5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

不死人の伝説

1 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 15:36:47 ID:MSFSlUGs0
 八百比丘尼、サンジェルマン伯爵、漫画、映画のキャラクター等
 幅広く 不老不死の伝説を語る。(吸血鬼ネタはあれるのでひかえめに)


2 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 15:39:57 ID:vnE0Zake0
まんこ

3 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 15:49:01 ID:ZtHigvNUO
まんこ

4 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 15:55:54 ID:XzfO3tgt0
まんこ

5 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 15:56:00 ID:07Su115P0
不死人の伝説で一番古いのって誰?やっぱ旧約聖書の人?
名前わすれちゃったけど。「長寿」ならメトセラかな?

6 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 15:56:21 ID:nN2C/Byb0
まんこ

7 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 16:01:21 ID:ZtHigvNUO
まんこ

8 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 16:02:53 ID:Wv6DiJSw0
まんこ

9 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 16:04:15 ID:07Su115P0
ちんこ?

10 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 16:14:07 ID:07Su115P0
さまよえるオランダ人、もしかしたら徐福、ロンギヌス、サンタクロース
シャンバラの賢人、中国のいろんな仙人…まんがとか抜きだとあんまり
思いつかないです。

11 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 16:23:53 ID:07Su115P0
あ、国産がいました。竹内宿称。たしか何代もの大王に仕えたはず。
お札になってたし、諸星大二郎のまんがにも確か出てきました。

12 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 16:29:23 ID:W50zxvqQ0
>10
さまよえるオランダ人・・・
ダッチ・ワイフのことか?

13 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 16:29:43 ID:vnE0Zake0
まんこ

14 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 16:30:27 ID:W50zxvqQ0
うー

15 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 16:33:44 ID:/xkjktJM0
常陸坊海尊を忘れたらいかん。

16 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 16:36:13 ID:07Su115P0
>>15
実在と伝説のはざまにいる方でしたっけ?義経のお話の方ですよね?

17 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 16:39:59 ID:07Su115P0
>>12
南極をさまよっていたアレ…って。ほんとに基地の人使ってたのかどうかが
伝説…。いえ、フライング・ダッチマンです!最後の審判の日までずっと
船に乗ってさまよい続けるって人達。キリスト教って不死のバチ当てるの
ホント好きですよね。

18 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 16:43:48 ID:07Su115P0
>>15
日本史弱いんですが、常陸坊海尊ってどうして長命だったんですか?
あと、明智光秀が実は生き延びて長生きしたお話なんかも、もしご存知
でしたら教えてください。

19 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 18:31:27 ID:/xkjktJM0
>>18
海尊はまさに実在と伝説のはざまにいる人物ですねー。
正史には名が出て来ないけど、歴史物語には語られる義経の家来。
「義経記」では義経最期の時に敵前逃亡したと記されています。
で、その後富士山で飴のようなものを食べて不死を得た。
もしくは、衣川で老人に会い赤魚を貰って食べ不死となった。
あるいはまた、人羹(にんかん)魚の肉を食って・・・とまあ、不死の原因は諸説あります。
この人の伝説は様々な地方に伝わっており、中でも天正時代に会津に実在したと言われる
残夢という禅僧は海尊その人本人の実物大の本物だったとか。

ちなみにもう一人、海尊と共に逃げたと言われる清悦という人物も、
山伏に勧められて人魚の肉を食べたため四百年生きたといいます。
伊達政宗にも何度か呼ばれて、源平合戦のことを生々しく証言したそうです。


20 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 18:33:04 ID:/xkjktJM0
>>18
光秀は山崎の合戦を生き延び、名を変えて
家康のブレーン・天海大僧正として後半生を生きたという説があります。
天海は前半生が謎に包まれているので、この話が成り立つ余地があるわけです。
(天海は108歳まで生き天寿をまっとうしたれっきとした歴史上の人物)

この手の話としてはさっきの義経自身、落ち延びて北海道経由で中国に渡り、
彼の地でジンギスカンになったという説が有名ですね。
また、真田幸村、豊臣秀頼、石田三成、大塩平八郎、西郷隆盛他の
豪華メンバーにも生存説アリです。

21 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 19:51:18 ID:07Su115P0
>>19
富士山で…というのは、かぐや姫のお話とつながってるんでしょうか?
あるいは、富士山という山は「不死」をもたらす場所だと信じられて
いた時代があったのでしょうか?人魚の肉、不思議な老人…他にも
不老不死の方法が色々伝わってるんですね?ちょっとググって
調べてきます。面白そうですね。

…清悦さんですか。はじめて知りました。日本にも不死人は思ったより
いそうでうれしいです。

22 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 20:01:49 ID:07Su115P0
>>20
天海さん、108歳でもスゴイのに、さらに光秀の寿命も加わってしまうんですか!
もしかして、まだ実は生きてらしたりして。空海さんも「ひきこもり」(…バチあたり
すいません!)ではありますが、まだ生きてらっしゃるという事ですし。仏教の
パワーはすごいですね…。神道系の長寿者はいないんでしょうか?

…真田幸村以下、日本史オンチな私にもわかる豪華メンバー!それぞれいったい
いくつまで生きていたのかも知りたい所です。あ、「他」…まだまだいるんですね?
西郷さんのお星様のお話が好きです。愛されてた方なんでしょうね…。

23 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 20:12:26 ID:BBUnqfzw0
ID:07Su115P0
なんて気持ち悪いレスしか出来ない香具師だろう…

24 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 20:36:29 ID:07Su115P0
>>23
気持ち悪かったですか?ごめんなさい。お酒はいってるんでちょっと
ハイになってました…。

でも、どうせならついでに面白いお話聞かせていただけませんか?

25 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 20:42:31 ID:BBUnqfzw0
ウチノイヌハ ハナノアタマモシロイケド オモ シロイ



…スマン

26 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 20:43:59 ID:22dWn0rB0
ハイランダー

27 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 20:46:07 ID:BBUnqfzw0
FSS?

28 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 20:46:20 ID:07Su115P0
>>25
トラディショナルで素敵なジョークですね。よくじいちゃんがいってました。
…お酒ぬけてきましたから、そろそろお許しくださいませんか?

29 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 20:47:42 ID:BBUnqfzw0
むしろ俺が酔っ払ってきますた。
楽しけりゃ何でもいいジャマイカw

30 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 20:49:24 ID:07Su115P0
>>26
…悪魔の戦士 のほうですか?
>>27
…皇帝代理騎士 ですか?


31 :ティッシュ ◆toilet.5jc :2006/06/03(土) 20:49:31 ID:GDN5xpeLO
いでよ!!
コァンヤァー!!

32 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 20:51:53 ID:Cgj3Vo6MO
>>20
天海って左馬乃助?

33 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 20:52:38 ID:0CHIt+580
あれだ。関羽を見限った奴だ。

34 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 20:57:52 ID:07Su115P0
>>29
ご機嫌なおしていただけましたか?私のほうは酔いが覚めてきて
…ごめんなさい。FSSの「ハイランダー」はやっぱり映画のアレから
ひっぱってきたんでしょうか?

映画は「不死人」ですが「FSS」登場人物のみんな「長寿」ですね。
…アマテラスはモロ「不老不死」ですが。神様だし。


35 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 20:58:03 ID:BBUnqfzw0
ID:07Su115P0
先ほどはキモイなどと放言を致しまして申し訳ありません。
貴方こそこのスレにふさわしい方だとお見受けいたしました。
ぜひともこれからもその豊富な見識を役立てては呉れますまいか?
よろしくお願いいたします。

36 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 21:05:05 ID:07Su115P0
>>35
…それは、どうも、ご丁寧に…。貴方さまこそ、ぜひアル中の私めに
色々お教えいただきとう存じ上げます…。

37 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 21:06:38 ID:07Su115P0
>>32
??呂蒙殿??

38 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 21:08:37 ID:07Su115P0
>>31が?なんでしょう?

39 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 21:15:13 ID:BBUnqfzw0
>>36
アンカー無しなのにFSSだけで通じるとは思ってなかったですよ、はいw
>>34の「映画のアレ」が判らないので申し訳ないでしゅ

スレチ覚悟でお聞きいたしますが、作者不在なのに続いている
サザエさん、ドラえもんもある意味不死者では?

ってかココはノスフェラトゥにはあんまり触れられないんでしょか?
ちなみに31は3×3目々ですよね?

40 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 21:40:54 ID:/xkjktJM0
流れを読まずにカキコ。

>>21
海尊の伝説がかぐや姫と繋がるかどうかはちと不勉強なもんで分かんないわ。
富士山がかぐや姫関連で不死山→富士山と命名されたという説話は確かにあるわけだけど。
また徐福が不老不死の薬を求めて辿り着いたのが富士山という話もあるね。
富士山の霞を吸って育つコケモモが不老不死の秘薬。
まあ、富士山の名の由来に定説は無いので・・・。

で、富士山で海尊が不死となった経緯を文献からそのまま抜き出すと、
『本朝故事因縁集』(海尊より随分後の時代の書)に、
「海尊遁げ去りて富士山に入る、食物無し、石の上に飴の如き物多し、
之を取りて食してより又飢うること無く、三百年の久しき木の葉を衣として住む。
近代信濃の深山に岩窟あり、之に遊びて年末だ老いず」とあるわけです。

あと海尊は仙人になったとか天狗になったとかいう話もありますね。
恐山に住むのが常陸坊海尊天狗。常陸国の大杉大明神も彼という説アリ。

って、細かく書いてるとすげー長文になっちまうw
とにかく伝説は雑多なヴァージョンが各地にある上、別の話と混ざったりするからややこしい。
海尊=清悦のケースもあるし、また、八百比丘尼の説話も密接に関係ある。
八百比丘尼も一筋縄ではいかないけど、3人に共通するのは
源平合戦を実見し、それを後世に語り継いだという点。多分、ここ大事w

ま、なんかとりとめがなくてすまん。



41 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 21:45:59 ID:07Su115P0
>>39
3×3アイズでしたか!10何巻だかまで読んでましたが、アレ、どう
おわったんですか?

「映画のアレ」は「ハイランダー悪魔の戦士」米英合作映画。不死者同士の
剣のバトル!内容は「モナランダー」っていうAA長編読むとわかりやすい
です。泣けますよ…。

「ノスフェラトゥ」…クラウス・キンスキー主演吸血鬼映画しか浮かばぬ
私ですが、もしかしてゲームか何かですか?

サザエさん、ドラえもんだけではありません…その手の恐ろしい不死者は
じわじわ増えとります。ちびまるこ、しんちゃん。コナンなんか、作品中でも
ああゆう設定なのに「まんが時間」バリバリで私の死後も続きそうで怖いです。



42 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 22:00:55 ID:07Su115P0
>>40
は〜ふむ。興味深い。なんだか妖怪ハンター稗田礼二郎先生気分に
なってきました。そういえば徐福もからみますね。山って神そのもの
ですし。富士山ってやっぱり凄いのかもしれないですね。コノハナ
サクヤヒメって富士山に祀られてましたっけ?はかない命の象徴
なのに?

源平合戦を語り歩く人達がいて、いつしか伝説の中で「八百比丘尼」
になった…んでしたっけ?ああ、浅学でウロ覚えばっかですね。私。

あ、宮下文献もありましたね。超古代文明!アヤしくて楽しいですよね。


43 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 22:01:40 ID:BBUnqfzw0
>>40
でもコケモモなんかの本場はやっぱ北の方ですよね
こないだ見たお土産品のジャムは確か○海道産だった気が…

>八百比丘尼も一筋縄ではいかないけど、3人に共通するのは
>源平合戦を実見し、それを後世に語り継いだという点。多分、ここ大事w
確かに大事だけど、解釈次第でどうでもなりますわなw


>>41
3×3目々は同じく途中までしか知りませんです
「映画のアレ」の詳細、感謝です
「ノスフェラトゥ」って映画は俺が何かと勘違いしているのかな?まぁ主演を知らないんですがw
同名のゲームは存在すら知りません
漫画関係は今のところ原作者没後も続いてるのはその2作しか思い浮かばんですよ…

44 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 22:05:16 ID:07Su115P0
映画「ハイランダー」がよくわかる「モナランダー」どっちから観てもいけます!

http://sunset.freespace.jp/aavideo/monalander/

45 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 22:10:00 ID:07Su115P0
>>43
あ、原作者没後条件でしたね!失礼」しました…。「永遠に続きそうな
アニメ」あげちゃって馬鹿ですみません!う〜ん、アニメのブラック
ジャックはいつまでやるのかなあ〜?海外のコミックは作者リレー式
多いですが。

46 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 22:12:30 ID:/xkjktJM0
ノスフェラトゥは創作物でのイメージが一人歩きしてるけど、
実体は私生児から生まれた私生児が死後化ける怪物で、新婚の者を憎み、男は不能に、女は不妊になるよう呪うそーですw


>>22
いや、光秀の分加えても111歳。
ほぼ同年代の二人なので同一人物説が出てくるわけですよ。
でも、あの時代、相当な長命には違いない。

真田幸村以下は死んだはずが実は生き残ってたってだけの伝説で、
不死・不老長寿とはあまり関係ないと思います。
九州に逃げ延びた秀頼の子が天草四郎だったなんておもろい話はありますけどね。


47 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 22:12:41 ID:07Su115P0
「ずっと生きてきた」ってことをわかりやすく伝えるために、誰もが
知ってる「源平の合戦」を語るのでは?マイナーな戦いとか人物の
こと語っても「ハア?」って言われてしまうのではないかと。

48 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 22:16:09 ID:/xkjktJM0
仮面ライダーはもうオリジナルと違いすぎて、不死者には入れ難いか。。。

49 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 22:19:16 ID:07Su115P0
>>46
ノスフェラトゥ、なんか日本の妖怪みたいでほほえましいですね。新婚を
憎むって…。不能にされるのと不妊にされるの、どっちがマシですかね?
昔だったら不妊の女はツラかったでしょうが、現代なら不能の男の人の
ほうが大変かも…。

日本人って、とりあえず生かしとくのが好きなんでしょうか?私は日本史
ダメだからわからないんですが、そういう風にされる人は皆「英雄」っぽい
人だけなんでしょうか?悪役キャラでそういう伝説のある人もいますか?

50 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 22:22:24 ID:07Su115P0
>>48
今の仮面ライダーはそういう事になってるんですか?!なんか人数
多くて「ヒーローの悲哀台無し!」とは思っておりましたが。
本郷猛が好き…とか言うと年バレますね…。

51 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 22:31:51 ID:/xkjktJM0
当時もう源平を題材にした書物はあったわけですが、
そんなもん知らん田舎の人は見てきたように源平の話を語る人の存在に驚き、
各地にあのよーな伝説が同時多発した。てのが合理的でふつーな解釈。

>>49
昔のヨーロッパには不能者裁判なんてのもありましたからねw
昔の男にとっても恐怖ですよwww

悪役キャラで生き延びたってのは今思いつかないですね。
実際の歴史で明確に善玉と悪玉を分けるのは難しいわけですが、
非業の死を遂げた場合は大体怨霊化して神に祭られるんじゃないでしょうか。

>>50
今の仮面ライダーはそもそも改造人間じゃないですしw

52 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 22:53:42 ID:07Su115P0
>>51
なるほど!…日本史オンチ少し改善…したらいいんですが。それにしても
不能裁判って…どんな光景なのか想像つきません…。証明、するわけ
ですよね?ああ、世界史オンチも丸出しですね。

道真さま、将門さま、大国主命さま、えっと…天皇もいましたよね?合って
ますか?

仮面ライダー、妖怪?鬼?宇宙人?異次元人?検討もつきません…。
あのデザイン。

53 :本当にあった怖い名無し:2006/06/03(土) 23:44:34 ID:07Su115P0
「永遠の傭兵」って小説があるんですけど。表紙がビキニパンツの男が
へんなポーズしてる絵で、かなり損してます。

「キリストのバチで死ねなくなりました」系なお話。たまたま処刑する番に
当たったばっかりに、不老不死にされちゃうローマ兵士カスカが主人公。
えんえん行き続けて、戦場から戦場へのくりかえし。どんなんなっても
生き返る。キリストって…。古本屋さんにあったらどうぞ。おすすめです。

54 :本当にあった怖い名無し:2006/06/04(日) 07:03:43 ID:1EHbrCe50
>>52
不能者裁判
中世〜近世ヨーロッパではカトリック教会によって離婚が罪とされてましたので。
唯一離婚が認められたのが「夫あるいは妻が性的に不能」であった場合。
例えば妻が性的不能を理由に夫を訴えたとすると、聖職者を判事とする公開裁判が行われます。
そこで夫は自分が不能ではないことを証明しなければなりません。
つまり、公衆の面前でホンバンを行わなければならんのです。
これって気が弱い男だと普段大丈夫でもプレッシャーで起つものも起たなくなりそだ。
逆にいつもはダメなのに、見られて興奮していきり立つ奴もいそうだw

55 :本当にあった怖い名無し:2006/06/04(日) 07:05:32 ID:1EHbrCe50
>>52
怨霊化した歴史上の人物はいっぱいいますね。
生存伝説の人物よりはるかに多いでしょう。
特に天皇家を中心にした権力闘争の犠牲者。

大国主命を怨霊とする伝説はおそらくないような気がしますが、そう解釈する説はありますね。
で、菅原道真、平将門はもちろんで、蘇我入鹿、聖徳太子、大津皇子、長屋王、崇徳上皇、淳仁天皇、、
桓武天皇に長岡京遷都をさせた井上内親王と平安京遷都をさせた早良親王、伴大納言、藤原広嗣、
平家一門、藤原三代、楠木正成、後醍醐天皇、そして源義経や西郷隆盛にも怨霊伝説はあるわけで。
キリがないのでやめますが、日本史の教科書に出てくるそうそうたる顔ぶれが怨霊になってます。

生存伝説には民衆の愛惜・同情・現実への反発なんかが底にあり、
怨霊伝説には生き残った者・勝ち残った者の後ろめたさや罪悪感が底にある。
ってのが、何のひねりもないけど普通の解釈ですかね。

56 :本当にあった怖い名無し:2006/06/04(日) 07:16:57 ID:1EHbrCe50
>>53
伝説ではキリストの死を確認するために脇腹に槍を刺したロンギヌスは
滴ってきた血を浴びて眼病が治り、後に聖者にまでなったのに・・・・・・。
不公平なハナシですねwww

57 :本当にあった怖い名無し:2006/06/04(日) 08:11:12 ID:lgi/Jug40
>>56
■「永遠の傭兵」バリー・サドラー著 創元推理文庫■でございました。
全然説明不足でしたね。でも、ぜひ。とにかく痛そうな目に会い続ける主人公
カスカがすご〜く可哀そうなお話です。なんでもペーパーバックのシリーズ物
なのだそうですが、日本では1冊目のみ翻訳されました。シリーズということは
さらに輪をかけてヒドイ目に会い続けるっていうことで…。なんか、カワイソウ…。
イエス様はけっこうむごいお方なのですね…。


58 :本当にあった怖い名無し:2006/06/04(日) 08:20:55 ID:lgi/Jug40
>>54
・・・・・・イタすことができなかったら、大恥かいたうえ離婚されちゃうんですね。見事おつとめを
はたせたら・・・?@訴えた女房ブン殴ってオワリA女房嘘の告発の罪で投獄B女房村八分
どうなっちゃうんでしょうか?中世ヨーロッパってすごいことしますよね。初夜権とか、王様の
結婚の事実を皆で見届けるとか…。すごすぎる…。

59 :本当にあった怖い名無し:2006/06/04(日) 08:45:40 ID:lgi/Jug40
>>55
おっかないものは神様にしてあげるからカンベンね、という日本人の
知恵って結構要領イイですねえ〜。ガッチリ封じ込めて番人置けばOK。

でも、私としては怨霊になるより、不死人になって大暴れして欲しいと
思うのですが。ドラキュラ公みたいに(あくまでモデルだと承知ですが)
迫力のあるキャラはいらっしゃらないでしょうか?

信長とか似合いそうですが、怨霊じゃないし、わりと伝奇モノでバケモノに
なってらっしゃることがおありのようですし。手垢のついてない、かっこいい
不死人として活躍させるなら誰がいいでしょうね?お名前挙げていただいた
中からだと…う〜〜〜ん…。

少女漫画の「日出処の天子」が印象的だったので、聖徳太子はどうでしょう?
美形&サイキックなキャラなのに、なんだか不憫でしたし。法隆寺へ忍び
こんで封印除去で復活!…して超能力で大暴れしてくれませんかねえ…。

形の無い「怨霊」のほうが、日本人にとってはおっかないんでしょうけれど。

60 :本当にあった怖い名無し:2006/06/04(日) 08:55:54 ID:lgi/Jug40
>>56
ロンギヌス、得しましたよねえ〜。やってることカスカとかわらないのに。
結局は、キリスト教に改宗して殉教者になってしまったようですが、槍に
自分の名前が永遠に残ったし、まっとうに死ねましたし、カスカとは全然
しんどさ、違いますね…。イエス様ってば…。

61 :本当にあった怖い名無し:2006/06/04(日) 09:08:36 ID:lgi/Jug40
>>46
あ、天草四郎!あの人がいましたねえ〜。「魔界転生」!最近リメイク
されたほうは未見ですが、ジュリー&千葉真一の最初の映画は好き
でした。

蘇る方法は原作の小説とは全然違いましたが、イキオイで
史実を思い切り曲げちゃうラストがよかったです。細川ガラシャと
武蔵と柳生パパと…転生してた人が全員思い出せません…。

「サムライスピリッツ」にも出てたんでしたっけ?あのゲームの中
ではどんなキャラだったんでしょう?

62 :本当にあった怖い名無し:2006/06/04(日) 10:13:34 ID:lgi/Jug40
>>40
読み返して思ったんですが。天狗って、妖怪でもないし、えらい神さま
でもないし。やっぱり寿命は長いんでしょうか?ひとつの山にはおひとり
いらしゃって、からす天狗は使い魔みたいなものなんでしょうか?

…連投しまくりすみません。なんだか気になるので…。

63 :本当にあった怖い名無し:2006/06/06(火) 02:53:00 ID:Xf74YKmn0
おすすめ小説なら。
「過去を繋ぐ男」ウォーレン・マーフィー&モリー・コクラン作 二見書房。

最近話題の「聖杯」がらみの話。でもイスラム教徒の人は読まないほうがいい。
十字軍を蹴散らしたイスラムの英雄サラディンが悪役になってるから。聖杯の
力で不老不死になって、現代にいたるまで悪事の限りを尽くしまくり…。

主役はシカゴの少年、アーサー。聖杯を拾ったことから、とんでもない冒険に
まきこまれていく・・・。名前でバレるが、アーサー王伝説をモチーフにしてます。
壮大な時空をかけるアクション&サスペンス&ファンタジーの傑作!

この本も表紙で損してる。地味すぎて。
なり、

64 :本当にあった怖い名無し:2006/06/07(水) 07:52:04 ID:KpbkuZ6/0
不死人といっても、ピンキリだと思うんだが。

@何をしても絶対死なない!エネルギー供給されなくてもOK、超人的パワーを
 持ってる。(仙人、レスタト級)

A @とほぼ同じだが、弱点があり殺す方法もある。(首ちょんぎるとか。人魚の森級)

B不老不死だが、エネルギ−(ごはん、血など)供給の必要あり。超人的な
 パワーを持ち老化もしないが、うっかり事故なんかにあうと、普通に死ぬ。(ポーの一族級?)

Cものすごく長寿だが、それ以外は人間と変わらない。(百万年の船級)

D人間らしい感情ゼロ。誰かに操られている。超人的だが、自由は無し(キョンシー級)

E思考力ゼロ。人肉を求める本能のみで動く生きる屍。(ナイト・オブ・ザ・リビングデッド級)

・・・@は死にたい時死ねない。Cは身分をごまかすのが大変。AかBあたりが
無難かと。どっちにせよ、仲間がいないとつらそうだ…。D、Eはつらすぎるからパス。

65 :本当にあった怖い名無し:2006/06/07(水) 16:51:33 ID:CUFm0ZdmO
中学ん時の国語教師が「富士山の由来は帝の命令でたくさんの兵士が行ったからであって、
不死ではなく富士(たくさんのつわもの)」って言ってたの思い出した。竹取物語の時
由来ってほんと謎。どれももっともらしいもんな。スレチsage

66 :本当にあった怖い名無し:2006/06/08(木) 00:25:20 ID:QHtQRNkk0
>>65
そういえば、現代でも自衛隊が演習してますな。「たくさんのつわもの」がいつの
時代の話なのか、ぜひその先生にきいてみたい。坂上田村麻呂とかよりもっと
前の時代…?

67 :本当にあった怖い名無し:2006/06/08(木) 02:29:01 ID:1nDxLHFj0
>>64
キレイにまとめてくれたな。
俺なら中途半端な事言わんで思い切ってレスタト級でいく。

68 :本当にあった怖い名無し:2006/06/08(木) 06:47:29 ID:FdVQUrePO
富士山は両方の意が、竹取り物語で語られます。
月に去ったカグヤ姫から、帝が不死になる薬を去る直前にお礼としてもらうと言う話から。
帝は去ったカグヤ姫を嘆き、多くの士(富士説)と共に国で最も天に近い山に登ります。
そして山の頂にて、カグヤを懐かしみながら、不死の薬を焼くのです(不死=富士説)。
焼くのは、うる覚えですが、カグヤに対しての気持ちから来た行為(薬はいらないから、帰ってきてほしいという意)だったと思います。
これは焼く際に出た煙が、恐らく現在は休火山である富士が活火山だった際に上げていた噴煙を表していると言われています。
また、此花姫尊は岩長姫尊の妹であり、姉と共に寿命の神となります。


69 :本当にあった怖い名無し:2006/06/08(木) 06:58:23 ID:FdVQUrePO
〉55
私はまだ確認はしたこと無いのですが、出雲だかどこかの地方では主権委譲民話伝承が逆だという話を聞いた事があります。
なんでも、大国主尊は騙されたというような伝承であり、その地方では大黒像(大国主尊の一形と言われます)や大国主尊像が、髪が天を衝く憤怒像だとか。
まさに怒髪天を衝くといった姿であり、これこそが荒御魂説の裏付けとなっているらしいですが。。。

まあ、確認はしたこと無いので、何とも言えないのですがね。

70 :本当にあった怖い名無し:2006/06/08(木) 15:08:24 ID:qTdDUP1w0
荒神=国津神説は私も本当だと思う。
国譲りったってそんなにすんなり行ったとは思えない。
書いてないゴタゴタが山ほどあるはず。
だって国だよ?そんなあっさり。。。
まぁ、奪われたってのが本当のとこだと思うな。
んで、恨んで逃げて荒神呼ばわり。
そりゃ怨霊にもなるわい。

71 :本当にあった怖い名無し:2006/06/09(金) 00:25:27 ID:/VB5ZVi40
>>68
かぐや姫のお話と富士の名の由来、コノハナサクヤヒメの関係、納得。すっきりしました!
ついでに徐福の蓬莱山もうまくまとまらないでしょうかね?今度は富士山が噴煙をあげて
いたのはいつ頃までなのか、気になってきました…。

>>69 >>70
オオクニヌシ、オオナムチ、オオモノヌシ、大黒さま他。なんであの方はお名前
いっぱいあるんでしょう?国を奪われた神様を強引にまとめたって説でOKですか?
息子のタケミナカタさまが逃げていった先の諏訪の神様「ミシャグジ様」は、さらに
可哀そうです…。なんか大きくスレ違ってますが。…。ま、神も不老不死という事で。


72 :70:2006/06/09(金) 00:43:10 ID:/VB5ZVi40
自己解決しました。1707年が最後の噴火。結構最近なんですね。富士山が
噴火する予言してハズした人が昔いましたが、可能性はまだあるんですね。
ちょっと怖いです。

73 :本当にあった怖い名無し:2006/06/09(金) 08:26:25 ID:Zt5MXp3H0
>>71、天津神に追われて逃げた先々で付けられた名前なんじゃないかなと推測。
大黒さまは本地を決める時に適当にやっちゃったからってのでFA


74 :72:2006/06/09(金) 12:16:30 ID:/VB5ZVi40
70は間違いでした!すみません!71が正しいです。失礼しました!

