5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ダヴィンチ・コード】

1 :本当にあった怖い名無し:05/03/14 16:21:09 ID:1pwsACei0
天才画家ダ・ヴィンチが残した驚くべき暗号と、西洋史をひっくり返す
真相。異端審問の嵐を生き延びたキリスト教史とマグダラのマリア
の系譜に受け継がれた秘儀とは?

597 ::2005/04/03(日) 09:48:28 ID:FRlJD7b20
http://www.asahi.com/international/update/0403/003.html
ローマ法王逝去

598 :本当にあった怖い名無し:2005/04/03(日) 22:18:40 ID:7M4A8u020
>>597
普段、遠隔治療がどうのって偉そうなオカ板の自称霊能力者たちは、

なぜ、ローマ法王を癒してあげずに見殺しにしたんでしょうか?

キリスト教徒だけでも、世界中に何万人も霊能者が居たはずです。

命を賭けるほど祈った、敬虔な信者も大勢居たはずです。

遠 隔 治 療 ?   嘘吐き

599 :本当にあった怖い名無し:2005/04/04(月) 03:19:17 ID:AbVT23Z90
寿命だろ 死ぬときゃ死ぬだろ
つかキリスト教には日本で言う霊能力の概念は無いし
なんか行ってる事が支離滅裂
もうちょっと考え直してから もう1度ここへおいで

それと大事なのは 命を賭けるほど祈っても残念ながら人は死ぬんだよ

600 :本当にあった怖い名無し:2005/04/04(月) 03:35:03 ID:32q2jGmP0
ローマ法王の健康よりも隣のワンちゃんの健康の方が主観的には気になります。
大体もうお年でしょうがw

601 ::2005/04/04(月) 12:04:47 ID:IA7l5Drh0
>>598
さあ? 私に言われても・・・

602 ::2005/04/04(月) 19:22:00 ID:IA7l5Drh0
ダヴィンチコードをついにゲット。
なかなかテンポ良く面白い。

603 :本当にあった怖い名無し:2005/04/04(月) 19:43:02 ID:mS7nIz0e0
おまえ読んでないのにスレたてたのかよ!
見上げた奴だな。なかなか見所のある奴だw

604 ::2005/04/04(月) 22:52:19 ID:IA7l5Drh0
スレの最初の方に書いたことは、ダヴィンチコードのもとネタ
になった話です。一昨年知りました。

605 :本当にあった怖い名無し:2005/04/05(火) 15:05:30 ID:4CwVwvN40
(・∀・)ダヴィンチコード♪

606 :1:2005/04/05(火) 18:19:44 ID:joB4XsX40
コンスタンティヌス帝以前にはまだ残っていたイエスに関する記録を
読んでみたい。何か大分焼却されてしまったみたいだけど。
無ければクムランの文書でもイイや。

607 :本当にあった怖い名無し:2005/04/05(火) 20:44:10 ID:tqLa2X2h0
>>606
戦火や何らかの理由で焼かれたんでしょうか?
1さんは勉強家ですね、ガンガレ!ひそかに応援しております。
いくつかされた予言の通り、無知が蔓延り、貧困と戦争は無くならず
悪魔は善人のフリをして人々を堕落させ傷つけた。
現在があるように、時の流れは止める事できずその時が訪れるのでしょうか?
ダヴィンチコードやいくつかの予言の謎を解く事で、災いを未然に防げると良いんですが・・・

>>555
静かに、ひそやかに同意です。20年前から薄々気がついていたけど
何もできなかった。もし死んだ後があったら、その事や同じ志をもった
あなた方の為に頑張るので辛い時が続いても諦めないで下さい。
スレ違い、スマソ

608 :本当にあった怖い名無し:2005/04/05(火) 20:51:44 ID:d1u6qFiu0
思想弾圧で焼いたんだよ。
洋の東西を問わず、焚書で消失した貴重な文献は数知れない。

609 :本当にあった怖い名無し:2005/04/05(火) 21:28:45 ID:v7drJSDS0
>>606
ナグ・ハマディ文書ではだめなのか?

610 ::2005/04/05(火) 21:41:10 ID:joB4XsX40
>>607
いえ、キリスト教を国教にしたコンスタンティヌス帝が
それまで教義が統一されていなかったキリスト教を、様々な
記録や福音書の中から都合の良いものを選んだ上に都合良くアレンジ
してしまい、残った記録は都合が悪いので破棄してしまったからです。
>>609
それでもいいです。でも地元の市立図書館には無いですね。
面白い事書いてありますか?

