5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

後味の悪い話 その39

1 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 12:00:27 ID:SSWCYTLX0
聞いた後に何となく嫌な気分になったり、
切なくてやりきれない夜をすごしてしまったり、
不安に駆られたり、体中がむず痒くなるような話を語り合うスレです。

■注意
映画や小説、漫画、ネットの噂などのネタやコピぺも可です。
ageよりsage進行でおながいします。

1回で投稿しきれない長文は、投稿前にメモ帳でぜんぶの文章を
書き終えてから、連続投稿してください。

このスレは映画や小説、漫画等のネタバレ必須です。
むしろ内容をはぐらかされてしまうと、かえって後味(゚д゚)ワルーなので、
メール欄等を利用するなどして書き込むようにして下さい。

【次スレは950を踏んだ人が立てて下さい。】
 ※950が立てられない場合は早めに申告して下さい。

前スレ後味の悪い話 その38
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1134199302/

過去ログはこちらからどうぞ
http://makimo.to/cgi-bin/search/search.cgi?D=occult&q=

2 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 12:05:04 ID:h6qZo8ElO
2ゲット?

3 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :2005/12/28(水) 12:05:16 ID:cpQ25i5i0


4 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 12:07:35 ID:SSWCYTLX0
実は2ちゃん歴5年目にして初めてスレ立てた。

5 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 12:32:42 ID:AN7Blj9f0
>>1乙です。

小学生の頃、たぶん洋画劇場か何かだと思うけど題名がわかんない。記憶も曖昧。
男が子供を誘拐?して、店でスクリームのお面を強盗したり、仲良くなって、うんやかんや
で結局、警察と対峙する場面で男は子供の目の前で撃たれる。子供はやめてぇーとかそんな感じ。

当時の俺は父が寝てる横でおいおい泣いた。なんで殺すのぁーって。
今じゃ考えられないけど、映画で大泣きしたのはあれが最初で最後だなぁ。

6 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 12:33:30 ID:Prj6rAG80
先日立ち寄った書店で、小説版の「あらしのよるに」が置いてあったので
何気なく立ち読み。

結構ありがちな結末だったと思うけど、それでも読んだ後で絵本だけで
止めておけば良かったと思ったよ……
映画は見てないんだけど、映画の結末も同じなのかな。

7 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 12:51:06 ID:Rkt+NNKE0
>>6
>このスレは映画や小説、漫画等のネタバレ必須です。
>むしろ内容をはぐらかされてしまうと、かえって後味(゚д゚)ワルーなので、
>メール欄等を利用するなどして書き込むようにして下さい。

8 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 12:52:42 ID:SSWCYTLX0
>>5
それきっと「パーフェクトワールド」だよ。
キャスパーのお面じゃなかった?

9 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 13:04:23 ID:gmQxeEWp0
過激な恋愛板「相手の家に行ったら知らない人とセクロスされてた人達」スレの
1 ◆Tu3Kg4SHPkの話は本当に後味が悪い。
遠距離恋愛中の1が就職して初めての夏休みに
彼女(大学生)の家を訪れると、まさにスレタイどおりのことが起こっていた。
その相手というのがタチの悪いDQNで、1は完全になめられっぱなし。
彼女はどうもDQNに関係を強いられていた模様なのだが、
レイプというには微妙な状況なので、DQNはほとんどおとがめ無しで終わる。
DQNと1とのやりとりや、DQNの上司との話し合いを読むと色んな意味で
胸糞悪くなる。

ttp://www3.atwiki.jp/sare/pages/130.html
ttp://www3.atwiki.jp/sare/pages/131.html

10 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 13:17:46 ID:jPkrGeV80
>1乙。
次スレ立てられない奴、立てる気ない奴は950踏むなよ・・・。

11 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 13:19:43 ID:AN7Blj9f0
>>6
映画の方は違うっぽい。
ネタバレになるから書かんけど。
>>8
うああ、dクス!ググったけどきっとそれだ!
うはぁ、観たいなぁ…借りてくるか。

12 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 13:28:26 ID:Prj6rAG80
映画版と一緒だったらスマン。小説版「あらしのよるに」のエピローグ

丘の上でガブとメイは寄り添って月を眺めます。しかし、ここにたどり着くまでの
過酷な旅にメイの命は使い果たされ、そのまま消えていきます。寄り添ったメイの命が
消えてゆくのを感じながら、ガブは月を眺めながら以前メイも好きだといった月の歌
を歌います。歌っているうちにそのガブの歌声にメイの歌声が重なっているように
ガブには感じられました。歌い終わった時、ガブの命も燃え尽き、2匹はずっと
寄り添ったまま一緒でした。


文章ヘタでスマン。ベタと言えばベタな結末なんだけど、絵本とは違ったある意味
現実的なラストに妙な後味の悪さを感じたんだよ……

13 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 13:34:33 ID:TDcItalx0
映画レディバード・レディバード

マギーは父親の違う4人の子供を持つ。
夜子供たちを家に残しカラオケパブに行き、出会った男と仲良くなっているときに
家が火事になり、子供たちは大やけどを負う。
この件で児童福祉局から母親不適格とされ、子供の養育権を取り上げられ、
子供は養子に出される。激しく抵抗するマギー。
子供を失った事を嘆きながらもパブで知り合った男との間に新しい子供を作る。
しかし生まれた子供も再児童福祉局に取り上げられる。
泣き叫ぶマギー。
男と喧嘩したり慰めあったりしているうちにまた新しい子を孕むマギー。
今度は生まれたとたんに取り上げられる。
ここが映画のクライマックス。マギーの悲痛な叫び。
これで映画は終わり。暗転した画面に
マギーがそののちまた子供を作って
今度は自分で育てたというキャプションが出る。

イギリスでの実話が元になっているらしい。
主人公の悲劇がかなりの部分自業自得なので全然感情移入できないし、
なにより子供がかわいそうな感じなのだが、子供の視点は完全欠如。
懲りずに子供を作り続ける主人公の心情はまじ理解シガタス。


14 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 15:05:45 ID:6bht/YHM0
>>13
後味悪いというより、胸くそ悪い。
そう言う女には避妊手術をすればいい。

15 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 15:39:07 ID:f9HFu8y90
個人的にだけど「戦場のピアニスト」(だっけ?)が後味悪かったな。

主人公がピアニストのユダヤ人でナチスから命からがら逃げてたら
ドイツの軍人に見つかるんだけどその軍人は音楽が好きだから?とか何とか言って
見逃した挙句食べ物とか防寒具とか差し入れしてた。
んで戦争が終わって主人公が普通に歩いてる横で捕虜?になったドイツ軍人達がうずくまっている。
その中にはあの助けてくれた軍人も居た。
主人公の姿を見つけて助けを求めるその軍人に気付かず?歩いて行く主人公。
そのあと字幕でその軍人が処刑された事が判る。

かなりうろ覚えだから間違ってる所もあるかも試練。許せ。
観た当時工房だった自分は
「自分が一番困ってる時に助けて貰った人に恩返ししないなんてだからユダヤ人は迫害されるんだ」
と痛々しい憤慨をしていましたとさ。

16 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 16:13:06 ID:ZAV0Y4Go0
最近の後味悪スレの悪しき伝統

・850を過ぎるあたりで基地外が1人現れる
(記憶力のいい女、モテる男に付きまとわれた女(創作)、みんなが安藤美姫に
関心があると思っているアホ等)

・次スレ誘導のためにみんなが残しているスレを、空気の読めない初心者が
はしゃいで埋める


17 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 16:34:39 ID:0MFoVn2A0

NHK杯フィギュア2002年優勝 恩田美栄   同年 紅白審査員 恩田美栄
NHK杯フィギュア2003年優勝 村主章枝   同年 紅白審査員 村主章枝
NHK杯フィギュア2004年優勝 荒川静香   同年 紅白審査員 荒川静香
NHK杯フィギュア2005年優勝 中野友加里  同年 紅白審査員 安藤美姫←( ゚Д゚)ハァ?

【NHK】安藤美姫を「紅白」審査員に決定
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1135673750/

むしかえして悪いけど
個人的に後味悪かったんでコピペ
安藤は少しは練習しろよ。

18 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 17:04:31 ID:OZ16MMZV0
言ったそばからワロス

19 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 17:06:31 ID:ZwUM4x3P0
>>16
その三匹はスルーすれば無害だったのに、構う奴が多すぎたよ
真っ向から戦うなよな…

20 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 17:39:35 ID:wcvU7RNGO
オカ板に完全スルーは無理

21 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 17:56:05 ID:pWzOc5u/0
>>15
その映画見て「ユダヤ人は抹殺されて当然!」と書いたために
消え去った評論家がいたな。雑誌の「TV Bros」の映画評に。

22 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 18:07:31 ID:5ZTED0EKO
劇場版「AKIRA」のカオリ(の死に方)。
原作はまだ読み終わってないけど、劇場版はみた。
あの作品中で、カオリが一番素直(清純と言うのか?)な「いい子」だったのに…
圧死ってのはないよ。
最後まで生きてて欲しかった。

原作だと最後どうなるの?

23 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 18:13:35 ID:aOLvWItw0
>>22
言われてみれば、あれはひどいな。

さらっと説明すると、いじめられっこの鉄雄が超能力に目覚めて有頂天になる。
彼女に向かってカッコつけたり、俺様スゲー!と調子に乗っていたが能力が暴走してしまう。
どんどん身体が肥大して巨大化していくが抑えられない。
そのまま彼女(かおり)が肉の壁に取り囲まれ・・・プチッ

24 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 18:49:46 ID:OTN/1wjrO
>>17
やっぱオッテのお菓子は、もう食べないお(´・ω・)



25 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 18:58:23 ID:Y5uMaawn0
>>22
原作では鉄雄の部下に殺されるよ。

26 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 19:28:35 ID:OgM/pwjC0
「AKIRA」と言えば途中までの絵が本当に凄かったのに
途中で映画化の為に中断してたせいか絵柄が劣化したのが悲しかった
原作完結してから映画化すれば良かったのに・・・映画もあれだけの内容を二時間で収めようとしたせいか
中途半端だったし
原作凄かっただけに映画の中途半端さと途中からの劣化が後味悪かった

27 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 19:48:10 ID:WDC0E2li0
>15
ドイツ軍人たちが捕まっているのを柵の外から野次っていたのは他のユダヤ人たち。
彼らも音楽家だと知った将校は「自分はシュピルマン(主人公)を助けたのだから、彼に自分を救ってくれるよう伝えてくれ」と伝言を頼む。
しかし名を訊いたところで邪魔が入り、結局将校の名前は分からないままとなる。
伝言を聞いたシュピルマンがその場所を尋ねていったときには、もう何も残っていなかった。
その後シュピルマンは成功を収め、世界的なピアニストとなる。
シュピルマンを救った将校は、何年も拘束されたのち獄中で落命する。

あの映画の辛いところは、ほとんど台詞がないにも拘らず設定描写がしっかりしているところ。
ドイツ敗戦前、将校が自室の机に座っているシーンがあるけれど、机の上に幸せそうな家族写真飾ってるんだよね・・・

28 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 21:23:32 ID:JzZrcrEc0
戦場のピアニストか。アレは泣けたよ。
エイドリアン・ブロディだっけ。
また俳優の演技が胸に迫るんだよな。

29 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 23:36:18 ID:Oi3zPRdB0
個人的に風のクロノアの一番最初の奴のEDがものすごい後味悪い
世界平和になったのにお姫様がクロノアを世界から消しちゃうなんて…
それ以降のシリーズではちゃんと戻ってるらしいな。やってないからよくわからんけど。


30 :本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 23:54:37 ID:325c7gpU0
>>27
へー詳細サンクス。
ひとりの音楽家を助けたから許せって…
何万人ガス室に送ったと思ってるんだって、ねー。
貴重なマ○コもいいのは使いまくってから殺してるだろうが!!
「愛の嵐」っつー映画も見てね

31 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 00:48:31 ID:1ngFDFO70
>>29
久しぶりに見た「悪い例」

32 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 01:29:37 ID:5i+LqRk70
悲劇再び・゜・(ノД`)・゜・

痴漢の疑いで誤認逮捕 茨城県警が男性に謝罪
http://www.asahi.com/national/update/1228/TKY200512280369.html

茨城県警は28日、痴漢行為をしたとして同県守谷市の男性(28)を県迷惑防止条例違反容疑
で誤認逮捕し、15日間勾留(こうりゅう)したと発表した。
被害者という女子高校生らの供述をもとに男性を6日に逮捕したが、
アリバイが立証されて誤認逮捕が判明し、20日に釈放した。
県警によると、男性は1日午後4時20分ごろ、同市の守谷駅前通路で、
女子高校生(18)に痴漢行為をしたとして県迷惑防止条例違反容疑で逮捕された。
しかし、男性は容疑を一貫して否認。県警が男性のアリバイを捜査したところ、
その時間帯には別の場所にいたことが20日に確認された。
県警生活安全部の川島秀夫参事官は記者会見し、「アリバイを確認せずに、複数の目撃証言を
信用してしまった。男性の人格や社会的信用を失墜させてしまったことをおわび申し上げます」
と謝罪した。

33 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 02:15:32 ID:cnopBv7pO
分かってない人もいるのかと思ったので
ドイツ軍人=ナチス ではないよ。

いや、映画の中ではどーだったか知らんけど。

34 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 02:20:28 ID:DTZVxX0/O
茜の悲劇っていうの知りませんか?

35 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 07:22:15 ID:Hy9VjOP/0
>>32
別の場所にいなかったら、証明のしようはなかったのだろうな。
痴漢が許せないのはもちろんだが、馬鹿女の横暴もいいかげんにしろよ。

>>34
質問スレへの誤爆だよね? ね?
さようなら。

36 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 09:05:50 ID:lxufuKlV0
戦場のピアニストの、あのドイツ軍将校は、音楽好きってのもあったけど、
そもそも品格のある人物…っていう描かれ方をされてると感じたよ。
将校はシュピルマンに、自分の名前は言ってなかったんだよね。
「ああ、名前を名乗っておきさえすれば良かったのにぃ」と思った。
だけど、シュピルマンも音楽仲間も、将校の名前が分からなかったのに、
最後のテロップで、将校の名前と没年が判明していたのが不思議だった。


37 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 09:39:24 ID:dBt8CQB00
>30
最近では「ガス室」はユダヤ人の捏造って話も出てる。
物的証拠は無い(毒ガスで死んだ遺体が無い等)し、状況証拠もあいまいらしい。

日本で言う南京大虐殺に近いのかも。

38 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 10:00:47 ID:3dakCiaS0
DNA二重らせん構造を明かしたとされるワトソンとクリック博士の
それまでのいきさつも後味悪い。

39 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 10:02:11 ID:i7FDqupI0
>>36
大分前に原作を読んだのであやふやだけど、将校の没後に遺族の方とコンタクトが取れたとかそんな話だったと思う。
映画だとさらっと流されてたけど、シュピルマンへの義援金を着服してた奴への恨みが延々書いてあったのもなかなか後味悪い。

原作本も生々しくて面白かったから、興味がある方はご一読をオススメする。

40 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 10:03:25 ID:zeIFMeZbO
>>38
kwsk

41 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 10:20:00 ID:3hxehlVt0
>>40
>kwsk

これってなに?

42 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 10:27:59 ID:lxufuKlV0
>>39
ああ、そうだったのか。
シュピルマンが隠れていたあの辺りに駐屯していた部隊、
それに将校だから、ある程度の特定は出来たのかもね。
義援金を着服した人、映画の俳優さんは、いかにも胡散臭そうな顔の人を配役してたね。

43 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 11:21:05 ID:xGSSCgS20
>>41
詳しく

くわしく

kuwasiku

kwsk

44 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 14:24:40 ID:72xpZ91XO
>>37
それが本当だったら、
雑誌マルコポーロを創った人は後味悪いだろうね。

45 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 14:31:10 ID:Arbj9CMs0
>>37
こういうこと言う人は、ポルポトも捏造だと言うんだろうか?

46 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 14:40:38 ID:kOiH3+br0
インディ・ジョーンズじゃないが、
歴史において重要なのは真実ではないってことじゃないかな。

ガス室、南京、どっちもいまのところ「あった」というのが正しいんだろ。
(俺としては後者は不本意だが。)

学説(に値する説)をぶつけ合って落ち着くところに落ち着いていれば
それでいいんだよ。

南京のほうは、あまりにも肯定する主張がお粗末だったせいか、
少しずつ啓蒙が進んでいる感はあるよね。
10年後受け入れられている「事実」は、もう少し違うものに
なるんじゃないかな、人数とかw





ごめん正直インディ・ジョーンズ言いたかっただけです

47 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 15:48:45 ID:q6ZkRt4d0
>>46
南京大虐殺は事実としたあった。
南京で大虐殺をするのが5000年前から続く中華の歴史。
だから、南京を掘り返すと、何千万人分もの死体が出てくる。

日本はその5000年前から続く虐殺にも、責任を取り謝罪すると言ったのだ。

48 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 16:02:45 ID:XaanTADXO
亀だが茜の悲劇って文才ないのが救いだよな。

49 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 17:58:57 ID:8ohwpwlS0
塩野七生という女性作家が、「歴史小説には許される想像がある」とか言って
ルネッサンスのヨーロッパを舞台に反吐の出るような恋愛話を書いていたが
一方で「最も大切なのは事実。直接資料にあたる事」とも言って、
どっかの教会のめったに見られない文献を見せてもらったとか
大学のどこそこの貴重な資料を読んだとか、
自慢たらたら書いているのが後味悪かった。おまけにこいつは主婦作家なんだが、
「よくいろんな事がこなせますね」とインタビュアーにヨイショ質問されて、
「どれも完璧にはやらないのがヒケツ」みたいな事を答えてた。
んな気持ちでやってる小説読まされる読者や、家庭のダンナや、
子どもや、学校の学生はどんな顔してりゃいいんだ。クズ!!
と思った、厨房のオレでした。

50 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 18:27:52 ID:Hy9VjOP/0
「大衆が賢いとか限らないのだから、優秀な人間が導いてやらねば」って、
明らか上の立場からしゃべってもいなかったっけ、塩野ババア。

あんなのをのさばらせとく読者にも驚くね。そういうやつは、ババアの言うとおりの
愚民なのかもしれんが

51 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 18:29:04 ID:bNXUKMeB0
>>49
良いじゃないか学者や官僚じゃなく小説家なんだから。
小説家の本を買って読むかどうかは個人の自由。

52 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 19:10:05 ID:SzmBEFE80
史料だろ?

53 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 19:46:32 ID:n00djiDA0
たしか随分前のスレで既出だったと思うけど、チリンの鈴(原作やなせたかし)は本当に後味が悪かった。

大筋は狼に母親を殺された子羊(チリン)が、強くなるためにその狼と一緒に生活し
鍛えられ、狼より強くなったとき復讐するというストーリーなんだけど、
始めは「いつかこいつを倒してやる」と思っていたチリンは、何年かして強くなった時
自分をここまで鍛えてくれた狼を父のように思うようになる。
そして二人で他の動物達を襲い、回りから恐れられながら生きていくようになったある日、
狼がチリンが昔いた牧場を襲うようにチリンに言う。
「お前にできるか」という問いに「できる」と答え、牧場を襲いに行くチリンだが
いざ羊達を襲おうとしたとき、子羊をかばう母羊の姿を見て昔の自分と母親を思い出し、
どうしても殺すことができない。
チリンに「自分がやる」と言う狼。
その狼に「自分は羊だ」と叫び、羊達を守るためにチリンは戦い、狼を殺してしまう。
しかし、羊達はチリンを恐れ、決して受け入れようとはしなかった。
一人、狼と暮らしていた寝床へ帰るチリン。
仲間には拒絶され、共に生きてきた狼も自分が殺してしまい、もういない。
これからどうやって生きていけばいいのか分からないチリンは、ただ狼の名前を呼び続ける。
そんなチリンを、降り始めた雪が覆い隠していく…

チリンの鈴の紹介ページに
>感動のメルヘン・アニメーション。
とか書いてあるけど、全然メルヘンじゃない。見終わってしばらくブルーだった。

54 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 19:56:32 ID:vbeULLbR0
>53
なぜか北斗の拳タッチの絵柄で脳内再生された。

55 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 20:04:09 ID:n00djiDA0
>54
北斗の拳w
絵はこんなの
ttp://www.hida-anime.jp/img/05.jpg
ちなみにbeforeチリン。絵だけ見ればメルヘンだよな

56 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 20:09:00 ID:kOiH3+br0
>>55
…で、afterチリンは原哲夫タッチなわけかw

57 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 20:47:26 ID:OFip5lfG0
>>54
お前のおかげで後味爽快になっちまったじゃねえかw

58 :53:2005/12/29(木) 20:49:46 ID:7HGpkBpa0
>56
ある意味その通りw

>57
全くだよww

59 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 22:07:37 ID:8ohwpwlS0
「チリンの鈴」は今朝、BSアニメ特選でもやってたが、
このタイミングは明かに「あらしのよる」にぶつけてる気がする。
「チリン〜」の監督の波多正美も、「あらし〜」の杉井ギサブローも、
どっちも虫プロ出身だし、比較すると面白いと思った。
いずれも、人間が勝手に作ったストーリーって感じで、
実際のオオカミや羊はもっと無心だろうと思うと後味悪いけどね。

60 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 23:14:48 ID:qANlDotX0
[]

61 :本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 23:24:40 ID:5c/ZbQwM0
あらしのよるには雪山に一人残されたヤギもあの後のたれ死ぬんだろうなと思うと後味が悪いね

62 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 00:48:48 ID:I2ljL3BN0
>61
>12

63 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 01:53:15 ID:erEx1C7t0
>>53
いや〜ん!!チリンの鈴が出てる!
二週間くらい前なんだけど、ここのネタを考えてた時、
「そうだ、今度チリンの鈴を紹介してみよう」って思った。

チリンの原作を読んだのは、もうずっと昔、20年以上前のこと。
愛らしいチリンが、化け物チリンになってしまってショックだった。
そして狼のウォーとの対決と死別…確かに愛情は通っていたのに…
それで最後の、親羊が、むずがる子羊をなだめる言葉が、
「いい子にしていないと、チリンが来るよ」
この言葉が、羊達の間で一般的になってしまっているあたりがどうも…


64 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 01:56:03 ID:14fZ6Gyq0
>>50
いってることがシロッコとおなじ
あながち間違いでもないが・・・

65 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 02:02:31 ID:erEx1C7t0
>>64
ハマーン様も言ってたような気がする。

66 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 02:08:40 ID:m17omuAk0
思ってても商売上大っぴらに言わないほうがいい種類のセリフだな。
許されるかどうかは芸風(?)によるけど、塩野たんは言わないほうがよかったかも。

67 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 02:49:16 ID:erEx1C7t0
>>66
そういえば前スレで、渡辺ナントカ監督の話が出てて、
バリゾーゴン?とかの映画の時に、観客に「芸術の解らない愚民」
って言ってたってのがあった。
この人も、言わない方がいい芸風の人なのかな。
ダリだのゴッホだのと自分を同列だと思い込んでる一般人…ていうような。

68 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 03:19:41 ID:sOIhGOLX0
塩野たんは、確か自称マキャベリストなんだよね。
「君主論」書いた、マキャベリの思想に同調してるという。
まあ一般人を愚民と言うかはともかく、
大衆には賢いリーダーが必要だという考え方。
イタリアの歴史を学ぶ中で、チェーザレ・ボルジアとか、
マキャベリストの魅力的な人物を知って染まったようだけど、
だからといって自分が君主側に立って政治を良くしようとするわけでもない。
まあ、すべて半端で良いというのが人生のヒケツなんじゃ、しょうがないね。

69 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 03:30:13 ID:jzHJzUPT0
あ〜る君も言ってたね
大衆は豚だとかなんとか

70 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 03:34:22 ID:sOIhGOLX0
「明日の学園を支配する」

71 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 04:39:33 ID:PnQX5/xh0
民衆は豚だ
豚は養われなければ生きていけないじゃないか


72 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 05:51:25 ID:sNcipR7w0
日本で放映されてるかどうかはわからないUSの刑事ドラマ。
かなりシリアスで放映期間も長い人気ドラマ。

ある女性刑事は、刑務所に送った男が実は無罪だったという
誤認逮捕の経験がある。
男は冤罪を認められて釈放。
けれど仕事は失う、離婚する羽目になる、
元犯罪者というレッテルで人生はボロボロ。

女性刑事を誰かがつけ狙うという事件が起き始め
その男が疑われる。
彼は弁護士を連れて刑事の元へ。
"誤認逮捕は悪かった、後悔している"という件の刑事を擁護するように
"あなたも釈放されたんだからもういいじゃないか"と
付け加える別の女性刑事。いきり立つ男。
"何もしてないのにあんなところに閉じ込められて、
オレは中で散々強姦されたんだぞ!"
黙る刑事たち。
弁護士は、これ以上彼と接触するのはやめろ、
さもないと告訴も辞さないと刑事たちに警告、退室。

その後も物騒なストーカーまがいが続き、
ついに男を追い詰める女性刑事。
人質に銃を突きつける男、なだめようと必死になる刑事。
男は説得にも関らず、人質を撃とうとする。
仕方なく男を射殺する刑事。
男の銃には、実は弾はこめられていなかった。
それを知って、呆然自失の女性刑事。終。

元々勧善懲悪という雰囲気の非常に薄いドラマなんだが
誰が悪いのかわからずに、暗い気分になった。

73 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 07:26:24 ID:pF1Yo1ZA0
>62
ごめん、小説版読んでないんだ
絵本版の話

74 :本当になかった怖い名無し:2005/12/30(金) 07:54:21 ID:77UrOmoW0
>>72
弾をこめないというのが男の復讐だろう
後味を悪くして女刑事を一生苦しめるためだね

75 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 08:31:26 ID:4HJZiLpD0
一種の自殺だったんだろうな。人生ボロボロだったし…

76 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 09:00:03 ID:hs22ay9f0
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1132578556/l50

77 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 09:22:42 ID:5WPPXtUJO
>>76
なんかお前のIDみたらデジャヴ来た

78 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 10:36:38 ID:wq4THkoE0
>>66
確かに。
その意見が正しいかどうかではなく、そんなことをはしゃいで話せる時点で
恥ずかしい基地外なんだよな。

引っ張ってスマソ

79 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 11:08:16 ID:sOIhGOLX0
ああ、成る程。
「言ってる事は正しいんだけどね」
と認められながら嫌われるヤツっているよね。

80 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 11:15:02 ID:KmvMeX+S0
いやただの空気読めないヤツ

81 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 12:15:41 ID:7XPZc3+e0
君主論も人間善性説もある意味この台詞で終わる。

「ありがたいことに私の狂気は君達の神が保障してくれるという訳だ
 よろしいならば私も問おう
 君らの神の正気は一体どこの誰が保障してくれるのだね?」

民主主義万歳。

82 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 13:31:44 ID:h5kZ+0mSO
ヘルシングの台詞か…
一週間前から単行本を集め始め7巻まで出てるうち6巻まで買った
水曜発売の本誌で主人公が掘られると知って引いた
この6冊の本どうしようってことでいま後味悪い真っ最中

83 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 14:10:38 ID:4HJZiLpD0
>82
それは旦那のモデルのヴラド公からの話なんだろうけど、あれも後味悪いってか切ない話だね。
子供の頃一緒にオスマントルコの人質になった弟の方は、「世界ふしぎ発見」でもはっきり
「皇帝の愛人」になってたって言われてたなぁ

84 :1/2:2005/12/30(金) 14:48:11 ID:7KvBIAe10
高校生だった時に授産施設などを訪ねていろいろ通所者と交流したり、お手伝いする
福祉クラブ、というのがあった。ほぼ忘れられた状態だった。私が三年生になった時に、
新入生が入部しないと廃部になると言う事が決まった。

私のクラスに、ヘンに責任感がつよい人がいて、その話を聞いていきなり部長になると
言い出した。そして本当に部長になった。部員は彼女と二年生が二人。
そして、彼女は施設に手作りケーキを持っていくことを提案したらしい。
以前にケーキの調理実習の時間に私の班が一番はやく綺麗にできて、それは
私が家でケーキづくりをしていたから、と言うのを知っていた彼女は強引に私を
ケーキ作り要員に組み入れ、私はケーキを作るのは好きなので学校の調理実習室で
ケーキを作った。休みの土曜日にわざわざ学校に行って作った。

できあがったので帰ろうと思ったら、二年生ふたりがさっさと先に帰ってしまい、部の顧問の
先生に人数がすくないから一緒に行って欲しいといわれ一緒に某施設に行った。
責任者は不在で代理の人がいた。
施設は普通の民家だった。彼女は出来上がったケーキをテーブルにのせ、
「わたし綺麗に切れないから〜」と行って切り分けて配る役を私に押し付けた。


85 :2/2:2005/12/30(金) 14:49:03 ID:7KvBIAe10
彼女は居間のソファに座った。私の周りには通所しているらしい人たちがそっと寄ってきて
興味深げにみていたり、お皿を並べたりしていた。その時にドアが開いてその施設の
責任者が入ってきた。その人は私と顧問の先生をねぎらってくれた。
そして、ソファに座っている部長に気付き、部長に言った。
「あなた、今日から施設に通う事になった○○さん? よろしく。ゆっくりと直していきましょう」
部長はびっくりした顔をした。
「大丈夫。ここはいい人ばかりだし、ゆっくり社会復帰できるようにのんびりとね」
それを聞いて部長は泣き出して、走って飛び出していった。

びっくりする責任者。顧問はそれが一緒に来た部員であることを告げ、私は部長を
追いかけた。部長は庭で泣いていた。私を見て喚いた。
「ちょっと、酷いじゃないの!なんで私がキチガ○と一緒にされるのよ、なんで私を
キチガ○扱いしないといけないのよ!私がケーキを持ってくるって提案したのに!!」

その部はその二日後に廃部になりました。いろいろと後味悪い思い出。


86 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 14:52:17 ID:Tfybdrq+0
>>66>>78
「いつもいらぬことを言ってしまう、一言多い私」は自覚している模様。
なぜか、自分と美智子妃殿下・サーヤの賢さとを比べて
文藝春秋で語っていた。以下、エピソード。

2,3年前、フィレンツェ来訪中のサーヤと会うことになったとき
「結婚は一度はなさった方がいいですよ、さもないと一生男に夢を持ち続けることになってしまいますから」
と言ってしまい、サーヤはフフフ・・・と笑い、大使はじめお付きの者たち皆渋い顔、
ああこれで私も皇居に立ち入り禁止だなと思った。
今回のご結婚のことで、あのときのことを思い出す。

サーヤにまでむちゃをいう、上から目線の塩野。上からっていうか斜め上から。

自分をちゃかしているつもりかもしれないが、
見当違いすぎな自分を恥じるのではなく、誰にでも臆せず言っちゃう自分賛美の流れ。
しかしサーヤ、マジ性格いいな。と思わせるってことは結局この文章成功してるのか?
しかしやはり塩野後味ワロス。

87 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 14:53:09 ID:Ky6pFVBo0
ワラタ!!!

88 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 14:55:36 ID:r6fZQd7qO
後味スレ開いたのにヘルスレに飛んだ!
と思ってびびった

89 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 14:57:06 ID:3ONbFKZ40
>84
そいつは責任感が強い訳じゃないだろ。
結局面倒なことは全部>84に押しつけ偽善者ぶっていた部長には当然の報いで、
別に>84が後味悪い思いすること無いと思うんだがな。


90 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 14:58:09 ID:Tfybdrq+0
>>85
すまん、リロードしてなかった。
その責任者の仕事の適当さがいちばん後味悪いなw
ちゃんと確認せえよ。

「部長」は、若いから。でも偽善者に報いがってことでちょっぴり後味いい。

91 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 15:55:47 ID:rh/LGwQR0
>「あなた、今日から施設に通う事になった○○さん? よろしく。ゆっくりと直していきましょう」
ちょとワロタ

92 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 18:23:26 ID:Bvt4+3tb0
まあ、はっきり言っちゃうと部長の顔がキチ顔だったって事だろ?

93 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 20:59:28 ID:ahEHVWfD0
>>91
確かに笑えたw
しかし決めつけはひどいね
仮に本当に新入りだとしても…
そのセリフが>>84さんに言われて、部長が大笑いして学校で触れ回ったりしたら後味悪くなったかも

94 :本当にあった怖い名無し:2005/12/30(金) 21:39:08 ID:4HJZiLpD0
>>84が後味悪かったのは、責任感強そうに見えた子が実は無責任で
施設の通所者を基地外と見下していたってことでしょ。
(>84は少なくとも他人にそんなことを言うべきでないっていうのは心得てるんだろう)
彼女を通所者と決め付けてしまった責任者の方もバツが悪いだろうし、
活動はそこで尻切れトンボだし、後味悪いとおもうよ。


95 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 00:24:34 ID:1Vp8J3jr0
>>86
上からモノを言いたがる人って、コンプレックスの裏返しなんだろうけど、
コンプレックスって独りよがりの場合もあるから恐いな。


96 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 09:22:48 ID:Otw8bqkf0
一人座ってたらそう見えるかもしれんわなぁ
で、その責任者ってホントに責任者?
自分を責任者と思い込んだキ印だったってドンデン返しはないのw

97 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 09:31:07 ID:2D1mclo+0
>>85
「はぐれ雲」にもそんなテーマがあったな。
新之助が和尚さんと二人でハンセン氏病(らい病)の人の世話をする。
その人が亡くなった後、和尚さんが食べ残されていたお粥を「もったいない」からだっけか食べ始め、
新之助にも勧めるのだけど、新之助は食べることが出来なくて、泣きながら走っていってしまうの。

>>46
ガス室は無かった説を発表しているURL、書こうか?
ヨーロッパでは信憑性を検証しようとするだけで処罰する国が、現在多いらしいよ。
あと「ポルポトの虐殺はなかった、あの膨大な白骨があった場所は、
ポルポト以前の華僑の墓地だった」って説を調べている人を知ってるよ。

98 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 09:42:59 ID:2D1mclo+0
俺的に後味悪い話。

数年前、某映画がヒットし、
「正しいことをしたければ、偉くなれ」という言葉が人々の心を打った。

数年たち、法務大臣になった人が
「私は死刑執行のサインはしません」と断言した。
するとあちこちから
「んなら、法務大臣の職を引き受けるんじゃねぇ!」と叩かれ、
発言を撤回しなくてはならなくなった。

99 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 09:52:13 ID:hxBLNgWk0
いきなり宣言したってダメに決まってんじゃん
「正しいことをしたければ〜」の意味は
口出す権利を手にしてシステムを変えるよう努力すれってことなんだから

100 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 10:25:27 ID:PO1i+Bh7O
私の知るある一例。
仮名A。
・19歳…結婚。長男出産。1〜2年空けて次男出産。
・22歳…クラス会をきっかけに、中学時代の同級生B(独男)と不倫開始
・23歳…Bと別れた直後、妊娠発覚。何食わぬ顔で出産。長女誕生。
・33歳…Bと偶然再会。不倫も再開。B妻にバレかけること数回。ごまかしながら不倫続行。
・37歳…B妻に物的証拠を掴まれ、不倫は強制終了。
過去の不倫も既知のB妻に要請され、長女のDNA鑑定実施。
DNA鑑定をするに至った経緯をAの直筆で書いた説明文(署名・拇印付き)と、DNA鑑定結果の原本をB妻に提出。


私は実はB妻の知り合いなのですが、B妻は説明文とDNA鑑定の結果のコピーを、Aの夫宛てに配達証明郵便で送付した後、以上の内容を遺書にしたため、自殺しました。
Bによれば、Aの長女はA夫婦の子供だという鑑定結果が出ていたそうです。

B妻の葬儀の数日後、A家の自宅住所や電話番号を内容に含む手紙が、私宛てに届きました。
私は、B妻が自殺ことをA家に電話連絡し、電話を取ったA夫とおぼしき男性に『おたくの奥様の、無責任無思慮な行動のせいで、私の友人が追い詰められた結果が、これです』と言いました。



101 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 10:28:31 ID:BmMWk+Nc0
>>100
>A夫とおぼしき男性
A夫本人ではなかったら後味悪い

102 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 10:43:07 ID:hlJ5b2fxO
A夫は悪くないのに責められ不倫張本人のBがなぜか脇役のようになってて後味悪いっていう話?

103 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 10:45:49 ID:J+YXejEt0
>>97
無かった説を発表してるサイトが揃いも揃ってロクでもないからなぁ。
信憑性の検証を謳いつつ、やってる事がネオナチだったりするわけで。

104 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 10:47:16 ID:p2nf2SVQ0
ほんと。自殺したB妻と同じ立場の人責めてどうすんの。
どうせなら、A本人に代わってもらって言うか、Bに言えばいいのに。

これでA夫がショックで自殺しちゃったら、後味悪いよ〜

105 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 11:13:02 ID:PCkQIRwl0
なんだか突っ込みどころが満載だし、読み終わっても
ちぐはぐな感じしか残らん。

とりあえず、B妻とかA夫じゃなくて、A、B、C、Dと書こうな。



106 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 12:25:18 ID:bvsWW9k00
10代で妊娠出産結婚した挙句不倫しまくったAはDQN!
そんなAの夫(なぜ夫なのか謎)に一言ガツンと食らわしてやった自分カコイイ!
このあとまたひと騒動かもね、ププ後味悪ーい!
3人も子供がいるのにーい!
じゃね?
友人の不幸をこんなところに書きこむあたり…。

不倫はよくないが、100のやったことはまさに余計なお世話だ。


107 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 12:40:58 ID:WrSHDSR50
よく分からん

108 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 12:59:57 ID:L8jYBP800
誰かまとめてくれ

109 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 13:08:41 ID:jykoxKNv0
B妻それくらいで自殺すんなよ後味悪い

110 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 13:48:45 ID:NXwPWVdb0
>>97
説を発表するのは誰でもできるわけで。
サイトに書いてるから事実だと信じてるなら
ちょっと認識を改めたほうがいいよ。

なかった説が信憑性に欠けるのは、
なかったと言う人が検証した結果なかったと言ってるのではなく、
最初からなかったと言う結論があって
それに合わせて証拠をあげてるからだな。

111 :97:2005/12/31(土) 14:01:05 ID:lckIj12h0
>>110
頭大丈夫か?
よく読んでくれよ。俺は特定の説を「事実」だなんて主張はしてないよ。
いろんな説があるのは面白いし、たとえお粗末な主張やあやふやな論拠だったとしても、仮説そのものが楽しいと思ってるから。
だから紹介したかっただけだ。
君みたいに証拠とやらにこだわって他人の説を否定しすぎる姿勢は、弾圧してる連中と何ら変わらんよ。むしろ君こそ認識を改めるべきだ。それができないなら死ぬべきだ。
「ありえねー!」とツッコミを入れるのはいいが、仮説を立てること自体を否定するのは野暮だろ。

112 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 14:13:02 ID:cWRx1VTr0
確かにAは悪いが、Aの方ばっか責めてBを攻めないあたり
いかにも女のやる事って感じで後味悪いな

113 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 15:34:37 ID:acSY1UxqO
いや、>>100の書き方だと、
不倫の当事者双方を直接責めずに、A夫ていうB妻と似た様な立場の人に八つ当りしてる感じが後味悪い。
100は、A夫の監督不行き届きとでもいいたいんだろうけどさ。
何でわざわざA家に電話かけてんのに、A本人に文句言わないんだろ。

114 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 15:37:28 ID:acSY1UxqO
間違えた、>>113
>>100の最後の方の書き方だと、だったよスマソ

115 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 15:59:32 ID:hlJ5b2fxO
ガス室云々は該当スレでやってね
世界史板だけでも話せるスレいっぱいある

116 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 16:34:21 ID:AcSY6PCb0
>>98
あれは、映画の影響ではなくて、その人の宗教的理由
からじゃなかったけ?

117 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 18:29:48 ID:mvy2uyB70
うんこ ちんこ まんこ

118 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 19:07:33 ID:NKjT7E3f0
>>98
叩かれたのは、死刑執行のサインしないのに大臣になったからじゃなくて、
大臣になったのに死刑を刑法から消去する法改正の手続きをしなかったから。

つまり、口だけだった。

119 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 19:30:25 ID:km3reflIO
つーかさ、死刑を執行したくないなら刑罰をもっと重くしろよ

死刑廃止論者って死刑廃止にしろって言うだけで、被害者や社会の事何も考えてないよな。

今の法律で死刑廃止したら、大量殺人犯でも十年かそこらで、出てこれることになる
そんなんだから死刑は廃止に出来ないんだろ。
死刑を本当に廃止にしたいんだったら、刑罰をもっと重くする運動も同時に起こせよ。

120 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 19:34:05 ID:NKjT7E3f0
>>119
>今の法律で死刑廃止したら、大量殺人犯でも十年かそこらで、出てこれることになる
大量殺人犯が出てこなければ、被害者が復讐できないじゃん。
民事裁判とかナイフで刺すとか。

被害者のことも考えて発言しようね。

121 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 19:53:34 ID:1Vp8J3jr0
「お前は、そんなに簡単には死なせはしない。
死よりも恐ろしい苦しみを与えてやる。ふははははは」
とか裁判官が言う時代が来たら面白い。

122 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 20:09:00 ID:rKIskHGh0
「銃殺で勘弁してやるわ!」とかね。

123 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 20:26:32 ID:1Vp8J3jr0
モンキー・パンチが昔描いてた「ルパン三世」の原作に、
五右衛門の復讐話があった。
一応、五右衛門というのはルパンの仲間で、いつも和服の居合い抜きの
達人なんだけど、この人の恩師だか親友だかが、某悪党に殺される。
怒りに燃える五右衛門。この人ににらまれたら、まず生き延びられない。
自分の死を予測した悪党は、刑務所に入って、
常に見張られている事によって、復讐を逃れようとする。
つまりワザと罪を認めて裁判で終身刑になり、
あとは刑務所の中でハバをきかせて、のんびり生き延びようというわけ。
そこまでは五右衛門も手が出せないハズ、と。
何としても直接、その悪党をたたっ切りたい五右衛門のために、
ルパンとその仲間たちがひと肌脱ぐ。
ルパンたちは難攻不落の検察側・弁護士側の資料庫に入り、
警察側が完璧に集めた有罪の証拠を、片っ端から無害なものにすり替えてしまう。
さて、裁判の日。提出される証拠は、どれも
悪党の罪を否定するものばかり。
最初は余裕かましてた悪党も、次々消えていく殺人の証拠にあ然。
「オレは有罪だ!!刑務所に入れてくれ!!」と泣き叫ぶもどうにもならず、
ついに、皆が首をかしげるなか、無罪放免に。
刑務所のトビラを叩き、「開けてくれ! オレを助けてくれ!!」
と叫び続ける悪党。その背後に、刀を携えた五右衛門が、
静かに近づいていく所で完。

あり。後味悪くなかった感じ。
アニメにはなってるのかな?

124 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 20:34:55 ID:UtwTVjrP0
「友よ深く眠れ」?

125 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 20:37:11 ID:1Vp8J3jr0
ごめん、サブタイトルはワスレタ…

126 :125:2005/12/31(土) 21:31:49 ID:1Vp8J3jr0
失礼、判りにくかった。
ワスレタてのはコミックの方のサブタイの事。
ルパンの最初のころの原作って基本的に読み切りで、
毎回サブタイトルが付いてるんだよ。
アニメの方は全くしらんです。
重ねがさねスマン。

127 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 21:48:15 ID:qtD7WGiVO
それアニメで見た記憶がある。

128 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 21:54:00 ID:gukETsv+0
>>100
100は、人の家庭に踏み込んで人を責める覚悟があるんなら、
友人としてはまず、Bを苦しめた浮気夫を責めた方がよくね?

