いました。
が、後々になって気がついたところで、無駄に友人Aを怖がらせても仕方ないと
思い、そのときのことはBと口裏をあわせ今も話していません。

522 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 14:39:30 ID:aDkrRlqK
NHKニュースで創価学会のニュースを読もうとしたら横のディレクターが叫んで制止し急遽差し替え
http://news16.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1099393858/

((((゚Д゚;))))

523 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 14:50:47 ID:cxpXklc/
コテハンも「まめ。 ◆zZeG7TJIaY」じゃなくて「まめ。」だけにしとけば
ある程度自己主張も出来てウザがられないと思うんだが。
トリップまで入れてると「他人とわけるほど凄いものを書くわけ?」って思われる。

524 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 15:06:05 ID:rzMvkUx4
NGNameに入れやすいからいいだろが。
他人がトリップ付ける付けないに口出ししたがる方が自己主張強くて鬱陶しい。

525 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 15:20:25 ID:PWJDHAY3
私の場合見えずに憑かれる一方なので まめ氏の話 興味深いです。

前回7月にヒドい目に遭ってからはおおよそ平穏に過ごしていましたが。
憑かれやすい私と霊感のある友人との体験談をば。

先日、ロードワークの史跡廻りのため待ち合わせ場所に行った時の事。

526 :荷台の上 1/3:04/11/05 15:21:19 ID:PWJDHAY3
待ち合わせ場所は友人の下宿から歩いてすぐのファミレス。
いい御身分である。私の家からはバイクで20分掛かるのに...。
目的地の史跡には電車で行くので朝5:30に出発。
バイクかっ飛ばして向かう。エリミネーター400。
車には極力乗りません、何か後ろに『いらないモノ』を乗せそうなので..

店に着くと窓際に友人が座っているので窓に水平に停車する。
長い髪に無精髭。ちゃんとした服着てなければホームレスにしか見えない。
自称『視えるが祓えない』友人である。
私に気づくと友人は薄笑いで手招きを始める。

店に入って席に近づくと 何が面白いのやら半分噴出しながら笑顔で言う。
『お前、相変わらずお約束やね』
「いきなり何や」
『 ん 』 指差す先を見るとバイクの荷台。
『うらやましいなお前、子供にも好かれやすいんやな』
「は?」
『後ろの荷台にちょこんと座ってる』
「またまた、俺が『視えん』からって騙すなよ」

『んー タイヤ見てみ。あんな物自分で付けたか?』

527 :荷台の上 2/3:04/11/05 15:22:18 ID:PWJDHAY3
視線を後ろに移す。私は思わず「うげっ」と洩らした。
後輪の空気入れの金具にキーホルダーがぶら下がっていたのだ。

遠目にウサギか猫だか人形が付いてるのが分かる。勿論自分で付けるハズは無いし
誰かに付けられた覚えも無い。
まさに家を出る直前、U字ロック外すためにその部分に触れていたし
家を出てから寄り道せず20分間走りっぱなしだった。誰かが触れるヒマもない。
「何で?アレが勝手にくっ付いたってんか?」
『かもな』「んなアホみたいな事...」
『えっと、お前ココ来るとき 明○書店の前通るよな? こないだ女の子轢かれたって知ってるか?』
「..んぁ、交差点に花束あったわな」
『手ェ合わせたりしたか?』
「運転中にするかよ!」
『..じゃあ現場通る時に 少しでも「かわいそう」だとか思ったか?』
「ぅえ!?」

OK、その通り。
ファミレスの手前の本屋。信号待ちで視界の左に花束。私は確かに「かわいそうやな」と呟いてた。

528 :荷台の上 3/3:04/11/05 15:23:12 ID:PWJDHAY3
『あー あー やっぱなぁ 』独りごちる友人
「何や、そんなモン誰だって..」
『まぁ、一般人はね お前は別。 優しそうやからくっ付いて来るんやろなぁ』
『面白そうやから話さんで置こうと思ったケドも、一応感謝せぇよ。ワンピース着た可愛い女の子だ』
「酷ぇ(・д・; 」

「付いて来んじゃないんか?ヤバいんじゃないのか?今日は中止だよな? な?(必死)」
『いや、何か珍しい事に お前じゃなくてバイクの方に憑いたっぽいぞ。』
『どうせバイク置いて電車で行くんだからええやろ』
「良 く ね ぇ よ 。 帰りも乗るんだぞ俺は」
『あー 大丈夫。放って置いたらそのウチ消えてくれるって...多分』
「多分ってお前..」
『もう直ぐ電車来るから行くか。あの子に手でも振っておけ。』

結局 史跡廻り行った後、半泣きで帰宅しました。
その後 荷台の上に塩盛って 半泣きで般若心経と九字切り。

2日後友人に来て視てもらった時には居なくなってたみたいです。
友人には『死人には極力同情しない方がいいぞ』と釘を刺されました。


529 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 15:30:25 ID:PWJDHAY3
あぁ(´Д`; やっぱり小説臭い。全部 です・ます口調の方が良かったかも

530 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 16:06:20 ID:lfR/D3D1
>>529
うるせぇんだよ。あーだこーだいうなら読むなよ。
書き方もいろいろ、文体もいろいろだからおもしれえんじゃねえかよ。
チャチャいれてぇんだったら文学スレに逝ってそこでヤレや!ボケ!

531 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 16:11:22 ID:DMaVnL+s

              |
              |
            >>530
     /V\
    /◎;;;,;,,,,ヽ 
 _ ム::::(,,゚Д゚)::| 
ヽツ.(ノ:::::::::.:::::::.:..|) 
  ヾソ:::::::::::::::::.:ノ 
   ` ー U'"U' 


532 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 17:00:44 ID:USaQk/sp
>>530
まぁ、もちつけw
ID確認汁。
とマジレスしてみるw

533 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 17:08:12 ID:5WZA21HP
ワラタ


534 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 17:41:40 ID:u6QOiNKg
7 名無しさん? sage New! 04/11/05 17:26:11 ID:???
★レスの数で募金額が決まる! あなたのレスで新潟を救え! ★
★締め切り時間間近です。奇跡をここから始めようじゃないか!★

               このレスから始まった

1 名前:名無しさん?[] 投稿日:04/11/04(木) 17:48:16 ID:xzWk8AuV
宝くじで10万当たって、今日換金してきた。
今から24時間後のレス数×100円を募金してこようと思う。
残った金が俺の小遣い。

11 名前:募金するぞっ ◆QHi7qMJNbk [] 投稿日:04/11/04(木) 17:55:16 ID:xzWk8AuV
>>10
もちろん加算しまつ。
10万越えたらポケットマネー出しまつ。
上限は30万にしてくだちぃ。貯金20万しかないから。

1レスに付き100円を新潟県中越地震募金に入れる。B
http://ex7.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1099643058/

画質悪いけど前スレ分の振り込み証明
ttp://venus.aez.jp/uploda/dat/upload11538.jpg

■レスの〆切は、04/11/05(金) 17:48:16■
■どんどんコピペしちゃってください。  ■
■       記念カキコ推奨       .■


535 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 17:42:17 ID:eerG8GwJ
>>530
そのまま二度と書き込むな

536 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 17:49:26 ID:c2AJNzsN
恐らく>>530は今日の12時過ぎるまで書き込みしないだろうな。
脊椎反射レスの>>530は恥ずかしい奴。


537 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 18:35:15 ID:F3s7I9ql
>>530
大丈夫だ、正義は君にある。
ただ少し、 

怒 り の 矛 先 を 間 違 え た だ け だ


538 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 19:10:22 ID:Paze0yIm
エピソードにいちゃもん付けてみて食いついてきたら>>530、でFA?

539 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 19:43:03 ID:veUEZR85
俺は530はイイ奴だと思う。多分。

540 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 19:51:32 ID:/KF0gcmG
俺は530はイタイ奴だと思う。多分。


541 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 19:55:07 ID:6Qu080AO
>>530、今出てきたら英雄になれるぞ

542 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 21:01:32 ID:VrTVDqkr
現在私キレ痔なんですが、今朝見た夢・・・

ケツ穴に太目のマイナスドライバーを挿入されて、
グリングリン回転されました・・・。

夢とはいえ・・・。

543 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 21:12:03 ID:ZNe7WF7/
>>542
気になってるからですね。
酷くなる前に肛門科行った方がいいですよ。

544 :530:04/11/05 23:01:32 ID:ayf6fM+x
そっか。>>529>>526-528の書き手だったのか。
>>513>>523とウゼぇレスが来ていたので、またこの手合いと勘違いして
おもわずキレてもうた。
529よ、ごめん。

545 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 23:11:02 ID:YRtxHT10
お前、いい奴だな。

546 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 23:29:15 ID:zUSrL/QV
>>545
だが友達には欲しくないなw

547 :本当にあった怖い名無し:04/11/05 23:45:12 ID:cxpXklc/
この流れワロタw
死ぬほど洒落にならないスレに暖かい風が吹いた。

548 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 00:04:45 ID:T7nDEj8Z
>>546
素直に友達になりたいっていえばいいのに
(´∀`)σ)`д´)

549 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :04/11/06 03:05:19 ID:8kND6OJD
今日はやたらスレ伸びてるが、何かあったのか?

550 :273:04/11/06 03:50:33 ID:wH66+Hf1
俺の友人に霊感のある奴(自称)がいる

ある日、そいつ(B)から何故かFAXが来た
「今日、オモロイ物買ったから見においで」
ノコノコとBの家に行くと「来た来た、まあ上がりな」
「面白いものって何よ?」俺が訪ねるとBは「あれですよ」と、冷蔵庫を
指差した、その冷蔵庫は緑色で取っ手の所は黒に銀のラインが入ったレト
ロな物だった。
俺「何コレ?中古?」
B「うん、リサイクルセンター行ったらコイツがあってさ、霊的な物感じ
たからさ、買ってしまったよ」
俺「・・え!、いわく付きなの?」
B「いや、いわくっつーか、悪い霊ではないんだけど、自爆霊みたいもん
だよ、子供だし」
俺「何か変な行動起こすの、こいつ?」
B「んー、夜中に唸るかな、「h〜〜」って」
俺「それってモーターかなんかの音なんじゃないの?」
B「それがさ、耳じゃ無く頭の中に聞こえるんだよね」
俺「いや、その感覚全然わからん」
B「ま、ゆっくりしていきなよ、その内体験出来るかもしれないからさ」

続く

551 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 03:52:00 ID:wH66+Hf1
そうしてBと遊んでいたら喉が乾いてきたので「なんか飲み物ないかな?」
と聞くと「冷蔵庫の中から勝手に好きな物飲んで良いよ」と、答えたので
冷蔵庫の前に行くと、冷蔵庫からガコンッ!と音が鳴り、その後に「h〜
ん・・」とモーター音のような音がする、その音は何と言うか耳鳴りのよ
うな感じで聞こえて来る、「気のせいだろ、たかが冷蔵庫じゃねえか」そ
う思い、冷蔵庫を小馬鹿にするようにペシペシと軽く叩いた。
すると「コンコン・・」と冷蔵庫の中からノックするような音が・・・。
「おっ・・」Bが呟く、俺が戸惑っていると、その音は「コンコン・・コン
コン・・、ココココココ・・」と連打!「おいおいおい!恐くて開けられな
いんですけど・・」と俺が言うと、Bは「気に入られたかもしれないね、大
丈夫だよ、害は無いからさ」と言ったので、そんなもんかなと思いつつもビ
ビリながら開けようとするが、全然開かない「ふぐぐぐ・・!」いくら力を
入れても開かない、恐怖心で力が入らないんだ、そう思い何度もやったが駄
目、みかねたBが「何してんだよw」と笑いながら冷蔵庫を簡単に開けた。
B「きっとお前に見られるのが恥ずかしかったんだな、うん」
俺「いや、見たく無いし、あ!あれだ、きっと冷蔵庫の中の物が振動で揺れ
ていたんだ、それであんな音がしたのか」
B「ま、そーゆー考え方もあるわなぁ」
一番恐かったのはBが冷蔵庫から取り出した飲み物がカロリーメイトだった
事。
B「これしかないんだよ」

終わり

552 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 03:57:56 ID:WogGZ5ia
好きな物飲んでいいって言ったくせにー。

553 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 04:03:07 ID:XQjBJP/f
ゴリラーマンですか?

554 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 04:59:01 ID:OQSN/F6+
>>542
アナルつながりで一つ怖い話をしてやろう。

この間病院に行きました。
最近ンコした後に紙に血がつくからです。
「あぁ〜、20代から痔かよぉ・・・。」
と、情けなさと恥ずかしさ一杯で診察を受けました。
触診や肛門鏡とかの検査の後で先生が言いました。


     「ポリープがありますね。」

555 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 05:19:35 ID:s9ppRTAI
ポリープってイボ痔?

556 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 05:37:25 ID:g2g7tT7k
>>555
いいや、「ポパーイ!! 助けて!!」って金切り声で叫ぶヤツ

557 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 05:48:50 ID:WogGZ5ia
>>556
それはオリーブ。

あーなんか>>556に負けた気分。

558 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 05:49:13 ID:O/mESQyD
>>556
オリーブだよ!と突っ込んであげるテスト。

559 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 06:20:49 ID:s9ppRTAI
>>558は尻の穴にオリーブを突っ込まれる刑

560 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 06:25:13 ID:NqpD+1SA
>>559
誰か知らないけどおはよう。

561 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 06:56:25 ID:2UeVZrIe
>>560
>>559じゃないけど、おはよう

562 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 07:07:13 ID:NqpD+1SA
>>561
おはようおはよう。
いい週末になるように祈ってるよ。


563 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 07:24:03 ID:xUIVtu2j
>>554
早期発見、良かったね!

564 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 07:29:22 ID:we5r5n+F
最初から読んでる途中だけど
>>68の話はなんかの雑誌で読んだ
どうしてそういう事件がわかったかっていうと
その雑誌の記者が現地取材をしていたら、ある男が声をかけてきた
その男が言うには、めずらしいビデオがある、ぜひ買い取ってほしい
と言ってきたそうだ
半信半疑だったが、見てみるのもわるくないし、よければ買い取って
ネタに出来ると考えて後日ビデオ持参で会うことにしたらしい
そしてその男ビデオを持参した、当然内容を確認させてくれとう話に
なったわけだ
そこに写っていたのは、噂の女性が縛られて、手足を切断される
映像だったらしい
しかもそこに写っている犯人はまさに目の前にいる男性だった
あわてて逃げたそうだ



565 :1:04/11/06 07:53:10 ID:F6I4RtOm
建築法だか何だかで5階(6階かも)以上の建物にはエレベーターを設置しないと
いかんらしい。だから俺が前住んでいた高速沿いのマンションにも、当然ながらエレベーターが一つあった。
六階に住んでいた俺が階段を使うことは全くといっていいほどなかった。まあ、多分誰もがそうだろう。
来る日も来る日もエレベーターのお世話になった。階段は下りるならともかく昇るのはなかなかにツライ。
だが、ツライのは分かっていても、今の俺は専ら階段しか使わない。

大学の講義がない平日の昼頃、俺はコンビニでメシを買ってこようと部屋を出た。
1階に下りるのには当然エレベーターを使う。エレベーターは最上階の8階に止まっていて、
今まさに誰かが乗るか降りるかしているところのようだった。
俺は階下のボタンを押し、エレベーターが下りてくるのを待った。
開いたエレベーターのドアの向こうには中年のおばさんが一人いた。
ちょくちょく見かける人だったから、多分8階の住人だったんだろう。
軽く会釈してエレベーターに乗り込む。1階のボタンは既に押されている。
4階で一度エレベーターが止まり、運送屋の兄ちゃんが乗ってきた。
3人とも仲良く目的の階は1階だ。

だが。
エレベーターは唐突に3階と2階の間で止まってしまう。
一瞬軽いGが体を押さえつけてきた。俺を含めた室内の3人は3人とも顔を見合わせた。

566 :2:04/11/06 07:54:50 ID:F6I4RtOm
何だ。故障だろうか。停電、ではないようだ。エレベーター内の明かりには異常がない。
「どう……したんすかね」
俺がぼそりと呟く。おばさんも運送屋も首を傾げる。
暫く待っても動く気配がない。と、運送屋が真っ先に行動した。彼は内線ボタンを押した。
応答がない。嘆息する運送屋。
「一体どうなってんでしょう」
運送屋の疑問は俺の疑問でもあった。

多分数字にしてみれば大した時間じゃなかった筈だ。沈黙は3分にも満たないくらいだったろう。
それでも漠然とした不安と焦りを掻き立てるには十分な時間だった。
何となくみんなそわそわし始めた頃、エレベーターが急に稼動を再開した。
おばさんが短くわっと声を上げる。俺も突然なんでちょっと驚いた。
しかし、だ。押しているのは1階のボタンだけだというのに、どういうわけか下には向かわない。
エレベーターは上に進行していた。
すぅっと4階を抜け、5階、6階……
7階で止まり、がらッとドアが開いた。
俺は訝しげに開いたドアを見る。全く、何なんだ。一体なんだっていうんだこれは。


567 :3:04/11/06 07:56:24 ID:F6I4RtOm
「なんか不安定みたいだから」
おばさんがエレベーターを降りながら言った。
「なんか不安定みたいだから、階段で降りる方がいいと思いますよ。また何が起こるか分からないし」
「そりゃそうですね」
と、運送屋もエレベーターを降りた。
当然だ。全く持っておばさんの言うとおりだ。
今は運良く外へ出られる状態だが、次は缶詰にされるかもしれない。
下手をすれば動作不良が原因で怪我をする可能性もある。そんなのはごめんだ。
俺もこの信用できないエレベーターを使う気などはなく、二人と一緒に降りようと思っていた。


いや、待て。
何かがおかしい気がする。
エレベーターの向こうに見える風景は、確かにマンションの七階のそれである。
だが……やけに暗い。電気が一つも点いていない。明かりがないのだ。
通路の奥が視認できるかできないかというくらい暗い。
やはり停電か?
そう思って振り返ってみると、エレベーターの中だけは場違いなように明かりが灯っている。
そうだ。動作に異常があるとはいえ、エレベーターは一応は稼動している。停電なわけはない。
どうも、何か変だ。
違和感を抱きつつ、俺はふと七階から覗ける外の光景に目をやってみた。


568 :4:04/11/06 07:58:49 ID:F6I4RtOm
なんだこれは。
空が赤い。
朝焼けか、夕焼けか? だが今はそんな時刻ではない。
太陽も雲も何もない空だった。なんだかぞくりとするくらい鮮烈な赤。
今度は視線を地に下ろしてみる。
真っ暗、いや、真っ黒だった。
高速やビルの輪郭を示すシルエット。
それだけしか見えない。マンションと同じく一切明かりがない。

しかも。普段は嫌というほど耳にする高速を通る車の走行音が全くしない。
無音だ。何も聞こえない。それに動くものが見当たらない。
上手くいえないが、「生きている」匂いが眼前の風景から全くしなかった。
ただ空だけがやけに赤い。赤と黒の世界。

今一度振り返る。そんな中、やはりエレベーターだけは相変わらず明るく灯っていた。

わずかな時間考え込んでいたら、エレベーターのドアが閉まりそうになった。
待て。どうする。
降りるべきか。
それとも、留まるべきか。



569 :5:04/11/06 08:00:34 ID:F6I4RtOm
今度は特に不審な動作もなく、エレベーターは大人しく1階まで直行した。
開いたドアの向こうは、いつもの1階だった。
人が歩き、車が走る。生活の音。外は昼間。見慣れた日常。
安堵した。もう大丈夫だ。俺は直感的にそう思ってエレベーターを降りた。

気持ちを落ち着けた後、あの二人のことが気になった。俺は階段の前で二人が降りてくるのを待った。
しかし、待てども待てども誰も降りてこない。
15分ほど経っても誰も降りてこなかった。階段を下りる程度でここまで時間が掛かるのはおかしい。

俺はめちゃくちゃに怖くなった。
外へ出た。
何となくその場にいたくなかった。


その日以来、俺はエレベーターに乗りたくても乗れない体質になった。
今は別のマンションに引越し、昇降には何処に行っても階段を使っている。
階段なら「地続き」だからあっちの世界に行ってしまう心配はない。
だが、エレベーターは違う。
あれは異界への扉なんだ。少なくとも俺はそう思っている。
もうエレベーターなんかには絶対に乗りたくない。

570 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 08:07:38 ID:8LmBQLxL
>>561>>562
おはよう。今日は良い天気だね。
取り合えず日課の散歩に行ってきますね。
ふるちんで♪
亀頭に朝の風がきもちいいです。
おやっ!?カワイイおぜうさん、おはようございます♪
僕の息子もおぜうさんに挨拶したいみたいでせう♪
そこの公衆便所にれっつごうでござるよ♪

571 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 08:11:46 ID:w1zzPRts
>>570
台無しだよー・・・

572 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 08:22:38 ID:2/foJi2l
>>569
その二人は行方不明?
本当に居なくなれば、警察の聞き込みくらいあるからわかりそう。

エレベータが不振な動きをしたのは只の誤動作、
風景が違ったのは、軽いパニックで視覚障害が起きてただけじゃないかな。

573 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 08:35:57 ID:aSiqFTOy
>>565->>569
最近読んだ話の中で一番怖かった


574 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 08:41:33 ID:s9ppRTAI
>>572
ここは怖い話をするスレだからそういうレスはなんか違うんじゃないかな?とか思いました
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい

575 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 08:55:11 ID:2/foJi2l
>>574
エレベータ無しでは生きられないので、どうしても理由付けをしたくなっただけ(苦
それくらいは怖かったということで・・・、ごめんよ。

576 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 08:56:35 ID:zD/nuVf7
運送屋とババァは>>565を異界に引っ張り込もうとして失敗しただけだな


577 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 08:58:55 ID:EbJLSpmH
ってか
まあまあかな
どうやってもネタだが

578 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 09:02:19 ID:RFng+Yw6
1年間に100人行方不明者がいるそうだよ
そのほとんどがお蔵入り事件
いったいどこへ行ってしまったのか

579 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 09:11:56 ID:FFQF8ebR
ここのスレの1がマジ怖い…。

【犠牲】あなたもまきぞえに【生贄】
ttp://pie.bbspink.com/test/r.i/801/1099656889/i

580 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 10:16:36 ID:mtt3VJ7E
中学3年の夏休みの話。
たぶんほとんどの学校は夏休みの原爆が落ちた日(8月15日だっけ?)に出校日があったと思う。
俺の学校にもそれがあってその日学校に行かなきゃいけなかったんだけど暑い中自転車で行くのも怠かったんで取りあえず制服を着ていかにも学校行きますみたいなとこを親に見せてサボる為に近くの池に釣りに行った。
そこの池は周りを木々に囲まれた小さな池でm

581 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 10:35:20 ID:OlbkbF4y
>>565-569
ウルトラQみたいで面白かった〜。
だけど、ふたりは7階にのこったけど、自分はエレベーターに戻ったこと、
その後ふたりは行方不明になってしまったこと、このふたつをちゃんと明記
しておいてほしかった。
外に出てマンションを見上げて初めて、このマンションに7階なんてなかっ
た、と気づいたとか、そういうオチにしません?ベタだけど、あったほうが
いいよ。


みて

582 :    ↑:04/11/06 10:47:03 ID:iryAzF/B
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

583 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 11:24:53 ID:GVyRsfPj
なんのこっちゃ。

584 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 11:35:50 ID:7uNOdwR2
みて!私をみて!
乗れば乗るほど、エレベーター!!!

