5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

後味の悪い話 その26

1 :本当にあった怖い名無し:2005/05/04(水) 11:50:46 ID:SHoiNJng0
聞いた後に何となく嫌な気分になったり、
切なくてやりきれない夜をすごしてしまったり、
不安に駆られたり、体中がむず痒くなるような話を語り合うスレです。

■注意
映画や小説、漫画、ネットの噂などのネタやコピぺも可です。
ageよりsage進行でおながいします。

1回で投稿しきれない長文は、投稿前にメモ帳でぜんぶの文章を
書き終えてから、連続投稿してください。

このスレは映画や小説、漫画等のネタバレが可です。
むしろ内容をはぐらかされてしまうと、かえって後味(゚д゚)ワルーなので、
メール欄等を利用するなどして、できるだけ書き込んでください。


前スレ
後味の悪い話 その25
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1113370301/

過去ログはこちらからどうぞ
http://makimo.to/cgi-bin/search/search.cgi?D=occult&q=後味の悪い話&sf=2&andor=AND



2 :本当にあった怖い名無し:2005/05/04(水) 11:51:30 ID:AgLh6IAf0
2げと

3 :本当にあった怖い名無し:2005/05/04(水) 11:51:47 ID:pw447MnW0
こないだ屁をこいたら 少し出た

4 :本当にあった怖い名無し:2005/05/04(水) 11:53:57 ID:myaksmn40










                               ☆


5 :本当にあった怖い名無し:2005/05/04(水) 12:06:39 ID:ahr5tP900
>1
お疲れ様、ありがとう。

今日の早朝、どこかに出かけるらしい家族連れを乗せた大型ワゴンが、
犬の散歩しながら曲がり角で雑談してたおばあさんたちが邪魔で
曲がりきれなかったらしく、
それに腹を立てるのは仕方ないとして、
「てんめぇババ!邪魔だ!ひっころすぞ!あああ!?」
と父親が怒鳴り散らしていた。
車の中には小学生の男の子二人。
子供のことを思うなら、言い方ってあるだろ。

6 :本当にあった怖い名無し:2005/05/04(水) 14:06:58 ID:BegsnpuL0
>1
乙〜!
GW中のスレ立て、感謝なり。

7 :本当にあった怖い名無し:2005/05/04(水) 15:56:38 ID:ijlzkMI6O
>1 見事なタイミングで立てましたな。乙。

8 :柳橋 鉄男:2005/05/04(水) 18:30:56 ID:e6dg8JXJ0
ドリルちんちん

9 :本当にあった怖い名無し:2005/05/04(水) 19:20:18 ID:mQPLq4iP0





10 :本当にあった怖い名無し:2005/05/04(水) 21:02:13 ID:BegsnpuL0
GW早々、別のスレに貼ってあった
「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の記事を読んだ。
不勉強で、全然知らなかったのでショックで腰が抜けた。
こんな事件が実際にあったなんて。
天気は良いし休みだし、空は青いのに、しばらく鬱状態から抜けられない。

11 :本当にあった怖い名無し:2005/05/04(水) 21:23:43 ID:wCp22XMx0 ?#
前スレ>991
最近はベージュとか普通のストッキングのナースが多くないかい?


12 :本当にあった怖い名無し:2005/05/04(水) 21:41:07 ID:OORZqZsB0
俺は看護士だけど、ストッキングなんてはいて無いよ。

13 :本当にあった怖い名無し:2005/05/04(水) 21:41:37 ID:mQPLq4iP0
>10
おまいさん若い人だな。あの頃はなあ・・
と、レスしようと思って、色々思い出してしまって
自分も鬱になったorz

14 :本当にあった怖い名無し:2005/05/04(水) 22:29:45 ID:h1kP6MBQ0
前スレのストッキング話の人、一人にだけストッキングを贈るのか?
担当のナースだけにってこと?世話になったのは一人だけじゃないのに?

15 :本当にあった怖い名無し:2005/05/04(水) 22:59:09 ID:BegsnpuL0
>>13
山本直樹の「ありがとう」の冒頭部分の事件は、
これをイメージしてるのでしょうか?
現実よりは何倍もソフトですが……

16 :本当にあった怖い名無し:2005/05/04(水) 23:37:20 ID:BegsnpuL0
>>14
私がハードな回復手術で入院した時は、母が
ダンボールいっぱいの手縫いの巾着を作って、
「皆さんで分けてください」と言って、ナースセンターで婦長さんに渡してましたよ。
数ダースとかまとめてお送りすれば良いのでは?

17 :本当にあった怖い名無し:2005/05/04(水) 23:38:57 ID:BegsnpuL0
回復 → 開腹 スマソ

18 :本当にあった怖い名無し:2005/05/04(水) 23:52:47 ID:dWyIKLtn0
>>14
ストッキングの値段を考えたら、一人にってことないんじゃない?
ナースセンターに持ってって、皆さんで使って下さいでいいんだし。

19 :本当にあった怖い名無し:2005/05/04(水) 23:56:31 ID:oiNftHNq0
ストッキングなんてあげたら変態扱いでしょ、みたいに
前スレにありましたが、もらう側はありがたいと思うよ。
ホワイトデーって、よくハンカチセットくれる人多いけど、
ストッキングのセットの方が私は嬉しかったな。
くれた人をどう思うかは別で、嬉しい。

20 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 00:36:53 ID:63RzihSC0
看護士に菓子折の話、
元の話では患者だったおばあちゃんがあげた、となっているのに
いつのまにか その話をカキコしたヤシ(=男)があげたと勘違いしているヤシがいるようで

なんだかずっとモヤモヤしている俺。

21 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 00:37:10 ID:9lChnchC0
前スレ1000が後味ワロし

22 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 00:39:57 ID:Iy5kL/ay0
ああ、アレってこの>5の前ふりなんだと思ってた。
違うのか。

23 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 00:42:20 ID:Iy5kL/ay0
…確かに違うね。
みんなで続きを考えるタイプ?

24 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 00:56:49 ID:wD+H26U30
    /\___/ヽ
   /       :::::::\
  |          .::::|
  |  ''''''   ''''''   .:::::|  どうせキモメンから送られたら
  |.(●),   、(●)、::::|  >>19は変態だとか言うんだろ?
   \ ,,ノ(、_, )ヽ、,,.:::::/  と思う俺の表情
   /``ーニ=-'"一´\


25 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 01:04:39 ID:Iy5kL/ay0
あのう…ですね、どうせストッキング大量に送るなら、
いろんなサイズを取りそろえることをオススメします。
自慢じゃないけど、例えば私は、足が標準より
曲がっていて太いので(生まれつき)、
長さに合わせても太さに合わせても、市販のぢゃ合わないです。
だから、よっぽど知り合っててピッタリのサイズ知ってる相手じゃないと、
面と向かって1対1で渡されても使えないことあるなあ。
やっぱりナースステーションに、まとめてゴッソリ、てのが良いと思います。

26 :柳橋 鉄男 ◆gwJKUHBdUA :2005/05/05(木) 01:24:59 ID:jqTNEpY30
かたわ?

27 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 01:48:44 ID:ghTAN3fm0
言ってドキドキしてる純情な>>26であった…www


28 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 02:10:35 ID:te8qkCjY0
>>25
お礼の気持ちで贈るものに、
「市販のものじゃサイズが合わないので、
私のためにピッタリなサイズをいれてください」ってのは、
「食べたくないからキンツバを捨てた」のと同じことにならない?

あと、気分を悪くしたら申し訳ないけど、
市販のストッキングが合わないほど特殊な体型の人に、
あえてそれをプレゼントしようとは思わないよ。


29 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 02:22:36 ID:bWLFccg+O
>28
25が自分の足を例に出したのは、「いろんなサイズの人がいる」って言いたかっただけでは(28の言う様にも取れるかもしんないけど)…。

つまり、S・M・L取り混ぜて送るのがイイ!ってことだよね?

30 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 02:31:00 ID:liTT9qE00
イイ空気になってきた!

31 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 05:37:34 ID:czTt91gw0
というか、>>16 のお母様、素敵ですね。

32 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 05:45:09 ID:zChjFQaY0
昨日かおとといの朝のテレビで、みのもんたが、「萌え」のブームについて批判していた。
「いい歳の大人が、こんなお人形(フィギュア)を買うんですよ!気持ち悪い!」とこき下ろした後、
コメンテーターの、生真面目そうなオッサンに「どう思いますか!?」と尋ねた。すると
オッサンは「いや、これだから福知山線だって事故が起こるわけですよ」と意味不明なコメントをした。
みのさんは一瞬「え?」という顔をしたが、すぐに表情を強張らせて「ほんとにこの事故はね、もう二度と
起こして欲しくないですね」と、無理やり話をしめた。そしてそのまま強引にCM。
・・・コメンテーターは何で「萌え」から事故の話に強引に持ってくのか、単にみのさんの話を
聞いてなかったのかw しばらく俺はテレビを前に、もやもやとしたw

33 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 06:05:48 ID:Iy5kL/ay0
>>32
オッサンは、みの氏の時代遅れのサブカル批判をおちょくりたかったのかな?
マジメに対抗すると、泥試合になるとふんで、アホを装ったのかも。
ところで、その「こんなお人形」、誰の製作の何のフィギュアだったのか
ちょいと気になる。
心をこめて作ったやつ、今どきそんなに言われて後味悪かろーな。

34 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 07:08:42 ID:Iy5kL/ay0
中学のとき、保健体育の先生が男性で、
特にイケメンじゃないけど、ひょうきんで親しみ易くネアカな感じで、
男子にも女子にもまあ人気があった。
友達の女の子が特にその先生のファンで、あこがれてた。
思い詰めるほどってワケではなく、楽しくやってたわけ。
その子は目が悪いのでコンタクト使ってたけど、
「アナタの目はメガネだと度が進むタイプ」
と医者に言われたからだった。他意はなかった。
ある日、休み時間に、その先生と円陣に座って雑談するチャンスがあり、
男女とりまぜ6〜7人で談笑していた。
そのウチ、理想の結婚相手は?
なんて夢話(当時は)になり、きゃあきゃあやってたところ、
その先生の言う事には、
「目の悪い女はヤだね。子どもに遺伝すると可哀想。特に、
コンタクトとかしてる女はずるいよね。そうやって男だますわけだから。
目が良い人だと思って結婚してねえ、
あとで後悔しちゃうよね」って。
その先生は、裸眼で視力が良いのが自慢だったの。
隣にすわってた友達の女の子、しばらくしてからトイレに立って、
追いかけていったら個室で泣いてた。後味悪かった。
教師でも、健康すぎるとそうでない人への配慮がおろそかになるもんだ
と思ったが、腹も立ったので、
次の授業の時に、その先生の黒板の誤字をさんざん
指摘してしてやったのだけど、
それはそれで やっぱり後味悪かった。
先生は先生で何かあったのかも知れないけど。
随分ムカシの、今頃の季節の思い出でし。

35 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 08:14:01 ID:q8Kd/cL+0
>>34
自分の周囲を見てみれば、コンタクト・メガネを
使っていない人の方が少ない・・・
今はそんなこと言ってたら結婚相手もいなくなっちゃうだろうな。

36 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 08:43:21 ID:d3wQ4ncH0
>>34
今でこそ「メガネッ娘」は市民権(?)を得ているけど、>>34の中学生時代はどうかな?
俺(男だが)は小学生の頃(昭和52年ころ)、メガネをかけて学校に行ったら、クラス中から大爆笑されたぞ?


37 :本当にあった恐い名無し:2005/05/05(木) 09:18:23 ID:7X9+c5w90
>36
自分も>36と同じく昭和50年代の小学生(女子)5年生くらいの時から眼鏡かけ始めたけど、
当初はクラス男子にからかわれまくりだったよ。
眼鏡とは別に、私は身体的特徴から常に男子のからかいと蔑みの対象だったので、
それが日常と化しており気にしなかったが。
メガネっ娘が市民権を得だしたのはいつ頃だろう。一説にはアラレちゃんからと言われているが。

38 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 09:52:33 ID:uBJHRaSC0
>>31
いい話ではあるんだけど、オカンアートの手作りものを大量にもらって、
ナースステーションの人は本気で困ったかもしれない・・・

39 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 10:15:08 ID:n6q4LEnNO
>>32
>>33
みのは嫌いだからその番組は知らないけど、
2、3日前に見た朝のワイドショーでは羽田空港で
スッチーのフィギュアを30種類くらい売ってるんですよー ってやってた。
まあその番組では日本のフィギュアの技術はは世界的に凄いんだと認められてるとか
その日本でトップレベルの会社が作ってるんだとか
女の人も「すごくかわいいですよね」とほめてたりとか
その場にいたコメンテーター達はみんな並んだフィギュア見て
にこにこしてたりとかですごく好意的に扱ってたんだが

「萌え」の発音が微妙でめちゃくちゃ気になったのは私がオタだからですかそうですか。

私は「萌↓え↑」だと思ってたんだが「萌↑え↓」だったのですよ
それとも私が変なのか?

40 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 10:15:51 ID:XS/Q5DtN0
看護婦さんへのお礼の差し入れは、
リポDと決めていますが、それもマズイですか?
ナースステーションに2、3箱持ってきますが…
ってスレ違いだなスマソ

41 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 10:29:49 ID:XHvzQpLP0
ドイツでは現在、妻の浮気により夫が種違いの子供を育てさせられ裁判となるという事例が多発している。
その波及により夫による子供の遺伝子調査がブームとなっている。
結果なんと10%前後の子供が母親の浮気によって生まれた「不貞の子」であるという結果が判明した。

しかも驚く事に女性団体の圧力により、父親による遺伝子調査が法的に禁止されようとしている。
夫たちは口々に言う「これでは女たちに安心して浮気をしろと言っている様な物だ!!」
この事件をきっかけとしてドイツでは生涯独身を貫く男性が増加しているという。

ttp://musume80.exblog.jp/1564385/

42 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 11:05:57 ID:hJl7MQLSO
>>41
うへえ、すごいなそれ…
男のじゃなくて女の浮気が社会問題化してるんだ?
俺はフェミニストのつもりだけどこれはなあ…
後味ワロス

43 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 11:49:43 ID:Iy5kL/ay0
>>41
父親の浮気のよる子どものパーセンテージはどれくらいなんだろ。
判明後の、子どもの精神的なケアとか、どうなんのかなあ。

44 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 12:09:24 ID:vmGiZa7D0
>>41
なんかの本で読んだけど、ドイツ人て男のひとが超やさしいから
女の人がめちゃくちゃわがままでおっかないんだって。
平等通り越して女尊男卑状態らしい。

45 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 13:32:37 ID:LifJfAji0
>>44
それはもしかして、彼らなりの「戦後」の賜物であって
失われたゲルマン魂の行き着いた先の男子像だとしたら興味深い。

46 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 13:34:15 ID:w29RvmdL0
母親の浮気相手である男だって
誰かの夫かもしれないのになあ

47 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 14:08:17 ID:uYvVtlsO0
浮気はともかく、子供まで作るなよってことでFA?

48 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 14:24:04 ID:liTT9qE00
遺伝子調査に怒る前に避妊しろヴォケ

といいかえてもOK?

49 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 14:27:14 ID:nqu50E280
結婚はできないけど、その浮気相手の
子どもが欲しい!! 夫には内緒でっ!! ってことかもよ

50 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 14:59:36 ID:Cx/X05Ld0
>49
いや、多分本人も「夫の子だろうな」と思ってるんだと思うよ。
愛人とのSEXより旦那との方が回数が多かったならなおさら。
妊娠はタイミングであって確率ではないから、
回数多くしたほうと妊娠するってわけじゃないんだけどね。
そういう思い込みがあって、本人も「え?違うの?」
ってビックリしたりするんじゃないか。

後味の悪い話
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050505-00000009-mai-soci
これ。
本人たちがだまされてることに気づいてないのはある意味救いなのか?

51 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 15:22:16 ID:SuCW1JIb0
>50
その件は自治体が救済に乗り出しているからまあよい。

52 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 17:37:42 ID:3Q2Bh2Ek0
これ実話らしい


昭和二十六年四月二日、春爛漫の京都大学構内のことでございます。
文学部玄関前で職員が想像を絶する光景を発見しました。
1人の男が血塗れの全裸中年女性の死体を縄で縛り上げて引き回しているのです。
駆けつけた警官も異様さに呆然とするばかり。
男は「正気でやっているので心配しないで下さい」
と微笑みさえもらしてなおも死体を引き回すのでありました。
男は卒業生で推理作家志望の青年、被害者はその母親。
男は「自分と母は或る団体の命を受けてモスクワに行かなくてはならないが、
母はその道中ゴビ砂漠の熱砂の中で殺される運命にある。
したがって私の手で殺した方が本人のため」として犯行を計画。

教授の計らいで就職する、との口実で住まいの世田谷から母親共々上洛、
文学部前で弁当を食べたあと、隙をみて仏像で撲殺、
さらに箸で脳味噌を取り出したうえに裸にして棕櫚縄で縛り上げ、
百五十メートルあまりも引き回したのであります。

係員がしきりに「それは妄想に過ぎない」と諫めても「自分は正気だ」の一点張り。
そして一月後の5月、京都拘置所の独房内で壁に頭を打ち付け、
さらに箸を頭に刺して自殺したのでした。

53 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 17:43:27 ID:CAktg8F8O
>>52

こんなに俺に後味悪い思いさせたのはお前が初めてだぜ…(;´Д`)ハアハア

54 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 17:47:43 ID:TCmssYFJ0
後味悪いか??グロくて怖い話ではあるけど後味は悪くないなぁ。
無実の罪の人が殺されるのが後味悪いなんて言ってたら物凄い事になる。

55 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 18:17:49 ID:nqu50E280
いや、やっぱり状況の「異様」さと、
被害者が母親であることでしょう。
個人的には、推理作家志望ってもの後味悪い。

56 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 18:35:27 ID:6rQJdvKx0
「頭に箸」ってのがキーワードなんだな。
さっぱりわからんけどw

57 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 18:39:41 ID:0CkhsGaw0
終電が過ぎてしまって困っていた。
「あぁ、どうしよう」そんなことを何度も呟いていた。
ふと気づくと、目の前に黒いスーツを着た男が立っていた。
その男は俺と目が合うと驚いた表情をして俺にこう言った。
「お前さん、この前の・・・」 俺は考えた。見覚えがない人間にそんなこと言われても。
10秒間の沈黙があった。何故か俺はただならぬ危機感を感じていた。
「お前さん、この前の」 男が再びその言葉を口にしたとき、俺は気づいてしまった。
俺はその場を駆け出した。必死に走った。
もう大丈夫だろうと思って後ろを振り向くと男の姿はなかった。
俺は呟いた。
「あぁ、どうしよう」
数日後、俺がその男に殺されたのは言うまでもない。

58 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 19:03:31 ID:wD+H26U30
(´^ω^`)

59 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 19:05:53 ID:nqu50E280
今度は、殺される前に相談してくれ

60 :34:2005/05/05(木) 19:28:07 ID:nqu50E280

>>36
>>37

学校のメガネ人口は、ひと学年で多くて3人といったところ。
小五の時、うちのクラスの女子がひとり、メガネをかける事になった時には、
学校の方針で、担任からわざわざ学級会で
「明日から○○さんがメガネをかけますが、みんな何も言わないように」
との注意がありました(本人の前で)。
中2から高校くらいに、コンタクトレンズが手軽になってきて、
切り替える人もふえました。34の話は、そんな過渡期にありがちな、
イヤーなエピソードのひとつです。
ムカシの漫画によく出てくる「めくらめくら〜」「メガネザル〜」
のハヤシ言葉は、それでも私たちより一世代上の人たちのもののようです。



61 :34:2005/05/05(木) 19:28:50 ID:nqu50E280
つづき
旧作の「魔法使いサリー」でも、メガネに悩む少女の話が
マジメに作られていたりして印象的でした。
ヒロインがオシャレでトンボメガネをかけたりするのは、
「アラレちゃん」以前にもあったと思いますが、何しろ
まず「目が悪い」というファクターが、男女問わず
徹底的に嫌われてましたね。…と思います。

ちなみに私は、行きつけの町医者の眼科医に、仮性近視だと診断され、
「メガネかけちゃ度が進む。納豆を食べて、遠くの木を見なさい。
治るから。女の子はメガネかけないほうが良いから」
とずっと言われて矯正が遅れ、
気づくと乱視性近視がすご〜く進行してたクチです。
メガネかけたのは、34の話よりあとのこと。
個人的には、これも後味悪いです。

62 :34:2005/05/05(木) 19:33:05 ID:nqu50E280
>>60の冒頭に書いてたレスが、なぜか4行
消えているので、もう一度送っておきます。


年齢まるバレですが、私の義務教育はすべて昭和40年代でした。
小学生は、特に女の子がメガネかけてると、オトナは眉をひそめて
「可哀想に、親御さん、ひどいわねえ」などと
今ではワケわからんコト言ってたものです。



63 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 19:42:02 ID:UPD/ntc+0
終電が過ぎてしまって困っていた。
「あぁ、どうしよう」そんなことを何度も呟いていた。
ふと気づくと、目の前に黒いスーツを着た男が立っていた。
その男は俺と目が合うと驚いた表情をして俺にこう言った。
「お前さん、この前の・・・」 俺は考えた。見覚えがない人間にそんなこと言われても。
10秒間の沈黙があった。何故か俺はただならぬ危機感を感じていた。
「お前さん、この前の」 男が再びその言葉を口にしたとき、俺は気づいてしまった。
俺はその場を駆け出した。必死に走った。
もう大丈夫だろうと思って後ろを振り向くと男の姿はなかった。
俺は叫んだ。
「気をつけろ!スタンド攻撃だ!」
数日後、俺がその男に殺されたのは言うまでもない。

64 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 19:42:40 ID:UPD/ntc+0
ごめん誤爆

65 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 20:04:21 ID:dy++aPjP0
ていうか、まだあのスレ続いてたのかw

66 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 20:12:16 ID:nqu50E280
今度は殺される前に相談してって言ったのに

67 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 20:38:13 ID:TCmssYFJ0
眼鏡云々だけど、先生は好みを聞かれたから思った通りに答えただけじゃないの?
まさか生徒から異性として見てるなんて思わないだろうし
例えば「胸の大きい人が好きなんだよね」て言えば小さい人は傷つくわけで
「背の高い人が」と言えば低い人が。

周りに居る人全てに合わせて好みを言うなんて難しすぎる。
そう先生を責めるのもどうかと思うなあ。

全ての人に当てはまり誰も傷つかない答えって
「外見は気にしないし、性格も少し優しい所があればいいよ」て所か。そんな事言う人いないでしょう。
答えないってのは無いと考えたらね。

68 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 20:39:13 ID:TCmssYFJ0
ミス。2行目
○まさか生徒から異性として見られてるなんて……
ですね。

69 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 20:42:35 ID:lS2B0WvC0
「目の悪い女はヤだ」は好みとしてOKだと思うけど
その後のずるいだの男を騙すだのは異常性を感じるよ
相手も大人で男同士の会話というならまだしも・・・

70 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 21:12:56 ID:Lxpm+ntW0
>>32
それもしかして大谷じゃね?
異常な犯罪者は全てオタ。だからオタは全て刑務所に閉じ込めて去勢して断種しろと喚いてる変な奴。

71 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 21:44:27 ID:oFdWBcUl0
>69
好みのタイプ訊かれてるのに、嫌いなタイプ答えるのはやっぱりちょっと性格悪いと思うけど。

そういえば自分が小学生低学年の頃も眼鏡の子少なかったなぁ、眼鏡かけてる子は皆ファミコン持ってる子だったw
自分もその一人でしたが・・orz

72 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 21:44:34 ID:nqu50E280
>>70
オタクって遺伝なのかw
それはともかく、複数の成長中の人格を相手にする
教師という職業を選んだからには、ある程度
自分の言葉や行動をコントロールするのは当然の義務だと思う。
ガチガチになる必要はないけど、なるべくいろんな可能性も考えて、
せめて職場では、ひとの傷つかない言葉というのを考察しても良いのではないか。
精一杯努力したつもりでも、傷つけちゃうことはあるんだから。
ガチガチになれというわけではないけど。

73 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 21:53:50 ID:lS2B0WvC0
>>71
そう言われればそうかも知れない・・・
結局その先生どっか変ってことにはかわりないね

自分も早くから眼鏡っ子だったけど
それでどうこうって経験は特にないなー

74 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 22:17:01 ID:d3wQ4ncH0
>>70
大谷はテレビ朝(鮮)日(報)専属だよ。(^^;)
あと赤旗にも随筆を書いてる。
他じゃ相手にされてないんじゃね?

75 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 22:17:03 ID:fqOQOuTc0
>>72
去勢したら性犯罪が起こらないから!ってことじゃない?

76 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 22:27:58 ID:qsLWSp7oO
私が高三の時どうしても黒板見えないから眼鏡ねだったの
そしたら両親から父の実家〜親戚のところに引き回されて「娘が眼鏡かけることになりました」って挨拶まわり
伯母から「眼鏡はみっともない」とか攻められ…まぁ一族初の眼鏡だったからね
最後に祖母が「時代が時代だから仕方ないね」と取りまとめ、後でコソッと眼鏡代くれた


六年前の話。

77 :ジュウザ:2005/05/05(木) 22:47:31 ID:q1QJLlvYO
>>76
何時代の話かと思ったら6年前かよw

78 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 23:10:35 ID:dy++aPjP0
先生、>>76はオチのつけかたが上手すぎて逆に後味がよいです!

79 :林檎 ◆TPk5R1h7Ng :2005/05/05(木) 23:13:23 ID:BnucodflO
>>67
その先生の云い方が差別的だったから、その女の子は傷付いたんじゃない?

仕方無くコンタクトしてるのに騙すなんて云われて。

80 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 23:25:40 ID:nqu50E280
そうそう、そうだよ!?

81 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 23:26:51 ID:ch2QYyVX0
オカルト板的ではないのだが、非常に後味の悪い事件

【社会】"悪徳業者、群がる" リフォーム業者やり放題、認知症の老姉妹の全財産しゃぶり尽くす★3
1 名前:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @あらいぐまさん大好き!φ ★ 2005/05/05(木) 21:24:42 ID:??? ?#
★<過剰工事>3年間で数千万円分、認知症の老姉妹食い物に

・埼玉県富士見市に住む80歳と78歳の姉妹が、複数の訪問業者に勧められるまま、
 この3年間で数千万円分のリフォーム工事を繰り返し、全財産を失った。姉妹は認知症で
 身寄りもなく、家が競売に掛けられて、初めて近所の人が気付いた。

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1115295882/l50


82 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 23:32:47 ID:lS2B0WvC0
>>81
>>50

83 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 23:36:20 ID:FI1uYU1w0
http://www.geocities.jp/dondokodon41412002/index.html

うわあぁ・・・

84 :本当にあった怖い名無し:2005/05/05(木) 23:44:34 ID:k2IVSGmF0
>>81
 このニュース見たよ。認知傷害のおばあちゃんに群がる有象無象にも
引いたが、計2000万以上の工事を「受注」したメーカーが
「下請けがやった事だから」と責任逃れ、「代金返却」に関して
口を濁していたのも後味悪すぎ。 道徳的対応くらいできんのかね。
この件に関連した業者はみんな潰れてまえ!!



85 :柳橋 鉄男 ◆gwJKUHBdUA :2005/05/06(金) 00:00:52 ID:ZChx4En90
ムカツクなそいつら
悪徳業者は死ね
おとりを使って摘発したい

金のありそうな家にボケたフリの老夫婦を置いといて騙しに来たヤツラをまとめて晒せ
騙し取ろうとした金額に応じて罰金と懲役を課したい

86 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 00:13:58 ID:pqns1H7q0
どうしようもない「弱者」を見ても手を差し伸べるどころか
「カモげっとー!早く!よそが群がる前に早く!」
としか思えない人間がいるんだなぁ…しかも結構たくさんいるんだなぁ。
でもこれ、>50の言うとおり、本人たちが何もわかってないのは救いだな。
なまじ頭が回ると、先のことの不安で自殺しちゃいそうだ。

87 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 00:25:21 ID:CjlDGVst0
ごめん!ここにカキコさせて!
たった今なんたけどダンナが熱出して救急に行ったのよ
で、点滴してたの(発熱の処置やしね)
そしたら来ました
「○さん!○さん!わかりますか!?」
「○ちゃん何で、ううっ」
「ここどこか解りますか」
看護士さん、お医者、家族、怒鳴りまくり
ダンナの隣のベッドに運ばれてきました。
両手首包帯ぐるぐる・・・・・。
お母さん泣いてるし凹みました。


88 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 00:31:04 ID:KnhMzsjV0
>>87
旦那の看病に専念しろ

89 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 00:31:12 ID:15vLGL6p0
(,, ゚×゚)?

90 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 00:31:21 ID:HCqJwjxf0
意味わからん

91 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 00:31:31 ID:Utg/xIup0
えーと、その○ちゃんは、助かったのか?
後味、良いのか?悪いのか?

92 :柳橋 鉄男 ◆gwJKUHBdUA :2005/05/06(金) 00:33:04 ID:P3JzCa++0
手首ってことは自分で切ったのか?
なんだかわからんが助かってほしいな
そんで自分でやったんなら悔いてほしい
旦那の熱はどっちでもいいけどwww

93 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 00:36:49 ID:P3JzCa++0
柳橋さんの言うことはいつも正しいッス

94 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 00:38:23 ID:CjlDGVst0
あー、リスカの彼女はすやすや寝てたよ
だから無事と思うわ。
ダンナもすやすやねてるよ。

95 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 00:39:33 ID:Utg/xIup0
後味良いじゃん、こらっ

96 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 00:40:12 ID:Utg/xIup0
でもま、大変だったね。お疲れさま。

97 :柳橋 鉄男 ◆gwJKUHBdUA :2005/05/06(金) 00:45:14 ID:aTkpBnL90
良かった良かった
ついでだが旦那も大丈夫そうで良かった
おめでとう

連休は楽しくなきゃな

98 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 00:46:50 ID:GsunUGm4O
スレ違いつか板違いと思ったのは俺だけか

99 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 01:01:22 ID:GpjXsZsd0
>ごめん!ここにカキコさせて!

いちばん後味悪い書き出しだなw

100 :たぬき ◆lj7MzpY1jA :2005/05/06(金) 01:09:05 ID:xhN2eEQ+0
100get!

101 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 01:13:45 ID:dSOqeK9MO
魔法少女りすか

102 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 01:46:17 ID:Utg/xIup0
「撲殺少女ドクロちゃん」の親戚みたいな名前だ。
「ドクロちゃん」はその内、後味悪い作品になるかも知れないから
そしたら報告しますねw

103 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 01:49:21 ID:Utg/xIup0
撲殺少女 → 撲殺天使 スマソ

104 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 05:14:35 ID:BcTKQiqf0
こないだ、アセロラドリンクを飲んだんだ・・・

105 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 06:04:16 ID:wI8u1O0gO
>>104 君、うまいね。

106 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 10:40:49 ID:2Sq9NkIS0
>>87
3回読んでようやくわかった。

107 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 10:44:33 ID:EyARNNZ40
うん、おいらも繰り返して読んで意味わかったよ。


108 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 10:53:08 ID:X2OjkivQO
ようやく意味がわかったが、
わかったところでどうということもないな。

109 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 13:44:06 ID:hMKAVFCC0
ええい、わからん!!後味の悪い!!!!

110 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 13:56:21 ID:Utg/xIup0
インド人の友達が遊びに来て、雑談。
手先の起用なので折り紙とかに興味ある人だったんだけど
その日は私から、紙ナプキンで作るバレリーナ人形を教えてあげた。
慣れるまでは不格好になっちゃうんだけど、まあ和やかなムードで
作っていった。
「きれいだから妹に送る」とか言ってた。
でもその人形、うちに忘れて行ったので、次に会うとき持っていった。
その人、人形をしげしげ見て言うには、
「今見るとあまりよく作れてない。もっときれいに作って送る」
言うなり、その人形を手近なゴミ箱に捨ててしまった。
私は、人と作った思い出のあるものは大事にするほうだったのでちょっとショック。
インドの人って、みんなあんなドライなのかな?

111 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 13:59:11 ID:Utg/xIup0
手先の → 手先が
すみません。

112 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 14:14:38 ID:Cv2llrcF0
>110
インド人はどうか知らないけど「物」に思い入れを持たない習慣なんじゃない?
そういう国はあると思う。
小説の登場人物を「活字」としか見ないで感情移入しないのと一緒で。
自分が聞いたインドの話は、
人は何度も転生するから、今の人生ダメでもいい。
今仕事をやり残しても、来世でやるよ。だから今はさぼる。暑いから。
って考えだと。
日本が向こうに工場作って、現地人を雇うと、
もれなく派遣された日本人の胃に穴があくそうだ。

113 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 14:23:01 ID:8BV6FvIr0
>>112
カレーの食い過ぎ?

114 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 14:26:54 ID:tDhJ0QTH0
確かどこの国だか忘れたけど物に執着してはいけないって宗教の戒律で決まってて
他人に欲しいと言われたらあげるって国あったな
実際はそんなことはしてないらしいけど物に対する執着は無いって聞いたな。

115 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 14:39:53 ID:MIylgEuj0
>>110の例はインド人かどうかは
関係ないと思うんだが。
なんつーか「インド人」にこだわってる
110が後味悪い。

116 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 15:19:45 ID:mA2JAFmZ0
所詮、もともとはただの紙ナプキンなんだし、作り方さえ覚えれば
いつでも作れるんだから物そのものには執着する必要はない気が
するなぁ。

117 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 15:27:01 ID:TJ2yxH9x0
>>110
俺は練習で作った物(この場合は材料も身近にあるし)よりも、思い出
を大切にする方だけどね。さすがに本人の前では捨てないけど・・・。

118 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 15:27:36 ID:Iqy0UyoJ0
野菜ジュース飲んだ。マズー

119 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 15:41:38 ID:G7UFJrw50
手話を覚えた(っていうか覚えさせられた)チンパンジー、ルーシーの末路の話。どこかのブログからのコピペ


ルーシーはといえば、それまで頭に詰め込まれた単語をすっかり抜き取られ、ジャングルに解き放たれた。
チンパンジーの住むべき場所はそこだと、飼い主のジャニス・カーターは考えたのである。
しかし、ルーシーの意見は違っていた。十一年間も人間社会で生活してきた彼女にとって、
眠るならいつものマットレスの上がいいし、飲み水はボトル入りのミネラルウォーターと決まっていた。
寝る前にマガジンラックの雑誌をぱらぱらめくるのも、ルーシーの楽しみのひとつだった。

そんな彼女が唯一嫌いなものといったら、キャンプしかない。
このため、ジャングルに連れてこられても、えさを一切調達しようとせず、
「エサ。ハヤク。ルーシーニチョウダイ。モット、エサ。ハヤク、ハヤク」とせがんだ。
ジャニスは甘やかされたやんちゃ娘をほとんどけるようにして森に追いやったうえに、
生きたアリの食べ方まで実演して見せた。

この話でとりわけ痛ましいのは、言葉を奪われてしまったことである。
ルーシーがいくら質問してもだれも返事をせず、話をしても知らんぷりだった。
二年後、昔なじみがアフリカのルーシーのもとを訪ねると、彼女は囲いの端に駆け寄り、手話で、
「オネガイ、タスケテ、ココカラダシテ」と救いを求めた。もちろん、それはむなしい願いでしかなかった。


嫌な話。暗澹たる気持ちになる。

120 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 15:44:05 ID:tDhJ0QTH0
>>119
人間ってヤツは。。。。

121 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 15:55:34 ID:BBREWb8M0
>>119GJ
や、やるせねえ…

122 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 16:11:49 ID:4809/ZMu0
>>119
なんて自分勝手な・・・
飼い主をはじめ、協力してる連中はみんな、
それが動物にとって良いことだと思ってるんだろうがそこが一番反吐が出る。
何様じゃこいつら。

123 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 16:19:49 ID:jwt04rxR0
>>119
確かにね、動物愛護団体とかは動物は自然に帰るのが一番良いことだと思ってるん
だろうけど(実際そうだろうけど)
この場合は手話まで覚えさせてしかも人間社会に慣れたチンパンジーには今更帰すってのは
考えものだわ。

124 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 16:22:07 ID:2WTF7ZAE0
>>119
げえ。
『ルーシー、お話しよう』を読んだ事がある。最後の方で著者(そのジャニス?)は
同じく手話を覚えさせたオスとルーシーを一緒に住まわせて、
「彼らの間に子供が生まれ、その子供達に彼らが手話を教えたらどうなるだろうか」
とか言ってるの。
子供生まれなかったの?
実験にならないから森に追い返したの?
後味が悪いのを通り越して、怒りを感じるね。

125 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 16:22:25 ID:qeLJIsMd0
私がえらい人だったらこの後日談にウェイトをおいた話を
英語の教科書に載せてガキどもをイヤーンな気分にさせてやる。
この話で「何度も」とか「繰り返して」とか覚えさしてやる。

126 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 17:00:08 ID:2Sq9NkIS0
一度人間の匂いがついた動物は自然に帰すべきじゃないね。

127 :本当にあった恐い名無し:2005/05/06(金) 17:03:52 ID:jae/2k420
野生に返すにしても段階ふまなきゃいかんよな。
東南アジアのオランウータンの野生に返すプロジェクトとか
どれだけの費用と人員とそのために確保された土地を投じて
やってると思ってるんだ。

128 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 17:21:32 ID:MIylgEuj0
ググったらこんなもん出てきたよ
ルーシーだけじゃないんだな・・・

悲劇のチンパンジー―手話を覚え、脚光を浴び、忘れ去られた彼らの運命
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4886222455/249-3704375-2485135
>本書は、言語実験の衰退にともなって離散したチンパンジーたちのその後の消息を追跡した記録である。
>彼らの運命はさまざまであった。
>テキサスへ「島流し」にされたニム。商品として売られ、身元不明になったアリー。
>生まれ故郷のアフリカへ送られたルーシー。
>かつて手話を覚え、脚光をあびた彼らは、一時的にもてはやされ、そして忘れられた…。
>彼らのたどった旅路は、人間の動物に対するあいまいな道徳観や、
>その時どきの科学の情勢によって強いられた巡礼の旅であった。
>この本は、研究者の実験動物に対する倫理の問題を投げかけている

129 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 17:29:22 ID:5uzdv3A40
つまり、ルーシーを自然に帰す事になったのは愛護精神からではなく、
チンパンジーの言語実験が衰退した事によって
もう研究対象として育てていけなくなったから…という
人間の勝手な事情があったわけですね。

130 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 17:41:32 ID:rjs4znYF0
最初から最後までエゴなのね・・・

131 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 18:04:23 ID:oXA5sCFc0
ひでえ…。せめて動物園に置くとかすればいいのに。
大人気だろ?手話で話せて寝る前に雑誌を読むチンパンジーなんて。
もしかしたら耳の聞こえない子と友達になれるかも。
ああもう変に想像するだけ辛くなってくる。

教えてた人達は友達とか家族とかではなく
ただの実験動物として手話教えてたんだろうか…よくもまあそこまで機械的になれるもんだ。

132 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 18:04:27 ID:PZRFb9h00
昔大ブームになったオリバー君も生体実験に使われたりでもう凄く悲惨な晩年をすごしたと聞いたような気が

133 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 18:33:36 ID:X2OjkivQO
聞けば聞くほどつらくなってくる話だね…

134 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 18:38:47 ID:S3f8Z+7p0
2年経っても手話覚えてたんだなルーシー…
何で動物園に引き渡すってことができなかったのが不思議でならん。
今更自然に戻すなんて無理だって止める人間はいなかったんだろうか。

135 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 19:41:33 ID:g50MSMed0
徳間書店から出てた児童文学の「エヴァが目ざめるとき」って知ってる?
SF(たぶん)なんだけど、たしか12歳の人間の少女エヴァが
事故で身体ぐちゃぐちゃになり、サル学者の父が娘を救うため
その脳をチンパンジーに移植する話。
エヴァは幼少からチンパンジーと友達だったので、割とその事実をすんなり受け入れるが
同じ状況で移植された一般の男性は発狂したりする。
いろいろあって、エヴァは結局チンパンジーとして生きる決意をし、
自ら野生に戻って(?)いく。次の繁殖期には交尾してみよう、などと考えている。

……という、たとえ中身が人間でも、野生にもどるのが良しとされてるストーリー。
でも現実のほうが何倍も悲惨なんだな……

136 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 20:09:06 ID:4809/ZMu0
なんか動物に対するそういう考えって、白人(キリスト教徒)の特徴なのだろうか?
日本人でその話に共感する人はいる?
(貧乏で動物手放すのは世界中にあるとしても)

137 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 20:40:54 ID:oSvhpW0U0
むかーし、世にも奇妙な物語で勝俣がやってた「ゴリラ」って話は、
ゴリラ化してしまった勝俣が人間世界を捨ててゴリラの世界に順応するって話だったな。

野性には帰らなかったが、動物園で子供をもうけてた。

138 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 20:43:54 ID:NyIkMwhE0
>136
狼に育てられた姉妹の話があんじゃん
アレの話が中学の授業で取り上げられたんだけど、
「人間として生きるのが幸せ。人間として教育しなおしたのが姉妹の幸せ」
って意見と
「無理矢理不慣れな環境に適応させてかわいそう。
人間なら人間らしく生きればいいってのは、人間のエゴじゃね?」
という意見で真っ二つ。
そしてこの意見に歩みよりはなし。

自分は後者の考えしかありえないと思っていたので、
前者の意見を聞いてビックリして、後者の意見を聞いても、
それでも前者の意見の人が「いや、人間は無理矢理でも人間として生かすべき」
と主張したのに更にビックリした。
そうか、人間には色々な考え方があるんだなぁ…と実感した瞬間だったw
だから一方の見方からは「ひでーエゴだ」と思っても、一方(この場合は研究者)から見れば
「動物らしく生活させるのが幸せ。今までが不自然で、これが自然なことなんだから」
と信じて疑わない人もいるんだろう。

139 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 20:55:22 ID:gGLF4RvG0
>>138
自分もそれ中学のときに聞いた。
自分の意見も後者だったから前者の意見を聞いたときものすごくびっくりしたよ。

140 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 21:02:27 ID:+hGF8U4+0
結局あの姉妹若くして死んじゃったよね。
でも、やっぱり身体は人間だから老婆になっても狼の生活を森でできるかっていうと
そうじゃないだろう。本人たちは年老いて森で死んでも良かっただろうけど
発見しちゃった人間としては見過ごすことも人情としてできなかったんじゃないのかな。

…でも、あの姉妹、狼に育てられたんではなくて生まれつきの知能障害児だったので
親に捨てられたのでは?っていう説を見たけど。

141 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 21:12:37 ID:nZsPsEEr0
清原なつのっていう少女マンガ家の
「銀色のクリメーヌ」という話は、
まさにこれまで出てきた手話チンパンジーたちの末路を総括したような物語。
初めて読んだ時は呆然となった。
後味悪いっていうか、もう、悲しくてやるせなくて…

↓以下ネタバレ↓



142 :ネタバレ注意:2005/05/06(金) 21:13:12 ID:nZsPsEEr0



メスチンパンジー(6歳くらい?)のクリメーヌは
言語学者ワシューに引き取られ、手話を教えられて、
人間のように生活している。(「綿の国星」のように、作中でクリメーヌは銀髪の美少女の姿で描かれる)
ワシューとクリメーヌの間には、まるで人間同士の恋愛感情のようなものが芽生え始め
ワシューの同居人ルーシーは、ワシューの態度に呆れながらも、クリメーヌに嫉妬を覚え始める。
当初は「手話で会話するチンパンジー」をセンセーショナルに持ち上げた
マスコミや学会の熱もやがて冷めていき、
ついにワシューが所属していた研究所の閉鎖が決まる。
クリメーヌと二人で「駆け落ち」すら考えるワシューだったが、
クリメーヌがルーシーに大怪我を負わせてしまうのを目撃し、
はじめてクリメーヌが「檻に入れる必要のあるチンパンジー」であることを自覚する。
研究所の決定に従い、クリメーヌを別の研究所へ引き渡すワシュー。
新しい研究所でハンガーストライキを続ける彼女に、
ワシューは手話を用いて今彼らが置かれている状況を説明する。
「僕たちは、気味が協力してくれることを望む。
人間を業病から救う為に、君の体を使いたいんだ。
君はここで薬を飲んだり注射をされたり血を抜かれたりする。
辛いこともあるかもしれないが、ここの人たちと仲良く暮らしなさい。」
涙を堪えて自らに語りかけるワシューに、クリメーヌは微笑んで手話で返事をする。
「わたしのささやかな命が、
わたしを育ててくれた人やわたしを教育してくれた人、
愛してくれた人達のためのささげものとなる幸福を、
わたしがこうして表現し、伝えられることに、感謝します」
…ラストシーンはまるまる一ページ使って、
研究所の檻の中で、採血された注射跡を無表情に見つめているクリメーヌ。

クリメーヌが「人間の少女」の姿で描かれてるから、
人間の身勝手さをダイレクトに感じされられてどうにも辛い。
ルーシーをジャングルに放り出したジャニスがこのマンガ読んだらどう感じるんだろう…

143 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 21:22:49 ID:vLLVn73W0
スレタイにふさわしい話ありがとう

144 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 21:56:16 ID:TCqQovKw0
↓の本を読んでから>>142のクリメーヌのその後を想像するとさらに後味悪くなれるよ。
ttp://mbis0.tripod.com/animaltest/main.htm
動物実験の実態を告発した「現代の蛮行」という本の紹介ページ。

ちょっとショッキングな画像があるので気の弱い方は見ないでください。

145 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 22:03:08 ID:GpjXsZsd0
狼に育てられた姉妹の話って、
実際は、性奴隷としてまともな教育を受けず虐待されていた子供達らしい。

いくらなんでも狼が人間の子を育てるのは無理がありすぎるという話。

146 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 22:11:31 ID:Gn/sSal40
>>145
狼の乳では人間は育たない。必須アミノ酸が足りないから。
とか言う記事を最近読んで、結構衝撃を受けたな。
じゃあどうやって生きてたんだ??と言う疑問が湧いてたんだが…。
「狼の様な」ヤツに育てられてたのか…。

147 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 22:12:52 ID:2DvEiJNK0
「飛べバージル!プロジェクトX」って映画があったよね。
マシュー・ブロデリック主演で、彼が軍でチンパンジーに飛行訓練する仕事をしている
とそのチンパンジーが手話で話せることに気が付く。
調べてみるとそのチンパンジーは研究で手話を教えられたのだが研究が打ち切りに
なって軍に払い下げられたということが解った。

主人公はチンパンジー達に一生懸命飛行技術を教えて、成果が上がるたびに喜んで
いたのだが、ある時この仕事の噂を聞く。 この仕事をする者は長く続けられない
で皆直ぐにやめていく。 チンパンジー達は直ぐに死んでしまうこと。 
何でだろう?と不思議に思う主人公。

実は核爆弾を積んで飛行し、敵国に核を打ち込みに行くチンパンジーパイロットの養成で
今までに居なくなったチンパンジーは、「放射能を浴びながらどこまで飛行を続けられるか」
という実験に使われていたのだった。

何もしらないで飛行機を操縦しているチンパンジーに容赦なく放射能を浴びせてるシーンが
もう痛くて痛くて観ていられなかった。
最後までみても全然納得できない映画だったよ。


148 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 22:21:41 ID:cL+oiNv10
でもアメリカはアトミックソルジャーとか言って
核実験の跡地に兵士を送って、人体実験したり
妊婦に放射性物質を飲ませて子供がどうなるかやってみたり調べたり、
まだチンパンジーで実験してるほうがましじゃないか?

