5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【聖書】終末と新時代のリアルタイム23【日月】

1 : ◆X.gfmXXFBI :2005/12/08(木) 00:08:12 ID:gLU5clex0
真実を語れ!

2 : ◆X.gfmXXFBI :2005/12/08(木) 00:08:42 ID:Wt6DUSPJ0
前スレ
http://www.k3.dion.ne.jp/~zadkiel/log.htm

3 :本当にあった怖い名無し:2005/12/08(木) 00:14:14 ID:sDtSUIZ80
はみ乳

4 : ◆X.gfmXXFBI :2005/12/08(木) 00:48:35 ID:Wt6DUSPJ0
たまきんならたまにハミたまきんになるが。
まぁたまたまだけどな。

5 :ソリッド:2005/12/08(木) 11:41:06 ID:5fzcnwQY0
はみだすということはブリーフなんですか

6 :本当にあった怖い名無し:2005/12/08(木) 11:57:32 ID:x1j1u8PL0
>>4
流石に2ちゃんねるVOWにも載ってる男は言うこと違うわね…乙。

7 :本当にあった怖い名無し:2005/12/08(木) 12:50:37 ID:zOeH8a5HO
>>3-5
吹いた
ソリッド氏、まじめに何確認してんのw

8 :本当にあった怖い名無し:2005/12/08(木) 15:10:52 ID:x1j1u8PL0
一番吹いてるのは愛花ちんでわw

9 :本当にあった怖い名無し:2005/12/08(木) 15:18:34 ID:nq8a1gqf0
トランクスならはみ出すんじゃない?
俺はボクサー

10 :こんどこそ千はいただく:2005/12/08(木) 19:16:35 ID:J2pxryib0
最終戦争(ひょとしたら、回避されたかも、、、?)

それはとてもとても大切な人類への神様からの贈り物

正と邪、すべての人が逃れることの出来ない

過去から未来へ、あらたな世界の扉を開くための

だから、悲しむことは、、さあ、あなたの名をおしえて、、


11 :本当にあった怖い名無し:2005/12/08(木) 21:25:38 ID:QjeAMxKm0
前スレ>>969
つttp://www.yorozubp.com/0511/051109.htm

真偽は定かじゃないけど、こういう説もあるよ

12 :本当にあった怖い名無し:2005/12/08(木) 23:44:43 ID:YVVapi9LO
(°▽°)ぬるっぽ!

13 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/09(金) 00:08:43 ID:fMLuMs520
( `・ω・´)⊃))Д´)ガッ >>12


14 :本当にあった怖い名無し:2005/12/09(金) 00:17:12 ID:r2uXWfJpO
ぬる…
(-"-;)
…っぽ


15 :本当にあった怖い名無し:2005/12/09(金) 00:24:45 ID:N6FWQR330

              /ヾ∧    >>14 ガッ
             彡| ・ \
             彡| 丶._)  
              ( O┬O  キコキコ   
          ≡ ◎-ヽJ┴◎

16 :14:2005/12/09(金) 00:27:12 ID:r2uXWfJpO
ねるっぽ
(-.-)zzZ…


17 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/09(金) 00:33:49 ID:fMLuMs520
    _, ,_  ガッ
 ( ‘д‘)
  ⊂彡☆))Д´) >>16



原爆を現代に再召喚した真犯人はフォン・ノイマンだよ。
アインシュタインはシュレディンガー方程式を進歩させただけ、

コイツです↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%B3

18 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/09(金) 00:43:58 ID:fMLuMs520
博士の異常な愛情/ 私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか 
1964・英=米

この映画はとても印象的でしたね。フォン・ノイマンを批判しているのは間違い無いです。
ストレンジラブ博士(ピーター・セラーズ)が最高だった(笑)    

http://homepage2.nifty.com/e-tedukuri/Dr.Strangelove.htm

19 :愛花:2005/12/09(金) 00:44:35 ID:57Gf5ZsoO
ほのぼのしてるね。

おやすみん。



20 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/09(金) 00:55:50 ID:fMLuMs520
   ∧∧
   ( ゚д゚)
  _| ⊃/(___
/ └-(____/


  <⌒/ヽ-、___  
/<_/____/



21 :ソリッド:2005/12/09(金) 11:16:28 ID:dvYqDEsK0
家にマンガ版聖書があった。
この世の終わりのこと書いてあるジャン

22 :本当にあった怖い名無し:2005/12/09(金) 12:29:24 ID:Mtd5B8ON0
今俺たちは終末と新時代の狭間にいるわけだが

これから起こる事に驚くことなかれ・・

23 :本当にあった怖い名無し:2005/12/09(金) 12:30:58 ID:7oSsdtBY0
※面白いなぁと思った他スレのレス貼っておきますね※

>>Sa2
あと、前から問題となっていたこの地での記憶の忘却について。
昨夜、彼女と話し合って解ったことを書きますね。
結論からいうと、この地が特別というよりも
アダムの因子を受け継いだ肉体が特別なのでしょう。んなこと、解ってるって・・・

アダム
変化のないモノ。神により与えられた肉体・魂を持ち、純粋無垢・不老不死。神の下に永遠の存在。

変化をしてはいけないモノ。外からも内からも影響を受けてはいけない。
成長してはいけない。考えてはいけない。感じてはいけない。
なにも変わることなく神から与えられたモノを享受していればよい存在。

変化の出来ないモノ。魂・肉体・精神の三者が互いに触発を受けることはない。
他者と混ざり合うことはない。成長も、思考も、感情もない。全てを神に委ねられた存在。

三者三様のアダム観ですが、
要するにアダムの肉体は魂から干渉を受けられないように創られていた。
記憶の忘却というよりも、魂からの記憶を受け取れないだけ。
ここからは、ブログの話とも繋がるけど、
善悪を知る木の実から彼らが得た一番の収穫は生殖器だと思う。
木の実を食べた二人の最初の行動はイチジクの葉で生殖器を隠すことだったし。
それにより他者と混ざり合い、変化が生まれるようになった。
産みの苦しみが大きくなったが、その喜びも大きくなった。
働くことの苦しみも増したが、その楽しみも増した。
肉体も変化し、それなりに魂との繋がりも保てるようにもなった。
そんな感じですかなあ、、、


24 :本当にあった怖い名無し:2005/12/09(金) 13:16:36 ID:BhlWSx1h0
まあ、他スレの事は……ね

25 :ソリッド:2005/12/09(金) 13:20:00 ID:dvYqDEsK0
すごいカップルですね

26 :愛花:2005/12/09(金) 14:05:02 ID:57Gf5ZsoO
思い出す時。

一人では出来ない。誰かのお手伝いが必要。
注目を注ぐだけ。

お互いに出来れば最強。

27 :愛花:2005/12/09(金) 14:05:49 ID:57Gf5ZsoO
今日はそんなに寒くはないね。

28 :本当にあった怖い名無し:2005/12/09(金) 14:20:25 ID:Mtd5B8ON0
みんな今こそ愛と真理の調和のとれた世界を望むべき

29 :本当にあった怖い名無し:2005/12/09(金) 14:33:07 ID:2j3fKubT0
【異次元?】時空の歪みpart3【神隠し】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1128184317

25 名前:おさかなくわえた名無しさん メェル:sage 投稿日:2005/11/08(火) 01:39:53 ID:HSD/2IVT
都会の雑踏で少し前を歩いてた学生風の男二人。AとBとする。(Aは電話中)
A「おいこのバカ。やっぱり2005年じゃねーか!
 ハア?ああ、そうだよ。ずれてるの。すぐやり直しだぞ。」
A電話を切る。
B「やっぱりそうだった?」
A「ああ。あのバカ野郎、間違えて飛ばしやがった」
B「そうだよな、アレは2005の末だもん。」
A「だろ?早すぎだよ。2006ぐらいだろ」

この後、曲がり角を曲がっていったのでわからず。
別に普通の外見だし、マトモっぽい人たちだったが。。。未来人!?

926 名前:おさかなくわえた名無しさん メェル:sage 投稿日:2005/11/08(火) 03:01:30 ID:KLxpRFj0
>>925
未来人キタ━(゚∀゚)━(∀゚ )━(゚  )━(  )━(  )━(  ゚)━( ゚∀)━(゚∀゚)━ !!

30 :本当にあった怖い名無し:2005/12/09(金) 15:01:11 ID:PY3Dc7GkO
>>29
未来人でなければ下種した神々だったりしてw
この世が神々の世界の鏡だったとしても、何が起きているのか気にかかるゎ。

31 :ソリッド:2005/12/09(金) 16:05:08 ID:dvYqDEsK0
マンガの聖書に この世の終わりについて
悪魔たちを火の燃える炉に投げこむとありますが
投げこまれる前に当然悪魔たちは神の使いに戦いを挑むと思うのですが
この場合の神の使いとはイエスのことでしょうか?

32 :本当にあった怖い名無し:2005/12/09(金) 17:06:11 ID:r2uXWfJpO
神のつかい?
天使かなぁ?
イエスは神の声の代弁者で神のつかいぢゃないとおもう…
ただの人間だしね

まぐだらのまりあ

33 :本当にあった怖い名無し:2005/12/09(金) 19:12:17 ID:Mtd5B8ON0

 Project GAIA
http://rafeel1.hp.infoseek.co.jp/i/noname1-1.htm


34 :本当にあった怖い名無し:2005/12/09(金) 19:46:51 ID:7JcpbA9G0
イエスを神の子としているのはキリスト教だけなんだよね。
キリスト教はイエスを神の子とする宗教だからなんだけど。
同じセム系一神教のユダヤ教、イスラム教では人間として、
グルや預言者として扱っている。

35 :本当にあった怖い名無し:2005/12/09(金) 20:05:00 ID:r2uXWfJpO
ふぅーん
そうなんだぁ
まぁイエスさん 奥さんと子供いたみたいだしね?


36 :本当にあった怖い名無し:2005/12/09(金) 20:18:37 ID:qX/Pk6Di0
>>23
動物は生殖器あっても隠さないけどね
構造上、2足歩行の人間は4足歩行の動物よりは出産が苦痛だろうなあ


37 :本当にあった怖い名無し:2005/12/09(金) 20:20:16 ID:BhlWSx1h0
つくづくニンゲンって難儀な形してるよね。
何でこんな形に作ったんだろう。
腰痛が辛い。

38 :愛花:2005/12/09(金) 20:45:26 ID:57Gf5ZsoO
日本には神様がいっぱいいるんですね。
田んぼには田んぼでいるそうだし、神社にもいろいろな神様がいるそうだし。
不思議現象もこれだけいろいろな神様がまつわるお話があるのは日本だからかなあと思いました。

今、偶像崇拝と、日本のように、物にも宿る霊などを信じて畏れる日本と、どうなんだろうって思ってました。
お母さんの部屋には日本人形があります。
私が小さい頃からお母さんはお人形の前にコップにいれた水を欠かしたとこをみたことがないと思います。
でも、それは人形崇拝ではないはずです。そこにいる霊にお水をあげているのかな。
でもでも、偶像崇拝ではなくても、この場合の対象を「神様」とは言いませんかね。。。

さっき、カバンに入れっ放しだった、ポットが「キンッ。キンッ。」と規則的に音を立てて止まらないのでカバンから出したら音が止まりました。
(早く洗わなくては…洗ってほしがってるんだわ)と思った私はさっき洗って来て今ほっとしたとこですが、
こういうときも神様を一瞬思い畏れるから、急いで洗いに行ったりするのですよね。
考え過ぎですかね。 。


39 :本当にあった怖い名無し:2005/12/09(金) 20:50:24 ID:BhlWSx1h0
考え過ぎじゃないと思うよ。
日本人の「ものを大切に思う心」は「付喪神」信仰に通じると思う。

でも、一神教の人たちには、それを偶像崇拝としてますよね。

40 :愛花:2005/12/09(金) 20:53:43 ID:57Gf5ZsoO
愛花は人間の体の形には文句ないよ。
這わずに二足歩行するのには、象徴的な意味があったりするんじゃないかなとか。
あ、正直言うと、女にもスネ毛指毛脇毛生えてるのはなんでだろう〜とか思います。

あと、動物を見ているとそのかわいらしい造形を慈しんだりするのはどんな動物にもたやすいですが、
どうしてどうして人間相手にこれが出来ないものかと思います。

41 :本当にあった怖い名無し:2005/12/09(金) 21:04:21 ID:BhlWSx1h0
>>40
>這わずに二足歩行するのには、象徴的な意味があったりするんじゃないかなとか。
四足歩行から進化した二足歩行だから、何かと不便があるのよね。
肩と腰に負担はかかり易いし、弱点のお腹を晒して歩いてる訳だし。


>女にもスネ毛指毛脇毛生えてるのはなんでだろう〜とか思います。
むしろ生えてる方が自然なのに剃るのはなんでだろう〜とか思っています。
それが文化なのだろうけど。

>どうしてどうして人間相手にこれが出来ないものかと思います。
出来ないの?人間可愛いじゃない。

42 :本当にあった怖い名無し:2005/12/09(金) 21:34:03 ID:57Gf5ZsoO


43 :ステハン・レコ:2005/12/09(金) 22:17:09 ID:lnelomeF0
今日、水天嬢と会った。大変面白かった。

44 :本当にあった怖い名無し:2005/12/09(金) 22:33:06 ID:7JcpbA9G0
レコさんの居住地域が特定できますたw


>>35
イエスの子孫だという人がTVに出てたね。
マグダラのマリアはイエスの奥さんでガチだと思うけど、
子孫はどうなんだろう。

45 :ステハン・レコ:2005/12/09(金) 23:06:01 ID:5tKmX9+u0
>>44
特定できて、それが何?

46 :五千之介 ◆iEadzDhRJ6 :2005/12/09(金) 23:37:36 ID:hvSwmGMV0
オカヤマケンには、おならの神様を祭っている祠もあります。
モノ・カタチ以外にも神さまっぽさをみとめてるようです。


47 :本当にあった怖い名無し:2005/12/09(金) 23:55:52 ID:7JcpbA9G0
>>45
興味本位です。

興味本位ついでに、お二人がどんな話題で楽しんだのかも気になります。

48 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 00:02:57 ID:BhlWSx1h0
オナラ神社か。行ってみたいw

49 :ソリッド:2005/12/10(土) 00:34:51 ID:ju8Lv+NZ0
人間が作ったプラスチックとかの「物」意外のモノは
全部自然が作ったモノだから 神が自然そのものなら
オナラ神社もあっても変じゃないかw

50 :ソリッド:2005/12/10(土) 00:46:33 ID:ju8Lv+NZ0
あ、作ったというか神の一部という表現のほうがあってるような気がした

51 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 00:53:24 ID:AElCHhD00
そっかーウンコとか泪からも神様が生まれる国だから、
オナラから神様が生まれてもおかしくないんだ。
ナントカのミコトとか名前もあるのかな。

52 :ソリッド:2005/12/10(土) 00:58:04 ID:ju8Lv+NZ0
ブッダとか

53 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 01:00:09 ID:YBQANjBv0
ブッダがブッと屁をこいた

54 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 01:09:30 ID:YBQANjBv0
汎神論というか、何に対しても生命や神を見出すメンタリティというのは好きだな。
草木国土悉皆成仏が日本人の感性とすれば、世界の閉塞感を打破する人材が現れるのも
日本からではないかという気もする。

いや、アニミズムをその奥底に保つ国は全てそう言えるか。


55 :ステハン・レコ:2005/12/10(土) 01:12:24 ID:5oVD/7Kx0
>>47
興味本位でも、あんまりそういうことは言わないことだなあw

水天嬢が言っていたことで一番印象的だったのは
「人は誰でも”生きたい”と”より良くいたい・ありたい”と思ってるだけなのにね」
という一言だったなあ。

ごく当たり前のことだけど、ずっしりと重く感じたねえ。

56 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 01:17:40 ID:AElCHhD00
>>54
キリスト以前のヨーロッパもそうだったんだけどね~。
アメリカも。

57 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 01:25:08 ID:YBQANjBv0
>>56
そういやそうだった。スマソ。
ヨーロッパにおいて、森林を神の住処として畏敬を持って扱っていたものを、
キリスト教の進攻で“悪魔の住処”と看做され、伐採も進んだというのを読んだことがあるな。

日本ほどあらゆるものに神を見出さなくとも、世界は多神教がデフォだった。

58 :ソリッド:2005/12/10(土) 01:31:09 ID:ju8Lv+NZ0
なるほど。もしかして偶像崇拝するなっていうのを
間違った解釈したのかな。

59 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 01:37:02 ID:YBQANjBv0
>>55
失礼しました。
以前に読んだ水天さんのレスで、ちょっと思うところもあったもので。>地域

>人は誰でも”生きたい”と”より良くいたい・ありたい”と思ってるだけなのにね
それが難しくもある社会を人間は築いてきました。
これも予定されてきたことなんでしょうか。それとも、ヒトの本質(というものがあればですが)
からはずれたイレギュラーな事態なんでしょうか。

60 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 01:41:14 ID:4k32V2do0
当たり前ではないだろうね。
踏み付けにするのを良しとして来たのが今の世の中だ。
本音ではそうだと言ってみた所で、やる事がやる事だから、口先だけ。
特に社会の階梯を登れば登るほど。
でも脳内では当たり前かな?
あれでいいと思ってるからやれるんだろう。

61 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 01:45:22 ID:YBQANjBv0
>>58
もし57のことなら、違いますよ。
唯一神以外の神をキリスト教は認めず、古くからの神々を「悪魔」として
駆逐していった。先のヨーロッパの森の神で一例を引けば、牧神パーン(うろ覚え)は
キリスト教の代表的悪魔・山羊頭の「バフォメット」に変化させられたとか。

62 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 01:51:04 ID:dQHPjZWL0
「変化」じゃなくて「習合」じゃないかな。
パーンの正体をバフォメットと言い包める事で駆逐していったのかもよ?
そしてパーンを駆逐した後にはキリスト教徒達がそこにバフォメットを据えた・・・。

・・・という事だったら大変だねw

63 :ソリッド:2005/12/10(土) 01:51:37 ID:ju8Lv+NZ0
ああ。ええと人格神だったかな。
よその宗教を侵略した、みたいな感じでいいのかな。


64 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 01:58:30 ID:YBQANjBv0
>>59
自己レス
よくも悪くも選択の結果として現在の社会があるのなら、その選択をする基盤となったものは
なんだろうか。
以前は安直に一神教的思考や男性原理というものにそれを求めていたけど、
最近はそれらとは別の何某かもあるのではないかという気がするんだけど。

>>60
せめぎ合いつつも、こうなっているというところなんでしょーかね…

65 :ソリッド:2005/12/10(土) 02:01:20 ID:ju8Lv+NZ0
現在の社会は神の予定通りではなくて予想通りなんだと思う
その予想から予定を作ったんだと思う
この場合の神は自然の神じゃなくて人格神だと思う

66 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 02:04:39 ID:o1qK5h7Y0
欲だよ。一言でいえば。
一神教的な原理であろうが、男性的な考え方だろうが、
それ自体はただそれだけでは他者を踏み付けにする考えにはならない。
というよりも、一神教的原理を追求するならば、植民地なんて作れる訳が無い。

被造物は全て神の手によるものであり、またそれぞれの文化は神が「よし」としたので、そのようにあるのだ。

という考えの方がストレートにいけばなる。
つまり、「多様な文化を生み出したのも神の御技」になるはず。
しかし、そうはならない。
今の一神教は紛い物であり、言って見れば我欲の産物だ。
男性原理なども全てそう。
西欧が許しがたいのは、神学によってそういう思考こそを慎重に取り除いた事だ。
悪意の為せる技というしかない。悪意が無いならそれはそれでなお悪い。

67 :ステハン・レコ:2005/12/10(土) 02:08:11 ID:5oVD/7Kx0
>>59-60
まあ、そういう意見も出てくるとは思っていたんだけど。
何千年何万年あるいはそれ以上のスケールでみた場合、いつの世も人は変わらないと
いう話だよw

68 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 02:11:43 ID:dQHPjZWL0
>>67
「人間の思念全体」を一纏めにした上で均等割りすればそうなるだろうよ。
ただ問題は、そういう話が前面に出る事を阻止しようとするという事自体も、
もしかしたら、そういう願望から出てるのではないかという事だな。
俺だけが幸せになりたい、とかな。
話違うが小泉は長州がどうとかコメントしたらしいな。共感するらしい。
わかってやってるんだな、やはり。

あれもあれなりの理想を追求してるのかもしれない。
自殺者が増えようがなんだろうがw

69 :ステハン・レコ:2005/12/10(土) 02:17:12 ID:5oVD/7Kx0
>>68
>>60を書いたのはキミかな?


70 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 02:18:43 ID:AElCHhD00
アメリカの宗教なんて神様の多様性を排除したプロテスタントの、
さらに侵略を正当化した姿だしね。

ニューエイジはさらにそこを土台にしてるからもうダメポ。
アミニズムのバックボーンがなさ過ぎ。

71 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 02:18:55 ID:dQHPjZWL0
>>69
そうだよ。


72 :ソリッド:2005/12/10(土) 02:25:11 ID:ju8Lv+NZ0
弱い人間は強くなりたいと思うだろうし
ブサイクはハンサムになりたいだろうし
良くない人間は良くありたいと思うだろうし

73 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 02:26:32 ID:dQHPjZWL0
最後の一行は違うんじゃないか?

良くない人間はだからこそ自分こそが良いということにしたい。

これが正解じゃない?

74 :ステハン・レコ:2005/12/10(土) 02:26:54 ID:5oVD/7Kx0
>>71
ああ、なるほど。なら理解できるw
>>68で言われてるようなことも、当然踏まえてるさね。
それが分からないほどほど若くもないしw

75 :ソリッド:2005/12/10(土) 02:32:46 ID:ju8Lv+NZ0
良くありたいが、良くなれない、が、悪いと認めるのも嫌だ、
良い言葉を使うようになる。
悪いと認めるのが嫌だから改心など出来るはずもない。

76 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/10(土) 02:34:58 ID:X+oMC7nr0
>>69
特定して、それが何?w


77 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 02:36:40 ID:dQHPjZWL0
>>75
そういうこったw

本気で悪い奴は大体が「理想に燃えている」よ。
ただし、自分の本音や奥底の願望だけは決してみようとはしない。
文字通り「不明」だ。
で、自分を省みる事が無いから妙なエネルギーを発散してるのも特徴だな。

やだねぇ。

78 :ステハン・レコ:2005/12/10(土) 02:37:12 ID:5oVD/7Kx0
>>76
単発レスだとわかりにくい文脈も、つなげて読めば理解が得られる場合もあるという話だw
小説家志望のくせにそんなことも分からないのかい?

79 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/10(土) 02:37:31 ID:X+oMC7nr0
>>75
本人が悪いと気が付くまでは悪くない。

80 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 02:38:56 ID:AElCHhD00
カルマは混ぜっ返すの好きだなあ。

81 :ソリッド:2005/12/10(土) 02:39:19 ID:ju8Lv+NZ0
自分は悪い人間かもしれない、と思える人間はまだ救いがありますよね

82 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/10(土) 02:39:38 ID:X+oMC7nr0
>>78
詮索に反発するくせに詮索するとはお笑いw

83 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/10(土) 02:42:03 ID:X+oMC7nr0
でん!としておれよ、

84 :ステハン・レコ:2005/12/10(土) 02:42:09 ID:5oVD/7Kx0
>>82
わかったわかったw 小説家志望というのはネタだなとゆーのもわかったw

85 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 02:44:08 ID:dQHPjZWL0
まだ、ね。

86 :ソリッド:2005/12/10(土) 02:44:22 ID:ju8Lv+NZ0
>>79
そうです。ただ、悪いとわかっていながら欲などのために
悪い、を 良い、に強引に考える人がいるんですよね。

87 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/10(土) 02:46:52 ID:X+oMC7nr0
ヒステリーは弱さの現われ、心の弱さが悪を呼ぶ。

88 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 02:48:23 ID:YBQANjBv0
>>87
それは自己レスですか?

89 :ステハン・レコ:2005/12/10(土) 02:57:48 ID:5oVD/7Kx0
>>55での一言の背景は、私も良く理解しているところではある。

それなのに、どうしてこうも迷い苦しみ嘆き悲しむのか。
いつまで続くのか。
終わるときはあるのか。

お互い、なぜの理由もいつまでも続くことも分かってた感じだなあ。
なんだか旧い「戦友」に相まみえたような気分だったなあw

これも何かの必然の為せる技かねえw

90 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/10(土) 02:57:52 ID:X+oMC7nr0
>>86
強引に考えた時点でとっくに悪いと気が付いているハズ、
さらに考えると、自らに対する罰が始まっていると言える。

91 :ソリッド:2005/12/10(土) 03:03:26 ID:ju8Lv+NZ0
>>90
悪いとわかっていながら、です。
例えば、ダイエットすると言いながら甘い物を目の前にすると
なんだかんだ言いながら食べてしまう、みたいな。まあ、これは冗談ですが
逆切れなんてわかりやすい例かな。説明下手でスンマセン


92 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 03:15:53 ID:o1qK5h7Y0
まあなんでもいいが程々の所で収めといてくれないかね、という感じw
決してそうはしないのだろうが。
俺は「悪人正機」なんて信じちゃいないからね。
中途半端な悪人ならそれはアリだが、それは普通の人間がやらかすちょっとした過ちの事。
(・・・こりゃアカン)
というような悪人は、正直どうしようもない。大抵は落ちたら落ちっぱなし。
で、こういう奴はどこかでそういう「現実」を見ると大体開き直って更に暴れる。
そしてついには完全に処置不能になる。酷いのは大体そうなるな。
少しマシならギブアップするが、これは少ない。それにそれをすると「負け組」になるしw

自由が欲しいといいながら、自由に足を取られて転落すると、こんな自由があるからだ、と恨み言を言う。
そういう人は大体他の人の、少なからず多くの人々の自由を奪って自分を成立させてた過去があったりする。
好きに遊ぶのもいいがな、周りを見ろよ。そう言いたくもなる。
でも、酷い奴にはそういっても無駄どころか、ますます暴れるかそういった奴をバカにする。
で、完全に転落して清算の時期になるとやはり恨み言。

それじゃ何がしたかったんだね、君は?

俺の方が聞きたいですよ。

93 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/10(土) 03:16:36 ID:X+oMC7nr0
>>91
スマン、二ヶ月ぶりに酒を飲んでみたらワケわかんなくなって来た。
ネガティブ、神からさらに遠く離れること、への誘惑は大きいと思う。

94 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 03:18:51 ID:o1qK5h7Y0
ネガるのもいいぜー。
たまにはな。

俺は前向き過ぎる奴は嫌いだ。特にこういう御時世じゃな。
もっとも、ネガることで希望を失うようなら困りものだが。
人間にとって大事なのは中庸だ。色んな意味でそうなるな。

95 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/10(土) 03:27:49 ID:X+oMC7nr0
楽しんで頂けましたでしょうか?

それでは、オヤスマン・・・・・・・・

96 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 08:09:16 ID:P7tvcXFp0
楽しんだw
今回はコテを呼ぶ為でなく、アルコールの為かw

97 :ソリッド:2005/12/10(土) 10:38:20 ID:ju8Lv+NZ0
悪人正機しらべましたw
俺が言ってる悪人正機はたとえば
何も知らない子供が母親が大切に育てている花をむしったとします
その時点ではその子は悪ではありません。
母親はそれをやってはダメですと教えます。
その時点で子供はそれはやってはダメなんだと知ります。
それを知った上で花をむしった場合、とった行動はまったく同じなんですが、
それは悪だということです。

98 :愛花:2005/12/10(土) 11:09:47 ID:3ADczaM3O
「どうして」ダメなのか言わないと、
教えたことにはならないのではない?