585 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 11:40:37 ID:KkOG2pL1
エレベーターの話って結構恐いよね
CUBEってカナダ映画のおまけで入ってる短編映画がその話に似てる
本編もおまけもお化けは出て来ないが結構恐くて面白いよ

586 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 12:53:32 ID:fj+x/0nc
>>580
・・・

587 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 12:57:40 ID:2UQMgifx
>>580は、
@「え〜つづきは〜??」って言って欲しい
A「まさか>>580氏の身に何かあったのでは・・・」って言われたい
B「すいません、急にパソコンの調子が悪くなっちゃって・・・」って言いたい
C話を考えるのがめんどくさくなった
のどれかだと思う。

588 :淫槍ぐんぐにる ◆ANGELcmyDg :04/11/06 13:32:36 ID:TOKooSZ9
現在1位!さあ、投票だ!
ttp://news.fs.biglobe.ne.jp/special/proyakyuu.html
今年の流行語で、あなたが一番印象に残ったのは?

オンドゥルルラギッタンディスカー!(ネット)23.3% 480票

589 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 14:16:57 ID:vx+eAA8V
幽霊とかの怖い話しではないのですが・・・
今から25年ほど前の冬休みの事、当時大学生だった僕は友人の家が経営している
会津裏磐梯のスキー場にバイトに行きました。
その友人の実家の本業は精米所をやっており、バイトが終わった後にその精米所に行って見ました。
別に何をする訳でもなく、只ボーッとお米が籾殻の付いた状態から、ピカピカの精米に変わるまでを見ていたのですが、
フッと上を見ると天井の梁の部分を1匹のネズミが歩いています。
アッ!!と思った瞬間、ネズミは精米機の中に・・・・
5分ほどすると真っ赤になった米と、グチャグチャの内臓が・・・
(精米機は籾殻の状態の米を上から投入し下から出てくる。この状態を3〜4回繰り返して初めて出荷用の袋に詰める)
赤い米と内臓が又高速のコンベアで上に吸い上げられて行く。
すると、2回りめに出てきた時は、内臓は無くなり赤く染まった米も色が薄くなってきました。
4回目くらいには普通の白い精米に・・・そして袋詰め。
このお米誰が食うんだ・・・

590 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 15:39:38 ID:0382LDla
>>589
ギャーーーー!!

591 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 15:46:26 ID:Uo2EkzKh
「そういう品種」だと思って食べる

592 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 16:04:33 ID:uzs+u7FV
漏れが前に住んでたマンションのエレベーターでの事。

それは4人も乗れば一杯になる位小さなモノ。
当たり前の様にドアの上には階数表示があるのだが、その表示板
のすぐ上に縦10cm、幅1.5m弱の細長いミラーが、内部を見渡せる様斜め
に付いている。
出かける時に髪型等の最終チェックなんかをしてたんだがある日─・・

朝の出勤時なのだが、半ば癖の様になってたミラーチェックの為フッとその
ミラーに目をやると、漏れの右後方に俯いて立ってる女性が居る・・・

漏れ、ドアにくっつく位の位置迄擦り足でソ〜と寄り、ドアが開くと
同時に超早歩き!

だって乗る時は1人だったんだもん・・。

593 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 17:50:44 ID:KVk/YG0P
あんまり恐くはないが。

ある男が仕事で地方に行った時、ホテルで一泊してから
明け方帰ろうと、仕事場近くのホテルを予約していた。

まず、ホテルでチェックインを済ませてから荷物などを置きに部屋へ。
部屋はそのホテルの最上階である12階だった。
部屋に着くと、少し休憩してからすぐ仕事場に向かった。

仕事は深夜までかかり、ホテルへ帰ってきたときはくたくたで
早く寝たいという気持ちで一杯だった。
ロビーを抜けて、エレベーターの前まで行き、↑のボタンを押して
エレベーターが下りてくるのを待っていた。
すると数分たってエレベーターのドアが開き中を見ると老婆が一人、
隅のほうに立っていて、こちらを向いてやさしく笑っている。
「降りないのかな?」と不信に思ったが、降りる気配がないので
中に入って自分の部屋の階である12のボタンを押し、老婆と反対側の壁へもたれかかった。

しかし階操作板を見ると、自分の押した12のボタンが点灯しているだけで、
他の階は無点灯。
「このおばあさんも自分と同じ階で降りるのだろう」と勝手に思いこみ、12階へ着くまで
エレベーター内の上部にある階表示の電光板を見ていた。

ようやく自分の階である12の表示が出たのだが、エレベーターは止まろうとするどころか
今まで上ってきた速度でまだ上へ上昇しようとしている。
このホテルは12階までしかないので、いよいよこの状況にわけがわからなくなった。
老婆のほうを見ると、動じず笑顔を浮かべているだけである。
エレベーターはゆっくりと減速してすっと止まった。階表示には「13」と出ていた。

594 :593 続き:04/11/06 17:52:28 ID:KVk/YG0P
ゆっくりと扉が開くと、眩い光がエレベーター内に差し込んできた。
ドアが開いた先には物などは識別できず、神々しい光りで真っ白な世界だった。
すると老婆はこちらへ微笑みながら、光りのほうへ歩き出した。
男は混乱し、ただ老婆の後姿を見ているだけであった。
光に包み込まれそうになっている老婆はふっとこちらへ振り返り
依然としてやさしい笑顔で男に向かって手招きした。
男は外の光景があまりにも美しいので出て行きそうになったが、思い留まり
慌てて「閉」のボタンを押して、がむしゃらに他の階を押した。
ドアが閉じた時点で主人公は気を失った。

後日、その男は仕事先の地方の病院で目を覚ました。
看護婦にどうして自分がここにいるか聞くと
3日前、ホテルの前の歩道で車に轢かれて重態のままこの病院に運び込まれ
生死をさまよっている状態だったらしい。

長文スマソ


595 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 18:00:41 ID:Uo2EkzKh
なるほど。
しかしエレベーターネタってのは多いんだな・・・

596 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 18:04:58 ID:ZxO72LxD
某番組の「はい、吾郎さん!」って完全にギャグだよなw

597 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 21:30:01 ID:LL6+LO+/
>585
そうか、あのエレベーターの話はCUBEのおまけだったのか!
何も知らないで見たけど、確かにおもしろかった。

598 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 21:36:26 ID:hRziWkyc
もうひとり乗れる・・・

599 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 21:40:39 ID:Bq3n2oRO
【週刊文春】より

座っていた紳助にAさんが声をかけた。
「すいません、私は二十年前に吉本の東京事務所が赤坂にあったとき
木村・大崎チームにお世話になりまして、紳助さんにも可愛がって
頂いたんですよ、覚えてらっしゃいませんか?」
紳助は携帯メールに夢中で「覚えてないな」と一言。
「失礼しました、今は吉本に入ったので、よろしくお願いします」
一礼して立ち去ったが、ちょっと間をおいて
「おいこら、ちょっと待て!」と怒鳴り声。振り向くと
「なんやおまえの口のききかたは!」
訳がわからず謝る彼女の腕をつかんで、
「俺を誰やと思っとんのや!このボケ、カス、ゴミ!」と罵倒。
謝り続けるAさんの頭をグーで4,5発殴りつけ、髪をわしづかみにして
頭を壁に叩きつけた。
取り上げられたリュックで殴られてメガネは吹っ飛び、左耳が聞こえなくなった。
「助けて!」と悲鳴をあげると「何を大声出しとんじゃ!」
メガネを拾ってかけると、近寄ってきて顔にツバを吐きかけられた。
楽屋を飛び出したあと紳助は「こいつおかしいねん。殴ってもないにのに
大声出しやがって」と周囲に説明していた。
「あなたに殴られて左耳が聞こえないんですよ。一生聞こえなかったら
どうしてくれるんですか!」
紳助は「な、こんな口答えする女やから、殴られてもあたりまえやろ」
と周囲に同調を求め、彼女が悪いという雰囲気になってしまったという。
まあ、紳助とはこんな男。お里がばれましたな・・・・

600 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 21:46:11 ID:2+9WNHd7
599がすれ違いコピペだとおもいつつ初めて読んだので・・・
これって
その女の人が電波ってことなんですか?
そうとしか読めないんですけど・・・

601 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 21:49:41 ID:oI5Ods3N
>>580
>原爆が落ちた日(8月15日だっけ?)
ここに突っ込んでほしかっただけなんじゃないか?

602 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 21:51:53 ID:GVyRsfPj
>>600
えー!?いや、>>599を普通に読むならば紳助がエマって言いたいんでしょう。
ホントに事実か?って言いたくなるような内容だけど。

603 :本当にあった怖い名無し:04/11/06 22:25:12 ID:mtt3VJ7E
ここで>>580が登場!
まぁあれだ。>>587。Cで正解だす。
>>601
8月15日ってなんかあったよね?終戦記念日?
原爆は6日か9日だったか?
あぁ…自分の非常識さと記憶力が死ぬほど恐い。

604 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 00:10:26 ID:BxXWAlkk
>>603
ちょっとネットで調べれば星のように出てくるのにね。
怖いのは非常識さとか記憶力じゃないよね。

605 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 00:48:56 ID:ySSsirvo
600さん、マジですか?
これで女性が電波?
その根拠とは?
元暴走族に近づくな とか?

606 :トレパネーサン ◆r08xd6LXWg :04/11/07 00:52:20 ID:2UowHUS5
>>604
本当に怖いのは核爆弾ってことですよね!

607 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 00:57:16 ID:0hN/b35T
 むかしどこかのスレッドで書いたのですがエレベーターつながりの話
 
7〜8年ほどまえ多摩の某猫ランドで施設のメンテを徹夜で終えて早朝4時ごろでしたか
作業箇所から施設側から借りた塗料類を返しに台車を押して従業員用エレベーターにのりました。
 そのエレベーターは荷物の上げ下ろしにもつかわれるので「閉」ボタンを押さないかぎりは扉が
ひらいたままその場に止まるという仕様でした。そして扉を閉めないと他の階には移動しません。
 まだ出勤してきた従業員もいない園内を抜けエレベーターのボタンをおすと扉が開き、中には女性がひとり、、。
 少ないまでも警備員や夜勤の人がいるかもしれないので「お疲れ様です」と声をかけ塗料庫のある
フロアで降り、道具を返してまたエレベーターにもどると扉は閉まっていますがそのフロアで待っていたので
作業箇所のフロアまでもどりました。
 帰りに乗ったときは女性はいなかったのですが戻ってから背筋に悪寒が走りました。
 彼女はこのフロアで止まっていたエレベーターの中で「なぜ扉を閉めて」乗ってたんだろう?人を待っているなら
扉をあけているだろうに。
また降りた後、普通に彼女が扉を閉めるだろうと思い 自分はそのまま塗料庫に向かったのですが通常ならば
確かに扉はしまっていたが誰かが使ったならこの人の少ない時間 他の階に止まっている可能性の方が高いの
に、、、。
 たしかにただの変な女性だったか、自分には思いもつかない理由があったのか。もしくは「偶然」だれかがそうなる
ようにエレベーターを使用したのかもしれませんが。

 その後 帰るために従業員出口に向かうときには階段を利用しました。



608 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 01:06:59 ID:NSetpjtB
>>607
プチ怖。
エレガ霊?

609 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 01:09:10 ID:A1jMtLyt
この仕様だと扉が閉まってて中に人がいないってのは結構不自然な状況だな
「閉」ボタンがエレベーターの外にあれば別だが

610 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 01:23:50 ID:0hN/b35T
ああ、当然「閉」ボタンは外にもあります。
用事を終えて降りた場合は 他の階でエレベーターが呼ばれたら
エレベーターがそちらにいくように外から「閉」ボタンを押すわけです。
ただ 私がおりたとき彼女は降りなかったもので、彼女が中からボタンを
押して「そのまま」もしくは別の階にいってさらにだれかが自分のいる階に
もどってきたか、そのあとしばらくしてから彼女が降りてエレベーターを閉めたのか。
いろいろ可能性はあるわけです、、、


611 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 03:03:30 ID:4S9hDFk/
エレベータつながり
高田馬場にある古いマンション、エレベータがすごく古い。
ボタンが「釦」と書かれている。
御目当ての階に着いて扉が開くも、そこは壁。
初めて乗った時はびっくりした。


612 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 03:37:28 ID:vc7TFY0Z
神保町の雑居ビルで俺が乗ったエレベーターは、
扉がなんか玄関の門みたいな
XXXXX
XXXXX ←こんな感じの
金網みたいなヤツで、しかも腰ぐらいまでしかなかった
さらにすごいのが、エレベーターの籠側に扉がついてない!
各階ごとにある、おざなりな金網みたいな扉を手動で開けて乗り降りするんだよ…
初めて乗った時はなんかあっけに取られて気にしなかったけど、
今考えるとガクブルものだよ…
あのビル&エレベーター、まだあるのかなぁ

613 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 06:58:14 ID:ECn0qgVF
昨夜、暇だったからぼーっとパソでゲームしてたら
なんの前触れもなく急に部屋の空気がキーンっ!と冷え込んだ。同時に
「カツー・・・ン カツーー・・ン・・カツーーー・・ン」と三歩、
むっちゃエコーのかかった、ハイヒールで歩くような足音が部屋中に響き渡り
背後に誰かが立った気配。
「げっ!!」と思う間もなく両肩を強く掴まれた瞬間、強烈な寒気に襲われた。
寒いのなんのって、ガタガタ震えて歯の根が合わない程度じゃなく、震えすぎて歩行も困難なほどだ。
いきなり素っ裸で冷凍庫に放り込まれ、ジワジワ凍らされていくみたいだった。

背後からはテレビの砂嵐のような雑音が終始聞こえてくる。
というよりも、砂嵐のような雑音に満たされた空間が人の形に固まって実体化したものが
両肩を掴んではりついている、、、背中から伝わってくる感触はそんな感じだった。
とにかく背中全体がうるさい。
そして砂嵐の中から時折「ぅふー」とか「ぐしゅー」とか「んぐほー」とか
声のような息を首筋に吹きかけてくる。
その息がまた生臭いというか、甘酸っぱいというか、表現のしようのない嫌なにおいだ。

本来なら恐怖するところなのだが、未体験の凄まじい寒さで怖がる余裕がなく
コタツのスイッチを入れて頭からもぐりこんだ。
ところがいっこうに体はあたたまらない。
しかも、背中を下にして寝転んでも、依然両肩は後から掴まれたまま。
「ザァーーー・・・(グシュ〜)ザァーーー・・・(ンシュ〜)」背後の雑音と吐息はやまない。


614 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 06:59:35 ID:ECn0qgVF
あまりの寒さと理解できない現象に突然襲われ、頭が混乱しかけるのを必死でこらえた。
熱でもあるのか?
そう思い体温計を取り出し計ってみる。
しばらくして聞きなれない電子音が鳴った。
表示を見てみると見たことのない数字が表示されている。
体温計の取説なんか保管してないからわからないが、おそらく何かのエラーを表示している模様、、、
このままコタツの中で凍死するかも・・・
命の危険を感じて、また混乱しはじめる。
いや、落ち着け落ち着けっ風呂だ風呂だあああああっ!!

寒さで動けなくなる前にっ!と必死にカクカクしながら風呂場へ。
お湯を張り飛び込む・・・が、全然だめ。
がんがん追い炊きするも、まったくあたたまらない。
お湯の中でひざを抱えガクガクブルブル。背中からは相変わらず「ザァーー(ブシュ〜)」。
そのうち皮膚が真っ赤になり、チリチリジカジカ痛み出した。
このまま熱湯の中で凍死するかも・・・
また混乱しはじめる。
いやいや、待てっ落ち着けっ・・・なんかないか・・うーん・・・う・うどんだあああああっ!!

今度はカクカクと台所へ。
鍋のお湯が沸騰するのももどかしく、はんぺんやらちくわやらネギやら投入し
必死の形相で鍋焼きうどんをこしらえた。
一味をたっぷりふりかけ一口食べる。
熱い固体がのどから食道にすべっていくのがわかる。
しばらく間を置いて、胃のあたりがぽわ〜〜〜んとあったかくなった。
そのかすかな温度に心底ほっとし、暖かさに酔いしれた。体中の緊張が溶けていく。
まだ背中にへばりつかれたままで、雑音も臭い吐息もやんでなかったが
そんなものに構ってる余裕もなく、うどんを食べつづける。
そのうち、命の危機から脱出したことを体のほうが認識したのか
なんの感情の動きもないのに、涙が勝手にぼろぼろ流れ出した。


615 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 07:00:31 ID:ECn0qgVF
危うく部屋の中で遭難し、凍死するところだったとおもう。
体が誤作動を起しても不思議じゃない状況だ。
自分の涙に戸惑いつつも、胃から体のすみずみに広がっていく温かさで余裕を取り戻し、
背中にへばりついてる奴に、うどんを一口食べるごとに語りかけた。
「ん〜〜〜うめぇ〜〜〜おめーにはやら〜〜ん」つるつる
「あぁ〜〜あったけぇ〜〜〜ぜったいおめーにはやら〜〜〜ん」ちゅるちゅる

うどんを食べ終わったとき、背中の奴はいなくなっていた。

奴は消えたが・・・・今は風呂でのやけどがひどい。
体中オロナインH軟膏でべとべと。
かゆいし痛いし。
落ち着いて書いてたら腹立ってきた。
なんでこんな目にあわにゃならんのよ。
理不尽すぎだよおいっ!


616 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 07:49:28 ID:lTmkT4v5
なんかワラタ

617 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 08:44:03 ID:JW9ZldSx
ワロタw

618 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 09:40:49 ID:RXHWfsqp
「銀河鉄道999」の、雪女がラーメン食べに来る話を思い出した。

ラーメン屋の娘が事故で「雪女型アンドロイド」になり、記憶にせっつかれて
ラーメン食べに来るのだけど、凍ってしまって食べられない。
鉄郎が雪女の家に行ってラーメンを作ってあげたら
「鉄郎が真心を込めて作ったラーメン」は凍らなかったので雪女は食べることが出来、
体が溶けて成仏したって話。

619 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 09:41:29 ID:w8S0FK4v
今日の午前2時頃タバコが切れたのでチャリンコで15分の所のコンビニに買いに行った
片側4車線の道路(山手通)の誰もいない歩道を走ってると、
何故か前によろよろのおじいちゃんらしき奴が、チャリンコをこいでる
せまい歩道をよろよろジグサク運転で走ってるので、追い越すにに追い越せない
車道を走ろうとも思ったが、路中の車が多くて逆に危ないと思い
仕方なくおじいちゃんのペースに合わせて、ゆっくりと付いて行った
すると突然、そのおじいちゃんが歩道横の民家の壁に凄い勢いで激突し倒れた

助けようかなとも思ったが、遅いペースにイライラしてた俺はこの隙に追い抜こうと思い
無視して前に出て、やっと自分のペースで走れると安心しコンビニに向けてこぎ続けた



620 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 09:42:14 ID:w8S0FK4v
300m位走ると赤信号に捕まり、しばらく待った後信号が青になったので走り始めようとすると
突然、何かが凄い早さで俺のチャリンコをかすりながら前に出て来た
「うわ、危ねえ」とちょっとムカつきながらその物体を見ると、
なんとさっきのおじいちゃんだったのだ
さっきまでのヨボヨボさは無く、物凄い勢いでチャリンコをこいでる
振り向きながら俺の顔を凄い顔で睨みながら全力でペダルをこぎまくってる
まるで競輪選手がフィニッシュするかのような様な勢いで・・・

621 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 09:43:40 ID:w8S0FK4v
そして、おじいちゃんらしき奴はあっとい間に見えなくなった
俺はちょっと恐かったから、おじいちゃんに追い付かないようにゆっくりとペダルをこいだ
すると数分後、前方から何か「ぎゃぁぁぁ、ぎゃぁぁぁ」と奇声が聞こえて来る
その奇声はどんどん近くなって来るが、まっすぐな歩道の先には何も見えない
そして次の瞬間俺はやっと気付いた
そのおじいちゃんが、凄い勢いで「ぴぎゃぁああ」奇声を発しながら
車道の真ん中を逆走してこっちに向かって来たのだ
俺は物凄く恐くなり、こっちを睨みながらすれ違ったおじいちゃんから
視線を外してにかくペダルを全力でこいだ

どうにかコンビニに到着し、30分程時間を潰してから帰った
帰り道では事故があった様子も無く、おじいちゃんにも会わず帰って来れた
おじいちゃんが幽霊なのか、ただのボケじいちゃんなのか分らないがとにかく恐かったよ

622 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 10:39:32 ID:X7WCpnmE
>>620-621は置いといて、
>>619の状況で素通りしちゃあ  ( ゚Д゚)ニンゲントシテマズー

623 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 11:28:09 ID:iu5Ccmuy
>>613-615
なんか(・∀・)イイ!!
怖くはないけど巧いね。
特に「熱湯の中で凍死」とか。
弟切草とかにありそうな表現。

624 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 12:26:58 ID:qPuBWBjB
>>613-615
妖怪ぶるぶる?

