5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

あなたの家のあかずの間

1 :本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 15:49:01 ID:13uTj7TM0
俺の家は、父が立てた一戸建てと、戦前からある家が御母屋として残っている。
何回か改装はしてそれなりにきれいに残してはいるんだが
祖母や祖父も数年前に他界して以来誰も使わなくなってしまった。
よく小さいころは祖父母とその御母屋で一緒に寝て昔話とか怪談話とか
してもらって可愛がってもらったものだった。そんな思い出のある
御母屋だが物心ついたときから鍵がかかっていて絶対開かない部屋が
あっていつも気になっていたんだよ。しかしいつ「その部屋」の事を
聞いてもさらっと流されるだけでまったく「その部屋」については
教えてもらうことはできなかった。それとその部屋の中世風なドアに
貼り付けられてる何十年はたってる黄茶けたお札もきになるし。
そんなつまらない話だが心の優しいそこのあなた方。あなたの家や物置小屋
にまつわる怖い話をお願いします。

2 :本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 15:49:21 ID:3HduRdse0
オイこそが2へとー

3 :本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 15:56:34 ID:xVP9E6OvO
では3頂いても文句はあるまいね

4 :本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 15:57:33 ID:sURnjX2BO
4様か

5 :本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 15:59:13 ID:o0HgTNvrO
5けと

6 :本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 16:11:35 ID:3QyyIQei0
テーマはいいな

7 :本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 16:30:51 ID:FEqpXZuz0
おかずの間かと思った

8 :本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 16:42:58 ID:t5iKojvmO
20年くらい前に中古で買った実家
木造で変わった窓枠が特徴の庭付き一戸建て
地下室があって弟と何秒一人でいられるかってよく遊んだ 鍵が壊れて出られなくなった時はマジでちびりそうになった
リフォームしたときに地下室の入口ごと塞いじゃったから物理的にもあかずの間
写真撮っとけばよかったよ

9 :本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 17:14:12 ID:YOTdJlXj0
>>1はデジカメも携帯も持っていないに百万ペリカ

10 :本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 17:34:28 ID:snzbstxHO
トイレを物置にした、その前にでっかい食器棚置いてしまったから開かずの間になっちゃった

11 :本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 17:41:27 ID:24w7LCIv0
玄関が開かない

12 :本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 17:58:23 ID:QcADitou0
テーマは好き。
ただ、俺の家には無いな。

13 :本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 18:13:50 ID:wu6GqxRv0
玄関開けたら2分でご飯

14 :本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 21:22:47 ID:PqLPPlfb0
家ではないけど私の通ってた高校の校舎にはそういう類のなんか誰も近づきたがらない
ちょっと変な噂がたってる開かずの間らしいものはあったなあ。多目的ホールとして昔は
使ってたらしいけどなんか昔不良同士の喧嘩がその部屋であって片方がその喧嘩の怪我が元で
片目が失明したとのこと。両方退学したらしいんだけどそれから両方の家族同士のいざこざで
片目を失明させたほうの親が自殺。その後二人がどうなったかわからずじまい。そんな噂が
流れてた。気になるのはその開かない部屋の小さな窓から暗い部屋をのぞきこむと萎れた花束と
線香が供えられてるのが確認できること。一体全体過去に何がこの校舎であったか知らないけど
先生ですらその部屋にはいる人は誰一人としていなかったなあ。
だからその部屋は蜘蛛の巣だらけ。まあ、結局真相はなにもわからないけどね。

15 :本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 21:38:27 ID:1UPH6tkcO
俺の部屋

16 :本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 21:44:37 ID:cQ0TSO5tO
おれん家はけっこう古い2階建て。でもおれが生まれる前、2階への階段をとってしまったらしい。

だからおれは家の2階へいったことがない。外から2階のガラス窓が見えるだけ。少し不気味

17 :本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 21:56:28 ID:vDhcL+d3O
俺好みのスレじゃないか。たまらんなぁ

18 :本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 22:02:02 ID:1hn4UNrG0
>>16
まじならないす!
二階には20年前の空気が残ってる訳だ。
甘酸っぱい親父をつれてきて
甘酸っぱいツアーが組めるぞ。

19 :本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 22:16:27 ID:HjR07Ci8O
なぜ階段をとったのだ?
なぜなのだー?


20 :本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 22:50:26 ID:24w7LCIv0
あるんだろうな・・・アレが

21 :本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 23:18:32 ID:N8NGYuHsO
おいおい・・・アレってまさかお前・・・・・・

22 :本当にあった怖い名無し:2006/07/10(月) 00:02:32 ID:ueq8rOusO
白骨の死体があるんだろうな

23 :本当にあった怖い名無し:2006/07/10(月) 00:08:46 ID:MJs5gLSA0
>>3
柳 龍光  乙

24 :本当にあった怖い名無し:2006/07/10(月) 00:12:56 ID:/YhyqBX90
あ〜うんと、開かずの間っつうか開かずが開いてからの話wなんだが、
スレのスタンスとはちょい違う話になるからやめといた方がいいかな?

25 :本当にあった怖い名無し:2006/07/10(月) 00:17:27 ID:HDRyJkPxO
うちの中学にはバスケ部で自殺があって男子バスケ部がなかった
だから体育館ステージ下の故男子バスケ部の部室

26 :本当にあった怖い名無し:2006/07/10(月) 08:17:48 ID:mm1TSUVE0
>>16
そういうのまとめて探偵ナイトスクープに依頼して探索して欲しいものだ。
絶対何か理由があるはずだ。

27 :本当にあった怖い名無し:2006/07/10(月) 09:54:42 ID:RDeMxXRtO
俺も>>16と似てるんだが、ばあちゃんの家の2階につながってる階段口が分厚い板みたいなので塞がれてる。
家自体も明治時代くらいに建てられたもので、
老朽化のために塞いでしまったと親戚は言ってるが、
何かあるんじゃないかと期待してしまう…

28 :本当にあった怖い名無し:2006/07/10(月) 10:24:45 ID:9TWdmb9L0
>16
新耳袋の何話かにそういう話があったなあ。
階段が外してあって、板でふさがれてたけど、
意を決して上に行ってみたら、
ついさっきまでご飯を食べていたような状況の部屋があったって。

29 :本当にあった怖い名無し:2006/07/10(月) 14:31:30 ID:uiq1b05B0
>>27
凸撃せよ!


30 :本当にあった怖い名無し:2006/07/10(月) 14:43:53 ID:ydjKvzFP0
ほら、開けちゃだめって言うのに
無理やり開けると、アレが出てくるっていうじゃない・・・

31 :本当にあった怖い名無し:2006/07/10(月) 14:45:11 ID:K2RCGW5mO
スレタイが、おかずの間に見えた

32 :本当にあった怖い名無し:2006/07/10(月) 14:47:47 ID:D2/sFH6L0
荷物いっぱいで開かずの間になってる部屋はありますが何か?

33 :本当にあった怖い名無し:2006/07/10(月) 15:26:59 ID:FGWcmGj0O
立て付けが悪くて開きにくい間なら

34 :本当にあった怖い名無し:2006/07/10(月) 15:50:47 ID:2PVE51jU0
ウチの実家にも開かずの間がある。

今から40年ほど前、ウチの実家は国鉄の運転手さんの寮として使われていた。
そのころ2Fのトイレで事故があり、子供が一人亡くなったそうな。
以降、寮に住む運転手の間では、トイレに子供の幽霊が出ると噂され、封印されることに。
で、その物件をウチの婆さまが買い取ったんだが、ハンパな改築しかしなかったせいで、
封印されたトイレは残ったままになっている。

この話、近所ではけっこう有名だったそうだが、俺は中学にあがるころまで知らなかった。
ある日、入り口のない空間を見つけ(窓はある)、母に「あの部屋って何?」と聞いたら、
「ああ、あの部屋は昔トイレだったんだけど、事故で子供が死んで幽霊がでるそうだから封印した」
と言う事実を聞かされ真っ青になった・・・

あれからもう十年が経つが、いまだその部屋は残ったままだ。
ウチの両親はいまだ実家を建てかえる気はない。
曰く「化けて出る馬力があるんなら死にゃしねーよ」とのこと。
なるほど。でも俺があの日みた子供の姿は何だったんだろう。

35 :本当にあった怖い名無し:2006/07/10(月) 18:12:45 ID:3wRYZu70O
>>34
あの日見た子供の姿で胡散臭くなって萎えた。

ショッキングに書こうとしたんだろうが、
素直に上の文に含めたほうが自然じゃないか?


まぁ正直いうと見た時のことをkwsk

36 :34:2006/07/10(月) 20:34:51 ID:2PVE51jU0
>>35
少々書き方があざとすぎたか。人生唯一のオカルト体験なもんでね。
ちょっとばかりショッキングに表現したかったのよ。

では見たときのことを簡単に。
あれは高校2年の夏、ちょうど夏期講習が終わり、家に帰る途中のことだった。
帰り道からウチの家の裏側がちょうど見えるんだが、2Fの窓に子供の姿が見えた。
親戚でも帰ってきたのか?と思ったが、家に帰ってみると親戚など誰も来ていない。
ぞっとして両親にそのことを話したが、普段からビビッてるからそんな幻覚を見るんだと、相手にされなかった。
父曰く、「幽霊っつーのは、その人の脳が持っているイメージが見せるもんだ。
この家で子供が死んでるという先入観があるから、そんな幻を見たんだろう。」とのこと。
なるほど。でもあまりにハッキリと子供の姿が見えたんだよなぁ・・・このことについては今でも疑問に思ってる。

37 :本当にあった怖い名無し:2006/07/11(火) 22:34:03 ID:1wFWfgOaO
開かずの間とは違うんだけど、家も中に何が入ってるか分からない金庫がある。
曾祖父が生前使ってた物で、正しい番号を入れると扉が開く仕組みになってる金庫ね
中に何が入っているか興味が有るんだけど、開ける術が分からないし、人骨とか入ってたらどうしよう。
かといって、開けないでずっと放ったらかしにするのも気持ち悪い。

38 :本当にあった怖い名無し:2006/07/12(水) 18:06:00 ID:CtmOLiFn0
うちにもあるぞ。2つほど。
うちは寺なのだが、本堂裏の2部屋が使われなくなって久しい。
祖母の代には使っていたそうだが、今では物置以下、踏み込む事もできん。
整理をかねて踏み込んでみたいけど、クモの井戸端会議やゲジゲジのご一家など
会いたくない住人が多すぎて・・・orz


39 :1/7:2006/07/12(水) 22:45:33 ID:J0yDoNbP0
怖いオチがあるわけでもないし、ありがちな話かもしれんけども、小二の頃のガチ体験。
(↑そのわりにまとめたら長くなってしまったので申し訳ないんだが・・・orz)


俺の母親の実家ってのは、いわゆる田舎に古くからある豪農の家系ってやつで、
まあ地方だからってのもあるけど敷地も広くて屋敷も大きかったし、蔵なんかもあった。
中学に上がるまでは毎年夏休みになると、十日くらい泊まりに行ったもんだった。

俺みたいな都会から来た青白いガキは、地元の子供達とは打ち解けられなかったんで、
もっぱら同い年の従兄弟(母の兄の子)と2人っきりで遊ぶ毎日だった。
こいつもまあ、金持ちのボンボン扱いwされてたんで、普通に友達いなかったし。
とりあえず家の敷地がめちゃくちゃ広かったんで、その中で遊んでても充分だった。

40 :2/7:2006/07/12(水) 22:47:46 ID:J0yDoNbP0
ある日の午後、俺達は昼間でもいくらか涼しい蔵の中で遊んでいた。
蔵は2階建てなのだが、1階の半分だけが座敷になっていて、1階奥と2階は物置状態。
何をして遊んでたのかも覚えてないが、いつしか床の間の脇にある押入れに入っていた。

そうこうしている内に俺達は、押入れの一番奥の床板が外れる事に気が付く。
外して下を見ると、大人ならちょっと入れなそうな狭い通路みたいになっていた。
まだ体が小さかった俺達は興味に突き動かされ、そこに入ってみる事にした。

通路は3mほどで行き止まりになった。(網が張られていてそこから通れない状態)
向こう側から風を感じたので、おそらく蔵の縁の下辺りに通じているのだろうと思った。
もう戻ろうか・・・と思った時、その通路の床がさらに外れる事に気が付いた。
すぐに床板を外して下を眺めると、今度は思いのほか広い空間がそこに横たわっていた。

持ってきた懐中電灯で照らしてみると、意外にもちゃんとした“部屋”のような感じ。
真っ暗というわけでなく、部屋の隅の方から弱い(外の)明かりが漏れているようだった。
都合が良く、俺達がいる場所のすぐ下に箪笥があったので、足場にして下へ降りてみた。

41 :3/7:2006/07/12(水) 22:49:55 ID:J0yDoNbP0
下に降りて部屋全体を眺め回してみると、そこは6畳くらいの殺風景な部屋だった。
箪笥(足場にした)が1つ、文机のような物が1つ、あとは何枚か座布団が積んであるだけ。
カビとほこりのニオイが結構きつかったが、そんなに汚い場所ではなかった。

意外な場所を発見した俺達は興奮して、部屋のそこかしこを調べて回った。
先ほど感じた“弱い光”は、一方の壁の上方に4つ並んだ小さな“通気孔”だった。
やはり網が貼られていたので奥は見えなかったが、これも縁の下に通じている感じがした。

反対側の壁には小さな襖みたいな戸があり、ここをくぐって部屋の外へ出れた。
(↑茶室?とかにあるような、ちゃんと立った状態では出入りができないような襖)
そこを出てみるといきなり細い階段があって、登ってみたが上で塞がれていた。
後で考えると、その階段の先は蔵奥の物置になってる場所のどこかに通じてそうだった。

仕方ないので俺達は部屋に戻り、今度は箪笥の中とかを物色し始めた。
中身は衣類、食器類、紙で作ったおもちゃ?などがごちゃごちゃに詰め込まれていた。
特に目ぼしい物は発見できなかったので、次は文机の方を調べてみる事になった。

42 :4/7:2006/07/12(水) 22:52:03 ID:J0yDoNbP0
文机は横に2段の引き出しがついていた。上の引き出しには文房具などが入っていた。
下の引き出しは立て付けが悪いのか最初開かなかったが、無理に引っ張ったら開いた。
中にはノート(というか紙を糸でしばってノート状にした物)が何冊か入っていた。

どうやら日記っぽかったが、小二の俺達には難しい漢字があり、ほとんど読み砕けなかった。
仕方なくペラペラとめくっていると、何枚かの写真がはさまっているページがあった。

サイズが一定していない古い白黒写真で、最初の1枚だけが大きいサイズだった。
大きい物は集合写真のようで、立派なヒゲを生やした紋付袴の男と数人の男女が写っていた。
ヒゲの男は見覚えがある。若いが、仏間に飾ってある写真の人だ。(俺の曽祖父に当たる)
隣は奥さん(曾祖母)らしき女性。前には2人の少女。他、小作人らしき者が周りを固める。

「この女の子ってさ、ばあちゃんじゃない?」従兄弟がそう言う前に、俺もそう思っていた。
当時はまだ生きていた俺の祖母。写真は少女ではあるが、確かに面影はある感じだった。
が、不思議な事が1つ。写真には、その少女と瓜二つの少女がもう1人写っている。
「ばあちゃんて双子だっけ?」だが俺達はそんな事より残りの写真の方に興味が移っていた。

43 :5/7:2006/07/12(水) 22:54:19 ID:J0yDoNbP0
次の写真は、少女が女学生になった頃の物のようだ。だが、ここでは2人写っていない。
というか、これ以降の写真にもこの女性は写っているのだが、全部1人のみになっていた。
文金高島田の結婚写真、赤ちゃん(おそらく叔父=従兄弟の親父だろう)を抱えた写真。
写真をめくる度に老けて行き、その女性は俺達が知っている祖母の顔に近くなっていった。

特に見る物もなくなってしまった俺達は、その部屋で寝転がって話をしてしばらく過ごした。
“俺達しか知らない部屋”というシチュエーションに魅了されてしまい、全く怖くなかった。
「これからここを秘密基地にしよう」などと子供らしい発想でケリをつけ、部屋を後にした。

その夏、屋敷にいる間ちょくちょくこの部屋に潜り込んで遊んだりお菓子を食ったりした。
俺は帰る時まで、いや帰った後もずっと・・・誰にもこの部屋の事を口外しなかった。
子供の意識として、秘密基地というのは“そういうもんだ”と考えていたからだ。

そして1年後の夏、いつものように俺はまたその屋敷にお邪魔する事になる。

44 :6/7:2006/07/12(水) 22:56:30 ID:J0yDoNbP0
従兄弟は(もちろん他の家族もだが)去年と変わらず、喜んで俺の到着を迎えてくれた。
さてこの夏も2人でいろいろ遊びまくろうと、お互いわくわくしていたと思う。
「なぁ、明日はまず“秘密基地”へ行こう」俺がそう耳打ちした瞬間、顔色が変わる従兄弟。
「そんなのいいよ、カブトムシ採りに行こう」いきなり従兄弟にフラれ、俺はガッカリした。
が、わざわざ議論する事でもなく、その日は疲れていたのですぐに寝た。

翌日からは俺がいくら誘っても、従兄弟は何かにと理由をつけてはぐらかす状態が続いた。
頭に来た俺はとうとう詰問してしまった。すると従兄弟はバツが悪そうにこう言った。
「ばあちゃんに・・・あそこには行っちゃダメだって怒られたんだよぅ」

俺はその時、従兄弟が秘密基地の事を他人に口外した件についてのみ腹を立ててしまい、
どうして祖母がそんな事を言ったのかについては何も訊ねなかったし、考えもしなかった。

その夏、結局あの部屋を訪れる事はなかった。(というかそれ以降も行った事はない)
1度だけこっそり忍び込もうと思ったが、押入れに大きな箱が入っていて中に入れなかった。
が、子供だったせいもあって・・・そんな事は俺の記憶から次第に薄れていってしまった。

45 :7/7:2006/07/12(水) 22:58:35 ID:J0yDoNbP0
中三の春、祖母が死んだ。その葬式の時、なぜか急にあの部屋での出来事を思い出した。
従兄弟はすごく落ち込んで聞き辛かったので、代わりに俺の母(祖母の実娘)に訊ねてみた。
「ばあちゃんってさ、双子だった?」もちろんあの部屋で見た写真について聞いたつもりだ。
母は全くそんな話聞いた事がないようで、何言ってんのアンタ的な表情しか見せなかった。
叔父にも、他の親族達にも訊ねてみたが、反応はやはり似たような物だった。

誰に聞いても祖母は“1人娘で婿取り”という存在で通っている。だが俺は信じられなかった。
成長してわかった事だが、あの部屋はおそらく“座敷牢”的な部屋だったのだろうと思う。
写真にあった、若かりし頃の祖母に瓜二つの少女。あの部屋にいたのは彼女ではないのか?
確かに、戦後にそんな三文小説のような非人道的な事があったとは考えにくいのだが・・・。

大人になるにつれ、あの家にも足が遠のき、従兄弟ともいくらか疎遠になってしまっている。
もちろん座敷牢云々は俺の想像でしかない話だが、確かに“あの部屋”はあったはずだ。
たった1度だけ訪れたというわけではない。小二の夏、2人で何度あの部屋に入った事か。

それなのに、従兄弟は今ではこう言う。「子供の時の事だし、全然覚えてないんだよな〜」
さらには、翌年の夏に俺が部屋について詰問した事すら覚えてないという。
彼の記憶は“あの部屋に関する事”だけ綺麗に消えている(もしくはそう見せたい?)のだ。

いまだに俺は何かモヤモヤした物を感じているのだが、どうにもこれ以上聞き出せない。
そしてすでに蔵は取り壊され、あの部屋や写真の女性についての真相を探る術もなくなった。

〜終〜 (長文駄文失礼)

46 :本当にあった怖い名無し:2006/07/12(水) 23:09:08 ID:IpTfEBYdO
乙!面白いー
あるとこにはあるんだな、そーゆー場所
自分ち全部全開、むしろ閉まりニクス(´・ω・)

47 :本当にあった怖い名無し:2006/07/13(木) 00:58:45 ID:iSiMPXsGO
本格的な話で面白かったよ、乙!

なんつうか…横溝正史の小説みたいな感じだな。
やっぱ田舎の旧家とかはそういう話ってあんのかね?
相続に都合悪くて片一方は…なんて色々考えさせられるよな。

48 :本当にあった怖い名無し:2006/07/13(木) 01:09:44 ID:gRxf2sCy0
>>39
ふたごは「畜生腹」とさげすまれた時代だからかな?高橋留美子の
「人魚の森」を思い出したよ…。

49 :本当にあった怖い名無し:2006/07/13(木) 04:52:48 ID:RjFosYISO
>>39
時代を考えたらお祖母さまにも色々あったんだろうね。
語らずにお墓に持っていかれた訳ですね…
なんだか少し切ない気持ちになりました。
興味深く読ませてもらいました
ありがとう

50 :本当にあった怖い名無し:2006/07/13(木) 06:10:14 ID:SRuVCREAO
>>39手塚治虫の奇子の世界だっ!

51 :本当にあった怖い名無し:2006/07/13(木) 14:37:32 ID:3KSaOv600
>>39
面白かったよ。小説みたいだ。

52 :本当にあった怖い名無し:2006/07/14(金) 02:09:44 ID:7/ctbUsgO
このスレにときめき期待age

53 :本当にあった怖い名無し:2006/07/14(金) 20:33:46 ID:16E2uzEE0
>>39
長い文だったけど読みやすくて面白かった。乙

54 :本当にあった怖い名無し:2006/07/15(土) 02:52:27 ID:uhJDxbnzO
>>39-45
長文かよ〜('A`)と最初は思ったんだけど、読んでる内にどんどん引き込まれたよ
展開が巧みですげーおもしろかったし、後味がじわじわと恐いかも?
変にオカルチックな脚色とかを加えないで、わからない事はわからないと、
子供の時の感性をありのままに書いてあるのが良かったのかもしんない

しかしここ、良スレだと思うんだけど…いまいち流行らないね(´・ω・`)

55 :本当にあった怖い名無し:2006/07/15(土) 06:15:42 ID:CRhQWYP+O
確かに良スレなのに流行らないですね…
あかずの間ってなかなか無いのかなやっぱり。
私の祖母の家は蔵も有ったし
かなり古い家だったけどバリバリ活用されてて
オカルトのオの字もなくネタの一つもありゃしない


56 :本当にあった怖い名無し:2006/07/15(土) 10:48:39 ID:L6pzl5xe0
左右に探索するのはまだいいけど、上下、特に地階に降りるのってすげえ怖いぞ。
降りた途端に誰かに蓋されて出られなくなる気がして。
>>40とかよく地下通路なんて入ったなと思う。

57 :本当にあった怖い名無し:2006/07/17(月) 00:20:29 ID:N7KCuIQY0
どこだ?

58 :本当にあった怖い名無し:2006/07/17(月) 00:26:24 ID:CFHfNAIS0
>23
ショーンポール乙!

59 :本当にあった怖い名無し:2006/07/17(月) 02:22:31 ID:QwvT5PHN0
自分になにかあった訳でもなく、家でもないんですが
合宿した教習所の寮にあかずの間がありました
廊下を挟んで部屋が横に並んでいるつくりで、各部屋のドアが並んでるんですが
■■■■□■■
  廊下
■■■■■■■
↑こんな感じで一部屋だけドアが外されて木枠で輪郭だけ残して壁紙が貼られていました
建物の外から見ると他の部屋同様に窓もあって中にも空間があって、扉だけ塞がれた
形でまさに封印といっ感じで不気味でした、教官に聞いたらあまりにも霊がでるので
塞いだとの事でした

60 :本当にあった怖い名無し:2006/07/17(月) 02:48:45 ID:4w7+36svO
実家の納屋にあったな。古くて馬鹿でかい南京錠がかかってたよ。
小学校低学年の夏休み、壁に鉛筆が差しこめるくらいの穴を発見して
軽い気持ちで覗いたんだ。そしたら中から冷たくて生臭い風がふわ〜と出てきた。
怖くなってじいちゃんの部屋に逃げて、体験したことを話した。
うろ覚えだけど、そのときじいちゃんは「納屋が死ぬるまであれにさわったらあかん」
みたいなことを言ってた。もう何年も田舎には帰ってないけど
あの納屋はまだあるんだろうな。

61 :本当にあった怖い名無し:2006/07/17(月) 04:01:19 ID:pxtAmPlkO
>>60
一体なかになにが…。
田舎のじーちゃんに確認ってとれない?

62 :本当にあった怖い名無し:2006/07/17(月) 11:04:01 ID:Ve8M6Mo90
>>59
普通にドアにかぎかけておくだけじゃ駄目なのかな?
なにゆえいかにも「塞いでますよ!」ってことするんだろう。
でないとドアあけて出てくるんだろうか。

だとしたら今頃部屋の中の人、「ちょw 出れない!」ってなって
部屋の隅で三角座りしてるんだろか。

63 :本当にあった怖い名無し:2006/07/17(月) 12:17:27 ID:dtS69VPe0
良いスレですね^^

64 :本当にあった怖い名無し:2006/07/17(月) 12:31:34 ID:xKOkomIwO
良いスレ・・・。
人はそれを良スレと叫ぶ。

65 :本当にあった怖い名無し:2006/07/17(月) 13:05:03 ID:Ux8kGG/10
松田聖子。。。
人はそれをモニ子と呼ぶ。

66 :本当にあった怖い名無し:2006/07/17(月) 14:43:14 ID:Kxgy8IcJ0
>>62
          |     
          |     
          |     
       (´・ω・`)出れない.....
        (∩∩)────────────────
      /
    /
  /
そう言われるとそうだよね。
夏休み中に行ったけど辺りに埼玉でも栄えてない所のせいか人が少なかったし
空室もかなりあったから
単純に空室扱いにしてれば気付く人もいないのに....

67 :本当にあった怖い名無し:2006/07/17(月) 23:27:26 ID:l29NmaXi0
 昔住んでたアメリカの家に開かずの間があった。

 結構部屋数のある平屋で、かなり広い地下室もあった。30畳くらいの。
地下室自体は家族総出でタイルを明るいのに張り替えたり、
明り取りのための小さい窓が天井付近にあったから外が見えて、陰湿な雰囲気は全然無かった。

 で、問題のあかずの間はその地下室の壁の向こうにあった。
なんで判ったかと言うと、その壁にも天井近くに小さい窓があって、覗き込むと壁の向こうの部屋が見えたから。
暗いだけで生活臭のするものも置いてなかったけど、
正方形の部屋の真ん中に毛布を被った何かがあって怖かった。

 覗き込んだ窓の反対側にも明り取りの窓があって外が見えたり、
その部屋が俺と妹の部屋の真下にあったから「何かいるんだ!」って言って二人で怖がってた。

 空調用の機械があるのかなあと思ってたけど、その割には広かったし今考えてみたら妙なデッドスペースだなあ。

68 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 00:04:39 ID:4w7+36svO
>>61
残念ながらじいちゃんはすでに昇天してる。でも何となく親父に聞いてみた。
あの部屋にあるのは何かの御神体のような物で、いつからあるのかは不明。
あっさり謎がとけて力が抜けたけど、親父も実際見たことはなく
面倒くさくて扉を開けたこともないらしい。
納屋自体古いものらしくて、江戸末期くらいから継ぎ接ぎしながら
使いつづけてきたらしい。江戸時代とかほんまかいなと思うけどな。


69 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 00:42:49 ID:DHfkRrzKO
>>68
江戸時代!!?
ってーことは10代近く前から受け継がれてるのか。
いったい何時からそんなものが置かれているのか…。
ケタが違いすぎて恐ろしい。

70 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 04:39:07 ID:10e+WKNO0
実家の間取り図を描いてみると不可解なスペースを発見したんだ。
居間の奥に部屋があるはずなんだけど、そんな部屋無いって家族は言う。
でも、丁度その部屋につながる壁においてあるデカイタンスの裏はよく見ると引き戸になってる。

あと、物置になってる二階の仕切りに昇って各部屋の天井裏をのぞいたことあったけど
真っ暗な中に一つだけ何か見えた天井裏があった。多分アレはアヒルさん便器だと思う。
これどう思う?

71 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 07:29:08 ID:GrA/p5S60
良スレですね

72 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 07:31:14 ID:Mh2Xt0wfO
>>70
浜渡さんが住んでる

73 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 08:08:56 ID:lXMy4G12O
良スレ記念カキコ

>>70
間取り図か例のタンスの裏をうpしてくれたら嬉しいかも。
あと家自体、築何年位かとか教えてくれたら盛り上がる。

74 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 08:13:15 ID:DHfkRrzKO
>>70
タンスの裏うp!
あひるのおまる?が気になる…。

75 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 08:18:57 ID:lXMy4G12O
あと70を含め、家族の中に、小さい頃おまるを使った記憶がある人はいるのか?
質問攻めでスマソ

76 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 09:03:22 ID:JuRfRcWQ0
>>67
日本のあかずの間ってのもいいが、欧米のもなかなか味わいあるよな。
特にアメリカの田舎とか、日本の田舎と似て非なる陰湿なのがありそう。
偏見かもしれんが、犯罪絡みって意味での生々しい話がありそうだし。

ちょっと違うけど、ジーパーズ・クリーパーズとか、
ブレーキ・ダウンとか、そんな映画をふと思い出しちまったよ。

77 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 09:29:44 ID:qNvMIDaY0
みんな田舎の旧家が多いのね。
うちは分家だけど、まわりが
あかずの間とか、持ってそう。

78 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 11:34:50 ID:BbV23a8I0
惜しい

79 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 11:35:32 ID:BbV23a8I0
>>78
すいません、誤爆です

80 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 14:34:09 ID:6lFCHKlN0
 そういや、ちょっと前に実況スレでやっていた
地下倉庫の話はわくわくして面白かったな。

81 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 15:45:55 ID:lajDlhq+0
>>80
くわしく

82 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 16:13:34 ID:7y7CwneqO
屋根裏へ続く扉は有るのに階段や梯子が見当たらない

83 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 16:34:25 ID:UVxvxr0dO
冷蔵庫とか・・・

84 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 16:40:52 ID:JLTX2itF0
小学校のとき、同級生の女の子が話してくれた話。

夏休みに田舎に帰ったとき、母屋をつなぐ廊下に、扉があることに
気づいたらしい。
で、聞いてみると「物置だから、見る価値ないよ。」って言われて
その日は「なんだ、物置か。」っておもって、興味なくしたらしい。

で、小学生のときってさ、何もない田舎で何日もお泊りするのって
すげー暇だろ?で、そのこは「物置なら、何か暇つぶしできるもの
あるんじゃないか?」って思って、扉の前の荷物やらなんやらを
どけて、扉を開けてのぞいたら、なんと

85 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 16:45:16 ID:JLTX2itF0
女の人が、ミシンをかけていたらしい。
ミシンって言っても、あの足ふみのふる〜いやつ。

で、怖くなってすぐにそのことを言いに言ったら
実は、過去に雇っていた女性が、不幸にも若くして
亡くなったそうな。
当時、ミシンがある家なんてそうそうなくて、その女性は
興味もあってか、その家の人のためにいろいろ作って
くれてたんだってさ。
死んだ後も、誰も使わなくなったミシンがカタカタ言う音が
聞こえて、「あぁ、あの子がまたミシンで何か作ってるんだねぇ。」
って思った、友達の祖母が、ミシンを捨てずに物置に封印した
そうな。


86 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 16:48:16 ID:JLTX2itF0
そのあと、その子は祖母と一緒に物置に言って
「もういいんだよ。ありがとね。」って言って、再び扉を閉めたって。

「すごい不思議な感じがしたけど、怖くなかった。
あんまりかまうと、とりつかれるよって言われた。」
って言ってた。

まぁ、小学4年生の話なんで、どこまで本当かは
知らないけど。

87 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 16:59:04 ID:nX/7tgUR0
>>80
やってたね。確か、洗面脱衣室のマットの下に扉があって、
投稿者は単純に床下収納かと思ってたら実は結構広い地下空間があった。
で、あんまりモノはないけど、でかいゴミ箱と子供用の自転車かなんかあって、
ゴミ箱の中には子供用のおもちゃが・・・
前に住んでた住民のモノらしいんだけど、前の住民に子供はいなかった。
不気味な人形の写真とかうpってたが、
親になぜか妨害され、そのゴミも処分されて終了してたような。うるおぼえスマソ

遅レスだが・・・
>>16
2階の階段をはずしたって話だけど、もともと2階は物置みたいな使い方されてて、
使うことも無くなったし、階段外したら家の中がすっきりして奥様満足!って感じじゃないのか?
2階を封印するために・・・ってはの考えすぎな気がする。
でも、行ってみたら昔のモノとか手付かずに残ってて楽しいかもね。

88 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 17:14:30 ID:RgA0AJe5O
なにこの良スレ。おもしろい。
どうでもいいけどうちんちの物置用の扉が引っ越した当時からペンキで固まってて開かないw
廊下の地面には四角いくり貫いた跡のような黒い線の跡があるし
トイレと廊下の天井はどう見ても意味をなさない
天井裏にいけるような蓋がしてある。
因みにうちんち府営。
古い家だから意味はないのかもしれんけど…
見えたりはしないけど気配は感じたりする。

89 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 17:21:54 ID:vlNeAVIx0
地下に入る為の扉(床についてる)があるんだが未だに怖くて開けてない

90 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 17:28:22 ID:JLTX2itF0
>>89
YOUあけちゃいなよ

91 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 17:42:31 ID:do441pNR0
友達の家のとある部屋は女が寝てる時しか
幽霊出ない
友達の妹や母が寝た時は入り口にカーテン
着けてんだけどぶわ〜っとはためいたと言う
私が寝た時幽霊出るとわかってたからカーテンは開けてた
その夜は無性に寝苦しく何回も寝返りをうった
やっとうとうとしかけた時金縛りになった
心の中で「南無‥」と唱えながらふと気ずくと
70歳位のいやに冷めた目のおじいさんがいた
しばらく必死で「南無‥」と唱えてたら外から
急に酔っぱらいのおじさんの声がして金縛りは解けた
凄い怖くて二階で寝てた友達を呼びに
へっぴり腰で走った
後で聞くと前に隣のおじいさんが死んで多分
その人の幽霊だろうと言う
悪さはしないけど何故か不思議に男が寝たら出なくて
女が寝ると出るという
嘘のようだけどまじ話です
好奇心でその部屋で寝たけどもう二度と嫌です


92 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 17:44:57 ID:DgE0unsDO
俺の描く漫画はこのスレみたいな話が多いんだが…
マイナーか?


…あと開かずの間には廃虚と通ずるモノがあるな

93 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 18:10:23 ID:Edh9tns40
コテージに旅行したときに、ドア中に「入るな!」って書いてある部屋があった。
夜になるとなぜか電気がついてた。ガキだったから怖がっていたのをよく覚えている。

94 :70:2006/07/18(火) 18:13:22 ID:10e+WKNO0
我が家は築50年くらいナリよ
オカ板って画像は何処のアップローダーが宜しいの?

95 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 18:51:04 ID:lvLQ2nQ6O
>>92
きっと君のためのスレなんだよ!

