5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

後味の悪い話 その52

1 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 00:36:23 ID:mMUKfN1y0
■注意■
・ネタバレ必須です。 既出上等。
・知らない人にも内容がわかるように紹介して下さい。(>>2-3参照)
・ageよりsage進行でおながいします。
・映画や小説、漫画、ネットの噂などのネタやコピぺも可です。
・1回で投稿しきれない長文は、投稿前にメモ帳でぜんぶの文章を
 書き終えてから、連続投稿してください。

聞いた後に何となく嫌な気分になったり、
切なくてやりきれない夜をすごしてしまったり、
不安に駆られたり、体中がむず痒くなるような話を語り合うスレです。

★重要!
【次スレは950を踏んだ人が立てて下さい。】
 ※950が立てられない場合は早めに申告して下さい。
   次スレが無いのに埋める荒らしが居るため、スレ立ては最優先でお願いします。
   950を超えたらネタの投下は次スレまで待つぐらいが良いでしょう。

後味の悪い話 その51
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1153320141/

過去ログはこちらからどうぞ
http://makimo.to/cgi-bin/search/search.cgi?D=occult&q=

2 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 00:36:53 ID:w5ndSlvd0
2

3 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 00:36:57 ID:NNr/3Yes0
    (U)  ちんこ拾いました!
( '∀')ノ   心当たりがある人は連絡ください

4 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 00:37:18 ID:mMUKfN1y0
ネタの書き込みの悪い例

644 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2005/07/04(月) 00:30:22 ID:zO++YlwT0
>>639
普段のゲーマーっぽくまとめてみた。

マウントスノーの村が後味悪い。老人は酔った勢いで口を滑らせただけなのに、
50年間たっても許されない。

でも主人公たちが頼んだら許してくれて、よかった・・・と思ったら老人は
若返らず、友達や知り合いにも、あの爺さん誰? とか
言われてる。
しかも女王は「自分だけ50年の歳月が流れている。それが本当の罰です」とか
言ってるし。じゃあ今までのは罰じゃないのかよ! と・・・orz

5 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 00:37:54 ID:mMUKfN1y0
ネタの書き込みの良い例

638 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2005/07/03(日) 23:17:30 ID:jOuzepYG0
既出かな。

ゲームのネタでDQ6の雪国の山奥の村の老人の話。
細かいことは覚えてませんが、だいたいこんな話。

主人公たちがやってきた雪深い山奥の村は、住民が氷漬けにされていて、
生きて動いているのは一人の老人だけ。

昔、若者だった老人は山奥で、氷の女王に遭遇してしまう。
絶対に私と会ったことを口にしてはいけないと口止めされたにも関わらず、
老人は酒場で酔った弾みに友達にそのことを話してしまう。
気づいたら老人だった若者以外みんな凍りついていた。

罪の意識を感じた老人は、無人の村で孤独に50年過ごす。

主人公たちは女王様に会いに行って村にかけた呪いを解いてもらうように頼む。
女王様は彼ももう十分苦しんだでしょうからね・・ってあっさり呪いを解いてくれる。

呪いが解けて活気が蘇った村で、酒場で50年前の続きをやっている友達や知り合いに、○○(老人の名前)の部屋にいるあのジイサン誰だろうな?って言われる老人。
老人が若返ったりする救済無し。

「周りがあの時のままなのに、自分だけ50年の歳月が流れている。それこそが彼に対する本当の罰です」
このイベントの後に女王を尋ねると、↑みたいなことを言っていた気がする。

結果的に彼の不幸によって主人公たちは伝説の剣を手に入れられるんだけど。

後味悪い。

6 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 00:46:45 ID:yt1GoYryO
>>1おつ

7 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 00:49:50 ID:R21fIVi50
実況のクセでおせーよって書きそうになった

8 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 01:35:17 ID:mD+9RuiKO
さくらたんのエロ画像キボンヌ

9 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 02:17:00 ID:8QyfYc3w0
>>1 乙

10 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 06:09:18 ID:SqYpDT1QO
スレ立て乙です。

11 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 07:20:25 ID:1ZEH66kXO
誰か俺の竿と玉をご存じないですか?
やけにスースーすると思ったら飼い猫に取られちゃったようで・・
恩を仇で返されましたよ

12 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 07:25:28 ID:wksCcEZp0
>>11
>>3

13 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 11:12:38 ID:yDotleN50
13

14 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 17:04:28 ID:4rSK7Jp40
age

15 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 17:12:06 ID:xYx79xXe0
>>12
待て。玉の方が行方が分からないままだぞ。

16 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 17:28:14 ID:Ujn0f/7n0
はいどうぞ

(((((○ (((((○

17 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 17:35:25 ID:HH03dj9E0
>>16
スレタイを・・・

18 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 17:37:10 ID:7frVlW/4O
11>>
('∀')ノシ==●●
本物はこっち

19 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 17:50:09 ID:+Tc/ybABO
>>前スレ966
グルグルか!