625 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 13:35:24 ID:TUilO38w
サイフの中身が7円…

626 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 13:41:50 ID:bZli+jtF
>>613
最初は「なんだこの三流小説は」と思って読んでたら
途中からコメディのような事になってハゲワロスw

627 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 15:32:21 ID:IUdXdk8F
そういや昔おばあちゃんちで、前日の残り物の
親子丼食べてさ。
うまかったんでおかわりしようと思って、
コンロの上においてある鍋んとこ行って中、覗き込んだら、
煮込まれてちょっと白っぽく変色したゴがつく奴がはいってたんだよね……orz ウソォ
トイレにダッシュして指つっこんで吐きましたが、とりあえず、
その後もそれが原因で病気になることなく、元気だなぁ。

個人的洒落にならない話でした。

628 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 16:36:22 ID:qBtY/Bno
>>627
「昔は雑菌も多かったから人間の耐性が強く、健康な人間が多かった。
今は逆に潔癖症になり過ぎて、人間が雑菌に対する耐性も弱くなり、
ちょっとした事でも病気にかかりやすくなったようだ。何でもかんでも
抗菌○○とか殺菌○○とかを使いまくるのは良くない」と言う内容の
文章を見た事がある。大げさかもしれないが、そのGを食べてしまったと
言うことが、逆に雑菌に対する耐性ができて+の要因になったのかも
知れないですね。

629 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 17:04:37 ID:rf9KiBER
要するにみんなGを食べよう!でFA?

630 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 17:33:47 ID:bZli+jtF
なんつーFAをするんだ。
「みんな健康には気をつけようね♪」でよろしい。

631 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 17:40:16 ID:Ry9f69VI
Gも過熱すれば殺菌できる。
衛生的には何の問題もない。
ただ精神衛生上よろしくない。

632 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 17:42:48 ID:an4Dc/wj
殺菌と滅菌は違うぞ。
普通の煮物程度の殺菌で何とかなるのかあれは?

633 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 17:43:23 ID:Esf/WBaD
あれは、昨年の11月・・・。
夕方小腹がすいたので某牛丼屋へ。
客は学生2人と浮浪者。
私は気にせず席についた。
そして、並と卵を注文して食べていた。
前の席の学生が、辛そうな顔をして浮浪者を見ている。
私は浮浪者が嫌なだけと思っていた。
浮浪者も並と玉子を食べていた。
白身が口からダラリ出ている。・・・何度も、白身を口から出してはごはんに掛けて・・・。
と思っていたが・・・いや、待て、玉子の器が無いではないか!!
しかも、浮浪者からは時折、「カーッ」と聞こえる・・・。
そう、あれは紛れも無く、"痰"をメシに掛けながら食べていたのだった。
それを見て以来、牛丼屋には行けなくなった。


634 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 17:44:10 ID:rf9KiBER
電子レンジで生きたまま過熱したいもんだ。

635 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 17:45:26 ID:SlykTUiB
orz
やめてとめてやめて

636 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 17:49:18 ID:w/UHR538
>>628
それMMRだろ
>>627
煮込まれてたんならバイキンもいないんじゃないかねぇ
Gは数日袋に入れてンコを出させたら普通に食べられるというし

637 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 17:53:40 ID:SlykTUiB
Gは恐怖の使者でなくて、れっきとした昆虫だから栄養価はある・・ってーか多分高い。
Gが普通の食卓に登るようになれば、食糧問題解決。
あいつら速攻増える上に何したって絶滅しない。

あと千年もすれば原料Gの加工食品が山のように

638 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 17:54:56 ID:q4qUPyys
>>636
どこのメディアでも一時そういう情報が流れとったじゃないか
何故MMRw

639 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 18:16:40 ID:gTF8/jvB
>>637
G丼屋チェーン店が巷にあふれ24時間繁盛、
やがて、○○国で狂G病が発生、G輸入規制で街からG丼が消える!?
国民の声「やっぱりG丼がないと寂しいですねw」etc…

640 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 18:26:38 ID:w/UHR538
Gを知る者は彼のニックネームの「意味」をこう解釈している「主を裏切りイバラの冠をかぶせゴルゴダの丘で十字架にかけた13番目の男」と・・・
日本人にはあまりパッとこないがキリスト教圏の国の者は不吉と考えるようだ それもそのはずであるゴルゴダとはどくろという意味だからだ良く考えていただきたい
髑髏13・・・これだけで不吉だ・・・・そして13 日本では4、9が不吉とされているが欧米各国では6と13などが不吉とされている 映画「13日の金曜日」なんかもいかにもである 

641 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 18:27:44 ID:ECn0qgVF
夕食前なんだよ
やめてくれよ
神経細いんだよ
Gは最強。認めますから。

642 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 18:30:06 ID:SlykTUiB
「牛丼?ああ、G丼の代替品ですね。
・・・でも牛でしょ?鳴くし、血は出るし・・可哀想ってーか、
気持ち悪いですよね。味は似せても、血の匂いがするってゆーか。

やっぱオースト産のGが油乗ってて良い感じですね」

643 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 18:39:02 ID:w/UHR538
「やっぱり哺乳類を殺すのはよくないと思うんですよぉ.....
クジラだって今となっちゃ殺せないじゃないですかぁ
文明が発展していくにつれてそういう考えが強くなっていくんだと思いますよ?」

644 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :04/11/07 18:44:26 ID:2/VdQQ8h
もう、Gの話題はいいだろ?
そいえば、テンプレにG禁止って入れるとか言ってなかったか?

645 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 19:18:16 ID:Esf/WBaD
じゃあ自慰の話をしよう

646 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 19:57:32 ID:7JGayrne
ガハハ

647 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 20:09:06 ID:O4y4hAY4
ああ!そーか!
自慰(じい)とGでかかってるんだ!

648 :名無しさん@お馬で人生アウト:04/11/07 20:10:23 ID:KOmXL3wn
Gは下手すると雑菌が出す毒物で死ぬぞ。
毒物は煮ようが焼こうが無くならないからな…

吐いたのは正解だ。

649 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 20:20:03 ID:p8WCn0aH
あげ

650 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 20:22:21 ID:oy+MKea6
お母さんの幽霊が映ってるらしいよ。救助してる中継映像に。
白い女の人が映ってるんだって。優太くんもお母さんの幽霊に外に出してもらったんだよ。
あんな場所に飛び出ないし、一人ででていけるはずがない。
車の中から声がしたのはお母さんの幽霊の声なんだよ。ミルクを飲んだっていってたし。

651 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 20:25:21 ID:eNFTJCwL
16歳位の頃、金縛り初体験をした。「ウオッ!」初体験を喜んだ数秒後、「得体の知れない変な雰囲気」が
ガーーーッと襲いかかって来るような恐怖感。声は出ず体も動かない。その「雰囲気」が発せられているのは
足元の床の間。家は無宗教だったのでその床の間にはカーテンが付けられ物置にしていた。
激しくなる一方の金縛りと恐怖。数秒後、「それ」は姿を現わした。
床の間から這い出て来たのは、ボロボロの産着をまとった赤ん坊。しかも腐っている。
私を睨みつけながら、ゆっくり、ゆっくりと私に向かって這って来る。
ものすごい怒りと殺意を発しながら......

652 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 20:39:35 ID:LdSC+APm
稲川淳二の怪談話で大川興業にまつわる怖い話があるらしいんですけど
どんな話だか知っていたらここに書いてくれるという方いませんか?

あるサイトでこのような↓文章が載っていたのでとても気になって・・・。

大川興業にまつわる“テレビでは言えない話”
タイトル通り、これはシャレにならない話である。
事実として登場人物の死が確認されていること自体が、既に笑い事で
済まされない。しかも彼の語っていた話がとんでもない。もはや完全
に死に魅入られたとしか言いようがない。更に畳みかけるように発覚
した、彼の住居に関する真実。ここまでくると、出来過ぎとしかコメ
ントのしようがない。最初から最後まで芸能関係者が並び、信憑性の
上では申し分ない話である。その信憑性が恐怖を煽る結果となってい
るのも事実である。ひたすら冥福を祈るばかりである。

653 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 20:44:02 ID:41rTmMxI
>>639
Gって基本的に仲間の死骸と糞喰って生きてるのだけどね
それでも以上プリオンとかで絶滅しないのだから
進化の最終形態の極みだと思う

654 :651:04/11/07 20:46:26 ID:eNFTJCwL
つづき
自分の目が開いているのか、閉じているのかさえも分からない。それを確かめるすべも無い。
それなのに、はっきり見えるのだ.....「殺される」そう思った。
怖い、助かりたい、死にたくない。必死に「南無南無」って祈った。しかし、金縛りは
全く解けない。その赤ん坊が、少し笑った。小さい牙が見えた。
とうとうそれは、私の布団の上まで到達した。ゆっくりゆっくりと、布団越しに
私の体の上を這って来る。
「アカン、殺される」口元まで掛けていた布団から、「それ」がぬっと顔を出した時、
自分は死ぬんだっていう気がして、狂いそうだ。
怖い、怖い、怖い、怖い。 その間にも赤ん坊は確実に這い上がってくる。
お腹の上まで来た。
胸まで来た。
鎖骨の辺まで.....
「ああ、もうあかんのか」
「それ」が布団のふちから顔を出した瞬間、私の体は右横に吹っ飛んだ。
顔を出した瞬間と、金縛りが解けた瞬間が同時だったのだ。
逃げよう逃げようとしていた体は解けたと同時にはじけ飛んだ。
妹にしがみつき、怖い怖い怖い怖いと30回は言っただろうか。

あれは何だったんだろう。それ以来、数々の目撃をしてきたが、
「殺される」というくらいの恐怖はあれっきりだ。
                 長文スマソ

655 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :04/11/07 20:50:53 ID:2/VdQQ8h
>>650
ソースきぼんぬ。

656 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 20:52:10 ID:KtYDG+OX
>>652
怖い話は知らないけど
大川興業のメンバーで一人事故死してるのがいるよね
その人の話かなあ?

657 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 20:57:39 ID:SlykTUiB
>>652
ググったら即出てきた

竹書房文庫
稲川淳二の新・怖い
580えん

これに書いてあるらしい。
でも知ってる人いるなら教えて


今ニュースでマユちゃん出したとこやってた
思わず見ちゃったけど・・そんなの見えませんですた
ご冥福をお祈りします

658 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 21:03:22 ID:LdSC+APm
>>651
金縛りになるとそういう幻覚をよく見るもんだよ。
とくに初めての時はね。

659 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 21:07:04 ID:KvuKzosY
Gの話題は、もうやめませんか?
なんか気持ち悪くなってくる・・・

>>652
うる覚えだけど、
夢で麻雀に誘われて
雀卓囲っている、3人がすでに死んだ有名芸能人
「こっち来て麻雀しよう」と呼ばれる
その夢で麻雀誘われた芸能人が、大川興業の死んだ人って落ち
「あの世にひっぱられたんですかねぇ・・・」

660 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 22:56:38 ID:UPcKPkX1
そんなに怖い話ではないけれど。

今は分譲されて家が6軒ほど建っているそこは、かなり最近まではかなり広い荒れた草地で、ところどころに
建物の基礎や、材木が無造作に転がったり、地面から唐突に突き立っていた。
そこは昔、工場が建っていて、火事で焼け落ちたままになって何年もそのままになっていた。
俺は小さい頃、その焼け跡のすすきの生えた中を通って、川に釣りに行ったりしていた。

幼い日、祖父に手を引かれて、田んぼの畦から、夜の闇の中に立ち上る炎を見ていた、というその火事の記憶は、
今でも俺の中に確かに残っている。

しかし、その火事が起きたのは、俺の生まれる数年前に起こったのだそうだ。

661 :439:04/11/07 23:09:02 ID:JHc439TZ
暗いよ

662 :本当にあった怖い名無し:04/11/07 23:59:26 ID:NSetpjtB
>>661
IDにも439が入ってるのは仕様?

663 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 00:18:06 ID:h8E1/iQC
>>654
妹にしがみついた辺りの詳細キボンヌ

664 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 01:12:16 ID:NimtjU2I
外国じゃ本来13って縁起のいい日じゃなかったか?
そんな縁起のいい日にジェイソンが!って訳であのタイトルだったような・・・

665 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 01:31:48 ID:3WcD0n8z
キリストが処刑された日が13日の金曜日だったんじゃなかったっけ?
うろ覚えすまん。

666 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 01:41:50 ID:imwpW4H8
キリストを裏切ったユダが13番目の使徒だったので13という数字が嫌われるようになったのと、
金曜日にキリストが磔刑になったのが合わさって13日の金曜日というのは縁起が悪いと言われるようになったらしい。

667 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 02:06:14 ID:NimtjU2I
そうだったのか、わざわざ教えてくれてありがとう
勘違いを直せてよかった
縁起の悪い数字はちゃんと理由があるんだね
日本
4→し→死
9→く→苦
外国
13→裏切りの13番目の使徒、キリストが処刑された日
6→666に繋がる?→666は地獄の軍団の総数?
って事であってるかな?

668 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 02:31:24 ID:RwBGNN/p
666はヨハネの黙示録に出てくる、
獣の刻印ですよ。ダミアンですな。

669 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 02:51:01 ID:LLxUP4Rd
>>654
なぜいきなり妹にしがみついた事になってるのかサッパリわからん。
妹が自分を突き飛ばしてくれたのか?
それとも16歳なのに妹が隣で寝てたのか。
もしくはいちいち妹の部屋まで行って泣きじゃくったのか?情けなさ杉だろそれは。

670 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 03:00:18 ID:4SuXoL43
>>667
666は、新約聖書の「ヨハネの黙示録」第13章18節に記述がある。
「(この世の終末に獣が現れて、獣の像を拝むものの右手か額に、獣の名前あるいは
その名の数字の刻印を押させた、という話の後に)ここに、知恵が必要である。思慮のある者は、
獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。そして、その数字は六百六十六である。」

ご覧の通りイミフメなので、昔からいろいろと議論の対象になってきた。
ま、原語はギリシャ語かラテン語かわからんが、翻訳段階で誤解や誤訳もあるのかもしれんが。

しかしこんな時間にわざわざ聖書を引っ張り出してきて書き込んでる自分ってorz

671 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 03:04:57 ID:NimtjU2I
>>668 >>670
全く駄目駄目だな、自分
そうか、まず獣の刻印でしたな。どこから地獄の軍団が出たんだろう
時の暴君ネロを表したとか他にも色々あったみたいね
スレ違いに答えてくれてありがとう
これにて引っ込みます
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
以下何事も無かったかのように
死ぬ程洒落にならない怖い話をどうぞ

672 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 03:13:28 ID:zZsCLi/8
>>671
バーコードを見れ、
すべてのバーコードには666の刻印が押されている

673 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 04:36:12 ID:dJL5ISKv
>>663 >>669
普通に姉妹で相部屋なんだと思うが・・・。
一体何を想像してるんだい、君らは?

674 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 10:42:30 ID:bIjAAEw9
>>652
http://piza.2ch.net/occult/kako/981/981278938.html

↑の27あたりに出てる話か?

675 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 10:46:21 ID:BIC+vD+t
>>673
おまいそれを言わせる気なのかと

676 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 11:12:53 ID:pwB5OdMm
なんだこの流れ

677 :651:04/11/08 12:39:42 ID:ao+NhRua
そうです。姉妹で相部屋でした。で、お布団並べて寝てたんです。
金縛り解けた瞬間、弾き飛ばされたように妹のお布団へ体が跳ねたんです。
説明不足すみません。  でも、怖かった〜。

678 :669:04/11/08 14:29:34 ID:LLxUP4Rd
>>673
いや、別に変な想像してたとかではなく
16歳、高校生だったら普通部屋を分けてるもんだと思って読んでたから
なんじゃこりゃ。と思っただけよ。

679 :663:04/11/08 15:42:20 ID:guu4uTSf
>>667
お、俺も>>678と一緒な考えだった。
べ、べべべべべ別にエッチなことを期待してたわけじゃないぞっ!!

680 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 15:43:35 ID:3h9HnYA8
>>678
全ての人が子供分部屋がある家に住んでいるわけでなく。

変な事を想像してた奴は651が兄だと思い込んでいたに違いない。

681 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 16:00:25 ID:ni1yuyc/
>>677
床の間には物置みたいだけど何か変わったものとかある?

その後、変な体験した?、


682 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 16:20:34 ID:3SXxK8bF
俺は>>651でエッチな想像しましたよ。ええ。
そしてそれをこんな匿名の掲示板ですらはっきりと言えない>>678には辟易しますよ。ええ。

683 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 16:58:44 ID:pwB5OdMm
モチツケ、お兄ちゃん諸君

684 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 17:42:27 ID:Wzc01n78
俺は16まで姉ちゃんと一緒に寝てましたが何か?