A夫に、「あんたの友人のキティな思いこみでこっちが迷惑した」
とか切り返された日にゃ、友人の苦しみも汚される。

129 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 23:09:42 ID:u3jD3dph0
曙〜

130 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 23:32:29 ID:1Vp8J3jr0
紅白のきしだんの歌の時にさ〜
ウラ番組をヤユったダンサーたちがバックで躍る効果でさ
格闘家のかっこした(誰をちゃかした扮装かは一目でわかるようになってる)連中が
ラインダンスみたいにして盛り上げてるんだけど、
明かに曙役の男が、舞台でばったり倒れて救急隊に運ばれる、ってシーンがあってさ
観客の笑いを誘うつもりだったんだろうけど引いたな〜
NHKも品性が落ちたもんだよ。悪趣味だっつうの

131 :本当にあった怖い名無し:2005/12/31(土) 23:35:12 ID:YwTAiHlo0
きしだんしね

132 :本当にあった怖い名無し:2006/01/01(日) 03:44:51 ID:HNzc+PIu0
>>100
Aの旦那への郵便はAに握りつぶされてる可能性もあっただろうし、
事実をはっきり告げるって意味では>>100の行動にも意味があったんじゃないの。
>>100みたいな第三者にまでメンツ潰されたA旦那の怒りとカナシミは、見事Aへ向けられて復讐成就だろ。

知らずに種違いの子供を育てさせられてた可能性もあったろうし、
電話に出たのが人違いでなけりゃそう後味悪いとも思えね。>>100はコピペ?

133 :本当にあった怖い名無し:2006/01/01(日) 04:43:23 ID:PZdPKYWG0
コピペならもっとわかりやすい文章になってるだろ。

134 :本当にあった怖い名無し:2006/01/01(日) 05:08:40 ID:HNzc+PIu0
>>84
これあれだ
辻本だ福島だ
朝生見てて思った

135 :本当にあった怖い名無し:2006/01/01(日) 07:36:27 ID:4X6eLjSjO
おまいら、いつまでも去年のネタ引きずるなよぉ

136 :本当にあった怖い名無し:2006/01/01(日) 10:40:30 ID:QI9S+3yL0
曙って何かあったの?きしだんのステージは楽しく観てたんだけど
あの格闘技ネタは良く分からなかった。
紅白の中ではきしだんのステージが一番こってて楽しかった。

137 :本当にあった怖い名無し:2006/01/01(日) 11:15:05 ID:iz1u38A50
曙はK1に出てボビーに負けたんじゃなかったっけ
判定負けらしい

138 :本当にあった怖い名無し:2006/01/01(日) 12:21:07 ID:xq4fUJ4M0
スレの皆さん明けましておめでとうございます〜
ひとつ、今年もどうぞよろしく。

139 :記憶力の優れた女:2006/01/01(日) 12:46:41 ID:xGAhINKE0
わたしの記憶では曙がボビーオロゴンにのしかかったりして優勢でしたが、途中からボビーに殴られまくって、最終ラウンドではお互いに近付けないで遠くからパンチやキックをちょこちょこ出しあうだけのショボイつつきあいになりました
結局曙が判定負けでした

140 :本当にあった怖い名無し:2006/01/01(日) 19:16:36 ID:wPCfv8dz0
>>130
禿げ上がるほど同意

あんな下品なステージを垂れ流すなんて、
紅白歌合戦もいよいよおしまいだな。

>>136
>ステージが一番こってて楽しかった

お前は一度、一番"こった"方法で侮辱されてみるといいよ。
そのときは俺が腹抱えて笑ってやるから。

141 :本当にあった怖い名無し:2006/01/01(日) 19:26:06 ID:y4pX5pGw0
>>140
同意はするけどどうしてそんなに真っ赤なのかわからない

142 :本当にあった怖い名無し:2006/01/01(日) 19:32:33 ID:gZfiVjkY0
>>140
曙乙

143 :本当にあった怖い名無し:2006/01/01(日) 20:56:10 ID:znMo3ZES0
>>141
そんなに真っ赤か?スマン。
でもああいった悪意に満ちたパフォーマンスがどうしても
キライなんだよ。
それに、そういうのばっかりかます奴に限って
自分が笑われるとマジギレする事ない?

144 :本当にあった怖い名無し:2006/01/01(日) 21:48:48 ID:bURON2do0
自分は普通に面白かったと思うよ
でもここを読んで不愉快になった人もいるって事が分かった

145 :本当にあった怖い名無し:2006/01/01(日) 22:47:53 ID:048sj5wz0
菜食主義者が「肉食うなんてお前ら最悪」とか攻め立てるのと
同じようなもんだろ。
当然それが正しいとわかっていても、
他人が失敗したら笑ってしまうのは大昔から変わらない人間の性。

146 :本当にあった怖い名無し:2006/01/01(日) 22:51:59 ID:Ns4vH/BaO
あのステージは普通に気分悪くなった
自分達が視聴率取れなくなったからって、あんな最悪なステージ放送するとか

147 :本当にあった怖い名無し:2006/01/01(日) 23:12:58 ID:Iel1iiUM0
気分悪いとは思わないけどNHKがやることじゃないなあ
俺はお金払ってないから見てないけど

148 :本当にあった怖い名無し:2006/01/01(日) 23:14:47 ID:spLz09zMO
氣志團のステージは賛否両論あるだろうけど、後味の悪さで言ったらWaTのマイク倒れた奴のが遙かに上だと思う。
生放送にはいろいろあるってフォローになってないw

149 :本当にあった怖い名無し:2006/01/01(日) 23:20:29 ID:Bj/s2N0SO
>148
kwsk
ワットってのから分からん

150 :本当にあった怖い名無し:2006/01/01(日) 23:28:23 ID:zKUqI64R0
>>148
詳細書けよ
書いてくださいよ

151 :本当にあった怖い名無し:2006/01/01(日) 23:36:23 ID:eRwzdwYvO
>>117
うわっ……すっげ後味悪いよ

152 : 【豚】 【625円】 :2006/01/01(日) 23:38:49 ID:jnNesqCx0
へへへ

153 :本当にあった怖い名無し:2006/01/01(日) 23:46:37 ID:Bj/s2N0SO
きしだんとやらの件は、人の失敗や惨めな姿を笑いものにしている所が不快。自分が笑いものになった時も笑うのかね?

154 :本当にあった怖い名無し:2006/01/01(日) 23:58:07 ID:y4pX5pGw0
>>153
2ちゃんでそんなこと言っても・・・

155 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 00:57:08 ID:rq9xRvZd0
>>154
2ちゃんならなんでもOK?


156 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 01:19:14 ID:vFYY/XL80
文句があるなら2ちゃんねるで吠えてないで
直接NHKに言えば?って事かと思った。

157 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 01:24:18 ID:vFYY/XL80
もしくは、ここで氣志團の人々が笑われたときどーするか
問われたってシラネって事か

158 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 02:29:07 ID:ZRDGa6xs0
>>149
WATって二人組の男が歌ってた時に、カメラさんに不始末があったらしいんだ。
らしいってのは、テレビではカメラに映った映像しか判らないので、
客観的に何があったか今イチわからなかったから。
見えたコトからのみ言うと、二人がステージに立ってる姿を後ろから映しつつ、
そのままワンカットで二人の正面に回り込んでアップを映す、
というカメラ移動をした直後、二人のマイクが倒れたのが見えた。
向かって右手にいるヤツには、顔に倒れたマイクが当たりさえした。
すぐ後、スタッフが謝りながらマイクを立て直した様子。
歌手の二人はずっと笑顔で、歌がとぎれるコトはなかったけど…。
実のところ、手ぶれもなく、舞台にカメラ用のレールをしいたってワケでもなく、
スムーズに回り込んだカメラというのは凄いことだったらしく、
一緒に見ていた専門家の友人が、その瞬間「おおっ、すげえ!」と叫んでいた。
気になっていたから、実際その場にいて見てた人とかいたら、
何が起きていたのか教えて欲しいくらいだ。
不祥事が起きたのはわかったし、はっと緊張はしたけど、
後味悪くはなかったよ。

159 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 02:46:01 ID:xxw/pRLZ0 ?
今回の紅白は響鬼さんが出てくれただけで満足。

160 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 02:47:44 ID:do4+lVkZ0
ちん

161 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 02:59:26 ID:G1ASULpq0
こ まん

162 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 03:08:33 ID:ZRDGa6xs0
>>160>>161
のアナグラムは「んん、まちこ」

163 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 03:13:39 ID:0w+jnUj20
昔イカデビルが戦闘員を率いて「久しぶりだな本郷猛」とかいいがら出てきたときは感動したものだ
紅白はなぜかライダー出るよな。寸劇みたいな感じで。

で、きしだんはなにをしたのさ。WATの件も知りたい。
トウジ俺は強迫性障害発動中で洗物に必死でTV見る余裕なんて無かったのだ。
今は少し落ち着いてるが。

164 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 03:20:28 ID:ZRDGa6xs0
トウジって、昨夜な。
きしだん自体は、タダ歌ってただけだよ。
後ろで躍ってたダンサーたちのパフォーマンスの内容が、
他局をバカにしたり、他人の尊厳を笑いモノにしてるみたいで
後味悪かった人もいたようだ、って話。

165 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 07:31:59 ID:93NN0o0W0
確かに紅白の件は昔のNHKならやらなかっただろうな・・・
民放がやるのとは違うだろうからね。

婆ちゃんが相撲好きで、曙も好きだったから無言でしかめっ面してた。
現役の曙を直で見たこともあったからさ。あの負け方も知ってたし。
裏で曙が闘ってるのは知ってたが、わざと見ないように紅白見てたのに。
曙倒れた瞬間婆ちゃん口開いたまま固まるし・・・

相撲好きのNHK信者の年寄りにはショックだったらしい

166 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 08:42:33 ID:e5qdysyM0
紅白なら、
グループ魂の琴欧州への狼藉の方が見てて不快だったがなぁ。

167 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 09:22:59 ID:DUkYnlZL0
琴欧州の「バレー」発言に、一瞬戸惑った時は
琴欧州グッジョブ!と、思った。

168 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 10:18:00 ID:7JGJ5jL30
グループ魂ひどかったな
ワケわからんグループが必死でカマッテちゃん状態 

169 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 12:21:14 ID:ZRDGa6xs0
ええと、この件はですね、何が起きたかと言うと、
「グループ魂」と言う、各界の著名人が集まって歌を歌ってる、
というのがウリの、半分キチガイみたいなノリのユニットがあって、
ジャカジャカしたコミックソングの合間に、ボーカルが
審査員である琴欧州に、話しかけるパフォーマンスがあったわけ。
それが、「アンタも有名人だね、よくテレビでみるけど、何してる人?」
みたいな内容。それに対し、琴タンが一拍おいてから、「バレー」とひとこと。
打ち合わせにあったかは知らないけど、まあそこでボーカルはとまどい、
客には苦笑がもれ、っていう白けた一幕があったんよ。
ただでさえ時間が押してたらしいのに、身の冷え切るようなギャグだった。
「琴タンが退屈してるみたいだから、何か話しかけて」なんて指示でもあったのかねえ。

170 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 12:55:32 ID:7JGJ5jL30
各界の著名人だったのか…
ごめん全然知らなかった

171 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 13:04:08 ID:Rym1uGOG0
ちょい悪だとかいきがってたが惨めだな<グループ魂

172 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 14:27:27 ID:tDMDVe92O
どういう人がメンバーだったのか、激しく知りたい午後2時半近くの俺。
オシエテクダサレ...

173 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 14:39:39 ID:VV4W0gCA0
だったのか、って・・・一夜限りのバンドじゃないんだから

174 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 15:16:46 ID:2d++I7RXO
>>172
松尾スズキ率いる劇団「大人計画」の面々ですよ。
阿部サダオとか、クドカンとか。

175 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 15:21:16 ID:uAB7ThBc0
個別に見ても寒そうな連中が、集まってやらかしちゃったって感じだよね

176 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 15:55:35 ID:9VFE4T5T0
あれは選んだNHKが悪いと思う

177 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 16:00:41 ID:2d++I7RXO
紅白なんて全く観てなかった俺は、グループ魂が選ばれてた事に驚いた。
ヒット曲何かだしたの?

178 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 17:11:03 ID:Jmw/iNvq0
ああ…グループ魂とかきしだんとかいう人達を全然知らない私って…
だけどスマップなら知っているよ。
紅白は、テレビはついてた。親が見てたから。
で、私はその横で本を読んでたんだけど、ふと聞こえてきた歌がとっても下手。
「あれ?余興で素人でも出してるのかな?」とテレビを見ると
スマップのナカイって人だった。
あの人の歌、初めて聞いたけど、なんていう下手さなんだ!

179 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 17:30:36 ID:BVILvQaD0
スマップなめんなカスが
偽善的な新曲トライアングルもよろしこ

180 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 17:33:23 ID:vFYY/XL80
>178
わはは、中居の音痴は本人も自虐ネタにしてるよね。
「俺だけマイク音量下げられてる」とか。
でも許せないのはスマップの歌の下手さ加減は中居一人のせいじゃ
ないのに中居一人に責任押し付けてるところだw

181 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 18:33:54 ID:bDGfXBzn0
中居が足を引っ張ってることを強調することで他のメンバーがうまいように見せる巧妙なトリック

182 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 18:45:07 ID:mjccpODt0
紅白ってどこまでヤラセなんでしょうかね。


183 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 19:01:12 ID:NvrsS6Cn0
ZRDGa6xs0さんの紅白解説に、なんて親切な人なんだ!と感動している。

184 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 19:28:12 ID:Kp/jY5vSO
大トリがスマップってのが嫌。北島三郎じゃだめか?去年の24時間テレビも最後「世界に一つだけの花」だったしね。

185 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 20:42:02 ID:cjMqRJL50
グループ魂の「君にジュースを買ってあげる」を初めて聴いたとき、
これを紅白で歌うのか?いいのか?なんでこの曲選んだ?とびっくりした。
男は優しさが大事だから、君にジュースを買ってあげる、ってほかに、
「たまに暴力ふるうけど」
「(君にジュースを買ってあげるから)家賃と光熱費は君が払って」って
フレーズも混じる。
実際紅白ではショートバージョンだったのかな?
「暴力ふるうけど」は歌ってた気がするが。

一番後味が悪かったのは、阿部サダヲのアドリブのきかなさ。
>>169のとき、阿部サダヲの必死な空気と、いやーな返しが・・・。

186 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 20:48:57 ID:veIUSU5G0
こうやっていろんな話を読んでいると、
紅白のせいでNHK料金不払い者がさらに増えそうな感じだなw

187 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 21:09:13 ID:0nT0G05v0
紅白はムカついたけど、
元旦のウィーンフィルと今日のザルツブルグ音楽祭でチャラにしてやった。

188 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 22:34:27 ID:41JBCaRi0
紅白相当つまらなかったみたいだね〜。見てないから知らないけど・・・。

流れぶった切って後味悪い話投下・・・既出だったらすまそ。
つ「ジラード事件」 ttp://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/zirado.htm
長いから貼っちゃう。

戦後の、米国の日本人に対する態度が最高に後味悪い。
国際法の判例を勉強してると、後味悪い事例は結構みかけるが、これが私にとって最強。

189 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 22:53:25 ID:vFYY/XL80
紅白なんて自分がみたいとこだけピンポイントでみればいいんだよ。
とかいうと今年からNHKタイムテーブル発表しなくなるかもしれない。
したらぜってぇみないからいいや。

190 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 22:57:17 ID:5jMPrjU7O
話を戻して恐縮だが、ミキティは紅白の審査員やったの?
低俗な俺は、ズッと仕事してたんだ罠。で、気になっててね。

スマン。よろすこふ。



191 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 23:17:51 ID:c0NEiRO70
>>188
電車に向かって狙撃したという話を聞いたことはあったけど・・・
本当に胸糞悪いな・・・この他にも多分強姦なんかは闇の中だよね・・・
在日米軍って、今現段階では必要だとは思うけど・・・
アメリカって、だから嫌われるところにはとことん嫌われてるんだな・・凄く納得した。

192 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 23:19:34 ID:ZRDGa6xs0
審査員?いや。
フィギュアスケート選手のミキティこと安藤美姫なら、やってなかった。
モーニング娘。のミキティこと藤本美貴も、やってなかった。
ただし、こっちは歌手として舞台に立ってたし、誰だかのバックダンスやってた。
舞台に出たので一番今回キュートだったのは、
愛地球博から放出されたキッコロだった、とオレは個人的に思います。

193 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 23:20:44 ID:ZRDGa6xs0
スマソ
>>192は、>>190サンへのレスれす。

194 :本当にあった怖い名無し:2006/01/02(月) 23:54:37 ID:tDMDVe92O
>174
ありがとうございます。なんでわざわざグループ組んで、歌っちゃったみたいなコトしたんでしょうかね。どっちにしても、そんな訳解らんモンが紅白に出るなんて、NHKも必死ですな。まあ、受信料払ってないし、どうでもいいんですがねぇ。

195 :名無し募集中。。。:2006/01/03(火) 00:00:57 ID:7JGJ5jL30
まあミキティとはそもそもモーニング娘。の藤本美貴様の事なんだがな

196 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 00:08:29 ID:PULzCYNz0
藤本美貴といえば、以前サンリオの「いちご新聞」で
写真いっぱい載ってインタビューされてたコトがあって、
「愛称がミキティなのは、キティが大好きだから」
という話だったんだけど…。
それで少し興味持ったんだけど、その後そんな話、他では聞かないし、
結構気が強いというか、歯に衣きせぬ毒気が魅力みたいな売り方してる子じゃん。
それこそ、あの場限りのフカシだったのかなあ。
ハローキティが好きな子、というので引かれちゃったオレって……後味悪い。


197 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 00:12:34 ID:JqCagxVnO
ミキティって元ヤンで有名じゃん。

198 :196:2006/01/03(火) 00:15:15 ID:PULzCYNz0
まあ元ヤンでも構わんのだが…
キティグッズ集めてて、いっぱい持ってて、
いつも囲まれてる、ってファンシーな感じの記事だったんだよ。
可愛いな、と思ったのに…ああ…

199 :名無し募集中。。。:2006/01/03(火) 00:18:28 ID:G3DTmT/r0
いや表向きは強がってるけどかわいいけどな・・・

200 :196:2006/01/03(火) 00:20:14 ID:PULzCYNz0
うん。かわいいな…

201 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 00:23:25 ID:S+Pk9And0
NHKがミキティに審査員の打診をしたと聞いた時、NHKはアホかと思ったよ。
いや、実際十分アホだと思うけど。
これでミキティが審査員として出た日には、先日の選考会に寄せられた不満が更に
大きくなって、ミキティの風当たりが強くなることぐらい簡単に想像できると
思うんだがね

202 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 01:05:38 ID:Kcbu5wzF0
グループ魂は中に脚本家が一人いて、その人の脚本でドラマを作りたいから
NHKがその脚本家の機嫌をとるために選出したとどこかの板で読んだ。
審査員については毎年NHK杯の優勝者が審査員になるんだけど、
今回は優勝の中野ではなくて、話題先行のミキティが審査員の候補と
なって非難が巻き起こったとどこかの板で読んだ。

視聴率のことを考えるのはNHK側の人にとっては当たり前のことだと
思うけど、それに乗せられて出演したグループ魂も出演しなかったミキティも
なんだか気の毒な気がする。

お金をかけた紅白よりも、全然お金をかけずにつくったような紅白の
後番組「年のはじめはさだまさし」が紅白よりも楽しめたのが後味悪い。

203 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 01:46:34 ID:KtQTS4Gx0
>>187
でもどっちも自前じゃないよ

204 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 02:14:04 ID:vl+nHoKX0
>>194
グループわざわざ組んだんじゃなくて、10年くらいやってるバンドらしいです。
と、NHKでやってるポップジャムで見たよ。
でも、所詮は仲間内の道楽+コアなファン(阿部サダヲとかクドカンとかの)の
楽しみレベルだと思うんだけど。
知る人ぞ知る、で止めておけばよかったのに。
クドカンファンで視聴率取りたかったんだろう、エネーチケー。
あと、202がいうみたいに、クドカンに脚本つくってほしいのと。

どこぞの成人式、クドカンがゲストに来たために、
めちゃめちゃ人がいっぱい来て、大盛況になったらしい。

205 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 06:25:08 ID:WwwCyzS90
ミキティっていうと仲間内だとミキサー大帝のことなんだけど

206 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 08:36:33 ID:bYoY+ZdP0
>>194
ケロロ軍曹のOP歌ってるぐらいだよね。>魂

207 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 10:38:36 ID:JKykZD7E0
クドカンてそんなに有名人だったのか。

演技してる阿部サダヲはわりと好きなんだが、
不愉快CMコマーさる君のナレーションが阿部サダヲだと知って
激しく萎えた。

208 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 11:01:05 ID:fA73cYLSO
歩行者専用かなんかのカンバンの絵がゆうかい現場っていう話はけっこう後味悪かった。よく見るものだけに何回も思い出す…

209 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 11:37:11 ID:AoPzAzuF0
>>208
誘拐現場というか、誘拐犯と誘拐されてる女の子を描画してる…ってやつだよね。
あれ、真相はどうなんだろう。
そういう、日常当たり前にある光景の中の、ちょっと神経にひっかかる話って、
後味悪いというか不気味。


210 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 12:20:28 ID:B1mr7OQ80
>>209
記号的な看板の絵をわざわざモデルを選んでまで描かないだろ、と
初めてその話を聞いたとき思ったけど、信じる人もいるのか?

211 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 12:26:39 ID:FLcIcC3k0
でも、都市伝説って思いっきり嘘くさい作り話と解ってても
心の何処かで何となく信じてみたくなるw

212 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 12:46:27 ID:AoPzAzuF0
>>209
う〜ん…半信半疑。
ただ、神経にちょっとひっかかる話って、いろいろ想像そ掻き立てるということ。

213 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 13:35:50 ID:2UuCkCUY0
誘拐現場
誘拐犯と誘拐されてる女の子を描画してる

どこが違うんだか分からないが、どうして「というか」が
口癖の奴って同じ内容の事をいちいち自分の言い方に直すんだろう。
頭悪いのか?

214 :人形細工 ◆vESY7K4lxQ :2006/01/03(火) 13:42:17 ID:K3hskTfCO
>>213
誘拐されてる瞬間と誘拐後の歩いてるときとの違いじゃないか?

まあ、真意は本人じゃなきゃわからないが。というか、本人もわかってるかはしらないが。

215 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 13:42:35 ID:PJDApaOjO
あの標識の話は完璧都市伝説、と前なんかのテレビでやってた覚えが。

216 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 14:09:22 ID:T3pQbhfs0
本かサイトで以前読んだので、うろ覚えでスマンが、
もともと道路標識には国際標準があって、
日本はそれとドイツのを参考にして、改変したらしい。
ちなみに、同じような都市伝説は古くから海外にもある。

217 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 14:15:47 ID:dJupROn80
>213
そう?
自分はこの話初めて聞いたので、「誘拐現場」だけじゃ意味がワカランカッタ。
>209のおかげでやっと解ったよ。
「現場」って”その瞬間”と、”それが行われた場所”の二つの意味があるから。

218 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 19:08:57 ID:lekcGQoR0
>>208
オカルト板でこんな話題で盛り上がるとは。
このスレでも何回か出てる話じゃない?

219 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 20:04:46 ID:cYfp3A3u0
直接は関係ないけど、ちょっと昔読んだ少女マンガ思い出したので投下。
細部はホントにウロなので、修正あったらよろしく。

舞台は現代のヨーロッパ。主人公は、愛するダーリンとゴールインした若妻。
回りにも祝福され、きれいな新居で、何一つ不自由ない生活。
やがて、おめでたに。楽しみに準備を進める夫婦。
ある日、ベビー用品を物色していた主人公は、アンティックの毛布を見つける。
図柄はすりきれてハッキリはしないが、生まれたばかりの赤ちゃんを祝福する
天使の図だという。女たちが両手を上げて天使に感謝の踊りをささげ、
天使は布に赤ちゃんをくるんで空を飛んでいる。縁起物らしい。
気に入った主人公は毛布を購入。身体にかけて暖を取り、出産を待つ。
だが生まれたのは、世にも奇怪な、赤ん坊だった。
手足は枯れ枝のよう、目は異様に大きく、髪はなく、乳房に噛みついて来たりする。
ショックをうけつつ、必死に愛そうとする主人公。だが疲れが出てくる。
一人で外出した日、主人公は気分を変えようと美術展に入る。
美しい絵の数々に癒される主人公。ふと、毛布と同じ構図の絵画が目に入る。
確か、天使の祝福の絵だと…。近づく彼女。
原画らしいそれは、すり切れもなく、すべての図柄がクリアに見えた。
初めて絵の意味を理解し、立ちすくむ主人公。
それは、醜い妖精が、生まれたばかりの赤ん坊を布にくるんで連れ去ろうとしている絵だった。
地上には、苦痛の表情で手を差し伸べ、赤ん坊を取り戻そうしている女たち。
これは悪い妖精が、人間の子どもと、醜い妖精の子どもを取り替えるという
「とりかえっ子」の伝説を描いたものだったのだ。
知らずにその図柄の毛布を使った主人公は、
妖精に子どもを取り替える承諾をしてしまっていたのだった。

この話、続きがあるのかな…。達者できれいな絵でした。


220 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 20:08:01 ID:KVo5MCNh0
うんこミサイルレーザー発射ァッ!!!!

221 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 20:13:15 ID:1in3rIxTO
>>220
後味わるーっ

222 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 20:16:10 ID:NsnnB0R00
うん、そう、だからね、そういうことなんだ。それじゃ。

223 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 20:49:40 ID:bk7kuHpa0
>>220
ミサイルレーザーってどんなんだよ

224 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 21:02:57 ID:4hjuBi3E0
>>223
ミサイルが光速で飛んでいく。

225 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 21:19:55 ID:V/eKpk3/0
後味の悪い話と言えばやっぱり
ダンサー・イン・ザ・ダーク(映画)ではないでしょうか?
リアル貧乏なオイラは観終わった後、かなり鬱になりました。

226 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 21:25:15 ID:dJupROn80
>219
その話の続きは知らないけど
チェンジリング(取替えっ子)て、取り替えられた子供(妖精が化けている)を苛め抜くと、自分の子供がもどってくると言われてる。
その言い伝えを信じた親たちによって、欧州じゃたくさんの赤ん坊が殺されたらしいよ。

227 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 21:31:29 ID:cYfp3A3u0
>>226
うげ。そんなに、意に添わない赤ん坊が多かったのかな。
誰が始めた言い伝えなんだろ。

228 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 21:46:03 ID:9nrGpVXR0
>達者できれいな絵でした。
をダルマできれいな絵でしたと読んでしまってオエっときた

229 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 21:51:50 ID:1in3rIxTO
映画「屋根裏部屋の花達」

旦那に死なれた女が4〜5人の子ども達を連れて実家に帰る
実家の両親は結婚に反対していたので、孫である子ども達を疎んで屋根裏部屋に押し込める
女は最初の内は子ども達を思いやるが、やがて冷淡になり屋根裏にも訪れず、粗末に扱われていた子どもの一人が死んでも放置
子ども達は母親である女に再婚話が出ており、祖父母と女が自分たちを抹殺するつもりだと知る
ラストは屋根裏を脱出し女の結婚式に乱入、恐慌をきたした女はダイブして死亡
痛快な復讐ものにみえるが、ラストでの子ども達の能面のような表情・・・ぞっとした
仕返し成功!!ミャハ☆っていう爽快感はみじんもない

230 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 22:08:38 ID:9nrGpVXR0
>>229
末っ子に血を飲ませて生き長らえさせようとするシーンとかあるし
かなり悲惨な暗い映画だったね。その後をどう撮っても後味は悪い罠。

知ってる映画だったんでレスさせて貰ったよ

231 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 22:26:02 ID:cYfp3A3u0
オレ的には、ブロンドロングの美女が危機に巻き込まれ、
髪振り乱しなから謎を解いたりすると、おお、これぞミステリーやっ!
と思って満足する。最近、そういうの無いなあ。

232 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 22:49:21 ID:1qf9W9TKO
取り替えっ子って、
昔水木しげるの本にあったかも。
絵も気持ち悪くて、
すごく嫌な気持ちになったことだけ思い出した。


233 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 23:14:54 ID:VKxLobs10
>>208
自分が聞いたバージョンだと、歩行者専用標識のデザインを任された男が悩みながら夜道を歩いていたら、親らしき大人に手を引かれた幼児を遠目に見る。
ふとその情景にインスパイアされ、家に帰ってあの図柄をデザインする男。
クライアントからも好評価を得られ、男はあの時の親子づれに感謝しながら何気なくその日と同じ通りへ行ってみる。
が、なにやら不穏な空気。漏れ聞こえた話によると、近所に住む幼児が一人ちょうどその夜に誘拐されたらしい。
その幼児の当日の服装は、自分があの日に見た「親子連れの子供」とまったく同じだった……。

というものだった。確かオカ板で読んだんだと思う。

234 :本当にあった怖い名無し:2006/01/03(火) 23:47:16 ID:0r3PVoTNO
>>233
て(ry

235 :本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 00:15:09 ID:z4zEHBvOO
>>234
略しすぎwww

236 :本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 03:13:46 ID:z+Ulzk7cO
スウィートホームっていうファミコンソフトがあるんだけど、これが胸糞だったな
あと基本的にレイプものとかは見る気にならない
金八のとか最高にヤダ

237 :本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 03:16:13 ID:oUrCrkBg0
>>233
いい話だなあと思ってしまった。

238 :本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 03:33:55 ID:0W/P9ZjE0
ごめん、>>220宛だった

239 :本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 04:21:23 ID:NSzULaF2O
>>236
ネタバレしてちょ

240 :本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 05:05:32 ID:FDWRZ04uO
ゲーヲタの話の良い例と悪い例はテンプレにした方が良いんでない?

ゲーヲタだけに向けてでなく、他の人にも効果あると思う
最近ネタバレせずに書き込む人異常に多い

241 :本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 05:27:03 ID:aD7vI0+D0
誘拐標識はこの辺参照。
下にはドイツ版の画像もある。
ttp://www.ntv.co.jp/FERC/research/20031123/u001.html
ttp://homepage3.nifty.com/toshidensetsu/shinbun/main/200408/200408.html

242 :本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 12:56:39 ID:21yrhrp20
>>236
ファミコンのスウィートホームは名作じゃん!
誰もいない不気味な洋館に何人かで閉じ込められて、
アイテムを拾ってそれを使って屋敷の仕掛けを解いて脱出するRPG。
町やダンジョンのない洋館1件の中だけでうろうろするゲームなのに、
謎解きや仕掛けが多彩でボリュームもあり、ドット絵ながら絵も雰囲気よくて面白かった。
今も人気のバイオハザードの前身。

ストーリーは映画のスウィートホームと同じ。
有名な洋画家の住んでいた今は無人の洋館に、プロデューサーの父とその娘、
父といい感じで娘とも仲の良いお姉さん、カメラマン、レポーターのお姉さんの5人で取材に行く。
洋館に閉じ込められて過去にこの屋敷で何があったのか探るうちに、
洋画家の奥さんが我が子を焼却炉で誤って焼き殺してしまい、
おかしくなって近所の子供を誘拐して殺していた事がわかる。
奥さんの霊に乗り移られたレポーターとカメラマンと助けに来てくれたお爺さんが死んで、
娘も霊に連れ去られそうになるが、娘の事を自分の子供のように愛してたお姉さんが
身を呈して助けようとした事で、母親の愛に触れた奥さんの霊が満足して成仏して助かる。
娘役を当時人気だったレベッカってバンドのボーカルのNOKKOがやってるんだけど、
声量の豊かな人だっただけに絶叫がすごくて良かった。
赤ん坊の死体が出てくるとこ以外は別に後味悪くない。

243 :本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 12:56:50 ID:lD4qCYDy0
>>240
死ね

244 :本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 13:00:06 ID:KagEXa0S0
なんかのクイズ番組?で「バイオハザードの元となったゲームは?」って問題があって
自信満々に「アローン・イン・ザ・ダーク!」って答えた奴が不正解になって、正解はスウイートホームだった
っていうのが後味悪いな。

誰がどうもてみアローン・イン・ザ・ダークのパクリだったろうに

245 :本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 14:17:14 ID:oUrCrkBg0
へー、そーなんだ、ふーん。
ゲーム系は全然知らないから、新鮮。
こんなにストーリーしっかりしてるもんなんだ。
>>242のあらすじも
>>244の裏話も面白いな。

246 :本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 14:18:41 ID:WldDtC+xO
19の頃の話。ただの遊び相手だった男に実は好きだと言われた。その時初めて彼の気持ちに気付き、自分は彼を本当は好きだった事に気付いた。
しかし、私は遠方に転勤となり、結局別れることに。
2年ぐらい引きずっていたが、ある日突然彼から電話が来た。嬉しくて、すぐに飛行機で会いにいった。
しかしそこでみたものは、当時大学生でイケメソで腹筋割れてるマジでジャニーズ系だった彼が、重度のガノタで更にニートで見事なキモメンになってた姿だった。しかも…VIPPERだった…。2年の間に何が起きたんだよ……バカッ(;ω;)
とりあえず働けヴォケと言って別れました。
思い出をマジで返してほしい…。知らなければよかった。
前に進める様になったから良かったのかもしんないが後味悪かった再会だった。
携帯から長文すみません

247 :本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 14:31:08 ID:mpCTr1YxO
>>244
バイオハザードの元になったゲームは
スウィートホームで合ってますよ。

248 :本当にあった恐い名無し:2006/01/04(水) 14:37:33 ID:JHnDVMZC0
スウィートホーム(ゲーム版)もバイオハザードも同じ製作会社だっけ。
だったらスウィートホーム製作の経験がバイオハザードに生かされてるだろうしな。

249 :名無し募集中。。。:2006/01/04(水) 14:42:39 ID:3AZJx9aC0
スウィートホームと言えば古舘伊知郎が斧で上半身下半身まっぷたつが怖かったよ・・・

>>242さんの言う通りノッコの悲鳴は素晴らしく恐怖をかきたててくれた
「女性の悲鳴」はホラーの大事な要素って本当なんだなーと実感

250 :本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 17:34:48 ID:Ve33oP+a0
あれ売れたから表向き言わなくなっただけで、
最初の方のインタビューではアローンインザダークにインスパイアされたってはっきり言ってる。
演出面では、スイートホームの次の部屋に行くのが怖いと思う演出を使ったのも最初から言ってはいたけど。

251 :本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 17:36:19 ID:/wFhcfUb0
昨日見たテレビで、志村けん・つるべ対ナインティナインが外来語禁止ボーリングというのをやっていて、
ストライクやスペアでコスプレ美女からほおにキスしてもらえる。
ところが美女に混じって、モリマンのもりお?が現れる。
デブな体を晒して水着を着てあらわれ、マウストゥーマウスでキス。
私は今はお笑い番組はまず見ないので、こういうノリは普通なのかどうか知らないけど
もりおがほとんどはだかで、たれぎみの巨乳に鏡餅をつけて
突き出たおなかでパンツのうえにふんどしして
本人が「もう32才なんでぎりぎりです」と言ったのには笑うどころか
もう人ごとながら同じデブス女としてあまりに恥ずかしくて悲しかった。


252 :本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 19:42:47 ID:9pJLium30
デブ専の俺はモリマンとかこちょうらんのあべことか森三中とかが露出高いと勃起する
紅白の天童よしみの首すじ見て射精した

253 :本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 20:13:59 ID:KlLp4bE+0
>251
あれはお笑いではよくあるポジションなんだよ。
男は数多くいても、女でやってるのはモリオくらいだけどな。
女がテレビで全裸になったり不細工役やると、失うものが多すぎるからね。
男ならやっても結婚してくれる女がいるが、モリオには現れないだろう。
男って本当に狭量だなぁ

254 :本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 22:02:24 ID:FFDAwyjD0
>>253
なるほど…
だけど女でそこまでやる根性が素晴らしい。
結婚はいいから、そのまま芸道を進んでほしい。

255 :本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 22:57:23 ID:oUrCrkBg0
つか、その芸人ぜんぜん知らなかった。
レギュラー出演してる番組とかあるの?

256 :本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 23:01:08 ID:rJ9r+keW0
あれ? 
もりまんて結婚してなかった?

257 :本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 23:07:08 ID:mpCTr1YxO
>>255
主に活躍してるのは北海道。

258 :本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 23:38:41 ID:S9LxS8Xa0
他スレで見つけた後味悪い話

357 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2006/01/04(水) 22:27:16 ID:oprsGOIN0
誰もいないので保険屋の彼氏の先輩の話。

保険屋は事故現場に行って作業する事があるんだ。
だから移動手段は車だし、運転は超気を付けているんだよね。
自分が事故っちゃ洒落にならないからってね。
そんな彼氏の先輩が事故に合ったんだ。連続三回くらい。
霊的なものは信じていない彼氏もヤバイと思ったのか
「一度お払いに行った方がいいですよ〜」って話をしたらしい。
で、先輩は美人な奥さんとの間に子供が出来たばっかりで
「そんな縁起でも無い事は言うなよ」って感じで流されたんだって。

それからしばらくして彼氏が先輩に呼び出されて飲みに行ったんだ。
飲み始めは仕事の話なんかをしていたんだけど、急に先輩が泣きながら
奥さんにガンが発見されて、もって後1〜2年だって言われたらしい。
家にいて奥さんの顔を見ると辛くなってしまう事などを話されたって。
慰めの言葉も見つからなかったって泣きながら彼は話てくれた。

259 :本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 23:39:24 ID:S9LxS8Xa0
それからしばらくしての年始。
私と彼は一緒に出かける予定だったのに、キャンセルされた。
理由は帰って来たら話すよって言われて。
でも結局彼が帰って来てからも理由は言わなかった。。。

彼が後から教えてくれた話になるんだけど。
年末に奥さんが「最後の年越しは家族でしたい」って言って
静かに家族三人の年末を楽しんでいたらしい。
が、その時に食べた物が悪くて先輩と奥さんは食中毒を起こした。
入院生活で弱っていた奥さんは特にひどくって、救急車のストレッチャーに
固定され、比較的症状の軽かった先輩は普通に座って乗ったらしい。
そしてその救急車は、事故を起こしてしまった。

ストレッチャーに固定されていた奥さんは、鞭打ちで済んだのだが
横に座っていただけの先輩は車から投げ出されて打ち所が悪くて
そのまま即死してしまった…。
私がキャンセルされた日は先輩の葬式だったのだが、
その時の光景があまりにもひどくてすぐには話す気になれなかったらしい。

葬式では余命わずかな奥さんが、まだ乳飲み子を抱きながら
「なんで私じゃなかったの!この子はどうなるの!」と
泣き叫んでいた光景がしばらく頭を離れなかったからって。

260 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 00:04:38 ID:bd6G/WiJ0
うわあああああああああああああこいつぁーたまらん
やるせねえ!やるせねえよ!!

本人もたまらんがそんな葬式に参列したらやれんなあ。
奥さんや御友人、他の身内の人達にかける言葉も思いつかなくて
隅っこで黙ってブルブル震えてそうだ

261 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 00:05:56 ID:EIuQl+Pu0
キツすぎる…

262 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 00:08:02 ID:V5AXYu1V0
何も言えない、、
やるせなさすぎるよ、、、

263 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 00:11:09 ID:OcYm6ZRp0
言葉がない・・・ほんとにない・・・喉に石が詰まったような気分だ
読んだだけでこうなら関係者はどんなにか・・・ううう

264 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 00:53:41 ID:v/x3+yhN0
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  |  ,,-‐‐   ‐‐-、 :::| わ
  |  、_(θ)_,: _(θ)_ :::|ぁぁ
  |  ( ( ::< ( (   .::|あぁ
   \ ) )( [三] ) ) ::/ああ
   /`U‐--‐U―´\ぁあ

奥さんと赤ちゃんのその後を想像すると…うあああああ!!
眠れないよー!だれか後味さわやかな明るいお話してよー!

265 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 01:16:58 ID:5AeNBrw+0
え、えーっと

まんこーーーー!

266 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 01:18:51 ID:5AeNBrw+0
でもさあ、救急車が事故ってひどいね
で、先輩にはやっぱ何かが憑いてたってことなんかな…?

267 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 01:29:46 ID:l8ShOykd0
その後、奥さんは「このままじゃ死ねない!」と執念を見せ
見事奇跡の治癒をする。医者も驚いていたが、ごくたまに強い意志を持った人が
こうやって病の克服をすることがあるという。


268 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 01:39:11 ID:F7jNioyI0
>>267
嘘でもいいから、そういう展開にしてほしいなあ…。

269 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 02:54:22 ID:WVqWUbFC0
キンタマー!
キンタマー!
キンタマゲイナー!!

