5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

 百  物  語 

1 :本当にあった怖い名無し:2006/07/22(土) 22:25:09 ID:6HwOaAIQO
このスレは実体験・聞いた話などを百物語にして語っていくスレです。
 
○語り手は名前欄にHNを入れてください。(名前欄に半角の#いれて名前入れる)
○語り手はすぐに話を投下せず、まずは「次、書きます」と書き込んでください。(重複を避けるためです)
その後、案内人の指示をお待ちください。
○語り手は名前欄・レスに(現在のページ→)1/2(←総ページ数)を入れて下さい。
【重要】長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿しましょう。
(携帯の人もできる範囲で配慮をお願いします)
●●●書き込む前に更新チェックを欠かさずに●●●
○他の人が書き込んでいる途中で話を投下しないよう、注意しましょう。
○「あまり恐くないかも」等の前置きは必要なし、遠慮せず書き込みましょう。◯以下に該当する話は、投下をご遠慮願います。
・差別的な内容を含むもの
・『読んだら呪われる、もしくは死ぬ』話
○気分が悪くなったり、変なものが見えるなどは>>2のお守りなどを利用してください。
○不思議体験もOK。心配なときは↓のスレで訊いてみてください。
○聞き手は専用スレを用意しています。(雑談などは↓こっちです)
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1153371115/
○もしも次スレが必要になったら>>900の方お願いします。
○age進行です。
 
 
一本、そしてまた一本......蝋燭の炎が消えていく......
百本目が消えるとき、それは.....
 
あなたはこの恐怖に最後まで耐えられますか?


開始時刻
本日23:00


191 : ◆IB5QfV6tbg :2006/07/23(日) 00:42:39 ID:nP6zt4oK0
20話ね、行きます。

高校生の時の話。
ちょうど今と同じ時期。
受験生だった。

夜、机のライトだけつけて勉強してた。
珍しくはかどっていて、ひたすら数学の問題を解いていた。
そしてそのままその章の最後の問題まで終えた。

だいぶ時間経ったろうな〜と壁掛け時計を見た。
2時20分だった。
おお、てことは3時間近く集中してたのか、やるなあ俺と思っていたら

時計の長針が、つつつっと動いた。
えっ?
壁掛け時計は2時30分になった。
左側にあるベッドに置いてある目覚まし時計を見ると、2時20分過ぎ。
時計壊れたのか?気持ち悪いなあ、もう寝るか・・・と思ってたら
窓ガラスにこん、と何かが当たった。

192 : ◆IB5QfV6tbg :2006/07/23(日) 00:43:49 ID:nP6zt4oK0
びびりな俺はビクッとしたが、しばらく待っても何もなかったので
そーっとカーテンをめくって、窓の外を見た。
俺の部屋は2階で、下は道路。誰もいない。
ほっとした俺はもう少しめくって、きょろきょろしてみた。
誰かこっち歩いてきてる。

・・・?最初はその違和感がわからなかった。
わかった瞬間、ざあっと鳥肌が立った。
その誰かはこちらを向いてるけど、遠ざかってる。
後ろ向きで歩いてるのか?よく見えない。
こちらを向いたまま、姿が小さくなってく。
・・・とっさにテレビつけて、ベッドに入ってたらうまくそのまま
眠ってしまった。

翌日、クラスの連絡網が回った。
クラスメイトの通夜と葬式の連絡だった。
夜中にコンビニに行って、帰りに交通事故で亡くなったそうだ。
俺はそいつとは仲良くも悪くもない。
その晩俺が目にした奇妙なことも、関係ないと思う。
でもそいつの亡くなった頃の時間は、聞かなかった。聞きたくなかった。

(完)

ごめんコテ違っているけど、本物だから。


373 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)