685 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 17:55:50 ID:3SXxK8bF
一週間も前かな? そんなに前じゃなかったかも。
兎に角暑い日だったなぁ。蝉がミンミン鳴いていて、
木陰にいてもとても暑かったんだ。

「なぁ、たっくん。実は良いとこ見つけたんだ」

亮は垂れたアイスがついた指をしゃぶりながら僕に言った。

「いいとこ?」

「そっ、いいとこ。 でもさ、一人じゃ駄目なんだってさ」

亮はアイスのバーに当たりと書いてなかった事に腹を立てたのか、
バーをぼきりと折ると、思いっきり投げつけた。

「なんかさ、スッゴイお宝があるらしいんだよ。
 でもさ、絶対に二人じゃないと手に入らないんだって」

亮は僕の目を下から覗いた。
僕に一緒に行って欲しいって言っているんだ。

僕と亮はどんな時も、二人一緒だ。
喧嘩したって、次の日には笑って仲直りできるんだ。

686 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 17:56:21 ID:3SXxK8bF
「んじゃさ、僕と行こうよ」
そう言うと、亮は満面の笑みを浮かべた。

「もっちろんさ。だからたっくんにしか言ってないもん」

「よし、どうせ今日は面白いテレビもないからさ、これから行こうよ」

ホントは五時から始まるアニメが見たかったけど、
クラスメイトの誰かがきっとビデオにとっているはずだ。
それよりもこの好奇心そそられる冒険の事で頭が一杯だった。

「南の山の麓の森あるじゃん? そこにさ、古い洋館があるんだよ」

亮の詳しい説明によると、森の大分奥まった所に、誰も住んでいない
洋館があるらしい。南の山って言うのは、松茸だか何かが取れるとかで、
一般の人は立入禁止になってるんだ。
だからここら辺の人は絶対に入っちゃいけないことになってる。

「でもさぁ…。南の山に入ってもいいのかなぁ?」

「大丈夫、大丈夫。怒られたら俺の所為にしていいから」
亮は良くこの台詞を使う。
でも、実際亮の所為にしても、結局僕も怒られちゃうんだ。

「でも…」

「ぐずぐずしてたら、他の誰かにお宝取られちゃうよ!!」
亮がだだをこねだしたら、もう少しで怒り出すサインだ。

「わかったよ、行くよ、行く。二人じゃないと駄目なんだし」

687 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 17:56:52 ID:3SXxK8bF
森はひんやりとしていて、今日みたいな日には心地よかった。
迷いそうでちょっと心配だったけど、亮はズンズン先へと進んでいった。
亮がいるから安心だ。亮は野生児って感じだもんな。
亮は途中何度かポケットから紙屑を出すと、道ばたに落としていった。

「ねぇ、何してるの?」

「これはね、帰りに迷ったりしないように標し残してるんだよ」

なるほど。これなら暗くなってもこれを辿れば迷わないな。

一時間も歩いただろうか。開けた所に出た。
目の前には何とも言えない雰囲気の洋館がそびえていた。

「たっくん…、別に無理して入らなくてもいいんだぜ?」

ここまで来て何を言ってるんだろうと思ったよ。
亮は腕っ節は強いし、青大将だって素手で捕まえられるけど、
幽霊とかお化け屋敷とか、そう言うのは大の苦手なんだ。
僕はそう言うのは全然平気。むしろ大好きさ。

「なんだよ、亮ちゃん。怖くなったのか?」

ちょっとバカにした様に言うと、亮はむきになって怒りだした。

「何言ってるんだよ!! 怖いもんか!! 行くぞ…」

大きな玄関前に行くと、ドアになにやら書かれている事に気づいた。


688 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 17:57:27 ID:3SXxK8bF
『二人ずつお入り下さい』


本当に二人で入らないと駄目なんだ。
実際こんな所があるなんて、ちょっと信じられない感じだった。
誰が、何のためにここを用意したのか判らないけれど、
入ってはいけない所で無いのは判った。

「よしっ…行くぞ、たっくん」
「うん」

ぎぃぃ。きしむような嫌な音を立ててドアが開いた。
中は森の中以上にひんやりとしていて、寒気すら感じた。
なんとも言えない埃とカビの匂いが鼻をついた。
流石の僕もちょっと帰りたくなった。


「暗いね…ホントにお宝あるのかなぁ?」

「た、たっくん、怖いんじゃないのか?」

今度は僕がバカにされた様な気がした。
でも、本当は亮の方が怖がっているって事はわかっていた。

「大丈夫だよ、亮ちゃんと一緒だからね」
いつもの亮に戻ってくれないと、僕も不安になってくる。
僕は亮に頼ってる様に感じさせて、亮の気持ちを盛り上げた。
それはとても上手くいった様だった。

「そうだよね。二人一緒だもんね」
亮が力強く歩き出した。

689 :669:04/11/08 17:58:31 ID:LLxUP4Rd
うっわー16歳の兄と妹が一緒の部屋で寝るなんて
何が起こるかわかったもんじゃない!変な想像しちゃうよ!ハァハァ

これでいいかい。
でも確かに読み直すと一人称が「私」だし
姉って読むのが普通か。

690 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 17:59:49 ID:LLxUP4Rd
っと、割り込んでしまった。スマソ。
続きドゾー。

691 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:00:07 ID:3SXxK8bF
館の中は本当に薄気味悪かった。
至る所に蜘蛛の巣が張っていて、それにかかる度に
気持ち悪くて悲鳴をあげたくなった。
でも、悲鳴をあげてしまえば、二人とも挫けてしまいそうだと思い、
精一杯我慢したんだ。亮も多分同じだったと思う。

所々の壁に掛けてある絵も、何だかよくわからない絵で、
紫や、赤や黒が混じったような、気持ちの悪い物だった。
僕等は出来るだけそれが目に入らないように前だけ向いて歩いた。

途中のドアを何度か開けたけど、何も見つからなかった。
ほとんどの部屋はがらんどうで、塵と蜘蛛の巣しかなかった。
そろそろ諦め様かとしていた時、その部屋についた。

これまでの部屋と違い、そこには色んな物が置いてあった。
本棚、机、ベッド。壁には世界地図が掛かっていた。

「ねぇ、亮ちゃん。この部屋、何かあるかもよ」
興奮した口調で僕は言った。

「よしっ、お宝見つけよう!! 手分けして探そうぜ」

亮は机。僕は本棚を探すことにした。
ホントはベッドの上に乗ってる物を調べろっていわれたけど、
本棚の方が何かありそうだからと断った。
でも、ホントは違うんだ。ベッドの上のものは何か恐ろしげで
近づきたく無かったんだ。

692 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:00:39 ID:3SXxK8bF
二人とも黙々と調べたけど、大した物は見つからなかった。
本棚に一杯ある本も、なんだか判らない言葉で書いてあって、
大人達は喜びそうだけど、僕等にとっては何の価値も無かった。

結局部屋中調べたけど、何も見つからなかった。
残すはベッドだけだった。亮も嫌な雰囲気がしてるのは気づいてる様だった。



ベットの上にかかったピカピカ光った青のベルベット。
それは奇妙に盛り上がっていて、その下に何かあるのは判っていた。

「イチニのサンで、この布を引っ張ろう」 と亮が言った。

「うん。僕こっち端持つから、亮ちゃんそっち持って」

僕は逃げ出す準備をしていた。その下に何があるか、大体予想はついていた。

イチニのサン。

その瞬間、力一杯布を引くのと同時に、目を堅くつぶり顔を背けた。
亮の悲鳴が聞こえた。僕は目をつぶったまま、ドアまで駆けていた。

パニックになった亮がわぁわぁと叫ぶ。
ふと、その叫び声が止まる。次の瞬間…

「宝だ!! 宝を見つけたぞっ!!」

しまった!! 臆病な所を見せたばっかりに、
亮に先にお宝を見つけられてしまった。
僕は勇気を振り絞ると、ベッドへと目を向けた。

693 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:01:15 ID:3SXxK8bF
想像した通り、ベッドの上には死体が転がっていた。
しかし、思ったより大した事はなかったんだ。
前に何かの本でみた、ミイラみたいだった。
それはどうやら僕等と同じ年くらいの子供の様だった。
その首にはきらきらと金色に輝き、目の部分に、真っ赤な宝石が埋め込まれた
鷲の形のペンダントがかかっていた。

「た、たっくん。あのペンダント取ってよ」

亮が震えた声で言った。亮はこう言うのが苦手だからなぁ。
でも、僕だってそんなの嫌だよ。

「亮ちゃんが見つけたんだろ? 亮ちゃん取れよ」

「ふ、二人で協力しなきゃ駄目なんだよ」

確か、二人で協力しないと宝は取れないって話だったな。
でも、これなら別に一人で取っても取れるじゃないか。
よぉし、それなら僕が取って、僕の物にすればいいんだ。

僕はおもむろに手を伸ばし、鷲のペンダントを掴んだ。
弾みで死体の少年がこちらを向いた。
心臓が口から飛び出しそうになった。
でも、震える手で掴んだ宝は決して離さなかった。
慎重に、慎重に、死体に触れないようにそれをはぎ取った。

「やった!! やったぞ!! お宝ゲットだぜっ!!」

手にした途端、さっきの怖さなんて吹き飛んで嬉しさ一杯になった。
高々とペンダントを掲げ、跳ね回った。
まるで、僕一人しか居ないかの様に、有頂天になってしまった。

694 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:02:01 ID:3SXxK8bF
そんな僕を見て、亮が怒りを顕わにした。

「俺が最初に見つけたんだ、俺によこせっ!!」

「そんなのおかしいよ!! 実際取ったのは僕じゃないかっ!!」

僕は亮の理不尽な言い分に心底頭にきたんだ。
だってそうでしょ? アイツは口先ばっかりでなんにもしなかったんだ。
びびって何にも出来なかったくせに、美味しいとこだけ持っていくつもりなんだ。

「実際取ったからってなんだよ…。大体ここ行こうって言ったのも俺だぞ」

普段大人しい僕が、怒鳴ったりしたもんで亮はビックリした様子だった。
でも、腕っ節に自信がある亮は、僕相手には引こうとしなかった。
あんなに怖がっていたくせにだ。

「よこせよっ!!」

亮は僕の手に握られたペンダントをむしり取ろうと力一杯引っ張った。
嫌だと口では言わずに、僕も精一杯力を入れた。
その時亮の左手が弧を描いた。光の筋がパッと描かれたと思うと
僕の腕から力が抜けていた。 次の瞬間、鋭い痛みが襲ってきた。
亮は隠し持っていたカッターナイフで僕の腕を斬りつけたんだ。

「痛っ!! 酷いよ…酷いよ亮ちゃん」

亮が呆然と僕を見つめていた。

「ご、ごめん…。本気じゃなかったんだよ…」

695 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:03:46 ID:3SXxK8bF
亮の目は何処か怯えている様だった。
どうやらチョット脅かしてやろうってくらいの気持ちだったらしい。

「でも、たっくんが悪いんだぞ。素直に渡さないからっ!!」

亮は僕の所為にした。僕は全然悪くないのに。
悲しかったけど、泣かなかった。泣いたら負けだから。
痛くて、悔しくて、情けなかった。

でも、この時ペンダントなんてどうでもよくなったんだ。
亮は僕を傷つけてまでこれを欲しがってる。
僕はこんな物の為に人を傷つける気なんてさらさらない。
おかしいのは亮だけど、こんな物要らない。
僕が辛い思いをしたのも、怪我したのもペンダントの所為だもの。

「いいよ…そんなに欲しいんだったら、そんな物くれてやるよ…」

僕は釈然としない所はあったものの、潔くそう言った。

「ほ、ホント? ホントにホント?」

亮は少しビックリしてる様だった。
失敗しただった知れないな。亮が、自分が悪いと思ってる今なら、
何とか巧く僕の物に出来たかもしれなかった。

「いいよっ!! 何回も言わせないでよ!!」
「あ…ありがとう…」

亮はばつの悪そうな顔で僕の目を上目遣いで見ていた。

「その代わり…。今度何か見つけたら僕にくれよ」
「うんっ、うんっ、約束するよっ!!」

696 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:04:16 ID:3SXxK8bF
亮がにっこりと笑った。
こんな約束、コイツは明日になったら忘れるんだ。
だけど僕は忘れない。そしたらその時言ってやるんだ。
あの時、ペンダントを譲ったじゃないかって。
僕に怪我させた事をみんなにばらしてやるぞって。

その後、また奥へと向かった。
亮は上機嫌だった。途中何度も振り返っては、
僕に良い奴だの、今度おごってくれるだのと、機嫌を取っていた。
僕はそんな亮の態度をまるで人ごとの様に流す。
僕のそんな態度に気づかない亮が鬱陶しく思えた。

あんな事があった後だから、何もかも色あせて見えた。
蜘蛛の巣が顔にかかってもなんて事はないし、
壁に掛かった絵だって、別に動き出す訳でもない、ただの絵だ。

何もかもつまらなくなって、今はただ帰りたかった。
早く帰ってテレビが見たいなぁ。
今日の夕ご飯はなんだろうなぁ。
適当に亮の後をついて行くだけ。

と、前を行く亮が大声を上げた。

「おぉいっ!! あった、あったぞ、お宝!!」

飛び込んできた声に、急に現実に戻された。
現金なもんだよね。でも、お宝って聞けば機嫌も治るよ。

パッと駆け出し、亮に追いつく。

697 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:05:38 ID:3SXxK8bF
「あ、駄目だよ!! 気をつけて!!」

ふと足下を見ると、そこにはぽっかりと大穴が開いていた。
お宝はその奥の壁に掛けてあった。

鈍い光を放つ、赤銅色の蛙のペンダント。
目の部分には黒光りする石がはめ込まれていた。
黒曜石とか言うやつだろうか。

「…よかったじゃんか。ほら、お宝見つけたよ」

どう考えても、鷲と蛙じゃ釣り合いがとれそうもない。
亮もそれは判っている様だった。
鷲はちゃっかり自分の物にして、僕には蛙でお茶を濁そうって事か。

「うん…でも…」

でも、あんな蛙なんか入らない。全然ピカピカじゃないし、
目だって赤い宝石じゃないし、それに蛙だ。
僕は鷲が欲しいんだ。


698 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:06:09 ID:3SXxK8bF
「そ、そっか、あれを取るのは骨が折れそうだもんね」

亮はあからさまに話を逸らそうとしてる。

蛙がかかっている壁には、下から梯子がかかっている。
穴は大きくて、どう考えても、底におりない限りは梯子に手は掛からない様だ。
しかし、ご丁寧に穴の手前に太いロープが置いてあった。
これで穴の底におりて、あちらの梯子を登れって事だろう。

「これは…協力しないと取れないよね」

亮が不安げに僕の顔を見る。

「そうだね」

その時の僕はきっと無表情だったろうな。
協力? さっき僕に斬りつけたばっかりなのに?

「僕がロープをこっちで引っ張るから、たっくん取ってきなよ」

絶対そう言うと思ったね。
自分で降りるとは、絶対言わないと思っていた。
何時も嫌な事は僕にやらせようとするんだよな。

「うん、わかったよ…。しっかり持っててよ、亮ちゃん」

僕はそう言うと亮の顔を正面から見据えた。

699 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:06:43 ID:3SXxK8bF
「もちろんさ!! たっくんがお宝手にする番だもん」

亮がにっこりと笑った。

「ねぇ…お守りの代わりに、僕に鷲のペンダント貸してよ」

「え…い、いいけど…蛙取ったらちゃんと返してね?」

僕は鷲のペンダントを首にかけた。
それだけで勇気がわいてきて、何でも出来るように思えた。

簡単だと思った。亮の背中を押せばそれでお終いだ。

「うわぁ、高ぇ…下が全然見えないよ。ホラ、たっくんも…」

亮がこっちを振り返ろうとした時、足を滑らせた。
そう、滑らせたんだ。 僕は何もしていない。
ちょっとぶつかったかもしれないけど、わざとじゃない。
ちょっと、脅かしてやろうと思っただけだ。
亮がカッターナイフで僕を傷つけたように。

鈍い音が穴のそこで響いた。
亮の声は聞こえては来なかった。

兎に角早くここは離れてしまいたい。
ここを出て、早く何もかも忘れてしまいたい。

でも、このペンダントを見て、思い出さないでいられるだろうか?
暗い気持ちを見透かした様に、鷲の目が僕を見ていた。
そんな訳ないのに、ペンダントが僕を見る訳なんてないのに。
僕は恐ろしい想像が膨らまないようにと、息が切れる程思い切り走った。
出口へ。早く出口へ行かなきゃ。

700 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:07:19 ID:3SXxK8bF
出口だ!! 必死に走り、途中で何度も転んだけど、
奥へと辿り着く時間の半分もかからずに出口までやって来れた。

やっと出られる。僕は手をかけ、力一杯そのドアを開こうとした。
その時の僕の目は血走っていたと思う。
だけど、どんなに力を込めてもそのドアが開くことは無かった。
どうやら閉じこめられてしまったらしい。

「どうしよう、亮ちゃ…」

言いかけた時、僕には頼れる相棒がいないのだと思いだした。
一人で何とかしなくては。アイツの事は忘れて…。
何度も蹴ったり、体当たりをしたり、叫んだりしてみた。
だけど、結局ドアは開かなかった。
何も考える事が出来ず、ただただ懺悔するより他なかった。

ごめんなさい、ごめんなさい、亮ちゃん。
やっぱり戻ってきてよ。こんなペンダントなんてあげるから。
神様、どうかこの僕を許してください。
そして、亮ちゃんを戻してください。
良い子になります、ちゃんと勉強もします。
ペンダントも亮ちゃんにあげます。
僕はドアに手をかけたまま、泣きながら崩れ堕ちた。

701 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:07:49 ID:3SXxK8bF
その時だった。ドアにかけた手が滑り落ちるうちに、
妙な窪みにに触れたのだった。
目を凝らし、その窪みを眺めると、何処かで見た形にそっくりだった。
そう。それは今僕が首にかけている、鷲のペンダントの形だった。

そうかっ!! ここにペンダントをはめ込めば良いんだ!!
神様が僕を許してくれたんだ。
ペンダントをここに置いて行けば、許してくれるんだ。
亮ちゃん…ペンダントはここに置いていくよ…。
だから、亮ちゃんも許してね。

僕はペンダントをその窪みに押し当てた。
カチリと音がした。鍵が外れたんだ。
今度こそ家に帰れるんだ。勢い良く僕はドアを開けた。

そのドアの先、僕の目の前には…ドアがあった。
愕然とした僕の目に飛び込んだのは、蛙の形をした窪みだった。

鷲と蛙。二つが揃っていないと、外には出れないんだ。
でも、蛙のペンダントはもう手に入らない。
僕一人しかいないから。

ペンダントは二つで一つ。友情の証だったんだ。

あの、鷲のペンダントを首にかけた少年は僕だった。
愚かにも、親友を裏切り、ここで息絶える事になった僕だったんだ。

僕は次にくる誰かが、無事に出られます様にと祈り、
ドアから鷲のペンダントを取ると首にかけたんだ。

702 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:12:54 ID:pwB5OdMm
>>685-701
完全にネタだけど、俺好きだな〜こういう感じの。
何となく教訓めいてるトコとか、黒いトコとかw


703 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:17:06 ID:LLxUP4Rd
面白いといえば面白いけど
ここで終わりだったら100%創作だから
洒落にならないほど怖くはないな…。
どっちかっていうと創作文芸板向きかも。

704 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:35:38 ID:gJcJpUHX
世にも奇妙な物語っぽいね。

705 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:45:20 ID:guu4uTSf
けっこうよかった。
この流れからすると、たっくんと亮ちゃんは女の子だと思う。

706 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:46:10 ID:OpEMWsse
>>685-701
おお、こういうの好きだよ!長文乙。

707 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 19:16:28 ID:ml6fK5Dd
>>685-701
長文乙。
でもスレ違い。
怖かったら、100%創作だろうが長すぎだろうが文章力皆無だろうが
まったく構わないんだけど。

708 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 19:18:49 ID:tZKRMkpb
面白いんだけどね。

709 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 19:33:58 ID:dxxVKhTA
面白かったー

710 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 20:29:46 ID:/CkhIZ3+
面白い!!
ちょっとしたライトノベルを読んだ気分です。

711 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 21:08:01 ID:5dTJg/sn
怖いし、面白いよ !乙。別にスレ違いだとは思わないなー。

712 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 21:16:56 ID:rC+NheGk
こういうのがスレ違いとされるから創作スレができたんだがな

713 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :04/11/08 21:20:38 ID:HbukD70y
うまいなぁ〜。
もしかして、プロ?

714 :まめ。 ◆zZeG7TJIaY :04/11/08 22:29:24 ID:zwU5Bwdy
安坑-「鷲と蛙」 じゃありませんでしたっけ・・



715 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 22:32:08 ID:tZKRMkpb
コピーかよ。

716 :まめ。 ◆zZeG7TJIaY :04/11/08 22:39:01 ID:zwU5Bwdy
もしかしたら安田坑道氏本人が書き込んだのかもしれませんが
発表作品ですからね。


717 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :04/11/08 22:39:43 ID:HbukD70y
なんだよ。
ちっ!

718 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 22:52:48 ID:tZKRMkpb
コピーだったら創作でもないし、でもスレ違いなのか、しかも長いし、散々だな。

719 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 23:13:20 ID:BTwjWwb6
まあ、いいじゃないか・・・

720 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 23:15:13 ID:KNnudS9P
まめは本当に雰囲気白けさせるのがうまいな。
感心するよ。

721 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 23:26:36 ID:pwB5OdMm
>>720
俺はお前の意見で白けたよ。
才能あるな。

722 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 23:31:10 ID:5spHgthT
俺も、完成度が高いからプロ作品のコピペだと思ってたんだよね。
まめが教えてくれて「やっぱり」って感じ。

723 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 23:50:54 ID:TFVg1lJV
 先月の初め頃だったか。まだ暑さが残る頃だったと思う。
 朝、高速バスででかける用事があった。いくらか二日酔い気味で、喉が渇いていて、バスの中で
飲むものがほしかったんだが、バス停までの間にコンビニは無い。
 仕方なく道端の酒屋の前の自販機にコインを入れ、少し迷って小さいお茶のペットボトルを選んだ。
ペットボトルとつり銭の落ちる音を聞いて、お茶を取り出し、つり銭の返却口に指を入れた瞬間、俺は
悲鳴をあげた。

 体長2センチほどの灰色の蜘蛛が俺の指をすばやく伝って、地面に落ちた。


 死ぬかと思うほどびびった。
 あのあと、つり銭取り出すのに慎重になったよ。

724 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 23:51:48 ID:TFVg1lJV
怖くないか別に・・・逝ってくる

725 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 23:59:24 ID:SqCEwZlH
大丈夫 想像したら俺も怖かった

726 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 00:05:23 ID:PXZRHeYo
>>724-725
そんな君達に映画「アラクノフォビア」を推奨

727 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 00:10:43 ID:P/IOFjMZ
>>726
古い映画をご存知で・・・・・・。
ディズニー関係の会社で作ってなかったっけコレ。
ディズニーがこんな映画を!なんて思った記憶が微かに。

蜘蛛嫌いには遠藤周作の「蜘蛛」って短編も(((( ;゜Д゜)))だね。

728 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 00:19:04 ID:aEk98KYe
俺は極度のめんどくさがりの為ペットボトルの空とかを
そこら辺にポンポン置いて(投げたりね)いるのだが、
テレビの上にも3個置いてあったんだが条件は3個とも同じ。
等間隔にテレビの上に置かれテレビに歪みもなく正常。
置いている台も普通でなんの異常もなかったんだけど、
そのペットボトルが

カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ・・・・

と異様な早さで小刻み(揺れてるか揺れてないかの境目くらい)に揺れた。
ここまでなら、まぁ変だなとは思うけれども、地震かな程度で済ませられるが、
変だったのはその3個のペットボトルの

真ん中の1本だけが揺れてた、他の2本は全く反応無しだった。

工エエェ(゚Д゚)ェエエ工と大声を上げ小心者の俺は部屋から飛び出し
居間の母親に「ペットボトルが…ペットボトルが!?震えてる!」と訴え
母親は「( ゜Д゜)ハァ?」の一言だったが本気で恐かったんだょ。

初めて叫んだビビリ体験だった。

729 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 00:37:50 ID:6/nMm/IM
>>728
それは超電磁波だ! 人類は滅亡する!