75 :本当にあった怖い名無し:2006/06/10(土) 01:59:38 ID:bZbF/goH0
>>74
じゃぁ罰としてこのスレの全員の許可なくして死ぬのは許さん。

76 :72:2006/06/10(土) 03:37:25 ID:o1gQ2B5K0
>>75
そんなご無体な!…じゃあ、人が増えないうちにお許しをいただいた
ほうがいいみたいですね。皆様すみませんでした!今後気をつけます…。

77 :通りすがり:2006/06/10(土) 04:04:00 ID:eJoDmnVPO
テレビドラマ『あなたの隣りに誰かいる』が良かった。

78 :本当にあった怖い名無し:2006/06/10(土) 13:41:14 ID:w5n8Eij00
誰がいる?

79 :ディーヴァ:2006/06/10(土) 15:10:19 ID:U1vy9k4bO
誰かしら?

80 :本当にあった怖い名無し:2006/06/10(土) 16:09:53 ID:o1gQ2B5K0
そろそろサンジェルマン伯爵とかローゼンクロイツさん、現われてもいい
頃?「また帰ってくる」とか言い残したはず。

>>77
出てましたよね、いかりやさん…。もっと長生きして欲しかった。

81 :本当にあった怖い名無し:2006/06/10(土) 19:45:08 ID:t7f0zp6K0
生まれてから一度も死んだことが無い、不死身の俺様の登場ですよ。

82 :本当にあった怖い名無し:2006/06/11(日) 10:05:46 ID:ZEhj0rd20
不死人の侍

83 :本当にあった怖い名無し:2006/06/11(日) 11:34:00 ID:u94JeNQr0
荒野の不死人

84 :本当にあった怖い名無し:2006/06/12(月) 03:54:22 ID:8hUzAqQa0
宇宙の不死人

85 :本当にあった怖い名無し:2006/06/12(月) 12:28:00 ID:qthawl0y0
地獄の不死人

86 :本当にあった怖い名無し:2006/06/12(月) 13:22:41 ID:aP75d+CC0
不死人の刑事

87 :本当にあった怖い名無し:2006/06/12(月) 15:00:10 ID:9FpCsTTa0
不死人の小人

88 :本当にあった怖い名無し:2006/06/12(月) 19:47:46 ID:8hUzAqQa0
ドラゴンVS不死人の吸血鬼

89 :本当にあった怖い名無し:2006/06/12(月) 19:51:34 ID:obdagIwC0
ど♪んナ♪風がふ♪い♪て♪も♪ マ♪けナ♪い人にナろうチーン☆

90 :本当にあった怖い名無し:2006/06/12(月) 19:53:57 ID:FDWoNw5xO
macabreの踊り見ると不死になれるんだよな。
誰か知ってる?

91 :本当にあった怖い名無し:2006/06/12(月) 20:09:06 ID:8hUzAqQa0
…まだ「黄金の不死人」とかあったのにな。残念。

>>89 >>90
詳細を希望。

92 :本当にあった怖い名無し:2006/06/12(月) 20:14:50 ID:FDWoNw5xO
>>91
ぺストの時に死体の山の上で踊ったとかいう逸話があった、正体は死神とか吸血鬼とか言われてるが詳しい事は何ひとつわかってない。
macabre(マカーブル)の踊りを見ると、疫病にかかって死ぬ

んでその後吸血鬼の成り損ないみたいな中途半端な不死人になるとか

93 :本当にあった怖い名無し:2006/06/12(月) 20:18:48 ID:wOkuZnM8O
わたし残酷ですわよw

94 :本当にあった怖い名無し:2006/06/12(月) 20:27:34 ID:8hUzAqQa0
>>92
舞踏病とか関係あるんでしょうか?

95 :本当にあった怖い名無し:2006/06/12(月) 20:28:50 ID:9FpCsTTa0
>>92
それって何かの創作物のネタなのかなあ??
そういう話広まってるみたいだけど、
本来のダンス・マカーブルはそういうものとは全然違うはずなんだよなあ・・・。

96 :本当にあった怖い名無し:2006/06/12(月) 20:40:13 ID:FDWoNw5xO
>>92


何かで読んだだけだから、よく知らね。




97 :本当にあった怖い名無し:2006/06/12(月) 20:40:55 ID:FDWoNw5xO
>>95

本来のダンス・マカーブルって何

98 :本当にあった怖い名無し:2006/06/12(月) 20:42:45 ID:8hUzAqQa0
舞踏病=死人の周りをぐるぐる回る、西洋踊念仏。人間の集団ヒステリー?

ダンス・マカーブル=死神?妖怪?悪魔?…必殺技は「死の舞踏」。こんなかんじ?

中途半端な不死人…。ゾンビみたいだったらいやだ…。弱い吸血鬼
レベルだったらいいかも。眺めるだけで不死!お手軽でいい。

99 :本当にあった怖い名無し:2006/06/12(月) 20:46:06 ID:FDWoNw5xO
>>98


あ、それも聞いた事あるな。
でもぺストん時の人が考える事だからな、半分ラリッたようなもんだし
よくわからん。

100 :本当にあった怖い名無し:2006/06/12(月) 20:52:35 ID:SR5OQAFeO
ブロントという奴にはきをつけろ
奴は言語中枢を直接破壊してくる
不死になるぞ

101 :本当にあった怖い名無し:2006/06/12(月) 21:10:38 ID:9FpCsTTa0
>>97
大雑把に言うと・・・

14世紀ヨーロッパでペスト蔓延。
   ↓
その恐怖からの逃避で集団で踊り狂うのが流行る。
「民衆の不安心理が、教会によって抑圧されていた舞踏への衝動を 爆発させた」
幕末の「ええじゃないか」みたいなもんか?w
   ↓
やがてそれが疫病祓いの踊りとなる。
   ↓
後に「死」は人の身分・職業に関わり無く平等に訪れるというイメージとなり、
音楽や美術や文学のテーマに度々取り上げられるようになる。
骸骨(死)と人が一緒に踊ってる図像はよく見かける。


てわけで、悪魔や妖怪の名前ではないはずなのよ。

102 :本当にあった怖い名無し:2006/06/12(月) 21:19:13 ID:9FpCsTTa0
舞踏病と言えばタランチュラをどっかで捕獲したとかニュースでやってたな・・・。
タランチュラの毒で舞踏病になるとか昔は言われてたけど全然ウソ。
舞踏病は実際にある病気よ。
昔の舞踏病と今の舞踏病が同じものかどうか知らんが。

103 :本当にあった怖い名無し:2006/06/12(月) 21:25:54 ID:8hUzAqQa0
>>101 >>102
確か「ハンチントン舞踏病」とかは遺伝病ですよね?

妖怪?ダンスマカーブルの「眺めるだけで不死!」はナシですか…。残念。

104 :本当にあった怖い名無し:2006/06/12(月) 21:28:19 ID:9FpCsTTa0
>>103
ハンチントン舞踏病はそうですね。

で、そっちの「眺めるだけで不死!」の方の元ネタ誰か知らないかなあ??
マンガかゲームかな?

105 :深い意味は無い:2006/06/12(月) 21:38:49 ID:ABrblCVD0
ナポレオンとサンジェルマンってどんな関係だったの?

106 :本当にあった怖い名無し:2006/06/12(月) 22:38:37 ID:8hUzAqQa0
>>104
う〜ん。ゲームとか?なんでしょう。気になりますね。ちょっと妖精話の
雰囲気もあるし…。

>>105
確かナポレオンは「謎の赤い服の男」に何度かアドバイスうけたことが
あって、皇帝になってからサンジェルマン伯爵の捜索をさせてたんじゃ
なかったかな?みつかったのかどうかは不明ですが…ウロオボエスミマセン…。

107 :本当にあった怖い名無し:2006/06/12(月) 22:59:53 ID:wTOgpjrP0
サンジェルマン伯爵がワールドカップ見に行ってたりして

108 :本当にあった怖い名無し:2006/06/12(月) 23:04:04 ID:8hUzAqQa0
>>107
もしやフランスチームに何か秘策でも授けに?

109 :深い意味は無い:2006/06/12(月) 23:24:47 ID:ABrblCVD0
>>106
俺が聞いたのは、その赤服の人がサンジェルマン説って奴だった
最後にナポレオンが「アンタの天下もう終っから!じゃ!」
みたいな事を丁寧に言われて、その後本当になった
みたいな奴だった

つうかサンジェルマンって墓あったよな?

110 :本当にあった怖い名無し:2006/06/12(月) 23:51:04 ID:8hUzAqQa0
>>109
「あの赤い服の男、有名なサンジェルマンか!?」ってあとで気がついて
捜索させたんでしょうか?最初からわかってたのか?う〜ん…。

サンジェルマン伯爵、ドイツで亡くなって埋葬された後も、目撃情報多数…。
墓の場所わかるなら、ちょっと中確認してみたいですね。

それにしても、マリー・アントワネットとか、ナポレオンとか、全然アドバイス
きいてませんね。…「アンタの天下もう終っから!じゃ!」…なんかイヤな
予言してくだけなのか? この人。


111 :深い意味は無い:2006/06/13(火) 00:02:27 ID:ABrblCVD0
何か色んな国のスパイしてたみたいだし
いい報告は余り残してないだろうなw

個人的にはサンジェルマンは不死人であって
さらにタイムトラベラーな気もする

112 :本当にあった怖い名無し:2006/06/13(火) 00:13:29 ID:gugV9VZ90
やはり、未来から?不老不死が実現されてて、タイムマシンも開発
されてるような。…なにが目的で?

113 :本当にあった怖い名無し:2006/06/13(火) 01:37:04 ID:Ox9TZLJF0
サンジェルマン伯爵ってジャンプのDグレの千年公のモデルにもなってたね
あともう出たかもなんだが、鉄の処女・アイアンメイデン考えた
エリザベス・バーソリーとかも捕まった後、魔女になって不老不死とか…
拷問した山ほどの処女の血風呂に入浴して若さ保ったとかの方が有名?かも…

114 :本当にあった怖い名無し:2006/06/13(火) 08:24:45 ID:HXIyTXFuO
>>103

デビルサマナー

115 :本当にあった怖い名無し:2006/06/13(火) 08:36:08 ID:rZKDlWGE0
>>114
やっぱりそうか!
女神転生シリーズが怪しいなあとは思ってた。

116 :本当にあった怖い名無し:2006/06/13(火) 16:17:32 ID:gugV9VZ90
>>115
ぜひ詳細を!

117 :本当にあった怖い名無し:2006/06/13(火) 16:52:45 ID:rZKDlWGE0
>>116
え、俺?w
聞くなら>>114の方では?
あのシリーズやったことないんですよ。
ただ、実在の悪魔(実在と言うのも変だけど)に創作の魔物が混ぜられてて、
知らない人だと全部ホントに思えちゃうだろうなあ〜って危惧は常々あったもんで。


118 :本当にあった怖い名無し:2006/06/13(火) 17:14:57 ID:TyTMTJN30
>マカーブル 《Macabre》  出身地:欧州
> 中世ヨーロッパに流行した踊る白骨画
>「ダンスマカーブル《Dance Macabre》(死の舞踏)」
>から名付けられた。当時の演劇にも典型的な死神として登場した。

だって

119 :本当にあった怖い名無し:2006/06/13(火) 17:53:29 ID:gugV9VZ90
>>117 様、ではあらためて。>>114 様、詳細を、ぜひ!


120 :本当にあった怖い名無し:2006/06/13(火) 18:13:47 ID:rZKDlWGE0
>>118さんが書いてくれてるのがそうだと思うけど。
でも、これならそう間違った情報とも言えないかな。
単に「ダンスマカーブル」を擬人化したって感じ?

ちなみに「マカブル」は「死の」って意味で使われてるけど語源ははっきりせず、
最初に「死の舞踏」の絵を描いた画家の名前からきているなどの
諸説があるようです。


121 :本当にあった怖い名無し:2006/06/13(火) 19:19:45 ID:rZKDlWGE0
んで、ちょっと上に出てる「アイアンメイデン」 も
メガテンシリーズでは意志を持って彷徨う悪魔として登場してるみたい。
そういうゲームってことです。


122 :本当にあった怖い名無し:2006/06/13(火) 19:20:09 ID:HXIyTXFuO
>>119

デビルサマナーではマカーブルは糞ザコだったな(笑)

何だっけな、悪魔崇拝者の人が描いた本にも載ってたな

死を司るモノだっけかな、何かアンクゥの伝説とカブッてたし真偽は不明だ

123 :本当にあった怖い名無し:2006/06/13(火) 19:25:00 ID:HXIyTXFuO
>>121


俺はアイアン・メイデンって聞くとまず最初にバンドの方思い付くわけだが

124 :本当にあった怖い名無し:2006/06/13(火) 19:52:11 ID:rZKDlWGE0
>>123
アイアン・メイデンには「死の舞踏」ってアルバムもあるけど、
原題は「DANCE OF DEATH 」。
残念、ダンス・マカブルだったら綺麗に繋がったのにw


ジル・ド・レイなんかもまずバンドの方思いつく人が多いのだろうか・・・

125 :深い意味は無い:2006/06/13(火) 20:11:18 ID:GvzGws840
>>124
俺はショタ大量惨殺した青髭のモデルが思い浮かぶよ・・・

126 :本当にあった怖い名無し:2006/06/13(火) 23:54:37 ID:gugV9VZ90
「眺めただけで不死!」の由来はわからぬまま…。「ダンスマカーブル」は
とりあえず、弱いモンスターとしてデビルサマナーに登場、でOK?

>>113
エリザベートさんは、食事を差し入れる隙間だけ残して、城の一室に入り口を
全部ふさがれて、死ぬまで閉じ込められてたようですが…。その後、復活した
伝説とかあったら読んでみたいです。

>>125
ジル・ド・レイはじぶんのした事を悔い、祈りながら処刑されたそうですが、あの
エリザベートさんの方はまったく改心してなかったみたいですね。死後、吸血鬼に
なるとしたら、どっちがなりやすいんでしょう?

127 :本当にあった怖い名無し:2006/06/14(水) 00:47:27 ID:vZl/O0uy0
彼らを吸血鬼にするのは後世の人々の想像力。
より印象に残った方が吸血鬼になるんでね?
まぁ多分間違いなく両方とも、媒体問わずそんな復活は遂げてるはずw

128 :本当にあった怖い名無し:2006/06/14(水) 02:40:43 ID:iK8CIlZM0
その二人に比べるとヴラド・ツェペシュは故国の大英雄だから
生存伝説の一つもあって不思議じゃないな。
ドラキュラのモデルってのはあくまでも作家の創作の話だし、
やっぱふつーの生存伝説こそ相応しい気がする。

ジル・ド・レイもまあ、前半は「救国の英雄」だったわけだけど・・・。

129 :本当にあった怖い名無し:2006/06/14(水) 08:11:55 ID:GM+bEjux0
>>128
…そういえば「ジャンヌ・ダルク生存説」もありましたね。

130 :本当にあった怖い名無し:2006/06/14(水) 10:20:11 ID:iK8CIlZM0
>>129
そうですね。
実際に偽ジャンヌが現れたりもしたし。

ところで、ジャンヌの遺体は3回焼いても心臓だけは焼き尽くせなかったらしい。
部分的な不死・・・??

131 :本当にあった怖い名無し:2006/06/14(水) 11:51:14 ID:GM+bEjux0
その心臓、どこかの教会で「聖遺物」としてこっそりしまわれてたり
して。こげた骨のDNA鑑定なら、やったことあるみたいですが。

部分的な不死。なんだか痛そう…。

132 :本当にあった怖い名無し:2006/06/14(水) 12:21:14 ID:iK8CIlZM0
まさにイギリス軍はジャンヌの遺体が聖遺物になるのを恐れて
3回も焼いたわけでしょうが・・・。
灰はセーヌ河に投げ捨てたらしいから心臓も一緒に捨てたのかな?
ならばどこかに流れ着いて・・・みたいな物語もできそうですね。

しっかし、遺骨のDNA鑑定は継続中ですが、本物かどうかなんて分かるんだろうか?
ジャンヌの家系の子孫が明確な形で存在してるんですかね??
聖遺物って偽物だらけだからなー。

133 :本当にあった怖い名無し:2006/06/14(水) 18:01:18 ID:GM+bEjux0
仏舎利なんて、世界中にあるもの集めたら何人分の骨になるやら…。

DNA鑑定は何(誰)と比べてるんでしょうね?ジャンヌの故郷のお墓を
かたっぱしから掘り返してでもいるのでしょうか?

「不死の心臓」がじわじわ何年もかけて、身体を再生させてたらイヤ
ですね〜。セーヌ川の底で獲物を待って…「ヘルレイザー」みたいに。
…聖人なのに、すごく失礼な事を想像してしまいました。

134 :深い意味は無い:2006/06/14(水) 20:45:34 ID:ONR6Jsk80
ジャンヌダルク生存説は
確か処刑から数年後にひょっこり現れて
兄弟が「嘘つくな姉貴は死んだ!」って見に出かけたら
「よう!オレオレ!」
見たいな感じで、そこにいたのは本当にジャンヌダルクだった
って話が残ってたような気ガス

まあ兄弟が小銭稼ぎたくなっただけだとは思うが

135 :本当にあった怖い名無し:2006/06/14(水) 21:43:35 ID:GM+bEjux0
ジャンヌはフランス王室の血をひいていた為、ひそかに逃がされ
生きのびた、というお話もありますが、DNA鑑定でそのあたりの
ことははっきりしそう。王家の子孫もお骨もいっぱいありそうだし。


136 :本当にあった怖い名無し:2006/06/15(木) 23:04:18 ID:DCB3Jk2q0
DNA鑑定するなら、古墳の中の人と天皇家の方々をやってほしいが
無理だろうな。天皇の祖先がイワナガヒメをソデにするまでは、かなり
長寿だったようだから、不老長寿の秘密もわかるかもしれないし。

137 :深い意味は無い:2006/06/16(金) 00:54:32 ID:w/qkQ92o0
今思うと聖書の中の人って長生きなんだよな〜
有名なノアの箱舟のノアの寿命は確か950歳ぐらいだったとか・・・
しかも身長は8m強・・・・
人間じゃねぇなw

138 :本当にあった怖い名無し:2006/06/16(金) 12:08:20 ID:joxpD/n10
箱舟、さぞ狭かっただろうな。ノアとその家族だけでかなりのスペース
取りそうだ。動物もその頃は特大サイズ&長寿だったのだろうか?

139 :SGPS:2006/06/16(金) 13:02:37 ID:O4xcRJgg0
サイレントヒル→

140 :本当にあった怖い名無し:2006/06/16(金) 16:11:54 ID:7hWxEcYJO
最近見た「奇伝」って映画が面白かったよ

主人公の大学生?院生?は子供の頃の記憶が一部欠けている
調べる内に、当時東北のある村で神隠し事件があり自分はその事件の帰還者だと知る
その場所が近々ダムに沈む事を知った主人公は再び村を訪ねる事に
その村には隠れキリスタンの隠れ里が有って事件が〜ってな話

以下ネタばれ
その隠れキリスタンの信仰は長い年月の間に原型を留めない位に変化してしまっていた
それこそ「天地始まりの事」なんかよりかなり酷いくらいに

彼らの信仰では知恵の実を食べたアダムとエゥ゛アの他に、生命の木の実を食べた人物が登場していて
彼らはその末裔で不老不死であるという
だが知恵の実を食べていない彼らは、多くの者が極度の認知症状態、言葉を解す者も七歳児程度の知能しかない
しかも生命の木を食べた罰として地獄で永遠に苦しめられることを運命付けされていた

設定だけ拾うとこんな感じ

141 :本当にあった怖い名無し:2006/06/16(金) 16:28:44 ID:7hWxEcYJO
作りは和風サスペンスの王道って感じ
道の奥東北の秘境、鍵を握る老婆とかw
新作だからたぶんレンタル屋に置いてあると思う

ところで生命の樹って聖書に出てくるんだっけ?
親がプロテスタントだけど、カトリックとの違いも判らん位しか知識ないしw


文章下手+長文ごめ

142 :本当にあった怖い名無し:2006/06/16(金) 19:44:08 ID:+MrA8dNa0
諸星大二郎の漫画を映画化してやつだね。

143 :本当にあった怖い名無し:2006/06/17(土) 08:38:01 ID:Ne1GKsCb0
覚えのあるあらすじだと思ったら、
「妖怪ハンター・生命の木」を元に映像化したやつね。
正確には「奇談」。

生命の樹は創世記に出てくる。
エデンの園の中央に生えてて、その実を食べると永遠に生きる。
まさに不死の実。
知恵の実とセットで食べると神と同等になってしまう。

144 :本当にあった怖い名無し:2006/06/17(土) 13:56:07 ID:748zuh1f0
「パライソさ行くだ」は映画でもいうのかな?

145 :本当にあった怖い名無し:2006/06/17(土) 15:24:53 ID:S8CRwCOYO
>>144
そこかなり笑たw

原作有るのか…読んでみようかな

146 :本当にあった怖い名無し:2006/06/17(土) 21:16:28 ID:njBU+n6A0
>>137
げっ、マジで?
長寿なのは知ってたけど
身長が高いなんて話あったっけ?

147 :本当にあった怖い名無し:2006/06/18(日) 00:13:00 ID:YyDnMbmb0
>>137
確か「巨人族」ネフィリムが3〜4m、ゴリアテが3mちょっとだったと
思うが、ノアは…?爬虫類みたいに、人間も生きてる限り成長が続く
時代もあったのか?アダムはどんくらいあったんだろ?先祖に行く
ほどデカくて長寿とか??

>>144
「さんじゅあんさま、とりなしてくだせ…」も?あのまんま映像化?
ヤバすぎる…。さんじゅあん様。

148 :本当にあった怖い名無し:2006/06/18(日) 00:22:03 ID:DvD9QsL30
体がデカいくらい、お釈迦様の人間離れした肉体に比べればまだまだww

149 :本当にあった怖い名無し:2006/06/18(日) 00:48:14 ID:YyDnMbmb0
>>148
確か…関節がなくて、甲高偏平足で、手に水かきがあって、性器は
無くて、特殊な毛が生えてて…とか?

あ、「お釈迦さま」だから、人間のシッダールタ王子だった頃すでに
特殊な身体してたと言う事か?

150 :本当にあった怖い名無し:2006/06/18(日) 00:50:55 ID:6FSVXewW0
>>137
確か、グリゴリと人との間に生まれたのがもの凄い巨人で、
その巨人達が共に食らいあうような恐ろしい戦いを繰り広げた
ので神は大洪水を起こそうと思った、というお話だったような。
ノア、は大きかったのかな?

>>147
さんじゅあんさまはそのままだと放送禁止になってしまいそうw
「い、いんへるの」

なんだかその映画を見たくなってきました。

151 :本当にあった怖い名無し:2006/06/18(日) 01:08:03 ID:vT885psa0
>>147
なんだ、ネフィリムのこと言ってたのかー。
ノアはネフィリムじゃないよ。
ネフィリムは地上の女と天使が交わって生まれた子供で
アダムの子孫とはまったく別のもの。
ゴリアテは人間かもしれないけど特別だし。

身長はわかんないけど、
アダムとかエバとかは最初「死なない」体だったはず。
楽園をおんだされたときに
「一日で死ぬ」って神に言われて以来寿命が短くなった。
一日というのは神の一日で、人間界の1000年くらいにあたるんだってさ。
だからノアの時代あたりまでは人間は900歳くらいまで生きてた。
その後だんだん短くなって今のように100年くらいで死ぬようになったと、
旧約聖書のどのへんだったかに書いてあったよ。

152 :本当にあった怖い名無し:2006/06/18(日) 01:32:10 ID:DvD9QsL30
>>149
そうそう。
もっとすごい細かい描写がされてるよね。

聖人偉人は瞳が二つあるとか異様な姿にされてること多いね。




グリゴリっていわゆる旧約偽典だけのお話だよね?

153 :本当にあった怖い名無し:2006/06/18(日) 01:46:00 ID:YyDnMbmb0
>>152
「エノク書」だったと思うけど、うろ覚え。グリゴリ=天使の何階級だかの
天使と人間の間に生まれたとされるネフィリムはデカい。たしか身長1000m
以上あったんじゃないか?
何食ってたんだろう?こんだけでかい奴らを滅ぼす大洪水ってのも、また
凄すぎるが…。


154 :本当にあった怖い名無し:2006/06/18(日) 02:14:27 ID:vT885psa0
グリゴリっていう名前が出てくるのは外典だけなのかな?
ネフィリムの話自体は創世記にも出てくるよ。

155 :深い意味は無い:2006/06/18(日) 14:46:55 ID:oadkUJIw0
>>146
昔ヘンリオンとかいう奴が聖書に登場する人物の身長を計算したらしいんだが
その結果によると

アダム・121フィート9インチ(39m強)
イヴ・118フィート9インチ(36m強)
ノア・27フィート(8m強)
アブラハム・20フィート(6m強)
モーゼは13フィート(4m)

どんどん小さくはなってるが・・・・それでもでけぇな
たしか生物の寿命と体の大きさは比例するとか言う説があったが
それならこの寿命も頷ける・・・


156 :本当にあった怖い名無し:2006/06/18(日) 16:18:56 ID:YyDnMbmb0
>>155
ヘンリオンさんとやら、どうやって調べたんだろう?確かに象は
長生きだ。あとは亀とか。…ちっちゃいけど、オウムは人間より
長持ちするのもいるようだが、これは例外?

