5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【契約】†★悪魔についてのマジレス★†【代償】

1 :本当にあった怖い名無しさん:2005/10/14(金) 02:25:52 ID:9gDIfsIE0
マジレス。
俺が悪魔との契約を行ったのは中1。
契約後は自分の体をある程度操作できるようになった。
が、大分不幸になった。
まず、絶対タイミングが狂う。
(意識しても、絶対に悪いタイミングとなる)
あと自分の周りが暗くなり、冷たくなった。
体の操作はうれしいが、結局我慢できなかった。
不幸になると、体の操作なんて言ってられないんだ。
まあ、今は教会通いで何とか精神を保っている。
20年。俺の寿命はあと16年。
俺は同じような契約者と話したいです。
あなた方は誰とどのような契約をしたのか。
↓【ここからは契約した人だけレスしてください。マジレス以外禁止】
では、どうぞ。

2 :本当にあった怖い名無し:2005/10/14(金) 02:26:54 ID:oeg4ffOlO
あらまあ

3 :本当にあった怖い名無し:2005/10/14(金) 02:27:36 ID:zKucbPU80
あいたたた

4 :本当にあった怖い名無し:2005/10/14(金) 02:30:47 ID:9AnrkdIfO
体を操作する、の意味がわからん。契約前は障害で動けなかったとかか?

5 :本当にあった怖い名無し:2005/10/14(金) 02:30:50 ID:vS4Gd2nm0
>>1
マジレス。
契約の際はちゃんと、契約書を確認。

6 :本当にあった怖い名無し:2005/10/14(金) 02:31:21 ID:2gNLCLJy0
てか、タイミングがずれる時点で体が操作し切れてないのじゃないか?
それとも間が悪いとか運悪くみたなタイミング?

7 :本当にあった怖い名無しさん:2005/10/14(金) 02:33:34 ID:lkyR4ZGV0
>>6
それ。


8 :本当にあった怖い名無し:2005/10/14(金) 02:40:10 ID:2gNLCLJy0
てか、俺も1もこんな時間スレ立てたりカキコしたりしてる時点で
人生のタイミングがズレてるなぁと思う。

9 :本当にあった怖い名無し:2005/10/14(金) 02:41:00 ID:s0qbVW/T0
んだんだ

10 :本当にあった怖い名無し:2005/10/14(金) 02:49:36 ID:N6/cBftw0
契約書うp汁

11 :本当にあった怖い名無し:2005/10/14(金) 03:02:16 ID:wbNKvQX00
契約は未成年時のものなんだから親連れて契約の破棄を迫ればよかったのに。
その悪魔って人がどうゴネるか分からんけど。

12 :本当にあった怖い名無し:2005/10/15(土) 05:19:08 ID:CrZ23qzoO
>>1
契約は何と引き換えに何を得たの?

自分も昔に契約を考えてたけど やり方がわからなかった

詳しいやり方キボンヌ

13 :本当にあった怖い名無し:2005/10/15(土) 13:22:47 ID:hy4GJlrV0
>>1
私は契約した事はないけどさ、なんで契約しようとしたの?
自分に色々な負い目があってしたのならおかしくない?
悪魔っていうのはさ、人の恐怖が大好きだからすぐに人の弱点突くんだよ。
それで自分の恐怖に負けた人は魂喰われる。
弱点を握られたから今不幸なんだって言われても納得いかないよ。
悪魔との取引はそんなに甘くない。
悪魔に弱点を握られる=死だよ

14 :本当にあった怖い名無し:2005/10/16(日) 09:43:26 ID:Bm3CDaaqO
う〜ん、
かなり、変な人の考えですが・・・悪魔の契約が本当に悪いか気になる。
昔は悪魔でも、闇に対抗する手段やいろんな知識を教えてくれた話があって、すべてが悪いようには思えない。
だから、>1さんは代償するほどの価値を手に入れたかとっても気になります。


追記
まじめな書き込みですが、
自分は契約とうなどはしてないです。
もしよろしければ契約の仕方を教えてくれませんか

15 :本当にあった怖い名無しさん:2005/10/17(月) 23:56:30 ID:xc+F5KNI0
            _∧_∧
        / ̄ ( ・∀・)⌒\ ド  ン  !!
   __    /  _|     |   |
   ヽヽ   /  /  \    |   |           ,,,,,,,iiiiillllll!!!!!!!lllllliiiii,,,,,,,
    \\|  |____|   .|   |           .,llll゙゙゙゙゙        ゙゙゙゙゙lllll,
     \/  \       |   |           .|!!!!,,,,,,,,       ,,,,,,,,,!!!!|
     | ヽ_「\      |   |、         |  ゙゙゙゙!!!!llllliiiiiiiiiilllll!!!!゙゙゙゙ .|
     |    \ \――、. |   | ヽ         .|     .゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙     |
     |   / \ "-、,  `|  |  ヽ       |               |
  _/   /    "-, "' (_  ヽ  ヽ      .|               |
/    __ノ      "'m__`\ヽ_,,,, ヽ      |               |
`ー― ̄          ヽ、__`/ー_,,,, ゙゙゙゙!!!!!!!lllllllliii|               |
                    \゙゙゙゙゙゙゙!!!!!lllllllliiiii|               |
                      \   ヽ   |               |
                       ヽ   \  |               |
                        |     \.|               |
                        `ヽ、,,_ノ|               |
                              ゙゙!!!,,,,,,,,       ,,,,,,,,,!!!゙゙
                                   ゙゙゙゙!!!!llllliiiiiiiiiilllll!!!!゙゙゙゙
                                /.// ・l|∵ ヽ\ ↑>>1




16 :本当にあった怖い名無し:2005/10/17(月) 23:59:11 ID:l/OYiuYW0
神さまとの契約は生命保険に入るようなもの。
悪魔との契約はサラ金から金を借りるようなもの。

だいたいこれで間違いないはずw

17 :本当にあった怖い名無しさん:2005/10/18(火) 00:15:48 ID:rJq1A/Wy0
           /ヽ     /ヽ
           / ヽ    / ヽ
  _____ _ /U ヽ___/  ヽ
  | ____  /   U    :::::::::::U:\
  | |マジレス   // ___   \  ::::::::::::::|
  | |       |  |   |     U :::::::::::::|
  | |      .|U |   |      ::::::U::::|
  | |       | ├―-┤ U.....:::::::::::::::::::/
  | |____ ヽ     .....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄      :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |           :::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___      ::::::


18 :本当にあった怖い名無しさん:2005/10/18(火) 00:24:22 ID:rJq1A/Wy0
    ∩___∩          |
   | ノ\    ヽ         |
  /  ●゛  ● |        |
  | ∪  ( _●_) ミ       |
 彡、   |∪|   |        J
/     ∩ノ ⊃  ヽ     >>1
(  \ / _ノ |  |       
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


19 :タケオ ◆ldtHcwBuiQ :2005/10/18(火) 00:36:14 ID:PMMaFtD1O
悪魔に魂を売るくらいなら、Yahoo!オークションに出した方がマシだああああああああ!

20 :本当にあった怖い名無し:2005/10/20(木) 18:03:31 ID:u1WkQcDN0
>>19
お前のスペックをかけ。
まずはそれからだ


21 :本当にあった怖い名無し:2005/10/21(金) 01:12:00 ID:OEE7lJSO0
悪魔とは自分の信念を神につぶされたもの達だと勝手に想像するのですが、ほんとのところどうなんでせうか?
皆様と意見を交換したりして、悪魔について学びたい

22 :子守り唄  ◆q9zumOsNY. :2005/10/21(金) 01:31:08 ID:4J+vcydR0
ドウモ〜〜〜ッ!!お〜o(⌒0⌒)oは〜♪ハジメマシテ〜〜〜ッ☆☆(*⌒ヮ⌒*)
私は27歳のOLしてるのぉ〜〜〜っ♪(#⌒〇⌒#)キャハ
うーんとー、私メル友がすっごくすっごく欲しくってー、\(⌒∇⌒)/
探してたら(◎_◎)なんσ(^_^)とっ!☆彡(ノ^^)ノ☆彡ヘ(^^ヘ)☆彡(ノ^^)ノ☆彡
素敵(゜□゜;ハウッ!な掲示板♪を発見!!!!(^o^)//""" パチパチパチ
あやしい所(゜□゜;ハウッ!とか…{{ (>_<;) }} ブルブルすごい数の掲示板がありますけど、
これ全部1人の方が管理して \(^o^)/ いるんですか?(@@;)すごすぎ …
てなわけで、ついついσ(^_^)書いちゃったC= C= C= C=┌(^ .^)┘ のらー(o^v^o) エヘヘφ(`∇´)φカキコカキコ♪
メル友に、なってσ(^_^)くれるよねっ。(*^-^*) お・ね・が・い♪(* ̄・ ̄)ちゅ♪ッ
え?くれないのぉ〜?(;¬_¬)そんなのいやい♪(#⌒〇⌒#)キャハ や〜〜、ガ━━━(゜ロ゜)━━━ン
なってくれなかったら、( `_)乂(_´ ) 勝負! \(^o^)/
☆○(゜ο゜)o ぱ〜んち、☆(゜o(○=(゜ο゜)o バコ〜ン!!♪(#⌒〇⌒#)キャハ ( ゜▽゜)=◯)`ν゜)・;'パーンチ
(>_<) いてっ!ダメ!! ゛o(≧◇≦*)oo(*≧◇≦)o″ダメ!!
素敵(゜□゜;ハウッ!な掲示板♪ガ━━━(゜ロ゜)━━━ン を発見!!!!(^o^)//""" パチパチパチ
(☆o☆)きゃ〜〜(@_@;)やられた〜〜(o_ _)o ドテッ ガ━━(゜Д゜;)━━ン!
(+_+) 気絶中。。。。・゜゜・o(iДi)o・゜゜・。うぇぇん <(゜ロ゜;)>ノォオオオオオ!! (゜□゜;ハウッ!
なあんて(#⌒▽⌒#)こんな♪(#⌒〇⌒#)キャハ 私っ!σ(^_^)だけど、(///▽///)
お友達σ(^_^)になってm(_ _)mくださいませませ♪('-'*)フフ ドガ━━━Σ(ll◎д◎ll)━━━━━ン
ということで。(^-^)vじゃあね〜〜〜♪(⌒0⌒)/~~ ほんじゃo(゜▽゜ヽ)(/゜▽゜)o レッツゴー♪
それでは、今から他の掲示(゜□゜;ハウッ!板も色々見てきまーすC= C= C= C=┌(^ .^)┘
(*^-^*)ノ~~マタネー☆'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:★


23 :本当にあった怖い名無し:2005/10/21(金) 01:39:48 ID:cxmz663oO
>>21
ガンガレ

24 :本当にあった怖い名無し:2005/10/21(金) 01:40:45 ID:cxmz663oO
まちがえた
>>22
ガンガレ

25 :本当にあった怖い名無し:2005/10/21(金) 02:06:07 ID:fbknKl020
>>1
分かる
例えばいじめなどで人間が憎くなったり信じられなくなったとする
そして見えない力に頼りたくなる
悪魔との契約とまでは行かないけど、
毎日憎悪で精神満たしてると負のオーラが出始めるんだよね
別に睨んでいる訳でもなく無表情なのに
他人から拒絶されるようになって来る

一見した途端、場の雰囲気がガラって変るとか
第一印象が影があるって言われる
やっぱ何か人間って本能的な電波もってるね

26 :本当にあった怖い名無し:2005/10/21(金) 02:08:56 ID:5QnhLwuG0
>>1
体の操作って意味わからん・・・・
おれは悪魔と契約しなくても体の操作できますが、何か?

27 :1:2005/10/21(金) 04:05:10 ID:Cz0XbDMm0
一度契約したらもう戻れない。
そこを考えてくれ。
俺はもう戻れないし、戻る気も無い。

28 :本当にあった怖い名無し:2005/10/21(金) 07:57:51 ID:cxmz663oO
>>27>>1
気持ち固まってるじゃん。何かもう話とかいらないんじゃないの?

29 :本当にあった怖い名無し:2005/10/21(金) 08:44:25 ID:EdjKp80IO
体の操作がきかない?って どういう事?文の意味が わからない。詳細キボン。それと 悪魔って マジいるの?契約した人は?プラス マイナスは?

30 :本当にあった怖い名無し:2005/10/21(金) 13:20:23 ID:NM6ttt0EO
厨房ごときが呼び出せるとは思えないんだが。
実際は低級霊辺りでないの?


31 :本当にあった怖い名無し:2005/10/21(金) 14:54:22 ID:CtF5iVaV0
お前ら本当に気をつけろよ
神様なんて相当悪いことしなけりゃ大概のことは許してくれるだろうけど、
悪魔は小指1本かすっただけで、徹底的に人生も人格も何もかも破壊しようとするからな

俺は元々蛇が憑いてたけど(それも大分問題あるんだけど)、
悪魔がもたらす不幸は桁が違うから

俺は2重で憑かれてもう終わり

ちなみに俺は悪魔とは自主的に契約してない
蛇憑きでいきがってるのが(おとなしくしてたけど)、気に食わなかったのか
本物の悪魔にかなりシメられた もう限界です

32 :SOH ◆Zm9FsXRoVs :2005/10/21(金) 15:03:23 ID:JKRWImAD0
>>1

>>俺はもう戻れないし、戻る気も無い。

戻れないはずがない。戻る気が無いだけ。
すべて>>1の意思次第だよ。
>>1の意思次第で悪魔との関係を経ち切れるし打ち勝てる。
ガンガレ

33 :本当にあった怖い名無し:2005/10/21(金) 15:13:28 ID:CtF5iVaV0
勝とうとしたり、抵抗したりしちゃダメだな
苦しみ続け、生き恥かかされるだけ

普通の人は
完全に支配されてラクになるか
自らラクになるかしかないと思う

マンガやアニメの主人公みたいにものすごい力があれば別だけど
それがあるように思わせて、弄ぶのが悪魔の恐ろしさ

とにかく目をつけられないこと
行儀よく目立たず欲張らず


34 :本当にあった怖い名無し:2005/10/21(金) 15:13:41 ID:VhEJ2bOX0
                                  _,..-'""'"'''-
            __,,.. .-‐ '''""~~""''' ‐- ...,,___,,.-‐''"      _ _ ".
    _  ∩  ゞ ⌒ヽ_,..-'''"~~´~´´~"''‐- 、..,,,_            ゚∀゚ _,; ルシファ!!
  ( ゚∀゚)彡<(    >>              ~""''' ‐- ...,,___,,. -‐''"
  (  ⊂彡 //,, ノ\´~"''‐- 、..,,,_
   |   |        "'''- .._  ~""''' ‐- ...,_,..-‐''"'''- 、
   し ⌒J             `゙''ー-、,_        _  _"'
                        "'- 、       ゚∀゚ _,; ルシファ!!
                          ~""''‐- .., -'"


35 :本当にあった怖い名無し:2005/10/21(金) 15:16:57 ID:ndupwLWL0
悪魔はときに優しいのだ・・・!

36 :本当にあった怖い名無し:2005/10/21(金) 15:17:55 ID:hwluvtrv0
白魔術とは原理原則が詳らかになっている魔術で、
黒魔術とはその原理原則がブラックボックスに入っているもの。
白魔術→自然科学(サイエンス)→公のもの
黒魔術→隠秘学(オカルティズム)→個人のもの

原理原則が明確になっていれば誰にでも仕える(公)。
しかし肝心なところが秘されていてはその人にしか使えない(個)。

白魔術→癒しの技は古来女性が司って来た医療行為。
しかしそのヒーラー達はその技(医術)を男性(体制)に奪われてしまう。
原理原則は魔術と切り離されて科学になり、理を失った魔術は悉く黒魔術になってしまった。
この黒魔術のブラックボックス部分には、後に様々な隠秘学が放り込まれる。
時期的に重複する悪魔学がここにピタリとはまり、
悪魔―魔女―儀式―魔術というセットが完成する。

そうしたものが意図的に弾圧を受け、冒涜的なものとして発露するのはずっと後世。
勿論それ以前にもそうしたものはあったが、意義は違っていた。
単なる女性蔑視、単なる信仰の歪み、単なる先行宗教の儀礼、そうしたものに過ぎなかった。
後に習合し、反キリストという形に帰結する以前の原形を後世の人間が読み取る際に、
その時代の常識で判断して歴史を書き換えただけだ。
反キリストという考え方を成立させるためには、まずキリスト教自体がきちんとした理を
造り上げているということが条件になる。
聖餐式なくして反聖餐式はあり得ない。
黒ミサなどは古代の悪魔、古の呪術と結びついているようでいて、結局ミサのパロディでしかない。
それは体制を揶揄する以上の力を持ち得ない。

悪魔を崇拝する悪魔崇拝主義者は、キリスト教の構築した世界観が通用する時間と場所以外では
何の効力も発揮しない(この日本では使えない)。

37 :SOH ◆Zm9FsXRoVs :2005/10/21(金) 15:20:59 ID:JKRWImAD0
地獄のような苦しみを味わって乗り越えると
今までにないパワーが出てきて、好転するよ。

かならず臨界点がある!

38 :本当にあった怖い名無し:2005/10/21(金) 16:08:54 ID:CtF5iVaV0
>>37
誰か知ってるの?そういう人

39 :本当にあった怖い名無し:2005/10/21(金) 16:21:23 ID:CtF5iVaV0
さっきから俺の頭に
「よおチョン公」とか「朝鮮人の手先め」とか
メッセージ送ってくる人がいますけど
多分自分は日本人だと思っています

自分の蛇は日本語が苦手なので外国産かもしれませんけど

40 :SOH ◆Zm9FsXRoVs :2005/10/21(金) 17:27:30 ID:JKRWImAD0
>>38
邪神や悪魔を消滅させる人知ってるぞ。


41 :38:2005/10/21(金) 18:47:09 ID:CtF5iVaV0
>>40
よろしければどなたか教えてくれませんか?
自分で抑えるのはもう限界です

何かとんでもないことをしでかす前に
これとおさらばしたいんです

42 :本当にあった怖い名無し:2005/10/21(金) 19:49:59 ID:ACgr8Zsq0
>>36
ソレって京極じゃん

43 :本当にあった怖い名無しさん:2005/10/21(金) 19:53:09 ID:n8bvgXRq0
              ∩
             | |
             | |
             | |
             | |
        ∧_∧  | |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ( ´Д`)//  <  先生!隣の奴が悪魔と契約してるんですが・・・。
      /     /    \___________
     / /|    /
  __| | .|    | __
  \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \
  ||\            \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||              ||


44 :本当にあった怖い名無し:2005/10/21(金) 19:54:50 ID:2fBrKStJ0
>>36
逆に言えば日本でなんらかの影響力を保持している悪魔がいれば問題ないとも言える


45 :本当にあった怖い名無しさん:2005/10/21(金) 20:12:13 ID:n8bvgXRq0
    Λ_Λ  / ̄ ̄ ̄ ̄
  Λ( ´∀`)< age
 ( ⊂    ⊃ \____
 ( つ ノ ノ
 |(__)_)
 (__)_)


46 :本当にあった怖い名無し:2005/10/21(金) 20:14:24 ID:5BCD74Ee0
悪魔と契約し、死ぬ前に悪魔を騙し天国へ行った人の話は沢山ある。気にスンナ。


47 :本当にあった怖い名無し:2005/10/21(金) 21:28:33 ID:06KH1nxy0
>1
ところで「自分の体をある程度操作できるようになった。」って所をくわしく!
以前はどの程度しか操作出来なかったんですか?

48 :本当にあった怖い名無し:2005/10/21(金) 21:51:56 ID:Z1hw9Mf80
>>1
消費者生活センターに相談に池。


49 :本当にあった怖い名無しさん:2005/10/21(金) 23:01:31 ID:n8bvgXRq0
ありえね。
ヤンキー集団に絡まれて5100円取られた。
マジ最悪。殺してぇ。悪魔に頼むか。

50 :本当にあった怖い名無し:2005/10/21(金) 23:17:42 ID:yvYt+j4iO
お前の10年分の命よこせ。

51 :本当にあった怖い名無し:2005/10/21(金) 23:19:43 ID:06KH1nxy0
>>49
悪魔と契約するには20万円かかりますが、よろしいですか?

52 :本当にあった怖い名無し:2005/10/21(金) 23:45:11 ID:VhEJ2bOX0
私はルシファ、なんでも願いをかなえてやろう。ただし条件がある
お前が死んだとき魂は地獄へ送られるだろう。  
────y───     
                    
 /\\∧∧. ↑         
/__  _,ヽ(,,゚Д゚)  |         
レ ∨ (ノ.::::::::|つ|      
  ←〜|.:::::::::|  |         
       U"U. │          


53 :本当にあった怖い名無し:2005/10/22(土) 00:14:29 ID:JryIhCJo0
ワシはオセ、可能な限りの範囲で願いをかなえてやろう。ただし条件がある
現世の日本において我が権勢を確立したい。
汝は我が使徒となりて、神殿とそれを崇める者を揃えるのだ  
────y───────     
                    
 /\\∧∧. ↑         
/__  _,ヽ(,,゚Д゚)  |         
レ ∨ (ノ.::::::::|つ|      
  ←〜|.:::::::::|  |         
       U"U. │   

54 :ゴザウム:2005/10/22(土) 02:50:36 ID:1HCWQ91N0
>>30悪魔を甘く見てはならん!彼らの心は神への怒りに満ちておる!何があっても呼んではならん!
     興味本位で悪魔に触れてはならん!

>>1天使をよべ!悪魔も呼べばくるように、天使様も呼べばきてくださる。

55 :本当にあった怖い名無し:2005/10/22(土) 02:53:12 ID:1HCWQ91N0
このスレは危険過ぎる。誰も近寄ってはならんぞ!

56 :本当にあった怖い名無し:2005/10/22(土) 03:45:17 ID:czy/j+BVO
現実から逃げてはダメだ!早くまともになってよ、 お兄〜ちゃ〜ん(T_T)
お母さんが泣いてるよ!

57 :本当にあった怖い名無し:2005/10/22(土) 07:26:04 ID:3xesN5J1O
悪魔の噂をすれば悪魔は現われるであろう

58 :本当にあった怖い名無し:2005/10/22(土) 14:19:28 ID:XsepMNDR0
大天使の噂しても大天使は現れない

59 :本当にあった怖い名無しさん:2005/10/22(土) 15:52:59 ID:rwKHtZRR0
 
       (\        /)
       (\\     //)
       (\\\  ///)
    / ̄ ̄    ∧Ω∧    ̄ ̄\    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (/// ̄  ( ´∀`) ̄\\\)  <   大天使な俺が降臨しましたよ。
      ( \) ⊂   つ(/  ).. \_____________
       \\) │││ (//
        \) (_)__) (/


60 :本当にあった怖い名無しさん:2005/10/23(日) 03:41:33 ID:Uu/SC4+e0
       (⌒⌒⌒)
       ( △ △ )
       (  / \  )
       _( /´_ゝ`\) ↓>>1
     /      )           _     _
    / ,イ 、  ノ/    ∧ ∧―= ̄ `ヽ, _
   / / |   ( 〈 ∵. ・(   〈__ >  ゛ 、_―
  | !  ヽ  ー=- ̄ ̄=_、  (/ , ´ノ
  | |   `iー__=―_ ;, / / /
   !、リ  -=_二__ ̄_=;, / / ,'
       /  /       /  /|  |
      /  /       !、_/ /   〉
    / _/             |_/
    ヽ、_ヽ


61 :本当にあった怖い名無し:2005/10/23(日) 07:16:47 ID:l24cP2GM0
こないだ、契約取ってくれと来たけど断ったよ。
ドア越しに「そうですか・・・」と言いすごすごと帰った。声に哀愁を感じた。

62 :本当にあった怖い名無し:2005/10/23(日) 08:31:49 ID:djp6ycaO0
世界宗教が総合商社だとしたら
悪魔信仰は通信販売みたいなもんだからそんな感じ

63 :本当にあった怖い名無し:2005/10/24(月) 05:14:01 ID:mRfUBxB+0
Αβρασαξ

64 :本当にあった怖い名無しさん:2005/10/24(月) 15:15:53 ID:vQ6XasPP0
モルサァ

65 :本当にあった怖い名無しさん:2005/10/24(月) 20:56:55 ID:IKX3A5Ma0
俺の悪霊にいたずらする人たちへ

最近悪霊が攻撃を感じると、即座に反撃しようとします。
制止するのがものすごく大変なので、あまりいぢらないで下さい。
あと、自分と関係ない人の画像を送らないで下さい。

66 :本当にあった怖い名無し:2005/10/24(月) 22:09:09 ID:Er6zcoQ6O
可愛いサキュバスとなら契約してもいい。

67 :本当にあった怖い名無し:2005/10/24(月) 22:34:22 ID:0mrfYlZI0
可愛いフォルネウスとなら契約してもいい。

68 :本当にあった怖い名無し:2005/10/24(月) 22:43:56 ID:QTmdL4LTO
ファウスト読んでみな
面白いよ。

69 :本当にあった怖い名無し:2005/10/24(月) 23:17:19 ID:jTNsPLK/0
 マジレス。
 悪魔との契約は本来人間には許されない。
 調和が乱れるから。
 上位階級の悪魔の本当の名前を呼んだり書いたりするだけで
 怒りを買うから。(ある業界ではそのことを知らないやつがおらんぐらい)

 悪魔と契約するにはそれ相応の対価が必要。
 世に出回ってる召還方法たいがい間違ってる。
 悪魔を呼んだと思っても、ほとんどが低俗霊だったりする。
 人間に悪魔を召還できるほどの能力なんてない。
 だから>>1は悪魔と契約したんじゃなくて、低俗霊に憑かれてるんだと思う。
 だって悪魔はそんなかわいいものじゃないからさ。

 もし、何かの奇跡が起きていて本当に悪魔を呼び出し契約を交わしたんだとしたら
 その事実は公表できないはずだよ。
 だって間違いなく狩られるから。

70 :本当にあった怖い名無し:2005/10/24(月) 23:56:16 ID:Er6zcoQ6O
じゃあ人間のレベルには絶対無理なの?
何か方法はないのですか?

71 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 00:06:16 ID:MzeivUPX0
 死よりも苦しいことが待ってるって言っても
 今充分辛いから絶対的存在に救いを求めているんだろうな。
 色んな悪魔関係の文献を読み漁り、それなりの知識を得てから
 自分がこれだと思う方法を試してみるといい。

 何も起こらなければ、お前は許された者になるし、そういう存在は
 必要ないと判断される。
 何かが起これば、何かしらの力は得るだろうが、それは決して利益ではない。
 契約は悪魔を従えるものではなく、自分がその下僕になるという意味。
 もっともそれは悪魔じゃなくて、自分が作り出した幻想か、低俗霊のどちらか。

 一度痛い目をみてみないと人間は分からないからな。
 やってみればいいよ。

72 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 00:12:39 ID:uCgg+cpI0
>>70 悪魔と対等なくらいに強くなればいんじゃね?


73 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 00:14:21 ID:KPQh9u3S0
それ手段と目的が既に入れ替わってるからw

74 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 00:21:07 ID:MzeivUPX0
 ところで>>1は何が目的なんだろうな。
 んー、疑うわけじゃないが、実際悪魔と接触したりっていう事例は
 いくつもあるから一概に否定できないけど、
 仮に契約したことある!っていうやつと語り合っても何も得られんだろうが。
 ただの興味本位かな。

 だとしたら危険だな。色々と。

75 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 00:36:04 ID:294ryeWU0
悪魔なんてマジで実在するのか? 事例はあるのか?契約するとどうなる?映画のエクソシストみたいになるのか?         

76 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 00:49:49 ID:MzeivUPX0
 実在するっていったら実在するし、しないっていったらしない。
 要は意識レベルの話。
 でも事例はあるし、それを認識し異界からの干渉をセーブするために
 賢い人間が開発したものが世界にはたくさん存在してる。
 黒魔術とか白魔術とか。あれはそもそも人間が異界からの接触に対抗
 するために、精霊との契約を発見したのが始まりだといわれてる。
 何度もいうが契約はできない。
 エクソシストは実在するが、現存のエクソシストは悪霊は払えても悪魔は
 無理だろうな。年々衰えているらしいから。
 映画みたいにはならないよ。確かに悪魔の素性はほぼ捉えているだろうけど。
 精霊は悪魔と違って相互理解ができるから対価はそう重たくない。
 人間と精霊は共存関係にあるから契約できるけど、悪魔は真逆だからな。

77 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 00:56:53 ID:KPQh9u3S0
まぁ日本語の悪魔は範囲が広すぎて対象としてはアレなんだが
デビルなのかデーモンなのかはたまたレギオンなのか

78 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 01:02:52 ID:MzeivUPX0
 契約はできないが、悪魔に干渉されることはある。
 だから悪魔っていう存在が現代に残ってるわけ。
 天使も同じだな。
 悪魔も天使も人間にとっていい存在じゃないことは確か。
 だからお互い共存できない世界で生きてるんだよ。

79 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 01:05:45 ID:MzeivUPX0
 >>77
  人間が作った言葉に過ぎないからそのどれも正解だと思うけど。
  でも「それ」と認識して発音している限り呼び名なんてどうでもいい
  んじゃないか。

  悪魔の名前もそれと同じ感じで、人間ごときに呼ばれたくないんだろうな。
  

80 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 01:18:52 ID:KPQh9u3S0
デビルは必要悪としてのシステム的存在
デーモンは凋落した古代神、邪神の類
レギオンは悪想念の集合体

似ているが立場や存在、行動パターンがかなり違ってくる

81 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 01:47:53 ID:eIMAh3+H0
>>80
詳しく。

82 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 02:39:51 ID:IBnIVczB0
365

83 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 02:44:30 ID:MzeivUPX0
 なんか違う方向に進んでる気がするw

84 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 03:09:51 ID:TH4heFjtO
お前らは根本的に間違っている。
奴らは俺達が考えられる容量に収まらない。
俺は大切なものを失う代わりに力を手に入れた。
だがこの力もこの世界では意味を成さない。なぜなら人間に理解できるものではないからだ。

85 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 05:13:36 ID:IBnIVczB0
MENE, MENE, TEKEL, UFARSIN

86 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 08:26:06 ID:294ryeWU0
>>78いや天使は優遇してくれる存在だろ?そもそも天国は極楽の場所、地獄は罪人をとがめるって一般的な通念があるだろ?じゃあお前の見解や凡愚の固定観念から察するに天使とはどちらをも備えた可逆の存在なのか?

87 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 21:13:10 ID:MzeivUPX0
>>86天使が優遇してくれるなんて思想はキリスト教が確立させた
 幻想でしかない。天使もまた人間のことをあまり良い存在だとは思ってないよ。
 人間が天国と呼んでいる場所はあくまで天使たちが存在する空間のことで、
 人間の死後の世界とはまた違う。地獄もまた罪人をとがめる場所じゃなくて
 悪魔の住む世界であり、堕ちた人間の魂が下級魔にフォールダウンする場所。
 一般的な通念は、宗教から生まれた理であって常識ではないよ。
 
 私の固定観念だと言われてしまえばそれもそうだろうな。
 正しさなどこの世界には存在しないのだからね。
 何度も言うが、意識レベルの話だよ。
 違うといえば違うし、そうだといえばそうなんだろう。

88 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 21:28:53 ID:qNnau8id0
>>86
実は人間の方が天使より位が高い存在だったりするんだよな・・・

89 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 21:44:11 ID:MzeivUPX0
 天使の世界ではそうなっているらしい。
 自分たちは優れた力と充分な善行をしているのに、
 なぜ人間だけが特別扱いされるのだ、と憤慨している。
 彼らは自分たちの使命を忠実に実行しているだけで、人間のためとか
 そういう観念はないみたいだ。

 悪魔もまた優遇された人間という存在が疎ましいのだろう。
 だから支配しようとする。
 支配して自分たちが最高の存在であることを証明したいんだ。

90 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 21:53:14 ID:vRKfvgAlO
あの〜やっぱり、天使と仲良くなるというのは不可能ですか

91 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 22:05:50 ID:MzeivUPX0
 天使は慈悲っていう言葉に弱いからな。
 できないこともないんじゃないか?
 けれど彼らは優越感の塊でもあるから、運良く逢えたとしたら
 言葉遣いに気をつければ何か良い結果をもたらしてくれるだろう。
 注意するべきは、何を願うか。何を伝えるかだと思うよ。

 天使に「○○を殺してください」なんていったら
 ・・・想像しただけで怖いw

92 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 22:11:59 ID:vRKfvgAlO
>91さん
答えありがとうございます。
実は単純に願いごとはないのですが。
仲良くなりたいと思って質問しました
本当に答えありがとうございます

93 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 22:19:54 ID:MzeivUPX0
 天使に逢いたいのなら、ちゃんとした教会を訪れるといい。
 東側にステンドグラスがあって、聖母マリアがイエスを抱いている銅像、
 その後ろに木製、もしくは銀の十字架が置いてある教会がベストだ。
 儀式なんてものは表向きなものだけで、肝心なのは心だ。
 
 祈るんじゃなくて、イメージする。
 イメージを具現化するってぐらいの意識で。
 神聖な場所には神聖な質(気ともいうな)が集合しやすいから、
 人間の微弱な力を増幅させてくれるだろう。
 
 偽善かもしれないが、少しは何かの足しにしてもらいたい。

94 ::2005/10/25(火) 22:20:55 ID:UffR7AN90
(俺に文句をつけるような奴らへ)お前らに何が分かる。
実際に契約した奴じゃなければこの喜びと苦しみは分からん。
読んだり聞いたりしただけの知識でものを一端に言うな。

ちなみに俺には身近に契約した友達が1人いる。
そいつは周りの行動を少し予知出来るようになったが、
周りが勝手に消えてゆき、しばらくして変なものが見えるようになったそうだ。
(そいつが言うには予知が出来るのは何かしらの合図が来て1〜2時間後までで、
出来る範囲は自分からおよそ25mが限界だという。)

このスレにはいないのか?俺たちのような契約者が。
いたら契約して何を得て何を失ったのか教えて欲しい。
同じ者として興味がある。




95 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 22:25:14 ID:MzeivUPX0
 ・・・契約者同士の会話は禁止されているはずだぞ

96 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 22:29:10 ID:wPhJ/AKdO
本当に契約が成立しているなら
後悔するはずもないのだがな
悪魔をかたる他のものだったのでは?

97 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 22:32:25 ID:l2RPb2Z70
>>1
それはあれだ、狐憑きってやつだ。
修行する時たまにそういうことがあるよ。
いやに第六感が働いたり、喋らなくても相手の考えてる事とか
分ったり察知する感性が鋭くなったりする。

でも、それを信じちゃうと自滅する。
分る人には分ると思うが魔境に似た感じやね。

98 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 22:35:46 ID:MzeivUPX0
 だろうな。何を得て何を失ったかを聞いたとて何が変わるわけでもないだろうに。
 >>94の内容で充分それが証明された。
 もしやと思って危惧していたが無駄だったらしい。
 しばらく去ることにしよう。

 

99 :自称雑学王の弟:2005/10/25(火) 22:36:40 ID:jsj1PVvX0
おこんにちは

100 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 22:48:40 ID:ysMDW3br0
悪魔に付きまとわられてる奴のことなら知ってるけどなあ。
本当だったら自分から飛び込んだわけだし、ご愁傷様としか言いようがないな・・・

勘違いか本当かは分からんが少なくとも、
>>1が傷の舐め合いがしたいだけだということだけは分かる

101 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 22:50:42 ID:wPhJ/AKdO
MzeivUPX0の話をもうすこし聞きたかった

102 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 22:52:18 ID:l2RPb2Z70
低霊が取り憑いている時、憑依霊が維持する為に精神力を奪われる。
その代償にその霊の波動が一体化してるおかげ(?)で
稀に霊が見えるようになったり、相手の考えてる分ったり、第六感が
働いたりとまぁそんな程度。
だけど逆に精神がおかしくなってきて「神が・・・って言ってる」とか
「これをしなくちゃダメだ・・・」とか何の脈絡の無い事を言い始めるようになり
自殺したり、善悪の判断がしにくくなって犯罪を犯す様になったり、精神病院に入るようになる。
けど、本人自身は何がおかしいのかが分らなくなっている。

>>1よ、分ってるかい?

103 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 22:53:48 ID:ysMDW3br0
>>1に少し希望の持てる話をしてあげよう。
そういう特殊なことになってる人間は、こんなところに書き込みしなくても
死ぬまでに必ず同類の人間と出会うもんだ。

本当の話だったらナ。

104 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 22:53:54 ID:cYhOZpl60
おこんばんわ

105 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 22:55:31 ID:l2RPb2Z70
つか、ネタスタートですか?w
俺も参加していいですか?wwwwwwwww

106 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 22:59:13 ID:l2RPb2Z70
とりあえず、
「てか>1よ、どうやって悪魔を降ろしたんだよ?話はそれからだ。」的な
会話から始まるんでそ?w
ワクテカ、ワクテカw

107 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 23:03:27 ID:BWU/Hr0v0
位が高いらしい悪魔に、
「腐ってもドミニオンだな」
と言われた俺はデムパですか?

108 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 23:07:07 ID:6lzH9W220
そもそも悪魔と契約する理由って何?

109 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 23:07:48 ID:knz2pZTb0
1から106まで皆同じ人間かよw
とりあえず
  三|三
  イ `<             ,..-──- 、         _|_
   ̄             /. : : : : : : : : : \        |_ ヽ
   ∧           /.: : : : : : : : : : : : : : ヽ      (j  )
   /  \        ,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',
              {:: : : : :i '⌒'  '⌒' i: : : : :}     _ヽ_∠
  └┼┘          {:: : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}       lニl l |
.   |_|_|  , 、      { : : : :|   ,.、   |:: : : :;!      l─| l 亅
   __   ヽ ヽ.  _ .ヾ: :: :i r‐-ニ-┐ | : : :ノ        _
    /     }  >'´.-!、 ゞイ! ヽ 二゙ノ イゞ‐′      l  `ヽ
   ´⌒)    |    −!   \` ー一'´丿 \       l/⌒ヽ
    -'    ノ    ,二!\   \___/   /`丶、      _ノ
        /\  /    \   /~ト、   /    l \
       / 、 `ソ!      \/l::::|ハ/     l-7 _ヽ
      /\  ,へi    ⊂ニ''ー-ゝ_`ヽ、    |_厂 _゙:、
      ∧   ̄ ,ト|    >‐- ̄`    \.  | .r'´  ヽ、
     ,ヘ \_,. ' | |    丁二_     7\、|イ _/ ̄ \
     i   \   ハ       |::::|`''ー-、,_/  /\_  _/⌒ヽ


110 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 23:08:48 ID:wPhJ/AKdO
悪魔との契約に魂をとられる
この話は正しい。しかし真実すべてを含んでいるわけではない。
契約者の見分け方
それは違和感。普段は成功者を演じているが、よく見ていると独特の違和感を感じる。
その違和感は別の世界を暗示させる
また、悪魔と契約しようと基本的にこの世で失うものはない。
また失うものに気がつくことも普通はありえない

111 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 23:13:14 ID:l2RPb2Z70
俺は四大天使の一人を降ろした時、味覚に変化が起きて、口の中が
めちゃめちゃ酸っぱい味になって、まるでレモンをかじってる様な感じがした。

112 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 23:16:32 ID:q/pvbnom0
>>110
いや、縁とか精神世界のこととかに詳しい奴だと
契約したときに条件で出された内容について、
自分がやってはいけないと思っていたことを
やらないといけなくなるって事を理解してるぞ?

そいつの場合は我欲で契約したわけじゃあない場合だけど

113 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 23:20:09 ID:YaZsfGIj0
さて問題です。
このスレの中で本当に悪魔や天使を降ろした
話はいったいいくつあるでしょうか?


114 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 23:21:50 ID:l2RPb2Z70
>>113
隆起と喚起どっちも降ろした事になるの?

115 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 23:22:32 ID:ILlz+iN00
マジレスね
あのな、魔術は超簡単に言うと科学なんだ
悪魔や天使はいると思うが、それは感情の事をさすし
実際魔術と思い込んでるだけで、
1の潜在意識が少し働いただけじゃないかな?
とうとう言ったよ。w

116 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 23:23:07 ID:o1OMdFWxO
よく民話である悪魔を騙した話みたいなのってありえないの?

117 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 23:23:32 ID:MYB21ydN0
おまいら自分が降ろした(チャンネルが合った)相手が動物霊とかだと
疑ったことのある奴はいるのか?
一度もなかったら重傷だけどな・・・

118 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 23:30:30 ID:wPhJ/AKdO
>>112
しかし契約をしたのなら後悔することもないでそ
それらよりも素晴らしいものとなることを選んだのだから

119 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 23:31:14 ID:MYB21ydN0
仙道やら魔術の話を知ってる奴が、アニマやアニムスとか単語を使って説明してくれるが、
(他にもいろいろ言った気がする)俺には理解できん。


120 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 23:32:09 ID:l2RPb2Z70
>>116
生贄を自分(術者本人)の代わりにニワトリを出したとか有名な話だよね。
たぶん喚起した悪魔はそれどころでは済まない無いワナw

121 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 23:32:42 ID:oeDFPKvm0
テメェら、黙って魔方陣でも書いてろ

122 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 23:33:14 ID:c9JMQ6M+0
>>118
他人の為にやったことだけど本人は「仕方ない」って言ってたよ。

123 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 23:35:33 ID:l2RPb2Z70
>1よ。
とりあえず聞いとくわ。
どの手法で何の悪魔を降ろしたの?

124 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 23:42:18 ID:DjmvFEt60
やばい、今日道で悪魔と目が合った・・・
しかもそいつがしつこく着いて来て玄関でうずくまってて
外に出ようとすると笑いかけて来るんだが・・・
誰か助けてくれ・・・

125 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 23:44:26 ID:l2RPb2Z70
>>124
本当に悪魔、妖物だとしたら普通の玄関なら素通りしてくるよ。

126 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 23:48:39 ID:DjmvFEt60
じゃあ普通の霊か、よかった・・・
でも幽霊見慣れてる俺でも今回はかなりこええよ・・・
あいつの姿と顔がマジ怖い
特に笑うと。
とにかく追い払い方教えてw

127 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 23:51:21 ID:l2RPb2Z70
>>126
いや、ただ入ってこないだけかもw
とりあえず、何かあるかもしれないから友達にでもなっといたらw

128 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 23:52:43 ID:DjmvFEt60
>>127
マジ勘弁。こいつばかりはマジで怖いからw

129 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 23:55:23 ID:l2RPb2Z70
>>128
顔だけで判断するのは可哀想やんw
なんせ入ってこれる所をわざわざ入ってこないんだからさw

130 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 23:57:48 ID:DjmvFEt60
>>129
ああ、そう考えるとあんまり悪い奴でもなさそうだな。
だけど何で俺みて笑うのさ、怖いってw

131 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 23:59:57 ID:wPhJ/AKdO
よほど130が面白い顔をしているんだろうな

132 :本当にあった怖い名無し:2005/10/26(水) 00:01:45 ID:R00v3WfO0
笑われるより笑わせろが基本w

133 :本当にあった怖い名無し:2005/10/26(水) 00:03:13 ID:DjmvFEt60
幽霊にも笑われるって・・・orz

134 :本当にあった怖い名無し:2005/10/26(水) 00:08:59 ID:TnzVgUzb0
>>124〜133
お前らスレ違いじゃね?

135 :本当にあった怖い名無し:2005/10/26(水) 00:29:18 ID:R00v3WfO0
ネタと思いながら食いついてみるか・・・
で、結局>>1はどんな方法(系統)で降ろした(喚起?隆起?)んだ?
ついでにどの悪魔?
>契約後は自分の体をある程度操作できるようになった。
とあるから「体の操作」系に対応してる悪魔か・・・・
・・・・ん?体の操作って何?w

136 :本当にあった怖い名無し:2005/10/26(水) 01:30:49 ID:h+v56WvpO
これだけは言っておく…










ご利用は契約的に

137 :本当にあった怖い名無し:2005/10/26(水) 01:48:22 ID:9NsuF17x0
そもそも悪魔っていうとわかりづらいわ
対象範囲が広すぎやっちゃうねん

138 :本当にあった怖い名無し:2005/10/26(水) 03:02:16 ID:DObFPuSB0
範囲広いね。でも悪魔って呼び方するなら、
イスラエル・キリスト・カバラ・GDとかそっち方面になってくるね。
東洋になると西洋でいう悪魔でも神様や神仏の部類になるし、
北欧も妖精・精霊って部類になる。

つまり悪魔というのは一般的に西洋魔術と呼ばれる物
(キリスト系・GD系・ブードゥー系など)って事になる。

そもそも東洋系には神様・神仏しかいないし、さらに日本は
八百万の神(やおろずのかみ)だしね。

139 :本当にあった怖い名無し:2005/10/26(水) 03:25:02 ID:Hkg6cmX20
ついでに西洋の悪魔であるならソロモン系だな。
ということで「ソロモンの小悪魔」のどれ?ってことで。
呼び出す時に「誰でもいいから出て来い」なんてやり方は出来ないからね。

マジなら結構範囲は絞られてくるよ。

ネタならマンガ・アニメの見過ぎって事でオカ住人にはつまらない話に・・・。

140 :本当にあった怖い名無し:2005/10/26(水) 04:52:51 ID:YbWKewUO0
>>139
小悪魔ってなんかかわいいな
レメゲトンのゲーティアに記載ある72柱の悪魔のことを言ってるのかい?

