5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ダヴィンチ・コード】

1 :本当にあった怖い名無し:05/03/14 16:21:09 ID:1pwsACei0
天才画家ダ・ヴィンチが残した驚くべき暗号と、西洋史をひっくり返す
真相。異端審問の嵐を生き延びたキリスト教史とマグダラのマリア
の系譜に受け継がれた秘儀とは?

2 :本当にあった怖い名無し:05/03/14 16:22:04 ID:ee0TGrlU0
2

3 :本当にあった怖い名無し:05/03/14 16:40:26 ID:Uf9NW8cx0
オモンナイ3

4 :本当にあった怖い名無し:05/03/14 16:41:32 ID:x+C0pN4AO
ただ考えすぎなだけの気がする

5 :本当にあった怖い名無し:05/03/14 16:44:49 ID:1pwsACei0
タロットカードには絵札と数札がありますが、絵札の中でも一番最後の
カードは「世界」。このカードは「昇天するマグダラのマリア」であると言われています。
マグダラのマリアはオカルトチックに言うと、イエスからキリスト教の密教とも言われる
グノーシス系の系譜を受け継いでいたそうです。それは後にシオンの僧院やテンプル騎士団
に受け継がれましたが、十二使徒が受け継いだキリストの顕教(カトリック)勢力に
異端視され、組織は壊滅しました。
マグダラのマリアは密教の秘儀を受け継ぎ、その修行をしていわゆる「悟り」のような状態になり、
神の英知に直接触れ、自らも神と同じレベルになった(神と合一した)ために、この世の領域を越えて
神の領域へステップアップしたことが「昇天(アセンション)」とされています。
神秘主義、或いは魔術をたしなむ者には抵抗が無い説ですが、神と同レベルになるなんて
教会が許すわけも無いでしょうね。ダヴィンチと同じルネサンス期に吹き荒れた魔女狩りの嵐
に火刑台に上った者達の中にはマグダラのマリアおよびダヴィンチと同じ秘儀を受け継いだ
者達がいたかもしれません。あるいは、ダヴィンチの合図「最後の晩餐」でキリスト教の
もう一つの系譜を知るもの達の活動が活発になり、教会がそれを躍起になって止めようと
したのかも。

6 :本当にあった怖い名無し:05/03/14 16:49:31 ID:1pwsACei0
なお、ノートルダム寺院にもマグダラのマリアとその子供(=イエスの子)
が奉られています。ノートルダムは古くからある場所の名前で、「我らの母神」
という意味です。
あのノストラダムスの一族は、彼の祖父の時代にノートルダム寺院で洗礼を受け、
キリスト教に回収したユダヤ人だったそうです。
ノストラダムスもまた、医学、占星術、料理、芸術など多岐にわたった才能の
持ち主でした。

7 :本当にあった怖い名無し:05/03/14 17:43:04 ID:1pwsACei0
ダヴィンチもまた、マグダラのマリアの系譜に連なる者として暗号を残しました。


8 :深い意味は無い:05/03/14 17:54:31 ID:NwQ+o7NT0
>>1
ありがとうよ
つうかうちの兄弟は
最後の晩餐のイエスの隣にいるのが
初めからマグダラのマリアだと思っていたので
二人でびびっていた
テレビ見てる途中で「こいつ一般公表ではヨハネだったんか!!」
ってハモって少しへこんだ


9 :1:05/03/14 17:59:55 ID:1pwsACei0
>>8
へえ。そんなことがあったんですか。
でも確かに男性にしては美しい顔をしていますよね。あのヨハネ。
服も色違いでおそろいだし、彼の体勢の中心線を下に向かって
引き降ろすと、下半身がイエスと重なるんですよね。









ウホッ

10 :深い意味は無い:05/03/14 18:07:48 ID:NwQ+o7NT0
しかも空中に浮かぶ手は
マグダラのマリアの手だと思ってた

聖書なんざ読んだ事が無かったのでバックボーンがよくわからず
この絵はキリストが裏切り者(ユダ)がいることを
発表したので近くにいてナイフを持っていたマグダラのマリアが
疑われるというワンシーンだと思っていた

11 :本当にあった怖い名無し:05/03/14 18:08:29 ID:BsQ6b7Eh0
同じく
あの絵についての知識がなかった頃は
どう見たって女性にしか見えなかったから
なんの疑いもなく「この人がマグダラのマリアだな」と思ってた

たったそれだけの事がTVで紹介されてて
ちょっとビックリ

12 :本当にあった怖い名無し:05/03/14 18:24:26 ID:1pwsACei0
何の先入観も持たない方が真実を見つけるんでしょうかね。

13 :本当にあった怖い名無し:05/03/14 18:47:02 ID:Jd7TPfpn0
ただ考えすぎな気もする

空の雲、鳥のさえずり、鼻の匂い

時に人はすべてのものに意味を持たせてしまいたくなる
きっと理解がしたいのだろう

14 :本当にあった怖い名無し:05/03/14 19:40:20 ID:04E6YCPL0
まあ読むならレンヌルシャトーの謎の方が良いよ
ダヴィンチに書いてあることの肝は ほとんどこっちに網羅してるし
この手の奴のブームを作ったのがこれだから
軽く読むなら ダヴィンチでいいけど