270 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 03:13:44 ID:oeIv4XxsO
よく出来たシナリオだね、そんな事故ならニュースになったよね。

271 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 03:37:31 ID:V/ItxK510
ニュースとして流れるのは
「救急車が事故って患者死亡」程度の事でしょ。

272 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 03:42:42 ID:+zz4zWMj0
>>267
頼むからそうであってほしい。

273 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 03:52:12 ID:6+DsvIQN0
>>258
ガンで余命1〜2年なんて診断はできないよ。
余命を診断して、それがほぼ当たるのは、せいぜい3ヶ月ってところ。
±1ヶ月の診断が下せるのは、食べ物の流れが詰まりだしてから。

274 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 06:24:33 ID:lfEthCm80
少し後味を和らげるとするなら、>>267みたいな展開もありえるし、余命があるというなら
今から残される子の為に色々整えておけるんじゃないかな。
展開が後味悪い話だけど、結果的に見れば両親が一緒にアボン!よりは、残された子にとっては
少しマシ。

世の中には目の前で両親アボンとかあるからなあ…
いつだったか、故障かなにかで車を路肩に寄せて両親が車外に出てたら轢かれて…ってあったよね…
(3歳の子供は車の中で無事)

275 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 07:00:25 ID:KPo18TZJ0
ああ、そういわれればそうだね
事故った救急車には二人とも乗っていたわけだから
ある意味ラッキーではあるのか
しかし・・・しかし・・・(´・ω・`)

276 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 10:31:02 ID:Hbj1m/B10
気持ちはわかるがここは話自体の後味の悪さを楽しむスレなので
過剰に馴れ合い風味な後味フォローは余所でやってくれ。
最近ちょっとキモ怖いです。

277 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 12:30:18 ID:fpTAw8B+O
>>273そう?知り合いの奥さんは実際にそう言われたよ?「病状がこういう風に進めば余命2年くらいだけど、もしこういう風に進めば何ヶ月」って。実際は13ヶ月で亡くなった。

278 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 13:22:04 ID:yhdaiobs0
>>276
文句言うタイミングが後味悪い。

279 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 15:10:50 ID:u4zHr6Ie0
23 名前:名無しさん@6周年[] 投稿日:2005/12/23(金) 22:23:19 ID:OYrUTuym0
スレとあんまり関係ないかもしれないけど、今日、すごいシーンに出くわした。
渋谷のハチ公口で友達と待ち合わせしてたんだけど、そのときに、道玄坂の
ほうから結構な人数の暴走族が走ってきて(クリスマス暴走?)、華やかな
渋谷の雰囲気をマフラー外したバイクの爆音でかき消してた。ハチ公口にいた
相当な人数の人たちが迷惑そうな目を向けたその瞬間、暴走バイクの一台が
信号を無視して交差点に突入。ところがそこへパルコのほうからトラックが走って
きて、暴走バイクと激しく激突。下品な紫色の改造バイクは転倒して、白い火花を
散らしながらアスファルト上を20メートル近くスリップ。乗ってた特攻服の茶髪の
男はボロキレのように交差点を転がってた。これだけでも充分に驚きなんだが、
すごいシーンというのはそのあと。5分ほどして救急車が到着したんだが、その
とき、ハチ公口で一部始終を見ていた7〜8人ほどの大学生らしき集団が、担架に
乗せられようとしている血まみれの特攻服の暴走男に向かって、「死・ん・じ・ま・え!
死・ん・じ・ま・え!」と手拍子を打ちながら「死んじまえコール」を始めた。
そのとたん、周りにいた別の集団も釣られて「死んじまえコール」に合唱し始め、
ついに、ハチ公口全体が割れるような「死・ん・じ・ま・え!」の大合唱。
ニューイヤーカウントダウンみたいな感じだったが、警察官のおびえたように緊張した
顔つきが忘れられなかったよ。



↑前スレにあったけど、これは、心温まる話だと思う。実話なら日本もまだ良心的な
心の持ち主が多いんだなぁと思った。

280 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 15:22:00 ID:gYtpQk5i0
>>279
ていうか、本当の話なのかなこれ?信じられん・・・

281 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 16:01:11 ID:ZdElptI80 ?
燃料投下
最近彼女が亡くなったんです、交通事故でした
すべては僕の、僕の不注意のせいでした
そのときまで僕は、彼女への本当の気持ちに気づいていませんでした
彼女は僕に甘えてくれて、家事もできて本当に天使のような人でした
ですがそのころ、僕は甘えられるのが鬱陶しいと感じ始め、次第にはデートの回数も少なくなってしまいました
その事故の当日、いきなり彼女からのアポイントがありました
実はその日、友達との約束があったのですが『大事な話だから』といわれて断ってしまいました
僕の家の近くの公園で話をしたのですが、やはりくだらないことを話してばかり
重要な本題は一向に話してくれませんでした
僕は「もう帰るから」と一方的に冷たくしましたが、彼女は追いかけてきます
「なぜそんなに僕にこだわるんだ?」と聞くと『それはあなたが好きだから』と
今となってもこの言葉が、僕の頭から離れることはありません
それが一番言いたかったことなのだと、今では確信しています
時間は午前2時、いくら大通りでも車はあまり通りません
小さな路地でその事故は起こりました、ヤクザか暴走族の車かは知りません

282 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 16:02:09 ID:ZdElptI80 ?
ですが彼女は、そのとき車の進行方向に居た僕を突き飛ばして
「何するんだよ」と振り返った瞬間、目が合って
何か、言葉では言い表すことが到底できない
そんな感情をしている目が、泣いていました
そのまま車に撥ね飛ばされ、轢かれました
ものすごい音を立てながら車の運転手は振り向きもせず行ってしまいました
体が上半身と下半身真っ二つになった彼女の姿、僕はやるせなさと自分の中にあった感情に気づきました
急いで救急車をよぼうと携帯電話を手に取りましたが・・・すでに遅かったのだと思います
彼女が何かを言いたそうにしていました、口から読み取れたのは『ス・キ・ダ・ヨ』の言葉でした
彼女はこときれました
彼女のお葬式に行くと、机の中に何通か僕宛への手紙があったそうです
いままでの彼女の思いが胸に突き刺さって、僕をズタズタにしました
その手紙には、最後にこう書いてありました
『殺したいほど好きだよ』と

駄文でごめんなさい吊ってきます
(注意)これはネタです、とりあえず処女作なんで許してください

283 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 16:11:34 ID:C6vkuSYXO
は?何、小説家気取り?つまんねぇよ。

284 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 16:41:53 ID:T3DKUefE0
>>277
ガンの原発部位や年齢によって違うんじゃまいか。
年くってたら進行は遅いし読みづらい。

どっちにしても、自分が知ってる一人だけの例で判断するのイクナイ

285 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 17:00:48 ID:DsuRts+pO
映画ナチュラル・ボ―ン・キラ―ズが後味悪かったな。カップルが殺人やレイプをしまくるが、ラストでは何人もの子供に囲まれて幸せに暮らしている。現実だったら絶対許せん


286 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 17:21:01 ID:mZ4SDrVr0
以前身障者の施設で働いていたが、そこは養護学校を卒業した身障者の通所施設だった。
養護学校の先生が卒業生に会うため訪ねてきたが、6歳ぐらいの息子と4歳ぐらいの娘を連れて来ていた。
慕われていた先生らしく、その場に居合わせた、かつての教え子がわらわらと集まってきて先生を取り囲んだ。
「いやだー」「気持ち悪いよー」
と先生の子供たちが悲鳴を上げて泣き出した。
子供たちはパニックに陥ったらしく金切り声を上げて先生にしがみついて大泣きしていた。
子供は正直だなと思った。

287 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 17:59:08 ID:DhWJZKoO0
>>285
あれ?それって実話じゃなかったっけ?
モデルがいるよね。

大量犯罪を犯した実在DQNを主役に描いた映画って意外とあるけど
ああいうのは何を考えて作るんだろう?
映画作る人ってのは、やっぱどっか歪んでるのかな。

288 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 19:13:33 ID:33KbmhES0
>>229
「屋根裏部屋の花達」、映画は見てないから違うかもしれないけど、
原作では、子供たちのお父さんはお母さんの実のおにーさんで、(だから
実家から反対されてかけおちしてた)
子供たちが屋根裏部屋で死にかけたのは母親が少しずつ砒素を飲ませてた
からなんだよね。 うーやだやだ。パウダーシュガーがかかったドーナッツ。

289 :保険屋の元カノ:2006/01/05(木) 20:26:15 ID:U3Yjwp7a0
どこに転載されたのかと追ってきたw
この話はガチだと思う。私を彼氏が担いだって話じゃなければだけどね。
もう6年以上昔の話だからあやふやな処もあるかな。
(余命1〜2年とかは末期だったとか)
ちなみに救急車は乗用車に突っ込まれて大惨事だったので新聞にも載ったはず。
子供に救いがあるとしたら、保険屋だけに凄く保険掛けてた。

コレ書いててふと思い出した後味の悪い話
この先輩の葬式の後だと思うんだけど、私のガン保険増額してたな彼氏。
しかも別れてから2年は解約してなかったって。
なんか振られた腹いせに「ガンで氏ね!}とか思われてたのかな…

290 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 20:57:27 ID:VpEtHcDiO
むしろ保険屋の彼女は保険加入するのが当たり前なのかと思うと後味が悪いような

291 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 21:16:57 ID:upf/NM4L0
記憶力女、今度は手のこんだネタ仕込んできたな…

292 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 21:32:18 ID:2jTWl9MfO
明らかに一生伸びない、文才のない小説書き禁止

293 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 21:40:39 ID:bFYRv5jX0
↑死ねよ馬鹿

294 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 21:52:51 ID:7gV0TITr0
どうして女の…と言うか自称女のレスってつまんないんだろ

295 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 21:54:27 ID:d5Yn+P7Y0
上半身と下半身がまっぷたつって
文才ゼロ。

296 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 22:02:41 ID:7Xf6Nvr+0
11月末頃、国内サカ板の川崎フロンターレスレ。

「アウェーの洗礼」として相手チームの宿舎はグランステージ川崎大師にする

などと語り合い誰も不謹慎と咎めていなかった。
サポーターという人種に軽い嫌悪感を覚えた。

297 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 22:26:18 ID:Y0Wx6r9nO
>>282
ベッタベタだけどふつーにウルっときたが

298 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 22:56:06 ID:5tHcPeKq0
俺も
かなり才能あると思った

299 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 23:00:36 ID:LqkuG4Lx0
セリフうまいし泣けるよな
後味も悪い
期待できる気がする 

300 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 23:14:49 ID:GieEyYBk0
こういうときのために自演乙という言葉があるんだろうな。

301 : ◆M.Y30Z2Jds :2006/01/05(木) 23:15:04 ID:Q4FD/4coO
記憶女話が一人歩きしてておもしれぇw
記憶女よりよほど記憶が優れてるんだな。

302 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 23:17:39 ID:1VcO9zDZO
奇形児を見たことはありますか?
これは北海道の網走市であった話です。古塚美枝さん(当時23)
は、いわゆる売春婦でしたが夫がいました。しかしその夫は働こうとせず、
酒に溺れる毎日、そして酔う
と必ず美枝さんに暴力を振るいました。
83年の夏、美枝さんは体調を崩し病院へ行きました。
原因は妊娠によるつわりなどでした。売春婦であった
美枝さんは、まず誰の子なのか考えましたが夫の子である事
を確信し、早く報告しようと急いで帰りました。
しかし夫は自分の子とは信じず、中絶を命じました。
それから5ケ月。結局美枝さんは中絶を拒み、生むことを決意しましたが、
夫は従わなかった事を不満に 思い、さらに暴力を振っていました。
そしてその日夫は美枝さんの腹部に膝蹴りをしました。
する と、美枝さんの股間からは溢れる様に血が流れてきました。
そして美枝さんは崩れ落ち、
声にもならない 様なうめき声で唸りながら........流産でした。
夫は慌てて家を飛び出して行きました。
何故?それは生まれてきた子供が余りにも醜かったからです。
目はあべこべに付き、片方の目は眉毛の上に付いていました。
鼻はだらしなく直角に曲がり、口なんぞは縦向きに、
しかも耳のつけねから裂け目の 様に付いていました。動きもせず、
ただこちらを眺めていました。 それからどうなったかは分かりま せん。
ただ、この話を聞いた人は最低3日間気を付けてください。
うしろで何か気を感じても振り向いて いけません。
それはあの子があなたを眺めているから。
10分以内にこれを掲示板の5箇所に貼らなければそのま
まあの子は離れて行きません。お気を付けて。


303 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 23:33:39 ID:27LCk/NDO
>>302

ふーん

304 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 23:39:20 ID:FPCma2jx0
>>302
俺は奇形児だからって差別する気は無いから、貼り付ける気は無いね。

まぁお前はラバージョニーでも見なさい。

305 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 23:39:17 ID:lQSJoMc1O
まんまんみてち(ry

306 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 23:40:04 ID:fU6WCUL00


307 :本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 23:59:03 ID:tRrWmnUhO
アワワ見てしまいました><
一応適当な所に貼ってきましたが、これで大丈夫ですよね!?


308 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 00:03:45 ID:vcfQvTX60
古塚美枝 の検索結果 約 1,750 件中 1 - 10 件目 (1.31 秒)

309 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 00:13:43 ID:xt5THdWg0
>>302
http://www.exibart.com/foto/41168.jpg
こんな感じでしょ?

310 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 00:31:24 ID:k1QTCvuVO
読むと聞くは違う

311 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 02:27:33 ID:+Qi/aYU3O
同じ学校に通うA君とBさんの精液と愛液は、混ざり合うと混ぜて使う接着剤のように
物凄い粘着力が出る、人類史上稀にみる精液と愛液の持ち主だった






が、二人はそのようなことをする関係にはなりませんでした

312 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 03:40:00 ID:rQpuEKz50
どうぶつの森っつーゲームがあんだけどオンラインで遊べんだけど
チートやコードやパッチでずるしてレアアイテムとか出したりしてコード交換スレで配布してた厨がいたんだけど、本スレの正義ぶった奴ら(wifi板じゃない方)がとっこんでぶっちめてたw
サイトは閉鎖………後味ワロス

313 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 04:16:56 ID:wrCginiUO
258
今更ながら言うけど知り合いの知り合いに死んでから生き返った人がいる。死んでから目の前に輝きすぎて背中しか見えない人が立っていて「左を見なさい、そこは天国です。」と指さした。そこには清く冷たさの無い世界が広がっていました。
次に指さしながら、「こちらは地獄です」と言った。そこは暗く、ドロドロとしていてそこから「助けてくれ!」「助けてくれ」と無数の人の声がしました。
そしてその輝く人が「あなたが行くのは右の地獄です」と言われ、暗闇の中まっ逆さまに落ちたそうです。
ハッとなり目を覚ますとそこは遺族が葬式の手順を話し合っていた所だったそうです。
その人はその後人が変わった様に清く優しい人になったそうです。

まぁ日本昔話にある様な話ですが実話です。死後の世界がどうなっているのかは死んだ人にしかわかりませんが、もし神が居るなら凍りついた心やトゲの心のある人間は嫌うかも……俺優しくなるよ(;_;)

314 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 04:40:51 ID:nozW0VZL0
ネタか荒らしか判らない後味悪い話は、スルーした方が良いのだろうか

315 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 05:21:00 ID:6EWFxcN+O
口酒

316 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 05:43:27 ID:lFSIu51N0
>>296
川崎市民じゃないから分からん

317 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 06:18:23 ID:WODikWhFO
>>302
なつかしー!!
それ自分がリア厨の時にチェーンメールで送られて来たわw
他にも、回さないと今までにチェンメを回した人のパケ代を全て払わせられるとかあったな〜w


ハイ、もちろん僕も回しました…orz

318 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 06:37:28 ID:lXqktsdM0
>>316
ヒューザーって聞いたことない?

319 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 12:03:50 ID:Hr1rgGmd0
俺が小学生の頃、家の前で交通事故。
母親と、娘。ダンプに轢かれてというか、タイヤの下に入っちゃって死んだ。
後で聞いた事情では、その子の誕生日で
うちの近所のホームセンターで自転車を買った帰りだったらしい。
なんともかわいそうだなぁ…って思った。

320 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 12:10:12 ID:MHr0ikHj0
>>316
グランステージ川崎大師にする
っていうレスはスルーされてて誰も語り合ってないから
そのレス気にしなくていいと思う。

321 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 12:16:06 ID:66pTLEqSO
日本人は基本的に仏教なんだから
死後に行くのは天国ではなく
極楽浄土なんだけどな。

神道だとしても地獄とかって考え方はあるのか?

322 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 12:49:19 ID:5dgL1ew90
>>279を読んで思い出したんだけど、昔はやった非行ものの漫画の
ホットロードで、暴走族の一員が「あいつら(警察など)なんか、俺らが
死んだって当然だと思ってるんだよな」と傷ついた風なことを言っていて
ハア?と思った。
自ら死ぬようなことしてんだから当然だろが。
さんざん人に迷惑かけておいて弱者面すんなとマジで腹たった。
暴走族がはねられて死んだ場合、運悪く加害者になった人に暴走族の
家族が泣いてお詫びするのが当然、という風潮になってほしいもんだ。

323 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 13:08:21 ID:aBL/h3VZ0
人権団体とかお前らがバカに迷惑かけられてもそういうこと言ってられるのかって感じだよなw
偽善者面してるっつーかバカにかかわるバカっつーか・・・

324 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 13:23:00 ID:aXRhZ+580
――あなたはこの板を知っていますか?
ペット苦手板、通称ペット虐待板。
http://c-others.2ch.net/test/-/cat/1

2chの中でも有数の悪板。
ここでは日々猫や犬、その他のペットが理由もなく虐待者に傷つけられ、その報告に住人は興奮し、
さらに虐待が増長されてゆきます。
猫や犬の虐待は日常茶飯事。酷い時には意味もなくその命すら奪われました。
ある猫は首を切られ、ある犬は足を切られる。
そんな我々が目を背けたくなるような光景さえ彼らには興奮の種でしかないのです。
この板からは既に逮捕者も出ています。
ネタスレ・クソスレ・愛護スレを立てたり、関係ないスレを優勢的に上げるなどで構いません。
既にVIP・ラウンジ、その他各板から協力者が集まっています。
この板を2chから消し去るために皆さんの力をお貸し願えませんか?
http://j.pic.to/3gfxv

325 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 13:26:18 ID:LxGx/xHS0
コピペされまくってるけどさ、隔離板がなくなったら行き場の無くなったキ印が別の板に移動するだけだろ?
オカルト板に「猫殺しはオカルト」とかそういうスレ立つんじゃね

326 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 14:10:05 ID:2LxqJvRy0
>>321
神道だと一般的には高天原(天国)と黄泉の国(地獄)かな。
正確には違うんだけどね。

327 :本当にあった怖い名無し 本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 15:01:35 ID:a8a2MMHk0
夏からずーっと家の前に犬のマーキングされててペット苦手板には時々
お世話になってる。愚痴とか飼い主の悪口とか。
一度キレて「飼い主殺してやる」と書いたら「そういう夢が見れるといいね」
とかレスされてなごんだ。
どうせ他人は犬の尿くらいでガタガタ言うなって言うのだろうが。

328 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 15:13:32 ID:O0Zlgkwi0
>>279
>警察官のおびえたように緊張した 顔つきが忘れられなかったよ。
ちょっとでも気を抜くと、笑い出しそうになってたんじゃないか?

>>322
昔、友達やらがその漫画読んで「かわいそう、分かる」みたいな事言ってたな。
その友達によると珍走団は「かわいそうな子なんだから
周りは暖かく見守らないと」だってさ。
「はあ?不満があったら周りに迷惑かけながら走るのを?」
と思ったもんだ。

それとは別にあの漫画でプッと笑ったんが、かに鍋食って当たった話な。
「蟹食ってあたって病院で薬貰って、主人公が同棲中の部屋に帰って
彼氏にも薬飲ました」ってだけなのに
すんごいドラマチックロマンチックに描いてんの。
読者の人はあれ見て変だと思わなかったんだろか。

ファンの人いたらゴメンな。

329 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 16:24:18 ID:GBs8ODeC0
20年くらい前までは、グレてる子=不幸な子、もしくは実は不器用で純真な子 みたいな見方多かったような。「積み木くずし」・「スクールウォーズ」みたいなヤンキー更正モノも流行ったし。
今ほどDQNが多くなかったからか、実害に遭う人が少なかったからか知らないけど、周りの目は割と温かかったのは確か。



330 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 16:33:21 ID:mViLh8l80
今は本物のバカだからなあ

331 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 17:33:49 ID:dRjH49cBO
わりと勉強の出来る、頭の良いヤンキーがいたりした。



332 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 17:43:53 ID:Na0dBwSI0
>>328
あとそのマンガ、最後のほうで主人公の彼氏がDQN同士のイザコザで下半身不随になっちゃって
それでも主人公の女子中学生は「いつかは○○の赤ちゃんのお母さんになりたい」みたいなこといってなかったっけ?
これ読んだあとに、そのマンガ貸してくれた子に
「男がそんな状態じゃー女のほうがリードしないとSEXできないね」っていったら
その子が泣きながらなぐりかかってきたので大笑いしてしまった。
普段は障害者をバカにするような考えは持っていなかったのだが、
暴走族=人に迷惑かける集団という認識なので
DQN彼氏が一生車イスになったということで、「ジャンルにしたら勧善懲悪だな」
って思いました。

あれ?後味悪くないや。

333 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 17:48:37 ID:K5onFUjf0
333⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡ ズサーッ

334 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 18:06:50 ID:HZK7joSd0
>「男がそんな状態じゃー女のほうがリードしないとSEXできないね」っていったら
>その子が泣きながらなぐりかかってきたので大笑いしてしまった。
どっちもどっちだなー。
言う必要のない事をわざわざ言うのも、同じくらい子供っぽいとオモ。

335 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 18:07:47 ID:wt7wqZ3C0
>>327
人権団体もそうだが、動物愛護やボランティア団体ってのも基地外が多いよ。
子猫の里親探しなんて詐欺みたいなもんだ。
ボランティアだから名前は明かせませんと言い張るくせに
里親に貰ってくれるという人の家まで押し掛けたり
相手の年収まで聞こうとしたりと、後味の悪い話満載だ。
そういう話を聞くと、ペット飼う人を嫌う人の気持ちもわからないでもない。
また、それが発展して動物嫌いになっちゃう人もいるだろうなとも思う。
自称動物好きってヒステリックな人が多いしなぁ。

336 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 18:36:41 ID:nozW0VZL0
人間の子どもの里親探しにも、後味悪い話よく聞くよ。
親戚のオネエサンが、福祉施設に勤めてて、子どもが欲しいという人に
孤児にあっせんをやってたんだけど、ある時30代くらいの夫婦が、
オトコの赤ちゃんを欲しがってたそうだ。オネエサンは何人かの赤ちゃんを見せたが、
夫婦はピンとくる子がいなかった様子。
さんざんワガママ言って引き回され(これはオネエサン視点)て、最後には
「やっぱり他人の子を育てる自信がなくなったので、やめる」と言われた。
当時連日の過労の上に、夫婦の態度にキレてしまったオネエサンは、
勝手ばかり言わないで引き取れ、愛情は後からわく、お宅のために
どれだけ時間取ったと思ってるんだという意味のコトを主張し、ひとり引き取らせた。
だが結局愛情は生まれなかったらしく、何度か奥さんから
「戻したい」と連絡が来たが、オネエサンは叱って受け付けなかった。
その内奥さんノイローゼになり、子どもは気づくと栄養失調で手遅れ。
奥さんは病院入りで、旦那さんも会社でも立場など悪くなってしまった。
オネエサン、遅蒔きながら「私のせいだ」とびびり、こっちも心身を病んで、
仕事やめて外国に行ってしまい、連絡とれないという。
やっぱり、他者同士のきずなを、さらに他者が世話するのって難しいと思った。

337 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 18:41:27 ID:I07XfKpg0
こういってはナンだが、親戚のオネエサンの言動が
単純に良くなかっただけのように思えるが…

338 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 18:52:53 ID:cTMX6qJY0
うん。確かにおねえさんのせいだ。

339 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 18:55:21 ID:dRjH49cBO
その、引き取られた子の頭皮をよく調べたら、きっと獣を
表す数字、666の痣があったはずだ。



340 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 19:01:30 ID:0eEIZaRh0
何その女。
「私のせいだ」って本当にその通りじゃん。
子供を引き取るっていう子供にとっても親にとっても人生を左右することを
「自分か苦労かけられたから」強制するなんて、最悪のDQN。
しかも本当に責任感じるなら自分がその子を引き取って立派に育てろよ。
愛情は後からでもわくんだろ?外国になんか逃げやがって。カス。


341 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 19:07:49 ID:gn1WBsMp0
本当に後味の悪い話だな。
>>340に全面的に同意だ。
実の子ですら育児ノイローゼになる人いるってのに。

342 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 19:56:55 ID:orAehGtI0
>>340禿同
>>336は親戚なんだから何としてでもそのお姉さんを見つけて更に責め立ててやって欲しいわ。
外国の人だって、そんな最悪の人間の相手させられてかわいそう。
お姉さんに心身病む権利なし。

343 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 20:23:41 ID:wWHgAdI70
>>342
なに調子に乗って>>336にむちゃな要求してるんだよ・・・
おまいも後味悪いわ。

344 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 20:52:34 ID:SpqkBIdM0
でも336はお姉さん悪いと思って書いてなさそうじゃね?
>>336
このスレでお姉さんDQNって叩かれたから
ラストちょっと変えて違うスレに投下したんでしょ?

345 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 20:59:46 ID:tYDjEBcu0
>>343
まぁまぁ。言葉の綾ってもんだよ。

346 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 21:08:38 ID:j0DauEWdO
――テメーはオレを怒らせた‥‥!
生き物苦手板、通称ペット虐待板。
http://c-others.2ch.net/test/-/cat/1

2chの中でもゲロ以下のにおいがプンプンする悪板。
ここでは何も知らぬ弱者を、理由もなく虐待者が興奮の為に利用するッ!
ましてや命ある動物達を!!テメーだけの都合でッ!
猫や犬の虐待は日常茶飯事。酷い時には意味もなくその命すら奪いやがる。
ある猫は首を飛ばされ、ある犬は足を切られた。
そんなオレ達が目を背けたくなるような光景さえ、ヤツらには興奮の種でしかねぇ!
敵の顔が見えなくたって板を潰す方法はあるぜ‥関係ないスレ上げ、スレ立て、スレ埋めだッ!
黄金の精神を持った2ちゃんねらー達が、この板を潰すぜ!
http://j.pic.to/3gfxv

347 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 21:19:00 ID:GpCuD+6g0
   〃∩ ∧_∧
   ⊂⌒(  ・ω・)    はいはいわろすわろす
     `ヽ_っ⌒/⌒c    
        ⌒ ⌒

348 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 23:30:51 ID:Z/usczZQ0
>>346
今すごい祭り状態だ。
果たして後味悪い結果になるのだろうか?

349 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 23:52:39 ID:M1nkFfNL0
映画新耳袋の「幽霊マンション」、DVDで見たんだけど、オチが後味悪かった。
上手く説明できないから省くけど、ホラーのつもりで見たのに、ホラーでもなんでもなく、
幽霊に怯えてると思ってた女の子は実は性的虐待をする父親に怯えていて、
幽霊にその父を呪い殺してもらうっていうオチだった。
ホラーにそんなオチもってくんなよ、後味悪い。

350 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 23:55:30 ID:ac1BVuUO0
>>349
ハイドアンドシークを思い出した。

351 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 00:56:59 ID:yDxyk8JJ0
>>346
そんなに犬猫が大事なら家から出さなければいいだろ。
野良をすべて処分して外をうろつく犬猫もいなくなれば虐待のしようも無いだろ。

352 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 01:15:05 ID:PWPQq7rH0
>>346
潰れたら他板になだれ込んできそうなので困ります

353 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 01:17:22 ID:kPN5I9TrO
オカルト板にもキチはいっぱいいるしな

354 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 01:29:01 ID:L4x3HPRw0
>>336
最低なオネエサンと、その問題を大して感じていない336の一族に不幸ばかり
訪れますように。キャハ


355 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 01:35:11 ID:DSNjAO3D0
336は生活板に降臨して叩かれてましたよ。
神経スレでw

356 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 02:31:02 ID:EtA4Mz7K0
つい最近あった自分的後味の悪い話。

会社で仲の良かった同期の子が居た。彼女は私よりも5つ程上。
お嬢様故、少し常識外れな所もあったが、別に気にもせず同じ部署な事もあり話してた。
ただ、もの凄く酒癖が悪く、限度を知らないのか毎回嘔吐、泥酔、行方不明、呑み過ぎで
翌日仕事さぼるなどが頻繁になってきた。
そしてその後始末を毎回させられるのがあまりお酒が飲めない為普段はウーロン茶しか
飲まない私の役目。
嘔吐物まみれの彼女を家まで送ったり、変な外人に絡まれるのを無理矢理連れて帰ったり
ただ、ある時たまたま弱いながらお酒を1杯だけ呑んだ。
アルコールが入った事で少し感情が抑えきれなかったのもあるが、二次会に行く時に
彼女は知り合いに会ってしまい冬空の中、私やその他の人が待ちぼうけ。
一向に話を終わらせる様子もなく、仕方なく私が話に割って入り店の場所を聞き出した。
(店の場所を彼女しかしらなかった/彼女行きつけの店だった為)
案の定迷ってしまい、なんとか辿り着いた時に彼女は、
「ちゃんと道、言ったでしょ!なんで間違うの!折角楽しい気分なのに!」
ともの凄く責められた。そこで上司が
「ごめんなさいは?」
と言った。

私にではなく彼女に。
すると彼女は、
「なんで?なんで私が謝るの?意味が分からない!なんで?なんで謝るのよ」
と上司に食ってかかる。そこでついキれた私は
「悪いと思ってないなら謝らなくていいじゃない」
と言った。その一言が気に入らなかったらしくそれから一言も口をきく事なく飲み会が終わった。

翌日、酒が入ってたとは言えきつい言い方したな、と反省し話かけたら無視された。
個人的に今まで散々迷惑かけられていた分、後味の悪い結末になった。

357 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 02:40:31 ID:PVvy6pMu0
下手に出たのが敗因だね
もう面倒見るなよ

358 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 02:47:17 ID:vE5do/r40
どうでもいい。

359 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 02:47:53 ID:PWPQq7rH0
>>356
それで縁が切れて今後面倒見なくて済むんならいいじゃない。

360 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 03:11:58 ID:R/gpFDA/0
>>356
あからさまに板違いの話を、なぜここに投下するんだろう。
オカルト関係ないじゃん。

361 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 03:17:47 ID:7Z7Vq6tt0
>>360
全然板違いじゃないと思うのだが…。

362 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 03:28:28 ID:o3J/hvQr0
うちの犬は、庭にいたのに突然死んだ。
ペット用のトイレで排泄し、あまり吠えない、番犬にもならない
人が好きな優しい犬だった。親子2匹が死んだ。
あまりにも不審な死の為、獣医で解剖してもらい、毒で死んだであろうと
知らされた。でも犯人は解らなかった。
近所では、空き巣のついでにさらわれた犬も少なくない。
そして、わざと死体が放置されてる事も少なくない。
町内で回覧板がまわった事もあった。
ニュースにもなった。
家の中でも安心できないんだよ。
今、うちの前に雨風にさらされた「犬がいなくなりました」の張り紙がある。
どうか、無事みつかるよう祈るしかないのが辛い。

自分は毒事件以来犬は飼ってない。今は室内に拾ってきた猫がいるだけ。
家にもなるべく常時人がいるようにしてる。

363 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 04:29:23 ID:o1FsJ4omO
>>362
それは君、スレタイ無視もしくは板違いだよ。

それは後味悪い話じゃないだろ?可哀想な話、あるいはムカツ
ク話だ。
動物虐待で祭り化してたみたいだけど、関係ない場所まで出
しゃばるなよ。

まぁ強いてこじつけるなら、そんな書き込みを見て、こんな
レスつけて1日が終わる俺が後味が悪い。



364 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 06:29:12 ID:o3J/hvQr0
すまんかった。
>>351で出さなきゃ大丈夫だと思ってる人がいたから
最近は出さなくても気をつけないとダメだと言いたかっただけなんだ。
苦手板は隔離のために作られた板だから
なくなったらダメだとは思うよ。

365 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 08:19:57 ID:shQFfGNc0
>>356その女死んだ・・・・・・

366 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 11:15:52 ID:GLnZihIN0
ハイハイ〜ワロスワロス♪

367 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 12:41:42 ID:6Zx+6arO0
>>356
周りに会社の人や上司がいて良かったよ。ちゃんとした証人がね。
今後立場が悪くなるのはその女の方だから。

368 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 12:49:50 ID:MgRy6eff0
>>361
ここが何の板かわかって言ってるか?
ここは生活板や人生相談板じゃないぞ?

369 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 12:57:51 ID:ybPtrEcY0
できることならテンプレに「相談やアドバイスや喧嘩や宣伝がしたい輩は
それなりの板のそれなりのスレで存分にやるべし」と書いて欲しいがヨクのコキすぎだろうなあ。

370 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 12:59:31 ID:bbE53GCD0
>>368
初めてこのスレ見たの?
んなこと言ったら今までのこのスレの中身の8割は板違いだ。
ついでに言うとオカ板のスレの半分も(ry

371 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 13:03:21 ID:3GK/9yL+0
創作物からのネタが尽きかけてるので
自分の体験語る→厨が他人には分からない理由でむかついて
ファビョったレスつける→荒れる、の流れがデフォになったんだよね。
もう次スレはいらないね。

372 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 13:16:12 ID:UEycFn2z0
でも創作系から引っ張ってくるよりも、やはり体験談の方が
臨場感あって好きだなあ…
前々スレだったと思うけど、友人が二人も、
殺人だか自殺だか判らん死に方したけど、事故として
処理されて悔しい思いをした話とかすごく印象に残ってる。

373 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 13:21:28 ID:ybPtrEcY0
>>370
それはわかってるが目に余るっつうことではないのか。
あと何つうか、最近の実話系のネタはただの愚痴にしか見えないものが多すぎる。
愚痴でもネタとして完成されてりゃあいいけど、ほとんどの場合他人が読んで
共感できるように書こう、なるべくなら楽しんでもらおうという気持ちが
まるで感じられない。巧い下手を超えてる。
「そーそーヒドイネーあんたカワイソー」とか言われたいだけの愚痴に
わんさか叩きレスがついてて、流れ変えようとしてるうまいネタが
完全スルーされているのを見るのはとても悲しいものだ。

まあ何だ、とりあえず流れ変える良ネタ探しに行こうや。

374 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 13:48:37 ID:MgRy6eff0
>>370
いんや初代スレからいるよ。
オカルトじゃなくても、人死にだの薄気味悪い現象だの
非日常的なネタであれば、何とも思わない。
でも最近はただの生活の愚痴が増えてるだろ。
可哀相でしょう、だから同情して構ってってレスが多すぎる。

愚痴を見たくて、このスレ覗くやつはいないだろ。
オカ板の後味スレなんだからさ。
せめてもっとネタとして完成していたらいいけど、
ただの愚痴を後味悪い話として投下されてもな。

375 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 14:01:42 ID:S/ukIMtQ0
>>374
何言ってんだ
馬鹿かお前は

てめーの狭い「後味悪い」の定義をおしつけんな
人死にや怪奇現象だけが好きなら別逝けや
つーか死ね

376 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 14:22:04 ID:+ZOuxs0BO
そーかなー。私もなんの疑問も感じずに楽しくROMってたけど、そー言われればって感じで納得したよ。
確かに別板で同じようなスレたつもんね。そしたら中身は板によって違うのが正しくはない?「生活板の後味」と「オカ板の後味」に違いを求めるのは当然かな。

377 : ◆QzQuiRxn9g :2006/01/07(土) 14:31:10 ID:D4u4YkHIO
このスレタイどうりの流れですねw

378 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 14:33:39 ID:qRnErW/p0
ウチの近所で若者がバイクの単独事故で死亡。
それから事故現場のすぐ近くのお家(亡くなった子とは無関係)の前にずっと祭壇が置かれてる。
お供えやら花やらが常に沢山置かれてて、普通なら故人の生前の人徳が…って
思うとこなんだろうけど、そこにお参りに来てる子達があからさまにDQN。珍走系。
夜中にやかましい車やバイクで寄って来ては騒いで帰ったり、そのお家も近所の人も大迷惑。
何度か通報された事もあるみたいだけど、注意されるだけの様でしばらくすると又溜まり場に。
お前ら「仲間がバイクで死んだのさ」って言いたいだけちゃうんかと。
去年の年末には祭壇の前の電柱にクリスマスの飾りつけがしてあって、もうポカーン。
死んだ人間を悼む気持ちなんて全くないと確信。
あと弟は祭壇の前でパラパラを踊る女子2人組を見たらしい。
母がそのお家の人(近所なので一応知り合い)に「亡くなった子の親御さんから辞める様に言ってもらったら?」
と言ったところ、「一応言ったんだけどね、あちらさん尼○の廃品業者してる人で…ゴニョゴニョ」
それ以上は語らないけど察してくれ、って感じだったらしい。
DQNは生きてても迷惑、死んでも迷惑。通りがかる度にムカムカする。
集まってるバカを見かけても面と向かって何も言えない自分にもムカムカする。
後味ってか現在継続中の胸クソ悪い話、長文スマソ。

379 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 14:39:43 ID:UEycFn2z0
>>378
「人の死が蔑ろにされる」話って、個人的には
とても後味悪く、やりきれない気持ちになります。
「死」そのものよりも、それが蔑ろにされていたことを、
時が経っても、ふと思い出したりする。

380 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 14:40:55 ID:UEycFn2z0
あ、補足。
その無くなった人物の人柄如何に関わらず、ね。
DQNなんだから真で当然、とか言う人が出そうだから。

381 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 14:42:23 ID:qRnErW/p0
すみません、長時間リロードしてなかったので流れ読まず
カキコしてしまいました。
その祭壇の事で、敷地ギリギリに設置されたお家の人が
お寺に相談に行って、「本来なら四十九日過ぎても亡くなった場所でお祀りするのは良くない事ですが
門の外なのでお宅に影響は及ぼさないですよ」って言われた
って話をオマケにつけて、微オカルトって事で勘弁して下さい。

382 :378:2006/01/07(土) 14:47:04 ID:qRnErW/p0
重ねてすみません。
>>378>>381です。

383 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 14:52:37 ID:KpX/Lf2s0 ?
やあ(´・ω・`)

ようこそ、後味の悪い話スレへ
この女性の血液はサービスだから
よく眺めて、それから飲んでほしい
うん、またなのか
そうか
仏の顔もって言うしね
謝って許してやろうとも思っていない
でも、このスレの内容を知ったとき君はきっと
言葉では言い表せない『後味の悪さ』見たいな物を感じてくれたと思う
この殺伐とした世の中で、実際にそんな目にあった人がいることを忘れないでほしい
そう思って君をここでこうやって、椅子に縛り付けたんだ、全裸で
とりあえずストローはさしておくから、勝手に血は飲んでくれ


お前を、なぶり殺しにしてくれるわ
痛さの中血を味わえ、このアホたれが

384 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 15:43:05 ID:dFrjhnEl0
何だか私ののぞきに行ってるオカ板が、
昨夜から全部、一斉に荒れ始めてる…偶然?
それともオカ板住人のみが影響されやすい電波でも飛んでるのか?

385 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 15:56:35 ID:fHjCVHXxO
>>374
全くその通り。
学校で飼ってた豚殺しただの、チョンがどうの彼氏がどうのとかどうでもいいしやめていただきたい。
つまらないからな

386 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 16:07:38 ID:UEycFn2z0
では、書き込みが許可される「後味の悪い話」とは…?

>聞いた後に何となく嫌な気分になったり、
>切なくてやりきれない夜をすごしてしまったり、
>不安に駆られたり、体中がむず痒くなるような話を語り合うスレです。

これらの条件を満たすだけではダメなようなので、
より具体的にお願いすます。

387 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 16:09:50 ID:dFrjhnEl0
うん、そう。「語り合うスレ」だよねえ。
「たたき合うスレ」じゃないよ。

388 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 16:21:14 ID:4mlfcRAf0
>>368
そんなこと言ってたらこのスレが成り立たないことが
過去ログを読めば分かるだろうが。
今後の流れを見たら理解できるだろうけど。

389 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 16:31:19 ID:dFrjhnEl0
自分に合わないネタになってたら、別の所に遊びに行って、
またしばらくしてから見に来る、とかすれば良いじゃない。
条件なんて増やすと、新しい出会いが減っていっちゃうと思う。

390 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 17:14:24 ID:T2PImuTH0
>>30   心の不味しき者は最矮である。

391 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 17:16:42 ID:ZkvrDr2S0
一番後味が悪いのはこのスレでした、と。めでたしめでたし

392 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 17:27:39 ID:T2PImuTH0
>>97 そんな近代民主主義の根本である「言論の自由」「あんたの言うことには反対だがあんたが発言する権利は守る」という大原則を踏みにる無茶苦茶な法律を作ってまで
して守ろうとする「事実」がどのていど「確実」なものなのかは想像がつくというものだ・・・

393 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 17:30:09 ID:T2PImuTH0
>>103 ネオナチだけじゃないよ。かなり幅がある。そもそも収容所にそんなもんなかった、って言い出した第一期の人たちの一人は元被収容者のサヨクのレジスタンスだったフランス人。

394 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 17:45:05 ID:J1cmKpPf0
豚切りスマソ
一年以上前の話で悪いんだが、近くに住んでいる学校の後輩が俺の家に来た。
何でも野良犬を見て、自分の家では無理だから捕まえて保護して欲しいと。
そんで後輩と一緒に引き綱と餌(俺の家も犬飼い)持って現場に行った。
野良犬の顔は見た。首輪も見た。ぼろぼろの赤いの付けてた。ラブラドールの雌で滅茶苦茶痩せてた。
そこで後輩が犬にどんどん近付いて行っちゃって、犬が逃げた。どこに逃げたか分からない。
二手に分かれて探してて、俺は通行人とかにも訊いてまわって。
そこでおばあさんに会って、見つけたら連絡してくれる様にって俺の電話番号渡した。
2,3時間探したけど、結局犬は見付からなかった。
数日後、電話番号を渡したおばあさんから電話。警察がそれらしき犬を捕まえた、と。
特徴を訊いたら全然違う犬だったけど、知ってしまった以上殺せないから何とか親を説得して引き取った。

そしてまた数日後。
犬の学校のアレで、県の動物愛護センター内を見学する事になった。
愛護センターとは名ばかりで、5日経ったら殺す場所。空気がよどんでいる。
中に入って驚いた。3日目の部屋に、俺達が探していたあの野良犬が居た。
思わず係員に問うてみたが、成犬譲渡は出来ないとの事。
最後に眼だけ合わせて施設を出た。
澄み切った青空に風が心地良かったが、後味がかなり悪かった。
ごめん。後悔ばっかりだ。もうアイツは殺されたんだと思う。

395 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 17:50:33 ID:L4x3HPRw0
>>378
うちの近所は、DQNの親が毎日のように祭壇を整えに来るわ・・・
言いづらいからってんで、近くの店は黙ってるようだけど。
そんな情があるのなら、DQNになど育てなければよかったろうになw

49日過ぎたらとか、法的に裁けないもんかねえ

396 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 18:17:32 ID:9Tp1B1av0
なんで自宅だけで供養しないんかねぇ。
事故現場にちょっと花が供えてあるくらいなら分かるけど
祭壇まで設えなくてもね。
電車事故みたいな大規模なのは置いといてさ。

>>395
情はあっても、「周りがどう思うか」など気が回らないから
子供がDQNに育ったのではあるまいか。

397 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 19:00:47 ID:KUWiHOi/0
だいぶ前の事だけど、いじめで殺された学生の親が作ったHPがオカ板に
貼ってあった。
その親は、その学校の事件があった場所にミニ祭壇のようなものを作り、
そこにいつまでもいつまでも花を供えている。
「この事件を忘れさせてはいけない。そのためにもこの場所は必要」と
いうようなことを主張していたように思う。
校長にそろそろ撤去して欲しいと言われた事に対し、怒りの反論を書いていた。

オカ板住人のほとんどがその母親が怖い、不気味、少し常識が足りない、
という感想を持っていた。

398 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 20:05:28 ID:PVvy6pMu0
空気読めない自己主張癖が母親から遺伝して
嫌われ者のいじめられっこになったんだなあ

399 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 20:27:44 ID:JUTA7xlv0
>>398
そういう言い方はどうかと。

400 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 20:41:07 ID:JWrViuNq0
それで気が済むなら、やらせてやればいいじゃない。
どうせいじめ殺した奴らはおとがめなしだろ?

401 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 21:10:36 ID:a7OJylml0
苛められていたときに何も出来なかった親に何を期待するんだ。
自分の親はそれだけのために家に教育委員会呼び出したぞ。

そういう時はいいけど、普段は無駄に行動力のある親だから困る。
アメリカでも、英語しゃべれないのに、二階で騒ぐDQNのために警察呼んだしさあ。
なんで通訳は人任せなのさ…説明にえらい苦労したよ。

後味悪くならないな。スマン。

402 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 21:50:33 ID:L4x3HPRw0
後味どうこうってより、まったく必要ない独り言が入ったな


403 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 22:16:46 ID:Bw4P5EzY0
401 
死んでいいよ
つーか死んでくれ

404 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 22:23:37 ID:OIokTsHB0
まあまあ

405 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 23:08:47 ID:DR/GlnvV0
教育委員会呼んでも何の解決にもならんだろ。
いじめが解決したの見たことあるやついる?