157 :深い意味は無い:2006/06/18(日) 18:01:41 ID:oadkUJIw0
>>156コピペですまん

寿命は種によって大きく違っている
非常に幅広い動物種について、最大寿命を調べてみた研究がある.
そしてその種の体の平均サイズ、食性(草食か、昆虫食、肉食の区別)、生息地の広さ、
緯度などありとあらゆる性質を考えて多変量解析をしてみる
すると、寿命に対してもっともはっきりとした影響があるのは、体の大きさである.
体の大きな動物ほど寿命が長いのだ.これは小さな動物ほど代謝速度が高いということに由来するものであろう.
ゾウがウマより長生きし、ウマがネズミより長生きするというのは、かなりの程度
体の大きさで説明できるのだ
そこで体のサイズの影響を統計的に取り除いて同じ体の大きさの種で比べてみると、それでも種によって寿命の違いはのこる
たとえば、ほぼ同じ体の大きさであっても、ネズミはリスにくらべて寿命が短い.
全体として代謝活性が高く、早く成熟し産子数も多いものは早く死ぬ傾向がある

158 :本当にあった怖い名無し:2006/06/19(月) 00:43:58 ID:FP3CC4Yk0
>>157
…とすると。恐竜ってかなり長寿だったのでは?温血かどうかで
また違ったりするんだろうけど。

159 :深い意味は無い:2006/06/19(月) 19:49:58 ID:eCma5I4r0
>>158
いや、変温動物でも長生きだと思うよ?
現にゾウガメは変温動物だし

ググって見たが
恐竜の寿命は種類によって
3年〜300年
とばらつきが大きいみたいだな

ググッたついでに聖書の人物の寿命も少し出てきた
アダム930歳
セト912歳
エノシュが905歳
ケナンが910歳
マハラルエル830歳

すげぇよ・・・・でもノアの洪水の後から一気に寿命が短くなってるみたいだな

160 :本当にあった怖い名無し:2006/06/20(火) 00:32:11 ID:tKp8pvBH0
>>159
肉食より草食のが長生きしそう。でっかい草食恐竜が300年くらいか?
「ブロントザウルス」て名前、今は使わないってググって知った。なんか
淋しい。こどもの頃好きで見た図鑑、もう間違いだらけなんだろうな・・・。

アダム930歳!そんだけ生きてりゃ、当然子孫が地に満ちるわけだ。
ずっとイヴ一本槍じゃ・・・あ、前妻リリスの話もあったか。リリスとの
間の子孫はどうしたのかな?

161 :本当にあった怖い名無し:2006/06/20(火) 22:03:12 ID:NQFiz1QN0
リリスて正典にあったっけ?

162 :本当にあった怖い名無し:2006/06/21(水) 08:01:19 ID:ErpVoOcl0
>>161
ないよ。

163 :本当にあった怖い名無し:2006/06/21(水) 15:00:19 ID:a7pemcoy0
>>161
ユダヤ教の伝説の存在。タルムードに出てたのかも?聖書にもちらっと
出てるらしいが、単なる悪魔扱いなので、翻訳されて名前は残らず。
…だったと思うが、ウロ覚え。

イブを誘惑した蛇の正体だとか、正常位を拒んで騎上位を望んだから
離縁されたとか言われてるが、アダムとの間に子はいなかった(と思う)
リリスは悪魔と交わっていっぱい娘を作った。それがリリン。
…だったと思うが、やっぱりウロ覚え。

リリスはアダムより長生きしたかもしれんな。夢魔だとも言われているし
不老不死の可能性もあるかもな。…ウロ覚えオンパレード、失敬。

164 :深い意味は無い:2006/06/21(水) 18:47:20 ID:W4nElqn10
リリスは子殺しの鬼女としても有名だったような気もするな

165 :本当にあった怖い名無し:2006/06/21(水) 18:49:35 ID:a7pemcoy0
西洋鬼子母神?深い様、ぜひくわしく。・・・保守age。

166 :深い意味は無い:2006/06/21(水) 19:10:58 ID:W4nElqn10
殺すのは自分の子供じゃなくてイヴの(つまり人の子供)ね
つうか、神話じゃなくて十九世紀末に出た小説の内容だった・・・
間違いスマソ

勘違いの理由は
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%82%B9
まあここを読んでくれ(ウィキぺディア)

昔読んだ本の内容がごっちゃになってた・・・・orz

167 :本当にあった怖い名無し:2006/06/21(水) 19:52:36 ID:orF7dCzT0
>144

いらない女がメインで出てきて
話しめちゃくちゃ
最悪w

168 :本当にあった怖い名無し:2006/06/21(水) 20:27:01 ID:bmtfSkIF0
ジャイアントロボの村雨なんかも不死人のカテゴリ(?)に入るのだろーか

169 :本当にあった怖い名無し:2006/06/21(水) 21:03:51 ID:a7pemcoy0
女神→悪魔・魔物のキリスト教黄金パターン!なるほど。「アダムの妻」としてのリリスは
「知恵の実」を食べていないのだろうか?「ぱらいそさいくだ!」状態?

>>167
レンタルやめときますか…。原作女っ気ゼロだったのに。

>>168
「不老不死」より「不死身」が正しいのかも?(ちゃんと全話観てない)老化はどうだっけか?

170 :169:2006/06/21(水) 21:05:08 ID:a7pemcoy0
アンカーつけ忘れ!最初の文は>>166 様あて。失礼。

171 :本当にあった怖い名無し:2006/06/21(水) 21:16:50 ID:bmtfSkIF0
>>169
老化については描かれてないけど20〜30代の外見だから成長はするみたい。

あと「死ねない男」らしいね

172 :本当にあった怖い名無し:2006/06/21(水) 22:09:00 ID:bmtfSkIF0
どうでもいいミスだけど「死ねない」男だった

173 :本当にあった怖い名無し:2006/06/22(木) 00:37:20 ID:8a2/EXQY0
>>172
「ジャイアントロボ」って今レンタルして全部観ても大満足な面白さ?
少し迷ってる。横山光輝は好きだ…。「死ねない」男がどうなるのかも
知りたい。

>>152
横山光輝で思い出したが、三国志に出てくる人物、なんであんなに
特殊?ゲーセンのアレのカードはやりすぎかと思ってたが、本当は
もっと凄かったり…しないか。瞳二つ誰だっけ?(三国志疎いです)

中国に話持ってくと、不老不死話はキリがないかもしれんが…。

174 :本当にあった怖い名無し:2006/06/22(木) 00:41:59 ID:swrCFb97O
>>173
ストーリーの破綻部分を気にせず
肩の力を抜いて見れば楽しめると思うよ。

175 :本当にあった怖い名無し:2006/06/22(木) 00:47:40 ID:8a2/EXQY0
>>174
おお、ありがとう!少しずつ借りてみる。…スカパーでやんないかな?

176 :本当にあった怖い名無し:2006/06/22(木) 08:46:28 ID:1MpEtMzs0
>175

バンダイのネット配信でやっているよ

177 :本当にあった怖い名無し:2006/06/22(木) 16:59:09 ID:1R7Y/YGU0
自分は面白いと感じた

結構ストーリーへビーだし

178 :本当にあった怖い名無し:2006/06/22(木) 20:50:45 ID:8a2/EXQY0
「ジャイアントロボ」面白いみたいだな。>>176さん>>177さん
ありがとう。レンタルで大画面か、気楽にネット配信か・・・。

ここで漫画、アニメ、ゲームのキャラもあげると、収拾つかなくなりそうだ。
特に美少女キャラは吸血鬼多いし。でも、不死人テーマの面白い漫画が
あったら読みたい。なんかおススメありますか?


179 :本当にあった怖い名無し:2006/06/22(木) 20:58:55 ID:NrCLcEI10
不死人とゆーか不死人になりたいテーマなら火の鳥?

180 :本当にあった怖い名無し:2006/06/22(木) 21:55:00 ID:w9FB/qGV0
>>179
死ねなくなっちゃったヤツの話も出てくるしね。
未来編とかに。

181 :本当にあった怖い名無し:2006/06/22(木) 22:01:43 ID:3hBjQjsM0
火の鳥は面白いね

核戦争でただ一人生き残った男の話とか最高だった

182 :本当にあった怖い名無し:2006/06/22(木) 23:21:05 ID:8a2/EXQY0
「火の鳥」面白いけど、トラウマな話も…。生命が誕生してから
ず〜っと進化を見守らなきゃならない話とか、極小から極大までの
世界がえんえん連なってるのを見せられる話とか…怖い。

巨大な物の大きさを実感してしまい、ゾッとくるかんじに似た怖さが
あって。…すみません。トラウマスレ話にしてしまった…。失礼。

183 :本当にあった怖い名無し:2006/06/22(木) 23:32:04 ID:sYytZSKVO
命の鐘の十常寺も死なない男

184 :本当にあった怖い名無し:2006/06/23(金) 02:00:25 ID:+Y6cbK2Z0
有名な不老不死の漫画といえば「超人ロック」!完璧に「不死身」じゃ
無いって所がいい。

>>183
それどこで連載してるやつ?



185 :本当にあった怖い名無し:2006/06/23(金) 14:45:22 ID:VQO3HXwhO
不死で思いつくのは「無限の住人」アフタヌーンコミック
頭落とすか、回復能力を麻痺させる毒を飲ませなきゃ死なない設定の似非時代劇

186 :本当にあった怖い名無し:2006/06/23(金) 17:43:22 ID:K4KSgfQV0
万次age

187 :本当にあった怖い名無し:2006/06/23(金) 19:30:46 ID:+Y6cbK2Z0
週刊連載の漫画って、あっという間にコミックス何巻も出ちゃってて、つい腰が引けて
しまったり…。漫画喫茶に通いつめて、集中的におススメ漫画読んでみるかな。
「無限の住人」ずっと気になってたし。

高橋留美子の人魚シリーズも超有名作品か。アニメになってるし、読みきり連作
だから巻数少ないし、良作でお手頃。

古いけど、楳図かずおの「おろち」も。不死だけど、あくまでお話の狂言回し役だから
おろちの力とか正体は謎のまま。同じく楳図かずおの「イアラ」の方が不死テーマを
追ってる気がする。でも謎のままなのは同じ。…実は作者自体が不老不死か。

「14歳」途中で脱落したんですがチキン・ジョージやアメリカ君は結局どうなりました?



188 :本当にあった怖い名無し:2006/06/23(金) 20:01:02 ID:zdo61vZz0
>>185
私も無限の住人思い浮かんだけど、
ありゃ切り傷・刺し傷なら、致命傷でさえ再生できるってだけだから、
ちょっと違うのかなぁ、と。
バラバラにされたり、再生妨害されたら死ぬし。
ほら、室町くらいから生きてた敵方のひと、死んだじゃん。

189 :本当にあった怖い名無し:2006/06/23(金) 22:19:53 ID:VQO3HXwhO
>>188
じゃあ、不死に近い存在って事で
八尾比丘尼(※1)とか非戦闘キャラならまず死なないし…

(※1)主人公に無限の命を与えた張本人。八百年以上生きている

190 :本当にあった怖い名無し:2006/06/23(金) 22:21:26 ID:+Y6cbK2Z0
>>188
>>64 のランクでいうとAとBの間くらい?

191 :本当にあった怖い名無し:2006/06/24(土) 03:22:43 ID:kTIiRTOgO
>>190
だね。

不老不死だが、エネルギ−(ごはん、血など)供給の必要あり。超人的な
 パワーを持ち老化もしないが、生命活動に必要な器官を長時間切り離されると死ぬ。
短時間なら切断面を合わせれば結合する

対象者の体の一部を一般人に移植する事で一時的に不死を移すことができるが
不適合者は衰弱、能力が移らない、精神障害等の副作用が出る

192 :本当にあった怖い名無し:2006/06/24(土) 03:30:08 ID:u0PmOxFA0
>>187
「14歳」
一言で説明するなら・・・虫の中から脱出した。


不死漫画・・・「富江」とか。
主人公より敵役が不死って方が多いのかな。
横山作品の「伊賀の影丸」とか、
ジョジョの第2部とか。

193 :本当にあった怖い名無し:2006/06/25(日) 00:25:32 ID:n8BAiNn+0
>>192 を読んで「14歳」がすごく読みたくなった。チキン・ジョージ、アメリカ君で
「虫の中から脱出した」???ワケわからなさすぎて気になってしかたない…。

「富江」…あれはある意味最凶…。「敵役で不死」の場合、凶悪さと手強さが強調
されることが多いけど「主人公(味方)が不死」の場合は「永遠にさまよう運命」とか
悲劇的なイメージのあるキャラが多い気がする。不老不死だけど明朗快活、元気
で大バカな奴が明るく活躍する話とかは無いのか?

194 :本当にあった怖い名無し:2006/06/25(日) 01:26:43 ID:OtWF6uvo0
つエヴァンジェリン

195 :本当にあった怖い名無し:2006/06/25(日) 03:25:14 ID:n8BAiNn+0
>>194
…ネギま?あんまり知らないが「不老不死だけど明朗快活、元気で大バカ
な奴が明るく活躍」を全部クリアしてるキャラなのか?だったら読んでみたい。

全然関係ないけど。「ポーの一族」に出てくる一族の長老キング・ポーは
なんでじいさんなのか、ずっと悩んでる。主人公の成長は止まってるのに。
実はものすごく少しずつ年を取る一族で、長老、30000歳くらいだったりする
んだろうか?





196 :本当にあった怖い名無し:2006/06/25(日) 07:36:52 ID:YM11i5wt0
じいさんになってから、不死になったとか?
著しく老化が遅いってだけで、老けはするのかもね。

197 :本当にあった怖い名無し:2006/06/26(月) 00:16:43 ID:BZXuQ9aJ0
>>196
その「じいさん」のつれあいも「ばあさん」なんだよね。伴侶を作るなら、若い女を…
って思うのが男の本音だと思うんだけど。ポーの村に「薔薇を作って生きてますよな」
とかなんとか言ってるばあさんもいたし。年とってから仲間にされたんだったら、なんだか
気の毒だ。不老不死でもヨボヨボじゃあ悲しすぎるよ…。

198 :本当にあった怖い名無し:2006/06/26(月) 12:34:05 ID:Nili5cNs0
カウボーイビバップの「悪魔に捧げる歌」の小学生くらいの歳で
不老不死になってしまった凶悪犯は?
空間跳躍航行用の「ゲート」開発時に月の一部が砕けるほどの事故が起こり、
一緒にピクニックに来ていた両親の遺体に守られ奇跡的に生き残った。
ところが、事故の際歪んだ空間が作用して成長、老化が止まり
傷も再生してしまう体となり何十年もその姿のまま生きてきた。
最期は体内の時間のゆがみを消されてあっという間に老化して死んでしまう。

「やっと死ねる。分かるか・・・?お前にこの気持ちが分かるか・・。」
一般人から見たら憧れでもある「不死」は、彼にとっては
際限なく続く苦しみだったんだな。

あさりよしとおの「ワッハマン」と、敵の親玉も共に不死だった様な。


199 :本当にあった怖い名無し:2006/06/26(月) 17:22:23 ID:BZXuQ9aJ0
>>198
観てた。「時空の歪みによる不死」というの所が目新しく感じた。こどもの姿
のままで不老不死にされてしまうと、その惨さがさらに強調される…。アン・
ライスのクローディア(5歳!)とか、高橋留美子の人魚シリーズにもそんな子
いたけど…。皆、保護者役のパートナーを必要としてたし、心は年をとっても
大人の色恋とは永遠に無縁…。すごく孤独で辛そう。「じいちゃん不老不死」
のほうがまだマシかもしれないw

200 :深い意味は無い:2006/06/26(月) 19:02:16 ID:5F9h7A8d0
人間、なったものにしか解らない痛みがある
でも不老不死の辛さってのは結構誰でも予想出来たんだろうな

201 :本当にあった怖い名無し:2006/06/26(月) 19:16:02 ID:EJTwHmEl0
不老なしの不死だと悲惨だね。どんどん老衰していくのに、死ねない。
ガリヴァー旅行記に出てくるラグナグ国のストラルドブラグ族とか。
80歳になると法的には死人とみなされ、体力・思考力が際限ない衰えに
たえながら、ヨボヨボシワシワになって社会の片隅で厄介者として生きていくという・・・。


202 :本当にあった怖い名無し:2006/06/26(月) 19:54:27 ID:BZXuQ9aJ0
>>201
…ある意味、現代の状況とそっくりすぎて怖い。

203 :本当にあった怖い名無し:2006/06/27(火) 02:06:47 ID:XLa80Jxy0
昔のSFには、よく「何歳になったら死ななければならない」みたいな設定の
話が多かった。人口爆発の為に、食料や資源や住居が不足、死んだ人間も
食料に…とか。当時の未来への不安て、そんな風だったんだろうけど。

その後は、不老不死は実現、人間の脳の老化の問題も電脳でおぎなえば
いい、みたいなお話になってるみたいだけど…。人類全部が不死になったら
「不死人の悲しい定め」みたいなロマンがだいなしになるから、やっぱり実現
して欲しくない。 …と、勝手に妄想しております。


204 :本当にあった怖い名無し:2006/06/27(火) 02:08:28 ID:XLa80Jxy0
保守

205 :本当にあった怖い名無し:2006/06/27(火) 03:33:19 ID:7bF9XRLRO
「ちゃいるど」って漫画に出てきてたな、子供の姿のまま生きていく長寿種が。この作品の中では繁殖力は種の力と反比例するという説明があってなるほどなと感心した。
不老不死の種も登場していたんだがそれだけで完成しているため種の存続のために生殖をすることがない…といったかんじ。
読んだのが昔なのでだいぶ忘れちまった。ダーウィン進化論などを絡めて生物の進化について書こうとしてたんだろうけど打ち切りで中途半端に終わったのが残念。

206 :本当にあった怖い名無し:2006/06/28(水) 00:32:34 ID:QmfbM2mK0
>>205
クセのある絵だから敬遠してたけど、打ち切りになった分巻数は少ないだろうし
ブックオフで探して読んでみようかと思った。不死テーマだったとは…。雑誌で
何度か見たのに、全然気がつかなかった。「小類人」でいいのかな?人類の
ネオテニーな長寿種話?ちょっと変り種で良さそう。

ニュースで、ダーウィンがつれて帰ってきた、100?歳の亀が心臓麻痺で死んだ
とか言ってたけど、もう「老衰」でいいんじゃないかと思った。それとも陸亀はもっと
長生きできるんだろうか?

207 :深い意味は無い:2006/06/28(水) 21:43:07 ID:khVB/ad40
ゾウガメの中には200年生きる奴いなかったっけ?
確かリクガメだよ
水棲だけどミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)
も上手く育てると15才越えるぐらい生きるね、まあ長寿とは言えないけど

208 :本当にあった怖い名無し:2006/06/29(木) 01:10:46 ID:Zc25/TQaO
>207
我が家のミドリガメはちょうど十五歳です。
余所からもらったカメ(元から大人サイズでした)は、
年令不詳ですがもらってから十年は生きてますよ。

スレ違いの話すみませんm(_ _)m

209 :本当にあった怖い名無し:2006/06/29(木) 02:01:51 ID:/a/3WX7q0
>>207 >>208
じゃあ、亀を飼うときは犬猫以上の覚悟が必要?飼い主が先に死んじゃう
可能性が…。ミドリガメ飼おうかと思ってたけど、悩む…。いざとなったら
飼ってくれる人、見つける必要ありですね。大人サイズってどのくらいまでに
なるんでしょう?…激しくスレ違いだけど。ググってから決めてみます。

つがいで飼ったりしたら、エライ事になりそうだけど、試してみたい。
問題はオスメスの判定か…。


210 :本当にあった怖い名無し:2006/06/29(木) 07:44:27 ID:UaNPvFTD0
>>209
でかい公園の池とかいくと沢山泳いでるよ。
甲羅の長さだけでも20cm以上ありそうなやつが。
夜店で買ったのを飼いきれなくなって逃がすんだろうな。

211 :本当にあった怖い名無し:2006/06/30(金) 00:15:42 ID:4upQ2iGl0
>>210
そういえば、鶴岡八幡宮の池はでかい亀だらけだった。かわいいと思って見て
いたけれど、おじいちゃん&おばあちゃん亀だらけだったのか…。

「鶴は千年、亀は万年」の亀はとりあえず納得した。ちょっとおおげさすぎるけど。
でも鶴はなんで?不死鳥と間違われていたとか?そういう言い伝えがあるのに
民話とか読むと、猟師に気軽に撃たれてるし…?

前の方に出てきたクラゲを水槽で飼えないかな?「諸行無常」が味わえそうだ。

212 :本当にあった怖い名無し:2006/06/30(金) 07:49:25 ID:mpK/U2oh0
鳥で長生きといえば大型のオウム類だ。50年とか。
セキセイインコも10年くらい生きるもんね。

213 :本当にあった怖い名無し:2006/07/01(土) 01:20:35 ID:2SyoCQu70
そういえば、竹本泉の漫画に魔女の女の子が出てくる読みきり連作がありました。
魔女なので年はとらないんですが、飼ってる猫は毎回さりげなく違うんですよね…。
猫は普通の猫だから。お話が能天気な話な分、ちょっと哀しかったです。

不死人ならばいろんなものとのお別れは、常に意識しなきゃならないとは思いますが
どうせペットを飼うんなら、ここに出てきたような長寿な動物にしたらどうかと思います。
(魔女に猫はつきものですけど)象、クジラ、馬は無理そうですが、オウムや亀なんかは
いいかもしれない。鶴は野生で20年、飼育で50年とのこと。ほどほどに長生きするみたい
ですが、ペットには向かなさそうですね。

呪いにかけられて、カエルや猫や鳥にされた王子様やお姫さまのお話がありますが、呪いが
解けるまでは不老不死なんですよね?でも、動物でいる間も意識があるとしたら、かなり
つらそうですけど。

214 :本当にあった怖い名無し:2006/07/01(土) 03:11:28 ID:VRDZUGLd0
動物にされた場合、呪いが解けるまでその動物の寿命や成長速度が適用されるとしたら・・・。
短命な動物だと数年で死亡。
何とか呪いが解けても、少女だったお姫様はすでに老婆になってたり。。。w


現在連載中の漫画だったら、徳弘正也の「昭和不老不死伝説 バンパイア」も。
あと「キューティハニー」も一種の不老不死漫画だね。
どっちもバトル美人なヒロインが主人公だけど、過去に関係のあった男が
年喰って出てくるのが共通点。

215 :本当にあった怖い名無し:2006/07/01(土) 16:37:07 ID:2SyoCQu70
悪い魔女のお妃さまに呪われて、鳥にされて何百年もすごさなければならない
王女&王子の姉弟3人がいて、呪いが切れたとたんヨボヨボになって、洗礼を
受けたら、すぐ死んじゃった…。そんな救いの無い伝説があった気がします。
カエルにされた王子様は、わりとすぐに元にもどれたんでしょうね。

「キューティーハニー」!…盲点でした。そういえばそうですよね。空中元素
固定装置さえあれば…。過去に関係あった男が出てくる、で「ワンダーウーマン」
思い出しましたが、あれは「過去に関係あった男の子孫」?息子?孫?アメコミは
不老不死いっぱいいそうだけど、入手しずらいし、英語わかんないですし…。
逆に、男が不死で女が通常の人間パターンだと、悲劇性が高まる気がします。


216 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 18:16:47 ID:chvXKdEz0
最近の漫画はわからないが。諸星大二郎の漫画は不死ネタだらけ。
作品の5割以上になんらかの形で出てくる。「ぱらいそさいくだ!」の
妖怪ハンター稗田礼二郎先生シリーズは文庫になったし「暗黒神話」も
面白い。

217 :本当にあった怖い名無し:2006/07/03(月) 01:55:32 ID:7Iv0KhDN0
>>216
ジャンプつながりで星野之宣の「幼女伝説」を推す。かぐや姫、八百比丘尼
転生の秘法、吸血鬼など、の不死ネタが多い。読みきり作品集で、内容もつぶ揃い。
この作家は「ヤマタイカ」のようにだらだら長い作品より、短い話のほうが楽しめる。
短編向きの作家なのかもしれない。全2巻なので気軽に読める。

 


218 :本当にあった怖い名無し:2006/07/03(月) 14:30:42 ID:sD7k1zul0
ちょwwwww
内容がまともなだけに「幼女伝説」に突っ込んでいいのかどうか分からんwww

219 :本当にあった怖い名無し:2006/07/03(月) 17:57:57 ID:7Iv0KhDN0
うわ!思い切りやってるな(恥)「妖女伝説」だスマン!自分で
間違えといてなんだがこの「幼女伝説」も読んでみたい気が・・・。
とりあえず、逝ってくるよ・・・。ああ、赤面・・・。

220 :本当にあった怖い名無し:2006/07/03(月) 18:24:52 ID:rYmkKFVv0
不死のくらげは実際いるよね。

221 :本当にあった怖い名無し:2006/07/03(月) 19:10:52 ID:pH4afaTW0
>>220


222 :本当にあった怖い名無し:2006/07/03(月) 20:03:55 ID:7Iv0KhDN0
>>221
http://www.chironoworks.com/ragnarok/psychology/log/eid25.html
「不老不死のベニクラゲ」です。

223 :本当にあった怖い名無し:2006/07/03(月) 20:59:21 ID:pH4afaTW0
>>222
へ〜、おもしろい!
でもそれ、何度くらい若返るんだろうね。
ずっと繰り返すなら不死だろうけど、
ある一定回数若返ったら死ぬとかってことはないのかな。

224 :本当にあった怖い名無し:2006/07/03(月) 21:26:05 ID:E0OrJTwQ0
岡崎二郎の「アフター0」には「長命人」が出てきますね。
老化が極度に遅いだけで病気、怪我で普通に死んでしまうので
引きこもって暮らしているという設定でした。
同じく岡崎二郎の「トワイライト・ミュージアム」の「遥かなる孤島」も
無人島に流れ着いた少女と年を取らない男の話です。
(最後で男が年を取らない理由が明かされる)

「なるたる」の竜の子のリンク者も…不死と言えるのかな?

225 :本当にあった怖い名無し:2006/07/04(火) 03:27:29 ID:MUM/PaFp0
>>222
天然記念物とかに指定されてなければ、とってきて飼ってもいいのかな?
エサとか水が難しいそうだ シロウトには無理?どこかの水族館で
見れればいいのに くらげ写真集なごむよ

>>224
「アフター0」4巻までしか持ってない 続きが欲しいのに、田舎だから
売ってない 新装版も出たみたいだし、どうしたものか悩…
男らしくアマゾンから全部取り寄せするかな

226 :悟天:2006/07/04(火) 05:56:01 ID:S5BHVss6O
>>155
そんなに大きいのなら
辺りの景色。木や草など植物もそれに合わせて
かなり大きかったのかね?
で今の人間サイズに合わせて植物なども
今の大きさとかになったのか?!

227 :本当にあった怖い名無し:2006/07/04(火) 18:41:17 ID:MUM/PaFp0
>>226
動植物も大きくないと、食べるものに困りそうだな
ノアの大洪水で大型種絶滅→人間もろとも小型化、だろうか?
ネフィリムは…草食だったとか?

