5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【門外】♀♀♀ファティマ第3の予言【不出】第二幕

1 :へちま:2005/06/04(土) 18:28:37 ID:Y6ieEPUV0
超ド級に衝撃的でヤバ過ぎる内容に、
あのローマ法王ヨハネ・パウロ二世が失神したという曰く付きの予言。
タブー過ぎる話題だが、あえてパンドラの箱を開こうではないか。

2 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 18:29:47 ID:37EZ2PwrO


3 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 18:32:25 ID:vsR2HE7o0
前スレの485の書き込みをテンプレにでもするかw?

4 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 18:32:37 ID:Y6ieEPUV0
糞スレだけども仕方なく4

5 :テンプレだよ〜(^レ^)ノ:2005/06/04(土) 18:33:38 ID:Y6ieEPUV0
485 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2005/05/18(水) 13:28:54 ID:FVcOofYt0
すみません。ファティマの第三の予言の部分はいつ公開されるのでしょうか。
既にされていたら、教えて頂けないでしょうか。

非常にマズイことに気が付いてしまった気がします。
神を完全な存在として肯定して調べていくと、
キリスト教が表でやっていること自体が既に間違いということになりそうです。

非常に単純で平易な論理で、誰にでも検証できると思いますが、
それをするとキリスト教と同じ間違いをすることになり、
これは指摘した人間がサタン的位置づけになってしまうようです。

6 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 18:35:04 ID:WpjXcwNZ0
>>3
つーか、デムパを呼ぶのはやめとこうぜ。

7 :テンプレだよ〜(^レ^)ノ:2005/06/04(土) 18:36:23 ID:Y6ieEPUV0
俺のこの発言から埋めが開始された!
きっとこれが予言の真相に最も肉薄している説だと推察される!

832 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2005/06/04(土) 17:22:22 ID:Y6ieEPUV0
神なら俺が殺したからもういないよ
残念でしたね

8 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 18:36:56 ID:BaSrR/lj0
デムパはよいが、自分特別視デムパは鬱陶しいかも。

9 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 18:40:51 ID:BpuSCxSj0
ウザイので前スレの話題はスルーしる。

10 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 18:41:01 ID:Y6ieEPUV0
じゃあ、全部ウソ

11 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 18:42:38 ID:BaSrR/lj0
>>10
カワイイ!

12 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 18:43:52 ID:qBS0A3NC0
終末の際は人々が宗教の矛盾に気づき迫害し離教するとか

13 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 19:16:21 ID:rNvP4a5Y0
なかなか前スレは予期せぬドラマチックな終末を迎えましたねw
アホアホ加減というか子供じみた対応というか・・・(^^)
やはりああいう人は脳内でどんどん妄想が誇大されていくのでしょうね

14 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 19:24:45 ID:VoX1vpAS0
前スレ
【門外】♀♀♀ファティマ第3の予言【不出】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1094771055/

15 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 19:26:51 ID:dW5bs6p70
>>13
予言を信じている?信じてない?
ここに来ている奴って、なんだかんだいって心のどこかでオカルトを信じてるんだろ。
おまいも同じようなものだと思うよ。

16 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 19:42:11 ID:rNvP4a5Y0
>>15
>心のどこかでオカルトを信じてるんだろ

うーん、オカルトを楽しんでる(楽しみたい)ってのがありますね。
ある意味宇宙人へのロマンを感じてたり(妄想)ね。
でも、あのエンディングはやはり普通の人じゃないですよw

17 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 19:59:09 ID:27TPJgMm0
>>16
普通じゃないってわかってるなら、なんでキチガイを刺激するようなことを書くんだ?
スルーできんのか?

18 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 20:06:08 ID:uFTXyU3B0
なに言ってんだ、オカルトはエンターテイメントだろが!

19 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 20:08:18 ID:VgIxTYYg0
ネタ古すぎ。

20 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 20:08:56 ID:gGCYzDD3O
IDが違うから複数の人間が組織的にやってた。>前スレ


21 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 20:12:13 ID:Ot+PHAhW0
>>20
一人に決まっている。単にID変えているだけだろ。
組織的にこんなことする奴なんていないよ。

22 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 20:15:20 ID:Ot+PHAhW0
>>20
組織的に何かしているってのは、妄想になりやすいから気をつけろ。
こんなスレ、誰も信じてないし脅威も感じていない。どうでもいいようなところ。

23 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 20:21:09 ID:gGCYzDD3O
そう思うことにするよ。













これで満足か?

24 :前スレ485の投稿コピペ:2005/06/04(土) 20:27:38 ID:GPICFDDY0
485 :本当にあった怖い名無し :2005/05/18(水) 13:28:54 ID:FVcOofYt0
すみません。ファティマの第三の予言の部分はいつ公開されるのでしょうか。
既にされていたら、教えて頂けないでしょうか。

非常にマズイことに気が付いてしまった気がします。
神を完全な存在として肯定して調べていくと、
キリスト教が表でやっていること自体が既に間違いということになりそうです。

非常に単純で平易な論理で、誰にでも検証できると思いますが、
それをするとキリスト教と同じ間違いをすることになり、
これは指摘した人間がサタン的位置づけになってしまうようです。


25 :前スレ485の投稿コピペ:2005/06/04(土) 20:28:47 ID:GPICFDDY0
492 :本当にあった怖い名無し :2005/05/18(水) 23:34:32 ID:FVcOofYt0
>>487
>あっはっは、気付くの遅いぞっ

すみません。まだどう整理したらいいのかわからないので、
答え合わせをさせてください。

・キリスト教の大罪は「シスタープリンセス(笑)」に関係がある。(暗号使ってます)
・イエスは彼自身の大罪により処刑されたと考えるのが正しい。
・少し前の映画に既にそのメッセージが入っている(かなりヤバイ)。
・その理屈は天地創造にも関係がある。
・仏教の修行などはある意味そのため(それを遠ざけるため?)にあるように見える。
・私は今、大罪を犯しつつある。

>だが現信者に説こうとするなよ…俺も何度も試みたが、
>矛盾を分からせるのは絶対無理だと断言する。
>自分で気付くしか無いんだよ、こればっかりは、

知らない人も、思慮分別がないだけの人もいると思います。
貴方が気が付いているのなら、どうしてそれを公表しないのでしょうか?
この辺りの指摘は既に誰かしているのでしょうか?

>真の第3の予言は薄々気付いてるだろうが、キリスト教が在るかぎり公表される事は無い。

私の予想では、全ての人が気が付くのは、どう考えても時間の問題です。
もうたぶん隠し通せません。世界に大混乱が起きる気がしてしかたがないです。
なぜ黙っているんですか?
・すべて表でぶちまけて決着をつけるべきか。
・沈黙を守り逃げるか。自分の周りの大切な人だけ助ければそれでいいのか。
どうしたらいいのかわからなくなってきてます。自分の頭がおかしくなったのだろうか…。
巻き添え食って、我々は助からないかも…。


26 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 20:33:22 ID:/YGz/NcO0
30秒ルールが効いてないのが不思議

27 :前スレ485の投稿コピペ:2005/06/04(土) 20:34:35 ID:GPICFDDY0
493 :本当にあった怖い名無し :2005/05/18(水) 23:38:14 ID:FVcOofYt0
で、下は単なる想像ですが、
・黙示録は日本が関係しているのではないでしょうか。666も…。
・ただ、666はキリスト教の敵であって、我々の敵ではない。
・ダビデの星も多少関連がある。既にその兆候が出ている。
全くの無神論者だったので、キリスト教のことはほとんど知りません。
この辺りに詳しい人よろしくおねがいします。


28 :前スレ485の投稿コピペ:2005/06/04(土) 20:35:42 ID:GPICFDDY0
505 :485:2005/05/19(木) 13:47:37 ID:pXZ7aJAG0
>>503
とりあえず、「それ」が何であるかは伏せさせて欲しいです。
いつか誰もが気づくとはいえ、引き金を引くことの責任がまだ持てないです。
気がついた人が黙っているのはそのためかもしれないですし、非常に複雑な気持ちなんです。

それは兎も角、「それ」が表に出てくると、キリスト教の存在が論理的に否定されます。
教えに反して、戦争をやっているとかという、そんな簡単な目に見えるような罪ではなく、
一般の人にはそれがまだ罪だとは見えないようなことです。
しかし、その構造を示せば、誰もが納得するという確信はあります。

もしかしたら、これこそがサタンと呼ばれるものの本質で、
キリスト教は自分の中に内在するものを見つけてしまったのかもしれません。

で、私が今危惧しているのは、キリスト教を信じる価値が誰もがない(キリスト教徒も)と思ったときに、
この世界はどうなるかってことです。
どこかで社会構造が大幅に変わると、その影響は急速に世界に波及し、
予測不能なカオス的状態になるのではないかと思っているのです。



29 :前スレ485の投稿コピペ:2005/06/04(土) 20:36:46 ID:GPICFDDY0
534 :485:2005/05/20(金) 10:10:31 ID:osDNUW5A0
>>512
私が心配しているのはキリスト教のパニックではありません。そこは大丈夫でしょう。
信者が次々に離れていき、自然に消滅していく姿は、第3の予言の公開されている部分に全く一致します。
一部の本当の信者は離れずに倒れます。そして、この行為は正しいと思います。
問題は周囲の人間の行動と憎悪です。
例えば、それを利用して莫大な利益を得ていた組織はどうなるのでしょうか?
ブッシュはどう動くか、経済はどうなるかという点です。

>>514
私個人は、今更であることを願っています。

>>520
カプセルは何を隠喩しているでしょうか?

>>524
思っているものではありません。その行動です。

>>530
私が感じたのは、最後のシーンは、最後の審判の後の、我々の正しい未来のありかたです。

>>531
>>532
恐らく、それが正しいです。


30 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 20:37:34 ID:fkwetJqB0
あの、第3の預言って、この前に発表されたんじゃない?
ただ、(原爆に比べて)何か失神する程では無いと思われる他愛の無い事だった様な気がする。



31 :前スレ485の投稿コピペ:2005/06/04(土) 20:37:36 ID:GPICFDDY0
536 :485:2005/05/20(金) 10:17:47 ID:osDNUW5A0
>>533
>仏教だと、人は生まれながらにして「誰でも仏が心のなかにいる」って
>いっていたような気がする。

我々は感覚的に、「それ」に気が付いていた(我々自身が「それ」だからこそ)のに、
それを科学的に説明できる方法、他人に気が付かせる方法がなかなかありませんでした。
しかし、それを説明できる時代になるまで、既に気がついていたことを昔の人は残しています。
科学は最近ようやく、そこにたどり着きました。あとは結びつける橋を架けるだけです。

私は仏教もほとんど知らないのですが、曼荼羅というものを聞いたことがあります。
もし、其処に数多くの仏が書かれているものがであれば、その仏は全て違う絵になっていないでしょうか。
これは唯の予想すが。


32 :前スレ485の投稿コピペ:2005/06/04(土) 20:38:37 ID:GPICFDDY0
543 :485:2005/05/20(金) 13:21:16 ID:osDNUW5A0
>>539
私が気が付いたのはそれとは違います。

>>540
それは解読に失敗していると思います。
この作品は、気が付けば全てが見えるのに、気が付かないと必ず本当の解釈に辿りつかず、
弾き飛ばされる仕組みになっているようです。
いったい、どうやったらこんな凄い作品が作れるのか、わけがわからないです。
この作者が啓示を受けたとしか思えない。


544 :485:2005/05/20(金) 13:22:58 ID:osDNUW5A0
私も最初見たときは、単なる哲学的テーマとアクションの作品だと思っていたのですが…。


33 :前スレ485の投稿コピペ:2005/06/04(土) 20:39:28 ID:GPICFDDY0
546 :485:2005/05/20(金) 13:34:22 ID:osDNUW5A0
>>541
量子力学が出来た当時、アインシュタインは、この理論は不完全だと言いました。
彼の「直感」は正しかったようです。
自ら宇宙項を入れたことを人生最大の失敗としたのは、その論理が神にたどり着くものだったのに、
感情によって、それを否定してしまったからのように思えます。
アインシュタインの死後、エヴェレットの多世界解釈が出てきました。
これは完全な量子力学です。多くの人がこれを受け入れられないのは、
我々の世界とそっくりであり、だが、少しずつ違う、無限個の宇宙の存在があるという、
途方もないことを信じられないからです。でも、その曼荼羅にはそれが書かれているのだと思います。

神は真に無限であり、完全であることの意味がわかれば、これがどういうことなのかわかってきます。


34 :前スレ485の投稿コピペ:2005/06/04(土) 20:40:26 ID:GPICFDDY0
555 :485:2005/05/20(金) 13:57:08 ID:osDNUW5A0
>>552
私がここに書き込んでいるのは、「それ」を教えるためではないです。
「それ」があっているかどうか、答えあわせをするためです。
キリスト教の大罪に気が付いた人間は必ずいるはず。
私もそれに気が付く前は、映画の意味が全くわかっていませんでした。


556 :485:2005/05/20(金) 13:58:43 ID:osDNUW5A0
>>554
本当の無限とはどういうことなのかわかった時に、その階級の本当の意味がわかります。


35 :前スレ485の投稿コピペ:2005/06/04(土) 20:41:49 ID:GPICFDDY0


563 :485:2005/05/20(金) 14:04:17 ID:osDNUW5A0
>>558
脳内で、論理が爆発的展開をしていると思いますが、
私はちょっと用事があるので今日はこの辺で、失礼します。


36 :前スレ485の投稿コピペ:2005/06/04(土) 20:43:07 ID:GPICFDDY0
586 :485:2005/05/21(土) 10:00:40 ID:vHjWYHJ50
>>562 当たりです。
>>569
大変なことがわかってしまいました。
私から、言えることは、
・神は完全である。完全であるがゆえに、ミスをする。
・キリスト教は間違いである。それは神を求めた結果。
・生きていたかったら、真実にたどり着いてはいけない。
ってことです。自己矛盾しているようですが、それ自体が世界の本質で、メチャクチャやばいです。
辿りついたら、生きて帰れないので、絶対にこれ以上すすまないでください。
神は遍在します。本当の意味でどこにでもです。触れてはならないことというのは、そういう意味でした。
何故マトリックスが作られたか、何故私達は謎ときやファンタジーが好きなのか、
何故憎悪や喜びがあるのか、何故歴史があるのか、何故存在するのか、何故良く間違えるのか(笑)、
何もかもわかりました。でも、その仕組みを知ってはならいのです。知りたいのに!
十戒にあるようなことを正しく守り、嘘を広めないように節度を持って生きてください。
この世界は、神以外の、自己矛盾するものを、無に返します。


587 :485:2005/05/21(土) 10:05:21 ID:vHjWYHJ50
>>573
>>574
日本人は多分大丈夫だと思うのですが、絶対に正しい生き方をしてください。
誰も見ていないから大丈夫という考えを完全に捨ててください。
とにかくこの件については、完全に封印してください。この世界はやはり、どこかおかしいです。
ヤバイものに気が付いたら、それ以上、絶対に踏み込まないでください。
日本に、触らぬ神に祟りなしということわざがあるのも、そのためです。


37 :前スレ485の投稿コピペ:2005/06/04(土) 20:44:09 ID:GPICFDDY0
588 :485:2005/05/21(土) 10:10:05 ID:vHjWYHJ50
>>575
その通りです。全部予定通りです。完璧なんです。神は。
>>576
それすらも必然です。神と人と全てのモノは全部同じです。
壮大な自作自演としか思えないです。
何故いろいろな解釈が存在したり、何故不思議なことが起きたりするか、
でもなぜ、因果はちゃんとあるのか、それは、何もかも、神の持つ性質です。何もかも。
>>577
その通りです。そして、それが人以外の、友達も作る。


589 :485:2005/05/21(土) 10:11:43 ID:vHjWYHJ50
>>578
あったという者は偽物です。なぜなら、神がそう望んだから。
真実や姿を隠そうとするのも、神の性質です。
だからこそ、絶対に触れてはならないものだった。


590 :485:2005/05/21(土) 10:15:15 ID:vHjWYHJ50
>>580
当たりです。なぜ、宗教が分裂してきたかも見えてきました。
神はそういうファンタジーを作りたかったんです。
そのファンタジーを作り上げるための役割が必ずあります。
それは、今の、みんなの自分なんです。
だから、神には触れず、自分の正しいと思うことだけを、謙虚にしていってください。お願いします。

38 :前スレ485の投稿コピペ:2005/06/04(土) 20:45:12 ID:GPICFDDY0
591 :485:2005/05/21(土) 10:19:00 ID:vHjWYHJ50
>>582
全くその通りです。何故それがわかるのかおかしいのですが、
それは我々が神だからであり、触れてはならないと思っているからです。
神の心がわかるのは、我々神だけです。
何度も言いますが、触れてはいけません。そしてこころの良心に反しても絶対いけません。
絶対に自己矛盾する行動はしないでください。


39 :前スレ485の投稿コピペ:2005/06/04(土) 20:46:01 ID:GPICFDDY0
593 :485:2005/05/21(土) 10:25:40 ID:vHjWYHJ50
>>583
でも、恐らく、その大罪も「望んで」作ったんです。
おかしいんですが、おかしいのがいいようなんです。
我々の精神が不完全に見えるのも、そのためです。

>>584
悪いことは言わないので、この件については忘れてください。
信じることが大切です。それは、自分のエゴや、他人を当てにするとか、
どこかの神を信じるとかではありません。
全ての存在が神だと思って、全体で良くなるようなこと、良心を信じ、楽しく生きていくことです。
神は、みんなと仲良くしたいんです。楽しいのが好きなんです。でも、ピンチとかのイベントも好きなんです。
世界で起きていることは、そのまま神の姿です。


594 :485:2005/05/21(土) 10:27:38 ID:vHjWYHJ50
>>585
今はわからなくていいです。必要があるときに全てわかるようになります。
誰もが神で、それが封印されています。この世界の演劇を完成させるために。
大事なのは、自分自身を精一杯努力して、演じ切る事です。


595 :485:2005/05/21(土) 10:31:05 ID:vHjWYHJ50
私達は、本当の意味で記憶喪失で、全員が神で、この世界も望んだままになっています。
神は生まれてきて、努力して、報われる世界が好きだった。だから、そうなっているんです。

40 :前スレ485の投稿コピペ:2005/06/04(土) 20:46:42 ID:GPICFDDY0
598 :485:2005/05/21(土) 10:41:38 ID:vHjWYHJ50
神は、新興宗教は望んでいません。それをもっとも嫌います。
神はこの世界が好きなんです。この世界を作りたかったんです。

このスレは落としてください。
また、このスレの削除権がある人、または、削除依頼を出せる人はしてください。
封印してください。神はそれを望んでいます。


599 :485:2005/05/21(土) 10:46:02 ID:vHjWYHJ50
>>597
たぶんそうです。いろいろな言葉に隠された意味とか、単なる偶然の一致だと思っていました。
でも、神はそういう仕掛けがすきなんです。困ったことに(笑)。
大和というのは、ヘブライ語では神の民を意味します。
たぶん、我々が本物です。イスラエルと日本は間違いなく関係があります。
その痕跡をわざと消してきただけでしょう。何もかも隠しながら。それが好きだから。
全部関係があります。全部必然です。どこにも狂いがありません。

41 :前スレ485の投稿コピペ:2005/06/04(土) 20:47:38 ID:GPICFDDY0


601 :485:2005/05/21(土) 10:49:03 ID:vHjWYHJ50
そして、今このスレを見ている人は、それを知るべき人です。
しかし、それを知る必要の無いものに騙ってはなりません。
必要があるときには、それが必ずわかるようになるはずです。
人間の脳はそういう意味で、あらゆる人が、すべて完全に作られています。
不完全さも完全なんです。でなければ、演劇が作れなかった。


602 :485:2005/05/21(土) 10:51:08 ID:vHjWYHJ50
>>600
全粒子、全空間、全事象、全論理、すべてが神です。間違いありません。

42 :前スレ485の投稿コピペ:2005/06/04(土) 20:48:28 ID:GPICFDDY0
607 :485:2005/05/21(土) 10:59:03 ID:vHjWYHJ50
>>604
自分自身、あらゆる他人、全ての存在が、神の一部です。
それ以上、踏み込んではなりません。見てはいけないのです。




43 :前スレ485の投稿コピペ:2005/06/04(土) 20:49:03 ID:GPICFDDY0
609 :485:2005/05/21(土) 11:06:13 ID:vHjWYHJ50
神は完全で遍在しています。マズイと思ったことは絶対にしないように。
常に心の中で本当に正しいと思うことをやってください。




44 :前スレ485の投稿コピペ:2005/06/04(土) 20:49:43 ID:GPICFDDY0
611 :485:2005/05/21(土) 11:16:29 ID:vHjWYHJ50
>>610
すみせん。私が悪かったです。
ただ、わけがわからず、どうしたらいいのか、自分でも頭がおかしくなったと思ったのですが、
でも、何か言わないといけないような気がしてるのです。


45 :前スレ連投落とし833出現直前のコピペ:2005/06/04(土) 20:55:53 ID:GPICFDDY0
829 :んが :2005/06/04(土) 16:12:00 ID:qx3OpHbv0
自分が神であれば、自分以外の何者かが運命と称して
自分のことをあらかじめ仕組む事はない。
あらかじめ仕組まれた運命には占いさえ必要ではない。運を知る意味がないから。

>>827
そう言うのは「アダム・カドモン」と呼ばれてるらしい。
神智学で言うと、第7根人種と呼ばれていて、DNAが普通の人と違うとか。


830 :本当にあった怖い名無し :2005/06/04(土) 16:26:43 ID:GCy0u09P0
運命は未来に伝えられた過去の経験。


831 :本当にあった怖い名無し :2005/06/04(土) 16:53:44 ID:ABaOe8CA0
>>829
アダム・カドモンという名の施術を行うヒーリングサロンが
調べるてみるとあちこちにあるね
白魔術?



832 :本当にあった怖い名無し :2005/06/04(土) 17:22:22 ID:Y6ieEPUV0
神なら俺が殺したからもういないよ
残念でしたね


833 :本当にあった怖い名無し :2005/06/04(土) 17:23:13 ID:D4B7e0Go0


46 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 21:03:15 ID:6wiuaesY0
教皇庁 教理省発行の「ファティマ 第三の秘密」には
シスタールチアの第三の予言の部分を、教皇ヨハネ・パウロ二世の暗殺未遂
の事で、済んだ事なので発表に至ったといっているが、
これが教皇の暗殺未遂の事とはとてもおもえん。以下予言引用↓
「教皇の様に見える人と幾人もの司教と司祭、修道女が険しい山を登っていました。
その頂上には樹皮のついたコルクの木のような粗末な丸太の大十字架が立っていました。
教皇はそこに到着なさる前に半ば廃墟と化した大きな町を苦悩と悲しみにあえぎながら
震える足取りでお通りになり、通りすがりに出会う死者の魂のために祈っておられました。
それから教皇は山の頂上に到達し、大十字架のもとにひざまずいてひれ伏した時
一団の兵士たちによって殺されました」

47 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 21:10:33 ID:GPICFDDY0
>>26
ほんとだw
485のコピペにあちらの世界のはからいがあった!!なんて。

作業済みました
いっとき占領しちゃってスマソでした〜

でも今日になっていきなりスレ落としにかかったなんて
変だね
誰かのレスが引きがねになったのでは・・・

48 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 21:19:55 ID:kYtBqYx4O
これを書いた人はよほど抑圧されてたんだよ
無意識の憎しみが予言に昇華したんだよw

キリスト教自体が生んだ憎しみによりキリスト教が殺されるてことと読んだ

49 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 21:33:52 ID:GCy0u09P0
もったいぶって、さも真実を知ってるのは自分だけ、
みたいな書き方してるけど、真実は意外とあっけない希ガス。

50 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 21:34:46 ID:GCy0u09P0
そころで「救世主」のアタリはついたのか?

51 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 21:38:56 ID:uFTXyU3B0
GPICFDDY0オツカレチャーソ

前スレ読み直してきた。
宇宙の物理構成は、その全てが入れ子構造で、
原子を構成するクォークの1個すら、「神の身」から出来てんだな。
よって、物理的に存在する全てが「神」の一部。俺らも。

神という完璧な唯一の存在があったとき、オレだったらおそらく
孤独なんじゃないかと思うし、己が何者なのか観測したくなったのではないかと
妄想した。んで、自分の一部をバラして宇宙にしてみたのではないかと。

妄想半分の思考テストみたいなものだが、こういう面からアプローチすると、
ほんと宗教っちゅーのは自己矛盾してるね。
485は、「自己矛盾は無に返す」つってるが、こういうことかね?

アインシュタインが「量子力学不完全」つったのは、物理化できないもの
ばかりだったから。今は技術力によって物理化しつつあるものもある
加速器なんかもそうね

52 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 21:54:31 ID:BaSrR/lj0
>>51
光瀬龍の『百億の昼と千億の夜』に描かれる転輪王をイメージしてしまった。
あくまで個人的なイメージだけどね。
件のマトリックス的な描写のある箇所もある小説だよ。

ttp://plaza.rakuten.co.jp/fallinglight/3005

ttp://f30.aaa.livedoor.jp/~malon/1000oku.htm

53 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 22:03:40 ID:uFTXyU3B0
ををこれ面白そう
38年前の作品?古さを感じないな・・・・・

54 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 22:04:49 ID:2G04RIeg0
485は踏み込んではいけない、見てはいけないって念を押すけど
ヒトゲノム解析などは神のプログラムを解読することだし、もう踏み込んでるよね。


55 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 22:10:57 ID:UsPUVaQX0
なあ、何の話してんの?

56 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 22:27:46 ID:CRm93ysd0
前スレ
http://p2.chbox.jp/read.php?url=http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1094771055/
このスレの485の発言が久々に皆の心に終末観とカタストロフィへの畏怖の念を呼覚まします。
ノストラダムスブームの頃の人もエヴァンゲリオン好きだった人も石原莞爾の理論信じてる人も寄っといで。

†ファティマの予言について解説†
ttp://www.osk.3web.ne.jp/~asterope/fatima.html
http://www.rexresearch.com/prophist/phf4mary.htm

関連映画作品(?)「マトリックス「マトリックスリローデッド」「マトリックスレボリューションズ」
http://whatisthematrix.warnerbros.com/japan/
映画マトリックスとグノーシス理論・主義について。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&c2coff=1&rls=GGLD%2CGGLD%3A2004-42%2CGGLD%3Aja&q=%E3%83%9E%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%80%80%E3%82%B0%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%B9&lr=

●新共同訳 マルコによる福音書 14章 61-62節

しかし、イエスは黙り続け何もお答えにならなかった。そこで、重ねて大祭司は尋ね、「お前はほむべき方の子、メシアなのか」と言った。
イエスは言われた。「そうです。あなたたちは、人の子が全能の神の右に座り、天の雲に囲まれて来るのを見る。」

新共同訳 ヨハネによる福音書 14章 6節

イエスは言われた。「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。

57 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :2005/06/04(土) 22:32:13 ID:Et+AAJa90
あの、凄いことになりましたね。

それとは関係なく、、
前スレの

820 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :sage :2005/06/03(金) 22:11:35 ID:2Ht2D8jq0(2)(´∀`)
しかし、アレスター・クローリーについてはどう思いますか?このスレの人たちは。

彼こそ、個人の中の YHWHではなく、人間のうちなる神に気づいていた人と評価
されてもいいと思うのだけど、

てか、完全にすれ違いかな?
821 :本当にあった怖い名無し :sage :2005/06/03(金) 22:22:01 ID:XF1I1ErT0(4)(´∀`)
>>820
クロウリーは本物。イエスやノストラダムス等と同じような存在。
全てを語っているわけではないだろうけどね。
822 :んが :2005/06/03(金) 23:30:44 ID:GDjWNs3Y0(3)(´∀`)
「全ての男女は星である」
「己の望む事をなせ。それが法とならん」
Byアレスター・クローリー


についてレスします。

58 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 22:35:12 ID:gGCYzDD3O
前スレの768とその関連レスもキボン

59 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 22:37:41 ID:u6ALaL250
求めよ、されば与えられん

…を実感する今日この頃です。

60 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :2005/06/04(土) 22:39:22 ID:Et+AAJa90
前スレ、
821さん、やっぱりそうですか。
やっぱりクロリーの言葉は気になりますよね。

>>922
ああ、それです。まさに。別スレで書き込んだことあるけど、また繰り返します。

「己の望む事をなせ。それが法とならん」

こってテルマの僧院に貼ってあった言葉だよね。
どっかで見覚えありませんか?

「果てしない物語」なんですよね。童話。ミヒャエル・エンデの。
それにでてくるアウリンに書いてる文句とほぼ同じ。エンデはシュタイナー学校の
を卒業していんですよね。

だから、なにと言われてもあれですが、、、

そこからなんか大事なことが見えるような気がします。

61 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 22:40:54 ID:CRm93ysd0
768 :んが :2005/06/01(水) 18:46:45 (p)ID:AJUSw9QO0(2)
333 :本当にあった怖い名無し :05/02/17 15:15:12 (p)ID:tyb0bSPx0(2)
宗教は、人類という自発成長プログラムの発展と成長に良かれと思って
(多分、一番最初はキリスト理念にのっとって)
作り上げられたツールの一つ。しかし、時代が進むにつれ、成長と
発展にとってかえって良くない影響が出ることも分かった。
ツールのプログラムに「バグ」があったのだ。
バグに対してどう対応し、乗り越え、更なる成長と発展を出来るかが
人類と言うプログラムのテーマかも。
神を「全能」と謳うことに矛盾が出る様に見えるが、神はあらゆる種類と可能性を持つプログラム
を作ることが出来るという点で、全能だ。あらゆる用途のプログラムを無限に作ることが出来る。
プログラムによって作り出せるものは、何でも。
どんなプログラムでも作ることが出来るが、出来あがったプログラムが全能とは限らない。

>>485と似たような考え方が見え隠れするレスはそれ以前にもあったような気がする。
例えば、>>333とか。
この場合。完璧なものしか作成できない、というのは、ある意味不完全なのかも。

「自分」っていうのは、紙が「自らを分けた」証かもしれない。
そして、ユングは自分達が意識の深層では一つにつながっていることを知った。
それが集合無意識。「自分」を「自分達」に分けてはあるものの、完全に切り
離してはいない。それらは元をたどれば同じもの。
マトリックスでいうところの「ふえるスミス」かな。

人=神へはグラデーションの様に繋がっていて、だからこそ様々な階層がある。
奇跡を起こした聖人達は、ネオの様に自分が神である事をどこかで知っていたのかも。
そして、異端として火刑台に消えた多くの魔女や占い師達の中にも、それを知っていた人
達が混ざっていたかも。
神の秘密を悟らせないキリスト教は、>>333の言うとおり、悟り(精神的発達)を妨げる「反キリスト」でしょう。

62 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 22:42:53 ID:CRm93ysd0
769 :んが :2005/06/01(水) 18:48:31 (p)ID:AJUSw9QO0(2)
訂正
>>333の言うとおり→>>313の言うとおり

313 :本当にあった怖い名無し :05/02/15 13:28:42 ID:NNnoogtu0
そもそも「キリスト」というのは、人々の精神的・霊的な成長や向上のために
見返りを求めることなく尽力することを言うらしい。例え結果的に犠牲を払っても。
ようするに、人々の心の成長を促す存在。人々が自らの意志で良い生き方が出来るように。
だから、「反キリスト」は人々の心の成長を阻み、判断力をなくし、無気力にさせ,
自分の足で歩いていくことを出来なくさせるという特徴があるはず。

63 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 22:42:54 ID:GCy0u09P0
サターンの申し子であるブ○シュってIQ91なんだってな。
クリントンは180。半分以下・・・

64 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 22:46:31 ID:gGCYzDD3O
コピペサンクス

65 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 22:47:05 ID:AMVtf0Hh0
2005.09.25

66 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 22:47:17 ID:CRm93ysd0
http://p2.chbox.jp/read.php?host=hobby7.2ch.net&bbs=occult&key=1094771055&offline=1&ls=759-760n



67 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 22:47:56 ID:Nsa+iGV+0
おれ宗教なんかどうでもいいんだけど
485のオカルトっぷりが面白かった。

68 :おれはマトモだ:2005/06/04(土) 23:07:08 ID:6/ubw1fB0
個人の霊体験はひどいのが1回だけあって、それで初めて(ゲル+
プラズマ)/2みたいな、しかも知性があるヘンな物体?がこの世界に
存在するのを初めてしった。こっちからは相手が見えなくて、相手か
からはこっちが見える、眠りから覚める直前くらいの精神状態だと
自分の体に入られる、迷惑なヤツ。金縛りとは明らかに違う。金縛り
は動けなくなるけど、幽霊とり付きは体を動かして来やがる。手を
動かして字を書きたがったり、そういうことをする。・・・で、未来
も知っているようだ。自分でわけわからなくなって某カトリックの
ガイジンおっさんに症状を話したら「パラクレートス!」とか言わ
れたけど、おれは精神病院に行きたくなかったので2ヶ月くらい抵抗、
ほとんどノートに字を書かせなかった。それから取りつきは消えた。
今思うと未来の物事を知っておきたかったなー、と少し残念に感じる
が、取りつく肉体は自分でない人を選んで欲しいね。意識がある人間
の肉体に無理矢理割り込んで動かしてしまうクラスの幽霊は良い幽霊
らしいんだけど・・・。

ちなみに「このまま取りつく気なら損害賠償しろよ!」とか「この
状態で電気・ガス・水道代、どうやって払うんだよ!」とかぶーぶー
自分に向かって(取りつかれている状態なので、自作自演になるのだ)
言ったが、「親にカネ借りろ」と、とんでもないこと抜かしやがった。
これがパラクレートスか、おい!?いや、未来予言が正しければ取り
戻せるくらいは儲かったんだろうけど、宗教家は希望職業じゃねえん
だよ。

(霊体験での結論・パラクレートスはカネを持っていません。以上)

69 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 23:32:18 ID:gGCYzDD3O
まともに誤爆?

70 :本当にあった怖い名無し:2005/06/04(土) 23:54:41 ID:/YGz/NcO0
>>68
それは霊じゃなくて宇宙人だよ
最近は直接人を操る技術を開発中だ

71 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 00:29:09 ID:nGdWRugr0
偶然、検索中にこのスレッドがひっかかり、興味をもって
前スレッド共に閲覧させていただきました。大変興味深いです。

マトリックスの映画つくった人って性同一性障害(GID)のMTFの人ですよね?
性転換手術(SRS)を今、してる最中だとか聞きました。

実は、私もMTFなのですが、かなり特殊な感覚をもってる
ことは確かです。なんでみんな気づかないのだろう?っていうことが多々あります。

どんなに努力しても男にも女にもなれない永遠の不完全
キリスト教でいう「リンボ」に永遠に閉じ込められているような感覚です。

それから、これは危険な発言なのかもしれないですけど、
自分の中に生まれつき悪魔的なものが在るような気がしてならないのです。

そしてそれが表に出てこれないのは、私がGIDだからで
GIDだからこそ、それを封じ込めることができているような気がするのです。


72 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 00:29:58 ID:nGdWRugr0
私は、おそらく普通に生まれていたら、相当な淫乱で俗物になっていたと
思います。幼年期(3、4歳くらい)に、既にあやしい淫乱な妄想に身悶え
男性に犯されることばかり考えていましたし
(とにかく過剰な性欲が3歳の頃から毎日のように湧いてきて
それを処理するのが辛いくらいでした。しかもその時の記憶が
はっきりと今でもクリアに遺っています。)
嘘が巧く、自分でも怖くなるくらいに、自分で自分の嘘が本当と思ってしまう
くらいに、とにかく容易に他人の自分に対する
印象を自由自在にコントロールすることができました。
人間の悪意が手に執るように見えるのです。
(おそらく自分の中にそれらが在るからなのでしょうが、その人間の
悪意を見つけたら、それを流れて行く方向へ押してやれば、
その人をコントロールすることができるようになります。
抽象的ですが、そういうことです。)

それでもそれを行動に移さずに、自慰行為止まりだったのは
心と体の不一致のおかげでもあると言えます。

男性が好きな男性、同性愛者には強烈に嫌悪感を抱いていましたし、
(男の肉体同士のセックスを見ると吐き気がするのです。
GIDの中には強烈なホモフォビア、極端な異性愛者がいます。)
男の体のままでは、つまり、永遠に、恋愛対象とは結ばれることが
できない状態に陥るわけです。誰とも永遠に肉体が繋がれない地獄ですね。
(GIDといっても皆違う人間です。私はかなりの異常なくらいの
潔癖な強迫神経症じみたGIDです。GIDも千差万別ですので誤解なきよう)

73 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 00:32:13 ID:nGdWRugr0
しかし疎外された隔絶された場所にいるからこそ
見えうる角度があるようで、奇妙な物事の核心に気づいたりします。
それを知ったからどうということもないのでしょうが
言えば気違い扱いされるでしょうし…。隠喩などでうまく表現できれば
いいのでしょうが。

話は飛びますが、もう小学生くらいの時から計画的に
ある年齢に達したら自殺をしようと計画しておりまして、そして
それが去年末、計画通り、真夜中、とある海岸の真っ黒な海に
人知られず投身しました。

なぜか生き延びてしまいました。(詳しい経緯を書くと身元がわれてしまうので
書きません。)

それから今年のお正月に生々しい奇妙な夢(これは言葉にしてはいけないような
気がするのでしません。)を見て、それ以来不思議なことばかり
起って困惑しています。海に身を投げてから半年、誰とも口を聞いていません。
ずっと実家の部屋に閉じこもって鍵をかけて生活しています。
テレビもラジオもない部屋で、パソコンだけ。
毎日、ネットオークションで購入した本とDVDを読んで、観て
気になったキーワードを検索してネットサーフしているだけです。
(数日前に購入した覚えもない黒い表紙の聖書が本棚にありました。
私は宗教には全く関心がなく、キリストに関する知識も曖昧です。)


74 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 00:32:55 ID:nGdWRugr0
両親には本当に申し訳ないです。唖になってしまいました。
頭の中では小説のように言葉が会話が溢れでてくるのですが、
息を口を舌を動かそうとすると途端にひっこんでしまうような感覚で、
ウッと言葉を呑み込んでしまって言葉がつまってしまうのです。

それから多重人格?というか、人格が分離するようになりました。
例えば、書いた覚えのない、こういった文章が沢山デスクトップに
テキストファイルとして散乱していたり、掲示板の書き込みで
同じIDで書いた覚えのない書き込みを見かけたりするのです。

それらの書き込みは、自分と似ているようでもあり、
まったく賛同しかねるような、別の価値観を有したものであったりと
とにかく自分が書いた覚えがないのです。

時計を見ない曜日もわからなくなるような生活のせいで
頭がおかしくなったと考えるのが妥当なのでしょうが、
さほど不健康な生活をしているわけでもなく
割合に規則正しい生活をしていますし、理性的でもあります。

私は悪魔なのでしょうか?それとも単なる精神病患者でしょうか?

75 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :2005/06/05(日) 00:36:49 ID:J0fzlEL40
>>71
GID, MTF, SRSについてもう少し説明してくれませんか?

とくにMTFって何のことだかさっぱりです。
ほかのGIDとかについては日本語の後に書いてあるので、何となくは想像できますが、
やはり、言葉は大切です。私も含め、誤解が生まれないよう、
フルスペルを教えていただきたいと思います。

76 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 00:46:22 ID:52Jqmsp30
話題を前にもどしてすみません。。
神のことで、、
皆さんはスピリチュアルな考え方についての情報はみてないのでしょうか??


77 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 00:46:45 ID:nGdWRugr0
▼性同一性障害(gender identity disorder・GID)

生物学的に「正常」な男/女で(intersexualではない)、自分の人格が
女/男であると確信し、その確信が「精神障害」から来るものでも
社会的な性役割からの逃避によるものでもない状態。

▼エムティーエフ(Male to Female・MtF)・エフティーエム(Female to Male・FtM)

トランスジェンダーのうち、社会的に「男性」とされているが
自分が「女性」であると自認する人をMtF、「女性」とされているが自分が
「男性」であると自認する人をFtMと呼ぶ。TSやTG、TVと組み合わせて
MTFTS・ FTMTS・ MTFTG・FTMTG・ MTFTV・ FTMTV といったように用いられる。

▼性再判定手術(sex reassignment surgery・SRS)

俗に言う「性転換手術」。性別を転換する手術ではなく、こころとからだの
不一致による不快感・違和感を取り除くための「最終手段」として行われる、
という点では、精神医療の一環・一処置法であるとも言える。
このため、最近はこれを敢えてgender reassignment surgery(GRS)とも
呼ぶことがある。

ttp://www.izumichan.com/goingout/971011/termref.html



78 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 00:52:56 ID:nGdWRugr0
ああ、すいません、じぶん、やばいこと書いてますね。
読み返してみて、へんな汗がでてきました。恥知らず。
見なかったことにしてください。GIDだからというのは
偏見に繋がりかねないので、GID関係なく
単に私が変人ということにしてください。変人の妄想です。
しばらくネット切ります。

79 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 00:54:24 ID:YMR7JwPRO
もはやこのスレにおける天使悪魔の定義すらわからん

80 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 01:12:26 ID:YMR7JwPRO
>>78
まあそんなに恥じることでもない
おやすみ

81 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 01:21:39 ID:92IrQ0WB0
>>78
自分が変人だと自覚できていない変人もたくさんいるから大丈夫だ
ただ、内容はスレ違いだと思うが

82 :485:2005/06/05(日) 01:38:22 ID:Qs7vWu1r0
>>71
MTFという言葉すら知りませんでしたがショックです。恐らく私もMTFの一種です。
女になりたいという願望はあまりないですが、男であることに異様な嫌悪感を感じてきました。
特殊な感覚も全く同じです。

>>72
>印象を自由自在にコントロールすることができました。
>人間の悪意が手に執るように見えるのです。
私も全く同じです。

>私はかなりの異常なくらいの
>潔癖な強迫神経症じみたGIDです。
私は性的なものには異常なほど潔癖症で、男のは当然、女のエロも受け付けれません。

>それ以来不思議なことばかり
>起って困惑しています。
全ての出来事が必然で、意味を持って誘導されている気がするという感じなら私と同じです。
原因と結果、時間の流れが反転しているというような出来事が起こり、
全てが結果に収束している感じがしてます。

>>74
>頭の中では小説のように言葉が会話が溢れでてくるのですが、
>息を口を舌を動かそうとすると途端にひっこんでしまうような感覚で、
>ウッと言葉を呑み込んでしまって言葉がつまってしまうのです。
この症状も私に近い気がします。
脳の思考が言葉を一度に出そうとするため、体の機能がそれに追従できず停止してます。

>それから多重人格?というか、人格が分離するようになりました。
私は人格は分離していますが、すべて制御できています。

私はまともな生活をするようにコントロールし、一般の生活をしていますが、感覚は同じ感じがしてます。

83 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 01:43:54 ID:62Z63Kfv0
↑なんか出てますよw

84 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 09:45:22 ID:5WFbnpZp0
485キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!
神は全てであるなら、間違いも正しさも、天使も悪魔も
何もかも全部まとめて神さまってことなのか?

85 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 09:56:37 ID:Rr64DgIpO
天使も悪魔も人間が分類した概念。

86 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 10:22:11 ID:WZH8M8Tm0
結構>>85が突いたと思う
これをつきつめれば何か糸口が見えそうな…

87 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 10:29:08 ID:92IrQ0WB0
スレの展開の仕方がすげーおもろい

88 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 11:51:25 ID:1UUk6z1S0
神は全能

89 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 11:57:34 ID:uSb73FxT0
神は天使に肉体を与える約束をしたけどルシファー(後の悪魔達)は肉体を
手に入れる前に罪を侵し地獄へと落とされた。つまり天使は肉体を持ってるけど
悪魔は肉体を持たない霊体だということ。

「サタンでさえ光の天使をよそおうのです」(「コリントの信徒への手紙2」第11章14節)

イエスや聖母、ファティマの姿で御告げとして精神に訴えかけてくるものは
全て悪魔ってことになるけどどう思う?

90 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 12:02:27 ID:ffiEWFBb0
>>82
845さんとID:nGdWRugr0さん、ジェンダーに関する話題は完全にスレです。
新スレをたて、ジェンダーの話題の続きはそちらでやって下さい。
「正しいことだけをやってください」と845さんもいっていましたね。
ここを閲覧している人には携帯からの方も沢山いるのです。
つまり、興味のあるスレを選択しているのに
関係ない話題で容量が増えパケット代がかさむのは迷惑になるわけです。
スレ違いで誘導されるのは、こういう理由がひとつにあります。


845さんに質問です。
1.昨日ファティマ前スレが突然誰かの仕業でいっきに落とされたのですが
 その件に845さんは何か関与しましたか?
2.845さんは前スレを削除してほしいと何度もいっていましたが
 845さんのコピペのほとんどが貼られているこのスレに
 どのような気持ちで現れたのでしょうか?
3.845さんの前スレの投稿は過去ログとして残るのですが
 それはかまわないですか?
4.845さんは、証明なしにこれが神の真理であると言いきってしまう発言が
 全体を通じて多々見うけられますが、多くの個所で矛盾が生じていることに
 気付いていますか?
5.845さんの根拠のない自信はどこからやってくるのですか?
6.845さんは、自作自演についてどう考えますか?
7.妄想体系というものをきいたことがありますか?

91 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 12:13:06 ID:YMR7JwPRO
人間の内なる神ってのは、自我のゆりかごのことかな
感情や感覚、時間を越えた、完全な感覚なら理解できる
ただそれは自己愛が前提だよね。親や家族、それからこぼれ落ちても社会っつーか
他者の愛、どんづまりにはキリストや釈迦によってもたらされる自己愛
その自己愛を求めて人は苦悩し物語り様々な宗教になり変容してゆく
…ていうところなら解るんだが、科学や数学は解らん

92 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 14:02:49 ID:lLlDKX4d0
間違いない! 前スレの972は神!

93 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 16:23:33 ID:UlQXMxaE0
>>90
つーか、キチガイを相手にして呼び寄せるのはやめてくれんか?
オカルト板なんだから妄想家は普通にいるし、珍しくもなんともないのだが、
相手にしている時点でお前も同類だぞ。

94 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 18:19:36 ID:0VAhxEfL0
ファティマの第三の暗殺予言ってバチカンの陰謀だと思う。

◇聖マラキの予言◇
1094年アイルランド生まれの聖マラキは若くして修道院長にまでなった。当時のローマ法王インノケンティウス三世訪問の旅に出かけ、途中のフランスに立ち寄ったときにこの不思議な予言を書いたといわれる。
死後400年近くたった1599年になってその予言は発表され、大論議がまきおこされた。
1143年に法王に即位したケレスティヌス二世から現在と将来の法王について、短いコメントを記す形で予言をしている。現在のパウロ二世を含み過去の109人についてぴったりと当たっているという。
そして次は「オリーブの栄光」レオ14世、最後は「ローマ人」ぺテロとなっている。恐ろしいと言われているのは、111人目のぺテロでバチカンは終わりを告げるという予言になっていることである。


〜ファティマ第三の予言〜

「教皇の様に見える人と幾人もの司教と司祭、修道女が険しい山を登っていました。
その頂上には樹皮のついたコルクの木のような粗末な丸太の大十字架が立っていました。
教皇はそこに到着なさる前に半ば廃墟と化した大きな町を苦悩と悲しみにあえぎながら
震える足取りでお通りになり、通りすがりに出会う死者の魂のために祈っておられました。
それから教皇は山の頂上に到達し、大十字架のもとにひざまずいてひれ伏した時
一団の兵士たちによって殺されました」


95 :94:2005/06/05(日) 18:25:25 ID:0VAhxEfL0
「大いなるシーレンが世界の王となる/初めは愛され、後に恐怖され怖がられる/彼の威光と称賛は天をも越え/自らを勝利者として大いに満足する」(「諸世紀」第6章70番)

「ひとりの人間のもとで、平和が高らかに宣言される/ところが、間もなく略奪と陰謀が起こる/拒否するや、都会、陸地、海は損なわれよう/死者や捕虜は100万人の3分の1にも達するだろう」(「諸世紀」第1章92番)

これが最後の法王のことを言ってるのならバチカンそのものがルシファーということになる。




96 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 18:54:12 ID:cgJQVV7j0
ごとうべんの翻訳はフランス語学者から見ると幼稚らしい
プロのフランス語学者・古フランス研究者がグループを組んで諸世紀の翻訳やって欲しいものだ
ごとうべんの駄訳にいちいち付き合ってられるか

97 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 19:17:57 ID:FcIinFOr0
マリア像やキリスト像を作って教会最前部に設置してそれに向って十字を切って祈るのは偶像崇拝にあたんないの?(?_?)

98 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 21:12:51 ID:oQK3foay0
>>97
偶像崇拝とは、異教の神を崇めることであります。

99 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 21:32:34 ID:Qsiwoa1T0
前スレから読んだ。面白い流れになっているね。気になった点が一つ。

全体を通してキリスト教が一緒くたになってるが、カトリックが次の教皇を最
後に滅亡することになっても、プロテスタントやアングリカン・チャーチの連
中は喝采こそすれ、パニックになったりはしないと思う。

個人的に知っているクリスチャン(日本人・ドイツ人)と話をしての反応からの
感想だが、一神教徒同士の憎悪は想像を絶するものがあるよ。

第3の預言の内容は「一神教は左端」だったつう事でイインジャ?


100 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 21:55:21 ID:jPBWWiC/0
前スレ845さんの話って認識を志す者の宿命について語ってるいるのかな?
世界を深く探求しようとした哲学者や文学者のほとんどが非業の死を遂げていることと関連があるように感じた
そういう文脈で言えば「世界の構造について知ってはいけない。これ以上先に進んではいけない」という言葉も納得できる
見当違いだったらごめん

101 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :2005/06/05(日) 22:08:50 ID:kgmBxNoX0
ところでこのスレの人でフィリップ・K・ディックのヴァリス読んだ人いる?
とても深い関連があると思うのだけど。

102 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 22:56:49 ID:0/T+3YK60
ゲームではやったが

103 :本当にあった怖い名無し:2005/06/05(日) 23:05:13 ID:7E/u5lcb0
>>101
ふっふふ。俺もおなじこと思ったよ。
あそこからなんか抜粋したら前スレ485が食いついてきそうだと思った。
SF板のディックスレにどうですか?と聞きに行ったが、
ディックファンはあんまり食いついてこなかった。

104 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :2005/06/05(日) 23:21:41 ID:R15//N6I0
>>103
ディックスレあるのか?
数年前に変種2号スレあったのまでは確認してるが、、
情報ありがとう。

てか、マトリックスってそのまんまヴァリスのパクリだよね。

ってのは言い過ぎだけど、マトリックスでグノーシス云々って
ヴァリスに言及しないでいってるのって、ちと失礼ではないかと
いつも思ってますよ。

じゃ、 SF板にレッツゴー!

105 :本当にあった怖い名無し:2005/06/06(月) 00:02:29 ID:7E/u5lcb0
>>104
ていうか、マトリックスを
「どうしてこんな映画作れるのか、啓示を受けたとしか考えられない」
なんて書いてるの見て、
「ああ、ディックが啓示を受けたからだろうな、」
と思った。
ていうか、前スレ485はヴァリスを読むべきだろ?
正直、俺はあのファットの考えとかにはきちんと付き合わなかった。
あのグノーシスが何とかという話に付き合えそうな人間がいたということがショックだった。

106 :うーん:2005/06/06(月) 00:04:20 ID:nGdWRugr0
女性=子宮matrix=母性=悪魔

この世界は女性に支配(女性を通じて出入りする世界)されている

男性=神

MTF=男性の肉体の中に女性を封じ込めた人

男性が自立(内なる神に気づく)するための最大の障害=マザー・コンプレックス

イタリア人男性=マザコンで有名

イスラム圏がなぜ女性に厳しいのか?

107 :本当にあった怖い名無し:2005/06/06(月) 00:40:29 ID:pLBOTnEc0
「マトリックス」の監督・ウォシャウスキー兄弟 → 姉弟へ
http://images.google.co.jp/search?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=%83E%83H%83V%83%83%83E%83X%83L%81%5B%8CZ%92%ED+%90%AB%93%5D%8A%B7&lr=

「マトリックス」シリーズの監督として知られるウォシャウスキー兄弟の兄、
ラリー・ウォシャウスキーが性転換を完了しつつあることが複数の証言で明らかになった。

女性の尿=下水=天然の女性ホルモン=動物のメス化=自然界の生態系を破壊し続けている。
http://images.google.co.jp/search?q=%8F%97%90%AB%82%CC%94A%81@%90%B6%91%D4%8Cn&hl=ja&inlang=ja&ie=Shift_JIS&c2coff=1
つまり男性は男性として生まれるべくして生まれる、なにもしないと女性になる、ということである。


108 :本当にあった怖い名無し:2005/06/06(月) 00:49:50 ID:pLBOTnEc0
>>90
…というように、ジェンダーの問題を通して
何か解明できないかと思っています。

>>82
前スレの485さんの書き込みを見て、そんな気がしてました。
だからあえて書き込みしたんですよ。


109 :本当にあった怖い名無し :2005/06/06(月) 00:50:06 ID:kE0LpOTv0
そろそろ「イエスの伝言」シリーズもいっとく?

110 :本当にあった怖い名無し:2005/06/06(月) 12:12:59 ID:d5nJbeGZ0
>>108
生命体の本質はあなたの考えているものとは違います。
性差は仮の姿です。

かつて、あなたは知っていました。
今は気づかないだけです。

開いてください。
意識は変わります。



永遠に栄えよ
幾万の
民乗せたまう
箱船の
証は○○に
封印せり


見守っています。
いつもあなたたちを。

111 :本当にあった怖い名無し:2005/06/06(月) 17:15:13 ID:lru6EDjx0
前スレ485関連の話題はこっちに移ってみてはいかがかな?

糞スレっぽいが、スレ違いでもなさそうだ。再利用にはちょうど良いだろう。

深く考えてみた
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1117984674/

112 :本当にあった怖い名無し:2005/06/06(月) 22:59:21 ID:cjPA4bSP0
>>106-108,110
鳥のようにオスの方が同じ性染色体を2つ、メスの方が違う性染色体を一つず
つもつような生物も多い。

ttp://www.nig.ac.jp/museum/history/kindai/kindai-15.html

一応いっとくけど、高等な生物は…とかいうレスは駄目よ。分子レベルまでい
くとどれも一緒。


113 :本当にあった怖い名無し:2005/06/07(火) 00:09:43 ID:0LxpwPFb0
私から、言えることは、
・神は完全である。完全であるがゆえに、ミスをする。
・キリスト教は間違いである。それは神を求めた結果。
・生きていたかったら、真実にたどり着いてはいけない。
ってことです。自己矛盾しているようですが、
それ自体が世界の本質で、メチャクチャやばいです。
辿りついたら、生きて帰れないので、絶対にこれ以上すすまないでください。
神は遍在します。本当の意味でどこにでもです。
触れてはならないことというのは、そういう意味でした。
全粒子、全空間、全事象、全論理、すべてが神です。
自分自身、あらゆる他人、全ての存在が、神の一部です。
神は完全で遍在しています。

何故マトリックスが作られたか、何故私達は謎ときやファンタジーが好きなのか、
何故憎悪や喜びがあるのか、何故歴史があるのか、
何故存在するのか、何故良く間違えるのか(笑)、
何もかもわかりました。

神と人と全てのモノは全部同じです。壮大な自作自演としか思えないです。
何故いろいろな解釈が存在したり、何故不思議なことが起きたりするか、
でもなぜ、因果はちゃんとあるのか、それは、何もかも、神の持つ性質です。何もかも。

でも、その仕組みを知ってはならいのです。知りたいのに!
十戒にあるようなことを正しく守り、嘘を広めないように節度を持って生きてください。
この世界は、神以外の、自己矛盾するものを、無に返します。

誰も見ていないから大丈夫という考えを完全に捨ててください。
マズイと思ったことは絶対にしないように。
この世界はやはり、どこかおかしいです。
常に心の中で本当に正しいと思うことをやってください。
ヤバイものに気が付いたら、それ以上、絶対に踏み込まないでください。
日本に、触らぬ神に祟りなしということわざがあるのも、そのためです。

114 :本当にあった怖い名無し:2005/06/07(火) 00:10:49 ID:0LxpwPFb0
私達は、本当の意味で記憶喪失で、全員が神で、この世界も望んだままになっています。
神は生まれてきて、努力して、報われる世界が好きだった。
だから、そうなっているんです。
いろいろな言葉に隠された意味とか、単なる偶然の一致ではなく、
神はそういう仕掛けがすきなんです。困ったことに(笑)。
大和というのは、ヘブライ語では神の民を意味します。
たぶん、我々が本物です。イスラエルと日本は間違いなく関係があります。
その痕跡をわざと消してきただけでしょう。
何もかも隠しながら。それが好きだから。
全部関係があります。全部必然です。どこにも狂いがありません。

神は、みんなと仲良くしたいんです。
楽しいのが好きなんです。でも、ピンチとかのイベントも好きなんです。
人間の脳はそういう意味で、あらゆる人が、すべて完全に作られています。
不完全さも完全なんです。でなければ、演劇が作れなかった。
世界で起きていることは、そのまま神の姿です。

そして、今このスレを見ている人は、「それ」を知るべき人です。
しかし、「それ」を知る必要の無いものに語ってはなりません。
必要があるときには、「それ」が必ずわかるようになるはずです。


今はわからなくていいです。必要があるときに全てわかるようになります。
誰もが神で、それが封印されています。この世界の演劇を完成させるために。
大事なのは、自分自身を精一杯努力して、演じ切る事です。

115 :本当にあった怖い名無し:2005/06/07(火) 00:12:12 ID:0LxpwPFb0
113-114
前スレ485の発言をまとめてみました。

116 :本当にあった怖い名無し:2005/06/07(火) 00:13:35 ID:cgdqSt6O0
>>115
なあ、この話題はもうやめないか。いい加減ウザすぎるだろ。

117 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

118 :本当にあった怖い名無し:2005/06/07(火) 00:24:27 ID:2clBHTBi0
>何もかもわかりました。
はい、間違い。
人間の持っている能力では決してそうはなりませんので。






毒デンパは放置してファティマの話にしようぜ。

119 :本当にあった怖い名無し:2005/06/07(火) 00:28:16 ID:bnt5zTiW0
うん

120 :本当にあった怖い名無し:2005/06/07(火) 00:36:26 ID:0LxpwPFb0
>>116
ま、確かにスレ違いだね。

121 :本当にあった怖い名無し:2005/06/07(火) 01:42:05 ID:Vj1rdMrF0
第一部 −完−

センセイの次回作にご期待ください!!!