611 :本当にあった怖い名無し:2005/04/05(火) 22:31:15 ID:YnmTEvDj0
>>610
岩波から日本語訳全4巻が出てたんだけど、一部絶版になってるんだよね。
荒井献ってこっち方面では有名な人が訳してる。
一部だけでよかったら、「トマスによる福音書」とかが単体で出てる。
この人は、ナグハマディ文書の訳とは別に、
「聖書の中の女性たち」とかって本も書いてるから、
このスレの人にはこっちの方が興味深いかも知れない。

612 :609:2005/04/05(火) 22:39:34 ID:v7drJSDS0
>>610
いや、小生も(↓ここで)要約しか読んでいない。
ttp://www.geocities.co.jp/HeartLand-Sakura/8452/honndana.htm

岩波書店から出ている。4巻セットで20,300イェン(税別)は、
チト手が出ない。図書館に買わせるのが吉。

内容的には、ダ・ヴィンチ・コードの素ネタの一つと思われ。
>主は、(マグダラの)マリアをすべての弟子たちよりも愛していた。
>そして、主は彼女の口にしばしば接吻した。他の弟子達は、
>主がマリアを愛しているのを見た。(フィリポによる福音書)
などの記述や、
ペテロとマグダラのマリアとの確執なども描かれている(らすい)

613 :本当にあった怖い名無し:2005/04/05(火) 22:41:20 ID:YnmTEvDj0
連投スマソ。考えてみれば、ナグ・ハマディ文書には「マリヤによる福音書」があって、
これがこのスレ住人には一番面白いかもしれない。
このマリヤは、福音書の中ではマグダラのマリヤだと言うことになってる。
Amazonみたら、まだ在庫はあるみたい。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000261088/250-1894941-8747461

614 :本当にあった怖い名無し:2005/04/05(火) 22:44:14 ID:YnmTEvDj0
>>612
あ、失礼。一部絶版だと思ってたら、セットで出てましたか。すんません。

615 :本当にあった怖い名無し:2005/04/05(火) 22:54:37 ID:ZZAGFE4r0
古代アステカの人々の間で伝承されてきた物語に、「五つの大陽の伝説」がある。この伝説は、過去に4つの大陽(世界)が滅び、その後に5番目の現代の大陽の時代がやってきたことを伝えている。
メキシコシティーの国立人類学博物館の代表的な展示物である、アステカのカレンダーストーン(大陽の暦石)には、4つの大陽と、中央に5番目の大陽の姿が刻まれており、「五つの大陽の伝説」を伝えている。

資料によって年数表記や表現内容に様々なバリエーションがあって、一定していないが、そのうちの一つは、5番目の文明に当たる現代文明が、マヤ暦の4アハウ8クムク、
すなわち紀元前3114年8月13日の闇夜に始まり、4アハウ8カンキン、すなわち現代の暦の2012年12月23日に「地球の大変動」で破局を迎えると伝えている。

http://www.y-asakawa.com/tansaku-report/report-mexico3.htm

616 :609:2005/04/05(火) 23:00:36 ID:v7drJSDS0
>>614
いや、貴兄の情報の方が正しい。
岩波のサイトで確認したところ
第四巻黙示録が、品切重版未定となっておりました。

612の4巻セットの情報は訂正いたします。

617 ::2005/04/06(水) 00:07:48 ID:NthtngVx0
>>613
要約見ました。欠落部分が気になるところです。
マリア達の一派がプロヴァンスに流れ着いたと言う言い伝えもあるそうですね。
南フランスのジプシーが黒マリアを信仰し、黒いマリア像と共に海に入るという
彼ら独自の祭りがあるのもうなずけるかも。

618 :本当にあった怖い名無し:2005/04/06(水) 00:23:51 ID:6WgWIMPI0
チラシの裏

マグダラのマリアは、イエスによって7つの悪霊を追い出されたと
聖書には書かれているそうな。
一見、悪霊を7つも抱え込んでいたなんて、なんて汚れた女だと
思ってしまうのだが、
7つという数字にひっかかる。

7というのは完成された数と言われている。
「7つの悪霊を追い出された」というのは
悪霊を追い出されて、全き状態になったと理解できないだろうか?
ヨガでいうところの7つのチャクラが完全に開かれ、人間として完全体になったと
理解できないだろうか。

であるからこそ、イエスはマリアマグダレナを最愛の人とし、ペテロにも伝えなかった
知識を与え、自分亡き後の教団の要としたかったのではないだろうか・・・。


619 :本当にあった怖い名無し:2005/04/06(水) 00:37:51 ID:B/eKUc6h0
いくら「7」に神秘的な意味を持たせたいからって
聖書の話に東洋的なヨガだのチャクラだとからませても
胡散臭さがますだけな気がする。

620 :本当にあった怖い名無し:2005/04/06(水) 00:40:57 ID:SttMU3zl0
>>618
AA忘れてるぞ。代わりに貼っとく。
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、

621 :本当にあった怖い名無し:2005/04/06(水) 03:21:56 ID:6WgWIMPI0
>>619
>聖書の話に東洋的なヨガだのチャクラだとからませても