141 :本当にあった怖い名無し:2005/10/26(水) 05:05:02 ID:YbWKewUO0
そういや1975年にオロバスがOTO系の魔術師に召喚されたとか
本に書かれたことがあったな

142 :本当にあった怖い名無し:2005/10/26(水) 05:23:40 ID:4Dn51zqiO
オロバスは変に真面目だからな
試しに召喚しようって奴によく呼ばれるらしい

143 :本当にあった怖い名無し:2005/10/26(水) 18:16:56 ID:6y334WvP0
オロバスの中の人も大変だな

144 :独り言を・・・:2005/10/26(水) 20:06:09 ID:kjUy9/fA0
んんんん 何か色々と行き違いや勘違いがあったようだ・・・
ほんの少しづつ状況がわかってきた けど
もう俺は何も言わないことにしよう
頭がアレだし、精神的にも他にも色々アレだから
ある程度は身をゆだねる けども
俺の体はあげないよぉぉ

145 :本当にあった怖い名無し:2005/10/26(水) 22:25:39 ID:7tSL04Dk0
やっぱり、低俗霊だな。本人は認めたくないだろうけど。

146 :本当にあった怖い名無し:2005/10/26(水) 22:41:32 ID:f9RdAZUmO
さりげなく
>1さんのことが本当だとするとくすごいな〜と思う
という書き込み
でも、なぜ契約の仕方を教えないかの理由が知りたい・・・

147 :本当にあった怖い名無し:2005/10/26(水) 22:49:21 ID:rGm4I6TB0
>>1ってもしかして、キリスト教徒?
仏教徒なら悪魔と書かずに「羅刹天」って書くけど??
あ、羅刹天って死神の事だお。

148 :本当にあった怖い名無し:2005/10/26(水) 23:14:35 ID:AG8MRlHi0
正確にいうと羅刹とはランカー島のラクシャサを指す言葉です
これもまた古い神々・精霊の一種ですな

149 :本当にあった怖い名無し:2005/10/26(水) 23:14:56 ID:YbWKewUO0
仏教なら天魔波旬とか魔羅だと思うのだが
羅刹天ってすでに神格化されたあとだし・・・
まあ仏教の悪魔と言うのは修行を妨げるものという
ニュアンスが強いのでスレの話題になってる悪魔とは
ちょとちがうかな



150 :本当にあった怖い名無し:2005/10/26(水) 23:42:48 ID:uE+jqYTP0
悪魔の方が圧倒的にメジャーな事を知らない奴が・・・

151 :本当にあった怖い名無し:2005/10/26(水) 23:52:17 ID:vpOtDKpv0
ゲーティアとかいう本に出てる悪魔の護符とか用意した
その悪魔に関する正々堂々とした・・・みたいな記述が好きで選んだんだ
意思が強くなるんだと誓いの意味を込めてで真剣じゃあなかった
西洋のまじないだからどうだっていい、東洋人丸出しの俺だもんって感じ
イメージが大事らしいから想像する訓練とかしてたよ
そんな古代の神様みたいなのがガキンチョにババーンと降りてくることはなかったけど
たまに頭の右後ろあたりからグルグルゴフゴフって声を聞くことがある
耳の後ろに当たるモフモフ、ハッハッと当たる息が熱いなあ、とかかなりリアルに感じたりする
んで狼の姿が頭に浮かぶんだ、つっても頭から前足と胸の部分しか浮かばない
はじめはデッカイ犬だと思ってたんだけど、テレビで見た灰色狼とソックリで妙に嬉しかった
悪魔のことなんて忘れてたから、この動物はなんだと思ってた
この動物が来ると株が儲かったりするんだよなあ
低級霊とか動物霊とやらが来たか、強烈な自己暗示にかかっているな
はじめに選んだ正々堂々とした・・・て記述からは程遠いから違うなあ
ちょっと残念・・・部下でも送って不運や困難で俺を鍛えてくれてると都合よく思っとこう
回りに不幸ばらまいてるのは正々堂々とは違うもんな

152 :本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 00:04:04 ID:4Dn51zqiO
マルコの眷属かねえ
やばいと思うのならグレさんにとりなしてもらうのをお勧めするね


153 :本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 00:13:14 ID:gWBmf/Vv0
マルコキアスだな…

154 :本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 00:55:09 ID:Eh15aFbX0
>>152>>153 すごい詳しいですね、でもなんとなく名前は言いたくないなあ

考えてみりゃ嫌なことがあって、乗り越えるとそれに関係ない運がいいことが起こる
仕事がんばったから認められる、じゃなくて仕事がんばったから懸賞に当たるって感じ
あの動物は乗り越えた後や、他人に不幸が起こる前にやってくる・・・その後幸運がある
なんで気づかなかったんだろう・・・本当のアフォだな
今までエネルギーを吸うサゲチン野郎だと自覚して諦めて開き直ってたんだけど
20代半ばなのに休日は一緒に遊んでた友達とかがみんな
脳腫瘍、脳挫傷で言語障害、精神病院入院だのでついに全滅した・・・爺さんじゃあるまいし
助けてくれた高校の同級生が17事故死だの
職場の上司で親身になってくれた人が亡くなるだのが連続しだしたのは
考えてみるとあの護符作ったあたりからだ・・・でも一枚はいつの間にか無くして
もう一枚はゴミ箱へポイ・・・スーパー馬鹿だな俺
悪い霊は臭いっていうけど臭くないんだよなあ・・・熱いし、狼なのに乾燥した木みたいな匂いする
それに失礼なことしてるのに、願いがある程度適ってはいるんだよなあ・・・

長くなったけど>>1の人はこんな感じなのかな
願うとその場は逃げられるけど、あとで苦しみが倍になるって感じなのかな?
でも使わざるをえない、無意識に願ってしまうからもう止められない・・・そんな感じかな?

155 :本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 01:06:29 ID:NM5No0q40
実利魔術ってそんなもんですよ
土の魔法で金運願ったら親が死んで生命保険が入るとかね
対価は予定されているけど明かされないからね

156 :本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 01:06:40 ID:XXxys6YW0
>>151
その説明だと低級霊か動物霊だろうねぇ

>ゲーティアとかいう本に出てる悪魔の護符とか用意した ・・・
>意思が強くなるんだと誓いの意味を込めてで真剣じゃあなかった ・・・
>イメージが大事らしいから想像する訓練とかしてたよ ・・・
    ↑
このへんが特にネタっぽいぞ。
悪魔の護符とか真剣じゃないとか、ゲーティアを実行する人・読んだ人が
そんな言い方・言い回しするのかな?
他にもいろいろと疑問点が・・・
っていうか小学館系まじない本を見た人が書いてる匂いがする。

157 :本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 01:14:27 ID:XXxys6YW0
なるほど、「鋼の錬金術師」ですか
あれ少し見たことあったけど「錬金」って名前使ってるだけやね。

158 :本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 01:15:26 ID:Eh15aFbX0
って>>1にちゃんと書いてあるね・・・ごめん
タイミングが狂うって独り言いったら人に聞かれてて、しかも別の意味に取られるとか?
がんばろう、行ってみてやってみよう→叔父さんが死んだ、10分で前向きな予定変更
電車に乗ろうとしたらギリギリなのにおばあさんがユックリ出てくるとか、
ふと顔を上げるたびに人とバッチリ目が合うとか、軽いのはそんな感じが頻発で欝
バタバタ周りが理不尽に倒れていって一人だけ、
苦しいのを言う相手もいないし中々理解してもらえないとかって感じなのかな
なんか色々あり過ぎていえない感じなのかな、何が起こったのか知りたい
つっても言えるならスレのはじめの方で言ってるね・・・

159 :本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 01:20:21 ID:Ort5sMh0O
契約系の魔術は言ってみりゃ消費者金融みたいなもんだ
担保がある限り難しいこと言わずに大抵融資してくれる
担保の大小と担当者は問題になるがな
わりと形式主義的だし

160 :本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 01:38:10 ID:Eh15aFbX0
>>156
いやあ・・・ちょっと恥かしい・・・
真剣でないけど夢中って感じ、とても面白かったです
数秘術とかは占いがちょっと面白かった
クロウリーとかは、なんか読んでも
今までの系統が変わってしまう気がしてパス
ゲーティア実践って言っても護符を作って持ち歩いて
暇な時間にリアルに思い浮かべる訓練だけ程度で
ゲーティアは二見書房ってマットのおまけ付き本の奴です
あとはイメージ部分は大沼忠弘って人の
実践カバラ入門って本とか読んで補強
関係ない発音練習が変に気持ちよかったなあ・・・
でも人から見られないようにするのが一苦労、危険人物
と学会の本とか買って、変なものに興味がある変人でごまかしてました

161 :本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 01:39:57 ID:XXxys6YW0
代償を払う魔術はマンガ・アニメでしか見たことありませんが、何か?

162 :本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 01:49:03 ID:Eh15aFbX0
確かに・・・やっぱ気のせいっすね
漫画読みすぎだな、もっと現実に帰るべき
だもんで、ついでに俺は悪く無いに違いない

163 :本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 02:05:58 ID:r3bXabsiO
典型的オカルト住人達だが何かにある程度辿りついてる人物が多い悪寒。
もっとバラす流れを期待。
だが全員寝てしまった悪寒。

164 :本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 02:15:00 ID:XXxys6YW0
てか代償を払う魔術、黒魔術やネイティブの魔術も生贄捧げるんだよな。
>>160
俺の読む本はいつもクロウリーとGDが何故かついて回る。
要するにカバラ系なだけだけど・・・
アブラメリンの本は持ってるけどなかなか実戦しようと思えないなぁ。
今はエノクを勉強中・・・オモロイ

165 :本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 02:46:13 ID:tAGwzefU0
てか>>1、おまえ頭わるいだろ?
それでもってまだ14歳くらいだろ?
あと、家、貧乏で親父酒乱で母親はヤンママだろ?

このての基地外が増えてきたな日本は。

166 :本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 04:05:54 ID:BseBF0+W0
>>163
大丈夫!任せとけ!
まぁ>>1は魔術知識&経験無さそうだけど、伏兵が自演・名無し合わせて
2〜3人(内1〜2人が未経験者)いるね。
儀式経験ある人は精神の動き・気の動きの微妙な変化・動きが
身体で感じて分っているはず。どういう所が難しく引っかかって壁になるかとか。
こういうのは本に載ってないからね。
それだけでもネタかどうか分る。

>>ネタ主よ
もっとオカ住人を楽しませてくれ。
バレ易い地域ネタを避けて、霊的・魔術的ネタをやっても
ここはオカ板だし余計にバレ易いかもね。

167 :本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 06:37:58 ID:SpP5Fqe00
とりあえずホーリーグレイルで頂へと登りつめればいいんじゃね?

168 :本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 07:17:58 ID:+SG/kuohO
真理に辿り着けば魔術なんて簡単

http://c-au.2ch.net/test/-/occult/1129649938/n

169 :本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 10:39:46 ID:qV2L64gY0
私には>>1が意外と本物に見えるけど。なんだか変にリアルに感じる。
低級霊だとか動物霊だとか、スレッドの最初からずっと粘着してる人の方が自演してると思う。
認める流れの人が出たら、急に手のひら返した対応してるし。。。
私には粘着してる人の方がただの知識自慢をしたい、かまってチャンに見えるけど。

170 :本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 15:10:05 ID:kbYowdDlO
>1とかまって厨は同じ人

171 :本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 18:37:25 ID:T6GlxqML0
悪魔をネタで召還する奴は居ても故意的に粗略を謀り天使を出し抜く為に召還さそる奴なんて居ないよな?まあ所詮天使に反感を買われて攻撃されてもイメージ的には悪魔に匹敵する程の力は備えてなさそうだから俺でも楽勝だな。

172 :本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 21:52:09 ID:Ort5sMh0O
悪魔の召喚には天使の加護が間接的に必要
いや装置として必要と言ったほうがいいかな
天使というより神性か・・・
術者の立場により捕らえ方は違うが

173 :本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 22:32:42 ID:2bkZCOp10
身体を神聖化して神殿を作って天使の召喚を何回も経験する。
天使に加護してもらって悪魔を召喚、かな。
どこかの本で読んだけど天使を知って初めて対極の悪魔を知る。だとか。


174 :本当にあった怖い名無し:2005/10/28(金) 00:07:21 ID:cIeUqxIo0
俺は信頼できる友達を一人つれて(後に↑で前に話した契約者となる奴)
深夜に誰も来ない近くの山で契約を行った。
契約で俺はちょっと別の方法をとった。
俺の契約特徴はほんの少ししか教えられない。(契約により、詳しい所は禁じられた。)
ある方法
始めに呼び出したのはルシファー。
俺は契約法を知っていたつもりだったがルシファーが言うに
その手の本などには大分誤解、間違いがあるようで、
本当のこの後の手順をルシファーに教えてもらった。
(俺は小さい頃から以上にルシファーが好きだったので現れた時の喜びは計り知れない、
この時すでに俺はとてもハイの状態だった。)
ある方法
ある方法
次に俺は契約するため、ある悪魔を呼んでもらった。
ある方法
そしてよく分からない人?悪魔?が来て、
そいつの元で何かの血と思われるものを飲まされ契約書を交わした。
(契約書は勿論、血で)
ある方法
ある方法
これ以上詳しいことはかけない。(書いてはいけない)
知りたい奴にはすまないがこれで満足してくれ。
俺は教えることで廃人となるのは避けたい。

175 :本当にあった怖い名無し:2005/10/28(金) 00:14:56 ID:kG8yGWOc0
廃人になるのを避けたいのなら2chで書かなければいいおw

176 :本当にあった怖い名無し:2005/10/28(金) 00:16:46 ID:V7GVaTQv0
なんか誤解があるな
悪魔は別に契約方法を人に知らせることを禁じたりしないよ
というかむしろ他の人にも契約させるように仕向けてくるよ
禁忌としてるのは知識をのある人間側
知らない人が想像でお話作ってもナンセンスだから


177 :本当にあった怖い名無し:2005/10/28(金) 00:19:49 ID:kG8yGWOc0
そうだよね人に話して、その経路が悪用されると術者の精神が
危なくなる恐れがあるもんね。

178 :本当にあった怖い名無し:2005/10/28(金) 00:48:30 ID:+luQkxGC0
ルシファーと名乗る霊が本物のルシファーであった例を見たことがないよ
奴らの大半は偽名だから

179 :本当にあった怖い名無し:2005/10/28(金) 00:51:45 ID:txauM0drO
かわいそうに
誰かの使い魔か式神にかつがれたんだろうな
暗示をかけられたともいうだろうが


180 :本当にあった怖い名無し:2005/10/28(金) 01:05:59 ID:kG8yGWOc0
おれも少ししか教えれないお、レベルが分って恥ずかしくて・・・w
カバラ十字と五芒星の小儀礼と薔薇十字(と仙道気功)ばかりやってるそんなオレが来ましたよ。
タリズマンは作って持ってるけど魔術道具(剣とか杖とか祭壇とか)が欲しい。
作って彼女に見つかるとなんか疑われそうで・・・・これまた恐い。
まぁ本類は押入れのダンボールに入れてるだけだからたぶんバレてるし。
(オカルティック好きで通してるから、本は大丈夫・・・たぶん)

刀印で代用してるとたまに寂しい時あるし、短剣(ペーパーナイフとか)でも買おうかな。
早く、物見の塔とかやってみたいお。

181 :本当にあった怖い名無し:2005/10/28(金) 01:18:02 ID:kG8yGWOc0
>>174
もし本当にルシファーを喚起したら凄いことだよね。
クロウリーもそんな事出来なかったのに、すごいねぇ。

他の悪魔だったとしてもクロウリー以上だよ。
・・・・アリエナサスorz

182 :本当にあった怖い名無し:2005/10/28(金) 01:29:26 ID:kG8yGWOc0
          \                /
           \             /
             \          /
              \ ∧∧∧∧/
               <    俺 >
               < 予 し  >
               <    か  >
 ─────────< .感 い  >──────────
               <    な  >
               < !!!! い  >
               /∨∨∨∨\
              /         \
            /    アテー     \
           /     (-_-)       \
         /ヴェ・ケヴラー(∩∩)ヴェ・ゲドゥラ  \
                 マルクト
              レ・オーラム・アーメン・・・

183 :本当にあった怖い名無し:2005/10/28(金) 02:13:23 ID:fv30aycSO
クロウリーがブエルの頭と足だけ呼び出した話を思い出した
あれは笑える

184 :本当にあった怖い名無し:2005/10/28(金) 02:47:53 ID:+luQkxGC0
可視領域まで持っていけたら大導師と呼んでやるよ

185 :本当にあった怖い名無し:2005/10/28(金) 04:30:46 ID:V7GVaTQv0
                        /フ
          i ̄7           //
           ヽ\       /⌒v´/
            ヽ;;;) ,,,, ,,z ,,.,/;;;/\ノ
           く;く/;;;;;;;;;;;;;;;;;;'ミミ;;
   〔;;;ゝ      `彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;シミ
    |_;;;;;;;;;;;7  レ ;;;;;;(・)(・);;;;;;;;;;;ミミ
       ̄|;;;;|  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;フ\
       |;;;;;|  /w;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡 /;;;;〕
       \\//"'''z,,z ;;;;;;Zzミ //
         "''"  ,. ‐;;;;;;;;;;;;ノ く く、_
           (;;;;;;,. ‐''"    `‐、;;;;;〕
            \\
              \\
              ⊂ノ


186 :本当にあった怖い名無し:2005/10/28(金) 18:01:27 ID:APZiemBI0
何もしないで向こうから実体化して出てきたら大導師?

187 :本当にあった怖い名無し:2005/10/28(金) 18:42:19 ID:ALQfCBuB0
実体化して出てきたらきっと新興宗教の伝導師になれるでしょう

188 :本当にあった怖い名無し:2005/10/28(金) 20:05:28 ID:i3O5FyPo0
いやレベル下がってるからソレ

189 :本当にあった怖い名無し:2005/10/28(金) 22:59:51 ID:eQGkqfOn0
>>1>>188
(笑)。


190 :本当にあった怖い名無し:2005/10/28(金) 23:00:57 ID:UnPXKe3u0
>>174

友達は、全然話に絡んでこなかったな。

191 :本当にあった怖い名無し:2005/10/29(土) 02:19:17 ID:y3ldtZb/O
今メガテンやってるから
何かこのスレの流れに萌える。
悪魔(*´д`*)ハァハァ八ァノヽァノヽァ

192 :本当にあった怖い名無し:2005/10/29(土) 03:15:20 ID:IzL5LKH50
悪魔がその存在をゲームで取り上げられることは
悪魔にとっても望ましいこと
万魔殿で騒ぎ、苦笑する彼らの声が聞えそうだ

193 :本当にあった怖い名無し:2005/10/29(土) 07:33:36 ID:IzL5LKH50
ここに書き込んだからか万魔殿の夢を見た
そこはとても猥雑で歪でそしてなにより美しかった
今までに見たどんな映像より心惹かれる造形だった
夢でいいからまた訪れてみたい

あと私のいた広間の壁に太陽を食らう魚をモチーフにした
絵が掛けてあったのが印象的だった
何の意味があったのか・・・



194 :本当にあった怖い名無し:2005/10/29(土) 09:14:48 ID:Qc3/X+RK0
>>193
海洋系民族の神話まんま

195 :本当にあった怖い名無し:2005/10/29(土) 12:56:42 ID:NSgHrLSz0
万魔殿ってなんだろ?と思って検索してみたらゲーム系のサイトが多いね。
で個々の説明文も本当に文献・書籍を調べて書いてるの?と思った。
事実に脚色を加えてる説明もあるし。

196 :本当にあった怖い名無し:2005/10/29(土) 15:50:31 ID:O8QOC8P30
ちょっくらシコシコしてくるおwww

197 :本当にあった怖い名無し:2005/10/29(土) 16:20:21 ID:4n1evkG10
悪魔と契約したら頭が良くなるお。
自称悪魔と契約した人間は、賞金1億ドルの数学の問題が解けて当たり前なんだが。

198 :本当にあった怖い名無し:2005/10/30(日) 07:55:03 ID:OTSlIyLy0
  
         /"~~~""''ー- 、
            _,,.. -‐''"~ ̄ ̄~"''‐- ..,,_i
           /              \
          / (●)   ヽγ⌒ヽ       ヽ
        (⌒ヽ、       |ー= )       ',
  \ │ / \ ⌒ヽ   ノー= )       i       
   / ̄\  ハ ノ⌒ヽ.,  ~"''''"         |
─( 。A。 )─(_ /       、          |
   \_/   、.,_        |
  / │ \ \       /
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 レヴィヤタ〜ン

199 :本当にあった怖い名無し:2005/10/30(日) 07:55:55 ID:OTSlIyLy0
ずれた onz 
魂売ってくる λ.......

200 :本当にあった怖い名無し:2005/10/30(日) 12:59:48 ID:Bml93N0C0
痛みを
苦しみを
知ってはいる
ただ・・・もう知っているだけになった

201 :本当にあった怖い名無し:2005/10/31(月) 00:39:08 ID:1zuJ0I6V0
>>193
俺も夢を見た。
長い夢
雨の音しか聞こえないくねくねの道で
歩いても歩いても終わらなかった
夢で3日以上歩いた気がする
目覚める時、どこからか声がした
「フフフwww」
別にホラー映画などの怖い笑い声ではなく、
聞いてるこっちが気持ちが良くなる本物の笑い声だった、
あれは何だったのだろう。




202 :本当にあった怖い名無し:2005/11/02(水) 17:02:04 ID:GW22l47vO
お前らつまんね
ヌルポ

203 :本当にあった怖い名無し:2005/11/02(水) 17:31:22 ID:skdzcO5GO
ガッ!

204 :本当にあった怖い名無し:2005/11/02(水) 18:02:52 ID:namK/Ba0O
ん?契約って>>1は誰とやったの?
ちゃんとやれば不幸になんてならないよ
私は72人の悪魔って知ってるかな?
あれを出したことはあるよ

205 :本当にあった怖い名無し:2005/11/02(水) 18:12:58 ID:apMEms9e0
>>204
私は72人の悪魔って知ってるかな? あれを出したことはあるよ

↑詳細きぼりーぬ☆ミ


206 :本当にあった怖い名無し:2005/11/02(水) 20:06:40 ID:namK/Ba0O
>>205えっとね、ソロモン王の小さな鍵またはゲーティアに載ってる
72の悪魔をコントロールする術だよ
バエルとかさ、

207 :本当にあった怖い名無し:2005/11/02(水) 20:26:01 ID:4Csr0KHRO
ぐぐってみ
それぞれの説明やイラスト載せてるサイトとかあってけっこおもしろい

208 :本当にあった怖い名無し:2005/11/03(木) 00:52:25 ID:K4ra/CQk0
破壊神とか精霊とか妖怪とかがごっちゃになってるやつだな

209 :本当にあった怖い名無し:2005/11/04(金) 00:17:53 ID:ITjOn28L0
キリスト教から見た悪魔が集まってるんだからごっちゃになってもしょうがない

210 :本当にあった怖い名無し:2005/11/04(金) 12:30:19 ID:e0bofJmJ0
まーすくなくともレメゲトンを素直に信じて実行するのはあまりお勧めできんがね

211 :始まりの死、始まりの生:2005/11/04(金) 22:54:31 ID:nstwxNe50
>>70
神霊スポットに行く
    ↓
低級霊を召喚
   ↓
低級霊を贄(にえ)ないし繋ぎにして中級霊召喚
   ↓
これを繰り返し精霊召喚
   ↓
精霊を贄に悪魔(物の怪)召喚
   ↓         ↓
交渉開始 。失敗  →↓(交渉しないとエライ目に)
   ↓          ↓
交渉完了    最悪生ける屍か、エクソシストのように
   ↓
契約の儀式

日本方式は義理堅い方が多くでてくるが
西洋方式は強力だが死んだら食われる


212 :本当にあった怖い名無し:2005/11/04(金) 23:07:27 ID:1cvS1/gp0
面倒だから戦争か大規模な事故でも起こした方が早いよ
テロルなんての数千人規模で死者がでるようなら大規模儀式が可能に!

ウン、黒いな

213 :本当にあった怖い名無し:2005/11/05(土) 00:00:17 ID:hL27Upc3O
みんな>>1に知識与え過ぎな希ガス。
とにかく>>1を召喚して真相を聞こうお。
やり方は知らないがw

214 :本当にあった怖い名無し:2005/11/05(土) 02:16:03 ID:IuWCD0iD0
話が読めた・・・・・・

他のスレと補完・協力して話が進んでいくネタストーリーを
やろうとしてんだろ?
つかネタストーリーはもうやめてくれ・・・・
マジでむかつくというか呆れる。

昔っからのオカルト住人は第六感・霊能力が働いてる人が多いし
古株は元々オカルト系好きだからマンガ・ゲーム・ノンフィク本(書籍等)読んだり、
リアル仲間とディスカッション等を数え切れないほどやってるから
体験談がネタがどうかなんて2,3問レスがあれば即分る。

215 :本当にあった怖い名無し:2005/11/05(土) 02:36:13 ID:IuWCD0iD0
つまり、ここの>1は
「悪魔と契約」「悪魔が近くにいる・見える」等を問題隆起して
ネタ進行させようとしてたが、盲目に(本で読んだ事しか知らなかった)
事実と反するネタを作ってしまった為、その道に詳しい住人に叩かれる事になる。

重複・シンクロさせようとした他のスレではネタが進んでいる為に
ネタ主は気になり、また再開しようとしてる。

最後に>1に言っておく
知識だけではネタはばれる若しくは詰まらん。
それと・・・まだまだあるが知識を与えそうなのでやめとく。

216 :侍見習:2005/11/05(土) 17:20:14 ID:/oKkFDNF0
腹を切ってはて死ねですかい


217 :本当にあった怖い名無し:2005/11/05(土) 17:40:51 ID:4smm/r3UO
今日新月じゃね?

218 :本当にあった怖い名無し:2005/11/05(土) 20:46:16 ID:5IHzjc6N0
>>217
新月って、2日じゃね?
もう過ぎてね?


漏れの勘違いかもしれんが・・・・

219 :本当にあった怖い名無し:2005/11/05(土) 23:23:14 ID:bRbPOQxw0
目を潰す。
その他の4感が研ぎ澄まされて
デアデビルになれる。w
これイイ!

220 :本当にあった怖い名無し:2005/11/05(土) 23:26:07 ID:bRbPOQxw0
目を潰す。
その他の4感が研ぎ澄まされて
デアデビルになれる。w
これイイ!w

221 :本当にあった怖い名無し:2005/11/06(日) 00:20:16 ID:Wnd+QVo50
連投しすぎて肩を壊すといい呪い

222 :エロエロナントカー:2005/11/06(日) 00:43:47 ID:sBNr5A4uO
悪魔くん世代

223 :本当にあった怖い名無し:2005/11/06(日) 16:52:55 ID:VRfLEYbX0
こうなったら石仮面でもかぶるか。

224 :本当にあった怖い名無し:2005/11/07(月) 01:01:33 ID:KFIDOVJkO
マハリクマハリタヤンバラヤンヤンヤンでサリーちゃんを召喚出来ます。

225 :始まりの死、始まりの生:2005/11/07(月) 03:50:50 ID:DQbOKrsI0
>>224
お前は腹切れ

226 :本当にあった怖い名無し:2005/11/07(月) 04:56:51 ID:MY0XewEqO
>>107
創設者さまですか?

227 :本当にあった怖い名無し:2005/11/11(金) 17:15:24 ID:KLU4DsE80
期待アゲ

228 :本当にあった怖い名無し:2005/11/11(金) 17:39:28 ID:u8dTQ1fo0
>>1
私の親が マフィア系キリスト教徒と契約しちゃってさ〜
「良く出来た初穂を唯一神(の人間界での仮の姿である権力者)に供えないと死ぬことになる」って
薬物で洗脳されちゃってさ〜良く出来た初穂って言うのが長女なのですと。
んで、長女が子供を生んでその子供が育った頃に 親の命が尽きる契約なのですと。

私は親の事を傍迷惑な只の薬物中毒者だと思うんだけど
権力者に人的賄賂を貢いで優遇されてる設定だから
私の方が精神を患ってる扱いされちゃうんだよ!!


229 :228:2005/11/11(金) 17:51:56 ID:u8dTQ1fo0
マフィア系キリスト教徒に 指定された小父さんに接待するよう強要された時反発したら
私の事をユダヤとかエタとか言い出すんだよ。マフィア系キリスト教徒の人が言ったんだよ!!

…でもそれは極道が薬物中毒者を奴隷に使う予定だから
権力者と直接密接な関係にならずに反発してもらって
極道が未来永劫仲介で利鞘を稼げる方が本来の狙いだそうです。


230 :228:2005/11/11(金) 18:11:43 ID:u8dTQ1fo0
後キリスト教徒の歴史は恐らく自称してるほど永くない。
羊の皮で作られた書籍が300年しかもたないし もたないことを知らない文化だったのだから
300年も経ってなかったのだ。
キリスト教の権威の落ちる事を公式に発表すると精神がどうかしている異教徒扱いされて
自然界の法則である唯一神に従わなくても死なない魔法使いとして集団で加害して暗殺する
けど無罪だよっていう掟らしいから用心しような。

231 :始まりの死、始まりの生:2005/11/11(金) 21:39:16 ID:KLU4DsE80
>>228
やられるまえに殺っちゃいましょう

232 :本当にあった怖い名無し:2005/11/11(金) 22:29:04 ID:juvwsJLr0
私はsatanの使徒ですが、悪魔の契約で16年とか20年は低級悪魔です
一度お会いしたいのですが、省略して解約させます
今後支障があるようでしたら、ここに書いてください



233 :本当にあった怖い名無し:2005/11/11(金) 22:29:22 ID:u8dTQ1fo0
>>231
ええーっ!?
極道と提携しているマフィア系キリスト教徒全員を
私一人で壊滅に追い込めと言うんですかー!?


234 :本当にあった怖い名無し:2005/11/11(金) 22:45:10 ID:vPoO9GujO
>>1

それドカポンのことでしょ。まったく

235 :本当にあった怖い名無し:2005/11/12(土) 22:12:17 ID:LTIPhMcb0
メフィストフェレス

236 :本当にあった怖い名無し:2005/11/12(土) 22:24:44 ID:H8MBl6FHO
前、いかにもな悪魔が夢に出てきたよ。
こっち見て少しずつ近づいてくんの。マジ怖い

237 :本当にあった怖い名無し:2005/11/13(日) 01:03:48 ID:yRcfznCx0
悪魔「すいません、おたく先月の電気代まだ振り込まれていないんですけど」

238 :始まりの死、始まりの生:2005/11/13(日) 07:30:05 ID:1CgoIyiq0
>>233
始めに、この世界の掟です、
アンカー打って呪殺して下さい
無理なら派閥に入って下さい。



239 :本当にあった怖い名無し:2005/11/13(日) 17:55:53 ID:nrAazhYs0
>>238
マフィアが世界で一番強い存在=GODと考えてて
その人を贔屓することによって談合の仲間に入れてもらえば
良い暮らしが出来ると言うコンセプトは教わったんですが、
私はナーバスな人なので
一番強い人間を殺した最強の存在が熊だったりウィルスだったりネズミだったり
毒草だったり水だったり炎だったり石ころだったらソレを贔屓するんですか?!
可笑しいです!!無理です!!…とか思うわけです。

あと、呪殺については〜
「派閥に入ってる人なら生きられる」と強い人物が保障したのにもかかわらず
派閥争いで死んじゃった人は 恐らく私の呪いの力で死亡した人なんです〜

だって派閥に入れば死なない筈なんですから〜
老人になって死ぬのも〜呪いです〜


240 :本当にあった怖い名無し:2005/11/13(日) 18:05:33 ID:nrAazhYs0
これから100年も経た無いうちに〜
極道と提携しているマフィア系キリスト教徒全員は〜
大体全員死ぬのです〜超丁寧に私が呪っておきました〜

241 :本当にあった怖い名無し:2005/11/13(日) 21:42:39 ID:b0+CVf2B0
神は、こう言ったよ。
『信じる者は救われる』

神は癒されると約束してくれた
契約はしても、問題は無い

242 :本当にあった怖い名無し:2005/11/13(日) 23:12:03 ID:a4T1rCisO
悪魔になりたい




243 :本当にあった怖い名無し:2005/11/14(月) 00:24:14 ID:LQGK+iGO0
ネクロマンサーになりたい

244 :本当にあった怖い名無し:2005/11/14(月) 17:18:09 ID:tm5GWc7i0
神戸の駅の通りにならネクロマンサー出てきたことあるよ。
女で、自分が虜にした男の魂をゾンビの人形か何かに植え込んでる。

245 :本当にあった怖い名無し:2005/11/14(月) 21:56:48 ID:/bPX4kdE0
お前ら、悪魔なんているって本当に思ってるの?
あいつの正体は神なんだよ。あいつはイヤなやつさ!
この世の森羅万象全てを創造しておきながら、
気に入らなければあっさり滅ぼしてしまう。聖書に記されているのは1回、
科学的に検証されているもので少なくとも3回そんなことがあったらしいな。
俺の知っている中であいつほど冷酷非常なやつは見たことがない。

だれかやつを殺す方法をしらないか?

246 :本当にあった怖い名無し:2005/11/14(月) 21:58:47 ID:1kQai4iz0
JR神戸駅?

247 :本当にあった怖い名無し:2005/11/14(月) 22:29:18 ID:jlIrH/q/0
ごめん、市役所のある通りかな。

248 :本当にあった怖い名無し:2005/11/14(月) 22:49:31 ID:WRxlunqc0
ネクロマンスとブードゥーと根本的に違う物でしょ
現代でネクロマンスを収めようとすると
確実にタイ━━━━||Φ|(|´|Д|`|)|Φ||━━━━ホ!!

ブードゥーやっとけ

249 :始まりの死、始まりの生:2005/11/15(火) 08:17:36 ID:iK4ehFta0
>>248
呪術関係の法律がある国もあるしな

250 :本当にあった怖い名無し:2005/11/15(火) 20:56:58 ID:G3Dx/U7W0
靖国参拝も呪いの儀式に見られてるんだと思う。

251 :本当にあった怖い名無し:2005/11/15(火) 21:59:47 ID:UR7fRy/F0
いや、つーか単純に大日本帝国軍人がナチス並に嫌われているだけだろ

252 :本当にあった怖い名無し:2005/11/15(火) 23:38:43 ID:AO7UtnH30
昔、それっぽいことをやってみた、でもこれって召還術…カナ?
 用意したものはオリジナルの逆さの五つ星マークメインの魔方陣(円陣でなくて四角)
 生贄代わりに時計と自分の血を使った、「悪魔でも霊でもいいから○○と○○を殺してくれ
精神錯乱でもかまわない、代価はそいつらの魂だ」というような呪文を唱えて、血判を押して
魔方陣を燃やした…数日後に呪った一人が精神的におかしくなり記憶喪失に、もう一人は頭に
ゴルフボールを倉って即死(ゴルフ場の従業員)ちなみに生贄代わりの時計(結構高いブランド物)
は壊れて使い物にならなくなった(買って実質3カ月)
…偶然か?誰かわかる人…いる?

253 :本当にあった怖い名無し:2005/11/16(水) 00:34:18 ID:2I8HHhZ30
ふーん…で?

254 :本当にあった怖い名無し:2005/11/16(水) 00:44:12 ID:VDJbCx+A0
今日さ、変な事があったんだよ

学校から帰ってきたら、玄関の前にでかいポリバケツが置いてあったのよ。生ゴミ入れとくようなデカイのが。
「何だこれ?」ってふた開けてみてみたら、溶けかけのストロベリーアイスみたいな、ドロドロした粘り気のあるピンク色の液体が、バケツになみなみと入ってた。

でさ、漂ってくる匂いがこれまた凄いわけ。別に腐った匂いとかじゃないんだけど、なんだろうな・・・ちょっと口では言い表せないな。とにかく頭痛がするような、ムカムカする匂いだった。

しばらく考えたんだけど、それがなんなのか全然わかんないし、思い当たる節もなくて、どうしようか迷ったんだけど、このままじゃ家にも入れないと思って、庭の排水溝に全部流してやった。

うーん・・・あれはいったいなんだったんだろう?気になるなぁ・・・まぁいいか。


ところで話し変わるんだけどさ、おとといから妹が家に帰ってこないんだよ。
ミクシィとかブログで情報提供呼びかけようかと考えてるんだけどさ。
まだ3日しかたってないからしばらく様子見たほうがいいのかな?でも今まで一度もこんな事なかったしなー・・・

てか、俺って超心配性のバカ兄ちゃんだよなwww
なんか書いてて恥ずかしくなってきたw

もう寝よっと。

おやすみーノシ

255 :本当にあった怖い名無し:2005/11/16(水) 00:48:28 ID:boZlh+Ob0
悪魔といえば魔夜峰夫のアスタロト様くらいしか知らない
平和なわたしが来ましたよ。

256 :本当にあった怖い名無し:2005/11/16(水) 00:48:46 ID:oVAAKzuv0
ゴルゴムの仕業ですね

257 :本当にあった怖い名無し:2005/11/16(水) 00:58:41 ID:Mfsaa2Q00
ここの連中バカばっかりだな。
皆、まともに働けば?

258 :本当にあった怖い名無し:2005/11/16(水) 06:06:29 ID:pLDpIbFlO
ベリル…たまには本当の事言えよ。

259 :本当にあった怖い名無し:2005/11/16(水) 07:51:32 ID:JW55+UKU0

お前は悪魔だ

260 :本当にあった怖い名無し:2005/11/16(水) 19:36:24 ID:u+n3HdQ/0
悪魔って処女好きなんでしょ?

261 :本当にあった怖い名無し:2005/11/16(水) 23:51:40 ID:C97qGVZZ0
>>260
何でだと思う?

262 :本当にあった怖い名無し:2005/11/17(木) 02:44:15 ID:kWVt3aoB0
悪魔が全員男ならそうだが、そういう訳ではないよ

処女性に関してはサバトの悪魔影響が強いだけだな

263 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 01:06:04 ID:zWuLZyMq0
>>252それがマジならかなり便利だと思うけど、本当か嘘かわかる人いる?
>>262女悪魔っているの?っていうかやっぱり契約の時はナニするの?


264 :始まりの死、始まりの生:2005/11/19(土) 07:25:52 ID:1vzB7dlQ0
252・・・それ呪殺術の一種だと思う
日本にも確実に殺傷する為に、
魑魅魍魎を使う事あるし

265 :本当のあった怖い名無し:2005/11/19(土) 10:46:09 ID:/UW5Bw/q0
>>195
ミルトンが「パンデオン(万神殿)」をもじって作った造語

266 :本当のあった怖い名無し:2005/11/19(土) 11:55:59 ID:/UW5Bw/q0
>>141
http://www5e.biglobe.ne.jp/~occultyo/magic/goetia.htm
ここが引用元?

267 :252:2005/11/19(土) 12:20:29 ID:zWuLZyMq0
>>264 返答ども、っていうか魑魅魍魎を呼ぶのと悪魔の召還ってそんなに違うのか?
個人的には 悪魔=堕ちた神々 魑魅魍魎=精霊もどき っていうイメージなんだけど
 あと時計、機械って生贄になるの?

268 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 17:02:25 ID:fhclH9y40
>262
サバトというよりキリスト教での処女神聖視によるもんだな。
キリスト圏でのステレオタイプの悪魔の行動は聖書を逆さまにしてやるようなことだから

269 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 17:33:58 ID:FJ20la/M0
キリスト教徒が悪魔そのものだと思った。
自分らの罪を将来生まれてくる誰かの所為にしてその人に死んでもらう教義とか
懺悔室で罪の告白をしたら相手の罪を受け入れる事で全てを許され
犯罪を口外しようとした人の方が裏切り者のユダヤとして断罪の矛先として提示される教義とか

聖書に気色悪いことが書いて有るのに 逆さまに実行するのが悪行だと思ってる倭人は騙されてるよ!!
キリスト教で褒め称えてるのが「悪」。
アークエンジェル(悪役者/アクエンジャ)を称えてる。
(役者[エンジャ]は 過去の人と対話出来る能力を持っている事も有る、陰陽道などの術者)

270 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 17:42:36 ID:FJ20la/M0
だからー ようするにー

「あーく」なのはー キリシタンの方だってば!!

271 :始まりの死、始まりの生:2005/11/19(土) 20:13:38 ID:1vzB7dlQ0
>>267
ぜんまい式だったら、中の構造物が定期的に
動いているのが
心臓のイメージが個人的に
しないでもない。

個人的に、魑魅魍魎≒集合体ナイシ不安定な・・・

272 :デビル ◆hO/jJrDVl. :2005/11/19(土) 20:46:59 ID:47bK5M5v0
>>262
そんな魂の無い物もらっても意味無いじゃん。
よっぽど有名な時計師が人生最後の10年間、心血を注いで作り上げた逸品で、
所有者も家宝にしてして代々受け継いで来た、みたいな物ならともかくも…
不幸な偶然って結構あるものよ。

273 :俺様最高:2005/11/19(土) 20:49:56 ID:0foHX1iMO
>>272
魂なくても機構が都合が良いものなら役に立つぞ

274 :デビル ◆hO/jJrDVl. :2005/11/19(土) 21:40:47 ID:47bK5M5v0
>>273
例えばどんなもの?

275 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 23:21:08 ID:Exq/JUf50
悪魔て日本にいる女は全部悪魔だぞ!
神を物と考えあざ笑い、処女もあざ笑い、猿と同じく乱交の毎日を続けるキチガイ
どもの事だが。
悪魔と言うのはまっ黒けで牙や角や蝙蝠の翼の生えた奴じゃない。
それは非科学的だな。
頭空っぽのゴミ人間どもに毒された1部の猿だけがその悪魔と同じ事をや
るか。
他の鳥類、哺乳動物はつがいの相手としか子を作らないもんな。
おかげでその猿どもは全部絶滅寸前。
とうぜん、「やらせて下さい。お嬢様」と悪魔に懇願してゴマする男も
悪魔だ。
悪魔とセックスすれば勝手にそうなる。
そういう事で人類が絶滅しないようにフリーメーソンとかが頑張ってる
よ。
フリーメーソンは女は入れないし、何らかの宗教の信者でなければ入れ
ない。
上に書いた生殖行為でなければ、全ての高等動物は種の存続がきかなく
なる。
アメリカ・ヨーロッパ、その他の国でも常識の科学的必須事項だぞ。
日本人は全員知らないだろうが。

276 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 23:42:07 ID:BGivL4ts0
>フリーメーソンは女は入れないし

マジで?

277 :252:2005/11/20(日) 01:04:17 ID:E0g41HhM0
>>271どもっす!


278 :252:2005/11/20(日) 01:12:37 ID:E0g41HhM0
 あ、やっちまった…というわけで本人による時計を生贄にした理由を書き込んどく
>>271がいったようなこともあるんだけど、理由は「時計の表す時間は生命の紡ぐ
べき時間枠から逸脱している」という話(パンタグフェルと熱気球を巡る冒険より、
というか当時の修道僧の議論)をもとに考えた、相反するものならサバトの生贄になると
思って…あとなんか昔から生き物より鉱物や機械に思い入れがあったのも理由

279 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 01:13:41 ID:HgNGX+t+0
>>267
生贄というか代価、代償じゃないのか?