もう少しぶっ飛びたいなら
エーコのフーコーの振り子をお勧めするけど

15 :本当にあった怖い名無し:05/03/14 21:06:33 ID:5LzFa6Ge0
フーコーの振り子は読みづらい。

16 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :05/03/14 21:16:08 ID:GQbBEaoR0
>>5
へえー。テンプル騎士団にも伝わっていたんだ。
じゃあ、テンプル騎士団が壊滅させられたのも
それが本当の原因かな?
そういえば当時テンプル騎士団に好意的だった
ローマ法王を取り替えてまでも壊滅させられたんだよね。

まあ、表向きも異端ってことだったけど、財産を狙ってってのが
通説らしいから。

17 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :05/03/14 21:17:57 ID:GQbBEaoR0
>>14
フーコーの振り子は俺も好き。バランスが取れてていいよね。
後、アイディアが面白い。

>>15
薔薇十字にかんして予備知識付けてからだとそうでもないよ。

18 :本当にあった怖い名無し:05/03/14 21:38:25 ID:j+N23SOY0
友人が聖母マリア信仰は実はマグダラのマリア信仰のダミーだとか
逆に教会側がマグダラのマリア信仰を潰そうと聖母マリア信仰を
持ち出してきたとかオレに妄想吹き込んでウザイんですが。

殴ってもいいですか?

19 :本当にあった怖い名無し:05/03/14 21:53:54 ID:m/xtLLHm0
>>18
殴ると痛いので、つねるくらいにしておくといいです。

最後の晩餐の女性的な顔立ちのパウロは、ダヴィンチはホモだからなーですませていましたが何か

20 :本当にあった怖い名無し:05/03/14 22:54:36 ID:1rLLeriYO
マリアと言われてた人はどう見てもヨハネ。まだ二十歳にもならない初々しい青年。

21 :本当にあった怖い名無し:05/03/14 23:06:09 ID:nzAPhJsV0
マグダラのマリアとかいう人は奥さんだと思ってた。
真ん中に二人で居るし。
何の絵とかあんま考えなかったな・・・。
キリストってぐらいしか。

22 :本当にあった怖い名無し:05/03/15 00:36:44 ID:eFPC7eku0
聖杯というのは実は、マグダラのマリアの子宮らしいね。

23 :本当にあった怖い名無し:05/03/15 01:00:06 ID:nLik6jgf0
>>18
全くの妄想でもないから2人で研究しなさい

24 :本当にあった怖い名無し:05/03/15 01:05:03 ID:eFPC7eku0
黒いマリア像が実はマグダラのマリアとして信仰されてる。
で、フランス・スペイン辺りにいるインド西部が起源のジプシー(ロマ)も
これまた黒いマリアを信仰している。

25 :本当にあった怖い名無し:05/03/15 01:24:38 ID:yf3hHqph0
http://x51.org/x/05/02/1533.php

ヴィンチ村の直人には驚いた。そして双方の像が一気に崩れ去ったw

26 :本当にあった怖い名無し:05/03/15 01:42:14 ID:eFPC7eku0
イエスとヨハネの輪郭をつかってマグダラのマリアの「M」の形を
作っているんだよ。あの絵。

27 :本当にあった怖い名無し:05/03/15 01:55:29 ID:wIoNn8pR0
テレビでやってたことわざわざ偉そうに教えてくれなくていいですよ

28 :本当にあった怖い名無し:05/03/15 04:21:50 ID:321mZxCRO
イエスの時代の人は寝っ転がって食事をするのが普通だった。
聖書では「イエスの胸元にあるヨハネの頭」とあるが
それは数人で横になってると隣の人の頭が当然胸の近くに来るからである。
しかし無知な画家はその習慣を知らないまま最後の晩餐を描くので、ヨハネの姿勢がたいてい不自然だった。
ダ・ヴィンチも当時の習慣を知らなかったと思われるが、
この不自然な態勢が絵的にしっくりこないと考え、あえて聖書に忠実に描かなかった。

29 :本当にあった怖い名無し:05/03/15 14:16:08 ID:eFPC7eku0
寝転がる食事っていうところはローマと似ていますね。

30 :本当にあった怖い名無し:05/03/15 14:24:00 ID:1H2Yp7oj0
荒俣のレックス・ムンディ 面白かったよ

南仏の古代遺跡に眠る遺物の発掘。謎の宗教団体からの
依頼を受けたレイハンター青山譲は、聖地レンヌ=ル=シャ
トーへと向かう。彼がかつて発掘に成功し、封印したその
石棺をふたたび暴くために。遺物の正体とは、はたして
何なのか。世界の王、レックス・ムンディの復活を預言
するのは …。膨大な資料と想像力のもと、ヨーロッパ文
明最大の謎とタブーに挑む、アドベンチャ ー・ホラー長編。

31 :本当にあった怖い名無し:05/03/15 15:36:05 ID:ZJRsDUE00
>>14 だけどなんか面白い流れになってるな
フーコーはこんな感じ

物語はパリ工学院のフーコーの振り子の傍に
主人公が潜んで 回顧をするところから始まる
若い頃 世界の謎を解くべく友人たちとあらゆる謎に手をつけたこと
ブラジルへわたり 現地の混交宗教の儀式で不思議な体験をした事
謎の人物たちとの交友
そしてどうやら復活したテンプル騎士団の秘密に触れてしまった事
友たちは死ぬか もう直ぐ死ぬような中で
最後の謎のため 振り子の下で行われるテンプル騎士団の儀式が始まる…