149 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 22:24:24 ID:16znHBxt0
>>135
うわー懐かしい。
ちょうど主人公と同じくらいの年齢の時に読んだよ。

150 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 22:42:06 ID:o3pYWwyv0
まだってあんたそりゃそうだけどさ
ようするに人間に生まれようが動物に生まれようが大事にされないのは
一生大事にされないで一生終わるって事ですな

151 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 22:44:24 ID:HMJ0BeFV0
クリメーヌは覚悟があってやってるっぽい分マシに思えた。
まあ、比較的ってだけでやっぱやるせねえけど。

科学者コワイ。昔は憧れたもんだが(特にマッドな方)

152 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 22:53:13 ID:o3pYWwyv0
>>148にでした
アンピリーバボーでやってたんだっけかな
親がまともに面倒みなかったせいで痩せ細り、言葉も話せない少女が保護されて
研究所にどういった仕組みで人間が言葉を覚えて行くのか?て感じのプロジェクトの
対象にされて研究員の所で育てられるんだけど、、、
言葉だけでなくバスに運転手を好きになっただの
成長の記録がまんま実験って感じでやだったなあ
結局研究は打きりになって金が出なくなったから
研究員の所ではもてあますのか
違う所に養子かなんかに出されたんだけど
そこでも言葉がまともに喋れない気味悪いとかって打たれたりしてたらしい
何か残酷だと思ったなあ…研究員の所にいる時は何不自由ない感じだっただろうにね
救いは研究員の友達の娘かなんかが今でも友達だっていって会いにいったりしてた
とこだけかなあ
不幸に生まれて一端は人並みの生活だったのがまた奪われる感じがなんとも…

153 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 23:08:59 ID:+hGF8U4+0
>152 それ自分も見たと思う。アンビリーバボーかどうか忘れたけど。
生まれてから13年、一度も部屋の外に出してもらえなかった子の話だった。
愛情も受けず、教育も受けなかったから、発見されたときは13歳なのに5,6歳児くらいに見えたそう。
感情を全く外に表さなかったのが、研究所で、ドクターやスタッフたちの愛情を受けるようになってからは
少女らしく笑ったりはしゃいだりするようになっていった。
その後、研究が打ち切られてからは152の通り。
最後は精神病院で若くして亡くなってた。
当初から見たらかなりマトモに成長していたのだが、やはり突発的に出る奇行などは
無くならず実母や養子先でもてあまされた結果、メンヘルになっちゃったんだね。
このドキュメンタリーもラストで彼女が書いた母親の絵なんかを映して
「人間には愛が何より一番大切なのです」
とかナレーション入れて感動的に終わらせてたけどさあ、
結局彼女の人生はそのことを実証するための実験でしかなかったワケ?
とか色々もやもやしました。
「家族同然に愛を注いでいた」研究員夫婦も、やっぱり金が出ないと育てられないと
アッサリあきらめるあたりで、やっぱり家族じゃないっていうかドライっていうか。
仕方ないんだろうけど…








154 :153:2005/05/06(金) 23:12:08 ID:+hGF8U4+0
あ、その人、まだ死んでなかったかも。でも現在も孤独に暮らしているのは確か。

155 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 00:28:16 ID:uPyM8P/C0 ?#
何事にも臨界期と言うものがあるからな。それを過ぎてしまうとどうしようもない。

156 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 00:30:20 ID:qv4T8uy+0
フランスの野生児のビクトールもそんな感じだったな。
人間が知能を先天的に持つか、後天的に持つのかの実験で
教育が行われたが普通の人間並みの知能まではいたらなくて
「たんなるウスノロ」と言われて実験終了。
結論は、まあ実験体が一人だからはっきりしたことは言えんが
場合によっては生まれた時から教育しないと知能が発達しない事もある、
というやたら曖昧な結果に終わる。
その後ビクトールは庭仕事とかしながら孤独に死んだ。

157 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 01:30:21 ID:MLED+8an0
>153
確か生きてたはず孤独にひっそり暮らしてるとかいってたような
後友達だっていってたのは研究員の友達の娘じゃなくて
言葉を教えてる人だったかな
研究員のひとりだったはず頭よすぎてハイでイッチャッテル感じの人だったけど
他の人の愛情もどきが研究の為だけっぽいのに対して金にかかわりなく
今でも会いにいってる所だけがいいところだった

158 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 01:49:15 ID:qbJYN+pT0
んんん、ここまで来るとムリヤリ美談を求めてしまう。
ジャニスが、研究費をうち切られたあと、ルーシーを
病気の実験体として売り飛ばすか、軍で放射能の実験につかわせるか
せまられて、それじゃあんまりなので
自然に帰す方法を取ったって事はないのかなあ。
もしくは人間の赤ちゃんか何か傷つける事件があったんだけど、
ジャニスがルーシーの名誉のために黙していて、
自分が全ての汚名をかぶっている、なんて事は……。
ルーシーのために、生きたアリを食うなんて、ただ冷たいだけの学者に
できるだろうか……なんて。
あまりに悲しい話だったので、つい考えてしまいました。

159 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 01:55:56 ID:qbJYN+pT0
>>156
ビクトールの話は、児童心理学の教科書でも読んだ。
胎児のうちから言葉を聞き、話しかけられるのがいかに大切か、
ということを証明する例として、
ダメだった方のサンプルとして取り上げられてたな。
「ついに言葉を習得することはなかった」というクールな描写だった。

160 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 02:01:49 ID:qbJYN+pT0
>>149
12〜13歳であの作品読むと、どんな感想持ちますか?
私は20歳過ぎてからで、オトナの思惑もわかる展開に、
つらい気分になりながら読んだけど…

161 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 02:14:46 ID:n2R1T1z70
>158
愛情を持っているものが、愛情の対象を必ずしも幸せに出来るとは限らんという事だろう。
人間の親子だって、親が心底「子供の為を思って」やってる事が子供には心底迷惑だったり、
子供を不幸にしている事もあるだろう。
(例えば、「子供は元気にのびのびと外で遊ぶもんだ!」という親。
しかし、彼の子供は家の中で本を読むのが何よりも幸せ。
親は子供から本をとり上げゴミに出し、無理矢理薄着の子供を外に放り出すという様なもの)

162 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 02:18:16 ID:LfrzzzpF0
手話のできるルーシーか・・

地方のどさ回りをして金を稼げば
問題なさそうな気がするが。

もったいないな〜ドル箱を森に捨てるとはw


しかし、こんな話を見てて
子供を育てることはとても重要なんだな〜
と感じますね。


163 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 02:24:48 ID:qbJYN+pT0
>>148
うあ〜 ナチの人体実験の批判は良く聞くけど、
アメリカもやっぱりそんな事やってるんだね。
ナチの実験で自分が一番恐かったのは、失血した兵士を早く
復帰させる方法として、とりあえず何の血を輸血できるか
というやつでした。健康なユダヤ人を使って、馬から牛から羊から、
いろんな動物の血液を入れてみたんだって。
あたりまえだと思うが、高熱を発して一人残らず死亡。
一番長く生きたのは豚の血だったという。
それでも7時間だったかな。もう、凄くイヤ。

164 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 02:27:55 ID:A439NYiG0
豚の身体って人間に一番近いって言われてるけど
その実験が最初の根拠だとしたらかなりイヤだな。

165 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 02:41:47 ID:A439NYiG0
>161 その通りなんだけど、難しい問題と思う。
自分、子供の頃本の虫で外で遊ぶの大嫌い、運動キライ、人付き合いキライ、
だったけど親は理解してくれたのか、仕事忙しくて好都合だったのかとにかく放置されてた。
当時はラッキー!って感じで自分の世界にどっぷり浸かってたけど、思春期になって苦労したよ〜
基礎体力、コミュニケーション能力、オシャレその他流行の知識、全部イチから身につける羽目になった。
くだらないことかもしれないけど、そのままで居たらよく居るオタク引きこもり完成になってたと思う。
これから親になることがあったら、やっぱり自分も子供にたまには外で遊べばって言うかも。
それがどんなにウザいか分かってても。

166 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 03:58:35 ID:4ox1T/Yj0
>>165
禿同。
子供が言う事を尊重するのは確かに大事だけど、要所要所だよ。
本が好きなら本を買い与える
け、ど、も、ちゃんと外に出かけて、例えば山登りしたり友達とキャンプに行かせたり。
そういう事をしないと色々と困った事になる。
「だってイヤだもん、キライなんだもん」を聞いてばかりだといかんよ。多少の無理強いは必要。

167 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 05:45:18 ID:EdoDNU/d0
>>145-146
狼少女は作り話、っていう話をどっかで読んだなあ……
と思って探してみたらこんなの出た。
ttp://www.chironoworks.com/ragnarok/psychology/log/eid26.html

168 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 05:49:17 ID:IShd+dxX0
>>166
確かにな。

昔、卓球の愛ちゃんを見ていて、親のエゴだと思っていたら
本当にオリンピックに行って、世界の愛ちゃんになった。
今は自分の意志で卓球をしているのだろうけどね。

でも、愛ちゃんの場合は成功例であるが、
教育の失敗例も世の中にはあるだろうなと思う。

169 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 06:06:09 ID:vX7R1/XW0
>>168
愛ちゃんの所は卓球の話より、親父の借金話の方がひどいからな。
愛ちゃんのCM料見込んで借金したりとかさ。

170 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 08:03:17 ID:0BN9AoDg0
>>144
酷過ぎるな・・・
俺が研修生の立場だったら、実験してる人達に殴りかかってしまいそう。
でもアイヒマンテストみたく、その場にいると何も言えなくなってしまうんだろうか・・

171 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 09:15:34 ID:X9HdwGtU0
>>168
親の知人が教えてるミニバスで、自分の子供は運動神経抜群だと信じ込んでる母親が
いたんだけど、子供は落ち着きが無いし何よりやる気が無いから練習にいてもみんなの
足を引っ張ってた。親がいないとこで「本当はバスケやりたくているわけじゃない」ってこ
ぼしてたらしいけど、いつまで経っても芽が出ない子供を見かねた母親がある日
「今日でバスケやめます。ここじゃうちの子の可能性は潰されますので。これからは剣道
やらせに行きます」ってコーチに言いに来たらしい。子供が気の毒でたまんなかったって。
子供の言いなりも駄目だけど、親のエゴが暴走するケースも問題だよねえ・・・。

172 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 09:19:31 ID:HUQKcUSO0
>>165
おお、うちは両親多忙だったんで祖父母に育てられたけど、そんな感じ。
本ばっかり読んでるクソ生意気なガキに、めんどくさくなると
物を食わせて黙らせる方式でバッチリデブオタ完成。あれから30年、そして伝説へ。
爺さんは気がついたら時々本を取り上げて「外で遊べ」って言ってたけど
自分も忙しいから言うだけであと放置だし、あまり意味がなかった。
何して遊んだらいいかわかんないから自分から友達誘ったりもできなかったしね。

そんなこんなで嫌がるのを殴ってでも外で遊ばせることじゃなくて
外で遊ぶ楽しさを教えることが大事なんだと思う。自分は知らないから教えられないけどな。
登山やキャンプは楽しさより辛抱を習う場だから無理強いでいいと思うけど。

ほんで後味悪いのは、最近婆さんが死んでから急におかんが
「私が三十余年手塩にかけて育てた(のに、何と言うザマだ!貴様!)」とやたら主張するようになったことです。
金は出したのは両親だけど、この人と一緒に住んだのは生まれて二年ほどのはずだが。
意図がわからんで気色悪いです。まだボケるには早いと思うんだがなあ。なんか怖いのでツッコめない。

173 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 09:54:00 ID:MWObAbES0
>>144
うへー…、なんじゃこれ。
朝から激しく鬱。

174 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 10:05:22 ID:deH4rSpnO
難しいよな子供は
なにもしたことない親ほど過剰に期待するもんな
うちの親がそうで、自分たちは高卒なのに勉強頑張れ頑張れで
本読ませるだけってのはそれはそれでいい気がするけどなぁ
俺は学校休めなかったからそういう親かなり羨ましかったよ

175 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 10:18:36 ID:Ki8yffUU0
319 名前:日出づる処の名無し 投稿日:04/10/26 01:19:19 ID:X+0m7gOl
>>272
雲仙の事情はよく知ってるから、この際書いておく。

マスコミ関係者などが死んだ「定点」は、避難勧告がでていた。
危険地域であることを示すため、公的機関の観測員、消防団員も勧告地域から
撤退していた。しかし、マスコミ関係者は、強制力がないことから、雇い挙げた
タクシーとともに避難勧告地域内の「定点」に詰めていた。

そんな中、避難して無人の住民の家に無断で上がり込み、電気、電話を無断使用する事件が
起こった。住民に不安が高まり、そのためもあって、いったん避難勧告区域外に撤退していた
地元消防団は、ふたたび避難勧告地域内に入り、見回りを始めていた。
これらのマスコミ関係者、タクシー運転手、消防団員、許可を得て中に入っていた地元住民が
火砕流に巻き込まれ死んだ。消防団員以外の地元犠牲者はたしか5名。それ以外が約35名。
避難勧告地域の境界で検問をやっていた警察官2名は、火砕流発生の連絡を聞き、中の人たちに
知らせるために勧告地域内に入り、殉職した。

そしてこれが重要なんだが、火砕流の到達範囲は、まさに避難勧告地域内におさまっていた。
避難勧告をマスコミが守ってさえいれば、死者数ははるかに少なくて済んだに違いない。

176 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 10:29:11 ID:mx3hUw9O0
中越地震での買い占めといい・・・ほんとマスコミ人って奴は・・・

177 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 13:16:50 ID:qbJYN+pT0
>>172
何か親ってそういう記憶違いのしかたするよ。
気にせず、自分の人生歩むしかないね。
うちの親も、虐待とまで言わないが、かなり放置主義の上に
自分の気分で怒鳴ったり叩いたりしたもんだが、今になって
「あんなに可愛がって可愛がって育てたのよ」
とか言うよ。きっと、判断基準が違うのサ

178 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 13:18:37 ID:qbJYN+pT0
>>175
興味深い話だが、これ、何へのレスじゃ?

179 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 13:19:48 ID:59p9TdlM0
>>178
コピペだろ?

>319 名前:日出づる処の名無し 投稿日:04/10/26 01:19:19 ID:X+0m7gOl

180 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 13:22:32 ID:KBq0GtDz0
>>172
楽しさなんて教えてもらうのではなくて、自分で見つけるものじゃないのだよ。
何でも親や祖父のせいにしているみたいだけど、自分を変える努力はしなかったの?

181 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 13:30:20 ID:qbJYN+pT0
>>167
純粋な創作モノとしては、同じ動物に育てられた子どもの話でも、
往年の「ジャングル・ブック」では主人公が
人間の少女に興味を持って、人間界復帰。
最近の「シロクマになりたかった少年」では、主人公に
シロクマの彼女が出来て、結局シロクマになる。
民族性の違いもあるが、ファンタジーとしても見方が変わって来てるかもね。


182 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 13:31:34 ID:qbJYN+pT0
>>180
それはまあ、これからでも何とかなるかも
知れんサ。あんまり責めてもイカン

183 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 13:32:38 ID:7DHyZ5qO0
>>180
自分を変える事にさえ親が邪魔な場合なんて多々ある
ついでに話しても理解できない親も多くなってるからな・・・

184 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 13:37:44 ID:qbJYN+pT0
>>167
古代ローマの建国者であるロムルスとレムレスの双子も、
狼の乳で育ったという伝説だけど……
これだと、根こそぎやっぱりウソ話になっちゃうね。
まあ伝説だから良いのか。

185 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 13:47:34 ID:qbJYN+pT0
>>141
美内すずえが70年代に描いた「ひばり鳴く朝」って短編、 
老科学者の生体実験で、赤ん坊の頃からたったひとりで
密室で幽閉されて育てられた少女の切ない物語なんですが
ここでは、ガイシュツでしょうか?

186 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 13:51:23 ID:dU0OXZklO
後味の悪い話をします。

あれは僕が幼稚園の頃でした…。

ウヒヒヒヒ

おちんちん。

187 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 13:54:39 ID:/whq8zR40

    ナ ゝ        /    十_"
     cト  ̄ ̄ ̄ ̄ /^、_ノ  | 、.__ 
                       
            ,. -─- 、._  
            ,. ‐'´      `‐、
       /           ヽ、_/)ノ 
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ 
      i.    /          ̄l 7
      ,!ヘ. / ‐- 、._        |/ 
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /
      /`゙i         ´    ヽ  ! 
    _/:::::::!             ,,..ゝ! 
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  / 
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' / 
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" / 

188 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 14:00:39 ID:/Hqy5jhQ0
>180

いや、172は彼なりの楽しさを見つけてるんだよ。
(それが対外的にどう見えるかはともかくとして。)

189 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 14:02:29 ID:wbEu6WeZ0
warata

190 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 14:03:57 ID:S7lxzl+r0
ワーイ( ・∀・)つお話頼みます!

191 :190:2005/05/07(土) 14:04:27 ID:S7lxzl+r0
・・・・>>185さん、おねがいします・・・

192 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 14:49:26 ID:O0s7lhfk0
>>175さん。
書き込んでくださり、ありがとうございます。
一応、マスコミ人ですが、そういった事実は、現場では一切語られていません。
これが真実としたら…身にしみて考えさせられる一文でした。

193 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 15:15:02 ID:bBInBSEC0
>185
なつかしいな。自分、切れ切れにしか覚えてないので
ぜひお願いします。
この流れでは、出てくると思ってた。


194 :172:2005/05/07(土) 15:50:05 ID:0x+TQhXl0
流れ切ってごめん。誤解されたままなのは後味悪いから…

>>180
誤解させて申し訳ない。読み返したらかなり舌足らずだった。うへえ。
つか、ガキンチョの頃の話でしょ?ちょっとトゲを感じるけど>>188の通り。
爺さん悪くない。むしろ尊敬してる。鼠素手で捕るの巧かったし。
自分の性分は気に入ってるよ。ラクだからね。
むしろ生まれ変わっても変わりたくない。生まれ変わりたくないけど。

でも私や>>165みたいな半分完成された不活発なガキをいきなり野に放っても
隅っこでボンヤリしてるだけだと思うですよ。もっとチビの頃から手間かけて慣らしてないと。
外で一人でボンヤリしたり虫や魚や鳥や鼠や蛇なんか捕るのは楽しかったけどね。
こういう技なら爺さんに習ってたし。でも、集団でKドロやゴム跳びなんかしてんのに混ざるのはムリ。
爺さんは「混ざってこい」って言うんだけど…もう蛇捕って人気者になれる歳でもないし、勘弁してください。

このようにマイペースでエンジョイしとると熱血先生みたいな人や近所の大人なんかがやってきて
「貴様!なぜ他の子と遊ばない!かわいげのねえ奴だ!ガキはもっと楽しそうにしてろ!浮かれ騒げ!!」
などと言って度々怒られたり、時には殴られたりしたことを思い出してムカついてきた。今考えてもムチャだ。
しかも何故私がそんなに怒られないといけないんだよ!余計気まずいだろバカ!畜生!
今でも「恋愛しろ!オサレしろ!モテたいと思え!」と説教してくる奴チョイチョイいるから
そういうのの同類なんだろうな。つか「思え」ってなんだよ。糞が。

自分は中高、大で愉快な仲間達に会えて十二分以上に取り戻したからラッキーだと思う。
それまでに蓄えたショボいオタ知識がきっかけで仲良くなった奴も多い。あいつら最高。宝物ですよ。
なんも努力とかしてなくてごめん。おかん不気味だけど楽しいよ。

195 :190:2005/05/07(土) 16:40:54 ID:S7lxzl+r0
そうかよかったな。後味ヨシ!

196 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 18:41:02 ID:QEnXEejt0
でも難しいよな。
内向的なちいさな子(というよりもインドア趣味的な子)に
外で遊ぶことの楽しさを教えるのは。
それと言うのも、親と外で遊ぶのと、同じ年ぐらいの子らと遊ぶのは微妙に違うんだ。

ふと思った。>>194は一人っ子じゃないか?


197 :185:2005/05/07(土) 18:54:47 ID:qbJYN+pT0
「ひばり鳴く朝」美内すずえ

人名とか確認してから書こうと思ったら、
今この作品、文庫化とか全然されてないんですね。びっくり

主人公は、心やさしい青年科学者。
恩師の老学者を尊敬しており、その娘とは婚約中。
ある日、青年は老学者の研究所へ呼ばれる。
見せたいものがあるというのだ。

なんと研究所には、密閉された隠された部屋があったのだ。
モニターに映し出されたのは、真っ白で何もない四角い部屋。
あるのは便器と、壁についた小さな四角い窓のようなもの。
そこには、12歳くらいの少女がひとりぼっちでおり、
寂しげな表情でツメをかんで座り込んでいた。驚く青年。

老学者は、かねてから、他の人間から隔離したところで、
たった一人で人を放っておいたらどのように育つかに興味を持っていた。
知り合いの若夫婦が事故で亡くなった現場に居合わせ、
その生まれたばかりの幼児が自分の手にころがりこんで来たとき、
この老学者は、どうしても誘惑に勝てなくなってしまったのだ。


198 :185:2005/05/07(土) 18:55:49 ID:qbJYN+pT0
つづき

青年は、少女の成長してきた記録フィルムを見せられる。
何もない部屋で目覚めて、泣きわめく赤子。泣き疲れては眠り、
やがて衰弱していく。一度は中止を考える老学者。
だが生きようとする本能が、次第にミルクを飲み、
ものを食べ、排泄をする習慣を身につけさせていった。
部屋の小さな窓からは、食事や着物が折りを見て与えられる。
時々、天井が開いて、日光浴の時間をとる。
言葉もなく、愛もなく、音楽もない部屋で、
少女はただ食べ、排泄し、育つ…。
老学者は彼女を「モルモット」と呼び、いっさい会うことはなく。
モニターでのみ、見守ってきた。それをいずれは、
青年に引き継いでもらいたいと言うのだ。
「モルモットだって? あの子は人間なんですよ!!」
「あの子は自分を人間とは思っておらん」
衝撃を受ける青年。
その日、青年はもうひとつフィルムを見た。
それは、生前の両親に遊んでもらっている赤ちゃんの姿。
日の当たる美しい屋外で、高い高いをされながら、
声を立てて笑う赤ちゃん。空いっぱいのひばりの声……

やがて、老学者が倒れる。青年はいやでも、研究を引き継ぐことになった。

199 :185:2005/05/07(土) 18:56:44 ID:qbJYN+pT0
つづき

だが青年は、少女の前に直接姿を見せる。老学者がどう言おうと、
青年は少女を、人間に戻す決心をしたのだ。
この子だって、本当なら今頃は、友達と楽しくしゃべったり
おしゃれをしていていい年齢なんだ……。
教育は大変だった。食器を使って食事をすること。
鏡をみせる事。少しずつ言葉を与えること。
少女は青年に笑顔を見せ、反応するようになる。
ある夜、嵐が来た。
そのとき、青年は、婚約者の老博士の娘とデート中だった。
大変だ、研究所が停電したら…! 引き留める婚約者をふりきって、
車を飛ばす青年。はたして部屋は全て真っ暗になっていた。
少女は暗闇で、おびえきっていた。現れる青年。抱きつく少女。
青年は、今こそ少女に求められたのだ。
ところが、青年が少女を抱きしめている所に、明かりをつけて
婚約者が入ってくる。
「とんだラブシーンね。説明してもらえない?」
彼女はどちらかと言うと、ハイソで冷たい雰囲気の人であった。
隠せないと思った青年は、父親である博士のしてきた事を全て話す。
驚く婚約者。だが同時に、こんなにも青年の心を占めている
少女に、強い嫉妬を感じる。


200 :185:2005/05/07(土) 18:59:03 ID:qbJYN+pT0
つづき

やがて、天啓のように青年は気づいた。
少女の失われた幸せな記憶、それが全て、ひばりの声とともにあることに。
ひばりの声を聞かせてみよう。
楽しい気持ち、笑い声、それを取り戻すのだ。
ひばりを買いに、青年は町に車をとばした。
ついに婚約者は、この少女がもしいなくなれば…と考える。
その手がスイッチを押し、天井が開き始めた。
少女は、初めて星空を見た。このチカチカ光ってるものはなんだろう?
少女は壁をよじのぼり、屋上にでる。足場はほとんどない。
ひばりと共に引き返してきた青年は、危険な高さで立ちつくす
少女を見る。救助隊も到着するが、
少女は青年でなければ助けられないはず。青年はみずから
リフトに乗って、少女に動かないように呼びかけながら近づく。
そのとき、騒ぎでひばりが籠から飛び立った。
高く美しい声が、空いっぱいに響いた。
少女が気がつく。みるみる内に、その表情に変化があらわれた。
それに気がつく青年。
少女の喉から、声が発せられる。瞳に光りが宿った。
少女はふと、手を差し伸べて近づいてくる青年に気がつく。
大きく青年を名を呼び、青年のもとに、少女は跳んだ。
全てを思い出した、
今こそ、輝かしい明日と、自由と幸せに向かって……。


201 :185:2005/05/07(土) 19:01:43 ID:qbJYN+pT0
つづき

だが、二人の手は、ほんのわずか…届かなかった。
呆然とする青年の前をすり抜け、
少女は暗闇を落下して行ったのだった。
少女は死んだ。これから何もかも始まるという時に。

研究所から、病院の老学者に連絡を入れる青年。
「あなたのモルモットは死んだのですよ」
青年は、真っ暗な部屋でフィルムを回す。
ひばりの声の中で笑いつづける赤ちゃんを見続ける。
「幸せに…してやりたかったな…」
止まらない涙。
スクリーンいっぱいの赤ちゃんの笑顔……。

おしまい。




よくこの作品と比較される名作として、西谷祥子
の「行ってしまった小鳥」というのがあるのですが、
こっちの作品については良く知りません。
もしご存じの方いらっしゃいましたらお教えください。

長文駄文、すみませんでした!

202 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 19:04:19 ID:RKxDiyMP0
やけに文章うまいな

203 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 19:06:13 ID:QEnXEejt0
>>185
乙。GJ。一気に読んだ。
ほんとに文章ウマーだな。

204 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 19:14:05 ID:7zN/XEww0
くそぉーー。同人ヲタ女、長文カキコがウザい氏ね!
ってレスしようと思ったのに、一気に読めてしまった・・・orz
しかも、内容スレタイにぴったり・・・

そういった意味でかなり後味悪いです(・∀・)

でも、投下内容は素晴らしいモノでしたGJ!

205 :185:2005/05/07(土) 19:27:12 ID:qbJYN+pT0
ああ良かった……
読んでいただいて、ありがとうございました。

206 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 19:42:56 ID:Zambaofq0
>>205
マジすげえ。すごすぎるよ。ええもん見さしてもらった。

でも後味悪くないな……と思ったけど、老科学者視点で見るとやりきれん。
人としてのモラルまで捨てて頑張ってきたのに
実の娘のしょーもない嫉妬と若造の自己満足で滅茶苦茶に。

207 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 19:51:03 ID:7zN/XEww0
>>206
ちょっとマテ(・∀・#)

オマイが、どこにどんな風に
後味の悪さを見出すのかケチをつける気はないが
ほんとうにそこで良いのか?

それとも悪ぶってみて餌でも撒いてるのか?(・∀・;)

208 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 19:55:16 ID:FZsSGe0j0
>>205
後味悪い&面白かった(・∀・)すごーい文才あるっすね。ってか美内すずえって「ガラスの仮面」のひとだっけ?
ちょっと似た内容の星新一の短編があった希ガス。老人が少女を飼育するっていう…ラストが思い出せないな、
思い出したら書きに来る。


209 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 19:58:52 ID:hhNkGWpk0
星新一の方は、おっさんが病気で死んだとともに餓死。
使用人がご飯あげても食べなかった。

210 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 20:07:44 ID:FZsSGe0j0
>>209
あぁ〜そうだった!おじさんの手からじゃないと食べなかったんだよな、d。

211 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 20:22:43 ID:JJKn6oeP0
公式サイトみたら、絶版の「パンドラの箱」
という70年代半ばのコミックスに収録されてた話。
この「パンドラ」の方が、なんというか、その、
生まれながらに身体的な不具をもった一族の話で
現代じゃ差別的表現が多いので封印されてるっぽい。

「ガラスの仮面」以前のこの人の短編は結構凄いものがあった。
トラウマスレにもちょくちょく出てくるし。

212 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 20:32:35 ID:nwRHi5WiO
大島弓子の「ハイネ読んで」もこの系列の話だけど後味は悪くないな

213 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 20:46:27 ID:+t6ZpiMr0
友達は高校の時、現国がイマイチ苦手だったので
少女マンガをたくさん読んだらしい。
少女マンガは難しい内容が多いので理解力が深まると
予備校の先生が言ってたんだって。
15年くらい前の話で、確かに昔の少女マンガは内容が深かったよね。
萩尾望都とか山岸凉子とか大島弓子とかその他いっぱい。

214 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 21:02:50 ID:XQjueDTw0
何が後味悪いって、紹介したい話なら幾つかあるのに上手く纏められない自分の文才の無さが
後味悪いって言うかモヤモヤする。

215 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 21:03:02 ID:RkXHZ+Em0
山岸凉子はオカルト板向きかも

216 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 21:22:22 ID:5+F9nAvU0
山岸凉子は確かにオカ板向きだけど、多くの作品が
ラストに因果応報or救いがあるから、このスレ向きではないかもなぁ。
でも「蛭子」って作品だけは、かなり後味悪い。

217 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 21:26:08 ID:/jlzs3pF0
美内すずえのそのマンガ実家にあるはず・・
探しに行ってみよう


218 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 21:26:44 ID:6lKj5GOt0
ああ、娘に執着しまくりな母親で就職か何かで親元から離れようとする娘に
縋り付き、結局娘は母親を殺害してしまう話とかね〜メンヘルも入ってるよね

219 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 22:04:34 ID:qbJYN+pT0
>>217さん
見つかって、もし後味悪かったら、
是非「パンドラの箱」の紹介をお願いします!


220 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 22:06:50 ID:0BN9AoDg0
パンドラの箱って漫画なの?

神話の方のパンドラの箱も後味悪い。

221 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 22:07:40 ID:YlD4AL2b0
「希望だけ残ってた」の続きがあるの?

222 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 22:12:35 ID:0BN9AoDg0
>>221
某神話関係のサイトから転載。

>パンドラは最初の人間の女性で、その名前の意味は「すべてを与えられた」である。
>その名の通り、神々から贈り物をもらって創られた女性なのである。
>アテナは知恵を、アプロディーテは美しい肉体を、アポロンは美しい歌声を与えた。
>そしてヘルメスは美しい彫刻を施した金の箱を与え、決して開けてはいけないと言った。
>そのあと、ヘルメスは彼女に「好奇心」を与えた。
>実はこれは、プロメテウスが人間に火を与えたので、人間が神に近づこうとしているのを見たゼウスがたくらんだのである。
>人間の誇りを制圧する計画なのである。

っていう話。

223 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 22:12:38 ID:qbJYN+pT0
あ、なるほど。
美内すずえの絶版作品集のタイトルは、「パンドラの秘密」
が正しいようです。
神話のパンドラの箱は、最後に希望が残ってたバージョンと、
絶望が残ってたバージョンと両方あるよね。

224 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 22:17:02 ID:0BN9AoDg0
ttp://www.ne.jp/asahi/art/dorian/Greek/Pandora/Pandora.htm

転載元のサイトだけど、ここだと「前兆」が残ってたから希望を持つ事が出来たと。

希望を持てたってのは後味悪くないかもしれないけど
ゼウスの企んだ罠って部分が後味悪いかなと思う。

225 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 22:43:07 ID:JN3hq72b0
>223
なんかの本で読んだ話だからソースはあいまいだけど、
この「パンドラの箱」は解釈が二つあって、
災厄が一杯入ってる箱の中身の最後の一個が「希望」。
この希望が残ったおかげで人間は生きていけますってのと、

希望こそが最後の災厄、
これがあるおかげで人間は「諦める」こと「見切りをつける」ことができず、
苦しみながら生き続けなければならない。
なぜなら希望は時として人間の奇跡を望む思いに答え、
決して人間が諦めないようにしておいて、ここぞというときに
期待をはぐらかして、より深い「絶望」を与えるからだ。
ただ失敗するより、最初にわずかでも希望を持っている状態で失敗するほうが、
人間の絶望は大きい。
希望は人間により大きな絶望を与えるために存在する、最後の災厄である…

って考え方。
これ聞いたとき「ええ〜〜」とかなりショックだったな。

226 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 22:53:57 ID:JJKn6oeP0
211です。
そう、「パンドラの秘密」が正しいです。スミマセン_| ̄|○

227 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 23:08:15 ID:mraTsdoZ0
ギリシャ神話って後味悪ーなの多いよな。
ヤリチンゼウスに無理矢理やられちゃった女の子が、嫉妬深い奥さんに神罰落とされちゃったり。
小学生の時に読んで「ホントに藻前等神様かよ!!!」とかむかついて、速攻図書館に返しに
行った。
悪い事してない人が酷い目に遭うのって後味悪すぎ。

228 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 23:19:29 ID:qbJYN+pT0
ヤリチンゼウスて……その通りだが。ワロタ

229 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 23:25:53 ID:Mb35Fytu0
>>227
こいぬ座のギリシア神話はすごく印象にのこっているなぁ。
あとかに座も悲惨。

そういえば、小学校の時に「世界のざんこく話」「世界のおそろしい話」とかのシリーズを熟読していたが、
あれはここ好みのなんとも後味の悪い話のオンパレードだった。
もう絶版になってるっぽいから、古本屋で探すしかないんだろうか。
もし持ってる人が居たら、親に殺された子どもが小鳥に乗り移って「何で殺したの〜」みたいに鳴く?
っていう話だけでもあらすじキボン。ざんこく話のほうに載ってたと思うんだけど…

230 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 23:31:11 ID:YkGZuSbP0
>224
なんで災厄しか入っていない箱の中に
「希望」が入ってたのかずっと不思議だったけど
「前兆(=未来予知能力)」が残っていたから
結果として人類は「希望」を持つことが出来ている
ってことなのか。凄く納得できたので後味が良い。


231 :本当にあった怖い名無し:2005/05/07(土) 23:55:12 ID:qv4T8uy+0
かに座ってものすごくうろ覚えだけど、
英雄のアキレスだったか何かが、怪物と戦って
怪物に加勢しようとしたカニがアキレスに踏み潰されるんだっけ?
カニが援軍にきてもなあ・・・

232 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 00:09:25 ID:Mb35Fytu0
>>231
そうそう。アキレスじゃなくヘラクレスとうみヘビが戦ったときの話だけど。
カニはヘビの友達で、「助太刀いたす」って駆けつけたのに、
ヘラクレスはその攻撃に気付きもしないでカニを踏んづける。
ヘビ奮戦するも死亡。カニは無駄死に…

ついでにこいぬ座の神話。以下コピペ。

狩りの名手だったアクタイオンは、毎日猟犬をつれて鹿狩りに
出かけていました。  ある日鹿を追いかけて森の奥深くに入り
込むと、茂みの向こうから女性の声が聞こえてきました。のぞき
込んで見ると、そこでは狩りと月の女神アルテミスが、数人の
ニンフと水浴びをしている最中でした。
 アクタイオンに気が付いたアルテミスはのぞき込まれたことに
怒りアクタイオンに呪いをかけました。 するとアクタイオンの
姿は、見る見るうちに鹿に変わり、その声もいつしか鹿のうめき
声に、変わっていました。 その声に気が付いた猟犬たちは、そ
の鹿をかみ殺し、主人が来るのをいつまでも待っていました。
来るはずのない主人を、待ち続けている姿を哀れに思った女神は、
猟犬の1頭を天に上げて星にしました。

233 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 00:11:36 ID:HVw7k1Ye0
>229
ねずの木のこと?

なかなか子供に恵まれない奥さんが庭のねずの木に祈ったところ、男の子を授かるがその後病死。
旦那は新しい奥さんを娶って、その後女の子が生まれる。先妻の息子を疎ましく思う継母が虐待の末、息子を殺してしまう。
息子がいなくなっても父親は子どものことには無関心で、継母は息子の体を切り刻みスープにして食べさせる。
妹だけは全て知っていて、泣きながら兄の骨を拾い、ねずの木の根元に埋めた。
するとその場所から見たこともないような美しい小鳥が飛んで出て、やはり美しい声で歌う。
「お母さんが僕を殺して、お父さんが僕を食べた、妹が僕の骨を拾ってねずの木の根元に埋めた」
町中を飛び回り、その歌声に感動した靴職人、細工職人、石臼(?)職人が靴と金の鎖と立派な石臼を小鳥に与える。
小鳥が自分の家に帰ってきて、同じ歌を歌うと、それに気付いた妹が「お兄ちゃんが帰ってきた」と言って外に飛び出す。妹に靴を落とす小鳥。
妹がそれを喜んでいると今度は父親が外へ出てきて、小鳥は金の鎖を落とす。
夫と娘が外で騒いでるのを見て、自分も出てきた継母に、小鳥は石臼を落とす。
石臼の下で圧死する継母。
すると小鳥はたちまち元の少年の姿に戻り、父親と妹とともに幸せに暮らしましたとさ。

後味いくない?

234 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 00:16:20 ID:OOy2pOPM0
石臼を持ち上げるとはとんでもない怪力の小鳥なだ。

235 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 00:18:15 ID:GG0xwxlU0
>>229
殺された子供が小鳥に…というのは日本民話でも出てきたよ。
私が読んだのは松谷みよこの本。
バージョン違いだけど話は同じ。
継母が夫の連れ子を大釜で煮て、骨を台所の隅に捨てる。
出稼ぎから戻ってきた父親が所在を尋ねると知らぬふり。
骨(になった子供)が自分のされた仕打ちを歌って聞かせ、悪事が露見して
継母は殺される。

あとは不注意から弟を死なせてしまった兄がホトトギスに化身。
オトートコイシ(弟恋しい)と鳴くように。
口の中が真っ赤なのは血を吐く思いでそんな風に鳴き続けているからだと。

236 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 00:18:40 ID:KFEikrpB0
こいぬ座の神話は別にのぞき野郎が制裁加えられたって
だけだからむしろ女神GJ!!

237 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 00:36:17 ID:I8FY+ZR90
>>232
まあ無駄死にでも、友達の為にがんばったカニが
星座に祭られるんだから良いんじゃないの?