何か話集めたりしてる?
それとも完全創作?
前者だったら何か書いて保水

96 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 19:23:57 ID:vlNeAVIx0
>>90
三分の一くらい冷蔵庫が重なってる
しかも重なってる方に取っ手があるから無理
今度大掃除のときにでも開けてみる

97 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 20:50:09 ID:TJJGBqTJ0
家ではないが中学校に開かずのトイレがあった。男子トイレの入り口がベニヤ板で
塞がれていて、教師が言うには「不良がタバコを吸うのを防ぐ為」だそうだが、先輩から
聞いた話では「幽霊が出るから」だった。ある日の昼休みにクラスの不良達がベニヤ板を
破ってトイレに入ったら洗面台の鏡は取り外してあるが、それ以外は普通のトイレとして
使えたとの事。でも放課後には幽霊が出る騒ぎがあり、次の日の昼休みには工事の業者が
コンクリートで入り口を固める準備をしてました。不良達に幽霊の話を聞こうとしても
話してくれず(学校側から停学にするぞと圧力をかけられたらしい)教師に聞いても
「幽霊ではなく不良がタバコを吸わないように」って話でした。
去年、その中学の文化祭があったので十数年ぶりに行ったら、まだコンクリで入り口が
塞がれたままでした。

98 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 21:54:24 ID:geUKqtJ80
うちの昔の実家は築100年を越える古い家で、俺は十数年住んだが
解体するその日まで存在に気づかなかった部屋や扉があったよ。

ずーっと物置だと思っていた部屋が、実は廊下だったと知った時には
驚いたというより感心した。

99 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 10:20:42 ID:7YNGp71C0
>>97
執拗に封印する学校が恐ろしい・・

100 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 14:09:52 ID:xHeJ9NUg0
たぶんなんで封印したのかその理由を知らないのだろうな。

101 :1 of 6:2006/07/19(水) 20:06:57 ID:pzZyJuUF0
学校の話が出てきたので、俺も一つ・・・・

 俺の通っていた中学校は、いわゆる団塊ジュニア世代が大量入学するのに備えて建てられたため、
かなり大きな校舎だった。そのため俺が通っていた頃は生徒数も減少しているために幾つもの空き教室が
存在した。その中学校は若干丘陵地に建てられているため、校舎入り口が建物の2階部分に存在していた
ため、空き教室は全体的に日当たりのよくない1階部分に多かった。(校庭も2階と同じ高さにあった)
 一階の空き教室は5つもあり、使わない卓球台とか大きな地図とか体育祭やら文化祭なんかで使う様々
な用具が無造作に置かれたりしていた。そして普段は部屋は使わないので全て外から鍵で閉ざされていた。
 5つあるうちの2つの部屋は、廊下側の窓の鍵が開いていたので、それを知っている一部の生徒が無断で
侵入して隠れてタバコを吸ったり、シンナーをやってたり、中にはそこでセックスをするツワモノもいた。
廊下側も外側も窓には黒いカーテンがかかっており(全ての部屋で)無断侵入してもこれをキチッと閉めて
しまえば外からわからない。(入った後にその窓の鍵も閉めてしまえば後から入って来るヤツもいない、
もっともこんな場所、普段あんまり遊びに行かなかったけどね)

102 :2 of 6:2006/07/19(水) 20:08:04 ID:pzZyJuUF0
  俺もたま〜にこの空き部屋に行ったことがある。大概は部活をサボっての暇つぶしで、ちょいとタバコを吸ったり
(時効)エロ本読んだり、ビール持ち込んで菓子食いながらしゃべったりしていた。
一応電気も通っているんだが、外が暗くなってからそれを点けると教師にバレてしまうので日のあるうちはちょっと
カーテンを開けて外の光を取り入れたりしていた。どっちにせよ北向きで暗いし、外の窓の向こうはすぐに木々が生い
茂った丘陵が立ちはだかっており、鬱蒼とした雰囲気。あまり長居したい場所ではなかった。
 生徒間では、あのあたりは昔墓地で、今も幽霊が出るとか、ここは戦国時代の古戦場で戦死した武者の怨霊が出るとか
いろいろとあったが、実際は別にそういう曰く憑きの場所ではなかった。(余談だけど、隣町に有名な心霊スポットが
あり、そっちのほうが有名だった)
 ところがある日、どうやらあの場所に何かがいるんじゃないかっていう噂が立った。曰くカーテンの位置が前の日から
少し変わってるとか、夜中に学校の傍を通りかかった時に、窓に薄明かりが灯り、ゆらゆら揺れ動く人影が見えたとか、
そういう話だった。
 それは、例の「生徒が侵入できる部屋」のことなんじゃないのか?カーテン動いてたのも外光を取り入れるために動かし
てたヤツがいたんだろうし、夜の明かりも、人を脅かすためのデマか、本当だとしても、たぶん夜中に残ってた生徒がいた
んだろう。俺自身、友人と肝試しに夜この部屋に入ったことあるし・・・

103 :3 of 6:2006/07/19(水) 20:09:24 ID:pzZyJuUF0
 ところがその「噂の部屋」は生徒が無断侵入できる2つの部屋ではなく、完全に閉ざされた残りの3つの
部屋だという。まさかね〜。
 結局、生徒の噂もあるし、ちょうどその時期に1学期も終わりを迎え夏休みを前に大掃除の必要かな、と
いうことで、その「開かずの間」を開け、掃除することになった。
 運が良いのか悪いのか、「開かずの間」を掃除することになったのは、俺のクラスだった。たまたまその
「開かずの間」の管理を担当してたのが俺のクラスの担任だったからだ。
放課後、担当することになった班(俺も含まれる)がそこに向かった。クラス全員で行ったわけではなく、
学年全体で学校中のアチコチの掃除をそれぞれ分担していたため、その「開かずの間」に向かったのは、俺
を含めて10人ほどだった。
 「開かずの間」でない最初の2つの「開かずの間」には特に異変は無かった。もっとも大量に発見された
タバコの吸殻やビールの空き缶などは先生にとっては大異変であったが(あとで全校集会でこってり絞られる
ことになる)

104 :4 of 6:2006/07/19(水) 20:10:27 ID:pzZyJuUF0
 そして遂に、本当の「開かずの間」である。
 3つあるうちの最初2つは別に何とも無かった。様々な用具が雑然と置かれてあり、誰も侵入
した様子がないのは、一様に降り積もったホコリの量からも明らかだった。
 そして残る部屋・・・一番奥、一番北の、一番薄暗い部屋。じつは此処こそが例の噂だ立った
曰く憑きの部屋である。先生が扉の鍵をガチャガチャ言わせながら開けた・・・。
 元々校舎全体の陰に在って薄暗い場所の上、真っ黒のカーテンで閉ざされていて部屋は闇に包ま
れた様だった。・・・そして鼻に付くすえたような悪臭。なんのニオイだ?!
 俺は1番に部屋に入った。なんか好奇心で勢いづいてしまったのだ。先生が部屋の明かりを点けた。
 ・・・・何だこれは!!・・・・(岡本太郎風に)
 そこにはボロボロになった布団らしきモノ。煮しめたように汚れた服らしきモノ。ウイスキーの空き
ボトルや、中の残り物が完全に腐りきった開けられた缶詰、なぜかボロい鍋や汚れ切った皿なんかもそこに
あった・・・・エロ雑誌やらボロボロの歯ブラシやら日用品も散乱していた。壁から壁にボロいロープが
張られ、そこに汚れたタオルや下着らしきものが吊るされていた・・・。

105 :5 of 6:2006/07/19(水) 20:11:53 ID:pzZyJuUF0
 この部屋には生徒は誰も侵入できなかったはず・・・なのにこの有様・・・・。
 誰か住んでいる・・・・?!
 俺は唖然として立ち尽くしてしまった。普段、気の強い親友のNもいたが「何だよ・・これ・・」と
言ったきり黙ってしまった。女子は皆気味悪がって、部屋に入ろうとしない。
 先生もどうしていいのかわからないままボーゼンとしている。一緒にいたYという女子が、「先生、
誰か呼んできた方が良いんじゃないですか・・・」と、消え入るような声で言うと、ハッとしたように
我に返り、「そうだな・・うん・・そうだ!」といって誰かを呼びに駆け出してしまった。
 ・・・普通、生徒を使うだろ? この状況で生徒だけを此処に残すか?・・・
 どうやら今は誰もいないことがわかると、俺やNは部屋の奥へ入っていった。とにかく酷いニオイだ。
脂汗の酢酸臭、他にも垢じみたニオイ、カビくささ、生臭さ・・・・。
 床に学校指定のジャージが落ちているのがわかった。えらく汚れていたが、間違いなくそうだ。
何でだろ? そういって、手にした箒の柄でそれを引っ掛けて持ち上げてみた・・・。

106 :6 of 6:2006/07/19(水) 20:14:41 ID:pzZyJuUF0
 何かがこびり付いている・・・カピカピに乾燥したものや、乾燥しきれずにまだ粘度が
残っているのもあった。
「これ、・・・もしかしてザーメンじゃねえ・・・・?」
何時の間にか隣に来ていたNが言った。・・・そして俺もそう思った・・・。
 よく見ると床のあちこちに指定のジャージや体育着がある。なんと制服のブレザーまである。
 それらは全て、女子のものであった・・・・。
「ウゲッ!!」
 俺は急に吐き気がして、手にしていたジャージを箒ごと床に放り投げた・・・。
 
 その後、警察がきた。
 部屋中いろいろと調べ回ったみたいだけど、結局その「侵入者」は発見できなかった。
 どこから侵入したのかも分からなかったようだ・・。
まもなく夏休みに入ったが、休みを前に学校側から「不審者には注意」と強く勧告があった。
もちろん生徒のほとんどはそれを強く「肝に銘じた」はずだ。
 後にあの部屋も含め全ての部屋は、各クラブの部室として開放された。使わないより使った
ほうがいいという学校側の判断だろう。で、例の部屋だが、そこは野球部の用具入れになった。
 女子ソフト部の部室って話もあったけど、立ち消えになった。
 そりゃろうだろ。ザーメンまみれだったからな、あの部屋・・・。(了)

107 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 20:16:45 ID:82QQ7kwx0
  俺もたま〜にこの空き部屋に行ったことがある。大概は部活をサボっての暇つぶしで、ちょいとタバコを吸ったり
(時効)エロ本読んだり、ビール持ち込んで菓子食いながらしゃべったりしていた。
一応電気も通っているんだが、外が暗くなってからそれを点けると教師にバレてしまうので日のあるうちはちょっと
カーテンを開けて外の光を取り入れたりしていた。どっちにせよ北向きで暗いし、外の窓の向こうはすぐに木々が生い
茂った丘陵が立ちはだかっており、鬱蒼とした雰囲気。あまり長居したい場所ではなかった。
 生徒間では、あのあたりは昔墓地で、今も幽霊が出るとか、ここは戦国時代の古戦場で戦死した武者の怨霊が出るとか
いろいろとあったが、実際は別にそういう曰く憑きの場所ではなかった。(余談だけど、隣町に有名な心霊スポットが
あり、そっちのほうが有名だった)
 ところがある日、どうやらあの場所に何かがいるんじゃないかっていう噂が立った。曰くカーテンの位置が前の日から
少し変わってるとか、夜中に学校の傍を通りかかった時に、窓に薄明かりが灯り、ゆらゆら揺れ動く人影が見えたとか、
そういう話だった。
 それは、例の「生徒が侵入できる部屋」のことなんじゃないのか?カーテン動いてたのも外光を取り入れるために動かし
てたヤツがいたんだろうし、夜の明かりも、人を脅かすためのデマか、本当だとしても、たぶん夜中に残ってた生徒がいた
んだろう。俺自身、友人と肝試しに夜この部屋に入ったことあるし・・・


108 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 21:16:39 ID:xHeJ9NUg0
>>101-106
怖い。
『開かずの間』の怖さは誰もいない、いるはずがないところに『何か』がいるところなんだなと思った。

そんな部屋を女子に貸し出そうとしたのもオカルトだな。

109 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 23:30:15 ID:1tnWTxqV0
あなたの家じゃないんですけど、私の母の叔父にあたる人のお屋敷に、
開かずの間があったらしいです。
その叔父は東南アジアの方へ行っては儲けてきて、
何をしているかは分からないけどそのお金でしばらく暮らしては、
また東南アジアへ行って儲けて戻って、を繰り返していたらしいです。
その叔父のお屋敷へ母が小さい頃行った時に、地下に一つだけ、
絶対に開かない部屋があったそうです。
好奇心旺盛な母は、黒い漆塗りに金の取っ手が並ぶ中、
一つだ真っ赤なドアがあったので、近づいてみると、
『助けて・・・』
と声が。がっちり閉まったドアの隙間からぬるっと手が出てきたそうです。

数年後、母の姉の結婚式の時、叔父の話が出て、
その時初めて叔父が地下に愛人を監禁していたという話を聞いて、
血の気が引いたとか。
その愛人の女性は発見された時すでにぱさぱさに乾燥してミイラ状態で、
たぶんずっと食料も水も与えられずに監禁されていたせいか、
ドアの内側には爪で引っかいたような跡がたくさん残っていたらしいです…。

110 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 23:42:45 ID:1FQLuptT0
タイーホ

111 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 23:55:09 ID:xK4yERJZ0
>>109
立派な犯罪だよね。
おじさんはどないなったの?


112 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 00:00:33 ID:cQNBSDkd0
開かずの間まではいかないだろうけど・・

男友達の家は5LDKでなかなか立派な貸家だった
しかも家賃は月4万!
1階と2階にトイレがあるんだけど、
2階のトイレは友達も家族も客も使わなかった
友達曰く、出るらしい
そのトイレだけじゃなく、全部の部屋でも出るっぽい
2階のトイレが一番出るっつーんで使わないんだと

そんな話聞かされちゃ行かないわけにはいかん!と思って
中だけ見せてもらった
ダンボールとかゴミとか置いてあったんだけど
トイレの窓に、バッチリ白い手形が・・orz

そのこと話すと「あぁ、あれ?拭いても2〜3日したらまたついてるんだよね」・・・
その後その家には行っていません

113 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 00:34:35 ID:66Bf4XCQ0
>>111
叔父の愛人の死体が発見された時にはもう、
叔父は東南アジアへ旅立ったまま消息を絶っていたので、
逮捕は出来なかったようです。

叔父の話は母の前では姉の結婚式まで出なかったそうです。
私の母方の家系は熱心なクリスチャンの方が多くて、
特に祖母などは、殺人や犯罪を犯した人を見るとすぐに
『悪魔がついている』
などと言うので、たぶん自分の家系から犯罪者が出たことを
母に知られたくなかったんじゃないかと。
消息を絶った叔父や開かずの間より、キリスト教信仰の歪んだ側面
を見てしまった気がして怖いです。

114 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 00:59:01 ID:Te7h+zFbO
>>109
青髭みたい

115 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 01:06:28 ID:u95vF1s60
2コ下のいとこが中学の時にイジメにあってしまい、その後5年間引き篭もった。
完全な閉じ篭り型だったようで、親ですら2年くらい顔も見た事がない状態だった。
そういう意味では「あかずの間」かなと・・・ちょっと路線が違う話だけどスマソ。

で、そいつがハタチになる頃、両親は何とかしようと色々な事を試したらしい。
近い年齢の人にも手助けして欲しいと、何年も会ってない俺が呼ばれたわけだ。

そいつは昔わんぱくタイプというか、ちょっとふっくらしてるイメージがあったので、
今となってはおそらく典型的なデブオタ風になっているのだろうと俺は思った。
が、俺の想像とは異なり、ガリガリに痩せて長い髪をキッチリと束ねた風貌。
ある意味ではイケメンというか、ビジュアル系(古)っぽい感じだったので驚いた。

部屋もキレイだったし、話し言葉なども普通というか、むしろ頭良さそうな感じ。
ただ、言ってる事が俺にはイマイチ理解不能な面が多かった。
この世界のシステムがどうだとか、摂理がこうなってるとか、そんな話ぶり。
時々英語ではないどこかの外国語が混じったりして、正直わけわかんなかった。

1週間いとこの家に通い詰めて、なんとか社会復帰してもらう事に成功はした。
とりあえず大検を受けて大学に入り、今はある程度普通に生活してるっぽい。
ただ、やっぱり奇行癖は残っているらしい。ラテン語(?)でわめき散らしたりとか。

116 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 08:23:33 ID:eDH65j8oO
ラテンの熱い血潮が騒ぐんだな

117 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 12:20:25 ID:gYK/oRIW0
なんて最高なスレなんだ。

118 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 13:07:44 ID:OMxyUlGl0
>>112
塩とか線香とか 御払いしないの?

119 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 13:14:50 ID:hMmhzuub0
もっと体験談読みたいのでage

120 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 15:02:02 ID:eAUVFl4HO
空かずの間とヒキコモリで先々週にヒキコモリんちに突入したの思い出した。
ヒキコモリとは中学から一緒で高校受験失敗からヒキコモリになった奴。
親父さんとは今でも仲良くさせてもらっていたがあれから10年以上あってない。
親父さんが俺にヘルプしてきた。で、話し合った結果、突入することになった。会社からデカイ鉄のハンマーで扉を、ぶち破って突入計画。
扉ごしに話し掛けても返事はない。で扉をぶち破って突入した。
ヒキコモリが居ない…鍵は全部かかってる。
親父さんと二人で新しい扉をつけて、謎のまま帰った。
三日位して夜通りかかったら、ヒキコモリの部屋に電気が着いてる。親父さんに電話して外から侵入してみた…奴の部屋に別人?が…


121 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 15:06:48 ID:EpaYGGH20
>>120
もうちょっとわかりやすく書いて下ちゃい。

122 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 15:51:06 ID:yOvzoMDJ0
おかずの間かと思った。俺のエロ本書庫になってる部屋がある。

123 :120:2006/07/20(木) 17:33:57 ID:eAUVFl4HO
スマン。
扉、破ってヒキコモリを強制的に引きずり出そうとして、ヒキコモリが居なかった。
ヒキコモリの部屋に、外から再突入したら…別人?が居たって話です。続きはあるけど、そんなに面白くない。


124 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 17:41:32 ID:pOywvsyOO
気になるから続ききぼん

125 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 17:59:08 ID:a7VpFoex0
>>120
ここまで書いてそれはないだろう。
是非書いてくれ。

126 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 18:15:53 ID:u8uTlPeX0
>>96
その扉を開けると、階段があって
壁に槍で磔にされた化け物がいるよ。

127 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 18:19:31 ID:pOywvsyOO
それなんてうしおととら?

128 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 18:32:20 ID:QPEhw/Rc0
マンガじゃん

129 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 19:18:15 ID:b0zGqPnG0
ひきこもりが女でも連れ込んでいたんだろ
せっかくの良スレをネタスレにして欲しくないよ

130 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 19:37:52 ID:cQNBSDkd0
>>118
そいつのマミーがかなり強い人らしくて必要ないっぽい
 例@洗濯中にヌッと顔が出てきた⇒かなりはっきりしてる⇒すばやく右ストレート
 例Aカメラのシャッターが降りない⇒しばらくして「もう大丈夫」⇒理由を聞いたら
「周りの幽霊取り込んだww」

今度引っ越すらしいから、大丈夫なんじゃないかな・・たぶん

131 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 21:56:00 ID:pOywvsyOO
130
マミーつえぇwww

132 :本当にあった怖い名無し:2006/07/22(土) 00:12:43 ID:rVbS//hQ0
良スレage

133 :本当にあった怖い名無し:2006/07/22(土) 12:11:34 ID:JGioBxiBO
そろそろ次スレいっとく?

134 :本当にあった怖い名無し:2006/07/22(土) 15:27:31 ID:V61Mku2uO
スレを無駄遣いするんじゃないの!

135 :本当にあった怖い名無し:2006/07/23(日) 16:24:46 ID:UD92PWup0
曽祖父が建てた家を壊した時、屋根裏から「わけのわからないもの」?が
ゴロゴロ出てきたそうだ。私は見に行かず、いとこの話を聞いただけ。
何があったんだかすごく気になる…。

縁の下からは猫の死骸がうじゃうじゃ出てきたらしい。「猫の墓場」だったのか?
猫を飼った事は無いのだが…。わざわざ人ん家来て死ぬなよ、と思った。

136 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 07:27:39 ID:w2zETtCR0
>>135
猫が自分でそこへ来て死んでるんじゃないのかもな?

137 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 10:26:58 ID:ouZxVLt00
>>39
怖くないけど不思議な話だね

138 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 12:15:45 ID:n0f6xHdB0
>>135
本当は猫じゃなかったのをそういうことにしたとか。

139 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 12:24:07 ID:sXdK3C8L0
ウチにも動物の死骸や、その破片とか、
植物の死骸が詰まったスペースがあるよ。

あかずの箱にしないように注意してるけど、
ときどき見たくない惨状になることも・・・

140 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 21:35:41 ID:AFj1IQpg0
>>136
とりあえず私は殺ってないが…。内部の者のしわざだとすると、容疑者が
20人以上になってしまう。(分家も同じ敷地にあったので)
横溝ワールドな家だったから、ありうるかも…。猫の死骸の上で25年以上
生活してたかと思うと…鬱。



141 :本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 01:46:19 ID:nVn6ccKv0
オガ板至上最高スレあげ。

142 :本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 07:30:59 ID:RzqcaoSHO
sugeあげ

143 :本当にあった怖い名無し:2006/07/27(木) 07:49:10 ID:AJeCRTgHO
投下期待あげ

144 :本当にあった怖い名無し:2006/07/27(木) 11:16:52 ID:fAbO6f1V0
うちにも「あかずの間」ではないが、行くのが困難な空間ならある。
屋根裏を物置代わりに使っているものの、ハシゴや階段がついているわけでもなく
そこへ行くには下の棚をよじ登っていくしかない。
置いてあるのは使わなくなった家具類や食器といった大して面白くないものだけど、
それらに被せてある古新聞の日付が昭和30年代だったりするのが興味深かった。
ただ、不思議なのはどうやって重いタンスを運び上げたかということだ。

145 :本当にあった怖い名無し:2006/07/27(木) 15:14:18 ID:FzyttyJ/0
やべ、このスレ面白いww
てか、前もこんなスレあったよね?
誰か前の読ませておくれ〜。

146 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 01:54:09 ID:02rEdEhB0
面白age

147 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 07:56:03 ID:I+Ja2wvh0
最近保守ageになってるな。俺の家にもあったけどもう行けない場所だしな・・・

148 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 08:16:55 ID:Sg2D/TBoO
今日朝からあげますよー

149 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 19:42:52 ID:crzuuVNE0
最初に断っておく。これは作り話だ。あくまでも。其処の所宜しく。

俺の家系はとても古くからの血筋で、とあるド田舎の山の中の集落の長だ。
この現代でも、その集落では家の関係者に逆らう事なんて出来ないし、
逆らった家は住めなくなり出て行くしかなくなる。出て行けなければ、
村八分で苛め抜かれる。そんな土地はまだまだこの日本に多く存在している。

俺の家は本家から分かれ、とある地方都市に居を構えている。
お陰で、俺はそのドロドロした地方の呪縛からは逃れられ、
子供の頃は親に連れられて田舎に行くと蝶よ花よと可愛がられて田舎が好きだった。
今でも、日本の原風景を絵に描いたような本家の有る田舎は嫌いではない。
そんな家だから、本家は驚くほど広い。建坪で優に400坪はある。土塀で囲まれた家自体の敷地は1000坪ほどか。
もちろん、立派な土蔵も三軒有る。庭には小川と池もあり、
そこにはヤマメ・岩魚等が棲んでおり、ちょっとしたプールくらいある池に小川は流れ込み、
秋口には岩魚やヤマメが池に下って産卵する姿も見られた。
子供の頃遊びに行くと、本家の従兄弟たちと野原や家の敷地内を転げまわって遊んだものだ。







150 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 19:43:30 ID:crzuuVNE0
さて、本題。
夏休みの短い田舎の小学校が始業式を迎え、俺は独りで従兄弟たちが帰ってくるまで遊んでいた。
まだファミコンなど無い頃だから、家の中の探検をした。すると、長い廊下のドン詰まりの壁に立て掛けてある
ちゃぶ台をどかしたら普通の半分の高さの扉があることを発見!
俺は開けようとしたがカギが掛かっていて開かない。なんだろうと思って使用人頭のばあやに尋ねると、
「あそこは物置ですじゃ。汚いもんが一杯あるから入っちゃ駄目ですぞえ」と何故か怖い顔で言われた。
そうこうするうちに従兄弟たちが帰ってきて遊び始め、俺は扉の事なんか忘れていた。
その夜、夜中にふと目が覚め、トイレに行こうと台所の前を通るとばあやが食事をお膳の上に乗せているのを見かけ、
とっさに紋陰に隠れて様子を見ているとお盆を持ってどこかへ向かっている。
始めは大旦那(俺のひい爺ちゃん)が腹減ったから持ってこいとでも言ったのかと思ったが、
なんか様子がおかしいので探偵ごっこよろしく後をつけて見ることにした。
すると、件の扉を開けて中に入っていくではないか。扉は開けたままになっていたので、
俺もばあやに続いてそっと入って行った。

すると、驚く事にそこは地下へと続く階段があり、怪談を降りるとそこに長い廊下がある。
そして、その廊下の左右には広さ八畳ほどの畳を敷いた部屋があり、扉の替わりに鉄柵が!
そう、そこは地下牢がずらっと並んでいた。廊下は幅3mは有る広いもので、
所々にたんすや机が置いてあるのでばあやに見つからずに移動するのは可能だった。
ばあやは一番奥にある牢部屋の中に向かって何か話をしている。
俺はそこに一番近い位置にある机の下まで近付き、潜り込んで耳を欹てた。

151 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 19:44:25 ID:crzuuVNE0
「・・・ひいさま、ばあやはいつまでもひいさまのお世話をさせて頂きますじゃ・・・」
「〜〜〜〜〜〜〜〜」
ばあやの声はかろうじて聞こえるが、話し相手の声は聞き取れない。
辛うじて、女の子ではないかと思われるか細い声が聞こえてくる。
小一時間もそうしていただろうか、ばあやがお膳を持って立ち上がった。
「ひいさま、それではまた明日の朝来ますじゃ。お休みなさいませ」
ばあやはそう言うと俺隠れている机の前を通り過ぎていった。
閉じ込められるかとは思ったが、ばあやは朝また来ると言っていたし、
それよりも誰が閉じ込められているか好奇心が先にたってじっと隠れたままばあやが扉を閉めるのを待った。
薄明かりの中、俺は机の下から這い出して一番奥の座敷牢へと近付いた。
そして、そっと柵から覗き込んでみた。

152 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 19:45:37 ID:crzuuVNE0
すると、そこには大量のぬいぐるみやお人形が溢れている。人間は見えない。
また、薄明かりの中を覗き込むようにしているのでなおさら見えない。
俺は覚悟を決めてつ、と鉄柵の前に立って目を凝らしてみた。
すると、部屋の中の大きなクマのぬいぐるみにもたれていた大きな女の子の人形が動き出し、こちらに顔を向けた。
「だれ...?」か細い声が人形の口から漏れる。それは人形ではなく、本物の女の子だった。

あまりの綺麗さに俺はぼうっと見惚れてしまった。細い眉、切れ長の目、小さく高い鼻、薄い唇。
そして、目を奪われたのは銀に近い白髪。しらが、では無くキラキラと薄明かりに輝いている。
何分ほど見惚れていたろうか。「だれ...?」不安げな声が彼女の唇からもう一度漏れた。
俺はハッと我に返り、「ご、ごめん。俺は○○のところの子供で、Nっていうんだ。キミはだれ?」
「私は姫っていうの。」「なんでこんな所にいるの?」「ここから出たら私は直ぐに死んじゃうの」「ハァ?(゛д゛)」
彼女が鉄柵まで寄って来た。「あ...」彼女の瞳を近くから見ると、左右で色が違う。片方は黒緑、片方は薄い金。
そして、寄ってくる時に這いずって来たので足を見ると、右足の膝から下が以上に小さい。
無い訳ではなく、指まで全部有るのだがまるで赤ん坊の足の様に小さかった。

153 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 19:47:08 ID:crzuuVNE0
スマン、ちょっ急用で出掛ける。
全部書いてあるが急ぎなのでまた今夜〜明朝位に投下する。
もしイラネ!っていうならそう書いといてくれ。

154 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 20:43:26 ID:9mg2RmYk0
ちょwwwwいいトコでwwwwww
期待しとります。

155 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 20:51:05 ID:02gJpq7G0
>>153
このスレに作り話などいらんわと言いたいが
途中で止められるとこの上なく歯切れが悪いから
責任持って完結させぃよ。

156 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 21:11:58 ID:hhE7P2PAO
>>153
う〜ん、創作って最初に断言ちゃうと萎えるかも…
内容的に>>39の翻案っぽい感じするけど
とにかく、待ってますんで最後まで書いて下さいな

157 :本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 03:50:42 ID:etF7czNu0
最初に作り話って言うことで逃げ場を作ってるとか・・
ホントに作り話かコレ?確かに小説のような話ではあるが

158 :本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 04:55:13 ID:eFwM0UWY0
ちょっと小説的表現を多用し過ぎな感じもするな。
洒落怖スレだったらいろいろと物議になりそうだ。

でも先は読みたい。続き投下してくれるのかな?

159 :149:2006/07/29(土) 06:08:30 ID:xE3X9JZC0
お待たせ。ちょっと妻が具合悪くて病院行ってきた。以下、続きです。


俺がビックリしたように見ていると彼女が「私は歩けないし、目も良く見えないの。だから、父様も母様も私を嫌うの...」
「キミの父さんと母さんは誰?」「よくわからない。私が誰なのかも。なんで生まれたのかも。」
姫の目から大粒の涙がこぼれた。俺はそれを見た途端に胸が締め付けられるように痛み、彼女を守ってあげたくなった。
「じゃあ、俺が友達になるよ!姫ちゃん...が寂しくないように!」「とも...だち?」「うん、友達!」
「先生じゃなくて?」「先生?」
俺はその夜、彼女とずっと話をした。彼女には二日に一度勉強を教えに来る女の先生(家庭教師?)が居る事、歳は13歳だと言う事、
食事や風呂と言った世話はばあやがしてくれている事。母親はたまに来るらしいが、父親は今までに二回しか会っていない事。
そんな事を夢中で話しているウチに二人で眠ってしまった。
「Nちゃま!なんでココにいるのですじゃ!」ばあやの金切り声で目が覚めた。
しまった!と思ったがもう遅い。食膳を取り落として真っ青な顔でワナワナと震えているばあやが俺の前に立っている。
しかも、その後ろには叔母さん(俺の親父の妹)が目を見開いて立っている。
俺は直感で叔母さんが姫の母親だと感じた。その直感は直ぐに証明された。
「母様...」目を覚ました姫が呻くように声を出した。叔母は当時20台中ばで、一族の中でも屈指の美人だった。
俺も憧れてはいたが、とても勝気でおっかなく、甘えられるような存在では無かった。
しかし、俺も当時小学5年生とはいえ、明らかに叔母の歳と姫の歳が近すぎるのは理解した。
引き算すれば、11〜13歳で姫を産んだことになる。

160 :149:2006/07/29(土) 06:09:07 ID:xE3X9JZC0
Nちゃん、どうやってここに入ったの?」ばあやを押しのけ、叔母が微笑みながら尋ねてくる。
しかしその目は全く笑っておらず、俺の背中は冷たい汗で一気に濡れた。俺が答えずにいると叔母は俺の前にしゃがみ込み、
俺の目の前に顔をピタッと止め、俺の頬を両手で挟んで
「ね え 、 だ れ か に ひ め の こ と を は な し た ら」
両手に力がこもる。こめかみに親指が突き入れられそうな程の痛みを感じた。
「N ちゃ ん も こ こ に し ぬ ま で と じ こ め る わ よ ?」
俺の中で何かが弾けた。生まれて初めて、理不尽な暴力に対する納得の行かない怒りと凶暴な衝動が俺の中に巻き起こった。
「うるせえ!」俺は叔母の両手を掴み、乱暴に引き剥がした。
思いも寄らぬ反撃にたじろいだ叔母の横っ面を力任せに張り飛ばした。
「姫は叔母さんの娘だろ!なんでこんな所に閉じ込めるんだ!ふざけんじゃねえ!」
叔母さんもばあやも驚いて放心していた。しかし、勝気な叔母はすくっと立ち上がると俺の腹に蹴りを入れた。
モロに入ってしまったので俺は悶絶し、腹を抑えて蹲った。間髪いれずに叔母は蹲った俺の顔を蹴り上げた。
もんどりうって倒れた俺に馬乗りになり、叔母は俺のほっぺたに往復ビンタを叩きこみ始めた。
姫とばあやが何かを叫んでいるが叔母の手は止まらない。夜叉のような顔をして俺を叩き続けている。
しかし、地声のでかい俺が全身の力を振りしぼって叫んださっきの声が地上にも聞こえたらしい。
ひい爺ちゃん、親父、叔父、その他の何人かの親類が地下に降りてきた。
「S、何をやっている!」ひい爺ちゃんが叔母を一喝すると、さすがの叔母も正気を取り戻し手を止めた。
そのチャンスを逃さず、俺は叔母を跳ね除け、拳を叔母の鼻っ面に叩き込んだ。
「N!やめんか!」再びひい爺ちゃんの声が響く。しかし俺は更に数発拳を叔母に喰らわした。
「Nちゃん!やめて!母様を打たないで!」姫の声に我に返る。叔母は鼻と口から鮮血を噴出し、倒れこんでいた。

161 :149:2006/07/29(土) 06:12:33 ID:xE3X9JZC0
姫の存在は一部の主要親族意外には秘密であり、彼女は叔母が12歳の時に近しい親族の男に強姦されて出来た子供である事、
先天的に異常な体質や肉体状況で、とても外に出せないと判断したひい爺ちゃんが一生地下牢で育てようとした事、
当然役所にも届けず、姫はこの世にいない人間として扱われていた事など、当時の俺にはワケ解らない事では有ったが、
ひい爺ちゃんは親族の集まった席でコンコンと俺に対して説明してくれた。
「Nよ。お前は姫をどうしたいのだ?」俺の目をまっすぐに見つめ、ひい爺ちゃんが問うてきた。
「あんな所に閉じ込めちゃ可哀想だよ。普通に暮らせるようにしてあげてよ」「では、お前が面倒を見る事が出来るか?」
俺は迷った。しかし、可哀想な姫を何とかしてあげたかった。そして、間違いなく姫に恋をしている自分に気付いていた。
「うん!俺が面倒見る。姫の事は、全部俺が責任持つ」当時の俺はそれがどれほどの意味を持つか、思いも寄らなかった。
「そうか...解った。M(俺の親父)、姫はお前の家に連れて行け。戸籍は明日にでも何とかする。養育費の心配は要らぬ。良いな」
「・・・解りました。N、お前が責任を持つんだぞ。」「うん。」
姫はとても戸惑っていたが、俺が姫の手を握って「俺が姫を守るから。一緒に行こう」と言うと「・・・うん」と承諾してくれた。
そして親父と俺に連れられて、姫は生まれて一度も出た事の無かった本家から俺の住む地方都市へと移り住んだ。


とりあえず、以上。長文失礼。






162 :本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 17:48:19 ID:Xu8G6o7CO

続きが気になる…。
そのあと、どうなったんでしょうか。
創作、という逃げ道を使った実話なら面白いのですが…

163 :本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 19:32:19 ID:yDFSxQae0
最初から創作は言わないでほしかったお

164 :149:2006/07/29(土) 20:28:35 ID:xE3X9JZC0
ご希望が多ければ続きも書きます。
また、あくまでも創作、です...。

165 :本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 20:36:21 ID:Bw/MJoB50
>>164
悪い事は言わないから創作文芸板等で書いたらいかがでしょう。
書いたらここで告知してくれれば創作ものが好きな人は見に行くでしょうし。

166 :本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 21:48:18 ID:aex0EsMm0
続き、気になるな(´・ω・`)

167 :本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 22:59:52 ID:sxYaj+DoO
続きは気になるが荒れるのはいやなんので>>165に賛成
誘導してくれれば行きます!

そしてGJ

168 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 07:50:39 ID:5cOZQyO50
あげ万

169 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 10:12:04 ID:vA+p6H0e0
>>164
ていうかいっぺんにかいて投下してよ。他の人がしにくくなるでしょうが。

あと少しで終わるんならここでかいて欲しい。

170 :1/2:2006/07/30(日) 10:53:22 ID:bEbC0g0PO
開かずの間じゃないけど、実家の裏庭に井戸小屋がある。
今の実家が建つ前からあるはずだから少なくとも50年は経ってるんだが、
親父が物心ついた時にはもう小屋自体封鎖されていたとのこと。
というのも祖父の妹だか姉だかが、気狂いになり、排泄物を投げ込んだらしい。
何度言い聞かせてもその大叔母は井戸での排泄をやめず、
しまいには井戸小屋で生活し始め、周りには異臭が漂うようになった。
最後は、満月の晩に井戸に身を投げ自殺したのだという。
生前の祖父曰わく、水回りには必ず水を好む「憑き物」がおり、
大叔母は「持って行かれた、水に還られた」のだそうだ。
そんな曰く付きなのに取り壊されないのは、当の祖父こそ、
何かに取り憑かれたように井戸小屋撤去を頑なに拒否したからだ。
以来、父の代になっても入り口に板と御札を貼ったまま、
今でもうちの裏庭にその井戸は鎮座している。


171 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 10:58:34 ID:1ssWRy3FO
某都内オフィス街に、映画などの撮影用に貸し出してた廃ビルがあったのだが、
廊下の突き当たりに『立ち入り禁止』のテープで封印された部屋があり、凸してみると女性が暮らしていた形跡が。
家財や服などが丸々ホコリをかぶって散乱してた。
なにがあったんだろ(・・?)