20 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 18:20:44 ID:R21fIVi50
馬鹿はエンディング見る資格ないんだからいいじゃん。そこまでしか楽しむことが
許されない人間なんだよ。

ところで忍者らホイ! で10年くらい詰まったままの部分があるのですが


21 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 18:46:25 ID:R21fIVi50
誤爆したので死にたい
忍者らホイ! もクリアできないし

22 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 18:51:41 ID:DTucI5TC0
1さん乙

23 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 19:13:09 ID:CCiLfNTv0
前スレ見て
だんだん後味の悪い話から
自分のたわいもないチラ裏体験談を
後味悪いと人に押し付ける奴らが出てきましたよ

24 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 19:28:19 ID:NlC5W4LL0
>>20
ある意味、おまいのレスみてて後味悪いw

25 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 19:36:10 ID:nJTppNotO
>>23
後味悪くもないホモネタ引きずっといて開き直る奴とかな

26 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 20:04:54 ID:ri6di7T10
新スレにまで引きずるのはどうか

27 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 20:07:02 ID:/kVdRwru0
前スレを引き摺って悪いが
別に
生き返ったあと生活破綻するほど
幽霊少女(主人公)にのめり込んでるわけではなければ
特に後味悪くもないな。

28 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 20:17:24 ID:HuFHAhfz0
実際ゲームやアニメの二次少女にハアハアしている奴がたくさんいるんだから
それよりはましだろう>幽霊少女

29 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 20:28:26 ID:R21fIVi50
>>28
少年に彼女ができたときに、少女幽霊が受け止められるかどうかだね

俺の死後の心残りは忍者ら(ry


30 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 20:35:15 ID:oJj7OnZ2O
今見た大河ドラマ
主人公(仲間由紀恵)の娘が夜中になっても眠らず、母上と一緒にいたいと駄々をこねる。
主人公はそんな娘を叱り付け、火の用心の見回りに行ってしまう。
しばらく後、大地震が起きる。
揺れが治まり必死で娘の元へ行く主人公。
しかし寝所は崩れ、娘は瓦礫の下敷きとなって死んでしまっていた。

31 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 21:14:46 ID:X//Z5IbX0
>>30
うおっ書こうと思ってたら先に書かれてた!
ただ娘が地震で死んだってだけでも悲しいのに
あのとき娘を突き放さないで一緒にいてやれば…ってのが後味悪すぎる。

32 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 21:37:53 ID:1ZEH66kXO
地雷震は全編に渡って後味悪い。
てか有名杉かな?
傑作でもあるのでご一読をお勧めします。
有り得ない程犯罪者に銃を放ちまくる飯田刑事が主人公。
一話完結型なので七巻らへんのお話をば。

ある時ニュースキャスターの息子が親のライフルで頭をぶち抜き自殺。
ニュースキャスターである戸倉は息子の自殺のためにマスコミに追われる。
マネージャーにも長年出演していた番組を休めと勧められ戸倉は酒に溺れる。
夜、息子の友達だという少女が目の前に現れる。
自分を「スリルくん」とよぶ彼女が言うには息子は離婚した元妻のところへちょくちょく通っていたらしい。
生前の息子の日記を渡し少女彩は去る。
日記には元妻の新しい息子のことと彩との交遊、
自分に関心のない両親のことを彩に相談したことが書かれていた。
結果彩は息子に自殺を具体的にほのめかしたらしい。
両親に主張するならこの方法しかない、と。

33 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 21:57:17 ID:1ZEH66kXO
彩は飯田(主人公)のもとにも現れていた。
私がたかし(自殺した息子)を殺した、
だから復讐されるのを守って欲しいと飯田に言う。
至って冷静な彩を見て飯田は言う。
こいつは普通のガキじゃないと。

息子の日記を見て元妻の家に入り込む戸倉。
元妻は新しい息子に前の息子と同じ「たかし」と名付けていた。
普通の神経じゃないと言い寄る戸倉と元妻が言い合いになったとき、
元妻の男が帰ってくる。
男は戸倉のマネージャーだった。
戸倉は激怒、息子が使った猟銃で二人を撃ち殺す。
一部始終を別の建物から見ていた彩から
その様子を書いた落書きを自分の車で見つける戸倉は彩を殺すことを決める。