122 :本当にあった怖い名無し:2005/06/07(火) 01:46:46 ID:5JwQVRdD0
素人なので詳しいことは知らないけど、ファティマの預言について
ちょっと疑問があるので。既出ならゴメンナサイ。

1.何故ポルトガルの片田舎に出現したのか?
   (預言を伝えたいのなら大都会に現れたほうが。
    最後に数万人の前で奇跡を見せるくらいなら最初から・・・)
2.何故3人の子供だったのか?
   (例えば直接ローマ法王の前に現れるとか、其れなりの人物の方が効率的では・・・)
3.ファティマに現れた聖母は白人の姿をしていたが、歴史的に見てそんなはずはない?
   (当時のユダヤ人は褐色の肌に黒い髪、黒い瞳だったとか。
    だとしたらファティマに現れたのは一体ナニ???)
4.第1・第2の預言が預言の成就後に公表されたのは何故?
   (成就した後に公表しても意味ないのでは・・・)
5.第3の預言が1960年以前に公表してはならないとされたのは何故?
   (1960年前後に預言の核心をつくような事件があったとか?)

123 :本当にあった怖い名無し:2005/06/07(火) 01:56:16 ID:kKVNTbOS0
潔癖症とは脅迫神経症の一種で、屈折した自己愛でもある。
他人や外界は汚れているという誤った観念に囚われている。
だから他人を愛することができない。
実は自分のことも愛せないでいる。
自分を愛せない人は他人を愛せないというが
ならばどうすればいいのか。

自分という一人の人間が存在するためには必要不可欠なものがある。
はじめに水と食料である。
人間は外界から生命エネルギーを吸収しなくては
生命活動を維持することができない。
肉・魚・植物など…人間は生命体の命そのものをいただいているのだ。

次にDNAとボディー(肉体)。
計算機を使用してみればいいが
十代も遡れば自分にも大変な数のDNAの先祖がいることは理解できるだろう。
一人の人間が存在するということは、ただ生きているのでなく
生命エネルギーのリレーの渦中にあるわけだ。

子孫を持つ・持たないに関係なく生活の中でリレーは続くのだ。
人間が生命体として存在することは
外界の生命体との関わりなしに成立しないのである。

そして生命エネルギーの正体が神である。(と、いってしまおう)
生命エネルギーとは、神の愛そのものだ。


124 :本当にあった怖い名無し:2005/06/07(火) 01:58:13 ID:kKVNTbOS0
毎日食事の度に自分の体に入ってくる生命エネルギー。(空気さえも)
自分の中に受け継がれてきた幾多の先祖の情報集合体DNA。
これらの生命エネルギーがあって
はじめて自分が生かされているのである。
自分という生命体は
自分のちからだけで生きているのではないと尊ぶこと。
これが真の自己愛であり、神への感謝である。

また自分という一人の人間の生命の維持には
体の中の約60兆という細胞のひとつひとつが
精一杯頑張って働いてくれているということを
忘れてはいけない。

こうして自分という生命体の中の命のエネルギーを尊ぶことが
ひいては他の生命体を尊び愛することへと繋がっていく。
他の生命体にも自分と同じ神の命のエネルギーが宿っているからだ。

自然の生命エネルギー(天然の食物・水・空気など)を摂取することは
我々が思っているよりも、精神・肉体が調和のとれた状態で
生命体を維持するために重要なことである。

125 :本当にあった怖い名無し:2005/06/07(火) 02:08:51 ID:kKVNTbOS0
宗教観を押し付けるつもりで書いたわけじゃないがw
とりあえずおれがいいたいのは
>>74は生きろってことだ。
ジェンダーのことはわからんが
罪の意識を内側に抱えて生きているのはおまえだけじゃない。
これだけは自信をもって言うよ!

本ばっか読んでると心が偏るんだよな。
おれのオススメは武道だがw
とりあえず何か体を動かしてみろ。
ちっとはちがうぞ。

126 :本当にあった怖い名無し:2005/06/07(火) 02:39:45 ID:Q+V+m95M0
>>124-125
だが、異性を一人選んで愛する人間は、すべてのものを等しく愛することは不可能だろう。
>>74のMTFのように、自己完結型の愛に気が付ける人間だけが、
その思いが反転することで、すべての存在を等しく愛せることができるのではないだろうか?

127 :本当にあった怖い名無し:2005/06/07(火) 03:57:59 ID:y7lDenQG0
愛や富の分配をめぐるドラマがこの世界を構成(豊か)にしているので、
すべてのものを等しく愛する(富の分配)ことは出来ない。
我々すべてが満足するには少しだけ足りないように世界は出来ているように
みえる。
いつの時代も、足りないことへの恐怖が富の集中を生み、
さらに、足りない者と技術を生み出す。そしてドラマはより複雑(豊か)に
なってゆく。こういった世界の仕組みに囚われているのが我々ではなかろうか。
肉体がある以上、この法から逃れることは出来ないので、
カワイソウ、タイヘンデスネ
というのが慈悲。  ではないかい?

128 :本当にあった怖い名無し:2005/06/07(火) 04:25:46 ID:ksb/0kBm0
>>127
本当の愛は分配するものじゃないよ。
行為でもないよ。
本当の愛は無限だよ。

129 :本当にあった怖い名無し:2005/06/07(火) 05:21:30 ID:y7lDenQG0
>>128
私には3人の娘がいます。
私の愛も富も時間も無限ではないので、3人の娘には出来るだけ
すべてを同じように与えるように心がけています。
それでも、今まで親の愛を独占していた長女は、妹が生まれると
自分に対する愛を奪われたと感じたようです。ひどく妹をいじめたりしました。
私としては、愛を分配したつもりはなくても、子供はそう感じてしまうのです。

子供のために、自分の命と引き換えになるのなら、いつでも死ねます。
また、あなたの命と引き換えになるなら、あなたを殺します。
これは、愛ではなく、執着でしょうか?
私と妻は、愛し合い家庭を築き、子を作りました。
これは愛ではなく肉欲と打算でしょうか?

私は人の世界の愛に身を置き、愛をめぐって起こる世界の営みを、
慈悲の心で感じています。

あなたは愛を知るものでしょうか?
本当の愛とは何でしょうか?



130 :本当にあった怖い名無し:2005/06/07(火) 05:41:05 ID:ksb/0kBm0
>>129
本当の愛は行為ではありません。
もちろん愛から生じた行為によって、世話をしたり、人を助けることはできます。

人間の言葉で、できるだけ近い表現をするのなら、
本当の愛とは、全てを認め、愛しむ思いです。
母が我が子を思う感情は、それに近いでしょう。

131 :本当にあった怖い名無し:2005/06/07(火) 05:48:30 ID:ksb/0kBm0
>>129
ちなみに、ほとんど人の異性に対する思いは、愛などではありません。
「愛」と飾っただけの、性欲や好意にすぎません。

本当の愛は、相手を束縛しません。
相手が何をしようと、どうなろうと、その想いは決して変わらないものです。
増えたり減ったりもしません。最初から無限ですから。
変わったことがあるような感情ならば、それは本当の愛ではありません。

132 :本当にあった怖い名無し:2005/06/07(火) 06:27:26 ID:y7lDenQG0
>>130
私が言っているのは、あなたの言う 愛から生じた行為 は有限であって
それを享受出来る者と出来ないも、足りないと感じるものが生じ、
その格差が様々な世界を作るということです。
あなたの言う本当の愛とは、私の言うところの慈悲と近しい気がします。
この世界そのものが愛で出来てるとしても、現実的にそれを感じとれる人と
そうではない人が生じています。
それは、そういう仕組みとしか今のところ私には思いつきません。
いずれにせよ、肉体を持つ私は、聞こえの甘い言葉が好きではないので、
本当の愛とか、愛は無限とか聞くと例えそれが正しくても、
抵抗感が出てしまいます。
失礼しました。



133 :本当にあった怖い名無し:2005/06/07(火) 06:33:49 ID:ksb/0kBm0
>>132
人間は神の一部であって、神全体ではないので、それで良いと思います。
神は全てのものを愛しているため、その結果、何もしないということになります。
人が良いと思うものも悪いと思うものも、全てを愛しているからです。

134 :本当にあった怖い名無し:2005/06/07(火) 07:28:50 ID:qUh0SEQe0
「本当の愛」と>>126-127でいう「愛」は違うものだと思う。
「自己保存欲の愛」「自己投影の愛」と「神の愛」は異質のものである。
混同してはならない。
平等に愛せないという観念が生じることと
平等でなければならないという思い込みも
「神の愛」には不必要である。

>>131のいうのが「神の愛」=「本当の愛」である。

135 :本当にあった怖い名無し:2005/06/07(火) 10:35:56 ID:ETjefxi60
愛を語るスレとなりました

136 :本当にあった怖い名無し:2005/06/07(火) 13:35:28 ID:q3p9rMGs0
>>122
起きた奇跡の内容から考えて宇宙人か何かだと思うのでその視点から

1、自分たちの存在が明確になって欲しくなかった
2、大きな組織的存在の中央に直接干渉し思想や行動を誘導してしまえば
  地球人類の自由な発展がなくなり存在意義に関わる
  が、地球が滅ぶのも本意ではないので標準的な地球人類の代表として選別された
3、3人の子供達が受け入れる都合のいいイメージ像を用意したに過ぎない
4、事前に公表し成就を妨害されれば教会の権威に関わる
5、60年までに預言に耐えられる体制を作るつもりだった
  もしくは成就するはずだったが何も起きずに過ぎてしまったので秘匿帰還延長

137 :本当にあった怖い名無し:2005/06/07(火) 17:35:54 ID:tNWtjJvJ0
最近のパックの牛乳はどれを飲んでも美味しくなく満足できません。
牧場に行って絞りたてを飲んでみても多分同じことを思うと思います。
「本当の牛乳」はこの世のものとは思えないくらい美味しいはずなんです。
「本当の牛乳」はどこにありますか?

138 :本当にあった怖い名無し:2005/06/07(火) 18:00:34 ID:NHGO9b730
ちゃんとしないとそろそろイエスの伝言シリーズいくぞコラ

139 :本当にあった怖い名無し:2005/06/07(火) 23:56:53 ID:u3Vm0pQEO
神の愛てなんだ?
神の愛を感じるとか、神の愛であるなんて、俺は本質がある会話とは思わない
愛は授受されるものだと思うよ

神に愛されるより、目の前のひとりに愛されることのほうがあなたを完全にするし
またそれが神の愛への道だろう
神の愛(=授受されない愛)は、気付いても口に出来ないつか、必要がない

僕はそう解するし、>>126の言う愛の意味も分かる気がするけど


140 :本当にあった怖い名無し:2005/06/08(水) 00:30:42 ID:PoPAJdT80
>>139
>神に愛されるより、目の前のひとりに愛されることのほうがあなたを完全にするし

これは違います。
人の愛情は、失うことがあり、それにより苦が生まれます。
神の愛を受け入れれば、それは尽きることが無く、受け入れた人を無敵にします。
マザーテレサの様に、何も無くても、無尽蔵の幸福感を得られるようにないます。

141 :本当にあった怖い名無し:2005/06/08(水) 01:25:57 ID:OvyYYwQ/0
私たちが愛と呼ぶものは、実際にはかかわることの、地から空へ届くまでの、スペクトル全体のことです。

もっとも地に根ざしたレベルでは、愛は性的な魅力です。私たちの多くは、そこで行き詰まったままです。
それは、私たちの性欲が、私たち自身の条件づけによって、あらゆる種類の期待と抑圧の重荷を負わされているからです。

実のところ、性愛のもっとも大きな「問題」は、けっして長つづきしないことです。
この事実を受け容れてこそ、私たちは性愛のなんたるかをほんとうに祝うことができます——。
それが起こっているときは喜んで迎え入れ、起こらなくなったら感謝して別れを告げましょう。
そうすれば、成熟するにつれて、私たちは性欲を超えて存在する愛を体験しはじめ、相手のユニークな個性に
敬意を払うことができるようになります。

パートナーはしばしば鏡としての役割を果たし、まだ見たことのない、より深い自己の局面を映し出し、
私たちが全体になるのを支えてくれていることがわかってきます。
この愛は、期待や要求にではなく、自由に基づいています。
その翼は、すべてをひとつとして体験する宇宙の愛へ、私たちを高く高く運んでいきます。



と、あるサイトにありますた。

142 :本当にあった怖い名無し:2005/06/08(水) 02:26:15 ID:TtVfyb0oO
人の愛情が失われて苦痛の原因か
その偏屈さが好きだw

143 :本当にあった怖い名無し:2005/06/08(水) 03:53:00 ID:v4dS9u570
マトリックス(子宮)=聖母マリア
かもしれんね。マトリックスの中のキリスト=預言者
マトリックスレボリューションの最後の場面は
ファティマの第三の予言=聖マラキの予言の後かもしれんね

グノーシス的というか小乗仏教的に真理を突き詰める人って何故かTGな人多い気がする
森田 健(りんご)とか自己は性を持たないと分かると別の性を今世でも
体験したくなるのかもしれない。若いとき超グノーシス的だったけど、
ネトゲでネナベやって本気で女性と恋愛してそれから大乗仏教的な単純な思考になった
アッシジのフランシスコのような、今の船井幸雄のような、古代神道のような
やはり森羅万象でしょう それは思想ではなく感じる物です

144 :本当にあった怖い名無し:2005/06/08(水) 06:45:49 ID:4QhSr0Hq0
ニーチェが気になりました

145 :本当にあった怖い名無し:2005/06/08(水) 10:14:01 ID:qV+aBhrC0
前スレ埋めた奴がこっちに
長崎の超能力者?
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1116311711/

146 :本当にあった怖い名無し:2005/06/08(水) 10:42:53 ID:tCGONUBA0
>>145
同じ人なのかなぁ?
前スレの時は、同じIDでの書き込みは最高15回で
その後、6回、5回、後は3回づつでID変わってたよ。たしか。

147 :本当にあった怖い名無し:2005/06/08(水) 16:30:47 ID:9M29Z6ogO
【国際】生命誕生や進化は、「神」ではなく
「知的計画」によるもの…米で新たな進化論争★3
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1118208517/

148 :本当にあった怖い名無し:2005/06/08(水) 21:06:56 ID:pwyG+sZP0
ファティマって、「月の女神」って意味もあるそうだよ。
人類を作った神=地球外知的生命体は、月に監視施設を作って、
人類の創世記からずっと監視してるんだって。
だから、ファティマを選んだっ、と前レスのリンクでコタニなんとか
さんが言ってました。
ところで、日本でもかぐや姫伝説ってあるよねー?
あれ絶対宇宙人でしょ? ファティマの宇宙人と同じ種類かな?
ていうか、かぐや姫を迎えにくる天女たちが雲にのって現れるって
いうディテールが似ているよね。

149 :んが:2005/06/08(水) 23:38:49 ID:Ll2WMyah0
神社へ行って神サマの前でお参りをするとき。ご神体の鏡にはあなたが映っているはず。

150 :本当にあった怖い名無し:2005/06/08(水) 23:55:22 ID:lehnlSP20
>>149
ガーン


151 :本当にあった怖い名無し:2005/06/09(木) 07:19:35 ID:VKWR6B/Z0
>>122
2については
何故かキリスト教は伝統的にそういうことをする。
メシアの誕生も名も無き羊飼いに告げられたし。
無私であることとか得られた情報を私利私欲に利用しない
人間性とかがポイントか
若しくは単なる能力の問題かもしれん。

4については
当たったので、間違いなく神様のお言葉であることが
確認できた。
だから公表なのでは?

5については
キューバ危機かも。
オカ板的には1957年のロズウェル事件と
見た方が面白いかも。
キリストは再臨済みなのかもよ?
しかも事故ってるしwww

152 :本当にあった怖い名無し:2005/06/09(木) 20:27:45 ID:lSREZF0y0
>>148
ファチマって悪魔じゃないのかな?


153 :本当にあった怖い名無し:2005/06/09(木) 20:33:05 ID:lSREZF0y0
性同一障害の人って辛そうで同情はするんだが、
なんかよくわからなくて正直なところ不気味だ。
肉体と人格が違うっていうことは、人間の肉体に
乗り移った宇宙人だったりして (´・ω・`;)
本人は気づいてないだけで、なんかのタイミングで突然覚醒するとか
したらこえーよ(´・ω・`;)

154 :本当にあった怖い名無し:2005/06/09(木) 20:49:42 ID:+M9tcMfA0
>>151
仮にキューバ危機に関連するものだとして、もしかしたら外れたのかもね。第三の預言。
で、どおぉぉぉするよ!コレ!?はずれちゃったよ!オイ・・・_| ̄|○
てな感じでヴァチカンが封印してるのかも。
まあ、それはソレとして、




ロズウェル事件は1947年だよ。


155 :本当にあった怖い名無し:2005/06/09(木) 21:19:47 ID:gKn1oOlP0
これ何?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%9E%E3%81%AE%E8%81%96%E6%AF%8D
ファティマの第3のメッセージ
2000年5月に全てのメッセージが公表され、ファティマのメッセージはいわゆる終末論ではないことが明確化された。教皇はファティマのメッセージの全容に関しては適切な解釈を用意してから開示すると述べていたが、2005年2月に著作「記憶とアイデンティティー」において、

1981年5月13日の事件は、20世紀に誕生した暴力的なイデオロギーを持つ組織が黒幕
至近距離からの発砲で助かったことについては「誰かが弾を別の方向へそらさせた」
とコメントしている。

2005年4月に発表された遺言では教皇は、核戦争なしに冷戦が終結したことを神の摂理に感謝している。

156 :本当にあった怖い名無し:2005/06/09(木) 21:25:13 ID:lSREZF0y0
たしかに第三次世界大戦があの頃おこらなかったのは奇跡だよな
露助は分解したが、あとは支那か。チベットのダライラマが
来日しまくってるが、政治的な活動は制限されているものの
あれは裏で何かやりに来てるのではないのか?アラスィ

157 :本当にあった怖い名無し:2005/06/09(木) 21:26:56 ID:7LsQZvEVO
教会が滅ぶって書いてあったんだろ。

158 :本当にあった怖い名無し:2005/06/09(木) 21:31:25 ID:lSREZF0y0
>>155
至近距離って正確には何メートル?
dorama捏造のためのマッチポンプだったのかもよ

159 :本当にあった怖い名無し:2005/06/09(木) 21:38:01 ID:yf4HKNDb0
>>149
しびれたw

キリストといえばメル・ギブソンのパッションを観たけど、衝撃的だったよー。



160 :本当にあった怖い名無し:2005/06/09(木) 21:40:02 ID:2A8ZnpIl0
カレー食えカレー

161 :本当にあった怖い名無し:2005/06/09(木) 21:40:16 ID:lSREZF0y0
蓮コラ見るとなんつーか精神の一部が破壊されるように
本物の神の正体を見たら、あんな感じになるのかもな

蓮ってコラじゃなくても、あの種のエグれた陥没したボツボツ一度見ると
あの残像に一生、悩まされるぞ、言葉とかAAみただけでさぶイボが立つ。

おれはあの蓮に神を感じる。花だけ見て、あとは見るなと。

162 :本当にあった怖い名無し:2005/06/09(木) 21:43:53 ID:lSREZF0y0
>>149
ヲチがそんな風な映画つくったらウケるかな…

神を求めて世界中放浪してあらゆる宗教の本質を見て
最終的に日本に帰国して、近所の神社にふと立ち寄って、げっ!!!!ってやつ。


163 :本当にあった怖い名無し:2005/06/09(木) 21:46:18 ID:lSREZF0y0
蓮画像って((( ;゚Д゚)))
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1117363660/l50

164 :本当にあった怖い名無し:2005/06/09(木) 21:57:14 ID:kfpIPS7l0
ファティマってムハンマドの娘の名前だから
ファティマの聖母というと、イスラム教っぽくて変。
チュニジアとかモロッコとかいくと、ドアにファティマの手がついてる。
ヨハネ・パウロ2世が、ファティマの第3の預言にあった暗殺からも
聖母の手で守られたというのは、すごく異教的な感じがする。イスラム教徒みたい。

165 :んが:2005/06/09(木) 23:27:07 ID:+kcNt4Vv0
>>159の「しびれた」状態をもっと拡大させたものが宗教用語でいう
「超越体験(エクスタシー)」だったりするかも。
もともと神と接触したキリスト教徒の中にはファティマの予言の時みたいに幻視を
見せられた人もいるみたい。その中でも「聖テレジア」はやっぱりそんなエクスタシーを感じ
ていたそうです。

超越体験について詳しくは
ttp://homepage3.nifty.com/yahoyorodu/seitozoku.htm
聖テレジアのエクスタシー
ttp://www.lcv.ne.jp/~kohnoshg/site5/teresa29.htm
>>162
ああなるほど。少しコメディータッチにすれば・・・

>>164
あの地域は一時期イスラム系民族の王様が支配してたから、その時代の地名の名残。

166 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 01:15:49 ID:AEayliCh0
んがさんの紹介のHPとてもいいですね。
なんていうか、波動もいいみたい・・・
集中力のある冴えたときにもういっぺんしっかり読んでみる。



167 :本当にあった怖い名無し:2005/06/10(金) 02:19:57 ID:iQrsL3KO0
カルキ・バガヴァン  ディクシャ

168 :本当にあった怖い名無し :2005/06/10(金) 23:30:25 ID:ILRHOjee0
イエスからの伝言

「ドイツで会いましょう」

169 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 01:03:47 ID:yf4kr5NP0
エクスタシーを通して自己と神を一体化させようととする(悟りを開く?)
修行ってあるよね。エクスタシーを感じる事で意識を通常とは違う
変性状態にもっていくってやつ。手段としてはセックスや瞑想、マリファナ。

170 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 01:43:32 ID:Lo96c9ZC0
>>168
「ロンドンにおられる」んじゃなかったっけ。


171 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 02:59:28 ID:fX0yKZ6DO
>>168

それはキング

172 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 04:07:18 ID:D9jfJ1PI0
>>164
うおお。それは初耳。
なんかファティマに聖母が現れたって凄く意味深なんですね
そういえばスペイン・ポルトガルは何度もイスラムに侵略された歴史があるもんね
第三の予言がローマン・カトリックの終焉だとすると、イスラムの手に
よるものか、はたまたユダヤの手によるものか、はたまた中国共産党によるものか
>>165
カトリックの聖人は殆ど超越体験をした人だよ。
家がカトリックだったので子供の頃から聖人伝を一杯読んでました。

173 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 05:36:24 ID:8oN/ppX30
少年少女十字軍最高!

174 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 11:13:59 ID:ADUsxslc0
で、神様って我々の味方なの?敵なの?
つおいの?へたれなの?ここ読んでたら頭がくるくるしてきたよぉ;

175 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 11:46:18 ID:5wsSMAJb0
神などいない、知的進化だ。

176 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 12:31:46 ID:jVvArTbQO
てね。

177 :サタム:2005/06/11(土) 13:52:03 ID:fX0yKZ6DO
自己愛→己←他者愛
…………↓…………
………完結(→昇華…我の境地、全体の認知)

ただ人は愛がなくとも我はある。
自動的に愛を求めるし、昇華しようとする。
他者との関わりが愛でなくても完結してしまう(昨今の凶悪犯罪の例に見られる通り)

愛は法である。この感覚は日本の和の感覚に似ているが
社会構造の和は、昇華を誘導しない

キリスト教は他者愛と自己愛を同時に誘導し、完結とともに神の認知がある
イスラムはわからんw
しかし宗教は集団の法の対立、お互いを殲滅しあう運命に、もがき苦しむ感覚は
俺ら日本人わわからん
日本人からすれば、神の名を語り、他者を否定する奴らの全てがサタンだがなw

もしキリスト教が神を知るなら、対立の歴史に終止符を打ち
神を絶対から全体へ、空気に帰すことを選択する時が来るだろう

178 :本当にあった怖い名無し:2005/06/11(土) 14:02:46 ID:yf4kr5NP0
176のメール欄・・・

179 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 02:45:07 ID:ipQUZ7OC0
>>155
そこ見たけど、こっちが気になる

ファティマのメッセージは最終戦争の警告であり、未完のまま放棄されている、という指摘がある。

・2000年5月に「ファティマのメッセージは達成された」と発表されたが、その発表内容は指示通りではないと教皇は抗議。
・2000年6月に同様の放送が国営イタリア放送で行われたが、その夜ローマは連続12時間の地震に見舞われた。
・2000年、ルシア修道女も聖母マリアの求める「ロシアの回心」が未達成であり、人類の脅威であると危惧

180 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 03:43:10 ID:ipQUZ7OC0
ついでにこんなのみっけ

>「神」とは己である。主とは「創造者」である。

181 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 15:04:37 ID:qqemw/IJ0
>>177
結婚とは、二人の人間が相互に理解し合う、「主体的な結合」のことです。

《結婚》によって男は女の半身となり、女は男の半身となる。
それは二者の結合によって、『両性具有者』としての〈真の人間〉を現実化
させるためである。

人間はコスモスから転落し、物体化して、「この世界」の一部になった。
それによって、「この世界」のすべての生物が持つ法則と同様、男女という
「陰陽」に分離したのである。

《人間》とは〈アダム〉であり、これは『両性具有者』である。
何故なら、〈両性具有〉でなければ〈コスモス〉とは言えず、人間が男か女
かである限り、それは〈コスモス〉ではなく〈断片〉だからである。


182 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 15:05:58 ID:qqemw/IJ0
即ち「あるがままの人間」とは、男と女とに分かたれた存在であり、
それは構造的に〈コスモス〉から転落しており、矛盾に満ちた存在なのである。

男女のパートナーシップとは、私たちのこの失われた《原人間(アダム・
カドモン)》を取り戻そうとする、魂の根源からの要求なのである。

全生物にとっての異性間の意味は、〈種〉の存続のために織り成す生殖関係
以外の何ものでもない。あの壮絶でドラマチックな鮭の回遊でさえ、
それ以外の意味は何も持ってはいない。

しかし人間の男女間の愛には、それ以上のはるかな意味がある。
人間の男女間の結合の真の目的は、決して巣作り、子作りのためではない。
それは失われた『両性具有像』を取り戻し、真のコスモスを回復しようとする、
内的深淵から湧き起こる精神作用である。

人は一つの存在へと結びついた男となり女となることによって、初めて
『両性具有者』となり、〈真の人間〉を発見するのである。


183 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 15:07:19 ID:qqemw/IJ0
そして一人の人間が両性具有者であるよりも、二人の男女が合一して、
両性具有者としての一人格を形成することの内にこそ、〈人間的生〉の
豊かさがあり、〈創造的生〉の前進がある。人間の男女の出会いの意味は、
個人的な幸福追究のためだけではなく、転落と破滅に向かうこの世俗世界の
中で真のコスモスを生み出そうとする、私たちの創造的宇宙作りなのである。

そして私たち一人一人は、もともとコスモスからは〈転落〉しているため、
このことを明確に意図してかからない限り、あらゆる男女の出会いは、
〈種〉の存続を土台とする全生物連鎖の中に埋没し、やがて激しい「矛盾」
と「葛藤」の中へ巻き込まれてしまうようになるであろう。

男女間のトラブルが、友人関係や親子関係のものよりも遥かに深刻なものに
なりがちなのは、そのためである。そしてこの《コスモス》を作り出そうと
する高次元の精神作用の前に、〈断片化〉を前提として成立している男女間
の相性理論などは、実は問題外と言う他はない。


184 :本当にあった怖い名無し:2005/06/12(日) 15:21:38 ID:qqemw/IJ0
● 縦の思想 精神世界の支配者 神

筆頭/大和民族 

■ 横の思想 物質世界の支配者 悪魔

筆頭/ユダヤ民族

185 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 00:00:18 ID:5Xfjkygv0
ttp://aya-shumi.cocolog-nifty.com/heya/2005/06/post_6ead.html

お参りの秘密

186 :177:2005/06/13(月) 00:33:32 ID:BhMZ39hZO
>>181
かつて自分が探究者だったとき、性の意味について、正直まったく欠落してたから
すごく新鮮です。
カトリックの幼、小学校だったし、オナニストだから愛=慈愛的な視点しかなかったのかも
それにしても性の欲求が他人に向きづらい俺…完結しちゃっててもうさ
たまに人を好きになると、凄く懐かしかったりするからw
それと、なぜか陰陽っていう言葉、よく言われるんですよ
外国行った時にはユダヤ教の人が紙に太極マーク?書きながら説明してくれたし
この前も親がなにげに陰陽とかいうし。なんだろうね。
その時は正直?だったけど、>>181さんのカキコ読むと今はなんとなく解る。

187 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 13:54:45 ID:wFcEfPlj0
日本人が、血液型の話題で盛り上がるのは、各血液型がバランスよく存在
するからです。ところが、諸外国では、そうではない様ですよ・・

中南米では、O型が大部分を占めています。 古代インカ文明はO型の
単一民族であったとも言われており、現代でもメキシコで84%、
ボリビアでは93%の人がO型です。 アフリカもO型が多い地域で、
病原菌に対して抵抗力の強いO型が生き延びてきた証拠と言われています。

 一方、B型が多いのは、インド・中国。インドでは、40%以上の人がB型です。
ヨーロッパでは、A型の人が一番多い様ですね

188 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 14:08:16 ID:t/m95QXv0
キリスト教徒のオナニーに決まってんじゃんw
何億といる信者を騙して金を集めるには奇跡を利用するのは当然。
ヨハネパウロ2世もただ金が好きな演技のうまいじいさんなんだよww
まぁ馬鹿どもは権威のある人間の言うことはすべて信じてしまうからなぁw
宗教を信じて毎日お祈りしてる馬鹿どもってホントヒマなんだろうねぇww
祈っても何も変わらないってことを信じないようにしてるしwww
キリスト教もイスラム教も世界中の宗教は滅ぶべき。
ヨハネパウロ2世は平和、平和と言っていたが、もしホントに
平和を願うならキリスト教を解散させるべきだろwwwwwwwwwwwwwwwww
どんだけ宗教戦争起きてんだよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
でもそんなこといわねーただの金儲けの演技乙wwwwwwwwwwwwwwwww
何が予言だよwww狂信者のカスは頭からすべてを信じるwwwwwwwwww
宗教をすべて潰せクソ宗教を。

189 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 14:31:56 ID:mcGgiOcy0
>>188
どこを縦読みするんだろう?

190 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 15:03:28 ID:dahcR3t30
いちおう前スレから全部読んだ。で、感想だが


















( ゚д゚)…………。

191 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 15:31:06 ID:DjK7XZz80
だな

192 :本当にあった怖い名無し:2005/06/13(月) 23:18:45 ID:jX5Xt7Ge0
電波な人ばっかり。
書きたくて仕方がないんだろうね。


193 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 00:55:04 ID:ialQlYDAO
あの感触は神のミツギを得た者にしか解るまい。

194 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 02:04:48 ID:JDdEHcUq0
簡単に言うと死ぬときは死ぬ
これでOKOK

195 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 03:39:26 ID:rXn9wJAC0
悪魔の尖兵へと変容したバチカンが、人類をいかに絶滅の淵に
追いやるかを詳細に語っていたら、そりゃ墓場にまでその
『暗い秘密』を持っていきたくなるでしょうよ

196 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 17:50:15 ID:kTZh2bf/0
超ヒント:超小型チッ○ 黙○録13−16

197 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 23:18:32 ID:7Vg9ctl+0
これ書いた人も気づいてたっぽいね…

オフ。「ハムレットさま、あなたは、おそろしい事をおっしゃいます。
もし愛情が、言葉以外に無いものだとしたなら、あたしは、愛情なんか
つまらないものだと思います。そんなものは、いっそ無いほうがよい。
ただ世の中を、わずらわしくするだけです。あたしには、どうしても、
ハムレットさまのおっしゃる事は、信じられません。神さまが、居ります。
神さまは、黙っていて、そうして皆を愛して居ります。神さまは、おまえを
好きだ! なんて、決して叫びはいたしません。けれども、神さまは愛して
居ります。みんなを、森を、草も、花も、河も、娘も、おとなも、悪い人も、
みんなを一様に、黙って愛して下さいます。」

ハム。「おさない事を言っている。君の信仰しているものは、それは邪教の
偶像だ。神さまは、ちゃんと言葉を持って居られる。考えてごらん。
一ばんはじめ僕たちに、神さまの存在を、はっきり教えてくれたものは、
なんだろう。言葉じゃないか。福音(ふくいん)じゃないか。キリストは、
だから、――おや、叔父さんが、多勢の侍者を引きつれて、血相かえてやって
来た。きょう、此の大広間で、何か儀式でもあるのかしら。ここは、ふだん
めったに使わない部屋だから、オフィリヤとこっそり逢うのに適当だと思っ
て、ちょいちょいオフィリヤを、ここへ呼び出す事にしていたのだが、
こんな不意の事もあるから油断が出来ない。オフィリヤ、さあ、そこのドア
から早く逃げ出せ。議論は、この次にまた、ゆっくりしよう。これからは、
いろいろ教育してあげる。そうだ、そのドアだ。なんて素早い奴だ。
風のように逃げちゃった。恋は女を軽業師にするらしい、とは、まずい洒落
(しゃれ)だ。」

キリストは、だから、――????????????作者はこれから先は書かないまま
話は終わっている。


198 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 23:29:34 ID:7Vg9ctl+0
そしてこの作者は、日本で一番売れた小説の最期の締めの言葉に
こう書いている。

「私たちの知っている葉ちゃんは、とても素直で、よく気がきいて、
あれでお酒さえ飲まなければ、いいえ、飲んでも、……神様みたいないい子でした」

ちなみにこの作者、自殺説はぼぼ否定されており、他殺説が有力
(検視により作者は入水前に死んでいたことが判明)。
ただこれを公にしてしまうと、刑事事件に発展してしまうため避けられた。

真相を知り、それを流布するものは、消される。


199 :本当にあった怖い名無し:2005/06/14(火) 23:48:00 ID:kTZh2bf/0
善から遠ざかった奴を殺しても悪霊になって取り憑くだけだからな




200 :本当にあった怖い名無し:2005/06/15(水) 00:07:28 ID:v1RqPkLn0
キリストは、だから?何って言いたかったん?

201 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :2005/06/15(水) 00:15:13 ID:VIQyghHv0
>>200
「SMっぽいの好き」

だらか張り付けなんかに、(涙

202 :本当にあった怖い名無し:2005/06/15(水) 00:33:55 ID:NC/NLw7A0
漏れは悪霊に取り憑かれていたのかもしれん・・・・・

203 :本当にあった怖い名無し:2005/06/15(水) 18:55:38 ID:OkGeCr1L0
>>201
だらか・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

204 :本当にあった怖い名無し:2005/06/16(木) 00:29:38 ID:WWXdt0+70
八百万の神とはよく言ったもんだね。一人一人が神の種(たね・スピーシズ)なわけだ。

空飛ぶ船で地上に降り立った神様達と言うのは、「自己と神の一体化」の事を既に知っていた
者達と言う事かな。
地球上に生命が誕生し、脳を進化させ、「意識」を進化させ、その結果、
やっと神の秘密を知るに至ったわけだ。その途中には突然変異とも言うべき進化があって、
200〜300万年前に猿から人類へ飛躍的な進化的突然変異が起き、そのおかげで脳が発達し、
意識が発達し、神を知るに至る。
まるで、何者かが神の秘密を知らせるために遺伝子を細工させたみたいだ。
きっとそいつは、神の秘密を既に前から知っていた。

205 :本当にあった怖い名無し:2005/06/16(木) 01:36:13 ID:hPSXNjuS0
そういや、DANZAIって、作品でやたら聖書を引用するけど
キリスト教は否定というか無視してるんだよな。
もちろんクリスチャンじゃないし。
私は、キリストの苦悩だけを想った。とか言ってるし。

206 :sage:2005/06/16(木) 07:40:25 ID:jyk+ZVoX0
本当にやばい予言ならさ、その存在さえ否定されて表に出ないだろ
それがなんで表に出ているのか・・・








みんなをビビらせて信者を増やしたかっただけなんじゃw

207 :本当にあった怖い名無し:2005/06/16(木) 07:43:13 ID:73+0e3T+0
>>206
お前の元に刺客が放たれたという情報をキャッチしました

208 :本当にあった怖い名無し:2005/06/16(木) 13:25:22 ID:4xOD/RF0O
神が自分自身であることを知らせようとする者と、それを知られまいとする者との気の遠くなる葛藤。
キリストの言った本当の言葉は、
「私は父なる神の子である。子はやがて成長し、自らもまた父になり、神になる。」

209 :本当にあった怖い名無し:2005/06/16(木) 14:57:16 ID:hPSXNjuS0


             THE WORLD IS MINE




210 :本当にあった怖い名無し:2005/06/16(木) 17:00:27 ID:WWXdt0+70
私達が480のような認識に達する事を快く思わない香具師らが
いるってことか・・・前スレにも。

211 :本当にあった怖い名無し:2005/06/16(木) 17:54:25 ID:3MCNaqzE0
>>210
480ってなんだ?
前スレの480もあまり意味のあるカキコでもないような。

212 :本当にあった怖い名無し:2005/06/16(木) 18:14:23 ID:WWXdt0+70
アヒャ 485ダタ

213 :本当にあった怖い名無し:2005/06/16(木) 19:08:18 ID:hPSXNjuS0
ここが行き止まりかもしれない…

これ以上、何を語るのだろうか?

214 :本当にあった怖い名無し:2005/06/16(木) 20:15:37 ID:SygAin5u0
バチカンを中心とした西洋の邪悪なキリスト教は廃止してもらわないと
困るな。キリストと神とは無関係の邪教だから。

215 :本当にあった怖い名無し:2005/06/16(木) 22:21:31 ID:RUj4oGz50
>>214
西洋と一括りかいwプロテスタントが怒るぞ。


216 :本当にあった怖い名無し:2005/06/16(木) 23:17:37 ID:4xOD/RF0O
神=自分と解釈した上で西洋宗教史を見てみると…

217 :本当にあった怖い名無し:2005/06/16(木) 23:24:05 ID:hPSXNjuS0
>>216
自殺したくなるから、あんまり考えない方がいいかも。

所詮、この世は、空の空。生きるとは、墓上の踊りにすぎない…。
なんてね。

218 :本当にあった怖い名無し:2005/06/17(金) 01:40:34 ID:mGPG1urj0
テンプル騎士団は485の事を知ってたよ。シオン修道会もね。
もっとさかのぼると、キリストを含むユダヤ教神秘主義者達ね。
その前はエジプト。
アトランティスの頃に人間の遺伝子が大きく変わったはず。当時既にアトランティス人は
神と一体化できるように発達した意識を肉体(脳)に宿らせる事が出来た。
但し、我々人類の直接の子孫ではない。彼らは頭のてっぺんに目があった。
そしてアトランティスが滅んで、我々の人種の元となる遺伝子が生まれ、進化してやっと今に至るわけ。
ただし、文明の方向性は以前と全く変わってしまい、探求の方向は自己の内面ではなく、
外側に向けて行われた。徐々に真理は失われていった。
アトランティスの頃に失われたものは、あまりにも大きかった。

219 :本当にあった怖い名無し:2005/06/17(金) 13:26:21 ID:bW+0sQQn0
連中は間違いですからw

220 :本当にあった怖い名無し:2005/06/18(土) 19:21:44 ID:2qfv2ppd0
ここの住人って仙人、隠者みたいな人多いね。
とても気になる。そんなに悟ってしまって
社会生活って辛くないの?

221 :本当にあった怖い名無し:2005/06/18(土) 19:45:59 ID:zXhg8py60
>社会生活って辛くないの

だからここで語っているので宇和無いfskmkdkjkbbm:くぁwsでrftgyふじこ

222 :本当にあった怖い名無し:2005/06/18(土) 23:03:24 ID:WdYNwyb/O
いや、むしろ幸せだよ。自分に無限の可能性を見たのだから。
自分の奥深いところに何か光るいいものがあるのを感じると、
どんな生き方をすれば幸せになれるか何となく分かるんだ。自分
以外の何者かが運命と称して自己を支配する仕組みなんて本当はないんだって。
ああ、あれが私に秘められた神なんだって思った。

223 :本当にあった怖い名無し:2005/06/18(土) 23:14:07 ID:DMH5TZSH0
1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・


224 :本当にあった怖い名無し:2005/06/19(日) 10:17:40 ID:XtAayJ+vO
神=創造主
男+女=神

225 :本当にあった怖い名無し:2005/06/20(月) 00:16:47 ID:WrMF66sN0
>>222


226 :本当にあった怖い名無し:2005/06/20(月) 23:50:57 ID:Jpx5qMjd0
神 加味 紙 上 髪 守

227 :本当にあった怖い名無し:2005/06/21(火) 04:06:14 ID:SJJjr2wZ0
あれ?みんなネタ言ってるんじゃなかったの?

228 :本当にあった怖い名無し:2005/06/21(火) 10:09:24 ID:TirtVm6qO
この場合、ネタと真実をどう見分ける?

229 :本当にあった怖い名無し:2005/06/21(火) 16:44:04 ID:qAkPeV8t0
ねえ、伝言シリーズは?

230 :本当にあった怖い名無し:2005/06/21(火) 20:18:41 ID:TirtVm6qO
何それ?

231 :本当にあった怖い名無し:2005/06/21(火) 23:09:37 ID:6uL0OfK30
age

232 :本当にあった怖い名無し:2005/06/23(木) 01:45:12 ID:mhhNEpAfO
神を感じた瞬間のレポキボン

233 :本当にあった怖い名無し:2005/06/23(木) 02:06:59 ID:qH+d0l6b0
>>232
世界と体と意識が一体になった感覚。つまり宇宙機械になるってこと。
神とは機械のことだった。マシーン(魔神)だ。

234 :本当にあった怖い名無し:2005/06/23(木) 02:27:08 ID:C2AGWTmJ0
>>233
境界がなくなって、すべてが自動的に行われているような感覚?

235 :本当にあった怖い名無し:2005/06/24(金) 01:07:31 ID:yAvzzgLJ0
CNN/com (c) WORLD NEWS
http://www.cnn.com/WORLD/9609/23/rare.photos/index.html
1937年当時、上海に住むスイス人写真家によって撮影された、日本兵の捕虜に対する18枚の写真には
中国兵の日本人捕虜に対する残虐性が記録されていた。
http://www.cnn.com/WORLD/9609/23/rare.photos/china.photos.mov
(113 sec./937K QuickTime movie - Warning: contains violent images.)

「彼らは楽しんでいた」 「彼らは、首が切り下ろされるのを待ち、その首でフットボールを
プレーし始めた…、本当に酷いことだ」
「中国兵は、木の台の枠に首をはめ込み、吊るし、餓死するまで放置するなど、日本の捕虜に対して様々な
虐待を加えていた」



236 :本当にあった怖い名無し:2005/06/24(金) 01:10:38 ID:yAvzzgLJ0
中国人に神を感じます。

237 :本当にあった怖い名無し:2005/06/24(金) 19:10:56 ID:bK/x0gXG0
>>236
何で?

238 :本当にあった怖い名無し:2005/06/24(金) 20:04:06 ID:yAvzzgLJ0
>>237
逆説的な意味で…。

ところで映画「パッション」見た人います?
ちょっと気になって借りて見たんですが、
これなかなか興味深い映画でしたよ(聖書をある程度理解してないとだけど)。
メルギブソンがどこまで意図したのか知らないが、聖書を忠実に
映像したらこうなるのでしょうか。グロには見慣れてるせいか、
拷問シーンも、むしろ、なんかものたりなかったような。。

サタンとマリアが同じ衣装でなんか意味深だった。
ユダの首つり自殺のシーンで傍らの牡牛?羊?の腐乱死体はどういう意味?

ah...MEN

239 :本当にあった怖い名無し:2005/06/24(金) 20:39:28 ID:bK/x0gXG0
>>238
なるほど。

240 :本当にあった怖い名無し:2005/06/25(土) 00:04:11 ID:6utl89t/0
>>238
ありゃ、ロバじゃなかったっけ?
キリスト一行がイスラエルに来たときに乗ってった。

241 :本当にあった怖い名無し:2005/06/25(土) 14:11:09 ID:mIiQdvkV0
神とは己の中の良心や愛情のような気がして来た今日この頃。

242 :本当にあった怖い名無し:2005/06/25(土) 18:14:43 ID:TgE4el2X0
国会と教会、独立を強調 ローマ法王にイタリア大統領
http://www.asahi.com/international/update/0625/005.html
なんとなく・・・

243 :本当にあった怖い名無し:2005/06/25(土) 19:08:09 ID:fzE13USK0
>>240
ロバなんだ…。 でもあの映画をこのスレッドの思想のようなものを
閲覧しながら見るととても複雑で面白く見れるよ。

>>241
そうやって明るく肯定できるのはいいことだよね。

最近、映画見まくってるんだけど、SFってなんで暗い未来しか
描かないのかな。我々は皆、破滅を求めてるのかな。
この先に大きな破滅があるからこそ、なんとか生きていられるってことかな。
たしかにずーっと平和というか、死ぬまでこのままだって
核心もっちゃったら、逆に気が狂って死にたくなるかも。

皆、巨大地震やこの世の終わりみたいな予言を
待ちわびているように見える。

244 :本当にあった怖い名無し:2005/06/25(土) 19:16:09 ID:hMiIuZ8N0
>>243
人間は潜在的に未来を知っているから。
でも、それを取り出すのは難しく、そのきっかけを虫の知らせとか呼んだりする。
破滅は避けられない。でも希望はある。

245 :本当にあった怖い名無し:2005/06/25(土) 20:05:07 ID:+kVAM4L80
サタンとサンタは似ているね〜チャラチャチャ〜チャ〜

246 :本当にあった怖い名無し:2005/06/25(土) 21:30:55 ID:W89K/oJt0
>>241
俺の結論もお前の考えと同じだよ。霊主体従で生きること。

>>242
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/daiyogen30.html
http://x51.org/x/05/02/1633.php


247 :本当にあった怖い名無し:2005/06/25(土) 22:07:26 ID:KiYPoJSt0
>>222さんに激しく同意。
すごく深い言葉だね、じーんときたよ。

昔は悲観してばっかりで、何かのせいにしようとしてた。
憎んだり、恨んだり、それは主に自分に向かってたけど…。
最近色んな人に情報を貰えて、自分に起こる色んなことがらを
全て受け入れることが出来るようになった。
こういうのを自然体っていうのかな。
自分自身に希望を見つけるって重要なことだと思う。
特に昨今、負のエネルギーを抱く人にとっては…。

248 :222:2005/06/25(土) 22:24:24 ID:t6nucrrvO
何か光るいいもの=自分の奥深いところに見え隠れすり可能性。


249 :本当にあった怖い名無し:2005/06/26(日) 03:22:14 ID:S+LT8mS90
>>241
育成していくものだよね。

神が自分そのものというのは、いささか傲慢
生まれながらに完成しているものならば、生まれてくる甲斐がないから

250 :本当にあった怖い名無し:2005/06/26(日) 05:24:39 ID:S+LT8mS90
>>246
「私が研究を通して追い続けているのは、我々全員が共有している
"何か"です。それは現在、神とも呼ばれるべきものかもしれませんし、
我々が呼ぶように、世界意識(グローバル・コンシャスネス)とでも言う
ものかもしれません。現在の我々の姿は、あたかも個人主義の怪物です。
今、我々は社会によって、個々がバラバラに引き離されています。
しかし、それが人間のあるべき姿だとは思えません。
本当のところでは、我々は、我々が自覚している以上に、心の奥のどこかで、
繋がっていると思うんです。」

>
蛍はなぜ同じタイミングで点滅するのだろう…

251 :本当にあった怖い名無し:2005/06/26(日) 10:03:48 ID:IoRWqvm30
>蛍はなぜ同じタイミングで点滅するのだろう…

そりゃ蛍にも目はあるし。ということが聞きたいんじゃないですよね。音の代
わりに光で斉唱してるんじゃないかな。


252 :本当にあった怖い名無し:2005/06/26(日) 10:11:30 ID:a2xpJ+HU0
動物の群れは集合意識レベルで活動してるってね。

253 :本当にあった怖い名無し:2005/06/26(日) 10:27:49 ID:u3r7GDp70
>>252
あぁ、そういうの前から思ってた。
カマキリだかなんだかの昆虫が卵産み付ける
高さにまでは決して積雪しないとかね。
毎年積雪量違うのになぜか知っているみたいな話で。

群としての集合意識もそうだけど
もっと大きなものともつながっているような気がする。

254 :本当にあった怖い名無し:2005/06/26(日) 11:20:55 ID:2LUOyTxz0
集合無意識
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/apocalypse7.html

255 :本当にあった怖い名無し:2005/06/26(日) 12:16:19 ID:f21r9A680
>>250
蛍の点滅速度は日本の西と東で異なるんだよ。
なぜかは解明されてないみたいだけど。
不思議だよね。

256 :本当にあった怖い名無し:2005/06/26(日) 21:41:27 ID:S+LT8mS90
レスもらって興味強くなってきたので検索しまくってみたらこんなのが。。

同期現象(SYNC)が世界を支配する

無数のホタルがシンクロして光るのも、ポケモンを観ていて子供たちが
発作を起こしたのも、「SYNC(=同期)」のせい。
1665年、オランダの物理学者クリスティアーン・ホイヘンスによって発見
された、振り子の同期現象。ホイヘンスは、自らの発明した「世界随一
の精度を誇る」二つの振り子時計が、全く同じリズムで「共感」して揺れる
現象を実験によって証明した。この同期現象=SYNC(シンク)が現代におい
て再発見されるのは、20世紀前半、東南アジアの無数の蛍が、いっせいに、
一定のリズムで明滅を繰り返す現象についての報告と、その後の議論が発端となる。

女性の月経周期さえ、同期する。
量子レベルから天体間のふるまいに至るまで、同期現象は全宇宙に遍在する。


これ、宗教とかで悪用したら、ちょと恐いかも…。
あ、すでに悪用されてきたのかな?


257 :本当にあった怖い名無し:2005/06/26(日) 21:47:54 ID:LdaFO5iv0
この世界はコンピュータの中の世界で、クロックがあるのかも。

258 :本当にあった怖い名無し:2005/06/26(日) 21:51:00 ID:YEa+VRDf0
>>256
つーか、音叉の共鳴考えたら当然過ぎる希ガス。

259 :本当にあった怖い名無し:2005/06/26(日) 22:42:11 ID:AStRjbVIO
気象を含め、地球の集合無意識に生き物はつながっている。

260 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :2005/06/26(日) 22:52:37 ID:Co9v+3Rg0
そんな!
>>251が適切にレスしてるのに。


集合意識って意識のない昆虫にも拡張できるのか?

261 :本当にあった怖い名無し:2005/06/26(日) 23:07:11 ID:JWbXukWy0
>>253
その話、何かにサンプラザ中○が書いていました。
新潟にカマキリの卵を産み付ける場所を毎年観測して研究している方がいて、
カマキリは木に卵を産み付けるらしいのですが、
見事にその場所ごとの積雪のちょっと上に産み付けるそうです。
低すぎて雪に埋もれてしまえば窒息してしまうし、高すぎると鳥に狙われて食べられてしまうからのようですが、
なぜ予測できるのかははっきりわかっていないようです。

また、去年新潟で地震が起きましたが、震度が高く被害の大きかった地域では、
今年に限ってはきのてっぺんに産み付けていたそうです。
カマキリの卵の産み付ける場所を観測していれば地震予知に役立つかもしれない、とも言及されていました。

262 :本当にあった怖い名無し:2005/06/27(月) 00:09:41 ID:00sG+/sE0
>261
樹木から伝わってくる地下水脈の音がなんか関係してるとかNHKで研究者が言ってた

263 :本当にあった怖い名無し:2005/06/27(月) 00:39:01 ID:F0ELp8qxO
虫は一つ一つは単純なプログラムだけど数合わせれば意識情報が
入りこめるぼどのメモリーになる。

264 :本当にあった怖い名無し:2005/06/27(月) 02:42:47 ID:vN3IbZXX0
カマキリとかホタルってなんか惹かれるんですよねぇ
あの残酷さ、短命、儚さ、美しさの中に、大きな謎が隠されてるような気がする。

>日本では俗に拝み虫 と呼ばれる事もある。カマキリ類の学名は、
>ギリシャ語の名前 "m?tis" から来ており、 "m?tis" は、"予言者" の意味
>でもある。これは、英名の "mantis", "mantid" の元にもなっている。
>英語では、 "praying(祈る)mantis" とも呼ばれる。

予言者、スレタイに繋がった…。

>>254
リンク切れ?
>>255
関西蛍は点滅が早くせっかちなんだそうですね。
>>260
昆虫の脳は大体パソコンぐらいの処理能力だそうです。
動作の差異は、ホルモンの働きにより、意識はなく、集団無意識?
昆虫の意識と言えば、カフカ『変身』

265 :本当にあった怖い名無し:2005/06/27(月) 02:49:55 ID:tQSwqBhj0
>>264
>昆虫の脳は大体パソコンぐらいの処理能力だそうです。

単体としてはそうだが、それがインターネットより強力なネットで繋がっている。
人間とは形態が異なる意識体。

266 :本当にあった怖い名無し:2005/06/27(月) 02:56:52 ID:vN3IbZXX0
>>265
まさに、そういうことですよね〜 ぐは〜 ちょっと色々と
想像がひろがってきて鳥肌。。。
 

267 :本当にあった怖い名無し:2005/06/27(月) 03:00:50 ID:tQSwqBhj0
>>266
で、奴等は人間よりバージョンアップが速い。
人類VS自然界(昆虫、細菌、ウィルスなど)は、マトリックスの人間VS機械みたいなもの。

268 :本当にあった怖い名無し:2005/06/27(月) 03:14:29 ID:vN3IbZXX0
>>267
エージェントって皆、サングラスして昆虫みたいでした。<マトリックス
ラストの闘い、イナゴの大群を想像しました。

聖書にもありますね。
「・・・朝になると東風がイナゴの大群を運んできた。イナゴの大群は
エジプト全土を襲い、エジプト全域にとどまった。じつにおびただしく、
こんなイナゴの大群は、前にもなかったし、この後にもないであろう。
それらは全地の面をおおったので、地は暗くなった。それらは、地の草木も、
雹(ひょう)を免れた木の実も、ことごとく食い尽くした。エジプト全土に
わたって、緑色は木にも野の草にも少しも残らなかった。」。


269 :本当にあった怖い名無し:2005/06/27(月) 03:17:03 ID:vN3IbZXX0
聖書にでてくるイナゴは、実際はトノサマバッタだそうです。
孤独相→群生相に変身、、、生態がちょっと恐い。。。。

>バッタの集団は普段はおとなしい緑色で孤独形(孤独相)とよばれる姿
>で生活しています。旱魃で食べ物が減って、えさをもとめて幼虫があつまり
>お互いを刺激し、体から出る物質が密集した相手の体を刺激して、体は
>黒くなり、顔も四角になり、脂ぎって凶暴な群生形(群生相)のバッタに
>変身します。


270 :本当にあった怖い名無し:2005/06/27(月) 03:19:26 ID:tQSwqBhj0
人間のテクノロジと自然界の戦いは激しくなり、
人間は最後の切り札に、ナノテクノロジと遺伝子操作を使ってくる。
神の領域に踏み込み荒らしている事を知らずに・・・。
十分にシミュレーションを重ね、安全性を確認して使用したはずだった。

まさか、奴等がそれを利用し、改造してくるとは思っていなかった・・・。
天に向かって吐いた唾が今・・・。

271 :本当にあった怖い名無し:2005/06/27(月) 03:27:32 ID:tQSwqBhj0
>>269
すげー。戦闘モード内蔵だったのか。

272 :本当にあった怖い名無し:2005/06/27(月) 07:39:04 ID:FMflzoQ50
>>269
初代の仮面ライダーでなんでこのネタを使わなかったのか・・・・
もったいない。


273 :本当にあった怖い名無し:2005/06/27(月) 09:41:21 ID:wcHVCOt00
人間もまた、地球の集合無意識につながってることもお忘れなく。

274 :本当にあった怖い名無し:2005/06/27(月) 16:40:09 ID:wcHVCOt00
古今東西、神を感じた人々は何人かはいる。
神の感じ方も二種類あって、どちらも神の側面を表している。
一つは「統合された神」
もう一つは「分かれた神」
己のうちに神を見出し、それと合一する。東洋的にいえば「悟りを開く」という方法で
神を知った場合、「分かれた神」を感じたといえる。
また、一人一人が神である以上、集合無意識のレベルではそれらが統合されて
一つの神を形成しているとも言える。これが「統合された神」
これに触れた者の中には、「唯一神」を崇める宗教を作った者がいると思われる。
どちらも同じ神の側面であり、分かれた神は統合された神と同様の能力を持つ。
どちらが偉大でどちらが劣っているわけでもない。でなければ、分かれた神である
我々一人一人が統合された神に触れることが出来ないからだ。全ては同じ神で、
一つを少しずつ分割したのではなく、一つをコピー&ペーストしてそれぞれを独自に成長させた
のだ。しかし、分かれた神と統合された神とを同時に観測することが出来た者がまだ居ないのかもしれない。
ちょうど、量子力学で粒子と波動を同時に観測できない様に。

宗教上の紛争はとても愚かだ。いや、あの戦いは名目上宗教の名を借りているに過ぎない。

275 :本当にあった怖い名無し:2005/06/27(月) 17:19:33 ID:aHTooYTj0
また適当な事を。
こういう時期だからしょうがないが。

276 :本当にあった怖い名無し:2005/06/27(月) 18:45:25 ID:1rAk6xoS0
イエスからの伝言
「大天使ミカエルが地上に子供たちの楽園“ネバーランド”を
造ってるハズなんだが、そこって今どうなってんの?」

277 :本当にあった怖い名無し:2005/06/27(月) 19:01:49 ID:ZnbYT3ci0
>>276
http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-050523-0011.html

278 :本当にあった怖い名無し:2005/06/27(月) 19:14:14 ID:yb6j44iD0
イエスからの伝言
「マグダラのマリアってあれ、ニセ乳」

279 :本当にあった怖い名無し:2005/06/27(月) 19:15:38 ID:yb6j44iD0
イエスからの伝言
「最後の晩餐のとき、『ほな、ワリカンな』言うただけでそない驚かんでもええやんけ!?」

280 :本当にあった怖い名無し:2005/06/27(月) 21:48:23 ID:DzSrMm1z0
>>279
そないなこというとるから
ローマ兵に売られんねんで?

