5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

 【怖いほど】 ヒトラーの予言 【当たってる?】

1 :本当にあった怖い名無し:2006/01/28(土) 02:29:10 ID:dQ9xviuO0

「ところでヒトラーね。彼がやったことは世界中の人が知ってる。
だけど、彼がほんとは何者だったのか誰も知っちゃいない。
ナチの独裁者、第二次世界大戦の最大戦犯、アウシュヴィッツの虐殺者、悪魔……。
これがいままでのヒトラー観だけど、ほんとはそれどころじゃない。
彼のほんとの恐ろしさは別のところにある。

それは彼が、ある途方もない秘密を知っていたってことだ。
人類が結局どうなるかっていう秘密だ。彼は未来を見通す目を持っていて、
それを通じて、その途方もない未来の秘密に到達しちゃった。
(『1999年以後』より)


ヒトラーの予言(完全オリジナル・バージョン)
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha400.html

2 :本当にあった怖い名無し:2006/01/28(土) 02:30:09 ID:H8kgZjIK0
2
せーふ?

3 :本当にあった怖い名無し:2006/01/28(土) 02:42:08 ID:9fyKX96b0
3アウトチェンジ

4 :本当にあった怖い名無し:2006/01/28(土) 03:09:00 ID:dQ9xviuO0
関連スレ
 

ヒトラー「二極化は進み人は神とロボットになる」
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/eco/1074710284/
 

5 :本当にあった怖い名無し:2006/01/28(土) 08:19:07 ID:eKj9ePtT0
オレ、この本持ってるけど、マジですごいよね、ヒトラー。

6 :本当にあった怖い名無し:2006/01/28(土) 08:56:54 ID:i5WH3E0r0
>>1
ちょっとヒトラーを見直した。
この東方の実験場って、ニダー半島じゃないの?
あの国ならちょっと技術ついたからって先進国の意見を遮って
勝手に判断して暴走すると思うし。

何てたって牛と人を融合しようとしたバカがいたしな。

7 :本当にあった怖い名無し:2006/01/28(土) 09:02:53 ID:dzqe2U9uO
チョンは人間じゃあねえ

8 :本当にあった怖い名無し:2006/01/28(土) 09:31:10 ID:2WSoLWSV0
うさんくさいなぁ〜
ネオナチがあとからつくったんじゃないの

9 :本当にあった怖い名無し:2006/01/28(土) 10:22:14 ID:dQ9xviuO0
関連スレ

超管理社会の到来/見えない洗脳
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1136497533/

10 :本当にあった怖い名無し:2006/01/28(土) 10:30:19 ID:VQuaO2D3O
つーかこの話は前からオカ板で散々既出なんだが

11 :本当にあった怖い名無し:2006/01/28(土) 10:36:00 ID:hs8gbXPDO
ヒトラーはサタンに憑依されていた。
だからこの予言はサタンがヒトラーの口を借りて発したもの。
ようするに悪魔の世界支配戦略を述べている

12 :本当にあった怖い名無し:2006/01/28(土) 18:06:46 ID:5fj3IEzr0
へえ

13 :本当にあった怖い名無し:2006/01/28(土) 19:42:04 ID:eKj9ePtT0
欧米の人って、本気でサタン崇拝している人がいるから怖いよ。

政治家の中にもいそうだよね、サタン崇拝者。

でも、ヒトラーはサタンかな?

悪魔か天使か、神のみぞ知る?

14 :本当にあった怖い名無し:2006/01/29(日) 00:25:28 ID:sjxrrCsD0
>>1
ちょっとゾッとする内容

15 :本当にあった怖い名無し:2006/01/29(日) 01:01:13 ID:rYLkFxzF0
お前ら、他のページも読んでみた?
ヒトラーの呪いがナチスの技術を先進国に伝承させてしまってる、とかあるよ。
で、結局超人類とか神人とかってどんなのだろうね。
やっぱ遺伝子カスタマイズされて拡張機能を得た人間達かな。


16 :本当にあった怖い名無し:2006/01/29(日) 01:09:53 ID:rYLkFxzF0
こんなの見つけた。一体何の為に・・・?((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

1 名前:auau...φ ★[sage] 投稿日:2005/09/14(水) 11:31:51 ID:???
青森県六ケ所村の環境科学技術研究所(大桃洋一郎理事長)で行われていた、
密閉空間で人間とヤギが1週間暮らす「ミニ地球」の最初の実験が、13日に
終了した。大きなトラブルもなく、参加した研究員2人が無事“帰還”した。

 実験は生態系内の炭素循環を調べる研究の一環で、水や空気、廃棄物の循環
システムの構築を目指す。6日に始まった今回の実験では、植物の光合成に必
要な二酸化炭素の約3割を供給する以外は、空気の循環を外部と遮断。食事も、
施設内で栽培した水稲や大豆、落花生など23種類の作物で賄った。

(詳細は下のリンクで)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050914-00000001-khk-toh

17 :本当にあった怖い名無し:2006/01/29(日) 03:04:50 ID:vGtaJnai0
>>16
宇宙コロニー建設

18 :本当にあった怖い名無し:2006/01/29(日) 03:24:24 ID:d+yjSKVGO
(☆`α´★)サタン?→ヒトラーは催眠術にかけられてたらしー

19 :本当にあった怖い名無し:2006/01/29(日) 17:10:01 ID:vOEOLa6zO
>>15
超人類とは多分超能力者の事だと思う。ここ数年爆発的に超能力者が増えているらしい。でもこの予言ちょっとズレている。「支配者」って感じじゃないな。政治に関わって地球レベルの問題を解決するって感じ

20 :本当にあった怖い名無し:2006/01/29(日) 17:29:10 ID:NB/d9bUT0
ラブロックだっけ? 地球が生命体だと唱えていた科学者がいたが、
“地球の目覚め”とともに、地上にいる人間たちが変異するのかもしれない。

最近では、ガイア・アセンションという言葉をよく耳にするが、
ヒトラーの予言と、アセンション現象の関係が
もう少し分かってくると面白いと思う。



21 :本当にあった怖い名無し:2006/01/29(日) 17:36:22 ID:OrrY+5w/0
未来がわかったんなら
戦争に勝ってたんじゃね?

22 :本当にあった怖い名無し:2006/01/29(日) 17:41:50 ID:NB/d9bUT0
ナチスが敗れることは知ってたみたい。

↓ヒトラーの言葉

「ナチスは敗れる。第二次世界大戦で敗れる。しかしそれは、単に私の作戦が
間に合わなかったというだけだ。我々が敗れようと敗れまいと、新しい人類の
歩みは進む。超人へ。脳と肉体の進化へ。自己と世界を完全にコントロール
できる新しい種族。……それが現われる。ハーケンクロイツの日に現われる。
そのときナチスは甦る。全てに勝ち、すべては変わる。その日こそ、人類は
もう一度、我々の前にひざまずくのだ!」
(自殺の2週間ほど前、ゲッベルスとモレルヘ)

23 :本当にあった怖い名無し:2006/01/29(日) 17:44:43 ID:qbY//EIt0
五島勉だからな・・・・・

24 :本当にあった怖い名無し:2006/01/29(日) 17:47:39 ID:NB/d9bUT0
もし、フィクションだとしても、
これほど面白い「予言」はめったにない。

不思議な魅力があるから、本当に不思議だ。




25 :本当にあった怖い名無し:2006/01/29(日) 17:48:43 ID:buc16Pm40
ホリエモンもそれ読んでるかと思った。
春秋の発言とか見て。

26 :本当にあった怖い名無し:2006/01/29(日) 18:03:16 ID:NB/d9bUT0
>>25
ホリエモン?

どんな発言してたの?

27 :本当にあった怖い名無し:2006/01/29(日) 18:08:42 ID:vOEOLa6zO
ホリエモンは知ってるよ。彼があれほど宇宙旅行にこだわるのは超人に進化したいからだよ。進化と宇宙は大きな関係があるらしいからね

28 :本当にあった怖い名無し:2006/01/29(日) 18:11:57 ID:Sy+XS90O0
ニートの出現も当たってるし

29 :本当にあった怖い名無し:2006/01/29(日) 18:13:57 ID:NB/d9bUT0
ホリエモンは超人化する寸前に、転落してしまった…

油断大敵だね。

>>25
春秋って、今発売中の雑誌?

30 :本当にあった怖い名無し:2006/01/29(日) 18:20:10 ID:u1GuFurd0
貧富の二極化はまぁあの時代でも予想できたとして
「永遠の未成年者集団」の予見(予言?)はすごいな。
厳格な風習が薄れてきて、親は子に怒れなくなり
子が親に甘えた結果ニート(パラサイト)・DQNが増えていく。
そして、自分が受けたような育て方をして未来ではさらにこれらが増えていく。

『完全に受動的な、機械的な反応しか示さないロボット人間』も恐ろしいな。
言われたことはよくできるが、言われないことはちっともできない奴や
自分本位で他のこと(世情・政治・社会等)にほとんど無関心な層が多数生まれてきている。
これでカリスマ性かつ危険思想を持った宗教家か首相でも出てきたら…やばいな

しかし、おそろしい予見だ。なんか手塚治虫の近未来漫画を見ているようだ…

31 :本当にあった怖い名無し:2006/01/29(日) 18:30:12 ID:rYLkFxzF0
『完全に受動的な、機械的な反応しか示さないロボット人間』

正に現代社会で働くリーマンを言ってるね。
そして昨今の学生も同じか。
本当に勉学が大事だと理解して勉学に励む児童がどれだけいるやら。
完全に世の中が何か見えない大きな歯車となって規則的に動いている感じがしないでもない。

32 :本当にあった怖い名無し:2006/01/29(日) 18:34:05 ID:vOEOLa6zO
「永遠の未成年者集団」の意味は俺はこうだと思っている。あまり言いたくないんだが不老長寿の人種(集団)がいるらしい。年とらずに若がえっちゃうんだよ。遺伝子の突然変異だと政治板にも書かれていたけどね。それも進化と関係あるらしい。最近中年でやたら若い男女多くないか?

33 :本当にあった怖い名無し:2006/01/29(日) 18:56:10 ID:2ECEwtrXO
>>32
え?死なない人間なんかいるんですか?
スゴーーーイ! フォーーーーー☆


34 :本当にあった怖い名無し:2006/01/29(日) 19:38:36 ID:9eqHPgPy0
永遠の未成年者集団

日本はまさにそうだと思う

じっさい 大人の中に導師と思えるような人間いないし
どれもバランスの悪いアホにしかみえんよ
心を教えてくれるような大人は何処に行ったんだ???


35 :本当にあった怖い名無し:2006/01/29(日) 19:43:31 ID:rYLkFxzF0
>>32
x51ネタだが1000歳まで生きれる様になる遺伝子云々ってやつも候補に挙げられるかもね。
本当に実現可能ならば、の話だけどさ。

>>34
細木先生です!!ウソ。いやゴメン。自分で言ってて鳥肌立った。すまねぇ。


36 :本当にあった怖い名無し:2006/01/29(日) 20:43:39 ID:DgShbPls0
いや、細木数子って、戦後日本が無くしてきた(破壊された)日本人としての生き方とか
古き良き習慣や伝統といったものを教えてくれる存在の1人かもよ
フェミとか西洋思想にかぶれた人達からは嫌われるだろうけどね
あと、占いっていう胡散臭そうな部分のせいで損してると思う

37 :本当にあった怖い名無し:2006/01/29(日) 22:25:02 ID:buc16Pm40
>>26>>29 文芸春秋?でしたっけ。月刊のヤツのお正月特別号。
さらっと読んだだけですが、時代を読み解く3つのキーワード
▼「世界平和」「肉体と精神の分離」「宇宙」らしいです。
記憶違いでなけりゃ「マトリックスのカプセル人間うんぬん」
って言ってたような。

38 :本当にあった怖い名無し:2006/01/29(日) 23:28:52 ID:NB/d9bUT0
>>37
情報サンキュー

今度、その本探して読んでみるね

ホリエモンって、面白い男だw

39 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 00:05:34 ID:0PeZKeOb0
俺はこの本、数え切れないほど読み返したよ。
でも「今世紀末のハーケンクロイツの日=グランドクロスの日=1999年頃」
ナチスは甦らなかった。落胆したのを覚えている。

「哀れなアラブ四カ国、最終戦争」だったっけ。
イラン、イラク、シリア、リビア辺りだろうか。

「永遠なるヒトラー」という本からの引用が多いので、
是非読んでみたいと思って色々と探したのだが、とうとう見つからなかった。
誰か持っている人いる?

40 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 00:13:54 ID:kUr7vRIo0
昨日、DVDで「ヒトラー 最期の12日間」を観たばっかりの俺が来ましたよ。
総統の秘書の証言を映画化した作品。
末期の総統はかなり妄想狂入ってたみたいなんで、100%真に受けるのもどうかと……。
いや、予言には興味あるけどね、俺も……。

41 :721:2006/01/30(月) 00:13:58 ID:KtvaekCs0
ていうかその前に、リンク画面にいる
赤い顔の人が激しく怖い

42 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 00:20:00 ID:kYNtYgif0
誤爆か?

43 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 00:23:47 ID:IO84j+kR0
いや、予言だと・・・

44 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 00:25:07 ID:KtvaekCs0
うあ、誤爆じゃないけどクッキーで残ってたorz

赤い顔の人怖くないすか?ぞっとした


45 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 00:30:39 ID:IO84j+kR0

本の表紙?

46 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 00:35:17 ID:KtvaekCs0
違う。2ちゃんでリンクするときの広告

47 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 00:38:28 ID:kUr7vRIo0
>>37
アセンションスレの話みたいだな。ホリエモンは何者なんだ…?

48 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 00:41:18 ID:IO84j+kR0
>>46
あ、IEで見てる?
オレはリンク先へ直接飛んでっちゃうから分からんよ。


関係ない話でスマソ。

49 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 00:43:03 ID:KtvaekCs0
IEだよ。板違いですんません。
でもまじ怖いから誰かに伝えたかった

50 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 00:51:04 ID:IO84j+kR0
初めに、
関係ない話でスマソ。

>>46
見てみた。確かに怖い・・・

51 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 02:31:09 ID:szs0dNfa0
 
★ヒトラーの予言スレ★


 【怖いほど】 ヒトラーの予言 【当たってる?】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1138382950/

ヒトラー「二極化は進み人は神とロボットになる」
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/eco/1074710284/

超管理社会の到来/見えない洗脳
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1136497533/
    

52 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 03:08:12 ID:Kv+dPbF10
”ヒトラー・コード”て本が出てるみたい

53 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 03:31:33 ID:vTqu885U0
面白院だが後答弁ブランドってことで激しく萎え。


54 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 04:29:23 ID:kYNtYgif0

【米国】ここ数年で富裕層と貧困層の所得格差がさらに拡大 ニューヨーク州では差が8倍超す
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1138562411/

アメリカ社会も大きな問題抱えてるな…

55 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 05:52:54 ID:cEUUqlt10
ヒトラーの言う神人と豚というのは所得の話じゃないと思うぞ。
情報強者と弱者がはっきり別れるということだと思う。
それによって、煽る者と煽られる者がはっきり分かれるという事だと。

56 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 08:29:06 ID:5hIoPl6HO
当時の『諸君』にしてみれば、「何を言ってるんだ、このチョビひげは〜?あ〜ぁ、眠たい…」くらいにしか思わなかったのじゃなかろうか?
理解できた奴なんかいるのかなぁ?

57 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 08:46:52 ID:nGtKshQd0
>>54
世界規模の現象について 言ってるからな ヒトラーは

インチキ預言者とかと訳が違う。ホントに見ちまったやつしか言えないような
事ばっかりだ。

仮にこれが1988年に出版だから97年に書かれた誰かの本だとしても
見事に当たってると思う。

58 :57:2006/01/30(月) 09:12:59 ID:nGtKshQd0
仮にこれが1988年に出版だから87年に書かれた誰かの本だとしても
見事に当たってると思う。

に訂正(ハズカシス)

59 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 09:47:48 ID:hOSgl8MA0
すべてを悟った人は、自殺する人多いような・・・

神人類って想像出来ない・・・

60 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 09:58:15 ID:FmJh7hPc0
>>56
思ってたらあんなに集団狂気的な支持を獲得できんだろ。
まぁ、デマでもデマじゃなくてもヒトラーはやっぱり天才だな。
現代にヒトラーが蘇って別の手法を取ったとしても、
お前らの心を意図も簡単に掴んじゃうと思うよ。
ひょっとしたらキリスト、仏陀、ムハマンドに続く4人目の先導者だったのかもな。
但し3人の前任者とは全て正反対な悪魔の教典を用いたリアリストな先導者。

>>57
それは俺も思った。予言っていうより目撃談だよな。
もし仮に俺が見てしまったとしたら、同じ様にそれに繋がるものを探して
「コレが元になるのか・・・」とか思うだろう。財力があれば実現させようとしてしまうだろう。
ヒトラーが本当に未来を見てしまったのなら、
彼の行動はひょっとしたら極自然で極人間的なアクションだったのかもね。


61 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 10:44:55 ID:7fgG6PG00
>>38
企業の社長はよほどでないかぎりナチスのいい面だけを勉強して
真似してるよ?

62 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 11:57:15 ID:5hIoPl6HO
>>60
あはw それもそだね(^ω^)でも、その当時の人が理解できたのかなぁ?とか、もしかして、ノリで盛り上がったのかなぁ?とか思う。ヒトラーて集団催眠かけられるような人だったの?
てか、予言コワイからヒトラーを認めたくない自分がいるのは気のせいかしら…?

63 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 12:30:28 ID:kYNtYgif0
>>62
>ヒトラーて集団催眠かけられるような人だったの?

「ヒトラーの予言」と同じサイトにあるファイルだけど、
↓これは読んだ?

まだ読んでないなら、読んでみてごらん。怖いよ〜

ヒトラーの「究極兵器」と人格改造計画 〜ナチスとオウムを結ぶ黒い影〜
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha666.html

64 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 12:32:16 ID:kYNtYgif0

あと、↓こんなのもある。これも面白い。

ヒトラーが放つ妖しいオーラの謎
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha501.html


65 :さんた:2006/01/30(月) 14:17:17 ID:goYU8Ho+0
ヒットラーは、日本に逃げてきている。沖縄の名護の米軍基地でひっそりと暮らしていた。
ところが、米国はナチの技術と財宝を入手できず、逃亡させている。ナチの残党は、北朝鮮に鉱山基地
を開発していたので、厳重にかくまわれている。金正日のこのたびの訪中は、この鉱山を中国企業に売却したが、
重大な問題が発生しているからである。

66 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 15:18:46 ID:CCPFOTSe0
>>1
五島って人、
その予言の中で「ユダヤの思い通りにはならん」って言葉を
これだけ浴びせられてるのに、
ヒトラーがユダヤを虐殺したってまだ信じてるんだな。





67 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 17:44:01 ID:w6QauyhW0
五島勉ちゃんが「1999年以後」出版したのは1988年。
当時はノストラ本全盛期で「二極化」の「に」の字も(どのメディアでも)
扱われてなかった。

68 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 18:14:37 ID:5hIoPl6HO
>>63 >>64
ありがとうございます…。より一層コワクナリマシタ(T-T)
頭の悪い私でも、ヒトラーについて、詳しく知りたくなりました!…
って、これも何かの洗脳…?

69 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 18:25:12 ID:eocPE+Y/0
よくオカルト板で言われている
世界の支配者はユダヤ資本って奴も事実だとしたら
ホロコーストは・・・正し・・か・・っ・た???

70 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 18:34:43 ID:7UAS7vajO
>>69
というよりホロコーストそのものがでっち上げということになるのだろうね

71 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 18:50:03 ID:FmJh7hPc0
>>69
俺は別にヒトラーの罪を肯定する訳でもユダヤ人を貶す訳でもないが、
ヒトラーが本当に未来を予知できたとして、2039年以後の世界を見た時、
ヒトラーが「ユダヤ人を全滅させなければ人類が終わってしまう」と
思う様な何かがその未来にあったのかもしれないよな。

そしてそれは自ら起こすホロコーストより
もっと凶悪で残忍な何かをユダヤ人達が起こしていたのかもしれない。
それくらいやらなければ、自分が見た未来を変える事ができないと思ったのだろうから。
だとしたら、その未来の人間達はヒトラーを英雄視するかもね。
イラクの一部の人間達が「過去、アメリカに唯一立ち向かったアジアの国だから」と日本を英雄視する様に。

まぁ飽く迄これは、もし本当に見たのなら、の上での仮説だけど。

72 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 19:10:01 ID:7UAS7vajO
>>37(堀江文春発言要旨)

世界平和が近づきつつある。
イスラム教国や中国ではネットが国家に規制されているが、今後テクノロジーが進歩すれば、国家の統制なしに海外の情報が得られるようになり、ネットによって国家の維持は難しくなる。
肉体が直接ネットに接続される。
破損した感覚器官に電極を埋め込み、電波を送って機能させる技術が始まっている。肉体は寝たまま感覚器官をサイバーワールドにつないだり、他人の意識と接続できるようになる。
クローン技術で病気や怪我を治せるようになってきた。健康なまま120歳まで生きられる時代が来ている。
米ソが独占してきた有人宇宙飛行だが、世界平和への流れの中で、民間の宇宙開発が進んでいる。
自分にとってITやファイナンスはあくまで手段。そこで得た資産は生命科学や宇宙工学に投資するつもり。

73 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 19:24:04 ID:u4E92algO
ヒトラーの予言の中で「自然界からの復讐」というものがある。その中でも一番怖いのがウィルスだろう。ウィルスは常に人類を淘汰してきた。今度は脳に侵入して不適格な脳を淘汰していく。不適格な脳とは知能の低さではなく健全な社会を運営する資質に欠ける脳である

74 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 23:15:48 ID:w6QauyhW0
>>39
>俺はこの本、数え切れないほど読み返したよ。
>でも「今世紀末のハーケンクロイツの日=グランドクロスの日=1999年頃」
>ナチスは甦らなかった。落胆したのを覚えている。


>>1 のリンク先久しぶりにじっくり見返してみたんだけど、
ヒトラーはハーケンクロイツの日、カギ十字の日に
ラストバタリオン(超人)が現れると言ってるけど
その日が前世紀末(1999年頃)とは言ってないんだよね。

ただ前世紀末にはユンカー学校で育てた超人の成果が見られるとは言ってる。

「私は若者たちを育てる。特別な若者たちを選んでユンカー学校へ入れる。彼らは、そこで新しくつくり変えられ、
“支配する術”と“どんな敵にも勝つ術”、“死を克服する術”、また“人の心や未来を読む術”を学ぶ。
そうすれば、彼らと彼女たち全員ではないが、その中から新しい世界を支配できる超人が現われてくる。
そう……今世紀末にはその結果が見られるはずだ。」 (山荘でラウシュニングヘ)


75 :本当にあった怖い名無し:2006/01/30(月) 23:58:37 ID:18TSlI/p0
>彼らと彼女たち全員ではないが、その中から新しい世界を支配できる超人が現われてくる。
>そう……今世紀末にはその結果が見られるはずだ。

もし、そんな人が存在するとしたら・・・おまいら、誰だと思う?
なんか少し怖くなってきた。

76 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 00:15:39 ID:wAk9Xit20
某総本山の人とか・・

77 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 03:36:58 ID:4KGVg9nX0
>>75-76
誰よ?
将軍さまか?

78 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 06:27:41 ID:io2BUMshO
>>75
北のことを言ってるぽいね
つじつまが合うキガス

79 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 07:12:58 ID:MKYiRi4U0
んなわきゃーない。
ヒトラーはこれから半世紀以内に
人間が自然科学的な突然変異によって次の種に進化(退化)すると言っている。
サル⇒類人猿⇒現人類 ⇒ココ! 次の段階

あの将軍は自分には特別な能力があると国民に吹いてるけど
明らかに普通のオッサンだよ。

80 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 08:12:03 ID:n52kAkPaO
将軍が普通のオッサンかよ。明らかに遊びほうけてふだらけた権力の豚じゃないか。ヒトラーの予言は裏返しに当たっているんだよ

81 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 08:35:50 ID:SUtoHKYW0
ゆとり教育も、「東方の実験」かもね。

テレビでおなじみの東京大学医学部卒・精神科医の和田秀樹氏は、
著書『ユダヤに学ぶ世界最強の勉強法』(ビジネス社)の中で、
「ゆとり教育は日本の国力・経済力を崩壊させるためのユダヤの陰謀である」
とはっきりと指摘している。

和田氏によれば、「ゆとり教育」を推奨した学者たちの多くが
ユダヤ人であった、という。

82 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 08:41:52 ID:SUtoHKYW0
しかも、ゆとり教育って「1989年」が重要な年なんだよね。

ガクガク((( ((;゚Д゚)) )))ブルブル


<ゆとり教育の経緯>

1989年(平成元年) 学習指導要領の全部改正 (1992年度〔平成4年度〕から実施)
学習内容、授業時数の削減。

1992年(平成4年)から第2土曜日が休業日に。1995年(平成7年)からは
これに加えて第4土曜日も休業日となった。
小学校の第1学年・第2学年の理科、社会を廃止して、教科「生活」を新設。

1999年(平成11年) 学習指導要領の全部改正 (2002年度〔平成14年度〕から実施)
学習内容、授業時数の削減。 完全学校週5日制の実施。「総合的な学習の時間」の新設。

83 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 08:54:51 ID:M/bPRfp/O
ミヤザッキーも89年だっけ?関係ないっ?(^ω^;)

84 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 11:43:32 ID:jhVB5xrK0
ヒトラーが言ってる超人って「宇宙人ユミットからの手紙」にある
ウンモ星人が言う人間Ver2.0の事なのか?
にしても凄いな!面白いな!

85 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 11:59:27 ID:Wfbppvel0
うん、面白いね

86 :71:2006/01/31(火) 13:34:40 ID:IJssO85v0
>>71はやっぱ違うな。そんな正義感ではなく激しい嫉妬が原動力だったのかもしれない、と後になって想った。

未来の世界を見た時、アーリア人の衰退とユダヤ人の活躍があったのを見て憤慨したのかもしれない。
自分の民族がそんな醜態を晒しているを見て、いてもたってもいられなくなり未来を変えようとした、と考える方が理に適っている。

87 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 17:11:33 ID:4gByiEIJ0
>>19
超人類ってのが実在するとして
その人たちが支配するって事になっても
圧政は敷かないと思う。
強権による弾圧、強制は明らかに旧人類の発想だから。

例えば馬は人間に奴隷化されてるなんて思ってない。
エサを用意してくれて馬小屋を掃除してくれて
体の手入れもしてくれる。
人間と対等かあるいは自分の方が上と思ってるかもしれない。

旧人類もそうやって『管理』されると俺は予想する。

88 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 17:45:01 ID:ugaDK3pX0
>>74

>>1のページ
>それが真のハーケンクロイツの日だ。カギ十字の日だ。
>そのときラストバタリオンが現われる。ユダヤを倒す。世界を支配する。

俺が持っている「1999年以後」140ページ
>それが真のハーケンクロイツの日だ。今世紀末のハーケンクロイツの日だ。
>そのときレツトバタリヨンが現われる。ユダヤを倒す。世界を支配する。

微妙に変えてありますよ。本では確かに「今世紀末の」と言い切ってます。

89 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 18:00:12 ID:pD8XgVKC0
ttp://up.nm78.com/data/up048777.jpg
サイバラってアフォ?

90 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 18:07:36 ID:zlYygUVp0
>>89
最高に頭のいいアフォーです

91 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 18:12:36 ID:Zs/mgI2j0
ハーケンクロイツって、逆卍の事だよね。
逆卍って、太陽の逆回転だったような気がする。
って事は、太陽が逆回転する現象を考えると
ポールシフトが原因で地球そのものが逆回転することによる
太陽の逆回転(のように見える)時が本当の世紀末で、
ラストバタリオンはその時に現れる!?

北極地方の氷河が溶けて、大雪を降らせているとか聞くけど
氷河が溶ける事による地軸のバランスは大丈夫なのか?
このまま溶けつづけて、2012年のフォトンベルト通過時に
地球がコロン->ラストバタリオン登場ってのも考えられるし。


92 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 18:21:57 ID:qNodArYW0
ラストバタリアンオバンバ登場

93 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 18:27:21 ID:SUtoHKYW0
レニ、こんな時期にこんな所へよく来てくれた。でも、きみはここを去って、二度と戻っては来ないよ。
そして、それでいい。きみは長生きして名声を得るだろう。また、死ぬまで映像の美とともにあるだろう。
将来の……今世紀末から来世紀はじめの文明国では、きみのように結婚もせず、子どもも生まず、
一生、男以上の働きをする女性が増えるよ。しかし、それは当然、女性の見かけの地位の向上
とともに、その民族の衰亡──ひいては人類の破滅につながるワナなんだけどね。


ここに出てくるレニっていう女性って、実際に、すごい長生きしたよね?

ガクガク((( ((;゚Д゚)) )))ブルブル

94 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 18:31:29 ID:IJssO85v0
>>93
日本人は滅亡するな、こりゃ。


95 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 18:32:21 ID:SUtoHKYW0
今、調べたら、レニ・リーフェンシュタールは2003年に死んだらしい。

彼女は1902年生まれだから、

なんと、死んだときの年齢は101歳!!!!

金さん銀さんなみに、長生きしていた!!!!

ヒトラーの予言、的中!!!!



96 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 20:25:40 ID:PV538XXkO
ヒトラーの生まれ変わりのワタクシが来ましたよ。

97 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 20:32:12 ID:kaKLuShj0
それで?

98 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 20:52:16 ID:kbyt7iQU0
やっべ。これはオカルトだな。こえー
イスラエルと、それに逆らう気もないアメリカ…
ユダヤに関する話はもう文句のつけようがないほど当たってるし。
…なんか、シムピープルみたく
ここで戦争起こしとかないと人類が進化しねーなーみたいな感じで
宇宙人がヒトラー操って戦争フラグ立ててる妄想が浮かんだ。

99 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 23:03:38 ID:2+us0Foc0
う〜む・・おもろいなぁヒトラー
なんか秘密結社ごっこしたい気分になる

100 :本当にあった怖い名無し:2006/01/31(火) 23:42:38 ID:UlkJ4kPn0
予言もいいけど、レンタルで新作の「ヒトラー 最期の12日間」を観ろって!
ドイツ製作で素の総統が見られる映画なんて貴重だぜ!
総統が実物より老いぼてるのは少々アレだけど。w

101 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 00:32:11 ID:2vbuKju10
>>88

>微妙に変えてありますよ。本では確かに「今世紀末の」と言い切ってます。

そーなのね。。。なんで変えたんだろ?

俺はもう「1999年以後」は捨てて手元にない。
あと「黒魔術師ヒトラー」って本も持ってたけどあっちも捨てた。

102 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 03:05:17 ID:Xn49XwW00
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html
このスレを見ている人にはぜひこのサイトを見て、そして広めて欲しい。
これを読んで現実を知る人が増えてくれれば平和ボケした我々日本人の意識も少しは変わるかも知れない。

103 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 04:16:15 ID:ajo3QD6WO
>>101
ドイツ語の「genesis」には「世紀」の他に
「時代」「世代」「創世記」等の意味があるから、「西暦でいう今世紀〜」が正しい日本語訳の解釈とは限らない。
占星術に精通してたヒトラーのことだし、色々な思想での「時代感」を多数持ってたんじゃないかな。


104 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 04:59:24 ID:5am3eblL0
>>102
スレチだけど教えてくれてありがとう
パラオの話に泣きそうになった。・゚・(ノД`)・゚・。
卒業旅行はパラオにするお

105 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 06:10:04 ID:Xn49XwW00
>>104
是非行ってやって。日本の若い人が来ればパラオ人も喜ぶだろう。

>>81
「東方の巨大な実験場」って中国の事じゃない?
文化大革命や大躍進政策で1億人近く殺してるらしいし、
少数の共産党員に支配された大多数の人々=ロボット人間とも考えられる。

106 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 07:20:25 ID:e7JPH6+v0
「東方の巨大な実験場」は、

もしかしたら、特定アジア+日本かも

もうダメぽ(´・ω・`)ショボーン



107 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 08:13:04 ID:laGgqlBd0
いや、半島のことかと。
ドイツから見たら同じ大陸の一番端っこなんだしw

108 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 08:35:45 ID:1qX0QKTt0
実験場と一番呼べそうなのは北朝鮮だよな

109 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 09:28:07 ID:AMcTKzDQO
日本だよ。
なぜアメリカが、牽制しながらも武力で守ろうとするのか。
牽制されながら攻撃されない不安定な国。
制約はつくのに、潰さず大事にされる。
まるで何かを怖れてるみたいだよね。

二分化された人類。
大人の体をもつ子供→DQN
子供の体をもつ大人→ネット、経済に精通した子供達など
これが好きかってできて、尚且つ犯罪や評価を受けることができる社会をもつ国家。
考える力がある一部の存在と、特定の情報に流され同一の行動をとってしまう無思考者達。
先の選挙ではなぜ自民が圧勝したのか。

日本だけが、アジアの中でも不気味に眠りながら爪を研いでいる。



110 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 11:18:00 ID:aM1Tt0DS0
ぶっちゃけ、日本って

怖い国?
それとも
色んな意味で楽勝な(軽く見られている)国?


最近、古来からの精神性とか、慎み、恥じらい、・・・あと、弱音を吐かないような
屈強な精神力など、無くなってきている気がするね。
あまりに無関心(様々な方面)で、時々悲しくなる。

もし、日本=実験場だとしたら・・・なんとなくだが、納得できるような気もする。

・・・・・・・・・近頃、おかしすぎる。>日本

111 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 12:08:06 ID:e7JPH6+v0
戦後、GHQが日本占領中に、
日本人の精神をいじくりまわしたからなぁ。

未だに、尾をひいているよね。

どうなることやら、日本社会の未来は…

112 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 12:23:34 ID:laGgqlBd0
人口を半分ぐらい減らせば、目が覚めるんだろ
流石に・・・


113 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 12:30:08 ID:/w1EWfOJ0
>>110
でも日本こそ「眠れる獅子」だよ。
地球上で怒らせたら一番恐いのは日本。
敗戦後、アメリカは日本のそれを恐れた。>>111に続く。

考えてみろ。あのアメリカをビビらせたのは世界で唯一日本だけなんだよ。


114 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 13:16:55 ID:5jFvYKLhO
うぬぼれるのもいい加減にしやがれ。

115 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 13:37:31 ID:N2aSzzoW0
ビビってないだろ

116 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 15:27:07 ID:/QzgUcHz0
これ、五島のデッチ上げだろ。あの本には引用元が全く載ってないし。
そういや、聖徳太子の予言とかいう本も出してたな、あのオッサン。
あれも引用元については謎のままだろ?

117 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 15:40:21 ID:+KqVMgKDO
>>113
ならば何故日本を破壊せずに復興に手を貸した?

それは旧ソ連によっぽどビビッたからだ。

118 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 16:22:29 ID:KE9ToBGg0
東方の巨大な実験場・・・
それは日本であり・中国であり・南北朝鮮であり・台湾であり、東南アジア諸国
であり、インドでもある。要するにアジア全域。

TV・新聞・ネットの情報により日中韓朝台などを撹乱し、
争わせる計略。

119 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 16:50:39 ID:e7JPH6+v0
東方の巨大な実験場=韓流の影響をモロに受けた地域(・∀・)

そういえば、電通って、ナチスの宣伝技術をそのまま取り入れているとか、昔聞いたことあるな。

120 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 16:56:24 ID:q7Fuf/So0
>最近、古来からの精神性とか、慎み、恥じらい、・・・あと、弱音を吐かないような
>屈強な精神力など、無くなってきている気がするね。
>あまりに無関心(様々な方面)で、時々悲しくなる。

なんかこの頃、少しずつだけど甦ってきてるような気がするんだが。。
それも、若い子たちの中に
礼儀正しく、まともな(昔で言えば当たり前だったのかも知れんが)
常識を持った子に、けっこう見かけるような気がする。
たまたまかも知れんけど

121 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 17:15:10 ID:+KqVMgKDO
多分気のせい。

122 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 17:18:18 ID:bEbDgyJB0
というより若い世代がなんだかんだ悪く言われるのは
いつの時代でも同じ。
考慮するに値しない。

123 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 17:28:46 ID:8whTpE2SO
>>116聖徳太子は古事紀だったかな?今手元に資料がないので。

124 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 17:33:16 ID:+Fek2+KO0
>>122
ピラミッドにもそんなこと書いてあったって
こち亀でよんだことあるww



125 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 17:34:31 ID:oo8CWs65O
日本人は赤ちゃんを食うらしい
気をつけな

126 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 18:37:08 ID:xGrJ2MGaO
超人類とは超能力者の事。しかしヒトラーの予言がはずれているのは支配者になるのではなく支配者を倒す超能力者になるという事

127 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 19:01:39 ID:cYuQb3I+0
>>119
ライブとかの演出にもナチの考案した技術取り入れてるよ

ナチは滅んだのに、確かに静に受け継がれてる…
日本人って時点で漏れらは選考外なんだろうけど(´・ω・`)ショボーン

128 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 19:29:24 ID:+KqVMgKDO
ヒトラー予言によるとドイツが最終的に勝利するわけだが、そうなるとまた熱烈に崇拝されるわけか。
英雄なのか大悪人なのかもわからんな。

129 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 19:46:21 ID:+qzWAtBqO
ヒトラーがオカルトや秘密結社に強い関心を示していたことは多くの人が知る所

130 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 19:51:34 ID:/QzgUcHz0
>>123
違う。「未来記」だろ。あれも結局中身は分からないままだったはず。
それでも一冊の本にして出版してしまう五島ってww

ドイツ語のしっかりした原典が見つからない限りは、
このヒトラー予言とやらも、五島の想像の産物と判断さぜるを得ない。

131 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 20:27:55 ID:MM7hFqpg0 ?
宣伝

【新世界秩序】人類家畜化計画PART2
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1138790981/

132 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 20:48:03 ID:mA06pux90
おまえら黙って2039年待てよw

133 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 21:03:34 ID:laGgqlBd0
で、恐怖の大王とは、結局なんだったんだ?


134 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 21:51:26 ID:GoFk3m980
>>128
偉大な人には違いないな
良いか悪いかはともかく

135 :本当にあった怖い名無し:2006/02/01(水) 22:51:28 ID:+Gk42qPO0
>>120
確かに最近の若い子は礼儀正しくて常識があっていい感じだと俺も思う。
一時期のキレる世代とは大違いだ。
20代半ばの連中はいまだにキレやすくて困る。

136 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 00:09:45 ID:xB0zGyWH0
>>130
新刊の時に定価で買って読みましたよ。
あれはすごいですよね。ある種の才能があると思います。

印税で贅沢な暮らしをしているんでしょうね・・・

137 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 00:50:57 ID:pkfyXdmi0
>>135
詐欺業者の常連客になれる素質ありますよ、お客さんw

138 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 01:40:26 ID:BCcoyzPE0
> ドイツ語のしっかりした原典が見つからない限りは、
> このヒトラー予言とやらも、五島の想像の産物と判断さぜるを得ない。


確かに参考資料が不透明だよな

139 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 02:26:00 ID:IJmc9I4m0
結局めんどくさいからそこまで調べようとしないんだよな誰も。

漏れも英語で少し調べてみたことあるけどそれほどたいした英語力ないから
ヒトラー予言について触れられてるサイトがあるのかどうかさえ分からなかった。

140 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 02:34:50 ID:IJmc9I4m0
でも五島勉が想像だけでこんなこと書けるとは思えないんだよな。

ただヒトラーのラジオでの最終放送の最後の途切れ方なんかは
明らかに創作してるけどw

141 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 04:40:37 ID:iW8nQLB+O
>>140
待て、創作であんだけ創れたらたいしたもんだろw

142 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 05:33:34 ID:iW8nQLB+O
超人について語ってたのはマジだろ。十数年前親父が買ってきたムーで読んだ。

143 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 10:29:25 ID:3Qd1EfjM0
このスレにいる人は、昔、八幡書店から出版されてた
ヒトラーとの対談本『永遠なるヒトラー』を読んだことないの?

この本に、ヒトラーの神学論や宇宙論、宗教論、
ヒトラーの予言なんか、じゃんじゃん書いてあるジャン。

読んでるこちらが、目まいしそうなほど、
ヒトラーがペラペラ得意げにしゃべってるぜ。

「人間とは生成途上の神である!」

とか、ヒトラーの名言がいっぱい載ってる。

五島勉は、自分の本『1999年以後』の中で、
『永遠なるヒトラー』の著者であるラウシュニングの名前を何度も紹介して出してるジャン。
1が紹介しているリンク先のページにも、ラウシュニングの名前が
何度も出てるジャン。


↓ちなみに、このヒトラーとの対談本『永遠なるヒトラー』は、
1が紹介しているリンク先のサイトにある、別のページでも紹介されている。

http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha505.html
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha100.html

みんな読んでないの?