406 :本当にあった怖い名無し:2006/01/07(土) 23:58:02 ID:3GK/9yL+0
他人の力で解決したのは見た事ないです。
私は中学校の時男子にいじめられ、思いっきり反撃したら、
(ケリを入れて来たのでこっちも蹴り返した)
もういじめられる事はなくなりましたが。

407 : ̄ ̄ ̄l/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2006/01/08(日) 00:56:59 ID:f1xwtx+z0
     ∧_∧
    ( ´・ω・`)     ∧_∧
    /     \   (´∀` ) ハハハ
.__| |    .| |_ /      ヽ
||\  ̄ ̄ ̄ ̄   / .|   | |
||\..∧_∧    (⌒\|__./ ./
||.  (    )     ~\_____ノ|   ∧_∧
  /   ヽアホか       \|   ( ´_ゝ`) 何言ってんだコイツ?
  |     ヽ           \/     ヽ.
  |    |ヽ、二⌒)        / .|   | |
  .|    ヽ \∧_∧    (⌒\|__./ /


408 :本当にあった怖い名無し:2006/01/08(日) 02:05:30 ID:Uvrpk6lU0
この流れが後味悪いw

409 :本当にあった怖い名無し:2006/01/08(日) 04:37:54 ID:LTooCqjW0
別の奴をいっしょにいじめれば解決じゃね?

410 : ̄ ̄ ̄l/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2006/01/08(日) 07:52:25 ID:tGsJviPE0
     ∧_∧
    ( ´・ω・`)     ∧_∧
    /     \   (´∀` ) ハハハ
.__| |    .| |_ /      ヽ
||\  ̄ ̄ ̄ ̄   / .|   | |
||\..∧_∧    (⌒\|__./ ./
||.  (    )     ~\_____ノ|   ∧_∧
  /   ヽアホか       \|   ( ´_ゝ`) 何言ってんだコイツ?
  |     ヽ           \/     ヽ.
  |    |ヽ、二⌒)        / .|   | |
  .|    ヽ \∧_∧    (⌒\|__./ /



411 :本当にあった怖い名無し:2006/01/08(日) 08:37:08 ID:AU3QaMe90
学生なら転校とか色々対策のとりようもあると思うけどなぁ

というか、死んでから祭壇作ろうが花供えようが後の祭りだと思うのは
信仰心の足りない俺だけなのか(´・ω・`)

412 :本当にあった怖い名無し:2006/01/08(日) 12:35:44 ID:EBbXgu7VO
イジメ殺された息子が可哀想で行動しているのじゃなくて、
息子殺された自分が可哀想で行動しているように思えてしまう。

んで、国に相手に賠償請求でも始めた日にはかなわんな。

413 :336:2006/01/08(日) 13:06:21 ID:QOQM6hG60
えーと、途中ですみません。以前、
外国に逃げたオネエサンの話を投下したものですが、
>>344
してないです。
>>355
生活板に降臨した事はないんですが…
それ、どこのスレか教えていただけませんか?
他スレの皆さんの反応を知りたいので、のぞいてみたいんですが。

414 :沖縄県失業率全国一:2006/01/08(日) 13:35:19 ID:BGgaH5Jl0
>>397
そりゃ学校の前に祭壇おかれてたら「ここはいじめで殺される恐ろしい学校です」って
PRされてるようなもんだし、道路交通法とかで法的に撤去させればいいのに。
あるいはその母親をPTAで槍玉にあげて子供の後を追わせるのもいいだろう。
非常識な不穏分子を排除するのは正しい。なんせ昔の話なんだろ。


415 :本当にあった怖い名無し:2006/01/08(日) 13:58:05 ID:+U6CODnT0
コピペ

243 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/01/03(火) 15:09 ID:N3WWKjhK0
既出かもしれんが・・・。

奇跡体験アンビリバボーで紹介された、火災現場の写真に
白人の少女が写っている写真。少女がカメラ目線で睨んでいるやつ。

それを見た霊感持ち(気功使い?)の友人を
「あんなもの全国放送で流すなバカヤロウが!!」
とマジ切れさせた唯一の代物。

実際、テレビ越しに相当な黒い気を感じたらしい。
んで、俺はその黒い気に当てられました(滝汗)
今は大丈夫ですが、二度と見たくありません。

251 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/01/03(火) 16:49 ID:JOzjsOz70
>>243
安心しろ。めちゃめちゃ有名な捏造写真だから。


416 :本当にあった怖い名無し:2006/01/08(日) 14:01:29 ID:zlW6uNTF0
ハゲワラ
後味爽快じゃんw

417 :本当にあった怖い名無し:2006/01/08(日) 14:04:15 ID:+U6CODnT0
コピペ続き

252 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/01/03(火) 17:39 ID:jzjWGPpG0
>>251そうなの?

253 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/01/03(火) 18:00 ID:miPmZYvZ0
>>252 俺もみたけど合成だと思うよ、単に俺程度の霊感じゃ解らんだけかもしれんが
その場合は取るに足らない程度の力しか無い訳で、どっちにしろ問題無し。

254 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/01/03(火) 18:05 ID:zroMZjI60
合成だと自称霊感持ちの友人が色々困るよな

256 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/01/03(火) 19:10 ID:jzjWGPpG0
>>254確かにww合成だと知った自称霊感持ちの子の反応が見たいww

257 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/01/03(火) 19:22 ID:JOzjsOz70
これだろ?
ttp://49uper.com:8080/html/img-s/103260.jpg
んでオチ
ttp://www.ntv.co.jp/FERC/research/19970309/f0879.html

258 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/01/03(火) 20:14 ID:EuqXSMNP0
>>243
自称霊感持ちって・・・、一番怖いのはそんなこと自称してるお前だよ。
ってソイツに言ってあげれば?

自称霊感持ちカワイソス


418 :本当にあった怖い名無し:2006/01/08(日) 14:13:12 ID:KB50kueG0


419 :本当にあった怖い名無し:2006/01/08(日) 15:38:01 ID:LWzsPqA0O
俺霊感強いとか主張する奴に限って思い込み多いからな。

420 :本当にあった怖い名無し:2006/01/08(日) 15:45:51 ID:Aj3Hnb4r0
結構前に既出だけど「スケルトン・キー」は良い感じに後味悪くて面白かった。
一応おおまかなあらすじ。

主人公の女性キャロラインは介護師で、とある住み込みの仕事で大きい屋敷にいく。
そこに住んでいるのはタバコ好きのおばあさん(ヴァイオレット)、寝たきりで口も聞けないおじいさん(ベン)、
そしてこの2人の弁護士(ルーク)がたまに出入りしている。
面接でヴァイオレットは主人公に難色を示すが、ルークのおかげで無事働けることになる。
住み込むにあたって、主人公は屋敷の全ての扉を開けられるというスケルトン・キーをもらう。
ある日、ヴァイオレットに頼まれて屋根裏に物を取りにいくとスケルトン・キーでも開けられない怪しい扉が。
ヴァイオレットも引っ越してからずっと閉まっているので、開けたことが無いという。
どうしても気になり、ヴァイオレットに隠れて再度開けようとすると鍵穴に何かが詰まっていただけのようで開けることが出来る。
部屋の中には気味の悪い人形や、ホルマリン漬けっぽい内臓、レコードなどを見つける。
その夜ベンが突然部屋から失踪し、なんと1階の屋根に這いつくばっていた。必死に屋根の上を動こうとし、落下してしまう。
幸い大きい怪我は無かったものの、主人公はベンの部屋で"Help me"と書かれたシーツを発見。
この屋敷に奇妙なものを感じ取った主人公は、ルークや友人の協力を得て「フードゥー」という黒人独特の呪術を知る。
フードゥーは信じる者には効果を発するが、存在を信じない者には意味の無い呪術だという。
思い切って屋敷の事をヴァイオレットに訊ねると、屋敷の恐ろしい歴史を知ることになる。

421 :本当にあった怖い名無し:2006/01/08(日) 15:47:01 ID:Aj3Hnb4r0
屋敷にはかつて、金持ちの家族と黒人の使用人2人が住んでいた。
とあるパーティーの日、大人たちは子供の姿が見当たらない事に気づき屋敷の中をみんなで探すと屋根裏で発見。
なんとそこには黒人の使用人2人が子供たちの呪術により、放心しかけていた。
大人たちは子供に危険な呪術を教えた使用人に激怒し、その場で焼き殺した。
その歴史を知りキャロラインは、口では「迷信だ」と言いつつもますますフードゥーの存在を認識していく。
そのうちにベンが話せないのもフードゥーのせいでは無いかと思い、その呪いを解こうとするが、あと一歩のところでヴァイオレットに見つかり失敗に終わる。
ヴァイオレットの反応やベンの様子でフードゥーの存在を確信し、ベンを助けるには屋敷から連れ出すしか無いと思う主人公。
決行の日、ベンを車に乗せるところまではいくが、門に鍵がかかっていて車でも突破できない。ヴァイオレットに追われる主人公。
車がつかえないのでベンを納屋に隠し、ルークに助けを求めにいくとなんとルークはヴァイオレットの仲間。
気絶させられ屋敷につれていかれてしまう。屋敷の中で必死に逃げ回るが、遂に屋根裏の部屋で追い詰められてしまう。
魔方陣?の中で気絶するキャロライン。暫くして目をさますと、おもむろにヴァイオレットのタバコを吸いはじめる。
そして喋れないヴァイオレットを見ながら「体をありがとう、キャロライン」
ヴァイオレットとベンは病院に運ばれていった。
その時かけつけたキャロラインの友人に、ルークがいう。
「キャロラインは2人にとってとても大切な存在だったようだ。この屋敷は彼女のものだ。」

前に書いてた人の方が文才あった希ガスorz
つまり2人の黒人の使用人が、人の体をフードゥーで乗っ取り続けている、という話です。
ベンの中身はルークで、ヴァイオレットの中身はキャロラインになってしまった・・・という結末。
後味悪いけど面白かった映画です。

422 :本当にあった怖い名無し:2006/01/08(日) 16:08:32 ID:ixQMJ/Xb0
>>413
その神経がわからん スレだよ。
スレ上で、あんたの文章検索したらでてくるよ。
ネタ認定されてたけどねw

423 :本当にあった怖い名無し:2006/01/08(日) 16:49:55 ID:OHlwBaHO0
>>420
フードゥーじゃなくブードゥー教・・・

424 :本当にあった怖い名無し:2006/01/08(日) 17:25:36 ID:Aj3Hnb4r0
>>423
フードゥー(hoodoo)はブードゥーとは別物らしいです。

425 :本当にあった怖い名無し:2006/01/08(日) 18:32:22 ID:1I8jwZ8qO
>>413
一応レス番指定でスレのアドレス貼っておくよ。

その神経がわからんpart141
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1136524401/16-17
ここに投下した人は、何でこんな無意味ななりきりしたのか判らなくてちょっぴり後味悪。

426 :本当にあった怖い名無し:2006/01/08(日) 19:23:24 ID:OHlwBaHO0
>>424
そうなんだ・・・ごめんなちゃい。

427 :本当にあった怖い名無し:2006/01/08(日) 19:29:52 ID:9JPksulH0
映画の中ではブードゥー教は宗教で、フードゥはおまじないみたいなもん、
って感じの説明をしてたな

428 :本当にあった怖い名無し:2006/01/08(日) 21:55:52 ID:zIsskiIu0
「1リットルの涙」の主人公亜矢たんと同じ脊髄小脳変性症に侵された中2の女の子のサイトがあった
その子が書いてるブログには「読んで泣きました」とか「頑張って下さい」とか言うカキコが沢山
とあるコミュニティのサイトランキングでも一位になってた
でも読んだ人から「あまりにも1リットルの涙に似すぎている」「ネタなんじゃないか」と掲示板が炎上
掲示板にてサイトの作者ではなく何故か自称作者の友人が擁護を始める(作者は今家庭の事情でPC使えないとかで)
「証拠に障害者手帳を撮ってうpしろ」との声に「お母さんが預かってるからうp出来ない」
「あなたはどうやって作者と連絡をとってるのですか」との質問に「作者と携帯でメールしている」
日記には手に麻痺が来ていて物が掴めないと書いてあったのに・・・
作者のサイトにあったメアドから検索して作者の第二のサイトが見つかる
そこには作者のリア友から「またカラオケ行こうね」とのカキコが
麻痺来てちゃんと喋れないとも書いてあったのに・・・
「嘘つき」とか「謝って下さい」のカキコで掲示板が荒れまくりそのサイトは閉鎖して削除された
作者が入ってるコミュニティではサイトランキング一位になると賞金1万円が貰えるので賞金目当てなんじゃないかと
詐病してまで賞金&同情の言葉が欲しかったのかと思うと後味悪い・・・

429 :本当にあった怖い名無し:2006/01/08(日) 22:09:47 ID:0TWQcvJw0
>428
むしろリア厨のネタ認定に必死な連中が後味悪い

430 :本当にあった怖い名無し:2006/01/08(日) 22:34:38 ID:1dtj74IL0
なんとなく一杯のかけそばを思い出した

あの騒ぎは実に不思議な現象だった

431 :本当にあった怖い名無し:2006/01/08(日) 23:16:31 ID:OZKqBEE70
あれ、かなりはやったのに「実話じゃなかった」とかでバッシングされたんだっけ。
裏事情が気になるな。

432 :本当にあった怖い名無し:2006/01/08(日) 23:33:23 ID:X1YASfst0
ほか、作者の栗りょうへいが詐欺まがいのことをしていた過去とかがあって、
感動ものを書いた作者がそれかあ、とみんな醒めちゃったんだじゃなかったっけ


433 :本当にあった怖い名無し:2006/01/08(日) 23:43:01 ID:3JX44yuY0
某文学賞を辞退した作家が、他の出版社に拾われて本を出したんだが
その作家が痛すぎる。手始めに2ちゃんで他人を装い自画自賛カキコ。
余りの空気の読めなさに叩かれると、本人のブログと同じ文章で逆切れ。
また、その本を少しでも取り上げたブログやサイトにはすかさずコメント。
いきなり作者に突撃された管理人は当然ヒキまくり。

さらにそうした言及サイトに自作自演の荒らしをぶつけ、
白々しいうえにやたら自分を持ち上げた謝罪コメントを付ける…
相手の反応が悪かったら、私とアンチのコメントを
削除していただけませんか?だってさ。

そして自分のブログの他にこれまた自演のファンサイトを作成
(ここだけコメントつけないから自演バレバレ)

かなり好きな賞の辞退作だったのでどんなんかなーと思って興味持ったのに
終いには本人ブログで鬱病カミングアウトだよ!時間損した!


434 :本当にあった怖い名無し:2006/01/09(月) 00:54:02 ID:LuSoXddA0
>>433
鬱病とは違う匂いがぷんぷんするのは自分だけではないはず。
人格壊れかけてたのがさらに酷くしっかりと壊れていったような行動だ。

435 :本当にあった怖い名無し:2006/01/09(月) 00:54:58 ID:Y+MwuKv60
>>433
後味悪いって言うか、面白いw

436 :本当にあった怖い名無し:2006/01/09(月) 00:57:01 ID:hmy690dy0
109本当にあった怖い名無しsage2005/12/29(木) 04:01:30 ID:7R2EEzipO小説だが井上ひさしの「偽原始人」がトラウマ。
中学受験?をひかえた男子3人が主人公。
それぞれの母親がかなりの教育ママで、塾通いを強制させられる。
うまいことサボってたりしてたのだがある日ばれて今度は厳しい家庭教師が・・・。
という話で、途中までは主人公たちの機転とかがあって面白く、
このまま大人をやりこめてハッピーエンドかな、と思いきや全く逆で、
反抗むなしく主人公たちは全寮制の合宿所に入れられることになってしまった。
それだけは嫌なので気が狂ったふりをする作戦に。
親は嘘だと見抜いているが一応精神病院に連れていく。

110続きsage2005/12/29(木) 04:16:38 ID:7R2EEzipOそこには主人公たちの担任だったが、
指導力不足だと母親たちにいびられ自殺未遂をした女性がいた。
(主人公たちはこの先生が大好きだった)
結局医者には仮病だとばれてしまう。しかし、もう一度あの先生の姿を見つけ、
勇気が湧いてくる。
「ここに根を生やせ、ここに根を生やせ」心の中で唱え続ける。
そして、3人とも本当に気が狂ってしまう。

で、終わり。
あまりにも救いのない終わりかたが欝だった。
当時自分も受験生だったこともありトラウマ。
だって裏表紙には「塾も家庭教師もクソ喰らえ。スリリングな長編冒険小説」
ってあるのに・・・。
なにこのバッドエンド。


437 :本当にあった怖い名無し:2006/01/09(月) 01:14:54 ID:k87Cf0ju0
>>429
同意。
「謝ってください」ワロタ

438 :本当にあった怖い名無し:2006/01/09(月) 01:26:49 ID:ORIoL2xbO
>>426
謝り方にちょっと萌えw

439 :本当にあった怖い名無し:2006/01/09(月) 01:39:58 ID:d4PBJHRdO
某Flashサイトでやったゲームは後味悪かったなぁ…

有名なRPGのパク…否、インスパイアで、出てくるのはAAキャラ。
モナー・ギコ・モララー達が悪の親玉を倒し、住民を乗せた飛行艇で空高く避難する。
そこに、逃げたはずのしぃが登場。互いに駆け寄るギコとしぃ。
しかし、触れ合う直前に素早く横切った黒い影。倒したはずのボスが生きていた。
スローモーションで遥か下の街に落ちていくしぃと、成す術もなく呆然と見下ろすギコ達。
ギコが怒りに任せて武器を構え、ボスに向かって行くが、その姿はしぃに変化して…
思わず止まってしまったギコの手から武器を奪い、その矛先はギコの体へ…

わかりにくくてスマソ。
続きは一応あるらしいけど、まだうpされてない…
ギャグテイストで面白くてやってたんだけど、予想もしてなかった展開で欝…orz


440 :本当にあった怖い名無し:2006/01/09(月) 02:55:13 ID:x/2JaLxP0
ttp://www.mercury.sannet.ne.jp/kazuyo_aoki/
>397の話は多分ここの小学校対応のところ。

441 :本当にあった怖い名無し:2006/01/09(月) 04:37:22 ID:bOtKVVlc0
>>440の事件はほんとにどこを取っても見事なくらい後味悪いよね。
障害者をボコボコにして死なせた事自体はもちろんの事、
事故で障害を持って一生懸命リハビリして普通の高校に合格した直後だったのも、
仲のよい友達に合格祝いをしてあげるって呼び出されてるのも、
見てたのに警察も呼んでない近所の人も後味悪い。
それだけでも十分胸糞悪くて後味悪いのに、
そもそも障害者になったのは、先輩に暴力奮ってクラブを止めさせられたせいでグレて
バイクに乗ってて事故を起こしたから。(元は自分も弱い者いじめ)
今度は自分が弱者になったのに性格は(友達の選び方も?)変わらず、
口ばかりが達者で友達を怒らせてたらしい事。
それを親は「体に障害はあっても知能には障害がなかったから」と、
自分も障害者の差別を訴えてるのに知的障害者は差別。
母子家庭で親が夜遅く帰ってくるのを、子供が暗い家の中で待ってるのがかわいそうだと、
豪華な家を建ててそのローンで余計に忙しくなってかまってやれなくなったズレまくりの母親。

このお母さん色んな人を恨んで今でも精力的に活動してるみたいだけど、
もし全員がお母さんの思い通り反省して、
恨める人がいくなっちゃったら返って発狂しちゃうんじゃないかしら。

442 :本当にあった怖い名無し:2006/01/09(月) 05:41:47 ID:NP4ahcx30
>>433
名前のヒントキボン
レスの内容から判断して若い女の人かな。

>>441
後味悪いっていうより悲惨だ。

443 :本当にあった怖い名無し:2006/01/09(月) 06:26:58 ID:pMZzQUUzO
昔通ってた中学の屋上入り口手前の廃材(壊れた机等)置き場の先生用机の裏に書いてあった手記?の様なものを書きます。※うろ覚えなため、多少話は変わるかもしれませんが…

雪道の路肩に小さな祠があります。その祠はあたかも昔からある様に見えますが作られたのはつい最近です。つい最近姿を消した吉橋さんは実はあの中にいます。私、嫌いなので昔おばぁちゃんに教えて貰った呪いで石ころに封印しました。
けど、その呪いは他の誰かが石に触ると溶けてしまいます。だから祠の中に入れたの。頭いいでしょ?あとこの呪いは自分のした事を沢山人が触れた物に書かないと私が呪いにかかっちゃうの。だからここに書いてる。
しかもこの呪い、署名みたいにたくさんの人に書いてもらわないと10年後に解ける事になっちゃうからこれを見たあなたも他のどこかに書いてね。

この字は神社の有楽の木を焼いて作った墨で書いてるんだけど、かなりキツイ呪いなんだよね。消したりしたら死んじゃうからそのつもりでね



これ見付けて友達の欝になったのを覚えてる。霊感無いけど当時はビビった

444 :本当にあった怖い名無し:2006/01/09(月) 07:04:13 ID:D5r0RQlE0
墨って木を焼いて作るもんじゃないだろ木炭じゃねーんだから、
とか変な所で引っかかってしまった。

445 :本当にあった怖い名無し:2006/01/09(月) 07:56:10 ID:3djH5Gs70
木を燃やした煤で作る墨もあるよ。大抵は松だけど。

446 :本当にあった怖い名無し:2006/01/09(月) 11:33:40 ID:PXaesTPX0
墨>炭で木炭を直接チョークみたいにして書いてるんだと思った
結構オカルトだとそういうの多くね?

447 :本当にあった怖い名無し:2006/01/09(月) 11:47:57 ID:pMZzQUUzO
墨って書いてあったけどHB鉛筆とかで何度も擦って書いたって感じだった。文調は女だったけど、丸字とかでは無いからもしかしたら男かも…
その後友人と祠探したんだけど本当にあってビックリした…とりあえず友人と別の机に文を写して書いたよ

448 :本当にあった怖い名無し:2006/01/09(月) 13:40:44 ID:XaU4hEpz0
>>447
余所でその文章を見た男子がそこに書き写したんだろ。<文章は女でも字体が男

それと、祠見つけたんなら石ころ触って呪い解いてやれよw

449 :本当にあった怖い名無し:2006/01/09(月) 13:48:39 ID:JOphsrE70
「自分ったらこんなすごいことに巻き込まれちゃった」感が失われてしまうからな、
触っちゃったら。


450 :本当にあった怖い名無し:2006/01/09(月) 14:58:01 ID:DFLBAknY0
>442
「文学賞 辞退」でぐぐるとすぐ見つかるよ。
自分も作者のブログ見て、痛いなーと思った。

451 :本当にあった怖い名無し:2006/01/09(月) 18:27:37 ID:1RErlsy20
>>450
名前2文字の人?
ホントにいろんなとこに出没してるな。
ブログは痛い通り越して怖いし。

452 :本当にあった怖い名無し:2006/01/09(月) 21:07:52 ID:7MuiYYQi0
>450
442じゃないけどヒントサンクス
作者のブログ見た。痛いのもあるけど、読点が多くて読んでいて疲れた。
受賞したってことは、文章下手をカバーできるだけの面白さがあるんだろうけど。

453 :本当にあった怖い名無し:2006/01/09(月) 23:57:56 ID:naWJWIPQO
三年前から小学校の教師してるものです。
いつものように授業前に職員室で、次の授業の準備をしていたとき教頭が急いだ様子で校長室に入っていきました。


454 :本当にあった怖い名無し:2006/01/10(火) 00:00:15 ID:naWJWIPQO
しばらくして校長と教頭が青ざめた様子で「子ども達を集団下校させるので各担任は子ども達を地区班に分けて各教室に移動させてください」とのこと。


455 :本当にあった怖い名無し:2006/01/10(火) 00:02:05 ID:naWJWIPQO
なにか起きたのか?と思っていたら私のクラスの副担任をしてくれているベテランの教師が「…Aか。」と呟きました。子ども達を集団下校させた後に生徒一人一人の自宅に電話をして今日は家から出さないようにと説明しました。


456 :本当にあった怖い名無し:2006/01/10(火) 00:02:10 ID:/XgrxD/40
>>453-454
1回で投稿しきれない長文は、投稿前にメモ帳でぜんぶの文章を
書き終えてから、連続投稿してください。


457 :本当にあった怖い名無し:2006/01/10(火) 00:03:13 ID:naWJWIPQO

これはほんとにあった話なのですがベテラン教師が呟いた「A」の事は未だにわからずじまいです。何だったんだろうか。

458 :本当にあった怖い名無し:2006/01/10(火) 00:04:40 ID:naWJWIPQO
メモ帳、わからなくてすいません

459 :本当にあった怖い名無し:2006/01/10(火) 00:06:21 ID:pvMME2BT0
落ちが無くて後味悪いってことか

460 :本当にあった怖い名無し:2006/01/10(火) 00:07:07 ID:I+xNJIbG0
だから携帯厨は・・・・(ry
リアお断り。

461 :本当にあった怖い名無し:2006/01/10(火) 00:08:12 ID:zZ63L4J+0
>458
だってケータイでしょ。

462 :本当にあった怖い名無し:2006/01/10(火) 00:08:13 ID:l8FC1PQQ0
単なる変質者じゃねーの
通称で呼んでる。

463 :本当にあった怖い名無し:2006/01/10(火) 00:09:50 ID:3+jtJKN3O
迷惑かけてしまったようで、すみませんでした。

464 :本当にあった怖い名無し:2006/01/10(火) 00:12:48 ID:wpSsr+QXO
ウザい携帯厨の特徴

・sageと打つのが面倒なのでsageない。
・pic.toは言われるまでPC許可しない。
・うpろだに画像をうpすると 「picでよろ(´・ω・`)」
・レスを読むのが面倒なので流れが読めない。
・読みにくい文字をさも当然のように使ってくる。
・書き込みの下にやたら改行が入る。
・PC持ちをオタク扱い 
「あんたらオタクみたいに一日中PCに貼り付いて居れるほど暇じゃないんで」
・やたら煽りレスに反応する。
釣られてると解っていても、文章を消すのがもったいないので即書き込み。
・長文を書き終えた時にはスレが埋まってる。
・普通の掲示板と同じノリで馴れ合おうとする
「ぉ初ヽ(。ゝω・。)ノdёsц★ょろ∪く━━。:+((*′艸`))+:。━━ぅ!!!」
・注意すると「精神病院行ったほうがいいんじゃない??」
と意味不明な逆ギレレス。
・アンカーが打てずに↑で返事する。
しかも返事が遅いので大抵別の奴に邪魔される。
・適当なところで改行できないので読みづらい。
読点なんかも付けられないのでお経のようになる。

465 :本当にあった怖い名無し:2006/01/10(火) 00:16:40 ID:Y37AWPBZ0
あー、Aかー

466 :本当にあった怖い名無し:2006/01/10(火) 00:22:37 ID:KmJPkWWr0
寄生獣が学校に来たの?

467 :sage:2006/01/10(火) 00:22:56 ID:nK+jzpkQ0
>>465
ぬ〜べ〜だな。ぬ〜べ〜。

468 :本当にあった怖い名無し:2006/01/10(火) 00:25:47 ID:3+jtJKN3O
>>465 何ですか?Aって

>>467 ぬ〜べ〜?

469 :本当にあった怖い名無し:2006/01/10(火) 00:27:35 ID:nK+jzpkQ0
>>465
ぬ〜べ〜だよな。

470 :本当にあった怖い名無し:2006/01/10(火) 01:41:01 ID:h2fKR8Zl0
>>450
442です。ありがとう。
若いと思ってたけどそんなに若くもないんだね。

471 :本当にあった怖い名無し:2006/01/10(火) 04:10:48 ID:u+UNhhXR0
>>467
Yes, it is nuubay

472 :本当にあった怖い名無し:2006/01/10(火) 04:46:00 ID:7wGiX4hL0
>>457
えーと、あなたが本当に子供を守るべき立場にある教師で
身近にいる人が何かの情報を持っているかもしれないんなら
その人に突っ込んで聞くべきなんじゃないの?

473 :413:2006/01/10(火) 11:38:26 ID:Ws+CxG9f0
>>425
貼っていただいて感謝します。行ってみました。
この話、他スレにコピペした人には、何か感銘を与えたのでしょうか。
それにしても、今まで親族の中でのみ伝え聞いていた事件だったので、
一般の方たちの考えを知ることが出来て参考になりました。
でも実話ですよ。逆に、ありえないと流されるような事も
実際にはどこかで起きてるのが現実なんだなあと認識させられて
いい経験になりました。オネエサンはまた見つかってないんですよ。
それでは名無しに戻ります。またいつか。
ありがとうございました。

474 :本当にあった怖い名無し:2006/01/10(火) 15:34:09 ID:twvzk1IL0
VIPで今朝自殺した奴をいじめてたって厨房が得意げにスレ立ててるぞ!
 
↓いじめられてた奴
10日午前7時15分ごろ、
長崎県佐世保市の市立中学2年の男子生徒が自宅の自分の部屋で死亡しているのを、
母親が見つけ江迎署に通報した。
この日は3学期の始業式。同署は自殺とみて動機などを調べている。県によると、
県内では今年度これまでに、中学生が2人、高校生が5人自殺している。
ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060110-00000052-jij-soci


ちょwwww、俺がいじめてた奴が自殺したんだけどwwwww
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1136874515/l50


475 :本当にあった怖い名無し:2006/01/10(火) 15:55:51 ID:pIR+ur3zO
>>474
後味いいじゃん

476 :本当にあった怖い名無し:2006/01/10(火) 17:18:01 ID:u9Ay8l3V0
え?

477 :本当にあった怖い名無し:2006/01/10(火) 17:19:48 ID:M/fZxJM00
>>474
スレもう見れない。

478 :本当にあった怖い名無し:2006/01/10(火) 22:07:44 ID:50NmT0jB0
所詮井上ひさしだし

479 :本当にあった怖い名無し:2006/01/11(水) 13:00:27 ID:Op5QMhUiO

成人式の為に買ってもらったスーツを着て
かっこいいと言われ、何枚も写真を取られ
車で会場まで送ってもらい
「友達と飲むだろうけど、イッキなんてしたらいかんよ?
 遅くなるだろうから気をつけて帰ってらっしゃい」
そう言われた後一人で会場を一周し、中に入ることが出来ず
友達と飲みに行くことになっている手前、そのまま帰ることも出来ず
夜まで時間つぶすためにその足でスロット店へ行き
親からもらったお年玉を使い切るのに2時間も持たず
銀行から下ろした8万も消え
どうしようもなくなって、夕方頃に家に帰り
人が多すぎて友達と会えなかったと言う俺に
母さんは、じゃあ夕飯ちゃんとしたもの作らなきゃねと言い
俺は震えて声も出せないほど泣いた

480 :本当にあった怖い名無し:2006/01/11(水) 13:10:49 ID:ZehWNonW0
コピペ?

481 :本当にあった怖い名無し:2006/01/11(水) 13:12:23 ID:uildGEjO0
>>479
VIPでそういうの見た気がする

482 :本当にあった怖い名無し:2006/01/11(水) 14:26:36 ID:eA7OgtvN0
同じくのほだめで見た

483 :本当にあった怖い名無し:2006/01/11(水) 14:54:25 ID:PhMvnw500
ガ板で見た

484 :本当にあった怖い名無し:2006/01/11(水) 15:23:18 ID:LfKn43zv0
成人式→二十歳をすぎてお年玉もらえるのか…。

485 :本当にあった怖い名無し:2006/01/11(水) 15:28:14 ID:phu7+cWq0
>>484
最後のお年玉だから親も上げたくなるんだろうな。
これからはあげないとならない立場になるし。
うちは二十歳超えたら会える時は親にも祖母にもあげたよ。
泣いて喜んでた。(貧乏なので1人5千円とか三千円とか)
大した金額でないのに泣かれ、そんなに出来の悪い子だったのかと
感じて後味わるかった。

486 :本当にあった怖い名無し:2006/01/11(水) 15:37:07 ID:sQyLcfC5O
オマイおバカだな。間違いない。

487 :本当にあった怖い名無し:2006/01/11(水) 16:03:45 ID:5CS1FGOp0
>>485の捻くれた考え方のほうが後味わるいぜ
親からすりゃそんな年齢まで成長した、ってだけで感無量で泣くもんなんよ

488 :本当にあった怖い名無し:2006/01/11(水) 16:57:35 ID:gIOvsTZG0
>>487
>>485はツンデレ

489 :本当にあった怖い名無し:2006/01/11(水) 17:12:15 ID:+Xv4mSZY0
成人式後の飲み会でイッキ飲みしてアル中で死ぬっていうのはこのスレ的にはどうでしょうか?

490 :本当にあった怖い名無し:2006/01/11(水) 17:16:23 ID:phu7+cWq0
皆様レスども&すまそ。
喜んでくれてるのかと最初思ったんだけど、その嬉しがり方が
かなり大袈裟に感じる&長く喜び過ぎだったもんで酷く焦ってきちゃって
(もしかしてどうしようも無いバカやろうと思われてたのか・・?('A`;))
ってなっちゃったんだよ。
とりあえず、これからも出せる時はお茶代1000円くらいしかなくても
出す事にするよ。
ま、そんなばあちゃんももうすぐ墓に納骨なんだけど・・・。

491 :本当にあった怖い名無し:2006/01/11(水) 17:17:19 ID:phu7+cWq0
>>489
自分で飲んだのか飲まされたのかで選択肢が別れるかな

492 :本当にあった怖い名無し:2006/01/11(水) 20:28:01 ID:kNpq7BQG0
自己責任て便利な言葉だもんね。

493 :本当にあった怖い名無し:2006/01/11(水) 21:57:56 ID:+Xv4mSZY0
酒をたしなむ程度に飲む

健康とまったく関係のない少量のアルコールでも判断力が鈍る

周りが飲んでいる

判断力がないので、イッキしちゃう



494 :本当にあった怖い名無し:2006/01/11(水) 23:48:05 ID:KZ0rHGco0
おいらも成人式は友達いなくて近所の本屋で立ち読みしてた。
一生懸命用意してくれたかーちゃんごめんよ…
ほんとごめんよ・・・

495 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 00:08:29 ID:Y7WEr7NC0
大学の課題に追われてたから、当然のごとく帰宅したぞい
今思うとみんなと飲みたかったなぁ

496 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 00:16:31 ID:dtpWO7EA0
>>492
自己責任という言葉をやたら敵視するやつの分の責任は、誰が負うんだろう


497 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 00:18:16 ID:f32/6rZ3O
>>494
イケメンorフツメンでマザコンじゃないなら結婚したいぐらい良い人…

498 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 04:07:01 ID:4SmqkcoYO
自分も成人式の時は一緒に飲みに行く友達が居なくて、一人でスーツのまま居酒屋とバーをハシゴしてみた

499 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 05:39:58 ID:N9VCG/Ib0
早生まれだから成人式行っても同期の友達いないしなぁ・・・
成人式って成人しないと行けないの?

500 :人形細工 ◆vESY7K4lxQ :2006/01/12(木) 07:26:59 ID:xgYNa6ACO
>>499
年度ごとだから未成年でもいける

ちなみに今年は1985年4月2日〜1986年4月1日生まれの人が対象だった。

501 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 10:02:46 ID:0lSiZxc40
成人式行かなかったからよくわからん
そんな工作してまで行かなきゃいけないもんなの?

502 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 10:10:12 ID:brtyrO720
うちの妹は今住んでるところに知り合いいないしってんで
宗教団体の成人式に行きました。
至極無害な立正○成会
聖堂は大改修中だから攻めこむならいまだw

503 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 10:12:48 ID:naySnDM00
成人式の時分はバンドの追っかけまがいの事をしていたので
当然欠席してLIVEに行っていたんだが、
後々成人式行かなかった事を他人に言うと、友達のいなかった子扱いされて後味ワルーだった。
ま、成人式や同窓会でしか会う機会のないその当時なんとなくつるんでいただけの元友達に
わざわざ会いたいとは思わんけど。

504 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 10:15:54 ID:BOGYSr9l0
>成人式や同窓会でしか会う機会のないその当時なんとなくつるんでいただけの元友達に
とかいうのが当時友達いなかったの?と思われる原因じゃないか?
とか言ってみる、まぁ人それぞれ価値観違うからどうでもいいけど

505 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 10:54:45 ID:PsjrzDTn0
>>501
かーちゃんが楽しみにしてたり喜んだり一生懸命準備してくれるからじゃない?

506 :奥泉光の小説 「滝」 1/6:2006/01/12(木) 11:15:25 ID:oiPIeAzK0
※長い上にうろ覚えで間違ってるとこもあるかも。

物語は、主人公の少年達が山岳修行に出かけた朝から始まる。
清浄行、と呼ばれるその登山は、彼らが属する宗教団体(密教系?)が行っている少
年達の通過儀礼。
山伏のような装束で山を越え七つの宮をめぐる修行は、宗教的な色合いよりもむしろ
精神と肉体の鍛錬が主な目的である。厳しい登山を仲間と協力してやり遂げるという
体験を通して
組織の結束を固めるという、重要なイベントであった。
(大人になってからも、その時のグループの結束は固い。戦友とか、体育会系仲間み
たいな感じ)
彼らは5人一組で十あまりのグループに分かれ、時間差で宿舎を出発する。
山に点在する七つの宮を全部めぐればゴールなのだが、この修行のルールで
それぞれの宮に着くたびに組のリーダーが用意された御籤を引く。
白ならばその組の気は清浄で満ちているとされ次の宮へ進ことができる。
黒ならば気が汚れているとされ、その宮と対になる滝に打たれて潔斎しなければ
ならない。
飽くまで修行であり競争ではないのだが、どの組よりも先に最後の宮にたどり着きたいと
願うのはどの少年達も同じだった。上手く行けば2日ほどでゴールできる。


507 :奥泉光の小説 「滝」 2/6:2006/01/12(木) 11:16:21 ID:oiPIeAzK0
主人公の裕矢は17歳、彼らの組は栄えある先発隊に選ばれ意気揚々である。
組のリーダーを努める勲は18歳。教祖の孫でいずれ教団の将来を担うとも噂される
青年である。
武術も学業も並ぶ者のない美青年。しかも温厚で人望も厚い。裕矢の憧れの存在だ。
裕矢には兄が居るが、兄の達也は頭は切れるが狡猾で嫌な男であり、人望も無かった。
弟から見てもとても尊敬の対象にはならなかった。
その他のメンバーは頼りない都会っ子や、トロくて幼い中学生、ケンカ早い田舎者と
当初は気が合わずバラバラであったのだが、いつの間にか勲に惹きつけられ結束を固
めていく。
だから、最初の宮で出た御籤が黒だったことも裕矢たちにはそれほど苦ではなかった。
自分たちならば、少しくらい次の宮へ行くのが遅れたとしても最後まで力を合わせてやって
いける。しかし、次の宮でも御籤は黒。それぞれの宮と対になる滝へ行って滝に打たれ、
また次の宮へ戻る。その度に途方もない遠回りを強いられる。裕矢はふと不安になる
こんなに素晴らしい組なのに何故神託は自分たちの清浄さを認めてくれないのか。


508 :奥泉光の小説 「滝」 3/6:2006/01/12(木) 11:16:56 ID:oiPIeAzK0
一方その頃、少年達が居る山には裕矢の兄、達也とその仲間の河合も潜んでいた。
少年達の修行のバックアップをする隠れたスタッフとしてだ。少年達は飽くまでも自力で
山岳修行に挑むことになっているが、緊急の際の安全面や他の登山客とのトラブルを避けるため
少年達よりも上の青年団が影ながらサポートしているのだ。
また、少年達はご神託を純粋に信じているが実は御籤の結果も青年団が操作している。
各組がそれなりに苦労してゴールするようあらかじめ仕組まれているのだ。
やがて皆青年団に上がれば、この修行の真相を知ることになるが、怒るものなど居ない。
次の世代の少年達のサポートをする役目がどんなに重要かを教えられることになるからだ。
少年の日の純粋な信仰心は汚されることなく、合理的な組織運営を担う人材を育てる。
それは実に上手く組み込まれた教団のシステムだった。


509 :奥泉光の小説 「滝」 4/6:2006/01/12(木) 11:25:13 ID:oiPIeAzK0
勲と裕矢の組の御籤を黒にしたのは達也だった。達也はそのまま、三の宮、四の宮も黒の
御籤を仕込むつもりだ。驚いて止めようとする河合に達也は説明する。
教祖の孫である勲がいずれ教団のトップになるのは間違いないだろう。人を惹きつける勲は
新しいカリスマとなる。だが、教祖たるもの純粋なだけでは組織を守っていけないはずだ。
信者の夢を壊さず、現実の汚い部分をも背負うのが真のリーダーであるはず。
やがては自分たちの雲の上になる勲だが、今はまだ少年部の後輩の一人だ。先輩として
勲の為にできるだけのことをしてやりたい。達也が、勲を目にかけてかわいがっていたことを
知っていた河合は渋々納得する。
御籤は4,5本の中から一本選ぶ仕組みだ。
達也の計画、それは御籤と一緒に手紙を置いておくことだった。そこに、白の籤は右端、等の
メッセージを書いておく。
リーダーとなるものは、高潔なだけでは務まらない。いくら神託が絶対とはいえ、疲れ果てた
他のメンバーの為に、勲は闇の部分を背負って白い籤を選ぶべきなのだ。
かつて達也は教祖の家で、勲の母に会ったことがあった。勲とうり二つの美しい婦人は狂人で
あり、屋敷から出ることなく幽閉されている。勲の高貴な微笑の向こうには狂気がある。
どこかで現実に汚れなければ勲も母と同じ運命を辿るだろう。



510 :奥泉光の小説 「滝」 5/6:2006/01/12(木) 11:27:31 ID:oiPIeAzK0
三の宮の籤も黒。再び滝で禊ぎをして四の宮に向かう。そろそろ年少の者や、都会ッ子には
疲労の色が濃くなっている。勲は籤を引く前に脇に置いた手紙に気づいて中身を読んだ。
しばらく考えて彼が引いた籤の色は、黒。
結束が固かったはずの組の雰囲気はどんどんと壊れてくる。勲は冷静に仲間たちを励まし
統制を取り戻す。そんな勲を改めて尊敬する裕矢だが、不安はどんどん大きくなっていく。
本当に危険だと判断した時は、救助を求める旗を掲げることになっている。その旗を持っているのは
裕矢だ。だが清浄行は教団の少年にとって、生涯心に残るイニシエーション。リタイヤなどしたら
一生の心の汚点になる。やり直しはもう利かない。
五の宮でも、封筒は置いてあったが、勲は中身を見ることもせず籤を引く。黒。
それを見ていた達也は自分の敗北を知る。自分の負けだ。勲には、小賢しい知恵などは必要ない。
高潔なまま人々の上に立てば良いのだ。汚い部分などは自分が引き受けて身を捧げればいい。
もう止めよう。弟や他の少年達も、勲を恨むことはないだろう。封筒のことを知ったとしても、後になれば
勲の潔癖さをますます尊敬するようになるだけの話だ。
ここまで来たら勲が追いつめられるところを見たいという河合をたしなめて、達也は山を下りた。
六の宮と七の宮の籤は全て白を用意して。


511 :奥泉光の小説 「滝」 6/6:2006/01/12(木) 11:28:16 ID:oiPIeAzK0
五の滝での禊ぎをした後、少年達は心身ともに限界を迎えようとしていた。
それぞれが、黒の神託が出る理由は自分に、そして他のものにあると思いこみ結束は決裂する。
今まで隠していたお互いの過去、思いなどが交錯する。神託が黒を出す罪は一体誰にあるのか。
何とかその場を納めた勲が出した決断は、このまま六の宮ではなく、六の滝へ向かい、七の宮に向かう
というもの。(体力的な限界と、このままの壊れた状態で次の宮に言っても神託は恐らく黒だろうという理由)
勲は裕矢にだけ、六の宮で籤を引いてくるように依頼する。一人で六の宮に行く裕矢。
神殿には威厳も神秘もなく、虚ろな気がした。籤を引く。結果は白。
皆の元に戻った裕矢だが、一人が脱走し勲は探しに行って留守にしていた。勲が帰ってくる前に脱走した
少年は戻ってくるが、リーダー不在の追いつめられた少年達は脱走した少年を袋叩きにする。
夜半、疲れ切った彼らの元に、勲が帰ってくる。勲はこんな状態でも高貴な態度を崩すことなく微笑んでいた。
勲は裕矢に六の宮の籤の結果を聞く、裕矢は白だったと答える。それを聞いた後、勲は一人で七の宮に向かう。

勲を見送った後、何時の間にか眠ってしまった裕矢が朝になって見たもの。それは高熱にうかされている仲間、
顔も分からないくらい殴られてぐったりしている仲間、目を開けたまま失神している仲間の姿。
悪夢だった。裕矢は今度こそ救助旗を掲げる決心をする。旗を掲げた後、背負いきれない絶望に耐えきれず、
裕矢は勲の姿を探す。七の宮へ。
七の宮の前には、散らばった籤と封筒が落ちていた。封筒の中身を見ると、”白は左端”(この辺うろおぼえ。右とか
真ん中とかだったかも)。達也が下山した後、河合が仕込んだものだった。
勲の姿はどこにもない。ふと、崖の下を見ると、七の滝が見えた。下では落下して死んでいる勲の姿が。
その姿の醜さに裕矢は嘔吐し倒れ込む。
汚れをはらうための七の滝は、七の滝の水は、枯れていた。


512 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 11:34:03 ID:XmL1YlNk0
>>499
ちょ・・おま・・・

513 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 11:40:15 ID:BOGYSr9l0
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/afro-ocea/news/20060112k0000e030026000c.html
この話も後味わるいつか気分悪くなるね

514 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 11:44:49 ID:svDsux4s0
>>506
面白かった!GJ!!