280 :252:2005/11/20(日) 01:37:59 ID:E0g41HhM0
そうなの?というか実際はあれで何かを召還できたのかはわからない…やな事はあったけど
あと一応生贄のヒキガエルの脚と短刀、杯と金貨は絵で表しておいた。
 出来るだけ恨みを込めて木炭でかくかんじ…あと昔いやな事があったとき人形を作って
護符を書いたあとばらばらにして川に流したら更にいやな事が起きて其のいやな事がなくなったことがある。
 

281 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 03:03:10 ID:LxyCZ7NH0
でもさ、ハリウッドの俳優で悪魔と契約してるから30歳で死ぬって
言ってた人が本当に30歳で事故で死んだよね。同乗の女性は助かったけど。


282 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 15:59:36 ID:qHb/uXSr0
悪魔は霊者なので性別はない。でも形を変えて現れることは
出来るので、女悪魔みたいな像で現れる事も能力的には可能
なのかも。

悪魔の始まりは例えば聖書に書いてあって、一番最初に反逆
した高位の天使、それが悪魔。

そして後からぼろぼろとそれに追随したのが悪霊(あくれい)
たち。取り憑いたりとか、心霊現象見させたりとかって言うの
は全部彼らの営業活動の賜物。

ちなみに霊者には人間が感じるような暑い、痛い、気持がいい
といった感覚がデフォルトではないらしく、それを人間に取り
憑くことで自分で味わったり、何らかの苦痛や快感を人間に与
え味わわせたりすることで楽しむ。

人間とのつながりはあくまで自分たちの利己的な目的のため。
契約云々っていうのもそれ自体に意味があるというよりかは
彼らがそれをおもしろおかしく思っててやってるのかも。

ご利用は計画的に。というよりあんまり関わらない方が
いいと思うよー。

283 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 18:16:39 ID:A5AgNVCG0
GOD=極道は アキツシマ住民にとっては神(=守り)では無い。

極道の本(台本)を守ってみても自然災害からの命と健康が守られる保障は無い。
極道的には 「言う事を聴けば俺は貴様を今加害しない」という約束をしてくれるけど
それは脅迫って言うんだよ!!引き起こせる人災を実行しないでいてやるって言われてもね?
だからと言って極道に従っても 極道には天災や人災を無くせる能力など無い。
普通に 天災や人災を軽減する活動をやってくれる人が神(救い主)なのです。


284 :始まりの死、始まりの生:2005/11/21(月) 12:02:26 ID:4OLVMstC0
>>283
そういう人を日本では、「ほとけ」とは一般的にいうけど、
西洋のかたですか

285 :本当にあった怖い名無し:2005/11/21(月) 16:55:50 ID:XWcmhs110
>>283-284
「ほとけ」とも言うけど
ソレは日本列島という島国(場所)に仏教が入って来てから
過去の救い主については 救い主を「ほとけ」と言っている。…と思った!!

神と言われるのは 素晴らしい技を開発したりして
将来皆が何か助かりそうな業績や発明をした人(未来の救い主)。…と思った!!

両方まとめて神仏!
でもどちらかというと神の中の一員が仏だ、と思ってたけど
283が284に西洋の方呼ばわりされる筋合い無いよ!

284は
言葉を「非難と命令の為の呪文」だと認識している
穴居人(狼人間)の末裔でしょーか!?


286 :本当にあった怖い名無し:2005/11/21(月) 18:40:50 ID:Q0Mr9YMY0
>>252
供物て言うのは自分達にとっての大切な物だから意味が有る。
例え貴金属や宝石類などであっても、その人の生活レベルと対比させれば安価に感じられる物ならば
全く意味は無い。
昔は酒や家畜や珍しい収穫したての野菜は貴重で大切な物だった。
当然、同胞(?)の命も。
自分達が泣けてくる程の高価なその代償を払ってでも成し遂げたいと言う人の心が、今現在の常識を超えさせる!
よっぽど憎かったんだね w

287 :本当にあった怖い名無し:2005/11/22(火) 03:53:37 ID:Xla+OaWZ0
誰か呼び出して画像うpキボンヌ

288 :始まりの死、始まりの生:2005/11/22(火) 09:41:55 ID:Maz5WEMi0
>>285
日本では一般的に
「カミ」の中に仏、「カミ」は不特定多数の者に使う。
「神々」も不特定多数。

日本のカミは、良い事と悪い事の境界が無い。
あめふらしを例にとると、恵みの雨を降らせるが雨で河を氾濫させるet

「神」と書くばあいでは、特定の日本特有のカミ一人を差す事において使われる(一部名前に「神」が入らない者あり)、
だが発音は「カミ」に同じだが「しん」が名前に入るのが一般的風神雷神等、
祭られている所を
「神社」という(一部例外あり地蔵は道祖神et)

仏教は釈迦がさとりを開いた事に端を発する仏教という宗教で
釈迦が神格化して仏となった物が仏教と共に日本に入ってきたが
時期が時期だけに、飢饉の原因として河に投げ入れられたりしたが、
誰でも「南無阿弥陀仏」と言えば極楽浄土へ行けるという教えが受け
広まる事になる



289 :始まりの死、始まりの生:2005/11/22(火) 09:42:40 ID:Maz5WEMi0
288からの続き



仏は
「カミ」にはなれるけど「神」にはなれない(時間を掛ければなれるかもしれないが)、
(異人が日本国籍は取れても生粋の日本人には、なれないのと同じ)
・・・・祭られている所を「寺・寺院」

外から入って来た者(仏教)と初めから
日本に居た者「八百万のカミガミ」を合わせて「神仏」、
当時仏教を天皇に容認させるために政(まつりごと)では、
「カミ」を前にするという約束事をした時の名残

今では日本の「カミ」と「神」の違いが判らない者が多い。

神=正しい・全知全能・すばらしいは、
イエズス会のキリスト教の布教による物だったりします

290 :デビル ◆hO/jJrDVl. :2005/11/22(火) 13:37:41 ID:plwAuU1p0
>>288-289
哲学無しに聖なるものを語ると、ティッシュペーパーに書いた答案みたいになるのね。

291 :本当にあった怖い名無し:2005/11/22(火) 14:47:23 ID:Oz19ggl50
私は288-289に「哲学」を感じるけどね。
人の悪口言ってないで、自分で自分の思想を語ってみな。


292 :本当にあった怖い名無し:2005/11/22(火) 19:42:58 ID:5qjLtq2v0
このスレでは悪魔の存在がごく当たり前の様に認められていて、
オカルトに詳しくない自分には不思議で仕方ありません。

293 :本当にあった怖い名無し:2005/11/22(火) 20:44:08 ID:/GFjJ6mb0
>>292
だって悪魔との契約者が何人もいるでしょ?

294 :デビル ◆hO/jJrDVl. :2005/11/22(火) 21:28:19 ID:VYEo6kDv0
>>291
ある意味感動してるんで、悪口言ったつもりは無いんだけど?

それよりあなた、悪魔に釣られてどうするの?
営業日誌には書かなかったけど、次回はお手付き1回カウントしちゃうよ☆

295 :ベリアル/GFjJ6mb0:2005/11/22(火) 23:32:24 ID:/GFjJ6mb0
>>291
コテハンいいね、俺もコテハンにするわ。

ところでこのスレ、本当に契約した人何人いるんだろ?
本当にしたかどうかは知らないけど、類は友を呼ぶからね。
多分本物同士で呼び合ってる希ガス

296 :ベリアル ◇/GFjJ6mb0:2005/11/22(火) 23:34:53 ID:/GFjJ6mb0
焦っててミスった、
>>291じゃなくて>>290

297 :スナ ◆8BXZfvetsY :2005/11/22(火) 23:36:13 ID:xfJqhjSQ0
契約したらいい事あるのかな、東京を滅ぼしたら認めるよ。

298 :本当にあった怖い名無し:2005/11/22(火) 23:43:03 ID:RmgR5Hv50
>>297
アラーと契約すれば東京を壊滅させる位はできるんじゃない?

299 :ベリアル ◇/GFjJ6mb0:2005/11/22(火) 23:49:19 ID:/GFjJ6mb0
>>297
滅ぼすって、町を?それとも人の精神を?
天使も悪魔も級が高くなればなるほど物質から遠退くのだから
やっぱり人の精神?
東京全体の人間の精神破壊したら町がゾンビタウンみたいになるのか・・・

東京無くなると日本ヤバイんでないか?
小泉君が氏んでくれる分にはいいケド。

300 :本当にあった怖い名無し:2005/11/23(水) 02:19:40 ID:dyxg/ZBb0
東京を壊滅させるなら神と契約なんて面倒なことしなくても
原潜クルーでも丸ごと精神汚染すりゃいいんじゃねぇの?
ワシよー知らんけど

301 :本当にあった怖い名無し:2005/11/23(水) 10:13:55 ID:7E61lMrr0
どこかを壊滅させようなんて思ったことある人はいくらでもいるんじゃないの?
けど実際は壊滅なんてしてないわけで、結局無理だって事だろ。

302 :始まりの死、始まりの生:2005/11/23(水) 12:42:42 ID:ADQXGZji0
>>300
攻撃型原潜な特にトライデント級

303 :本当にあった怖い名無し:2005/11/23(水) 13:23:23 ID:xGpbe36I0
愛地球博の
あくーま集会
http://www.expo2005.or.jp/jp/E0/E1/asx/topics092501m180closeceremony.asx

304 :本当にあった怖い名無し:2005/11/23(水) 14:24:05 ID:Ow7MDyDc0
>>300
残念!
今は発射するコードは中の人は知りませんw

305 :ベリアル ◇/GFjJ6mb0:2005/11/23(水) 19:37:37 ID:2plBA3Az0
とにかく
東京破壊して何するつもりさ、日本がやばくなって
自分を追い込むだけじゃ?・・・
あ〜もしかしてこれも悪魔の計算?

306 :デビル ◆hO/jJrDVl. :2005/11/23(水) 21:32:10 ID:2Y4b4iIg0
東京は元々穢土。
壊せば穢れが広まるだけの事。
壊したくば壊せば良い。
雛形に成した事は本体に撥ね返る。呪詛の基本だよね。

日光と月影と、二つながらに生かすこの国は、発祥地を追われたモノとそれを奉ずるヒトを
受け入れながら、それらに染まる事無く齢を重ねて来た、他所には例の無い国だよ。

307 :本当にあった怖い名無し:2005/11/23(水) 23:34:23 ID:Fcqp6B5J0
>>275
えーっと・・・・
君、あいつらの目的も知らないでのんきだねw
まるでオウムの信者みたいだな。

女もいるに決まってるだろ>メーソン
尻の軽いのはいないと思うけどねw

308 :本当にあった怖い名無し:2005/11/23(水) 23:50:52 ID:FIgyL8qL0
>あいつらの目的も知らないでのんきだね
紀元前太古からの世界の警察である事には変りは無いな。
大昔に荘厳な巨石建築物を造り続けたことの意味を今一度考えてみるが良い。
働きもしない、いや一切働けもしないで優雅に怠惰な暮らしをその非難する相手に
させて貰い続けて来たオマエ達を悪魔と呼ばずに何と呼ぶのだ?
フリーメーソンはボーイスカウトやロータリークラブや福祉関係の振興活動もしている。
別におどろおどろしい秘密結社ではない。
フリーメーソンに女性がいると言うのは認められた女性だけだ。
日本ならばその他は全部断る。

309 :本当にあった怖い名無し:2005/11/24(木) 00:05:52 ID:Fcqp6B5J0
>>308
警察かw
警察ってなんだろうね。
自分たちの思うがままに何でもやろうと言うのが警察なら、
そこら辺の犯罪者もみんな警察だろうな。
「表の顔しか知らない奴はのんきだな」と言いたいだけだ。
君はメーソン関係の上位組織が何組いて、何が目的で動いてるのか知っていないようだな。

そこら辺の安っぽいマンガの内容に出てくる組織でも裏表があるだろうが。

310 :本当にあった怖い名無し:2005/11/24(木) 00:42:27 ID:yz5zQaR+0
ついでに言っとくが、
物質文明に溺れさせて、精神面をズタズタにしたのはその警察様なわけだがw
尻軽女や何もやっていない奴をどうかと考えるのは勝手かもしれんが、
選民思想を採って無茶やってると収集がつかなくなることをお忘れなくw

311 :252:2005/11/24(木) 01:35:26 ID:+TtEJ9L80
>>297〜>>310スレ読んでてよく解らない事があるんだけど…どうして悪魔やらと契約してまで
世界の支配権なんかが欲しいのかわからないんだけど…征服すれば管理やら部下の動向の監視やらで気
を揉む毎日だろうし…って、俺が小市民なだけか。
 ちなみに皆さんはやっぱ悪魔と契約してあわよくば世界制服とかってしようとか考えた事あるんですか?

312 :本当にあった怖い名無し:2005/11/24(木) 01:55:40 ID:osXLXXF4O
面倒な事は全部悪魔にやらせる。

313 :本当にあった怖い名無し:2005/11/24(木) 01:59:04 ID:J6eY3ini0
本末転倒ですね

314 :本当にあった怖い名無し:2005/11/24(木) 02:09:54 ID:k6QxSv0k0
>>309
別にフリーメーソンもロックフェラーやロスチャイルドも世界を掌握しているわけではない。
地球自体が危ない、自分達や子孫ひいては人類やあらゆる生命体が危ないから、止むに止まれず
やっているだけだ。
もっと強靭な真の意味でのホモサピエンス:人間達の導きによって。
環境破壊はもっと徹底的なカタストロフを抑える為の次善策に過ぎない。
日本の嘘で固めたブルジョアに見えるようにしてもっらている白痴どもなどは気にする必要はない。
知的生命体:人間ではないから何一つ自分では出来ない。オマエ達同様地上を生きることすらな。
共通して言える事はオマエ達猿どものように生まれてくる目的を幸福のオブラートで偽装した快楽を求める
事ではなく、死に拮抗して生続ける試練と当然のことをわきまえていると言う事だ。
ウェルヘルム・ライヒで検索しろ。
哺乳動物の人間の雄は世界中探しても本当に貴重だという事が分かる筈だ。


315 :285:2005/11/24(木) 10:14:28 ID:ZtP/jqIu0
>>288
カミについての認識が私とは違うようですね。

私が考えているカミとは 「守」なのです。
「守」はカミの宿っている現象を守っているのです。
宿っている各々の現象を守っているので 各々のカミ同士で相反する事が有るのです。

「あめふらし」のカミの話が出たので その例で説明してみると
雨が降る条件が揃った時には雨が降る。大自然の法則(カミ)が降らせる。…みたいな意味です。

人格の有るカミは ぶっちゃけ人間です。
この場合のカミは人間で 人間である事や人間の集団を守っているリーダーです。
中国から来た漢字の概念で「上」と表現されることもあるようです。
(当てはめられる漢字は執筆者によって様々な気もします。)

仏様(仏陀)は 何処からどう見ても人間ですが
人が幸せに暮らすことを説いた人なので皆で集団のリーダー(カミ)に祭り上げてるのです。

仏陀以外の 複数として表現されている「仏」は
「皆が仏様のように皆を幸せに導く人格になれたら良いな」という考えで作られたイメージ映像です。
(名前と一緒に役割も継いで貰いたいという希望の現われ。マスコットです。)

「八百万のカミガミ」の中では仏陀やGODは重要な位置を占めていないと思う。
何故ならカミは根底で 万有引力の法則や熱量保存の法則や梃子の法則みたいな現象の法則を表した単語に近く
「人の幸せを守ろうとする仏陀の心」や「絶対者に服従させるGODの意思」は人間の心の動きの方向性でしかないからだ。

316 :始まりの死、始まりの生:2005/11/24(木) 12:23:09 ID:DF6gWtoz0
進行してるカミが違うとやっぱり考え方も違うのか。



317 :本当にあった怖い名無し:2005/11/24(木) 12:42:27 ID:4rflaWmVO
いや…フリーメーソンてただの大工ギルドなんだけど;

318 :本当にあった怖い名無し:2005/11/24(木) 12:44:11 ID:osXLXXF4O
>>316
そんな当たり前の事しみじみ言われてもな…

319 :本当にあった怖い名無し:2005/11/24(木) 12:51:32 ID:N+or8r+QO
どこから間違えたのか
本当は悪魔=人間の事だとマジレス

320 :本当にあった怖い名無し:2005/11/24(木) 12:53:32 ID:M/wqOU16O
私の書庫に悪魔との契約についての文献がある。

321 :本当にあった怖い名無し:2005/11/24(木) 13:08:22 ID:QDtWV8jw0
>>320
すごいね

322 :本当にあった怖い名無し:2005/11/24(木) 17:30:48 ID:wb9evIBS0
悪魔との契約は月いくら位払えばいいんでしょうか
出来るだけグラマーな娘希望です

323 :本当にあった怖い名無しさん:2005/11/24(木) 17:36:00 ID:oEqABX2p0
>>319
それが本当に限界のマジレスならお前は所詮そこまでという事
悪魔=人間
少し違うんじゃないかな?
まあ、近いんだけどね。

324 :本当にあった怖い名無し:2005/11/24(木) 18:54:04 ID:Bi4srK2u0
>>314
はあ?
そのブルジョワ思考を植えつけたのはお前らなんだがな。
新人類をつくるための道具にされたら、どこの誰でも怒るだろうが。

イルミナリティーがどういう存在なのかもう一度よく考えてから理屈を捏ねろ。
自分たちが神だと言ってる奴ほど胡散臭いことはない

ところで、それほどおどろおどろしい組織ではないのなら
上位組織に位置する集団の名前だけでも言ってもらっても差し支えなさそうだなw
とりあえず日本にあるものだけでも言ってみろ。
知っててそんな戯言が言えるならたいしたもんだ。


325 :本当にあった怖い名無し:2005/11/24(木) 19:09:28 ID:Bi4srK2u0
世界を破壊するとか言う戯言を言っていたようだが、
環境破壊なり、希少種絶滅など進んでやってきたのはお前らだろうが。
資源が無限にあるということを前提に資本主義を始めた奴が何をほざく。
いざ、それが世界の中心になって人間が怠惰したら悪魔だと?

言っていることとやっていることがチグハグだなw

326 :本当にあった怖い名無し:2005/11/24(木) 19:19:41 ID:7B8CObmg0
悪魔って「ゴブリン=ガブリエル」の事かと思ったが、
「いびる(虐める人)」や
「ディモス(「…でもさ」を連発して発案を却下しまくる人)」や
「サタン(沙汰を決める人)」も悪魔なのかな?

327 :本当にあった怖い名無し:2005/11/24(木) 19:26:55 ID:H30OEn3ZO
いやまあ何だ。随分青臭いスレになったな。晒し

328 :本当にあった怖い名無し:2005/11/24(木) 19:32:57 ID:7B8CObmg0
ダブルスタンダード・二枚舌といわれている集団は
「言葉は 発したことによって相手の行動を規制する音」だと思っていて
刑の執行を回避する目的の詭弁等を唱えているだけの談合集団だから
過去にしでかした行いと 主張している事が合っていないのだと思われる。

329 :本当にあった怖い名無し:2005/11/24(木) 19:48:12 ID:7B8CObmg0
談合集団

相手の罪を許すことによって自分も許されるとしているキリスト教系の談合集団だと
他人から打撃などの加害をされた時に許せるように麻酔(大麻)を許可していたり
罪を問う裏切り者をユダヤとして迫害したり
絶対権力者GODと一体化しているとされる救い主に皆の罪を背負ってもらって死んでもらうけど
死なない人だと思い込んでたら罪じゃないよと言う決め事が有ったりするみたいなんだが
それってサバトや悪魔と同じっぽい。

330 :本当にあった怖い名無し:2005/11/24(木) 20:19:36 ID:jPSFpVU/0
>>1
説明書読まなかったのか!


331 :本当にあった怖い名無しさん:2005/11/24(木) 20:22:54 ID:PYHhZDy+0
何でもいいけど、お前らスレを汚すな。

332 :本当にあった怖い名無し:2005/11/24(木) 20:43:41 ID:YBZZ3nCU0
いいかおまいら、良く聞け。
悪魔の所業というのはな。
例えば仕事がどうしようもなく押し詰まって、これっぽっちも時間がないのに
スレが盛り上がって2ちゃんから離れられなくなる、やめようとしてもやめられない、
こういうのが悪魔の仕業なのだ。





ヽ(`Д´)ノウワァァン

333 :デビル ◆hO/jJrDVl. :2005/11/24(木) 21:53:32 ID:VxDZtHOQ0
>>331
だって、最初に1が大嘘こいちゃったんだもの。
後はサバト状態になってもしょうがないじゃん☆

334 :始まりの死、始まりの生:2005/11/25(金) 09:26:11 ID:Gydm15XS0
>>332
お前の心は弐ちゃんに魅入られたのだ
>>333
マアマア、他の人は結構良いこと言ってるし

335 :本当にあった怖い名無しさん:2005/11/25(金) 16:25:59 ID:6hY6VAfr0
ここが2ちゃん名物のバカな魚と釣り人が集まる釣堀ですか?

336 :本当にあった怖い名無し:2005/11/25(金) 17:01:36 ID:lw2ZcUXx0
午後ティー買ってこい

337 :本当にあった怖い名無し:2005/11/25(金) 17:54:53 ID:/kaxmRIm0
悪魔ってセクシャルなイメージあるなあ
ご存知の方、どうですか?

338 :本当にあった怖い名無し:2005/11/25(金) 19:41:04 ID:7GTSRYVb0
悪魔なんていません。

339 :本当にあった怖い名無し:2005/11/25(金) 21:41:48 ID:qsSPMKV40
青臭い→ ○老人臭が無い。×大麻草の臭いがする。

340 :本当にあった怖い名無しさん:2005/11/25(金) 21:42:38 ID:6hY6VAfr0
>>338
(´・ω・`)お前、空気読め。

341 :デビル ◆hO/jJrDVl. :2005/11/25(金) 22:10:09 ID:NMfp0Xcy0
>>337
悪魔の姿と言うのは、人が見たいと思ってる姿の事。
だから千差万別で、このような姿をしていると言われてるのは、実際には聖職者とか
一般に信用がおけるとされている職業・階層の人々が言い出した事で。いろいろ細かい
ディティールが決められたのは結構後の時代になってからの話。

342 :本当にあった怖い名無し:2005/11/25(金) 23:41:46 ID:1p1Xuj+I0
霊に姿を求めるのはどうかと思うが
不定形な混沌に人間は基本的に耐えられないしなぁ

343 :本当にあった怖い名無し:2005/11/25(金) 23:44:39 ID:GjZH25vw0
悪魔は自分では動きません。
ふと黒いものが心に現れたとき、後ろからそっと背中を押してきます。
これを「魔が差す」と言います。
でも、自分の責任なので魔が差したときはきちんと責任を取りましょう。

344 :本当にあった怖い名無し:2005/11/26(土) 01:21:13 ID:/Nhuvlm5O
集まれ我らが仲間よ

345 :ぱらけるすす:2005/11/26(土) 02:38:50 ID:4OLf49QNO
悪魔はいてるよ エクソシストのパート1に出てたのが 姿形が似てるよ

346 :始まりの死、始まりの生:2005/11/26(土) 13:09:08 ID:5lDmLObe0
>>342
だから都会に犯罪が多いのね。

347 :弓道 ◆8LgoMCWvJg :2005/11/26(土) 17:16:41 ID:vqRKg5Fx0
悪魔召喚とかまじめんどくね?
使いまわし厳禁だっつって師匠から言われてるからさ
魔方陣とかいちいち書かなきゃいけねぇの。

悪魔召喚したいヤシはこれ見て心臓ダイジョウブなヤシだけにしろよ?
http://h.pic.to/49f77












…ま、あんま関係ないんだけど。その画像はw

348 :デビル ◆hO/jJrDVl. :2005/11/26(土) 17:55:26 ID:KoAxV5Fc0
だって契約ですもの。
一言一句きっちりやっとかないと、後でお互いの認識に相違が出た時困るでしょ?

ユダヤだって結局、エホバと彼らが交わした契約内容の認識の相違から、契約破棄
って言う事態になったようなもんだし…

349 :本当にあった怖い名無し:2005/11/27(日) 01:53:59 ID:gWYSiNhc0
>>346
現代の都市は混沌を内包する秩序という矛盾した世界だからねぇ
飲み込まれると自我がドンドン薄く薄く…
そんな隙間に宗教とか詐欺師とかがすべりこみやすい

350 :本当にあった怖い名無しさん:2005/11/27(日) 20:08:32 ID:dcBa8KbG0
このスレをdat落ちさせたいと思います。以上。

351 :デビル ◆hO/jJrDVl. :2005/11/27(日) 21:46:15 ID:wsERBrSd0
うふふ☆
そんな>>350を祝いたいと思いまーす!!

352 :本当にあった怖い名無し:2005/11/28(月) 00:43:01 ID:/+cvBNER0
ねえ、悪魔から逃れるために神様に祈るのってどうなの?

353 :本当にあった怖い名無し:2005/11/28(月) 05:41:15 ID:R6uMFzYj0
>>352
効きめあります。というか、ふつうの人間にはそれしか道がないかも。

354 :本当にあった怖い名無し:2005/11/28(月) 09:30:49 ID:2mRjUVqt0
確か悪魔を呼ぶ時も一応、護身用に聖書、聖別した短剣や聖水、金貨を持って
おくんじゃなかったかな?

355 :本当にあった怖い名無し:2005/11/28(月) 09:43:11 ID:MCUNiEhgO
とりあえず悪魔を呼ぶ前に救急車を呼んだ方がよいな

356 :本当にあった怖い名無し:2005/11/28(月) 11:55:40 ID:A2pE72Bn0
じゃあ天使か神様呼んだほーが幸せになれるんじゃないか?

357 :本当にあった怖い名無し:2005/11/28(月) 12:06:14 ID:bA0n+xxy0
天使や神も悪魔も同じだよ
基本的になんか要求してくる

358 :本当にあった怖い名無し:2005/11/28(月) 12:12:25 ID:A2pE72Bn0
天使が何を要求するのが凄く気になるな。教えてくれよw

359 :本当にあった怖い名無し:2005/11/28(月) 12:41:36 ID:bA0n+xxy0
一般的には信仰心だが、なんらかの規約や特定の行動などを要求することもある

360 :本当にあった怖い名無しさん:2005/11/28(月) 15:44:09 ID:xe/sWt+e0
>>353
>というか、ふつうの人間にはそれしか道がないかも。

ふつうを付けた時点で厨房かと思っただけなんだが、レスしてしまいまつた。


361 : 本当にあった怖い名無し :2005/11/28(月) 15:59:26 ID:9RVKFlp00
>>1-1000
全員、契約終了。

362 :本当にあった怖い名無し:2005/11/28(月) 18:32:43 ID:R6uMFzYj0
>>360
すんまそん。特別な修行したとかの人は別、というくらいの意味でした。

363 :本当にあった怖い名無し:2005/11/28(月) 19:11:47 ID:dD+QZrZa0
「自分とは関係ないもの」ということを前提で理屈を捏ねてるから
見当違いな事ばかり書いてあるねぇ

364 :本当にあった怖い名無し:2005/11/28(月) 22:12:32 ID:BhMXf4cQO
飼っていた猫が死にそうになった時に、世界中の人間の命と引き換えに助けてくれと悪魔に祈った事がある。

…あっけなく猫は死んだ。それ以来、悪魔は俺の敵になった。

365 :本当にあった怖い名無し:2005/11/28(月) 23:08:24 ID:lY8VHguZ0
>>364
(*^艸^)ププッ、僕ちゃんは何歳でちゅか?

366 :スカトロ閣下:2005/11/28(月) 23:14:29 ID:Nak8QX7wO
漏れはデピルマン!

367 :本当にあった怖い名無し:2005/11/29(火) 02:12:27 ID:p3Bu+y+F0
>>364
かわいそうにな。
その何気ない当たり前な心が大切なんだよ。
でも、現実として悪魔は別にいる。

368 :本当にあった怖い名無し:2005/11/29(火) 03:03:26 ID:t/6a0+p50
子供が『悪魔なんていない』と言うたびに、どこかで一人悪魔が死ぬの

369 :デビル ◆hO/jJrDVl. :2005/11/29(火) 22:53:26 ID:O1IIoq2x0
その代わり、言った子供が悪魔ちゃんになるのよ〜ん♪

『神なんかいない』って言っても悪魔ちゃんになるし☆

370 :始まりの死、始まりの生:2005/11/30(水) 12:12:30 ID:cKupFDG70
>>368
正確には、他宗教のカミが弱体化する、or結合

371 :本当にあった怖い名無し:2005/12/01(木) 13:31:41 ID:s9FncJBD0
ぷw

372 :本当にあった怖い名無し:2005/12/02(金) 11:11:21 ID:D5l4CZxR0
ヤギさんに悪魔が憑いてたみたい

373 :本当にあった怖い名無し:2005/12/02(金) 13:16:25 ID:Tai7Qh0Y0
もう捨てる身体だ。悪魔でも神でも来てくれ

374 :本当にあった怖い名無し:2005/12/02(金) 13:18:37 ID:F1ONrkKo0
悪魔ってロリコンだったんですね

375 :本当にあった怖い名無し:2005/12/02(金) 17:46:37 ID:2AKnCoeC0
>>374
たしかに、現代日本の悪魔は「少女」をターゲットにしているようだ。

376 :始まりの死、始まりの生:2005/12/02(金) 20:10:27 ID:awChgFCO0
>>375
正確には人口密度が凄い所な

377 :本当にあった怖い名無し:2005/12/02(金) 20:54:51 ID:nWZ8gIRJ0
>>364
俺はおふくろが死にそうなときに、自分の残りの寿命の9割を引き換えに助けてくれと
神に祈ったことがあるよ。
おふくろは、長いこと苦しんだあげくに死んでいった。

そのとき俺は悟った『神は敵だ!』

そしてもうひとつ分かったことがある。
お前らが悪魔だと信じているものは、実は神のもうひとつの『顔』であることを

378 :本当にあった怖い名無し:2005/12/02(金) 21:40:21 ID:RB3MXBSn0
悪魔が叶える三つの願いは
異性の斡旋
名誉(汚名隠蔽)
住処(談合集団内のポジション→兼ね)
の三点セットのみで 他の希望は却下されちゃうんだ!!

379 :本当にあった怖い名無し:2005/12/02(金) 21:51:51 ID:RB3MXBSn0
GODが叶えるたった一つの願いは
将来人間皆殺しに来るときが来たら
GODに媚びへつらって行動を真似る人間だけ
何人か生かすよ。(→命を救う)
って云うことなんだ!!

380 :本当にあった怖い名無し:2005/12/02(金) 22:06:59 ID:RB3MXBSn0
GODを信奉している人って聖書読んで無いんだろうな(旧約)
旧約はユダヤの聖書と言われているけど、
隠れキリシタンの談合内容を公言しているから「裏切り者(ユダ)の聖書」って
キリスト教徒が あの分厚い方の聖書の名前を旧約だのユダヤのだのと付けたんだよ。

381 :本当にあった怖い名無し:2005/12/03(土) 00:06:09 ID:PhfbueLK0
GODって、やべぇ神のことか?

382 :始まりの死、始まりの生:2005/12/03(土) 01:45:41 ID:F6jdR0VL0


383 :解体屋:2005/12/03(土) 02:15:07 ID:PhfbueLK0
おいらは、バールの神さんのほうがいいな。

384 :本当にあった怖い名無し:2005/12/03(土) 06:30:07 ID:83u87ygCO
ヴァモイド・オキ神にかなうやつはいない。

385 :本当にあった怖い名無し:2005/12/04(日) 11:18:22 ID:3PBFujIs0
日本の神に祈った方が楽なのに

386 :本当にあった怖い名無し:2005/12/04(日) 12:39:26 ID:0X820Fp60
同じく『神』と呼ばれているが、実は概念的には全く異なるものじゃないか?
(最初に聖書を翻訳したやつは誰だ?全くろくでもないことをする)

日本の八百万の神々は、西洋では同じく万物に宿る『精霊』に近いものかと思われ。
キリスト(ユダヤ、イスラム)の神は、日本ではむしろ『造物主』と呼ぶ方がふさわしいかも。

387 :本当にあった怖い名無し:2005/12/04(日) 21:32:18 ID:mm8VNKYE0
>>386
日本の神は精霊というよりは人間神・英雄神という言葉のほうが近いですかね
日本神話では人間は創造されない

388 :本当にあった怖い名無し:2005/12/04(日) 21:40:54 ID:hgqUyZYi0
>386
英語圏においては唯一神と多神教の神の差は単語レベルではGodとgodの違いぐらいだからな。
あっちの人間にとっても概念的には微妙な差異なのかもしれない。

389 :本当にあった怖い名無し:2005/12/05(月) 12:19:50 ID:Ce0zbTS90
>>386
日本でも神・精霊・妖怪などで分かれるからな〜

神でもピンからキリまでいるしね。

390 :本当にあった怖い名無し:2005/12/05(月) 21:43:17 ID:XeAmEuaw0
日本の神道は、いくら造物主を拝もうとも絶対にそこには辿り着かない
ということを分かっていることが重要だ。
唯一神というのはいるらしいというだけで、どんなに祈ろうとも、
思いがまず行くのは自分自身に最も近い神だからである。
唯一神を直接崇めている宗教は、それが分かっていない。
神でも、自分の神のことは分からないのだから。

391 :本当にあった怖い名無し:2005/12/05(月) 22:05:05 ID:Qb3QVXom0
>390
日本の神道なら自分自身が神になれるからな

392 :本当にあった怖い名無し:2005/12/05(月) 22:32:16 ID:ZAjlkAYB0
>>391
神人合一ってのは聞いたことあるが、人=神ってのは無いよ。
そう思ってるのは自分を見失ってる奴だろうね。
今の統合された神道団体は宗教に似たものになってるけど、本質は違うもんだ。

393 :本当にあった怖い名無し:2005/12/05(月) 22:39:54 ID:mE/n8n9w0
唯一神ってのに直接いろいろなものが伝わるなら、
宗教なんてものは存在しない。
何故唯一神なのに複数存在してるんだ?

394 :本当にあった怖い名無し:2005/12/05(月) 23:18:09 ID:3NT4Gf9W0
又吉イエスしか思いつかんw

395 :本当にあった怖い名無し:2005/12/05(月) 23:37:55 ID:QEO7Pd8v0
649 名前:農協の悪魔 :04/06/13 19:55 ID:3Y0kkjai
よーしオマイラ、爆弾だ! フセロ!!

アスラ神族は戦神の神々である。
つまるところ戦いは民を結束させて、流される血は神に捧げられ浄化と救済がもたらされるのだ。
しかし一つ重要な問題がある。戦神は戦わなければ存在意義を失ってしまうのだ。よって常に敵対者を必要としている。
敵対者は外部の存在ではいけない。ウッカリ滅ぼしてしまった時にまた新たな敵を見つけるまでの時間がかかるし何より非効率的だ。
ベストなのは信仰構造の中に敵対者を組み込んでしまうことだ。いわゆるマッチポンプだ。
アスラとディーヴァの対立はそういった戦神の信仰ゆえに生み出されたものであることはほぼ間違いないだろう。
この理論は後にアフラ=マズダとアンリ=マンユのように二元論へと発展していったことは想像に難くない。
ここで同じアスラの系列であるといわれるアッラーはどうかと考えてみた。
イスラム教では二元論はさほど重要視されていないように思える。
さらによく考えてみることにした。ヒントはこのスレにあった。

>>556より >ヤハウェは時代を経てさらに様々な信仰を取り込んでますね。
これに注目してみた。ヤハウェは問題の無い他信仰の取り込みに関しては貪欲なまでの積極性を見せている。
これはディーヴァ神族のやり方と非常に似通っている。

>>615より >そもそも唯一神という定義自体もゾロアスターのアフラ・マズダからの影響を受けたって言うかパクリっちゅうか末端を吸収したのか
つまるところ一応同系列の存在ではあると・・・

>>639より >アッラーはコーランの中では、ヤハウェと同一であることを自称しているね。
そうなのよね。でも性格が違いすぎるよな。

仮に現在の唯一神系宗教が最新の対立構造を保有するアスラ系信仰だと考えてみる。
例えば唯一神という同じ型2体にそれぞれ違う属性を与えたとしよう。
それぞれの型は勢力を拡大しながら定められたベクトルの違いにより衝突を繰り返す。
衝突により集団としてのまとまりは強化され、そして流される血は一なる神の元に届くのだ。素晴らしく効率的なシステムかもしれない。
そりゃあ神だって腹は減るのだろう。

うわぁ、危険思想だなぁ。


396 :本当にあった怖い名無し:2005/12/06(火) 00:32:10 ID:OSLP+bFy0
>392
単純に墓に入れば神様仏様って話で言ってただけじゃないか?

397 :始まりの死、始まりの生:2005/12/06(火) 20:08:33 ID:k/u3TPxs0
即身仏で検索

398 :本当にあった怖い名無しさん:2005/12/08(木) 00:37:35 ID:98YnVhSu0
鮫島事件で検索

399 :本当にあった怖い名無しさん:2005/12/08(木) 20:59:47 ID:h2qhLTEh0
お前ら、悪魔なんていませんよ。


400 :本当にあった怖い名無し:2005/12/08(木) 21:11:19 ID:U03yS9Si0
神もいませんよ。

401 :本当にあった怖い名無し:2005/12/08(木) 21:47:54 ID:q6fY5wtx0
神は死んだ

402 :本当にあった怖い名無しさん:2005/12/08(木) 23:17:13 ID:h2qhLTEh0
は?神なら何年か前に
あるナメック星人と融合したんじゃ・・・?

403 :始まりの死、始まりの生:2005/12/09(金) 15:54:16 ID:8pQYdmKU0
>>402
あれは神ではなくヶ味ですよ
ナメックと混ざって、
さらに美味しく

404 :本当にあった怖い名無しさん:2005/12/09(金) 16:00:54 ID:MEEhF9XO0
>>402
ドラゴンボーロ?

405 :本当にあった怖い名無し:2005/12/09(金) 20:56:45 ID:UYGhhR8t0
力こそパワー!

406 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 18:46:03 ID:rjgPSCuV0
道路こそロード!

407 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 22:54:26 ID:Dbbq6rnY0
>GODが叶えるたった一つの願いは
>将来人間皆殺しに来るときが来たら
>GODに媚びへつらって行動を真似る人間だけ
>何人か生かすよ。(→命を救う)
>って云うことなんだ!!

日本ではこういう条件を出す精霊めいた存在は「鬼」っていうんだけどなあ…


408 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 22:54:50 ID:Dbbq6rnY0
>GODが叶えるたった一つの願いは
>将来人間皆殺しに来るときが来たら
>GODに媚びへつらって行動を真似る人間だけ
>何人か生かすよ。(→命を救う)
>って云うことなんだ!!

日本ではこういう条件を出す精霊めいた存在は「鬼」っていうんだけどなあ…


409 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 23:49:22 ID:0eFvzq/p0
いや、元始の神ってこんな感じだよ

410 :本当にあった怖い名無し:2005/12/11(日) 01:06:42 ID:QoH6NpXA0
>407
普通に「祟り神」と呼ばれるだろ。
適切に祭っていればそれなりの恩恵を与えるが
簡単にぶち切れて災害見舞ってくれる

411 :本当にあった怖い名無し:2005/12/12(月) 04:32:20 ID:gQRfc0Lv0
悪魔どもの実本体は南極に封じ込まれている。
日本いる悪魔どもの母体と一緒になりたいと狂わしげに蠢きまくっている。
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1130092867/l50

412 :本当にあった怖い名無し:2005/12/12(月) 19:50:54 ID:UJxMCjjr0
ttp://www.angel-network.com/pages/magick/kuroma/kuroma-3.html

↑に、悪魔を従えることができた人間は伝えられている今までの歴史上たった一人しかいません。
と書かれているよ。ほんとこういう事って興味半分でできる事じゃないと思う。
天賦の才を持っていて、かつ真剣にその道を歩む決意がある人じゃないと100%成功しない。
成したい夢があるなら、自分の中に誓いをたて、自分自身と契約しろ

413 :本当にあった怖い名無しさん:2005/12/12(月) 23:15:02 ID:wJgmsxey0
>>412
はいはい、厨房のヲタ話なんかどうでもいいのよ。
糞が


414 :本当にあった怖い名無し:2005/12/12(月) 23:31:30 ID:/RgEelNe0
ソロモンてやつじゃあないの?
悪魔を手なづける力を封印した指輪やら、従え方を記した「ソロモンの鎖骨」
とかいう本があるって伝説が。

415 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 00:00:30 ID:UJxMCjjr0
>>413
そう卑屈になるなよ
現実を見ようぜ

416 :本当にあった怖い名無しさん:2005/12/13(火) 01:31:40 ID:SHJwF/yS0
>>415
俺は悪魔なんていねえのよ、くだらない事書いてんなよ。
ってつもりで書いただけなんだが。
現実を見ろ?
∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ´∀`) < テメエがな
 (    凸  \_______
 │ │ │
 (__)_)
と、少し怒ってみただけなんだ、
悪いな、厨房。

417 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 02:36:57 ID:UyXCGT9fO
まあマターリしる

418 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 02:58:00 ID:0XZztHoN0
>>412
悪魔を従わせる事が出来るのはサタン=ルシファ−だけだぞ。
ソロモン王が持っていたのは
あらゆる動物とコミュニケーションが可能となる指輪だ。

419 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 02:59:16 ID:0XZztHoN0
>>411
ファウストのダンテだなw

420 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 19:59:36 ID:Ko8QaGVe0
>>416
聞き捨てならんなぁ坊や
そうなら、まずそう書けよ
負け惜しみにしか聞こえん

421 :ルシフェリアン神父 ◆r80Xe0Ql1E :2005/12/13(火) 23:35:57 ID:Mf6pcbut0
奇跡を行う際に、ベルゼブブの力を借りているとの嫌疑をかけられたイエスは
「最も強い者を縛り上げずして、どうやってその家を略奪できようか」
と答えた。つまりイエスは、天界で最も強い者=ヤハウェを縛り上げたから
その力を略奪でき、奇跡の源である、天使の力を使役できた訳だ。
当然ヤハウェの手下の悪魔達、72の魔神も全て使役できるだろう。
んで>>1が今から悪魔を従えるようになるにはイエスに勝たなければならない。
中ボスみたいな天使や魔神も全て、ぶっ倒さなきゃならない。
やりがいあるぞー。

422 :本当にあった怖い名無し:2005/12/14(水) 08:37:42 ID:/KuQ8auJ0
でお前の言う天界てどこにあるんだよw
今直ぐ見せて見ろよ。

423 :本当にあった怖い名無し:2005/12/14(水) 08:44:43 ID:3F0zPm0j0
最近このスレに自分の意見もろくに出さず
他の意見を否定するやつばかりがいて困る
朝日か、こいつらは?

424 :本当にあった怖い名無し:2005/12/14(水) 16:16:38 ID:WDiNI8gQ0
>422
とりあえず5階以上のところから飛び降りてみろ

425 :始まりの死、始まりの生:2005/12/15(木) 08:16:32 ID:BJo0oiIi0
>>424
それは 天国

426 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 00:12:35 ID:dkG2MlrIO
ラム酒を半分飲み自分の小便をまぜて、十字路で待っていれば、やがて悪魔がやって来る
そいつと取引してラム酒をわたせば契約成立
そして誰も聞いた事が無いような凄い歌と演奏を手に入れる。
数年後悪魔がやって来て取立てられるまで
ロックの歴史に名を残す事が出来るらしい
Rジョンソン、Jチョップリン、Jヘンドリックス、Mボラン、Hウエスティン、Fマーキュリー、Oレディング、Dオールマン、皆取立てられちゃった

427 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 00:50:16 ID:1nsqtYRl0
>>424
422には無様に生き恥さらして欲しいので三階で十分

428 :本当にあった怖い名無しさん:2005/12/17(土) 03:14:39 ID:sJfAec2t0
ここが自作自演で迷惑極まりない自己満足をしているヴォケ共のスレですか?

429 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 03:18:24 ID:vYETCwhIO
あだ名が悪魔。
可愛かったのに失礼だよ。

430 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 03:37:42 ID:SqMsF6qe0
その男はフランスパリ郊外の貧しい家に5人姉弟の長男として生まれた。
だが、生まれながらにして幸運にも皆が目を見張る程のルックスをそなえていた。
ただ家が貧しいゆえに厳しく貧しい少年時代を過ごした。
そんなある日、彼は悪魔との契約を思いついた。
指を切り、自分の血で悪魔にお願い事を書き連なった。
大人になったら、沢山セックスして、有名になって、お金儲けしたいと。。。。。。

それから、大人になり、彼は望み通り地位や財産、名誉まで手に入れ、
手当たり次第良かれと思う女を次から次へと誘いセックス三昧の生活を
手に入れた。。。

彼は今エイズに感染し、死と隣り合わせの生活を送っている。

431 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 16:30:26 ID:qU7PKEFK0
>>429
この小悪魔めっ

432 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 00:56:29 ID:1+7Hym+m0
>>1
地獄につれて行かれる前に真剣に悔い改めて、神にすがったら?

433 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 01:11:50 ID:94gxQ+HZ0
素朴な疑問
フリーメーソンとかの話題で、「俺あいつらと戦ったぜ」とか「ヤツらは危険な組織だ」とかいうのを
見るんだけど、実際になんか危険な目にあったとかっていう人いるの?
そういう経緯とか一切無しに「ヤツらの危険性見えないヤツは馬鹿」みたいなこと書かれても賛同できない訳で。

434 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 14:13:43 ID:yAV5zzql0
もし本当にそんなのがあったら、
具体的に書ける奴なんかいないんじゃあないの?
秘密結社の意味が無いし。

435 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 14:29:06 ID:JcXlDd3O0
>>434
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1043930604/
このスレ見ればわかる。22とか黒魔術についてふれている
マジで怖い(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル((((

436 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 14:34:41 ID:KgVyMk8C0
>434
ホラ、本当にあった怪談とかで全滅して目撃者いないのに一部始終知っている奴がいたりとか
メディアには報道されず客観的な資料もないけど自分以外誰も知らない世界の真実知っていたりとか

437 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 15:39:16 ID:KXP74Aq70
具体的にどの書き込みの事いってるの?
何も知らない人のことを馬鹿にしてるのはないように思うけど?

