5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死ぬ程洒落にならない怖い話しを集めてみない?115

1 :本当にあった怖い名無し:2005/11/16(水) 20:17:00 ID:4TvLucoT0
貴方が聞いた・体験した怖い話や、2ちゃんの色んなスレから拾ってきた死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみませんか?
ジャンルや、事実の有無は問いません。要は最高に怖けりゃいいんです。創作も歓迎です。

【重要】煽り・荒らしは徹底放置・完全無視が基本姿勢。反応するあなたも煽り・荒らしです。 過剰な自治も荒らしです。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【重要】長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿しましょう。携帯の人もそれなりに配慮しましょう。
                 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
○「あまり恐くないかも」「書いても良いですか?」等の前置きは全然いりません。 あまり怖くない話もいりません。
 余り怖くない話と思うなら「ほんのり怖い話」スレへお願いします。
  http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1125652298/l50#tag63
○投稿内容は、洒落にならないくらい怖い話ならばオカルトに固執する必要もありません。
○ここはオカ板です。いちいち「ネタだろ?」などと無粋な茶々を入れないように。ネタも歓迎してます。
○ここの投稿を利用しての二次創作は、原則的に無料配布としてください。
  商業ベースの商品化を望むなら、2ch管理人まとめサイト管理人及びオカ板住人へ報告し議論してください。
○スレと関係の無い雑談が目立つようなら、それとなく「別館」へ誘導しましょう
★☆★ 雑談・AAは別館スレで! ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
☆   【ここらで】洒落怖第五別館【原点回帰】         ☆          ★
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1129998781/l50
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

過去ログ倉庫・投票所
http://syarecowa.moo.jp

□■コピペに対する留意点■□
・転載元を提示(2ch以外からのサイトからは許可を取ること)
・タイトルは任意で
・コピペする際に任意で「コピペ隊」を名乗るのもありです。このスレをより盛り上げたい人に。
・コピペ隊のスタンスとして、怖い話があったら取って置いて、気が向いたら洒落コワにでも 貼るか、ぐらいの気構えで

162 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 14:39:36 ID:yzGT3oyu0
>>149は余計な後日談を書かずに創作っぽく終えてたら洒落にならなかったと思う。
ひさびさに蛇足という言葉を痛感させてもらったよ。

163 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 14:58:11 ID:N0JOTYFV0
ヒント:ID

164 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 15:07:10 ID:yzGT3oyu0
>>163
IDは気づいてたが、まさかこんな馬鹿な騙りかたをする奴もいまいと思ったんだがな。
どうやら本物の馬鹿だったか。名乗っておいて開き直るなよ。

165 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 16:43:18 ID:U1oBxAje0
>>164  >IDは気づいてたが

プゲラwwww無理しなくていいよwwwwこの程度で釣られるとはwwwww
さすがにちゃんねろーですねwwwwww

166 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 17:01:45 ID:7n6gotHj0
149とID:N0JOTYFV0が別人なんて普通に読んでたら分からんだろ
キャラも同じ感じだし>155>157なんてマジレスにしか見えんのだが

167 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 17:05:54 ID:EHoYza5/0
>>160

俺はお前がまだ居られることの方が不思議だ。

168 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 17:23:04 ID:NGFo4f++0
金太みたいに鋭い突っ込みを入れる存在は、このスレに必要不可欠といえる。

169 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 17:32:20 ID:NGFo4f++0
ウニ氏は好きだがね。
まとめサイトで見ただけなので当時の流れ知らない。嫌われてたの?
師匠ネタは完結させて欲しいです。
最終回は出てるようですが、全話放出してください。お願いします。

170 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 17:41:49 ID:EHoYza5/0
俺の記憶では、当時から賛否両論あったが
いずれにしても荒れるから、もう来るなという
雰囲気だった。
本人もじゃあもう来ないとか言ってた気がする。

ほとぼりが冷めたと思ったのか。

誰が何を書こうが定期的に荒れるのはスレの宿命だし、
俺的にはどうでもよい。

171 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 18:44:06 ID:2ixhp5lJ0

 いい話を投稿してくれる人≫ROMってるだけの人>雑談する人≫クソな話を投稿してくれる人

172 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 19:36:58 ID:a8omRleGO
椎間板ヘルニアで入院してるんだけど、一週間前の話。

俺が入院してる病院は、就寝時間が21時なんだよ。でもそんな時間から寝れるわけもなく、その日も布団の中で携帯いじったり、考え事したりして眠くなるの待ってた。
22時30分頃に看護婦さんが見回りに来た、次の見回りまでに帰ってくればいいかと思い、タバコを持って喫煙室に行くことにした。
ちょっと前まで喫煙室は、各階に一ヶ所ずつあったらしいが喫煙者の減少と共に、撤去されて1階の正面玄関の横に1つだけあるだけだった。
俺は、腰の痛みと足のしびれを我慢してエレベーターで1階に降りて喫煙室を目指した。

173 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 19:44:48 ID:a8omRleGO
薄暗い病院の廊下を、ペタッペタッとスリッパを鳴らしながら歩き喫煙室についた。
イスに座ってタバコに火をつけ、「フゥーッ」と溜め息まじりに煙を吐いた。
何気無しに入り口の方をみると、怒った顔で看護婦さんが立ってた。その怒った顔をみて「ヤベッ」と思い( いなくなった俺を探しに来たと思った )時計に目を向けてから、「もうこんな時間でしたか、すいません」と言いながら視線を戻したら、もういなくなってた。
エッ!?と思い、入り口から顔を出してキョロキョロと辺りをみたけど誰もいなかった。