238 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 00:36:29 ID:Xr1kKPOY0
>>229
それです!ありがとうございます。
そんな後味の良い話だったんですね。最後一行の部分がぽっかり抜けてました。

>>235
それもなんか覚えてます。戦国時代のお話でしたっけ?
鳥の鳴き声シリーズでは、ツバメの「ツチクッテムシクッテニガーイ」もありますね。

>>236
アクタイオンは別に故意に覗いた訳じゃなく、うっかり出くわしちゃった、
って思うと哀れ。だけど何より、何も知らずに最愛のご主人様を食い殺させられた
猟犬(すごく有能な猟犬だったらしい)が後味悪いです……

239 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 00:38:08 ID:KGMaBnGY0
>236
いや、犬がカワウソー

240 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 00:44:15 ID:KFEikrpB0
>238
うっかり出くわしたのはそうなんだけど
その後じっとり見つめてたからなあw
神様に対する尊敬の念が無いやつは罰せられるってのが
ギリシャ神話のデフォだから。

犬が可哀想には賛同できる。
飼い主がDQNで可哀想w

241 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 01:10:11 ID:7aVwbHU70
遅レスだがなんかの天才少年(卓球の愛ちゃんみたいな)にインタビュー
してる番組内でレポーターに「○○好きなんだ?」みたいなコといわれて
「好きじゃない。友達と遊びたい・゚・(ノД`)・゚・」って泣き出したのを観たことある
という人が近所に住んでるんだが。詳細知ってる人いませんか?

242 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 01:27:23 ID:7aVwbHU70
>>237
でも蟹座と魚座と牡牛座生まれの男子は
日本では一時期他の男子達からかなり虐げられていたぞ
漫画のせいで。

243 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 01:47:24 ID:Da1QH0Tl0
女の裸を凝視してこそ男

目をそらすのはフニャチン野郎

244 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 01:49:38 ID:cD0fLqtD0
ギリシア神話で美を競う女神の話も後味が悪い。
結婚式に招待されなかったことに腹を立てた女神が
「この世で一番美しい女性へ」と書いたリンゴを神殿の中に放り込む。

そのリンゴを巡ってオラが一番と女神が喧嘩をはじめる。
ヘラ、アテナ、アフロディーテは判断をゼウスに求める。
恨みを買いたくないゼウスは、その役を人間に与えてしまう。
財産をやるから私を選べと言うヘラ
名誉をやるから私を選べと言うアテナ
女をやるから私を選べと言うアフロディーテ。
男はアフロディーテを選んで、美人の妻を手に入れる。

しかし結論に怒った女神が戦争をけしかけ、トロイア戦争が始まってしまう。

なんかオマイラ落ち着けと。こいつらほんとに神か?

245 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 01:53:52 ID:dfTfrR1Z0
北欧神話も未来の見える神様がいるのに
某有名蛇とか某有名犬とか某有名死者の国の王を殺さずにほっといてるからね。
そして某有名戦争に突入。さらには敗北。

神話が出来た頃って、今ほど神様がすごい存在ではなかったのかも。
せいぜい自分達を管理してる偉い人的なイメージ。

246 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 02:19:14 ID:UoiHSQSsO
>>208星 新一のは確か、ボッコちゃんに収録されてる月の光り(?)っていうタイトルだったと思う。
そこまで後味の悪い話しじゃなかったけど。

247 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 02:30:19 ID:FZMtyo8l0
静かできれいな話だったよね

248 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 03:49:02 ID:miDthd6O0
ギリシア神話ってのは、当時の状況を説明しているといわれているから、
神連中が妙に人間くさいのも理解できるでしょ
日本の記紀だって同じだし


249 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 04:18:07 ID:707zqJsIO
うろ覚えだけどこんな話があった
ゼウスが一人の人間の女を見染めて、
自分の子どもを生ませたいと思う
だけど女には深く愛しあってる旦那がいて、ゼウスには目もくれない
そこで一計を案じたゼウスは、
旦那が戦争かなんかで留守にしてるすきに
(旦那がそこに行かなきゃいけなくなったのも
たしかゼウスの仕業だったような)
なんと旦那そっくりに化けて女のもとに行き
見事に思いをとげてしまう…という話。

なんだかこの手の神話には、
神様の子供を生むことは一番の幸せみたいな思想があるらしいけど
神様にラブラブの奥さん寝取られた旦那の気持ちは…orz

250 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 04:54:23 ID:TyPBizND0
>>244
それはアフロディーテが一方的に悪いんだよー
トロイの王子パリスに「神々の中での一番の美人に私を選んでくれたら、
人間の中での一番の美人をあなたにあげますよ」って約束しちゃったんだけど、
生憎、人間の一番の美女がスパルタの王妃ヘレンだった。
パリスは世界一の富も名誉も蹴って貰った美女なんだから当然ヘレンをつれてっちゃうし、
敵国の王子に王妃を取られたら旦那のメネラーオスも戦争でも起こさないわけにもいかないし。
子供心にもアフロディーテ無責任すぎる!と思った。

251 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 07:21:48 ID:JORsUUji0
だってアフロディーテの恋人は軍神アレスで、
戦争大好きだからさ。
アフロディーテは猛々しく戦うアレスが好きだし。
「不和のリンゴ」を投げ入れたのは
アレスの双子の妹のエリス。(不和の女神)

252 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 07:35:12 ID:vu4ckfd/0
みんな、よく知っているんだね。
漏れは神様が近親相漢しまくりというイメージなのだが。

253 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 08:04:44 ID:81D9A7BW0
>>249
ダビデの話とごっちゃになってないか?

254 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 08:38:39 ID:I0jdTNNg0
何だかオモシロク勉強になって、凄いなあ。

255 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 08:38:52 ID:rvguy8Jn0
>>249
当時の人々は、皆自分たちの住む地域にも
ゼウスとなんらかのつながりを持たせたかったらしい。
で、各地で
「自分たちの地域出身の美女とゼウスをセクースさせて、
ゼウスの血を引く子供妊娠」 という神話をつくりまくったという。

なんか、ゼウスにとっちゃぁ迷惑な話だよな。

256 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 08:50:48 ID:I0jdTNNg0
>>255
何か、日本中に出まくる弘法大師に似てない?
かなり小粒な感じはするけど。

257 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 08:55:44 ID:I0jdTNNg0
まあ、さすがに子ども妊娠伝説ではないけど、
名産物をからませようとするよね?
ゆかりの地にしたいって事で。

258 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 08:56:20 ID:6J9BY7in0
じゃあ、ゼウスが真子様と背クロスする民話を
炉リに依頼しようぜ。

259 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 09:01:19 ID:2sxII0iQ0
>>258
誰だww

260 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 09:19:25 ID:I0jdTNNg0
折角なので、弘法大師にまつわる、
珍しい後味悪い話をひとつ。
広島県因島[いんのしま]の伝説「さば大師」。
暑い夏の日、魚をかついだ魚屋が、威勢よく通りを歩いていた。
オケの中は、新鮮なサバがいっぱい。
さあ稼ぎまくるぞ、と魚屋は張り切っていた。
と、ボロボロの袈裟をきたみすぼらしく汚い僧が寄ってきて、
「もう何日も食べていません。どうか魚を一匹、分けてくださらぬか」
とかぼそい声でたのみこむ。魚屋は顔をしかめると、
「この魚は全部腐っていて食べられないよ」
とウソをつき、何も分けてやらずに走り去った。
ところが市場でオケのフタをあけてみると、何と、
サバは本当に全て腐って、ウジがわいていた。
「しまった。あれはえらいお坊さまだったに違いない」
おびえた魚屋はあやまろうと、引き返したが、
もうどこにも僧の姿はなかった。
このお坊さまは、かの弘法大師さまだったと言われている。

この他に、海で大量で人々が浮かれてるところに
みすぼらしい僧が来て……というバージョンもあります。

分けてもらえなかったからって、人の生活のカテを
腐らせなくても……
第一、坊さんのくせに魚ほしがっていいのか?
というのが、以前から疑問です。

261 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 09:33:37 ID:n/pKD6Em0
>>233
前々から思ってたが、何で親父はお咎めナシなんだ!
実の父だし今後の生活のためとか色々あるんだろうけど何となく納得できん。

262 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 09:34:55 ID:I0jdTNNg0
>>261
あ、同じ疑問、「ヘンゼルとグレーテル」にもあります。

263 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 09:35:48 ID:8cYLDudQ0
>>260
弘法大師の話は、全国にたくさんあるね。
「いろはにほへと」を作ったとか、えぇっあれも弘法大師の仕事だったの?
ということがたくさん。(伝説も数多く含まれる)

全国に井戸をたくさん作っているし、
(杖をトンと突くとそこから湧き水が・・・みたいな)

それから、弘法大師は美男子で、
振り向いてもらえなかった女性が字冊を(本当か?)

雨の少ない香川に満濃池という弘法大師が作った大きなため池があるのだが、
それは弘法大師が何日も祈り続けている間、讃岐の人たちが池を掘って出来た奇跡の池だそうだ。

何年か前、雨の少なかった夏、満濃池が干上がって池の岸から殺人事件の死体が発見された時、
弘法大師の霊が雨を降らせなくて死体を発見させたという噂だった。

今も伝説は続いている。


264 :本当にあった恐い名無し:2005/05/08(日) 09:37:33 ID:T4NHUcsG0
ほんとにギリシア神話は理不尽な話オンパレードだよな。
かに座でもでてきたヘラクレスだけどこいつの人生も苦闘と理不尽だらけ。

ヘラクレスの両親はラブラブカップルだった。
しかし美人とやりたいゼウスが彼女の旦那に化けてセクース(>249)
そしてできたのがヘラクレス(だから人間の父親とは血が繋がってないわけだ)
そしてヘラクレスが生まれようかって頃にゼウスが口を滑らした。
「今度生まれるペルセウス(ヘラクレスのじいちゃんかひいじいちゃん)の血筋は王になる」
神の言ったことは絶対です。ヘラクレスは本来なら一国の王になれるはずだった。
しかしまた浮気してガキこさえたのかよ! とカチンときていた正妻のヘラがむかついて、
ヘラクレスの産まれる時間をずらさせ、ヘラクレスより先に別のペルセウスの血筋を誕生させた。
くどいようだが神の言葉は絶対。その別のやつが王になり、ヘラクレスは王になれずに一般人決定。
その後もヘラに命を狙われたり、わざと発狂させられて妻子虐殺するはめになったり、
刑法第39条のない時代だったので、全くの無罪放免とはいかず、罪滅ぼしのため、
ある国の王(こいつが先に生まれたペルセウスの血筋)に奴隷として仕え、
十二の難題をこなすはめになる(蛇退治はその難題の一つ。他に巨大牛小屋の掃除とかもあった)
その難題をこなし、過去の罪も許されギリシア一の英雄と称えられるようになったが、
後妻が変な勘ぐりをおこし(ちょっとしたことでヘラクレスが妻を捨てるのではと勘違いされた)
昔ヘラクレスに酷い目に遭わされたずるがしこいやつに渡された惚れ薬(実は毒薬)を使ってしまい、
もだえ苦しむはめになった(難題をこなす過程でヘラクレスはなかなか死なない身体になっていた)
絶えきれずにいっそ殺してくれと生きながら火葬にしてもらい、ようやく死ねて星座になった。

こんだけ酷い目に遭わされておいて、彼の名前がヘラクレス(=ヘラの栄光)ってのが後味悪い。
やつの災難の大半がヘラの嫉妬のせいなんですけど。

265 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 09:41:56 ID:I0jdTNNg0
>>264
ヘラクレスって名前の意味…そうなんだ!
初めて知った! へーへーへー!(^0^)

266 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 09:47:52 ID:2sxII0iQ0
>>264
ヘラクレスは多難な人生だったんだな・・・合掌

267 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 10:33:45 ID:I0jdTNNg0
子どもの時からの疑問なんだけど、その
星座になっても意識はあるものなのかな、伝説的には。
ただ銅像のように姿をたたえられるだけなのか、
凄く穏やかな気持ちになって天国にいるような気分なのか。
ヘラクレスなんかは、気分良い死後でないと、
何だか苦しんで死んだだけって感じだよ。

268 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 10:43:24 ID:n9HE+/iv0
ヘラクレスはオリンポスで神の座に迎えられたというけどね。
焼けたのは母親から貰った肉体で、父親から貰った分は不死だとかで。

269 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 11:12:50 ID:JuKOY6wF0
遅レス気味で恐縮ですが。

>>240
サンリオが製作したアニメ映画「星のオルフェウス」で取り上げられているこのエピソードは
純粋に「アクタイオン可哀想・・・」という意味で後味悪くなってます。
なぜかというと、
アクタイオンが、ディズニーアニメのピノキオみたいに可愛くデザインされているのに対して
覗かれるアルテミスが、ごついオバチャンにデザインされてるから…
幼稚園児に風呂入ってるとこ見られた40歳近いおばさんが
幼稚園児相手に「何見とるんじゃゴルア!!」ってキレて
幼児虐待してるようにしか見えないんだもん。

因みに、サンリオ株式会社のHP見てみると
製作したアニメ作品一覧から
「星のオルフェウス」と「シリウスの伝説」が削除されてるのも
微妙に後味悪いですw
興行的に赤字だったから、黒歴史扱いなのかな。
社長がディズニーへの憧れを具現化させた夢の企画だったのに。

270 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 11:43:23 ID:I0jdTNNg0
どうなのかなあ?
「星のオルフェウス」はつい先でもピューロランドで
ハローキティ主演の舞台劇にしてリメイクしてたし、
「オルフェウス」も「シリウス」も絵本もビデオも売ってたよ。
まあ面白いかどうかは別として、黒歴史扱いにまでは……

271 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 12:05:45 ID:v9ST+45zO
>>261
それってマザーグースにも似たようなのなかったか?

272 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 12:16:31 ID:VEpgjayK0
マザーグースというと、
山岸涼子の漫画にあったような日本の童歌のように、
恐ろしいいわれがあるようなイメージ。



273 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 12:19:11 ID:I0jdTNNg0
>>271
あるある。
 
 おかあさまがわたしをころした
 おとうさまがわたしをたべてる
 にいさんねえさんおとうといもうと
 テーブルのしたでほねをひろって
 つめたいいしのおはかにうめる

ってやつね。
フランス版赤ずきんの「糸と針」とか、
「ジャックと豆の木」の巨人の歌のように、
これも「ねずの木」から独立して歌われるようになった
マザーグースって言われてるよ。

274 :本当にあった恐い名無し:2005/05/08(日) 12:44:22 ID:c/E8kH/S0
山岸涼子というと「天神唐草」が後味悪い。
上のレスで山岸涼子は因果応報だったり救いがあったりという指摘があったけど、
これはそれには該当しないんじゃないかな?

亭主関白な父親とそれに従順な母親の間に生まれ、二人に抑圧されて地味に育った娘が、
親父の不貞を知った直後に(しかも相手の女性は父親が「こんなはしたない女になるな」
と言っていたようなタイプ)行きずりの変態にレイープされてプッツンしてしまった話。
タイトルの天神唐草は植物のオオイヌノフグリの別名。
オオイヌノフグリというのはでっかい犬のチソコという意味なので、
「そんな汚い言葉を使うな」と幼少の主人公が父親に叱られ、
母親が「天神唐草」と言いなさい、と言われたエピソードから。

275 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 13:09:42 ID:tFB8lbG30
>>274
天人唐草

276 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 13:20:26 ID:NyspXT5X0
ふぐりは金たまじゃなかったっけ?

277 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 13:55:36 ID:SOoALlgB0
アニメの話題が出たので、かなり後味悪かったのを一つ。
『哀しみのベラドンナ』というアニメなんだけど、
子供心にそのあまりに理不尽な展開には衝撃を受けた。

できれば見て欲しい作品だけど、あらすじはここで。

http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD19848/story.html

278 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 14:05:45 ID:R4WCLjiP0
>276
話の中では「おおいぬのふぐり」と口にした少女のときの主人公が、
友達に「やだークスクス」と笑われて、両親に「おおいぬのふぐりってなぁに?」
と聞いた。わけもわからずに、純粋な好奇心で聞いているのに父親は怒り出し
「そんな言葉を使うんじゃない!」>なんて汚いコだ!みたいな態度
と怒られたりして、わけもわからず怒られる恐怖から物凄く根暗な子になっちゃう…
という話で、「ふぐり」のただしい意味は出てこないんだけど、語感的に
確かに袋の方っぽいよね。

何度も彼女がまともになるチャンスはあるんだけど、
そのたびに父親がぶち壊すんだよね。
完ぺき主義すぎるよ、もっと気楽になれば?という男の子が出てくるんだけど、
その子が見た目チャラ男っぽいから、父親が軽蔑するようなことを言って
それで父親に支配されてた主人公は「父が認めない彼の言うことは正しくない」
と思っちゃったり。
でも、彼女も変わるチャンスはあるんだけど、
変わるのが怖い(苦手な人付き合いを頑張らないといけない)から父親の言うなりになってるぽくて、
最後父親が選んだ女のくだりでプッツン。

金髪に染めてウェディングドレスを着て空港をふらふら…
これで彼女は父親の呪縛から解放されました〜

279 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 15:12:40 ID:i7poC+N50
うん。山岸涼子は後味悪しを描かしたら最強って感じがする。
月読とかってのも後味悪ぢゃなかったかな。まあ最後はすっきりだった
気がするが、途中で食物の女神みたいなのに会いに行かされて、
いろんだご馳走をたべるんだけど、おいしいと思って飲んでたお酒が
実はそのブサイク女神のあそこからでた液体だったとかで切れて殺す。
↑これは色んな意味で後味悪そう…
あと、題名忘れちゃったけどこれも山岸涼子ので
何かアイドルかなんかが幽霊屋敷に潜入みたいな企画で、
その主人公がおばさんの顔した少女に追いかけられ続ける
みたいなエンディングありませんでしたっけ?誰か知ってる人いたら
詳細お願いします。アレはまぢ怖かった。

280 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 15:45:09 ID:Qfu6C6AD0
>279
>その主人公がおばさんの顔した少女に追いかけられ続ける

「汐の声」とかいうマンガだったような…
詳しくは覚えてないけど結局主人公は霊に取り憑かれて変死、
死後も自分が死んだことに気づかず霊に追い回されている…みたいな鬱ラストだったような。

山岸涼子も近年はわりと救いのある話を描いている。
「鬼」とか。
昔飢饉の村で、捨てられた子供。
一緒に捨てられた子供の肉を食らって生き抜いたが、結局は餓死し、
その苦痛・悲嘆の念が現代まで残って鬼と化してしまう。
それぞれに問題を抱えた現代の少年少女たちが、
「捨てられたのは親に疎まれたのではない、仲間の肉を食ったのも飢えのためでしかたなかった」
と必死で「鬼」に呼びかけ、自分を責め苦しみ続けた鬼を安らかに成仏させる。
その過程で自分たちの問題にも向き合って行く

といった前向きな話だった。


281 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 16:00:48 ID:NFIpLTvfO
いつか山岸さんのネタ書こうとおもってたらやっぱり出てきた(´∀`)

自分は救いがないって点では『夜叉御膳』とかけっこうきついと思う。でも後味悪いってわけではない?
後味ワロスなのはやっぱダントツ『天人唐草』。
山岸作品は読後感スッキリしないのが多いけど、登場人物のその後とかどうしても想像させてしまうところがすごいと思う。
このスレにはけっこう山岸凉子知ってる人いるみたいでうれしい。
山岸本スレではこんな話題出ないもんなー

スレ違いでゴメン

282 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 16:01:00 ID:+AAtI+Ls0
>>279
「汐の声」ですね。
あらすじはだいたいそんな感じ。

おばさん顔少女が松井そっくりなのも恐い

にしこり

283 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 16:06:54 ID:Q2o67LbPO
悪魔(デイモス)の花嫁ってマンガ知ってます?
あれも後味悪い話がいっぱいで、ギリシャ神話に絡んだ話もたくさん出ていたよ。
1話で完結モノなので、話の内容を紹介したくてもいろんなストーリーがあるのでムリなのですが。
話の最後では、いつも主人公が泣いてるよ。
悪魔に魅入られたせいで、自分の周りの人たちが次々と不幸になっていってしまう、という話が多い。
周りの人の自業自得ってパターンも多いけど。

284 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 16:20:46 ID:bhLNdwCp0
にしこり
 ワ

285 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 16:21:19 ID:KFEikrpB0
デイモス、
とんでもないブス女が生まれて初めて美少年のお友達が出来たけど、
その美少年は生まれてこのかた人間をあまり見たことなかったので
ブス女の事もブスとして認識していなかっただけって話あったよね。
で、それに気付いたブス女は外に出ていこうとする美少年の
目を潰す。美少年が他の人間を見て自分をブスだと悟らないように。
後味ワロス。

286 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 16:49:06 ID:22S/FwN30
悪魔の花嫁懐かしい。
個人的には主人公の純粋さや偽善的な感じが人間臭くなくてありえない感じだった。
脇役は後味悪い奴が多かったけど、その辺にもいそうな感じ。

デイモスが妹ヴィーナスを愛してしまったが為にゼウスの怒りを買って
ヴィーナスは生きながら顔半分腐り、デイモスは悪魔にさせられたんだよね。

蝶の葬送?って話が綺麗だけど悲しかった。

287 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 16:53:00 ID:bhLNdwCp0
>>285
デイモスwwwwwwwwwwwwwwwwww

288 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 16:53:05 ID:Q599nDJD0
犬木加奈子の漫画にもそんなんあったな。
盲目だけどみんなに大事にされてる美しいお姫様が主人公。
でも本当に自分が美しいのか知りたくて悪魔かなんかにお願いして
目が見えるようになる。それで実際に鏡を見て安心するんだけど、
婚約者はじめ周りのみんなは化け物みたいな醜い姿でお姫様引きまくり。
実はそこは化け物の国でお姫様は拾われた人間の捨て子だったというオチ。

ずっと盲目だったのに美醜はわかるんかい、と思った。

289 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 17:01:17 ID:KFEikrpB0
>287が何を藁ってるのか分からない件について

290 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 17:04:05 ID:bhLNdwCp0
何か御用でしょうか。

291 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 17:26:11 ID:22S/FwN30
目が見えない人の後味の悪い話だと
野島伸司ドラマ『世紀末の詩』第2話「パンドラの箱」が後味悪かった。

あらすじはここに載ってる。
ttp://www.alived.com/blue/lastsong/script.html#02

292 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 18:26:16 ID:M50vOH6z0
まらすじwwwwwwwwww

293 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 18:27:38 ID:M50vOH6z0
マジで見間違えた……orz
俺の目のアホ

294 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 18:32:39 ID:rirZrGsb0
杉浦日向子『百物語』から

なかなか子供の出来ない夫婦があった。
嫁さんは悩んだ末、その昔偉い人が寄進したという橋の擬宝珠に
願をかける。(形がチソコに似てるからか?)
その結果嫁さんは妊娠するが、旦那が嫁さんが不貞を働いたのでは
ないか、と疑う。
悩んだ末、嫁さんは橋から身投げ。

子供は流れ、嫁さんは助かるが、後味悪い。

『百物語』はすっきりしない話オンパレードです。

295 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 18:34:00 ID:KFEikrpB0
>287といい>292といい笑う前に落ち着こう。

296 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 18:40:48 ID:tmuEXy8n0
闘将デイモスwwwwwwww

297 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 19:10:05 ID:JrbwZyl20
>>294
開かずの間って昔のお屋敷にあったでしょ。

昔々、あととり(長男)が田根なしで跡継ぎが産まれないような状況だと推測される場合、
長男の嫁に子どもを作るため戸主(お祖父さん)の命令で
嫁と次男(!)との内緒の子作りの間として使用されたようだ。

そして「あの部屋は決して開けるのでないぞ」と戸主が命令して
なぞの開かずの間の伝説ができていたという話だ。



298 :1/2:2005/05/08(日) 19:48:25 ID:CQsyTXD/0
>279
トラウマスレの過去ログで見つけてきたぞ。
個人的にこれまでにいくつか見た汐のこえのあらすじではこれが一番よくわかる。

以下コピペ
ネタバレ
幽霊が出ると評判の家に取材に来るテレビ局。
大勢のスタッフと、自称霊能力者2人に、インチキ霊能力者の主人公。
主人公は昔「予知能力があった」と言われ、やり手ババァの母親に操られてる。
自分にそんな力がないことを百も承知だが、母親に逆らえない。
食事も母親が作ったものしか食べられない。
インチキに心を痛め、それに気づいている周囲の視線に苦しみ、
いつも下を向いている。
しかしその家に入ったとたん、怪奇現象に襲われる。
他の大御所霊能者は何も感じないのに、子供の姿が見えたり、
幻聴が聞こえたり、部屋の鏡台の引き出しに妙な薬を見つけたり。
しかし、自信がない彼女はそれを霊現象だと思えないし、
回りも彼女が注目を浴びたいがためにやってる演技だと受け取る。

寝ている彼女の前に、子供の生首が現れる。
「その薬を飲むと背中が痛い。痛いよおかあさん…苦しいよ…」
霊の声に耳を傾けるどころか、震えることしかできない主人公。
主人公は完全におびえていて、子供の正体を探ろうとか、成仏させよう
とかなんてまったく考えられない。
逃げ出す勇気もなく、場に流され続ける。
本気で怖がる彼女の姿に、テレビスタッフは
「幽霊撮れないし、主人公の演技に付き合ってヤラセでいこう」
と勝手に決定。怖がる彼女の言葉を受け流し撮影を続ける。


299 :2/2:2005/05/08(日) 19:49:13 ID:CQsyTXD/0
コピペ続き

どうせ誰も信じてくれない。もう黙って撮影が終わるのを待とう、
と思った矢先、突然隣の部屋から太った中年女性と少女が乱入。
小さな少女がベルトで女の首を絞めて殺す。
「これがこの家に出るという噂の母子の霊だ。
あんな小さい少女が母親を殺した…!」
驚く彼女の前で立ち上がった少女の顔は、
頬がコケ、妙にゆがんだ形で成長した「オトナ」の顔だった。
「おまえは私だ」囁いて彼女に迫る少女。
テレビスタッフが死んでいる主人公を発見する。

その後、出来上がったフィルムを見ているテレビスタッフ。
部屋に入った瞬間からドーンドーンという異様な音。
フィルムの途中には少女(可愛い)の絵が映り込んだり、怪奇現象てんこ盛り。
他の霊能力者は無反応だったのに。と驚くスタッフたち。
少女の正体は、数十年前に一斉を風靡した「天才子役」。
しかしやり手のステージママが成長したら仕事がなくなるのを恐れ、
彼女に成長が止まる薬を飲ませ続けた。
結果、彼女はゆがんだ形で成長し、小人になってしまったという。
フィルムはお蔵入りだと決断するスタッフ。
「あんなに怖がっていた主人公さんを笑いものにして…その結果がこれか」

場面変わって、最初の幽霊屋敷
主人公の霊が家の中を走り回っている。
後ろから小人少女の霊が彼女を追いかけている。
「たすけてぇ…たすけてぇ…みんなどこに行ったの?ママどこにいるの」
彼女は永遠に小人少女に追われ逃げ続ける。
おしまい。


300 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 21:23:19 ID:0VFCfS/20 ?
>>296
おっさん乙wwwwwwwwwww

301 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 21:40:30 ID:jPhADv1c0
>294
便乗して百物語で嫌だった話。

油屋の主人が、最近家人がよそよそしいことに気付く。
妻に問いつめると「あなたから手紙が来た」と言う。
読んでみると、旅先から無事を知らせ「もうすぐ帰る」と言う内容。

主人は「自分はここにいる。誰かのいたずらだろう」と笑うが、妻は言う。
「あなたは本当に私たちのあなたでしょうか?」

「馬鹿なことを」と一笑に付し、子供の名を呼ぼうとするが思い出せない。
自分は本当にここの主人なのかだんだん不安になる。

「何とも居心地が悪いが、とりあえず、すぐ帰るという主人が来るまで
待ってみますよ。」
主人(?)が聞き手に語って終了。


何とも理由が分からない話でもやもやが残りっぱなし。
読んでからずっとすっきりしない。

302 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 21:48:31 ID:I0jdTNNg0
1/2さん乙〜
見つけてきてくれてありがとう。
随分前にマンガ読んで、それっきりだったけど
改めて観るとホントーに後味悪いと再確認。

303 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 22:47:29 ID:I0jdTNNg0
山岸凉子は、幼少時から大好きな作家で愛読してるけど、
一回だけ本人に関する事で 後味悪さを感じたことがある。
ファンには周知だと思うけど、「ゆうれい談」ていう、
身近な人から集めたコワイ話を書いた作品があって、その後
読者からも沢山そのテの話が送られて来たのね。
ダンボール箱いっぱいになったという。
でもそれを、読むのコワイからと、そのまま捨てちゃったんだって。
まあその内、いくつかはただのガセ話だとしても、
送って来たファンの気持ちも勿論だけど、
統計的にその手の話を採集してる人たちには、もう凄く貴重な資料だったはず。
捨てましたゴメンナサイと、あとでマンガに書くくらいなら、
何か謝らないで良い有効な方法があったんじゃないかと思って、
葬られていった沢山の怪異談たちが可哀想で、後味悪かった。
でも、山岸センセの本は今でも愛読しています。

304 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 23:13:10 ID:z8Vl0oZ90
>>44
わが国もそうですが・・・


305 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 23:23:22 ID:KFEikrpB0
今日の動物奇想天外のペンギンの話後味悪かった

306 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 23:27:22 ID:JNDb+3RE0 ?
>>304
なんだこの遅レス・・・と思ったら、

めっさ同意

307 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 00:10:21 ID:tkCDe9ow0
191 名前:渡る世間は名無しばかり メール:sage 投稿日:2005/05/08(日) 20:48:19 ID:+rfG2Q8W
昔知人が我が家で生まれたまだ子供のハムスターが欲しいってんで、
喜んでとばかりにこっちもあげたんだが、
蛇とか爬虫類系大好きな家庭だったらしくどうやら普通に食用に使ったらしい・・
いや、もうすげーナチュラルに「うちの子も喜んでたよー(美味しくて)ありがとー」とか言うからさ・・・
問い詰めることも出来なくて・・・

すまん・・・あの時のハムスター達・・・

308 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 01:25:40 ID:XcnK2Z5f0
>>304
ちょっと後味悪かった。

309 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 02:00:00 ID:CkGqcsUc0
>>307
いやぁ、それはその知人が頭おかしいだろう。どう考えても。

310 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 02:09:42 ID:BHlzDoeEO
286さん
蝶の葬列と出たので…

暴走族のリーダー・那智は集会の帰り道に単車で女性(まだ売れていないが女優・蝶子)をはねてしまう。
顔に一生残る傷を付けてしまった那智は、蝶子の治療費・手術費のためにと暴走族を抜け、恋愛関係になった蝶子と同棲し、お金がいいからとバイクスタントの仕事を始める。
仕事ができなくなった蝶子は、家で得意の蝶の絵を描き続けながら那智を待つ日々。幸せ感から次第に手術費なんかどうでもよくなってきていた。
そして那智は仕事先で大女優に気に入られ、脚光を浴びるようになる。
忙しくなった那智。
家で帰りを待ち続ける蝶子。寂しさと大女優への嫉妬、重荷なのではないかと疑心暗鬼に。
ある日2人は大女優の車で、那智の生まれ故郷の漁村に旅行に行く。
自分が子供の頃に遊んでいた無人島までボートで渡った。
海を眺める那智に背を向け、蝶子はジュースに劇薬を入れて自分で飲んだ時、那智から思いがけずプロポーズの言葉。
照れた那智は、蝶子のジュースを奪ってひとくち飲んでしまう。
「ダメッ!ねえ那智飲んじゃったの!?」
「ああ。」
「そんなつもりじゃなかったのに…。那智のお荷物になりたくなかったの…。どうせ死ぬなら那智の故郷でと思った…」
血を吐く蝶子。
「ばっきゃろう!俺はまたおまえを綺麗な顔にしてやるのが生きがいなんだよ!それを…それを…」
ボートに乗り込み漁村へ戻ろうとするが、エンジンはかからない。
昔散々泳いだ海。向こう岸の灯台をめざし、那智は泳いで引き返すが、途中で力尽きてしまう。
ボートの上の蝶子も、蝶を描き続けていたスケッチブックを握り締めながら息絶える。
波間に浮かぶ那智の上を、スケッチブックから飛び出したたくさんの蝶が、列を為して向こう岸へ渡っていく。
それを見つめながら、那智は悲しく海のそこへ沈んで行った。
向こう岸、灯台の下に2人の乗ってきた車。
波打ち際にはたくさんの蝶の死骸。
遠くを見つめるデイモス。
「蝶の葬列か……」


長文・駄まとめ文でスマソ。
後味あんまり悪くないかな…

311 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 02:12:21 ID:BHlzDoeEO
あ、↑283のものです。

312 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 08:09:17 ID:lVDwntmo0
ごめん、水を差すつもりはないんだけど、いまいちよく分からない
ところがあるから、質問させて欲しい。

那智も劇薬入りのジュースを飲んだんだよね?
蝶子は血を吐いたりしてるのに、彼は大丈夫だったの?(泳いでるし)
それとも、彼が途中で力尽きたのは劇薬のせい?
那智は、蝶子を1人ボートに残して戻ろうとしたの?それともボートを引いて泳いだとか?

313 :279:2005/05/09(月) 08:14:00 ID:iOz+zkPn0
そうそう汐の声だ!!みなさんありがとです!
あれは、本当小さい頃トラウマになり押入れの一番奥に押し込んだっけ。
やっぱりオカ板には山岸涼子ファンが沢山いるんですね。
さっき犬木加奈子もでてたけど、アノ人も結構後味悪し。
口裂け女伝説とか、悪魔に願い叶えてもらうシリーズとか。


314 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 08:25:52 ID:XcnK2Z5f0
山岸先生の名前は
「涼」(さんずい)でなくて、「凉」(にすい)が正しいのでは?


315 :本当にあった恐い名無し:2005/05/09(月) 09:42:22 ID:5LoPAaP10
>312
劇薬というか遅効性の毒だったような気ガス。
那智は一口飲んだだけなのでそれほど致命的ではなかったが、
ヒットポイントはかなり減った。そこに荒海を泳ぎ切ろうとしたのに無理があったわけで。
那智は蝶子を置いて、人家のある岸まで助けを呼ぼうと泳いでいった(ボートは使えず)


316 :312:2005/05/09(月) 10:24:06 ID:lVDwntmo0
納得。
ありがとう。

317 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 10:25:48 ID:63gezeZF0
某スレで菜食主義者の話になっていて思い出した。
菜食主義の多くは家畜がくびり殺される姿が残酷で、
こんな残酷なことしなくても人間は生きていける!
という考え方のようだ。
それについては意見は人それぞれだと思うので置いておいて。

自分が高校生のころ、そういう食肉処理場へ見学に行った。
そのとき、ここで働く人は公務員だけど、なり手が少ないって話を教師がしてた。
当時は(も)就職氷河期の真っ最中で公務員試験の倍率がン百倍だったんで、
「え?じゃあオレここで働きたいっす!公務員に楽になれるなんて!」と言った。
家畜が殺される姿は確かに残酷だけど、でも自分だって肉食ってるんだから、
そんなことに文句言っちゃいけねぇ、そのうち慣れるよと思ってた。
高卒でも公務員ならいいや!とか甘いことも考えてた。
でも引率の教師は「…」とだんまり。
帰り道で教師が自分にだけ話した内容によれば
「ああいう場所で働くのはいわゆる「部落」の人。
そうでない場合もあるが、まだまだそのイメージは大きい。
そしてそのイメージがあるために、それ以外の人は就職しづらい。
君が前例になるのは良いことだと思うけど、「そういう目」でみられることになる
のは覚悟しないといけないよ」って。
ぜんぜんそんなこと知らなかった。
で、そのとき2秒で「そりゃたまらん。やめやめ」と思った自分。
今まで「差別」なんてバカのすることだぜ、今はそんな時代じゃないぜと思っていた
自分のその心境にああー世の中から差別はなくらねーなー…と。

318 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 10:48:30 ID:c4D+qRGN0
>>317
口調に反して、なかなか深みのあるお話でした。
自分も、ぜんぜんそんなこと知らなかった。
その引率教師は、客観的な立場を大事にする良い先生だね。
317を批判する自信は全くない。
自分がその立場になったとき、被差別民が多い職場であっても、
あえて選択する強い動機があれば…とは思うけれど。

319 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 11:55:47 ID:W1zTxYHt0
>>310
後味悪いっつーかヒロインがドキュソ。
なんかリスカ女のようだ。
お荷物になりたくないとか真に思ってる人間が
恋人の故郷で目の前で毒飲んで死ぬはずがない。
あてつけに目の前で死んでやろうとする女には
まったく同情できない。

320 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 12:15:03 ID:XzwDg6Mh0
犬木加奈子の公式サイトでずっと連載してた
単行本未収録の「ママがいない」、最後どうなったか知ってる人いますか?
ある日唐突に母親が死んでしまって
一人残された小さい子供は、母親の死も理解できず
密室と化したアパートの中で、腐乱していく母親の死体と共に
日に日に弱っていく…という話。

後味悪くなりそうで更新を楽しみにしていたのに、
気付いたら消えてて別の意味で後味悪くてたまらない。

321 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 12:15:11 ID:aIJu3Faj0
>>317
漏れの学校の近くにもあったな〜。
部落の近くだったので、動物の皮をなめしてたり、カバンや靴を作ってる家が多かった。
そういう子供達が結構きてた。
自分達はそういう意識をして付き合ったことはないけど、やっぱり親は違ってたな。

317さんの書いたような職業、たしかに引率の先生のような意見もあるが、うちの親は
「部落の人たちは普通の仕事がなかなか貰えないの。だから働かせてもらえる場所は
貴重なんだし、一般の人が入るとその分あの人たちが働けなくなるのよ。」
って言ってた。

けして差別を助長するわけではありません。 でも現実は厳しいです。


322 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 12:16:06 ID:soTapy0l0
>317
サスケとかで有名な白戸三平の漫画で(全部似てるんでタイトルわかんね)
いわゆるエタ・ヒニンの人たちの仕事の1つとして、死んだ牛馬の解体が上げられてた。
片付けたら鍋にして食べる。ていうか腐肉食わないと肉なんて食べられない。
いまなおこんなイメージが付いて回ってるとは恐ろしいね。

323 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 14:14:38 ID:LSMX8JRd0
>>322
カムイ伝かな?白戸三平なら、他にもあるかもしれない。
家老の息子と剣術指南役という、特権階級だった武士の二人組みが
政変に巻き込まれ非人部落で暮らさなくてはならないはめになる。
非人の女性に牛のモツ汁を出され、こんなものが食えるかと払いとばしたりする。
元々高潔な人柄だった二人組みなので、改心して身分制度を壊すために
藩主を殺す刺客になったりするんだけどね。

結局藩主が死んだり、お家断絶になって天領になったりしても
その間に非人と百章がいがみ合ったり仲良くなったり色々あるんだが
身分制度が無くならないので、束の間の平和と争いや飢饉の繰り返しという展開なので読んでいるとつらくなってくる。





324 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 14:20:39 ID:soTapy0l0
>322
ビンゴです。
食べたものがなんだったか知らされて、腹を斬ろうとしたら
牛の屍骸をさばいた、その刀で腹を斬るのか?って止められて泣いちゃったりするはず。
どの話もまさに「後味わるー」の宝庫だよね、白戸センセ。
町の図書館に揃ってるから、ついつい読んじゃう。

325 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 14:22:00 ID:gsExSwYx0 ?#
>320
なんとか助かったらしいと言う話。

326 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 14:28:36 ID:c4D+qRGN0
なんでみんな、「白土三平」って書かないの?