730 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 00:47:29 ID:rhgcuewT
ども、>>286で虹色の虫の話を書いた者ですが・・・
あの話に関しての、後日談を・・・後味悪いですが・・・

あれから数日たって・・・
友人が2〜3日、姿を見せなくなったんですよ。
(言い忘れてましたが、二人とも予備校生です。)
まあ、予備校休むのはいつもの事だったんで
別に気にしてなかったんですけど・・・

一昨日、携帯に友人から電話がかかってきたんですよ。
で開口一番、
「虫を見に来ないか?」
聞くと、虹色の虫を捕まえたとのこと・・・
私は無論、見に行くことにしました。・・・期待半分でしたけどね。

彼の家に着き、インターホンを鳴らすと、中から
「入ってきてくれ。」
との声が。
中に入ると、カーテンが閉め切られ、部屋中にゴミが散乱しています。
そんな中、彼はベッドの脇に座り込み、サイドテーブルに置かれた水槽を眺めていました。
「何してるんだよ?」
そう言って、私は水槽を覗き込み・・・食べたものを吐きそうになりました。
・・・その水槽の中には、虫の死体が大量に敷き詰められていました。
その全てが、絵の具か何かを塗りたくられ、気味の悪い色をしていました。
そして、彼は盛んに
「綺麗だろ?綺麗だろ?」
と繰り返していました。


・・・後日、彼は母親に連れられて、田舎へと帰っていきました。

731 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 00:58:39 ID:IL2BR7Ej
……マジ?

732 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 01:01:43 ID:zlL88xVU
(゚ロ゚;)エェッ!?

733 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 01:06:39 ID:6/nMm/IM
>>730
それは超電波だ! その話を聞いた俺の精神が滅亡しそうです!

734 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 01:35:19 ID:sS4DFpTx
たま虫細工っていうのを知っているでしょうか
虹色に輝くかなぶんのような虫がいるんですが
そいつの羽の殻の部分を使って民芸品を作ります
もう日本には作れる人がいません。
でも大丈夫です、今アメリカ人が作ってます
しかも人間国宝です
その人がこう言ってました。
「綺麗だろ?綺麗だろ?」

735 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 01:44:22 ID:qPkVGv5y
作れる人ってか玉虫があんまおらん

736 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 01:59:08 ID:EcMe6aQo
作れる人がいないっていうか需要がないからなぁ。
で アメリカ人で「人間国宝」てもとアメリカ人でも
帰化でもして日本人になってないと「日本の」人間
国宝にはなれんだろ。

うろ覚えだけど「玉虫乃厨子」だかなんだかって羽の
部分で飾ってつくられた古い厨子が「国宝」だったきがする。

737 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 02:06:56 ID:to2GbuCb
ttp://kyushu.yomiuri.co.jp/spe-3/promenade/pro-04/pro-040827.htm

738 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 02:09:32 ID:zLls0045
>>728は結局gネタか?

739 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 02:28:59 ID:PXZRHeYo
いや、きっとペットボトルの中には巨大ゴキブリが……(((((;゚д゚)))))

740 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 03:23:51 ID:014Qgnfi
ttp://members.jcom.home.ne.jp/beatleslab/voyage.htm

エジソンによって発明された円筒形の録音機(エジソン方式)はその後改良され、レコード盤という円盤形(ベルリナー方式)となり大量の複製が可能となりました。
これによって人々は蓄音機とレコード(この頃はシュラック盤、虫の死骸を原料としており、傷つき易くすぐに割れた)を買うことで、ホールやクラブに行かずとも家庭
で音楽を何度でも楽しめる事になりました。

昔のレコードは虫の死骸で出来ていたらしい…Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)


741 :740:04/11/09 03:26:41 ID:014Qgnfi
あ…改行すまぬ… 逝ってくるorz

742 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 04:07:32 ID:Ti0otwT2
とあることで近所の心霊スポットのマップを見たんだ。
んでまぁわかたことが一つ。近すぎるところの噂は耳に入らないって事。
毎日通ってる道の廃墟が心霊スポットと言われてもピンと来ない。
それどころか行ってみる気にもならない。
そして2つ目は俺のアパートはその手の家に囲まれてるという事。
どの道通ってもその手の場所を通過する。

3つ目は4つ隣の部屋がズバリそういう場所だった。
確かにあそこは空き部屋なのに、物音や明かりがついたりする事で有名だった。
だがそれは不法に進入してる者の仕業なんだ。いやだった。
有名だよと言われて調べてわかった事だ。肝試しの類だったのだろうと思う。いや思っていた。

そのはずだったのだが、つい先日その部屋で物音がした時
俺は不埒者をとっちめるべく部屋の中をのぞいたんだ。
「なにをしている」って言って、逃がさぬようトアを塞いでな。
きゃーと声がして、小太りの許容範囲外な女が俺の脇をすり抜けていった。
俺の腕とドアを…な。

なぁ、俺はどこから突っ込んだらいい?

743 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 04:45:49 ID:7cTGRVlU
わかたこと

744 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 05:55:09 ID:KT3p4u1m
omosiroinaa


745 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 06:10:24 ID:OlLVSmsQ
>>742
後ろから

746 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 06:33:02 ID:M3PfnIJp
>>745
それだ!

747 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 06:56:22 ID:r/IsL1Om
閉まってるドアをすり抜けたってこと?

748 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 07:47:46 ID:PXZRHeYo
そういえばうちの近くに「こつ通り」という通りがあって、
その名前の由来が「地下鉄掘ろうとしたら人骨がゴロゴロ出てきた」からで、近くに納骨堂もある。
おそろしすぎる……。

749 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 10:09:52 ID:1AQZX9x+
>>748
千住?

750 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 11:22:26 ID:IHJF7TCj
>>740
何億円もするバイオリンの「ストラディバリウス」だって、ニスにいろんなもんが
入っていて良い音色がするらしいぞ。
調合が門外不出で誰も解らず、現代では作ることが出来ない。
虫も入ってるらしいし、他に何が入ってるんだか…。

751 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 11:58:44 ID:aEk98KYe
>>738
ぃゃ普通に違う(・∀・)

結局原因は分からず終いだがな。
虫ではない事は確か。

752 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 14:05:00 ID:LEdP2k2N
>>742
お前は今でも「近所の住人」のつもりだが、
実はすでに死んでいて仲間入りしているということ。

753 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 14:23:24 ID:zlL88xVU
>>752
アザーズキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

754 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 14:48:41 ID:YGlStdhi
>>728
今更だけど、それって共振じゃない。
ググれば大体分かると思う。

755 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 14:58:08 ID:to2GbuCb
三個とも同じ条件でひとつだけ共振する原理を教えてください。

756 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 15:06:49 ID:ZnIsjKPD
>>755
その条件には「位置」は含まれないの?

757 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 15:17:30 ID:YGlStdhi
>>755
ペットボトルの形状とか、テレビへの触れかたとかが違うかもよ?
まだ中身が少しだけ残ってた可能性もあるし。
まったく同じ飲み物だとは書いてないし、
3個とも同じ条件だってのは人間の感覚だから、
物理の目で見れば大きな違いがあるかもじゃん?

758 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 15:40:51 ID:to2GbuCb
>>756-757
>その条件には「位置」は含まれないの?

>ペットボトルの形状とか、テレビへの触れかたとかが違うかもよ?

俺は本人じゃないので尋ねられても答えられん。


>まったく同じ飲み物だとは書いてないし、
>3個とも同じ条件だってのは人間の感覚だから、
>物理の目で見れば大きな違いがあるかもじゃん?

「同じ条件」以外の表記はされていないので、
「違うかも知れない」は「同じかも知れない」と平行線を辿るだけぽ。

759 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 16:18:20 ID:331dEGh3
>>740
昔のレコードどころか今の食品にも使われてますよ。

760 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 16:40:58 ID:E6VpjeH2
>>758
同じ条件以外の表記されていないって、明らかに位置は違うから「同じかもしれない」はありえないだろう。
少なくとも位置条件が違うので一つだけ共振したという可能性が考えられる。

761 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 17:05:01 ID:YGlStdhi
>>758
IDを見てくれ、俺が言いだしっぺだw
それと俺だって100%共振だ、とは思ってないよ。
ただ、その可能性があるなって思っただけ。

762 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 19:08:13 ID:nYJ8KNtC
コカコーラのコーラって、
一つだけ外部に明らかにされてない成分が入ってるらしい。
それが、他のコーラとの味の違いにも貢献してるみたい。

昔、FBIがその成分に麻薬が使われてるんじゃないかと疑って、立ち入り調査をした時、
唯一FBIにだけ成分の正体が明かされたらしいよ。

763 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 19:17:09 ID:pJgG4Zxv
コカコーラのコカはコカインのコカとかいう話か?

怖い話じゃないな。

764 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 19:31:20 ID:6/nMm/IM
まあ麻薬やったことないから知らんけど、コカコーラって麻薬なんて疑われるほど大した中毒性はないと思うが

765 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 20:16:18 ID:QVfcdXfk
いまさら何年前の都市伝説を持ち出すんだよw

766 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 20:29:11 ID:yRnTDAdj
>>762
FBIが立入検査で見たものは・・・
瓶詰め前のコーラの原液に浸る脂ギッシュなオヤジの姿だった

767 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 20:31:18 ID:/hjC4njj
イチゴミルクのピンク色が、虫って有名ですね

768 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 20:36:19 ID:/hjC4njj
ブラジルのカルニバルに、死んだ人間が混じっていることがあるらしい。
楽しそうな友人をこちらに呼び戻すのは忍びないので、見送った。


769 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 20:46:53 ID:MVYJvcwZ
>>768
闇のエウデュリケだな。懐かしい

770 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 20:50:48 ID:MVYJvcwZ
>>723
亀レスで悪いが貴志祐介著「天使の囀」もお勧め。
きっと蜘蛛が大好きになるはずさ!


771 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 21:00:29 ID:Wp7EZQ/I
>>762-765
都市伝説だね。
実際にコカインを入れてた事はあったらしい。
といっても最初の方だけで、その頃は法律で禁止されてなかったから。
今は当然入れてない。
コカコーラの成分は全く秘密にもされてないし、社員の詳しい人は余裕で知ってる。

と、都市伝説を集めてるサイトに載ってたね。
どこか忘れたからアドレス載せれないけど。


772 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 21:10:32 ID:i8p0ZxVv
チョコレートのコーティングにカイガラムシの蝋を使うし、
赤色色素として使うコチニールもカイガラムシからとる。
いまさら取り立てていうほどでもないだろ?

773 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 21:23:49 ID:gG1EYNGS
今から6、7年前、深夜にコンビニに立ち寄ったときのこと
店に入ろうとしたとき急に横からおばあさんが話しかけてきた。
おばあさん「こんばんわー。おや?あんた似てるねぇ。」
俺「は?誰にッスか?」
おばあさん「この間ねぇ、ここのコンビニで働いていた子がね、
      事故で亡くなったんだよ。」
俺「そうなんスか・・・」
おばあさん「その子がね、あんたソックリなんだよぉ。ホントソックリだ。」
とか言われて、俺は「はあ!?何言ってるんだ?このババアは?」と思ったが
おばあさんが話しかけてきたときから寒気がずっとしてて
もしかしたら霊かと思いそのまま車に乗って飛ばして帰った。
その後何かあるかと思っていたが何もなかったので安心した。

774 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 21:26:03 ID:PXZRHeYo
>749
そう。線路の向こうに頭蓋骨の塚があるそうだ。
あと土支田は昔は土死田でBの死体を埋めた塚だったそうな。
今も暗くていや〜な雰囲気な場所(住んでる人には悪いけど)。

775 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 21:47:17 ID:+thMoMXG
探偵ファイルにのってたけど電車の人身事故って

「遺体処理は全て警察と消防が担当するので」

って書いてある。

いつだったか駅員や乗務員が処理するって言ってた奴は嘘こいてたのか・・・。

776 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 21:54:24 ID:Wp7EZQ/I
探偵ファイルは完全に信じ込まない方がいい。
専用のスレがヲチ板にあるから行ってみるといいよ。
どれだけ適当に、自分視点で書いてるのかわかるから。

777 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 21:56:33 ID:apvIxwBl
以前、充実○野菜の缶の中に巨大なゴキブリが入っていた事があったよ。
缶の飲み口よりも遥かに大きくて、出てこなかったけど、蓋を閉める前に入った
みたいだったよ。
途中まで気が付かずに飲んでしまった・・・

778 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 22:14:09 ID:rhgcuewT
>>777 伏せ字になってないぞ!

779 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 22:17:02 ID:PXZRHeYo
>775
俺の友達消防なんだけど、そういう場合たいてい警察は調べるの終わったら「あとヨロシク〜」って感じでとっとと帰るから、
後始末するのは消防か駅員らしいよ。

780 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 22:28:19 ID:sfieMlpF
1997年4月8日午後7時56分、ぼくはしんだ。


781 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 22:32:16 ID:ZqojQCKo
怖いサイト。おもしろかった。いったほうがいいよ。
http://diary.jp.aol.com/3hvrgk/1.html
心霊写真もある

782 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 22:34:11 ID:iJNSxxPi
>775
警察が来るのを待っていたら、列車の運行が止まって大混乱になっちゃうよ。
だから、私鉄の多くは救助活動を駅員や場合によっては乗務員が行う。

バラバラになった「お客様」を線路に横たえたままにしていては危険なので
線路からどかせて人命救助する。身体がバラバラの社会死状態ならど
どう見ても死んでいる状態でも、医師じゃないと死亡宣告できないので、
人命救助と言う名目で移動させたり、拾い集めたりする。
JRの場合は、旧国鉄と言う事もあってこの辺の救助はあまりやらない。

詳しくは、鉄道総合の「クモチュイーン」スレで質問してみると丁寧に教えてくれるよ。
>775の「手を出さない」と言うのは、現場検証とか、死亡が確定(医師や警察が到着した後)
の事を言って居るんじゃないの?

783 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 22:35:42 ID:iJNSxxPi
クモじゃなくて、「グモチュイーン」。
点々が抜けてたorz

784 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 23:08:33 ID:sfieMlpF
3年ほど前の話。時刻は夜8時くらいで、
当時の彼女と携帯で話してた(俺は自宅からで彼女は歩きで会社帰り。公園を横断中だった)。
他愛もない話をしていると、いきなり

うぎゃぁぁぁあぁぁっぁぁぁぁあぁぁぁぁぁぁあぁっーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

という女の絶叫が電話から聞こえ、切れた。
俺はてっきり彼女が痴漢にでもあったかとビビリ、すぐかけ直した。
電話はすぐ繋がり「どうした?」と聞くと、「いきなり電話切れたね」と彼女。
「そうじゃなくて、今すげー声で叫んだろ?」と聞くと「?????全然何も言ってないよ」とのこと。
彼女はどちらかというと怖がりだし、その手の冗談を言うようなヤツではなかったので、マジでビビッた。
以前公園で何かあったのか、電話に何か紛れ込んだのか、さだかではない。


785 :本当にあった怖い名無し:04/11/09 23:42:12 ID:tO9X7/uE
>>782
>>どう見ても死んでいる状態でも、医師じゃないと死亡宣告できないので、
>>人命救助と言う名目で移動させたり、拾い集めたりする。

少年サンデーで連載されていた「め組の大悟」でも、火災現場で真っ黒になった死体を見ても、
「死んだかどうか判定するのは医者だ!俺たちは『要救助者』を助けるんだ!」
ってセリフがあった。カコイイ!

786 :本当にあった怖い名無し:04/11/10 00:00:09 ID:it0qyck1


そんなとこにも規制緩和



787 :本当にあった怖い名無し:04/11/10 00:01:58 ID:7t5fWqOm
>>652
恐れすだけど息人形のことかな??

788 :本当にあった怖い名無し:04/11/10 00:19:50 ID:zrpNGIZ2
>>787
詳細キボン

789 :本当にあった怖い名無し:04/11/10 00:23:55 ID:505X+Yqm
どこの学校にも一人はいる、カミナリ先生。おしゃべり・居眠り等は容赦なく怒鳴り付け、その後の説教もたいそう長い。そんな先生の授業を受けていた。
昨日夜更かしをしていた私は、不覚にも居眠りをしてしまった。案の定、カミナリが飛ぶ。罵声にも似た怒鳴り声に飛び起きようとしたものの、体が動かない!
金縛りだ!前々からよく金縛りにはあっていたが、最悪のタイミングでなってしまった。先生は近づいてきて、まだ起きないのか!と鬼の形相。起きたくても起きれない私。
数分後に解けたものの、先生は怒り心頭。もの凄く叱られてしまった。金縛りなんて大したことないと、たかをくくっていた私もそれ以来、金縛りが恐ろしくてならない・・・

ショボい内容&長文スマソ。だけど私にとっては洒落にならない程恐かったんだよぅ・・・(´`)


790 :本当にあった怖い名無し:04/11/10 00:38:36 ID:cDxIwCiN
785>>
知り合いの石から聞いた話
どんな状態であっても石が死亡確認するまでやっぱり「死体」では
ないらしく事件事故のバラバラのヤツに
秋のキノコ狩りから一冬越えて春に発見されたヤツ(ミイラ君)が運ばれてきても
一応、捜査員(?)から
「死んでますかねえ・・・・・」と聞かれるそうな(笑)


791 :本当にあった怖い名無し:04/11/10 00:42:57 ID:XWdXXJXG
仮死状態なのも希にあるらしい。 バラバラでも

792 :本当にあった怖い名無し:04/11/10 03:05:52 ID:yfxyVHRA
>>790
わかってても「ハァ?」って言っちゃいそうだなw

793 :本当にあった怖い名無し:04/11/10 03:11:54 ID:dJeF12wb
>>768
日本の盆踊りだかなんだかにも、そんなのがあると聞いた。
その盆踊りは、笠をかぶって踊るので、踊り手の顔はわからない。
その顔の見えない踊り手の中に、ご先祖様が紛れ込んでくる、
というような話。

794 :本当にあった怖い名無し:04/11/10 05:45:53 ID:4El3FkMi
>>787-788
「生き人形」は稲川さんの話でももっとも怖い話の一つだけど
大川興業とは無関係だよ。

795 :本当にあった怖い名無し:04/11/10 08:13:05 ID:Lv+eqGX1
最近、オカ板のスレの数が微増傾向でしたが、
遂に今現在666スレになりました。

796 :本当にあった怖い名無し:04/11/10 08:42:49 ID:j35gNeeM
666記念カキコ・・・
だけではアレなんで、小ネタを一つ。

昔、キャンプしたときの話。
夜寝ていると、『ぎりっ、ぎりっ』という音と、
子供の泣き声が聞こえた。
その時は気にしてなかったが、
今思うと、ロープが揺れるような音だったなぁ・・・

797 :豆腐・ver.絹 ◆NY3.8XNhl. :04/11/10 08:46:41 ID:SwrtTTqu
>>796
いや、ギター侍がいたんだよ

798 :本当にあった怖い名無し:04/11/10 09:37:45 ID:a+KgdRCs
SMとチャイルドプレイを並行してやってたんじゃないの

799 :本当にあった怖い名無し:04/11/10 18:55:44 ID:4DQHSxnL
>>794
 それって、行方不明になってたオンナノコの人形が発見されたら成長してた、っヤツ?


800 :本当にあった怖い名無し:04/11/10 18:58:18 ID:yHyzv/CE
車で移動してたら人形が突っ込んできてすりぬけて、
その後人形職人に頼んでた人形が突っ込んできたのと同じだった、とかじゃねの。

まとめサイトに有ったと思うから探してみます。

801 :本当にあった怖い名無し:04/11/10 19:01:23 ID:ZlgKO6pm
ttp://kitahide.hp.infoseek.co.jp/kowaihanashi_index.html

802 :本当にあった怖い名無し:04/11/10 19:02:13 ID:yHyzv/CE
http://kowai.sub.jp/1/439.htm
有った。これ?

803 :本当にあった怖い名無し:04/11/10 21:13:59 ID:/Jp2vGFn
児童怖がらせようと原爆写真で肝試し

1 :名無しさん :04/11/10 19:37:38 ID:mg1HxBrZ
熊本市の市立小学校の男性教諭(59)が、授業後に肝試しをする際、
児童を怖がらせる目的で原爆犠牲者の写真を見せていたことが25日
分かった。保護者からの抗議を受け、校長や教諭本人が児童らに謝罪
した。市教育委員会によると、教諭は高学年の理科を担当。18日夜、星
と月を観察する授業のため学校に集まった4年生のクラスで肝試しをす
る際、自分で所有していた長崎の原爆犠牲者の写真パネル12枚を児童
に見せた。教諭から原爆の問題についての説明はなかった。写真には
ケロイドの背中や黒焦げの遺体などが写っており、泣きだす児童もいたという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041025-00000183-kyodo-soci

804 :本当にあった怖い名無し:04/11/10 21:14:41 ID:XQN+Ri7N
>>796
キャンプ言えば、小さい時家族でキャンプしに行って、
夜中にバンガローの扉をゴンゴン叩く音を聞いたことがある。
家族全員飛び起きた。音はしばらく続いてやんだ。
他にキャンプしてる人はいなかったし、
タヌキか何かが残飯をあさりに来たんだろ、という事に落ち着いた。

805 :本当にあった怖い名無し:04/11/11 01:57:27 ID:SFqTDVR4
実際そうなんじゃないの。

806 :本当にあった怖い名無し:04/11/11 02:17:41 ID:i4MBPpIg
ずっと前のスレだと思うけど「鍋島君の話」
っていうのがあったと思うのですが、どなたか知りませんか?