172 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 11:00:21 ID:sSqb9jHh0
なるほど・・・で149氏はそのあと数々の試練を乗り越え、
姫と結婚しめでたしめでたし・・・と。

あ〜〜さっきの妻が具合悪くてうんぬんってのはここに繋がるのねぇ。


173 :2/2:2006/07/30(日) 11:03:49 ID:bEbC0g0PO
俺は好奇心から幼い頃一度だけ、板を無理矢理はがし侵入したことがある。
床は土間になっていて、中央に井戸があり左右に木で作られた棚があった。
棚の上には黒ずんだサンダルのような物と錆びきったいくつかの金ダライ。
言いしれない腐臭と淀んだ空気で満ちていて、
井戸の中には謎のコケがびっしり生えていた。
水は黒く濁って底が知れず、今にも大叔母が出てきそうだった。
腐臭の正体は今思えば木棚が朽ちたのと、カビや水が腐ったせいだろうけど、
当時の俺にはまさしく大叔母の死臭に思えて、恐怖で10分もいられなかった。
霊体験はなかったけど、井戸の穴の共鳴か、
おおおおーという風音が響いていたことも
死者の泣き声のようでとても不気味だった。

174 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 12:41:45 ID:oIlOYDFl0
このスレおもろいな。
俺の祖母の家にも開かずの蔵があるけど
汚いだけで何もなさそう。残念。でも
婆さんが死んであの家に住む人が居なくなったら
いつか誰かが開けるんだろうなぁと思う。
このスレ見てたら、その時には是非とも立ち会いたく
なってきた。



175 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 12:59:38 ID:bntrlyvG0
私の田舎の祖母の家は古い家で、中二階って言うのかな?収納式の階段で行ける
屋根裏みたいな物置スペースがある

去年のお盆に祖母の家を訪ねた時、そこの掃除をしてたら古新聞が出てきた
見出しを見たら、あさま山荘実行犯云々・・・・・・・(゚д゚)
これこそまさにオカルト

176 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 13:03:24 ID:YjjBuRfeO
あかずの間は開けると災いが…

パンドラの箱と同じね。

177 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 13:59:51 ID:TWhI6E/MO
鍵がなくて開けられなかった金庫が実家の床下にあったから
鍵屋呼んで開けてもらったら、戦争に行った人の名簿(?)と
ヒモで束ねてある曾祖父の日記が出てきた。
何か歴史を感じたけど、別にオカルトでも開かずの間でもないな。スマソ

178 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 14:59:33 ID:BwW5E+Ue0
>>177
もしかして>>37
金庫開けたんだ?

179 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 16:01:58 ID:X5+7PAIH0
日記の内容が気になる。
「8月二日、きょおは、うみえ、みんなでいきました」とかだったら問題だ。

180 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 16:04:39 ID:rVwL8jd90
>>179
「8月4日 よくやくお粥が食べられるようになる。粥がうまい。かゆ・・・うま・・・」
とかならいいわけ?

181 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 16:35:48 ID:QNWwOR950
ウチの親戚のところには、一族代々語り草になってる開かずの間があったそうな。
なんでも昼間からいろいろな現象が起こっていて、当時のえらい大学の先生なんか
もお忍びで調べに来ては、腰を抜かして帰っていくような部屋だったそうな。
そんなオカ板的にはパラダイスのような部屋だが、強烈な呪いだか怨念だかも、B
−29から落っことされた爆弾で消し飛んだそうだ。

182 :1/4:2006/07/30(日) 17:11:43 ID:vktdi8qQ0
開かずの「間」ではないが、開かずの仏壇の話。

友人の祖父が亡くなり、諸事情から仏壇を買い替えることに。
事情といっても別にオカルトな理由ではなく、
非常に古くアチコチガタが来ていて扉とかも外れかかってたから。
コレを機に立派なものにしてやろうよ、ということだった。
俺の友人が一応掃除してから仏壇屋に処分
(よく知らないが魂を抜いたりとか何とかするんだよね?)してもらおうと
各部を弄っていたら、仏壇下部の小さな引き出しが開かない。
何か引っかかってるとかでもないようで、全くびくともしない。
どうやら内部で固定してあるようだ・・・

些か不振に思った友人は父(亡くなった祖父の息子)や母に聞いてみたが、
その仏壇はじいちゃんが管理してたので何も知らないという。
家族は線香をあげたりする以外に、手を触れたことが無い。
爺さんは毎日お供えを欠かさず、丁寧に拝んでいたらしい。
数年前祖母さんが他界してから尚更に熱心に拝んでいた。
よく覚えてないけど、じいちゃんが戦後間も無く
買って来た筈だな・・・という父(ちなみに一応戦中生まれ)。
息子(友人の父)の臍の緒でも入れてたんじゃないの、という母。


183 :2/4:2006/07/30(日) 17:12:13 ID:vktdi8qQ0
どの道処分するつもりだったし、何となく気になるから壊して
開けてみよう、と父が言うので、友人は工具箱を持ってきて
バールのようなものにて破壊活動開始。
相手が仏壇なので多少後ろめたいような感覚もあり、
大胆な壊し方もできない。
中に何か入っててそれを壊したら困る、ということもあり
慎重に、且つ躊躇いつつ作業したのでかなり時間が掛かったが、
何とか表の板をぶっ壊して中を見ることが出来た。
引き出しは釘で打たれてる訳でも接着されてる訳でもなく、
特に固定してあるような細工も見られなかったそうだが、
その時点でも全く引っ張り出すことはできなかったとのこと。
何故開けられなかったのか、結局よく判らなかったそうだ。

ちなみに友人の爺さんは、戦前から戦中に掛け、職業軍人であったそうだ。
憲兵さんだったそうで、厳格で立派な人物だったようだが
それだけでなく商才というか、苦境を巧妙に生き抜く
才覚を持つ人物だったので、復員後さるビジネスを始めて
(特定されちゃうから内緒。事実上は既存業者を乗っ取ってかなり強引に始めたらしい)
大当たりし、土地でも有名な実業家として財を成した。
友人も父もその家業を次ぎ、安泰な生活を送ってる。

爺さんは開戦前から満州に居たようだが、どういう活動をしていたかは
祖母さんも知らなかった。
友人の話では、映画ラストエンペラーをテレビで観て、
甘粕さんはこんな人ではなかった・・・と呟くのを聞いたことがあるそうだ。
そのことなどからも、隠密な任務を担って大陸に赴いたのでは、と
友人は想像していた。

184 :3/4:2006/07/30(日) 17:14:05 ID:vktdi8qQ0
さて、仏壇の引き出しには、油紙に厳重に包まれた小さな
塊が入っていた。
友人とその父がドキドキ・少しわくわくしながら封を解いてみると、

古めかしい金の腕時計が出てきた。時計は、パテック・フィリップ。

時計好きには説明不要なメーカーだが、車で云えばロールスロイスのような
会社で、名品中の名品を作る名門会社だ。
まあ、兎に角ダイヤとか宝石とか付いてるわけでもないのに
凄い値段の、高級品だと思って欲しい。

友人は自他共に認めるアンティーク時計マニアなので驚きもし
喜びもし、かぶりついて仔細を検分したが、手持ちの図鑑などで調べると
1930年代の代物のようだ。戦前の製造の筈。

何故こんなものをじいちゃんが・・・
戦後に手に入れた可能性はあるが、こんな時計を嵌めている爺さんを
みたものは居ない。では戦前に?
爺さんはもっと新しいパテックを幾つか持っていたし、
友人も、爺さんが存命の時点でそのうちの一つを譲り受けていた。
もしこんな古いパテを持っているなら、時計好きの孫(友人)に自慢しないワケが無い。
何故隠していたのか。



185 :4/4:2006/07/30(日) 17:16:09 ID:vktdi8qQ0
当時の日本には当然代理店も無いし、仮に商社が輸入したとしても、
当時の貨幣価値を考えると庶民の家一軒よりも遙に高額な筈だ。
今ではちょっとした乗用車程度の値段で買えるので大したことは無いが、
戦前なら人の命が買えそうな値段だろう。

資産家でもない、ただの軍人である爺さんには絶対に
買える筈も無いし、くれる人だって居ないだろう。
どこで手に入れたのか?何故使用もせず金にも換えず
死蔵していたのか?何故仏壇に入っているのか?
それとなく親類にも聞いてみたが(はっきり詳細を語ると
形見によこせ、と云われそうなのでボカしつつ聞いたらしい)
全く判らない。
父は、大陸で戦前か、戦中に入手したと考えたらしい。
ということは、満州国のやんごとなき方々から出た物なのか・・・

形見に貰っておきたい友人。気持ち悪いから捨てちゃえという母。
お寺に預けようという父。
三人で相談した結果、悩みに悩んだが、父の言うとおり
お寺に預けることにしたそうな。時計がしまってるということを
知らなかった割に、父は時計を見た瞬間から強くお寺へ持って行くことを
望んだそうだ。理由は判らない。

その後おかしなことも何も無い。仏壇は綺麗で豪華な新品になり、
俺も拝んだことがあるが、爺さんは満面の笑みで祀られてる。
ただ、その二年後に父も亡くなり、友人は出張先で3回ほど、
無言で自分を見つめる父に会ったそうだ。

186 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 18:31:04 ID:UtVfmNv+0
なんだ創作か

187 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 18:43:01 ID:OR64jCrMO
おかずの間

188 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 21:29:06 ID:cnN8sakk0
油断してたら>>187でお茶吹いた

189 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 02:14:22 ID:beqXXtKb0
 小学生の頃のお話。
 教室にあった教卓の引き出しが開かなくなっていた。
 中に色んな物を詰め過ぎて、引き出しが何かに引っ掛かったらしい。
 ある日のことである。
 授業中、この引き出しが開かなくなっていることに気づいた担任のM先生が
 この引き出しを何とか開けようとした。
 「あら? なんで開かないのよ? この引き出し」 
 そういって引き出しの取手を掴み、一生懸命に引っ張った。
 だが、なかなか開かない。
 「もう〜、誰? こんなイタズラしたの〜」
 そういってさらに力を入れて引っ張った。
 ようやく引き出しがガタガタ音を立てて開いた。
 「こんなに色々詰まってたのね。ちゃんと掃除しないから・・・」
 そう言いながら引き出しの中に手を突っ込んだ。
 引き出しを掃除しないのは先生の責任では?
 「んっ? 何かしら? これは?」
 先生は差し入れた腕を外の出した。何やら長いモノが腕に巻きついている。
 「!」
 先生の腕には、1メートル近くのアオダイショウが絡み付いていた・・・。
 先生はそれを目にし、その体勢のままゆっくりと床に卒倒した。
 どうやらそのアオダイショウは教卓の引き出しの中に入り込み、冬眠をしていたらしい。

 授業は中断。
 隣のクラスのO先生を呼びに行き、その後、M先生は担架で運ばれた。
 M先生は、大のヘビ嫌いだったのだ。
 人が失神する瞬間を目の前で見たのは、後にも先にもこの時だけ。

190 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 04:04:22 ID:TQIIMpU10
あかずの間に「した」空間の話。

実家は古くからの豪農、養蚕業をしていて、当時は相当な土地と資産をもっていたらしい。
母屋のすぐそばにトタンのでかい養蚕小屋があったんだが、20年以上物置となっていた。
整理のために物品処分し、内部を整理していたところ、分厚い鉄板が地面を覆っている部分がでてきた。
たたいてみると、反響音。空洞があるらしい。

ミニショベルカーを持ってきて親父がそれをはずしてみた。
直径1m、深さは、光が届かなくてよくわからないが20mくらいはあったとおもう竪穴があった。
薄くコンクリート?石膏のようなもので補強された長く深い真っ暗闇の竪穴。

さすがに降りることは出来ず、後日危険だということで鉄板を元に戻し、コンクリートで固めた。
ばっちゃんの話では、防空壕じゃないかという話だが、工場もなく、農村地帯。
こんなに深く、空気の循環も光もささない竪穴のおくに何が存在するのか。

いまもって謎のままだ。

191 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 11:25:15 ID:jdkBqyRf0
ばっちゃんって何か良いね。俺もこれからばっちゃんって呼ぼ!

192 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 12:28:20 ID:7Dd8lg/4O
じゃ、私も一つ。
私の父の実家も母の実家もいわゆる旧家、両方ともにあかずの間がありました。

私は一時期父の実家に住んでまして、与えられた私の部屋。2階、6畳で家具や寝具もあってなかなかの場所。
移り住んですぐに掃除をし始めたら家具裏から扉であろう隙間と蝶番、そして把手をはずしたであろうネジ穴。
壁の向こうは1階の屋根裏、その下は私の祖父であった家長の書斎です。
その存在は気になりましたが、ほどなくゴキブリの発生源がその隙間である事が解り確かめる事は避けて生活。
実は私、ゴキブリ嫌いなもので。知らなかった事にして見ない振りです。
やがて祖父が亡くなり、老朽化からその家を建て替える話が持ち上がり取り壊す事になりました。

取り壊しの日、私は解体屋さんの重機の爪先を眺めてました。ひどく悲しい光景だったのを覚えてます。
解体の手が件の部分に差し掛かり、気になってた部分も崩れ落ち、やがて全て廃材に。
解体の人が廃材の仕分けをしてると急に呼び掛けられました。「ちょっとここん家の人でしょ、来て来て」
大体あのあかずの屋根裏があった地点。屋根瓦や廃材の中から十数本の銃らしきものが。
どれも錆まくってて使える状態ではないよう、ただ銃にしては若干細身でした。しかしズシっと重い。
「これ、どうなってるの」と解体屋さん。「さぁ…私にも」「あー、じゃコレも持ってきますね」「はぁ…」
その銃は解体屋さんのトラックの座席へ、特に手続きとか面倒な事になりそうもないので「まーいいか」と。
それに素人にもあれからどうこう出来るとは思えない程、錆ていたもので。10年20年の錆じゃない。
しかし何だったか、どういう言われの物か。今となっては知る由もございません。

母の実家のあかずの間は確かめる事ないまま、その家と縁遠くなってしまいました。
かの家のあかずの間は昔、使用人が使ってた場所だったそう。
きな臭い話はこちらの方が多いのできっと何かあると睨んでます。

193 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 13:08:30 ID:SedmOtYS0
>>185 >>192
開かずの間に「人」が居たんですよ、とか言われるとつい
おいおい本当かよ、と疑いたくなったりするが
由来や来歴の判らない、なんでこんなものがあるんだろと
首をかしげるような「物」がポロンと出てくる話は面白い。

しかも因縁がありそうな物なのに全く謎解きが出来なかったり、
不気味なのに別に不吉なことが起きたりもしない、
怪談話として不完全な終わり方をしてくれると尚更に興味深い。
へんにおっかないオチとかが無い話のほうが
ボンヤリとした不安な後味が残る。

194 :177:2006/07/31(月) 22:40:19 ID:dMBgCeinO
>>178違う。でも同じような人いるんだなぁ

195 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 23:27:59 ID:C8igwrc10
>>193
服毒自殺するなよ

196 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 23:44:11 ID:hxsxes1o0
婆さんの家の納屋にあったな。
開かずの間かどうかはしらんがとりあえず襖があって、一応その奥にはなんらかの空間は存在してるはず。
でも昔の卓袱台と古いタンスが前に置いてあって開かないようになってた。
今度行ったら開けてみようかと思うんだけど、なんだかああいう古いものって蟲が大量に湧いてそうで触れないんだよなあ

197 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 00:02:29 ID:Bz2wzP1k0
父の実家の寺はかなり古く、建立は鎌倉末期くらいだそうで
蔵も三つくらいあって、本堂には落ちてきた武士を匿っていたといわれる
隠し部屋もあり、本堂改築する時には鑓だとか刀だとか古銭がボロボロ出てきた。
でもお庫裏さんがあまり古い物に関心ない人で面倒だからと一度に解体業者に
頼んで処分してしまった。
そこはイワクありの部屋だった(禁句で話題にするのもタブーだった)らしく
そこのものを残すのも忌まわしいというのもあったかもしれないが
小さい頃、従兄弟と忍者ごっこしてて、本堂裏の物置の中に階段を発見し、こっそり
その部屋に入ったことがある。そこには木箱や虫食いだらけのかなり古い漢文の本
貴人が乗る為の御簾がついた駕籠のようなものもあった。
そこで記憶が途切れているのだが、気がついたら物置の中で寝ていた。
ほんのりと良い香のする女の人と毬をついて遊んでいた夢をみていたが
寝ている所を大御婆ちゃんに見つかって「何ともないか?」といわれ
そのまま本堂でお経読まされた。
出てくるときに一緒に転がり出てきた毬はそっと隠したが、今はどこに隠したか
忘れてしまった。

198 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 03:26:22 ID:J17cL1F00
>>195
兄さん、教養がおありじゃないかい。

199 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 09:29:38 ID:piVVeDK00
>>198
>>195だが
教養のうちに入らないよ
普通に知ってることじゃないの?芥川の自殺の原因なんて。
しかも姉さんだい

200 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 11:27:40 ID:4iEnCmwA0
素直にありがとうって言っときゃいいのに

201 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 12:42:54 ID:+xCElOnL0
>>193
芥川ワロス。
俺も落ちの無い話を。

父の実家に開かずの間、というほどでもないけど
開かずの納戸、のような部屋があった。
実家と言っても、本家から駆け落ちした俺の祖父母(母の両親)が、
戦後に時代が落ち着いてから建てた家なので
極端に古くも無く、歴史も無い家。
フツウに納戸として使用していたので衣替えのときなどは
出入りしていたし、絶対に入っちゃイケナイ訳ではなかったが、
何故か神棚を祀ってあり、我々子供は入っちゃいけなかった。
納戸に神棚がある理由は誰も説明してくれなかったが、不思議にも
思ってなかった。

代が変わり伯父が家督を継いでリフォームするとなった際、
その神棚を下ろしてみたら、中から遺影のような写真が出てきた。
きちんとした背広を着た、知らない青年だった。
裏には撮影した日付なのか、昭和20年代の日付と、名前があった。
字は、達筆で有名だった祖母の字に間違いない。
苗字も名前も一切心当たりの無いもの。
20年代にその年恰好だとすると、父の弟くらいかな・・・と
漠然と思ったが口には出さなかった。
親戚全員に聞いてみたが、誰も何にも知らなかった。

ぼんやりとした不安を味わった。


202 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 12:44:15 ID:+xCElOnL0

あ、訂正
× >>実家と言っても、本家から駆け落ちした俺の祖父母(母の両親)が、
○ >>実家と言っても、本家から駆け落ちした俺の祖父母(父の両親)が、


203 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 13:02:58 ID:/VweLj8b0
>>200
スマソ 自分程度が知ってることなど誰もが知ってると素直に思ったのだ。

204 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 22:57:49 ID:x8hIEsi2O
保守あげ

205 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 23:23:51 ID:eMoRUo9j0
ウチじゃないんだけどさ。

近所の何代も続いてるお屋敷のお家におひなさまに行ったのよ。
2コ下の女の子のすごい広い家。
新興住宅の自分家とはえらい格が違ったのは、小学生だった私にもわかった。
時代劇や田舎の家みたいに、たくさんのふすまで部屋が仕切られてた。
田舎って行ったら田舎だけど(名古屋のはずれ)

で、おひなさまが飾られてる部屋に通された。
大きな段飾りのおひなさまが、広い部屋に何セット?もあったのは、
招待された私や友達も圧倒された。
「この部屋は、おひなさまを飾る時にしか使わないの。他の日は開けちゃいけないの」
そんな事、その家の子が言ってた。
なんで?とか深追いしなかった当時の私。

広いお屋敷だったから、おひなさまの時にしか使われなかったのか、
おひなさまの時意外に使ってはいけない決まりが何のためにあるのか今も謎。



206 :本町 ◆qfrwxYdRGQ :2006/08/02(水) 00:38:51 ID:MdNR+sJE0

あれは中学2年のときの夏休みのこと。
あのあかずの間で体験した真夏の白昼夢を俺は今から書こうと思う。


207 :本町 ◆qfrwxYdRGQ :2006/08/02(水) 00:39:35 ID:MdNR+sJE0

中学2年の夏休み。その年の夏はとても暑かった。
クラブの朝練を終えて家に帰ると、じいちゃんから声をかけられた。
畑の草むしりをしてくれんかとのことだった。
俺の家の庭にはちょっとした家庭菜園の畑と、その畑を耕すための道具類を
入れている小屋があった。畑の草は、夏の暖かい気候に恵まれて、ぐんぐん成長していた。
俺はじいちゃん大好きで尊敬しているから、じいちゃんからの頼まれ事は何でも答えてきた。
俺は、夏の炎天下の中、草むしりをはじめた。その日は雲一つない晴天の上、炎にときどき
包まれたような錯覚を起こすくらいとてもとても暑かった。
すぐに俺は、汗をだらだらにたらしながら息切れもしていた。
そのときだった。
「暑そうやねぇ」と声をかけられた。T子の声だった。
T子は、俺の家から50mくらいの近距離に住む親戚の姉ちゃんだ。
1歳年上の中学3年で、まだまだ俺と同じく童顔のガキと言える。
姉ちゃんと俺は、家も近いからよく一緒に遊ぶことが多かったが、
姉ちゃんが中学に上がってからは一緒に遊ぶことはもうなくなっていた。


208 :本町 ◆qfrwxYdRGQ :2006/08/02(水) 00:40:05 ID:MdNR+sJE0

俺は「おう。暑いわぁ。どうよ。受験勉強してるかぁ?」と返した。
姉ちゃんは「暑いから勉強しても頭にはいらんよ。スイカとりに来たんよ。」と言った。
俺の家の家庭菜園ではスイカが毎年夏に育ち、よく近所に配っていた。
そのスイカを姉ちゃんはとりに来たのだ。
俺は「スイカならその小屋にあるから、好きなだけ持って行けばええよ」と声をかけた。
姉ちゃんは「うん」と軽く声をだして小屋へ入っていった。
ふと、何の思惑もなく俺も、少し遅れて小屋へ入った。
小屋に入ると、すごい熱気に襲われた。足元ににスイカが5個ほどあった。
俺は、そのスイカのひとつを持ち上げビニル袋に入れて、姉ちゃんに渡そうとした。
そのときだった。俺の目にある映像が飛び込んできた。それは姉ちゃんの首筋の汗だった。
俺は汗だらだらの状態だが、姉ちゃんも軽く汗をかいていて首筋がきらりと汗で光っていた。
何とも言えない感情がわいてきた。
でも俺はなんとか平静を装い、「ほらよ」とスイカを姉ちゃんに渡した。
俺のちょっとした緊張が姉ちゃんに伝わったのか、なんだか姉ちゃんもソワソワしながら
スイカを受け取った。俺はその姉ちゃんのソワソワ感にさらに緊張してしまい、つい目を
そらそうと視線を斜め横上へ向けた。それにつられて姉ちゃんもそちらの方向を見た。
その方向には、2階のあかずの間へ蓋があった。


209 :本町 ◆qfrwxYdRGQ :2006/08/02(水) 00:40:35 ID:MdNR+sJE0

俺と姉ちゃんは、昔、小屋のまわりでよく遊んだ。小屋は2階だてになっているのだが、
2階には行ったことがなかった。小屋の中に階段があるがすぐに蓋に行き止まる。2階から蓋が
されていて、その蓋を外さなければ2階には行けないのだ。
昔から、じいちゃんとかから危ないから小屋の2階には絶対いったら駄目だからときつく言われてきた。
俺は、昔からいつか小屋の2階に何があるのか見てやると意気込んでいたが、いつの間にかその野望を
忘れてしまっていた。昔はよく2階に通じる蓋を開けようと姉ちゃんと2人で悪戦苦闘してるところを
じいちゃんに見つかってものすごく怒られたこともある。
すっかり忘れ去られていたその蓋が、今、俺と姉ちゃんの視線の先にあった。
俺は蓋を見ながら姉ちゃんに声をかけた。
「まだ、行ったことないよな。行って見んか?」
姉ちゃんは即答した。
「行って見たい。」


210 :本町 ◆qfrwxYdRGQ :2006/08/02(水) 00:41:52 ID:MdNR+sJE0

俺が先頭にたち階段を登り、その蓋に手の平を合わせて軽く押してみた。
蓋は軽く動くものの何かがひっかかって開きそうにはなかった。
俺は、最大限の力で蓋を押したが、蓋は1cmほど浮くだけで開かなかった。
姉ちゃんが「やっぱりだめ?」と言ったので、「何かひっかかって開きそうにない」と返した。
そのときだった。
この暑さを忘れるような爽快なアイデアが浮かんだ。まるで、じいちゃんが耳元で
”押してダメなら引いてみろ”とささやいたようだった。
俺は、蓋に再び手の平を合わせて横に引くように動かそうとしてみた。
蓋はゆっくり横に移動しながら開いてくれた。
そうだったんだ。横移動式だったんだ。昔、あれほど姉ちゃんと頑張って開けようとして
開かなかった蓋が、今ようやくゆっくりと開いてくれた。
姉ちゃんも「すごい・・開いたね」と思わす声を出していた。
蓋が開いても、2階は窓がないためか暗くてどうなってるのか下から見上げただけではさっぱり
理解できなかった。俺は、2階へと足を踏み入れた。

                        to be continued...

211 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 01:11:55 ID:95wvfrIr0
君の心の開かずの間を
両手でノックしていいかい?

212 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 01:14:12 ID:KH49pdI5O
続きは?!

213 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 02:04:52 ID:SYvcPMb10
そこで禁断の愛が生まれ終了か?

214 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 02:08:09 ID:+QpCKnaS0
家の実家の台所兼ダイニングの天井に一畳ほどの他の天井板とは
色の違う部分がある。押すと上に上がるような構造をしていたので
帰省したときダイニングで茶を飲みながら、上を見上げなにげに
婆さんに問うたところ「今は使っとらん。」「屋根裏に登るための?」
「違うほこりまるけやろもう」「何??部屋があんの!」
ということで30年間気づかなかった、自分の家の開かずの間に気づいたとさ
話によると、小作の人が寝泊まりする場所だったらしい、もう一つの入り口は2階の
昔自分が使っていた部屋からとのこと、そういえば物心ついた頃から
その部屋に置いてあった本棚の後ろに扉があったっけ??
うかつ、うかつ、何度模様替えしたか、その時本棚も動かしたけどその扉がじゃまで
「やっぱり本棚はここがいい。」と扉も開けずにいたな、、、。
何でこの先に部屋があるって想像できなかったのか、、、、オレって本当に抜けている。
その部屋の捜索はせず、、、紫檀の本棚めちゃくちゃ重たいんだって。

215 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 04:36:00 ID:g7e1DsSC0
現時点、世界で最も危険な開かずの間といえば、
 
ウクライナのチェルノブイリにあるコンクリート棺桶「サルコファグ」

216 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 06:11:20 ID:DwHNesyjO
>>210
2階にはじいちゃんのエロコレクションがうなっていたというオチ。

217 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 06:19:01 ID:JTFw1agw0
暗くてよくわかんなかったがなんかスイカが並んでるっぽい
っておもたら全部生首だったってオチだとおもふ

218 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 07:09:08 ID:kqOxmRWN0
>>215
こないだ石棺のなかにはいって撮影した調査の動画があがってたキガス

219 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 09:02:53 ID:njPTR5J80
>>215
取り残されて回収できない死体があるってホンマかいな

220 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 09:47:30 ID:TuDpVVaA0
>>215
リアルで怖すぎるな

221 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 10:09:48 ID:wjc5uaKW0
しかも最近結構開きそうになってるから怖い

222 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 11:37:48 ID:uki0YHHE0
さほど怖くないのですが、小ネタを。

私は幼児の頃、父方の実家で、両親と父方の祖母と暮らしていました。
その家には、田舎にしては珍しく洋室がありました。そこに応接セットが
置いてありました。
二階には上がってはいけないと言われていましたが、上がってもさほど
怒られることはありませんでした。幼児が急な階段を昇り降りするのが
危ないから、程度の理由です。
二階には祖母のお茶室、当時下宿して不在の叔父の部屋がありました。

ある日、応接セットの置いてある部屋に、ドアがあることに気付きました。
その前にソファがまるで塞ぐように置いてあるので気付かなかったのです。
私はソファを無理矢理ずらし、ドアを少し開けました。
中は真っ暗。窓さえもありません。
広さは、当時の私には広く思えましたが、おそらく三帖程度でしょう。
ドアの隙間から見えたのは、人です。たくさんの人。
生首みたいなものもあります。
みんな土気色の肌をして、生気がありません。
その後、成長に伴って体力がつき、部屋の中に入ることができました。
部屋の向こう側にドアがあり、そこから祖母の寝室に繋がっていることも
判りました。

ところで、部屋の中にあった人の正体は…
当時叔父は某大学で美術を学び、専門は彫刻。
作品を下宿に置くと寝るところがなくなるので、実家に送っていたそうです。

223 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 13:26:38 ID:DwHNesyjO
>>222こんなつまんない実話書くくらいならネタ話でも書け。

224 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 13:51:43 ID:0LIhBkE40
>>210
そんな事よりワッフルワッフル

225 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 14:28:25 ID:JSpfd3P6O
オカルトもリア厨の食いつきいいからなぁ・・・そりゃ223みたいのも湧くか

226 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 15:20:01 ID:wjc5uaKW0
そろそろ携帯からの書き込み禁止にするべきだよね

227 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 18:23:45 ID:DwHNesyjO
>>225勝手にほざいてろw

228 :本町 ◆qfrwxYdRGQ :2006/08/02(水) 20:34:00 ID:MdNR+sJE0

すんません
もう少ししたら続き書いてアップします。

229 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 20:44:30 ID:tmSN1h1/0
>>228
続くのいいけど、どうせなら1回でまとめて欲しいんですが...

230 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 21:24:38 ID:0LIhBkE40
>>228

>>229にクソ同意。そんな宣言イランから黙っていっぺんにアップしとけや。

231 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 22:06:59 ID:+etFcCr+0
>>229-230を〜嫁に〜もらう前に〜言っておきたい〜事がある〜

232 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 22:08:10 ID:/+VLr+aO0
最初にテキストでじっくり全文作ってサクッと出せばいいものを
「続きます」とか「今忙しくて後で来ます」とかウダウダやって結局
まとめられなくてトンズラってパターンは典型的な同人屋のクセだよ。
ちょっと良スレになると必ずカサコソやって来る。

233 :229:2006/08/02(水) 22:12:18 ID:tmSN1h1/0
あ、ごめん。
俺は批判したいわけじゃなくて、要望のつもりだったんだけど...
物の言い方が多少キツかったかな?そうだとしたら謝ります。

234 :本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 02:02:08 ID:1QFDnbr+O
姉ちゃんも「すごい・・開いたね」



ズギュゥゥウン!!

235 :本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 17:00:02 ID:+DDLlzSr0
良スレあげ
創作の人の続きはどうなったんだ・・・。

236 :本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 21:01:01 ID:Ht9W66z20
せっかく途中まで書いてるんだから、続き読みたい気もするけどね。
でもいきなりコテトリだし、勝手に段取り作ってるし、なんだかなぁ…。

237 :本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 21:36:12 ID:G99Zgbzv0
創作は別にいいんだけどB級小説はきついわ
普通の体験談だとまあおもしろそうなのになんであんな小説風にしちゃうんだろ

238 :本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 21:43:02 ID:51qvufBKO
とりあえず保守あげ

239 :本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 22:18:46 ID:2b4kRHHA0
なんか勢い止まってるっぽいんで、つなぎとして体験談をば。
実家の小屋が長い間あかず状態になってたんだけど、4年前にあけた時の話。

そこは元々、味噌を造る小屋だったのを適当に改造して物置にしたのだが、
それほど大きくもないし、そもそも物置としての需要も乏しかった。
さらに、中身は農具関係なので農業をやめてしまって以降全く使う事もなく、
母屋を移転するため取り壊すまでの10年ほど、あかずの間になっていた。

小屋をあける際、何かお宝でも発見できないかと考えて俺も立ち合った。
鍵を外し、固くなった小屋の戸を開くと、昼間にも関わらず中は真っ暗。
完全な闇と言って良い状態。この中に光が入る事すらもう10年ぶりなのだ。

ひんやりした独特の空気が外に出て来た瞬間、ゾワッ・・・という異様な気配。
ネズミがいるだとか、そんなレベルではなかった。建物全体が動いたというか。
そして考える間もなく、俺は生まれて初めてというほどの恐怖を体験した。

奇妙なざわめきを発しながら、小屋の「闇」が襲いかかって来る。
いや・・・その正体は大量の「G」だった。何百、何千匹もいそうなGの大群。
頭から足の先まであふれ出るGの激流にもまれ、もう身動きすらできない・・・。

時間にして1分弱程度だろうが、あれほど怖かった事はいまだもってない。
ホント、一瞬にして総白髪になるような体験だった。(なってないけど)

240 :本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 01:56:45 ID:RPUbvc2f0
>>239
考えただけでうぶげゾワっとする



241 :本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 01:58:01 ID:f8LT30kA0
((((((;TДT))))))ガクガクブルブル
幽霊よりよっぽど嫌だ

242 :本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 04:41:49 ID:OHQJ+wtEO
幽霊にあったことがないやつはみんなそう言う

243 :本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 04:44:26 ID:CJR1oAWs0
>>242
会わせてほしい。


244 :本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 10:30:04 ID:PNIcmjbJ0
ゴキブリがそんなに発生?
どんな環境なんだ?

245 :本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 11:38:15 ID:grQmZtie0
霊は年に何度か見るけど、数千匹のゴキブリの方が俺は嫌だな…

246 :本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 15:50:34 ID:O5SECja20
ていうか周りの家々に多大な迷惑が…

247 :本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 16:45:17 ID:RPUbvc2f0
>>246ドアとかガッチリ閉めて丸ごと燃やせば良さげ

>>244お味噌仕舞ってた倉だからじゃないの?

248 :本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 16:55:11 ID:Sh0Z0nt4O
その後大量のG達はいずこへ・・・

249 :本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 17:23:09 ID:COJWgskG0
>>39-45の話がガチ面白い

250 :本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 20:12:58 ID:YDAxuRgaO
>>239Gスポット

251 :本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 21:49:35 ID:PqwIaZ2A0
うわあ...あんたには失望したよ...

252 :本当にあった怖い名無し:2006/08/05(土) 02:18:10 ID:W4bT7ILz0
話は変わるが、俺の部屋に「開けられずの押入れ」がある。
中には稼動可能なPC‐9801vmが・・・・

253 :本当にあった怖い名無し:2006/08/05(土) 03:30:22 ID:cGGQuLprO
>>252ちゃんと稼働するPC98・・・まさにオカルトw

254 :本当にあった怖い名無し:2006/08/05(土) 10:52:50 ID:W+KIXUSB0
あの時代のは部品はしっかりしてるので動くよ。フロッピードライブとかは駄目な事が多いけど。
あと、動いた後の「で?」という、そこはかとない侘びしさがなんともいえない。

255 :本当にあった怖い名無し:2006/08/05(土) 11:17:01 ID:NmT9hmDa0
スレチだが
収納ボックスに入れてあるPC9801Fは今でも現役で動いてる。
箱自体は震災の時にタンスの下敷きになって潰れたので収納ボックスが箱代わりだがな。

256 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 14:32:39 ID:vrBWv1nM0
Gの話で思い出した。

うち、賃貸なんだけど、1階に専用の物置きがついてるのね。
めったに開け閉めせずに5〜6年放置してて、久しぶりに中のものを取り出そうと開けたら
1匹の猫の死骸が・・・。
自分はダンナの後ろにいたんで「猫が死んでる!」って声で泡食って
実物は見てないんだけど、もう中身なんかなくなってて毛皮だけだったらしい。
まわりには蛆の卵の後か、ねずみの糞みたいな丸い物が大量に散乱してた。
屋根と壁の隙間から入り込んだっぽいけど、なんでそこで死んでたかな・・・。

257 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 14:37:27 ID:49PH1li9O
猫はアホだから、忍び込んでから出られないことに気付いたりする
そのまま誰にも気付かれないと・・・(つд`)

木に登って降りられなくなるやつの重症版だな

258 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 22:00:28 ID:AcApwAdc0
大学時代、聞いた話。
とある研究室には開かずの棚があった。
何でも先代教授の時代から開けてはいけないことになっていたらしい。
ところが、組織改変に伴う研究室の移転でついに開かずの棚が開けられた。
その中には何と……放射性物質が保管してあったそうな……

259 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 22:02:46 ID:VZXkUdeE0
サルコファグキター

260 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 03:06:51 ID:Fq2RRsOyO
放射性物質って、そんな棚なんかに収めるだけでいいの?
ガクブル

261 :258:2006/08/07(月) 12:11:13 ID:eOwrGMWd0
あくまで噂なので、真偽は不明です。

もう一つ。
小さい頃、2階建ての家に住んでいたのだが、
家族はみんな普段1階で生活し、2階は主に物置として使っていた。
当然子供は「危ないから」という理由で勝手に2階には上がらせてくれなかった。
しかし、大掃除のときとか物を取りに行くときにたまに大人についてのぼっていったんだが、
2階にある扉で1つだけ、1度も入ったことが無い部屋があった。
さて、そのうちその家は建替えをすることになり、我が家も一時的に他の部屋を借りることになった。
そして2階のものも引越屋さんと家族でバンバン運び出していったんだけど、あの扉は手付かずだった。
あの部屋には何も無いのか疑問に思った私は父に聞いた。そしたら……
壊れた扉を壁に立てかけてあるだけだったという……
考えてみると、その壁の方に部屋を作るスペースは無かったのだが、
我ながら何と言う馬鹿なガキだったんだろう……


262 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 14:08:57 ID:aZCySMxW0
>>261ビクビクしながら読んだら…オチになんか和んだ。

263 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 16:58:33 ID:wh0oBtU10
なんてもったいない!
それはどこでもドアだったのに

264 :名称未設定:2006/08/08(火) 00:03:26 ID:ozffhCiR0
そんなのに、偽の記憶なんかが紛れて「子供にしか行けない部屋」が出来上がるんだろうな。

265 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 00:04:25 ID:g5KuLwmM0
押入れの中
数々のエロ本やビデオ、DVDなどがある
エロゲももちろんだ
オナホールだって揃ってる

オカズの間

266 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 00:19:18 ID:DpYsuArFO
ダメだ、このスレタイが、何度みても

『あなたの家のおかずの間』

にしか見えない('A`;)

267 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 00:31:40 ID:QqA6HrqcO
実家に中にある物が多すぎて開けられない物置がある。
ガキの頃はそんなに気にしてなかったんだが、
先日その物置を改装することになって掃除したんだ。

子供の着なくなった服とかが乱雑に置かれてたんだが
まぁ兄弟多いから思った通り玩具ばっかり。
つまんねぇなーとか思ってたらふと、壁に古ぼけた紙が張ってあった。

『私はもう子供を叩いたりしません
  〇〇〇〇(母の名前)』

怖くなって捨ててしまったんだが、
やはり子供四人は辛かったんだろうなぁと泣きたくなった。


藻前ら親孝行しろよ!