327 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 15:00:47 ID:SdAdOEQO0
>>326
あ、それ書いたら・・・まあ、書いちゃったもんはいいか


328 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 15:17:27 ID:dRsWwyjHO
あ、もう解説済みで遅かったですね。
312さん
わかりにくくてすいません。
あまりにも長すぎて悪いと思ったので端折りました。

那智は、蝶子の飲み残しの劇薬入りジュースを飲みました。
「那智、飲んじゃったの!?」
「ああ、少ししか残ってなかったけどな。」

そして、蝶子をひとりボートに残し、那智だけ泳いで渡って行った。
子供の頃に何度も泳いで往復したことがある距離。
だが途中、劇薬のせいで目も霞み、目標の灯台もぼやけてきて泳げなくってくる。
1人無人島のボートの中で息絶える蝶子。
肌身離さず持っていたスケッチブックがパラパラ風に吹かれ、描かれていた蝶たちだけが抜け出し空に舞っていく。
波間に漂う那智は、頭上の蝶の列を見上げ
「向こうまで泳げというのか…。だがもう手も足も痺れて…」
力尽きる。

「元通りの綺麗な顔にしてやるよ…」
回想シーンとともに、海底に沈んでいく那智の姿…

で、デイモスのシーンになるわけです。

半年ロムっての初レスなもので、長いうえにわかりにくくて本当にすいませんでした。

329 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 15:47:58 ID:jckdksKO0
>>328
いや、わかりやすかったですGJ。

330 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 16:31:48 ID:MNeIe3oW0
小学生5年の図画工作の時間、立って作業中の○川君の椅子をちょっとしたイタズラ心で
後ろに引いておいた。そこに椅子があるものだと思っていた○川君は勢い良く座ろうとして転倒。
運が悪いことに引いてあった椅子に後頭部を強打し泣いてしまった。
そこまで酷いことになるとは思わなかった私は結局自分のイタズラとは言い出せず、黙っていた。
結局、○川君は一人で転んで泣いたマヌケとして扱われてしまった。
今更謝っても仕方がないけど本当にごめんね…。


331 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 16:44:43 ID:Re1jPFbl0
>>330
お前だったのか…。

お ぼ え て ろ

332 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 17:10:44 ID:XUkUpp8b0
>>330と同じことして、転んだ子供が
半身不随になった事件が無かったっけ・・・

333 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 17:38:08 ID:SQ7NUrM5O
よくある「本人にとっての後味悪い話」が
その後のレスでどんどん自分にとっても後味悪くなってきた…

334 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 17:38:53 ID:Wht/E2Ow0
>>330
うん、すごく危険だぞそれ。
お尻を強く打つと、脊髄や脳がダメージ受けることあるし
状況によっては死んでるぞ。
…もっとも、330と同じくらいの出来心が、もっとヒドイ事故を起こすことは
社会人になってもあるだろうが…

335 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 17:53:42 ID:olTyC9qQO
子供同士の事故といえば、一昨日うちの県で痛ましい事件があったよ。
小学1年生の男の子4人が空き地でソフトボールしてたんだけど、1人が空振りした時にそのバットが左後方にいた子の胸にあたった。
その子はその場で倒れて意識不明になり、病院に運ばれたんだけどそのまま亡くなった。
胸に衝撃を受けた事で不正脈がおこり心停止する「心震盪」っていう症状だったとの事。
突然死が「原因不明」で片付けられるケースがあるけど、30才以下の突然死の約20%は、この心震盪が原因とか。

亡くなった子の家族、バットを振った子、その家族の心情を思うとやりきれない。
悪意やいたずら心があったわけではなくただ仲良く遊んでただけなのに、すごく痛ましい事件。

336 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 17:56:00 ID:Wht/E2Ow0
・゚・(ノд`)・゚・



337 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 18:02:16 ID:UjCOLv610
>>330
子供は聞いたことがないけれど、大人はよく聞く
まさか、大人にそんなイタズラをするなという注意書きはないからね
会社内でオチャメを装うバカ女のせいで半身不随になった
もっと、後味悪い話が、社内一の美人でみんながねらっていた女性の
結婚式のフィナーレで同じ社内のその男性をみんなで胴上げ、そして落とした
半身不随、話を聞いただけで、後味が悪くなった

338 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 18:05:18 ID:Wht/E2Ow0
>>337
怒りは解るがちょっとモチツケ
一つ目のほうの話、具体的に何が起きたのかワカラン

339 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 18:30:40 ID:M+uWaAQT0
>338
う〜んと…「可愛いイタズラをする子供みたいに無邪気なワタシv」
を装う女が、そんな可愛いイタズラエピソードの一つとして、
座ろうとした人に椅子をエイっと引いたもんだから
その可哀相な人は腰から転倒。腰を痛めて大変なことに!
ってことじゃない?わからんけど。
で、その女は「また〜も〜仕方ないなぁ」みたいに言われることを期待してたと。
しかしこーゆー人は男女問わず、周りからは「あいつって面白いよな」とか
「可愛いよな」とは全く思われてないもんだよね。

340 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 18:42:24 ID:Wht/E2Ow0
>>339
ああそうか、脈絡からするとそう言うことか。d
トシ取ってからやれる方がきついよなあ。その女、
先方のご家族とかに何て言い訳すんだろう?
胴上げの話は、このスレでもすご〜く以前に見たことあるような。
天才科学者を、カンパでアメリカに送る時胴上げして廃人になったとか
そのへんの流れで。




341 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 18:48:35 ID:Wht/E2Ow0
トシ取ってからやれる→トシ取ってからやられる
スマソ

342 :本当にあった恐い名無し:2005/05/09(月) 20:58:21 ID:n35A6jbJ0
どっかで読んだネット小説

在米日本人の女性がある企業社長の秘書として就職。業績も好調だし給料もいいのだが、
いかめしい顔の社長をはじめ周囲はなんだか雰囲気が暗い。
それでも特に問題らしい問題はないので、そのまま頑張って勤め続ける。
そのうちに社長が暗い理由を知る。社長はかなり家庭に問題を抱えていた。
今の会社を興し始めた頃から家庭には不幸が続いていたのだ。子供が事故で死んだり、
残った娘も通りすがりの犬に襲われて顔に傷が残ったり、妻は妊娠しても流産したり、
不幸続きですっかり心を病んでしまった。他にも社長の父親や母親、果ては妻の父や
母などとにかく不幸が多い。
しかもその不幸は徐々に社員にもおよび、そもそも主人公の女性が就職できたのも、
前任の秘書が交通事故で死んだことによる。他にも何人か死んだ社員がいるとのこと。
さすがにここまで続くと偶然で片付け切れず、次は自分かも、と社員たちは怯え切っていたのだ。
怯えて辞める社員もいたが、それでもその会社の業績はうなぎ上りで給料も良く、
不審死が続くからというだけで退職に踏み切りにくい社員もいるのも事実だった。
ある日、主人公の女性は秘書の仕事を一旦休んで、社長宅の手伝いをするように頼まれる。
ハウスキーパーが急にやめてしまい、心を病んだ妻と傷を抱えた娘だけでは家に手が回らないのだ。
命令なのでしぶしぶ女性は社長宅に赴いた。社長宅は立派な屋敷だったが、社内以上に暗い
雰囲気だった。しかも急に辞めたハウスキーパーは今回が初めてではないという。
そして女性はハウスキーパーが辞めていった理由を自らの身で実感することになる。
いるはずのない人間の気配、ラップ音、掃除してもきりなく廊下に落ちている枯葉、
時にぽとりと落ちてくる芋虫、極めつけは子供部屋のクローゼットの奥にびっしりと
貼り付いた無数の紙の形代。この家は怪現象の続く幽霊屋敷だったのである。

343 :本当にあった恐い名無し:2005/05/09(月) 20:59:38 ID:n35A6jbJ0
社長は当然この状態を知らない。薄々感づいてはいるようだが、もはや逃避して仕事に
うち込み、家には寄り付かない有様だった。
女性は家の惨状を社長に訴え、引越しを勧めた。金だけは唸るほど持っていた社長は
意外にあっさりそれを承諾。妻と娘を別荘に移動させた。
しかし結局、怪現象は別荘にもついてきた。もうこの会社を辞めようかとも思っていた女性だが、
気になっていたことがあった。クローゼットの形代の件である。
彼女は日本人なのでそういったものを神社の厄落としで見た事があるし、そういったものが
呪術的なものであると理解していた。今まで怪現象にあってきたハウスキーパーは米国人なので
単なる不気味なものとしか判らなかっただろう。
彼女は一連の件は呪いであり、何か人の意思が込められているような気がしたのだ。
気になった彼女は社長の履歴を調べた。会社は好調だし何かの恨みをかっているのかもしれない。
そうしていきついたのは、社長がこの会社を興す数年前、日本で何人もの死傷者が出た交通事故を
起こしていた事実だった。
事故は社長の車と子供達を乗せた遠足のバスで、社長は奇跡的に無事だったが、
バスは谷底に落ちて全員死亡していた。
原因はバスの運転手のいねむりとされたが、遺族の何人かは最後まで社長の過失を
主張していたという。
結局社長は逃げるようにアメリカに戻り、事故の謝罪はうやむやにされた。
その遺族達が社長を恨んで、呪いをかけたのではないかと結論づけた主人公の女性は、
そのことを社長に告げる。

344 :本当にあった恐い名無し:2005/05/09(月) 21:01:39 ID:n35A6jbJ0
社長はそれを否定した。遺族は確かに事故直後は怒っていたが、のちにその非礼をわび、
あとで贈り物をくれたと言うのだ。社長が今もしているいかにも高価そうな時計である。
しかし女性はそれが気になった。さらに話を聞いてみると、その時計を貰ったあと会社を興し、
業績は右肩上がりになるのと引き換えに、家庭内ややがては社内にまで不幸が続いているのだ。
女性はふと閃いたように聞いてみた。贈り物と一緒に虫がいなかったかと。
社長はそういえばとそれを肯定した。それが何かと尋ねかえす社長。
蟲毒です、という女性。蟲毒とは毒を持つ生き物を戦わせ、生き残った蟲を使う呪術で、
その蟲は富をもたらすが、かわりに人の命で養わなければいけないのだ。
これを逆手に取り、蟲に金品をつけて憎い相手に贈ると、蟲が相手を富ませるが、
蟲が相手の命をも取ってくれることになる。
なぜ社長本人が死なず周囲に及んでいるのかはわからないが、家の怪現象も、家庭の不幸も、
社員の死も全てその呪術に違いないと女性は断言した。
これを回避するにはただ一つ。蟲がもたらしてくれた富に今までの利子をつけ捨てるしかないという。
しかし社長の会社は大きくなりすぎており、それを捨てるなどどうやるのか。
だが社長は意外な行動にうってでた。大統領選に出馬したのである。
全く地盤のないはずの社長は奇跡的に当選。アメリカンドリームの体現者となった。
全てが終わった後、今では秘書もやめた女性がかつての社長に会いにくる。
なぜこんな行動にでたのかと問うために。
かつての社長であり大統領は答えた。その蟲の呪いが私の家族や家族同様に思っている
社員に及ぶのなら、私の家族を増やせば良いのだと気付いた、と。
その後、彼の就任期間中、アメリカはかつてないほどの好景気が到来していた。
彼は今やアメリカの父であり、国民はその家族だった。家族の何人かを不幸が
襲ったかもしれないが、それに気付くものは誰もいなかった。
この国では、いやどの国でも、人は毎日死んでいるのだから…。

こんな話でした。

345 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 21:40:47 ID:XUkUpp8b0
>>342
まとめかたウマイネ!(・∀・)b

346 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 21:50:46 ID:XxCNtAs20
>342
長文だが一気に読めたGJ
家庭に不幸続きの大統領と言えばケネディ家を思い出すな。

347 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 21:57:34 ID:r7izJ6gC0
さすがはアメリカンだ。すげぇ発想。

348 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 22:01:01 ID:TQr+of9P0
星新一的ショートショート

349 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 22:01:52 ID:9zyJTEiMO
俺が小学生の時にも>>335と同じ事故がありました。
体育の授業中ですけど。
しかも亡くなったのは 留学生の外人の子でした。
親の気持ちを思うと…

350 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 22:03:35 ID:Wht/E2Ow0
んで、今は小泉総理がこの蟲毒を
持ってるってわけね。


351 :miya:2005/05/09(月) 22:11:36 ID:jgMsgX5E0
以前どこかのスレで読んだ最高に後味の悪かった話。

余命少ない娘の生前最後に撮った写真が何とも奇妙で、
霊能者に見てもらったら...。

とかいう話。ぞっとした。
詳しくは覚えていないのでスマソ。



352 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 22:17:12 ID:HeAqg9s10
>>351
「残念ですが、あなたの娘さんは地獄に落ちました。」ってやつね。

洒落怖のまとめサイトにある。

353 :miya:2005/05/09(月) 22:28:10 ID:jgMsgX5E0
>>352

そうそう!それ!画面見ながらしばらく動けんかった。



354 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 22:57:34 ID:Wht/E2Ow0
>>351
>>352
「リング」で、貞子の死の呪いに捕らえられた人間は、
直前に写真にヘンに写るっていうの、映画のオリジナルの味付けだと思うんだけど
あれはこの話から来てるの?
何か随分有名みたいだし。シンプルだけど恐くて、あちこちで聞くしなあ。
「呪怨」にも、この演出、使われてたね。

355 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 23:48:58 ID:jGScGmXD0
後味が悪いとはちょっと違うかもしれんけど
最近見て苦い思いをしたページを一つ。
↓のページの上の画像にカーソルを合わせると…。
ttp://www.interactive-salaryman.com/pieces/invisible_j/main.htm

356 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 23:53:26 ID:MH0Lbwb90
>355
すげえ。さすが政府広告機構。
「人間やめますか」のセンスが生きている。

357 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 23:54:18 ID:MH0Lbwb90
連投すまそ。しかもよく見るとおとん、ライター持ってる!

358 :本当にあった怖い名無し:2005/05/09(月) 23:58:14 ID:3FUYBlxh0
私も今気付いたが、膝を怪我してる上に服がずぶ濡れか。

359 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 00:04:16 ID:m1QzD8ZM0
>>355
そう来たか。っつー感じだなー

やっぱACだな。

360 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 00:16:33 ID:vmv9sB3e0
なんか妙に皆、楽しそうな顔しとるなー。

361 :286:2005/05/10(火) 01:01:03 ID:NEw/hVfn0
亀レスなんだけど…
>>310
そうそう、確かそれだ。
昔コミックス全巻持っててさー。
何だろう?後味悪いというより蝶が綺麗だったのもあって悲しかった。


362 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 01:14:34 ID:42ZGYZvG0
横田濱夫という元銀行員の人の本で、ゴミ収集の仕事をしている
夫婦の実話があった。
1千万ぐらい貯金をしていたお客さんで、とても質素に生活していたんだが、宝くじが当たった。
そのとたん小学生の息子も高級中華料理屋で外食三昧、贅沢三昧になり、あっという間にくじが当たる以前の貯金も使い尽くした。

悪銭(この場合は違うけど)身に付かずって本当だな。

363 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 01:21:42 ID:q+Yt0hBZ0
>>362
この場合は、あぶく銭ってヤツだね。
しかし空しい。

364 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 01:25:17 ID:eGxaHnT1O
www6.plala.or.jp/ohzora-soul/md/text/005_00.html

365 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 01:49:29 ID:q+Yt0hBZ0
>>364
後味悪いというか、主人公がハナから鬼畜なので
ざまあみろと思った。


366 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 02:01:05 ID:SS9OD8Mv0
>>364
つかこれって、2chログじゃん、リアルタイムでみてたよ。
そうか、もう4年も2ch依存か、ははははははは。

367 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 02:11:52 ID:q+Yt0hBZ0
何か爽やかな笑いを呼んでるなあ

368 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 05:48:14 ID:DHreZk4X0
>>355
公共広告機構のCMって捻ってあってセンスがいい(いい、と言うと語弊があるが)
なんか>>359さんも書いてるが「そうきたかー」「やられたー」って感じのが多い。
不気味なのや怖いのも多いけど、考えてる人(1人じゃないだろうが)は凄いと思う。
だからACのCMって大好きだったりする自分が後味悪い・・・

369 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 06:00:32 ID:q+Yt0hBZ0
>>355
これって、写真が見えてくる瞬間、ライターの
火が、大きくなってゆらぐよね。
あとお母さんの右手も、娘の腕に、ツメたててる?


370 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 06:06:31 ID:PKw02u1z0
火が付いて大きく揺らぐ感じだねー
爪立ててるつーか、嫌な掴み方してるかも
つーか、娘と父親は何処みてんだこりゃ

371 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 06:12:18 ID:1Hdl8HOR0
昨夜車で走っていたら、道路上にゴミ袋みたいなものが風にあおられて
舞っていた。よけようとしてそれを見たら、ゴミ袋じゃなかった。
轢かれたばかりのぬこがバタバタと路上でもがき苦しんでいた。
俺は何もしてやれなかった・・・。


372 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 06:14:08 ID:q+Yt0hBZ0
このスレ初めて知って、面白くて
過去ログを毎日必死で読んでた頃、
「終わらない夏休み」を見ようとしたら
直前に閉鎖されてて、
後味悪かったのを思い出した。

373 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 06:18:32 ID:aKLBqUrc0
>>372
懐かしいね。
あの手の人体改造趣味(?)は全く理解できないや。
達磨とかに興奮するのって絶対おかしいって。

374 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 06:29:39 ID:q+Yt0hBZ0
>>373
あ、そういうお話なんですか、うずず。
拉致した愛する女性を逃がさないために、
両手両足をちゃんとした医学的処理で切断する
っていう、外国映画があったよね。
最初予定してた主演女優が、脚本読んで出演拒否したって言う。
「ボックス」だったか何か、そんなタイトルだったような。

375 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 06:37:04 ID:q+Yt0hBZ0
「ボクシング・ヘレナ」でした。失礼

376 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 07:06:49 ID:PKw02u1z0
観てないけどぐぐったらレビューに
「目の前で交通事故に会った彼女を自宅にて四肢切断し監禁してしまう」
とか何とか書いてあった。

>マドンナが出演を拒否し、キム・ベイシンガーが途中降板したといういわく付きの映画
とあった。
マドンナがやってたらかなり興味湧いたのになぁ

377 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 07:12:33 ID:aKLBqUrc0
>>q+Yt0hBZ0
ttp://web.archive.org/web/20031002060925/fx.sakura.ne.jp/~sympow/doku/guests/novel/camu02.html
「茜の悲劇」

「終わらない夏休み」と作者は違うけど似たような話。
茜の方は完全に小説のみ。
夏休みは要所ごとにへたでグロいな絵が入ってたけどまあ、内容は似たり寄ったり。

378 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 07:49:18 ID:YiHjO72/O
小学生が書いた小説みたい。

379 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 07:55:20 ID:zpn0NDeeO
>>377
グロい内容より痛い文章が気になる…

380 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 08:21:53 ID:sQcr+Xtb0
>>342-345
このネット小説のネタもとが気になる

381 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 08:33:41 ID:QKK4Cg2G0
生クリームをたっぷりと使ったショートケーキを食べた後にもずく酢、
そして青汁、

382 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 09:13:40 ID:iFR2+LP/O
歯磨きした後みかん

383 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 09:14:56 ID:q+Yt0hBZ0
>>377
「終わらない夏休み」を見損ねた俺q+Yt0hBZ0のために、ありがとうございます。
内容と描写力はなんとも言えませんが……
俺以外のイイ男のナンパに、簡単に引っかかってはいかんよと
警告する意味で、彼女に読ませると言うのはどうでしょう



384 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 09:15:25 ID:q+Yt0hBZ0
>>377
「終わらない夏休み」を見損ねた俺q+Yt0hBZ0のために、ありがとうございます。
内容と描写力はなんとも言えませんが……
俺以外のイイ男のナンパに、簡単に引っかかってはいかんよと
警告する意味で、彼女に読ませると言うのはどうでしょう



385 :384:2005/05/10(火) 09:16:56 ID:q+Yt0hBZ0
うおっ、エラー表示が出たので
送り直したらダブってる……すみません!

386 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 09:22:06 ID:q+Yt0hBZ0
>>377
こういう小説を読むと、
綾辻行人の「殺人鬼」の残酷シーンなんか
やっぱりプロフェッショナルの文章だと納得。
肉体や内臓の捉え方のリアリティが格段に違いますよね。
その分、後味悪さもリアルで鬱〜

387 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 12:25:10 ID:ZAiVkoeQ0
茜の台詞にいちいちハゲワロ
最初の方の”輪されれる・・!!”、鳴き声は「うわーん」、いきなり
フォントがデカくなる「助けてよ」

やっぱりこれも「終わらない夏休み」同様、最後まで読む事なく
ウィンドウ閉じる事になったなぁ。下らなくて読む気しねー。
クォリティー低杉w

388 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 12:48:45 ID:TeIW/JNm0
>>386
「殺人鬼」は確かに凄かった。
あまりのグロさに「殺人鬼II」も買っちゃったよw

389 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 14:55:31 ID:YZ4d/qRt0
殺人鬼は結構大丈夫だったな。
本人もあとがきかなんかで書いていたような気がするんだが、強い猟奇・グロ願望がある人じゃなさそうだし
小説家だから一歩引いた目で冷静に描写しているからなのか分からないけど、狂気じみた感じはしなかった。
でも>>377や終わらない夏休みは、文章が稚拙なぶんだけ明らかに願望がありそうで怖い。
許されるなら無邪気に人の体を切り刻みそうだ。
あと、災害地や戦争下や北朝鮮の子供が描いた、ヘタクソで悲惨な状況の絵がやけに怖いんだが
ヘタクソさ故の生々しさを感じるよ…。


390 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 15:18:06 ID:q+Yt0hBZ0
>>389
「殺人鬼」は、冷静な本格推理としてもちゃんとしてますもんね。
この辺は、二階堂黎人でもまあ同じ。
でも、逆さ吊りにされて、
自分の眼球や腸を食わされるシーンでは、さすがに
本閉じて、一呼吸おきましたぜ、俺。

391 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 16:01:01 ID:PMo9prHj0
悪い夢見そうだな・・・。

392 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 17:12:37 ID:MqkAvOZW0
>>389
>でも>>377や終わらない夏休みは、文章が稚拙なぶんだけ明らかに願望がありそうで怖い。
>許されるなら無邪気に人の体を切り刻みそうだ

まさにそのまんまだね。
願望あるからかいてるんだよ。
しかしネット小説読むとプロの凄さがわかるな。

393 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 17:15:31 ID:A3LFzZNp0
明らかに自分の文章に自分で興奮して、構成も何もどんどんグダグダになってるところが
リアルキティガイを感じさせて嫌なんだよな。

394 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 17:17:56 ID:SShdgtKG0
我孫子武丸の殺戮にいたる病もなかなか面白いよ

395 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 17:38:56 ID:TeIW/JNm0
>>394
なかなかだったね。オチで一人で納得してたよw

396 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 18:10:36 ID:q+Yt0hBZ0
自分は、愛川 晶と二階堂黎人の合作
「白銀荘の殺人鬼」も面白かったっす。
さりげなくシリーズものなんだけど、
カナーリ異常な立場の犯人の殺人を疑似体験させてもらって
しばらくは胸がムカムカしとったです。

397 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 18:38:30 ID:Rg4u28kLO
小説の話が出てるようなので便乗して。
猟奇物では無いけど、小池真理子の「墓地を見おろす家」は後味が悪かった。

綾辻行人の殺人鬼は、読んでる時に感じた違和感が最後にはすっきりして、むしろ後味が良かった気がしないでもない。

398 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 18:41:24 ID:bjkhP/t30
むかし、ある無人島にひとりの鬼が住んでいた。
鬼はひとりぼっちでとても寂しい思いをしていた。
ある嵐の晩、暗闇に光る鬼の目を、街の明かりと勘違いした漁師が助けを求めて島に辿り着く。
明かりの正体が鬼だとわかった漁師は、恐怖におののき、
今にも逃げ出したい気持ちでいっぱいになった。
しかし怖い鬼の機嫌を損ねたら大変だと思い、ビクビクしながらも
鬼と共に島で一夜を明かすことにする。
鬼の方はというと、突然の訪問者に大変喜び、漁師を手厚く歓迎した。
そして「自分はひとりぼっちで寂しいし、村のみんなと仲良くしたいんだが、どうすればいいか?」
と漁師に相談する。
「冗談じゃない!鬼なんかが村にやって来たら大変なことになる!」と思った漁師は、
「私の村はとても小さいので、鬼さんが住めるような場所はありません」と答えた。
それでも友達が欲しいと言う鬼。
あまり断り続けても、鬼の機嫌を損ねて自分の命が危うくなってしまうし…。
「この島を引いて来たらいいかもしれません」と漁師は適当に答えた。
鬼はそのアイデアに頷き、とても喜んだ。
次の朝、漁師は村へ逃げるように島を後にする。
数日後、鬼が島を引いて村にやって来た。
「おーい、こっち来て遊んでけ!」と村人に声をかける鬼。
しかし村人たちは鬼を怖がり、色々な理由をつけて追い返した。
追い返された鬼はまた広い海の中、「えーんやこら。えーんやこら」と島を引いて歩いた。
あちらの村、こちらの村、ひたすら島を引いて歩いた。
「おーい、こっち来て遊んでけ!」と声をかけ続ける。
だがどの村へ行っても、村人は鬼に近寄りもせず、怖がられ、追い返された。
「えーんやこら。えーんやこら」
鬼はすっかり痩せ細ってしまったが、それでも友達を探して広い海の中、島を引いて歩き続けた。

399 :398:2005/05/10(火) 18:45:35 ID:bjkhP/t30
小学校の時、国語の時間に先生が読んでくれた
島ひきおにというお話です。
思い出しながら書いたので若干違うかもしれません。すいません。
後味の悪い、というか、切ないお話ですね。
小学生ながら人間というものについて色々考えさせられたような記憶があります。

400 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 18:55:25 ID:XWR90kPL0
鬼で思い出した
タイトルは忘れたけど、青鬼と赤鬼の話も後味悪かった気がする
漫画でSMネタになってた時はワラタが

401 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 18:56:20 ID:q+Yt0hBZ0
人外のモノへの人間の排他的なトコ書かれるとねー、
後味悪さが全部自分に跳ね返ってくるもんな……


402 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 19:02:23 ID:K2Vul6nuO
400
泣いた赤鬼ですかね?
赤鬼が村人と仲良くしたいために青鬼が悪い鬼の役をやり、赤鬼は村人と仲良くなれたが悪い鬼だと思われている青鬼と仲良くしてたら村人が不信感をもつと考えた青鬼が引っ越してしまうという話では?
長文 申し訳

403 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 19:04:44 ID:QG6Hhfun0
無いまで言い切れ

404 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 19:05:05 ID:q+Yt0hBZ0
楠 桂が、鬼をテーマに描いてたショートショート集でこんなのがあった。
昔、鬼の里に愛し合っている、男と女の鬼がいた。
女は、男の頭の、やさしい角が好きだった。
ふたりは、やさしい人間たちが好きだった。
ふたりは幸せになりたかった。
だから人間になる方法を探しに、男は人間の里に下りていった。
女は、男が笑顔で戻るのを待ち続けた。何年も…
ある日、男は帰ってきた。その手には、赤子が抱えられていた。
人間になる方法を見つけたよ。人間を食えばいいんだよ。
俺は、人間を食ったからもう角はない。
これは、俺が人間の娘との間に作った子供だ。
これを食えば、お前も人間になれる。さあ。
そういう男の目は…女の知っている彼ではなかった。
女は悲鳴を上げた。
全ての愛をこめて、男を殺した。
月の光の中で、女は泣いた。
女の好きだったやさしい角はもう……なかった。


405 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 19:06:23 ID:OSBS7xhkO
トラウマスレにも書いたんだけど、こちらの方がよさそうなので、こちらに多少詳しく書きます。

『ONE PIECE』という作品集で、監督は矢口史靖と鈴木卓爾の二人。
その中の『春』収録の「サプライズパーティー」が何か後味悪い。

ジツナシとシオノヤが結婚する事になって、サプライズパーティーをしようとした友人四人。ジツナシの家に集まって驚かせ方の相談をしている。
やがてジツナシたちが帰宅するが、二人は喧嘩をしていた。それを聞いていてテンションが下がるメンバー。
その時、シオノヤが死ぬつもりでガスの元栓を開ける。その後シオノヤは部屋を飛びだし、ジツナシもそれを追う。
残された友人がガス臭いのに気付いて元栓を閉めに行こうとするが、ジツナシたちが今度は仲直りして帰宅。隠れるメンバー。
用意されたケーキを見つけるジツナシ。そしてメンバーの一人がクラッカーを鳴らす。

文章よりも実際見てくれた方がわかりやすい。
最後の瞬間に「あ」って言うと思う。

『春』の他に『秋』もあるんだけど、全部壊れた日常を描いていてお勧め。
笑いの後で突き落としてくる作品が多い。楽しめますよ。

406 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 19:11:38 ID:q+Yt0hBZ0
>>405
オチも書いてー!

むしろ内容をはぐらかされてしまうと、かえって後味(゚д゚)ワルーなので、
メール欄等を利用するなどして、できるだけ書き込んでください。

って最初に書いてあるでしょー! 
ラストが割れても、誰も怒らないから!


407 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 19:14:29 ID:XWR90kPL0
>>402
そうそう、それです
友人を得て友人を失う話が切なかった

408 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 19:14:37 ID:QG6Hhfun0
爆発すんじゃね?

409 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 19:16:11 ID:q+Yt0hBZ0
私もそう思ふ。
ガス出っぱなしなわけだし。
でも、それくらいで「あ」って思うかなあ。
かなり使い古された手だよ? もう1ひねりあるのでは。

410 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 19:19:31 ID:QG6Hhfun0
じゃあ爆発しないと見せかけて爆発すんじゃね?

411 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 19:35:10 ID:q+Yt0hBZ0
このスレの住人が、その手のオチにスレてるだけ?

412 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 19:46:00 ID:VO0c7Slp0
>374
>376

その映画凄く後味悪いよ。なぜかっつーと。
ネタバレ注意








夢オチだから。

413 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 19:52:48 ID:30Os5O3d0
>>342
おもすれー。ラストで凄い鳥肌立った。


でも>>355でもっともっと鳥肌立った…。

414 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 19:52:51 ID:q+Yt0hBZ0
>>412
そう! それで映画見た人の大半は激怒するらしいんだけど、
それもこれも、2回も主役女優に降りられたための
スポンサー側の意見が半端に通ったせいだという。
途中までは世界観がきれいに統一されてるので、とても残念。

本来、脚本&監督のジェニファー・リンチ(デビット・リンチの娘)の
意向は、もちろん別にあったらしいし。
だから、小説版ではエンディングが違うらしいよ。
だけどこの本、絶版なのさ。実は俺も読みたいのだ。
誰か読んでたら、是非ここで紹介して欲しいところ。
ジェニファーにとっては初監督作品だったのに、ケチいっぱいついて、
さぞや後味悪かろうと同情している。


415 :412:2005/05/10(火) 19:59:13 ID:VO0c7Slp0
>414
俺この映画見た後思わずスクリーンに向かって中指おっ立てたよ。
んな事したのこの映画が最初で最後。


416 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 20:11:02 ID:OSBS7xhkO
>>406-410
ごめん、話がそこで終わるんだよ。クラッカーの鳴った音の途中で暗転するんだ。
多分爆発オチなんだろうけど、それまでの友人たちのはしゃぎっぷりや結婚目前の二人とか……それを考えると……。

お詫びに『冬』に入ってる「社長の首」を。

バイク便の配達員が、箱を届けにお得意様の会社(倒産の片付け中)にやってくる。
「今日社長は?」「いません」
女子社員にそう言われて、いつも威張っていた社長が嫌いだったらしく、配達員は色々やりたい放題。
荷物の箱を机の上に置き、社長のスーツを着ながら会議中(?)の女子社員に話をする。
「この荷物、どこで渡されたと思う?墓場だよ、墓場。参っちゃうよねー」
特に返答なし。
配達員はまだやりたい放題。奥からマッサージチェアを引っ張り出して、勝手に起動。
堪能していると、ビル清掃のおばちゃんが言ってきた。
「社長さん、生きてらしたんですか。確か死んだと聞いていたんですが。会社は残念でしたね」
「どーいう事?」
女子社員に訪ねると、社員はジャケットで顔を隠して逃走。
直後、箱が落下。配達員の悲鳴、暗転。

417 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 20:11:12 ID:Rg4u28kLO
そういや、デモンズとかいう映画も後味悪かったな。

418 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 20:14:06 ID:OSBS7xhkO
このシリーズは、家庭用ビデオを固定して撮ってるんです。
1シーン1カット、だから1ピース。
台本も特に無し。演技も無駄に自然。
日常の1ピースをのぞき見してる感じで面白いよ。

基本はコメディだけど、たまに不意打ち気味に怖いのが混ざるから……。
ちなみに「サプライズパーティー」「社長の首」共に7分くらい。

419 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 20:31:03 ID:30Os5O3d0
なんかよくわからんのだが。社長の首ってタイトルの時点で全バレしてるような。

420 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 20:45:37 ID:aCbw9sDe0
女子社員と社員は別の人?

421 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 21:15:18 ID:m1QzD8ZM0
>>405にとっては
>>409のレスが何よりも後味悪かろうな。


422 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 21:21:32 ID:E41to+fcO
>419
禿堂。IDがちょっとウラヤマシイネー。

423 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 21:28:41 ID:q+Yt0hBZ0
ネタより、固定カメラと、自由な演技、
それから7分という条件に意味があるシリーズと思われ。

424 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 21:43:08 ID:VO0c7Slp0
つまりここで文章で語ってもしかたないと

425 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 22:06:03 ID:l8P0/O7a0
>>405
と言うか、たぶん隠しカメラ的な画面そのものに
味わい悪さが潜んでいるのでしょう。
スタイルそのものが、作り手の仕掛けという事で。
だから>>405も、初めから
見たほうが解り易いと言っているのだろうが……
読み手のイマジネーションが要求される、
難しい課題と思われる。

426 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 22:15:56 ID:GQmSwCqm0
>416
女子社員は普通の生きてる人間なんだよね?
最後、箱が落下して配達員が悲鳴を上げた、というのは
飛び出した箱の中身(社長の首)を見て悲鳴を上げたという事?
それとも、配達員の上に重い箱が落っこちてきたという事?

理解力無くてすまん。でも、ちょっと気味が悪くて面白そうだから
今度探してみるわ。

427 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 22:16:37 ID:pr9Z4njk0
そういや、ガス自殺しようと思ったヤシが元栓開けっ放しにしたけど死ねなくて、
うっかりそのまま眠ってしまい、爽やかに目覚めの一服しようとしてドカンて事件も
あったよね。
そいつは助かったけど、アパートの周りの部屋の人が巻き込まれて亡くなったのが
後味悪。


428 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 22:47:13 ID:8h2Osi1+0
>>405
『ONE PIECE』という作品集・・・その中の『春』収録の「サプライズパーティー」

なんのことだかよく分からなかったので調べてみたら、
自主制作風短編映画集なのね。
たぶん、よく深夜にやってるような不条理系短編ドラマみたいな感じなのかな。

429 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 23:37:27 ID:Jtvv+tLMO
もう28歳なのに
「学生さんですか?」
と聞かれた。
………………………微妙。

430 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 23:47:37 ID:l8P0/O7a0
28歳の学生もいる

431 :本当にあった怖い名無し:2005/05/10(火) 23:54:15 ID:rgPkgo4S0
>>429
俺なんて31歳の時、喫茶店で煙草吸ってたら
オバサン補導員に注意された。
免許証見せたら
「紛らわしい顔!」って吐き捨てるように言われたぞ'`,、('∀`) '`,、

432 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 00:09:03 ID:lDdjgpSnO
俺は昔、16才の弟といた時に「親御さんですか?」と言われた事あるよ。23だったんだけど。
やべえ、俺老けてるんだと初めて分かってヘコんだ。

433 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 00:23:01 ID:RKklyZvF0
私なんか、同い年の旦那と、
近くに出来た新しい病院に行ったら、医者に
「お母さんですか? あ、お姉さん?」
と言われたぞ。一応、気を遣ったんだろうけど…

434 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 00:31:36 ID:RKklyZvF0
>>427
この前、ガスメーター検査にきたおじさんに聞いたんだけど、
最近のガスは、吸っても死なないようになってるんだって。
だけど、性質上、爆発はするそうで。
だから、元栓開けて死のうとしても、駄目。
それこそ爆発したりして、迷惑かけるだけだって。



435 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 00:49:49 ID:hs27oHvP0
ガス自殺するなら排気ガスだな

436 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 01:27:42 ID:RKklyZvF0
>>435
まあ、そう。
七輪やクルマの排気ガスが重宝され始めたのは、
都市ガスの毒性がなくなったから、って事らしいです

437 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 02:28:23 ID:qyEMhxKK0
その昔アニヲタだった人達にとっては、後味の悪さで有名な
『重戦機エルガイム』
知らない人のために判りやすく書きます。

主人公は元王子様。でも戦争で両親を殺されたので、今は
単なる田舎の少年。
一旗あげるべ!と、友人と一緒に都会に行ったら、実は王子
様である事がばればれで、今の王様の政治に反抗する人達
の旗頭に祭り上げられてしまう。
気付くと、田舎にいた頃妹として可愛がっていた娘が王様に
さらわれ、洗脳されて自分と戦おうとする!
妹を助けなければ、と主人公は頑張って王様を倒す。
元々血筋正しいし、主人公が新しい王様になって当然なのだ
が、主人公は、洗脳は解けたもののすっかりキ○ガイになって
しまった妹を連れ故郷に帰り、おそらくは一生妹の介護に従事
する事になる。

ま、あの富野監督ですから。
ちなみにその次の作品『Zガンダム』では主人公自らがキ○ガイ
になったそうですな。見てないけど。

438 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 02:36:04 ID:3gTAmUsu0
ダバロードとか出るヤツ?

439 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 02:37:21 ID:JCr88nQgO
ぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽぬるぽ

440 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 02:38:58 ID:JCr88nQgO
まいやひーまいやはーまいやひーまいやはーまいやひーまいやはーまいやひーまいやはーまいやひーまいやはーまいやひーまいやはーまいやひーまいやはーまいやひーまいやはーまいやひーまいやはーまいやひーまいやはーまいやひーまいやはーまいやひーまいやはーまいやひー

441 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 03:47:17 ID:iyrWzrsR0
↑キム・タクが歌ってんのを見た歌だ

442 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 04:48:19 ID:MW1dh21/O
>>419-428
ごめんね、説明が下手でごめんね。
女子社員は生きてる人。
最後まで書かれてないけど、箱の中身は社長の首。
ただ、社長が女子社員に殺されたとかそういったところは不明。
確かにタイトルでバレバレだけど、流れで見た時は気にならなかったんだ。
全部タイトル変だから「どんな意味だろう」としか思わなかった……orz

うーん、見てくれたら嬉しいなぁ。
怖い系だと「傘男」「祝辞」とかあるし、SFやただ馬鹿な話もある。
基本はコメディだから、そこに混ざるちょっとした違和感を楽しんでくれたら……。

ノシ

443 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 06:10:52 ID:NecE0b4V0
これからは書き込む前に300回内容を読むといいね

444 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 08:33:18 ID:88cxl9lB0
うるせー馬鹿。あれでも苦労したんだよ。つまらん皮肉言うな。

445 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 09:48:01 ID:ANvx2pj60
あらすじまとめるのって意外と難しいよね。
自分もこのスレに何度か書き込もうとしたけど
うまくまとまらなくて諦めたこと数回。

446 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 10:00:08 ID:i/VOOXI80
うん、質問にも面倒がらずにレスくれて、
大体把握できたし、いいんじゃない?
こんなシリーズある事、書き込んでくれなきゃ
知らなかったし。またこれで、人生豊かになったんだ。
感謝してるヨン

447 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 10:18:10 ID:di0dnGeN0
上の方に年齢の話があったけど19の時に朝10時半に友達と
待ち合わせをしてて、トイレに寄りたかったからゲーセンの
トイレに寄ったら出てきた所を補導員の人と会った。
そうしたら年齢を聞かれて(田舎から出てきたばかりだった
ので都会の子より幼く見えたらしい)19と答えたら、嘘つき
よばわりされた上、「徹夜で遊んでたから、そんなにはれ
ぼったい目をしてるんでしょ」と言われた。
一重ではれぼったい目は生まれ付きなんだが…。
結局、誤解はとけても誰も謝ってくれやしないし「まぎらわ
しい事するな」と捨て台詞吐かれて後味悪かった。

448 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 10:28:18 ID:8UXSgZha0
社長の首っていうと、手塚治虫のを思い出すなぁ。

社内の方針がまとまらず悩む社長さんが1人。
数年前に過激な労働組合の幹部だった男をクビにしたけど、
今思えばあれは社員としては優秀だった。なんとか復職させたい。
そう思って男の家に向かう。
男の家は料理中で、うまそうな匂いが漂っている。
すっかりやつれて無気力になった男を見て驚く社長さん。
男の現状を聞いてみると「まぁなんとか、身を削りながら生きていますよ」
と答えられ「それなら是非復職を…」と持ちかける。
うまそうな匂いと男の誘いで、男の手料理を食べる社長さん。
「本当にうまい。これは何の料理だい?」と聞く社長さんに男は退職後のことを話す。
発展途上国の、更に未開の地に足を踏み入れた男は、そこで奇妙な病に出会ったという。
体から自分が欲しいと思うパーツが生える、というその病気。
男は感染していた。服を脱いだ男の体には大なり小なりの手がニョキニョキはえてる。
「まさか、この肉は…」「いやあ、"身を削れば"食いつないでいけるもんです」
怪しく笑う男。

逃げ出した社長だが、男の肉を食べたことで感染してしまった。
社長さんが最も欲しかった、しかし最も厄介な「経営者の頭」が体に生え出した。
会社の経営は意見がまとまらず、さらに混乱を極めた。
社長さんは首をつる覚悟をする。「しかしいったい何本のロープがいるだろうか。
どれだけ吊っても、まだ足らないかもしれない」
そんな台詞にかぶって、社長室に大量に吊り下げられた、首吊り用のロープの絵。

焼身自殺か投身自殺すればいいじゃん、とか言っちゃダメ。

449 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 10:45:35 ID:i/VOOXI80
>>439はアニオタを敬遠しての反応なんだろうが、
真剣に映像として作られたものには、そう拒絶してばかりでも
大事なものを見逃すのでは。
これは>>389の話にも関係してるんだけど、以前、クロアチアだかどこかの
個人アニメ作家が作った後味悪いフィルムを見たことがある。
国情を現す、ブラックユーモアらしい。
絵柄はちょっとゲバゲバみたいに、シンプルでコミカルだったんだけど…

あるところに、かわいいコブタがいた。かわいいだけでなく、歌が上手だった。
その美声は、オペラ歌手さながら。誰もが聞き惚れる。
だが気分よく歌っていると、主人が来て、とさつしようとする。
食料難だった。いくら歌がうまくても、ブタはブタなのだ。
コブタは逃げ出す。ただ、歌い続けたくて。
町に出る。街角で歌って、日々の身銭を稼ぐ日々。
だが、歌をほめてくれるホームレス仲間(?)も、油断すると食おうとしてくる。
コブタは逃げた。そのうち、評判を聞いて、市長が挨拶にくる。
ひのき舞台。コブタは、存分に歌った。満場の拍手。市長の表彰状。



450 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 10:46:59 ID:i/VOOXI80
つづき
だが次の瞬間、市長の手に握られていたのは、ナイフとフォークだった。
コブタは逃げた。とぼとぼ歩いていると、美しいバイオリンの音が。
やせこけて、貧しそうな、だがきれいな瞳の青年の演奏だった。
感激したコブタは、バイオリンに合わせて歌い始める。
青年も、やさしくコブタを見、その才能をたたえた。
素晴らしい演奏。誰も観客はいないが、最高の音楽が生まれる。
コブタは楽しい時を過ごし、青年と行く決心をした。
歌い、奏でながら去っていく二人。ステキな旅の始まりだ。

…と、とぎれる音楽。しばしの沈黙。
戻ってくる青年。
満足そうな表情。満腹らしく、出っ張ったおなか。
鼻歌を歌いながら、歩き出す青年。   幕。


オペラとバイオリンは、本物の演奏を使ってて凄くきれいで、
オチの手前までは見てて本当にハッピーな気分だったので、
後味悪さもすごかった。

451 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 11:46:00 ID:i/VOOXI80
>>447
補導員ってみんなそうなの?
きっと「ナメられるな」「謝るな」
みたいなマニュアルがあるんだね。

>>448
手塚治虫の暗い短編はどれもイイですよね。
本人の精神状態が、悪い時のほど良いって話です。


452 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 12:05:34 ID:KZLFAp5t0
>>449
後味悪いけど話は面白いね。GJ!
>>451
俺も今、22だけど童顔で高校生に間違われた事あるよ。
上みたいに補導員に間違われた事あるけど「すまんね」って謝ってくれたけど。
というかそれが常識だよね。

453 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 12:16:39 ID:3uts8Geg0
ttp://www.geocities.jp/netgamestopper/magyo/magyo01.html
ちょっと長いけど。
本人にとってハッピーエンドなのかこれは。

454 :本当にあった恐い名無し:2005/05/11(水) 13:28:43 ID:+HJIFR8O0
>453
後味悪いというか、家庭板のパラヒキスレではよく聞く話だな。
パラヒキは早いうちに兵糧攻めにして叩き出した方がいいのに。
特に>453の問題の彼女は対人能力が全く失われているわけではないので、
お母さんが腹を括って彼女の目の前から夜逃げでもすれば(宿主がいなくなれば)
自分の口を養うため&ネトゲ代を稼ぐためにも嫌でも働きだすだろう。

455 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 13:32:53 ID:iIrbEgi50
>>450
こぶた…。・゜・(つД`)・゜・。



456 :本当にあった恐い名無し:2005/05/11(水) 13:42:41 ID:Rkg4TkSE0
>450
食うなよ! とは思うが「食糧難」の一言が重いな。
じぶんが明日をもしれぬほど空腹だった時、その愛くるしいこぶたを食わずに
いられるかというと全く自信ないわけで。
食っちゃったやつの心情も理解できるだけに後味悪ぃ。 


457 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 14:57:14 ID:EeaOlL9U0
>454
>453の彼女は最後、寺の住職に紹介された
オッサンとの結婚でその宿主をゲットしたんだよ。
で、ネトゲでの仲間内に真実の愛を誓い合った
本当の彼氏がいるんだとよ。

458 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 15:12:38 ID:ipZw/IpB0
>>454が言ってるのはそういうことではないと思うが・・・
母親が早く対策していれば、何とかなった可能性が
あったのにっつーことだよ。

459 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 15:43:59 ID:xn8G+ZLy0
>>455
適材適所ってやつさ。

460 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 15:57:00 ID:s/mQklIb0
まさに仮想現実!!

この先現実夫は仮想夫との交際を認めるのだろうか・・・?
昼間、家事をすることなく仮想夫とイチャつく嫁
それでも好きで結婚したからとそれを許す現実夫

って先は見えてるw

461 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 16:18:20 ID:KZLFAp5t0
>>453
うーん、後味悪いねw つーかネットゲーってやったことないけど
そんなにハマるものなの?