欧州の隠秘知識の百科全書みたいな作りだから質も量もあるけど
その質量から来る迷宮感覚とか不条理さとかが良い

>>30
俺もレックスは読んだ
フーコー → レックス → レンヌ の順

32 :本当にあった怖い名無し:05/03/15 16:46:06 ID:mk8Go55E0
しかし、これオカルトじゃないような気がするのはオレだけではないような・・・

33 : :05/03/15 17:03:29 ID:tBkkhFm80
文学オタから言わせると
 フーコーは別格(執筆のきっかけはP2のモロ首相暗殺)、でも薔薇の名前には及ばない
 レックスは読みやすいけど最後にキリストのウィルスでぐちゃぐちゃになるのが駄目
 ダヴィンチは良きにつけ悪しきにつけプールサイドで甘いカクテルを飲みながらバカンス
 を謳歌するのに最適レベル

34 :本当にあった怖い名無し:05/03/15 17:30:22 ID:y0DQZsoe0
正直、こういうのってさー
“点が三つあれば心霊写真のできあがり”ってのと似たような物の希ガス
もっともらしく意味をもたせて皆で積極的に曲解しましょうっ感じ

35 :本当にあった怖い名無し:05/03/15 17:47:13 ID:noAWGgW30
フーコーはきつかった。挫折しました。
薔薇の名前は読めたのに…。

36 :本当にあった怖い名無し:05/03/15 19:31:26 ID:IHnYQEkb0
ダヴィンチコード。
略して「ダヴィンコ」

37 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :05/03/15 21:27:27 ID:zHlXbWqd0
>>31
レンヌルシャトーの謎って検索したら二つ引っかかったんだけど、どっちのこと?
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4875022913/
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4760114432/
どっちも高いからすぐには買えないけど、一応教えて下さい。

38 :本当にあった怖い名無し:05/03/15 23:03:17 ID:TxLgbmv40
>>6
つまりノストラもダヴィンチと同じ秘密結社の一員の可能性が高いんだ
最近うすうす感じてはいたんだけど
ノストラはサタン系の預言者だよきっと

39 :30:05/03/15 23:27:29 ID:460qFSZF0
>>37
両方読んだことあるよ。
「レンヌ=ル=シャトーの謎―イエスの血脈と聖杯伝説」は面白かった。

「ジュール・ヴェルヌの暗号―レンヌ=ル=シャトーの謎と秘密結社」は
恐ろしくトンデモ本だと思ったw

40 :6:05/03/16 00:43:58 ID:u5MzVh0B0
>>38
イエスもノストラダムスもユダヤ系です。

ノストラダムスは占星術、とりわけ医療占星術に長けていたので、
おそらく予言は占星術から来てると思われます。王様の死の予言なんかは
多分王様のホロスコープ(出生時の天体配置図)を持っていたのでしょう。
恐怖の大王うんぬんは1999年の予言ではなく、何かもっと別の事ではないかと
思います。当時の世情や宮廷に詳しい者にしかわからないような・・・

41 :6:05/03/16 00:45:42 ID:u5MzVh0B0
最近CMに流れている「ナショナルトレジャー」は
ダヴィンチコードを微妙に意識してるんですかねえ?

フリーメーソンのマークも出てくるし・・・

42 :本当にあった怖い名無し:05/03/16 03:45:41 ID:AnScdY8u0
みんな予備知識豊富だなぁ。
キリスト教の歴史に知識のない俺、何から読んだらいい?

43 :本当にあった怖い名無し:05/03/16 07:16:18 ID:09gSRJKRO
>>42「聖書辞典」「聖者の辞典」

44 :本当にあった怖い名無し:05/03/16 10:17:10 ID:i8WHz3wv0
>>40
マグダラのマリア崇拝は悪魔に守られて、
キリストが人間で子孫までいると言っているのだが、
俺が思うに、キリストに一番愛されていたマリアを
悪魔が憎んでキリストを侮辱するために作った宗派じゃないかと思う。
だからこれはキリスト教ではなくてサタン崇拝教と言うべきではないかと。
そこの責任者がダビィンチでノストラもその流れを汲んでいて、
聖書でサタンがイエスに、わたしに忠誠を誓えばこの世のすべてをお前にやろう
って言ったが、イエスは「だまれサタン、人はパンのみに生きるにあらず」
って言って追い払ったけど、
ダヴィンチやノストラはサタン側についてこの世での栄誉を選んだんだと思う。
だからノストラの予言はサタンに見せられた未来の様子を書いたものだと思う。


45 :本当にあった怖い名無し:05/03/16 10:58:36 ID:to9o7mKJ0
マグダラのマリア崇拝のほうが本来正統でバチカンのほうが異端だとは考えないのか

46 :本当にあった怖い名無し:05/03/16 11:11:20 ID:m4ZgD3Fp0
ヨーロッパの原始宗教の流れがマリア信仰へと受け継がれてるんだろ?