覚せい剤とか、ダメですとか言われるけど、どうしてダメなのか社会が教えてくれないみたいに。

99 :愛花:2005/12/10(土) 11:11:25 ID:3ADczaM3O
どうしてダメなのか、誰も教えてくれなかったら、どうしてかを知るためにもう一度むしってみるかも。

100 :ソリッド:2005/12/10(土) 11:16:50 ID:ju8Lv+NZ0
長文になると思って省略したんですw
その時点で子供はそれをやってはダメなんだと「知ります」
ダメだと知った、と書いたから、その説明いらないとも思ったんですが

101 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 11:19:09 ID:3ADczaM3O


´∇`

102 :ソリッド:2005/12/10(土) 11:24:16 ID:ju8Lv+NZ0
まあ、文字のやりとり難しいねw

103 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 12:17:17 ID:wcduQldH0
今月末〜来月初に東海南海W地震が発生する。
フランスのNostradamvs研究者G.W.Vin博士のホームページに今週発表された模様。
それによると第6巻の中に「アジア大陸の東の大きな島の更に東で大規模な地殻変動が起きる」と予言されている。今まで日時が未定とされていたが「建物問題が起きた後数ヶ月」とあるのでマンション耐震構造問題が発生した今がその時期だと解説されている。
それによると
1.第1の地震により島の形が変形。
2.第1の地震の数時間後に第2の地震が発生。第2の地震の方が規模が大きい。
3.第1.第2とも大きな津波を伴い。新大陸(アメリカ)まで被害が出る。
4.建物に大きな被害が発生。それどころか山が消えるとある。
5.地震が地球規模の気象異常を起こし、いっきに温度が低下。
6.地震地から伝染病が発生し、世界中が混乱。
7.この地震は地球の地殻にまで重大な影響を与えるらしい。
8.Nostradamvsによると、島の民族の滅亡は免れる新たな国が起きるとある。


G.W.Vin博士の友人の解説によると『大陸棚での大きな地殻変動が発生』。気球規模の地殻変動になる可能性が大きく、人類が直面する初めての試練という大きな問題。
日本の地形が変化するとかの問題ではなく、太平洋の津波が日本を横断する可能性もあると言う。
規模がやや小さくなっても「富士山」が変形するレベルだろうとも解説されてもいる。
地震に助かった人類は急激な気象変化、伝染病に苦しめられ、地震で助かった者の半数が更に死ぬ。
世界地図(国)は地震後大幅に変わる。その時、現れる救世主は地震前までの主たる思想とは全く変わり。生活も変わるとも書かれている。

重いホームページではあるが、フランス語、一部イタリア語もあるので読める人は是非読んで欲しい。

104 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/10(土) 12:30:33 ID:Rbr74Nd40
>>86
内なる声を捻じ曲げるのが一番悪ですね自身に対して一番痛い結果を生む。
物語的に考えても一番悲惨な役を演じるのは大抵そういうふうになりますね。

今風な例えだと、アネハ建築士とヒュうザーの社長みたいな感じw
前者は悪いと知ってやったけど後者は未だ気が付いていないみたいな・・・・・
心のセンサーを曇らす悪のフィルターはどうみても社長のほうが濃い。
 
ヒュうザーは被害者の土地まで取り上げる可能性のある再建策を提示した。
(マンションを債券化してその額面は売値の106パーセント、被害者に渡される
のは現金ではない。しかも管理はヒューザーになり会社が倒産すれば紙くず
になる。ヒュうザーが出した債券を額面で買う者がいるとは思えない。)
多重債務者を騙して更に債務をさせる悪徳弁護士と同じ感じがしますね。

さすがにビビッタ国が土地だけは買い取る対応を見せたので心配は消えた。


105 :ソリッド:2005/12/10(土) 12:43:03 ID:ju8Lv+NZ0
本当は悪いとわかっていながら欲が強すぎて気がついてないフリになってる状態
ああなるともう救いがないですよね。

>>103
終末っぽい内容でいいねw

106 :五千之介 ◆iEadzDhRJ6 :2005/12/10(土) 12:48:34 ID:FZBfOOQl0
屁の宮のおはなしは、おならで困っている人には
そのようなことをうけとめてくれそうな場所があるだけで
気持ちの面で多少救われるのかもしれません。

どうしてだめなのかは、当人の身になって考えているかどうかが
すごく気になるところです。タバコがOKで大麻とかダメっていうのは
なんとなく某カ団の資金源断ちに見えなくもないです。
タバコは国家の収入源だった時期の見方なのでしょうね・・

>>カルさん
SM云々という宇宙でミサイル迎撃する武器ですが、
相手の軌道を推論までして撃てたらすごいと思いました。


107 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/10(土) 12:57:14 ID:Rbr74Nd40
>>98
うちの親父は中学のとき覚せい剤いっぱいやっていたけど、いけないと知った
のはずいぶん後のことだと言っていたよ。前にも書いたけど、
軍人の上司とかが徹夜続きで働かせる部下を思いやって覚せい剤を差し入れ
するのだそうだ。大勢が米英人を殺すのは神の御心にそう良い事だと信じてい
たご時勢だからね。まあ、その状態でも気が付く人はいるのだけど子供は殆ど
洗脳されてしまうらしい。過酷な深い闇でも早く気が付く者は本物に近いかもね。

また本音を言うと麻薬や覚せい剤に溺れないと言うか、暗黒面を引き出さずに
楽しめる人もいるとは思う。が、現状では破滅を呼ぶ危険性が高くて禁止せざる
をえない。私はやったことないけど危険な競技を楽しんで内分泌アドレナリンに
酔ったことはある。

108 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/10(土) 13:13:50 ID:Rbr74Nd40
>>106
タバコは昔に国の重要な財源で、今は高齢化、高度医療化で健康被害を
考慮した場合は国家財政の重い負担でしかないと聞きますね。
タバコの歪んだ擁護が減り始めているので、人の暗黒面を抑える力が上が
り麻薬が破滅を呼ばなくなり始めると大麻のような弱い物から順に解禁され
る可能性はありますね。やらないけど、

迎撃ミサイルはホントに当るかどうかは疑問だけど当ると証明して見せた時点
で役目は果たしたと言えますね。ホントに必要な状態は困るw

109 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 13:16:10 ID:469Z9HPy0
>>99同意
どうして駄目なのか教えなければ単なる抑制になり、それによって
反発心が増大し本当の悪が生まれる。
評論家などが現代の児童に対して我慢が足りないと言うが、
その心が純粋であればあるこそ納得できなければ我慢できないはず。
純粋であるとは敏感であること。
納得できる理由もなしに仮に我慢させ続けたとしたら・・・・・
とても恐ろしいことが起こります。



110 :愛花:2005/12/10(土) 13:23:47 ID:3ADczaM3O
バイクかな。


愛花は覚せい剤はやってみて、ほほうなるほど、こやつを扱うのは難しいわと。
ちなみに大麻は30歳以上はokとか出来ないものかと思ってます。これといって危険がなかったというか、これくらいなら大人なら手に負えないほどではないだろうし、みたいなかな。

地震は怖いね。ノストラかあ。東京にダメージくるのはキツイなあ。

111 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 13:27:26 ID:469Z9HPy0
>>110
覚せい剤は面白いものじゃないね。
精神的に発達してくると覚せい剤はやってもつまらない筈。
私もやってみてこれがどうして依存するのか理解不可能だった。
はっきり言ってタバコは怖いですね。


112 :愛花:2005/12/10(土) 13:41:22 ID:3ADczaM3O
大麻はニコチン入ってないよ。
幻覚もみるわけでないし。
肌の感覚や味覚視覚音感が鋭敏になり、
より目の前の「現実」を100倍楽しめる感じだった。
吸い過ぎはお酒と同じで眠くなる、次の日反省出来る心も残るよ。
でも、お酒は飲みながら仕事の話が出来るけど大麻はどうかな、程度かな。
車の運転も危ないけど、お酒と違い大麻なら解禁したあとどう取り締まるかな、くらいかな。
あと、うつ病の人やホスピスで麻薬治療しているひとの食欲減退とかにもよさそうだなあと思う。
あ、覚せい剤の針は病院でつかわれる、インスリンなんかを打つ用の針と同じのが流れているよ。
愛花はやっているとき、病院が商売してるようなもんだと思ったよ。

たばこはどうかな、愛花は吸ったりやめたり。たばこは大抵暇潰しアイテムなんじゃないかな。たばこを吸うのはお乳を吸う延長だと聞いたことがあるよ。

113 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 13:46:02 ID:469Z9HPy0
>>112
大麻も種類によって視覚に来るのはあるよ。
大麻の効果って未だ良く解ってない部分とかあるし。

で・・・タバコなんだが30っぷんで耐性が付くそうだ。
そんな恐ろしいもの手出しできないですw

114 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 13:50:01 ID:469Z9HPy0
私の中ではお酒もタバコもハードドラッグかな。
麻薬や覚せい剤は使う側の精神状態に大きく左右されるからなんともいえないな。
大麻はソフトドラッグだと思った。
タバコはやったことないけどね・・・・w

115 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 13:51:08 ID:AElCHhD00
>>98
>覚せい剤とか、ダメですとか言われるけど、どうしてダメなのか社会が教えてくれないみたいに。

教えてますよ?
ttp://www.dapc.or.jp/

116 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 13:52:53 ID:469Z9HPy0
>>115
いや。そこに書いてあること自体がいい加減だから。
何故かと言うとW.H.O.のデーターと全然違うんだよね。

117 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 13:53:53 ID:469Z9HPy0
嘘教えられたら反発したくなるんだよね

118 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 13:56:45 ID:AElCHhD00
そうなんだ?なんで嘘教えるんだろうね?
あなたはどこでソレ知ったの?

でも、合法化して儲けようというのならわかるけど、
嘘吐いてダメと言って誰が得するんだろう。

119 :愛花:2005/12/10(土) 13:57:10 ID:3ADczaM3O
>>115
携帯だから見ていないけど、
そこに、痛み止め効果ゆえに「sex」が気持ちが良いようだと書いてないんでしょ?

120 :愛花:2005/12/10(土) 13:58:41 ID:3ADczaM3O
「とりあえず、頭がすっきりするのは事実」とか。

121 :ソリッド:2005/12/10(土) 13:59:54 ID:ju8Lv+NZ0
大麻がダメって教えないとわからないほどおろかだとすれば
神が終末を用意したのも理解出来るな

122 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 14:00:12 ID:AElCHhD00
>>119
書いてあるよ?
なんで決めつけるの?

123 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 14:01:24 ID:469Z9HPy0
>>118(あなたはどこでソレ知ったの?)
興味がもしあったら自分で調べてみて

多分裏社会と表社会に関係があるんじゃないかなぁ
義務教育も有る意味洗脳するための道具だと思ってるし
報道とかもかなり胡散臭いしね
特に戦争関係の報道とか


124 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 14:03:31 ID:469Z9HPy0
>>121
大麻についてどこまで知っていますか?
何故いけないとおもいますか?

125 :愛花:2005/12/10(土) 14:04:24 ID:3ADczaM3O
ω

126 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 14:04:26 ID:AElCHhD00
>>123
「戦争などの報道が胡散臭い」というのは、「このサイトに嘘を書いてある」というのとは無関係だと思うけど。
すり替えでしょ。

127 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 14:05:29 ID:AElCHhD00
>>124
あなたが大麻を正当化する理由もわかりませんが。

128 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 14:05:38 ID:469Z9HPy0
>>126
違う違うついでに書いただけですりかえるつもりはありません

129 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 14:07:06 ID:3ADczaM3O
人間はなんでも知りたい動物なんだ。

130 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 14:08:08 ID:AElCHhD00
とりあえず、あのサイトのどこに嘘が書かれていて、
どれだけ大麻が正当性のあるものかという事を証明してくれたら
納得してみます。
自分は大麻の事はあなたほど知りません。

131 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/10(土) 14:08:23 ID:Rbr74Nd40
>>112
病気を理由にそういった薬を売りまくるのは医療の闇だね。
そういった薬が欲しくて病気を続ける人は少なくないハズ、
薄々解っていても経営が苦しい病院には強い誘惑なハズ、
追求はかなり危険、
嫌韓嫌中より危険、
そういった話が出ないように大手マスコミに広告費を払う。

132 :愛花:2005/12/10(土) 14:13:20 ID:3ADczaM3O
広告費?ふーん、そっか。´∇`←けして理解には及んでいない。

133 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 14:16:04 ID:469Z9HPy0
法規制
----------------------------------------------------------
日本では、大麻の所持や栽培は大麻取締法で規制されていて、
免許がないと所持・栽培はできない。WHO(世界保健機構)の報告でも、
有害性は認められないと結論されていることから、合法とする国もある。
ちなみに、日本で栽培されている大麻は、インド麻などと違ってほとんど
陶酔成分を含まない系統であると言われているが、陶酔成分が優勢遺伝する
ため、国内で栽培されているものにも若干の陶酔成分が含まれているとも
言われている。また、大麻の陶酔作用は「麻酔い」として農家から嫌われたようである。
オランダでは大麻が合法という紹介がされることがあるが、一定量の個人所持が合法なだけで、
売買などは禁じられている。また、販売目的の栽培も禁じられている。
古くから世界中で宗教儀式などの文化に深く根付いていたこともあり、
現在でも大麻を吸引することを肯定的に捉える国や地域もある。
一方で、覚醒剤や麻薬の汚染の原因として厳しく罰せられる国もある。

134 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/10(土) 14:19:14 ID:Rbr74Nd40
せめて広域暴力団が表立って存在できなくなる程度には
社会が進歩してからでないと大麻は擁護するべきでない。

どうしてもというならこそーりあむすてるだむにでもいってw

135 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 14:19:17 ID:469Z9HPy0
インドでは大麻はシヴァが作ったと言う言い伝えが有るそうだ。


136 :ソリッド:2005/12/10(土) 14:20:19 ID:ju8Lv+NZ0
>>124
大麻が悪いんじゃない。大麻が薬にもなるんであれば、
その使い方が間違っている人間が悪いのです。

137 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 14:20:35 ID:469Z9HPy0
いや・・・私は別に擁護してないんだけどねw
そんな書き込みしてないし。
単に自分でやってみてこれはソフトだと思っただけだし。

138 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 14:21:25 ID:469Z9HPy0
>>136
私もそう思うよ

139 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 14:23:35 ID:469Z9HPy0
何でもそうだけど乱用は良くないよね。
世の中に存在する全てそうでしょ?
砂糖乱用したら病気になるじゃない。

140 :愛花:2005/12/10(土) 14:23:47 ID:3ADczaM3O
暴力団ねえ…。
大麻吸いたいだけなのにいちいち暴力団とかかわりたくないしなあ。








141 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 14:24:42 ID:469Z9HPy0
>>140
かかわらなくても吸えるけどね・・・・w

142 :ちん☆ぽん ◆HGwnVwp.Sw :2005/12/10(土) 14:25:27 ID:qRwZL5CX0
オカ板にオカルトに関係ないスレを立ててるゴミどもを消せ!!
オカ板をより良い板にするため板違いを許すな!!

片思いの人の名をひたすら叫ぶスレ
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1124539646/
( ゚∀゚)おっぱい!おっぱい!
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1133282103/
今だったら絶対放送禁止なニュース その2
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1134140574/
携帯で見れるなごみ・いやし・わらい画像〜8度目〜
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1133837417/
今夜が山田
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1128966461/
( ^ω^)・・・ inオカルト板3
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1133445736/
IDでペ・ヨソジュソを倒そう!
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1133439927/
サボテン観察日記 4株目
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1123531393/
RPGに出てくる地名
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1133830864/
カサカサして1時間シューされなかったらゴキブリ 6匹目
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1132960318/
ID砲丸投げinオカルト板( ゚ж゚) 6投目
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1133916034/
(´・ω・`)しらんがな‥
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1123377398/


この十二のゴミスレが消滅したとき、封印されしオカルト太郎が復活する・・・。

143 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 14:27:19 ID:3ADczaM3O
ちんぽんうるせーな、

144 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 14:27:44 ID:469Z9HPy0
>>142
こだわり過ぎじゃないかな。
いやなら行かなければいいだけだし。

145 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 14:30:04 ID:469Z9HPy0
何はともあれ薬物が規制されるようになったのはそもそも人心のモラル
が低下しているからですよね。
バランスの取り方がわかってないんだなぁ。


146 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/10(土) 14:32:44 ID:Rbr74Nd40
北海道の山の中に住んでる人が散歩序にちぎって来て自分で巻いて
コそーリ吸うなら関係なしだろうけどw
都会のサラリーマンが週末に彼女と楽しもうと思えばヤーさんから
買うしかない。チンピラ同士の抗争の元だし、仕切るとなると大手の
ヤーさんが必要になるからやっぱりダメw

>>132
製薬会社などがマスコミの大スポンサーになることによって報道を
有利な方向にしようとすることです。許容範囲の逸脱がたまにある。

147 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 14:39:47 ID:fyGxI6UJO
神宮大麻の件について宮内庁は説明するように。伊勢神宮を通じ全国配布ですから。GHQの亡霊からときはなたれてね。

148 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 14:41:46 ID:469Z9HPy0
ちなみに皇室は日本の法律とは無関係だから大麻すってても逮捕されない。

149 :愛花:2005/12/10(土) 14:42:27 ID:3ADczaM3O
なに、それぇ。初めて聞いたぁ。ほぇ〜。

150 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 14:43:36 ID:469Z9HPy0
>>149
書類上日本の国民じゃないからね

151 :愛花:2005/12/10(土) 14:45:24 ID:3ADczaM3O
うん。超ごめん。
>>148。笑

152 :愛花:2005/12/10(土) 14:46:53 ID:3ADczaM3O
ああ、>>147だった。

さ、パソコンで遊んでこよー。勉強いやーんっ。そんなの明日明日〜。

153 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 14:48:13 ID:469Z9HPy0
一応薬物関係で納得いってない人もいるかもしれないから百科事典
のせとくね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

154 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 14:52:56 ID:fyGxI6UJO
乱人が愛花のために育てるだな。


ナニをって?




愛だよ。


あさもあいも療法?(笑)

155 :愛花:2005/12/10(土) 15:06:22 ID:3ADczaM3O
大麻はべつにないと困るわけでもないよ。
そろそろ合法でもいんでない?ってだけ。

愛はあるし。




156 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/10(土) 15:14:23 ID:Rbr74Nd40
最近、なんか解らないけど愛が不足気味な気がする。

157 :愛花 ◆zJ/mb/oVPQ :2005/12/10(土) 15:17:21 ID:YwxiVM6h0
あげようか?

158 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/10(土) 15:21:19 ID:Rbr74Nd40
欲しいけど、もらうだけでは一時しのぎ、不足状態になる原因を知りたい。

159 :愛花 ◆zJ/mb/oVPQ :2005/12/10(土) 15:29:25 ID:YwxiVM6h0
恋愛するとか。

160 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/10(土) 15:35:32 ID:Rbr74Nd40
なかなかそう言う気持ちにならない。

161 :愛花 ◆zJ/mb/oVPQ :2005/12/10(土) 15:40:36 ID:YwxiVM6h0
http://music.vidnet.com/player/22595/hilary_duff_beat_of_my_heart.php

162 :愛花 ◆zJ/mb/oVPQ :2005/12/10(土) 15:46:47 ID:YwxiVM6h0
これだな。
http://music.vidnet.com/player/22380/madonna_hung_up.php

ウタダとか。
http://music.vidnet.com/player/22605/utada_you_make_me_want_to_be_a_man.php

うーん。

恋をしるっ!

163 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/10(土) 16:06:11 ID:Rbr74Nd40
ぶっちぎりで二番目だな、

164 :愛花:2005/12/10(土) 18:35:58 ID:3ADczaM3O
神は神の中に、宇宙を生み給うたのであるぞ。善の祈りには善、悪の祈りには悪、祈りの通りに何も彼も出来て来ること、まだ分からんか。

今はまだなるやうにして居りて下されよ。
悪いこと通して善くなる仕組、善く心得よ。

一切の未来も一切の過去も、総てが現在ぞ。

現在は永遠ぞ。何処からともなく感じて来るもの尊べよ。

与えることは戴くこと。


あ、カルマザビさん、あったよ。
↓↓↓
どうにもこうにも手つけられまい。
この世は浮島ぞ。人民の心も浮島ぞ。油断禁物。
ひふみの食べ方心得たら、今度は気分ゆるやかに嬉しいウレシで食べよ。
天国の食べ方ぞ。一切は自分のものと申してあらう。
上も下も右も左も皆自分のものぞ。
自分ぞ。
ここにまことの愛生まれるぞ。

(あってるかな。)

165 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/10(土) 20:31:42 ID:f7MLX68Z0
よくわからない

166 :愛花:2005/12/10(土) 20:43:54 ID:3ADczaM3O
うん。

167 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 21:11:08 ID:Anv5tIdkO
曼陀羅みたいな感じ?w 焦点を変えてくと、3Dにみえておもしろいよ。奥が未来で手前が過去。在るのは今だけ。w

168 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 23:13:59 ID:kpfHDeNq0
ttp://cgi.din.or.jp/~koide/game/game.htm

169 :本当にあった怖い名無し:2005/12/10(土) 23:32:27 ID:3ADczaM3O
(´・ω・`)

170 :ソリッド:2005/12/10(土) 23:42:53 ID:ju8Lv+NZ0
>>139
もし砂糖を乱用して悪事を働く者が出てくれば、大麻と同様の扱いになるでしょうね

171 :本当にあった怖い名無し:2005/12/11(日) 00:00:40 ID:kpfHDeNq0
ttp://www.s-ivy.jp/gods.html

172 :五千之介 ◆iEadzDhRJ6 :2005/12/11(日) 00:07:02 ID:uyMF0hW50
>>162 愛花さん
ハングアップ、サンクスです。丁度発売日前日、高速乗っているときに
FMできいてすごくかっこよかったです。どう感じるかは人それぞれか・・・・

>>170 ソリッドさん
砂糖をこんなに大量に扱えるようになったのは最近のことですから、
もし技術が進展せずに砂糖が貴重なままだとしたら・・・・・
大麻同様だったかもしれません。「疲れがとれる物質C6H12O6」などの表示で。


173 :ソリッド:2005/12/11(日) 00:12:09 ID:wzDDsywH0
あくまで例え話しなんでw

174 :本当にあった怖い名無し:2005/12/11(日) 00:32:42 ID:OvDk8O120
癌を発見する検査の時に、ブドウ糖にマーキングしたものを点滴するらしい。
癌細胞は糖分をエサにするために血液内に点滴されたブドウ糖を寄せ付ける。
このことを利用して癌細胞の発生している箇所をつきとめる。
もちろん、この検査の間に癌細胞はブドウ糖を得て成長し、肉体の状況は悪化する。

175 :本当にあった怖い名無し:2005/12/11(日) 00:37:41 ID:OvDk8O120
白い砂糖は癌のエサですよ。
おやつにあま〜〜いプリンはださないでね。
ね、看護婦さん。

176 :愛花:2005/12/11(日) 00:44:47 ID:cgQ/Q+oIO
脳はブドウ糖のみを栄養としてます。



177 :本当にあった怖い名無し:2005/12/11(日) 00:55:11 ID:cgQ/Q+oIO
(おやすみなさい。)

178 :ソリッド:2005/12/11(日) 01:02:08 ID:wzDDsywH0
甘い物ばかり食べてます。とくにチョコがいいです。

179 :death:2005/12/11(日) 04:23:04 ID:dq6afu1nO
小麦アレルギー?(農薬だったかも)の人が 炭水化物の摂取を 止めてしまった…
野菜系、動物系 中心の食生活の中で 糖類も摂取しない その人を科学的に 検証したら
脳が糖を一切 使わないで機能していた…
何をエネルギーに していたのか 思い出せないが…
(7〜8年前のTVで やってた)
人間の脳が 順応したんだろうか?
大したもんだ…

天晴れ!人間!


180 :愛花:2005/12/11(日) 12:10:57 ID:cgQ/Q+oIO
そういうの好き。

ほとんどたんぱく質取れてないアフリカの人が筋骨隆々とか!

181 :本当にあった怖い名無し:2005/12/11(日) 13:28:22 ID:GbJYderF0
肉と言ってもちょっとは炭水化物あるし
野菜と言ってもちょっとはタンパク質あるし
って事なんじゃない?と思っちゃう僕は夢が無いですかそうですかorz


>>179の話はちょっと不思議。平気なのかな?常人じゃ無理そう。

182 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/11(日) 15:27:12 ID:vFZWrYQI0
止むを得ない人のみに許された超能力だしょ?

183 :本当にあった怖い名無し:2005/12/11(日) 15:48:12 ID:dq6afu1nO
>>179です
かなり前のTVで 記憶も曖昧ですが…
たしか脂肪をエネルギーにしてたと思いやます
ちなみに50代位の女性でした


184 :本当にあった怖い名無し:2005/12/11(日) 18:40:29 ID:TosBvWjA0
僕も大麻すいたいな〜
そこら辺の山に行けば自生してるって言うから
採ってきてこっそり家の中で栽培するしかないね


185 :愛花:2005/12/11(日) 18:54:40 ID:cgQ/Q+oIO
栽培はまずいよ、見つかりゃしないか、いつもビクビク挙動不信とかやだもん。

186 :179:2005/12/11(日) 20:28:24 ID:dq6afu1nO
大麻は常習性ありませんが
3日も吸えば 頭は ボー…
考えがまとまらず 何をしたいのか 分からなくなります
体がダルくて無気力状態になります


187 :本当にあった怖い名無し:2005/12/11(日) 20:35:18 ID:Lvv/r51O0
>>186
でもすぐ治りますよ

188 :179:2005/12/11(日) 20:37:24 ID:dq6afu1nO
山とか河原に自生してる大麻は
警察官庁がヘリコプターで捜し出して 見つけたしだい処分してるらしー


189 :本当にあった怖い名無し:2005/12/11(日) 20:37:55 ID:Lvv/r51O0
考えがまとまらず何をしたのかわからなく(思い出せなく)なるのは
吸ったその日だけかなぁ。
だけど自分が集中したいことは通常より以上にうまく出来たりするな。
多分感覚が鋭くなって力加減がわかってくるからかもね。

190 :179:2005/12/11(日) 21:34:35 ID:dq6afu1nO
>>189
そだね
ぼきは犬化したり笑い袋化したりしてたね


191 :本当にあった怖い名無し:2005/12/11(日) 22:37:58 ID:YxA239J10
大麻の種なんていつでも、どこでも手に入るだろ。育てるのもかんたん。

大麻には、破壊と再生の神「シバ神」から人間への贈り物、っていう伝承がインドにはあるらしい。


192 :本当にあった怖い名無し:2005/12/11(日) 22:39:41 ID:GbJYderF0
>>135

193 :本当にあった怖い名無し:2005/12/11(日) 22:53:04 ID:dq6afu1nO
>>191
どこで手にはいる?
教えてけろ


194 :本当にあった怖い名無し:2005/12/11(日) 23:00:51 ID:CeIjAN4ZO
鳥の餌に入ってる。処理して芽が出ないようになってるが蒔けば数割出る。
麻の実という扱いで混合飼料に入ってる。すごい店は単品で売ってるらしい…

195 :本当にあった怖い名無し:2005/12/11(日) 23:06:14 ID:dq6afu1nO
>>194
サンクス こんど試してみるわ

196 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/11(日) 23:07:29 ID:3IcCjKrP0
終末に相応しいスレになって来てるw

197 :ソリッド:2005/12/11(日) 23:40:50 ID:wzDDsywH0
スレの終末っぽいw

198 : ◆X.gfmXXFBI :2005/12/12(月) 00:06:50 ID:NvLL39lq0
                (゚乱゚ )
              ¶ノ ¶ノ |
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          ./ (,)    (,)   ヽ
         |    | ̄|      |
         ヽ    ̄ ̄     /
          |  |   |  |   |
         .ノ .ノ ヽ ノ .ノ   .|
         (_ノ  (_ノ    .|
            / /  ̄/ /
           < <   .< <
            ヽ ヽ   ヽ ヽ

199 :本当にあった怖い名無し:2005/12/12(月) 00:09:26 ID:IdaBm2vO0
ガチャピン?w


200 :ソリッド:2005/12/12(月) 00:15:20 ID:oi+7wCMX0
しかし俺がふだんいる武道板のスレでも大麻の話題になってるんだが・・
俺の行く先なんで大麻の話しになるんだろうw

201 :本当にあった怖い名無し:2005/12/12(月) 13:22:47 ID:IdaBm2vO0
漫画板のウシジマくんという漫画のスレでも大麻の話になってたw

202 :本当にあった怖い名無し:2005/12/12(月) 13:59:13 ID:Sl21WWDXO
個人の趣向の権利の問題にしての議論であるのか、それとも、代替医療としてのメディカルな可能性をめぐる議論であるのか、テーマを明解にしなければ、この手の話しには進展がみられないであろう。
いずれにせよ、国民の意識の向上と厚生労働省の柔軟な姿勢がなければ進展はのぞめないであろう。
このジャンルにおいて日本は後進国であるていう認識を持ち、世界における議論に耳をかたむけることからはじめなけれは゛ならないのかもしれない。

203 :本当にあった怖い名無し:2005/12/12(月) 17:02:41 ID:4QV3OiMJO
なんとなく… … … 性!

204 :本当にあった怖い名無し:2005/12/12(月) 19:42:48 ID:VaaO7V6PO
オランダは マリファナ おけーぢゃなかった?


205 :ステハン・レコ:2005/12/12(月) 23:11:37 ID:k+VcIa6q0
大麻擁護論者は、全米ライフル協会と同じ理屈をこねるw
あほくさーw

206 :本当にあった怖い名無し:2005/12/12(月) 23:49:08 ID:FACe089T0
アメリカでマリファナが禁止になったのは、メキシコからの出稼ぎを規制するための人種差別てきな理由だとか。
LSDが禁止になったのは、精神の変革がきぞんの社会システムを崩壊させる危険があるからだとか。・・ドキュメンタリー番組で、見た。
現状の環境で権力をにぎっている連中は、変革を望まないんだよね・・昔から。


ガンジャの世界へ・・ワーーープ・・http://www.taimalink.com/

207 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 00:47:27 ID:lrf9dTWL0
ジャーラスタファラ愛

ジャーの世界へも・・ワーープ・・http://www8.ocn.ne.jp/%7Ehiro57/menu1.htm

208 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 01:35:10 ID:cVGDUfXCO
梵きめて急に行動が活発化する人は、結構迷惑だと思った。
酒もそうだけど、人格に対して簡単に影響を及ぼす薬は脅威です。
古来から宗教儀式に使われていたという既成事実が
ぼんやりとした安心感を呼び「危険ではない」と
いう発想に繋がることもあるようですが・・・。


ちなみに個人的には「全く素面なのに激しく酔っ払い」
その後まったり温泉気分。
な症状かと思われます。


209 :愛花:2005/12/13(火) 07:54:55 ID:aU8+aR77O
日本は大麻の管理を今はヤーさんにまかせてるってことかな。
おはよう。

冬休みまでもう少しだね、ガンバロ。

210 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/13(火) 11:28:49 ID:j5AG2bvE0
道徳や倫理で動く人、
金とか利益で動く人、
までは良いとして、
さらにその下の人達は武力(暴力)の脅しが無いとマジメに
秩序を守れない。そんな動物に近い人を管理教育して一般人
に迷惑かけないように暮らさせるのが軍隊、警察、真のヤクザ
の仕事だけど真のヤクザは滅んで暴力団になっちまったらすい。





211 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/13(火) 11:30:10 ID:j5AG2bvE0
>>209
無秩序よりマシという後ろ向きな態度だけどね。

212 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 12:49:31 ID:FrAbZYnv0
たとえ大麻が合法になったとしても、俺はやるつもりないけどなあ。
そんなにトランスしたい人が多いの?

ついでに言うと銃もイラネ

213 :ソリッド:2005/12/13(火) 12:53:08 ID:jaAjjs4S0
マジレスすると魂の派閥によって好みがかわるんで
やる人やらない人とである程度どの派閥かはしぼれるねw

214 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 12:54:40 ID:jUbHkUCgO
人間は豚だぁ!
家畜は養れて管理されてこそ 生きる事が許される
そして その一生を搾取され続け生かされるのだぁ!
秩序やルールを与えられねば 不安で仕方がない家畜どもよぉ!

…て事でしょ?
ルールや枠組がないと不安なんだよ
人間は


215 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 13:13:57 ID:FrAbZYnv0
まあ「十戒」なんて人間をバカにしてるとしか思えないよねw

216 :愛花:2005/12/13(火) 13:19:43 ID:aU8+aR77O
そーだぬ。

やるやらないでなく、
違法か合法かさ。

もちろんあらゆる問題点を解決しつつ、方向性と目標を持ってだが、合法に賛成するよ。
で、私の派閥は?笑

ちなみにうちの親は考え違うと思うし、そんな簡単に血統で決まるのん?