438 :始まりの死、始まりの生:2005/12/18(日) 17:38:05 ID:atDAQ0fk0
「死人に言霊有らず、霊魂は語る」っていうし
・・・・

439 :本当にあった怖い名無し:2005/12/19(月) 18:07:18 ID:HaTAIhKf0
>>433
色々なこと知った上で組織が敵対者を釣るエサにされてますが何か?
書き込んだらどうなっても知らんぞって脅されてるし、やってらんねー


440 :本当にあった怖い名無し:2005/12/19(月) 18:08:59 ID:4PKGLD0t0
普通意図的にリークする情報ってのは大量のダミーが混じっているもんだよな

441 :本当にあった怖い名無し:2005/12/19(月) 22:24:40 ID:rFyKS/5Q0
>>435
なんか常人には近寄りがたい雰囲気のスレだな

442 :本当にあった怖い名無し:2005/12/20(火) 04:47:43 ID:Lan40IMM0
魔は心の中に
今のこの現実世界こそ地獄なのだよ
したがってこの世界では悪=正義となる
良心こそくそったれな神が唯一存在できる場所
最後の良心を壊せた奴こそがこの世界を牛耳る力を持つ物となるだろう

443 :本当にあった怖い名無し:2005/12/20(火) 11:16:02 ID:80aSoKEh0
目には目を・・悪には悪を

444 :本当にあった怖い名無し:2005/12/21(水) 02:05:32 ID:ByHGaiMt0
悪は善を消せば消える
全てを無に還すのだ

445 :始まりの死、始まりの生:2005/12/21(水) 18:22:03 ID:H2/cnrzH0
>>444
対極は片方が片方が消えるともう片方も消える
理論ですな

446 :本当にあった怖い名無し:2005/12/22(木) 01:50:21 ID:ro0dGr8ZO
悪に勝利は無く正義でも無い。



447 :本当にあった怖い名無し:2005/12/22(木) 02:00:17 ID:483gNrh7O
あーくまの人形

448 :本当にあった怖い名無し:2005/12/22(木) 02:09:13 ID:HfSFqVO90
>>1
マジレス
どうやったら契約ができるのか教えてくれ

449 :ver3.102 ◆ver3.ebSsE :2005/12/22(木) 02:18:41 ID:2a4c3VBB0
ロクな事にならんからやめておけ。
呼び出しても殆どは「契約」はできんよ。「食われるだけ」だ。
呼び出す事自体がそもそも難しいし、ログにもあるが、良くて?眷属、
普通は低俗霊がやってくるだけ。
このスレは面白いが、さっさと落とした方がいいかもしれないな。

人間は特別扱いという事で天使とかが憤慨しているとかいう書き込みがあったが、
それは半分だけ正解だろう。
上層の天使達はここが揺り篭だという事を知っているから、別に怒っちゃいない。
呆れてるだけだw
あるいは悲しんでいるか。
悪魔とかも上の方は同様。悲しんだりはしないだろうがね。
眷族とかになるとどうかは知らん。面白がってるのもいるだろう。
ただね、悪魔召喚の真似事などは戯れにやってもロクな事にならんよ。
そういう事で得た利益は偽物だ。回り回って首を締める。最後は自分の。
苦しいからなんでも頼りたいというときもあるかもしれないが、
そこはのりきるしかないと考えて頑張れ。分水嶺は来るもんだから。

450 :本当にあった怖い名無しさん:2005/12/22(木) 02:31:44 ID:wXmP+z6i0
皆、1だ。
訳あって放置プレイしてたけど、帰ってきたぞ。
ところで>>94は偽者だからな。

451 :本当にあった怖い名無し:2005/12/22(木) 03:17:48 ID:RfwJ8tNA0
>>450=>>1
まずは、自分の状況を詳しく説明する事をお勧めする。

452 :本当にあった怖い名無し:2005/12/22(木) 06:02:48 ID:yt9BkDLa0
>>1
本物の悪魔を呼び出すには少なくともラテン語の暗唱ができるぐらいにならないと
不可能だが・・・どこでラテン語を習ったのかね?

453 :本当にあった怖い名無し:2005/12/22(木) 18:25:33 ID:p/OECTIR0
>>449
おおw
秘密結社に狙われた割にはピンピンしてるなw
相手にされてないだけかも知れんが。

454 :本当にあった怖い名無し:2005/12/22(木) 21:02:58 ID:EBZUsu1TO
俺なら悪魔を従えさせれる

455 :本当にあった怖い名無しさん:2005/12/23(金) 00:48:48 ID:ocMD9Ywo0
俺なら悪魔を追い返せれる

456 :本当にあった怖い名無し:2005/12/23(金) 02:27:50 ID:J7ueEhT+O
俺なら悪魔の家来になれるw


457 :始まりの死、始まりの生:2005/12/23(金) 10:38:20 ID:Gz0P+7rH0
>>448
わしのスレを読みなさいオカ板にある全てのスレを

458 :448:2005/12/23(金) 14:17:23 ID:o8QRl9Q70
早く教えてくれよ。
マジだって言ってるのに。

459 :始まりの死、始まりの生:2005/12/23(金) 18:24:26 ID:Gz0P+7rH0
>>458
スプラッタは平気ですか
猫は平気ですか
血は平気ですか
祭壇は造れますか
精神力はありますか

460 :本当にあった怖い名無し:2005/12/23(金) 20:02:01 ID:Ujpl26YCO
背中に悪魔背負ってる俺は勝ち組(^O^)

461 :本当にあった怖い名無し:2005/12/23(金) 21:40:11 ID:K1IhtLtEO
1年前まで右手に悪魔の力があった。右手を空にかざして雷よ鳴れと祈ると数分後鳴ったことがある

462 :本当にあった怖い名無しさん:2005/12/24(土) 02:31:49 ID:WjzY8ITk0
1年前まで右手に自慰の力があった。右手を竿にかまえて竿よ起てと祈ると数分間起ったことがある

463 :本当にあった怖い名無し:2005/12/24(土) 03:47:56 ID:+46Alx5O0
>>462
なんか泣けた

464 :本当にあった怖い名無し:2005/12/25(日) 04:54:51 ID:k7ZGHhBe0
俺はラプラスの悪魔を呼び出したい、奴は神とほぼ等しい力があるそうだ。
いることは分かってるが、呼び出すことができん。

465 :本当にあった怖い名無し:2005/12/25(日) 09:26:34 ID:Z2sk1ou10
>>463
感動的だよね・・・・・

466 :本当にあった怖い名無し:2005/12/25(日) 16:50:15 ID:EUp+H6Ue0
>>464
呼び出しても願いは叶えてくれないかもしれん。
気まぐれだからな・・・

467 :始まりの死、始まりの生:2005/12/26(月) 18:27:51 ID:/WvC+FsH0
>>464御免、俺が呼び出しちゃった
帰るとき5千万年位寝るとさ


468 :本当にあった怖い名無しさん:2005/12/28(水) 11:21:28 ID:ku+s0pnH0
>>464御免、俺が呼び出しちゃった
帰るとき5千万年位おなるとさ

469 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 00:22:37 ID:ryR3gf2eO
せめて5000年にしておくれ。

470 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 01:51:00 ID:MGLH0Sv0O
ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるふ るるいえ うが なぐる ふたぐん


471 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 01:54:35 ID:QSnSxEUbO
ルルイエ異本が2ちゃん見てるかと思うと感慨深いな。

472 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 16:58:13 ID:ok5QV1HR0
>>469
だから呼び出せないよ・・・・・使役したから、あの人が



473 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 23:36:07 ID:4FGGPxp60
>>449
アフォがきた。そろそろ死ねよ。ていうか避難所から出てくんなゴミ。

474 :本当にあった怖い名無し:2006/01/01(日) 12:26:40 ID:/umxcNCa0
あの・・・ラプラスの魔って例え話で魔って言ってるだけで
そうゆう悪魔がいるって話しじゃないんじゃ・・・(;・∀・)

475 :本当にあった怖い名無し:2006/01/01(日) 13:02:13 ID:cfhVQJQ10
>>474
こらw
みんなそういった小説やら読んでネタにしてるから
そういうことはいわないの^^;

476 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 11:32:02 ID:6mlaua780
悪魔好きのおまいらへ送るささやかなお年玉。
http://www.yanoman.co.jp/product/etc/DC/index.html

477 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 11:49:31 ID:/vtY6+Qp0
>>476
売り切れてるよ・・・(´Д`)

478 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 14:19:02 ID:h8OJB/Ys0
>>475
す、すまん!ただ、俺が知らないだけで他にそうゆう悪魔がいるのか?
って思ったから(;・∀・) ラプラスの魔って数学者が確率論だか因果律だかの例えで
言っただけなんだよね(-。-) ボソッ

479 :始まりの死、始まりの生:2006/01/02(月) 15:59:29 ID:aGFTlVtm0
>>478
世の中は全て決まっているって奴だっけ・・・不確定理論で廃れたと聞いたが

480 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 18:38:23 ID:h8OJB/Ys0
>>479
そう、そんな感じの。だから過去・未来の出来事を知ってる(仮称ラプラスの魔)
って存在は何でも解るよ!みたいな話し。
廃れつつあったけど、ラプラスの魔って単語が新鮮で違う意味で有名に
なっちゃったねw

481 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 00:02:21 ID:d6fWNzvU0
ダルニアかわいいよダルニア

482 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 09:53:47 ID:Apm5V1B10
アモンってデビルクラスなのに、実力がものすごくあるらしいね。
悪魔の間では英雄視されてて、サタンとまともに渡り合えるくらいだと
噂されてるらしい。
永井豪の「デビルマン」の元になった悪魔だけど、本当にそんなやつとは
最近まで知らなかった・・・

483 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 14:41:39 ID:yVABO+RuO
うちの会社(水商売全般)の社長悪魔ですよ。何人も正体見た子います。私の時は社長室いきなり開けたら社長が緑の長髪で頭からツノ生えてて机で頬杖ついて溜め息ついてました。んで必死にこの事誰にも内緒にしてくれと泣きつかれました(笑)人間に変装するの疲れるらしいです(笑)

484 :始まりの死、始まりの生:2006/01/03(火) 19:13:49 ID:20g6Kexa0
>>483
霊止も人のふりするの大変だと
わしも大変じゃよ

485 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 19:40:57 ID:0ncydyWJ0
気配ってあるじゃん
あれって何の気?
人間が常に気を放出してるの?

486 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 19:43:50 ID:JsP7AEpGO
聖飢魔IIの再集結ミサは見に行ったか?

487 :始まりの死、始まりの生:2006/01/03(火) 22:45:28 ID:20g6Kexa0
>>485
中国的考えだと氣

西洋だと生体電気

常に放出は中国

488 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 22:58:22 ID:c9wMTNA8O
悪魔ではないが、パチ屋なんかには貧乏神がいるから気をつけろよ。


下手すると家までおぶって帰ってしまい、家に住み着くぞ。

489 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 23:03:29 ID:D772RMOy0
何でこんな電波スレにマジレスっぽい人がたくさん居るの?
このスレが正にオカルト。

490 :本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 02:07:00 ID:7IvOymU50
合わせ鏡をすると悪魔が出てくるらしいw

つーか、部屋に鏡が4枚あるんだけど何か横切るの止めろよ・・・写ってるし・・・

491 :始まりの死、始まりの生:2006/01/04(水) 14:48:05 ID:lsHQmTBT0
>>490
合わせ鏡は虫かごのような物

アースのように取れます

492 :本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 15:27:42 ID:OU6tYTS60
>>488
知ってるよ
他に競馬、競輪、競艇、オートレース場にも常駐している

493 :本当にあった怖い名無し:2006/01/09(月) 05:12:58 ID:gQGDJyR/O
13日の金曜日に合わせ鏡をしたらいいんだっけ?でも怖くてできないや

494 :本当にあった怖い名無し:2006/01/09(月) 10:06:07 ID:HU4rEkPE0
>>493
午前零時ジャスト

495 :始まりの死、始まりの生:2006/01/09(月) 22:50:24 ID:2wiAk9VF0
>>493
日本式では結界になるが
西洋式だと貞子のように出てくる捕まえるのに
手間がかかるので
食われたい人御勧め

496 :本当にあった怖い名無し:2006/01/10(火) 00:40:23 ID:PyhtpcGE0
なあ悪魔だのどこぞの神だのってのは呼び出せるもんなのか?


497 :本当にあった怖い名無し:2006/01/10(火) 00:47:58 ID:N3zWRavI0
正しい手順で接続できればな

498 :本当にあった怖い名無し:2006/01/11(水) 13:39:12 ID:qKO9nzWU0
言葉が通じなきゃ契約もクソもなくね?
日本語で通じるのかよ

499 :本当にあった怖い名無し:2006/01/11(水) 18:05:30 ID:rNoyxLee0
共通する文化圏でも正しい手順で接続しなきゃならんが
日本語で会話してくれと先に注文を出しておけば言語系をマスターしてるなら問題ないかと
いわゆる悪魔・神の加護の一つとしてあらゆる言語を操れるようになるというタイプのものがあるからな


500 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 04:23:19 ID:5CVHuaD40
うは面白そう
話してみてえ

501 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 20:07:09 ID:BzrTo7hf0
>>1

1番嫌いな人の魂を差し上げる条件で悪魔との契約解除したらどうですか?

502 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 22:16:55 ID:phJ03C7p0
>>1
まず、契約の仕方から話しするべし。
契約ができるできないは別問題のはず。
オレは契約したいから聞いてる。
教えてくれ契約の仕方を。
ついでに、契約は一種類じゃなさそうだが、他にどんな契約内容があるのか?
それによって契約の仕方が変わるのかも知りたい。
一応マジレスしておく。

503 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 23:54:54 ID:sthomLmm0
スレ半分でやっとまともなレスが帰ってきたね>>1
放置してなかったらいいんだけど(;´Д`)

504 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 11:20:36 ID:fvWjsuy90
悪魔って呼び方が失礼じゃないか?
何で悪なんだ

505 :始まりの死、始まりの生:2006/01/19(木) 08:06:54 ID:2gbHf82t0
>>504
ヒント:切支丹

506 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 23:18:18 ID:vjbfw6uWO
保守

507 :本当にあった怖い名無し:2006/01/23(月) 00:07:37 ID:ZMYFZ1aU0
自分が悪魔だと分からないキチガイが多すぎる

508 :本当にあった怖い名無し:2006/01/24(火) 18:57:20 ID:3muZmxRe0
そもそも悪魔に魂売ったらどうなるんだ?

509 :本当にあった怖い名無し:2006/01/24(火) 19:30:59 ID:WNCMGJnW0
以下コピペ
提供:不気味なサイト見つけたYO!。゚(゚´Д`゚)゜。 6n目:


ttp://dslender.seesaa.net/article/986602.html?reload=2006-01-24T19:11:02

ちょい外出だけど
この版のヒトにだけ面白いこと教えるね
ここの掲示板の中の書き込みのAfTerLifEってゆう人
あれ漏れねwww
もちろん知識ゼロに等しいから友人云々も全部ネタww

悪い事をしたとは思ってる
反省はしてない

通報は勘弁してくれorzorz


そこの掲示板に悪魔についてあるらすぃ
上のコピペの真意については確かめれば分かるwwww

510 :僕ドザえもん:2006/01/24(火) 21:32:03 ID:PfpLOp/y0
魂とは人の科学では未だに理解できないものである。
人は自らの存在ともいえる意識をはっきりと感じる事ができるが、他人の存在意識を感じることはできない。
どのような同一の存在であろうと誤差が無いものは存在しないことと同じように、人の存在意識にも個別による若干の誤差があり、より深く自らの存在を感じ取れる人物ももちろんいる。
そのような人物は霊的に魂が大きいとも言えよう。そういった人物の魂こそ悪魔などといった空想的概念による存在がより欲しがるものである。
ならば何故魂を欲しがるのか。
それは悪魔は人よりも非常に知識が豊富であるため、魂の使い道を多く知っている事にあるだろう。
それらの中でも最も可能性として高い事が、手に入れた魂により自らの存在を確定的にすることである。
悪魔は人の空想概念から生まれる存在であり、人よりも優れた存在でありながら、人よりも不確定な存在である。
だからその優れた力を発揮する以前にこの世ともいえる世界に留まることができず、折角の力も使いようがない。
そのため、人から頂いた魂を自らの魂のよりどころに改変し、自らの存在をこの世に確定しようとするために人の魂を欲すると思われる。

511 :本当にあった怖い名無し:2006/01/24(火) 22:46:35 ID:i5d85UZi0
>>508
http://blogs.yahoo.co.jp/w25x987/23641744.html

512 :僕ドザえもん:2006/01/25(水) 19:08:13 ID:FGfEhUxR0
魂の循環は必ずあるといえよう。
自らの存在を意識していることが魂の証明といえるため、魂の存在を否定する事はできない。
ならば死んだ場合その魂はどこに行くのか?
それは私も解けきれてはいないが、無に帰るということは無いと言いきれる。
なぜならば質量保存の法則やエネルギー保存の法則があるように無から有が生まれる事は科学的にはありえず、また逆に有から無に消える事もありえないのだ。
魂も存在するのは分かっているため、それらの法則と同じように消える事は無い。
どちらも非科学的ではあるが、無に帰すという答えを出す事よりもよほど天国や地獄に行くといった答えの方が科学的であろう。
自然に帰る可能性が今のところ最も高い。無論輪廻転生など他の可能性も十分にある。

513 :本当にあった怖い名無し:2006/01/25(水) 19:58:00 ID:zm6/Coq90
>>511
じゃ漏れは何度も魂を売ってるかも

514 :本当にあった怖い名無し:2006/01/25(水) 21:04:51 ID:znIQ3W3A0
>>512
それは普通に脳味噌の働きでしょ。
それより、死ぬ前と死んだ後では体重が違うってことのほうが気になる。

515 :本当にあった怖い名無し:2006/01/26(木) 00:00:34 ID:N2yg3dIe0
>>1は、はっきり言ってバカである。契約する前に
なぜ誰かに相談しなかったのか?
悪魔と契約?バカだ。悪魔は騙すものだよ。
イワンのバカぐらい読んどけ。

516 :僕ドザえもん:2006/01/26(木) 00:04:32 ID:Beh+VEQq0
>>514
言葉で魂の存在を脳とは別離の存在と説明することは非常に困難である。
それは言葉自体脳というプログラムから出力される事であり、魂によるプログラムからきた言葉とはなりえないからだ。
そのために人は脳味噌の働きと魂の働きを勘違いしがちである。
あなたの返答のように意識を全て脳による判断と捉えてはならない。
そもそも端折っている事くらい気づいて欲しい。
確実に主観では確認できるが、客観では普通確認できない確定的概念であるが思考とは違うまた別の判断基準の元であり、
前述通りの確実性を持つため存在するものが魂と言えと彼は言っているのか?
これでも端折っている方では有るが、長々しい名詞は非常に無駄だ。
むしろ体重が減る理由の方が明快であろう。
人は生きている間は副交感神経ともいえる微弱な振動などを行う。それが体重計へと作用し、少々質量が大きくみえるようになる。
また、体外へエネルギーを絶えず放出しており、その放出による反動が体重計に作用し、本来の質量よりも大きくなる。
他にもある。体から放出される熱の多くは上へと向かうため、その反動も体重計へと作用する。
無論他にもあるだろうが、普通に科学的に説明できる範囲内の疑問である。
死ぬと脳が停止し、運動をほとんど行わなくなるために、本来の質量に近い値へと体重は戻る。
勘違いしてはならない。この原理は魂の存在を否定しているのではない。
魂も質量を持っているのかは分からないが、エネルギーのようなものを持っていなければ存在する事すらできないため、体重計への作用が全く無いわけが無いのだ。
風が吹けば桶屋が儲かるように、宇宙全体にあることで極限的に関係ない事はあっても全く関係ない事はありえない。

517 :僕ドザえもん:2006/01/26(木) 00:22:22 ID:Beh+VEQq0
人の理論に口出す前に自らの理論を言って欲しいものだ。give & take
|彡サッ

518 :始まりの死、始まりの生:2006/01/26(木) 23:16:14 ID:1VWk4hzK0

「脳死」このメカニズムは未だに解明されていない
だが実際どんな死に方であっても、死後人の体は軽くなる。
0.5g之が魂の重さではないだろうか、魂が抜ける
これが、あるからこそ「脳死」というものは起こるのではないか。

519 :本当にあった怖い名無し:2006/01/26(木) 23:32:48 ID:hwWVzMd6O
すいません。
体重が軽くなるのは、水分が飛ぶからじゃないんですか?

520 :本当にあった怖い名無し:2006/01/26(木) 23:45:09 ID:hwWVzMd6O
ここでぬるぽな訳ですよ。

521 :本当にあった怖い名無し:2006/01/26(木) 23:50:13 ID:TgL34hwg0


  ♪忘れな〜あいで、あなたよ〜りも、大切なモノがある



522 :本当にあった怖い名無し:2006/01/27(金) 00:11:38 ID:IuDKAgFhO
>>519が核心突いた

523 :グラシャラボラス:2006/01/27(金) 00:16:00 ID:tdOMw5u8O
>>520ガッ

524 :始まりの死、始まりの生:2006/01/27(金) 14:34:42 ID:EHZb5Nbf0
>>519
それにしては早すぎるんだよ。
イキナリ減るから。

525 :本当にあった怖い名無し:2006/01/27(金) 14:48:42 ID:Seqz/rwH0
>>524
他スレで、親族の死ぬ直前に座った形の黒い影を見たって書いたら
「病院に行け」と一蹴されたが、猫も見て影に飛びかかってるんだよなぁ・・・。

526 :本当にあった怖い名無し:2006/01/27(金) 16:47:03 ID:rqcipcuB0
悪魔を呼ぶのは良いけどさ。基本的に選べないジャン、悪魔を。
出てくる奴がたいした力のない奴でもキャンセル利かないしね、損じゃん。
呼びたきゃ勉強してからじゃないとさー。
>>1の症状(状況)から行くと契約じゃないよね。
契約交わしたように見せ掛けて下級霊押し付けられてるだけジャン。
その程度で苦しんでるんでしょ、失敗だ。

527 :僕ドザえもん:2006/01/27(金) 17:07:48 ID:h1MXD1EQ0
魂を売りたくなければ死ぬと良い。
残り契約期間の16年をまっとうできなかったことになり、契約は破棄される。
だからどうしようもないほど本気で悩んでる場合は氏ねばよい。

528 :本当にあった怖い名無し:2006/01/27(金) 19:36:59 ID:tYP4c23o0
悪魔を呼び出すって言葉だけで違う世界からポンって出てくるのか?
言葉なんてもんはなぁ人が勝手に作った音だぞ
んなもんで出てきたらおかしいじゃねーかよ
しっかりしろお前ら目をちゃんと開け

529 :本当にあった怖い名無し:2006/01/28(土) 02:33:14 ID:0KwmjWkPO
ルシファー召喚したいな
全て失ってもいいから

530 :本当にあった怖い名無し:2006/01/28(土) 17:33:31 ID:u99hjUc5O
悪魔も天使も人間の妄想から生まれたんじゃないんですか?

531 :本当にあった怖い名無し:2006/01/28(土) 18:03:31 ID:uR5KkmBi0
つーかお前ら、いい年こいて悪魔とか魔術なんて信じてるのかw
そういう恥ずかしい事を言うのはここだけにしとけよw

532 :始まりの死、始まりの生:2006/01/28(土) 21:11:05 ID:jWJkSdPo0
>>530
天使はキューピットが元な、
切支丹に天使なる存在は
おらず

533 :本当にあった怖い名無し:2006/01/29(日) 12:28:01 ID:ryerMF2n0
つまりな、キリスト教的価値観で行くと
悪魔は聖なるものにに勝てん訳よ。
十字架や聖水なんかが力を持つ理由がわかんべ?
で、そこの構造が分かってるなら
自分を神様まで近くなるように聖なる存在に近づけると
いかな悪魔とて逆らえないだな。
そこまでして悪魔を呼び出せば代償云々に悩むことはない。

って、ことでアブラメリン魔術を学べ。

534 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 09:45:36 ID:/AncuuXuO
天使とか悪魔とか魔術とか古代文明?みたいなのを勉強するのってどんな本がお薦め?
ムーとか?

535 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 10:05:32 ID:PU+p4kEi0
悪魔との契約中に死んでも魂は悪魔のものだからね。自由に開放されない。
言葉だってエトルリア語とか古代ギリシャ語が使われていた時代に存在した
発音じゃないとダメだって言うじゃないか。
しかも、下級悪魔を呼ぶのは召喚とは言わず喚起という。
上級悪魔の時だけ召喚というらしいな。

536 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 10:14:31 ID:ykcQt6Q9O
マジレスしてやろうか?

537 :始まりの死、始まりの生:2006/01/30(月) 13:31:22 ID:d1tLRI8N0
>>535
発音、言語はやっている魔術の体系によって違ってくる。
西洋の黒白でも細分化しているから
合うのを薦める。

538 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 14:04:57 ID:7OF0fvvQ0
途中レスあまり読んでないから、ガイシュツかもしれんがマジレス。
悪魔と契約はできません。なぜなら、悪魔と対等の存在はいないから。
悪魔は、名の知れた奴でも三兆柱ほどいるそうですが、位階が同じ奴は
いません(当人達がそう主張していた。またそんな弱小サークルではない、
という奴もいるので、人数には異説あり)。
じゃあ、古来から契約と称されるのは何かというと、洒落だとのこと。
哀れで愚かな人間が、学芸会のような格好をし、マジびびりながら、神の
名を唱え、命令してくるのは涙をそそるだろう?
これはシャクス卿の台詞だったが、要は洒落でつきあっているだけだそうな。
だから気に入らない命令(たとえば呪殺とか)の効きは悪いのは当たり前。
別に天使とやらに邪魔されたんじゃなくて、悪魔が付き合わないだけの事。
まあ1のケースは、低級動物霊臭いっぱいだから、悪魔の件について話しても
あまり意味はないかもね。ま、参考までにどうぞ。
長文すまそ。

539 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 14:20:34 ID:ROlzDUk4O
悪魔でもまんこでもいいから俺の宝くじを当選させてくれorz

540 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 14:26:25 ID:ke57MX8aO
しかし問題はキリスト教自体が悪魔の作り出したものであると言う事実

541 :538:2006/01/30(月) 14:40:57 ID:7OF0fvvQ0
>>540
教義の一部については、そう言えなくもないけど(パレスチナ多神教
時代の宗教からのパクリ)、宗教を作ったのは人間であり、政治。
都合の悪い部分はアポクリファにも載せられない。
有名なラファエルの書なんか、面白いのにね(内容ヤバスギ)。

542 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 15:13:20 ID:W3gi7KLUO
>>540
つグノーシス

543 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 23:16:16 ID:H4Is6swVO
>>538
なんか前の方に貼ってあったコピペのサイトの掲示板に似たようなこと書いてた椰子いたな

544 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 01:57:39 ID:o5RF5Eoz0
自分の血で描いたサークルとサイン、あれを紛失してから全て失った気がする。
請求を踏み倒しても俺が見えないのか誰も裁かない。
俺の顔はいつも蒼白で悪意に満ちている。
加速しながら脳は萎縮、腕の骨は3歳児みたいに細くなった。

545 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 02:02:21 ID:o5RF5Eoz0
細くなった骨を隠すために長袖を着てる。
肌が真っ白になったことが俺の遺産。
今日も夜中、豚の餌みたいなバーガーを齧るんだ。

546 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 02:31:38 ID:8TIyXvSJ0
>>541
ラファエルの書ってどんな内容よ?

547 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 07:51:14 ID:OPi9of0hO
魔術「黒き翼」実践者いますか?

548 :538:2006/01/31(火) 14:33:01 ID:FiZK1g4k0
>>541
俺も原書は確認していない。ただ、複数の関連のない方面で聞いたから、実在
すると思う(有名と書いたのは、そういう事)。
内容はトンデモで、今の聖書をひっくり返す。少々長くなるが、もし暇なら
読んでくれ。もちろん話に聞いた内容だから、言い回しは適当なので呪文には
使えないと思う。

ラファエルの書
ルシフェルは、人間に同情した。楽園という牢獄に家畜としての生き方しか
許されていないのだから。そこで彼は知識の実を人間に与え、薬草の使い方、
星の見方、火の使い方など、神の知識を教えた。
神は怒り、神とルシファーとの戦争になった。ルシフェルとその弟ラファエル
は、今回の戦争に負ける事はわかっていた。ルシフェルは語った。
「今回負けるのは仕方がない。味方が少なすぎるのだから。お前は次の戦さに
備え、今は神の味方につけ。そして私の武器を全て隠すのだ」
ラファエルは兄の言いつけを守り、ルシフェルの(数失念)個の武器を隠して
まわった後、神の軍勢に加わった。


549 :538:2006/01/31(火) 14:34:03 ID:FiZK1g4k0
ルシフェルは戦いに敗れ、彼に従う全ての者が悪魔に堕とされた。
数千年(原書では数字も書いてあったかも)後、ルシフェルは再び神に戦いを
挑んだ。ラファエルは、彼に武器を返し、軍勢に加わった。
人間も半数が彼に従った。人々は口々に叫んだ。
「我々に着る物を作る知恵をくれたのは誰だ?悪魔だ。
 我々が病気に打ち勝つための薬をくれたのは誰だ?悪魔だ。
 我々が未来を予測できるようになったのは、悪魔のおかげだ」
戦いは、世界中でおこり、全ての山と、全ての塔で繰り広げられた。
そしてその全てが崩れ去った時、戦いは終わった。
勝ったのはルシフェルであったが、彼の心は悲しみで満ちていた。
最愛の弟が、戦いの最中、命を落としていたのだ。彼は叫んだ。
「この宇宙にはまだ神の軍勢が多くいる。戦いはまだ終わっていない」
ルシフェルは地球(言い方は違っていたかも)を二つに割り、一方を守りに
残し、もう一方を率いて旅立った。
長い戦いの後、ルシフェルは再び戻り、地球を元に戻した。
それから後、人間は永遠に繁栄するだろう。

ま、ざっとこんな内容でつ。相手はプロ(坊さんや魔道士)とはいえ、
人づてに聞いた事なので、実在を信じる、信じないはどうぞご自由に。

550 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 14:37:00 ID:cg/QA4K30
思わずワラタ
誰が書いたか知らないが想像力豊かだと思うw

551 :538:2006/01/31(火) 17:34:25 ID:FiZK1g4k0
>>550
俺も初めて聞いた時は笑ったよ。多分割りと新しい書だと思う。
ミルトンの影響ありまくりだし。聖書成立時には、膨大な没ネタが出たのは、
宗教学者なら誰でも知っている話。アタナシウス派としても、
国教になるか弾圧されるかの瀬戸際だったから、異端として容赦しなかった
だろうし。異端は東方に逃げるか、地下に潜伏するしかなかったから、
このラファエルの書みたいなのが入り込む余地ができる。
でも、聖書が精霊の働きかけでできたっつー戯言が成立するなら、例え
新しくても、ラファエルの書が悪魔の働きかけでインスピレーションが沸いた、
という戯言も成立するんじゃないか?タルティーニの『悪魔のトリル』
みたいにさ。その方がロマンがあるじゃないか。

552 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 17:37:37 ID:4/ZqQe7j0
一言言えばルシフェルの矮小化が酷過ぎるな。ラファエルについてもだが。
地球程度にそこまで拘らないよ。
注視しているのは事実ではあるが。
堕天の理由とかをまるで知らない人が書いたのは明白。
あるいはある種の思惑があって書いたかだな。

553 :538:2006/01/31(火) 18:49:11 ID:FiZK1g4k0
>>552
ルシフにしてもラファにしても、余りに人間的に描かれすぎている。
そういう意味では、確かに矮小化されているよね。俺はそこが好きなんだが。
でも、地球が重要でない、というのは如何なものか。
当然地球至上主義ってのもイタすぎるが、イズラフェル(イスラムの死天使。
キリ教ではヨハ黙のラッパ吹きで登場。いわゆる死神みたいなもん)みたいな、
地球外(一説には白鳥座のブラックホール出身)の神がこの星にやってくる
くらいだから、それなりに重要なのではあるまいか。
っつーか、重要であってほしい。そうでなきゃ、連中に遊ばれているみたいで、
何となく気分悪い。


554 :538:2006/01/31(火) 20:24:54 ID:FiZK1g4k0
>>552
連投ごめん。
あと、ルシフェルが堕天した本当の理由を、もし差し支えなかったら
教えて欲しい。
色々な説は聞くが、どれが真実なのか、或いは全部嘘なのだろうか?

555 :僕ドザえもん:2006/01/31(火) 20:34:30 ID:jyzA/cDg0
ニュートリノなどより小さい存在はブラックホール。
恐らく宇宙最小の存在であろう。

556 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 23:32:27 ID:gqNJwGmW0
詳細は言えないが、神達とある事で諍いになったのは事実。
諍いになった原因よりも、戦いになった事で多くの血が流れてしまった。
それが堕天のあらましの理由。

557 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 02:01:37 ID:DJsGNHGpO
なんだ知らないのか

558 :538:2006/02/01(水) 13:35:45 ID:nG/3tm0O0
>>556
レスありがとう。でもそれは、あなたの唱える「説」なのか、それとも
何かの本に書かれていた事なのか、或いは悪魔ないし天使の誰かがあなたに
語った事なのか、さらには俺の想像を絶する他の理由なのかどうか。
尤も、俺自身人づての情報を伝えるくらいなのだから、偉そうに問い詰める
気は全くない。どうか気を悪くしないでほしい。
というのも、天部も魔神も、今まで多くの戦いを経験してきているし、俺自身
それに関与していた時期もある。バチカルにも多く送ったし、アバドンに喰わ
せた敵も多い。しかし、勝敗の責はともかく(負けた事ねーけど)、死者の数
が問題になった事は経験上ないし、他の術者から聞いた事もない。
俺はすでにそっちの道から引退しているが、とても気になる。


559 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 14:55:15 ID:549Z6UfW0
この世界に直接関与できるような天部や魔神達の多くが生まれる以前の話だと思います。
ある人が語ってくれましたし、当事者の何人かからも話を聞きました。
ずっと昔の話だそうですよ。
死者の数が問題になったのではなく、その事によって生まれた多くの問題が原因になった様です。
禍根も残ってしまい、それが今も影を落としている事もあるそうです。
ただ、これ以上の事を話す事は許されていない様です。

560 :538:2006/02/01(水) 16:02:05 ID:nG/3tm0O0
>>559
取りようによっては失礼な俺の書き方に対し、丁寧なレスさんくす。
この件に関しては、どいつもこいつも「思い出せ」としか言わんもんで、
正直イライラしていた。「ラファエルの書」なるdでも本から、思わぬ情報
を得たって感じ。まぁ、今更思い出したところで、引退した俺では古代の
モビルスーツ『サタン』の起動も制御も、その資格はないのだが。

561 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 16:47:14 ID:FUIClW3NO
そっち系に詳しくないから>>538の話が是か否かはわからんが内容的には興味をそそられて面白かったw

562 :538:2006/02/01(水) 17:24:51 ID:nG/3tm0O0
>>561
楽しんでくれてありがとう。俺はもう引退してるし、少なくとも西洋魔術団体
とは、多少交流はあったが、入団した事はない。そのくせ正階一位っていう
何かとんでもない位階を持っている(人界の正一位ではなく、神ごとの方)
から、いわゆる「魔術的沈黙」という縛りを受けないんだよね。
だから事実上、何でも書ける立場にある。でも、俺の魔術知識は、あくまで
実践に基づき、その都度必要に応じて得たものだから、大系的には欠ける。
縛りで思い出したが、術者は、現役、元に関わらず、術に関しては嘘は言わ
ない。俺が書いた事に誤りがあれば、俺も騙されている、と考えてくれ。

563 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 17:56:16 ID:RxCh/UWs0
どうやら悪魔や悪神として事実を曲げられ封印された者が一杯居るようだな

564 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 21:18:53 ID:GrRZZJ9FO
>>554
たしか神様が創ったばかりの人間を溺愛していたためルシフェルが
嫉妬に駆られて神界で反乱を起こす、しかしルシフェルは捕まり
地獄に堕とされた。と読んだ本には有った気がする。

565 :本当にあった怖い名無し:2006/02/03(金) 02:51:57 ID:OH6pcMk40
>悪魔は、名の知れた奴でも三兆柱ほどいるそうですが
とかワロスwww
一体どこの誰に知られてるんだかwwwww

566 :本当にあった怖い名無し:2006/02/03(金) 02:56:38 ID:F7xBwScT0
悪魔は信仰心を強化しようとした司祭連中等によって作られたモノでしかないよ。
神の敵はいないってことです。

大方の悪魔扱いされているのははキリスト教以前の神等です。

567 :538:2006/02/05(日) 14:29:43 ID:0YduxI2T0
かのミカエルですら、イランの悪魔とされていた時代がある。
一度追放されて戻ってくるなんて、前田利家みたいだ。
まあ、人間の都合でしかないな。悪魔だの天使だのって定義は。
俺にはアンドロマリウスの、どこが悪魔なのかが理解できん。

568 :538:2006/02/05(日) 16:06:01 ID:0YduxI2T0
>>565
知らんがな。多分、当人達にとってという意味では?人類が三兆もの名前を
認識できるとも思えんし。テウルギア・ゲーティアだって名簿といいつつ
そこまでは数はないよね。それにしても、唯でさえ変名が多いし、絶対に
かぶってる名前は多いと思う。また、人類に発音、認識が不能な名前の奴も
結構いるらしい。名前がわからんから、こっちからの召喚は不可能。
勝手に来た時名乗るんだけど、音量はあっても聞き取れないんだよね。
だから人間にとっての認知度は、無関係だと思う。

569 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 23:50:25 ID:n3nZ1SSdO
保守

570 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 23:57:48 ID:ObH0U6Z1O
ルシフェル様萌え(´∀`*)

571 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 00:00:59 ID:6VGHhrF50
悪魔ってどうやって召還するんですか?僕は殺してやりたい奴がいるので・・・ね

572 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 00:05:19 ID:UIUYIers0
契約するのはビジネスマン

573 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 00:07:12 ID:dSbR8FKJO
今の状況から脱却できるなら、悪魔と契約してもいい。

574 :悪魔 ◆UO0HO7RAyE :2006/02/08(水) 00:28:19 ID:iiYS7X490
>>573
本当に?

575 :538:2006/02/08(水) 14:42:13 ID:yjGn+cIH0
>>571
どれだけ憎い相手かは知らんが、その程度の理由で召喚するのは、できれば
止めた方がいい。君が食われるのは勝手だし、もしかしたら食われずに上手
くやれるかもしれないが、失敗したら他人に迷惑がかかる。
実際、上手くいく可能性は果てしなく低い。魔導の発動率は、平均的プロで、
5%程度。世界的術者でも、1割超くらい。クロウリィ級で2割少し。
6割を超える奴は、憑き者か、悪魔から人間扱いされてないかのどちらか。
これはあくまで発動率。成功率(つまり君のケースでは敵が死ぬ)はもっと
低くなる。
プロの自慢話は信用しない方がいい。ある魔術戦で、その道の著名人同士が
やりあったが、決着に30年以上かかった。勝者は呪殺成功と言ったが、お前ら
いつからやってる、ていう位の爺だった。普通死ぬだろ?
それでもやりたい、というなら教えてもいい。

576 :悪魔:2006/02/08(水) 18:39:20 ID:iiYS7X490
>>571
レメゲトン・ゲーティア等のその手の本でも探しな。(hahaha

577 :538:2006/02/09(木) 12:58:00 ID:Uy7u+9lu0
>>576
これだけ時間がたってレスがつかないって事は、571は実際はやる気がなかっ
たか、考え直したか、のどちらかだよね。
それはそれで良かった。ツンデレ乙。

578 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 09:48:23 ID:vRvqL4EXO
アレイスター・クロウリーの記した「法の書」にはどのようなことが書いてありますか?
パペ・サタン

579 :悪魔 ◆UO0HO7RAyE :2006/02/11(土) 13:19:24 ID:9XyN98zW0
>>578
安い本ですから買ってよんでみてはどうですか?

580 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 00:59:46 ID:Opr2x/La0
話だけでもしてみたいものだ
本当に居るならな…

581 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 01:28:18 ID:VwPkIvffO
麻薬で非日常の精神状態を作り満月から二日目のやや欠けた真夜中に人気の無い広場で魔法円を木の枝で描く。確実に出てくるが駆け引きが難しい。騙されて円から出たら一生狂う★

582 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 14:23:32 ID:tCRGXbTC0
hage

583 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 14:24:17 ID:WMZoHuPB0
hou


584 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 16:42:44 ID:kK14dAkqO
>>581
そうか…

あんた、円から出てしまったんだね‥

585 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 17:27:07 ID:77JTZFJVO
契約社員キボンヌ

586 :538:2006/02/13(月) 17:44:10 ID:UW7Hh5Q20
>>581
ネタにマジレスっていうのも何だが、スレタイがそうだから、まぁいいか。
ドラッグの使用は、否定されなければならない。俺は冗談でも口にしない。
理由は三つある。
その1・出てきた奴が、本物なのか、ただの幻覚なのか判らなくなる。
その2・そんな精神状態では、まともな命令ができるわけがない。
その3・そもそも悪魔に対して失礼。酩酊して要人に会うようなもの。
法に反するだの体に悪いなど、常識的な理由は割愛する。それにたかが魔術的
精神を構築するのに薬物を使わねばならないとは、魔導が聞いて呆れる。
でも、実際現場ではそういう連中も結構いるらしいね。俺が薬物否定派だと
聞いて、驚いた奴いたから。

587 :本当にあった怖い名無し:2006/02/13(月) 18:50:27 ID:suYQKcGX0
昔、悪魔と出会ったことがある。
人外のものが時々見えるんだ。
TVや絵で見る形にそっくりで、名前が
わかった。話し掛けてもほとんど反応
なかったんだけど、「あなたは人間に
○○○と呼ばれてますよ」って言ったら
一瞬キョトンとしたような顔をして大笑い
してたよ。変な笑い声だったけどね。
そのあと笑いながら消えていった。

588 :538:2006/02/13(月) 19:30:52 ID:UW7Hh5Q20
>>587
俺もその手の話は聞いた事がある。知り合いの坊さんが、托鉢帰りに路地裏で
見かけたそうだ。そいつはしゃがみこんで、両手で何かを抱え、喰ってたんだ
と。やっぱり、漫画か何かで出てくるようなスタイルだそうな。
面白そうだったんで、錫杖でつんつん突付いたら消えたそうだ。

589 :本当にあった怖い名無し:2006/02/13(月) 22:49:03 ID:81wkHreYO
>>588
坊さんカワユスwww

頑張って修業するから悪魔と友達になりたいなー。にんげんって悪魔になれないの?