34 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 21:57:46 ID:Z+hNhZF/0 ?2BP(21)
>>27
よくあるパターンとしては、霊と関わり過ぎると生命力が失われたりするけど。

35 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 22:10:52 ID:R21fIVi50
しびれを切らした戸倉は、メモ帳にまとめずに書き込む奴を射殺した。
悲しむ者はいなかった。


36 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 22:25:06 ID:1ZEH66kXO
通報し、飯田の元にきた彩はこれは全てゲームだという。
刑事の飯田は「リアル」
自分を殺しに来る戸倉は「スリル」
この二つの対決が見たいらしい。

飯田は彩を家に送ろうとする。
だが車が戸倉に狙撃され、近くの交番に彩を預け狙撃してきた建物へと飯田は向かう。
彩は交番の人を振り切り、飯田を追い建物へと入るが戸倉に捕まる。
飯田は戸倉に銃を向けるが、その様子をみて戸倉に同情したと言い、
警察がここに来る前に彩を連れ逃亡することを提案、戸倉に引き渡す。
エレベーターで彩に銃を突きつける戸倉。
リアルくん助けてと彩は泣き叫ぶ。
だが、エレベーターが降りゆく間際、下の階にいた飯田が戸倉を撃つ。

警察に保護され呆然と尽くす彩に飯田は
人が死ぬのも成長するのも現実だ、それが嫌なら自分で変えろ。と言う。
人を何人も巻き込んで殺した彩に何もお咎めなしなのはどうかと思った。

37 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 22:26:43 ID:nJTppNotO
>>35めちゃくちゃ後味良いな

38 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 22:38:38 ID:SiXNKsuF0
>>36
文章へただね

だらだらぐちゃぐちゃ
彩も一番最初に登場させたときに名前書けよ。

39 :1/4:2006/08/06(日) 23:14:33 ID:pEfezvIO0
Gyaoで見た映画「ザ・ベイビー」 分かりにくかったらごめん。
-------------------------------------------------------------------------------
主人公はソーシャルワーカー。仕事意識が高く、頭も良い所謂「できる女」。
精神が二歳のまま成人してしまった男性のいる家庭へ仕事をしに行く。
以前似たようなケースを受け持ったことがあるらしく、主人公は俄然やる気に燃えていた。

そこの家族構成は母、娘が二人、それに通称「ベイビー」の息子。
彼は歩行することもできないが身体機能は至って正常で、家族らの介護は行き届いている。
子供たちは三人とも父親が違っていて、今の家庭には一人もいない。皆自殺したのだとか。

母も二人の娘も、ベイビーに対して偏執的な愛情を注いでいるのを見た主人公は、
彼女達がベイビーの成長を妨げているのではないかと疑う。
特に次女はベイビーとの肉体関係まで持っているのではないか、ということが暗示されている。
この家庭には以前三人のベビーシッターが雇われていたのだが、二人は解雇
一人は行方不明になっていた。
ベイビーに性的な意味で触れ合ってしまい(乳を吸われただけっぽい)
それが母親達に発覚して、リンチを受けているベビーシッターが回想シーンに登場する。
彼女達は、主人公もまたベイビーを奪おうとするのではないかと疑っていた。
長女が世間話の一環で「夫婦生活はどう?」と主人公に尋ねたところ
主人公は言葉を濁し、ベイビーの話題に無理やり切り替えた。すると長女は
「ベイビーのことしか頭に無いのね」と据わった目で主人公を睨む。

主人公の夫には何か不幸があったらしく、
幸せそうな夫と主人公のフィルムを見て、主人公が泣き崩れるシーンがある。
同居している叔母は「あなたのせいじゃないのよ」と彼女を慰めていた。

40 :2/4:2006/08/06(日) 23:15:08 ID:pEfezvIO0
ベイビーにはまだ正常に成長する可能性があると主人公は主張し、
施設に入れるよう提案する。その際は自分がずっと面倒を見るとまで言う。
しかし家族は、「ベイビーは今のままが幸せ」と一歩も譲らない。
業を煮やした主人公は、人権侵害だ、法的手段に訴えてやる!と憤慨。
それに対して家族も、やれるもんならやってみろやという態度を取るが、
その後主人公をベイビーの誕生日会に招待する。
先の非礼を詫び、改めてお話しましょうというしおらしい母親の口ぶりに乗ってしまう主人公。