144 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 10:32:25 ID:3Qd1EfjM0
ほら、コピペしておくぞ

●この本の「解説序論」で、イギリスの高名な
歴史家トレバー・ローパーは次のように書いている。

「1939年にヘルマン・ラウシュニングの発表した、1932〜34年という
権力掌握の微妙な時期にあったヒトラーのテーブル・トークの記録
『ヒトラーとの対話』(邦題『永遠なるヒトラー』)は世界中を驚かせた。しかし
1939年当時でさえ、ヒトラーの残酷さ、彼の途方もない野望を受容することが
できなかった世界はその記録をまゆつばものだと考えた。現在では
一応受け入れられているようであるが、なお疑念をお持ちの読者は
ぜひ一度ご自分でお読みいただきたい。 〈中略〉
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha505.html

●この『ヒトラーとの対話』は、あくまで表面的な『我が闘争』や『20世紀の神話』に対して、
ナチズムの秘密戦略、その究極の目的、そしてその根底をなす魔術的世界観が
ヒトラー自身の口からあますところなく語られている。オカルト・ファシズムの核心とも
いうべき狂気の生体進化論やフリーメーソン論など、
そのあまりの過激さゆえ、ドイツでは今なお発禁図書である。
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha100.html


145 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 11:05:50 ID:q2JROzMaO
最近の若い子の礼儀正しさというのは、俺も感じるが、
昔との違いは、最近の場合はそれが全面的に「内面の弱さ」に起因しているものだとも思う
昔の「骨太な精神力」に内包された「謙虚さ」とは違う、
あくまで「内面の弱さ」を隠すための自己防衛的な礼儀正しさ、という意味合いが色濃い。
若い自分が自己分析するとそう。


これがヒトラーのいうまさに「支配される人間」の典型なんじゃないかと感じてる。

146 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 11:45:00 ID:elsouoPN0
ドイツでも日本漫画ブームだったっけ。

ヒトラーの予言を漫画化して輸出して

ドイツ人を目覚めさせるのはどう?w

147 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 13:54:49 ID:aM2HZFs30
>>145
お〜ん、ぱい〜ん

148 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 15:34:11 ID:pkfyXdmi0
>>145
それと金八でいう兼末タイプが多いこと多いこと。
上辺だけなぞって礼儀正しいと真に受けるのはどうしたものか、と思ふ。

149 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 16:20:20 ID:fngBPuiS0
支配される側にいる人間は、
自分と同じ立場の人間のことをあれこれ語りたがる。


150 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 17:25:03 ID:ytMLnPv70

昔ヒトラーのこの手のありがちな思想にふれた時、凡庸な自分は
超人になったつもりで弱者さがしをしたな。今思うとはずかしい。


151 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 17:25:53 ID:elsouoPN0
礼儀正しいやつは大抵は二重性格。
本当に、本当に真面目な奴は少ないと思われ




152 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 17:30:44 ID:6Q8Os7Bi0
そういうのはそとづらが良いって言うんだろ。二重人格ってwww

153 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 17:45:16 ID:pkfyXdmi0
普段明るい人が仕事でミスって落ち込んでるだけでも二重人格って言いそうだなw

154 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 17:54:37 ID:6Q8Os7Bi0
訂正
×二重人格
○二重性格

155 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 18:07:22 ID:RreNJoCpO
>>130そう未来紀が手に入らない。しかしヒントは古事紀に有ると助言される。未来紀は飛鳥あきお氏が書籍にして発表してます。

156 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 18:29:57 ID:elsouoPN0
>154
スマン、人格だったな



157 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 19:19:07 ID:beJIPSNj0
ところで超人になるにはどうすればいいの?
それまでの生き方って関係あるんだっけ?

158 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 20:26:58 ID:k2LD000QO
ヒトラーの予言は五島さんの本以外でもに載ってるしドイツでもヒトラーの予言は有名。特別な能力は有ったがフリーメーソンに騙された一人

159 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 20:30:07 ID:pkfyXdmi0
フリーメーソンはユダヤだろ。

160 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 21:35:25 ID:iW8nQLB+O
>>157
とりあえずずば抜けた高知能と超能力を使えるのは確か。
遺伝子レベルで操作しない限り無理かと。

161 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 21:43:32 ID:iW8nQLB+O
中国北朝鮮みたいな共産国家なら不老長寿の研究しててもおかしくないよな。
てか、権力も金も手に入れた独裁者が最後に望むのが不老長寿らしい。始皇帝みたいに。

162 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 21:52:12 ID:q2JROzMaO
不老長寿になったところで、そいつの地位が永遠に安泰なわけないんだけどな
それを分かった上で不老長寿になりたいとか言ってたのかな
そうでなけりゃ傲慢にもほどがある度の越えたバカ

163 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 22:47:22 ID:IJmc9I4m0
>>143
五島勉も読んでなかったら笑えるw

164 :本当にあった怖い名無し:2006/02/02(木) 23:17:28 ID:xB0zGyWH0
>>143
本屋で見かけた事が無いんだけど。
どこで買えるの?注文するしかないのかね?

165 :本当にあった怖い名無し:2006/02/03(金) 00:36:42 ID:Rn0X4YP20
あともう少しで新型インフルエンザが大流行して、ヒトのDNAが書き換えられる。
そしたら神人がワラワラ誕生するよ。

166 :本当にあった怖い名無し:2006/02/03(金) 00:42:48 ID:8ZWrjdDxO
もう三重螺旋DNAを持った子供とか産まれてるみたいだね。そういう子供達は既に悟ってるらしい

167 :本当にあった怖い名無し:2006/02/03(金) 01:21:35 ID:fW8Br79P0
カミ科カミヒト。生物学的に違う物か。

168 :本当にあった怖い名無し:2006/02/03(金) 01:24:22 ID:tW+2hrLm0
>>73

おれは狂牛病だと思うけどね。草食動物に肉を食わせるのはあかんやろ。
しかも同属。



169 :本当にあった怖い名無し:2006/02/03(金) 03:00:11 ID:2PQLMiBI0
>>161

【韓国】韓国検察 ES細胞ない可能性 
    99個のDNA分析結果、すべて受精卵
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1138283291/l50

【韓国】政府が漢陽大病院を調査中…黄禹錫チーム提供用の卵巣、患者の同意なく摘出か
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1138231650/

【韓国】黄禹錫チームの研究員、自分の精子で人工受精卵を作って「クローン胚」と偽装
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1137205908/

【韓国】LG電子副会長、「論文ねつ造事件で韓国の国家ブランド失墜」
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1137727101/

【黄教授】国際科学界で韓国の信用が失墜。
     論文掲載拒否や韓国人科学者との接触禁止令も
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1137085431/


170 :本当にあった怖い名無し:2006/02/03(金) 05:18:44 ID:JT0tW2bY0
>>157  総統の発言のなかに隠された方法を使えば、あなたも超人に。
   総統の発言の裏を読んで、それを記述していくのだ。

171 :本当にあった怖い名無し:2006/02/03(金) 06:12:58 ID:pSbIaQv60
>>157
ヒトラーが影響を受けた(曲解した?)とされる「超人思想」
を生んだ哲学者のニーチェは、体が弱く女性ともうまくいかず、
晩年は現実に堪えられず精神を病む。発狂。
妹に依存し死ぬまでずっと世話をしてもらった。

演説の時と違い、ふだんのヒトラーは笑う時に
口元を気にして手で隠したりすることがあったらしい。
レニ・リーフェンシュタールを挨拶がわりに
軽くハグするも嫌がられ、それに気付いて動揺したり。
(彼女を気に入るが拒絶される)
腸にガスが溜まり易い体質に悩み、食事に気を使うようにもなった。

実際の彼らは超人とはほど遠く、弱くデリケートで自身の身体等に
ある種のコンプレックスや苛立ちを持っていた。
凡人ほど凡人を忌み嫌う。そして凡人から抜け出そうとあがく。
結果何かを残す。その姿を手本にしたらどう。


172 :本当にあった怖い名無し:2006/02/03(金) 07:55:49 ID:s3V/xztW0
政治家、官僚、宗教の教祖、経済学者、物理学者、発明家、漫画家、小説家、
哲学者、映画監督、起業家、会社社長、音楽プロデューサー・・・etc

今はいろんな職業の奴がそれぞれの特定分野で創造、またはインスパイヤwされて
創造を行いルールを作っているが、これから人間に起こる "完全に自然科学的な
意味における突然変異" によって、極々少数の神人にこの "創造する力" が集中して
彼ら彼女らだけが世界を形作っている "法律・科学・経済・芸術文化・宗教・生き方"
などの創造的部分を担うようになるのでは?


↓↓↓↓↓
「新しい種類の人類が、いまその輪郭を示し始めている。完全に自然科学的な
意味における突然変異によって、である。これまでの“古い人類”は、必然的に
衰退の段階に入り、創造力は全て新しい種類の人間に集中することになる。」

173 :本当にあった怖い名無し:2006/02/03(金) 08:16:26 ID:Y1LVxoUE0

どの分野でも、
なりすましの偽者が多く出現するだろうね。>>169

174 :本当にあった怖い名無し:2006/02/03(金) 09:11:13 ID:10YvPNfX0
【人類滅亡】五島勉【ノストラダムス】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1130927142/

このスレでは五島勉は犯罪者呼ばわりされてるぞw

175 :本当にあった怖い名無し:2006/02/03(金) 09:49:27 ID:I3tVCFHR0
五島勉はヒトラーの予言本出す一方でユダヤ深層予言だったかで
旧約聖書の予言本出す節操のない野郎だったなwww

176 :本当にあった怖い名無し:2006/02/03(金) 11:49:35 ID:SzqoF8hZ0
礼儀正しさというか、上っ面の礼儀正しさを持ったヤツならごまんと居るな。
ようは、ぶっとい芯を心の中に一本ドーーンともったヤツを見かけないと言うことだな。

ワガママで、ええかっこしいで、
コレをしたら恥ずかしいな、見た目が悪いから出来ないなとか、
こうすることが「常識だから」なんて考えて冒険しようとしない、ヤリもしないのに
やった風な口を利いたり、何でも経験したような気分になってばかりの人間は
多い。>ええ、自分もw
あと、何でもかんでも人に言われないと動けない人間の多さ。
これには呆れる・・・を通り越して、チョイ不安。

全て、親世代から用意された道(塾逝ってお習い事逝って、良い学校に入って
良い会社に行けたらそれだけでもう勝ち組)←をなぞってきているだけだから
いざ、実際にピンチに陥ったときに何の対処も出来ない。
人に泣きつくか、オロオロして辞める(会社を)か、黙っていてエライ損害を
出してくれるか、ヒキるか、自殺か。
・・・・・・日本もそうだが、今韓国も「お受験戦争」で荒れてる様子。

こうやって、自分自身で思い、考え、体験し、自らの体でもって失敗を経て学んで行く
という、経験に乏しい子供達を大量生産して逝くんだなと、考えると恐ろしくなってくるよ。

いかに失敗しないかを教えることに躍起になって、失敗からも学べることを教えなさすぎ。

これでは、エライ人がいったからとかで、ほいほい騙されて国を陥れるような自体になる
確立の方が高いような気がする。だって、自分で考えられないから。想像力に乏しいから。

実験場は、そんな国にあるのかもしれんね。
大人になれない大人の国。・・・・・・やっぱり東アジアかな?

177 :本当にあった怖い名無し:2006/02/03(金) 14:39:19 ID:Ovk0P3oT0
>>176
特に2chではそれが顕著すぎるほど現われているよな。
可愛い子は谷底へ落とせ、って発想が現代にはないというか。
ここ2chで他のネラーと共に2chの大きな流れに乗って
一緒にされるがままになってる奴は間違いなく「ロボット」の仲間入りだな。
反対に2chを見渡して「こいつら当たり前ぶってるが、コレは絶対によくない」
という具合に色んな危機感や間違いを指摘できる様な、
自分をしっかり持っている奴は何に対しても回避できるだろう。



178 :本当にあった怖い名無し:2006/02/03(金) 14:42:19 ID:Ovk0P3oT0
って書いていて思ったが、2chは実験場の一つだったりsうわ、なんだお前やめ絵phさtsf;dgkじゃsd;gjsd;kfjg;khskjj

179 :本当にあった怖い名無し:2006/02/03(金) 15:33:12 ID:UNPgJ7JU0
まあ、意図してそういう類の実験をしてみるには、格好の場所ではあるのかもしれない
が、ここには暗黙の了解で敢えて釣られて楽しむ人間というのも多分にいるので、
結果がある面で成功したとしても、それを鵜呑みに出来るかどうかという点ではかなり疑問でもあるが


180 :本当にあった怖い名無し:2006/02/03(金) 17:02:00 ID:2hQDbHCm0
居なくなったんですよ。
サムライが。

181 :本当にあった怖い名無し:2006/02/03(金) 17:18:04 ID:Jn+qq0yL0
>>179
そうそう。
俺も時にはプロレス会場で周りに合わせて拳を振り上げて楽しむ。
一時的に同化してみないとわからないこともあるから。
一方で友達と話していて、格闘術としてのプロレスを叱咤するときもある。

182 :本当にあった怖い名無し:2006/02/03(金) 23:34:37 ID:hnlLHH/r0
これでドイツW杯でドイツが優勝したら、ナチスにとっては最高の
門出だよな。


183 :本当にあった怖い名無し:2006/02/04(土) 03:51:09 ID:UnYJHfEc0
>>174
ワロスwww

184 :本当にあった怖い名無し:2006/02/04(土) 23:22:02 ID:x6+yZgvR0
ヒトラーは独身主義を最後の一日前まで守り、
普段着の袖裾が擦り切れてきても新調せず、
自宅はミュンヘンの普通のアパートで、党が見かねて別荘を用意し、
自室の家具は質素なベットと小さな机だけで、
禁煙を側近達にに勧め、
豪華な食事を嫌い、草食主義者で、
人を一度で魅了する目をしてて、

こんなに質素で性格の良い人が何で悪く言われ続けるのかな。

185 :本当にあった怖い名無し:2006/02/04(土) 23:22:33 ID:x6+yZgvR0
真冬でも暖房を入れず、
秘書には無理強いな仕事を押し付けず、
ペットの犬を可愛がり、
敵に生首を渡さないために自ら生を絶ち、

こんなに質素で性格の良く古武士みたいな人が何で悪く言われ続けるのかな。

186 :本当にあった怖い名無し:2006/02/04(土) 23:23:12 ID:x6+yZgvR0
ピアノを弾き、ワグナーのオペラ観賞を好み、
読書家で芸術を趣味とし、映画やスポーツの振興をし、
ウィットに富、社交的で、飲酒を好まず、
落第退学や入試失敗と不出来なのに歴史に残る本を書き、
ホームレス画家から国家元首へと転進する強靭な気力を持ち、

こんなに堅実壮健の人が何で悪く言われ続けるのかな。

187 :本当にあった怖い名無し:2006/02/04(土) 23:25:15 ID:XwzF76R+0
ぼんカレーの牛肉が100%だからだよ〜

188 :本当にあった怖い名無し:2006/02/04(土) 23:28:12 ID:Jp+VPPzS0
他国を次々に侵攻し、武力で人を抑圧し、ユダヤ人を虐殺し続けた
これだけで他の良い所は吹っ飛ぶね。
そりゃ、悪くも言われる。

189 :本当にあった怖い名無し:2006/02/04(土) 23:32:25 ID:+BfTQDGY0
うちの兄貴は菜食主義でボランティアに熱心で、会社での
評判もいいそうですが、兄嫁に熱々の味噌汁を頭からぶっか
けたりしてましたよ。

190 :本当にあった怖い名無し:2006/02/04(土) 23:33:37 ID:XOKViC6KO
日本も同じように、したけど。

191 :本当にあった怖い名無し:2006/02/04(土) 23:34:11 ID:2N/d0c4rO
しかし最近は、その虐殺さえ疑問を持たれ始めていると。

192 :本当にあった怖い名無し:2006/02/04(土) 23:56:05 ID:JXX5QYla0
あ、忘れてた。俺の兄貴ヒトラーだったんだけど何か用ある?


193 :本当にあった怖い名無し:2006/02/04(土) 23:56:55 ID:WCF1IU940
アドルフはユダヤ人を一括りしか考えられなかった。
彼の嫌悪したユダヤ人は正確にはイルミナティという拝金主義者集団のことだった。
しかもイルミナティの中心は確かにハザール人だったが決してユダヤ人の組織ではなかった。
またイルミナティはシオニストと協力しているが本来はまったく別の価値観を持った組織だ。
アドルフはイルミナティとユダヤ人の区別がつかなかった。
これはアドルフが誇大妄想狂だったことが原因でもあるが、実は当時欧州全土でもたれていたユダヤ人に対する差別意識が原因でもあった。
植民地主義が当たり前だった欧州人にとって人種差別は極自然な感情だったのだ。
そのイルミナティも欧州派と米州派で覇権争いを繰り広げている。
が、それも終わりに近づきつつある。
最終的に、イルミナティはチャイナゴイムに飲み込まれるだろう。
イルミナティはチャイナゴイムをコントロール仕切れない。

194 :本当にあった怖い名無し:2006/02/04(土) 23:57:42 ID:6gkUC3+O0
>>190
こらこら。
儒教では恩知らずが最低の行為なんでしょ?
ダメだよ。身分解放してくれた大日本帝国の悪口を言うのは。

195 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 00:20:15 ID:NXzXvFpZ0
戦争になりゃ美学も礼儀もありゃしないよ。
クソの投げ合いだ、どちらも臭い汚い
まぁ、無くなる事は無いだろうね。
しかし、この時代まで戦争の悪意を引っ張る事も無かろうにね
今を楽しめないなんて困った地域だね、特亜ってのは

で、ヒトラーはクソを投げずに、事を済ませたいんだろ?
そうなると情報だけって事かな
ネット含めメディアや教育が凶になるのかね。

196 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 01:30:01 ID:8kQ/CFy70
ヒトラーの考え通りに行けば
ヒトラー(アーリア人)か、ヒトラーが言うユダヤ人か
どちらかが世界を支配しコントロールする存在になるって話でしょ?
じゃあ日本人の俺らから見てそれがどうかというと、何とも言えない感じだよな
どっちが悪いって単純に測れるもんじゃないし
日本はどちらかに飼われることに甘んじるのか、敵として戦うことになるのか
まぁ現実としては、最終的に勝利した民族が正しいということになるんだろうけど

197 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 02:25:04 ID:lH6zxBwc0
>>184-186 いい文章だ。

198 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 03:06:32 ID:jmZgZmqz0
>>1
普通にハズレまくりの予言だと思うが?

どこが当たってんだ?

199 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 03:13:48 ID:DawOkvS40
>>198
予言ってのはね
当たってると思う人には当たってる
ハズレてると思う人にはハズレてるように見えるの
そこがミソ
受け取る側がその情報をどう見るかだから
ハズレだと思ってるならそれでいいのよw

200 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 03:37:43 ID:yW+NV2Rv0
ヒトラーの誕生日太陽星座は牡羊座。
守護星は戦を司る火星(マルス)である

201 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 03:47:51 ID:H5bF79Kf0
政治家を小馬鹿にしながら、または過度に誉め讃えながら、信用の置けない医者にかかり、
教育者からは教わるべき物は何もなく、子供達は怯えながら外を歩いている。
税金が上がっても、不景気が長引いても、社会が変わる程の行動を起こそうともせず
バラエティー番組に笑い、連続ドラマに泣き、黙々とパチンコやスロットに金を注ぎ込み、
閉ざされた家庭の中で、中流以上だと思い込みながら、明日もしょうがなく勤めに出かける。
与えられた操作済みの情報の中で、一喜一憂しながら老いていく。「幸せだった」と必死で自分に言い聞かせながら・・・。
とっても、ロボット人間ww


202 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 04:23:44 ID:0QePCJn/0
>>198
>普通にハズレまくりの予言だと思うが?

どこがハズレまくりなのか、具体的に指摘して下さいな。

いろいろな意見を聞くのは大切ですし、

今後の参考にしたいので。。。

203 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 05:01:13 ID:O31uF4bm0
オイこそが 203高地へとー

204 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 06:01:12 ID:mkv/uDjG0
■■ヒトラーの予言──2039年の未来図について

「こうして人類は、完全に2つに分かれる。天と地のように、2つに分かれた進化の方向を、それぞれ進みはじめる。」

こんなのを見て 「すげ! 当たってる!!!!」 なんて思ってる奴は全く歴史を学んでない奴。
高校生以上なら恥ずかしいよ (´・ω・`) ショボーン

205 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 07:17:46 ID:QsKe/HLuO
日月神示と似た点は有りますよね。ヒトラーは最後の一厘は分かってないけど

206 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 07:21:19 ID:Q4hGXtgW0
>>204
そこは2039年以降に関する記載だけど
チンパンジー?




207 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 10:31:48 ID:fre2OJto0
予言本の大定理その1

その本が書かれる時点以前の部分まで妙に当たっているが
その後が当たるためしが無い。



208 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 10:40:09 ID:fre2OJto0
>>202
20世紀末ってそこに書いてあるほど天変地異の時期でしたっけ?
全く記憶にございません。

209 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 10:42:12 ID:nQWiZ2ET0
201を読んで思ったが、社会に疑問もちまくりの日本中のニートが揃いも
揃って超人に進化したら笑えるな。
村上龍あたりにこのネタで書いてもらったら面白そうだ。

210 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 10:48:25 ID:fre2OJto0
人間ってのは、後からストーリーを作り上げるものですわな。
これは、誰でもです。自分自身でもその経験が無い人はいないと思います。

ヒトラーも例外では無いと思います。


211 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 10:51:59 ID:Qo1RIlDwO
>>209
ヒトラーも誰も「ニート」とは言ってないのにあなたはサラリと「ニート」説。あなたは何か知ってるな

212 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 13:32:59 ID:Xr8n14S+0
いや、案外ヒッキーとニートは超人化しそうだな。どうする?第三形態のフリーザみたくなったら。

213 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 13:51:57 ID:RpCIiwkP0
>>200
ものによって牛になってることも多いぞ
正直どっちなのかハッキリして欲しい

214 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 14:32:15 ID:ey2fEh2ZO
預言も予言も当たるの待つんじゃなく当てるんだよ。

215 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 15:55:07 ID:ur7EiA0G0
>>208
天変地異?
そんなこと書いてあった?

216 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 16:12:26 ID:GNDCs9Bv0
>>214
それは、解釈によってですか?

>>215
「…(20世紀末は)たとえ表面はデモクラシーや社会主義の世であろう
とも、実質はナチズムが支配していよう。デモクラシーの国も社会主義の
国も、われわれナチスの兵器を競って使い、殺し合い、社会は私の望む
とおり、強く支配する者と支配される多数者に分かれていよう。それは
天変地異の期間でもある。人類は大自然から手ひどく復讐される。気
候も2つに分かれ、激しい熱と激しい冷気、火と氷、大洪水と大旱魃が
代わる代わる地球を襲うだろう。」


217 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 16:39:03 ID:ey2fEh2ZO
>>216
権力者達が預言、予言に書かれてる事をやるんだよ。
このヒトラー予言も連合軍が入手したって書いてあるし、アメリカやユダヤ達がこの予言を達成しようとしてる可能性もあるかもしれんよ。

218 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 17:01:54 ID:mkv/uDjG0
>>206
そのレスは件の文を読めてないか、一般的な歴史の知識がないか
どちらかを吐露してるのと同じ。

219 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 20:30:05 ID:lH6zxBwc0
>>217 そうそう。

220 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 20:35:28 ID:lH6zxBwc0
ロボット・・ここのとろこは、奴隷とか、労働者とかそういう意味・・・・

221 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 21:33:50 ID:Nh5UNLbwO
株でボロ儲けしてるニートがいるが、そいつらの脳みそは超人に進化(退化?)してるんじゃないか?
ある意味ひきこもりでありながら、労働者の上にたってる


222 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 21:41:11 ID:8kQ/CFy70
超人とか言うくらいだから、もっと上の人達じゃないの?
楽に大金をを稼ぐってだけじゃなくて、そういう経済のシステムを作ったり
大衆をコントロールできたりする位の力を持ってないと超人とまでは言えないかと

223 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 21:44:26 ID:lH6zxBwc0
>>221 超人というのはそういうのではないよ、問題を解決する頭脳を指す。
 
 現代というのは、ユダヤ人のほうに超人が現れて、その結果、彼らの敵である、
 ドイツ人やフランス人や日本人は少子化に追いこまれた。
 日本のニートは、この民族の危機を乗り越えるための超人をそのなかから出現させることができるだろうか。それとも奴隷として滅亡していくのか。




224 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 22:17:00 ID:8kQ/CFy70
少なくともこのままでは、日本は奴隷の方になりそうですな
中華にも西洋にも侵されなかった(今はどうだか微妙だけど)独特な国だったと思うけど
何も支配せず又はされずに孤立するというわけにはいかなくなるでしょうし
日本人て呑気だから、自由や平等という言葉だけを信じつつ気付かないままコントロールされる立場に置かれる事になりそう

225 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 22:27:33 ID:8kQ/CFy70
×有色人種vs白色人種○
×アーリアvsユダヤ○
×日本vsアメリカ○
×日本vs中国朝鮮○

だめだこりゃ

226 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 22:44:22 ID:lH6zxBwc0
>>224 は、日本人か。

227 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 22:53:09 ID:y4CS5onU0
>224
なるかもな。損得抜きに「好きか嫌いか」で判断して
好きなら何もかもに目をつぶる傾向にあるから、
挑発してくる中韓は嫌いだから言うことをそのまま聞いたりしないが
表面はニコニコしてるアメリカに関してはゴニョゴニョしつつ結局従う。
ニコニコしてれば多少乱暴なやり方でも我慢して言うことを聞いてくれる。

228 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 23:01:14 ID:acdwZH+W0
超人類と超古代 新人類と未来 NEUE MENSCH
http://www.medianetjapan.com/2/20/lifestyle/mitwirkende/filename.html

229 :本当にあった怖い名無し:2006/02/05(日) 23:14:44 ID:lH6zxBwc0
アメリカは、日本を、中国や韓国や北朝鮮の下に置きたいのだと、
 NYの記者がいっていた。そいつはユダヤ人なのだが。

アメリカのプロパガンダの「フセインを倒して自由にする」ということばを信じたイラクは、
おろかといえばおろかだが、市民が万の単位で死亡している。

イスラエル様が怒ると、このように市民が米兵に殺される。
ユダヤ人との闘争に敗れた米は、イスラエル様の手足になってイラクの市民を殺戮する。

中国や韓国もユダヤ人との闘争に敗れたので、その指令で日本人を殺す。

超人を出現させるのは、民族を防衛する重要な要素。

アメリカをユダヤ人がのっとった方法は、聖書のエゼキエル書だったか、そのまんま。
知力に劣る米国民をトップにおいて、ユダヤ人はその副官となり実務を動かし知恵も出す。
副長官とか次官とかをユダヤ人が取る。

小さな権限の職種であってもそこにユダヤ人を送りこむことで敵の方向性を支配する。
スターウォーズだと、パダワンを送りこむが、そんな感じ。バックにマスタージェダイがいる。




230 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 00:09:07 ID:OE+cS3p+0
>>217
人災はそれで起こせるかもしれませんが天災は無理ですよ?

231 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 00:11:12 ID:OE+cS3p+0
それで実際ハズレてるし。

232 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 00:19:13 ID:bgvtEX880
>>225
×日本vs中国朝鮮○

ハァ?

233 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 00:29:47 ID:XKMc+FfU0
>>230 聖書にはユダヤ人が堤防を破壊して、洪水を起こして敵民族を滅ぼす話がある。
聖書は、お経と違って、殺戮のノウハウ本。ユダヤ人が大量破壊兵器の開発者に多くいるのは、
そういう宗教だからだ。

それらを含めて自然災害は、ユダヤ人の言う「神の意志」


234 :225:2006/02/06(月) 01:36:17 ID:ez9A40BJ0
>>232
これからそうなることを危惧するという意味で書きました

235 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 01:42:34 ID:7ACnSP6M0
↑そんなこと書くと笑われるよ
中国】広東省、土地争いから隣接する村の住民同士数百人が銃撃戦、20人以上が負傷
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1139132752/

アメリカはともかく、中は分裂は間違いないし、韓朝はもっと落ちぶれていく。
ウォン高、経済制裁、マネーロンダ事件。あの国はそろそろ終わりです

236 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 01:44:05 ID:ayxK5AhB0
>>233
陰謀論者の人たちはそういうことをよく言うわけですが、
ユダヤ系とウワサされる人本人が、自分がユダヤ人だと思っているとは
思えない場合が殆どだと思うが。

そこまで旧約などを信じてる人は独特の恰好してるからすぐ分かりますよ、
道歩いてるだけで・・・。アメリカ大統領や大金融の会長などすぐ
ユダヤ系といわれがちですが、彼らは本当はそんなに自分自身を
「ユダヤ人」だと思ってないと思いますよ、その人たちの
アイデンティティはもはや「アメリカ人」であったりすると思いますよ。
(ただ投票率が高いユダヤ人からの支持率はアメリカ大統領にとって
重要らしいですけど)

ちなみにアインシュタインは別に原爆を発明ようとしたわけでも開発しよう
としたわけでもありません。彼が行ったことは、科学的探究心から
宇宙の真実を解き明かしていただけです。原爆開発を行った人は別の人。


237 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 01:50:00 ID:oOERKSyN0
中国と日本を戦争させようと企んでいる秘密結社が存在する。
奴等は意図的に金融による経済不況を引き起こし、国民に少ないパイの
奪い合いに意識を傾けさせ、国民意識をバラバラにする。
これに乗った日本人は、それに突っ込んで後戻りができない状況になり
つつある。今年中に日本は焼け野原になるだろうと確信している。


238 :236:2006/02/06(月) 02:27:25 ID:ayxK5AhB0
ちなみに、原爆開発を指揮することとなったユダヤ系の科学者
オッペンハイマー博士は、後に核兵器反対の立場になり(←開発を
続けなければアメリカの立場が危うくなるなどの政治的なことは
科学畑一筋の人には分からないですからね)、職を追われました。
それは、マッカーシズムと肌が合わなかったために赤狩りにあった
からです。彼の思想は殺戮などとは正反対で、実は世界平和のために
働きました。



239 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 02:39:01 ID:PYk67NVx0
> そしてオッペンハイマーは、原爆投下は日本に警告なしに行われるべきだ、と主張した。アインシュ
> タインはユダヤの大財閥バルークとともに、京都を原爆の最初の血祭りにあげるべきだと主張したが
> 、スティムソン陸軍長官は、「京都に何ら軍事目標はなく、由緒ある木造寺院が数百ある」と言って
> 猛反対したという。実はアインシュタインとバルークは、京都が日本国民にとって深い文化的意義を
> もっていたというまさにその理由によって、京都の破壊を求めていたのである。

こんな連中ですが。
後で後悔した事にするのは、誰にでも出来ますw
訴えるだけだったからな。安いもんじゃないか。
結局、身の安泰は保証されていた訳だし。

240 :236:2006/02/06(月) 02:45:48 ID:ayxK5AhB0
>>239
それこそ後から出た昔の風説であって、
実際にはアインシュタインは何も関わってません。
239さんはニュースなど読まない方ですか?



241 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 02:49:31 ID:XKMc+FfU0
>>236 は優秀だと思います。ですが、聖書を読んだことがないでしょう。
   日本人は、仏教を理解した上で、キリスト教などを受け入れているので、
   キリスト教やユダヤ教の経典を頭に入れている人々の異常さがわかりにくい。

   京都を破壊するめどがたったので、アインシュタインは、京都を訪れた。
   そういう風にみていくのが陰謀論者。

   日本人は、ユダヤ人を知らないから、おかしな虚像をみてしまう。
   あれは他の民族を積極的に殺すという宗教です。
   仏教とはまったく違うんですよ。

   親切にしたから、仲良く出来る相手だとおもったらば間違いですよ。
  
   アメリカ中枢にいるユダヤ人の簡単なみわけかたは、

    ひげを生やしている・・・
    ○○マンという名前、
    NY出身 

    イラク攻撃を主張したネオコンというのは、ほとんどがこの方法でわかる。
    ユダヤ人はいそうなところにいる。



242 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 02:49:34 ID:PYk67NVx0
>>240
へえ、ソースくださいなw

243 :236:2006/02/06(月) 02:51:39 ID:ayxK5AhB0
なお、原爆開発はドイツでも日本でも行われていたことが知られています。
最も潤沢な資金を設備を投入することができたアメリカが最初に開発できた
というだけのことです。

それから、現在のロケット兵器の基礎を築いた一人といえる
フォンブラウン博士はドイツ人ですね。


244 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 02:52:31 ID:PYk67NVx0
かのマルコポーロの話とかもあるからさ。
ガス室殺人がらみでの。
説を出すくらいは普通なら構わんだろうに、こいつらは圧力を平気でかけてくる。
そんなユダヤ人が信用なんて出来るかよww

245 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 02:53:09 ID:bgvtEX880
>>241
どんどん右に寄れていってるよ。

246 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 02:53:27 ID:ZPf5PVKz0
ああ、ナチだよな。
アメリカはナチ大好きで、ナチの科学者とか一杯受け入れたんだよなぁ。

247 :236:2006/02/06(月) 02:54:43 ID:ayxK5AhB0
>>242
毎日ニュースくらい気にかけてください。というかもうたまにしか
アインシュタインの話題など出ないですけどね。一番最近の記事では
アインシュタイン博士が日本宛に書いた手紙の話題があったような?

248 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 02:56:28 ID:h9IV7Lnr0
>>247
平気で嘘書くさ。
ユダヤ人クオリティだもん。
大量破壊兵器がなくても、攻撃すると決めたら攻撃できる。
そういう米国の中枢にはユダヤ系が一杯。
アインシュタインの本音がそんな手紙程度でわかるかよ。
好意的な手紙だけなら安いもんだw
内情暴露とかないから認められないねw

249 :236:2006/02/06(月) 02:58:12 ID:ayxK5AhB0
>>248

ではお尋ねします。
どちらが嘘でしょうか?

こう考えれば、陰謀論の論理構造が分かるでしょう?

250 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 02:59:14 ID:h9IV7Lnr0
>>249
どちらが嘘か。
実際に原爆投下が行われたし、
大量破壊兵器の存在の確証がないまま、実際には攻撃に踏み切った。

これが現実だ。

だから言うまでもないw

251 :236:2006/02/06(月) 03:01:13 ID:ayxK5AhB0
>>250

??誰が投下したんですか???エノラゲイのパイロット??

252 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 03:02:48 ID:PYk67NVx0
>>251
話をそらすなよ。
エノラゲイのパイロットは命令を受けて投下した。
しかし、決断したのは米国中枢だ。
そして、昔も、勿論今も米国中枢にはユダヤ系がたっぷりいる。

信用できると思うw?

ユダヤ人をw

253 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 03:09:07 ID:sbJIaloS0
236がユダヤ人を好むのは勝手だ。
所謂、あれか、自分の事を失われた十支族とかの末裔とか信じてるクチかも知れない。
秦系ではそういうのが多いらしいからなー。
だが、明治維新でクーデター起こしたのも連中の流れのところだしさ。
心象はどういう意味であっても、

物 凄 く 悪 い w

ま、ユダヤ人に氏ねとかは俺はいわない。
しかし、アメリカかイスラエルかイギリス、あるいはロシア辺りにこもってて欲しいんだよw
正直日本には迷惑なだけだからさ。
お引取りを願いたい訳。
イラネ、これが本音。

254 :236:2006/02/06(月) 03:10:02 ID:ayxK5AhB0
>>252
はなしそらしてるのはあなたですが。質問してるんですよ。
アインシュタインが命令したんですか?それともオッペンハイマーですか?
上の風説は、根拠が娯楽本以外に<全く>見当たらないように思うんですが。

255 :236:2006/02/06(月) 03:10:53 ID:ayxK5AhB0
誰がユダヤ人を好んでるんですか?

256 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 03:10:58 ID:ZPf5PVKz0
>>254
だから、ユダヤ系がその頃から一杯いた米国上層部だ。
何を今更w

257 :236:2006/02/06(月) 03:12:58 ID:ayxK5AhB0
>>256
じゃあアインシュタインの話もオッペンハイマーの話も風説で根拠が無いと
認めるんですね?
あと、ドイツや日本が原爆開発しようとしてたことは?
しかもドイツはアメリカより先にそれ考えてたんですよ?ドイツに
先を越されてはまずいということで進言に基づきアメリカは
原爆開発を急いだというのが原爆開発の歴史だと思いますが?

258 :236:2006/02/06(月) 03:15:30 ID:ayxK5AhB0
ああ、257は、ちょっと風説入ってしまいました。
ドイツが先に考えていたという根拠はありません。


259 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 03:17:17 ID:RX7rhibI0
>>257
わざわざ手紙を書くからには、抹消しなければならない理由があるという事だろ。
あんたの言っているように手紙を書いたのが事実なら、
進言もまた事実だろう。そうでないと書く必要がないからなww

で、ドイツや日本が開発しようとしてたとかはどうでもいいのさ。
威力を既に知りつつ、そして半ば死に体の国に対して、
付け加えれば民間人を標的に二発もぶちこんだ。

これで十分だ。
アメリカの肩を持ってあげる必要もある訳がない。
お前が知っているかどうかはともかく、ロクに軍施設もないのに物凄い大空襲を食らったところは日本には結構ある。
でも、アメリカはそういうことをする国だ。信じる筈がないだろうw

260 :236:2006/02/06(月) 03:19:28 ID:ayxK5AhB0
>>259
ていうかあのニュースで出たやつはそういうんじゃなくて、
ものすごく個人的な手紙に関する話題でしたけど。
日本人の友人宛ての。その家族が出したんだよ。
アインシュタインの自筆だってさ。

261 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 03:22:55 ID:h9IV7Lnr0
自筆?
美しい話だと思う。いい逸話だよな。
でも、俺もその手の文なら結構気軽に書ける。

世界は大英帝国によって進歩への道標を築かれた事を忘れてはなりません。

とか。
簡単だなw

262 :236:2006/02/06(月) 03:23:08 ID:ayxK5AhB0
アインシュタインのやったことってのは、
物理の研究しかないですよ、相対性理論の発表とか。
政治的な役割なんて何にも果たしてない。
有名人だからあんなこと言ったこんなこと言ったといわれるだけで
政治的判断なんて出来るような人物じゃ無い。


263 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 03:23:59 ID:bgvtEX880
ユダヤの手先が湧いて出てきたって事は余程、
この予言が彼らにとって都合悪いのかねぇ。
どうぞどうぞ、このままこのスレで激しくバトルを繰り広げてください。
その代わりもっともっと激しくやり合ってね。
中途半端は見ててつまんないから。

264 :236:2006/02/06(月) 03:24:00 ID:ayxK5AhB0
>>261
いくら言ったってあんたの話は風説集めただけだよ。

265 :236:2006/02/06(月) 03:25:17 ID:ayxK5AhB0
>>263
出た〜w
お臍でお茶が沸きますw

っていうかあんたがナチの手先かなんかなんじゃないかwwww

266 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 03:26:43 ID:bgvtEX880
>>265
興奮気味に連投している君はとっても滑稽だよ。
俺?俺は別にユダヤ人嫌いじゃないよ。てか興味ない。
いいからオモロイから続けてちょ。

267 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 03:27:25 ID:PYk67NVx0
進言自体には政治的判断なんて必要ない。
政治的判断が必要なのは、政治家というか、その周辺のスタッフだ。
アインシュタインは反対運動はしても、
そういう意見を表明するだけだった。
片方で物事を推進させ、片方でそれを押し留める。
そうやって何をしたかわからなくさせる。
ロシアでユダヤがやった事だろ。
革命家に金を貸して革命させて、自分達は自分達で西側陣営の資本主義経済で仕事をする。
ソ連の金の出し入れの管理をして手数料を取って儲ける。
くっだらねw

268 :236:2006/02/06(月) 03:28:32 ID:ayxK5AhB0
>>267
アインシュタインの進言じゃないですよ?

269 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 03:30:48 ID:RX7rhibI0
>>268
ttp://homepage2.nifty.com/einstein/contents/relativity/contents/relativity1.html

悪いけどな、大体どこを見てもこういう話しかないんだよ。
あなたの書く「誠実で優しいアインシュタイン像」は調べれば調べるほど、
殆ど見当たらない。

270 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 03:33:21 ID:3pMa/Vvx0
>>239 を読むと、なんてユダヤ人ていううのは偽善者であるか、よくわかるね。
オッペンハイマーもアインシュタインも良心のひとかけらも無いくせに、
世界平和などと抜かして。

仮に>>239が虚実だとしても、ユダヤ人科学者が広島長崎における大量殺人に
直接的に関わったという事実は、覆しようのないことだよ。

東京大空襲を指揮したのもユダヤ人カーチス・ルメイだし。

政府の命に背いてユダヤ人の亡命に手を貸し3000人の命を救った杉原千畝なんて
外交官がいたが、名誉回復させたのは大間違いだね。

271 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 03:35:55 ID:3pMa/Vvx0
一つ気が付いた。このスレにユダヤ人のハーフが少なくとも一人混ざってるな。

272 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 03:36:10 ID:bgvtEX880
>>270
まぁ彼は彼で、彼のやった行為自体は人間的に褒められるべき事だけどね。
例えユダヤ人じゃなくて他の民族だったとしても彼はビザを書いただろう。

273 :236:2006/02/06(月) 03:37:52 ID:ayxK5AhB0
>>269
そのページのいったい何処に京都を原爆で血祭りに上げろといったと
書いてあるんですか?長すぎて、読むのが面倒で。



274 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 03:39:00 ID:RX7rhibI0
>>273
はぁ?

275 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 03:39:42 ID:h9IV7Lnr0
詭弁のガイドラインがそろそろ必要だなw

276 :236:2006/02/06(月) 03:41:12 ID:ayxK5AhB0
っていうか、せいじつでやさしいアインシュタイン像なんて
俺は描いてるつもりが全く無いですが。

大量殺戮思想のアインシュタイン像がうそ臭いって言ってるだけですがね。

277 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 03:41:38 ID:bgvtEX880
真っ当な意見と見せかけ、実は詭弁で論点をはぐらかす輩が多々おります。 
皆様も以下の「詭弁の特徴15条」を覚え、そういう輩を排除しましょう。 

例:「犬ははたして哺乳類か」という議論をしている場合、あなたが 
「犬は哺乳類としての条件を満たしている」と言ったのに対して否定論者が… 

 1:事実に対して仮定を持ち出す 
  「犬は子供を産むが、もし卵を生む犬がいたらどうだろうか?」 
 2:ごくまれな反例をとりあげる 
  「だが、時として尻尾が2本ある犬が生まれることもある」 
 3:自分に有利な将来像を予想する 
  「何年か後、犬に羽が生えないという保証は誰にもできない」 
 4:主観で決め付ける 
  「犬自身が哺乳類であることを望むわけがない」 
 5:資料を示さず自論が支持されていると思わせる 
  「世界では、犬は哺乳類ではないという見方が一般的だ」 
 6:一見関係ありそうで関係ない話を始める 
  「ところで、カモノハシが卵を産むのは知っているか?」 
 7:陰謀であると力説する 
  「それは、犬を哺乳類と認めると都合の良いアメリカが画策した陰謀だ」 
 8:知能障害を起こす 
  「何、犬ごときにマジになってやんの、バーカバーカ」 

278 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 03:42:18 ID:bgvtEX880
 9:自分の見解を述べずに人格批判をする 
  「犬が哺乳類なんて言う奴は、社会に出てない証拠。現実をみてみろよ」 
 10:ありえない解決策を図る 
  「結局、犬が卵を産めるようになれば良いって事だよね」 
 11:レッテル貼りをする 
  「犬が哺乳類だなんて過去の概念にしがみつく右翼はイタイね」    
 12:決着した話を経緯を無視して蒸し返す 
  「ところで、犬がどうやったら哺乳類の条件をみたすんだ?」 
 13:勝利宣言をする 
  「犬が哺乳類だという論はすでに何年も前に論破されてる事なのだが」 
 14:細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる 
  「犬って言っても大型犬から小型犬までいる。もっと勉強しろよ」 
 15:新しい概念が全て正しいのだとミスリードする 
  「犬が哺乳類ではないと認めない限り生物学に進歩はない」 

279 :236:2006/02/06(月) 03:43:34 ID:ayxK5AhB0
ていうかアインシュタインの大量殺戮思想ってどっから来たかも
分からん話なんですが。原爆が落ちたからってんじゃ、
風が吹いたら桶屋が儲かったというような話ですね。
説明責任はそんなこといってる奴にあるんじゃないの?