281 :本当にあった怖い名無し:2005/06/27(月) 23:55:47 ID:hBcyXQRx0
                      _(L..._____
               /       `__、
               /   __,.-‐冖" ̄\. \
             /  _,.‐'´        `ヽ、ヽ
               ,ムァ'´               - ‐}i |_     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            / | l                   ト f^ヽ  / 
             {  N 、   _ ,. -‐ ´    Vムリ| <   フリーメーソンが
           ヾ { ` 、         .,,,,、、ミ  ∨/!  \  バチカンを占拠しておる…
            ヾ゙、    ‐--  - r=‐''冖   lぅ|    \______
.             l⌒ヾ  ィr≦ヲフl  ``ー ___   |卞ー一-
        _   \心.   ヽ -'´ |   レ、     | ||
       / ノ〉   ヾハ   , ´ /_  ,r┘\  :.│ .||
.     _厶 〃_|   _, -‐'^ヽ    |u ̄l! ,.-、   l  .||
.    r'´__ノ〃 /‐'´     \   ' r‐一'´__ `` /  ||
.   ,.┴┐ ′ |        /〉、 (  "´  _,/    ||
  / ァ'´ , -‐┤    __  //  .>、_,>‐'´/||    ‖
  辷..ノ  /_ └--‐'´ __ノ .l!|  /\__||__/ ||   〃
__,イ    /      _/   .|!| ./   ||rぅ  ‖  〃
 ノ`   /     _,-‐'´       |!|│    ||   ||  〃

282 :本当にあった怖い名無し:2005/06/28(火) 03:29:33 ID:Hw4Xw+RS0
「日本はまさに危機である。しかもこの危機を救いうるものは、
重臣でも大臣でも軍令部総長でもない。むろん自分のような長官でもない。
それは諸氏の如き純真にして気力に満ちた若い人々のみである。
従って自分は一億国民に代わって皆にお願いする。皆の成功を祈る。
皆は既に神であるから、世俗的な欲望は無いだろうが、もし有るとすれば、
それは自分の体当りが成功したかどうかであろう。
皆は永い眠りにつくのであるから、それを知ることは出来ないであろう。
我々もその結果を皆に知らせることは出来ない。」


283 :本当にあった怖い名無し:2005/06/28(火) 13:33:51 ID:ZoDAZ0ZD0
>>106亀レスの上にすれ違いだが

//女性=子宮matrix=母性=悪魔
//この世界は女性に支配(女性を通じて出入りする世界)されている
//男性=神
//MTF=男性の肉体の中に女性を封じ込めた人

インドの原始宗教みたいだね
シヴァ神がマンコの中に入っちゃったりしたり、両性具有になったり
シヴァ神がポコチンの象徴だったり、カーリーちゃんに見られる女による支配=恐怖

俺も初代スレからromってたけど分けわかめ。
でも久しぶりにオカ板楽しんでるよ(マウンテンバイク以来 ←古っ!)
要はキリスト教がキリストの教えとは異なる事を説いていたという事なのか?
その事に皆が気づきキリスト教崩壊? これが第3の予言?
YHWHこと485が日本マンセー書き込みしてたけど日本はやはりホピ族の予言や
ヨハネの黙示録の終末論にかかわってくるのか?

284 :本当にあった怖い名無し:2005/06/28(火) 17:18:04 ID:vvAa6IO60
昔アステカの祭壇って話で日本が地球のチャクラだとか、西洋文明に抹殺された
アステカの神官達の霊文明が地震の波動にのって日本到着→復活して霊的な神殿が建つ
とか何とか言ってたな。

285 :本当にあった怖い名無し:2005/06/28(火) 20:16:37 ID:/o84mDNg0
>>284
建立されます。
但し、再浮上した後ですが・・・。

286 :本当にあった怖い名無し:2005/06/28(火) 20:36:44 ID:8TRy+bc10
>>284
ってことは日本は小松左京さんが書いたのと同じ状態に?

287 :本当にあった怖い名無し:2005/06/28(火) 21:05:34 ID:3zJ8kQ920
凄いスレ違いでスマソなのだが、
予言の話が出ていたので質問。
日本神話では世界の神話(聖典含む)に出てくる
世界の崩壊の話ってあるのでしょうか?
天岩戸くらいしか思いつかなくて…
結構古い神話なのに、滅亡話がないのは珍しいな
と思ったもので。

288 :本当にあった怖い名無し:2005/06/28(火) 22:10:28 ID:6Yp6wD+h0
>>286
松左京さんがどんなことかいたの?

289 :本当にあった怖い名無し:2005/06/28(火) 23:12:03 ID:j/fpdyJ/0
このスレ面白いなー

>>1-289
神さま自作自演乙

290 :本当にあった怖い名無し:2005/06/28(火) 23:30:05 ID:Hw4Xw+RS0
放射能ってやつは水爆が支那へ落ちてもアメリカに落ちても
ロシアに落ちても 日本の上に流れてくるんだそうですね

私にゃよく分かりませんが
何かこの気流の関係でそうなるんですってね

つまり日本は、その放射能が
流れて集まってくる谷間みたいなもんでね

すると その谷間に住んでいる 我々生き物は
一体 どういうことに なるんでしょうかねえ

291 :本当にあった怖い名無し:2005/06/28(火) 23:39:19 ID:Hw4Xw+RS0
アメリカインディアンの言葉

ホピ族の長老マーティン・ガスウィスーマから日本人への伝言
http://www.aritearu.com/Influence/Native/Nativeword/Word28.htm

292 :本当にあった怖い名無し:2005/06/28(火) 23:52:57 ID:Hw4Xw+RS0
もともと白人は私たちの兄弟であり、東の方角へ旅立っていったのだ。
白人はそこで発明について学び、みんなの生活を向上させるために
それを持ち帰るはずだった。そうすれば、白人は私たちの精神の輪を
完成させられるはずだったんだ。
しかし、白人は輪のシンボルを持ち帰りはせず、代わりに十字架を持ち帰
った。輪は人々を引き寄せ、十字架は人々を引き離す。
十字架は分裂を引き起こすものだ。白人はインディアンたちを十字架の
ように引き離してしまいたいのだよ。奴らは私たちをつるしたいのだ
--- ウラニウムでできた十字架に!

293 :本当にあった怖い名無し:2005/06/28(火) 23:59:54 ID:Y/c/s+N/0
○× !

294 :本当にあった怖い名無し:2005/06/29(水) 00:44:24 ID:1k/Gyh8R0
関係ないけど、♀って輪と十字架だね

295 :本当にあった怖い名無し:2005/06/29(水) 06:41:17 ID:bs/KpQZn0
>>294
古代エジプト象形文字で♀は手鏡を現すそうです。

鏡と十字架=手鏡。。。丸い部分が鏡として、、、、>>149-150


296 :本当にあった怖い名無し:2005/06/29(水) 07:20:41 ID:bs/KpQZn0
そういえば、日本の神様には「姿」がありませんよね。。。

選民意識とか民族的誇りとかそういうのではなく
日本と日本人を色々調べてみると、不思議で興味深い事実が
沢山あって面白いですよ。特に日本人の脳に関する事実が興味深いです。

1978年に発行された『日本人の脳』という禁断の書?を受けての
個人的なマトメ探索レポート。。。なかなか読み応えありますよ…。
読みふけってしまいました…。
"ルビと漫画"と"母音とJ-POP"、あと"虫好きは日本人だけ"ってのはショックでした。。。

「日本人の脳」とニッポン人の〈原始のしっぽ〉
ttp://www.eonet.ne.jp/〜mansonge/mjf/mjf-49.html

「なぜ日本人は『頭でっかち』なのか?」日本人だけ脳が150g大きい
ttp://www.kepco.co.jp/insight/content/break/break_sawaguchi04.html
>>287
日本の神話に予言がないのは、日本の神話そのものが
、、、、、?


297 :本当にあった怖い名無し:2005/06/29(水) 07:42:44 ID:bs/KpQZn0
www.eonet.ne.jp/〜mansonge/mjf/mjf-49.html
上の書き込み、リンクミスです。チルダが全角でしたね。ごめんなさい。

>>283
インドの原始宗教は自然崇拝の多神教。懐が深い。
宗教替えも可能だそうな。ちなみにかの有名なサイババ、1代目は素晴
らしい聖人で困っている人々を助け感謝されたけど、現サイババは、
お金大好きのインチキ俗物野郎というのが今のインドの一般的評価だそうです。
サイババグッズが売られているがそれは日本ではなじみの無い初代サイババの
品の良い顔のイラスト付きなのでした。。。話はズレたけど
女性といえば、月。月と言えば、イスラム教を信奉する諸国は全て
三日月と星が布置されています。
太陽つまり「昼」を採っている日本国旗とは正反対です。



298 :本当にあった怖い名無し:2005/06/29(水) 15:45:57 ID:vKFvgsrP0
>>295
♀の○の部分は頭が空っぽ(サタニスト)
そして、この徴(しる)しを身につけるものは、
サタンに魂を引き渡される約束です。「カラスの足跡」もまた然り。


299 :んが:2005/06/29(水) 19:38:13 ID:S/N4bYno0
♀は金星の記号っすね。

300 :251:2005/06/29(水) 21:01:25 ID:ab9dZ+Xi0
>>260
トン。まあ楽しい流れになればOKw
>>290
それはやはり素早い進化のためかと。


301 :本当にあった怖い名無し:2005/06/29(水) 22:42:40 ID:HOjX3Wjs0
このスレにいて、輪と十字架って何か知らない奴ばっかなのか?
これみろ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%B9%E4%B8%BB%E7%BE%A9

つーか、このスレいろいろ繋がりすぎ・・・

302 :本当にあった怖い名無し:2005/06/29(水) 23:20:41 ID:jmBfO2Lx0

さては民俗・神話学板からおいでなさったな
俺は宗教板のスレにこのスレのリンクが貼ってあたの見たよ

303 :本当にあった怖い名無し:2005/06/29(水) 23:22:37 ID:HOjX3Wjs0
>>302
そのスレ教えてくだちい。おながいします。

304 :本当にあった怖い名無し:2005/06/29(水) 23:34:11 ID:rVRIf8af0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Gnostic_cross.png
これってグノーシスの十字架?
地球のマークと一緒だね。
またこの○十字は大本教の裏紋で弥勒のマークなのだそうだ。
あと薩摩藩の紋も○十字。

305 :本当にあった怖い名無し:2005/06/30(木) 00:38:16 ID:addeme1xO
インディアンの一部にもあるマークだな。
集合無意識か…

306 :本当にあった怖い名無し:2005/06/30(木) 00:42:52 ID:kNZukPIX0
世界の内と外、交差する十字路
めぐる世界の4つの相

307 :本当にあった怖い名無し :2005/06/30(木) 01:07:52 ID:KwJZwd920
7つの丘、7つの道、7つの川・・・チンチコール!

308 :本当にあった怖い名無し:2005/06/30(木) 02:13:12 ID:yy1R8bV70
>>303

民俗・神話学板にはグノーシススレに貼ってあったし
心と宗教板にはどのスレは忘れたけどキリスト関連のスレだったと思うよ
オカ板のデムパの妄想ってことで大して話題にはなってなかったけどw

309 :本当にあった怖い名無し:2005/06/30(木) 11:42:52 ID:addeme1xO
実際電波に見えますか?

310 :本当にあった怖い名無し:2005/06/30(木) 20:04:24 ID:Bi/kkGdc0
>>301
>>305
ホピの予言のマークは、そのサーキュラーハーモニッククロスのマークの
中に4つ○があるけど、これは何を意味するんだろうか
http://www.aritearu.com/Influence/Native/NativeBookPhoto/HopiYogen.htm



311 :本当にあった怖い名無し:2005/06/30(木) 20:08:14 ID:Bi/kkGdc0
書いてあった。
ホピに古来から伝わる彼ら自身のシンボルマーク。
すべての国と4つの人種をひとつにまとめて
この大地と生命を守り、地球のバランスを保つ事を意味する。

一瞬、日の丸、蓮の種、曼荼羅に見えた。

312 :本当にあった怖い名無し:2005/06/30(木) 21:29:58 ID:kviju51G0
>>311
それこそ統合された神。「一なる神」。

313 :本当にあった怖い名無し:2005/06/30(木) 23:41:12 ID:vxaRCDoe0
ホピは古代語で平和
アイヌは人(ヒト)
マヤは時(トキ)

314 :本当にあった怖い名無し:2005/07/01(金) 23:27:54 ID:7a4xKFY80
キリスト教の法王も、チベット仏教の法王の様に政治的な
地位を追われるのだろうか・・・

315 :本当にあった怖い名無し:2005/07/02(土) 02:14:47 ID:Jk2h7ZAu0
第三の予言で思ったことは、第一と第二が世界に関することで、
第三になると急にローマ法王の個人的な予言とスケールダウンしてしまう点。

またローマ法王は第三の予言を公開せず「いやだ!この予言は墓まで持っていく!」
と言ったということは、ローマ法王自身の死の予言ではないことを語っている。

公開したくない理由。恐らくキリスト教のアイデンティティに関わる予言では
なかろうか。と思う。


316 :本当にあった怖い名無し:2005/07/02(土) 02:22:17 ID:Trodcufl0
>>315
1,2,3とスケールアップするから公開したくないのでは?信じられないとか。

317 :本当にあった怖い名無し:2005/07/02(土) 02:35:35 ID:Jk2h7ZAu0
もし第三の予言が、第三次世界大戦が起きるとか、災害が起きる
ということであれば、「いやだ!この予言は墓まで持っていく!」
というかなぁ?

皆に知らせて、警報を鳴らすべきことだと思うけど。

318 :本当にあった怖い名無し:2005/07/02(土) 02:45:48 ID:Trodcufl0
>>317
例えば能動的効果を持つ予言ならどうする?

319 :本当にあった怖い名無し:2005/07/02(土) 02:50:56 ID:Jk2h7ZAu0
確かに予言を現実にしてしまう輩が出てきたりもする可能性もあるとは思う。

少なくとも第一と第二が的中している中、第三が外れたということ、
これは本当の第三の予言はまだ秘められていると思う。
(ファチマの予言の存在が本当であるならば)

320 :本当にあった怖い名無し:2005/07/02(土) 03:07:08 ID:kcA5IbDR0
>>319
本物の予言というのは、それが公開されようとも、されなくても、
未来で起こる事象が不可避になった時点で与えられる。

そして、その予言を「どう扱うか」が試されるわけだ。
結果はもはや言うまでもなく、後悔しても遅い事態になる。

神またはそう呼ばれるその存在は、決してキリスト教の存在を許さない。
911は終わりの始まり。

321 :本当にあった怖い名無し:2005/07/02(土) 03:13:09 ID:kcA5IbDR0
キリスト教は神を騙るだけでなく、信じてすらいなかった事を自ら証明することになる。

322 :本当にあった怖い名無し:2005/07/02(土) 04:24:39 ID:R+nSwN3b0
人間は社会の中でものを教わることができよう。
しかし霊感を受けるのはただ孤独においてのみである。



323 :本当にあった怖い名無し:2005/07/02(土) 10:06:26 ID:QoLwhWvT0
日本だけで言ってみれば、現在いろんなシステムの膿みが出てる状態ですよね。
この流れが世界に派生していずれキリスト教も糾弾される事になるんじゃないのかな。
もちろんイエスが悪いわけではなくイエスを崇めてるキリスト教のシステムの崩壊。
未来に向けて国境がなくなるような世の中になるにはキリスト教は最大の妨げになるだろうし。

324 :本当にあった怖い名無し:2005/07/02(土) 11:20:09 ID:Uw/1tWWd0
ねね。このサイトちょっと読んでほしい。
ノストラダムスの預言を解釈してるサイトだけど結構読みごたえあったよん♪

http://www.geocities.jp/globaisken/

325 :本当にあった怖い名無し:2005/07/02(土) 11:25:08 ID:5oMiTEVNO
不可避な予言は役に立たないな。

326 :本当にあった怖い名無し:2005/07/02(土) 15:06:23 ID:ON+WVxKr0
「実は・・・いままでの予言は全部こじつけだったんだ。」
これなら失神するかもな

327 :本当にあった怖い名無し:2005/07/03(日) 11:51:19 ID:8mxZ4LRR0
>>320

>本物の予言というのは、それが公開されようとも、されなくても、
>未来で起こる事象が不可避になった時点で与えられる。

え〜っと自称マリア様から受け取った言葉なんで
預言と理解すると不可避ではないはず。
確か預言が外れたエピソードが聖書にあった筈。
多分たった一つだけ。

第一、第二の預言は預言が本物であることを証明
するための前振りで
第三の預言が本命の警告で
そうならないよう悔い改めろって話じゃないのだろうか。


328 :本当にあった怖い名無し:2005/07/03(日) 13:30:45 ID:Oz078Hyg0
>>327
仮にそうだとしよう。
で、現在の状況を見て、「悔い改められた」と思っているの?
今の世界はどう見ても、堕落の極致ではないでしょうか。

329 :本当にあった怖い名無し:2005/07/03(日) 14:24:30 ID:U4n7h0zq0
>>328
強酸主義に勝利しただけでも堕落を免れたと言える


330 :本当にあった怖い名無し:2005/07/03(日) 14:28:16 ID:YDfUecmn0
>>329
共産主義とかは関係ないだろ。キリスト教の腐敗が問題なのに。

331 :本当にあった怖い名無し:2005/07/03(日) 14:54:26 ID:QI1/6fKW0
>強酸主義に勝利しただけでも堕落を免れたと言える

ホピが言う警笛とは、砂漠と貧富の2極化しか生まない資本主義経済。

332 :本当にあった怖い名無し:2005/07/03(日) 15:04:24 ID:YDfUecmn0
共産主義に勝利したことで、さらに堕落が加速したのかも。

333 :本当にあった怖い名無し:2005/07/03(日) 16:12:14 ID:St9zZLx00
>>331
砂漠と貧富の2極化は今の中国が一番顕著だな、
そして最も発達した環境技術と経済大国でありながらも貧富の差が最も少ない国が日本。
共産主義は「神のもとに平等」というキリスト教的発想から生まれた考え方なのに、
最終的にその発想の根っこである宗教を否定してしまったという矛盾を抱えた思想。
元々そういう矛盾を抱えているから結局おかしくなっていく、根本的に欠陥があるんだよ。

334 :本当にあった怖い名無し:2005/07/03(日) 23:33:27 ID:Go6JsZ/w0
始まりました。
http://newsflash.nifty.com/news/ta/ta__yomiuri_20050703id24.htm


335 :本当にあった怖い名無し :2005/07/05(火) 01:54:45 ID:84pdKdpM0
イエスからの伝言
「なんか“免罪符”ゆうの持った奴がぎょうさんこっち来とんねんけど
 なんやの免罪符て、俺なんも聞いてないで?」

336 :本当にあった怖い名無し:2005/07/05(火) 05:18:35 ID:RNmivL5R0
めんざい-ふ 3 【免罪符】

(1)ローマ-カトリック教会が、罪の償いが免除されるとして発行した証書。
一五世紀末には教会の財政をまかなうため大量に発行され、ルターの批判を
呼び宗教改革のきっかけとなった。贖宥(しよくゆう)状。

(2)転じて、責任・非難などをまぬがれるための行為や事柄。

337 :本当にあった怖い名無し:2005/07/05(火) 05:21:59 ID:RNmivL5R0
俺から一言。バチカンのキリストは矛盾だらけのインチキ集団で悪魔の化身。
関わらないほうが良いと思われ。

338 :本当にあった怖い名無し:2005/07/05(火) 09:09:34 ID:zT7a3hzG0
諸悪の根源だね。
ただ確信犯的な所もあるから難しい。
「彼らは知らないのです」だね。

339 :本当にあった怖い名無し:2005/07/05(火) 10:39:57 ID:32PPxmpP0
あれだけの祈りのエネルギーはすごいんじゃね

340 :本当にあった怖い名無し:2005/07/05(火) 18:29:14 ID:OvHOCQB90
イエス「この中に私を売ったものがいる」
 ユダ「そんなヤツおらへんやろぉ〜」

341 :本当にあった怖い名無し:2005/07/05(火) 19:14:58 ID:HJDfFoZS0
十字架にて
イエス「こんど今井翼クンとユニット組んでデビューしようと思うんだよね、
     タッケー(磔刑)&翼なんちゃって」

ロンギヌス「俺が目にマスクして突いたろか」

342 :本当にあった怖い名無し:2005/07/06(水) 11:02:04 ID:S09qaZ3j0
かみたま
「ほんなに祈られても、かなんわ、わしかて忙しいんやで
自分達でできることは、ある程度してもらわんと往生し末世。」

343 :本当にあった怖い名無し:2005/07/06(水) 16:38:58 ID:LOeT8PLR0
チッチキチー

344 :本当にあった怖い名無し:2005/07/06(水) 17:08:32 ID:DjzK26kS0
まだ全部読んでないけど、
あの勢いで消された理由は「オメガプロジェクト」だろうな。

おっと。また消されるか?

345 :本当にあった怖い名無し:2005/07/06(水) 21:03:33 ID:CVTqfJwc0
それ知ってる。杉山清貴だろ。


346 :本当にあった怖い名無し:2005/07/07(木) 06:05:40 ID:vT1UJvIl0
加齢臭が漂うスレはここですか?

347 :本当にあった怖い名無し:2005/07/08(金) 00:36:50 ID:5YeaqGVY0
>>334
ロンドンのテロも終わりの始まり。

348 :本当にあった怖い名無し:2005/07/08(金) 00:40:46 ID:7fs6cDZY0
加齢臭ってどんなにおい?

349 :本当にあった怖い名無し:2005/07/08(金) 00:48:37 ID:GyhLNnuoO
>>348
酢と垢の混じった油を混ぜ、蒸らした臭い。

350 :本当にあった怖い名無し:2005/07/08(金) 01:42:26 ID:5YeaqGVY0
>>347
さらに追加「エジプトの次期イラク大使イハブ・シェリフ氏(51)を殺害」


351 :本当にあった怖い名無し:2005/07/08(金) 02:31:41 ID:O8juwRkE0
>>348
消防の頃に嗅いだお父さんの枕の匂い = 不飽和脂肪酸

352 :本当にあった怖い名無し:2005/07/08(金) 06:43:46 ID:7fs6cDZY0
一番加齢臭のする国と言ったら、やっぱりイギリスじゃないかしら。
半分棺おけに足突っ込んでるみたいな。
ミステリースポットも多いし、幽界と薄皮一つで隔てられてるように思う。

353 :本当にあった怖い名無し:2005/07/08(金) 14:56:05 ID:sQ2NE3gP0
アルカイダの声明に十字軍という言葉とともにイタリアが名指しででているし
マラキの予言通り、次の法王でバチカンがイタリアもろとも壊滅的になるのかな
法王庁発表のファティマ第三の予言=法王ヨハネ・パウロ二世の暗殺未
ではない方向に進んでいく気がする・・・・

354 :本当にあった怖い名無し:2005/07/09(土) 04:46:46 ID:PfK0+5Vh0
イタリアとバチカンは別物。
ローマ教会はかなり前からアフガンとイラク攻撃占領に反対してる。
目標になるのはイラクに治安部隊を派遣したイタリア政府関連が濃厚。

355 :本当にあった怖い名無し:2005/07/10(日) 05:19:45 ID:NCNycq0D0
>>353
どんどんじゃなくてロンドンの件は、やり方が素人臭いからアルカイダ本体の
実行ではないだろうという話も出ていた。
>>354
ベルルスコ鬼タンがピーンチなのは確かだと思う。


356 :本当にあった怖い名無し:2005/07/10(日) 08:02:40 ID:TFQsv3ob0
ロンドンの件は、アルカイダっていうわりには、時限爆弾とか使用してて、
ちょっと怪しいよね。
アルカイダじゃなければ一番怪しいのは、さてどこでしょうか。

357 :本当にあった怖い名無し:2005/07/10(日) 13:11:40 ID:fo1VVPBp0
>>356
イルミナティー

358 :本当にあった怖い名無し:2005/07/10(日) 14:11:28 ID:FTnONVAR0
CIA

359 :本当にあった怖い名無し:2005/07/10(日) 18:59:48 ID:WAbp775S0
バチカン特務部特殊工作僧が動いたみたいだ。
確認はとれてないのだが,,,,,


360 :本当にあった怖い名無し:2005/07/10(日) 19:12:20 ID:F8r0kDca0
暗黒の三日間突入前日の夢を見てしまった。急に猛烈な吹雪。

361 :本当にあった怖い名無し:2005/07/10(日) 22:44:18 ID:RmGKxjoc0
イランの新聞にはアルカイダは米とイスラエルの子供って批判してた

362 :本当にあった怖い名無し:2005/07/11(月) 18:10:18 ID:r9q8AGij0
黙示録の獣が実はキリスト教だったとか・・・。
そのキリスト教を下生した弥勒菩薩がコテンパンにたたきつぶすとか・・。
救世主はイエスでなくて仏教徒のアジア人だったとか・・。
自分たちが信じてたものを完全否定されたから卒倒したんじゃないの?
心のよりどころを失うようなショッキングなもののはず。
法王の暗殺なんかじゃないね。そんなもの隠すわけねえ。

スレ違いかもしれないけど、日本の江戸時代の予言の「をのこ草子」に
ガングロの予言らしきものがあってオモロかった。
一応予言つながりということで。


363 :本当にあった怖い名無し:2005/07/13(水) 08:08:03 ID:oPHNiMUO0
>日本の江戸時代の予言の「をのこ草子」に
>ガングロの予言らしきものがあってオモロかった。

どんな予言よ?

364 :本当にあった怖い名無し:2005/07/13(水) 10:06:43 ID:hOzevYg40
>>363

ttp://oriharu.net/jyogen22.htm

365 :本当にあった怖い名無し:2005/07/13(水) 22:33:44 ID:DNZ+iSnw0
>363

>364

ヒトラーの予言でニート?おたく?の予言もあったな。

366 :本当にあった怖い名無し:2005/07/15(金) 03:52:31 ID:zq3yR79M0
>>362
コテハンに見えた

367 :本当にあった怖い名無し:2005/07/15(金) 19:44:18 ID:G3blDNDQ0
ここはアンチキリストの人が多いの?

私はキリスト教は批判するけど、イエス・キリストは批判しない。
イエスが伝えようとしたものを、弟子たちが自分たちの都合のいいように
解釈したのがキリスト教で、この邪教が世界を征服するに到った原因
だと思う。
隷属階級から生まれた宗教ってのは疫病のように世界を蝕むものだし
その点仏教は、王族、知的階級層から生まれ、善悪を超えた問いかけを行う
ことのできる唯一哲学的な宗教の一つであると思います。

「…いまわたしは君たちに命令する、わたしを捨て、君たち自身を見いだすことを。
そして君たちのすべてがわたしを否定することができたとき、
わたしは君たちのもとに帰ってこよう」




368 :本当にあった怖い名無し:2005/07/15(金) 20:20:41 ID:U474TjbM0
キリストの言葉って結構深読みできるんだよな。
おれも偶像崇拝なんたらって読んだとき、それこそキリストが貼り付けになった
オブジェを拝むことだと思ったもんだし、やっぱ今でもそうだと思うし。

369 :本当にあった怖い名無し:2005/07/15(金) 20:44:31 ID:U474TjbM0
1ヶ月くらい前の「ごきげんよう」で宮川大助が目撃したUFOの話知ってる人いるかな?
UFOスレで話そうかと思ったが、ファティマスレ思い出して、今更カキコなw

なんか、大晦日だったか、山奥で変な動きする光体を発見したんだが
頭上にやってきて、動揺して「今年も一年ありがとう」と拝んだら、
くるくる回転したそうな。
クルクル回転っつーので、ファティマの太陽を思い出した次第。

大助自身が「その先は誰に言っても信じないから・・」と前置きしての続き。
大助がさらに動揺して「来年もよろしく」っていったら、「空の星が全部
三角形に配置された」のだとか。

もしも、の話だが。。
ファティマの太陽が、この系統のUFOだったとして、クルクル回って合図するのは
仕様なのだろうか??
それともうひとつ。
空の星を三角形に配置する、というのはどういうことか??
俺らの現実とは一体なんだろうか??
内なる神の外側に、絶対神とは異なる、外なる神・・・観察者、創造者、といった
意味の、宇宙人が存在するというのか??


370 :本当にあった怖い名無し:2005/07/15(金) 23:28:03 ID:VTZkuDJL0

      *†*♀*†【 女子修道院と女性同性愛者への裁判 】†*♀*†*

女子修道院は 女性の処女性を保つために作られたと考えられる。しかし、それは女性が
不浄の存在であるという考えから 発生したもので、 清らかさをできるだけ保とうと考えた
結果でもあったようである。女性が不浄であると考えた故に、女性はミサを取り仕切ること
を許されず、女子道院に男性司祭が居住したり、男子修道院との併設が一般的だった。

また、『 女性 』という性からの脱却、 あるいは『 霊的 』 に男性に近づこうとして男装する
修道女もいたという。 しかし、異性の服装をすることは『 聖書 』において 禁じられている。
霊性に対する一種の方法であったとはいえ、ジャンヌ・ダルクの例を出すまでもなく、異端
視されたことは想像に難くない。 さらに、服装は端的に性役割を示すものであるから、異
性の服装を着ることは自然の性に反する、ということでもあったであろう。

女子修道院では、施錠できない個室があり、一晩中ランプを点していなければならなかった。
これは修道女たちの行動を、あるいは性的行動を監視できるようにするための処置であった。
このような状況下で、ある裁判があった。最高位が聖母修道会女子大修院長であったベネデ
ッタ・カルリーニ(1590〜1661)に対する同性愛疑惑の裁判である。当時のこのような裁判
記録が残っていることは非常に稀だという。それ故、この裁判の顛末を通じて知られる当時の
女性同性愛への考え方は非常に重要なものである。 この裁判記録を調べたJ.C.ブラウン
『 ルネサンス修道女物語 』を元に以下、この裁判について簡単に見てみることにする。

371 :本当にあった怖い名無し:2005/07/15(金) 23:29:35 ID:VTZkuDJL0

ベネデッタは1613年頃から 幻視体験をするようになり 信者を多く集めていた そして1617年
に自室で男性に 襲われる幻視体験をする。 これをきっかけに 修道女を一人同室させることと
なるが、これが事件の発端となる。ベネデッタの幻視能力は 民衆の関心を引くこととなり、修道
会もそれを利用して、活動を行った。

しかし、他の場所で、幻視体験をしたという女性が詐欺師であった、という事件があり、またベネデ
ッタの影響力の大きさを恐れた教会は、1619年、彼女を審問した。だが、社会的影響かそれとも
苦しい教会の財政事情からか、ベネデッタは幻視者として認められた。 そして、翌1620年には
大修院長の座に就いた。

だが、1621年に起こった臨死体験の後から、彼女をとりまく状況は悪くなっていく。あまりに神秘
的な能力や 体験をする彼女に対して、 逆に悪魔がとりついているのでは、 という見解が生じた。
また、小さな山村の出であるベネデッタに対する差別、厳しい規律に不満を持っていた修道女たち
の反感なども徐々に強くなっていた。さらには、世間への影響力を増していた彼女への恐れも確実
にあった。 大修院長の任期が切れる1623年、二回目の審問が開かれた。 審問は彼女の幻視能
力や その他の神秘的な能力が まがいものであるということに対するものであった。 修道女たちか
らベネデッタが数々の奇跡を捏造したという証言が次々になされていく。

それまで、彼女の影響力( 宗教的・社会的・経済的 )を恐れていた教会側が攻勢に出たのは彼女
への恐怖があったかもしれない。 信者が減ろうとも、 山村出の女性に教会を牛耳られたくないとい
う思いがあったかもしれない。 ベネデッタへの審問が続くなかで、衝撃的な告白が彼女と同室であ
った修道女によってなされた。


372 :本当にあった怖い名無し:2005/07/15(金) 23:31:06 ID:VTZkuDJL0

それは、ベネデッタが彼女に対して同性愛行為に及んだというものであった。前例(判例)がほとんど
ないこの事態に審問に当たっていた者は相当に動揺したであろう。男性との性的関係で罰せられる
修道女や同性愛行為で罰せられる修道士はいたが、 同性愛行為に及んだ修道女の告発は前代未
聞に等しかった。 告発した修道女は、 ベネデッタが自らを『 天使 』だと言ったと証言する。あるいは、
イエスがベネデッタを通して現れたとも証言した。

審問の焦点は奇跡の捏造と、ベネデッタが自らを天使やイエスになぞらえたことに対するものとなり、
同性愛行為に関しては、 修道女の貞潔誓願違犯・男女の性役割違犯ということによって処理される
こととなる。 というもの、ベネデッタ自身が自らの同性愛行為を説明できず、また審問官がこのことを
公にして、 世間の女性に 同性愛に対する興味を抱かさせない、さらには審問そのものができないと
いう理由からであった。審問官たちはベネデッタと司祭との些細な関係について罰などに対して判決
を下した。
    
しかし、1626年から彼女が死ぬまでの1661年までにわたる投獄という非常に重い罰則を与えた。
通常、女性が同性愛行為で裁かれる場合、追放刑やガレー船送り、あるいは160日の贖罪という
刑を与えることが規定されていた。あるいは、ソドミーということで火あぶりの刑に処せられることと
なっていた。何故、ベネデッタが35年にもわたる投獄を受けることになったのかという理由は、判決
文がないために不明である。


373 :本当にあった怖い名無し:2005/07/15(金) 23:32:40 ID:VTZkuDJL0


ベネデッタが本当に同性愛行為に及んだかどうかは、わからないが、同性愛行為を偽造し、それに
よって告発する理由が見当たらないので、 誇張はあったかもしれないが、事実であったであろう。
つまり、『 天使 』や『 イエス 』を騙るのに、同性愛行為を持ち出す必要はないのである。当時女性
同性愛の存在そのものが 噂や小説の中での話であって、現実に起こりえることとは あまり思われ
ていなかったのではないだろうか。聖書のなかで同性愛の禁止が規定されているので罰則などは
あったが、男性同性愛に対するものであったかもしれない。娼婦でもない限り、女性が性的行為に
能動的であるのは非常に問題視された。また、世界の、社会の中心であり、基盤であると当時考え
られていた男性抜きにしての性的行為は、逸脱以外の何物でもなかった。女性同性愛に対しては、
このように考えられていたであろう。それ故に、このような女性は 『 悪魔 』と見なされ( ベネデッタ
も悪魔にとりつかれていると考えられた )、 異端審問や魔女狩りの餌食となっていったのである。
ttp://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/1460/colum/e-middle.html


374 :本当にあった怖い名無し:2005/07/16(土) 01:16:42 ID:bOXBB88z0
神を否定できないようなヘタレどもが
この世を腐らせるんだよ
だって信者って自称してる香具師らってどいつもこいつも目が死んでるもん

375 :本当にあった怖い名無し:2005/07/16(土) 01:47:07 ID:RPhZeR9L0
375get

376 :本当にあった怖い名無し:2005/07/16(土) 02:43:54 ID:xep6nFGS0
>>374
俺の目には人を中傷やらして否定する香具師と大して変わらん目に見える

377 :本当にあった怖い名無し:2005/07/16(土) 03:34:22 ID:/gBKNcdF0
キリストや仏陀が生まれるより遥か昔、

何十万年も前からおれたちゃこの地球にいる。

マンモスを追っかけてた頃と、今も大して変わっていないって。

父さんと母さんに守られ、育てられ、

大人になって、家族を守り、

そして、未来を子に託す。

どんな偉そうな神様がごたくならべたって、

俺たちの使命は『生きる』ことなんだよ。

目を覚ませよ。

会ったこともない神様の言葉を信じるより、

自分を信じろ。

一生懸命に生きろ。 生きる喜びを感じろ。

答えは自分の中にある。







378 :本当にあった怖い名無し:2005/07/16(土) 04:57:01 ID:KmLUofQbO
↑それが自分の中に神様がいると言うことと、俺は解釈したけど違うのかな?

379 :本当にあった怖い名無し:2005/07/16(土) 05:33:17 ID:Hb0BQfIt0
>>374
目が爛々と輝いてる信者は更に危ない。


380 :本当にあった怖い名無し:2005/07/16(土) 12:16:20 ID:7HdeoKgL0
>>377
過去を見た訳でも無い現代における仮説でしかない。
それはそれで宗教。
言われた事を疑う事無く受け入れる姿が宗教の宗教たる所以。
自分が教えられた事ももっと疑いましょう。
宗教とやらに疑いを持つのも結構だが。

381 :本当にあった怖い名無し:2005/07/16(土) 15:04:04 ID:xep6nFGS0
人から話を聞くのもいいけど、
最後は自分で判断できるようになりましょうねって事?

382 :本当にあった怖い名無し:2005/07/16(土) 16:55:11 ID:Lv3d6k9/0
社会通念や常識も含めて。
勿論、それらをただ踏み倒すのはアフォのやる事ですが。
ただ、ビッグバン理論も崩壊したし、あてになると思っていたものが、
あっさりと崩れ去るのも意外と早いものです。
(現在の)「科学はとにかく正しい」と主張するのは、
原理福音主義者と大して違わない姿勢です。
依拠するものが違うだけ。

383 :本当にあった怖い名無し:2005/07/16(土) 17:57:54 ID:wvOsO85M0
>>380-381
問題は判断のするための基準を何処に置くかってことでしょ。

384 :本当にあった怖い名無し:2005/07/17(日) 13:12:46 ID:wIFNqNIH0
日高レポートの要約
・中国は軍事力を増大させ、日本を含むアジア全域の制圧を狙っている。
・2015年までに中国はあらゆる兵器を使い台湾を制圧すると見られている。
・日米安保を中国は脅威に感じているので、中国は日本と米国の
 間を裂き、日本を中国の属国化するだろう。
・日本での左翼の反米運動はバックボーンに中国がいることが多いので警戒すべきだ。
・中国はアメリカとの対立は望んでいない。中国はアジア全域の覇権、
 アメリカは西太平洋岸の覇権として世界をブロック化するだろう。
・日本はアメリカに見捨てられるかも・・・そうしたら日本滅亡ケテーイ
・とにかくこれからの日本大ピンチ。反米闘争なんてしている場合じゃない。
・このままでいくと日本は中国に滅ぼされて滅亡。
・ついこの間の中国の大規模軍事演習は沖縄を核攻撃するシナリオだった。
 日本は中国に軍事的に制圧すべきアジアの仮想敵国の一つと見られている。

コワイヨー 予言だと、日本って一時、中国に占領されるんでしょ?
あの残虐非道で獣みたいな?こわすぎる…
http://www.cnn.com/WORLD/9609/23/rare.photos/index.html
1937年当時、上海に住むスイス人写真家によって撮影された、日本兵の捕虜
に対する18枚の写真には中国兵の日本人捕虜に対する残虐性が記録されていた。
http://www.cnn.com/WORLD/9609/23/rare.photos/china.photos.mov
(113 sec./937K QuickTime movie - Warning: contains violent images.)
「彼らは楽しんでいた」 「彼らは、首が切り下ろされるのを待ち、その首で
フットボールをプレーし始めた…、本当に酷いことだ」
「中国兵は、木の台の枠に首をはめ込み、吊るし、餓死するまで放置する
など、日本の捕虜に対して様々な虐待を加えていた」

385 :本当にあった怖い名無し:2005/07/17(日) 14:04:24 ID:TSl0cee00
>>377が、いいこといった!!

386 :本当にあった怖い名無し:2005/07/19(火) 07:23:16 ID:x3oY+pYT0
俺が神を内に感じた瞬間はいつだっけかな

まずふと自分の感覚のことを考えたのが始まりだったなあ
たとえば壁の向こう側のことを思う
自分が知っているから予測できるとか、知らないから予測できないとか
そういうレベルは置いといて、今という瞬間に壁の向こう側のなにかの
存在を100%肯定できない自分がいるわけだ
そんなことは当たり前なんだが、この世界を知覚しているのが自分の
感覚である以上、それが全てであることもまた事実だったわけだ
時間とはなにかということも、同じような感じだったなあ。。
今を生きる、とはいうものの、では今とはなんだ今とは・・?
過ぎ去った時間でも、0.0001秒先のことでもない、今というものは
一体何だっつうわけだ。
こう考えたら、普通は数学に走るらしいのだが、生憎頭が悪かったから
そんなことは思いつかなかった。
そんな感じで全てを「肯定することができない」自分が出来ていくわけだが
では「私」は一体何でできているのか、という究極の結論はというと
「私」が「全て」であり、「私」とはまた「無」であるわけだ
「われ思うゆえにわれあり」の1cm向こう側には、脳みそが溶けた0.0001秒で
すでにわれはない世界が横たわっている。
世界を拒絶した瞬間にあるのは、実は全へのベクトルであり
世界を受け入れた瞬間からは、実は無へのベクトルがあるのである
でも多分そんな単純に人間は思考しないだろうから、その両者が
いろんな局面で混在しているのが通常なのだろう。

とはいえ、そんな我を知るのは、他ならぬ私自身である以上、私とは全であり無である
っていうことかな。それは誰にでも言えることであるから、人の中に
神はいるっていうことだろうか

387 :本当にあった怖い名無し:2005/07/19(火) 07:32:56 ID:979dRYwiO
>>377
あぁ、アカが好きだよな
その手の自分に酔っ払っっちゃったかのような寝言
それからブッダもキリストも神そのものではない

388 :本当にあった怖い名無し:2005/07/19(火) 11:10:46 ID:/mows9X60
俺は、一応、カトリックだけど、
以前は、ファチマなんて気にもしてなかったが、
ところが、今では、その重要さに大きな恐れすら抱いている。

バチカンは、ファチマの聖母を通じて与えられた
神のの命令を実行しなかったので、それなりの報いを受けるでしょう。
ローマ教皇は、キリストが預言したように、後悔する時が確実に、
来るでしょう。
この命令を無視して、押しつぶしてしまったのは、なにを隠そう、
今の教皇、ベネディクト16世ご自身ですから。
彼が枢機卿時代(教理省長官時代)、上からの命令で、
ファチマでの命令を無視する事に決定。そして今に至る訳だが、
これゆえにカトリックは荒廃し、多くの信者が信仰を捨てるでしょう。
さらに多くの人が死に、聖母が預言されたように、ある民族が消える事になります。(注1)
(前教皇ヨハネ・パウロ2世は、一瞬のうちに数百万規模で人が死に、
 火の海と化した大洋が大陸を襲うと発言)

多くの死者と教会及び世界の荒廃を目にされた新しい教皇は、大きく後悔し、
その命令を実行します。(その前に教皇自身も処刑され殺されるでしょう)

すると速やかに、カトリック教会は新にされ、聖母が約束された一時的な平和と
世界的なカトリックへの回心、特に約束されているロシアが回心するでしょう。
恐らく新教皇は、第二バチカン公会議を無効と宣言するでしょうね。

(注1:世の終わりではありません)

389 :本当にあった怖い名無し:2005/07/19(火) 11:13:35 ID:/mows9X60
>>388
×神のの命令を実行しなかったので、

○神の命令を実行しなかったので、

390 :本当にあった怖い名無し:2005/07/19(火) 12:15:07 ID:1Aja6MWU0
>>388
で、神の命令って具体的にはどんなの?

391 :本当にあった怖い名無し:2005/07/19(火) 13:06:26 ID:4Pp8Bmdc0
>>390
命令とは、ローマ教皇と世界の全司教に対しては、教皇と全ての司教が同じ時刻に、
聖母の汚れなき御心にロシアを奉献する事。
しかしこれは、外交面などの点から、またバチカン内の反聖母や反カトリックの
高位聖職者の反対もあり、歴代の教皇が実行出来ず。
たかがこれだけ?と、ほとんどの人が思うでしょうが、これを行わないために、
まもなく教皇は、後悔する事になるでしょう。
(第3の秘密も、一部未公開と言われています)

キリストは、ルチアに言いました。これを実行しないのならフランス王のように、
後悔すると・・・。
(※ルチアは、先日亡くなった、ファティマの聖母にあ会った3人のうちの1人))

昔、キリストはルイ14世に対し自分の聖心に王自身を奉献する事を要求しました。
これを実行したのなら、王へのたくさんの祝福と恩寵、そして敵に対する勝利、
絶え間ないご保護と繁栄を約束してましたが、それを実行しませんでした。
その為、後のルイ16世は逮捕され、その時、聖心への奉献を思い出したものの
時すでに遅し、妻のマリーアントワネットと共に処刑され、カトリック教会も
迫害され、多くの司教、神父、信者が死にました。



392 :本当にあった怖い名無し:2005/07/19(火) 13:07:02 ID:4Pp8Bmdc0
>>391 続き

でも今回は、世界的に悲惨な状態になるものの未来の教皇は、これを
(おそらく単独で)実行します。キリスト自身、最終的には、
聖母へのロシアの奉献が行われ、これを神は受け入れると預言しています。

信者に対しては、ロザリオの祈りと初土曜日の信心業を要求しています。
あと肉欲の罪を避けるようにと。
この罪によって多くの霊魂が地獄に堕ちていると聖母は何度も警告してました。

滅びる民族とは、意外と日本かもしれませんね。ほとんどが未信者だし、
特にこの国は性的に堕落してますからね。
あるいはヨーロッパのどこか(例えばオランダとか)かもしれません。
ローマの街も荒廃し、悲惨な廃墟と死体の山で川も道路も埋め尽くされるでしょう。
教皇は、この死体の山をまたいでバチカンから逃げなくてはならなくなります。
でもこの教皇は、その後、捕まり処刑されます。
聖人なんかも、教皇は悲惨な死に方をすると言っています。

でも、ファチマの預言は、絶望の預言ではありません。
特に改革によって変化してしまったカトリック教会に対し、嘆いている
人々にとっては、希望の預言でしょう。
神によって、教会の最終的な勝利を約束されてますしね。
 

393 :本当にあった怖い名無し:2005/07/19(火) 13:45:03 ID:4Pp8Bmdc0
100年ほど前のローマ教皇の預言

ローマ教皇 聖ピオ10世 (祝日8月21日 教皇在位1903 −1914)

1909年、フランシスコ会総会の折の謁見の場で、教皇ピオ10世は脱魂状態になったように見えた。
居合わせた人たちは身動きもせず、沈黙を守っていた。しばらくすると、教皇ピオ10世は目を開き、
椅子から立ち上がって大きな声で言われた。

私が見たことは恐ろしい事だった! あれは私の事だろうか? 
それとも、私の後継者の一人の事なのだろうか? 間違いなく起こるのは、教皇がローマから退去し、
バチカンを去る時には、自分の司祭達の遺骸をまたいで行くほかないと言う事だ。

教皇は、息を引き取るしばらく前、もう一度幻を見た。
わたしの後継者の一人がその兄弟たちの屍を乗り越えて逃げるのを見ました。彼は変装してどこかに
身を隠し、ほんの短かな隠遁生活の果てに、悲惨な死を遂げるでしょう。世界が目の当たりにする
現代のこの邪悪は、世の終末を迎える前に起らなければならない悲しみの始まりに過ぎないのです。


394 :本当にあった怖い名無し:2005/07/19(火) 13:50:09 ID:4Pp8Bmdc0
ファチマのメッセージの力は1945年8月6日の広島での原子爆弾の爆発の間に
全世界のために理解された。

1人のドイツ人イエズス会士と彼の7人の同僚は核爆発の中心地からわずか8ブロックの
ところに住んでいました。
にもかかわらず、彼らの周り全部で建物の崩壊、死と痛みの金切り声を挙げている間に、
全員無傷で脱出しました。
今日まで、その建物に住んでいた8人全員は、そこから少し離れたところに住んでいた
他の人々が恐るべき放射能の影響から続けざまに死んで行ったのに、生きていて元気である。

数年間にわたっておよそ200人の科学者たちは、何が彼らを原爆の火あるいは放射能の致死的な嵐から
逃れさせたのかを発見しようと努めながらこれら8人の生存者たちを検査した。
合衆国においてテレビで話しながら、ドイツ人イエズス会士、フーベルト・シフナー神父は驚くべき
答を与えた。『その家では毎日ロザリオの祈りが行われていました。その家では、われわれはファチマの
メッセージを生きていました』

395 :本当にあった怖い名無し:2005/07/19(火) 13:51:58 ID:nLv0Sj5z0
ホピの予言とかに感化されそうになったけど
冷静に我に帰って考えてみると
なんか違和感を持った。

拒絶ではなく、たしかにごもっともなことだし、
ただなんていうかソコに人間がいない、というか人間性が
剥奪されてしまわないのだろうか?

虫、や自然と一体化、シンクロしろと
それじゃあなんだか本末転倒なような気がする…

近頃、坂本龍一さんを広告塔にしてミスチルの桜井さん小林タケシさん
を中心にホピ的な思想を広めようと活動してるみたいだけど
あれらにも同様の違和感を感じた。
いきなりスローライフとか言っても、結局、生活に余裕のあるセレブみたい
な人たちにしか訴えてないわけで、新手のビジネス商法かとも思ってしまう。

どうも自然破壊だのなんだのと、自然が被害者であるイメージが
強くなりすぎて、人間より自然をとにかく優先しろという脅迫観念が
働いているように見えます。

私は、まず人間が人間性を回復してからじゃないと、
自然だのなんだのと対峙しても意味がないと思う。
自然にのみこまれ地球にのみこまれちゃったら、はじめから
人類の誕生した価値ないことに。。。原因があって結果がある。
我々が今ここにいる意味が否定されてしまうことになる。
自然は大切だけど、その前に見るべきものがあるでしょ?と言いたい。

ホピのマークの○を朱色で●塗りつぶしたくなったよ。

396 :本当にあった怖い名無し:2005/07/19(火) 22:12:14 ID:cuQt1bKU0
人間も自然の一部だよ。
自然をないがしろにすると人間もないがしろにされる。
人間をないがしろにすれば、自然もないがしろにされているだろう。

397 :本当にあった怖い名無し:2005/07/19(火) 22:23:11 ID:chZvGxMi0
ID:4Pp8Bmdc0の言ってることが
ファティマの預言だというなら
恐れる必要はなさそうだ。

もし神がID:4Pp8Bmdc0が書いたような独善的な奴なら
それは俺達にとっての敵だから。

我が御心に従え、さもなくば滅ぼす

う〜んいいねぇ、3流の漫画、ゲームのボスキャラみたいだな。


398 :本当にあった怖い名無し:2005/07/19(火) 22:26:39 ID:W4FE5Cmn0
>>397
神って言うより魔王だよな。


399 :本当にあった怖い名無し:2005/07/19(火) 22:29:36 ID:OEIV0hsK0
>>397
>それは俺達にとっての敵だから。

と言う事は、神の敵という事になるから君は悪魔って事?

400 :本当にあった怖い名無し:2005/07/19(火) 22:36:59 ID:W4rSIzkU0
僕も悪魔!

401 :本当にあった怖い名無し:2005/07/19(火) 22:44:57 ID:OEIV0hsK0
ファティマってね、かなり深いよ。そう単純なものでもない。

402 :YHWHの手先:2005/07/19(火) 23:34:33 ID:kJRFaOlE0
ファティマの予言も、ホピの予言も、マラキの予言も、黙示録も全て当たる。
決まってる出来事を書いただけだから不可避。諦めろ。

403 :YHWHの手先:2005/07/19(火) 23:36:36 ID:kJRFaOlE0
おっと忘れておった、ノストラダムスの予言もな。
キリスト教は失敗作。ごめんにょ。

404 :本当にあった怖い名無し:2005/07/19(火) 23:44:22 ID:W4rSIzkU0
どんな感じで俺達にわかる時がくるの?

405 :本当にあった怖い名無し:2005/07/20(水) 01:02:43 ID:4fxSKEWe0
>>388
仏教徒ですが、信じます、あなたの言ってること。
ロザリオの祈りは、異教徒の私の気持ちも清めてくれる。
不思議ですね。
カトリックには仏教にない優れたところがある。仏教に
もキリスト教にない素晴らしいところがある。
真理は本来一つなのでしょうが、限られた人の身で修め
てゆくために私たちは別々の方法を聖人らから習った。
ヨハネ−パウロ2世の言った「他宗教への寛容」はむし
ろ、私たち一人一人が縁あってめぐりあったその信仰を
深めてゆくために必要なことではないでしょうか。
ロザリオ一連に般若心経一回。この日課、必ず続けます。

406 :本当にあった怖い名無し:2005/07/20(水) 01:25:41 ID:jYLpW95o0
>>399
俺は俺。神でも悪魔でもない。
神を自称してるだけの奴には従わない。
俺は俺の人生を俺の責任の下に生きる。
ただそれだけ。

それが悪魔、反キリストだというなら
それでも構わん。



407 :本当にあった怖い名無し:2005/07/20(水) 01:57:04 ID:ZW5JSKcm0
>>404
うーん、もうそこまで来てるんじゃんないの?
カトリック教会の堕落と誤った改革は、まさに頂点までに来てるからね。
聖堂内での汚聖や典礼(ミサなど)の改悪が酷すぎる。
神を裏切った枢機卿、大司教、司教、修道者、信者への罰は特に大きいと思うよ。

いく人かの聖人達の預言やキリストあるいは聖母の預言を
色々読んでみると、神自身からの罰が直接来る前に、
戦争及び自然災害による罰があると書かれてるよ。
特にロシアが人類を打つ鞭となると言うから、
イタリア、及びバチカンに侵入するのは、共産主義勢力(ロシア)だと思われる。

日本は神を信じていないし、今や小学生すら体を売るまで、
堕落しているし、我々大人の性も乱れている。
恐らく日本は、地震という自然災害によって罰せられるんじゃないのかな?
アメリカなど他の国は、戦争や自然災害によって苦しめられると思う。

関東、小田原、東海、東南海で大地震が連続して起きれば、多くの人が
亡くなるだろうし、生き残る人はかなり苦しみと思う。
また世界的に、株、債券、為替は暴落し、日本発の世界恐慌となり、
戦争が始まる切っ掛けとなるのかもしれない。

408 :本当にあった怖い名無し:2005/07/20(水) 04:21:08 ID:0RriHzBj0
そこ、そこまできてる、そこまできてるんだってば、

と、いいつつ2000ねん、、、

409 :本当にあった怖い名無し:2005/07/20(水) 10:17:05 ID:Yo+wi7Ge0
日本人は確かに「神」を日々意識して過ごしてるわけじゃないし
普段は神の事は考えもしないよ
うちは神棚も仏壇もあるから朝、晩は神を意識するけどね

普段、神を意識してない日本人だけど
道徳的な振る舞いが自然にできてると思う 一部の乱れた人たちを除けばね
日本は性的にも道徳的にも乱れてるとかよく言うけどさ
「大勢」の一般人は善良でごく普通に生活してると思う

自分から見れば西洋のキリスト教の国の方がね
歴史的にも、日本人よりもキリスト教的な生き方をしてないんじゃ?
と思える時もある

410 :本当にあった怖い名無し:2005/07/20(水) 12:29:21 ID:2Vx0jNF/0
>>408
今年の2月、使命を終えたシスタールチアも亡くなったし、
ファティマの大聖堂の隣には、全ての神々を礼拝出る冒涜的な
神殿の建築が開始されました。
冗談抜きに、もう天罰はすぐそこまで来てるでしょう。

>>409
道徳面だけ考えても、日本は、世界で1に2を争うほど、
堕落していると思うよ。


411 :本当にあった怖い名無し:2005/07/20(水) 15:19:52 ID:3VE3BoIi0
いや日本人っていうのは考え方も多重構造だから、
一概に上辺だけを見て決めつけるのは真実を見誤る。
本音と建前というのとはちょっと違う、
これはむしろ欧米人の方が露骨に使い分けてる。
日本人は、外国からの影響をモロに受け入れてしまう国民性が
あって良いものも悪いものも
まるでブラックホールのようになんの抵抗もなく摂取してしまう。

摂取したものがその日本の国民の生活に露骨に反映される。歌舞伎町なんて
世界中の邪悪なものがすべて集まったような街だよ。日本は世界を写す鏡。

ひたすら仏のように
世界の国々に合わせ、許し、国際化などと
ただ周囲に振り回され、事なかれ主義で白痴のような国が、
ひとたび愚かな国がそれを刺激しすぎると
突然スイッチが入り、土石流のように抑圧したものが一気に吹き流れ出して
くる火山のような恐ろしい国。

外国の人間が度を超えて日本を刺激しすぎた時に世界は地獄を見る。
WW2の時はアメリカイギリスが、そして今、中国が、、、、、、、

412 :本当にあった怖い名無し:2005/07/20(水) 16:22:29 ID:YtIKxyen0


 神の国の原則
   ツケは
   支払われるまで
   請求される




ボストン大司教区、99億円で性的虐待に和解
http://www.badi.jp/kiji/2003/09/nw0309102.html

413 :本当にあった怖い名無し:2005/07/20(水) 16:28:24 ID:SW/yrsuQO
日本が堕落してるとは思えない

414 :本当にあった怖い名無し:2005/07/20(水) 16:34:08 ID:P/Ya+N8a0
>>413
ありえないほど堕落している。
日本は小中学生の性病の多さが異常。アメリカのがマシというデータが出てる。

415 :本当にあった怖い名無し:2005/07/20(水) 17:44:46 ID:2H7r83mb0
小学生は言いすぎだろ

416 :本当にあった怖い名無し:2005/07/20(水) 17:55:39 ID:9u3jI+Sf0
日本の今の教育は腐ってるからね(親も教員も)
どうしようもないでしょ

417 :本当にあった怖い名無し:2005/07/20(水) 18:03:12 ID:tojMml3g0
>>414
ソース頂戴。
援助交際だなんだってやっているけれど
本当にそんなことやってる子は極一部。
一般の子は(生意気だけど)普通の子だよ。

性風俗云々よりも、心の敏感な子が増えて来ている気はするけどね。


418 :本当にあった怖い名無し:2005/07/20(水) 18:29:26 ID:iYmmQcFx0
だぁーかぁーらぁー、神を信じてない堕落した国が滅ぶんなら
ローマ法王がガッツポーズこそすれなんで失神すんだって話ですよ?