統計的に言えば、人口受精で生まれた人は「神」と言われるほどの天才になる確率が高いとかなら聞いたことあるけど。(有名人たちねっ)
あと、お金持ちの家系はお金があるから学校行けるしコネもあるし、そこからお偉いさんが出てくるのもわかるけど。

血統で分けるってどういうことさ?
自分のが知りたいのだけど。

愛花は今のとこ、まあ確かに生粋の日本人と韓国人は違うと思うよ。あ、魂の性格っていうか。
近所のしものせぴぐらんぽホテルの一番偉い人は朝鮮人、なのにそこで働く朝鮮人を朝鮮人だとして差別してやめさせたりさ、やらないひともいると思うけど、大人としてとか、生きとし生けるものとしての常識感覚とかね、
トミーズまさは娘のおまんちょにさきっちょつっこんで自慢したり、観客の前で娘の服をつかんでお乳を見せたりしてたね。そういうのはわからないわけで、違う種類なのかなあと思う気持ちは分からないでもないなあ。
やすおか力也って人は昔テレビで、家畜のヤギを犯した話をしていたけど、気持ちを分かってあげようとしてもどうも分からん。
だから、違う種類だと思いたい気持ちも分かるのさ。

霊統なんてあるのかな。
行動を理解出来るのが近いのか、と思いきや兄弟でも理解出来ないときあるよ?
気が向いたら教えてね。


217 :愛花:2005/12/13(火) 13:20:29 ID:aU8+aR77O
>>215
どうしてか教えて。

218 :ソリッド:2005/12/13(火) 13:22:12 ID:jaAjjs4S0
>>215
十戒は人として当たり前のルールだと思うが、それすら守れてないのが
現状だろう

219 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 13:25:59 ID:FrAbZYnv0
>>218
そうだよね。十戒も守れない人間だから大麻も法で取り締まらなきゃいけないのかなーw

220 :ソリッド:2005/12/13(火) 13:27:02 ID:jaAjjs4S0
>>216
説明苦手なんで変なとこあったらすいませんが、
親と子が似るようなもんです。親と孫は、親と子よりは似てないから、
だんだん特定しにくくなる、みたいな感じです。
ちなみにあなたはここで一目見た時にすぐわかりました。内緒です

221 :愛花:2005/12/13(火) 13:28:18 ID:aU8+aR77O
なんで教えないの?



222 :愛花:2005/12/13(火) 13:30:40 ID:aU8+aR77O
じゃー、乱人さんは?

223 :ソリッド:2005/12/13(火) 13:32:12 ID:jaAjjs4S0
証明することが出来ないからです

224 :愛花:2005/12/13(火) 13:34:12 ID:aU8+aR77O
ふんっ。ずっと前から…なんで教えないの?

こういうことかな?
昔、ホステスの頃、ほとんどあったばかりで顔しかしらないおじさんが愛花を見て、武士とか言ったんだけど、
いきなりのように言われただけでも10人じゃきかないのではないかな、数えてないけど。
で、うちは漁師の家系のはずだけどなあ。

225 :愛花:2005/12/13(火) 13:34:56 ID:aU8+aR77O
愛花が勝手に証明するから言っておくれ。

226 :ソリッド:2005/12/13(火) 13:41:30 ID:jaAjjs4S0
武士ってそれ前世のつもりで言ったんじゃないの?w

少し本当のこと言うと派閥だの魂の姿だのが見えないようにしてるのは
神の考えあってのことなので、改心に繋がることなので
人を創造した理由の一つでもあるので、知ることはやめたほうがいいんです

227 :愛花:2005/12/13(火) 13:47:18 ID:aU8+aR77O
>>226
そうか。笑
武士とか、そういう問題じゃないのね。笑笑

そして教えてよっ。
じゃ、自分で自分なり他人を見抜くから、どうしたらいいのか教えてくださいな。
あと、種類くらいは言って。

228 :愛花:2005/12/13(火) 13:54:18 ID:aU8+aR77O
7種類?

ひふみの7人でなんとかを思い出すなあ。

229 :ソリッド:2005/12/13(火) 13:56:25 ID:jaAjjs4S0
俺が知ってるのは4種類。そこからわかれていった派閥は
数が多いのと俺自身関心もってなかったのとでわかりません。

230 :愛花:2005/12/13(火) 13:58:20 ID:aU8+aR77O
ソリッド、数字のあとに芸能人の名前入れてみてんー。


☆1…
☆2…
☆3…
☆4…
☆5…
☆6…
☆7…


よろしくね。☆

231 :愛花:2005/12/13(火) 13:59:27 ID:aU8+aR77O
☆1…
☆2…
☆3…
☆4…


232 :愛花:2005/12/13(火) 14:01:35 ID:aU8+aR77O
コテの名前でもいいとよ。

233 :ソリッド:2005/12/13(火) 14:03:46 ID:jaAjjs4S0
芸能人とかあまり知らないんですが・・

あと、ここでわかったのはあなたしかいません。
ある程度強い力がある人じゃないと判別出来ません。

234 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 14:04:08 ID:ofyFZ5mPO
>>226
それ、「神が」じゃなくて人間がそう決めてそうなってるんだと思ってた(笑
人間に生まれてくる側がねー。そういうルールで。

あのさ、人間って、わたし達が知っている神々より、大元の存在に近しいモノではないの?本質は。
という気がするんだけど、ハズレ?


235 :愛花:2005/12/13(火) 14:07:22 ID:aU8+aR77O
>>233
それじゃあさ、本人気付いてないのにバレバレってやつじゃないかー。


236 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 14:13:54 ID:I2dguDBq0
胚        L

胎児       (:3っ

誕生直後   (,'3`3

生後3ヶ月   (,'3 `3
          `'''"
          _,,,,.
生後9ヶ月   〈,'3 `3
          `''''"
          ,,,,_
乳児1才    /,'3 `っ
         `‐‐‐'
          ,,,,,,_
幼児3才    /,' 3 `っ
         !,,,,c,,,.っ

         _,,..,,,,_
児童9才   / ,' 3 `ヽっ
        l   ⊃ _つ
.         `'ー--‐'''"
         _,,..,,,,_
青年15才.  / ,' 3 `ヽーっ
        l   ⊃ ⌒_つ
         `'ー---‐'''''"


237 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 14:14:53 ID:IzPMCXgs0
>>233
へー、じゃ、俺はどうだい?

238 :ソリッド:2005/12/13(火) 14:15:58 ID:jaAjjs4S0
>>234
生まれてくる側がってのはある意味当たってるw
すいません色々話せないこともあるんで。
>>233
すいません意味がよくわかりません。自分本当に文字に弱いんで

239 :愛花:2005/12/13(火) 14:21:37 ID:aU8+aR77O
じゃ、自分でやってみる。
1愛花
2ヤギ


240 :ソリッド:2005/12/13(火) 14:22:57 ID:jaAjjs4S0
>>237
色んな発言を見て、っていう意味ね。
ネットごしに伝わる力とかは全然わかりませんよ。俺は霊能者じゃないしw

241 :愛花:2005/12/13(火) 14:25:43 ID:aU8+aR77O
3ソリッド
4乱人
5カルマザビ
6…

242 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 14:27:24 ID:FrAbZYnv0
ボナンザも入れてやんなよw

243 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 14:27:56 ID:2XbX7GNl0
ええ、そうなん?
俺は感知する方がまだ楽だけどね。
立場が明確なもので、本人があまり隠してなければという事になるけど。
気色悪過ぎたら、速攻閉じるし。

244 :愛花:2005/12/13(火) 14:28:26 ID:aU8+aR77O
1明石家さんま
2北野たけし
3タモリ
4志村けん
5つるべ
6…

245 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 14:30:23 ID:cVGDUfXCO
>>244
それはお笑い大御所ランキングでは

246 :ソリッド:2005/12/13(火) 14:32:31 ID:jaAjjs4S0
なんだこの展開wあと霊感が強いのと霊力が強いのとは意味が違うからw

247 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 14:33:24 ID:FrAbZYnv0
>>245
だとしたら萩本欽一が入ってないのはおかしい。

248 :愛花:2005/12/13(火) 14:36:19 ID:aU8+aR77O
1明石家さんま
2北野たけし
3タモリ
4志村けん(愛花ここかな)
5萩本欽一
6つるべ
7…

笑。勉強してくるわっ。

249 :愛花:2005/12/13(火) 14:37:14 ID:aU8+aR77O
7ムツゴロウ

250 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 14:37:31 ID:2XbX7GNl0
ま、いいやw

251 :ソリッド:2005/12/13(火) 14:42:05 ID:jaAjjs4S0
すごい大雑把に分るなら
1神
2悪魔        
霊統とかは何のことか知りませんよ

252 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 14:56:55 ID:aU8+aR77O
ひふみに、悪神もまつれみたいに書いてあったよ。

253 :ソリッド:2005/12/13(火) 15:21:00 ID:jaAjjs4S0
1、神(これは別格

1、天使(出来る限り口出ししない。必要な時、たまに人間界に降りて来る
2、堕天使(人間界にいる。天使が口出ししないのをいいことに
 自分が神だ天使だと名乗る。地上にある書物などはほとんどコイツらが書いた。
 人間のほとんどはコイツを神だと思っている。終末が近づいた今相当焦っている

254 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 15:52:11 ID:aU8+aR77O
人間のほとんどは…だから、エノクは真の天界と天使を書記してみた。

255 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 16:23:37 ID:ofyFZ5mPO
>>253
今、天使ブームで、天使とチャネリング出来るって人が沢山いるよね。
そういう人はチャネルだけじゃなくて、他人や自分の為に天使を召喚して守護に付けたりもする。

他にも自分専用の天使団を作って?必要な時に呼出す方法を書いた本もある。

こういう天使達って、本物の天使?
あと、天使○○の生まれ変わりって人も結構いるみたいだけど、
天使は地上に下種することはあるの?

256 :ソリッド:2005/12/13(火) 16:31:00 ID:jaAjjs4S0
もう言ってしまいますが、天使はチャネリングなどしてません。
堕天使の長は神の「マネゴト」をしてるんです。
終末のために必要な天使は全員降りてます。特別なことはしませんが。
あと天使と堕天使っていう表現はあくまでわかりやすいと思って使ったんですw
仕事があるんでまた

257 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 17:20:06 ID:gGvrBBrb0
そうだよね。
へたに存在を明かしたら人々を惑わしたり不安にさせたりとかするかもしれないし。
だから自分が天使や神だなんてあまりおおっぴらに出来ない。
大方ただ見守っているよね。
でもすごく身近にいるんだよね。
今は普通に人間に混じっていたりするから例え天使が結果的に人間に対する補助
をしたりしたとしても気が付かないだろうね。勘が良い人にはばれるけど。
なんせ同族にすらばれなかったりするし中には自分が天使や神だってことすら気が付いてなかったり。

258 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 17:24:15 ID:gGvrBBrb0
もし仮にレイシ出来る人がいたとしても正体はなかなか見破れないでしょう。

259 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 17:28:20 ID:fPCNrIBaO
天使ですが何か?

260 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 17:34:01 ID:aU8+aR77O
霊肉一致へ。
この肉体と精神を華麗に操作してみせます。

261 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 17:48:06 ID:gGvrBBrb0
>>260
その為には健康体になる必要がありますよね

262 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 18:12:21 ID:aU8+aR77O
あ、そうなの?
私健康です。

263 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 18:16:45 ID:aU8+aR77O
そうだね。あるね。

264 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 19:14:18 ID:hHqkz8r80
天使であることに気づいてない人間はアセンションする必要あるの?

265 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 19:52:59 ID:zu7WMGN20
ボナエルとか。

266 :ステハン・レコ:2005/12/13(火) 20:30:33 ID:xB0Kjpf50
>>253
その神とやらって、どの階層の神なんだ?

267 :愛花:2005/12/13(火) 20:57:30 ID:aU8+aR77O
人のせいにしないって素晴らしいなと思うのだけど、
悪魔のせいにするのも、やっぱり良くないのかなあとさっき思ったの。
「悪魔のせいで…」とか言ってるイエスなんて変だものね。
間違えてないよね。

人のフリ見て我がフリ直すのも大事と思ったよ。

ふと思ったの。



神様は神様でいいんでない?なんか、つまり、「神様」だけで通用するはずだと思ってるよ。

268 :愛花:2005/12/13(火) 21:05:03 ID:aU8+aR77O
神様。生理みたいな欲と執着の区別がつきそうです。ありがとう。

269 :ステハン・レコ:2005/12/13(火) 21:09:00 ID:XV2/8Iiu0
>>267
「神々達」って言う言葉もあるでよーw

270 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 21:46:45 ID:TIuuuqgj0
旧約聖書にも、神は複数形で書かれているらしいな。くわしいことは知らんけど。

271 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 22:11:44 ID:hHqkz8r80
善も悪も二つで一つだからね

お互い認め合うことが大事なのかもしれん

神はそのへんを超越してる存在だから僕らとは全く違う次元だ

272 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 22:24:22 ID:lrf9dTWL0
善と悪という二つの極が受容性をもって、それぞれの視点が与える学びを認め合うために、
第三点としての神を存在させることは、
肉体と精神のバランスを、霊的視点という第三点の発見から見出すことと同じである。
三位一体の真実は、日月神事における ○ の内と外、そして、そこに打たれた‘とどめ’のゝである。


273 :ステハン・レコ:2005/12/13(火) 22:34:44 ID:XV2/8Iiu0
神も善も悪も、人間が世界を認識するために使ってる「方便」に過ぎないけどなあw

274 :death:2005/12/13(火) 22:36:35 ID:jUbHkUCgO
神も悪魔も同一の存在です

275 :りりむ@ステハン:2005/12/13(火) 23:27:10 ID:ymm9sRdr0
>>237
では、神も悪魔も善も悪も嘘ってことだなw

276 :りりむ@ステハン:2005/12/13(火) 23:29:13 ID:ymm9sRdr0
アンカー間違えてるな
>>275はステレコ宛だから
よろぴくぴく。


277 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/13(火) 23:30:22 ID:6Vz3vXjL0
>>274
悪魔も神の下僕というほうが親切。
演劇で例えるなら神は舞台監督、
悪魔は役者の一人でしかない。

278 :りりむ@ステハン:2005/12/13(火) 23:33:18 ID:ymm9sRdr0
それと>>236
いつまで寝とるきじゃい!
早く起きんかい!

279 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 23:44:55 ID:lrf9dTWL0
10、 NEW CHURCH(新しい教会)
NEW CHURCH(新しい教会)とは、世界中の仲間たちの親しき間柄(ブラザーフット)、つながり、その心のつながり、ニューイスラエルのことです。
イスラエルとはJAH PEOPLE(神の子)の名称であり、すべての国、国境を越えたものであります。
JAH PEOPLEは真実の語り手であり、リアリティーの音楽家であり、愛する人であり、銃を持ちたがる戦士ではないのです。
JAHを、神を讃美することは素晴らしいことです。田舎や山の中で、キャンプをし、夜には火を焚き、
親しき兄弟姉妹たちと精神的な会話を通して、JAHについて学び、JAHを見出そうと努める若い人々に教授し、助けるのです。
JAH PEOPLEは時々大家族として一緒に暮らし、互いに気を配りあい、助け合い、愛しあうのです。
またアイタルフード(自然食)をとることはとても大切な事です。なぜなら野菜を、天然の食物を食べる事は、
生命に対し敏感になり、全ての生命に対して、思いやりを持ってゆくからです。
次の世代のためにも、ケミカルなシステムフード(加工食品)をなるべく避け、心身ともにピュア、澄んだ状態にしてゆくのです。

JAHはライフ、生命、いのちであり、JAHを、生命を祝い、JAH SPIRIT(聖なるスピリッツ)に呼びかけるのです。
このように様々な方法で、JAHに感謝と讃美を捧げる時、JAHはその人の近くに存在しているのです。そしてJAHを信じ、
JAHを胸に抱くものは、その人がどこにいようとも、JAHとともにあるのであり、いたるところ、そこは聖なる教会であり、
その人のハートが聖なる教会であり、宇宙そのものが聖なる教会であるのです。  


280 :ステハン・レコ:2005/12/13(火) 23:47:48 ID:XV2/8Iiu0
>>275
「方便」という言葉をして単純に「嘘」という短絡をしてしまうオツムなのだなw

281 :本当にあった怖い名無し:2005/12/13(火) 23:56:38 ID:lrf9dTWL0
いかに幸いなことか
神に逆らう者の計らいに従って歩まず
罪ある者の道にとどまらず
傲慢な者と共に座らず
主の教えを愛し
その教えを昼も夜も口ずさむ人。
その人は流れのほとりに植えられた木。
ときが巡り来れば実を結び
葉もしおれることがない。
その人のすることはすべて繁栄をもたらす。

神に逆らう者はそうではない。
彼は風に吹き飛ばされるもみ殻。
神に逆らう者は裁きに堪えず
罪ある者は神に従う人の集いに堪えない。

神に従う人の道を主は知っていてくださる。
神に逆らう者の道は滅びに至る。

282 :りりむ@ステハン:2005/12/14(水) 00:07:27 ID:HXWGjdXt0
>>280 ステレコ
複雑な現象を分けて単純化するのが科学と言うものなんだよ
そこには知性がないとできないもがあるんだよ
お前はそれが分からない複雑さが知性と思い込んでいるオツムなんだなw

283 :ステハン・レコ:2005/12/14(水) 00:08:50 ID:LniA9S680
>>282
「方便」って言葉の意味を調べてから言ってるのか?w

284 :りりむ@ステハン:2005/12/14(水) 00:14:15 ID:HXWGjdXt0
>>283ステレコ
いちいち「単語」の定義を確定しないと
お前は会話できないのかい?w

285 :ソリッド:2005/12/14(水) 00:16:10 ID:ylkgxRQi0
>>266
俺なりにわかりやすく書いてるつもりなんで階層とかそういうのはわかりませんw
正直「神」という表現はあまり使いたくないんです

286 :ステハン・レコ:2005/12/14(水) 00:24:32 ID:LniA9S680
>>284
言葉の定義も出来ないやつが「科学」を説いても説得力ないんだけどねえw

ちなみに、ネットでも調べられる「方便」の意味

ほう‐べん〔ハウ‐〕【方便】

[名・形動]

1 《梵upyaの訳。近づく意》仏語。人を真実の教えに導くため、仮にとる便宜的な手段。

2 ある目的を達するための便宜上の手段。「うそも―」

3 (多く「御方便」の形で)都合のよいさま。

「でも、御―なものだ」〈藤村・新生〉

287 :ソリッド:2005/12/14(水) 00:27:18 ID:ylkgxRQi0
>>257,258
うん、天使は自分が天使とは気づいてないし、その天使に与えられた仕事は
気づいてなくても自然にこなしてます。
あと霊能者はその天使と接触することは出来ないし、仮に出来たとしても
霊能者はそれが何者なのか理解出来ないです。天の計画は絶対です。

288 :本当にあった怖い名無し:2005/12/14(水) 00:34:23 ID:xXp7cAZq0
わたしのハートは聖なる教会
あなたのハートも聖なる教会
聖なる教会において賛美と感謝を捧げるもの 神
神に従う者
神に逆らう者
あなた自身の聖なる教会で
わたし自身の聖なる教会で
いのちを祝う者に幸あれ!

289 :りりむ@ステハン:2005/12/14(水) 00:38:45 ID:HXWGjdXt0
>>286 ステレコ
へん‐くつ【偏屈・偏×窟】

[名・形動]性質がかたくなで、素直でないこと。
ひねくれていること。また、そのさま。「―な人」

[派生]へんくつさ[名]




290 :ステハン・レコ:2005/12/14(水) 00:40:35 ID:LniA9S680
>>289
なんだお前やぎみたいだなw

291 :ステハン・レコ:2005/12/14(水) 00:41:38 ID:LniA9S680
もしくは「天使」を名乗っていたあの間抜けな子供。
絡み方がそっくりだw

292 :本当にあった怖い名無し:2005/12/14(水) 00:48:30 ID:QxqNxnOk0
っていうか、それなりの霊視能力があればわかるよ。
オプションパーツとか見せてあげれば。
天使禁猟区の冒頭よろしく、さ。
わざわざやらんけどな。

293 :りりむ@ステハン:2005/12/14(水) 00:49:51 ID:HXWGjdXt0
>>290-291
あいも変わらずしたり顔だなw
ファランドールさん。

294 :ステハン・レコ:2005/12/14(水) 00:51:29 ID:LniA9S680
>>293
違うなら違うで、その方がいいんだけどね。あれらに絡まれると鬱陶しいだけだから。

295 :ソリッド:2005/12/14(水) 00:53:04 ID:ylkgxRQi0
天使や堕天子の上のほうの者は今まで何百人と霊視したことのある霊能者でも
その今までの概念を越える存在なので理解は出来ません。
っていうかヤギさんは天使名乗ってたのかw

296 :りりむ@ステハン:2005/12/14(水) 00:54:38 ID:HXWGjdXt0
>>294 ステレコ
じゃあ愛花にでも絡んでろよ
鬱陶しいだけだからw

297 :本当にあった怖い名無し:2005/12/14(水) 00:54:45 ID:QxqNxnOk0
そりゃ理解はできんだろうw

298 :ステハン・レコ:2005/12/14(水) 00:56:04 ID:LniA9S680
>>296
ああ、そういや水天嬢と話をする方がよほど有意義で有益だなあ。

299 :本当にあった怖い名無し:2005/12/14(水) 00:56:15 ID:Nwy4Axfp0
リリムって女性の悪魔だっけか

300 :りりむ@ステハン:2005/12/14(水) 00:56:30 ID:HXWGjdXt0
やぎさんの名誉の為に言っとくが
私はやぎさんでは無いからな。

301 :りりむ@ステハン:2005/12/14(水) 01:00:33 ID:HXWGjdXt0
お似合いかも。くすくす(笑

302 :ステハン・レコ:2005/12/14(水) 01:03:52 ID:LniA9S680
俺もそう思うw

303 :りりむ@ステハン:2005/12/14(水) 01:14:36 ID:HXWGjdXt0
>>299
そうだっけ?
たしかリリスの産んだ子供だったかな?
違うかも知れないから自分で調べてね。

304 :ステハン・レコ:2005/12/14(水) 01:57:58 ID:LniA9S680
うん、しばらく水天嬢との対話に集中だ。

305 :五千之介 ◆iEadzDhRJ6 :2005/12/14(水) 11:42:36 ID:j4JFlcRe0
>>282 りりむさん
よこやりすみません。
科学は単純に説明ってだけで、単純化はちょっと昔までの手法の1つと思います。
数理科学でいえば線形であつかっていたところを非線形のままあつかうような
動きがかなりひろまってますし(「複雑系」などをキーワードとして)。
・・・・逆にステレコさんをからかうスタイルでほめてる?

306 :本当にあった怖い名無し:2005/12/14(水) 13:17:48 ID:s1gzMTcy0
>>287
前にも終末の前に自分はイエスだとかブッダだとか名乗ってくる奴は偽者という発言してたっけ。
そっちにもかかってきそうだね。それは。

>>295
神々と交信できる霊能者でも、上位神はただ光としか認識できず、
下位の神を仲介してしか遣り取りできないという話を聞いたことあるな。

>ヤギさんは天使名乗ってたのか
いやw別の女の子が堕天使名を名乗ってた。


307 :本当にあった怖い名無し:2005/12/14(水) 13:22:53 ID:s1gzMTcy0
訊いても教えちゃもらえないだろうけど、ステハン氏と水天嬢の対話はどこでやってるんだーーー!

308 :本当にあった怖い名無し:2005/12/14(水) 17:57:24 ID:7fDK59ptO
(´・ω・`)しらんがな…。

309 :本当にあった怖い名無し:2005/12/14(水) 21:23:11 ID:JfBzEkln0
>>258の続き
自分が何者か気が付くのって難しいみたいですね。
ハンデ持ってたりするし。
本来の能力を取り戻すのはかなり大変な天使も居るみたいです。
最も取り戻そうとする行動の中で結果的に人間の補助になってたりするみたいだけど。


310 :ソリッド:2005/12/15(木) 00:31:16 ID:qu4ywYeH0
>>309
それをなぜ天使だと思いました。

311 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 01:34:50 ID:hoCdEZ8w0
>>310
それは言えません
貴方もそうでしょ?
言えるはず無いです

312 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 01:38:41 ID:hoCdEZ8w0
なんとなく感じる
ただ感じるわけじゃない
妄想だとしたら現実につながることが起こることは説明付かない
だからもはや信じるしかなくなった
それだけのことです

313 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 01:39:59 ID:zJOj9xdf0
神は6日で天地を創造し7日目に自分の命を絶った
神は6日で天地を創造し7日目に自分の命を絶った
神は6日で天地を創造し7日目に自分の命を絶った
神は6日で天地を創造し7日目に自分の命を絶った
神は6日で天地を創造し7日目に自分の命を絶った
神は6日で天地を創造し7日目に自分の命を絶った
神は6日で天地を創造し7日目に自分の命を絶った
神は6日で天地を創造し7日目に自分の命を絶った
神は6日で天地を創造し7日目に自分の命を絶った
神は6日で天地を創造し7日目に自分の命を絶った
神は6日で天地を創造し7日目に自分の命を絶った
神は6日で天地を創造し7日目に自分の命を絶った
神は6日で天地を創造し7日目に自分の命を絶った
神は6日で天地を創造し7日目に自分の命を絶った
神は6日で天地を創造し7日目に自分の命を絶った
神は6日で天地を創造し7日目に自分の命を絶った
神は6日で天地を創造し7日目に自分の命を絶った
神は6日で天地を創造し7日目に自分の命を絶った
神は6日で天地を創造し7日目に自分の命を絶った
神は6日で天地を創造し7日目に自分の命を絶った
神は6日で天地を創造し7日目に自分の命を絶った
神は6日で天地を創造し7日目に自分の命を絶った


314 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 01:43:26 ID:hoCdEZ8w0
>>310
言霊は自分に返りますよ。使い方に気をつけたほうがいい。
今の日本人は言霊を粗末にしすぎる。
いいですか?
言葉は力を増幅するために作り出されたんです。

315 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 01:44:19 ID:hoCdEZ8w0
>>314>>313にあてたものです><

316 :ソリッド:2005/12/15(木) 01:44:29 ID:qu4ywYeH0
俺が言わない理由とあなたが言わない理由はおそらく違うものですよ

317 :ソリッド:2005/12/15(木) 01:46:48 ID:qu4ywYeH0
>>315 
あなたは前にいた夢を見た人ですか?

318 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 01:47:21 ID:hoCdEZ8w0
>>317
何故ですか?

319 :ソリッド:2005/12/15(木) 02:00:26 ID:qu4ywYeH0
俺は以前神という名前で書いてたものです。
もし夢を見た人であれば少し気になることがあったので。

320 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 02:01:17 ID:hoCdEZ8w0
>>319
確かに当たってます。
ばれましたか・・・

321 :ソリッド:2005/12/15(木) 02:05:45 ID:qu4ywYeH0
あの時は言いませんでしたがいくつか気になることがあったのです。
夢に出て来た人物のもう少し詳しい容姿や あなたが言っていた
同じ神様が複数に受肉する可能性について。
俺が個人的に知りたいのは夢の人物のくわしい容姿ですが。

322 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 02:14:40 ID:hoCdEZ8w0
>>321
正直に書きたい所ですが内容が内容だけに書きずらいですね。
起こったこと自体は事実です。
恐らくですが受肉した神様自身同じ自分が居ることに気が付いてないものも居るかなと
直感で思いました。
容姿ですが伸長は163くらい痩せ型筋肉質。短髪。白っぽい黄色のオーラ。
男なのに女みたいな優しさを感じました。両性なのかな?
古代語みたいなのは確か「アルレリロロ ラリレリロロ ○×▲???? ス エ イ
ア オ ウ エ イ ア ウ ン」
そんな感じでしたね。

323 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 02:18:13 ID:RMxqt4UX0
厳密には複数には受肉できないよ。
ただ、分霊が幾つかに分かれて受肉する事はある。
それでもオリジナルはオリジナルだし、コピーはコピー。
しかし、統合せずに分かれ続けるのであれば、それぞれ別の個体になっていく。

324 :ソリッド:2005/12/15(木) 02:19:21 ID:qu4ywYeH0
受肉のほうは書くのに抵抗があるならこれ以上たずねませんが、
夢の人物の服の色、何かもっていなかったか、肌の色、顔の特徴
もしかしたら特定出来るかもしれません。

325 :ソリッド:2005/12/15(木) 02:23:08 ID:qu4ywYeH0
>>323
一般例とはまた違うこともあるので、ちょっと複雑な内容なんです。

326 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 02:48:45 ID:hoCdEZ8w0
>>324
服は何か今時の若者な感じかな。
オレンジの絞り染めっぽいTシャツに濃い紫のタイ人がはいているような
紐ズボン。それに短い紺色の巻きスカート。
変な服装ではあったかなwこういうのたしかサイケデリックっていうのかな
影で良く解らなかったけど肌は多分色白かな。
鼻は高め目は小さめ多分二重眉毛は恐らくきりっと自然な感じ。
何か子供みたいにかわいい感じ。高校生みたいな感じ。


327 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 08:06:28 ID:qWnX8rIGO
ブッダかな。

328 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 10:31:57 ID:qWnX8rIGO
なんてね。

329 :ソリッド:2005/12/15(木) 10:41:22 ID:qu4ywYeH0
3年前の1〜3月4〜9月10月に何か感じませんでしたか?

330 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 11:24:30 ID:VfnTAW7yO
感じた。だから俺はここにいる

331 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 11:26:12 ID:hoCdEZ8w0
>>329
ん〜〜良く覚えてないですね。
感じってどんなですか?

332 :ソリッド:2005/12/15(木) 11:29:11 ID:qu4ywYeH0
>>330 何月ですか
>>331 感じないほうがいいこともありますw

333 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 11:34:38 ID:hoCdEZ8w0
7年前くらいには変なことが起こりました。
自分のいる部屋だけがゆれて獣の遠吠えみたいなのが聞こえました。
確か夏だったと思います


334 :ソリッド:2005/12/15(木) 11:47:31 ID:qu4ywYeH0
>>333 いえ、もし3年前に何か感じてたとしたら俺の中で夢の人物がニセモノの
可能性が増えてました。今のところわからないのは服装くらいかな。
まあ服はどんな服でも着れば着れますしねw

335 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 11:51:11 ID:hoCdEZ8w0
ソリッドさん>>333みたいな事は感じたことありませんか?
何かイヤーな感じでした。
実は18年くらい前にも一度獣の遠吠えみたいなの聞いてます

336 :ソリッド:2005/12/15(木) 11:53:07 ID:qu4ywYeH0
自分の部屋が、ってのはよくあります。
その遠吠えはどこから聴こえました?