462 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 16:47:24 ID:cDl1koVZ0
普通のゲームと違って基本的に底が見えないから中毒になりやすいのかな
それに仮想世界とはいえ、相手にしてるのは本物の人間なわけだし

>>460
あー俺まさにそれに近い状態だわ
そこまで酷くはないんだけど・・・

463 :449:2005/05/11(水) 16:51:55 ID:i/VOOXI80
>>455
コブタのために泣いてくれてありがと〜
・゜・(つД`)・゜・。・゜・(´Дと)・゜・。
私もたまらんかったです。

クロアチアかモルジブかの作品集だったんだけど、ショックなのは
向こうのヒトが見るとき、このオチはあくまで
「そりゃそうだよな、HA、HA、HA」という反応を期待してると言うこと。
この他にも、

刑務所に入れられた孤独な男が、窓の外に咲いた
一輪の花だけを友に過ごし、何年もたって出所するとき、
悲しみも喜びも共にしてきたその花を
踏みつぶして行く、というのもありました。

でもそれは、彼の新たな旅立ちを祝福するラストらしい。
お国柄の違いからくる後味悪さは、
その人たちに何も悪意がないらしいのが加わって、
何とも言えないものがある。



464 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 16:56:28 ID:hw0yT1s9O
「ベイブ」って映画と真逆だね
あれは何度か食われそうな場面を切り抜けて
栄光を手に入れるというのに…

465 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 16:59:08 ID:8UXSgZha0
>461
自分もよくは知らないが、はまりやすい要素として、

基本的に「エンディング」というものがないってのと、
仲間を集って戦うので、擬似人間関係にはまる
(顔を突き合わさない、無責任で心地良い関係)

そして一度人間関係ができると、自分が外れることで
仲間の足を引っ張る場合があるので、自分の意思で止められなくなる。
もう飽きた…と思いながらも、仲間と「明日もこの時間に!」とか言われると
今まで仲良くしてきた手前、断りづらい。

そして類は友を呼ぶので、
同じような状態のネトヒキが集まる。
自分がヤバイ状態になってることに気づかない。
むしろ自分よりのっぴきならない人とか平気でいるので、
俺まだ大丈夫じゃん?と思い込んでしまう(目をそらしているとも言う)

汚物にまみれて生活すると、「汚い」という感覚がどんどん麻痺していく。
自分を汚いとも思わないし、自分くらい汚れてる人を見ても平気になる。
指摘する人が神経質にさえ思える…そんな感じで、
その世界から抜けられなくなる。
らしいよ。

466 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 17:04:20 ID:sVSqYMn/0
>>463
モルディブはイスラム教で豚を食べないから
クロアチアの作品なのかなぁ。
悲惨な内戦の経験が反映されたブラックユーモア?
そう思うと更に後味悪いね


467 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 17:18:31 ID:VxdwFQXL0
結構前に「染んだHPの管理人からメールが来た」とかいう噂があったけど、それに似てるかな・・・
ネット上だけの知り合いだけど、すっごい仲が良くて、親友って呼べる奴がいたのね
んで、テレホの時間中バカ話したり、マジで悩んでる時なんかは相談に乗りあったり
そんな時、そいつが全然Qにも上がらなくなって、メールを出しても返事は来ない、いつも来てるチャットにも来ない、って状態になったわけ
で、音信不通になって一ヶ月くらいして、いつものようにネットに繋いだら、Qにメッセージが一言だけ「ありがとう」って入ってたの
それでもこっちからは全然連絡取れなくて、「こりゃいくらなんでも変だ」って思ったんで、
夏休みには実際会おう、って話してて住所は聞いてたから、連休を利用してそいつの家まで行ってみたの(同じ九州でそんなに遠くなかったからね)
なんかありがちだけど、この先の展開は「○○はこの間事故で死にました」と
そいつの親から聞いたんだけど、そいつ、ネット上では明るくて友達も多いぜ〜、とか言ってたけど、実際はいわゆるヒッキーで登校拒否だったらしい
で、「せめてもうちょっと明るくなれば」ってことでパソコンを買ってやって、そして俺と知り合ったんだけど
「今までずっと暗かったけど、あなた(俺ね)と知り合ってから少しずつ元気になってきて・・・」って泣きながら言われて
今まで閉じこもってたのに出歩きはじめたのも、「夏休みには○○(俺ね)と会うんだから、家に閉じこもってばかりはいられない」とか言って外にも出始めたらしい
Qのメッセージの事を言ったんだけど、話を聞いてると、結局その母親がメッセージを送ってた、ってことがわかったんだけど(笑
でも、この時は幼稚園以来のマジ泣きだったな〜


468 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 17:22:08 ID:MW1dh21/O
実話か?実話なんだな?

(つД`)

469 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 17:37:16 ID:ISGh+iXW0
>>468
実話かどうかは知らんがよく見るコピペだぞ。

470 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 18:09:00 ID:Dwh0kUTY0
ttp://mbs.jp/voice/special/200505/0509_1.shtml

471 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 19:21:11 ID:i/VOOXI80
>>470
見られんわけだが

472 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 20:01:16 ID:xmEoxvi60
>465
ああ聞いたことある。
ラスボス倒してスタッフロールとかじゃないから、
ケジメがつかないし達成感もないんだってね。
どんなに大はまりしたゲームでも、オフゲームでは
一日20時間1週間耐久、なんてできないもんなぁ。
そういえば韓国?かどっかではネットカフェでオンラインゲームにはまって
数日間プレイし続けた男がエコノミー症候群で死んだ…ってのもあったよな

473 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 20:12:47 ID:i/VOOXI80
なんでそんな事に……

474 :473:2005/05/11(水) 20:15:35 ID:i/VOOXI80
いや、
>>465の説明はとても解りやすくて、
ハマるメカニズムは理解できたのだが
その上で、何で死ぬまで……と思う。
ネトゲ開発した人たちは、思いもよらなかった事だろうな。
人間の、知られざる脳の領域と関係あるのか?

475 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 20:18:53 ID:TSrdBOHS0
結構前に「染んだHPの管理人からメールが来た」とかいう噂があったけど の検索結果 約 149 件中 1 - 5 件目 (0.60 秒

476 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 20:57:42 ID:mWE6UzPB0
>>472
軍隊から戻ってきてすぐだったっけ?

477 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 21:19:09 ID:g0hErUpd0
>>165
俺と同じような人生だな

478 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 21:47:01 ID:UCDTP0ZM0
>>477
一人っ子?

479 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 22:25:46 ID:HTqIVBD30
>>463
あまり食料難にこだわらずに読んだので
「ナンボ才能があっても所詮豚は豚だ。
どこへ逃げてもどうせ一生搾り取られる側なんだ!ヘッ」
というテーマかと思ったよ。それはそれで嫌だけど。

480 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 22:33:00 ID:2gcntDMy0
もやしっ子

481 :本当にあった怖い名無し:2005/05/11(水) 23:26:09 ID:UCDTP0ZM0
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 | ざぶとん一枚! |
 \_  ____/        ∧_∧
    |/         ∧ ∧   (´∀` )
  ∧_∧         (, ゚д゚)   (o  o)   ∩_∩
 ( ・∀・)       ヽ/   |   (  )(  )  (・.・ )
 (    ⊃      (__∪∪) < ̄ ̄ ̄> (o  o)
 | | |       < ̄ ̄ ̄>< ̄ ̄ ̄> (  )(  )
 (__)_)      < ̄ ̄ ̄>< ̄ ̄ ̄>< ̄ ̄ ̄>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


482 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 00:00:48 ID:Tarrp4oE0
>>467
ブラックジャックに似た話があるね。
チャットじゃなくてアマチュア無線だけど。

483 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 00:02:27 ID:wovIZJ550
2005年01月25日
ごはん処 おはち:つくね定食
重〜い打ち合わせの後で、腹減ってるって感じでもなかった所に来て、出てくるのもやたらと時間がかかって、でもって結局時間も無かったんでちょっと残してしまった。色々な意味で後味悪かったなー。

ごちそうさまでした。


484 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 02:04:22 ID:tIHIFgs50
ネットゲームにはまった人の話といえば、
20年位前の漫画で「人間交差点」というものがあった。

当時のダイヤルQ2かなにかで電話をつかんだけど、
部屋にこもった青年が、伝言板ではやたらと明るくなる。

それを見た母親が、クレジットカードを与えてやる。

ますます、伝言板にはまるようになって利用料が数千万単位になる。

その請求が明らかになったとき、父親は家を売れといって、家を出る。

そんなときにも、彼は他人に救いを求め、今度は仮装をして街に出て
女をナンパしホテルに連れ込むが、女が男の仮装をはがしてしまった。
そのとたん、男は激怒して女を殴り始めるがそのときのせりふが
「バカやろう! 匿名だからいいんじゃないか! 楽しんじゃないか!」

そして、殴り殺した女の死体の横で、また彼は受話器を握り締め
伝言板に明るくメッセージを吹き込む。というような内容だったはず。

これが20年前ぐらいに描かれた漫画だとは思えない。

485 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 03:07:02 ID:veS0NSBI0
>>470をスルーすんなよ、後味悪いッス。たこ焼きや氏ねや。

486 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 03:26:17 ID:ULKraZIk0
>>485
スルーするつもりはなかったけどごめんね。
厚かましい奴が生き残って、真面目な人が泣きを見るという典型的なパターンですな。

>>479
そういうことも含まれてるんじゃないのかな?
食糧難じゃなかったら、見世物になるだけで。



487 :471:2005/05/12(木) 03:32:13 ID:5OZPcZwR0
>>485
てか、本当に見られないんだよ。
たこ焼きの話なの?
アドレスの日付のとこだけ消してみたら、
365日、24時間、大音響でラジオやらCDかけっぱなしで
近所の大迷惑になってるオバサンの話が出てきたケド…
本人は、悪と闘ってるつもりになってるという。
コレぢゃないよね?

488 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 03:32:24 ID:HrW0fLGy0
>485
そのネタを別板で見たけど突撃オフの計画を立てた人達が現地に
見に行ったら、最近はその屋台を見かけないらしいという話だぞ。

489 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 03:38:36 ID:5OZPcZwR0
>>457
するとこの彼女は、わがまましまくって、大金使って、
労働意欲もなく、親友にも親にも心配かけたあげく、
現実社会では結婚できて、愛してくれる宿主は見つかるわ、
仮想世界にはいい人がいるわで、勝ち組になったというワケですね?
マジメに働いて、他人の事も考えて、キチンとしてても
結婚できずにいる女性があふれてる今の時代に。
そりゃあもう、後味悪いな。

490 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 04:05:38 ID:veS0NSBI0
>>471
http://mbs.jp/voice/
↑の特集記事[2005/05/09]憤懣本舗「嫌がらせの『屋台』・無神経な『役所』てコト

491 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 04:11:11 ID:ULKraZIk0
>>487
なんでだろ?うちは普通に見れるけど。

脱サラした夫婦がやってる喫茶店の前に、無許可でたこ焼き屋の屋台がやってきた。
客などによって出たゴミに等に迷惑した近所の人達が、役所に苦情を言う。
逆ギレしたたこ焼き屋の女主人に、役所が喫茶店主が苦情を言ったと言う。
女主人は喫茶店の悪口を言いふらしたり、店に乗り込んで
「息子はやくざとつながっている。」
「次に通報したら誰だろうと、あんたがやったと思ってやり返す。」等と恫喝する。
仕返しを恐れた喫茶店主や役所の落ち度をいいことに営業を続ける女主人。
喫茶店には次第に客が寄り付かなくなって、閉店してしまった。

一応まとめてみた。解りにくかったらごめん。

492 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 05:07:06 ID:Sf28VYIj0
>>489>>453
いやあ怖いなあ。。。俺はネトゲはやるつもりはないけど、やってる友達がいるから気をつけよう(何を
と思ったら、そんなサイトだったのね。深刻だな〜。


どーでもいいけど、「ネタでした」の方が後味悪いな。話的には救われるけど(矛盾w

493 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 09:40:52 ID:PZvj6sI70
>>485のレスが無くって、青い棒(こんなの→ ――)だけになってた。
え?っと思って青い棒をクリックしたら普通にレス表示された。
何でこんな現象が起こるの?

494 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 10:31:13 ID:G4rN4t3g0
>>「息子はやくざとつながっている。」
>>「次に通報したら誰だろうと、あんたがやったと思ってやり返す。」

…やくざのことを持ち出した時点で警察がマジに動き出すのだが。
その程度のことも知らずに店を開いた脱サラ夫婦の方が悪い。

495 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 10:43:00 ID:2WGIbhWu0
精神科医の元に、娘の酷い幻覚に悩ませる両親が相談に来た。
娘は表向きは夫に死なれた後、2人の子供を女手一つで育て、
会社でバリバリ働き、ボランティアにも精を出し、評判な「いい人」。
しかし実はとんでもなく心を病んでいる。
自分はハリウッド俳優と結婚する。
彼がいつか迎えに来るといって譲らず、
家の外で車がクラクションを鳴らしたり、ブレーキ音が響くと
「パパラッチばかりで嫌になる」と言う。
子供たちにも幻覚のことは話すが、子供も嘘だということに気づいている。
というか、「もーお母さん、またー」と面白がっている。
対象のハリウッド俳優はコロコロ代わり、
時にはハリウッドじゃない俳優が対象になることも。
対象俳優の映画を食い入るように見てラブシーンがあると
テレビに向かって激怒する。
両親は「娘はがんばりすぎておかしくなった」と嘆き、
精神科医の元に半ば騙してつれてきた。

精神科医の粘り強い指導、家族の協力、もともと真面目な本人の性格、
もあって、数年で妄想は消えていった。
しかし、ある日彼女は自殺未遂をしてしまう。
原因はなぜか、精神科医は気づいていた。
しかし彼女の完治を望む彼女の両親の姿に言い出すことができなかった。
ありえない恋愛妄想は、彼女の逃避行動だった。


496 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 10:45:01 ID:2WGIbhWu0
彼女が診察中にもらす現実は
・2人目が生まれたばかりで事故死した夫
・一人っ子同士の結婚だったことから来る、子供の親権問題
・職場でどんどん進む合理化と人員整理。
・いずれ来る両親の介護問題
・親の財力差による、子供の学力格差問題
と、八方塞で辛い問題ばかり。
彼女は母親娘会社員を必死にやる一方で、ありえない妄想に逃げ込むことで
辛い現実から目をそらしていた。
現実から目をそらすな!と言っても、元から真面目な彼女は
問題を凝視すると目が離せず、深刻に悩んでしまう。
だからバカげて無責任な妄想の世界でバランスをとっていた。
しかし「治療」によって妄想が消えたことで、彼女の前には現実だけが
横たわり、彼女はその押し寄せてくる不安に耐え切れなくなってしまった。
精神科医は両親にこれ以上の治療は娘さんの命に関わる。
多少の妄想が残った状態で打ち切ったほうがいい。と伝える。
多くの人にとって、ストレスから逃げ込む趣味は必要で、
それが彼女の場合は恋愛妄想なのだと。
人よりちょっと変な形で息抜きしてるだけなんだと。

しかし両親は「娘を狂人のままにしておけというのか」と納得せず、
病院を変えてしまった。
彼女は別の医師の元で「治療」を受けることになる。
もし「完治」してしまったらその時は…
※ プライバシー保護のため一部変更。でも実話です。

497 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 11:35:31 ID:PokdBuLY0
>>495
なつかしい西山先生のページも張っておきますね


498 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 11:42:19 ID:PokdBuLY0
といいつつ、張りませんでした。スマソ
http://www.aa.alles.or.jp/~nishiyama/kunou1.html

499 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 12:02:31 ID:wjwho/nv0
>>494
この夫婦は脅された時の状況をテープ録音までしてたけど
結局警察に訴えなかったんだよ。
単に無知だったから、というわけではないと思う。

最初、役所に助けを求めたらもっと状況は悪くなった。
警察に届け出たところで、しっかり対応してくれるのか不安。
仮に対応してくれても、一生この人と自分達を隔離してくれるわけじゃない。
893の名前を出してる人間に、これ以上恨みを買うのが怖かったんだろう。

500 :471:2005/05/12(木) 12:40:04 ID:8lDnSDCP0
>>490>>491
おお、ありがとうございます!
成る程、タコヤキそのものは好きだけど
これはちょっと……
私が間違えて見に行った騒音オバサンもこんな感じの
人でした。やっぱり役所も警察もアテにならないみたい。
ttp://mbs.jp/voice/special/200503/0314_1.html

501 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 12:50:08 ID:8lDnSDCP0
>>495
親の余裕のなさが、読むだけでも息苦しいね。
軽度ならシャレの範疇ですみそうなのに、痛々しい。
子供の方が、柔軟性があってポジティブだ。
シロウトの私でも、彼女の行動の意味は理解したけどなあ……
彼女がそこまで真面目に育ったのは、この両親の方針だろうから、
こんな状態は許せなかったんだろうな。


彼女の

502 :501:2005/05/12(木) 12:52:26 ID:8lDnSDCP0
つづき

変なトコで切れた。スマソ

彼女の治療の判断が、医者によって違うのも
デリケートな分野だからだろうけど、
外に向かって言うだけ実はマシだったような。
一人でひっそり思いこんでる方が危険だよね。

503 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 13:20:02 ID:9/V4t9nB0
ネトゲの話が出てたけど、ネトゲはいろんな意味で結構ヤバい
大半の奴は普通の奴なんだけど、リアルヒッキーや躁鬱病の奴も結構いるのよ

基本的に全ての敵が強いから、1人で倒す事はほぼ不可能
その為、数人で協力しないと目的達成出来ないので必ず他人から自分が必要とされる
ゲーム内でレベルやスキルが高いと、更に他人に必要とされ目立つ事ができる
しかしレベルやスキルを上げるには、かなりの時間がかかり廃人になればなる程ゲーム内での地位が高い
レアアイテムも豊富だが1つ取るのに宝くじ並の確率(物によっては3日間とかの期間限定
こんな感じで、ゲームに命をかけてる奴程長時間やり続けてしまう
普通のゲームなら2、30時間でクリアできる物が多いが、ネトゲでは1000時間、2000時間もザラ

他にもチャット目的でやってる奴もいれば、友達探しや女探しでやってる奴も多い
勿論純粋にゲームとして楽しんでる奴も多いけどね
共通してる事は、プレイしてる全ての人間がいろんな意味で他人を意識するゲームだと思う
ゲームの中に新しい秩序とリアルな人間、そして何時でも出入り自由な新しい世界・・・
面白いのは事実だけど、それなりにヤバい世界でもあるよ


504 :495:2005/05/12(木) 13:26:28 ID:2WGIbhWu0
>501
確かに彼女は病気なんだけど、他人を攻撃するわけじゃないし
社会生活を送れないほど酷いわけじゃない。
妄想や幻聴や思い込みは統合失調症の症状だけど、
悪化さえしなければいいわけで、ちょっと妄想が残ってても
普通に生活してる人はたくさいんいるし。
この人はたぶん先に病気になって、病気と現実のダブルの不安から逃れるために
変な妄想を見て回避するようになったんだと思う。
持病を抱えても、うまいことバランスとって生きてる人は一杯いるんだから、
この人もそうできればよかったんだけどね。

「これくらいならほっておいても大丈夫ですよー薬で散らしましょう」
と医者が言って、患者も同意してるのに、
患者の家族が「いや!手術して!」と健康な腹を開けさせちゃうような。

今日のニュース。女を脅して連れ出して、更に脅して監禁させて
「ご主人様」とか言わせてた変態が「おれは統合失調症だから」と
容疑を否認してるそうだが、ずいぶん元気で攻撃的な統失だなと。


505 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 13:37:13 ID:2M3takgf0
>>503
そんなレアやキャラのために現金払う奴とかいるんだよなぁ。
廃人の思考はほんとよくわからん。

506 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 13:42:10 ID:8lDnSDCP0
一回くらい食事抜いても、コレ買っちゃうんだ♪
くらいなら、あきれつつも
「夢中になれる趣味があっていいよね」とか
言ってあげられるのにな

507 :494:2005/05/12(木) 13:51:00 ID:G4rN4t3g0
>>499
でもね、気持ちはわかる。(^^;)

最近うちの前にゴミ袋を置いていく奴がいて、近所の誰の仕業が分かっているんだけど、
70歳になる母が
「注意したらもっと酷いことされるかもしれないから」
と怖がって、こっちで本当のゴミ集積所に運んでいます。
基本的にいがみ合うのが嫌なんでしょうな。

508 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 14:05:32 ID:Wy4llVi60
話し合いでなんとかなるならいいけど、今の時代はリアルでやばいやつが多いからな・・


509 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 14:09:30 ID:INiDecI+0
2chにもエンディングないからやめ時が見付からない…

510 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 14:10:28 ID:jcBR6Uk30
>>491
その役所の落ち度のとこにも問題があるんじゃないかな。
たこ焼き屋の女主人が役所に乗り込んだ際に職員が
「喫茶店の店主が通報した」とバラした為に、女主人からの嫌がらせが始まって
客が入らなくなって喫茶店を閉店せざるを得なかった。
喫茶店に客が入らなくなった事に関して「職員で行って売り上げに貢献しようと思う」
などとバカにしたコメントを発したり、とんでもない役所ですね。

511 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 15:23:19 ID:NMtJU7lG0
>497
なんか精神病んでるのは、主人公(?)の男に見えて仕方が無い。
読解力が足らないのかな〜?
後味わるー

512 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 16:24:24 ID:wjwho/nv0
>511
「見えて仕方が無い」っていうか、実際この男が電波。
他のページもすごいよ。

513 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 17:02:55 ID:8lDnSDCP0
>>498
この異性への無機質的な感覚といい、
自分を冷静に判断してると思い込んでる口調といい、
何度も繰り返すセンテンスといい…
逃げ出したくなる程コワヒ。

514 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 17:09:30 ID:OI35mpNm0
>>512
確かに凄かった!!
天才らしいけど・・・w

515 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 17:09:45 ID:2M3takgf0
>>498
せつない恋を読んで震えた
その人何かコワイ・・・

516 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 17:22:13 ID:HBWRtqaH0
こういうのがホンマもんの「キ○ガイ」って奴なんだな。
というのが良くわかりました。怖過ぎ。
「k社」さんや「同級生」、「お嬢さん」には深く同情する。
一応(まだ?)加害行動に出てはいないようだけど、精神的には堪らんな。

517 :人形細工 ◆vESY7K4lxQ :2005/05/12(木) 17:37:26 ID:nY+ModoZO
>>498のトップページの自己紹介が後味悪い。
むしろ気持ち悪い。

518 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 17:47:47 ID:/FDvV/O80
>>498
トップページの変なおっさんの写真が本人?

519 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 18:02:26 ID:8lDnSDCP0
みたいだね。
青年時代と、おっさん時代と2種類。

520 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 18:04:07 ID:ULKraZIk0
>>510
そうそう。説明不足でごめん。
通報者の名前は出しちゃ駄目だし、実際に通報したのは付近の住民達。
その中に喫茶店店主がいたかどうかはわからんけど、
いても守秘義務をやぶってるし、いなかったらとんだとばっちり。
ミスをおかした役所に何のお咎め無しなのも後味悪。

521 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 18:17:02 ID:8lDnSDCP0
>>520
こういう場合、役所へのお咎めって何処がするの?
警察? 裁判所?

522 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 19:04:19 ID:qio0mJr40
訴えも無いんなら誰もとがめないんじゃない?
ニュースにはなったから、「こういうことがありました。これからは気をつけましょう」で終わり。
処分があったら減給何ヶ月とかニュースでやるだろうし。しかも名前は伏せて。

523 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 20:08:16 ID:ZndnRUNz0
一生懸命読んだんだが、結局「K社」ってとこが何をしたのかさっぱりわからん。
裁判したら勝てますから、弁護士費用は成功報酬ですってアホかー!
うまくいけば一攫千金です!ってバカだー!

繰り返される同じ単語にフレーズ…他人には理解不能な文…
これがホンモノの統失か…
ネタで常人がここまでやるのは無理だな。

524 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 20:14:17 ID:8/I8IilJ0
俺が前住んでたアパートのすぐそばにも
Bらしい人達の集落があって、
かってにアパートの駐車場とか水道とかごみ捨て場とかを使われてたよ。
警察とかに何度も相談したけど、全く何もしてくれなかった。
結局水道に鍵を付たり、費用こっち持ちで自衛しなけりゃならなかった。
駐車場はわざわざ夜中に巡回して、知らない車があると
ボンネットにブロックを投げつけてぶっ壊して
公衆電話から「暴走族みたいなのが駐車場で車を壊してる」と通報してから
やっと警察が来てくれる、って感じだったよ。

525 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 23:34:33 ID:Fv7r9e0d0
>>524
気持ちもわかるが

>駐車場はわざわざ夜中に巡回して、知らない車があると
>ボンネットにブロックを投げつけてぶっ壊して
>公衆電話から「暴走族みたいなのが駐車場で車を壊してる」と通報してから

↑これも相当常軌を逸してると思うが・・・

526 :本当にあった怖い名無し:2005/05/12(木) 23:54:57 ID:L+GFuvSP0
>>524
つかまらないようにね
最後は上手に嫌がらせをするしかないのかなー

タイヤ盗まれました

527 :190:2005/05/13(金) 00:29:03 ID:xmEerVmm0
>>494 >>499
そういうときは町会議員とか町内会会長とかに相談を持ち込むと良いのに・・・・
役所なんかダメダメ・・・・

528 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 00:31:44 ID:9MqK+OPU0
>>498
なんど読んでも文章が〜でした。〜でした。の繰り返しって感じで読みにくいのが気になる。

529 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 00:32:50 ID:l8l1SoyrO
車への嫌がらせなら、器物破損にもならない方法がある。
雨の日限定だが、車のルーフ部に新聞紙を広げて5.6 枚重ねて置く。
小雨だと効果ないが新聞紙が溶けて流れだすと大変な事になるらしい。
さらにそのまま乾くともっと大変な事はになるらしい。
かなり昔に嫌がらせの書いてある本で読んだ。
実際にやった事はないが。
ようは繊維の集まりだからな。

530 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 00:42:39 ID:AidFhTwR0
>>529
いい知識をありがとう。
昔は鍵に瞬間接着剤を流し込むのが一般的だったけど
最近の車はリモコンで鍵が開くからな。

531 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 00:50:47 ID:V0z4+hl00
>>498
絶対頭おかしいなこいつ・・・。ヤヴァすぎる

532 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 01:02:46 ID:e3KxxGKP0
車のダメージの与え方は小学校の図書館にあった『怪奇植物トリフィドの侵略』で
車のガソリンに蜂蜜を混ぜる ってのが確かあったような記憶がある。
エンジンが焼け焦げて使い物にならなくなる。
周りが食人植物のトリフィドだらけの場面で、車に乗って脱出しようと思ったら車の
ガソリンに蜂蜜が混ぜてあって……もう逃げられない。 窓の外にはいっぱいのトリフィド。

そういえば「トリフィド時代」も後味が悪い話だったような。



533 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 01:13:04 ID:wUPW9pID0
蜂蜜はどうか知らんが、昔よくドラマや漫画で見かけた「タンクに砂糖を入れる」
って手は、実はよっぽど大量に入れない限り効果はないそうだ
多少ならガソリンと一緒に綺麗に燃えてしまう

534 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 01:24:41 ID:pFqQb6J60
ガソリンスタンドの所長に聞いた話。
むかし、魚市場の人から「車が動かなくなった」って連絡が入って行ってみると
燃料タンクに大量の『なまこ』が入れられてたって。

むかしの軽トラは燃料タンクのキャップに鍵が付いていなかったんだね。

535 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 02:22:10 ID:bcc3miEE0
燃料タンクに大量の精液が

536 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 02:22:18 ID:J1A6yIO/0
>>498
懐かしい〜。まだこのページあったんだね。
おまけに今年の2月に更新してんだ。
優れた女性との間に子孫を残すのはどうなったんだか。

537 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 02:24:27 ID:mfQJoKex0
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20050513/20050513-00000920-fnn-soci.html

にゃー

538 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 02:37:34 ID:3ClV/Y860
貧乏が、悪いんだな。

539 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 02:41:49 ID:lytNSH/70
>>537
ああ…かわいそう。

横山光輝が、たった一人ベッドで焼け死んだ時も、
この年齢まで真面目に仕事してきて、こんな苦しい死に方…
と思い後味悪かったが、
これからって子どものこんなニュースも…堪らなく辛いね

540 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 03:38:52 ID:r9CV7MaV0
>>533
はだしのゲンでそういうシーンがあったの覚えてるなぁ

541 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 04:45:10 ID:z08pPiF00
電気が止められて、ロウソク使ってて出火って
以前にも似たようなニュースがあったなあ・・・
その時は確か小学生以下の子供が3人焼け死んでたと思う。
贅沢と貧乏が隣り合わせになってる時代がきてるんだな・・・

542 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 06:57:04 ID:QsjCftwQ0
ロウソクだって地面から生えてきたわけじゃないんだから、お金出して買ったんだろう。
だったら100円ショップで電池とライト買って来て使えば、こんなことにならなかったのに。
電池10個で100円だぞ。しかも100円のくせにけっこうもつからあなどれない。
子供さんの冥福を祈ります・・・

543 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 07:25:40 ID:zRYx4gAy0
こういう事件で子供だけが死んで親が生き残るのもオカルトだよな

544 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 08:07:28 ID:rmlhM+na0
>>543
親が保(ry

545 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 10:05:38 ID:QWIyoDA40
>>498
こんな基地外が普通に道歩いてるなんて恐すぎ・・・
懐かしいって事は、この基地外は以前ヲチ板か何処かで祭になったのかな?

同級生やその親族、お嬢さんってのも、その時近くに居た人を
勝手に同一人物だと思いこんでるだけなんだろうなぁ

大学の頃にも同じ様な症状になった友達が居たよ
一緒に歩いてると、すれ違った人や車を見て
「俺はあいつにいつも追われてる。俺は何かの組織に狙われてる。」っていつも言ってた
電車に乗ってる時も、携帯いじってる人を見ては
「あいつ等は組織におれの事を報告してるに違い無い」って突然キレたりもしてた
日に日にその妄想は酷くなり、最後には友達や親友をも疑い始めてた
みんなでタイへ卒業旅行に行って、酒飲んで大騒ぎしてる時に事件は起きたよ
そいつが突然キレて「お前等全員で俺をここで殺すんだろ!その為に海外に連れて来たんだ」
って大声で叫びながら、ナイフを振り回した・・・
なんとかみんなで取り押さえて、次の日に両親に引き取りに来てもらって大事にはならなかったけど・・
結局その日以来、彼は学校にも卒業式にも来なかった

後日その両親に聞いた所、有名大学なのにも関わらず1人だけ就職が決まらなかった事が
彼のプライドを傷付け、そのストレスが原因でおかしくなってしまったらしい
彼にはその日以来会ってないけど、みんなで毎月手紙を書こうと決め
今でも毎月俺も手紙を出してるよ
忙しくてなかなか会えないけど、いつかみんなでまた集まろうって内容で

546 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 10:11:08 ID:lytNSH/70
>>532-534
蜂蜜も砂糖もなまこもタダじゃないから、
金のない自分としてはやっぱり勿体ない……と思った。
なまこって、まだ生きてたんじゃないだろうな。
ガソリンの中で苦しんで死んでいく
大量のなまこの気持ちを考えると……

>>542
ロウソクが地面から生えてくる図を想像したら、
ちょっとオシャレな感じがして
笑ってしまった自分が後味悪い。

547 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 10:16:27 ID:lytNSH/70
>>545
いい仲間たちじゃないですか。545もえらいね。
お友達、少しずつでも良くなるといいね。

548 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 10:24:11 ID:cSA2UsqHO
>545と仲間たちが本当に組織の一員である展開を希望、
とワンピースに影響されて言ってみる

549 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 10:48:41 ID:QWIyoDA40
最初は彼の新しいギャグだと思ってたよ
ギャグだと思って大笑いしたり、友達の中には悪ノリして
「俺は世界ドリル連盟の一員で、世界中のズルムケを全て抹殺する」
とか言い出す奴もいたり・・・

だから彼が本気だって気付いた時には、恐いとか引くって感情よりも
なんだか申し訳ない気持ちで一杯になったよ orz

550 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 10:56:05 ID:lytNSH/70
>>549
しかしそりゃ、まともな精神状態なら、もろ冗談だと解るじゃん。
やっぱりその彼は、特殊な追いつめられ方したんだと思う。
同じような立場でも、一人で前向きに乗り切る人もいるんだし。
あまり責任を感じすぎる事ないと思うよ。


551 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 10:56:48 ID:hzUqMTVj0
>忙しくてなかなか会えないけど、いつかみんなでまた集まろうって内容で
それで彼が真に受けて戻ってきたらどうするんだろう。
さらに強力な電波を発して。
後味悪い展開が期待できそうだ。

552 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 10:59:15 ID:lytNSH/70
>>551
この件に関しては、そうならないよう祈るよ。

553 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 11:01:14 ID:RfODaaak0
>>549
始めは彼も冗談のつもりだったんだけど、段々と現実感を帯びて来て妄想化したって感じかもよ。
そんな事もあるかも。

554 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 11:08:02 ID:lytNSH/70
とにかく、ストレスは良くなひ。

555 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 11:08:02 ID:Y0U1pZrR0
エエ話や。こんな友達を持ちたいものであるなあ。
仲間思いの優しい子達の純粋な好意が大惨事に、と勝手に妄想して
まだ何も起こってないのに悲しくなってきた。


>>546
嫌がらせのためにガソリンタンクにブチ込まれて最期を遂げるナマコ…
そんな死に方は嫌だ!ウツボに食われたほうが500,000倍マシだ。
いや、どっちもどっちか。でもなんかやるせねえな。

556 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 11:12:49 ID:lytNSH/70
>>555
ウツボに食われるなら、食物連鎖だから、まあ、
少しは何かの役にたってるような気がするけど、
ガソリン漬けぢゃ全く不毛なムダ死にだもんなあ…
「人間め〜!!」とか思うよな、絶対。

557 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 13:58:09 ID:B9jgiiNG0
なまこみたいな得体の知れないものの気持ちになってる
のがちょっと…後味悪いよw

558 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 14:00:02 ID:KOfPcN7s0
ニンゲンメー! と怒ってるなまこを想像したら笑ってしまったよ。

559 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 14:29:59 ID:gmrpJNox0
こないだ見た夢

俺の家に、ジジイ(他人)の幽霊がでるようになる。
ある日、その幽霊が俺の部屋に入ってくる。
俺はビビッて、両親の部屋まで逃げるが
そこにはうつぶせに倒れた両親の遺体があり、側に黒ずくめの男が立っている。
黒ずくめの男は「お前の親を殺したのはジジイの幽霊だ」と言う。
俺はキレて、ジジイの幽霊を倒そうと思い、ジジイに金属バットで殴りかかる!
無駄な行為かと思ったが、バットはジジイの頭をかち割った!!
そして、ジジイはその場に倒れて動かなくなった。
呆然としていると、「○○!(俺の名前)」と呼ばれて振り返ると、
そこには死んだと思っていた両親がいた・・・

両親は生きており、幽霊だと思っていたジジイは生身の人間で
俺は殺人者になってしまいました、というお話。

友人にこの話したら、黒ずくめの男がホントの幽霊で
お前を陥れたんだろうっていってました。




560 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 14:42:05 ID:4v4MPr940
>>559
おまえの夢なんかに人が興味持つとでも思ってるのか

561 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 14:44:52 ID:RfODaaak0
ちょっと興味持っちゃった俺が>>560を読んで後味悪い。。。

562 :559:2005/05/13(金) 14:57:04 ID:gmrpJNox0
>>560
返す言葉も無いです。とりあえず、レスにワロタw


563 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 15:14:04 ID:vSYQJ1zV0
>557
ttp://maski.web.infoseek.co.jp/index2.htm 「ナマコ帝国」オヌヌメ。

564 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 15:21:56 ID:ABNrowDK0
>>545
大学の時の知り合いはクスリやっててそんな感じになったよ。
世の中の人間全て敵だ!俺は監視されてるんだ!って言って暴れたりした。
田舎者だったから、そんなクスリを大学生が手に入れられる方が驚きだった。

565 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 17:31:02 ID:kSVtqPm70
>>559
さぞ後味悪かったろうと思うが、ある意味、健康的な夢だと解釈。

夢分析では、それがどんなに「まさか!!」と思われても、
それまであったAが消えて、直後にBが出現した場合、
AとBは同一のものを現す、という。この夢では、生きている(?)じいさんと
生きているご両親が同時に存在してる事がないようだ。だから、559の中で
このじいさんとご両親は、同一の意味を持っていたと思う。559がじいさんを撲殺するまでは。
何か、両親の考え方で、負担になってた部分があるんじゃない?
559は、それを好きなご両親の罪ではなく、古い慣習そのもののせいだと捉え、
それを粉砕する事で、無意識に自分と両親の絆を断ち切るまいとしたんだと思う。
黒服の人物は、実に理性的な、559自身だったと思う。
じいさんを「幽霊」と認識してたのは、本当はそれが代用の姿だと知ってたから。
「金属バット」には明確な殺意が感じられる。必要だったのだ。
殴った時の手応えや死体は、きっとリアルだったと想像する。
それは、じいさんが、ご両親に依存していた559本人の心でもあるからだと思う。

人は心の中で、無数の殺人と出産を繰り返して成長するという。
それをコントロールできないと、現実世界で意味もなく、
自分の代わりに他人を殺してしまったりするわけだ。
今回は、559にとって何か大きな転機だったんだろう。
たぶん、忘れてはいけない夢なのだと思うよ。


566 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 17:38:31 ID:kSVtqPm70
>>563
カワイイ。やっぱり世の中には、こおゆう得体の知れないものに
愛情を感じる人もいるのだなあ。

ところで、ナマコじゃないけど、この手のうやうやごにょごにょしたものの
出てくる後味悪いマンガを思い出したよ。
風間宏子の「美食倶楽部」って読み切り、一部じゃ有名だし、ガイシュツ?

567 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 17:40:37 ID:cSA2UsqHO
夢分析というものは「棒状のものは全てちんこの暗喩」
「穴は全てまんこの暗喩」という理解でいいんでしょうか?

568 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 17:46:29 ID:YaCLs3O20
>>545を読んで思い出したのだが知人の女性に聞いた話。

知人が大学生の時、友人の一人に明るくて仲良しグループのムードメーカーのような子がいたのだそうな
その子はよく気きくし、冗談とかも言い合えて皆から慕われていたらしいのだが、
ある時皆でふざけ合いながら馬鹿話をしているときにその子が「最近いろいろ大変でさー鬱病になっちゃったよw」
と冗談めかして言ったらしい。
まわりはいつも明るく冗談とか言っているそのこがそんな事いったもんだから
「またまた、冗談でしょw」とか「そんな、心臓に毛がはえている○○らしくないw」
ってな感じで笑っていたら、本人も「いやいや、私はガラスのハートを持つ乙女よん」
とか笑いながら言い、皆でそのまま笑いながら馬鹿話をつづけたそうな。

落ちはもう分かると思うがそれから数ヵ月後、実は本当にその子が鬱病だったと言うことが発覚。
けれど、本当に鬱病だったと分かるまでにその子は数回「私は鬱病になった」
みたいな事を冗談めかして言ったらしいのだが、みんな冗談だと思っていて笑いながら茶化していたらしい。


569 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 17:49:51 ID:3g4enEJZ0
フロイトって発想がただのエロいオッサンだよな。
と、思う時がある。

570 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 17:51:05 ID:z08pPiF00
>>567
いんでない。人間もしょせん動物の一種で
本能としては子孫の繁栄が最優先事項なんだし。
生命の存在意義は、それ以上でも、それ以下でもない。

571 :565:2005/05/13(金) 17:51:12 ID:kSVtqPm70
>>567
マジで聞いてる? だったら夢スレへ。
後味の悪い夢は本人だけに意味がある事が多いけど、
ここの性質上、「全くスルーするのも名がすたる」と思ったので、
考えた事を書いてみたのれす。読みづらかったら、ごめん。


572 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 17:57:04 ID:Gp6Qj3AZ0
>>569
あのバッサリ加減はまさに漢だよな。

573 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 18:59:02 ID:kSVtqPm70
>>572
フロイトは、自分の心の闇に苦しんで、
体系付けることで意味を持たせようとし、
学問として昇華させたエラエロイおっさんなのさ。
でもそのために、自分の性的な過去を多々暴露した事について、
後にひどくまた悩む事になったのだ。
しかも愛弟子ユングは離反するわ、今では学説否定されるわで、
なかなか後味悪い人生なのだよ。マネできねー!!

574 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 19:10:43 ID:R3rqpvK40
>>568
躁鬱だな。

575 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 20:35:48 ID:wK3LVLg50
質問いいですか…?

576 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 20:36:22 ID:kSVtqPm70
質問次第


577 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 20:37:31 ID:wK3LVLg50
回答ありがとう!
ではまた!

578 :やっぱりオチは「後味悪い」?:2005/05/13(金) 20:39:05 ID:oCIVbXgF0
この場に居合わせた俺は、どうリアクションすればいいのか・・・

579 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 20:41:37 ID:TpvG+Mre0
>>578
同感

580 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 20:45:04 ID:gAv1E4H0O
わたし 待ってるから 約束したよね。だから待ってるんだよ  
  死んでも 一緒だよって、  いしん で いっしょ、 おなじ ないじおなじねじ、
 早くきてね、ここは とっても 暗くて、 こわいから。

581 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 20:46:54 ID:HgI0yc0B0
知的な障害者
知的障害者

なるならどっち?

582 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 20:47:13 ID:kSVtqPm70
「○○○についてなんですけど…」系の返答を
期待してたんだが…


583 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 23:00:00 ID:SQgmLrQZ0
うん

584 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 23:30:25 ID:kSVtqPm70
なんか煮詰まってきたから、誰か何か
後味悪い話してくれ。

585 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 23:36:42 ID:uW51IJnOO
サイトで知り合った奴とホテルで待ち合わせしたら、部屋の中にいたのは男だった
ちんちんしごいて乳首なめて勘弁してもらった…
俺も少しちんちん触られた

ネタにしか見えないし、あの驚愕と恐怖は伝わらないな…
マジなんだけど
後でサイト見てホームまでさかのぼったらゲイサイトだったわけです

後味っつーか一週間悪夢を見続けてる

586 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 23:39:18 ID:uW51IJnOO
ちなみにラブホじゃなくて普通のホテルのステイプランで、先方が先にチェックインしてた
ラブホは同性断られやすいし別々に入りづらいから、ステイプランはこういう方々の御用達だったのかも

587 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 23:41:44 ID:kSVtqPm70
>>586
なるほど
一つ社会勉強になった

588 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 23:45:57 ID:RfODaaak0
>>585
てか抜かれるより抜く方が難しいと思うんだけど。。。

589 :本当にあった怖い名無し:2005/05/13(金) 23:54:25 ID:uW51IJnOO
>>588
かなりがんばったよ
とにかく早くいかせようと、ローション(相手が持ってきてた。半分減ってたし、別の用途に使う気なんじゃないかと思うと怖くてたまらなかった)を塗って、ゆっくりとなでたり早くこすったり、自分でやるときよりもずっと丁寧にやったんだ

こちらはいかなかったw
緊張してるからと許してもらった
パンツも脱がなかったよ
隙間から手をつっこまれた

590 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 00:40:41 ID:W5qSJDamO
>>585
そんで、首輪はめられて「ご主人様」って呼ばされたんだろ?