228 :本当にあった怖い名無し:2006/07/05(水) 01:13:42 ID:uWU3k54Y0
>>227
その調子で生物全体の小型化がどんどん進むといいな。省スペース&省エネルギー。
でも、人間の平均身長は高くなってきてるからダメか。本題の寿命は長くなったけど
「80歳+10年」みたいな年のとり方がいやだ。20〜30歳代までの間に+10年できたらいいのに。

あすかあきおの漫画でノアの洪水前は、地球を覆う膜?があったから長寿だったってのあったな。
あいかわらず同じネタひっぱってるのかなw

229 :悟天:2006/07/05(水) 03:59:05 ID:RpFkPxARO
ノアが8bとか太古の人間は巨人だとか
今は人間も動植物も小型になったとゆうのは

どうも矛盾してる気がするんだがなぁ〜。

230 :本当にあった怖い名無し:2006/07/05(水) 04:01:40 ID:46AMju2VO
>>229
コテハンは死ぬアルよ

231 :本当にあった怖い名無し:2006/07/05(水) 23:13:48 ID:PFauYPuN0
話はかなり古いんだけど。児童書のクレヨン王国シリーズの2、
『クレヨン王国の花うさぎ』でヒロインのお兄さんと友人達が昆
虫にかえられてしまうんだけど。ヒロインに花ウサギが語る話が
子供心にコワかった。
『…バッタやテントウムシやカワセミに変身させられているんだ
。早くたすけないと間に合わないよ。こん虫のじゅみょうという
のは、みじかいんだから。さあ、いそごう。』

ああ、救出が遅れれば、ヒロインのお兄さん達は別の生き物とし
て命を終えてしまうのだと。その章を読んだ日は眠れなかった。

232 :本当にあった怖い名無し:2006/07/05(水) 23:31:45 ID:0BJCCPBX0
そういえば魂の輪廻転生って、考えようによっちゃ不死・・・かな?
かたちはかわっても生き続けるという。

233 :本当にあった怖い名無し:2006/07/06(木) 00:25:21 ID:geDh4bHV0
>>231
子供の頃「人はいつか必ず死んじゃうんだ…」と実感して不眠気味だった
頃がありました。>>231さんの場合、クレヨン王国がそのきっかけだったんですね。
私は映画「ゾンビ」で悟りました。えらい差だ…。

>>232
転生はあるといいなあ〜と思うけど、考えれば考えるほど納得いかない部分が。
昔の人間と今の人間、人口違いすぎて、魂足りないんじゃ?とか
なにかを学ぶ為に輪廻するっていうけど、記憶を初期化しちゃったら意味ないんじゃ?とか。
それに、来世バッタとかだったらどうしよう…?

やっぱ不老不死の実現を希望。不死クラゲの研究進めて欲しい。
飽きたら自殺して転生試してみようかと。

234 :本当にあった怖い名無し:2006/07/07(金) 17:50:39 ID:6AP0F2os0
聖書の人物、吸血鬼、仙人、サン・ジェルマン伯爵、八百比丘尼…。
それ以外の目新しい不死人のお話は、無いんかな?「不死身」まで
広げれば、世界のいろんな神話・伝説がありそうだけど、教養ないから
わからん…。
とりあえず「ファイブスターストーリーズ」でも読み直すかな。

235 :本当にあった怖い名無し:2006/07/08(土) 01:27:28 ID:hbOIWGO1O
ファイブスターの不死身といえばログナー?でも記憶のバックアップをとっておいてそれを元に新しい体を再生というのは不老不死なのだろうか。
3×3EYESのウーとかは?主が死なない限りは首がもげようと心臓をえぐり出そうと死なない。五感は残ってるから痛みは感じるけどね。宇宙に放り出されたときは干からびては再生干からびては再生とまさに生き地獄のようだった。

236 :本当にあった怖い名無し:2006/07/08(土) 02:01:05 ID:a0PGr9+X0
>>235
あくまで「記憶をコピーして、同じ体を作るだけなのかな?自分におきかえて
考えると、周りからは同じ人間に見えるけど(年齢・外見に違いはあろうが)
いま意識している自分の魂?脳?は死んじゃえばおしまい。なのか?
自分の死後に自分のコピーが発生してもうれしくないなあ…。
魂とか、どういう扱いなのかわからんが…。神様もでてくる漫画だし。

3×3EYESのウーって、そんなに不死身だったのか…。いやだなそれ。
自殺したくなったら主を殺すのか?(何巻目かで読むの中断した)

宇宙に、といえばジョジョの究極生物のひとりが思い出されるが、第三部
以降読んでないのでどうなったのか…?もしかしてとっくに再登場してる?



237 :本当にあった怖い名無し:2006/07/10(月) 00:47:24 ID:FhAo2vAn0
>>185
超亀ですが。「無限の住人」現在7巻まで読了。盛り上がってきた所で
続きが楽しみなのですが…。

吸血鬼になるか?と誘われたなら、たとえお天道様を拝めなくなろうと
気持ちが動くと思います。高橋留美子の「なりそこない」設定が無ければ
「人魚の肉」も食べるかもしれません。でも。「無限の住人」のアレは…。

…虫がダメです。「目黒寄生虫館」に入ったら発狂すると思います。ころんで
ヒザ小僧スリむいただけで、アレが「コンニチハ!」するかと思うと…。
いや、それ以前に身体にアレが常駐してるのかと思うと…。やっぱりダメです。

「サナダ虫ダイエット」て、ありますよね?わざとのみこんで、栄養を食ってもらう…。
「無限の住人」のアレはどうなんでしょう?なんだか主人公、結構粗食なように
見えますが。実は、アレ自体が不老不死で、食事いらずのすごい生物なのでしょうか?

238 :本当にあった怖い名無し:2006/07/10(月) 01:03:09 ID:L2Kb1v4CO
無限の住人は腹減るだろうし、虫はあくまで繋ぎだと思う

239 :本当にあった怖い名無し:2006/07/10(月) 01:23:45 ID:K7I29IeXO
メトセラの話は既出?
完全不死じゃないけど。

240 :本当にあった怖い名無し:2006/07/10(月) 01:25:24 ID:K7I29IeXO
すまん超最初の方に出たのなorz

241 :本当にあった怖い名無し:2006/07/10(月) 01:48:11 ID:FhAo2vAn0
>>238
お酒で栄養取ってるのかもしれませんね。作中でよくのんでますし。
あれだけ身体を再生するのには、カロリーかなり要りそうです。

>>240
メトセラって長生きした以外、何かしたんでしょうか?せっかく1000年近く
生きたんだから、何かリッパな事をしてて欲しい気がしますが。

ハインラインの「メトセラの子ら」はどうでしょう?続編も全部読むと、不死人の
お話だけにちょっと胸焼けの感もありますが…。主人公ラザルス・ロングは
好きです。確か5000歳くらい?だったように記憶してますが…。←SFです。
ハヤカワ文庫刊。

242 :本当にあった怖い名無し:2006/07/12(水) 13:42:32 ID:E841EOWq0
メトセラって「長生き」だけじゃないよ。結構謎な人物。

■メトセラの死んだ年が「ノアの大洪水」にあたるので、

「メトセラはノアの箱舟に乗せてもらえず、死亡した」・・・メトセラ悪人説
「神はメトセラの死を待ってから、ノアの洪水を起こした」・・・メトセラ善人説
の正反対の説がある。

■「メトセラ」の意味:「槍の人」「洪水」「神の人」など解釈いろいろ。

■メトセラは大きかった?

メトセラの父はエノク、母は天使とエノクの父イエレドの姉妹の間の娘。
メトセラの妻は天使とエノクの姉妹の娘。(聖書偽典)

天使×人間=ネフィリム(巨人)だから、箱舟に乗れなかったのは大きすぎたから?

243 :本当にあった怖い名無し:2006/07/12(水) 15:58:45 ID:vh6E46ye0
ゲームでスマンがベイグラントストーリーってのの不死者が面白かったな。

244 :本当にあった怖い名無し:2006/07/12(水) 16:13:51 ID:/ak7U73a0
>>243
kwsk

245 :本当にあった怖い名無し:2006/07/12(水) 16:24:47 ID:oZlPI2gr0
あれは永遠に行き続けるというか
むげ住みたいに傷を負っても死なない程度の不死だよね?
普通に寿命がありそうだし

246 :本当にあった怖い名無し:2006/07/12(水) 16:36:23 ID:vh6E46ye0
>244
kwsk書きたいけど文才無いから勘弁して。
>245
でも発想が新鮮でよかったyo!
魔法に対する捉え方ってゆーか・・。


247 :本当にあった怖い名無し:2006/07/12(水) 16:45:02 ID:eFyRCZiqO
無限の住人の拷問はの残酷さは異常

248 :本当にあった怖い名無し:2006/07/12(水) 18:12:54 ID:Z5ZJELrA0
もこうにてるよにえーりん
って板違いは置いといて

エルガイムにフルフラットか忘れたけど不老の人いなかったっけ

249 :本当にあった怖い名無し:2006/07/13(木) 00:17:58 ID:gRxf2sCy0
>>243
近所の桃○郎では「アドベンチャー」のコーナーに置いてあるんだけど?
戦闘が激ムズとかクソ、最高!攻略してると話忘れる他、評価がよくわからんゲームだ…。
ストーリーは良さげだけど、ちょっと厳しそう。不死者部分のみでいいから誰か説明kwsk

250 :本当にあった怖い名無し:2006/07/14(金) 21:46:53 ID:KxPwqMmD0
無限の住人の不死力解明編はきつかったなぁ・・
ところで卍って不老なのかな?あくまでも傷口を瞬時に縫合するだけであって歳は取ると思うんだけど・・



251 :本当にあった怖い名無し:2006/07/15(土) 03:15:44 ID:F45LEM0q0
>>250
不老不死に憧れるけど「無限の住人」みたいなキツイのはちょっと…と
いう方に。地道な方法をどうぞ。

埼玉県の「不老川」の伝説。
http://www.jade.dti.ne.jp/~miyoshir/sakuhinsyuu/ikehara-sakuhin8.html

節分の日に橋の下にいるだけでOK!…ただし。今は川の水が枯れなくなり
不老川は「日本の汚い川」トップ3以内にランクインしてます。真冬にこんなこと
したら肺炎になる可能性大。…臭そうだし。

252 :赤木春江:2006/07/15(土) 11:45:21 ID:IN00gGMd0
ベイグラントストーリー渋すぎるぞゴルァ!

253 :本当にあった怖い名無し:2006/07/15(土) 12:39:52 ID:dtHgKoQK0
本当に不死人なんてのがいたら、ふつうの社会生活はまず送れないだろうね。
ずっと付き添える友達や家族なんかも作れないだろうな。


254 :本当にあった怖い名無し:2006/07/15(土) 21:47:33 ID:MQbQpDc80
>>もこうにてるよにえーりん
別にいいんじゃね?
あまり詳しくは言及されてないから語ることはできなさそうだけど・・

255 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 18:56:55 ID:cXkLP1JW0
不死者のお話は「悲劇とロマンの香り」がないと物足りないです。
勝手な意見ですが、やはり不老人には苦悩してて欲しい気がします。。
>>253さんのいうとおり、社会生活を送る事じたいが大変だろうし
努力して人間関係作っても皆先に死んじゃう。
「改造人間の悲哀」「超能力者の苦悩」と似てるかも。

「吸血鬼は集え!」てスレありますけど。そのスレの吸血鬼の方々って
十字架、聖水なんか問題外な、吸血鬼のデメリット皆無な方が多くて
そこがちょっと残念。
「300年前の思い出」とか語りだす人も何故かいないのも不満…。
時代考証面倒なんだろうけど。

256 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 23:02:15 ID:sLXO1cEh0
>>255
分かるな
死ねないことの辛さや、親しくなったとしても必ず自分より先に死んじゃう辛さってのは想像の上で語ることは出来ても、実際に体験したら想像より厳しいだろうね
完全に天涯孤独で生きていくなんて俺には無理だなぁ


257 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 08:01:43 ID:xVdN5PRD0
>>256
女性のほうがおおむね長生きしますから、不死人にならずとも、先立たれる悲しみは
味わう事になるわけですが…。
子無しだと、確実に老後の孤独が待ってますし。どうせひとりぼっちになるなら、いっそ
不老不死になって、積極的な孤独を楽しんでみたい気もします。

258 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 13:08:48 ID:oBN6Qclp0
サンジェルマン伯爵が一番気になる。

フランス革命の黒幕見たいだし。何者だろ?

259 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 16:59:10 ID:xHeJ9NUg0
『百万回死んだ猫』
永遠をさまよい、愛するものを手に入れ、そして失ったことで感情による死を迎えた猫。
子供向けの童話ではあるが、ここまでかっこいい奴はそうはいない。

260 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 17:01:33 ID:smL0z2XcO
『100万回生きたねこ』だ。
しっかり汁。

261 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 17:06:43 ID:xHeJ9NUg0
ごめん。風邪で頭がダメだ。おとなしく寝てることにしよう。

そういえば不死の人も風邪ってひくのかな。

262 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 17:16:40 ID:smL0z2XcO
病気にならないイメージはあるが、不死のタイプにもよるんじゃね?
もともと生命活動を行なってない不死の方とか全盛期の肉体を維持するタイプのは
病気しない気がするけど単純に長い生を生きているようなタイプは病みそう。
具体的に誰と言われたら出てこないが。

263 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 01:51:38 ID:izFTgK4g0
>>258
サンジェルマン伯爵の正体

@アショカ王の作った秘密結社「九未知会」からの使者
Aシャンバラの住人
Bヴァンパイア
C時間旅行者
Dフリーメーソンの偽装工作者。(不死は嘘)

他になにかありますかね?サンジェルマンが主役のヴァンパイア小説
シリーズがアメリカで出てるようですが、なかなか翻訳されず、じれております。

>>262
サイヤ人も心臓病で死ぬようですし、老化しないだけのタイプは病気しそうですよね?
実はそういう人間はたくさんいるのだけれど、戦争や病気で死んでしまい、めだたないで
いるだけかもしれない。

264 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 19:05:01 ID:arlDeKeh0
伯爵の場合は不死じゃなくて、その意志を引き継ぐ者が同じ名を名乗り活動してるんじゃなかろうかね?

265 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 21:21:45 ID:izFTgK4g0
みんな同じ顔の「サンジェルマン一族」がいて、代々引き継いでいるとか?
でも、目的はなんなんだろう?

266 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 23:04:43 ID:i7q+Jgkm0
>>265
それこそフリーメーソンみたいな歴史の裏で暗躍する組織があるんじゃないかな?
サンジェルマン伯爵を使って自分たちの都合のいいように歴史を作ってるとか・・

267 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 23:18:22 ID:YZAiZxD00
たぶんパン屋の経営をしてるんだと思う。
ttp://saint-germain.co.jp/


268 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 04:36:35 ID:sN+8hgjN0
>>267
長生きなパン屋さんになりますように、と願いをこめたのか?
…親会社は日本たばこ産業。メーソンの陰謀?

ttp://www.nazoo.org/people/saint_germain1.htm

↑ここがよくまとまってて面白かった。結構胡散臭い人物らしい。

269 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 04:53:52 ID:rA/V3ssHO
>>33傅士仁(ふしじん)かwww
江陵あげ

270 :本当にあった怖い名無し:2006/07/22(土) 00:14:48 ID:xgnjTgcN0
>>269
200以上ものレスを超えてようやく理解者にめぐりあえた>>33に涙

271 :本当にあった怖い名無し:2006/07/23(日) 13:52:52 ID:UD92PWup0
中国は仙人だの妖怪だの不老不死話は山ほどあるのだろうが、サッパリわからない。
ゲームやアニメ好きな若い子のほうがよく知ってるんだろうな。サンジェルマン伯爵級の
有名不死人とか、知ってたら教えてほしい。

272 :本当にあった怖い名無し:2006/07/23(日) 14:30:31 ID:miD1BTeG0
>>249
1週目は鬼のように難易度が高いからやる場合は心するようにww
カンダタがいる所に乗り込んでいったつもりが実はバラモス城だったみたいな感じを覚えたりするw

人によるだろうけど俺は最高に面白い作品の一つ。



273 :本当にあった怖い名無し:2006/07/23(日) 17:59:59 ID:tJch/PY6O
まず仙人の前提が不老長寿だからなあ
「〜〜仙人」なら全て不老長寿になるし、それこそ山ほどいそう
自分がパッと思いついたのは、久米仙人・鉄拐仙人(李玄)・蝦蟇仙人(葛玄)
あと西王母は仙人ではないけれど、西王母の庭の桃を食って不老長寿になった話は沢山あるから外せないと思う

274 :本当にあった怖い名無し:2006/07/23(日) 19:17:00 ID:72jdYlLi0
中国か。
妖怪なら太歳は外せないな。

275 :本当にあった怖い名無し:2006/07/23(日) 20:23:02 ID:UD92PWup0
>>274
諸星大二郎の「孔子暗黒伝」に出てきた視肉と同じものだっけ?
ググったら地中にウネウネ移動してるとか、見たら祟りがあるとか…。
…なんだか怖かった。これで思考能力あったらもっと怖いが。

276 :本当にあった怖い名無し:2006/07/23(日) 21:48:20 ID:Mm9XftT/O
おもしろい記事見つけたけど、不死とは程遠い…かな

半永久寿命
http://x51.org/x/04/12/1018.php
http://x51.org/x/05/03/2031.php
太歳(?)
http://x51.org/x/05/07/2846.php
ベニクラゲ
http://www2u.biglobe.ne.jp/~moozoo41

277 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 21:16:26 ID:AFj1IQpg0
中国なら、1万人くらい不死者が潜んでてもおかしくない気がする。

278 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 22:02:26 ID:C53lgqno0
視肉と太歳ってやっぱり同じものなのかなあ。
水木先生の妖怪図鑑で太歳見て、その後で諸星先生の孔子暗黒伝で
視肉見て、何となく似てるって思ってたけど・・・

視肉の「大地の気を吸って増える」というのは、古代のバイテク技術で
空中窒素固定やらで増殖するように作られた人造生命だったかも知れないね。

279 :本当にあった怖い名無し:2006/07/25(火) 20:17:49 ID:mot60u3a0
太歳、画像みたけど、ナマじゃ食べたくないな。よほど工夫しないと…。
案外珍味だったりするのかも。「太歳の料理法」とか記録に残ってそうだ。
食ったら不死!のなくならないお肉。ほんと中国ってスケールでかい。
1万人どころか10万人の不死者がいてもわからんかも。

>>278…こういうのも「オーパーツ」っていうのかな?

280 :本当にあった怖い名無し:2006/07/27(木) 11:24:11 ID:E040QBpS0
わざわざ徐福に不老不死の秘薬を探しに行かせたんだから
国内ではみつからなかったのでは?
中国には、まだまだ人跡未踏の場所とかありそうですから
そういう場所に、仙人が隠れ住んでるといいんですが・・・。

281 :本当にあった怖い名無し:2006/07/27(木) 16:07:08 ID:tn3xEOV+0
中国では蓬莱(日本?)に不老不死の秘薬があるって言われてたんだよね
中国北部のよく水墨画なんかで描かれるような切り立った山の中なんかに案外、蓬莱があるかもしれないね

282 :本当にあった怖い名無し:2006/07/27(木) 18:51:27 ID:t5IR/Fq6O
ゲーム関連でサイレンはどうよ
難易度高すぎて二日目深夜あたりで放置してるけど

283 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 01:02:07 ID:e9VEB/Dg0
こことは正反対なところを少し覗いてきたけど、ああいうひとたちを
みてると、不老不死でなくても自分は十分に幸せな人生を歩んでいると
思えてきた。

http://life7.2ch.net/mental/subback.html

284 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 01:54:58 ID:M/JcjH5nO
一般の人はメンサロに近づかない方が良いよ
私自身治ってしまえば気持ち悪くて近づきたくもない

>>282
サイレン怖くて積んであるorz

285 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 22:52:53 ID:f6YJTkR80
…ここにも夏が来たか やれやれ

286 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 23:47:31 ID:dUQgnwkX0
古い映画で「復讐のミイラ男」だったか「ミイラ男の復讐」だったか。
兄王子を殺した弟に父王がかけた呪いが「兄に殺されなければ死なない。」
弟は何千年も死ねなくて戦争や飢饉があってもどんなめにあっても死ねない。
たまたま兄のミイラが発見されアメリカだかへ運ばれてミイラ復活の儀式を
行い・・・
ホラー映画のはずが最後のせりふあたりでなぜか泣けてくるB級メロドラマ。
同じ切り口ではガリバー旅行記に出てくる不死人。不老ではないので一般人
より醜く老いる。一定の年齢で相続、権利上死人として扱われただ存在だけ
している不幸な人たち。
パーティーは終わるから楽しいんだよ、という言葉がのしかかってくるような
不死人ストーリーは結構俺好み。

287 :本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 00:48:50 ID:8nGgWB1b0
>>286
ああ、ミイラ男がいましたか!吸血鬼とか狼男は不死テーマによく出てきますが。
でもその映画の場合、不死はミイラの弟のほうなのかな?
観たくなって調べてみたら「怪奇ミイラ男」のタイトルでみつかりました。
でも、DVDは出てないようで。3部作まとめて観たかったのに…。残念。

アン・ライスの小説「マミー」に、しわしわミイラ→日光あてると元気に!という
「逆ヴァンパイア」みたいな不死者が出てきました。確か主役はラメセス2世。

半魚人やフランケンシュタイン等の、忘れられた映画の怪物も不死なんでしょうか?
お耽美入ったヴァンパイアものは、美しく不死の悲しみが描けますが
化け物の姿での不死はなにか悲惨そうです…。

288 :本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 09:16:39 ID:5reYvQTT0
不死人じゃないけど
たまに中国じゃ2000年前くらいの高貴な人の死体が
ミイラじゃなくて生々しい状態で出てくるよな。
馬王堆の女性なんて発掘時は関節も屈伸できるような状態だったらしいし。


289 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 01:14:58 ID:1WXLMP2M0
>>288
気候や風土の状態にもよるんだろうな。
なんにもしなくても勝手に遺体がミイラになるとことか(メキシコ?)
眠ってるかのように保存された遺体が、空気にふれたとたん崩れる話よくあるし。

中国はまだ発掘してない遺跡が山ほどあるはずだから、保存状態良好な遺体が
これからもうじゃうじゃ出てくるかも。
中国の気候がそういう遺体を作るとしたら、キョンシーの伝説はそういう遺体の発見が
元になってる可能性アリ?

290 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 15:20:42 ID:6B5Z0fuY0
ミイラじゃなくて完璧な「死体」だそうだからな。
一説には中国では死体の保存に水銀を使ったからだとか、
いわゆる不老不死の薬である仙薬に水銀が含まれていて、
その服用による中毒で死んだ死体は腐らないとか
性質の分からないガスを墓に封入していたとか
いろいろ面白いことがあるらしい。

291 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 16:11:38 ID:RVt+TyT50
ヨーロッパのどっか、タールの沼の死体も
かなり保存状態良かったはず。

292 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 17:44:06 ID:ssXlRdGv0
>>291
第3永久死体のなかでも沼沢死体Moorleichenってやつだな。
たしか沼に生えている植物のタンニン分によって死体が保存されていたかと。

293 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 17:55:51 ID:ZZAjGGEf0
あー、『アイルランドの柩』っていうミステリ思い出した。
アイルランドの泥炭地帯で燃料を切り出していたら、古い生首がみつかって・・・
っていう話。

294 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 21:10:33 ID:6B5Z0fuY0
腐らない女の死体ってなんかエロいな、
スレ違い

295 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 23:58:09 ID:2eUkXtVeO
そういえば、中国の科学院が発表した馬王堆の太侯夫人の復元CGって
まるでアニメに出てきそうな美人顔だったな。
さすがにやりすぎだと思ったよw

296 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 00:57:21 ID:oPSwaXLV0
現代人の死体は腐りにくいっていうのは都市伝説?
なんでも、食品添加物だの保存剤だの入った食べ物を
たっぷりとってるからだとかいうけどあやしい。

白人の女の子の遺体で、生きてるみたいなのあったな。
医者が特別な方法で保存したんだけど、その医者が
死んじゃって、方法はわかんないまま…ってやつ。
ロリコンに盗まれそうな可愛い死体だった。

297 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 02:26:10 ID:w5F190A2O
ロザリアちゃんね。
頬なんて生きてるみたいにふっくらしていた。
以前、新聞の海外紀行記事に出ていたけど、
村の爺さん婆さん達はみんな子供の頃から彼女を見て育っているわけで、
ロザリアは昔から変わらないけどわしらはこんなシワだらけになっちゃった、
なんて言っていたのが面白かった。

298 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 02:41:25 ID:oPSwaXLV0
>>297
そういう風に存在し続けるのって、ある意味「不死」ってことかも。
…と、無理にこじつけてみる。

299 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 02:46:49 ID:TW3LZfVu0
サイヤ人は不死人に入りますか?

300 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 02:51:01 ID:oPSwaXLV0
>>299
戦闘種族だから若い時代は長いかもしれないが、長生きかどうかは謎。
平均寿命どうなんだろう?

301 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 03:02:28 ID:TqJmyFy+O
不老不死ではないが、以前東南アジアの国は犯罪人を現行犯で捕らえると警察はその場で銃殺ができたそうです。ある日凶悪犯が捕まりその場で銃殺されましたが、心臓に何発打ち込んでも死なない犯人は振り返り苦しめないで早く止めを射すよう警官に言ったそうな。すごい生命力!

302 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 03:18:34 ID:w5F190A2O
昔、おバカな話題ばかり集めた本に、年を取らない女性というのが出ていて、
56歳なのにどう見ても18歳くらいにしか思えないの。
30代の娘が3人いて、一緒に歩いているとお母さんの方が末の妹に間違われたり、
下手すれば娘の子供に間違われたりしていたんだと。
恐らく旦那は幸せなんだろうなあ。
自分の孫娘みたいなのがつまなんだもんな。

303 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 03:20:56 ID:HD3e7geTO
仙人で思い付く漫画は、『封神演義』かな。あと、不死人なら『ぬーべー』とか。

304 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 03:39:51 ID:xtMfFulF0
<<299
一応戦闘種族で若い時代が長いという設定はあったが
ある意味黒歴史のDBGTのなかでべジータは年相応に老けてたし
悟飯の娘のパンとかも作中でお婆さん状態で出てたから
平均年齢は地球人と変わらないんじゃないかな。

305 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 03:40:51 ID:xtMfFulF0
アンカのつけ方逆だよ;;
もう寝ますorz

306 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 04:54:05 ID:oPSwaXLV0
>>301
ラスプーチンかゴキブリなみの生命力…。

>>302
若いまんま普通の寿命で死ねたら幸せだろうけど。
老化しない=死ねない、だったらちょっとつらいかも。
自分の子孫の生死をえんえん見守り続けたりして…。

307 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 12:29:22 ID:aC++VoXo0
>>302
それすごい。

308 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 12:38:28 ID:OALFRqaP0
吉田戦車にそんな漫画あったw

309 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 13:58:55 ID:w5F190A2O
不死の逆に早追症もある。
大学の講義でスライドを見せられたが、
小学校にあがる位まではごく普通の女の子が、その後どんどん老けて15歳位には完全な老女になっているの。
可哀相だが正直気持ち悪かった。

310 :309:2006/07/31(月) 18:48:23 ID:w5F190A2O
わりい、今読み返して変なのに気付いた。
早追症じゃなくて早老症な。
携帯だから「そうろうしょう」で一発変換できなくて
「はやおい」と入れたのが原因だったorz

311 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 19:17:54 ID:uGanmylC0
ドクター・モローの島に出てくる小人の役者さんが
早老症だと紹介されているのを見たことがあるよ。
博士がピアノを弾くシーンで、
グランドピアノの上にオモチャのピアノをのっけて引いてる小さい人ね。
あの人、あの映画の頃に何歳だったんだろう。
ドミニカ人とかだったと思うんだけど、今も生きてるのかなあ。

って、不死者じゃないね。ごめん。

312 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 21:11:43 ID:w5F190A2O
モロー博士の島って、保育園児の頃、NHKの人形劇で
やっていたのを見た憶えがあるんだが
ストーリーは殆ど憶えてないけど何かキモかったな。
岩波から文庫で出てるみたいだから読んでみようか。

313 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 01:41:27 ID:owInJ4o20
http://www.fujitv.co.jp/dna/chap_dna2_4.html
早老症といえば、アシュリーちゃんでしょう。

>>311
1978年?の映画だから、たぶんもう亡くなっているのでは…?
出演時おいくつくらいだったんでしょう?