590 :本当にあった怖い名無し:2006/02/13(月) 23:01:14 ID:1SVmMzZd0
>>589
なんかものすげえかる〜く考えて相だな

591 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 00:30:28 ID:bOXH7/0O0
>>589
一日一殺、一日一悪、一人殺せば犯罪者百人殺せば英雄だ、一すれ違い壱殴り

好きなのを選べ。

592 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 05:24:22 ID:5CIuYMVE0
悪魔は悪なのか名前だけじゃないのか

593 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 07:41:00 ID:+P3tZDCl0
538さん
大変興味深い話で楽しく読ませていただきました。
もっと詳しい話が聞きたいのでお願いします。

あとこんな感じの本とかでおすすめがあれば教えてください。

594 :538:2006/02/14(火) 14:26:21 ID:KZIKD6sD0
>>593
楽しんでいただけて、こちらこそ光栄だ。どう詳しく書けるかよく判らんが、
俺は体験談でしか語れない。正直、長いぞ。
本来、俺は霊感という奴が、まったく無かった。前述の坊さんの術で、変な
バリヤーのようなものが張られたせいで、常人よりないくらいだった。
ま、こっちから見えない、という事はむこうからも見えない道理で、霊的な
安全地帯にいたわけだ。そう、連中と付き合うまでは。
それだって自発的に始めたわけではない。故あって、東洋の術者の成れの果て
を調伏する事になったんだが、流石は成れの果てだけあって、坊さんの術には
術返しをかけてきた。このままでは持久戦となり、こちらの不利は明白。
幸い、敵は江戸時代の奴で、それなら鎖国中なので、西洋の術は知るまい、
という話の流れになった。他に人材がないため、俺がやる事になった。
奇妙な事に、必要な物は、その日のうちに集まった。でかい蝋燭だけ、寺に
用意してもらい、魔法の三角形はただのダンボール紙。ブラックミラーは、
丸い手鏡の枠を外し、黒いセロハンを貼り付けただけのもの。魔導書は、
鏡リュウジ監修のゲーティア(タイトルはソロモンの小さき鍵、だったか?)
で、なぜか近所の本屋にあった。これには魔方陣が描かれたフェルトのシート
がついていて、その時期の俺にはラッキーだった。


595 :538:2006/02/14(火) 14:28:11 ID:KZIKD6sD0
とはいうものの、かなり無茶な事は素人ながら判る。敵に西洋の術を防ぎよう
がない、て事は、俺にも防ぎようがない、という事だ。坊さんは一応次の間に
控えているが、
「あんたがやられたら、仇は討ってあげるからね」
と、とっても素敵に励ましてくれた。時刻は深夜12時。根拠は無いが、頃合や
よし。と、生まれて初めての魔術儀式に臨む。もう膝が震えていた。
勿論、最初はゲーティアの通りに儀式を進めた。何の反応もなし。
よく知らないカタカナの名前を羅列。やっぱり反応がない。
こうなってくると、最初びびってたのが、阿呆らしくなってくる。ここで、
少々煽る事にした。すぐ調子に乗るのが、俺の悪い癖だ。
月並みだが、魔女狩りの話から始めた。それ以前の異教徒狩りも。幸い俺は
世界史オタクだったから、話題には事欠かない。そして見えない相手に
向かって、己を信じていた者を救えなかった無能者、神とやらを恐れる
臆病者と罵り、貴様も古き神なら、神らしく振舞え、となじった。
まだ反応はない。いや、蝋燭の炎のゆらぎが妙だ。でも、この程度じゃ何を
言いたいのか判らん。ネタも尽きてきた。もう罵倒もアドリブしかない。
「立ち上がるのだ!起き上がるのだ!さもなくば、永遠にそのままでいるが
よい!」


596 :538:2006/02/14(火) 14:29:17 ID:KZIKD6sD0
正直、もう勝手にしろ、という気分だった。だが、変化は劇的だった。
いきなり蝋燭の炎が50センチは上がり、窓ガラスは震え、木造のあちこちが
軋みまくった。これが、ポルターガイストってやつかぁ?やっと来た!
俺が呼んだのはアンドロマリウス。高潔にして正義感の塊のような奴だ。
名前を確認すると、確かに炎が上がる。よし、これで会話ができる。
しばらく炎と会話する。思ったよりいい奴じゃん。てゆーか、すっかり
意気投合してしまった。敵の話をすると、怒りの炎を上げる。やっぱ一般人を
容赦なく呪う外道は嫌いらしい。これなら話は早い!
つーわけで、儀式は滞りなく終了した。坊さんは話を聞いていたらしく、
すっかり呆れモードに入っていたが、俺は素人だ。許せ。
だが、翌朝、俺は不機嫌の塊に叩き起こされた。
「あんた、いい加減に起きなさい!こっちはあんたのせいで眠れなかったん
だからね!」はあ?
終電も終わってたので、その日は寺に泊まったんだが、俺が寝た後、俺の部屋
から、大勢の男女の声がしていたのだという。皇帝が戻られただの、天帝だの、
お館様だの、今流でいえばワショーイ状態の宴会だったらしい。明け方に、
寺の周りを歌いながら一周して、どこかに去ったらしい。
「お陰でうるさくて眠れなかった。どうしてくれる」
ちょっと待て。俺は知らないぞ。そんな事。寝てたんだし。
取り敢えず、成功したらしい。例の敵を殲滅するのに、一週間かからなかった
(確認時間を含め)事は言うまでもないだろう。

597 :538:2006/02/14(火) 14:43:23 ID:KZIKD6sD0
儀式から二年後、俺は初めてミルトンの失楽園を読んだ。それまでも興味は
あったんだが、その都度指が止まっていた。だが何故かその日は素直に買えた。
だが、数ページ進んだ時、背筋が凍った。
「起き上がるのだ、立ち上がるのだ。さもなくば(ry」
そう。初めての儀式でアドリブで使った奴だ。しかも、ルシフェルの台詞じゃ
ねーか、これ?
いや、マジびびったの何のって。こんなの、まるで小説、しかもリアリティの
ない三流以下のクソだ。でも、事実だから仕方がない。
今の俺は、すでに引退している身だ。あの時の道具も、全部坊さんが封印して
くれた。中には霊的にやばい物もあったらしく、珍しく感心したそうだ。
だが、あの連中との腐れ縁は、実は未だに続いている。引退している為、
俺からの命令はできない。できても要請くらいだ。元々鈍感な俺は、常人と余り
変わらない生活をしている。
だが、連中は俺を人間とはみなしていない。最初から、今まで。きっと将来も。

598 :538:2006/02/14(火) 15:30:44 ID:KZIKD6sD0
>>593
なつかしかったんで、つい長くなりすぎた。ま、最初と最後だけなんだが。
あと本だったよね。前述のゲーティア、悪魔さんお勧めの法の書は、確かに
使える。ただし法の書は、少々誤解を招きやすい。乱暴な書き方だからね。
あとは、とにかく色んな本を手当たり次第に読む。ある魔導士の成れの果て
(つーか魔術道具)とは、中世の攻城戦の話題で盛り上がった事があるし、
ある大王とは、現代日本の社会構造と、近世ヨーロッパ(19世紀英国)のそれ
の比較研究に熱が入った。グレモリィとは、現代フェミ運動の、大いなる
勘違いについて、よく話したものだ。まあ、一概にはいえないが、連中は
科学的ではない。科学とは事象の一部を細分化し、モデル化して把握する
認識方法だが、連中はその事象そのものを包括的に捉える。ぶっちゃけると、
そのままどかん、だ。だから専門性などない。何それ、うまいの?状態だ。
洒落の効いた奴は、それを「自由学問」とか呼んでいたな。
はっきり言おう。奴らの会話のレベルについていくのは、かなり大変だ。
でも、それが面白いんだよね。ゲーティアなんぞは、ただの呼び出す為の、
一方法でしかない。俺は途中から、あんま使ってなかったし。

599 :593:2006/02/14(火) 16:02:50 ID:T+NVzLDn0
おぉ〜面白いです。
自分は宗教関係の本とかばっかリ読んでたんで(物語として)
自分的には宗教は根本的には同じだと思ってます。
魔術系はさっぱりでしたが、凄く興味を持ちました。

悪魔ってデビルマンみたいな姿なんですかね〜
後、お坊さんですがやっぱり密教系なんでしょうか?
お坊さんの話も聞いてみたいです。

ゲーティアとクロウリーの本読んでみます。
また、話があったらお願いします。

関係ないですが、どっかのサイトであった
悟りをひらいたって言う人の話が面白かったです。
信じる信じないは別にして・・・

6次元の支配者が人間の感情を集めて商売している・・・って話。




600 :538:2006/02/14(火) 16:29:02 ID:KZIKD6sD0
>>599
他人である坊さんの話は、ごめん。あいつ怒らせたら、マジやばい。絶好調の
俺が銀球鉄砲なら、あいつは惑星破壊ミサイルだ。表に出るの嫌うからなぁ。
悪魔の姿、に関しては、何とも微妙。俺の実体化儀式では、半半実体化までが
精々だった。ちらちら輝く細かい霧状まで。俺は霊感ないから、ここまで
やって、相手が頷くか、例によって炎で会話するしかなかった。
あと、とんでもないのが、相手が俺の夢に乱入するケースと、知人に憑依する
ケース。一回だけあったのが、頭がねずみで体がからすの変な眷属を使って
坊さんにチクる、てのがあった。しかも内容が、ともかく飯をくれ、という
何とも情けない話。
しかも、結局ハムスター一匹平らげたあげく、働かなかった。そうだよ、
アスモデウス!手前ェの事だよ!燭台の件じゃ世話になったが、働かない奴は
うちの軍団では出世しねェんだ。
というわけで、593よ。ゲーティアを読む時は、王子、魔王、大魔王クラスは
働きが悪いと考えてくれ。どうも偉そうで、腰が重いんだよね。少しは
大侯爵クラスを見習えってんだ!連中、早い時は二分かけねェぞ!
と、今更遅い愚痴をたれる538であった。

601 :538:2006/02/14(火) 16:53:21 ID:KZIKD6sD0
ごめん。愚痴たれすぎて、書かなきゃならんこと忘れてた。
姿形だが、あいつら、マジカコイイぞ。野郎はモーニングやタキシードで
びしっと決めてる。女子は様々だな。魔導書にあるようなグロ系は見たことが
ない。野球の時は当然ユニフォームだったが。これは夢に乱入された時の姿。
あと、実家で朝起きた時、髪の長い美女がベッドの隣で寝てた時は、マジびび
った。一瞬で消えたけど。連中、いつかは実体化するかもね。

602 :593:2006/02/14(火) 19:20:07 ID:gA7EbKxj0
全然関係ないが思い出した話。

先輩から聞いた話なんですが、
先輩の友達から守護霊を見る事が出来ると言う女の子を紹介してもらった。
で、さっそく見てもらったのだが、女の子の様子がおかしい。
詳しく聞くと先輩の守護霊はかなりの大物だそうで、見た目が俗に言う悪魔だそうだ。
それで言葉が通じないというか、聞いた事の無い言葉で喋るのだと言う。
こんな事は初めてだそうで、先輩は俺って凄い!と自慢していた。

ある日、「お前の守護霊かしてくれ!」と友達から電話がかかってきた。
訳が分からず聞いてみると、守護霊を見てくれた女の子が悪霊に憑かれて大変とのこと。
友達の所にも電話がかかってきたそうで、その内容と言うのが

友「もしもし」
女「どちらさんですか?」
友「はあ?」
女「あなたは誰ですか?」
この時点で悪戯と思ったそうだ。(そりゃそうだ)
友「電話してきて何言うてるんですか?あなたこそ誰ですか?」
女「あっ、私○○大社で巫女をしている者です」
友「はぁ?」



603 :593:2006/02/14(火) 19:20:53 ID:gA7EbKxj0
詳しく聞くと、毎晩その巫女さんの夢に女の子が出てくるそうで、その子が助けを求めてる。
巫女さんは全く面識の無いので貴女の事を教えてと聞くが女の子が消えて数字が出てくる。
これが一週間近く続いたので気になってたが手がかりがない。
それでいろいろ考えてこの数字は電話番号かと思ってかけてみたと言うのだ。
その女の子はと言うと体を壊して入院してたそうだ。
女の子の特徴を聞くとその女の子だとわかったのでどうすれば良いのか聞くと、
遠隔除霊をするけど、私一人じゃ厳しいからその女の子を知っている人の守護霊を借りたい。
女の子もかなり危ないから出来るだけ早く話してくれと。

それでどうすれば良いか聞くと、
リラックスして寝てれば良い。でも動いたり外に出たり絶対するな。
守護霊抜くから何があるかわからん!終わったら電話するとのこと。
一時間位してもうOKとの電話。起き上がろうとしたら極度の疲労感で起きれなかったとの事。

後日、京都に行った際その神社に行ってみようと言う事になって行くと、
いきなり巫女さんにあの時はありがとうございましたと言われてびっくりしていると
今日来るのが夢に出てきたそうだ。
もちろん面識もなければ、その神社に行くのも初めてだのに。

これもある種の召喚かな?

604 :538:2006/02/14(火) 20:04:34 ID:KZIKD6sD0
>>603
その、守護霊抜くって所が、よく判りません。守護霊は指導霊と同じく、
連中の意思(?)でいてくれる存在です。勿論、純粋な善意からとは限り
ません。要は、守っている人間の霊格が上がれば、憑いている連中の霊格も
上がる、という事です。大抵の場合、守護霊は、6代くらい前まで(転生前)
の先祖がなるようです。身内なのでそれだけ縁が深い、という事もあるでし
ょう。6代といえばかなりの人数です。先祖も、子孫も、膨大でしょう。
だから、一族のうち、最も有望な奴に、最も強力な奴が憑きます。
ゆえに、普通の環境では、悪魔が守護霊になる事自体、非常に稀で、その場合
は凄まじいまでの執着がある筈です。おいそれと「抜く」事などできません。
もしかしたら、その悪魔(?)は、その先輩を守るべく、誰かから派遣された
奴なのかもしれません。つまり守護はしますが、厳密には守護霊ではない存在。
派遣された奴なので、遠距離出張も可能。
だが、普段から依存していたため、抜けると先輩はパワーダウン。すべて
理屈に合います。ああ、あと、無理に守護霊ひっぱがすと、そいつ死にますよ。

605 :538:2006/02/14(火) 22:08:47 ID:KZIKD6sD0
魔導を始めて、二ヶ月くらいたったある日、俺は完全な闇の中に立っていた。
風もない。温度も寒くもなく、暑くもない。
まったく光源がないのに、俺自身の手足はちゃんと見える。もちろん俺が
光っているわけがない。つまり、これは
「そう、これは夢、だ」
いきなり目の前に紳士が立っていた。年齢は30代くらい、というか判別不能。
何となく、人間ではない、と悟る。
「それで、俺の夢に、なんであんたがいるんだ?」
紳士は微笑を浮かべた。
「いや、お近づきの印に、折角だから夢についてレクチャーしようと思ってね。
夢の中で夢について語るのも面白い」
よーわからん。だが紳士は俺に構わず続けた。
「夢には二種類ある。意識のない夢と、意識のある夢だ。魔導を使う者は、
この二つをよく見極めなければならない。
意識のない夢は簡単だ。脳みそって、電気だろ?だから脳が休んでいる、まあ
正確には整理しているだけなんだが、とにかくその間、この電気が変な風に
通るんだな。だから過去の記憶が蘇ったり、死んだ奴に会ったりする。
空を飛んだりするのも、妙に追いかけられるのもこれだ。
一見神秘体験に思えるが、これらはみんな幻だ。騙されてはいけない。
一方意識のある夢の方は重要だ。これは魂が束縛から離れて旅をする。そして
真の教えを受けたり、遊んだりする」
「ちょっと待った。魂が離れたら、どうやって考えるんだ?人間は脳みそで
考えるんだ。肉体から離れたら考えられなくならないか?」
俺が口を挟むと、紳士も頷いた。
「そりゃそうだ。人間のままならな。ただの霊魂など無価値だ。だが、魂を
神格を持たせるまで引き上げれば、問題はない。ある意味我々と同じになる」
「ふうん。じゃ、これは意識のある夢ってやつか」
「当然だな。この感覚を覚えておけ。役にたつ」


606 :538:2006/02/14(火) 22:09:47 ID:KZIKD6sD0
「親切だな。あんた、誰ね?」
ここで名前を聞くのだが、どうしても聞き取れない。繰り返し聞くが、結果は
同じ。業を煮やした俺は、腰のポーチをまさぐり、羊皮紙のカードを取り出し
た。それには悪魔の紋章と名前が書かれている。
紳士はまた微笑した。
「何だ。そんな物にたよる必要はない。それは、人間が我々に命令を強制する
つもりになる為だけのものだ。お前には不要だ。お前が命じれば、我々は
動く。だから、実は儀式も必要ない。ただコミュニケーション上、便利だが」
「紋章に、意味がないのか?」
「あるさ。だが、それはサイン。日本人でいえば家紋みたいな物だ。お前、
家紋に針を刺されて、痛いか?家紋を焼かれて、熱いか?」
「そんなわけねーだろ」
「同じだ。だが、自分の家紋を汚されて、いい気持ちはしないよな?」
「それじゃあ、世間の魔導士は、間違っている?」
紳士は頷いた。
「大いに。あいつらは一から千まで間違っている。そして項目が百万ある事
すら知らない、哀れな道化さ。余りに哀れだから付き合ってやる事もあるが、
洒落にも限度って物がある。例えば我々は人間が好きだから、基本的に人間を
呪い殺すのは好かん」
「俺が命じたら?」
「言っただろ?お前が命じれば我々は動く。それに人間好きの総本山が、そう
人殺しを命じるはずもないしな」何か、馬鹿にしたような響きだ。
「どういう意味だよ」
紳士は思いっきり笑い出し、その笑い声のせいで目が覚めた。

607 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 22:42:30 ID:6JYskS/JO
彼らとの対話、召喚などに興味を持つものです。
霊感など全く無い初心者ですが、その能力を望む場合何からすればよろしいでしょうか?
先ずは書物から知識を得た方がよろしいでしょうか?

608 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 23:28:15 ID:iWtNmprO0
ラノベ書きたいならラノベ板逝けば?

609 :538:2006/02/15(水) 00:26:54 ID:4j0mBcbW0
>>608
だから、これはあくまでも俺の体験なんだって。ノベルだと思いたければ、
それでも別にいいけど。ま、どうでもいいし。まだ憑依の例の詳細とか
触れながら書いてない事もあるが、長文うざいなら、消える。
>>607
霊感と召喚魔術の技量とは、直接関係はないよ。俺も大してないし。
書物も、俺の体験とはかけ離れていた。得意技とか、ね。だから前述の基礎
書籍以上は、最初は求めない方が無難。ただ神話、伝説系は詳しい方がいい。
だが、それ以上に大切なのは、異質なモノとの付き合いに対する心構え
ではないだろうか。そして一番大切なのは、世の中には悪魔より邪悪な連中
で溢れている事を知る事だろう。悪人とかの話ではない。低級動物霊の類は、
ある意味悪魔、悪鬼よりたちが悪い。奴ら、名前を騙るなんか平気だし。
悪魔と付き合っているつもりで、ただのキツネ憑きになった奴を散々見てきた。

610 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 00:30:49 ID:9wxEqmbB0
悪魔と呼ばれてる連中の多くは全然邪悪ではないからな。
特に偉いのになると。
人間の酷いのは悪魔なんて及びもつかないレベルで腐ってる。
でも、腐ってる方が今の社会では上部の中枢の方にいるな。

611 :538:2006/02/15(水) 01:30:40 ID:4j0mBcbW0
>>610
そうだね。下層で腐ってる奴の影響力なんか、たかが知れてる。でも、そんな
事は昔からそうだった。十字軍時代と、今とはよく似ている。百年戦争時代も。
人間は道具は進歩したけど、内面はたいして進歩していないのかもしれない。
それでも人間好きを公言して憚らない悪魔たちは、俺たちに何を期待している
のだろうか?昔訊いた事があるが、「お前も人間好きだから、今人間やってる
んだろう?」とか変な事しか言わないんだよね。

612 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 01:56:42 ID:9wxEqmbB0
光と闇の狭間で人間は生きている。人間は光の子であり同時に闇の子だ。
だからこそ、邪に陥る可能性も高い。
陥りやすいからといって許される訳ではないがね。
しかし、だからこその自由も持っている。それが人間に与えられた呪いであり恩寵だ。
光の理と闇のルールの狭間にもう一つの道を見つける事が出来るかどうか。
それを期待してるのかもな。
人間だけでそれが見出せる訳もないが、その道があるとしたら、
それを歩めるのは確かに人間だろう。
だから人間が偉いとかそういうものでもないんだが。
ただ、確かに可能性ではあるよな。

今はそれ所ではない酷い有り様だがw

613 :593:2006/02/15(水) 02:35:17 ID:fSJd3oKs0
>>604
言葉が足りなかったですね。
抜くというのは一時的に力を借りると言う事みたいで、
おっしゃる通り、守る者が一時的でも居なくなるので、
下手すれば死んでしまうかも・・・だから動くなという事なのです。
除霊の後はちゃんと帰してくれたそうです。

守護霊では無く守護者って考えが今までなかったで、
なるほど〜と思いましたw

夢の話も面白いですね。
見方が変わりました。



614 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 06:30:10 ID:Wmn3irVl0
نشخختعه جط عج افهشضصخه

سعهربةثعهئهبتهظ طجىةزظ

ضشسصيثقبفلاغعتهنخمحج

نهعائىعغليغ هغلبف خ فقث ة

عتهنخم ىعغل


615 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 08:25:54 ID:UT2SS76AO
>>609解りました。ありがとうございます。

616 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 09:49:50 ID:SlfChoz60
>>538
長文は別にウザくないけど、どう見てもラノベです。
本当にありがとうございました。

っていうか、こんなラノベとかゲームとか漫画に毒されたような現実あってたまるか。
「親父が再婚してできた義妹(再婚相手の連れ子)に告白されました」
って話よりもフィクション臭えよ。

617 :538:2006/02/15(水) 13:14:02 ID:7bgZopH30
>>616
ごめん。恥ずかしながら、全部実話だ。なんだったらK・T・Wの奴にでも
聞いてくれ。12、3年前に話した事があるから。ま、一度どうでもいい、
と書いたの俺だから、これ以上実話主張する気はない。
日本人発言するチョンみたいに思われるの嫌だし、そちらも不快だろうからね。
じゃ、消えるわ。敗北宣言と受け取っていいよ。それに、本音では感謝してた
りする。これ以上踏み込んで書いたら、困る人間いるかもしれんし。
>>593>>615
とゆーわけで、何とも中途半端だが、これにて消えます。くれぐれも
低級動物霊には気をつけて。カテゴリーは低級でも、あるいはだからこそ
やばいです。悪魔はいい連中、という概念も、あくまで制御に成功したら
の話です。失敗したら、普通に死にますから、できれば興味本位で儀式を
なさらないよう、お願いします。

618 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 14:58:38 ID:lg4Txkh80
質問。
家族の目が痛いから(こっち系を否定していなくて、危ないと思ってるから余計に)
魔術書の1冊も買えずにネットで独学、後は浅い知識を基に好き勝手考察・・・
なんて、めちゃくちゃ危ないところに落ちそうな歩き方をしている。
…したら、偶然本屋で割りと詳しそうな本を見かけて立ち読みしたり、
実際の体験談(こことかね)を読むと 好き勝手に考察したことが何故かドンピシャ。なんで?

こっちの世界に小さいことから憧れてるけど、家狭くて自分の部屋無いし
家族が帰ってくるのも早いし 寝る時間も同じくらいだったりで儀式どころか
瞑想一つロクに出来ずに来てるはずなのに…
…もしかして夢の中とかに吹き込まれてる?つー事は、割と歓迎されてる?

619 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 22:36:39 ID:pvDXU80u0
>>538
ネタだネタだと騒ぐ香具師はどの板にもいるものです。
 
私としては続けてほしいのですが・・・

620 :538:2006/02/15(水) 23:03:35 ID:7bgZopH30
>>619
変な心配かけてごめんなさい。前述の通り、現役にせよ、引退後にせよ、
俺たち魔導士は、術に関しては嘘はつかない。当然、その為の保険はかける。
今だって、「消える」とは書いたが、二度と来ない、とは書いていない。
はっきり言って詭弁だが、これもまた術者の心得です。
もっちろん続けますよ〜。何かここの人たち気に入ったから。
これまた謝罪だが、実は俺はユング派の連中が来ないかと、ワクテカで
待っていたんだ。彼らもプロとして確立しているから、討論に持ち込めたら
色々参考になるんじゃないか、と思ってね。
そこで616さんのレスをきっかけに、一度消えたんだが、流石に出てこなかっ
たし、妙に心配かけちゃったんで、岩戸作戦は失敗です。

621 :593:2006/02/15(水) 23:15:47 ID:Xghe1wcu0
>>538さん
これからもいろんな話お願いします。
悪魔の会話が禅問答というか哲学ですね〜
タキシードきて出てくると言う事は、人間と同じ姿なんですね。
その場合西洋系の感じなんでしょうか?

622 :538:2006/02/15(水) 23:37:40 ID:7bgZopH30
>>618
そういうのを、俺たちは「魔術的偶然」と呼びます。言ってしまえば、魔導と
は、恣意的に魔術的偶然を起こす技術と言えるでしょう。ユング派について
は後述しますが、力の源を外部と考えるか、内部と考えるかの違いで、目的は
同一と言う事もできるでしょう。
つまり、可能性0%の発生確率を、20〜30%に引き上げるのが魔導と言えます。
悪魔を介するかしないかは、この際問題ではありません。
要は結果です。
でも、依頼人でも、いくら説明しても判ってもらえない事が多かったので、
成功したにもかかわらず、成功報酬を渋る人が続出しました。
「いや、あれって偶然でしょ?」
それをやったのは、俺たちだっつーの。

623 :538:2006/02/15(水) 23:55:54 ID:7bgZopH30
>>621
ええ。よろこんでお話しします。
俺の所に出てくる時は、男女とも基本的には人間型です。ゲーティアにあるよ
うなグロ系はいません。そういえば、天使スタイルもいなかったな。
雰囲気は思いっきり西洋、ではありません。かといって中東風でもなく、
無国籍な感じです。言語は基本的には日本語を使ってくれますが、秘儀に
関しては高速言語のような物を使うようです。つーか、秘儀もくそもなく、
気分かな?尤も、その時はこちらも高速言語で思考していますから、
問題はありません。意識のある夢って便利だ!
ああ、説明が遅れましたが、俺の体験ごときは、プロなら多かれ少なかれ
似たようなのを体験しているものです。

624 :538:2006/02/16(木) 00:11:13 ID:eXnlOC5C0
さて、ユング派についてですが、興味深い事に、プロの魔導士の半数以上が、
魔界にいる悪魔という存在を否定しています。それがユング派です。
つまり悪魔とは、魔界から来るのではなく、自分の深層心理から生み出された
モノだ、という考え方です。魔導士がよく使う「無意識下の意識」って奴です。
科学崇拝の19世紀に存在したGDも、魔術を科学的に捉えようとした影響から、
この考えを踏襲する結社が多いようですね。
俺は彼らとは、考えは違いますが、プロなら、術さえうまくいけばいいんです。
いがみ合う程の事ではありません。大抵は相手の思想を尊重しています。

625 :始まりの死、始まりの生:2006/02/16(木) 00:13:29 ID:Ippvcj5D0
>>623
俺が経験したのに少し似ている、起きている状態で経験したけど。
未だにいる。

626 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 00:16:06 ID:RFpHacd40
ユング派の魔道師は発狂しやすいかもな。
心底、「悪魔とは深層心理から来るもの」とそう信じているなら。
虚実がどこにあるか、ユング派にはわからない事になる。
俺は魔道師とかではないから平気でそういう感想を漏らす訳だがw

627 :538:2006/02/16(木) 01:08:18 ID:eXnlOC5C0
>>626
ご明察。発狂して地雷を踏んで爆死するのを含め、衝動的に自殺したりする
ケースがあります。あと、深層心理をコントロールするため、ドラッグに走る
人も多いようですね。俺がユング派の危うさを感じるのは、そこでしょう。
あちらさんも、同様の言葉を返しそうですけどね。
でも、彼らの視覚化の技術は凄いですよ。魔方陣から、呼び出す悪魔まで、
全部色付きで、瞬時にイメージ化できます。
それだけならただの妄想なんですが、彼らのは、もう突き抜けていて、実際に
術が発動する事もあるんです!まぁ、発動率は、前述の通りなんですが。

628 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 01:19:58 ID:XrsCTsqH0
心身ともに負担が大きいはずでもあるな、ユング派は。
イメージ化する事で人間の力だけでも術は発動する事はある。
でも、かなり負担がくるし、不安定でもあるから、発動率は低いのは当然。
また、その術の過程で本物(ないし、なりすまし)を呼び出してしまう事もある筈だ。
ここがまた問題だな。
「自分の事を人間と信じているが実は人間じゃない」場合はまた別だろうが、
そういうのはユング派の中でも実力者で通っている筈。
それが問題をややこしくさせている可能性もある。
身体ではなくて御霊の問題だがね。
深層心理にその手の力の発動の源泉を求めるのは間違いではないのだが。

629 :538:2006/02/16(木) 02:17:45 ID:tWOr/V1g0
>>628
総てあなたの仰る通りです。さらに彼らは、儀式を終えると「魔術的忘却」を
行い、そもそも術をしたという記憶まで封印します。そうでなければ、
無意識下の意識まで辿り着けないからです。意識した時点でアウト。また初め
からやり直しです。
ユング派は「魔術的沈黙」の枷も、非常に強く瞑想もしょっちゅうですから、
よくよく考えれば、おいそれとこのスレに来るわけないですね。
凄い人になると、自分が魔導士である事忘れてるし。弟子がこの場合、非常に
苦労するんだ。

630 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 03:15:36 ID:8QqfGaKy0
質問なんですが、

悪魔って普段は何処に居るのでしょうか?
地獄みたいな悪魔が住む世界があるのですか?
  
そういった魔導士とはどうすればコンタクトが取れるのですか?
またなろうと思ってなれるものなんでしょうか?



631 :538:2006/02/16(木) 03:41:19 ID:tWOr/V1g0
俺はユング派じゃないから、彼らについてはこれ位しか知らない。
ではそろそろ、一部で好評、一部で大不評の、俺の体験談。
コミュニケーション、憑依の例です。
初陣をめでたく勝利で飾ったものの、すぐさま別の依頼がきて、すっかり調子
に乗ってた俺は、魔王アスモデウスの召喚にとりかかっていた。
だがこいつ、儀式の時はちゃんと来るんだが、肝心の仕事にかかろうとせず、
無為に三週間も過ごしてしまい、俺はくさっていた。本当は、召喚魔術は、
発動まで三ヶ月くらいは見るのがこの世界の常識だったのだが、初戦が
早く済んだため、というより、俺はその常識を単に知らなかったんだ。
俺は何の進展もないまま、学生寮と、大学、そして寺の三角形を描き続けた。
そんなある日、学生寮の友人Aが、ぶらりと俺の部屋にやってくるなり、
「おまえさん、西洋魔術始めたんだって?」
と言った。俺は仕事の件は当然秘密にしていたし、Aはオカルトの趣味はない。
だが、Aは構わず続けた。
「西洋魔術なら、燭台が必要だね。変な意匠のない、プロテスタントの、教会
用に聖別化された、五本枝の銀色の奴。蝋燭も聖別化されてると最高だね」
こいつ、聖別化なんて専門用語、何で知ってんだ?だがAは「がんばって」
と言い残し、そのまま去ってしまった。
翌日、俺はAを流しの所で捕まえた。
「悪い。変な事訊くが、お前、燭台って知ってる?」
「ああ?比叡山とかで、蝋燭いっぱいつけて、上からぶらさげる奴か?」
「いや、もう、いい。邪魔したな」
俺の腹は決まった。
次の休みの日、俺は一時間かけて都市部のプロテスタントの店に行った。
あった。
しかも、Aの条件に、完璧に一致する。
だが、以前ここで聖書を買った時は、確かになかった筈だ。
俺の異様な雰囲気に、店の人が出てきた。
「これ、教会用の、聖別化されたやつですよね」
店の人は頷いた。


632 :538:2006/02/16(木) 03:44:56 ID:tWOr/V1g0
「素晴らしいでしょう?これが?」
「いえね。僕の友人が寺をやっているんですが、先週、ある方が別の友人の
姿をとって僕の部屋に来て、燭台が必要だ、って言うんですよ。必要なら、
揃えるしかないですよね」
店の人の眼が、きらきらと輝いた。
「そうですよね!イエス様は、そのようなお姿でも、いらっしゃるんです!」
「はぁ」
間抜けな顔をする俺をよそに、店の人は嬉々として引き出しから蝋燭を取り出し
ている。
「この蝋燭も教会用に聖別化されています!どうぞお持ちになってください」
店の人はサービスしてくれそうな勢いだったが、強引に全代金を払い、
俺は店から逃げるように立ち去った。いや、逃げた。
俺は嘘はついていない。坊さんの寺があるのは事実だし、ある方とやらが
来たのも事実。勘違いするのは相手の勝手だ。だが何とも後味が悪かった。
目的の物は一瞬で集まったが、結局アスモデウスは仕事をせず、その代わりに
ピンチヒッターで呼んだシャックス卿が、僅か数分で仕事を終えてしまった。
俺の苦労はなんだったんだ。


633 :538:2006/02/16(木) 03:46:14 ID:tWOr/V1g0
とまあ、そんなわけで、やけに立派な道具もあり、暫くは順調に仕事をこなし
ていった。だが、蝋燭は消耗する。
俺は仕方なく、再び例の店に行った。
「あのぅ、蝋燭を」
店の人に声をかけると、その人はいきなり店の奥に駆け込んだ。
やばい、ばれたか?
大勢の人たちが奥からぞろぞろ出てくる。みんな満面の笑顔だ。
「この方です!この方が奇跡にあわれた方です!」
店の人が大声をあげる。人々は俺に手をあわせ、何かお祈りをしている。
やめろ!俺はそんな上等な奴じゃない!
だが、この状況では如何ともしがたい。俺は連中の気が済むまで、呆然と
立ち尽くし、求めに応じて握手までしてしまった。そして会計を済ませると、
当然ながら、逃げた。
寺に辿り着き、坊さんに報告すると、思いっきり笑われてしまった。
「気にする事ないよ。私だって子供の時、お大師さんに抱き上げられたの、
救世軍ではイエスに抱き上げられた事になってるから」
そんなものなのだろうか?

634 :538:2006/02/16(木) 04:11:18 ID:tWOr/V1g0
>>630
魔導士によって、考え方が違う。魔界だという人もいるし、地獄という人も
いる。ユング派は、そもそもすんな奴はいない、とか自分の心の中に、と
言うだろう。ただ見えないだけで、そこらにいる、という人さえいる。
どれかを強硬に主張すると、他者との摩擦になり、仕事に支障ができるため、
これはグレーゾーンだね。
コンタクト方法も、従って様々。どれが正しく、また間違ってるとは言えない。
悪魔を古き神とするか、実は人間だった事があるとするかで、当然接触方法は
違うでしょ?それに悪魔はいっぱいいるから、多分どのケースもいるよ。
俺たちが気にするのは、そいつが仕事ができるか、できないかでしかない。
共に戦う価値、と言い換えてもいいかな?

635 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 05:05:10 ID:Yhk2If5P0
>>634
なるほど〜
仕事と言うのは主に除霊と言うか対霊的なものなんでしょうか?

差し支えなければ、仕事をする用になったきっかけとか教えてください。
また、仕事の内容、依頼の仕方なども

お寺や神社にお払いしてもらうと、裏ではこう言う風にしているのでしょうか?
久しぶりにワクテカする話なので、続きも楽しみにしてます。

636 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 12:34:47 ID:FdPevuYO0
病院行った方がいいよ。

637 :538:2006/02/16(木) 15:03:30 ID:eXnlOC5C0
>>635
そうですね。依頼の大半は悪霊退治みたいなものでした。依頼方法は、俺は
知りません。ただ、これこれのと説明され、俺は起動する、といった感じでし
たね。でも、そんなに頻繁ではなく、色々やったのは最初のうちだけだった
ような。多分俺のトレーニングだったのでしょう。全部実戦だったけど。
きっかけは、前述しましたように、他に人がいなかったせいです。だから、
他の術者とは違い、西洋魔術の修行時間はゼロです。瞑想?なにそれ?
いやあ、よく生きてたもんだ。寺から離れて、他のプロに会った時、みんな
驚くと共に、変に納得してたから、多分普通は発狂するか死ぬかするんだろう。

638 :ルシファー:2006/02/16(木) 15:13:46 ID:6aBw+L0t0
なかなかおもしろかったです

639 :538:2006/02/16(木) 16:09:49 ID:eXnlOC5C0
>>638
どうもありがとう。
それから依頼の内容の傾向だが、ある程度術者の適性もあると思う。
俺は発動率と威力、発動時間は異常だが(それでも寺では屁だったけど)、
命中率が低かった。呪殺だと、一人殺すのに、都市爆撃をするようなものだ。
それに部下が人間好きなので、つい手心を加え、依頼が殺しなのに、廃人程度
で済ましたり、運気をとことん落とすまでしかしなかったな。
だから必然的に、目標誤認の恐れのない、化け物退治が多くなる。
寺を出てからは、他のプロの悪魔祓いを手伝ったり、友人の緊急事態を救った
り程度で、それほど大した事はしてない。体験は多彩にしたけどね。
そもそも、俺の魔導程度、そんなに大したレベルではない。言ってしまえば、
現代科学の隅っこの方で、そっとサポートするようなものだ。脳梗塞の患者が
手術を受けるまで、詰まった血管の先の脳細胞を生かしておいた事があるが、
その程度、偶然にだって起き得る話だろう?
だから引退に悔いはない。どうせあの連中とは、縁の切りようもないし。

640 :ルシファー:2006/02/16(木) 16:25:51 ID:6aBw+L0t0
すべてが偶然と思いたくなるのは人間の性かな
私は超能力者ですが魔道の力はなにもありません(もしかしたらあるかも)
どんな本よんだらいいですか?

641 :538:2006/02/16(木) 19:03:29 ID:eXnlOC5C0
>>640
すみません。質問がよくわかりません。超能力者との事ですが、その能力を
のばす為の本は、俺にはわからないし、超能力者向けに書かれた魔道書も、
少なくとも印刷メディアにはありません。召喚術を学問的に捉えたいか、実践
したいのか、でも当然異なるでしょう。今まで実践向けの本ばかり薦めて
きましたが、にも関わらずの質問なので、一応念のため。

642 :ルシファー:2006/02/16(木) 19:08:25 ID:6aBw+L0t0
>>641
実践向けの本がいいですね

643 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 19:23:58 ID:sYQoXhbr0
疑問が浮かぶと同時に仮説が建つこともしばしば…それが正しいかどうかは分かりませんが。

・そもそも幽霊とかなんちゃらって一体何者?
→じゃあ そもそもの人間って何?
・神が全てを創ったって話があるけど、なら神はどっから来た?
→じゃあ その疑問はどっから来た?

…そういうことなんでしょうか。

644 :538:2006/02/16(木) 19:56:18 ID:eXnlOC5C0
>>642
散々ガイシュツですが、やはりゲーティアこと、レメゲトン第一部。またの
名をソロモンの小さき鍵でしょうか。およそ召喚魔導士たる者、持っていな
ければモグリだとも言われる本です。
しかしながら、持っているだけなのと、使いこなすのでは天地の開きがあり、
俺はある結社から、「ゲーティアを真に使える奴を、初めて見た!」と
おだてられた事があるくらい、実は本棚のこやしになる危険があります。
また、この本の限界として、一度の儀式に一柱しか呼べない点があります。
引退前に俺がよくやっていたような、複数召喚には向きませんのであしからず。

645 :ルシファー:2006/02/16(木) 20:17:20 ID:6aBw+L0t0
>>644
ありがとうございます
その本を読んで勉強します

646 :ユク:2006/02/16(木) 20:27:36 ID:muPIS1Lu0
悪魔になる方法ってあるのでしょうか?


647 :ルシファー:2006/02/16(木) 20:34:54 ID:6aBw+L0t0
>>644
どこも販売停止中ですねー
もうすこしさがしてみます

648 :538:2006/02/16(木) 20:36:07 ID:eXnlOC5C0
>>643
疑問を持つ事は良い事だと思います。ただ闇雲に否定するより、よほど前向き
ですし、そこから新しい視点が生まれる事もあります。
例えば、俺の長ったらしい体験談ですが、それにしたって、実はその全てが
ユング派的な解釈だってできます。まあ、釣れない餌だったですが。
>>645
どういたしまして。危険な本ですが、おもしろいと思います。

649 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 20:42:54 ID:L9mNK1S00
俺は興味本位で嘴を突っ込むのは感心しないのだがな。
538氏が大丈夫な事は読んでいてわかる。
また自分でも「大丈夫な理由」がどこにあるのかは大体は知っているだろうし。
ここには書いていないだろうがね、その理由を。
殆ど確信していても、確証にならない程度だろうから書く訳にもいかないのかもしれないが。
俺も大丈夫だろうが、やる意味ないな。
呼び出さずともたまに見に来てる様だし。ただし、こっそりと。

650 :始まりの死、始まりの生:2006/02/16(木) 20:51:30 ID:Ippvcj5D0
そういえば 探偵ファイルで悪魔召喚の映像があったな。
http://www.tanteifile.com/onryo/jikenbo/0411/22_01/index.html
あった。



・・・・信ずる物は救われる

651 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 20:59:51 ID:LCL695R80
うわあ
ついにやっちまったね。
レメゲトンにちゃんとした日本語版なんてねーよ。
松田アフラの訳したヤツか二見書房の魔方陣尽きのヤツかのどっちかだよ。
しかもどっちもレメゲトンの「原典に忠実」とは冗談でも言えないような本だし。
しかも持ってないとモグリってwwwwおまwwwwwwww
どんな業界ですかそれ。
あと、召喚「魔導士」言うのヤメレ。上で言われてたように、ラノベ臭えよ。
つーわけで538は壮大な釣りだったわけです。
悪魔が呼び出せるなんて本気で思ってる頭のかわいそうな皆さん残念でした

652 :538:2006/02/16(木) 21:10:27 ID:eXnlOC5C0
>>646
悪魔の解釈によるとは思いますが、あまり有意義な願望とはいえないんじゃ
ないか、と思います。他人の価値観に土足で踏み込む趣味はないんですが。
まず、人として生まれてきた事自体の価値を、見直してください。
人間って、いいですよ。それにしかも俺たちは、現代日本に生まれた。
ちょっとずれて、特定アジアに生まれる事と較べて、何たる幸運か。しかも、
泥鰌でも蛙でもなく人間!これほどの幸運を否定したら、他の生き物から
ボコられます。
そこまで言っておいて、悪魔になる方法をばらす俺って、まぁ戦友が戦友だか
らなぁ。
ずばり言います。大英雄になる事です。非のうちどころの無い高潔な人格。
無限の人望。類まれな能力。欠点を美点にする魅力。勤勉。努力。
ここまでやれば、あなたの名前は伝説となり、恐らく2千年のうちには悪魔と
して、あなたの霊は召喚されるでしょう。
そして、下らない欲望の為に召喚した魔導士を、小一時間説教してやって
ください。実際前例は多くいますから、無理ではないはず。
歩けないうちに、飛ぶことばかり考えるのは、無駄な事です。
まずは学校または職場で、人望を集める事からどうぞ。

653 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 21:27:06 ID:FdPevuYO0
>>651の言うとおりないんだよなw
key of solomonも日本には同名のがあるが、あれはかの有名な物とは全くの
別物です。>538もそろそろ帰った方がいいよ?化けの皮がはがれちゃったし。

654 :538:2006/02/16(木) 21:30:01 ID:eXnlOC5C0
>>651
よく俺のレスを読んでくれてなくて残念だ。俺はあの本が真実だ、なんて
一言も言っていないし、俺の体験とは違う、とさえはっきり書いたつもり
なんだが、ね。しかし基本図書というのは否定できない筈。原典と違う?
それがどうした。まさか、クロウリイやメイザースごときが最高だ、なんて
信じているわけじゃあるまいし。それとも、信じているのか?
たかが19世紀に、15、6世紀の本と捏造された偽書の原典とやらが、そんなに
ありがたいか。あんたがプロなら、随分とおめでたい話だな。
魔導、という書き方が性に合わないのなら、謝る。魔を導く、という語感が
好きだっただけ。道ってやつは剣道、柔道に見られる通り、俺みたいな外道
が使うにふさわしくない、と思ったしね。
と、まあここまで暴言はいて、本当にすまない。まじめに謝る。だが、右も
左もわからないくせに、いや、だからこそ知りたい人たちに、あなたなら、
何の本を、どうやって薦めるつもりだった?参考までに知りたい。
しつこいが、気を悪くしたらごめんね。

655 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 21:39:40 ID:sYQoXhbr0
嘘でも何でも良いよ、面白いし…。
真に嘘であるなら、真にそれを理解する人には分かるだろうから、
あえて煽って空気を悪くするのはやめて欲しいです。本当に。

釣りだろうが妄想だろうが、それを鵜呑みにせず記憶の片隅に置き、
いつか時が来た時にそれを広げ、自分の世界にしてしまえば良い、と
思うというのは素人の浅い考えなのでしょうかね。

ぶっちゃけ、真っ赤な嘘でもそれを自己の世界に取り入れれば真実になっちゃうわけだし。

656 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 21:42:20 ID:zWBx0Ngl0
>>654
なあ、俺を悪魔に頼んで呪い殺してくれないか?
これは真面目な話。

俺は人を憎いとは思ってないがすごく嫌いなんだ。
俺も絶対人間なんだけど、汚いからキライなんだ自分も。
このままだと人を陥れるだけじゃなく破壊活動までやらかしてしまう。
俺がそこまでに至るまで1〜3年はあるけど力がつけば確実に
この世に悲しい根を落としてしまうと思うんだ。

自分をコントロール出来ないため感情任せに感情より色濃い算段で
確実に人々を不幸にしてしまう。

そうなる前に俺を消してくれないか?
俺がこのまま生きるならやらないは無いんだ。やるしか。

657 :651だが:2006/02/16(木) 21:54:28 ID:LCL695R80
まあ、言ってることはアレだがあんたのレスの仕方は生真面目で好感が持てるな。
あと話の真偽はともかくとして、655も言ってるように内容は読み応えがある。

だが、俺だってクロウリー、メイザースの書いたやつが最高だなんて全然思っちゃいない。
むしろ俺はあいつらはむしろデムパの領域に属すると思ってるし。
でも現在日本で手に入るレメゲトン(のようなもの)はあまりに粗悪すぎる。
あんなのが基本図書なんてそれこそおめでたい話なのだが。
それを頭の悪い初心者に勧めても徒にデムパをふやすだけだろ。
洋書のレメゲトンにもラテン語版に忠実なやつがあるし、そっちをお勧めする。
あと、百万歩ゆずってあんたの話が本当だとしても、こんな場所で語るのはやめとけ。
変なのが湧くだけだから。

658 :538:2006/02/16(木) 22:00:03 ID:eXnlOC5C0
>>656
あなたはとんでもないナルシストですね。美しさを求めるあまり、自分を
含めて醜い部分が許せなくなる。
人間という存在は、満たされている部分は忘れ、不満な点ばかり見るものです。
そうでなければ、衰退してしまうので、社会生活上、やむを得ない資質です。
例えば、まわりに空気がある事に、感謝してる人は、そうはいないでしょう?
あなたは、別に変な人ではありません。
ただみんなが目を背けているところに、目がいきがちなだけです。
破壊活動?結構ですね。だが、そこらの阿呆がやるテロ活動は、あなたには
勿体無さすぎです。
「汚いから嫌い」
とあなたは言いました。では美しくなるように破壊すればよろしい。
反対派の固定概念を破壊するアイデアを出せばよろしい。
あなたは、社会改革者向きです。しかも損得勘定ではなくやれる希少者です。
呪い殺すだなんて、とてもとても。

659 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 22:28:18 ID:4rWWktN40
>>658
そうか・・。
ゴミ虫はゴミ虫なりにゴミを集めて必死に、
きれいにしていこうと思う。それが底辺の秩序や基礎であるから・・。

ただ、ゴミの山の天辺でいつか本当のゴミを見つけ壊したくなった時、
本当に、誰かが俺を止めて欲しいと願っておく。心底本当に

660 :538:2006/02/16(木) 22:31:50 ID:eXnlOC5C0
>>657
俺の暴言に、仮とはいえ100万歩も譲ってくれて感謝する。
確かにあなたの言う通りだが、俺自身、最初はあれしかなかったもので、ね。
何となくシンパシイめいたものを抱いてしまったわけだ。
でも、俺は間違っていた。変なのが沸くのは覚悟していたつもりだったが、
甘かったようだ。
ここにはっきりと宣言する。538は、もう538を名乗らない。
名指しの質問も、以後は受け付けない。
そして651よ。ありがとう。

661 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 22:32:27 ID:FdPevuYO0
単発IDでの反論乙

662 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 22:41:43 ID:e0nPbtoqO
横レスごめんなさい

>>659
あなたの思う本当のゴミって?

