5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

超常現象はエシュロンによって起きる

1 :旧総理府警察庁OBの親戚:04/12/15 03:49:08 ID:sugRLJm3
参照 米国特許
http://www.ipps.info/USPatent.html

ある場所にいくと声がどこからともなく聞こえる、だれかが話し
かけてくるといった事が起こると一般に知られている。こうした
事は幽霊によるささやきと説明されている。一方でこうした現象
は精神医学では、幻聴と呼ばれる精神病と説明されている。

 しかし現実にはこうした、幻聴や幽霊の声を物理的に機械によって
引き起こすことは可能であり、その大半がそうしてなされている
と言える。そしてその主体となっているのがエシュロンなのである。

 一般に、エシュロン(ECHELON)は電話線や海底ケーブルの盗聴を主体にして
いるという誤認があるが、実際はシギント(無線諜報)を主体にするもので
あり、欧州連合が発表した通信傍受能力2000においてもその事が示唆 さ
れている。そしてエシュロン(ECHELON)におけるシギント(SIGINT:signal
intelligence:無線諜報)の根幹を成しているのが歯科治療によって歯に埋め
込まれた盗聴器である。歯の盗聴機は、クラウンやインプラント、差し歯、
入れ歯のような形で人体に装着される。このような場所に盗聴機を埋め込む
利点としては、部屋や身の回り品に盗聴機を装着した場合、盗聴する範囲が
限定されるのに対して、歯の盗聴機の場合、対象者を24時間いつでもどこ
でも盗聴でき、しかも発見されにくいといためである。歯の盗聴機の盗聴波
を送受信するには広大な無線帯域が必要であるため、このシステムを運用す
る政府は広大な軍用無線帯域を確保するとともに、無線通信を免許制にして
利用者を制限しているのである。



286 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 21:58:12 ID:V7xP4Ng00
マンハッタン計画―プルトニウム人体実験
94年ピューリッツァー賞受賞作品。
米国地方紙の記者が7年の歳月をかけ空軍機密文書の「謎の記号」を追跡。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9940727534

近代日本の警察と地域社会
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9973526635
第3部 敗戦・占領と警察改革;日本近代警察の組織と機能―制度の概略

警察の社会史
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9930161821

1 行政警察の論理と領域
2 変動する警察
3 「警察の民衆化」と「民衆の警察化」
4 「国民警察」のゆくえ
終章 戦後警察への軌跡

日本近代国家の成立と警察
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=992081816X
序章 警察史研究の基本視角
第1篇 警察機構の形成(近代警察の萌芽;警察観念の導入;内務省警察の成立;中央警察の確定;地方警察の確立)
第2篇 警察機能の展開(「開化」と警察;民衆生活と警察;警察の軍事的機能;警察の政治的機能;芸能規制と警察力
;売娼問題と警察力;末端警察と地域社会;民間の警察認識・警察論議)



287 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 21:58:52 ID:V7xP4Ng00
天皇制警察と民衆
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9871304889
5 敗戦―そして、今(解体される警察、解体されない警察;警察のあり方をめぐる今と戦前)

警備公安警察の研究
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9830807363

警備公安警察の素顔
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9880140931

日本の公安警察
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=997321269X

1章 厚いベールの内側
2章 特高から公安へ
3章 監視・尾行から工作まで
4章 公安秘密部隊
5章 戦後の公安事件簿
6章 オウム・革マル派との“戦い”
7章 警察の外にある「公安」
8章 監視社会と公安警察

公安警察の手口
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9978767932

182 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★