47 :本当にあった怖い名無し:05/03/16 13:28:54 ID:naKrRH/7O
そうそう。魔女狩りでそっちの関係者が相当死んだけど。

48 :31 :05/03/16 20:36:55 ID:EUOvZrL30
>>37
「レンヌ=ル=シャトーの謎―イエスの血脈と聖杯伝説」の方ですね
この本高いしボリュームもあるしっかりした本なので 図書館で借りた方が良いと思いますよ
俺も図書館で頼んだら一週間で新しく取り寄せてくれました
フーコー楽しめる方だったら買って損はないと思いますけど

「ジュール・ヴェルヌの暗号―レンヌ=ル=シャトーの謎と秘密結社」も
今度見つけたら ちょっとだけ目を通して見ますね

>>42
軽く読むんならダヴィンチかと
で興味が出てきたら他のを読むとよろし じゃないとクラクラするよ

49 :本当にあった怖い名無し:05/03/16 20:44:06 ID:1wFZftxt0
西暦三二五年、ニケアで開催された宗教会議である。
この時、陰謀によって「神イコールイエス」の教義が決定されたのである。
時のローマ皇帝コンスタンチヌスは、ローマ帝国内の宗教対策としてイエスを神とするキリスト教を作り出し、これを国教とした。
歴史上コンスタンチヌス帝は、キリスト教を国教にした賢帝として称えられているが、事実は、真実とは全く懸け離れたキリスト教をでっち上げ、これを政治的に利用しようとしただけのことであった。
 コンスタンチヌスによるその陰謀のあらましが歴史的資料によっても明らかにされている。
ローマ全土の神学者を集めたニケアでの会議の表向きの目的は、ギリシャの神学者アリウスの説――「イエスは神ではない」を討議するというものであった。
が、コンスタンチヌスは、自分の望むイエスを神とするキリスト教案がアリウス派によって否決されると激怒し、武力に訴えた。
ローマ兵に命じてアリウス派を力ずくで会場から追放し、残った皇帝派三百人で、イエスを神とすることを採択した。
後に、この時追放されたアリウス派の司教達(千五百人から千七百人と言われる)の書き残した記録や交換文書が発見され、事の真相が明るみに出されたのである。
その資料をまとめた書物が一八八六年に出版され、大きな反響を巻き起こした。
 

50 :本当にあった怖い名無し:05/03/16 20:45:29 ID:1wFZftxt0
この資料は、現在まで受け入れられてきたキリスト教の教えが“政治的策謀”によって人工的に作り上げられたものであったことを歴史的に証明するものである。
キリスト教における“根幹思想”が、実は人間の作りものであることを裏づける歴史的証拠資料である。
が、遺憾ながら、クリスチャンはこの資料をまともに受け止めようとはしない。

 聖書は神の言葉ではなく政治的陰謀から人間が作り上げた書である。
イエスの弟子が書いたということになっている福音書も、それ自体が原書ではなく、多くのものが付け加えられてまとめ上げられたのである。
 聖書は一応、西暦九十年に完成したことになっているが、それは編集の形に整えられたというだけのことである。
それ以前にもその後にも、多くの改ざんが為されているのである。
 

51 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :05/03/16 22:00:35 ID:IgRS3VEw0
>>48
ウホ!高いほうですね。
うーん、今すぐ買えないけど、憶えておきます。どうもありがとう。

>>9
今日確認してみたら、そんな興奮するほど重なってなかった。ションボリ

52 :本当にあった怖い名無し:05/03/16 23:31:06 ID:ElbUhmDG0
蘊蓄は聖書学では20年以上前から常識。  
ネオプラトニズムの切り口という抽象的な意味だったら100年どころじゃきかないくらい前から常識。
ミステリー作品としては凡庸。
竜頭蛇尾というか、はったりを冒頭でかましてちょっと引っ張ったが息切れしてあとはショボーンというか・・・・
後半をもっとふくらませて前半はもっと簡潔にした方ができがよかったのでは。

53 :本当にあった怖い名無し:05/03/17 10:46:57 ID:DzUTD6eMO
52にとって面白い本は何?

54 :本当にあった怖い名無し:05/03/17 11:30:04 ID:KMXj2tKJ0
いや、こんどの18日で人権擁護法案が可決される予定らしいが

ここのキリスト教や異端関係の話も差別コードに触れるのかな、と思ってさ・・・
どうなんだろ?

55 :本当にあった怖い名無し:05/03/17 12:35:14 ID:yiUKBjHe0
ヴァチカンの何とかいう枢機卿が正式にこの本を批判したってさ

56 :本当にあった怖い名無し:05/03/17 14:13:22 ID:DzUTD6eMO
そうだろうね。
イスラムなら死刑宣告かな。

57 :本当にあった怖い名無し:05/03/17 21:34:41 ID:ISXbnuB30
フーコーの振り子を読み始めました。
が、しょっぱなから意味がわかりません。

58 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :05/03/17 21:45:44 ID:eLhuOx7H0
>>57
う〜ん、確かに直接話の筋と関係なさそうな話が続くからね。
始めは分からないところは流して読んでいいと思いますよ。
で、自分の知識の足らないところを補ってからまた読んでみると、
いいと思います。

59 :本当にあった怖い名無し:05/03/17 23:08:42 ID:2ZR2FgDu0
「ダ・ヴィンチ・コード」は恥ずべき本…枢機卿が批判
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1111065490/