280 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 03:49:31 ID:6eSjl9e00
内容:
>>1
>『永遠の未成年者集団』というのは、もちろん、死ぬまで大人になりきれない人間
たち、ということだ。そんなことは、厳しい正常な社会ではありえない。だからそう
なる背景には、甘やかされた異常な社会が当然ある。その中で、同じように大人になり
きれない親に、愛玩動物のように育てられるため、子どもも成人しても真の大人になれ
ないのだ。
>支配者が笑えと言えば笑い、戦えといえば戦う『無知の大衆』『新しい奴隷』も増え
ていくのだ。」
>他方、何百年かかっても絶対に払いきれないほどの借金をかかえ
>しかも東方が巨大な実験の場になる……そこに新しいヨーロッパの社会秩序が生まれ
るのだ」
まさに日本のことだったな。後6年で終わるが。
イエローモンキーどもを隔離し、日本と言うアリエナイ嘘の文明国を作り存続させる為に、全ての欧米先進国が一致団結していた。
勿論、ヒトラーが書いたんじゃない。ホウスホッファーだ。
知的能力の低い売れないが画家が一国の宰相になどなれる訳なかろう。
だが大事な所は省いてある。
小泉が徴収しても年金など払わない。自衛隊は軍隊にするとはっきり言っても何も反抗しない。
欧米が完全に葬れる小泉のゴシップを報せてやっても、排除する為に法治国家の国民の権利を一切使わない。
もはや司法機構が消失しているのに。
現時点でも日本と言う島の数年先の未来は奈落の底である事は明白なのに
当然の行動が出来ない隔絶された大きな島にいる大人でない大人達。欧米先進国を筆頭に世界全てが(・∀・)ニヤニヤで静観している。

281 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 03:52:45 ID:bgvtEX880
なんかホロン臭いな。

282 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 04:31:03 ID:PRX77krs0
原爆を大量殺戮以外に何に使うのやら、、、
ユダヤ製作の原爆はキレイな原爆、ですか、、、

283 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 06:35:41 ID:hpSOxjPGO
色んな工作員がいる釣り場だな。

284 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 06:41:15 ID:KYqhgSLM0
熱核反応兵器なんてないよw
原子炉と言いふらしてるだけの純ラジオアイソトープの単なる貯蔵容器内でウラニウム92から原爆の原料プルトニウム94の重い原子が
出来たら、それは核分裂では無くて核融合だw

>超テレビで監視され、働かされ、戦争をやらされ、税金を払わされている。
>しかし、なぜそうしなければならないかは、教育される段階で「ものを考える力」を
>奪われてしまっているため、民衆には何もわからない。話す言葉も、政府が決めた言葉
>しか使えない。政府が決めたものしか食べられない。政府が決めたことしか考えてはい
>けない。死ぬときも政府が決めた通りに死ななければならない。

こんな馬鹿でも分かる単純な事もわからなんてまさに↑の通りだなw
広島・長崎に投下されたのはトリニトロトルエンの複合型火薬に過ぎない。
石原莞爾の最終決戦兵器はこれの事か、もしくは欧米がやり続けて来た、今の情報過多によるマインド・コン
トロールのことだろう。
先進国が見せた水爆実験は単なる映像に過ぎない。
もし、あれだけ夥しい数の核実験を行っていたなら、放射能による海洋汚染は海流に乗って
瞬く間に全世界中に広まり、とっくに地球は死の星だw
ビキニ環礁が溶け捲った海底の映像なんて一回も見たこと無いだろ。

285 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 06:49:04 ID:KYqhgSLM0
>広島・長崎に投下されたのはトリニトロトルエンの複合型火薬に過ぎない。
あれが原爆とやらだったら、たった4,5年で原爆ドームに草木が繁ってくる筈ないだろw
今でも広島市も長崎市も足を踏み入れたら一瞬にして被爆症となる死の街の筈だ。
それに日本は日本は人間も含めたあらゆる生物が、奇形となって全て生まれてこなければならない。

286 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 07:22:26 ID:2cKJcq2v0
>>282
だから、ドイツも日本も作るつもりだったってば。
ほんとになんでそんなにバカなの?


287 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 07:28:28 ID:N35N+Vov0
http://www.mbe.doe.gov/me70/manhattan/index.htm

288 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 07:38:33 ID:5Ry1EZkY0
>>287
だから、ドイツも日本も作れないてw
アメリカの正当化のデマなんだからw
ドイツもイタリアも日本も、今のアフガンやイラクと何も変らないんだからw
戦争行為って言うの計画的なゴミ掃除なの。
ほんとになんでそんなにバカなの?

289 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 07:44:21 ID:N35N+Vov0
http://www.kanazawa-it.ac.jp/dawn/191601.html

290 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 07:55:23 ID:Z8lrIJc/0
>>287

>教育される段階で「ものを考える力」を
>奪われてしまっているため、民衆には何もわからない。

291 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 08:46:29 ID:2cKJcq2v0
>>288
おまえは議論するために必要最低限の知識が無い。
ちょっと勉強しれ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%81%E7%A7%91%E8%8A%B3%E9%9B%84

292 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 09:06:53 ID:2cKJcq2v0
ちなみに戦争が終わってGHQが来た時には日本にいくつもの加速器が
完成されてた。ビビッたアメリカはそれらを全部破壊したので、
おかげでその後の研究は遅れた。(アメリカの科学者の間でも
その破壊は非難轟々だった。)


293 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 14:14:38 ID:Ia/MbcnA0
>>241

でにす=ろっどまん
・・・・・ワルがママに・・・・・・・・




いえ、書いてみたかっただけです。
ゴメンナサイ

294 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 18:37:53 ID:6A1Um6nG0
>>292
いや、「いくつも」というほど加速器はなかったろ、当時の日本には。
しかも空襲で焼失してるし。
たしかに理研の核関連施設はGHQの命令で接収されてるけどな。



295 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 18:38:00 ID:NBcfa/Nl0
くそユダヤの工作員っぽいのがいるなw

どうあがこうがこの流れは変わらないし もういいじゃねぇか お前らの勝ちだ ユダ公

いまさら隠蔽も何もねえだろ
バレたところで変えられんよ 今更

2039ってのはバッサリ100年後って事だろ たぶん大まかな数字だな
21世紀前半と見るのがいいかもな

296 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 20:11:43 ID:2u1CpBKW0
最後に勝つのはユダヤじゃない。
チャイナゴイムだよ。

297 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 20:17:22 ID:hdQjKFbR0
>>292
そんな物はない!
まさにお前等はこれだ↓
>教育される段階で「ものを考える力」を
>奪われてしまっているため、民衆には何もわからない。
日本には明治の初期からユニバーシティ・カレッジと言うものが一つもない。
過去から現在に至る迄すべてのイエローモンキーが江戸時代の寺小屋の頭だ。
お前らイエローモンキーどもだけ知能がミミズ並に低すぎるんだよ
もう欧米キリスト教国家が日本にやり続けて来たバレバレの
世界一コケにし捲った粉飾誉め殺し行為すらも分からないぐらいにな
あのなぁ全世界のバチェラー保持者は10センチ以上もある分厚い学術
専門書20冊以上3日で何から何までページ数すらも全部頭に叩き込んで、毎回
の講義に臨み2日でレポート1000枚近く都度作成提出。毎日この繰り返しで
全単位履修する訳な。
そういう類のが世界の知的労働者達全員のお仕事なの。
お前らの言う博士、修士、学士と言う事にしておいてやっている世界一知惠遅れ
の猿どもの中で誰がそれを出来るんだ。
ごく僅かな数の出来る日本人達は全員、日本の学士資格とやらの肩書きが付くのが死ぬ程嫌でさっさと
編入してくるぞ。
いい加減に身の程を知って、ありえないお前達の中学生並の妄想世界の終わりに気付くんだな。
お前達の財なんてこの地上にはびた一文ないんだからな。

298 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 20:23:47 ID:qYaRkPsfO
>>297
とか言いながら日本語必死で勉強したのね。カナダの心理学者が人種別知能テストの結果を発表したのが白人には耐えられなかったのね。黄色人が一番だったから

299 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 20:27:03 ID:hdQjKFbR0
>>292
そんな物はない!
まさにお前等はこれだ↓
>教育される段階で「ものを考える力」を
>奪われてしまっているため、民衆には何もわからない。
日本のハリボテのインダストリーは戦前はイギリス、戦中はドイツ、現在はアメリカが手取り足取りで
世界一の知恵遅れどもに、ただ訳分からず作るだけの奴隷をやらせてきたに過ぎない。
ドイツはヒトラーなどが指揮していた訳ではない。
実質進めていたのはユルゲンスやホウスホッファー達だった。
お前達は猿どもは欧米が流布しているはっきり分かる嘘でも、思考停止で全部信じる。
欧米が公開しているドイツの度肝を抜かす兵器は全部無かった。
全部欧米が作っていた物ばかり。
お前はX2ロケットが飛んでくるのを直に見たのか?
ジェット戦闘機Me262が二次大戦時の空を高速で飛ぶのをハッキリ見たのか?
見れる訳が無い。今のヨーロッパの年寄りの大衆達もそうだ。
あとからの公開メディアによって後付をしただけだ。
今でもイラクや北鮮に大量破壊兵器があると嘘をつく。
圧倒的に弱い存在を一方的に叩いて自分達の同胞ではない同胞も大量処分していた事実が
分かるようでは戦争に見えないからだ。
全部メーソンすら顎下に見下す知的階級が計画的に進めていた。
建築機械も設計システムも電算処理マシンも無い紀元前から,石による巨大建築物を作り続けて
きた彼等がどれだけ知的能力が飛び抜けて高いか分かるだろ。それぐらいは。
教科書に載っている王達も彼等には逆らえない。彼等が本当の意味での王族だ。
現代は奴隷達が王族の顔どころか存在すら拝めない時代になっていたと言う事だ。
そして今でも指揮しているのは彼等だ。




300 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 20:29:10 ID:hdQjKFbR0
>>298
>教育される段階で「ものを考える力」を
>奪われてしまっているため、民衆には何もわからない。
↑お前はコレだな。

301 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 21:07:12 ID:NPtegBRW0
>あのなぁ全世界のバチェラー保持者は10センチ以上もある分厚い学術
>専門書20冊以上3日で何から何までページ数すらも全部頭に叩き込んで、毎回

関係ないが、↓を思い出した
http://x51.org/x/05/12/1952.php

302 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 21:13:48 ID:aiwcpe5t0
ユダヤうぜー!!!
ここはヒトラー様のスレなんだよ!

それにしてもユダヤ人って挑戦的ですね。
以前、何気なく貼り付けられていたスレを覗いたら、IQに関するスレで、
アイルランド出身だというユダヤ人が大暴れしてた。
汚い言葉で日本人や日本の歴史を罵るものだから「チョンだ」「白丁だ」と在日疑惑を持たれ、
「チョンじゃなくてユダヤ系白人なら画像をうpしる」みたいな流れになって、
それに応える形で手の画像をうpしてた。

303 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 21:20:40 ID:QcyYESpe0
06.1.30 AERA
漫才師
水道橋博士
ルポ芸はたけしをこえるか          文=木村元彦

小野正芳は水道橋博士になっていった。
 変貌の過程で、幾つかの通過儀礼があった。水道橋には「人を殺してしまったんじゃないか」
と思う記憶がある。
 18年前、新宿で飲んでいた芸人仲間から泣きながら電話が入る。180センチを優に
超える大男と揉めて助けを求めてきたのだ。161センチの男は受話器をを置くや否や
部屋を飛び出した。店で相手を確認し、外に出て歩き出したところをマフラーで首を絞めて
引きずり倒した。仰向けにして顔面を石で殴り続け、動かなくなってその場を逃げた。
 それは、終始穏和に周囲に接する今の水道橋からは想像もつかない狂気の時代だった。
 「自分にとっては血の総入れ替えの時期でした。『芸人とはこうあるべきだ』と。あいつは
勉強のできる奴だ、真面目な奴だと仲間に思われたくなかった。あの頃は、喧嘩に対して
一番槍じゃないといけないという気持ちがあったんです。」
 反作用であったとも言えるだろう。それまで喧嘩ひとつしたことがなかった男が何かに
取りつかれたように暴力沙汰を起こし続けた。酒場で揉めた女性を殴り重傷をおわせ、
舐めた態度を取った弟弟子には自宅まで乗り込んで顔が2倍に腫れるまでシバキまくった。


304 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 21:35:33 ID:mJPDEm820
なんでこんなに荒れてるんだ?
そーいや前スレにあたる
「ヒトラーとオカルト2」も何故か需要あったのに落ちたよな。

305 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 21:39:19 ID:ez9A40BJ0
>>297
>2日でレポート1000枚近く都度作成提出
1日でレポート約500枚
20時間で約500枚と考えて
1時間で約25枚
3分で1枚以上

スゲーっすね白人って

306 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 21:47:50 ID:n4xXbWB40

【黄教授】国際科学界で韓国の信用が失墜。
     論文掲載拒否や韓国人科学者との接触禁止令も
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1137085431/

【韓国】「黄博士に研究を続けさせよ!」20代男性、抗議の焼身自殺
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1139022700

【韓国】”アイデアとして採用される可能性も”黄教授チーム、
    患者対応型ES細胞の国際特許を出願
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1139033561/

【韓国】韓国のニート(NEET)は121万4千人、若者人口の8.4%
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1138805514/l50



307 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 21:52:10 ID:22hnUstf0
【米韓】米知識人層の反韓感情が最近は嘲弄まじりに。
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1130455601/

【米韓】ヒラリー氏「韓国がかつて米国から受けた支援を
     忘れてしまった。韓米関係は歴史的忘却の状態」
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1130315742/l50

【中国】英紙「インディペンデント」記者、毛沢東政権の大飢餓時代の真相を暴露 
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1138287829/

【米中】米軍、太平洋戦力を増強へ 中国意識、国防戦略で
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1138274755/

【国際】メルケル首相、「関係修復」を宣言…「ルールに従わない」中国への対応で連携
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1137211231/

【中国】米国ハト派が中国脅威論、中国紙「米こそ覇権主義」
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060128-00000000-scn-int

「ニセモノの7割は中国製」EU各国税関が共同声明
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051114-00000003-scn-int


308 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 22:09:54 ID:XJSWLhjo0

ヒトラーさん ステキ☆

309 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 22:46:20 ID:E/jRlcbk0
>>305
白人は昔からタイプライターで物を書くからな。

310 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 22:56:18 ID:R/2PytCG0
ユダヤの手先つーより
これ以上若者を無気力にさせないため
お国からの情報操作だったりして


311 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 23:06:10 ID:tiev5C510
>>299
あの〜、V2ロケットは多数のロンドン市民が、
ジェット戦闘機は多数の連合国パイロットが目撃していますが…。
当時のジェット戦闘機の設計図は日本には流れていますよ…。(橘花、秋水と呼ばれた試作機がある
てか、当時はアメリカとイギリスもジェット試作機が存在した。
これらは加速器とか大量破壊兵器とは違います。

312 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 23:07:25 ID:tiev5C510
日本にも流れています、だった。
橘花、秋水はドイツ機のコピー機やったけどね。w

313 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 23:12:13 ID:82XohUrK0
>>299
彼らって誰?
ものすごくあほなこと聞いてるのかもしれないけど、
彼らって人間なの?

314 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 23:29:26 ID:wIHPOlN30
>>304
そうなんだよ。前スレに当たるスレはなぜか落ちた。
これぞオカルトだと思った。

315 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 23:40:17 ID:GAJaBHUA0
「在日」「部落」に次ぐ新たなタブーの誕生か・・・

316 :本当にあった怖い名無し:2006/02/06(月) 23:46:21 ID:ZdJZru9W0
関係ないけど、日本のジェット戦闘機ってブレードを溶接して固定させてたから
ブレード破損しまくりんぐで、なかなか実用化出来なかったんだよね。

一方ドイツは嵌め込み式を使った。

317 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 00:55:05 ID:Lz93jXoe0
>>297 は、日本人だと思う。これを白人をかけるほどの知能はない。
  また、白人はあんまり勉強しない。

318 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 01:03:48 ID:Lz93jXoe0
訂正、白人を→ 白人は 



319 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 01:07:40 ID:Lz93jXoe0
このスレは、本当に勉強になったいいスレ。

ヒトラーと戦後東西ドイツがどこを間違えたのか、このスレを読んでやっとわかった。


320 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 01:19:22 ID:JTRRSGuR0
>>317-319
自演乙。日本語もっと勉強してから書け。


なぁ、お前ら。何でこんなに工作員湧いちゃったんだ?
スレ前半のマターリ進行していた光景は何処へ行っちまったんだよ。

321 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 01:29:52 ID:y2YorJ1k0
>>313
そっちの方が、真実がさっぱり分からない気が付かない愚民どもより知的生命体:人間だな。
オマエがあの時代でパルテノンや嘆きの壁の本来の神殿を作ってみろ!
ピサの斜塔すら作れまい。
つか、もしあれが現代建築だったら、とっくに倒壊している。
ピラミッドに驚嘆するとの同じ位もっと驚嘆する物が近世にゴマ―と在る事実
をスルーしている時点で、完全に思考能力を奪われたロボット人間。
低俗なマスコミが騒がないから正常?そんな事は全て無いって事だ。

322 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 01:31:53 ID:Lz93jXoe0
>>320 いやすんません。手がかじかんでいただけなんだが。
 結局、ヒトラーが本当に天才だったら、ドイツ民族が本当に優秀なら、
 ソ連には負けないし。機械のロボットを予言していたように文章をつくって関心をひいても、
 それを日本民族が作っていることを考えると、ドイツ民族はだめだめじゃん。

  

323 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 01:34:17 ID:Lz93jXoe0
>>321 おれそういうの詳しいから説明しようか。

324 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 01:38:27 ID:KE1ZLBiy0
>>323
地震が無いから残っていると言うのだろw

325 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 01:40:49 ID:aZOO+0r/0
>>311
>あとからの公開メディアによって後付をしただけだ。


326 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 01:44:46 ID:Lz93jXoe0
まともに古代文明を研究した世界の学者であれば、日本をバカにするようなことは、
ないわけです。

古代文明にはいろんな制限があるわけですから。

日本にはパルテノン神殿がないじゃないかといえば、それは地震が多い特別な土地だからだ。
ちゃんと説明がつくし、幕末に日本にきた外人たちが祖国にそのようにレポートしている。
彼らはなぞの日本文明を、文明人として調査しにきていたわけだから。

俺がこういうのも、スーファミのシヴィライゼーションが好きだったというのが大きいのだが。
戦後GHQとか、米大使館が流していた謀略宣伝と違って、日本は常に評価されているものだよ。

他の文明や、他の国は、もっとしょぼい歴史しかないですし。

327 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 01:52:08 ID:Lz93jXoe0
>>324 すごいね。でもおしかった。日本ではそもそも石材建築の技術が育つ余地がない。
 豊富にある資源である木材を、金属の道具で使えるようにするとか、そういうのが
 日本の古代文明のスタートになる。
  
 シヴィライゼーションUだと「サムライ」が登場します。
 それぐらい、説明が難しいのが日本独自の要素。
 
 似たような武器をもったイスラムは西洋の支配下に入っていたのに、
 サムライだけはそうならない。そしてそれが明治維新によって西洋化され、奴隷化されたアジアアフリカを開放していくわけです。

 文明と人類の英知そのものなんですよ、日本人は。
 だって、海で隔てられている地域に文明を起こすのはどう考えても難しく、
 日本と同じような手で入ってこられたオーストラリア・アステカ・インカあたりは、
 武器の差と交渉力の差で、見事に民族が奴隷化したほどです。



328 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 02:17:52 ID:JP7j/YVG0
なんか勘違いしているけど巨大な遺跡が機能している時代には
どこも緑豊かな土地だったんだがね。
文明が発生する地は全て砂漠化する。
今でもそうだが馬鹿げた農地利用をするからだが。
まぁ餓鬼宜しくおもちゃで遊んでる知障どもには分からないがな。

329 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 02:22:53 ID:HaZVjrFK0
へ?砂漠って文明のないところにはないの??
おもちゃで遊んでるからわからな〜い

330 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 02:31:23 ID:Lz93jXoe0
>>328 は、口は悪いが、たしかにそうだな。
  日本は特別なんだ。そう、特別に雨が多く降る土地。
 山脈を湿った空気が越えるときに雨や雪を落としていく。ゆえに、水には困らないし、
 木材にも困らない。

 こういうのは他の地域にはあまり無いメリット。
 

331 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 02:48:22 ID:Lz93jXoe0
ピラミッドについては、俺は独自の説で説明できるが、ここではいわないでおく。
結局ね、木の棒で農作業をしていた文明らしい答えになる。
エジプト文明に関しては、英仏の考古学者や、みやげ物屋がいろいろ細工をした結果を
現代人はみているので、あまり信用しなければ、本当の姿もみえてくるだろう。



332 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 03:03:46 ID:Lz93jXoe0
米のゲームのシヴィライゼーションは、SF作家HGウェルズ著「世界史概観」をもとにしているので、
その本のおかしい認識がそのまんまゲームになっている。ただ、アメリカ人の世界観を理解するにはいい。
日本文明無しというのが、アメリカ人の1990年ごろの日本への憎悪の表れとか、
アメリカ人が世界の人々をいかに憎んでいるかを理解するにはいいゲーム。


砂漠といえば、地殻変動が起きても、おそらく日本は雨には困らないので、
数千年のちも日本には文明が維持できているだろうね。



333 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 03:11:03 ID:Lz93jXoe0
【研究】 "東京・小型原爆テロ"なら約29万人死亡、"新型インフルエンザ流行"なら日本で50万人死亡…米社予測
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1139198600/l50

市民を大量に殺す計画をたてるのは、アメリカ(アメリカ人)ぐらいだと、
アメリカ人にだれか気がつかせてやらないと、米の攻撃が本当に起こるぞ。
たぶん、日朝協議にあわせて国務省がながせといったのだろうが。


334 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 03:21:07 ID:rIIXOQPxO
白人の前世はたいてい黒人なのに白人は知らないんだよ

335 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 03:28:53 ID:Lz93jXoe0
ゲームといってバカするけど、「シヴィライゼーション」が米の知識人で流行った結果として、
「文明の衝突」という本がかかれた。
その本が売れて米の国策として、他の文明を敵視するものになっていった。
イスラムなんかは、特に敵対する理由が無かったのに、CIAが自作自演でビンラディンを
動かしていたら、やがて米の敵はイスラムになった。

NASAが宇宙人がいるとうそをついたらば、国家予算で宇宙人を探すようになるほど、
アメリカ人はフィクションと現実の区別がつかないというのもあって、現実を大きく変化させる。
なんといってもワシントンも、ヒューストンの宇宙センターもハリウッドもアメリカ人はいったことがないので、
テレビで言ったことを信じるしかないのだし。



336 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 03:35:27 ID:0v/mgzhf0
ツィンツィンシュッシュ^^;

337 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 03:56:39 ID:0fzJtewQ0
予言云々についてはまだ読んでないけど、

>>1
>ヒトラーの予言(完全オリジナル・バージョン)
>http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha400.html

でさ、

>「ニーベルンゲン復讐騎士団」が生まれたのもこれがきっかけである。
>彼はその日、とりわけ興奮して、このオペラの「ジークフリート」の幕を
>見ていたが、美しいクリームヒルトが血をすすって復讐を誓うシーンに
>なったとたん

これウソ。オペラ「ジークフリート」ではまだジークフリートはなない。
死ぬのは「神々の黄昏」。
ついでにワーグナーオペラでのジークフリートの妻はブリュンヒルデ。
ニーベルングの歌とそれをモチーフに作られたニーベルングの指環が
簡単に混同されてるあたり、作者を疑わざるをえない。。。orz

338 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 04:02:05 ID:JTRRSGuR0
やっぱ所詮、五島なんだね。

339 :337:2006/02/07(火) 04:05:14 ID:0fzJtewQ0
誤記訂正

× : これウソ。オペラ「ジークフリート」ではまだジークフリートはなない。
○ : これウソ。オペラ「ジークフリート」ではまだジークフリートは死なない。

スマン。。。orz

340 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 04:23:32 ID:knUsCi+cO
ヒトラーは天才ってゆうか頭の回転が早くて知的で冷酷な人間だったろうな


341 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 06:18:11 ID:NCHvYe7A0
お前等は人間が地球環境を壊さずに存在できる数は、1千万ぐらいだと覚えておいた方がいいな。
今地球は30億にも及ぶ人間でもない異形どもが、地球に要らないモノを大量に産み出し続けている。
人間が地球の癌なのではなく、出産するこの異形どもが癌だった訳。
反対に人間の男達はその個体数を減らしていった。
勿論、有りもしない熱核反応兵器ではなく、この地球のシステムエラーが地上の大問題だった訳だ。
あと6年で宇宙と言う女性の手助けが地球に入る。
だが、もう手遅れであれば見捨てる。
その為の起死回生として、日本などと言ういぎたない中坊の妄想世界を大金かけて作ってきた訳だ。
なぜ欧米がイスラムを叩いていたかと言うと、ナザレのイエス以上の存在が出現しているのに其れを
隠匿してしまったからだ。
この異形どもは炎に強く大好きだからな。
イスラム教はそれとペアで使わないと逆効果だと言う事だ。
ま八百万の神すら捨てたイエローモンキーどもには関係ないか。

342 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 06:29:45 ID:rHVjnB9P0
この異形どもは炎に強く大好きだからな。

この異形どもは炎に強く炎が大好きだからな。

ま、プラズマの炎だと思うほど馬鹿はいないと思うが。

343 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 08:12:21 ID:7YfLNADY0
>>322
アメリカだってベトナムに負けたりもした。

344 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 08:37:10 ID:Tj1RhqbC0
超人化した証ってあるのかな。遺伝子レベルからの変化なら、例えば
目や全身の毛という毛が突然緑色になったりとかも可能性のある話だな。
でもそうしたら緑のコンタクトを入れたり髪を緑に染めるという紛らわしい
奴がたくさん出てくるはずだな。
そういう分かりやすい話ではなくて、あくまでも内面の問題なんだろうか。
凄いことをやった奴を結果的に、あ、あいつは超人だったんだな、という
認識をするというか。

345 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 10:51:17 ID:eFfYWcoZ0
>その代わりに人類は、苦しまぎれの突然変異で、救いの超人や神人を生み出す。
>彼らや彼女たちは、知能が数次元高いだけではない。外見は人間とあまり
>変わらないが、人間にとっては危険な、どんな毒や殺人光線を浴びても生きて
>いられる。神経も内臓も、人間と違う次元に進化してしまうのだからね。」


少しは外見も変わるようだよ。

346 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 13:05:02 ID:Xq8LnXxB0
外見は変わるよ。
街を歩けばわかるが、Mr.スポックみてえなやつが増えているだろ?

347 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 13:28:17 ID:GfvhPC6c0
>>322
そこで登場するのが「ヒトラー、わざと負けた説」ですよ。

●ダンケルクの奇跡
ドイツ軍はフランスのダンケルクに33万人の英仏連合軍兵士を追い詰めて包囲。
しかし、何故かヒトラーは追撃命令を出さず、33万の英仏連合軍はまんまと脱出に成功。
●ソ連侵攻
ソ連とは独ソ不可侵条約を結び、共同で東欧を侵略した仲であり、大量の資源を輸入していた。
大日本帝国のように追い詰められてはおらず、攻め込む必要性など無かった。
●アメリカに対して宣戦布告
大日本帝国がアメリカに対して宣戦布告すると、ヒトラーは喜び、アメリカに対して宣戦布告した。
日本が宣戦布告したからといって、ドイツも宣戦布告しなければならないという取り決めなど無い。
当時のドイツはソ連に対して劣勢になりつつあり、アメリカを敵に回す余裕など無かった。
また、当時のドイツはアメリカ本土を攻撃するための海軍力も持っていなかった。
●スターリングラード死守命令
スターリングラードに冬が近づいてきた。ドイツ軍将校たちは撤退を進言した。
しかし、ヒトラーが出した命令は「死守せよ」というものだった。
この戦いに大敗した事により、戦局が変わった事はあまりにも有名。
●ノルマンディー上陸作戦
ドイツ軍将校たちは「カレー上陸」を予想していた。
だがヒトラーは「ノルマンディー上陸」を事前に完全に予想していた。
それにもかかわらず、何の手も打たず、まんまと上陸されて東西から挟み撃ちされることになった。

348 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 16:48:54 ID:Rq/L30520
>>347
>>ダンケルク
追撃はしてるね。4万人捕虜にしてる。
>>ソ連
不倶戴天の敵だからなあ。ポーランド開戦時にソ連に宣戦されたら当時の
90個師団程度のドイツじゃやられちゃうから妥協しただけでは?
もともと東方の生存圏の獲得はヒトラーの宿願だし、ヒトラーだって二正面
作戦は避けたかったけど思いのほかイギリスとチャーチルが執念深くて講和
に応じなかった。けど1941時点で攻めないと、あと数年後にはソ連とドイツ
の国力が逆転してしまうのは明らかであり、その時には、もともと犬猿の
仲のソ連が攻めてくるのは間違いない。なら今のうちにやったれーって感じ
じゃね?まあソ連を過小評価しすぎだったんだけど。
>>アメリカ
同盟国に義理堅いのがヒトラークオリティ。対ソ連戦目前にイタリアを助ける
為に東部戦線用の兵力をギリシャに派遣したくらいだし。

349 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 16:56:08 ID:Rq/L30520
>>スターリングラード
確かに結果は最悪だった。
けど41年にドイツ軍がモスクワの手前で大敗北を喫した際、将軍達はドイツ
国境付近までに撤退を懇願したが、ヒトラーは拒否し逆に死守命令を下した。
結果としてこれにより東部戦線の崩壊を回避できた。
こんなこともあってスターリングラード死守した方がうまくいくと考えた
んじゃないのかな。多分。少なくとも救援作戦は何度かおこなってるしわざと
負けてはいないよ。
>>ノルマンディー
カレー上陸に拘ったのはヒトラーだね。
連合軍のノルマンディー上陸後もしばらくは、「あれは陽動作戦で本隊は
カレーに上陸してくる」と言ってたくらいだし。

350 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 17:39:36 ID:uhDe6e9tO
>>345
つまり危機に直面した人類が自ら超人開発(遺伝子操作)に乗り出すって事だな?

351 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 18:06:04 ID:1GwUyTB+0
ドイツはソ連に戦車と航空機の工場を作っていたって知ってた?

352 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 18:48:40 ID:7IXX0C0H0
 
小泉は、やることなすこと米国ユダヤ様のご命令通り。犬三匹目
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1138499993/
 

353 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 20:48:32 ID:MroVA+jX0
>>294
大小いくつかあったやつを全部破壊した。
大きいものは世界最大級だった。数はアメリカより
多かったというのを読んだ記憶があるんだがよく覚えていない。
物理の研究のことを考えたら惜しいことだった。


354 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 21:06:29 ID:xys5H1AG0
「人間とは生成途上の“神”なのである!」

なんかこのへん絶対ヒトラーの妄想はいってない?

355 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 21:17:58 ID:TMf74yCp0
>>354
前後の文脈を読んで意味を理解しよう

356 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 21:37:07 ID:abHol1nY0
ヒトラー予言の核心は、2039年までに全ての人間が突然変異で進化、
または退化して生物学的に全く別の種になるということ。

357 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 21:44:38 ID:abHol1nY0
もしヒトラーが本当に未来を見て周りに語ったことが真実なら
俺らは人間の歴史そのものが終焉する時代に生きていることになる。

これ程凄いことがあるか?

358 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 21:54:05 ID:QUXxuKsO0
>>356
生物学的に ではなく 社会学的に だと思う
ヒトラーからすれば 今の時代だって ロボット人間と
それを操る超人の世界に見えるだろ

ただ 何を指して 今までの世界が終わると言っているのか
そこがポイントだろうな

何か大きな思想的な物が変化か消去して価値観がガラッと
変わる ということじゃないだろうか

宗教の消滅 あるいは クローン技術のヒトへの応用の一般化
のあたりかな
ん〜、俺にはサッパリ予想もつかんがw

359 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 21:57:24 ID:xys5H1AG0
まぁ別に人類が滅亡するわけじゃない品

360 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 22:11:51 ID:0vaCywnyO
終焉って言葉なんかカッコイイナ

361 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 22:47:50 ID:Sc9GC3Fr0
予言と歴史- サイトマップと検索
http://www.teachinghearts.org/drj00sitemap.html



362 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 22:52:12 ID:Sc9GC3Fr0
予型論的解釈
http://theology.doshisha.ac.jp/nomoto/ronbun/typology1979.html
についてですね・・・



363 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 22:56:54 ID:Sc9GC3Fr0
ニコラ・フラメルと「象形寓意の書」

http://www5e.biglobe.ne.jp/~occultyo/alcemy/nikoraframeru.htm



364 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 22:58:06 ID:tNxKkj5x0
>>321
彼らは何人なの?

365 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 23:04:00 ID:Sc9GC3Fr0
大いなる魔術、アルス・マグナ
http://www.cty-net.ne.jp/~kentaro/game/game2/alth_magnah.htm



366 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 23:06:55 ID:Sc9GC3Fr0
黄金錬成(アルス=マグナ)
について説明があります・・・

http://senkisenki.hp.infoseek.co.jp/setume/tindex.htm



367 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 23:18:15 ID:qr+nUO9x0
人類は滅亡しないと思うけど
ユダ公とアングロサクソンのえげつなさからすると
一人一人、体内にチップを埋めこまれる日もやってきそうだ
もの凄い権力持ってる支配者層はジーンリッチで頭脳も身体も強化

でも逆に、えげつない連中がいないと人類はバクテリアのように増えまくって
地球環境を完全に食いつぶすからね
「俺たちの生活はどうなるんだ、俺たちの生活はどうしてくれる」と
人間のエゴを押し通すと他の生物は簡単に滅びる

この点、日本人はダメダメですな
他民族を片っ端から虐殺することなんでできない
ハッキリ言って支配者に向いてない

その点、アングロサクソンは素晴らしい
インディアンの水源地に犬の死体を放り込んで疫病にさせたり
伝染病患者の使っていた毛布をプレゼントしたり
子供が見てる前で親を殺し、子供は奴隷にし
インディアンに復讐されたら、返り討ちで虐殺した後、逆さ吊りにしたり
生きたまま生皮剥いだりと、まるでプレデター

368 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 23:32:39 ID:l/tPzWapO
ドイツの化学は世界一イイイイイイイイッ!!!

369 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 23:35:01 ID:TMf74yCp0
秋篠宮よくやった!!!感動した!!!

370 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 23:39:24 ID:MgTvPaKM0
思うに、東方の実験が完了した時、日本は没落する

しかし日本は、必ず再起する

が、その時、一体何を拠り所にするか・・・
日本人には、欧米やアラブ諸国の様な、一神教的identityが無い
その時、何を核として国家としての日本と日本人のidentityを確立するか・・・
その象徴が天皇であると思われる

天皇を象徴的範とした良心に元付く規範
これを取り戻したとき、国家としての日本と日本人は、本当の意味で再起する

そう思考するに、何故、今、皇室典範を躍起になって改正しようとしているのか?が理解出来る

371 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 23:39:51 ID:c3d///480
>>369
   様が抜けてる

372 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 23:44:02 ID:qr+nUO9x0
147 名前:richardkoshmizu[] 投稿日:2006/01/31(火) 08:34:16 ID:MSfW3qzX
なるほど、女系天皇論は、チョーセンが推進してたのか。それで、小泉鮮一郎も
見境なく強引に決着しようとしているのか。目的は何だ?皇室にチョンの血でも
入れようというのか?

統一教会系の世界日報が女系天皇を絶賛
http://blog.goo.ne.jp/net888_2004/e/1d55fb37985fb65acf001aa38f8fc31f

186 名前:朝まで名無しさん[] 投稿日:2006/01/31(火) 10:15:52 ID:ywbybn4J
>>147
最終的な目標はこれでしょう

今上天皇━皇后
       ┃
     ひろのみや天皇━雅子妃
            ┃
         愛子天皇━文鮮明の隠し子(表向きは日本人)
                ┃
              文氏朝鮮天皇

373 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 23:50:03 ID:Lz93jXoe0
>>348 ドイツからの攻撃なしにやがてソ連がドイツに攻めかかるとか、そういうことは恐らく無い。
 それは、日本のほうが、ソ連にとって脅威なので、
 史実と違って、日本をソ連・中国・米・英が滅ぼしてからドイツをソ連が攻撃することが
 本来の流れ。

 そもそもソ連がドイツに勝利したのは、日本が米と戦うことで日本に戦力をふりむけなくてよくて、
 米からの物資がソ連に大量に入ったことで劣勢が均衡してきたことによる。

 ヒトラーは本質的には、英米との協調路線なのを理解しないと、
 なにもかも誤る。

374 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 23:51:38 ID:Tj1RhqbC0
ヒトラーの予言が再び注目されるこの時期にW杯がドイツっていうのは
なにか因縁めいたものがあるな。これで前評判の低いドイツが優勝したら
後世の研究家には「振り返ってみればあれが序曲だった」と言われるのだ
ろう。
俺は結構あるんじゃないかと思っているよ、ドイツ優勝。ワンダーボーイと
呼ばれ衝撃的なデビューを飾ったイングランドのオーウェンをもっと凄くしたような
奴が突然出てきて得点王になって優勝したらナチス的には最高の序曲だよな。

375 :本当にあった怖い名無し:2006/02/07(火) 23:55:25 ID:tNxKkj5x0
>>321
それからあんた以前に小泉があともう一つひどい犯罪を犯すって言ったでしょ。
それって皇室典範改正案成立させることなんじゃないの?

376 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 00:12:37 ID:WhRkq9f00
>>374
サッカー馬鹿蔵は出てこないでいいよ。
スポーツ自体に興味ない奴は五万といる。サッカーなんぞどうでもいい。

377 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 00:20:37 ID:dlPaPwAF0
>>376
大衆の扇動こそヒトラーが積極的に推進しゲッベスルが最も得意とした
分野であったという過去がある。
「復活」の序曲なんだぞ。
こういう分かりやすいネタこそがインパクトあるんだよ。


378 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 00:20:51 ID:Va4MkuYH0
>>374
>ヒトラーの予言が再び注目されるこの時期

されてないからw

379 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 00:22:15 ID:dlPaPwAF0
ゲッベスルw 少々酔ってるw

380 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 00:24:27 ID:tTzamTxX0
ヒトラー予言とドイツW杯に因縁はないと思うが
ヒトラー生誕100年の節目にベルリンの壁が崩壊したのは
明らかに意図を感じる。

381 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 00:32:05 ID:5kQsT9JX0
興味深いが五島勉というところに胡散臭さを感じる

382 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 02:19:25 ID:ooXI2am70
ヒトラーが実際に神人を見てぶったまげて、腰を抜かした話って本当?