174 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 19:47:35 ID:a8omRleGO
「まさか幽霊」
なんか寒気がしたので病室に帰る事にした、足早にエレベーターの前まで来てボタンを押した。
さっきの事もあったのでちょっとビビってた俺は、なかなか降りてこないエレベーターにイライラしながら横をみると医師や看護師、業者等が使うエレベーターが目に入った。
俺はそのエレベーターに乗って、俺の病室がある4階のボタンを押した。エレベーターが動きだし、いつもより早く扉が開いた。
もう着いたの?そう思いながら降りようとして前をみると、真っ暗闇、地下1階だった。

175 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 19:50:08 ID:a8omRleGO
4階を押したのになぜ地下1階なんだ?嫌な感じがして開いたままの扉を閉じようと、閉のボタンを押そうとした時、闇の中からさっきの看護婦さんが走ってきた。ターミネーター2のT-1000のような走り方で「アハハハハハハッ」と笑いながら。
俺はビビりまくってボタンを何回も連続で押した、扉が閉まるまであと少し、あと10cmというところで、隙間からボロボロの腕がニューッと出てきた。

176 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 19:52:24 ID:a8omRleGO
エレベーターの扉になんか物とかが挟まってしまうと、扉はまた開いてしまうので、もう駄目だッと覚悟をきめていたら、そのボロボロの腕を無視するように扉がしまった。扉はしまってるけど腕はそこにある。扉から腕が生えているみたいでした。
エレベーターが上がりはじめていくにしたがって、だんだん腕は下がっていって笑い声と共に床に消えていきました。
俺は下がっていく腕を、目で追っていき視線をしたに向けていたんですが、自分の足元に小さい水溜まりがあるのに気付きました。おしっこ漏らしていましたorz

177 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 19:57:04 ID:a8omRleGO
4階について看護婦さんに「おしっこ漏らしてしまいました、すいません!!」と言ったときの看護婦さんの苦笑いが忘れられません。
俺は椎間板ヘルニアになってから排泄障害(飛び出した軟骨が膀胱の神経にも影響を与えていたらしく、尿もれ、残尿感等)があった事を看護婦さんも知っていたのでなにも言わず掃除してくれました。

178 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 19:58:39 ID:a8omRleGO
本当の事を言っても、おしっこ漏らした言い訳にしか聞こえないと思い、その事は黙っていました。
それ以来、就寝時間が過ぎてからの喫煙はしないし、エレベーターも一般用しか使ってません。
初めてみた幽霊も洒落にならなかったけどおしっこ漏らしたのも洒落になりませんでした。

長文すいませんでした。

179 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 20:09:44 ID:tZxf4FB60
病院に出るのは患者の霊だけじゃないんだね

180 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 20:11:15 ID:yyNmDwbn0
GJ!

181 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 20:35:49 ID:FUZqt/Qx0
中学の時、草が生い茂った人通りが全く無い所でエロ本を拾って初めてオナニーというものを
知り病み付きになった。しかしエロ本を買う度胸も無くいつも捨ててあった本を拾っては
オナニーしてた。
塾帰りに、その草が生い茂った路地にエロ本が落ちてないかワクワクさせながら見に行った。
夜で回りは明かりが無く真っ暗。普通だったらこんな気味悪い所は怖くて行かないんだが
性欲を持て余した俺は懐中電灯を持ってGO!
くまなく探したが結局収穫無し。がっくし肩を落とし引き上げようとした時、
「うぅううう〜・・・・・」と声がした。俺はびっくりして辺りを懐中電灯で照らしたが何も見つからなかった。
気のせいではない、俺は確かに女性のうめき声を聞いた。
この路地の周りは草がボーボーで近くには新幹線の線路ぐらいしかない
こんな所に人が居るとしたら、やばい奴以外に考えられない。
俺は怖くなって急いでこの場所から離れた。

182 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 20:55:01 ID:HBdo187MO
…終わり?


183 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 21:10:28 ID:HBdo187MO
>>181
乙です。

>>129
峠の名前は伏せておきましょうか。
敢えていうならS湖道です。
あの一帯を当時峠と呼んでいました。
心当たりあっての問いなら、
わかると思います。

184 :本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 21:42:24 ID:HOSU3GeU0
「おたんこナース」は看護婦さんのミスをギャグに描いていたけど、
落ち込んで自殺してしまった人も、ホントはいるんだろうな。

185 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 00:37:36 ID:r6Zxvm1U0
僕が幼稚園児だった頃のおぼろげな記憶 
うちの母の爪が無くなっている
指先が真っ赤に染まり床のは数滴の血が
母は泣きながら指先から滴る血をフキンで拭いている
そのフキンもまた母の指から滲んだ血で赤く染まっていく

こんな記憶何処から来たのか分からなかった
恐らくその頃 夢で見た光景
幼児の頃に有りがちな得体の知れない驚愕夢が
恐怖とともにが未だ頭に焼き付いているのだろう

そんな風に思っていた

最近 父から母は一時期育児ノイローゼに罹っていた事を聞いた
僕が幼児期であった頃らしい

もしかするとその光景は実際に見たものだったのかも知れない
母親が爪の剥がれた指から血を流し 怯え切った顔で自分を見つめる光景


186 :堕天使‡迅猫‡ ◆wwgcKAQg7Q :2005/11/20(日) 00:57:40 ID:LjLt8C4t0
来週ここに突撃オフするかもしれなさす
誰か同行頼む
こわす
http://i.pic.to/39hck
http://h.pic.to/3i9jx
かなりまがまがしす・・・

187 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 01:55:54 ID:zvInFjhyO
>>183
工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
知らずにあんな所通ってたのか…orz

188 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 08:11:53 ID:GOG7z6rn0
>>174
地下1階ってなんのフロア?