337 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 11:57:00 ID:hoCdEZ8w0
18年位前のは自分の部屋の中で吼えているのが部屋の外から
部屋に向かう途中聞こえました。
7年前のは部屋の中心からですかねってゆうか真上?
ソリッドさんもやはり自分の部屋だけがゆれる経験してますか・・・
初めの頃は地震だと思って確認しまわってましたが結局地震じゃないんですよね。
しかも揺れ方が地震とはぜんぜん違う。

338 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 11:58:35 ID:hoCdEZ8w0
なんていうか揺すぶられる感じですかね。
私は今までに3回くらい経験してます。

339 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 12:03:10 ID:qWnX8rIGO
愛が呼んでるのだと思うよ。


地震や天井がうねって揺れたことがあったよ。
空間が揺れている感じだったよ。
安定を求めていったほうがいいと思うよ。


340 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 12:07:24 ID:hoCdEZ8w0
そのうちの1回はたぶん今年だったと思います。
部屋がゆれたと思ったらその次自分の体と空気が一体になったような感じになったんですね。
そしてらなんか色々な苦痛や怒りなどが湧いて来て、そしてその自分の
感情の動きにあわせて風が吹き出したんですね。
自分が動くのと同時に外のものが動いたりもしました。(例えば自分が物を倒したのと
シンクロして自転車が倒れたり。環境の悪化を感じたとき自分の体もシンクロして
痛くなったのでムカついたらガラス窓が強風で割れたり)
で、直感でこれは地球とシンクロしちゃったのかなと思いました。
でももし仮に私が地球とシンクロしたとして、その意義が全くわからないですがねw

341 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 12:10:20 ID:hoCdEZ8w0
>>339
>地震や天井がうねって<
そう!そんな感じです。
何か解りませんが最近整体の勉強を始めたのと関係ありますかね?
何となくやりたくなった。

342 :ソリッド:2005/12/15(木) 12:12:26 ID:qu4ywYeH0
>>338 答えられなかったらいいのですが、悪夢を見る(見た)ことは?

343 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 12:15:24 ID:hoCdEZ8w0
>>342
ん〜〜〜悪夢か。象徴的な悪夢は観た事無いかもしれないですね。
空を飛ぶ夢は本当によく観ますけど。


344 :ソリッド:2005/12/15(木) 12:24:58 ID:qu4ywYeH0
なるほど大体わかって来ました。
風のことは、答えたくない内容かと思ってあえてたずねませんでしたが。
誤解が無いように先に話しますが、俺はそういうことはありません。
犬と猫飼うとしたらどちらですか。

345 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 12:32:17 ID:hoCdEZ8w0
>>344
出来ることならどっちも飼いたくないですね。
でも最近彼女が猫飼っているので猫は飼ってもいいかなと思いますね。
犬をもし飼うとしたら田舎に住んでて広大な土地がないと飼いたくないですね。
犬や猫が本当に嫌いなわけじゃないんですよね。
むしろすぐなつかれます。


346 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 12:36:43 ID:hoCdEZ8w0
後家はよその猫にえさなどあげたりしてないんですが何故か良く
家の周りに猫が集まってます。

347 :ソリッド:2005/12/15(木) 12:43:45 ID:qu4ywYeH0
夢のこと等はもうたずねることは無いと思いますが、一つ面白い話しを
霊能者の中には魂の姿が完全に見えている人いますが(かなり少ないが)
そういう霊能者が何人か俺を見ると全員同じこと言います。
魔王、ルシファー(サタン?)、一番悪い奴、などですw
あなた方が天使なら俺は堕天使ということになりますがどうしますか

348 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 12:50:36 ID:hoCdEZ8w0
>>347
えと・・・なんかばれているようですねw
どうもしないですよ。
何故憎む必要が有るのかも良く解らないのに憎めるわけ無いしね。
堕天使だってこの幾何学的世界において必要だったってだけの話でしょう。
みんなもともと単なる点に過ぎないのだから。
脊椎動物の中において男女が必要なのと同じなのだと思います。
エネルギーは押して引くことによって増幅していく。
で最後は一体になる。

349 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 12:55:09 ID:hoCdEZ8w0
一体になって又新たなエネルギーが生まれる。
堕天使も天使もいずれ一つになる。
一つになって新たな者が生まれる。
男女が恋愛をするのはエネルギーの押し合い。
そしてその押し合いがシンクロしたとき子供が生まれると言う宿命を
顕す

350 :ソリッド:2005/12/15(木) 12:59:12 ID:qu4ywYeH0
今、天変地異や病や戦争などの噂がありますよね。
そのスイッチはもう入っているし止めることは出来ませんよね。
かなりの人間が死ぬことになると思うのですがそれについてはどう考えます。

351 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 12:59:42 ID:2W5bCHiO0
どちらについても違うなというしかないね。
人間はただの点では無いし、天使も悪魔もそう。
そういう幾何学的な、仕組みに依拠してるような発言をしてしまう様では、
これは違うだろうとしか言い様が無い。
宇宙にはエネルギーとしての陰陽が必要だからとかそういう言い方は、
本当に天使や悪魔であれば言う筈が無い。そうであれば、現状はこうではない。
でも、そういう言葉や考え方が好きな連中は確かにいた。そちら系だろう。

352 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 13:00:08 ID:hoCdEZ8w0
>>347
で、私の話を聞いた結果どうでしたか?何がわかったのですか?
書いてしまってもかまいません。

353 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 13:04:40 ID:hoCdEZ8w0
>>350
仕方無いんじゃないですか?
過去があって今が有るわけだがら因果応報ですよ。
もし食い止めるようなことをしたら更にひどいことが起こります。
想像してみてください。上流から水が流れてくるのに川をせき止めたらどうなるか。
食い止めることは出来ても回避は出来る。
流れを受け入れて一体になること。

354 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 13:06:24 ID:hoCdEZ8w0
>>353
x食い止めることは出来ても
○食い止めることは出来なくても

355 :ソリッド:2005/12/15(木) 13:07:38 ID:qu4ywYeH0
>>352 俺側の人なのかそうでないのか、ですかね。

356 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 13:10:32 ID:hoCdEZ8w0
>>355
思ったことを書いてください。


357 :ソリッド:2005/12/15(木) 13:15:18 ID:qu4ywYeH0
くわしいことは書くことはありませんが、わかったというのは>>355で言ったことです

358 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 13:15:41 ID:hoCdEZ8w0
回避する近道は踊りや音楽、瞑想に古来の武術などですね。
>>349
で書いたことは実は氣の流れが解るようになってからですかね。
急に解りました。
それも最近ですよ。今年に入ってからですね。
去年あたりから予兆はありましたが。

359 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 13:20:18 ID:hoCdEZ8w0
>>351
私は天使や悪魔だと主張は一度もしたことがありません。

360 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 13:21:26 ID:hoCdEZ8w0
私は何者でもない。私は私。
ただ感じた事をするだけ。


361 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 13:22:02 ID:qWnX8rIGO
そうそう。うねる、その感じ。
自分の動きと周りとの繋がりが実感として体験出来る。


362 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 13:23:48 ID:hoCdEZ8w0
そもそも天使や悪魔と言う言葉自体が陰陽二元になってます。
物事には陰陽が必ず存在する。
なぜならエネルギーがラセンにうねっているからです。
だから波動というのです。

363 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 13:24:03 ID:qWnX8rIGO
>>347
自分がなにものであるかすら、神でもない他人の手に委ねているのかい?

364 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 13:28:20 ID:hoCdEZ8w0
>>363
感じ方は人それぞれでしょうしね。
その人の主観で違うでしょう。
そのひとのイメージと一致するかしないかです。

私は神でも悪魔でも人間でもさほど気にしないのです。
ただ感じるままに素直に生きていくだけ。
気持ちいい世界を構築する方向へ。
痛みの無い世界へ。

365 :ソリッド:2005/12/15(木) 13:31:37 ID:qu4ywYeH0
>>363 霊能者が勝手に言ってたこと。自分が何者かなんて、
自分の目で見るまでわかりませんよ

366 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 13:33:27 ID:hoCdEZ8w0
>>365
そうだよね

367 :愛花:2005/12/15(木) 13:34:00 ID:qWnX8rIGO
「一体」が実感でわかる人がいたか、ほっとしたよ。

「びくっ」としたときは、イエスの方から近付いて来てくれたときさ。
それは恐怖ではない。安心感。
まさしく彼は我々の隙をついて盗人のようにやってくる。
隙、それは死角。死角を「恐怖」と認識するか、隙を埋めることによる「安心」の方から私に来てくれていると認識するか。
それは「刻印」に似ている。






368 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 13:34:44 ID:hoCdEZ8w0
生き物は自分の理解できないことに関して恐怖を抱きますね。

369 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 13:39:31 ID:hoCdEZ8w0
>>367
前スレでもそうだけど愛花さんは多分未だ自分の体験がうまく整理
出来ていないと思いました。
なのであなたの書いていること否定していたわけじゃないんですよ。
ただ何と言うか人間側から見て胡散臭い表現になっている。
だからね、もっと人間の立場から見て解りやすくしないといけないと思うんですね。
極力抽象的な表現は使わないようにしないと。理解されないんですよ。
あと過激な押し付け的表現も反発心を煽るだけになります。

370 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 13:40:49 ID:qWnX8rIGO
>>365
自分が何者であるか。
会話や思考にイェスかノーか毎回選んで行くことで自分が決まって行くよ。同時に、何故イェスノーがわかるのか、それは、どこかでは自分が何者かが分かっているからイェスノーが出来る。
イェスノーで「私はこれこれこういうものです」と言っているようなものだもの。





371 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 13:42:00 ID:hoCdEZ8w0
>>367
後・・・
神にどっちの立場になるかと言うのを試されていると言うのも有るね。
ほんと紙一重だから。
どっちになるかなんてね。
だから慎重に。
言霊を大切にしてあげてください。

372 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 13:43:44 ID:hoCdEZ8w0
>>370
自分が何者かを主張することは大して重要じゃないと思うんですけどね。
何者でもいいじゃないですか。
行いに嘘が無ければね。

373 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 13:46:37 ID:RMxqt4UX0
>>359
なんでもいいけどね。
でもそういうもんじゃないね、確かに。
天使と呼ばれてる連中や悪魔と呼ばれてる連中が、
どれだけ頭を痛めているかわかっていたらこんな事いえやしないよ。
とにかく酷い状態なんだよ。これが狙いだった、なんて言える訳がない。
想像以上に酷い有様なのが現代なんだから。
それでもなんとかするしかないんだけど。

374 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 13:50:26 ID:qWnX8rIGO
盗人ですか?と言霊が聞こえたら、
そうなのかそうじゃないのか、つまり、何者なのか…そんな感じ。

375 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 14:03:08 ID:PaNBsoIY0
たとえ盗人であっても、盗人である事だけがその人間の全てではないよ。
その人間以外の他の誰かにとっての判別になるというだけ。

つまり、どういう係わりをしたかということだ。人間と人間の間で。

仮に天使や悪魔というような存在があるとして、そいつらも「人間から見て」
善や悪に振り分けられるというだけかも知れないな。

376 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 14:06:35 ID:DHOp3sRLO
自己の内面をみつめていくと、動かしようのない核心にぶちあたる。そこに対して、信じる気持ちと、疑う気持ちが生じ、その二点の間を振り子のように行ったり来たりしながら、その反映の結果の現実を体験しながら生きている。善も悪も、内にも外にも存在することを知る。

377 :ソリッド:2005/12/15(木) 14:07:30 ID:qu4ywYeH0
じゃあ右と左で

378 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 14:10:00 ID:qWnX8rIGO
言霊。
「盗人ですよね!」
「裏切り者ですよね!」
「嘘つきですよね!」
「世の中所詮騙しですよね!」
「世の中所詮金ですよね!」

イェス?ノー?

イェス、ノー。これで、額にどちらの刻印を受けているのかわかるってものじゃないのかな。


そんなことを考えてみた、12月15日木曜日の愛花。

379 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 14:10:57 ID:2W5bCHiO0
善悪はある。聖人と呼ばれた連中は大体その辺りには熱心に説いたものだが。
しかし、その善悪も現代の人間は、

> 仮に天使や悪魔というような存在があるとして、そいつらも「人間から見て」
> 善や悪に振り分けられるというだけかも知れないな。

という風に「相対的なものでしかないだろう」と考えるに至ったものが多い。
これは「思想」という奴の一番の問題だ。西欧の連中は困った事をしてくれた。
しかし、名目としての「正義」だけはどの勢力も欲しがるし、
それを手にいれる為には卑怯な真似や裏工作、場合によっては殺人すらする。
こうやって善悪の判断すらもどんどん曖昧になっていく。
これが酷い状態以外のなんだっていうんだ?

380 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 14:14:01 ID:hoCdEZ8w0
全て人間が自分自身で選んだんだよ。

381 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 14:17:56 ID:qWnX8rIGO
>>379
曖昧かな、よりはっきりしてくるのではと愛花は思っているよ。

言霊で何者か尋ねられた時のイェスノーで、
誰もが神様に、
「私はこういう者です!」
と宣言しているようなものだもの。

382 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 14:20:47 ID:PaNBsoIY0
>>378
そういう話でいいのなら、自問自答だけでなく、他者からどう見られどう言われるかも加味すべき。
他者と対話をしていると、自分では気がつかなかった自分が見えてくるよ。


>>379
人間が人間として活きる為の善悪の指針はあって然るべき。
けど、欲が絡んでくるとひっくり返ることはままあるね。
細かい事では、文化の違いで相手が悪に見えることもあるw
>>375は全文読んでくれw


383 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 14:21:20 ID:/y2qv00V0
今が曖昧さの頂点であるとは信じたいね。
しかし、神や天使や悪魔に対しても誤魔化しや賄賂が通用すると思ってるのもいる。
そして困った事にそれが通用してしまうようなネ申ならいたりもする。
勿論、最下級に属するが、だからこそ人間に関与出来る幅も大きい。

384 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 14:24:13 ID:RMxqt4UX0
文化の違いだけなら誤解をただせば済む。
しかし、そういう文化である事も承知して、あるいは誤解がある事を承知していて、
あえて放置しておく事も多い。
というよりも、それが大半だ。
悪に見えるも何もない。悪は悪なんだよ。見えるかどうかは問題じゃないんだよ。
善いものなら誰かに悪くみえても善いものでしかない。
文化の違いっていえるほど、人間の世界では文化による違いなんぞ無いw

385 :ソリッド:2005/12/15(木) 14:25:33 ID:qu4ywYeH0
神(とよばれてるもの)が見ている善悪はもっと次元の高い意味があると思うんですが

386 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 14:26:50 ID:DHOp3sRLO
自分自身の核心に対する信頼と愛は、善を生み出す。
逆に、裏切りと憎悪は、悪を生み出す。
与えられた自己の存在に感謝するとともに、与えしものに畏敬の念をもつことが、自己に対する信頼を強固にしてくれ、
自信に満ちた愛を、人生において表現することを可能たらしめてくれる。



387 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 14:33:09 ID:RMxqt4UX0
本当にそれがわかってますか?
でも、わかっていたらそういう事は簡単には言えないと思うよ。
大きな意味での善悪をはかるには、身近な善悪に対しても敏感でないと駄目だよ。
(こういうのがいてもしょうがない。あるいはやむなし)
そう考えるとしたとしても、それが関与する範囲や影響を考えた上での事。
単独としてみれば、許しがたしであっても、そういう意味で許容する事は確かにある。
人間だろうからこうなってもしょうがないとかそういう意味でも。
でも、丸々認めてる訳じゃ無いし、それも経験だからしょうがないか、とか、
そういう視点で見てるに過ぎない。
次元が高いとか低いとか、簡単に言ってもらっちゃ困るんだよ。
大体どんな次元をわかってるんだ?

388 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 14:33:18 ID:PaNBsoIY0
>>384
ああ、そういう意味か。
ん?>>379とは違う人か?

たとえば、うちの郷里ではイルカを食うが、その話をすると
「残酷だ!」「信じられない」「酷すぎる」「どうしてそんな酷い事ができるの?」
なんて返ってくることの方が多いんだよね。
うちの方の食文化なんだけどね。
同じ国の中でも地方や個人の感性によって「イイこと」「ワルイこと」の判断は変わる。


389 :ソリッド:2005/12/15(木) 14:39:27 ID:qu4ywYeH0
ラーメン食ったら気もち悪くなって来た。
>>387 10次元

390 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 14:40:48 ID:Kv6oWwSb0
同じだよ。
イルカを食うのが悪なら、牛や馬、豚を食うのも悪だろうよ。
俺は犬や猫を食うのは好きにはなれないし、とりわけ、
「生きている時に苦しめてから食べるのが美味しい」
とか、口走るに至ったり、それを信じてるとなると、

氏ねw

とか思うぞ。
人間はな、植物にしても動物にしても感謝して食べればいいだけなんだよ。
汚いも何も無いんだよ、動物には。イスラムとかはその辺りがおかしい。
ただ、ちゃんと意識を持つ動物(植物も)を食べているという自覚があれば、
他者の魂を貰って命をつないでいるという自覚があれば、
無用に殺さない、苦しめない、無駄には食べない、食べたら感謝する、でいい。
とりあえず食べきれないほど注文するな、というのがまずある。
ただな、文化として、そういう特定の動物に特別の親愛の情を抱いているというのがあれば、
それは尊重するべきだろうよ。
鯨やイルカに友情を感じてる人間の前で、鯨を食べたりするもんじゃないw
しかし、それは逆の事も言えて、鯨を食べるのが普通と思える人間もいるのを、
鯨やイルカを愛好する人間も認めなけりゃいけない。
相互理解とはそういうものであって、押しつけ合うだけのものではない。

391 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 14:41:44 ID:2W5bCHiO0
>>389
どんな世界だった?
高い次元にいってもさ、世界像ってのはあるぞ。
それがわかってる?

392 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 14:45:39 ID:PaNBsoIY0
土中の微生物には、人間が化学肥料や除草剤を使うことはとてつもなくワルイことなんだろうなぁ。

神というか、階層の上位にいる存在にとっての人間との関係性ってこんな感じかな?

>ソリッド

393 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 14:45:46 ID:DHOp3sRLO
並行次元に気付く。

394 :ソリッド:2005/12/15(木) 14:46:32 ID:qu4ywYeH0
>>391 行ってないしw
そうじゃなくて神から見た善悪は人間がどう考えてもわかる次元じゃないと言うことですよ

395 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 14:49:02 ID:qWnX8rIGO
>>390の「無い」は「在る」だと思うよ。
神様が自ら「在る」と名乗り「全てに神が宿る」なら、やはりそれも在るわけさ。
詳細を知るには至っていないから今それがどうしてなのか説明出来ないけど、聖書にある通りでオケかもしれない。

396 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 14:50:06 ID:PaNBsoIY0
>>390の内容に対して同意。
ただ、それが為されていない現状があるということは言いたかった。

397 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 14:51:34 ID:qWnX8rIGO
>>394
少しずつ一個ずつ分かって行くし、分かりたい、知りたい。分かることは出来ないことじゃない。

398 :ソリッド:2005/12/15(木) 14:55:28 ID:qu4ywYeH0
良い麦と毒麦を分るっていう話しあったじゃないですか。
その麦の成長過程を見て良い麦と毒麦を分るということじゃないでしょう。
成長したから見分ることが出来る、それを見分る目をもっているのが神の目って感じです。

399 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 14:59:04 ID:RMxqt4UX0
化学肥料や除草剤を使うくらいならば、プロセスだ。
しかし、勿論土壌がどうとかではなくて、世界を俯瞰する立場の視点を持つ様に努めれば、
そういうものを何時までも使うべきか、あるいは使うとしてもどのようなものにするか、
それが決まってくる筈。
そういう視点が社会全体に欠如してるが故にこの乱れがある。
恒常的な貧困が無いと、資本主義の競争原理が機能しない事を知悉している世界の大富豪達が、
他者に言われる前にみんなでそろって「貧困の撲滅」とか言い始めても、
それがおかしいと思わないくらいに人間総体の判断力は全体としては低下している。

>>394
ならばわかってないという事になるな。予想通りだったが。
人間達は魂が垣間見た世界を色々な物語の中にその断片を描いているよ。
中には元々そこにいた奴が作家として書いてるという事もごくまれにはあるようだが。
大体においてトーンはともかく美しい世界の方が次元は高いものだ。

400 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 15:11:20 ID:qWnX8rIGO
今日はお宝がいっぱい出て来たなあ。

401 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 15:13:52 ID:RMxqt4UX0
最後になるが、世界に対する視点を養いたければ、身近な事柄にまず視線を向ける事だ。
いきなり大きなものがわかる筈も無い。
地方自治の良し悪しも判別がつかない奴が、国家を見れる訳も無い。
善悪についてもそうだ。
ちょっとした心の痛みや喜びなどに敏感になり、それに対しての考察をする事、
あるいは日頃から注意を向ける事で、そういった事に対してのセンスが養われていく。
種は全て身近な所にあるのであり、それらは全て大体は同じ構造で出来ている。
レベルがあがったり、次元が上がっても。
だから、神は幼子を愛する、のであり、子供は物知らずだからいらない、とはいわない。
よくわからない偉い神についてああだこうだ考えるよりも、身近な問題に目を止めろ。
本物の偉い神に近付きたいという事なら、そちらの方が早いぞ。単純に効率だけでいってもな。
偉くなったつもりで背伸びしても妙なものに捕まるのがヲチ。
自称絶対ネ申とかにな。

402 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 15:17:08 ID:qWnX8rIGO
↑のふたつの「無い」はふたつの「在る」だと思うよ。

403 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 15:18:54 ID:DHOp3sRLO
気付きの自発性をうながす愛の波動。そう、そのおかげで、私は気付くことができた。それを思いだして、同じ「ありがとう」を表現できるようになること。もうすぐ満月だね。

404 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 15:21:11 ID:kZNWmtHf0
>>402
神はありてあるものだが、残念ながら、年老いた者でもある。
日の老いたる者というのは、文字通り年長者という事であり、
色々な経験を積んでいるからこその事でもある。
伊達や酔狂でそういう記述がなされた訳ではない。
一足飛びには何事も成就はしない。急がば回れだ。

405 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 15:22:38 ID:YfJj35nOO
自称絶対神を真実の絶対神と信じてる人もいる。

何故その神を絶対神だと信じるのか、信じるに至ったのか知りたい。

406 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 15:27:46 ID:qWnX8rIGO
>>405
知る方法として、「自分がそうなってみる」があるけど、出来れば避けたい。

407 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 15:37:10 ID:DHOp3sRLO
自らの内に絶対なる信仰を内立てし者は、他者の内面に対する懐疑を持つことや、
他者の内面の確執によって揺るがされるということがなく、自らのなすべきことをなすのみである。
ただただ、人は、彼を見、感じ、知るであろう。

408 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 15:40:46 ID:DHOp3sRLO
内立てし→打ち立てし
訂正

409 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 16:24:56 ID:hoCdEZ8w0
地球とシンクロしてみて解った事。
何事も結局なる様にしかならない。
除草剤を人間が扱ったところで地球は自己修復できるし問題無い。
地球が危ないとかなんとか言うが結局それは人間が住みづらい世界になるということだからね。


410 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 16:26:03 ID:hoCdEZ8w0
地球に喧嘩売れば潰されるし。

411 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 16:44:35 ID:DHOp3sRLO
競争の時代から共生の時代。
何と共生か?
ボーダーレス、限定解除、無限拡張、サトリ
WHOLE EARTH から WHOLE UNIVERS へ

ホリスティックな視点の量子的跳躍・拡張は
そろそろ、星の記憶を目覚めさせるのであろうか。。。

412 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 16:48:24 ID:hoCdEZ8w0
神々の目覚めと地球の目覚めは関係有ると思いますね。

413 :堕天使‡迅猫‡ ◆wwgcKAQg7Q :2005/12/15(木) 16:50:44 ID:PSMSI+Ol0
来週ここに突撃オフするかもしれなさす
誰か一緒に来る勇者募集す
http://i.pic.to/39hck
http://h.pic.to/3i9jx
かなりまがまがしす・・・・
↓スレ
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offevent/1132413148/
これテンプレはどうす?


414 :ステハン・レコ:2005/12/15(木) 17:24:24 ID:mblMQboA0
うわ、一日見ない間に気色悪い妄想全開スレになってやんのっw

415 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 17:26:17 ID:/y2qv00V0
へぇ、妄想なのか。水天嬢には俺は色々がっかりしたからね。
だから、君ともあわないよ、レコ。

416 :ステハン・レコ:2005/12/15(木) 17:28:59 ID:mblMQboA0
>>415
はいはい、頑張ってくださいw

417 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 17:30:28 ID:2W5bCHiO0
君はそういう言い方しか結局は出来ないからね。
俺も色々と戻ってきてわかった事もあるので。
ま、頑張って。

418 :ステハン・レコ:2005/12/15(木) 17:31:16 ID:mblMQboA0
>>401
この意見には激しく同意するなあ。

419 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 17:32:24 ID:Kv6oWwSb0
一つ言えば、君はどこがどう妄想なのかは、決して明確には言えないしね。
何故ならば、俺は見てきたものしか今日は書いてないからだよ。
そして君が書く事は君の体験と後は信じてる事だけ。

420 :ステハン・レコ:2005/12/15(木) 17:32:54 ID:mblMQboA0
>>417
何者かは知らんが、君が「ローズヒップ」と名乗っていたやつじゃないことを祈ってるよw

421 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 17:33:44 ID:hoCdEZ8w0
なんだかくだらない言い争いになってきましたね。


422 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 17:51:25 ID:qWnX8rIGO
>>420
言えるし、出来るよ、って言わなきゃ。

423 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 17:56:09 ID:PaNBsoIY0
愛花さん、流れに無理矢理絡まなくてもいいんですよ…

424 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 18:00:01 ID:qWnX8rIGO
あら、そうかしら。(笑

425 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 18:01:22 ID:qWnX8rIGO
摩訶不思議!


426 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 18:50:39 ID:DHOp3sRLO
空間のチューニング。基音に加えられた第二音。その空間に投じる第三音。
基音が生み出す空間に回帰することよりむしろ三音のハーモニー。
その一音の発見は、無条件の愛を通じて得られる。

427 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 18:53:46 ID:PaNBsoIY0
ID:DHOp3sRLOさん、最近は携帯からですか。
専用スレを立ててはいかがですか?

428 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 20:35:40 ID:0sA2N48B0
神のいる世界って、階級社会なんですね。人間の魂にいろいろとランクをつけてさぁ。
自由と平等の世界を希望する者から見ると、すげーいやな世界。

429 :ステハン・レコ:2005/12/15(木) 21:07:44 ID:W1lDhtyR0
神の前に人間は無力な存在でしかないそうだ。
神の御心にそぐわない人間は、堕落した存在なのだそうだ。
神の与える愛に気付かない人間は、愚か者なのだそうだ。

神は、偽神と人間の愚かなまねに「やれやれ」とため息をついているそうだ。
神は、「こうなること」があらかじめ解っていたそうだ。
神は、結局こうなってしまった以上、偽神や人間に対して直接手を下すそうだ。

と、神の信者と自称神が語っておりましたが。はて?

430 :本当にあった怖い名無し:2005/12/15(木) 22:09:42 ID:hoCdEZ8w0
>>429
めちゃくちゃ怪しいですねw

431 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/12/15(木) 23:13:12 ID:j1Y6XBWa0
絶対紳という呼び名は兎も角、究極の神の定義は簡単だ
と思う。貴方も私も含めた空間で表現できる現象の全てと
しか言い様が無い。
そこには時間とその管理さえ含まれる。信仰と言うよりは
敬意を持たないではいられない。
説明や特定が難しいのは中間の存在、天使や人、完璧で
無限の状態から神のノミで能力をそぎ落とされ時を与えら
れカタチ創られた。

432 :明日人 ◆jOUSCdUazs :2005/12/15(木) 23:30:07 ID:V09E9OLH0
《神》と《わたし》
というように、《神》は《わたし》の外部に発見されるものであったり
《神》と《わたし》は相対視されるものではないと思う。
《神》=《わたし》の視点が万人に平等共通に与えられており、我即神ナリ
自らの内に《神》を発見する視点、
《神》から生じた《わたし》に信頼をおく瞬間
感じられるのが、神の愛である。
わたしは神の愛が好きであるし、その瞬間を至福に思う。
生かされてある感謝の、その瞬間から遠ざかってしまっている時に不安を感じることも、まだあるが
さまざまなものを通じて気付きを与えてくれる
この地球の生活も、どんな局面が訪れようとも、ありがたく生きていたい。


433 :ソリッド:2005/12/16(金) 00:04:08 ID:qu4ywYeH0
大寒波ですね。

434 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 00:12:11 ID:q9P1IZMp0
神についてどう語ろうが、言ったもの勝ちみたいだな
存在を証明出来ないしね。  クトゥルー神話てのもあるし
 
俺さ、仕事で重機の運転してんだけど
「神の域」目指してんだ。
ttp://ww1.tiki.ne.jp/~sisho007/jinmei_j/enomoto.htm


435 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 00:17:14 ID:uwWgfNcv0
>>433
で・・・ソリッドさん私の答えによってどういう結論が出たんですか?
いや答えるだけだと何か損した気分なのでw

436 :ソリッド:2005/12/16(金) 00:19:38 ID:w2qILidg0
>>435 夢の人ですか?
夢の人物についてですか?それ以外のことですか?

437 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 00:24:32 ID:uwWgfNcv0
>>436
私は夢を観た人です

438 :ソリッド:2005/12/16(金) 00:27:40 ID:w2qILidg0
結論というかはじめからわかってはいたのですが、それはあくまで可能性だったので
その可能性の%を上げたという感じです。
前に言ったように俺が右ならあなたや愛化さんは左ということです。

439 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 00:29:33 ID:uwWgfNcv0
>>438
夢の人物についてはどうですか?

440 :ソリッド:2005/12/16(金) 00:33:43 ID:w2qILidg0
これは本物かどうか確認したかったのですが、実際見ないと答えは出ません
ただ、俺が考えていたものにかなり近いようには思いました

441 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 00:34:20 ID:uwWgfNcv0
>>440
というと?

442 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 00:36:31 ID:uwWgfNcv0
それから風については何故聞こうと思いましたか?

443 :ソリッド:2005/12/16(金) 00:39:52 ID:w2qILidg0
あなた達と同じような人を数人知っていたからです。

444 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 00:40:53 ID:uwWgfNcv0
風と言霊ですか

445 :ソリッド:2005/12/16(金) 00:49:21 ID:w2qILidg0
通常霊能者は人から気づかれないように行動しますよね
霊は人の目に見えないように行動しますよね(表現が変かもしれませんが)
彼らは時間がなくて焦っていたので今まで隠れて動いていたのを
俺の前では露骨に見せて来ました。それで色々知ることが出来ました。

446 :愛花:2005/12/16(金) 02:10:53 ID:pVY2yP/lO
ソリッドは目が良く見えるようになってきたのだね。



風と言霊が分かる人、ぜひ音霊も聞いてみてください。
ヒントは音の示す方向とか思考とのシンクロです。音の呼ぶ方をしっかりみていると、面白いです。導いてくれるんです。さまざまな音が常になっていますが、呼んでいる音とそうでないのを見分けるのがコツです。晴らしい世界です。

おやすみなさい。


447 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 02:14:04 ID:pVY2yP/lO
あー。よけいなこと言ったかなあ。

448 :ソリッド:2005/12/16(金) 02:25:03 ID:w2qILidg0
>>477 いやいや俺は霊感もないし何も見えないし普通の人ですよw
あと俺は霊能者等の言うことは聴く気は無いし会うことも無いw

449 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 02:49:07 ID:pVY2yP/lO
誰にでも霊能はあるね、犬にもあるのではないのかな。


450 :友澤☆雄プラチナ隊長:2005/12/16(金) 05:33:07 ID:hji56SdJO
霊能者スレに昔居た撫子とかいう偽霊能者に虚言はかれまくり霊能力がいまいち信用出来なくなったな。

撫子とかいう偽霊能者の虚言でどれだけ大迷惑受けたことか。

本物の霊能者は江原さんぐらいなのか?
一度でいいから本物の霊能者に霊視してもらいたいですなぁ

451 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 07:55:15 ID:pVY2yP/lO
霊能者がいったい何をしてくれると言うのか。
聖書には人間は鼻で息をするだけのものって書いてあった気がするよ?