60 :本当にあった怖い名無し:05/03/17 23:12:52 ID:jPS9hyvi0
どうでもいいけど
この本をよんでキリスト教の全てを知った気になってる奴はすごいと思う
あくまで全てはこじつけ。
いくら一つ一つが事実に基づいていても所詮はこじつけ。
ちょっとした予備知識として読むのが正しい読み方。

61 :本当にあった怖い名無し:05/03/18 04:43:45 ID:QypNM4kW0
>>55
>ヴァチカンの何とかいう枢機卿が正式にこの本を批判したってさ
バカだね、この枢機卿、クルクルパーだ
宗教なんか元々がヨタ話のフィクションなんだから
批判する枢機卿がバカだよ

オウムの時にも密教系の仏教団体は
みんな口をつぐんだだろ
分を知るとはそういうことだ

62 :本当にあった怖い名無し:05/03/18 11:36:28 ID:G54XL4920
ダビンチコード→メイソンの考えを暴露
教皇→メイソン
枢機卿→それを知っている
枢機卿→だから公式には否定する
この世はサタンの支配だからキリストを否定する考え方が蔓延するのは当然


63 :本当にあった怖い名無し:05/03/18 15:49:55 ID:qnVyXwn00
暴露じゃなくて公表でしょう。
そろそろいいかな、ってだけだと思うよ。
枢機卿はまだ早いっていうのがあるのと、一応公式には敵対してたからでしょ。
で、サタンの支配というよりも、キリスト教の神の支配じゃなかろうか。

64 ::05/03/19 12:37:45 ID:2On3sjdD0
そもそも、キリスト教が広がった当初では各地域や信者グループによって
教義に著しい食い違いがあったらしいです。三位一体すらあるかないか。
キリストは神なのか、それとも神の子なのかって言う部分もあやふや。
なので、教義の調整の為に何度か会議が開かれています。
さらに利権も絡むので、もはや正確なところは何もわからなくなっている
状態でしょう。

>>59
日本語訳文のせいで面白すぎ。

65 :本当にあった怖い名無し:05/03/20 00:13:26 ID:VunKM3PQ0
あげ

66 :亜凛沙:05/03/20 17:22:53 ID:/3Bqxx1C0
8さん、私は最後の晩餐を見た時に、全く最後の晩餐についての知識が無くて
最初から「女の人じゃん。」と思っていて、本を読んでとても驚きました。
先入観が無かったから逆に男の人とは思えませんでした。
 初めて最後の晩餐をよ〜く見たのが、小六の時にダヴィンチ・コードを買った
時でした。世間知らずすぎですね。駄文申し訳ありません。

67 :本当にあった怖い名無し:05/03/20 22:11:12 ID:cxoh00hS0
まあしかし作品としては話題作りと映画化の時のアイテムを意識しすぎたなんかいやらしいさくひんだ。
たとえばある美の狂信者だとか下肢の障碍を持つ貴族、とか。

68 :本当にあった怖い名無し:05/03/21 01:52:48 ID:I6TRy5dhO
未来から来た猫型ロボットとか?

69 :深い意味は無い:05/03/21 02:04:55 ID:Y+dtQlJk0
>>66
そんな本があったのか
知らなかった

70 :本当にあった怖い名無し:2005/03/22(火) 17:35:14 ID:BEW/6RNKO
テンプル氣志團は誰かにつかえていて、死刑なったのはほんのステゴマだったかもね。
ダウ゛ィンチの時代にもアングラ化したんだけどまだ続いてそう

71 :本当にあった怖い名無し:2005/03/22(火) 23:23:00 ID:8IrMrOV20
テンプル騎士団の主要メンバーは逮捕の直前に藁を積んだ馬車に隠れて
脱出→プロヴァンスに落ちのびてアングラ化。
ノストラダムスの故郷もプロヴァンスで、
予言に見たてた詩の中でテンプル騎士団の脱出を仄めかしてる。

あと、「テンプル騎士団の陰謀は2000年に成就した」という話もある。
もしかすると、同時多発テロの計画と実行メンバーがすでに決まっていたのかもな。

72 :本当にあった怖い名無し:2005/03/23(水) 00:32:00 ID:D/Hvkl2Q0
>>70
テンプル氣志團・・・なんかスゲェ色物な騎士を想像したよ。


73 :本当にあった怖い名無し:2005/03/23(水) 08:50:25 ID:KkyPHaERO
ほくとのけんみたいな。

74 :本当にあった怖い名無し:2005/03/23(水) 09:50:32 ID:bU6k9hF20
>>73
こんなの?

      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _)  汚物は消毒だぁ〜!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/

75 :本当にあった怖い名無し:2005/03/23(水) 16:01:31 ID:nXhVhroG0
>>12
 キリスト教は、白人の宗教的上位が崩されないように色々と脚色を付けているから、
キリスト教の洗脳済み「嘘の教義に被れている」信者以外の余所者にしか教会の嘘を見破れないのさ!
ファティマ預言も教会の自作自演だからね。・・・よくやるよ。

76 :本当にあった怖い名無し:2005/03/23(水) 16:13:33 ID:nXhVhroG0
>>38
> >>6
> つまりノストラもダヴィンチと同じ秘密結社の一員の可能性が高いんだ
> 最近うすうす感じてはいたんだけど
> ノストラはサタン系の預言者だよきっと

 世界中に紛争の火種を蒔き続けて、数多の戦争孤児や被災者に「集まる募金」を飯の種にしている某宗教どもと、
役に立たない宗教医学を廃し、近代医学で多くの病人を救って貢献した人物のどっちがサタンだかよく考えて欲しいものだな。
あなたの神は、「どっちが正義で、どっちが邪悪か?」の判断もできないのか?