189 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 08:32:35 ID:vQPM1pDW0
 もう10年以上前なんですけどね、俺が中学校の頃。
 その頃しょっちゅう同じ夢を見てまして。左右田んぼの田舎なすっげー長い道を
ひとりで歩いてるんですよ。すると、向こうから和服の女の人が小さな男の子の手
をひいて歩いてくる。んで、その人とすれ違って少し歩くと目が覚める。
 まあ不気味っつーよりも意味不明な夢で、当然女の人にも男の子にも見覚えな
んかないんですけどね。
 んで、その夢の話を友達にしたのね。こんな夢見るんだ−と。そしたら、そいつが
「俺も同じ夢を見る」ってーの。意味不明度急上昇っすよ。なんで? なんで同じ夢?
そいつとは中学に入ってからの知り合いだし、魂の兄弟とでもいうわけ?
 まあそんで、そいつが「次に同じ夢を見たら俺、女の人に話しかけてみる」っていうのね。
面白そうだから俺も「やってみやってみ」なんて気楽に言ってたんだけどさ。
 そしたらその夜、丁度その夢をみたのよ。あー、あいつ女の人に声かけるんだなー、
なんて思いながら、俺、いつもどおり女の人とすれ違ったのね。
 そしたらいつも無言で通り過ぎるのに、そのときに限って、女の人が「やっと見つけた」って呟いたの。
その瞬間に、背中がぞわっとしたね。「あ、やばい、なんか知らんけどやっちまった!」って思った。
 んで目が覚めて、もー友達のことが心配で、でもそいつの家の電話番号も知らんし、すげードキドキ
しながら学校いったら、まあ、よくある話で……失踪しちゃってました。
 聞いた話、なんか夜中にばたばた家を出て行ったらしい。
 もちろん家出ってことでうやむやになったんだけど、それから5年して、ひょこりそいつが家に帰って
きたんですよ。なんか、女の人と男の子と田舎の一軒家で面白おかしく遊んで暮らしてたらしいです。
んで、ふと気がついたら、家の近くの公園にいたって。
 まあ神隠しってやつなんでしょうが。とりあえずそいつは今も元気で、きちんと働いてます。空白の5
年間は謎のままですが。
 ちなみに、俺はそいつが疾走してからあの夢は見なくなりました。女の人と男の子が誰なのかも分か
らずじまいです。なんかもやもや〜って感じですまん。

190 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 10:42:41 ID:6GViuNmI0
乙。
地味だけど、ネタじゃないなら相当怖いぞ。
その親子?が霊だとしたら、満足して成仏できたおかげでその友人は帰ってこれたのかも知れないし、
真実はもっと恐ろしい事かも知れん。

191 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 10:52:16 ID:2JXJsibE0
夢つながりで俺も話をひとつ。
俺の実家は結構田舎かつ山の中で、周りは畑ばかり。
お隣はお寺で、それ以外に特にご近所と呼べるようなところはなかった。
下に何百メートルか下っていくとようやく家が点在しているというありさまだった。
だから当然夜になると真っ暗だし、薄気味悪いことこの上なかった。
そこに住んでいるころ、いくつか体験したことがあるのでそんな話をひとつ。

まだ小学生のころの話。
そのころまだ低学年だった俺は、家族と一緒に一部屋で寝てた。

ある晩、不思議な夢を見た。
俺が居間で母親に何か熱弁をふるっている。
夢だから自分は何をしゃべっているのか分からない。
が、母親は真剣に話を聞いていたように思う。
話がいよいよ佳境に入ったらしく、俺は「だから!」と言って、
テーブルをドン!と叩いた。
その瞬間、家の奥の納戸から子供の声で「もーいいかーい?」という
呼びかけが聞こえた。
「かくれんぼ?」
夢の中の俺は、そう思い納戸に続く廊下を覗き込んだ。
その瞬間、納戸の扉がバッと開き、「もーいーよー!」といいながら、
身長1メートルちょいくらいの小柄な影が飛び出してきた。
それは影というより、真っ黒な人だった。
どこからどこまでも漆黒の、人型のかたまりがものすごい勢いで俺のほうに駆けてくる。
俺はあっけにとられて動くこともできない。
納戸からはまた、同じくらいの大きさの、もう一体の黒い人が飛び出してきた。
二体の黒い人は、俺の目の前でカーブを切り、客間へと続く廊下のほうに走っていった。
夢の中の俺は訳もわからずその二体の黒い人を追いかけた。
そして、二体の影を追いかけて客間にたどり着いたとき、俺はふっと目が覚めた。

192 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 10:52:47 ID:2JXJsibE0
周りを見るとなんだか薄明るい。
「もう朝か」と漠然と思った。
しかし変な夢を見たおかげで胸がどきどきして落ち着かない。
横に寝ている両親と弟はすうすう寝息を立てている。
「起こされるまでもう一回寝よう」そう思って俺はまた布団に入り込んで目をつぶった。
そしてウトウトとし始めたとき、突然体が動かなくなった。
「金縛りだ!」さっきの夢を思い出して体から冷や汗が流れる。
手はピクリとも動かない。
とんでもない恐怖感に押しつぶされそうになる。
何とか声を出して隣に寝ている両親に助けを求めようとするが、声が出ない。
「ヒューヒュー」というかすれたような息遣いが自分の口から聞こえるだけだ。

そうこうしているうちに体が突然動くようになった。
体をガバッと起こして目を開ける。
さっきまでは薄明るかったはずなのに周りは真っ暗になっている。
「え?朝じゃなかったの?!」こうなると自分でも訳が分からない。
時計を見るとまだ二時を少しすぎたばかり。
自分のおかれている状況が理解できなかった。
あわてて両親を起こして、事情を説明して同じ布団で寝かせてもらった。
両親は形だけは真面目に話を聞いたが信じちゃくれなかったと思う。
所詮は子供が寝ぼけただけだ、と。