419 :本当にあった怖い名無し:2005/07/20(水) 18:40:53 ID:cDRzVbh00
神が偽物だから

勝手に形にしすぎていて偶像崇拝化しているのと
教会の都合で捻じ曲げているのとで
本来の神とは別の物を信仰していると推測できる

420 :本当にあった怖い名無し:2005/07/20(水) 18:51:20 ID:P/Ya+N8a0
>>418
キリスト教がサタンで、本当の神が裁きにやってくることを知ってしまったから。

421 :本当にあった怖い名無し:2005/07/20(水) 18:51:47 ID:9u3jI+Sf0
悪、悪魔、もしくはそれらの概念は、神、聖なる、清いものを騙る

422 :本当にあった怖い名無し:2005/07/20(水) 18:59:07 ID:P/Ya+N8a0
>>417
いちいち記事を保存してないので検索してくれ。俺はニュースで見てショックを受けた。
一部というのは当たり前だ。重要なのは、昔では考えられないほど増加しているってこと。

423 :本当にあった怖い名無し:2005/07/20(水) 19:00:49 ID:P/Ya+N8a0
>>417
一個見つけた。
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1106656367/
【社会】"10代少女の性病や中絶増加で・・" 東京都も、淫行処罰規定…4月施行目標★2


424 :本当にあった怖い名無し:2005/07/20(水) 19:03:32 ID:ewaNOeda0
>>406
自己責任で生きることが悪魔とか反キリストだなんて誰が言ったの?

425 :本当にあった怖い名無し:2005/07/20(水) 22:10:53 ID:rltOajrs0
>>424
いや、誰も言ってないよ。
ただ自称神様がそう言ってるからといって
盲目的に従うつもりはないってこと。

>命令とは、ローマ教皇と世界の全司教に対しては、教皇と全ての司教が同じ時刻に、
  聖母の汚れなき御心にロシアを奉献する事。

ロシアの未来、宗教はロシアの人達が自ら選び取るべき。
俺は命令に従わなかったカトリック教会の判断を支持する。



426 :本当にあった怖い名無し:2005/07/20(水) 22:11:12 ID:3VE3BoIi0
神と悪魔っていう考え方って
日本人はあまりしないよね
光と影、陰と陽、どっちも必要。
明るすぎても暗すぎても前が見えないよ。
永遠に目を閉じれば死の世界。


427 :本当にあった怖い名無し:2005/07/20(水) 23:12:46 ID:UnDrwmm60
>>425
>俺は命令に従わなかったカトリック教会の判断を支持する。

実は、これを実行しないのは理由がある。
これを実行すると神と聖母が勝利してしまう。
しかし、ルチフェルを崇拝している高位聖職者達にとっては許せぬ事。
だからそれを実行しない。(教皇にも実行させない)
彼らは、カトリック教会を破壊する事が目的。
それは残念ながら、ほぼ実現している。あとは時間の問題。

彼らは最終的には、世界統一宗教を目指すだろう。
それの実現のためには、カトリック教徒を全て殺害せねばならない。
また偽司祭を送り込み(既に実行済み)、カトリック教会を内部から破壊している。
彼らは、通称AAと呼ばれている。
ロシアから送られ、第二バチカン公会議で教義の破壊に成功したニコデモ司教は、
死の直前回心して死んだ。
カトリック教会は、恐らく過去最大の霊的危機の中にある。

しかしながら世界が荒廃し、大きな哀しみと苦しみの中で、
最後の最後、ローマ教皇はロシアの奉献を実行し、ロシアは特別な方法で
回心するだろう。(奉献自体は、5分もかからない)

アウシュビッツで殉教したポーランドの聖コルベもロシアの回心と
クレムリンの一番上に、無原罪の聖母像が建つのを預言している。
彼は長崎にいた時に聖母の出現を受け、まもなく天国に入る事を
予告された。その時も未来について聖母から色々聞いたのかもしれない。

彼が建てた修道院も不思議と長崎の原爆から救われた。
建てた当時は、なぜあんな所に建てる?、と非難されたが、
彼はただ、これで言いのです。と、微笑むだけだった。
恐らく原爆が落ちる事も知っていたのだろう。


428 :本当にあった怖い名無し:2005/07/20(水) 23:56:54 ID:SbvSyWc10
性的なことって、悪いのか?
文明国の社会の決まりに反しているだけで、動物の基本じゃないか。
たぶん、地獄へ落ちる理由にはならんぞ。
それより、地球環境の破壊、核戦争、など、地球や人類全体をダメに
してしまうことこそ悪じゃないのか?
インディアンの消滅は神は防がなかった。第2次大戦も防がなかった。
どこまで行けば神は介入するのか。もっと悪いことって起こるの?
もう、上の究極の2つしかない?



429 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 00:03:17 ID:XS3fer7Y0
奉献って、なんか曖昧模糊として良くわからんのだが、どんなものなの?

430 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 00:57:27 ID:2VObZ3NN0
性病の多さを指摘して堕落してるとするなら、性病が少なければ精進してるとなるか?
この安易な定義が新たな弊害を生み出す事になるかどうかも考慮の内に入ってるのだろうか?
更なる疑問は、性病はその予防を徹底していけば解決する話ではないのかという事。
幼い子にもその性に対する偉大さと大切さをしっかりと教えなければ予防は進まないと思う。

性的な事を禁忌視して抑え付け、見ようとしない事が却って、その事の拡大を助長してるのではないか?
禁欲的な事は欲望から離れ、物事を自由に見れる様にする為の物であって、それを見ない事ではない。
詰まり、それに執着し見えなくなるのではなく、執着せずに見える様になる為にする。
欲望から離れる事と抑える事では全く違う。一方は幻に捕らわれず自由になり、一方は幻が拡大するばかり。
この認識のずれが解決から遠退く事に拍車をかける事にもなってしまう。堕落してるからもう駄目だと否定し、
問題から逃避し、ちゃんと見ない、何もしない理由にしてしまうのも間抜けな話だ。終いに恰かも神仏からの
罰だ何だと、丸で体罰を与える親かのような神のせいにして、こじ付けてしまう無責任さも呆れる。

自分の結論に対する疑問、そして、その疑問に対する疑いを持つ事は新たな結論を導いてくれますよ。
そしてその結論の持つおかしさも更なる疑問も焙り出してくれる。

431 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 01:10:51 ID:mv4tsr5Z0
>>430
>性病の多さを指摘して堕落してるとするなら、性病が少なければ精進してるとなるか?

そんなこと誰も言ってないだろ。馬鹿か。
今の日本の性病の多さは堕落の一つの面であるのは多くのものが認識している。
堕落の要素はいくらでもある。
禁欲とか極端に走れとも言っていない。

神のせい?ふざけんな。人間のせいだろうが。
アトピーがこれだけ増えたのも人間のせいだ。
神はそういうやり方で人間にわからせようとするだけ。

これから人間がやってきた罪が一気に帰ってくるからな。恨むなら自分自身を恨め。
予言は確実に起こる。回避不能だ。
お前だけでも、人間として、地球の一生命として、徹底的に正しい生き方をしろ。

432 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 01:24:17 ID:RsTssHgy0
カルトの勧誘にありがちだよね。
どのレスとはいわないけどさ。


433 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 01:29:58 ID:bVl9nA5X0
鬼塚臭くなってくるのか、このスレは。

434 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 01:39:38 ID:h04EIo0d0
>>428
>性的なことって、悪いのか?

カトリックでは、かなり重大な罪だよ。別にSEXそのものが悪と言う事ではないよ。
ただ夫婦間以外のSEXは大罪という事。
つまりそれは快楽の道具ではなくて、子を産むための行為だから。
だから夫婦間のSEXでも避妊はダメ。(ゴムも外出しも)
当然、いくら愛し合っているカップルでも婚前交渉もダメだし、オナニーもダメ。
AVなんかも見るのもダメ。
神が最も嫌う罪は、肉欲の罪だと言ってるよ。そして最も地獄に堕ちている原因とも。
でも日本人はもちろんだけど、多くのカトリック信者は、この罪を平気で犯してるし、
神の言う事なんて馬鹿馬鹿しくて聞いてられないというのが現状。
あと中絶という殺人も、毎年行われている。
日本だけでも推定100万人の胎児が殺害されている。

>第2次大戦も防がなかった。

でも、これも警告されてた。1917年6月13日に。

当時は、第1次世界大戦中だったけれど、聖母は3人の子供に言った。
「まもなくこの戦争は、終わります。しかし、もし人類が神様に背く事を
止めないのなら、教皇ピオ11世の時代にもっと恐ろしい戦争が起きます。
夜、不思議な光を見たら、それが大きな印となります。
神様は、この世の色々な罪を戦争、飢餓、教皇と教会の迫害で罰する事でしょう」

(※聖母は、ピオ11世と言っているけれど、将来に教皇の名前は、 
  決まっていないし誰も知らない。でも未来の教皇の名前を告げていました)


435 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 01:42:33 ID:h04EIo0d0
>431
まー、まー、落ち着いて。^^

436 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 01:55:42 ID:h04EIo0d0
>>429
奉献って、つまり奉献文(祈り)の中で、「聖母の汚れなき御心に、
ロシアをお捧げします」と祈るだけ。
わずかこれだけの事なんだけど、バチカンは、それを実行しようとしない。

これは、1984年の時の奉献。
http://www.aloha.net/~mikesch/fatima_statue.jpg
しかし教皇(ヨハネ・パウロ2世)は、ロシアではなく「世界」を奉献しただけだったので、
神は、受け入れないと言った。


>>434
ちなみに、太平洋戦争は、聖母の誕生の大祝日に始まり、
8月15日の聖母の被昇天の大祝日に終了した。

 


437 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 02:11:26 ID:bVl9nA5X0
>>434
俺もカトリックだがAV駄目だったのか?w

438 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 02:37:46 ID:Q9WtOZOE0
>>437
ダメだよ。
今じゃ、神父がおかしな事を平気で言う時代だから、
気みたいな人が居てもおかしくないと思うよ。
でも、もう見ない方が良いよ。どうするかは、君の自由だけどね。

439 :429:2005/07/21(木) 03:06:44 ID:eeIK2uDf0
>436
ロシアをお捧げしますって、ロシアはギリシア正教の流れを汲むロシア正教会だから
勝手にカトリックが捧げるとか言ったら、めちゃくちゃ抗議ありそうなんだけど大丈夫なんか?

440 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 03:13:26 ID:2VObZ3NN0
>>431
誰が言ったかは誰も問題にしていない。そして誰がどうかなんてのも、どうでも良い。
あるのは疑問だけ。

堕落とは、生活の規律を乱し品性が卑しくなる事、また宗教的に言えば、ひた向きな心を失い
欲に満ちた生活をする事。

現在の規律や規範を乱していると言えばその通りだろう。その社会の規律や規範を決めて
いるのは社会の大人たちなのだから。若者はまた新たな文化を生み出していく。年配者は
自分たちの創った文化が壊されるのを何とか防ごうと躍起になり、若者たちに自分たちの
規律や規範を従わせ様とする。性的奔放さが社会の慣行や常識に合わないとするなら
それは今の規律を乱す事になり堕落とも言える。だがそれは問題か?人は新たな子孫を
生み、子は新たな文化を生む。この生命の創造こそが生命の循環という物ではないのか?

それに、禁欲が極端かは知らないが、宗教ではその様な事を求めている様に思うが?
貴方は誰が言ったかとか誰が命じたかという事がとても気になるらしい。そしてそれがないと
誰も発言してはいけないと思ってるらしい。

人が制裁や懲らしめを人に向かってするならば罰はあるだろう。だが神が態々そんな事を
すると思うか?遣っては成らない事をこれ見よがしに誘って置いていざ誘いに乗ると罰と言い
苦痛を与えるのだ。もし良い事だけをさせたいなら悪い事などさせない様にするだろう。
丸で遣っては成らないとされる事をさせる為に仕組んだかの様だ。丸で悪魔の様な神だな。

441 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 03:20:07 ID:02t9l0/a0
>>440
お前の疑問こそどうでもいい。えらそうな態度が気に入らん。

442 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 03:25:23 ID:jebTywod0
っていうか文長杉。読んでない。

443 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 03:25:35 ID:9Nz9kctd0
>>440
>貴方は誰が言ったかとか誰が命じたかという事がとても気になるらしい。そしてそれがないと
>誰も発言してはいけないと思ってるらしい。

思ってないよ。お前が馬鹿だといっているだけ。

神は悪魔も天使も作った。どっちの道を選ぶかは人間の選択。
堕ちる所まで堕ちたら、真面目な人間を一部残して自滅による大量虐殺。
もしくは、別の動物に進化の道を譲る。人間は失敗作かもな。

444 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 03:52:27 ID:KU6y7O9v0
なあ、戦争だって人が起こしてきたもんだろ。
神の意思があるかないかは俺にはわからんが
これから先もきっと争いが起こるとしても人がやるんだろ。
なんでそんな中で会った事もない支配者のよく分からん言いつけを
守ったり守らなかったりで何かが変わるんだ?
神がいたら、そいつは多くの人が考える様な全知全能なのか?

445 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 04:14:19 ID:2VObZ3NN0
>>441
どうでも良いなら気にするな。なぜ偉そうな態度が気に入らないんだ?
自分が偉くなりたいのか?自分が偉く無いと感じるから嫌なのか?

>>443
ならばこれはなんだ?
>>431:
>そんなこと誰も言ってないだろ。馬鹿か。
>禁欲とか極端に走れとも言っていない。
「馬鹿」という語句は入っているが…。誰が言ったかどうかが貴方の論点の様だが?

何が堕ちる事で何が真面目な事なのか?そもそも、それを神が決めたのか?
どの道が天使でどの道が悪魔かを。若しそうなら結局は悪魔の様な神が、誘惑に
駆られた者に苦痛を味わわせる為に規律を決めた事になる。そして嬲り殺す為に。
若しそうならば、とんだ神様だ。とんでもなく偏狭な愛を持った神様だ。悪魔の様に。

446 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 04:36:45 ID:Q9WtOZOE0
>>439
うん、そうだね。
でも神も聖母も、ローマ・カトリックへの回心を望んでいる。
つまり使徒継承の教会への回心をね。

でも実際ロシアを捧げたら、抗議をする暇もないうちに回心が実現すると思うよ。
そして一時的だけど、それと同時に世界に平和も来る。
またローマ・カトリック教会と修道会も良い意味で刷新される。

しかしながら教皇様と司教方は、ロシアの奉献を実行しないと思う。
キリスト自身が「手遅れになって後悔する」と言ってるからね。

先に書いたように、実行出来ないのは外向的な問題とこの奉献の実現を阻むたくさんの
高位聖職者がバチカン内にいるから実現は難しい。
なにしろ1917年に要求されてから、2005年の今になっても実行しないからね。
ただ教皇ピオ12世の「世界奉献」で、第2次世界大戦は短くされたし、(これは神の啓示)
あとは、ロシアの奉献の実現を待つだけ。
ただ、その時、僕らがこの世にいるという保証はないけどね。


447 :僻みですとも:2005/07/21(木) 04:37:03 ID:WM6yiaNt0
キリストは民族的なイスラエル人にしか遣わされていなかったはず。
今ある世界宗教とまでなったキリスト教は、大本をたどれば
12使徒以外の弟子が、禁じられていた他民族への布教により
成立したもので…って考えるとファティマの事もどうも胡散臭いんだよね。

日ユ同祖論が正しかったとしたら、日本にもキリストの教えが伝わってた可能性もあるから
日本古来の文化とか、道徳とか、なんだろね、例えば聖徳太子の17条の憲法とかさ
もっと大事にした方が良いんじゃないかな、と思う。
ファティマの事なんか気にするよりはね。

偽のクリスマスなんかデッチ上げて、一緒に過ごすとか言ってHして、
昔の聖人バレンチノさん(だっけ?)にかこつけて、チョコあげて貰ってHして、
もうさ好い加減目を覚ましなさいって。
日の本の名が泣いてますぜ。


448 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 04:54:03 ID:Q9WtOZOE0
>>447
>キリストは民族的なイスラエル人にしか遣わされていなかったはず。

でも、彼らは信じなかった。
なぜなら彼らが求めていたのは、地上の王国の王、地上においての救い主だったから。

>12使徒以外の弟子が、禁じられていた他民族への布教により

これは誤り。
キリスト自身は、「全世界に行ってすべての者に福音を宣べ伝えよ。
信じて洗礼を受ける者は救われる。しかし、信じない者は滅ぼされる」
(マルコ16:15)と、言っています。
異邦人(我々)に救いがもたらされるのは、神の計画でした。
旧約にも預言されています。

449 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 12:39:41 ID:Ai/rHZhz0
>>446
>でも神も聖母も、ローマ・カトリックへの回心を望んでいる。
>つまり使徒継承の教会への回心をね。

それは、ゴーマンカトリックの思い込みでしかないな。
偽りの聖母預言を利用した都合のよい刷り込みですね。w

ゴーマンカトリックしか認めない、ゴーマン神に祈ってろや!!


450 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 12:46:56 ID:aZwiPEyE0
>>449
寒いオヤジギャグだね。クソ暑い真夏には丁度良いかも。
本人は、おもしろいとでも思ってるんだろうけど。

 

451 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 13:55:31 ID:Fei3qZLJ0
「全世界に行ってすべての者に福音を宣べ伝えよ。
信じて洗礼を受ける者は救われる。しかし、信じない者は滅ぼされる」

ってさ・・・キリスト教が世界を救うのかい?
他の宗教を真面目に信じてる人はどうなの?他の宗教はダメなの?
他の宗教は不必要なの?

神は気に入らない人を苦しめ、殺すの?天罰だっていって
神様は何がしたいの?なんでこの世をおつくりになったの?

何者かが地球を使って壮大な実験をしてるって考えた方がまだ納得がいくな
「百億の昼と千億の夜」みたいな世界
神も何者かがこの世に使わして、どうなるか実験、観察してるってね

こうは書いても神様やキリスト教を否定する気は無い
キリスト教系の幼稚園に通ってたし
小学生になってもその幼稚園の土曜学校に行ってた
お寺にもよく遊びに行ってた
そういうのもあって神的なものはあると思ってる

なんか、まだよくは勉強してないけど
仏教の「真理をとらえるためには極端に偏ってはいけない」
という中道思想の方がしっくりくる

すれ違いもいいとこだけどね

452 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 14:18:38 ID:Ai/rHZhz0
>>450

べつにギャグなんて逝ってないが?
そんなに面白かったんか? WW  

453 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 14:41:01 ID:gxBsNNFM0
>>451
イエスは仏教徒。
キリスト教は悪魔が取り付いておかしなことになった。
何も知らない信者を救うために、黙示録が付け加えられた。
ファティマの予言もそんな感じ。

神が苦しめたり殺すわけじゃなくて、人間がそうしているだけ。
長い目で見たら、人間を救うために天罰が必要なこともある。
癌になったら、手術するだろ?

454 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 14:43:31 ID:GkofwGf3O
もしもその教えがドグマを機械的に行うだけのものだとしたら、
人はそこからさきへ発達することがない。昔と変わらぬところに止まったまま。自ら更なる成長をしないまま。
自発的な精神的霊的発達を妨げる教えは、反キリスト。

455 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 15:00:08 ID:yRP7dMOb0
>人は新たな子孫を生み、子は新たな文化を生む。
>この生命の創造こそが生命の循環という物ではないのか?

この思想こそ悪魔の思うつぼ。
ファック→出産→ファック→出産

女類の支配下に人間は永遠におかれる。人間の次なる進化は
女類の支配から逃れ、女のウソ(ファチマの予言)を看破した
先に現れる。

456 :ヘチマの予告:2005/07/21(木) 15:25:26 ID:xy5Qljj30
真相は、2014年7月に地球は再度リセットされます。


457 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 15:52:57 ID:Fei3qZLJ0
>>453
イエスの失われた十七年、イエスは仏教徒だった?などの本はありますが
今の所とんでも本扱いなのではないでしょうか?

でも確かに仏教とキリスト教の教えは似通った所が有りますね
仏教もキリスト教も釈迦やイエスが説いた時代のものとは
いろいろな手、思惑が入って変わってしまってるんでしょうしね
根っこの部分は同じなのかもしれないですね

天罰、難しいですね・・・
因果応報とか、天網恢恢疎にしてもらさず、とかそうい感じでしょうか?
う〜ん、違うか

458 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 16:12:53 ID:/8nuRZGh0
>>457
初期のキリスト教が証拠を消すために何をやったか知らない?
キリスト教は暗黒面に落ち、パワーを手にしたが、最後は滅ぶ。シスは法王。

459 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 16:49:21 ID:qFCKYmt/0
最後の予言は、
この世界はマトリックスであるという事が書いてあるんだよ。

460 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 17:55:00 ID:Fei3qZLJ0
>>458
知らないです
イエス様の人種にかかわる事、マグダラのマリアの件ぐらいしか知らないです



461 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 18:20:08 ID:ljdW8Xow0
キリスト教徒は世界が終わるとかって大変だな。
おいら仏教徒でよかったお。

462 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 19:03:48 ID:m+GlMhrGO
呑気なんだよ!仏教徒は!

463 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 19:11:17 ID:C33aoMH40
っていうか、諸行無常、色即是空だから。
ある意味、何があっても「あるあるwww」で済ませることのできる宗教です。

464 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 21:27:41 ID:16MJLhAX0
>463
正確には、「物事にとらわれない」「執着しない」を
仏教は目指しているから。
何が起きても心をおだやかに、という教えだから。

465 :本当にあった怖い名無し:2005/07/21(木) 23:34:03 ID:kEqoyxeW0
>>410
アルメニアよりはまだまし。
てか、お前海外逝って来いw
日本がどんなにマシかわかるから。
小学生の淫行?80年代はお盛んだったなw

http://armenia.hp.infoseek.co.jp/

466 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 00:39:48 ID:Px6wbSmS0
そもそもキリストって言われてる人物って実在したの?
もし実在してたとしても今で言うところの麻原某みたいな人だったんじゃないの?
2000年の時間と支配欲が美化しただけなんじゃないの?

467 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 00:58:20 ID:etmT3iPN0
かなり粉飾されてるのは確かだけど、
まあたぶん麻原なんとかよりはマシそう

468 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 01:21:43 ID:2uqOWzfi0
>>465
低レベルと比べてマシとかいって安心してたらダメだろ。

469 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 01:49:35 ID:0ZIFrtjh0
>>466
いた。彼の地はローマ支配下だったので記録が残ってる。

470 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 02:25:05 ID:WLsHUGDd0
話が大分ずれてるようですが、ファティマをまとめると以下のようになります。
ちなみにファティマの預言は、「世の終わり」ではありません。
すでにファティマの第1と第2の預言は、実現しました。
今は、第3の秘密の中にあります。

神は慈悲深いですが、同時に正義でもあります。その正義は、世界中で行われる
人類の罪に対して、教会内での堕落と冒涜に対して、また聖座がロシアの奉献を
行わない事によって世界を罰する事でしょう。
昨年、ファティマの祭壇は、ヒンズー教徒とそれを許可した司教によって、
汚聖されました。
そして全ての異教の神々を礼拝する冒涜的な神殿の建築も開始されました。

●まず戦争や多くの天災が地球を襲い、ある民族は地表から消える。

●ローマ(&バチカン)にロシアあるいは共産主義の勢力の軍隊が侵入。
 ローマの街は荒廃し、河や道路は死体で溢れる。

●その時、ローマ教皇は、その死体をまたぎながらバチカンから逃げるが、
 やがて捕まり処刑される。

●神を裏切り、カトリック教会の破壊に手を貸した枢機卿、大司教、司教、
 修道者、信者の罪と罰は重い。

●恐らくその後選出されたローマ教皇がロシアを聖母の汚れなき御心に、
 奉献する。その奉献は天に受け入れられ、地上に約束された一時的な平和が来る。

●ロシアは回心しカトリックとなる。この回心は世界が驚くべきものとなる。
 また教会は新にされ、神と聖母は勝利する。
 第二バチカン公会議前の栄光と神聖さを取り戻す。

●世の終わりは、一時的な平和が終わり、反キリストが登場した時に来る。


471 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 02:40:36 ID:ul+iD+zy0
反キリストなんて今でもいぱーい居るのでは。というか宗教なんかに惑わされると頭いたくなっちゃうよ。
人間なんて仕事で失敗→次の日上司に怒られる でいっぱいいっぱいなんてこともしょっちゅうなんだからもっとラフにいこうぜ

472 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 03:26:20 ID:uiZ9h5Bb0
>>468
江戸時代の日本では、お祭りの時は無礼講で
乱交(かなり御幣のある書き方だけど)やってたって知ってる?
津山30人殺しの犯人は村内のかなりの女性と関係を持ってたよ。
また、昔の村落では女性は村の共有物(かなり差別的だけど)だった時代がある。
道徳的に今が堕落しているってのはかなり疑問。

今は昔と比べモラルが良くなってるからこそ、
風俗が乱れてると思えるようになったんじゃないかな。

473 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 03:48:24 ID:WLsHUGDd0
>>472
今の方がはるかに堕落してるよ。
中絶の数も半端ではないし。

474 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 03:49:15 ID:0ZIFrtjh0
>>472
まぁ、そういういわゆる西洋的道徳観が流入したのはキリスト教とともにだからな。

475 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 04:08:20 ID:+U1Lve2u0
>>473
昔はともかく、ここ数十年でモラルが急降下しているのは確かだね。

電車の中で座り込む馬鹿とか、
コンビニ弁当の容器を他人のマンションに食い散らかしていく馬鹿とか、
キチガイみたいにスカートが短い馬鹿とか、
パチンコやっていて子供を熱中症で殺す馬鹿とか、
君が代に反対する馬鹿教師とか、
靖国参拝に反対する馬鹿政治家とか、

2、30年前はありえなかった。信じがたいことに、ありとあらゆる所でモラルの低下が見られる。

カッターで同級生を殺す小学生なんて同じ人間と思えんよ。

476 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 04:31:34 ID:WLsHUGDd0
>>475
うん、色々な人がいるね。

個人的に許せないのは、親による子供の虐待&殺害
あと恋人間、家庭内のDVかな。

手製の爆弾で同級生を殺ろそうとする時代だ。
確かに恐ろしい。
気軽にSEXするというのも良くない。
毎年100万人殺害される胎児も可愛そう。
世界に目を向ければ、もっと酷い事が色々あるけれど、
今の日本はかなりおかしい。全ての面で狂っている。


477 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 06:56:10 ID:Pumz9HEv0
やっぱりファティマの予言には疑問が残る。
何故現れたのが聖母マリアなのか。キリスト教の信仰の対象はマリアではないはず。
マリアは預言者だったのだろうか?それなら新たに預言者を遣わされても良いと思う。
そう考えると3人の子供たちが預言者になるのだろうか?だけど女性の預言者なんて聞いたことがない。
そもそも重大な予言を年端もいかない子供に託す意義があるのだろうか?

もうひとつ、太陽を回転させたとか言う奇跡。
奇跡を行うものは神・キリストであって、マリアではないでしょうに。
それにこの程度なら幻覚を見させることさえ出来れば、なんでも奇跡に出来てしまう。

何か裏があるような気がしてならない。

478 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 08:28:58 ID:JIqMNqVp0
>>477
そこに疑問を持つのは正しい。マトリックスを見ればいろいろわかる。

479 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 10:57:35 ID:Zswv0nBs0
>>477
>何故現れたのが聖母マリアなのか。

神に望まれたから。・・・と、言うか聖母だけでなくキリスト自身の出現もある。

又、ファティマの出現自体、三位一体の神、キリスト、幼いキリスト、カルメルの聖母子、
聖ヨゼフ、大天使聖ミカエル、受難のキリスト、悲しみの聖母、ロザリオの聖母などの出現があった。

>キリスト教の信仰の対象はマリアではないはず。

それは、カトリックとかマリア神学とかを知らないからさ。
まさにプロテスタント的な発想ですね。

>そう考えると3人の子供たちが預言者になるのだろうか?

彼らの事を幻視者という。



480 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 10:58:09 ID:Zswv0nBs0
>>479 続き

>そもそも重大な予言を年端もいかない子供に託す意義があるのだろうか?

何も教義や神学など知らない子供が、神や聖母に言われたままメッセージを伝えるので、
むしろ真実みが増します。また最後まで生き残ったシスタールチアは、老人になるまで、
神の出現は続いてましたよ。

>奇跡を行うものは神・キリストであって、マリアではないでしょうに。

そうですよ。奇跡を行うのは神ご自身です。
直接、聖母や天使、聖人には奇跡を行う事は出来ません。

>それにこの程度なら幻覚を見させることさえ出来れば、

幻覚ではないでしょう。なぜなら幻覚だったら信じていない人には、
見えなかったはずだし(無神論者など信じていない人々は、当日、
現場に行きませんでしたが、彼らのいる場所から奇跡を見ました)、
また奇跡の直前まで土砂降りの雨で、奇跡の最中、ぬかるんだ土も、

人々のビチョビチョに濡れた衣服も乾いてしまいました。
もし幻覚であるのなら、こうした変化も起きないはずです。
また病の癒しなどもたくさん起きました。
神や聖母がダメだと言った回心してない人は、病気は治りませんでした。

481 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 13:24:36 ID:QcigCu8l0

リトル・ペブルさん( 最後の教皇ペトロ2世 )からの 下記の5月12日の警告文にあるように、
『 ベネディクト16世は偽教皇だ!」という偽りのメッセージが世界各地の幻視者により急激
に広まっています。しかし偽りのメッセージを絶対受け入れてはなりません。

なぜならそれは地獄からのものだからです。

聖シャーベル修道会
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/


482 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 13:45:01 ID:1ah60gWj0
>>481 そこは、異端ですよー。

483 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 14:07:38 ID:QcigCu8l0

イエズス:
「私は何度も日付についてあれこれ思い悩まないようにして欲しいと、あなた方に頼んできた。
 が、ここで時の熟したことを示す指標について一つの示唆を与えよう。

  あなたが聞く時、あなたが見る時、
  ローマでの革命をあなたが知る時、
  教皇が逃亡するのを見る時、
  他国に避難所を求めるのを見る時、
  時が熟したことを知れ。

 だが、あなた方の良い教皇がローマを離れないように祈り求めよ。なぜならその時には
 闇の秘密の男が彼の座を奪うであろうから。 闇の男、 ミスター666、地獄の代理人で
 ある男があなた方のうちにいるのである。」(1976年9月14日)


484 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 14:13:40 ID:1ah60gWj0
>>481 >>483

カトリック教会から、破門されている
カルト団体のメッセージを載せて、
ファティマの真実性を疑わせようとしても、
無駄ですよ!!


  



485 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 14:15:47 ID:QcigCu8l0

ファティマの真実性? なにそれ

あんたバカですか?w  w

486 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 14:24:13 ID:1ah60gWj0
>>485 故意に異端を広めるという事は、
それなりの報いを神から受けるでしょう。

487 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 14:26:55 ID:1ah60gWj0
教皇の預言的な言葉

私はファティマのルチアへの祝せられたおとめ(聖母の事)のメッセージの事を心配している。
教会を脅かしている諸々の危険についてのマリアのこの固執は教会の典礼、教会の神学、
そして教会の魂における信仰を変える自殺行為に対する神の警告である...

文明化された世界がその神を否定するであろう日、ペトロが疑ったように、教会が疑うで
あろう日が来るであろう。教会は、人間が神になったということを信じるように誘惑されるであろう。

われわれの諸々の教会において、キリスト教徒は神がそこで彼らを待っておられる
赤いランプ[聖体が安置されている御聖櫃]を探すが無駄であろう。
空の墓の前で泣いているマリア・マグダレーナのように、彼らはこう尋ねるであろう
「彼らは主をどこに連れ去ったのか?」と。


488 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 14:43:27 ID:URwcZmx90
日本のモラルの低下を嘆くのはいいけど
単に日本を辱めるという動機の人が日本には多いから(一部の在日外国人)
嫌だね。良くしようという警句だったらいいんだけれど…。
国に対する愛が感じられない日本蔑視は拒絶反応を示して当然。
親の悪口を言われて黙っているのはヘタレだ。

489 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 15:00:03 ID:1ah60gWj0
>>488
当然、堕落しているのは、日本だけではない。
世界的にだよ。
主に東南アジアにおける毎年200万人の子供の人身売買(売春などの目的)、
ロシアやアメリカでの恐るべき数の中絶、欧米での数々の犯罪、肉欲の罪など。
他にも挙げたらきりがない。

490 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 15:32:18 ID:97FD1Op80
サリエリとモーツァルトは・・・

491 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 16:56:45 ID:YAndj8NN0
>>475
大人振ったがきんちょが何を偉そうにモラル云々語っとる。
二、三十年前など社会に出てないんだから知らないだろうが。
何処かから借りて来たような見解ばかりで呆れるよ。

モラルというのはその時の社会規範の反映であって絶対の基準じゃない。
なぜそれがいけないのかという疑問なしに、ただ糾弾すれば良いというものでもない。
ただ堕落、堕落とほざいてその規範の方を疑わず示さないのは単なる思考停止で
何も考えずに盲従してるだけだという事に気付いた方が良い。軽薄さが滲み出ている。

492 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 18:11:25 ID:QcigCu8l0
>>486

                        ,、ァ
                        ,、 '";ィ'
________              /::::::/l:l
─- 、::::;;;;;;;;;`゙゙''‐ 、    __,,,,......,,,,_/:::::::::/: !|     おまいもな〜 バカトリックw
  . : : : : : : `゙'ヽ、:::゙ヾ´::::::::::::::::::::::`゙゙゙'''‐'、. l|
、、 . : : : : : : : : r'":::::::::::::::::::::::::,r':ぃ::::ヽ::::::::ヽ!                 ,、- 、
.ヽ:゙ヽ; : : : : : :ノ:::::::::::::::::::::;;、-、、゙:::     rー-:'、                /   }¬、
. \::゙、: : : :./::::::::::::::;、-''"::::::::::   ,...,:::,::., :::':、            _,,/,,  ,、.,/   }
   ヽ:ヽ、 /:::::::::::::::::::::::::     _  `゙''‐''"  __,,',,,,___       /~   ヾ::::ツ,、-/
     `ヽ、:::::::::;;;、、--‐‐'''''',,iニ-    _|  、-l、,},,   ̄""'''¬-, '  ''‐-、 .,ノ'゙,i';;;;ツ
   _,,,、-‐l'''"´:::::::'  ,、-'" ,.X,_,,、-v'"''゙''yr-ヽ / ゙゙'ヽ、,    ,.'      j゙,,, ´ 7
,、-''"    .l:::::::::::;、-''"  ,.-'  ゙、""ヾ'r-;;:l  冫、     ヽ、 /    __,,.ノ:::::ヽ. /
       l;、-'゙:   ,/      ゞ=‐'"~゙゙') ./. \    /  '''"/::::;:::;r-''‐ヽ
     ,、‐゙ ヽ:::::..,.r'゙         ,,. ,r/ ./    ヽ.   ,'     '、ノ''"   ノ
   ,、‐'゙     ン;"::::::.       "´ '゙ ´ /      ゙、 ,'            /
  '     //:::::::::            {.        V           /
        / ./:::::::::::::            ',       /         /
.    /  /:::::::::::::::::.            ',.      /   ,.、     /



493 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 18:50:53 ID:y4KA55Fd0
>>491
出てるが何か?

494 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 23:15:17 ID:VQ40stBQ0
>>491
笑ってられるのは今のうち。

495 :本当にあった怖い名無し:2005/07/22(金) 23:19:18 ID:VQ40stBQ0
>>492
もっと大人になろうよ。
みっともないよ、そう言う態度。

496 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 00:11:39 ID:IdiB7LjQ0
カトリックの信者が救われるって事は、当然異教徒は救われないんでしょ?
これは良いとして、プロテスタントはどうなるんだ?
あれらも、異教徒同様救われないのか?同じ神を信じてるのに

497 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 00:23:58 ID:YZZrFz1+0
>>496
キリスト教徒が救われない。サタンだから。第三の予言はキリスト教の滅亡。

498 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 00:48:05 ID:OFWLgM/R0
>>496
キリスト教構成員はキリスト信者ではないので救われない可能性

499 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 02:26:40 ID:gAQ75ERs0
>>496
>カトリックの信者が救われるって事は、当然異教徒は救われないんでしょ?

これは、正しくない。
本来のカトリックの教えは「教会の外に救いは無し」これは、不可謬の教えだから、
永遠に変更は出来ない。
どういう教えかというと言葉の通り、「カトリック教会の外には救いはない」と言う事。

じゃあ、まず未信者の人はどうなるか?というと、生きている間に、カトリックの
教えに全く触れることなく、そして本人に落ち度無く死んだ場合は救われる。
他の宗教を信じていようが、無神論者であろうが、天国には行けるが神を直接見ると
言う事はない。
またそう言う人の中にも、極悪人や殺人、暴力などで他人や家族、友人を苦しませた人も
いると思う。あるいは神や聖母を侮辱したり、汚聖や罵ったりした人もいると思う。
そう言う人は、人によっては当然地獄に堕ちる人もいるし、長い間煉獄で苦しみ、
自分の罪を償った後、天国に入る人もいる。

次にプロテスタント信者は、どうなるのか?
本来の教えに照らし合わせれば、彼らは、単に異端者でしかない。
しかしながら死後は上記とほぼ同じ。ただカトリックからプロテスタントに改宗
した人やカトリックの教えを知りながら故意に信じなかった人は当然救われない。
神やカトリックを(悪意を持って)攻撃した人も当然責任を問われるでしょう。
神は愛ですが、同時に正義ですから。

>同じ神を信じてるのに

同じ神を信じていても全く教義が違うからね。

500 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 03:13:16 ID:D3lySy8B0
まぁ何のかんの言ってもオカ板でほざいているようじゃ駄目だろ>カトリック

501 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 03:13:31 ID:TbDo91gT0
>>473
昔もすごいよ。
20〜30年前とかじゃなく、100年以上昔になるけど。
昔は性に関して日本は寛容だったの。
今なら堕落って言われるような事は、昔は当たり前に行われてたりした。
ところが外国の価値観が流入してくることにより
どんどん改められていった。

502 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 03:28:07 ID:MJLoEhwK0
この世界は、女が堕落すると、世界がホロン部

503 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 03:35:36 ID:gAQ75ERs0

「不道徳(SEXなどの肉欲)の罪によって、闇の力は霊魂を征服するであろう。」
(ピオ12世教皇 1948年5月23日)

「戦争は罪に対する義罰です…我らの主を激怒させるファッションが導入されるでしょう
 …更に多くの霊魂が他の理由によるよりも、肉欲の罪のために地獄行くでしょう…」
(ファティマの聖母マリア 1917年)



504 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 04:08:31 ID:0P3jhsBB0
>>499

>本来のカトリックの教えは「教会の外に救いは無し」

我らの言うことのみが正しい。
我らの側につかないと地獄落ちだぞ。
我らの言うとおりにしないと地獄落ちだぞ。

こうやって普通の人達を奴隷化してきたんだよな。
カトリックはwww

キリストがこういった?
馬鹿じゃねぇのwww
カトリックの連中が『キリストはこういいました』
と言い張ってるだけじゃねぇかw
お前が直接聞いたんじゃねぇだろ?

キリスト教徒が信じているのはキリストの教えではなく
キリストの言葉を代弁してると称する生臭坊主(神父か?)。






505 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 04:23:02 ID:RFG+nrqQ0
>神は愛ですが、同時に正義ですから。
正義とは、正しいとはなんなのか、それが神だといえるのか。
正しくない事、間違った事は神ではないのか。

神が規範を持ち、すべてである自らを断罪する事を愛というなら最早
その神は人間か悪魔の化身でしかない存在である。その者の言う救いとは
従えば苦しまず、従がわずは苦しむという従わなければ救われない苦しみを
与えるだけの物でしかない。何の意味があるのかすら疑われる苦しみの教えだ。

繁栄を齎す性を抑圧し達成される正義とは何ぞや。虚構以外の何者でもない。

506 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 04:47:40 ID:gAQ75ERs0
>>504-505

信じる、信じないのは、あなた方の自由だよ。
誰も信仰は強制出来ないからね。
例え神様でもね。(その為に神は人間に自由意志をお与えになった)

>>505
>繁栄を齎す性を抑圧し達成される正義とは何ぞや。虚構以外の何者でもない。

誰も性を抑圧してないよ。
>>434に書いて有る通り、SEXそのものは問題でもないし悪でもない。

事実、聖書にあるように「産めよ増やせよ」と神は言ってるでしょ?
でも人間は、産まないし増やさないけれど、肉体の快楽だけは求める。
だから神は怒っておられる。
少子化が問題になっているけれど、別にSEXの回数が減った訳でもない。
多くは、中絶(日本人女性の6人に1人は中絶を経験)や避妊をして、
生命の誕生を阻んでいるだけ。

いずれにせよ、神も聖母も多くの聖人達も肉欲の罪のために、
多くの人間が地獄に堕ちていると言ってるよ。
ただ神の教えに従うか従わないか、あるいは神を選ぶか、
悪魔を選ぶかは、あなたの自由だよ。

>その神は人間か悪魔の化身でしかない存在である。

それは、あなたが勝手にそう思いこんでるだけ。
それ以外の>>505の文章は、意味が分からないよー。

507 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 04:49:06 ID:gAQ75ERs0
>>505
シスター・ヨゼファが神に見せられた地獄

「わたしは幾人かの霊魂が地獄におとされるのを見、その中には15歳の子供がいましたが、
 天主を恐れることも地獄が存在することも教えてくれなかった両親を罵っていました。
 彼女の生涯は短いものでありましたのに、彼女の肉欲や情欲を満たし、それに全く
 屈した罪に満ちたものであったと言いました」(1923年3月22日)

「今夜わたしはすべてが暗い場所へと運ばれました。私の周りには7〜8人の悪魔がいました。
 私は火の影によってのみ、彼らを見ることが出来ました。彼らは座り一緒に話しをしていました。
 1人は言いました。”私達は容易に発見されるかもしれない。見つけ出されないように非常に
 注意しなければならないだろう。”

悪魔は答えました。”彼らの中に不注意を引き起こすことによって、あなた方自身はうまく入り込む
だろう…しかし表面に出なければ結果として見つけ出されないだろう。
それによってしだいに彼らは無感覚となり、邪悪な事に心を傾けるだろう。また、快楽の愛や官能を
起こさせる。

彼らを悪徳によって盲目にさせる…残りの者も同じく…心を通じて…彼らの心の好みを
あなたは知っている…彼らを愛させ…熱烈な愛を…徹底的に働きかけ続ける…休みなく…同情なく…。
彼ら自身に食べ物を詰め込ませてやりなさい!それはすべて私達のために容易になるだろう。
彼らのために宴会を開きなさい。快楽の愛はあなたが彼らに届くためのドアとなるだろう。”」
(1923年2月3日)


508 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 05:21:12 ID:RFG+nrqQ0
何故子を生む事だけがよく、それ以外が罪なのだ?終いに独り者は大罪者になるか?
なぜ神はそんな物を用意した?快楽なく子供が作れる様にすれば良いじゃないか。
快楽を感じる様に生んで置いてそれを楽しむと怒るとは不可解な答えを出すなあ。
しかも何故それに婚姻が関係する?そんな概念の無い動物は罪犯し捲くり。

避妊が何故いけない?中絶が何故いけない?殺人が何故いけない?
何故誕生だけがよく、死が悪いんだ?そもそも天国が良い所で地獄が悪い所だなどと
どうやって言い切れる?地獄に堕ちたから何なのだ?

509 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 05:31:22 ID:gAQ75ERs0
>>508

>殺人が何故いけない?

大丈夫?


 

510 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 05:37:05 ID:RFG+nrqQ0
何がだ?

511 :477:2005/07/23(土) 06:43:06 ID:kXnAYwrp0
>478
>479
>480
レスども。

しかしながら、ファティマの真偽性を問うのに
カトリックもマリア神学もプロテスタントも関係ないでしょう。
教義や学問で測ろうというものではないのです。
私自身はそれらには全く興味なく、知識も持ち合わせていません。

もっと根本的な、例えば、神による人間への関わり方から
神自身でもなく天使でもない、人間「聖母マリア」が出現するのはおかしい、と。
聖書の中でも人間が神のメッセージを伝えにきたことはあったでしょうか?
人間にコンタクトを取るときは、必ず自身か天使から預言者を通していた気がするのですが。
それとも方針の変更でもあったのだろうか。

今ひとつわからなくなったのが子供の件です。
確かに神の奥義に関わることでもなければ、教義・神学に通じていないものの方が
言われたままメッセージを伝えるのかもしれません。
が、そのメッセージ、一体誰に伝えるべきだったのでしょうか?
今頃になって出てくる位なら、別に1917年じゃなくても良いでしょうし、
公表しなかったカトリック教会にだけ伝えるべきものなら
わざわざ子供を通さずとも、教皇にでも直接伝えれば良いのですし。

奇跡の件はすみません、勉強不足でした。参考になりました。

512 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 07:33:58 ID:fqBOO5I60
>>509
俺はID:RFG+nrqQ0さんじゃないけど
あなたは何故人を殺してはいけないか考えたことある?

俺も人殺しはしてはいけないとは思ってるけど
それは空は青いとか地球は丸いみたいな
動かしようのない真実ではなく
俺は殺されたくないと
ほとんど全ての人間がそう思っているから
お互いに殺さないようにしようね。
という単なる約束事でしかないとも思ってる。
逆にだからこそ自分が殺されないために
何が何でも人殺しはしたくない。

神様が人殺しをするなといったから人殺しはしない?
じゃぁ神様が異教徒を皆殺しにしろといったら殺すのか?
俺はしない。

あなたはどうする?




513 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 07:34:53 ID:x8LKz6P00
>>511
聖母マリアが人間とは限らん。
神と人間の間にあって、人間を作った存在でないと誰が言えよう。

514 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 09:12:55 ID:y4gCxSM40
カトリックは正しいけどプロテスタントは異端とかさ・・・
そういう事を言い合ってる事自体変じゃない?
愛、慈悲、許し、導き、とかさ そういうの全然感じない 

キリスト教がなんとなく好きになれないのはそういう所
お互い異端じゃ!いや俺の方が正しい!とかさ・・・そういうの変だよ
指導者も信者もお互いにそういう事言いあっててさ
それって絶対変だと思う 
神教宗教の時期教祖争いとかそういう感じがするよ、なんか
イエス様が見たらさぞ悲しいでしょうね いがみ合ってさ・・・

信じないと救われない、教義を知らずに落ち度が無く死んだ場合は救われる
でも神とかは見れないよ〜とかさ
そういのも偏狭ていうかさ・・・

イスラム教を信じてる人はイスラムの天国へ行けば良いし
仏教徒は輪廻からの解脱、それで良いじゃない
どの宗教が一番正しい!なんて生きてる人間には分からないと思うよ、結局

プロテスタントもカトリックも
どっちの教義もイエス様の教義とは別物になってるかもしれないよ?
聖書も旧約聖書も仏典も
いろんな思惑、後の思想が入って本来の教えとは違うかもしれないのに

今のモラル、正義をとりあえず信じて
それにそって正しいと思える生き方をすればそれで良いと思う

515 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 09:14:55 ID:y4gCxSM40
神教宗教=新教宗教ね

516 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 09:15:49 ID:y4gCxSM40
あ、新興宗教

517 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 14:40:30 ID:FedwEQGw0
>>511
>カトリックもマリア神学もプロテスタントも関係ないでしょう。

これは、おおいに関係あります。まずプロテスタントは、聖母や聖人、
天使への信心は認めていませんし、取り次ぎの祈りなども行いません。
ですから当然、聖母出現とか、天使や聖人の出現なんかも認めません。

>教義や学問で測ろうというものではないのです。

例えば、キリストや聖母の出現があった場合、何かの現象が起こったとか、
奇跡が行われたなどの理由では、教会はその出現を認めません。
まず出現が起こった場所の司教区の教区長、(通常は司教ですが)
司教は、神学者や聖書学者、医者、無神論者や神父などで調査委員会を発足させます。
無神論者や医者の立場から、イカサマはないのか?とか、精神に異常はないかなど、
詳細に調べます。
また教会側は、出現した聖母などのメッセージに福音書や教義に反するものは
ないか?など、これもまた詳細に調べます。
また実はどうか?(信者が回心したり、あるいは超自然的な病の癒しなど)なども、
色々な面から調査して、この調査の結果をふまえて司教は、真偽の判断をしますので、
教義など非常に重要です。
聖書に反するメッセージやその他、何か良くない事があれば、認められません。

>聖書の中でも人間が神のメッセージを伝えにきたことはあったでしょうか?

旧約にも数々の預言者はいましたし、聖人(男性女性区別無く)でもたくさん居ます。

>それとも方針の変更でもあったのだろうか。

私的啓示には、様々な方法がありますよ。

518 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 14:46:30 ID:oSA+rKiH0
宗教なんて選民思想のひとつ。
しかも妄想が根拠の。

519 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 15:09:49 ID:FedwEQGw0
>>517 続き
>が、そのメッセージ、一体誰に伝えるべきだったのでしょうか?

主にバチカン、教皇、カトリック教会全体及び聖職者、信者にですが、
当然未信者にも向けられています。神は全ての人を救いに導いていますから。

>今頃になって出てくる位なら、別に1917年じゃなくても良いでしょうし、

出てきたのは今頃ではありません。
ファティマの第一の秘密は、当時行われていた第1次世界大戦の終わりと、
当時の人々が現代主義の影響でバカにして否定していた地獄の存在が神よって再度示されました。

ファティマ第2の秘密は、人々が神の背く事を止めないのなら、教皇ピオ11世の時代に、
今よりももっと恐ろしい戦争が罰として起きるというものでした。
神からの罰だという印に、空に不思議な光が現れるから、それが現れたら戦争が近い事を
知りなさい・・・と聖母は言われました。
事実、第二次世界大戦が始まる前に、ヨーロッパの空をオーロラのような不思議な光が
覆いました。それを見た(ポルトガルにいた)シスター・ルチアは、すぐにローマにいる
教皇に手紙を書き、第二次世界大戦がまもなく始まるから、覚悟と祈りをするようにと
知らせました。
それを阻止するためには、ロシアの奉献を神は要求されました。奉献をしないのなら、
ロシアは世界に誤謬を広め、戦争と教会への迫害を推し進めると。
しかしこの神の要求を実行しなかったので、共産主義は世界に広がり、教会は迫害され、
多くの人が死にました。

そして第3の秘密ですが、半分廃墟と化した大都市を教皇が通り、やがて教皇は殺害され、
同じように、枢機卿、司教、神父、修道者、そしてありとあらゆる身分の信者が、
殺されていくという内容のものを2000年にバチカンは発表しましたが、この発表された
第3の秘密は不完全だとされています。

いずれにせよ1917年に啓示されたメッセージは、今も続いているのです。

520 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 15:20:41 ID:FedwEQGw0
>>519 続き
>わざわざ子供を通さずとも、教皇にでも直接伝えれば良いのですし。

直接教皇にですと、メッセージ自体が隠されてしまう場合がありますし、
仮にバチカンが発表しても、多くの人(特に他の教派の信者は)は、疑うでしょう。
バチカンの陰謀ではないか?と。

むしろ一般の人々の前で否定出来ないような奇跡が起こり、何の知識もない子供が、
キリストや聖母に言われた事をそのまま伝えた方が多くの人が信じるでしょうし、
我々信者にも分かりやすいと思います。

でも、教皇の中には、バチカンの庭からファティマで行われた太陽の奇跡を見た人
(ピオ12世ですが)もいますし、ピオ10世のように預言の賜物を持ってる人もいました。
最近聖人になった、奇跡や預言などで有名なピオ神父もイタリアの修道院で、この太陽の
奇跡を見ました。
聖ピオ神父は、たびたび神や聖母に会っていましたが、ファティマの聖母に深い信心を
持っておられました。この聖ピオ神父も人類が神に立ち返らないのなら、未来に天罰が
襲うと預言してます。

521 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 15:22:51 ID:MJLoEhwK0
肉欲を抑制しない者はけだものの仲間になれ。


レオナルドダヴィンチ

522 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 15:31:40 ID:FedwEQGw0
>>512

>俺も人殺しはしてはいけないとは思ってるけど

俺も人殺しは良くないと思います。
理由は、有りすぎてここには書けません。

>神様が人殺しをするなといったから人殺しはしない?

はい、しません。

>じゃぁ神様が異教徒を皆殺しにしろといったら殺すのか?

いいえ、殺しません。神は、命じています。
(神の十戒の)第五戒で、「汝、殺すなかれ」と。
自分も他人も殺してはならないのいです。

ただし、正当防衛などは認められます。
この掟では、単に人殺しだけでなく、他人に対する憎悪なども禁じられています。
もし私的啓示で「神が殺せ」と命じたのなら、それは神からのメッセージではありません。
他人を愛するように隣人を愛する、これが神の掟です。

もし、誰かに対して「死」が必要でしたら、神ご自身がされるでしょう。
決して人間には、人を殺せとは命じません。

523 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 15:33:03 ID:FedwEQGw0
>>513

聖母は、人間です。


524 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 15:48:57 ID:FedwEQGw0
>>514
>カトリックは正しいけどプロテスタントは異端とかさ・・・

カトリックの教えと違う教えや教義を主張する事を異端と言います。
元々、カトリックの教えに対してプロテスト(抗議)してカトリック教会から
自ら(自分の意志で)出て行った信者達をプロテスタント信者と言います。
第二バチカン公会議では、彼らを兄弟と呼んでいますが、本来の教えからすればそれは誤りです。

>愛、慈悲、許し、導き、とかさ そういうの全然感じない 

通常、今時代、異教派同士で対立する事は有りません。
むしろ異教派同士の交流が活発になり典礼の規定違反や汚性が続出して困っている位です。

>お互い異端じゃ!

異端についての定義は、上記の通りですので、プロテスタントの方々がカトリックの
教えを指して異端という事はないです。ただ聖母などを攻撃する人はたくさんいますし、
教義などもカトリックとプロテスタントでは、全然別物です。

>いや俺の方が正しい!とかさ・・・そういうの変だよ

真理は1つです。キリスト自身がお建てになった教会。すなわちカトリックのみが真理です。
ちなみに俺は、元プロテスタント信者で、その前は、バリバリの無神論者でした。

>イエス様が見たらさぞ悲しいでしょうね いがみ合ってさ・・・

でもキリスト自身も聖母も、何度も「聖なる檻(カトリック教会の事)」に帰れと命じています。
また先に書いたように、いがみ合ってる時代ではありません。
むしろその為にカトリックの教義が曖昧になり、多くの信者が信仰に於いて迷っています。

525 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 16:10:37 ID:FedwEQGw0
>>524 続き
>信じないと救われない、

これは、キリスト自身の言葉ですから否定する事は出来ません。
これはプロテスタント信者から見ても同じ事です。

>教義を知らずに落ち度が無く死んだ場合は救われる
>でも神とかは見れないよ〜とかさ

はい、洗礼を受けられるのも1つの恵みです。

>イスラム教を信じてる人はイスラムの天国へ行けば良いし

イスラム用の天国などはありません。
ただ、本人に落ち度がなければ、彼らも天国に行けるでしょう。
彼らはキリストは認めませんが聖母を大変尊敬し敬っています。

>そういのも偏狭ていうかさ・・・

先に申したように、神を信じるのも信じないのも個人の自由です。
神様ですら信仰を強制しません。
神を永遠に愛したい、賛美したいと言う人は、キリストの救いと贖いを
信じて洗礼を受ければ救われますし、そんなものは信じられない!と
言う人とは、洗礼を受けなければいいだけの事です。
でも、教会は、全ての人の回心のために祈っているし、
神は、私的啓示(出現など)を通じて警告を与えたり、カトリックへの
回心に導いています。
人によっては、奇跡的な癒しなどを通じて回心する人います。
 

526 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 16:13:36 ID:FedwEQGw0
>>525 続き

>プロテスタントもカトリックも どっちの教義も
>イエス様の教義とは別物になってるかもしれないよ?

カトリックは、教会設立の当初から教義は変わりません。
先に申したように、真理は1つであり、真理と言うのは永遠に
変わることなく同じだからです。
時代によって教義が変化してしまったら、もうそれはカトリックではありません。

またこれも先に申したようにカトリックとプロテスタントの教義は、
全く別物です。

ここを読めば、カトリックの教えがどういうものかが分かりますよ。
基本的な事は全て載っています。

http://www.hvri.catholic.ne.jp/cccccc.htm

 

527 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 16:15:48 ID:FedwEQGw0
>>522
×他人を愛するように隣人を愛する、これが神の掟です。
○自分を愛するように隣人を愛する、これが神の掟です。


528 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 17:49:54 ID:O+yJOzF40
聖書のエルサレム奪還についてどう思う?