ニケーア会議で消されたのは、輪廻転生説だけではなかったようだ

チャクラやクンダリニーに関する知識は
原始キリスト教とも呼ばれているエジプトのコプト教に、今も残されているという
また、カバラにおけるセフィロトもチャクラに対応していると言われている。

ニケーア会議以降の知識で見れば東洋的ということになるのかもしれないが、
本来は、エジプト・ギリシャにもあった知識だとおもっている。


622 ::2005/04/06(水) 09:35:59 ID:NthtngVx0
となると、シオン修道会って霊能者とか
不思議な技の使える人が集まってそうですね。

イエスから伝えられたマグダラのマリアの秘儀をもってすれば、
知られてはならない秘密は全て不可視の領域にしまいこめそうですけれどね。
修道会の会合は幽体離脱で集まって行うとかw


623 :本当にあった怖い名無し:2005/04/06(水) 15:23:48 ID:1VSZiiCV0
>>607
戦火じゃなくて、コンタンティヌス勅令で燃やすことにしたの。
で、燃やすに先立って、統一聖書を決めたのが、有名な会議。


キリスト教てのはそんなもんだ。

624 :本当にあった怖い名無し:2005/04/06(水) 15:31:04 ID:1VSZiiCV0
>>619
塩野七海著、ローマ人の物語シリーズ読めば良いと思うが、
紀元前100年前後の10世紀は、世界の中心は地中海からアジアに有った訳で、
その後の暗黒の中世時代に、ヨーロッパへ北上した訳なのですよ。

んだから、東洋思想、西洋思想ってのは、中世以降の話なのです。
その前はオリエント文化=世界の文化ってな感じなのですから。

と、考えると、世界に分裂と破壊をもたらしたのはキリスト教なんだよなぁ・・・
って事になります。

625 ::2005/04/06(水) 17:13:13 ID:4SXfhnKVO
イエス直筆の記録も燃やされてたりして。

626 :1:2005/04/07(木) 18:17:56 ID:iRHVQc8u0
聖骸布と聖杯は出て来たけれど、ロンギヌスの槍はこのスレでもまだ出てないね。

イエスの血を受けた聖杯が子宮ならば、イエスの血を聖杯へ注ぎ込む役割をしたのが
ロンギヌ巣の槍って事でイイのかな。イエスのわき腹(聖書では男のアバラから女が生まれる)
を刺すってことは、イエスのわき腹は彼自身のアニマ(女性の元型)を現しており、その
アニマはマグダラのマリアに投影されているってことだろうか・・・
ダヴィンチの最後の晩餐でも、内側と外側の色の違いこそあれ、イエスとヨハネ(=マグダラのマリア)
は同じ色のおそろいの服を着ている・・・

627 :本当にあった怖い名無し:2005/04/07(木) 18:23:07 ID:fRR4JovgO
イエスのチンコ

628 :本当にあった怖い名無し:2005/04/07(木) 19:28:37 ID:BycCTakc0
S2機関

629 :本当にあった怖い名無し:2005/04/07(木) 21:21:43 ID:kj8CWRow0
聖杯とか槍とかってフランスのなんとか地方のなんとかって神父が
持ってるってとこまでわかってんだろ?
しかもそいつにはカトリックと反する信仰の噂とかあるって。不味いじゃん。
カトリックはもう奪い取りに行かないの?

630 :本当にあった怖い名無し:2005/04/07(木) 21:33:27 ID:PxotyPbc0
本物なら神父ごときがもってるわけないと思う。
どっかの大聖堂に安置されてるか、博物館に展示されてるかのどっちかでしょ。

631 :本当にあった怖い名無し:2005/04/07(木) 21:42:53 ID:BycCTakc0
ナチスが奪取。

632 :31:2005/04/08(金) 01:54:05 ID:mBqmtOUN0
これを貼っておこう

イエスの体を刺した槍 - 「ロンギヌスの槍」は実在するか
http://x51.org/x/04/11/2810.php
x51.org
http://x51.org/

633 :本当にあった怖い名無し:2005/04/08(金) 19:27:50 ID:TmUWf0Ho0
月面に突っ立ってます

634 :本当にあった怖い名無し:2005/04/08(金) 20:28:03 ID:d9U2VFBW0
レンヌ・ル・シャトーの謎を読んだ人いますか?

635 :本当にあった怖い名無し:2005/04/08(金) 21:10:28 ID:t6eXUXt+0
キリストに子供がいるってことは、キリストの子孫が存在するってことだよな?
俺20になるまでキリストは空想上の人物だと思ってたわけだがorz
キリストには兄弟や従兄弟、その他の親戚はいなかったんだろうか
いたとしたらキリストの血を引く者がいたっておかしくない罠

ごめん、全然知識無いのに一人で舞い上がってたor2

636 :本当にあった怖い名無し:2005/04/08(金) 22:14:44 ID:Uyzi+pIr0
>>635
> キリストに子供がいるってことは、キリストの子孫が存在するってことだよな?