452 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 07:58:10 ID:pVY2yP/lO
霊能者と遊んでもいいけど霊能者に教わってもいいけど、全てを委ねる相手じゃない。
なのに全てを委ねて後になってうまくいかなかったとか恨むのは、そりゃ〜相手を間違えているからさ、と思うよ。

453 :ソリッド:2005/12/16(金) 11:04:56 ID:w2qILidg0
霊能者自体が騙されている者、脅されている者、だからなw
あと時空の歪み(門)でしたか、俺の部屋にも確かにそれはあった。

454 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 11:27:28 ID:uwWgfNcv0
霊能者と言ってもどういう霊能者を指しているかによるけどね・・・

455 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 11:30:22 ID:uwWgfNcv0
>>446
勿論経験済みです。ただし私は未だ使いこなせてない。
修行が足りてないようです。
ただこの一年での発見はすごい膨大です。
去年あたりから何か大きなことでも起こったのかな。

456 :ソリッド:2005/12/16(金) 11:36:00 ID:w2qILidg0
愛化さんが言うように霊能は誰にでもあるし人として生まれる以上それは必要無いし
前にデスノートというマンガで表現したんですが、読んだことありますか?

457 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 11:46:22 ID:uwWgfNcv0
>>456
デスノートってジャンプで掲載されている奴ですね?

458 :ソリッド:2005/12/16(金) 11:55:40 ID:w2qILidg0
>>457 うん、それ。自分表現下手なんでそういうの知ってたらわかりやすく説明
出来ると思うんですが知ってます?

459 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 12:02:41 ID:uwWgfNcv0
>>458
断片的にしか読んでないので・・・あははw

460 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 12:02:46 ID:pVY2yP/lO
>>456の「無い」は「在る」と思うよ。

461 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 12:04:34 ID:uwWgfNcv0
>>460
愛花さん・・・あははw
一々主張しなくても貴方の主張は我々には予測できるんで省略していいじゃないですか?

462 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 12:08:31 ID:uwWgfNcv0
>>458
取り敢えず説明してみてください。

463 :ソリッド:2005/12/16(金) 12:09:11 ID:w2qILidg0
>>460 どうせその時が来れば全員見えるようになる。ここでいうアセンションのことかも
その前に見えないと困る者達がいる。あなた達のように。

464 :ソリッド:2005/12/16(金) 12:15:12 ID:w2qILidg0
>>462 主人公のライトをサタンとして考えて下さいね。
ライト=サタン 自分を神だと思っている。ノートで力を与えることが出来る
ミサ=サタンの側近 世間はこの連中のことを神々という表現をしている
火口=世間で力が強いと言われている霊能者。サタンの手下
出目川=サタンを神だと言ってチャネリングする連中。

465 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 12:22:35 ID:uwWgfNcv0
>>464
成る程。それを基に考えてみると私は愛花さんがわでも貴方側でもない
と思います。
何故なら私は見えなくても困らないからです。
何の指示も受けてないしチャネリングもしてない。
ただ私は自然の気持ちがわかる。

466 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 12:26:16 ID:uwWgfNcv0
つい最近ですが私は自分のするべきことが少しずつ解ってきたようです。
それはこの世界を整体するということです。
きっと地球とのシンクロもその為だったのでしょう。
だから私は誰の味方でも敵でもない。
私は自然の一部として生きる。


467 :ソリッド:2005/12/16(金) 12:27:29 ID:w2qILidg0
それと同じ人間も見て来ました。

468 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 12:29:01 ID:uwWgfNcv0
>>467
私みたいな者は人間的表現で言うと何に分類されるのでしょうか?

469 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 12:33:02 ID:uwWgfNcv0
私の中ではっきりしている能力は相手の痛みとシンクロすると言うことです。
遠くに離れていたりするとシンクロできない場合が多いですがこれはきっと
未だコントロールできないからでしょうね。
ただデフォルトで地球の痛みとシンクロしてます。
今言える事は地球の自然治癒力は今かなり強くなってきています。

470 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 12:34:28 ID:uwWgfNcv0
今世界で起きている現象は好転反応です。

471 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 12:34:30 ID:pVY2yP/lO
ライブドアかい?

472 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 12:35:19 ID:uwWgfNcv0
>>471
?意味が解りませんが?

473 :ソリッド:2005/12/16(金) 12:37:50 ID:w2qILidg0
自分でどう思っていても魂の本心はまた別なんで今のところ何とも

474 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 12:40:23 ID:uwWgfNcv0
まあ時期が来ればいずればれますからね。

475 :ソリッド:2005/12/16(金) 12:41:12 ID:w2qILidg0
好転反応だと感じましたか。あと人がたくさん死ぬことについて、しょうがないと
言ったあたり、もしかしたら俺が考えてるものとは違うものの可能性もありますが
今はまだ確定出来ないです

476 :ソリッド:2005/12/16(金) 12:43:04 ID:w2qILidg0
もしかしたら右と左以外に中があるのかも

477 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 12:43:18 ID:FFbkm5uj0
なんかソリッド氏の言うことはコテ国が言いそうなことばかりのよーな・・・
気のせいか?w

478 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 12:44:53 ID:uwWgfNcv0
>>475
自分の体の変化と地球の変化がシンクロしているので解るんですよ。
初めこの能力はかなり恐ろしかったので理解できないふりをしてきた(自分に嘘をついてきた)
訳です。
地球の痛みのピークは恐らく二年前位だったと思います。

479 :ソリッド:2005/12/16(金) 12:46:51 ID:w2qILidg0
>>477 コテ国って何です?w
>>478 生みの苦しみですかね

480 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 12:48:21 ID:uwWgfNcv0
地球は人間が思っているほどやわではありません。
それも当然ですよ。なぜなら人間は地球に住まわしてもらっているのだからね。


481 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 12:52:25 ID:FFbkm5uj0
>>479
違うならいいんだけどね。どうも言葉から感じるものが被ってるもんだから。

とある霊能者(?)から「あなたは国常立尊」だと言われて目覚めた後、自ら「国常立」と
いうコテハンを名乗っていたのが、過去にいたんよ。
今は別のところで「ver3.102」と名乗ってるみたいだけど。

>>429の後段は、そのコテ国が言ってた言葉なんだよね。

482 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 12:53:17 ID:uwWgfNcv0
我々が地球から排除されないためには各々が地球の一部であるというと言う
自覚が必要です。
植物が表すものはそのまま動物の体の未来を表しています。
大地が表すものはそのまま動物の精神の未来を表しています。


483 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 12:54:28 ID:K4L4pYXx0
母なる地球
父なる太陽

僕らは神の子
僕らはまだ蛹の段階



484 :ソリッド:2005/12/16(金) 12:54:53 ID:w2qILidg0
>>481 ああ、そういうことか俺はネットの書込み自体先月が始めてですw
あと俺は霊能者に、仮に神だと言われても相手にしませんw

485 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 12:56:08 ID:FFbkm5uj0
>>478
ああ、ピークが2年前というのは分かる気がする。
そして好転反応というのも、私には納得できてる感じだな。

ただ、人間側があまりに無防備だから、その好転反応に対処できてない。
そのせいで、かなり多くの人死にがでそうな気がするけどね。個人的には。

486 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 12:57:09 ID:uwWgfNcv0
大地乱せば人心乱れる。

487 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 12:59:19 ID:uwWgfNcv0
>>485
そう。
だけどこれは人間が選択した未来だからね。
地球はただ痛みを取り去りたいだけだから人間の都合は全く関係ない。
地球は人間が思っているほど優しくない。


488 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 12:59:26 ID:FFbkm5uj0
>>486
その手法を応用することも出来るしねえ。

489 :ソリッド:2005/12/16(金) 13:01:15 ID:w2qILidg0
ピークが2年前だから3年前に焦ってた連中がいて、そいつらを排除してから
スイッチを入れたと。まあ、そういうことです。

490 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:01:42 ID:K4L4pYXx0
もうじき日本列島が変形するほどの巨大地震がくる予感もしてるんだ

とにかく人類の歴史で一番大きな事が起きるのは確信してる

491 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 13:02:14 ID:FFbkm5uj0
>>487
地球は、というより、この宇宙の理と法は最初からシビアだと思うw
でも、まだ地球はいい方だと思うよ。幾重にもガードがある気がするから。

492 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:02:55 ID:uwWgfNcv0
だけど人間は星を生み出す力を秘めている。
その為には地球の気持ちがわかる必要が有る。
地球の気持ちは自分の体の気持ち。
自分の麻痺した感覚を取り戻すこと。
右手も左手も大事にすること。
本来の力を封印された力を取り戻すこと。
その前に何故封印されたか思い出す必要がある。

493 :ソリッド:2005/12/16(金) 13:04:15 ID:w2qILidg0
レコさんは色々知ってそうですね。
他の星は全部破壊されて来たんですよね。地球はガードが固いのは確かです

494 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:04:17 ID:uwWgfNcv0
>>489
排除してくれた人に感謝します。

495 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 13:04:47 ID:FFbkm5uj0
>>489
とはいえ、それも10数年前の出来事からのドミノ倒しだと言われてるけど。
とりあえず、10年前に何が起きたのかを聞かせてくれんかなあ

496 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:06:11 ID:uwWgfNcv0
もうじき一部の人だけが甘い汁を吸う時期(苦行の時期)は終わりを告げます。
これは人間が本来の力を取り戻す資格があるかどうかを選別するテストでもあったのだけど。

497 :ソリッド:2005/12/16(金) 13:07:04 ID:w2qILidg0
>>494 排除という表現は変だったかも。スイッチを入れられたら困る連中が
スイッチを入れようとしている人間の邪魔をしようとやって来る。
それを追い返しスイッチを入れた、ということです

498 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 13:07:17 ID:FFbkm5uj0
>>492
そりゃそうなんだけどさ。そのためにはまず、脳のガードを取り払わないとねえ。
と思うわけだ。

499 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:09:01 ID:K4L4pYXx0
人間の覚醒を確かめるテストは天災でしょう

人間は窮地に起き込まれた時本性を表すから
そこで心のレベルがわかる

500 :ソリッド:2005/12/16(金) 13:09:20 ID:w2qILidg0
>>495 10年前というとまた変な電波とばした表現しますが
ある魂をある人物に入れて、スイッチを入れようとしている者の邪魔をしようとしたのが
10年前ですね。

501 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 13:10:23 ID:FFbkm5uj0
>>493
その轍も踏まえて、アーキテクトが気合い入れて設計したみたいで。
ただ、いくつかの選択肢を残してある感じはするよ。
また地球もろとも時空が分離する感じw

502 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 13:11:06 ID:FFbkm5uj0
>>500
それって富士に関係なくない?

503 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:12:59 ID:uwWgfNcv0
>>498
で、そのガードを取り払う方法が本当に人それぞれだから更にそこで
選別されるんだけどね。
宿命に目覚めればわけないけど。

504 :ソリッド:2005/12/16(金) 13:13:37 ID:w2qILidg0
>>502 もう少しくわしく話してくれたらわかることもあるかも。
文章苦手なんで誤解もあるかもしれません。兄が得意なんですよねこういうことはw

505 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:13:45 ID:uwWgfNcv0
>>502
私もそれ思いました。

506 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 13:15:41 ID:FFbkm5uj0
>>503
一歩引いてみると障害物競走のような喜劇。
だけど、さらに一歩引くと悲劇かもね。

507 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:16:32 ID:uwWgfNcv0
富士山はいまとても汚されているんですよ。
富士山を浄化することはかなり重要です。
汚された=封印された と考えてもいいです。

508 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:18:05 ID:uwWgfNcv0
何故富士山が出来たかと言うことを我々はもう一度思い出す必要が有るでしょう。


509 :ソリッド:2005/12/16(金) 13:18:39 ID:w2qILidg0
たしかに封印はしました

510 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 13:19:22 ID:FFbkm5uj0
武田崇元という人物が、松本某を「出口王仁三郎の再来」に仕立て上げて、大本の
予言を成就させようと画策した。

まあ、私があの当時「やばい」と思ったのは、これかな。

511 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:21:45 ID:uwWgfNcv0
一つ言える事は今はもう何者も地球を邪魔できるものはいないと言うことです。
動き出した流れは誰も止められない。
阿部清明も復活しましたしね。

512 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:22:58 ID:K4L4pYXx0
日本全土にレイラインエネルギーが通っているので
何か起こるのであれば日本が先でしょうね

513 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:23:25 ID:uwWgfNcv0
後一つ。正確な予言を出来るものはいない。
何故なら地球は意思を持っているからです。
予測に過ぎないです。

514 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:25:38 ID:uwWgfNcv0
何故人々が災害の予言に期待するかわかりますか?
それは地球の意思がシンクロしているからです。

515 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:27:03 ID:uwWgfNcv0
例えば足首をひねったら足首の痛みが消えることを望むでしょう?
それと同じです。

516 :ソリッド:2005/12/16(金) 13:27:12 ID:w2qILidg0
>>511 俺が何年も黙ってて先月書込みを始めた理由も、もう邪魔は入らないし
止めることも出来ないし、多分だがもうその時が近いと判断してのことです

517 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 13:27:35 ID:FFbkm5uj0
>>514
それ、「人心乱れれば大地乱れる」に組み替えて逆利用されてる気がするけどなw


518 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:27:56 ID:K4L4pYXx0
俺に課せられた使命もだんだんわかってきたし
後は時が来るのを待つだけだ

519 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 13:29:14 ID:FFbkm5uj0
>>516
で、10年前の件は?

520 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:30:53 ID:uwWgfNcv0
>>517
そうとも言えますね。人間に対する影響力はそれほど強大だと言うことです。
さらに大きく視点を変えると地球に対して悪い誘惑をしたりよき方へ導いたり
するおおきな存在がいると言う事実にあたります。

521 :ソリッド:2005/12/16(金) 13:33:24 ID:w2qILidg0
ええと>>500のために世界中の霊能者が動いたのは間違いありませんが、
個別に何したかまではわかりません。とりあえず魂を入れるのには失敗して
その魂がある場所に封印?されたのは間違いありません。

522 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 13:33:58 ID:FFbkm5uj0
>>520
私からみたら、「地球」に直接手出しできるのは人間を置いていないよーに見えるね。
だから、人間を動かして地球に対しての影響力を行使しようと画策するんじゃない?w

そもそも「地球」に対して人間以外が直で手を出すことは「禁じ手」になってると思うぞ。

523 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 13:36:06 ID:FFbkm5uj0
>>521
まあ、あれはひな形に過ぎなかったからね。
失敗したというか、本体が偽物の梯子を外したという方が近いかなw

524 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:36:14 ID:uwWgfNcv0
>>516
多分私もそうです。
これは無意識てきにでしょうけどね。
ちなみに私も本来の名前を思い出しています。
だけど未だに自分でも半信半疑です。
それにもし仮にその名前を出したとして今の段階では人心を惑わすだけですし、
名前を出さずともいずればれます。

525 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:37:44 ID:uwWgfNcv0
>>522
そういうことです。
で、それが人間の言う天使やら悪魔なのでしょう。

526 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:38:57 ID:K4L4pYXx0
もう流れも止められないのにも関わらず悪あがきしている人達がいるんですが
彼らはどうなっちゃうんですかねw

527 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 13:40:22 ID:FFbkm5uj0
>>525
プレゼンの後ろに何が隠されているか。そこが問題だけどね。
人間側がもうちょっと賢くならないといけない時期ですねえw

まるで耐震強度偽造事件を教訓とするかのようにw

528 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:42:00 ID:uwWgfNcv0
>>526
流れに巻き込まれたとき初めて悟るでしょう。
ああ・・・・我無力也と。
大雨が降った後の川をせき止めたらどうなるかと言うことです。

529 :ソリッド:2005/12/16(金) 13:43:08 ID:w2qILidg0
>>524 なるほどw実は俺も自分の名を知ってます。
>>526 想像通りのことになりますよw

530 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:45:03 ID:uwWgfNcv0
>>527
これからああいったものがどんどん暴露されるでしょう。
こういう社会の流れは無関係ではありませんからね。
そこで初めて救いのある人は騙されたと言うことに気が付くわけです。
尤も騙されたと気が付いた所で憎んではまた漬け込まれるのだけどねw

531 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 13:46:13 ID:FFbkm5uj0
ところで、「名前」というのは魂の名前?それとも過去世の名前?

532 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:48:01 ID:uwWgfNcv0
自分のエネルギーを表す名前と言うことだと思います。
自然と一体になったときに勝手に口から出た名前です。

533 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 13:48:55 ID:FFbkm5uj0
>>530
まー言うたら、「発生条件を満たしたときに始まるイベント」だしねえ。

534 :ソリッド:2005/12/16(金) 13:49:45 ID:w2qILidg0
>>531 もちろん実際見えてみないと100%ではありませんが、
俺の場合、両方ですねw

535 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:49:51 ID:uwWgfNcv0
言霊の奏でる音はそのままエネルギーの質を表しますから。
50音はエネルギーを表す音です。

536 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 13:50:51 ID:FFbkm5uj0
>>532
ああ、それはタイヘンだ。
私はそれだけは絶対知りたくないなw

537 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:52:58 ID:uwWgfNcv0
>>536
いずれ解りますよ。
私は初めて知ったとき(思い出した)は発狂しかけましたからね。

538 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:54:24 ID:uwWgfNcv0
真の名はそのまま力となるからみだりに口には出せないでしょう。


539 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 13:54:58 ID:FFbkm5uj0
>>537
言葉足らずで失礼。>>536は、私は私自身の魂の名前など知りたくもないという意味。
私は来し方行く末永劫に至るまで、「名無しの巡礼者」でいたいんだなw

540 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:57:54 ID:uwWgfNcv0
>>539
宿命に沿って生きているなら否が応でも思い出すと言う意味です。
自分が思い出したくなくとも体が勝手に教えますからね。

541 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 13:58:36 ID:FFbkm5uj0
個人的には「名」など「識別記号」に過ぎないと思っている。
まあ、記号そのものが「力」を持っているし働きを表すことは否定しないけどね。

しかし、それさえもまた「「世界」を認識するための「方便」に過ぎないと思ってるしw

542 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:59:14 ID:K4L4pYXx0
名前など必要ないよ

名前はその本人の波動だから
文字や言葉である必要性はない

543 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 14:00:24 ID:FFbkm5uj0
>>542
この世界の「仕組み」的には必要だって事だと思うけど?

544 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 14:02:13 ID:uwWgfNcv0
>>542
そうとも言えます。
ただ思い出すような現象が起こることも有るということです。
つまり自分の波動と音(風)がシンクロしたときに名前となるわけです。
だから自分だけが知っててもいい。

545 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 14:03:41 ID:uwWgfNcv0
自分の波動の質がわかるということは自分の名前がわかることと同じです。

546 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 14:03:48 ID:K4L4pYXx0
>>543
確かにそうだ

今は親がつけてくれた名前を大切にするべきだね
真実はとりあえず今は自分の中でしまっておこうよ

547 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 14:06:09 ID:uwWgfNcv0
そして自分の波動の質がわかると次は、自分の波動の高め方(本来の力の呼び覚まし方)
が解る様になります。すると周りに自分の波動が強く影響していくことになります。
そしてその波動は音となり名前がばれるのです。

548 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 14:08:18 ID:FFbkm5uj0
「在りて在るもの」という状態で全てを内包させることが出来ない以上、「名」は必要。
もっとも、そのように設計段階で定義されたからこそそのように「名」をつけざるを得ない
だけかも知らんけどねw

つまり。

私らはそのようにアーキテクチャが設定されてるから、そのように振る舞うことを最初から
決められてる、ということかもねえw

549 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 14:08:19 ID:uwWgfNcv0
>>546
そもそも名付けという行為は今目の前にある者の感じを音に表すと言う行為ですから。
なので昔はシャーマンが名前をつけていたのです。

550 :ソリッド:2005/12/16(金) 14:08:45 ID:w2qILidg0
>>547 それが、魂が見えようと必死になっている、という可能性は?

551 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 14:13:17 ID:uwWgfNcv0
>>550
意図的にやっているのか?それとも無意識にやりたくなったのか?
によります。
整体に例えると意図的な方法では反動を付けて「ゴキッ」っとやります。
無意識的なやり方だと患者側は勝手に自分の体が動いているような感じで
「スルリ」という感じを受けるでしょう。
私は後者です。

552 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 14:23:58 ID:FFbkm5uj0
まあ、アーキテクチャに対して意識を逸らさせるトラップが人の脳にはあるわけで。
それはアーキテクトという存在に関しての色々があるわけで。

「何に対して誰が何故何の目的でそのように設計し行動をコントロールしようとするのか」

この辺を考えると、ヒジョーに面白いのだけどねえw

553 :ソリッド:2005/12/16(金) 14:26:26 ID:w2qILidg0
>>551 話しは戻りますが、部屋から聴こえた遠吠え、時空の歪み、
体をゆらされる感覚、なんであると思いましたか。

554 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 14:34:20 ID:uwWgfNcv0
まず初めに苦しみから逃れるために道具を作る。
その道具は人の役に立てたいと言う純粋な動機で設計される。
だがその内動機は自分の私服を肥やしたい動機に変わる。
すると大量生産を考える。
私服が肥える。
もっと肥やしたいからコストを削減する。
ちょっとぐらい誤魔化してもばれない(もし被害があっても俺には関係ない)
と思い始める。
そしてそういう粗悪な大量生産が増える。
そのうちばれる。
そこで初めて目が覚め原点に返る。
そうか!わたしは当初の動機を忘れていた・・と。
すると完璧な道具を作ることに追求しだす。
全体のクヲリティーがあがる。

555 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 14:38:11 ID:uwWgfNcv0
>>553
遠吠えだけはわかります。
あれは地球を痛めつけるパワーだと思います。
あのときそれは一時的に封印されたんでしょうね。
そしてその封印が解けたと思います。


556 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 14:38:56 ID:uwWgfNcv0
封印が解けたのが今年

557 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 14:40:14 ID:FFbkm5uj0
>>554
そのように振る舞うようにアーキテクチャによってコントロールされてるの?
だとしたら、それは「誰」によって「何故」「そのように振る舞うこと」を定義づけられたのかな?

つまり、そういう問題なんだけど。

558 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 14:42:12 ID:uwWgfNcv0
>>557
そこまでは未だ解りませんね


559 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 14:53:10 ID:FFbkm5uj0
「仕組み」つまり「アーキテクチャ」に対して意識を向けたことはありますか?
そしてその設計を為したアーキテクトに対して意識を向けたことはありますか?

「仕組み」によって全ては「そのように振る舞う」事を定義づけられています。
先ほどの「名」に関してもそう。無意識に「名」があるのは当たり前だと感じていませんか?
しかし、その「当たり前」がどうして「当たり前」なのかを考えてみると、思った以上に自分が
無自覚にそれを受け入れている事実に突き当たることが多いものです。

それこそが、「アーキテクチャによって無意識にコントロールされている状態」です。
コントロールされている状態を自覚できない間は、自律を前提に振る舞うことは不可能です。
つまり、そういうことです。

この問題は、目の前の私たちが住む人間社会に関してもそのまま転用できます。
そして、そのまま宇宙にも転用できます。

560 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 15:14:29 ID:6eo5kmE60
なんでもかんでも自分理論でわかると思ってるんだな、ステハン氏は。
頑張ってくれw

561 :ソリッド:2005/12/16(金) 15:21:01 ID:w2qILidg0
誰でも自分の理論はあるだろうし、それはその時が来るまでわからないことだし
理解してみようとして読めばわかることもあると思う。色んな意味で。

師走の寒波についてどう思います

562 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 15:21:53 ID:FFbkm5uj0
>>560
社会科学と建築学では、この問題に関する考察は必須なのw
ついでに言うと、過去に「コンピュータのプラットフォーム」に関して言及したことがあるけど、
ああいうのは今「人間と社会と世界の関わり」を解明するための手掛かりになってるのw

そんなものはオカルトに援用できないと考えるのなら、そう思えば?w

563 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 15:23:51 ID:FFbkm5uj0
>>561
>師走の寒波についてどう思います
現場仕事が主体なので、勘弁してくれ、と思ってる。

564 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 15:27:56 ID:uwWgfNcv0
極小は極大につながるからね。
>>561
恐らくだけど寒波はおそらく地球の熟睡状態かなと思ったり。
だって寝ると体温下がるでしょ?
人間の睡眠は一日に平均6時間から7時間半。
そう考えると地球は12月から3ヶ月寝ることになる12月から考えて
3ヶ月なら3月の初めに目が覚める。
するとぴったり春になる。

565 :ソリッド:2005/12/16(金) 15:30:04 ID:w2qILidg0
>>564 12月の何日から眠りについたかわかりますか

566 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 15:31:54 ID:uwWgfNcv0
>>565
ん〜〜〜いちいち気にしてないから覚えてないですね・・・。
何故ですか?

567 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 15:33:03 ID:uwWgfNcv0
ああそっか。来年のいつに目覚めるかって事か。

568 :ソリッド:2005/12/16(金) 15:34:15 ID:w2qILidg0
日にちというのは重要だと感じたことは?

569 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 15:35:58 ID:uwWgfNcv0
>>568
どうですかね・・・気にしてないから。
ちょっとした地球の気まぐれでいくらでも日にちがずれるし・・・

570 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 15:36:42 ID:FFbkm5uj0
ここ最近25日前後頃動きがあるから、2月25日前後かなとか言ってみるテストw

571 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 15:38:08 ID:uwWgfNcv0
>>570
ああ!そうかも。寝たのが11/25かも。

572 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 15:39:30 ID:uwWgfNcv0
目が覚めても二度寝の可能性も十分ありうるわけでw

573 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 15:40:24 ID:FFbkm5uj0
>>572
低血圧だったりすると、寝起きの機嫌がむちゃくちゃ悪かったりしてw

574 :ソリッド:2005/12/16(金) 15:40:45 ID:w2qILidg0
例えば何か予定を組むとして、その予定が重要になればなるほど
日にちや時間というのは重要ですよね。それが天の計画となるとなおさらだとは思いませんか

575 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 15:42:47 ID:uwWgfNcv0
>>574
ああそっか。仕事があれば二度寝しないし予定もずらさないですね。
忘れてたw
>>573
少なくともそういうタイプじゃないけどねwそういうタイプの星も有るんじゃないですか?w

576 :ソリッド:2005/12/16(金) 15:44:22 ID:w2qILidg0
ああ、いえ 天の気が突然変化したのに気づいた人がいるかどうか確かめたんです。

577 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 15:46:49 ID:uwWgfNcv0
>>576
私もまた凄く気紛れなので凄い気にしたり全く気にしなかったりします・・・
解るときは詳細に覚えているのだけど・・・
夢のこととかね。

578 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 15:47:08 ID:FFbkm5uj0
>>575
どーも生真面目そうだからねえ。って、私にそう映ってるだけか?w

579 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 15:53:15 ID:uwWgfNcv0
私が今はっきり解るのは地球の体の状態ですね。
まず首にあたる部分が2度くらいの角度で右に傾いてます。
そして右アキレス腱にあたる部分から右ひざにかけての筋が2度右にずれてます。
そして右尻から右腰にかけての筋が2度右にずれてます。
そして昨晩からは左ひざの裏筋が2度右にずれています。

580 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 15:54:57 ID:pVY2yP/lO
「エバ…エバ…」って声がしきりに聞こえるんだ。
エバじゃなくて○○○ですって言っているのに。

581 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 15:55:43 ID:uwWgfNcv0
>>578
地球は真面目だけどただ真面目じゃなくて、時に融通がききとても素直な存在だとも言えます。
新しい発見があれば素直にどんどん受け入れられる。

582 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 15:57:14 ID:FFbkm5uj0
>>579
(,,゚Д゚)∩質問です!

こないだから首を違えて右肩痛いです!
過去の事故の後遺症で右腰から右膝足首までが結構痛いです!
昨日から左のかかと付近からふくらはぎにかけて、特にかかと周辺が痛いです!

かなり辛いのでマジでどーにかなりませんか?

583 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 15:58:55 ID:FFbkm5uj0
>>581
ああ、今はそういう状態なんですねえ。じゃ、あれは過去かw

584 :ソリッド:2005/12/16(金) 15:59:24 ID:w2qILidg0
正直地球のことは全然わかりませんでした。人間の体と同じようなイメージなんですね

585 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 15:59:32 ID:uwWgfNcv0
>>582
ああ。多分レコさんも地球とシンクロしてる可能性が有るかもね。
なんか私の言っている事と内容被ってるし。

586 :愛花:2005/12/16(金) 16:00:05 ID:pVY2yP/lO
愛花は足がだるかったよ、昨日なら。前からだけど昨日が酷かった。

587 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 16:01:24 ID:uwWgfNcv0
過去の地球とは全く別物に成ったと思った方がいいですね。
過去の地球とまったく精神レベルが違いますから。

588 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 16:01:49 ID:FFbkm5uj0
>>585
もしそうだったとしても、正直シンクロしたくないですw
つかほんとマジでどーにかしてくれええええ

589 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 16:02:07 ID:pVY2yP/lO
でも、相手が何かの神様でも、流されるようじゃ、まだまだなのさ。きっと。

590 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 16:02:36 ID:uwWgfNcv0
>>586
あなたもシンクロしたのかな。
とにかく昨日の左足のシンクロは強烈だったから。

591 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 16:04:06 ID:uwWgfNcv0
>>588
地球を整体するのが私の宿命でも有るからそのうち治るかもね。

592 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 16:04:24 ID:FFbkm5uj0
>>587
その転換って、一番近いところではやっぱり1995年頃だった気がするけどw

593 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 16:05:27 ID:FFbkm5uj0
>>591
年末休暇にはいるまでにお願いします (-∧-;) ナムナム

594 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 16:05:56 ID:XJE2+LnJ0
>>582
自分もこないだから首寝違えて右首から腰までが痛い。
そして左足がむくんでます。マッサージしてもらっても直らない……
なんでステレコさんとシンクロしてんだろw


595 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 16:06:35 ID:uwWgfNcv0
>>592
そうですね。音に目覚めさせられたみたいです。

596 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 16:08:04 ID:FFbkm5uj0
>>594
私が首を違えたのは、10〜11日にかけてですた。
ちなみに12日は個人的なイベントが発生した日でしたw

597 :ソリッド:2005/12/16(金) 16:08:06 ID:w2qILidg0
ちょっと変な質問していいですか?地球とシンクロするように
雷などにシンクロする人っていますか

598 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 16:08:57 ID:uwWgfNcv0
もしシンクロされた方は私と同じ使命を持っている可能性があります。
痛い部分に意識を集中して痛くない方向へ動かしてあげてください。

599 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 16:10:41 ID:uwWgfNcv0
>>597
当然居るでしょう。
この世に存在するあらゆるものにシンクロ出来る可能性があります。

600 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 16:11:29 ID:FFbkm5uj0
>>595
さっきも書いたけど、その時期は、本体が成り済ましの梯子を外した時期と捉えてるな。
それは内からと外からと、同時に起きた感じかな?