314 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 06:41:35 ID:vKesY4W90
>>313
いや、違うと思う。
ドクター・モローは三度映画になってるんだけど、
記憶にあるやつは絵が新しいので1996年のだと思う。
それに、その小人役者さんを紹介してた番組もそんな古くない。
どっちにしろ10年もたってるから、もう亡くなられているかもしれないけど。

315 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 08:41:08 ID:owInJ4o20
1996年に作られてたんですか!…全然気がついてなかった。

早老症の方がエイリアンを演じた映画があるのだそうですが
タイトルわからず…。




316 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 08:51:17 ID:VkOU/4pD0
サザンアイズで印象的なのがアマラの球城(だっけ?)だな。
これも不死人のウーの話なんだけど、

異空間に飛ばされた主を守るために
わざと自分を傷つけて不完全に再生してを繰り返して
中に人が住める巨大な球体になって放浪していたって話。
激しい苦痛に耐えるために肉体と精神を切り離したりとか
かなり痛々しい設定だった。

はず。(詳細は手元にないので確認できず)

317 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 13:09:04 ID:cGw7JK8qO
96年の映画はたしかDNAって奴だな

318 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 13:11:25 ID:cGw7JK8qO
ちなみに俺は早ry

319 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 13:16:41 ID:zpPKyX0aO
人魚の肉を食えば不老不死になるって聞いた。

320 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 21:37:46 ID:k8SshJ2eO
菊地秀行著

戦士シリーズ 死なずの醍醐

蒼き影のリリスシリーズ
吸血鬼物だが不死人多数出演

321 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 00:15:44 ID:G5MJFNbE0
>>320
菊地秀行先生の著作に出てくる不死人は、数え上げたら3ケタ行くかと思われます。

322 :本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 00:23:09 ID:DJ+Yp+6V0
不死でググってみたら、ライトノベルがいっぱいひっかかってきた。
面白ければどんなジャンルでも読みたいが、ハズレ引く可能性高そうで
ちょっと腰が引ける。

>>321
3ケタじゃすまないかも・・・。


323 :本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 17:57:29 ID:DJ+Yp+6V0
ついでに質問。ヴァンパイヤーウォーズ?って面白いの?

324 :本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 00:24:35 ID:UMGY2NC40
http://www5.ocn.ne.jp/~kug/

現在、ギネス認定長寿はこの人だそうだ 19世紀生まれってすごい!


325 :本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 05:11:16 ID:y0kXvYsM0
すげえ

326 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 05:16:18 ID:HkRuc24n0
http://www.pdfworld.co.jp/museum/shiryo/izumi/izumi.html
最高齢記録ホルダーは、いまだに故・泉重千代さんなのね。
120歳。

レポーター :「では、女性はどういうタイプがお好きですか?」
泉重千代:「やっぱり、年上の女かのぉ。」 凄すぎる。

327 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 00:35:59 ID:pnbfw/sg0
>>326
それは男の最高齢記録?

http://enema.x51.org/x/04/06/1723.php

328 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 17:02:33 ID:O9YS12Y/0
>>316
途中までしか読んでないけど、○○王のお母さんの暁の女神の話でしょ?
あれ最後どうなったんだろう・・・サンジヤンなのかどうかも
判らなかったから夜の女神の方すごい気になってます。

329 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 14:13:33 ID:Ga6RrqCI0
>>316
私も途中脱落組。最後どうなるの?

330 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 14:42:45 ID:1IDGfUn20
漫画なんだけど銃夢(ガンム)の世界だと、
不死人キャラ多いよね。

あと、不死人ではないけれど、
横浜買い出し紀行の最終回が・・・

331 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 15:50:49 ID:ilDpO1PN0
>>54
近親婚も離婚認められてるよ。
アリエノール・ダキテーヌとルイ七世とか。

332 :316:2006/08/08(火) 20:21:48 ID:MBZLROmH0
>>328-329
読めよw

つーか実家に全巻置いてきたので自分の記憶に自信が持てない。
スマソ

あれ終わったの何年前だったか。

333 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 01:41:42 ID:4vmrMIi70
>>331
結婚する時はむりやり法王の許可もらっといて、別れたくなったら
「近親婚」をいいわけにする、というパターン多かったっけ?

>>332
アレ全何巻になってんだ?途中脱落組だけど、どこまで読んだかも
思い出せないから頭から読まんとな〜。しんどい。人間になれたのか?

334 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 01:35:29 ID:B+imB5GP0
DET

335 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 13:13:52 ID:HVKMsyLUO
不死って言えば昔、石仮面ってのがあってそれを被ったら不死になれるんだけど吸血鬼になるんだよね。
歴史上石仮面を被った椰子は確かディオ・ブランドーだったけな?

336 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 13:26:48 ID:iO2/XyQ1O
>335
二部でストレッツオも仮面をかぶってる
ジョセフに倒されたげどな

吸血鬼ねたここまで

337 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 20:01:22 ID:x8YaSIpq0
では、狼男ねたを。あれも不死?どっちかっていうと「不死身」のほう?
狼になったまま、狼の寿命がきたら死んじゃうのか?
狼になってる時の時間は年をとらず、その分長生きなのか?


338 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 20:25:11 ID:x8YaSIpq0
>>315
早老症の少年が演じるエイリアンが出てくるのは

http://blog.excite.co.jp/takunishi/3665783/
これ。「オーロラ・エンカウンター」って作品らしいです。
画像みつからず。



339 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 02:32:08 ID:UZbb1WzR0
狼男は神の使い。深夜墓場で吸血鬼を退治する。

340 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 03:38:59 ID:XcMLRaF50
>>339
狼男って、吸血鬼の手下?なイメージが。吸血鬼が死んだあと狼男になるんだっけ?(逆かも)
古〜い映画でフランケンVS吸血鬼みたいなの、あったな。良く覚えてないけど。
吸血鬼がフランケンの血を吸い尽くして勝ち!…と思わせといて、すぐ太陽がのぼってきて灰になる
そんな東映まんがまつりみたいな、すっきりしない決着だったと思う。


341 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 04:05:58 ID:UZbb1WzR0
>>340
残念ながら、民話の中では吸血鬼の天敵は狼男です。
しかも戦えば必ず狼男が勝つそうです。

墓場を荒らす野犬と、朝になると食い散らかされた死体の様を見て
昔の人は想像していたんでしょうね。

342 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 12:08:42 ID:xkjLqJDyO
どれ、手合わせ願おうかッ!

343 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 00:24:21 ID:OcqDnimP0
じゃあ 【人間】<【吸血鬼】<【狼男】で、食物連鎖のトップは狼男?
…なにかいれて「三すくみ」にしたいな。じゃんけんみたいに。

>>342
とりあえず「牛」からはじめてください。

344 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 23:49:43 ID:6QbotzX20
>>341
>吸血鬼の天敵
ダンビールはどうなんでしょ?
混血ってだけで別に天敵ではないのかな。

345 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 00:51:11 ID:mgXtL3Pa0
>>344
ダンピールって、血と普通の食事、両方とるんかな?
狼男には、半分の吸血鬼の血のせいで分が悪そう。
子供作る機能はあるのか?らばとかレオポンみたいに、一代限りのような気がする。
ハンターになれるのはひとにぎりで、ほとんどが出来損ないの吸血鬼になるんだっけ…?

「7番目の息子の7番目の息子」や「えなをかぶって生まれた子」もハンターになれるとか
はたまた吸血鬼の予備軍だとか言われてるし、あやうさはいっしょか。
昔は私生児や自殺者まで吸血鬼予備軍にされてたんだから、おそろしい。
…いちばん怖いのはキリスト教かも。

吸血鬼スレが機能してないから、ちょっとお借りしました。失敬。
荒れてないからいいよね?

>>342
牛がすんだら熊かw 牛殺す前に眉毛片方剃って山篭りをおすすめする。
ん?人類最強は故マス大山か?空手バカ一代。

346 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 02:25:49 ID:yzDKu86A0
吸血鬼の子供という意味で、ダンピールってのは民話の中で出てくるのかな?
誰かしらの小説のオリジナルかと思ってた。

公文書の中で最古の吸血鬼は、ヴァンピールって書いてあったような気がする。

347 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 02:56:51 ID:mgXtL3Pa0
ダンピールはバルカン半島あたりの伝説らしい。
吸血鬼として蘇った男が、妻を襲ってできるんだとか、男しか生まれないとか
化け物のような姿だとか、いろんな話がありすぎてよくわからない。
吸血鬼の子で、ハンターになれるのは特別な才能に恵まれたものだけらしい。

「吸血鬼ハンターD」でよく知られるようになったようで。
吸血鬼をさす言葉は、言語の数だけあるようですね。
日本に吸血鬼がいないのは、肉をたべない国だから?
妖怪・磯女が吸血鬼だというのは、ちょっと抵抗ありますが。


348 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 03:22:19 ID:yzDKu86A0
>日本に吸血鬼がいない
不作や天変地異の原因として、スケープゴートにされる役割を死体(つまり吸血鬼)が
持っていなかった、というのが大きいんじゃないかな?



349 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 03:37:52 ID:mgXtL3Pa0
なるほど。あと、日本だと湿気ですぐ死体が腐っちゃうし・・・。
「生きてるような死体」と「早すぎた埋葬」と「キリスト教」が西洋の吸血鬼伝承の元になったのかもしれない。

350 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 04:03:27 ID:WGOZ5ObBO
怪物くんの子分じゃん。3人とも

351 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 06:01:32 ID:bjL8gDpH0
ヨーロッパの寒いところだと土葬した死体がなかなか腐らなくて
何かのきっかけで墓を掘り返した時にまるで生きてるような状態の事も多いそうだ。
実際は腐りかけてて体内で内出血してたりするんだけど、そのせいで
かえって血色がよく見えたり、血を吸った後のように誤解されたりしたらしい。
そういうのが吸血鬼の伝説の元になったってモノの本には書いてある。

ああ、俺もそんな状態になった幼女の死体が欲しいな・・・

352 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 09:34:41 ID:2nfbKE8L0
↑犯罪予告?

353 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 13:46:56 ID:mgXtL3Pa0
>>351
http://www.nazoo.org/phenomena/rosalia.htm
とりあえずこれで我慢して。ロザリアちゃんです。

354 :351:2006/08/13(日) 15:49:59 ID:MMa+334Q0
ロザリアちゃんって、どっちかと言えば人間の異常にキレイな剥製みたいな
ものだからなあ。
おれ、グリーン姐さんのもっと可愛い版みたいな死体が理想

355 :351:2006/08/13(日) 19:42:49 ID:N4FwzbDk0
ロシアなら日本より子供の死亡率高そうだし
シベリアの田舎とかだったら土葬が主流だろうな。しかも寒いし。
そういうところに住んでるロリ変態野郎なら、かわいい女の子が
死んだ時期をチェックしといて、埋められてからちょうど良い時期を
見計らって墓掘りに行く奴もいるだろうな。

356 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 01:34:28 ID:VycsOk8c0
寒すぎる地域は土が凍ってて、墓穴掘るのも大変なので春まで放置か
火葬ときいたような…?遺体もガチガチに凍るし、大変かと。

>>319
西洋の人魚を食ってもいいこと何もないのだろうか?
日本近海産のみ不老不死の効果ありですか?


357 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 03:21:02 ID:36kkzDLX0
火葬はかなりの量の燃料が必要なので、我が国でも昭和にならないとないですよ。

358 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 03:58:11 ID:UgLpbLvi0
('A`)平成に入ってから土葬に立ち会いました。

359 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 04:14:05 ID:Oz6Z+z1T0
>>358
どこ?

360 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 04:32:15 ID:UgLpbLvi0
>>359
和歌山のスーパー山奥です。
宗派は聞かなかったので、わかりません。
ただ通夜で霊場を巡るような和歌といいますか、
よく耳にするお経とは明らかに違う節を
参列した皆さんが詠じていたのを覚えています。

親戚のおじさんが埋葬するために穴を掘って、
帰って来てから
「ご先祖さんが出てきてビックリした」
と言っていましたので、
同じ場所を何度も使用しているみたいです。

361 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 09:24:32 ID:36kkzDLX0
土葬 和歌山 風習でぐぐったら、こんなスレに行き当たった。

最近まであった信じられない風習
ttp://piza.2ch.net/occult/kako/987/987527802.html

土葬の話は結構あるね。

362 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 13:08:07 ID:zpU7LTmZ0
>>360
>ただ通夜で霊場を巡るような和歌といいますか、
>よく耳にするお経とは明らかに違う節を
真言宗でご詠歌じゃないかと。
ウチの実家(高知)では普通にやってるな。
歌の合間に5色のヒモ飾りがついたシンバルみたいなの鳴らしてなかったですか?

363 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 14:23:49 ID:UgLpbLvi0
>>362
シンバルのようなものは葬儀のときに使っていたように思います。
そうですか、真言宗になるんですね、ありがとうございます。
それと出棺の作法は>>361氏が示されたリンク先の、
レス番1や25あたりと同じで、火葬場ではなくそのまま裏山に
行くという感じです。

気がつけばスレ違いのネタを引っ張り過ぎましたね。
申し訳ございません。

364 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 15:04:27 ID:EbNPdg0c0
不死鳥のイメージは火葬(焼身自殺?)からの蘇生(生まれ変わり?)だよねえ。
最古の伝承はちょっと違うけど。

365 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 15:07:01 ID:VycsOk8c0
風葬って結構まだやってるのか?暑い所に吸血鬼伝承はないんだろうな〜。
骨になるまで見守って、きれいに洗って…なんてやってたら蘇りの恐怖なくすな。
日本で吸血鬼設定するとキリシタンとか転びバテレンあたり?
そういえば「魔界転生」の天草とかって不老不死なの?



366 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 15:40:41 ID:VycsOk8c0
>>364
不死鳥って火の中で一度焼け死んでから、新しい身体で復活するのになんで「不死」?
火の中で生きる(というか火の精霊?)サラマンダーのほうが不死っぽい気が。

確かローマの皇帝の火葬する時、魂が鳥になって天へ!みたいな演出してた。
火葬は不死より、輪廻や昇天のイメージかも。

鳥葬、水葬、宇宙葬…まだあるのか?

367 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 17:28:15 ID:wUb0s9F40
>>366
確かに不死鳥は不死ってよりは輪廻転生がモチーフの話だよね
まぁ、存在の消滅を死として定義するのなら間違ってもない気がするけど・・。

宇宙葬って初めて聞いたなw
宇宙に散骨するの?

368 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 18:06:34 ID:zpU7LTmZ0
宇宙葬でググると結構出てくる。
一般の人向けのはカプセルに詰めて低軌道に打ち上げてる。

もっと遠くに散骨した例としては、ユージン・シューメーカー博士の遺灰が
月探査機ルナプロスペクターに乗せられ、月に送られてる。

デブリ増やすんじゃねえ。

369 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 02:52:39 ID:pb6mDHAl0
「プラネテス」ハイビジョンの再放送、もう終った?

他の「葬」を考えたけど思いつかない。結果としてなら「熊葬」とか
「溶岩葬」とか「コンクリ葬」が考えられるが。

370 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 03:04:04 ID:eX0/wLGq0
>>368
へぇ〜・・。ロマンチックだがはた迷惑な話だな
情報d

371 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 07:49:07 ID:ZnwXZ/NxO
>369

ミズーリの主砲弾葬とかトマホーク葬とかどう?

372 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 09:33:11 ID:+7lSpPgm0
メジャーな「ミイラ葬」を忘れてますよ、っと。
他に由緒あるところでは「食葬」も。

海洋葬や宇宙葬と同じ自然葬として「樹木葬」というのもある。
そして案の定出て来たのが「ネット葬」。
個人的に行われた例としては「車葬」 。
結果としてなら「氷葬」が結構ありそう。
「溶葬」や「標本葬」はあってもおかしくないと思う。
SFなら「ブラック ホール葬」とか「時間葬」なんてあるかも。

で・・・今、新しい手法として「落下葬」てのを考えてみた。
超高層ビルのてっぺんがら遺体を落とす。
地面と激突すると同時に霧となって飛散。
一瞬で終了。

373 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 11:55:38 ID:UXfPMyWe0
>>372
>「溶葬」や「標本葬」はあってもおかしくないと思う。
生前の遺志で献体とか、骨格標本になってる東大医学部の教授とかだな。

>個人的に行われた例としては「車葬」 。
鉄オタなら「電車葬」…
いかん、どうしてもグモッチュイーンなイメージがw
でも古い電車で保存する価値もそれほどあるわけじゃない、って場合、
電車の車体が魚礁になることがあるから、その中にご遺体を入れて、
ってパターンは可能かも知れない。

>落下葬
落下距離を増やして大気圏外から遺体を落とせば
それなんてブラッドベリ?なんだが。

374 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 12:28:07 ID:pb6mDHAl0
風呂葬もよくあるな…。追い炊きしたまま死亡。
>>373
たかが人間程度でも、地上からは流れ星みたいに見えるのかな?
はなばなしくていい。
「パノラマ島奇談」みたいに花火葬もいいなあ。

375 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 21:00:49 ID:+7lSpPgm0
ん、読んでないけど
多分サイボーグ009第1部ラストの元ネタっすね?w >流れ星

巨大な圧力による死体処理の方法も考えられるかな。「圧葬」
干し首は「首狩り葬」??

376 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 07:28:21 ID:3JZA7GZ/0
>>375
「ジョー、君はどこへ落ちたい?」でしたっけ?

今まで出た中から選べるなら氷葬がいいな。3万年後にエイリアンに発見されて
蘇生させてもらう。…なんかデーモン族みたい。

そういやデビルマンのデーモンたちも不死なのかな?戦闘で死ななければ
いくらでも生きてられそう。と、無理やりスレタイにつないでみた。

吸血鬼スレが夏厨にいじり壊されてる。難民がこっち来たりして。


377 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 01:01:17 ID:uT56ZkIc0
氷からよみがえったはいいけど
エイリアンとの戦闘を余儀なくされるなら
やだなあ〜〜

378 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 02:20:53 ID:exs+OAqE0
>>372
いいな食葬。通夜に下ごしらえしてもらって、葬式でご馳走にしてもらう。
女体盛りみたいな盛り付けで。骨も粉にして残さず食べてもらいたい。
でも食べる方にしてみれば、脳はクロイツフェルトヤコブ病が怖いし
血から病気もらうのも心配だろうな。
あと、嫌いな奴には食べられたくないから、遺言残しとかないと。

「臓器提供葬」はどうだろう?移植できる臓器全部使ってもらう。
皮膚もはがして使ってもらいたい。血や骨髄液も抜いて欲しい。
余った部分は献体。プラスティネーションで標本にしてもらいたい。

379 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 05:21:32 ID:wUYmLFyE0
不死人の伝説スレで
死んだあとの心配かw

380 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 08:43:16 ID:DRMAGxw90
>>377
エイリアンとの交配を強制されたりな!

381 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 10:22:24 ID:mDrVhPx+0
そのエイリアンのデザイナー次第では受け入れる。
キム・ヒョンテとか。

382 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 14:36:53 ID:nF1PVlHvO
溶葬三角脚

383 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 18:30:21 ID:/A55BLHl0
>>378
ヌコ厨は、ヌコたんに食べられたいです

384 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 18:44:25 ID:/A55BLHl0
銀のスプーン葬とか言ったらきれいな感じ

385 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 05:56:43 ID:z2t3L1c+0
>>381
ギーガーの後輩しなきゃダメだが、そのかわり不老不死はもちろん
超美形&超能力&地球の支配者になれるとしたらどうか?

>>383
いっそ缶詰にしてもらったらどうか?ペットのヌコに末永く食ってもらう。
…と思いきや、あっさり2ヶ月で飽きて食ってもらえなかったりして。

386 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 05:57:48 ID:z2t3L1c+0
>>385
の後輩→のと交配。上品な辞書でスマン

387 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 06:02:28 ID:yyOZlpKlO
もし死んだら、せめて誰かの役にたちたい。
屑な自分でも最期くらいはアリガトウって言われたいな。

388 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 06:08:43 ID:qMFaTlovO
>>387
簡単だろ
正義の味方になればいい

389 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 06:35:34 ID:z2t3L1c+0
>>388
異星人に変身セットもらうとか、悪の秘密結社に改造されるとか
超新星の光あびるとか、変なウィルスに感染するとか?

一般人が正義の味方になるのは結構難しい。

390 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 07:26:56 ID:wBg5BFWz0
>>383
>ヌコ厨は、ヌコたんに食べられたいです

独居老人が孤独死したあとネズミにかじられる例はあるそうだが。

>385 :本当にあった怖い名無し :2006/08/18(金) 05:56:43 ID:z2t3L1c+0
>いっそ缶詰にしてもらったらどうか?ペットのヌコに末永く食ってもらう。
>…と思いきや、あっさり2ヶ月で飽きて食ってもらえなかったりして。

つ「カンビュセスの籤」
「ミートキューブの作り方はね…」

391 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 08:44:28 ID:A/SzAmTI0
>>385
ギーガーデザインのエイリアンと交配しなきゃならんのか・・・。

まあ、その条件ならもちろんOKだな!
スピーシーズのシルとその条件で交配できるなら断る理由はない。

392 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 10:01:35 ID:gtplDnBaO
不老不死の秘薬はないものか・・・
まぁ、死が訪れた時に誰かの思い出になれたらいいんだが

393 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 10:22:03 ID:TX544BK90
徐福が水から揚がったらしい和歌山のおばちゃんに
天台烏薬って薬貰ったけど

394 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 10:44:13 ID:z2t3L1c+0
>>392
西洋錬金術系と中国系以外の不老不死アイテムってないんだろうか?

>>393
徐福は日本のいろんな場所に漂着してて、いろんな「不老不死の薬」を
発見してるようだ。どこのが一番健康にいいのかな?

395 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 10:47:12 ID:TX544BK90
とりあえず天台烏薬は金玉にいいらしい

396 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 11:56:46 ID:xtm0P9WL0
>>394
キリスト教だと不死→最後の審判で裁かれない→千年王国に行けないマズー
ということになりそうだから、キリスト教世界には無さそうだな。
錬金術は…まあ、皆世俗の垢にまみれてるってことでw

397 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 16:45:38 ID:bkQNrYrb0
仏教とヒンズーでもマズーだな。

398 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 17:06:28 ID:YipZC+Ii0
>>397
仏教の場合、輪廻の輪から解脱しちゃった人はどうなるんでしょう?

399 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 17:16:56 ID:bkQNrYrb0
>>398
そんな人でてくるっけ?<仏教

宗教・神話繋がりでメソポタミア神話のウトナピシュティムは不死だったとおも。

400 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 18:01:25 ID:66OmwTVq0
調べてみたところでは、輪廻の輪から抜けると仏となって涅槃へ行くようなので、
不老不死とは言い難いな。

401 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 19:42:30 ID:z2t3L1c+0
生命の木はどこにあるんだろう?
西洋だと不死人は超人ではなく、呪いをうけた忌まわしい存在なのかも。
さまよえるオランダ人やユダヤ人、知能ゼロな吸血鬼たち。


402 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 19:47:36 ID:T9iRbtWK0
>>392
上にも書いたけど
中国の漢代の墓から見つかった女の人の死体は
ミイラ化してない正真正銘の死体で、解剖して調べたら
体内に高濃度の水銀が蓄積されてたそうです。
不老不死の仙薬とよばれる水銀含有物を飲んでいた可能性があるとのこと。

不老不死の薬って、人を死ななくさせるのではなく、
死体が腐らず生きているような状態に保つ為の薬だったんじゃないかって
思ってしまう。

403 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 19:48:41 ID:T9iRbtWK0
>>401
「おらといっしょにはらいそさいぐだ!」ですね。

404 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 21:59:21 ID:z2t3L1c+0
知恵の実をたべるのか、生命の実をたべるか、選べるとしたら…。
不死じゃなくてもいいや、と思うな。あの漫画読むと。
パーのまんま何千年も生きたくないし。

405 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 00:06:48 ID:CeirOeWl0
今度は諸星か
漫画ネタ多いなw

406 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 00:33:08 ID:B72lGN6n0
http://www.umakato.jp/column_ceramic/b_vol21.html
月のうさぎはお餅をついてるんじゃなくて、不老不死のお薬を作ってるそうです。

407 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 00:35:44 ID:0TPh6YPw0
不死はあるのですか?どうしたら不死になれるのですか?

408 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 06:23:16 ID:52hRWJJ10
「不死身の人間が存在するとお考えですか」
「アフガニスタンのシュマリーという老人は…」
「富士見に住んでるんだ」

409 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 09:48:59 ID:B72lGN6n0
>>405
現実にはなかなか不老不死の人っていないからw
どうしてもフィクションの話が多くなるんだろう。

410 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 11:00:16 ID:NCQjTii90
>>404
漫画にマジレスもなんだけど
あの村って戸籍とかどうしてたんだろw

411 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 00:44:44 ID:SIb5iS/H0
>>410
「この先 日本国 憲法通じず」な村?明治まで発見されなかったとかかいて
あったけど、明治以降はどうしてたんだか。役人ごまかす知恵は無さそうだし…。

あの人たち(病気や事故で死ぬことはあるみたいだけど)不老不死なのに
なんで重太だけおじいさんなんだろう?

412 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 07:14:12 ID:PGA/kUxq0
は・・・腹いてぇwww
マニアックすぎww
そして俺らオッサンすぎ〜www

413 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 09:53:02 ID:mv7wjU+pO
おまいらヴァニラアイスって人の話知ってる?

414 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 09:59:13 ID:y4RuP3vcO
俺はチョコアイスの方が




 好 き だ


415 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 09:59:24 ID:vl2iN7F+0
チャートからすぐに消えた死人だな。

416 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 10:25:45 ID:uXfGRd7B0
アイスアイスベイビー とんとと とんとと ぶーびー

417 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 11:35:03 ID:gczaMHdFO
URYYYYYYィィッ!!!
実に爽快だッッ!!