イエスに子供はいたのかも知れないが、今ではどうだったのかは知るべくも無い。
デビューしてから1年、長くても3年の間のことしか分からず、
少なくともその間には子供がいた形跡は無いというだけ。

> 俺20になるまでキリストは空想上の人物だと思ってたわけだがorz

一応、実在しない人物だという考え方もある。マイナーだけど。
何しろ、宗教色の無い資料的価値のある歴史書では2冊にしか登場せず、
片方は構成の加筆、片方はキリスト教徒のことを書いてると考えられるから。

> キリストには兄弟や従兄弟、その他の親戚はいなかったんだろうか

聖書の記述によると、兄弟や親戚はいたと考えられる。
デビュー当時には、身内からは気が狂ったと思われ、
連れ戻されそうになった(マルコ3:21)と書かれてる。

> いたとしたらキリストの血を引く者がいたっておかしくない罠

そんなわけで、直系の子供に関しては微妙。
身内レベルで同じ血ということなら、たくさんいると思われ。

637 :本当にあった怖い名無し:2005/04/08(金) 22:29:03 ID:t6eXUXt+0
>>636
さんくす
勉強になったよ

638 :本当にあった怖い名無し:2005/04/09(土) 13:08:05 ID:lbb2p6kX0
固めるテンプル〔家庭用食用油凝固剤〕はテンプル騎士団から
名前が付けられた。そのメーカーは日本の・・・・・・・・

639 :本当にあった怖い名無し:2005/04/09(土) 18:33:35 ID:gYPcoqrmO
マグダラのマリアて聖娼婦でしょ?


640 :1:2005/04/10(日) 18:01:49 ID:WSGfRpyS0
かも知れませんね。

641 :本当にあった怖い名無し:2005/04/10(日) 21:16:58 ID:rIPcY4CB0
聖娼婦なのになんでこんなに高貴な扱いなの?
娼婦から得た人生経験で全てを悟ったの?
聖娼婦と娼婦はどう違うの?

642 :本当にあった怖い名無し:2005/04/10(日) 22:03:16 ID:HeHOFUrB0
聖娼婦って神殿娼婦のことけ?

643 :1:2005/04/10(日) 22:09:19 ID:WSGfRpyS0
>>642
多分。神を感じる儀式の際にそう言う役割を持ってるんでしょう。

644 :本当にあった怖い名無し:2005/04/10(日) 23:27:49 ID:NRhzPcyL0
今日買ってきたよ☆

645 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :2005/04/11(月) 00:17:33 ID:0U91KUhF0
あれ?マグダラのマリアが娼婦ってのはダビンチ・コードでは否定されてなかったけ?

646 :本当にあった怖い名無し:2005/04/11(月) 00:51:51 ID:nzJ0VoFh0
>>645
だったよね

娼婦と卑しめたのは、バチカンの陰謀。
んで、マリアはベニヤミンという王族の出だった

ソロモンの家系であるイエスとベニヤミンの末裔であるマリアの結婚は
二つの王族の結婚だと・・・。

647 :本当にあった怖い名無し:2005/04/11(月) 10:16:04 ID:zLUHJ9Cp0
ソロモン王家の血筋、大工の息子という出自を聞くとどうしてもイエスを
メーソン認定したくなる重症陰謀マニアw

648 :本当にあった怖い名無し:2005/04/11(月) 10:46:13 ID:RDGCP5vU0
ベニヤミン氏族はいわゆる士師時代の半ばには吸収消滅してる。
帝政ローマまで系譜が意味をもっていたとは思えないね。
ついでにいえば娼婦を賎しいとみること自体
パウロ以下がキリスト教を発展していく過程で形成された
世界史的に見れば異常な女性蔑視、性の禁忌化の結果だと思われ。

649 :1:2005/04/11(月) 13:22:20 ID:C/+zg0lT0
あ、何かそんな事欠いてありましたね。忘れてました;>ベニヤミン出身

650 :本当にあった怖い名無し:2005/04/11(月) 20:04:45 ID:RrBPDC120
ダヴィンチ・コード読むと、キリスト教徒のはずのアメリカ人がこのスレの住人
程度の知識しか持ってない(別にけなしてる訳じゃないよ。少し知ってる日本人
という意味)のがわかって、なんだか安心する。

651 :本当にあった怖い名無し:2005/04/11(月) 20:57:33 ID:GCB/XvTG0
あんまり詳しく知られると困るのかも。

652 :本当にあった怖い名無し:2005/04/11(月) 23:35:09 ID:JV/tFKgk0
漏れは基督教徒ではないので、よくわからないのだが、

ダ・ヴィンチ・コードに書かれていたことが広まった結果、
「ヴァチカンにだまされていた」
と怒る信者が出るのだろうか?