77 :本当にあった怖い名無し:2005/03/23(水) 17:35:14 ID:KkyPHaERO
ホントのキリストの言葉なんてもうわからないんだけどね。
ファティマの予言はむしろモノすごい真実言われたので法王が気絶したんじゃないかっていう気がする。

テンプル騎士団が銅製愛との告発があったけど、ホントかな

78 :本当にあった怖い名無し:2005/03/23(水) 18:05:41 ID:nXhVhroG0
>>77
 「子供は嘘をつかない。」を広めているくせに子供だましなんて言葉が有ったり、
子供の嘘は叱ってはならないなんて教育マニュアルにない慣習なんかが有ったりする。
宗教って子供を使ってずるい事するよな・・・。

79 :本当にあった怖い名無し:2005/03/23(水) 18:11:43 ID:sYlEBAtu0
ん?西洋の子どもはちっこい大人?

80 :本当にあった怖い名無し:2005/03/23(水) 19:35:40 ID:Ydcnn3o40
>>76
おおまかすぎ
キリスト教を偽善に使うことはイエスから見ればサタン。
それはただキリスト教と名乗ったサタンの教団にすぎません。
イエスは自分のことをこの世の権力とは無関係な存在であると明言してます。
だからこの世の権力によって殺されたのです。
ノストラのペストの流行から人々を救ったのは評価できますが
テンプル騎士団とのつながりや彼が洗礼を受けたノートルダム寺院に
シオン修道会が崇拝しているマグダラのマリアがあったり、
天にいるイエスの父しかわからない終末の時期を予言するなど
アンチキリストである可能性が大です。
ダビンチのあのすごい知識が彼の秘密結社と関わりがあるのなら
ノストラの医療の知識の源泉もそこから出た左証かも。




81 :本当にあった怖い名無し:2005/03/23(水) 19:47:16 ID:cGq9GYOa0
>>78
「子供」は比喩。
宗教経典のコトバは表面的な意味でとらえてはならない。
錬金術や魔術の用語のようにその象徴する意味を考える。
自己の霊的進化の度によって悟りの内容は変化する。
(アドヴァイス)

82 :本当にあった怖い名無し:2005/03/23(水) 20:19:34 ID:Gm2+/nlP0
で、テンプル騎士団はサタン側なの?

>>73
IDがエロw

83 :本当にあった怖い名無し:2005/03/23(水) 23:17:24 ID:Gm2+/nlP0
>>71
それを予言したっぽいノストラダムスの詩に「偉大なる娼婦」ってのがあるけど、
あれはやっぱりマグダラ?

84 :本当にあった怖い名無し:2005/03/24(木) 16:07:58 ID:L2NEdJvn0
キリストってSEXしたんだよね?

85 :1:2005/03/24(木) 16:55:10 ID:MyKbyIV20
秘教的に解釈すれば、Yes。

86 :本当にあった怖い名無し:2005/03/25(金) 10:31:21 ID:g0fE5Knv0
>>80
 聖書をよく読めばわかると思うけど、イエスは弟子たちに自分を喰って欲しかった。
だからあそこで死ぬ事は彼の計画のうちだったから、それについて誰も悲観する事は必要無いと思う。
PCに例えるならDNAがOSでRNAがアプリケーションなんだと思うんだけどイエスは成長した自分を残したかった。
と、根拠も無くそう思う。

87 :本当にあった怖い名無し:2005/03/25(金) 11:31:33 ID:QS61XihX0
残ったのは劣化につぐ劣化だった訳だが。

88 :ダ・ビンチが暴露したかった事(1):2005/03/26(土) 03:23:35 ID:OfoC8cV50

最後の晩餐の絵のイエスとマグダラのマリア(=ヨハネ)の間に出来た空間。
それは、あの絵の肝。

イエスとマリアは公認のカップルだった。
でもその二人が他人然と体を離してる。
しかも、男ばかりの飲み会の席、裏切り者がいるような席で、
イエスはマリアの身体を意図的に離して座ってる。
普通、男は自分の彼女をそんな席で守る事はあっても突き放したりしない。
マリアも反対側の男にしな垂れかかるようなポーズ。
何故か?
それは、イエスがマリアに芝居をさせたかったから。
「私はよく知っている。あの人は神の子じゃない。人間だから殺されたら死ぬ。」
と、入知恵ではなく、自分で思いつたかのように、イエスはマリアにこれを言わせたかった。
そうする事によって、ペテロは油断し、マリアの腹の子に興味をなくす。
イエスが最も敵視していたのはペテロ。
後のローマ法王になるペテロ。
現在の腐ったキリスト教の体系を作ったのはペテロ?
ダ・ビンチが絵に籠めた核心はコレか?
実は、ユダは実在してないという説があり、このへんを解明出来れば、
聖書に加筆された場所がわかる。そう、加筆する動機があるのはペテロだけ。
ペテロは教団を乗っ取って自分好みの支配体系にしたかったから。