515 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 12:20:00 ID:y007b24D0
>506
長い話をこれだけ要領よくまとめる文章力はすごいと思うが、
それが災いして途中からどう話が転んでいくか見えてしまって、
後味わるいというよりやっぱりという感じになってしまったよ…。

516 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 12:32:49 ID:6H0Mv9m90
>>513
後味どころじゃないだろう・・・どこをどう切っても最低だ。

517 :506:2006/01/12(木) 12:51:46 ID:oiPIeAzK0
>515
読み返すと確かにそうだなー。面白さを伝えたいあまりに過剰な表現になってるかも。
難しいね。。


518 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 12:55:33 ID:svDsux4s0
>>517
俺はオチも読めず面白かったけどな。俺が変なのか?^^;
そもそもプロじゃないんだし、これだけかけててしかも良ネタ
気にすることはないとオモ。

519 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 13:00:46 ID:ymM3rO2t0
なんで勲が自殺したのかも、裕矢以外のみんなが狂った理由もわからない(´・ω・`)

520 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 13:06:34 ID:XMr8vF690
乳児にちんちん入るの?
そんな粗末なちんちんを女に撮影されて恥ずかしくないの?
ダメだ…どうがんばっても真似できねー

521 :506:2006/01/12(木) 13:11:01 ID:oiPIeAzK0
長くなるから書かなかったけど、裕矢以外の仲間には、”自分が弱虫だから”とか”勲が好きだから頑張ってる”とかの
負い目を抱えてて、そうじゃない少年も仲間を信じ切れない邪念に苦しんでいたりして
そういうマイナスの感情が、疲れと不安で一気に爆発するの。
勲は、籤の操作を知っていたけれどそれでも神託はあると信じて籤を引き続けていた。
だから、裕矢一人で引いた籤が白だと知り、それでも七の宮で黒を引いてしまった自分こそが
一番汚れていると絶望したんじゃなかろうか。



522 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 13:16:57 ID:BOGYSr9l0
もう一つとしては6で引いた白籤が封筒でのインチキだったんじゃ?という疑惑を勲がもってしまったのでは
そして裕也のかわりに身投げで清める勲、とか

523 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 13:22:15 ID:gp6/8YsO0
>>520 私も似たようなこと思ったけど、性的虐待っていってもレイープそのものじゃなくて、
Fとかえろい写真撮るとか、精液かけるとか、あと指ぐらいは入るんじゃないかな。
その子は乳児の頃のことで覚えてなくても、6週間なら記憶が体に染み込んじゃってると思う。
何より周りから聞かせられないといいけどね。

524 :519:2006/01/12(木) 13:25:48 ID:ymM3rO2t0
>>521-522
なるほど、よくわかったよ。ありがとう!
勲は純粋で崇高すぎたのかなぁ。

525 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 13:44:29 ID:5KsRhcTr0
「滝」っていうタイトルが絶妙だね。
7の滝なんて、その教団が勝手に決めたもので
自然界には何の責任もないだろうに、ただ枯れてただけで
彼らの汚れは一生祓われない事になっちゃうんだねえ。
この空しさと、青年組のあさはかさと、
少年達の純粋さが何とも言えない。
ここに登場しないオトナたちが一番悪いな。
面白かった!GJ!

526 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 14:31:20 ID:BOGYSr9l0
奥泉光でぐぐってみたら結構おもしろそうなのあるな、好みだ

527 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 17:50:55 ID:EBHH2jvHO
>>506
凄く面白かった。ありがとう

528 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 18:28:38 ID:hapBVhnEO
>>506奥泉光、私も読んでみます。後味悪くても、良書の予感。2chで久しぶりに引き込まれました。ありがとう。

529 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 19:53:14 ID:aQrOFKGn0
>>506
面白かった〜。4/6ぐらいから((((゜Д゜;))))ガタガタブルブル
気になるので今度読んでみます

530 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 22:15:31 ID:hapBVhnEO
てか、あまりにもしっかりした読み物になってしまったので、後が続かなくなってしまった。

531 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 22:41:50 ID:hYySQ+pMO
506さんの文章テラスゴス
要約に引き込まれるとは...

532 :本当にあった怖い名無し:2006/01/12(木) 23:37:53 ID:0/GuuYXA0
>>530
今夜のところは、この話をじっくり噛みしめるから、これでいいや。


533 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 02:27:22 ID:Bgvw4THY0
「滝」、後味スレに書き込みたい!と思いつつ
要約できずにいたのですが
506氏のを読んで胸のつかえがとれました

『北村薫のミステリー館』(北村薫編のミステリーアンソロジー)
に収録されていたものを読んだのですが
「滝」は収録作品18編のなかでも出色の後味の悪さだった…



534 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 02:49:25 ID:0qb7fh0tO
森鴎外の舞姫はガイシュツですか?

535 :本当になかった怖い名無し:2006/01/13(金) 07:31:22 ID:9WYEfWuK0
今は「森鴎外の」、と書かないと萌えアニメだと思ってしまうね

536 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 08:55:22 ID:xR24NhjKO
>>534
自己チューだけどオレ読んだ事ないから書いてください

537 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 10:13:09 ID:BPigGzw0O
>>536
国語でやらなかったかい?
>>534じゃないけど私が要約してみるよ。
明治期にドイツ留学していた青年がドイツ人少女と恋仲になったけど、帰国時に少女を見捨てるようなかたちになり少女は精神病になってしまう話。
しかもこれは歐外のほぼ実話で、少女は日本まで来てしまうけど歐外は会わずに逃げてしまうのがもっと後味悪い。

538 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 10:27:14 ID:WallJ/gT0
昨日始まったドラマも後味悪かったな
主人公が刺されて?死ぬシーンから始まって少年時代からの回想的な演出なんだけど
主人公は質屋の息子、母親が店で雇った男と不倫しててそれを知ってる、更にそれに気付いてない冴えない父親
ある日ヒロインの少女と出会って仲良くなっていく
ヒロインの家は母子家庭で借金がかなりある家なんだけど母親に無理やり売春させられて返却してる
で、とある夜に街でヒロインを見かけた主人公が追いかけていくとその現場を見てしまう
しかもその相手が主人公の父親、写真とかまで撮影してる始末
「此れはお互い合意のもとだ、どうせ金で何でも・・・」と言い訳したとこで主人公が父親を手にした鋏で刺し殺してしまう
その罪をヒロインがすべて被るといい、実際少女の母親に更に被せて心中を図る
結果少女だけが生き残り母親は殺人犯が自殺、と言う形で処理され少女は街を出ることになる
お互い知らない人であるようにと少年に告げて・・・
数年後高校生になった少年の前にその殺人の捜査をしていた刑事が再び現れる

といったとこで1話終了、ヒロインに不幸フラグが立ちまくってるから話が進むたびに後味悪くなりそうだw

539 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 11:08:44 ID:Bgvw4THY0
白夜行は原作のラストをドラマの第一話でやっちゃったのか。
ラストに向かってどんどん事件の全貌が見えてきて
読後のなんともいえない後味の悪さが良かったのに。
最初にやっちゃったらもうこれ以上後味悪くならないよ。

540 :本当にあった恐い名無し:2006/01/13(金) 13:18:55 ID:GNSgoQ6X0
>537
さらに補足すると。鴎外は後年、若い嫁さんをもらうが、お嬢様育ちの嫁と
厳格な鴎外母がおきまりの嫁姑戦争に突入し、間に挟まれた鴎外はすごろくで
機嫌とったり、その場しのぎの二世帯住宅にしたりとヘタレこの上なかったとさ。

541 :537:2006/01/13(金) 13:56:41 ID:BPigGzw0O
>>540
補足サンクス
なんかヘタレ役の名優いっけいに鴎外役させたドラマ観てみたい。

542 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 14:48:43 ID:tfEzDU9f0
舞姫は史実よりも書いて発表したという行為がわからん。
DQN自慢なのかヘタレ録なのか自爆ネタなのか。
文豪の考える事って謎だわ。

543 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 14:55:27 ID://K0MHwF0
>542 甘い悲劇みたいに書いてるのがウザいよね。舞姫。鴎外嫌いだわー文体も作風も。

544 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 15:15:32 ID:akB7lqYQ0
口先ばっかりの頭でっかち系は「実際はヘたれ」が多い
の好例ということかね>欧外

545 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 15:46:56 ID:ykjPBSvv0
死んで何十年もしてから、
後世の若者たちにこんなに言われる鴎外の心中、
察してあまりあるなあw

546 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 15:50:08 ID:mBDLKZSm0
そもそもドイツ人の美少女が日本人にそこまで惚れるのか

547 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 16:07:09 ID:W+Em2o4Y0
これ実は、某海軍メイドさん事件のようなものだと思っている。
鴎外は陸軍だけど。

なので、個人的には後味いい。

548 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 16:30:48 ID:nWxYyb5g0
>>542-543
うわー、?外駄目な自分としてはちょっと安心した。
もう反吐が出るほど苦手。
学校の休み時間に文学少女が大きな声で得意げに主人公の心情を語ったりしてくれて、
聞こえてくるだけで辛かった。
同意してくれる人がいなかったもんだから結構寂しい思いしたなぁ。

ちゅーかこんな話、中学高校の教科書に載せるなと思うんだけど・・・

>>545
どんな?w

549 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 17:52:40 ID:ORnSfh1X0
文豪とか音楽家とか、突出した才能を持ってる人は
それ以外の部分が人間的にだめな人が多いね。

やはり人一人の才能の量は決まっているのかな。
天才は家庭人失格とかさ。
まあ希に全て万能な人もいるけれど。

550 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 17:57:02 ID:+XftPzC20
>547
メイドさん事件しらべてみた
・・・よけい後味悪くなったんだが
利用された挙句精神病になったほうがより悲惨だ

551 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 18:01:31 ID:K5HWuUkX0
>540
帝大を主席で卒業し、その後医者になり、要職にもついた人間を
へたれ呼ばわりとはおえらいことで。
だいたいその鴎外像はたんなる風評だ。

552 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 18:02:38 ID:dDnOkLs20
鴎外で思い出したけど、萩原朔太郎の娘の小説も後味悪い。
祖母と叔母が下品で嫌な人間で朔太郎の娘を散々いじめてて、
朔太郎は超ヘタレで全てにしらんぷり。すごい苦労の連続のキツイ小説。
朔太郎の妹への美しいエロい詩に感動してた身としては、
夢が壊れてしょぼんだった。

553 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 18:46:59 ID:r3ueqKm60
どんな経歴だろうがどんな職業だろうがヘタレはヘタレ

554 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 18:51:21 ID:ykjPBSvv0
>>552
詳しく

555 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 19:02:06 ID:J8B4YZ8SO
文学界そのものが後味悪いな

556 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 19:31:12 ID:0j1a8N5U0
>>552
『いらくさの家』(漢字出ない)ね。
朔太郎の娘は祖母と叔母にいじめられまくる。
何かのきっかけで出会った男と肉体関係を持ち
妊娠してしまう。(多分優しかったんでしょう)
ところがその男が物凄いDQNで、萩原家から
金をせびろうとする。
祖母は娘が産む子供は里子にすると決意。
(この判断は鬼に見えるが正しいと思う)
しかし子供は死産。
「里子に出す先の家に悪いと思わないのか」
とますます娘をいじめる祖母。
ついには、長女である娘を廃嫡し(男子はいない
ので娘が跡取り)、知的障害者と思われるその妹に
萩原家を継がせろ!と朔太郎に迫るが、朔太郎は
ついにYesと言わなかった。

・・・・・・あれ? 後味良くなっちゃった。

557 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 19:45:30 ID:b7wbZwv00
>>551
森鴎外は確かに軍医総監までになった人だけど
それは単に学歴が高かったのと人の脚を引っ張るのがうまかったからじゃん。
鴎外が軍医総監だったばっかりに死ななくて良い人がいっぱい死んだことを
忘れちゃいかんよ。

558 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 20:03:07 ID:69pIyUXW0
>>556
あれ?
娘を廃嫡したあとに萩原家を継がせようとしていたのは、
朔太郎の弟の子(男の子)じゃなかった?
病床の朔太郎に祖母と弟が廃嫡を認めるよう、迫っていたような記憶があるが…。

559 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 20:09:28 ID:ykjPBSvv0
高尚な文学者話の最中に悪いが、
ヘタレ男で思い出したので、軽く投下。
わたなべまさこのミステリーコミックから、
ヘタレ夫が主人公の話。ちょっとウロなんだけど。

主人公は、そこそこ中年のサラリーマン。子どもはなく、
おとなしい妻と二人暮らし。なに不自由はないが、刺激もない生活。
その彼が、ふとした事で明るい華やかな雰囲気の女性と知り合う。
若くはないが妙齢で、気が強いところが新鮮で、
妻にはない、健康なオンナの魅力がたっぷり。
アッという間に愛人関係になってみると、身体の相性もバッチリ。
結婚以来、初めて生きてて楽しいと思える毎日が訪れる。
すっかり愛人のトリコになってしまう主人公。妻は目に入らない。
だが逢瀬を重ねるうち、お約束で、愛人は妻と別れろと言い出す。
そこまでは踏ん切りがつかずモタモタしていると、
気の強い愛人は「私が直接話す」と乗り込んで来る。
応接間で気まずい沈黙。はらはらと涙を流す妻に、主人公は心を痛める。
話し合いは長引き、とうとう深夜に。
煮詰まって、主人公は二人を残して、二階に引き上げる事にする。
実は、心臓に持病のある主人公。オンナたちを二人きりにして、
気が気ではない。自分の心臓の音がやけに大きく聞こえる。
つづく

560 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 20:12:15 ID:BPigGzw0O
>>557
脚気ウイルス説だっけ?

561 :559ツヅキ:2006/01/13(金) 20:12:33 ID:ykjPBSvv0
と、階下の様子がおかしい。心臓の音がひときわ跳ねあがる。
そして主人公は、血をながし、ぴくりともせず倒れている妻を見る。
半狂乱の愛人。つかみあいの末か自殺かで、とにかく死んでしまったらしい。
主人公の心臓は限界。おろおろしながら、妻を隠す主人公と愛人。
ともあれ、ひとまずホッとしてトイレに向かう主人公。
妻を可哀想にも思い、将来の事も悩み、心から反省もする。ところが。
ドアをあけると、そこには死んだはずの妻が立っていた! 
うらめしそうに主人公を見つめ、そして近づいてくる。
恐ろしい絶叫とともに、主人公の心臓は動きを停止した……。

後日。喫茶店でくつろいでいる愛人。話していてる相手は、死んだはずの妻。
妻はたっぷり保険金が入り、ほくほく顔。
やっと退屈なサエない夫から自由になったのだ。
愛人を演じてくれたのは、彼女の親友。はじめから、計画通りだったのだ。
妻は親友に礼を言い、保険金から謝礼を払う。
これは、二人だけの秘密。何があっても大丈夫。なぜなら、二人は親友だから。


ヘタレ夫、読んでる内は腹立つんだけど、次第にどよーんとした気分に。
わたなべまさこの同系列の作品は数あれど、これは特に後味悪かったYO。

562 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 20:13:40 ID:TX72DRdn0
良くある話じゃないかな

563 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 20:22:41 ID:ZGvLz7nZ0
>>559-560
誘われても浮気をしなかったら。
浮気は浮気と割り切れていたら。
離婚を迫られても断っていたら。
その時点で別れていたら。
愛人が乗り込んでくるのを止めていたら。

いろんなところで旦那には選択があった。
それ全部スルーした挙げ句の死。
ほんと馬鹿な男だ・・・

564 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 20:30:46 ID:RlIiobZf0
舞姫(そのあらすじ)だけ読んで、鴎外の著書自体を嫌いになるのはどうかと思う。




565 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 20:33:27 ID:TX72DRdn0
バンドオブブラザーズでたとえるとソベル大尉みたいなもんだな

566 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 21:08:50 ID:xR24NhjKO
>>537>>540
536だけど、どうもありがとうm(__)mそういや国語でやったような気がします。

567 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 21:14:57 ID:+BrdxzCY0
>>453を馬鹿にしてたんだけど、
最近帰宅途中に集団下校してる小学生をよく見るんだけど、
これ、ネタ(釣り)じゃないのかな?
もちろん、教員も一緒。

568 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 21:37:04 ID:dNpgyCfs0
>>542
俺は「舞姫」は読まずに、漫画の「坊ちゃんの時代」シリーズを読んだんだが、
近代人としての自我を持った(だから自由恋愛に真剣だった)鴎外が、
結局日本の『家』に敗北したことを書いたのかな〜と思った。
現代人にとって、明治時代の、代々軍人の家系の、地位や名誉があって当たり前の家って
経験したらガクブルなんじゃないかなぁ。

569 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 21:47:44 ID:hymDt/Jf0
>>559
それって映画「悪魔のような女」に似てるね。
映画の方は主人公が旦那と奥さんで、ちょっと入れ替わってるけど。
浮気相手は奥さんの友人で、奥さんが心臓が悪くって…。
二人して旦那(DV男)を殺すんだけど、あれ?実は旦那生きてる?黒幕は一体?な話。

落ちは忘れたゴメン。

570 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 22:37:20 ID:ykjPBSvv0
>>569
えーっ、落ちが知りたい!
誰か、誰かいないのー!?


571 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 23:20:12 ID:5BcUPsYa0
「悪魔のような女」、シャロンストーンとキャシーベイツが出てくるリメイク版なら見たよ
キャシーベイツの豊満な胸元ばかり見ていたから内容は覚えていない…
レンタル屋に頼んでポスターや販促グッズヲもらうほど好きだったのにな(キャシーベイツが)


572 :本当にあった怖い名無し:2006/01/13(金) 23:21:28 ID:ghbXwTxA0
ttp://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD10402/story.html
これだろ?

573 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 00:03:14 ID:hiNv5FiX0
>>572
570じゃないけどすっきりした。サンクス!

574 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 00:06:20 ID:MHlG+VfW0
ようするに、>>561で言えば
夫が心臓発作では死ななくて、立ち向かって来た所で妻が夫を助けて愛人殺害。終わり。
という少し変えただけ、みたいな話なのね。

575 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 00:11:36 ID:lOa2Uh0m0
そう、それそれ。自分が見たのはリメイク前のこっち↓
ttp://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD13641/story.html

こんな落ちだったんかな。

推理モノで、犯人や犯行動機が最後までハッキリしないと後味悪いよね。
外国の短編小説であったのが。

主人公Xは暴君な旦那。嫁、娘、母親、召使いまでもXを憎んでいる。

ある時、Xは何の障害物もない階段から転がり落ちた。
ふと思い出すと、この間もスープを食べた後体調が悪くなった…。
そう言えばその食事中、皆は意味ありげに自分の方を見ていた様な…。
誰かが自分の命を狙ってると確信を持ったXだが、誰を見ても怪しい。
読心術の本を読んで周りの考えを読み取ろうとしたり、
カマをかけて白状させようとするXだが、犯人は誰なのか分からない。
いろいろ試した結果「自分の思い過ごしだったんじゃないか」と考えだすX。

やっと安心して眠る事が出来る…とベッドに入ったXは、ぐっすり眠りつき…。
と、はっと目を覚まし、ずっと忘れていた気にかかっていた事を思い出した!
X「そうだ忘れていた、犯人はあいつ…」と呟くと、闇の中から憎しみの籠った声が。
犯人「大丈夫、私は覚えている…」


纏めるの下手で分かりにくいかな。
結局、犯人誰よ?何を思い出したのさ?な。
こういう小説って、この後味の悪さを楽しむのかな。
それとも自分以外はこれ読んで犯人が分かるんだろか…?

576 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 00:25:45 ID:EqmdwoRg0
>>575
うわっ、ビミョー。本当に謎を残す作品なのか、
575が判らないだけなのか、判断できないw
読んでみたいなあ。
タイトルか作者名が知りたい…

577 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 00:42:43 ID:lOa2Uh0m0
>>576
殆こんなストーリーだったと思うんだけどなぁ。
タイトルと著者調べてみます。


578 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 00:42:58 ID:f6cYGAXgO
短篇小説らしいから誰にも分からないという方が濃厚かも

579 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 03:17:52 ID:JAt5aMuH0
後味が悪いっていうか……
ハリウッド映画なんかによくある、「黒幕は実は親友や配偶者または肉親」みたいな展開。
意外性や後味の悪さを狙ったのかもしれないけど、
あまりにもありきたりになりすぎて意外性も後味の悪さも感じず、
「またかよ!」となるのがかえって後味悪い。

580 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 04:01:46 ID:AiYB+X8y0
>>551
鴎外自演乙

581 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 04:13:33 ID:wOFicniRO
>>520>>523
これってどこの話にレスしてんの?わからん。

582 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 04:18:53 ID:bEEfR5b+0
>>513でしょ

583 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 05:45:14 ID:YrbP71TwO
オープンウォーターは外出?

584 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 06:18:32 ID:0j5HlXTD0
>>583
kwsk

585 :本当にあった恐い名無し:2006/01/14(土) 09:44:33 ID:VqMxYBx30
>559
生活板の「百年の恋もさめた瞬間」スレの

「彼氏のアパートで一緒にすごしていたところに、彼氏の元カノが凄い勢いで乱入。
ヘタレ彼氏はアパートから逃走。そのヘタレっぷりに残された女二人、一気に冷める。
元カノ『どうもお邪魔しました…』今カノ『いえいえお構いもしませんで…』」

な話を思い出した。

586 :nanashi:2006/01/14(土) 11:24:53 ID:Mtkg7HfM0
583ではないが、オープンウォーター。

沖のダイビングスポットにツアーで来ていたカップルが
そこまで連れてきた船が引き上げるときに手違いで取り残されてしまう。
楽しく水中を楽しんで上がってみたら周りに人もいなければ船もいない。
そこはサメが多い海域なのだが、人が沢山いると寄ってこないサメも
2人だけと見るとどんどん近づいてちょっかいを掛けてくる。
失われる体力、サメに対する恐怖。二人は追い詰められてゆく・・・

587 :nanashi:2006/01/14(土) 11:30:16 ID:Mtkg7HfM0
俺は見てないので映画について知っているのはここまで。
結構みてて息が詰まる映画らしい。

ちなみにこれは本当にあった事が下敷きになっていて、
そのときの2人は死んだとされている。

ただ、2人の遺物は発見されたが死体は発見されていない。
船がそうそう引き上げの際に客のチェックを間違えるとは思われないこともあり、
協力者がいて、死亡時保険金目当ての自作自演ではないかとする説もある。

588 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 14:06:02 ID:GVIGe11z0
別スレに誤爆されてたんだが、激しく後味悪くて鬱になったのでコピペ投下。

Jリーグの名古屋、FC東京、仙台でプレー後、南米に活躍の場を求め、
現在はメキシコ・イラプアトのエースストライカー。FW・福田健二選手。
彼のチャレンジ精神の裏にある、余りに苛酷な過去が、スポーツ雑誌「Number」誌上の
小宮良之氏の記事によって明らかとなった────。

彼は今もその日の始まりをよく覚えている。
当時、小学5年生だった彼は朝から違和感を感じていた。
いつもは窓を開けて手を振ることなどない母親が、自分の姿が見えなくなるまで手を振っている。
胸騒ぎを覚えたが、それは少年特有の恥ずかしさにすり替わった。

「母ちゃん、もういいよ。恥ずかしいから」

2限目だった。彼は「お母さんが怪我をした」と校長室に呼び出される。
何が起きたのかは分からなかったが、恐ろしいことが起きた気がした。

母はビルの屋上に上がり、自らガソリンをかぶって火を放ち、そのまま飛び降りた。
少年は同じ言葉を繰り返していた。「母ちゃんに会わせろ」と。

「親父とは離婚していて…。お金には困ってました。兄貴が貯めていたお金を
母ちゃんが黙って生活費に充てて。二人は大喧嘩です。けど、たった1万円ですよ。
愛があればお金なんていらない、という人もいますけど、それは本当の貧乏を知らない人が言うことですよ」

福田健二宛に残された遺書には、たった三行だけ記されていた。

「好きなサッカーで
 世界に胸を張れる
 選手になって下さい」


うわぁああああああああん!

589 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 14:18:27 ID:0j5HlXTD0
>>588
彼には最高に幸せになって欲しい。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

590 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 14:21:06 ID:EqmdwoRg0
その後、凶悪犯とか殺人犯になったならともかく、
福田は、その母の言葉を胸に、世界的選手になったんでしょ。
感動モノだが後味は良いじゃん。
むしろ、アニキの心理的ケアの方が気になる。
ちゃんと健全な生活を過ごしているのだろーか。

591 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 15:05:48 ID:sa02tZI20
まとめ方がすごく上手だね。それのスレ読んでもよくわかんなくて借り読んだ。
アニキには2枚(?)書いてるのに俺には3行かよ。って感じだったね。
母親が亡くなった後の父親との話もすごかった。
後味悪くは無いけど。

592 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 15:30:22 ID:AiYB+X8y0
>>587
石原伸晃(だっけ?)と良純兄弟がスクーバに行った時は、船長が待ち合わせの
ポイントをまちがえて、長時間放置されたらしい。

で、少しでも体力を減らさぬように重りをはずそうと考えた伸晃が、離れたところに
浮いている弟に
「ウェイト! ウェイト!(を外せ)」と叫んだところ、良純は
「そんなに怒鳴らなくても待ってるよ」と答えたとか。


593 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 15:41:29 ID:JlAn5xV00
オープンウォーター、夫はサメに脚を噛まれて出血多量で死亡。
妻はしばらく呆然した表情で海を漂っていたが、そのまま力つきて
沈んでいった。
あまりにもあっけない終わり方だったんで「え??それで終わり??」って
思った。

594 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 15:43:49 ID:/+D4QAYU0
>>592
ボンはいつもにくめないなあ
とてもあの親父の息子とは思えない

595 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 15:46:39 ID:hYSaL8yc0
>>587
その映画が実話をもとに作られているのは知ってたけど
実際は助からなかったのか…てっきり助かったからこその映画だと思ってたよ
確かこの映画の宣伝ってかなりコミカルにやってた気がするんだけど
実話の結末を考えると後味悪いな

596 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 16:53:51 ID:7hW/raAA0
>>588
本人が暴露したんではなく、
他人がメディアにネタ投下したあたりが後味悪い・・・

597 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 17:06:41 ID:13HNuqAB0
>>592
確かそれ、父親も一緒だったような。

「もう俺たちはここで死ぬんだろうな。今まで、悪かったな」
「いいよ、もう父さん……それより、俺のほうこそいろいろ迷惑かけてすまなかったなぁ……」
「そんな、兄さん……」

みたいな会話が交わされてる中、救助の船がきて、三人は無事に救出される。
そして陸についた途端、さっきまでのしんみりとした空気が嘘のように、
酒を飲みながらどんちゃん騒ぎをする父と兄。

弟「なんであんたらそんなに楽しそうなんだよ、さっきまで本気で死にかけてたのに!!」
父&兄「いいじゃないか、助かったんだから。ほら、お前も飲めよ」
弟「飲まねぇよ!!」
父&兄「お前のほうこそ、何怒ってんだよ。あはははは。変な奴ー」
弟「…………」

598 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 18:30:48 ID:KcQThfIJO
すげーおもしれー

599 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 18:48:35 ID:Qs5Z+BiF0
良純の空気の読めなさは父と兄のせいだったのか

600 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 18:54:06 ID:7hW/raAA0
>>592,597
ネタの宝庫のような家族だw

601 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 19:45:43 ID:NxFXbbA90 ?
都知事と嵐を呼ぶ男の兄弟は、親父に沖合いで海に投げ出されて、
「死にたくなかったら泳いで戻ってこい」ってスパルタ教育を受けたらしいな。

602 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 20:30:43 ID:AiYB+X8y0
>>597
でも、祝杯をあげる気分もわかるし、どっちもどっちっぽいな
なんにしろ面白い、サンクス


603 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 21:20:15 ID:/+D4QAYU0
ボンかわいい奴
あっ後味悪くなくてすまぬ

604 :本当にあった怖い名無し:2006/01/14(土) 22:07:15 ID:wx0tOYVI0
今このスレでよしずみの株がちょっぴり上がったw

605 :本当にあった恐い名無し:2006/01/14(土) 22:17:35 ID:HCZcvvXa0
そんな豪快なやつらが日本の都知事と大臣ですか。


日本は安泰だな。

606 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 01:54:48 ID:UhE4p1xwO
>583だが>586の補足
携帯からなので読みにくかったらスマソ

二人は海のど真ん中にとりのこされた。
通り掛かる船も二人にきずかずにさっていく…そうこうするうちに二人の回りには鮫が…夫が足に怪我をおったが何とか命はとりとめ、また潮に流され海を漂う
夜になり嵐の海。必死に「愛してる」と叫び会う夫婦。そこにまた鮫が…

夜があけ、体力を消耗仕切った様子の顔面蒼白の妻。腕には息絶えた夫が…
ゆっくりと夫を離し、流されていくのを無表情でみていると、夫の死体を鮫がガブリ。
回りをみると、鮫の大群が…

607 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 01:56:53 ID:UhE4p1xwO
続き

自分の死を受け入れたような不気味な表情の妻は、スーッと息をすい、そのまま自分で海の中にトプン

後味悪すぎだよ・゚・(ノД`;)・゚・
しかも事実に基づいた作品となっているが、二人が海に取り残されたのは事実だが、そのまま二人は行方不明。ほとんどが創作。ってゆーのも後味悪い…

長文駄文スマソ

608 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 02:00:36 ID:D4Ci1+Y30
森鴎外の白米至上主義のせいで戦死者より脚気死者のほうが多いのが後味悪い
あと見つめてナイトが舞姫に似ているという同級生がいた。にてるかなぁ

609 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 03:41:06 ID:0Z1ki4Ye0
見つめてナイトってなんじゃよ。
語呂合わせ?

610 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 04:58:30 ID:Be7W2rJX0
別マの「愛してナイト」で剛さんとやっこちゃんが喧嘩するたびに後味悪かったっけ。
アニメ化された時、剛さんが佐々木功で、やっこちゃんが堀江美都子だったのもちょっとショックでした。
アニソン歌手のオンパレードか!って感じで・・・。あ、スレ違い・・・スマソ


611 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 05:42:55 ID:0Z1ki4Ye0
そっかあ。歌手グループの話なんだから、
演技もできる歌うたいが声当てるのはさすがだと思ってたけど…
二人とも、顔出しの俳優としても充分ならした人だしね。
ま、いいか。
次の後味悪い話、ドゾー

612 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 09:46:40 ID:mGEeWH7m0
>606
しつこいよ。>593でもう結末でてるじゃん。
だから携帯厨ってやつは。

613 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 09:58:10 ID:k4NIyaYI0
>>612
わー後味悪いレス

614 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 11:26:52 ID:hRnZln570
見つめてナイトはコナミがサクラ対戦でおなじみ広井王子と作った恋愛シミュレーションなんだが
恋愛シミュレーションのくせにグッドエンディングが全く無いのが後味悪かったなぁ
主人公は傭兵なんで彼女が出来ても契約期間が終わったら帰らないといけないって所が
舞姫に似てるっちゃ似てる?
ttp://www2g.biglobe.ne.jp/~takahara/mitu02.htm

615 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 13:16:45 ID:We7Atobj0
>>614
あんまりゲーム話を引っ張るとアレだが、普通に結ばれるEDもあったんじゃない?
そのリンク先の人が、強引に後味悪い解釈をしているような

616 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 14:43:26 ID:j0xB6EGM0
ゲームといえば既出の可能性大だがドラッグオンドラグーン
主人公はある国の王子。しあわせに暮らしていたがある日帝国軍とブラックドラゴンにより両親は殺される。
唯一残された肉親はただ一人の妹。国と両親を失った王子は妹を心の支えとするも復讐に燃える。
そんな時妹が女神になる御しるしがでてしまい強制的に女神とされ世間から隔離、引き離されてしまう。
王子は連合軍に入り帝国軍に復讐していく。そして女神の城が襲撃され瀕死を負った王子は憎きドラゴン種族である
レッドドラゴンと心臓を交換し代償に声を失う代わりに力を得る契約する。
しかし帝国にさらわれた妹は教祖(帝国の親玉)に己の兄を愛してるという気持ちを兄の前で
曝け出される。兄は喋ることが出来なくその気持ちを拒否されたと勘違いした妹は自殺してしまう。
女神の死=世界の崩壊を示す。
そしてEDが五つあって
1、レッドドラゴンは王子が好きになっていて王子もレッドドラゴンが好きになっていた。
レッドドラゴンは愛するものの為に自ら代わりの女神となり姿を消す。
2、世界の崩壊と同時に無数の再生の卵が現れる。死んだものも生き返らせるというその卵に
妹の婚約者であった王子の親友は彼女を卵に入れる。しかし死んだものを生き返らせるなどありえない。
卵から出てきたのは人類殺戮兵器になり異形の怪物となった妹。王子はその手で妹を殺すが
卵からは量産化された妹が孵化し空を埋め尽くす。
3、ドラゴンは世界の崩壊が始まると人類殺戮兵器と化す。レッドドラゴンも例外ではなく王子に牙を向く。
レッドドラゴンを倒した後、狂気にまみれた王子は無数のドラゴンと死ぬまで戦い続ける。
4、空から異形の赤ん坊が現れ、仲間も皆次々と喰われていく。王子は例外なく食われる。
5、なぜか新宿に飛ばされる。自衛隊の戦闘機によりレッドドラゴンもろともミサイル直撃。
東京タワーに突き刺さって終わり。

617 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 15:36:47 ID:QDUjFtSq0
>>616
一応1が良いエンドってことになるのか

618 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 15:38:46 ID:91P5HolhO
うわー、どれもこれも後味悪いな。

しかし、6はなんか笑えた。

619 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 15:40:01 ID:91P5HolhO
間違えた。5ね。なんで東京タワーに刺さるんだよ。

620 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 15:44:22 ID:QDUjFtSq0
いきなり東京に出てきて東京タワーってCLAMPかよって思ったw

621 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 15:46:54 ID:5lRCG89J0
なんか面白そうなゲームwだ、やってみおう。
しかし5はなんなんだよw

622 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 15:54:53 ID:6m5TEA7I0
こんなゲーム、後味悪好き以外の誰が楽しむのかと思ってぐぐってみたら、
隠し武器集めとかして、空中戦や地上戦で、
敵兵を残虐に殺しまくっていく爽快感が最高だそうだ。
主人公が最後に悲惨でも、もうしょーがないような気がした。

623 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 16:19:09 ID:I4NPaSTT0
>5、なぜか新宿に飛ばされる。自衛隊の戦闘機によりレッドドラゴンもろともミサイル直撃。
>東京タワーに突き刺さって終わり。
すげーw

624 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 17:57:12 ID:We7Atobj0
ダンバインとかの影響で、適当にやってみたのかな、ED5.
でも面白そう

625 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 17:58:05 ID:j0xB6EGM0
>>616
アルェー?
思ったより反響が・・・・こんなスレタイだからとっくに出てるかと思ったのにw
このゲームはED以外にもストーリーの所々で後味の悪い話が散りばめられてる。
特に武器一つ一つにストーリーがあってこのストーリーがまた・・・・
ちなみにこれからやってみようと思った人は超劣化無双ぐらいに思ってたほうがいいです。


626 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 17:58:53 ID:j0xB6EGM0
って自己レスしてらorz

627 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 18:08:50 ID:Gs/3P2Fj0
既出だったと思うけど知らない人もいたみたいね
長文乙でした

628 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 18:19:29 ID:5lRCG89J0
超劣化無双

激しく困るがな

629 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 19:13:37 ID:ySsxW/qDO
ゲームネタアニメネタ引っ張るのうざーいっ!やめてーっ!

630 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 19:19:43 ID:ilOyj2UM0
>>629
なにこの空気嫁てない痛々しいレス・・・

631 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 19:21:48 ID:8z1nOf+x0
たかだか30レスほどゲームの話が続いただけじゃねーかw
後味悪い話になっているんだからそんなにヒステリックに
ならなくてもいいんじゃねーの?

632 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 19:22:58 ID:CNmdMCLF0
後味悪いスレにしてみたかったんだよ

633 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 19:26:00 ID:mUFKkeJw0
小学生の頃の思い出。
たぶん小学二年生の時のことだと思う。

クラスで「学級回の歌」を作ることになった。
学級回の時間の最初にクラス全員で合唱し、学級回ムードを高める為の歌(笑)。
といっても1から作曲なんて無理なので、
音楽の教科書に載ってる歌の替え歌を作ることに。
原曲は「いたずらこぎつね」(タイトルうろ覚え)に決まった。
先生がこれにしましょうといって決めた下達方式だったのか、
みんなで多数決で決めたのかは覚えてない。とにかく
『こぎつね こんこん 山のなか 山のなか〜
 草の実 つぶして おけしょうしたり
 野菊のかんざし つげのくし』
…という歌詞を、学級回の歌に相応しく替え歌することに。
4人のクラスが5班に分かれ、
生徒達は全員それぞれ替え歌を考えて、まず班ごとにbPを決めてそれを推薦。
各班から選ばれた5つの替え歌を先生が読み上げ、クラス全員で最終投票、
という手順で決めたんだったと記憶している。

634 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 19:26:34 ID:mUFKkeJw0
で、僭越ながら、わたしが考えた替え歌がいちばんの投票数を獲得した。
自分がどういう歌詞を作ったのか、全部は覚えていないが
歌い出しは『こぎつねたちの がっきゅうかい はじまるよ〜』だった。
で、わたしの作品wが一番という結果が出た途端、担任のO先生が突然
「おまえたちは子狐なのか、本当にこれでいいのか!」と怒り出した。
なんだかわからないまま、わたしは硬直してしまい、
実はその後のことはよく覚えてない。ただ
「今ここでこんなこと言うくらいなら、
 各班からの代表で選ばれた段階で注意してくれればいいのに」とか
「わたしは自分を子狐と思ってこの替え歌を作った訳じゃない、
 だったら狐がおけしょうするこの歌自体がおかしいじゃないか」
とか、はっきり理路整然と思った訳じゃないけど、漠然とこんな不満を感じた。
結局「学級回の歌」がその後どうなったのかも覚えてないんだけど、
歌った記憶がないので、先生が怒ったまま次点候補が選ばれるとかいうこともなく
うやむやのまま空中分解してしまったのかもしれない。
自分の替え歌は大人の目から見てそんなにヒドかったのだろうか。
あの歌の何が先生の逆鱗に触れたのか、今も謎。
自分の中ではひたすら後味悪い思い出です。

長文失礼、ご清聴ありがとうございました。

635 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 19:27:52 ID:mUFKkeJw0
あ、一箇所訂正。

>>633
4人のクラスが5班に分かれ
40人のクラスが5班に分かれ

です。失礼。

636 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 19:32:28 ID:8z1nOf+x0
学級回→学級会
じゃないのか?

637 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 19:41:23 ID:l2xlIu5L0
>>635
あ、一箇所訂正。で、
学級会と直してくれるんだとほっとしたのに、
違うのかよ!と一気に後味悪くなった。

638 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 19:44:09 ID:p0zqJ38x0
これ、母親の気持ちを思うとやりきれない

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060115-00000011-yom-soci&kz=soci

639 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 19:51:01 ID:mGEeWH7m0
>633
確かにそれワケわからないね。
先生という種族にはわけわかんない奴意外と多いから
気にすんな!

640 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 19:53:49 ID:6m5TEA7I0
>>633
小二にもなって、自分たちをこぎつねに喩えるのが幼稚だと思われたかな。
お前らにそんな教育をしてきた覚えはない!というわけかも知れないが、
まあ何とも大人げない教師だね。
でもそういう教師にかぎって、凄い幼児性を持ってたりするからなあ。
大人と子どもとしてではなく、人同士として感覚が合わなかったと思って忘れろ。

641 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 20:28:32 ID:GPch5jxg0
こういう先生が感受性を潰したりするんだろうなあ

642 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 20:35:52 ID:5lRCG89J0
>>641
そう考えるともっと後味悪いな

643 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 21:12:30 ID:rkpV0KTq0
小学生2年が幼稚で何が悪いの?