591 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 01:10:07 ID:atll59oj0
昔雑誌か本かなんかで読んだ話だけど……。

「宝クジ」って、始まった頃は1等当選者のこととか、
普通の街ネタとして実名で報道してたそうだね。
で、第1回の当選者のことは新聞で大々的に報道された。
するとその後、「寄付してくれ」だの「金貸してくれ」だの
「出資してくれ」だの言う連中が当選者一家のもとに殺到したらしい。
なんだかんだで、当選者一家はいつしかせっかくの賞金も使い果たし、
借金を背負うまでになったんだそうだ。
そして、当選者の笑顔が掲載された新聞紙面に、数年後、
その当選者の自殺のニュースが掲載された。
その反省から、宝クジの当選報道では実名を伏せることになったという。

これが事実かどうかは、ネットで調べてもウラがとれないんだけど、
かなりリアリティのある話だと思う。

592 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 01:46:19 ID:6EdAfHQM0
>>591
宝くじネタなんてのはこの手の話の宝庫ぽいですな。
昔TVで見たものでは、欧州のどこかの国の話。

宝くじの一等が当たった子供を持つ夫婦。
幸せな笑顔で当選が報じられるが、ある男がこれを見て宝くじ事務所(?)に電話。
  「この当選者の住所を教えて欲しい。」
担当者はあろうことか住所を教えてしまった。
そして当選者の子供が誘拐されてしまう。
この国ではそんなケースは初めてだったらしく、捜査が難航。
市長自らTVで説得するも、最後には子供が遺体で見つかったという。

593 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 01:57:35 ID:xIek0OjL0
>>592
たこ焼き屋に潰された喫茶店みたいなものか。

594 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 02:00:26 ID:LDzpr3gS0
ニホンでの宝くじの始まりって富くじか?
江戸時代の話じゃ、ネットで裏がとれるか怪しいね!

…なんて私は意地悪なんだ。オオーオオー。

リアルっつーか、そんなのーてんきな考え無しな社会、信じられないよ。


595 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 03:11:46 ID:/CL2b2hJ0
今は当選者のこと公表してないし、宝くじ売ってるとこも「絶対に秘密は漏れません」と言ってる
のに、当選するとなぜか寄付してくれとか言う勧誘がいっぱい来る

…ってのは、よく聞くね。

596 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 03:19:02 ID:gaQfwB3n0
まあ、ある程度、自分で吹聴しちゃうんだろう。

597 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 03:29:39 ID:OOFTMdYP0
落語の『富久』みたいに、借金の返済でパーッと使っちゃうんだろう。

598 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 03:36:53 ID:OMQ4u0Gr0
今では賞金があたると、「当選者の方へ」という冊子がついてくるらしい。
当選者が上に書いてあるような末路をたどらないための注意事項、
(そんな事例ばっかりだったら、「くじなんてもうやめろ」という世論が高まるからね)
くれぐれも人生狂わせないように、という戒めの言葉が書いてあるそうな。

やや後味ワルーw

599 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 03:37:54 ID:ADFHQuFv0
筒井康隆のタイトル忘れた
ブサイクな女にカワイイカワイイとみんなで言って育てて
18歳の誕生日に「お前はホントは絶世のブサイクなんだよm9(^Д^)プギャー」

って教えるやつ

600 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 03:40:26 ID:BBRVp1gp0
600get

601 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 03:57:12 ID:MH32isrEO
>>599
そんな話あったねぇ
確かなんたら飯店とかいう短編集だった希ガス
俺は一番最初に入ってる薬膳料理店の話が好き

602 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 04:32:21 ID:3ep+xKUx0
>>599
イチゴの日?

主人公の反撃が後味悪いというよりむしろ痛快だった希ガス

603 :名無しさん:2005/05/14(土) 06:50:08 ID:UIWn0EZg0
「後味の悪い話」の過去ログに身体障害者の不随になった部分を切り落とす話ありませんでしたか?
確かその部分を切り落とすと身体が軽くなって飛躍的に運動能力が向上するという内容だったと思います。
うろ覚えなんでもしかしたらここじゃなかったかもしれないですけれども
もし知ってる人が居れば教えてください。
かなりの長文で読み応えがあったのでもう一回読みたいのです

604 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 06:58:01 ID:DOBgIonp0
落語の800両だかあたった人がその負担に抗しきれずに・・・
という話が合ったと思うのだがオチが思い出せん。後味悪い。

605 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 09:03:11 ID:zTxrEH+x0
昔うちの親戚がクジで米何俵だか当てたけど、帰る途中でたかられまくって
家に着く前に全部なくなったという話を思い出した。

606 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 09:13:02 ID:SIRU3UG50
>>595
ある団体に所属する銀行員からその団体に漏れちゃうかもしれないね。

607 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 09:23:59 ID:ZgnJsbvW0
>>603
「廃用身」ですよね?
自分も気になってましたが、文庫出たので読みました。
面白かった(といっていいのか?)んで、本読んだ方がいいかも。

608 :本当にあった恐い名無し:2005/05/14(土) 09:27:59 ID:894vs+e+0
アメリカのカジノでスロットルにバカ勝ちした女性がいて
(アメのスロットルは凄いらしい。昨日の競馬3連単の百円が一千万に化けた
どころの話ではない倍率のようだ)
一夜にして億万長者になったんだけど、その後、車で事故を起こして
同乗していた妹は死亡、自身も半身不随になり
「お金なんて全部なくしてもいいから健康を取り戻したい…」
と漏らしているそうです。
日本でもそのスロットルに当たった瞬間の映像が流れたりして話題になってました。

609 :名無しさん:2005/05/14(土) 11:07:48 ID:UIWn0EZg0
>>607
ありがとうございます!
久しぶりに読んで・・・やっぱり面白い!
本買う事にしますー

610 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 11:58:59 ID:fIaFS3Y+0
>>606
ある団体

ヒント:        ←頼む、後味悪いから

611 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 12:17:47 ID:zh9qZxcJ0
>>610
ええっ!!
分からないの?宝くじを扱っているところを考えたらすぐわかるじゃん。

後味わるぅ〜

612 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 12:26:12 ID:85eSd12O0
なんか性格悪そうなレスだな・・・

613 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 12:31:06 ID:p/eiFNsKO
最近、寝ようとベッドに入るとラップ現象が起こるんだが・・・・

614 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 12:32:53 ID:zh9qZxcJ0
>>612
確かにそう見えますね。スマソ


615 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 12:37:25 ID:pzaWqMjE0
警察の中でさえ、朝鮮の血が入ってる人や、層化、左翼がいるんだから、
(比率的に数は相当少ないようだが)
銀行員の中にはそれこそいろんな思想、宗教の人がいるだろうさ。


616 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 14:31:53 ID:gaQfwB3n0
法月綸太郎の作品に、宝くじを当てた家族が殺されるのがあったよね。

617 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 14:43:48 ID:8S0zI5as0
 オカルト的に説明してみると、
宝くじで大当たりした奴には、全く当たらなかった奴からの
嫉妬が負のエネルギーとなって集まってくる。
 もちろん、当たらなかった人達の殆どは「羨ましいねぇ」
で済ませるが、無意識下での本音は変えられない。
1人1人の念は弱いが、何万、何十万の意識が
束になれば強力な念が出来上がる訳。
で、たまたま守護霊が守りきれないとその念にとりつかれて
不幸が続いてしまうんだ・・。
 賞金の一部でも、親のない子供達の施設やら不幸に人への
寄付にすれば、その得によって怨念をはね返す力が増す。

こんなんでどうでしょう?

618 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 14:54:16 ID:316tT4pv0
何十億のも宝くじが当たって、悠悠自適に幸せに
暮らしてる大金持ちなんて、アメリカにいっぱいいるよ。
そういう人達だけが参加できる宝くじ長者のパーティー
なんかもあって、いつだったかテレビで放送してたし。
日本の宝くじなんて、せいぜい多くても1億とか3億。
そんなもんでいちいち不幸なんぞ背負ってられるかっつーの。

619 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 15:05:49 ID:zp+042O10
>>617
その理屈だと全額寄付すれば外れた連中の呪いをほとんど避けることが出来るはずだが
実際そううまくいかんだろう。

でも一回でいいから当ってみたい。当たりやがれ。当れ。当れよ。当ってください。お願い、当って。

620 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 15:05:54 ID:gaQfwB3n0
そのイキじゃね。
俺は一億も三億も持ってないけど、
いっぺん言ってみてー。

621 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 15:14:26 ID:SAS9kUnj0
>>618-619
中らなかったヤツの呪いの強さを、空くじをかった値段(枚数)で換算すると、
全てのくじの値段=全ての当選金額ではないから、中ったヤツだけが寄付すれば解消されるという訳でもない。
宝くじ振興会が収益金を全額寄付すれば解消されるかも。
ただ、当選しても受け取らないヤツがいるからさらに。。。


自分でも書いてて無理あり過ぎなのでry

622 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 15:18:53 ID:6EdAfHQM0
1000万くらいを当てるのが賢いという事ですね。
ちなみに私は300円が惜しいので宝くじを買いません。

623 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 15:25:43 ID:QIZmBvTz0
今まで何一ついいことがなかった奴が買えば当たるのか。

624 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 15:29:31 ID:6wLt1sCg0
>>623
そんな運の少ない人が、宝くじで運を使い果たすと死んでしまうよ。

625 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 15:34:04 ID:ZSjlFEsR0
>>622
ベストチョイスだね。

先日久し振りに事務所の引き出開けたらコーシーのシールいっぱい貼った葉書が入ってた。
年末にゴミ箱漁ってシールはがしまくってたら普段あまり口をきかないオジさんもやってきて
一緒にはがしてくれて、おまけにどっからか大量にシール持ってきて
「当ったらええなあ!」などと言ってたいたことを思い出した。
うわ、切手買うの忘れて出してなかったんだった…

引き出し開けるてこの葉書見るたびになんかモヤモヤと悲しい気分になる。
捨てたいけどなんとなく捨てられないんだよな。
出してたら当ってたかもしれないのに。どーせ当んないってと思いながらもやっぱりくやしい。

626 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 15:43:12 ID:6wLt1sCg0

そういうタイプの懸賞は、出したら当たった可能性高いよ。
漏れも缶ビールのシールで出すけどよく当たるよ。
と、>>625の後味を悪くしてみる。

627 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 16:29:17 ID:cwJU+1wo0
そうそう。こういう手間のかかるもん程あっけなく当たる。

628 :616ネタバレあり:2005/05/14(土) 16:40:50 ID:gaQfwB3n0
不幸が飛び火する話も出てるので、お話紹介。
実はこの作品集、読みかけの時に置き引きにあって、
財布もろとも本盗まれた。思い出とともに後味悪い。

真面目で実績もあり、部下の信望も厚い警部(確か)がいる。
彼の職歴には、ひとつだけ未解決の事件があった。
それが、宝くじが当たって喜んでる最中に殺された家族の事件。
盗まれた金も出て来ていない。もうすぐ時効になる。
心残りを語っている所へ、一人の青年が訪ねてくる。
殺された一家の生き残った少年が成長したのだ。あいさつを交わす二人。
おだやかに話が進む。
だがだんだん、青年は当時の警部の捜査の矛盾などをついてくる。
除々に緊迫してくる会話。警部の様子がおかしくなってくる。
クライマックス。殺人犯は、警部だった。
その頃、警部は家にも帰れないほど多忙を極め、
自分の家庭がどん底の不幸を迎えていた真っ最中だった。
ふと、くじで当たった金を囲んで喜んでる一家を見かけ、
俺が人のために働いてこんなに不幸になってるのにこいつらは!
と思い、自分が止められなくなってしまったのだ。
警部はもうすぐ定年のはずだった。ゆっくりした老後と
たっぷりの資金、楽しいバカンスが待っているはずだった。
何十年も危険を顧みず働き、手に入れていた人望と名誉。
最終ラウンドで、彼はその全てを失ったのだった。

629 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 16:49:21 ID:f1uzBYzU0
そーいやドイツ?イタリア?で
宝くじ巡って破産者と死者が続出したらしいな。
当選が出ないまんまずんずん賞金が上乗せされたラスィ。
んでその当たりクジ巡って全財産つぎこんで自殺したり
横領してクジ買って捕まったりさ。
海外は賞金が50億とか60億なんだよな。
そんな金がどっから出てくるんだ・・・

630 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 17:06:46 ID:JDcPN/ILO
>>628 後味悪いか?
青年が何も知らなくてお礼だけして うなだれて帰っていって
それを警部が後ろでほくそ笑んでたら
後味が悪い。

631 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 17:11:37 ID:IeT3NEBV0
>>618
テレビの映像は全部捏造で
当選した人はみんなテレビセットの中の廃墟で
骸骨になってるんじゃない?で最後マッチョが
司会者を燃やす。

632 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 17:30:26 ID:6EdAfHQM0
>>628
週間ストーリランドでアニメ化されてましたね。原作はそれか・・・

「俺は命をかけて500円、あいつらは運が良いだけで一億円・・・」
というセリフが心に残ってる。

633 :628:2005/05/14(土) 17:55:30 ID:gaQfwB3n0
>>632
あ、見てないけどたぶんソレ。
ノリリンのミステリーは、「悩める青年作家」の異名通り、
つらくて後味悪いモノが多いよね。
さっぱりオシャレな都会派を気取る事もあるけど、
鬱系の作品が本来のこの人のスタイルだと思ふ。


634 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 18:00:47 ID:GuPeI1KK0
>「俺は命をかけて500円、あいつらは運が良いだけで一億円・・・」
500円ってなに?
給料を時給に換算したら500円か?
まさかそんな安くないよな。

635 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 18:02:04 ID:EmIu/Rjf0
「運が良いだけで…」とか言ってもさ、当たった人達だってそれまでにものすごく苦労して
いたかも知れないのにね。それこそ、羨む人の苦労なんて比べ物にならない程の。
そんなの比べて羨んだり悔しがったりする暇があったら働けと。

と言いつつ、去年アメリカの某宝くじで一億ドル当てた奴が、既に億万長者だったと
知った時には流石にむっとしたな。
そういう奴はそもそも宝くじなんか買うんじゃねえ。アレは庶民限定のお楽しみだろうが。

636 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 18:15:22 ID:WXayYhaR0
そういえば漫画のあさりちゃんで、
金持ちの同級生が、小さな幸せを喜ぶあさりに「器が小さい」と言って、
「アタクシのおじいさまは宝くじが300万当たったけど、喜ばなかった。
一等賞は3億なのに、たったの300万しかあたらないなんて、不幸だってね」
みたいなことを言ってた。
この漫画の作者は小学生に夢のないこと言わせたら天才。


前にやってた仰天ニュースから。
職場の同僚とお金を出し合って宝くじ購入。
代表で買いにいった人が、ついでに自分用に、自分の財布からお金を出してくじ購入。
そしたら大当たり、巨万の富が。
しかし、職場の同僚たちは「そのくじは自分たちと買ったくじだから、金をよこせ」という。
しかし代理で買った人は「みんなで買ったくじは外れた。当たったのは個人的に買ったクジだ」
という、

結局裁判になりかけたが、
くじを購入した時間とくじの通し番号で代理で買いに行った人の証言が正しいことがわかった。
お金はその人のものになったが、そのせいで友人と仕事を失ってしまった…
まぁ向こうの人は切り替えが早いし、相当ハッピーな老後を送ってそうだけどな。

637 :632:2005/05/14(土) 18:20:54 ID:6EdAfHQM0
>>634
あぁ、刑事さんだから、何かの捜査の危険手当みたいなものだったらしいですよ。
封筒を開けたら500円玉がコロリ。

638 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 18:27:00 ID:8LIgrm6S0
>>606
国民の約1割が信者だ、と言ってはばからない巨大カルトがありますもんね
法曹界にもたくさんメンバーを送り込んでいるという


639 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 18:29:11 ID:gaQfwB3n0
>>634
警察官のもらう「金一封」って、
功労の内容に関わらず、公務員だから
500円って決められてる、って聞いたよ。


640 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 19:04:38 ID:KrO4Pd0E0
お金じゃないのよさんまちゃん

641 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 19:25:09 ID:tRtnlXfF0
>>595
銀行員にも創価は紛れ込んでるからね
どうにもならないんだよ

642 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 19:28:23 ID:wkZc0ELn0
ttp://www.unexpectedprices.com/main-187.html


643 :639:2005/05/14(土) 19:39:27 ID:gaQfwB3n0
>>642
ああ、そうそう、こんな感じ。
ちゃんと情報あるんだな。

644 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 20:25:24 ID:gaQfwB3n0
>>640
しかし金は欲しいぞ。本買いたいし。

645 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 21:27:31 ID:gaQfwB3n0
30年くらい前に少年チャンピオンに
「カリュウド」って漫画が連載されてたんだが、
これが高校生の少年が、汚いオトナを制裁していく話だった。
ただしシリーズの冒頭で主人公は脳移植の手術を受けていて、
この時、手違いで、世の中を恨んで死んでいった
囚人の脳が移植されたという設定。主人公はその脳に動かされる。
制裁に関しては、本人は良く解ってなかったりするんだが、
元が死刑囚の脳なので、制裁の仕方もとてもクリーンとは言えず、
イヤーな感じを残す話が多かった。
大体ターゲットは、金持ちや金に執着のある奴ら。
読み返してみたいんだが、復刻とか全然されない。

その「カリュウド」から、「たった10円の命」とかいうサブタイの
回が印象深かった。

貧しい花屋の娘が、富豪の一人息子と恋に落ちる。
純愛で、息子もなかなか良い奴。結婚したい二人だが、
もちろん息子の両親は許さない。娘を金目当てと決めつけ、見下してる。
「本当に愛している」と泣く娘に10円玉をふりまき、
「あんたなんて、手切れ金もこれで充分よ」みたいな感じ。
息子は確か、ムリヤリ海外にやられてしまう。娘は傷心のあまり自殺。
この経緯を、主人公が見ている。燃えるような目。

646 :645:2005/05/14(土) 21:30:42 ID:gaQfwB3n0
つづき

ある日、その金持ち夫婦が山の別荘に行く。詳しくは忘れたが、
主人公は荷物運びか何かして、金持ち婦人にお礼をもらうことに。
その時、「あんたの持ってる小銭を全部欲しい」という。
婦人は笑って、10円玉や100円玉を全部やってしまう。
帰り道で、夫婦の車のブレーキがきかなくなる。もちろん主人公の細工。
車はガードレールに突っ込み炎上。婦人はからがら這いだし、
近くの公衆電話をかけようとするが、小銭がない!
携帯も、カード電話もない時代。パニくる婦人。そこへ、
ヒッピー風の貧しそうな若者たちがやってくる。10円玉をくれと泣きわめく婦人。
「何百万もしそうな毛皮着てるおばちゃんが、俺たちに10円くれってよ」
「面白いねえ」ゲラゲラ笑いながら、行ってしまう若者たち。
這いつくばる婦人の前に現れる主人公。
婦人の前で、手に持った小銭を谷底にばらまく。
あんたには大したもんじゃないんだろう?
谷底を見て、泣き続ける婦人。
満足そうに、去っていく主人公。
谷底に、風。


647 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 21:34:47 ID:6gYeCeEd0
>646
119は10円入れなくてもかけられたと思うんだ

648 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 21:44:30 ID:smcpPS0J0
>645
金持ちだったら自分の子供が身分の違う相手と結婚するのを
反対するのは当たり前だし、娘が自殺したのも本人の勝手。
まあ十円ばらまいたのは酷いにしたってそのむくいに
なんでそんな目に合わなきゃならないんだろう。

あ、後味悪いからスレタイにはそってるかw

649 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 21:44:46 ID:TCuHLnAM0
30年前をなめるなよ

650 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 21:54:38 ID:SAS9kUnj0
そうか30年前なら小銭なくて緊急電話にかけられなくても納得?
身分違いの恋を認められなくて自殺するのも珍しくないし
それを主人公のようなヤツが怒る無理のある展開も30年前のチャンピオンならあるかも知れない。
金持ち婦人も氏んだ訳じゃないから「いい気味」ですんだのかもね。

651 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 21:56:30 ID:qaSiqN+T0
>647
周到な主人公は電話の緊急ボタンを壊しておくのも忘れない。
つーか10円にこだわらず、ヒッピーに事故のこと説明して
助けてもらえばいいだろ。

652 :645:2005/05/14(土) 22:16:15 ID:gaQfwB3n0
>>650>>651
ええと、亭主の方は確かそれで死んでるんですよ。
婦人はパニくるあまり、スジの通った事を
言える状態ではない、ような描写でした。


653 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 22:45:26 ID:jMYgOMHw0
10円を入れてからじゃないと緊急も繋がらないんじゃなかったけか。
まえにTVで、子供が119かけるのに
「そうだ、10円入れなきゃだめなんだ!」って思い出して無事に通話、
お手柄小学生!とかいう番組やってた。
10円必要って知らなかったからびっくりした覚えがある。
昔の赤電話もそういう仕様なんだろな。
カリュウドは小指の色が変わるんだよね、痛みもあるんだったかな。

654 :645:2005/05/14(土) 23:03:32 ID:gaQfwB3n0
>>653
そーです!
第1話冒頭で、その囚人の死刑シーンがあって、
囚人は死ぬ前に「くにのオフクロに届けて欲しい」と言って
右(?)手の小指をかみ切るんですよね。
主人公の少年は手術後、何故か解らないまま、
その囚人のいた刑務所の近くに来る。で偶然、
指を受け取った看守を見かけるわけです。
看守は約束の事はすっかり忘れてて、その時、
ひからびた指がポケットから出てきて思い出した所だった。
でも「こんな気持ちの悪いモノ」とか言って、ゴミ箱に捨てる。
それを見た時、主人公の小指の色が変わり、うずき出す。
本人も、別人のような恐ろしい形相に変わり、その看守は
少年によって殺されてしまうのです。
少年の制裁は、基本的にいつも殺人で、毎回そりゃ後味悪いでした。

655 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 23:16:57 ID:IeT3NEBV0
そうだ!
10円足りなかったら牛丼も買えんのだぞ!

656 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 23:29:41 ID:B6X/bvAg0
>>653
そう。全部の公衆電話がそうかどうかは知らないが、緊急電話は10円入れてかけてから、
後で10円が戻ってくるんだよね。

657 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 23:30:05 ID:HnR/Bx+W0
>>653
10円必要ってまじかよ?

658 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 23:32:48 ID:SAS9kUnj0
緊急電話用のボタンがあるよね?
それってピンクと緑だけだっけ?

659 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 23:42:22 ID:45kMdjI40
食いちぎった指を無造作にポケットに入れてた看守が怖い。

660 :本当にあった怖い名無し:2005/05/14(土) 23:57:39 ID:+g9mYuFC0
今でも10円必要なのか?
運良く10円持ってなきゃ緊急通報も意味ねえな。
今は変わってんのかな。

661 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 00:19:33 ID:om7ZjTURO
いや、10円入れなくてもかけられる。
そーじゃなきゃ緊急の意味無いって。
最近は携帯ばっかりになっちまったから良く見た事ないんだろ?

662 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 00:21:05 ID:wJtIc2xT0
公衆電話自体がどんどん撤去されて無くなってるしなぁ。

663 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 00:56:08 ID:+ep1fO4Q0
昔の公衆電話って、110と119だけかけられる専用のちっこいダイヤル
みたいのがついてた記憶があるんだけど…
確か赤くて小さい四角い箱にダイヤルついたやつ。

664 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 01:19:13 ID:H06KQlie0
>>663
そう言えば、たまぁ〜に見かけた事があるかも。
普通の電話の横に、ちんまりと設置してあったりして。
110番にせよ何にせよ10円が必要だった頃には、
この「10円」をキーワードにいろいろドラマがあった気がする。
自分を捨てて別の女と結婚した恋人の家に、
えんえん電話をかけ続ける女の話とかあった。
呼び出し音の後、相手が出たとたんに切ると、10円もどって来るから、
自宅に電話のないその女は、毎日何度も10円を握りしめて外出する。
同じ10円玉で、朝な夕な、何度も男の家に電話をかけては切る。
たった10円で、男に自分の存在を忘れないでおかせる事が嬉しい。
今日も女は10円玉を持って出かけていく……みたいな話。

665 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 01:21:34 ID:ILyjkCbq0
ttp://www.ekanji.com/telephone/photos2.html



あんまり昔だと「緊急用ボタン」は無いみたい?その代わりに「緊急電話」があるのかなー。
30年前がどうとかはここではわからない。

666 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 01:24:44 ID:QxOYxjzg0
>>660
その番組は精々去年位のやつだったよ。その(確か緑の)公衆電話は

10円投入→緊急ボタンポチッ→会話→受話器戻す→10円カエル

だったな。
カリュウドの指って移植されたんじゃ無かったのか、市らなんだ。

667 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 01:32:06 ID:H06KQlie0
>>666
主人公の指は全部そろってるんだけど、囚人の脳が動き出すと、
噛み切った指の痛みがよみがえって…って事だったと思います。
一色印刷ではわからなかったけど、カラーページの時の記憶では、
どす黒いというかどす青いというか、
そんな変色をしてましたよね。

668 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 01:41:39 ID:EdqDvpzs0
あのん、このスレ最近になってから見てるんでわからないんですが
「屋根裏部屋の天使たち」とかっていう邦題の米映画のはなしは既出ですか?
かなり昔の映画なんですが知ってる方いますよね?
あれって・・・・最悪ですよね・・・・思い出したらブルーになってきた・・・・・

669 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 01:54:30 ID:EdqDvpzs0
ごめん、まちがえた「屋根裏部屋の花たち」だそーな↑

670 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 01:54:40 ID:H06KQlie0
>>669
「屋根裏部屋の花たち」?

671 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 01:58:59 ID:7/LJ4vGZ0
ああ

672 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 02:01:13 ID:Wxif0xn+0
>>669
聞きたい

673 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 02:06:36 ID:KR5I61f60
>>668
V.C. アンドリュース ?

674 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 02:20:15 ID:H06KQlie0
>>669
結構長いシリーズ小説の、第1巻だけが
映画化実現したやつだね。
作者のアンドリュースは、確か身体障害者だったような。

675 :668:2005/05/15(日) 02:35:50 ID:EdqDvpzs0
あ、申し訳ない・・・別スレいってたんだ
>>673.674
そです。 そのアンドリュース原作のやつです
あら1987年てなってるなぁ・・・もっと古かったと思ったが
>>672
オラの下手な文章でハンパに知ってしまうより映画みることを
お勧めいたします  探したこと無いけどTUTAYAであるんかな?
なんか、ネタ投下しといてこんなんでごめんね

676 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 02:36:33 ID:H06KQlie0
>>668
是非、映画版のお話、お願いします。

677 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 02:59:36 ID:H06KQlie0
>>675
別スレ情報では、TUTAYAには無いってよ

678 :668:2005/05/15(日) 03:25:13 ID:EdqDvpzs0
うーんと・・・あのう、じゃ簡単に書いてみるわ
ある所に幸せに暮らす6人家族(親2人、子4人)がいて
んである日、父親が事故って死亡。母親は途方にくれるも
生活のために、大金持ちの実家に子供をつれて帰る。
そしたら、実家の叔父と叔母?だかに子供たちは屋根裏部屋に幽閉されて
母親とあわせないようにされて食事もロクなもの与えられないで、厳重に監視される中
脱出をこころみるも失敗したりして(このへん憶えてない)ある日、末っ子?の男の子が
ヒ素入りのクッキーを食べさせられて死んでしまう。
母親はなにしてんのかというと、高価な宝石やら服やらあたえられて年中パーティー
やってみたいな生活して子供のことなんかすっかり忘れていく・・・それどころか
なんか、イイトコのイケメンと再婚のチャンスが到来して子供いないほうが都合がいいんで
しらないふりして暮らしてる。
残された子供たちは頭にきて母親とイケメンとの結婚式の会場にのりこんで母親をその場で
詰問していく、母親は子供たちに自分の子じゃないみたいな罵声をあびせながらも罪悪感からか
子供たちの迫力からかテラスのほうにあとずさりしていき・・・・子供たちはさらに追い詰め
母親は足場を踏み外して落下。
ウェディングドレスがテラスのはじっこにひっかかって首つって即死・・・・・・子供たちがその光景を
表情も無くみつめてからどこへともなく、とぼとぼ歩いていく・・・で、エンディング

ところどころちがうかもしんないけどこんな感じだったとおもう

長文すいません

679 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 03:25:43 ID:aIQL/6Q3O
同名の小説がいいよ
映画はイマイチだった

680 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 03:28:52 ID:aIQL/6Q3O
ちなみに映画では母親死んじゃうけど
小説は続編続々とかなり長生きします。


681 :668:2005/05/15(日) 03:34:55 ID:EdqDvpzs0
俺がこの映画TVで見た当時映画つったらジャキーチェンとか
その他アクション物しか好きじゃなかったし、現にそういった物
しかみたことなくて・・・んで、なんかダリーの始まったと思ってみてたら
まー胸糞わるい映画だったよ。  しばーらくブルーだったね。
>>677
あらーTUTAYAにないんですか!
ご確認どもです。

682 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 03:40:01 ID:3SuWsHZfO
映画では父と母が実は「伯父と姪」の関係。
そのせいで子供らは汚らわしいとか呪われてると
考えて親族が殺そうとするんだよね、確か。

683 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 04:31:36 ID:qybkT7RA0
「屋根裏部屋の花たち」私も見たけど、父親が生きてる時は
貧しくてもすごくいい家族なんだよね。夫婦仲もよくて。
実家に帰ってきた当初は、母親も本当に子供を救おうとしていて
「しばらくの辛抱だから」と子供たちに約束してる。
でも、だんだん贅沢暮らしに染まってきて、子供のことも段々疎ましくなってくる
くだりがかなり怖い。
でも、最後にはDQN母に復讐できたから私的にはスッとした。
末の弟殺された上、今更母親が改心して子供に詫びるとかの方がずっと後味悪い。

684 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 04:49:37 ID:22iMsiVx0
>682
外伝まで読むと父と母は実は(メル欄)だったのがわかる。
もっとひどい。

685 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 05:07:23 ID:H06KQlie0
妹は、育ち盛りに栄養が足りず、
太陽にも当たらなかったせいで不具になっちゃうんだよ


686 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 05:15:58 ID:ineDwgRI0
>>664
その話、漫画で見たことある。
叔母さんが持ってた昔の「マーガレット」だったかな、
読みきりで乗ってた。
妙に印象に残ってるんだよな。
高橋恵子がまだ15くらいで、「サインはV」が乗っていたくらい昔の漫画。


687 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 05:25:57 ID:H06KQlie0
>>686
牧 美也子的な絵柄ぢゃなかったかなあ……
違ってたらスマソ

「サインはV」出たのでついでに言っとくと、
「カリュウド」の作画は、「サインはV」描いてたのと
同じ人で、望月あきら。
チャンピオンでは、「ローティーンブルース」の後の連載だった。
確か原作者は別にいたんだけど、誰だか忘れちゃった。
あの頃のチャンピオンは、「ブラック・ジャック」も「がきデカ」も
「ドカベン」も「エコエコアザラク」も連載してて、
後味悪い系の話も、グレード高かったんだよ〜。



688 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 06:08:46 ID:ineDwgRI0
>>687
そんな感じといわれりゃそうだったような。
今手元にないもので。

「カリュウド」は好きだったな。
「夕日ヶ丘の総理大臣」の漫画も描いてたね。


689 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 06:46:06 ID:zFRkel+u0
旭丘の都知事

いやなんでもない

両親が血が近いと超天才が生まれるというのはが瀬ですか
サラブレットみたいに。そのかわり十度の障害もちや先天性のなんやかんやで
寿命が短いとか。あと周りからのストレスとかでも寿命短くなりそう
「あいつの両親姉弟なんだってー」とか後ろ指差されること必至

690 :687:2005/05/15(日) 06:54:12 ID:H06KQlie0
>>688
近くに、「カリュウド」覚えてる人いなかったんで嬉しいです。
お気に入りのやつあったら、紹介してもらえませんか?
自分は他には、金持ち老人の後妻に入った悪女を、
主人公が鯉のエサにしちゃうヤツとか好きだったんですが。


691 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 07:33:08 ID:gvMmSDhX0
小指が黒くなる少年のマンガ、「カリュウド」だったんだ。
雑誌で数回しか読んだこと無かったんで、怖い顔と黒い指の理由が分かって
すっきりしますた。
ストーリーは忘れたけど、鳥の餌まみれにされた男が養鶏場に放り込まれて
アボーンてのもカリュウドだったかな。
痛そうな死に方だったので、当時はガクブルでした。

692 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 07:38:01 ID:WGYfwgZ70
(;´・ω・`) あ、あのう・・・
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/nohodame/1114344672/-100

693 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 08:53:10 ID:+ep1fO4Q0
「屋根裏部屋の花たち」って、確か兄妹でできちゃってたよね。
兄さんしっかりしたいい子だったのに…

694 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 09:36:28 ID:oBF39b4N0
後味悪いって言ったら、なんたって「フランダースの犬」。

なんか勝手に、その後の人々のことを考えてしまう。
特にアロアとその父親との関係。
初恋の少年ネロが、自分の父親をはじめ周囲の大人達のせいで死んでしまったんだよね。
思春期の少女にはとんでもないトラウマなんじゃないのか…とか。


695 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 09:47:50 ID:M36dj7f/0
>>694
物語に想いを馳せる・・・美しい。

しかし、少女はまたネロとは違うタイプの不良っぽい少年を好きになり、
そして少女は女性となり、少女時代のことは思い出に変わっていくのだよ。

後味悪い?

696 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 10:17:14 ID:+GMQ+xQM0
>「屋根裏部屋の花たち」
以前にスレで出たよ。
そん時は映画のシーンをキャプチャしたHPも紹介されてたっけ。
そのHPの写真と解説だと、B級お笑い映画に見えた記憶がある。

697 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 10:24:26 ID:oBF39b4N0
>>695
ネロの死を後悔しするアロアの父親は、その不良少年を嫌うも、
邪険にすることができない。
何故なら愛娘アロアは、ネロの死以来、父親に心を閉ざし、拒絶するようになっていたからだ。
不良初年との恋が、彼女に破局をもたらすことになろうとも…

後味悪い…

698 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 10:42:17 ID:Bk2WdJMG0
子供の頃の話だけど 
俺んち母子家庭で貧乏だったから、ファミコン買えなかったよ。。。 
すっげーうらやましかったな、持ってる奴が。 
俺が小6のときにクラスの給食費が無くなった時なんて、 
「ファミコン持ってない奴が怪しい」なんて、真っ先に疑われたっけ。 
貧乏の家になんか生まれてこなきゃよかった!って悪態ついたときの 
母の悲しそうな目、今でも忘れないなぁ、、。 
どーしても欲しくって、中学の時に新聞配達して金貯めた。 
これでようやく遊べると思ったんだけど、ニチイのゲーム売り場の 
前まで来て買うのやめた。そのかわりに小3の妹にアシックスの 
ジャージを買ってやった。いままで俺のお下がりを折って着ていたから。 
母にはハンドクリーム買ってやった。いっつも手が荒れてたから。 
去年俺は結婚したんだけど、結婚式前日に母に大事そうに錆びた 
ハンドクリームの缶を見せられた。 
泣いたね、、。初めて言ったよ「生んでくれてありがとう」って。 
まあ、給食費盗んだのは俺なんだけどね。 


699 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 11:17:40 ID:XTs1mARzO
後味悪い

700 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 11:27:45 ID:ILyjkCbq0
>>697
それはアロアが内心ネロの事を忘れてないという事の裏返しだからあまり後味わるくない。
アロアがスレちゃって「ネロ?そんな子いたね、過去の事だよ」とか言っちゃう方が後味悪い。

701 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 11:28:28 ID:epbSl4jc0
>607
あれってノンフィクション風のフィクションだよね?

702 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 12:27:11 ID:H06KQlie0
劇場版では、ラストで
成長してシスターになってるアロアが
描かれるんじゃないんだっけ?
ネロの思い出を胸に、神につかえて行くんだよ

703 :†Яёй†:2005/05/15(日) 12:34:19 ID:i5y0yajc0
>>698
後味悪ィw

704 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 12:41:10 ID:H06KQlie0
>>698
その給食費はどしたの? もしかして、
ビニール袋にいれて近くの生け垣の近くに
埋めたりしなかった?
別スレで、偶然それを掘り出して、友達に知らせた子が
みんなに盗人呼ばわりされたって話があったよ

705 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 12:44:18 ID:M36dj7f/0
>>698
それほど後味悪く感じないのは何故だろう

>>702
一生未婚のシスターか・・・・

>>697
のように、財産目当ての不良少年に引っかかるアロア。
そして、全ての財産を失い自暴自棄になり夜の街へ。
というのでどうだ。

706 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 13:13:04 ID:DgLJrEQb0
698のコピペにマジレスするのが今の流行ですか

707 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 13:13:44 ID:oBF39b4N0
アロアもそうだが、あのお父さんの末路はどうなったんだろう。
あの人が、筆頭でネロをイジメ殺したんだから。


708 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 13:18:24 ID:ILyjkCbq0
後日談って、主人公を哀しい目に遭わせた人に天罰が下る系にすると
むしろ後味スッキリになっちゃうと思うんだ。

709 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 13:26:50 ID:/dmd9oMW0
狩人のはなしだけどさあ、脳みそ移植したら他人になっちゃわない?
子供のころ第一話読んで非常に疑問に思った覚えがある。
脳の器官の一部を移植したってことかな?

710 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 13:32:34 ID:/dmd9oMW0
昔の電話ボックスには普通の公衆電話と別に110番119番専用の電話(ダイヤル部分?)が付いてた。
普通の公衆電話で119番するには10円入れて通話して、通話後に10円戻ってきたような。
うろ覚えだけど。

711 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 13:47:00 ID:H06KQlie0
>>709
さすがに、丸ごとって事はなかったんじゃない?
治りにくい脳の病気になって、
一部を切除、それから移植、って事だったと思うけど

712 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 14:08:53 ID:H06KQlie0
>>707
金持ちで地主で腹のすわったコゼツ旦那は、
貧乏人の小せがれ一人いびり殺したくらいじゃビクともしないのさ。
もっと冷酷なこともして来てるに違いない。

713 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 14:42:46 ID:BgNYIzXN0
>>706
いちいちコピペかどうか判断できるほど
長時間2ちゃんねるやってないし
新しい情報を貪る様に
いろいろな板を巡回してない。

714 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 14:47:24 ID:DgLJrEQb0
お前のことなんか聞いちゃいないよ。自分語りはよそでやれ。

715 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 14:48:45 ID:H06KQlie0
>>709
脳移植や臓器移植、手足の移植が
一般人にはファンタジーだった頃は、
その神秘性や背徳的な響きもあって、SFにもホラーにも
無責任で、後味ワルーなお話が、いっぱいあった気がする。

あ、でも今でもあるか。
「パラサイト・イブ」とか「富江」とか、「人獣細工」とか、
みんな移植関係のイヤな話だよね。
自分的には、「人獣細工」の、
どうしてやりようもない後味悪さがすごかったな。

716 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 15:02:54 ID:0bBG0zIn0
ちなみに698のコピペは最後の一行が付け足されてます。
泣ける話系のスレでは定番。初出は生活板でたぶん2年くらい前。

717 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 15:09:00 ID:SKwAfCAb0
>>714
お前の感想もイラネ
さっさと死ね

718 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 15:16:01 ID:oBF39b4N0
移植関係で後味悪い話の古典中の古典って言ったら、
やっぱりフランケンシュタイン博士かな。

719 :1:2005/05/15(日) 15:27:52 ID:Ez++hTvp0
買っていたフェレットが数ヶ月前、肝臓を悪くして死んでしまった時の話です。
長いです。ごめんなさい。

昼は私も父も仕事に出てしまい、精神病院から退院したばかりで不安定な母の相手をする者もおらず
ペットを飼わせれば責任感を持てし気も紛れるかも?と思って父と相談し飼い始めた子です。
最初は母は「難しくて飼えない!」の一点張りでしたが、次第に母も私も愛着も持ち始め、
私と母で面倒を見ていました。
家事能力がまるで減退してしまった母も少しずつ家事をこなす様になり、
仕事から帰ると「今日フェレットがね〜」「箱に潜って箱を引きずりながら部屋を走り回るのよ〜」
「ペットショップに行ったけど、うちの子が一番美人ねえ〜」などとうきうきしながら親ばかたっぷりの話を聞かせてくれました。

720 :2:2005/05/15(日) 15:28:59 ID:Ez++hTvp0
そんなフェレットの容態が悪化するにつれ、母とわたしで代わる代わる動物病院に連れて行きました。
最終的には号泣しながら会社に電話をかけ休みを貰い、電車で2時間半ほどの病院に連れて行きましたが、
帰りの電車でついに帰らぬ命となってしまいました。
もちろん母と私は大号泣。
夜にはペットの葬儀屋に電話をかけ、動かぬフェレットを引き取りに来てもらい、2人して冷たいその体を撫でながら
最後のお別れをしていると、丁度父が帰ってきました。
ああ、父もフェレットの最期を見届けられる、良かった、と思いながら
「お父さんもフェレットにお別れを言ってあげて」というと、
「あ〜カワイソウカワイソウ」とおざなりな言葉を残してさっさと部屋に戻る始末。
葬儀屋を見送り父に改めて「おかえり」と言い事の顛末を話すと、普段は温厚な父の態度が豹変しました。

721 :3(ラスト):2005/05/15(日) 15:30:23 ID:Ez++hTvp0
「仕事を休んで動物病院に行った?ハア、呆れた。
ペットごときに葬儀屋とは下らない!動物は人間と同じ扱いをする価値など無いぞ。
あれはしょせん鬼畜なんだ、鬼畜!
確かに母の為にはなったかも知れんが、葬儀など狂気の沙汰だ!」
と怒鳴られました。
「じゃあ私は間違ってたの?ペット様とか崇める気はないし、
あの埋葬方法が正しいと思ったのは人間のエゴなのは承知だよ!
せめて最後に「有難う」の意味を込めてそのエゴに浸ったって良いじゃないの!」と言い返すと、またもや
「ああ、完全に間違っている!鬼畜なんぞ適当に庭に埋めれば良いのに!全く下らない」と怒鳴られました。

母の精神状態にさいなまれていただけに頼りにしていた父。
小さな頃から真面目一貫の父をこの世で一番尊敬し、
言う言葉は常々正論ばかりと思っていただけに、物凄くショックでした。
それ以来、その時の父の態度が頭から離れず父に対してどうしてもよそよそしくなってしまう自分がいます。

スレ違いだったらすみません(汗)
自分にとって非常に後味が悪い事だったので。
長くて本当にすみません。

722 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 15:47:04 ID:QxOYxjzg0
あの、後味の悪いとこすんませんけど、
若しや「鬼畜」ではなく「家畜」じゃ…。



「鬼畜」叉後味の悪い映画らしいけど。

723 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 15:56:45 ID:YmQCRqc20
さらにいえば、お父さん、愛玩動物と家畜は違いますよ・・・

724 :719:2005/05/15(日) 15:57:24 ID:Ez++hTvp0
ぎゃああああああああ
すいませんすいません!!
家畜ですorz

725 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 15:57:51 ID:H06KQlie0
>>722
ワラタwwwwwwwwW


726 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 15:59:58 ID:E0BSZku40
「鬼畜」ってビートたけしが主演していた映画だっけね。

727 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 16:09:49 ID:oBF39b4N0
>>726
え、緒方拳じゃない?

