5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

なにそのツンデ霊☆四人目★

249 :◆D60106Bc4s :2006/07/07(金) 22:35:26 ID:ZzFAvs0U0
お前にも見えていたのか。
家に帰った私たちは、ソファに座って話していた。

うん、とうなづいてジュースを飲む娘。
私はこれまで怖くて聞けなかったことを聞いた。

「なあ、お前はお母さんがいないのを不思議に思わなかったのか?
 幼稚園の運動会とかでも、周りの子みたいに二人じゃなく、
 いつもお父さん一人だったろう?さびしくなかったのか?」

娘は、また不思議そうな顔をして、答える

「だって、ママはいつもパパのそばにいるよ」

「逢えるのが七夕だけなんてウソ。ママはいつだってパパと私の傍にいるもん。
 多分、さびしがりやはママのほうだと思う、だってずっとパパに引っ付いてるし」

私は、ふと背後でカサリと音がしたような気がして、振り向く。

そこには棚に飾ってあった小さな笹の葉が揺れていた。
まるで誰かがそれをかすって奥の間に走っていったように。

その葉には、娘の拙い字で願い事がひとつだけ。


405 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)