529 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 18:09:38 ID:G8QscCF70
( ・∀・)つ[免罪符・十字軍]

530 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 20:34:02 ID:CXyhDbgr0
>>507
>>「わたしは幾人かの霊魂が地獄におとされるのを見、その中には15歳の子供がいましたが、
 天主を恐れることも地獄が存在することも教えてくれなかった両親を罵っていました。
 彼女の生涯は短いものでありましたのに、彼女の肉欲や情欲を満たし、それに全く
 屈した罪に満ちたものであったと言いました」

これちょっとひどすぎないか?

531 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 21:37:33 ID:qgrs9cm50
カトリックの信者にただの1人でも神に会ったヤツはいるのか?
いないだろう?
残念ながらそんなもんだ。

532 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆MANtaiPMC6 :2005/07/23(土) 22:06:39 ID:UhkOgNkz0
ファティマって響き、なんとなくエロス

533 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 22:09:25 ID:pXM2Tkr10
歴史上最も多くの人間を殺したのは神様。
ソースは聖書。

534 :本当にあった怖い名無し:2005/07/23(土) 22:09:53 ID:MJLoEhwK0
最新刊まだかよ

535 :511:2005/07/23(土) 22:35:47 ID:kXnAYwrp0
>517
どうもうまく伝わっていないようなので補足します。

プロテスタントやらカトリックやら、それぞれの立場になれば色々な見解も出てくるでしょう。
出現を認めるか認めないかの問題ではなく
既に存在した事として、それが神によるものなのか、または別の存在によるものなのか
神=真、別の存在=偽として「真偽性を問う」としたのです。

カトリックからすれば、その教義に照らし合わせて「真」とされたのでしょうが
その教義が必ず神の御心に適うものであるかどうかも現在では疑わしく
また、例え「偽」であっても教義にあうので「真」とされてしまう危険性があると思うのです。

キリスト自身に聞くことが出来れば良いのですが、それが出来ない以上
カトリックや神学が出来る以前、なるべくキリストに近い人物(出来れば12使徒)が残した記述や
旧約聖書の内容から判断すべきだと思うのです。
余計な人間的思考は排除し、勝手な解釈もせず、(解釈不要の)記述のみから
この件に関して真偽を問うことは出来ないでしょうか。

>聖書の中でも人間が神のメッセージを伝えにきたことはあったでしょうか?
聖書の中でも(一度死んだ)人間が神のメッセージを(預言者に)伝えにきたことはあったでしょうか?
少しわかりづらくて申し訳なかったです。

536 :本当にあった怖い名無し:2005/07/24(日) 00:51:54 ID:5/qgKzS10
マザーテレサは、自分のお金を国民に分け与え、自分はボロ着をまとい
飢えた国民に食べ物を分け与え続けた。伝染病が蔓延している困窮した
地域をあえて選び
「どんな人にも神はいる。心の中にいる神を大切にしよう」と世界中を説いてまわった。

マザーテレサって何を信じ、どういう立場で布教?してたのだろう…


537 :本当にあった怖い名無し :2005/07/24(日) 01:12:51 ID:60lL3Inu0
イエスからの伝言
「僕の宗教に入れよ、なんとかしてあげるよ〜」
 

538 :本当にあった怖い名無し :2005/07/24(日) 01:15:20 ID:60lL3Inu0
武田鉄也
「ちゃーんと布教しろこのバチカンが〜!」

539 :本当にあった怖い名無し :2005/07/24(日) 01:29:39 ID:60lL3Inu0
「・・・ダビデ君の六芒星は天下を獲る・・・!
  ・・・ダビデ六芒星はイスラエルを再興するッ・・・!」


540 :本当にあった怖い名無し:2005/07/24(日) 03:39:26 ID:g4HkPSoZ0
>>535
>その教義が必ず神の御心に適うものであるかどうかも現在では疑わしく

現在では、具体的に教義の何が疑わしいのですか?

>また、例え「偽」であっても教義にあうので「真」とされてしまう危険性があると思うのです。

「偽」という事は、悪魔からのものを意味します。
教会は、聖書にするされてるように、「実(み)」を見ます。
その私的啓示が、信者によい結果をもたらし(回心など)
またメッセージそのものが聖書に反しないのなら、それを「真」とします。
悪魔自身が人間を救いや回心に導く事はあり得ないからです。

「偽」の場合、必ずメッセージがおかしく、辻褄が合わなくなったり、
聖書に反する事を言ったり、出現を受けていると主張する人が、
傲慢になったり、教会に対して不従順になります。
(あるいは、人間による自作自演というものもあります)

つまり上記で言う、「実」が悪いものしか生み出さない状態となります。
仮に「奇跡」と称するものが起こったとしても、それは必ずしも神からと言う印にはなりません。
ですから教会は慎重に調査し、調査結果と聖霊の導きのもと司教は判断します。
ファティマの場合、調査に7年間費やされました。
最近の出現では「真」とされた聖母出現は意外と少ないです。出現があったと主張する人は多いですが。

それと聖母出現などの私的啓示というのは、いわゆる新しい教えではありません。
つまり公的啓示(聖書)で語られた事の繰り返しなのです。

541 :本当にあった怖い名無し:2005/07/24(日) 03:46:10 ID:4HT0wmO90
キリスト教になんか興味ないよ
予言に興味があるからオカ板にいるんだよ
こっちでやってくれ

心と宗教
http://life7.2ch.net/psy/

542 :本当にあった怖い名無し:2005/07/24(日) 03:52:24 ID:g4HkPSoZ0
>>535
>聖書の中でも(一度死んだ)人間が神のメッセージを(預言者に)伝えにきたことはあったでしょうか?

うーん、ここ数年、旧約聖書はほとんど読んでないので、何とも言えませんが、
(1つだけ死んだ預言者の霊が預言者に話しかけるという事は覚えていますが、それが本物の出現か、
 どうかは判断しかねます。また調べてそう言う例がありましたら、ここに記したいと思います)

新約では、(タボル山で)預言者であるキリストに、旧約の預言者であるモーゼとエリアが現れ、
彼らと話をした例はあります。(使徒達もそれを目撃)
新約の場合、キリストの12使徒の最後の使徒が死んだ時点で終了しているので、死んだ使徒らが、
出現した話は出てきませんが、死後、亡くなった使徒や聖人が出現し、神からのメッセージを
伝えるという事は、カトリックでは、当たり前の出来事です。

聖母出現もそう言った意味では、特別珍しい事ではありません。
記録されている聖母の最初の出現は、西暦365年です。(ローマに於いて)
それ以降、聖母出現は何百もありますが、それまではその出現した「地域」の信者の回心や警告、
預言あるいは神への導きが目的でしたが、150年位前の聖母出現から、世界に向けての警告や
預言、あるいはメッセージが多くなりました。日本では、秋田の聖母出現が有名です。
特に重要なのはファティマです。癒しの場として有名のは、やはりルルドでしょうね。


543 :本当にあった怖い名無し:2005/07/24(日) 03:58:42 ID:g4HkPSoZ0
>>541

予言を知ってどうするのですか?

544 :本当にあった怖い名無し:2005/07/24(日) 04:00:07 ID:LP0O6cpi0
>>543
ここで語ってどうするの?
語っても語っても、ここがオカ板だってのは変らないよ

545 :本当にあった怖い名無し:2005/07/24(日) 04:17:37 ID:g4HkPSoZ0
>>544
ま、聞かれてるから分かる範囲で答えてるだけで、
ファティマの預言を理解するには良い事だと思うよ。
預言ならカトリックには腐るほどある。
でも予言には興味なし。

546 :541:2005/07/24(日) 04:28:36 ID:4HT0wmO90
預言と予言が違うことくらいはわかってるよ
ちょっとした変換ミスに食いついてくるなよ

ここはファティマ第3の預言について語るスレであって
キリスト教(カトリック)の布教をするスレじゃない

547 :本当にあった怖い名無し:2005/07/24(日) 04:53:19 ID:g4HkPSoZ0
>>546
そうですね。ごめんなさい。ご迷惑おかけしました。

ファティマのおおまかな預言は、だいたい書きましたので、
これにて失礼させて頂きます。
(その他の膨大な資料をここで発表出来ないのは残念ですが・・・)

ここ数日間と言う短い間でしたが、皆様ありがとうございました。m(_ _)m

もし、近い将来、「ヤバイな」と思った時が来たら、せめて
(神が信じられないのなら)聖母にだけでも寄りすがって下さい。
また未信者でも身につけられる(祝別された)不思議なメダイを
普段から身につける事をお奨めします。(もし興味があればですが・・・)
(聖母の特別な御保護と悪魔からも守られるでしょう。災いの時なども
 守られると思います)

不思議なメダイは、ネット上で「無料」で配っている所もあるので、
もらって損はないと思います。カトリックは勧誘とかないので、その点安心です。
(オークションでは高額なので絶対に買わないように。
 あと聖シャーベル会のような異端の団体には近づかないようにね)
では皆様に神の祝福を!




548 :535:2005/07/24(日) 06:22:28 ID:rOY4B9sX0
>540
>現在では、具体的に教義の何が疑わしいのですか?

これについては具体的に述べることは出来ません。何故なら詳しく知らないからです。
ただ、カトリックの歴史を振り返ると、回数は知りませんが、「公会議」なるものがあったと記憶しています。
この存在により、キリストが地上におられた頃の教義とは違ったものになっている可能性があり
「疑わしい」と言っているのです。(決して「間違っている」と断定している訳ではありません)

やはりカトリックの信者の方だったのですね。
レスを拝見させてもらい、すごく勉強にはなるのですが
私が言いたいことをわかってくださっていないようです。
その証拠に「教会は〜」「教会に対して〜」等、やはりカトリック視点でファティマを
見ておられます。

特に決定的なのは
>カトリックでは、当たり前の出来事です。
ここです。
その当たり前の出来事が「真」であるかどうかを、原点に立ち返って判断すべきじゃないのか?
と、>535で述べたつもりなんですが。

それ故に西暦365年の出来事を持ち出されたところで
ファティマに関しては何の参考にもならないと申し上げるほかありません。



549 :本当にあった怖い名無し:2005/07/24(日) 07:09:10 ID:C3rEjE500
>不思議のメダイとは天国から聖母マリア様の直接の御指示によって与えられたカトリック教会の準秘蹟であり、
>それを信頼を持って身につける人が自分自身のすべてをマリア様に奉献しているというしるしです。
>1830年11月27日 愛徳姉妹会修道女カタリナ・ラブレに聖母マリア様は御出現し世界に不思議のメダイを伝える使命を託された

ttp://hushiginomedai.hp.infoseek.co.jp/hushiginomedai-1.html

う、うーむ・・・なんと言っていいのか・・・



550 :本当にあった怖い名無し:2005/07/24(日) 13:59:12 ID:cdSdoJcz0
前スレで
色々あったから、彼らが必死になってるように気がする。

551 :本当にあった怖い名無し:2005/07/24(日) 14:11:58 ID:LH4WVsNP0
どもー、ひとりで必死になって「イエスからの伝言」シリーズやってた者ですw
自分ではチェンジエアーつーかインターミッションのつもりでやってたんですが
私もそろそろおいとまします。ご愛顧ありがとうございました。

552 : :2005/07/24(日) 16:08:56 ID:ibj5UZ4D0
>>548
>やはりカトリック視点でファティマを見ておられます。

ファチマというのはカトリックの出来事なんだからカトリックの立場で見るのが普通じゃないの?
ファチマの事をプロテスタントやイスラム教なんかの立場で見ても意味がないし、むしろ語る事すらできないじゃん。

553 :本当にあった怖い名無し:2005/07/24(日) 16:22:59 ID:ibj5UZ4D0
秋田の聖母 第三のお告げ

「愛するわたしの娘よ、これからわたしの話すことをよく聞きなさい。そして、あなたの長上に告げなさい」

「前にも伝えたように、もし人々が悔い改めないなら、おん父は、全人類の上に大いなる罰を下そうとしておられます。
そのときおん父は、大洪水よりも重い、いままでにない罰を下されるに違いありません。火が天から下り、
その災いによって人類の多くの人々が死ぬでしょう。よい人も悪い人と共に、司祭も信者とともに死ぬでしょう。
生き残った人々には、死んだ人々を羨むほどの苦難があるでしょう。その時わたしたちに残る武器は、ロザリオと、
おん子の残された印だけです。毎日ロザリオの祈りを唱えてください。ロザリオの祈りをもって、司教、司祭のために祈ってください。

554 :本当にあった怖い名無し:2005/07/24(日) 16:23:53 ID:ibj5UZ4D0
悪魔の働きが、教会の中にまで入り込み、カルジナルはカルジナルに、司教は司教に対立するでしょう。わたしを敬う司祭は、
同僚から軽蔑され、攻撃されるでしょう。祭壇や教会が荒らされて、教会は妥協する者でいっぱいになり、悪魔の誘惑によって、
多くの司祭、修道者がやめるでしょう。特に悪魔は、おん父に捧げられた霊魂に働きかけております。たくさんの霊魂が
失われることがわたしの悲しみです。これ以上罪が続くなら、もはや罪のゆるしはなくなるでしょう。
勇気をもって、あなたの長上に告げてください。あなたの長上は、祈りと贖罪の業に励まねばならないことを、一人ひとりに
伝えて、熱心に祈ることを命じるでしょうから」ここでちょっとお言葉が切れたので、そっと顔を上げてみると、聖母の御像は
やはり光り輝いていて、お顔はいくらか悲しげに見えました。

それで思い切って「私の長上とはどなたでしょうか」とおたずねしたところ、いつの間にかそばに付き添っておられた天使から
たしなめられました。(べつに声を出して何か言われたわけではありませんが、“このような機会に、伺うのなら、もう少し大事な
ことがあるでしょうに”という意見を感じたのです。わたしとしては、日ごろ司教様はもちろん、目上の三人の姉妹も長上と
思っていましたから、間違いがあっては、とついお聞きしたのでした)


555 :本当にあった怖い名無し:2005/07/24(日) 16:24:26 ID:ibj5UZ4D0
けれども、御像からはすぐお声があって、
「それはあなたの会を導いている伊藤司教ですよ」
と答えながら、にっこりほほえんでくださいました。
さらにつづけて、
「まだ何か聞きたいですか。あなたに声を通して伝えるのは今日が最後ですよ。これからはあなたに遣わされている者と、
あなたの長上に従いなさい。
ロザリオの祈りをたくさん唱えてください。迫っている災難から助けることができるのは、わたしだけです。
わたしに寄りすがる者は、助けられるでしょう」とお言葉がありました。
こんどはもう緊張のあまり口がこわばってしまい、「はい」とお答えするのが精いっぱいで、ひたすらひれ伏していました。


556 : :2005/07/24(日) 19:45:50 ID:ibj5UZ4D0
>>541
ワシが代わりに答えてやろう。
まだ完全に公表されてないファチマ第三の秘密とは何か?

”カトリック教徒の信仰と生命、そしてそれゆえに全世界の人類の生命を脅かす危険についての警告である”
「1984年 教理省長官ヨゼフ・ラッティンガー枢機卿(現・ローマ教皇)の発言」

”「第三の秘密の中に含まれている事柄はすでに聖書において告知され、他の多くのマリア御出現、特に
  ファチマの御出現において繰り返し言われて来た事と一致する。回心と償いは「救い」のための
  不可欠の条件です。」”
「上記と同じラッティンガー枢機卿へのインタービューより」


”第三の秘密は「終りの時の重要性」に言及している、そして「もしそれが少なくとも今の所、
 公表されないとすれば、それは宗教的な預言を興味本位と混同する事を避けるためである」”
「上記と同じラッティンガー枢機卿へのインタービューより」


”例え私達(シスター・ルチアとヨハネ・パウロ二世の事)が、この預言の最後の部分の完全な
 実現をまだ見なかったとしても、私達はそれに向かって少しずつ大股で近づいているのです”
「ルチアの教皇ヨハネ・パウロ2世への手紙より」


”第三の秘密は、カトリック教会における広範囲の背教に関係がある”
「ファチマの研究家のA神父の言葉」

これ以上、未信者が知る事は危険だ。なぜなら知れば知るほど責任を負う事になるからだ。
単なる興味本位で預言を知った所で回心とメッセージの実行をしなければ何の意味もない。
死後、神の御前で何も言い訳出来ないだろう。「カトリックも預言も警告も何も知りませんした」とは。
いずれにせよ、この預言には人類の未来と個々の人間の永遠(天国行きか地獄良いか)がかかっている。
もう時間は少ない。

557 :本当にあった怖い名無し:2005/07/24(日) 20:03:36 ID:4HT0wmO90
>>556
一部の人間がが神の言葉を秘密にして、人類の行く末を左右しようなんて
とても傲慢なことだとは思わないか?
カトリック信者の信心だけが人類を救うなんておかしいとは思わないか?

558 :本当にあった怖い名無し:2005/07/24(日) 20:11:17 ID:rOY4B9sX0
>552
ご指摘の通り、そうなのかもしれません。
カトリックの立場で見るのが当たり前なら、全人類に対しての「救い」に説得力がないと思うのです。
カトリック信者には受け入れられても、大多数の他の宗教・宗派の方たちに受け入れられないのであれば
それこそ子供にではなく、教皇等にでも預言されれば良いこと。
カトリック内だけで留めておけばいいのです。

ファティマの真偽を問うのには、カトリック・プロテスタント・イスラム・仏教・神道などなど
そういった垣根を越えて人類全体としてみる必要があります。
しかしながら事が全人類の「救い」に関わる以上は、キリストを神と信じる必要があります。
そしてそのキリスト自身はユダヤ教徒でした。

カトリック視点で見る前に、自分の信じる神が信じていたユダヤ教(旧約聖書の内容)の視点で見て
なおかつ、キリストが残したもの(ここに各宗派の解釈などは必要ないのです)にあてはまる出来事だったのか?
と、考えたときにファティマの事が本当に神によるものだったのか疑問が湧いたわけです。


559 :本当にあった怖い名無し:2005/07/24(日) 20:23:26 ID:cdSdoJcz0
そして前スレの485を読み返してみる。

>>5 名前:テンプレだよ〜(^レ^)ノ[] 投稿日:2005/06/04(土) 18:33:38 ID:Y6ieEPUV0
485 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2005/05/18(水) 13:28:54 ID:FVcOofYt0
すみません。ファティマの第三の予言の部分はいつ公開されるのでしょうか。
既にされていたら、教えて頂けないでしょうか。

非常にマズイことに気が付いてしまった気がします。
神を完全な存在として肯定して調べていくと、
キリスト教が表でやっていること自体が既に間違いということになりそうです。

非常に単純で平易な論理で、誰にでも検証できると思いますが、
それをするとキリスト教と同じ間違いをすることになり、
これは指摘した人間がサタン的位置づけになってしまうようです

560 :本当にあった怖い名無し:2005/07/24(日) 22:30:52 ID:1aHB+qfe0
>>559
前スレのこの後の話題は非常に興味深かったな 


561 :本当にあった怖い名無し:2005/07/24(日) 23:33:22 ID:DGCnIVP30
>>560
後のIDにYHWHも出たし、奇跡かも。

562 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 00:21:31 ID:DLo9BNDt0
>>549
フォントクソデカスwwwww

563 : :2005/07/25(月) 02:26:38 ID:psu2G9b20
>557
>一部の人間がが神の言葉を秘密にして、

秘密にしているのはバチカンの一部の高位の聖職者達だ。われわれではない。

>とても傲慢なことだとは思わないか?

思わない。なぜならこれらの罰は全人類の罪の結果だから。
人類の未来を左右しているのは、ワシやあんたの日々の行い次第。
でももう手遅れだろう。

>カトリック信者の信心だけが人類を救うなんておかしいとは思わないか?

これも思わない。第一、手遅れになるものの最終的に神と聖母は勝利するが、これは、
カトリック信者の信心が影響する訳でもないし、信心が世界を救う訳でもない。
神が個人(カトリック信者)に命じている信心は、聖母への侮辱を償う事と個人の救霊
(永遠の救い)を目的にしたもので、人類を未来を左右する事を目的とはしていない。
世を救うのは、神ご自身であり我々信者ではない。
ただ神は、聖母の勝利を全世界に(特に信じていない人々のために)知らせるために、
印として、ロシアの奉献を教皇と全世界の司教団に要求されている。
これさえ実行すれば世界は劇的に変わるので、聖母の勝利を全世界は確信するだろうし、
信仰を失いつつある今のローマ・カトリックは、あたかも復活したキリストの如く息を吹き返す。
しかしながらその奉献も手遅れとなるので、教皇をはじめ、多くの神父と信者は敵の手により殺害されるだろう。

>558
>ファティマの事が本当に神によるものだったのか疑問が湧いたわけです。

具体的にどんな疑問? いずれにせよ偽であるのなら第一、第二の預言は成就しなかったでしょう。

564 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 02:48:35 ID:25p3jzm80
唐突に流れをぶった切ってしまうかもしれません、ごめんなさい。
少し前に、現在の日本のモラルが著しく下がっているか、いないか、という
論議がなされていたのを見て、遅れ馳せながら一意見を提示させていただきます。
こんな真夜中だから冗長になってしまうかもしれませんが…

例えば、今の日本ではネットをするのも携帯で出会い系するのもAV見るのも、
健全な男子なら当たり前の行動となっていますが
(風俗はさすがに半々位じゃないか、と思っているんですが)、
ちょっと前の日本では日活ポルノの存在はあっても身近なレンタルビデオ店で
AVを普通に借りるように手軽な存在ではなかったと思いますし、
ネットも携帯もありませんでした。
もちろん、そんな世の中でも不義密通はその辺に転がるほどあった事と思いますが、
それには必ず背徳感が伴っていたのではないかと思うのです。

小学生の女の子がお小遣い欲しさに援助交際とかビデオ出演とか、
そこまでいかずとも普通の女性が肌を過剰に露出したファッションを
格好いいものとして着こなす(私からすれば脱ぎこなす、ですが)文化も
当たり前に存在しています。
友達の妹から最近のマンガを借りて読んでみたら、
私も昔読んでいた普通の少女誌なのに
『実のお兄ちゃんとエッチする』描写があって本気で驚きました。

565 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 02:54:34 ID:25p3jzm80
欲望が簡単に満たされる世界では、堕落するのは簡単で、
私が少女時代に本気で心配していた「自然を失っていく地球の未来」事とか、
「宇宙への憧れ」とか、「異国の人の文化や宗教に対する畏怖の念と好奇心」とか、
そういうものに興味を見出す暇すらないと思うのです。
欲望を満たす事の方が絶対的に楽しいし、
楽しい時の時間はあっという間に経っていくし。

何が言いたいかと言うと、現在の日本が、
欲望を簡単に満たす事ができる世の中で、
そんな中に育っていく若人の行く末、頭の中、
日本の未来を私はかなり本気で心配しているという事なんです。

前に「世界と比べれば日本はマシ」とか「大昔の日本の方がよっぽどモラルがなかった」
などと書いていた方もいましたが、比べるポイントが違うような気がします。

私は現在30代前半で、学生の頃も、仕事でも、よく海外に出ていましたが、
街中で女性の半裸および性愛的な広告をここまで平気で貼っていられるのは
日本だけだと思います。
犯罪率などの話まで行かずとも、欧米では子供の目に触れない場所にしか、
そのようなものは貼っていないと思います。
日本では、電車のつり広告ですらグラビア・アイドルのきわどい写真があって落ち着きません…。

おばちゃんの一意見でこうるさいでしょう、ごめんね。

566 :FOX:2005/07/25(月) 03:09:10 ID:v3oYRe3m0
この前友達と3人で話し合って24〜から書かれてる「この世界の真相」(真理)って奴に気づいたよ。
ちょっと言っておきたい事を箇条書きに。

1.ここでも書かれてるけどマトリックス。あれヤバイね。作者絶対真相に気づいてるし。
2.世界で勃発してる宗教戦争も、人間(「神」の意識体とリンクした霊体とその器)が「向こう側」で出来ない戦争をこの3次元世界でやってるっぽい。
3.聖書の「善悪の知識の実」をアダムとエヴァに食わせた「蛇」。あれは宗教で悪魔って言われてるけど人間の味方。あれ(蛇)も神だけど。『ギルガメシュ叙事詩』では=エンキ。また、真の「土の人(人間)」を作った者。
この時、2種類の「土」を使って人は作られた(エンキとエンリルの「土」)。そのため、世界の人間の根本的精神内部はエンキ派・エンリル派に分かれている。
4.「善悪の知識の実」というのは恐らく「真理」。これを知ることによって神の領域(精神帯)(の更に上?)に入れるものだと思われる。これを食べた(知った)ため、(おそらくエンリルに)物質界(現界)に「堕とさ」れた。
5.そして諸悪の根源ヤーウェ。こいつは『ギルガメシュ叙事詩』での=エンリル。恨むべき人間の敵。「土の人(人間)」を作ったと言われているがエンキに作らせただけ。こいつは(未だに)人間が地上に増える事を嫌っている。(SEXの禁止(STOP)に繋がる)
6.地球(物質界)で死んだ魂ははsdfgbhなkk

真理について友達との3人での話し合いで書いた3・4枚の紙うpしたいんだけどうpってどうやるの?

567 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 03:34:11 ID:KaYOoXSo0
>>563
> 秘密にしているのはバチカンの一部の高位の聖職者達だ。われわれではない。
じゃあ、あなたたちはバチカンとは無関係の組織・団体なのですね。いったい何者?

> なぜならこれらの罰は全人類の罪の結果だから。
無知なんで教えてほしいんだが、全人類の罪って具体的には何?
宗教が人類の罪のことを言い出す前から人類は存在してたはずだけど、
その人たちにも罪はあるの?

> これも思わない。第一、手遅れになるものの最終的に神と聖母は勝利するが、
聖母は人間じゃなかった?神と同列に語って神は怒ったりしないの?

> ただ神は、聖母の勝利を全世界に(特に信じていない人々のために)知らせるために、
> 印として、ロシアの奉献を教皇と全世界の司教団に要求されている。
> これさえ実行すれば世界は劇的に変わるので、聖母の勝利を全世界は確信するだろうし、
> 信仰を失いつつある今のローマ・カトリックは、あたかも復活したキリストの如く息を吹き返す。
劇的に変わるって、どういうこと?
カトリックが息を吹き返して、世界の政治を操るようになるんだったら、変わってほしくないな。

ファティマの預言がキリスト教と切り離せないとしても、
信者の決め付けたレスはうっとうしいな。
ID:g4HkPSoZ0とID:ibj5UZ4D0とID:psu2G9b20は同一人物なのか?

568 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 03:43:57 ID:KaYOoXSo0
>>566
手書きの紙ならスキャンするなりして画像ファイルにするか、メモ帳とかでテキストファイルにする。
んで、zipとかで固めてからうpローダにうpする。こことか。
ttp://www.uploda.org/

569 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 03:46:51 ID:hpey32el0
>>565
AV産業とかぱちんこ賭博、闇金を駆逐すればいいのでは?
芸能界とかテレビの世界も乱れきっています。
ああ全部朝鮮系ですね。orz 韓流ブームとか気持ち悪いです。
韓国ドラマって兄妹のラブシーンばっかりでキモイです。
日本の国土を侵略して日本国民を拉致されて
日本の地下鉄にサリンまかれてテロまでされてる
異常反日敵国の俳優に高額のギャラ支払ってるんですから
モラルもなにもあったもんじゃないですよね、酷いもんです。

570 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 03:58:40 ID:D561LSqG0
>>565
おばちゃんと歳が近い世代だが。
大昔の日本の方がモラルがなかったんじゃないの。
大昔はそういうモラルだったの。織田信長と森蘭丸とか、坊さんと稚児の話とか。
男が男と、男が女とやってどっちか好きかで生き方を選ぶという習慣もあった。
そういうのが普通だったの。
ご存知のように昔は婚姻の年齢も低かった。今じゃそれはロリコンといわれる年齢だし。
婚姻時の年齢の差も現在より大きかった。それが当たり前だったんだよ。
尤も当時の平均寿命とかそういうことも考慮して考えなきゃいけないのは当たり前だが。

おばちゃんがどこで(;´Д`)ハァハァしても(;´Д`)ドキドキしてもいいんだが。
そういう文化だったんだよ。
キリスト教的文化が流入してから流れが変わったことは覚えていて欲しい。

571 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 04:13:49 ID:hpey32el0
( ´O)η ファ〜

572 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 04:17:18 ID:N++tpQ760
>564
どこに住んでるか知らんが、出会い系やるのが普通っておかしくないか?
それだったらまだ風俗の方が気安いと思うけど

それに、AVを普通に借りるような手軽な存在ではなかったってのは、微妙。
男子中高生だったら、親のAVダビングしたり、誰かがビデオ屋突撃して借りてきたのを
ダビングしたものを、クラスで回すってのは前からあるでしょ。

573 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 05:51:08 ID:kt+ajSVrO
まあ、今だったらパソコンがあれば、首切りだのスカトロだの、年齢を問わず誰でも探せば見れてしまう時代だからね…これは恐ろしい事だ

574 :FOX:2005/07/25(月) 06:10:19 ID:v3oYRe3m0
ttp://www.uploda.org/
ここに件名「世界」でうpしときました。
1枚目は友達と話し始めだったから関係無い事も書かれてるかも。
6・7枚目は神話とかを切り貼りして繋げた想像。たぶんこんなカンジ。
7枚目に書いてなかったけど、地球自体がエンキ(ルシファー=蛇)の精神(意識体)なのかも。

575 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 06:14:49 ID:f5FI6o+3O
オカルト板、初めて来てみたんですが
やはり『ムー』は皆さんのバイブルですかw?

576 :FOX:2005/07/25(月) 06:17:18 ID:v3oYRe3m0
>>575
最近ムーつまんないから買ってないよ…
読んでも立ち読みで済ます程度

577 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 06:22:01 ID:kt+ajSVrO
>>574
マトリックスの件についてもっと詳しく!

578 :FOX:2005/07/25(月) 06:35:27 ID:v3oYRe3m0
>>574
ごめんなさい…2日間一睡もしてないんでちょっと寝ます。
起きてバンド練習行って帰ってきたらその事についても書きます…。

579 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 06:56:42 ID:nq740kJo0
恐れた所で何かなるか?それよりもしっかり見つめる事だ。
そして性的禁欲の根本思想をもしっかりと見つめる事だ。
その時代にはその時代の道徳がある。それを見ずに
今の時代の自分が持っている道徳で過去を断じるのは愚か。

日本は脱亜入欧する事で西洋文明・文化を取り入れ迎合する様になった。
西欧の禁欲的道徳の視点から今の日本を見て憂うのは愚かだ。
性的禁欲であるのが高度の道で性的表現をするのが低次の欲求だという
考えが、性的な事を辱め、性に纏わる罪悪感の原因になっている。

またセックスが子供を生む為だけの形骸化した物なら、もう必要が無い。
試験管の中で化学的要素を合体させる事もできるのだから、推し進めれば良い。

>>FOX
どうしても、人間的で嫉妬深い神々が戦いを繰り広げてしまう図が何とも…。
世界地図の部分、個人的に有と無の位置が逆に感じるが…。あと次元の図、
あれは認識とか知覚であって木みたいになってる訳じゃないと思うんだけど。
物事が重なって展開しているそれをそれぞれの次元の相でみているというか。

580 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 07:33:43 ID:P7OvQQYz0
サグラダファミリア教会の正面にある3つの柱の立ち上がり部分は
左右の2本は大きな亀、中央は玉をくわえた蛇か竜のようなものなんだってさ
朝日新聞の日曜版にこ、のことをかいた記事があったよ
ガウディはカトリック建築家だけど蛇と亀

581 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 08:21:16 ID:I2kIoCgF0
>563
言いたい事はすべて言ったので私からはこれをもって最後にさせていただきます。

>ファティマの事が本当に神によるものだったのか疑問が湧いたわけです。
>具体的にどんな疑問? いずれにせよ偽であるのなら第一、第二の預言は成就しなかったでしょう。

具体的にと申されましてもそのままなんですが。
神によるものだったのか? Yes or No  です。
預言が成就することは、つまり未来が見えている存在がある、ということだと思います。
「未来が見える」事に限れば、真偽はわかりませんが予言者や死んだ人間の霊体
幽体離脱した人間、または科学技術が遥かに進んでいる存在など、可能性があるわけです。
これらのものにちょっとした奇跡を演出できるだけの力があれば
ファティマの事も可能なのではないでしょうか。

関係ないのですけど、最近気がついたことがありまして
確か聖書では、偽キリスト・偽預言者の出現も予言されてたと思います。
彼らが出現したとき、もし仮にカトリック教会が真であると認めた場合
その信者の方たちはどうするのでしょう。
ファティマの件でも大体察しがつきますが、教会の判断・教義だけを鵜呑みにしてしまうばかりでなく
自分自身の中で答えを導き出す事も大切だと思いますよ。

カトリックの信仰の対象は「教会」などでは決してありませんしね。

582 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 10:38:40 ID:uCges2LZO
>>579
言葉遣いは弁論調だけど、それは詭弁にすぎないね。
机上の空論とも言う。
自分の目で世界を回って色々見た上で改めて
新宿渋谷池袋に行ってみな。
いつかおまえさんが娘でも持ったら考え方も変わるだろう。
持てるかどうかはしらんがね。

583 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 14:31:38 ID:LYcZ+J0a0
オカルト板でカトリックの教義や道徳を語った所で、
それを受け入れたいと思う人間は、ほとんどおるまい。
と言うのもただ単に預言を知りたいという興味本意だけで来てるからだ。
つまりセンセーショナルな刺激が欲しいだけ。
特にカトリックの道徳は欲望まみれの現代人にとって我慢ならないものだろう。

しかしながらファチマはカトリックの教義や道徳と深く関連してる訳で、
それらは預言からも切っても切り離せない。
それと神を批判したり罵ったりしても意味もない。
むしろそうした一言一言が将来の裁きの対象になるだけで個々にとっては何の得もない。

もうジタバタするのは止めよう。ここに来ている連中はまだ若いだろうから、
預言の実現を見るだろ。信じたい奴は自分で今からそれに対して準備をすればいい。
時は迫っているが、まだ準備する時間はあるだろう。
信じたくない奴は信じなければいいだけ。難しい事は何も無い。
神に不満を漏らす必要性もない。信じないという事は彼らにとって預言は実現しない事を意味するからだ。
そんな預言は実現しない!と確信しているのならあえて神に文句を言う必要もあるまい。
どんな時代も、そうノアの時代もキリストが地上にいた時代も信じない奴はいつでもいた訳で、
それはそれでその人の自由なんだから好きにすればいい。誰もその自由は奪わないし奪えもしない。

答えは簡単。なぜなら選択肢はたった二つしかないからだ。
神からのメッセージや預言を足蹴にしそれを価値無きものとして踏み潰すか、
神からのメッセージや預言を素直に受け入れて神に従う生活をするかのどちらかしかない。

584 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 16:24:04 ID:KaYOoXSo0
信じるも信じないも、預言の内容が隠されてるんだが。

585 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 17:15:23 ID:jjyEmVPl0
ドイツのヒーデにおいてのキリストの出現とメッセージ(預言)の抜粋

人類は、人々の罪の償いを勧める為に私がファティマに遣わした我が母の言葉に従わなかった。
私は、この終わりが迫った今、今度は私自身が人々に忠告を与える為に来た。
罪に対する償いをし、罪から全く離れ、祈りなさい。特にロザリオの祈りをたびたび繰り返しなさい。
私は、ごく近くに来ている。地は振動し人々は、恐怖に震えるだろう。

それは、審判の縮図さながら言語に絶するものになるだろう。私に希望をかける人々には、
私は援助と聖寵と愛を与えよう。しかし聖寵の状態に無い者にとっては、表現のすべも無いものであろう。
正義の天使は、もはや全地に配置されている。

人々は、私の呼びかけに耳をかそうとはしなかった。彼らは耳を閉じ、私の恵みに抵抗し、
私の慈悲も愛も功徳も断った。
彼らは、それらの為に盲目になり苦悶している。人々は、心を憎しみと欲望でいっぱいにしている。
これらは、全てサタンの業である。・・・私は、自分を人々に知らせよう。

全ての人は、私を神として認めるであろう。世界は、ノアの時より悪化している。
これらの人々は、滅ぼされるにふさわしい。厳粛な時は備えられている。
起ころうとしている出来事は、かつて世界が始まってから誰も見た事の無い驚愕に満ちたものであろう。
聖母と天使は、執り成すであろう。

のちに私は、小数の選ばれた人々を持って私の王国を建てよう。
この国は、突如として人が考えるより早く起こされるだろう。


586 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 17:45:15 ID:flI5bppD0
奴隷になった人間は、他人まで奴隷の身に引きずり落とさなきゃ気がすまなくなるんだって。
そうすることで自らの正当化を図るのだとか。

        クルッ       ______________
       ∧_∧    /
      (`・ω・´)彡< バカトリック、おまいらの勧誘のことだよ!
   Σm9っ   つ   \______________
       人  Y
      し (_)


587 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 18:01:49 ID:Kl940WYK0
悪魔は誘惑するために存在するのではなく、悪魔は人を試すために使わされた高位の天使。
神の峻厳の配下にあり、峻厳の秤により人を試す。

見える者、判る者、知る者は真の姿のみを見るので、いわゆる堕落にも誘惑にも感化されない。
見えない者、気付かぬふりをする者、知らぬふりをする者は、容易に感化される。

ヨブがなぜ最後まで神の御心にかなう精神を失わずに済んだのか?

それは見えていたからであり、子、家族の受難をなぜ見過ごす事ができたのかといえば、
人というものの魂の真の形が見えていたからである。

仏がなぜ蓮華の座にあるのか。
仏は人間の意識の総体であり、個であり、全である。
その姿は擬人化されたものであるが、
その実体は蓮華の座のほうにある。

一人一人は個であり、そして世界の全てが我である。
その真相の形は、蓮華の花によって暗示されている。
花びらの一枚一枚が個人個人の魂であり、それが総体となって一個の花となる。
表面の見える部分では各々別々に見えながら、根元の部分によって一となる。

子、家族というものに対する認識、個々に見える物全て我であり、
形としての我を奪われても、真理としての我は残る。



588 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 18:04:19 ID:Kl940WYK0
世界の形に気づいた者、あなたには、恐らく天使の啓示が示されるだろう。
その時、語られるべきだという使命をも同時に与えられるかもしれない。
しかし、その重さに口をつぐんでも、かの者たちはあなたを責めはしない。
この混沌の中で、変わらぬ日々を送ることを許すだろう。
その時、人が人である事を怖れても、卑下してもいけない。
高次に上がろうとする者、しない者、すべて神の元に等しい。
その事を忘れてはならない。
個々に分かれた魂には、それそれ役割がふられ、それは計画によって機能している。
ただ、それに過ぎないのだから。

もし、真に語るべき者なのだとしたら、全てはその為に整えられる。
汝が思い、汝が感じたとおりに動くべきである。
人の口をして語られる事、文字の形をして訪れるもの、
啓示であるのか、試練の偽りであるのか、
それを見抜くのは、真の魂。
魂の根を見つめ、そしてその全体から目を逸らすことのなきように。



589 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 21:47:05 ID:nq740kJo0
>>582
なるほど、現実を目の前にした時の感情は言葉にも優るという事ね。
苦は本物だと考えれば苦しいからねえ。親の道徳から子が離れ逸脱していくと
親は恐れ否定する。否定すればそれは制御の利かない感情や考えに操られる事になる。
否定すればするほど変わらないその感情や考えが大きくなっていく。

だが変わらない物など無いんだよ。変わらない普遍的な価値観などはない。
それが真に生きているなら変わって行くはずだ。変わらない価値観は死んだ価値観。
変わらない物は単なる幻想。あると思っていた幻想に捕らわれているだけなんだ。

その苦を見つめる事だ。そうすればそれを見抜く事になる。それを受け入れる事だ。
そうすれば幻想に操られる事もなくなる。あるがままを見つめるのだ。そうすれば
声高に叫ぶ道徳がありもしない幻想だという事が分かる。それに囚われて躍起になっても
愚かな事。幻想が消え真の姿が見えれば、ありのままの物は変わって行く物だと分かる。
そして受け入れれば、そこには喜びが加えられる、相手にも喜びが与えられる。
そうすれば幻想も本当に楽しめる。そんな物に苦しめられる事もなくなる。

590 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 22:12:22 ID:4Rpd+hcG0
>>588
あまりにも思うところがあるのですが…。これは何かからの引用でしょうか。
もしよろしければ、ソースを教えて頂けないでしょうか。

591 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 23:21:38 ID:L995Y90b0
>悪魔は人を試すために使わされた高位の天使。

これこれデタラメを書くでない。

>あなたには、恐らく天使の啓示が示されるだろう。

( ゜д゜)ハア?

>高次に上がろうとする者、しない者、すべて神の元に等しい。

( ゜д゜)ハア? ( ゜д゜)ハア? ( ゜д゜)ハア?

592 :FOX:2005/07/25(月) 23:23:43 ID:v3oYRe3m0
バンド練習行くつもりが今まで寝てました…うはwダメ人間w

昨日の「マトリックスとの関連性について」をキボンヌしてくれた方、今昨日の書き込み見てったら昨日うpした画像を見てもらえば大体言いたい事(真理とマトリックスについての関連性)、
解ってもらえるハズだと気づきました。(でも昨日うpした紙も大分書き飛ばした所・書かなかった所などありますが…)見といてください。よろしく。

それと、「前スレ<<485」さん、なんか電波扱いされてるみたいですけどこの人多分近いですよ。「真理」ってやつに。
書き込みも全知識を注がずに「あえて」書かなかった部分(多く)あると思いますし。

それと
>>前スレ485の投稿コピペ:2005/06/04(土) 20:34:35 ID:GPICFDDY0
493 :本当にあった怖い名無し :2005/05/18(水) 23:38:14 ID:FVcOofYt0
で、下は単なる想像ですが、
・黙示録は日本が関係しているのではないでしょうか。666も…。
・ただ、666はキリスト教の敵であって、我々の敵ではない。

想像と書いてありますがコレも((ほぼ))恐らく)正解だと思われます。というか正解(?)。666の「獣」は日本から出ます。「赤い竜」はアメリカかメキシコから出ます。赤い竜は生き物では無いです。

…一日だけの書き込みでしたが、今日でここに来るのを止めます。では。…(ROMは気が向いたらするかもしれません。それと何か異変が起きた時。)


        クルッ       ______________
       ∧_∧    /
      (`・ω・´)彡< ps.(多分)7年間以内に俺をFOXって名前でTVとか本とかで見るかもしれないけど、その時は応援よろしくね!!
   Σm9っ   つ   \______________
       人  Y
      し (_)                                                   ('Α`)ヨロシクネ   

さよなら。

593 :FOX:2005/07/25(月) 23:24:39 ID:v3oYRe3m0
>>591 消えろキリストの狗

594 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 23:31:41 ID:A2ONl05T0
どうでもいいんだけどさ・・・
バチカンが何度見てもバカチンに見えるんだよね・・・

595 :FOX:2005/07/25(月) 23:31:47 ID:v3oYRe3m0
>>591 そういう疑心が人を真実から遠ざける要因になるんだよ!!!!!!

596 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 23:35:09 ID:D561LSqG0
>>594
このバカチンがっ!
魔、お約束だからな。

597 :本当にあった怖い名無し:2005/07/25(月) 23:44:24 ID:kt+ajSVrO
マトリックス見れば誰にでも、隠されたメッセージ?見れるのかな?また見ようとおもてるんだが全くファティマとかキリスト教とかに知識ないけど

598 :FOX:2005/07/26(火) 00:11:14 ID:Bq7YeCvi0
…やはりもう少しここに居ようと思います。

>>597 マトリックスを見た後からメッセージに気づくよりも、「隠されたメッセージ(真理)」そのものに気が付いてから見た方が良いかと思われます。
あれ(マトリックス)は、「真理を知らない者にメッセージを送っている」と言うよりは「真理を知っている者に『作者啓示受けたなコレ』と苦笑させるため」に
作られたという感じです。

599 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 00:25:56 ID:/JON/Ygd0
常に真実は隠されている。
隠されているもの、それがオカルトの意味。
玉石混淆。

600 :485:2005/07/26(火) 00:45:26 ID:YiCiPtnv0
>>598
ここは、全く同意です。
それから、ある意味、トリニティの視点で書かれた作品が日本に存在していることがわかりました。
FOXさんがそれがわかっても、そのものズバリはここに書かないで欲しいです。ヤバ過ぎるので。

601 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 00:56:43 ID:LcGfpSHP0
え?初めの485の人?

602 :485:2005/07/26(火) 01:02:15 ID:YiCiPtnv0
>>601
そうです。前スレの485です。思うところがあって書き込みを控えていました。
今回はFOXさんに伝えたいことがあったので書き込みました。

603 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 01:05:22 ID:Vdgzt9my0
       ゃ    こ
    じ             の

 ん                   ス

な         ぁ   っ         レ
       ぁ         !
                       は
      ぁ      !  !
                      あ
      ぁ
                    あ
         ぁ       あ
             ぁ




604 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 01:06:52 ID:QUM0ZiSh0
ちまりカトリックのみが正しくて他はうんこって事でFA?

605 :485:2005/07/26(火) 01:08:43 ID:YiCiPtnv0
>>604
個人的にはキリスト教がほとんどアウト。他所のがマシだと思います。

606 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 01:10:05 ID:wWe7xEvqO
真相知ってる人いるみたいですね
おしえてもらえませんか?
ヒントでもいいので

607 :FOX:2005/07/26(火) 01:19:12 ID:Bq7YeCvi0
>>579
 >>どうしても、人間的で嫉妬深い神々が戦いを繰り広げてしまう図が何とも…。
人間は神(世界)を構成している云わば【元素】なので、「神と呼ばれる存在」も当然人間のような精神構造をした者達です。争い憎み妬みます。
1神1神自体は不完全で脆弱です。ですが、その無数に存在する「神」が集まると… この世・あの世を含めた全世界になります。
>>587さんの蓮華の話もこれと繋がります。

>>世界地図の部分、個人的に有と無の位置が逆に感じるが…。

世界地図に「無」を書きましたが、そこは「神(精神体)すら行けない世界」です。 我々人間(肉体に入れられた精神)、神(精神)共にあの世界には行けません。
「精神界(神界)」までは「そこに存在する事」が許されますが、更に向こう、「無の海」には誰も(神であろうと)、どうやっても辿り着けません。
そこは云わば「有」と言う名の島が真ん中に浮いた果てしなく続く海、といった所です。
だから、総ての世界を覆うように無の世界が存在する、と書きました。

608 :FOX:2005/07/26(火) 01:20:40 ID:Bq7YeCvi0

>>あと次元の図、 あれは認識とか知覚であって木みたいになってる訳じゃないと思うんだけど。
物事が重なって展開しているそれをそれぞれの次元の相でみているというか。

認識・知覚含め総て精神、「この世界という神の作り出した物語」
「セフィロトの木」が在るように…植物の姿は世界の真理を体現しています。
枝分かれした葉達は我々の精神・我々の肉体の住むこの現世を(個々の精神・あるいは各々の1から始まる次元)、師管・導管は我々一人一人を繋ぐ・世界を一つの意識共同体とする為の繋がり(「時の海」)を表し、

…そしてその根底にはその植物世界を「支配/制御」する、中枢・根が張り巡らされています。これが「この世界」では精神の世界(神の領域)になっています。
そして、その向こう側。「土」。これが無ければ養分が取れません。「植物と言う世界」は崩壊します。
そしてこの「土」が、我々の世界を内包している「無の世界」なのです。無の世界を覆う囲いが崩壊した時、精神界・現界・時界含め総ての物は無に飲み込まれ、無くなります。
おそらくヒンドゥー教の終末論、宇宙の終末とはこの事でしょう。

そして新たに土(無の世界)に種(世界)が蒔かれ、また世界が作り上げられていくのです。総てのものは無の中に存在します。
そして我々植物を形成する葉(精神)たちは、繋がって一つになっています。

故に我々は1つです。


609 :588:2005/07/26(火) 01:33:03 ID:Mg848ljd0
>590
ソースも何もありません。
たた、それが私にもたらされたものだったからです。

最初、語るべき者として啓示を受けたのですが、
その見せられた幾多の情景はあまりに悲惨で、凄惨で、
子供の私には精神が堪えられなかった。
私はただ口をつぐみ、自分の中でその啓示の意味を検証していく事はしましたが。

啓示がもたらされるまえ、私はある書物でその真理に気づいてしまった。
その真理への疑問に対する答えとして、その啓示はもたらされました。

たぶん、世界の形は、ウパニシャドやゾクチェンの方が真理に近い。
カトリックは真理を覆い隠し、教義の中に潜在させている。

私が少女の時に見たものが、すべて少女期の妄想であったらよいとおもうので、
これは妄想という事にしておきましょう。
つまらない書き込みでスレ汚ししてスミマセン。

610 :485:2005/07/26(火) 01:39:41 ID:YiCiPtnv0
>>609
お返事、ありがとうございます。予想したとおりでした。
ところでグノーシスについて研究されたことはありますか?

611 :FOX:2005/07/26(火) 01:46:10 ID:Bq7YeCvi0
キリスト教含め1神教は己(自分自身という神)を信仰するナルシズム教。救われない。
真に救われるのは日本のような八百万の神を信仰する多神教。これは八百万の神=「この世界総て」を表している。
「この世界総て」を受け入れられない、ナルシズムによって成り立っている「自身信仰」のキリスト教含めた1神教は神に愛されるはずも無い。
本末転倒。「神」に嫌われる。

612 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 01:50:19 ID:Mg848ljd0
>610
見たものを検証していく課程で、与えられた膨大な本のなかには、
もちろんグノーシスやカバラについての書物もたくさんありました。
私は元来が仏教徒なので、ウパニシャッドやら、原始仏教やらの方が判りやすく、
わたしの見た銀河系レベルの壮大な蓮華の花の意味が端的に示されていたので、
自然とそっちがメインになってしまいました。



613 :485:2005/07/26(火) 01:51:44 ID:YiCiPtnv0
>>611
一神教も表現方法を間違えなければ問題ないと思いますけどね。
「故に我々は1つです。」の部分と同じで。

614 :FOX:2005/07/26(火) 01:54:50 ID:Bq7YeCvi0
>>485さん
・・・ですね。
 

615 :485:2005/07/26(火) 01:56:13 ID:YiCiPtnv0
>>612
なるほど、経路は違っていても結論は同じところに辿りつくみたいです。

616 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 02:01:58 ID:etsHbYHNO
ヤバすぎる、助けてくれ
スレの流れ止めるようで申し訳ないがわかってしまった。
今心臓バクバクいってる。どうすればいい?



617 :579:2005/07/26(火) 02:21:16 ID:orgnxWud0
私は個人的に以下のように表れてる物がより尖鋭化した物だと考えています。
存在>目的>意志>思考>時>物質
私の想像では丸が存在で尖った先が物質。それが腸壁のように無数に細かく無限に表れている物と考えました。(図→)○ゝ
勿論、物質界は海に浮かぶ小島のような形で表れている。(海は無の海の例え)
彼方の絵は丁度、私が横から描いた物を真上から俯瞰して見た図のような物かもしれません。(俯瞰の図→)◎
地に生えた木を真上から見るような…。話を聞いて、私の考える所と似通っているのではと思いました。

>>588,485
隠さず語ってくれ、信じない物は妄想で片付けるだけだから。勿体振ってる姿は何とも不可解だ。

618 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 02:31:23 ID:V/l/PHCg0
もう完全にニューエイジの世界やね。
まさに異端の巣窟。
しょうがないか・・・オカルト板だし。

619 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 02:36:21 ID:/JON/Ygd0
異端・・・
当然だろうなぁ。
進む方向間違えるなよ。

620 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 02:40:20 ID:orgnxWud0
>>618
ふーん、こういうのをニューエイジっていうんだ。具体的にはどういう定義なの?

>>619
進む方向間違えるとどうなる危険性が?

621 :588:2005/07/26(火) 02:45:26 ID:Mg848ljd0
>485
あまりオカ板を見ない私がこのスレにたどり着き、あなたのレスを見ているのも偶然ではないのかもしれません。

わたしの見た啓示の一つだけ、たぶん世界の混乱と結びついていると思われるものをカキコして置きます。

その場所は、西洋の、古い町並みの残る大きな通り。
祭りの日のようで、様々な国の着飾った人々に埋め尽くされた通りを、
馬や牛に先導され、トラックが進んでいく。
トラックの荷台には、十字架に掛けられたキリストが居り、
人々は彼に向かって、汚物や卵を投げつけ、あざ笑っている。
その場に居た私は、彼を庇うように立ちはだかるも、
同様の嘲りを受ける。




622 :588:2005/07/26(火) 02:52:57 ID:Mg848ljd0
>617
「理解」は、必要であれば必ず与えられるでしょう。

そして来る事。
それは大いなる選別ともいえるし、人智では想像できない形での救済ともいえます。
地上を行き巡る死の天使が、地上にある魂の器を拾い集め、天の宮殿に保管していきます。
10年ほど前までなら、まだ人の手に選択の鍵が託されていた。
しかし、その鍵は取り上げられ、猶予の時間は過ぎ、今はそのための準備の期間といえるでしょう。

世界の形に気づいてしまったのだから、その事は怖れるに足らぬはずなのに、
守るものを持ってしまった私には、その時を乗り越える自信がありません。
おそらく、罪に見えぬものが罪である。その罪によって、私は怖れているのだろうと思います。

誠に、抽象的でスミマセン。
私は、私の元を訪れた謎解きの教師ともいえる存在に、語る者たるか、人の中に居続けるかと選択を迫られ、
結局、語る者になりませんでしたので、これ以上の事を語る事はできません。



623 :FOX:2005/07/26(火) 02:53:04 ID:Bq7YeCvi0
>>616 まあ落ち着いて。俺も最初そうだったから。俺と一緒に話しあった2人の友達も1週間は「俺殺されるんじゃないのか」
と思ってたから。あ、俺も含めて。 (早くて)4・5日でその心臓バクバクすんのは落ち着くよ。
今じゃ俺も友達も落ち着いて高校で休み時間バカな話できるようになったし。

624 :588:2005/07/26(火) 02:56:24 ID:Mg848ljd0
>619
そうです。異端であり、妄想であるのです。
そして、ネブカドネザル王の宮廷においては、その語る者たちは竈の中にくべられた。
真実を告げるという事は、そういう事です。


485さんにメッセージを残したいだけなのに、長々とカキコして申し訳ありません。
すれ違い、お許しください。

625 :485:2005/07/26(火) 03:02:00 ID:YiCiPtnv0
>>621
カキコありがとうございます。私もこの件がなければ、この板は見ていませんでした。
やはり、すべては成るべくして成っている気がします。

>>622
>「理解」は、必要であれば必ず与えられるでしょう。
同感です。

>>623
ところで>>600で書いた「日本の作品」はわかりました?
思い当たるものがあれば、すぐわかると思うのですが。

626 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 03:08:00 ID:Z0muyqwe0
>>625
横レスすいません「日本の作品」って映画ですか? 小説だったらお手上げ

627 :485:2005/07/26(火) 03:11:58 ID:YiCiPtnv0
>>626
映画にもなっていますし、知らない人は日本にほとんどいないと思います。

628 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 03:28:56 ID:XingELB10
俺は真理と言うものは、人の身では理解出来ないもので、
理解した者は、既に人とは呼べない存在(別にネガティブな意味じゃなく)になるものと思ってたよ。

629 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 03:33:39 ID:orgnxWud0
でFOXさん、貴方が私にした返信に対する返信が>>617なんですが
それについてどう思われますか?

>>588,>>485
「理解は必要であれば必ず与えられる」か…ヒント、プリーズ。
答えは既に述べられているのか?前スレでも読めば理解できるのか?
そしてその理解とはこの先の行く末についての事なんですか?救済とやらが。

630 :FOX:2005/07/26(火) 03:36:45 ID:Bq7YeCvi0
>>579さん
  >>私は個人的に以下のように表れてる物がより尖鋭化した物だと考えています。
   存在>目的>意志>思考>時>物質
当初の話し合いではそのように分類していました。ですが、解りやすくするためにあえて意思/目的/思考をまとめ、精神という言葉にひとくくりにしました。


631 :FOX:2005/07/26(火) 03:40:53 ID:Bq7YeCvi0
>>619異端・・・当然だろうなぁ。
進む方向間違えるなよ。
>>588さん >619そうです。異端であり、妄想であるのです。

588さんの言うとおり、妄想です。しかし、妄想と言う物は精神世界に影響を及ぼします。
「アークは精神増幅機だ」と書いていた本があります。(ソース:=世界不思議大全。)
その本によると、1人が「死者が生き返る」と信じても死者は生き返らないが、アークを前に大勢の者が「生き返る」と信じれば(祈れば)、生き返るという説があった…ということでした。
これは世界が1人1人の精神が繋がってできており、多数の者が「そうだ」と信じ込めば、精神世界から精神世界に影響を受けている現世(物質世界)の理を曲げれると言う事に繋がります。

この世界は、我々一人一人がそう「望んだ」形に出来ているのです。
よって、この「真理」に到達した者が大勢居るとこの世界が混沌と化す。だからそれ(真理)を語ろうとする者は弾圧される。

それと精神界からの支配繋がりで一つ。画像にて前述しました様に、ソロモンが使役した「魔神」の召還や、クロウリーの召還術などは精神世界に影響を与える紋章によって精神世界の上位存在…をこの世にこの世の姿をとらせて出現させるものです。
例えばバルバトス。この魔神の能力は「宝物の在り処を術師に教える」ですが、(今手元に本が無いのでうろ覚えですが…)これは何故このバルバトスと言う上位精神体が宝の在り処を知っているのか、というと、
精神の世界に住むこのバルバトスはこの現世がどのように構成されているか、を知っているのです。

例えて言うなら、私達が漫画の中のキャラだとします。私達は2次元であり、その物語の進行は読者である3次元人の手に委ねられています。
私達2次元人は先のページに何があるのかはわかりません。しかし、何らかの形で3次元人の読者に先のページ、これから起こるであろう事物を教えてもらえれば…(これが「預言」です。)

その他にも、「金銀財宝を与える魔神。」(ザガン等)これは漫画では私達キャラがコマの中にいるとして、そこに3次元人がペンで金銀財宝を描く様な行為なのです。
この世界は「精神界」に支配されています。そして我々の一部も精神界にいて、この世界を支配しているのです。

632 :FOX:2005/07/26(火) 03:50:50 ID:Bq7YeCvi0
>>485さん
>>623
ところで>>600で書いた「日本の作品」はわかりました?
思い当たるものがあれば、すぐわかると思うのですが。

思いあたる、というよりも日本の映画が頭の中に浮かんできません…(浮かんでくるのは洋画ばかり…)
ヒントを下さい。

今日はそろそろ寝ます。

633 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 04:00:32 ID:orgnxWud0
>>630
なるほど、すると私の認識は貴方とそう違わないという事ですかね?