近隣の人々やら家族の旧友がたくさん集まって誕生日会は開かれた。
その中で主人公は薬を盛られ、母と二人の娘に別室に引きずり込まれ、
縛られて放置される。母親達はパーティに何食わぬ顔をして戻る。
だが彼女らが他の客と歓談している隙に、ベイビーが主人公の居る部屋へ潜り込んで行った。
ベイビーに猿轡を外してもらい、あとは自分で何とか戒めを解く主人公。
自由になった彼女は、ベイビーを自分の家に連れ帰る。

パーティの後、主人公を始末しようと先程の部屋に向かった三人だったが、
ベイビー諸共主人公が消えていることに気づく。
そして数日後、スーツを着て自立しているベイビーの写真と
「ベイビーは正常に成長し始めています」との主人公の手紙が家族に送りつけられる。
怒りに燃える母親達は、ベイビーを取り戻そうと主人公の家に夜襲をかけることにした。

41 :3/4:2006/08/06(日) 23:15:52 ID:pEfezvIO0
一方、主人公の家ではプールを取り付ける工事が行われていた。
主人公は、ベイビーを無理やり立たせながら写真を撮っている。
そこへ叔母が帰宅してきた。主人公は、叔母に尋ねる。

「プールの工事をもう何日か遅らせてくれない?」
「それは別に構わないけど……
 こんな写真を送ったら、彼女達きっとここに来るわよ」
「だから、遅らせてと頼んだのよ」
「  ああ、そう」

夜襲決行の日。母親達は一人ずつ潜入する作戦に出る。
最後に母親が入っていくと、何やら階段の上から滴が垂れてきた。
見上げると、瀕死の長女が手すりにもたれかかっている。
駆け寄り涙する母親。すると近くのドアが開き、次女も現れる。
彼女は母親の姿を見止めると、「おかあさん」と崩れ落ちてしまった。
その背中には斧が深々と刺さっている。
泣き叫ぶ母親に、斧を持った主人公が襲い掛かる。
母親もただでは死なず格闘するが、
主人公とその叔母に二人がかりで追い詰められ、あえなく死亡する。
主人公と叔母は、三人の死体をプールの工事現場に埋めた。

42 :4/4:2006/08/06(日) 23:16:43 ID:pEfezvIO0
あくる朝。目覚めたベイビーを二階の部屋に連れて行く主人公。

ドアを開けるとそこには、赤子のように遊具を弄っている主人公の夫がいた。
「あなたのお友達を連れてきたのよ。これでもう何にも心配要らないわ」
と二人を腕に抱き、嬉しそうに笑う主人公。
叔母が傍らで見守る中、新しく施工されたプールで三人は楽しく遊ぶのだった。


----------------------------------------------------------------
※補足
・ベイビーの役は当然成人男子が担当しているわけだが
 音声は吹き替えで普通の赤ちゃんの声になっていた。
 きもくて良い効果になってるという声もあればリアリティを追求した方がいいという声もあり。
・主人公の夫が何故「ベイビー」になってしまったのかは劇中明らかにされない。
・前半は正義感に燃える主人公視線、後半からはベイビーを奪われた家族視線で展開されている。
 でも早くからオチが分かる。

43 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 23:18:49 ID:yDotleN50
文章は充分読めるレベルだろ。
そんなことより、>>36の考え方がよく分からん。
最初のは自殺をほのめかされたぐらいで本当に自殺するガキが馬鹿なだけだし、
他の殺人はそもそも彩のせいじゃないだろ。

44 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 23:28:39 ID:jER0L2UX0
32は文章がへたよりも、その話を後味悪いと感じてることに驚きだ。
正直単なる中二病の漫画じゃないか?
地雷震の作者って絵はうまいんだが、話は厨房臭いんだよな。

45 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 23:30:07 ID:R21fIVi50
まあ、そのメスガキが裁かれないのは不快というのはあるではないか
彼は射殺されたということで許してやってくれ


46 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 00:00:54 ID:P/3NpM6D0
後味悪い流れなのでおはなしを投下します
世にきみょあらすじデータベースよりコピペ


「ウィルス」


海外留学から帰国したイズミ(広末涼子)。
飛行機が空港に着陸した直後、防護服を着た人が現われると共に白煙が舞い上がり、気を失う。
目覚めたイズミは自分が何者かに隔離されたと知り、
何らかの「ウィルス」に感染したらしいと気付く。