653 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :2005/04/11(月) 23:55:28 ID:0U91KUhF0
>>645 >>648
昨晩あんなこと書いたけど。 

ルカによる福音書7-36以下見ると

「7:37 この町に一人の罪深い女がいた。イエスがファリサイ派の人の家に入って食事の席に着いて
おられるのを知り、香油の入った石膏の壺を持って来て、
7:38 後ろからイエスの足もとに近寄り、泣きながらその足を涙でぬらし始め、自分の髪の毛で
ぬぐい、イエスの足に接吻して香油を塗った。
7:39 イエスを招待したファリサイ派の人はこれを見て、「この人がもし預言者なら、自分に
触れている女がだれで、どんな人か分かるはずだ。罪深い女なのに」と思った。

とあってこの罪深い女って娼婦だったはず。だから、娼婦はその時代でも罪深いと思われてたんじゃないかな?
それと、だからこそ、イエス・キリストは娼婦でさえも区別しないと一方から人気は出るし、
一方からは排斥されるし。

だからマグダラのマリアが娼婦じゃないってのも本当かどうか分からないよね。

ちなみに上記の罪深い女ってマリアじゃなかったっけ?


654 :本当にあった怖い名無し:2005/04/12(火) 00:25:37 ID:N++7Tmr30
>>653
> とあってこの罪深い女って娼婦だったはず。

その記述が娼婦であると考えられる根拠ではあるのですが、
当時のユダヤ教では病気も身体的障害、
果ては不幸や災難も犯した罪の結果だと考えられてました。
なので、罪深い=娼婦はちょっと即断ではないかと。

> 娼婦はその時代でも罪深いと思われてたんじゃないかな?

私もそう思います。神殿娼婦も旧約聖書の頃から蔑視の対象のようですし。
「イスラエルの女子は一人も神殿娼婦になってはならない。(申 23:17)」

> マグダラのマリアが娼婦じゃないってのも本当かどうか分からないよね。

前述の通り、逆に娼婦だったというのも分からないです。
むしろ、娼婦に「悪霊を追い出す」ような必要があるのか、
という観点からは、精神的な問題を持った人とも考えられますし。
私は、この悪霊の記述から、「娼婦説は無理がある」説を支持してます。

655 :本当にあった怖い名無し:2005/04/12(火) 02:44:25 ID:VSZRTzxH0
塩野七海は歴史と歴史小説をごっちゃにしてるフシがあるのであまりおすすめしない。

656 :本当にあった怖い名無し:2005/04/12(火) 13:27:43 ID:u2YGi8jt0
>>641
そりゃーお前、娼婦ならいろんな人のRNAを取り込んで賢くなれるからだべ

657 :本当にあった怖い名無し:2005/04/12(火) 15:01:22 ID:zb76pH220
イエスはマグダラのマリアから7つの悪霊を追い払ったと言う記述と
チャクラについて書いたレスがあったけけど、
イエスが彼女に施した悪霊払いやチャクラの活性化っていうのは
目的のホンの一部、過程に過ぎないと思う。最終的にはDNAのレヴェルから
不完全な人間の彼女を完全なる人間、「アダム・カドモン」に作りかえようと
したんじゃないかと思う。

多分、イエスが成し遂げたかった事は、アダム・カドモンを地上に顕現させる
事だったんじゃないかと思う。アダム・カドモンは神と合一できる完全なる人間
と言う意味だから、マグダラのマリアが悟りを開いて昇天した、という言い伝えとも
合致する。何より、アダム・カドモンの血脈を作りたかったんじゃないかと思う。
アダム・カドモンの遺伝子をばら撒く事で、人類をより神に近づけ、神を近くに感じさせ
たかったんじゃないかな。

658 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :2005/04/12(火) 22:20:05 ID:1NDx1ITS0
>>654

>なので、罪深い=娼婦はちょっと即断ではないかと。

なるほど、そうだね。そういえばライ病の患者も不浄とされてたんだよね。

>>私は、この悪霊の記述から、「娼婦説は無理がある」説を支持してます。
そうか。俺としては娼婦だったときの方が劇的な感じがして面白いと思うのだけど。

そういえば使徒言行録の 8:9に「ころで、この町に以前からシモンという人がいて、
魔術を使ってサマリアの人々を驚かせ、偉大な人物と自称していた。」とあって
まあ、俗にいう魔術師シモンなんだけど、この人がグノーシス教の人で元娼婦の
人をグノーシスでいうところの「ソフィア」としてつれて歩いていたんだよね。
このことをイエス・キリストの行動と比べてみると面白いと思ってね。
マリアが娼婦としてみたら面白いと思ってみた。