383 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 08:27:16 ID:DPt+drZ3O
確か超人って3Mぐらいあって恐ろしく好戦的だった気がする。

384 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 08:32:08 ID:WhRkq9f00
見てきたのか。そりゃスゲー。

385 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 09:17:50 ID:FyX1AOXG0
あの飛鳥昭雄もヒトラーについて書いてたよ。

戦時中、ヒトラーはチベットを捜索してたんだって。
ナチス・ドイツだけでなく、アメリカもソ連も、
競うようにチベットを捜索してたんだって。

もしかしたら、超人って、シャンバラに住むアルザル人のことかも(´・ω・`)

386 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 09:19:47 ID:afHV/roF0
>>374
誰も注目してねえよ

387 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 09:29:04 ID:afHV/roF0
>>385
そういうの見ていつも思うんだが、
競うようにしてってのはいったいどの程度なのだろう?
やったとしても、そんなに大規模じゃないと思うんだが。
あと、分からない物事について調べようとするのは当然、
月面探査の目的は月面を探査することや宇宙のことを調べること
そのものであって別に他に理由がある必要も無い。
南極もジャングルもエベレストもサハラ砂漠も別に超人を探して
探査するわけでは無い。


388 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 09:38:18 ID:FyX1AOXG0
ちゅうか、このヒトラーの予言は、ずいぶん昔から(5、6年前から)
(まだ「ニート」とか「ひきこもり」という言葉が存在しない時代から)
一部のマニア?の間で、ネット上で話題になっていた。

ヒトラーの予言って、定期的に、話題にあがるようだね。

389 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 09:42:02 ID:FyX1AOXG0
>>387
とりあえず、飛鳥昭雄のシャンバラについて書いた本を読んでみてよ。
俺はもう古本屋に売っちゃったから、詳細は忘れたけどね。

いちおう念のために書くけど、俺は飛鳥昭雄の信者じゃない。
でも、ヒトラーや連合軍のシャンバラ探索の話は面白かった(という記憶がある)

390 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 11:50:21 ID:BjrKfczi0
つうか飛鳥の言うこと自体信じられるか?
都合のいい話にそったものだけ拾い上げれば
どんなおかしいことだってそれらしく聞こえる。

391 :こぴぺ:2006/02/08(水) 12:17:12 ID:1/ircSjk0
かつて満州重工業の総裁であった鮎川義介氏が、
ドイツを訪れてヒトラーに面会した時の、ヒトラーの言葉

「貴方の国が如何に努めてみても、我がドイツのような工作機械は作れないだろう。
しかし、ドイツがどうしても日本に真似出来ないものがある。それは貴方の国の
万世一系の皇統である。これはドイツが百年試みても、五百年間
頑張っても出来ない。大切にせねば駄目ですよ……」

392 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 17:22:05 ID:gDXENDt40
>>143-144
だから五島の本はラウシュニングの本から引用してる訳じゃないんだよね。
「ラウシュニングに語った言葉」とされる部分はラウシュニングの本には無いだろ。
五島はヒトラー予言の引用元を示してない。彼は著書でこんなことを言っている。

>その内容が長い間かかって、私(五島)のような異国の予言研究者のところへも
>少しずつ流れてきた。そうした断片をつなぎ合わせ、すでに発表されている
>他のヒトラー資料で裏を取り、なんとか再現してみたのが上の重大予言というわけなのだ。
>だから中身は不完全だし、話の順序も違っているだろう。

393 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 17:25:37 ID:gDXENDt40
つまり、同じ著者の「聖徳太子の予言」と一緒。ほとんどがデッチ上げかと。
それが漏れの結論。

394 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 17:35:33 ID:gDXENDt40
ラウシュニングの「ヒトラーとの対話」にある「ヒトラーの発言」は、正確にはこうだ。
------
「将来の社会秩序はどのようなものになるのか。同志諸君、私が答えよう。
それは、専制的支配の階級制となり、階級組織の序列による身分付けと党員の列挙を行い、
次いで大部分の無名の追随者達、使用人、永続的な労働階級、そしてさらにそれらの下に、
現代の奴隷として敗戦国の全ての異民族を配置する。加えてこれら全てが、私が語ることの出来ない、
新たな高位の貴族階級に行き渡るだろう。しかし、闘争的なメンバーはこれら全ての計画について、
何ら知ることはない。今、新たな人類が我々と共にある。彼はここにいる。それで充分ではないのか。
秘密を打ち明けよう。私は新たな人類を目撃した。彼は、勇敢で冷酷だ。私は彼に恐怖を感じる」

ttp://blog.chemblog.oops.jp/?day=20060119
------
すなわち、「永遠の未成年者集団」だの「東方の巨大な実験」だのは、
五島が後から勝手にくっ付けた言葉でしかない。そりゃ引用元を明記しない訳だw
日本の読者の興味を引くために、面白おかしく脚色したのがバレバレ。

395 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 18:21:01 ID:Dfaa3tT40
>>383
3Mなんて恐ろしく食料効率が悪いじゃないか。

396 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 18:29:17 ID:HfG984Rz0
もうヒトラーは本当に「いない」けどな。
みんなはヒトラーみたいな事をしちゃ駄目だよ。

397 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 18:48:46 ID:7mQg84C+0
>>394
誰かのでっち上げ本だとしても 書かれた時期を考えれば
十分すごいことなんじゃないの? お前さん今いくつ?
もしオッサンならまだ若い時期にここに書かれてるような事を
予想できた?
ニートもグローバリズムもまだまともに認識されてなかった時期
だと思うんだが。

著者の胡散臭さより 書かれてる内容がヤバイぐらい
当たってるのが問題なんだと思うが。

398 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 19:47:49 ID:ihGK7D9p0
>>397
横からすまんが、それ聞いてものすごく知りたくなるのは、
おまえさんがいくつくらいなのかということなんだが・・・


399 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 19:52:26 ID:gDXENDt40
五島勉って知らんかな?ノストラダムス系のトンデモ本を出しまくってた人なんだけど。
五島が『1999年以後─ヒトラーだけに見えた恐怖の未来図』を出版したのは1988年10月となってるから、
当時メディアで流行ってた俗流モラトリアム論や管理社会論の陳腐なコピーだろ。

それにしても、ヒトラー予言が五島勉のデッチ上げとバレた途端に、
よもや五島を評価する奴が出てくるとは…w

400 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 20:10:04 ID:WhRkq9f00
株価が最高潮へウッヒャッヒャ〜!!ってやってた時代に
ニートとかの登場なんて考えられたもんなの?
あの時代って腐る程、就職先があった時代なんでしょ?

401 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 20:13:42 ID:gDXENDt40
某ファンサイトの人も言ってるように、五島本の内容の60%は、
「予言本にストーリー性を持たせるための仕掛け、フィクション」。
ネタをネタと見抜けない人は…ってことでしょうかね。

五島勉の予測(?)は、実際に本を読めば分かるけど、当たってると
強引に解釈できない訳じゃない部分もあるものの、荒唐無稽なものばかり。
本人も認めてるように、「反米」というのが根っこにある。
現実とは無関係の小説として楽しめば、それなりに面白いです。

まあ、五島の本を精緻な未来予測として有難がってるような人には、
ご愁傷様としか言いようがない。

402 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 20:16:33 ID:ihGK7D9p0
まあ、俺は五島勉はトンデモというよりゲーム的に面白いと
思っていたわけだが・・

>>400
大人になれない今時の、みたいなことは、ずっと前から言われてたんだよね。
ニートの事だと思うから当たってると思うのかもしれないけれども、
大人になりきれないという、当時使われていた言葉そのままの表現が
五島勉さんの本の中の言葉ですよ。
グローバリズムのようなこともそう、いつもいつも言われていました。

俺の場合、五島勉の本が結構人気があった頃が懐かしくて
このスレに来ていたりする。



403 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 20:18:32 ID:gDXENDt40
>>400
80年代についてよく知らんのだな。極めてありふれた言説だよ。
というか、五島勉の本とか読んだことないだろ?
凄まじいトンデモだよ。古本屋に安値で腐るほど置いてある。

404 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 20:24:56 ID:WhRkq9f00
>>402
へぇ〜そうなのか。結構見抜かれていたんだね。

>>403
俺のこと上のレスの人と勘違いしてる?
俺は80年代なんてビックリマン集めるのに夢中だったガキだったから全然知らないよ。

405 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 20:26:34 ID:ihGK7D9p0
つうか80ー90年代前後の言論をよく覚えているギリギリの世代が
俺くらいだと思うので、
それと同世代かそれより上の世代がここに沢山いるっぽいのが
驚きだったりして(汗)


406 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 20:29:18 ID:gDXENDt40
「それは1989年だ。そのころ実験は完成する。人間は完全に2つに分かれる」

もうね、本の出版の来年にしちゃうところがいかにもミスター五島って感じで…w

407 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 20:29:56 ID:ihGK7D9p0
>>404
いや、見抜かれてたんじゃなくて、当時現実にあった傾向であって、
五島勉さんは当時人々が興味を引くようなことをそのまま書いてる
だけ。
一流エンターティナーだと思います、人を引き付けるのが上手。

408 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 20:32:58 ID:gDXENDt40
>>405
最近の2chの高齢化を考えれば、別に不思議じゃないっしょ?
漏れも背伸びをするほうだったから、当時のメディアの空気みたいなのはよく覚えてるよ。

409 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 20:49:34 ID:ok9B41fC0
『永遠なるヒトラー』以外にも下記の本を参考にしたようだけど
誰か読んだ香具師いる?


ヨアヒム・フェスト著『ヒトラー』(河出書房)
カリック編の『ヒトラーは語る』(中央公論社)
ポーウェル&ベルジェの『魔術師の夜明け』(サイマル出版会)
サスターの『黒魔術師ヒトラー』(徳間書店)

410 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 22:46:04 ID:BxSAMTxE0

ヨアヒム・フェスト著『ヤン』(河出書房)
カリック編の『ヤンは語る』(中央公論社)
ポーウェル&ベルジェの『魔術師の夜明け』(サイマル出版会)
サスターの『黒魔術師ヤン・ウェンリー准将』(徳間書店)

411 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 22:52:49 ID:FyX1AOXG0
>>408
>ID:gDXENDt40

あなたは直接、『永遠なるヒトラー』を読んだことある?

412 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 23:04:56 ID:JbcwtCOh0
「永遠なるヒトラー」定価3800円が7000円だってよ・・・
ttp://www.interq.or.jp/mars/grays/pages/Book%20rist,y.html
何故、復刻版を出さない?出せば絶対に買うんだがな・・・昔からそう思っている。
何か圧力でもあるのだろうか?
>>394
何ィィィィィィィィィッッッッ
また五島勉に騙されてしまったのか・・・

413 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 23:16:03 ID:o0ICvMHN0
この本の初版の年月日だと、ゴルバチョフは知られてなかった時のはず

414 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 23:45:41 ID:ok9B41fC0
少し調べてみたけど
"Supermen" と "Adolf Hitler"、"Rauschning" などのキーワード組み合わせて
検索したらヒトラーの超人思想扱ったオカルトサイトごろごろ出てきたよ。

少なくともネタ元は五島勉じゃなさそう。

こことか
ttp://www.livingstonemusic.net/hitlerandtheoccult.htm
あとここはPDFファイルで168ページにも渡って
ナチスのオカルトについて扱ってる。
ttp://www.plausiblefutures.com/getfile.php/217726.476.xauysabydy/invisible.eagle_alan.baker.pdf

415 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 23:58:30 ID:m1T+uN8f0
『1999年以後─ヒトラーだけに見えた恐怖の未来図』
トンデモ系予言を本気にしてた頃(リアルタイムで立ち読みした頃)
どうすれば神人類に進化できるのか真面目に考えていた

そしてと学会登場後、トンデモをトンデモとして楽しもうと古本屋であさっていた
五島のトンデモ本の中で一番のお気に入りになった(もちろんこの本とあと2,3冊は一冊200円で買った)

そして今、(偶然にしても)まさか一部が実現しているとは思わなかった
どうせなら神人類出現の予言も当たって負け組の俺も神人類に進化したい・・・・・・・・


416 :本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 23:59:02 ID:FyX1AOXG0
>ヒトラーの超人思想

これを五島勉の創作とか言っているヤツは、
海外のヒトラー本をほとんど読んだことのない人だっていうことが一発で分かる。

ナチスのオカルト面について詳しい研究をしているのは、むしろ海外だからね。

417 :本当にあった怖い名無し:2006/02/09(木) 00:07:45 ID:cCZXxTgK0
下の記載部分の原文みたいなのも見つけた。


●ヒトラーの死後、側近の一人は次のようなことを語っている。

「ヒトラーの目的は“支配者の種族”の確立でもなければ、世界の征服でもなかった。
これはヒトラーが夢見た大事業のための単なる手段にすぎなかった。……ヒトラーの
真の目的、それは“創造”を行なうことである。神の事業を、つまり『生物学的変異』を
実現することにあったのである。この結果、人類は天上に昇ることになろう。いまだ
かつて前例を見ない半神半人の“英雄現出”こそ、彼の究極の目的だったのである。」

Hitler's aim was neither the founding of a race of supermen, nor the conquest of
the world; these were only means towards the realization of the great work he
dreamed of. His real aim was to perform an act of creation, a divine operation,
the goal of a biological mutation which would result in an unprecedented exaltation
of the human race and the "apparition of a new race of heroes and demigods and
god-men." (Dr. Achille Delmas.)



Above text excerpted from:
The Dawn of Magic
by Louis Pauwells & Jacques Bergier
1st published in France under the title
"Le Matin des Magiciens"
1960 by Editions Gallimard, Paris

ポーウェル&ベルジェの『魔術師の夜明け』(サイマル出版会)

418 :本当にあった怖い名無し:2006/02/09(木) 00:10:25 ID:cCZXxTgK0
"biological mutation" ってモロに書いてあるね。

>ヒトラー
鬼ですかあなたは?w

419 :本当にあった怖い名無し:2006/02/09(木) 00:13:57 ID:uFnD8z1S0
人等がキャラを作ってクリエイターになって任天堂の社員になる計画?

420 :本当にあった怖い名無し:2006/02/09(木) 00:50:53 ID:Y1NAjU8M0
>>416
だからさ、ヒトラーの超人思想やオカルト趣味を否定してるんじゃなくて、
五島本のヒトラー予言とかいうものの大半は、五島氏の創作だってことでしょ。
五島氏の本は、基本的にフィクションとして楽しむべきものであって、
マジに受け取るべきものではない。こういう暗黙の了解は昔からあったはずだが。

五島氏の一連の本の価値は疑問だが、日本のオカルトやサブカルに与えた影響は大きい。
ネタとマジの区別をつけずに受容した連中の中から、オウムなんかが出てきたとも言える。
ノストラ関係はとりあえず収束したけれど、とくに時限を示してない「ヒトラー予言」のほうは、
ネット上で都市伝説的にしぶとく残ってるってことだろうね。

421 :本当にあった怖い名無し:2006/02/09(木) 00:50:59 ID:lm4M3Pfp0
>>415
>どうせなら神人類出現の予言も当たって負け組の俺も神人類に進化したい・・・・・・・・
俺もそう考えていた時期がありました(笑)でも無理ではないかと思います。
「1989年以後、人類は二極化する。そしてそこから引き返せなくなる」と言っているそうです。
負け組はさらに落ちこぼれて、ロボット生物へ。
勝ち組はさらに勝ち進んで神人へ・・・ではないかと。

422 :本当にあった怖い名無し:2006/02/09(木) 00:59:31 ID:jvS5DzgI0
>>415   なれる。

423 :本当にあった怖い名無し:2006/02/09(木) 02:21:22 ID:WcR/of+o0
>>394
ヒトラーは神人類にはなれなかったんだね。

424 :本当にあった怖い名無し:2006/02/09(木) 02:46:02 ID:FyTVJZOfO
クローン技術、冷凍保存⇒将来神人種誕生とか? MMRでもナチの部屋に置かれた人のパーツの場面あったしな、、

425 :本当にあった怖い名無し:2006/02/09(木) 03:05:12 ID:YinExevr0
>>415
待ち組だな、なれるとしたら。
勝ち組も負け組みも平凡すぎて可能性がない。
何をしでかすか分からない可能性を一番占めているのは待ち組だろう。

>>423
寧ろ、逸早く自分がそれらの超人を作り上げて、その上に立とうしたんだろ。
つまり彼は「神」「造物主」になりたかったんだよ。

426 :本当にあった怖い名無し:2006/02/09(木) 03:47:39 ID:UP3TE2HEO
424 やっぱクローン技術かぁ…

427 :本当にあった怖い名無し:2006/02/09(木) 08:57:49 ID:bl0pFyok0
>>385
テオドール・イリオンのチベット探検の本に黒魔術集団の地下都市の様子が書かれているね。
この本を読んだヒトラーがこの地下都市を探索させたとか。

428 :本当にあった怖い名無し:2006/02/09(木) 09:56:41 ID:jV2l79Sm0
1999が刻々と近づいてくるとき俺はいつも心配していた・・・

・・・・1999年に人類が滅びるというノストラダムスの大予言
シリーズを書いた五島勉氏は一体1999年が来たらどうするつもり
なのか、と。ある意味で、本を書いた本人にとってはあれはほんとに真実
かもしれないと思った、あのようなものを書いたおかげで本人にとっては
本当に1999年がこの世の終わりになるだろう、と。

しかし、五島氏は強かった。最終回答編という言い訳を出しやがったw


いや、マジに書くと、あの本は
最終回答編は、昔を懐かしがる人を狙ったんじゃないかと思いながら
読んだ。実際懐かしかったのう。ありがとう、五島さん。


429 :本当にあった怖い名無し:2006/02/09(木) 10:24:52 ID:nHFdMiMG0
ジークハイル!

我が日本もその時に備え、万世皇統を死守せねばなるまい。
よって女系天皇の容認は認められない。

430 :本当にあった怖い名無し:2006/02/09(木) 11:37:51 ID:HFjq67Z5O
>>429
「よって」の前後のつながりが極めて不明瞭。
頼むから日本語が使えるようになってからカキコしてくれ

431 :本当にあった怖い名無し:2006/02/09(木) 13:47:25 ID:NdIoozFM0
>>395
牛丼一筋だから、大丈夫。

432 :本当にあった怖い名無し:2006/02/09(木) 13:49:31 ID:nblxzFoG0
いやあ五島さんのおかげで妙な宗教にひっかからなくなったよ
恐怖を売り物にする宗教、本は偽者だって
教えてくれてありがとう

433 :本当にあった怖い名無し:2006/02/09(木) 16:54:43 ID:XTI5+jzY0

逆転ニュルンベルグ裁判

〜ユダヤの嘘を暴いてドイツの無罪を勝ち取れ!〜

http://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/sohiasenseinogyakutensaiban2_mokuji.html

アンネ・フランクは、アンネの日記を書かなかった
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/afrank.htm

ホロコーストは戦後のユダヤ特権を享受するための捏造神話
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/horouso.htm

434 :本当にあった怖い名無し:2006/02/09(木) 21:12:02 ID:s1WkV5pC0
イシヤの仕組みか??

435 :本当にあった怖い名無し:2006/02/09(木) 21:57:42 ID:CeqzGfgs0
もうドイツは「謝ってる奴は良い奴」って常識だからな。
今更実際どうだったか考える人なんかいないでしょ。
日本は中国・韓国相手だからなんとか反論しようとすることはできてるが…
反論する言葉を考えることすら強制停止させるユダヤこえー。マジこえー

436 :本当にあった怖い名無し:2006/02/09(木) 23:07:30 ID:jvS5DzgI0
>>429 であってるよねえ。

437 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 00:27:00 ID:lthZc9Gq0
万世一系死守=男系死守
よって女系天皇は認められないってことでしょ?
あってるよ

438 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 00:41:12 ID:MHgXrv+B0
>>345-346
外見が変り捲っているのに分からない気が付かないのは
日本のイエローモンキーどもと貧民窟としの周辺のゴミどもだけだ。
生物として進化論的にも論理的にも科学的にも全くアリエナイのに知能が無いに等しいから全く気付かない。
日本にはホモサピエンスの雌=女は伝記も通っていない山奥か離島にしか存在しないよ。
ヒトラーには重大な事は何も教えていなかっただけの、ただの傀儡。
虐殺されたユダヤ人は全部witchどもだから、ユダヤ勢力にとっては逆に好都合だったん
だよね。

439 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 00:44:57 ID:MHgXrv+B0
>>438
まぁ戦中、戦争直後の大多数の日本人女性の顔姿形をよく分析してみな。
それが自然の摂理が働いている状態の正常な女の体の姿。
今の日本人の女の戸籍を持つ者も、全員7歳ぐらいまでは正常だった。

440 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 00:49:03 ID:MHgXrv+B0
>>438
まぁ戦中、戦争直後の大多数の日本人女性の顔姿形をよく分析してみな。
それが自然の摂理が働いている状態の正常な女の体の姿。
今の日本人の女の戸籍を持つ者も、全員7歳ぐらいまではそう言った顔姿形で
そこまでは全く正常だった。
だがそれ以降になると伝説の妖怪になる。
口の端だけキュッと吊り上がるV字型の笑いを他人に投げかける、よく知られた物の怪にな。

441 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 00:51:44 ID:MHgXrv+B0
口の端だけキュッと吊り上がるV字型の口をした笑いを他人に投げかける、よく知られた物の怪にな。






日本語で言えば悪魔だ!
世界中で分からないの日本の猿どもと貧民どもだけだ。

442 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 00:56:07 ID:MHgXrv+B0
これだけ分かり易い姿で地上を我が物顔で闊歩してしているのに
よく気付かず、それどころか崇拝までしてセッセと貢いでいるでいるのだから
お前達には呆れるやらやら白痴加減にゾッとするやらだ。

443 :うさんぽ推進委員会”:2006/02/10(金) 01:08:09 ID:aOCV9PnAO
(`◇´)/)ダムダムダム 猿たあなんですか猿たぁー‥在日のカタつか?


   ∩ ∩
ΣO(=`@´=)。
ニポーンさ来てイエローモンキーたら蔑む事よくないニダね。


〈ヽ`∀´〉ところで元気ニダか?
上はヲトメと何かあったあるニダ?
詰めときなさいンなもの、お口にチャームナップミニを‥




(☆`α´★)γミーが思うに、足立のフィリピーナや韓のほうがタチ悪いのは間違いなかつな。
他人の悪口言いながらジョギングしてはりますが。

444 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 01:44:26 ID:eJ1MfV680
きもい顔文字並べてんじゃねーよ蛆虫が。
                          _,-''  )  。゚・   。 。
         ∧ ∧            , -' (.__,-''   ,   , , 。゜
       , - ´Д`)_         .,-'~ ,- '    /  /  i〜i /, 。
      /   )ヽ(w i      .,-'~  ,-'~    // , /// 〜 //,
     .,/  /   ヽヽヽ   ,-/'~  ,ノ      / ////@ @// '/
     / ^)'死  _ l ゝ _)-'~   ,-'~     //, ' ⌒/∨ ̄∨ ⌒ヽ
    / /'  ヽ    ^ ̄   ,-'~       / /          ヽ ゚ ・
   (iiiiリ∫ ヽ      ./    (⌒`〜〜'  /i  ノ  ノ\
       ヽ─|〜' ノ/      ゙〜〜〜〜  | >>443   ./  `- '
        || ||l、_  /          ,,,     |     /  ゚ 。
  |.|  _|.|_,,,|   |        __-'',,-~   /    /
  .|.| ニ─、─''''|   |       =-'''     /   、 ヽ
  .|.|    |.|  .|  |              |    l  l
  |.|    |.|  .|  '、      _     _.|   /  ノ
  .|.|  ,,== ==.|   l      .|.|  ,_,,-'',,,-|  / |  /
   |.| ||_ノノ   |  |      i、`''',,-''''  |  /  .| .|
   .|.レ `-- '    |  |        ̄   | .ノ   | )
         ,- |  |     .....     | .|    ||
         `ヽ   );;;::::::::'''''      | |     | .|
           ゙ - '''''''       ,- 、| | ,,,,,;;;;;;;;と__)''
                      \__);;;;;;;''''''

445 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 01:48:20 ID:MHgXrv+B0
>>443
女のつもりで地上を我が物顔の悪魔どもは全員、自分で何をやったか分かっていない事はない。
心の奥では地上の一番の大罪を犯した事は百も承知だ。
こいつらは悪魔だから、嘘だとバレバレ100l見つけられ尽くした弁解しようも無い事でも
平然と真顔な真剣な顔で分かりきったミエミエの大嘘をいつもつく。
口の端だけキュッと吊り上がるV字型の口をした笑いを浮かべてな。
例え拷問し尽くしても絶対本当の事を言わない。
中世魔女狩りの時に実証済みだ。
それにコロッと騙されるのは、知的生命体として最弱の人間=精神薄弱者達だけだ。
日本のイエローモンキーどもは全員それに入っている。

446 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 02:18:16 ID:VA4A8PetO
白人の白豚も腐るほどいるけどな

447 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 02:19:19 ID:944rFsk00
「――と
こんなわけで
僕の初めてのハッテン場体験は
クソミソな結果に終わったのでした・・・」

まで読んだ

448 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 02:29:32 ID:1lOD66jU0
やっぱ所詮、五島なんだね。

449 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 03:00:26 ID:VA4A8PetO
スレつぶし必死だな。それだけ脅威だって事か

450 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 03:09:54 ID:eJ1MfV680
朝鮮人ってイエローモンキーって言うの得意だよね。馬鹿の一つ覚えなのかしら。

451 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 03:11:38 ID:iXVg4pGh0
>朝鮮人ってイエローモンキーって言うの得意だよね。馬鹿の一つ覚えなのかしら。

憧れの日本人と同じイエローモンキーニダ、誇らしいニダ
という心理があるのです。


452 :フーマンチュー ◆ce1E34rvmQ :2006/02/10(金) 04:47:54 ID:BXWki4PB0
オマエラ
予言なら都筑卓司著の「マックスウェルの悪魔」の方が怖いぞ

1970年に書かれた物理学の啓蒙書だが
本書の最後の章は贔屓目にみるとwww
かなり当たってるww

トンデモ学者かと思ったら結構まともな奴だった

453 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 06:24:41 ID:EYsRDjCu0
>>452 目次を最後のほうだけ書き写せ、本が売れるぞ。

454 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 06:51:11 ID:EYsRDjCu0
グーグルって便利だね。

455 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 07:09:19 ID:eJ1MfV680
>>452
調べてみたら、ちゃんとした理学博士じゃん。
残念ながら既にお亡くなりになっているみたいだが。
200年で滅亡するって何でなのか、教えてよ。
人類にとってのマックスウェルの悪魔って一体何かも知りたい。


456 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 09:45:46 ID:ZRjFn5Fa0
つうかマックスウェルの悪魔って普通の物理の本ですけど。


457 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 11:05:06 ID:eJ1MfV680
お前は「最後の章」って字が見えないのか?
それともマクスウェルの悪魔本来の話をしてるとでも勘違いしてんのか?w

458 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 12:43:21 ID:ZRjFn5Fa0
つか大昔の話だけど俺もあの本持ってたんですよ。
物理の読み物として。。。。

そんなオカルト的に面白い部分なんてあったか?記憶に無いが・・
ちょっと書き出してみてよ。

459 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 13:13:39 ID:BXVGCjdm0
ブルーバックスじゃん。
まあ、科学の良質な通俗書として
極めて重要な役割を果たしてきたシリーズですけどね。

460 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 13:24:13 ID:KApXVpXqO
北朝鮮のスポークスマンが「JAPがなんたらかんたら」と言っていたが、知っているいないのいずれにしてもなんだか不自由な人に見えたのは俺だけじゃないだろうな

461 :大宇宙最強の超偉大なる大先生(*^^)/゚☆,。・*♪ ◆jH..cosmic :2006/02/10(金) 17:19:47 ID:kM2/n6KJ0
うへへ☆
【自然】厚さ3キロの氷の下、南極に二つの湖…NASA発見[02/07]

1 :青影 φ ★ :2006/02/07(火) 14:58:26 ID:???

 【ワシントン=笹沢教一】米航空宇宙局(NASA)は6日、地球観測衛星テラなどの観測で
南極の氷の下にある二つの湖を発見、画像を公表した。

 南極大陸にはボストーク湖(面積1万4000平方キロ)という氷に覆われた最大の湖があるが、
今回の二つはこれに次ぐ大きさで、それぞれ2000、1600平方キロの面積があると推定されて
いる。

 3000メートル以上の厚い氷に覆われ、周辺の環境から推定して、約1000万〜3500万年間も
水量などが保たれたまま、独自の生態系を維持している可能性があるという。湖水は凍っていないと
みられる。

 大きい方の湖は経度から「90E」、小さい方はロシアの研究基地があることから「ソビエツカヤ」と
命名された。ロシアは湖の上と知らずに基地を建設していた。

(2006年2月7日13時22分 読売新聞)

画像

http://www.yomiuri.co.jp/img/MM20060207132325703M0.jpg

ソース

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20060207i305.htm


462 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 18:48:56 ID:QjETdVUd0
>>341
>反対に人間の男達はその個体数を減らしていった。
じゃあ今地球上に蔓延っているチンコ付きは何だ?

463 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 18:59:18 ID:5phGzh2C0

2012年、未知なる力が滅亡寸前の人類を救う? − チベットの遠隔透視僧の予言
http://rate.livedoor.biz/archives/11395632.html
今後、2012年にかけて、世界各地で宗教戦争、すなわちテロ攻撃と侵略戦争の応酬が続く。
2010年前後には、世界の政治情勢に決定的な何かが起こり、大国間の衝突が激化する。

2010年から2012年の間に世界は2つに分かれ、最後の審判の日に向かって突き進む。
政治的解決も多少は図られるが、ほとんど和平への進展は見られない。

464 :フーマンチュー ◆ce1E34rvmQ :2006/02/10(金) 20:26:42 ID:nJykYhLY0
>>455
なんだっけな
エントロピーの上昇で情報氾濫社会になって云々みたいな

手元に無いし、読んだの7,8年前だから忘れた

ブックオフで100円ぐらいで売ってるし、買え

465 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 22:10:42 ID:ix1sd+S70
2012年ってなんなのだろう。
オカ板で評判のいい波動グッズにも刻印されてたなそういえば。
あと6〜7年でなにもかも変わるのだろうか。
だとしたら財政破綻も免れ将来は年金も還元されるのだろうか。
それとも年金など納めなくても超人たちが養ってくれるのだろうか。

466 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 23:22:43 ID:f24xxYth0
2012年気になるの?
俺も全く気にならないって言ったら嘘になるよ。

でもこれこそ予言のトリックだよね。
××年に世界が破滅するとか言われたら
根拠なくても気になってしまう。

467 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 23:29:41 ID:f24xxYth0
>>463
http://rate.livedoor.biz/archives/11395632.html

>地球外の知的生命体が2012年に人類の前に実際に姿を現すかという問いに対し、
>坊さんたちは、「地球人が恐れをなさないような方法で、彼らは自分たちの存在を
>知らしめることになります」と答えている。必要時にしか姿を見せない。科学技術が
>進歩するにつれて、何らかの方法で彼らの姿を見ることができ、彼らと言葉を
>交わすことが可能になるという。
>遠隔透視僧たちによれば、2012年が初めてのことではない。これまでも人類が
>気づいていなかっただけで、実際には何度も“彼ら”に助けられているのだそうだ。


親切な地球外知的生命体も
チベットの坊さんたちが中国人に虐殺されマクリングなのは無視かよwwwww

468 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 23:47:36 ID:t9oAoz7g0
2012年っていろんなところで目にするけどその大元って何なのかな?
マヤカレンダーの終わり?フォトンベルト突入?ロンドンオリンピック?

469 :本当にあった怖い名無し:2006/02/11(土) 00:54:22 ID:zNYORhlI0
マヤだとかホピ族の予言とかじゃね?
12月23日かそこらで暦か予言かが終わってるっていう、あれ。

まぁ、たしかに世界全体がおかしい気はする罠。
それが6年そこらで壊滅の眼を見るってのはどうも早杉な気がしてワカランガ。

470 :本当にあった怖い名無し:2006/02/11(土) 02:17:48 ID:+60a6VOZ0
まぁ滅びるなんて事はないと思うよ。
この2000年間、何十の予言があったと思う?全て外れた。


471 :本当にあった怖い名無し:2006/02/11(土) 03:48:07 ID:DDsWdctP0
いや全然違う。
あと6年後地球は地球の電磁活動だけで自身の全て一切合財を行うと言う
試練を受ける。
それを潜り抜けられなければ文字通り消滅だ。

472 :本当にあった怖い名無し:2006/02/11(土) 03:54:35 ID:+60a6VOZ0
はいはい。わかったわかった。

473 :本当にあった怖い名無し:2006/02/11(土) 05:24:20 ID:we8gl+3D0
>>471
そんなの信じてるの?
お祖父さんが昔、自転車のチューブを買い占めたりしなかった?

474 :本当にあった怖い名無し:2006/02/11(土) 06:48:43 ID:6btRrwot0
>>473
日本には科学は一切無い。
教育が全て戦前の竹槍精神教育と何も変らない、気の触れた馬鹿げた物だけで構成されているからだ。
そして全ての国民は戦前戦中戦後その馬鹿でも分かる出鱈目を真剣に信じた。
NASAは観測結果から宇宙は均質構造ではないと発表した。
階層構造をしているがビッグバン理論では説明出来ないので謎だとな。
この意味が分からなかったら猿だ。

475 :フーマンチュー ◆ce1E34rvmQ :2006/02/11(土) 07:19:29 ID:AOKg3PVX0
文法狂ってるから意味わからんな

476 :本当にあった怖い名無し:2006/02/11(土) 07:39:29 ID:UHw7zGSl0
>>474は外人には読めないのかな。

477 :本当にあった怖い名無し:2006/02/11(土) 07:47:21 ID:+60a6VOZ0
>>474
チョンは2chに来るなよ。いじめられるだけだから帰れ。


478 :本当にあった怖い名無し:2006/02/11(土) 09:20:18 ID:UHw7zGSl0
竹やり精神というのは、米GHQのプロパガンダですよ。


479 :本当にあった怖い名無し:2006/02/11(土) 10:41:48 ID:pcmPnyBq0
やり逃げ精神はどちらのプロパガンダで?

480 :本当にあった怖い名無し:2006/02/11(土) 11:04:24 ID:QInwzojc0
ここ最近定期的に変なのが長文レスしてくるね。
そろそろ海外サイトから新情報引っ張ってきてくれる神現れないかな。

481 :本当にあった怖い名無し:2006/02/11(土) 12:12:38 ID:ijVM6SwI0
【小泉「改革」、ここまでのまとめ】

道路公団民営化するも骨抜き、不逞公務員温存→国賊
耐震偽造・BSEで日本人の安全を脅かす→非国民
靖国神社、ワンコイン参拝で英霊を侮辱→逆賊
外人ハゲタカファンドへの日本企業身売り推進→ユダヤの犬(売国奴1)
拉致被害者置き去りで日朝国交正常化にまっしぐら→金正日の犬(売国奴2)
韓国人へのビザ免除恒久化で国内治安最悪化を招く→文鮮明の犬(売国奴3)
中国人へのビザ発給拡大、ガス田を盗掘されるがまま放置、中国脅威論を封殺→客家の犬(売国奴4)
派遣解禁で国民を低賃金奴隷化、外国人労働者受け入れ拡大政策を着実に実行→経団連の犬(売国奴5)
皇室典範改悪→日本史上最悪の逆賊・朝敵  

482 :本当にあった怖い名無し:2006/02/11(土) 12:20:48 ID:3mXXa1bp0
ヒトラーもユダヤ。
みんなユダヤ。
竹中もユダヤ。

483 :本当にあった怖い名無し:2006/02/11(土) 14:55:05 ID:FJooStX+O
良スレage

484 :本当にあった怖い名無し:2006/02/11(土) 15:38:02 ID:21tviZrK0
で、2039年に何があるの?
とりあえず非常食、飲料水、ほっかいろ、コロッケがあればいいかな?

485 :本当にあった怖い名無し:2006/02/11(土) 16:11:41 ID:G+47aT5k0
ヒトラーは予言と言うかアカシックレコードを見つけたんじゃ??

486 :本当にあった怖い名無し:2006/02/11(土) 16:40:11 ID:pcmPnyBq0
>>484
2039年に「ほっかいろ」は売ってないよ。
新製品の「ニトロカイロ」ならあるが。
アカシックレコで調べたから間違いない。

487 :本当にあった怖い名無し:2006/02/11(土) 20:03:58 ID:FJooStX+O
age

488 :本当にあった怖い名無し :2006/02/11(土) 20:27:25 ID:2u49Gcru0
>>277-278
16:以上のようなコピペを追い込まれるとスレに貼るなど荒らしはじめる。

489 :本当にあった怖い名無し:2006/02/11(土) 21:47:14 ID:zlyGxOWA0

しかし、なんといってもアーリアだ、われわれゲルマンだ。
それが頭ひとつ抜いて超人類を創出する。それが創造されさえすれば、
もはや我々に勝てる者はない。考えてもみたまえ。世界中の猿が
連合して人類に立ち向かってきたとしても、近代兵器を持った
ほんの数人の人間に勝てまい。同じことが、これまでの人類と
今度現われる超人類の間にも起こるのだ。」

490 :本当にあった怖い名無し:2006/02/11(土) 22:48:57 ID:6poeg7dd0
>>474
意味が分からない猿のオレが来ましたよ。
ビッグバンなんてうそっぱちってこと?
詳しく。


491 :本当にあった怖い名無し:2006/02/11(土) 23:22:18 ID:kUZ3ydrUO
1のまとめサイト読んでて激しく懐かしい気分に襲われたんだが

492 :本当にあった怖い名無し:2006/02/11(土) 23:47:48 ID:TSXbqJ/X0
>>474=新・朝鮮進駐軍として蜂起する日を股間を大きくして待っている生粋の白丁
(ただし普段は通名を使っているので、隣人や友人さえも彼の正体を知らない)

493 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 00:25:39 ID:CWnbNVDz0
>>488
11:レッテル貼りをする
13:勝利宣言をする

494 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 00:26:26 ID:Ae3R/sdHO
>>222

495 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 00:39:17 ID:48vHHzsZ0
>>490
もともとビッグバンなんてほとんど根拠のない理論だよ
まぁ一応こーいうことにしとこうか的に決めた感じ

496 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 01:39:04 ID:CWnbNVDz0
出自は根拠が余り無かったのかもしれんが、昨今の観測では
宇宙背景放射がビッグバンの痕跡として示されてはいるんだけどな。


497 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 01:50:18 ID:prhXO7eY0
米ソは……おそらく1990年代ごろまで、対立と妥協を繰り返しつつ、世界を運営しようとする。
しかししょせん……ヨーロッパと日本、東アジア、イスラム諸国、インド……
いずれ世界は米ソの手に負えなくなる。そのときユダヤはみずから……に乗り出す。

あわれなアラブ4カ国……最終戦争。東西が激突するだろう。ユダヤはそれに勝って全世界……
なぜならそれが彼らの『旧約聖書』の約束だからだ。黙っておけば必ずそうなる。
しかし、私がそうはさせない。そのための手を、私は死ぬ前に打っておく。
それが最後の秘儀である。それによって人類はわれわれを受け継ぐことになる。

最近のニュースをみてると、最終放送のこの部分がきになるぅ〜
最後の秘儀って行われたのか?

498 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 02:02:23 ID:CWnbNVDz0
哀れなアラブ4カ国の内、イラクは終了、次はリアルタイムで核で揉めてるイランだよな。
残り二つは何処のことを言ってるんだ?

499 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 02:33:21 ID:xr9adje80
>>496
ビッグバンがあったとしたらビッグバンの証拠になるってことだからな。
ビッグバン説なんか全体が自分で自分を持ち上げようとするようなものだ。

500 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 02:34:04 ID:Z8fQ3YLn0
リビアとシリアじゃないか?

501 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 02:47:48 ID:9Paluh/wO
リビアはアフリカ。またリビアは、今は方針転換した国。

502 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 04:04:06 ID:Zr3zHihcO
サウジっぽいな。

503 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 05:59:49 ID:CWnbNVDz0
* アラブ首長国連邦
* アルジェリア
* イエメン
* イラク
* エジプト
* オマーン
* カタール
* クウェート
* サウジアラビア
* シリア
* スーダン
* チュニジア
* 西サハラ
* パレスチナ
* バーレーン
* モーリタニア
* モロッコ
* ヨルダン
* リビア
* レバノン

イランってアラブ諸国に入ってないんだね。
ってことはこの中からイラクを抜いた3つ?
それともヒトラーはイランもアラブの一つとして数えているのかな。

504 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 06:40:29 ID:Zr3zHihcO
イランは民族と宗派が違ったと思うが、地理的にはアラブだろ。

505 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 06:48:51 ID:vnd3bnvS0
ヒトラーどうこうより、五島勉の時点で信用できん


506 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 07:23:00 ID:xvdwKaH70
そもそもイランとアーリアンは同じ意味

507 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 07:50:08 ID:pf+k923X0
イランは栄光のペルシャ帝国の末裔。下衆な遊牧民、被支配階級であるアラブ人とは違う。
民族もアーリア人系(白人系)がベースだしね。古代はアーリア人の大移動があり、
ペルシャ〜インドまでその子孫は広がっていった(印欧語族と呼ばれるのはそのため)。
インドとドイツ語は語源を同じにするものが多々ある。インドは混血相手が真っ黒な
ドラヴィダ人だったため、あのような外観になっただけのことだ。

こういうプライドがあるので、イランはイスラムであっても別な国(同様にトルコも別な国)。
そもそもシーア派は密教やミトラ(=マイトレーヤ、弥勒)信仰など古いペルシャの宗教要素を
一部取り入れた新感覚イスラムだから(新興宗教イスラムがペルシャの歴史に対抗するには
そうするしかなかった)、オリジナルイスラムのスンニ系諸国と同じにはできないよ。

イラン大統領が「ホロコーストは嘘」発言するのも、アーリア人系であることの誇りも密かに
あるのだろう。本家アーリア人であるドイツは去勢されてしまったが、こちらはまだ玉付きだ。

508 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 09:15:53 ID:cB97qxN40
あわれなアラブ4カ国……最終戦争。東西が激突するだろう。ユダヤはそれに勝って全世界……
なぜならそれが彼らの『旧約聖書』の約束だからだ


たんに旧約聖書に書かれてることを言ってるだけなんじゃない(笑)

509 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 09:52:32 ID:Q2O/UbPK0

あ わ れ な 特 ア 3 カ 国 

510 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 09:58:17 ID:CWnbNVDz0
哀れなのはその三カ国に囲まれた日本なんだけどなw

511 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 10:38:41 ID:9XOQQnnrO
ヒィィw

512 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 11:22:15 ID:nw0cTF/60
独裁者と呼ばれる人々の銅像や肖像画って、“ハイル・ヒットラー”みたいに何で腕を揚げてるんだろう。
ロシア:レーニン
ナチスドイツ:ヒトラー
中国:毛沢東
トルクメニスタン:ニヤゾフ大統領
北朝鮮:金日成
北朝鮮:金正日総書記
イラク:フセイン大統領
スペイン:フランコ
他にもたくさんあるかもしれんが・・・。


513 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 20:18:33 ID:dKVw7Vc10
               ,..:ニニニニニ::::::、
              ;;:::'''       ヾ、
             ;'X:          ミ
             彡   -==、  ,==-i
            ,=ミ_____,====、 ,====i、
            i 、''ーー||ヮ°||=||ヮ°||
            '; '::::::::: """"  i,゙""",l
             ーi::i:::   ,'"`ー'゙`; _ j
             . |:::|:::   i' ,-ュュャ'  i  
             人:::::  ゙ "" ゙̄ ._ノ
          ,r―''''''ヽ,ヽ、ニ__ ーーノ
      ,r‐' ,、;-‐''''""''ヾ、、,     l
     / ./     r''"ヽ, \,     l`ヽ、
     j l ,. /    '    l   ヽ、 ト,   ヽ
    ,.Lj∠、'´   , i,    /     `ヾ、`'ヽゝ
    l,      / 二'''"    ,;、,     `''ー゙--、
     /゙ヽ-ッ-‐'´ ./`ト-:rイ「´ ゙l;:`''ト-、,_ ノ'i,
   /  / ,;∠∠,ノ´  イ  l l, ├''|  |、,/ l  |
../ノ ./ /、,    ,、' ./  / .l |:::::l,. | ゙ヽ、!_,,、L,
ヽ---ツ  ∧   ̄ ̄  /    | |:::::::| |  r'"/  l,
   /  ./ .ト、,_    /      | |:::::::|. ! l'´! /   |
  ./、 ./   l,  ` ̄ ./        |.|::::::::l |. !. l, l     l
 .l、,.ノ     l,     ;'      .j |:::::::::! | ゙'ーベニ,ノ

514 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 20:37:00 ID:4e6jeI190
使い捨てでもいいから、日本人の為に生きたい。
日本人まじで愛してるよ。

515 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 20:39:33 ID:HOSdNU9z0
そうやって日本国内のことだけに目を向ける人間ばかりになり
日本人は自滅していくんだろうな。
外のことは何もわからないままだから自分たちが搾取されてても気づけない。

516 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 21:39:29 ID:5xtPmxEL0
>>515 そとの世界かあ。

517 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 21:47:04 ID:S4YXjq+J0

いつも国が滅んでしょっちゅう民族入れ代わって
国の名前がころころ変わる連中みたいになるの?