193 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 10:53:58 ID:2JXJsibE0
その晩はそれ以後何も起こらなかった。
次の日、また夜中に目が覚めた。
時計を確認する気にはならない。
どうせ夜中だ。
今度は周りも明るくない。
そして、そのときの俺は「また寝ようとすると金縛りにあうに違いない」
と(なぜか)確信していた。
もう寝るわけにはいかない、金縛りは二度とごめんだ…
たしかそんなことを考えていたように思う。
だが当時の俺はいかんせん馬鹿な小学生。
「寝ないぞ!」という決意むなしく再びまどろんでしまった。
そして眠りに落ちるその瞬間、またしても体が動かなくなった。
しかも今度は昨日と違う。誰かがいる。俺の上に誰かが乗ってる。
腹の上に乗ったそいつは、たぶん笑っている。
そいつの笑い声がかすかに聞こえる。
もう一人、俺の真横(親たちのいないほう、俺は一番端っこに寝てた)に
誰かが座って俺を覗き込んでる。
俺は「絶対に目を開けるものか!」と決心して目をつぶっているのに、
なぜかその状況がまるで目にしているかのように頭に浮かぶ。
「ねえ…ねえ…」
「遊ぼうよ…」
突然耳元で誰かが俺にささやきかけている。
今でも忘れない奇妙な声。
無機質な、機械の合成音のような、生きている人間の気配のない、非現実的な声だった。
俺はあまりのことに叫びたくてたまらなかった。
だけどどんなにがんばっても声は出ない。
「ねえ…」
「かくれんぼをしようよ…」
そいつらは俺に語りかかけてくる。

194 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 10:56:00 ID:2JXJsibE0
そのときふと、当時読んでいた怖い話の本(子供向けのやつだった)に、
「幽霊は強気な人をこわがります」(うろおぼえ)という記述があったことを思い出した。
そこで俺は、心の中で「おい、誰がお前らなんかと遊ぶか!もう二度とくるな!出てけ!」
と強く念じ、お隣のお寺で教えてもらった般若心経の出だしのところを繰り返し唱えた。
そうしているうちに、ふっとまわりから気配が消えた。
俺は恐る恐る目を開けた…不思議なことに今度は周りが明るい。
「夢だったのかな」とも思ったが、まだ腹の上に乗っかられていた感触がある。
あれが夢のわけがない。
まさかもう金縛りにあうことはないだろう。
なぜかそう思って、俺はまた布団にもぐりこんだ。
その瞬間、また体が動かなくなった。
今度は目を閉じることができない。
「いやだ、いやだ」と思っても、俺はなぜか部屋の隅を凝視してしまう。
俺の視線は部屋の隅に固定されたまま動かない。
そして、視界はだんだんと闇の濃さを増していく。
「さっきまで明るかったのに!」
俺は信じられない気持ちでどんどん暗くなっていく部屋の隅を凝視していた。
そこで俺はふと気づいた。
部屋が暗くなっているのではない。そこだけが、部屋の隅だけが暗くなっているんだ。
いつの間にか、部屋の隅に黒い、真っ黒な影が二体立っていた。
夢の中でみた影だ。
人型の影は不安定にゆらゆら揺れている。
「ごめんね」
と影が言ったところで俺の意識は途切れた。

195 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 10:56:42 ID:2JXJsibE0
それ以降俺はしばらく金縛りにあうこともなく健康に暮らした。
数日後この体験が気になって、お寺の住職に尋ねてみた。
住職は俺の話を聞いて、こう言った。
「それはたぶん関東大震災のときに亡くなった、下の○○さんのところの子供たちじゃろう。
大震災のときはずいぶんとひどい山崩れがあって、まだ小学校に上がる前だったその子たちが
それにまきこまれたんじゃ。近隣の人たちが必死に探したが見つからなくてのう。
結局いまだに見つかっていないのじゃ。
だが墓はあるから、どうだ?お参りでもせんか?」
俺は住職と一緒にお墓にお参りに行った。
すでに苔むしている墓は、なんとなく寂しげにそこにたたずんでいた。
神妙な気持ちでお祈りをしているときに、住職がふとこんなことを言い始めた。
「わしはこの子達の一級上でな。この子達はよくお寺にも遊びに来たんじゃ。
大震災の日もたぶんわしと遊ぶためにこの近くまで来たんじゃろう。
だがわしはその日別の子の家に寄り道をして、まだ寺には帰っていなかったんじゃ。
この子達はわしを待ちながら、山の中で遊んでおったんじゃろうな…
だからな、この子達のことをことを考えるとわしは胸が痛む。
あの日寄り道をせずにまっすぐ尋常学校から帰っていれば、
この子達は死なずに済んだかも知れんと…。」
俺はあまりの話にびっくりして住職の顔をじっと見つめてしまった。
住職は俺の視線にまったく気づかないかのように、
墓と、その背後に広がる山に視線を向けたまま動かない。
その表情はまるで昔を懐かしんでいるかのようだった。
「もしかすると」
住職はまるで独り言を言うかのようにぽつりとこう言った。
「あの子らはお前をわしだと思って遊びに来たのではないかな…」

これで俺の話は終わり。
だけどこうして振り返ると、ほんとに俺はかれらに冷たいことをしたものだな、と思う。
でも怖かったんだから仕方ない…と信じたい。
長文失礼しました。

196 :金太:2005/11/20(日) 11:50:01 ID:1U0taWlA0
どんな話でも「夢」という言葉を見た時点でスルー決定な俺です。

197 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 11:58:23 ID:6GViuNmI0
あんたの感想などどうでもいい俺です。

198 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 12:05:41 ID:FqGimVpw0
金太はウザいと思う俺です。

199 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 12:24:19 ID:i43BmUhFO
金太はいらないと思う俺です

200 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 12:28:57 ID:Ba9lnteYO
金太は死ねと思う俺です

201 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 12:37:22 ID:QHW06M3nO
金太はオカ板から消えて欲しいと願う俺です。