807 :本当にあった怖い名無し:04/11/11 03:01:30 ID:I0u614Pe
>>804
似たような経験あり。

ガキの頃家族旅行で旅館に泊まったわけ。
で、夜中(AM2:00頃と記憶してる)にふっと全員目が覚めた。
いやに目が冴えちゃって、何となく会話してたら部屋の入り口の襖
をノックする音が。
みんなびっくりして水を打ったように静まり返って・・・

その後どうしたかは、ガキの頃の記憶なんではっきり憶えてない。
多分そのまま放置して寝ちゃったと思う。襖を開けてはいないはず。

当時は全然怖くなかったな。家族も一緒だったし。
でも今思い出すとちょっと不思議。
というのも、部屋の入り口の襖といっても、その襖を開けてすぐ廊下
ではなかったんだよね。
要するに、襖を開けると玄関スペース(踏み込みってやつ?)があって、
で、扉を隔てて廊下になってた。
だからその扉でなく襖をノックされるのはどうも気味悪いな、と。
まあ、廊下に出る扉の施錠忘れだったかなと思うんだが、夜中の2時
に気配もなく部屋に入ってきて襖を叩かれて、気配もなく去っていくっ
てのも嫌だなあ・・・。

つまらない経験なのにちょっと長くなってしまった。すみません。


808 :本当にあった怖い名無し:04/11/11 03:17:01 ID:eRvdI99n

    _______                     __
    // ̄~`i ゝ                    `l |
    / /        ,______   ,_____    ________  | |  ____ TM
   | |     ___ // ̄ヽヽ // ̄ヽヽ (( ̄))   | | // ̄_>>
   \ヽ、   |l | |    | | | |    | |  ``( (.  .| | | | ~~
      `、二===-'  ` ===' '  ` ===' '  // ̄ヽヽ |__ゝ ヽ二=''
                         ヽヽ___//   日本
         ______________  __
         |googleは死ね             | |検索|←をクリック!!
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄
         〇ウェブ全体  ◎日本語のページ



・・・怖い

809 :本当にあった怖い名無し:04/11/11 04:34:17 ID:SFqTDVR4
>>807
親も起きてたんだよね?
まず「泥棒なんじゃ…?」って思わなかったのかな。

810 :本当にあった怖い名無し:04/11/11 05:47:10 ID:eRvdI99n

    _______                     __
    // ̄~`i ゝ                    `l |
    / /        ,______   ,_____    ________  | |  ____ TM
   | |     ___ // ̄ヽヽ // ̄ヽヽ (( ̄))   | | // ̄_>>
   \ヽ、   |l | |    | | | |    | |  ``( (.  .| | | | ~~
      `、二===-'  ` ===' '  ` ===' '  // ̄ヽヽ |__ゝ ヽ二=''
                         ヽヽ___//   日本
         ______________  __
         |金正日氏ね              | |検索|←をクリック!!
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄
         〇ウェブ全体  ◎日本語のページ


811 :本当にあった怖い名無し:04/11/11 08:47:50 ID:rEOYiitg
804で思い出したんだが、
家族でキャンプ行った時テントの外でずっと音がしてたんだな。
幽霊かもコエーと思ってたらそれは残飯あさりに来た熊で
キャンプ場がそりゃもうスゲ―騒ぎになったよ。

812 :本当にあった怖い名無し:04/11/11 09:48:02 ID:hUEaerQ+
>>808
笑いました。それにしてもなんでそーなるの?偶然?意図?

813 :本当にあった怖い名無し:04/11/11 10:12:11 ID:Q6UI4B8O
>>808
ちょっと読んだけど、凄い偏見の固まりだなw

814 :本当にあった怖い名無し:04/11/11 11:00:25 ID:2zjw7Tl9
>>806
http://kowai.sub.jp/kako/kako074.html
このスレかな?

815 :本当にあった怖い名無し:04/11/11 11:28:44 ID:1+in60EK
>>808
しかもピッタリ1000件かよ・・・

816 :807:04/11/11 16:52:04 ID:I0u614Pe
>809
結局開けなかったってのも変な話だよね。
親もビビりまくってたのかな?
こないだ実家に帰ったとき、その思い出を
話したら
「憶えてない」
だと。

817 :ちんこ:04/11/11 17:15:44 ID:w1Gwq7L1
別に怖い話ってほどじゃないんだけど、一応。


俺には田舎で一人暮らししてる婆さんがいるんだけど、
脳梗塞で倒れたらしくて、体の半分が動かなくなったみたいなんだよな。
んで、田舎からウチに引き取って、寝たきりの生活させてたんだよ。
親と俺の部屋は2階で、婆さんは1階の和室を寝床にしてた。
田舎の家は古くて、売れはしなかったけど、貸家にして
もう二度と行くことは無い故郷となった。
なので、田舎の墓から先祖の骨を持ってきて、一時的に婆さんの部屋に
お骨を置いてたんよ、っても置いていたのは3日間くらいだけど。
(こっちに新しい墓作ってたんよね)
婆さんはそういうの(?)嫌がるってことで、お骨のことは言わなかった。

親は共働きで、俺は行ったり行かなかったりの専門学校。
なので、夜に騒ぎ立てる(脳梗塞&ボケのせい?)婆さんの介護は
俺が夜な夜なやってたんだよね、朝早くから仕事の親を起こすわけにはいかないし。

んで、お骨を持ってきた日の夜に、婆さんがいつものごとく唸ってたのね。
でも、今回はいつもと違って俺の名前を呼びながら、ベット横の壁を
爪でガリガリ音立ててうっさいの。
マジうっさい、ゲンコくらわすぞ婆さん(怒・・・・と思って婆さんのトコに行った。

818 :ちんこ:04/11/11 17:22:24 ID:w1Gwq7L1
他の家はどうしてるか知らないけど、廊下とかは
月明かりとかで多少見えてたから、電気付けないで行ったんよ。
んで、婆さんの部屋(真っ暗)に入ったけど、位置とか覚えてるから
電気は付けないまま、婆さんに問いかけたよ。
「なに?親父とか寝てるよ?まだ2時だから寝てなきゃだめっしょ」
「いまねぇ・・・棒探してたのぉ・・・」
「棒?」
「囲まれてるから、棒で突付こうと思ってたのぉ・・・・」
「は?何を?」
「今囲まれてるのぉ・・・」
「何に?」
「ボロボロの服を着てる人たちにぃ・・・・追い払ってちょうだい・・・・」
「は?今?」
「・・・いまぁ・・・」
「今いるの?」
「いまぁ・・・」
「は?今ッ!?馬鹿じゃないのッ!?」

もうね、馬鹿かと・・・・アボガドかと・・・・
そんなトコに俺を呼ぶなよと。
即効部屋に戻った。

819 :本当にあった怖い名無し:04/11/11 18:02:59 ID:h4EheB7h
>>818
追っ払ってやれよ、おばぁちゃん怖かったんだよ ・゚・(つД`)・゚・

820 :本当にあった怖い名無し:04/11/11 18:12:59 ID:+YvC4UsY
昔このスレで見た話だと思うんだけど、

高校生の4人組かなんかが学校サボって溜まり場の廃屋で遊んでた時のこと、
壁が崩れて、壁にびっしりお札が貼られた新しい部屋がでてきて、
それを見た一人が発狂しちゃって隣の神社の神主がスゴイ形相で怒鳴りこんで来た・・・

この話をもう一回読みたい・・・・
この話ってまとめサイトに載ってる?

821 :本当にあった怖い名無し:04/11/11 19:07:00 ID:zVi/hBOk
載ってるけどどこだったかわすれた ごめん

822 :本当にあった怖い名無し:04/11/11 19:36:20 ID:wkVYk2DD
始めて試したのがセフレの人妻
それまで一度試してみたいと思っていたけどなかなか機会がなく、たまたま俺にぞっこんの人妻ができたのでチャレンジ
嫌がる彼女をなんとか説得して風呂場の洗い場で俺が仰向けに寝て彼女は俺の顔をまたいでオシッコスタイルに
彼女が緊張してたせいかなかなか出なかったが、お腹を力ませてなんとか放出させることに成功
彼女のあそこにぴったり口をつけて流れ込んで来るオシッコを飲んだが、慣れてないのでオシッコが出るスピードと飲むスピードがうまくあわず口から少しこぼしてしまった
彼女の体内から出たばかりなので生暖かく味は思ったよりしょっぱくなかった
匂いも予想したよりないかんじ
驚いたのがその後の展開で、彼女本当に俺のことを好きだったらしく、あなただけにさせるのは嫌なので自分も飲みますと言った
それで彼女を正座の形で座らせて俺が仁王立ちになり俺のを浅くくわえさせ放出
さっきの自分の経験から放出スピードが早すぎると口からあふれてしまうと思い少しずつ出すようにしたら一滴もこぼさずに全部飲ませることができた
彼女とはそれ以降のデートではいつもお互いに飲みっこしてたな
最初は飲むことで体に悪影響があるかとも心配したが全くの杞憂だった
お互い、こんなことまでし合う、というのが一体感を高めるというか背徳感につながるというか


今は新しい彼女(また人妻)とつきあっているが彼女ともお互い飲みっこしている
なぜなら彼女もまた特別な存在だからです

823 :本当にあった怖い名無し:04/11/11 19:59:26 ID:0vQ7WWel
俺霊感とかはない方だと思うんだけど、何度か怖い目になったから書く。

今年の春頃、廊下の電気つけたままで、部屋の電気は消して寝たんだけど、
夜中2時頃にフと目が覚めて部屋のドアの方を見た。
俺の部屋のドアは半分すりガラスみたいになってて、廊下の明かりが入ってきてたのだが、
イキナリ大きい黒い影が通った。
俺は一瞬家族の誰かかと思ったが、不自然な事に足音がしない。
その後恐る恐るドアの方を見ていたが2〜3回その影が音も立てずに、俺の部屋の前を行ったり来たりしていた。

怖くなってそのまま布団に全身くるまって、いつのまにか寝てしまった。


なんか微妙な話でスマソ。

824 :本当にあった怖い名無し:04/11/11 20:05:52 ID:L5QngkML
>>820
洒落怖のまとめサイトではないけど
ttp://www.geocities.jp/zikosekininkei/index.html


825 :820:04/11/11 20:28:18 ID:+YvC4UsY
>>824
せんくす!そんなサイトあったのね・・・
それにしても、やっぱこの話こわーー。
しかも続編とかあるし・・・
映画とかにしたら面白そうだね。

826 :本当にあった怖い名無し:04/11/11 20:30:00 ID:A7eFDXGu
>>822 ・・・コワイヨ・・・ガクブル・・・

827 :本当にあった怖い名無し:04/11/11 20:31:33 ID:XRgRYGJ6
>>808
間髪入れずの反撃ワロタ

828 :826:04/11/11 20:31:35 ID:A7eFDXGu
×822 ○823

間違えた・・・orz

829 :本当にあった怖い名無し:04/11/11 21:12:49 ID:Q6UI4B8O
>>828
いや、間違えてないよw

830 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :04/11/11 23:08:41 ID:UazuRZgW
>>806
「鍋島君」の話だけ抽出したテキスト持ってるけど、
良かったら第二別館にでも貼ろうか?

読み返したが、今さらながらハゲワラ!

831 :本当にあった怖い名無し:04/11/11 23:44:01 ID:StWzLKWU
>>830
よろ

ここもおもしろいよ

【恐怖Flash・フラッシュを集め座談するスレ】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1079079032/



832 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :04/11/12 00:21:22 ID:ayFFn56A
>>831
貼ったぞ。
すげーー長いぞ。

833 :本当にあった怖い名無し:04/11/12 00:26:46 ID:c+0uQMPI
鍋島君の話し読めました。
どうしようもない話だった。っていうか恐くないじゃん。
814氏、マンオンザタイプロープ氏、わざわざありがとう。

834 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :04/11/12 00:30:37 ID:ayFFn56A
>>833
途中から偽者が書き出したんだ。

835 :本当にあった怖い名無し:04/11/12 12:36:28 ID:QoVfh4fD
夢を・・・夢を見ました
夢の中のあの人は、2ちゃんのオカルト板に出没して、自己主張していました
私はその人を見てました

そんなある日の夢
私は砂浜を彷徨っていました
そして、見つけたんです
夢の中のあの人を

あの人は歌っていました

「皆さーん、元気ですかー!!」「それでは早速、いってみよ〜!!」
「ハイ!」「1・2・3・もこだよ〜!!!」
「食欲不振」「睡眠不足」「動悸に眩暈に神経衰弱」
ドキドキ 止まらない
「頭痛」「生理痛」「情緒不安定」「悲しくないのに涙が出ちゃう」
ズキズキ 恋わずらい多分……
ピタッと指が 触れるたび 胸が 胸が 疼くのよ
イ・ヤ・シ・テ・ホ・シ・イ カイカン 愛のリハビリで
I Want You 熱いハートの微熱
今すぐ奪ってよ 誘って 触って 大事な場所に
くちづけて 心も 身体も
全部あなただけのもの 眠れないの
セツナイ刺激 All Night Long I Miss You
きっと変われる 素敵な私 女の子
声も吐息も視線も 感じる仕草も あなた次第
愛してください 十年 百年 一億光年!! 「好きだよ。……大好き!」

836 :本当にあった怖い名無し:04/11/12 12:37:34 ID:QoVfh4fD
もこだよ〜
「まだまだいくよぉ〜〜〜!!」
「もこ巫女ナース! もこ巫女ナース!」「生麦 生米 もこ巫女ナース!!」
「巫女もこナース! 巫女もこナース!」「蛙ピョコピョコ 巫女もこナース!!」
「もこもこナース! もこもこナース!」「セクシャルバイオレット もこもこナース!!」
「もこ巫女ナース! 巫女もこナース!」「ソウルトレイン もこもこナース!!」
「もこ巫女ナース! もこ巫女ナース!」「姉三六角 もこ巫女ナース!!」
「巫女もこナース! 巫女もこナース!」「立直一発 巫女もこナース!!」
「もこもこナース! もこもこナース!」「もこもこナース!もこもこナース!」
「もこ巫女ナース! 巫女もこナース!」「もこもこナース! もこもこナース!」
「最後にもいっちょー、ハイ!」
「もこだよ〜」

・・・って・・・

837 :本当にあった怖い名無し:04/11/12 13:03:21 ID:IQjMClvw
本当にこれでいいのか?

838 :本当にあった怖い名無し:04/11/12 16:55:02 ID:TI4dWekC
後半歌詞見ずに間違えずに歌えたらちょっとした神だな。

839 :本当にあった怖い名無し:04/11/12 20:35:34 ID:gmW8LBMK
原曲なら、歌える奴はごまんといるぞ。
2ちゃんだけあって、神だらけだな。

840 :本当にあった怖い名無し:04/11/12 20:59:02 ID:U3VRAY0V
気持ち悪いな。

841 :本当にあった怖い名無し:04/11/12 21:03:59 ID:3//TaHUa
オカ板だって一部には気持ち悪がられてるだろ。

842 :sage:04/11/12 21:31:40 ID:luEzjX32
最後にもこの本物が出没したのは何時ごろだっけかな。

そういや、最近見ないように思うが・・。
また居るんですか?

843 :本当にあった怖い名無し:04/11/12 21:32:42 ID:luEzjX32
あ、あげちった。ごめんよ。

844 :もこ:04/11/12 23:51:39 ID:c+0uQMPI
もこだよ〜。
こわい話しっしっしっしっしっししっしししっしていいですか?

845 :本当にあった怖い名無し:04/11/12 23:53:04 ID:8OdSzB7o
駄目だ、我慢しろ

846 :もこ:04/11/13 00:02:34 ID:okQc6LeC
>>890
そうですか、じゃあします。




847 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 00:03:57 ID:LFvyjDdD
昔付き合ってた彼女が少し霊感らしきものを持っていたらしく、
時々幽霊が見えるとかぬかしていました。
俺は半信半疑だったんですが、そんなある日のこと。

ドライブ中夜遅くなったので、通りがかったラブホテルに泊まりました(ちなみに何もしてない)。
そして就寝。
すると夜中の何時かわかりませんが、ベッドのすぐ側にあった
アンティークな洗面所からいきなり水が勢いよく出だしたんです。
「一体何だ!!」
と思いながら、眠りを邪魔された腹立たしたもあり、
ずかずかとその洗面所に歩いていき、蛇口をひねって水を止めました。

そして振り返ってベッドに目をやると彼女も起きていて俺の方を見てるんです。
その時俺は事の異常さに気がつきました。
何で蛇口をひねる事ができるのか?

やばい。やばすぎる。
俺は即効ベッドにもぐりこみ、とにかく寝ました。
次の日彼女が言いました。
「あの時黒い影が立ってた」と
あそこで自殺した奴でもいるのカー!!とか色々妄想してしまいましたよ。

初めて体験したポルターガイスト現象でした・・・。

848 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 00:10:36 ID:VDCtfjEb
もうちょっとで

849 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 00:15:30 ID:XZdrVUqh
もうちょっとで?

850 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 00:15:55 ID:lokT72Fg
>848
もうちょっとで何?
3P!?

851 :もこ:04/11/13 00:21:15 ID:okQc6LeC
〜最初に〜

この話を読んであなたの身に何かが起こっても当店は一切保証できません。

とある中学生グループ4人が暇をもて余していたのか近所で「お化け屋敷」と
呼ばれる建物に肝試しに行きました。
4人がその建物に着くとそこはいかにも「出そう」な所でした。
彼らは準備を整えると意を決してその建物に侵入しました。
建物の中は薄暗くいかにも「出そう」な所でした。
4人はしばらく薄暗い通路を歩いていましたが、その内一人が言いました。
「おい、なんか変な音楽聞こえないか?」
「おお、聞こえるな、恐い」
「なーに、大丈夫、へっちゃらだよ!」
すると不思議なロウバが突如現れ、「ぅ〜ぅ〜」
僕たちは無我夢中で逃げました。途中Sが転びましたがなんとかなりました。
急いで建物を出て僕たちは急いでコンビニの前まで急ぎました。
「ひーひー、恐かった」
僕たちは安心して一息着くと、遅れてやって来たSが突然叫んだのです。
「あっ・・・!」
「ど、どうした!?」
「今気づいたんだけど、俺達まだ中学生だよな?」
「う、うん」



「700円 じ ゃ な く て 500円 で よ か っ た の に 」


852 :もこ:04/11/13 00:23:15 ID:okQc6LeC
どお?こわかったぁ?


853 :1-5:04/11/13 00:24:04 ID:4hBxvX5F
俺の友人で廃虚マニアな奴がいた。

「廃虚に行こうぜ、車でさ」奴(A)は、いきなりそう言って家に来た。
「俺恐いの嫌なんだよ」「だーい丈夫だって、恐かねえから」「ウソくせー」
そう言いながらもついAの口車に乗ってしまった俺。

Aの車に乗ると「来た来た、来ましたねえ」と別の友人(B)が嬉しそうに言った

因にBは霊感がある、こうして俺は「廃虚マニア」「霊感野郎」の2人に囲まれ
て、T県にある廃虚「Rランド」へと向かった

昼過ぎにT県に着いたのだが、Aは「さてと、まだ時間も早いし山でも行きますか
ね」などと呑気な事を言うので「いやいや、明るい内に早く行こうって」と、俺
が言うと、今度はBが「まぁまぁまぁ、C君(俺の事)、やはり廃虚は夜に行かな
いと駄目だろう」と阿呆な事を言い放つ「そんなものなのか?」「そんなもので
す」結局山。

山ではBが余計な霊感を働かせ「あー、いるいるー、あそこのホラ、木の上、ぶら
下がってるね、そこの道路の端にも、あー、血だらけだー」
俺は「この野郎」と心の中で思いながらなるべくBの指差す方を見ないようにした
Aは「B、絶好調だねえ」本当に嬉しそうな声で言った。

頂上に着くとAは「さて、早めの晩飯でも食ってこうぜ」
B「山で食べるオデンって大好き」
俺「晩飯までには帰るつもりないのね」
そして頂上のレストランで山菜テンプラ定食を食った後、土産コーナーへ移動。
Aはゴム製のモーニングスターと安全祈願のお守り、Bは「古過ぎて新しい」と、目
玉の飛び出るガイコツのキーホルダーとビニール製の刀、俺はオモチャの弓矢セ
ット(矢の先にゴムの吸盤が付いているやつ)を買った。
「装備しようぜ装備」「あと1人いればドラクエだな」「ワンワン三銃士だ」
馬鹿な事を言いながら夜になるのを待った。

854 :もこ:04/11/13 00:24:24 ID:okQc6LeC
もういっこします。

855 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 00:30:16 ID:C2kUR/ZX
>>854
普通入るときに中学生って言わないか?