518 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 22:30:30 ID:CskgwGkM0
そう言や以前、本屋でヒトラー本をむさぼるように立ち読み
してたヤンキー風のコギャルがいたが何であーいう子が
ヒトラーなに興味あるんだろうと暫し考えたぜ。

519 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 22:32:27 ID:K3J5XgSO0
いいよ。日本人が日本を愛せないでどうする。
漏れも日本 愛してるよ。絶対捨てない。

520 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 22:38:57 ID:5xtPmxEL0
>>518 たいていの教師よりは、ヒトラーのいっていることは立派だ。我が闘争を読むとね。
  そこでヒトラーが教育について語った部分よりも、日本の戦後教育が優れていたので、
  日本が台頭した。
   ヒトラーは、常に正しい。

521 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 22:40:23 ID:YKe+i7YE0
俺も愛している。
愛なくして何が超人だ、何が神人だ!
俺は戦うぞ。今の愛する日本の運命と
待ち構えているだろう不幸と戦ってやる。
今の状況は確実に恐ろしい方向に向かっていると、
予言無くても分かる。
俺はどちらかと言うと1のサイトにあったシュタイナーの方に考えに共感する。

美しい土地、美しい史、愛する人、美しい故郷日本。

522 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 22:49:06 ID:w/Ro7/z40
東方が巨大なハッテン場に……

523 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 23:01:02 ID:UUBDIVQL0
キャシャーンて超人だね。

524 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 23:09:27 ID:xs71gYSp0
北朝鮮との開戦はいつ??

525 :本当にあった怖い名無し:2006/02/12(日) 23:36:48 ID:ySCUlfjd0
>>518
どこかからこのスレの都市伝説を聞きつけて本気にして
なんとかして神人に進化する方法を探し出そうとしてるんじゃないのか

526 :本当にあった怖い名無し:2006/02/13(月) 00:05:49 ID:22CIsEYO0
さっき映画キャシャーン見てきずいた。キャシャーンのストーリーて、ヒトラーの予言を元に書かれたものだね、絶対。
映画の作り自体は(CG)は、あまりいい物じゃないが、世界観はすごいと思う。作った人は確実にヒトラ−の神人進化論を知ってる、悪役がヒトラーにすげー似てるしマークもすげー似てる。
キャシャーンとか悪役(唐沢)たちは人間によって作られた超人たちで、ロボット兵隊もすごいでてくるし。超人たちが生まれる時のあの紋章はカバラのタリズマンでしょ?人間とは何か?愛とは何か?大切な物を守るために戦うそれぞれの人々
ストーリーはいい。最後のエンディングにしんだみんなが生き返るとこなんて人間の行き着く進化の様子を描きたかったんだと思う。エンディングの愛が破裂して宇宙まで、行っちゃうとこなんてヒトラー進化論そのものだぜ。。

527 :本当にあった怖い名無し:2006/02/13(月) 01:27:09 ID:d490GQNx0
進化といえばヒトラー。キリスト教といえばヒトラー。
オカルトといえばヒトラー。大衆といえばヒトラー。
戦争といえばヒトラー。ドイツ民族といえばヒトラー。
ユダヤ人といえばヒトラー。演説といえばヒトラー。
宣伝といえばヒトラー。人体実験といえばヒトラー。


528 :本当にあった怖い名無し:2006/02/13(月) 01:50:38 ID:IUEqVxK70
でもよー
ヒトラー死刑の前に命乞いしたらしいよダサイよ

529 :本当にあった怖い名無し:2006/02/13(月) 01:57:08 ID:C0I1x2uH0
>>501
リビアは地理的にはアフリカ大陸だが、イスラム教国で、
アラビア語を話すアラブ人が住んでる。
カダフィ大佐ひよったけど。

530 :念仏の鉄:2006/02/13(月) 02:01:29 ID:wMD6LNp6O
あのね、ヒトラーは死刑されてないよ。1945年4月30日に総統官邸でピストル自殺。前日には愛人のエヴァ・ブラウンと結婚、エヴァは青酸カリの服毒自殺。ヒトラーとエヴァの遺体は、宣伝相ゲッペルスによって焼却され、埋められた。これ、常識。

531 :本当にあった怖い名無し:2006/02/13(月) 02:18:30 ID:8REW/xQJ0
俺は将来的には神人の部類に入ると思う

532 :本当にあった怖い名無し:2006/02/13(月) 02:19:48 ID:IUEqVxK70
なに!ヒトラー命乞いの件は
以前トリビア探しまくってた時期に見つけて
トリビアの泉、番組サイトに送信してしまった覚えが(質ではなくネタの量で勝負してた
ガセビアだったのか〜やられた

533 :本当にあった怖い名無し:2006/02/13(月) 05:43:28 ID:N7Xk/KuYO
今人類はテストされている事に気づいていない。神人類に進化するか猿人類に退化するかを。テストは主にその人の人生によって判定される。人生をどう生きたかによって行き先が決められる。

534 :本当にあった怖い名無し:2006/02/13(月) 05:51:14 ID:N7Xk/KuYO
つまりふるい分けされる過程で必ず因果応報するという事

535 :本当にあった怖い名無し:2006/02/13(月) 15:55:15 ID:20tZrZ0f0
「ヒトラーの予言」じゃなくて、「五島勉のエッセイ」でしょw

536 :本当にあった怖い名無し:2006/02/13(月) 18:04:57 ID:vBE8oxPY0
「永遠なるヒトラー」が置いてある図書館、無いかね?

537 :本当にあった怖い名無し:2006/02/13(月) 19:44:58 ID:q8c/5ncxO
>>520
でもユダヤ人がゆとり教育を導入して日本の国力を低下させ、腑抜けにさせようとしたらしい。許せない話だよな。

538 :本当にあった怖い名無し:2006/02/13(月) 19:55:05 ID:VLV1L1VV0
>>523
うわーしょ(ry

539 :本当にあった怖い名無し:2006/02/13(月) 20:17:58 ID:gA4ehqIs0
ヒトラーの予言で言う「大人になりきれない大人」とは
バブル期の連中だと思う。
子どもが金を作るやり方を覚え、世代間に渡って存在する
社会的責任の感覚に乏しく、その子どもの世代には
社会問題、経済問題、環境問題、教育問題など
問題を残している。そういった人たちが今後未来の日本に
思う危機という感覚を起こすのかが疑問。

むしろ、ニートや引きこもりなどの方が
社会に対する無力感、孤独、失望感など
"大人が直面する感情"を感じていると思う。

世代の中で少ない人数が引きこもりや無職になるのなら、
個々人の問題と言えるが、
世代全体を構成する大きな要素になるということは
その前の世代の教育、社会的責任があるということに言及すべきだ。
それをニートが無力だとか無能ということは責任転嫁の何物でもない。
責任を担おうとするのが本当の"大人"であり、
直面せざるを得ない問題に踏むべき精神成長の過程を踏めずに
直面する現在の若い世代こそ"大人になりきれない大人"
の影響を受けた世代と言えるように感じる。

540 :本当にあった怖い名無し:2006/02/13(月) 20:20:54 ID:814zNKaY0

日本よりハイピッチ 韓国の少子化
http://www.asahi.com/international/aan/kisha/kisha_013.html

【韓国】韓国のニート(NEET)は121万4千人、若者人口の8.4%
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1138805514/l50
>こうした傾向は、ニートが社会問題となっている日本よりも深刻だ。
>97年から2002年までの職探しをしないニートの
>増加率を見ると、日本は18.3%、
>韓国 は87.1%との結果が出ている。

【独韓】 独誌シュピーゲル「韓国青少年75万人ゲーム中毒、でも政府無関心」
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1139232508/l50

韓国学生のPC学習活用、OECDで最下位
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=72062&servcode=400§code=400

【韓国製の虚実@】国産カメラ付き携帯の部品7割が「米日製品」
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2003/11/07/20031107000074.html


541 :本当にあった怖い名無し:2006/02/13(月) 21:09:12 ID:kgYlpoI/0
夕方のニュースを見ていたら堀江が「たくさんの人を宇宙空間に連れて
行きたい」と言っていたブイが流れていた。
上のほうにあるように彼がもしヒトラーのことを知っていたとしたら、
宇宙こそが進化のキーワードだと考えていたのかもね、ほんとに。

542 :本当にあった怖い名無し:2006/02/13(月) 21:26:49 ID:81thSO9t0
>>539
今の日本の構成。
「一握りの真エリート」「無力で無能なニート」「肉ロボット」

543 :本当にあった怖い名無し:2006/02/13(月) 21:39:09 ID:y55aNgJ30
・【韓国】05年の貿易収支は輸出入とも3年連続2けた増 
対日赤字は237億ドル
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1136133556/
韓国は 日本にとってドル箱のお得意様。
毎年 2〜3兆円の黒字をゲット。
韓国が世界中から得た貿易黒字の半分を 日本がごっそりと頂戴するか
のような構図。

・「ES細胞捏造」黄前教授 
“愛国熱狂”続く 抗議の自殺、支持デモ活発
ttp://www.sankei.co.jp/news/060208/kok020.htm

・【韓国】韓副首相「輸出心配ない」発言⇒企業家「現実分かってない」
    「日本製と競争の家電製品は輸出が減り始めた」
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1139406936/l50

・【韓国製品】先進国の消費者の88%が低品質」認定
ttp://japanese.joins.com/article/article.php?aid=72242&servcode=300
>外国消費者は韓国産製品の品質ついて
>中国産ほど劣ると考えていることが、調査により分かった。


544 :本当にあった怖い名無し:2006/02/13(月) 22:08:36 ID:z0kF/VLD0

韓 国 だ め ぽ (´・ω・`)

545 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 00:29:40 ID:kLsJLJbT0
>>537
なるほどな

546 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 00:32:37 ID:xh+QcF4R0
映画の「バタリアン」ってヒトラーの言ってた「ラストバタリオン」
から考えられた題名(原題は「RETURN OF THE LIVING DEAD」で「バタリアン」
という単語は本編には出てこない。「オン」が「アン」になってるのは東宝東和
的カタカナ表記ってことで)
だけど、「モットノウミソヲ」とか言うゾンビ軍団がやってきたらヤだなあ

547 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 01:12:53 ID:1+Tu9Tcw0
>>546
その前に、オバタリアンとニダタリアンがやってくる

548 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 01:14:54 ID:roSXHE0y0
オバタリアンは良いけど
ニダタリアンはいやだよw

549 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 01:28:30 ID:IFnmvbQx0
>>539
俺はかなり重症なニートなんだけど
「大人になれない大人」ってのは、自分の親の世代から既に始まってるように思うよ
俺の親は団塊より少し後なんだけど、ひょっとしたらアメリカに占領されたときから始まったのかも
今の憲法はアメリカが作ったようなもんだし、教育も生活の仕方もガラリと変わった
変わったというよりも変えられたのか、ある意味でまさに実験場にされたのかも知れない
そしてそういう大人たちに育てられた俺はというと、さらに酷いことになってる
大人になれない大人どころか、もう退化したロボット人間になっているのかも

本心としては、親の世代や社会の所為にしたくない気持ちはあるし
働きたいから職探しくらいはしてるけどさ

550 :549:2006/02/14(火) 01:37:10 ID:IFnmvbQx0
あぁ、なんか変なこと書いちゃったな
言い忘れたけど、ニート自身にも責任はあると思うよ
ニートの俺がそう思ってるんだから、間違いない
社会がニートに対して一方的に責任転嫁することは善くないと思うけど
逆にニートが社会の所為にしようとするのも善くない







じゃあバイトくらいしろよ俺 orz

551 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 01:42:08 ID:hPsRHX/l0
句読点は、ちゃんと使った方がいいよ。
その方が日本人のカキコらしく見える。

552 :本当にあった怖い名無し :2006/02/14(火) 02:05:27 ID:t6coa1u90
まあ実験には失敗がつきものということで

553 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 02:24:58 ID:PggHN8Ca0
>>550 文末には「。」をつけてくれ。

554 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 02:44:14 ID:Q5Sl8q4BO
こんなところに書き込みしてないで働けよ!
糞ニート

555 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 02:56:11 ID:OAwZ0DQTO
人間の遺伝子の中の動物の遺伝子が発動され始めている事が90年代半ばに分かったらしい。人類の一部(何十%?)が動物に向けて退化しているらしい。言動が卑劣化しているのは脳が動物レベルに退化し始めている証拠らしい

556 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 03:01:14 ID:O9Berx0o0

「木を隠すなら森の中、工作員を隠すには日本人になりすませ。」


557 :匿名:2006/02/14(火) 03:09:02 ID:jGSgfI2OO
二人の国王がいる国は時雨月16に彼方へ旅立つ。その時内気な国は全ての人に墓を掘るだろう。共に地獄に堕ちよう。傲慢な人が迷う前に。さびしくなんかないよ。お前達もすぐだから。

558 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 03:19:18 ID:OvgtAMeA0
>>539
同意。

>>542
ニートやヒッキーは無力で無能なのかは断定できないよ。
何をしでかすか分からない可能性を秘めている、マトリックスで言うアノマリー(だっけ?)だ。
寧ろそう思っている人間が後々家畜化する可能性を秘めている。

559 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 04:45:23 ID:Pu/pGD1U0
>>542
>今の日本の構成。
>「一握りの真エリート」「無力で無能なニート」「肉ロボット」

今の構成が決定したわけではない。
現在の価値がそれを生み出しただけにすぎないのだから、
価値が変われば階級に変動が起こる。
ただ今のエリート階級が抵抗した場合、
恐ろしいホロスコートが起こることは避けられない。
時代の流れを阻むことは力のある人間でもできないのだ。
それを阻むことは神(時代)に逆らうことになるわけで、
人間など所詮、神の代理にすぎないことを知っておかなければ
ならない。今のエリートも所詮、神の代理だし役目が終われば
潔く去るかそれに固執すれば死あるのみで、
これは歴史が教えてくれているよ。





560 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 05:21:33 ID:VZz9ARDi0
>>1
http://www.takarabe-hrj.co.jp/takarabe/clock/
これの東洋の実験地とは日本以外しかない。
概算だけでこれだけの債務、仮に今のGDPで殆ど全国会予算を回しても
何十世紀かかっても返済は不可能。
IMFの介入の入った韓国やアルゼンチンとは比べるだけアハハだから
今のトコ欧米先進国すべてが放置プレイだったと気が付かない程、日本に
いるのはキチガイの阿呆どもばかり。
だが、借りた金は必ず取り立てられる。
就労実績が無く何億も泥棒し、気の触れた一言で同胞を見殺しにし、その
事実を自ら認め続け、あらゆる司法機関も動かなくして政治を破壊している
大犯罪者を国家盟主に据え続けているのだから、その借金取りが来るのは
あと数年後だな。
欧米先進国は法の下の民主国家だから、堪え難きを堪えて仲良くしていてあげ
たのだからな。
もう現時点で既に、北朝鮮以上の悪の枢軸になっている独裁日本には振り向く
価値も無い。



561 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 05:24:37 ID:OvgtAMeA0
また始まったよこれ。

562 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 05:27:57 ID:+CC35jaaO
>日本にいるのはキチガイの阿呆どもばかり

だったら早く半島に帰りましょうね。

563 :ボクサツ君 ◆wF.16HeCFk :2006/02/14(火) 06:12:42 ID:4n7yT88zO
>>539&>>558
漏れも藻前等に概ね同意。
ニートや引き込もりが増えているのは、
集合的無意識が引き起こす一種の革命のような物だと思う。
現状、民主主義の本質は蔑ろにされ崩壊しており、
社会主義や共産主義は物理的に機能しない事が証明され、
最期の砦であった資本主義ですら、もはや数年で先が見えている。
ニートや引き込もり達の行動を起こさないという行動は、
既にその事を直観的に感じ取っているが故の現象であり、
とりあえずではあるが、
このままの社会の流れをよしとしない姿勢の表れである。
つまり、新しい納得の行く主義やシステムが生まれるまでの
乗るか反るか命懸けの籠城戦なのだと思う。
彼らのような人種が増える事によって
今のシステムが機能しなくなれば、
社会は良くも悪くも新たなる流れを生み出さなければならなくなる訳で、
もしそうなれば、即ち革命の成就を意味するわけだ。
ただ一つ言えるのは、この現象を解決するには今までの常識や
資本主義のルールに則った方法では駄目だと言う事だ。
つまり、何が言いたいのかと言うと
藻前等もっと引き込もれ!って事。
ただし、ただ引き込もるだけでは駄目だ。
やるからには命懸けでやるべし。

564 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 08:06:18 ID:KvHt7B4b0
話の展開が非常に面白くなってきた。
俺も書きたいことは沢山あるが、全部書くと長文で20レスは消費する。
そういった日本の国体不安を国民は潜在的に感じとっているが、
こういう問題を「ヒトラーの予言」を絡めて考えるのはある意味効果的です。
ただし「ヒトラーの予言」を妄信するのは危険です。
妄信こそ「肉ロボット一直線」です。

でかけるので又。

565 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 08:53:46 ID:5KiStWfcO
とりあえず芸能人で一番進化の兆しを見てとれるのが「り(ry」

566 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 09:45:59 ID:Erwnjdmk0
n

567 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 10:05:11 ID:s60Q4v3V0
>>551,553
文末に「。」を付けなかったくらいで在日朝鮮人だと認定されるのか?
ヒトラースレなのに朝鮮の話題を長々と書き込んだり
団塊の世代やバブルの世代を貶め、自分らニート世代を擁護し理由もなく持ち上げたり
嫌韓厨は頭が逝ってるな

568 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 12:34:01 ID:da/wksP7O
大多数の何も生み出さない非生産的なニートはいらないだろう。存在価値なし。
禁治産者って事で、まさにヒトラーの言う
永遠の子供だもんな。

>>567
釣れるといいね

569 :さんりお:2006/02/14(火) 12:47:04 ID:eWFQ9KP40
>>567
何そんなにキレてんだよ。
今北産業の俺にはお前の方がよっぽど頭が逝ってるように見えるぜ。

570 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 13:44:08 ID:OvgtAMeA0
>>567
そうやってお前も人を嫌韓厨だと断定してるだろうが。何処に説得力あんのよ、そこに。
ちょっと朝鮮関係に触れただけで嫌韓厨か?お前は素敵なエセ左翼だな。
自分だけが全てを見抜いているんだオーラがツンツン臭ってますよ?w
あ〜きもいきもい。

571 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 14:12:04 ID:5KiStWfcO
オーラという単語が出て、ようやくオカ板らしくなったとさ。

572 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 14:23:55 ID:/BmFQlDu0
句読点あるなしで日本人らしいかどうかとか、
それで気を荒立てるよりも、冷静に話しましょう。
あなたの意識を引き寄せて止まないその事柄は
よく観察してみれば、あなたを刺激することや
怒るべき事柄がまったくといって内包していないということに気付くでしょう。

と、シュタイナー先生なら言うような気がします。

573 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 14:46:37 ID:xfjkMgwp0
>>571
オッス! オーラ極右


どうよ?

574 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 14:53:15 ID:aQyO7yG90
まとめると、俺は韓国が大嫌いってことだ

575 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 16:14:45 ID:HM6qF36t0
>>574 その意見には賛成だが、ジューはもっと嫌いだ。

576 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 18:06:03 ID:QNHU/NpR0
ジューも人種が2種類あるしな。

577 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 18:13:52 ID:1+Tu9Tcw0
「大人になりきれない大人」、これは今の中国や韓国を見ればわかると思うけど、
民度の低さを言ってるんじゃないかな?


それと、「一握りのエリート」と「それ以外の奴隷」ってまさに共産主義そのものだし。
(韓国も、「一握りのエリート」=両班、「それ以外の奴隷」=白丁という階級が存在
するので)



578 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 18:48:34 ID:R+v3wxYK0
お前ら馬鹿じゃねーの?
「ヒトラーの山荘予言」なんて五島勉の捏造だろが。

579 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 19:18:24 ID:RMXfFTLh0
ヒトラー個人の見識・見解・勘といったものは確かに卓越している。
が、政治の世界では悪い方向に染まるタイプだったのではないか。
彼が、堅実な定職かあるいは志望する画家の道が開けていたら、異なった光明を放ったと思う。
まあ他国人の豪邸が連なる地区といったものが日本に出現するとヒトラーのように考える者が
出て来る事は想像に難くない。まあ日本人は勤勉すぎてる節があるし、週4日以上働かないように
する事が出来る職場はそうした方が良い。個人的に豊かになりたいというだけで
働きまくるのは良くない。個人ビジネスは別だが。おそらくヒトラーはユダヤ人が
周囲のバランスを無視して豊かになりたいだけの亡者の集団に見えていったと思う。
彼の感受性は激しいし、それを許せなくなったのだと思う。憎悪はそのきっかけ・生まれる原因が
極めて純粋でなければ人を集める求心力足り得ない。が、政治の世界というものは
見ていて分かるはずだが、その純粋さには全くふさわしくない者のほうが多い。
ヒトラーが自分達の参謀よりも孤独を選ぶことが多かったのは純粋さにおいて
共鳴し得ない者があまりに増えすぎた為だろう。純粋さとはかけ離れた下劣な獄卒が本性の
ような者が集まるのは彼のアジテートがその純粋さに比例して激し過ぎた為と思われる。
本来ならそうした部下たちは金持ちに群がっている程度の者だから。彼はのしてきた横暴な者には
狂気を与え、子供たちには父性の愛を無償で与えていたはずだ。ゆえにそのシステムは瓦解するはずであったし
事実瓦解した。彼が皇帝を名乗っていたなら、事態に適合しただろうが、より不幸であったろう。


580 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 19:19:06 ID:RMXfFTLh0
全体主義というものは進んで来ると個の意識が薄れていき、一かゼロかのどちらかの意見にしか
注意がいかなくなる。まあ働くというのは慣れてくるとアナログな事象を一かゼロのデジタルな
事象に判別する作業がほとんどに為って来る。0.5を1に持って行くのを手腕・経験と呼べるなら、
0.01の事象を1に持っていくのは神技と呼ばれるだろう。
が全体主義には手腕や経験といったものは無い。0.9以下は認めない、0.5ではどうしようもない
といった純粋さに見せかけた只の排他主義になってしまう。
ヒトラーの配下にのし上がった者には都合のよいシステムだが、ヒトラーは
さぞ退屈しただろう。ゆえに彼は気に入ったものを自ら選び自身の心情を何より伝えようした。
外観は全体主義だから選ばれた者はその会合や接見でしか手腕や経験を学べなかった訳だ。
まあ手を挙げるか挙げないかだけしか要求されないのは全体主義といえるし、手を挙げる者と挙げない者との
交流は遮断される。なぜならゼロか一の判断しか出来ない訳だから。
その判断基準は順次事態に応じて書き換えられる。反抗したら廃棄。ソフトをインストールされるパソコンと同じAI扱いだ。
仕事なら息抜きや趣味・団欒と発散し得るが、ヒトラー個人は自身を捧げた状態であったろうからかなり事情は異なった。
ただ彼はそうした人間の集団の陥り易い事態を数多く見ていったからこそ、その見解は少なくとも当時の世界でも圧倒的に鋭く本質を
付いていたが故に現代においてもカチッとその姿を維持し得るのだと思われる。
ただ、何年何月にどうこうというのは特殊な神秘体験でもしない限りは人は口にしない。控えめにいえば、神秘体験があったという裏付けが取れるし、
また本人がそれを表明したかったと言うことだ。教えたというよりは通過する事の予告といったもの。蕾を見て茎が折れるかもという人は居ない。
いつか花が咲くね、いつ頃かな、という感覚。蕾が見えればそう考える。
蕾が見えない人には何の事か分からない。


581 :在日認定は計画的に:2006/02/14(火) 19:29:41 ID:PXXtGlCm0
>>567
同意。>>549の文章はどう読んでも在日が書いたものとは思えない。
「憲法をアメリカが作った」「アメリカに占領されたときから(おかしくなった)」
なんてこと、在日は書かないよ。

だって日本国憲法は祖国に内政干渉(靖国、教科書)や侵略(竹島)をさせてくれる
有り難い憲法だし、在日が特権階級に慣れたのはアメリカの占領政策
(日本弱体化、分断工作)のおかげですから。

582 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 20:11:55 ID:cJbR8s5i0
鳥インフルエンザの流行が、人類の遺伝子に影響を与えて、
それが新人類誕生のきっかけになりそうな気がするのだが、

こういう考えは、変かな?

583 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 20:27:26 ID:6pD2q+YV0
神人類って、もしありえるなら自分が考えるところだと、
自らの欲を制御できる人間かも。全体をみて、抑えるべき
欲望は必要最小限に社会的利益を優先するような人たち。
自らの地位や金を増やすこと自らの欲望を増大していく金持ち連中
勝ち組とか言われる人たちとは一線を画す人たち。
つつましく生きていかれる人ではないかと思う。

584 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 20:36:22 ID:Ketj6es90
●●●●●●●○○●●●●●○○●●●●●●●●●
●●●●●●○●●○●●●○●●○●●●●●●●●
●●●●●●○●●●○●○●●●○●●●●●●●●
●●●●●●○●●●●○●●●●○●●●●●●●●
●●●●●●●○●●●●●●●○●●●●●●●●●
●●●●●●●●○●●●●●○●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●○●●●○●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●○●○●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●○●●●●●●●●●●●●●
これを見た人は運がいいです。
三日以内に10個のスレにこれを貼ってください。
そうすればハートパワーが効きます




585 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 21:41:47 ID:FfEiTSKQ0
>>562-584
何ほざいとるの!
縁故のコネで会社入って、毎日仕事と呼べる事は全くせずに、平日の真昼間から
2ちゃんやって遊んでいる。その上就労実績なんて全く無いのに給料はタンマリ貰えてホクホク。
一体俺の会社は誰が回してるんだ〜〜?俺はど汚い議員のコネがあるから一生泥棒でいいや〜〜!
まさに「大人になりきれない子供同然の大人!」あんた等の事じゃん!
しかも親も同じようにやって来てお前ら育てて、コネ元の議院も親代々でそうだったからの根拠だけで
アメリカの上院議員の鶴の一声だけで人生全てお大尽。
まさに気の触れた状況をユダヤ資本が作ってやってきたから生きてこれただけの、蛭みたいな
奴じゃないか。
もう一度、よく読めよ。実験場と書いてあるんだぞ。
実験プロジェクトほいつか終わるんだ。
そして嘘の内閣を、はっきり泥棒と真実そのものズバリで地球上全てに知らしめた今が、その終わりの時だ。


586 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 21:46:51 ID:031Ujl2N0
オイルショックを自力でのりきったバブル前までは日本の資本でしたがね。
まぁどちらにしろ今の状態は・・・。

587 :本当にあった怖い名無し:2006/02/14(火) 23:58:06 ID:IFnmvbQx0
あのさぁ俺>>549で、まるでアメリカによって日本が実験場になったかのような事書いちゃったけどさ
もしそうならヒトラーは「東方が実験場になる」みたいな言い方をしないよね。
もし日本だけが実験場になるなら、一々「東方」と濁さずに、ヒトラーはハッキリと「日本が」そうなるって言うんじゃないだろうか。
他の予言でヒトラーがハッキリと出してる東アジアの国名は日本と中国とだけだから、日本(中国)だけで起こることなら普通に日本(中国)って断定すると思うんだよね。
だから少なくとも、東方の実験場が日本一国だけに限られる可能性は低いかなと。

588 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 00:24:22 ID:A0VJHgu3O
だな。

589 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 00:41:58 ID:lqPqRuEp0
いきなりですが自分の住んでる地域の天候が、自分の気分と同じように
曇ったり晴れたり あるいは 天候を自在にコントロールできるという方、
いませんでしょうか?

超人っていうかあたしの場合は、動物みたいだな、なんか。

590 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 01:50:53 ID:mk/43Pd20
>>587
どのみち合致するトコは日本以外無いよな。
他の全アジア諸国の殆どの国民が、貧しいながらも一生懸命必死で生きてるからな。

591 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 01:56:29 ID:8/FuW1cC0
>>589 いいね。ドラマチックな人生だね。
   失恋すると、どしゃぶり。恋人ができると毎日天気。


592 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 01:58:08 ID:8/FuW1cC0
>>582 あってるだろう。

593 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 02:14:16 ID:Mbc4Qa8g0
>>585
>一体俺の会社は誰が回してるんだ〜〜?
アメリカ・ヨーロッパの合弁企業、中小企業だったら親会社!ハイ終わり!( ´_ゝ`)

594 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 03:01:23 ID:ZyeFvHvr0
ネット右翼は相変わらずだな。自国の官僚が築き上げた構造にメスを
入れないのが本当に不思議。
自分の頭で考え導き出された結論が右翼ってのは少数派なんだなと思わされ
る。
これぞロボット人間だ。

595 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 03:18:12 ID:BD79w0m70
>>594
で、オマエは今し方靖国神社でお百度踏みして来たわけだw

596 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 03:39:39 ID:+cwZYPxJ0
層化vs右翼?

597 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 05:54:20 ID:bSWqZYFm0
>>594
こういう左翼のレスが一番スレを荒らす原因なんだよな。

598 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 06:31:55 ID:A0VJHgu3O
こういう流れで来ると、オカルトも政治戦略の部品にすぎないという気すらしてくる。

599 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 12:03:07 ID:I0R+1WPX0
オカルトに限らず 理性によらない扇動こそが 政治の要諦だと思う。

歴史上優れた政治家は皆、フィクション作りが上手い。
むしろフィクションこそ政治と言い切っていいかもしれない。

が、ヒトラーはなんというかそういう枠にはまらない所があるんだよ 何か違う
元々が 保守的で一般的な一市民に過ぎなかった彼がなぜ あれほどの
変貌をとげたのか ここら辺がまったくわからない。

まるで一夜にして政治のプロになったみたいだ


600 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 12:10:29 ID:ZyeFvHvr0
右翼に逆らう者=左翼か。そんな単純なものでもないだろう。
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html
こういうところに書いてある情報を鵜呑みにしちゃだめだと思うよ。
確かにここに書いてあることは真実だろう。
しかし、韓国の無茶な要求を甘受してきたへっぴり腰の日本ってなんなんだ?
俺はそれを疑っているだけ。
疑ったら左翼なんていう構図がおかしい。
大元はどう考えても官僚や軍部首脳に行き着くだろ?
機械的な右翼を見るとロボット人間を連想してしまうんだよ。

601 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 14:04:49 ID:SXkjEqvy0
無気力で精神が枯れた民族から相反するように超人が現れる。
これは人類が生への渇望に翻弄されて発現させる必然なのだ

602 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 15:24:59 ID:WBDJQLXz0
>>600
>韓国の無茶な要求を甘受してきたへっぴり腰の日本ってなんなんだ?
韓国の要求を甘受してきたのは、共産主義封じこめのため韓国を支えることのほか
日本が二度とアメリカに逆らえなくする為に、日本国内の少数民族である在日に日本を監視させる
植民地支配ではよくやる手を米CIAが行ってきたからだろうな
KCIA(米CIAが作った)=統一協会=勝共連合が日本の右翼や自民党とつながりが深いし
韓国財閥の創業者や政治家は早大出身者が多く、日本の早大閥の森とつながりが深い
日本、中国、朝鮮が手を結び欧米に対抗するのを防ぐ為にも
庶民レベルでは中国や朝鮮に反日を誘導し、それは中国や朝鮮の支配者にも都合がいい
日本を含む極東地域が米国(ユダヤ)に操作されている実験場だよ


603 :本当にあった怖い名無し :2006/02/15(水) 16:44:44 ID:EVyjrPFD0
>>578
釣れるといいね

604 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 18:25:56 ID:G3qpKZNEO
韓国については、
不安定な政治状況に韓国国民が暴動なんぞを起こさない為の一手段として
韓国による日本バッシング・永遠に終わる事のない謝罪要求が
利用されている一面があるからなあ。
そのヘンはアメリカの指示とかあるかもね。
とにかく韓国には日本の防波堤をやってもらわないといけないから、
韓国国内の安定の為にも
やつらのバカっぷりには
多少目をつむった方がいいのかもね。

605 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 19:03:42 ID:Rvn92kh30
信じてるヤツら馬鹿だろ
あの時代でこのぐらいの予言は余裕
打つのめんどいから書かないが俺にも未来は見えている
いっとくが宇宙人などはいない

606 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 19:07:38 ID:Rvn92kh30
人間が思い上がって宇宙の自然を犯すため、宇宙が人類に復讐の災厄を下すのだ。そしてそれが人類を、想像を絶する究極の状態にみちびいていく。


昔から言われてた環境破壊をかっこつけて言っただけ こんなことあの時代の科学者からしたら朝飯前


607 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 19:35:05 ID:bSWqZYFm0
>>605
今日も飛ばしてますね、旦那。
周波数も高いようで何よりで。

608 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 19:39:12 ID:Rvn92kh30
今だったら特許はほとんど出てて難しいが
あんま出てない昔だと特許取るのは今より簡単
それと一緒

609 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 19:48:40 ID:bSWqZYFm0
ますます周波数が上がってますよ!絶好調ですね!

610 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 21:26:05 ID:nSgARGUY0
>>606
いつですか?

611 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 21:54:20 ID:+1/zFkVp0
近代史を語る上で必ず出てくるような事をしておいて、
さらにこんな予言まで残してるのが凄い。

そこらの専属で予言やってる奴が言ってるんじゃない。

612 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 22:49:34 ID:8/FuW1cC0
最高権力者の見通しと、占い師のような予言者の見通しでは、
あたりかたも違う。

613 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 23:07:18 ID:M8L/By4h0
>>605
だったらめんどくさがらずに
藻前の予言(ていうかまともな未来予測)を晒してくれ


614 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 23:12:46 ID:jqkSjrRd0
御前等みんなロボット人間なんだよ。
与えられた思考ルーチンの通りにしか物事を考えられないんだよな。
まあ、無理もないか。自分たちでは気づかないし認めないんだからなw


615 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 23:25:12 ID:8/FuW1cC0
それが人間。

616 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 23:29:00 ID:D/ynH5RC0
>>600
>しかし、韓国の無茶な要求を甘受してきたへっぴり腰の日本ってなんなんだ?
それに関しては左翼マスコミや左翼知識人の責任も重いよ。

政治家が反韓国で愛国的な主張をすると・・・
→「右翼!」「軍国主義者!」「韓国が懸念を表明!」「韓国で反日暴動!」「責任を取れ!」
「タカ派」のレッテルを貼られ、出世の望みは絶たれる。

政治家が韓国の暴走を見てみぬふりをすると・・・
→「冷静な対応」「アジア諸国との関係を重視」
政治家としての力量を評価される。

マスコミが韓国の立場にたった報道を繰り返し、日本の愛国政治家を叩く・・・
よくある構図だ。実際に何人もの愛国政治家が、外圧を使った言論弾圧で潰されている。

一般国民は左翼マスコミや知識人による自虐史観
(嫌がる韓国を無理矢理併合、日本名を強制、韓国語を禁止、在日は強制連行の被害者)
等を植え付けられているから「借りがあるから我慢するか・・・」となってしまう。

俺が子供の頃は「報道特集」や「ザ・スクープ」等が毎週のように
「強制連行」「強制連行」と大騒ぎしていた。
強制労働させられた韓国人が日本政府を訴える。
しかし日韓基本条約で全ての問題は解決しているから当然敗訴する。
だが、日本側の言い分は全く紹介せず、怒り狂い涙を流す韓国人の映像を延々と流す・・・
マスコミがこんなことやってれば、政治家が韓国の横暴に逆らえないのは当然だろうが。

617 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 23:30:48 ID:8/FuW1cC0
そしてロボットを動かすプログラムを自分で書けるのが超人。
そんな風にニーチェは理解していたようだ。

現在の日本のように、政府機能がまひしているならば、
超人が現れて、国民にすべきことを指示すべきところ。

戦後日本は、敵に新聞・放送を握られていたのだから、
衰退するのもあたりまえ。
自力で頭脳を再構築するための準備が必要。

618 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 23:35:46 ID:8/FuW1cC0
マスコミが敵だというのを、自力でわかるのが大事。
マスコミを倒すのが日本復興の基礎。

クリントンが弁護士だったので、賠償要求を韓国にさせて、日本の報道陣ににそれを報道させていた。
米の対日工作は、やはり大統領の意向が大きい。



619 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 23:54:36 ID:8/FuW1cC0
ヒトラーの我が闘争、
曹操の檄文、
印刷技術の発明によって大量に印刷された聖書
 
 どれも世界を滅ぼすことになった強力な文章。読む者を支配し、闘争心を与え殺戮させる。
こういうのをかければ、あなたも暗黒の破壊神に仲間入り。

620 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 23:55:56 ID:76vFN8Ug0
ようするに、ヒトラーが言いたいのは、
ニートの大量出現はまだ途中の経過にすぎないわけで、
ここから、スーパーニートたる「超人」が出現するということだろ?

多分、ニートたちの“苦悩のエネルギー”が土台になって、
新人類が誕生していくんじゃないか?

そのうち、マスコミで「スーパーニート」という言葉が踊ると思うね。
まあ、なんとなくだけどね。


621 :本当にあった怖い名無し:2006/02/15(水) 23:58:21 ID:8/FuW1cC0
いや、ニートが増えて少子化がさらに進むだけ。

622 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 00:04:30 ID:8/FuW1cC0
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1139638360
イタリア】「キリストは実在しなかった」と牧師を訴えた男性


日本人にとって、キリスト教は、オカルトなんだと教えてくれる良スレ。

日本人からみると、信者はすべて頭がいかれているもの・・・
ヒトラーにとっても、すべては神の意志。



623 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 00:09:49 ID:USSSQ1R70
左翼マスコミや左翼知識人の責任も重い・・・というが、どうも現実感が
ないんだよ。まず彼ら自身が勘違いしている。社会秩序の維持統制は
彼らの職務ではないもの。どれだけ世論を煽っても調印までは出来ない。

在日を日本に迎え入れることを実際に了承したのは誰なんだ?実務として
暗躍したのは誰なんだ?それは官僚じゃないの?俺は官僚の匿名性が怖い。
ネット右翼のHPの陰にも彼らの影があるんじゃないかと思っている。
中韓が悪いと公に出来ないことを書けば自分達の責任が少しでも追及され
ないからね。

しかしその官僚さえもおそらく長年に渡って構築されたシステムにメスを
入れられないでいるんだと思う。そこを巧みに突いて来たのが在日なんだ
ろうが、大元の責任配分が偏っている気がしたので書いてみた。俺は
ロボット人間になりたくない。

624 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 00:12:54 ID:USSSQ1R70
このスレはそのうちニートが希望を見出すスレになるんだろうな。
俺もニートがなんらかの鍵を握っているとは思う。
でもただ家でごろごろ寝てるだけのニートが超人化するとは思えん。
ニートといってもぴんきり。

625 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 00:19:50 ID:yIyL1Dvf0
ニートが、集会を開いたり、突撃隊を作って行進したりすれば、進化しているだろう。
そして超人がそれを指導しているはずだが、そうはならないだろう。
テレビや新聞を読むが、本は読まないならば、情報は流れないから、
そこに革命的な何かが起こることも無いだろう。

感覚がにぶいので、怒らず笑わず朽ちていく。

そういえば、新聞が新人類が指示待ち型といっていたころから不況が始まった。
対立を避けることを優先すると、指示待ち型になる。
そういう人物はやはり進化しない。




626 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 00:44:37 ID:P2Gdx1gxO
じゃあ俺は明日からスーパーニートになる

627 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 00:50:13 ID:66UYlWLUO
関係無いけどヒトラーがシャブやってたのは本当なのかな?

628 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 01:20:21 ID:xtSn4SVWP
★ 重要 ★   悪法電気用品安全法

4月からPSEマークの無い電気製品(新品・中古)の販売が禁止されます!!
2001年以前の製品の大半にはPSEマークはありません。
それ以降の製品でもマークの無いものがあります。
電気製品の買い替えでPSEマークの無い古い製品の下取りが出来なくなり ますし、
中古店でも買取してもらえなくなります。
PSEマークのない新品家電&建売住宅が2006年4月から販売禁止=価値0円になってしまいます。

今後オークションの個人売買も禁止されてしまうかもしれません。
また、今後販売される電化製品には車検制度のように一定の期間で点検を行わなくてはいけなくなり、
点検をしない場合は製品が使えなくなるようにタイマー機能が付けられるという案も出ています。

この法律は新たな天下り団体を作るための悪法といわざるを得ません。

国民のほとんどはこの法律をまだ知らずにいるのです。
この法律について、少しでも議論の場を!!

まとめサイト
ttp://www8.atwiki.jp/denkianzen/

629 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 01:30:35 ID:0JpLITpi0
まあ両極から出ると思うよ

試験・実験、何でもいいけど、より過酷な条件(加速試験)にさらされた方が品質が見易い
耐久劣化試験も大体は加速条件で試験されるのが常

その中でも、失わないものを持っている人

630 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 01:51:33 ID:0HH59fJOO
デイトレニート

631 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 03:30:22 ID:P2Gdx1gxO
近所の人「…お、おまえはニートだろ。…ち、違うのか?」
俺「違うな…」
俺「俺は…超(スーパー)ニートだ!!」

今日からこう名乗ります。

632 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 03:49:24 ID:21d6wNB60
冒頭の「だから五島君」で爆笑して読むのやめた。

何かと思ったら後藤勉の与太話かよw

633 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 04:12:28 ID:vZM73Gke0
未来予想図
日本国破産→どっかに売られる→ロボットのように働かされる

634 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 04:47:28 ID:twalPHeM0
匿名掲示板だから書くが、
このスレには、周りの人間より抜きん出たいとか、自分は特別な存在だとか、
すべてを独占したい、(もし本当に来るなら)新しい世界の創造主になりたいとか
思ってる奴いるか?