202 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 12:40:02 ID:Je0UJTUH0
授業中警報機が鳴って学校が火事って放送が入る。
みんなパ二くりまくで、もう大騒ぎ。
我先にと校庭に逃げる。
しかし、気づくと大好きなあの子がいない。
もしかして…。
俺は水を頭から被り、校舎に戻ろうとする。
先生「○○!やめろ!死んじまうぞ!」
制止する先生を振り切る。
俺「ほっとけない!俺はあいつが…」
一人校舎に入る俺。
「△△!何処だ!」
火をかいくぐり、教室に戻ると気を失ってる△△が。
俺「おい!大丈夫か!?」
△△「○○君…。どうして…?喋った事もない私をどうして…」
俺「そんなのお前の事が好きだからに決まってんだろ。取りあえず外に出るよ。歩ける?」
△△「痛っ!逃げる時に足挫いたみたい…」
俺「大丈夫?なら俺がおんぶするよ。肩に腕回して」
△△「うん…」
俺「しっかりつかまって!」

そう言って火の中を進む。
命からがら校庭に脱出。
先生「○○!よくやった!」
俺「へへ…」
そう言って気を失う俺。
△△「○○君!○○君!○…く…」

203 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 12:40:55 ID:Je0UJTUH0
病院のベッドの上で目を覚ます俺。
隣には△△が。
△△「大丈夫?○○君…」
俺「うん…。俺気ぃ失っちゃったのか…。それより△△は大丈夫?」
△△「大丈夫だよ。足挫いたのも治療してもらったし…。それより○○君…」
俺「ん?」
△△「私を助けてくれた時のあの言葉…」
俺「あっ、ごめん…。俺あの時どうかしてたんだよ…」
△△「何で謝るの?私凄く嬉しかったんだよ…」
俺「えっ?」
△△「○○君とはあんまり喋った事無かったけど、実は私も…」
俺「……」

そして何も言わず俺は△△を抱きしめる。

△△「○○君…。よかった…。無事で…」

そしてキス。

END

っつう妄想を厨房の社会の時間にリアルにしてました。

204 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 12:43:52 ID:1uvsGHTa0
金太と共に ID:Je0UJTUH0も消えて欲しいと願う俺です。

205 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 12:44:10 ID:7YbMGKGkO
ぉもしろかた

206 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 12:50:59 ID:QHW06M3nO
>>203
その妄想がまさにオカルト。

207 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 13:01:33 ID:BXa3vWZcO
どう見ても、金太よりも批判されてる方がクズだ

208 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 13:09:00 ID:Aiejj2zSO
>>202>>203
お前はもれか

209 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 13:16:16 ID:5Zeg5RMF0
でも金太がクズなのは間違いないので消えてください

次の金太の発言は負け犬の遠吠えなので、聞いてあげて下さい↓

210 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 13:19:01 ID:Ia0bCvs80
え?おれ?違う違う!!

↓こいつだろ?

211 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 13:20:08 ID:4wKkUFZR0
だいたい批判するのがおこがましいだろ。知ってる話のっけるスレなのに
ある程度の話の水準まで求めちゃったら、せっかくいい話知ってる人が投稿
躊躇してしまうかもしれんだろう。話の良し悪しなんかは読んでる人全員
印象が違うわけで。感想書くのはいいとおもうが批判するだけしか能がない
やつならそっちのが屑だ。

と釣られる俺も屑

212 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 13:32:38 ID:RbUli8bn0
高速道路を北に向かって走っていた私は、トイレ行きたくなったのでサービスエリアに立ち寄りました。
手前の個室はふさがっていたので、その隣に入りました。便器に腰を下ろそうとしたその時、隣から
「やあ、元気?」と声がしたのです。男は皆そうですが、トイレで見知らぬ人と話をすることはありません。
どうしていいかわからなかったので、ためらいがちに「まあまあだよ」と答えました。
すると隣人は「そうか……それで、今何してるの?」と言うのです。
妙だなと思いましたが、私はバカみたいにこう答えました。「君と同じだよ。ウンコしようとしてるんだ!」
やがて隣の男は、声をひそめてこう言ったのです。
「おい、あとでかけ直すよ。隣の個室に、俺の話にいちいち答えるアホがいるんだ!」

213 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 13:34:57 ID:6GViuNmI0
コピペ荒らしがきたー

214 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 13:35:24 ID:Ky+6+T08O
がいしゅつこぴぺ。みあきた

215 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 13:38:30 ID:S7AvgBs/0
コピペの内容とほぼ同じことをしてしまった俺・・・

216 :金太:2005/11/20(日) 14:08:00 ID:1U0taWlA0
>>211
とりあえずお前がスレタイが読めないほど頭が悪いのと、テンプレを
読まないほど迂闊な事はわかったよ。
スレタイと>>1を200000回読み直しなさい、お馬鹿さん。ここは「ある程度の
話の水準」を求めるスレなの。
知ってる話をのっけるスレじゃないの。知ってる話の中で死ぬほど洒落にならない
怖い話をのっけるスレなの、低IQ野郎。
投稿を躊躇するのはおおいに結構じゃないか。その高い敷居を乗り越えられる
水準の話だけ集まればこその「死ぬほど洒落にならない怖い話」スレといえるだろう。
そもそも、オカ板の中でいろいろと怖い話系のスレがたっているのはなんでだか
わかるか?理解できるほどの知能がお前にあるか?
知っている話を投稿したいだけなら「ほんのり怖い話」とか他のスレに行ってろ、屑。

話の善し悪しは読んでる人によって感想は違うだろうが、それでも客観的に見て
すごく怖い話かどうかの判断くらいはできるだろ。普通の知性があればな。
「僕にとっては怖かったんですぅ」なんてオナニー話は聞きたくないんだよ、ボケ。
他人の意見を聞かないと自分の持っている話がどの程度の水準か判断できないほど
頭が悪い人なんですね?そうですね?