856 :もこ:04/11/13 00:31:57 ID:okQc6LeC
もこの友人は心霊スポット大好き人間系です。

この前もその友人がもこの家にやって来て「ほらほら」と
自慢しにやってきました。
彼は右手に写真、左手に写真をもっていて
「これみろよ」とこれみよがしに言ってきました。
もこが見るとそれは一枚の写真でした。
写真には廃屋の前でポーズをとる友人の姿。
「これがどうしたの?」と
もこが言うと、その友人は
「これ、実は心霊写真なんだ、すげーだろ」
そう言われてよく見ると写真に写ってる友人の足が無い・・・、
と思ったらちゃんとついてるし他に以上もないみたいだけど
これのどこが心霊写真なの?ともこが尋ねると友人ニヤニヤ笑いながら
「実はこの写真・・・」








   「幽 霊 に 撮 っ て も ら っ た ん だ よ 」

857 :2-5:04/11/13 00:32:04 ID:4hBxvX5F
割り込んでしまった、いいのかな・・、もこさんスンマセン

夜、Rランドへ向かった、「おー見えた、あれだ」Aが指差す方を見ると、そこには
異様な雰囲気の遊園地が見える「え、あれが廃虚なの?」「すげえだろ!」その時
点で俺はかなりビビっていた、そして車が遊園地のに近付くとBが「うわうわうわ、
あそこの2階見てみ、女の人が立ってるよ!」Aは「来た甲斐あったー」と喜ぶ、俺
は「廃虚+霊」の状況に泣きそうになった。
A「じゃあ行くか、あ、一応武器は装備して行けよ、ヤンキーとか浮浪者がいるかも
しれないからな」B「霊より生きた人間の方が恐いからね」2人は片手に武器、もう
片方の手に懐中電灯を握りしめて降りる、俺は車の中に残ってようと思ったが、1
人になる方が恐いので一緒に車を降りた。
この時点での各々の装備

A・武器-モーニングスター・ゴム製だが先に付いたトゲ付の鉄球はかなりのダメー
ジを与えられる、片手で持てるので懐中電灯とのダブル装備が可能
懐中電灯・かなりの範囲を照らす事が出来る

B・武器-ビニール製の刀・叩き付けるのには不向きだか突き刺せばかなりのダメー
ジを与えられる、片手で持てるので懐中電灯とのダブル装備が可能
懐中電灯・かなりの範囲を照らす事が出来る

俺・武器-ビニール製の弓矢・肝心の矢の先がゴム吸盤の為ダメージは無いに等しい
、し  かも両手を使わなければ攻撃出来ない、さらに矢は1本
懐中電灯を持って来なかったので友人の車のキーに付いているレーザーポインター?
(暗闇でもカギ穴が  見つかりやすいやつ)・かなりの範囲が暗闇になる

武器のチョイスに失望した俺を、2人は「照らす範囲、狭っ!」「その格好笑えるん
ですけど」とゲラゲラ笑っていたよ。

858 :もこ:04/11/13 00:33:43 ID:okQc6LeC
どお?恐かった?
夜恐くて台所に行けなくてももこしらないもんねー

859 :もこ:04/11/13 00:34:29 ID:okQc6LeC
もういっこいきます。

860 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 00:40:14 ID:eCcGw1HT
もこちゃん、いい子だからあっちでお友達が遊んでるから一緒に遊ぼうねぇ

861 :もこ:04/11/13 00:40:17 ID:okQc6LeC
もこの家の近くに「犬無き峠」があります。
その峠には驚いたことに犬が一匹もいないのです。
だけどこの前、捨て犬を捨てに車でやって来た夫婦が
犬無き峠に犬を捨てようとしたら、隣のバラック小屋から
ムキムキのボディービルダーが50人あまり出てきて
「捨てちゃだめよん」
と一斉に言い放って「ソイヤソイヤ」のかけ声と共に車を崖から突き落とした
そうです。

いや〜、恐いですねぇ。

862 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 00:40:27 ID:C2kUR/ZX
>>859
もういい 無駄だから帰ってくれ

863 :もこ:04/11/13 00:41:06 ID:okQc6LeC
切れるよ?

864 :もこ:04/11/13 00:41:54 ID:okQc6LeC
はい、切れた!

もこもこもこもこもこもこもこもこもこもこもこもこもこもこ!!!

865 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 00:42:29 ID:C2kUR/ZX
もこコエー

866 :もこ:04/11/13 00:42:44 ID:okQc6LeC
もこもこもこもこもこもこもこもこもこもこもこもこもこもこもこもこもこ
もこもこもこもこもこもこもこもこもこもこもこもこもこもこもこもこもこ

867 :3-5:04/11/13 00:42:58 ID:4hBxvX5F
中央には2階建ての建物、右手にはボロボロになったジェットコースター等の乗り
物、左手にはドーム状の建物がある、初めに左手にあるドーム状の建物に入った、
どうやらここは室内プールか温泉だったようで、別にこれといった収穫は無かった。
次に真ん中の建物、Bが2階の窓から女が見えたと言うアレだ、建物の1階の中に入
ると真ん中に大きな穴が開いていて、中を覗くと下は池のようになっている、一応
地下に降りる階段もあるが途中からは水没している為降りる事は出来ない、大きな
穴を覗きながらAと俺は「うお、恐ぇ〜、この穴に落ちたら最後だな」「無気味だな
ー」するとBが「水ん中よーく見てみ?可哀想になー、この穴に捨てられちゃったん
だろうな、まだ子供だよ?一生懸命這い上がろうとしてるんだろうなー、余りここに
は長居しない方がいいかもな」と言った瞬間、上の階からドンドンドン!っと叩き付
けるような音が!「何何何!」俺は上から落ちて来るホコリを浴びながら弓矢を構え
た。
「出て行けってさ」Bは言う、「出て行こう」俺が言う、しかしAは廃虚マニアとして
の血が、Bは霊が見える安心感からか出て行こうとはしない、結局俺は半泣きになりな
がらもAの袖にしがみついて一緒に行動するハメに、その間も2階からは「ダンッ、ド
ンドンドン・・」と何かが歩き回る音がする、その時点で俺は頭がクラクラして、視
界もなんだか狭くなってる気がした「倒れたら置いていくからな」Aが励ます。
「いいか、ゆっくり上がるなよ、一気に行くぞ」Bが2階へと続く階段の手前で言う、
「ゆっくり行くと恐怖がだんだんと強くなるからな、勢いで恐怖を打ち消すんだ、行
くぞー!」その「行くぞー!」の瞬間、なぜかアントニオ猪木を思い出し、なんだか
おかしくて少し気が楽になったよ

868 :もこ:04/11/13 00:43:34 ID:okQc6LeC
もこ もこ もこ もこもこもこもこもこもこもこもこもこもこもこもこ
もこもここもこもここここもこもここもこもこもこももおこ

869 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 00:44:06 ID:eCcGw1HT
はい、もこちゃんいい子ねぇ〜
ほらほら、あっちでお友達が呼んでるよぉ

870 :4-5:04/11/13 00:49:50 ID:4hBxvX5F
今、10CHで恐そうな番組やってるよ。

続き
Bの言う通り3人で一気に階段を駆け上がった、俺は一番後ろだったので余り恐くは
無い、そして2階に到着、が、誰も居ない、静まり返っている、AとBは部屋中を懐中
電灯で照らすが、ただモワモワとホコリが舞っているだけだ「さっきまで気配はあ
ったんだけどな」Bは残念そうに言うが俺にしたら嬉しい事だった。

「なるほどなあ」とAとBはズンズンと先へ進んで行ったので俺はその後を付いて行
く、そして部屋の真ん中辺りに来た時だろうか、下の階から「ダンドンダンドンダ
ンドン!」と、物凄い勢いで階段を上がって来る音が、その時点で階段に一番近い
のは俺!何も言わず逃げるAとB!その後を追う俺!後ろからは「ヒュ〜〜、ヒュ〜
〜」声だか音だかがわからないものが聞こえる、Bが叫ぶ「やべやべやべ!走って
来るのはやばい!建物から出るぞ!」俺の真後ろでは「んふー、んふー」と鼻息の
ような音、だが建物から出た瞬間それは聞こえなくなった、ような気がした、実際
はそんな余裕は無かったと思う、とにかく建物を出た所でAとBが待っていた「ああ、
やっぱり奴は建物からは出られないみたい」Bが言うと、その言葉を聞いたAは「惜
しかったなあ、俺の武器をお見舞いしてやりたかったのに」と、モーニングスター
をブンブン回しはじめた、が、回す勢いが良過ぎて鎖の部分が切れて鉄球は明後日
の方向へ飛んでいてしまった。

871 :5-5:04/11/13 00:52:47 ID:okQc6LeC
すると中央の渡り廊下の奥から大きなイノシシが猛禽類のごとく空を舞い、歌い、叫ぶ
「どしただー!?」「どしただー!?」と聞こえてくるのですが、その掃除機の吸引力は
半端なものじゃなかったので、俺達はただただ「すいません、キノコおばちゃんが殺されて・・・」
しか言えませんでした。
穴を覗きながらAと俺は「横穴に落ちたら最後の晩餐だな」「気味が悪いほど美味しいって噂だぜ」
するとHBの鉛筆が「水中眼鏡でよーく見てみ?可哀想になー、この穴にはメダカはもう住めない
だろうな、まだ子供だよ?一生懸命這い上がろうとしてるんだろうなー、余りここに
は長居しない方がいいかもな」と言った瞬間、上の階段からドンタコスドンタコス!っと蒲団を叩き付
けるような音が!「何何何!」俺は上から落ちて来るポカリを浴びながら弓矢を構え
た原始人が立ていたのです。


872 :もこ:04/11/13 00:54:48 ID:okQc6LeC
もこをおこらせるとこういうことになります。

873 :5-5:04/11/13 00:55:00 ID:4hBxvX5F
「こうなったらCの弓で霊を攻撃しろ」「俺は絶対嫌だ」「じゃあ俺が」Aは俺の弓
矢を取り上げて思いきり弓を引っ張る、が、引っ張り過ぎて糸の部分が切れてしま
った、Aの手元に残ったのは鉄球の無い棒と糸の切れた弓矢、「これじゃスライムも
倒せねぇ」Aは悔しそうな声で言う、「ま、とにかく早く帰ろう」とのBの意見に大賛
成した俺は素早く車に乗り込んだ、そして全員が車に乗った時「ガンガンガンガン
ガン!」と建物の2階の窓枠が激しく揺れている「刀!刀!」「いや、届かないから」
AとBは楽しそうにゲラゲラ笑いながら言う、そうして俺にとっての初霊体験?の夜は
終わった、帰りの高速でBが「また来ようね」と言ったので固く断った。

現在俺の頭の中では「Bは偽霊能者で狂言野郎」「あの建物には浮浪者かイタズラ好
きのヤンキーがいて俺達を驚かした」「窓枠は風で揺れたか人が動かした」てことで
解決しました。

874 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 00:57:54 ID:j3Ie9RG1
乙。面白かった。それと



もこ死ね。

875 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 00:58:10 ID:mcSzbe5U
>4hBxvX5F
おもしろかった。

もこはダメ。

876 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 00:58:18 ID:KnRRtD99
>>873
なかなか面白かったよ〜。
装備云々言ってるのにワロタ。

877 :もこ:04/11/13 01:00:27 ID:okQc6LeC
もこもこ

878 :もこ:04/11/13 01:02:40 ID:okQc6LeC
もこをおこらせるからいけないんだよ〜

879 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 01:03:26 ID:tEN3US0p
ドラクエワロタ。

880 :もこ:04/11/13 01:05:43 ID:okQc6LeC
もこもももこももこのうち

881 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 01:07:32 ID:mcSzbe5U
となりのもこはよくもこくうもこだ

882 :もこ:04/11/13 01:08:30 ID:okQc6LeC
もこもこもこもこ

883 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 01:08:43 ID:mcSzbe5U
もーこーもっこもこもこ

884 :もこ:04/11/13 01:10:36 ID:okQc6LeC
>>873
おつかれ〜
けっこうよかったよー。
もこが出てこなければもっとよくなったのにねー。
残念だねー。

885 :もこ:04/11/13 01:11:49 ID:okQc6LeC
もこもこーもーこーもっこもー♪

886 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 01:12:40 ID:4hBxvX5F
レスありがとうございます

その時行った廃虚は「バトルロワイヤル(でしたっけ?)」で使用された
そうです。

あと、建物の横は坂道になっていて2階とつながっているので、謎の足音か
ら逃げる時はそこから逃げました。

AとB、そしてその他の友人のおかげでまだまだ色んなニセ?霊体験がありま
すので、また時間があったら書き込みたいと思います。

もこさんの5-5を読んで笑ってしまった、ポカリて・・・

887 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 01:14:11 ID:C2kUR/ZX
もこって何者?よく出るの?池沼は他でやってくれ

888 :もこ:04/11/13 01:15:30 ID:okQc6LeC
もこもこ

889 :もこ:04/11/13 01:17:49 ID:okQc6LeC
>>886
褒めてくれたねー。ありがとうー。
これでもこも成仏できます。
邪魔してごめんなさい。
迷惑かけました。
さようなら。


890 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 01:27:20 ID:VIFo1pBs
NG入れるか、スルーか汁

891 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 01:31:41 ID:qhHrQqVF
( ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ

892 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 02:15:28 ID:1GuuxVRB
もこ、って、本物は地震で

893 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 02:54:35 ID:tV9YCl3Y
死んだんだよ・・・・・

894 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 02:58:51 ID:XZdrVUqh
へえー。

895 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 07:47:15 ID:ntjP2UmO
に押しつぶされたらしいね

896 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 09:05:44 ID:KnRRtD99
変に続いててワロタ

つーかもこって男だったのか。

897 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 10:22:29 ID:KjyBn+gl
オリジナルじゃないけどな>もこ

898 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 10:28:18 ID:47WjPwpZ
>>820
かんぬっさんの話か??

899 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 10:39:58 ID:SASOe5Oo
もこは薬中じゃねーの?
ある意味コワイ

900 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 10:42:25 ID:47WjPwpZ
>>899
IDカコイイ!!(・∀・)
誘え・・・?

901 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 13:14:23 ID:qhHrQqVF
さっき寝てたら玄関開けて誰か入ってきて、その瞬間金縛り。
それからまあすったもんだして、金縛りがとけてガバッと起きたんだけど
なんか空中にもやもやが。サッカーボール大の空間がもやもや動いていて、
その中心で、10cmくらいの線だかヒモだかが10本くらいグニャグニャ動いてた。
しばらくしたら消えたんだけど、これって幽霊かなんか?
それとも身体的な以上かな。

902 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 13:33:38 ID:9X5lApw1
>>901
別のスレかな、前に似た話を読んだ気がする。
金縛り、もやもや、中に線、動いてるって部分。
幽霊か異常かは知らんが、他にもいた。

903 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 13:51:46 ID:qhHrQqVF
おおお!それ知りたいよ902さん!
なんせこんなに意識レベルの高い状態での金縛りも
もやもやの件も初めてだったもんで。
で、昼間からオカ板に飛び込んだ俺。

904 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 14:14:46 ID:JKB9G0RN
ケサランパサランだな

905 :もこ:04/11/13 14:58:09 ID:okQc6LeC
もこでーす。なやん


mokode-su.nayan

906 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 15:36:05 ID:dHiFZZpN
やっぱり何度読んでもハンバーガーサルサ野郎は許せない。

907 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 16:09:29 ID:+ZjmmA5D
読みたい

908 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 16:34:18 ID:eCcGw1HT
>>907
コピペが無理だから、あらすじを…

 ある場所に中年夫婦が経営するハンバーガー屋があって、ある日主人公が喰いに行ったそうだ。
カウンターだかテーブルだかに貼り紙があって「当店は自慢の独自の味付けをしておりますので、まずは調味料を何も付けずにお召し上がり下さい。」
ところが、主人公は一口喰うまえからサルサソースをドバドバかけて食べたらしい
するとそれをみていた店の中年夫婦が…





疲れたからヤメ

909 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 16:40:54 ID:XZdrVUqh
物陰からじぃーっと見てる。ひたすら見てる。
気持ち悪いなあと思いつつもサルサソースをドバドバかけたハンバーガーを
食い続ける主人公。
やがてその店はつぶれていました。



訂正あったらヨロ。

910 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 17:18:26 ID:tEN3US0p
訂正、

気にせず食べてたら、奥から叫び声が・・・を追加。

911 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 19:17:46 ID:XZdrVUqh
>>910
さんくす。

物陰からじぃーっと見てる。ひたすら見てる。
気持ち悪いなあと思いつつもサルサソースをドバドバかけたハンバーガーを、
気にせず食い続ける主人公。
すると奥から叫び声が、、、、。
やがてその店はつぶれていました。


912 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 20:27:36 ID:em2AzCF4
ttp://kowai.sub.jp/33/644.htm
コピペがだめならリンクがあるじゃない

913 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 21:29:13 ID:gizs4jRF
>>898
>>824

914 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 22:38:54 ID:RLSVftdx
ここって人生に達観した人が多いから、スレ違いで呪われるの覚悟で
聞きますけどよろしいてすか?

「死」っていったい何ですか? 無に帰す? 何か残るの?

915 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 22:39:55 ID:ULAas7X7
>>914
ワラタ
中学生かい?

916 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 22:41:39 ID:Ar3FVdUO
死んだらいくつかの霊体が合体して新しい人格ができるとか読んだことあるが、
自分じゃなくなると思うと怖いな。

受け売りの上スレ違いヌマン

917 :もこ:04/11/13 23:01:09 ID:okQc6LeC
はいもこが来たよ。はいみんな喜んで。

918 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 23:10:39 ID:M8vO4Lj+
死んじゃったほど洒落にならない話

【2ch】2chが原因で自殺??!
http://qb.2ch.net/accuse/kako/1029/10299/1029918742.html

919 :もこ:04/11/13 23:24:27 ID:okQc6LeC
恐い話ししまーす。

920 :もこもこ:04/11/13 23:25:09 ID:M8vO4Lj+
まだ10歳のころの体験なんで、妄想も入ってるかもしれんが、こわかった話。

家の近くに山があって、その麓は野原のようになってた。
夕暮れまで、妹一緒に虫や花を取ったりしてよく遊んでた。
ある日、遊ぶのに夢中で暗くなってしまって、
そろそろ帰ろうかと思ったとき、雑木林の方に、家を見つけた。
今まで家なんて見たことなかったので、不思議におもて妹と一緒に、
近づいてみた。その家は、西洋風で、玄関は大きな扉だった。
妹は、はしゃいでるので、入りたがって仕方ない。
ひきとめようとしたが、なんと洋館に入ってしまった。
仕方なく、俺の入ってみた。すると、ドアが勝手に閉まった。
中は、明かりがついてて、マジで映画とかに出てくる洋館だ。
中央に大きな階段があり、2階もある。玄関はロビーのようになており、
周囲に、幾つものドアがある。
奥から妹の声が聞こえきたので、追いかけて、部屋に入ってみた。
するとなーんと!青白く光った蝶がでてきたのだ。
しかもしかも、蝶がしゃべりだした。
蝶が言ういうには、元は人間だったんだが、世間が嫌になって、
自ら望んで蝶になって、ここに住んでいるという。
一見すると満足そうだが、やはり人生を捨てたという懺悔はあるように見えた。
言い換えれば、ヤケクソになってる。
他の部屋にも言ってみた。同じく蝶がいて、画家を志して失望した者や、
たんに面白半分で蝶になったようなギャルまでいた。
しっかし、妹は声はするが見つからない。
そんなこんなで洋館をウロウロしてるうちに、この洋館の地下を発見した。
地下へ言ってみると、泉が沸いてるようなとこがあり、まるで地底の池のようだ。
そこでなーんと幽霊を発見した。いや、この幽霊が、蝶たちの言ってた館の主、狩人らしい。
そいつは、人間を蝶に変えることができるらしく、妹も妹の望み通り蝶にすると言ってる

921 :もこ:04/11/13 23:30:13 ID:okQc6LeC
いれたからね あずうしわた あびいしわぎ うみすち。


あずうしわひ ゆみほすびきるぬうくみすち。


あびいしわひ ぎこきりたぶあるみすち。






922 :もこ:04/11/13 23:31:44 ID:okQc6LeC
もこもこもこもこ

923 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 23:33:20 ID:XfwC6dux
もこ最近うるせえぞ

924 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 23:34:20 ID:rcZSwsVw
最近だけじゃないぞ

925 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 23:36:05 ID:o+nkHET6
>>914
物質的に言えば無に帰す、と言うか単なる肉塊になる。
精神的には死んだ人の遺志と、思い出が残る。
霊魂的には・・・シラネ
その辺ぷかぷか浮いたりしてんじゃないの?


926 :もこ:04/11/13 23:37:27 ID:okQc6LeC
ある痴呆症のおじいさんが万引きしてました。
店員は直ぐにおじいさんをひっ捕まえたのですが
おじいさんは泣きながら
「ゆるひて、ゆるひて」
というので店員は特別に許すことにしました。
次の日、おじいさんはまた万引きしてました。
店員がまた捕まえるとおじいさんは泣きながら
「おねがい、ゆるひて」
と涙を流すので、しょうがないので許しました。
次の日もおじいさんは来ました
また万引きしてました。店員は怒っておじいさんを捕まえると
おじいさんは泣きながら
「ゆるひて、おねがい、ゆるひて」
と下半身から涙を流すのでしょうがないから許しました。
次の日、おじいさんは来ませんでした。
店員はちょっと寂しい気持ちになったそうです。

927 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 23:38:52 ID:qDu886Sg
えぇ〜と…2ch初心者なんだけど、もこって基地なの?
ウザイと言うよりも…














出会い系サイトでもやってろよ

928 :もこ:04/11/13 23:39:13 ID:okQc6LeC
では次はもこの友人から聞いた本当にあった恐い話しをします。
まじで恐いよー。

929 :本当にあった怖い名無し:04/11/13 23:43:56 ID:mga81QPW
もこさん、もう勘弁してください・・・。

930 :めけ:04/11/13 23:45:23 ID:0PDN/T+x
>>921
あるところぬ おじいさんと おばあさんが いました。

おじいさんは やまへしばかりにいきました。

おばあさんは がけからとびおりました。

「あるところぬ」って何?