ぶっちゃけ俺はそう思ってるぞw
だからこそヒトラーの超人思想に惹かれてこのスレに来ている。


「新しい人類の歩みは進む。超人へ。脳と肉体の進化へ。自己と世界を
 完全にコントロールできる新しい種族。……それが現われる。」

「創造力は全て新しい種類の人間に集中することになる。
 ……そう、人間が“神”となる。」
「彼らと彼女たちが、新しい世界、新しい宗教を創る。」

「それ(超人類)が創造されさえすれば、もはや我々に勝てる者はない。
 考えてもみたまえ。世界中の猿が連合して人類に立ち向かってきたと
 しても、近代兵器を持ったほんの数人の人間に勝てまい。同じことが、
 これまでの人類と今度現われる超人類の間にも起こるのだ。」 

635 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 06:28:19 ID:VKElgmJh0
なんでもそうだが主人公よりそれを主人公に仕立て上げる存在がいるわけで
でかけりゃでかいほどそういう組織がないのにカリスマ性を維持しきれないよ

636 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 11:46:34 ID:Wssdcvp20
日本人のニートの中から超人が現れるって勘違いしてる人がいるけど
超人はドイツ人でユンカー学校に入った者だろう?
日本人は超人と関係ないよ

「私は若者たちを育てる。特別な若者たちを選んでユンカー学校へ入れる。彼らは、そこで
新しくつくり変えられ、“支配する術”と“どんな敵にも勝つ術”、“死を克服する術”、また
“人の心や未来を読む術”を学ぶ。そうすれば彼らと彼女たち全員ではないが、その中から新しい
世界を支配できる超人が現われてくる。そう……今世紀末にはその結果が見られるはずだ。」
ttp://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha400.html#08

637 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 12:02:29 ID:a9t70SNL0
>>636
超人はユンカー学校に入った者から現れるって勘違いしてる人がいるけど
ヒトラーは意図的に超人を作ろうとして学校を設立しただけであって
その学校を出自とするもの限定など何処にも書かれていない。
おまいの言い分だとヒトラーは「お前が超人を作ってそいつらが支配する」って予言を受けるだろうに。

638 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 12:03:48 ID:a9t70SNL0
まず超人たちが行き来する未来を見た上で、ヒトラーが我先にと作ろうとしただけなんだよ。

639 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 12:06:45 ID:jRqz5BCu0
>>636
その文のすぐ下にこうある

「それはほんとは、私が育てるようなものではない。放っておいても、人間はいずれそうなる。大多数の者は支配される感情の
中に沈むが、一部の者は超人に変わっていくのだ。私はそれに手を貸して実現を早めるだけだ。そうでないと、他の民族の中
からもそれが現われないとも限らないからな。」 (ミュンヘンのナチス本部で、ハンス・フランクヘ)

他の民族から超人が現れないうちに、アーリア人特にゲルマン民族の中から超人軍団を作ろうと組織したのがユンカー学校。

640 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 13:51:14 ID:NJJLelfc0
ユンカーと言いますが、
ドイツ語的な発音を忠実に再現すると『ユンケル』ではないのですか?

641 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 14:25:35 ID:qQCQgHhH0
ニートでユンケルを飲んでる奴か…

642 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 15:19:00 ID:M+RCjEtg0
ニート+ユンケルスター=超人誕生

643 :本当にあった怖い名無し :2006/02/16(木) 15:28:20 ID:ktRBwWbu0
>>632
三島由紀夫が五島に言ったらしいね

644 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 16:30:46 ID:DhImX2tA0
ユンケル出身の超人達

タモリ
四ヶ国語で麻雀が出来る。
環境に対応してイグアナに変身。

イチロー
野球の天才。目が良い。足速い。
次男なのにイチロー。

645 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 16:50:51 ID:pG1z0riZ0
あ〜あ誰かと思ったら五島勉かよ。スレ立てた奴は本気で信じてんのかね?糞スレですね。さいなら〜

646 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 16:52:39 ID:VKElgmJh0
ヒトラーは超人を作りたいであって、そもそも進化や退化てのは個人の能力の覚醒といった類のものではない。

たとえば、ある時期、羽の生えた人間が生まれるようになると、その後羽の生えた人間(進化)しか生まれなくなり
羽のない人間と羽のある人間の子供はもはや別種であり子供は出来ない。
二度と羽のない人間は生まれなくなって羽のない旧人間は滅ぶて過程で、別に進化した種族が旧人間を滅ぼすて事でもないしね。

647 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 17:07:56 ID:Xw8aOuU10
念のため日本にもユンケル学校を創ったほうがいいですね。

理事長 タモリ
校長  イチロー

648 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 17:34:13 ID:a9t70SNL0
>次男なのにイチロー。

吹いたwwwww

649 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 18:39:13 ID:se/bOBhg0
私は予言しよう。
神人の中で落ちぶれた者がでるだろう。
そしてその内の一人は、絶対的男優としてポルノ界に君臨する。
神人と人間では絶対子供ができない。ゆえに人間相手にハメ撮りは全て中だし。
彼がリアルエロスと呼ばれ、健全な中高生男子に崇められる姿が私には見える。

650 :はげ千春 ◆hagepee/Bg :2006/02/16(木) 18:51:25 ID:3yf1XhXy0
ふと思ったんだけど超人や神人て何故家畜人の管理をしなくちゃならないの?
見捨てる事も根絶させる事もできると思うが・・・新たな者たちだけで新世界を造れないのかなぁ?
それとも幾ら進化しても欲望は捨てられないものなのかなぁ?

651 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 19:33:40 ID:a9t70SNL0
>>649
ただの種無しと同じ事じゃん。崇められしないよ、それじゃ。

>>650
仮にも先祖。

652 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 19:44:02 ID:SDP/VbP50
超人っていうのは あくまで「ヒトラーから見た主観」だから
市場がグローバル化した現代においてなら 圧倒的な資本力
を持つ一部の人がそれにあたるんじゃないかな。

世界の情報、資金、物資の流通をほぼ自分たちの思うまま
にできる人間は さながら超人に見えるだろ

神人っていうのは たぶん遺伝子操作か何かで意図的に
交配を繰り返して出来るとんでもない身体能力と頭脳と美貌
を持った 作られた神 じゃないかと思う

それを出来るだけの資金力と政治力があるから出来る事だけど

653 :はげ千春 ◆hagepee/Bg :2006/02/16(木) 19:54:06 ID:3yf1XhXy0
>>652
そうだとやっぱり欲望から逃げられないんだなぁ・・・

654 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 19:59:07 ID:8EOqJFB00
中国がチベットを侵略した本当の理由

ナチスとチベットの関係 シャンバラ伝説

考えすぎか・・・

655 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 20:36:25 ID:G63DvuAn0
シャンバラに価値があるならアメ公が黙ってないかと。
イスラエルだけで精一杯なのかもしれんが。


656 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 20:41:14 ID:a9t70SNL0
>>655
イスラエルって宗教的な価値の他に何かあんの?


657 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 20:47:44 ID:G63DvuAn0
いやあるかないかは分からんけど、
アメリカは今現在イスラエル関係(石油含む)で忙しいと。

強いていえば死海文書とか。
霊的ではないけどね。

658 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 20:52:20 ID:d7uBK5yt0
ちょっとスレと関連してるかもしれない記事を転載

永遠の命を求める人々の心理を探る
ttp://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20021122303.html

659 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 21:22:21 ID:LSno8RKp0
もしニートから超人が生まれると考えるなら
孤立無縁の過酷な状況に置かれることによって
そこから超人に進化する鍵が隠されてるとも思えるけど・・。

660 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 21:25:41 ID:d7uBK5yt0
うそをうそと見抜ける人が超人になる要素の一つだと思ってる俺ガイル

661 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 21:26:55 ID:Yxk6rfj70
ニート→両親没→ホームレス→超人

なんだかなぁw

662 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 21:33:29 ID:Y5IiQReKO
大人になれない大人と神人の話がなぜに結びつくんだ?
そんなのどこにも書いてないぞw

663 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 21:39:36 ID:USSSQ1R70
そういえば大友克洋の「アキラ」は超人思想を描いたものだよな。
アキラは実験から生まれ、
鉄雄は・・・なんだっけ?(しかしニートに一番近いだろう)
金田も良く考えたら超人のようだった。

664 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 22:06:50 ID:UAqe0zAO0
神人とは仏陀のことで、超人とは超能力者のこと。
ヒトラーはチャネラーだった。

665 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 22:14:37 ID:FcbJrWae0
>>634
俺も同じ。だからネタとして五島の本を読むようになってからは
五島の本の中で「1999年以後」が一番好き

>>652
それじゃただのコーディネーター(ガンダムSEED)だよ

666 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 22:17:58 ID:7+U0JsjT0
まぁ、なんだ、
生まれてこの方インフルエンザを一度も発症した事がない俺が超人だな


ただのバカなのかもしれんがw

667 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 22:19:43 ID:Yxk6rfj70
666の悪魔オメ

さすが超人w

668 :本当にあった怖い名無し:2006/02/16(木) 22:27:08 ID:7+U0JsjT0
>>667
あらホントだwダンケww

669 :ニーチェの予言:2006/02/17(金) 00:36:43 ID:Pms0LUKKO
ニーチェは「弱者は徹底的に没落すべきである。弱者への一切の同情を排せ」と言った。弱者とは実はエリートの事だった。権力者、科学技術者、王族貴族、などは人間的「弱者」だったのだ。これがヒトラーの予言とつながる。エリートはこれから没落して行く。同情は禁物である。

670 :本当にあった怖い名無し:2006/02/17(金) 01:13:26 ID:N3/+yTP6O
やっぱデイトレーダー○手川さんだって。
5年で160万→100億の資産
こんなのあと五人もいりゃ世界食えるぞ。
人の心を読めるか、未来を知る能力があるとしかおもえん。

671 :本当にあった怖い名無し:2006/02/17(金) 01:27:25 ID:YmN0euOV0
新人関連

http://jazzmens.net/vegetarian/spiritualmessage.htm
●2012年の黙示録 なわふみひと 著
この本は2012年にこの世で起こるであろう終末ともいえるカタストロフィーの意味と心構えを切に訴えかけている。今日の一般的な常識からすれば荒唐無稽なことと思われるかもしれませんが、読み
物として読んで頂いても決して損はないと思います。
現代の物質文明はまもなく終わりを迎え、地球と人類は次元アップを行う事になり、その期限は宇宙の周期として2012年12月22日となるらしい。
しかし、終わりにいたるまでは聖書などの預言にもあるような終末現象(地震や洪水などの天災、及び戦争や内乱・テロなどの人災)の様相を呈する事になる。この本を通して新しい時代に必要な気付
きを得ることがこの本の目的のようです。

本文より一部抜粋 P119 「光の子」になれないのはどんな人か
各予言の内容から判断しますと、「光の子」となって新しい次元に行けるのは人類の1割〜3割程度かも知れません。預言によっては1%ぐらいだと言っているものもあります。
━━━━━━━中略━━━━━━━━━━━━━━
それから、「E習慣的に肉食をしている人」も波動が大変粗くなっていますので、新しい次元の世界に行くことはむずかしいと思っています。多分、体内に蓄積された牛や豚など高等動物の波動は、終
末ぎりぎりの次元アップのときには体を内側から焼くような熱となって、大変な苦しみの原因となるはずです。
 牛や豚も人間と同じように意識を持っていて、自分たちが殺される前にそのことを察知しているといわれます。ですから、殺されるときの恐怖の念が体内に蓄積されているのです。その肉を習慣的に
食べる人には同じ恐怖心の波動が身に付き、蓄積されていくことになります。
 日月神示が肉食を強く戒めているのはそのためだと思います。
 「感謝をして食べれば、悪い波動も消える」という人もいますが、それは食べることを前提とした身勝手な理屈です。食べられる側の立場を全く考慮に入れていない考え方と言うべきでしょう。 2012
年の黙示録URL



672 :第二階梯意識体アイ:2006/02/17(金) 03:58:00 ID:t/N/oD84O
小松左京『果てしなき流れの果に』は読むべきだ

673 :本当にあった怖い名無し:2006/02/17(金) 04:06:14 ID:sJt2DEdBO
人々の調律整えるために猛勉強して
嫌われ役と知っていながら王座に就いた皇太子とか政治家とか居るはずなのに
「弱者」はないんじゃないの

674 :本当にあった怖い名無し:2006/02/17(金) 07:48:16 ID:2vh5ooWY0
>>672  グーグルで検索したがいまいちわからない話。
    ナチスがからむらしい。時空を飛ぶらしい。
    ナチスの人体実験とかの話でもでてくると思うが、このスレの流れから、超人を開発する学者たちの話を
   天井からぼんやりみている超能力者の話とかだろうか。

   あらすじを、いいせりふをいれながら400字にまとめてくれ。100字でもいい。
>>669
  この世界は、助け合うものが勝利する。こまっている2ちゃねらーがいたらば、
  助けましょう。
>>673 キリスト教世界は、すべて神の意志で動いていると考えるのが基本だから、
  王は努力しない。疫病が流行るのも飢餓になるのも神の意志。

  日本仏教のように慈悲は大事ではないので、殺戮が加速することもある。
  日本人のマンガに出てくる王子様みたいなのは、いない。 
   江戸時代の日本と違って、欧州というのは、アメリカを見つけるまでも見つけてからも
  ものすごい飢餓に苦しんでいた世界。聖書とあまり変わらない遅れた世界の住人だった。
  日本は農業では卓越していた。支配者でなければ餓死する世界が欧州。
 戦後は米からの穀物の輸入ですべて解決していったのだが。

 王による支配から、フランス革命1789〜とナポレオンによる解放、そして共和制へという変化。
  WWTで欧州の王制が倒れていくのにフランス革命のギロチンから130年。
  欧州人は、優れた統治者の出現をまっていた。
 
 

 
   ところで、ドラマの白い巨塔は何話あるの?


675 :本当にあった怖い名無し:2006/02/17(金) 08:19:36 ID:7ACEJqqYO
なんか明日?のNHK-BSで「100年後 熱波が人を襲う未来」とか言ってる。

ヒトラーさん???

676 :第二階梯超意識体アイ:2006/02/17(金) 08:34:43 ID:t/N/oD84O
「果しなき流れの果に」
全てはある。
階梯を登れ。全ては高位の意識体に管理されている。
それを認識できたものだけが、第二階梯の滅び去る肉の身を越えて、
意識体へと進めるのだ。
だが、それも高次の意識体の管理下に過ぎない。
時間も、時空も、進化も滅亡も、
量子の波すら予測され、隠れた変数すら管理されている。
分岐する多元宇宙も予測されているのだ。
ラプラスの魔は全てを見て、計算している。
埃一つの動きで、どう素粒子が反応し、
宇宙の果てにどう影響を及ぼすのか。
全ては観測されている。
いくつもインフレーションモデルを生成し、
宇宙の誕生と終焉すら、見られている。
しかしそれすらも、
M理論の数学的モデルネットワークによる十一次元も、
ブレーン宇宙の創世すらも、
その果てにある大いなる存在の一端に過ぎない。
たかが一つの宇宙の内の、
たかが数億光年の範囲のグレート・ウォールの内の、
たかが数千万光年の範囲の銀河団の内の、
たかが数百万光年の範囲の銀河群の内の、
たかが十万光年の銀河の片隅を巡る、
たかが一つの惑星系である太陽系の辺境にある、
たかが、直径一万三千キロほどの惑星で超人が生まれようと、
そんなものは、
全宇宙組織からすれば、微生物の分裂ほどの意味すらもたない。
階梯の始まりに過ぎないのだ。
生きとし生けるものよ、恐れよ、見張れ。

677 :本当にあった怖い名無し:2006/02/17(金) 08:42:19 ID:TZtiGn04O
ニーチェはシオニストが発信してる。
我々家畜に一切の同情はかけるなと言っているのさ。


678 :本当にあった怖い名無し:2006/02/17(金) 09:51:19 ID:kyQthsz3O
人間の原罪はファシズムだということ。
それは当たり前。
当時そのニヒリズムを徹底したのはすごいかもね。
ただ予言てほどのものではないな。

679 :本当にあった怖い名無し:2006/02/17(金) 12:51:43 ID:UtN7qCfQO
宇宙からみてとるに足らないことでも
微生物が分裂することはとてつもない価値であり感動である。

とゾウリ虫が言っている。

680 :本当にあった怖い名無し:2006/02/17(金) 13:02:11 ID:s+Mo5ivq0
ttp://www.is.seisen-u.ac.jp/~zkohta/bible/new_t/rev.html
ヒトラーの見た未来って↑の20〜22章の世界じゃね?
んで、21章の「新しい世界」ってのは火星。2039年あたりだとそろそろ
NASAのテラフォーミング計画もある程度現実味のある段階まできてるんじゃね?
これにもユダヤ系科学者どうせ関わってるだろうし。
22章の「命の木」で毎月ペースでクローン人間が生成され、遺伝子操作で均一な
クローンが作られるから「呪われるものは何一つない」
「神(権力者)と小羊(新しい貴族階級)の玉座が都にあって、神の僕たち(ロボット人間)は神を礼拝し、
御顔を仰ぎ見る。彼らの額には、神の名(管理コードやらバーコードか?)が記されている。」
・・・とまぁこんな感じ。まだ色々考えあるけど説明下手だし、取ってつけたようなトンデモ説なんで
するどいツッコミは勘弁なw



681 :本当にあった怖い名無し:2006/02/17(金) 14:17:58 ID:UtN7qCfQO
僕らが進む銀河鉄道は遥かなり

682 :本当にあった怖い名無し:2006/02/17(金) 17:57:37 ID:2vh5ooWY0
>>676 あんがとねえ。


高次の意識体・・・・・からくりを知ってしまえば、普通の人でもなれるでしょう。
人間業にみえないものには、すべてからくりがある。
人間にちゃんとこなせるようになっている。
人間は、すでに完成していて神により不完全に作られたものから離脱している。
人間は使い方次第。

生物学的に進化しなくても、10000万キロ先のことも知るし考える。
学問をすれば100年先、200年先のことを考えるのも簡単だし、
現在の社会を変えるのも簡単だ。基盤となる教養と組織が必要だが。


683 :本当にあった怖い名無し:2006/02/17(金) 17:57:41 ID:V0UX+gEa0
これほどまでに少子化の問題が深刻になると、
そのうち、精子バンクとか、遺伝子操作とかが注目されていくかもね。

日本で優生思想が盛んになりそうな悪寒。

で、その中から超人(IQ200の子供たち)が大量に現れてくる、と。

(´・ω・`)

684 :本当にあった怖い名無し:2006/02/17(金) 18:07:22 ID:2o62q+8p0
IQって180くらいまでしか無いんじゃなかったっけ。

685 :本当にあった怖い名無し:2006/02/17(金) 18:36:49 ID:V0UX+gEa0
アメリカのライス国務長官はIQ200らしいよ。

彼女は15歳で大学に入学し、
27歳の若さでスタンフォード大学の政治学の教授をしていた才女。

686 :本当にあった怖い名無し:2006/02/17(金) 18:45:30 ID:2o62q+8p0
へぇ〜そうなのか。てかライスってすげーんだな。

687 :本当にあった怖い名無し:2006/02/17(金) 19:33:18 ID:mZsQVeXD0
俺はライス女史が魅力的に感じる

688 :本当にあった怖い名無し:2006/02/17(金) 20:57:33 ID:2vh5ooWY0
頭がいいとおもっているバカにならないように注意するのが日本人には大事。

東大出ているあたまのいいやつらが国をちゃんとしてくれるとおもっていたらば、
途上国以下の人口減少を起こしているのが今の日本。

689 :本当にあった怖い名無し:2006/02/17(金) 22:02:50 ID:2vh5ooWY0
相手がだます気でいるかどうかを知るには、
日本人でもアメリカ人でも、ほとんど知ることがないような深い知識をまず頭に入れる。
そうすると、うそをついているかどうか、そこでわかるわけだ。

うそがわかったらば、根底から疑ってかかるのだ。狙いは何かを考えつづけるのだ。
すべての教科書にそう書いてあるが、間違っていることなどいくらでもあるのだ。

というか、そういうのに思い当たるものがない人は危ない。

690 :本当にあった怖い名無し:2006/02/18(土) 00:21:34 ID:tXiMxXYj0
.

691 :本当にあった怖い名無し:2006/02/18(土) 00:48:50 ID:36wEMaWY0
>>688
日本には明治の初期からユニバーシティ・カレッジと言う物が一切ない!
お前らイエローモンキーどもだけ知能がミミズ並に低すぎるんだよ
もう欧米キリスト教国家が日本にやり続けて来たバレバレの
世界一コケにし捲った粉飾誉め殺し行為すらも分からないぐらいにな
あのなぁ全世界のバチェラー保持者は10センチ以上もある分厚い学術
専門書20冊以上3日で何から何までページ数すらも全部頭に叩き込んで、毎回
の講義に臨み3日でレポート700枚近く都度作成提出。毎日この繰り返しで
全単位履修する訳な。
そういう類のが世界の知的労働者達全員のお仕事なの。
お前らの言う博士、修士、学士と言う事にしておいてやっている世界一知惠遅れ
の猿どもの中で誰がそれを出来るんだ。
ごく僅かな数の出来る日本人達は全員、日本の学士資格とやらの肩書きが付くのが死ぬ程嫌でさっさと
編入してくるぞ。
いい加減に身の程を知って、ありえないお前達の中学生並の妄想世界の終わりに気付くんだな。
お前達の財なんてこの地上にはびた一文ないんだからな。

692 :本当にあった怖い名無し:2006/02/18(土) 01:15:12 ID:xcB3c0sA0
>>691
副島隆彦さんこんばんわ

693 :本当にあった怖い名無し:2006/02/18(土) 02:00:48 ID:yPDiH4Ue0
人間と超人の間の知能には相当の差があるかと思われ。
現代でいうところの猿と人間くらい差が離れていそう。

ファティマの予言で現れた人物が超人だったらオカルトで面白いのだが・・・。

694 :本当にあった怖い名無し:2006/02/18(土) 02:05:38 ID:5nDbpTWi0
感覚器官も増えるらしいよ

695 :本当にあった怖い名無し:2006/02/18(土) 02:36:59 ID:xHrtA/aL0
>693
 チンパンジーと人間のDNA配列は98%まで、同じという話を聞いた事があるけど
遺伝子そのものが変革するなら、今の猿と人間以上の違いがでるかも

696 :英語に直訳したらオカルト文になりそうな文だが。:2006/02/18(土) 02:58:16 ID:cZXPr8EJ0
どうやら キリスト教系預言信者達は妄想している様だ。
「他民族を壊滅状態にした人達が
他民族の代わりに神の祝福(啓示や知恵)を受けられる」と。

しかし その妄想が実現するのは無理だ。

何故なら
預言者に啓示や知恵を出している人々が(複数の)他民族人だから
他国全土を壊滅させた場合 啓示そのものが無くなる。

詭弁で
他国民に言われた文章の「私」と「貴方」を入れ替えたような文章を作って
言ってきた人を口封じしても事実が伴わなきゃ先細りしていくと思います。

キリスト教徒は異教徒を動物だと考えて居るようだ。
キリスト教徒は
「他所のものを消費して移動し 自然回復を待つ遣り方」を
「異教徒が作った物を奪う事」として続けるのは止めるべき。
その行為は盗賊です。

697 :本当にあった怖い名無し:2006/02/18(土) 03:05:47 ID:20AoGMcq0
テレ朝でノストラダムスやってるから観ようぜ!!!

698 :本当にあった怖い名無し:2006/02/18(土) 07:08:27 ID:f+d4zYMT0
>>694
性感帯が増えて、さらに敏感にならないかねぇ。

699 :本当にあった怖い名無し:2006/02/18(土) 11:39:13 ID:Jrj/3+1p0
ここは口の臭いインターネッツですね。

700 :本当にあった怖い名無し:2006/02/18(土) 11:52:30 ID:UWvzZ9nK0
なんすかそれ。

701 :本当にあった怖い名無し:2006/02/18(土) 22:04:12 ID:rk3Y66iLO
きとうがもう一個増えないかな

702 :本当にあった怖い名無し:2006/02/18(土) 23:28:58 ID:iKHTsuNJ0
しかしこれ五島勉がどれだけネタ元に忠実に再現してるかが結構問題だな。

703 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 00:04:53 ID:UWvzZ9nK0
売れるように、手を加えないわけが無い。今風にアレンジするだろう。


704 :本当にあった怖い名無し :2006/02/19(日) 01:00:30 ID:qdHVfr5i0
樋口一葉と野口英世がお札になるんだからねえ
わかりやすすぎだろ

705 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 01:19:10 ID:ayJAPJndO
ヒトラーって薬中だったんでしょ?

706 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 01:40:50 ID:lsZVcT9S0
ヒント;AIPAC,ADL

ちなみに、ダビデの星も当然民潭みたいなメディア監視部隊は
持っている。


707 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 14:00:18 ID:J2xLiQww0
2039年ってJFK暗殺の公式発表される年じゃなかったっけ?
何か関係あるんかな?


708 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 17:36:30 ID:r38oXi860
>>707
全レス:706レスくらい嫁よ。

709 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 18:41:41 ID:Uap4Co0v0
昨日、TENGAを買ったよ!

710 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 21:24:18 ID:GgvPuafF0
706レスは流石につらい

711 :本当にあった怖い名無し:2006/02/19(日) 23:05:22 ID:JKyKyYNs0
一律にヒトラー=悪というわけでもない。

世界が抱える人口と環境負荷、地球規模的な気候変動、環境難民の発生、
水面上昇による陸地の減少、食糧危機、

温暖化防止策や京都議定書に全く無関心な各国首脳、温暖化が深刻な状況になっているにも
拘わらず、拡大生産にまい進する自滅行為。

全世界的な環境対策や意見集約、それを担保する強権発動、人類という種の存続を考えるとき、
全体主義、ファシズムは避けられない。

ヒトラーはユダヤ人であるか否かを基準として、人口削減をしたが、次に来る独裁者は
何を基準とするだろう? IQだろうか? …やばいよ。

712 :本当にあった怖い名無し:2006/02/20(月) 00:05:15 ID:A90HfMraO
この板でヒトラーが悪かどうかを論じる奴がいるとはね
お笑いマンガ道場もビックリだな

713 :本当にあった怖い名無し:2006/02/20(月) 01:55:54 ID:5m5Y01j50
>>691
よくわかんないけど、ヒトラーが透視した未来でテレビで絶賛放送中のドラゴンボールZを見た!って事はないの?
あれみたらヒトラーも「キターーー!!!」ってことになるんじゃね?

714 :本当にあった怖い名無し:2006/02/20(月) 09:03:10 ID:IhIJGwgJ0
ユンカーからスカウターが発見されたりしてなw

715 :本当にあった怖い名無し:2006/02/21(火) 05:42:53 ID:gVswah120
233 名前:革命的名無しさん[sage] 投稿日:2006/02/21(火) 01:26:11
ヒットラーの根本思想は、ダーウィニズムです。 我が闘争を読めは
良く分かります。

適者生存 弱肉強食 自然淘汰 こうした考え方こそが、まさに真理
自然の摂理だと考えたのです。

ダーウィンの進化論には、最初から、ヒットラーに繋がる危険性が
有りましたし、その危険を指摘していたた人達も多かったのです。

現在の進化論は、ダーウィンの上記のような考え方を、丸ごと
認めてはいません。 進化には、弱者が強者より、生き残れた場合
が多かったし、また共存という形での進化という事も多かったのです。

かなり拒否反応を示す人も多そうなマルクスですが、ダーウィンの進化論
の熱烈な支持者でしたが、一方では、その理論に別の解釈で進化を説明でき
あえて上記のような考え方を強調する必要は無い旨、を述べています。
というより、その理論の持つ危険性にいち早く気づいていたところが
今考えても、凄いです。

そして、このダーウィニズムは、植民地支配や奴隷制の強力な
理論支柱となりましたし、最後にはヒットラーまでをも産み出したわけです。
その意味で、危惧は現実になってしまったわけですね。

ルドルフヘスは、良き家庭人であり、決して残虐な人物では無かったようですが
ガス室に子供達が送られるのを、ある時、「良くこんな可愛い子供達を
殺せるものだ」と非難された逸話を、後年述べていますが、その際
しかし、問題は、そうした虐殺の背後に有る思想が、私には正当なものに
思えたから....と言っているこの背後の思想こそがダーウィニズムなのですよ。

長文失礼


716 :本当にあった怖い名無し:2006/02/21(火) 18:16:29 ID:lxGyk0Nl0
マジレスしてる人がいる。。怖いよ〜。逃げよ。

717 :本当にあった怖い名無し:2006/02/21(火) 18:42:20 ID:vFzpe13f0
進化論は嘘だよ。穴だらけ。
クックックックッ

左翼や共産主義者がID理論を潰しにかかっている様子は、
ユダヤやユダヤ系マスコミが「ホロコースト否定発言」を必死に潰しにかかる様と
非常によく似ている。

718 :本当にあった怖い名無し:2006/02/21(火) 21:44:51 ID:wx2mkj/K0
このスレに触発されて今日BOOKOFFで五島勉のヒトラーの本買ったよ。
おもしろいね これ。

719 :本当にあった怖い名無し:2006/02/21(火) 22:54:04 ID:ylp4i0qY0
>>718
注意しる。
五島の創作がかなり混入している模様。

720 :本当にあった怖い名無し:2006/02/21(火) 23:39:54 ID:eW/djNFQ0
超人といったら何よりもまず「キン肉マン」だろ!
何で超能力とかの方にいくの?
ジェロニモもブロッケンも、もともと人間だったんだから
誰だってがんばれば超人ぐらいなれるはず。
俺なるよ、超人に!

721 :本当にあった怖い名無し:2006/02/21(火) 23:56:01 ID:FJh6T8YLO
ブロッケンはもともと超人だったきがする

722 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 01:20:43 ID:vjAIUK3D0
正義超人と悪魔超人w

723 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 01:36:01 ID:TXp32m5q0
嫌五島派って誰に金貰ってるの?

724 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 01:39:23 ID:wzXQbVky0
超人と言う言葉に魅せられて、何一つ苦しい思いもせず人間を超えた超越者になりたいと
言う虫のいい痛い妄想を抱くから、お前達は世界一のゴミなのだよ。

725 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 01:43:20 ID:1uEgUEkAO
ホピ族だかの予言との関連もありそうだな
卍の力は一度敗れてまた復活するとか言っていたはず

726 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 02:38:25 ID:dSCWPp6vO
ヘブライの館結構楽しいな
俺も明日からユダヤ人を名乗ろう

727 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 05:46:52 ID:37c5DBnC0

超人になりそこねた ホ リ エ モ ン

728 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 06:38:15 ID:2qLCieWN0
最近マスコミも二極化二極化煽っているが
歴史を紐解けばそれは水平化への布石にすぎない

何故、ブルジョワ層のマスコミ連中が所謂「負け組」を煽るような報道を繰り返すのか
何故負け組意識を大衆に植え付けるのか
本当はこれまでと同じく「君達は中流だよ君達は中流だよ」と洗脳し労働に駆り立てる方が得策なのに
自分達は幸福なのだと大衆に思い込ませる方が支配者層には有利なのに

何故金持ち幻想を、金持ち願望を煽る?
「自分達は恵まれていない」と思わせるのは支配者にとって危険なことだ
それなのに何故だい?最近の「下流社会(w」だの「セレブ(w」だの煽りが凄いのは?

そこのところをよく考えたまえ、ポンコツ頭共
ヒトラーの予言の通りになればマシだ

729 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 06:59:32 ID:2qLCieWN0
>>725
ムー読者乙w
馬鹿にされているが結構面白いよね

730 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 13:11:01 ID:TqQJ0O+60
>>715
何処の板の何処のスレ?

731 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 19:27:27 ID:t5L+lWgm0
たぶんIQは、200とかなくてもかなりのことがやれると、IQ117の俺がいってみる。
他の人が研究した成果を書物で学び、その続きや発展したものを研究するだけで
かなりの成果がでるのは、戦後日本の発展をみても明らか。

IQより知識。IQより専門書を読む根性。

なんといってもいまは、専門書が豊富にあるし、ネットで簡単にいろんな説明・解説が
手に入る時代。

732 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 19:53:49 ID:88U4bb620
IQの概念も適切な使われ方をされているところは
わずかでしょう。
日本の発展は努力や根性的なことに裏づけされている面があるが、
その土台となるものも、道徳教育や日本独特の生活の中における
さまざまな観念によるものだったと考えている。
それの断絶が戦争によってその後の占領政策などでも
始まってしまったから、日本は今そして今後もその
影響を受けていくと考えられる。

733 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 20:28:47 ID:t5L+lWgm0
>>732
戦前の日本人よりは現代日本人ははるかに優秀。
人口問題・住宅問題だけが突出してうまくいかない。

必要なら日米同盟も切ればいいし。

ニートを学者予備軍に改造する方法はないものか。

外国の論文を読める人間を増やすことに国力を使えば、
外国より遅れたところがなくなる・・・それは大化の改新以来の日本を改善する基本的な方針。

現在は政府が機能していないので、他に政府機能をもった組織を作らねばならないところ。


734 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 21:03:15 ID:88U4bb620
>>733
学問や身体能力的優秀さは現代になるにつれ優れていくが、
俺が言及したいのは個々人の本性に関わる、精神的な土台となる
文化や世代間の連なりについて。

現在は精神的に苦しみを感じる人が多いと聞く。
実際にデータとなるものもあるが、
これは戦争における親を失う人が多かったということ、
また占領政策から始まる日本の歴史に積み重ねられた
教育に対する感覚の断絶。その後の核家族の増加などが原因と
考えられる。
人が社会や世間に対し自信を持って望む、その自信の土台となるのは
親の愛によって自己を試す勇気という状態を精神に根ざすことが出来る。
そしてそれを構成する要素として文化に根ざした常識というものが
社会全体の経験則的に積み重ねられゆき、その都度大事となっていく。

戦争による親を失う人の増加
その後の政策での世代間の精神的連環の否定
核家族化

これにより物質的に豊かになったとしても精神的に荒れ果てた状態になっていると
俺は深刻に危惧している。
物質のように目に見えないからこそ対処は曖昧になされるし、
実際、見向きもされなければ、軽視の風潮がある。

世代間が繋がりを持っていたことで、実の親から適切な愛情を与えられなかった
という事態に、祖父祖母、また他の親戚に助けられたという事例は
多々あると思われる。
過去には過去の問題があるが、現在に至るまでの精神的連環において
問題があると言いたい。

735 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 21:19:24 ID:88U4bb620
経済の成長期とされる頃には
衣食住に対する関心が軽視されるようになった。
軽視というのは、自国の文化に根ざす健康や土地に連なるという
関心、また神霊に繋がるものへの関心にも通じ、それは
一言で言う精神の健やかな成長に大切に関わるものであると
説明したところで幾人に理解頂けるだろうか。

出来るだけ簡単に説明をすると、
一食に関わる際に、様々な感情を抱き食することになる。
作った者、命、土地、親など。それを感じながら食することの
精神に作用する要素は大きい。
子どもの時のそうした精神的作業は肉体の発育にも大きな作用を
及ぼしている。

ここで対比してもらいたい

美味美食を求めるた世代がある。
食の瞬間に思いを馳せる感覚が理解できない世代がある。
そうしたものに対する礼を否定する時代がある。
子どもの頃の精神的作業への関心の低下。

食の分野に関わらず、衣食住、教育、娯楽の分野に関してまで、
こうした”精神的豊穣からの別離”は顕在化した状態となれば大変な状況だと
言わざるを得ない。
現在は関心のある者に分かるという状態だと考えられる。

道徳的に正しいから、常識として云々という話ではなく、
実際の身体の健康にすら関わることであると言う事に言及したい。
上記の連環の欠落の影響を受けた者は必ずなんらかの問題を抱える。
現在においては親から適切な愛情を受けられなかった者を
想定してもらえば分かる。
毎日、自己の存在に疑問を感じながら生きているのだ。

736 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 21:24:38 ID:88U4bb620
一日のうちの仕事量で効率を見る方法があるが、
それを精神の中に用いて観てほしい。

文化や愛に基づいて一日のうちを挑戦や自信を基調とした
精神活動を行なえる者の生産的精神活動の総時間と、
そうした基調を持たざる者の一日の生産的活動の総時間の差は
大変な差になる。
これが一年二年、世代をまたぎ連鎖し、積み重なっていく。
愛情に基づいた連鎖と基づかない連鎖という流れも生まれうる。
愛情に基づいた連鎖の中に居る者は
愛情という土台に基づかない事柄に対する嗅覚が備わるからだ。

長文で説明してきたが、物質と同じように精神内における
豊かさというものは事に大切なものだ。
小学校の時代を自信を持ってすごしてきたか、
虐待と恥の概念を植えつけられて過ごしてきた者のその直後の差は
大変なものになる。こういった差だ。

737 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 21:32:43 ID:88U4bb620
大切なものは、愛情や人の心に基く行動だ。
今は事ある毎に利益や名誉、名声などの概念に邪魔されている。
本来名誉や名声というものは社会の中で愛情や誠心に基づく活動に
対する賞賛であるが、時代を経るにつれ欲望に基づく活動に
利用されるという”概念の経てきた経験”とも言うべき歴史を重ねてきた。
本質に立ち返らなくてはならない。

現在多発する犯罪者の本質的理由が、幼少時からの愛情の
欠落に基づく事の異様なほどの多さを。

子どもに理想として教えることと、子が成人する境において、
その教えの橋渡しがされていないことを、
社会や世界に希望を持てと教え、社会に出れば大人の事情という
名目でその心は否定されている。これはスムーズにつながって
しかるべき事柄だ。

繰り返しになるが、物質的に起こる問題と同じように精神的に起こっている
問題というのは重要なものだ。
そういったことに関心を持つことが大切だといいたい。
そうした精神の時間を持つことが”豊かな精神活動時間”の総量へつながり、
いずれは様々な者への幸せにつながる。無論自分にも通じることだ。

738 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 22:00:37 ID:h8+ecabU0

親知らずのある俺は超人には、なれないなw

739 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 22:12:28 ID:aMDKAlV/0
ドイツ人はなぜ、ヒトラーに翻弄されのだろう?やっぱりヒトラーが、よっちゃんイカを食べていたからか?

740 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 22:20:47 ID:t5L+lWgm0
>>737 学校というのはつらいものだ。
    学校が出来てから文明国が戦争をするようになったことを考えても、
    教師はぶつし、怒鳴るし、親も厳しくするか怒鳴るかぶつかする。

   その圧迫は、生徒が生徒をいじめる結果を作る。
   こんな環境で他人に厳しくなる人間ばかりができてくるのはあたりまえ。
   日本は慈悲あふれる日本仏教の影響があるが、
   神が怒るという異常な教えのキリスト教国家では、より残虐な人材を作り出す。
   

   戦前は子沢山だったので、愛情を向けられる子供と、向けられない子供がいるのが
   普通だった。柿を盗んだ子供は棒で殴っていたというし、元気な遊び仲間が子供のころ
   急死したとか 小説でかかれていたりしたのは、粗暴な社会の影響があったと思う。

    ひどい社会だと思うが、前はもっとひどかったところも多い。

741 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 22:23:15 ID:t5L+lWgm0
>>739 そのうち説明する。だいたいのことは「我が闘争」にかいてあるよ。
   

742 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 22:46:54 ID:88U4bb620
>>740
教育の本質は親の世代が子どもの世代によりよい社会と生活を
気付いてほしいという願いに基づいている。
戦争はまた別の因果に基づいている。
戦争に関してとと教育が結びつくことはある。

どんな宗教でもその宗祖が偉大な人物であり、
今この現在にはその宗教を信じる人が大切なのであり、
またその宗教を信じている人が暴力に結びつけもする。
その中でエッセンスを抜き出さなくてはならない。

過去は素晴らしかったということも過去は酷かったというのも
どちらも多面である世界や社会の一面の説明であることに他ならない。
その時代でも人の本性として何を求めていたか、どこへ向かおうとしていたか、
また何が大切でありどんな因果を受け今に影響を及ぼしていたのか、
そして直感として何を遠ざけているか、そうした判断に拠れば、
愛情がどのような要素の上に成り立ち、暴力や辛いことは
どういった因果の継続であるかという判断になる。

子沢山の時点よりも子沢山になった原因とそれを受けた親はどのような
気持ちを抱いていたかが重要だと考えている。
息子や夫達全員が無事で帰るように願った人は沢山居る。
そしてそのような状況の中で個々の子どもがどのような感情を持って生きたか、
何を望んだか、それは今も昔も変わらない人間の本性という観点に基づいて
影響を見なければならない。

743 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 22:54:39 ID:0bIWVpsU0
私らは衝撃的な予言が知りたいのであって
そんな一般論な説教は聞きたくありません

744 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 23:02:40 ID:88U4bb620
と、まあ長文で書いてたけど、
シュタイナーとヒトラーの関係の項に関心のある人はいないかな?