行動的な馬鹿ほど周囲に迷惑なことはないので、ひっそりと息を潜めて生きてください。
ネット上でもリアルでも。


217 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 14:21:31 ID:i43BmUhFO
とりあえず金太は偉そうな事言う前に何か出せ

218 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 14:35:04 ID:uYtkEI+u0
【ここらで】洒落怖第五別館【原点回帰】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1129998781/

219 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 14:39:17 ID:5Zeg5RMF0
>>216 金太がこのスレに投下された話で「水準に達してる」と思う話は例えばどれよ?

「洒落にならないほど」というレベルに個人差が有る以上、お前がお前の主観で
合格、不合格を採点する無意味さが解らん程アホなのか?

「俺が俺の判断で採点して、スレのクオリティを維持してやる」とか余計な妄想抱いてるんじゃあるまいな?

220 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 14:42:14 ID:R9yxWW410
そーだそーだ!
なんか良くわからんが、>219のゆーとおりだ!

雑談しよーぜ(・∀・)

221 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 15:22:07 ID:Nfvnjhir0
チラ裏失礼


モロ実話なんだが

うちの家には何かいる・と思う

ちゃんとトイレのドア閉めたはずなのに、ギイギイと鳴り続ける。
閉めても閉めても開く。きちんと締まっているはずなのに
「幽霊かなんかがいたらおもしろいな」なんて思って
「・・・ぅるーせーな!!!」って怒鳴ったらドアが閉まってギイギイ鳴らなくなった

自分の家はトイレのドアの隣に洗面所のドア、そして風呂のドアがあるんだけど、
風呂に入ろうと洗面所のドアを開け、正面の鏡をみた
鏡越しに見える和室。でも何かおかしい。何かいる。
よく見てみると和室の襖のところから、真っ白な人(?)が体を半分だして覗いてた

今朝はテレビを見ていたらいきなり消えて、ついての繰り返し。
テレビが古くて、壊れているんだけど、ボタンを固定して、テレビがずっとつくようにしているのに。
ピアの話を見て 幽霊がいたらいいななんて思ってたので
「いるのなら音鳴らして」っていったら家具が「ピシっ」となった。

物置からガタンって音するわ、母親と1階にいたら2階で足音聞こえるわ・・
迷惑なんすけど

222 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 15:38:48 ID:+uXNIQC30
>>221
家の建付が悪いだけ
湿度の変化とか、大声による振動できしみ音とかでるみたい

223 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 16:32:01 ID:GOG7z6rn0
正直、金縛り云々の話は「そりゃただの夢」といわざるをえない

224 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 17:18:47 ID:z8AhZl2L0
ってか、菌多イラネでFAか??

225 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 17:24:33 ID:HsY2Wq6a0
221さんと話かぶるけど私の部屋のドアも
なぜか毎年夏になると閉めても閉めても勝手に開く。


226 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 17:25:33 ID:CEnDwgiYO
あまり怖くはないですが。

寮に住んでいたとき、何度か夢に白い服をきた女の人が出た。
足元からずっとこっちを見てるだけだったのが少しずつ近づいてくる。
とうとう自分の上に馬乗りになり、首を絞められた。それを苦しいと感じながら首を絞められている自分を見ていた。
女の人の顔が怖くて起きた。自分で自分の首を絞めていた。


意味不明でスマソ。

227 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 17:36:31 ID:/po9E5Zi0
>>226
釣られはせんよ。

話が用意できない俺らに貢献できる事といえば、下らない話を斬って捨てる事だけです。
その為に、釣りと荒らしを見極める眼力が必要です。

228 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 18:08:35 ID:0NOjcxgN0
俺は金太をあぼ〜んしてるんだ
金太金太うるせ〜んだよ



229 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 18:50:43 ID:DLpznUlP0
>>228
本文でやりゃいいじゃん


230 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 19:16:31 ID:Ky+6+T08O
金太みたいな低能がいちばんスレのクオリティさげてるよ。人にテンプレ嫁とか言ってんのに自分はどうなんだろ。理解できてないのかな

231 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 19:53:02 ID:DLpznUlP0
つーか雑談やら議論やらは別館でやれよ
自分がスレのルールを守ってるって意識のある奴は

232 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 20:02:06 ID:R9yxWW410
>>231
やかましいっ!(・∀・#)

ソレは雑談厨な俺に対して挑戦してるんだな?
そうなんだな!かかってこいやっ!この自治厨が!

233 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 21:27:47 ID:6T8d/fog0
>>232
暴れると うちうじんがくるぞ

234 :辛ぇマニア ◆KDNSLi9hbg :2005/11/20(日) 21:58:59 ID:+3dqitsh0
☆ここまでINDEX

・顔を手で覆い隠す
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1132139820/21-25
精神を病んだ奴の一人相撲。( ゚д゚)、ペッ

・ブラックジェニー
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1132139820/45-46
(´-`).。oO(キチガイコワイネ)

・お池にはまってさあ大変
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1132139820/63-72
稲川インスパイア(゚Д゚)ハァ?

・落ちてきた
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1132139820/161
俺的お薦め!(・∀・)イイ!!  

・看護婦ハァハァ
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1132139820/172-178
看護婦ハァハァ(´・ω・`)

・こんな夢をみた
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1132139820/189-195
夢ですから(・з・)

235 :辛ぇマニア ◆KDNSLi9hbg :2005/11/20(日) 22:02:23 ID:+3dqitsh0
コレだけ読んどきゃ事足りますよw
「落ちてきた」以外は正直どうかと思いますけど。

独断と偏見による採点コーナーは別館で!