268 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 06:55:25 ID:m+4rf1M20
カアチャン・・・

269 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 16:03:47 ID:b+3aR7Jb0
このスレオモしれー。
これの学校版もあったらいいね。歴史のある学校にまつわる話がごまんとある気がする

270 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 16:44:04 ID:f6n+u8zK0
学校といえば階段の下とかに扉があって
そこを秘密基地にするとか異世界につながってるとか
そういう話にあこがれたもんだった。

実際あってもただの物入れなんだよな。

271 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 18:36:49 ID:wO0oo3Go0
親衛隊から逃げ隠れるためのスペースだよ

272 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 18:39:02 ID:Vt6b+aHc0
女生徒連れ込むためのスペースだろ

273 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 19:09:31 ID:m+4rf1M20
プールが左右に開いたりとかね

274 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 21:17:49 ID:mJW4GN8+0
いやそれはない

275 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 02:22:06 ID:GaVQEKb3O
>>273
校庭も開いて、体育館の床は回転したりするのか。

276 :過去ログからサルベージ:2006/08/09(水) 03:32:41 ID:wajo0xIo0
228 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/04/17(火) 23:31

阿倍野区にある市立工芸高校の時計台の下にあるあかずの間がコワかった。
隣の部屋の壁の隙間から中が見えるんやけど、壁になにか詩みたいなもんが
一面に書いてあって、お札が貼られていたのを覚えている。
あと、現デザイン研究所がある所は昔、部室になってたんやけど
その辺りも幽霊がでるって当時から噂やったなぁ。


277 :過去ログからサルベージ:2006/08/09(水) 03:33:43 ID:wajo0xIo0
229 名前: 工芸高校OB 投稿日: 2001/04/18(水) 00:02

>>228
ぐはあ!!ここでも新たな情報が!
それって「関西の心霊スポット〜」で書いた妖精の絵と同じかな?
あーでもあっこで教えてもらったのは、壁じゃなくて絵が描かれてたキャンパスに
なにか文が書かれてたってあったしお札も聞いたことないし・・・。また違う部屋なんかな?
デ研の噂は・・・聞いたことないっす。

228さん、旧グラウンド近くの暗室の噂で何か知ってはる?


278 :過去ログからサルベージ:2006/08/09(水) 03:34:45 ID:wajo0xIo0
234 名前: 228 投稿日: 2001/04/18(水) 19:36

>>>229
おお、こんなところに工芸OBが!(ビックリ)
妖精の絵?僕の記憶には無いですねぇ。
なんせ、チョットの隙間から見える範囲が限られてましたから…。
強烈に印象に残っていたのが、なにかの文章とお札らしき
赤い張紙が数枚ってとこです。
10年以上前の事なんで正直鮮明には覚えていません。スンマセン。
旧グラウンドの暗室の話は聞いた事ないです。
でも、あの学校もいろんな噂がいっぱいあって、結構真実味のあるものも
多いですから。
おそるべし工芸高校!ですな。


279 :過去ログからサルベージ:2006/08/09(水) 03:35:47 ID:wajo0xIo0
240 名前: 工芸高校OB 投稿日: 2001/04/19(木) 01:07

>>234=228さん
時計台の下っつーことは旧校舎ですね。その妖精の絵も旧校舎の開かずの間にあって、
スキマから覗いてみれるって聞いたよ。でもお札貼ってたっていうのは初耳。
その妖精(天使)の絵は友達が見てんけど、当時は生徒の作品が置いてあるだけやろ
とか思ったりやっぱりちょっとコワヒんで、結局私は見に行かないままでした。
ずーっと気になってたけど、その友達は外国に引っ越してしまって聞けなかったんだけど、
他に見た人がいるということは開かずの間のスキマの噂は本当やったんか・・・・

旧グラウンドの近くの暗室というか製版室?は、確か4つくらい部屋があって、そのうちの
一つの暗室に生徒が夏休み中閉じ込められて餓死した、とかそんな話を聞いたんですが、
別に大きな噂にもなってなかったんで、たぶん作り話でしょう。ただ、大きな撮影機が置いてあった
部屋が私は気持ち悪かったです。そこで実習してたんですが、壁の上のほうに黒い手形みたいなんがあった。
他に時計台で自殺があったとかも噂あったけど、大抵真実味のない
三流怪奇話ばっかり…前庭の銅像が動くとか。

>>237
肘かけババアって肘ついて走ってくる下半身のない婆さんのこと?


280 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 08:59:35 ID:+IvTPQyMO
保守あげ

281 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 16:44:48 ID:9AX6/5tI0
訂正

282 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 16:51:12 ID:gNTFHQSbO
解んね

283 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 17:47:52 ID:YIsSXjUkO
ほす

284 : ◆W/6iUUJuRY :2006/08/10(木) 17:21:28 ID:mQs1WDM3O
>>1から一気に読んだ
いいねぇ良スレ良スレ
面白い(・∀・)

285 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 18:23:31 ID:zI5C3zIr0
新しい家に育った若年層には厳しいスレだと思う。
快適でも今の家には神秘とか不気味さは無いから、可哀想と言えば可哀想。

286 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 18:34:54 ID:tWUKs9XF0
まさに陰翳礼賛、だねえ。

287 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 22:44:02 ID:CIMZAKh40
その新しい家も、若年層が歳をとっていっていつかは古くて不気味な廃家になるんだよ。
>>285

288 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 23:23:03 ID:zI5C3zIr0
ただ、>>39のような、日本家屋にあったような神秘を期待するのは難しいだろうね。

289 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 23:25:29 ID:PjpZ4JuIO
あなたの家のおかずの間

290 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 23:45:35 ID:1q1Rwb870
やっぱ家には、ちょっと怖いというか不安な場所があった方がいい気がする。
現代であかずの間は難しいけど、「空けてはいけない引き出し」くらいなら設定できるんじゃないかな。


291 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 23:56:00 ID:tWUKs9XF0
築20年もたってない、普通の団地なんだが・・・
部屋の、電話のマークが付いた壁の引込み線が気になって気になって。

台所に、普通の電話用モジュラージャックがあって、使われていないんだけどさ。
だから、電源コンセントみたいな板に、丸い穴が開いてるだけ。

ふと思い立って、ドライバーであけてみたのさ。
そしたら、壁の中には電話線ないのよね。
というか、コンクリの凹みに、電話線を引っ張ってきた形跡がない。何のためにわざわざへこませて、電話線のふたで養生してあるんだろう。
最初から壁と同じコンクリートで均してしまえばいいのに。

で、黒くマジックで塗られたダンボール辺が突っ込んであった。
お札とかだともっと怖いけど、黒く塗られたダンボールってのも意味がわからなくて不審。

292 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 00:12:45 ID:1he1oD5W0
>>291
その部屋、前に住んでた人いた?
うち、ネットを光にしようとして業者呼んだんだけど、業者がケーブル通す壁の隙間読み間違って、
変な場所に意味のない穴を空けてしまった。
それを電話用じゃないけど、あの手のプラスチックの板で塞いでる。
この部屋に次に住む人は、「この穴なんだろう?」って思うだろう。
もし前に住んでた人がいるなら、そういういきさつがあったんじゃないかな?

293 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 01:42:51 ID:JPhaLEF3O
>>161の続きが気になる

294 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 18:37:40 ID:efOuzryh0
『あかずの間』ってのは、やっぱり幼少時代にあった謎の存在みたいな感じが良いのかな。
開けちゃったら特別何もなかったりとか、常識で考えれば理解できる物だったりとか。
でも、『あかず』の内はそれがわからないから何となく惹かれるのかもね。

オレにも小学校の頃、そんな存在があったな。
当時は良く遊んでた地元にある公園の隣、果樹園の中に南京錠がかけられた変な小屋。
小学生の頃、オレらはそこを『水戸黄門部屋』って呼んでた。

妙な呼び名の理由は、中を覗くと青い大きな家紋みたいなのが描かれた掛け軸が見えたから。
たぶん違うんだろうけど、当時は水戸黄門の『葵の御紋』だと思ってたんだな。

ま・・・単なる物置か何かだったんだろうけど。何となく興味そそられて度々偵察に行ってたりしたっけ。
地元に帰ったら久々に見てこようかな。もう今じゃなくなってるかもしれないけど。

295 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 18:39:29 ID:ODsnwt+p0
>>294
変わらず存在していたら、それこそオカルト。
そんときはレポよろ。

296 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 03:34:30 ID:IdGHj5ogO
あげ

297 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 03:53:17 ID:V32W0ZeT0
伊集院光オリジナルの創作話だけど「青いクレヨン」の話は怖かった

298 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 03:54:19 ID:x0KUK5jn0
>>297
kwsk

299 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 04:36:57 ID:JiQP/drl0
うーん開けたわけではないし、自分の部屋でもないんですが
当時大阪で住んでいて、年は中3だったと思います。
離婚もあって、引っ越すために市内の不動産屋を親と共にまわりました。四・五件回った後に
大きな倉庫の一角に作られた部屋を案内されました。つまり倉庫内に特別につくられた感じで変わってる
間取りは外に短い階段があり、中にはいると右側が壁で、突き当たりの部屋にキッチン、左側に一部屋といった間取りでした。
真ん中のスペースはリビング用。でもそれほど広くなく、突き当たりのキッチンはすぐそこだった。
鍵を開けるとき、私はドアの真ん前にいたのですが、開けた瞬間風がブワーーと私に向かってきたので目をつぶり
グッとガマンしたのを覚えてます。
まっさきに部屋に入り靴をぬぎ踏み出すと、何かをふみつけ(痛かった)たので見ると赤いミニカーでした。
「うわーきもちわる」と思いました。ぐるりとみてまわると右側の壁紙がちょっと違和感というか
途中で切れ目が入っていたのに気がつきます。
一通り部屋を見て回り、気になっていたことを聞きました。
すると、「ああ、そこあかずなんすよ。要望あれば開けますよー」とのこと、気持ちが悪かったのでそこは契約しませんでした。
蛇足ですが、結局大阪は止めて生まれ故郷の東京に帰りました。大阪は今でも嫌いです。

300 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 08:39:45 ID:egGsm1vd0
>>297パパ助けてみたいな話だったっけ?

301 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 09:44:05 ID:DiY9Jq0t0
>>299は開けないで不完全燃焼という新パターンだな

302 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 11:06:10 ID:qZ2xbz7LO
結婚して旦那の実家(というかじいさん家 にすんでいる
ウチの押し入れに物が入れっぱなしだったのでかたずけていたら、押し入れの中に扉がついていた
なんなんだろこれorz

303 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 11:26:49 ID:x0KUK5jn0
>>302
やはりそこは開けてみなければ。

304 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 14:38:51 ID:qNLqCgiVO
期待保守あげ

305 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 14:59:20 ID:t9pzcs4DO
ぬるぽ

306 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 15:03:02 ID:Dqc09TOGO
ガッ

307 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 15:06:48 ID:9r1t2ELoO
うちの家は築70年くらいのoldハウスで、台所にある食器棚の後ろに何故か、ドアがあるんだ…
いまだにどこに繋がってるのか分からない(゚V゚)


308 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 15:08:07 ID:DiY9Jq0t0
YOU達、どんどん開けちゃいなよ!

309 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 15:15:19 ID:zdPNCDjoO
自分の家の話じゃなくて大変恐縮なんだけど…

私が通ってた高校は、生徒数の多い学校として有名な私立の女子校だった。
校舎は、同じ敷地内に中学部と高校部それぞれが独立して建っており、
あかずの間は高校校舎の6階(と思われる場所)にあった。
5階までは普通に教室があるんだけど、何故か6階へ続く階段が塞がれていた。
まるで5階の天井に向けて階段を差し込んだような、そんな感じ。
その部分だけがコンクリで乱雑に固められていて、不気味だったのを覚えてる。

何年か前に校舎を全部取り壊して、今は綺麗な校舎が建ってるけど
うちの学校は内部事情の暴露本が出版されるくらい(今は売っていない。
当時の校長が回収したとか何とか)のオカルト校で、そのあかずの間でも何か
あったんじゃないかって噂。

310 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 17:06:16 ID:dWbqwN8WO
>>307
うちもそんなんで、台所の扉は風呂場に繋がってる
食器棚置いてあって、あかずの間ではないがあかずの扉
トイレの扉が前後あったりするし古い家はなんか変だと思うが、住んでる人間には普通なんだよね

311 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 17:18:20 ID:a5AYcdVM0
あかずの間ならぬあかずの扉なら・・・
     |
     |
     |
  ドア→‖□←仏壇
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ↑障子

祖母の家の居間に、上記のような廊下に面した障子とドアがある。
隣り合った角っこに障子とドアなんていらないと思うんだけど、
どんな使い方しようとしてたのか不思議。
ドアは仏壇でつぶして全く使用してない。

312 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 00:01:14 ID:hLXo5by+0
うーん・・・・最近なんか物足りないと思ったら、開けた話が無い!

開けた話プリーズ!!!

313 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 00:52:26 ID:ed/wrbFa0
そんじゃ、あけた話で。

もう建て替えたけど、前に住んでた家は階段の下がちょっとした物置になってた。
そこが「あかずの間」になる発端は、母が作ったポリ樽5つほどの漬物を置いた事。

しかもその半月後くらいに母はケガをしてしまって、しばらく入院するハメになった。
うちは母以外が全員男なもんで、漬物なんか全くいじらないままで放置。
そのうち異臭がし始めたが、退院した母も含め不精な我が一家は無視し続けた。

しばらくして異臭も収まったが、物置をあけられないまま結局6年の歳月が流れた。
だが建て替えの際に、必要に迫られて渋々あける事になったわけだ。

約2000日ぶりに封印を解かれた物置は、もう床が抜け落ちるほど腐敗していた。
一面に広がる菌世界。その光景を見てふと「風の谷のナウシカ」を思い出した。

314 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 03:24:43 ID:+3Iutsiy0
テラコワス

315 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 03:50:40 ID:OBe0Wz7oO
くっ!少し肺に入った…

316 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 06:28:12 ID:BWmJNs5o0
♪ハイホー肺胞 蝕め菌・・・

317 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 07:49:32 ID:NOCNu1M80
Gの大群の話の次にこぇぇええ

318 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 13:55:56 ID:wf4o4uQ3O
空かずの間ではないけど、本家の納骨で墓を開けたら、中に
動物の骨が何体分か入ってたことがあった。伯父によると猿の骨
だったらしい。何だかよくわからないけど、気味が悪かった。

319 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 19:21:15 ID:XEOheNo30
余所の人が勝手に骨壷を入れてたってことはあったみたい。
墓のない人?

320 :318:2006/08/15(火) 10:17:22 ID:n+odoOCJO
>>319
普通の墓なんだけど、本家のある所がド田舎だからすごい山の中だよ。
他人の骨壺とか困るよね。ご先祖も迷惑してそう。

321 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 12:13:33 ID:fxoaMV9pO
スレ違いだけど…
屋根裏って気になるんだよねえ。
特に木造築うん十年とかのボロ屋のとか。

俺が住んでたアパートの屋根裏の蓋を開けたら
前の住人たちのいろんなものが大量に押し込められてた。
気持ち悪かったけど真冬だったんで
古びた電気アンカを拝借しました。

屋根裏に歴史あり。


322 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 12:42:29 ID:KZC9pEMP0
かまいたちの夜とか、密室殺人事件とか連想させるよね。

323 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 12:43:30 ID:JSUKPZoY0
最近の家は屋根裏とか納戸とか倉とか無いからね。
あっても本当の狭い只の物入れ。ロマンもへったくれも有りゃしない。
こういう些細なところで少しずつ、子供の想像力は減退していくんだろうな。

324 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 14:19:57 ID:4plgud4iO
俺の家の話。

俺の部屋は四畳半なんだけど、高校時代に夜中かなり変な現象が多発したのに家族は誰も信じてくれなかった。
(金縛り、押し入れから声がしたり、2階なのに外から窓を誰か叩く)

やがて俺が進学して実家を離れ、母親がその部屋を使う事になった。

数か月後に帰省すると、玄関を開けた瞬間に家の異変に気がついた。

家のあちこちに御札がはってある!

俺が使っていた部屋はあかずの間になり、絶対に入ってはいけないと言われた。

俺がいなくなってからその部屋を使っていた母親も、かなりの事を体験したらしく「お前はこれを聴くと怖がるから言えない」と言い、教えてくれない。

それからもう5年くらいたち、いま盆で帰省している。

部屋はあかずの間のまま、何があったかをそろそろ教えてもらおうと思っている。


325 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 14:27:01 ID:iiJnRheVO
ネタ臭いがwktk

326 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 14:33:04 ID:fxoaMV9pO
是非おかんに聞いてくれ。

327 :324:2006/08/15(火) 14:55:17 ID:4plgud4iO
324です。

今は親戚などが来ているので、みんな帰った夜以降に聞いてみます。

ちなみに御札は玄関、階段、2階のトイレに貼ってある。

まあ確かにネタって思われてしまいそうな話だけど偶然ココを見つけたから書き込んだまでです。


328 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 14:55:40 ID:sXltgCac0
>>324
wktk

329 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 14:59:38 ID:giMA86GMO
頑張れ!

330 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 15:04:24 ID:V3K5niAAO
携帯からスマソorz

うちは鉄筋コンクリート造の小ビルで1Fはオヤジの建築設計事務所になってる(2〜4Fは生活スペース

地下一階は物置で、かなり陰湿な雰囲気な為に設計者自身であるオヤジも寄り付かないw

で、最近になって地下に鉄の扉がある事が判明…
地下に投げ込んだ本やらwin98やらを整理してる時に母が発見したらしいw
俺も見に行ったんだが、鍵がかかってるっぽくノブ回しても開かない(´・ω・`)

気になったのでオヤジ(現在タイ住まい)に電話してみたら、「え〜そんな扉作ったっけなぁ…いっつも下まで降りんから解らんわ〜」との事…
(オヤジは1Fから地下へ続く階段を降りずにそのまま下へ不要物を投げ込む癖がある)

最初は地下二階に続く扉かな?ってwktkしたが、よく考えたら壁にただ扉が付いてる事になるから、階段スペースが無い。つまり扉が開いたとしてもそこに部屋は無くモロに土。

意味の無い扉をつけた事、設計した本人が忘れてる事、そしてこの家で暮らして20年以上経つのに初めて扉の存在に気付いた事がオカルト(´・ω・`)
オチなくてゴメ

331 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 15:36:06 ID:aZRS1DQs0
ぬるぽ

332 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 15:44:36 ID:Dj0b1QvGO
ガッ

333 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 17:01:21 ID:4UWn/+gPO
俺が小学校2年生まで住んでた家の話を聞いてください─。
大正の始めに建てられた2階建ての2軒家で土壁、風呂場に土間ありと古い造りの借家でした。
土間の梁から蛇の抜け殻がぶら下がっていたり、オカンと風呂に入っていると裏口から大家さんがイキナリ入って来たり(大家の奥さんに告げ口済)今考えると怖い家でした。
そんな家に1ヶ所、不思議な扉が。階段の脇に不自然に設けられた戸板。
勿論鍵付き─。
オヤジに聞いても「開けるなよ。」とだけ…詳しく教えてはくれませんでした。
まさに開かずの間です。
その扉の事も気にならなくなったある日、お隣で父子喧嘩が始まりました。
我が家では家族がちゃぶ台を囲んでの団欒時─。
ガチャン!バリン!ドカーン!「ふざけんな馬鹿野郎!!」

メリ…バリバリバリバリ……バーン!!!

「た、助けてくださいっ!」
と、お隣の大学生になる息子さんがウチの食卓に逃げ込んできました。
顔面蒼白、眼鏡は割れて髪はグチャグチャ─。
文字通り暴行されたてホヤホヤの出で立ちで─。
そうです。俺が開かずの間だと思い込んでた扉はお隣さんとを繋ぐ非常扉でした。

でもね、本当に怖かったんですよ。あの時は─。

334 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 17:14:40 ID:sXltgCac0
>>330
最近のニュースで、妻も子もしらない屋根裏部屋の中に
盗んだ女性の下着をたんまり隠してたお父っさんがいたよね。
そんな感じで親父の恥部が発覚するかもしれんから、がんばってこじ開けてみ?www
実際は、地下と外をつなぐ外付け階段をあとで作ろうとしてたとか、そんなとこだろうけど。

335 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 17:45:33 ID:JSUKPZoY0
改築で仮住まいとして半年借りた長屋、廊下から隣の家に通じるドアがあった。
お隣は気の良い皆さんで、お互いに「何でしょうね、これw」と気味悪がってたよ。
ただ家主さんがサイコな人で、一時期、風呂の使い方を電柱に登って監視したりしてたそうだ。

336 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 12:43:28 ID:B9cg94YW0
ほす

337 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 13:00:50 ID:T7xVfCxCO
俺の部屋が開かずの間に…
何故か扉が開けられない
親は普通に開けるのに

338 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 15:47:08 ID:P2ba9IJ00
イカ臭いからだろ

339 :名称未設定:2006/08/16(水) 17:45:38 ID:XiQwuXen0
>>338
バカだなぁ。>>337は「座敷牢」に閉じこめられた、って言いたいんだよ。
面白いなぁ>>337

340 :オツラコ:2006/08/16(水) 19:36:33 ID:3+jYlzuB0
>>339
ばっか違うって。>>337は自室の扉を開けて外に出る勇気がないだけなんだぜ?

341 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 20:47:36 ID:6n01+jDY0
なにこのつまらん流れ

342 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 22:19:05 ID:XiQwuXen0
>>341
要するに、>>323ってこった。

343 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 22:50:38 ID:P5k+tJMx0
親のおかずの間だからだろ?

344 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 00:05:14 ID:opJmhXGW0
>309
武庫川女子??

345 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 01:41:57 ID:r9e0jbt70
>>324 まだかな? 早く聞きたいねえ。
     

346 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 10:41:00 ID:dLeSlNRF0
ほす

347 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 16:55:19 ID:yaNSNf2R0
良スレ
>>324
期待

348 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 19:11:52 ID:KL4xQE8BO
実家では有りませんが。


僕が大学時代に住んでいたアパートに開かずの部屋がありました。
その部屋は二階の左端にある部屋で、
戸には釘を打ち付け、部屋の中と外から板を何枚も貼り付け、挙げ句にでかい南京錠が二カ所かけてありました。
窓も一ヶ所はコンクリートで固めてありましたが(角部屋だったので窓は二カ所ついていた)、
何故かもう一ヶ所はそのままになっていました。
窓の上には、煙の後があり、その部屋で火事があったであろう事は用意に想像出来ました。
その部屋の下の部屋も入れ替わりが激しく(四年間で五人、一月以上いた例し無し)常に空いていました。
このあいだ久しぶりに前を通ったら閉館中でした。
あの部屋で何があったのか?
大家が亡くなったので分からず仕舞いになってしまいました。
因みにあの部屋絡みの怪奇現象は、
・たまに部屋の中に人がいる。
・壁をひっかく音とうめき声が聞こえる
・下の部屋にいると上から足音が聞こえる。

等々、
まああの部屋の封印のしかたは尋常ではなく、
そんな事があってもおかしくないような感じでしたね



349 :324:2006/08/17(木) 23:26:10 ID:NtpLJ62QO
324です。

両親から聞いてきましたが、すべて書くとかなり長文になってしまうので、どう書いたらいいかと考えたのですが、すべて書かないと話がつながらないのでわけて書き込みします。

携帯からなんで読みにくいかもしれませんが、、、

350 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 23:33:41 ID:dvGouH7QO
ワクテカ

351 :324:2006/08/17(木) 23:33:48 ID:NtpLJ62QO
まず、自分が小さい頃に初めて部屋で見た幽霊(?)は、近所の床屋のおじいさんにそっくりな老人でした、また、部屋の隣りには階段があり、夜中にあがってくる音がしていました。

ほかにも色々あり、両親に言っても誰も信じてくれない日々が続きました。

特に上に挙げたのが後日、あきらかになった中心の出来事です。



352 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 23:50:48 ID:BsrCWigq0
おわり?

353 :324:2006/08/17(木) 23:50:52 ID:NtpLJ62QO
つづき。

自分が進学して、部屋を母親が使う事になったのは以前書きましたが、その時に何かすごい事が毎晩起きたそうです。

すいません、この時に何が起きたのかはどうしても聞き出せませんでした。

母親いわく「お前が怖がるからどうしても言えない」そうです。

妹ならば話してくれると思い聞いたのですが「言わない方がいいって言われてるから、、、」「とにかく怖くて大変だった」としか言いません。

話を戻して

あまりに変な事が起きるので両親はいろんな人に相談して、どこかから有名な霊視をする人を呼んで家をみてもらったそうです。

その霊能力者(というのか)は、ここには以前人形が置いてあったでしょうとか、この部屋にはここの家の人じゃない人が寝泊まりしていたはず(実際バイトが住んでた)とか、かなり詳しく当てたらしい。



354 :324:2006/08/18(金) 00:13:57 ID:0o+FAB0rO
つづき(これでおしまい)

結局、その霊能力者が言った事をまとめると

・この家は、霊の通り道になっている。玄関から入り階段を上がり自分の部屋までが霊の通り道になっていた、階段は霊の通り道になっているのでこの辺で亡くなった人や関係ない霊なんかも通るから足音がしても当然。

・この家には霊が縛られている、家の土地の俺の部屋があった真下(場所)で過去に人が死んでいる。
(父親いわく事実、床屋の一代前が亡くなっている)
父親は、昔俺が「床屋のじいちゃんに似たお化けが出た!と聞いた時になんとなく思い当たったそうだ、、、

とにかく、霊能力者は「御払いをするけれどもこの家はあまりにも霊が多過ぎて、しかも2階の部屋(俺の部屋)の北側半分は強い霊の通り道だから私にもどうする事ができない。」と言い、いますぐ部屋は使わず締め切らなければだめだ。

とアドバイスしてくれたらしい。


部屋はその時の状態のまま、あかずの間になっているそうです。

実際、この話を聞いた時に、このまま書いたらネタと思われるんじゃないかと思ったけど真実です。

とりあえず自分の話はこれでおしまいですが、似たような状況があった方とか、色々意見を聞きたいです。

両親の話し方ではなんとなく自分にも原因があったのでは、なんて思ったりもしているのですが、、、

355 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 00:30:02 ID:t96XuYWh0
>324氏 乙。
でも結局あかずの間はあかずのままなのね・・・。

356 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 00:34:09 ID:/CpiMWew0
>>324
もうなんか・・兎に角、乙としかいい様がない

今も実家居るの?
そんなひつこく「お前が怖がるからどうしても言えない」言われるのはビビりだからかい?w

357 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 00:50:33 ID:97WypMwP0
>両親の話し方ではなんとなく自分にも原因があったのでは
>なんて思ったりもしているのですが、、

その部屋にとどまった霊が>>324を呪ってるとか?
そしてそれを御払いに来た霊能者が、なんとか押しとどめてるとか?
済んでいない話だと言うなら、そりゃ話せなくなるんじゃないかと

358 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 01:01:12 ID:YbIwO1RA0
>>324を今も待ってるんだろうな・・・その部屋で

359 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 01:04:28 ID:TX544BK90
開けるどころか、シリコーンで隙間から固めた方がいいかもわからんね

360 :324:2006/08/18(金) 01:21:14 ID:0o+FAB0rO
324です。

ちなみにその霊能力者は「あの部屋には女性は何があっても、絶対に入ってはいけない」と注意して帰ったそうです。

それが何を意味してるのかは謎。

とにかくどんな理由があろうとダメらしい、、、


361 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 01:24:06 ID:95VYaSbGO
あやしい木箱とか出てきた人いない?

362 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 01:24:57 ID:85yYHRuEO
食器棚の2番目の引き出しが開かない……もう15年以上経つ orz

363 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 07:42:38 ID:02Q0M4Fs0
霊の通り道って中学時代の時にホラー好きの女子の間で流行ってたなあ

364 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 09:41:01 ID:CLHYDVgs0
>>360
ホモの霊に取り憑かれてるとか

365 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 11:10:35 ID:8FLf9QjH0
っていうか、母親は女性でその部屋を使っていたんだよな?
ということは>>324以上に怖い体験をしたということか。
まぁ、思い出すのも嫌なんじゃねーの?


366 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 22:35:56 ID:EMrZiMVm0
あかずの間か

367 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 22:36:52 ID:EMrZiMVm0
なるほど

368 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 22:37:31 ID:EMrZiMVm0
こわいな

369 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 22:38:05 ID:EMrZiMVm0
369

370 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 22:46:52 ID:g1fr4oLS0
弥勒(>>369)様じゃありがたやありがたや

371 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 15:59:02 ID:Rcb7k5Xl0
誰か>>324の母親に自白剤飲ませてこい!

372 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 12:29:44 ID:q5gzCRxU0
ほす

373 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 17:09:48 ID:yU1tZqpV0
sax

374 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 17:42:15 ID:QvfuKdcOO
シャレにならない怖い話のアレか?

375 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 17:59:56 ID:3Rkgpq7x0
>>324の母ちゃんは色情霊にやられたから言えなかったんだよ

376 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 18:28:07 ID:8WEx+0JAO
以前、都内で部屋探してて家賃5万2000円、木造二階建ての物件下見した。
業者『この部屋はなるべく使わないほうがいいっすよ。条件でわかりますよね?^^』

377 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 18:37:10 ID:dnOId7a40
>>376
で、その話のどこらへんがあかずの間なのか?

378 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 23:05:38 ID:DZ1XbCpI0
>>377
話にこの先の展開がない所。

379 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 04:09:21 ID:Os5Am3T90

いけずの間

380 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 08:07:35 ID:dmchIdn80
いけすの間

381 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 11:56:43 ID:vY4enIXHO
あー、うちにもあった開かずの間
というか、開かずの食器棚。
三年くらい前、謎のゴキブリ発生のために
ゴキブリほいほい置いて、しばらくして見たら三匹かかってた。
その後も、ほいほいを取り替えてもその棚だけに
何匹もでてくるから、
そこは開かずの間にした…。

382 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 12:00:15 ID:S3MrzenW0
やっぱ、もうこれからの家屋に開かずの間を求めるのが無理なのかな。
ある程度は施主の裁量が利くけど殆ど○×ホームの設計とかだもんな。

383 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 13:58:53 ID:a+r/WkTU0
母の実家に先日行ったときの開かずの間体験。
ばっちゃの部屋に天井から引っ張っておろす階段(なんて言えばいいのか)を発見。
ばっちゃに何があるのか聞くと「最近開けてねえから何があるかわかんねぇなぁ」とのこと。
興味がわいたので勝手に階段を下ろしてあがってひょいと顔をだして覗いていると向こうからネズミがタターとかけてくる。
「うわぁ」と私が顔をのけぞらせた瞬間体勢を崩しそのまま階段からドカドカ落下して箪笥に追突。
頭をしこたまぶつけて痛いは、箪笥の上の物は降ってくるは、ネズミが降りてくるは、それをネコが追っかけるはでさんざんなことになってしまった。

384 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 16:33:19 ID:lNnzhF3h0
都内の友達の住んでいた貸家に開かずの間があった。
当時私達は小学生で友達は転校生。
友達の一軒家に遊びに行った時の事。
なんで押入れの中なんかで遊んだのか忘れたけど、
押入れの奥は普通壁なのに、その押入れの奥は、また襖だった。
しかも開かないように厳重に打ち付けてあった。
面白がった友達が足で蹴ったりして、蹴開けると
向こうには4畳半位の綺麗な部屋があった。
部屋の中には何も置いてなかったが、天井から裸電球が
吊るされてて古めかしい電気の笠がついていたのを
今でも憶えている。
入り口は何処だ?と捜したら、玄関を上がったすぐ横に
その部屋への入り口は存在した。が、引き戸のその入り口も
厳重に釘で打ち付けてあった。
つまりその部屋は入れないようにしてあったのだ。
その部屋には窓もあった。
帰るとき振り返ると玄関の横に窓があり、さっき見た
古めかしい電気の笠が見えていた。
次に遊びに行った時あの部屋の事を聞くと
「あそこ入っちゃもうだめだって〜」と言ってた。
「なんで?もう一回入ろうよ」と言ったら

385 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 16:41:28 ID:4FL0ww4k0
>384
あんっ…じらしちゃ、いやぁ…

386 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 16:52:32 ID:dmchIdn80
つづきマダー?

387 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 16:55:39 ID:lNnzhF3h0
>>384続き
>>385さんごめんなさい、そんなに面白くありませんから…)
「駄目だよ、だって親がまた釘で締めちゃったもん」と言った。
私は結構驚いた。
あの部屋、見つかったのに使わないの?とか
わざわざまた釘で打ち付けたの〜なんで〜?とか。
小学生なんてそんなもん。
あの部屋もぜんぜん怖い雰囲気ではなかったし。
結局、その友は一年経たずしてまた転校したので
大きくなってからあの家に行く事はなかった。
私も引越しで近くにはいないし。
多分既に取り壊されたと思うんだけど、
開かずの間と言うといつでもあの部屋を思い出す。
なんで入れなくしてあったのか、とか
自殺でもした人がいたのか、とか。
今でも真相を確かめたい気にかられる…………んだよね。
特にこのスレ読んでるとさ…。    じゃんじゃん。

388 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 18:15:32 ID:S3MrzenW0
転校生ということは、その両親も縁起を詳しく知っていたかどうか微妙だな。
問題は家主さんだ。

389 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 21:53:30 ID:F20cK2DsO
今借家に住んでるんだけど、あるんだよ。あかずの間が…しかも俺の部屋の真横、天井裏、畳の下の三カ所も・・・

390 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 22:30:52 ID:YupPDz+e0
さあなにやってる、突撃するんだ

391 :388:2006/08/22(火) 22:59:33 ID:F20cK2DsO
まずはバルサンたいてくるノシ

392 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 00:56:43 ID:jynVw3rVO
>>383
なんかサザエさんみたいだな。

393 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 01:40:08 ID:QIXjw4GNO
俺の高校の1Fの男子便所の壁の高い所に窓があり、そこを覗けば使われてない便所(外側)があったっす、、
図で書くよん、、

※中庭ではないが外
┏━━↓━━┓
┃(雑草一杯)┃校舎
┃ 廃便所 ┃校舎
┃ ↓↓↓ ┗━━
┃┏━━━━┳━┓
┃┃━┳━━┫□┃
┗┛□┗━━┻━┻
 ↑  ↑  ↑
手洗場 |生徒会室
    |
   現便所

ちょっと分りにくいっすけど、、この様に校舎に囲まれたスペースがあり(超狭い)そこに出っ張る様に古い2Fの建物が校舎に引付いておった訳です、、
そこの1Fには生徒会室、現便所、手洗場、使われてない便所が上記の様な位置関係で配置(?)されています、
まず、この出っ張った建物ですが、本当に後から増設した様な感じになっており、でも本校舎より明かに古い建物でした、、
2Fは全て「開かずの間」で、昔は教員の喫煙所兼談話室だったとか・・・・
つづく

394 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 02:03:03 ID:QIXjw4GNO
問題の開かずの廃便所は、、外のドアもキッチリ封鎖されており、ただ窓はそのままでした、が、、スペースへ行ってもやはり高い位置にある窓で中の様子は窺い知れません、、

教員に聞くと、、新しい教員は
「そんなのあったのか!?」
と驚いていたが、、ベテランの教員は
「あぁ、、あそこは便所ではない・・今は使われてない水道設備の部屋だ・・」
と、、言うんですね、
しかしですねぇ・・・・現便所の例の窓から覗くど、窓から差し込む光で廃便所が薄暗く垣間見えますが・・・・確かに男子便所なんですよ・・・・
タイル張りで小便器があり、、奥の方には、ボロボロに朽ち果て、ドアの板が破壊された個室が少し垣間見えました、、
・・何で・・『嘘を吐いた』んですかねぇ・・・・部長の先生に聞いても昔は水道なんたら、と言うし・・・・
卒業してしまった今、真相はもう一度母校へ逝って、小一時間問詰めないと闇の中ですがな・・・・
因みに、、その存在を知っていたのは、、ベテランの先生・職員、その便所の向いの教室の人達、生徒会の人達、写真部の人達(当時、生徒会室と写真部室は共同だった)だけでした、、
中庭の様なスペースは一日中、日が当たらず、陰湿だったし、建物も見た目不気味だったっす、、
現便所の窓から見える廃便所は、昼間で明るいながらも異様な雰囲気を醸し出していたのを覚えています、、
夜に覗くなんて・・・・とんでもない・・・・((((゚д゚;))))
おわり

395 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 02:33:24 ID:VCWsj+P60
>>393->>394
携帯でよくがんばったなw

>>389は生きてるのか?