ヒトラーが婦人からの忠告を受けていたように、
端的に言うと道を間違えたということを
シュタイナーは自身の視点で予言していた。
またシュタイナーもヒトラーの超人とは観点が違うが、
指導者的な存在が表れるという予言がある。

こうした視点もおもしろいものなんじゃないかな。

745 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 23:09:06 ID:vaeUSJP4O
中国は戦争をするよ。必ずね。世界に中国のぶんの資源は無いんだ。
日米は中国を叩き潰すだろう。露も中国を見捨てるだろう。
そして中国の次はインドの台頭だ。間違いないよ。

746 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 23:13:36 ID:t5L+lWgm0
筑紫のとなりにいた大学教授は、俺よりは経済諸問題に詳しくない。
上の世代は、何を勉強していたのかわからないというのを再認識する。

国が傾いているときには、専門家が素人とかわらなくなっている。



747 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 23:41:45 ID:t5L+lWgm0
シュタイナー・・・1925年没。
人智学をとなえた。「人智学」という言葉には、「人間のうちなる高次の自己によって生みだされる知」という意味が暗にこめられている。


いまいちどんな人かわからず。


私はキリスト教徒には、日本人のように哲学的答えにたどり着けない壁があると思う。
日本人は、進化とかかなりどうでもいいし、神の意志もどうでもいい。




748 :本当にあった怖い名無し:2006/02/23(木) 04:36:41 ID:nkc0KQmy0
スレタイのわりにほのぼのと進行してますなこのスレ。
これもヒトラーさんの人徳・・じゃないよね

749 :本当にあった怖い名無し:2006/02/23(木) 14:11:52 ID:DGG/aLWC0
なぜヒトラーはユダヤ人を虐殺したのか?それはヒトラー自身がユダヤ人の血をひき、フリーメーソンの有力メンバーであって、ヨーロッパのユダヤ人を弾圧すれば、彼らは住み慣れた地を離れてパレスチナに行かざるをえない。

750 :本当にあった怖い名無し:2006/02/23(木) 14:14:46 ID:DGG/aLWC0
インテリ富裕層のほとんどはアメリカに亡命する。それでも残ったユダヤ人はシオニストの意識がないので虐殺された。フリーメーソンにとって、イスラエルの国民はユダヤ国家に対して忠誠心を誓う者でなければならない。

751 :本当にあった怖い名無し:2006/02/23(木) 14:18:55 ID:DGG/aLWC0
ヒトラーはユダヤ国家に忠誠心を持たないユダヤ人を虐殺しただけだ。この虐殺によって、イスラエルがパレスチナに強引に入りこんでも、国際世論は黙認した。まさにイスラエルがあるのはヒトラーのおかげであるといってもよい。

752 :本当にあった怖い名無し:2006/02/23(木) 14:20:45 ID:QC6YR/OG0
よく知ってますねえ。関心します。



753 :本当にあった怖い名無し:2006/02/23(木) 14:28:26 ID:VxT+VXTy0
なー
ttp://054.info/054_34737.mpg.html
pass neko

754 :本当にあった怖い名無し:2006/02/23(木) 16:32:33 ID:aGL3OVsl0
ドイツの有名な歴史学者(ユダヤ人)も
ヒトラーがいなかったらイスラエル建国はなかった、と言ってますね。

歴史というものは、つくづく皮肉なものですね。

755 :本当にあった怖い名無し:2006/02/23(木) 19:28:22 ID:w4VKcTcs0
カナビスとアセッションについて

カナビスの成分を体内に取り入れたときに、
脳の松果体から通常の四十倍のメラトニンが
分泌されることが脳生理学で解っています。
それがさまざまな現代病を治癒している事実

人類進化にも深く関わる大麻は
古くから神事に使われています

松果体を刺激することは脳の進化に重要です

v888@hotmail.co.jp

756 :本当にあった怖い名無し:2006/02/24(金) 17:58:18 ID:n09YtPPt0
>>742なんて
詭弁だろ?
口や手から正論は出せるが本音は何があっても出ない。
そういうものだろ?世の中って。

757 :本当にあった怖い名無し:2006/02/25(土) 01:34:28 ID:qRxv1zh/0
スーパーニートを作ろうではないですか。

758 :本当にあった怖い名無し:2006/02/25(土) 03:50:39 ID:/addVVCi0
そもそも超人がニートの中から出てくるようなレベルなら
ヒトラーがユンカー学校まで建てて超人作ろうとするわけがない。

759 :本当にあった怖い名無し:2006/02/25(土) 10:57:38 ID:PItvjj5j0
むしろ百万人のニートとかひきこもりとかにやる気を与えて
それを引き連れて自分の力として利用できる位のカリスマの方が超人に近い。

超人になれるのがエリートだろうがニートだろうが、それは何万人に一人だろうから
ニートは搾取され利用されるロボットの側になる可能性が最も高い存在であることに変わりはない。

と、ニートの俺が言ってみる。

760 :本当にあった怖い名無し:2006/02/25(土) 11:52:24 ID:5kDDz9fd0
ニートと呼ばれようと、それは一つの命だ。
自分を発揮したい、自分と自分に関わる周りを
幸せにしたいという願いを持つ尊い個性だ。
予言の本質はその中に人がどういう願いを投影するか
だと俺は考えている。

搾取され利用されるロボットというのが何をさすのかといえば、
そうした心の痛みや本質から遠ざかってしまった人に当たる
と言えるだろう。

だがそういう心の大切さから遠ざかった人であっても、
精神的健全な社会に生きる権利がある。
だれもがそうした感覚をいくらか心に持たねばならない。



761 :本当にあった怖い名無し:2006/02/25(土) 11:55:40 ID:bvIjLqZh0
自分を発揮したいとか思ってたらニートじゃねえだろ。単なる失業者w

762 :本当にあった怖い名無し:2006/02/25(土) 12:16:38 ID:5kDDz9fd0
そうした願いは誰しもが持っているもの。
ニートと蔑称の意で呼ばれているその裏に
人間の本質や力が横たわっている。
それに意識を注がなければならない。
人が無力であるという言葉が蔓延している世の中に今なっていると
言及しなくてはならない。

この言葉が人間の本質だと摩り替わってしまっている。
今無職である人や社会に失望をしている人がいるが、
そうした問題は多面的な問題であり、
それらの対処は誠実と人の心を大切にした態度を持って
解決をしなければならない。
そうした現実に垂直に直面すべき事である。
人の状態でもって一つの呼称でしかもその中に蔑称の意が
含まれているとするならば、
これは人の意識レベルを低下させる。
こうした意味合いの言葉がまかり通るという風潮だけで、
それに影響を受けている社会のダメージというのは多大なものだ。

763 :本当にあった怖い名無し:2006/02/25(土) 12:22:17 ID:5kDDz9fd0
訂正

>人の状態でもって一つの呼称でしかもその中に蔑称の意が
>含まれているとするならば、

人の状態でもって一つの呼称で、しかもその中に蔑称の意が
含まれている言葉で呼ぶことが当然となっているならば、

764 :本当にあった怖い名無し:2006/02/25(土) 12:37:33 ID:bvIjLqZh0
ニートってのは軽蔑すべき人の状態をさすんだよw
めくらとかつんぼとかとは違う

765 :本当にあった怖い名無し:2006/02/25(土) 12:54:50 ID:5kDDz9fd0
ニートという言葉やそれを使う意識は人への侮蔑や
恥の概念を起こさせるが、
人が力を発揮するのは勇気や力を発揮させる事柄によってだ。
どんな人であれ尊重すべき人格や能力が備わっている。

そうした人の営みの根本を無意識的に否定している言葉の
精神への悪影響が多大であるということを
警告として言及したい。

766 :本当にあった怖い名無し:2006/02/25(土) 13:28:46 ID:bvIjLqZh0
ニートはそのせっかく備わってる能力を使おうとしないから罪が深いんだよ
外側からは軽蔑し罵る以外どうしようもないw
能力を持って生まれることが出来なかった
もしくは失ってしまった障害者とはまったく違うレベルの話

767 :本当にあった怖い名無し:2006/02/25(土) 14:07:36 ID:5kDDz9fd0
>>766
ニート的状況から自己の精神の平静と社会的、経済的安定へ
向かうにはそれぞれの土台となるものが必要になる。

>>539を読んで頂きたい。
現在ニートの大部分とされる世代の親の世代あたりから、
精神的な安定の土台が崩れてきている。
反抗期や子どもを慈しむ心、また世代の持つ責任感というものの希薄。
人間が社会や世界に対して向かっていく勇気の土台となるものは
幼児期に親に認められ、適切な愛情の下に育つことだが、
その精神の土台となっていた文化やその上の世代との
精神的断絶が見られる。
端的になるが、この影響を受けて現在の社会問題となっている
いわゆるニートという概念が生まれた原因だと俺は考える。

人や心の辿った道という感覚の否定によって、
自己の正しさや満足が得られるという概念は人を弱くさせ
問題への直面能力を退化させる。
そしてその影響を受けた子の世代は得体の知れない不安に悩む事になる。

ニートという問題はそうした多面的なものであり、その単語は
物事の本質を隠すものだ。
物質的に豊かになったが精神的な飢餓が始まっている。
この精神の飢餓は現在大変な状況になっている。
これに対し直面しなければならない。

社会と個々人が辿った心の通り道を皆が理解する事が
早急に必要になっている。

768 :本当にあった怖い名無し:2006/02/25(土) 14:08:38 ID:JmQ/g+QO0
ニートによって象徴的に示されてる現代日本の問題点
が 解決されないかぎり ニートは無くならないし
これからも増え続けると思うけどね そんな表面的な事じゃない

それとニートとヒトラーが言ってる超人とは
何の関わりもないと思う。あの時代と今では
ずいぶん人の意識も価値観も変わっただろうし
何よりヒトラーはキリスト教文化圏の人間だ
俺らがヒトラーの主観に近づくのは不可能に近い

ただニートが会社人間よりはロボット化に遠い存在
だろうとは思う。会社の中にいると自主的に何か
出来る人間なんて経営者とか企画の連中だけだし
そいつらだって所詮は社会の流れに乗せられてる
だけだしな 自覚があるかは別にして

769 :本当にあった怖い名無し:2006/02/25(土) 14:19:43 ID:PItvjj5j0
自分のことニートだとか言っても
本当は小さいことでもいいから社会のために何らかの働きをしたいと思ってる人は多いんじゃないだろうか。
でも自身がなかったり、自分に備わってる能力って何だ?そんなもん有るのか?って立ち止まってしまう。
まぁ、何にしろニートが超人なんて最も有り得ない話だわな。

と、再びニートの俺が偉そうに言ってみる。
とりあえず普通の人に近づきたいから、今からバイトの面接行って来るわ。ノシ

770 :本当にあった怖い名無し:2006/02/25(土) 14:25:25 ID:IivqrD+N0
宝くじで3億当たればニートになれるんだけどなあ。

771 :本当にあった怖い名無し:2006/02/25(土) 19:13:49 ID:qRxv1zh/0
>>758 ユンカー学校で作れる超人・・・・ドイツの大企業の社長が、
 日経の自伝のページで、ラテン語勉強して古典が読めるようにならないとだめだと
 語っていた。ローマ人たちの書物を読めるだけでも、かなり違う。
 そうドイツのエリート層はおもっているとそのとき思った。
 だから私は、外交とか、ヒトラー問題とかのスレでは、
 「古典を読んでいるぞ」とわかるように書くようにこころがけた。
 すると、ドイツ人があまり日本をばかにしなくなった。
 それだけ、外人もスレを読む。2ちゃんは世界中からアクセスできて無料だから。
 翻訳ソフトを使うのだろうけどね。

 誰がみているか計算して書けば、ヒトラーの演説のように、読み手を動かし、
 支配できる。うそみたいな本当の話。



 

772 :本当にあった怖い名無し:2006/02/25(土) 20:46:58 ID:qRxv1zh/0
2-3年前に我が闘争についてスレで語って、数日後に、ドイツにいる朝日新聞特派員に
ドイツの学者が、日本で我が闘争が読めるとはしらなかったと語っていた。
ドイツでは我が闘争は現在基本的に読めないが、
古本屋にはあるというのをそこで俺は知った。

誰がみているかを計算してささやく。そういうのが大事。





773 :本当にあった怖い名無し:2006/02/25(土) 20:59:11 ID:KDMg0c6f0
総統は、なんで日本褒めてくれてんの?

774 :本当にあった怖い名無し:2006/02/25(土) 21:14:09 ID:mMP27V+s0
ノストラダムスの時も早々にケツまくったっけな、五島。

775 :本当にあった怖い名無し:2006/02/25(土) 21:21:12 ID:qRxv1zh/0
支配する術”と“どんな敵にも勝つ術”、“人の心や未来を読む術”を学ぶ。
この3つは、だれでも身につく。

一度哲学的に、その逆の例を考えてみるといい。
どうしたら支配され,どんなやつにも負け、考えが相手にばれる。どうすればそうなるか。



776 :本当にあった怖い名無し:2006/02/25(土) 21:24:47 ID:qRxv1zh/0
>>773  
 明治維新以後、目覚しい発展をしたから。
 植民地化の危機を乗り切ったあと、
 周辺の大国に次々勝利。

 ドイツが英とロシアを敵として第一次世界大戦で大変な民族的困難にあったことを考えると、日本は英と結んでロシアと戦って勝利している。
 兵器で劣っていても、民族の勇気と団結で勝利している。

     
 

777 :本当にあった怖い名無し:2006/02/25(土) 21:35:23 ID:jXXZ/G3l0

フィーバー祈念あげ

778 :本当にあった怖い名無し:2006/02/25(土) 21:56:30 ID:cd/R8yJM0
卍まんじ=宇宙=神
逆まんじ=ハーケンクロイツ=地球=堕天使ルシファー=悪魔
ハーケンクロイツの日=地球磁場ゼロ現象=5128年に一度の地球自浄作用の時であり、霊長類の飛躍的な進化の時である。

アステカのカレンダー
地球の25,640年
第一の時代 5128年 土 
ハーケンクロイツの日(紀元前18,500年) 
アセンション
第2の時代 5128年 風 
ハーケンクロイツの日(紀元前13,372年)
アセンション
第3の時代 5128年 火 
ハーケンクロイツの日(紀元前8,244年)
アセンション
第4の時代 5128年 水(大洪水・ノアの箱舟)
ハーケンクロイツの日(紀元前3,116年)
アセンション
第5の時代 5128年 地もしくは空(くう)の災害?(火山の爆発、食料危機、大地震)
ハーケンクロイツの日(2012年12月22日 土曜日 友引)
暗黒の3日間
(2012年12月23日 日曜日 先負)
(2012年12月24日 月曜日 仏滅)
(2012年12月25日 火曜日 大安)
アセンション(5次元へと進化)
(2012年12月26日 月曜日 赤口)


779 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 00:04:04 ID:hmmQ5sOy0
う〜ん。ニートからは超人は生まれないっすねぇ。
浮浪者なら大量に生まれそう。


えへっ。

780 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 00:07:19 ID:bF8ss1g50
ニートとは人が決めたくくり。
人間自体、人間の精神自体はその概念を超越してる。
いつ誰がその個性や力を発揮するかは
個々の内的な活動によるもの。

781 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 00:54:19 ID:UPYgNQKc0
何でそんなに必死なのw
超越的に決まろうがそういう状態をニートと呼ぶのは可能じゃん。
個性や力を発揮できたら「ニートじゃなくなった」ってだけでしょ。
ニートのうちはニートって呼ばれるだけなんだよあひゃひゃひゃひゃ

782 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 04:09:56 ID:haTVb9wc0
>>781
たぶん>>780が言いたいのは
まさにおまえさんのように 他人が作った「ニート」
という概念を規定の物としてそれを基準にして思考
している事が問題だって事だろ

なぜなら「ニート」という言葉や概念は>>781が作り
世に出したものではないから。

作られたステレオタイプの価値観に自分から沿って
しまう人間こそヒトラーが言っていたロボット人間
だろうよ。

783 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 04:17:29 ID:Ax9+l0pN0
ニートと付き合って一つわかった
アイツら
自己正当化しすぎ

784 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 08:52:02 ID:UPYgNQKc0
>>782
説得力ねえなあ。
「ステレオタイプ」「ロボット人間」と「ニート」は
その規定概念という切り口においてどう違うわけ?
自ら既定概念の言葉を使っておきながら
既定概念の言葉でモノを言うことを否定してるんだ?w
それとも自己正当化のあまり正常な思考が出来ないのかなあひゃひゃひゃ

785 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 10:21:41 ID:8KSvFoHw0
預言の話しようぜ


786 :780:2006/02/26(日) 11:34:02 ID:bF8ss1g50
>>784
ニートや人に貼るようなレッテルの文言で人間を見ると
その可能性を見出す力が損なわれる。
個性や能力を見れば人は面白い。
人に相対したときに相手の内面の輝きや価値に視点をおけば
それが可能性と力になる。

様々なそうしたレッテルに使われる言葉があるが、
なぜニートという言葉に言及しているかというと、
現在起こっている問題の多面性を隠しているからだ。
多数の要因がある問題の端の一つの事象に"ニート"と名づけられた。
つまりそれは結果に名づけた名前と作り出した概念であって、
あくまでも原因に目を向けなければならないということだ。

そうしなければ、今まで繰り返した過ちをまた繰り返す事になる。
今まで失敗は繰り返されてきたが、それがフォローされた事は実際は少ない。
それが何故分かりやすく表れないかというと、それは精神的な事だからだ。
精神の価値、力に目を向ける事でそれは克服される。

>>785
原文ってどこにあるのかな。

787 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 14:41:19 ID:NuOpxzEo0
ラウシュニングの本が手に入らない・・・

788 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 14:58:21 ID:haTVb9wc0
>>784
お前はアホか
もう一度俺のレス読み返せ
文章の内容も理解できないんじゃ
どうしようもないぞ

>その規定概念という切り口においてどう違うわけ?
規定概念にしてしまってるのはお前だ わからんのか

789 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 15:28:46 ID:UPYgNQKc0
レッテル貼りというレッテル貼りってよく見るよね〜ぎゃっはーw

790 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 15:39:22 ID:RJblQYtr0
自分が「それがロボット人間」というレッテルは貼ってもいいけど
相手が「それがニート」と言うレッテルは貼ってはいけない

というのではやっぱり説得力がない
ニートが超人というのなら
そういう意味では超人だな
やっぱりマトモに付き合えん

もう自己正当化と自己過大評価はいいから
予言の話ドコいったんだ

791 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 15:44:22 ID:haTVb9wc0
>>789
昔 NHKで面白い実験をやっていたよ

高校生に メキシコ人 を書いてくれって授業で
書かせるわけだ

するとヒゲにポンチョ着た所謂「メキシコ人」
が大量に発生するんだな これが

実際のメキシコ人なんてそんなヤツいないのに

792 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 15:51:21 ID:haTVb9wc0
>>790
それがロボット人間だろうよ←これはヒトラーの予言
を俺が勝手に解釈した俺の主観だ

>>781が使っている「ニート」は既に世間一般で通用
するステレオタイプの価値観としての言葉

793 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 15:54:43 ID:ARY7zk6H0
ドイツ人って何でヒトラーに翻弄されたの?誰か教えて。

794 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 16:01:12 ID:RJblQYtr0
「ロボット人間」
については、自分の意思を持たずに動く、
所謂洗脳状態のような人の気がするんだが

それを会社人間と見るのも主観だが、
会社で働いている人間が何も自分の意思を持たずにいるとも思えない
主観と言う言葉でレッテルを貼っているということも忘れてはならない

もしおまいが会社人間で自分がロボット人間だと感じているのなら
そうかもしれないが
全部が全部そうではなかろう

一つ忘れてはいけないのは、会社人間も
自由意志でそこに帰属しているということ
ロボットのように命令されてそこにいるわけではない


という理屈で、漏れ的には
ヒトラーの言うロボット人間てのは
会社人間というのはちょっと違うんではないかとも思うんだが

795 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 16:13:03 ID:haTVb9wc0
>>794
仕事しないと生きていけない社蓄化しちまってる
俺としては そもそも選択の余地なんてないしな

資産家がうらやましいよ 日々の生活の糧を稼がず
生きていられて 自由意志で会社での仕事や
会社そのものを選べるなんてな

あと芸術家とか自分のスキル1本で食ってるやつ
なんかもたいしたもんだと思うね

ヒトラーは思想すら与えられるって言ってるし
おそらく自覚なんて無いだろうとおもう
ロボット人間には

796 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 16:24:31 ID:RJblQYtr0
まあものの見方一つだと思うが、
資産家は資産家で
色々縛りもあると思う
持ってるということは狙われるということでもあるからね

芸術家は芸術家で、いつ
喰えなくなるかという危機感も
持ってるだろうし
漏れの友達もスキル一本組だけど、
結構それは感じてるみたいだね

仕事しないと生きていけなくなるのは
まあどんな人にしてもそうだよ
ニートと言われてる人も、今現在庇護してくれる
親兄弟がいなくなったら生きていけないわけだからな

797 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 16:36:48 ID:3VqR1Vsu0
自由職っていわゆる時間も自由制限だからそれこそ自由な時間が無い場合もある。
社蓄は少なくとも労働時間に制限がある。
まぁ時に残業やら勉強やらあるけど。

せいぜい趣味程度にしか出来ない人間には純粋に尊敬するし、羨ましいけどね。

798 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 19:37:01 ID:W3Qd4jrI0
ドイツ人が何故ヒトラーに翻弄されたの?この質問はやっぱり、神の化身=田代まさし大先生に聞いた方がいいかもしれないよ。

799 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 19:42:52 ID:08P7b+qN0
>>787
http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k30393281
http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h36690621
http://www.t3.rim.or.jp/~ariya/koku-sin3-3.html

800 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 21:42:28 ID:0XMwfxXp0
>>798  まず、日本人は第一次世界大戦をよくしらない。
     そこから学ぼう。

801 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 22:47:20 ID:pMTgcwlF0
>>22 その時点(降伏3週間前)なら世界中の人が予言できるよ。

802 :ネットジャーナル:2006/02/26(日) 22:53:13 ID:I7WvkFAoO
世界政府イルミナティのトップ、オットー・ハプスブルグのあだ名は「吸血鬼」。ルーマニアのトランシルバニア地方の吸血鬼伝説のマニア。血を飲む事によって不老不死を目指している。人類管理コンピューターを握っているのもオットー

803 :本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 23:40:59 ID:Wg+lSPd10
>>793
ドイツ、第一次大戦に参戦
→ドイツ軍、パリまであと少しというところまで迫る
→軍隊の大部分が国外にいる絶好の機会を生かし、ドイツ国内で共産主義者が革命を起こす
→政権を奪った共産政権は降伏してしまう
→国内に引き返した軍隊が共産主義者たちを蹴散らすも、後の祭り
→敗戦後、莫大な賠償金を取られ、領土も大幅に失う
→莫大な賠償金のせいでハイパーインフレ
→国民は困窮し、ドイツ人であることに自信を失っていった
→そんな時、ヒトラー登場

反共産主義→「ドイツ革命」でドイツを敗戦に追い込んだから
反ユダヤ主義→ハイパーインフレのさなか、ユダヤ人が国を売ってぼろ儲けしたから
       ドイツ革命を起こした共産主義者の多くがユダヤ人だったから
等の理由。

804 :本当にあった怖い名無し:2006/02/27(月) 04:50:25 ID:ke/wq/dZO
>>791
だ か ら 何 ?

805 :本当にあった怖い名無し:2006/02/27(月) 04:57:48 ID:NYfziFkk0
>>804
そ ん な こ と も 解 ら な い の か ?

806 :本当にあった怖い名無し:2006/02/27(月) 12:58:04 ID:ke/wq/dZO
>>805>>791
お前いきなり文脈と関係無い例出してきたり、かなり怪しいよ。第三者の俺の目に付くほどな。

ついでにレスしといてやる。
お前のその知ったか丸出しの書き込みが何を言いたいのかさっぱりわからんが、
メキシコでもう民族衣装が使われてない事ぐらい誰でも知ってるよ。
だが、「メキシコ人描け」って指定されてるんだからポンチョだのマラカスだの
いかにもメキシコっぽい特徴を頑張って探すのが当然だろうが。
スーツ姿だったらアメリカ人やイギリス人と区別が付かん。
お前だって美術の時間とかにメキシコ人描けって言われたらそうするよ。

807 :本当にあった怖い名無し:2006/02/27(月) 13:45:14 ID:MlyzyhBr0
791がどんなメキシコ人を描くか
非常に興味があるなw

808 :本当にあった怖い名無し:2006/02/27(月) 13:56:48 ID:ZbkIGK4e0
メキシコ人=覆面レスラーしか思い浮かばないな

809 :本当にあった怖い名無し:2006/02/27(月) 13:58:17 ID:MlyzyhBr0
ステレオタイプと言うものを
批判したつもりでも、
ではそれでは対象を的確に表せといわれたらムリだろう

だから自己正当化はもう要らないヨって言ったさ
自分の主観が正しい解釈=だから自分はレッテルを貼る
おまいらは勝手にレッテルを貼るな、
っていう論理だったんだから

あんまり建設的じゃないから、あの手の類の論争は正直勘弁

いまさらだけど>>769バイト面接&仕事ガンガレ

810 :本当にあった怖い名無し:2006/02/27(月) 14:01:24 ID:MlyzyhBr0
>>808
プロレス興味ないから
全然思い浮かばんかったw

811 :本当にあった怖い名無し:2006/02/27(月) 23:51:33 ID:xeQZGdsb0
>>1
まるで漫画のようですね。
漏れは自然の猛威より喘息(zensoku.jp)の猛威の方がよっぽど怖いっすよ。
なんせ二度死にかけますたのでw

812 :本当にあった怖い名無し:2006/02/28(火) 01:22:27 ID:UpAVu7Ib0
週刊少年マガジンに藤沢とおるが「ROSE HIP ZERO」というマンガを連載しとるが、
奴もヒトラーの進化説を信じているのでせうか?
奴は初期の頃はヤンキーマンガを描いておったが、最近オカルトにかぶれとる。

813 :気の弱い人・・・・・:2006/02/28(火) 02:39:17 ID:/PVeRAyV0
【低所得層の憩いの場2ちゃん名物、モヤシニートの特徴】
・面倒なことから逃げ回ってきたので経験値が非常に少なく人間総合レベルが低い。
・なので、ダメな自分を言い繕うことが習い性になっており、言い訳力ばかりが高い。
・狭い視野と世界で生きているので、知識自慢をしたり、すぐに対立を煽る。
・一般人を知的ではないと見下している割には、自分は他人の与える答えを憶えやすい。
・恐ろしくカラーがなく無視されてきたので、カラーのある人間を攻撃対象に選ぶ。
・自分が無能で退屈であるとばれないように、発言しないで誰かの意見をそのまま言う。
・答えを憶える勉強ばかりしてきた為HQ(前頭連合野知性) が低く、自分で考えたり判断することができない。
・コミュニケーション能力が低いため人と付き合えず、とんでもなく孤独。
・もはや自分が自力で今より幸福になることはないので、他人の不幸をクローズアップして忘却。
・人と目を合わせて話すことができず、ひとに聞こえるように話すこともできず、促すと怒る。
・断片的知識ばかりで、体験を通じた知恵や情感が無い。


814 :【沈黙-ω-】 ◆.0e0wEv5W6 :2006/02/28(火) 03:18:29 ID:UPP7xef+0 ?#
3chからきますた

815 :本当にあった怖い名無し:2006/02/28(火) 08:10:50 ID:mliERQvf0
このスレ監視されてるぞ 気をつけろよ

816 :本当にあった怖い名無し:2006/02/28(火) 08:49:04 ID:zSvPioV70
>>815
誰に監視されてるの?

817 :本当にあった怖い名無し:2006/02/28(火) 09:10:10 ID:V7T2uCmgP
>>816 MJ12とかKGBとかFBIとかCIAとかMI6とかMI5とか
ラストバタリオンとかモサドとか内閣調査室とか陸幕2部とか
エシュロンとかミシュランとかピレリとかブリジストンとか
NTTとか水道局とか郵便局とかが監視しまくりんぐです

818 :本当にあった怖い名無し:2006/02/28(火) 09:47:46 ID:wj0mvMdr0
>>817
水道局か、それは怖いな。


819 :水道局長:2006/02/28(火) 14:48:51 ID:06PhKYBnO
おいキミ、失礼な!

820 :本当にあった怖い名無し:2006/02/28(火) 16:20:05 ID:qvnMa6jC0
何だか最近水道の水がおそろしく不味いのでBRITA使ってる。

821 :古宮:2006/02/28(火) 16:53:26 ID:ZdpaonL70
http://leiki.blog33.fc2.com/

822 :本当にあった怖い名無し:2006/02/28(火) 19:14:07 ID:3aamfrof0
>>815
そんなに重要なことが書かれている気はしないけどねw
監視するほどの内容じゃないと感じる・・・

>>818
それはマジで怖いよな
俺みたいな超小物は監視もされず放置されるのが関の山だろうけどねw

823 :本当にあった怖い名無し:2006/02/28(火) 20:29:50 ID:06PhKYBnO
監視条件にチンポの大きさは含まれていない。


824 :本当にあった怖い名無し:2006/03/01(水) 06:09:02 ID:Qz5vGb5S0
>ミシュランとかピレリとかブリジストンとか

どさくさにまぎれて普通の企業が


825 :本当にあった怖い名無し:2006/03/01(水) 07:24:35 ID:M16lJ5OfO
2ちゃんを管理してるのひろゆきじゃないし。アメリカ政府だし。

826 :本当にあった怖い名無し:2006/03/01(水) 08:50:16 ID:wq7bo4eEP
つまり、今日もホワイトハウスの奥で、

「これが今日の削除依頼分です。未処理分の一覧はこちらに。」
「了解。最近、板違いによるスレッド削除要請が多いので気をつけてくれ。」
「わかりました。あと、規制解除の件はどうしましょうか?」

みたいな会話が交わされている訳だな。

827 :本当にあった怖い名無し:2006/03/01(水) 12:27:19 ID:io1gaFVK0
で、まちBBSは韓国管理か

828 :822:2006/03/01(水) 19:16:50 ID:/zLns49P0
>>823
マジっすか?
今は勃起時14cmしか無いのだけど 成人するまでには18cmぐらいにはしたいんだよ〜
身長は185cmもあるのに股間は160cm相当ぐらいなんだよね
日本人の平均が15〜16cmだっけ?自分より身長10cm低い連中よりジュニアはかなり小さいわけだ

総統〜 ubermenschのチンポの大きさは20cmが最低条件でしょうか?
14cmは粛清対象でしょうか(涙)
あと股下を正しい方法で計ったら84cmしかなかった 89cmのはずだったのに(爆笑
総統〜 短足野郎の遺伝子は粛清対象なのでしょうか?うわああああああああああ

>このスレのみなさん これからは自粛しますw見逃して下さい

829 :本当にあった怖い名無し:2006/03/01(水) 19:40:32 ID:zKW9Vc2nO
正直者で面白い人がいるな。

830 :本当にあった怖い名無し:2006/03/02(木) 00:30:23 ID:Jw5LDjlAO
>>828
そんな事で悩んじゃって可愛い子ね
お姉さんが筆下ろししてあげる♪

831 :本当にあった怖い名無し :2006/03/02(木) 00:52:38 ID:UrG2V/TK0
第二次世界大戦末期に、ヒトラーはインナー・サークルの中で、自分が“予知”した
魔の「究極兵器」について、次のように語ったという。

「諸君、近い将来、我々は『究極兵器』を持つようになる。かつて私は、それを細菌か
ウイルスだと考えて諸君に話したことがあったが、今では、もっと強力なものが見えている。
『心理兵器』や『意志兵器』がそれだ。
『特殊な電磁波』を媒体として、我々自身の意志をそのまま兵器にする。それは敵に命令し、
少なくとも敵を無力化させ、我々の望む通りに動かす。軍隊に限らず、人類全体をそのようにできる。

今、『アーネンエルベ』と『AHS』でその研究をさせており、目鼻はすでについている。
それさえ完成すれば、べつに毒ガスや核兵器など使わなくても、戦わずして我々はあらゆる敵を、
人類全体を支配できるようになるだろう。」

832 :本当にあった怖い名無し:2006/03/02(木) 11:49:46 ID:AFFvUkbn0
>>831
          ;' ':;,,     ,;'':;,
         ;'   ':;,.,.,.,.,.,,,;'  ';,
        ,:'           : :、
       ,:' /  ,,. 、.\  ノ( ::::::::',
       :'  ●     ● ⌒   :::::i.
       i  ''' (_人_) '''' *   :::::i 
        :    {+ + +}      :::::i   
       `:,、   ̄ ̄      ::::::::: /
        ,:'        : ::::::::::::`:、
        ,:'         : : ::::::::::`:、
それテレビジョン放送の事じゃん!

833 :本当にあった怖い名無し:2006/03/02(木) 11:56:02 ID:gf5kIPmQ0
>>794
まず、自分達が生きてく上で一番大事な食料を自分達で生産する。
コレ出来ないのがロボット人間。
だからお前ら今、オイルより有害な化学薬品だけ毎日食わされてる。

834 :本当にあった怖い名無し:2006/03/02(木) 18:28:59 ID:9A6Y7Yvd0
>>832
禿同!
TVは毒電波を振りまき国民感情をコントロールする兵器
人は情報を元にして動くから、情報を牛耳ったら大抵のことは支配できるようになる

例えば中・韓で反日感情を煽ったり、日本で反中感情を煽ったり
北チョンに日本を攻撃する意思があると認識させ兵器を買わせたり
物質欲を煽り必要のないものまで買わせたり、必要のない借金までさせたり
株がブームと煽り一般市民が株式をやるようになったら暴落したり
一見議論しているように見えてTV局お抱えの評論家が喋っているだけだったり
有力な政治家に都合が悪い事件が起こると、別な事件を大々的にとりあげて煙にまいたり

北朝鮮がいい実験台じゃね?
メディアを全て牛耳ればブタでも神様になれるってことを証明している
TV・新聞・ラジオ・教師みたいに人の頭の中を変える連中には注意が必要

ん!?TV・新聞・ラジオ・教師・・・・
某糖尿せんべいの宗教団体が思い浮かぶな

835 :本当にあった怖い名無し:2006/03/02(木) 21:08:59 ID:v77kAu+6O
神人に進化する確率はエリート層が一番低いと言われている。エリート層はそれを大衆に知らせまいとしてありとあらゆる陰謀を仕掛けている

836 :本当にあった怖い名無し:2006/03/02(木) 21:21:26 ID:XZp/xqVY0
>>832>>834
おいおいオカ板的には某ハープ兵器とか言うところだろうがw

837 :本当にあった怖い名無し:2006/03/02(木) 23:50:58 ID:cc6tnaHC0
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1141307562
【民主謝罪】 「闇の組織のしわざ」発言の民主・原口氏、「メールは偽物」と陳謝★3

闇の組織を楽しむスレ。

838 :本当にあった怖い名無し:2006/03/03(金) 00:26:57 ID:+MwWrUoD0
世界はアメリカ中心、ロシナ中心の2つの超国家に分かれ、
少数の超エリートが超テレビを使って支配している。
民衆は、自分のほうからは支配者の本拠を知ることすらできないまま
、トイレの中の姿まで超テレビで監視され、働かされ、戦争をやらさ
れ、税金を払わされている。

しかし、なぜそうしなければならないかは、教育される段階で
「ものを考える力」を奪われてしまっているため、民衆には何も
わからない。話す言葉も、政府が決めた言葉しか使えない。
政府が決めたものしか食べられない。政府が決めたことしか考
えてはいけない。死ぬときも政府が決めた通りに死ななければならない。


839 :ニーチェ:2006/03/03(金) 00:58:41 ID:+MwWrUoD0
永遠の未成年者=ニート
永遠の未成年者の実験場=ひきこもり

840 :本当にあった怖い名無し:2006/03/03(金) 01:31:10 ID:vQKM31PO0
>>831 >>834
>>832さんは特にGJ!(・∀・)イイゾ!
皆さんGJ!そうだったのか!確かに言われてみればその通り。
TVで日本人はアングロサクソンには敵いませんよと何百・何千回と
公共の電波w(特に犬HKとか)を垂れ流すことによって洗脳してしまう
そうして、反逆しようという思想すら生み出されないようにする
アングロサクソン、ロ・シナもそうだが、特に出っ張りwの部分はさらにうざ杉
豚キムチと二重整形をトップにおいてるくせにw(嗚呼、変な髪形の阿呆と整形阿呆・・・)
しかし、わが国もチョソ一郎だからな・・・_| ̄|○

841 :本当にあった怖い名無し:2006/03/03(金) 01:46:24 ID:wHsWZOMt0
永遠の未成年者=努力できず、欲に流される人間。
ギャンブル、テレビ、オナニー、セックス、娯楽ばかりに興じて
日々の時間を管理コントロールし、自主的な行動や努力ができない人間
つまりニートに多い層だよ。

842 :本当にあった怖い名無し:2006/03/03(金) 01:49:51 ID:wHsWZOMt0
今、もっともそういう層が多い国は日本
金と時間をもてあまし、ただ日々を流されるままに過ごす人間が大勢居る。

一方では
時間を惜しみ、次から次と自発的に労力を積み上げ、
計画的な努力ができる鉄の意志を備えた人間

843 :ニーチェの予言にもあるように:2006/03/03(金) 06:48:49 ID:iykYyIEaO
今地球上に生きている人類は「最終人類」と呼ばれている。今の人類は思考盗聴すれば分かるが想像を絶するほど嘘つきで見栄っ張りである。人類がここまで卑劣、下劣、卑屈になった事は今までなかった。「最終人類」は淘汰されるべき人間としか考えられない

844 :本当にあった怖い名無し:2006/03/03(金) 07:11:58 ID:iykYyIEaO
エリート層が進化できる確率が低い事はもう遺伝子を調べて見て分かっているんだよ。だから遺伝子学的に見て未知の可能性を秘めている意外な階層のターゲットから遺伝子を盗もうと必死なわけ。でもあんまりうまくいかないみたいだね

845 :本当にあった怖い名無し:2006/03/03(金) 09:24:00 ID:XxBvW6mh0
>>思考盗聴すれば分かるが想像を絶するほど嘘つきで見栄っ張りである。

ええーっ?!
空気の読めない破壊活動を行う人達の方が「自分こそ神に選ばれし王」とか
「穢れの無い神の使い」とか怪しいポジティブシンキングな妄想で満ちてるよ!!
自分の行いに何の否定的感情も湧かない人達の方が
他人に対して下劣な行動を軽々しく働くよ?

846 :本当にあった怖い名無し:2006/03/03(金) 12:35:18 ID:+MwWrUoD0
勝ち組が実は負け組で
負け組の中に実は超人が育まれつつある。

植物の生態系の進化の法則に似てるな。。。

頭が良くて適応力がありすぎると
安定しすぎてしまい
進化できなくなる。不安定な状態が進化には不可欠。
かといって生命維持に不安を抱えすぎれば
乞食になってしまう。途上国ではニートはありえない。
先進国の中でも親に経済的依存ができない傾向のある国にも
ニートはありえない。ありえたとしても特権階級のみ。

日本のように一般庶民の中で労働無しに知的情報収拾活動や
自堕落な時間を過ごすことができる若者が存在しうる国は
いまだかつて地球上に存在しえなかった。ある意味で奇跡的な現象。
アメリカの学者は日本のニートに注目しており、”静かなる革命”と
称している。ニートの本来の定義はどうであれ、ニートの9割は
本当にどうしようもない腐った奴らである。
1割の突然変異に期待している。

847 :本当にあった怖い名無し:2006/03/03(金) 13:59:16 ID:tX/DO1O60
…何故か「慌てる乞食は貰いが少ない」と言う言葉を思い出しました。

848 :本当にあった怖い名無し:2006/03/03(金) 14:58:07 ID:TweuhJg2O
ニートはゴミだが、
屁理屈理論を自分に当てはめる事で自己の現状に満足しきって、
仕事も勉強も努力もなにもする気がない自堕落なニートよりは、
自己の現状を否定し変革に努める意志のある、
野望に満ちて前向きで何か努力しているニートの方がまだ好感が持てるな。
リサイクル可能なゴミと燃やすしかないゴミの違いだな。

849 :本当にあった怖い名無し:2006/03/03(金) 15:29:44 ID:pUUAMLVA0 ?
<近づいている第3次世界大戦と「先制核ハルマゲドン」 >

イスラエルのモファズ国防相はイラン攻撃準備の3月末までの完了命令を軍に出した。
ブッシュは国連安保理がイラン核開発阻止で制裁行動をしなければ、イランを攻撃すると言明した。

(中略)

米軍は半年前から特殊部隊をイランに潜入させて核施設を調査、約30ヵ所の核施設を攻撃する作戦
が出来ている。
 
情勢は第3次世界大戦が近づいていることを示している。

(中略)

ロシアのプーチン大統領は調停役を買って出て、パレスチナのハマース幹部らをモスクワへ招待した
が、イスラエル運輸相は飛行機の出発を阻止する、と言明した。これはロシアに対する挑発になった。

すでにハマースはイラン、シリアと反イスラエル共同戦線を結成しており、プーチン・ロシアが、
イ米英対イスラム世界の対立で、イスラム世界の後見者になる危険な可能性がある。

それは、ブッシュ、ラムズフェルドら米国のキリスト教原理主義的右派のカルト「ネオコン」の
思うつぼで、彼らが第3次世界大戦の開始を新約聖書の「ヨハネ黙示録」で予定された世界最終
戦争たる核ハルマゲドンとして、対露「先制核ハルマゲドン」へ発展させる可能性が次第に具体化
しつつあることを示している。

http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/26.html

850 :本当にあった怖い名無し:2006/03/03(金) 15:36:28 ID:pUUAMLVA0 ?
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1141367574/l50

851 :本当にあった怖い名無し:2006/03/03(金) 16:02:41 ID:sV4XPN8I0
ここに書いていることはヒトラー以外はそこらに売ってる
ゲームの内容の方がおもしろい。

あと実験って意味はどういうものだ?

852 :本当にあった怖い名無し:2006/03/03(金) 22:06:01 ID:zjv8XvtX0
>東方が巨大な実験の場になる

こいつは心理兵器の実験台だろうか?
それともヒトラーの言う超人か?

【社会】 「気持ちよかったから」 高校で、女子生徒の水着を着たまま大便→25歳脱糞男が動機供述★4
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1141386066/l50

853 :本当にあった怖い名無し:2006/03/03(金) 22:19:10 ID:JR/81CBZ0
ガス室ってでっちあげ?

854 :本当にあった怖い名無し:2006/03/04(土) 03:10:23 ID:DPaUMSVB0
ガスで殺したかどうか。
殺意は、我が闘争の読者のドイツ人にはあった。
ほとんどの死亡者は、食べ物をもらえなかったりしてのものだと思うが、
それはかなり戦略的にやったものだ。

つまり、ドイツ人が殺したことは、絶対の真実。
ただ、欧州のキリスト教徒は、過激になるとユダヤ人を繰り返し虐殺してきた歴史を持つ。
キリスト教過激派が出現すればよくおこること。

スペインなどではユダヤ人はキリスト教徒に改宗して過激な時代を生き残った。
米大統領候補だった反日のジョン・フォーブス・ケリーは、そういう一族の生き残りの
キリスト教徒。弟はユダヤ教に改宗した。

日本人は、神道・仏教とかが宗教だとおもっているが、
海外の宗教は、殺戮のルールを提供するものなので、道理も正義もなにもない。
ヒトラーの行動も、なんでもかんでも「神の意志・神の怒り・神の罰」で説明される。



855 :本当にあった怖い名無し:2006/03/04(土) 09:15:54 ID:JOziDSUTO
進化する人間はニートと言うより「社会から追いやられた者たち」の事。小説「キャリー」などのように迫害を受けて超能力者に進化するのは「危機に対応しようとして進化する」という進化論と合致している。もう分かっているんだよ。

856 :本当にあった怖い名無し:2006/03/04(土) 09:36:11 ID:SAN4KoJf0
内容に異議は無いが進化論を持ち出すのはどうかと思う。

857 :本当にあった怖い名無し:2006/03/04(土) 09:38:57 ID:K28ONV640
これって真実だったっけ?