644 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 21:22:09 ID:Ef/+bc1c0
>>643
ほんとだw
ていうか幼稚以外の何者でもないんじゃw

645 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 21:33:02 ID:6IG5jMZI0
教師もこっそり自分の作った歌を候補に入れといたんだろ

646 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 21:36:13 ID:6m5TEA7I0
>>645
wwwワロタ すっげーありそう

647 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 21:36:44 ID:UoTlJM7Q0
>>633
意味不明だけど学級回の誤字と相まって和んだw
>>638
あー、その子亡くなってたのか…。
確か母親が男の子を叱り付けて、ふてくされてどっかいっちゃったんだっけ?
「怒ってないから、どうか帰ってきて」とテレビで訴えてた気がする
ただでさえやりきれないのに、
「あの時怒ってなければ」と自責しそうでツラス

648 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 21:36:53 ID:ilOyj2UM0
>>645あるあるwwwww

649 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 21:56:01 ID:We7Atobj0
>>638
これで、「ウチでかくまいました。ご飯を食べさせた」と証言した基地外女の罪は
重くなったな。
理由が「目立ちたかった」だからな。

まあ、職場や家庭でつらかったとか、結局は社会や男のせいになってうやむや
だろうが。



650 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 22:41:54 ID:6atuCxxH0
映画「シーズンチケット」

主人公は2人居て、
ジェリー(15歳、チビ):飲んだくれの父親の元を離れ、母親と暮らしており、家出中の姉が居る。
スーエル(17歳、デブ):年老いた父親と暮らしている。要領が悪い(悪く言うと少し頭が弱い感じ)。

舞台はイギリス。
貧しい家庭環境で育った2人は、周りの人間達からも相手にされずにすさんだ生活をしていたが、
2人で好きなサッカーチームのシーズンチケット(年間パスみたいな物)を手にするという夢を持っていた。
イギリスにおいてサッカーのシーズンチケットは人気のため入手困難であり、
高価(1人500ポンド、現時点の為替相場だと日本円にして約10万)なので
それを保有するという事は一種のステータスである。
2人はチケットを買うために万引きや空き巣をして得た盗品を売り、金を稼ぐのだが
もう少しで目標金額に届くというところで、ジェリーの住所を知った父親が現れ、金を奪われる。
この辺りでジェリーの母親が倒れて入院する。

651 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 22:42:52 ID:6atuCxxH0
シーズンチケット続き

その後、防犯ビデオに映っていた万引シーンがテレビで公開され、2人は地元に居られなくなる。
逃亡先でジェリーは家出中の姉と再会するのだが、姉はすっかりドラッグ中毒になっていた。
また、恋人の妊娠を知ったスーエルはプロポーズしようとするが、彼女はスーエルに将来性が感じられない
という理由でアイスホッケー選手をしている前恋人の元へ去ってしまう。
全てが上手くいかずに自暴自棄になった2人は銀行強盗を目論むが、当然成功せずに逮捕され、
留置場の中でジェリーは入院していた母親の死を知らされる。
未成年で初犯だったため2人は実刑を受けずに済んだが、代わりに地域への奉仕活動を命じられる。
その奉仕活動とは地域の独居老人宅への食事の配達だったのだが、その仕事の中で2人の好きな
サッカーチームのスタジアムの近所にある高層マンションに住んでいる老婆と仲良くなり、
彼女の部屋のベランダから試合を見せてもらうシーンで映画は終わる。

最後に彼らは特等席とも言える場所から試合を見れるようになるという「救い」があるのだが
それまでの展開が重いためにどうしても後味がスッキリとしなかった。
青春の挫折のようなテーマを持った感動作品は自分には合わないとつくづく思いました。

652 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 23:15:46 ID:rkpV0KTq0
>>394
みたいな動物ネタ欲しい
パトラッシュは俺のトラウマ

653 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 23:23:49 ID:d6KJxbprO
>>683
母親はかなりのドキュンて話だよ。子供達の父親は全部違う人で、ヤクザの子供を作った事もあるそうで…。地元の親戚に聞きました。100%事実かは知らないけど。

654 :本当にあった怖い名無し:2006/01/15(日) 23:25:16 ID:d6KJxbprO
>>638だった…

655 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 00:01:00 ID:sTx8h1Xd0
タランティーノ監督の「フロム・ダスク・ティル・ドーン」は後味悪いってか…
ストーリーは兄弟の銀行強盗犯が銀行員を人質にメキシコへ逃げる。
しかし途中でキチガイの弟が無意味に酒屋で殺人&爆破したり
大事な人質をモーテルで殺害してしまう。
仕方なく兄が新しい人質を調達。
たまたま同じモーテルにいた牧師(神父?)一家(父・息子・娘の3人)が人質となる。

んで、何とか夕方ごろメキシコに着く。
んで現地で逃亡の手引きをしてくれる奴と朝、待ち合わせるため店へ。
ここで強盗犯の兄弟が門番をぶん殴って入場。
その店では上半身裸のネーチャンが踊ったりしてるセクシーショーが行われている。
酒も回りイイ気分になっている所で先ほどの門番が来る。そして乱闘。
強盗犯兄弟は勝利するも弟が怪我し手から血がダラダラ
その血を見てセクシーショー踊ってたネーチャンたちが弟に飛びつき血を啜る。

こっからいきなりヴァンパイア映画になり吸血鬼VS店の客の戦闘

結局生き残ったのは強盗犯・兄と神父一家の娘のみ。しかも娘メキシコで置き去りにされる。
ちょwwwおまwwwって感じだった。

656 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 01:02:25 ID:TqWfK9Pj0
たらんてぃーの=出演
監督=ろばーとろどりげす

657 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 01:27:53 ID:I87OhAadO
>>650
かなり好きな作品なんだけどこう見るとやっぱあれですね
映画板でリトルダンサー好きと言ったら勧められたんだけど
クスッとさせられるシーンは各所にあるし未見の人お薦めしとく


フロムダスクはラストよりも前半と後半で全く違う映画になってることのほうが衝撃

658 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 01:34:06 ID:F2pqkuQB0
>>655
文面だけ見てると、確かになんで吸血鬼ものになるん?てかんじだな

659 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 01:53:36 ID:EY8CumxmO
>>655
あれ後味悪いか?
普通に全部面白かったんだけど
吸血鬼はシリーズものだから。
ごっどふぁーざーが何故マフィア物かと考えるようなもん

660 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 02:47:41 ID:kBa28+xvO
>>633
小学校の教師なんてゴミみたいな人間
ばっかりだからね。しょうがないさ。

661 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 04:56:56 ID:iN2eRDCVO
>>650
個人的には家庭環境の悪さからとはいえ、好き放題
ヤンチャしてきた犯罪者が半ば反則気味にサッカーの試合を
見れるようになったってことが後味ワルー、だな。


実際の映画見たら少年寄りになってそうでもないのかな。

662 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 05:16:54 ID:tl5CLCWr0
>>661
まったく同じこと思ったw
やはり2時間くらい使って映画を見れば、思わず感情移入しちゃうのかなあと


663 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 05:30:14 ID:Mi9P+fqh0
>>649
これって、今回の事件とは別の男の子だったんじゃ?九州か中国あたりの……
長野でも同じようなことがあったらごめん。

664 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 06:18:46 ID:Ih67FXMq0
>>663
いや、諏訪湖のこの子の事件だよ。カップ麺食べさせた、とか名乗り出て。
ニュー速+では「麺子」って呼ばれてたw

665 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 06:28:01 ID:xNf8PAPs0
諏訪湖みたいに湖でのリール釣り禁止でバサーを規制
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/bass/1107578870/99-100

99 名前:名無しバサー[sage] 投稿日:2006/01/05(木) 12:11:17
沈んでる小学生を引っ掛けてやれ

100 名前:名無しバサー[] 投稿日:2006/01/15(日) 19:24:16
↑こいつどうして小学生が沈んでいたこと知ってるんだ???

15日午後0時20分ごろ、長野県岡谷市の諏訪湖畔の釜口水門付近で、子どもの遺体らしきものが
浮いているのを付近を散歩していた人が発見、岡谷署へ通報した。

同署で確認したところ、着衣や身長などから、昨年12月3日午後に行方不明になった同県諏訪市清水、
同市立高島小5年堀内竜桜君(11)と断定した。
発見場所は、不明になった場所のすぐ近くだった。

竜桜君は12月3日、母親と妹と3人で、岡谷市の知人宅を訪れた後、犬の散歩をした際、
犬の引き縄を誰が持つかで母親からたしなめられ、母親と妹が目を離したすきに姿が見えなくなった。
母親が同日夕、岡谷署の交番に届け出た。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060115it11.htm?from=top



99が後味悪

666 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 07:40:05 ID:hrjORG1f0
>>665
地元なんでしょ。別に何も不思議じゃない。
いなくなった場所のすぐ近くなんだよ。
諏訪湖に落ちたのかもしれないって誰でも考えてたよ。

667 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 09:14:00 ID:Re5mcl8r0
>>666の人はなぜそんなに必死なのかな?

668 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 09:50:58 ID:hrjORG1f0
どこが必死・・・?
地元では誰でも可能性を考えた場所だって説明しただけだけど。

669 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 11:35:56 ID:IWdnrGRp0
今日電車に乗ってたら大きい荷物を抱えたばあさんが乗ってきた
俺は立ってたんだけど、優先席に若い兄ちゃんが漫画読みながら座ってる
譲ってあげないのかなぁと思って見てたら、その兄ちゃんばあさんに気付いたらしく
おもむろに自分の読んでる漫画をたたんで立ち上がりばあさんに向かって一言
「ばあさん、ただ立ってるの辛いだろ?この漫画読みなよ」
兄ちゃん、漫画を渡すと満足そうにまた座って携帯をいじりはじめた
世の中捨てたもんじゃないなと思った・゜・(ノД`)・゜・。

670 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 11:36:44 ID:h0JHeZzU0
うそくせー

671 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 11:55:56 ID:xPScJkK00
コピペ乙

672 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 12:08:38 ID:10NvhFAZO
小学生一年生の時ヒステリーの気違い四十台の女教師に歯折られた。
確か引き算のテストをしたんだが当時俺は引き算は苦手だった、そこで問題のマイナスに縦棒を入れて足算に直して提出した
そしたら帰りに一人残されて「お前馬鹿にしてるんか!」ってすごい形相で怒鳴られ殴られて歯折られた。
他にもクラスの誰かが忘れ物する度に連帯責任でクラス全員に拳骨。少しはしゃいだだけでヒス起こして本気ビンタが日常だった
折られたのは乳歯だったがあの糞女にされたことは一生忘れないいつか復讐してやろうとずっと考えていて
この前成人式出るために地元に帰った時、神社で見かけた時に階段から突き落としてやった。三回転ぐらいして意外に派手だったwww
うぅとか呻いてるし。もちろんそのまま放置。久々にすかっとした気分になったよ

673 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 12:22:17 ID:6rcikYtS0
>>672
コピペ?
でも今の時代ほんとに起こりそうで後味悪い。
DGN教師が犯罪者を生み出すガクガクブルブル

674 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 12:25:49 ID:Mmr/4LUY0
>>672
ええと、ここに書くって事は、
後味悪いネタとして投下してるんだろうな?


675 :672:2006/01/16(月) 12:47:32 ID:10NvhFAZO
いや、コピペじゃなくて実話やって。それに俺はDQNでも犯罪者でもない普通の人です
高学歴なので偏差値は高いですけどね

676 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 12:49:56 ID:QusfKDAk0
はいはい、ワロスワロス

677 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 13:00:28 ID:NVlksj5HO
>675
そんなことを言う大抵の人はたいした学歴じゃないんだけどね。
ネットなら何とでも言えるからね

678 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 13:00:56 ID:gMxuR3lj0
やるなら小学生の時にリアルタイムで復讐しておけよ
ヒスキチ女教師の被害者が減ったかも知れないのに

679 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 13:02:37 ID:HQob7X0/O
つまんないから、流して次に行こう

680 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 13:05:45 ID:10NvhFAZO
どいつもこいつも!
有罪だ!くそ低学歴の田舎者どもッ!

681 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 13:12:55 ID:GS+08G920
>>675
つうか、すかっとさせんなよ。
後味すごくいいよ。
グッジョ。

682 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 13:14:02 ID:NVlksj5HO
>680
かまって君?

低学歴云々言ってるよりも、やっちゃいけないことぐらいわかろうよ。
お前のやったことは殺人未遂、DQNとしか思えない。
後味悪いというか胸糞悪いネタスレに投下スレ

683 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 13:28:54 ID:K5vj2LQMO
>>634
世の中には狐を神として見ている人達もいるわけだ。
代表的なのは、お稲荷様とかね。

おそらくその教師は、そういうのを信奉してた。
だから、信奉している狐が主役な歌をテーマにしたんだろう。

ここで、小ギツネってのは子狐とも取れるわけだ。
つまり、狐は神であるわけだから、子狐は神の子だ。

その教師は、人間の分際である生徒共が、自分達を崇高な存在である子狐に例えたと受け取ったんじゃないだろうか。
それで激怒したと。

684 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 13:33:02 ID:S/MfWuWI0
│    _、_
│  ヽ( ,_ノ`)ノ 残念 それは私のおいなりさんだ
│ へノ   /
└→ ω ノ
      >

685 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 13:37:20 ID:6rcikYtS0
>>684
ハゲワラw

686 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 14:47:30 ID:XMuUS+da0
>>683
自分たちをコギツネに例えるのがそんなに激怒する事なのなら、
だったら初めからコギツネを主役とした曲を原曲に選ぶなと>>634は言ってるんじゃないか?

お稲荷さんを信仰してて、きつねに失礼っつーんだったら
最初っからその曲を選択しないんじゃないかな。

687 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 15:21:03 ID:6rcikYtS0
DQNてどこに地雷があるかわからんからDQNなんだと思うけどな

688 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 15:35:31 ID:HQob7X0/O
つーか、つまんない解釈で稲荷信仰をおとしめるなよ。
ただのキチ教師だろ。

689 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 15:41:16 ID:/SrKwfYM0
気に入らなかったんじゃないの?ただ単に、自分が・・・。
だから「お前らこぎつねなのか」云々とわけのわからないこと言ったんじゃ・・・。

どこをどうとってもキチなのはかわらないね。

690 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 16:14:41 ID:cbAww/yD0
予定していた結果と違ったか
進行が気にくわなかったんだろう。
生徒が予想通り行動しないことに切れて爆発。
子狐云々は言いがかり。

691 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 16:35:22 ID:Mmr/4LUY0
もしくは、ココでは記されてない替え歌の歌詞に、
何か不快な理由があったのかも。
まあ例えば「授業をつぶしておしゃべりしたり」とか、
「宿題忘れてミニゲーム」とか、例えばね。
だからやっぱり子ギツネ云々は、外の理由でしかないと。
全歌詞知りたいなあ〜


692 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 17:32:20 ID:7Yt4N8UN0
先生といえば、
「○間○」の○に入る字を答える問題で、あるクラスメートが「入間市!」と答えたんだけど、
それは先生の予期しなかった回答だったらしく、
「地名はダメ!」と言われてしまった
ギャグかと思ってみんな笑ったら、先生は激怒
「なにがおかしいんじゃあ!?」
と最前列の生徒をビンタした

正解は「時間割」だったらしいんだけど、今も入間市と聞くたびに頭の中が苦くなります

693 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 17:54:09 ID:as/sYSt00
別に後味悪かねーだろ 
教室で騒ぐ方が悪い
教師を笑って授業を妨げたんだから制裁を受けて当然だし

自業自得だ
さかうらみするな!?


694 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 18:08:35 ID:16QCioDRO
???

695 :コギツネ633:2006/01/16(月) 18:25:28 ID:0Tpyny6o0
あ、思いのほかたくさんレスがついててビックリしました。
みなさん、ご意見どうもです。

>>691さん
申し訳ない、ぜんぜん思い出せないんですよ、自分がどんな替え歌作ったか。
でも、自分は幼稚園の頃から、大人しくて没個性の子供だったんで、
そんな過激な歌詞にはしなかっただろうと思いますw
とにかく、「え、わたしがいちばん?」て嬉しくてちょっと舞い上がりかけたところに
いきなり「お前たちはコギツネか!」って怒鳴りつけられたので、
「えっ、それがそんなに悪いこと!?」って思った記憶だけが強烈で。
他のことみんな吹っ飛んじゃいました。

因みにこの先生、保護者達からは専ら
「女性教師なのにやんちゃな男子にも負けない、厳しくて立派な先生」
という評価を受けてたというのが、また自分的には後味悪〜です。
わたしの親もそんなこと言ってましたし。

696 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 18:43:39 ID:I87OhAadO
どうでもいいけど人間市に見えて
そりゃ怒られるだろーと思った

697 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 19:01:56 ID:vHIyST0d0
「人間用」とか「仲間内」だったら想定の範囲内だったの
だろうか?

698 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 19:51:27 ID:Mmr/4LUY0
柔軟性のない教師は、魅力がなくてツマランねえ。

699 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 20:12:03 ID:CNONrDW60
>>698
だってあいつら十六年間も学校通った後
大人の社会に興味を持たず、職場まで「学校」を選ぶ連中ですぜ?

教師は最低15年ほど社会経験のある人になっていただきたい。

700 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 20:54:34 ID:cKZXkQkg0
>>695
「実は偶然先生の逆鱗に触れるキーワードが縦読みになっており、ついキレてしまった」
だったりして。

それはそれとして本人には悪いがシュールで面白かったよ。
遅まきながらGJ。

701 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 21:48:21 ID:fOoT6L800
これは単に左曲がりの変な先生特有の逆鱗に触れただけだよ。
四つんばいで犬ごっことかやってると激怒して
「人間じゃないなら学校から出て行け!」とか言う先生いたじゃん?

人権思想がどこかで捻じ曲がって、
人権を大事にさせようとするあまり生徒の人権を無視しちゃうタイプの先生って何人か居ただろ。
(居たと言ってくれお願いだ)

702 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 22:11:24 ID:J4mwAPoQO
いたかな?

703 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 22:26:58 ID:WY/SwUj00
ちと投下、その1。

先月の話。地元で美味しいと評判のレストランへ行った。友達を誘う手前、きちんと予約しておいた。
出掛けてみると、そこはテーブルが5つほどしかない小さな店。そこそこに豪華だが、子連れを禁止
にするほどお高くもない。そのせいか、家族連れが多かった。
すぐに満員となり、「予約しといて良かったね」などと話していたら、隣から子どもの悲鳴が。
見れば、園児ほどの女の子が泣き喚いていた。どうやら、どこに座るかで揉めたらしい。
必死に両親が宥めていた。その家族は、30代前半ぐらいの夫婦に小学3年生程の長男、
7歳前後の長女と例の女の子(次女)の5人連れ。まあ、子どもが騒ぐのは珍しくないし、
食べ始めれば何とかなると思って気にしないことにした。
が、甘かった。ずーっと騒ぎっぱなし。座る場所に納得しても、まだ座りたくないだの、
あれに触りたいだのとぐずる、ぐずる。それに両親が怒る度泣き叫ぶが延々リピート。
前菜が運ばれてきても、収まる気配はない。申し訳ないが、うんざりしてしまった。無視しようにも、
友達と話すのもままならないほど煩い。でも、両親は必死だし、お店の人もスルーしてるし、
どうしようもない。ただ忍耐強く待つしかなかった。
無視しようと心掛けても、人間とは不思議なもので、大きい音がすればそっちを見てしまう。
だが、「見る→逸らす」を繰り返しているうち、あることに気が付いた。
次女が騒いで客達の視線が飛ぶ一瞬、長男が周囲を見回すのだ。
悲しいでも困ったでもなく、「まだ大丈夫かな?平気かな?」といった窺うような顔で。

704 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 22:27:32 ID:WY/SwUj00
ちと投下、その2.

それを見て、「この家族はいっつもこうなんだ」と思った。どこへ行っても、次女が騒いでぶちこわし、
周囲の雰囲気も悪くする。注意されたこともあるのかもしれない。だから、あんな顔をするのだろう。
友達も気付いていて同じ感想だったから、何となく確信した。
すると、今度は長女にも目が行く。彼女は、妹が騒ぎ、兄が周囲を窺っている最中、
ずっと下を向いていた。まるで携帯メールでも眺めているかのような、涼しい顔で。
何もない手元を見つめていた。見事なまでの無関心。一朝一夕では得られない技術だと感じた。
そんな子ども達に、親は気付かない。末の子に掛かりっきり。結局メインを待たずに、
お父さんが次女を連れて出ていった。
それで平穏が訪れたのだが、その途端、長男が元気良くしゃべり始めた。
場を盛り上げようと必死だったんだと思う。母と長女が沈んでいるだけに、そのハイテンションぶり
が痛々しく、見ていて悲しくなってしまった。これも彼らの日常かと思えば、尚更に。
さらには、デザートのケーキがお誕生日仕様(ろうそくがささっていた)で、
それを長男が受け取ったのも後味悪かった。

705 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 22:43:50 ID:GS+08G920
末っ子だけが養女だったりして。
実子が歪む。

706 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 22:53:48 ID:y9RMpCay0
>>704
ドキュン親子の痛い話かと思いきや・・・・
なんともやりきれないね

707 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 22:58:36 ID:u220ELaR0
お誕生日に食事で思い出した。

友達が誕生日だったので事前予約してケーキを
サプライズで出してもらうようにしてあった。
花火で飾られたケーキが届いたら、隣の席の
うるさいガキが欲しいと大騒ぎ。
予約品だから同じ物を頼むというわけにもいかない。
親も止めないから絶叫は続く。
仕方がないからさっさと食べて店を後にした。
出る時に親に睨まれて散々な誕生日になってしまった。

708 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 23:08:14 ID:tl5CLCWr0
まあもう教師話はいいだろう
マイナスをプラスに書き換えて出すバカもかなりのDQNだし
一生人並みの知能にはなれまいよ


709 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 23:13:01 ID:++4py7i60
とっくに終わってるつうの

710 :本当にあった怖い名無し:2006/01/16(月) 23:26:01 ID:iau+0O4X0
非常にいい感じで後味悪い話が続いていたら>>708-709でわらた
一服の清涼剤だな

711 :1/2:2006/01/17(火) 00:53:56 ID:xE7weqog0
兄弟関係で後味の悪い話。うろ覚えだけど「武装錬金」という漫画から。
舞台は現代で、普通の高校生の主人公が「錬金術」を使って世界征服をしようとする悪の組織と、
それを阻止する正義の組織との攻防に巻き込まれ戦う、といった一見すごい王道少年漫画っぽい話。
その中で、敵である双子の高校生の姉弟が悪の組織に拾われた経緯が非常に後味が悪い。

二人には父親がおらずかなり貧しかったけれど、母はとても優しく
微笑みの耐えない幸せな家庭だった。
二人は小学生か幼稚園くらいの年齢だけれど学校には行っておらず、ずっとぼろいアパートの「中」で
一生懸命働いて帰ってきてくれる母を待つのが二人の幸せな毎日だった。
母から、「絶対に外に出てはいけない」と言われていたし、
「中」が幸せなのだからわざわざ外に行く必要などないのだから、何故「外」に出てはいけないのか疑うこともなかった。

しかし、その幸せはいつまでも続かなかった。
ある朝、母親がいつまでたっても目覚めない。過酷な労働のため、母親は過労死してしまったのだ。
姉弟は幼すぎて死がわからなかったが、流石に母の異変に気づき、初めて「外」に助けを呼びに行こうとする。
そして二人は凍りついた。
何故なら、玄関にも窓にも何重にも巻きつけられた
太い鎖と南京錠がついていたのだ。とても子供には逃げられない。
二人の頭に母がいつも言っていた言葉が過ぎる。「絶対に外に出ちゃ駄目よ―」

712 :2/2:2006/01/17(火) 00:54:49 ID:xE7weqog0
隣の壁を力の限り叩き、声が枯れるまで叫び助けを必死に求める二人。
その声はもちろん同じアパートの住人に聞こえていたが、面倒に巻き込まれたくない
住人たちは知っていながら無視をする。中には「うるさい、黙れ」と罵倒する者さえいた。
何日も助けは来ない。閉ざされた家の中で、缶詰もインスタント食品も食べつくして無くなり
二人はどんどん衰弱していく。

もう駄目だと思っていた時、ついに警察によって二人は救出される。
警察に事情徴集される住人たちは口裏を合わせ、全く気づかなかったと嘘をつき、
二人に同情する振りをする。それを知って憤る二人。
人間は信用できないし、優しかった母ももういない。これ以上の不幸は無いと思っていた
二人に、最悪の絶望が待っていた。
搬送された病院にある夜、若い夫婦が尋ねて来る。偶然二人は夫婦が話しているのを聞いて真実を知ってしまう。

二人の「母」は実の母親ではなかった。この夫婦が自分たちの本当の両親だったのだ。
「母」は父の愛人で、関係のもつれから二人を攫い育てていたのだ。(情が湧いた?子供が欲しかった?)
父が宥めても本当の母親は、「愛人が育てた子なんか絶対に育てたくない」と頑なに二人を拒絶する。
ショックを受けた二人は、すぐに病院を抜け出す。
公園に辿りつくも、これから行くあてもない。そんな時に二人は悪の組織に拾われる。

これがその後味悪いとこなんだけど、基本は1の上から2・3行目。
しかも掲載紙は少年誌ジャンプ。少年誌でコレ。作者は何を思ったんだろう。
たった一話だから20ページぐらいだけど自分にはかなり衝撃だった。
ジャンプたまにパラ見してただけなのに、未だにこの話が可哀相すぎて忘れられない。
その後は読んでないんで知らんが、救いが欲しいと心底思った。




713 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 01:08:02 ID:lg+m9JUD0
>>711-712
なぜだか「誰もしらない」を思い出した。
あれ見てムカついて皮肉で書いたんじゃないかな?

714 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 01:33:58 ID:NbToRshO0
>>712
姉も弟も主人公と戦っていいやつになったよ
主人公に協力したり、二人ともちゃんと居場所を見つけた



715 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 01:49:01 ID:+8BCKVLi0
後味良くなった(゚∀゚)!

716 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 05:12:00 ID:Jrt6olqH0
武装錬金のなかでもあれはいい回だったな。
そこまでしか読んでいなかったら、その後も読んでみることを薦めるよ。
なんであれほどの作品が打ち切りの憂き目に会わなければならなかったのか…
正直その方が後味が悪いよ。

717 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 05:48:38 ID:+hpHEqCI0
まあ正直、お話し自体はぐだぐだだったからね。
後味悪いエピソードを盛り込むばかりではなく、カコイイシーンも入れるとか、
もう少し、ほんの少しだけ頑張って帰ってきてほしい(応援のつもり

雑談sage


718 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 11:40:00 ID:i6QLP+FW0
断然、映画「アトミックトレイン」だな。

核を積んだ列車を止めるっていうのが目的の映画なんだけど、止めようとする人
の行動全てが裏目にでて、どんどん悪い方向に行ってしまい、最終的に核爆発。

途中で、お!今度こそ止めるか?ってシーンが何回も何回も繰り返されて、みてて
おもしろいけど、関係ない準主役キャラが死んだり、主人公が全く何もしなかったり
で、作品を最後まで見たときに、なんだこれ?って感じの後味の悪さがある。

最後まで見て、人生あきらめが肝心だなぁ・・という変な教訓を教えられる貴重な
映画だと思う。

719 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 11:56:20 ID:y+konnzOO
>>716,>>717
えっ?打ち切りしたの?!
その作者って和月伸宏(字合ってるかな?)で『るろうに剣心』の作者だよね?
例の作品は読んだことないけど、確かその前の作品も打ち切りだったような・・・。
ってことは、最後まで連載しきったのはるろ剣だけなのか・・・。
自分はるろ剣好きだっただけに、作者の根性の無さが後味ワルーだよ

720 :719:2006/01/17(火) 12:00:09 ID:y+konnzOO
そんな自分のIDがコンジョォォ
連投スマソ

721 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 12:14:13 ID:CS+IwArXO
>>718
それ前ゴールデンでやってたけど、確か実況落ちたような…

核が爆発した理由が
核爆弾の温度を下げようとして、軍から民間まで全てのヘリに
水を上から掛けろと頼んだが、実は水を掛けると科学反応が起きて爆発する核で、
やっぱり水掛けんなって無線で呼び掛けしたけど、
民間の親父のヘリの無線が壊れてて核に水掛けちまってアボーン



みたいな感じだった

722 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 12:19:15 ID:Gp6xsbbq0
どうでもいいけどジャンプのキャラって、不幸になるのはいいけど
不幸自体が特殊。ビンボーとかそんなありきたりのものじゃない。
なにがなんでも不幸にしたいのはわかるが
たまに突拍子もなさ過ぎてギャグかと思ってしまうことも…。


723 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 12:27:04 ID:LgGfBEz60
>>719
マンガの打ち切りは、必ずしも作家の根性無しのせいではない。
担当編集と凄く合わなくて、やる気はあっても決裂って例もあるし、
良作でも人気がのびなくて、打ち切りってこともある。
好きな作家だったらいかなる事情でも、応援してやりたいけど、
なかなか真実はわからないよね。

724 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 12:27:17 ID:LusSnfGb0
先輩と俺と俺の彼女三人で居酒屋にいったときの話。俺の斜め前の子連れ4人(親父、母親と年の近いおんな、ガキ)がいたんだけど、
ガキが騒ぎまくってる。走り回っては隣の人にぶつかったり、背を向けて飲んでる先輩にぶら下がったり。
さすがに先輩が子供に「もう少し静かにしようね」といってもまるで聞く気配なし、というか構ってもらってると勘違いして酷く(叩く、蹴る)なった。

しかし親は何も言わない。むしろそれをほほえましい光景だといわんばかりの笑みを浮かべてた。そこで先輩は親に直接文句言いにいったんだけど、
そこでその親父がなんと「こいつは俺の子じゃないんだ。だから殴りたければ好きなだけこいつを殴れ!」と見事な逆切れっぷりみせた。
俺らはポカ〜ン・・・。周りもポカ〜ン・・・。なんといってもガキの顔が・・・カワイソス・・・。

先輩は切れて「テメ〜の子供だろ!勝手に殴れってなんだよ!子供の気持ち考えたことあんのか!」といったら
親父「うるせ〜!クズ共は黙ってろ!俺は喧嘩強〜んだ」と笑いやがった。それを聞いた俺はテーブル飛び越えてそいつに殴りかかったんだけど周りに静止された。

辺りは騒然となったがようやく事がおさまり親父が帰ろうとしていたので先輩が「もっと子供は大事にしてやんなきゃだめだよ」と言ったら「ほんとはおまえらをボコボコにしてやれるんだぞw」
とまったく懲りていなかった。でも何故かそいつは中国の1元札(?)を先輩に渡してた。「記念にあげる」といって・・・。

駄文スマソ。

725 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 12:52:12 ID:LgGfBEz60
あ、自分にも似たような経験ある。
電車で、時々、車両の中央に柱みたいに金属の棒が立ってるタイプあるでしょ。
ギュウ詰めの時、人がなだれない為の手すりらしいんだけど、
比較的人のいる状態で、その棒に子どもを登らせて遊んでる親がいた。
30代くらいに見える女で、子どもは幼稚園くらい。
登っては滑り落ちるのを、親子できゃあきゃあ言って騒いでる。
ウルサイし、第一キケン。走ってる電車で、カーブもあればスピードも変わる。
座ってるオッサンが見かねて注意すると、母親、子どもを指さして
笑いながら「言って、言って」という。カタコトっぽく、「わたし、うまく言えない」
と言う。ニタニタしてすごく気持ち悪かった。
自分は次の駅で降りたけど、一応駅員に、
今の電車の手すり棒で遊んでるガキがいた事を伝えた。親に注意してもやめない、と。
駅員、連絡に行ったようす。あとの事は自分は知らない。
あれで事故でもあると、乗客みんな悪いことにされるんだろうか。


726 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 13:22:08 ID:VeD0dkDXO
>>719>>723
あまり引っ張るとあれだけど、一応。

ひいき目に見た俺にとっても正直、よくできた作品ではなかったから、
なんら複雑な理由はなく、人気不足で打ち切りだとオモ。
むしろ、昔の栄光でギリギリまで優遇されたかと。

727 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 13:36:50 ID:9jxb8qNF0
ガンブレイズウエストなめんな!

728 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 13:37:07 ID:gIeVHo60O
私にとって行方不明のかよちゃんの結論があいまいなのが1番後味悪い…

729 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 13:58:37 ID:0GhKXFPs0
>>727
それは作者自身が中途半端なものだと認めてなかった?
武装錬金も確かに万人受けする作品ではないと思う。
今出てる赤マルジャンプで最終回が掲載されてるけど、ラスボスが
突然いい人になってる意味がわからんw
無理やりハッピーエンドなあたりは笑えた。ハピヨンは最高。

730 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 14:19:40 ID:LusSnfGb0
俺の話が漫画の話にまけたってのが俺のなかで一番後味が悪い・・・orz

731 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 15:07:38 ID:ylq0ZHpl0
>>730
ううん、別に負けてないから気にするな。
なかなか後味悪くてよかったよ。最近の親は自分のガキが騒いでても
注意しないのが多いよね。ほんと無関心っていうかさ。

732 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 16:07:19 ID:tw7N3b7SO
>>730ネタかと思ってた。

733 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 16:38:35 ID:gWk9cbe20
>>701
犬ごっこやると怒られる教師とかいるのか。
俺はエビごっことかしてたから相当怒られただろうな

734 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 20:21:09 ID:ThZIXDpjO
インギーごっこしてた俺は怒られないな

735 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 20:54:40 ID:3h8s40790
インリンごっこでM字開脚はどうか?

736 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 20:55:45 ID:j7TwFPZt0
俺の息子がインフェルノ


737 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 21:04:41 ID:KJdfIl7mO
>>734->>736で一気に、蝶後味悪くなったな。

738 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 21:22:57 ID:Y4G6HfKW0
>>737
自分まで含めて卑下するなんて何て後味の悪い

739 :ボルケーノ:2006/01/17(火) 22:15:52 ID:JZlqCfrYO
先日、うちの子供がレンタルショップで、カミサンと間違えて
知らない女の人が手に持っていたアニメDVDを奪い取った。
それを見て俺は子供に注意してが、止めなかったので、
ジャイアントスパイクしたら変質者と間違えられて、
警察呼ばれて説教された。

740 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 22:18:15 ID:60MgfGlC0
オレら消防の時、クラスで休み時間に「戦争ごっこ」てのをしてたら怒られた。
ルールは、同人数で2グループに別れ、お互いの陣地を決める。
そして、高いとこ(ジャングルジムの上とか、うんていの上とか)を「基地」にして、
誰かが敵の「基地」にたどり着いて、そこに置いてある互いの「秘密書類」を奪えば勝ち。
「秘密書類」は石ころだったり、ハンカチだったり何でもよし。
さすがに棒で殴り合ったりはしなかったが、行かせまい取らせまいとする攻防が面白かった。
それがヤバンでけしからんと言うので禁止されたあと、
「戦争」というのがいけないらしいと聞いて、子どもながらに話し合って、
ま〜ったく同じルールで「旗取り」と称して遊ぶようになった。
そしたら先生達はぜんぜん文句を言わなくなった。
教師なんて、そんなもんだ。

741 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 23:51:26 ID:HuJH9NiG0
>>740
それ楽しそうだな〜。
そして教師、なんて薄っぺらいんだw

742 :本当にあった怖い名無し:2006/01/17(火) 23:57:06 ID:+hpHEqCI0
福山雅治なみに薄っぺらいなw


743 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 01:19:44 ID:M9FZZRuX0
紙より薄い先生

744 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 01:23:15 ID:rGRzoB6CO
『できたみたい…』

期間限定の転勤で地方に残してきた彼女からの電話。
それほど遠くは無いので月に一度は地元に帰り、彼女との愛を深めていた。
いずれ結婚も考えていたので、多少の不安もあったが結婚を決意。
お互いの両親も快く認めてくれ、トントン拍子でめでたく結婚。
半月ほど二人で暮らしたが、結局彼女は実家の有る地元で出産する事になり、臨月前に地元に帰る事になった。
しばらくたったある日ついに待ちに待った破水、そして陣痛が。連絡を受けたのは深夜1時頃。
しかし翌日には取引先との重要な会議が…代わりの者などいなかった

745 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 01:24:43 ID:rGRzoB6CO
悩んだ末、明日の会議が終わり次第そっちに向かうよと。
陣痛に苦しむ妻に、携帯で呼び掛ける事しかできない。
やはり始発で帰ろうかと思い直したが、妻は明日の会議の重要さ、そして私の責任の大きさを知っている。
自分はそれどころじゃないのに、必死で『大丈夫だから!大丈夫だから』と気遣う妻に、心の底から感謝しながら翌日、会議に向かった。

746 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 01:25:43 ID:rGRzoB6CO
全く集中できなかったが、無事会議が終わり、携帯を手にし、家に帰る事もなく、新幹線に転がり込む。

産婦人科に駆け込み、妻の父親が指す部屋へ

彼を待っていたのは妻の死体と、産まれたての奇形児を笑顔で抱く妻の母親だった。


携帯から長文スマソ、、

747 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 01:33:17 ID:ai8GLrPe0
ツマンネ

748 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 01:36:58 ID:rGRzoB6CO
>>747
ごめん。

749 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 01:44:12 ID:2IbucA1QO
>>748
君は悪くないよ
欝にしてくれてありがとうwおもしろかった、乙
まさか実話じゃないよね?元ネタとかあるの?

>>747
奇形は消えてね^^

750 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 01:54:21 ID:vj8Iu5QE0
今ひどい自演を見た

751 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 01:57:01 ID:rGRzoB6CO
>>749
ありがと。
夢で見るんだよね、本当にリアルな夢で見るたび憂鬱になるから思い出しながら書いてみた。
夢オチで非常に申し訳ないんだが…
実際によく似た状況だから心配でしょうがない。

752 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 02:04:25 ID:2IbucA1QO
>>750
m9(^Д^)プゲラ

>>751
夢か…orz
いや、別にいいんだけどねw
よく似た状況って事はパパになるのか?奇形が生まれない事を祈るよマジで(;^ω^)

753 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 02:08:55 ID:rGRzoB6CO
>>752
産まれたら立派なネラーにしてみせるよw

754 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 02:11:18 ID:2IbucA1QO
うはwwwぉKwwwwww期待してるwww

755 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 02:50:04 ID:Fw7veYPi0
自演してまで引っ張るネタではありません
どうみてもセンス不足です
本当にありがとうございました


756 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 03:44:23 ID:2IbucA1QO
>>755
おまえ何がしたくてここにきてんだ?www
自演疑う前に小話の一つでも落として漏れを欝にして下さい^^
え、ピザうまい?うまいうまい

757 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 03:52:21 ID:SwTTsjS20
才能ないよ。
同人でも売れない。

758 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 05:04:46 ID:dcSqOnlH0
>>717
ジャンプ編集部は2度の失敗を許さない
和月はすでに一度打ち切り食らってるので
錬金がしてやらてたとき、彼の人生は印税のみで構築される
非生産的なものへと変わった。
もう帰ってくることは出来ない
専属契約(新人時の強制)ゆえに他の雑誌でも描く事は出来ない
(これに対する反乱がバンチ事件)
もう二度と彼の漫画は読むことが出来ない

759 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 07:02:53 ID:cwVzz2Xp0
>>751
最初から>>746
「そういう夢を良く見る、いま実際に似た状況だから目が覚めるたび後味悪くて仕方ない」
と書いてたら良かったと思うよ。何の話かと思った。
奥さん大事にね、元気な赤ちゃんが生まれますように。

760 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 07:28:23 ID:eoX60KiL0
全然、漫画のことは分からないのだが、錬金術がテーマのヒット作って、なかった?
それの安っぽいパクりのようにしか思えないんだが、タイトルだけ見るかぎり。

761 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 07:49:33 ID:dcSqOnlH0
>>760
メルティ・ブラッドですか?
いや、あっちより早いですよ?
スカートの中から武器出てきたりするし

762 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 07:51:55 ID:p9uF0WS2O
それ多分鋼の錬金術師

とりあえず武装錬金と和月の話はもうやめないか
信者がキ○ガイじみてて怖いんだよ
どこにでも沸いて粘着してくるし

763 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 11:08:48 ID:84WYXXwb0
>>758
詳しく知らないけど終了後何年か経てば契約消えるんじゃないの
他の漫画家他社で描いてるのよく見かけるよ

764 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 11:57:24 ID:jCxNeB7V0
ヴァガボンドのひととかなあ

765 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 12:16:53 ID:0dGtl0sGO
>>760
漫画に詳しいかどうかにかかわらず、
タイトルだけで安っぽいパクリだとか思うのは如何なものか。
映画や小説だって似たような事はあるだろうし。

766 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 12:27:36 ID:ioAeI+bs0
この話もうやめね?

767 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 12:34:56 ID:p9uF0WS2O
>765
ほら来たよ('A`)

768 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 13:34:20 ID:nnUwOeCRO
>>744
自分もいま妊娠中なんだけど心配になってきた…orz
でも、最初流産する夢をよくみたけど経過順調。もうすぐ安定期。
>>744は逆夢じゃね?

しかしうちはツレも2ちゃんねらだから、無事生まれても行く末が怖いw

769 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 13:39:21 ID:0kMwfNi4O
嫌がりぶりが過敏できしょいので、いまの漫画話はやめよう
なんか見たくない

770 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 14:20:53 ID:9Z9UladC0
嫌がりぶりが過敏って、長引きすぎだからじゃねーのか・・・?

771 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 14:38:44 ID:d/eVtEmL0
じゃ、別のマンガの話でもしよう。
大越孝太郎の短篇集「月喰う蟲」の中の一編。
物語は、ある女子高生の飛び降り自殺から始まる。
彼女には、好きな人がいて、断られたゆえの自殺らしい。
そんな彼女をあざ笑う同級生の少女がいた。自分の可愛らしさに自信のある少女。
彼女らは、同じ人を好きになっていた。
少女は、自分なら大ジョブと、想い人にモーションをかける。
相手は、はやり同級生の、背が高く、きりっとして、妖しいほどの美女。
キャピキャピモードで接近し、美女に家に上がり込んだ少女は、
美味しいケーキと紅茶でもてなされ、大満足。恋人になれると確信をもつ。
ところが、美女が語る生い立ちを聞いて、少女は仰天する。
この町には、いわゆる被差別部落にあたる土地があり、美女はそこの出身だというのだ。
しかも美女と同居していたのは、生まれてすぐ両親にゴミバコに投げ捨てられたため、
顔も身体も、醜くゆがんでしまっている「おねえさん」。二人は愛し合っているという。
あそこの出身者だとわかってたら、好きになったりしなかった。
しかもこんな醜い愛人のいる女なんて冗談じゃない、と、帰ろうとする少女。
だが、足が動かない。さっきのケーキに何か入っていたらしい。
少女は、一度美女に愛を誓ってしまっていた。だからもうここにずっと居なくてはならないのだ。
場面は変わり、青空のひろがるすがすがしい朝。
テラスで朝食をとる美女とおねえさん。
と、視点が低くなり、テーブルの下にいる「何か」の主観的な目線になる。
美女が、皿に乗せた食事を「ほら」と言って差し出す。受け取ってがつがつ食べてるらしい。
「何か」は、モノもしゃべれず、立ち上がる事もできないようだ。
明るい日差しのなか、静かに食事が進んでいく…。

陰影のはっきりした骨太の絵で、コワカコイイ系。
少女が具体的にどうされたかは、ハッキリとは判らずじまい。
被差別者だった美女のこういう成長ぶりが、人としていいやら悪いやら判らず、
でもしょうがないのかなあ、とか迷いつつ読了する感じ。後味悪いぞ。


772 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 14:42:12 ID:11WixVNnO
('A`)ぬるぽ

773 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 14:56:15 ID:z20sRtY/O
>>771
日本語おかしくね?

774 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 15:18:15 ID:71GtvCni0
>>772
ga

775 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 15:36:29 ID:A0aTCMXa0
>>771
被差別部落うんぬんよりも、
漫画に出てくる人物が全て同性愛がデフォなところが
意味がわからないな・・・。
エロ系の漫画なの?

776 :771:2006/01/18(水) 15:44:09 ID:d/eVtEmL0
>>773
ギャー確かに落ち着いてみたら、日本語変だった。
はやり→やはり
美女に家に→美女の家に
とかですね。読み直したつもりだったんだけどなあ…ごめんなさい。

>>775
エロエロというワケではないんですが、ガロ出身の作家で、
最初の頃は耽美やグロを扱うことが多かったので、
何かインモラルな雰囲気を出したくて、こうなったという感じです。
作品によってはエッチシーンが多いのもありますが、本質ではないっぽい。
自分の中で、テーマ的に答えが出きってない題材を
チカラ技で描く(絵はすごく上手い)ようなとこがあって、
その辺が不安定で面白く、また後味も悪くなってるって感じかな。
肩すかし食う作品もあるけど、短篇集はどれもオススメ。

777 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 15:48:43 ID:MzsH3XvqO
おねえさんは、普通の姿になったの?醜いまま?