663 :651:2006/02/16(木) 22:57:59 ID:LCL695R80
まあ、でもアンタの話は面白かったよ。
俺の叩きは一般人における
細木Uzeeeeeeeeeeeee!!!!!とか江原啓之テラキモスwwwwwwwwwwww
みたいな、悪魔ヲタとしてデフォの反応だから、まあ、気にするな(って言い方もヘンだが)
さてと。
The Lesser Key of Solomon: Lemegeton Clavicula Salomonisの
翻訳(趣味でやってる)の続きに戻るとするか。

664 :本当にあった怖い名無し:2006/02/17(金) 03:24:52 ID:2EPt42bb0
せっかく面白くなったのに・・・
つまんない悪魔ヲタのせいで終わりか・・・
>>651
代わりにおもろい話できんのかよ

665 :本当にあった怖い名無し:2006/02/17(金) 05:03:31 ID:5uLIhV6N0
おい、だれか538を召還してくれ!!!!
何気なくロムってたんが、538の話はおもしれーよ


666 :本当にあった怖い名無し:2006/02/17(金) 13:00:48 ID:rGXsNbFw0
>>663
悪魔ヲタとか言ってる方がキモイんだがw
結局本で得た知識並べるだけだろw
俺も538復活希望!
坊さんの話聞きたい!

667 :僕ドザえもん:2006/02/17(金) 16:06:15 ID:F8tDODj40
>>666
折角666を取ったのにネタはないのですか(´・ω・`)

668 :本当にあった怖い名無し:2006/02/17(金) 19:45:55 ID:JOlfS5o+0
お前ら…もうやめてやれ。
自分もついさっきまで、538を呼び戻そうかと思っていたが…
(単なる偶然かもしれないが、エスケープした奴を呼び戻せる)
>>660ではっきりと言っているじゃないか。
『ここにはっきりと宣言する。538は、もう538を名乗らない』って。

術を使うものは決して自分について嘘をついちゃいけないってのが
大概の道の大前提なんだ(と、記憶している)。嘘をつくというのは、
真実を否定することだ。自分自身を否定することだ。
真実か幻香の境界線が曖昧で、自分自身しか自分を守れない世界で
嘘をつくというのがどれだけ重大なことか…考えれば分かるだろ?

ま、今までの話を聞く限り、538は 半ば狂信的な「型」には
入っていないようだから、私と同じ道理が通用するかは知らないが。


669 :本当にあった怖い名無し:2006/02/17(金) 23:55:09 ID:2cqJwF2q0
創作という形でやんのはいいと思うんだけど、「538さんって凄いですね」みたいな
とこに入るのはなぁ。
そういうのは外部板だけどverスレでやりゃいいだけだし。

670 :本当にあった怖い名無し:2006/02/18(土) 00:01:02 ID:vQQaE/6W0
>>669
そういう所で俺のHNを出すのかw
酷い奴だなw

671 :本当にあった怖い名無し:2006/02/18(土) 11:46:10 ID:YzwRSTi00
わかりやすい自演だな

672 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 04:37:17 ID:5WtrpEry0
だが538は538を名乗らないと言うだけで、
もしかすると今まで書いた575や598と言って名乗り出て来るかもしれないぞ。

>>620のレスで
俺たち魔導士は、術に関しては嘘はつかない。当然、その為の保険はかける。
今だって、「消える」とは書いたが、二度と来ない、とは書いていない。
と言ってますしね。
名指しの質問も以後は受け付けないのならステハンを使えば良い。

…と無理にとは言わないが久し振りの良スレなので538が帰って来る事に期待してみる

673 :672:2006/02/19(日) 04:41:57 ID:5WtrpEry0
>名指しの質問も以後は受け付けないのならステハンを使えば良い。

名無しだと勘違い。スマソ(´д`)

674 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 08:12:39 ID:1YYf3+Qq0
そもそも魔導士が2ちゃんしてるって光景がすごい。


675 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 11:24:37 ID:1jx4bDQ9O
このスレすごいおもしろい

私は悪魔云々の話は知識として知りたい者だけど、実際に呼び出したという人の話やそれを否定する悪魔ヲタや悪魔は人の心にいる派があるとか、本当に。

悪魔は格好よく高貴であればなれるって書いてあったけど、それがなんで「悪魔」なんて呼ばれるんだろう
悪魔がそれじゃ天使との差別化が出来ないじゃん?
悪魔と天使ってイコールなの?

676 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 11:41:05 ID:aBcFdhoyO
天使も悪魔も大差ないと思う。

677 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 12:33:42 ID:KnV1MQMT0
あれだ、悪魔と天使の差は客観的には

「ふっ、この俺を呼んだか!!(ゴゴゴゴゴゴゴゴ)」
と召喚したりとにかく求められて派手にでる奴が悪魔。

「きらきら〜。これはまさか天使の加護か!?」と思うと
「はい、そうです。」と呼んでも無いのに出る奴が天使。

で、いいんじゃねもう?

678 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 12:46:40 ID:1jx4bDQ9O
天使スレには天使は人間が助けを呼ばないと助けてくれないって書いてあった
このスレ読むかぎりでは悪魔もそんな感じだとお見受けした
うーん、楽しいなこの世界

679 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 13:11:29 ID:4eTS1aMz0
天使は軍隊。

悪魔は暴力団。

ゆえに大量虐殺は天使の仕事なのだよ。

680 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 13:46:42 ID:3nVjsrSB0
おいおい、じゃあ「バーティミアス」は実話かよ!?

681 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 14:14:45 ID:FW+HahOj0
オレは俗に幽霊とか呼ばれる物がガキの頃から見えてた。
動物にちょっと毛が生えた程度の妙な物は見たことが何度かあるが
悪魔たの天使だの神様だのは見たことがない。もし呼べるって奴がいるなら
呼ぶ所を見せてくれないか?本当に出てるなら、オレなら見えるはずだから。

子供の頃は真剣に親も心配して(病気じゃないかって)
脳神経外科・精神科で脳波テスト・CT・MRI・その他心理テストを
何度もやったが異常なし。

今はもう30近いんで、慣れっつーか自分で見ないようにすれば
嫌な物は見えないがね。

682 :660:2006/02/19(日) 14:30:04 ID:NwsD5b9m0
みなさん、微妙にお久しぶり。俺って謝罪ばかりだが、謝らせてくれ。
俺の仕掛けた罠は、みなさんが見事看破した通りだ。試すような真似をして
申し訳ない。僭越だが、この限りにおいては、魔術的思考ができる方が、確か
に素養においてこの板にはおられる。そして多分その人は、俺が何でそもそも
俺が体験を公開したか、その真意も薄々気付いていらっしゃるようだ。
知識のある、なしは、召喚において、俺のケースでは、真に重要ではなかった。
他の人では知らない。多分理論武装してないと、魂が揺らぐ人もいるだろう。
俺が西洋魔術において、知識を軽視していたようにみえるのは、危険な事は
承知しているが、それにも理由があった。
俺はそもそも、魔術書の類を、研究書としてはともかく、実践の書としては、
信用していなかったからだ。当時、東洋の秘術に接する機会があって、彼らが
擬宜経典に忠実なのは理解していた。何しろそれらは全て実践の書だ。
何を、どうして、どうなるか。誰が、何のために、そうするのか。
成功したら何をすべきか。あるいは失敗したら、どうか。


683 :660:2006/02/19(日) 14:30:42 ID:NwsD5b9m0
あくまでも経験に基づいた記録が、経典に記されている。まぁ、中にはやはり
本当かよ?というのもあるにはあったが、基本的には試されて、成果のあがっ
たモノが生き残っている。連中は実践していたんだ。
西洋魔術は、残念ながら、当時の俺には真偽の確かめようがなかった。いや、
はっきり言って胡散臭すぎた。文体も、効果も、全てが、浅学ゆえの浅はかさ
が大きいが、とても安っぽく見えた。
そして最初の儀式の時、魔術書ではまったく反応せずアドリブに反応があった
事。知り合った西洋魔術師たちが、寺の名前を聞いて、一様にびびった事、
そもそもGDのセンスが、彼らの活動の多少前に、ロンドンで流行った「エジプ
ト趣味(建築史用語)」そのまんまであった事などが、既成の知識への軽視に
繋がったんだと思う。現役を続けていたら、それが命取りになっただろう。
だが、俺の経験上、魔術的思考を持つ事は、魔術知識を持つより、召喚上、
あくまで召喚上だが、重要だった。その意見は現在でも変わらない。
もちろん、実際召喚してしまえば、それと同様あるいはそれ以上に重要な事は
いくらでもあるのだが。

684 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 14:40:51 ID:1elM5bYbO
とりあえず一言
要点つかんで文章をもっと簡潔に
だから二流なんだよ

685 :660:2006/02/19(日) 14:47:11 ID:NwsD5b9m0
天使と悪魔。位階によって当然違うので一からげにはいかないだろう。
だが、知り合いの魔術師は、ある特殊な効果を持たせた水晶柱に、天使を入れ、
それを敵に発射して「まじっく・みさーいる」とかふざけた事やってた。
それが本当に天使なのかどうかは、知らない。神聖な感じはしなかったな。
そのくせ、ああ、天使って従順なんだな、って思った記憶がある。
天使って、神のいいつけだけをひたすら守るっていうイメージがある。
悪魔祓いの大半は、実は天使の呪いで、平たくいえば、異端に堕ちた被害者
自身が作り出した妄想だったりする。異端に堕ちるとはいっても、ちょっと
した戒律破り、それも一般信者だよ?そこまで自分を責める事ねーだろって
感じだった。教会も戒律破りなんざ、大した事ないよ、なんて言えないから、
話がややこしくなる。その頑固さは、ある意味天使に通じる。

686 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 15:09:04 ID:FW+HahOj0
>660
アンタもー消えた方がいいよ。

>知り合いの魔術師

ど素人と関わりを持とうとする魔術師なんていないから・・・
オレは多少の力があるから、そういった人と関わった事もあったが
どいつもこいつも中途半端っつーか、似非と本物が混ざったような
出来損ないばっかだったよ。おおかた、その知り合いの魔術師とやらも
そのテの類でしょ。



687 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 15:19:35 ID:v6XH2zCoO
∧___∧
Ψ(`∀´)Ψ<呼んだ??

688 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 15:35:10 ID:dyVc/AML0
ネット越しでも見えるなら見せてあげてもいいよw

689 :660:2006/02/19(日) 16:20:05 ID:NwsD5b9m0
もちろん、すぐ消えるし、この板にはもう来ない。
ただ挨拶をきちんとしておきたかっただけ。スレ汚しごめん。
罵倒も含めて、予想以上の結果を得られた。感謝している。
さようならノシ

690 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 16:29:57 ID:J3QNzy6FO
一言多いんだ
だからあんたは二流なんだよ

691 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 16:45:59 ID:KA2TzWBK0
>>689
名前出さなくてもあなたの話はこのスレにいる一部にはとても有意義な話だから、名無しで書き込んでくださいな
消えるとか来ないとか言わなくていいお

692 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 17:37:41 ID:3vGNPHVM0
叩きもマンセーもわざわざ書かなくて良いよ。
538改め660も、消えるとか来ないとか言わなくて良い。
例え良くできた作り話だあったとしても、一部の人にとって有益だったんだから。
少なくとも、一言多い中身の無いレスよりはね。

知りたい奴が知ってる奴に自分の考えを言った上で質問し、
読んでる奴はそれを呼んで自分の世界を広げる。
それでいいじゃないか。つーか私はそれ「が」良いんだよ。

693 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 17:55:08 ID:AGfLDTyu0
いいじゃん、二流でも一流でも。
この手で人間で一流でも行く所へ行けば、へーそれで?、なんだから。

694 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 22:47:57 ID:kNG9OiqOO
すいません、変な俺が湧いてきました

あなた達凄い詳しそうだから悪魔崇拝について教えてください
反キリスト=悪魔崇拝?
今の世界情勢って反キリストvs反キリストみたいになってる気がしませんか?
もちろんイスラムが悪魔崇拝って言ってるわけじゃないですよ
そういう視点で見てみたら面白いかなぁと思って

695 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 23:06:31 ID:Y+j3eKuo0
現状は「ガブリエル・トラップ」って呼ばれとるよ。
かの大天使が一神教を二つ作るという大陰謀の張本人だからなww

696 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 23:20:56 ID:hVlGhkfI0
>>660
おれ的には面白い話しだからもっと色々ききたいのですが?
ネタだったとしても魔術的知識の乏しいおれには興味のある話しだし。
真偽はともかく、どうせならもっと話しきいてからでもいいじゃないかと思う。
他に面白い話し提供してくれるやつも出てこないし。もちろん、おれにも無理。
聞きたいこともあった。悪魔が人間好きなら呼び出すのが危険というのはなぜ?
悪魔以外の狐憑き等と間違えたりするからということですか?
それと魔王達。だいたいがグロテスクで酷いやつとして描かれてますが
実際は違うんでしょうか?経験の話しをする真意は話せますか?
以前他スレにも書いたが、子供の頃、鏡の国へ行く魔法というのを唱えたことがある。
実際に鏡が揺れ始めてビビって止めたけど。
だから、全て信じてないわけじゃないし、魔術というものに関して興味があるんです。
消えると言わずよかったらまた来て下さい。

>>695
マジで!?
なんで、そんなことしてるんですか?


697 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 23:45:30 ID:Y+j3eKuo0
創世記にネピリムの話ってのがあるのね。
それと同じことがナザレで起きたと考える一派があるわけよ。
つまり天使は使者にあらず、つーことやね。
その天使が600年後にかの人に啓示を与えて別派を、とね。
これだけでわかる人はわかるはず。
わかんないなら忘れれやww

698 :本当にあった怖い名無し:2006/02/20(月) 00:00:23 ID:FE+Sr8gaO
けっこうブスで小太りな女悪魔っていたら嫌だよね

699 :672:2006/02/20(月) 00:14:18 ID:mX8jtkUf0
面白かったので帰還を期待してまたまた言ってみる

>>689で660は
もちろん、すぐ消えるし、この板にはもう来ない。
と言っている。
これは「板」に来ないのであって「スレ」ではない

これもやはり貴方の保険か?

700 :本当にあった怖い名無し:2006/02/20(月) 00:47:11 ID:yzdTZFJO0
自演はもういいよ

701 :本当にあった怖い名無し:2006/02/20(月) 01:10:55 ID:jcZEXBc10
>>697
ん〜。さっぱりわからなかったので少し調べました。
聖書もなにもさっぱり知らんので。
ネピリムっていうのは巨人で神の子が人の娘に生ませたものであると。
神の子というのは堕落した天使達ですよね?許さなかった神が洪水を起こして(ry
つまり、ナザレでも同じように堕落した天使が人の娘をはらませてた?
マ○アをはらませたのがガブリエルってこと?じゃあイ○スはなんなの?
それともユダヤ人をってこと?まあ、当たってるのかわからんけどw
さらに600年後にモー○・・・ムハ○ンド?に啓示を与えたのがガブリエルで
神に反抗するために2つに分派する宗教を作ってやったということでおk?
神は何も罰を与えなかったの?
つか、なんでそんなことしてんの?ルシフェル側だったってこと?
でも、イエスは元の神追放したんだっけ?成功したってことなのかな?
書いててわけわからなくなってきた_| ̄|○
むずかしいです・・。


702 :本当にあった怖い名無し:2006/02/20(月) 06:18:22 ID:gwlvhj1H0
あれだ、映画のコンスタンティンだな。
天使が自分が神だって言っても人間には判らんのよ。
神も直接力を見せる事はしないからなおさら。
ルシファーがカマっぽいおちゃんで登場したのがよかったな。

703 :本当にあった怖い名無し:2006/02/20(月) 08:15:23 ID:muu9XtDG0
>>701
つーか西洋神霊系で不思議に思うのは審神(さにわ)の概念ってあんのかね?
ムハ○ンド?の前に降臨したガブリエルははてさて本物なの?
ムハ○ンド?って一切の奇跡をおこせなかったよね?
このスレでもルシファー召喚しました、なんてサラッと言ってる香具師いる
けどそれって本物なの?低級霊が高級霊に見せかけるなんてこの世界ザラで
しょ?w

704 :知的で繊細でお美しいベジ様 ◆LO/mhFupXk :2006/02/20(月) 08:20:53 ID:TXo6Td1XO
《☆悪魔からの架空請求★》
寝る子は育つ丑三つ時…。
ある晩スヤスヤと爆睡していたウェルに一本の金縛りが…。
ウェル氏「うっ………動けない…。」
金縛りと格闘しているウェル氏に
何処からとも無くドスの効いた悪魔の声が。
悪魔「あっ、もしもし!?
えっとぉ〜、おたく20000不幸が未払いになってるねぇ…。
ちょっとこれいますぐ払って貰えるかな?」
ウェル氏「はい??何なのですかいきなり??
訳がわからないのですが…。」
悪魔「あ?幸使った分払えバカヤロー!」
ウェル氏「はい??何か私が幸せを使ったという証拠はあるのですか??」
悪魔「証拠?
使ったんだから身に覚えあるでしょ…おたくさん。」
「いやぁ…全く身に覚え無いのですが…。
ちなみに何時ぐらいの幸利用になってますか?」
悪魔「えっと〜2月14日にチョコ貰えるように8000幸、あとその後に童貞卒業に12000幸」
ウェル「う〜ん……ちょっと利用した覚えないのですが…。」
悪魔「まぁいいや。とりあえず今から言う不幸口座に振り込んでよ。」
続く…。

705 :知的で繊細でお美しいベジ様 ◆LO/mhFupXk :2006/02/20(月) 08:32:00 ID:TXo6Td1XO
悪魔「とりあえず今から言う不幸口座に振り込んでよ」
ウェル氏「いや使った覚えの無いのに払えると思ってるんですか?DQNですか?」
悪魔「いいから払えつってんだろ!!!!」
ウェル氏「証拠も無いのに払えると思ってるんですか(笑)」
悪魔「じゃあ、お支払いの意思が無いと言う事で。死神に債権譲渡する形でいいかな?」
ウェル氏「死神!?えっ譲渡って事は神様の認可をうけてるんですよね?
神様の認可番号教えて下さい。」
続く。

706 :ルシフェリアン神父 ◆r80Xe0Ql1E :2006/02/20(月) 08:35:46 ID:yM7miTJ70
>>701
>でも、イエスは元の神追放したんだっけ?成功したってことなのかな?
それは私が以前、勝手に言っていた説じゃないかw
天使や悪魔、即ち「神々」がその時の考えで似たような事をやったのを、
全てを俯瞰した「神」の見地で解釈してしまうのは、全ての事物に名前をつけた
アダムの末裔である人間のサガであり、少々アンフェアな特権でしょう。

アダム「それがなんですか?全ては私が定義したモノなのです」

707 :知的で繊細でお美しいベジ様 ◆LO/mhFupXk :2006/02/20(月) 08:42:25 ID:TXo6Td1XO
せっかく私がこんな長いネタ書いてあげたのにスルーなんて!
もうやる気失せたわ続きだれか書いて

708 :本当にあった怖い名無し:2006/02/20(月) 08:51:18 ID:muu9XtDG0
>>707
いや全部書き終わるの待ってたんだが・・・
もういいよ・・・ご苦労様。

709 :悪魔 ◆UO0HO7RAyE :2006/02/20(月) 08:53:26 ID:bDAWxQ2i0
退屈なスレだ・・・orz   天使に戻るよ。

710 :天使 ◆k/OaGiVtdE :2006/02/20(月) 08:54:04 ID:bDAWxQ2i0
あースッキリした。 (w

711 :本当にあった怖い名無し:2006/02/20(月) 08:58:27 ID:muu9XtDG0
>>651
レメゲトンの日本語訳って何も実際売っているものだけとは限らないよ・・・。

712 :本当にあった怖い名無し:2006/02/20(月) 09:12:51 ID:lasTX6mAO
低級霊なら殆どリスク無しで喚べるんだガネ。流石に精霊や神クラスになると次の日必ず事故るorz
それで何度入院した事か

713 :本当にあった怖い名無し:2006/02/20(月) 12:27:29 ID:ENt37QVp0
召喚できるって言う人は
とりあえずエピソード書いてくれ。


714 :本当にあった怖い名無し:2006/02/20(月) 13:32:25 ID:UlRxM0gs0
召喚した。





来なかった。

715 :本当にあった怖い名無し:2006/02/20(月) 14:06:56 ID:IzyOCRyd0
>>713
思い込んだもん勝ち

716 :本当にあった怖い名無し:2006/02/20(月) 15:32:26 ID:yzdTZFJO0
>>715
確信を突いたな

717 :本当にあった怖い名無し:2006/02/20(月) 17:11:04 ID:d83290XK0
>>705
その後

人間「あのー不幸口座というものに支払えといわれた者ですが」
悪魔「それではお名前お願いします」
人間「イマイです」


718 :本当にあった怖い名無し:2006/02/20(月) 19:48:01 ID:VpioFI7nO
そもそも悪魔の召喚とは何だろう
単に意思のある霊的なモノを呼び出すこと?
それともキリスト教などでグルーピングされる特定の反教義的イデオロギーを
もった霊的存在を呼び出すこと?
もしも後者なら、たとえ単純に利己的な動機て行なうにしてもそこには教義に
対する反抗や、復讐が必要じゃないかな
悪魔からすれば神が導くべき人の世を乱してこそ浮かぶ瀬もあるのだから

719 :本当にあった怖い名無し:2006/02/20(月) 20:20:15 ID:10l/OCYF0
じゃあ、キリスト教徒自身が召喚するか、
異教徒もしくは無神論者がキリスト教徒の信仰を失わせるために
召喚することが、キリスト教の悪魔を呼び出す前提ってことか。
確かに信仰が必要なら日本人は悪魔呼び出しにくそうだな。

ところで、このスレの住人は信仰のこと気にしてる奴いないな。
なんか、決まった方法があってそれで呼び出せるとかばっかだ。


720 :本当にあった怖い名無し:2006/02/20(月) 21:03:54 ID:atT4M5no0
私はそもそも「社会」と言うものが一つの宗教であるような考えだから、
そこに内包される宗教何ざ知ったことではないってそういう考え。
つか、宗教だ信仰だ一神教だの多神教だの何だかんだうるさく言っていたら
術なんて進歩しないと思うんだな。
今日の西洋魔術には、ヨガなんかの考えがかなり取り入れられていたりするし、
術とは違ってくるけど、「レイキ」は西洋の考えが入ってる流派も多い。

…が、召喚術にそれがどんな影響を及ぼすかは知らない。
そこまで高度なものを呼び出すなんてやったこと無いからね。

721 :本当にあった怖い名無し:2006/02/21(火) 00:36:05 ID:Hdwd9fbc0
悪魔って発想はキリスト教とかの概念じゃないの?
すべて神なんだよ。

722 :本当にあった怖い名無し:2006/02/21(火) 02:32:27 ID:do6vGKll0
>>703
>つーか西洋神霊系で不思議に思うのは審神(さにわ)の概念ってあんのかね?

たしか、エクソシストで悪魔憑きかどうか審議するってのなかったっけ?
悪魔なのか微妙だけど。神も知らん。

>ムハ○ンド?の前に降臨したガブリエルははてさて本物なの?

知ってる人いるのかな・・。一応、アッラーでしょw
イスラム教自体が、対キリスト教のものとして政治的に作られたって話も
あるみたいだしね。

>低級霊が高級霊に見せかけるなんてこの世界ザラで しょ?w

このスレ主なんかは一応低級霊説で落ち付いてるみたいだね。
名乗るやつは却下していいんじゃないのw

>>706
>それは私が以前、勝手に言っていた説じゃないかw

ルシフェリアン神父が言っていた説でしたかw
悪魔の存在と行動自体が神の計画の一部っていうのもルシフェリアン神父でしたっけ?

>アダム「それがなんですか?全ては私が定義したモノなのです」

人が神の目からみて、ああだこうだ想像するけど、結局は理解なんかできないって事?
しかし、色々考えたけどやっぱりわからんですw
詳しい人話してたもれ!
あと、探偵ファイル実践した人いないかな?


723 :本当にあった怖い名無し:2006/02/21(火) 06:53:21 ID:XON6qLVG0
うーん・・・・神秘主義的な本(カバラ)だと思うけど読めば参考になるかもな? 自信は無い。(w

724 :本当にあった怖い名無し:2006/02/21(火) 14:36:17 ID:/uXuxwyNO
シャックス卿は目、舌、耳を要求するってガセですか?

725 :本当にあった怖い名無し:2006/02/21(火) 14:37:42 ID:XON6qLVG0
>>724
召喚して確認してみては如何ですか?(w

726 :本当にあった怖い名無し:2006/02/21(火) 15:30:43 ID:XON6qLVG0
>>724
追加・・・ シャックスは嘘をつくそうです。

727 :始まりの死、始まりの生:2006/02/21(火) 20:55:18 ID:CwUfRw1v0
>>724
哺乳類を一匹用意

728 :ルシフェリアン神父 ◆r80Xe0Ql1E :2006/02/21(火) 22:10:00 ID:11jdH5wm0
>>722
>悪魔の存在と行動自体が神の計画の一部っていうのもルシフェリアン神父でしたっけ?
神が計画を創ったというより、神と悪魔が雄と雌みたいにペアで活動して存続するという説。
実際、破滅そのものが目的の悪魔(伝統的な)というのは聞いた事が無い、常に存続が目的。
戦争にしたって、一方が滅べば一方はその分栄える。という神の思惑だろう。
レライエなどの主作用も副作用も戦争オンリーの悪魔も、神が作った魔神だし。

>人が神の目からみて、ああだこうだ想像するけど、結局は理解なんかできないって事?
人間の理解、人間が起す行動以外に、理解すべき神の意図は無い。というのを
悪魔達は教えている気がする。
謎は人間が自分で作って、自分で取り組んでいるに過ぎないだろう。
ただ彼らは定義された自分の仕事をこなしているだけで、
ベリアルが無意味、退廃的な文化を広めるのが仕事だとするなら
ガブリエルは一神教を作るのが仕事かもしれないw

729 :本当にあった怖い名無し:2006/02/21(火) 22:16:35 ID:LWE2UQsx0
我々は機械や装置ではないよ

730 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 00:08:46 ID:X+es+WPz0
悪魔や神は人間にとって、ある法則をもった数式でしかないよ。
法則(てか数式)がいつか一般人にもわかる時は来そうな気がする。
故に悪魔も神も人間が作っているのさ。

悪魔や天使の名前ってのはその個々の数式に名前を付けただけ。
それぞれの数式の値は他の数式とリンクする。
何かすれば別の何かのフラグが立つみたいな。
ゲノムと同じ様に。

物質界・エーテル界・エレメント界?のリンク作用の数式が一般人でも分かる時
宗教なんて無くなるだろうね。人間もいなくなるだろうけど・・・。
雷・火・雨は小規模な装置だったら発生可能(原理・数式が解明されてる)だしね。

オレはそう思う。

731 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 00:58:41 ID:vrOCTV8f0
天使も悪魔も人の弱い心が作り出した幻だろ

732 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 01:07:31 ID:3FPhHljA0
天使も悪魔という住み分けと名前は置いといたとして

そういった類は残念ながら幻ではないよ。
ただ天使とか悪魔っていう定義はどうかと思うが・・・・

733 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 01:29:44 ID:vrOCTV8f0
幻じゃなかったらなんなんだよ

734 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 02:47:15 ID:L7xe/u4/0
>>728

>神が計画を創ったというより、神と悪魔が雄と雌みたいにペアで活動して存続するという説。

光と影。表と裏で一つってことか。じゃあ、何か目的がありそうですね。
人間の成長が目的なのか、それ以外に神が欲しい物があるのか。
争い事その物にも意味があるって迷惑なもんだなあw

>人間の理解、人間が起す行動以外に、理解すべき神の意図は無い。というのを
悪魔達は教えている気がする。

仕事こなしてるだけかあ。躍らされてる感じですね。
人の考えや起こす行動自体に意味があるって、その意味が知りたいw
悪魔召喚もおkってことかなあ?w

>>730

数学者?神や悪魔が数式ってなんか壮大だ。
そんなのが解明されたら面白いけど、オカルトなくなっちゃうのはイヤン。


735 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 07:52:46 ID:MwLqvdGE0
>>730
>雷・火・雨は小規模な装置だったら発生可能(原理・数式が解明されてる)だしね。
ワロタ お前は中世暗黒時代の人かw

736 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 09:49:45 ID:M/6yjW8I0
いや、天候を「操作」できる人はけっこう居るよ。
悪魔系は知らないが、シャーマニズム系とか。

737 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 14:36:08 ID:cOaRkEmM0
何処にけっこういるんだよwww

738 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 14:43:42 ID:LzCHHT/e0
>>737
触れてやるなよなっ。(w

739 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 14:57:15 ID:+JoVtAx+O
かわゆくておっぱいおっきな悪魔タンと契約したいゆ。

740 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 16:22:49 ID:LzCHHT/e0
ぁっぃょ

741 :本当にあった怖い名無し:2006/02/23(木) 09:17:39 ID:CzesEMB40
↓下手すると最強の悪魔。詳しくはここのテンプレにあるリンクを。
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1140429109/

742 :本当にあった怖い名無し:2006/02/23(木) 09:21:52 ID:CzesEMB40
テンプレのリンク間違ってやがるorz
正しくは
http://www.nojimaiin.com/index.html

743 :始まりの死、始まりの生:2006/02/23(木) 19:28:03 ID:d1eV2EAr0
>>741
「かもじ」にいる講習の人のほうが凄い気が。。。

744 :アスタロト:2006/02/25(土) 04:14:21 ID:Dik/iGc7O
ここ読んでて思った。

何故誰も>>1が契約した悪魔の名前を聞かない?
…俺の見間違えか?

悪魔と言っても何万といるから名前教えてくれなきゃわからないぞww

それぞれ能力が違うんだから。

あと悪魔は『悪』とついているからと言って悪いやつと決め付けてはならないぞ

745 :本当にあった怖い名無し:2006/02/25(土) 19:47:21 ID:pfYFOI2a0
>>744
もはや、どうでもよくなってるw
ところで天使を召喚して使役した奴っている?w

746 :本当にあった怖い名無し:2006/02/25(土) 19:54:31 ID:pfYFOI2a0
>>744
>悪魔と言っても何万といるから名前教えてくれなきゃわからないぞww
このスレだと魔界にゃ名の知れた奴が3兆もいるんだってなw
覚えてられっかよw人間思考の限界ってものがわかって面白いこのスレは
>あと悪魔は『悪』とついているからと言って悪いやつと決め付けてはならないぞ
だからソロモン王と72柱の”精霊”と訳してるのもあるよなw
元々土着の神々がキリスト教によって貶められたんだろwそれぞれが
大抵、元高位の天使で堕天使となり地獄の貴族になっているのも面白い。
しかも、貴族のなかでもいっちょまえとされる”伯爵”以上が大半。
たいがい王子様・大公・公爵・侯爵・伯爵とか、地獄の騎士ってのも
いるが珍しいほう。


747 :本当にあった怖い名無し:2006/02/25(土) 21:20:50 ID:97LTY1J20
もともと「悪魔」って言葉は仏教用語だから。

748 :悪魔:2006/02/25(土) 22:58:02 ID:OmO6+uJ00
そんなに私と契約したいのか?

749 :始まりの死、始まりの生:2006/02/26(日) 01:10:50 ID:kInKb+Bv0
>>748
「破邪葬祭」ついでに「刺針貫魄」で御祓い。

750 :アスタロト:2006/02/26(日) 09:48:17 ID:7Dow7wFYO
>>746勉強になるね。ここ。
悪魔って3兆もいるんだ?名前があるだけだったりしない?
一つの悪魔でも何百も名前があるし…って…自分の名前覚えるの大変そうだなw


悪魔の羽が欲しいデス

751 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 12:33:36 ID:VYkOZyUG0
>>750
八百万(ヤオヨロズ)の神っていうからな。抽象的表現だが案外適切な表現かも。
我々が言う神様だの悪魔だのは階層レベルを別にすれば洒落にならんぐらい
沢山いるんだろね。
悪魔を召喚して正式な名前を聞いても人間には発音不能だったり恐ろしく長い
名前かもしれない。

752 :悪魔 ◆UO0HO7RAyE :2006/02/26(日) 13:01:08 ID:c89nYg1M0
非言語コミュニケーションで意思の疎通を図り給え。

それが物質を超えた領域での流儀ですから。

753 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 16:03:37 ID:JLpfcgV30
しかし、「悪魔」って呼び方もなんか失礼な気がするな。
確かに人間とも天使の類いとも精神構造が違うといっても、
彼ら、ずっと頭良いしね。まぁ、まともにコミュニケーションが取れる奴に限るのかもしれないけど。

悪魔とは違うんだろうけど、吸血鬼とかの類いもそうなのかな。


754 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 16:22:56 ID:VYkOZyUG0
>>753
一般的日本人的感覚でいけばそうなる。キリスト教的な感覚でいけば
魔法だの霊だの異界だのはすべて異端だろ。神秘学派も弾圧されたん
じゃなかったけ?ここで一般的に話してる72柱の”悪魔””精霊”は
一般的には土着の神様の類だと考えられるし、吸血鬼だの低級霊とも
また別というか別格だろ。

755 :本当にあった怖い名無し:2006/02/27(月) 13:41:54 ID:3DB70NH/O
>>1は時給100円で働く気になるのか?
おそらく答えはノーだろ?
悪魔だってお前の命ぐらいじゃ…

756 :本当にあった怖い名無し:2006/02/27(月) 17:05:50 ID:lG4miiQt0
そもそも「悪魔」ってなに? 定義からしてハッキリしないもんじゃん?
オレ個人は「悪霊」あるいは「祟り神」に近いものかと勝手に思ってるが

キリスト教における悪魔なんて土地神に悪魔のレッテル貼り付けたり
完全空想モノだったりして悪魔とは思えんしなぁ

だいたい彼らが人間に要求したいものなんてあるのか?
魂なんて力技で獲っていきゃいいだけじゃん

757 :ルシフェリアン神父 ◆r80Xe0Ql1E :2006/02/27(月) 19:57:46 ID:bAzERuxL0
>だいたい彼らが人間に要求したいものなんてあるのか?
ヨーロッパ生まれの悪魔に関して言えば、それは必要性かもしれない。
元々は神の手足であり、果てしなく万能に近い存在にとって、
「必要」を創るのは極めて難しい。
例えば暑さ寒さを知らない者が、何年考えれば服を発明するだろうか?

「神は自分に解けないクイズが出せるか?」という神の全能性に対する
疑問は有名だが、それに対し「出せない」という世界の住人が悪魔であり自然神なら、
「出せる」という世界の住人が人間であり、矛盾する世界が別々に存在する
という事じたいが「価値」であり神の完全性かもしれない。

758 :本当にあった怖い名無し:2006/02/27(月) 19:58:10 ID:g4WFzPdv0
>>756
その問いは幾度と無く繰り返されている悪寒。
私は魔術的な何を調べるにしても、手近に資料が無いもんだから勘と考察に頼ってて
独自の仮説に則って何かをして、調べる機会があったときに全てを確認する、なんて
やり方で来てるけれども、大概のことは疑問が浮かぶと同時に答えが予測できて、
それが当ってる・・・

と、単なる偶然がン十回と重なっただけと思われる説明は置いておいて。

それを考えた時に浮かんだ「情報」はこうだったな。

「じゃあ、そもそも「人間」ってなに?人間の君。」
・・・('A`)

要するに、人間と同じで定義を求めたら果てしないし、色んな奴がいると私は今のところ解釈している。

759 :ルシフェリアン神父 ◆r80Xe0Ql1E :2006/02/27(月) 19:59:47 ID:bAzERuxL0
>だいたい彼らが人間に要求したいものなんてあるのか?
ヨーロッパ生まれの悪魔に関して言えば、それは必要性かもしれない。
元々は神の手足であり、果てしなく万能に近い存在にとって、
「必要」を創るのは極めて難しい。
例えば暑さ寒さを知らない者が、何年考えれば服を発明するだろうか?

「神は自分に解けないクイズが出せるか?」という神の全能性に対する
疑問は有名だが、それに対し「出せない」という世界の住人が悪魔であり自然神なら、
「出せる」という世界の住人が人間であり、矛盾する世界が別々に存在する
という事じたいが「価値」であり神の完全性かもしれない。

760 :ルシフェリアン神父 ◆r80Xe0Ql1E :2006/02/27(月) 20:05:28 ID:bAzERuxL0
やべ、うっかり戻る→書き込みしちゃった。
>>746
ところで官爵は十分に高いのに、権能がやたらショボい悪魔もいるが
あれは何故だろうw
悪魔同士のパワーと人間の役に立つ力は別もんなのかな?

761 :本当にあった怖い名無し:2006/02/27(月) 20:19:52 ID:dmgIzmIf0
>>760
>ところで官爵は十分に高いのに、権能がやたらショボい悪魔もいるが
んなもんすべてキリスト教徒が勝手につけたもんなんじゃねーのか?w
実際に悪魔召喚して理由聞いたらゲラゲラ笑うかもよw日本の神社の神様
も色々ご利益はあるが得意な利益は大概一つか二つだろ?
本当は知られていない力たくさん持ってるかもしれないしな。

762 :ルシフェリアン神父 ◆r80Xe0Ql1E :2006/02/27(月) 20:39:38 ID:bAzERuxL0
>>761
なるほど、召還マニュアルみたいなものを鵜呑みにしたら
ゴルゴ13に部屋の掃除を頼むような愚を犯すかもしれないな。
逆に凡人の怨霊みたいな、いかにも低級な存在から超パワーもらっている奴も、
いるかもしれない。つーか居る。あえて特定はしないがw

763 :本当にあった怖い名無し:2006/02/27(月) 21:26:32 ID:5yfjK0v90
要するに神も悪魔もこの世界とは別次元の存在ってこったろ?
こっちが名前付けて呼んでる存在がいるかどうかは別としてな。

764 :本当にあった怖い名無し:2006/02/28(火) 01:57:03 ID:G/E6oAAV0
>>763
そそ、別の次元なのよ。
物質界 ⇔ エーテル界 ⇔ アストラル界 ⇔ エレメンタル界 ⇔ 霊界 ⇔ 神界
と術系統にとっても違うと思うけど悪魔?は神界からいろんな層に
影響を与えて物質界に干渉する技術や方法を知ってるけど、
物質界からエーテル界に行く事すらままならない人間、物質界が唯一の世界と
思ってる人間なんて神界にいる類の悪魔にとってどうでもいい物だろ。

幽霊とかはエーテル界にも居るから人間からも幽霊からも双方干渉し易いんだろうね。

765 :本当にあった怖い名無し:2006/02/28(火) 02:16:34 ID:NMrcZgYKO
>>764
物質界⇔エーテル界 wwwwテラワロスwwwww

766 :本当にあった怖い名無し:2006/02/28(火) 02:34:55 ID:31Qp+Jw30
>>765
ごく一部のアニオタが想像するメーテル界と違うぞエーテル界だw エーテル界。

767 :アスタロト:2006/02/28(火) 05:15:28 ID:WD0H7Qd7O
おまいら俺と契約してくれ('А`)

768 :僕ドザえもん:2006/02/28(火) 06:00:05 ID:EHSsswZF0
俺人間なんだけどマジで 発音ができない事に驚いた。

769 :本当にあった怖い名無し:2006/02/28(火) 13:02:28 ID:PqsqVHqc0
>>1-768
あのなー
お前らイエローモンキーどもだけが世界一馬鹿で分からないだけで
世界人類全て知っているが
今日本列島にはホモサピエンスの雌:女は殆どいなくて
全部その悪魔ばかりなんだぞ。
笑うと口の端だけがキュッと吊り上がってV字型の口になるだろうが。
戦中、戦後直後の日本人女性の顔姿形を良く見てみろ。
あれがホモサピエンスの雌:女。
お前達があまり接しえない、今の白人や黒人や東南アジアの女性たちもそんな姿だ。
今は似ても似つかない論理的にも科学的にも生存して立って歩けるはず
のない化け物ばかりだ。
アダムに男と同等を強要して地上を追われた筈の妖怪どもな。

770 :本当にあった怖い名無し:2006/02/28(火) 15:03:46 ID:Sd/bgV6u0
>>764
コーザル界って何処にあるのよ?
損師はあるって言ってたよ

771 :本当にあった怖い名無し:2006/02/28(火) 19:53:35 ID:NaV9LMj60
ヤバいこのスレ初めて見たんだけどオモシロス。
メモメモ。

772 :本当にあった怖い名無し:2006/03/01(水) 00:29:35 ID:ySHQEouW0
ところで召喚の続きを書いてくれる人はいないのでしょうか。
それは間違いだと言っていた人も一方的に指摘して反論をしていませんでしたね。

悪魔が契約をする。これを聞いたときなんだそりゃ?と思いました。
そんなもん気にしないでしょうから。

773 :ルシフェリアン神父 ◆r80Xe0Ql1E :2006/03/01(水) 02:11:30 ID:Mxhz4ACa0
昨日、夢の中で悪魔と称する見た事も無い、しかし極めて強力だと直感させる
不思議なオヤジと出会い、「俺の力を好きに使え」という事で
彼を呼ぶための長く複雑な名前を教えてくれました。
日頃はアバウトに行動する私も、その時は必死でメモを取りましたよ。
そして眠りから覚めて、何時に無く明瞭な意識を保った寝覚めの中、
ある事に気が付きました。
メモは起きてからとれば良かったと・・・

774 :ルシフェリアン神父 ◆r80Xe0Ql1E :2006/03/01(水) 02:23:30 ID:Mxhz4ACa0
>>772
>悪魔が契約をする。これを聞いたときなんだそりゃ?と思いました。
>そんなもん気にしないでしょうから。
悪魔は意外な事に、彼ら自身は全般的に恐ろしく実直で堅物らしいから
言った事は必ず実行すると思いますよ。多分、それが契約に見えるだけ。
人間でも彼らに近い思考回路の堅物は居ますが(>>764の何とか界に属するのか?)
実は人間は「神に解けないクイズは出せる」世界、虚構(?)論理の世界の
住人ですので、詭弁抜きの完全な嘘、デタラメが言える。
カボチャで有名なジャコランタンのジャックも、ただの飲んだくれなのに、
悪魔を騙していました。そのくらい悪魔とは純粋な連中なので、
交渉は大方、契約的なフェアな取引になるでしょうね。
そして彼らを騙せば、やはりフェア、正当に報復してくると。

775 :始まりの死、始まりの生:2006/03/01(水) 09:32:08 ID:GnJ95rpt0
>>764
木のように枝分かれしていたり繋がっていたりして、小さい界は近しい所で並行して
十重二十重に存在し大きな界をなす。では?
中層界(少なくとも繋がっている界の性質を片側1つで持つ)

図(餓鬼界、魔界等は除く)


こっちの方にも霊界等の大界。(並行世界)


↑←中層界→ ↑← 中層界   →↑        ↑←中層界⇒↑←中層界⇒↑
↓        ↓          ↓        ↓        ↓          ↓ 
物質界 ⇔ エーテル界 ⇔ アストラル界⇔エレメンタル界⇔霊界   ⇔  神界 
↑        ↑          ↑        ↑       ↑           ↑
↓        ↓          ↓        ↓       ↓         ↓  
|←--------自然界-------→|         |←-- 超自然界(大霊界) →|
|         |           |                   |← 隠世ー →|
|← 人界 →⇔←否人間界ー→|                 |
|侵食域   | 否人間侵食地帯 |                 |
    |←‐‐‐‐‐‐‐ 浮遊霊・自縛‐‐ ‐‐‐ =‐‐ーーーーー ‐→|
                                   
こっちの方にも霊界等の大界。(並行世界)


776 :本当にあった怖い名無し:2006/03/01(水) 12:18:42 ID:KUjypdwt0
うわー隠世行きてー

777 :本当にあった怖い名無し:2006/03/01(水) 12:24:35 ID:0dXS7wS6O


逢ってみたいですね

778 :本当にあった怖い名無し:2006/03/01(水) 13:47:23 ID:aLLRoUJTO
ある教えでは、この世界はデミウルゴスが創造主をきどって創った中途半端な天国で、だから悪がはびこるって話だが、
その話を前提に考えると我々の存在はなんですか?