236 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 22:16:17 ID:3D1DMT580
今住んでる所は古い木造の1DKアパートだけど、
周りは静かな住宅地でコンビニ、駅も結構近くて
家賃もそれなりなので気に入っていた。
で、そろそろ引っ越してきて1年経つし、連休が取れたので
大掃除しようと思った。
まずは天井の埃を落として、電球を取り替えて・・・
そのとき、ポトリと何かが落ちた。
照明のかさ?の上になにかあったらしい。
畳の上には小さく小さく折りたたまれた紙切れが数十枚ちかく散らばっている。

広げて見ると全部「凶」のおみくじだった。

237 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 22:17:46 ID:R9yxWW410
>>236
おぉー、そりゃ怖ぇな。
引越ししたくなるよw

238 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 22:32:49 ID:08N9niWv0
バッサリと切り捨てたな・・・

239 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 23:47:42 ID:YENPQBTy0
こんにちわ、初めて書き込みますので見づらい点はご容赦を。
兄(新聞記者)から聞いた話で恐縮ですが・・・。

兄の友人でカメラマンをしている人が、
休日カメラを持って海岸を歩いていました。
天気は良いのですが風の強い午後だったそうです。

しばらく歩いていると離れた崖の上に白いワンピースを着た
髪の長い女性が崖の上から海を眺めていたそうです。
「いい絵になるかな・・・」そう思った彼はファインダー越しに
彼女を覗き込みシャッターチャンスを狙いました。(結構昔らしいんで肖像権等は今ほどうるさくなかったみたいです)

ふと・・・彼女は崖に向かい歩き出しました。
「まさか?」
不穏な空気を感じた彼はファインダーから目をはずし
肉眼で確かめました。
確かに崖に向かい歩いてます。



240 :本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 23:48:25 ID:YENPQBTy0
239の続き
「まてー、やめろ!」
叫び、走り出しましたが砂に足を取られうまく走れない上
風が強く声も届きません。
そうしているうちに彼女は崖の淵にたどり着き手を合わせます。

「間に合わない」そう感じた彼はとっさにカメラを構えます。
カシャカシャカシャカシャ・・・・・・。


彼のとった行動は「最後の瞬間を記録に残すこと」でした。


全て終えた彼は消防に電話をし、一通りの手続きを終えました。

その後彼は現像した写真を見て驚愕したそうです。

連続でとった写真、波に消える瞬間の写真に信じられないものが写っていたそうです。

最後の写真の女性は、こちらを向いて(カメラ目線で)笑っていたそうです。




241 :本当にあった怖い名無し:2005/11/21(月) 00:24:59 ID:sXnHPUhh0
クマー

242 :本当にあった怖い名無し:2005/11/21(月) 00:31:34 ID:rIesOaWXO
あれ?海面から無数の手がおいでおいでしてたんじゃ無いの?

243 :本当にあった怖い名無し:2005/11/21(月) 00:36:08 ID:suvxqRUL0
俺もそうおもって聞いていたんだが最後に見せてもらった
写真は正視できませんでした。

満面の笑みでした。怖いよ〜。何で笑ってんだよ〜。

244 :本当にあった怖い名無し:2005/11/21(月) 00:38:10 ID:suvxqRUL0
すみません。239、240=243ね。

まだいろいろあるんだけど書き込んでいいでつか?




245 :本当にあった怖い名無し:2005/11/21(月) 00:39:49 ID:EgUAKj/H0
今日の夜体験した不思議な話。よく人から聞いた事はあるけど、
まさか自分がその場で見るとは思わなかった。コンビニで精算してるとき、
自動ドアが開いて閉まった。誰も入って来てないし、横切っても
居ないのに。不思議な顔する私を、苦笑いの店員。確かにお寺や病院の
多い土地だけどさ。それだけ。

246 :本当にあった怖い名無し:2005/11/21(月) 00:56:19 ID:o4WTJcfgO
以前、私がある独身寮に住んでいたときに体験した出来事です。
夜中に尿意をもよおし目が醒めました。酔って帰って来て、そのままの格好で寝ていたようでした。
風呂・トイレは共同でしたので廊下に出てそちらに向かいました。が、トイレの前まで来たときに急に激しい腹痛に見舞われたのです。
よろよろと個室に入り便器にまたがったのですが、いざとなるとなかなか出ない。どころか痛みの感じが下痢なんかとは何がか違う。
しばらく、そのまま唸っていたのですが、その痛みが突然止んだのです。
「あれっ!?」と思ったのですが、まぁ治ったのですからヨシとして用を足し個室を出ようとドアノブに手をかけました。

247 :本当にあった怖い名無し:2005/11/21(月) 00:57:22 ID:o4WTJcfgO
ノブに伸ばした指先に異様な感触が伝わってきたのです。
生温かいヌルりとした感触でした。
ギョっとして、よく見ればドアノブが血まみれになっており、それを掴んだ私の手も真っ赤に染まっていたのです。
一瞬、頭が真っ白になったのを憶えています。入ったときには、こんなものは無かったはずです。ノブには入ったときに鍵を掛けていたので間違いありません。
呆然となった私の目の前に何かが落ちて来ました。
ドアノブにポタポタっと。血です。血が上から滴り落ちて来てノブを濡らしていたのです。
自然にその先を目で追い、とうとうソレを見てしまいました。

248 :本当にあった怖い名無し:2005/11/21(月) 00:58:19 ID:o4WTJcfgO
個室の仕切りと天井の隙間から覗いていたもの。
生首です。血の気が失せた不気味な顔色の生首が口元から血を垂らしながら、私を睨んでいたのです。

そこから先の記憶はハッキリしません。
たしか、絶叫をあげたような気がするのですが後で寮の者に聞いても、そんな声は聞こえなかったと言っています。
私は気を失いトイレで倒れているところを翌朝になって発見されました。
のちに話を聞いたのですが私が入寮する五年前の同じ日に、そのトイレで倒れてそのまま亡くなった方がいたそうです。
死因は仕事から来るストレスにより胃潰瘍が悪化した胃癌。仕事に追われ健康管理が出来ていなかったらしいのですが会社からは遺族に対してたいした補償も無かったようです。
この日以来、私も体調を崩し仕事を休みがちになり半年ほどして、その会社を辞めました。
今は実家の近くの工場で事務方の仕事をしています。