>キリンさんの首は何故長いか?

>木の上の草を食べたいと願い続けて進化したから。

858 :本当にあった怖い名無し:2006/03/04(土) 10:32:55 ID:pfEdvaxAO
>>853
一回アウシュビッツいってみなよ。
そんなぬるい事言えなくなるから。

859 :本当にあった怖い名無し:2006/03/04(土) 10:34:35 ID:N0kwE5Cc0
>>858
同意。
「こんな場所で数十万人も殺せるわけが無い」って思うらしいね。

860 :本当にあった怖い名無し:2006/03/04(土) 19:09:54 ID:l+ox344y0
ダッハウには逝ったことあるけど、のどかできれいな場所だよね。

最寄り駅の駅前にあるファミレスでスペアリブを注文したが、
量がムチャクチャ多い、スーパーゲロマズ、絶望的に硬いの3重苦だった。
ダッハウの食事もあの水準だからユダヤ人が衰弱したのではないか。
絶対あれは食えないって。

861 :本当にあった怖い名無し:2006/03/04(土) 20:28:08 ID:69EHAfvX0
そんなこといったらイギリスは’ry

862 :本当にあった怖い名無し:2006/03/04(土) 23:08:56 ID:DPaUMSVB0
ニートを進化させたいなら、「なまけているとおまえたちは滅ぶんだよ」と言いつづければいい、
絶対そこから抜け出そうとする。

863 :本当にあった怖い名無し:2006/03/05(日) 01:25:21 ID:ool7OBIC0
ヒトラーの思うユダヤ人が
日本におけるシナ人やチョン人と重なる気がするよな
ただ人括りに悪いとするとヒトラーと同じになっちまうな

864 :本当にあった怖い名無し:2006/03/05(日) 07:37:21 ID:aPru3Sl90
ところでヒトラーはアーリア人種の国、イランのことはどう思ってたの?

865 :本当にあった怖い名無し:2006/03/05(日) 11:51:24 ID:uluYcyHPO
ユダヤ人は中韓人みたいに犯罪率高くないだろ。

866 :本当にあった怖い名無し:2006/03/05(日) 13:15:32 ID:nC6Kv9GW0
フォトンベルトに突入した地球は
人間の脳にも作用をおよぼすのだ

867 :本当にあった怖い名無し:2006/03/05(日) 18:08:38 ID:yS1gGxF20
>>856
俺は855じゃないけれど、総統の主観における「ubermensch」は
奇妙な進化論なしには成立出来ない、彼の頭脳が捻り出した都合の良い妄想だからね
このスレにおいて進化論を否定したら予言もクソもなくなってしまうよw

868 :本当にあった怖い名無し:2006/03/05(日) 19:52:49 ID:jLQdcCyt0
オメガトライブ キングダム か

869 :本当にあった怖い名無し:2006/03/05(日) 21:02:55 ID:TCIMCcnz0
>865
中韓人の質の悪さに賢さを足したのがユダヤ人。
ものすごい技術持ってる韓国人が
「チョッパリがバカで可哀相だからウリナラが売ってやるニダ、高い金出して買いやがれニダ、
でそこから儲けた金を本国に回して日本を圧迫してやるニダ」って言ってるようなもん。

当然中韓と同じく、中には良い人も素晴らしい人も存在するけどな。

870 :本当にあった怖い名無し:2006/03/05(日) 21:13:39 ID:6/ICZKB60
>>122
>>124

現代日本の若者は、自分に対しての評価も低い。
コレは歴史上ありえなかったこと。



・・・と思う。

871 :本当にあった怖い名無し:2006/03/06(月) 07:51:30 ID:4qCAgIzR0
「ニートたちのほうは、それに従って生きるだけだ。これはある意味では気楽な身分だ。
 戦争も気候も経済も、神人たちによって制御されてしまうので、ニートたちは神人たちの
 認める限度で、多くのものを与えられる。食物と住居も、娯楽も恋愛も教育も、時には
 思想さえも与えられる。

 ただニートたちは、与えられ、操られていることを意識できないようになる。
 自分たちの意識では、何もかも自分で選択して勝手に生きているのだと思う。
 しかし、じつは神人たちがすべてを見通して、管理工場の『家畜』のように
 彼らを育て飼うことになるのだ。」

872 :本当にあった怖い名無し:2006/03/06(月) 09:47:56 ID:UANawF7k0
ニートのことじゃない。大部分、つまり一般人のこと。「働いたり楽しんだりするだけの」と書いてある。
社会を見渡す感覚をもっている者からすれば、一般人は政治のことをほとんど考えずわかろうともせずあやつられているだけに見える。

「残りの大部分は、これも進化なのか退化というべきかわからないが、一種の機械になっている。ただ操られて働いたり楽しんだりするだけの、完全に受動的な、機械的な反応しか示さない『ロボット人間』」

873 :872:2006/03/06(月) 10:04:58 ID:UANawF7k0
永遠の未成年者はニートのことだと思う。
ただ、ロボット人間になるのはそれより多いはず。
とはいえ、ロボット人間になったとしても、それは比較すればということで、
本人達は意思をもって楽しく生きていく。
だから、どっちにころんでもわるくないんじゃないかと思う。
いろんな問題は神人が解決してくれるというから、今より幸せなんじゃないかな。

874 :本当にあった怖い名無し:2006/03/06(月) 12:32:55 ID:RDj3ZwbSO
そうすると階層ピラミッドは
宇宙人>神人>ロボット人間(一般人)>家畜(ニート)
って事か

875 :本当にあった怖い名無し:2006/03/06(月) 13:30:21 ID:+SsP4VZ30
どうだろう?
自分の身の回りにもいい年して子供みたいにわがままな人もいるし、
世の中にあるたくさんの社会内で二極化やら永遠の未成年やらが生まれるってことじゃまいか。
予言の中の団結って言うのは超人や神人だけで構成された部隊が現れるっていうより、
彼らがそれぞれの社会で手を尽くす結果社会全体が上手く行くって事だと思う。

ヒトラーの予言の冒頭は極が進むって言う事だ。
それこそ超人、神人じゃないと対処できない混乱が起きるんだったら、
これまでの概念が狂って階層なんて関係無くなるんじゃないだろうか。

つまり、真面目に頑張って結果を出せば人生上手くいったり利益が多く出るよっていう、
そういう観念が崩れて人間の生き方や栄達の経緯がどんどん多様化していく。
だから、従来のやり方が通用しなくなり、何故か不公平な状況が進んでいくぞ?という感じじゃないかなと思う。
おかしいと思っても機械や家畜だから疑問や不満を上手く表現できなくなったりしてね。
そうなる前に神人がさりげなくいろいろ与える事で皆を満たしたり、
理解させたり、納得させたりする。そうして必要外、許容範囲以上の混乱や争いを避ける。

神人っていうのは所詮破滅に繋がる大きな混乱が生まれないようにする管理者くらいの存在だと思う。
いくら優れているって言ったって、出来る事と出来ない事があるだろう。

876 :本当にあった怖い名無し:2006/03/06(月) 18:23:30 ID:/rVq/QCa0
とりあえず
>>871 は、いい出来だ。

877 :本当にあった怖い名無し:2006/03/06(月) 18:34:01 ID:/rVq/QCa0
神人は、作れそうだね。

要するに聖書に書いてある神の奇跡レベルのことは、戦前のドイツ科学で、
多くがクリアされ、さらに戦後の日本などの科学技術の発達で、解決した。

政府の機能も高まり、ノアの箱舟にあるように神罰の代表格だった洪水はほとんど
消滅するほど治水が進んだ。多くの疫病が根絶され、人口が激増している地球。

テレビの発達で、民衆が考えることも支配管理できるようになった。

官僚・政治家・科学者・技術者・あらゆる企業・そのほかの社会制度の整備で、
多くの神罰が回避できるようになった。

まさに神人が、大量に地上にいる時代になった結果である。


878 :本当にあった怖い名無し:2006/03/06(月) 18:45:48 ID:Wpp/gV5+O
ボクは珍人。

879 :本当にあった怖い名無し:2006/03/06(月) 19:09:43 ID:V4hNALr70

878 :本当にあった怖い名無し :2006/03/06(月) 18:45:48 ID:Wpp/gV5+O
ボクは珍人。


880 :本当にあった怖い名無し:2006/03/06(月) 19:47:27 ID:xm/zisiuO
>>874
違うな
神人>>>>家畜

これだけだ

881 :本当にあった怖い名無し:2006/03/06(月) 20:25:06 ID:/Wk+VtoV0
>>1

結局アレでしょ、大友克洋のAKIRAでしょ、これって。

882 :本当にあった怖い名無し:2006/03/06(月) 20:27:26 ID:enrjz3oaO
ちんぽっぽ(*'ω'*)

883 :本当にあった怖い名無し:2006/03/06(月) 20:31:20 ID:Wpp/gV5+O
珍人ワッショイ

884 :本当にあった怖い名無し:2006/03/06(月) 20:36:35 ID:enrjz3oaO
(*'ω'*)ちんぽっぽ

J( 'ー`)し<たけし、もういい加減にしなさい

885 :本当にあった怖い名無し:2006/03/07(火) 19:05:41 ID:6wpPzKEh0

太陽活動07年から活発化か 通信などに障害も

 【ワシントン6日共同】ほぼ11年周期でピーク(極大期)を迎え
る太陽活動について、米大気研究センター(コロラド州)のチームは
6日、早ければ来年終わりごろから活発化し、次の極大期は2012
年ごろになるとの見通しを発表した。従来の予測より約1年遅い。
 極大期には、太陽表面から電気を帯びた粒子が大量に噴き出すなどの
現象が増え、過去にも通信や送電に障害が出ている。01年ごろだった
前回に比べ、次回は黒点数や太陽表面の大爆発であるフレアの発生が3
0−50%多くなるとみられ、人工衛星や地上の送電施設などへの障害が
前回より増える恐れがあるとしている。

886 :本当にあった怖い名無し:2006/03/07(火) 20:25:47 ID:xkbIl241O
卑劣な人間には卑劣星人が寄生獣のように宿っている。映画「ザ・フライ」のようにいずれ腹を突き破って出てくるらしい。それが卑劣人間の淘汰という事らしい。地球はいずれアフターマンの世界になると言われている

887 :本当にあった怖い名無し:2006/03/07(火) 22:44:51 ID:/3NW3yLj0
2012

888 : 8   8   8:2006/03/07(火) 22:47:53 ID:nTNgAF9G0

 は  ち   は  ち   は  ち  ♪

889 :本当にあった怖い名無し:2006/03/08(水) 00:04:49 ID:1iHmYXFLO
俺はすでにアフター5マン

890 :本当にあった怖い名無し:2006/03/08(水) 00:09:08 ID:FMBlrlov0
エイトマン? だっけ? >>888 おめ。

891 :本当にあった怖い名無し:2006/03/08(水) 00:21:06 ID:52pL5dip0 ?#
ここ数年で富裕層と貧困層の所得格差がさらに拡大 ニューヨーク州では差が8倍超す

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1138562411/



アメリカ社会も大きな問題抱えてるな…


892 : 8   8   8:2006/03/08(水) 00:37:35 ID:QMporGpE0
>>890 さま

 ありがとうごぜ〜ます☆

893 :本当にあった怖い名無し:2006/03/08(水) 02:52:20 ID:FOC/d3uV0
脳科学の川島教授による、単語記憶テスト

2分間で30個の単語をいくつ覚えられるか。

40歳の平均が12個だという。記憶力だけが弱点のおれは一回目11個、2回目以後同じ問題で、
20個、25個、27個、26個、そして6回目でやっと30個全部、ルーズリーフに書き出せた。
記憶されやすいものと忘れるものとの関係などがわかるいい問題。

2分間かけて、下の単語を覚えて紙に書いてみましょう。

おもし  くじら あたま のぞみ うしろ
なかま はさみ さかな かいこ ちから
ふしぎ でんき みかん きかい たぬき
めざし とけい ねずみ たばこ こども
きつね すがお うさぎ えがお けむし
いかり ひびき せかい しじみ むかで 









894 :本当にあった怖い名無し:2006/03/08(水) 03:16:03 ID:M5dF+GbHO
卑劣な人間にはならない方がよい。卑劣生物に身体を乗っとられるぞ

895 :本当にあった怖い名無し:2006/03/08(水) 07:10:58 ID:WbrJz3G70
東方の巨大な実験場=2ちゃんねる  
に決まってるだろ


896 :本当にあった怖い名無し:2006/03/08(水) 07:46:01 ID:BcZvRjuO0
つーか、アジア人全体が、もうダメポ。

特に極東の国々は、なんか政治家含めて幼稚化している


(´・ω・`)ショボーン

897 :本当にあった怖い名無し:2006/03/08(水) 07:58:04 ID:MVyhLuehO
ニートから進化した人間…
素晴らしいものができるには沢山の失敗が必要で
ある程度の成功は失敗は少ない。
これがあてはまるのかな。まぁニートの9割はクズだな

898 :本当にあった怖い名無し:2006/03/08(水) 09:33:25 ID:M5dF+GbHO
ハルマゲドンの目的は「卑劣な生き物の淘汰」という事。オリオン腕レベルで卑劣生物の淘汰が始まっている

899 :本当にあった怖い名無し:2006/03/08(水) 09:53:18 ID:NaBAkWYn0
ニートから進化した人間=高等遊民・思想家・明治の文豪みたいなもの

900 :本当にあった怖い名無し:2006/03/08(水) 10:42:05 ID:u+e1xOxM0
俺すっげ良い事考えた

要するに日本人がドイツ民族(ナチ)に入っちゃって
新しい時代に向かう流れに淘汰されずに生き残って
支配する側に回れれば万々歳な訳っしょ?

だからドイツ民族と日本人の、精神的な部分の類似性を
もっともっと映画とか何かで描いたらよくね?
日本の映画もジャパニメーションもそこそこ有力っしょ?
ヒトラー最期の12日間のヒトラーに武士道とか感じね?

901 :本当にあった怖い名無し:2006/03/08(水) 11:46:33 ID:38v6HiIW0
まぁ文化を商品としてしか見れない我々日本人は
ロボット人間にもなれないでしょうよ


902 :本当にあった怖い名無し:2006/03/08(水) 12:14:26 ID:jlSbmTLs0
よく気付いた。もっとも遅れている日本人。

903 :本当にあった怖い名無し:2006/03/08(水) 13:02:14 ID:u+e1xOxM0
だって日本は戦後ドイツみたいに真っ先に劇場の復興なんかしなかったし
そのくらい自国の文化を蔑ろにしてここまで来ちゃったんだから
商品価値を見出すくらいの文化しか残ってないっしょ?
そんならもう商品として扱うしかないっしょ?

904 :本当にあった怖い名無し:2006/03/08(水) 13:08:49 ID:jlSbmTLs0
商品扱いも多少いいが。精神性を取り戻すには遅すぎる。

905 :本当にあった怖い名無し:2006/03/08(水) 13:11:10 ID:wn8X6hKj0
・過去に逮捕者が出ているネタを放置
・隔離の役目は終わっている。異常な書きこみする人は、アク禁で対応できる人数。
・対象が動物だから発覚しにくく、犯行がネタかどうかの判別が困難。犯罪を助長。
http://c-others.2ch.net/test/-/cat/

906 :本当にあった怖い名無し:2006/03/08(水) 16:34:17 ID:e02L9grJO
「リアル鬼ごっこ」が支持される時点でオhル

907 :本当にあった怖い名無し:2006/03/08(水) 17:17:41 ID:p/C4oht10
ここまで話題になることが蘇りなんじゃないの?本当の死は記憶から消える事。

908 :本当にあった怖い名無し:2006/03/08(水) 19:56:32 ID:XRAwGSv4O
アーリア人(イラン)と
ユダヤ(イスラエルとか、アメリカもそうかもな)
の最終戦争、あるのかね?

909 :本当にあった怖い名無し:2006/03/08(水) 20:50:52 ID:paFUzahj0
殺しあいが戦争じゃないからね。

910 :二重規範社会の危険性:2006/03/08(水) 21:18:54 ID:M5dF+GbHO
陰謀や隠し事が多くなってくると人はコミュニケーション不全を起こすようになる。人格の二重(三重)演技に対する心理的葛藤がストレスをためていつか破裂する。陰謀は隠さず漏らしてしまう方が精神病の防止になる。二重三重規範社会は人間発狂への道である

911 :本当にあった怖い名無し:2006/03/09(木) 12:24:47 ID:tzKqdy67O
>>909
最終的な決着がつく時がくるのかどうか、
って意味での最終戦争ね。

912 :本当にあった怖い名無し:2006/03/09(木) 12:44:39 ID:ahHMzMNT0
>>893
マンセーーー!!!

913 :本当にあった怖い名無し:2006/03/09(木) 15:02:14 ID:xBtQd3eU0
>>911
来ます。懺悔はお早めに。

914 :本当にあった怖い名無し:2006/03/09(木) 19:59:10 ID:616wZRCH0
全人類がニュータイプ化する時は来るのか?

915 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 00:48:19 ID:QjsKCZKt0
来ません。
通常通りに生きれ。

916 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 01:21:28 ID:SMSxdpH50
まもなく悪魔そっくりの宇宙人があらわれて人類を巨大生命体に合体進化させて去って行きます

917 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 01:36:36 ID:7S0ATOsJ0
実験台と心理兵器が問題に決まってるだろ。


918 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 02:21:02 ID:sOF0Zyg3O
こういうやつね。

マスコミの盗聴盗撮犯罪はゆるされない その9
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1140968239/l50

919 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 02:27:08 ID:9F1AeDufO
>>916
マクロス化?

920 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 02:31:27 ID:sOF0Zyg3O
これもだ。

マスコミの盗聴盗撮は印税を払えば許される!6
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1117537953/l50

921 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 14:23:51 ID:a+vtT91NO
悪人が支配人種でいつまでももつわけねえだろ

922 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 14:34:48 ID:bviLlLkp0
二つの極
永遠の未成年者
東の実験場
新人類

ヒトラーも謎の多い男だな

923 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 14:44:30 ID:dekxrTPN0
>>919
>>916を読んでアニメとはw
民度の低さ爆発だなw

924 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 16:37:49 ID:sFA4iPeD0
>>919>>923
>>916は「ウルトラマン」でしょ?

925 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 19:12:24 ID:sF2sLC6L0
>>916
それ何てアーサー・C・クラーク?

926 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 23:55:24 ID:xoLJ5NBE0

>>265
JFKのその検証番組って矢追のUFO特番だろ?
JFKは宇宙人の存在をテレビで公表しようとしたが、それを嫌がる影の組織が
JFKを抹殺し闇に葬ったとかいうDQN話

>>272
日米初の衛星中継な
最初の番組内容はJFKが日本に対してお祝いメッセージを送る事になってたんだけど、あの事件が起きたために
JFK暗殺事件が衛星中継で流れる事になった。あの時のアナは確かTBSの人

>>274
2039年な



927 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 23:56:17 ID:xoLJ5NBE0
>>926

JFK事件 全て明かす

それが2039年なんだね。





928 :本当にあった怖い名無し:2006/03/10(金) 23:57:56 ID:xoLJ5NBE0
ヒトラーの予言 2039年

「しかし諸君、さらに重大なのは、私がいま、これを話している100年後のことだ。
それを告げるためにこそ、私は今日を選んで諸君を招いたのだ。
今日から100年後といえば、すなわち2039年1月25日だ。
諸君にはわからないだろうが、そのとき人類には真の究極の状況が起こっている。
そのとき人類は──少なくとも、いま言っているような意味での人類は、
2039年1月、地球からいなくなっているのだ。」

「それは諸君、何かの異変か大戦か災害のために、2039年、
人類が残らず滅びるという意味ではない。
たしかに、それまでに多くの大難が続けて起こる。
1989年から1999年まで、世界は続けざまの天変地異と戦乱の中にあるだろう。
そのため一部の恵まれた国を除き、多くの国が飢える。
いくつかの国は崩れて燃える。毒気で息絶える街もある。



929 :本当にあった怖い名無し:2006/03/11(土) 00:14:02 ID:WjzbZrS10
>>925
ビンゴー
いわく付きの↓「滅亡のシナリオ」って本(「原作=ノストラダムス:演出=ヒトラー」と表紙に書いてあるアレ)にもクラークの話が書いてあった
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396102453/

930 :本当にあった怖い名無し:2006/03/11(土) 01:45:26 ID:X2LOOdK40
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150103410/qid=1142008757/sr=1-2/br_lfbnb_b_2/250-2333487-3556228
アーサー・C・クラークって、ヒトラーの予言をもとにして、SFを書いていたのかあ。
みなさんありがとう、少し賢くなった。

「幼年期の終り

その世界は強制されたものであるけれども、国連主導の下での平和が訪
れています。当時の時代背景が感じられます。
人類という種が究極としてどこに行き
着くことになるのかということに関して、ひとつの考えを提出していま
す。

読んで損なし。



この作品は人間の進化についてのSF小説です。
宇宙人が地球を訪問して、文明テクノロジーを上げる、
その目的は人類の次の進化を生む為の土壌を作ること。
結果として幼い子供たちが自我(人類)を捨てて、
大我(宇宙体)となる。
そんなお話です。

この手のテーマ(進化論または宗教的人類論)
が好きな人には本当にたまらないのですが、
今時はやんないかな・・
同世代で見てる人なんていないだろうなぁ
ただエヴァの人類補完計画とかの元ネタの一つらしいですよ
なるほどねーこんな話からも来てるんですね。 」

931 :本当にあった怖い名無し:2006/03/11(土) 02:15:18 ID:7+uoc7S6O
>>928
環境破壊が進んだりしていくことかな…
地球が滅びるんだろうね


932 :本当にあった怖い名無し:2006/03/11(土) 02:19:43 ID:rpipPqfH0
食いものの汚染が叫ばれてるからねぇ。

933 :本当にあった怖い名無し:2006/03/11(土) 03:19:01 ID:+BLUHquS0
川尻博士死んじゃったよね・・・・。

934 :本当にあった怖い名無し:2006/03/11(土) 10:09:39 ID:+purSSwu0
しかし百年ていうのはきりがよすぎるな。
関係ないけど
×人格の二重(三重)演技
○人格の二重(三重)の特性

935 :本当にあった怖い名無し:2006/03/11(土) 10:14:36 ID:+purSSwu0
それに正常なんて基準人間がきめたもの(決まり事)であって何が
正常で異常かなんてだだの多数決の結果だと思うが。

936 :本当にあった怖い名無し:2006/03/11(土) 10:32:39 ID:+purSSwu0
新しい神は「新の言語」であってほしい。それこそが真の神になるだろう。


937 :エドヴァン・チンゲール(李珍民):2006/03/11(土) 11:28:17 ID:YErZ+XbD0
予言ははずれるでしょう。
偽りの世界は破壊されました。
そして地球崩壊人類滅亡のシナリオも回避されました。
本当に感謝です。。。
嬉しい!楽しい!気持ちいい!
おっと、間違えた。こりゃヒーリングサロン『風』だった…
えへへ♪

『地球連邦国』
http://www.earth-fed.com/e-fed/

『銀河宇宙連合体と地球創生計画 (Project GAIA)』
http://blog.livedoor.jp/fransisco/

『新しい天地創造神話-U』
http://blog.livedoor.jp/fransisco2/


938 :本当にあった怖い名無し:2006/03/11(土) 13:58:41 ID:+purSSwu0
>>937
すごいね。新しい宗教をつくったんだね。
どーでもいいけど宗教はもういいんでない?
それに代わる「何か」をおいもとめる事が
今の俺たちの課題なんじゃないの?


939 :エドヴァン・チンゲール(李珍民):2006/03/11(土) 15:03:48 ID:YErZ+XbD0
>>938

地球連邦国は宗教ではありません。しいて言えば宗教を超えた超宗教と言えましょうか…。そう、まさにこれこそがあなたのおっしゃるそれに代わる何かなのです。気をつけてください。反キリストがいます。

940 :本当にあった怖い名無し:2006/03/11(土) 15:26:44 ID:+purSSwu0
>>939
ごめんね。否定するつもりはなかったんだけど
俺にとって神は人間が人間をまとめるために
創ったものだと思っててさ。
神を創ることによって力(権力)→正義を植え付けてさ。コントロールできる。
どんな「不満」も「支配欲」も従えば救われるとか
そういうために存在すると思っててさ。
反キリストとか俺には何のことかさっぱりわからないけど
俺のエゴで傷つけて汚しちゃったなら 
本当にごめんなさい。

941 :オリオン・シリウスの死:2006/03/11(土) 17:54:49 ID:62iE2basO
アレイスター・クロウリーなんて大した男じゃないよ。しょせんボンボン育ちの甘ったれた哀れな男に過ぎないよ。

942 :本当にあった怖い名無し:2006/03/11(土) 20:19:40 ID:62iE2basO
イルミナティの連中なんてカリフォルニアあたりに巨大ピラミッドまで作って試したりしてるけど泣かず飛ばずだって。エリート層が進化できない事はもう分かってるんだよ

943 :本当にあった怖い名無し:2006/03/12(日) 00:14:49 ID:B2IUc58G0
リアルニートのお前に何が分かるってんだw

944 :本当にあった怖い名無し:2006/03/12(日) 00:21:24 ID:UwByFOvb0
>>942
> カリフォルニアあたりに巨大ピラミッドまで作って

そんな話聞いたことないぞ…。

945 :本当にあった怖い名無し:2006/03/12(日) 00:42:14 ID:Zqfw7EV8O
組体操ですか?

946 :本当にあった怖い名無し:2006/03/12(日) 00:54:35 ID:UwByFOvb0
人間ピラミッドのことか。ホッ

947 :本当にあった怖い名無し:2006/03/12(日) 01:10:27 ID:G4fG0sue0
そしてそれは中東から始まった

過去形が文法的に正しくなる日が近づいてきました

948 :使徒 エドヴァン・チンゲール(中華民族 李珍民):2006/03/12(日) 09:23:26 ID:hU4Te3wk0
『東アジア共同体のための戦略』
人民解放軍を使って、一先ず、東アジア共同体の範囲を攻略する。
その後、中国人民を使って、中国を解体民主化する。
ようは統合のために流される血の責任は中国に取らせておけばよいということ。
おいしいところは聖国日本がいただきます。
ご馳走様でした♪

949 :本当にあった怖い名無し:2006/03/12(日) 18:46:28 ID:DPwZCHitO
ユダヤと同祖たる日本が世界政府東アジア支部を統括ってか?
そうなると、在日のむみなさんは
晴れて祖国の地に帰れるようにしてあげないとね

950 :本当にあった怖い名無し:2006/03/12(日) 19:32:16 ID:FopiD1Pa0
ユダヤと同祖はとっくに青い目の青龍の人種が自分達の統括地に保護してあるから
お前達は全く関係無い。
お前達もまた全員倭の国に違法に居座る在日朝鮮人だからだ。日本には世界一頭の弱い在日朝鮮人しかいないな。
あと数年でお前達と悪魔どもがいなくなったら、勿論本来の地;倭の国に戻してあげる腹積もりだからな。

951 :本当にあった怖い名無し:2006/03/12(日) 19:39:45 ID:FopiD1Pa0
>>935
それを言う事自体が異常の基地害だ。
お前達は自白した窃盗犯を内閣に据え続け司法・立法・行政を同じ犯罪者だけにし
アメリカが呉れた民主主義、法の下の平等を捨てた。
一億二千万も集まっても全部異常で基地害の知障ばかりだ。
今すぐにでも世界の警察のお仕置きが始まっても何もおかしくない。
ま。6年以上は待たないがな。
年貢の納め時だ。悪魔どもと基地害猿どもよ。


952 :本当にあった怖い名無し:2006/03/12(日) 22:23:35 ID:djqAeD3i0
俺の予言
>>950
は次スレをたてないだろう

953 :本当にあった怖い名無し:2006/03/13(月) 02:46:56 ID:aPIhhkL/0

ニ ー ト さ ん ガ ン バ レ !

954 :本当にあった怖い名無し:2006/03/13(月) 02:56:07 ID:KovcbXyJ0
>>951

お前達ってそんとき俺生まれてねーし。いい加減国対国・宗教対宗教じゃなくて

人間対人間に視点を変えろよ。何処の国だってトップが全て判断を下してるんだよ。

いちいちあおんなよ。

955 :本当にあった怖い名無し:2006/03/13(月) 03:00:18 ID:Z3Ru32a40
それが工作員で煽らないと生きていけないものだから
煽る自由だってある

956 :本当にあった怖い名無し:2006/03/13(月) 03:07:23 ID:KovcbXyJ0
トップに逆らう事で自分以外の親愛な人間の犠牲者もだしたくねーだろ。
そのときの戦いは殺し合いだったかも知れない。だけど何処の国でも無念でしんだ英雄
達を否定するようなことは言わないでくれ。みんなトップ(国)を愛して
たのは一緒なんだから。
要するに俺の言いたいことは憎しみからは憎しみしか生まれないって事だ。
俺たちが傷つけ合って戦争で教わったこと。
それは国が俺たちをどれだけ愛してくれてたってことなんじゃないのか?


悪魔とキチガイ猿より

957 :本当にあった怖い名無し:2006/03/13(月) 03:12:51 ID:KovcbXyJ0
ごめん訂正。
×それは国が俺たちをどれだけ愛してくれてたってことなんじゃないのか
○それは国が俺たちをどれだけ愛してくれてたかってことなんじゃないのか

工作員ってここにもいるとしたらどんな利益あんのかね。

958 :本当にあった怖い名無し:2006/03/13(月) 03:18:25 ID:KovcbXyJ0
お前のそのエネルギーでただの残虐者のみを一人一人つきとめてみろよ。
そこまで言うならお前はできるはずだ。
めんどくせーとか思うならもう視点を変えるべき。

959 :本当にあった怖い名無し:2006/03/13(月) 08:25:18 ID:abL5EuQN0
世界的な富の二極分化
気候の大変動
今までの常識が通じない人間の大量発生

合ってるじゃん
東方って日本?シナ?シベリア?

960 :本当にあった怖い名無し:2006/03/13(月) 11:16:19 ID:gv6Pmuec0
日本っぽいけどシナの様な気もするな
貧富差はあっちのが激しいだろ

961 :本当にあった怖い名無し:2006/03/13(月) 13:04:12 ID:VXh/kHoMO
何かっていうとすぐニートって言うな。ニートというレッテルを貼ればいいと思ってんだwだいたいニートがお前に何の迷惑をかけてるわけでもないのにな。社会に害悪を垂れ流している天皇家の連中には何も言えない卑屈な連中が

962 :本当にあった怖い名無し:2006/03/13(月) 16:41:07 ID:T/8dIsZE0
ヒトラーの本質を見抜いていた
三島由紀夫もすごいと思う

963 ://+:2006/03/13(月) 17:01:53 ID:tJi2nQH70
>>961
なにこのキ印。

964 :本当にあった怖い名無し:2006/03/13(月) 17:20:43 ID:lfpEd3kg0
>>961
ニート → その気になれば働くことができないのに働かない → 労働人口が減る →
労働人口を他国から安易に輸入する → 治安が悪化する。文化が破壊される。技術が他国に流出する。
侵略の足がかりを作られる

∴どう考えても社会に害悪を垂れ流しているのはおまいらだろ。スレ違いスマソsage。


965 :本当にあった怖い名無し :2006/03/13(月) 22:15:48 ID:8kHOMSpp0
弱者たたく様に洗脳しないとこまる人がいるからなのれす

966 :本当にあった怖い名無し:2006/03/13(月) 22:39:11 ID:CwAOZeeV0
我良し強い者勝ちの世の中を維持したい連中ですな

967 :本当にあった怖い名無し:2006/03/13(月) 23:31:54 ID:cRzxiNQb0
こっちのほうがやぱいんじゃないの??  「在日特権」

働かなくてもお金が政府からもらえる→在日!!
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/2487/
http://3.csx.jp/peachy/data/
korea/korea.html (アドレスは2行に分割)

[地方税] 固定資産税の減免[特別区] 民税・都民税の非課税
[特別区] 軽自動車税の減免[年 金] 国民年金保険料の免除
心身障害者扶養年金掛金の減免[都営住宅] 共益費の免除住宅
[水 道] 基本料金の免除[下水道] 基本料金の免除
[放 送] 放送受信料の免除 [交 通]JR通勤定期券の割引
[教 育] 都立高等学校 高等専門学校の授業料の免除
   凶悪犯罪者の1/3は在日なのに実名では報道されない。
[生活保護] 家族の人数 × 4万円 + 家賃5万円 在日コリアンは、ほぼ無条件で貰えます。
         日本人は孤児だろうと病気だろうと、絶対に貰えない。
         予算枠の大半を、人口比率1%未満に過ぎない在日が独占。

968 :本当にあった怖い名無し:2006/03/13(月) 23:39:25 ID:NJ4LrX4b0
>857
気の上に草なんか無い(´・ω・`)

969 :不動明王 ◆xRIkDDise2 :2006/03/13(月) 23:49:15 ID:tyar6Vr+0
後藤勉の本を読んだけど、誤記述が多すぎて読むのをやめてしまった。


970 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 01:04:23 ID:fBli9fsx0
>>967
うむ、在日の方がはるかにヤバイ
寄生虫そのもの

というふうに書くと<丶`∀´>がニートは寄生虫ニダ!と大騒ぎするんだよな

971 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 01:43:53 ID:43uTcZTk0
970がニートだという事はわかった。

972 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 03:51:05 ID:3MaNMgJuO
天皇家なんて年間200億円も血税を横領している穀潰しニートだぜ。しかも犯罪やり放題で不逮捕特権。ニートに文句つけてる奴が本気で国を憂いているわけがないっちゅうの。単なる口実だよ。どこにでもいる卑屈なタイプ

973 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 03:53:54 ID:3MaNMgJuO
天皇はターゲットにリストラストーカー工作を仕掛けているって2ちゃんのスレにもあったしね。職を追われている人はいっぱいいるよ。

974 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 07:24:00 ID:z6NEjTx70
どうやら正規雇用以外はみんなニートになるらしいな。天皇は新しいな。

975 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 07:35:35 ID:rFzsYuHHO
今や皇室は既婚女から叩かれ放題だす。
民の欝憤は爆発寸前、ニートばかりいじるだけの椰子は所詮卑民。









>>967
コピペエセウヨ厨乙。

976 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 13:59:05 ID:Ynndl20i0
悪魔崇拝者とはお前達日本人の男全員のことだぞ。
日本にはホモサピエンスの雌:女はもはや一人もいない。
せいぜい電気も通っていない深山か離島で見つかるぐらいだ。
戦中・戦後直後の女の顔姿形。あれが女だ。
あの人達が自然の摂理が働き、神が傍らにいる状態の人間の女。
ホモサピエンスの雌はそのように進化した哺乳動物:知的生命体だからな。
あらゆる生命体に於いて、雌単体のみだけで生存し続ける事の出来ない生物は1種として存在しない。
そして、あらゆる生命体に於いて、美しく端正・煌びやかで派手で・強く立派なのは雄、男のみ。
ライオンでも鹿でも孔雀でも蝶でもな。
雄には外敵を陽動して、惹き付けて戦う使命があるから当然の事。雌は逆。
人間の女はあらゆる哺乳動物の中で最弱だから特に地味で醜い。
今、女の戸籍を持ちアリエナイ肉体で我が物顔で列島を徘徊する物どもは、女が
子宮に持つ機能を悪用し自身の遺伝子の劣性因子を優性に書き換えてくる、口の端を吊り
上げてV字型の口で笑う女とは似ても似つかない化け物どもだ。
こいつらも全員、最低でも7歳ぐらいまでは人間の女の顔姿形をしている。
自身の弱い悪心に付け込まれ、宇宙の破壊的側面に体を明渡して変貌してしまったキショイクリーチャーども。
世界人類全てが知っている。
戦中・戦後直後は野犬や森から降りて来る肉食獣達が始末してくれたので。この異形どもが
殆どいなくなった。
捕食者達は目立つ標的に集まってくる。実際ビーストどもが当れば、腰だけは高くても腕が極端
に短い、牙の無い脂肪で出来たミニチチュアアラノザウルスみたいな最弱中の最弱の擬似生物ども
だったので更に味を占めた。
今、内閣に窃盗犯を据え続け、司法・立法・行政:政治機構を同じ犯罪者どもだけにし崩壊させ、
民主国家群の自由主義陣営から転がり落ちた日本、
今この瞬間にも最大の悪の枢軸として先進国全てからの制裁が始まり、食料、石油他のあらゆる
物資の供給がストップする。
又その妖怪退治の状態が始まる。今度は戦争は要らない。しかも前より過酷だ。

977 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 14:29:27 ID:jiI8R8dPP
>>976 その時、アドルフは力ずくでエバの服を剥ぎ取り  まで読んだ

978 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 14:37:46 ID:DwSxMURg0
ヨーロッパの人からみると日本人は本当は18歳くらいでも10歳以下程度に見えるんだよね?

>>976
>最低でも7歳ぐらいまでは人間の女の顔姿形をしている。

…と言うのは 東洋人的7歳ですか? 西洋人的7歳ですか?

979 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 15:00:36 ID:0wtaeS/E0
先進国は、平和を望んでいるのでした。

980 :本当にあった怖い名無し:2006/03/14(火) 23:32:57 ID:LZ7+G2sS0
ニーチェの超人思想は、「芸術家」としての超人で、自然科学上の進化を
前提にしていないと著作のなかで読んだ気がするが、>>1のページでは
ヒトラーは生物学的DNA的な進化とハッきりいってるね。
ヒトラーの目は何度も写真や動画でみてるけど、普通じゃないね。実物は
もっとすごいんだろうな・・・ヒトラーに似た目をしてるというとニーチェ
もすこし似ているのかな?はっきりしない写真しかなくてわからん。


981 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 04:23:50 ID:tTUvxkbG0
犬の進化にすら負けている人間の進化。

982 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 06:46:56 ID:xVAIwnGLO
>>1を読んだが電波としか思えない
だがオカルト好きには魅力ある電波。
凄い人っつか天才って絶対電波なとこあるよな。
そういう意味で面白いけど予言を本気で信じたり
解読したりする気にはならんな

983 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 07:03:51 ID:tTUvxkbG0
982は進化の最先端。

984 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 07:52:04 ID:tTUvxkbG0
日猶同祖論

985 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 09:28:18 ID:ziyCe1NjO
>>972
俺もガキの頃は似たようなこと考えてたな。
無知だった自分が恥ずかしいよ。

986 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 12:27:09 ID:T2Qp+kCj0
中東情勢がキナ臭くなってまいりました

今月下旬がヤバいらしい

987 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 14:25:03 ID:noeBqZWU0
>>986
イランの新石油先物取引所(ユーロ建て)のオープンが3/20。
3/28になると最初の取引が成立し、攻撃が困難になる。
タイムリミットは3/22。これを過ぎたらアメリカは中東から撤退し
イスラエルは見捨てられるということ。あとはイスラエルが単独で
核攻撃するならどうぞ、アメリカは協力しないよ、というわけだ。

インドに核技術供与すると発表したことで、どうやら攻撃はない模様。
イスラエル衰退の分水嶺が3/22。歴史の転換点まで余すところ1週間。
わが国にとって悪夢の1945年体制が今終わろうとしている。

988 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 14:33:31 ID:OaVCGw/80
攻撃の前兆って、なにかあるのでしょうか。

989 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 14:45:24 ID:noeBqZWU0
>>988
イラン攻撃が始まると、アメリカ兵がイラクから撤退する退路が断たれる。
イランのミサイルはイラク全土が射程距離内だからだ。他国兵士を見捨て、
アメリカ兵が一斉にクウェートやヨルダン、トルコに移動したら要注意。
でも多分攻撃は無いよ。

イランとは「アーリアン」の意。つまりアーリア人末裔の国家のことだ。
アフマディネジャド大統領は、ヒトラーがやれなかったことを引き継いだ
つもりなのさ。イラン的見地からは、即ち中東からのイスラエルの排除だ。
彼らはホロコーストをするつもりはない。イスラエルが中東になければそれでOK。

イスラエルの最大支援国であるアメリカがイランを見逃すということは、
ヒトラーの事業が再び開始されることを容認したことになるのだ。

990 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 15:15:32 ID:au3i3da60
「いらん」→「必要無し」
「どいつ」→「誰」
「ジャーマン」→「邪魔な…」
「アーリエン」→「有り得無い」

詣での人は 脳内で対話出来る相手が居るからって
相手に気に入られれば何でも聞きたい事が教えて貰える設定を捏造しているが
テレパシー対話相手に邪険に扱われている…と思われる。

991 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 15:26:01 ID:au3i3da60
「オッス!! オラ 悟空!!」
→「オウ スーン.  オイラー ゴゥ クール.」

…とか、オカルト誤聴していたんじゃないかな?



「嗚呼、間も無く 油に依存する人々が 寒さをもたらす」的 妄想?

992 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 16:53:43 ID:OaVCGw/80
次スレを・・・・・

993 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 19:05:51 ID:knaTMeM/O
悪魔は、悪魔が神に見えるように工作し、神が悪魔に見えるように工作する。

994 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 19:10:18 ID:knaTMeM/O
悪魔は、悪魔が神に見えるように工作し、神が神に見えるように工作する。

995 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 19:12:05 ID:knaTMeM/O
悪魔は、悪魔が悪魔に見えるように工作し、神が悪魔に見えるように工作する。

996 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 19:13:04 ID:knaTMeM/O
悪魔は、悪魔が悪魔に見えるように工作し、神が神に見えるように工作する。

997 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 19:22:40 ID:tS1xVkdK0
久々にナチス物ゲームの、
「ヒットラーの復活」と「アドバンスド大戦略」と「千年帝国の興亡」を遊んで、
映画の「ヒトラー 最期の12日間」を観てみるか。

998 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 19:24:00 ID:tS1xVkdK0
998

999 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 19:24:47 ID:tS1xVkdK0
999

1000 :本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 19:25:32 ID:xVAIwnGLO
悪魔は工作の時間にちんこ作って怒られる

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

328 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)