418 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 02:38:47 ID:f3U1gtU10
どの板いってもジョジョは人気がありまつね。

419 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 03:45:46 ID:G08V7zN30
>>406
日本神話のツクヨミは「変若水」を持ってるらしいから、月にはなにかあるのかも。

ギリシャ神話のネクタル、中国の甘露、インドのソーマ…。神々の飲み物飲むと
不老不死になるようだけど、神も実は寿命あるのか?

420 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 03:50:45 ID:G08V7zN30
あとこれも。軍荼利明王
http://www.ict.ne.jp/~jofukuji/gundari.html
この明王様をおがむといいかも。そういえばアムリタってのもあった。
ソーマとは別物なのか?

421 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 06:14:14 ID:s8ik8NG40
>>419
神にとってはただの飲み物だが、人間が飲むと不死とかご利益が…と言うパターンでは。

そう言えば人間は最初不死だがあとから寿命に限界が出来る、というのもありますね。
日本神話の岩長姫とか、パプアニューギニアの「石とバナナ」の話とか。

422 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 06:46:35 ID:LW7/eaqJO
>387
亀レスだが、献体や臓器移植の登録をしてみたらどうか。

423 :五位鷺 ◆Emjcf.lfLU :2006/08/21(月) 08:27:08 ID:Hjx+06DJO
不死者といえば真っ先にゲームのVPのブラムスが浮かぶわけだが

始皇帝は不死の秘薬を求めて旅をして旅先で死んだって言うけど、アテはあったのかね?

424 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 11:54:34 ID:VTRrJj1E0
アテが無いからオッサンを日本に派遣したんじゃないか

425 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 13:05:02 ID:G08V7zN30
>>421
あの姉妹が両方ブスで、どっちもいらん!ってことわってたらどうなったんだろうか?
神話・伝説で「昔人間は長寿だった」話は多いけど、一体なんでだろう?

426 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 01:12:08 ID:+7D6/Xva0
>>424
http://www.asukanet.gr.jp/tobira/jofuku/jofuku.htm
徐福のおっさん、日本のどこに来たんだ?こんだけあちこちに伝説あると
逆にあやしい。

427 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 13:26:31 ID:S3MrzenW0
「徐福団」が日本中うろうろしたって事かと。

428 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 15:14:35 ID:WK6PqQjp0
徐福とくればやはり諸星

429 :五位鷺 ◆Emjcf.lfLU :2006/08/22(火) 15:22:39 ID:+oqyJgtyO
知識不足で徐福知らなかった
しかしそのサイト見る限りかなり眉唾だね。
でも中国が不老不死に一番近いイメージだ
中国の仙人とか見ても中国人は歴史的にも世界で一番不死に強い思いを抱いているように思うね。不死者を神聖視している文化って意外に少ない気がする

430 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 21:43:35 ID:+7D6/Xva0
>>429
あとはせいぜいエジプト人くらいかな?不死にこだわるのは。それも
「死後、いつか蘇るためにミイラで保存」みたいなかんじだし。

前の方にもあったけど西洋はキリスト教文化だから、不死といえば
「呪い」のマイナスイメージのほうが強い。最後の審判の日まで
彷徨い続けなければならない…みたいな。

431 :五位鷺 ◆Emjcf.lfLU :2006/08/22(火) 22:30:29 ID:+oqyJgtyO
エロスフォビアって言えばいいのかな
なんとなく生に恐れやら業を抱いている心理の方が多いね。
イスラムもキリストも仏教も死んだら基本的には極楽浄土だし
昔にフランスで流行ったデカダン(退廃主義)とかに走ったり
不死を恐れるのは裏返せば生を恐れるってことだからね。そういうのが根底にあるのだろうな。だから不死の文化は少ないのかね

432 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 22:39:41 ID:S3MrzenW0
ギルガメシュも不死になりたくて旅したよ。インドのアムリタも不死ドリンクだし
やっぱ死にたくないのはどこも同じかと

433 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 00:14:16 ID:tkbDbUXyO
パーティーは終わるから楽しいニダ

434 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 06:58:18 ID:5mHryOVn0
既出だがウトナピシュティムもね。
ギルガメシュ叙事詩に出てくるよ。
別に不死が少ないとは思わん。

435 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 10:13:00 ID:SzuXSsuR0
不老不死を求める神話・伝説は多いが、不死の霊薬を盗られてしまったり
神様から不死をとりあげられてしまったり、わずかな弱点を見破られ死んだり。
「人間は不死であってはいけない」とでも言いたげな話が多い気がする。
かぐや姫がいないんじゃ生きててもしょうがない、と富士山で薬燃やしちゃった帝。
もったいない。でも不死を得ても幸せじゃなかったりする話のほうが多いし。

不死になれたとしてl、それを積極的に楽しむにはどうしたらいいだろうか?

436 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 10:19:28 ID:AcF+13PVO
不老不死、それは願い

437 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 11:25:28 ID:3opz41lx0
>不死になれたとして、それを積極的に楽しむにはどうしたらいいだろうか?
定期的に記憶をリセット。

・・・これでは転生とあまり変わらないなw

438 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 16:24:34 ID:L25NJd0Q0
星の重力で住んでる生物の大きさが変わると言う説がある。
昔の地球は小さかったから重力も弱く大きな生物がたくさんいたらしい。
聖書書かれた時代に解かってたとは考えにくいのでネタとしては違うかも。

サンジェルマン伯爵は不老不死でなく、ただの時間旅行者っぽい。
死期を悟り自分の時代に戻って天寿を全うした?けど長寿かもしれない。

ドラキュラはドラゴンの子と言う意味で
別にドラキュラ=吸血鬼と言う意味ではない。
吸血鬼のモデルのお父さんがドラゴンって呼ばれてたんだと
教育テレビの番組で聞いた覚えがある。

439 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 10:14:59 ID:Kehcucu80
>>438
「カウボーイビバップ」の世界のように、いろんな惑星・衛星がテラフォーミングされたら
そこに住む人類がどうなるか楽しみだな。重力の微妙な違いがどう影響するのか?
「プラネテス」の月生まれの少女は成長は早かったようだけど、寿命はどうなんだろう?

萩尾望都の漫画「スター・レッド」だと、火星は流刑地になってるんだが、地球で戦争が
起きてほったらかしに。何世代かたつうちに、色素が失われ、超能力を持つようになり…。
…寿命はのびてないみたいだけど。

月は地球上の生物に大変な影響を与えてるが、他の惑星の衛星もそういう力を持つのかな?

440 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 19:04:27 ID:Kehcucu80
連投ごめん。地球内部にすんでる不死の人類のお話を、大昔読んだ。
タイトルも著者も思い出せなくて。すごく有名な人の作品だと思うんだが…。
誰か知ってる?

441 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 01:06:56 ID:PWBbcpjA0
>>439
冥王星が惑星じゃなくなった…。淋しい。テラフォーミングは絶対無理だから
関係ないけど。でもメーテルの生身の身体がある星なのに…。

機械の身体になるのって、寿命はどうなってたのかな?メーテルいくつだっけ?
不老不死が実現するなら、喜んで機械化星行くが。

442 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 01:15:09 ID:ET3vK+kvO
人間が不老不死になってさ
もしバズーカとかで体がバラバラになったらどうなんだろ
漫画みたいに勝手に肉片が集まるとは思えないし
ありえない話だけどなぜか気になるんだな

443 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 01:41:42 ID:PWBbcpjA0
>>442
バラバラになっても意識があって苦しむのはつらすぎるんで、首ちょんぎりや
心臓・脳の破壊の時点で死ねる程度であってほしいな。

444 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 03:52:36 ID:72NBIWlNO
444

445 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 04:16:39 ID:seFWitgv0
カイパーベルトには確か冥王星より直径の大きな天体があるんだったよね
それなら確かに特別扱いするのはおかしいとも言えるが、
ガキの頃から慣れ親しんだ惑星の序列が変わるのは何かさびしい

446 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 00:22:06 ID:89JVEumP0
浦島太郎も、玉手箱開けなきゃ不老不死?乙姫さまと永遠に竜宮城で
面白おかしく暮せたのか?まあ、こういう話は西洋の妖精伝説にもよくあるが。
…不死になるというより「時間の流れの違う世界」に行ったという事かな。

447 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 00:06:09 ID:mvbbrG4a0
>>446
玉手箱の中には、浦島太郎が竜宮城で過ごした期間分の地上で流れていた時間が入っていて、それを開けたから一気に歳をとったって説があるしね
個人的には竜宮城は時が進むのが非常に遅いって解釈してる

448 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 00:22:09 ID:ANFOtKIN0
>>447
乙姫様性格悪い…。なんでそんなもん持たせる?故郷を懐かしんだ浦島太郎に
むかついたのか?しかも「おじいさん」になるところが意地悪。
まあいきなり白骨化したら、おとぎ話じゃなくなるけど。

「ウラシマ効果による不死」ってのもあるな。でも、主観的な時間は変わらないから
あんまりお得じゃない気がする。未来にタイムスリップするようなものか。

449 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 12:42:01 ID:ctkQhZWEO
ザ・ワールド

450 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 17:41:16 ID:nPKQ0JVe0
オリジナルではおじいさんになったりしないよ。

451 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 18:05:41 ID:x/2McCLM0
しかもオリジナルではイケメン&ヤリチンだそうじゃないか。


452 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 19:23:17 ID:I9f/qQXw0
そういえば桃太郎のオリジナルでは
おじいさんとおばあさんは流れてきた桃を食って若返ったんだったね。
で、ハッスルして出来た子が桃太郎だったな。

453 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 00:11:22 ID:Cct/qGC70
浦島、蓬莱のお姫さまと陰陽和合(房中術?)しまくりで、ふたりで鶴と亀になったんだっけ?
このスレ向きのお話だ。桃太郎は恥かきっ子だったのか。桃は神秘の果物だし…。
他の太郎もそういう不老不死要素あるのかな?



454 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 20:31:19 ID:aaHXUozT0
金太郎には無さそうな予感。

455 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 00:44:03 ID:/BY9odRz0
金太郎は鬼退治だっけ?なんでまさかりかついで熊にのるのか知らんが。
三年寝太郎、ちから太郎、竜の子太郎、ものぐさ太郎…あとなんかあったか?

不死っぽい話といえば八百比丘尼とかぐや姫とか?養老の滝はちと違うし。
まんが日本昔話に、神とも妖怪ともつかないようなやつらがよく出てたけど
山姫さまとか天狗とか山姥とか。もろ妖怪の雪女や河童なんかは不死?

456 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 01:12:02 ID:f23VlFt50
不死じゃないけど中国の伝説で普通の人間が龍王の娘と結婚して
一万年の寿命を手に入れる話があったな。

科挙に落第して故郷に帰る男が、夫とその家族(コイツらも龍)に虐待されてる美しい女に会い
彼女を助けるために故郷近くの湖に住む龍王(その哀れな女の父)に彼女の手紙を届ける。
すると怒った龍王の弟が龍の姿になって飛んでいって夫とその家族をぶち殺す。
その弟から「彼女を嫁にせぬか?」と迫られるが「告げ口して奪ったような形になるから」と断る。
しかし内心では彼女が気になった男は、地上に帰ってから彼女を忘れようと二度結婚するがその都度
奥さんに死なれる。そして三度目の妻を迎えるが、その女性はかの龍王の娘とそっくりだった。実は彼女が
手を尽くして人間の中にわざわざ入り込み結婚したのだった。彼は龍と同じ一万年の寿命を手に入れ、
40年後妻とともに湖へ帰り龍王の地位を受け継ぐ。その湖が中国第二位に広さを持つ洞庭湖であり、
その男は「洞庭神君」と呼ばれる神として祭られ、今でも信仰の対象となっている。

・・・、ただし他の水怪たちからその優しげな風貌をバカにされたため、畏怖と威厳を保つため常に恐ろしげな
仮面を着けているという。婿入りすると苦労するのはどこでも同じらしいw

457 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 01:24:08 ID:/BY9odRz0
中国には日本よりもっとパワフルでわけわからん、神とも妖怪ともつかないのがいっぱい。
それどころか、人間にもそういうの大勢いるし。
…奇形スレいくと、中国の画像が多いんだが、なにか関係あるんだろうか?


458 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 03:06:18 ID:o3i+43GJO
>>455
垢から産まれたアカ太郎

459 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 09:13:54 ID:6I3ER80E0
>>457
中国には七色の川が流れているからな

ttp://blog.livedoor.jp/safe_food_of_asia/archives/50010839.html
ttp://news.kinomama.jp/story/2006/08/post_239.html

あとは人口が多すぎて相対的に奇形人口も多いか。
廃棄物に耐えうる新人類くらい誕生しててもおかしくないかもな。

ttp://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/07/20/20060720000044.html

しかし楽観はできない。
後生だから海を汚すのはやめてくれorz

460 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 13:04:11 ID:lp6mnTSk0
日本でも八百比丘尼とかあんまり幸せそうじゃないよね。
やっぱ花は散るから美しい。君は薔薇より美しい。か・・・

461 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 21:44:35 ID:nMJ8L1lq0
薔薇は薔薇は〜美しく散る〜

462 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 21:46:44 ID:/BY9odRz0
布施明に「ベルサイユのばら」か。ここは平均年齢高そうw

463 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 00:23:18 ID:2OqVL8f50
中国にロマンを求めていたが、しんどいことになってるようだな。仙境は何処に・・・?
とりあえずアーサー王伝説やニーベルンゲンの歌とか、西洋に逃げるか。
アーサーはどこかの洞窟に寝てるはずだから不死のはず。ジークフリートは・・・
あれは「不死身」?年はとるのかな?背中さえさされなきゃ何百年でも不死なのか?


464 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 00:44:59 ID:hX2wIwWP0
漫画だけど「妖女伝説」の中の「砂漠の女王」は不死についての
考え方がとても興味深かった。

465 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 01:16:40 ID:2OqVL8f50
バァの秘法だっけ?シバの女王でハトシェプストでネフェルティティだった人の話も
読んでみたい。吸血鬼ネタやかぐや姫・八百比丘尼ネタもあったな。

466 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 04:18:07 ID:8/FAbS6g0
>>462
諸星と星野が我が青春の双璧

467 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 08:35:07 ID:4eX4kmqG0
>>459
先進国では深刻な奇形の場合、家族や医療関係者以外目に触れないようにしたりするから、
あまりお目にかかれないだけ。後出産直後の奇形児は生まれてまもなく死ぬか、死産が多い。

性器の異常(半陰陽とか)で外観から男女の区別の付かない子供は、世界中どこでもたまに
生まれるけど、日本の法律では両親に無断で手術して性別をどっちかに変えてしまえるんだった
ような気がする。DNAで判断して欲しい所だが、DNA鑑定って時間と金がかかるからやらないだけ。

そもそも人間の脳内での性自認(自分が男か女か)は本来ならある程度成長した子供自身に
聞いてみない事には分からないんだけども。そこらへんテキトーに手術されて、
成長後に心と体の性別が合わなくて苦しんでる半陰陽の人たちの団体とかもある。

468 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 18:24:28 ID:Q85XIqJ00
>>465
それそれ!
読んでいたらこんなのが現実だと面白いとワクワクしました。

>>466
諸星漫画は読んだことない。オススメ教えておくれ。出来ればこういう歴史の謎系がいい。

469 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 19:10:23 ID:2OqVL8f50
>>466じゃないけどすすめてみたい。歴史ものなら「孔子暗黒伝」あたりからかな?
http://www.amazon.co.jp/%5b54%5b50%6697%9ed2%4f1d/dp/4420137010/sr=1-2/qid=1156931876/ref=sr_1_2/250-3259245-6193845?ie=UTF8&s=books
「西遊妖猿伝」は長いから漫画喫茶か。あと妖怪ハンター稗田先生のシリーズ。諸星作品不死ネタがなんだか多い。

470 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 01:06:14 ID:wWfrPf0O0
>>469
「暗黒神話」から入るのが順序かも。

471 :466:2006/08/31(木) 08:31:48 ID:B6oW/ygs0
ここの住人は、いきなり暗黒薦めますか!
入り口は妖怪ハンターあたりが無難だと思う
暗黒はカナーリ難解
特に孔子の方は論語を傍らに置く事をお勧めする
俺、初読が小学生で「何このクソ漫画?」状態だたよ
しばらく俺の諸星の評価は「諸星?ああ、あのクソ漫画描いてた奴ね」だった
大体、んなもん少年ジャンpに載せんなや!
お勧めは
   ハンター
     ↓
コンプレックスシティーw(単に好きなだけだが
      ↓
     暗黒
かな
諸星は歴史つーより民間伝承、伝奇だな

472 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 11:08:55 ID:Gnoo6QpC0
妻子や友達、自分の大切な連中がどんどん逝ってしまうのは寂しいだろうな

473 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 21:33:36 ID:zQPqMSLe0
ちょっと亀レスだけど>>187
おろちって八百比丘尼がモデルなんだろうね
比丘尼のように定期的に内臓を清水で洗ったりとかしないけど
周期がきたら眠らないとだめっていう話だし

梅図では一番好きだ
あれの続き描いてくれんかなあ




474 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 01:01:12 ID:ApQ/THTM0
>>471
ではぐっとくだけて「栞と紙魚子」シリーズなんかは?

http://momiji.sakura.ne.jp/~werdna/moroboshi/
「諸星大二郎の世界」貼っときます。中国ものは「諸怪志異」シリーズ
「無面目・太公望伝」「徐福伝説」かな。
諸星自選短編集「彼方から」「汝、神になれ鬼になれ」から入るのもいい。

>>473
内臓を清水で洗う?…そんなことしてたのか八百比丘尼。ぜひ詳細を!
故ダイアナ妃もやってた腸内洗浄みたいなもの?

475 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 02:50:42 ID:E+Y8a0gf0
八百比丘尼といったら山岸涼子もネタにしてるね。
あっちは不死の理由は人魚を食べるではなくて
人魚と言われた宇宙人が人を食べるという話だった。


476 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 21:41:08 ID:NCxFZqqm0
>>474
ああすまん
杉浦日向子の百物語だったから実際の話じゃないっぽい
自分で腹切って腸を取り出してじゃぶじゃぶ洗う
たまに洗わないと腸が腐るからだと


477 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 00:34:52 ID:+TRxDCVV0
>>475
人の精気を吸って分裂して増えるやつだっけ?読み終わったあと疑問が残った。
どうせ人さらうんなら、発展途上国とか行った方が楽なんじゃないか?とか
美人になってるのに、なんで女が獲物なのか?(女だけの種族っぽいから?)
プレデターみたいに「狩り」を楽しんでるのかも。

>>476
何か元ネタがありそうな気も…。入手できるうちに読んどいた方がいいかな?

478 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 00:46:20 ID:21R3OFs/0
【細胞が分裂の永続性を獲得している状態、つまり形而上学的な不死ではなく
生物学的な不死】

通常DNAの複製はDNAプライマーによるテロメアの複製後除去によって完全
ではない形での複製を強いられるが、テロメアを分裂時に補完する形、つまり
テロメラーゼ再活性化を行う状態に戻すことによって可能となる。

しかし、同時にアポトーシス活性化による自滅も回避しなければならなくなり
心理的なストレスからの開放が必要となる。すなわち「仮の死」である不死化
ウィルスに感染しDNAおよびRNAが書き換えられるまでの間、細胞自体の不
活性化はともすれば感染者を死と捉えられかねない状態にする。火葬する地
域では直ちに火葬されてしまうためDNA変換前に灰になってしまうが、土葬
される場合や体が放置された場合は変態が完了する場合もある。

この仮死後、細胞がん化が促進される事になるが仮死を通じて細胞の必要と
する栄養分は変態前より大幅に減ることになる。細胞活動のエネルギーはミ
トコンドリア細胞に変態前よりも蓄積される。またがん化によるDNAの変異は
あるが治癒力(もはや毒とってもいい白血球)によって即座に削除される。

脳内不死学 第一章

479 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 03:14:42 ID:AttS6CsxO
不死になりたい人は一億円位でしてあげますよ。
しかし自分では死ねなくなる状態になる様ですが…

480 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 04:17:09 ID:yNktbqtX0
>>479
まあ、そんなレスで一億払う人がいないと見込んでの発言だろうが
実際、君が一億円もらったとしてそれを実行することはないだろう。
できないだろう。

481 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 08:28:21 ID:+TRxDCVV0
>>479
一億円なら、気合入れて風呂で長年稼げばギリギリなんとかなるかな?
…でも若返りナシで、年増ババアのまま死ねないとしたらキツイ。
男性は臓器売って、マグロ漁船に乗って…。なんとも微妙な金額設定。
手が届きそうで届かない…。

482 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 08:49:52 ID:Z4AaTFxH0
【宗教/オカルト】ブードゥー教信仰の男(23)がゾンビパウダー服用し重体・・・埼玉【ゾンビ願望】
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/cafe50/1102295260/

483 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 18:01:45 ID:AttS6CsxO
不死関係でおもしろいオススメ小説ないかな?

484 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 18:04:06 ID:DJZSTeEy0
ボルヘス「不死の人」とか

485 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 18:07:20 ID:AttS6CsxO
ありがとう。
さがしてみる
他にはなにかある?

486 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 19:25:03 ID:+TRxDCVV0
前に出てたかもしれないが「百万年の船」長いけど面白い。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150110395

>>57 >>63 も面白かった。

487 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 02:05:35 ID:H/VZOSdsO
479番目に書き込んだものです。
私は人を半永久的不死状態にできますよ。
(私というより私たちですが…)
冷凍保存って訳でもないですが
詳しくは書けませんが
(詳しい事を書けば成りたくなくなるとおもいます。)


488 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 02:10:11 ID:H/VZOSdsO
スレ汚しとは思いますが
詳しく知りたいかたはレスして下さい。


489 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 02:14:44 ID:wZErjeIQO
くわしく

490 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 02:19:09 ID:hqdfbS/q0
kwsk

491 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 02:20:07 ID:BNNBOM58O
とりあえず確実に出来るという証拠を出してもらおうか

492 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 02:21:29 ID:PhrjLBl80
漫画の悪魔の花嫁でそんなエピソードを見たような。
タカピーな女が不老不死にしてみろとデーモンにすごんで、
時計台の人形にされる話。

493 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 03:27:01 ID:pifWafsd0
>>492
同じく悪魔の花嫁の話で、にぎった砂粒の数ほどの長寿を願ってかなうが
永遠の若さを頼み損ねてミイラ状態で行き続けるってのもあった。
そういうイヤな条件コミかな?1億円の不死は。

494 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 07:01:04 ID:eBB4/7Pa0
というか、すでに君は不死なのか?

495 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 14:36:19 ID:H/VZOSdsO
いえいえ、私は当然いつかは死にます。
さて、私の団体は生物学、医学を研究していまして
たまたま不死状態化ということに成功しました。(その時は鼠でまだ不完全でした)
私は更に先に進みたいと思い人で試したくなりました。
ですがこの方法は法律で(恐らくほぼ全ての国での)人には禁止されている。
私はそこまで無法者ではないので違法行為はしたくありません。
ですがA国で法律の抜け穴を見つけましてね。
今回は反応が見てみたくて書き込みました、それに恐らくここには本気でこの不死状態になりたい人はいないでしょう。
しかしこの研究は必ず将来使われる様になると思っています。
億単位を払ってまでね、本来全然一億では足りないのですが


496 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 14:49:24 ID:H/VZOSdsO
不死状態というより機械化の様な形でも生きて居たい人がいるのか、
確かめて見たくて2ちゃんねるという媒体を使って皆さんの意見を参考にしようと思いまして。
(すこし私の自己満足もあるのかもしれませんね)
(もしここで不死化を希望する人がいても私はそれを叶えないと思います。)
詰まりはこの研究の需要を更に伸ばせないかと思い賢人な皆さんの意見を聞きたい訳です。

497 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 14:52:36 ID:H/VZOSdsO
はっきりいって証拠はここでは証明できません。
信じるかは人ソレゾレです。


498 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 14:55:39 ID:H/VZOSdsO
最初わざと挑発する様に 書き込んで煽った様になってしまい
申し訳ありません。

499 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 14:59:00 ID:xqmpDHzE0
>私の団体は生物学、医学を研究していまして

ということは少なくとも文章で他人に理解させる能力は求められるわけだ。
だがそれが片鱗も感じられないのはどういうわけだ?
全ては語れない、とでも言うのだろうがそれにしても酷すぎる。

結論。>>495-498はチラ裏以外の何者でも無い

500 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 15:01:02 ID:H/VZOSdsO
本来この情報は極秘なのですが
こんな場でこんな情報を信じる人などいないでしょう
遊び感覚でいいですので意見を頂きたいです

501 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 15:08:27 ID:xqmpDHzE0
>>499
自レスながらめちゃめちゃ必死に見えるw

つまり言いたかったのは、もうちょっと良質の釣りか妄想だったら面白かったのに、読んだ時間以上に非常に損をした気分だ、ってこと。

502 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 15:19:08 ID:H/VZOSdsO
得なんてしないし面白くないかもですが。
哀れな狼少年に付き合って頂ける人がいたならばよろしくお願いします

503 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 15:39:29 ID:9wJUwhoj0
機械化
kwsk!

このスレに鉄郎な方はいませんか〜

504 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 15:49:24 ID:L7HkRAsyO
ちと気になる機械化・・・不死は嫌だけど、やってみたい気もする

505 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 15:56:06 ID:H/VZOSdsO
機械の力で脳だけ生きているという状態です。
とっても偉い人やとっても頭のいい人はそれでも生きていたいと思うとおもいませんか?
しかし残念なのはただ生きているというだけなのです。
将来、考え等を伝えられる様になればいいのですが

506 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 15:56:43 ID:i23Aaenz0
【生物学的な不死と精神の不死】

肉体面において生物学上の不死を得られたとしても精神面ではどうだろうか
人間は高度に発達したニューロンネットワークを大脳新皮質に持ち、高度な
精神活動を支えている。しかし、それらのキャパシティは平均的な人間の人
生に合わせてフォーマットされており、最大でも約120年程が限界である。

遺伝子上の制約を回避できたとしてもこの第二の制約を回避できなければ
真に不死とは言えない。増え続ける経験の蓄積と精神活動によるニューロン
の再構成。無論、精神面での活動を破棄し、単細胞物レベルまで押し下げ
てしまえば実に簡単に不死を得られるのだが、それは望ましい形での「不死」
ではない。

スクワイアの記憶分類によれば記憶は感覚記憶、短期記憶、長期記憶の3つ
に大きく分類される。不死化で問題になるのは長期間保持される記憶、つまり
長期記憶である。不死化によって顕著になるのは減衰説は間違いだと思い知
らされる問題である。確かに部分的には忘却(ニューロンネットの放棄)は起こ
るが全体的な記憶そのものは依然として残り続ける。

これによって不死化した者はほぼ間違いなく記憶障害を引き起こす。症状とし
てはパーキンソン症候群に酷似している。しかしドーパミン等が不足している
わけではなく、原因は記憶障害にあり対策としては科学的に忘却を引き起こ
す事が特に有効となる。つまり、麻薬物質や麻薬様物質によってニューロン
の活動そのものを鈍化させる強引な方法である。

脳内不死学 第二章

507 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 15:57:52 ID:mjciVnqs0
オカ板に書き込んでる時点でネタ以外の何物でも無いな。

508 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 15:59:02 ID:H/VZOSdsO
そうですね。


509 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 15:59:17 ID:H6aEcimH0
三国志の登場人物なんかいろいろと脚色加えられてるが
1800年たってもその人となりが広く伝えられてるんだから
これはある意味で不死を体現していると言えなくもない

510 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 17:00:16 ID:pifWafsd0
>>509
何千年も語られる人って英雄、いわゆる大量殺人した人が多い。
殺した人の寿命分生きられるのかな?