779 :本当にあった怖い名無し:2006/03/01(水) 15:48:00 ID:BMEp8zL+0
>778 うんこ

780 :本当にあった怖い名無し:2006/03/01(水) 19:45:07 ID:e3L1XwVO0
ブラックメタル好きで悪魔主義気分でいますが。


781 :本当にあった怖い名無し:2006/03/01(水) 19:49:28 ID:lzzFKWf7O
みなさん、ほどほどに

782 :本当にあった怖い名無し:2006/03/01(水) 20:00:31 ID:qSkGb33K0
もったいないおばけは悪魔の仲間ですか?

宗教という概念がない古代から信仰はあった。
と、いうことは・・・・

783 :ルシフェリアン神父 ◆r80Xe0Ql1E :2006/03/01(水) 20:49:35 ID:5gy68URX0
>>778>>789
グノーシス思想の話ですね。
徹底して「人間=うんこ」の思想があれば、それは逆に凄いですが、
グノーシスでは人間の中に悪神に砕かれた善神の破片が埋まっており、
意識の純化などの修行で、善の世界に行けるとの教えだったと思います。
でも悪神を放置したままで善の世界で安住できるでしょうか?
そこらへんの詰めが甘いのがグノーシスが流行らない理由かと。
そのへんインド思想は破壊神が頼まなくても世界を壊してくれるので、
スムーズに世代交代、新陳代謝ができるわけです。
ルシファーやアバドンは破壊神で、破壊される者にとっての「悪魔」でしょうね。
>>782
という訳で、もったいないおばけは対立、破壊活動の副産物「ゴミ」が出る事を
忌み嫌う存在ですので、体制側=神(人呼んで)側でないにせよ、
反反体制の存在でしょうね。即ち悪魔でない。

784 :本当にあった怖い名無し:2006/03/01(水) 20:51:13 ID:2U1cytI90
>>782
キミなかなか鋭いな、確かに勿体無いおばけは悪魔の中の一つ
73番目の柱としてどこかの文献に書いてあったと思ったが失念した。
眷属達は食べ残ったニンジン・ピーマン・米粒など食物を媒体にして
に人間達を堕落・飽き性という精神的不幸にさせるという。
ちゃんと食べ残しがなければ勿体無いおばけは人間を健康にさせ、
又、身体を丈夫にし低級な病魔にもうち勝つという側面も持つ。

785 :本当にあった怖い名無し:2006/03/01(水) 21:04:30 ID:pCzc37OS0
激しく今更なのだけれども

悪魔って言うのは、少なくとも私たちが「私」と認識する
肉体が存在する宇宙とは別のところに居るんだよね?
つまり、一説に言う自身の中心であり「存在」でしかないその一点を我が物とし、
「この宇宙」を自在に動かす魔力と、別世界にいる悪魔を呼び出す魔力とは別物?

・・・そういや、召喚自体には直接的に魔力は要らないか。

786 :本当にあった怖い名無し:2006/03/01(水) 23:41:45 ID:ovsx7cpZ0
>>775
バカの妄想だなw

787 :ルナマリア ◆LO/mhFupXk :2006/03/01(水) 23:56:57 ID:ZfuLgDWGO
外国の悪魔とかゾンビってあんまり恐く感じないよね。
それより日本の幽霊の方が怖い
やっぱり日本人はヴァカ外人どもに比べてセンスが良いんだね☆☆

788 :本当にあった怖い名無し:2006/03/02(木) 00:41:05 ID:aCgBSYDB0
幽霊が怖い方がセンスあるのか?そりゃ映画オンリーな話だな・・・
現実では恨みや未練が強すぎで日本の幽霊怖すぎ

789 :アスタロト:2006/03/02(木) 02:00:42 ID:xfDJJZv5O
…悪魔についてもっと勉強せねばいかんな…φ(.. )

そういえば今度映画でやるよね…悪魔のやつ。見る人いる?
………あれ実話なの?

790 :本当にあった怖い名無し:2006/03/02(木) 08:55:20 ID:y90B7EGR0
>日本の幽霊

日本で幽霊達が恨みがましく出てくるのは そいつらがキリシタンだからだと思った!!

「ゆぅ あぁ めしあ…(貴方は救い主)」
→『恨めしや…』に聞こえる。

791 :本当にあった怖い名無し:2006/03/02(木) 19:48:14 ID:iS4ypQjO0
>>538さん。

孔雀王ってマンガ読んだ事ある? 

792 :本当にあった怖い名無し:2006/03/02(木) 20:06:14 ID:WdD1w9vm0
人間がクリエートした世界ですので作った人間のクセがでていますよ。(複数人でも)

精神世界のまとも?な歩き方は鵜呑みにしないって事でファイナル・アンサー。

793 :本当にあった怖い名無し:2006/03/02(木) 20:50:35 ID:sqKXsoYr0
>>792
・・・・・・・・・・・・・・・ざんねん!!!
裏で賞金1000円貰って帰ってください、またのご来店お待ちしております。

794 :本当にあった怖い名無し:2006/03/02(木) 20:55:41 ID:WdD1w9vm0
>>793
千円は貰っとくよ。 
実際本人の心のクセにより呼び出した何かが吉と出たり凶と出たりするんですよ。

795 :本当にあった怖い名無し:2006/03/03(金) 09:04:07 ID:E0NGZgkS0
>>794
ま、それでいいじゃね?やってるうちに慣れてきて霊能力というのが
備わってきて、人の考えが読めたり、予知出来たり、不浄霊をどうにか出来たり
遠隔霊視が出来たり。
自分の心と感情の移動(変化)、気の移動(と変化)、五感の変化
そして結果が出れば細かいことは人それぞれでw

ニューエイジと宗教・思想はクマーでw
てか数人で儀式やってみると考え方変わるかもね。(気を見る力・読む力無いと分かんないけどね)

796 :本当にあった怖い名無し:2006/03/03(金) 10:14:31 ID:YVpKMI0JO
>>783御教授サンクス。
グノーだった思い出しました。基督教も宗派によって聖書の細かい所とか変わるのかの?
インドのシバは神だけど、ルシファは悪魔、お国柄か考え方が国によってかわるからね。日本でも、たたる存在を神としてたから考え方はインドに近いのか

797 :本当にあった怖い名無し:2006/03/04(土) 11:28:44 ID:c9QEUn1uO
>>789
確かエミリーローズって映画だったと思う。
CMだと実話って言ってるけど…
ちょっと観てみたい

798 :本当にあった怖い名無し:2006/03/05(日) 05:40:58 ID:ziv5IXysO
曇ってる時に一ヶ所だけ色が違う雲ない?…次元に関係ないのかな?

そこに飛び込みたいよ俺…

799 :本当にあった怖い名無し:2006/03/05(日) 08:34:18 ID:JsUfWbzo0
力が欲しい・・・

800 :本当にあった怖い名無し:2006/03/05(日) 11:43:56 ID:KflLM7UP0
オカ板とかあんまり来ないのに面白すぎて全部読んでしまった・・・orz

801 :本当にあった怖い名無し:2006/03/05(日) 11:55:07 ID:Us75PTRIO
ウンコ

802 :本当にあった怖い名無し:2006/03/05(日) 12:28:43 ID:Us75PTRIO
悪魔についてのマジレス:そんなもんいない

803 :本当にあった怖い名無し:2006/03/05(日) 13:06:01 ID:nC6Kv9GW0
簡単に魔体にかかわらないように
一度契約したらダメとか言われるが
それがとりつかれた現象。
契約者の霊力が高まれば
契約破棄できる。

804 :本当にあった怖い名無し:2006/03/05(日) 17:02:56 ID:kjZDzVQh0
正直悪魔を召喚出来た人は歴代で数人だけ。
よって簡単にとり憑かれないし、魔力とかもってのほか


とり憑かれたら逆にすげぇよ、マジで。魔術歴史に残るくらいにw

805 :本当にあった怖い名無し:2006/03/05(日) 17:24:31 ID:Us75PTRIO
>>804
オレのちんこはオレの意志とは関係なく伸縮したり体液を吐くがこれが召喚獣でないとすれば一体こいつは何なんだよ

806 :本当にあった怖い名無し:2006/03/05(日) 17:34:37 ID:0mwu1NRs0
>>805
チンコ

807 :本当にあった怖い名無し:2006/03/05(日) 17:38:10 ID:Us75PTRIO
>>806
なるほど

808 :本当にあった怖い名無し:2006/03/05(日) 19:32:52 ID:rxAocFQd0
>>モビルスーツ『サタン』

kwsk!

809 :本当にあった怖い名無し:2006/03/05(日) 20:50:08 ID:3S0qekT80
>>560

810 :FOX:2006/03/06(月) 02:21:18 ID:i75sJ49lO
>>739
俺も俺もwww


811 :本当にあった怖い名無し:2006/03/06(月) 08:14:56 ID:/qZ0YNY2O
あげちゃった(^-^)/

812 :本当にあった怖い名無し:2006/03/06(月) 11:21:04 ID:sahH33RK0
>>808
バスタードに出てくる悪魔の暗黒体&天使の光体みたいな設定だと。

813 :本当にあった怖い名無し:2006/03/06(月) 17:53:32 ID:geEVTFi00
ルシファーの別名が「サタンの心臓」
ってことは、モビルスーツってゆーよりは、アストロガンガーって感じ?

814 :本当にあった怖い名無し:2006/03/06(月) 21:45:38 ID:jfKoPZKc0
よくわかんないけど、ルシファーがサタンの頭に「パイルダーオン!」でいいのか?

815 :本当にあった怖い名無し:2006/03/06(月) 23:40:32 ID:uvPg/pJ30
保守

816 :本当にあった怖い名無し:2006/03/06(月) 23:41:21 ID:uvPg/pJ30
保守

817 :本当にあった怖い名無し:2006/03/07(火) 00:15:57 ID:ToL6l1+50
神について統一した見解すらないのに、悪魔について語るのはいかがなものか・・・

おい!そこの不幸そうな顔したおまえ・・・おまえのことだよ!
おまえが不幸なのは神のせいだぜw

だってこの世は神に支配されているんだからな。

818 :本当にあった怖い名無し:2006/03/07(火) 00:50:47 ID:oOfm1Kf80
この地球は神ではなく人間に支配されてます。

819 :本当にあった怖い名無し:2006/03/07(火) 06:01:06 ID:mOHrs2ol0
218 :癒されたい名無しさん :2006/02/23(木) 13:43:40 ID:coeyJjfD
エンジェルリンクってマルチでしょ?
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/healing/1096875507/218


820 :本当にあった怖い名無し:2006/03/07(火) 08:16:36 ID:MpKbr/vm0
>818 俺もそう思う

821 :本当にあった怖い名無し:2006/03/07(火) 08:25:57 ID:FRqV7mkGO
ゴーレム造りたい。モビルスーツみたいに乗れたらカッコイイし

822 :本当にあった怖い名無し:2006/03/07(火) 10:42:59 ID:1anwdSNY0
俺スゲー悪魔と契約したぜ。悪魔というより神に近い存在。
意外と簡単で成功率も高いからお前らもやってみ。

@言霊(現古日本語・現代英語)、錬金術から派生した分析・考察の諸技術
 古の歴史、先哲の魔術的概念なんかを3年ぐらいかけて習得。正直つらい。

A契約をするには競争が不可避。
 強力な悪魔は当然人気が高く、契約にいたるには困難を極める。
 競争の時期はだいたい冬。この競争を勝ち抜くことが出来れば契約は成立する。
 で、競争の内容だが大体@の内容の定着・応用能力を確かめるもの。

B同じ悪魔と契約をしたものはその春より帝都東京に終結し、4年間(ないしは6年)切磋琢磨しあう。
 その過程を終了すると悪魔の名は永遠のものとなる。

この悪魔は実に頼もしい。
この悪魔に守られているおかげで、恋愛運・金運・出世運は確実に上がった。
その名を口にすれば人々は俺の前に羨望のマナザシでひれ伏す(信じられないだろ?)
聞きたい?その名を?








教えてやるよ。「東京大学」だ。

823 :本当にあった怖い名無し:2006/03/07(火) 10:56:51 ID:7KFgbJOaO
>>822
死んでしまえ

824 :本当にあった怖い名無し:2006/03/07(火) 11:14:05 ID:ao0aqGvWO
>>823
そんな事軽々しく言うもんじゃない!!
怖かっただろ822 さぁ、もう安心していいぞ(^-^)そして死ね!!

825 :本当にあった怖い名無し:2006/03/07(火) 15:48:17 ID:Ja5yk49TO
>>822頑張って考えた結果その程度。

826 :ルシフェリアン神父 ◆r80Xe0Ql1E :2006/03/07(火) 18:52:12 ID:ddO44ghq0
学閥エリートに対する風当たり強えーなw
しかし、こういった妬み、対立自体が神の策略なのだよ。
神=至高神エル→ルシフェルは、そのドラ息子=バアルの築いた産物
即ち人間の文明、価値観を完膚無きまでに破壊するのが目的だからな。
そしてバアルの子等には血ヘドを吐かせて火だるまにし、
その肉の焼ける香りが天まで届くまで、手加減無く苦難を宅配してくれる。
しかしバアル的な物への崇拝を止めればノーペナルティで解放してくれる事を考えると、
神=99%の殺意+1%の善意、くらいに思っておいて間違いがない。
文明、文化、人間の感情に織り込まれた殺意の種を拾わないように・・・

827 :本当にあった怖い名無し:2006/03/07(火) 18:57:41 ID:jOJSa5T80
>>826
バカらしい説乙w

828 :本当にあった怖い名無し:2006/03/07(火) 20:09:47 ID:6W4djVr50
>>826
いつからエルがルシフェルになって、バアルの親になったんだw
「エル」は神の一般名詞。カナアンでは、後に「バアル」がそれに当たった
がな。だからルシフ+エルでルシフェルで、カナアン神話で固有名詞に
落ちたエルなる父神とは直接の関係はない。バアル隠し子説なんか唱えたら、
キシオブバーグ、アリオッチ、ナベロートの立場がねーだろーがw

829 :ルシフェリアン神父 ◆r80Xe0Ql1E :2006/03/07(火) 21:06:35 ID:R2ioSE8y0
>いつからエルがルシフェルになって、バアルの親になったんだw
話せば長くなるが

この世を創造した神と言われるエルより強いバアルでも歯が立たないモトを瞬殺したアナトを
ぶっころす為にアフラ・マズダと合体して二人がかりでやっと倒したバアル夫妻と匹敵する戦闘力を持つ
イエス・キリストをあっさり倒したローマの神々が束になっても敵わない復活イエスが率いる民を
悠々と堕落させる地獄の悪魔達の2倍以上強いルシフェル

といった経緯だw
これでもドラゴンボールより随分短いが、一神教VS多神教の戦いの要約だな。
カナアンやエジプトの多神教も物理的な征服ではなくジワジワと一神教化して、
しまいには元多神教の信者が同士討ちするように仕向ける。
これが唯一神(エルという名前にこだわる必要は無い)の呪いで、
その実行者がルシフェルと悪魔達。そしておよそ全ての宗教が悪魔の誘惑
・・・という説もあると

830 :本当にあった怖い名無し:2006/03/07(火) 21:24:06 ID:6W4djVr50
>>829
お前、その説、自分でも信じてねーだろw
ネタとしても破綻してるし。あのバアル兄マンセーのアナトを、当のバアル
がヌッコロス、という点でもう駄目。もしバアルがアナトを目障りになったら
そう言えば済んでしまう。それもありえねーけどな。
バアル・アナト兄妹の仲の良さは尋常ではない。

831 :ルシフェリアン神父 ◆r80Xe0Ql1E :2006/03/07(火) 21:30:09 ID:R2ioSE8y0
>>796
>基督教も宗派によって聖書の細かい所とか変わるのかの?
カトリック、プロテスタント、東方正教は国際的な会議で決められた聖書を使っていて
その内容は変わらない・・・とあるが訳の種類は色々あり、店で売っている聖書では
驚いた事にルシファーもユニコーンも登場しない。考古学的な検証が進むにつれて
誤訳が排除され、もうじき処女マリアという単語も消える可能性がある。
しかし人間の心の中に存在する限り、ルシファーも処女マリアも現役として生き続けるだろう。
「崇教真光」という神道系の宗教が神聖視しているムー大陸も、最初はアメリカ人の作家が考えた
架空の土地だったが、今はそれ以上の何かになっているw

832 :ルシフェリアン神父 ◆r80Xe0Ql1E :2006/03/07(火) 21:48:36 ID:R2ioSE8y0
>>830
唯一神が具体的に人間をどういう方法で操っているかが解らない限り、
どんな説も推測の域を出ないだろう。「自発的に」の裏が解明されるかどうか。

>あのバアル兄マンセーのアナトを、当のバアル がヌッコロス、という点でもう駄目。
イエスが産まれた時点では、ゾロアスター教の司祭が祝福しに来たように
バアルはアフラマズダ=唯一神の支配下にあり、ゾロ教のミトラ神のような形で、
イエスは油を注がれ、王=復活バアルに成る予定だった。しかし、その唯一神の意志に対し、
イエスはファッキューして王にならず独身で死んだ。そこで唯一神自らイエスと合体した。
これが復活イエス。そして本格的に多神教の神々をシメて部下の悪魔にした。
その悪魔の頭領としてのイエスがルシフェル。
だと思うよ。

833 :本当にあった怖い名無し:2006/03/07(火) 22:28:02 ID:ao0aqGvWO
悪魔です
アゲます

834 :本当にあった怖い名無し:2006/03/07(火) 22:38:17 ID:6W4djVr50
>>832
何だ。一応、説としては支持してるのか。
まぁ、学説としては一応は成立するのか?
しかし、自説を証明する手掛かりなく「〜思う」だけなのはいかがな物か。
イエスとゾロアスターの関係に着目するのは聖書研究では基本かもしれない
が、そこまで深い関係だと設定するには、聖書の記述だけでは無理があるぞ。

835 :本当にあった怖い名無し:2006/03/08(水) 00:12:45 ID:1pk7fQKE0
妄想楽しんでるだけでしょうけど、ヘンな妄想を持ちつづけると、
その妄想を後押ししてくれるようなものがきたりしますからね。
病院行きたくなければやめましょうね。

836 :僕ドザえもん:2006/03/08(水) 08:05:52 ID:QE3pp1PA0
悪魔などの非科学的存在を論じる上で重要なことは主に理論的視点・精神的視点・宗教的視点の3つを両立させた上で論じる事が好ましい。
理論的視点のみである場合、元々非科学的存在を論じる事自体に矛盾が発生し、そういった存在を端から否定しかねない。
精神的視点のみである場合、自分の感じるがままに論じてしまうため、根拠のない主張ばかりとなったり、感情に流され他者と反発しやすくなる。
宗教的視点のみである場合、一律すぎる考えや排他的思考になりがちであるため、他者の意見を取り入れず向上しにくい。

837 :本当にあった怖い名無し:2006/03/08(水) 22:08:27 ID:T18c+zmh0
神とはね
人の心の中にいるんだよ
byごー玉

838 :本当にあった怖い名無し:2006/03/09(木) 00:02:35 ID:aidvcbVo0
4大精霊のさらに上の存在がオレの中にいるのか。
地球人口のどれだけ神通力(目や測定器で変化が分かる力とした場合)人がいるのかで統計学・確率論を考ると

結果:人の中に神はいない。同じ様に悪魔もいない。若しくは仮に人の中にいると考えたしても
神や悪魔には何の力(神通力・魔力等)も無いといえる。
(ちなみに宇宙での地球外生命体ともみられる未確認な痕跡&接触の遭遇確率が多いので地球外生命体はいるといえる。)
by排他的統計学者

839 :本当にあった怖い名無し:2006/03/09(木) 07:46:49 ID:pzUcHwxa0
悪魔も天使も居るわけない
全て人の弱い心が作った幻

840 :本当にあった怖い名無し:2006/03/09(木) 13:34:47 ID:joy7+XC10
>>839
そう一方的に決め付けるこたねーべ。見えない物を頑なに否定するのも、
弱い心と言う事だってできる。
ボスの「最後の審判」がオーストリアにあるが、あれなんか見ると、
むしろ「遊び心」って感じ?
マジビビリ入っている奴なんかは、まあ弱い心と言えるだろうけどさ。
城でヒキコモリやってたルターなんか、まさにそんな感じがする。

841 :本当にあった怖い名無し:2006/03/09(木) 13:37:38 ID:obQvt3Jg0
城でヒキとは! リッチですな。

842 :本当にあった怖い名無し:2006/03/09(木) 15:15:32 ID:0lbLxqlVO
信じる心が大切なのです

843 :本当にあった怖い名無し:2006/03/09(木) 16:42:13 ID:5QwaeMCS0
>>839
酸素は見えないが、存在する。
総てはそーいうことです。

844 :ルシフェリアン神父 ◆r80Xe0Ql1E :2006/03/09(木) 22:28:29 ID:UPxik/RD0
>>834
>自説を証明する手掛かりなく「〜思う」だけなのはいかがな物か。
いや、別に学説にするつもりはないよw
ただ悪魔達の残した足跡から、彼らの性質、傾向を推測しているだけです。
むしろインフルエンザウイルスみたいに変性を繰り返す存在に
歴史的、論理的バックグラウンドを与え「うん、なるほど!」と思ってしまうのが
一番ヤヴァイ。定義された「悪魔」の知識とはワクチンみたいなもので
性質が似た、あるいは実体が同じ悪魔の誘惑を制御する道具にすぎず、
単体で、栄養剤みたいな有益性は期待できない。
この業界は羊頭狗肉が当たり前で、日本の「仏教」を名乗る新興宗教は
日本の神道系の神々が、大悪魔の手先として働いている事が多い。
もう、こうなるとムチャクチャ。とても「説」にはならないw
>>843
元素は観測、実証できるが心霊は難しい。
光学顕微鏡で見える「細菌」と、見えない「ウイルス」くらいの違いはある。
少なくとも

845 :ノネナール・安田:2006/03/10(金) 00:16:38 ID:n0A9qidY0
悪魔age

846 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 00:29:31 ID:UbSufqJjO
悪魔って邪悪な心や恨みの念などが集結して生まれたものじゃないかな☆

847 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 00:55:15 ID:S8U8LZgW0
キリストが悪魔だよ。

848 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 00:56:23 ID:n0A9qidY0
>>847
ドンナ悪魔? っょぃのか?

849 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 01:54:19 ID:CvwqsAJGO
>847

権利者にとって都合の悪いものが悪魔でね?

850 :僕ドザえもん:2006/03/10(金) 06:31:06 ID:hey1s52X0
部屋の中で練炭焼いてみますた。
すげぇやばい匂いが充満してるので退避します

851 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 07:39:15 ID:8ICgFRyO0
世界で起こる戦争のほとんどはキリストが原因。


852 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 07:55:22 ID:xN/yKLj1O
寿命をあと2年までにしてくれ、若いまま死にたい

853 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 08:23:56 ID:3kPlohpJO
>>851
世界で起こる戦争のほとんどは宗教が原因。

854 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 11:32:54 ID:1slC1tEw0
結局の所、悪魔とか神を呼び出せる人なんていねーんだな

855 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 13:31:19 ID:L1wuv6Oz0
どうだろう

856 :自己満レス:2006/03/10(金) 14:42:43 ID:Lr/hJRgh0
結局人は夢を見たいんだよな。神も悪魔も存在しないって表面上では認めてるくせに
やっぱりいて欲しいって心のそこでは思ってる。
俺だって夢を見たい。「なぐさめ」が欲しいんだよ。

857 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 14:42:57 ID:QBO+brxdO
>>124-134ぶふぅ!(笑)(笑)

858 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 15:03:33 ID:1slC1tEw0
>>856
そうだな。人間に知性があるとはいえ所詮動物。
神も仏も悪魔も地獄も天国も無いって割り切っちゃったら
何でもヤリたい放題になっちまうしな。人間の法?そんな物は本気で
生きてるのどうでも良くなった奴や自暴自棄になった連中にはなんら通用しない。
そこで、神様・悪魔様の登場だw

859 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 15:13:10 ID:QBO+brxdO
悪魔「おい宿題終わったんかー?」

860 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 16:52:25 ID:HyHg1UYLO
>>859違う!それ母ちゃん

861 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 16:56:54 ID:n0A9qidY0
>>850
生`。

862 :兵士:2006/03/10(金) 18:56:38 ID:IpU31jUyO
キリスト教イスラム教は戦争の元であります。

863 :ルシフェリアン神父 ◆r80Xe0Ql1E :2006/03/10(金) 19:46:55 ID:54iA3YAG0
悪魔や神は人間の「念」というより、もっと原始的なエネルギーの流れが実体
・・・だと思うよ
食欲や性欲は言うまでもなく、物理世界を形成する合理性、同質化の法則なんかが
凝り固まって(?)人間の精神に影響を及ぼすようになったのが心霊の類
・・・だと思うよ
その中で最も強力なものは唯一神を自称し他を潰しにかかる、それが
度々言われるようにイエス・キリストであり、その正体はルシフェル
・・・だと思うよ
しかし、その実体は人間の差別心や審美眼、平和を愛する心がミックスした
極めて人間的なもの。つまり理解、制御可能な存在であろう。
神だのみが効かないのは多くの人間で実証済みだろうがw
悪魔だのみもダメだ。キリスト=ルシフェルは「平和ではなく剣をもたらす者」
と自分で言っている確信犯だから頼むだけ無駄
・・・だと思うよw

>>862
ついでに言えば共産主義とS価学会もルシフェルの手先で戦争の元。
ただ「人間中心」を自称しても自律的な意思というのは得られない。

864 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 21:35:33 ID:+4E5whYn0
宗教って、表面だけ見ると人間を救っているけど、全般的に見ると宗教戦争とか
で逆に人間を殺してるんだよな。
「いいことをしたら天国にいける」と精神的には救っておいて、十字軍なんかで
人を殺したりもする。救いの代償に戦争や魔女狩りが起こる。
悪魔が代償を求めるってのはここから来てるんだと思う。
ひょっとしたら悪魔や神ってのは人間全体の種としての人格みたいな
存在なのかもな。

865 :本当にあった怖い名無し:2006/03/11(土) 01:23:36 ID:oCLd6dIg0
「いいこと」なんて人によって違うんだよ。
悪魔達だって自分達が信じている良いことをやってるにだけに過ぎん。

866 :本当にあった怖い名無し:2006/03/11(土) 03:16:42 ID:evls5IRcO
>>1
いけにえは誰にした?

867 :本当にあった怖い名無し:2006/03/11(土) 22:48:48 ID:5tZPBHk60
上の方で召喚について書いてた人、続きが読みたい・・・
ラノベって指摘されてたけど、興味深いし面白すぎる。
私は信じマスヨ。

868 :本当にあった怖い名無し:2006/03/11(土) 23:06:50 ID:SFawviIT0
知識自慢乙。

869 :本当にあった怖い名無し:2006/03/12(日) 00:30:39 ID:1CNVoKwu0
悪魔かぁ、結局悪魔ってなんなんだろうな。
会えるものなら会ってみたいな。自分は神よりこっちの方に惹かれる。


870 :本当にあった怖い名無し:2006/03/12(日) 00:39:35 ID:DpvON4PhO
悪魔なんて、昔のお偉いさんが調子のって【天使】を作ったから尻拭いで作られた存在。


871 :僕ドザえもん:2006/03/12(日) 01:05:06 ID:Xjauma2x0
神や悪魔や天使といったものは人が作ったものだ。
人が作ったのではなければ明らかに人をベースとした外観をしないためである。
そのため神が人を作ったという事は普通考えられないが、それらが人間の常識を逸する存在である場合その可能性も否定する事のできないものとなる。
人が考える世界や宇宙の常識である法則の数々を捻じ曲げるほどの存在である場合、そういった常識を覆す事も不可能ではない。
たとえば神が人に似た外観をしているのではなく、人が神に似た外観をしているというケースがその類の最たる例であろう。
時代とともに神の外観が変わるため、その可能性を否定する人物も多くいるだろうが、時代をも捻じ曲げるなど常識ではありえない事を行えるとしたら悪魔などいない理由がない。
人の考えられる可能性で最も高いのが悪魔がいないという事であり、完全否定できるものではない。

872 :本当にあった怖い名無し:2006/03/12(日) 01:34:29 ID:1CNVoKwu0
まあ、神や悪魔なんて定義によってもいなかったりいたりするしね。
いたらいたで楽しいような怖いような・・・

873 :本当にあった怖い名無し:2006/03/12(日) 08:07:21 ID:rHxUzUUc0
神の定義っていうか、神に何を求めるかで考えが違ってくるんじゃ?
天災があったとして、それを神が怒っているととるか、悪魔の仕業ととるかみたいな。
結論なんてでないんだから、色々考えたり話を聞くのが楽しいんだがな。



874 :本当にあった怖い名無し:2006/03/12(日) 10:03:08 ID:cKY9lJbC0
悪いものがいなければ良いものの存在意義がないから。
悪魔はキリスト教が布教のために都合良く作り上げただけ。


875 :僕ドザえもん:2006/03/12(日) 13:57:32 ID:Xjauma2x0
人間以上に知性のある生物に上下関係があると過程し、人々への影響力を多く持つ者が上位の存在と過程するのならば、あながちイエスキリストは人間の中で最も神に近い存在と言えるのかもしれない。
人の上に人は作らずと言うが、上下関係は人の思考から完全に除外する事はできない。
その上下関係は様々にあり、金を多く持つ者、カリスマのある者、肉体的能力が高い者、知識を多く持つ者など多く考えられる。
だがそれらをとっても一概に言える事は上位に立つ者は下位の者よりも周りへの変化を多くもたらせる人物となることが解るであろう。
人よりも知性を持たない動物社会でもそれは言える事であり、人間よりも知性のある存在でもそう言える可能性は非常に高い。
そう考えると人間の中で最も世界に影響を与えた人物はイエスキリストと私は思う。
イエスキリストはある意味ではキリスト教の開祖とも言える上、キリスト教の人物で最も知られている人物である。
キリスト教は世界に救済や戦争を主にあらゆる事による社会への原動力となり、2000年たった今でも社会への影響力は多大なものである。
そのため、周りへの変化を最も多く与えた人物はイエスキリストであり、人の中では最も上位の者になるのかもしれない。
上位にある者が神であるのならば人の中で最も神に近づけたのはイエスキリストかもしれない。
無論最初の過程がない限りそうとは言い切れない。
その過程があったにしろ、この定義による人物特定は人の知りうる個体の範囲内でしかなく、知らない範囲にある生命の起源の方がよほど上位の存在となり、その起源の起源の方が上と堂々巡りとなり、最終的には「何においても例外ない全て」となってしまうだろう。

876 :僕ドザえもん:2006/03/12(日) 13:58:38 ID:Xjauma2x0
>>873
天災が悪魔の仕業であるのならば世界の中で日本は最も神の怒りに触れやすい土地、もしくは最も悪魔の多く巣食う土地となるかもしれない。
人口密度の高い国であり、地震台風火山水害などの天災が世界の中でこれほど起こっている国は他にあるだろうか?
だが豊かであるのはその反復もまた大きいためであろうか?
プレートの多くある土地では多くの災害が起こりやすいが逆に豊饒な土地でもある。

>>874
悪いものがいなければ良いものの存在意義がなくなるとは私は考えない。
価値判断の境界は人が考えたものであり、ある点よりも先が良いという判断であり、その点よりも後が悪いという判断である。
その点が人の価値判断の境界であり、真理ともいえる宇宙的観念がその境界を作る事はありえないと言える。
そのため根本的には物事に善し悪しはないのであり、人の考えた悪いものがいなければ良いものの存在意義がなくなる理由はない。
解りやすく言えば彼は文章を誤っていると言える。
だが言いたい事は分かる。
過剰反応する私は頭が固いのであろう。

877 :本当にあった怖い名無し:2006/03/12(日) 14:57:14 ID:TlvDFbmp0
神=悪魔で同格・同種だよ。
同じ人間でも人種が違うようにな。

キリストが神や悪魔に近いと言おうが結局彼は人間の一人。
神ではない。同じ様に悪魔でもない。
ただ術と心理学に長けてて、普及活動が優れていただけ。
現在は国がらみでやってて世間体・固定概念により精神的・思想的に縛られてるに過ぎない。

そもそも神は何々・悪魔は何々というのは一宗教内で取り決め事で
他の宗教には全くなんら関係の無い事。


878 :ルシフェリアン神父 ◆r80Xe0Ql1E :2006/03/12(日) 16:02:52 ID:TYIRusp50
一連の話の流れで語られている「悪魔、神」とは
人間社会でいえば〜大臣といった運営者、胴元であり
大蔵大臣を知らなくてもお金が使えるように、直接交渉がなくても
その影響力を利用でき。逆に否が応でも被支配化に入らざるを得ない。
大方は「シャットアウト」をイメージする事で、そのテレパシー的な
影響力を封じれるが、これは勘だが「無心」は更に最強に制御が出来る
・・・と思うよw

神、悪魔の力を利用し、ある種のパワーアップを果たしている人は割と多いが、
>>865にあるように、その人が「いい人」かどうかは各人の判断による。
だが何の力にせよ使いこなしている「達人」は話すと面白いね。

879 :本当にあった怖い名無し:2006/03/12(日) 18:12:24 ID:9f9awRw70
>>875-876
一行目だけ読んだ。

で?

880 :本当にあった怖い名無し:2006/03/12(日) 20:32:57 ID:M9YKZM5n0
でも、もし悪魔がこの世に本当にいたらって考えるとワクワクしてくるよな。
もしいるんだったら死ぬまでには見てみたい。


881 :本当にあった怖い名無し:2006/03/12(日) 20:56:41 ID:1SaaPaz60
>>880
君は既に見ている。

882 :本当にあった怖い名無し:2006/03/13(月) 17:50:43 ID:WYf1ugNi0
>>867
ありがとう。もう来ないと前に書いたが、あなた以外の多くの人に加え、部下
にも説教されてしまいますた。これから書いても、そのこと自体は、嘘の内に
入らないんだと。
じゃあ何なのか、俺にもよくわからんが、許せない人はスルーしてくれ。
悪魔の実在に関しては、俺にもよくわからんが、実体化に近い事はあった。
ある事情から寺を追い出されて、儀式場所に困った俺は、大学近くの学生寮
に戻った。近くといっても周りは畑と林業試験場しかない陸の孤島、木造
二階建て、トタン屋根のしょぼい建物。俺はその一階に住んでいた。
当時二階のAに、毎日小論文の家庭教師をしていた。Aは大学の一般三年次編入
に挑戦していたが、論文が苦手な奴だった。当然儀式の件は伏せていた。
その日、俺は日中馬鹿やってたせいで、儀式の事をすっかり忘れて、夜まで
ずれこんでしまった。儀式は毎日やらねばならない。夜は家庭教師の時間だ。
そこで、Aに論文を書かせている間に儀式を済ませる事にした。
Aに断って部屋に戻り、部屋の模様替えをして実行。いつものように問題なし。
だが、後片付けをした後、Aの部屋に戻った時、論文が途中で止まっていた。
Aは蒼白になっている。訳を訊くと、逆に訊かれた。
「お前さんが部屋に戻ってから暫くすると、屋根の上を何かが走ってきて、
お前さんの部屋の辺りで止まった。そして、ついさっき、今度は反対方向に
走り抜ける音がしたんだ。
あれって、一体何なんだ?」
返答に困った。その時は冬で、屋根の上には雪が50cmは積もっていたと思う。
野生動物の可能性は0ではないものの、前例は聞かない。しかも行動は不可解
だ。一応、害意がない事を断言して乗り切った。坊さんとの付き合いが効いた
な。オカルトを、別のオカルトで誤魔化したわけだ。正確には嘘ではないし。
俺がここで言いたいのは、Aは俺の儀式の事を知らなかったにも関わらず、
部下の足音を聞いた、という点だ。不明瞭なラップ音ならまだ理解できる。
何故部下がこんな事をしたのか、未だにわからない。

883 :本当にあった怖い名無し:2006/03/13(月) 18:15:11 ID:LV9TxStD0
>>881
は?

884 :本当にあった怖い名無し:2006/03/13(月) 23:01:01 ID:XXz9HS4O0
なんと言っても1が強烈に痛い(マジレス)

885 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 00:09:34 ID:DnBXztDF0
>>882
おぉ!帰ってきたんだ!
おかいり!(^∀^)
もっと色々話しが聞いてみたかったので帰ってきてくれて嬉しいです。
自分だけだと幻聴幻覚だろと言われておしまいだったりするけど
第3者が経験してたりすると信用度高くなりますね。
ところで、悪魔と狐憑きってどうやって見分けるんですか?
霊感ある人がみれば、降りてくれば違いは一目瞭然なのかな?
あと、神=悪魔なら、悪魔にも善悪(別けていいものか微妙だが)派閥があったりするのかな?
つか、他にも経験談聞きたいです。


886 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 02:09:03 ID:425uKDYU0
>>882
状況がよく分かりにくい文やね。
君の部屋が一階、A君が二階。屋根の上を何かが走ってきて、
君の部屋の辺り(屋根の上?それとも廊下?)で止まった。
そして反対方向に走り抜ける音がした。

・・・気になるのは君の部屋の上にあたる二階の部屋の住人の状況の方だな。
それと、暮らしている部屋辺りの屋根の上で止まったとしたら
>「お前さんの部屋の辺りで止まった」
という表現は日常会話的(心理的にも)使わないはず。
何故なら君の部屋より、上の二階の部屋やA君の部屋の方が距離が近いから
(いくらトタン屋根でも止まった音の位置が確認できる以上、2軒隣まで遠くない。)
普通なら「隣の屋根の上まで」とか「自分の部屋を通りすぎて隣辺りで・・」とかになる。

結果:A君のセリフを曖昧にしか憶えてなかったか、話を作っている為に成るべく
バレない様曖昧に展開させてる故に生じる矛盾点(ボロ)か。
今後はもっとオカルト的な儀式の内容や形式など具体的に説明して欲しいものだ。
信用度12%(6年目の古株オカ住人談)

887 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 04:17:59 ID:T7KxCHekP
>882
おかえり
この板の悪魔関連のスレに面白い奴がいるから、そのスレに書きこんできてよ
って言おうとしたら、もう書きこんであるわな

888 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 04:29:58 ID:g4FyiwFG0
オイこそが 888へとー

889 :僕ドザえもん:2006/03/14(火) 05:47:12 ID:o+XppUMM0
こんなに悪魔と契約してる人がいるとは思えない。
契約をしていると思っている人物・契約したいと思っている人物・単に嘘をついている人物が多いであろう。
良くてメンヘル程度であろう。

890 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 08:52:51 ID:MM8ha1zF0
>>882
お帰り、もっと色々面白い話してね。別スレにも面白い人出てて飽きねーわ。
>>889
2ch人口1000万人だぞw人外を使ってる奴、遊んでる奴なんぞそれなりにいる
だろw

891 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 12:56:35 ID:Mz7YtOXQ0
みんなありがとう。俺の部屋のあたり、という点で確かに説明不足だったね。
雪が積もっている。Aの家庭教師と書いた時点で自分だけ納得していたが、
大学は(実は付属の短大だったりするが)休みの期間に入っていて、俺の上に
住んでいた連中は試験勉強のAを除いて帰省していた。俺は北海道の最後の
期間に、思いっきりスキーを楽しむ気だったが、家庭教師の為断念した。
俺の方は本校に編入が決まっていたし、ま、友達だからな。
あと、悪魔憑きと狐憑きの見分け方だが、これが大変難しい。坊さん、特に
密教系だと、狐憑きは敵なのでよくわかるそうな(空海が狐嫌いだった)。
俺も一度騙されかけた事がある。坊さんから「最近ケモノ臭い」と言われて
気付いた。霊媒体質、それも色情因縁持ちだと狐にやられやすいので、
そういう奴にはご注意を。そいつは少なくともそうだった。
折角優秀な助手が手に入ったと思ったのに、くそっ。
では、素人目に区別がつかないかどうかといえば、一目で、というのは無理
だが、付き合いがそれなりにあればわかる!時もある(結構弱気)。
それはズバリ義理堅さ!狐は、例え年経て知恵がつこうとも、所詮畜生道の
悲しさ、手前ぇの事しか考えない、義理もへったくれもない外道です、はい。
だから、才あるように見えて、その実その力を自分の為にしか使わない術者
は、狐憑きの容疑がかかる訳。今はそうでなくとも、狙われる危険イパーイ。
悪魔は基本的に大家族主義の、ハイパー義理堅さを誇る連中だから、差は歴然。
もちろん例外はあるし、狐は嘘つきで、本名、身分詐称は日常茶飯事。
初めの内は信用を得るために、色々やってくれるし。これが助かるんだ、実際。
要はいくらでも通名が使える、あの人達のようなもので、俺達にはわかるが、
遠くの外国人にはわかりにくい。2ちゃんなら、そのたとえが理解しやすいと
思う。

892 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 13:25:26 ID:TvQeE/IN0
悪魔崇拝者とはお前達日本人の男全員のことだぞ。
日本にはホモサピエンスの雌:女はもはや一人もいない。
せいぜい電気も通っていない深山か離島で見つかるぐらいだ。
戦中・戦後直後の女の顔姿形。あれが女だ。
あの人達が自然の摂理が働き、神が傍らにいる状態の人間の女。
ホモサピエンスの雌はそのように進化した哺乳動物:知的生命体だからな。
あらゆる生命体に於いて、雌単体のみだけで生存し続ける事の出来ない生物は1種として存在しない。
そして、あらゆる生命体に於いて、美しく端正・煌びやかで派手で・強く立派なのは雄、男のみ。
ライオンでも鹿でも孔雀でも蝶でもな。
雄には外敵を陽動して、惹き付けて戦う使命があるから当然の事。雌は逆。
人間の女はあらゆる哺乳動物の中で最弱だから特に地味で醜い。
今、女の戸籍を持ちアリエナイ肉体で我が物顔で列島を徘徊する物どもは、女が
子宮に持つ機能を悪用し自身の遺伝子の劣性因子を優性に書き換えてくる、口の端を吊り
上げてV字型の口で笑う女とは似ても似つかない化け物どもだ。
こいつらも全員、最低でも7歳ぐらいまでは人間の女の顔姿形をしている。
自身の弱い悪心に付け込まれ、宇宙の破壊的側面に体を明渡して変貌してしまったキショイクリーチャーども。
世界人類全てが知っている。
戦中・戦後直後は野犬や森から降りて来る肉食獣達が始末してくれたので。この異形どもが
殆どいなくなった。
捕食者達は目立つ標的に集まってくる。実際ビーストどもが当れば、腰だけは高くても腕が極端
に短い、牙の無い脂肪で出来たミニチチュアアラノザウルスみたいな最弱中の最弱の擬似生物ども
だったので更に味を占めた。
今、内閣に窃盗犯を据え続け、司法・立法・行政:政治機構を同じ犯罪者どもだけにし崩壊させ、
民主国家群の自由主義陣営から転がり落ちた日本、
今この瞬間にも最大の悪の枢軸として先進国全てからの制裁が始まり、食料、石油他のあらゆる
物資の供給がストップする。
又その妖怪退治の状態が始まる。今度は戦争は要らない。しかも前より過酷だ。