>>719
うん、とっても後味が悪いよね。
お父さん、なんかあったのかねぇ…文面からすると、今まではそんな人じゃなかったようだし。
というか、お父さんとしても、お母さんのことで頭を悩ませてはいたんだろうけどさ。


728 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 16:10:19 ID:TlBLnXd90
>>706
2ちゃんの玄人ぶるのが一番恥ずかしいって知ってた?

729 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 16:22:23 ID:QIGLTjAO0
>719
それはもう、お父さんとは『動物』に対する概念が違うとしか言い様が無いな。
育って来た環境とか教育の違いで出来上がるものなので、本人の人間性とは関係無いし
しかももう死ぬ迄揺るがないものだと思う。

実際、それこそ目に入れても痛く無い程可愛がり、
死んだ時は半年位その子を埋めた木の根っ子見ては泣いてたというのに、
動物を医者になんて…と結局一度も飼い猫(多分膀胱炎だった)を獣医に連れて行かなかったしな。
家の祖母。

730 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 16:25:47 ID:QxOYxjzg0
>>719
お父さんも疲れてたんかもしれないけど、いくらなんでも…て感じだねぇ。
お母さんは大丈夫?ショックやペットロスとか。
でも私の実家には庭があるから庭に埋めてたよ。側に居てって事で。
>719さんのお父さんとはちょっと違う感じかな。
今は庭がないから葬儀屋に依頼した、お寺の永代供養付きのとこに。


>>726,727
多分3回程リメイクされたんじゃあるまいか。


731 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 16:42:04 ID:+sArqAda0
>>470のスレν速+に立ってるじゃん。
【社会】「息子、ヤクザしとんねん」 違法駐車の屋台が嫌がらせ、喫茶店廃業。市の対応も問題…兵庫★3
ttp://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1115878572/

732 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 16:57:14 ID:R40gpJG90
>>1を読めなかった>>706が後味悪い。

733 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 17:02:14 ID:M6Awk/kh0
動物は生物ではなくモノだと思ってる人がペット捨てたりできるんだろうね
度を越して人間扱いするのもひくけど


734 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 17:06:13 ID:H06KQlie0
>>719
ん〜、私は、お父さんは719さんの肩を持ったつもりかも、と思った。
719さん、会社休んだんでしょ?
病院代や葬儀代は、719さんが払ったんじゃないの?
苦労して作った貴いお金を、母親のために……って思ったかも。
719さんが可哀想で、「そこまでお前が苦労する必要はない!」って
つもりで怒鳴ったのかも。実は泣いてたのかも。
その場にいたわけじゃないから出過ぎた意見かとは思いましたが、
ウチの親は、時々そういう回りくどい言い方しますので、
念のため、ちょっと書いてみました。

735 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 17:42:09 ID:KYGBDXTW0
>>713
じゃあいちいち書き込むな一生ROMとけ、な

736 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 17:52:24 ID:E6wJqpJ+0
>>735
はいはい、しね。

737 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 18:02:24 ID:ineDwgRI0
自分も>>719の会社を休んだとこに怒ったのかなと思った。
もともと動物に愛着のあるタイプじゃない人だったんだろうし、
ペットはあくまで母親の精神が安定するきっかけになれば位にしか思ってなかったろけど。
>>719には仕事大事にしてしっかりしてほしい気持ちと
母親のことでストレスたまってるところに、
「お前まで何言ってんだ!」という気持ちの両方かも。


738 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 18:06:36 ID:X0fzjYB90
動物への態度の違いはどうしようもないなと思うよね。
うちもウサギを飼ってるけど、親が勝手にパンとかあげちゃう。
あげるなら量を考えてあげてくれ、って言うのに、食パン一枚小屋にいれてあったり。
体に悪いんだって、と言っても
「昔は犬には味噌汁かけご飯食べさせてたのに?」とか
「あんたが子供のころ、学校で飼われてたウサギのエサは給食の残りだった」
「生きて10年以下でしょ?どうせ寿命短いんだから、好きなもの食べさせればいいじゃない」
って感じで悪気はまったくない。

ペットや動物に対する概念が違うから説得不能。
仕方ないので仕事に出てるときは部屋の中にいれている。

739 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 18:13:09 ID:LE/owgim0
>738
うちと全く一緒だw
やるなら牧草を、って言ってるのにピーナッツやら菓子パンやらやるから、最近肥えてきたよペットのウサギ。
父は幼少の頃、祝い事のたびウサギを下ろして喰ってたとかで「太ったら正月に喰う」などと言う。


740 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 18:28:04 ID:BgNYIzXN0
>>714
目障りだってんだよボケ

741 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 18:34:47 ID:oBF39b4N0
>>730
そんなにリメイクされてたのか、鬼畜。
緒方拳のしか知らないけど、たけし辺りだと、卑劣な感じの演技がいいのかな。

742 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 18:35:38 ID:6r1PXAQh0
お葬式に関してはまあお父さん言い過ぎ?かもだけど
仕事放って帰るほどのことなのかどうか・・・
職場で「ペットが死にそうなので帰ります!」
って言われたらハァ!?ってなる気がする・・・冷血?

743 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 18:42:21 ID:oBF39b4N0
>>742
う〜ん…ただ、719さんの場合って、普通にペットを飼っていた…というより
お母さんと共にフェレットの世話をしたことによって、
お母さんとの……う〜んと……共鳴……共感……
お母さんの精神状態に、引っ張られてしまった、という気もするんだよね。

744 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 18:45:17 ID:TlBLnXd90
>>742
いや、冷血ではない。
気持ちは理解してあげられるけど、同僚としての立場なら、ハァ? となるよ。

745 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 18:51:15 ID:ILyjkCbq0
社会的常識で考えるとそうだけど、問題は「大切にしていた動物の氏に対する父の態度」だから、
>>719やそのお母さんの気持ちになると、後味悪い。

746 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 18:56:28 ID:lU7aAo3gO
どうでもいいよ

747 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 19:12:17 ID:H06KQlie0
>>746
こら、禁句だ。後味の悪い。

748 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 20:10:59 ID:H06KQlie0
>>743さんの見方、正しいと思う。お母さんに引っ張られてるよ。
719さんが何歳のかたか解らないけど、一応同居してるんだし、
娘が「ペットのために仕事休んだ」なんて聞けば、
一応、怒るのが親のつとめでしょう。社会に迷惑かけたんだから。
…まあお父さんのセリフ、言い過ぎの感はまぬがれないけど、
あんまりお母さんに同調すると、お母さんを助けられなくなるよ。
今回の後味悪さは何とか克服して、家族としての次のステップへ。
事情を説明するまでは、お父さんはいつもどおりの
穏和な状態だったんだから、その意味を良く考えて!!

749 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 20:22:05 ID:oIVtPUe60
しかし、背景を考えると、仕事休んで付いていったのは正解だと思うが。
だって、ただでさえ精神的に不安定な母の支えになるように飼った動物だというのに、
それにもしもの事があったら、母親がどうなるか分からんだろう。
下手すりゃそのままフェレットの後を追ったかもしれん。


父親は、要するに他者に共感するとか状況を想像するとか
そういう類いの能力が低い人間だと思う。
(そもそもそういう能力は男の方が全体的に低いという説もあるが)
そこらへんにも母親の病因の一端があるんじゃないのか。

750 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 20:41:25 ID:E0BSZku40
ビートたけしの鬼畜は映画をテレビでやっていたのだと思っていたら
テレビの特別番組だったのか。

○1981年9月のスタート以来、日本テレビの看板番組として
人気を集めているサスペンスドラマ枠『火曜サスペンス劇場』。
その放送25周年を記念して、 『火曜サスペンス劇場』を代表する
12作品をリリースする。開局50周年記念作品の本作は、
松本清張の原作を、 ビートたけし&黒木瞳という豪華キャストで映像化。
人の心の奥底に住みついた鬼と、 それに対抗する男の心の葛藤を描く。

○竹中夫妻は、とある下町で小さな印刷工場を経営していた。
夫妻の間に子供はなかったが、 それでも生活は苦しく、
工場内のエアコンも止める始末だった。そんななか、
夫・保夫の愛人が、 まだ幼い子供たちを連れて、
保夫に養育費の請求にやってくる。妻・春江は夫の浮気と、
夫が愛人の子供たちを認知していることを知り、
大きなショックを受ける。愛人は子供たちを置いたまま失踪し、
子供たちの存在を許せない春江は、
事故に見せかけて子供の1人を殺害してしまうのだが…。


751 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 20:42:51 ID:TlBLnXd90
>>749
同意。
相手の立場や気持ちをを考えずに言い過ぎる人って、周囲に精神的圧力を与えるよね。

鏡とか見ながら考えてみるといいかもね


752 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 20:55:15 ID:kDlPt9qJ0
会社なんか休めるなら休んでもいいじゃん。
漏れはサッカー見に行くために休むぞ。

753 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 21:09:42 ID:E0BSZku40
>>752
今の日本では、遊びや動物病院のために休むというのは、
とてもじゃないけど言いにくい職場というのは多いと思う。
法律的には有休とるのに理由を言う必要はないのだが。

漏れは、「私用で」と言って詳しく説明しないで休みをもらうけど。


754 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 21:27:02 ID:lKEv56yc0
>>742

いいんだよ。 そういう変わった奴がもっと出てこないと世の中息苦しくってしょうがない。
昔は妻の出産だって手術だって夫は平日なら付き添ったりなんかしなかった。
娘がお産だ、と言って休むような親父はいなかった。
どうしても休めないような仕事ならともかく、都合が着くなら、自分なりに切実な理由ならみんな休みをとったほうがいい。

いろんな人がいて、いろんな大事なことがあって、と言うことがもっと当たり前にならなきゃ。

755 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 21:46:43 ID:cKaye2eF0
>>453 にあった話。本人の視点から見ても相手の男のほうの視点から見てもなんともいえない後味。

プチ廃人だった頃、有名なハイクラスの廃人さんを好きになりました。
同じように彼を気に入ってくっつきまわってる女の子も結構いたけど、彼はあんまり目立たない私を選んでくれました。
いつもクールな彼に似合わないロマンティックなプロポーズ。ケコーン。
夢のような幸せな日々が続いておりました。

彼とずっと「ゲームの中で」一緒にいたかったので、リアルを犠牲にして毎日昼から朝方までログインして彼と狩りにいったり、チャットしたり。
遠距離だからなかなか会えないけど、いつか二人で会いたいね、そしたら抱き合って、本物のキスをして・・
・・・なーんて話してました。(*ノノ
でも、なかなか写真を送ってくれない彼に業を煮やして、写真を交換しようと言ったら、容姿に自信がない、キャラのイメージと違いすぎるからきっと嫌いになる、と、いつも自信満々な彼にしては弱気な返事。

そんなの、ゲーム内のイメージがカッコよすぎるだけ。
現実にこんなにモンスをばりばり倒して、いつもピンチを助けてくれるような男性なんて存在しないそんなことぐらい、私だって分かってる。
大丈夫。どんなに平凡な人だとしても、私の気持ちは変わらない。
だってこんなに好きなんだもの!
私がそう言った翌日、ようやく送られてきた写真は・・・。

756 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 21:47:59 ID:cKaye2eF0
ゲームの中での彼はものすごく強くてものすごくカッコよかったので必死で脳内変換して現実から目をそらしてたけど、 30歳。親と同居。無職。童貞(女の子と付き合ったことがない)。半ヒキ・・・
次々とリアルがむき出しになるにつれて、彼といるとリアルの時間をもったいないと感じるようになってきて、数ヵ月後、逃げるように引退。

思えば私を廃化から救ってくれたのは彼なんですが・・・
でも、未だにふと思います。
ゲームの中の彼は、いつだって強くて、頼りになって、魅力的でした。
あの世界のことなら何だって知っていた。
兄貴肌で、色々な人からも頼りにされてたから、プレイヤー間のイザコザ、リアルの相談だって乗ってたみたい。
私の職場での人間関係の悩みもたくさん聞いてくれたし、アドバイスもくれた。
でも、それらすべてが、今までまともに働いたことがないという半ヒキの彼の行動だったのかと思うと・・・

私が愛したあの魅力的な男性はどこにいるのでしょう。
顔が見えないからこそ真実の愛よ、なんてネトゲ恋愛中の友達は言うけど、果たしてそうなのか、なんだかもうわからない。

757 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 21:57:39 ID:aJQ3EqPc0
俺は>>742に同意だな。
ペットは確かに可愛い物だが、所詮家畜は家畜。
牛やら豚を平気で食っているわけだし。
ペットの為に会社を休む、というのは、
やはり社会人としては、責任感を欠いた行動だと思う。
父親に叱られるのは当然。


758 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 22:07:06 ID:oBF39b4N0
>>750
なに、黒木瞳が?
奥さん役?愛人役?
岩下志麻の能面鬼畜だの、小川真由美の般若鬼畜だのを憶えてるから
正統派美人女優さん…て感じの黒木瞳の鬼畜が想像しがたい。

759 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 22:09:22 ID:LJ4hG2130
>>758
奥さんが黒木瞳。愛人は室井滋。

760 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 22:20:43 ID:KlpZz8Be0
>>759
普段ステーキを食いつけてるが、ある日ついカップラーメンに走ってしまった・・
って感じだな。

761 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 22:26:29 ID:PYnpGkaF0
>760
ひでえw

762 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 22:45:38 ID:AtUvrw4Z0
>757
そりゃそうなんだけど、自分はこの話のキモは、ペットに対する価値観そのもの云々ではなく、
お母さんと719さんの感じている悲しみを、お父さんが全く一顧だにしなかったと言うか、
無価値同然に扱ったという点だと思う。
どんなに理不尽でアホ臭い感情でも、それを頭から否定されたら、誰だって辛いんじゃない?
それもこの場合、普段は温厚で尊敬しているお父さんからなんだからさ。ある種無神経だろ。
そうやって無視され続けていると、無意識下で不安が募り、鬱になることもあるかな…と、
>749みたいな事も自分はちょっと考えたよ。

仕事休んだ子供が心配なのはわかるけど、お父さんも大人なんだし、不安定な心理状態の
相手に怒鳴ったって仕方ないだろ、とは思う。

763 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 22:53:53 ID:Tdj3PSEM0
>>762
そうだね。
まず「大変だったな」といたわりの言葉があって、その後で「だが仕事を休むのは社会人として…」と戒めるべきところは戒める。状況が状況だけに仕方なかったことも理解してくれる。
そんな対応がほしかったけど、それだったらこのスレに来ないよね…。

764 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 22:55:26 ID:d1frrb+s0
>>762
いや、キモの半分はここ↓だろ。

>小さな頃から真面目一貫の父をこの世で一番尊敬し、 
>言う言葉は常々正論ばかりと思っていただけに、物凄くショックでした。

765 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 22:57:06 ID:nWc2JqQK0
>762
たぶん757は釣り。

>755
後味悪いな。
つーかネトゲ廃人に何を期待したんだろうこの女は…

766 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 23:00:58 ID:3O9su91l0
>>764
そう。問題は動物の死に対する価値観ではなく
自分の中で一番尊敬していた父の急変、尊敬が一気に軽蔑に走るような感覚でしょう。
「まさかそんな事言うとは」というショックが彼女としては後味悪かった所かと。

767 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 23:09:46 ID:oasGf5us0
>758
たけしの「鬼畜」TVで見て実況も参加してたけど大不評だったよ。
次週のドラマ予告でオッパイが映った時が一番盛り上がった…

768 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 23:11:41 ID:TlBLnXd90
>>765
釣りに見えるほどひどい意見かなあ、757って。
煽りじゃなくてね。

769 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 23:11:49 ID:DtYhYEaX0
お父さんはスタンド使いに操られてたのかも

770 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 23:18:52 ID:rk+ydsFe0
>>769
みんなそれを前提に話してるんだが
今さら大発見みたいに言われても後味わる…

771 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 23:23:56 ID:pfddw3FJO
お前等ノリいいな

772 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 23:28:46 ID:Pw7PeJxu0

背景的にはそりゃ母親には付いててやらなきゃならないとは思うけどさぁ・・・
やっぱり号泣しながら電話してこられたら会社側は引くよね。

と、だらだらレスして>>719的にはちょっと後味悪い感じだな。

773 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 23:35:30 ID:z+wxN2Pb0
実は親父もおかしくなってた、というオチですか?

774 :本当にあった怖い名無し:2005/05/15(日) 23:53:33 ID:4aRHq7Ll0
そこまで豹変してしまうほどの事情があったのかも…
いつも正しくて頼れるお父さんでも、ゆとりをなくすほど疲れることもあるだろうからね

あまりひきずるのもあれなんで、私の話を
携帯の留守電におばあさんからのメッセージが入ってました
「××ちゃん、心配しています」とかなんとか
着信はすでに五件以上たまってて、連絡がつかないことで焦っているようでした
そこで、折り返しかけてみたんです
男性が出ました
声の感じからお年寄りらしく、おそらく間違い電話を繰り返しかけてきたおばあさんの旦那さんかと思われました

775 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 00:04:10 ID:VkAuCRHV0
途中で送ってしまいました
私は「こちらにかかって来たお電話の件なのですが」と順を追って説明しようとしたのですが、
「は?」とさえぎられました
「あのですね、そちらのお電話番号からこちらに何回か…」と説明しようとしても、向こうの意味不明なわめき声でさえぎられてしまいます
いたずら電話と思い込まれたのか、向こうはもう大声でわめき散らすだけで、本当に何を言っているかわかりませんでした

私は不意に嫌な気持ちになりました
××さんに連絡のつかないおばあさんからが気の毒だから、間違いを知らせてあげようとしただけなのに…


776 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 00:09:35 ID:VkAuCRHV0
あまりに頭に来たからでしょうか
「うるせーキチガイジジイが!××は死んだっつーの!ババアともどもお前も早くしね」と罵倒の言葉とともに電話を切っていました
優しそうなおばあさんまで罵倒しまったことだけが今でも悔やまれます

777 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 00:09:45 ID:0SZJYxW30
時々誰にも相手にされない年寄りが
へんなイタズラ電話をかけることがあるから、
それかもしれないね。

778 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 00:27:49 ID:/gy14HT/0
>>774->>776
う〜む…そんな豹変してしまう君って…

779 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 00:39:34 ID:8BWzAHO30
今日の給与明細は後味悪そうだ・・・

780 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 00:45:07 ID:C1W//QcL0
>774
おまいがゆとりを持て

781 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 00:46:45 ID:ooSFLak70
>>774
全員被害者というか、誰一人得をしないあたり、後味悪いな
ぶちまけてもスカッとしないよね

782 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 00:58:22 ID:E+q1qGaP0
>>762あたり
実は親父さん、ペットでストレスためてたりして。

ペットに、対人間のような接し方をすることに不快感を覚える人だが、母のリハビリになるならと我慢していた。
そして、積もり積もったストレスが、娘の欠勤が引き金となりブチ切れてしまった。
とかペット嫌いが妄想してみる。

783 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 00:58:25 ID:nRAZT4mH0
日曜日の晩、携帯がなった。
知らない番号らしいで無視していた。
しかしあまりに何度も鳴り続けるので「誰かが携帯変えたのかな?」と思い出た。
女の声で「え?あんた誰?」こっちの台詞です。
「えーっと、鳴ったから出ただけですが、どなたですか?」と聞くと
「○君じゃないの!?」と言うので、
あ、この人男にでたらめな番号教えられたんだな、と思って
「違いますよ。ぜんぜん違います。正しい番号と入れ替えておいてください。
○君とは何も関係ないですよ、身内にもそんな人いませんから」
と切った。
でもまた鳴る。
着信拒否しようかと思ったけど、しつこくかけられるも嫌だから
「だから○君とは関係ないって」と言って切ろうとしたら
「じゃあ私のお金は!?」
と叫ばれた…知りません…
それ以上知りたくなかったのですぐ切って着拒。
こんなことってあるんだねぇ…
間違い電話や悪徳勧誘電話のネタは腐るほどあるんだけど、
こんなの後味の悪いのは初めてだ。胃が重くなったよ。

784 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 01:09:39 ID:khifFH1T0
>>783

なんか、間違い電話かけておいて詫びの一言もないっつー
事実が恐ろしいんだけど。。
しかも居直りとかじゃなく、自分が無礼っていう意識がまるでなさそうなトコが。

783、あなたが胃を重くする必要はまったくない。
こんな人だからお金も返ってこない自体になるんではないかと思えてしまうよ。

785 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 01:14:04 ID:5YhEL8GFO
そして次の日、父はフェレットを輪状に結んで首を吊っていた……

786 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 01:28:07 ID:t2qxMdKS0
不謹慎ながらワラタ
なにが「そして次の日」だw

787 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 01:57:32 ID:IVPGIU7P0
クソワロタ
なに後追いしてんだ父

788 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 02:06:31 ID:06GqcGW30
お父さんに最後の挨拶をさせてあげずにフェレットのお葬式をしてしまったから怒ったのか…

789 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 02:15:01 ID:/gy14HT/0
会社休んだって報告する前からおざなりだったんだもね、お父さん…(´・ω・`)

790 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 02:23:32 ID:zjpQEjEr0
>>785
ワラタ
フェレット結ぶなよw

791 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 03:01:19 ID:pdFm/Upb0
話ではなくて申し訳ないんだけど、
先週公開になった「バタフライ・エフェクト」という映画が
悲劇版「バック・トゥ・ザ・フューチャー」って感じで
このスレっぽいモヤモヤ感の残る話だった。

792 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 03:16:16 ID:HXLc3w0d0
>>755
ネトゲ廃人なんてそんなもんでしょ
知り合いの知り合いがネトゲにかなりハマっててオフ会したらしいんだけど・・
集った男みんなヲタ臭かったって言ってた

793 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 04:20:33 ID:Tj5qYw5E0
>>783
結構そういう話あるみたいだよ。
間違ってかけられた方は気の毒だけど。

794 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 06:48:34 ID:inFZEu1mO
創価の家に生まれてとても後味の悪い俺。

795 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 07:21:38 ID:RM9fx8V70
ペットからかたくなに距離を置きたがる人というのは、
「ペットロスにより感情が激発するのを極端に恐れる人」
でもあったりします。

ペットロスを悲しむ事で自分が崩れるのを、自分的に
許容できないんですな。

このお父さんもそういう人だったのかもしれない。

以上、飼い猫に名前を決して付けない私の考察でした。

796 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 07:38:02 ID:xBAoo7I10
つか、父親は娘が母親に引きずられて
メンヘルになりかかってるのを目の当たりにして
恐怖と失望があったんじゃないの?

>最終的には号泣しながら会社に電話をかけ休みを貰い
って普通じゃないよ。
母親の看病のためだって、ずっと自分に言い聞かせて我慢してたのに、
やっぱり娘までメンヘラになってしまったショックで
力づくで目を覚ませればなおると思っちゃったんじゃないかな。

797 :人形細工 ◆vESY7K4lxQ :2005/05/16(月) 07:54:03 ID:fA9l5J29O
昨日見た交渉人真下正義も少し後味悪くてお薦め。

798 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 08:40:55 ID:C1W//QcL0
ひとつの話をこれだけ引きずるのって、珍しくない?

799 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 09:25:05 ID:zjpQEjEr0
>>798
燃料があれば、別に普通。

800 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 10:22:56 ID:+ur/2T5/0
>783
私もある。
どっかのアホが借金するとき私の携帯番号を書いたらしくて(しかも複数)
一時は身の危険を感じるほどかかってきたよ、その手の電話。
個人から業者っぽいのから色々。
明らかにヤーさんみたいなのもあって。
しかも個人でかけてきた人に事情を話して、少し情報を聞き出したら、
借りた奴は男。自分は女。
私が携帯に出てる時点で。しかも借り逃げしてる時点で、
もうこの携帯に出てる人が本人じゃないってわかるでしょ?
と思うんだけど、ヤーさんにはそんなの通用しないんだね。
家いくどオラー!みたいに言われて、でも携帯から住所が漏れることなんて
殆どないし、仮にできても本人じゃないから毅然と対処すればいいんだ、と
教えてもらって
「来るならこいやー!知らんちゅーの!」(本当はもっとおとなしく)
と居直ってた。でも最初は胃に穴が開くほど怖かった…。
よりにもよって就活中だったから携帯変えられなくて、
就職決まったら即効変えた。なんで私が出費を強いられるんだ…と腹たった。

801 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 10:28:30 ID:cbZqcYNF0
791も797も>1が読めないのか?

802 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 10:55:16 ID:+27TEONt0
>800
自分が書き込んだのかと思った。似たような経験あるよー。

最初は借金取りらしき電話ばっかりだったんだけど
途中から「○○さん?○○さんじゃないのギャハハ」って
若い人のふざけた感じの電話が多くなって気分悪かった。
違いますって言うと謝りもせずに切るし。
あれも一種の嫌がらせだったのかなぁ…

803 :人形細工 ◆vESY7K4lxQ :2005/05/16(月) 10:59:17 ID:fA9l5J29O
>>1は読んだけど、公開中だから悩んだ。

804 :人形細工 ◆vESY7K4lxQ :2005/05/16(月) 11:00:33 ID:fA9l5J29O
とりあえずメールで分割して簡単に書いとくよ。
すまんかったなぁ(´・ω・`)

805 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 11:09:52 ID:ki1u0IyC0
間違い電話の話。
以前、ネットに繋ぐ為だけに電話を引いた(最速がISDNの頃の話)
電話が嫌いなので電話機を付けるつもりが無かったが、当時知り合ったメル友から
FAX付き留守番電話を貰ってしまった。

ほどなくして留守電にメッセージが残る様になった。
『斉藤さんのお宅ですか?○○駅前の△△ビル、M△△のものですが、
おたくの自転車がうちの前に放置されてます。』

何回もしつこく入るので、折り返し電話しました。
うちの番号ですけど、自分のではありません。それにうちは佐藤です。って。
すると
『本当に佐藤さん?自転車には斉藤って書いてあるけど?早く取りに来てください!』
...どうやらかなりのボロ自転車で、ぼくが放棄した物だと思われている様子...




806 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 12:08:05 ID:ZrXfmhbvO
>805
人から借りた電話って盗聴器が仕込んであったり
するかもしれないから気をつけてね。まあ男相手には滅多にないかな。

807 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 12:33:44 ID:z6WpeuXX0
>>803
押井守のルパンというか、パトレーバー劇場版みたいな話だな
あれも考えてみると後味悪い…結局犯人はなんだったんだ…

808 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 12:38:16 ID:nHbkZozG0
>>783,800,805
振り込め詐欺なんじゃないのかな?
だとしたらこんなのに引っかかるのは相当アホだが。

809 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 13:21:08 ID:LAjxdmok0
いや805は振り込め詐欺じゃないだろ。
何を振り込むんだ?

810 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 13:35:26 ID:7rBxzdeP0
携帯だと勝手に番号書かれたケース以外にも
その番号の前の持ち主がDQNだとこういうケースよくあるよ。
私の前の持ち主が電気料金踏み倒したみたいで、
某電力会社から留守電入ってたことがあった。
まあ最近は080になって番号数そのものが増えたから、少しマシになってるみたいだけどね。

811 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 14:44:26 ID:laH7/8QB0
>795
苦沙弥先生こんにちは。

>807
踊るはパトレイバーにいろいろ影響を受けている。今回もそうだな。帆場英一だ。

812 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 14:49:21 ID:mIxFI1ZF0
私が幼い頃母親から聞いて、なんだかやりきれなくなった話です。
あるところに幼い兄妹がいました。
お昼ご飯におにぎりを作ってもらい二人で食べていたのですが、
まだ小さい妹はとても食べにくそうにしていました。
それを見た兄のほうは、妹が食べやすいように庭の鉢植えから葉っぱを一枚持ってきて、
妹のおにぎりをくるんであげたそうです。

ところがその後、妹は苦しみだし、病院に連れて行くも結局死んでしまいました。
原因は、おにぎりを包んだ葉っぱでした。
その葉っぱはダリアの葉だったのです。
ダリアは観賞用に育てられますが強い毒をもっており、
その葉で包んだおにぎりを食べたため中毒で亡くなったのだろう…ということでした。

悪気は無かっただろうし、いいお兄ちゃんに違いなかったのだろうけど、
その親切心が裏目に出たことに対して嫌な気持ちになったのを覚えています。


813 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 14:55:13 ID:AS8Z/SGa0
>>803
その映画見る気ないから聞くけど
「犯人像は死んだはず」ここが意味不明
犯人像っていう抽象的な言葉使って、
死んだはずという、個人を特定する言葉を使っても
映画見てない人には意味が通じないと思う。

814 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 15:01:42 ID:qVUUUpNR0
意味通じてるだろうに、無理して噛み付かんでも

815 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 15:03:57 ID:f3LVSGSi0
>814
813 は主人公がプロファイラーだと知らないんだと思うからそっとしておやり。

816 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 15:09:12 ID:AS8Z/SGa0
プロファイラーって個人まで特定できる人なの?
すごいねw
これからは立ち小便もできないなwwww

817 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 15:35:02 ID:m8iUzC000
>>816
お前ごときは相手にしないから安心しろ

818 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 16:04:20 ID:AS8Z/SGa0
>>817
確かになw善良な一般市民だからな
指紋取られた事もないしw

819 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 16:08:09 ID:nHbkZozG0
>>817
IDカコイイ

820 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 16:10:45 ID:d/eRiDfG0
>>817
なんか凄く性能良さそうだな。

821 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 16:16:34 ID:V6hrKT6S0
>>677 どゆこと?
「TUTAYA〜店にはない」なら分かるけどTUTAYAにはどこにもないの?
TUTAYAが方針でその作品を絶対に置かないことに決めてるの?

822 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 16:30:35 ID:z6WpeuXX0
大規模チェーン店は、どれを入れるか本部が一括して決めてるだろ。
店長の裁量はあまりない…と思う

823 :821:2005/05/16(月) 16:31:54 ID:V6hrKT6S0
一週間ぶりに来たらえらいレス数で2日かけて読んで書き込んだら
えらい遅レスになっちまった。

関係ないし本人が「家畜」説を認めちゃってるけど
>>721
の「鬼畜」は「畜生」じゃないの?

824 :人形細工 ◆vESY7K4lxQ :2005/05/16(月) 16:47:35 ID:fA9l5J29O
>>813
すまなんだ(´・ω・`)
こんな感じでは?

825 :人形細工 ◆vESY7K4lxQ :2005/05/16(月) 16:51:08 ID:fA9l5J29O
あ、ちなみにそれは今回の映画のみで、別に過去の作品でそうなってたわけではないんで。

826 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 17:03:47 ID:AS8Z/SGa0
>>824
補足ありがとw酔っ払いにマヂレス、心より感謝です。

827 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 17:10:32 ID:iaCeqbGU0
>>719さんほど迫力なくて恐縮なんですが、パート先での話。
私はコンビニで、レジのパートをしてる、20代女なんですが、
シフトで良く一緒になる同い年の男の子がいるのね。仮にAくん。
私には、すっごい尊敬してる彼氏がいるので、Aくんはいいパート仲間。
気さくだし働きモノだし、気軽におしゃべりできて、うまくいってたの。
それが少し前から、店に良く来る大学生くらいの可愛い女の子がいて、
先方は何てことないんだけど、Aくんがその子のコト気になるみたいなのね。
私は漠然と、この子とAくんがうまくいったらいいなあなんて思ってた。
で、つい昨日、私とAくんが二人だけの時に、その子が来たのね。
私はレジで、Aくんは雑誌のとこにいた。私は軽い気持ちで、気を利かせたつもりで、
彼女がレジに来る直前に、「レジお願いしまーす」ってAくんと代わった。
ちょっと言い方も、タイミングもわざとらしかったと、自分でも思った。
その時、ヘンな感じしたんだよね、彼女が凄く困ったような、傷ついたような顔で
私を見て。でも仕方ないから、そのまま交代。


828 :827つづき:2005/05/16(月) 17:11:40 ID:iaCeqbGU0
見てたら、Aくんは妙に無表情にレジを打ってる。でも、黒い袋出したんでわかった。
彼女、生理用品を買ったのね。レジが女の私だから、持って来たんだと思う。
帰るとき、「ありがとうございましたー」って言ったけど、私を横目で見て出てった。
なんかすっごく気まずくて、Aくんに「急に声かけてごめん」みたいな事言ったんだけど
「別に」とそっけない。その日、もうあんまりクチきかなかった。
女友達に話してみたら、その女の子、絶対、嫌がらせだと思ってるって。
私がAくんを好きで、ヤキモチやいてるみたいに見えるって。
それに、Aくんもそう思ったかも。言い訳するとかえって裏目に出る気もする。
お店やめたりしても、それ認めてるみたいで不自然だし。
もう、全然、そんなつもりじゃなかったのに。
あの女の子、もうお店に来ないかも。そしたらAくんにどう言えばいいんだろう。
それに、「悪気じゃないんだから、いいじゃない」とか思ってる自分がいて、
それも凄く気分悪い。こんなに八方ふさがりの、後味悪いことになると思わなかった。
Aくんとは、あさってのシフトでまた一緒になると思います。
私、この後、Aくんにどんなフォローすれば良いんだろう……長文、ごめんね。


829 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 17:27:24 ID:ESwlLSHs0
そのまま素直にすまない気持ち伝えたらいいんじゃないかと。
多くは語らず
「実は先日気をきかせようとしたら裏目にでてしまって・・
 本当にごめんなさい」
みたいな感じで。

830 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 17:28:02 ID:o5Xy9phG0
悪意はない、というか親切心からの行為でみんなが不幸に。後味の悪い話の王道だ・・・。


831 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 17:28:09 ID:rkksmhuK0
>>828
彼女に刺されないようにね
ほんとに誤解から逆恨みされること多いから。
特に女はちょっとしたことでそれを悪意にとって死ぬほど泣いたり憤ったりする
恋愛関係はとくに。

832 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 17:37:01 ID:d/eRiDfG0
レジに立ってる店員から見たら、カゴの中身なんて分からないだろうし
色々業務もあるだろうから、別に嫌がらせとは思わないのが自然だと思うんだが…。
相談した女友達の、「絶対嫌がらせだと思ってる」という発想の方がどうかと思うけどなあ。
ワザと>>827を追い込むようなことを言って楽しんでるんじゃなかろうか。

833 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 17:47:24 ID:tN6egwAf0
>>827
それは真実を言った方が良いと思うよ。
あなたも良かれと思ってやったことが
悪意だと見られるのは悲しいだろうし
A君もいい人なら真実を聞いて納得してくれると思う。

834 :827:2005/05/16(月) 17:48:54 ID:iaCeqbGU0
Aくんにはちゃんと謝って、後はもう、おとなしく仕事するしか
ないかなあ。
女友達の言うことは、凄くもっともだと思っちゃってたけど…

835 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 17:49:47 ID:Ac0wUL0I0
>>831 その流れで
すっごい美人で誰からも慕われて二度見せずには
居られない女性が何故あんなキモオタのストーカーになってしまったのか・・・?

って話は旅行に出かけるのでまた来週w

836 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 17:54:03 ID:o5Xy9phG0
>>832 嫌がらせだと思うかどうかはともかく827に対しては怒るだろうさ。
おまいが本屋でエロ本持ってレジに行ったらレジの男がおまいを見て
「レジお願いしまーす」つってかわいい女の子とレジを替わってしまい、
いまさら引っ込みつかなくなってしまってその子に本を差し出す羽目になったら
悪意があろうとなかろうとおまいだってそいつを恨むだろ。

>>827 Aくんにはそうするのがいいかもね。悪いことしてないのに謝んなきゃいけないというのはなんだか納得いかないはなしだけど。とにかく事情だけでもよく説明するしかないよね。

837 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 18:00:02 ID:Dw2NA9/P0
>>836
物凄く適切な例えでワロス

838 :827:2005/05/16(月) 18:06:44 ID:iaCeqbGU0
>>836
いや、そうですよねー…そうなんですよ。
悪意があろうとなかろうと
…って、本当にそうだと思います。
その女の子には本当に、ただお客さんてだけなので
どう説明しに行くこともできず。ホントに後味悪いです。

839 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 19:34:12 ID:aEmyvbst0
でもね、
もうその娘は店に来ないよ。

君が何やっても無駄。

840 :827:2005/05/16(月) 19:46:15 ID:iaCeqbGU0
>>839
……だよねー……

841 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 20:09:45 ID:isQfDaNs0
でもね、
数日も経ってから謝られても逆に困ると思うんだよ。Aくんも。

842 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 20:18:37 ID:RvzJBMFt0
>>827
おいらも昔、コンビニのバイトやってました。

夜勤だったのだが、よく女性が生理用品、普通に買っていったよ。
まぁ、夜勤てこともあると思うが…。

コンビニの利便性を考えれば、その女性が来なくなるってのは
無いような気がする…。
まぁ、少なくっても生理用品は買いに来ないと思うけど、
また店には来ると思うよ。

そん時に普通に接客すればOKでしょ。
A君にも、普通に接していればいいと思うよ。

…って、かなり無理があるかな(´ヘ`;)

843 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 20:36:43 ID:g0pW/4D60
レジを「わざと」変わったってのが伝わってれば、
Aというより>>827本人に悪い印象を持って、二度と行かないかもしれない。

844 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 20:45:16 ID:yOD7E6J20
「気を利かせたつもり」のあたりが気になるといえば気になるかな

>ちょっと言い方も、タイミングもわざとらしかったと、自分でも思った。

と書かれてもいるし
なんつーの、得意げと言ったら変だけど、
うまくやれよ的なフフフとかニヤリみたいなのが顔に出てたとしたら、
悪い方へ取られた率は更に上がるような・・・

845 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 21:08:23 ID:HQzqez560
生理用品てストックきくの?それともまた28日後くらいに買いにくんの?

846 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 21:10:05 ID:0Jen9dIR0
http://www.hpmix.com/home/ssshome/

おもしろいな。コレ

847 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 21:13:49 ID:Tj5qYw5E0
「女の店員がレジにいたから生理用品買おうとしてんのに代わりやがったよ。
気がきかねぇなあ、ったく。って籠の中身は解んねえか。ついてねー。
って何ニヤニヤしてんだ?この女。嫌がらせか?男店員に対しての?
うわっ気まずいじゃん。つか私の時にやんなよ、、、。サイアクー。」

ぐらいのことをもっとていねいな言葉で思ってそうだ。>女性客


848 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 21:18:02 ID:X+CVg16R0
さらにいうと、生理用品を、直前で交代させられてあつかわされると、「この子に嫌われるようなことをわざと俺にさせたいのかな?」と
思いそうな。

…でももっと確率が高いのは、A君は表面にだしてないけど実は
>>827さんにかなりの気があって、「わざとそういう態度をとる
ということは、まさか俺に脈が?」と思いこんで、ドギマギして
態度がおかしかったに十ペリカ。

849 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 21:29:23 ID:u8saNVOXO
生理用品買うのってそんなに恥ずかしいかなぁ。
女だったら使わない方がおかしいくらいじゃん?
私はわざわざ紙袋に入れて目隠ししてもらうのさえ面倒。

産婦人科で初対面の男の先生の前でM字開脚してから、
もうなにも恥ずかしいとか思わなくなってしまった…。

850 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 21:37:54 ID:ARCvbOMj0
>>849
確実にあなたとその女の子では全然違うと思うんだが。
むしろそんな「目隠しさえ面倒」とかいう女性は男からするとイヤなもんだ。

851 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 21:38:05 ID:J6CPJebu0
>>827
いやな女だなw
>気を利かせたつもりで

小さな親切大きなお世話

この言葉を君におくるよ



852 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 21:58:23 ID:zjpQEjEr0
俺も生理用品買うの全然平気。

853 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 22:00:41 ID:1aHAtBc10
全く恥ずかしくないわけじゃないけど、しょうがないしなぁ。
痔の薬とかのがよっぽど恥ずかしいと思うけど。

854 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 22:03:08 ID:rkksmhuK0
>>849
これだから経産婦は(笑

855 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 22:13:48 ID:Tj5qYw5E0
>>854
いや経産婦でも恥ずかしいよ。w  いくつになっても恥ずかしい。
ただしょうがない状況ってあるし、いい年してモジモジしてんのもなんだから、
買うときは何でもないって顔して買うけど。
出来れば女性店員の方がありがたいよ。

856 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 22:42:25 ID:tdVvSFu+0
親切心はあり、それを行動に移すが微妙に裏目に出ちゃう>827タイプ。
何もしないが人の失敗をえらそうに責める>851タイプ。

どっちかを生涯の伴侶にしなければいけないとしたら・・・どっち!?

857 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 22:45:16 ID:z6WpeuXX0
>>851もそれなりに親切だが
カラ回ってるタイプ。w

858 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 22:50:33 ID:B8XXBYm80
>>856
オープンな>>849タイプがいいなw
この人はちょうど両者の真ん中ぐらい?
気遣いもしないし、自分も他人に気遣いを求めない猛者


859 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 22:54:03 ID:/gy14HT/0
>>856
う〜ん…難しい問題だよなぁ…
でも、人が善い分827の方がいいかな。

860 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 22:57:53 ID:SoAFGd1D0
827みたいな女って中学の時必ずクラスに1人はいなかった?
例えば他のクラスのAを好きな女の子に向かって
「ほら!!A君通るよ!!!」とか言って廊下を通るAに聞こえるような大声でその子を呼ぶ。
お前は協力したいのかぶち壊したいのかどっちなんだ?って聞きたくなるようなやり方。
周りにも相手にもバレバレで他人事とはいえ気の毒だったな。
そういうの思い出しちゃったから827が人が良いとは思えない。
むしろ悪意すら感じる。
反省まったくしてないっぽいし。

861 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 23:06:36 ID:CqqSOw3z0
ああ、確かに。
恋愛なんて自分でなんとかするもんであってさ。
人におせっかい焼かれたくないよね。
異性くらい他人に手伝ってもらわなくたって
自分の魅力でなんとかしてやる!くらいの意気込みで
いかなくちゃね。余計なお世話焼く女って大抵ブスだよね。
自分の頭の上の蠅追ってろって感じ。

862 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 23:10:04 ID:Z59GwiZB0
なんつうか、Aに対する媚を感じる。
自分が何とかしてあげようっていうのは親切というよりも
彼氏がいても他の男性にも特別に気に入られたいっていう
自分をよく見せようとする見栄なんじゃないのかな。

863 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 23:15:52 ID:DGGU5IMU0
>>862
同意。
わざわざ尊敬してる彼氏がいるとか
Aはパート仲間とか強調するところとか
何のかんの言って媚びが含まれてるように見える。

864 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 23:17:00 ID:izOHU5ySO
>860
禿同。
悪意まではいかなくても純粋な親切心じゃないだろ。
わざとらしくてバレバレって感じの協力ならしない方がマシ。
今更謝られてもハァ?って感じじゃね?

865 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 23:22:11 ID:/+bC36c70
あーあー。こうなる気はしていたが…
本人にとっては後味の悪い話でも他人からしたらただの失敗談だからな…

866 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 23:35:14 ID:OmpcB1/R0
↑こういう奴もクラスに必ず1人はいたよね。
自分は全部予想してました〜みたいな事言って場の空気も盛り下げるの。

867 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 23:36:08 ID:CqqSOw3z0
つまりおせっかいババア逝けでFA

868 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 23:37:03 ID:jZW2wUs60
>>866
やたらと賛同求めるタイプモナー

869 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 23:37:25 ID:1Jztl3HM0
最近>>827と似たような出来事で嫌な思いをした私にとって
なんだかやりきれない流れになってきた。

あんまり責めてやるなよう

870 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 23:40:27 ID:CqqSOw3z0
>869
そういう「私の善意を分かって」みたいな奴が
もっともむかつくんだよね。
人様の事情にくちばし突っ込む程御立派なのか?