396 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 06:23:19 ID:iUwG/knZ0
そういや、俺が今使ってる部屋の押し入れに屋根裏に通じる板があるんだが
俺が使う前(洗濯物なんかを置いてた)は屋根裏からよく物音が聞こえてたな
Gとの遭遇が怖くて開けられないが…

397 :389:2006/08/23(水) 13:36:05 ID:o5LH4w1HO
報告する。まずは俺の部屋の真横の部屋に行ってきた。
部屋の中は鍵のついた押し入れ(?)と埃のかぶった大きな机、後ボールが二つ転がっていた・・・

398 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 16:11:26 ID:z105HMSY0
>>397
報告乙。
で、ダンボールは開けなかったの?

399 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 16:13:56 ID:xy8UqpcS0
ボールってこええなw

400 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 16:22:17 ID:gCHw4Rcn0
うんち400こ

401 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 18:07:04 ID:kL/Eq2MT0
うんち401こ!

402 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 18:17:09 ID:rmMmiweg0
ダンボール開けたら髭ズラのおっさんが入っていた
仲間を呼ぼうとしたがが麻酔銃撃たれてしばらく眠っていた
あの人はうちの施設に何しに来てたんだろう?
歩行戦車の破壊かな?


403 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 18:19:26 ID:+RDoaEeL0
あ、スネークだ

404 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 22:04:56 ID:IJ5ATD3S0
試しにやってみたけど、リアリティの欠片もない設定、臭い台詞、ご都合主義な展開に萎え
同時に、(頭悪い)小中学生に受けるゲームだなと納得。

405 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 13:14:29 ID:tm7bZS5x0
ほす

406 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 13:17:04 ID:5GWQ2ZmoO
dat墜ち寸前じゃなかった??このスレ、、

407 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 13:59:05 ID:TwuWhu300
オカルトではかなりの良スレなんだがな。
今のオカ板にそういうのを求めるのが間違いってことか。

408 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 14:07:46 ID:f8L0bGil0
15歳上の兄の部屋、PC8801とゆうパソを買ってもらってから、以後ずっと
ヒッキーになったらしい 私が物心ついてから、2回後姿を見ただけです。
 部屋の中はパソを運んでもらった当時から誰も見てない。見たくもない。

409 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 14:29:38 ID:4Yo/DDef0
>>ヒキ兄
ご飯や排泄時は外に出てくるの?

410 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 14:32:02 ID:LEsyMEdq0
無理やり開かずの間を作ろう!!


411 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 14:33:25 ID:oFoBAeKJ0
自分の家には5年間使われていなかったトイレがありました
今は普通に使っているのですが・・・
今の家に越してきたのが7年前で、この家にはトイレが一階と二階にあるのですが
二階のトイレが越してきてすぐに壊れてしまったのです
修理はしたのですがそれでも水が漏れるなどの不調が続いていました
また修理するのも面倒だし何より母がそのトイレを気味悪がって、使わないことにしました
そして二年前ついにそのトイレの封印を解こうということになり、約五年ぶりに扉を開きました
とくにコレといった事故は起こらなかったのですが・・・
自分はこの家に越してきてから変なモノを見るようになり、毎日怯えております

412 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 14:58:23 ID:f8L0bGil0
>>409 もともとは、西洋かぶれwの両親の部屋で、ミニキッチン(バー)や簡単な
  シャワールームがあるらしい。2階のリフォーム中に仮に兄が使ってから、開かず状態。
   その部屋だけもちろん古いまま。
  食料は父の目を盗んで母がドア横に置いてる。妹と火事を装ってキャーキャー騒いで
  兄の姿を待ってみたけど、出てこなかった。 バルサンをする予告しても・・・。
 


413 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 15:08:59 ID:TwuWhu300
PC88か・・・筋金入りだな・・・
PCのバージョンアップ履歴が気になる。

414 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 15:46:32 ID:mY8wNoPOO
それ死んでるんじゃね?
で、忍び込んだ奴が生活してるから食糧は消えるけど姿は見せない・・・

415 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 18:49:54 ID:wUcdwgM30
119 :本当にあった怖い名無し :2006/08/23(水) 05:27:16 ID:JCD2y01l0
俺はもう10年以上同じ部屋に住んでるんだけど、隣の部屋がどうも開かずの間らしい。
俺が越してきて10年の間に3回入居者が隣に入った。
そのどれもが夜中に奇声をあげている。
ロックバンド風の若いあんちゃんが夜中に布袋とか歌い出してうるさいな〜と思っていたら
うおーとかうがーとか言って暴れ出しているのがよく聞こえた。
その次の入居者はカップルらしいのだがセックス中の音が筒抜けで俺も楽しんでいた。
はええな〜こいつとか思っていたら女の方が夜中に殺されるーとか叫び声あげてたのを聞いた。
最後の入居者も夫婦らしいが至って静か。
でもやはり奥さんのほうが夜中に嫌だぁ〜嫌ぁ〜とか言ってたのをおぼえてる。
最後の入居者はほんとにすぐ出ていった。
それ以来そこはずっと空いている。
最近まで賃貸募集の看板出ていたが、その部屋が空いているにも関わらず募集は締めきられた。
友達で霊感強い?って人を呼んだ時、この部屋なんか変?って聞いたらう〜ん・・しいて言えばあの辺?
と言って隣の部屋の方の壁を指した。
これと言ってうちの部屋では怪奇現象は起きていないが、隣の部屋側の電気類はすぐに切れる。
トイレもすぐに切れる、部屋の蛍光灯はすぐ切れるから外しっぱなし。
二つあるから隣の部屋とは反対側の蛍光灯だけ使ってる。
ドライヤーが勝手についた事が一度ある。
夜中起きると男のうめき声を聞いた事が一度ある。
今月家賃の更新をしたのでまだまだ住むつもりだ。


416 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 21:41:26 ID:CBWYMKTs0
先日、田舎の従姉妹から電話があった。

家をリフォームするんだけど、台所の床に今まで気づかなかった
地下室の入り口を見つけた。君、何か知らない?
ってのがその内容。

従姉妹が住んでいるのは、かつて俺が住んでいた古い家で、
そこを引き払うときに譲ってきた物件。家具の大半もそのままに
してきたから、その下にあった地下室(漬物、野菜なんかの貯蔵庫)
に気づかなかったらしい。
結局、中にいろいろ荷物もあるので、一応片付けるときに立ち会う
ことになった。

で、だいたい十五年くらいの時を越えて、開けてみた。
結論から言うと別に大したものは出てこなかったんだが、何点か
オーパーツが……。
俺の記憶が正しければ、家を引き払ったのは家庭用ゲーム機は
MDとSFCとPCEが三つ巴の戦いをしていた頃(90年代初期?)
だったはずなんだが、荷物の中にはなぜかSS対応のエロゲが
何点か混ざっていた。

俺にはそのタイトルを買った記憶は無いし、時期が合わない。
たぶん、当時高校生だった従姉妹が隠して忘れていたんじゃないか
と推理しているんだが、もしそうだとすると入り口の上に乗っていたのは
冷蔵庫と食器棚だから、女の子が動かすのにはかなり無理がある……?

結局、それなりにレアなタイトルだったんで、俺が引き取ってきたんだけど
ちょっと謎な出来事だった。

417 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 10:09:24 ID:ambyc0VK0
どこかに出入り口がもう一個あるんじゃね?

418 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 10:46:58 ID:Xqpkh+nH0
>>412の話もっと聞きたいなあ
15歳年上って今何歳なの?

419 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 14:00:01 ID:a/18VaMw0
保守するね(´・ω・`)

420 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 16:16:37 ID:edccrDJNO
>>273ww

421 :木当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 21:25:55 ID:S/FpK41e0
有名なのを一つ

235 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2000/08/11(金) 05:38
不動産屋で働く友人から聞いた話。

その友人が担当するマンションの空室に
一部屋だけ他と雰囲気の違う部屋があった。
その部屋に入ると、いつもなにか違和感を感じていたのだが、
ある日その部屋の廊下が、他の部屋より1m位短いことに気づいた。
他の部屋よりも短い廊下が、いつもこの部屋で感じる違和感の原因なのかと
友人は思ったそうだ。
しかし、なぜ短いのだろうかと思い、廊下の突き当たりの壁を叩いてみると
どうやら本来の壁と、今叩いている壁との間に空間があるようだった。
イヤな予感がした友人は支店長の許可をもらい管理人と一緒にその壁を壊してみた。

友人:「白骨死体でも出てきた方がスッキリしたんだけどさ。」


でも実際は、その空間の壁一面にびっしりと赤いクレヨンで
"お母さん、お母さん、お母さん、お母さん、お母さん、お母さん、お母さん、お母さん・・・・”
と書かれていた…そうだ。

            ―――終了―――
結局その"お母さん”は消さずに壊した壁を元に戻し友人はそのマンションの
担当を後輩に譲ったんだって。


422 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 06:59:44 ID:F8l6AVDQ0
保守しときますね


423 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 09:44:02 ID:CgAAdAy80
>>421
その部屋は1m分安くすべきだよな

424 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 10:10:50 ID:5zaH+4EV0
待て!安くするのは1mとその先にある部屋の数分だろ。
大阪人なめんなよ!

425 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 11:19:39 ID:Ro38vaAw0
俺が知ってるのは青いクレヨンで
おとうさんだして
おとうさんだして
おとうさんだして
だったな。いろいろバージョンがあるんだな

426 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 16:10:21 ID:1x4O78FR0
これが出たと言うことはネタも尽きたってことか

427 :木当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 17:03:24 ID:O+xnwZ+A0
どうせなら開かずの間を人工的に作って
次の入居者をgkbrさせよーぜ

428 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 04:06:46 ID:ka92t0g60
>427
ごくでら?

429 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 04:12:15 ID:uLnvXT5t0
牛肩・バラ

430 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 06:55:12 ID:5DaXjQvxO
実家の2階の妹が使ってた部屋。

妹が一人暮らしするって出て行った後、ほぼ物置状態になってた。

ある日、近所で捨て猫を拾って、ペットショップに引き取ってもらうまでの間、うちの猫と会わせないようにその部屋に置いていた。無事に引き取ってもらってからしばらくしてから、その捨て猫にノミがついてたらしく、その部屋で大発生してしまった。

もう、物を取りに入ると、膝下にブワーッとたかってくるくらい。(刺されはしないけど)
うちの猫についたら大変って事で、そのまま部屋封印しました。
それから5年くらい経ってるんだけど、まだそのままです。

431 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 09:48:32 ID:P9l5e9H90
>430
どうせ締め切ってんならバルサン突っ込んどけばいいんじゃないの。

432 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 09:53:36 ID:5i70lnPx0
>>430
ぎゃあああああ!

つバルサン

433 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 11:25:55 ID:ODbOapNU0
開かずの間というのをご存知でしょうか。
私が初めて、開かずの間の存在を知ったのは、小学4年生の頃です。
当時、遊び友達の石井君は旅館の息子で、彼の家に遊びに行くと決まって客室を使わせて貰っていたのです。旅館といっても、小さな駅の近くにある、さして大きくもない古い建物だったせいか、開店休業状態の様でした。
客室で遊ぶ事が出来たのも、そういった理由からです。

http://www.ne.jp/asahi/horizon/sunset/

434 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 12:17:59 ID:EVy1Vgj80
前住んでいた家の話。
職場から紹介されたバカデカイ一軒や。
6部屋、12畳の台所、二つのトイレがある家だったんだけど
古い家に新しく継ぎ足した感じの家で、
古い家の部分にも新しい家の部分にも床の間があって、
古い家の部分の床の間の後ろに入れるような扉があった
引っ越してきた日、こんなところにも納戸があるのねーなんて
開けようとしたらまったくあかなかった。
まあいいか、と思い暮らしていたのだけれどGが頻繁に出没するようになり、
床の間の裏も発生源になるかもしれないからコンバットを置こうと
旦那が工具をつかってその扉をこじ開けたんだ。
その扉を開けたら、
古いランドセル、子供のおもちゃ、学習机、よくわからない箱などが詰まっていて、
一番手前にあったダンボールはあいていて、中には
日記帳や年賀状の束が。ようやく読める年賀状のあて先は元々の持ち主。
このバカデカイ家への改築で借金をし、自殺をしているというのは知っていたので
なんだか怖くなってコンバットをおき、扉を閉めてまたいつもどおりに暮らし始めたんだけど
床の間の裏に前の持ち主が暮らしているように思えてすぐ引っ越してしまった。

435 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 15:32:57 ID:T2T/ngS00
あかずの間よりGが頻繁に出る方がイヤン

436 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 18:39:18 ID:Gnoo6QpC0
コンバットで対処できるからまだましだ。
あれは化学物質とかお構いなしだろうからな。

437 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 19:11:42 ID:1tuW6Vlj0
小学生の頃1ヶ月ある地方に旅行へ行った時の旅館の話。
俺の部屋は廊下の一番奥にあったんだけど、
朝とか昼…明るい内によく見ると箪笥の後ろになんか木の板らしきものを発見。

重い箪笥を必死でずらして隙間から後を見てみると、
横にガラガラッと開けるタイプの古い木で出来たドアがあった。

気分は探検隊!になってしまった俺は、
何とかしてその扉を開けようと努力を尽くした。
箪笥に体当たりしてどかそうとしたり、手を突っ込んで引っ張ったり。

するとその物音でバレてしまったのか、母が部屋に来てしまった。
「何やってるの?!」と叫びながら俺はひきずられ連れて行かれた。
着いた先は旅館の使用人長、のような人の部屋。(そう解釈していた)

いろいろなことを怒鳴られた。なぜか母も。
覚えているのは、
「あ(お?)りがん様に近づくつもりか!!」「開けるな言うとろうが!!」
とか、確かそんな感じの内容。

それがきっかけで、予定より2週間ほど早く家へ帰ることへ。
「もっと虫取りしたかった、魚釣りしたかった」と当時の俺は思っていたが、
今思えばすぐ帰ってきて良かった…。

今、その旅館は無くなり、いわく付きの土地になっているそう。
あなたの家の、じゃなかったですね。すみません。

438 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 19:13:40 ID:utqRIMDV0
Gではないけど、半年閉め切った地下室開けたら
ナメクジがわっさわっさ湧いてた事あったよ

439 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 23:33:29 ID:UT2j86rM0
「あ(お?)りがん様に近づくつもりか!!」「開けるな言うとろうが!!」
 
客に向かってそんな暴言吐くような旅館だから潰れたのかもね



440 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 02:08:09 ID:TdVKUN+P0
>>434
年賀状とかは、つい最近のものもあったのかな。
質問です。
どうして曰く付きの物件を借りようって思ったんでしょうか?
色々な面で、もう少し詳しい話が聞きたいです。
お暇があったら宜しくお願いします。

441 :434:2006/09/01(金) 08:25:50 ID:wApHK9ZX0
年賀状は消印とかはよくみえないくらい古いものだったので
(持ち主が自殺したのが8年くらい前だし)
つい最近のものではありません。
改装→豪華な家具(オール紫檀)→借金→事業傾く→首回らん→首括る
といった流れの家で、その後、そこの娘さんの縁で
うちの会社の社宅になった家なのです。
曰くはしっていたけど、私たちの前にいろんな人が住んでいたので
特に気にすることはありませんでした。家賃も安いし。
前住んでいたのは管理職の中年女性が一人でした。
その前はあまりのひろさにずっと寮として使っていました。
この床の間の裏以外にも色々と変なこともあったので
すぐに出てしまったのですが、一番怖かったのは元の持ち主の奥さんが
休日に一日中家のまわりをグルグルグルグル回っていたことでした。

442 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 09:26:49 ID:HETD4FVX0
>441
色々変な事kwsk

最後の2行も充分怖いけど。

443 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 11:41:36 ID:TdVKUN+P0
>>441
早速カキコして頂きどうもありがとうです。

随分多くの方が、過去に生活して過ごしていた家だったんですね。
その人達は何にもなかったのかな。管理人さんも気になる。
娘さんも住む気がないなら壊して土地を売り払っちゃえばよかったのに。
読めば読む程不思議な感じです。
あかずの間から少しすれ違いになるかとは思いますが、
上の方の書かれた通り、更に詳しく聞いてみたいです。

お願いしか出来ず申し訳ない。

444 :441:2006/09/01(金) 12:05:28 ID:wApHK9ZX0
うちの会社に貸すことで家賃が発生し、
それをそのままローン会社かどうかはしりませんが、
そこへの返済になっていたようです。
元持ち主、と書きましたが、
「まだあの人の家らしいよ」とか
「いやいや、ローン会社のものらしいよ」とか
いろんな説があるので真偽のほどはわかりません。
実はあまりに不気味な出来事が多く、どっかのスレで相談をしたことがあります。
泊まりにきた実母が夜中に足音がうるさい、と言ったり
(夜中には誰も歩き回っていない)
不可思議な二つの並んだトイレ、天袋に押し込められた人形や
庭に放置されたままの泥だらけの箱の中の日記帳、年賀状(床の間だけではなく)
荒れた庭を片付けていたら「戌」とだけ彫られた丸い石が出ていたり
井戸があるのですが、その井戸も荒れていて、掃除をしたら
馬のプレートが出てきたり、ありがちですが、頻繁な金縛り、いえなり、
娘が洗濯機にむかって「ばいばーい。またねー」
家族三人が順番に体調を崩し、主人の入院。(これは偶然だと思いますが)
休日、窓からのぞいている元持ち主の奥さん。
などなどです。
私の前に住んでいた管理職の女性は沖縄のユタとかノロとかの家系であることは
知っていたのですが、特に何もおっしゃっていはいなかったのですが、
私が引っ越した後に「あそこすごかったでしょう」とはおっしゃってました。
スレ違いすみません。今は平和に普通の賃貸に住んでいます。



445 :441:2006/09/01(金) 12:15:32 ID:wApHK9ZX0
私達が住むまでは、寮としてや、一人暮らしの人しか住んでいなかったので
あまり庭をいじったり、納戸を開けたり、ということが
なかったみたいです。
元持ち主の方の荷物がある、ということは聞いていたのですが、
本当にたくさんあってw
食器とか布団とかお祝いのお膳セットとか
人形とか壷とかランドセルとか。
今まで住んだ人も特にあっても害はないや、と思っていたのでしょうね。
本当に広い家だったので、収納なんか一杯ありますし。
まあそれでも私達も半年で引越し、
それまですんだ人も1年以上住んだ方はいらっしゃいませんが。

446 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 12:33:58 ID:6KcnVIzs0
普通にホラーハウスやん
>不可思議な二つの並んだトイレ
↑ところでこれが一番きになるんだが

447 :441:2006/09/01(金) 13:06:36 ID:wApHK9ZX0
トイレが二つ並んでいるんです。
男性用女性用にわかれているわけではなく、
普通にトイレが二つに並んでいて・・・
二つドアが並んでいて、開けたらどちらもトイレ。
広い家なので、あっちとこっちにあるのならまだわかるのですが。
片方のトイレには、簡易鍵、といいますか、ひっかけるだけの鍵が
外側についていて、「不可思議」と表現しました。
玄関からそのまままっすぐ家の端っこまで廊下が通っていて、
その両側に部屋があって、というつくりの家でした。
私達は奥から二番目の部屋を寝室に使っていましたが、
夜はなにか玄関からまっすぐやってきそうで怖かったですね。
元持ち主の奥さんの次に恐ろしかったのは
台風が来たら雨漏りがして水深5センチくらいのプールになる洋室でした。
引っ越す前は本当に不気味で不気味で、
塩と焼酎(こちらでは焼酎なんです)を家のまわりにまき、
大きな声で歌いながらでなければ家の中に入る勇気がでませんでした。
本当にスレ違いになってしまったので最後にしますね。

448 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 22:14:25 ID:jjeA25Ro0
全裸の♀が恍惚の表情で自分の○○○を舐めている画像。
ttp://file.mootoko.blog.shinobi.jp/vi5686157608.jpg

449 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 22:27:42 ID:yzv3ws1Q0
>>448
勃起した

450 :木当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 22:31:59 ID:C0g3tjeB0
      十  |    十  コ  | __|_
    | ̄ ̄7十‐┐  ̄匚 |    |    | 
     フ  |  |  | |  L_ . |  __|  
    ‐十  /  |  人____ レ \ノ\
     」  /  」   
         _
      イ  |_|    ,      /  __
     .‐┼‐ ___   ノ ̄ノ    |
      ノ|ヽ  __|__    ヽノ    |
       |   __|__     ヽ    レ  ヽ_

  |   ──,  /  -┼─、ヽ -┼ー i   、
  |     / <    / -─     ヽ、 |   ヽ
  ヽ_/  ヽ_  \  / ヽ_   ヽ_  ヽ/  ' o



451 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 23:34:18 ID:L00ywK5X0
>>448
見てないけど犬か猫

452 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 00:06:04 ID:BQ2NLsHy0
>>448
ブラクラ注意
精神有害

453 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 00:32:30 ID:Lms1EOMJ0
開かずの間とは逆だが、絶対に締め切ってはいけない部屋がある。
多分あまりに長い間閉めてなかったせいでもう障子は物理的に閉まらない。
なぜそうなったのかは謎。

454 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 00:51:26 ID:dpwPvc+f0
>>453
ヒント:姉歯(元)一級建築士

455 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 01:12:31 ID:nFUMS4pz0
>>452
嘘つくなよ!!
ヌコじゃねーか!!!!

456 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 01:28:18 ID:JMa2BHrK0
>>448でガカーリした人へ
ttp://www.metacafe.com/watch/203930/flexible_contortionist_licks_her_own_pussy/

457 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 15:16:34 ID:DJZSTeEy0
>>441のは、
開かずの間というより、開かずの家(にしたほうがいい家)と言える

458 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 16:01:44 ID:nFUMS4pz0
>>456
騙すなよ!!
業者じゃねーか!!!!

459 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 22:47:48 ID:0vBc0pmjO
>>452
ヌコかわいい!なごんだぞ!!

460 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 01:28:54 ID:rCTtrCGE0
ネタに飢えたまま保守

461 :五位鷺 ◆Emjcf.lfLU :2006/09/05(火) 01:47:34 ID:ojApO5yyO
おまえら元気だな

462 :まん☆こん ◆upRWOd1qeE :2006/09/05(火) 02:07:30 ID:uZbsW/oW0
開かずの間といえば。

私の母方の祖母の家は、かなり古い旧家らしいんです。
戦後没落したとはいえ、家屋はそれなりに立派なのね。まぁ幼かった私には古くておっかない感じのするだけの家だったんだけど。

小学校くらいまでは夏や冬の休みには何日か泊まったりして過ごしたんだけど、絶対に近づいちゃいけないという一室がありました。
古い農具とかを仕舞ってあって、荷崩れでもしたら危険だからとか、そんな理由だったんだけど。
(今思うと、蔵がちゃんとあったのに家屋の一室に農具なんか仕舞います?って疑問が・・・)
一度その部屋を開けようと鍵をいじっていた時にお祖母ちゃまに見つかってね。
普段は温厚なお祖母ちゃまに、物凄い剣幕で怒られて、それ以来その部屋には近寄らないようにしてたのだけれど。

その時、その物置の鍵を開けようとしたのは、田舎で知り合った同い年の男の子たちと探検ごっこをしていたからなのですが、
妙な匂いが物置の奥から漂っておりました。男の子の一人は「なんじゃこら、腐ったババみたいな匂いがしよる」って言ってたし、
他の子は「臭くて頭痛くなった」って言って、少し離れたところでうずくまってたりしてました。
まぁそこをお祖母ちゃまに見つかって、子どもたち全員がゲンコを頂いたのですが。

先日、私の住んでいるマンションの一室で、老人のミイラ化した死体が発見されました。
孤独死というやつだったそうですが、発見されるまでの数日間、そういえばその部屋の周辺が臭かったのです。
どこかで嗅いだことのあるような匂いでした。まるで腐ったババのような・・・。

463 :木当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 05:21:36 ID:ttnESFYr0
きっと誰か荷物のしたでミイラになってるんだよ
ばあちゃんが怒ったのは二次災害防止の為・・・・・・・と思いたい

464 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 15:03:47 ID:NMKPtpQA0
>>462
ヒント:荷物のしたのミイラ=本物のお祖母ちゃま

465 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 15:44:26 ID:3kO6px8X0
チャット友のHPから抜粋・・・

海でなんやかんやと、大騒ぎをし3時に、宿にむかいました
海から2分、驚くほど近いのにびっくりしましたよ。
入り口で、ほうほうなかなか渋い、良い旅館だなとなんて心で
思い、受付を済ませると、「お部屋は、離れになっておりますので、ごゆっくり
おくつろぎください」と宿のおかみに言われ、てくてく歩いて、戸をあけてもらい
中に入ると、異様な感じがします
2番目の子供は、感受性が強いのか、帰りたいよーーなんて小さな声で言っています。
まあ気のせいだな、と思うようにし、おかみに部屋の説明をうけました
風呂はここ、トイレはここ、などと型通りの話しを受けて横になると
一つだけ、説明の受けてない部屋があります
なんだろうとな?なんて思っていると、いてもたってもいられません
どたどた戸を叩いたり押したりしていると、子供たちが集まりだし
一緒になって大騒ぎしだしました


466 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 15:46:00 ID:3kO6px8X0
数分間の格闘の末、開いた扉の向こうには一つの部屋がございまいしたよ
開けたとたん、むわーーーーんとする空気
それでも、突撃するぼく
中には、ベッドが2つありました
しかしなんか変な雰囲気です、カバーはしてあるものの、何にもないのです
カーテンも締め切り、しばらく空気の入れ替えをしているような雰囲気も
ありません
ベッドの上にドカーーンとか言いながらジャンプしている子供にやめよう
すぐ出ようと、首根っこ捕まえて、でましたよ
その後、異様な吐き気に襲われました
まあそれは、カビの匂いにやられたのでしょう
しばらくして、子供たちと奥さんが昼寝を始めたので
ぼんやりと、天井を見ていると、無数の手形があります
なんじゃこりゃーーーと、椅子の上にのり、近くでよくみても
指紋まである、手形なんですよ
まじめに気持ち悪くなりました
そのことを、フロントに行って、おかみに尋ねると、皆さんそう言われるのですが
ベッドは自由に使ってよろしいですし、天井はただの模様なんですよ
なんて答えが返ってきて、終わりです
せっかく、楽しんでいる家族にも言えず、僕はだんまりを決め込む事にしました
夜中にいろいろあった事をここで書いても信じてもらえないと思うので
書くのはやめておきますよ
僕がやっと眠りについたのは外も完璧に明るくなった5時過ぎでした
7時には、「父さん、朝だよーーー!」に起こされていましたよ
めでたしめでたし

467 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 20:18:16 ID:YNJCukyD0
>>462 この文体ってこの人がはやらせてるんか・・・
〜らしく。 〜ですが。 〜だけれど。 みたいなやつ

468 :萬☆魂 ◆upRWOd1qeE :2006/09/06(水) 00:31:54 ID:2JwDMV1V0
>>467
私一人で流行が作れるわけないじゃない!
ガンダム一機で戦争が終わるとか、そういうものじゃないんだよ!

469 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 17:06:53 ID:dAPT74Aj0
>>468
誘導↓
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1153476017/

470 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 19:13:58 ID:RoGgEBKzO
特に訳ありだとか、霊とかそういう類の話ではないですが…

私が小学5年生ぐらいのとき、家の前のでかい倉庫をもっとでかく、二階建てにするということで
前の倉庫を完全に取り壊す事になりました。
倉庫にはコンバインやトラクターなど農業機械や米を保管する保冷庫、
あと小さな引き出しや大きな引き出しが一カ所にまとめられていました。

そこには金づちや釘、のこぎり、ドライバーやカマなどが収納されていて
私はよく前からカマボコ板などで、ノコギリや金づち、釘を使って変なモノを作ったりしていました。
ただある時いつものようにそうやって遊んで、道具を終おうとしたら、
私の収納方法が悪かったのか、それいらいその引き出しだけ〔上から三番目ぐらい〕は開かなくなってしまいました。

倉庫を取り壊す際に引き出しそのままを取り出すのは困難なので、
ひとつひとつを分けて取り出そうとしましたが、先程のような事があって、三番目の引き出しが取り出すことができません。

しかし引き出しを横にずらして後ろをみると、裏には板が張られておらず内部が剥き出しになっていました。

後ろからはみ出していた工具を無理矢理取り出したあと、私はオトンと一緒に二個ある取っ手を一つづつ引っ張りました。

すると中から鼠が一匹飛び出して来てきました。
私は絶叫、鼠は私の太ももを蹴ってどこかに逃げて行きました。
そしてその鼠の逃げ去った引き出しの中にはまだ生まれたばかりで目もあいていない8匹?の子鼠がウゴウゴ微かな声で鳴きながらもがいていました。
子鼠の体も赤かったのですが、それより真っ赤なノミが大量に子鼠の体についていました。

結局オトンが子鼠を割り箸でつまみだし全部袋に入れ、私に差し出して「適当に処分しろ」と言ってきました。
自分ではよく分からなかったので、ばーちゃんに相談したら畑に埋めろと言われたので、全て畑に埋めました。


携帯からすみませんでした。

471 :470:2006/09/06(水) 19:30:55 ID:RoGgEBKzO
あ、スレタイの趣旨にもっと合った事を言えば、
最初の方のレスと全く同じように
繋がる階段のない二階があります。
もしかしたらあなたは私の兄ですか?(笑)

オトンは日本家屋だから空気の通り道、夏を涼しくしとるんだ、とか物置だ、と言いますが、外から見える窓は締め切ったままです。

ただばーちゃんが死ぬ前に、当時中学に上がる私の部屋をそこ〔例の二階〕を改装してロフトっぽく作ると言っていたので別段特別な事はなさそうです。〔ばーちゃんは私が中学に上がる直前に亡くなり、その後元ばーちゃんの部屋を私が使用〕

でも毎年春ごろになるとその二階を鼠がドコドコ走っています…

472 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 20:45:46 ID:NnAIoPnC0
ちょっと開かずの間ではないかもしれないのですが…
数年前、当時の彼氏と某ラブホテルに行った時の事。
よくホテルは出る、といいますが、そんなに霊感の強くない私は今まで
何も見たこともなく、その時も、その部屋になんの違和感も感じなかったのです。
お風呂に入ってエッチして、さあ寝るかって時になって なんだか寝苦しいと感じはじめました。
数時間後、頭の上の辺りから、水がぽたっ…ぽたっと垂れるような音で目が覚めました。
すぐに彼氏を起こして説明しますが彼氏にはなにも聞こえないといいます。
お風呂場のシャワーからだろうかと確認に行きますがしっかり閉まっていて水は垂れていません。 
枕の上は壁になっているので、その中に水道管でも通っているのかな?とも思い、
スタッフに電話して聞いてみますが、壁の向こうには何もないと言います。
いつもは熟睡出来るのに、その日はうとうとすると例のぽたっ…ぽたっという音で目が覚め
朝まで続きました。顔は濡れないのに、丁度私の顔の上に落ちているような音なんです。
結局何もかわらないまま、気持ち悪くてそのホテルには2度と行っていません。


473 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 20:48:44 ID:kZrF/3YH0
「ちょっと開かずの間ではないかもしれないの」に
何故ここに書く!

474 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 21:01:48 ID:+e2a8v610
『あなたの家のおかずの間』

に見えた件

475 :木当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 21:03:13 ID:cCjRq/i/0
ミニにタコができるぐらいガイシュツ

476 :472:2006/09/06(水) 21:09:09 ID:NnAIoPnC0
すみません。このスレを読んでいて、
やっぱり壁の中に何かあったのかな?と思ったので書いてしまいました。
後は、屋根裏も床下も普通の物置、
離れもお客様用に使用、と、ネタのない家なもので…orz


477 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 03:16:56 ID:PQbOw9uX0
>>475
恐怖の事故中男、田禿俊彦かよ!

478 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 08:51:56 ID:iX8xxqF0O
保守あげ

479 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 15:27:59 ID:2Y4Q3aseO
あかずの間じゃないけどさ
小学生の頃開けたくない、開けるのが怖いって扉(部屋)はあったな。

なんか広めので、でっかい神棚がある部屋。
家族も普段から月に一回程度しか入らないし(月1で神様?を拝む日がある)
日が当たらない場所のせいかもだけど
空気が重くてなんか怖かったな

っていう保守

480 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 23:52:25 ID:+G6adEumO
>>437
オラガンさん…。

481 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 01:28:37 ID:V1cNLxKx0
前住んでたアパートのトイレの天井に
以前の住人が隠した(と思われる)エロ本があったぐらいだなー

482 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 01:50:23 ID:l2sDrghFO
池に千年前のミイラが沈んでいて・・・。

483 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 22:14:27 ID:5f5rPkl+0
ageときますです

484 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 22:24:12 ID:qMNmvAazO
あるよ

(´・ω・`)心の扉が開かない…

485 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 22:29:29 ID:7cbI8bXt0


486 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 22:52:26 ID:XGs8uD84O
保守

487 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 02:23:51 ID:Y0lNmMpu0
>>484
あほか、心の扉は内側から開けるのだ。
開かない筈がない。

488 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 06:56:29 ID:jfRZMe0R0
だから心のドアを

489 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 07:56:45 ID:vBUUdedCO
PCBをたっぷり吸い込んだ衣類や小物が貯蔵してあるベランダや押し入れ 開封するとしぬ

490 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 08:40:20 ID:MxgtvS7h0
壁の中に通ってる排水管から水が漏れてたんだろ

491 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 13:48:19 ID:z3NMy2y30
うちの兄の部屋の扉を

492 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 18:57:21 ID:g1HPhniJO
そっと開けてみると

493 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 19:14:57 ID:GPjnM0Ld0
私の写真を片手に

494 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 20:11:15 ID:SC9JbmTM0
「えー本日は大変お日柄もよく…」

495 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 21:49:27 ID:C+IiMzuXO
とその時後ろから

496 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 21:55:19 ID:PNNTS+uxO
・・・・声が・・・・




「医者は何処ですか??」
    Λ
"   /'。゙ヽ、
   |、*々.゚ア
   /つ●⊂)
  /   /
〜(σヾ /
    ∪

497 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 22:29:52 ID:rO4gkGXVO
医者に行く必要はありません。
これから地獄送ってやるからね。

498 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 22:32:51 ID:FaYm+Drm0
ノックしないで

499 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 23:34:06 ID:2xBFUNV30
という夢だった。

500 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 00:00:54 ID:/a/Kho+D0
さてスレも折り返し

501 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 03:19:11 ID:DlS3/8c1O
いい加減股間も痒くなってきたので、

502 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 03:39:26 ID:AMXnENW8O
あたまボーン!

503 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 08:59:30 ID:NyIZJc0OO
するくらいシコシコシコシコ

504 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 09:42:09 ID:lWQBPc9vO
ウッ!と思った瞬間に、

505 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 10:12:11 ID:9YLwHuIxO
ウッ!って思った瞬間に、アッー!

506 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 13:00:43 ID:+D4y1zbV0
うほっ! やらないか?

507 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 19:17:13 ID:xs8JNsY+O
と言いつつ、
↓しゃぶれよ

508 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 21:03:53 ID:9m4rc0wCO
だが断る

509 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 21:13:28 ID:vKzuxpuYO
親から「入ってはいけないよ、怪我をするから…」
と言われた物置があった。
幼い頃は理由を聞いても教えてくれず、中学くらいの時に本当の事を教えてくれた。

家から少し離れた所に先祖が眠ってる墓があるんだけど、
そこから伸びてる霊道が家の物置の角に触ってて霊が物置に溜まってしまうから、
中に入るなと注意していてくれたらしい。

実際に何度か入ったけど、雰囲気がおかしい。
人が今まで何人かいて扉を開けた瞬間に皆がサッと隠れた様な感じだった…。
空気も妙に重かったのを覚えている。

長文スマソ

510 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 21:14:56 ID:j3xywwR/0
なにこのスレ…いつから携帯厨が巣食ってんだ?