>>631
大勢が確信すれば現世が容易に変えられてしまうから見通しが立たなくなるので
それを危惧してるという事ですか?
つまり皆が一体だという事?それって危惧する事かな…。前からそうだと思うんだけど。
で、一体何を恐れているのですかと私は疑問に思うのですが?

634 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 04:02:21 ID:4RoZaiKeO
マトリックスと似た世界があるのは、鈴木光司のループじゃないですか?
あれも現実が実は仮想で…っていう話
ループは関係ないですかねー?

635 :485:2005/07/26(火) 04:12:39 ID:YiCiPtnv0
>>632
映画というより、映画にもなったアニメです。
全然トリニティらしくないですが、意識すればそれだとわかると思うんですけどね。
FOXさんが思いつかなければ、単に私の気にしすぎかもしれません。


636 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 04:25:46 ID:Vdgzt9my0
さて、またしても破壊神のオレがきましたよ

637 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 04:28:07 ID:orgnxWud0
>>635
攻殻とかか?

638 :FOX:2005/07/26(火) 04:35:02 ID:Bq7YeCvi0
眠れないのできました。

>>635  …!!エヴァですか…?

639 :FOX:2005/07/26(火) 04:40:15 ID:Bq7YeCvi0

>>631
大勢が確信すれば現世が容易に変えられてしまうから見通しが立たなくなるので
それを危惧してるという事ですか?
つまり皆が一体だという事?それって危惧する事かな…。前からそうだと思うんだけど。
で、一体何を恐れているのですかと私は疑問に思うのですが?

真理を知って確信する事によって世界が変わります。ただ「俺たちは1体だ」と思うのではまだ精神界に干渉するほどの影響力はもっていません。

>>635 もしエヴァだとすると…トリニティ=エヴァ機体…ですか?ですよね?
で、ネオがシンジ…?かな?

640 :485:2005/07/26(火) 04:41:19 ID:YiCiPtnv0
>>638
あー、そう言えば、そんなものもありましたね。
元型の一つの表れではあると思いますが、あれはちょっと…。

641 :485:2005/07/26(火) 04:43:48 ID:YiCiPtnv0
シンジは庵野だし、ゲンドウは宮崎だし、あれは忘れましょう。

642 :FOX:2005/07/26(火) 04:44:00 ID:Bq7YeCvi0
今スレ読み直して気づいたんだけど…もしかしてこの世界で生きている事自体が罪なのか…?

あれ…眠くなってきた

643 :485:2005/07/26(火) 05:00:15 ID:YiCiPtnv0
正解は書きません。ヒントだけを書いて私はスレから消えます。
気が付けば、トリニティとネオの関係と同じことがわかります。
奇跡の発動、無力さと超人化、美化された恋人、偽りの姿の意味がわかったら「それ」です。

スレ汚しすみません。では。

644 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 05:40:38 ID:V/l/PHCg0
ドイツのヒーデにおいてのキリストの出現とメッセージ(預言)の抜粋

人類は、人々の罪の償いを勧める為に私がファティマに遣わした我が母の言葉に従わなかった。
私は、この終わりが迫った今、今度は私自身が人々に忠告を与える為に来た。
罪に対する償いをし、罪から全く離れ、祈りなさい。特にロザリオの祈りをたびたび繰り返しなさい。
私は、ごく近くに来ている。地は振動し人々は、恐怖に震えるだろう。

それは、審判の縮図さながら言語に絶するものになるだろう。私に希望をかける人々には、
私は援助と聖寵と愛を与えよう。しかし聖寵の状態に無い者にとっては、表現のすべも無いものであろう。
正義の天使は、もはや全地に配置されている。

人々は、私の呼びかけに耳をかそうとはしなかった。彼らは耳を閉じ、私の恵みに抵抗し、
私の慈悲も愛も功徳も断った。
彼らは、それらの為に盲目になり苦悶している。人々は、心を憎しみと欲望でいっぱいにしている。
これらは、全てサタンの業である。・・・私は、自分を人々に知らせよう。

全ての人は、私を神として認めるであろう。世界は、ノアの時より悪化している。
これらの人々は、滅ぼされるにふさわしい。厳粛な時は備えられている。
起ころうとしている出来事は、かつて世界が始まってから誰も見た事の無い驚愕に満ちたものであろう。
聖母と天使は、執り成すであろう。

のちに私は、小数の選ばれた人々を持って私の王国を建てよう。
この国は、突如として人が考えるより早く起こされるだろう。




645 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 06:28:40 ID:CZJSRQao0
千と千尋のなんたらかんたら

646 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 06:29:41 ID:CZJSRQao0
じゃねーよなやっぱ

647 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 07:18:15 ID:ISX/wIIr0
俺も攻殻に1票

それにしても、なんで答えを出し惜しみすっかなー?
それくらい自分で考えろっつーこと?
答えから出発して理解に至る奴もいるかもしれんのにな。

答えをズバリ書いても、ワカンネー奴にはワカンネーんだから、
意味深に隠す必要はないと思わん?

648 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 07:19:29 ID:LZtp8c3r0
俺はナウシカかと思ったが映画にもなったアニメってわけでは無いからな 漫画ではあったが


649 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 07:23:43 ID:LZtp8c3r0
>>627に「知らない人は日本にほとんどいないと思います。」ってあるから
攻殻ではないんじゃないか?

それにしても何の映画か気になるね

650 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 07:43:00 ID:ISX/wIIr0
知らない人がいないんなら、「ナウシカ」有力だな
救世主=蟲で、トリニティー=ナウシカかぁ
けど、あのアニメはなぁ………………原作はいいけどさ……

いや、やっぱ、救世主(全てを知る者)=素子、トリニティー=バトーでw
(アニメのナウシカは好かんのだ、俺は)

651 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 08:06:52 ID:CZJSRQao0
落ち着いてここのところのレスを読み返してみた。
無学な自分にはサッパリ良くわからなかった。
ただこれだけは感じる。「危険な香りが漂っている。」
真相を知りたい反面、知ってしまったら正気を保っていられない感じもする。

彼らが気がついてしまった事には、まださらに奥がある気がしてならない。
言ってみれば「奥義」だ。「悟り」と言うべきものなのかもしれない。

特に588さん、書かれていることがもし本当のことだったら
「預言者」なのかもしれない。
あとノストラダムスが予言を残すのに、何故意味不明な4行詩という形を取ったのか
理解できたような気がする。

>648
あそっか、んじゃ「千と〜」も違うやーね。

652 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 08:30:27 ID:ISX/wIIr0
誰かを「預言者」とか、自分より「力のある者」と思うのは、
それこそ『マズイ方向』なんじゃねーの?
新興宗教の始まりみてーで、好きじゃないなあ、こういう展開

なんだろな…
「知ってる者」ってゆーか、「知ってると称する者」に対する羨望、嫉妬か?

けどさ、俺らは誰もが対等な関係のはず…そうだろ?前スレの485さんよ

653 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 10:14:44 ID:RBJaLGHJ0
>>631
結局最終的に求めるのは、神ではなく悪魔ですか・・・。
カルト、悪魔、ニューエイジ、昔流行ったチャネリングとか、
結局、神とも聖とも天とも逆の方向の深〜い穴にハマってしまう
実に危険な道、そして導きにしか感じませんね。
そしていつか本当に悪魔の声を聞き、幻影を見て、自分は超越者、
真理の理解者なんだと錯覚して最終的には悪魔と共に自滅するんでしょう。
オカルト好きなんなんだから別にイイじゃんと言われればそれまでですが。

>>652
なぜ麻原などペテン教祖に多くの人が騙され、
今なお彼を信奉し崇めているのか理解出来なかったけれど、
わかるような気がした。

654 :588:2005/07/26(火) 11:14:48 ID:9rDiFXZh0
人という具現の形、具象化された物に真の啓示はありません。
真の悟り、真の叡智から最も近く、そして高き者、
それは聖職者でも求道者でもありません。

日々を粛々と受け入れ、心の中の神の目に誠実であり、
日々の糧と自然の恵みと平穏とに素直に感謝して生きる、
真面目な農夫であり、労働者たち。
彼らこそが、実は最も真理に近い生活をしているのです。

人よりも高みに至るための近道を探るような人々には、真の叡智、理解は決して与えられない。

全が我、我が全である事を知れば、
この世の全ての命すなわち自分の命と知覚できる。
その魂で世の中を見ると、弱者をいたわり、補助する事は善行でもなんでもなく、
朝顔を洗ったり、歯を磨いたりなどの自分の身繕いをする程度の事でしかなく、
ゆえに、見ない事もできない、手をさしのべない訳にはいかない、
そういう物に見えてしまうのです。


655 :588:2005/07/26(火) 11:18:35 ID:9rDiFXZh0
心を澄まし、見えて来るもの。
むしろ、求めれば消え、
日常の勤めに精錬して真理についてなど忘れ果てた時に、
理解は突然やってくるものだと思います。

書を開いても、人の言葉を聞いても、それは個に与えられた真の神の言葉ではないからです。

また、ここに書かれた私のこれまでの書き込みについても、それを信じてはなりません。
世の終末に告げられるあまたの神の声とするもの、宗教、思想は、
それ自体が選別の鍵であり、慢心と傲慢と弱さを持つ者をふるい落とすもの。

叡智は澄んだ魂の中にある。
全ての人、全ての魂の中にあり、顕在としての悟りとなるか、
潜在として意識下に留まったままになるのかは、
魂の前にいかほどの誠実を保つかに掛かっています。




656 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 11:48:49 ID:jMNER/t00
神やら魂やら叡智やら…荘厳な言葉の大安売りだな、オイw
「選別」って…いったい『誰』が俺らを『ふるい落とす』のよ?
まー、俺も含めて、
他者に優劣つけてる間は「全然ダメ、落第」なんだろうけどさーwww

657 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 12:00:29 ID:ZdEl3+FsO
電波はスルー汁
相手にすると、電波カキコが投下されるよ。

658 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 12:25:21 ID:y5AWz7+10
  
電波、妄想多すぎ。

659 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 12:31:58 ID:y5AWz7+10
昨夜、

ルシフェリアン神父 ◆r80Xe0Ql1E

と言う、サタン崇拝者が、

別ハンで熱心にここに書き込みをしてたようだ。

闇の力の崇拝者に騙されないように。



660 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 12:35:19 ID:4RoZaiKeO
電波と片づければ簡単だよ。
…て俺は釣られてるのかもな(笑)
俺は鈴木光司のループって小説じゃないかと思ってるんだけど違う?
リングって映画の続きなんだけど。マトリックスに近い

661 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 12:43:06 ID:JUV1Ih1X0
>>652
知らない方が幸せってこともあるだろ。
知っているもの同士が情報交換すればいい場合もある。

662 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 12:47:51 ID:PuAI59gD0
>>649
知らない人がいないのって、ドラえもんぐらい?

663 :FOX:2005/07/26(火) 12:49:21 ID:Bq7YeCvi0
>>631
結局最終的に求めるのは、神ではなく悪魔ですか・・・。
カルト、悪魔、ニューエイジ、昔流行ったチャネリングとか、
結局、神とも聖とも天とも逆の方向の深〜い穴にハマってしまう
実に危険な道、そして導きにしか感じませんね。
そしていつか本当に悪魔の声を聞き、幻影を見て、自分は超越者、
真理の理解者なんだと錯覚して最終的には悪魔と共に自滅するんでしょう。
オカルト好きなんなんだから別にイイじゃんと言われればそれまでですが。

何を考えてるのか知りませんが、もしかして「悪魔」って名前だから「悪」だとでも思ってますか?
悪魔=(も)神の1部ですよ?それにもしキリスト教「天使」が人間にとっての「善」側だと思ってるのなら書いておきます。
キリスト教での天使ってのは我々の敵です。我々がもと居た場所に帰ろうとするのを邪魔するそれこそ「悪魔」です。
キリスト教・我々一般が使う「悪魔」は我々がもと居た場所に上がろうとするのを手助けしてくれる存在です。


そして俺は自滅なんてものはしません。特にこの世界(オカルト)中心に生きている訳ではないですし。
というより俺にとってオカルトは生活の1部分にしか過ぎません。
ちゃんと周りは見えています。盲目なんぞになりやせん。



ちなみに俺は宗教と云う物はそれ自体嫌いです。虫唾が走る。
盲目な信者どもがムカつくっていうか目障りなんですよね。なんか。


>>657 そういう態度が人を真実から遠ざけるって何度言ったらわかるんだよ糞虫が!!!!
電波だの何だの言って楽しいか?あ?「自分はこいつらと違ってマトモ」とか思いてえだけだろ。
そんで苦笑して楽しみてえんだろ。だったらやめろ。不愉快だ。

『自分との「違い」を受け入れられない』…てめえもしかしてA型か?


664 :FOX:2005/07/26(火) 12:51:15 ID:Bq7YeCvi0
>>658 お前帰れないから。

665 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 12:55:05 ID:XlogmE8d0
そういう「認識」。
それ自体がその手の連中が死に物狂いで仕掛けてきたもの。
そういう可能性もある。
そういった事も疑ってみないといけない。
つらつら読んでみて、正直な感想を言えば、あまり感心は出来ない。

666 :FOX:2005/07/26(火) 12:55:49 ID:Bq7YeCvi0
>>659 俺だってか?あ?ちげーよ

667 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 12:56:18 ID:ZoiuSjs0O
フォースと共にあれ。

668 :FOX:2005/07/26(火) 12:56:51 ID:Bq7YeCvi0
>>665 おお…それもあるかも。

669 :FOX:2005/07/26(火) 12:59:33 ID:Bq7YeCvi0
俺釣られすぎ

670 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 13:00:22 ID:7tm/8ZcE0
>>667
キリスト教は暗黒面に堕ちた。2000年前、選ばれし者のはずが

671 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 13:04:35 ID:y5AWz7+10
>>666 相応しい数字かもしれん。
>俺だってか?
でも、書いてる事はまるっきり同じ。

672 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 13:05:34 ID:y5AWz7+10
>>670
それは、一理あるが全部ではない。

673 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 13:06:54 ID:jMNER/t00
>>661
2chは情報交換する場なんで、
知らない方が幸せな奴ならば、ここには近づかんでしょw

たとえ電波なカキコであろうとも、
有益な情報が含まれてる可能性はあるわけで…

秘密は隠せば隠すほど知りたくなるもんなんだよな
このスレに来た時点で、
俺らは『何者か』にしっかり釣られちゃってるのw

674 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 13:08:12 ID:UUfnQ7S+0
日本のアニメわかっちゃった。
なんであの馬鹿アニメが大ヒットして社会現象になったのかわからんかったが、聖母の祝福かも知れんな。


675 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 13:13:07 ID:y5AWz7+10
>>672
つまり
「竜の尾は、天の星の三分の一を掃き寄せて、地上に投げつけた。そして、竜は子を産もうとしている女の前に立ちはだかり、産んだら、その子を食べてしまおうとしていた」
この三分の一こそ、闇の勢力と手を組んだ高位聖職者。
そしてそれはバチカンにいる。
バチカン内の三分の一の聖職者は、故意に、そして意識的に
神を裏切るだろう。

676 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 13:13:45 ID:jMNER/t00
>>674
大ヒット馬鹿アニメ?
マジわからん
教えてけろ

677 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 13:14:59 ID:gREUP7kx0
天使の裁きというよりお仕置きか。

678 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 13:15:24 ID:qIpnTP3e0
588さん、
>地上を行き巡る死の天使が、地上にある魂の器を拾い集め、
天の宮殿に保管していきます。

地上にある魂の器とは、人間の肉体という事ですか?
前スレで485さんは、日本は選ばれた国(だったかな?)的な
発言されていたと思いますが、少子化がそれと関係しているんですか?

>10年ほど前までなら、まだ人の手に選択の鍵が託されていた。
しかし、その鍵は取り上げられ、猶予の時間は過ぎ、今はそのための準備の期間といえるでしょう。

鍵とは一体どういうものだったんでしょう?
十年前までならあって、今はもう無いもの・・・。
そしてそれを無くした現在の、そのための準備期間とは、
何の準備をしていると言うのですか?
ニュースを見てるとこの頃はすっかり、世界は
気象的にも治安的にも狂いだして来てますよね。
これは準備の一環なのですか?

679 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 13:49:38 ID:VWGARvA10
なあ始まりからROMてたんだが
つまり日本人は特別な人種でキリスト教は邪教てこと?

680 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 13:50:25 ID:jMNER/t00
微笑女戦士セーラーフーン
          @ノノハ@
         /( ´_ゝ`)ヽ
.       ='ア\ ヽ__/`〉フ\
      //´\`ー  // \ \
     // |  _〈ノ'~´`/ヽ \ .\
     / l ヽーヾノ !/´゙、フ   \. \
     | { `ー`!、_ノ丿 ハ     \ ヽ
     \\   |  l ̄ i´`ー、    ヽ )
      `ー''´ |  /|.  |       //
          /ヽ/ ヽ '、     //
          !::::/  \:::\   //
.          |:::/    \::ヽ i´
         |:::l      \:ヽ
         |::::〉.      ヾ::ヽ
         レ        }:::!〉
                  ー'´
アニメってこれ?これなのか、485よ…orz

681 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 13:51:37 ID:pkpkpZeF0
>>607〜 ・・・やばいだろコレ。FOXっていうヤシはっきり書きすぎ。殺されんなよ。

>>678
588さん、
>地上を行き巡る死の天使が、地上にある魂の器を拾い集め、
天の宮殿に保管していきます。
>地上にある魂の器とは、人間の肉体という事ですか?
前スレで485さんは、日本は選ばれた国(だったかな?)的な
発言されていたと思いますが、少子化がそれと関係しているんですか?

FOXって奴のうpした画像見てみろ。それについてわかる。てかわかり過ぎ。

>>660
そのとおり。例えば啓示を受けた奴がいたとする。そいつは回りにその教えを説いて回る。
・・・当然、啓示を受けていない俗物共は「妄想だ」と言うだろう。
「真理に辿り着いた」ものがいたとする。それを説いて回ったとする。でも、俗物はそれを電波だと一蹴する。
真理は闇の中。こういう世の中だからいつまでたっても全員が真理に行けない。

>>665
でも、あまり疑いすぎてもよくねーと思うよ。
疑ってる限り真実に辿り着けない。

>>663
>>657 そういう態度が人を真実から遠ざけるって何度言ったらわかるんだよ糞虫が!!!!
電波だの何だの言って楽しいか?あ?「自分はこいつらと違ってマトモ」とか思いてえだけだろ。
そんで苦笑して楽しみてえんだろ。だったらやめろ。不愉快だ。
『自分との「違い」を受け入れられない』…てめえもしかしてA型か?
釣られ過ぎ。てか火みたいなやつだな。

>>671 ・・・今気付いた。FOXって6・6・6じゃん・・・。

682 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 13:55:53 ID:3eQ2FdHX0
いや、殺されたりはしないと思う。
むしろこれを推奨する為にくだんのマトリックスだの、ダビンチコードだのが登場した。
こういう風に考えてもらいたい、ってのに見事辿り着いた訳です。
仕掛け人達の努力は見事に実り(?)ました。
ところでどちらもキリスト教圏発の話なんですよね。

683 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 14:03:57 ID:Lja0wFe70
なんか書こうとしたがエラーが出た。NGらしい。
ただ、人間がいなくても神と呼ばれる存在はそれはそれとして存在します。
事実、人間の世界は何度かやりなおしをしているので。

684 :679:2005/07/26(火) 14:07:21 ID:VWGARvA10
聞いてる?

685 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 14:11:33 ID:y5AWz7+10
>>679
その逆。

686 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 14:13:05 ID:3eQ2FdHX0
人種としては特別では無い。場は特別だ。
しかし、生まれ育ったというだけである種の違いはある。
キリスト教については、邪教と断言するには語弊があるかもしれないが、
成立過程でおかしなものが入りこんだのは事実。
キリスト教徒達の熱心な信仰ぶりと、イエスの説いた福音を実地で運用するか、
という点については、神学者がおかしな見解を出している。
精神としては尊重すべきだが、現実的では無いのであくまで目標とする、とか。
要するに信じてはいないのだが、「信じていないという事では俺達が困る」という珍解釈。
キリスト教というのはこのようにしてある。
邪心が入っている事は他の宗教同様であるね。度合いとしては酷いかもしれない。

687 :679:2005/07/26(火) 14:13:42 ID:VWGARvA10
てきとうゆってない?

688 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 14:14:58 ID:Lja0wFe70
>>687
それは自分で考える事だな。
自分で調べ、自分で検討し、自分で模索した上で無いと、
どのような説を取るべきなのかわかる筈も無い。
頑張ってみよう。


689 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 14:17:26 ID:ZoiuSjs0O
黒歴史の扉を開くのはいつ頃だ?

690 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 14:25:25 ID:LZtp8c3r0
>>683
>>事実、人間の世界は何度かやりなおしをしているので。

これってどういうこと?もしよろしければ詳しく教えてくれませんか?

691 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 14:30:37 ID:y5AWz7+10
>>687
現実問題として、カトリックの高位聖職者の中の多くが、
神を裏切っている者が多いと言う事だ。
あるカトリックの団体(修道会ではないが、前教皇が
深く傾倒していた)がバチカンを牛耳っていて、これはユダヤと
多いに関係ある。

この団体の影響威力は、1960年代以降、すさまじいものになり、
教皇すら逆らえない状態。
この団体は、カトリックの伝統、ミサ、典礼、教義をことごとく破壊し、
2000年にはファチマも攻撃し、これを完全に亡きものにした。
今後カトリックは、益々堕落するだろうし、他の宗教とも一致を計るだろう。

仏教、イスラム教、ヒンズー教、キリスト教各教派など、すべての宗教を
一つにし、完全にカトリックを崩壊させる事が、この団体の狙い。
エルサレムに神殿を建てる計画もある。
しかしながら天は、これらの裏切り者達を排除し、天においても地においても、
神はマリアと共に勝利する。(ファチマのメッセージを実現すれば)

ヨハネの黙示録の12章には、未来を読み解くヒントがある。



692 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 14:34:32 ID:Lja0wFe70
人間社会がおかしくなり過ぎて人間や神々の成長の為の場として機能できなくなった、
これ以上この状態を続けると魂のレベルでの劣化を大規模に招く事になる。
そう判断された場合、取り返しがつかなくなる前にチャラに戻す。
そういう事を幾度かやってきている。
洪水伝説とかはその名残。

693 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 14:37:08 ID:Ytd7JAG20
>>691さんは、なんでそんな内部事情を知ってるのですか?

694 :679:2005/07/26(火) 14:44:40 ID:VWGARvA10
>>686さんありがとうございました

695 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 14:48:26 ID:LZtp8c3r0
>>692
ようするに人類全体が何度か滅んでいるということですか?


696 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 14:53:13 ID:vDvgk4Yb0
今の時代は人類の種類で言うと、第5根人種から第6根人種の過渡期。
その前の第4か第3根人種がいわゆるアトランティス・レムリアの時代。
我々の眉間に目の名残があるのは遠い過去の遺伝子の記憶の残りかす。

697 :679:2005/07/26(火) 14:57:19 ID:VWGARvA10
てことは本当に三つ目の人類はいたんですね!?

698 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 15:03:45 ID:vDvgk4Yb0
三つ目か、眉間に一つ目かは知らない。

699 :679:2005/07/26(火) 15:08:32 ID:VWGARvA10
眉間に一つ目だったのかもしれないんだ!?
とにかく眉間に目があったんですね・・・
なるほど
でもこのスレに書いてある事ショッキングですよね・・・
母ちゃんもこうゆうの好きなんですが
キリスト教のところ話せそうにありません・・・
でも自分も実際そうだと思います

700 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 15:09:21 ID:UKGTAVAs0
>>680
マトリックスとの共通点ってある?

701 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 15:09:44 ID:OZboPlRVO
FOXさんとか、485さんとか他の解ってる人でもいいんで質問です。
真理には『干渉者』或いは『観察者』の存在が関わってきますか?

702 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 15:12:08 ID:y5AWz7+10
>>693
典礼やファティマの研究とかしているとそう言う情報も入ってくるよ。
(海外では、いわゆる暴露本も出ているし)
たとえば、「ミサ」1つとっても、今のミサと40年前のミサは、まるで別物で、
今のミサはプロテスタントの礼拝式と何ら変わらない。
あるルーテルの牧師は、カトリックのミサを見て、「ああ、これなら私の教会でも使える」と言ったほど。
今のミサは、事実上なんの価値もないと言われている。(まー、完全にそう言いきる事も出来ないが)

ここ http://www.asyura.com/2002/bd17/msg/720.html
にある「1〜34の指令」を見ると良いよ。
カトリック教会では、ほぼ全てが実現してしまっている。
完全に世俗化されてしまった。

あと「悪魔に魅入られた男」 も 読んでみると言いよ。
http://www.asyura.com/2002/bd17/msg/719.html

彼らの世界統一宗教という最終目的を考えれば、ラテン語だとかミサだとか秘跡だとか邪魔なんですよ。
だから改悪しなければならない。(改革ではなく改悪です)
前教皇がカトリック教会の過去の過ちを謝罪し回ったのも、ユダヤの会堂に行ったのも
世界中の宗教者を集めて平和に熱心だったのもそうした事の下準備です。

ちなみに前教皇と現教皇を教皇の座に押し上げたのは、この団体。
彼らは、教会法も変えてしまったので、メーソンに入会しても破門では
無くなったし、教皇より国務長官の方が権威を握っています。
事実上、教皇はこの団体の傀儡であり、国務長官が全てを動かしています。
この国務長官もある意味傀儡ですが、この団体の会員だとも噂されています。
これらについて書いたら本が1冊出来てしまうので、この辺で止めておきます。
後は、ファチマや黙示録を研究し、熱心に祈り求めるしかないでしょう。
世界が驚くほどの教会の変貌ぶりを見ても、最後には神と聖母が勝利される。
ほんの小さな群れしか神に忠実ではないけれど、教会が新にされるまでの
辛抱です。

703 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 15:16:17 ID:vDvgk4Yb0
宗教が無ければ基準が無くなって、
価値観も倫理観も無くなって無法地帯のようになるか、
自分の生き方を自分で決めることが出来なくなってしまう、という危険もあるからね。
日本は宗教が無い変わりに、「みんなが周りでしている事を私もやる」が基準。

704 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 15:17:10 ID:ZdEl3+FsO
電波ばっかり

705 :693:2005/07/26(火) 15:22:02 ID:Ytd7JAG20
>>702
ありがとうございます。

706 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 15:39:52 ID:XFdmJYMC0
>>700
スマン、知らんのだ。
>677が「お仕置き」ってゆーから、これかな、と。

707 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 15:47:29 ID:uj0gfZwl0
このスレには数名、真理を知った人達が居るようですが、
知ったそれをどうして行くつもりなんですか?
ここを手始めに、人類に話していくの?
それとも胸の内に留めておいて、
あなた達の言う「その時」が来たら、それを乗り越える
イメージトレーニングするとか・・・?
悪口言ってるつもりじゃないですよ、
真理を知った!というあなた達は、どうする存在なのかと思ったんです。


708 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 16:09:59 ID:ZdEl3+FsO
粛々として受け入れ、消えるべきものなら、消えてしまう。
知っている事は特権ではない。
ただ、心の準備に多少時間をかけられるだけ。

709 :FOX:2005/07/26(火) 16:38:54 ID:Bq7YeCvi0
>>701 滅茶苦茶関係してます。その干渉者・観察者こそが「神」です。

>>681 今は殺されませんよ。多分。

>>707 ここを手始めに話していきます。(しかしまだ私の真理論は不完全です。)
    ですが、ここ1・2日で大分真理に近づくヒントを得られました。
   今はまだ真理論を完全な物にする為の成長過程ですので、>>651さんの言うようにこれからもっと深く真理について考えたいと思います。 

>>704 釣られねーぞボケ

710 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 16:39:34 ID:ZoiuSjs0O
今の種運命を見ていると、先の団体を討ったあと
別の組織が先の団体に代わって裏から圧力を掛けるような事に
なるんではないかと感じているんだが。

まったく、この世は奇奇怪怪だな。

711 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 16:40:01 ID:UKGTAVAs0
>>709
680って当たってるの?

712 :679:2005/07/26(火) 16:43:22 ID:VWGARvA10
深海に基地があるんじゃないか?
宇宙にいけて重力にやGに耐えれるのに
なんで水圧に負けるんだ?
どこかの一部でその技術が完成されていて
深海になにかあるんじゃないのかな

713 :FOX:2005/07/26(火) 16:49:27 ID:Bq7YeCvi0
>>711 わかりません…485さんに聞かないと…
    でもよく考えるとセラムンも…っぽいですね…

714 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 16:53:13 ID:6Sn5/lhx0
FOXさん、メモをもう1回UPしてくれませんか?
間に合わなかった


715 :FOX:2005/07/26(火) 17:14:56 ID:Bq7YeCvi0
>>714 UPしました。どうぞ。

716 :FOX:2005/07/26(火) 17:15:30 ID:Bq7YeCvi0
>>714 UPしました。どうぞ。

(件名は前と同じで「世界」です。)

717 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 17:18:49 ID:hba2FtVyO
FOXさん、携帯からなので検索が利きません。
もう一度アドレスを載せてください(>_<)
お願いします!

718 :717:2005/07/26(火) 17:30:49 ID:KSTIxP2o0
FOXさん、いっそいで近所の友人宅へ行きPCから繋ぎましたので
うぷされたの見れました!さっきは動転してて失礼しました!

719 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 17:36:23 ID:4RoZaiKeO
ところで、今の話題とファティマの第三の予言は関係あるの?

720 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 17:39:23 ID:UKGTAVAs0
>>719
神の意志、魂の救済という点では関係ありそう。

721 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 18:06:35 ID:Y9NniyqC0


              ./| ̄ ̄ ̄|
               |  |      |
               |  |      |
    ______|_|      |______
 ....../| ⊂ヽ__     ∧_∧  _,, -'つ|
  .|  |   ゙ー-- 二二 ̄(  ´Д`)二-- '' ~  .|
  .|  |_______゙ヽ    /._____|
  .|/______/| i    /______/
            |  | |   .i
            |  | /    |   |\________
            |  | i   , .|  /
            |  | |  |  | .| …あぁ... もれは 渇くう。 。
            |  | .|  .| .|  .\     すべて完了しますたぁ
            |  | |  i .ノ     \____________
            |  | / イ/..|
            |  | | // |
            |  | | .|/......|
            |  |( i  .|
       .____|  |i し   |__
     |\.      |  |し'    |   \
     |  \   .\.|_____|     \
     |   \              .\
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ((( ))) ア〜メン
                          ( lll  u )Σ
                         ⊂   ヽ
                          > _ ノ
                          (__ノし'


722 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 18:16:47 ID:6Sn5/lhx0
>>716
ありがとうございます!
夜にじっくり読みたいと思います

723 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 18:23:12 ID:fOzAj+cMO
久々に覗いてみたら、子供が騒いでるなw

知ってる者同士の情報交換?馬鹿いうなw
ごく一部の妄想の連鎖だろーがよ
説得力なんて、よく出来たオチにすぎねーから
真理が存在するなら、産まれたての赤ん坊にも例外じゃない
だから産まれたての子供がしゃべったりするんだよ。
まあそれも物語にすぎないけどね

上のほうに誰かも書いたように、知ってる知らないで何かを
切り分ける真理なんてない。そういうことをする物語には何も「無い」

カルトなら俺の話も耳に入らないだろう
でも言い残すなら
「無の海」なんてどこにでもある。すぐそばにある。よく食べてるし吸い込んでるよ

追加〜俺も実は日本生まれの某カルトに関係してたことがある
ここの話は大本神道系の派生カルトと仏教系の派生カルトに似ているね

面白がって聞けるレベルを越えたら駄目だよw
真理なんて言い始めたら、終りだな

724 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 18:31:20 ID:UKGTAVAs0
>>723
馬鹿はお前だろ。
彼等が知ってる者かどうかは知らんが、
それを真理だといって他の者に広めたりしていないのは正しい態度。
妄想かもしれないという自覚もあるからあまり言わないようにし、
わかる者だけで検証作業をしているんだろ。お前より彼等の方が冷静で慎重だと思うね。
wなんて書いている時点で、お前の人間性の低さが出ているだけだ。

725 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 18:32:53 ID:LZtp8c3r0
>>723
まぁまぁ 落ち着け
ここはオカ板だぞ 電波と妄想厨が多いのは分かってるだろ?


726 :FOX:2005/07/26(火) 18:39:01 ID:Bq7YeCvi0
>>723 「無の海」なんてどこにでもある。すぐそばにある。よく食べてるし吸い込んでるよ

何この自己完結

727 :FOX:2005/07/26(火) 18:43:07 ID:Bq7YeCvi0
>>723 電波だと言うならこのスレに書き込むな寄り付くな
    貴様みたいなのが邪魔者なんだよ

728 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 18:46:43 ID:fOzAj+cMO
>>724
ここを手始めに話していく、といってるが?

>>725
だね…俺も見てたりするしw

729 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 18:50:49 ID:UKGTAVAs0
>>728
お前のレスには何の価値もない。お前はここを荒らしているだけ。

730 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 18:56:50 ID:jRKv/Iqy0
『神様は沢山居る。
一番強いと噂の神様が「ユニ」と言う名前だったので一人だけと錯覚してた。
どの神様もそれぞれの欲望に忠実だと他の者を傷つけるので程々に信用するのがより良い選択だった。

しかし誤解を利用して混乱させて儲けようとする人たちにとって この事は極秘事項だった。

意外な所から明らかになってしまいそうだ。明らかにしたら殺しますよ?』

…と言う事が言いたいのかなぁ?



731 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 18:57:34 ID:fOzAj+cMO
>>727
異論は書き込むなってか?
なんか…ちょっと残念
あなたがあなた自身の体で導き出した答えなら、
もっといろんな葛藤と否定を経て、強固なもののはずだよ
そうだろ?

732 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 19:23:29 ID:OZboPlRVO
>FOX
干渉者=現在キリスト教の神ですよね?そんでコレがキリスト教の大罪。
自分はそう捕えたんですが、違うのでしょうか?
本当の『神』が私達自身または、その先にいるものなら、
キリスト教は『干渉者』を神にしてる気がします。

733 :FOX:2005/07/26(火) 19:31:24 ID:Bq7YeCvi0
>>731
俺が信じる信じないじゃなく、他人が俺の論を理解する枷(電波と言う言葉による先入観)になるから電波だのと言うのはやめろと言いたかっただけだ。
第一「電波」ってのは異論でもなんでもない。馬鹿にしているだけだ。
異論があるなら書いてもらいたい。
当然「電波」と言い切れると言う事は「真実を知っている」から、ということになるしな。
書け。書かないならこのままここから消えろ。

それにこの論は俺の自力だけで導き出したものじゃない。
前述したように俺と友達含め3人で導きだした答えだ。(当然俺も含めオカルトにどっぷりとはまっているわけではない常識人達だ)
論の否定もあった。
今のこの論に至るまで、3・4の論が上がったがどれも「少しの矛盾」に気づいてそのまま放棄した。
俺自身のこの真理案に対する思いは強固だ。

俺はここの住人にこの「真理への鍵」を与えたくてやってきたんであって、
オカルトごっこ、ガキのままごと、マスターベーションをする為ではない。
ガキが妄想を垂れ流して馴れ合いをするのと一緒にしてもらっては困る。
俺はまだ「鍵」があるだけで真理の扉には挿せない。扉も不完全。
俺は鍵をまだ手に入れていない者に与えるとともに、このスレッドで他の意見を聞き、
不完全な「扉」を完全にしたい。
だから、異論はしてもらってもかまわない。
でも、「電波」と言う言葉でかたずけられるのは気に食わない。
殺したくなるからやめてくれ。

それと。
真理(不完全でも)に「気づいた者」は心臓の鼓動が明らかに早くなるのを感じるはずだから。(一時的)
それと昂揚感。

734 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 19:32:34 ID:uj0gfZwl0
真理を得た人たちの言う、「その時」には何が起きそうなんですか?
予想付いてる人はいます?
588さんは十年前なら選択する鍵があったと言ってましたが、
今は「その時」の準備期間になっていると言ってます。
FOXさんのノート書きには、666が現れて戦争になるとありましたが、
それがあなた達の言っている「その時」なの?

735 :FOX:2005/07/26(火) 19:34:03 ID:Bq7YeCvi0
>>732  そういうことに(も)なります。

736 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 19:35:32 ID:LQuT8Un10
色々とあ〜でもないこ〜でもないと考えるよりも、
海や山に行ってきて遊んで来たりするのをお薦めいたします。
そちらの方が健康的でもありますよ。

737 :FOX:2005/07/26(火) 19:35:44 ID:Bq7YeCvi0
>>734 あれは友達に準備について説明をしていた物です。消し忘れました。
    あれは関係無いです。すみません。

738 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 19:42:27 ID:OZboPlRVO
>FOX
干渉者=『神』(意識の総体)という関係は他の世界(次元・階層)で
成立してるので、そういうことに(も)なるということでしょうか?
私達の世界では偽の神に過ぎないが彼らの世界では『神』である。

また、一つお願いが有るのですが、携帯からでもFOXさんのメモを
見られるようにしてもらえませんか?

739 :FOX:2005/07/26(火) 19:51:46 ID:Bq7YeCvi0
>>738 携帯からだと文字小さすぎて見えないと思います…

740 :FOX:2005/07/26(火) 19:57:22 ID:Bq7YeCvi0
>>736 明日か明後日は晴れたら友達とクワガタ捕まえに行ってその後廃墟巡りするつもりです。

741 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 20:07:26 ID:OZboPlRVO
>FOX
そですか。
あと前半部に対してコメントが無いのは俺の考えがずれてるってことですか?

742 :FOX:2005/07/26(火) 20:28:22 ID:Bq7YeCvi0
>>741 いえ、あっています。ただ、その「偽の神」も私達の世界でも確かに神です。
    「人間を物質界に閉じ込める神」です。

    そして、前に書かれていましたが「死の天使が魂を回収しにくる」。これは、神の片割れである人間の霊を
    精神界に持っていき、精神界を人間の霊で埋め尽くし、世界を終わらせようとしているのです。
    (これは想像ですが、ここのところの少子化等は恐らくそれが関与しています。)
    しかし、魂を回収されるのはいい方なのです。
    死の天使というのはグノーシス主義で言う所の(救済者=キリスト教での悪魔)です。
    物質界から魂が逃げ出さないように「宇宙」で見張っているアルコーン(キリスト教での天使)がその救済者を邪魔します。が、
    死の天使(救済者)の力が強まっている今、終末は確実にきます。
    
    例によって植物で例えると、葉(3次元)の中の養分(人一人の霊)が師管・道管(邪魔する天使)を逆流して根(精神世界)に
    帰る事…です。そして終末には養分が総て根に集まり、葉という世界が枯れ果てる。何も無くなる。
    
    

743 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 20:51:02 ID:OZboPlRVO
>FOX
自分が考える世界像を絵にしたのですがいかがでしょう?

744 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 20:51:36 ID:OZboPlRVO
>FOX
http://l.pic.to/2ego0
張り忘れました

745 :FOX:2005/07/26(火) 20:59:08 ID:Bq7YeCvi0
>>744  見ました。見ましたが…小さいです…。
    

746 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 21:07:18 ID:OZboPlRVO
携帯からなのですみませんm(_ _)m
今パソコン使えないんです…。


あと世界は七つの世界から成り立ってる(某ゲームの設定の元ネタ)って何の神話か誰かわかりますか?

747 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 21:11:09 ID:Ytd7JAG20
>>742
> そして、前に書かれていましたが「死の天使が魂を回収しにくる」。> これは、神の片割れである人間の霊を 精神界に持っていき、
> 精神界を人間の霊で埋め尽くし、世界を終わらせようとしているのです。
> (これは想像ですが、ここのところの少子化等は恐らくそれが関与しています。)

あの、すいません。
少子化についてですが、確かに日本とか先進国は少子化だけど
世界規模で見ると、むしろ世界の人口は今現在も増加の一途で、
少子化よりもむしろ人口爆発が懸念されてるんですが・・・

マジレスするのは野暮だったでしょうか?

748 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 21:24:53 ID:OZboPlRVO
>747
日本の少子化も異常ですが世界も確実に人口は減少します。
先日英語の授業で欧米のエコノミストの論文が取り扱われたのですが、
それによると。
・今のペースだと毎年1.3%で世界人口は緩やかに増加
・但し50年後辺りまで
・50年後辺りには人口が減少
この理由としては高齢化が挙げられるのですが
板違いなのでググってくださいm(_ _)m

749 :FOX:2005/07/26(火) 21:25:30 ID:Bq7YeCvi0
>>747 そうです。少子化の進んだ国から「救われ」ます。
    上でも書かれていますが、子供を生むか生まないか、それが「選択」です。
    産まなければ産まない程救われるのが早くなります。
    日本は「救われる国」です。(すみません・・・少し言葉がおかしかったかもしれません)
    (書き忘れましたが、「救われない魂」は終末まで天使に捕らえられています。(宇宙=地獄))

>>746 イスラム教の七階層世界?



750 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 21:35:19 ID:OZboPlRVO
>FOX
階層じゃなく七重の円ですね。

751 :FOX:2005/07/26(火) 21:41:03 ID:Bq7YeCvi0
ありゃ

752 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 21:44:17 ID:OZboPlRVO
あっ、イスラム教のがじゃなく俺の言ってる世界モデルが七重の円ってことです。
わかりにくくてスマソ

753 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 21:48:40 ID:Ytd7JAG20
>>749
> そうです。少子化の進んだ国から「救われ」ます。

そうなんですか。じゃあネラーの嫌いな韓国なんて
日本よりずっと少子化が激しいから、
韓国人は真っ先に救われるって事でOKですか?
でも救済って国(=民族)ごとなんですか?
自分的には国とか民族とか関係なく正しい人が救われるって思いたいです。

質問厨になってしまいすみませんが、荒らすつもりじゃないのでこの辺で。

>>748
2050年には世界の人口は93億人になるとか。
(ソース ttp://www.stat.go.jp/data/kokusei/2000/topics/topics08.htm)
そんな人口を地球で賄える水や食料で養えるはずもないので
人口は減るのが当然ですね。

大体、ほんの50年前の世界の人口は25億人程度だったし、
ローマ時代の人口は全世界で3億人だったとか。(ソースは探したけど
いいのが見つからなかったのでご自身でググってください)
93億人はいくら何でもな気がします。
科学的手段で解決出来れば別かもしれませんが。


754 :FOX:2005/07/26(火) 22:00:38 ID:Bq7YeCvi0
>>753 そう!!そういう「現在論否定的な質問」!!俺の求めていたのは!!(かといってあんま言われてもムカつくけど。)
    おかげで俺の書き込みが矛盾(というか大きな間違い)していた事に気づきました。どうも。
    「日本云々」は忘れてください。
    
    >>自分的には国とか民族とか関係なく正しい人が救われるって思いたいです。
    多分そうなります。「正しい」者が救われます。でもその「正しい」っていうのの「あちら側」での基準がわからないんですよね・・・。

755 :FOX:2005/07/26(火) 22:02:43 ID:Bq7YeCvi0
>>752 グノーシス?

756 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 22:22:00 ID:OZboPlRVO
>FOX
多分それです。FOXさんはグノーシスについてどう考えてますか?

757 :FOX:2005/07/26(火) 22:29:39 ID:Bq7YeCvi0
>>756 俺の考えもグノーシス主義を基盤にしてます。
    というか、ここ最近(2・3週間以内)「グノーシス主義というものがある」とわかりました。
    
(友達と真理について語り合った(5月23日)後からグノーシス主義を知り、グノーシスの世界観と俺たちの世界観が酷似している、って気づいた…ってことです。)

758 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 23:18:48 ID:FjRpyiY70
>>723
スミマセン。
FOXをはじめ、彼に追随するここの連中は、
アニメ、映画、オカルト本、オカルト雑誌、サタニズムなどから得た、
数々の偽りの知識、妄想によって各々が「自分は真理を知っている」と、
自己満足に浸っているだけなんで許してやって下さい。
彼らの思想は、まさに反キリストです。
彼らは、それすら・・・・否、意識して反キリストの思想を唱えているのでしょう。
いずれ、神の御前において裁かれるだけです。反キリストの使徒として。

759 :FOX:2005/07/26(火) 23:24:45 ID:Bq7YeCvi0
>>728 黙れ糞虫地獄に堕ちろ


760 :FOX:2005/07/26(火) 23:25:25 ID:Bq7YeCvi0
ムカつき過ぎて間違えちまった。

>>758 黙れ糞虫地獄に堕ちろ


761 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 23:29:35 ID:gREUP7kx0
>>758
まともな人間は、キリスト教の矛盾や間違いに気が付いているよ。
ファティマの預言を見て、法王が気絶したことからも、キリスト教の間違いがわかるでしょうに。

762 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 23:32:05 ID:OZboPlRVO
>FOX
やっぱりですか。俺も干渉者の存在を思い付いたのは
グノーシス主義の他の世界の存在を前提としたからなんですよ。

763 :FOX:2005/07/26(火) 23:37:35 ID:Bq7YeCvi0
>>758へ。
確かに俺はアンチキリストだ。しかし意識して書いてなど居ない。
…今お前が生きているうちに一つ言っておく。
釣っているのかもしれないが本気だと仮定して言わせてもらう。

お前は反キリストであるこの俺の事を嫌っているようだからキリスト教信者なのだろうと思う。

…でも。  お前がどれだけ「神」を信じようと無駄だ。
最後はお前の信じる「神」とやらに裏切られる。これは「死後保障」する。(これは俺の決意だ。)
絶対だ。

俺はもしかしたら裁かれるかもしれない。「8割方」裁かれるかもしれない。
でも俺はそれでも構わない。世界に1人になっても。


これで満足ですか?釣り師のキリクソ教徒さん。

764 :FOX:2005/07/26(火) 23:40:42 ID:Bq7YeCvi0
>>762 グノーシスの本図書館で見つけて読んだ時鳥肌立ちました。
    「何だこれ…俺たちの真理世界構造論に似すぎだべ…」って。
    

765 :本当にあった怖い名無し:2005/07/26(火) 23:43:50 ID:l0/rE9uC0
>>764
グノーシスを知っているなら、セラムンの話もわかると思うのだが。

766 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 00:03:31 ID:FjRpyiY70
>>761
>ファティマの預言を見て、法王が気絶したことからも、キリスト教の間違いがわかるでしょうに。

こう言うアホな事を信じてるからダメなんだよ。
冷静になって考えてご覧よ。
だいの大人が、ましてや教皇のような人物が預言を読んで失神するとでも
思っているのですか?
ファチマの預言は、教皇以外にもたくさんの人が見ています。
みんな失神しましたか? 
第一、ファチマの預言はすでに公表されています。
それを見た、あるいは聞いた全世界の人々は、失神しましたか? してないでしょ?
それとあなたの言う「キリスト教の間違い」とは、なんですか?

767 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 00:05:04 ID:+Zaq8eLc0
なんかとってもゼノギアスっていうゲームを思い出す
救済とか天使とか鍵とか

768 :FOX:2005/07/27(水) 00:07:15 ID:HujL71Rn0
>>765 大体繋がる所は解ります。「7つの天」の部分とかですよね?

>>766 お前いらないや。消えろ。こいつ以降スルーの方向で。

769 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 00:08:11 ID:QeeP2ts90
>>766
馬鹿だな。
失神の件はバチカンが認めていること。他所が勝手に言っているのなら話は別だが、
バチカンが意図せず「自爆」する発言を、いっぱいしているのが問題なんだが。

なんか必死すぎ。お前キリスト教徒?

770 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 00:10:46 ID:PMuzYSpi0
>>763
>お前は反キリストであるこの俺の事を嫌っているようだから

あのー、好きとか嫌いとかのそう言う問題ではないですけど・・・。
ただ偽りの思想を広めるのは良くないと言ってるだけ。
あなたは、自称、反キリストを主張しておられる位ですから、
最後の最後まで、キリストの逆らい続けるんでつもりなんでしょうけれど、
今のうちに止めておいた方が良いですよ。
今まで、どれだけの人間がキリストに闘いを挑み、敗北してきた事か。

>確かに俺はアンチキリストだ。
>…でも。  お前がどれだけ「神」を信じようと無駄だ。
>最後はお前の信じる「神」とやらに裏切られる。

では、キリストの勢力vs反キリストの勢力。
どちらが勝つか見ていましょう。
私は、聖書の預言の成就を確信していますよ。

>俺はもしかしたら裁かれるかもしれない。

単に裁かれるのであれば、死後、信者、未信者問わず全ての人が裁かれます。
あなたは今は「俺は、反キリストだ」と心底燃えている事でしょうが、
少なくと最後までには、あなたが回心するように祈ります。
あなたの魂とて、神にとっては、大事な存在。
神ご自身も、あなたの滅びは望んでいません。

>>764
グノーシス主義に傾倒してるんですか???
やはりニューエイジの典型ですね。
これは完全に誤った思想、それは異端ですからそれから離れるよう願います。

771 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 00:12:58 ID:oY0FQ5R90
FOXよ、煽られたからといってブチ切れて暴言吐くのやめてくれないか?
そのガギっぽさは見るに耐えん。もっと大人の態度取ってくれ。
もっともお前がただの夏厨なら仕方ないが。

772 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 00:15:10 ID:JRLxWh800
以下の2つの系列を順に説明しようとすると、

 感覚(五感)→思考→意志→欲望(本能)→感情
 物理法則(時空)→因果→論理→数

何かに気付くかも知れません。
(神ではなく人間として)

マトリックスもエヴァも不完全。
二重(あるいは多重)構造の一方にしか触れられていない。
それ以前に、それが啓示であるとしても、啓示の理由
(何故それが啓示されたのか)が明確にされていない。

773 :FOX:2005/07/27(水) 00:15:42 ID:HujL71Rn0
>>771 「あえて」やってたんだが…
    嫌ならやめるよ。ごめん。

774 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 00:17:46 ID:PMuzYSpi0
>>769
>馬鹿だな。
>失神の件はバチカンが認めていること。

認めてなんていませんよ。
(認めた言うのでしたら具体的にどこから、いつそのようなものが発表されたのか示してください)

>他所が勝手に言っているのなら話は別だが、

あなたは、鬼塚五十一のような偽りの出現にどっぷり遣ったおかしな作家が書いてる本や
ムーなどのオカルト雑誌に書かれているの事を鵜呑みにされてるのではないでしょうか?
第一、すでに発表された第三の秘密。
あなたは、読んでみて失神するような内容でしたか? そうではないでしょう?


775 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 00:18:17 ID:CYsiL+tu0
>>770
反キリスト教が、反キリストではない。
実はイエスの教えは正しく、キリスト教の教えが間違っている可能性が高い。
イエスはグノーシスやユダヤ教、仏教を認めていた可能性もある。
キリスト教の初期、そういったものを破壊しつくしたことから、キリスト教自体がサタンだと思われる。

776 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 00:20:42 ID:oY0FQ5R90
>>773
話の分かる奴で良かったよ。
君の話は興味深い。ガンガッテくれ。

777 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 00:33:13 ID:eqlbCERN0
反キリストという概念がすでにキリスト教的二極対立の罠にはまってる罠

778 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 00:36:05 ID:NijyZbl40
>>777
そうだね。俺もそう思う。

779 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 00:38:21 ID:PMuzYSpi0
>>775
>イエスはグノーシスやユダヤ教、仏教を認めていた可能性もある。

それはないですよ。たとえばグノーシス主義を認めたら、
キリスト教そのものが崩壊してしまう。グノーシス主義は、異端中の異端です。
オカルトマニアには、興味をそそる思想でしょうけどね。

>キリスト教自体がサタンだと思われる。

これもありえない。キリスト教がサタンだとしたら、
サタン自身が神、聖母、教会に闘いを挑む必要性はないでしょう。
あなたの言うように、「キリスト教自体がサタン」だとしたら、
サタンは、自分で自分を攻撃してる事になる。

ただし、今のバチカンは、誤った方向に行ってる事は、
確かでしょうね。今後、正しい事、正しくない事を
見極めていかなければ、我々も異端に陥ってしまうでしょう。

780 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 00:41:45 ID:6QBmVzgu0
>>772
六境

色 声 香 味 触 法

眼 耳 鼻 舌 身 意


の順で社会性が薄れる


781 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 00:45:00 ID:CYsiL+tu0
>>779
キリスト教グノーシス派もある。異端が間違っているとは限らない。

>これもありえない。キリスト教がサタンだとしたら、
>サタン自身が神、聖母、教会に闘いを挑む必要性はないでしょう。

はずれ。キリスト教の外に本当の神がいる。
キリスト教というサタンが、本当の神に戦いを挑んでいるということ。

>ただし、今のバチカンは、誤った方向に行ってる事は、
>確かでしょうね。

ほら、本当は貴方も間違っていることを知っている。

782 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 00:51:26 ID:6QBmVzgu0
ウロボロス
Ouroborosとは、自分の尾を噛んで環を作る蛇または竜、誕生と死の象徴。
始めと終わりがないことから、自己の消尽と更新を繰り返す永劫回帰や無限
、真理と知識の合体、創造など意味を持つ。天地創成神話やグノーシス派で
象徴図として用いられた。

Ouroboros の検索結果 約 3,540 件
http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&inlang=ja&lr=&ie=Shift_JIS&c2coff=1&q=Ouroboros



783 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 00:55:27 ID:nTisE2k40
イエスはユダヤ教徒。キリスト教はインチキ。

イエス処刑の真相

イエスの処刑はユダヤ教指導者達の妬みによる策謀だと信者は考えがちですが、ユダヤ教の石打刑でなく、十字架刑に処せられたのは、ローマ当局により政治犯として処刑されたことを意味しています。
イエス捕縛の真の訴因は、首都の神殿を占拠したことにあります。(それも過越祭で多数の信者が集まってくる時期に。)
ユダヤ人共同体の生活基盤は神殿での祭儀を中心とするヤハウェ信仰に基礎づけられており、神殿を支配することは共同体を支配することを意味しました。
その真相は最古のマルコ福音書も隠しきれていません。マルコは伝承片をサンドイッチ式に挟み込む傾向があり、マルコ11章19節と27節は本来つながっていたと考えられます(田川建三氏も指摘)。
つまり、ユダヤ教指導者達の「何の権威であのようなことをするのか」という問いは、抽象的な権威の源泉の問いではなく、本来は「どんな正当な理由があって神殿を占拠したのか」と、暴挙の意図を問い糾す質問だと分かります。
マルコ11章末から14章頭が伝承として本来つながっており、神殿占拠とイエスの捕縛・処刑が密接に関係していたことは、あの護教的学者のエレミアスも「イエスの宣教」で指摘していることです。
福音書はぼかしていますが、広大な神殿内の人々を悉く追い出し、出入りを禁じるには、一人で出来るはずはなく、弟子達を総動員して行ったに違いありません。
いくら動機は宗教的なものだったとしても、その一大示威行動は、ユダヤ教指導者を驚愕させただけでなく、パレスチナの治安維持に責任を負うローマ当局にとっても黙過出来ないものだったはず。
神殿を占拠し、政治的クーデターを図ろうとした民衆扇動者。これがイエスの真の罪状であり、「ユダヤ人の王」という十字架の捨札がそれを裏付けています。
いくら宗教的動機を誤解されたとはいえ、何の罪もなくして不当に処刑されたわけではないことを知るべきでしょう。


784 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 01:02:09 ID:gNaYYtjz0
そもそも「異端」とするのは
ローマ教会が決めたこと。

キリスト自身が「異端」と言ったわけではないはず。
何故そこまでカトリック教会を盲信出来るのだろうか。

785 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 01:03:06 ID:PMuzYSpi0
>>781
>はずれ。キリスト教の外に本当の神がいる。
>キリスト教というサタンが、本当の神に戦いを挑んでいるということ。

^^楽しい方ですね。

>ほら、本当は貴方も間違っていることを知っている。

そう、上の方にもあるように、今のカトリック勢力は今までの伝統をほとんど捨ててしまった。
それは、バチカン主導で行われている。
もし偽りに従えば、確実に異端や神への裏切り行為へと繋がるから、細心の注意を
払わねばならないと思ってるよ。
サタンは、自分の最後を知り、今、徹底的に神と聖母に闘いを挑んできている。


786 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 01:05:01 ID:D9cLwk6K0
>>784
>何故そこまでカトリック教会を盲信出来るのだろうか。

理性を捨てて盲信するのは、サタンが憑いているから。

787 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 01:17:53 ID:PMuzYSpi0
>>784
>何故そこまでカトリック教会を盲信出来るのだろうか。

答えは、簡単です。
カトリック教会をキリスト自身がお建てになり、
キリスト教では、唯一の使徒継承の教会だからです。

「わたしも言っておく。あなたはペトロ(岩)。
 わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てる。陰府の力もこれに対抗できない」(マタイ16)

「わたしはあなたに天の国の鍵を授ける。あなたが地上でつなぐことは、天上でもつながれる。
 あなたが地上で解くことは、天上でも解かれる。」(マタイ16)

「あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい。わたしは世の終わりまで、
 いつもあなたがたと共にいる」(マタイ28)


>キリスト自身が「異端」と言ったわけではないはず。

教皇や司祭は、キリストの代理者です。
聖霊の導きにより、誤った思想などは、排除しなければならないのです。
何故なら、良き牧者は、敵の罠から自分の子らを守らねばならない。

「あなたがたに耳を傾ける者は、わたしに耳を傾け、あなたがたを拒む者は、わたしを拒むのである。
 わたしを拒む者は、わたしを遣わされた方を拒むのである」(ルカ10)



788 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 01:20:19 ID:D9cLwk6K0
>>787
>聖霊の導きにより、誤った思想などは、排除しなければならないのです。

排除するものは、排除され、滅びるであろう。

キリスト教徒は自らの間違いに気がつかないのね。サタンの力は偉大だわ。
馬鹿は馬鹿である事を認識できない。

789 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 01:23:08 ID:eqlbCERN0
このバカチンが!