謎の薬を飲まされては検査を受ける日々に嫌気がさしたイズミは脱出を図る。
脱出には成功したが、その後、追ってきた特殊部隊員の
防護服の下に隠されていた顔が爛れているのを知って悟る。

イズミが隔離された理由は感染していたからではなく、
地上に蔓延した新種のウィルスからの保護だったと。

自分の手足を見るイズミ。今までになかった発疹が出来ていた。
絶望するイズミ……。






感染したと知った瞬間の赤い警告ランプのような演出と、
広末のアワアワした演技がすごく嫌でした。

47 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 00:43:37 ID:z5WmBN+p0
むしろ、後味すっきり。
感染してるかもしんない、人に感染させる可能性もある、そんな状況で
逃げ出す方がDQN。自業自得。

48 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 01:18:49 ID:Nmqyf5PFO
>>42
よかった!善良な人はいなかったんだ!
一番苦手な主人公がひどい目に遭う王道モノかと思ってたから逆に後味悪さが薄れてしまったよ
でも面白いね。乙です

49 :1:2006/08/07(月) 01:20:28 ID:0TzJQcuO0
たった今見終わった邦画『ギミー・ヘブン』

ある富豪が自宅内で死亡した。第一発見者は養女(宮崎あおい)。
富豪の血がカーペットに不思議な模様を描いていた。

主人公江口洋介は、相棒の安藤政信とともに
街中に仕掛けられた監視カメラの視聴権をネット販売していた。
江口は『共感覚』の持ち主。
『共感覚』とは例えば数字や字にそれぞれ違った色がついて見えたり、音楽に感覚を感じたり、
普通の人が見えているのとは違ったように世界が見えたり感じたりする感覚のこと。
ある日、彼らの覗きカメラの一つであるOLの部屋から、住人であるOLが消える。
部屋に行くと、ベッドのシーツに不思議な模様が描かれていた。
江口はそれが「ピカソが自分の絵に残した模様」ということに気付く。
その後も彼らのカメラの前で人が死に、彼らはそれを企てている人間がいると推測、
その人物を『ピカソ』と呼んだ。

富豪の養女である宮崎が行方不明になった。
江口らは下水道に設置してあるカメラに女性が倒れているのを見つけ、保護する。
倒れていたのは宮崎だった。そのまま二人に保護される宮崎。安藤は宮崎に好意を抱く。
しばらくして、オンラインゲーム上で『ピカソ』と接触する二人。
どうやら『ピカソ』の目的は宮崎らしい。彼女を迎えに行くと言いピカソは接続を切った。
三人が外出中に仕事場が荒らされ、中継カメラはすべて不通、サーバもダメになってしまう。
そして寝室に、ピカソの模様が残されていた。
二人に迷惑をかけ「家に帰る」と言う宮崎に、江口は「警察に保護してもらえ」と言う。
安藤は「三人で逃げよう」と提案する。
しかし江口は恋人が妊娠していることを知り、待ち合わせ場所に行くのをやめた。
宮崎を連れて逃げる安藤。ピカソの追っ手に追い詰められるが、なんとか撃退する。
しかし、安藤は何者かに殺されてしまう。
ピカソになんとか接触をはかる江口。そして江口の前にピカソ、松田龍平が姿を現した。

50 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 01:20:43 ID:cZIUYYui0
>>47
何のメリットもないのに真実を隠していた
隔離した側のやり方には何も感じないのか?

51 :2:2006/08/07(月) 01:21:00 ID:0TzJQcuO0

富豪の家の庭に江口を導く松田。江口に自分を殺すように挑発をする。
江口は「お前じゃない、お前は共感覚なんて持ってない、
あのピカソの絵が何を意味してるかお前にはわからないだろう」と言い、松田に背を向け去ろうとする。
慌てて江口に拳銃を向ける松田。そこへ宮崎が現れ、江口を庇うように松田に対峙した。
そして宮崎はある曲を江口に向って口ずさむ。
その音楽こそが、残されたピカソの模様に隠された、共感覚を持つものだけが感じられるものだった。