511 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 23:41:38 ID:WfuLjqPX0
>>509
墓から伸びる霊道ですか・・・・


512 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 23:42:28 ID:C9+rjsUs0
ここは開かずのスレ

513 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 23:48:52 ID:WfuLjqPX0
良スレだから開けて書き込んで欲しいよ

514 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 00:39:35 ID:79H7msp60
開かずの間というか、開かずの扉ならある
物置になってるところに小さな扉が2つ。ほぼ向かい合わせに
怖くて開けられない


515 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 02:03:39 ID:Tk24KvXQO
この扉を開けるとトライエッジにキルされる。

516 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 07:44:53 ID:bak93WIwO
.hackって前のやつも面白いのは最初だけで、中盤以降糞だったなぁ
あんなのネトゲ知ってたら見てられん、馬鹿馬鹿しすぐる

つーかスレ違いだから、俺

517 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 00:15:45 ID:0tUueAt70
>面白いのは最初だけで、中盤以降糞だったなぁ

このスレもそんな感じではあるよな。

518 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 23:31:49 ID:s4LWy2yFO
あかずちゃん(;´Д`)ハァハァ

519 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 04:37:22 ID:PTU9p1b80
開かずの間の扉を開けたら、中にオヤジが入ってた
誰かと思ったらガチャピンだった
コーラのにおいがした

520 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 04:41:41 ID:R/iqI9+f0
築30年の我が家には漬物部屋と呼ばれる地下室がある
最初の10年は使ってたらしいが現在は使われておらず10年前と全く同じ状態にあるらしい


521 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 05:05:47 ID:I3JiTRV+O
間の10年が気になる

522 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 00:10:34 ID:Yk3yvkStO
俺もそれ思った

523 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 00:28:23 ID:45KGd3laO
スレタイを「あなたの家のおかずの間」と読んでしまった…

524 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 00:28:43 ID:ZHVJJhpq0

意 も んヽ、  _,,._,,.....、、..、、、,,_     ヽ             | で
外 う ?  Y゙´         .},     ヽ           |
に か    |       ,.ァぃぐ       lヽ、            | 出
早 い    !   ァ')'゙⌒´  'リヽ,      |    /         ! そ
い ?   {   ヾ、  ,.、=ニテ‐゙レ     l   |       | う
ん      |.     〉 '" /{!  .\      〉  |       / | :
だ.    ../,r‐-、  /     ̄´     `i.  /ミlii;y′     / ヽ_/
な     / | !`ト,jィ .`、       - 人 ./;jl髭'      /      /
``Y゙l ̄   ヽ, ぃ.ヘ, リ         _ス Y゙^'>y゙     _,/     /
   ヾ    ヽ,_`{'′       ゞ、_)'゙ / /    _/"     .f゙
    }    ル゙ ``ヽ        ,イ{ f゙  /    /
.    |  ;ル′    `‐、_      | | ! ./   /

525 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 00:11:45 ID:kUOoVlq1O
>>519
つまんない

526 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 17:47:40 ID:MZvxteO30
これはひどい
http://p.pita.st/?m=r4xgcr3e

527 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 19:55:41 ID:ccMzEMOtO
ボッキage

528 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 22:01:15 ID:yz1WiXSjO
>526
いきなりかよ!!まじでひどいよ、ひどすぎるよあっちゃん…orz
携帯からだけどミチャッタヨ>orz
くやしいから自分の所で止めてやるぞチクショードントコイ!!ヽ(`皿´#)ノ

でも正直、



その加工の仕方にはバロスマッシュwwwwwwwww

529 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 15:18:37 ID:faEW+lzs0
もっと聞きたいage

530 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 22:58:16 ID:RrHIE9ZK0
マジレスするぞからかったらもう来ない
ウチの近所に座敷牢がある家があって小さい頃は表通りまで絶叫
というか叫び声?とにかく子供心に恐ろしい音響が聞こえたものだった


531 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 23:06:03 ID:RrHIE9ZK0
なんで急に書き込めなくなったんだ?

んで、去年仕事で近くを通ったら唸り声が聞こえた

あぁ、まだ生きて生きていたんだなぁ、と

おそらく、50代にはなっているはず
どんな障害があるのか知らないけど近所では公然の・・・・ですよ

最近のダッシは性能いいからね
周囲に音が漏れない

532 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 00:02:50 ID:Z6Q3bh9LO
>>257
亀ですが、うちのにゃんこはまさに1ヶ月以上でてこれず、死んだと思われていたよ。
今はまるまる太って毛玉みたくなってるんだけど、出てきた当時はガリガリすぎて目もあてられなかった。
きちんと回復するには一年以上かかったとおもう

533 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 00:03:37 ID:Z6Q3bh9LO
ちなみに、けっこうでかい蔵みたいなとこ。今は、もう無い‥

534 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 00:18:03 ID:BnU+l5ZZ0
家でも天井から落ちたのか、壁の中からにゃーにゃー声がした事があったな
白壁を金槌で崩しての救出劇。
猫は助かったけど、壁の補修代が無くて古い画板をガムテで貼り付けてる・・・

535 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 00:38:08 ID:QY/Lxzy20
>>534
おまいさんの愛にざぶとん十枚!!

536 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 00:43:16 ID:Z6Q3bh9LO
>>534
あんたァ、未来は金に困んなくなるよ。


537 :1/2:2006/09/26(火) 13:40:44 ID:Kd9J3orw0
このスレ初めて来たので記念に書き込んでみる

うちのじいさん(明治の終わりの生まれ)の話。
じいさんとばぁさんからちょくちょく話を聞いていたが
じいさんの父方の家と母方の家は文句無くでかい家だったらしい
で、じいさん兄が父方を継ぎ、跡継ぎのとだえそうな
母方を次男のじいさんが継ぐという話になっていた。
だがじいさんは、東京の学校に来てそのまま
分家のいとこだった許婚のばぁさんと結婚し、田舎との
関わりを一切絶ってしまったんだそうな。

そんなで俺はずっと都会暮らしで、田んぼや
護岸工事されてない川なんか見たことなかったから
じいさんの小さいころ育った母方の大きな家と
自然に溢れた場所でのやんちゃを楽しく聞いていた。
蛇をつかまえた話、家よりもでかい木から落ちて
納屋の屋根に穴を開けた話、刈り取った後の稲穂に
火をつけて怒られた話、中庭をかこむ回り廊下を
ぞうきんがけしてた女中さんを池に突き落とした話など
じいさんは跡継ぎということで甘やかされていたようだ。

で、俺は一度「そんなにいい所なら一度遊びに行きたい」と
じいさんにだだをこねたら黙られた、それを怒られたと
思った俺はじいさんの昔話をせがむこともなくなった。

538 :2/2:2006/09/26(火) 13:42:11 ID:Kd9J3orw0
それから何年か経って、多分俺が中学の頃にじいさんが
腸の病気か何かで倒れた。
そのときに俺一人枕元に呼ばれ、じいさんは苦しそうに話した。
「俺があの土地に戻らないのはな、××(じいさんの母方)の家が
怖かったからなんだ、戻ったら俺はあの家を継がなきゃいけない」
以下じいさんが語った内容。
××の家にはやはり開かずの間があったようで、だけど
家の構造からすると他の部屋や物置部屋に
かこまれた真ん中にあるが、扉が見つからない、でじいさんは
天井裏から忍び込んでその中を見てやろうと思い立ったらしい。
大工道具をかかえて蝋燭持って忍び込んで、迷いながらも
目的の場所の上にたどりついて、そっと縄にくくった蝋燭を
その暗い部屋に垂らして下を覗き込んだ。

たたんだぼろ布の上に人の頭の骨をのせたものが
部屋に等間隔で並んでいた。

じいさんは急いで蝋燭を引き上げ、天井裏から逃げ帰った
その後に東京の学校に行きたいと無理を言って
××の家から逃げたと、そう話した。
「俺はあんな因果まで背負い込めないから逃げた
だから戻れない」と話すとまた黙り込んだので俺は部屋を出た。
それがじいさんが話してくれた最後の田舎の話だ。
だがじいさんは腸の病気から持ち直し、90近くで
老衰で亡くなった、因果から逃げ切ったせいかもしれない。

思ったより長くなってしまってスマン。

539 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 15:34:52 ID:feYpPwUh0
>>537-538
GYAAAAAAAAA!!!
なんなんだ、誰の骨なんだ?
××家はそれを祀っているから裕福でいる、みたいな感じか?

わからんが文句なく怖い。農家としてはこれも恐怖。
>刈り取った後の稲穂に火をつけて怒られた話

とにかくGJでした。

540 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 15:46:08 ID:LYdNpXa80
怖ええええ
跡継ぎが途絶えそうだったというのも何か因果が…と思ってしまう話だな

そういえばその母方の家はその後どうなったんだ?

541 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 21:25:26 ID:sYfLQZFy0
>>537-538
人の頭骨を並べるとは…いったい何を祀っていたのだろう。
歴代のご先祖様なのか、はたまた人間を使った究極の厭魅蠱毒とか
どちらにせよ、確かに怖すぎる…。

それにしても>>540が書いているように、母方のお家ってその後、どう
なったのかな。もしも良ければ、教えて欲しい…。

542 :537:2006/09/26(火) 21:25:52 ID:Kd9J3orw0
レスもらえてうれしかったので補足
・誰の骨とかは全然わからん、家を継ぐ時に教えてもらえたのかも。
・稲穂っていうか、わら山に火をつけたときは、何かこっぴどく
 折檻されたらしい、本当に灸すえられただか蔵に閉じ込められたか。
・母方の家は…どうなったか知らないんだ、じいさんは九人兄弟
 だったらしいから他の誰かが継いだかも知れない、俺の知る限り
 じいさんは他の血縁と交流は一切なかったからそのへんは推測。
 ひょっとしたら断絶してるのかも知れない。

543 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 19:30:23 ID:dUuC2AY90
でっかくて由緒正しい家ならちょこっと調べたら消息分かりそうなもんではないのか
・・と妄想。

久し振りにこのスレで背中ゾクっと来たー。ありがと。>>542

544 :本当にあった怖い名無し:2006/09/28(木) 21:26:30 ID:Yc2XLpxU0
現代日本に座敷牢があるとは思わなかった
10年前まで使ってたってアンタそんなにあっさりと
何に使ってたかって訊いたら、お祖母さんを閉じ込めてたそうな
閉じ込めてた理由は、お祖母さんが知的障害者だったからだそうで
若き事業家だったお祖父さんが資産目当てに旧華族だったお祖母さんを娶り、
子供を作ってから、以来ずっとお祖母さんは座敷牢
見た目はとても美しい人で、座敷牢でずっと夢見るように笑っていたらしい
お祖父さんもずっと座敷牢に通い、きれいなものや可愛いものをお祖母さん
が死ぬまで与え続けてたそう


しかしお祖母さんを半世紀近く閉じ込めてたって、倫理としてどうなの
マジコエー('A`)


よその板からのコピペですがけっこうこわい。
座敷牢も一種のあかずの間ってことで。
当主と世話係しか入れなかったりするんじゃないかと。

545 :本当にあった怖い名無し:2006/09/28(木) 21:55:25 ID:EXHqKnPM0
ニンゲンコワイ

546 :本当にあった怖い名無し:2006/09/28(木) 22:31:59 ID:+0A1fsRJ0
>>544
倫理も何も、人間性を完全無視っつぅか人権って何だっけとか
…なんつぅかモニョモニョ…。下レスの>>545が書いているように、
マジで怖いのは人間なのかもしれないな。
しかしそのお祖母さんが夢見るように笑っていたって、すでに人格
破壊をされていたのか、ある種、もの寂しさを覚えるよ…。

547 :本当にあった怖い名無し:2006/09/28(木) 22:33:12 ID:+0A1fsRJ0
あ、お祖母さん知的障害者か…。ちゃんと読んでいなかったな。
スマンソ…orz

548 :本当にあった怖い名無し:2006/09/29(金) 10:59:44 ID:WDn41J510
>>544
でも、このお祖父さんとお祖母さんの本当のところは誰にもわからないだろうなあ。

549 :本当にあった怖い名無し:2006/09/29(金) 11:44:12 ID:dHhFmDyi0
そうだなー
若き実業家の男が知的障害の妻のために
座敷牢にずっと通ってきれいなもの可愛いものを与えつづけていたというあたりは
なんか純文学的愛情を感じさせる哀しい構図だな

まあ現実はたぶんそんな美しくはいかんのだろうと思うが

550 :本当にあった怖い名無し:2006/10/02(月) 01:32:27 ID:FPkcf7XTO
保守

551 :本当にあった怖い名無し:2006/10/02(月) 02:45:53 ID:Xi7f4pZfO
>>549
でもとても美しい人だったんだろ?江戸川乱歩や横溝正史の倒錯した世界を地でやったとしたら贅沢の極みだなw

552 :本当にあった怖い名無し:2006/10/05(木) 00:37:11 ID:Wa0P/oGY0
良スレあげ

553 :5/5:2006/10/06(金) 02:33:54 ID:m2XKfEiZ0
ちと、話は逸れるが最近こんな体験した。
今、大学の2回生で、今年の夏休みの話なんだけど。
大学生って夏休み無駄に長いんだよ、無論彼女もいないし・・・
だから日に日柄こうやって2chやってるか、ピンサロの
ティッシュ配りやってるかの日々だったわけ。
で、バイト代もそこそこ入ったから8月の15日から田舎に帰ったのよ。
俺の田舎はK県の屋○島ってとこなんだけどね。
も〜、そりゃあ田舎、想像を絶する田舎、最初は数年ぶりの帰郷だったからワクワクだったけどね
空港着いて5分もしたら後悔の嵐だったのよ。羽田からの往復の交通費10万弱よ、下手したら海外行ける値段よ。
しゃ〜ないし即タクシー拾って爺様の家に行きましたよ。
昔からな〜んも変わんない激しく古い家でね〜、火付けたら10分ももたないんじゃないかってぐらい。
まあ、家のまん前にドコモの電波塔が立ってたことにはちょっと驚いたね。
俺が到着するなり、爺様婆様猛烈な歓迎ぶり。
その日はそのまま親戚一同での飲めや歌えの大宴会。寝た時間は(25時丁度くらい)
で、翌日、朝の6時に婆様にたたき起こされましたよ。
何かと思えば、爺は足が痛い婆は腰が痛い故に孫は代わりに隣の蔵の掃除をして欲しいと。
確かに家の御母屋の隣には多少立派な蔵があって
2日目からこれかよ、とも思ったけど何か値打ちのある骨董品でてこね〜かな?などという邪心が出ましてね
えっちらおっちら掃除を開始しましたよ。


554 :4/5:2006/10/06(金) 02:37:35 ID:m2XKfEiZ0
蔵の中は所狭しと物が積まれて期待とは裏腹に出てくるのは古い布団やら服やら・・・
それらを蔵の外に放り投げる作業の繰り返し。
で、時間も11時に差し掛かったころにはずいぶんスッキリしてきた。
そこで気になったことが一つ、今まではガラクタに埋もれててわかんなかったけど
、蔵のほぼ中央に古いけど立派な桐のタンスが置いてあったのよ。
見つけたとたんに俺は飛びついて開けたさ、なんか金目のものね〜かって。
・・・・うん、空だった。中には何にも入ってなかった。
そうなるとこのタンスは最早邪魔者でしかない。蔵の中央に置いてあるだけに他の物を出すときに邪魔くさい。
幸い中は空なので本気を出せば持ち上げられる・・・・わけもない。
都会で育った貧弱な奴には到底歯が立たない代物だったのよ。
でも、バイオハザードで箱押すときみたいに側面に肩あててグッて押したらちょっとずつ動いていったのよ。
うっしゃ!このまま隅まで押してやる!って気張ったとこで婆様が昼飯できたからって、呼びにきた。
タンスはそのままに昼飯を食いに戻る。
時間は(12時15分)俺はいいともを見ながらこの昼飯を食べていた。
で、(13)時から作業再開、戻って俺はタンス排除を続けた。
ズリズリ押して5分くらいかけてやっと動かし終えたのよ。
フッとタンスのあった場所見ると他は土の床なのにそこだけ木の板が張ってあった。
よくよく見るとそれは板じゃなくて蓋って感じ。


555 :3/5:2006/10/06(金) 02:41:54 ID:m2XKfEiZ0
俺は震えたね、興奮そのままにその蓋をバリバリはがしに掛かったわけ。
無論、金目の物入ってんじゃないかと思って。
一見して古い物だとわかる蓋だったけどなかなかに頑丈で、かなり時間をかけて剥がしたわけ。
で、更に興奮、出てきたのは蓋と同じような木の板でできた階段だったから。
気になったけど流石に一人で降りていく勇気はないので出かけている爺様の帰りを待つことにした。
それからしばらくして帰ってきた爺様にその地下室の話をする
、爺様もそんなもんあることさえ知らんかったみたい。
早速、爺様と一緒に地下探索の準備。このジジイ、足が痛いはずなのにやけにやる気満々だった。
ここで、俺はこの感動を伝えるために友達にメールを送る、時間は(15時)。
同時に俺と爺様は地下へと入って行った。
板の階段が崩れないようにとか爺さんこけないようにとかイロイロと気を使いながら階段を下りていったさ、
幅は狭い階段で高さもそんなになかったからね。降り始めてから5メートルくらいで階段終わって底についた。
真っ暗なもんだから爺様が準備してきた懐中電灯に明かりをともす。
そこには3畳ほどの小さな部屋。
な〜んもない、ほんとただの空間って感じ。爺様が懐中電灯で照らすと、部屋の隅に何か置いてある。
俺は多少警戒しながらジーっとみつめた。


556 :2/5:2006/10/06(金) 02:46:15 ID:m2XKfEiZ0
そこには  14インチの日立製のブラウン管テレビ  と  PS2  が置いてあった。
俺は、ハア?爺様にいたっては、何?これ?
もう訳が解らなかった。その蔵は爺様が生まれる前からあって、今朝までの数十年間誰も入ったことないはずなのに
なんでそんなもんがあるのか? 
大体、電気ね〜のにどうやってテレビ&PS2動かすのか?とか、そう思った瞬間背なかに嫌〜な汗かいてね〜。
とりあえずそこから出たかったから、そのPS2だけ抱えて地下室を出たのよ、さすがにテレビは無理だった。
地上に戻って落ち着いてからPS2を調べてみる。
SCPH−30000 そこまで古い型じゃない、コントローラー、メモリーカードも付いてる。
中になんかディスクは入ってるかもしれんと思って母屋のほうのテレビで起動させてみたけど
やっぱり壊れてるらしくて全然動かん。
ダメかと思ってたところであるものが目に入る、 メモリーカード  これならいけるかもしれん!
俺は早速、近所に住んでる従兄弟のところに行きましたよ。


557 :1/5:2006/10/06(金) 03:00:07 ID:m2XKfEiZ0
従兄弟はまだ高1で、いくら田舎だろうとPS2くらいあるだろう。
予想通り従兄弟は持っていた、しかも薄型・・・生意気である。
俺は説明もそこそこに半ば強引にPS2を奪取。
家に戻るとドキドキしながらスロット1にメモリーカードを差し込んだ。
電源を入れブラウザを選択、・・・Memory Card(PS2)/1
メモリーカードは生きていた!
さらにデータを見る、いくつかのゲームのタイトルが並んどる。
 シャドウオブメモリーズ
 THE免許取得シュミレーション
 シャドウハーツ
 片神名
 龍が如く
以上の5タイトルのデータ、で、それぞれ△ボタンの詳細設定ってやつで見ていったさ。

シャドウオブメモリーズ・・・更新日時 2006/08/15  22:31:09
 THE免許取得シュミレーション・・・更新日時 2006/08/16  01:51:31
 シャドウハーツ・・・更新日時 2006/08/16  09:11:43
 片神名・・・更新日時 2006/08/16  12:21:16
 龍が如く・・・更新日 2006/08/16  14:53:55


558 :本当にあった怖い名無し:2006/10/06(金) 03:08:26 ID:KRjKWsbE0
つまり1/5から読めば、
従兄弟のPS2を蔵に放り込んで自宅に帰ったってことか。

559 :本当にあった怖い名無し:2006/10/06(金) 11:44:27 ID:rm1B/+uxO
コワイ('A`)

蔵の掃除中に何者かが壊れたPS2でゲームやってたってことなのか('A`)

560 :本当にあった怖い名無し:2006/10/06(金) 14:22:17 ID:2tj1kFvN0
蔵の掃除してる間中、その床下で誰かがPS2やってた、って事じゃね?

561 :本当にあった怖い名無し:2006/10/06(金) 18:21:41 ID:4EPq4iSw0
詳細キボンヌ。

562 :本当にあった怖い名無し:2006/10/06(金) 18:33:54 ID:WO4zWkFc0
 
    .____
   /     /
  " ̄ ̄ ̄ ̄''









      //
    / .人
    /  (__) パカ
   / ∩(____)   PS2!PS2!
   / .|( ・∀・)_
  // |   ヽ/
  " ̄ ̄ ̄"∪








563 :553:2006/10/06(金) 21:34:13 ID:m2XKfEiZ0

その蔵は爺様の親父さんが建てたものらしくて、タンスは爺様のお袋
さんの嫁入り道具だったらしい。
爺様が子供のころは母屋で使ってたらしいけど、いつの間にか蔵にいれられてたんだとさ。
それから動かしてないらしいから少なくとも50年は動かしてなかったはず。
仮に誰かがあそこに入ってPS2をやっていたとしても謎、電源取る場所もないし、
コントローラーなんか埃で真っ白だった。
ちなみにその地下室は今は婆様の梅干漬けたり漬物漬けたりのスペースになってる。


564 :本当にあった怖い名無し:2006/10/06(金) 23:30:13 ID:ynul3ayxO
ふーむ。

565 :本当にあった怖い名無し:2006/10/06(金) 23:50:57 ID:wMRc3gJsO
弟のメモカと入れ間違えたんじゃね?

566 :553:2006/10/07(土) 01:09:39 ID:r8Oyj8rD0
ちなみにメモカは家におきっぱで従兄弟の家に行ったから間違ったって事は
ないと思う。
明日にでもゲーム屋いってきてそのゲーム買ってきてみるかね。

567 :本当にあった怖い名無し:2006/10/07(土) 13:23:07 ID:qNdwfbUS0
他に出入り口があると考えるのが普通だと思うが、調べてみたの?
なんの迷いも無く梅干部屋につかう婆様ワロスwww

568 :本当にあった怖い名無し:2006/10/07(土) 13:28:05 ID:qNdwfbUS0
>>566
ゲーム買う前に、そのメモカのデータ画面うpしてよ。
できれば、本体の写真も。
疑うようで悪いが、楽しむにはもう少し物証が欲しいトコロ。

569 :553:2006/10/07(土) 21:52:35 ID:r8Oyj8rD0
うん、買えなかった。お金ないってこんなに辛いことなのねw
壊れたPS2横浜まで運ぶほど荷物余裕なかったから本体はないけど
メモカはあるよ。
うpも大丈夫だけど、あれって本体設定で時間動かしたりできるから
証拠としては乏しくね・・・
まあ、それでもいいと言ってくれるならうpしまっせ。
あと、>>568 非常に申し訳ないけど、うpの仕方おしえてくれません?
画像うpしたことないヘタレなもんで・・・


570 :本当にあった怖い名無し:2006/10/07(土) 22:44:24 ID:Zrb4mzmx0
>>553
ひさびさに十分楽しめますたよ、ありがとう。
なんかうpしようとしたら壊れてた!とか変なことになってそうな気がするので
(疑ってるわけじゃないよ)先にお礼を言っておく。
そのメモカ、あまし長いこと保管しておかないようにね。
そのうち勝手に無くなってそうな気もするけど。

571 :本当にあった怖い名無し:2006/10/07(土) 23:43:15 ID:wY0zL68uO
良スレあげ

572 :本当にあった怖い名無し:2006/10/08(日) 17:58:36 ID:Gk4/H/a+O
うpマダー

573 :568:2006/10/08(日) 18:48:29 ID:kGFIJ3RI0
おっ?うぷできる?
ちょっと今時間ないんで、詳しいことはまた後でなんだけど…
とりあえずデジカメあるか、シャメか、環境を教えてケロ。


574 :553:2006/10/08(日) 19:17:16 ID:Uxv1Uwt40
なんだ。うp待ちでつか。
実は昨日のうちにデジカメで撮った。
あとはうpするだけ。
言っとくけどビックリするようなオチはないぞ、
ここはあくまで開かずの間のスレだからなw

575 :本当にあった怖い名無し:2006/10/08(日) 23:25:31 ID:7k+8j1wM0
面白かったよ

576 :本当にあった怖い名無し:2006/10/08(日) 23:40:25 ID:/1uWoBMy0
>>557
凄い
漂流教室読んでたからますます
もしも557が嘘じゃなかったらどういう事なんだろ
それこそホントに漂流教室みたいな感じで過去に吹っ飛んだ人が居たのかしら

577 :本当にあった怖い名無し:2006/10/09(月) 01:06:13 ID:2OToN0MV0
オーパーツwwwwwwww

578 :568:2006/10/09(月) 12:29:51 ID:5OdghXDt0
よーっし!うpの仕方おしえちゃうぞ〜!
まず最初に画像に当たり障りの無い名前をつけておいて、デスクトップなんかに置いとく。
サイズがでかい場合は手ごろな大きさに縮小してね。
ファイルの種類がビットマップ等の場合はJPEGに変更しておくこと!

で、ここにアクセス!
http://viploader.net/
左のメニューの中から、『画像版』をクリック。

で、『参照』って書いてあるグレーのボタンを押すと、自分のパソコンのウインドウが開くから、
それから、デスクトップの目的の画像をクリックして、『開く』ボタンを押す。

DLKey: DELKey: COMMENTなどの欄があるが、ここは男らしく無視を決め込む。

で、Uploadボタンを押せば、アップロード完了。

最後に、実際に自分のアップロードした画像を開いてみて、
そこのアドレスをコピーして、この板に貼り付けてくれればオッケ。

以上、うpの仕方でした。
なんかわからんことがあれば聞いとくれ。

579 :568:2006/10/09(月) 13:21:05 ID:5OdghXDt0
補足。

最後に自分のアップロードした画像を開くときは、
右クリックで「新しいウインドウで開く」してね。

580 :553:2006/10/09(月) 16:14:34 ID:KjcbPuqO0
ためしに一つ、これでどうだ?
http://up2.viploader.net/pic/src/viploader323493.jpg

581 :553:2006/10/09(月) 16:17:38 ID:KjcbPuqO0
なぜかデジカメのほうpできなかったんで携帯でかんべんしてくれ。

582 :本当にあった怖い名無し:2006/10/09(月) 16:27:10 ID:VtJGM1420
KOEEEEEEEEEEEE

583 :553:2006/10/09(月) 16:29:58 ID:KjcbPuqO0
んじゃ、残りも
http://up2.viploader.net/pic/src/viploader323506.jpg

http://up2.viploader.net/pic/src/viploader323507.jpg

http://up2.viploader.net/pic/src/viploader323511.jpg

あと、シャドウオブメモリーズのデータはこの間自分で削除しちゃった
からうp不可、すまん。

584 :本当にあった怖い名無し:2006/10/09(月) 20:24:38 ID:CYLbBqT60
>583
うほw
リアルタイムなのかよ!
553が蔵を掃除してた時にデータいじってるって事だよね?
じい様待ってる間に人が入った様子は無かったのか?



585 :本当にあった怖い名無し:2006/10/09(月) 22:15:59 ID:VcofI+Jk0
それで最近君の周りに行方不明になった人はいないのか?
20060816にPS2やってTVとPS2持って時間を飛んじゃった人が
いるんじゃないの?
(子供じゃないといいけどね)
案外君がそのメモカをもって過去に飛んじゃったりしてね
先見の明のあったご先祖様でもいないの?
TVはいつ頃の物だったんだ?

586 :本当にあった怖い名無し:2006/10/09(月) 22:20:40 ID:PhwHTDIt0
単純にマトリックスのサーバのバグだろ。

587 :568:2006/10/09(月) 23:36:45 ID:cwpn7L4p0
ちょwVIPろだ重めぇwww

588 :568:2006/10/09(月) 23:47:17 ID:cwpn7L4p0
やた!見れたよwww
>>553 乙!
ゲームに詳しい人の意見が聞きたいな。
ソフトの発売時期とか、ゲームの内容から持ち主像を分析とか。

589 :本当にあった怖い名無し:2006/10/10(火) 01:04:52 ID:WO9OsaBf0
日柄2ちゃんに貼り付いている553が来ないぞ・・・
おーい、553wwメモカ持って飛んだかぁ〜?

590 :553:2006/10/10(火) 01:41:08 ID:7YxgjqHM0
>>584爺様帰ってくるまでも掃除続けてたから、俺と婆様以外はいってないな。

>>585怖いこと言わんでくれww何年製だったかはわからんがモノラルだったww

>>589悲しいけど夏休みって終わってしまうものなのよ・・・ 

591 :本当にあった怖い名無し:2006/10/10(火) 02:21:43 ID:Q44TRuWU0
各ゲームの発売日

・龍が如く 2005年12月8日
・片神名 2004年11月25日
・シャドウハーツ2 2004年2月19日
・THE免許取得シミュレーション 2003年4月3日
(同 改正道交法対応版 2005年10月6日)

最後のは続編も有りだったので両方上げておいた。
RPGとかシミュレーションが好きみたいだな。

592 :本当にあった怖い名無し:2006/10/10(火) 10:00:47 ID:LyN+3JD50
シャドウオブメモリーズは
「 「死の運命を克服する」をテーマに、
現代から中世の500年に渡る時間を往来して自分の運命にチャレンジするアドベンチャーゲーム。
命を狙われる主人公は、制限時間内に過去へ趣き歴史を修正して、自らの死を回避することになる。
昼夜だけでなく天候も変化する。3時間超のムービーも特徴のひとつ。」
らしいですよ。
発売日は2001年02月22日

593 :本当にあった怖い名無し:2006/10/10(火) 10:01:15 ID:WO9OsaBf0
2006の知識をもって50年前に飛んだ人がいるなら
絶対なんかその飛んだ証拠になるようなものを
どこかに残してないのかな〜?
飛んだ人はもう過去で死んでるのかな?それとも戻れたのかな?
掛け軸とかツボの中とか文献(?)とか
未来を予想したようなものが何か残って無いの?

余談
もう一回、田舎にいってその蔵に入ってみ?
過去にヲマイが飛べるかもよ?
蔵から出てきたら50年前なのw(蔵は消失)
で、ヲマイはひぃひぃ婆様に惚れられてケコーン!
んで蔵をつくるのさ!ガンバレ553!!達者でくらせよ!

594 :本当にあった怖い名無し:2006/10/10(火) 10:05:27 ID:WO9OsaBf0

続き
ヲマイの経験とヲマイがこれから創る過去の違いは・・・

PS2が薄型になっていたーーー!じゃんじゃん。

595 :本当にあった怖い名無し:2006/10/10(火) 12:09:24 ID:WO9OsaBf0
連投スマソw

なんで最初から5/5なんだ?
ハナから5つ書くってわかってたのか?
下書きでもしたのか?
フツー1/5からはじめないか?なんで5/5なんだそ?
(何気に疑問なので書いてみた)

どうせなら去年の夏に田舎に帰ってもらいたかったぜ。
そんで、「2006年!来年の日付だ!」のほうがさらに
面白かったなぁ・・
なんで今年なんだ?
ヲマイ、やっぱ今年なんかあるぜ〜・・・・・・うきうきw

596 :本当にあった怖い名無し:2006/10/10(火) 12:27:30 ID:eZ34qGMS0
>>591-592
サンクス。
そこそこ新しいゲームなんだね。

>>590
モノラルテレビって、白黒?それともスピーカーがステレオじゃないって事?

597 :553:2006/10/10(火) 17:30:33 ID:7YxgjqHM0
>>591-592 乙!

>>593 もしそうなったら50年後のお前宛に手紙でも書くよwwww
ちなみに5/5から書いたのは、一回下書きして5つに分けて1つ目投下した
ところで俺がミスに気付く→メンドクセ、もうこのままでいいやww

>>596 つけてね〜からカラーかはわからんが恐らくカラー、俺が言いたかったのは
後者。

598 :本当にあった怖い名無し:2006/10/10(火) 19:45:48 ID:WO9OsaBf0
553、ヲマイはなかなか面白いヤシで感激だw
面白かったぜ!

599 :本当にあった怖い名無し:2006/10/10(火) 23:25:18 ID:m+qz4E8G0
藤子不二雄短編集の「ノスタル爺」みたいな現象でもあったのかなぁ。
主人公がダムに沈んでしまった故郷へ30年ぶりに帰ってきたら、
そこには沈んでしまったはずの故郷が昔そのままに存在していた。
じつはそこは過去の世界だったのだ。
主人公はどういうわけか時代を遡って帰郷してしまったのである。
という話。

600 :600(σ・∀・)σゲッツ!!:2006/10/11(水) 22:04:17 ID:r/9QkToT0
600(σ・∀・)σゲッツ!!

601 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 11:34:17 ID:U4hb6EPM0
子供に「絶対入るな!」って言ってある「開かずの間」がある
かなり頑丈に鍵がしてあって中に入るのは最近では年1回位
中が何か不思議でしょうがないようだけど絶対に見せられん

10年前まで買い集めてたエロ漫画がビッシリ保管されてるから・・・

602 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 12:37:04 ID:KzPnpng/0
Σ(゜д゜;)

603 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 15:29:20 ID:rMe0IcEe0
結婚前に捨てろよ

604 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 16:40:11 ID:q6/opeo10
嫁にはなんていってんだよw

605 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 19:29:07 ID:STEnrg6KO
あなたの家のオカズの間

606 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 19:41:32 ID:71nlTfbc0
>>601
おまいらエロ漫画雑誌の保存方法教えれ 【2】
http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/erocomic/1149754728/l50

エロ本の処分方法
http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/nude/1092805997/l50

607 :本当にあった怖い名無し:2006/10/14(土) 12:47:19 ID:0tiBHy+v0
(・∀・)ソレダ!!

608 :本当にあった怖い名無し:2006/10/15(日) 21:09:06 ID:x/o+obI0O
保守

609 :本当にあった怖い名無し:2006/10/15(日) 22:09:08 ID:aTTqcsIy0
>>605 オメー、ギャグのセンスあるぜ!?