89 :ダ・ビンチが暴露したかった事(2):2005/03/26(土) 03:25:09 ID:OfoC8cV50
それにイエスは死にたかった。
復活を成就する為に。
聖書をよく読めばわかるが、イエスは自分の復活と、民に永遠の命を与える事に執念を燃やしていた。
イエスが死に際したかった事は2つ。

@マグダラのマリアの腹の子を日本に逃がしDNAを途絶えさせない事。
A自分の死体をミイラにしてRNAを世界にバラ撒く事。

RNAは遺伝子工学ではジャンクとみなされている。
しかし、DNAだけでは次世代に渡せない情報がある。
それは、母乳に含まれる免疫系の情報等。そういう情報はジャンクの中にある。
それに現代の科学ではジャンクは解明されてないけど、かなり重要な情報が入ってると思われ。
そしてそういう情報は、交配では人から人へは継承されない。
キス、オーラルセックス、移植、輸血、授乳、食人等の体液接触によって情報伝播する。(輸血すると性格が変わると言われるのは同じ情報伝播原理があるのだろう。)
つまり、イエスは自分を殺して、RNAを保存しつつバラ撒きたかった。
大方、人魚の肉とでも言って他人に食わせたに違いない。
(八百比丘尼伝説は有りえた?)
おそらく、これが正しく、未来にほぼ自分と同じ細胞を持つ人間を発生させる方法。
純血を保とうとして近親交配をしちゃダメ。
ただし、イエスのミイラを食っただけじゃ、イエスもどきは生まれて来ない。
イエスのDNAを持つ子孫が、何らかの形でRNAを手に入れないとダメ。
だから、マジで摩訶不思議な人間はめったやたらと生まれ変わって来ないのかもね。
おそらく、イエスをミイラにしたのは、シモン団の関係者。


90 :ダ・ビンチが暴露したかった事(3):2005/03/26(土) 03:26:43 ID:OfoC8cV50
そしてイエスは自分の転生の為と、人類全体のRNAのレベルアップを目指して、RNAをバラ撒いた。
SEXでRNAをバラ撒いたんじゃ、色情狂として民主主義的な教義は残せなかったし、ミイラでなければ、時を越えてRNAを撒けなかった。
人の肉といえば誰も食べないが、人魚の肉と言えば人は食う。
しかも、イエスの肉だから多少の抵抗力くらいは上がったのだろう。
癒しの力が本物なら。

イエスは死ぬ必要があったのだ。

現代でもそうだと思うけど、イエスの癒しの力や予知能力がもし本物だったら、
どんな手を使ってでもその原理を解明しようとするのが正しいインテリの有り方。
当時だってそんな奴(イエスの本懐につきあう真の弟子)はいたはず。
いつの時代だって本物のインテリは、神なんか怖がるもんか。
神秘のベールなんか見つけ次第脱がせるのが正しい知的探求のあり方。
そういう意味じゃ、イエスもシモン団もダ・ビンチも真っ当なインテリだ。
皆それなりに、神やこの世について独自の見解は持ってただろうけど、別に怖がりも拝みもしてなかったと思う。
イエスは、多少の超能力と未来の知識を持ってたとは思うが、明らかに人間だと思う。

ただ、聖書は食人は肯定してない。
聖書はイエス「だけ」は食うのはOKだけど、他の人の食人は認めてない。
(話が長くなるので省くけど、食人は生物学的に間違ってる。クローン病のようなトラブルを呈すると思われ。食った人の内蔵が他人の肉を自己の怪我と間違え無秩序な癒着が起こる。)

聖書をよく読むと、イエスがかなり深く遺伝子の概念を知っていた箇所が拾える。
それに、イエスの転生先の確保の仕方(DNAやRNAの残し方)が正しいとすれば、イエスは現代の私たちよりも遺伝子について詳しいのかもしれない。

遺伝子が解明される時、イエスが人々の永遠の命を実現する為に何がしたかったが解明される。
そして、イエスの意に沿わない聖書の加筆が何処か浮き彫りになる。
イエスが人類に対して最もしたかった事は、人類全体の遺伝子のレベルアップであり、
その恩恵による「永遠の命」なのだ。


91 :ダ・ビンチが暴露したかった事(4):2005/03/26(土) 03:37:07 ID:OfoC8cV50
イエスはバプテスマなんかに興味ねーよ。
そんなモノ科学的になんの意味も無い。
以上を踏まえ、マルコによる福音書第14章17節から15章の最後まで読むと興味深い。
ペテロがてめぇの都合のいいように改ざんしてるのが味わえます。

イエスは死海文書の「光は東から来る」を参考に逃亡先を選び、東の果てに我が子を逃がした。
おそらく、ダ・ビンチはシモン団が継承してきた内部情報によりその事を知っていたと思われ。
モナリザの背景は山水画。
ダ・ビンチは日本に興味を持っていた。
おそらく、ダビンチはペテロの乗っ取ったキリスト教は、嫌いでもイエスは好きだったと思われ。

92 :本当にあった怖い名無し:2005/03/26(土) 03:47:38 ID:5jpHLTMG0
書き込もうと思ったが、うまくいかん。
書くなって事なんだろうw
無駄だしな。