790 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 01:27:09 ID:OX5lQqaj0
ヤハウェは十字軍で殺しまくった罪としてキリスト教を滅ぼすみたい。
マラキの予言の通りだね。

791 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 01:28:52 ID:vDFhznwU0



そろそろ、狐はファティマについての本題に戻ってくれるんだろうな?



じゃなきゃ消えろ

792 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 01:30:17 ID:PMuzYSpi0
>>790
マラキの予言は、偽ですよ。
予言とか好きな人は、信じてるみたいだけど。

793 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 01:33:29 ID:U3gfcyOY0
キリスト教徒必死すぎ。オームより恐ろしいね。

794 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 01:50:34 ID:eqlbCERN0
狐と狸の争い。

795 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 01:52:28 ID:PMuzYSpi0
ファティマ第一の秘密

シスター・ルチアが述べているように、聖母は彼らに地獄を示された:

聖母は先月と先々月にもなさったと同じように、その両手をもう一度広げられました。
光線が地を貫いたように見えました。そして私たちはそれが火の海であったと見ました。

この火の中に悪魔たちと人間の形をした[罰せられた者たちの]霊魂とが、透明な燃える残り火のように、
皆真っ黒に、あるいはぴかぴかに磨かれたブロンズとなって、火の大海の中を漂い、
今や大きな煙の雲と一緒に彼ら自身の内部から噴出した炎によって空中へと吹き上げられ、
今はまた火の粉のように重さも、あるいは平衡も取れずに巨大な火の中へと落ちて行きながら、
苦痛と絶望の叫びや呻きの真っ只中に居ました。

そのことは私たちを恐怖に陥れ、怖ろしさで私たちを身震いさせました。(人々が私が叫ぶのを聞いたと
言っているように、私に叫び声を上げさせたのはこれらのことを見たからに違いありません)
悪魔たちは、燃えている石炭のように真っ黒で透明な恐ろしいそして知らない動物の恐るべきそして
ぞっとする姿によって[罰せられた霊魂たち]から区別することができました)

この幻視はほんの一瞬しか続きませんでした。私たちは天上の愛すべき御母にどのように十分に感謝する
ことができたことでしょうか、御母は最初の御出現において私たちを天国に連れて行くと約束なさること
によって私たちにすでに準備をさせてくださったのです。そうでなかったら、私たちは恐れと恐怖で
死んでしまっただろうと私は思います)

罰せられた者たちの運命 -- それはファティマの偉大な秘密の第一部と考えられている -- を示された後に、
聖母は次に子どもたに第二部を打ち明けられた。
この発表の焦点であるバチカン当局のあれらの人々を含むすべての人は、シスター・ルチアの日記に
記録されたものとしての秘密の第二部が次のようなものであることに同意している

796 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 02:04:05 ID:JRLxWh800
>780 レスありがとう。
正解です。言い換えると一般性が高まるということです。

では、→の逆に拡張してみて下さい。
例えば、集団意志、国家意志、社会意志、人類意志、等・・・。
これまた別の意味で一般性が高まります。
これが1つの系列の二重(繰り返し)構造です。
(らせん構造をイメージしてもらえればよいと思います)

では、もう一方も拡張してみます。
例えば、集団心理法則、社会心理法則、等・・・。
(他にはよい言葉が思いつかないのですが)
これも系列の二重(繰り返し)構造を有しており、先の系列とは
平行な(つまり、対応付けが可能な)構造となっています。

 いわゆる二重(あるいは多重)らせん構造なわけですが、
 ここではこれ以上つっこむことはしません。

で、問いなのですが、
「この系列(構造)の先に”神”はいるのでしょうか?」
”神”が欲望を持ち嫉妬もし争いあっているのなら、
「”神”は(集団としての人の)心の中に(普遍的に)います」

「いるとすればその先はどうなっているのでしょうか?」

797 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 02:11:33 ID:PMuzYSpi0
ファティマ第二の秘密

あなたたちは哀れな罪人たちが行く地獄を見ました。
彼らを救うために、神は世界の中に私の汚れなき御心への信心を確立することを望んでおられます。

私があなたたちに言っていることがなされるならば、多くの霊魂が救われ、平和が来るでしょう。
戦争(第一次世界大戦の事))は終わろうとしています。
しかしもし人々が神に背くことを止めないならば、もっと悪い戦争がピオ十一世の在位の間に勃発
するでしょう。
あなたがある未知の光によって照らされる夜を見るとき、これが神が、戦争、飢饉そして教会および
教皇に対する迫害によって世界をその罪のために罰しようとしておられる、神によってあなたたちに
与えられる大きなしるしであるということを知りなさい。

このことが起こらないようにするために、私は私の汚れなき御心へのロシアの奉献と、初土曜日の償いの
聖体拝領を求めるために[再び]戻って来るでしょう。
もし私の要求が心に留められるならば、ロシアは回心し、平和が訪れれるでしょう。
もしそうでないならば、ロシアは諸々の戦争と教会の迫害を引き起こしながら、世界中にその諸々の
誤謬を広めるでしょう。

善人は殉教し、教皇はたくさん苦しまなければならず、ざまざまの民族が絶滅させられるでしょう。
最後に私の汚れなき御心は勝利するでしょう。教皇はロシアを私に奉献するでしょう。
そしてロシアは回心し、平和の一時期が世界に与えられるでしょう。
ポルトガルにおいては信仰の教義が常に保たれるでしょう、
等々.....このことを誰にも話してはいけません。ええ、フランシスコには話してもかまいません。


798 :772,796:2005/07/27(水) 02:24:31 ID:JRLxWh800
途中で書き込んでしまった。。。以下、続き。

もう一方の構造の意味は、もし”神”が先にいたとしても、
そこでは、私たちの論理や因果の拡張はあっても破綻はない
ということを説明するためです。

で、”神”の存在や意志を示すだけでは、世界の構造を
示したことにはならず、少なくともそこでの法則構造を
示す必要があるといいたかったわけです。

そのためには、”啓示”があるのならば、その”啓示”を
した(”神”の立場からの)理由を示すことでもよいのです。

その上で、
「では、”神”のその先はどうなっているのでしょうか?」

799 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 02:53:43 ID:u/rZ+rPm0
世界にある宗教、それもチャネリングと何ら変わらない。大抵の書物は師が啓示及び悟りを受け、
弟子が話を聞いて纏めた物。弟子の解釈がそこには盛り込まれている、というか弟子は知らない
から知らない事や話された言葉を自分なりに解釈して捉えるしかない。
それに思想に古いも新しいも無い。何千年前の思想が新鮮に感じるという事はよくある事だ。

800 :FOX:2005/07/27(水) 03:11:49 ID:HujL71Rn0
>>791 俺はファティマの預言について語る気はないよ。(スレ違いだけど)
    このスレにきたのもグノーシス主義のスレから飛ばされて来たっていうだけだったし。始めは。
    そのグノーシス主義についてのスレッドで485さんのことが書かれてて、 
   「これは本物だな」って思ったから接触したくて来ただけだったし。
    それに、今まで俺が書いてきた事も>>791さんの知りたがってる「ファティマの預言」と「終末」とやらに関係してる部分あるはずだよ。

801 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 05:24:30 ID:6QBmVzgu0
日本では神は人であった(勿論、天皇を現人神としたよ うな見解とは異なる)。
それが仏教、及びキリスト教を踏まえた歴史学のために
日本における神の概念は大きく歪められた。
そのあおりをくったのが日本の神話。あえてここでは通させてもらうが、
日本の神話は大なり小なり政治的影響を受けているにせよ史実として
受け止めなければならない部分が多い。
これからの歴史学の更なる成果を期待したい。


802 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 05:39:09 ID:6QBmVzgu0
「出雲風土記」
当時の古代人の雰囲気を思いやるならば、
「志」とは「為し難いことをなす人々の心」といった意味合いだったので
あろう。古志郷や高志と名付けられた意味を考えるならば納得がいく。
一般人と高貴な人々を分けていたものには当然権力の違いがある。
しかし思想上の分け隔てはこの「志」によ るものだったのではなかろうか。
そしてこの「志」こそ出雲の思想の基盤であったのであろう。高い「志」を
持ち、それを成し遂げる者は尊敬され崇拝される。
この「志」のもとに出来上がったのが出雲の神々、はては日本の神々であり、
そしてこの「志」の集まるところが出雲であった。

八百万神はこうした過程を経て出雲に集うことになったのである。
出雲の思想 は八百万神が集うことにより、全ての思想を受け入れる土台を
創り出した。そしてその基盤が「志」の有無であった。このような思考過程
を経て出雲の思想は普 遍性を持つにいたる。ここから導き出せる出雲の思想
は、本人が「志」あるかぎり全ては肯定されるということである。

日本は統一され、仏教の導入によって死の世界は地上から切り離された。
この とき思想的な整理を行わなかったため、日本に八百万神が残ること
になる。そし て神仏習合の折衷策で思想的に未解決のまま凍結される。
それはこの「志」の道 が絶えることなく続いたためである。その後
何度も新しい思想が入ってきたが全 て日本は受け入れている。
一神教を崇拝する西洋諸国から見れば当然異質な国に見えるであろう。
しかし日本はこれを恥ずかしく思う必要はない。むしろ誇りに思っても
よいくらいである。宗教や思想というものは本来閉鎖的なものである。
しかし条件付きではあるが日本は全ての宗教や思想を受け入れる土台を
持った。 これが思想であるかどうかは別としてもそこには人間としての
逞しさがあるではないかと思うのである。

私はこの「志」こそが日本の思想のナビゲーター
でないかと考えるのである。そしてそれ は今も変わらず全ての日本人の心に
潜在しているものである。

803 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 10:10:51 ID:nhTVCHcj0
ムーで読んだけど、もうすぐバチカンの歴史は終わるんでしょ?
この間亡くなったパウロ2世が正統な最後の法王で、
今の法王は灰色の法王と予言されてて、もうバチカン内の
反キリストの勢力を抑える力も反発する力もなく、傀儡の状態になって
次の法王でバチカンの歴史は終わり。

バチカンとは違う場所で真の法王が誕生するとか

804 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 10:24:46 ID:haDAQotn0
>>803

また鬼塚五十一のくだらない記事に騙されている。。。
彼の嘘の記事に騙されない方が良いよ。
彼が引用しているのは、偽出現+カルト集団ばかりだし。
 

805 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 10:53:59 ID:biYvpwSK0
未来の予言であろうと終末に関することだろうとどちらでもよいのだが
上でも誰かが書いていたがキリスト、反キリストというスタンスで語っていることは
意識せずともキリスト教中心の思考に固まっている気がする。
自分は信仰篤いとはいえない仏教徒だが
宗教の違いは共通の真理への道のりの違いあるいは語る言葉のたとえ方の違いだと考えているので
その中の一つが真理に到達しようと道を誤っていようと別に可笑しいとは思わないのだが
逆にいくつかの疑問を感じている。

終末や未来の出来事が人類共通の事項であるならキリスト教だけを軸に語られるのはおかしくはないのか?
(何故キリスト教の見地からのみこういった話がでてくるのか?)
キリスト教に興味のない人間にとってみれば自分とは無関係の宗教に真理を語られても
ちゃんちゃら可笑しいということにもなりかねない気がするのだが
それとも語るにキリスト教的世界観を用いているだけか?

このスレという狭い世界の中で真理に気付いたという人が幾人かいるのだから
もっと普遍的に宗教、無宗教関係なく真理(485、FOX等のいう所の)に到達した人間がいるのではないか?
(485は前スレで>非常に単純で平易な論理で、誰にでも検証できると思いますが と述べている)
もし居るとしたら沈黙しているのはなぜか?
(沈黙を責めているわけではないが理由をしりたい)
このスレで真理に到達したという人々は何故到達した事実を語ったのか?
到達した事実を語りながらそれを誰もが理解できるように説明しないのはなぜか?

うまく纏まらないが485やFOXはこれを見たのなら是非とも返答をお願いしたい

806 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 11:45:57 ID:haDAQotn0
>>805
>宗教の違いは共通の真理への道のりの違いあるいは語る言葉のたとえ方の違いだと考えているので

こう言うのは、汎神論と言ってキリスト教とは相反する考え方です。
当然異端であり、キリスト教とは相容れないものなのです。
しかしながら昨日も書いたように、バチカンはこうした異端に走りつつあります。
逆にこうした事に反対するまともな信者達は、逆に異端者だとか言われる始末です。

でも教会の頂点・・・すなわち「バチカンから背教が始まる」とファティマの第3の秘密では、
啓示されているので驚く事でもありません。他の聖母出現の預言でも同じ事が啓示されています。
昨年、ファティマの祭壇も異教徒によって(ファティマの司教、司祭の許可の元)汚されました。
神の怒りも頂点に達してしている事でしょう。

>終末や未来の出来事が人類共通の事項であるならキリスト教だけを軸に
>語られるのはおかしくはないのか?

別のおかしくはないでしょう。真理が1つであるのなら、宗教も1つ。神も1つ。
その唯一の神によって世界が、そして歴史が動いている事を考えれば、
神が未来を語り、神が警告し、ご自分の救いと愛に導いたとしても、おかしな事ではないでしょう。
それに従うか従わないか、あるいは信じるか信じないかは、個人の自由ですが。


807 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 11:48:14 ID:haDAQotn0
>>805
>ちゃんちゃら可笑しいということにもなりかねない気がするのだが

そうですね。ちゃんちゃらおかしいと思う人もいるでしょう。
それと同時に、まことの神から救いと真理に招かれていると感じ、それに応じる人もいると思います。
自分も以前は無神論者でしたからね。宗教を信じてる奴はバカだとさえ思ってました。
ですから無神論者や他の宗教の人々の言いたい事も分かりますよ。

>普遍的に宗教、無宗教関係なく真理に到達した人間がいるのではないか?

いないですよ。昔の異端を持ち出して「真理に到達した」とか「真理を知ってしまった!」とか、
そう思いこんでる人とか、そう確信している人はいるでしょうけれどね。
元々オカルト的な事に興味がある人は、奇妙な教えや思想に出合うと、心がときめいてしまうんです。
こんな教えは誰も知らない! これこそ自分が乞い求めていたもの。既存の宗教を越えた真理だ!とね。
けれど、いずれそう言うものは誤りだと気づく時が来るんです。
たとえばグノーシス主義などに染まれば、今のキリスト教などは当然「おかしい」という事になります。
おかしいと思うから、キリスト教や真理は攻撃の対象になります。
当然、おかしな思想にも毒されてきます。そしてどんどん真理からも離れるのです。
気が付いた時は、魔術や色々な異端の思想に取り囲まれ、どうする事も出来なくなります。
(カトリックの神学者、神父でも、ここにいる人々が大喜びしそうな事を言ったり、書いたり、
 本にしたりしてる位ですから、警戒はかなり必要です)


808 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 12:09:50 ID:Zg6fO1gR0
どれだけ言い表す言葉を違えても
太陽は太陽、光は光です
唱える経文が異なろうと救いを求める心は同じでしょう?
その違いを理由に人を分け、虐げるなど愚かなことです

神の御名は神のもの
人が統べるものではありません


809 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 12:18:14 ID:FUGDcPT90
今の法王「オリーブの栄光」は正統な法王ですよ
次の最後の法王「ローマ人ペテロ二世」も正統な法王
他は偽もの


810 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 13:06:33 ID:gNaYYtjz0
>808
マンガとは言え核心をついている様な気がするよ

811 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 13:25:47 ID:jALZ5xaU0

1.
公同または 普遍の教会は、見えない教会であり、そのかしらなる キリストのもとに、
過去・現在・未来を通じてひとつに集められる選民の全員から成る。それは、すべて
のものをすべてのもののうちに満たしているかたの配偶者、からだ、また満ちみちて
いるものである(1)。

1 エペソ1:10,22,23、エペソ5:23,27,32、コロサイ1:18

2.
見える教会は、 ( 律法のもとにあった 先の日のように、 ひとつの民族に限られないで )
聖日のもとでは、 やはり公同または 普遍の教会であり、全世界にわたって、真の宗教を
告白するすべての者と(1)、その子(2)らとから成る。それは、主イエス・キリストのみ国(3)
神の家また家族(4)であり、そのそとには救いの通例の可能性はない(5)。

1 Tコリント1:2、Tコリント12:12,13、詩2:8、黙示7:9、ロマ15:9-12
2 Tコリント7:14、行伝2:39、エゼキエル16:20,21、ロマ11:16、創世3:15、創世17:7
3 マタイ13:47、イザヤ9:7(6) 4 エペソ2:19、エペソ3:15 5 行伝2:47

3.
キリストは、世の終りまで、この世にある聖徒らを集めまた全うするために、この公同の見える
教会に、教役者とみ言葉と諸規定とを与えられ、また約束に従って、ご自身の臨在とみたまと
によって、それらをその目的のために効果あるものとされる(1)。

1 Tコリント12:28、エペソ4:11-13、マタイ28:19,20、イザヤ59:21

812 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 13:26:44 ID:jALZ5xaU0

4.
公同教会は、時によってよく見え、時によってあまり見えないことがあった(1)。またその肢体で
ある個々の教会は、そこで福音の教理が教えられ奉じられ、 諸規定が執行され、公的礼拝が
行なわれている純粋さに従って、その純粋さに相違がある(2)。

1 ロマ11:3,4、黙示12:6,14
2 黙示2,3章、Tコリント5:6,7

5.
世にある最も純粋な教会も、混入物と誤りとをまぬがれない(1)。そしてある教会は、キリストの
教会でなく サタンの会堂になるほどに堕落した(2)。それにもかかわらず、地上には、み旨に従
って神を礼拝する教会が、いつでも存在する(3)。

1 Tコリント13:12、黙示2,3章、マタ13:24-30,47
2 黙示18:2、ロマ11:18-22
3 マタイ16:18、詩72:17、詩102:28(29)、マタイ28:19,20

6.
主イエス・キリストのほかに、教会のかしらはない。どのような意味ででもロマ教皇は教会の
かしらではない(1)。その反対に彼こそは教会においてキリストとすべて神と呼ばれるものと
に反抗して自分を高くするところの、かの非キリスト、不法の者、滅びの子である(2)。

1 コロサイ1:18、エペソ1:22
2 マタイ23:8-10、Uテサロニケ2:3,4,8,9、黙示13:6


第25章 教会について
ttp://www.ogaki-ch.com/WCF/text/index.htm

813 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 14:22:31 ID:kiNZgpYT0
キリスト教に限らず、妄信する信者って言うのは自分の信じる宗教以外を必死に否定するね。
「それは教義に反するから在り得ない」とか、「自分の信じる神以外を信仰の対象にすると救われない」とか。

否定するのではなくて、もっと説得力のある説明はできないのかな。
否定ばかりじゃ、駄々をこねている子供と変わらない。

ひょっとしたら否定ばかりする人は、その宗教の上っ面だけを学んだだけで説得力のある説明は無理なのか?

814 :FOX:2005/07/27(水) 14:26:09 ID:HujL71Rn0
>>813 たぶんそうなんでしょうね。
    自分の否、自分の無知さを認めたくないんでしょう。

815 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 14:28:33 ID:fKFDfYhj0
>>813
説得力のある説明?
それは無理。
だって、「神(宗教)」ってのは
自分のグループに属さない奴を殺すために「発明されたもの」なんだから。

816 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 15:02:05 ID:l7MX2oxg0
宗教なんだから仕方あるめぇ!!

817 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 15:25:50 ID:haDAQotn0
>>813
あなたは未信者だろうから、そう考えても当然だと思うよ。
それとカトリックにも何でもかんでも鵜呑みにしてしまう盲信者、狂信者はいる。
それを指摘しても、もちろん受け入れる事はない。
目を覚ますのはずっと後か、もっと最悪な結果を招く事もある。

>自分の信じる神以外を信仰の対象にすると救われない

ここはファチマスレであり、カトリックの出現なんだから当然カトリックの話になる。
神を信じなければ救われないと言うのは、聖書にも書かれている教えだし、
こうした根本的な事を否定しては、ファチマの事も神の事もキリスト教の事も語れない。

「神を信じなくても救われるのさ!」と言ったとしたら、キリスト教の存在意義すらなくなる。
それはまたキリストの十字架、贖い、復活、洗礼、ミサなどが全て無意味な物になり不要という事になる。
しかしキリスト自身は、自分の教えを全世界にって広め、信じる人には、洗礼を授けよと命じている。


818 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 15:28:19 ID:haDAQotn0
>>817 続き
神とその救いを信じている人は、キリストの十字架とその贖いによって、父なる神から、
すべての罪、罰が許されて、死後、復活の恵みにも与れる。
「わたしの言葉を聞いて、わたしをお遣わしになった方を信じる者は、永遠の命を得・・・
 死から命へと移っている」(ヨハネ6章)

しかしながら「信じない者は滅ぶ」とキリスト自身は、ハッキリと言っている。
何故なら単に神とその救いを拒否するだけでなく、贖いに与る事も出来ないから。
死後の復活も神を信じて洗礼を受けた人々とは、全く違う形でなされる。
もちろん堕落した信者、聖職者も同じ事。むしろ神から恵みを受けていた分、彼らの罰はさらに重くなる。

>否定ばかりじゃ、駄々をこねている子供と変わらない。

真理というのは白か黒しかない。灰色とか、真ん中とか、曖昧と言う事はない。
正しいものは正しい。正しくない事は正しくない。それしかない。
真理、あるいは教え、あるいは教義でも良い。もしそれらが、時代や地域などで変化したら、
それはもう真理ではない。
真理であるキリストの御言葉は、永遠に変わらない。それはどんな場所でも、どんな時代でも。

「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに
 行くことができない」(ヨハネ14章)

「天地は滅びるが、わたしの言葉は決して滅びない」(マルコ13章)(ルカ21章)(マタイ24章)

  

819 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 15:45:12 ID:1UNSEUUb0
真理を知った人が何故それを言葉で説明しないかというと、真理が言語で説明できる
領域を越えた叡智(グノーシス)だからというのもある。

仏陀は悟りを開いたが、その彼の言葉がお経によって受け継がれても、
それを読んで悟りを開くことが出来た人はいない。悟りの本質が伝わらないから。
悟っていないものには、「悟り」が何であるかはわからない。

820 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 15:46:55 ID:nf+leGnl0
>>817
>「神を信じなくても救われるのさ!」と言ったとしたら、キリスト教の存在意義すらなくなる。

キリスト教徒以外にとっては、存在自体が迷惑なんですけど。
キリスト教は、キリスト教徒だけを救えばいいでしょ?
仏教は仏教徒を救えばいいんだし。
それ以外の世界に介入して、押し付けるのは最低だよ。ユダヤ教でもそんなことはしない。

821 :FOX ◆ozOtJW9BFA :2005/07/27(水) 15:53:31 ID:HujL71Rn0
>>820 禿同

822 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 16:21:16 ID:lUnsSDJv0
>>818
気になった。何が正しくて正しくないのさ。
本に残された言葉は変わらなくても解釈って変わったりするから
色々議論があったりするんじゃない?
貴方が信じてる事が本当にその言葉を書いた方の思ってた事なのかな。
私達が生きてく中で学んで思う事でその言葉に反したと思ったら
それは正しくないの?
私達は正しいと思う事を正しいと思うよ。貴方は違うの?

823 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 16:38:48 ID:pgxgsYJP0
カトリックさん
あなたはカトリック信者だからカトリックが正しいと思ってるだけ
あなたがカトリック信者だからカトリック以外は正しくないって思ってるだけ
それだけの事 分かりますか?
これに対するあなたの反論は誰でも予想できますけどね

他の宗教は全部まがい物、そんなの信じてても救われないよ?ってさ
他の宗教の長い歴史をそいう言葉で片付けて・・・
あなたは他の宗教に対する敬意とかないの?
申し訳ないけど、あなたのそういう態度は不愉快です

>>817
カトリックにも何でもかんでも鵜呑みにしてしまう盲信者、狂信者はいる。
それを指摘しても、もちろん受け入れる事はない。

多分、これはあなたの事だと思いますよ・・・
それを指摘しても勿論受け入れてはくれないでしょ?

824 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 17:11:33 ID:kiNZgpYT0
>>817
>>813の妄信する信者って言うのは、>>823でも書かれている通り、あなたのことを言ったつもりなんだけど。

> それとカトリックにも何でもかんでも鵜呑みにしてしまう盲信者、狂信者はいる。
> それを指摘しても、もちろん受け入れる事はない。
こんなことをレスするようじゃ、自覚してないみたいだね。まさに妄信する信者。

> 神を信じなければ救われないと言うのは、聖書にも書かれている教えだし、
> こうした根本的な事を否定しては、ファチマの事も神の事もキリスト教の事も語れない。
「自分の信じる」っていう部分をちゃんと理解してる?別に神を否定していないし、信じていないわけじゃない。
ただ、あなたの言う神と私の言う神の定義が違うだけ。

> 「神を信じなくても救われるのさ!」と言ったとしたら、キリスト教の存在意義すらなくなる。
> それはまたキリストの十字架、贖い、復活、洗礼、ミサなどが全て無意味な物になり不要という事になる。
> しかしキリスト自身は、自分の教えを全世界にって広め、信じる人には、洗礼を授けよと命じている。
キリスト教を広めるのは別にいい。ただ、押し付けたり、ほかを完全否定するのが気に入らない。

> 真理というのは白か黒しかない。灰色とか、真ん中とか、曖昧と言う事はない。
> 正しいものは正しい。正しくない事は正しくない。それしかない。
> 真理、あるいは教え、あるいは教義でも良い。もしそれらが、時代や地域などで変化したら、
> それはもう真理ではない。
> 真理であるキリストの御言葉は、永遠に変わらない。それはどんな場所でも、どんな時代でも。
白と黒しかなくてもいいから、説得力のある説明をしてくれないか。
「聖書に白って書いてあるから白なんだ」「キリストが黒って言ったから黒なんだ」では893の論理と変わらない。

825 :824:2005/07/27(水) 17:18:19 ID:kiNZgpYT0
>>824
> ただ、あなたの言う神と私の言う神の定義が違うだけ。
はちょっとニュアンスが違う感じなんで訂正。定義じゃなくて見方のほうがしっくりくるな。

誰かが言ってたけど、それぞれの宗教は神を違った面から見てるだけっていう感じ。
キリスト教はある面からだけしか見ず、ほかの面から見た神は神じゃないって言ってる。
八百万の神を信じてる人は神をいろんな面から見て、すべてを神だと言ってる。

826 :FOX ◆ozOtJW9BFA :2005/07/27(水) 17:23:24 ID:HujL71Rn0
>>817 あーもーそれなら俺がキリストの再来ってことでいいよ。うん。再来。(笑

>>しかしキリスト自身は、自分の教えを全世界にって広め、信じる人には、洗礼を授けよと命じている
もし…「もし」さ。その「自分の教え」ってのがキリストの死後にキリスト以外の誰かに改悪された物だったらどうするの?

もういい。ようするにヤーウェ教(キリスト教)信者さん方に言いたいのはこういうことだよ。

「宗教」なんて物は必要ない。
日々をただ黙々と何も考えずに生きろ。
その中で「真理」たる何かを見つけろ。

こういうとニートが救済されるみたいになっちゃうけど、ある意味そうだよ。
何も疑問をもたず、何もせず、時に身を任せる。
「世界」に関わろうとしない。「世界」の邪魔をしようとしない。

それと一つ言いたかった事。
>>817さん、あなたは「自分の信じる宗教」という教えにのみに頼って、「自分の知識」、「自分で考えよう」という事をしませんね。
自分が無いんですよ。あなた方ヤーウェ教徒の殆どの方は盲信的というか。(キリスト教と言うとキリストの意思に反しますのでこう書かせてもらいます。)
そう言うのは見識を狭める要因になり危険ですよ。
魔女狩りのように。

827 :YHWHの手先:2005/07/27(水) 17:34:08 ID:nf+leGnl0
>>826
少なくともユダヤ教のヤハウェは日本の八百万の神をすべて合わせたものと同じなので、
キリスト教的解釈と一緒にしないで欲しい。
日本の神道とユダヤ教は酷似している。どちらも真実に近いから。

828 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 17:36:26 ID:SzJDCQeG0
あるいはどちらも外れかもな。
キリスト教も間違いだろうが。

829 :805:2005/07/27(水) 17:49:47 ID:biYvpwSK0
今読むと
>>805の自分の書き込みもココで言われる真理の内容に関する質問と
キリスト教にかんする質問がごっちゃになってますね・・・反省。

自分のスタンスは805にあるので省きますが
キリスト教にのみ真理が存在したとしてその真理に基づく裁きや救済が
キリスト教とは無縁の人々にまで類が及ぶのが合点がいきません。
積極的に他宗教を信仰する人や無宗教な人だけでなく
外的要因(地理的、社会的etc)により信仰ができない人々もいると思われるのですが。



830 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 17:57:41 ID:tntk4gu+0
俺的まとめ

○グノーシス主義派(前スレ485派、もしくはマトリックス派、>>588、FOXなど)

この世界の真理、もしくは世界の全てもしくは歴史の全てを説明できる「物語」に気づいたと実感している人たち。
その物語の筋書きでは今後大変なことが起こるはずで、それとファティマの預言が一致すると考えている。
今後バチカンはやっぱりひどい目にあう。

その「物語」は、啓示という形で与えられるが、
その「物語」によると、物語の登場人物が物語の仕組みに気づいてしまうと、筋書きにとって都合が悪い。
だから、この話を他の人に教えてはならない。同時に言葉で伝えられるものでもない。
ただ、「マトリックス」などのように啓示に気づいた人だけがメッセージを流していたりすることがある。

以上の理由により、根拠はきちんと解る様に語られない。
その真理に至るには、真面目につつましく生きなければいけない。
人という具現の形、具象化された物に真の啓示は、人よりも高みに至るための近道を探るような人々には、
真の叡智、理解は決して与えられない(>>654-655


○カトリック派

バチカンの正統なカトリックが、何かの組織によって内部から歪められているという人。
このままだとひどいことが起きるが、ファティマの預言はそのバチカンの腐敗とそのひどいことを
予言しているという人。

とりあえず、今の世の中はみんな堕落しているので悔い改めなければならない。
さもなくば大変なことになる。

カトリックをなぜ信じなければならないのか?なぜ正しいのか?という問いに対して、
「カトリックこそが真理だから」という回答しかしていない。
根拠に、聖書の権威以外のものを提示していないので、住人の受けが悪い。

831 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 18:04:26 ID:nf+leGnl0
>>830
   _、_
 ( ,_ノ` )      n
 ̄     \    ( E) グッジョブ!!
フ     /ヽ ヽ_//


832 :電波発言します:2005/07/27(水) 18:14:56 ID:oY0FQ5R90
>>829
> キリスト教にのみ真理が存在したとしてその真理に基づく裁きや救済が
> キリスト教とは無縁の人々にまで類が及ぶのが合点がいきません。

それは何故かというと、ぶっちゃけキリスト教も今話題のテロリスト輩出してる宗教も
それらの源泉のユダヤ教も、ある存在の仕掛けた人類への罠でしかないから。

あれらの宗教は人類を目覚めさせたくない連中の目くらまし。まったくあいつらひでーよ。
本当の神に出会いたければ、まず内なる神を見つけなくてはならない。
外の世界にいくら神を捜しても無駄。つーか外にも真の神はいるんだが
外の神に出会いたかったら、まず内なる神を捜し出せ。話はそれからだ。

833 :FOX ◆ozOtJW9BFA :2005/07/27(水) 18:16:14 ID:HujL71Rn0
>>832 それだ!!

834 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 18:37:40 ID:C/N57EO2O
そしてFOXは自らをファーストニュータイプであると
高らかに宣言した。

835 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 18:37:57 ID:MIrL7tMr0
>>820-826
貴重なご意見ありがとうございます。
ただ言える事は、映画やオカルト本などの影響で偽りの真理を求めても、
そこには救いも何も見出す事は出来ないと言う事とです。(そう言う気分には、なれますが)
そしてファティマの第2から第3の預言は、もうすでに始まっているという事です。

今は、ここにいくら書き込みをしても確かに分かって頂けないでしょう。それはよ〜く分かっています。
昔の自分でしたら、当然、皆さんと同じ態度、同じ言葉で抗議した事でしょう。
でも、それでも良いのです。

それでもあえてここに書き込みをしているのは、ここにいる全ての人では無いにしても、
(例え1人でも2人でも)ここに書いた事をいつの日か、(それは、明日か、数年後か、数十年後か、
分かりませんが)思い出して、キリストを信じ神の救いを受け入れてくれればそれで良いのです。

それは明日かもしれないし、天罰の時かもしれないし、個々の死の最後の最後の瞬間かもしれません。
しかしながら1人でも多く救われるのであれば、天においては大きな喜びです。
御父なる神は憐れみ深いお方ですから、忍耐強く、最後の最後までお待ち下さるでしょう。

でも願い求めれば、いつかは、分かると思います。
神や聖母や大天使が何のために地上に来て、何のために語り、そして警告しているのか?
今は、もちろん信じる事が出来ないでしょう。でも、いつの日か神を受け入れる時が来ると思います。
もちろん八百万の偽りの神々ではなく、天地の創造主であり唯一の神である三位一体の神の事です。


836 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 18:58:18 ID:lUnsSDJv0
キリストを信じてないわけじゃない人も多いと思うけど…

837 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 19:00:32 ID:MIrL7tMr0
>>830
第3の預言は、まだ一部しか発表していません。
(バチカンは全部発表したと言ってますが)

>ファティマの預言はそのバチカンの腐敗とそのひどいことを・・・

しかしながら、ロシアの奉献後は、内部の悪は一掃されて、
バチカンをはじめ、全世界のローマ・カトリックは、
元の神聖さと聖なる典礼及びラテン語を取り戻すでしょう。
第二バチカン公会議は、全て無効にされるでしょう。

>さもなくば大変なことになる。

残念ですが、もう避ける事は出来ません。
繰り返しになりますが、手遅れになるものの未来の教皇はロシアの奉献を行うでしょう。
(これが重要です)
そしてその時、ロシアの回心と聖母の汚れなき御心の勝利、及び一時的ですが、
世界に完全な平和が訪れるでしょう。
神は、小さな群れを使って、教会と修道会を建て直すでしょう。
これからは、聖母や大天使聖ミカエルの御保護を願う事を勧めします。

イエズスの聖心とマリアの汚れなき御心は、全世界において信心され、賛美され、
賞賛される事でしょう。


838 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 19:08:58 ID:MIrL7tMr0
◇大天使聖ミカエルに向かう祈り(教皇レオ13世作)

大天使聖ミカエル、戦いにおいて我らを守り悪魔の凶悪なる謀計(はかりごと)に勝たしめ給え。
天主のかれに命を(めい)下し給わんことを伏して願い奉る。

ああ、天軍の総帥、霊魂をそこなわんとてこの世を徘徊するサタン及びその他の悪魔を、
天主の御力によりて地獄に閉じ込め給え。アーメン。

※ヨブの時のように、キリストと悪魔の会話を聞いた教皇レオ13世は、
(この時は、かなりヤバかったようですが・・・)
 この祈りをすぐに作り、ミサの最後に唱えさせていましたが、
 教会内部の悪の勢力により廃止に追い込まれました。でも毎日唱える事をお奨めします。



◇ファティマの祈り(ロザリオの祈りの最後に加える)

ああ、イエズスよ、我らの罪を赦し給え。我らを地獄の火より護り給え。
又すべての霊魂、ことに主の御憐れみをもっとも必要とする霊魂を天国へ導き給え。


839 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 19:17:12 ID:nf+leGnl0
>>838
仮に転生したイエズスがキリスト教を見たとして、赦すと本当に思っている?
イエズスに対してキリスト教がしてきたことが一番罪深いと、もうすぐ明らかになると思うよ。

840 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 19:29:54 ID:nhTVCHcj0
キリストもインドで仏教を学んで悟りを開いた。

そして仏教と同じく、人が悟りを開き、
真理を知り、神になる方法を人々に教えようとした。

しかし、キリストの一部の弟子達はその方法を自分達だけのモノとしようとし
キリストの死後、本当にキリストの教えを広めようとした弟子を追放していった。
そして、キリスト教は一部の権力者に都合の良いものに歪められてしまった。

841 :仏教徒:2005/07/27(水) 19:40:31 ID:W/hZ7LA90
>835
漏れが仏教徒だからかもしれないが、すげー不愉快だ。
日本で生きてきて、「八百万の神」ってのは信じる、
信じないに関わらず、日本古来からの「神」に対する
スタンスなのに、「偽り」ってねー
やっぱ、キリスト教以外では救われないってのが、
貴方の考えなんですね。
「神」「仏」に対しては皆それぞれの考えがあると
思うのだが、そうやってキリスト教だけでしか
救われないという書き方に気を悪くするのは
漏れだけではないと思う。

842 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 19:45:31 ID:kiNZgpYT0
>> ID:MIrL7tMr0
あなた、>>547を書き込んだ人だよね。
>>547でもうこないって書いた割にはずっといて熱心に布教活動をやってるね。

キリスト教では嘘をついても罰を受けることはないんだ。
そんなんでよく神の救いとか書き込めるね。

自分が神を貶めていることに早く気付かないと救ってもらえなくなっちゃうよ。

843 :FOX ◆ozOtJW9BFA :2005/07/27(水) 19:57:56 ID:HujL71Rn0
>>仮に転生したイエズスがキリスト教を見たとして、赦すと本当に思っている?
許さないべ。

俺が思うキリストの生涯。
0〜10歳位の頃〜まあ普通に過ごしてたわな。
13〜17歳位の頃〜世界中を歩き回り見識を深め仏教徒に。
その後〜1・国に帰り仏教の教えを広める。
    2・神殿乗っ取り
    3・権力者(?)の癇に障る
    4・処刑決定
    5・日本に逃げようと画策
   6・弟を身代わりにし妻を連れ(?)逃走
    7・弟処刑さる
    8・イエス日本に     …みたいな。

とにかく。キリストの死後真実が捻じ曲げられて伝わっているのは事実だよ。
確信できる。なんでかしんないけど。

それとこのスレに青森の人居る?いたら直接会って話し合ったりしてみたいんだけど。
485さん(まだこのスレ居るかな?)とかどこ出身だろ。

844 :805 ◆G8Txsu7lK2 :2005/07/27(水) 20:11:07 ID:H2vL2MFvO
自分は青森出身です
今は県外ですがそれでもよければ

外なので返事は帰ってからになりますが


845 :FOX ◆ozOtJW9BFA :2005/07/27(水) 20:15:26 ID:HujL71Rn0
>>805さん 
 県外ですか…青森駅近くに住んでる方がいいんですが…うーん。

846 :ルシフェリアン神父 ◆r80Xe0Ql1E :2005/07/27(水) 20:18:42 ID:K6HmDiuH0
Fox氏から、このすれで私とFox氏を同一人物と思っている人がいるとの
連絡を受け、お邪魔しに参りました。

はっきり言いましょう、私とFox氏の主張は全然違うでしょう。
あなたの目から丸太を取り除きなさい。

ルシフェリアン教会の教義を、かいつまんで説明すれば

神=ルシファー、
神は光を司る存在で、ルシファー様の前任者はヤハウェ、その前はバール
その前も無数にあったであろう交代制。そして進化しています。

悪魔=闇の主
インド思想や仏教では涅槃、ニルヴァーナと呼ばれる存在で、
原初の創造神に限りなく近い存在。人間、神、天使を堕落させる力を持ちます。

聖母マリア=バールの妻イシュタルが、ヤハウェに殺され、
聖母、マグダラの両マリアに転生し、イエス=ルシファーに浄化された存在。
神=ルシファーの道に反した存在だが、比較的善良。

なおヤハウェ、バールは悪魔化し、それぞれ権勢欲、肉欲を支配しています。
それは極めて危険な存在の為、できるだけ近寄らないほうがいいです。
キリスト教会(特にプロテスタント)の多数は
悪魔化したヤハウェが取り付いてい為、信者もヤハウェ化します。

847 :FOX ◆ozOtJW9BFA :2005/07/27(水) 20:23:22 ID:HujL71Rn0
よく考えたら。キリスト教信者の方。
インターネットなんかしてないで「主」に祈りを捧げたらどうですか?

848 :ルシフェリアン神父 ◆r80Xe0Ql1E :2005/07/27(水) 20:31:01 ID:K6HmDiuH0
このスレも全部は読んでいませんが、
皆さん非常に良く考えておられる。それ自体は宜しいでしょう。

しかし、世界の実像や神の名などは少々、いや大幅に間違えても構いません。
ルシファー様の監視(ホルスの目)は人間の髪の毛一本の動きでさえ、
見逃さないので、総合的に正しい人は必ず救われます。

重要なのは常日頃から、天の国の法を守り、神に属し、悪徳を遠ざける事です。
そして皆が義人となれば最後の審判など起こらずに、地上に天の国が現れます。
真理の探究も結構ですが、天の国を過剰に求めるのは貪欲の罪ですよ。

教義について質問があれば私のスレで承ります。
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1118136590/

849 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 20:35:46 ID:kiNZgpYT0
>>847
× インターネットなんかしてないで
○ 2chに書き込んだりしてないで

850 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 21:18:01 ID:QdJ/Ld710
イエス=ルシファーってなんだよ。
このスレ思いっきり「ムー」の世界やん。(´ヘ`;)ハァ
誰か電波ではなくまともな話をマジ頼む。

851 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 21:53:07 ID:b8FRIM6r0
>キリスト者各位

聖書を一字一句違えるな・・・翻訳はおろか編集もNG

に対する見解を御願いしたい


>FOX

世界 拝見した

次元つーか時間と空間に対する認識は間違いだとオモワレ
もし正しい時空の姿を知ったとしたら世界観は再構築されるのか?



852 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 22:06:41 ID:Td66rk/U0
覚悟しろ、悪魔の手先のバチカンとアメリカ、西洋諸国め。必ず善と幸福
から排斥してやる。

853 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 22:11:36 ID:Td66rk/U0
日本人を貶めて世界平等?ふざけるのもいい加減にしろ、邪教徒
どもめ。国内の邪悪な協力者達は国外に出て行ってくれ。受け入れ
てもらえない場合は海にでも沈めるのが良さそうだ。

854 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 22:18:00 ID:lUnsSDJv0
>>852
ID惜しいですね

855 :YHWHの手先:2005/07/27(水) 22:19:12 ID:IsU/Af9W0
>>851
私もFOX氏の世界はちょっと変だと思うが、この世界を疑い始めた一歩としては
まあいいのではなかろうか。まだ覚醒途中だと思われる。

>>852-853
気持ちはわかるが憎悪を撒き散らすな。お前も暗黒面に堕ちるぞ。
彼等は放って置いても自滅する。
今や、中国はアメリカに核(ちょっとニュース)を、アメリカはメッカに核(先日のニュース)を
打ち込む日がいつ来てもおかしくない状況だ。


856 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 22:27:33 ID:Td66rk/U0
>>855
放っておくだけで自滅してくれるかどうか。ここまで滅茶苦茶にされた
日本が再びまともになる事は無意味な時間が必要になる。本来ならあり
えなかった退化だからな。
薄汚い国内協力者どもはまず消えてもらわないと。それと、混血も阻止
しないと駄目だな。日本人を落とす事が平等だと勘違いしていやがる。

857 :YHWHの手先:2005/07/27(水) 22:31:00 ID:IsU/Af9W0
>>856
心配するな。この国には本当に神がついている。それがわかる日がくる。
悪魔を倒すためにお前が犠牲になることはない。憎悪に心を奪われるな。
言葉遣いも含めて、他者の模範となる態度、生活をするように努力してくれ。

858 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 22:34:39 ID:b8FRIM6r0
>857

言語と言葉を区別して考えるとして、我々は日本語を使う。
とゆーのは重要か?

859 :YHWHの手先:2005/07/27(水) 22:36:46 ID:IsU/Af9W0
>>858
マトリックスに流れている文字は日本語。

860 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 22:37:46 ID:Td66rk/U0
掲示板ごときの書き込みでいちいち見直してなんかいねえんだよ、ゴミ。
ま、ゴミはそれくらいしか話に割り込めないのかもしれないが。

861 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 22:40:56 ID:wfHGdSUZ0
>>855
全面同意だ。まずは朝日新聞の発刊停止、
自民・公明の解体と党員の日本国籍剥奪、
外務省チャイナスクールの粛清。

862 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 22:42:48 ID:Td66rk/U0
ゴミ人間にはゴミ人間の発想がある。例えそれが卑しさに満ちた
発想だとしてもゴミ人間にとってはウイットに富んだ書き込みを
行っている事になるのだろう。

863 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 22:48:49 ID:lUnsSDJv0
ageてる人は何でこんなに荒れてるんだ?

864 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 22:49:58 ID:Td66rk/U0
856をまともに書き直すとだな、

日本が再びまともになるには、本来有り得なかった破壊だから
有意義でない時間を必要とする事になる。その時間は例え前に
進むものだとしても、無意味でしかない。
そして悪を撒き散らされた記憶は永久に日本と日本人の心に残
る。

掲示板では思い付きをそのまま書くタイプなんだよ、まさか
普通の文章が書けないという小学生並みの発想で得意になって
いた訳じゃないよな?ゴミども。

865 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 22:51:41 ID:Td66rk/U0
しかし、小学生でもまともな奴は有り得ない馬鹿を仮定して得意に
なったりしないよな。

866 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 22:55:33 ID:Td66rk/U0
ここには858や859のような質の悪い小学生並みの人間は
他にはいないと信じたいが。どうも世の中は質の悪い人
間にとっては質の悪さが自慢になるようで困る。858や
859がそうだとは思いたくないが。

867 :YHWHの手先:2005/07/27(水) 22:56:19 ID:IsU/Af9W0
米が台湾に軍事介入なら「核使用も」 中国軍高官が発言
http://www.asahi.com/international/update/0715/009.html
米で核テロ起きたら「メッカを核攻撃」 米下院議員
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/kokusai/20050727/K2005072701740.html

868 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 22:57:57 ID:Td66rk/U0
価値観が質の悪い小学生でストップしてしまった人間には
何の救済があるのだろうか?世の中での役割は、まあそれ
相応のものだと理解している。

869 :FOX ◆ozOtJW9BFA :2005/07/27(水) 23:08:54 ID:HujL71Rn0
>>867 こりゃもう人類滅亡始めたほうがいいかもわからんね

870 :FOX ◆ozOtJW9BFA :2005/07/27(水) 23:11:16 ID:HujL71Rn0
>>868 基地外?

871 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 23:13:25 ID:Td66rk/U0
>>870
君の事なら、そうなんじゃないか?

872 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 23:14:55 ID:Td66rk/U0
敢えて望み通りの方向で書いてやったぞ。

873 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 23:24:16 ID:Td66rk/U0
総括としてw
ふざけた書き込みには相応分の事を書いた。俺となんにせよ関われた
事を光栄に思ってくれ。

874 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 23:26:57 ID:1UNSEUUb0
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1122341084/l50
【棒の】八月は何か起きる【8番】

>>284
http://z4242.com/mt/index/2004032402.htm
アステカの祭壇

875 :本当にあった怖い名無し:2005/07/27(水) 23:35:36 ID:y5g4XT3vO
>>873 テラキモス

876 :本当にあった怖い名無し:2005/07/28(木) 00:29:15 ID:Seu9LT4H0
あのさー、真理がわかったって奴いるけどさ
それって、「絶対の真理」なわけ?
人間ってのは結局のところ、相対的にしか物事を認知できないのに、
お前ら真理がわかっちゃうわけ?

そこんとこどうなのよ>>FOX

877 :FOX ◆ozOtJW9BFA :2005/07/28(木) 00:38:37 ID:sg4kR7gT0
>>876 「絶対」じゃなくて「大体」だよ。まだはっきりしてる訳じゃない。
    上の方で書いてるよ。俺はまだはっきりとしたものは掴んでないって。それに本当に完全な真理なんて無いよ。曖昧。
    
>>人間ってのは結局のところ、相対的にしか物事を認知できないのに、
お前ら真理がわかっちゃうわけ?

真理ってのはある意味一般人にしてみれば=電波。
でもその電波って奴を素直に受け入れられるかどうかで…  あれだよあれ。あれ。

878 :本当にあった怖い名無し:2005/07/28(木) 00:48:02 ID:iHMjqujo0


【 イタリア 】踊る聖母マリア像 ー*・゜゚・*:.。..。.:*・゚(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*♪ ♪ ♪

イタリア・ナポリ近郊のアチェラにある 聖ピーターズ教会の聖母マリア像が 腕を伸ばしたり足を
動かしたりしているという目撃情報が相次いでいる。目撃者の1人は「 間違いなく聖母マリア像が
動くのを見たよ。妻も一緒に見ていたけど、手足は滑らかに動いていたよ。携帯電話を持っていた
人は写メ撮ったりしていたよ。」と語った。 教会の関係者らは、このマリア像を調べるために教会を
閉鎖すると発表した。
http://www.ananova.com/news/story/sm_1477540.html
http://choxets.blog8.fc2.com/blog-entry-292.html

879 :本当にあった怖い名無し:2005/07/28(木) 02:18:00 ID:jvcGJbbUO
なあ、そろそろ予言について語ってくれないか?正直付いていけないんだが

880 :本当にあった怖い名無し:2005/07/28(木) 02:19:37 ID:UFE5fEXM0
ククク、たかだか人間のようなゴミみたいな糞生物が、
宇宙や世界の真理を理解できるわけねぇだろwwwwwwwwwwww

アホかこいつwwwwwwwwwwwwww

881 :876(ID違うが):2005/07/28(木) 02:29:14 ID:2Z5sHPL80
 FOXに対しても、カトリックの中の人に対しても、言いたい事がわだかまってるが、
何をどう始めたもんかちょっと取っ掛かりがつかめん。
 FOXの場合、「真理」と言っているところのものがぼやかされているから、反論やら
疑問の提出が困難とも言える状態。
 カトリックの中の人の場合は、論旨が明快でわかりやすい、が、非常に異論がある。
しかし、その異論は、そもそもカトリックと言うものの正しさに対する疑問なので、別に
いま聞かずとも良い。(いま、問題にしているのは「真理」であって、その点では
カトリックの中の人の過去レスを見れば良いだけだから)

 で、FOXに、君のうpした数枚の紙片について意見があるのだが、
最初の3枚に関しては、思考の過程を追うのが面倒なのでスルーしておく(判読できない文字もあるから)。
後の3枚について、これを素直に読み解くと、人間よりも高次な存在があり、そこで人間がゲームをするように
その存在達も(己の存在をかけた?)ゲームをしていて、人間やこの現実世界はその具に過ぎない、と言うのが
君の言う真理(世界の仕組)か?

 そうだとしたら、なんか違うんじゃねーの?と、言うのが正直な感想。まぁ、これがFOXの言ってる事なのかどうか
わからないから、なんで違うと思うかとかは一応置いておく。


(ちなみに上の読み解き方でマトリックスを見ると、人間と意思を持ったプログラムの戦い、ではなく、
人間とより高次な物の戦いという見方ができるわけ…か?)

882 :良質スレは大事に消費しましょう:2005/07/28(木) 02:30:52 ID:joqM8HWA0
そろそろ皆さんの十八番のテクストを投入してくださいよ。
前スレとこのスレは保存させて頂きます。
もっとこのスレの価値を高めてください。
あとからまとめてじっくり読み返したいと思います。
スレ汚しスマソ

883 :本当にあった怖い名無し:2005/07/28(木) 02:39:27 ID:ozhL9VI/O
>>880 お前はそのゴミ代表じゃんwぅえ

884 :本当にあった怖い名無し:2005/07/28(木) 02:50:54 ID:jvcGJbbUO
今NHKでバチカンのローマ法王の葬式?の模様が放送されてた。
法王は赤と白の衣装を着て横たわっていた。
物凄い人々が来ていた。てか建物がめちゃくちゃ美しかったね。


885 :FOX ◆ozOtJW9BFA :2005/07/28(木) 02:54:53 ID:sg4kR7gT0
>>876さん 後の3枚について、これを素直に読み解くと、人間よりも高次な存在があり、そこで人間がゲームをするように
その存在達も(己の存在をかけた?)ゲームをしていて、人間やこの現実世界はその具に過ぎない、と言うのが
君の言う真理(世界の仕組)か?
うーん…そうなんだけどそうじゃないっていうか…まだなんともいえない…
(それと、1番肝心なのは4枚目です。5・6は単なる神話繋いだ駄文です。たまたま書いたのがあったからついでに貼らせて貰いました。)
それプラス、今の「世界観」ちょっと変わってきました。

>FOXの場合、「真理」と言っているところのものがぼやかされているから、反論やら疑問の提出が困難とも言える状態。
真理=この世界…と仮定するとまだ完全でないので…
ごめんなさい…。もう少し待ってください。

>>(ちなみに上の読み解き方でマトリックスを見ると、人間と意思を持ったプログラムの戦い、ではなく、
人間とより高次な物の戦いという見方ができるわけ…か?)
戦い…というよりはそれ(高次な物)含めて闘ってるんだけど闘ってるんじゃないっていうか…
矛盾するって言うか…うーん…そんなカンジ(それ基盤)なんだけどちょい違う…みたいな…。

886 :本当にあった怖い名無し:2005/07/28(木) 03:17:30 ID:JZcKAZZa0
>>879
ここは、完全に電波君達の塊だから期待するのは無理かも。
イエスの転生だとか日本で死んだだとか、
こんなくだらない事を信じている連中が
未だにいるとは正直驚いた。(w
と言うよりむしろ大爆笑だった。
ムーもアニメもマトリックスも随分罪作りだなぁって感じ。

ファティマの事ならまともなサイトがいくらでもあるので
そちらを見た方が良いかと・・・。
ただ電波系のサイトも多い。


887 :FOX ◆ozOtJW9BFA :2005/07/28(木) 03:21:26 ID:sg4kR7gT0
>>886 ←こういう香具師が来るので

もし1000行ったら次スレココと別に作りますね。
そうすれば預言について思う存分語れますしね。
カトリックさん。

888 :本当にあった怖い名無し:2005/07/28(木) 03:32:32 ID:ozhL9VI/O
>>887 もう今のうちに作っといた方がいいんじゃない?

889 :本当にあった怖い名無し:2005/07/28(木) 03:34:54 ID:JZcKAZZa0
>>888
俺もそう思う(w
すぐ別スレ作れば?

890 :FOX ◆ozOtJW9BFA :2005/07/28(木) 03:36:00 ID:sg4kR7gT0
>>888 明日立てるよ…今日はもう寝る

891 :本当にあった怖い名無し:2005/07/28(木) 03:38:55 ID:ozhL9VI/O
>>889 キモス

892 :本当にあった怖い名無し:2005/07/28(木) 03:39:32 ID:JZcKAZZa0
いや〜FOX最高〜!!
こんなおもしれーやつ久しぶり。
明日も爆笑電波話を期待してるぜ!