511 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 17:16:10 ID:xehtF2Fx0
機械化
そういう状態か!
外界とのフィードバックがあってこその生じゃないか
最早、生きてるのか死んでるのかも定義が難しいや
その脳は眠るのだろうか。
狂うのだろうか。
人知れず、解ける事のない永遠の孤独を彷徨うのだろうか
ねぇ、メーテル

512 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 17:25:47 ID:T99DzAE50
>>509
そう考えると、芸術家も不死と言えるかも。
作品が残っていて未だに人々に影響を与えてるわけだし。
ただ何千年単位って人はちょっと思いつかないけど。

513 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 20:14:11 ID:O2fZ4Stx0
>>505
それなんて「魍魎の匣」?
まあ、脳細胞は分裂しないからテロメアの問題はクリアされそうだが,
脳自体加齢萎縮するからなあ。人工心肺と人工透析器に繋がれて
ブドウ糖で純粋思考の世界を生きながらボケていきそうだ。

514 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 20:34:21 ID:AKcM4Uaq0
不死といえば火の鳥もそういうテーマだといっていいのかな?

515 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 17:56:40 ID:ygwk1XPf0
>>512
文豪なんかもそうだろうな。手塚治虫で思い出した。都市伝説の
「ウォルト・ディズニーは冷凍保存されてシンデレラ城の下で眠ってる」
ってやつも、ある種の英雄崇拝みたいなもんかな?
「イギリスの危機に目を覚ますアーサー王」伝説のアメリカ版か。
…目を覚まして何すんだか謎だが。最近のディズニーアニメみたら泣くだろうなあ…。


516 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 01:22:54 ID:0N4KpwOh0
脳みそだけで不死、死にかけてる金持ちとかに持ちかければいいのに。
研究すすんだら身体つけますよ、とか、偽の知覚を送って天国状態にしますよ!
とか言えば「死ぬよりマシ」としがみつくだろう。冷凍睡眠とどっちがマシかね?

517 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 01:26:40 ID:oi3W/qW90
>>516
>偽の知覚を送って天国状態にしますよ!
もうそんな状態が「生きてる」と言えるかどうかわからんな

518 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 08:58:37 ID:3eONqn8x0
そうね 鉄郎
>>515
おいおい
忘れるなよw
真っ先にでてきそうだが
ブッダとかジーザスとかマホメとか〜



519 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 19:00:11 ID:oi3W/qW90
その辺は人じゃなくて神様だから不死人とはまた違うかも

520 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 19:17:45 ID:9SLjvPxB0
もともと人間だけどな

521 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 20:27:29 ID:0N4KpwOh0
死ぬ神様もいるし

522 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 00:21:46 ID:dC+V8KwX0
キリスト教の聖人とか、転生する生き神様とか、元人間だけど祀られちゃった人とか…。
そのあたりはどうか?
>>518
ザラスシュトラも仲間に入れてやって。

523 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 11:48:11 ID:vj+9lO1O0
ダークマンは?違う?

524 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 19:22:58 ID:FohJLpHx0
【神は不死だろうか?】

ドイツの哲学者フリードリヒ・ニーチェは神は死んだ。神は死んだままだ。そしてわれわれが神を殺したのだ。
と言った。これはキリスト教という観点での話ではあるが神という概念にも死が訪れるという事だろうか?

結論から言えば地球上全ての神はそれを崇拝する者、それを知る者が居なくなった時点で消滅する。これは
逆説的ではあるが神は元々存在しておらず、また生死などという擬似的な形容も当てはまらないという事であ
るだろう。つまり神という概念そのものは人間という精神活動体なくしては成り立たない脆弱なものにしか過ぎ
ず、それ単体では発生も維持もそしてその死すらもあり得ないという事である。

では人類以外の神はどうであろうか?単細胞生物の神は? 植物の神は? 真菌生物の神は? それらもまた存在
しないであろう。なぜならば、それを認識する側の意識無くしては成立しないからである。存在するというならば
完全な無という場所(次元すら無い)に神という概念/存在が発生するか考えてみればいいだろう。デジタル的な
概念ですら0は0であり0から1は発生しない。1はただそこにあるものである。

真の神は誰かに崇拝されたり、認識されなくても単独で存在し、また他者に認識されなくても存在を維持できる
と思われる。量子物理学的に言えばプランク定数が整数の存在であろと言えよう。(ただし正負は観察者によるが)

525 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 00:49:24 ID:gZ5F9nn50
>>523
あれ不死だったっけ?光がダメな皮膚しか覚えてない…。
X-Menとかワンダーウーマンとかスーパーマンとかスパイダーマンとか
その手の人たちもおおむね不死か長寿?

526 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 01:42:34 ID:uh1b0oPgO
三日前に喰わされたのは人魚だったのかー

527 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 05:18:52 ID:8+Qef/EZ0

   故に神は孤独なのである

528 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 08:34:48 ID:8UqgQeoGO
>524
まるで真・女神転生2のラストみたいだな

529 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 00:49:30 ID:08os9w7x0
http://enkan.fc2web.com/minwa/urasima/column.html
浦島太郎のあれこれ

ほんと、このスレにぴったりな話だったんだな。知らんかった。

530 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 08:02:32 ID:oMNCZHSw0
タイムパトロールぼんでやってたよ。

531 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 11:24:05 ID:rdbhuylN0
>>525
とりあえずワンダーウーマンは何百年も生きてなかったっけ?
スーパーマン、成長の時間は地球人と変わらなかったけど
おじいちゃんになるのも同じ?ボケて馬鹿力で暴れられたら
かなわんな。クリプトナイトしまっとかなきゃ。

あれ?スーパーマンって一度死んだんだっけ?

532 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 23:22:38 ID:33z65q7x0
>>526
「なりそこない」にならなくてよかったね。

533 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 00:55:00 ID:z34I9Sct0
>>531
亀・蓬莱・仙人・時じくの香の木の実…。不死キーワードだらけだな。
「竹取物語」「つる 鶴」みたいに実写映画化したらいいのに。

534 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 09:00:23 ID:gVr6QKeVO
>>526様は完璧じゃ・・・命を賭けてお守り致しますぞ・・・(食べるために)

535 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 17:22:00 ID:V6GVYLj80
日本人の年間自殺者は3万を超える。
つまり人間の精神力じゃ100年持てば
いいとこだろう、痴呆にもならずに明瞭な頭脳を保ったまま
数百年を生き続けるのは無理。

536 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 17:46:50 ID:z34I9Sct0
人の世の悩みから解放されて、特別な力を持った存在になれるんなら
100年200年はあっという間かも。それこそ浦島みたいに。

537 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 19:28:40 ID:b9j9i3czO
ただ不死なだけじゃなく、不老不死じゃなきゃ意味ないわな

538 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 20:49:37 ID:aQEBGaoU0
>>535
たとえ20代の頭脳を保てても
脆弱な精神のままじゃぁな
不死性を獲得した所で、やっぱりなんだかな〜の世界が続くんだろな

539 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 23:00:05 ID:XzJY2SGP0
貞子が最終的につくる世界って理想郷だよね
みんな全く同じ人間でしかも美しい
自己繁殖するから恋愛の苦悩もない
これも不死のひとつなんじゃないかな

540 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 00:47:04 ID:/bJVQFR40
>>539
皆同じ顔だと、美人もブスも無いどころか美の概念そのものが無くなる?
でも社会のシステムはそのまんまだと楽しそう。出前持ち貞子、幼稚園児貞子
アイドル貞子、コンビニの前にたむろする貞子、天才外科医貞子…。

541 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 00:57:37 ID:RK1iuqKk0
人類補完計画も
不老不死願望?

諸星大二郎のデビュー作も
みんなで世界を共用し合って
解け合っていたねえ

542 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 01:51:46 ID:/bJVQFR40
エヴァは諸星作品に影響されまくり。

543 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 02:10:43 ID:6dbmo6x5O
かゆ うま

544 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 18:31:35 ID:mEOa5X4M0
単一な世界に未来は無い

545 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 01:26:19 ID:NOwXLPpK0
>>543
不老不死でもゾンビはいやだな。頭悪くなるし。完全に腐ったら死ぬのか?
即死後すぐゾンビ化するのならまだいいけど。
バイオハザードみたいに自覚しながらじわじわパーになるのはちょっとなあ。

546 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 01:52:21 ID:gVamaYubO
完全に腐ったらスケルトンになるんじゃないか?
てか、ゾンビ化する時点で不死じゃないよな、死んでるんだから。

547 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 01:55:00 ID:9xWlxj7v0
死の定義によるだろ。

548 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 02:15:18 ID:NOwXLPpK0
「生ける屍」う〜ん。超自然的な魔物か、ヴードゥー教の奴隷状態人間か。
なにやらうさんくさい科学の力で作られた生体兵器か…。
超新星の爆発の影響というのもあったな。よくわからんが。

あ「ユニバーサルソルジャー」もゾンビ?
頭も普通だし、あれくらい強くてかっこよかったら、なってもいいかも。
でも寿命が微妙か…。


549 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 14:49:41 ID:h36n2E1l0
>>515
著作権の危機に蘇る男
その名をウォルト・D!!
って書くとカッコヨス

550 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 15:24:29 ID:NOwXLPpK0
>>549
きっともう何度も蘇ってるな。ライオンキングにアトランティス…。
中国のディズニーランドも苦しそうだし、うかうか死んでられない。

551 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 08:05:14 ID:DYaITk0a0
>>548
一日に何度もまっぱだかになって氷につからなきゃならないんじゃ・・・。
不老不死だとしてもかなりメンドくさい。あ、寒いところに住めばいいのかな?
アラスカとかシベリアとか。まるで雪女・・・。

552 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 18:37:00 ID:Zl9QfWa00
>>540
ディックの『この卑しき地上に』みたいだな

553 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 22:30:26 ID:4fVBkRYV0
「2001年」みたいに、人間の意識を機械に移すのを実現した文明が
この宇宙にあるんだろうか?
最後には機械さえ必要なくなったという設定だけど。

554 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 03:59:22 ID:YkJqAh9V0
さて

555 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 04:00:08 ID:YkJqAh9V0
555

556 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 07:00:59 ID:uqrmKli30
>>553
生命体の定義次第

557 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 19:58:55 ID:W8lMPgAO0
下がりすぎ
ageます

558 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 20:08:05 ID:RDG+mR+rO
まんこ

559 :五位鷺 ◆Emjcf.lfLU :2006/09/18(月) 20:08:49 ID:8yjNFXmKO
普通に不死なんて勘弁してほしい
ぶっちゃけ不死よりも早く死にたいと思っている人間の方が多い気がする

560 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 23:20:32 ID:BBSiUz0z0
曽祢まさこの漫画「呪いのシリーズ」。主役カイは人間の10年の寿命とひきかえに
憎い相手を呪殺してくれるんだけど、太古より存在する不死(ほぼ)の一族の出身。

ほんとにこういう人いたら、自殺より呪殺を選んでスッキリできそうだし、寿命も
有効活用してもらえる。無駄が無くていいなあと思う。臓器移植提供カードも
持てば、さらに無駄無し。


561 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 05:03:57 ID:Lu19BfXA0
脳に偽の知覚情報を送って、思い通りの幸せな人生を体感…ていう
パターンのお話多いけど、ロクなことにならないオチばかりなのは何故?
脳にとっては本物の体験と同じなんだから、私はぜひやってみたいけど。
でも、今の現実のしがらみもあるから、老後ねたきりになってからかな?
介護の問題もこれで解決。

562 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 11:47:13 ID:ZhJzaEeS0
物語にならないから。

563 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 03:10:33 ID:be6vI9Lj0
>>561
点滴に睡眠導入剤を入れられるのが落ち

564 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 03:36:14 ID:P5aTVOWJ0
機械の身体や仮想現実や脳の老化防止で、不死も転生輪廻も手に入れる事ができると。
問題は「魂」の有無か。魂があるとしたら、どうやって移植したものか?







565 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 06:40:20 ID:be6vI9Lj0
オリジナルの体験やその時の選択肢にもよるからダビング元の記憶を
フルに再現は難しいと思うが。電気信号的な擬似再生オンリーなら可
能ではあるだろうが、それでは生命活動とは言えないだろう

566 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 22:29:52 ID:LLxfVclD0
>>564
そりゃあおめぇ
抱き合って神社の階段転がり落ちればいいんじゃね?

567 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 22:35:59 ID:LLxfVclD0
よく聞く話だが
「コンピューターに記憶をコピーした」
って話は実際今生きてる自分は死を味わうんだよな…

自分がいなくなった後のことはどうしようなんて不安はないだろうけど。

脳の挿げ替え、移植が話としては結構メジャーだけど、
脳の処理を賄える人口物ができたとして
少しずつ脳と置き換えていったら
その人の意識はどうなるんだろうかとかとても気になる。
マッドサイエンティスト風味になってしまうな。

568 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 03:55:07 ID:zaR0FIjY0
>>566
わざわざ尾道まで行かないとダメか?近所のお寺じゃご利益無さそう…。
>>567
周りから見れば同じ自分なんだろうけど、自分としては意味無い行為になる。
少しづつ脳を機械に置き換えていくのはアリだと思いたい。
ロボットが自我や感情を持つようになるお話好きだし。やはり「魂」の有無が問題か…。

569 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 21:23:14 ID:gcp9vcoF0
テレビ東京に13歳の赤ちゃんでてんぞ!

570 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 21:29:17 ID:gcp9vcoF0
不死状態で進行性の難病にかかったら辛いかも…

571 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 21:51:40 ID:wYdGGWFz0
無限の住人ではないがエボラとか致命的な病原体に感染させて抗体が出来るまで
放置とか社会に役立ちそうだな

572 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 07:52:27 ID:7RCbA28v0
藤子不二雄Aの「ウルトラ・スーパー・デラックスマン」を思い出した。
不死身の身体VSウルトラ癌細胞。
不老不死になるんなら、やはり病気にならない設定じゃないと。
難病じゃなくても、花粉症やアトピーや水虫に何百年も悩むのはイヤだ。

>>569
見逃した!X51にのってた子?身長や知能の成長が止まってるんじゃなくて
本当に幼いままなのか知りたかった…。もしやネオテニー新人類?

573 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 15:46:40 ID:5wZaNbfW0
>>572
それはAではなくFだ。

574 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 18:17:13 ID:7RCbA28v0
>>573
え?それは失礼…。小池さん=Aのイメージだったから、思い込んでた。
Fだったのか…。読み直します。

>>571
医学生向けに手術の実習に使ってもらってもいいかもしれない。
早くしないと傷が閉じちゃうから、スピードも鍛えられる。優秀な外科医を育てられそう…。
かと思ったが、何しても死なない身体を相手にするのと、うかつな事したらすぐ死んじまう
普通の身体じゃ勝手が違いすぎるか。

575 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 03:34:48 ID:a2l9vqs20
とりあえず機械の身体は体重が重くなるからイヤ。
サイボーグ009て80kgくらいなかったっけか?

576 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 05:07:11 ID:GPUYJ/a00
ガリヴァー旅行記の不死人間ストラルドブラグは既出かのう?

577 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 00:18:54 ID:0MOZKByb0
>>576
前の方でちらっと出てきたけど…80歳で死人とみなされるってやつ?
小人や巨人の国の話は子供の本の定番だし、ラピュタも有名なのに
その他の立ち寄った国についてはほとんど知らないなあ…。

「不老不死」じゃなく「不死」だけで、際限なく老いていくかんじか?
ミイラになっても生きてるような…。まさに「生ける屍」状態。


578 :本当にあった怖い名無し:2006/09/28(木) 03:33:42 ID:FrxJ9lNr0
>>575
「600万ドルの男」「バイオニック・ジェミー」とかも、、もしかして・・・。
原子力で動いてるんだっけ?凄く重そう。スレ違い&懐かしネタ失敬。

579 :本当にあった怖い名無し:2006/09/29(金) 12:42:49 ID:1c+QqVHB0
懐かしいにもほどがあるな。…観てたが。
昔のは鋼鉄のボディな印象あるから確かに重そうだ。
でも最近の義肢はよくできてて、しかも軽そう。
全身の機能全てを人工化するのは、まだまだか。
完全にサイボーグ化してから死んだら、焼き場では脳だけ焼くのか?
意味無いか。お骨拾えないし…。残った身体は燃えないゴミか?

いかん、不死の話だった。
脳だけ生、身体はいくらでも取替えが効く「不死の時代」が来たら
犯罪も変わるだろうな。懲役や終身刑とかどうするんだろう?
死刑が見直される?とりあえず冷凍ってのは、問題先送りにするだけだし。

そういう社会を描いたSFで、面白いのあるんかな?教えて。長文失礼。

580 :本当にあった怖い名無し:2006/09/29(金) 12:47:19 ID:SnR8uM/p0
新約聖書の「ヨハネによる福音書」の11-12章あたりに「ラザロ」という人が出てくる。
この人はイエスの知人だったがイエスが遠出しているときに病気で死んだ。
イエスがそれを感じ取ったが遠かったので、駆けつけたときには既に埋葬されていた。
イエスはラザロの妹に「彼は終わりの日に復活するから気を落とすな」みたいな事を言って慰め
彼女もそれを受け入れたのだが、周囲の人の中には
「イエスでもラザロが死なないようにする事は出来なかったんだな」と嘲る人も居た。
イエスはこれにぶち切れてラザロの墓のところに行き、墓石を取り除くように言う。
死後4日も経ってますから臭いですよ、と止めるがイエスは私を信じろと言う。
そして墓石が取り除かれるとイエスは神に祈りを捧げてから、ラザロに「出て来なさい」と呼びかけた。
すると、なんと墓土の下からラザロが出てきた。手足から顔まで布でぐるぐる巻きにされたままだ。
イエスは「ラザロに巻かれた布を取って行かせてやりなさい」と居合わせた人々に言った。

以上が聖書に書かれている部分。その後もチラッと12章でラザロは登場する。


で、ちょっと怖い俗説。
このラザロはその後ゾンビのように正常な意識を失い
しかし不死者となっているので死ぬ事もなく、ずっとこの世を彷徨っている。

・生き返ったとき、一言もしゃべらない。イエスに対する感謝の言葉すら述べない。
顔にかかった布を自分で取り去ろうとするような描写も無い。(知性の消失を思わせる)
・その後も、ラザロはイエスの食卓に一緒に付いたとかイエスを疎むユダヤ律法主義派の人々に
命を狙われたとかちょこちょこと出番があるのだが、一言も台詞が無い。(しゃべれない?)
・ラザロはイエスとともに殺してしまおう、と律法主義者たちが決めたのに、
なぜか殺されたのはイエスのみ。ラザロも狙われたはずなのに、殺された描写が無い。
不死?(不死性を得ての復活というキリスト教の概念にも合致)
・イエスはこの時、純粋にラザロのためではなく自分を信じないものに対する証のために
この復活の奇跡を行った(間違った手順による蘇生――「フランケンシュタイン」)

581 :本当にあった怖い名無し:2006/09/29(金) 12:48:28 ID:SnR8uM/p0
日本の似たような話

西行法師が高野山の奥で修行中に人恋しさにかられた。
そのあまり、野ざらしの骨を接ぎ秘術を施し、「人」を造ろうとしてしまった。
知人にそういう術に長けた者がいて、その者が造った「人」は普通の人より優秀なぐらいだったので
西行もそれをまねて人恋しさを紛らわしてくれる「人」を造ろうとしたのだ。
しかし手順は大筋であっていたけど技量が未熟だったため失敗し
外見は怪物のようで心も無く嫌な声を出す化け物ができてしまった。
西行はこんなもんと心を通わせられるかと思ったが、
無責任な事にこの化け物を処分すらせずにそのまま高野山の奥に捨てて帰ってしまった。
死体から不完全に復活させられたその化け物は不死となったため死ぬ事も出来ず、
未だ高野山の山中奥深くのどこかで西行が戻ってくるのを待っている。

582 :本当にあった怖い名無し:2006/09/29(金) 17:24:49 ID:3THxhYAX0
これがフィギュア萌え族のはしりだな

583 :本当にあった怖い名無し:2006/09/29(金) 18:29:57 ID:1c+QqVHB0
>>580 イエスはどうなんだろう?罪背負って死ななかったら不死だったのか?
>>582 いきなり1/1か!

あとこんなスレできてました。「不老不死になりたい」
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1159353509/

584 :本当にあった怖い名無し:2006/09/29(金) 18:51:29 ID:I8ZHfQzXO
奇談のはなれの住民って不死だったよね?

585 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 01:22:57 ID:9BEp1+Sn0
>>584
諸星大二郎原作の映画ね。「妖怪ハンター」の。まだ未見。
生命の木の実を食べた一族のやつか。あれって原作の別の話に出てくる
瓜子姫の木や、生命の花と同じ木なんだろうか?


586 :本当にあった怖い名無し:2006/10/01(日) 03:18:49 ID:Yn0irj/x0
>>585
日本にも高木の神ってのがいるっちゃいるけど、世界樹とかユグドラシルとか
セフィロトとか生命の木と比べると扱いが地味。
ドラクエの「世界樹の葉で生き返る」ってのは、北欧神話にそういう話があるの?
老衰で死んでも生き返ることができるとしたら怖い。ゾンビに近くなりそうで。




587 :本当にあった怖い名無し:2006/10/01(日) 13:47:39 ID:1kgn5zWu0
高木神は高御産巣日神の別名だぞ。世界樹のようなものじゃないだろ。

588 :本当にあった怖い名無し:2006/10/01(日) 16:14:13 ID:Yn0irj/x0
よそからもコピペ。

高御産巣日の神 (タカミムスヒ)

名義は「高く神聖な生成の霊力」。
「高」は「高い」意の美称であるが、この神の別名が「高木の神」
(高い木を依代として降臨する神)と言われるように「高処から降臨する」
という特徴に基づいた命名であった。
「産巣日」の「産巣」は「苔が生す」などの「むす」で「生成する」意の自動詞。
「日」は「霊的なはたらき」を意味する語で、神名の接尾語としてよく用いられる。
以上を通して、この神名の核は「産す」にあると言えるが、一方では「日」に
核があると考えることもでき、その場合は「高く神聖な、生成して止まぬ太陽」の意となる。


確かに世界樹とは関係ないけど。他に木の神様らしい人いないし…。
妖怪ハンターでも、何故日本には聖なる木の伝説が無いのか?という
疑問からできたお話が入ってた。諏訪の御柱とか、いわゆる御神木は
関係あるのかないのか?他に生命の木を思わせる日本の伝説とか無いのかなあ。

589 :本当にあった怖い名無し:2006/10/01(日) 22:46:49 ID:Oxblsv8J0
ヨーロッパの生命の樹伝承は生贄信仰の裏返しだから
日本だと古代東北ぐらいにしか存在しないんじゃないのか?

590 :本当にあった怖い名無し:2006/10/02(月) 02:10:00 ID:JDGsj1hV0
なんか難しい事話してるね〜。不老不死ってか、若いままでいたいなら
胎盤食うのが一番だってよ?人のやつね。私ももらえるんなら食べたい。
もしかして胎児も効くのかな?

591 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 01:09:46 ID:AcBxvrsi0
胎盤か。山岸 凉子の「青青(あお)の時代」で聞こえの大王がやってたな。
姉は老婆のようなのに、若々しいままだったけど効果あるのかな?
ちなみにヒミコの時代の漫画で主役は壱与。

>>590
…まさか胎児まで食うつもりか?


592 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 20:44:26 ID:fBSYlEk/0
>>581
ずっと待ってるなんて
なんかちょっと可愛いと思ってしまったジャマイカ

593 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 23:54:17 ID:AcBxvrsi0
>>581
なんだか「フランケンシュタイン」を思わせるなあ。心は無垢で美しい…。
なんて事はないか。そばに置いときたくなかったんじゃ…。
フランケンも怪我とかしなかったら、ず〜っと生きていられたのかな?

594 :本当にあった怖い名無し:2006/10/04(水) 23:46:02 ID:F9BlSz9i0
フランケンシュタインの怪物は不死。もともと死体だし。
腐ってないゾンビみたいなものか?こんなのが増えちゃたまらんから
博士は怪物の伴侶を作る事をこばんだわけで。
吸血鬼のようにお耽美でもなく、自ら仲間も作れず、醜い姿で
永遠を生きる。知性があるので、生きるのはただ苦しみでしかない…。

と、原作は哀しいお話だけど、映画じゃなったら花嫁は出てくるは
ドラキュラと格闘するは、地底怪獣と戦うは。もう滅茶苦茶。

595 :本当にあった怖い名無し:2006/10/07(土) 21:15:38 ID:LZlY59MK0
>>581
捨てた後で魔術の師匠だか何だかに話を聞きにいくんじゃなかったっけ?
ちゃんと作れば人間と変わりなく、都で高位についているものもいるとか
いわれるってやつ。

596 :本当にあった怖い名無し:2006/10/08(日) 18:55:59 ID:clpzv6TX0
>>580
ラザロゾンビ説面白い。本当にこうだったら、イエスってかなりやな奴。
でもラザロって、その後教会の偉い人になったとか言われてるので
ゾンビ状態じゃ説教できなくて困ったろうな。

>>595
「反魂の秘術」ってやつだっけ?西行の腕がヘボだったということか。
その師匠、何者?
そういえば高橋留美子の人魚シリーズでもネタにされてたな。

「反魂の秘術」昔の本の挿絵。なんかかわいい。こんなの捨てちゃかわいそうだ。
http://www.nul.nagoya-u.ac.jp/event/tenji/2002/tokusyu/saigyo/saigyop.html

597 :本当にあった怖い名無し:2006/10/09(月) 08:13:20 ID:xhkDrSjH0
>>596
伏見前中納言師仲卿のようですね。(出典:撰集抄)
ttp://homepage3.nifty.com/osuzume/sirabe/jinzo.htm

これ高校の古典でやったんだよな…教師が伝奇趣味に走ってたせいかもしれんが。

598 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 05:52:32 ID:6/V2VeFn0
その中納言様は何者だろう?「反魂の秘術」は、お香をたいたりしてるし
仏教のワザなわけだ。高野山には一般公開されない古いワザが今も残ると
いうから、まだあるかも。忍び込んで入手してみては?空海にも会えるし。



599 :本当にあった怖い名無し:2006/10/14(土) 00:26:56 ID:JZARvjlD0
空海、高野山、水銀、丹生都比売神社、八百比丘尼。不死ネタが凝縮してるな。
民俗学板とか、神社仏閣板の人ならくわしいんだろうが。


600 :本当にあった怖い名無し:2006/10/14(土) 02:22:54 ID:u7C48uqo0
あんなもん始皇帝の不死願望と道教の奥義を聞きかじった空海が
国内に流行らせただけの事

八百比丘尼ネタは平安以前からあるネタじゃなかったか?海幸山幸伝説的な

601 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 05:49:17 ID:QDQdaQpC0
八百比丘尼はむかし話が全国にいろいろなバージョンで残ってますね。
八百比丘尼伝説に出てくる椿は常緑樹だけど、これも不死の暗示?
椿、水鏡、洞窟、人魚。いかにもいわくありげ。

八百姫さんとかいうお姫さまの伝説がモデルだとか
源平合戦の話を語りながら放浪してた、大勢の(八百)尼の集団がモデルだとか
実は中国の伝説なんだとか、いろいろあったような。

人魚伝説のほうが気になりますね。聖徳太子が人魚と会う話がありましたっけ?
「悪い事したからこんな姿になりました。この姿を人に見せて仏教の教えに
使ってください」とか人魚が言う、いかにも説教くさいお話ですけど。

人魚も八百比丘尼も、仏教説話にされる以前からあった伝説なのでしょうか?
お寺にある作り物の醜い人魚じゃなく、きれいな人魚は日本にはいないんでしょうか?