931 :もこもこ:04/11/13 23:45:32 ID:M8vO4Lj+
なんで、もこだけ妙に浮いてるんだw

932 :もこ:04/11/13 23:49:57 ID:okQc6LeC
その友人は大の旅行好きで、長期休暇を貰えば直ぐに車を走らせて遠い地方へ赴きます。
その日は東北へ行っていたそうですが、これはその帰り道に起こった出来事だそうです。
友人が泊まっていた旅館から2時間ちょっと車を走らせた場所に古びた踏切があったそうです。
友人はその踏切を抜けようとしたのですが、踏切の前まで来た瞬間、カンカンという音と共に
踏切が下がってしまったそうです。
「あちゃー、田舎の踏切は長いんだよな〜。」
と思った友人は懐から取り出したタバコに火をつけゆっくりと待つことにしました。
ところが、一向にして踏切は上がりません。腕時計をみればもう10分あまり経っています。
おかしく思った友人は車から降り、電車が来てるかどうか確かめるため線路を覗きに行きました。
ところが右側からも左側からも電車らしきものは見えません。
と思った矢先、友人は右方方向の線路からなにか小さな物が近づいてくるのが見えました。


933 :もこ:04/11/13 23:55:07 ID:ULAas7X7
それは遠くから走ってくる特急電車でした
「轢かれる!」と思ったそうです
目をぎゅっとつぶり、10秒・・・1分・・・
何も起こりません。目を開けてみると

934 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 00:00:42 ID:1SfqATil
そんなことより俺の話をまず聞いてくれ。
この世に生き地獄があるとしたらそれは間違いなくイラクだぜ

俺の親友はこのイカレタ戦争で9人も失ってしまった。別の隊では、精神的プレッシャで気が狂った兵士が
銃乱射する騒ぎがつい先日も起こったな。
俺がいる地域は、大きな声では言えないが放射能の汚染地域でよ、ガイガーカウンターで計測したら警告音が
なりっぱなしよ。
何故かって?それはブッシュの野郎が劣化ウラン弾をイラク中で使用したからよ。
イラクにはじめて入った時に俺がいた隊は、謎の奇病が発生してよ、多くが発症して死んだ奴や帰国した奴がいたが
今も生きてるかどうかはわからん。
前にCNNを見たんだが、あの報道は間違ってるぜ。
毎日、米兵が一人死んでるとか言ってたが、俺の所属する隊でも毎日、攻撃を受けてるのですべてのイラク駐留米軍を
合わせるとすごい数になるんじゃないのか?

俺の親父がベトナムは酷かったと言ってたが俺の子供にはイラクは酷かったと言ってやるぜ。生きてたらな。



935 :もこ:04/11/14 00:02:02 ID:+yq1Fzae
続き

最初はトロッコだと思ったそうですがトロッコにしては小さすぎるし、いくら田舎だからと言って
今時トロッコなんてあまりに不自然すぎる。
そうこう考えてる内にその物体はみるみる近づいてきます。そしてある程度の所まで近づいてきた
時、友人はギョッとしました。
友人が見た物は足の無い人間で、もの凄いスピードで這って来ているのです。
友人は直ぐに逃げようとしたのですが、あまりの怖さにその場で固まってしまったそうです。
そうしてる間にも、その足の無い人間は手前20m辺りまで近づいてきました。
よく見ると女の人で、真っ赤な目で睨みながら長い髪を引きずり近づいてきます。
「わたしのあしをかえして」
それを聞いた瞬間友人は凍り付きました。
もしや。自分の足を取られる・・・?



936 :もこ:04/11/14 00:13:00 ID:+yq1Fzae
続き

友人は必死に助けを呼びました。
ですが、周りに人気はありません。
女の人はもう手前10mまで近づいてきています。友人は気絶しそうなりながらも
必死で逃げようとしましたが、思うように足が動きません。
「誰か助けてーーーー!!」
友人がそう叫んだ次の瞬間、女の人は目の前に来ていました。
女の人は両手で友人の足を掴むとゆっくりと顔を上げ
「わたしのあし、みーつけた」
と言ったそうです。友人はもうダメだと思ったそうです。
次の瞬間、左側の線路からまたしても謎の物体が今度はゆっくり近づいてきます。
その物体は目の前までやってきました。
よく見ると手足の無い青年が怪しげな機械に乗ってやって来ていました。
青年は友人の足を掴んでいる女の人を見るなりニッコリと笑い、言いました。

「五体不満足!」

女の人は返す言葉が無かったそうです。


937 :もこ:04/11/14 00:14:30 ID:+yq1Fzae
どお?恐かった?

938 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 00:19:16 ID:1SfqATil
そんなことより、俺は牛だ。まぁ実際は少し違うんだけど
肉がやばくてミンチ処分の刑に決定されたんだがよ
わかんねえよ。ウィルス?知るかそんなモン
その前に俺、乳牛だぞ、乳牛! まったく。
まぁ皆、俺の肉が食えなくても気にすることはないぞ。
豚食えよ、豚肉、ポーク、コンセント鼻。
そのうちまた喰えるようになるからさ、俺。
そういえばこの間、宇宙人に遭ったんだ、エイリアン。
どんなエイリアンか例えて言うと…豚みたいな奴だったよ。
うわ、キャトルミューなんとか?とか考えてさ、
内心ワクワクしてた訳よ、有名になれるとか考えて。
そしたらそいつらなんか言っててさ、
「お前の臓器は腐っている!」みたいなこと言うのよ。
俺キレてさ、そいつ突き飛ばしたのよ。
そしたらそいつ失神したんだ。宇宙人のくせに。
その後、そいつ精肉会社に引き取られてやんのよ、豚と一緒に。
もう爆笑したね、豚と間違えられている宇宙人に。
まぁ、俺が食えないのは我慢しろよ。そのうち喰えるようになるから。
喰えないからって暴れんなよ。

939 :もこ:04/11/14 00:20:24 ID:+yq1Fzae
続いてもっと恐い話しをします。

940 :もこ:04/11/14 00:23:16 ID:+yq1Fzae
していい?

941 :もこ:04/11/14 00:24:19 ID:+yq1Fzae
ダメって言われてもするけどねー。もこだよー。

942 :ダヌル・ウェブスター:04/11/14 00:26:06 ID:vdLg23AT
だめ。体に悪いよ。

来週の火曜日までガマンしなさい。そうでなきゃ、スポーツで発散させなさい。

943 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 00:26:08 ID:9aRsoUNd
もこかよ

944 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 00:27:43 ID:RnwdZiR/
もこタソヒャアヒャア(´д`)

945 :もこ:04/11/14 00:28:07 ID:+yq1Fzae
やっぱめんどくさいからやめていい?

946 :もこ:04/11/14 00:29:38 ID:+yq1Fzae
もこもこもこもこ

947 :もこ:04/11/14 00:30:42 ID:+yq1Fzae
でもやっぱ恐い話するねー。

948 :もこ:04/11/14 00:32:06 ID:+yq1Fzae
う〜ん、どうしようかなー。

949 :ダヌル・ウェブスター:04/11/14 00:32:50 ID:vdLg23AT
じゃ、こうしたら?

今日はやめて、再来年のお正月にしたら?

950 :もこ:04/11/14 00:32:52 ID:+yq1Fzae
やっぱします!もこ恐い話しますよー。

951 :ダヌル・ウェブスター:04/11/14 00:33:43 ID:vdLg23AT
わ、そりゃ恐いわ。(笑)

952 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 00:39:48 ID:O0KwM4tg
俺は842は死ぬべきだと思う

953 :もこ:04/11/14 00:40:50 ID:+yq1Fzae
もこが本を呼んでいると真夜中なのに窓を叩く音が聞こえました。
「誰かのイタズラかなー?」と思ったのですが次の瞬間気づいてしまったのです
「そんなバカな!ここは一階のはず!」
もこはおそるおそるのれんをめくりました。
するとそこには顔のない人が窓にべったり張り付いてニヤニヤ笑っているのです。
「ひぃっ!」
と叫び、そいつは窓をドンドン叩き始めました。
もこは恐くてブルブルと震える彼をまじまじと観察しました。
ギィィィィ
今度は窓を引っ掻き始めました。もこは恐くて泣きそうになり
ながらも必死で窓を引っ掻くそいつを応援しました。
「がんばれ、がんばれ!」
すると今度は玄関のドアが叩かれました。
もこが開けるとそこには顔のない(髪の毛の部分のみ)おやじが
怒り狂いながら「うるせーよ」と吠えるので、もこは思いました。
「しまった、ここは二階だった!」

954 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 00:41:41 ID:9aRsoUNd
もこになりたい

955 :もこ:04/11/14 00:43:02 ID:+yq1Fzae
こわかったでしょ〜
無理しなくてもいいのに
「お前はもう、ションベンを漏らしている・・・!」

「オべべ!!」
ジョ〜・・・

956 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 00:43:06 ID:6O/ReZ4+
NGワードに引っかかって大抵あぽ〜んになってる・・・。

957 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 00:43:57 ID:6O/ReZ4+
あぼ〜んだった・・・なんだよあぽ〜んってorz

958 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 00:44:49 ID:+yq1Fzae
イェーイ! も  こ だよ〜。

959 :ダヌル・ウェブスター:04/11/14 00:44:54 ID:vdLg23AT
ボクは経験ないんだけど、パンツはいたままウンコをもらすと

・もこ

ってなるような気がします。(笑)

960 :もこ:04/11/14 00:46:30 ID:+yq1Fzae
では 今日は徹夜で恐いはなしするよー。

961 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 00:48:32 ID:/TFyJtsE
>>960

ほんとうに怖いのでしょうね。
期待してます。

962 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 00:52:24 ID:ZK5ZTHS/
最新50件中16件しか表示されないよ。すごいね。
きっとNGワード連発してる香具師がいるんだろうね。
ところで誰か怖い話しておくれよ。

963 :もこ:04/11/14 00:54:37 ID:+yq1Fzae
もこがもこの家のちかくのもこの家の近くにある自動販売機をもこの家の近くの道を
通って行こうとしていると、もこの家の近くの自動販売機に着きました。
もこがみそ汁を買うと、もこの家の近くにある自動販売機の裏からピアニカの幽霊が
「ぬっ」
と顔を出しました。
もこはビックリして腰を抜かしそうになりましたが間一髪で抜けませんでした。
ピアニカの幽霊は
「ラの音を返せ〜」 ピシャーーーゴロゴロッ! 
と迫ってきました。
よく見るとドの部分の鍵盤がありませんでした。
もこが変わりに
「ラ〜♪」
と歌ってあげると彼は
「ほんまにありがとう」
と呟き、消えていきました。

今でも冷蔵庫を開けるたび、彼の笑顔を思い出し涙するのですよ。

964 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 00:55:49 ID:hqnLkaek
次スレ

死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?88@オカルト

http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1100361294/

965 :もこ:04/11/14 01:04:35 ID:+yq1Fzae
もこが深夜の公園をうろついていると、日本兵の兵隊の行列がいました。
もこはいそいで砂場の砂に擬態して隠れたのですが、臭いでばれてしまった様子。
たちまち囲まれてしまいました。
一人の兵隊さんが「天皇陛下マンセー!!」と叫ぶと
もう一人の兵隊が「それは金正日でんがなっ!いいかげんにしなさい!」とつっこみを入れました。
そんなことがもう2時間あまり続いています。
すると近所で評判の暴走族『落ち武者連合〜スネ夫の逆襲〜』が
なだれ込んできました。もこはビックリしてく思わずクシャミをしてしまったのです。
「そこにいるの誰ざわさ!」
バレました。もう絶対絶命です。
日本兵と族に囲まれてもうもこは絶体絶命です。
だけど次の瞬間、PTAの糞ババア共が乱入して息子を連れて帰りました。
気がつけばもこは一人でガキの作った落とし穴にはまっていました。

966 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 01:32:05 ID:h/MQItY+
もこはたくさんいます

967 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 01:51:46 ID:gSIhI+XW
話ぶった切ってごめん
>>147がどうおかしいのか解らないんだ…
誰か教えてくれorz

968 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 02:05:20 ID:mEBEmBec
>>967
増えてるから

969 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 02:19:20 ID:gSIhI+XW
10人で10の話をしたんですよね?
百物語なんだから合ってんじゃ…?
あぁ…なんかワケわかんね

970 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 02:22:09 ID:eGwodf9z
>>912
サルサ読んでたら急にお腹減ってきた。ファミマのハンバーガー買ってこよう

971 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 02:31:52 ID:Gd1I1ttf
>>970
こんな時間にハンバーガーなんて食ったらデブっちゃいまつよ?('ω` )

972 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 03:27:31 ID:qLsvCutS
>>969
マジでわかんないようなので簡単に解説。

10人が一人十話話す百物語をした。
ここまではわかるよね?
そして百話終わったわけ。
「ちぇ、なんもないじゃないか」と帰ろうとしたのよ
そしたらなぜか

11人いる。

おかしいでしょ?

973 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 03:30:13 ID:rz2MlGso
もこはもーこないでいいよ

974 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 03:32:40 ID:t/UD5iWJ
百物語したら一人増えるのが当たり前なのにどこがおかしいの


とでも言いたいんだろう

975 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 03:55:27 ID:obKol0kS
話に夢中になっているうちに誰かがもぐりこんだってことでしょ?
ぜんぜん普通じゃん。

増えたひとりがまた消えたのなら、ガクブルだけど・・・

976 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 03:58:12 ID:eGwodf9z
>>971
もう食べちゃった

977 :もこ:04/11/14 05:54:54 ID:qYhdx49O
もこだよー。
もこは昼夜逆転生活の社会不適合者だよー。
こないだね、ネットやりたいな〜って思ってパソコンつけたらネットに繋がらないのよ。
そしたら気が付いたの。
もこだよーって。


978 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 06:26:47 ID:StIDwvBg
うるせえよチンカス

979 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 09:40:23 ID:8GHr0a6W
別に怪談ではないが、俺の部屋の天井の隅にあるでっかいカビが
今ちょうど女性の顔の形になってて気持ちが悪い。

980 :山本精一:04/11/14 09:46:44 ID:8GHr0a6W
いつもの帰路の途中、タコ焼の屋台が出ていたので、一舟買おうと思い、焼けるのを待っていると、視界の端に、奇妙な白い布のようなものを着た人形が、一瞬入って来て、サッと見えなくなった。こちらをジッと窺っていたようだった。何だろう? 誰だ?
 屋台を出て、あたりを見回してみたけれども、それらしき気配がない。気のせいだろうか。いや、確かに見た。確かに白い、おそらくは人間であろう、異様な風体の物体と、眼が合った。もしかすると、自分は尾けられていたのかもしれない。
 何だ? 何なのだ? 言いたいことがあるなら、ちゃんと出て来て、面と向って言えばいいじゃないか。それを変な白い、訳の分らない格好をして、一体何をコソコソやっているのだ? アタマがおかしいのじゃないか? だんだん加速度的にハラが立ってきたが
同時に少々怖くなった。自分を尾けているとすれば、それは、何らかの関係を、こちらと積極的に持ちたいという意志のあらわれに違いない。一瞬、眼が合っただけでも、独特の不吉な感触が、十分伝わってきたくらいで、相手は、やはり普通ではないよう
である。ここは、あまり詮索しない方がよさそうだ。珍らしくそんな風に大人の考えをして、気を取り直し、再び帰路につきかけたとき、突然、"ガサッ"と音がして、道端の植え込みの向う側の車道脇から、件の「白い人」が、あたかも原潜のような、水際
立った勢いで、ザパーッといった感じで伸び上がった。

981 :山本精一:04/11/14 09:47:36 ID:8GHr0a6W
 自分は驚いてしまって、思わず、あっと声をあげたが、向うはこちらを気にする風でもなく、まるで何かに怯えるような素振りで、キョロキョロあたりを窺っていたかと思うと、急に意を決したように車道を
駆け出し、駐禁車のあいだの狭い空間に、チョコンと正座した。
 このようなモノとは、関り合いにならない方が良いに決っているし、先にも大人の考えを示したところだったけれども、もはや看過することはできそうもなかった。好奇心が異常に強い、自分の性分に抗うこ
とができなかった。あまりにも事態は興味深いものだったのである。
 何故、白い布を頭から被って、まるでK・K・Kのできそこないみたいな格好をして、裸足で、小便臭い道端に正座なんかしているのか? 一体何者なのだろうか。まったくもって、風変りにも程がある。宗教関
係者か?
 目、鼻、口のみ残して、頭部まで、スッポリ白い布で覆われているけれども、体付きから男であることは分った。年齢は定かでないが、肌のかんじや、物腰から、三十から四十といったところだろうか。

982 :山本精一:04/11/14 09:48:13 ID:8GHr0a6W
 向うも、当然こちらには気付いているだろうけれど、そういう素振りを、どうやら意識的に一切見せないつもりらしく、あくまで無視するというポーズをとっている。
これはしかし、相当無理がある。殆どお互い、十メートルと離れていないところで、正面から向き合っている訳で、それが見えていないはずがないではないか。ワガママ
以外の何ものでもない。現実から、かなり強引に乖離してしまっている。やはり、宗教関係者なのだろうか?
 男は、ギョロ目をむき出して、口をへの字にして、一心にこちらを無視している。自分は、買ったばかりのタコ焼を、ワザと頬ばりながら、精一杯の三白眼で男を凝視
した。凝視はするけれども、その視線の先は、曖昧にしておくという、高級なワザで対抗した。
 " 無視合戦"
 なんという子供っぽく、不毛な響きだろう。

983 :山本精一:04/11/14 09:49:36 ID:8GHr0a6W
そこには森羅万象、ありとある建設的、生産的な営みを、すべて無化する、空しい脱力感が横たわっている。
と、真っすぐ一直線に前方を見つめていた男の動きが、にわかに勢いを強めて、急に立ち上がったかと思うと
また先程のようにコソコソと腰をかがめてあたりを窺い、少し先の、同じような駐禁車のあいだの空間を見つ
けて、ペタリと座り込んだ。さっきの場所から、二十メートルほど移動している。どうやら彼は、車間にでき
るスキ間の面積にこだわっているようだが、理由はまったく謎である。
こちらも、男の動きに合せて場所を移し、今度は男から五メートルばかり離れたところに立って正対すること
にした。男は相変らず大きく目を見開き、口元をキリッと閉め、微動だにせずこちらを見つめている。我々は
、互いの眼を、凝視し、無視し続けた。しかしながら、眼の前に碓かに見えている存在、それも尋常でなく強
力な場をもった存在、そのようなものを、意識的にせよ、見ない、あるいは見ようとしない、というようなこ
とが、果して可能だろうか? 「見えないフリ」をすることはできようが。

984 :979:04/11/14 09:55:22 ID:8GHr0a6W
既にあたりは暗くなっていた。夏のことで、ヤブ蚊が飛び交っている。屋台の方から、かすかにナイター中継
がきこえてくる。左手首の非常な痒みに耐えながら私は、水銀灯の下の、異形のモノと、依然、対峙していた。
けれど、半ば意地になっている、こちらの、乱れを含んだ視線と較べて、男の視線の、なんと冷やかで、無機な
ことか。いや、そもそも、彼の存在自体に、"人"という質感が乏しい。"生きもの" の匂いが、とても稀薄なのだ。
全身を包んだ白い布のせいもあろうが、なにやら巨大なキノコのようでもある。車道脇へ、雨後、突如生え出た、
といった趣きなのである。私は彼から視線をはずした。何か得体の知れない不安にかられたためだった。とにかく
、これ以上、この人間に深入りしてはならない。これより先へ足を踏み入れると、何かが確実に破壊される。その
ことだけは分った。タコ焼の食いさしを全部、ゴミ入れに投げ、小走りにその場を離れた。少し歩いたところで振
りかえってみると、また違う場所へ移動し、今度はイスラム教徒のように地面に頭を擦りつけている男の姿が、小
さく見えた。あれはやはり「祈り」だったのだろうか。


以上、エクスタスという雑誌に載ってた山本精一の文章でした。
長文スマソ

985 :武庫川女子大学総長:04/11/14 10:03:58 ID:5uDHrOnc
「山本伸一」ならば、よ〜く知っている。自称「法悟空」という奴。

986 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 10:32:25 ID:PhLUKvrJ
>>979
それだけなら確かに怖いだけで怪談じゃないけど
もしかしたらそれって何かの前触れなのかもしれないよ?
気をつけた方がいいよ。
もし何かあったらこのスレにレポよろ。

987 :Χm9っ`Д´)ノΧ αβγφ ◆3ZXKxJK8rg :04/11/14 12:10:20 ID:ompLmWYZ
あと少しで1000だからageてみるtest

988 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 12:20:43 ID:5ik4rBiK
ハンガーに吊ってたシャツの中にGが…

989 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 12:29:06 ID:VoC3Yt38
それは洒落になる怖い話でつね

990 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 12:31:59 ID:atMy/NHQ
埋め埋め

991 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 12:35:59 ID:VoC3Yt38
1000

992 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 12:40:10 ID:HuBRob9r


993 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 12:43:06 ID:+NavC6Yp
次スレは?

994 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 12:43:47 ID:MWgi9ACO
994

995 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 13:04:33 ID:HuBRob9r
995
だったら皆霊障から解放される

996 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 13:05:10 ID:PhLUKvrJ
はい次スレ

http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1100405077/

997 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 13:06:44 ID:HuBRob9r


998 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 13:07:19 ID:HuBRob9r


999 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 13:08:02 ID:zFGHkRNQ
1000

1000 :本当にあった怖い名無し:04/11/14 13:08:07 ID:HuBRob9r
急級旧

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

345 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)