内の方が発動して緩んだ一瞬に、外からも同じ行動をシンクロさせた感じ。

601 :ソリッド:2005/12/16(金) 16:16:55 ID:w2qILidg0
レコさん、個人的なイベントがある時は何か変なこと起こったりします?

602 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 16:17:08 ID:uwWgfNcv0
>>600
そこまで詳しくは解りませんでした。
私の感じたものは自然回帰的な音(リズム)に目覚めたって事です。
踊り方を思い出したと言うか・・・

603 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 16:22:18 ID:uwWgfNcv0
まぁ自然回帰的な音(リズム)に目覚めたって事は人間社会にも影響してますね。
世の中に自然回帰的なリズム(四つ打ち)がメジャーになってきてますから。

604 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 16:26:31 ID:FFbkm5uj0
>>601
例えば、どこかに行くことがイベントだとすると。

イベント発生の少し前から、あらゆる場面でキーワードとしてそこが取り上げられる。
全く無関係の第3者が話してる内容にさえそれが出てきたりして、意識づけがされる。
それに引っかかってしまったらもう最後、傷ついたレコード盤よろしく延々と頭の中で
そのことがリピートされてしまう。

それと同時に、何故か予定が何もなくなる日がある。
もし入っても、そこに関連した場所を通過する事になったりついでになったり。
仕方なくそこへ行くことを予定に入れると、何が何でもそこへ行かざるを得なくなる。

以上のようなことがままありますね。
もしなくても、突然体調が崩れて鬱々してるときに、何故かそこへ行かされる事態が
発生してしまったり。

こないだの12日のイベントは、まるで後者でした。
首を違えて痛さに凹んでたら、上司が出かけることになって。
それについて行ったら、取引先の人にまさにその場所へ連れて行かれることになり。
といった具合でしたね。

ちなみに、そこは古い古い、人の記憶からも失われそうな社跡でしたがw
たたずむと非常に心地よい雰囲気でしたので、少し癒されたかもw

605 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 16:28:26 ID:FFbkm5uj0
>>602
>踊り方を思い出したと言うか・・・
冗談も通じなくなっていた堅物が、その重荷を捨てて一気に春爛漫になったような。
そんな状態が外では起きていた感じかな?
もっとも、堅物だというイメージを隠れ蓑にしていただけかもだけどw

606 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 16:31:00 ID:0SgpZxTS0
>>562
いや別にいらないよ。そういうものは。
あてものをするには必要だろうけど。

607 :ソリッド:2005/12/16(金) 16:31:05 ID:w2qILidg0
>>604 ああ、なんかわかります。俺じゃなく母がそういう感じです。
たぶん俺のかわりに母が動いてくれているんだと思います。

それにしても地球とシンクロという話しを見てて、今まで俺は地球のことで何かを
感じたことがなかったので色々勉強になりました。

608 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 16:35:52 ID:FFbkm5uj0
>>607
ちなみに、天の気が変わるときは何となく分かるかな。思いこみかもだけど。
昨日までとかそれまでと全く違う世界にいるような、そんな気分になる感じ。
そういうことじゃない?

609 :ソリッド:2005/12/16(金) 16:37:39 ID:w2qILidg0
>>608 今年の12月、かつてないほど天の気の変化がありました。
ここで誰も話題にしてなかったので今まで黙ってましたが。仕事があるんで
また宜しくお願いします

610 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 16:41:05 ID:FFbkm5uj0
>>606
システムというものをあまり軽くみない方がいいと思うよw
この世界のシステムがこの社会のシステムを構築する基礎的なプラットフォームに
なるんだからw

逆に言えば、この社会のシステムを解けば、世界のシステムが延長線上にあるわけ。
極小から極大へ、極大から極小へ。一貫したプログラムで動いてるんだよここは。
それがこの世界の理と法なんだよ。

まあ、君に言ってるわけじゃないからw君はスルーしてくれw

611 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 16:44:28 ID:FFbkm5uj0
>>609
過去から未来へ、未来から過去へと流れる時間の軸と、同時並行して存在してる全体を
横軸としたラインが、明確に提示されることになったらしいね。

過去に「十字論」というものがちらっと話題になったこともあったけど。
それをさらに押し広げた「宇宙の相」を感じ取る人も多く出てこよう。

そんな感触w

612 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 16:44:51 ID:uwWgfNcv0
極小から極大へ、極大から極小へ。一貫したプログラムで動いてる。
だからこそシンクロという現象が起こるということも言えるでしょう。
極小から極大へ、極大から極小へつながるエネルギーの流れ(氣流)を体で感じる
と言うことが出来たとき地球と一体となります。

613 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 16:47:19 ID:0SgpZxTS0
>>610
システムというものを軽く見てるんじゃないよ。
人間がやる学問の一部なんて、所詮一部でしか無いし、
システムにばかり依拠して考えている限りは、システムの全容は決してわからないよ。
だから、いらないよ、と言ったのだけど、君には意味わからないでしょw?
考えている様で考えてないからさ。

こういう話し方ばかりする君にはこういう返し方で十分だよねw

614 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 16:47:47 ID:FFbkm5uj0
>>612
>だからこそシンクロという現象が起こるということも言えるでしょう。
それについては全く同意。

>極小から極大へ、極大から極小へつながるエネルギーの流れ(氣流)を体で感じる
>と言うことが出来たとき地球と一体となります。
これについては、私の言葉で言うなら>>611になりますね。

615 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 16:48:35 ID:uwWgfNcv0
古流武術家や伝統舞踊家が氣の流れに敏感になるのもその為と言えるでしょう。

616 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 16:50:11 ID:FFbkm5uj0
>>613
私が何故「方便」という考え方を採用してるのか、意味が分かる?w

617 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 16:50:58 ID:uwWgfNcv0
伝統舞踊や古流武道の単演武などは正に宇宙の相を表した動きですからね。

618 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 16:53:34 ID:uwWgfNcv0
自分の理解できないものに対してしばしば人は反発する。
何故なら怖いからです。
でもいずれ解ります。

619 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 16:54:02 ID:FFbkm5uj0
>>617
円を描く動きが、時に右回り時に左回りを交互に繰り返したり。
大きな右回りの中で時折小さな左回りをしてたり。逆もあったり。

あれは結構面白かったりするね。

620 :ステハン・レコ:2005/12/16(金) 16:57:17 ID:FFbkm5uj0
さて、やることやるか。

621 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 16:57:37 ID:uwWgfNcv0
実を言うと無手格闘術のルーツはヨガが源流だったりします。
誰が考えたと言うわけでもなくただ感じたままにやったものです。


622 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 16:58:58 ID:0SgpZxTS0
>>616
構造の同一性がどうのこうのなんてそんなものはいうまでも無い事だよ。
バカでもわかるよ、これだけ繰り返していたらね。
でも、もっともっと大事な事があるんだけど、君にそれがわかってないのは、
君の挙動から読み取れる訳。
で、いらないよ、っていった意味わかる?わからないでしょ?
君はそれをわからないと思うし、言っても理解しないと思うから言わない。
正確に言うと理解する事を君は自ら拒むでしょう。
だってそれを理解したら、君は今の君じゃなくなるけど、君はそれを望んでいないからね。
君の態度がその事を示しているよ。それが何かわかるでしょうか?
後は自分で考えてください。ただ、自信を持つのも良し悪しだね。

623 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 19:49:58 ID:iUgyjDYR0
>>609
それは12月1日からですか?
もっと言うと、11月30日深夜から。

624 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 20:12:51 ID:K4L4pYXx0
今、地球が生まれ変わろうとしてるんだろう

625 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 20:22:12 ID:uwWgfNcv0
地球は霊肉一致を選んだんだよ

626 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 20:29:45 ID:K4L4pYXx0
>>625
詳しく

627 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 20:31:47 ID:uwWgfNcv0
何故エネルギーの流れ(波動の形)は円運動が元になり起こるのか。
それは陰と陽それから中心が有るからです。
そして陰の中にも小さい陰と陽と中心があり、
陽の中にも小さい陰と陽と中心があります。
霊肉一致を成立させるためには地球上の陰と陽を明確にする必要が有る。
そして中心・・つまり完全中立が必要なのです。

628 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 20:37:49 ID:uwWgfNcv0
地球は今までどうしたら楽になれるか色々思考錯誤してきた。
精神的エネルギーにそそのかされ精神的エネルギー優位の時代もあった。
物質的エネルギーにそそのかされ物質的エネルギー優位の時代もあった。
だけど悟った。バランスが大切なのだと。
苦しみを取る方法は偏らないことだと悟った。
そこで地球は霊肉一致を選んだ。

629 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 20:41:03 ID:uwWgfNcv0
地球地震がバランスが大切だと気が付いたとき、地球の自然治癒能力が上がった。
そしてその地球の意思とシンクロしたものは否応無く霊肉一致の道を歩むことになる。

630 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 20:42:12 ID:uwWgfNcv0
x地球地震
o地球自身

631 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 21:01:56 ID:uwWgfNcv0
    自然崇拝  人工崇拝
        
       ユダヤ教
  ↓           ↓
キリスト教       イスラム教
  ↓           ↓
自然崇拝破壊      人工崇拝破壊
      
     

632 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 21:05:15 ID:pVY2yP/lO
地球…
シンクロニシティ。
天界ともしてはいないかな。

太陽、月、星…


地球さんが愛花の話を聞いてくれるって。

何を聞くべきかな…。

633 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 21:06:55 ID:uwWgfNcv0
   ヨガ
    ↓
仏教 武術 舞踊
    ↓
  自然物理的哲学 

634 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 21:11:15 ID:uwWgfNcv0
愛花さんは何をしたいんですか?

635 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 21:12:45 ID:pVY2yP/lO
霊肉一致を望んでいて嬉しそうにしていた、そのように感じた。


地球さんは男だと思う?女だと思う?

636 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 21:14:04 ID:uwWgfNcv0
右手    左手
 ↓     ↓
物質的思考  精神的思考

637 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 21:14:54 ID:pVY2yP/lO
>>634
地球さんだと思う方に質問しようにも、何を聞くべきかイマイチそれすらわからない自分がいたから、それだけ。

638 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 21:15:39 ID:uwWgfNcv0
>>635
多分両性かな

639 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 21:17:56 ID:uwWgfNcv0
痛みが減ってくればそりゃあ嬉しいだろうね。

640 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 21:18:15 ID:pVY2yP/lO
>>634
したいことがあるのに、
その、「始め」の部分がない!とアトムと地球さんに言われたとこ。
始めを分かっておかないといけないらしい、例えば、「何のため?」と尋ねられたが愛花は答えられない。そこのところを今指摘されたとこ。

641 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 21:21:04 ID:uwWgfNcv0
愛花さんは何を望んでいるかにも関係有るかもね。

642 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 21:23:38 ID:pVY2yP/lO
さっき怒られた。

643 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 21:30:44 ID:pVY2yP/lO
>>641
何を望んでいるのかは肝心だなあ。
洗い直すよ、マジで。少し時間がかかるだろうけど。

644 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 21:34:30 ID:pVY2yP/lO
洗濯洗濯っ。…愛花は今からしばらく汚れを落とす時間ですよ。


645 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 21:34:47 ID:HSAC7N6c0
                      ∴∴∴∴ 
                    ∴∴∴∴∴∴
       | ̄P━━━━━━∴∴∴∴∴∴∴∴
        /  \
      | ̄ ̄ ̄|
      | エア   |
      | ダスター|
      |   . |
      |   . |
      |___|


646 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 21:41:20 ID:pVY2yP/lO
望みの始め?


誰か優しい人愛花の宿題手伝って下さい。

望みの始めってなんでしょうか。〜のため?

647 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 21:44:39 ID:pVY2yP/lO
頑張るぞおー!



648 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 21:46:45 ID:Hraf11urO


649 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 23:31:34 ID:uwWgfNcv0
>>646
何かを望むと言うのは望むためのきっかけ(原因や理由)が必要ですよね。
〜〜〜だから私は〜〜〜を望むっていう。

例えば私は
地球の痛みがわかる だから私は 地球の痛みを取り除くこと を望む。

650 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 23:48:49 ID:uwWgfNcv0
小さきものが秩序(バランス)を整える事(整体する事)によってそれは大きなものに伝わる。
すると大きなものの秩序が整う。すると更に大きなものに伝わる。
とてつもなく大きなものが秩序(バランス)を整える事(整体する事)によってそれは大きなものに伝わる。
すると大きなものの秩序が整う。すると小さなものに伝わる。
これはそのまま波動に置き換わる。
精神状態を落ち着かせると呼吸が整う。
呼吸を整えると精神状態が落ち着く。
色即是空
空即是色


651 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 23:49:03 ID:K4L4pYXx0
地球も人間も今進化する時期にさしかかってる

俺はできるかぎり阿鼻叫喚とした人の姿はみたくはないが
これはプロセスとしてやむをえないのかもしれん

地球を影で支えている彼らはその準備を終えた

もうじき僕らは変わる
地球と共に

652 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 23:50:33 ID:uwWgfNcv0
>>651
ほんとあと少しだと思うよ。
痛みはだんだん薄れてきているから。

653 :ソリッド:2005/12/16(金) 23:56:11 ID:w2qILidg0
>>652 HN入れてみませんかw
実はどうしても分からないことがあったのですが、それについてつじつまを合わせてみたのですが
あくまで可能性ですが、俺とあなたは別の者でありながら考え方そのものは似ていた
もしかしたら別のものでありながら同じ目的のために力を合わせようとしているのかもと

654 :本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 23:58:02 ID:uwWgfNcv0
>>653
いいですよ。
でも条件として
貴方が私の名前を想像してください。
貴方が感じた私はどんな音ですか?

655 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 00:03:09 ID:K4L4pYXx0
痛みが完全にひいた時がXデーかな

個人的に今日の日本を通る大寒波が過ぎ去った後だと思うんだが
どうかなぁ


656 :ソリッド:2005/12/17(土) 00:03:38 ID:WCuQXrUi0
俺は何も感じませんよ、んー色で入ったら青かなー?w

657 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 00:03:56 ID:o6KAkn470
>>655
なかなか鋭いですね

658 :阿乎:2005/12/17(土) 00:06:02 ID:uwWgfNcv0
>>656
これでどうですか?

659 :ソリッド:2005/12/17(土) 00:07:56 ID:oQg7T/920
>>658 名無しだとわかりにくかったので何でもいいですよw

660 :阿乎:2005/12/17(土) 00:08:57 ID:VWPgVchX0
でも名無しで書いてもどうせばれますよねw

661 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 00:09:00 ID:xStkpM/q0
「あこ」さんとお読みするんでしょうか?

662 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 00:10:16 ID:VWPgVchX0
>>661
ごめんなさい。これでいいですか?

663 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 00:13:20 ID:VWPgVchX0
あれ?今日はなんだかおかしいですね。
私のIDが3回変わりました。

664 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 00:14:31 ID:VWPgVchX0
ID:o6KAkn470も私なんですよ・・・こんなの初めて。

665 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 00:16:13 ID:xStkpM/q0
>>662
あおさんでしたか、すみません<(_ _)>

666 :ソリッド:2005/12/17(土) 00:17:15 ID:oQg7T/920
あと思ったのは俺が右なら○○は左、という表現ではなく
タイプの違う力をもってるということなのかもしれないと思った

667 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 00:20:24 ID:VWPgVchX0
>>666
とにかく私にとって敵対する対象は何も無いです。
全てが大きな流れの一部でしかないという認識です。
だから何も憎まない。
いや・・・憎むべきものはこの痛み。
でも憎んだら先に進まないから憎まないようにこの痛みを受け入れるようにしてます。

668 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 00:22:29 ID:VWPgVchX0
厳密に言うと敵対はともに砕け散る道です。
ですがお互いの欠片が少しでも残っていれば修復可能なのです。

669 :ソリッド:2005/12/17(土) 00:25:48 ID:oQg7T/920
もちろん俺自身争うつもりは無いんですが、今まで見て来たという連中が
どうしても俺と争いたいみたいな連中だったので、やむを得ず追い返したという事があって
それでここでも正直あなたもそういう人の1人かと思って色々確認してたのです
どうも俺の誤解の可能性があるんでそれについてはあやまります

670 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 00:27:39 ID:VWPgVchX0
>>669
実は誤解していて疑っているから探っていると言うことは初めから解っていました。
でもどう感じるかは各々に任してますから。

671 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 00:29:08 ID:VWPgVchX0
痛みを消し去るためには精神レベルでも敵対する方々を受け入れる必要があるのです。

672 :ソリッド:2005/12/17(土) 00:30:03 ID:oQg7T/920
あと俺は魔王じゃありませんのでよろしくw

673 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 00:32:52 ID:IjCz9RCo0
みなそれぞれの波動を持ち合せてるから
お互いを認めることも大事なんじゃないかな

もっとも、誹謗中傷するような人間は波動が荒いんだろうけどね・・

674 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 00:34:07 ID:VWPgVchX0
>>672
誰が何であろうと私には大して問題じゃないです。
だれも邪魔できるものは無いしね。
ただよそから見て私がどう映るかとか、相手はどういうものなのかって言うのは
興味レベルで気になりますがw

675 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 00:39:52 ID:VWPgVchX0
それとソリッドさんが魔王だとは全然思わないですね。

何度か書いていますが人間は己が理解できないものに遭遇したときに恐怖心が起こるんですよ。
だから魔王だと思ったと思います。

私は霊界と現界を繋ぐものだといわれました。



676 :ソリッド:2005/12/17(土) 00:46:47 ID:oQg7T/920
俺が魔王って言われてた本当の理由は、俺を魔王に仕立て上げたい奴がいたから、です
最初はあまりに別ルートで接触して来た連中全部がそういうこと言ったので
本気で魔王なのかと悩んだこともありましたがw

677 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 00:49:23 ID:VWPgVchX0
悩ませるのが目的だったんだろうね。
そうすることで時間稼ぎできるからじゃないですか?

678 :ソリッド:2005/12/17(土) 00:56:06 ID:oQg7T/920
まあ、理由については自分で気づいたことがあったので追い返すことが出来たんです

あと俺が争うつもりじゃなくても相手が争いに来る以上俺も対立するじゃないですか、
あなたのスタンスは中立ですよね?だからもしかしたら
右と左以外に中立の中があるのかもしれないと思ったのです

679 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 01:00:27 ID:VWPgVchX0
>>678
エネルギーの発生には中心軸が必要ですからね。


680 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 01:03:20 ID:VWPgVchX0
中心軸を無視した動きは破滅を生みます。
今までの歴史はその繰り返しな訳です。
で・・・その失敗を繰り返してきた中でやっと悟ることが出来たといっていいでしょう。

子供は失敗を繰り返して成長していくのです。

681 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 01:05:17 ID:VWPgVchX0
一方的な押し付けで得た勝利は、幾ばくかの平安の後崩壊するのです。

682 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 01:07:27 ID:VWPgVchX0
一方的な大人の押し付けで大人の思い通りに育った子供は、大人になったとき
社会に牙を向くのです。

683 :ソリッド:2005/12/17(土) 01:07:31 ID:oQg7T/920
ということは、俺は今まで右と左しか知らなかったんですが
中をあわせて3つでバランスをとるということかな

684 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 01:09:08 ID:VWPgVchX0
>>683
いずれみんなそれを体感できるようになるでしょう。

685 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 01:10:33 ID:VWPgVchX0
内と外ととどめ(中心点)

686 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 01:18:45 ID:IjCz9RCo0
バラバラになったヒトの心が中心に回帰するってことだね


687 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 01:20:49 ID:VWPgVchX0
>>686
そうです。
元通りにね。

688 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 01:25:54 ID:IjCz9RCo0
いよいよこれから日本で始まるんだなぁ
みんな帰ってくるんだ

ワクワクするね

689 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 01:27:07 ID:VWPgVchX0
中心を備えた動きは周りのものからどんどんエネルギーを取り込めます。
無限の力を秘めている。
右回転と左回転は∞の形となり繋がります。
右も左も必要なのです。
右の回転をきれいに回せば左の回転が起こります。
朝が来れば夜が来ます。
右と左が協力するためには中心点が必要なのです。

690 :ソリッド:2005/12/17(土) 01:30:26 ID:oQg7T/920
そう!その形
俺が右と左という表現したのはその形ですよ。そうか中心があるか

691 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 01:31:51 ID:VWPgVchX0
>>690
それを伝えるのも私の宿命ですから。

692 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 01:35:04 ID:VWPgVchX0
我々は何故この星で生きているのか。
それは光と闇のバランスがいいからです。
光だけでは生きていけません。
闇だけでは生きていけません。

693 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 01:39:14 ID:VWPgVchX0
男だけでは生きていけません。
女だけでは生きていけません。

694 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 01:40:23 ID:IjCz9RCo0
中「心」だもんね

中心にこそ答えがある
全てのね

695 :ソリッド:2005/12/17(土) 01:44:04 ID:oQg7T/920
>>693 左嫌いの俺は女嫌いでもあるから耳が痛いなw

696 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 01:47:28 ID:VWPgVchX0
中心を捕らえ中心を意識することが大切です。
その時一瞬だけ欲は捨て去ることです。
ただ一瞬でも欲を捨て去ることさえ出来ればいいのです。
欲は必要です。
ですが欲に支配されるまで欲を大切にしてはならない。
欲は生命力を表す。
自分の体に見合った生命力を選ぶ必要がある。
そうしないと破裂する。

697 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 01:52:23 ID:IjCz9RCo0
これがわかれば
僕ら日本人が何をすべきか自ずとわかるんだけどなぁ

698 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 01:56:41 ID:VWPgVchX0
お金は必要です。
ですがお金に支配されるまでお金を大切にしてはならない。
お金は生活力を表す。
自分の生活に見合った生活力を選ぶ必要がある。
そうしないと破滅する。


699 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 02:00:53 ID:VWPgVchX0
誰もが中心になりえます。
一人一人が星を生み出せる宇宙となりえます。
氣が付けばですが。

700 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 02:06:25 ID:VWPgVchX0
右は何故存在できるのか?
それは左が存在するからです。
左は何故存在できるのか?
それは右が存在するからです。

では何故左右があるのか?
では何故右左があるのか?
それは中心が有るからです。

701 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 02:06:39 ID:S8IDiWo80
700get

702 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 02:13:06 ID:VWPgVchX0
男は何故存在できるのか?
それは女が存在するからです。
女は何故存在できるのか?
それは男が存在するからです。

では何故女男があるのか?
では何故男女があるのか?
それは両性が在るからです。


703 :ソリッド:2005/12/17(土) 09:41:50 ID:oQg7T/920
あと隠しておくのが心苦しいので話しますが
時空の歪み、体のゆれ、体の痛み、本当の名前、などについてわかっている事もあります
俺があやまったのはあくまで探っていた事について、です
誤解である可能性の変化は5〜10%程度のことです。ただ対立する気はないので
今まで通りよろしく

704 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 11:42:40 ID:VWPgVchX0
ソリッドさん。もしかして天の氣の変化は7日からじゃないですか?
7日に凄い好転反応を感じたので。
後解っているつもりでも解ってなかったと言うことは良くありますよ。
色眼鏡で見ないほうがいいと思います。
たとえ姿形は違っても、もし同じ目的を感じたならそこに拘る必要は無いと思います。



705 :愛花:2005/12/17(土) 11:45:11 ID:jSBatXcgO
「エバ…エバ…」としきりに呼ぶ声が聞こえるけど、今のところは否定している。
名前なのか?と、うすうすは思ってる。

706 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 11:46:54 ID:jSBatXcgO
だって考えもせずに従うのはどうかと思うし、
「エバ」はやばいだろぅみたいな。
それとも誰もに通用する呼び名なのか、まだ分からない。

707 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 11:47:33 ID:VWPgVchX0
私は感じます。
今まで地球の力を利用する目的で封印してきた人や団体へ封印返し(呪い返し)
が行く可能性があります。
これは地球が仕返しをするという意味ではありません。
因果応報の原理です。
もしその筋の方がこの文章を読んでいらっしゃったら速やかに封印を解除してください。


708 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 11:50:36 ID:VWPgVchX0
何故野生の動物は自然災害を回避できるのか?
人間は今一度考える必要が有るでしょう。

709 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 11:53:11 ID:VWPgVchX0
>>705
貴方の名前は貴方自身から出てくるものです。
貴方の波動を空氣(吸氣)とシンクロさせて音に変えれば(吐氣)貴方の名前です。


710 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 11:54:24 ID:VWPgVchX0
名前とは自分自身の力を現す言霊です

711 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 11:57:47 ID:jSBatXcgO
方法はたくさんあるわん。

712 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 12:17:14 ID:jSBatXcgO
青ちゃんは女?
青ちゃんの名前みたいのは発音しにくい?
母音だけ?

713 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 12:31:00 ID:jSBatXcgO
いや、いいんです。
母音て不思議だから。

714 :菩名衛門 ◆9Mrit31e6I :2005/12/17(土) 12:35:08 ID:YesWuP/t0
体の揺れを何度か体験したのであるが、
何なのか判る人教えてくだされ。

715 :ソリッド:2005/12/17(土) 12:43:09 ID:oQg7T/920
>>704 色んな可能性がある中で、あなたの話しを今まで見て来て、
その可能性を埋めたということです。あくまで可能性です
あと天の反応については7日ではないです。俺の場合感じたというよりは
前から知っていたというほうがあってるかも。それをその日に確認したというか

716 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 12:43:37 ID:jSBatXcgO
>>710
ラファエルって名前はどう思うかな。
ちなみに(記憶みたいなものによると)、
天使にはラファエル、父にはラファと呼ばれたの。


>>714
時空が揺れてるとか歪んでいるとかそんな感じであり、体もともに揺れる感じかな。
完全じゃない球体が完全になろうとしているようでもあり、
隙間が埋まって行く感じでもあり、
揺れるごとに高みに行っている感じもするよ。
まだうまく言えないなあ。

717 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 12:44:43 ID:VWPgVchX0
>>714
私も過去に3回ほど
>>712
母音は2つだけかも
恐らくだけど区切りごとに先頭に母音が来ると思います。


718 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 12:45:09 ID:jSBatXcgO
>>715
世界や体験を自分で選べるからさ。

719 :愛花:2005/12/17(土) 12:46:52 ID:jSBatXcgO
揺れなら毎日です。デジャブも常です。

私が何かを考えるごとに「二回目…」と声が聞こえます。

720 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 12:49:17 ID:VWPgVchX0
みんなそれぞれで調整しているから調整しているパーツが違うって事だろうね。

721 :菩名衛門 ◆9Mrit31e6I :2005/12/17(土) 12:50:29 ID:YesWuP/t0
>>716
頭上10cmくらいの所から
何かの力で強く揺すられた感じがしたこともあった。
このスレッドを読んでる時に。

不思議体験だよ、ほんとに。

722 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 12:50:46 ID:VWPgVchX0
>>719
貴方の本当の名前は貴方自身で思い出す必要があります。
もし本当に知りたいのならだけど。

723 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 12:51:55 ID:jSBatXcgO
>>717ながーい名前?
聞いてばかりでごめん。

それから、揺れは毎日になりますよ。私がそうだし。

いや、エネルギーに乗って私も動いているわけだけど、
エネルギーが止まるような時があるんです。
つまり、次の流れは流れを自分で推し進めるように作るんです。そしたら揺れたりします。無意識にもやっているかもだけど、意識するとなんか良いことあると思います。

724 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 12:52:30 ID:VWPgVchX0
>>714
間違えました。体のゆれなら割りと頻繁です。
3回と言うのは部屋全体の大規模なものです。

725 :菩名衛門 ◆9Mrit31e6I :2005/12/17(土) 12:52:50 ID:YesWuP/t0
IDがyesだあっ!
イエス、イエス様なのかい!?
わしの体を揺らすのは。

726 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 12:54:21 ID:VWPgVchX0
>>723
それは整体用語でぜんどう運動とも言います。
勘と関係が有る。

727 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 12:55:03 ID:jSBatXcgO


728 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 12:57:06 ID:VWPgVchX0
>>723
長い名前です。

それから私も他のものから呼ばれた名前は西洋名で4文字と短い。
だけどこの名前には力が無い。

和名には強大なパワーが現れます。


729 :菩名衛門 ◆9Mrit31e6I :2005/12/17(土) 12:57:29 ID:YesWuP/t0
>>724
部屋全体ってのは無いなあ。
で、揺れの意味は判りますか?
時空の揺れに体が反応してるってことかな。

730 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 12:58:52 ID:VWPgVchX0
>>729
恐らくですが封印された力が解除されると言うことでしょう。

731 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 13:01:09 ID:jSBatXcgO
つまりこうです。
自分の意思が体を右に動かそうとしているのに、
地球?のエネルギーが私の体を左に動かそうとしてくるときに、
自分の自由意思を優先して右に行けば、
揺れたりします。

732 :菩名衛門 ◆9Mrit31e6I :2005/12/17(土) 13:01:16 ID:YesWuP/t0
>>730
封印・・・??


733 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 13:02:22 ID:VWPgVchX0
エネルギーとの呼応
    ↓
エネルギーと肉体のシンクロ
    ↓
空間との共振=ぜんどう運動
    ↓
霊肉一致へ動く=苦痛の除去=整体=封印解除

734 :菩名衛門 ◆9Mrit31e6I :2005/12/17(土) 13:04:15 ID:YesWuP/t0
>>731
地球?や時空のエネルギーが何かしら体に影響を与えていて
それに反応すると揺れるという理解でいいかな。

735 :愛花:2005/12/17(土) 13:04:52 ID:jSBatXcgO
空を飛ぶ日も近いな…

736 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 13:05:17 ID:DqS7gcf00
>>725
あんたすげえな(笑) 誰に何を肯定されたんだw
なにはともあれYesゲトオメ。

737 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 13:05:38 ID:IjCz9RCo0
地殻変動と同じようなもんかな?