>>600
やはり空海自身不死になりたかったんでしょうか?今も「生きてる」扱いになってるし。

602 :本当にあった怖い名無し:2006/10/18(水) 02:50:13 ID:qCJDlVNc0
>お寺にある作り物の醜い人魚
ttp://www.thefeejeemermaid.com/gallery1.htm
こんなかんじか。河童や天狗、竜、鬼、狸なんかのもよくあるな。


603 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 02:04:48 ID:E7pE777v0
天狗や竜や鬼は長生きしそう。人間に簡単に捕まるまぬけな河童や
狸は、不老不死とは関係なさそう。あ、河童は薬くれるか。

604 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 03:25:34 ID:c00PtLQm0
鬼は霊魂の意味もあるから既に死んでる
天狗は別世界の住人なのでそもそも人間の寿命とは関係ない
龍は大河の暗喩だから日本で該当する河川は少ない水の流れを
悠久と見るなら確かに不死かもしれんが

605 :本当にあった怖い名無し:2006/10/22(日) 02:07:47 ID:dDj02Ham0
鬼って中国では「幽霊」なんだっけ?日本のは元人間が多いよね?
恨みが高じて、とか子供の頃から乱暴で寺にあずけられて…とか。
突然変異?血肉を喰らうようになれば、寿命ものびそうだけど。
でも強くなったその先が「地獄でおつとめ」だったりしたら情けない。

竜は日本の伝説だと、ちっこい池に住んでたりするけど。大きさ
変幻自在なんだろうか。ウロコか玉を奪い取れば何かできそう。

天狗は時間の流れが違う世界に住んでて、時々こっちへ出てくる
イメージ。何しにきてるんだろ。人間をからかいに?

606 :本当にあった怖い名無し:2006/10/22(日) 02:09:43 ID:lFDxQLUxO
決して死なないヒューウイリアームズ

607 :◆/Kiss/Zwxw :2006/10/22(日) 02:26:00 ID:wQAASN6UO
えへへ
妖怪さんの詞

608 :ギルガメシュ ◆/Zone/zB0Y :2006/10/22(日) 03:56:16 ID:wQAASN6UO

シュメール文明

七日七晩ねずに会得

故に王



609 :イシュタル ◆/Kiss/Zwxw :2006/10/22(日) 07:38:16 ID:wQAASN6UO
冥廻渉女神様(^_-)

610 :バルドル ◆/Dust/XMF2 :2006/10/22(日) 08:02:15 ID:wQAASN6UO
そうか、まだ、世界樹は、生きてるか

611 :八雲 ◆/Zone/zB0Y :2006/10/22(日) 08:07:19 ID:wQAASN6UO
ヤクイ!
またハグレちまったぞ!!!

612 :バルトフェルド ◆/Dust/XMF2 :2006/10/22(日) 08:33:44 ID:wQAASN6UO
ならば戦うしかあるまい!
どちらかが、滅びるまでな!!


613 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 00:05:43 ID:ayoZ7TiG0
あの〜、もしやサザンアイズの方達?お話、あれどう終ったの?
途中まで読んでたんだけど。気になってしかたがない。
よかったら教えて。

614 :◆/Kiss/Zwxw :2006/10/23(月) 10:06:55 ID:WpSb6aSkO

>>613

最終的に、藤井 八雲君の肉体が、惑星の大地になって、パールバティ様が、恒星の大地になったみたい(*^_^*)

……切ないよね……

永遠に結ばれない運命……。
《……私の替りなんて、いくらでも、産まれてくるから……》
『……なぁ……、
……嘘って言ってくれよ……、
……眼を開けて……くれよ……また、昔みたいに……叱ってくれよっ!!!

《知れ者が》って……。』
「あんたしかいないんだよっ!!!!!!!」

『くそったれぇっ!!!!!!』
『……畜生……』

御免

また、泣けてきちゃった。


615 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 10:15:38 ID:ayoZ7TiG0
そんな終り方だったんだ!スケールでかいし、ある意味ハッピ−エンドだけど…。
なかよくふつうの暮らしに…と思ってたのに。でも恒星の寿命が尽きたら
またひとつになれるわけで…。と、自分をなぐさめてみました。
教えてくれてありがとう。忘れちゃったからイチから読み直してみます。

616 :π ◆/Kiss/Zwxw :2006/10/23(月) 10:31:12 ID:WpSb6aSkO

ありがと(*^_^*)

でもね、いつでも、逢えるんだよ(*^_^*)

♪o(^-^o)ヤクモ、アィタカタ(o^-^)o♪
♪ヤクモ、ヤクモ、ヤクモ、ヤクモ、ヤクモ、ヤクモ、ヤクモ、ヤクモ、ヤクモ、ヤクモ、ヤクモ、ヤクモ、ヤクモ、ヤクモ、ヤクモ、ヤクモ、ヤクモ、ヤクモ、ヤクモ、ヤクモ、ヤクモ、ヤクモ、ヤクモ、ヤク……もぉ……(T_T)/~♪

617 :黒國ノ禍ツ神 ◆uZB04rOKD6 :2006/10/23(月) 11:43:55 ID:xkDhNziEO
生物って実際死ぬまで“本当に死ぬかどうか”分からんよなぁ?
『オレは…死ねるのか?』などとたまに考えてしまう事がある…

618 : ◆/Kiss/Zwxw :2006/10/23(月) 12:04:21 ID:WpSb6aSkO

>>617
心の闇に蝕まれています。
貴方の肉体は御無事でしょうか?

自然の精霊すら、病気になってしまうのですよ?

お気を確かに持って下さい。


619 :G ◆/Kiss/Zwxw :2006/10/23(月) 19:14:19 ID:WpSb6aSkO

―超獣伝説―

―ゲシュタルト―

―封印されし暗黒大陸―

>>1
よろしくね(*^_^*)


620 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 19:38:29 ID:T9RzMP6m0
不死の生物っているよな。ちっちゃい生き物だけど殺さない限り永遠に生きつづけるらしい。
確かクラゲだったような・・・・・・・・?

621 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 20:36:08 ID:CmYrvjbt0
ベニクラゲな。

622 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 21:05:59 ID:hvhUPhAp0
本日をもって貴様らはウジ虫を卒業する
本日から貴様らは海兵隊員である
兄弟の絆に結ばれる
貴様らのくたばるその日まで
どこにいようと海兵隊員は貴様らの兄弟だ
多くはベトナムへ向かう
ある者は二度と戻らない
だが肝に銘じておけ
海兵は死ぬ
死ぬために我々は存在する
だが海兵は永遠である
つまり―――貴様らも永遠である!

623 : ◆/Kiss/Zwxw :2006/10/23(月) 21:10:24 ID:WpSb6aSkO
死海門書

624 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 21:31:17 ID:JT7u/95UO
>>622
軍曹は死ななそうだw


黒塚の漫画版はあるのだが夢枕貘の原作を見たことがない俺。

625 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 21:46:02 ID:ayoZ7TiG0
まさかここにハートマン軍曹が来ようとは。

>>624
漫画版があったの知らなかった…。

626 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 21:46:07 ID:7D/7G/a1O
>>620

紅クラゲは厳密に言って不死かどうかは甚だ疑問だけどな
不老でない事は間違いない
やつらも年はとる
ただ幼生帰還して年を食い直す段階で個体として同じ存在か、それとも命を切らずに子孫へ種を繋げる種の保存方法であって
存在として次世代なのかって事だな


627 :¢ ◆/Kiss/Zwxw :2006/10/24(火) 06:59:44 ID:YQLJdohZO



628 :◆/Kiss/Zwxw :2006/10/24(火) 08:15:08 ID:YQLJdohZO
亜夜………。

すまぬ、所詮鞘は鞘……。

せめて…………。


629 :識憧 蜜柑 ◆/Kiss/Zwxw :2006/10/24(火) 08:27:31 ID:YQLJdohZO
微熱ルージュ

630 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 08:54:00 ID:NyUzuVnp0
激しく鬱陶しい流れだな 3x3は途中でつまらなくなったから見てねえけど
こんな奴だらけじゃ仕方ないな あれの不死性って肉体的な不死だけだろ
あんな幼い精神してる奴らが不死とか笑わせんなと

631 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 08:59:12 ID:+IUWiv580
>>630
その未熟さが売りなんじゃないか?
八雲が最初から仙人みたいな奴だったら誰もみねーよ。

というかなぜ不死に精神が伴う必要があるのか俺にはわからんのだが?
オマイの望む不死はそんなんじゃねぇってこと?

632 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 13:10:38 ID:NyUzuVnp0
肉体だけ不死になったとしてもそれを受け入れられるだけの精神を
持ってなきゃ 早々精神崩壊してキチガイになるか他者を攻撃する
存在に落ちるだけだっての

633 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 15:01:00 ID:BlJ15gQW0
不死でもないくせに、なんでわかるんだ?w

634 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 15:43:33 ID:n2GM8IrW0
お話みると、いろんなタイプが極端に出てくるけどね。

@おとなにならなくていいから、中もこどものまんまのピーターパン型
A人の歴史をじっと見守ったりして、年月を経て「仙人」状態になってるタイプ
B不老不死を楽しんでるうちに、うかうか400年くらいたってしまった能天気タイプ。
C復讐だとか探索だとか何か使命があって、えんえんそれを追い続けるまじめ型。


635 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 17:49:11 ID:LMJrJZfg0
3x3EYESのパイちゃんは(1)と(2)の中間か?

636 : ◆/Kiss/Zwxw :2006/10/24(火) 20:20:07 ID:YQLJdohZO
パールバティ様は不死身じゃない気がします。

だから不死身の奴隷を遣ってるわけで……。

まぁ、あの方たちは《精気》を吸い取って生きていますから……。

でも、毎回死ぬほど痛い想いをする不死人って、拷問受けてるようなものですよね?

いくら、再生できるからって……。
『あんた人の事なんだとおもってんだ( ̄□ ̄;)!!
同じ目に合わせてやろうかっ( ̄□ ̄;)!!』

って気にもなりますよぉ(T_T)



637 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 22:39:23 ID:e210rwhr0
とてもキモイです。

638 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 23:03:15 ID:n2GM8IrW0
やはり不死身より不老かな?痛いのいやだし。
奴隷扱いの不死者ってめずらしいかも。ふつうお金持ちで
手下つれて威張ってるタイプのほうが多いと思う。吸血鬼とか。

いつも謎に思うのは、吸血鬼にされて何百年も行き続けた人が
ず〜っと「美しい」といわれ続けたりすること。美的センスは時代ごとに
変わるだろうし、平均身長の低かった時代に不死になった人はチビのはず。
思い通りの外見になれる能力も無いとつらいのでは?
誘惑してなんぼの吸血鬼なんか特に。

639 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 23:29:28 ID:NyUzuVnp0
最近は吸血する相手がB肝とかC肝とかHIVとか梅毒とかにかかってないか
ビクビクしてろくに血が吸えないと知り合いの吸血鬼が愚痴をこぼしてた

640 :本当にあった怖い名無し:2006/10/25(水) 03:19:32 ID:n03DpXOX0
HIVはともかく、他の病気は昔からありそうだけど…。味でわかるの?


641 : ◆uZB04rOKD6 :2006/10/25(水) 11:00:47 ID:BrYmkPPnO
>>618 心の闇か…


642 :本当にあった怖い名無し:2006/10/25(水) 11:28:36 ID:TNnrrwEgO
男塾の人達も不死だったね

643 :我舞 要 ◆/Zone/zB0Y :2006/10/25(水) 15:26:18 ID:ebsfy4eBO
―鹿島神宮系―
―煉気術操者―
―体術―
―玄武属―

識ってる?
―ソウカイギ―


644 :本当にあった怖い名無し:2006/10/26(木) 20:01:22 ID:zEHKL5sf0
>>642
ジャンプでは不死キャラはめずらしくありませんね。…誰が最初?
>>643
ゲームの?不死ゲームキャラも大勢いそうだけど、今ファミコンに
夢中なので最近の物まるでわからず。なんかいいのありますか?

645 :本当にあった怖い名無し:2006/10/30(月) 09:02:44 ID:ciFYmIKV0
>>638
完全に不死かっていうと疑問だけど、
古典的なゾンビは奴隷扱いの不死者じゃないかなあ。

646 :本当にあった怖い名無し:2006/10/30(月) 22:35:20 ID:l3xn9/RK0
ブードゥー教でいう「ゾンビ」は、お薬漬けにされてボ〜っとした、ただの
人間らしいから、映画の「ゾンビ」より哀しい。年とるし、不死身じゃないし…。

映画の「ゾンビ」は、おバカさんだけど元気で楽しそう。臭いがひどそうだけど。
人間につかまってコキつかわれたり、研究の対象にされたりしなけりゃ自由だし。
襲われるのはイヤだけど、自分がなるぶんにはいいのかも。どうせ死んだ後だし。

しかし寿命はどれくらいあるのかな?人さえ食ってりゃ生きてられるのか?
身体は死人だから、腐っちゃったらおしまいなのか?
「バタリアン」の脳みそくれ〜ってのは、何が目当てなんだったか忘れた。
脳内麻薬とかだっけ?走るゾンビはいやだ…。

647 :本当にあった怖い名無し:2006/11/01(水) 19:10:08 ID:ArYJnK2P0
万聖節の宵祭・・・過ぎちゃいましたが。ハロウィンが来るたび甦るブギーマン。
映画のあれも不死?他のホラーヒーローに比べるとかなり地味だけど
肉親を追い続ける所がなんだか律儀で好感が持てます。


648 :本当にあった怖い名無し:2006/11/01(水) 20:37:52 ID:NaBRwvGJ0
民間伝承での吸血鬼も、小説の吸血鬼と大分違うから問題ない。
きっと物語のゾンビは不死身なんだ。

649 :本当にあった怖い名無し:2006/11/02(木) 23:01:44 ID:rIIo9wrI0
漫画で、生き物の死体に乗り移りながら生きてる(?)ゾンビの話あった。
腐ってニオイだしたら、新鮮な死体を探すの。
この場合、心はまっとうな人間だけど見かけは死人。ややこしい。
頭パーの腐ったゾンビの方が悩みがなくっていいんじゃないかな?
タイトル思い出せない。なんだっけ?

650 :本当にあった怖い名無し:2006/11/05(日) 17:59:17 ID:CgVmXWNH0
もっといやな不死がある。それは「ペット・セマタリー」に埋められてしまうこと。

651 :本当にあった怖い名無し:2006/11/08(水) 01:27:33 ID:9P1O8W/t0
>>646
ゾンビ→スケルトンと末永く活躍できる可能性あり。骨は長く残るし。

652 :本当にあった怖い名無し:2006/11/08(水) 02:45:00 ID:prtzhc5T0
>>646
バタリアンだけど映画では、体中の痛みが酷くて、生きてる人間の脳みそを食べると
その痛みが和らぐって言ってた

一種の脳内麻薬だったのかもわからんね

653 :本当にあった怖い名無し:2006/11/08(水) 04:37:43 ID:1zTnho/k0
脳みそを食べると痛みが和らぐという結果をいかにして学習したのか非常に疑問
バタリアン化したばかりでその行動に移ってたしな。もっともギャグ映画だし突っ
込んだらダメか

654 :本当にあった怖い名無し:2006/11/08(水) 20:06:49 ID:9P1O8W/t0
日本で勝手にでっちあげた名前がついてたのってバタリアンだっけ?

655 :本当にあった怖い名無し:2006/11/08(水) 20:30:29 ID:yvICqOyYO
影牢

656 :本当にあった怖い名無し:2006/11/09(木) 22:49:49 ID:Ur2yiYig0
>>655
刻人だっけ?不死人たち。腕がぬるいので全部やってない。
攻略本だけでも読んでみるかな。

「鼻血は鼻血入れに」

657 :本当にあった怖い名無し:2006/11/09(木) 23:09:23 ID:I7VNlWAu0
本日をもって貴様らはウジ虫を卒業する
本日から貴様らは海兵隊員である
兄弟の絆に結ばれる
貴様らのくたばるその日まで
どこにいようと海兵隊員は貴様らの兄弟だ
多くはベトナムへ向かう
ある者は二度と戻らない
だが肝に銘じておけ
海兵は死ぬ
死ぬために我々は存在する
だが海兵は永遠である
つまり―――貴様らも永遠である!

ニッポン中が感動した!!!!!!!!!!!!!!!!!!

658 :本当にあった怖い名無し:2006/11/09(木) 23:34:21 ID:Ur2yiYig0
軍曹また来たか。

659 :本当にあった怖い名無し:2006/11/09(木) 23:45:39 ID:F5lKzP1HO
あいあ〜むあいあんめ〜ん
じゃーじゃーじゃーじゃーじゃっじゃーじゃあじゃあじゃあじゃーじゃーあっじゃ〜

660 :本当にあった怖い名無し:2006/11/10(金) 01:08:59 ID:3+K0wngm0
>>654
そう
字幕と音声のギャップが笑えるwwwwwww

661 :本当にあった怖い名無し:2006/11/11(土) 05:10:41 ID:MNF9405y0
「オバンバ」とか「タールマン」とかw 知らないうちに「バタリアン4」まで出来てた。
焼いた灰が死体にふれると蘇る、ある意味最強なゾンビかと。

662 :本当にあった怖い名無し:2006/11/11(土) 21:30:24 ID:MNF9405y0
不老不死に美しいロマンを求めてる人には不向きだな。
いくら死なずに(てか死んでも)生きてられても、ゾンビじゃ。
腐るのいやだから「生きた標本」としてホルマリン漬けにして
誰かの家を飾ってもらいたい。エサいらずのでかい金魚状態。
下半身は魚に改造してもらうとなお良し。

663 :本当にあった怖い名無し:2006/11/11(土) 21:33:55 ID:OcZxPzqTO


664 :本当にあった怖い名無し:2006/11/11(土) 21:36:36 ID:OcZxPzqTO


665 :本当にあった怖い名無し:2006/11/11(土) 21:37:26 ID:OcZxPzqTO


666 :本当にあった怖い名無し:2006/11/11(土) 21:38:09 ID:OcZxPzqTO


667 :本当にあった怖い名無し:2006/11/12(日) 21:20:15 ID:oG2It5SD0
ttp://apatheticaphid.wordpress.com/2006/10/16/stone-baby/
のっぺらぼう赤ちゃん。諸星大二郎の「無面目」を思い出した。
不老不死って人から離れていないと手に入らないのか・・・。



668 :本当にあった怖い名無し:2006/11/15(水) 18:15:25 ID:Jxu+1woR0
うっかり女の足見てて脱落した仙人や、米の美味さを知ってしまい
山から下りて働くようになった山人もいるし。
性欲と食欲が刺激されるような場所から離れて、真面目に修行しなけりゃ
不老不死になれないのでは、あまり生きてる意味がない気がする。

669 :本当にあった怖い名無し:2006/11/15(水) 18:43:57 ID:5ngsHLc+O


670 :本当にあった怖い名無し:2006/11/18(土) 20:01:55 ID:uhEPOqzP0
そもそも不老不死なんて御伽噺な訳で
さも実際にあるように語る>>668が印象に残った。

なんて事はどうでもいいが実際問題なんで欲があると
物語とかじゃ堕落の対象としてみられるんだろうな。
欲も昇華すれば希望になり、それは生きる為に必要だろー
不老不死が、死んでいるから不老不死というなら
これはあてはまらんがなー

671 :本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日) 02:25:58 ID:LBUMSqMq0
>>670
日本には狸にバカされた人や河童を目撃した人がまだたくさんいますから。
他の民話や伝説の存在もわりと「いたんじゃないの?」と思ったりする。

自分は河童になりたい。水の中を通らねば行けない「河童のお里」があって
そこでぼ〜っとキューリをつまみにお酒のんだり、仲間と相撲をとったりして
のんびり暮らす。ヒマになったら人間にちょっかい出しに行ったりして楽しむ。
よく河童をこらしめる民話では、なんでもなおる軟膏やいくらでも酒が出てくる
とっくりを差し出して詫びてるみたいだから、不死の薬も持ってるのかも…。


672 :河童:2006/11/19(日) 09:20:15 ID:eU4zAqNgO
>>671ねーよwwwwwwww


でも、きゅうりは好き。

673 :本当にあった怖い名無し:2006/11/20(月) 11:45:42 ID:64LoxMKB0
>>670
欲と発生、生、消滅の流れは分かちがたいものだからさ
ほぼ、同義とも言えるかも

674 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 08:03:20 ID:cNzwOfZE0
もし不死人の仲間にならないか?と言われたら、喜んでついてくつもりだったけど
最近白髪が出てきた。小じわも…。不死でも若い身体でなきゃ意味がないし…。
ウェルナー症候群とかプロジェリアがあるのに、逆の老化しない病気はないんだろうか?

…伯爵病?



675 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 12:15:24 ID:pEfdkdTu0
>>674
老化(というか成長)しない病気ならあるよ。
他にも障害があって常に不健康らしいけど。
なんていう病気か忘れたので
早老症の反対で不老症かと思って検索したら、
中国のニュースサイトがひっかかった。
メリーランド州ボルチモアの少女だって書いてあったから
地名その他で検索しなおしたらx51にあった。
12歳なのに2歳児くらいにしか見えないってさ。
http://x51.org/x/05/05/1451.php

676 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 18:39:42 ID:F3um97rK0
ターナー症候群やウィリアムス症候群じゃなくて?

677 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 21:27:25 ID:IdT5i3Rx0
>>675
小人症との違いがよくわからない…。>>676さんのいう染色体異常系でもなく
ホルモン異常や骨の成長の異常でもない…という消去法での結論?
どういう所が特別で「成長しない」のか?少しずつは成長してるんだろうか?
30年後どうなってるのか楽しみ。人類を不老長寿にするカギになるかも。



678 :本当にあった怖い名無し:2006/11/27(月) 23:39:38 ID:aKXFKxNM0
単純に脳下垂体の異常と成長ホルモンの未分泌なだけって気がする。

あと細胞分裂している以上は細胞自体の老化(劣化)からは逃れられないし
マモーになる日も近いだろ

679 :本当にあった怖い名無し:2006/11/28(火) 19:01:59 ID:5svGISAI0
不老不死でも、成長に時間がかかるんじゃたまらないな。
赤ん坊の面倒を見なきゃならない親はしんどすぎる。
親も不老不死ならいくらでも時間あるだろうが…。

そういえば「サイボーグ009」の皆は年とらないのかな?
他の奴はともかく、天才赤子サイボーグ、ずっとあのまんまだし。


680 :本当にあった怖い名無し:2006/11/28(火) 20:00:22 ID:1EuxltxH0
>>679
ゼロゼロナンバーの人たちは改造度合いによって違うと思う。
フランソワーズなんかほとんど生身だから
普通にお婆ちゃんになりそう。
変身能力のある007は見た目は年食わないかもしれない。
全身機械の004も見た目はあのままかも。
でも、ロボットじゃないから脳は生身だろうし
いずれ脳細胞が老化してみんな死んじゃうんじゃないかな。

001は脳が適当に老化したあたりで
急に成長をはじめて普通に死んだりして。
脳がエネルギーを消費しちゃうから始終寝っぱなしの設定だし、
成長もそのせいで止まってるんじゃないのかな。

681 :本当にあった怖い名無し:2006/11/28(火) 20:15:12 ID:1EuxltxH0
>>680
しまった、ウィキペディアを見たら
平成版アニメでは全員歳を取らない設定になっとるらしい。
平成の時代に話を持ってきたので
時代背景とのギャップを埋めるためだと。
まともに見てなかったので知らんかった。

682 :本当にあった怖い名無し:2006/11/29(水) 05:49:44 ID:fziI80DD0
年とらないほうが商売になっていいんだろうけどw今度はどういうリクツで
不老不死なのか気になってくる。とりあえずウィキから調べるか。


683 :本当にあった怖い名無し:2006/11/29(水) 21:19:23 ID:bsv2xsP+0
もし理想の姿で不老不死になれるなら
ナルシー気味な俺は食の不自由くらいなら耐えてみせるぜ!

684 :本当にあった怖い名無し:2006/11/29(水) 23:09:26 ID:mbZ+Vo+m0
  ○
(( (ヽヽ    パコパコ
   >_| ̄|○

685 :本当にあった怖い名無し:2006/12/01(金) 21:34:17 ID:StD/Vuh00
…セックスしても避妊しなきゃならない、人類皆不死の時代が来ても
子供を産んで育てたいという欲望はなくならないだろうから、今の中国みたいに
「存在しないこども」が増えるのかな。当然その子に「不死」は与えられず
自分の子供が産まれて老いて死んでくのを見守ったりするのかな。

686 :本当にあった怖い名無し:2006/12/02(土) 03:27:19 ID:OHHsnUPw0
不死が技術的に可能になったと仮定して、子孫を作る意味合いを考えると
趣味のひとつとして認識される様になる気がする。既に生物的には子孫を
作る意味が消失しているが、家族という形式を重んじる生き方を捨てられな
いだろうから

現世人類も頭髪や眉毛といった生物的には退化した痕跡に過ぎないもの
なのにカツラなどのイミテーションを作ってまでも形骸化したものを大事に
している点を考えると不死が実現したとしても完全には生殖行為そのもの
が無くなる事はない気がする

687 :本当にあった怖い名無し:2006/12/03(日) 12:47:14 ID:aMFXmHiZ0
ペットは?不死にするかしないか選べるなら、すごく悩むだろうな・・・。

209 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)