659 :本当にあった怖い名無し:2005/04/12(火) 23:01:24 ID:/Mx0DT8C0
よくわからんが、「カドモン」てやつはゼノギアスの「カドモニ」の元ネタだな。多分。

660 :本当にあった怖い名無し:2005/04/13(水) 00:21:48 ID:NWonCjlk0
>>658
> まあ、俗にいう魔術師シモンなんだけど、この人がグノーシス教の人で元娼婦の
> 人をグノーシスでいうところの「ソフィア」としてつれて歩いていたんだよね。

これ面白いですね。当時の宗教の坩堝の中でユダヤ教もグノーシスも、
少なからず双方に影響を与え合っていたので、
イエスがそういった思想をどう受け止めたのかは興味深いです。

> このことをイエス・キリストの行動と比べてみると面白いと思ってね。

史的にはイエスを自堕落な人間だと見る人達もいるんですよね。
初期には禁欲的な洗礼者ヨハネの教団にいたと考えられてますが、
ルカ、マタイでは、ヨハネがイエスに使者を送るくだりがあり、ここで人の子は、
大食いの大酒飲みと非難されたことがあると書かれてます。

これを根拠に、イエスが禁欲を守れず追い出されたか抜け出したかしたのでは、
と考えているわけです。もしそうだとすると、愛人の一人もいた可能性もあります。
そうすると、>>654でおっしゃる魔術師ではないですが、元娼婦の彼女を、
叡智の象徴として愛していたのでは、という説も少し可能性が出ますね。

・・・って、当人達にはとんだ濡れ衣かもしれませんが。

661 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :2005/04/13(水) 23:12:49 ID:T2EJcGeM0
>>660
>史的にはイエスを自堕落な人間だと見る人達もいるんですよね。
>初期には禁欲的な洗礼者ヨハネの教団にいたと考えられてますが、
>ルカ、マタイでは、ヨハネがイエスに使者を送るくだりがあり、ここで人の子は、
>大食いの大酒飲みと非難されたことがあると書かれてます。

そうでしたか、知りませんでした。てか、新約聖書は全部読んだはずなのに気付きませんでした。
今度もう一度確認してみますね。

イエス・キリストがグノーシスのことをどう思っていたかは過去ログにある
死海文書だっけ?いいや、違ったか?ナグハマディ文書って言うのかな?
まあ、その写本の公開が待たれるところですね。



662 :本当にあった怖い名無し:2005/04/16(土) 19:09:04 ID:PnE4RhPp0
つーことは、キリストって実は信者が言ってるような偉い人じゃなくて、
そういうのんは教会の捏造?んで、未だに何か隠してるわけ?

663 ::2005/04/17(日) 23:14:31 ID:FPYa9WE60
小説はそう言う設定になってます。

664 :本当にあった怖い名無し:2005/04/17(日) 23:49:43 ID:BA0IO+Kv0
ちょっとスレ読んでみたんだけど、まとめると、キリストは気が狂ったと思われていて、
大食い大酒のみ、愛人のいる30代のオサーンて言うことでいいんでつか?

665 :本当にあった怖い名無し:2005/04/18(月) 04:54:28 ID:v9wmcYbtO
>>665キリストって30代なの?

666 ::2005/04/18(月) 14:44:20 ID:MAPoAd2I0
死んだ時は30代だったらしいです。

667 :本当にあった怖い名無し:2005/04/18(月) 21:23:06 ID:UZSsHQDX0
↑黙示録の獣

668 :本当にあった怖い名無し:2005/04/19(火) 09:35:13 ID:LFWEIYi80
>>664
独身だったと思うから、愛人じゃなくて彼女持ちでそ。
それから家業大工も追加キボン。

669 :本当にあった怖い名無し:2005/04/19(火) 12:23:39 ID:S3thvLlY0
>>664
彼女と子供作った疑惑あり。を追加キボン。

670 :本当にあった怖い名無し:2005/04/19(火) 13:52:40 ID:YErh55CV0
メーソン系としては「イエス」は誹謗するが「キリスト教」は大事にする。
だからダヴィンチ・コードはこの内容で当然。

671 :本当にあった怖い名無し:2005/04/20(水) 00:23:22 ID:9DEb6rFd0
キリストのプロフィール@オカルト板
【本名】

【生没年】

【本籍地】

【職業・資格】

【父親のデータ】

【母親のデータ】

【その他の家族構成】

【病歴】

【前科・過料暦】


スレが終わるまでに項目を埋めてて完成させよう
よくできた場合は関連スレのテンプレとします。

672 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :2005/04/20(水) 00:31:49 ID:sxruaTbk0
二つだけ埋めるよ。