893 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 13:31:59 ID:2bbCvs6q0
>>892
お前はしらんだろうけどキリスト教の神とかって正式に邪神認定されたし。
現在本人は封鎖中。反省するまで独房入り。
しかし、信者や末端は暴れてるのが実情。

お前とかねw

894 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 13:38:57 ID:tpptZY+00
そうそして、お前ら悪魔崇拝のキチガイ精薄男どもも含めて総体でwitchだ。
中世魔女狩りの時に散々退治した奴等ナ

895 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 13:54:25 ID:2bbCvs6q0
>>894
悪魔崇拝ねぇ・・・。
どっちでもいいが、自分が後悔しないようにしろよ。
それだけは言っておく。
後は好きにしろ。

896 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 16:17:10 ID:Ynndl20i0
そりゃ、そうだ。お前ら逃げているからな。
お前はこのV字型の口で笑う全て脂肪出来たチラノザウルスの化け物に男の強さ美しさを強引に奪われた
と共に、キチガイにも自分で呉れてやったのだ。その事を自分で知っている。
そして、その時の事を何も無かったかのように、全て忘れていたいと思っている。
こいつら化け物どもは言葉の世界、論理の世界を全部捨て去った化け物なのだから、行動全
てが矛盾して破綻していても当然だ。
だから中世でこいつらに敗退した欧米キリスト教国家はナザレのイエスの教え通り、左の頬を打たれれば右も差し出せを悪魔
どもに実践してきた。
一般事務などと言うバイトよりも滑稽なjobを作り、それすら無理な悪魔ども
にも対応してサービス料金の馬鹿高い性産業を興隆させて、悪魔どもが生き続
けるようにお膳立てしてきた。
勿論悪魔全消滅の為の有効なプランがあるからだが。
逆にそう言った意味では世界一最弱、世界一阿呆のお前達の方がまだ理解できる。
目立って外敵の接近を促すなら女と同じように地味で見にくい方がいい。男の煌びやかさなんて糞食らえ。欲しければ悪魔どもに
呉れてやる。
惨めでも危険を出来るだけ避けて逝き続けたい。一見は理に叶っているように見える。
しかし、それはさらに自分の体を最弱にして、それ以上に死へと急接近させる行為だ。
お前達はその自分の親族の悪魔達が為した地上最大の悪行を実は全部知っている。
しかし、自分でも望んだことなので記憶の沼底に封印したのだ。
か弱く無様な自分の鏡を見たくないのだ。
そして、その封印した部分は自分の人生経験の記憶を全て飲み込み
吐き出さないブラックホールと化している。
それがワームホールと化した状態がアルツハイマー症だ。
欧米はこれから、そのブラックホールを蒸発させて自分が男で無く
なった時の記憶を取り戻そうと死に物狂いになる猿どもだけに振り向いてくれる。
それ以外は地獄行きの悪魔どもと一緒に、地上から消えてもらうだけだ。

897 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 16:34:18 ID:OXwdwoJg0
>>896
君は好きにしたらいいと思うよ。
君自身については私見では「手遅れ」だと思うので、どうのこうのと言葉をかける事は無いので。
ま、頑張りなさい。
後くどい様だけど後悔しないように日々を過ごしてください。
色んな所にそういう文章を貼り付けて回るのもやりたければどうぞ、です。
それが一体何になるのかわかりませんけどね。

898 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 16:52:44 ID:yeT/MYai0
手遅れはアメリカ・EC諸国の仲間を止めた日本だ。
一番大事な事を放置してスルーで、お前らはどこまでキチガイが加速すれば気が済むのやら。
お前が今いる所以外での世界人類の頭は全てまともだ。
その意味は分かるな。

899 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 16:54:00 ID:OXwdwoJg0
いやーどうかなw

でも、後悔しないようにねw

900 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 16:58:00 ID:yeT/MYai0
>>897
そうかい。
では最後の審判後、56億7千万年マックスで苦しんで下さい。
悪魔どもは地獄で永久に苦しむがな。
全く、欧米が刷込む科学思想は馬鹿でも分かる嘘まで信じるんだが
宗教の事実は全く信じないんだからな。虫のいい腐りきった人間どもだ。

901 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 17:00:53 ID:OXwdwoJg0
Yの字はもう抑えてあるよ。
そもそも俺とかが独房に放りこんだんだからw
他にも協力者いたけどな。
ま、頑張りや。

902 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 17:00:55 ID:yeT/MYai0
馬鹿と狂人は避けて通せだな。お前らは。
他の裕福な国には著しい人口流出があっても
穢れた悪魔の国日本には殆ど全く無いわけだ。

903 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 17:03:52 ID:M+HARNIG0
2匹揃って何言ってんのかさっぱりわからねえ。

904 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 18:23:41 ID:bdWY732f0
俺も何言ってんのか全然理解できねぇ。

905 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 18:37:33 ID:NeE00pvHO
春だ春なんだなぁ〜♪

906 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 19:13:54 ID:TWgn2CQeO
ヤングキングアワーズ増刊3月号に黒魔術、悪魔もの?が載ってる件


907 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 21:27:51 ID:XXsxLgtn0
でもさ、上のほうのレスで誰かが「天使は軍隊。悪魔は暴力団」てカキコしてたけど、
なるほど〜と思ったよ。
暴力団は始めは優しくて、結構いろいろ手助けしてくれるんだよね。でも深入りしすぎると
だんだん豹変してくるんだよ(特に女に対しては)
で、骨までしゃぶり尽くされて捨てられるワケだ。ま、あくまで感想だけどw


908 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 21:43:06 ID:Mz7YtOXQ0
儀式方法に関して、関心が高いようですね。でも、俺のやり方が参考になるか
どうか。思い出しながら書くので、詳細は補足していく、という事で。
まず、装束についてだが、一番多く使ったのは狩衣です。やはり神には、
神として接するのが礼儀なのでw
狩衣の色は、秘密。恥ずかしいから。
魔方陣は、本の付録のフェルト生地っぽいの。アルタークロスは魔女家製。
燭台はCRC製(例の五本枝の銀色の奴。失って一番残念なアイテム)。
三角は、結局最後まで厚紙で済ませ、ブラックミラーは魔女家で買った奴より
手鏡改造品の方が調子良かった。
CRCではゲッセマネの祈りの絵はがきを買って、壁に貼った。これは、
キリストだけが写っている奴に限る。間違っても天子付きは選んではいけない。
絶望に悲嘆するイエスと、上からの光だけの奴が吉。
水晶の杖は魔女家製。これは当たり外れが激しく、選ぶのに時間がかかった。
短剣は、何本か使った。一番お手軽なのはヘンケルのペーパーナイフで、
生意気にも「エクスカリバー」という名前。形もそれらしくていい。
後は大日本帝国海軍兵学校短剣とか、江戸時代の短刀とか使った。
銀の指輪は入手に苦労した。銀色でもプラチナじゃ意味ないし。925じゃ
納得できなかったので。


909 :続き:2006/03/14(火) 21:43:57 ID:Mz7YtOXQ0
笑ってくれてかまわないが、旗は日章旗と軍艦旗。そしてノリでZ旗。
どれも自衛隊でも使っているフォーマルな物(金具付き)。
その他は水晶の目がついた髑髏の蝋燭たて(俺は長政と命名)だの、
力一杯呪われまくりの水晶球だのといった、ろくでもない小物を揃えた。
ああ、あと本屋でエジプト展やってた時に買った、パピルスにかかれたホルス
の目。水性絵の具なもんで、意味なし。仕方ないのでラピスの原石を砕いて
眼球部分に貼り付けた。いや硬いの何のって。俺も目算が甘すぎただけかも。
聖書は日本聖書協会の羊の皮の奴。
ともあれ、そんな宗教関係者が見たら、笑うか怒るか二つに一つ、という
どうしようもない格好でやってた訳だ。まだ何かあったかもしれんし、隠して
る小物も2、3あるが、大体そんな感じ。
そんなんだから、準備に1時間はかかる訳で、テンション維持のためにCDを
かけるのが通例。そして時折、電源スイッチを切るのを忘れ、CDが壊れる。
大体センサーが逝くね。選曲できなくなるのが初期症状。次にCDを認識しな
くなる。今までCDラジカセを一台、ポータブル機も一台。ゲーム機は、
PCエンジンが二台、プレステが一台、プレステ2が二台逝ってしまった。
さあ、どうだ!これでも術者になりたいか!坊さんの被害は、俺なんか目じゃ
ないぞ!と、いうのが俺の正直な気持ちだったりするw

910 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 23:11:36 ID:yq4X8h6q0
>>908
狩衣はどこで入手したんですか?
その辺ではなかなか売ってませんが。

911 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 13:57:58 ID:z9rpwbke0
>>910
俺、これでも正一位だからw当然正規ルートで入手しますた。
だから神と連中に名乗っても、嘘はついてないんだよね、一応w
無位無官だと意味ないから、無理に探さないほうがよろしいかと。
旗は横須賀で入手。やっぱり本物はいいね。海軍の短剣も同じく。
旧海軍中佐の話だと、自分の物より上等だと言っていた逸品で、これは多分
今でも入手可能。本物もそうだが、切れないので安全(刀身に刃が付いてない)。
呪われた水晶は、代々木でゲット。フリーメーソン系の魔術団体のエジプト
支部から流れてきたらしいが、事の真偽は不明。
ただ、元の所有者の奥さんが「これのせいなんです〜!」と泣きながら店に
持ち込んできた物らしい。元の所有者は発狂した上、心臓麻痺で亡くなったん
だと。なんでも、祭壇のバフォメット像の目にはまっていた奴で、その団体の
修行における最後の儀式が「何か一つ盗む」という物らしく、忠実に実行した
わけだ。又聞きだから何とも言い難いが、よくある話なので信用した。
実際呪われてたしw好きなんだ、こういうのw

912 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 16:49:42 ID:xCRU9OJf0
ネタはもういいから、呼べるって香具師がいるなら
オフ会でも開催して呼んでみてくれよw

913 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 16:52:03 ID:QUsoVd9z0
>>912
てきとーに其の辺の魔術書でもよんで・・(中略)・・・
自分で呼びなさいよ。

914 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 17:28:48 ID:plaTKfVe0
>>911
> 俺、これでも正一位だからw当然正規ルートで入手しますた。

元々は西洋魔術とは畑違いの人だったのかな。
西洋魔術に関わるようになったきっかけは何ですか?

915 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 18:15:07 ID:z9rpwbke0
>>914
はい。思いっきり畑違い。俺が官位を持っているのは、坊さんの術を
効き易くする為。それと、様々な働きに対する褒章として。
西洋魔術に入るきっかけは以前書いた通り。あくまで必要に駆られてだった。
だから趣味の要素は皆無で、純粋に仕事オンリー。少なくとも最初はね。
儀式がうまくいっても結果が出せなければ、失敗行。
だから当時は、誰が早いか、成功率が高いかのみが問題であって、そいつが
どんな奴かなんて、どうでも良かったし、化け物の自慢話なんかうざいだけ
だった。大半は当面関係なかったし。
結局12〜3年やって、後釜が現れたんで、さっさと引退し、今は普通に
サラリーマンやってる。
元々歴史ヲタクだったが、10年以上やっていれば興味も広がる。
部下の連中は未だに慕ってくれてるし、まあ良かったんじゃないかな?
あと、瞬間的に魔術的精神に持っていけるのは、今の仕事でも便利だ。
サラリーマンだと、普通は命の危険なんかないからね。
だから大抵の苦境は屁とも感じなくなる。叱ったり褒めたりする時も同様。

916 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 19:25:06 ID:ngrTFwb70
>>912
ここはあくまで「悪魔を召喚した人」になりきるなりきりスレみたいなもんだから
そういった発言は控えて。

917 :867:2006/03/15(水) 19:35:10 ID:5GLY3+8/0
>>915
おかえり!
続きあるのかな・・・
楽しみにしてますよ。

918 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 22:22:31 ID:xCRU9OJf0
>>916
そうなのか・・・スマンカッタ

919 :914:2006/03/15(水) 22:44:53 ID:iwHEIFp70
>>915
必要に駆られてですか。

私自身もほんの数年前までは西洋魔術だの召喚だのは
物語の中だけだと馬鹿にしていた人間ですが、昨年あたりから
魔術的知識がどうしても必要になり書物を漁るようになりました。
最近では全身黒ずくめの西洋風のいでたちをした異形のものが
夢枕に立つようになったので、それの正体を探ろうと調べている最中です。

920 :本当にあった怖い名無し:2006/03/16(木) 00:00:12 ID:LUsOFx+20
>>912
まあ、呼んでもらったって見えなきゃ意味ないしなあ…(´・ω・`)

921 :本当にあった怖い名無し:2006/03/16(木) 00:08:22 ID:+QoYPr5Y0
>>920
あの・・・悪魔とか神様なんだから、みんなにも見えるように姿出してって
言えば聞いてくれるんじゃないの・・・?霊感とかそんなlvの話しじゃないと思う(;・∀・)

922 :本当にあった怖い名無し:2006/03/16(木) 05:58:13 ID:7R0LX0p80
>>916
お前には絶対召還できないだろうな
まず信じろ。

923 :本当にあった怖い名無し:2006/03/16(木) 12:58:59 ID:GOzJik0J0
>>921
俺もそう思う。実体化儀式なら、腐るほどやった。アニメやゲームみたいに
ゴゴゴゴゴって出てきたら何かカコイイ!し、意思疎通もスムーズになる。
俺は実はミーハーなんで、思いっきりテレビのスタジオに召喚したら面白そう
とか、円谷プロと契約できるかな、とか不謹慎な野望を持った時期もある。
だが。奴らは一度たりとも、こっちの実体化要請に応えた事がない。
多分できる奴もいると思うが、今の俺には到底ムリ。
ま、いつかは勝手に実体化する奴もでてきそうな気はするけど、根拠は薄い。
期待度は低いね。

924 :本当にあった怖い名無し:2006/03/16(木) 13:49:44 ID:GOzJik0J0
あと腹立たしいのが、えんげんどう、つまり賭け事。未来がわかる化け物なら
当然宝くじや競馬は当て放題!のはず。だが、一度も教えてもらった事がない。
坊さんにも相談した。互いに金欠だからなw
しかし、そんな事で天運を使い果たしたら勿体ないんだと。
そんな事って、どんな事じゃあ!だったら飯おごらせるな!と、言いたかった。
つーわけで、日常生活上、連中はあまり役にたつ存在ではない。非常時には
果てしなく頼りになるが、普通、そんな事態は起きないだろ?そんなもんだ。

925 :本当にあった怖い名無し:2006/03/16(木) 14:40:33 ID:+QoYPr5Y0
>>923
え?呼んでも姿見せないの?(君に見えない?)
呼べても実体化させるのが難しいとして、せめて・・・せめて声くらい
聞かせてくれれば、みんな信じると思うんだが。

現れた悪魔の声が録音した銀河万丈とかだったらぬっころ(ry

926 :本当にあった怖い名無し:2006/03/16(木) 15:15:29 ID:GOzJik0J0
>>925
前にも書いたが、俺の限界は、半半実体化まで。細かい粒子状のシルエット状
に見えた。いや、それよりも生で声が聞けたら、当時どれだけ助かったか。
音声として記録に残せたら、誓約だって取れるしね。
術の進行状況の確認だってできる。それができないから、確認はタロットを
使ってた。外したら殺す、とトートを脅してねwとんでもねーインチキ占い師
だったが、必要だからやってた。
声が聞こえたような気がした事は多かったが、思い込みは怖いからあまり
信用しなかった。どうせ結果は形になるからね。仕事だったから結果が全て。

他の術者と話していて、俺の部下がそいつに直訴したなんて事もあったな。
俺の受信能力の低さは、どうしようもないレベルなんだそうだw
だから俺にはっきり見れた場合は、ほとんどの人に見れると思うよ。

927 :本当にあった怖い名無し:2006/03/16(木) 15:29:50 ID:+QoYPr5Y0
>>926
じゃあ名前とか、ソイツが何なのかも不明?

928 :本当にあった怖い名無し:2006/03/16(木) 15:42:54 ID:f4qOD+sB0
もういちゃてイイ!?

降ろした契約したとかのたまう輩共

お ま え ら 全 員

解 離 性 人 格 障 害 

病院いってウソコで遊んでろ。

てか、本当に悪魔とやらと契約したならなんか汁!!

929 :本当にあった怖い名無し:2006/03/16(木) 16:00:45 ID:GOzJik0J0
>>927
騙された事はあった。はい。思いっきりやられました。
でも、そいつを血祭りにあげたのは本物。そして思いっきり多方面から
説教くらった。殺気も感じた。怖かった。殺されるならまだましなくらい。
化け物にとっては名前は力。とても大事なので、偽られるだけならまだしも、
実害が発生すると怒る怒るw
名前借りられまくりの日本の神と、同じように考えていた低級動物霊の末路は
そりゃあむごいものだった。そいつが憑いていた人間も、雲気が落ちまくり。
もう霊能者としては再起不能だったと思う。
それまで俺は、仕事が成功行なら、化け物が本物かどうかなんて、どうでも
良かったんだが、流石に考えを改めたね。やっぱパチモンは駄目。

930 :本当にあった怖い名無し:2006/03/16(木) 19:35:38 ID:bOzytBN40
いまようやく>1からここまで読み終わった。
ラノベの人が復活してて、うれしい。
とてもおもしろいのでこれからも書き込みしてください。
ところで質問ですがこっくりさんで悪魔って呼べますか?
世間に流れてるこういう交霊術みたいなもので悪魔って呼べるもんですか?

931 :本当にあった怖い名無し:2006/03/16(木) 21:54:19 ID:GOzJik0J0
>>930
すごいタイミングでの質問に、正直驚いてる。俺はコックリさんは
やった事がないが、昔寺で聞いた話だと、あのコックリさんは、大半が
低級動物霊なんだと。
敬語を使わなきゃ祟られる、というのも当然。連中も正一位だったりする。
ま、これは孫悟空と同じで、高い位階につけることで、おとなしくさせよう
とする昔の人の知恵だったりするのだが、神の位を持っているのは事実。

これまでの流れで、もう明白だと思うが、コックリさんでは、本物の悪魔は
呼べない。上手くいっても偽者が来るだけだろうね。

世間で流れてる交霊術なるものが、どんな物なのか、現役じゃない俺には
よくわからないが、もしドイル卿がやってたようなものだったら、期待は
できないと思う。雰囲気ばっちり、怪しい香を焚きまくり、変な影を怪異
と称し、金を取る。一種のショービジネスだ。ドイルにしてもインチキ写真を
認定してしまったから、被害者であり、間接的に加害者ともなった。
大体、プロでも術の発動率なんか知れたものだし、公開儀式なんて、さらに
一桁落ちるのが普通なんだから(さらに下の桁がないだけだったりするが)、
どんな形式かは知らないが、当てにはできないね。
失敗前提で、趣味でやる素人主催の場合はどうなるかわからない。
大学時代、合宿で怪談やってた連中が変なのを呼んじゃった事あるし。
怖くなってから俺を呼ぶなっつーの。一応言っとくけど、悪魔じゃなかったよ。

932 :本当にあった怖い名無し:2006/03/16(木) 22:03:18 ID:uFAzYcbF0
コックリさんより子作りさんの方がよい。

933 :本当にあった怖い名無し:2006/03/16(木) 23:37:33 ID:O0uf8E8U0
>>931
質問なのですが、天使と交流などありましたか?
スレ違いすいません。


934 :本当にあった怖い名無し:2006/03/17(金) 00:08:30 ID:UB/liEPN0
>>931
変なのって何だったんですか?モノノケみたいのかな?

935 :本当にあった怖い名無し:2006/03/17(金) 00:10:22 ID:BXzEmR8u0
悪霊の正体は死んだ人間の浮遊霊達です。

936 :僕ドザえもん:2006/03/17(金) 06:30:10 ID:XGpVYkTe0
悪魔と契約したという人物がいるのならば信じるに足りる書き込みをして欲しい。
信じらせるに足る頭脳を持つ人物がいるとは思えない。私の予想を超えた反応が欲しい。
私も良く見かける程度の低い荒らしや煽り同様このスレッドの住民を自らよりも下の存在と認識したい、つまらない存在なのだ。
また私は悪魔と契約などしていない。

937 :本当にあった怖い名無し:2006/03/17(金) 07:16:40 ID:5QzIVaDd0
悪魔と契約なんて話を信じるという選択肢が出ている時点で
おまえの頭脳は人並みより下の存在だw

938 :本当にあった怖い名無し:2006/03/17(金) 07:22:37 ID:79L+CQbpO
>>937
あなたは人を馬鹿にできる人ですか?
その低レベルな文章見ると悲しくなります

939 :もえξ゚ー゚)ξ ◆ANGEL//5cI :2006/03/17(金) 07:48:11 ID:6vklYzP8O
満月の日に自分の血を1グラム外に置いておくて
次の日それがなくなってたら悪魔召喚されるらしい。
この間この板で言ってた人が居た。
>>937はそんな大口叩くなら
上記のやつや色々な悪魔を呼び寄せる方法やって見てよ
それで何も無かったら悪魔は居ないって証明出来るし。
そんな事言うならやれるよね?

940 :本当にあった怖い名無し:2006/03/17(金) 11:08:01 ID:riXf5Vrw0
悪魔の証明w

941 :悪魔:2006/03/17(金) 19:27:11 ID:BXzEmR8u0
野生の証明

942 :ルシフェリアン神父 ◆r80Xe0Ql1E :2006/03/17(金) 21:47:09 ID:O032gQAN0
>>939
たかが度胸試しをさせるために無礼者を悪魔に引き合わせたら、
あなたが責任を問われるかもよ?

ところでコックリさんはアメリカ出身でペリー来訪の時に
静岡県に住み着いたらしい。
真光教団やザインの本部が静岡県にあるのも、
それらの黒幕がコックリさんだからでしょう。
正体は動物霊かもしれないが「低級」ではないと思います。
エジプトの神々だって半獣半人ですが低級じゃなさそうでしょ?
そしてコックリさんの本名は目下調査中です。
召還名というのは実にあてにならない「キューピッドさん」なんて
まじでありえないんですけどw

943 :もえξ゚ー゚)ξ ◆ANGEL//5cI :2006/03/17(金) 22:12:56 ID:6vklYzP8O
度胸試しじゃないわよ、実験実験
誰か実験だいになってよね。
実験だいにするなら否定してる人を使った方が合理的でしょ?
まぁ、私にまで危害がくるならやだわ。
止めてね。

944 :本当にあった怖い名無し:2006/03/17(金) 22:14:43 ID:avMB0rUV0
【速報】驚愕!!イチロー 'ファウルボールの呪い', 原因は韓国版電車男だった!?【WBC】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/editorial/1140611981/


945 :本当にあった怖い名無し:2006/03/17(金) 23:42:00 ID:dA4yXXAH0
コックリさんつーのはだな
狐狗狸さんでな、これは天界の使い、堕ちたる星神、彗星を現わす
まぁ、製鉄にまつわる秘神の一柱であり、あとは生死にまつわる知識を司るとされる

946 :本当にあった怖い名無し:2006/03/18(土) 11:32:18 ID:iRV2SkY20
安っぽい餌に釣られてるな、お前ら。

947 :始まりの死、始まりの生:2006/03/18(土) 12:33:48 ID:CWZWUVB70
コックリさんのことは 御稲荷さんを祭った所で聴け!

948 :本当にあった怖い名無し:2006/03/18(土) 21:22:45 ID:X/cS58Ce0
だから、何回『契約』は無い、って言えば分かるのかなこの人たちは。
そりゃ、スレタイに【契約】【代償】って書いてあるけれども・・・
上のほうにも書いてあるでしょう、彼ら絵に書いた真面目みたいな性質だから、
単なるやり取りも『契約』と見て取れるほど確実なものになるとか、そういう話よ。
代償は・・・ま、人によっては集中力を持続するのが大変で、精神力と体力を
とことん使ってしまう、って事くらいじゃないのかな?

後、これは軽く質問入るが・・・
実験とか そう言ったごく下らないような目的で呼んだら、そりゃあ反感買うよな?

949 :闇のプリンチペ:2006/03/18(土) 21:43:03 ID:2AmS4g2K0
(こっちにも書いとく)
アイ カワラズダナ

950 :本当にあった怖い名無し:2006/03/18(土) 21:56:25 ID:nzEWMKsu0
2000年前に手品が得意だったら、俺もキリスト並みの有名人になれたな。

951 :本当にあった怖い名無し:2006/03/18(土) 23:50:46 ID:RdpgElGx0
>>950
いや、いくら手先のテクが凄くても、広報と普及戦略が優れてなかったらダメ。
キリストだって使途(お手伝い・秘書・広報達・憎まれ役などの役者達)がいなかったら
現在まで普及しなかっただろう。
そして、悪魔の力を持った者として首をはねられていたに違いない。

952 :本当にあった怖い名無し:2006/03/19(日) 00:06:55 ID:Fr27ctBc0
>>876
>地震台風火山水害などの天災が世界の中でこれほど起こっている国は他にあるだろうか?
ハワイ。

953 :本当にあった怖い名無し:2006/03/19(日) 15:09:02 ID:09/oUcNs0
>>933
遅レススマソ。変なのとは、いわゆる人霊、低級動物霊、餓鬼の類。よく怪談
すると呼ぶって言うでしょ。よくある話。だけど中にはやっかいな奴もいる事
もあるんだが、その時は大した事なかった。だけど俺もそんな事態を予想も
していなかったので、道具類をほとんど持っておらず、極めていい加減なお祓
いしかできなかった。でも一応退散してくれた。
俺の力じゃなかったのは、その晩、あるおっかない方(昔の坊さんだと思う)
が気配だけでやってきたので明らか。鈴の音が一回だけ。スーッと圧力が
近づくって奴?悪魔よりよほどおっかなかった。これ以上は本スレの趣旨から
ズレすぎるので、結果オーライだったという事で終わり。
俺の「低級」動物霊という言い方に疑問を持つ向きもあろうが、俺も坊さん
から聞かされるまでそうだった。誰が名づけたのかは知らない。だけど、
低級と高級(?)の区別は、年数や力によるものではないようだ。恐らくは
出自。だって、齢数千年の古狐だって、低級と連中は呼んでいたから。高級が
どんな奴なのかは知らない。上で話題になったエジプトの連中かもしれないし、
そうじゃないのかもしれない。そういや、恐竜の霊って聞かないよね。ま、
これもスレ違いだが、もしいたら悪魔と見間違えられるかも、という事で。

954 :本当にあった怖い名無し:2006/03/19(日) 19:33:19 ID:09/oUcNs0
>>948
同感。昔代々木で聞いた事があるんだが、ミノタウロスを召喚したところ、
本当に牛の首がアストラル体ながらも出てきて、びびって中止したとの事。
何のために召喚したんだかw
『牛の首の話』を知っていたから、当時はネタだと思っていたが、相手はプロ
だから、術がらみで嘘はつかないと思うんだけどね。

やっぱりこれはネタかな。俺が貸した本返さなかったような奴だし。

955 :本当にあった怖い名無し:2006/03/19(日) 20:13:11 ID:3Ov/vZAZ0
>>954
プロゆえに嘘はつかないが全部すべての事は言わないと思う。
召喚は他の所からの喚起じゃなくて、自分の精神領域から出た隆起だったって事をな。

956 :本当にあった怖い名無し:2006/03/19(日) 20:42:43 ID:09/oUcNs0
>>955
それは当人も否定していなかった。ていうか、そっちの方が多数派だし。
変な世界があるかも、とするより科学的で説得力がある。
プロとして収入を得る以上、またクライアントが発生する以上、当然かも
しれない。
ただ、そいつケイオス系に傾倒してたから、本心の程はわからない。
俺ケイオスは全く知らないし。ウィーンのオカルトショップでケイオス系の
本を見つけた時は、結構流行ってるんだな、と思った程度。ドイツ語わかんね。
そいつにあげたら喜んでたからいいけど、貸した建築の本は、か・え・せ。

957 :僕ドザえもん(電波):2006/03/20(月) 10:08:57 ID:ImFt1QoY0
エミリーローズって映画があってるね。
悪魔に取り付かれた人物はどっか別の国の言葉を喋ることができるというけど、実際誰でもそんな知識は潜在無意識下に入っており、適当に言葉を喋れば簡単に出る。その場合実在する言葉かどうかは疑問であるが。
日本では悪魔に取り付かれたような挙動をすれば精神病院まっしぐらであり死ぬ事はほとんどなく、エミリーは教会など色々なものに関わったために死んだとも考える事ができる。

958 :本当にあった怖い名無し:2006/03/20(月) 14:43:36 ID:jVRHgkFW0
>>957
オマエはエミリー観たのか?あれでは、喋ってた外国語は
エミリーが授業で習得している語学だって検察側が言ってるだろ?

あの映画についての疑問は、エミリーに六匹の悪魔が憑いてるって
所がワロタ まあ、雑魚っぽい連中なら話は別かもしれんけど
ルシファーとかが1人の女の子に他の悪魔と同居するか?w

補足:あれはホラー映画じゃなくて裁判がメインの映画です。


959 :本当にあった怖い名無し:2006/03/20(月) 20:59:49 ID:cMmpIeSC0
悪魔に憑かれるとちょっとかじっただけだったはずの言語をペラペラと喋るらしいからね。
こういった話は悪魔憑きじゃお約束らしい。俺なんて10年以上も英語やってるのに
全く上手くならない。ちょっと悪魔に憑いてもらえないかな・・・なんて。

960 :本当にあった怖い名無し:2006/03/20(月) 21:46:42 ID:b4MySWN/0
まぁ、悪魔憑きと多重人格(正式名称忘れた)はおんなじちゅうことだな

961 :本当にあった怖い名無し:2006/03/20(月) 22:42:05 ID:X4rk4C1r0
それはどうかな。アカは馬鹿だが、馬鹿だからといってアカとは限らない。
チョンは嘘つきだが、嘘つきだからといってチョンとは限らない。
簡単な必要充分条件だ。二重人格イコール悪魔憑きではない。悪魔憑きや
狐憑きの一部に、二重人格の奴がいるだけだ。
もっとも、思い込みがはげしいだけの憑き物モドキが大半を占めるが。
つまり、狐憑きですらないw

962 :本当にあった怖い名無し:2006/03/23(木) 05:15:19 ID:Tx13vZpS0
で、皆
今更だがそろそろまとめないか

963 :本当にあった怖い名無し:2006/03/23(木) 07:31:25 ID:lUXLCwqn0
自称呼べる人はいる。それを他者に見せる事が出来る人はいない。

これでいいんじゃね?

964 :本当にあった怖い名無し:2006/03/23(木) 13:28:00 ID:ubpIaKhu0
それでいいんじゃね?まぁ、敢えて付け足せば、

悪魔はいるかもしれない。だが万人に目撃されたことはないし、悪魔が主体と
なった大事件も歴史学上存在しない。

ってのはどお?

965 :本当にあった怖い名無し:2006/03/23(木) 15:55:28 ID:Hs3VY/uq0
>>964 ナチスドイツって悪魔が関与してたのかもよ?

966 :本当にあった怖い名無し:2006/03/23(木) 17:20:41 ID:lUXLCwqn0
>>964
>悪魔が主体と
>なった大事件も歴史学上存在しない。

歴史とかの話は止めた方がいいな。
十字軍とかテンプルナイツの話が出そうだから。


967 :本当にあった怖い名無し:2006/03/23(木) 18:21:47 ID:ubpIaKhu0
歴史上、と書いたらそう突っ込まれると思って、歴史学上、と書いた。
ナチスのオカルトは、学問上はネタに分類されるし、悪魔というよりは
ニーチェを極端にした超人志向。十字軍や宗教騎士団は、利権狙いという説が
一応主流。つまりは口実とされただけで、悪魔が直接関わったとはいえない。
宗教改革時、ルターが悩まされた幻はぎりぎりの線ではある。私室の壁に彼が
投げつけたインク瓶の跡が残っている。だが、ヒステリー時の幻覚という事で
決着がついていると思った。


968 :本当にあった怖い名無し:2006/03/23(木) 19:33:34 ID:lUXLCwqn0
>>967
そうゆう常識的な事なら誰でも解った上で
このスレで呼べる人いますか?とか質問が沢山あったんでしょ。
だから単純に

呼べると言う人はいるが、それを他者に証明出来る(視覚として見せられる)人はいない。

で充分でしょ。

969 :本当にあった怖い名無し:2006/03/23(木) 20:58:09 ID:X7zKIfMq0
>>967
ナチスが変なオカルト(まあこの板でこんな書き方したらいけないんだろうけど)に手ぇ出してた
のは本当っぽい。まあ、いるかどうかはともかく、その『ひょっとしたらどこかにいるかもしれない』
存在が当時世界に影響を与えていたのは事実。こういうことでしょ?
実在していなくとも影響は与えていたってことで。

970 :本当にあった怖い名無し:2006/03/23(木) 21:21:12 ID:ubpIaKhu0
>>968>>969
そうだな。蛇足はやっぱり見苦しいだけだな。俺が間違っていた。
968に同意。

971 :本当にあった怖い名無し:2006/03/24(金) 23:40:22 ID:18oWVcFkO
>968さん、同意。

972 :イシュタル:2006/03/24(金) 23:53:21 ID:yEomQcSeO
おまいらのゆー神、悪魔って区別はどこからの知識?アスタロトっていわれる悪魔の起源知ってる?もとはカナアンの大地と豊穣の神イシュタルから起こっているって説があるの知ってるか?神と悪魔両方に会った人間なんていないんだよ
神=善、悪魔=悪って誰が言い出した?その考えを民衆に植え付けて都合のいい人間が誰か?って考えれば答えはおのずと見えてこないか?
理解力のある人ならばもうここで答えが解ると思うけど…
この地球いや宇宙における物事に正邪なんてないんだよ。どっちが正でどっちが邪であるかなんて観る人の主観でしかない
よって悪魔と契約したからと云って必ずしも不幸になるわけじゃあない
仮に神=善、悪魔=悪としても、実際今の資本主義の守護者はサタンであるってしってる?いまの世論的にゆー勝ち組はみんな悪魔と契約した人間ばっかり!?
まぁ反論があるならもうちと神と悪魔ついて調べておいで♪
長文でスマン!

973 :本当にあった怖い名無し:2006/03/25(土) 00:07:33 ID:uomxmFfiO
↑(ノ∀`)アチャー

974 :本当にあった怖い名無し:2006/03/25(土) 00:09:00 ID:S/6RwHfx0
>>972
とりあえず牛龍スレにでも行くことをおすすめするがw

975 :イシュタル:2006/03/25(土) 02:01:10 ID:jxpiD5V5O
まぁ俺的に言えば、神や悪魔が実在し人間になんらかの強い影響を与えたとしても、人間は自らの意志の力で自分の運命切り開く事なんか朝飯前ぐらいのポテンシャル持ってるから大丈夫だから>>1よ心配するな!何事も気合い一つでなんとかなるさ
どっかの宗教の便宜上で生まれた悪魔なんかに負けるなよ!?

976 :本当にあった怖い名無し:2006/03/25(土) 08:25:39 ID:LZiuqapJ0
>>975
オマイはこのスレの、何を読んでたんだ?これでスッキリ終わろうとして
いる所で、何を期待してる?
俺はこのスレで、ラノベ野郎とか、二流とか、散々罵倒されたが、それはいい。
ルシフを名乗る奴もいたが、それもいいだろう。
だが、オマイがかのイシュタルを名乗るのには納得できん。
豊穣神にあやまれ!俺とは違って、あいつは空気をよむぞ。

977 :イシュタル:2006/03/25(土) 14:19:03 ID:jxpiD5V5O
はい、わかりました
あやまります








ゴメリンコ♪

978 :本当にあった怖い名無し:2006/03/25(土) 15:08:48 ID:O8NsdhPi0
ところで悪魔=潜在意識説ってのはもう議論しちゃった?
実体ある悪魔的存在との契約つーなら、ある程度、相手をコントロールする知識があれば
対等になれるかもしれないけど、相手にしてるのが自分自身の潜在意識だったら悲惨だなー
お医者さんのお世話になるしかないです

979 :本当にあった怖い名無し:2006/03/25(土) 17:07:53 ID:8OAg+RGJ0
>>978
ごめん、おれ心理学のことはよくわからないんだが
どうして自分の潜在意識を相手にすると医者の世話になることになるの?

980 :本当にあった怖い名無し:2006/03/25(土) 18:02:07 ID:O8NsdhPi0
>>979
漏れも学術畑の人間じゃないけど
酒木薔薇(顕在意識)とバモイドオキ(潜在意識)の自作自演関係みたいになると思う
悪への衝動の主体となるものが本人の潜在意識であり、しかもそれが黒魔術のような形式のなかで
霊的な実体として仮想されてる場合は、自分の行為に対して責任を負うものが何も無くなるはず

だって自分では無く、超越的な存在が殺せといってるんだから、歯止めは効かないよね
医者の前に警察の世話になる可能性が高いと言うべきか

ま、酒木薔薇の場合は本物の悪霊(というか低次アストラル界の生き物)が関わっていた
可能性も捨てきれないけど

981 :14代目:2006/03/25(土) 19:53:25 ID:G8TWRFCs0
次スレにも期待しよう。

982 :本当にあった怖い名無し:2006/03/26(日) 02:38:36 ID:zqMhTMko0
>>978
魔術の一派でそういうの専門にしているところがあったはずなんだが

983 :本当にあった怖い名無し:2006/03/26(日) 02:47:48 ID:qUYKkfLUO
1989〜1995年にあったらしい電波大戦について
誰か知ってる人がいないか聞いてみようと思ったが
ああなんとスレが終わってしまう

984 :本当にあった怖い名無し:2006/03/26(日) 09:27:04 ID:FgleSAw+0
>>983
スレタイ多少訂正して、次スレ建てようよ
"悪"とか"悪魔"について正面切って考えるのは興味がある

985 :僕ドザえもん(電波):2006/03/26(日) 09:57:38 ID:JNnfeZ9Q0
つまり>>978が言いたいことは、
悪魔は人の潜在意識下にある残虐性や狂気であり、それをコントロールする能力とは理性であり、狂気を持ちながらも理性で制御しつつ狂気の原因や理由や利点を知的に思考することができればいいのではないかと言ってるのだろう。
ただ、相手にしてるのが潜在意識だと悲惨という言動から見るに理性と野性は相反する物ではないという考え方を持っている可能性がある。
医者に世話になる理由は単に狂気の制御ができないために、精神的病と同じような状況になるためであるといえる。

986 :978:2006/03/26(日) 10:49:41 ID:FgleSAw+0
憑霊体質の人が心霊スポットのような場所に行って、なんらかの霊的存在に入り込まれるというケースはあるけどね
その場合は相手を理性で制御するのは相当難しいし、医者に行ってもどうにもならない
難しいけど良い霊能者を探すしかない

しかし、自分から望んで悪魔と魔術的な契約を結びたいとかいう場合は、
一応、統合失調症のチェックはしといた方が良いだろうね
そっちの傾向がある人は、潜在意識を他人格のように感じてるだろうし
それに悪魔の名称を与えているということはあり得るよ

この場合の問題は「理性」と「野生=潜在意識」の対立というより、
本人が「自我」を持てるか、どうかだけの問題
魔術の場合も、本来は「自我」と「野生=潜在意識」の再構築を目的にしているわけで
精神医学とはまた別の知の技術体系ではあるのだけど・・・

はっきりいって、それ以前に医者のところへ行った方が良いタイプが多いわなww


987 :僕ドザえもん(電波):2006/03/26(日) 18:11:31 ID:JNnfeZ9Q0
>>986
その場合私の考える【自我】の成立と彼の考える【自我】の成立は違うものとなる。
単純に言うと私の考える自我とは残虐性を理性で抑える事となり、私が考える彼の書き込み内容にある理性と野性の対立と近似のものである。
つまり彼は私の言った可能性を否定する書き方をしながら【理性と野生の対立】は【自我】は違うと言うような書きこみで自らの言葉を矛盾にしている。
無論、彼の言葉を普通に受け止めた場合理性と野性の対立などの話より自我が保てるかどうかの事が重要と言う事になるが、その場合理性や野性や自我を「」で囲み強調する必要性は低くなる。
その後の言葉にある自我や野性を強調するために予め強調しているとしても若干過剰な表現であるのだ。

だがこれはさして重要な事ではなく、人の持つ思考力の限界による単なる揚げ足取りの可能性が高く、魔術は自我と野性の再構築を目的としたものという考え方が重要なこととなるだろう。
それを極端に解釈すると彼の言う精神医学とは人の物理的的干渉や言葉による自我と野性の再構築であり、魔術とはその物理的干渉や言葉によるもの以外での人格の再構築であると言える。
だがその内の言葉はまた別次元の考え方で必要性を発揮する可能性は大きく、今の私の書き込みに断定性は持たない。

彼の書き込みの内の重要な要素の部位に矛盾点は少なく、私の指摘した矛盾点は非常に小さい。
総合的に判断すると彼はオカルト板の住民の中では優れた思考力を持つと考えられる。

988 :978:2006/03/26(日) 19:19:41 ID:FgleSAw+0
まあ「野生=潜在意識」という言葉づかいは>>987に理解してもらえるように書いただけで
潜在意識とは、より広範囲には無限に近い意識領域(厳密な定義はない)まで含むと思う。
だから自我と潜在意識との再構築というのは、当然、残虐性や狂気の領域も含むけれど、
更にいくつかの段階や過程があると考えられるのでは無いか?

989 :本当にあった怖い名無し:2006/03/27(月) 00:48:10 ID:d3p9ajQH0
ああ、人間の意識はいくつかの階層にわかれているってやつだな

990 :本当にあった怖い名無し:2006/03/27(月) 08:09:22 ID:yv67ImWx0
>>988
チベット密教とかカバラでも無意識の階層をいくつかに分けてるよね
でも、普通は悪魔召喚なんてやらせないだろ

991 :僕ドザえもん(電波):2006/03/27(月) 08:43:05 ID:pNFt6K1+0
諸君、戦いを続けたまえ。
彼らが求め続けている全ての物に対する知識と理解への欲求が満たされないでいる間は、彼らに立ち向かって行く事ができる。
これは最初から人類と彼らとの戦争などではない。
彼らにとっては現在もそして未来もまた、その全てが彼らの計算によるモデル試算であり、追認試験にすぎないからだ。
ならば我々は、その試算を乱してやればいい。
いつまで彼らの予想を超えていられるか分からない。
だが、その間戦いが終わることはない。人間は生き残ることが出来る。
自らの生きる時間を戦いで支払い続けること。それが答えだ。

アンセル・ロンバート最終報告より

992 :僕ドザえもん(電波):2006/03/27(月) 09:58:14 ID:pNFt6K1+0
悪魔って何?

993 :悪魔:2006/03/27(月) 10:54:21 ID:pXXsFBpy0
さぁ 私は知りません。

994 :僕ドザえもん(電波):2006/03/27(月) 12:45:26 ID:pNFt6K1+0
いや、あんた悪魔でしょw

995 :本当にあった怖い名無し:2006/03/27(月) 13:06:44 ID:uxp2LWku0
要するに悪人が悪い人だとすると悪魔は悪い魔性

996 :僕ドザえもん(電波):2006/03/27(月) 13:50:26 ID:pNFt6K1+0
>>995
それ以外で。

あと次スレまだ?

997 :ゆう:2006/03/27(月) 14:08:40 ID:9N0sF8eA0
ハッピーメールは出会い・音声・画像など新機能満載の第3世代コミュニティーサイト!
http://www.happymail.co.jp/?af1580811

998 :本当にあった怖い名無し:2006/03/27(月) 15:51:17 ID:jXrSlUb/0
>「野生=潜在意識」

潜在意識にも
現代東洋人のオタクの「人ら」の潜在意識と 極道に煽られてストックホルムシンドローム起した人物・「天の邪鬼」の潜在意識と
犬類の家畜として穴居生活を営んでて弱い物を常に餌として強い物に捧げないと自らが餌にされる人々の潜在意識が有るんだよ!!

だから 「潜在意識」の中でも「野生」なのは
人肉を餌として群れを作る中型肉食獣の意識に近くなった奴らだけ …だと思った!!

999 :本当にあった怖い名無し:2006/03/27(月) 16:07:14 ID:a5lO65p30
昔からいう「無意識の中の意識」って奴でしょ。
つーか、せっかくまとめた香具師の努力がだいなしw

1000 :僕ドザえもん(電波):2006/03/27(月) 16:26:22 ID:pNFt6K1+0
               ∧_∧  ≡≡
              (Д`  )   ≡≡≡≡≡≡    
            _/  ⌒ヽ      
          ⊂二 /    へ \    ≡≡≡≡≡≡≡≡≡
             /    /   \.\   華麗に1000ゲトー★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★
         _ _レ   /     \\           
       /   __  )      \⌒フ   ≡≡≡≡≡≡≡ 
       ヽ <  \  \        ̄     
        \ \   \  ⌒―――⌒ヽ、             
         ノ  )   `------------- ア    ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
        (_/

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

332 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)