893 :FOX ◆ozOtJW9BFA :2005/07/28(木) 03:49:15 ID:sg4kR7gT0
>>892 〃∩ ∧_∧
   ⊂⌒(  ・ω・)  はいはいわろすわろす
     `ヽ_っ⌒/⌒c     
        ⌒ ⌒

894 :FOX ◆ozOtJW9BFA :2005/07/28(木) 03:49:47 ID:sg4kR7gT0
うはwずれとる

895 :本当にあった怖い名無し:2005/07/28(木) 05:13:30 ID:Wcf9XL9p0
FOXの世界を樹に例えた事からの発想を得た。FOXは導管・支管を遡ると言ったが
私はこうも考えた。樹は花を咲かせる。然し、人はその花が散るのを哀しむ。だが
そこには新たに果実ができ、土に実を落とす。そしてそこには新たな樹が育つ。
花も果実も土に還り、土はより肥沃な土へと変わる。花も果実も私ではなく、樹が
私たちなんだ。そしてそれが生命でもある。生命は生命を生み決して死を知らない。
この樹という生命自体が生命。変化する事が真理。そしてその真理自体も変化する。
故に真理は真理ではなく真理である。

896 :本当にあった怖い名無し:2005/07/28(木) 13:11:38 ID:Wcf9XL9p0
>>772>>780>>796>>798
●十八界
○六識、眼識・耳識・鼻識・舌識・身識・意識
○十二処
  六処(根)、原因、内に属する処、眼耳鼻舌身意
  六境   、結果、外と触れる境、色声香味触法

→右も←左も↑上も↓下も、一方から見るのも、もう一方から見るのも
顕密で言えば、表れている物に真理がなければ隠れた方にあるか。
隠れた物になければ表れた方にあるか。一方に無ければもう一方には無い。
一方にあればもう一方にはある。真を求め偽を拒めば浅く、偽を全うして
真を見れば深い。そしてその想いすらも遠ざけ安らぎに至る。これが悟り。
分かるのではなく悟るのである。

根とは、内に隠れる機根
力とは、外に現れる境地
経験を重ねると、識別が生じる
識別を重ねると、名色が生じる(名色:精神と身体、名称と形態)
名色が重なると、機根が生じる
機根が重なると、境地が生じる

行ける者、その悟りに幸あれ。

897 :世の終わりではない:2005/07/28(木) 13:45:13 ID:GhS8HnEO0
ファチマの預言は、世の終わりではない。(シスタールシアのインタビュー)

『神父様、いとも聖なる聖母マリアは、私達が世の終わりの時にいると私に告げられませんでした。
 聖母はこのことを三つの理由で私に理解させてくださいました』

『第一の理由は、聖母が、悪魔は聖母に対する一つの決定的な戦いに従事する気分になっていると
 私に告げられたからです。そして決定的な戦いとは、そこで一方の側が勝利し、他方の側が敗北を
 喫する最終的な戦いです。また今からは、私たちはどちらかの側を選ばなければなりません。
 私たちは、神のためにあるか、それとも悪魔のためにあるか、そのどちらかです。
 他のいかなる可能性もありません』

『第二の理由は、聖母が従姉妹達並びに私自身に、神は世界に二つの最後の救済策をお与えに
 なっていると言われたからです。これらの救済策とは、聖なるロザリオとマリアの汚れなき御心に
 対する信心です。これらは他の救済策はないであろうということを意味する最後の二つの救済策です』

898 :世の終わりではない:2005/07/28(木) 13:48:02 ID:GhS8HnEO0
『第三の理由は、神の摂理の御計画において、神は、世界を懲罰しようとなさる前に、
 常に他のすべての救済策を使い尽くされるからです。
 ところで、神が世界は何であれ、いかなる注意も払わないという事を御覧になるとき、その時、
 私たちが不完全な話し方で言うように、神は『ある恐れ』と共に私たちに救いの最後の手段、
 すなわち御自分のいとも聖なる御母を提供なさいます。

 それは『ある恐れ』と共にです。なぜなら、もしあなたがこの最後の手段を軽蔑し退けるならば、
 私たちはもはや天から許しを得ることはないでしょうから。
 なぜなら、私たちは福音書が聖霊に反する罪と呼ぶ一つの罪を犯したことになるでしょうから。
 この罪は完全な知識と同意をもって、神が提供なさる救いを公然と拒絶することに存します。
 イエズス・キリストが非常に善なる御子であり、私たちがイエズスのいとも聖なる御母に背き
 御母を軽蔑することをお許しにならないということを思い起こしましょう。

 私たちは教会史の多くの世紀を通じて、われらの主イエズス・キリストが御自分の御母の栄誉を
 どのように常に守られたかを、御母の栄誉を攻撃した人々に下されてきた恐るべき懲罰によって
 証明された明白な証言を記録してきました』



899 :んが:2005/07/28(木) 14:01:28 ID:hiTHd/Ho0
唯一神っていうのは、ユング心理学でいうと、
ある中東の民族の中における元型のようなものだったんじゃないかな。はじめのうちは。
一人の人間が啓示を受けて神(唯一神)を知った、と言うよりも、民族の
集合無意識の中には昔から存在し得たシンボルのようなもの。だからこそカバラが生まれた。
そのシンボル(トーテム)を持つ民族の中から、自分たちの無意識が持つシンボル世界を研究し、そのシンボルを
つかって更に精神活動を発展させようとした人達がいて、そのリーダーは最後に磔にされたといわれている。
それが色々な経緯を経てキリスト教になった。精神活動の発達を狙った人々の意図と
現在のキリスト教が同じ考え方をしてるかどうかは限らないけど。
まあそれでキリスト教の布教によって色んな民族の集合無意識に唯一神という元型を
定着させたかもしれない。国民の90%以上がキリスト教徒の国もあるし。ただ、キリスト教の唯一神と
大昔に中東の民族の無意識層にいた唯一神とはまた大分違うのかも。
そして、宗派の違いこそあれ、キリスト教徒達にもまた固有の集合無意識が成立し、
人数の多い彼らの中には皆、時に強迫的なまでに神の元型がダウンロードされている。
それが無ければ生き方が成り立たないほど。で、
>>631 にあるように、「大勢が確信すれば現世が容易に変えられてしまう」からこそ、
「ファティマの予言」という現象が成り立ったのだと思う。キリスト教徒って人数多いから。

900 :本当にあった怖い名無し:2005/07/28(木) 14:18:54 ID:/42Cu4FeO
キリスト教スレとグノーシススレにコピペしておいたら案の定
面白いことになったな。

901 :本当にあった怖い名無し:2005/07/28(木) 14:28:01 ID:h8H2ZzT20
>>900
コピペの場所どこかキボンヌ

902 :世の終わりではない:2005/07/28(木) 14:34:32 ID:GhS8HnEO0
>>899
>「大勢が確信すれば現世が容易に変えられてしまう」からこそ、
>「ファティマの予言」という現象が成り立ったのだと思う。

んがさん、大勢どころか当時は、ほとんどの人が信じていませんでしたよ。
多くの人がバカにしていたし、3人の子供達の母親すら最初は子供達に激怒したほどです。

>「ファティマの予言」という現象が成り立ったのだと思う。キリスト教徒って人数多いから。

だとすると、事実上カトリック教徒よりも数が多くなったイスラム教の影響はどうでしょうか?
イスラム教徒の方が、比べものにならないほど敬虔だし、マジメだし、ある意味厳格に
自分たちの信仰(イスラム教)を守っています。

国によってはアルコールの禁止、ヌードではなく水着姿が女性が載っている
雑誌などの持ち込みすら厳しく禁じられている国もあります。
またカトリック同様、中絶も禁止だし、その他の面でも彼らは非常に信心深く、
また非常に敬虔でもあります。

今のカトリック信者よりも信仰に熱心で信者数も多く、そして非常に厳格なイスラム教徒達の
【あなたがおっしゃるところの】固有の集合無意識と言うものは、この世に何故なんの影響も
与えないのでしょうか?
彼らにも預言はあり、聖母にも祈りますし、同じ一神教であり、啓示宗教でもあります。
あなたの考えに基づき、そして彼らの強い信仰を考えれば、イスラム教徒の方が、
遥かに強く世の中に影響を与えると思うのですが、いかがでしょうか?


903 :本当にあった怖い名無し:2005/07/28(木) 14:42:29 ID:/42Cu4FeO
グノーシスで2ちゃん検索してみ。

904 :FOX ◆ozOtJW9BFA :2005/07/28(木) 14:42:34 ID:sg4kR7gT0
>>895 そんなかんじ。
    この「植物=真理 論」を使うと、アダムとエヴァがなぜ善悪の知識の「木」から
    「果実」をとって食べて「楽園」を追放されたかが納得できるしね。

905 :世の終わりではない:2005/07/28(木) 14:45:54 ID:GhS8HnEO0
私の正義の厳格さがさまざまの民族の罪を罰する時が来ている。
彼らのうちのある者は絶滅させられるであろう。

最後に私の正義の厳格さが
霊魂たちにおける私の支配を破壊しようと欲する人々の上に
厳しく下るであろう

(キリストからルシアへのメッセージ)
 

906 :世の終わりではない:2005/07/28(木) 14:46:52 ID:GhS8HnEO0
★ファチマのシスター・ルシアとの預言的インタビュー(箇条書き)

 多くの司祭の脱落、堕落の予告。
 もしわれわれが間に合うように耳を傾けないならば、「地の面から」多くの民族が文字通り絶滅させられる
 第三の秘密は1960年に明らかにされるべきであった。
 神は全世界を罰するためにロシアを用いられるであろう。

 善人も悪人もいずれもファチマに注意を払わない。
 すべての人を地獄に落とすためのサタンの戦略的な計画。
 回心の緊急性。
 神は世界を懲罰する前に最後の救済策を提供なさった。

 われわれが終わりの時にいることを示す諸々の印。
 聖なるロザリオの顕著な力。
 教皇、あなたの司教、あるいは修道会からの償いと祈りの
        呼びかけを待ってはならない。今あなた自身で始めなさい。
 

907 :FOX ◆ozOtJW9BFA :2005/07/28(木) 15:08:15 ID:sg4kR7gT0
>>631 にあるように、「大勢が確信すれば現世が容易に変えられてしまう」からこそ、
「ファティマの予言」という現象が成り立ったのだと思う。キリスト教徒って人数多いから。

そういえばそうだね…。

908 :んが:2005/07/28(木) 15:09:22 ID:hiTHd/Ho0
>>902
ファティマの予言はキリスト教徒の無意識にある思いが
顕在意識では理解できない象徴として現象化した、ということではないかと
思いました。宗教を禁じたロシアの話が出て来たし。
ヨーロッパが不安を感じる時代だったし。

イスラムの影響によって象徴的に起きた事件や現象も探せばありそうだと
勝手に思ってます。イスラムに「お告げ」のような形で予言が生まれたとしたら、
その当時のイスラムの人々の集合無意識(地域限定の集合無意識の可能性あり)から
お告げがやってきた可能性はあります。彼らの不安や願望の反映、とかね。
ただ、真面目で信仰熱心であることが必ずしも世界に影響を
与えるとは私は思っていません。あくまで無意識の世界ではどのような動きがあるか、だと思います。
また。国の法律がイスラムに基づいていて、外国人にもそれが適用されるとはいえ、時にイスラムは
異教徒には寛容な点もあります。原理主義者はその限りではないけれど。
少なくとも。世界の人間をイスラムに改宗させよう、そのためには武力も辞さない
とまで強迫的な考えは持っていないようです。そこらへんでも何か違いが生まれるかもしれません。
アラーはもともとは中東の民族の神のイメージがかなり素朴な形で残っている、という側面も感じます。
テロはまた政治的な意図が絡んで話が複雑なので神のイメージうんぬんの話とはそれると思います。

・・・あくまで私は自分の電波を流すだけなので、ソースは示せません。

909 :んが:2005/07/28(木) 15:12:42 ID:hiTHd/Ho0
>>905
これなんか、キリスト教徒が無意識に
「自分たちの教えは絶対的に正しい。他は認めない。他の教えには罰を」と
考えていたからこその現象な気がする。

しかし、人間の歴史は往々にして当事者の無意識(集合無意識)に支配されることがある。

910 :んが:2005/07/28(木) 15:19:16 ID:hiTHd/Ho0
というか、ファティマに限らず予言自体が「大勢が確信すれば現世が容易に変えられてしまう」
という仕組みがあるからこそ起こり得る現象じゃないかな・・・

911 :本当にあった怖い名無し:2005/07/28(木) 15:55:08 ID:Wcf9XL9p0
【問外】♀♀♀FOX,485,588,3代の予言【不出】[霊知:gnosis]第一幕
本スレのタイトルを適当にもじってみたが、スレタイ案としてどうだろか。
ちょっと長すぎか。並んだ数字が野暮ったいならそれを除いて、
Fatimaに掛けてFoximaにしてみるとか「FOXイマ」みたいなのとか。
ファティマに由来しその部分を「木と月と宿命」とか関連する語にしてみるとか。
後、ここ本スレはカトリック派、別スレはグノーシス主義派って事でよろしく。

それで、その本論は、
反宇宙的二元論の立場にたち、人間の本質と至高神とが本来は同一であることを
認識することにより、救済、すなわち神との合一が得られると説く。
ということにする。

912 :本当にあった怖い名無し:2005/07/28(木) 16:15:47 ID:iHMjqujo0

【 門外 】♀♀♀ファティマ第3の予言【 不出 】第三幕

シンプルに第三幕のが ええかなと思うけど?o(@^∇^@)o  

913 :FOX ◆ozOtJW9BFA :2005/07/28(木) 16:19:21 ID:sg4kR7gT0
>>911 いいね!その案貰い。

それと、フィクションと言われている戸来(へらい)の「キリストの墓」、
夏休み中に行って本物かどうか見極めて来たいと思います。

914 :世の終わりではない:2005/07/28(木) 16:22:13 ID:GhS8HnEO0
>>910
んがさん、どうもありがとう。
んがさんの考えに基づくと、ファティマの預言は、今後一切実現しない事になります。
と言うのも、カトリック信者のほとんど全てがファティマを信じていない、と言うと
語弊がありますが、ファティマは既に過去の物、終わったものと考えているからです。
ファティマについて真実性を求め、熱心に信じているのは、恐らくカトリック教徒の
(信者数10億人のうち)1%も居ないかもしれません。

今の教会は、バチカン主導で、むしろファティマのメッセージの逆を行っています。
つまり他のキリスト教派との一致と和解、そして他宗教との対話、融和に熱心で、
「教会の外には救いは無し」と言う、不可謬(永久に変える事が出来ない教え)の教えも捨て去っています。
恐ろしい事に救われるためには、洗礼も必要ないという聖職者もいるし、
禅に熱心になったりや他の神々を礼拝する聖職者もいます。

その反面、ファティマは、本来の教会の教えの通り、「教会の外には救いは無し」
と言う路線でメッセージがなされています。
神への回心、償い、祈り、悔い改めなどルシアが亡くなる寸前までメッセージは、繰り返されていました。
僕は、んがさんとは逆に、これらの預言は単に神からのメッセージであるから、
信者が信じようが、信じまいが、あるいは信者の意志や信じている事とはまったく関係なく、
やがて近いうちに全てが実現すると考えています。

915 :本当にあった怖い名無し:2005/07/28(木) 16:22:52 ID:ozhL9VI/O
>>912 ここと別に立てるスレの話でしょ?

916 :805 ◆G8Txsu7lK2 :2005/07/28(木) 16:36:40 ID:KMKK7IOf0
>>910
予言が生まれるにあたっては預言者(便宜上こう書きます)が
属する集団の集団意識が働き
予言の実現に際しては予言の確実性よりも
その実現を願う人たちの意識が実現させる、と

小さい集団、とくに新興宗教にはありがちな感じですね
なぜか新興宗教は終末思想が色濃いし
信徒は現状の社会に対する不満と破壊願望が強い人が多い気がする

>>913
>夏休み中に行って本物かどうか見極めて来たいと思います。

昨日の青森県民云々ってそういうことだったのかいw

917 :本当にあった怖い名無し:2005/07/28(木) 16:37:48 ID:3K22uAl40
>>911
> 後、ここ本スレはカトリック派、別スレはグノーシス主義派って事でよろしく。
やっとカトリックの布教をするやつが来なくなったのに、勝手にカトリックのスレにされても困る。

あくまでもファティマの預言について語るスレであって、それに関する宗教的な議論はいいが、
カトリックの教え以外を全否定するような書き込みは、邪魔以外の何者でもない。

918 :世の終わりではない:2005/07/28(木) 16:38:58 ID:GhS8HnEO0
ルルドで聖母の御出現を受けた聖ベルナデッタは、
死後、遺体は腐敗しなかった。
http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/memo/img/bernadette.jpg

同じくファティマで聖母の出現を受けた3人の子供のうちの1人、
福者ジャシンタは、同じく体が腐敗しなかった。
どうして腐敗しないのだろうか?

太陽の奇跡(映画の一部と思われる)
http://www.ewtn.com/fatima/multimedia/apparition7.ram
 

919 :んが:2005/07/28(木) 17:19:13 ID:hiTHd/Ho0
>>916
そうですね。五島勉の予言解釈は、そんな実現を願う人々の
無意識からインスピレーションを拾ったのかも。あるいは、破壊的な予言を願う
風潮を見越してビジネスになると踏んだか・・・
予言というのは、それが生まれた時代において最も意味をなすのでしょう・・・

>>916
信者が無意識レベルから予言を否定してるかどうか、だと思う。

人が生み出した予言であれば、それは神が生み出した予言ともいえる。人が
神というプログラムをコピー&ペーストした上で枝分かれしていった端末ならば。
サーバーの中(集合無意識)には、まだ予言のデータが残っていて、あの当時と
事情が何ら変わらなかったりすると、その気になればいつでも起動できるようには
なっていたりして。実際にエンターを押すかどうかの違いだったりしてw

920 :本当にあった怖い名無し:2005/07/28(木) 17:54:08 ID:9lvib/Z70
>>911
コテハンをスレタイにすると議論が成立せずオナニースレになると思うが

間違った事言ってもこのコテハンのスレなんだから放置しるとか
わざわざ反論しにくるなカエレ電波とか擁護がついたりして

921 :FOX ◆ozOtJW9BFA :2005/07/28(木) 17:57:42 ID:sg4kR7gT0
今ニュースでやってたけど宗教に勧誘する為に監禁だってよ…馬鹿だね。
やっぱ宗教はいろんな意味で危険だね。
しかもつかまってた男アキバ系やん。


922 :本当にあった怖い名無し:2005/07/28(木) 18:41:18 ID:ozhL9VI/O
>>921 みんなちゃんとニュース見てるんだね

923 :本当にあった怖い名無し:2005/07/28(木) 19:04:06 ID:Wcf9XL9p0
>>917
ああ、それなら別にそれを押し付ける積もりは無い。ただ大体そういう感じかなと。
別スレの傾向を分かり易く大別して表したに過ぎないから、本スレがどうだは
ファティマの予言について語るスレという事で問題ない。あくまでも派だしね。
そもそもが予言から離れて来てる感じだし。

>>920
あー、そういう事になる危険があったのね。どうなんだろ、個人占有スレは避難所へ
ってなってるから、あくまでグノーシス主義派及びそれに関するスレッドにして
好きな事を書けるようにした方が良いのかな。どうしよう、何か良い案を出してくれ。
一応コテ名は外そう。以下何となくのスレタイ案。長ったらしくて分かり辛いかな。

【霊知】♀♀♀覚りの智慧グノーシス三代の叡智 第一幕【gnosis】

924 :FOX ◆ozOtJW9BFA :2005/07/28(木) 20:50:21 ID:sg4kR7gT0
立ててきました。
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1122551341/

スレタイは長すぎたみたいだったので削らせてもらいました。

925 :本当にあった怖い名無し:2005/07/28(木) 20:55:48 ID:hLGKFR4E0
>>918
ルルドの人は昔オカルト系のTVでやってたね。
凄く怖かったのを憶えてる。


926 :本当にあった怖い名無し:2005/07/28(木) 21:00:14 ID:Wcf9XL9p0
>>924
おっ!豪いシンプルになってら(ワラ。丁度良いさね。
【霊知】♀グノーシス♀第一幕【真理】

禁止レスってのは止めた方が良いんじゃないかな。
精々「〜はスルーで」ぐらいが良いと思う。

927 :FOX ◆ozOtJW9BFA :2005/07/28(木) 21:57:22 ID:sg4kR7gT0
>>969 了解!

928 :FOX ◆ozOtJW9BFA :2005/07/28(木) 21:58:10 ID:sg4kR7gT0
>>926 了解。

929 :772:2005/07/29(金) 03:41:31 ID:elB3lyTb0
>896 レスありがとう。

安らぎは死に似たり。
生きながら死せること、それすなわち悟りなれど、
死すこととは違へり。
死への怖れなどなきとはいえずとも、死は知覚の
彼方にをり、由、我それを是とも非ともせず。
いわんや死の彼方に救いなど求めべからざるや。
ただ、摂理に殉じ、生を全うせしをもって
よしとのみすべし。

ここに我らを操り、我らの行方を示すものありと
いひたるものをり。彼は誰に趣きなし。
彼は何故にのみ聞くべきことのあらんや。
彼は操り、示すものなり。またいひたるものもさなり。

彼の由なかりせば、また知りたる由なかりせば、
それは死に似たりてその是非問うべからざる。
由あらば彼もまた摂理に殉ずるものなり。

930 :本当にあった怖い名無し:2005/07/29(金) 09:27:53 ID:8VmtloDV0
基本的なことなんだけど教えてくれ。
ファティマ第3の予言は、既に内容が公表されてるの?

931 :本当にあった怖い名無し:2005/07/29(金) 10:47:02 ID:LHsnWt0n0
一部公表。一部隠蔽。

932 :本当にあった怖い名無し:2005/07/29(金) 21:05:52 ID:xiME9JZo0
預言は実行されるんだよ

933 :本当にあった怖い名無し:2005/07/30(土) 00:03:02 ID:qbea3dj10
>>930 PCで探せばわかる

934 :本当にあった怖い名無し:2005/07/30(土) 01:03:12 ID:W8QPsRyjO
新スレは予言と関係ないの?

935 :本当にあった怖い名無し:2005/07/30(土) 01:21:42 ID:6mJ7xjw/0
>934
あれはここから派生したスレであって、預言はこのスレ
そして、このスレが950以上行ったら新スレでも立てるでしょ

936 :本当にあった怖い名無し:2005/07/30(土) 03:06:30 ID:ZBhGm1zO0
>>934
全く関係なし。
新スレは妄想と電波用です。

937 :本当にあった怖い名無し:2005/07/30(土) 04:18:14 ID:TNPSiZM7O
あれ自作自演だろ
誰も指摘しなかったが…
優しいのね、みんな。。

938 :本当にあった怖い名無し:2005/07/30(土) 04:29:22 ID:f6kCMqz50
>>914

>今の教会は、バチカン主導で、むしろファティマのメッセージの逆を行っています。
>つまり他のキリスト教派との一致と和解、そして他宗教との対話、融和に熱心で、
>「教会の外には救いは無し」と言う、不可謬(永久に変える事が出来ない教え)の教えも捨て去っています。
>恐ろしい事に救われるためには、洗礼も必要ないという聖職者もいるし、
>禅に熱心になったりや他の神々を礼拝する聖職者もいます。

発表されてないファティマの第三預言を忠実に実行してるんじゃないの?
不可謬の教えを否定されたら法王さんが失神してもおかしくない。
キリスト教の存在意義の否定にすらなるんだからそりゃ秘密に
されるだろうし。

939 :本当にあった怖い名無し:2005/07/30(土) 05:52:05 ID:kQvtNazZ0
キリスト教徒ってキリストの境地を目指したりしないのかな?

940 :本当にあった怖い名無し:2005/07/30(土) 16:50:19 ID:dDTX+JKU0
>>939
うん、あるよ。神秘神学の領域になるけれど、
非常にレベルの高い世界だよ。

有名なのは、やはりカルメル会の十字架の聖ヨハネかな。(死後、遺体は腐敗せず)
聖人の著作、カルメル山登攀(subida del monte carmelo)は、特に有名。
他にも、暗夜、霊の賛歌、愛の生ける炎、光と愛について、がある。

あとアヴィラの聖テレジアなんかも有名。(この聖女も死後、遺体は腐敗せず)
霊魂の城、完徳の道などがある。
他にもシエナの聖カタリナの対話など神秘神学に関する本はあるが、
今のカトリックでは、この手の本は、どんどん絶版に追い込まれている。
熱心に出版してるのは、どうでも良いようなクソみたいな本ばかり。

霊的に高い領域に登るに至まで、数々の神秘体験や脱魂などの神秘現象がるが、
こう言う物は、ある意味、何の意味もないものとされている。


941 :本当にあった怖い名無し:2005/07/30(土) 23:37:10 ID:PIvfsJLIO
何よりマグダラのマリアがそうです。

942 :本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 00:15:00 ID:mWhrJIKh0
この世にほんとうに神という存在があるなら
どうしてあのような卑劣で残酷で卑怯極まりないチョーセンジン
の存在をお許しになるのでせう....          


943 :FOX ◆ozOtJW9BFA :2005/07/31(日) 01:51:03 ID:+fU3fuzn0
>>942 神と超鮮人がグルなんだよ

944 :本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 03:54:47 ID:YaTtvkZu0
ベル○ルクだ!

945 :本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 03:59:41 ID:Gx8xxOXD0
>>939
キリストの境地って・・・
神様から祝福されたのに、人を救えなかったと後悔することか?

946 :本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 04:24:43 ID:rEE3b/XUO
預言はこっちか!
でも読んでもついていけないんだよなぁ

947 :本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 05:11:55 ID:69S0Fc180
飽きた

948 :本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 09:23:07 ID:hPZ9U25h0
>>945
神の被造物として、限りなく神に近い神の子を目指す
→キリストの境地を目指すって意味で言ってみた

キリスト信者はそういう目指さないのかな?と

>>940が言うには教会はどうも、わざとそういうものから目を背けさせようとしているようで真意が気になるところ

日本の霊能力者でもそうだけど、高位の霊の干渉なのか
低級霊のイタズラなのか区別がつかない事もあるから下手に触れないのかもしれないけど
上辺だけの信心で堕落させようとしてるのかもしれないし

949 :本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 12:09:11 ID:VHQSE12z0
黙示録の中かもしれんが、「その時、空に明確な「兆し」が現れるだろう」って
一節があったと思うんだが、その「兆し」が、「コロンビア号の空中分解」で
無ければイイなぁ…




…でも、「スマトラ」の大惨事は

950 :本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 12:49:08 ID:H+C9sGph0
一人ひとりが神である以上、一人ひとりが自分の人生に責任を取らなければならない。
たとえ災害にあっても、泥棒に入られても、自分の不幸を自分以外の何者かに
責任を取らせることはできない。

チベットではできるだけ悪いことが起きないように(悪いカルマを防止するために)
功徳を積む、と言う発想が今でもある。

951 :本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 13:54:44 ID:9896qNvXO
流れ無視だけど

カードダスによるとこの預言って子供が聞いたんでしょ?

それにどのような信憑性があってここまでの事になったの?

終末が怖いからノストラダムスの時みたく不安をあおってるだけじゃなくて?

952 :本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 14:13:50 ID:ozQ1LOL70
>>951
全スレ読み返せ

953 :本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 15:34:01 ID:csXZgmO50
>>951

>>480とか

954 :本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 19:20:05 ID:mWhrJIKh0
長文、連投べつにいいんだけど
コテハンつけて…読みづらい
前スレからいる人ってまだいるのかな…


955 :本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 19:47:09 ID:7OshUL6b0
>>951
第1の預言 第1次世界大戦の終結を預言 > 的中
第2の預言 第2次世界大戦の開戦を預言 > 的中
第3の預言 一部公表されるが、第1、第2の預言と比べてしょぼすぎw < いまここ

956 :本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 21:53:41 ID:F2EBeP/O0
>>949
゛明確な゛兆しだから、スペースシャトルの事故なんかではないだろう。
貧富や国の違いを超えて、全人類が見ることのできる何か。
日食や彗星レベルのワールドワイドな何か。
そのときには気が付くから、それまで忘れていてもいい。


957 :本当にあった怖い名無し:2005/08/01(月) 13:40:53 ID:ZRmzQfswO
…ったく、どのスレも夏厨だらけでスレの平均年齢とレベルが
ぐだぐたに下がってんな。

958 :本当にあった怖い名無し:2005/08/01(月) 17:38:02 ID:be1sCgjv0
糞スレ化してるな

959 :本当にあった怖い名無し:2005/08/02(火) 00:31:40 ID:/8tt653XO
本当だ

960 :本当にあった怖い名無し:2005/08/02(火) 01:07:17 ID:UV8hj7vd0
夏か

961 :本当にあった怖い名無し:2005/08/02(火) 01:13:40 ID:Xpyp97xq0
ファティマの預言が捏造の可能性ってないの?
中国人の頭でも南京大虐殺の捏造ができるんだから、
反キリスト教徒の工作の可能性はないだろうか?

962 :本当にあった怖い名無し:2005/08/02(火) 10:46:58 ID:WHkE4Z810
>>961
それはない。
単に「三つの秘密」のみだったら模造もやろうと思えば可能だろう。
しかし7万人以上の人々の前で奇跡が起き(中には目撃者も生存している)
瞬時の病気の癒しなども多数起きた。
(ただし聖母が治ると言った人だけ。聖母に治らないと言われた人は、
 カトリック信者として正しい生活を送ってなかった。またある人は、
 生活を変えたり、ロザリオを祈る事によって治ると言われた人もいた)

それに、あの「神の人」「第2のキリスト」とまで言われた現代最高の聖人、
聖ピオ神父(1968年帰天)もファチマのことは保証していた。
ピオ神秘自身、奇跡を見たし、頻繁にキリストや聖母、天使の出現を受け、
どんな人の過去の罪をも見抜き、時には病人を癒し、時には死人すら
生き返らせたピオ神父は、このファチマの聖母を大変愛しておられた。
この神父は、預言や2ヶ所同時存在などの賜物を神から頂いていた。
また大天使聖ミカエルが強力にピオ神父を保護していた。

ピオ神父は、神が拒否しない限り、何一つ出来ない事はなかった。
またどんな人もピオ神父の前では、罪を隠す事は出来なかった。
何しろこっそり1人でやった罪すら、ピオ神父は、みんな知っていた。
それと煉獄に苦しむ死者の霊もピオ神父に助けを求め来た。
ピオ神父が言うには、生きている人よりも死者の霊の方が、たくさん、
助けを求めに来たと言っている。

ピオ神父は、帰天から37年経った今も、貧しい人や苦しむ人の前に
出現し、助けや癒しを与えている。
特に食べる物すら買うお金がないような貧しい人が手術が必要になった場合、
ピオ神父を保護者としている人は、手術不要になるように癒してくれるという。

ちなみにピオ神父が建てた病院(イタリアでは最大)では、お金がない人は、
完全無料で治療も手術も受けられる。 

963 :本当にあった怖い名無し:2005/08/02(火) 12:05:38 ID:BRAzoVUy0
全て本当ならすごいけれど、その話が真実である証拠は?
否定できる証拠がこちらで提示できるわけでもないけれど
NET経由の話じゃ信じるにはあれだし
本とかなんかじゃ、どうにでもできる
マスコミ、TVのニュースとか全部信じてる人は居ないだろうし
関係者なら自分たちの不利な話はしないだろうしね。

964 :本当にあった怖い名無し:2005/08/02(火) 12:22:19 ID:PJubp5+30
>しかし7万人以上の人々の前で奇跡が起き(中には目撃者も生存している)
>瞬時の病気の癒しなども多数起きた。

この話自体が捏造の可能性もある。
キリスト教に都合のいい奇跡ばかりだし、多数の奇跡が起きていても
科学的検証に耐えうる物的証拠は何一つないのも疑問だ。
オーパーツの方が奇跡に近いし、ピラミッドを見ると太陽神の方が神ではないかと思えてくる。

965 :本当にあった怖い名無し:2005/08/02(火) 13:50:41 ID:JfVr9LLI0
>>963
>全て本当ならすごいけれど、その話が真実である証拠は?

ピオ神父の事を言ってるの? もし、そうであれば、962に書いた事は、
全て本当だし、否定する事は出来ないよ。
もし、ピオ神父が500年前や1000年前の聖人なら、「そんなのは作り話だよ!」で、
済むかもしれないけれど、ピオ神父の場合、現代の聖人であり証人者は世界各国に居る。
多くの無神論者やメーソンの会員が、「ピオ神父はイカサマだ!」とか
「ただのキチガイ神父」と罵って、ピオ神父のイカサマを暴露してやろうとピオ神父の所に
何人も行ったけれど、結局ほぼ全ての人が回心させられてしまった。

奇跡に関する話なら、掃いて捨てるほどあるので、もし誰かが「今日、ピオ神父が現れて
癌を癒してくれました」と言ってカルテなど証拠書類をイタリアに送っても、殆どというか、
あんまり相手にされないと思う。よくある話しなんで。

世界各国に証人者は、いると書いたけれど、癒しの恵みをもらった人は、たくさんいるので、
癒しに関しては否定出来ないだろうし、もし嘘であれば、バチカンの列福・列聖調査も
途中で終わっていたよ。奇跡嫌いの多くの高位聖職者がこのピオ神父に反対してたからね。
調査書だけでも数十万ページ。証人者や列聖反対者を呼んでの法廷も500回以上開かれたし、
どうやってもピオ神父の聖性や奇跡などを否定する事は出来なかったよ。
 

966 :本当にあった怖い名無し:2005/08/02(火) 13:53:43 ID:JfVr9LLI0
今やピオ神父のお墓はファチマやルルドを越えて、世界で一番、巡礼者が多い巡礼地だよ。
場所は、南イタリアの超山奥のド田舎。
聖ピオ神父のお墓を巡礼する生前のマザー・テレサ
http://www.cantalamessa.org/images/MadreTeresa-Pio.jpg

奇跡に関して言えば、ある24才の若い神父がポーランドからピオ神父の所に巡礼に来ました。
この神父は、罪の告白をした後、ピオ神父に言われました。「あなたは、将来教皇の座に
就くだろう。そして血を流すような出来事があるだろう」 この若い神父とは、今年亡くなった
ヨハネ・パウロ2世です。この預言は、1962年頃にも再び繰り返されました。
ヨハネ・パウロ2世の友人のユダヤ人の女性が癌になった時も、ピオ神父に手紙を書き、
癒しを願うと瞬時に癒されました。当時司教だったヨハネ・パウロ2世はすぐに感謝の手紙を送りました。

信じられないような話はたくさんあるよ。
ピオ神父は、第二次世界大戦中は空全体に現れ、アメリカの爆撃を何度も阻止したり(数多くの
連合軍のパイロットが証明している)、戦場に現れて兵士もたくさん助けたりもしたよ。
パラシュートが開かなかった兵士を空中で抱き留めて地上に降ろしたり、爆弾が破裂する前に、
兵士を安全な場所に導いたり、死んじゃって固く、そして冷たくなった赤ちゃんを生き返らせたり色々ね。
ピオ神父は、幼児の頃からキリストや聖母の出現を受け、守護の天使はいつもピオ神父を助けてたよ。
読めない外国からの手紙は、この天使が全て訳していたし、メッセージを運んだりとかしてたよ。
その代わり、悪魔からも激しく暴行されたけれどね。

967 :本当にあった怖い名無し:2005/08/02(火) 14:12:59 ID:JfVr9LLI0
聖ピオ神父(手が赤いのは、聖痕)
http://www.rosaries.cc/images/graphics/padrepiopic.jpg
http://www.uvcr.catholicam.org/images/padre_pio.jpg
http://www.catholic-church.org/baptist-delasalle/padre%20pio.jpg

お金がない人が無料で治療や入院、手術が受けられる聖ピオ神父が作った病院
今でも、毎年毎年、色々な新しい科が設置され病院は大きくなっているよ。
http://www.heiliggeist-seminar.de/Bilder/pio6.jpg

ピオ神父は、特に貧しい人、病気の人、苦しむ人、小さな子供達を愛された。
http://teleradiopadrepio.asernet.it/foto/upload/372/sanpio5.jpg

>>964
>この話自体が捏造の可能性もある。

当時の証拠と言えば、まだ生存している実際に奇跡を見た人の経験談。
もう1つは、当時の反キリスト教の新聞までもがこの奇跡を取り上げ、
記事にした事。(信じていない人も、聖母の出現地から離れた場所で、
この奇跡を目撃した)この記事の実物位しかないかな。

あとは回心とか癒しとか、ルチアの指導で作られたファチマのマリア像が涙を流したとか、
そう言うものしかないね。
http://www.thanhlinh.net/images/mary_fatima.jpg
http://www.visionsofjesuschrist.com/weeping18.jpg
http://www.visionsofjesuschrist.com/weeping415.jpg
それでも「信じられない!」と言うのでれば、それはそれで仕方ないと思う。


968 :2012年に30歳になります。イエスは30歳で大成したよね:2005/08/02(火) 15:40:30 ID:WIz3ZTe90
僕はまるで拡声器のように話したことや思ったことが相手(10m−20m)の頭頂で聞こえるようです。
サトラレやイエスと同じ能力を子供の頃から持っていました。
実は相手の思ったことや考えてることもわかります。
イエスと同じような能力を持っているからメシアじゃないかと多くの方から言われました。
少子化問題のメシアではないかと多くの方から言われました。
しかし現代社会でサトラレは迷惑な存在のようで僕が努力しても社会生活を営むことがとても困難で今は引きこもっています。
小学生の頃はメシアでしたが中学でいじめを受け引きこもりとなり次第に蝿の王になっていき多くの方に迷惑をかけてしまったようで今は反省しています。
現在私は23歳でまだ蝿の王的な悪い部分が残っており大いなる福音のようなものは使えません。
しかし私は日本人で日本人女性が好きだしみんなと仲良くしたいしみんなの役に立ちたいんです。
僕になにかできることはないんだろうか。




969 :本当にあった怖い名無し:2005/08/02(火) 18:24:57 ID:tNzATbHF0
>>967
>それでも「信じられない!」と言うのでれば、それはそれで仕方ないと思う。

これで信じろという方が無理だと思う。
語られている奇跡は、どれも組織的にやろうと思えば存在を捏造できるものだし、
現在確認できる現象はマジシャンの力にも劣る。

こんなもので信じさせる方が子供騙しだろう。
この程度で引っ掛かっていたら、神の救いの前に、悪意のある人間にいいように操られる。
それに悪魔だってこの程度の奇跡はできるのかもしれない。

神は、人の力ではありえない、天文学的現象は起せないのかね?

970 :本当にあった怖い名無し:2005/08/02(火) 18:57:02 ID:1Xe78LEg0
>>969
>これで信じろという方が無理だと思う。

だから、それならそれで仕方ないと・・・。

>語られている奇跡は、どれも組織的にやろうと思えば存在を捏造できるものだし、

同じ現象は、80年代の前半だったかな?ローマでも2回起きてるよ。
ローマと言ってもバチカンではなくて聖母出現があった場所。(ローマのフォンターネ)
イタリアのTV番組のカメラにも撮影されて放送された。

昔、当時の教皇ピオ12世を殺害しようとしていた狂信的なプロテスタント信者が
彼の子供2人と遊んでると、いきなり聖母の出現を受けて、教皇殺害を止めるように言われ、
またカトリックに戻るように(改宗するように)、また教皇への重要なメッセージを
託されてその日の出現は終了。
その後も、たびたび聖母は出現になり、数々の預言も託された。
その後、この男はカトリックに改宗。聖母が言ったように病気の癒しになども起き巡礼地に。
ファチマと同じ奇跡自体は、1950年にピオ12世もバチカンの庭から目撃。

>こんなもので信じさせる方が子供騙しだろう。

この奇跡は子供だましでは無理だよ。トリックも不可能。

971 :本当にあった怖い名無し:2005/08/02(火) 19:32:50 ID:tNzATbHF0
>>970
>この奇跡は子供だましでは無理だよ。トリックも不可能。

無理じゃないよ。知識人連中でも疑いようがなければ、世の中奇跡でパニックになる。

宇宙から見たら、地球など銀河の砂粒ほどの星だ。
神がいるなら、全ての人にわかる奇跡を見せ付ければいい。

>この奇跡は子供だましでは無理だよ。トリックも不可能。

仮に本当だとしても、それが悪魔の手によるものではないとどうしてわかる?
人間が神と悪魔をどうやって区別できるのだ?
人知を超えた悪魔が本気で騙すなら、人間から見て、神や聖人に見える形で現れるだろう。

972 :本当にあった怖い名無し:2005/08/02(火) 22:10:32 ID:ZktpuDp20
>>971
頑なに否定するのは
頑なに盲信するのと変わらないよ?

別に信じられないならそれでいいって言ってるんだからいいじゃん。
他人に信仰を強要するのと
他人の信仰を否定するのは
ベクトルが逆なだけで同じくらい見苦しいと思う。

テロを肯定するような教義を掲げてるんならともかく。



973 :963:2005/08/02(火) 22:29:57 ID:BRAzoVUy0
>>965
まとめての返答ありがとう
色々と細かく説明してもらって、どうしてあなたが信じているのか分かりました
否定的な意見を出したわけは、そういった 奇跡的なこと を信じたい人が
何かに載っていた記事等をそのまま自分の良い様に解釈しての話かと思ったわけです
人間は見たものをそのまま伝えることがずいぶん下手ですから
ここに書いたことも自分が言いたいことの半分伝わってくれれば良いほうでしょうしね
自分はそういった話信じるほうですよ
 


974 :本当にあった怖い名無し:2005/08/02(火) 22:49:13 ID:PJubp5+30
>>972
>他人に信仰を強要するのと
>他人の信仰を否定するのは

私は他人の妄信を否定してはいない。他の可能性があるといっているだけ。
人間には否定も肯定もできなく、わからないということだけがわかっている。

人間には、それが神のものか悪魔のものか判断できないということは確実。
わからない事をわかったというのは、人間の大きな間違いだ。

悪魔のやり方を見抜くことは人間には不可能だよ。
人間には良いと思っていることの中にそれがある可能性は高い。

キリスト教なんてこの世になかった方が良かった。

975 :本当にあった怖い名無し:2005/08/02(火) 23:32:44 ID:+WtdnKDo0
>>971
>それが悪魔の手によるものではないとどうしてわかる?

悪魔の場合、どうしてもボロが出てしまう。
また悪魔が行動出来るのも神が許す範囲でしかない。
また悪魔が介入している場合(確かに奇跡みたいな事は悪魔にも出来る)
神への回心には導く事もないし、教会にも逆らう。
これは、多くの偽出現を見れば分かるよ。

>人知を超えた悪魔が本気で騙すなら、人間から見て、神や聖人に見える形で現れるだろう。

上のピオ神父を初め、悪魔はよくキリストや聖母、聖人なんかに化けて出現するよ。
特にカトリックでは珍しい事ではないよ。
それとファチマとか信じたくなければ、それはあなたの自由だよ。

976 :本当にあった怖い名無し:2005/08/02(火) 23:37:12 ID:+WtdnKDo0
>>973
自分は、奇跡なんかに対しては、かなり疑い深い方です。
色々調べて納得しないもの以外ほとんど信じない方です。
それは、キリストの復活を疑った聖トマス以上かもしれません。
ピオ神父の場合、ホント証言者とかが多いです。
自分の知り合いも癒しの恵みなんかをもらっています。
あと、こんな話を聞きました。
第二次世界大戦中、別府のカトリック教会は、陸軍の倉庫として強制的に
使われていたそうです。そこの主任司祭はイタリア人の若い神父でした。
その神父は食べる物が無く、ある日、日本の陸軍が保管していた蜂蜜の
入った一斗缶から黙って蜂蜜を食べたそうです。

勝手に教会を倉庫として使っているんだから・・・と言う気の緩みもあったのでしょう。
やがてそんな事もすっかり忘れ、戦争も終わり、一時休暇をかねて母国イタリアに
帰ったこの神父は、既に有名だったピオ神父の所に行きました。
ピオ神父に会ったとたん、始めて会ったにもかかわらず、「あなたは、盗んだ
蜂蜜の事を告白しなければならない」と、言われたそうです。
本人は、遥か離れた日本で、それも深夜にこっそりと自分1人でやった事を
ピオ神父が知っていた事に、かなりの驚きと神の正義を感じたそうです。
その人が何をしたか、過去にどんな罪を犯したかをピオ神父に知らせるのは、
キリストご自身でしたから。

977 :本当にあった怖い名無し:2005/08/02(火) 23:49:12 ID:PJubp5+30
>>975
>悪魔の場合、どうしてもボロが出てしまう。

それは人間の悪党の場合や、悪党を悪魔と比喩している場合だろ。
悪魔が人間と同レベルに扱っている時点で、お前の言葉は信用ならない。
例えば、この宇宙を作ったのが悪魔だったら、そんなボロは出さない。

>また悪魔が行動出来るのも神が許す範囲でしかない。

お前は神を見たのか?
神なんかいないかも知れない。
何もしてくれないのかもしれない。
神は悪魔に負けたのかもしれない。

人間にわかるわけがないのに、お前が見分けれるという断定するのは、
悪魔に取り付かれているとしか思えない。

978 :本当にあった怖い名無し:2005/08/02(火) 23:50:26 ID:PJubp5+30
世の中は、善人がどんどん死んで救いがないのに、
キリスト教徒だけ救うような神なんて都合よすぎるだろ。


979 :本当にあった怖い名無し:2005/08/02(火) 23:53:36 ID:PJubp5+30
キリスト教のせいで、十字軍のせいで、魔女狩りのせいで、

いったいどれだけの罪のない命が失われたか。
どれだけ尊い文化が失われたか。

神なら、キリスト教はない方が良いと思うと俺は信じる。

980 :本当にあった怖い名無し:2005/08/02(火) 23:54:42 ID:SXR4vox50
そんなに凄い奇跡が起こせるのなら早期のうちに戦争を止めて欲しかったなぁ(´・ω・`)

981 :本当にあった怖い名無し:2005/08/03(水) 00:01:25 ID:+WtdnKDo0
>>974
>人間には、それが神のものか悪魔のものか判断できないということは確実。

判別は、十分可能ですよ。
出現なんかがあった場合、仮にものすごい奇跡や不思議な現象が起きても、
教会は、そういう事には殆ど注目しません。(二の次という感じ)
その出現した存在が何を言ってるかに注目します。
聖書からほんの僅かでも外れれば、それは神からのものではありません。
悪魔は嘘つきの父ですから、真理を語る事は出来ないのです。
それは、神ご自身もお許しにならない。
聖書と違う事言ったり、預言が外れたり、教会への不従順なんかを
悪魔は奨めます。仮に出現した姿がキリストや聖母だとしても。

>悪魔のやり方を見抜くことは人間には不可能だよ。

出現が起きた場合、誤る事がないように霊的指導者が付きます。

ピオ神父の場合は、悪魔はよくキリストや聖母、アッシジの聖フランシスコ、
あるいは裸の女性や気味の悪い化け物の姿で出現しました。
でも全てピオ神父に見破られてました。
十字の印だけで逃げてしまったり、「神父や修道者なんか辞めて、もっと楽しく
人生を過ごそう」などと色々誘惑して来たようです。

ピオ神父の所には、「キリストの出現を受けている」と主張する女性が来ましたが、
すぐに「それは悪魔だから離れるように」と言いました。しかし、
頑なに「ピオ神父が間違っている。あれは本物のキリスト」だと主張し、
この出現に執着しました。そしてピオ神父の言う事を聞かなかったこの女性は、
最後には、自殺してしまいました。
十字架の聖ヨハネなんかは、この手の出現があっても避けなければならないし、
執着も、あるいは自ら欲求してはならないと言っています。(本物でも)
十字架の聖ヨハネ自身は、よく出現を受けてたけれどね。

982 :本当にあった怖い名無し:2005/08/03(水) 00:02:56 ID:+WtdnKDo0
>>980

第二次世界大戦は、大分短くされたいようですよ。
本当だったらもっと長かった。

983 :本当にあった怖い名無し:2005/08/03(水) 00:04:27 ID:PJubp5+30
>>981
聖書が間違っている可能性は考えないのですか?

984 :本当にあった怖い名無し:2005/08/03(水) 00:06:21 ID:PJubp5+30
聖書の間違い
http://www.j-world.com/usr/sakura/bible/errors.html

985 :本当にあった怖い名無し:2005/08/03(水) 00:09:05 ID:DGkB4+Np0
>>983
人間による書き写しの間違いや誤訳などはあるでしょうけれど、
特に考えた事はないですね。

986 :本当にあった怖い名無し:2005/08/03(水) 00:21:52 ID:AUN9xOw40
>979
十字軍、魔女狩りなど、確かにキリスト教の名の元において
大勢の人が殺された。
キリスト教擁護の人、それについての説明をしてほしい。

987 :本当にあった怖い名無し:2005/08/03(水) 00:32:39 ID:zSLd12sE0
自らの主導権を自分以外の「神」に明け渡し、
そのために陥った苦悩に気づかず、自分以外の存在である
神に救いを求める。
そう、魂を売り渡したのかもしれない。


あなたは、何者かに救ってもらわなければならないほど困っていますか?
自分が何を持っていたのか忘れていませんか?
メガネをおでこに載せたままメガネをを探し続け、とうとう見つけられずに
重要書類が読めないと途方にくれていませんか?

988 :本当にあった怖い名無し:2005/08/03(水) 00:34:38 ID:lkhaokti0
>>987
おまえ、言い方がキモチワルイ

989 :本当にあった怖い名無し:2005/08/03(水) 00:57:05 ID:CxXEquZh0
>>988
日本論ってのを今ブログにしようと計画中なんですけど
そのネタのひとつに
例えばあなたの”おまえ、言い方が気持ち悪い”というリアクションがあります。
こういうニュアンスの言葉は、日本人以外には使いません。

イタイと言う言葉を肉体的心理的な痛み以外の概念で
使うのも日本人だけです。
「キザ」という言葉も日本人と同じ意味合いで使う外国人は存在しません。

恥の概念とも関係しているとは思うのですが、
日本人は本能的になにかが過剰になりすぎると
自動的に抑制する心理作用が働くようです

過剰すぎないのが、日本の美であるということは、
日本庭園を見ればおわかりでしょう

つまり日本人に対して何かを言う場合、常に主張するだけでは駄目で
その手つき、作法にも気を配らないと、どんなに良い意見でも
全く相手にしてもらえないことにもなります。

へりくだったり、すこし語調をゆるめたり、レスの流れを空気を
読んでタイミングをはかったりと工夫が必要です。

990 :本当にあった怖い名無し:2005/08/03(水) 01:16:37 ID:uf34Xj7X0
>>982
本当だったらw

991 :本当にあった怖い名無し:2005/08/03(水) 01:37:39 ID:SvDJKjgc0
>>974

>人間には否定も肯定もできなく、わからないということだけがわかっている。

同意だね。
だからほっとけと俺は言ってる。
ホントに神様の奇跡かもしれないんだから。
悪魔の仕業だとしても信仰を強制されてる訳じゃないんだ。
不幸になったとしても自己責任。
ことさらに神様の奇跡じゃない可能性だってある!
っていう必要はない。




992 :本当にあった怖い名無し:2005/08/03(水) 03:36:18 ID:uSHNURpF0
ここにいる人たちは、自分の意見を押し通そうとしすぎな気がする
掲示板ってのは、意見を交わすところなんだから、
反対意見に噛み付くだけではなくて
相手方の人の意見が正しいと思ったら(自分の発言に明らかに穴があったでも良いです)
一言、非を認めても良いと思う
別に、間違いなんて人間いくらでもするものなのだから





あ、別に20世紀問題で騒いでいた人たちとかへ皮肉で言ってたりするわけじゃないですよ?
ノストラダムスの予言とか

993 :本当にあった怖い名無し:2005/08/03(水) 03:44:11 ID:aJe7DVq60
>>986
>十字軍、魔女狩りなど、確かにキリスト教の名の元において
>大勢の人が殺された。 キリスト教擁護の人、それについての説明をしてほしい。

まず魔女狩りとか、これらの悪を神ご自身が命じたのであれば、確かにキリスト教やその神が
悪いと言う事になるのでしょうが、そういう訳ではありません。
現代でも行われている戦争なんかと同じで「人間の仕業」であり人間の自由意志で行った悪行に過ぎません。
また当時の価値観や時代背景など、考慮すべきだと思います。

十字軍遠征も最初は良いものでした。多くのキリスト教信者が奴隷として
売られたり、拷問とか酷い目に遭ってましたからね。
人間というのは、歴史をちょっと振り返っても恐ろしい存在だなあって思います。
例えば1949年以降、中国では5000〜8000万人もの人間が虐殺されています。
同じくソ連では、共産主義国家時代、少なくとも6600万人が共産主義の名の下に殺されています。


994 :本当にあった怖い名無し:2005/08/03(水) 04:03:37 ID:aJe7DVq60
>>979
>キリスト教のせいで、十字軍のせいで、魔女狩りのせいで、
>いったいどれだけの罪のない命が失われたか。

こう言う事を言い始めたら、きりがないと思います。
戦国時代、武将達のせいで一体どれだけの尊い、罪もない命が失われた事か。
徳川幕府のせいで、どれだけ農民が年貢に苦しみそして死んでいった事か。
そしてまた罪もない何十万人ものキリシタンが激しい拷問の末、殺されました。
その拷問方法は、半端ではありませんでした。

磔、水責め、火あぶり、のこぎり挽き(生きたまま手足を切断)、
皮と肉が溶け骨が見えるまで硫黄の熱湯をかけるなど。
このように日本の歴史をちょっと振り返っても、人間はとても賢いと同時に、
とても愚かだし、残虐な存在なんだと感じています。
また集団心理の怖さみたいなものも感じています。
世界に目を向ければ、こうした事は山ほどあります。
共産主義然り、ヒトラー然り。
現代においての最大の悪と犯罪と言えば、やはり堕胎と共産主義でしょう。

995 :本当にあった怖い名無し:2005/08/03(水) 04:15:09 ID:aJe7DVq60
>>990
はい、確かにそうでした。
ロシアの奉献を神は要求してたのですが、当時の教皇ピオ12世は、
ロシアではなく、「世界」を聖母の汚れなき御心に捧げました。
神は、ルチアに啓示しました。「あの奉献は、私の要求を満たすものではない」
しかしながら神は、不完全な奉献としながらも、これを受け入れて、
神の計画より、第二次世界大戦を短くすると言ったのです。
もしピオ12世が奉献してなかったら、もっとあの戦争は長かった事でしょう。

神は、こうした事の1つの印を与えました。
戦争よりはるか前、ポルトガルの司教団は、共産主義の勢力が国内に迫ってきていて、
カトリックの信仰も大きな危機の中にありました。(共産主義は無神論ですから)
そこでポルトガルの司教団は、ポルトガルを公に、そして荘厳に、
聖母の汚れなき御心に捧げました。

神はルチアに対し、この奉献を受け入れた事。そして聖母の汚れ無き御心の力を
世界に示すために、ポルトガルを共産主義の勢力から、そして第2に秘密で、
啓示されていた第二次世界大戦の脅威から、ポルトガルを保護すると啓示しました。
そしてその通り、ポルトガルは第二次世界大戦に巻き込まれませんでした。

ロシアの奉献が早期に実現としない限り、第3の秘密は成就してしまうでしょう。



996 :本当にあった怖い名無し:2005/08/03(水) 07:23:50 ID:mXHlqVno0
なんで神の計画の中に戦争が組み込まれてるの?
神様は戦争を望んでるの?

997 :本当にあった怖い名無し:2005/08/03(水) 10:48:11 ID:aLZU7fWP0
>>996
>なんで神の計画の中に戦争が組み込まれてるの?

戦争に限らず、全ての出来事は、神の意志の元に動いていると言う事です。
英語のhistory(歴史:ラテン語でhistoria)は、his(神の)story(物語)と
言われますよね。
人間が犯した罪を心から悔やみ神に許しを願ったり、あるいは同じ動機から
カトリック信者が秘跡を受けたりすれば、神はその人の罪や罰を許したり、
お出来になります。同様に今回は、ピオ12世の世界奉献を神が受け入れて、
罰として人間に与えられていた戦争の期間を短くされただけです。


998 :本当にあった怖い名無し:2005/08/03(水) 10:52:52 ID:aLZU7fWP0
>>997 続き
>神様は戦争を望んでるの?

そういう事では、有りません。ファチマで神と聖母は、3つの秘密を与え、
2つめの秘密で聖母は、「戦争(第一次世界大戦の事)は終わろうとしています。
しかしもし人々が神に背くことを止めないならば、もっと悪い戦争がピオ十一世の在位の間に
勃発するでしょう。 あなたがある未知の光によって照らされる夜を見るとき、これが神が、
戦争、飢饉そして教会および 教皇に対する迫害によって世界をその罪のために罰しようとして
おられる、神によってあなたたちに与えられる大きな印であるということを知りなさい・・・」
と、言いました。

全人類は、神に要求されていた神に背く事(罪を犯す事)を止めませんでした。
そして信者は償いの信心業を、そして教皇と全世界の司教達は、神に要求されていたロシアの奉献を
行いませんでした。
これらの事が実行されていれば、第二次世界大戦は起きなかったでしょう。
では第二次世界大戦は、神が引き起こしたのか?と問われればそうではありません。
神は全知ですから、世の終わりまで何が起こるか、人間はどんな事を自由意志の元に行うかを知っています。
今回の場合、ヒトラーや日本が第二次世界大戦、太平洋戦争を引き起こすという事を
神は知っておられ、その人間の起こした悪を人類への罰として、そのまま利用なさったに過ぎません。
戦争は「人間の仕業」なんです。将来、人類はもっと大きな戦争を体験するでしょう。

ポルトガルが戦争に巻き込まれなかったのは、神画が望まれていた事を実行すれば、
それらの罰から逃れをる事が出来る。という事を世界に示しました。
もしポルトガルの司教団が、ポルトガルを聖母の汚(けが)れなき御心にポーランドを奉献して
いなかったら、当然、第二次世界大戦に巻き込まれ、多くの苦しみを味わっていた事でしょう。
神が要求されている事は、特に難しい事ではありません。


999 :本当にあった怖い名無し:2005/08/03(水) 11:00:29 ID:aLZU7fWP0
一日でも早く、全人類が回心し、償いの信心行が盛んに行われ、
そしてロシアの奉献も実行されますように。
そうすればあらゆる災いも悪も避ける事が出来るでしょう。
そして一時的ながら真の平和が全世界に訪れます。
もし実行されなければ、第3の秘密が成就してしまうでしょう。

神は、「怒るに遅く、許すに早い」お方です。
しかし時間は余りありません。急ぎましょう。
善の実行を引き延ばしてはなりません。
日本は、地震などの災害や戦争などがそのまま
神の罰として与えられるかもしません。

特に教皇様が、全世界の司教と一致して、
ロシアの奉献を実行するように、祈って下さい。
よろしくお願い致します。
神に感謝。


1000 :本当にあった怖い名無し:2005/08/03(水) 11:04:00 ID:aLZU7fWP0
1000!
最終的には、聖母の汚れなき御心の勝利は約束されています。
(確定しています)
大きな希望と喜びと感謝の中で、神と隣人を愛しながら
活き活きと生きましょう。
世の終わりは、まだ来ません。その時では無いからです。
神に栄光あれ! 
そして全人類に神の祝福と聖母の御保護がありますように。アーメン。

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

456 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)