【本名】

【生没年】

【本籍地】ナザレ

【職業・資格】

【父親のデータ】

【母親のデータ】

【その他の家族構成】

【病歴】

【前科・過料暦】安息日に麦の穂を摘む


673 :本当にあった怖い名無し:2005/04/20(水) 01:00:58 ID:9DEb6rFd0
>>672
 お疲れ様です。

ここは宗教板じゃないから
遠慮なくどうぞ

674 :本当にあった怖い名無し:2005/04/20(水) 08:37:41 ID:NS1KOqXh0
>>671
【母親のデータ】 アナルSEX女(前は処女)

【父親のデータ】 村人の男全員に父親疑惑


675 :本当にあった怖い名無し:2005/04/20(水) 11:44:45 ID:Qz5nxc960
今日の朝日新聞になんか載ってた。

676 :本当にあった怖い名無し:2005/04/21(木) 01:39:10 ID:Vn9/7pyd0
>>672
>【本籍地】ナザレ

ナザレという町に行って住んだ。「彼はナザレの人と呼ばれる」と、
予言者たちを通して言われていたことが実現するためであった
(マタイ福音書第2章23節)

生まれは別の町と思われ・・・。

ベツレヘムの馬小屋というのは、本籍地とは言わないよな

677 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :2005/04/21(木) 22:20:29 ID:Q6U2OMM70
>>676
ややや、そうだった。すまん。
基本的なことだったね。指摘ありがとう。

678 :本当にあった怖い名無し:2005/04/21(木) 22:23:03 ID:sOwDyi5/O
「ダヴィンチ・コードの謎を解く」を先に入手してしまったんだけど、
やっぱり元本から読んだ方がいいよね?

679 ::2005/04/22(金) 00:00:41 ID:klCF22Ls0
楽しめればどんな順序でもいいでしょう。
私は先にもとネタを知っていた人間です。
それでもなかなか面白かった。

680 :本当にあった怖い名無し:2005/04/22(金) 00:36:15 ID:VsInrbkf0
>>676

ローマ人はその帝国の全域にわたって詳細な記録を残しているが
福音書の記述以前に「ナザレ」に関する記録は存在していない。

すなわち、イエスの時代にナザレという町は存在していなかった。

…と言う話なので、さらにややこしい事になっている。

681 :ニセアカシア ◆YjYoTMvV6w :2005/04/22(金) 01:21:13 ID:tO0C2qJf0
レンヌ・ル・シャトーの謎だと、

>「ナザレ人のイエス(Jesus of Nazareth)」は誤りで、
>これは「ナジル人のイエス(Jesus the Nazoreite)」か
>「ナザレ教徒のイエス(Jesus the Nazorean)」の誤訳と考えられる。
>「ゲネサレのイエス(Jesus of Genesareth)」が正しいのかもしれない。

となってますね。

682 :本当にあった怖い名無し:2005/04/23(土) 15:10:22 ID:TiBU6AVy0
本籍地は生まれた場所である必要はないからいいと思われ。

683 :本当にあった怖い名無し:2005/04/23(土) 17:41:27 ID:Py/oenTs0
ヒエロスガモスに参加したいのですが・・・・

684 :本当にあった怖い名無し:2005/04/23(土) 19:44:27 ID:IuLixNR/0
罪深い女ねえ、アダムとイブの話でイブの罪が重い訳だから、キリスト
の相手の女性をイブに見立てたという可能性もあるよな。

685 :本当にあった怖い名無し:2005/04/23(土) 19:50:12 ID:IuLixNR/0
ま、キリストの組織的に意味の強いだけの限定的意味のアダムとイブという
捉え方だったと思うけど。

686 :本当にあった怖い名無し:2005/04/23(土) 19:54:28 ID:jVQe5eC+0
キリスト教は、特にプロは実はイエス嫌いだからw。
福音書にそって動く事はないから。
イエス=アンチキリストなんだよw
連中のキリスト(救世主)はダビデの子です。ただしイエスとは別人の。
イラク攻撃とかにゴーサインを出さないような奴はアンチキリストなんだよw

687 :本当にあった怖い名無し:2005/04/23(土) 19:57:10 ID:IuLixNR/0
そういう事にしようとしても無駄だろう。

688 :本当にあった怖い名無し:2005/04/23(土) 19:59:31 ID:jVQe5eC+0
実態なだけだがね。
最早どっちでもいいことだが。

689 :本当にあった怖い名無し:2005/04/25(月) 11:04:33 ID:EL9jle0M0
以下のように、歴代首相は、戦後、ずっと靖国神社参拝をしてきました。
世界各国で行われているのと同様に、戦死者を慰霊する当然の行為です。

当然ながら、国際的にも、批判が来たことは無かったものです。
タイの国王やビルマの首相やチベットのダライ・ラマ14世も靖国参拝しています。
まずは我々日本人が、正しく理解するところから始めましょう。