249 :本当にあった怖い名無し:2005/11/21(月) 01:01:08 ID:mAAYFOYa0
なんか新人アナのプロレス実況みたいな文章だなw

250 :本当にあった怖い名無し:2005/11/21(月) 02:20:40 ID:cDiI1Agj0
>>244
久しぶりに来たな、「書いてもいいですか馬鹿」。
答えは「NO」、謹んでお断りする。

テンプレ読めない文盲が面白い話書けるわけないし、お前の知ってる話はどれもこれも散々既出のものだろうしな。

251 :本当にあった怖い名無し:2005/11/21(月) 05:04:14 ID:7neS8mdf0
テンプレ読むと>>250は徹底放置・完全無視にしろと書いてあった。

252 :本当にあった怖い名無し:2005/11/21(月) 05:05:53 ID:gnfL8pFl0
地獄の牛鬼 とか 牛の首 って本当に名前だけなの?

253 :3DOカーニバル:2005/11/21(月) 05:50:56 ID:j4p6c/kr0
わたしも何か書いていいですか?

あんまし怖くないけど

254 :本当にあった怖い名無し:2005/11/21(月) 06:30:53 ID:zWbPVINjO
お店の自動ドアが勝手に開くのは虫。
俺が昔働いていたmバーガーでは閉店後によくあった。
客がいると滅多になかったし、閉店後も深夜一時半から二時半に集中してたのだけが謎だったがな。
あと、怪談してたら回数は増えた。
それでも季節は夏だったし田舎だからまわり暗かったから少ない光源に集まっただけだろう。
だから自動ドアが勝手にひらくのは怖くはない。

255 :本当にあった怖い名無し:2005/11/21(月) 06:42:57 ID:zWbPVINjO
ほんとうに怖いのは寒い時。
当時、警備員をしていた俺は夜十時半頃に、中学校に行った。
センサーが壊れてるから見てくれって内容だった。
その日は十月始め頃のわりに蒸し暑く、じんわり汗かくような夜だったよ。
暑いなーだるいなーって感じでダラダラ依頼された教室のある校舎に歩いていった。
その校舎が視界に入って、あーあれかーとか思いながら普段通りに近づいていく。
んで、玄関前について鍵開けようとした瞬間に

『絶対イヤだ!入りたくない!』

って直感で感じた。

256 :本当にあった怖い名無し:2005/11/21(月) 06:51:45 ID:zWbPVINjO
普段は、深夜二時すぎの学校とかでも、平気で電気も懐中電灯もつけないで入っていってたんだよ。(怖い話の本読んだ直後とかに)
なのに、鍵開けるのが怖い。鍵穴に鍵を差した状態から動けない。
本能が拒否してる感じ?変な汗いっぱいかきながら、玄関で動けない。
でも仕事だし、まだ新人扱いだったから意を決して鍵開けた。
勢いだけで玄関開けたら寒い。
夏に外からクーラーガンガンにきかした部屋に入った時の感じ。
古い公立の学校の廊下にクーラーがついてるわけもなく、ひたすらヤバい!って感覚に襲われながら、ダッシュで廊下の電気のスイッチを探した。

257 :本当にあった怖い名無し:2005/11/21(月) 07:00:51 ID:zWbPVINjO
かなりテンパりながらも電気をつける。
その瞬間にイヤな気配は薄らいだ気はした。
かわりに右後ろに人がたっている濃厚な気配。
後にも先にも人の気配をあれだけ強烈に感じたのはこれ一回。
気配を無理矢理無視して、空元気をだしながら依頼のあった教室へ向かう。
その教室はできすぎな話だが理科室。しかも第三理科室。
第三だけあって、薬品だの模型だの一切置いてなかったが救いだなーと思いながら、壊れているセンサーを探して修理。
修理まで玄関入ってから五分もかからなかったので、いささか拍子抜けするも、安堵感からか余裕がでてきた。

258 :本当にあった怖い名無し:2005/11/21(月) 07:08:24 ID:zWbPVINjO
余裕になった所で、改めて教室を見回すとどうやら文化祭で使ったらしい展示物が置いてあった。
その中に、ファービーみたいなのがあって、それを眺めていた。
その時、黒板を背中にして見てたんだが、左後ろからおばちゃん三人くらいの話し声。
え?って思って教室を見渡すけどなんにもない。
外の声が聞こえてきたんかな?と思い、窓から外をみたら、道路まで結構距離がある。しかも窓はしまってるから左後ろから声がするのもおかしい。(窓は右側だった)
急に寒気が復活してきたので慌てて電気消して校舎から脱出。
やっぱり廊下は寒かった。

259 :本当にあった怖い名無し:2005/11/21(月) 07:17:08 ID:zWbPVINjO
結局、声の正体はわからず、怖かった記憶だけが残った。
後日、その手の体験が豊富な兄に話を聞いた所、玄関についた時点で霊がいたんだろう。もしかしたら玄関挟んで目の前にいたかもなーとの事。
兄自身の経験からも、良くない霊がいると悪寒がする事があるらしい。

寒いはずのないところで悪寒を感じたら少し注意したほうが良さげ。
下手くそな長文すまんかった。

260 :本当にあった怖い名無し:2005/11/21(月) 07:19:14 ID:zWbPVINjO
ざっと読み返して赤面の思いの爽やかな朝。

261 :本当にあった怖い名無し:2005/11/21(月) 07:21:48 ID:XC4iY/RgO
早朝から乙デス
人の思念が多く集まる場所には、いるって言うから、夜の学校には「何か」いるのですかねぇ?

345 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)