610 :553:2006/10/18(水) 01:10:44 ID:R6FJwVnH0
うわ、過疎ひで〜なww
暇だからも一つ、スレタイからはちょと脱線するが
開かずの間っつーか、開かずの箱について。
じいさまの家はかなり山の中でな〜、裏口でて3分も歩けば森なわけよ。
本当に獣道って感じの道がつらつら続いてるのね。
田舎だしやることもないから散歩にいくのよ。
もうね、太陽サンサンの昼間だってのに暗いんだよ。
しかしね、20を目前にした男の子がこんなことで負けちゃいけませんよ。
何か伝奇もののエロゲにありそうなシチュエーションだったし、いらん妄想膨らしながら軽く山登りしてたのよ。
で、しばらく歩くと不意に視界が開けたのよ、あったのは民家、いや、何の変哲もない民家
お父さん30年ローンでがんばって建てたみたいな感じの現代風の家。
庭先に洗濯物とかほしてあるから人も住んでるんだと思う、
で、その家の隣にちっさい神社て〜か祠チックなもんが建ってるわけ
前にはしっかり賽銭箱とか置いちゃって、きっとその家の人間が管理してるんだろうけど
こんなとこに置いて賽銭いれるやついるかな〜と思ったわけ。

611 :本当にあった怖い名無し:2006/10/18(水) 01:12:33 ID:JFA+Zcv80
wktk

612 :553:2006/10/18(水) 02:31:50 ID:R6FJwVnH0
祠の中覗いてみると中に鏡が置いてあった。ありがちでツマンネとか不謹慎なことかんがえてたのよ。
なんか妙なもの出てきて、更に神秘的な美少女出てきてktkr!な展開を期待してたり・・・
邪気眼レベルの妄想してニヤニヤしながらまわりきょろきょろしてたさw
うろうろしてたら祠の後ろに30センチ四方くらいの箱が置いてあった。
何か金属でできてるみたいで錆だらけで薄汚ね〜箱だった、なかなか重かったけど
持ち上げて振ってみたら中からガンガンおとがするのね。
でもね、この箱開け口ってか蓋がね〜のよ。
完璧に溶接されてる感じ。
でもほら、溶接とかしてたらつなぎ目がこれ見よがしに溶接の後があるじゃない?
それがまったくない。
まあ、気になるわな。
床に何度か叩き付けたり石で打ちつけたりしたんだけどビクともしませんわ。
そんなんしてたら隣の家からおっさんがすんげ〜顔で怒鳴りながら出てきた。
いや、必死で逃げたわ。いい年して全力疾走ですよ。


613 :553:2006/10/18(水) 03:14:08 ID:R6FJwVnH0
勿論、重い箱なんか邪魔でしかないからその場に放置してきたさ。
しばらく走ったらさすがにおっさんも追ってこなかった、それでも走りに走って
あっという間に爺様の家に帰還しましたとさ。
家に帰って晩飯も食った後それとな〜く爺様に聞いてみたけど
お歳のせいかさっぱりそんな家できたことも知らんらしい。
で、次の日に件の蔵の掃除をしたわけだ。
で、田舎から帰る前日になって、また散歩に出た。
この前の家を探そうとおもって裏口から出てしばらく歩いたけど、家がなぜか見つからない
この前は10分も歩いたら着いたんだけど今回はいくら探しても見つからない。
1時間ほど探し回って流石に疲れてきたころにまた視界が開けた。
今度は家はなかった。でも、この前の祠はそこにあったのよ。
俺もこれはヤバイと思ったね。家消えた!これはオカルト!やっぱこうなると
怖いわけよ、今まで何ともなかったのに暗い道怖くなったり森怖くなったり。
なんじゃこりゃ!と思った瞬間違和感に気がついた。
これ、この前の祠じゃないって。
賽銭箱とかないし、形も何処となく違うし。


614 :553:2006/10/18(水) 03:28:31 ID:R6FJwVnH0
まあ、それが判ると一安心ですよ。
さっきまでのビビリッぷり誤魔化すためになんか一人で強がった独り言
言ったりして。
で、祠の中を覗く。
ビックリした・・・中にはこの前俺が見つけた箱が置いてあった。
俺が石で殴った痕が付いてたから間違いない。
と、まあ、それだけの話。
なんであの時の箱があそこにあったのかはわからん。
あのおっさんが移したのかもしれんが、それだけにあの箱の中身が気になる。

うわ、かなりオチのないつまらん話になってしまった。
すまんwwwwwま、現実なんてこんなもんだしwwww

615 :本当にあった怖い名無し:2006/10/18(水) 08:58:49 ID:lKU5xPZM0
>553
またヲマイ時間だか空間だかを飛んだの?
短時間に凝縮してんな!ヲイ!
ヘタに美少女がでてこなくてよかったじゃんw
今度は未来だ!
その美少女はひ孫だったwwwとかさ。惚れたらヤバイw
あるいは、将来結婚したヲマイが建てた家がソレだったwwとか。
怒ったじじいはヲマイの未来の姿だったとか。
ヲマイに似てなかったか?
うおっ!妄想が続くぜ・・。逝って来る。

616 :本当にあった怖い名無し:2006/10/19(木) 22:28:47 ID:89MkEaIHO
妄想age

617 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 01:49:21 ID:2jSg74nF0
うちにもあかずの間があるんだけど
俺が生まれる前からあるみたいだから30年以上封印されていると思う
で、このスレで興味が沸いたので今日の昼間に工具を駆使して開けてみた・・・

真っ暗・・・
8畳くらいかな?
空気が淀んでるし湿っぽい・・・
奥の方をライトで照らしていると仏壇と額物に入った大き目の白黒写真が見えた
と、思ったら右側手前から何かがカラカラボトって落ちた
鳥肌立ったので即効閉て、ドラックストアーでバルサンと伯方の塩買ってきたw
そして夕方、その部屋にお経を流したCDデッキ(nyで落とした音源)と
、塩(袋ごと)とバルサン焚いて放置して現在に至る・・・
アルカリ電池だからかまだお経流れてるみたいw

ちなみにその部屋の真横に当たると思われる部屋の天井隅に小さなお札が・・・

618 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 04:24:59 ID:gFLjhAsfO
いいなぁ〜開けてない箪笥とか天袋はあるけど部屋は無いわ〜

619 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 04:36:10 ID:xn9ei/gd0
玉袋、に見えた

620 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 05:06:47 ID:gFLjhAsfO
玉袋も開けた事ないわ〜wあの気違いブログ思い出すから
言わないでくれよw

621 :本当にあった怖い名無し:2006/10/21(土) 00:08:04 ID:u+ALEeCQ0
気違いブログが気になる
気違いブログを開いてみたい

622 :本当にあった怖い名無し:2006/10/21(土) 01:21:42 ID:aUHNWY440
開かずの間じゃないけど、触ってなかった場所…
小屋の暗ーい隅っこ、4畳位のスペースに収穫したジャガイモを広げて置いてる訳よ。
一部日光が当たる所は芋をダンボールで覆ってね。

で、いつも大きい芋から取るから、取りやすい所のは小さい芋ばかりになってた。
小さい芋を踏んじゃうから奥の大きい芋は取りにくい…でも小さい芋剥くのはめんどくさい…
でも小屋暗くて怖くて早く出たいから奥行きたくない…
あ!ダンボールの下大きいのいっぱい残ってるじゃん!!

めくって後悔。逃げ出す虫たち。綺麗に揃った子猫(多分)の骨格標本。
腐乱死体の下になってた畳が腐るっていうのは本当なんだなーとか
カツオブシムシは本当に骨をかじるのが好きなんだなーとか
ひと夏でここまで綺麗に骨だけになるのかーとか
グルグル考えながら突っ立っておりました。

…家族に言ってない事。
事態が把握できずに、持ってた大きな芋で骨をひっくり返したのね。
それが紛失。どうやら晩御飯用の芋に混じっちゃったっぽい。
皮…剥いたから…いいか・・・o rz

623 :本当にあった怖い名無し:2006/10/21(土) 02:32:45 ID:qfGCUVPJO
>>621
性同一性障害のメンヘラピザが自己手術と称して玉袋を切り開き
玉を切り落とすまでの内容を綴ったブログだよ…
顔と患部が一緒に写るアングルでグロづくし
多数のVIPPEPが精神ブラクラをくらい、見た事を後悔した。

624 :本当にあった怖い名無し:2006/10/21(土) 02:35:56 ID:qfGCUVPJO
失敬、VIPPERと打ちたかったんだ。

625 :負け犬:2006/10/21(土) 03:53:29 ID:8v5v0wlcO
≫623
うわぁ…

626 :本当にあった怖い名無し:2006/10/21(土) 10:07:19 ID:iPHSWOQW0
>>623
その人は、その後どうなったの?

627 :本当にあった怖い名無し:2006/10/21(土) 13:47:22 ID:qfGCUVPJO
>>626
自殺をほのめかす内容を最後に更新が途絶えてた…
まだブログ自体は存在してるらしいから生きてるのかもしれない
捜してまで見る内容では無い。

628 :本当にあった怖い名無し:2006/10/21(土) 14:06:24 ID:qfGCUVPJO
まだ生きてた^w^

629 :本当にあった怖い名無し:2006/10/21(土) 16:14:14 ID:0MoBRIC2O
>>597
祭にかなり乗り遅れたようだが…
その地下室のメモカ、遊んでみた?
俺はそれらのゲームやったことないからわからんけど
RPGとかだとキャラクターの名前入力があるじゃん?
どんな名前が入ってるかとか気になるな。

630 :本当にあった怖い名無し:2006/10/22(日) 05:51:06 ID:a/lvsuUM0
ピザだったっけ?金玉公開のやつたしかビジュアル系ヲタみたいな感じだったのは覚えてるが…
この手のやつの自称メンヘラって信用できないのが多いけどあいつはやばかったね

631 :553:2006/10/22(日) 19:07:02 ID:7q91MUK10
>>615 お前は俺にどうしても時空を超えて結婚してようだなwww

>>617 なんかお経ながしっぱなしだと別のモノまで呼びそうだが・・・

>>622 そういう奴に限って自分で食っちゃてたりするんだよな・・・・

>>629 経済的な事情によりそれは行えませんでしたw

632 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 01:05:24 ID:Z8oVcxj/0
>>149
続きをお願いします。

633 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 01:25:08 ID:IMILJj110
うちの開かずの間。



家族の心。
みな心を閉ざし、入れてくれない・・・。

634 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 03:18:06 ID:ZxD5ihFWO
そんなもん愛というなのチェーンソーでこじ開けるんだ

635 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 09:04:40 ID:p2wqG+EJO
つチョリソー

636 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 16:33:47 ID:EPl0ScUiO
最近ばあちゃんの家の台所の床に蓋(?)みたいのがあることに気がついた
まぁ開けようにも固定されてる上にテーブルもあるから開けられないんだが

637 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 16:54:19 ID:TxXSDTfS0
>>636
この際、開けてみよう。

638 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 19:59:55 ID:ayoZ7TiG0
>>636
おばあちゃんのおばあちゃんのビンテージなヌカミソが出てきそうだ。

639 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 22:32:31 ID:i1rTbwPp0
>>638
おばあちゃんのおばあちゃんのなら
アンティークと呼んでも許されるのではなかろうか。

640 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 00:18:42 ID:j7UUumThO
正に骨董品だな

641 :636:2006/10/24(火) 19:32:09 ID:lwX8X0RFO
いやー俺も開けてみたいなって気持ちはあったんだが、↑で言ったとおり固定されてて
よくみると取っ手の類も見当たらないんだよね・・・

ちと怖いし、封印しとくさ

642 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 21:29:17 ID:5Zsd18tc0
>>641 おまいは何故このスレにいるのだ?オカ板にいて、そしてすぐ傍にオカルト
なものがある・・・それを勇気を持って開けずになんとする!
俺はおまいのばあちゃんの家の床に何があるか非常にワクワクして期待している!
それと同時におまいの勇気にも多大なる期待を寄せている!
ゆけ!おまいはやればできる子だ!

643 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 22:14:37 ID:lwX8X0RFO
OKわかった。
今日はばあちゃんもう寝てるだろうし騒がしくできないから無理だ
明日突撃してくるよ。期待してるもんが出てこなくても文句無しな


644 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 22:54:15 ID:iEsPUZr90
>>643

文句は言わない。黙って待ってるw

645 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 22:59:33 ID:AyAeMXr60
ゴキ基地だったらば......

646 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 23:04:17 ID:n2GM8IrW0
バルサン&お経のひと、どうなりましたかね?

647 :本当にあった怖い名無し:2006/10/25(水) 00:34:49 ID:oRV4R8ov0
>>643 そうか!行くか!大切なのは何が出てくるかではなく開けるというおまいの心意気だ!

>>646 きっと書き込めなくなるような何かがあったんだよ、ナニかが・・・

648 :本当にあった怖い名無し:2006/10/25(水) 01:02:49 ID:7Pme59Tx0
田舎の豪族なので使わない部屋がいっぱいあるが、俺の隣の部屋だけは別格。
違法植物が自生してるからな。

649 :本当にあった怖い名無し:2006/10/25(水) 01:21:14 ID:0w5Y77yPO
ケシからん奴め!

650 :本当にあった怖い名無し:2006/10/25(水) 01:51:59 ID:4JTgHyWg0
誰うま

651 :本当にあった怖い名無し:2006/10/25(水) 08:24:11 ID:j39/IvuoO
金玉男が気になる

652 :636:2006/10/25(水) 19:16:21 ID:QtfvznGZO
突撃してきた。
固定具は簡単に外れた。んで隙間に爪掛けて一気に開けた。
中には階段が!・・・なんてことは無く、深さ40cm幅50cmくらいの収納スペースみたいだった。
中には昔の茶碗やら食器、空の酒瓶等ガラクタばかり。特に目につく物はなかった。
一つ気になったのが、通気口のような直径5〜6cmくらいの穴があって、そこにまた小さな穴が何個か空いてる蓋がついてたことかな。
ちなみに蓋は取れないようになってた。どこに繋がってるのだろうか。
安心と落胆が入り交じった微妙な結果だった。

以上であります。期待に添えず申し訳ない。


653 :本当にあった怖い名無し:2006/10/25(水) 20:11:57 ID:0w5Y77yPO
>>651自己手術 睾丸 でググレ

654 :本当にあった怖い名無し:2006/10/25(水) 21:17:54 ID:N/XinpMx0
>>653
見た。

((((゜д゜;)))))ヒィィーッ

655 :本当にあった怖い名無し:2006/10/25(水) 22:53:11 ID:kQHofGja0
>>652

いやいや、ちみは良くやった。
しかし〜、フタの中にはまたフタが…って、不思議な床の下だよねぇ。

656 :本当にあった怖い名無し:2006/10/25(水) 22:57:48 ID:88V9z/fO0
>>652
乙カレー
これで皆スッキリしたねよ、何も無くてホッ。、

657 :本当にあった怖い名無し:2006/10/25(水) 23:24:53 ID:6VUkTNBS0
>>652 お!凸撃したか!おそらくそこは物置だったんだろうな、穴は換気ようだろう。
何もなく残念だったかもしれんがそんなことはよくあること。
おまいの次の活躍も待っている。
と、偉そうに行って見るテスト

658 :本当にあった怖い名無し:2006/10/28(土) 20:32:14 ID:MbH8jE5KO
更にtests

659 :本当にあった怖い名無し:2006/10/28(土) 21:42:07 ID:ZgkNq9al0
ほんの数週間前・・・

俺が一番末っ子で上に兄貴が二人いた。一番上の兄貴が大学卒業して
家を出て行ったわけよ。その部屋はもう使わなくなって閉鎖されたんだけど
俺の兄貴(次男)が夜中にしょっちゅう抜け出してその部屋で何かしている。

そして部屋からこっそり覗いてみると・・・?

660 :本当にあった怖い名無し:2006/10/28(土) 21:55:07 ID:XnO8RgdC0
チェーンーとスコップが。

661 :本当にあった怖い名無し:2006/10/28(土) 22:07:52 ID:JkuxYFNmO
チェーンー

662 :本当にあった怖い名無し:2006/10/29(日) 01:30:21 ID:5gLECdaW0
PCの前でエロ動画見ながらシコる兄貴の姿が・・・

663 :本当にあった怖い名無し:2006/11/01(水) 02:02:00 ID:UncrQPr7O
m(u_u)m

664 :本当にあった怖い名無し:2006/11/01(水) 04:05:12 ID:SusKz1tqO
兄弟間にシコリが生まれる

665 :本当にあった怖い名無し:2006/11/01(水) 09:17:37 ID:+qMkhuHr0
なんかこのスレの話のなかで、「洒落にならない〜」のまとめサイトで見たこと
あるような気がした。まさかコピペして貼り付けてるだけじゃねぇよなぁ。
まぁ、俺も確証ないんであんま言えんけど・・・。
な〜んか見たことあるわぁ。39の話なんだけどな。
思い違いならすまん。

666 :本当にあった怖い名無し:2006/11/01(水) 09:25:55 ID:+qMkhuHr0
えー、思い違いですた。
どうやら他のサイトで39の話が取り上げられてたのを知らずに
思い込んでただけでした・・。こんな時間に何やってんだ俺は(´Д`;)
マジすんませんした。

667 :本当にあった怖い名無し:2006/11/01(水) 09:27:16 ID:P+f8Dkks0
気にしない気にしない

668 :本当にあった怖い名無し:2006/11/01(水) 14:45:18 ID:SusKz1tqO
いっ きゅう さ〜ん

669 :本当にあった怖い名無し:2006/11/01(水) 14:52:49 ID:5X1qgRvLO
兄貴の部屋
半年前に自殺してからそのままにしてある

670 :本当にあった怖い名無し:2006/11/01(水) 14:54:41 ID:P+f8Dkks0
じゃ、兄貴だいぶん腐ってるな。

671 :本当にあった怖い名無し:2006/11/01(水) 14:58:22 ID:iYAv2+hBO
ワロスw

672 :本当にあった怖い名無し:2006/11/01(水) 21:22:45 ID:Lgi7Xul00
家じゃなくて母校だけど、
中学校時代に2年校舎のトイレの入り口扉がネジで固定されてた。
2階と3階だったんだけど、どっちの階も男女両方のドアが固定されてたけど、
トイレが少なすぎるからなのか(1つの階に2つづつだけどw)
東側のトイレしか固定されてなかった。
先生に何で閉めてるのか聞いても、みんな知らないらしい。

2階のトイレは割りと明るいのに1階だけは真っ暗で何も見えないから、
当時の噂じゃ、自殺して亡霊が出るとか、花子さんと太郎さんだとか言われてたけど、
2階の女子トイレには一番奥にセサミストリートの緑のゴミ箱怪物が出るような青いゴミ箱がぽつんと置いてあったのが印象的で、
私が「セサミストリートの奴等がパーティーしてるんだよ」
って言ったら笑われたから嫌な思い出しか残ってない。
そういえば思いっきり2階女子トイレのドアぶち蹴ったら先生にこれでもかって言うほど怒られたから、
もしかしたら先生の間でも噂があったのかも。

673 :本当にあった怖い名無し:2006/11/01(水) 22:48:57 ID:10elxACIO
非常に興味深い話ですな

674 :本当にあった怖い名無し:2006/11/02(木) 01:52:09 ID:+tl4CxBr0
>>672
最後の2行は、単におまえさんが学校の物を壊したからしかられただけだw
先生の間で噂がどうのじゃないぞw

675 :本当にあった怖い名無し:2006/11/03(金) 05:45:44 ID:MKoYdNNb0
「あなたの家」じゃないし「開かずの間」とも微妙にスレ違うがまあ聞いてくれ。長くなるので何回かに分ける。
俺が小学2年生のときの話。当時引っ込み思案で人見知りの激しかった俺を心配した
両親は、夏休みにボーイスカウト(なのかな?)が主催してる、2泊3日のサマーキャンプに参加させた。
これは子供たちにキャンプを設営させたりご飯を作らせたりして自主性を育たせようって企画。
俺は当然行きたくないってごねたんだけど、そんなことは聞き入れられず、渋々参加した。
参加者は子供が20人程、引率の大人が5、6人といったところ。集合場所で、名前順に
4人ずつ班分けされてからバスに乗り、山奥のキャンプ場にむかった。そのバスの中で班の奴らと
話をするうち、乗り気でなかった俺も少しずつ楽しくなってきた。キャンプ場について自分たちのテントを張り
みんなでカレーを作ってたらふく食べて、その後はキャンプファイヤーを囲んでゲームをしたり歌を唄ったり。
へとへとになりながらも「友達も出来たし、きてよかったな」と心から思った。

676 :675:2006/11/03(金) 05:48:32 ID:MKoYdNNb0
翌日は昼から山を登り、山頂にある無人の山小屋で一泊する予定になっていた。
普段家でゲームばかりしていた俺はかなりグロッキーだったが、班の皆に助けられながらなんとかついていく。
俺みたいな奴が数人いたせいか、山小屋に着いたのは日が暮れる頃だった。
この山小屋がかなり年季の入ったもので、かなり「いい」雰囲気を醸し出している。
ここで引率のリーダーから一言、
「トイレの横にある小屋には絶対に入らないように。開けたら幽霊が出るぞ〜w」
とのこと。山小屋に併設された簡易トイレのすぐそばにあったこの小屋(記憶の中ではプレハブ)は
今考えると恐らく備品倉庫かなにかで、子供が入ると危ないからそんな言い方をしたんだと思うが
当時の俺はそれを聞いてガクブルだった。その後荷物を置いて飯を食べたら疲れがどっと出て
就寝の時間になると、俺は誰より早く眠りに落ちていった。

677 :675:2006/11/03(金) 05:51:24 ID:MKoYdNNb0
ふと目が覚めると大人も含めてみんな寝ている。と同時に、尿意が。怖いから我慢しようとも思ったが、
すでに限界が近づいている。意を決して寝袋から出ると、班の友達のひとりがいないことに気付いた。
「あいつもきっと小便だ!」と思い、外のトイレまでダッシュした。が、そいつはトイレにはいなかった。
そして、横にある小屋の電気がついており、中にそいつらしき人影が。急いで用を足した後、俺は班長の言葉を思い出しながら
おそるおそる「…お、おい○○…?」と声をかけた。
 その瞬間、山小屋の方からドドッ!という何かが崩れるような音がした。メチャビビって
山小屋に戻ると、床の一部が抜けて何人かが泣いている。大人達が床下に落ちた子供を助け上げ、
怪我をした子供の処置をし、ようやく皆が落ち着いたところで気付いた
あれ?○○がいない…?で、俺は引率の一人に「○○がいないんですけど」と報告した。返ってきた答えは
「○○?誰だそれ?」俺の記憶はなぜかここで途切れる。

678 :675:2006/11/03(金) 05:52:37 ID:MKoYdNNb0
次に気がつくと朝で、俺は皆と一緒に床に寝ていた。夢か…と一瞬思ったが、昨日床が抜けた部分はそのままだ。
そして○○はいない。その事に誰も気付かない。まるで最初からうちの班は3人だったかのように。
俺はそれがとても恐ろしく、その後家につくまで、そしてついてからもその事を忘れようとした。
でも、こんな事忘れられるはずはない。

679 :675:2006/11/03(金) 05:56:51 ID:MKoYdNNb0
その後。班の中で一番仲の良かった奴とは電話番号を交換し、何度か電話で話していた。
もちろん○○の事は全く話題にはしなかった。が、実際に会って遊ぼうという事になり、
会ってしばらくした後、「…なあ、○○って覚えてるか?」と聞いてみた。一瞬の間の後
「…ああ!いた!俺今までなんで忘れてたんだ!」
俺も興奮して「そうだよ!いたよな!あいつあの時どこに消えたんだ?」
でもその答えをそいつが知ってるはずもない。その後もそいつと何度か遊んだが、その話は
お互い二度と口にしなかった。
○○が誰だったのか、いや、というより何だったのか。
20代半ばを過ぎた今でも答えは全く分からない。
あの時あかずの小屋にいたのは○○だったのか、何故俺以外の人間が
みんな○○の事を忘れてしまったのか…誰か教えてくれ。
以上です。くそ長くなってしまった。マジで誰か知らない?
四国でS水D祐って奴なんだけど。

680 :本当にあった怖い名無し:2006/11/03(金) 20:51:40 ID:Juw1d1tTO
S水D祐 晒しage

681 :本当にあった怖い名無し:2006/11/03(金) 20:54:07 ID:dZ30UP65O
そいつなら今、俺の隣で寝息立ててるぜ。

682 :本当にあった怖い名無し:2006/11/03(金) 20:55:30 ID:dZ30UP65O
清m大s

683 :本当にあった怖い名無し:2006/11/03(金) 20:56:06 ID:EgvMsWVDO
清水大祐なら知ってるが…

684 :本当にあった怖い名無し:2006/11/03(金) 23:53:38 ID:zVbroY6SO
四国に住んでる清水大佐なら知ってるんだけどな。

685 :本当にあった怖い名無し:2006/11/04(土) 00:30:46 ID:JTbm1vnpO
(-.-)zzZ

686 :本当にあった怖い名無し:2006/11/05(日) 00:59:24 ID:NzJ5Cm7k0
(ー.ー)zzzZ

687 :本当にあった怖い名無し:2006/11/05(日) 01:20:02 ID:BEHlVUL9O
おかずのあいだだと思った

688 :本当にあった怖い名無し:2006/11/05(日) 04:16:37 ID:l3YL091f0
うお、このスレ良すぎ!w
ちょっと読んで寝るつもりがもうこんな時間だよ。
初めて来たオカ板で見たスレがここで良かった!

>>553とか675とかすっげぇ気になるわぁ(;´Д`)

689 :本当にあった怖い名無し:2006/11/07(火) 23:36:54 ID:7L3LUwitO
age

690 :本当にあった怖い名無し:2006/11/08(水) 21:06:22 ID:Wmv24WZm0
あげあげ

691 :本当にあった怖い名無し:2006/11/09(木) 02:29:59 ID:6h4nqgqJO
あなたの家のおかずの間

692 :本当にあった怖い名無し:2006/11/09(木) 22:52:29 ID:5hc/A4/iO
あなたの尻のあかずの菊に見えた。

693 :本当にあった怖い名無し:2006/11/09(木) 23:32:48 ID:JLqRYEYkO
あげあげの間

694 :本当にあった怖い名無し:2006/11/09(木) 23:41:00 ID:Snr0uto/0
>>37
非破壊検査に頼めば?料金分かんないけど。

公式に今まで調べた変わったものの紹介があって面白かったぞ。

695 :本当にあった怖い名無し:2006/11/09(木) 23:46:12 ID:1PIzjT+lO
なんでオカ板って地名とか人物名とかわざわざ伏せるの?

696 :本当にあった怖い名無し:2006/11/10(金) 00:06:13 ID:s0wVyqHN0
>>695そのほうが謎めいてオカルトっぽいから

697 :本当にあった怖い名無し:2006/11/10(金) 01:09:01 ID:dcbzBr000
全く怖くないが、家の屋根裏が開かずの間。
子どもの頃は秘密基地にして、よく遊んでいたが、
脚立もってこないと登れないし、震災後屋根裏に重い荷物は家が危ない
ということから、全て下ろしてから開かずの間。
たぶんゴキ死骸とかいっぱいになってるだろうから、未来永劫開けない(ノ_;)

物置きも開かずの間。震災時中で荷物が崩れて放置状態orz
ヌコだけが隙間から出入りできます。

698 :本当にあった怖い名無し:2006/11/10(金) 02:46:13 ID:dcbzBr000
やっと全部読んできた!!
でも>>653一番上の写真だけ見て、あとは怖くて読めなかった。
グロはいいけど自分も鬱はいりそうでorz



699 :本当にあった怖い名無し:2006/11/10(金) 02:52:19 ID:JwGDmifP0
乙。3枚だけだったがよくわからんえ

700 :本当にあった怖い名無し:2006/11/10(金) 10:43:13 ID:e4mUNYoLO
>>696
うさん臭さ倍増するだけじゃん

701 :本当にあった怖い名無し:2006/11/10(金) 16:33:52 ID:+NT0dqtP0
>>700

その胡散臭さがいいんだってw

702 :読み人シラズ:2006/11/10(金) 19:43:24 ID:JhxUCA0kO
自分の家のあかずの間じゃなくても良いのかな。
じゃあ、今も鮮明に思い出せる俺の体験した話を…。

今から10年以上前、俺がまだ小学2年くらいの頃の話。俺と俺の家族は夏休みを利用してA県にある親父の実家に遊びに行った。
山奥って言っても良いくらいの山間部、そこにじいちゃんばあちゃんは住んでいた。
じいちゃんばあちゃんはめちゃくちゃ歓迎してくれたんだけど、子供だった俺は山の中での遊びに想いをはせてて早く外に飛び出したくて仕方なかった。
でも土地感もない子供に山の中を一人歩きさせるような爺婆はいないわけで。
従兄弟が帰ってくるのを待ってようやく遊びに出かけられた。
山の中での虫とり、川での水遊び。都会っ子の俺には見るもの全てが新鮮で、俺の心はときめいていた。
そんな日々はあっと言う間に過ぎ、帰る日の前日。
いつものように従兄弟と川に遊びに行く途中の道、ふと見た道沿いの林の奥の方、山の中へ続く石造りの階段を見付けた。


703 :読み人シラズ:2006/11/10(金) 19:47:41 ID:JhxUCA0kO
何であんなところに?どうして今まで気付かなかったんだろう?
そんなことを考えているうちに幼心の中俺の冒険心に火がついた。
立ち止まった俺の様子を見に来た従兄弟にその階段は何なのかを聞いてみたが、従兄弟は知らない、近付かない方がいい、と言うだけだった。
そう言われては逆に好奇心が増してしまう。
止める従兄弟を振り切って俺は林を突っ切り石造りの階段を登り始めた。後ろから聞こえる足音で、従兄弟も恐々と後をついてくるのがわかった。
徐々に濃さを増す林の緑の中、長い長い石段を登りつめると、そこには小さな洞窟のようなものが口を開けていた。辺りを見回してみても木々の葉に隠されて外からは見えないような場所だ。
いよいよ怪しい。

704 :読み人シラズ:2006/11/10(金) 19:50:28 ID:JhxUCA0kO
俺はワクワクしながらその洞窟に足を踏み入れた。その時地面に落ちていた太くて古くて腐ったような縄を跨いだんだけど、今思うとあれは明らかにしめ縄だった。
従兄弟は洞窟の入り口で声を震わせながら俺の名前を呼んでいた。でもそれを無視して俺は進んだ。
中は薄暗くてじめじめしていた。絶対に何かある。好奇心に支配されていた俺は怖いなんて全く思わずに洞窟の中を探索した。でも一本道の洞窟はすぐに行き止まりになった。
何だ?これだけか?薄暗くよく見えない洞窟の行き止まり。壁を触ってみると明らかにその行き止まりの部分だけ触感が違う。俺は目を凝らして見るとそれは大きな古い鉄の扉だった。


705 :読み人シラズ:2006/11/10(金) 19:52:05 ID:JhxUCA0kO
いつの物だろう。表面には青い錆びのようなものが浮き、最近開けられた形跡など全くなかった。何でこんなところに。いよいよおかしい。だが我ながら子供と言うのは恐ろしい。
俺はその扉の取っ手に手をかけ、おもいっきり引っ張った。だがびくともしない。押しても引いても駄目だった。鍵がかかってるのか…。開けることを諦めかけた俺は、取っ手の下に子供の指が入るくらいの鍵穴があることに気が付いた。(薄暗い中よく見付けたと思う)
中が見えるかもしれない。そう思ったのか俺はその鍵穴を覗きこんだ。
でも見えたのは真っ白な目。
自分の物と思われる目だけだ。
鍵穴の向こうに鏡でも置いて塞いであるのか、そう考えて顔を離して気が付いた。
この光もろくに射し込まない洞窟の中、顔をつけて覗きこんだ鍵穴。もし鏡が向こう側にあったとしてそんなに鮮明に見えるものだろうか。
俺は震えながら顔を扉から離したまま鍵穴を見た。
鍵穴にあったのは、じっとこちらを見たまま見開かれている目だった。

706 :読み人シラズ:2006/11/10(金) 19:53:39 ID:JhxUCA0kO
それからどう実家に帰ったか覚えていない。従兄弟と一緒に泣きながら帰ってきたと親父は言っていた。
落ち着いた後そういう場所に行ったとばあちゃんに言ったら物凄く叱られて、神棚に謝らされた記憶はある。
あれから鍵穴を見る度その目を思い出してしまうが、今のところ何もないところを見ると許してもらえた(?)のかもしれない。

ちなみにその洞窟があったところは、数年前台風の直撃で発生した土砂崩れで跡形も残ってはいないそうだ。

707 :本当にあった怖い名無し:2006/11/10(金) 23:31:58 ID:uyfF12FU0
ひょ、ひょええええーーーーこわっ

708 :本当にあった怖い名無し:2006/11/11(土) 00:43:15 ID:BW69UCc40
どっちかというと山コワ?

709 :本当にあった怖い名無し:2006/11/11(土) 02:03:17 ID:kqHrTo1O0
あかずの扉ですね。

710 :本当にあった怖い名無し:2006/11/11(土) 05:55:36 ID:pC9gAAkl0
言ってやればよかったんだ

「こっちみんな」

711 :本当にあった怖い名無し:2006/11/11(土) 11:08:12 ID:cFTzuG5/0
そこでおもむろにマイナスドライバーを・・・

712 :本当にあった怖い名無し:2006/11/11(土) 12:55:23 ID:Xi/4xfxR0
>>708
創作話は洒落コワでしょう。

713 :本当にあった怖い名無し:2006/11/12(日) 01:16:28 ID:QO1YMd0s0
>>711
なるほど
あのときの銭湯がその裏山にタイムリープで繋がっていたというわけか

714 :本当にあった怖い名無し:2006/11/13(月) 17:01:42 ID:d3cfC+vN0
age

715 :本当にあった怖い名無し:2006/11/13(月) 21:41:09 ID:G5K3spICO
俺の実家にもあかずの間があった
開かずの間って言うより
開かずの蔵だったんだが毎日の様に爺さんに
蔵は開けちゃならねぇと言われていた
開けちゃダメだと言われると余計に開けたくなるのが人情で
兄貴と協力してこじ開け様としたんだが
かなり頑丈なカギで
バールでこじ開け様が
バットでブッ叩こうがびくともしなくて
子供の力じゃ無理だとその時は諦めた
俺が高校生の時、爺さんが亡くなり四十九日過ぎた頃に
遺産分与の件で例の蔵を開ける事になった
開けてみると・・・




ビックリ、出るわ出るわ拳銃やら手榴弾、日本刀にドス
婆ちゃんを問い詰めた所、爺さんは昔極道で
潰した組から戦利品として拳銃等を巻き上げて
コレクションしていたそうだ
警察が来たりで大変だったよ

716 :本当にあった怖い名無し:2006/11/13(月) 22:08:53 ID:xE8SxmTV0
>>715
あまりにも立派な開かずの間ぶりに完敗

717 :本当にあった怖い名無し:2006/11/13(月) 22:39:37 ID:d3cfC+vN0
>>715もちろん警察来る前にいくつか拝借したよな?

718 :本当にあった怖い名無し:2006/11/13(月) 23:07:46 ID:VzFAYInh0
>>715
拳銃というと、コルト45や南部式かな?

719 :本当にあった怖い名無し:2006/11/13(月) 23:09:06 ID:gmcfZo6PO
じいさんの昔話聞きたくなるよな

720 :本当にあった怖い名無し:2006/11/13(月) 23:13:41 ID:d3cfC+vN0
>>718風情を感じる

721 :715:2006/11/14(火) 02:25:47 ID:NzMmtoVH0
>>717
俺も拝借しようと思ったんだが
家宅捜索までされたよ結局、爺さんは銃刀法違反
被疑者死亡のまま書類送検だw
>>718
ドイツ製のやつとかコルトもあったな
詳しくはわからん
>>719
優しい爺さんだったんだけど
背中に虎の彫り物と刀傷があったり、左腕が無かった
当時は昔漁師やってて、事故にあった時の判別様の彫り物だと
聞いて信じていたが・・・左腕も日本刀相手に素手で喧嘩して
切り落とされたらしい・・・


722 :719:2006/11/14(火) 02:35:44 ID:zB4a2BC3O
心身ともにすげー強そう

723 :本当にあった怖い名無し:2006/11/14(火) 02:47:30 ID:G9xC8Aox0
>>721お前の爺さん握撃とかできそうだな

724 :本当にあった怖い名無し:2006/11/14(火) 04:46:06 ID:ASg3YMkC0
  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;> 俺のじいちゃんは、愚地克己にも勝てる
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f   そんなふうに考えていた時期が
   ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!   俺にもありました

725 :本当にあった怖い名無し:2006/11/14(火) 07:17:30 ID:zB4a2BC3O
自分隠すのかっこいいじじいage

726 :本当にあった怖い名無し:2006/11/14(火) 10:57:09 ID:f5gFdcCDO
昨日は鰤の刺身とくじらの刺身と 豆腐とほうれん草だったな。

727 :本当にあった怖い名無し:2006/11/14(火) 14:03:07 ID:Q4k0iFuQ0
あなたの家のおかずなんか聞いてない件。

728 :本当にあった怖い名無し:2006/11/14(火) 18:30:29 ID:laB+PF3ZO
>>727の的確なツッコミ!→726に効果はばつぐんだ!


729 :本当にあった怖い名無し:2006/11/14(火) 21:34:02 ID:1nfcdJGi0
それはじじいの天国からのメッセージだった

730 :本当にあった怖い名無し:2006/11/14(火) 23:22:13 ID:Bl08sR660
二十年程前の事。
母子家庭になってしまい、母に引き取られた私は母の田舎へ転居した。
住居は今にも朽ちそうな狭い一戸建て。
隣には大家の老夫婦が住んでいた。
住み始めて半年程してから、大家が私達か住む家を取り壊して、そこに新たに
自分たちが住む家を新築する事になり、大家は近所の家を借りて住み、私達は
大家がそれまで使っていたこれまた古い家を、今後は使って欲しいと言われた。
しかし、一つだけ条件があって、二階には六畳が一間だけあるが、ここへは
絶対に出入りしないで欲しいと念押しされた。
母親と二人暮らしで荷物も少なく、一階だけで生活が充分出来ていたから
私達は「はい」と返事をして、そこへ移り住んだ。

731 :1/2:2006/11/14(火) 23:30:21 ID:FmKmgBKl0
母方の実家にあった、小さな開かずの間の話。

祖父母が結婚する際に立てられたらしい田舎の平屋で、うち一室が夫妻の
寝室として使われていた。その部屋の隅に昔の大きな姿見が置かれていて
その後ろが半間の押入れになっていた。
子供の頃、親に連れられ里帰りした際に、その押入れが使いにくくないのか
気になって祖母に聞いたところ
「普段使わないものを入れているから問題ない」
という返事。なんとなくその答えに納得し、特に目を引くような何物も
無かったので、それ以上追求することもなくほうっておいた。

月日が流れ、祖母が死亡。祖父は以前に亡くなっており、継ぐものも居ないので
実家は解体されることになった。
で、その前に荷物整理をすることになった訳なんだが、その時初めて
母親もその半間の押入れの中を見たことが無い事が判明。曰く
「開けにくいし、開けなくても不自由なかったし、あんまり興味も無かった」
祖父母が開けている所も見たことないらしく、どうやら母にとっては
半世紀以上、“開けずの間”状態だった様子。無関心すぎるよママン。

732 :2/2:2006/11/14(火) 23:32:34 ID:FmKmgBKl0
ともかく開けないと、とまずは姿見を移動させる。こちらはかなり重く
畳の変色具合から見てもう長い間動かされていない様子。
押入れの扉のほうは鍵もかかっておらず、呆気ないほど簡単に開いた。

中にあったのは、古い小さな小抽斗。抽斗の上には、国民服姿の青年の
変色した写真、それと花瓶に挿した白い造花。抽斗の中に数枚の軍用葉書
(っつーのかな?召集先の軍隊から送られたっぽい薄い葉書)、丁寧に布に
包まれた髪一房、数珠。

母は葉書の送り主の名前に心当たりが無いと言う。そもそもは母方の親族は
お払いを勧められるほどの女系家族(母も一人っ子で、祖母に愚痴られたらしいw)
“国民服を着た青年”に相応する年代の人物が思いつかないらしい。
葉書の内容はありきたりな近況報告で、関係性を示唆するようなものはなし。

結局、あまり追求しないほうが良いだろうという結論に至り
近所の神社に頼んで焼いてもらいました。

長いだけでオチ無し話すまん。
つーか、リロードしてなくて割り込んじゃったっぽい。
申し訳ないorz

733 :本当にあった怖い名無し:2006/11/14(火) 23:33:34 ID:Bl08sR660
住み始めて何事もなく過ごしていたが、当時中学生でオカルト好きな
自分。親には言わなかったけど、「行くな」と言われた天井の上の
部屋が気になって来て仕方ない。
ある日、親は仕事に出て、自分は風邪が酷かったので学校を休み
今日こそ二階を探索するぞ!と、静かに上がり始めた。。。。

ギシギシ軋む階段を上がる度に、鼓動が苦しいくらい激しくなった。
やっと入り口のガラス戸前。
曇りガラスでここからは中は見えなかった。
躊躇したものの「ここまで来たんだから!」と、思い切って戸を開けた。

埃だ溜まって、カビ臭い何とも言えない臭い(異臭)がした。
まどはあるが、分厚いカーテンが二重に窓を覆っていて、階段の照明
だけが頼りだった。
一歩足を踏みれると、畳がイヤな感じで下がるのがわかる。
だんだん目が慣れて来て、部屋を見渡すと布団が一組、部屋の隅に
畳んであった。小さな机があって大人が読むような小難しい様な
本が無造作に置いてあった。
年代を感じるラジカセにカセットテープ、かなり初期の明星や平凡
などが平積みしていた。
中には三善英二(だっけ)やにしきのあきらなど特集記事があって
この部屋だけ、確実に時間が止まっている様に思えた。

734 :本当にあった怖い名無し:2006/11/14(火) 23:40:04 ID:Bl08sR660
730・733の続きです

気持ち悪さもあったけど、その当時でも手に出来ないレアな本に目を
奪われて思わずその本を手にとって、しばし読みふけってしまった。
長居して見つかったらと思い、その日はそれで降りて誰にも言わず
何食わぬ顔で生活をしていたけど、その日を境に親が留守だと
二階に行っては本を読んだりしていた。
何度目か上がった時、自分が座って本を読んでいる場所を
あらためてじっくりみると、何か分からないが「跡」が付いている
事がわかった。
その場に起って目をこらしてみると、何となくだが「人型」に見える。
それも殺人事件などあった時に、警察が亡くなった人の形にマーク
するそれ!