778 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 15:54:40 ID:jDZ9wyMg0
漫画厨(・A・)ウザー!!

779 :771:2006/01/18(水) 16:50:53 ID:d/eVtEmL0
>>777
乳児の頃に、骨も筋肉もつぶれて、放っておかれてそのまま成長。
物語の最後までそのままでした。
でも心は誰よりも真っ直ぐらしい。

>>778
すんませんねえ。
でも世の中には、面白いマンガ沢山あるから、読んでみてね。

780 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 16:56:26 ID:Fw7veYPi0
>>771
被差別部落出身だろうがなんだろうが、ぜんぜnしょうがなくないと思う。
怖い思考だね


781 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 17:04:37 ID:0dGtl0sGO
>>767
スマソ765だが、レスの意味が判らなくて後味悪い。
なんか勘違いされてる?

782 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 17:18:37 ID:WQMKmVE4O
>>781もういいじゃん
その漫画の話は終わったから

783 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 17:44:28 ID:0dGtl0sGO
>>782
そうだね、ごめん。もうレスはやめとく。
特定の漫画の話じゃなくて、普遍的な意味合いで書いたつもりだったんたんだけど…
なんか>>767の気に障ったならごめんよ。


784 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 17:51:03 ID:Fw7veYPi0
>>783
>>769
まあ耐えろ
そして次の話題へ


785 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 19:28:07 ID:L2YCJuBM0
「ふらんだーすの犬」という短編。
6歳の男の子が児童虐待の末殺される話なので、後味良いわけ無いんだけど、話の内容とは別に独特の後味の悪さを感じた。上手く説明出来るか、わからないけど…

まず、ざっとあらすじ。
ややDQN家庭に育った女。「結婚すれば幸せにしてもらえる」と夢見て18歳で結婚、出産するも
赤ちゃんの面倒が上手く見れず、旦那もいいかげんなヤツで即離婚。
子供を自分の母親に預け、自分は「若い女の子」に戻り、気ままに暮らしていると
付き合い始めた彼氏が、生活をガラッと変えたい程度の気持ちでプロポーズしてくる。
そこでバツイチ子持ちを告白すると、意外と「いいんじゃない?」て反応。
単に彼氏は「深く物事を考えて無い」だけだったが、
「この人は私の全てを受け止めてくれる!この人なら私を幸せにしてくれるかも」と思い込み再婚。
小学1年生に成長した息子を引き取って、3人で生活する事になるが、
自宅へ連れ帰る、そのアパートの階段で最初の虐待が始まる。


786 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 19:30:13 ID:L2YCJuBM0
それからずっと虐待を受け続けるんだけど
死に至るきっかけになったのは、連日小雨の降る中、ベランダに作った段ボールの「家」に
ガムテープで口塞いで、手足を縛った状態で放り込まれ、6日間放置されたから。
そうされた理由は、全部処分したはずの前夫との結婚式の記念写真を、この子が持っていたのを見つけたから。
祖母宅に預けられていた時から、この写真をずっと宝物にして持っていたんだけど
「これが僕のお母さん。お姫様みたいで優しそう」と思ったから、大事に宝物にしていた。

やるせないんだけど、冒頭でこの男の子が「不法投棄された黒いゴミ袋が、川を流れていくのをじっと見ている」場面から始まるので、
最悪の結末(この子が殺されて、ゴミ袋に入れられ川に棄てられる)を予想していたんだよ。
でも、死ぬ間際に病院に運び込まれ、看護婦さんに「大丈夫、大丈夫よ」と声をかけられ介抱されて、
一瞬嬉しそうに笑った後、苦しそうに息を吐いて心臓が止まる。
朦朧とした意識の中で「お母さんが優しくしてくれて良かった」と思って死んでいくので、
それがせめてもの救いだった。いや、むしろ辛いんだけど、もうこれ以上酷い目に遭わなくて良かった。

つづく


787 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 19:31:56 ID:L2YCJuBM0
で、後味悪く感じたのって実は内容自体よりも、「ふらんだーすの犬」という題に対してなんだよね。
犬、絵画、「フランダースの犬」に関する事は、一切出てこないのに、なんでこの題にしたのか?
平仮名にしてるのも、軽い印象だし。
他に一冊も読んでないので、あまり軽はずみに決め付けられないんだけど、
作者は橋本治。代表作は「桃尻娘」で、最近のベストセラーは「上司は思いつきで物を言う」
読んでないから題名からだけの判断だけど、普段はこういう作風で、「たまには違うジャンルで書くかな」って感じで
「泣かせる話」を書いてみたのかな…
いや、決して貶してるわけではなく。
なんでこの題?って考えて、結局「チビッコ死んでカワイソス。最後にいい事あってよかったね」くらいの意味で付けた題なのかな、と思うと微妙な気持ちになった。
読んで泣きすぎて眠れなくなり、それから何日も死んでしまった「こうたろう君」の死ぬ間際の表情や、
苛ついた養父が来た時のこわばった表情を、見たように思い浮かべて激鬱になってたんだけど。
題がもっと違ってれば、号泣して終わってたのが、なんかもやっとして納得いかなくて…
題名だけでなんで?って思われるかもしれないけど、急に「中年男性が書いた創作話」なんだと意識させられた。
凄く心に残る話だっただけに、後味悪い…




788 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 19:47:02 ID:ge8tY/CP0
酷いハナシだー

でもって、たしかに何かひっかかるタイトルだね。
自分的には
「こんな俺がこんな話かいてみちゃったけどどう?」みたいな印象。



789 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 20:26:36 ID:xatK0H3x0
ググったら「最高傑作」よばわりしているページがあったよ・・・

790 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 20:26:45 ID:xR3WsRfy0
787の後味悪いポイントと違ってて悪いが、それはその中年男の
書いた創作話というより現実におきた虐待事件のつぎはぎ話っていう
事実の方がやるせない。

791 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 20:29:37 ID:1eSFOgtx0
>785
男の子が一枚の写真を心の糧に生きていたことを、ネロにとってのルーベンスの聖母画とかけているんじゃないの?
それとベランダのダンボールの家ってのを犬小屋とかけてるんでしょう。
ちゃんと意味あるように思えるんだけど。

792 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 20:36:58 ID:xR3WsRfy0
>>791
それだ!!頭いいな。絵の方は気づいたけど、犬小屋は全く気づかんかった。
ネロは聖母画を見たい見たいと切望して、最後に願いがかなって
その美しい絵をみれたんだよね。
その男の子は美しく優しい(写真の)母親に憧れ切望して、
最後に願いがかなうんだ。実際は違うけど・・・。
たぶんそのまま「フランダースの犬」って題は使えないんじゃないのかな?
あるいは一緒にしてしまうとややこしくなるからかも。


793 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 20:45:12 ID:xatK0H3x0
その内容で題名を全く同じにしてしまうと
クレームの嵐が容易に予想されるからでは?

794 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 20:47:18 ID:1eSFOgtx0
いや、皮肉って平仮名にしてるんだと思う。

795 :785:2006/01/18(水) 21:00:05 ID:L2YCJuBM0
「ふらんだーすの犬」そういう事なんだろうけど、やっぱり納得いかない…。
なんていうか、話としては本当に心に残ったんだ。多分何年経っても忘れない。
それだけに「適当な題」な感じがして、すっきりしないんだよ。
孝太郎が、虐待受けながらも「お母さんに好きになってもらいたい」と思っていて
祖母の元に戻らず母親と一緒にいたいと願う気持ちとか、
いつもは「アレ」とか呼ばれてるのに一度「コー、帰るよ!」て呼ばれた時の嬉しさとか、
母親に対する、刷り込みのような、無条件の愛情を「ふらんだーすの犬」て題にしてほしくなかったなあと思う。
子が親に対して思うのとは反対に、母親側は「無条件の愛情」が無くて、
「もう失敗したくない、捨てられたくない」から夫を優先するんだけど、
この辺の心理は凄く書き込んでるのに、段ボールに子供を放置した時の心理は
「自分でも説明できないが、そうして
しまった」みたいな描写なのも、引っ掛かる。
そういう心理も有るとは思うけど、もっと突っ込んで書いてほしかった。
2ちゃんの書き込みなら「DQN母氏ね!」「去勢しる!」で終了だろうけど、
虐待ってテーマに取り組むんなら、何故DQNな行動になったのかについて書いて欲しかった。
そういう「半端な感じ」がどうにも気になる。

熱く語り過ぎたかも。スマソ。

796 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 21:01:34 ID:xatK0H3x0
もしかしてその子はネロじゃなくてパトラッシュなのかな

797 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 21:23:59 ID:ZPkOXw3I0
興味深いね。読んでみたい。
個人的には、読んでもないけどここに書き込まれたってだけで
はなから落として考えてる>>788 >>789が後味悪い。

798 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 21:27:58 ID:Or4WAtjv0
1/2

作者の名前忘れたが、「ベルゼブ」ってタイトルの小説が最高に後味悪かった。
以下簡単なあらすじ。
古代遺跡(古墳?)の発掘によって
封印されていた悪魔ベルゼブが解き放たれてしまう。
ベルゼブは発掘者の息子の体を乗っ取り、
虫の大群を操って(ベルゼブは虫の王らしい)次々に人間をを殺していく。
そこで、悪魔の復活に世界の危機を感じた神は
主人公の女子高生に“神の子”を宿し
第2のキリストを産ませて世界を救おうとする。
敵に襲われつつも主人公はなんとか出産。
しかし、神曰く「世界を救うには“神の子”を一度殺さなければならない」らしい。
主人公は頑なに拒否するが神に体を操られ我が子を殺してしまう。
ベルゼブは倒せたものの茫然自失の主人公で完。





799 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 21:29:05 ID:Or4WAtjv0
2/2

と、こう書くと割とまともに思えるが
実際は細かい描写が非常ににグロくてキモかった。
古代遺跡の壁画も女性が虫に犯されて喜んでる絵だったり
不条理なキモさ全開。
かなり前に読んだんで細かいところは違うかも知れんが…
もう二度と読みたくない。


800 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 21:53:13 ID:Oa/jhVdj0
>>785
実は不法投棄されたゴミ袋には犬の死体が1ダース。
腐乱ダースの犬。



ごめん、言ってみたかっただけだ。

801 :788:2006/01/18(水) 22:16:18 ID:ge8tY/CP0
>>797
すいませんでした。

802 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 22:19:07 ID:5YqxXGJlO
>>798
検索してみた。
実際に読んだ事ないから、違うかもしれないけど
田中啓文の「ベルゼブブ」だと思う。

803 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 22:39:28 ID:LNQeiIQF0
>>798
キリストって言うと処女懐胎だけど、実際は神の「子」なんだよな。
聖母役の選考基準は神様の趣味ってわけだ。
・・女子高生か。

804 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 22:40:21 ID:d/eVtEmL0
蝿の王だな。

805 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 23:07:17 ID:R1As0nvl0
>>785

子供が虐待する親から逃げないのは、いつか自分を
愛してくれるのを無意識下で信じて待っているから…
というような文章を、とあるサイトで見たのを思い出した。
切ねえ。

806 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 23:12:42 ID:kixr22sg0
>>785を読んでふと思い出した前にどっかで立ち読みした漫画

主人公は小学生の男の子。
彼は両親と三人で暮らしているのだが、母親のことが大嫌い。
母親は太っていてブスだし、家でヒステリックに父親に怒鳴り散らしたりしているからだ。
さらに、今日は主人公が友達と下校していると怒りながらやってきて「学校が終わったらすぐに帰ってきなさいっていているでしょ!」と、主人公の腕をぐいぐいと引っ張り家へと連れて帰った。
母親が嫌でたまらない主人公は空想の中でこの母親は本当の母親ではなく、本当の母親はもっと美人でやさしく、いつか自分を迎えに来てくれるんだと考えるようになる。
ある日彼が下校していると、女の人が自分を見ていることに気が付く。
その女の人は美人でやさしそうで彼が空想で考えていた母親にそっくりだった。
その女の人は彼の下校中にたびたび現れるようになる。
彼女はいつもちょっとはなれた場所から彼を見つめている。
その視線は何か意味がありそうなものだった。
主人公は、その女性が本当の母親ではないのだろうか?と考えるようになっていく。
ある日、いつも見つめているだけの女性が主人公のもとへ近づいてきた。
彼は、自分が考えていたように彼女が本当の母親で、あの嫌な母親のもとから自分を迎えに着たのではと思い喜んだのだが。


807 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 23:13:29 ID:kixr22sg0
女性は手にナイフを握っており、その腕を高く持ち上げると主人公に向かって振り下げた。
わけもわからず刺される!と思った瞬間、何かが彼を包み込んだ。
それは、あの嫌いな母親だった。
母親が主人公を庇うように抱きしめる中、あの美しくやさしそうな女性が母親の背に何度も何度もナイフをを突き立てていた。

場面が変わって、母親の葬式の中。
彼はあの事件の後、あの女の人は父の愛人で、母親に父と別れないと自分を殺すと脅迫されていたこと。
その事のせいで母は父と意見が衝突していたこと。
母親は彼のことが心配で学校まで迎えに行っていたこと。を聞かされた。
「僕は知らなかった。お母さんがこんなに僕の事を愛していてくれたことを」
彼は母親の遺影の前で涙を流した。
おわり


808 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 23:22:21 ID:13zuXfCN0
>>806
うわ〜…久しぶりにむちゃくちゃ後味悪い…。

809 :797・798:2006/01/18(水) 23:23:25 ID:Or4WAtjv0
>>802
たぶんその作家さんだと思います。
本の内容の割に平凡な名前だと思った記憶があるんで。

>>803
この小説に出てきた女子高生は
特殊な事情でマリアに任命されてて処女ではなかったと思う。
むしろ彼氏持ちで援助交際してるDQNっぽかった。
というか神様とセクロスしてる描写が生々しくて微妙な気持ちになった。

>>804
ぐぐったら「虫の王」じゃなく「蝿の王」みたいですねorz
でも小説の中ではゴキ・イナゴ・コオロギなど
色々な虫を操ってたので脚色してあったのかも。

810 :本当にあった怖い名無し:2006/01/18(水) 23:57:34 ID:tbTypgGJ0
>>806
いいねー。安易に「本当のお母さん」なんてものを想像したガキはムカつくが、
それでも同情

811 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 00:10:50 ID:wok8XRED0
>>803
だって、マリア様なんか14歳だったんだよ。中学生だ。

812 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 02:37:00 ID:va8Ibykc0
デブな実母が、旦那の愛人を殺すと脅してたの?

813 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 02:43:18 ID:01l0eFI90
釣りだと思うけど・・・一応。

愛人が母親に言ったのかと。

814 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 03:26:25 ID:izMAmPbK0
>>795
>>虐待ってテーマに取り組むんなら、何故DQNな行動になったのかについて書いて欲しかった。
そういう「半端な感じ」がどうにも気になる。
書いちゃうと、DQNになった理由で同情されちゃったりするからじゃないか?

タイトルの犬ってのは、DQN母が子どもをまさに飼い犬扱いしてたってことじゃないだろうか。
ペット=所有物=自分の思いのまま、みたいな。
内容知らんから的外れな意見かもしれんが
母親は何もかも躾のつもり、言うこと聞かないペットを"しつけてあげてる"つもり、とかな。
(やりすぎて死んじゃった! でも言うこときかないこの子が悪いの!みたいな)

>>「チビッコ死んでカワイソス。最後にいい事あってよかったね」
これはもしかすると、このDQN母の心中かもしれんなとふと思った。

素人意見だが、タイトルがひらがなな理由は、カタカナ使うのはやばいというのはあったと思うが
もしかして、DQN母に対する揶揄を含んでるのか?とちょっと深読み。

ファンとして擁護させてもらうが、
橋本治は違うジャンルでちょっと泣かせる話を書いてみようなんてことはしない人だぞ。
この人が書いたなら、何かが行間があるはずだ。

815 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 04:07:39 ID:7puiaUVt0
>>796
そうかもな。お母さんがネロか。

816 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 06:08:42 ID:ImQePlJ50
>>795
桃尻娘のシリーズとか読んでたけど、橋本治は元々「何故DQNな行動になったのか」に、
わかりやすい深い理由なんてつけたりしない人だと思う。
むしろ、「人は『だって、ついやっちゃったんだもん』って軽く酷い事ができちゃう。
そういうもんだからもう仕方ない。開き直って生きていくしかない」って話の方が彼っぽい。

817 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 09:25:56 ID:H60qG+ti0
橋本治は知らないけど、虐待をテーマにしているからって親がDQNに
なった経緯が必要って言うのは違うと思う。蛇足になる場合もある。
虐待ドキュメントじゃないんだからさ。
虐待がデーマでなく、虐待の話を通じて掘り下げたいテーマが違うんじゃないの?

818 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 09:30:56 ID:H60qG+ti0
ついでに・・・虐待の後味悪さは格別だけど、「凍りついた瞳」(漫画)が
まじめな意味でお勧め。実際にあったひどい虐待を多数描くノンフィクション。
鬱〜な気持ちになります。

あと、今週NNNドキュメントでやってた生活保護と餓死の話・・。
台所で骨と皮だけになって亡くなっていた男性の遺体写真に衝撃を受けた。
働けない状態なのに一方的に生活保護を打ち切り・・・ひどい話だ。


819 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 09:42:33 ID:/aXhzAC70
あの写真、急に画面にうつってビックリした…
夜中だし現実をしっかり伝えるためにあえて放送したんだろうけど

820 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 10:38:28 ID:A4FqL9SaO
しょーもないけど、あゆのプロモは後味悪いのが多い。

821 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 11:09:27 ID:IktpG1sa0
昨日見た教育テレビ?にて。

フリージャーナリストが小学生にイラク戦争のドキュメンタリーを見せて授業をしていた。
アメリカの爆撃を受けた子供が病院に担ぎ込まれて、ろくに治療も受けられずに死んでいく場面。
父親は「この子の兄弟も死んだ、この子は脳みそがはみ出しているんだ、誰か何とかして
くれ」とカメラに向かって叫ぶ。
当然小学生はしくしく泣き出してた。そこでジャーナリストがとうとうと語りだす。

戦争反対を訴えるのは結構だけど、グロ画像見せてショック受けさせてその隙に自分の
考えを刷り込むのは大人として卑怯だと思う。グロは中学生からにしてほしい。




822 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 11:16:09 ID:l2x7YUIG0
あゆも含めDQNは後味悪くするでよろしいか?

823 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 11:23:00 ID:nw6C3w9AO
何年か前にWOWOWで観た映画が最高に後味悪かった。
タイトルも主演のおっさんの名前もわかんないんだけど、あらすじは大体こんな感じ。
あるところに父と息子がいて、たしか母親はいなかったと思うんだけど結構幸せに暮らしてた。
ところがいきなり息子が誘拐されてしまう。
父は息子を返して欲しくて誘拐犯と交渉しようとするんだけど、
この誘拐犯は子供のいない夫婦で、これは営利目的の犯行じゃないんだよ。
父は必死で子供を取り返そうとあの手この手で頑張るんだけど、
犯人の策略で頭のおかしい親父に仕立て上げられて反対に自分が警察に追われるはめになってしまう。
それでも警察を振り切りながら頑張って、でもまた騙されて真犯人にまでされちゃって最後には殺されて、
そしてその後息子は誘拐犯の夫婦の子供として一緒に暮らすようになるんだよ。
でここで映画は終わり。
こんな話ありかよ。後味悪すぎてまじで気分悪かった。
だれかこんな感じの映画知ってる人いる?

824 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 11:30:23 ID:4XpxBEq/O
『ふらんだーすの犬』の話を読んで、10年位前に読んだ『IT』と
言う本を似た話を思い出した。作者は忘れたが米国人で、確か事
件の関係者か成長した本人だったと思う。

いかんせ、随分前に読んだのでしっかり思い出せないが、米国で実
際にあった事件を書いた物で、母親は息子に付けた名前を呼ばず
“IT”と呼び虐待を続ける。姉妹がいるが、姉妹には優しい母親だ。
虐待が学校で発覚するのだが、自分が悪い子だから叱られた。等、
母親をかばう。ここでも無条件に母親を愛し求める。親に虐待を
受ける子供の心理なんだろう。

結局は、保護施設から里親に育てられたと思ったけどうる覚えで
スマソ。里親のもとから母親の元へ逃げ帰る話もあった。
読んでる途中で、母親に対しては当然だが、ITに対しても「どう
して?そこまでされて、まだ愛しいのか?あんな母親なのに」と、
ひたむきに愛する気持ちに憤りさえ覚え、ムカついて、何度か投
げ出したんで、インプットが薄い。上下巻だか1〜3巻の話です。

親の虐待系の話は後味悪すぎ。



825 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 12:18:48 ID:db7yFxQFO
すちーぶんきんぐ?

826 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 12:26:15 ID:8uWumcln0
itと呼ばれた子。漫画もある。
姉妹じゃなくて兄弟。
ちなみにその子が保護された後、他の子が虐待を受けていたっぽい。
ちなみにご本人は現在幸せに暮らしている。

827 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 13:14:15 ID:ySQWr/qEO
いかんせ
うる覚え

828 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 13:29:13 ID:8bcFnM9s0
まあITと呼ばれた子を覚えていない時点で釣りだ

829 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 13:41:05 ID:PBUOvN5c0
>828
そうか?
俺も読んだけど、ほとんど内容覚えてないぞ。
1冊目だけかろうじて覚えてる。虐待の描写だけが延々と続いて
ラストいきなり主人公が大人になって「今は幸せ」みたいな事を息子と語る だっけ?
そんなに話題になるほどすごい本だとは思えなかったけど。
虐待されてた本人が過去を語るっていう点ではすごい事なのかもしれんが
マンセーするほどの本じゃないような。

830 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 13:56:40 ID:/wysmBXa0
>>827
うる覚えは2ちゃん用語になってるんじゃない?

831 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 14:02:24 ID:P5n/PnlnO
うる覚えは2ちゃん用語
聞いたことはあるけどうる覚えを使うと必ず突っ込みが入るので
2ちゃん用語として成り立ってはいないと思う

832 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 14:03:22 ID:dCGFch530
だからなおさら頭悪そうに見えるんだよね
にちゃん用語とやらを使いこなしちゃってる時点で

833 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 14:07:50 ID:9Km/apJM0
>>921
思い出した。タイトル不明の漫画。

中学校で戦争について授業がある。
生徒達は生々しい写真が飾った教室に押し込められ、実体験を延々と聞かされる。
今時の子供にはこういった教育が必要だ、真実を知らなければならないと教師達は悦にいる。
気分が悪くなる学生には、「たるんでる」と言って最後まで授業に付き合わせた。

翌日。授業中に気分が悪くなっていた生徒が壊れた。
防空頭巾をかぶり、もんぺをはいてブツブツと独り言を言っている。
「豊かに暮らしてごめんなさい、私が悪いんです、だから責めないでください」
誰もいない空間に向かって謝り続ける女子生徒。
それを見て授業を実施した教師達は固まる。

って話し。
女子生徒を救うために、教師達は必死になって前日の授業を否定する。
教師の戦争否定発言を聞いて女子生徒は元に戻るけど、
実は神経過敏になった女子生徒はほんとうに幽霊が見えて怯えていたってオチ。
あれ?オチまで聞くとあまり後味が悪くないか。

834 : 本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 15:09:24 ID:990us9hN0
>>833
多分ハロウィンとかで描いてた氷室奈美の「兵隊さんが立っている」だとオモ
美人だけど変わり者の保健の先生だけがその授業に反対してるんだよね。
実はその先生には霊の姿が見えてて、余りにも過激な戦争教育はショックと罪悪感で潜在的な
霊感を呼び覚ましてしまうのではと危惧していた。
案の定女子生徒は戦死者の霊を見るようになってしまい、おかしくなる。困った教師たちに保健の先生は
「さあ、否定してください。生徒たちには関係ない、戦争はもう終わった事だと。」と促す。

翌日、正気に帰った女子生徒は自分でもきっと幻覚を見たのだと考える。
保健の先生は笑いながらそれを肯定する。だってその方がいいのだ。街中こうなってるなんて知らないほうがいい。
自分達のの周りには何十人もの戦死者の霊たちがいつも恨めしそうに立っている・・・

835 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 15:32:30 ID:VcboANC10
>>821
グロって・・・実際そんなグロい場面あった?
子供の脳みそ写してるわけじゃなく、ちゃんと包帯まいてたし。
内容的にはそりゃショッキングだったけど、いたずらにショッキングなわけじゃない。
グロ写真や映像を実際に見せるかどうかは別にして、必要なそういう話まで
てはいけない、というのは違うと思う。
写真や話どころか現実にそういう目に合ってる子供達が大勢いるんだ。

で、あのお父さんすでに戦争で2人の子供を亡くしてたんだよね・・・。
それが最後の子供まで。
しかもそんな話ゴロゴロころがってるっていう現実がたまらんね。

836 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 16:17:22 ID:8U+W0pc60
「itと呼ばれた子」ってシリーズじゃなかった?
作者違うのかもしれないけど、続々ああいう虐待の本出てたよね
タイガーと呼ばれた子 幽霊と呼ばれた子?とかさ
施設の職員が書いてて…人の不幸で印税がっぽりかぁ!

>835
戦争はよくないし、話ずれるけど
平和だったら平和な国で実の息子が遊興費欲しさに殺人おかしちゃった!
とかあるしさ、被害者になっちゃった!とかあるし
どこの国でも子供持てて育ててもいい事ばっかでも無いと思うわ。

亡くなってたらあの子達が生きていたら、〜になって
(立派な職業、そうじゃなくても平凡でも幸せなどを当てはめてみる)
って妄想する余地はあるじゃん。
実際生きてても破落戸になって頭悩ませる存在になるかもしれないし。

837 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 18:25:50 ID:Oedn5DIw0
>>833>>834
ひどいマンガだね。作者の考えが足りなすぎる。
そうやって、つらいからと言って、
過去に目をそむけて生きる事を良しと結論付けてる作品て、ホントに不快だ。
少女マンガなの? だから女の子って、
いつまでも社会性がなくてバカとか言われるんだなあ。

838 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 18:36:30 ID:B1ViU81x0
↑うるせーよ馬鹿w
馬鹿は漫画読むな


839 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 18:41:10 ID:VSGm3UpSO
>838へ
>837はただ女を叩きたいだけのような気がする。

840 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 18:45:10 ID:8U+W0pc60
防空頭巾は地震対策で持ってるかもしれないけど
モンペどっから持ってきたんだよ〜とかツッコミ入れたい…
モンペも皆に見える幻覚って設定〜?

841 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 18:51:35 ID:R0FF7wxQ0
>>839
なるほどね 
作者の考えが足りない→女性の社会性うんぬん
は飛躍しすぎかも


842 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 19:21:32 ID:VcypfCzD0
男だからどうとか女だからどうとか決め付ける奴は所詮・・・・・

まあ結局どうでもいいけどね

843 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 19:23:20 ID:toJv8Z3Y0
モンペと防空頭巾は反戦教育の為に
教師か戦争体験を語った人が持ってきて学校に置いてあったんだとオモ
この漫画自分も読んだことあるよ

844 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 20:49:05 ID:5GYbMmZa0
氷室奈美の漫画、むかしもスレに投下されたことあったよね。
そんで興味もって保健室の怪人を買って読んでみたんだが、ちょっとこの人には非凡なものを感じた。
けして浅はかな人ではないと思う。

スレチガイですまん

845 :837:2006/01/19(木) 21:08:07 ID:Oedn5DIw0
誤解せんでくれ。俺は、この作者が女性(だよね?)なのに、
同じ女性をおとしめてるように感じたんで、そう言ったんだ。
過去の戦争の悲惨さや、苦しんで人生半ばで亡くなった人たちの存在は、
決して作り物でも脅かしでもないだろ?
正しい事伝えようという側の姿勢自体は間違いではない。
それに、生徒たちが傷つきすぎて云々という設定が、そもそも人をバカにしてる。
ここに描かれてるのは、もう事実を受け止めて、
自分たちなりの考えをもてる年代の子たちじゃないか。赤ん坊脅かすのとワケがちがう。
ただ霊を見ておかしくなったり、教師に戦争はもう終わったなんて言わせることで
解決するなんて、愚かしいにもほどがある。
現実に被爆者や被爆2世が苦しんでいる現在で、大勢の少年少女が読むメディアで
そんな決着つけるのがどういう事か。
霊を見て一度はおびえた女の子だって、自分で立ち向かう姿を描く事もできたはず。
この作者は、思い上がってるよ。メディアで発表される作品と言うものの意味が解ってない。
あまりの不快さに、このスレに投下されたんだと思って、俺はそういう反応したんだ。
違うのか?


846 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 21:10:27 ID:4VEeGq5/0
>>845
気持ちは判るが>>837の下2行が蛇足

847 :本当になかった怖い名無し:2006/01/19(木) 21:20:15 ID:JscWgFtJ0
>>823
後味悪いというか、出来の悪い映画だね。
しょうもない映画でも映画一本作るのに、かなりの大金が必要だというのに勿体ない話だ。

848 :837:2006/01/19(木) 21:22:48 ID:Oedn5DIw0
>>846
ああ、そうか。ここで誤解が増えたのか。
それは確かに言葉がまずかったと思う。ごめんなさい。
ただね、たまたまこんな作品読んで、
「ああ、少女マンガなんてこんなもんね」と思ってしまう人は、
現実にいると思う。特にオトナに。
あの宮崎駿監督が、「耳をすませば」をアニメにしたキッカケというのが、
知人に勧められた少女マンガを幾つか読んで、あきれ果てたからだという。
世の中が大変な事になってるのに、育ち盛りの少女たちの読むべきものが、
クラスの男の子との悩みとか、痛みをいかに忘れるかとか、そんなものばかりだったと。
同じ題材でこんなに世の中の見方が変わる、というのを示したかったからという。
結果、「耳をすませば」のアニメは原作の良いとこがミジンも無くなったわけだが、
これは読む女の子たちも、女の人たちも、認識すべき事ではあると思うんだ。
女の子たちだって懸命に青春を生きてんだろうに、悔しいじゃないか、って事だ。
その為にも、情緒的なものを活かすためにも、歴史や社会に対する描き方は
ちゃんとするべきだと思ったんだよ。
俺が女をさげすんでるつもりは無いんだ。


849 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 21:25:18 ID:qFbWo+Bg0
なんで最近の男って女のことを女性って言うの?
なんかみっともない。

850 :837:2006/01/19(木) 21:31:47 ID:Oedn5DIw0
>>849
お幾つですか?

851 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 21:34:49 ID:TImKyPEDO
>>849
お前の方がみっともない。

852 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 21:35:51 ID:5GYbMmZa0
>837
ちょともちtけ
お前の言ってることは確かに正論なのかもしれないが、所詮学級委員長の言い分でしかない。
現状苦しんでる人たちがいるんだからメディア側はもっと配慮すべきだ、なんて逐一言ってたら一辺倒の作品しか出せないじゃん
統一思想なんて、まるで戦中の日本だよ。

853 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 21:38:38 ID:81mz6b9o0
>>834
そうそうそう、その人の漫画だと思う。
この人の漫画はかなりカルチャーショックがあった。

もう一つ思い出した。こっちもタイトル忘れたけど、オカルト漫画。
主人公の一人が原因不明の病気に掛かる。
そこでオカルトパワーで原因が前世にある事を突き止め、オカルトパワーで前世に遡る。
前世で病んでいた主人公(天然入った呑気で清楚な女の子らしい少女)の前世が巫女であるとわかる。

しかし、ここが問題で。
よくあるファンタジー内で設定される巫女ではなく、本物の巫女。
神に仕え神殿で暮らし、神との交わりを求めてやってくる男に春を捧げる。
ようは無料売春婦。今で言う公衆便所。(いや宗教的意味があるんだろうけど)

そんな彼女を好きだと言ってくれる男性が現れるが、
彼は巫女としてでなく一人の女性として彼女を抱きたいという。
でも彼女は巫女。女に戻ることはできない。
そうやって報われない恋に悩んでる間に、女にモテモテイケメン男性は
嫉妬にかられたファン達に八つ裂きにされて殺されてしまう。
そのまま死体は放置され、しゃれこうべに。

小学生だった当時、清純イメージの巫女さん=売春婦という設定に驚いた。
何も悪くないのに男性はファンの女性達に殺されちゃうし。埋葬もされないし。
この人は他にも、黒髪黒ヒゲで堕天使ルシフェルのケツを狙うスケベ親父キリストも書いている。
こっちもびっくりした。

854 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 21:40:20 ID:98TVYtI80
延々レスしてくるうざい奴だとわかりきってるのにレスしてんじゃねーよボケ

855 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 21:40:23 ID:u1RFJ7wW0
>>823
「隣人は静かに笑う」だね、最後は殺されるどころか自爆テロ犯に仕立てられるんだから救いがない。
>>847は見もしないで適当な事書いてるけど、サスペンスの良作。

856 :837:2006/01/19(木) 21:47:39 ID:Oedn5DIw0
>>852
ちゃうちゃう。
これ以上長引かせるのも何なんだが、
こういう苦しんでる人たちが存在するテーマに付いての作品は、
いかにこれからの世代が考えていかなくてはならないか、って意味で
まだ沢山の可能性がある。一辺倒になんてならない。
前向きに考えて、マンガならではの未知のアプローチや解決法を出せれば、
それこそが漫画家のすぐれた作家性というものだと思う。
このマンガに関して言えば、作者は最初から問題と取り組むのを放棄してる。
そしてそれが一番良いという結論にしてるらしい。
俺が充分に、後味悪いと思ったのはそこだよ。
クリエイターとしての、自分の可能性にまで背を向けているように感じてね。
まあ、いいや。人は変わるから、今はこの作家も変わってるかも知れないし。
じゃね。



857 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 21:58:34 ID:P5n/PnlnO
というか>>834はラストの保健室の先生の台詞があっての漫画でしょう
作中での他の先生の教育はすべて否定されてるも同じ
読者にはちゃんと伝わるようになってるんだと思うよ

個人的にはホラー漫画は恐ければ多少不条理でもそれすら楽しむもんだと思ってるよ

858 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 22:00:05 ID:5TVZpFZv0
>>855
一度は名前の聞いたことがある有名な映画だな
観た事はないけど

859 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 22:02:12 ID:ImQePlJ50
>>833を読んで思い出したけど、私は実家が広島なんだよね。
今はどうか知らないし、私が行ってた学校だけかもしれないけど、
子供の頃は原爆関係の平和学習がやっぱ盛んだった。
で、まあ、時期が時期だからそういうのは当然夏ごろに活発になってくるわけだ。
あっつい時期に体育館を締め切って真っ暗にしてノンストップ映画はだしのゲン。
ショッキングとかグロとかより、暑さと篭った空気に気分が悪くなる子や鼻血の出る子続出。
1年生なんて6歳くらいだもんね。夏場2時間以上もそんなとこ入れときゃ気分も悪くなるよ。
鼻血を出したり吐いた子は外に出られるけど、気分が悪いだけだと、
2階に数箇所開けてある窓のとこでカーテンから顔だけ出して外の空気を吸わせてもらえるだけ。
漫画でもないマジ話なんだから笑っちゃう。
気分が悪くならなかった子だって真面目に画面なんか見てない。
最初の数十分は真面目に見たり怖がったりする子もいるけど、
肉体的にストレスのある状態では集中できないし、お喋りして笑ったりしてる方が体が楽なんだもん。

>>845の言ってる事もわからないでもないけど、それは常日頃から過去にあった事を伝え
これからの事を自分の頭で考えられる環境を作る平和学習の場合の話でしょ?
833の話は1日でぎゅうぎゅうに詰め込むような、
洗脳じみた平和学習の危険をハロウィン内で出来る程度で書いてみたんじゃない?

860 :859:2006/01/19(木) 22:04:20 ID:ImQePlJ50
たらたら書いてたら話終わってる・・・
ごめん、スルーして・・・orz

861 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 22:31:14 ID:AgxlaUw10
小説「海辺のカフカ」、全体的に後味悪いけど、
なかでも中田さんというキャラ。
子供の頃、原因も分からない謎の超常現象に巻き込まれ、
賢い子供だったのが一転してちょっと知恵遅れっぽい感じに。
でもとてもいい人で、みんなに好かれる。
最後の方で彼が犠牲となることによって世界が救われる。
だけどその、世界に危機をもたらす悪ってものがとても曖昧だし、
中田さんがそのことを自覚していたかどうかも曖昧、
曖昧なもののためにあっさり死んでしまう。
本人はそれなりに幸せだったのかも知れないが、
それだけのためにしつらえられた彼の一生を思うと、後味悪すぎ。

862 :本当にあった怖い名無し:2006/01/19(木) 23:18:47 ID:N0/hJnDE0
>>855
>823の映画はそれとは違うよ。
隣人は静かに笑うでは犯人にも息子がいる。
きっかけはその息子を主人公が助けたことだし。
それに「息子誘拐」が犯人の目的ではなく、単に脅迫というか主人公を
抑えるための手段として息子を利用しただけ。



863 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 00:13:50 ID:OAPUsz/g0
>>862
犯人に息子がいないの部分は単純に823さんの勘違いかな、
そもそも映画のタイトルが分からなくて質問してくる人には良くある事。
誘拐が目的ではなく脅し云々のところも、>>823に営利目的の犯行じゃないと書いてあるし、
感想&あらすじをトータルで見て「隣人は静かに笑う」以外ないかなと思うのだが。

まぁ本当のところは823さんに答えてもらわないと分からない訳ですが。

864 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 00:15:57 ID:kkKSkITT0
>>833
実際はそれと真逆のひどい反日教育しか存在しないわけだが


865 :沖縄県失業率全国一:2006/01/20(金) 00:21:59 ID:8Quk6Lvf0
>>833
この教師たちはせっかくの成功例を無駄にしてしまった。漫画であるがゆえに
大人たちが元に戻そうとするのが少女マンガの限界。これが青年誌ならさっそく
新聞がすばらしい生徒として取り上げ各学校が実際に防空頭巾や国民服、配給食
など戦時中の生活を体験させる授業をおこない、靖国の戦犯がすべて排除され日本共産党
が与党となるなどの展開になったろう。もちろん幽霊は見えない者によってだ。
ちなみにこの授業をうけた生徒はほぼ幽霊がみえるようになるとか。殺されたものが
殺したものにつねにまとわりつくようになり、それが見えるものが増えていく。
少女マンガであつかっても問題ないとおもうけど、どうよ。

866 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 00:38:30 ID:EqzBdmfx0
865は当然
現物を読んで書きこんでるんだよな?