かつて、宮崎の父親が母親を殺し、宮崎は施設に入りやがて富豪の養女になった。
そしてそのとき離れ離れになった兄こそが松田だった。
しかし事件の真相は、妹に欲情した兄を、見つけた母親が叱責し、
兄が母親を刺し殺したというものだった。息子の罪を父親がかぶったのだった。
その後、兄は影となり宮崎の邪魔になるものは消し、宮崎の罪を自分がかぶった。
妹の未来を潰した罪滅ぼしのつもりだった。
そしてついに彼女の望むものが見つかった。そのために邪魔なものがあった。
それは、自分に好意を持ち自分を守ってやると言った安藤だった。
松田は自分が妹の秘密を守るんだと、自分で自分の頭を撃ちぬいた。
何故安藤を殺したのか詰め寄る江口。
宮崎は江口の運営する中継カメラサイトの不気味な抽象画を、ミッキーとドナルドとグーフィーだと言う。
みんながかわいいと言うものが怖かった、みんなと違って見えた、それを同じように見える人を、ついに見付けた。
数字が何色に見えるか、銀のコップがなに見えるか、石油ストーブの臭いはどんな感覚か、
二人はお互いの共通した共感覚を確認しあう。
小さい雨は英語のハロー、大きい雨は、ガーベラ。二人の上に、無数のガーベラが舞い落ちる。
そしてガーベラの中、江口は宮崎の首に、手をかける。


52 :3:2006/08/07(月) 01:21:44 ID:0TzJQcuO0

その後、警察が来た後の富豪の庭には、三人分の死体の場所を示す白いラインが引かれていた。

どこか島の海岸線のような場所を歩いている人物が遠くに映っている。
歩いているのは、江口。江口は安藤らしき人物を背負って、ずっと坂道を下っていく。

ここで終了。そして最後のおんぶのチャプターのタイトルは、「ヘヴン」。
江口の子供を身ごもった恋人を思うと後味ワルー。
江口がピカソに会いに出かけるとき、顔を合わせずに泣いていたし…。


53 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 02:58:22 ID:LesxCiYG0
>>39-42
あらすじだけですごく面白かった。乙。
ついでに>>48のよかった!善良な人はいなかったんだ! にもウケタ

54 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 04:05:36 ID:judUHNTo0
江口も富豪の庭で死んでて最後の江口と安藤の場面はヘヴンのチャプター名の通りあの世ってことかな?

55 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 05:32:02 ID:bBQLv8LQ0
ゾンビゾンビって、ゾンビに失礼だろうが!生きるのに不自由な人と言え!

56 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 05:33:23 ID:bBQLv8LQ0
あ、金田一スレの誤爆

57 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 07:13:00 ID:0TzJQcuO0
>>54
そんな感じを受けた。
松田が倒れたところと宮崎が倒れたところが少し離れていて、
松田のほうの近くにもう一体分あったから
松田が使った拳銃で江口は自殺したのかなあとも思った。
宮崎をどうしても許せずに殺してしまって、
生まれてくる子の父親が人殺しになってしまうことを儚んだのだろうか…
とも思うがやっぱりスッキリしない。

58 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 11:05:35 ID:aNYHDkqWO
>宮崎の罪をかぶった。
罪って何?

59 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 11:59:57 ID:1HM5jhjB0
>>46
その話見たとき、
なんで筆談やらVTRやらで教えてやんなかったんだよと、
後味の悪さよりムカツキの方が先にたった。

>>27
単行本のあとがきで、作者が、
「青年は幽霊少女を思って一生独身を貫くのでしょう。
というか、個人的にはハッピーエンドのつもりだったのだが、
読者の反響が後味が悪いというような感想がいっぱいきてびっくりした」
と書いていたような。

60 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 12:28:54 ID:aGmhds9e0
>>59
話は後味悪いと思わないが、作者の言い分は後味悪いな。
もてない女から見れば実体もない、セックスもできない、
とっくに死んだ自分に操を立てて一生思い続ける相手っつーのは
萌え展開なんだろうが、まともな神経持ってたらハッピーエンドに見えないわな。
「少女漫画だからこういう落ちにするしかない」って言い分なら納得なんだが。

61 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 13:53:10 ID:bBQLv8LQ0
常識的にはどうであれ、主人公の幽霊少女にとっては愛する人に思いつづけてもらうのがハッピーだし
少年も、死んでるとはいえ恐らくは心変わりはしないだろう少女と愛し合って行くのはハッピーな事なんじゃないか。
当人同士が幸せだからこそ、余計に読者としては悲壮感があって後味が悪くなる話だと思うが。

戦争中に死んだまま根気強く現代まで幽霊やってきた勝気幽霊みたいに、
粘り強く幽霊と人間として恋愛やった後に、少年が死んだら一緒に成仏すれば完全なハッピーエンドになるんじゃね?