735 :本当にあった怖い名無し:2006/11/14(火) 23:47:43 ID:Bl08sR660
734続き

まさか!?と思いつつも、こう見えてしまうと恐怖感が止まらず、
私は階段を転げるように駆け下りて来た。
「さっきの跡は何?この天井の上で何があったんだぁ!?」
学校で友人にそれとなく聞いたら、大家には一人息子がいたが、
ある持病(てんかん)があって内向的になってしまい、中学だけは
どうにか卒業したもののそれ以来、あの部屋に引きこもってしまった
そうだ。
ある日、息子が朝食も取らず、昼になっても顔を見せないので
母親が二階に行ったら部屋で亡くなっていたそうだ。
死因は急なてんかんの発作プラス何かの要因が重なって、そこで
息絶えたとの事だったそうだ。
この時点ではっきり亡くなっていた事がわかった状態だったので
警察が来て死因がはっきりするまで、事件性はないかとあれこれ
調べたそうな。



736 :本当にあった怖い名無し:2006/11/14(火) 23:57:48 ID:Bl08sR660
735続き

親は息子の部屋を息子が使っていたそのままにしていたらしい。
たまにその部屋に来ては、亡き息子を偲んでいたのか、それとも
そのことに触れることを一切拒否して、開かずの間にしていたのかは
私には分からなかった。

気のせいとは思うが、事情を知ってから二階に人の気配を感じて
足音まで聞こえて来だした。
やがて何も知らない母までが「二階、おかしいよね。。。」と言いだし
叱られるのを覚悟で、知っている事情を話したら、速効で数日後に
引っ越しした。

二十年程たった今年の夏、親類の家へ行った帰りにその家の前に
車で行ってみた。
家はどちらも取り壊されて無く、すべてが更地になっていた。
近所に住むらしい二十代前半の子供を連れた女性に声を掛けられた。
「アナタも幽霊、見に来たんですか?」
出るらしい。。。。

737 :本当にあった怖い名無し:2006/11/15(水) 00:07:32 ID:zdGm+Y7o0
なげーよー

738 :本当にあった怖い名無し:2006/11/15(水) 00:17:44 ID:xtaz7v270
いやいや、面白かったよ!

739 :本当にあった怖い名無し:2006/11/15(水) 00:28:53 ID:DRVDUhNS0
明星って男性向けだっけか?

740 :本当にあった怖い名無し:2006/11/15(水) 00:38:39 ID:zxTXutg70
お、えらいあがっとる。
上のほうで、蔵でPS2見つけた者だが、爺様が倒れたらしく明日から実家に帰ることになった!今度は地下室も撮ってくるわ!もしかしたら今話題のPS3があるかもしれんしwww

741 :本当にあった怖い名無し:2006/11/15(水) 00:51:34 ID:DRVDUhNS0
微妙にやばいんじゃないのかそれは

742 :本当にあった怖い名無し:2006/11/15(水) 00:55:55 ID:f/f+rqNT0
お爺さん無事だといいのですが。
それよりPS3ということは暖房は不要ですね。

743 :本当にあった怖い名無し:2006/11/15(水) 08:02:50 ID:Wxj0m1dQ0
>>740
ktkr!!
wktk

744 :本当にあった怖い名無し:2006/11/15(水) 08:04:07 ID:o7/3TcwN0
>>740
おっ、久しぶり。
爺様大丈夫だといいな。

ぁっ、でも聞けるうちに地下室のこと聞いてみたら?
進展あって欲しいような、ないほうがいいような……。
とにかく報告を待つ。

745 :本当にあった怖い名無し:2006/11/15(水) 08:32:19 ID:YYdKMDdq0
>>740
うほっ!うほっ!
やっぱ、ヲマイ今年なんかあるんじゃーん!!蔵とは離れらんねーな!
蔵に入って時空を飛ぶんだ!イケイケ740!ワクワクw


746 :本当にあった怖い名無し:2006/11/15(水) 10:15:37 ID:HURroVMg0
友人の元自宅にはみんなが何となく避けてた部屋があったそうだ。
といっても、昔のつくりの家のど真ん中にその部屋はあって
必然的にそこは通り道にはなっていたが、ただそれだけで誰もくつろいだりしなかったとか。
ある時、友人は何を思ったかその部屋で昼寝をしてみた。
すると、金縛り&足がぶら下がっているのが見えたんだって。
それで母親に言ったら「ああ・・」と言われて、それっきり口に出せない雰囲気に。
何か霊感家族?みたいで、皆知ってて知らん顔して暮らしてたらしい。


747 :本当にあった怖い名無し:2006/11/15(水) 14:04:06 ID:q1CttFSK0
じいさまの最期の言葉


「ps3......」

748 :本当にあった怖い名無し:2006/11/16(木) 01:52:26 ID:SmIY6pdR0
>>746
足は天井からか?

749 :本当にあった怖い名無し:2006/11/16(木) 17:30:01 ID:obDyjJaA0
>>747
おまえがもし740ならマジやばいな、それ。

750 :本当にあった怖い名無し:2006/11/17(金) 00:21:39 ID:8ZxHx2WC0
anatano ie no okazu no ma

751 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/11/17(金) 00:23:39 ID:6yOxTRQ/0
ああ、俺にも思い出がある。普請してあって入れなくなっててな。

752 :本当にあった怖い名無し:2006/11/17(金) 00:26:27 ID:PMNYiDZ40
>>750 アルファベットでもダメだぞ〜

今日、開かずの間を作った
屋根裏に一枚ベニヤ引いて
その上に捨てられないドージン誌を山積み…
封印したぞ〜!

753 :sage:2006/11/17(金) 01:41:25 ID:EtDTszVj0
>740
今こう考えるのもかなり失敬な話だが。
もし、家族に不幸が有ったら無理してうpしなくても良いよ。
さすがにね・・・・



754 :本当にあった怖い名無し:2006/11/17(金) 01:48:55 ID:hhfq0uoAO
自分の部屋を開かずの間にしたい

755 :本当にあった怖い名無し:2006/11/17(金) 04:06:56 ID:BMD6wbax0
俺は、お前を おかずにしたい。

756 :本当にあった怖い名無し:2006/11/17(金) 11:30:42 ID:+ikcQJGCO
聖徳美術館の一件はここにぴったりじゃない?
30年誰も知らなかったあかずの間に、貴重な資料がイパーイ…

757 :本当にあった怖い名無し:2006/11/17(金) 13:43:19 ID:6mJtMd8h0
>>756
kwsk!

758 :本当にあった怖い名無し:2006/11/17(金) 14:29:02 ID:59xZKUzw0
>>756
kwsk

759 :本当にあった怖い名無し:2006/11/18(土) 14:10:06 ID:H7z5Z+YM0
>740
その後PS2で進展は有りましたか。
K県とは鹿児島で、屋○島とは屋久島ですよね。
お爺さんの具合はいかがですか、心配ですね。

落ち着いたら不思議体験をお願いします。物凄く気になります。
それと裏山散歩時の祠の箱事件のその後もお願いします。
新しい一戸建てに洗濯物が干して有り、見知らぬ男性が追い掛けて来たが
次の散歩時には消えてたのですよね。興味津々です。

760 :本当にあった怖い名無し:2006/11/18(土) 14:31:19 ID:RabKqXEC0
実家の母屋・・平屋だと思ってたら二階あるっぽいんだよね・・・
階段ないんだよね・・・

761 :本当にあった怖い名無し:2006/11/18(土) 15:44:25 ID:74mx3kcU0
>>759
>新しい一戸建てに洗濯物が干して有り、見知らぬ男性が追い掛けて来たが
>次の散歩時には消えてたのですよね。興味津々です。

違うよぉ〜よく読めやぁ

762 :本当にあった怖い名無し:2006/11/18(土) 16:42:47 ID:32M+/wXJO
>>760
実は“二階建てにみせた平屋”とかだったりしてね。
うちの婆ちゃん家は平屋だけど屋根の上に窓つけて“二階建て風の平屋”のデザインになってる。(説明へんだけど屋根裏部分に窓があるかんじ。)


もしも封印された二階だったら……
((;゚Д゚))


763 :本当にあった怖い名無し:2006/11/18(土) 17:19:29 ID:eZJP0qcZ0
1.5階建てか?

764 :本当にあった怖い名無し:2006/11/18(土) 20:12:38 ID:cBfQ8SdAO
>>763
ワロスwwww

765 :本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日) 09:35:53 ID:Mpg4gcw40
いや、単純に屋根裏収納もしくは換気用という合理設計のような。

766 :本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日) 11:51:21 ID:jtFoKzU20
平屋で背の高い家は、たいてい上が物置になるように作ってある。
または二階が欲しいと思ったときに階段付ければ登れるように作ってある。
昔の人の知恵らしい。

767 :740:2006/11/19(日) 22:11:54 ID:51CQ+ic80
や〜、おまたせしました。今日、むしろ今、かえって来ましたよ。
だいぶ家の爺のことで心配してもらったようだけど、大丈夫!家のジジイは孫、子の顔が見たくなるとすぐこの手を使って呼び出すので、無論ピンピンしておる。
さて、蔵なんだがね〜、すまん・・・これといって報告できることはないんだ。
また荷物ぎっしりで、両親の監視もあったから見れんかったんよ。
その代わりと言ってはなんだが今回は件のPS2を持って帰って来た!
>>759の言ってる箱のついてだがあれはやはり俺が道を間違えただけらしい、親父は祠も箱の存在も知ってた。親父いわくあの箱は土着の隠れ神をしまってるんだと、中身はここ100年くらい誰も見てないそうだ。それはそれでオカルトだがww

768 :本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日) 22:26:44 ID:t5AXNN7h0
お?きた?
リアルタイム?

769 :本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日) 22:29:59 ID:Nq73DmuF0
おぉ、蔵氏乙!爺さんも健在で何より。
PS2は壊れてたんだっけ。不審な所はなさそう?

770 :740:2006/11/19(日) 22:32:48 ID:51CQ+ic80
ほんとにすまん、うpできるものと言ったら壊れて糞の役にも立たないPS2とうちの田舎の風景写真くらしかない、祠の写真とかも撮ってきたけど・・・需要ある?

771 :本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日) 22:35:13 ID:piUlGpTVO
>>767
それはそれでオカルトというよりも、断然そっちの方がオカルトだと思う;
隠れ神の入った箱をガンガン!とボコボコに…><
祟られたりしないのだろうか?と767の今後が心配
なんとなくだけど、後ろに憑いてる人が強そうだから心配なさそうだけどwww

772 :本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日) 22:41:26 ID:piUlGpTVO
>>770
あるに決まってますがなwww
携帯でも見れるようキボン><

773 :本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日) 22:52:25 ID:yjJ6xN1N0
うプろだを用意汁!

774 :本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日) 23:10:30 ID:jtFoKzU20
見たーい。
特に祠のがね。

775 :本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日) 23:18:46 ID:IyUTFxj9O
いや、ピプロダでも良いよ。
ピタとかパソの人めんどいだろうし。


776 :740:2006/11/19(日) 23:20:24 ID:51CQ+ic80
おk、準備してくる

777 :740:2006/11/19(日) 23:34:51 ID:51CQ+ic80
まず家の田舎自慢wwwこんなとこ http://up2.viploader.net/pic/src/viploader354872.jpg
で、ジジイ宅 http://up2.viploader.net/pic/src/viploader354876.jpg
で、http://up2.viploader.net/pic/src/viploader354879.jpg のような道を歩いて行くと

778 :本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日) 23:45:15 ID:io6WO7qIO
何度かこの板に書いたんだけど昔俺が住んでいた家は最悪だった。
不動産屋と下見にいって押し入れ開ければきょうかたびらがはいってるし、井戸を埋め立てた後があってその理由が殺人事件で死体を井戸にほうりなげたためだったり。

でもまだアノ家建ってたなあ。

練馬区早宮3の

779 :740:2006/11/19(日) 23:56:25 ID:51CQ+ic80
奥に行くとhttp://up2.viploader.net/pic/src/viploader354900.jpgのようなものがあって
その先にhttp://up2.viploader.net/pic/src/viploader354902.jpgの例の祠がある。
と、これくらいかな〜、いいとこだから一度おいでませww
http://up2.viploader.net/pic/src/viploader354906.jpg
ただの田舎自慢でしたwwwww

780 :本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日) 23:57:25 ID:jtFoKzU20
>>777
綺麗だなぁ。
これが感想。

ここでそんな奇妙なことあったなんて思えないね。
ありがと。目の保養させてもらったよ。
でも何かあったら報告よろしく。
あ、例のPS2がないよ。

781 :本当にあった怖い名無し:2006/11/20(月) 00:19:11 ID:2YtqJbIw0
田舎自慢乙ですた!
いいとこだなぁ〜雪のちらつく北国から見ると天国みたいだw

782 :本当にあった怖い名無し:2006/11/20(月) 01:25:28 ID:xdfRZNMH0
社って言っても良いくらいでかいな。
最後のはダム湖?

783 :本当にあった怖い名無し:2006/11/20(月) 03:55:19 ID:QV5+B1XTO
片神名のサブタイって「喪われた因果律」だよな…

正に因果

784 :本当にあった怖い名無し:2006/11/20(月) 09:09:20 ID:q3I4jWBZ0
PS2が持ち去られてしまったので、今頃蔵には
PS3が出没して誰かが遊んでいるに違いないww
未来のヲマイの息子かもだぜ?

785 :本当にあった怖い名無し:2006/11/20(月) 09:17:08 ID:q3I4jWBZ0
つーか、なんでヲマイそんな面白い話を親にしないの?
両親ともども蔵を探検してくりゃいいものをwwww
どっかに出入り口があるかもしれないじゃん!
案外父親が「あ、それ俺!俺!昔お前にPS2をクリスマスに
買ってやったんだけど、お前が勉強しないから母さんが「そんなもの
あげたら又勉強しなくなっちゃうよっ!」って怒られて
あそこに仕舞って置いたんだ〜忘れてた〜!」ってなるかもしんないじゃん!

・・・・われながら素晴らしい妄想だぜwwウットリ。。


786 :本当にあった怖い名無し:2006/11/20(月) 09:44:12 ID:vfom1dWH0
>>782
屋久島にダムはないと思う

>>785
普通に考えたらそうなるな

787 :740:2006/11/20(月) 13:16:06 ID:HUnB/SCY0
休みすぎて学校の出席日数やばいわwww
>>780おk、後でPS2の写真も撮っておく!
>>782あれは海だ。自分でかなり綺麗にとれたので自慰行為的にうpしてしまったwww
>>785無論話したわ!ふ〜ん、そうなんだ〜。くらいのリアクションだったし、今は婆の梅干安眠室に成り下がっているためそこまで興味をしめしてくれなかった。

788 :本当にあった怖い名無し:2006/11/20(月) 18:13:50 ID:wDzUyNVc0
しかしメチャクチャ綺麗なとこだな。
マジ行きたいわ。

789 :本当にあった怖い名無し:2006/11/20(月) 18:31:50 ID:q3I4jWBZ0
>>787
相変わらずヲマイの女言葉(カマ言葉とも言う)が何か気になるwww

そんな大事件「ふ〜ん」で終わらせちゃー勿体ねーだろーがっ!
もしかしたら「村興し」になるかも知んねーぐらいのオカルトだっつーのを
わかってんのかwwwww?
50年前のPS2なんだぜ?(か、どうかわからんが)
TV取材に入ってほしいくらいだよ!!
オマイの説明の仕方がマズかったんだろーなーw
もっとパパンとママンが興味を抱くような説明してみろやーw
もったいねー、もったいねー、こーんな面白れぇ話なのによー

790 :本当にあった怖い名無し:2006/11/20(月) 21:18:43 ID:kTU12Qtx0
>>777
ジジイ宅って写真の手前中央の段差の所に、年齢判らないけど男性座ってるね〜

791 :本当にあった怖い名無し:2006/11/20(月) 21:21:38 ID:q3I4jWBZ0
俺には見えないぜ?
それは幽霊か?

792 :本当にあった怖い名無し:2006/11/20(月) 21:33:28 ID:RLm6lCSw0
>790
全然見えません。

793 :本当にあった怖い名無し:2006/11/20(月) 23:20:18 ID:h5upn3lg0
>>740
乙!屋○島いってみてーなぁ。
ばぁちゃんに梅干しが少しづつ減ってないか聞いて見ろ!

>>790
それっぽく見えなくもないが、画像が小さいから検証のしようがないわな。

794 :本当にあった怖い名無し:2006/11/21(火) 00:38:57 ID:lScPPQjd0
>>779
一番下の写真
いいアングルだなぁ

795 :本当にあった怖い名無し:2006/11/21(火) 02:27:24 ID:OuQPntb00
某通信会社のX階だけエレベーターが止まらない仕組みになっている。
なにがあるんだろう・・w。
それはまだ、隠しているレベルじゃないと思うけど、隠し階がある
ビル結構ありそう。なにに利用されているか・・


796 :本当にあった怖い名無し:2006/11/21(火) 02:40:49 ID:Rab8GzIs0
>>795
フロアの社員が夜全員退出してセキュリティをONにすると
エレベータがその階に停まらなくなるビルはたくさんある。
空きフロアなんかもそう。珍しいことじゃない。

特定企業の自社ビルという事ならデータセンターか
MT保管庫があるんじゃないだろうか。

古い企業なら手書き台帳だった時代の書類が
全部保管されてたりする。もう誰も見ないけど
捨てるわけに行かないので仕方なく保管されてる。
意外につまらないもんだよ。

797 :本当にあった怖い名無し:2006/11/21(火) 05:24:40 ID:SxHBiS4F0
代々木の携帯塔か?

798 :本当にあった怖い名無し:2006/11/21(火) 10:21:04 ID:CVJ7qIO10
俺の実家にも開かずの間みたいなものがある。
昔そこで梅とか味噌とか作ってた場所なんだけどね。
小学生の時1回だけそこに入ったんだけど、
じいちゃんが朝っぱらから俺を起こして連れてってもらった。
そこはにおいとか凄まじかった味噌とか、
食えないだろって位古い梅とか、めっちゃ古い着物とか
秘密見れた感じで面白かった。

ただそれだけなんだけどね。今は板で入り口塞いでしまったし
じいちゃんいないしまさに開かずなんだけど、
普段絶対そこに人入れないじいちゃんに入れてもらえて嬉しかった。
そのあと、じいちゃんに「入ったことはみんな(家族)に内緒な」
って言われた。めっちゃ寡黙な人だったから恥ずかしかったのかなぁ。

799 :本当にあった怖い名無し:2006/11/21(火) 16:35:28 ID:456eQEiJ0
んっとに最近のガキは国語力がねーな

800 :本当にあった怖い名無し:2006/11/21(火) 17:34:25 ID:BLsV8O480
800get!

801 :801ゲット!:2006/11/21(火) 19:44:46 ID:kqnt6mVa0
>>799
君が読解力ないだけではないか
俺は独特の語り口で面白いと思う

>>798
ちょっと文法的におかしいとこもあるけど
国語力がないと言うほどじゃない

802 :本当にあった怖い名無し:2006/11/21(火) 20:27:07 ID:SxHBiS4F0
句読点に気をつければよくね

803 :本当にあった怖い名無し:2006/11/21(火) 21:05:46 ID:7bLgUxj9O
>>801
山梨落ち無し意味無し乙

>>798
梅を梅干しと書いてくれれば文句なしかも

804 :本当にあった怖い名無し:2006/11/21(火) 21:13:43 ID:B113IA+W0
おネエ言葉の蔵の奴、来ねぇなw
PS2のうpはどーした?

805 :本当にあった怖い名無し:2006/11/21(火) 21:29:45 ID:YdcMlwM10
>>798
> じいちゃんが朝っぱらから俺を起こして連れてってもらった。
> そこはにおいとか凄まじかった味噌とか、

引っかかるのはこの2行だけでしょ。
とりあえず、のどかな「あかずの間」で和んだ。


806 :本当にあった怖い名無し:2006/11/22(水) 00:43:36 ID:OhJe3Zsm0
奇をてらわず、おじいさまへの愛情が伝わってくる
よい作文だと思います。

807 :本当にあった怖い名無し:2006/11/22(水) 01:21:38 ID:pmnRbou30
>>804
あれ別におネエ言葉じゃないと思うんだがな・・・普通じゃない?
>>740とは同じ県出身だからもしかしたら方言かもしれないが。

808 :本当にあった怖い名無し:2006/11/22(水) 03:55:04 ID:jGqbrXJy0
もしかして、語尾に わ がつくのをおねぇ言葉と言ってる?

809 :本当にあった怖い名無し:2006/11/22(水) 04:02:47 ID:9rO3yfc80
>>804
お前の拳など蚊ほどもきかぬわ!!

810 :本当にあった怖い名無し:2006/11/22(水) 07:01:32 ID:Iu83ImIC0
>>808
はい、 わ がついてんのでおネエみたいじゃんと思っただけっす。

>>809
蔵の奴か?
そのくだらねーツッこみより蔵の話せーよ!!

811 :本当にあった怖い名無し:2006/11/22(水) 07:11:56 ID:SDk9si1f0
「わ」がつくのは、女読みじゃなくてなんつーか・・
「俺も行ってくるわ〜」とか普通に使わない?

アクセントがうまく説明できないんだが。

812 :本当にあった怖い名無し:2006/11/22(水) 07:22:51 ID:Qd/I4M1/O
俺のあかずの間はトイレ…その為に近くの公園がmy☆toiletだ。








パイプおじさん…早くきてくれ!




813 :ビートたけしのちょっと怖い話:2006/11/22(水) 07:33:08 ID:0CG0X7G9O
「開かずの間が開いている」

“イッヒッヒッヒ”なんて怪しい使用人みたいのがでてきてね、
「ここが噂の開かずの間です。あ、開いてる」なんつってね。
「たまに換気してるんです」なんつってね。


バカヤロッ!!

814 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 00:17:48 ID:5t/DKktq0
>>811
うん、普通の方言っぽいアクセントで読んでたから違和感無かった。
「行って来るわ〜」なら「さまぁ〜ず」みたいなイントネーションで…うまく言えんけど。

815 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 00:23:28 ID:2OFKljx+0
>>814
そうだね。女言葉とは違う。
過激に反応してる人は、何か勘違いしてるんじゃない?

816 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 00:26:06 ID:pkPMFHgC0
おねえ言葉として読んでいた奴がいたなんて、笑えるな。
よくそんなので読む気になったなw

817 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 05:33:09 ID:ujRhvyHJ0
女言葉みたいな語尾は関西方面でもあるから、
関西芸人のお笑い番組に馴染みの浅い他県人は
違和感を感じるだろうね。

818 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 07:49:40 ID:H5GcAASMO
また大阪か

819 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 07:54:01 ID:FMIRASP3O
地元しか交流のない厨房か工房だろ。

820 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 08:19:14 ID:5Q0q20E30
くだらねぇ話で盛り上がってんな。
1人を晒してみんなでつるし上げかよ
おめぇらのほうが厨房だろうが。


821 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 16:38:17 ID:65Pcp4fG0
>>820
>.1人を晒してみんなでつるし上げかよ
最近そういうのが多い気がするね。


まあ・・・俺は>>807なんだけど・・・こんなにみんな反応するとは思わなかった。
蔵PS2が>>804におネエ系だと思われていたらちょっと可哀相だなと思っただけなんだ

>>804
余計なレスしてスマソ。

>>蔵PS2
話の続きお願いします


822 :740:2006/11/24(金) 21:57:40 ID:WTJnpIqG0
やあ、久しぶり。学校休みすぎてイロイロ忙しかったんだ。
何?もめてると思ったら俺の話し方wwwww話の内容ならまだしもwww
まあ、これといって意識したわけじゃないから、俺のの日本が不十分ということでいいんじゃね?実際単位取りそこなったしwwwおまいらの好きなようにイメージしてよんでくれ。
で、PS2ね
http://up2.viploader.net/pic/src/viploader358684.jpg
http://up2.viploader.net/pic/src/viploader358686.jpg


823 :740:2006/11/24(金) 21:59:50 ID:WTJnpIqG0
↑俺の日本語  ね、日本語勉強してくるwwww

824 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 22:10:57 ID:5Q0q20E30
>740
お前、器がデカいな。勉強ガンバレ。

825 :本当にあった怖い名無し:2006/11/25(土) 11:03:39 ID:6OFTUkbN0
>>822
両方とも見れないよー

826 :本当にあった怖い名無し:2006/11/25(土) 20:31:19 ID:KBfPoWmz0
自分も写真見れなくてつまんない

827 :本当にあった怖い名無し:2006/11/25(土) 21:33:22 ID:Usrq8lRG0
昨日画像を見たが
上は型番などが書かれた本体裏なんかに張られたシール
下は俯瞰でPS2を撮ったものだったよ。
ただのPS2の写真だから、当然風景写真みたいなクオリティ高いもんじゃなかったよ

828 :本当にあった怖い名無し:2006/11/26(日) 19:28:29 ID:j1Prp6ht0
http://www.angelfire.com/linux/drbxlcw33xn30/viploader358684.jpg
http://www.angelfire.com/linux/drbxlcw33xn30/viploader358686.jpg

VIPは流れるのが速いからな。俺もよく悔しい思いをする。
見れなかった人のために転貼りしておく。 

829 :740:2006/11/26(日) 20:08:14 ID:y5pKbx/z0
ありゃ、ほんとだ。消えてる・・・。見れなかった人すいません。
>>828激しくありがとう!!
まあ、確かに見たところで何も面白くない写真だがなwww

830 :本当にあった怖い名無し:2006/11/26(日) 22:30:36 ID:bMKGhct70
どなたか風景写真も再UPおねがいします…。

ところでこういう不思議現象系で滅多に画像って上がらないんだけど、
2年くらい前にあった地図にない不思議な場所の写真は珍しくUPされたんだが、
その後スレ主が行方不明になって解析が出来なかったんだよなぁ…。
740サンもそうならなければいいのだが…。

831 :本当にあった怖い名無し:2006/11/27(月) 01:23:40 ID:Z5/16gVP0
>>830が不吉なこと言ったw

せっかくPS2の現品があるんだし、もう少し踏み込んだことはできないかな。
修理にだせないの?

832 :本当にあった怖い名無し:2006/11/28(火) 19:21:17 ID:Dc3VrZAB0
>>830
そりゃ三重県のやつか?
だったら凄く気になるな〜

833 :本当にあった怖い名無し:2006/11/28(火) 20:55:37 ID:sKQAkO45O
age

834 :740:2006/11/30(木) 23:46:33 ID:BhIlUXMD0
>>830俺は消えたりしないさ・・・いつまでもお前たちの記憶の中にいるよwww
http://up2.viploader.net/pic/src/viploader361165.jpg
http://up2.viploader.net/pic/src/viploader361169.jpg


835 :740:2006/11/30(木) 23:47:56 ID:BhIlUXMD0
と、リクエストにお答えして再うp。
あとどんなんあったけ?

836 :本当にあった怖い名無し:2006/12/01(金) 21:57:59 ID:CKTDRNO2O
age

837 :本当にあった怖い名無し:2006/12/03(日) 16:35:24 ID:MpwCUZpX0
名前:無銘菓さん[sage] 投稿日:2006/11/27(月) 09:58:00 ID:???
   ヽ(‘-‘ )     ♪ とってもイイーじゃん ♪
     (( /ヽ ゝ
        <
        ┛ 

      (‘o‘)ノ    ♪ きりすてコギャル ♪
    (( レヽ_ゝ ))
        )(
       ┗ ┛

       (‘。‘ )     ♪ マゴギャルかついじゃって ♪
      ̄丿─ア ミ
       > >
       ┗┗

            (‘o‘ )    ♪ パッパッパーラ ♪
         ( ( @( ヽ@
             (└┓
       Y⌒Y⌒Y ┛

838 :本当にあった怖い名無し:2006/12/03(日) 22:41:44 ID:LAcEqvIc0
↑なんでここに貼るの?なんでここに貼るの?

839 :本当にあった怖い名無し:2006/12/06(水) 21:28:50 ID:7iJoma8e0
保守

840 :本当にあった怖い名無し:2006/12/06(水) 21:37:58 ID:D+fruvPBO
test

841 :本当にあった怖い名無し:2006/12/06(水) 23:01:02 ID:3Zz46dX/0
ガキの頃に家族と泊まった鬼怒川のボロ旅館に開かずの間があったわ。
大人たちは平静を装っていたが、アレな感じはふんいきでわかった。


842 :本当にあった怖い名無し:2006/12/07(木) 00:40:17 ID:wX5soreQ0
>>841
「ごめーんちゃい♪♪wwwww」って言いながらみんなの前で開けろよ

843 :本当にあった怖い名無し:2006/12/07(木) 02:37:45 ID:8tw6asoE0
>>834
進展があったら報告ヨロスク。

844 :本当にあった怖い名無し:2006/12/07(木) 07:49:02 ID:c1NOWJL00





          人   
          (__)_     
       /(__) / ちょwwww開かないんですがwwwwww
      " ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


845 :本当にあった怖い名無し:2006/12/11(月) 15:11:51 ID:+4TOfpjP0
age

846 :本当にあった怖い名無し:2006/12/11(月) 15:49:41 ID:MCQnkpSSO
奈良のある古い旅館
あかずの間がここにもあります
でも幽霊とかが出るわけでもない
にもかかわらずほとんど使われることがない部屋
ですが年に数回だけ明らかに筋と思われる人たちが訪れます
その部屋は客がいる内は中居さんだろうが女将さんだろうが入れないようになっています
そのルールをある日一人の中居さんが破って見てしまいました
数日後その中居さんは行方不明になってしまいました
警察も動きません
旅館の主人は「仕方がない」と言って何をする様子もありませんが明らかに事情は知っているようでした

中で何があったのか知る由はありませんがあかずの間に首を突っ込んだら命の保障はできませんよ
特にB…

847 :本当にあった怖い名無し:2006/12/14(木) 22:44:27 ID:cDXK/51FO
保守

848 :本当にあった怖い名無し:2006/12/17(日) 01:23:23 ID:yKRMQZBe0
キーワード: おかずの間

抽出レス数:10

849 :本当にあった怖い名無し:2006/12/18(月) 18:51:47 ID:5HAf0QTZO
age

850 :本当にあった怖い名無し:2006/12/19(火) 21:59:15 ID:HNG5535aO
蔵の話が出ていたので嫁の実家の話を。

嫁の実家は東海地方のド田舎で、明治初期まではかなりの力のある家だったらしい。
蔵の中は下町育ちの俺には珍しい物ばかりで、嫁の実家へ帰るたびに見せてもらっている。
嫁の祖父母・父親・母親とも良い関係で、村独自の慣習も教えてくれるし先祖代々の大切な物も見せてくれるのに、なぜか蔵の2階には上げてもらえない。
嫁も義弟も上がった事はなく入っては行けない場所だと言われて育ち、子供の頃にふざけ半分で上がろうとしだけでかなりきつく叱られたそうだ。

何があるのか、このスレ見て余計に気になった。

851 :本当にあった怖い名無し:2006/12/19(火) 22:31:52 ID:uGqV7AQ70
たぶん、おじいちゃんがエロ本とかビデオの

852 :本当にあった怖い名無し:2006/12/19(火) 22:50:05 ID:/rU1g/yH0
じいちゃんの時代だったら、ブルーフィルムだろう。

853 :本当にあった怖い名無し:2006/12/20(水) 10:31:50 ID:NdwZjOwo0
春画

854 :本当にあった怖い名無し:2006/12/20(水) 15:26:28 ID:5h+5kYPS0
SMグッズ

855 :本当にあった怖い名無し:2006/12/20(水) 22:08:02 ID:SmMTu5eZ0
正月にでも行って見てくればいいじゃない、嫁がいるってことはいい歳でしょ。
多少のスニーキングミッションなんてことないさ。

856 :本当にあった怖い名無し:2006/12/22(金) 19:20:09 ID:povm6VXt0
ほしゅ

857 :本当にあった怖い名無し:2006/12/22(金) 21:24:59 ID:6v3ufikRO
国会議事堂には開かずの間がある。

858 :本当にあった怖い名無し:2006/12/22(金) 23:06:00 ID:Njf95PZc0
子供の頃、毎年夏は瀬戸内海の民家(海の家を経営してた遠い親戚の家)に
泊まりに行ってた。ある夏行ってみると、いつも釣りに連れてってくれるおじ
いさんがいなかった。おばあさんに聞くと、「漁に出てるんよ」

暇を持て余してたので、こっそり家を探検した。(一応人家なので、プライベ
ートの部屋には勝手に入っちゃいけない決まり)今まで行った事がない奥の方
まで入り、ある部屋をそっと覗いたら、おじいさんが寝ていた。枕元には洗面
器。顔がとてもどす黒い。

動転して海の方へ走って逃げた。泳いでた兄が「どしたん?」なぜだか言っちゃ
いけない気がして「何でもない」とごまかした。

やがておばあさんがお握りを持ってきた。兄が「おじいさんはいつ戻るの?」
と聞いた。おばあさんは「いつになるかしらねぇ」

お握りがしょっぱくて、美味しくて、なぜだか鼻がつーんとした。次の夏から
その民家に行く事はなかった。

それがウチにとっての開かずの間。

859 :本当にあった怖い名無し:2006/12/22(金) 23:09:47 ID:Ppd5xurp0
引き出しを引いたときにその引き出しの裏の下側にスペースがあり、
そこに隠せば家族等に見つからないおかずの間。

860 :本当にあった怖い名無し:2006/12/24(日) 23:31:07 ID:ZvqddDdPO
保守age


(*`・ω・´*)


861 :本当にあった怖い名無し:2006/12/25(月) 19:42:40 ID:rv4cinAO0
部屋ではないのですが、、、、

「修多羅」という変わった地名の実家の庭に触ってはいけない石がありました。
直径10cmぐらいの筒状の白っぽい石で、庭の片隅に半ば埋もれてました。
親の話では、戦後まもなくこの家に住んでた方が結核で次々に亡くなられ、お祓いのために置かれたとか。

今は親も引越してしまい、どうなってるかわかりませんが、幼い頃、石の下から蛇が出てきたのを覚えています。


862 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 18:51:50 ID:yWxQW/cr0
トワイライトエクスプレスの開かずの間のおかっぱ頭の女。
隣の部屋まで出てくんなよ。

863 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 22:41:10 ID:UqCnjmR6O
>>858
はぁ?仕事さぼって部屋で寝てただけだろ?

864 :本当にあった怖い名無し:2006/12/27(水) 01:01:13 ID:yQ2HiA9T0
今日は焼肉でした^^

865 :本当にあった怖い名無し:2006/12/27(水) 01:05:01 ID:cnp5zAn70
おかずじゃな(ry

275 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)