867 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 01:28:47 ID:BR157vQM0
ドラマ「着信アリ」が微妙に後味悪い。
大まかな内容は携帯の呪いで人が次々に殺される
というものだが、10年前に殺された人間の呪いやら
姉妹の確執やら、生きている人間の犯行やら色々な
ケースがあってストーリが矛盾だらけでごちゃごちゃ。

結局、誰が誰を殺したのか、また呪いで死んだのやら
殺されたのやら解らない殺人もあり。
ストは真実はご想像にお任せしますという感じのあいまいな物だった。
答えがきっちりでてないといらいらする性格なので、多少強引でもいいので
公式設定を教えて欲しいと思った。









ついでに子供の頃に夜寝ていた時に母親から
「これから死のうか」
と無理心中に誘われたのだが、何が原因なのか
今でも教えてくれない。

事前に母親が父親に
「妻も子供もいるのに!!」
と父親に殴りかかっている所を目撃しているので
たぶん父親が愛人でもこさえたのが原因かもと思ったが
それくらいでいきなり子供と無理心中というのもちょと
強引だと思う。
ああ、これもついでに真相が知りたい。

868 : 本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 01:31:22 ID:n61/CqfX0
>>856
この作者の作品をひとつでも読めば雰囲気分かってもらえるかなあ。
要は皮肉な訳ですよ。
戦争教育をやりたがる先生はだからって生徒がおかしくなって問題になるのは困る。
なので保健の先生に促されるまま「戦争は過去の事だ」と否定する。
でも保健の先生はいつも周りにいる戦死者の霊を見ている訳で、本当はちっとも過去の話なんかじゃ
ないって事。

869 :旗本八御家人侍:2006/01/20(金) 01:48:56 ID:c63hzpk7O
後味悪い話と言えばハッピーピープルだろ

870 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 02:02:31 ID:n7qrAUspO
私の友達に目がぱっちりした可愛いらしい子がいました。
その子は可愛いんですが、人見知りが激しく、第一印象は、暗い子でした。
しかし、仲良くなるとすごく明るくて天然も入っていて面白いし、
性格もやさしい、ピュアな子でした。
その子の目は不思議な力?があり、
ある時、私がイライラして、つい嫌味っぽいことを言ったりすると、
その子は、真っすぐ私の目をみて、ずっと黙って私の話を聞いていました。
たぶんじっと相手の目をみるのは、その子の癖なんだと思うんですが
その目でじっと見つめられてると、何故か自己嫌悪?というか罪の意識でいっぱいになりました。
いたたまれなくなって、もういい!とか、こんなこと言ってもアナタにはわからないでしょうね!
と、私が捨て台詞をはいて終わらせようとすると
その瞬間、必ずその子は目を細めました。
うまく言えないですが、自分の心を読まれた気がして怖くなりました。
その子の目が自分の嫌な隠したい部分を映し出す、そんな気がしました。


871 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 02:04:01 ID:n7qrAUspO
ある日突然その子に彼氏ができました。
普通の男の人で、
「昨日あの人に付き合ってって言われた。おもしろそうだからいろいろ試してみる」
とその子が不思議なことを言ったのが印象に残りました。
その子は天然だったので、何変なこと言ってんの〜アハハ〜みたいなノリであんまり気にしませんでした。
しばらくして久しぶりにその子に会いました。
その子は私に会うと、すごく興奮した様子で
「あの人、すごくおもしろい人だった!」
と言ったので、惚気話かよ〜っという感じで雑談し、その日は別れました。
うまくいっていいなぁと私は思いました。
ところが、その子の彼が登校拒否になっている噂がたちました。
私はびっくりして、その子にどうしたの彼?と聞きました。
その子も元気がなくて、どうしてあの人が学校に来ないのかわからない
と言いました。
どうしようもないから、元気だして!彼受験で疲れたんじゃない?などと言って
その子を励ましました。
結局、そのまま卒業し、私とその子は別々の大学に入り、その話は忘れていました。


872 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 02:05:26 ID:n7qrAUspO
機会があり、その子の彼と親しい人の話を聞くと、彼は登校拒否した直後に入院していました。
原因は精神的なことで、理由はわからないとのことでした。
私は驚いて、さっそく話を聞きに、その子に会ってみました。
その子に「彼、入院しているらしいけど、アナタ理由しってる?」と聞いてみました。
するとその子は、「へぇーそうなの」と言って笑いました。
私はその子が笑ってるのを見ておどろき、
「アンタ何にも知らないの!別れたから、どうでもいいかもしれないけど、心配じゃないの!」
と、つい怒ってしまいました。
するとその子は、
「なんか、おもしろい人だったから、いろいろ試してみたけど、
そっか入院しちゃったのか、
ねぇ〇〇(私の名前)、おもしろいと思わない?」
何が面白いのかわからなくて、呆気にとられてその子をみたら、
遠くをみて薄ら笑いをしていました。
思わず、ぞっとしました。
考えてみるとその子が、彼氏のことを、いつもあの人って言っていて、
なんで彼氏のことあの人っていうの?と聞いたことがありました。
その時、その子は、だって名前わかんないんだもん〜と言いました。
あれは冗談じゃなかったのか、と思いました。
私はその子のことがわからなり、考えれば考えるほど謎が増えました。
第一、その子の彼は面白いっていうより…少なくとも明るい人ではありませんでした。
それに、試すっていうのがよくわからない。
あの子は彼に何を試したのだろう?
結局あの子にとって、彼は何だったんだろう。
あの子とは今会いたいとは思いませんが、気になります。
長文になってしまいましたが、すごく後味が悪いのでつい書き込んでしまいました。

873 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 02:09:09 ID:W1A4jyL00
氷室奈美と言えば昔「タロットウォーズ」という漫画があって結構好きだったんだけど、最近になって
「美味しんぼ」の雁屋哲のエッセイに「タロットウォーズという漫画の原作を書いた」と書いてあってびっくり。
同名の漫画がいくつもあると思えないし、当時は何も原作者についてクレジットされていなかったように思う。
好きな漫画の原作が実は雁屋哲だったことがなんだか後味が悪かった。

ところで>873はどんなにあとからフォロー入れても「少女マンガなの? だから女の子って、
いつまでも社会性がなくてバカとか言われるんだなあ。 」の一言が全てを台無しにしてる。
「女性をさげすんだつもりはなかった」って、とてもそうは思えない。長文書けば書くほどみっともないよ。
ふとした時に咄嗟に深層心理が出てしまうのだね、こわいねー。

874 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 02:10:27 ID:W1A4jyL00
873×
>837だった。自分にレスしてどうする…。

875 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 02:23:14 ID:5eA3qsKfO
>>870
記憶力の良い人 乙です。
もはや、周知の恒例行事ですね。

876 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 02:38:19 ID:I+XQvryS0
>「美味しんぼ」の雁屋哲のエッセイに「タロットウォーズという漫画の原作を書いた」と書いてあってびっくり。
>同名の漫画がいくつもあると思えないし、当時は何も原作者についてクレジットされていなかったように思う。
別漫画だと思う。
タロット・ウォーズはオカルト知識がかなり散りばめられている。
あちら側に造詣が深くなければ書けない漫画だ。

877 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 02:52:35 ID:Iq0XmDKW0
「ボーイズ・ドント・クライ」
観終わって3日くらいorz←こんな気分になったな

878 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 02:59:45 ID:VjycxRUy0
昔見たテレビ番組。肢体不自由の妻と、内臓に障害があり半分寝たきりで
聾唖者の夫がアパートで暮らしている。夫婦には女の子が一人いる。
小学校低学年のその女の子は両親の朝ごはんを作って学校に行く。
学校帰りに買い物をして、家に帰ってきて洗濯をして晩御飯をつくり、後片付けをする。
夫婦は障害があっても他人の手をかりずに自活する、というポリシーで
生活している。障害者への金銭的な手当ては受けとるが、ヘルパーなど、
自分たちの身の回りの世話をする人がアパートに来る事は拒んでいる。
親戚中から結婚を反対されたのを押し切って結婚したので身内からは絶縁状態。
誰もまともに掃除する人のいないアパートの部屋はかなり乱雑な状態。

「私たちは障害がありますが、誰にも迷惑をかけていません。働けないから
お金は受け取っていますが、贅沢はしていません」と言うのが夫妻の主張。
その妻が妊娠。二人目の子供が生まれることになった。
「この子が何でもしてくれるから安心。きっと生まれた赤ちゃんもこの子がきちんと
面倒見てくれる。私たちはこの子がいるから安心。この子も兄弟ができたら
きっと楽しいと思う。後は掃除が上手になってくれればいいんだけど。
部屋、汚いでしょ。この子、その辺がまだちょっとね」
笑顔で話すお母さんの横で、洗濯物を黙って畳んでいる疲れた顔の小学生の娘。

子供を産むなとは言わないけれど…見終わって、なんともいえない気持ちになった。


879 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 03:01:20 ID:5eA3qsKfO
>>873
検索してみました。
雁屋哲原作なのは、「ザ・テラー」でした。
タロットを題材にしているのは一緒でした。
80年中期に週刊サンケイに連載されてたそうです。
ファンの中では雁屋哲最大の失敗作だそうです。

880 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 03:06:50 ID:Iq0XmDKW0
あ、内容言わないと駄目なんだね…。

主人公は20歳の性同一性障害の女の子(と言ってもいいのかどうか…)。
男として生きていくことを決意、「その街は異端者を許さない」と従弟に警告されながらも、男として違う街で暮らすことになる。
彼はそこで男性に無いものを持ってるような男性として
男にも女にも好かれて人気者になる(ちとうろ覚え)。
んで、彼女も出来るんだが、ひょんなことから昔の犯罪がバレて逮捕され、女囚人として刑務所へ入れられてしまう。
主人公を女だと知った友人達、特に男共は逆上。刑務所から帰ってきた主人公へ
「オカマ」「バケモノ」などと罵り、皆の前で全裸にさせ
そこから無理矢理引っ張り出して車へ連れ込みレイープ。
その強姦されたのを、彼女と一緒に(だったかな?)警察へ訴えるんだが
それを知って怒り狂う男共。
「バケモノのくせに!」みたいに罵声を浴びせながら、主人公へ銃を向け
そのまま撃ち殺してしまう。

だいぶ端折ったけど、鬱になった…。ヒラリースワンクは凄いけどね

881 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 03:23:23 ID:mm7J4GA90
>>870
なんかの実験でもしたんだろうね、精神的な。
知りたいけど怖いね。知らない方が幸せなのかも。

>>873
タロットウォーズの人か〜!
中学の時に友達が好きだったから、少しだけ読んだことある。
後に「あの人の夢占いの講釈は大間違いだ!」ってどっかに書かれててちょっと凹んだ。

882 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 03:27:20 ID:mm7J4GA90
>>880
ボーイズ・ドント・クライ、実話なんだよね。
どこまで脚色してるか知らないけど...。
レイプと殺されたのまで実話だったらやりきれなす

883 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 03:45:02 ID:W1A4jyL00
>>879
なるほど…では「タロットを題材にした漫画」と書いてあったのを私が「もしかしてタロットウォーズ!?」と脳内変換
してしまったのかもしれないですね…。
確かに「タロットウォーズ」とタイトルまで書いてあったような気がするのですが、そのエッセイが載っていた本を捨てて
しまったので確認できず…でも勘違いだったら安心しました^^;
後味が良い話になったぞ!ありがとうございますm(__)m

884 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 04:16:29 ID:NZpJQaZV0
>>880
オナベ、だよな?
てかなんか胡散臭いな。
障害とか言ってるけどやっぱりそれ、女だからこそ自分の体のことを黙って
男に混ざって暮らすなんて酷い真似ができたんだろう。
本当にそうならちゃんと告白して理解を得るべきだった。

885 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 04:45:24 ID:QWywuFhpO
時代を考えると告白しても理解はえられなそう。
レイープしちゃうよな奴らですから。

886 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 05:02:26 ID:kkKSkITT0
まあなんにせよ、おっきした。


887 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 05:37:30 ID:NZpJQaZV0
観てないからあんま言えないけどさ、
従弟に忠告まで受けながらあえてそんな保守的な街に住みたがった理由はなんだ?
理解を得られるかどうかなんて告白っていう当たり前のことが出来てから。

>>880の前科持ちの自称障害者クンの方針としては将来のユメはお婿さんだったわけだろ?
強姦罪は未だに男から女への性暴力にしか適用されないわけだが、
痛いジョークはビビる大木だけにしとけよ。殺したやつのことはどうでもいいのか。

888 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 06:01:58 ID:+ELtVG1t0
氷室奈美の漫画は最初は面白かったな。
ここで議論になった作品も「戦争は終わった、君らはモーマンタイ」って事じゃなくて
なんか皮肉が利いてたんだよな。
平和教育を施そうとしてる先生達は「今の若いのが何不自由無く
楽しく暮らしてるのが気にくわない」…て感じじゃなかったかな、確か。

>>878
その長女はずっと家族の世話しなきゃいけないんかな…。
弟妹たちが大きくなっても両親の世話があるし(弟妹も親を見るかもだけど)。
その子が生まれるまで誰が家事やってたんだろ。

それより弟妹たちが、人手を必要とする障害を持ってたら…。

889 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 06:58:12 ID:N250EgUE0
>>氷室奈美
読んでないからわからないが、糞日教組を皮肉っているなら
後味は爽快そのもの。

個人的には、>>845の書き込み内容が後味悪かった。
いかにも「センセー」たちの言いそうな「テンプレ」そのものだろ。

俺はその手の説教を聞いても、口でハイハイ、内心では
「ケッ」としか思ってなかったが、(それは極端だとしても)
たかが中房に「テンプレ」的な思考パターンがこうも綺麗に
詰め込まれてるなんて、正直気味が悪い。
戦前と言ってる事は真逆でもその本質は同じわけ。

そういう現状こそが、>>821氏の書き込みにあるような
「刷り込み」の結果なんだな。
悲しいかな、刷り込まれたほうは絶対にそれを自覚しない
わけだが。

長文にてスレ汚しスマソ

890 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 07:08:06 ID:lZ797onVO
>>855>>862>>863
亀でもうしわけない。多分「隣人は秘そかに笑う」で合ってると思います。
>>862さんが言うように、確か父親は車のトランクに仕掛けられた爆弾でやられたような覚えがあるんで…。
まぁ今度確認してみます。ありがとうございました。

891 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 07:16:30 ID:lZ797onVO
あれ?重ねて申し訳ない。
訂正
>>862さんが言うように←×
>>855さんが言うように←○

892 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 08:35:05 ID:decOjO8eO
別にテンプレ君でもいいけど>>833を最後まで読んでないか
読解力がないのが痛かった

893 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 08:47:55 ID:VcGCxrDQO
>>890
一応、「隣人は静かに笑う」だよ

894 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 09:30:48 ID:kPhIMi7x0
正論言っちゃってるオレ!賢いオレ!臭激しいわりに
女や少女漫画をバカにして脊髄反射してるのが隠しきれてないのが痛い

895 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 09:56:31 ID:RuP8P/dd0
>>878
いやな話だね。
少なくともその女の子が成長するまでは、自分なり他の誰かの助けなりで
育児も家事もしていたはず。
それが子供が家事能力がついたからと言ってそのヘルパーを断ったり
自分がサボりだしたってことだよね?
子供が家の手伝いをするのは家族の一員なんだしまして親の体が不自由だったり
貧乏だったりしたら当然だろうだけど、手伝いでなく全てを押し付けるのは
絶対間違ってるよね。
自分が満足なことができないのに他人の助けを借りずに子供に負担を
負わせるなら子供を生むなと私は思うけど。

896 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 10:00:04 ID:y8GNgD+Q0
家事は出来なくても子供は作れるんだね…

897 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 10:07:51 ID:KwBYBh1D0
>>878
性欲処理のために結婚したとしか思えないんだが…
娘が我慢できなくなって家出たりしてらメタクソに責められるんだろうな
虐待じゃん。

898 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 10:26:41 ID:tqQOV8nQ0
>>878
本当に後味悪いよね・・
その女の子は普通に友達と放課後遊んだり
できてるんだろうか。
一番遊びたい盛りだよね。

899 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 10:32:37 ID:3Twd5ehM0
>>897
その場合、親だけじゃなく周りも娘を責めると思う。
親を捨てるのかって。
その子自身も親の面倒を見るよう強制され続けたから、
自立することに後ろめたい気持ちを持ってると思う。

878の話は何度も出てるからかなり古い話だと思うけど、今いくつになってるんだろう。
親から逃げることはできたんだろうか。
無事に逃げていて欲しい・・・
つか虐待で訴えられないのかな。
障害者の立場は強いけど、今の風潮だったら子供の人権・虐待ってカードもかなり強いはず。
親から引き離してやって欲しい。

900 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 10:49:52 ID:uZEk/qG7O
俺も一つ投下


俺は車で通勤してんだけど、その日は天気も良くて道も空いていてたんだ。
すいすいと国道を走る俺の車。
カーステレオからはごきげんのBGM。
ふと、歩道を見ると信号がない横断歩道に自転車に乗った小学生のおにゃのこが渡りたそうにしていた。
後続とも充分なスペースがあったから停まって渡らしてあげたんだ。
そうしたら笑顔で俺におじきして歩道を渡るその子。
なんかさ…、最近の子はDQNばっかだと勘違いしてた俺が恥ずかしくてさ…。
日本も捨てたもんじゃないね(´∀`)b

901 :本当にあった怖い名無し 本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 10:55:09 ID:hwMqLqAg0
そろそろ次スレのこと考えて書き込みしろよ。
特にスレ建て出来ない奴は950は踏むな。

902 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 11:20:20 ID:W1A4jyL00
>>900


903 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 12:12:46 ID:Fn/lH1Ab0
(´∀`)b ←キモイ

904 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 12:48:37 ID:TJ/wbTn30
埋め開始ーーーーっ

905 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 13:42:50 ID:LPppjlFP0
>>904
死ね。

906 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 14:05:11 ID:QWywuFhpO
>887
何に怒ってるんだ?

「胡散臭い」とか、
「女だからこそ自分の体のことを黙って男に混ざって暮らすなんて酷い真似ができたんだろう。」

(過去の犯罪のほうが酷い真似ジャマイカ)
お前がもし告白された側だとしたら、間違いなく理解はできないだろ。
「ハァ?自称障害者?」で終わり。

907 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 14:40:38 ID:Kax2J3RY0
チラシの裏でごめん。
837はその漫画を読んだのかと問いたい。小一時間問い詰めたい。
あと837に少女の気持ちが分かるのか問いたい。小一時間(ry
ついでにパヤオにも少女の気持ちが分かるのか問いたい。小(ry
少女好きのパヤオ作品は、パヤオの理想の少女を勝手に押し付けてるだけじゃないかしらんと思ったり思わなかったり。

908 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 15:00:51 ID:osZf4y8R0
24で上司を処刑する回。
絶対助かると思ってた...

909 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 15:05:18 ID:FPPXptG80
確か>>880の主人公の彼女は、主人公が女ってことには感づいてたんだっけ?
(エチーのときに胸の谷間が見えたりして)。
主人公は体のことを黙ってとかでなくて、男として生きていこうと決心しただけなんじゃ。
だから敢えて偏見ばかり持つような封建的というか保守的な街に住んだのでは?
(↑こんな記述をどっかのサイトで見た希ガス)
>>887の下3行はよく分からないのだが、法的には主人公は女でしょ。
それともそういう意味ではないのか。

ちなみに主人公を殺した男達は、主人公を家に泊めていた仲間のはずの友人も
一緒に殺すんだよな。このあっけなさも後味ワルス

910 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 15:08:27 ID:T8F4ldIL0
>>908
あれは無いよな…。
シーズン3はラスト、トニーが捕まって終わるとこも後味悪い。

911 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 15:16:11 ID:QWywuFhpO
24で思い出したがERも結構後味悪いの多かったような。

覚えてる人いない?

912 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 15:22:39 ID:3Twd5ehM0
>>911
ERで後味悪いと言えば、あのドラマが流行って次のシーズン、
日本の医療ドラマで除細動器が大流行したことだなw

913 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 15:34:10 ID:i1Kg584M0
>>911
ERって結構あるねー。
主役だったグリーン先生が脳腫瘍で死んじゃったり。

グリーン先生役の役者さんが、「自分の役者としてのイメージをERのグリーンで終わらせたくない」と降板したんだよね。
シーズン5あたりまで活躍してた、婦長のキャロルや医者のダグは契約のゴダゴダで降板した記憶がある。

で、現実の話でそうだから(ドラマ中の)グリーン先生の葬儀の時にキャロルもダグも来なかったのが後味悪かった。
ダグは、一応グリーンの親友みたいな役だったのにね

914 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 16:52:37 ID:/jdBD+8x0
小学校低学年の時に習っていたピアノ教室で、体罰があった。
お世辞にも才能があるとは思えない「下手な子」に先生が、手や顔を叩いたり、
しっぺをしたりといった、余り身体に跡の残らない体罰だったんだが、
エスカレートしたのか、共犯者にして責任を逃れようとしたのか、
私達生徒にも、その子に体罰を与えるように言い出し始めた。

今から思えば、こちらから月謝を払っている立場なのだから、
隣接していた事務所に言ったり、親に言って止めさせてもらえば良かったのに、
「先生」という言葉に縛られて、私達も泣きながらその子を叩いたりした。
その子も学校と習い事との見分けがまだ付かない年齢だったせいか、
逆らうことが出来ない感じで、一月ほどが経った時、

その日も、ちょっとした弾き間違いに先生が激昂して、
まず、先生がその子の頭を叩いた。
そして、私達に「順番にしっぺしなさい」と言って、
その子の身体を後ろから羽交い絞めにして、手首を掴んで差し出した。
仕方なく、私達もごめんね、と言いながらしっぺをする。
力を入れないでやると先生が怒るから、手は抜けない。
最後に、もう一度先生が頭を叩いて、終わりの筈だったのに、
先生は何を思ったのかその子を思い切り突き飛ばした。

915 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 16:53:37 ID:/jdBD+8x0
この後の記憶は飛んでいる。
ただ、教室に散らばった血痕と、私達の鳴き声、警察官らしい大人と、
サイレンの音、事務所の人、私達の親と、その子の親、動かないその子の白い足、
断片的に思い出せるのはそれだけだった。

暫くして、私達のクラスは先生が変わった。過去に何人も優秀なピアニストを指導した、
とてもえらい先生だったらしい。クラスの面子も変わった。
あの時教室にいた子の殆どは辞め、私ともう1人くらいしか知っている顔は無かったと思う。

あの時突き飛ばされた子はもういない。
学校も違ったので、あれからどうなったかもわからない。
名前ももう忘れてしまったその子が、正直生きているのかも分からない。
亡くなっているのなら、大きなニュースになっていた筈だから、大丈夫だと思いたい。
ただ、子供だったとはいえ、体罰を止められなかった自分をずっと責め続けている。

916 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 17:13:25 ID:FPPXptG80
・・・ネタだと言ってくれ・・・

917 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 17:19:57 ID:QWywuFhpO
後味悪すぎるな…

918 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 17:26:51 ID:n7IxWj8z0
>>914
似たような話を思い出した。
小学校の担任が、生徒が悪い事をするたびに学級委員長か
誰かになぐらせていた。この場合担任は一切手を出さず
命令だけする。
ある日学級委員長が朝起きて突然、
「もう学校に行きたくない!」
と言い出し、事態が発覚。
この担任どうなったんだろう。
まさか、
「私はなぐってませんから体罰じゃありません!
生徒同士の問題でしょ」
とか言い訳してたら、とっても後味が悪い。

919 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 17:37:52 ID:kkKSkITT0
音楽だの絵画の教室なんて、芸術家にはなれない、さりとてまともに働く気も
ないというクズがほとんどだからなあ。

金の取れる作品を作る人を卑下しながら、たまに個展とかでものが売れると
おおはしゃぎ。そんなもんだ


920 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 17:54:11 ID:QWywuFhpO
>919
そういう人間が間近にでもいたのか?
気の毒に…

IDすげえな

921 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 18:23:52 ID:jAyag37D0
ホントだ、IDがKKKだ!
ローマ字読みすると、「KKK、好きっと!」
5粒のオレンジの種〜

922 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 18:28:50 ID:SviSckyh0
KKKでググってみると良いよ。

923 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 18:43:22 ID:FPTNqKdx0
>>818
その番組見て、給料も良くないのに大きい目の車に乗ってる私は、
軽自動車にしたほうが良いかなぁと真剣に考えてしまった。

明日は我が身ですからね。。教訓にしないと。

924 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 18:55:02 ID:kkKSkITT0
いや、別に白人至上主義ではないんだ、すまん
身近にいるわけではないが、大成しなかった芸術関係者なんて当然クズさ


925 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 19:04:21 ID:QWywuFhpO
なんだただの偏見か

926 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 19:24:41 ID:OrguJyugO
もう15年以上前の話。

1才と3才の幼児が、自宅で遺体で発見された
母親の連れ子の2人は、新しい父親に虐待を繰り返された挙げ句、
捨てられたのだった。
両親は別の場所で暮らしていた

子供2人の生活が始まってから
遺体が発見されるまでの3ヵ月間、季節は秋から冬だった
家の中には食量が何もなく、
電気付いてないの冷蔵庫に腐った玉葱が半分あったそうだ
1才の子は空の哺乳ビンを吸いながら
3才の子は消えているストーブの前で跪き
「おめぐみを」の姿勢で亡くなっていた
2人とも涙の筋の跡が付いていたらしい

その後、解剖された3才の子の胃袋には、布団の綿が入っていた

両親は逮捕されたが、悪びれた態度は
全くなかったらしい

この話は一生忘れられない

927 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 19:43:29 ID:KFEf9YKM0
既出かな?劇場版の『白い巨塔』はちょっと後味悪いです。
今TVのリメイク版を再放送してるけど、
一応おおまかなあらすじを書いときます。

大学病院助教授の主人公は、凄腕ながら傲慢で、
成り上がるためなら手段を選ばない、かなりの上昇志向の持ち主。
実力にくわえ、買収や脅しで教授の地位を得ることに成功する。
そんな彼が医療ミスから患者を死なせてしまい遺族から訴えられるんだけど、
病院側は体面を気にして嘘の証言をしてしまう。
結果、主人公は裁判に勝ち、遺族に有利な発言をした主人公の同期の助教授は
大学病院を去る事に…。

新旧TV版はこの先もあるんだけど、劇場版はここでおしまい。
悪者(ってワケでもないんだけど)が勝っちゃって、何とも後味悪かったです。

928 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 19:45:40 ID:CnjSEHuF0
財前教授か
そのあと財前もその患者と同じ病気になって死ぬんだよな
癌だっけ?

929 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 19:51:56 ID:yzlSecku0
>>926 
そういう虐待系の話はキツいな…
ところで

>「おめぐみを」の姿勢で亡くなっていた

って事はアメリカかイギリスの話?
まさか日本じゃないよな…('A`)

何か大阪の中学生が虐待されて餓死しかけた事件思い出した

930 :1/3:2006/01/20(金) 20:10:16 ID:uFtv4+2F0
教師といえば中学の時にDQNな教師がいたなあ。
暴力的で気分屋で怒らない怒鳴らない日はなくて、
クラスの全員に嫌われていた担任だった。
毎日怖くて学校行くのがいやで仕方なかった。

あるとき何を思ったのか「私(担任)の誕生日を祝って何かしましょう」
とか言い出した。多分みんな「ハア?」とか思ってただろうけど
口には出さなかった。
そのあと誕生会は行われなかった。その理由を担任聞いたら
(良くきけたな私も)「まあ、いいじゃねんか」と濁された。
本人はさすがにアレな発言したと後悔したのかもしれない。
自分の誕生会を学校の生徒にさせるなんて発想は
悲しくて笑える。そしてそれを自ら引っ込めたところにも
哀愁を感じる。
文部省のエライがくるときや運動会では、自分の教師としての
格を認めてもらいたくて怒ったりわめいたり実現不可能な
高い目標を設定したりして自分の生徒をなんとか思い通りに
動かそうと必死だった。もちろん結果は散々。そのたびに
怒られた。そして奴は嫌われ孤立し、そのことでまた腹を
立て、わめき、机を蹴飛ばし、生徒たちを泣かせ、誤らせた。



931 :2/3:2006/01/20(金) 20:10:47 ID:uFtv4+2F0
高校受験のときは、生徒以上に受験戦争に煮詰まっていた。
生徒を良い学校に入れようという無茶なことはしない代わりに
ランクを下げてでも確実に入れる高校を選ばせようとしていた。
それはいいのだが、(もちろん高圧的で生徒の自主性など
頭から無視していたが)あるときに詰まって気がふれたのか
気に入らない生徒をわけのわからない理由で怒り、
その生徒の受験票をクラスメイトの前でわざわざ
破り捨てた。
破られた人の中には「またもらいに行けば良い」と
けろりとしてしている人もいたが、自分はこの教師は
自分のしていることがわかっているんだろうか
と恐ろしくなった。
生徒に嫌われることばかりししているやつだった。
そしてその態度を「生徒にこびない自分」と勘違いしてもいた。

そのくせ年賀状などは生徒全員に毎年出していた。
返す人はどれくらいいたかわからないのだが
自分は返さなかったことで怒られるのが怖くて
気分が悪くなりそうになりながら必死で書いて
出していた記憶がある。

そんな教師と中学の間三年間ずっといっしょだった。
そして卒業のとき、その教師も同時に地元北海道の
養護学校に転勤することになった。
中学校の先生でいたのは自分たちと過ごした
三年間だけだった。
「あたしらだけ損したじゃん」
クラスメイトの素直な感想だった。
自分も全く同じように感じた。


932 :3/3:2006/01/20(金) 20:11:54 ID:uFtv4+2F0
そして卒業式がおわり、父兄らとともに
教室でのHRのとき、こいつは教壇の上でせいとたちにむかって
やおら頭を下げた。
「お母さん方。生徒に暴力ふるって住みませんでした。
法律ではそういうことをしてはいけないと決められていたはずですが
実際には私は暴力を振るってしまいました。このとおりです。
すみません。」

高校受験のときは、生徒以上に受験戦争に煮詰まっていた。
生徒を良い学校に入れようという無茶なことはしない代わりに
ランクを下げてでも確実に入れる高校を選ばせようとしていた。
それはいいのだが、(もちろん高圧的で生徒の自主性など
頭から無視していたが)あるときに詰まって気がふれたのか
気に入らない生徒をわけのわからない理由で怒り、
その生徒の受験票をクラスメイトの前でわざわざ
破り捨てた。
破られた人の中には「またもらいに行けば良い」と
けろりとしてしている人もいたが、自分はこの教師は
自分のしていることがわかっているんだろうか
と恐ろしくなった。
生徒に嫌われることばかりししているやつだった。
そしてその態度を「生徒にこびない自分」と勘違いしてもいた。

そのくせ年賀状などは生徒全員に毎年出していた。
返す人はどれくらいいたかわからないのだが
自分は返さなかったことで怒られるのが怖くて
気分が悪くなりそうになりながら必死で書いて
出していた記憶がある。



933 :4/4:2006/01/20(金) 20:13:20 ID:uFtv4+2F0
(すまん続く)

そんな教師と中学の間三年間ずっといっしょだった。
そして卒業のとき、その教師も同時に地元北海道の
養護学校に転勤することになった。
中学校の先生でいたのは自分たちと過ごした
三年間だけだった。
「あたしらだけ損したじゃん」
クラスメイトの素直な感想だった。
自分も全く同じように感じた。

そして卒業式がおわり、父兄らとともに
教室でのHRのとき、こいつは教壇の上でせいとたちにむかって
やおら頭を下げた。
「お母さん方。生徒に暴力ふるって住みませんでした。
法律ではそういうことをしてはいけないと決められていたはずですが
実際には私は暴力を振るってしまいました。このとおりです。
すみません。」

さてどこからつっこもうか、と自分は思った。
誤るくらいなら最初からするな。
誤るなら父兄でなく生徒に謝れ。
最後に誤るなんて卑怯じゃないのか?
いまさら悔い改めるつもりなんてないんだろ?
もう一年あったなら、どうせ同じこと繰り返すんだろ?
自分らを思い通りにしようとして、できなくて
なんで思い通りにならねえんだ殺すぞ
とかいうんだろ?




934 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 20:14:31 ID:wcIMf4Ds0
>>930-933
さて、どこからつっこもうか。

935 :5/5(長すぎですまん):2006/01/20(金) 20:14:54 ID:uFtv4+2F0
その後、養護学校の先生になったそいつから
はがきが届いた。良く覚えていないが親しげな
文章が書いてあった。返事が欲しいようなことも
書いてあった。

もちろん返事は出していない。
が、今ではその教師に対して、にくいというよりは
気の毒とか気持ち悪いとか、そういう感情を
もっている。
生徒たちとどういう関係をきづきたかったのか。
高すぎる理想のせいで自分も生徒も削りまくって
結局何も手に入れなかったし手に入れさせもしなかった。
教師として気の毒で、人間的に気持ちの悪い奴だった。

今でも思い出すたびにあのときのいやな気分。

自分の教師に関する後味のよろしくなさ最上級の思い出だ。

アサーリかいてるつもりがながくなってスマソ

936 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 20:22:36 ID:mAmUQu3o0
>>935
長すぎてすまん なんて誤らんでいいよ。
それより長すぎる理由の一つを、自分で気づいているだろうか。

それはともかく、かなり後味わるい体験をしたな。しかも思春期真っ只中に。
転任先の養護学校ではどんな虐待まがいを繰り返してるんだろうと思うとゾッとするな。

937 :936:2006/01/20(金) 20:25:22 ID:mAmUQu3o0
誤らん ×
謝らん ○

スマソ。ちょっと吊ってくる

938 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 20:25:57 ID:uFtv4+2F0
>>936
うんわかった…。
あああん俺のバカバカバカorz

939 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 20:26:50 ID:KFEf9YKM0
>>935
ヤな先生に当たっちゃったな…。
そんな教師が養護学校に行った、ってのが一番後味悪いかもね。
ところで、自分の文章をもう一度読み返してみ?
面白いことに気づくぞ。

>>928
裁判に負けた後、癌で死亡。
こっちはこっちで後味悪いね。

940 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 20:27:34 ID:KFEf9YKM0
>>938
追い討ちゴメンよ。

941 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 20:55:26 ID:OrguJyugO
>>929 日本の話です
記憶が曖昧なんだけどニュースのリポーターが、そんな感じで説明してた

942 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 20:58:55 ID:tqQOV8nQ0
>>926
読んだあと、涙があふれてきた。
家族にばれないように必死にこらえた。
私もこの話は一生忘れられないと思う。同じ年の子どもがいるから。
生まれ変わって幸せな家庭に育てられてるって信じたい。

943 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 21:05:57 ID:OrguJyugO
>>946 私も思い出すと泣いてしまいます
当時、子供だった私も
あまりの衝撃で食欲がなくなりました
さらに詳しく説明すると
兄の服装は下はパンツ1枚、上はパジャマ。
弟は夏物の洋服だったそうだ
料金長期滞納のため、水道、暖房、電気すべて
止められていた

944 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 21:07:58 ID:kkKSkITT0
>>925
親しくしていないってだけで、実在するよ。
そうムキになりなさんな


945 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 21:07:57 ID:OrguJyugO
>>942の間違いでした
すいません

946 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 21:16:50 ID:QWywuFhpO
>944
でも、よく知らないなら偏見は良くないぞ。
実在するのはよく分かるがまとめて馬鹿にしてるなら結局そいつらと同じく腐ってしまう。




最低な芸術家くずれが身近にいる俺より

947 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 21:44:50 ID:+EeJojL30
>942 943
類似事件たくさんあるように思う

自宅に親は居て子どもを台所?だったか
場所決めて
部屋には入らせず、自分達夫婦だけ刺身など買ってきては
子に見える位置で旨そうに食い、子には最低限の食べ物しか
与えず、結局子は台所だったかで衰弱死。

家庭内虐めで死に追いやられるの…
なんで産むんだろ、産むのだって結構大変なのに。

948 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 21:49:31 ID:qNIkVOSO0
>>946
最低な芸術家崩れの最低ぶりをkwsk

949 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 21:56:56 ID:26Rlgp/cO
昨日の夜中、目が覚めてからなかなか寝付けなかったのでテレビを付けたらやっていたアニメ。

時計台のようなところで、渋い感じの親父と金髪の女の子が会話している。
「あんたのこと、父親だって認めてあげるわよ!」
そのあと続いた台詞によると、その女の子は親父の娘だが、記憶を喪失してしまい別人として生きていたらしい。
再会してから元の娘のイメージを押しつける親父に反発していたが、何かがきっかけで考えを改めたようだった。
それを聞いて心からうれしそうな表情をする親父。

その時、メガネっ娘の科学者が操っていた変な装置(風船が避雷針の様になっていて、雷の力を増幅させるんじゃないかと思う)が働いて時計台が爆発。
親父はあの装置を止めようとしていたのだ。
お供の変な耳の少女に助けられ、なんとか助かる親父。
だが、娘は瓦礫の下敷きに……
それも、ぬりかべみたいな大きさのコンクリに押しつぶされて、血塗れの腕だけがはみ出ている。
中を想像するのもおぞましい感じ。
転がっている腕時計(娘から父へのプレゼント)。
叫ぶ親父、そしてエンディングへ……

最初は「ウンウン良かったね、これから仲良くしてね」と思っていたけど、これを死亡フラグっていうんだなと思った。
こういう鬱展開はよくあるけど、何回見ても後味悪いと思う。

950 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 21:59:09 ID:JZRWJyXUO
>>943
世に鬼畜親の種は尽きまじ…。
親達は無期にもなっていない、それどころかもう釈放されているかもしれないと思うと更にやり切れない。

この手の畜生にも劣る「屑つがい」でも、己が死に追いやった子供の、大判に引き伸ばした亡骸の写真で埋め尽くした独房に閉じ込めたら、少しは良心がうずくだろうか。
可哀想すぎるよ。何だって、何人も第三者が部屋に関わって誰も。両隣さえ子供達の泣き声がおかしい事にもきづかなかった。それも悲しい。

951 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 22:10:57 ID:kkKSkITT0
>>946
了解。助言痛み入る。
気が向いたらその話など頼みます


952 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 22:17:25 ID:x2YpPhOeO
>>949
安新しろ。まだ1クール残ってる

953 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 22:22:07 ID:QWywuFhpO
>951
俺も言い方キツかったかもしれん。申し訳ない。

>948
>951
話すのはいいんだが、後味悪くないんだよなあ…

954 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 22:25:58 ID:NMuKevHp0
>>950
次スレよろ

955 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 23:05:24 ID:hOtA9nVl0
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1137765879/
>>950がいないようなので勝手に立てました。
移動よろしく。

956 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 23:10:45 ID:5eA3qsKfO
>>955
乙です。

957 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 23:12:29 ID:DfVhd6T10
>>953
最低なヤツがのうのうと生き延びている事実が後味悪いって人もいるし
書くだけ書いて見ては?

958 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 23:15:48 ID:decOjO8eO
無理に書かせなくていい

959 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 00:04:43 ID:rYAsJHRA0
>>905 
テメーが死ね
一日も早く死ね

960 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 00:05:10 ID:etGZ/X3L0
>>905 
死んどけ

961 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 00:05:33 ID:FTssliVA0
>>905 
くたばれ

962 :旗本八御家人侍:2006/01/21(土) 03:19:47 ID:nFDrQp3BO
儒教の国は昔から嬰児殺しは罪が軽いんだよな
逆にキリスト教の国は重い

963 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 03:59:49 ID:am4K/ah90
>>906
どうかな。まぁただの身勝手なわがままを被害者面で何でも通そうとするような性同に理解を示すつもりはない。
>>909
彼女は知ってて主人公とそうなる道を選んだとばかり思ってたが。
つまり彼女は主人公がそうだと知らないまま関係を持たされた可能性だってあるわけだ。
他人が関わってくる以上「私は決心しました!」だけじゃ済まないことはある。

性同は公文書での性別の表記を撤廃することを要請してんだっけ?
そのくせいざって時は自分の戸籍上の女を都合良く利用したり、大したもんだ。

964 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 04:28:13 ID:MxvTtmwSO
なんだこのへんな人は…
後味悪いな

965 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 04:50:47 ID:am4K/ah90
一度でもオカマキモイとか思ったことあるやつは>>880の主人公の辿った末路に同情を示す権利などないからな

966 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 05:56:10 ID:4BLO5gqD0
>>959
すげえ粘着だな


967 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 08:54:45 ID:hfVHtrrW0
ネカマキモイはセーフ?

968 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 09:55:06 ID:axye/I720
オカマキモい
でも面白いから好き
なんつーかオカマに悪い人っていない希ガス

969 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 11:13:04 ID:tzDeXe0E0
それって
動物好きに悪人はいない
とかと同じじゃないの?
ひと括りなんてありえなーい

970 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 11:25:25 ID:MxvTtmwSO
そもそもヲカマやヲナベキモいとかいう気持ちがないな。
「大変だなー」とは思うが。

971 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 11:53:33 ID:TCfLU4V10
人類皆キモイから大丈夫

972 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 12:44:19 ID:fSV2/9n70
そういえば昔、オカマのフリして女子高生家に連れ込んで食っちゃった男がいたな。
詐欺だったのか両刀だったのかわからんけど、たしか和姦ってことで大分減刑されてた気がする。

973 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 13:13:15 ID:2zahi9Mb0
男なんだけど自分を女だと思い込んでいて、なおかつ女性が好き(自分の中ではレズ)
という変わった人は存在するのかなあ?
などとふと思った。

974 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 13:42:39 ID:Fv4qwDXk0
逆なら腐女子に多い。
(自分は男で○○君が好きなホモ!ミャハミャハ!!!☆)

まあ、この場合はただの馬鹿なんだが。

975 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 13:57:02 ID:RzK6KkhP0
>>973
案外いる。
ああいうことは人の数だけ種類があると思って間違いない。
知人で一応ゲイの女性だが
メス猫に欲情して仕方ないという人がいる。
オス猫はダメなんだと(男性器で萎えるらしい)。

976 :425:2006/01/21(土) 14:05:04 ID:Kcwz9yj60
>>965
オカマからキモイと言われた僕はセーフですか。

977 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 14:14:21 ID:TCfLU4V10
>>972みたいな話で、ルース・レンデルの短編「女ともだち」。

主人公(女)は男が苦手で毛深かったりして男臭い男が特に嫌い(だがなぜか既婚)。
旦那の友人だったか友人の夫だったかの男と知り合うんだけど、
なぜかこの男には嫌悪感がわかない。なぜ?
実はこの男には女装癖があった。男臭くない彼に好感を持ち仲良くなる主人公。
女装で一緒にお出かけし、女同士の友達気分を味わったりする。
そんなこんなで二人は一緒に旅行に出かけることになるが、旅先で男が豹変。
ハァハァしながら突然襲いかかってくる。
「こいつも所詮ただの男…!」とショックを受けた主人公は結局男をめった打ちにして惨殺。

これ英語の授業で読まされたんだけど、「何でこんなもん読ますねん」と当時思いました。

978 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 14:51:06 ID:MxvTtmwSO
なかなか後味悪いな

979 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 15:00:18 ID:u4HGNDbz0
>これ英語の授業で読まされたんだけど
ここが後味悪さのピークだなw
なぜ教科書に採用したんだw
英語の教科書って英文だけ重視して内容見てないこと多いよな。

980 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 15:22:38 ID:lSUMyxQ+0
というか、何で既婚なのに男と旅行行くんだ
普通浮気だと思う気がする

981 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 15:32:30 ID:92YxIlRv0
哀れな旦那さんが、どんな人か知りたい。
ちゃんと主人公を愛してるんじゃないの?
可哀想…それとも、ひどいヤツなのか?

982 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 15:36:36 ID:Fv4qwDXk0
「女同士の友達気分」の延長なんじゃね?
考えが浅いとは思うけど。

ルース・レンデルは後味悪話が多いと聞いたので、あんま読んでないなあ。
こんな雰囲気のが多いのかな。

983 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 15:41:49 ID:T98cZ/dg0
>>816
だって橋本治は誰が何と言おうと 小 説 が ヘ タ ク ソ だもん。 駄作ばかり。
書こうったってかけないんだもン、モノローグ以外。ドラマが全く書けない。

多分彼の作品について彼に語らせたら、オソロシク面白い評論になるとは思うけど、
それくらい中身が「書けない」ひとなんだよ。なんせじぶんでわかっちゃってるから。

だからいちいち分ってることなんか書かない。言うまでもないことだから。
だからコッチはさっぱりわからない。 だから彼はしょっちゅう人を馬鹿呼ばわりする。

でも馬鹿としてはそれでは困る。 だって伝えようとしてないんだもん。

評論はスゴイ読ませるし、読者が理解することが読者自らを切りさいなむことになるような鋭さ(悪意?)に充ち満ちてて迫力満点だし、
コッチが弱けりゃ人格崩壊起こしかねないくらいsuperbだと思うけど。

(でも”マチガッテル”ことはよくあるかも。しかしそれでいながら読み手を引き込み、引きずり回し、活き作りにして放り出すパワーはスゲーーは)

で、あののっぽてっぺん禿は元気かなあ。

984 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 15:43:13 ID:4BLO5gqD0
>>977
そういう詐称オカマは結構いたよ、大学時代。
同姓の男から見ればだいたいわかるんだが、阿呆な女が夢を見て悲劇に合う


985 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 15:46:24 ID:T98cZ/dg0
>>837
ネタに詰まってむしゃくしゃしていた 
アシスタントと幽霊についての馬鹿話
(よく考えたたらあたし等の周りって霊魂だらけだよね?だって死んだ人の数の法が生きてる人より多いじゃん?)
でネタゲットと思ってあとは学校の反戦教育と結びつけてみた
深い考えはなかった。
今は反省してる。


986 :977:2006/01/21(土) 18:27:17 ID:lHi3ANCi0
>>979
教科書じゃなくって副読本みたいのだった。
他にもこの先生は小うるさい爺ちゃんを婆ちゃんが殺しちゃう話とか不倫の話とか
微妙なもんばっかり取り上げてました。

987 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 18:35:30 ID:GTTcapvz0
ウチの高校では夏休みの課題が「星の王子様」でした。
一生懸命翻訳しても、文章が理解できなかった・・・
あとで翻訳本をよんで、やっぱりわからない内容だったのか、と納得した

988 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 19:16:14 ID:Gf6WkFNx0
>>986
>他にもこの先生は小うるさい爺ちゃんを婆ちゃんが殺しちゃう話とか不倫の話とか
ごめんコーヒー吹いた・・・ひでー先生だなw

989 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 21:00:24 ID:92YxIlRv0
>>988
いやいや、今や、このスレのお仲間の一人かも知れないじゃないか

990 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 23:03:31 ID:MxvTtmwSO
もう埋めるか?

991 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 23:08:08 ID:k8qKxU1b0
新スレも稼働したことだし、埋めちゃおう

992 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 23:14:50 ID:92YxIlRv0
何だかかわいそう、30番代最後のこのスレ…
大事に埋めてあげたい…

993 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 23:18:23 ID:MxvTtmwSO
大事にか…んじゃ



今までお疲れ様でした。
お世話になりました。

994 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 23:39:05 ID:5M8I9yrb0
このスレ立てたの自分だー>>4
なんとなく最期を看取ろう
場合によっては1000取ろう。

995 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 23:41:51 ID:92YxIlRv0
さようなら30代…僕たちは大人になります

996 :本当にあった怖い名無し:2006/01/21(土) 23:50:36 ID:5M8I9yrb0
なんだかとっても眠いんだ

997 :本当にあった怖い名無し:2006/01/22(日) 00:02:58 ID:92YxIlRv0
恐くないよ。ゆっくり数を数えて……997…

998 :本当にあった怖い名無し:2006/01/22(日) 00:04:02 ID:bRMZ8JT/0
>>996
パトラッシュ?

後味悪い作品の最後のセリフ?


999 :本当にあった怖い名無し:2006/01/22(日) 00:08:10 ID:/htvmc2U0
999なら日本教徒がキリスト教徒にジェノサイドされる。

1000 :本当にあった怖い名無し:2006/01/22(日) 00:08:57 ID:jtola0Q4O
1

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

346 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)