871 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 23:40:56 ID:Z59GwiZB0
そんなら
多分謝らずになかったことにしてた方がいいよ。
変に言い訳するとまた変な方向にいきそう。
やっちまったもんは仕方ないんだし普通に接しとけ。
彼氏じゃないんだしあんま気にすんな。

872 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 23:49:41 ID:/gy14HT/0
なんでみんな、こんなにムキになってるんだ…

873 :本当にあった怖い名無し:2005/05/16(月) 23:56:33 ID:ciisGnyo0
ガラの悪い10代しゃべり場って感じだ…

874 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 00:00:52 ID:0SZJYxW30
所詮はただの店員であって、客によってどうこうするのは正しくないよ。
生理用品だろうがコンドームだろうが、いつもどうり普通に接客すべき。
うちの近くの本屋のお姉さんはエロ本どころか
「ちんぽ刑事」を注文しても、何食わぬ顔で出版社と他の支店に
連絡して取り寄せてくれたよ。

875 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 00:03:27 ID:3R89ZGZc0
>874
それは……論点が微妙にズレてる悪寒

876 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 00:11:59 ID:AYev2BTQ0
店員は(例えバイトでも)接客のプロなんだから男が生理用品買いに来ても、
女がコンドームといちじく浣腸を大量購入してても、普通に接客すべき。
それでご飯食べてるんだから。
ここまでは>874と同意見だが、「ちんぽ刑事」はどうかと思うぞ?
本屋のお姉さんはプロ中のプロって事なのか...


877 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 00:12:37 ID:BzsbCQsh0
>>846を口直しに読もうと思ったんだが、
いろいろいっぱいある……
特にオススメはどの話?

878 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 01:02:29 ID:tzRV+S7I0
>>874
ワラタ
すげー懐かしいな、ちんぽ刑事。
もう手に入らないだろうな・・・

879 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 01:31:16 ID:sXPsqmGR0
ちんぽ刑事懐かしいなぁ。
アレは名作だ。機会があったら是非読んで欲しい。
でも絶版になってるし、入手はかなり困難だろう。

惜しいな……

880 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 01:38:34 ID:BzsbCQsh0
そう言えば昔、本屋で「けっこう仮面」の
ワイド版買おうとしたら、レジのお姉さんに、
「けっこう仮面でよろしいですねー?」
とでかい声で言われた事がある。なんでだ?

881 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 01:43:29 ID:Lx9Mb65+O
>>880ウホ…いい…

882 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 01:45:55 ID:ZeRJEZfq0
>>880
嫌味だったのかもしれない。
友達で、大学の時に本屋でバイトしていた女がいた。
男性客がエロ本を持ってレジに来ると、
「カバーかけますか?」
と、わざと聞いてやるんだ、と言っていた。

883 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 01:53:32 ID:BzsbCQsh0
プロじゃねーな。

884 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 02:16:08 ID:1ZKuit600
827を要約すると

・A君は私の事が好きだけど、私は彼氏がいるからただの友達と思ってる。
・最近良く来る可愛い子をA君は好きに違い無い。だから、私が協力してあげた。
・その協力が失敗して、私がA君の事を好きだと思われたら困る。勘違いされたら困る。
 または、A君からも女の子からも嫌われたらどうしよう・・・

って事だろ?827は、自意識過剰&自己中な勘違い馬鹿女にしか見えん。
そもそも、A君の気持ちは確認したのか?(827の事もその子の事も)
A君の為を思って行動したのに、失敗した途端なんで自分の保身ばかり気にするんだ?
本当にA君の事を思って協力したんなら、その失敗でA君とその子との関係が悪くなる事
を先に心配するべきじゃないのか?
他人に協力してるフリをして、自分のことしか考えて無いじゃん。

馬鹿っぽい話し方で「私はモテて友達の恋を協力したら失敗しちゃった(テヘ」って媚びてるだけ。
計算じゃなくてこんな事してるなら、タチの悪い電波チャンだろうし。
どっちにしても、こういう女は実際は目も当てられないブスってのが現実。

885 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 02:19:50 ID:HTM8j5wf0
まあ、所詮顔はわからんが、
文章から見て頭悪いのは確かだ。
美人でモテるのだとしても、
こういう思考で動く女は嫌だ。

886 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 02:48:41 ID:05K+ZewAO
おまいらいい加減もうその話はやめれ



自分には親戚にやさしいおばさんがいて、昔(厨〜高房くらいの頃)よくプレゼントとか土産とかもらってたんだけど、
なんか兄弟の中でも俺の分は買い忘れちゃったとかいう事が時々あったのね。当時は俺は別に気にもしてなかったんだけど。

んで最近になってたまたま家族でそのおばさんの話題が出たとき、親が何気なく
「そういえばあんたは2才くらいの時に、おばちゃんに『おばちゃんの顔ってホクロがいっぱいでおもしろい』なんて言ったことあったわね」
って話を出したんだけどさ。
おばさんはホクロの事を小さい頃から気にしていたらしい・・・
そんな事言っちゃったのは申し訳なかったなーとは思ったけど、たかが2才児の言うことだよ?
もし根に持ってああいう行動してたんだとしたらちょっと怖いなと・・・。

個人的に後味悪い思いしたorz

887 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 02:55:08 ID:oQzSz40A0
俺は高校のとき親戚の園児にプラモ買ってやったんだが
作ってるときにちょっとパーツ触って見たら蹴られた
お互い大人になった今もどうも好きになれないよ
…ちょっと違うかな?
無意識にしても、やっぱり根に持ってしまうことはあるのかもね

888 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 03:01:06 ID:+dEKFmO70
そろそろ827叩きはお開きにしてくれないか
後味悪いよ

889 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 03:02:34 ID:rQO/qf/u0
相原コージの四コマで
おじいさん「ミミズにおしっこかけるとちんちんがはれるぞ」とたしなめる
孫「そんなわけないじゃん、馬鹿だなあ」
その夜、寝てる孫のパンツを脱がして蚊がいっぱい入った袋をちんちんにかぶせるおじいさん
をなせかおもいだした
笑顔なのか無表情なのかわからないおじいさんの陰湿な仕返しが怖くて後味悪かった

890 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 03:07:32 ID:2QioEZIy0
思いやりを持ちなさいな。
>>827
「君は悪くないよ」「むしろAやその女嫌な奴だよ」と言わせるために書き込んだ
ことは明白でしょう?

というわけで、>>827さん、私は上記のことを言ったと思ってください。
安心した? じゃあね。

891 :827:2005/05/17(火) 03:10:33 ID:FpF/OnOD0
何なんだこの流れ…?
いつ私がA君を好きになったんだよ
彼氏いるし、A君に興味なんてさらさらないしw
確かに軽率な行動だったと反省はしてる
叩かれる覚悟もあったさ
だけど明日顔をみたら謝ってわだかまりをなくすつもりだよ
私がA君を好きだなんて邪推するのはむかついたわ…
何なんだ一体
女が男に親切にすると惚れてるわけ?経験すくないでしょ絶対
決めつけたやつらを私は許さない

892 :827:2005/05/17(火) 03:14:22 ID:BzsbCQsh0
あのう…上の人、私じゃないよ。


893 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 03:15:22 ID:h/DPXDzr0
↓893

894 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 03:15:55 ID:7XAPFIPQ0
落ち着いて、あなた嫌な顔になってるかもしれない。
ここは後味の悪いスレッドだからそっち方向に持って行きたがる輩が多いんだってば。
わざとではなくきちんと前向きに謝る気でいるんだからそれでいいんだよ。
しばらくここのぞかない方がいいよ。

895 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 03:16:35 ID:7XAPFIPQ0
つられた自分が後味悪いよ・・orz


896 :893:2005/05/17(火) 03:19:51 ID:h/DPXDzr0
>>892
ば、バッキャーロ!
ナイスタイミングで書くから俺が893になっちゃったじゃないか〜(/_;)

897 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 03:40:56 ID:sXPsqmGR0
>>892
喪前はけっこう仮面を購入しようとして、レジのお姉さんにしてやられた香具師じゃないかっ

898 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 03:45:48 ID:3EmsM4Ps0
ほんとだw

899 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 04:46:05 ID:vcUMIvly0
どうやら>>827の地が出てきた
みたいだなw

900 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 04:47:07 ID:G7o/2v2S0
900get

901 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 05:16:21 ID:1ZKuit600
>>891
改行と句読点までマネしてくれ
わざと明後日の方向に怒ってるのは良い感じなんだけど・・・惜しい

902 :891:2005/05/17(火) 05:53:22 ID:XTaepHVk0
確かに…。夕方読んだ内容だけ覚えてて思いつきで書いてみたものの、全然>>827さんと文章の癖が違ったw
本人はしっかり句読点つけてるし、「君」じゃなくて「くん」だし
手間を怠ってはいけないね
でも「惜しい」といってくれてありがとう
精進します


903 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 05:54:21 ID:qhoECqKT0
直近100レスの寸評

必死で後味の悪さを演出しようとするも、住人の人の良さが
どうしてもにじみ出てしまって悪役に徹しきれていない。

スレを汚すときはもっと冷徹になりましょう。

904 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 06:00:36 ID:XTaepHVk0
そして、あんな暴言に対して真剣にいさめてくれた>>894さんはいい人だ
惚れた
だまそうとしてごめんね…

905 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 06:21:08 ID:j2omj/f+0
>>719
話を蒸し返して悪いけど、うちも似たような状況だった。
アル中の母を更正させようとして父(優しくて真面目な人でした)と私で頑張っていたんだけど、
父が単身赴任になり、それ以降母の面倒はほとんど私に降り掛かってくる状態。
たまに耐えられなくなって泣きながら父に電話をしていたのだけど、
仕事があるので動きようもなく「困ったなぁ」しか言えない父の立場も知っていたし、
遠方で一人で頑張っているのだから…と思っていた。父だけを支えにして、尊敬していた。
ある日そんな父が急死。
片付けのために単身赴任先の家に行ったら、趣味の道具やCDやらがゴロゴロと。
休みの日は釣りにバーベキューにと大忙しだったらしい。
そういえば確かに自主的にこちらに連絡をくれたりしたことはなかった…。
でも10年以上母と子供を支え続けて、最後の数年だけでも父にとって自分の時間が取れたことは
きっと良いことだったんだ、と思ったけど、
馬鹿な母はそういった経緯も何も考えず、
「お父さん良かったねぇ、こっちで幸せにやっていたんだねぇ」と感情論で泣き出すし。
ちなみにその後、母は父が存命中から浮気もしていたことも発覚して、更に後味が悪かったです。
昔は幸せだっただけに、「家族って何なんだろう」という疑問が、あれ以来頭を離れない。

906 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 07:35:52 ID:tOpuHPIL0
山本直樹の「ありがとう」で、父親が
「鈴木家は解散します。」
と宣言したシーンを何故か思い出した。

907 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 07:43:54 ID:oQkrUYLn0
お母さんのアル中は、夫婦関係の崩壊から来ているぞ
お父さんを美化せずに、現実的に受け止めて下さい
さもないと、あなたも同じ間違いをしでかしますよ

908 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 08:19:12 ID:SpkYgxfo0
>>886
君が嫌いというより君の兄弟が特に好きなんじゃないの?

うちの父親、従兄弟のうちの片方が特にお気に入りで
行く度にお土産とかお小遣いとか多めに渡してた。
「もう片方の従兄弟がかわいそうだから」って止めても
「可愛がっているのに何が悪い?」という感じで。

現在、もう片方の従兄弟は草加学会員になり
うちの父の意地悪さを治してやるべく熱心にシャクフク(だっけ?)
いろいろ後味悪いことになっております

909 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 08:23:30 ID:pdiWwtj20
「お父さん良かったねぇ、こっちで幸せにやっていたんだねぇ」の一言に寂しさを感じとってやることが出来ない鈍感な子供
子供ってなんだろうってずっと思ってるんだろうね。

910 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 08:30:04 ID:7XAPFIPQ0
>>904
いつもの事だから平気

911 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 08:50:48 ID:BzsbCQsh0
>>681
えらい亀レスで悪いけど、ジャッキー・チェン主演のアクションでも
「酔拳2」のオリジナル版は、かなり後味悪いって話だよ。
あまりに悪くて、日本で公開されたのはカット版なんだって。

悪党に苦しむ両親を救うため、一人息子の主人公が酔拳で活躍。
ラストバトルで、酒をきらしてしまった主人公は大ピンチ。
やむなく手近にあった工業用アルコールを飲んで大暴れ。
バトル後、主人公は泡ふいて倒れるが、悪は滅んだ。めでたし。

というラストなんだけど、本国公開版には続きがあって、
別スレで翻訳してくれた人のコピペによると

「悪党がいなくなって奥さんご懐妊、いやめでたい」と復興した道場で表彰されてるオヤジ。
「そういえば息子さんがいらっしゃらないようなんですが、どうされました?」
「イエイエアレはあの騒ぎでどうやら失明してしまったらしくて、今はリハビリの最中なんですよ」
「ええっ!?大丈夫なんですか?」「ええ大丈夫大丈夫」
ハイ、チーズ!「それじゃ奥へどうぞ」

「あの〜、なんか坊ちゃんの様子が変なんですよ。オツムやられちゃったみたいで・・・」
「(。д゚)アッバッバ〜」

ケタケタ笑うジャッキーに、観客は総引きだそうだ。

912 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 09:02:33 ID:fPbx6T49O
死のロングウォーク

913 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 09:08:57 ID:jUk3aw/1O
>>886-887

以前『答えてちょうだい』で当時小学生だった投稿者(A)が家族と優しかった祖父母と生活していた時に起きた話

【真冬の夜、居間で家族と団欒中、『Aちゃん、おじいちゃんもコタツに入れてあげて(席を立っていたおじいちゃんが居間に戻って来た)』と言う祖母の声に、コタツで幅をとって座っていたAはテレビに夢中になってしまい、その声に気付く事も無く…。
しかしおじいちゃんは『大丈夫だよ、このままお風呂に入ってくるからさ』と言って風呂場へ。
冷えた体を温かい湯船に浸したおじいちゃんは、急激な体温の変化により心臓麻痺で逝去。
すると祖母はAに対し『アンタがおじいちゃんをコタツに入れてあげていれば……アンタがおじいちゃんを殺したんだ!!』と、優しかった祖母はこの事故を境に豹変してしまい、祖母から『お前は人殺しだ』と、責め立てられた環境でAは育ってきたという。
その後20年近く経った今でも祖母から無視され続け、Aも結婚し子供も生まれたというのに、Aの祖母は曾孫も抱かない。

たしかこんな感じのお話でした。

自分的にはおじいちゃんの心臓麻痺の責任を、当時小学生だったAに全て押し付けて今だに罵る祖母、何故Aの両親は祖母からAを守らなかったのかというのが後味悪いですね。

ケータイからなんで、読みづらかったらすみません。

914 :905:2005/05/17(火) 09:21:00 ID:qegNafQRO
>>907
その辺も含めて家族全体で何度も話し合いました。
父も良い人ではありましたが母を支えるだけの包容力がなかったのは確かです。
ワンマン気味で、危機感のない人でもあったなぁと…
しかし母は何をどれだけ与えても次を求めて満足出来ない人なので
誰と付き合っても同じだったと思います
(親戚一同には母はキチガイだからもう関わるなと言われた)

>>909
配偶者として辛かったのは確かだと思いますが
その前もその後も身内他人問わず身体の関係を作っては
都合が悪くなったらポイと捨てる人です。
父のこともしばらくは感傷に浸っていましたが
1ヶ月後には保険金を全て持って他の男と行方不明になりました。
父の仏壇が届いたことも私達に黙って、放置していました。(面倒だったと)
悲しい人であることは確かだと思いますが…

915 :905:2005/05/17(火) 09:32:00 ID:qegNafQRO
すみません、母の悪口ばかりになってしまいましたが、
>>719を読んで、「ずっと信じて尊敬していた人(父)の
見たくない一面を知って確認してしまった」というところに
思わず共感を抱いてしまったという、
それが書きたかったのでした。
余計なことまで書いたので紛らわしい不幸自慢みたいになってしまいました。
すみません。

916 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 09:41:47 ID:srYwOkfK0
>>915
わかってるよベイビー。
しかしながら後のフォローがないほうがやるせなくてよかったかも。

917 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 10:36:31 ID:093rN3nK0
昔ラジオで聞いた後味の悪い人生相談
超適当な両親。パチンコばっか行って子供を放置。
放置された子供は兄弟で助け合い、長男は中学出て工場で必死に働き、
弟と妹を高校まで行かせた。(相談者は妹)
長男がボーナスから弟妹にお小遣いをあげても、親が奪ってしまう。
弟は親の愛情が薄かったせいで逆に親を見捨てられない。
一度でいいから「親に優しくされたい」と願っているようだ。

長男は真面目でよく働いたので、工場に出向に来ていた某大手車会社の社員の目に留まり、
その人が本社に戻るときに「僕のかばん持ちにならないか」と言われてその会社の社員に。
事情を話すとその人は同情してくれて、弟妹もその会社に入社できるようにしてくれた。
初めて「お金に困らない生活」ができて喜ぶ3人。
しかし相変わらず両親は子供に付きまとう。
兄と妹は「いまさら親面か」と邪険にするが、弟はどうしても見捨てられない。
両親もそれを知って「兄ちゃんたちは冷たいけど、おまえは優しいね」と言って金を巻き上げる。
ボーナス支給日に電話がかかってきて「いくらもらえた?」と聞くこともある。
思い切って渡すのをやめると、家に押しかけたり、近所に「息子が行方不明になった」
と言って探させたりと嫌がらせ三昧。親なので警察も動いてくれない。
ある日、借金の通知が弟の家に届く。親が勝手に弟の保険証を持ち出していた。
それを責めると「おまえが金を貸してくれないからじゃないか!」と逆ギレ。
弟は「このままじゃ俺はダメになる。」と言って海外出向を希望。
見送る兄妹(このとき2人とも結婚していた)に「親が死ぬまで帰ってこないから」

兄は両親に「俺や家族に近づいたら殺すからな」と脅すくらい嫌っているので
そこにはいけないようだが、カモがなくなったので妹に付きまとうようになった。
「孫に会いたい」などと勝手なことを行っては家に押しかけようとする両親。
冷たくすると「なんて冷たい子供だ。おまえの子供も冷たい人間に育つぞ」と怒鳴りつける。
このままでは自分の子供や夫の家族にまで被害が及びそうだ。
何とかならないだろうか。いっそ死んでくれればいいのにと思っている…。

相談されたほうも困ってた。

918 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 10:52:49 ID:663Q/g9fO
>>917
親が最悪過ぎて吐き気がする。本当に早く死ねばいいのに

919 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 10:53:53 ID:BzsbCQsh0
>>917
そうか、親だと、恐喝されても警察は動かないのか…
隣の家に、そこの旦那の元妻が来て、
ガラス割って石投げ込んだり、座り込んでわめいたり、
ペンキで「死ね」的な落書きしまくって行った時も、
警察は何もしなかったな。「民事だから」って事だったそうだ。

920 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 11:00:00 ID:2zPDtpkt0
>>917
目茶苦茶へヴィなのに最後一行で吹いた。
確かに困るわなあ。

921 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 11:13:46 ID:9w+2Pl410
886で思い出したよ。
小学生のときに近所の遊び仲間のS子のお姉さん(K子)が「アイスご馳走してあげる」
なんて言い、近くのお店からアイスを数個買ってきて、わざとらしく
「あっ!Cちゃん(私)の分忘れた〜」なんて言ってさ、ほかの子供の分はきちんと買ってるのに私の分だけ買って来なかったりとか、子供ってそういうの
キズつくんだよね。別のアイスが食べたかったワケじゃないケドさ、
ほかにも「Cちゃんはココで待っていて」なんて言い他の子供たちを
連れて行き陰でこっそりオヤツを与えていたり、明らかに私にだけ態度が違うことに気付いた。しかも遊ぶときに男の子が数人加わったときだけ。なぜか
私に対してそのような対応をするK子。
それに私が飼っていたモルモットが死んでしまい縁側で泣き叫び号泣した私をK子とS子が
向かい側の家の窓から薄笑いを浮かべて見ていたし。
S子は元々意地悪な子とレッテル貼られていて、
K子は近所の人たちの間では優しいお姉さんと言われていたケド
、私はK子のほうが陰険に思えた。
今思うとその姉妹は金持ちも娘だったが心が貧しい姉妹だったと思う。

922 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 13:08:01 ID:RkVBtUZ00
身内ならともかく、友達の姉が冷たいことを逆恨みしてもなあ。
好き嫌いがあるのはしかたない。
嫌いな子供にわざわざお金使いたくない気持ちもわかr。

923 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 13:28:52 ID:BzsbCQsh0
>>922
私は、921が傷ついた気持ちのほうに寄り添えるな。
逆恨みじゃなくて、ストレートな恨みでは?
S子がK子に何か吹き込んでたとしても、
子どもとは言え年上なんだから、諫めるくらいしなきゃ。
こういう道徳観は、オトナより、むしろ
子ども時代の方が健全だったと思うんだけど。


924 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 13:43:07 ID:9w+2Pl410
逆恨みうんぬんではないのですよ。子供時代の話だし、
よくあることだろうから。
最近、この姉妹のことを突然思い出した矢先だったんで
カキコしたんですよ。
>>923
私の気持ちをわかって下さってありがとう。


925 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 14:17:08 ID:SjKdSX8hO
やぁチンポ共

926 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 14:33:11 ID:E2MODcuv0 ?#
>>889
桜玉吉ののんきなとうさんに通ずるものがあるな。

927 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 15:21:30 ID:5wJy2xcS0
>>917
うわー、ちょっと読んでて涙出てきた。

928 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 15:32:58 ID:Q7p4WLFK0
流れぶった斬りで、昔聞いたニュースで後味悪かったやつでも。

大晦日だったと思うが、ある老夫婦が、息子一家が里帰りしてくるというので
張り切っておせち料理をこしらえていた。
が、その料理の火が元で火災になり家は全焼、夫婦は亡くなった。
おじいちゃんおばあちゃんと楽しいお正月を過ごそうと向かった先で、
こんな悲劇が待ち受けていた家族の気持ちを思うと今でもやるせない。


もう一個。
海外で(たぶんアメリカ)週ごとの宝くじがあって、それに随分つぎ込んでる男性がいた。
ある時、いつものようにくじの番号を見ていたら何と一等の当たりくじが。
苦労が報われた、これで大金持ちに!!ともう大喜びで換金に行ったら、
実はそれは番号は同じでも一週間前のくじだった。
一瞬にして歓喜の絶頂から絶望のどん底に突き落とされたその男性。
その後、自殺したそうである。

もうね、こういうニュース見るとすげー悲しくなる。
何か無関係なのに、ごめんね、ごめんねって心の中で言いまくってしまう

929 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 16:21:31 ID:iOY/wmBj0
財布落としたー!と思って3時間程冬道を探した時の
徒労感はコートの中にあった時に全て吹っ飛んだ。
逆バージョン。

930 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 16:32:44 ID:PXkYncm+0
>>929
つい嬉しくなって友達にオゴリまくって
結局素寒貧になったりするんだよね

931 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 16:37:53 ID:iOY/wmBj0
はいその通りです。つい金持ちになったような錯覚を。

932 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 17:01:36 ID:gOLJjSVC0
で、給料前になって「あの財布が見つかったのはよかったことだったのか。
こんな気持ちになるくらいなら見つからないほうがよかったんじゃないのか。
あーあのカネが今あったらなあ!」と寝る前なんかにモヤモヤ考えるんだ。

933 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 17:06:43 ID:iOY/wmBj0
はいその通りです。つい貧乏になったような錯覚を。
いや、なってるんだけどね。

934 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 17:25:08 ID:BzsbCQsh0
学生時代、大風の日に道でコンタクトレンズ片っぽ落として、
片目で泣きながら探し歩いた。
で、やっぱり3時間目くらいに落とした場所の地面で発見。
あった!! と思ったとたん踏みつぶした、
あの時の気持ちに似てるのかな…。遠い日の思い出。

935 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 18:15:20 ID:2QioEZIy0
>>921
冷静な文章を心がけないと「いつまでも恨んでんなよ」と思われるよ。


936 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 19:22:33 ID:xJycxY7n0
そんなあからさまにハブられたら恨むだろそりゃ。
部外者が綺麗な正論で諌めるのは簡単だろうが、嫌うに足るだけのことはされてるわけだし。
自分の主観で他人の感情に文句つけるのは後味悪い。

937 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 19:29:28 ID:BzsbCQsh0
うん。あれくらい、許容範囲内だよ。
冷静な文章って難しいしね。もういいじゃん。

938 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 19:54:39 ID:YJuQ/EKJ0
Kという女子大生と付き合っていたころ、ラブホを出たところでKの元カレと出くわした。
どうもKのあとを付けていたらしい。Sは「嫌なヤツなの、今でも彼氏気取りで」と吐き捨てる
ように言うと二人は腕を組んでその場をそそくさと立ち去った。
それからしばらくしてKの自宅で放火騒ぎがあった。幸いにも小火で済んだが
今度は二三日後から俺の自宅に無言電話がかかってくるようになり、ある日の夜
俺が帰宅する途中、そのОという男とすれ違ったのだ。俺の顔を見るなり
反対方向に走り出したので俺は「なんか怪しいな・・・」と思いつつ家に着いたら
家の裏側から煙が立ち昇っている。回って見ると新聞紙をボールみたいに丸めた
ものが5.6個、火が着いたまま投げ入れられていた。俺は踏み潰して火を消すと
消防署に電話して相談したのだが、「警察に一応報告はするが」と消極的だった。
慎重を期さないといけない、ということらしいが、俺は納得できないので自分で
警察に出向いて被害届を出しておいた。

939 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 19:55:14 ID:YJuQ/EKJ0
それからしばらくして警察の人間が来て現場検証みたいな感じで見ていった。
Kの父親も警察に届けを出していたらしく、俺はKとの関係を警察にきかれた。
適当に友達だとか答えておいたのだが、Kも警察に俺との関係をしつこく
尋ねられていたらしく、あとでKは父親にこっぴどく叱られたというのだ。
俺はふたりで歩いていたときにОを見かけたという話を警察にしたのだが
それがヤブヘビだったらしく、「どこで」という質問には「S市のH通りとN町の間あたりで・・・」
と答えてしまっていた。そこはS市の有名なラブホ街なのだが・・・。
「ほほう・・・」警察の人間はニヤついた笑みを浮べて俺の顔を見つめた。
「ヤバイ・・・」俺は自分が口にした言葉を後悔することになるのだが。
「あんたバカじゃないの!(←宮村優子の声で読んで下さい)」事件後久しぶりに会ったSは
俺を冷たく睨んで言った。それからそれがきっかけで俺とSの関係は次第に悪化して行き
Sが大学を卒業する前に完全に別れてしまっていた。

940 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 19:56:22 ID:YJuQ/EKJ0
Sは卒業後中学の社会の教師になっていたが、俺が帰省したとき突然Sが電話を掛けて来た。
「今度結婚することが決まった」Sが言った。「そうか、それはおめでとう・・・」俺は不意打ちを
食らったような衝撃を受けたが、上辺だけは平静を装い祝福の言葉を口にした。
しかしSはどこか奥歯にものがはさまったような言い方で歯切れが悪い。
最後に、「もうこれで一生連絡とかしないけど、あなたもそうしてね。」というと電話を切ってしまった。
「なんだ、自分から電話掛けてきて・・・」俺は憤然とした。

でつい最近、ある研究会で知り合った女教師と話をしていたら彼女がSと知り合いだということが判明した。
彼女の話では、Sの結婚相手というのはどこかの警察の署長の息子で、Sとは学生時代からの付き合いだというのだ。
俺はあのОの顔が思い浮かんだ。まさかなーとは思いながらもその不安を打ち消すためにと
「ああ、Оか・・・」俺は彼女にカマを掛けてみた。彼女は「そうそうОさん・・・知り合いなの?」と驚いていた。
「まあ、なんとなく知っているけど・・・」俺は上の空でそう答えるのが精一杯だった。

で、明日俺は何故かまったく身に覚えのない事件の参考人として警察に行くんだよ、これが。
(もし続きがあれば今度また)

941 :938:2005/05/17(火) 20:01:53 ID:yFpBjYx60
すまん、KとSというのは同じ女だ。
イニシャルがKS(旧姓)なもので

942 :気円斬 ◆KIEN/UGHJk :2005/05/17(火) 20:03:06 ID:zKFtJcps0
何年前の話?
今時ブティックホテル行ったくらいじゃとやかく言われないっしょ

943 :886:2005/05/17(火) 20:03:15 ID:05K+ZewAO
>>938-940
突然出てきたSが何者なのかさっぱり判らない俺は、読解力がないのか?

なにげに少し反響があったけども、やっぱり小さい頃に大人から受けた小さな意地悪ってのは、後味悪いなー。

944 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 20:03:38 ID:zKFtJcps0
他板コテのまま書き込んでしまったorz

945 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 20:04:31 ID:05K+ZewAO
>>941
リロードしてなかった。
スマソ

946 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 20:04:56 ID:/f4fcw1L0
>940
>どこかの警察の署長の息子で
ネタ臭いと思ってしまったんだけど…
「署長」という役職は1〜2年で色々なところに転勤させられるし
そんな長いこと「署長」でいられるわけじゃないよ。
しかもころころ場所を変わるから、末端の警察官にまで私用で
命令できるわけじゃない。
さらに事件の捏造なんてしたらえらいことになる。
もし本当に参考人として呼ばれてるなら別件の可能性のほうが大きそう。
安心汁、ぜんぜん関係なくても参考人として呼ばれる人はいパイいるから。

947 :938:2005/05/17(火) 20:26:06 ID:1DoOhus70
>>946
その女教師は「署長」とは言ってなかったかもしれない。

ていうか重要のつかない「参考人」って出向かなくとも別に訴追されたりしないよね?
ある町(一時期そこに出向していた)の不正請求がらみなんだが・・・

948 :946:2005/05/17(火) 20:58:39 ID:jqRqk2Un0
>947
文書だけでは詳しいことはわからないけど、
とりあえず、上の人の都合や権力で犯罪や容疑者が捏造されるような時代じゃないよ。
そりゃあるところにはあるかもしれないけど。
でも恋愛がらみでそんなことまではしないと思う。
まぁ、身に覚えがないならそう言い続ければいいよ。
拘留期間は定められてるし、いざとなれば弁護士雇えばいい。

もし本当にその男絡みなら、嫌がらせの可能性もある。
その場合は逆に言えば告訴されることはない(嫌がらせがばれるから)
しかし本当に不正請求?があったなら調べられるのは仕方ないよ。
潔白なんだよね?だったら堂々としてればいいよ。
安心汁。上からの権力で小細工するほど下は暇じゃない。

949 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 21:03:54 ID:9NymA0x20
当時未成年じゃないだろ?
たかだか彼女とホテルに入っていたのを警察が察したぐらいで「ヤバ」くはないし、
彼女の父親も怒鳴るようなことじゃないだろ。



彼女が(親公認の)彼氏または婚約者が居ながら、他の男と浮気していたのなら話は別だが?

950 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 21:09:52 ID:xJycxY7n0
938&KとOの関係について説明したんなら、ヤバいのは938じゃなくてOのはずだろ。
むしろホテルに行くくらい親密な関係ってことで、Oの動機については申し分なくなる。
なんというか、40年くらい前の感性で書かれてる感じがするんだが。


951 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 21:30:35 ID:9uJocJMc0
オタのネタ丸出しのカキコは萎える

952 :本当にあった怖い名無し:2005/05/17(火) 23:58:19 ID:iSxEd5s+0
938は妄想癖のお方でしょう
最近の話で一番つまならなかった

ある意味後味悪くて正解かもですな

953 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 00:51:19 ID:0RpMHyfO0
火の話で思い出したけど
幼稚園の時、脱水症で入院した。その時、見舞いに来た母から聞かされた話。
「さっき、看護婦さんに聞いた」とのこと。
私が入院する直前に、全身丸コゲの男の子が運ばれてきた。
お父さんと二人でたき火をしていて、アホなお父さんが
使い終わった何かのスプレーを火にくべたらしい。で、爆発。
お父さんは助かったが、何せ息子は子どもで表面積が少ないので、
火を全身にかぶった。それでも運ばれた時はまだ息があり、
「どこか1本静脈が拾えれば、そこから点滴して命は助かる」
とその看護婦さんは必死になって手足、おなかの無事な皮膚を探し回った。
でも全身がくずれどうしようもなく、その子は目の前で死んでいったそうだ。
私も何日も点滴ばかりしてた時で、食欲も何もなかったが、
更に胃にずしーんと響いて後味悪かった。

954 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 00:58:02 ID:xWGzwizM0
焼死ってのは、何かと後味が悪いなぁ・・・。
いや、死なんてものは皆そうなんだけども。

955 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 02:10:06 ID:aFU7IsVE0
>上の人の都合や権力で犯罪や容疑者が捏造されるような時代じゃないよ。

権力があれば犯罪をもみ消せることは証明された…
悲しいけど。

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1116303383/l50
【少女監禁】被害少女のほうが悪い?…"王子様"の祖父(元・署長)発言、2ちゃんで話題★7

956 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 03:07:25 ID:PKzQTWNo0
池沼の祖父も池沼か

957 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 04:53:22 ID:kXHyjrg90
938の話がイマイチわがんね
付き合ってた女の元彼がOで、Oは警察署長の息子って事?
取り調べでラブホに行ってたのがバレて、それが原因で女と別れた
その後、その女は元彼のOと結婚する事になり938はOに嫌がらせをして来た
って事でいいのかな?

あまりにも現実味が無い話な上に、文盲の書いた文章じゃネタにもならんねw

958 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 05:37:34 ID:ZPmZ2cqz0
そもそも「ある町での不正請求がらみ」なら、違う町の警察署の
署長がが一体どんな悪辣な手を打てるというのか・・
日本の支配階級全てを敵に回したとかなら別だが、時代劇の見過ぎだろう

959 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 06:47:13 ID:UssRjnAe0
だから938は青森に住んでるんだよ。

960 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 09:03:19 ID:WQ6vh4mO0
>>953
カーチャン……
具合の悪い幼児になんちゅう話を……

961 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 10:37:56 ID:cQwDkAxo0
今朝出勤前にやってたニュース。
5才と6才の少年たちが虫とりに出かけて、5才の子が誤って溜池に落ちた。
6才の子は友達を助けようと虫取り網を差し出すも、足場が悪く転落。
二人とも大量に水を飲んで重体…

事件であろうと事故であろうと、子供が惨い目に合うのはやっぱり後味悪い。
インドアな子供が増えてる中、外で虫取りをして遊ぶ子供の存在って、昭和
40年代生まれの俺にとっては何か微笑ましいだけに。

子供たちが回復してくれる事を心から願っとります。

962 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 12:40:21 ID:CRVJxyUs0
>>961
そこの家のお祖母さんらしき人がインタビューに答えてたの見たけど、
目の周りが真っ赤で、泣きつくしたんだろうなあ・・・と思うと余計せつなかった。
二人とも元気になるといいね。

963 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 13:24:03 ID:WL/46tLm0
>>960
お母ちゃんが後味悪くしてるよね…

964 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 15:26:59 ID:qLXQDBzyO
友達を助けようとしてって…(つд`)
世の中がこういう人ばっかりだったらいいのに。

965 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 16:21:37 ID:uBmqxlVI0
>>955
スーフリでも捕まってない奴いるもんな・・・
絶対あいつらの親権力もってるよな

966 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 17:15:47 ID:aAUnSSuq0
>>961
その子のお祖父さんはいつも
『外で遊べ』
って言ってた。


...ってお祖父さん自身がニュースで言ってた。
お祖父さんも可哀想だ...


967 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 17:20:52 ID:FlKzBOpk0
>>965
コンクリートの事件でも実際犯罪に関わってたのは100人位いるらしい。
一回だけとかだと把握しきれないとかもあるのでは?
後味悪いのはこうゆう奴らって
「俺は一回だけだから」「捕まらなくてラッキー」とか思ってて、
当然反省もせず、あまつさえ自慢話として周りに話してそうなところ。

968 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 17:25:52 ID:WL/46tLm0
実際自慢してた奴もいたねえ

969 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 18:41:16 ID:YnZ1aTJA0
自慢した上、傷害事件で逮捕だからな…。オhル。

970 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 18:55:03 ID:H60Nd1/C0
>>966
子供の親に
「お祖父さんがよけいなこと言うからっ!責任とってよ」
って責められていそうで、後味悪いぜ。

971 :本当にあった恐い名無し:2005/05/18(水) 19:58:15 ID:Cg5czdZJ0
ニュースを見た感じでは怒りの矛先は行政にいきそうな感じだ。

溺れた池というのが最近作られた人工ため池で、工事中はフェンスをしてあったのに、
工事が中断した際フェンスまで撤去してしまったそうな。
どこが発注した工事か知らないけど、たぶんこういうのは自治体の仕事じゃないかと。

972 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 21:09:53 ID:S5u/AfHM0
うちは香川だが、ため池だらけで普通に柵などないわけだが・・・・
海辺の県は、海岸全部に柵をしているのか?

何でも人のせいにする方が後味悪い気がするのだが。

973 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 21:15:51 ID:1EHNdR330
香川県て、何でため池だらけなの?
雨が少ないの?

974 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 21:18:31 ID:S5u/AfHM0
>>973
瀬戸内式気候・・・・小学校社会科

975 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 21:26:37 ID:1EHNdR330
地元の人でなきゃピンと来ないことあるって…
香川は「ため池王国」なんですね。でも、
柵がないのが普通というのは、あまり全国的な事ではないと思う。

976 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 21:40:47 ID:hAaTaFpF0
微妙に>>161からの、一連の流れにリンクして行きそうだったな。

977 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 21:43:33 ID:S5u/AfHM0
>>975

そうか。まあ、確かに、溺れたという最近作られた人工ため池は、
あり地獄のような滑りやすい斜面に見えたけど、

漏れは近所にあるたくさんの柵なしため池を思い浮かべながら、
あれはいいのか?と思うのであった。

978 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 23:05:37 ID:EvXup3GY0
瀬戸内式気候なんて小学校で習ったけど、全然実感無いのよね。
確かに地中海性気候に似て雨が少なかったような気もするけど。

正直>>974のレスは意味不明なんだけど。

979 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 23:31:00 ID:1EHNdR330
>>978
香川の人には常識的な事だろうから、
「当然でしょ、こんな事も知らないの?」
って意味だったんだと思うよ。
香川は昔から雨が少ないので、ため池づくりが
生活の知恵として根付き、その数は日本一。
ため池王国として知られているとのことです。
知られているとの事です。

980 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 23:31:49 ID:hAaTaFpF0
>>979
そうなのか。
 そうなのか。

981 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 23:32:42 ID:1EHNdR330
あれ、最終行どうしてかぶったんだろ、
消したのに……スミマセン

982 :本当にあった怖い名無し:2005/05/18(水) 23:40:58 ID:IeKsJn2V0
皮肉で繰り返してるのかと思ったw


983 :本当にあった怖い名無し:2005/05/19(木) 00:05:24 ID:ZhH+B7C80
そんな王国、知りません。
知りません。

984 :本当にあった怖い名無し:2005/05/19(木) 00:08:28 ID:Ltq338oeO
昔だったら、親とかが「危ないから行っちゃダメ」
なんて感じで、工事業者も見舞い金くらいですんだんだろうが
現在は訴訟だなんだでふんだくるんだろうな?

でも、あの水路?では落ちたら大人でもキツイわ。

985 :本当にあった怖い名無し:2005/05/19(木) 00:10:46 ID:QsmcYjeD0
昔の子育ては病気とか事故とか「含み損」だったからね

「含み損」の使い方を間違えてるような気がする
「歩留まり」とかいった方がいいのか

986 :本当にあった怖い名無し:2005/05/19(木) 00:14:58 ID:h1GAHP3m0
昔の人は兄弟多かったもんなあ。
兄弟全員元気で成人するなんて滅多になかったろう。

987 :本当にあった怖い名無し:2005/05/19(木) 00:28:51 ID:MOrzflpD0
ウチは神奈川県て雨は多いんだけど、やはり貯水池が多い。
「平成たぬき合戦ぽんぽこ」で揶揄された山を切り開いた町で、
大雨の時、水がどう流れる事になるか計算できなかったという。
それで万一、人家に影響が出ては、という意味で水逃がしのために掘られたらしいんだが、
実際は全然、水なんか流れてこず、ただの巨大な穴と化している。
それでも、やっぱり危ないので、厳重な柵が搗くってあるよ。
最近は春先、女の人がとおると、ここからバイクに乗った裸の男が出てくるというので、
別の意味で危ない場所になってしまった。


988 :本当にあった怖い名無し:2005/05/19(木) 00:30:48 ID:6v/7GYPP0
>>987
> 最近は春先、女の人がとおると、ここからバイクに乗った裸の男が出てくるというので
ごめん、笑い事じゃないんだろうけど
想像したらワロタ

989 :本当にあった怖い名無し:2005/05/19(木) 01:07:34 ID:E1uV6HZj0
>987
それ、貯水池じゃなくて遊水地じゃないの?
神奈川は確かに多いね、近所にもいっぱいある・・・それと痴漢も多い。

990 :987:2005/05/19(木) 01:57:27 ID:MOrzflpD0
>>989
あ、遊水池(地?池?)って言うのか。
ご近所では貯水池って呼んじゃってた。
水はないけど深さはあるので、やっぱり
落ちたらタダでは済まないよね。

991 :本当にあった怖い名無し:2005/05/19(木) 02:24:11 ID:BasiMinP0
で、次スレは?

992 :本当にあった怖い名無し:2005/05/19(木) 02:26:46 ID:olY2+1Pr0
立てますた
後味の悪い話 その27
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1116437147/l50

993 :本当にあった怖い名無し:2005/05/19(木) 02:35:32 ID:gCTtXT2rO
梅田という地名は、昔戦場で戦死した遺体を埋めた事に由来している

っつーワケで埋め!

994 :本当にあった怖い名無し:2005/05/19(木) 02:37:47 ID:kno18zIgO
>>993
といのは…


ガセ

995 :本当にあった怖い名無し:2005/05/19(木) 02:42:08 ID:MOrzflpD0
995


996 :本当にあった怖い名無し:2005/05/19(木) 02:46:11 ID:Iv9Skw/VO
梅。

997 :本当にあった怖い名無し:2005/05/19(木) 02:48:07 ID:gCTtXT2rO
>>994
ショッキング!!

梅。

998 :本当にあった怖い名無し:2005/05/19(木) 02:50:41 ID:Iv9Skw/VO
梅。

999 :本当にあった怖い名無し:2005/05/19(木) 02:51:11 ID:gCTtXT2rO
梅干しをおにぎりに入れると、おにぎりが腐りにくくなるらしい

では梅!

1000 :本当にあった怖い名無し:2005/05/19(木) 02:51:45 ID:mzwCyNrF0
うんこ

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

349 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)