吉田茂(5回): 1951.10.18、1952.10.17、1953.4.23、1953.10.24、1954.4.24
岸信介(2回): 1957.4.24、1958.10.21
池田勇人(5回): 1960.10.10、1961.6.18、1961.11.15、1962.11.4、1963.9.22
佐藤栄作(11回): 1965.4.21、1966.4.21、1967.4.22、1968.4.23、1969.4.22、1969.10.18、1970.4.22、1970.10.17、1971.4.22、1971.10.19、1972.4.22
田中角栄(5回): 1972.7.8、1973.4.23、1973.10.18、1974.4.23、1974.10.19
三木武夫(3回): 1975.4.22、1975.8.15、1976.10.18
福田赳夫(4回): 1977.4.21、1978.4.21、1978.8.15、1978.10.18
大平正芳(3回): 1979.4.21、1979.10.18、1980.4.21
鈴木善幸(9回): 1980.8.15、1980.10.18、1980.11.21、1981.4.21、1981.8.15、1981.10.17、1982.4.21、1982.8.15、1982.10.18
中曽根康弘(10回): 1983.4.21、1983.8.15、1983.10.18、1984.1.5、1984.4.21、1984.8.15、1984.10.18、1985.1.21、1985.4.22、1985.8.15
橋本龍太郎(1回): 1996.7.29
小泉純一郎(4回): 2001.8.13、2002.4.21、2003.1.14、2004.1.1

このように、長年、戦死者を慰霊するための靖国神社参拝が行われてきましたが、
1985年の夏になって突如、朝日新聞を中心にネガティブキャンペーンが始まりました。

そして、これに呼応するように、中国と韓国の介入を招いてしまい、
上記のように1985年8月15日を最後に、首相の靖国参拝が問題となってしまいました。


690 :本当にあった怖い名無し:2005/04/26(火) 23:07:16 ID:82JoG7Mw0
>>689
靖国神社を参拝して悪い理由がもともと日本に無いんだよ。

http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1113652120/416-425

 アメリカが核爆弾を落とした事に対しアメリカの世論が納得する証拠作りが必要だったのさ。
けんちん汁を捕虜に食べさせた日本人が有罪で殺されたのに大虐殺なんかしたらただで済むはずがないだろ?
どさくさに便乗して勝利宣言しただけの中国には、もともと何の戦利品も貰える立場に無かったんだよね。
やつら中国人は、チベットを侵略している責任を取るつもりが無い時点で人間として数える価値の無い屑だからね。

 連合軍(国連)への中国の常任理事国入りは、
当時のアメリカの「日本への核投下の大義名分」を証明した見返りに過ぎない。
中国は、日本のODAに頼る低開発国だから、行動が幼稚でちぐはぐに成るのは仕方ない。(例、チベット侵略)
やつら中国人には、常任理事国は、分を超えた重過ぎる役職なのだ。

691 :本当にあった怖い名無し:2005/04/26(火) 23:55:26 ID:sL1ML7v10
がんがれ ちゅうがくせい!!

692 :1:2005/04/27(水) 22:40:06 ID:2z1uzdo10
スレ違い

693 :本当にあった怖い名無し:2005/04/28(木) 11:21:49 ID:W0agHuwz0
ふ〜、やっと読み終わった。しかし、なんだなあ、イエス・キリストはバチカンの陰謀
によって神の子として神格化されたとして、膨大な薀蓄を傾けて物語を構築しているよ
うだが、あいにく、信者でもない俺にとって、んなこと最初からわかってるじゃん!と
言いたい。それにしても西洋の人は(聖杯)とか(アーサー王伝説)とか(テンプル騎
士団)とかいうカビの生えたガラクタが好きだね。
でも、ストーリとしては面白かった。その面白さは、映画「インディ・ジョーンズ」の
のようなもんだと思ったのは俺だけだろうか?


694 :本当にあった怖い名無し:2005/04/28(木) 14:37:01 ID:YTqZGAWU0
ていうか、
完全にハリウッド受けするように作られている

と思ったのは俺だけ?

695 :本当にあった怖い名無し:2005/04/28(木) 14:43:28 ID:SEUSsdSy0
アメリカ人っていうか、プロテスタントっていうか、フリーメーソン向け作品。
多分、著者もメーソンw
ハリウッドテイストの衒学的オナニーがダン・ブラウンの一連の作品です。

696 :1:2005/04/28(木) 15:18:03 ID:5oi23ay80
来年映画化されるそうです。


697 :本当にあった怖い名無し:2005/04/29(金) 00:14:10 ID:gWniZayO0
フィクションなのに日本人は真に受けちゃってwと、神学部の教授がおっしゃってました。

254 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)