62 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 14:09:32 ID:AB2ts7P7O
少年は死にかけた後遺症(?)で幽体離脱が出来るから
一応触れ合う事は出来るらしい。きっとセックスもおkさ

一応主人公は「死んだ人をいつまでも思うなんて後ろ向きだ」
と言って少年を突き放そうとするが、
「好きな女を二度と離したくないって気持ちのどこが後ろ向きなんだよ」
とか言ってめちゃくちゃポジティブで、
昔話で人間が動物や妖怪と結婚した話もあるし
人間と幽霊だっておkとか言って、笑いあって終わり、なのでもやもやしたものは残るが一応ハッピーエンド

63 :27:2006/08/07(月) 14:11:24 ID:wtT5MStP0
>59
一生独身を貫く、のは別に生活の破綻ではないと思うから
やはりたいして後味悪くないな。

ただ後味悪いという人がいて驚いた、というほどのハッピーエンドとも
思わないが。

64 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 16:36:48 ID:CHU5s53D0
>>59
いつのころからか、「世にも奇妙…」は脚本のレベルが著しく低下して
驚愕のどんでん返しを演出する為の設定の安易な破綻ばかり目立つようになった。
ラストに視聴者を「エエエエ」って言わせる為だけに、
ストーリー上の必要最低限の情報も平気で隠蔽しやがる。
そーゆーのは以外なオチとは言わんし、後味悪いっていうんでもない。
ただたんに胸糞悪いというのだ、と製作者の首根っこ引っつかんで説教してやりたいと何度思ったことか…

65 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 18:46:34 ID:bBQLv8LQ0
胸糞悪さも後を引く悪さなら後味の悪ささ

66 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 19:11:05 ID:CHU5s53D0
さっきニュース番組でやってたドキュメント。
シリーズ・国際結婚とかいう特集。

三十台後半?の日本人男性が主人公。仮に○○さん。
日本の女性たちはみんな「○○さんはいい人だけど…自営業だから」と言って離れていくのだそうだ。
○○さんは「日本の大和なでしこは打算的。いい人なだけではダメなんだ」と
国際お見合いサイトみたいなところで新たな出会いを求める。
やがて知り合ったロシア人女性とメールのやりとりを重ね、
日本での同棲を提案する。ロシアでは結婚する前に同棲を経験するのは当たり前、と
あっさり○○さんの提案に同意し、さっそく来日する。日本食ファンで箸使いはお手の物だが、日本語はまるでダメ。
英語もちょこっとしかわからず、○○さんが話しかけるごく簡単な英語の質問にも答えられない。
○○さんの最初の質問は「なにか買ってほしいものはないか?」。質問がわからず曖昧に微笑むだけの彼女のことを
○○さんは「ロシア人女性は物欲がないっていうか、控えめで、ほしいものとかを主張しないのだ」と解釈。

缶詰のミートソースすら初めて見るような、彼女とのカルチャーギャップに戸惑いつつも
なんだかんだで同棲生活がスタートする。


67 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 19:29:35 ID:hrB6urNK0
                           。   ∧___∧
                          .|  ./.(●),、(●)\
                         |  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,  |
                          |/|   `-=ニ=- '  .|
                      =三/  .ヽ、_ `ニニ´__ノ
                      =三|    _____ ノ
                      =三◎⌒◎     ◎

68 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 19:59:03 ID:a63vW97eO
>66
で?

69 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 20:13:16 ID:CwmQbqeb0
>>66
自分も見た

結婚失敗して日本の女性に期待できなくなったみたいな話してた
何人と何年付き合って「日本の女性」と全てをくくるのかと・・・
後味悪いって言うか「はぁ?」と思った


70 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 20:15:18 ID:CEYGtFhD0
>>66
言葉がわからなくて答える事ができないってだけなのに
勝手に「物欲がない」と勘違いしてるところが後味悪いって事?

71 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 20:18:19 ID:vHRa+oWW0
>>66
そいつ気持ち悪い。そのロシア人かわいそうだな。

72 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 20:31:51 ID:ZNJj/UPDO
>>36
それよりも最終巻(10巻)で
今まで準レギュラーだった女性(飯田の相棒であるおやっさんの娘)
がいきなり殺されてて、
その心臓が犯罪者の女に移植されてる方が後味悪いだろ

エンジェル・ハートの先をいってる

あと新米刑事は息子が生まれる直前に射殺されるし、
ヒロインの婚約者も殺されるしな

73 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 20:42:16 ID:ZNJj/UPDO
あと、彩は飯田(リアルくんと呼んでいた)に見捨てられたと思って
精神が錯乱した親父に連れ去られて殺されると思い絶望