738 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 13:05:47 ID:VWPgVchX0
人間はその能力のほとんどを封印されています。
その為様々な苦痛を受け取ります。
ですがその苦痛を受けることにより本来の能力を扱えるための器を作り出します。
その器を作り出せたとき封印が解かれます。

739 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 13:06:47 ID:jSBatXcgO
自分に世界が反応しているということだと思います。

740 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 13:07:16 ID:VWPgVchX0
>>737
地球とシンクロ出来る能力者であれば答えはyesです

741 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 13:08:31 ID:VWPgVchX0
では何故人間の本来の能力が封印されたのか?

742 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 13:10:11 ID:fQrNRPYx0
>>735
http://ww5.et.tiki.ne.jp/~sukeroku/gallery-jiten-menu.html

743 :菩名衛門 ◆9Mrit31e6I :2005/12/17(土) 13:10:35 ID:YesWuP/t0
霊肉一致、封印解除とはつまり
ひふみ神示の言う半霊半物質の肉体になるってことですか?

744 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 13:11:44 ID:IjCz9RCo0
>>741
ルシファーに封印されたんだっけか

745 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 13:13:11 ID:jSBatXcgO
「人間は空を飛べない」と言う名のエネルギーをマスターしたら飛べそうだ。

746 :菩名衛門 ◆9Mrit31e6I :2005/12/17(土) 13:13:53 ID:YesWuP/t0
器・・・??

747 :菩名衛門 ◆9Mrit31e6I :2005/12/17(土) 13:15:36 ID:YesWuP/t0
>>741
うん、教えて。

748 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 13:18:09 ID:jSBatXcgO
>>741
封印と言うものはあなたもするのではないかな。自分の後に続く者に。どうかな。

それに、行というのがある。

749 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 13:20:39 ID:VWPgVchX0
まず初めにエネルギーの発散ために星を作る。
その星は生き物の役に立てたいと言う純粋な動機で設計される。
だがその内動機は設計者の欲望を満たしたい動機に変わる。
すると大量生産を考える。
欲望が満たされる。
もっと満たされたいからコストを削減する。
ちょっとぐらい誤魔化してもばれない(もし被害があっても設計者には関係ない)
と思い始める。
そしてそういう粗悪な大量生産が増える。
そのうちぼろがでて初めより状態が悪化する。
そこで初めて目が覚め原点に返る。
そうか!わたしは当初の動機を忘れていた・・と。
すると完璧な星を作ることに追求しだす。
全体のクヲリティーがあがる。




750 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 13:20:40 ID:jSBatXcgO
>>743
揺れている時、
体がスムーズじゃない。
そこをマスターするように、スムーズに自分の体を操縦するように練習するごとに、
霊肉は少しずつ一致してくると思います。

751 : ◆X.gfmXXFBI :2005/12/17(土) 13:22:39 ID:yvfvjAvb0
身体が振動するのはしょっちゅうだな。
高速回転した事もあるよ。
寝てる時、心臓だか身体だかがバクバク言いだしてビックラこいて起きる事もしょっちゅうある、これは子供の頃から。
疲れてるんかなぁと思って救心飲んでみた事もあったっけ。
でも最近、心臓に手を当てたら普通にドックンドックンって動いてんの。

まあそれだけなんだけど、結構似たような人いるんだな。

752 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 13:23:26 ID:VWPgVchX0
>>748
育てるための封印と私欲を肥やすための封印があります。

753 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 13:25:08 ID:yvfvjAvb0
クソ、俺のIDはィヴフヴジャブボか。
なんだかわからん。

754 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 13:30:46 ID:VWPgVchX0
まず初めに性的エネルギーの発散ために子供を作ります。
その子供は仲間を増やし仲間の助けにしたいと言う純粋な動機で作られます。
だがその内動機は親の性的欲望を満たしたい動機に変わる。
すると大量生産(性的モラルの低下)を考える。
欲望が満たされる。
もっと満たされたいから当たりかまわず性交渉する。
ちょっとぐらい性病を隠してもばれない(もし被害があっても自分には関係ない)
と思い始める。
そしてそういう粗悪な大量生産が増える。
そのうちぼろがでて初めより状態が悪化する。
そこで初めて目が覚め原点に返る。
そうか!わたしは当初の動機を忘れていた・・と。
すると完璧な人間を作ることに完璧な子作り追求しだす。
全体のクヲリティーがあがる。







755 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 13:30:58 ID:jSBatXcgO
>>752
このスレに気付きを書こうとしたら、手が動かなくなるときがよくある。
そこを推し進める、何度も何度もマスターするまで。
私欲を肥やしたかろうがいいなりにならないでいようとするのは自分で、そうできるだけの力は十分にあると思います。
コントロールされないでいるのも自分、自分にかかってると思います。
それに、抑えられることにより自分の弱点も分かるというもの。
ゲームを楽しむように経験値をあげていけば封印をとく力がつくと思います。

756 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 13:34:46 ID:VWPgVchX0
>>755
そういうこと。
封印を解くことが出来る宿命を感じればどんな封印だってそれは結果的に
いい影響を及ぼす。
封印される以前よりより大きい力を得られる。

757 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 13:36:54 ID:VWPgVchX0
人間本来の能力が封印されたのは人間を守るための愛です。
過去の失敗を繰り返さないための愛です。
完璧な世界へと導くエネルギーです。

758 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 13:39:24 ID:jSBatXcgO
時空が揺れようが、揺らされるだけではいけない。
揺れようが、まっすぐ立っているように練習。

759 :菩名衛門 ◆9Mrit31e6I :2005/12/17(土) 13:39:28 ID:YesWuP/t0
それで封印解除の時節到来ってわけかのう。

760 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 13:39:55 ID:VWPgVchX0
失敗の原因は何か?
それは膨大なエネルギーを扱うためのプログラムが未熟だったからです。
体は出来ているしいつでも使える用意はある。
だけどプログラムが未熟なので心と体が暴走し崩壊しました。

761 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 13:41:06 ID:VWPgVchX0
>>758
それがつまりバランスを取ることにつながります。
整体です。

762 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 13:42:19 ID:IjCz9RCo0
>>757
古代文明が何度も滅んだのは
まだ種として未熟だったからなのかな

俺たちはその霊的進化の最終段階ってわけだが。



763 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 13:44:03 ID:VWPgVchX0
心(プログラム)と体(容器)が一致してないものに強大なエネルギー(電気)を注げば心と
体ごと破壊されます。

764 :ソリッド:2005/12/17(土) 13:45:04 ID:oQg7T/920
正直ここまでしゃべるとは思ってませんでしたw

一つ質問です。ある男にかかっている封印をがんじがらめにするその目的は
何が考えられますかね

765 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 13:45:22 ID:VWPgVchX0
>>762
過去の失敗があってこその今が有るわけです。

766 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 13:47:07 ID:VWPgVchX0
>>764
恐怖じゃないでしょうか?
それも一種の欲のための封印です。


767 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 13:47:23 ID:IjCz9RCo0
>>765
失敗は成功の元だもんね

768 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 13:49:45 ID:VWPgVchX0
>>764
私がここでこうしてしゃべっていることはほとんど自動的に出てきます。
考えて書いたものではなく感覚で書いています。
だから今伝えることに何か意味が有るのでしょう。

769 :ソリッド:2005/12/17(土) 13:49:59 ID:oQg7T/920
>>766 世界中の霊能者を使ってまで封印しようとする恐怖とは何だろう

770 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 13:51:56 ID:VWPgVchX0
>>769
自分たちの生きてきた世界が壊れることへの恐怖じゃないでしょうか?

771 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 13:52:19 ID:jSBatXcgO
>>762
情報を世界に発信できる時代になりましたね。

>>764
あなたのこと?

私は、「永遠の命」と「完全な健康」の封印から時にはがんじからめになりますが、
がんじからめと言えるくらいだとすると、「人類全体」にかかることかもしれないなあ。

772 :菩名衛門 ◆9Mrit31e6I :2005/12/17(土) 13:54:32 ID:YesWuP/t0
2種類の封印。

育てるため=愛
私欲を肥やすため=恐怖

後者の正体は誰ですか?


773 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 13:57:08 ID:VWPgVchX0
>>772
>>749>>754を参考にしてください。
元は同じものですが役割として分散しました。

774 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 13:57:45 ID:IjCz9RCo0
愛と感謝の気持ちを忘れずに

775 :愛花:2005/12/17(土) 13:58:43 ID:jSBatXcgO
恐怖とはまだ起こってないことかな。
良く見たら安心かもしれません。

776 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 14:01:11 ID:VWPgVchX0
初めのもの=混沌として無秩序では有るが膨大なエネルギー
次のもの=純粋無垢なエネルギー(愛)
汚されたもの=私欲にまみれたエネルギー(力)
最後のもの=完全なるエネルギー(力愛不二)

777 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 14:03:26 ID:VWPgVchX0
原始文明
  ↓
精神文明
  ↓
物質文明
  ↓
半霊半物質文明

778 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 14:04:39 ID:50/rY13z0
>>705 愛花
エバってエヴィータの愛称じゃないの?

779 :菩名衛門 ◆9Mrit31e6I :2005/12/17(土) 14:05:28 ID:YesWuP/t0
星を作るなんてでかいことができるのは神様。
純粋な動機を忘れてしまった神様達が、
自分達の世界の崩壊を恐れてるというわけだね。

・・・と単純なわしは思ってしまったぞ。

780 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 14:05:55 ID:IjCz9RCo0
リラ文明→ムー文明→アトランティス文明→現代文明→愛と調和に満ちた真実の文明

781 :ソリッド:2005/12/17(土) 14:08:26 ID:oQg7T/920
青さん、もしかして俺のことで何か気づいてることあるんじゃないですか
俺はここで遠まわしな言い方、隠していること、ウソも書いている

782 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 14:08:26 ID:VWPgVchX0
>>779
この流れは事実です。
私は誰かに言われたわけでもなく再体験しているからそれがわかる。

783 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 14:08:37 ID:jSBatXcgO
>>778
マリア・エヴァ・ドゥアルテ、エビータの本名です。

784 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 14:09:42 ID:VWPgVchX0
>>781
あはは・・・ノーコメントです。
私は誰にも干渉しない。

785 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 14:12:29 ID:50/rY13z0
>>783
サンクスコ。
じゃあ愛花が前世でエビータとして生きていた頃の事と関連があることで、
何かが今現在必要だとかそういうメッセージかな。
エビータの過去世のことはよく憶えているみたいじゃん。

786 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 14:15:33 ID:VWPgVchX0
初めのもの=神
次のもの=天使
汚されたもの=悪魔
最後のもの=三位一体

787 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 14:17:09 ID:jSBatXcgO
前世から続く物語があるのかもね。

788 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 14:19:57 ID:IjCz9RCo0
覚醒後はエーテル能力を自由自在に使用できるようになるかもね

まぁ覚醒できたらの話だけど

789 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 14:24:22 ID:VWPgVchX0
人間は神(宇宙)の分霊(小さな宇宙)でもありますから、人間の中にも又
小さな天使(愛)と小さな悪魔(力)と小さな神(潜在エネルギー=コスモ)
があります。
貴方の中の力のバランスを整える必要が有るのです。
どこにも傾かないバランスが必要です。


790 :菩名衛門 ◆9Mrit31e6I :2005/12/17(土) 14:25:50 ID:YesWuP/t0
わしは欲深いからきっとずいぶんと汚れてしまっておるようだぞ。
というわけでわしは悪魔かもしれんのう。
最後のものとなるように浄化すればいいのだな。
すなわちアセンション。イエス!

791 :ソリッド:2005/12/17(土) 14:28:55 ID:oQg7T/920
>>789 小さな悪魔(力)だとすると、すさまじい力はどうなります

792 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 14:31:49 ID:VWPgVchX0
現状を維持する人々は破滅するでしょう。
流れに乗れず巻き込まれるのです。
それだけに真のエネルギーは強大なのです。
自我に負けてはいけません。
自我を捨て自然と一体になることで流れに乗れるでしょう。
空気、光、音、温度、水、あらゆるものを感じ取ってみてください。

793 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 14:33:07 ID:VWPgVchX0
>>791
そこでの力は欲を満たすための力(自我)のことです。

794 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 14:40:19 ID:IjCz9RCo0
既に現状を破壊するように彼らは行動している
偽装問題もその一つかな?
それでも尚現状に拘るのであれば死んでまたやり直すしかない

795 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 14:43:44 ID:VWPgVchX0
>>794
極大は極小を表しますからねw

796 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 14:46:44 ID:VWPgVchX0
極大で整体する
  ↓
極小にも伝わりそれまでの世界が大きく変わる
  ↓
極小で更に細かく整体する
  ↓
極大に伝わり以前より更に整体された状態へと移行される

797 :菩名衛門 ◆9Mrit31e6I :2005/12/17(土) 14:47:04 ID:YesWuP/t0
悪魔=私欲や自我で大きくバランスを崩してしまった状態の神様。

ということでOK?

役割を自覚した悪魔っているのかな。
多分自覚がないから悪魔悪神なんだろうね。

798 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 14:49:48 ID:VWPgVchX0
>>797
そうです。気が付いてないからです。


799 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 14:54:29 ID:VWPgVchX0
しかしながら悪魔に罪は無いと思います。
彼らがいるから今が有るのだからね。
我々を不安に陥れるような話には乗らないことです。
我々を根拠も無く安心させる言葉を吐くものにも耳を貸さないことです。
真実は自然が導いてくれるでしょう。

800 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 14:58:27 ID:IjCz9RCo0
プロジェクトガイア情報局のブログによれば
最近悪魔ルシファーが大天使ルシフェルとして復帰したとか
イルミナティ自体も悪魔としての役割を終えたっぽい

真偽は定かじゃないけど

801 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 15:01:49 ID:VWPgVchX0
>>800
そういう流れは十分有り得る事でしょうね。
元々みんな同じだし。
最後には一つになりますよ。



802 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 15:03:49 ID:IjCz9RCo0
>>801
んだね
これからカルマ清算の為に
社会の裏側やらなにやら色んな事がもっともっと暴露されるだろうけど
あまり気にしちゃいけないね

これからは流れに沿って生きていこうかな



803 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 15:36:12 ID:T9duXv2AO
泥から蓮。
今まで、もっとも醜いと思われてきた場所にほど、美しい花が咲くよ。
それは、あなたの内にも外にも。
だから、目をそらさずにみつめて。
みつめることは辛いことかもしれないけど、もうどこにも逃げようがないのだから。


804 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 16:11:58 ID:VWPgVchX0
この世界は自分の分身(人間)を創造し、そしてそれにエネルギーを注いだ。
だがしかしそのエネルギーは人間には未だ扱うには早すぎ、結果暴走した。
だから人間を守るために愛で能力を封印した。
封印された人間は好きに動ける(叡智を与えられた)から自分勝手なことばかりして親を困らせた。
だけどその行いの汚点はそのまま全て人間へと返り、初めの状態よりひどくなった。
そこで人間は何故自分が封印されたのかという理由を思い出した。
そこで人間は完璧な存在となるために原点へ帰った。
そして霊肉一致へと向かった。

805 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 16:38:13 ID:T9duXv2AO
相対から相似への移行が必要なのはわかります。カタカムナ研究が相似象学として綿々と続けられてきたわけでもありますし。
肉体と精神の統合の必要性、霊性という第3点がバランスをもたらすことも理解できます。
ただ、現在の私たちは、物質世界に基盤をおいていますから、肉体の浄化が優先課題として浮上してくることと思われます。その過程においてみられる好転反応は、人により醜いものであるかもしれませんが、その道以外に道はありません。
真に自らの解毒に努める者にとっては、もはや、世界に対する不安は存在しません。
その解毒プロセスにおいて、相似象として、宇宙と私がフラクタクルな構造であることに気付くからです。

806 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 16:42:30 ID:VWPgVchX0
>>805
そうですね。
不安は無く沸き起こるものは楽。
これからの世界は楽しい世界となるでしょう。
人間は自分たちで自分たちの住む世界を苦しめてきた。
もう十分苦しんだ。
だからそろそろ苦しみは終わるのです。
悟りの前には究極の苦が有るのです。

807 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 16:46:32 ID:T9duXv2AO
まずは、己れの汚れ(ケカレ・気枯れ)に気付くことです。
ツミというのは積みです。心の働きいかんによらず、日々、埃のように積もるものです。万人に共通にです。


808 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 16:48:38 ID:VWPgVchX0
地球とシンクロできる人々が増えてきたようです。

809 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 16:55:14 ID:50/rY13z0
>>792
自分は破滅する側だなぁ…と感じる。
己の浄化というのも「己の為」が始点ならやらない方がマシだとも思えるし。
人類があらゆる毒をばら撒いてきたことを贖う為に滅びる立ち位置にいるような気がしてしょうがない。

来年の秋までに死ぬな。俺。
祈ってきたことが叶うのなら、死んでもいいんだ。俺は。
ここを読む限りじゃ叶うようだし。

810 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 16:57:47 ID:T9duXv2AO
このツミをソギ(削ぐ)、ミイズ(水)をソソグ(注ぐ)のがミソギ(禊)です。
このように古来からのコトダマの文化を言語のなかにひきついでいるので、雛形としての可能性を内包しているのが、この土地の力です。
しかし、理論ではなく、ミソギの実際の技法自体が封印されているのです。

811 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 17:02:45 ID:VWPgVchX0
>>810
しかしながら自然と一体になればそのうち思い出すでしょう。
なぜなら自然から学んだ方法なのですから。

812 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 17:05:03 ID:VWPgVchX0
>>809
その人その人に見合った未来が用意されています。
自分の行いはすべて自分に返りますから。

813 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 17:07:54 ID:VWPgVchX0
水と一体となり自分のエネルギーの状態を水から感じ取る。
エネルギーの流れを感じ取り(氣流)整える。

814 :阿乎{アオ}:2005/12/17(土) 17:11:35 ID:VWPgVchX0
空氣と一体となり自分のエネルギーの状態を空氣から感じ取る。
エネルギーの流れを感じ取り(氣流)整える。

815 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 17:11:57 ID:T9duXv2AO
封印されてきたもののなかに、それは発見されるでしょう。例えば「死海文書」。
真の安息日としての禊。
求めるものには与えられることでしょう。
自らの欲望を注視し、ケカレに気付く者に幸あれ。

816 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 17:40:17 ID:T9duXv2AO
もう少し書いておきますと、医療リーディングをおこなっていた霊能者、エドガーケイシーの視点などは非常に有益でありますよ。

817 :ステハン・レコ:2005/12/17(土) 17:55:40 ID:kFaICZ4X0
およ、一日で面白いスレになってる。こうまで進むとは思わなかった。

818 :ステハン・レコ:2005/12/17(土) 17:58:14 ID:kFaICZ4X0
>>800
ルシファーがルシフェルとして本来のものになったのは、記憶に間違いがなければ
1995年の出来事だったはず。
ここでも書いたけど、本体が偽物の梯子を外したというのは、そのことを指してる。

819 :ステハン・レコ:2005/12/17(土) 18:04:33 ID:kFaICZ4X0
>>749
ちなみに、細かいところは少し違うけど。
>だがその内動機は設計者の欲望を満たしたい動機に変わる。
ここらへんはルシファーが関与した星が同じルートを辿っててるはず。

以後はそのせいで運行と運営に支障を来し、暴走していったみたいだけどね。

820 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 18:12:11 ID:IjCz9RCo0
>>818
あーそっかそっか

ルシフェルに復帰したのは10年前で、イルミナティが悪魔としての役割を終えたのが
今年ってことかな

ブログ読み違えたかもw
まいいか

821 :ステハン・レコ:2005/12/17(土) 18:21:06 ID:kFaICZ4X0
このスレがここまで来たから、もう隠す必要もないだろうし、敢えて書いてみる。
私はブッディストなんでwこういう言い方をするけど。

「「誰」によって「何故」「そのように振る舞うこと」を定義づけられたのか」

これを再帰的に自覚することは、そのまま「摂受の法」を自覚することに繋がるわけで。
そのために設定されたプログラムでありシステム、とも言えたりするわけだ。

822 :菩名衛門 ◆9Mrit31e6I :2005/12/17(土) 19:28:59 ID:YesWuP/t0
>>782
アオさんは霊肉一致の再体験中なのかのう。
つまり半霊半物質文明からこの地球にやって来た。
記憶も蘇りつつあると。
そんな感じかな。


823 :菩名衛門 ◆9Mrit31e6I :2005/12/17(土) 19:41:51 ID:YesWuP/t0
降誕人はみんなそうなのではないかと思ってみたりもする。Yes。

824 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 19:54:13 ID:a3WaH0uq0
あなたがクリスマスに得られないものすべてについての話をしますか?
それから、あなたができないことすべてや
あなたが行けない場所、あなたが会えない人すべてについて話し合いますか?
もしくは我々はこれらすべてから悩まされないでいようということを
決めましょうか?
代わりにこう結論づけましょう、あなたの障害や限界はあなたの思うままなのです。
あなたはある一つの方向、完璧な道筋にしか進むことはできないということを
それらは明らかにしてくれます。
木星と土星はそれが正しい結論であることを主張しています。

825 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 20:00:38 ID:Ye0TQt8VO
昔からよく言われる「気の持ちよう」ということかあ。>限界
大事なコトって、シンプルなのかも知れない。

826 :菩名衛門 ◆9Mrit31e6I :2005/12/17(土) 20:08:39 ID:YesWuP/t0
よくわかんねえ。
もしこの終末で肉体を終えるのなら、
せめて安らかな最後を望むのう。

827 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 20:12:10 ID:IjCz9RCo0
もうじきこの国で起こることなんだから
焦らんでもいいと思うよ


828 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 20:16:34 ID:Ye0TQt8VO
>>826
へー、わたしは苦しみ抜いて死ぬのも止むなし、だと思ってる。
自分の生の為に犠牲(多分他に相応しい言葉があると思うけど、思い付かない)になった
存在のことを考えたら、そういう最期はアリだな。
もっと言うと、自分の肉体が不要になったら、他の生物に食べられたい。

829 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 20:22:08 ID:Ye0TQt8VO
ここ数日と、多分これからの数日の対話の為に、
この場所このスレは今まで続いて来たのかな…と思ったりもした。感謝。

830 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 20:24:09 ID:IjCz9RCo0
みんな同調してこのスレに来たのかな

まぁネットがあってなによりだね
感謝感謝

831 :菩名衛門 ◆9Mrit31e6I :2005/12/17(土) 20:30:14 ID:YesWuP/t0
封印解除を志すのは自我かな。

832 :菩名衛門 ◆9Mrit31e6I :2005/12/17(土) 20:32:38 ID:YesWuP/t0
わしには半霊半物の肉体になりたいという
オカルティックな欲望があるのだが。


833 :愛花:2005/12/17(土) 20:42:01 ID:jSBatXcgO
霊肉一致=半霊半物
でオケ?

834 :愛花:2005/12/17(土) 20:45:11 ID:jSBatXcgO
>>828
「苦しむ」ことが「甘え」になるときがあります。

835 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 20:50:03 ID:Ye0TQt8VO
半霊半物って字面だけ見ると、今もそうだなって気がする〜
それを真に理解する(知識としてではなくて)ことで、再帰的に半霊半物の存在になるとかw

836 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 20:55:36 ID:Ye0TQt8VO
>>834
苦しむことが贖罪で、それを得れば救われる、という考え方をすればそうなるかもねー
最期の審判的?

837 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 20:59:04 ID:jSBatXcgO
「トヘヘヘヘヘ ィ

838 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 21:08:25 ID:a3WaH0uq0
↑読めない

839 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 21:09:26 ID:jSBatXcgO
サンタとプレゼントの絵文字、ごめん。

840 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 21:09:58 ID:Ye0TQt8VO
トy「愛花ちん、乱さんへのプレゼントは何にしたの〜?

841 :菩名衛門 ◆9Mrit31e6I :2005/12/17(土) 21:10:14 ID:YesWuP/t0
ひふみ神示にはこうある。

『原爆も水爆もビクともしない肉体となれるのであるぞ、
 今の物質でつくった何物にも影響されない新しい
 生命が生まれつつあるぞ。』

これが我が身に起こればどれほど楽しいことかっ!笑。
さて妄想しつつ今日は寝るとするか。
ありがとう。落。

 


842 : ◆X.gfmXXFBI :2005/12/17(土) 21:13:09 ID:OUC6SL3n0
>>840
愛。

843 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 21:16:58 ID:Ye0TQt8VO
>>841
ごめん、そのレスの半霊半物の肉体のどこが楽しいのかよく分かんない。
じゃあまたね〜

844 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 21:19:32 ID:jSBatXcgO
おやすみー。


フiフコフ

845 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 21:20:56 ID:Ye0TQt8VO
>>842
y最高!
840書き込んだ後に無粋なレスしちゃったな、と思いました。
ごめんね。ありがとう。

846 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 21:21:20 ID:jSBatXcgO
絵文字、間違…




847 :ステハン・レコ:2005/12/17(土) 21:25:28 ID:kFaICZ4X0
>>828
>自分の生の為に犠牲
これについてだけど。>>>611で書いたことを少し。

今自分がいる地点を中心、つまり0地点とする。そこからX軸とY軸が伸びてると思いねえ。
X軸を過去から未来へと流れる時間の軸とする。
Y軸を今この瞬間の現在とする。
本当はまだ多重に軸があるけど、分かりやすくこれくらいにしとく。

自分は親から生まれた。親は2組の祖父母から生まれた。祖父母は4組の曾祖父母から。
ずっとずっと遡っていくと、大変な数に上る。数え切れないくらい。
それぞれが「親から子へ」と「命」を受け渡してきた。幾重にも幾重にも。長い年月をかけて。
そういう意味では、、「自分」は「命」を受け渡されて、そしてここに存在してるわけだ。
自分が親なら、分の子供へ「命」を受け渡していることになる。
子供がまた子を成すなら、またそこで「命」を受け渡していくことになる。
畢竟人というものは、連綿と「命」を受け渡してきた存在でもある。

もう一つ、横軸となる現在。
自分は生きている。生きるためには、食べ物を食べないといけない。
食べ物はむろん、他のものの「命」。自分は、他の生き物の命の上に生きている存在だ。
全ての人間は、他の生き物の「命」を受け渡してもらって生きてるわけだ。
そして、親から子へ、子から孫へと連綿と「命」を受け渡して「生」を成す。

今ここにあること。
それは無限の「命」の受け渡しの結果であり、途方もなく大きな「生成流転」という「相」の
顕れに他ならない。

犠牲だけど、単なる犠牲にするかどうかは、自分次第だと私は思うな。

848 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 21:34:26 ID:jSBatXcgO
殺すことで命をつなぐことから、
生かすことで命をつなぐことへ。
この方向でひとつ…

849 :ステハン・レコ:2005/12/17(土) 21:40:08 ID:kFaICZ4X0
>>848
ニュアンスは違うかも知れないけど、言葉としてはその通りだと思う。
無為に過ごしてしまうことこそ、「命」を受け渡してくれた諸々の存在たちに対して罪かもね。

850 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 21:53:06 ID:a3WaH0uq0
「トヘヘヘヘヘ ィ
なんて書いてあるの?携帯絵文字?

851 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 21:59:47 ID:jSBatXcgO
携帯絵文字だよ。サンタとプレゼント。


852 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 22:23:19 ID:a3WaH0uq0
ありがとう。
暗号みたいでなんかヤダ。

853 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 22:39:47 ID:Ye0TQt8VO
>>847
>>828にも書いたけど、犠牲という言葉は他に適当な言葉が思い付かなかったので使いました@
レコさんの言ってることはすごくよく分かるよ〜

んで、自分が死んだら自分の肉体が他の生命の命のリレーの一部になったら嬉しい。
自分の肉体が不要になったら、他の生命に食べられたいっていうのは、そういうこと。
それぐらいの恩返しはいいよね。消極的だけど。
それに横糸のその生命のリレー・循環の中に参加したい気持ちもあるんだ。

動物を見ても植物を見ても、「同じモノなのに、どうして(人間と)こんなに姿形が違うのかな?」という感覚があって、
食べることだけじゃなくて、衣食住総てに関わることに他の生命に支えられている気持ちがあった。

生きていること、生きることが出来ること、すごいよ。
地上の生はシビアな面はあるけど、感謝せずにはいられない。
よりよく生きたい、と思うのは、こんな時もそうだったりする。


854 :本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 22:53:26 ID:IjCz9RCo0
生きてることってすばらしい

全てに感謝!

855 :ステハン・レコ:2005/12/17(土) 23:04:21 ID:kFaICZ4X0
>>853
>自分の肉体が不要になったら、他の生命に食べられたいっていうのは、そういうこと。
私も「死んでから」ならそれも構わないと考えるw
死ぬときに食われるのは絶対勘弁だけどw

「一即他」「他即一」とか「全は一也」「一は全也」っていう言葉は、そういう意味だと思うし。
また、壮大な「生成流転の相」が宇宙の姿なんじゃないかと思ってる。
もちろんその「相」をさらに押し広げれば、地球も太陽系も銀河も大宇宙も、全てはその
「相」の顕れの一つの姿に過ぎず、私もその顕れの一つでしかないと思えたりする。

だから、私は手垢が付いた「神」という言葉より、「生成流転の相」という言葉で表す方が
個人的に好みだったりするというだけの話でもあるw

まー、そういう意味で、これからもみんながんばりまっしょいw

856 :death:2005/12/18(日) 01:37:01 ID:2GsRQivqO
突然ですが…
クリスマスはキリストとは何の関係もない
キリストが生誕したのは
12月29日で サンタクロースは北欧神話に登場する 全く関係ない別物の 神格化された聖人の名前
日本の古い神【布袋さん】みたいな人だったらしい…

857 :阿乎{アオ}:2005/12/18(日) 01:38:56 ID:oc8nFW5f0
今忘年会から帰ってきました。
酔っ払ってますねw
皆さん幸せを感じたでしょうか?
幸せを感じたならそれでいいんですよ。
その気持ち大切にしてくださいね。

858 :阿乎{アオ}:2005/12/18(日) 01:42:27 ID:oc8nFW5f0
>>856
前スレでその話は出たのだけれどキリストの誕生日すらまちまちですね。
でも一つ言える事はキリストが何時生まれたと言うことはそれほど重要じゃないと言うことです。
それからクリスマスはもともと西洋の土着宗教の精霊祭で太陽の復活を願う祭りです。

859 :阿乎{アオ}:2005/12/18(日) 01:44:50 ID:oc8nFW5f0
地球はおよそ12月から3月の初めまで睡眠期に入ります。
この時期に祭る意味は、太陽さん地球さんが二度寝しないように早く暖かくしてくださいね?
という願いが込められてます。

860 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 01:51:09 ID:riQtlUxF0
>>859
>地球はおよそ12月から3月の初めまで睡眠期に入ります。
南半球も北半球も関係なく?間抜けな質問でごめん。


861 :阿乎{アオ}:2005/12/18(日) 02:00:14 ID:oc8nFW5f0
>>860
真ん中を基準と考えます

862 :阿乎{アオ}:2005/12/18(日) 02:02:26 ID:oc8nFW5f0
物事の基準を捉えるときは正中を捕らえることが重要となります

863 :ソリッド:2005/12/18(日) 02:02:34 ID:GpfP/Rcf0
>>858 誕生日そのものに何か意味はありますか?イエスはどうでもいいとして

864 :阿乎{アオ}:2005/12/18(日) 02:04:36 ID:oc8nFW5f0
誕生日そのものは生命活動期(氣流活動期)として捕らえたときもっとも氣が
弱っている(0に近い)状態と言えます。
つまり朝です。

865 :ソリッド:2005/12/18(日) 02:10:15 ID:GpfP/Rcf0
12月24,25日とは何のことかわかることがあったら教えてもらますか

866 :阿乎{アオ}:2005/12/18(日) 02:11:41 ID:oc8nFW5f0
>>865
太陽神の復活祭でしょう

867 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 02:12:50 ID:aAd2R7AQ0
http://akyoon.hp.infoseek.co.jp/bunmeinosouzou2.pdf

868 :ソリッド:2005/12/18(日) 02:12:51 ID:GpfP/Rcf0
太陽神とは?