93 :ダ・ビンチが暴露したかった事(5):2005/03/26(土) 04:12:30 ID:OfoC8cV50
>>91

> 以上を踏まえ、マルコによる福音書第14章17節から15章の最後まで読むと興味深い。

ここんとこマジ面白い。
イエスが神に処刑をやめてくれようにお願いするわけないじゃん。
イエスはミイラになりたがってたんだから。
しかも、イエスが命乞いの最中弟子が都合よく眠りコケてたんだとさ。
そらそうだわな。イエスは命乞いなんかしない。作り話だから。
最後にバプテスマの重要性を言ってバプテスマの権威化を図ってる。
そりゃ、バプテスマはイエスには必要ないがペテロには必要。
俗物教祖は、教祖として、信者に、「与える」モノがいる。
インチキ臭い名誉な儀式(=バプテスマ)は偽モノ宗教には付き物。
信者はこのインチキ名誉が欲しくて教祖に貢ぐ貢ぐ…。
ユダを創作したのもペテロ。
でも、イエスが思ってた、真のサタンも、裏切り者も、それはペテロ。

94 :本当にあった怖い名無し:2005/03/26(土) 12:56:00 ID:95kCXcwl0
パプテスマが何かはカトリックにでもならんとわからんよw
カトリックなんぞ別にどうでもいいが、
パプテスマがなんたるかがわからないならこの話の馬鹿さ加減もわからんだろう。
ただの儀式だと思っているようなレベルでは話にもならない。


95 :緑茶:2005/03/26(土) 14:32:32 ID:drcjzU6Y0
きょう日テレでなんかやりますねェ


ルーヴル美術館ミステリービートたけしの歴史的大発見名画モナ・リザ
はもう一枚あった!
【出演者】 ビートたけし 大竹しのぶ 桜井翔 絹谷幸二 羽鳥慎一
「ビートたけし大発見独占公開!モナリザは…もう一枚存在した」▽(1)ス
イス地下金庫で…幻の“姉妹”撮影成功…完全ノーカット放送(2)秘密結
社の謎と暗号(3)ダビンチコード真説衝撃の結末…世界激震

96 :本当にあった怖い名無し:2005/03/26(土) 15:24:17 ID:1sqFDv7O0
ようやく読み終わった。

駄目だ、キリストが結婚しててもSEXしてても、子供がいても、ゲイでもホモでも、
ローマカトリックが人殺しでも、

一ミリもキリスト教信じてない俺にとっては、詰まらなかった。

ヤハウェの所為で、無駄金使った分また不幸になったかと思うと本当に腹立たしい。

97 :本当にあった怖い名無し:2005/03/26(土) 18:18:48 ID:OfoC8cV50
>>94
> パプテスマが何かはカトリックにでもならんとわからんよw
> カトリックなんぞ別にどうでもいいが、
> パプテスマがなんたるかがわからないならこの話の馬鹿さ加減もわからんだろう。
> ただの儀式だと思っているようなレベルでは話にもならない。

科学的意義の無いことに、イエスはもともと興味無いの。
もともと宗教と科学は同じ学問のはず。
世の中がどーなってるのか、そんな風に世の中の法則や自然を利用すれば、人類のためになんるのかを考えるかに意義があるの。
そこから離れてしまった宗教は、歴史があろうが、メジャーだろうが、そこらのB級新興宗教と変わらない。
そういうB級宗教は、存在目的が、教団維持だったりするだけで、神(=世の中)の探求とは何の関係もない。

「神との契約」という言葉だって、本当は物理の法則と同意義語と思われ。


98 :本当にあった怖い名無し:2005/03/26(土) 18:21:49 ID:Jt/XT6FaO
ダウ゛ィンチコードの作者は原理主義者に狙われないの?

99 :本当にあった怖い名無し:2005/03/26(土) 18:26:39 ID:OfoC8cV50
>>96

イエスの教えは信じたり拝んだりする為にあるのでない。
イエスの言葉をヒントに、聖書から、有益な科学的事実や、政治的身の処し方を引き出す為にある。
私は聖書を信じる気も無いし、教会の戯言につきあう気も無い。
ただ、聖書が科学的新事実をどれだけ知ってるのか、予言の書としてどれだけ優れているのか吟味してるだけ。
イエスとて、人間。
人間である私が、人間であるイエスを吟味して何が悪い?ってかんじ。
他人を拝ませたければ、拝むに値する教義を持って来いと、現教会には言いたいね。
精神論のグダグダはいいから、宗教と科学の接点を持って来いという感じ。
そういう意味じゃ、イエスはちゃんと言葉を残してる。


100 :本当にあった怖い名無し:2005/03/26(土) 18:39:05 ID:OfoC8cV50
>>95
> きょう日テレでなんかやりますねェ
> ルーヴル美術館ミステリービートたけしの歴史的大発見名画モナ・リザ
> はもう一枚あった!
>(2)秘密結 社の謎と暗号(3)ダビンチコード真説衝撃の結末…世界激震

最後の晩餐の絵のイエスとマグダラのマリア(=ヨハネ)の間に出来た空間。
今晩、TVであれを、Mの隠し文字だの、Vの隠し文字だの、心霊写真級の電波な事言ったら笑えますな。

254 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)