869 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 02:13:38 ID:aKDbNFcV0
ttp://www.din.or.jp/~charade/admins/14.html

870 :阿乎{アオ}:2005/12/18(日) 02:18:35 ID:oc8nFW5f0
ゾロアスター教
→7c〜6cB.C.頃、ゾロアスター(ツゥラトゥストラ)がペルシアの古代宗教を改革
 善悪二元論−善神アフラ・マスダ(光明神)と
            悪神アーリマン(暗黒神)
  ◎2神が闘争し300年おきにその優越が交替するとしている。
  →9000年目、あるいは12000年目の決定的闘いの結果、善神が勝利(最後の審判)
  →ユダヤ教、キリスト教に影響を与える。
 火を清浄なものとする(拝火教ともいう)
 唐代の中国に伝播


871 :ソリッド:2005/12/18(日) 02:21:27 ID:GpfP/Rcf0
このアフラ・マスダというのが太陽神ということですか?
このアフラ・マスダが12月24,25日に生まれたということでいいんでしょうか

872 :阿乎{アオ}:2005/12/18(日) 02:25:27 ID:oc8nFW5f0
ミトラス、弥勒とも言うらしいですね。

873 :ソリッド:2005/12/18(日) 02:29:20 ID:GpfP/Rcf0
質問がかわってすいませんが、自分の名前を発したというようなことを
言ってましたよね。それ以外に名前が聴こえた、というようなことは?

874 :阿乎{アオ}:2005/12/18(日) 02:30:34 ID:oc8nFW5f0
うん
>>869さんの乗せてくれたwebに説明が書いて有るとおりですね。


875 :阿乎{アオ}:2005/12/18(日) 02:31:28 ID:oc8nFW5f0
>>873
無いです全く。

876 :ソリッド:2005/12/18(日) 02:36:51 ID:GpfP/Rcf0
>>875 ありがとうございました。なんか探ってるように見えるなw
青さん達のことはもう探ってないし探りませんのでw
今日は忘年会とかで疲れてるみたいですし俺は寝ますね。
また質問すると思うんでよろしくおねがいします

877 :阿乎{アオ}:2005/12/18(日) 02:39:10 ID:oc8nFW5f0
>>876
探ってないし本当に無いですよ^^
私も寝ます^^
私は誰も憎んでいませんから。

878 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 03:26:29 ID:riQtlUxF0
>>861-862
人体だと正中線上ははすなわち急所でもありますよね。
地球の正中に当たる部分は同じように急所だということはありますか?
その部分での破壊や汚染が特に地球にダメージを与える、というような。

879 :ソリッド:2005/12/18(日) 12:14:25 ID:GpfP/Rcf0
>>877 いえ、俺のほうが探っているように見えるかな、っていう意味ですw

880 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 12:51:44 ID:A8Dr+1A/0
 どこにどんな事していても、助ける人は助けるのざぞ。神の御用ある臣民安心してお
 りてくだされよ。

 ミタマ(身魂)磨けておれば、心配なくなるぞ。心配は、磨けておらぬ証拠ぞ。ミタマ
 磨きとは、善いと感じたこと直ちに行なうことぞ。

 大峠の最中になったらキリキリ舞いして、助けてくれと押し寄せるなれど、その時で
 は間に合わん。逆立ちしてお詫びに来ても、どうすることもできん。皆己の心である
 からぞ。

881 :ラダー:2005/12/18(日) 14:27:34 ID:nENwUpz3O
梯子を作りたい。

882 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 16:02:11 ID:nENwUpz3O
く…苦しいっ

883 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 17:13:41 ID:q/Fjt+fH0
>>880
助かりたいからミタマを磨くのか?
そうだとしたら、結局自己保身のために汲々としてる連中と何ら変わりがないようなw

884 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 17:17:24 ID:nENwUpz3O
人を殺しながら助けてくださいと神様に言っても助けてはくれないってことではないかな。

885 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 17:22:32 ID:fudpD8eN0
ミタマを磨いておけば神頼みは有効だと言う事?

886 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 17:26:32 ID:q/Fjt+fH0
>>884
助けてもらいたいから神様にお願いすんの?
助かりたいって言うのは欲じゃないの?
そんな欲まみれのやつを神様は助けるの?

887 :ソリッド:2005/12/18(日) 17:26:33 ID:GpfP/Rcf0
最初の目的がどうであれ結果として磨かれていれば問題ない
磨かれた者は神頼みなどしない

888 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 17:31:15 ID:fudpD8eN0
>>887
なるほど。

889 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 17:32:10 ID:q/Fjt+fH0
>>887
そういうことなら納得。

890 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 17:34:01 ID:riGFNQHt0
>>887
まだ最初の目的願望(助かりたいからミタマを磨く)で行動している時分に、大峠の最中となったら?

891 :ソリッド:2005/12/18(日) 17:38:07 ID:GpfP/Rcf0
>>887 手遅れってやつですねw期限ってあるじゃないですか
2年前がピークというのはそういうことです

892 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 17:40:17 ID:q/Fjt+fH0
>>891
じゃあ、もう今からミタマ磨きをしようとしても間に合わないってこと?

893 :ソリッド:2005/12/18(日) 17:44:36 ID:GpfP/Rcf0
>>892 実は魂を磨くというのは自分ではわからないうちにやっていることなので
あとは待つしかないですね、その日を

894 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 17:46:47 ID:q/Fjt+fH0
>>893
じゃあプロテスタントは正しいのか。

895 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 17:49:31 ID:riGFNQHt0
>>893
“その日”はやはり来年で確定なの?

…感覚的にはもう新年を迎えているような感じがある。


896 :ソリッド:2005/12/18(日) 17:50:24 ID:GpfP/Rcf0
>>894 今ちょっと調べた程度だとプロテスタントとは宗教ってことかな?
魂を磨くというのはそういうことじゃないんですよ。修行すればえらいとか
そういうのがすでに間違いなんです。

897 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 17:54:28 ID:riGFNQHt0
>>896
じゃあ、磨こうとか磨けというのもアレか。
そう意識した時点で、すでに別のものになってたりする場合も有り得るな。
>893の内容とも関連しそうだけど。


898 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 17:55:00 ID:XSfXWaP5O
ミ・タ・マ
三 玉 (肉・霊・心)
身・他・間(自己・他者・関係)
未来象・過去象・現在象

ミ・ガ・キ
カ・ミ
カ・ガ・ミ

森羅万象 わけへだて不能

899 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 17:55:06 ID:q/Fjt+fH0
>>896
http://www.tabiken.com/history/doc/S/S354L100.HTM
これに似てるというか、そのままのような気がしたもんで。

900 :ソリッド:2005/12/18(日) 18:00:49 ID:GpfP/Rcf0
>>897 そう思う。その時点で人の勝手な解釈になっていると思う。
>>899 すいません見れませんでした。内容はわかりませんが、正直オカルトや宗教は
本やらサイトやらほとんど見たことありません。

901 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 18:00:50 ID:riGFNQHt0
>>899
なんだかアレイスター・クローリーを思い出してしまった。



902 :ラダー:2005/12/18(日) 18:01:35 ID:nENwUpz3O
執着はいけないね。でも生理と言える欲はないかな。


903 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 18:02:34 ID:A8Dr+1A/0
12月22日から始まるんかなぁ・・

904 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 18:03:01 ID:q/Fjt+fH0
●予定説 よていせつ

 キリスト教における,神がある人々を救いへと予定しているとする教説で,
その解釈をめぐって古くから論議が重ねられていた。
カルヴァン(カルヴィン)は救いと滅びの二重予定説をとる。
ある人々は永遠の祝福された生へと予め定められ,その他の人々は神から見捨てられ
滅びへと定められているとする。救いは神の自由な愛と恩恵によるものとされ,人間の
信仰や善行によるとする考えは退けられる。
こうして救いはわれわれに根拠をもたず,隔てられた神のみによることとなるためわれわ
れは内面的に孤立し不安に陥らざるを得ない。
カルヴァンは,救いへの自らの選びを確信する方法として,現世における自らの世俗的
職業労働に勤しむことを説くことになった。
信仰が救いを確信させるものとなるためには,それが神の栄光を増すための神の召命
(職業)に応える活動として外面化されなければならないと説いたのである。

と、いう考えがプロテスタントの基盤にあるわけ。

905 :ソリッド:2005/12/18(日) 18:25:51 ID:GpfP/Rcf0
なるほど似てるなwただ善行に関しては、善行しているうちに人のためになることの
喜びみたいなものを知って魂が良いものになっていくこともあるみたいですね

906 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 18:28:38 ID:riGFNQHt0
なんか、>ミタマ(身魂)磨けておれば、心配なくなるぞ。
というのは発想的に念仏宗教とかわらない気がしてきたな。

ありがたい念仏を唱えていれば死後極楽浄土に往ける
ひふみを信じてミタマを磨けば神の御用ある臣民となる

自己研鑽がだめ、ということではなくて行動の土台となる発想としてね。

907 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 18:34:37 ID:q/Fjt+fH0
職業的成功を収めれば納めるほど、それは神の恩恵であり救いの証拠であると捉える。
それを与えてくれた神に対して深い感謝とさらなる信仰を捧げることになる。

善行を行ううちに、自らの中に喜びを見いだし。それはミタマ磨きの過程であると捉える。
それを与えてくれた神に対して深い感謝とさらなる信仰を捧げることになる。

なんの違いがあるんだろう?

908 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 18:35:27 ID:fudpD8eN0
初めの目的の出発点としてはどれも同じでしょ。
念仏にしろ、帰依にしろ、サラートにしろ、プロテスタントもカトリックも。

その先に>>887になるのも同じ。

909 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 18:43:28 ID:q/Fjt+fH0
>>908
じゃあ、全ては結果オーライってことでいいんだ。

910 :ソリッド:2005/12/18(日) 18:48:00 ID:GpfP/Rcf0
俺が言うのもアレですが、今はとにかく人として当たり前な行動をして
その時が来たらすべて話します

911 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 18:53:24 ID:q/Fjt+fH0
結局、人間の命運の一切は神が握っていると言うことか。

912 :愛花:2005/12/18(日) 18:59:18 ID:nENwUpz3O
私は頼みごとがあるけどね。
聞いてもらえるように頑張ってる。

自分を磨くことにおいて、どこを磨くべきか教えてくれるように頼んである。
自分のベストを尽くし、その上でうまくやれないところは手を貸してくださいと頼んである。

助かるについては「くもの糸」のイメージが強いね。
でも「助かりたい」こと自体が悪ではないよね。
「助けてほしい」ことがどこにもないとかは嘘つきか素直でないと思う。
助けの手は誰かの手を通してくると思う。
くもの糸のお話のようにならないことは、ここで気付きを書くこともそうかもしれない。

913 :907:2005/12/18(日) 19:02:47 ID:CxqBLsWJ0
>>908
同意。というかわかる。
大山倍達も武道の道に入ったのは「喧嘩が強くなったらいいな」というのが動機だったそうなw
それはともかく。

ありがたい念仏を唱えていれば死後極楽浄土に往ける
ひふみを信じてミタマを磨けば神の御用ある臣民となる

引き合いに出すのは念仏でなくてもよかったかも知れないけど、自分は

「我は後世たすからんと云ふ者にあらず。ただ現世に先づあるべきやうにあらんと云ふ者なり」

という言葉が好きで、『発想として』後世後時に助かろうというのに抵抗があるんだ。

914 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 19:08:13 ID:nENwUpz3O
>>913
人を助くるのはいいことだよね。
助かろうとしない人は助けるのなかなか難しいかも。

915 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 19:11:49 ID:CxqBLsWJ0
>>914
>>910を読んでみよう。その上で913も読んでみて。



916 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 19:13:30 ID:q/Fjt+fH0
救う人間と救わない人間をあらかじめ分けていて、そういう風に全ての命運を握っている
神は、いったい何のために人間を創ったんだ?
最初から決まっているのなら、人間なんてただのおもちゃみたいなものじゃんか。

917 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 19:20:23 ID:A8Dr+1A/0
>>916
天使や悪魔は神の意志に基づいてるが
俺らの意志は独立してるからね

まぁ最終的には神の意志によって人間は選別られることになるけど

まぁそれはテストというか人のしての心を持ち得ているか否かなんだよね
問題自体は難しくないけど
何かに固執していると難しく思えるかもな

918 :ソリッド:2005/12/18(日) 19:21:29 ID:GpfP/Rcf0
>>916 魂を磨くための期限があって、期限が来たら結果どういう魂になっているか見て分る
そしてその後、審判の日が来る。ということです

919 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 19:23:55 ID:q/Fjt+fH0
>>917
なんだかんだ言っても、結局人間は神の救いと裁きを待つだけの身なんでしょ?
自由意志があろうと無かろうと、予め決まってる神の判断に従うしかないわけだし。

920 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 19:25:35 ID:A8Dr+1A/0
>>919
俺たちはまだ子供なわけよ

未成年

そしたら理解できるでしょ?

921 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 19:26:30 ID:q/Fjt+fH0
>>918
魂磨きをして、それが神の心に適うものなら救われる。
そうでなければ滅びが待ってる。
ただそれだけのことじゃないですか?

結局は、神の心に適うか適わないかが全てってことでしょ?

922 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 19:27:48 ID:CxqBLsWJ0
>>918
精神世界や宗教・信仰に浸かって神や救いに思いを廻らす人間より、
そういう世界や思想に無縁でも日々丁寧に生きている人間の方が
「神のお眼鏡」に適うと思うんだけど、ソリッドはどう思う?

かなり大雑把な設定の質問だけど。

923 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 19:30:31 ID:q/Fjt+fH0
>>920
要するに、神の心に適うだけの成長を得た人間以外は滅ぼされると。
その基準になる全ての判断は、神の心だけだと。

そういうことじゃない?

924 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 19:30:57 ID:A8Dr+1A/0
そのテスト、いや、卒業試験を日本は世界に先駆けて経験することになるわけよ

つまりもう時間がない

925 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 19:33:02 ID:A8Dr+1A/0
>>923
滅ぼされるなんて一度も言ってない(;^ω^)


926 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 19:34:09 ID:q/Fjt+fH0
>>925
じゃ、救われることはない、に言葉を換えるw

927 :ソリッド:2005/12/18(日) 19:34:29 ID:GpfP/Rcf0
>>922 先ほど言ったように宗教や信仰が魂を磨く行為だと思っているのは
一部の人間のみです。簡単な言い方だとあなたの言う通りだと思う
>>923 神の心、というよりは神の目(霊の目)をもって見たら、
その魂の良し悪しはわかるようになってるんです

928 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 19:35:55 ID:CxqBLsWJ0
>>925
聖書や日月神示に書かれる、人間にとっての大破局みたいなのがやってくるような描写はどうなの?

929 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 19:36:48 ID:q/Fjt+fH0
>>927
言葉を換えても同じことでしょ?
魂の善し悪しを判断するのは、「神の目(霊の目)」だって言う話ですし。

その「神の目」に適うか適わないか、それが絶対の判断基準になるんでしょ?

930 :ソリッド:2005/12/18(日) 19:37:48 ID:GpfP/Rcf0
あと一応言っておくと、悪いことをしたら悪いことがかえる、という
因果応報の時が審判の時です。神が滅ぼすのではない
自業自得の行為をした者が亡び、正しい者がとばっちりを食らわないように
救うということ。一番の被害者は神自身だという事を知ってください

931 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 19:39:25 ID:q/Fjt+fH0
>>930
だから、その「正しい」という判断基準は神が決めるものなんでしょ?

932 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 19:40:43 ID:CxqBLsWJ0
>>930
ああ、なんかすごく納得できるわ。それ。

933 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 19:42:27 ID:7pDvKlu90
>>930
人間が自ずとそういう末路を辿る可能性は今後極めて高いな。


934 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 19:42:29 ID:A8Dr+1A/0
例え肉体が滅んだとしても魂は滅ばない
またやり直せる

霊肉一致に必要なのは心と体を一体にすること
どっちに偏ってもいけない

過去ログみれば識者が詳しく書いてあるから見てちょ

935 :ソリッド:2005/12/18(日) 19:43:56 ID:GpfP/Rcf0
>>931 そうですよ。例えばあなたも普通の虫は殺さないにしても
ハエや蚊は殺すでしょう。それと同じこと。
神からしたら悪い人間は良い虫以下なんですよ

936 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 19:46:28 ID:q/Fjt+fH0
>>935
じゃあ、神が決めた善悪の基準に従って生きることを人間は義務づけられてるんですね?

937 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 19:50:10 ID:A8Dr+1A/0
>>936
神が作り出した善悪の基準=人間が作り出した善悪の基準

OK?

938 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 19:54:41 ID:Jib3+cKo0
>>935
ハエや蚊は悪い虫ではない。生物圏全体のなかでは、重要な働きをしている。
人間にとって悪い虫でも、ちがう方向から見れば良い虫である。
人間の善悪も同じ。なにが善で、なにが悪かは観測者の価値観によって左右される。


939 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 19:58:17 ID:7pDvKlu90
>>936
その善悪の基準を人間がさも知悉したかのように英断を下したところで
神の基準とは相違するかもしれないということを配慮するべきだと思う。


940 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 20:00:08 ID:q/Fjt+fH0
>>939
ですから、「予定説」は正しいんでしょうね。

941 :愛花:2005/12/18(日) 20:04:55 ID:nENwUpz3O
誰でも善悪は知っている。アダムとイヴが食べちゃったじゃないか。
…判断できるんだよ…。

942 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 20:08:36 ID:nENwUpz3O
たぶんね。(*・ω・)ゞ

943 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 20:13:00 ID:Jib3+cKo0
殺人は善か悪か? 
身を守るための殺人。愛する者を守るための殺人。家族を守るため・・国家を守るための・・

944 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 20:17:03 ID:nENwUpz3O
>>943
たぶんその時に分かる。


945 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 20:17:07 ID:7pDvKlu90
>>943
現実的に考えて殺人は人生が破綻するから是が非でもやめておけ。


946 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 20:18:47 ID:nENwUpz3O
考えるだけの機会はあると思うなあ。

947 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 20:19:49 ID:A8Dr+1A/0
>>944
その時になったら
何を考える?

948 :ソリッド:2005/12/18(日) 20:21:45 ID:GpfP/Rcf0
>>938 地球は神1人で作ったんじゃない。仮に神と悪魔という表現しますが
悪魔は地球に悪いものを生み出した。審判の後にはハエや蚊や病などは
すべて無くなる

949 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 20:22:47 ID:2QkIBkpS0
>>946
そう言えば、聖書に登場する神や預言者が大勢の人間を殺しまくっている事に対して、
「神の殺しは正しい殺し」とか言ってたね。前は。

950 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 20:24:14 ID:q/Fjt+fH0
>>948
つまり、全ての決定権は神にある、という理解で間違いないですか?

951 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 20:24:43 ID:nENwUpz3O
>>947
自分が悪魔のような状態になっていないかどうか。醜くないかどうか。

…他にもあるかな。

952 :ソリッド:2005/12/18(日) 20:26:58 ID:GpfP/Rcf0
>>949 天のものは独断では行動しません。天使達が会議をした結果だと思ってください

953 :ソリッド:2005/12/18(日) 20:27:59 ID:GpfP/Rcf0
間違えた。952は950へのレスでした

954 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 20:28:46 ID:q/Fjt+fH0
>>952
その天使の行動基準となっているものは、神の基準ではないんですか?

955 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 20:30:31 ID:nENwUpz3O
>>949
言っていないよ。
「やって」はじめて「これはダメ」と「分かる」人がいて、
それはひとつの行である、と考えたとき、憎しみを消すことができたことならあるからそのような考え方を持っている。
戦争なども。

956 :ソリッド:2005/12/18(日) 20:31:20 ID:GpfP/Rcf0
神というよりは天使の長です。

957 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 20:32:43 ID:A8Dr+1A/0
ミカエルね

958 :阿乎{アオ}:2005/12/18(日) 20:33:38 ID:oc8nFW5f0
>>878
勿論地球における正中線には急所が集まっているでしょう。
急所における汚染は地球の健康状態を表しています。
しかしながらたかが人間ごときに左右されるほど今の地球は弱くありません。
地球にとっての人間は己を進化させるための道具。つまりウイルスや菌類のようなものです。
人間は当然善玉菌は大切にしますね?
そして悪玉菌は排除しようとするでしょう。
でも悪玉菌を排除する道を選べば人間の抵抗力は衰えますよね?
それではどうすればいいのか?
悪玉菌と共生できる(慈悲の道)道を選べばより強い種へと進化できるのです。


959 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 20:35:20 ID:nENwUpz3O
>>954
天使達に自分達で答えを出すようにと言うかのように姿を隠されることがある。

960 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 20:35:29 ID:q/Fjt+fH0
>>956
「神から見たら」というのが天使の長の基準ではないのですか?

961 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 20:37:41 ID:Jib3+cKo0
>>952
会議とは、いろいろなちがう意見が提示されてなりたつもの。
会議できめるのなら、確立された価値観が存在しないことになる。


962 :ソリッド:2005/12/18(日) 20:38:57 ID:GpfP/Rcf0
青さんこんばんは。今まで探ってた理由を話します。
俺が見たものと青さんが見たものが同じかどうかをまず確かめたかったのです。
俺が本当のことを話すためにどうしてもそれを確かめたかったということです。
また色々質問したいことがあるので力をかしてください。

963 :阿乎{アオ}:2005/12/18(日) 20:46:41 ID:oc8nFW5f0
>>962
解りました。
私は何時でも誰でも歓迎です。
そして誰の敵でも味方でもないでしょう。

964 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 20:48:01 ID:nENwUpz3O
正義の味方の方向にもひとつ…

965 :ソリッド:2005/12/18(日) 20:48:15 ID:GpfP/Rcf0
>>960、961 どちらにせよ天使達は満場一致だからそれほど悪魔は酷いことをしている

966 :ソリッド:2005/12/18(日) 20:50:20 ID:GpfP/Rcf0
>>963 話せる範囲でいいんで。まず風の事ですが、その風はどこから吹いてました

967 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 20:50:30 ID:fudpD8eN0
「正しい殺し」はこの辺で言ってる>愛花

http://www.k3.dion.ne.jp/~zadkiel/8.htm

968 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 20:50:34 ID:q/Fjt+fH0
>>965
ひどいこと、というのはどういう「基準」で成り立つものなのか?と尋ねてるんですが。

969 :阿乎{アオ}:2005/12/18(日) 20:51:23 ID:oc8nFW5f0
何故答えを任せたのか?
それは結局自分で見つけ出したものでなければ意味がないと言うことを
神は十分良く知っているからです。

970 :阿乎{アオ}:2005/12/18(日) 20:54:06 ID:oc8nFW5f0
>>966
ああ地球と初めてシンクロしたときの話ですか。
ん〜〜〜どこといわれても・・・・
割れた窓は北です。

971 :ソリッド:2005/12/18(日) 20:55:17 ID:GpfP/Rcf0
>>970 時空の歪みから吹いてませんでしたか?あるいは別の場所ですかね

972 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 20:57:47 ID:Jib3+cKo0
>>965
天使たちの答えがいつも満場一致なら、会議をひらく意味はない。
それどころか、会議で時間を費やしているあいだに悪が増大する。
そのような会議システムは、悪に手をかしているのと同じ。

973 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 20:58:07 ID:nENwUpz3O
風はいつも吹いてる


974 :阿乎{アオ}:2005/12/18(日) 20:58:23 ID:oc8nFW5f0
>>971
実は自分で風を作ることが出来るようです。
例えば強い体の変化を感じた日。
特に今日とかです。
氣の流れを作ってしまうのだと思います。

975 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 20:59:43 ID:nENwUpz3O
正義の勝利を優先させてた…


976 :愛花:2005/12/18(日) 21:02:46 ID:nENwUpz3O
自分の吹かす風が万物に影響を与える。
いつもそうだったのかもね。
気付いたら自分がどうあるべきかを今までより強く求められるね。

977 :阿乎{アオ}:2005/12/18(日) 21:02:48 ID:oc8nFW5f0
悪と天使は紙一重ですからね。
会議は何故開くのか?
おそらくここの皆さんも感じると思うが、例えば同じ内容のことを
言っていたとしてもその人の生活環境などで選ぶ言葉が違ってきたり
します。その上で誤解を招くこともあるでしょう。
それと1から十まですべて一人で解ってしまうと言う事はありえないでしょう。
そのものによって得意不得意が有るように。

978 :阿乎{アオ}:2005/12/18(日) 21:04:09 ID:oc8nFW5f0
正義の勝利を優先させてたのは実は天使たちであり神ではないでしょう。

979 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 21:05:55 ID:nENwUpz3O
セフィロートが天使の性格のような感じ。

980 :阿乎{アオ}:2005/12/18(日) 21:06:20 ID:oc8nFW5f0
完璧なシステムへと近づく為に結果的に天使も悪魔も必要だった。
善玉菌も悪玉菌も必要だった。
精神も肉体も必要だった。

981 :ソリッド:2005/12/18(日) 21:06:24 ID:GpfP/Rcf0
>>974 なるほど。風については俺は自分で見たんじゃなかったのでわかりませんでした
俺がよく話していた3年前(4年前かもしれない)に来た人物というのが、
自ら時空の歪みを作っていたのです。それで一度理由あって俺の家に入れたことがあって
その数日後だったかな、1人で部屋にいたら天井に歪みがあらわれたんですよ
黙って見てたらすくに消えたのですが、そのまた数日後にその人が
どうも俺の家にはそれが作ってもすぐ消えるみたいだ、って言ってたのです
これは何を意味するのかわかりませんかね?

982 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 21:07:40 ID:Jib3+cKo0
>>977
それはなかなか良い答えです。
その調子で、神や天使がもっている価値観の基準を教えてください。

983 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 21:08:02 ID:q/Fjt+fH0
>>980
でも、>>948では裁きのあとには悪はいなくなるそうですが。
それでは、次が完璧なシステムって言うことなんですか?

984 :阿乎{アオ}:2005/12/18(日) 21:10:48 ID:oc8nFW5f0
>>981
おそらくその人の作る次元のゆがみは次元の高い所から低い所へ作る歪み
では無いかと思います。
であれば貴方のいる部屋がその方の住む世界の次元より高ければ
当然作ってもすぐ消えるのではないでしょうか?
あくまで仮説です。

985 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 21:11:09 ID:nENwUpz3O
>>982
名前かな。

986 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 21:11:33 ID:A8Dr+1A/0
>>983
霊肉一致=善と悪が合体

987 :阿乎{アオ}:2005/12/18(日) 21:12:35 ID:oc8nFW5f0
>>983
正義も悪もなくなるでしょう。
全ては一体となり全能になるでしょう。
今までの価値観や判断基準では理解できません。

988 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 21:13:08 ID:q/Fjt+fH0
>>986
悪は救われることがないのに、どうやって一致するんですか?

989 :阿乎{アオ}:2005/12/18(日) 21:14:21 ID:oc8nFW5f0
結果的にだれかが苦しむということはなくなります。
臭いものに蓋をしてもいつか暴かれます。
偽装設計問題のように。

990 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 21:15:00 ID:Jib3+cKo0
>>987
なにが全能になるの?

991 :阿乎{アオ}:2005/12/18(日) 21:16:16 ID:oc8nFW5f0
悪が救われないと説くのは間違いです。
悪は無きものとなるでしょう。
悪は歪みから作られます。
元々無いものなのです。
ではなぜないものが現れたのでしょうか?

992 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 21:18:20 ID:nENwUpz3O
>>990
ある種天使のようになるだよ。
全能の方と繋がっていていつでも答えやどうすべきか知りたいことが分かる。

そうなることを祈る。

993 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 21:18:21 ID:q/Fjt+fH0
>>991
悪が無きものとなるなら、善も無きものになるということですか?

994 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 21:19:53 ID:A8Dr+1A/0
善悪に関してはニーチェが唱えた言葉が適切かな

995 :阿乎{アオ}:2005/12/18(日) 21:20:10 ID:oc8nFW5f0
何故現れたのか?
それは与えられたエネルギーを使いこなせなかったときに出来た歪みです。
だからこれ以上歪まない様にエネルギーを有る程度封印した。
だけど一度出来た歪みはゆがみを作った本人が何故出来たのか氣が付くまで
どんどん増大していったのです。

996 :ソリッド:2005/12/18(日) 21:20:53 ID:GpfP/Rcf0
>>984 その人物を仮にAさんとしますね。
たしかにAさんが言ってた言葉で、もともと俺とAは同じ次元にいたと
それがAは次元を落とされた?みたいなこと言ってたから、
その仮説は少し納得出来ますね

997 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 21:21:16 ID:Jib3+cKo0
>>992 天使と悪は紙一重なのだろ。全能の存在も、悪と紙一重ということになる。

998 :阿乎{アオ}:2005/12/18(日) 21:21:52 ID:oc8nFW5f0
善は役目を終えるのです。
反発するものがないと安心するから必要なくなる。
痛いものが消えれば薬を飲む必要は無くなる。

999 :まだ名前はない:2005/12/18(日) 21:22:47 ID:i0zV8OeG0
sennnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn

1000 :本当にあった怖い名無し:2005/12/18(日) 21:23:00 ID:q/Fjt+fH0
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

256 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)