→飯田が親父をギリギリで射殺して血を浴びる
ガタガタ震えながら失禁までしてた気もするし
最後はわんわん泣いてたから罰はかろうじて受けてたような

74 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 20:56:06 ID:0TzJQcuO0
>>58
わかりにくきゅてごめん、安藤を殺したのは宮崎。
自分も熱心に見てたわけじゃないからたぶんだけど、
富豪も宮崎が殺したか、兄に殺させたかだと思う。

しかも最初『アナザ・ヘヴン』のパラレルワールド的な話かと思ったら違ったみたいだw

75 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 21:31:15 ID:3+F+ZLrzO
66の○○さんは いい人なのかもしれないが どこかずれた人なんだろうな。

いくらいい人でも あまりにもズレたところがあると女性は「無理!」とひいてしまう。
でも そうは言えないので「自営業だから…」と お茶を濁して断る。
それを読めないところがやはりズレている気がする。
こーいう○○さんみたいな良い人なんだけど…って人は異性の友人としても付き合いにくい気がする。

76 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 21:51:52 ID:T7AnKTWP0
偏見かもしれないが国際お見合いサイトで日本人男性と結婚しようとする外国人女性は
日本人女性以上に打算的なような…。

77 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 21:53:12 ID:CHU5s53D0
あー申し訳ない。>>66です。回線不良で続きが投稿できなくなっちゃいました…

皆さんおっしゃるように、○○さんのいい年こいて世間知らずぽいところとか、
なんで自分が日本人女性と結婚に至ることができなかったのかに関する認識とかをモヤモヤしながら見てたんです。

で、けっこう短い同棲期間を経てノリノリでプロポーズした○○さんは、ちょっと待ってと言われて大ショック。
ロシア語できる友人を交えての話し合いで、
「一週間一万円じゃぜんぜん足りない」「○○さんは日本語での独り言で何か怖いことを言ってる。雰囲気で感じる」
みたいなロシア彼女からの訴えを聞いて、俄然ショックを受けたりしたが、
まあなんだかんだで最終的には入籍してハッピーエンドっぽく〆られてた。
最初のプロポーズで彼女の方が待ったをかけたのを見て、
「そりゃそうだよなーこの男じゃいずれ勝手に相手の欠点だけ見て勝手に失望するだろうしねー」
とか思ってほっとしたのに、結局入籍しちゃったっていう流れが、自分的にはすごく後味悪かったんで。

おさわがせしましたー。

78 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 22:04:20 ID:LBuWtbY/O
ろくに意思の疎通も図れないのに
よく結婚しようと思えるなぁ

79 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 22:35:36 ID:0AHKL+/10
そうだな。
俺みたいに二次元の世界に行ってしまえば、そんな苦労をすることもないのにな。

80 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 22:41:55 ID:Z00Uinfv0
。・゚・(ノ∀`)・゚・。

81 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 23:03:01 ID:7p13nhqf0
大阪には、
旅行者狙いの
ぼったくり
たこ焼屋台があるから
怖ろしい。
6個入りたこ焼が
4000円もしました。

オマエ、アホちゃうかあ?
このたこ焼は高級たこ焼なんじゃボケェ
と暴言も吐かれました。

82 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 23:09:10 ID:Z00Uinfv0
>>81
その店ってどこにあるの?

83 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 23:31:14 ID:L4TedOfR0
大阪

84 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 23:38:18 ID:ZNJj/UPDO
大阪市内人だが聞いた事がない件について

85 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 23:58:20 ID:sGPEx/yH0
たこ○さとか?
おみやげならいいけど店に食べに行くと確かめっちゃ高かった気がした

86 :1/2:2006/08/08(火) 01:04:48 ID:JYCVXU8z0
浅野忠信主演『誰がために(たがために)』

パレスチナ等の戦地で写真を撮っていたが、父が亡くなり実家の写真館を継いだ浅野。
幼なじみ(男)の妹でやはり幼なじみである池脇千鶴が大学の卒業記念に振袖姿を撮ってもらいに来る。
その時に付き添いで来ていた池脇友人エリカとしだいに打ち解けた浅野、二人は恋人同士になる。
エリカの妊娠がわかり結婚。その矢先、エリカが写真館の店先で首を絞められて殺されてしまう。
犯人は17歳の少年。エリカとは面識もなく、たまたま本屋で迷子の母親を探す彼女を見て、
後をつけてきただけだった。少年裁判のため浅野は傍聴もできず、「理由」も知ることができない。

一年ほど経ち、母親や池脇の努力の甲斐あって浅野は写真館の仕事をしながら平穏を取り戻していく。
エリカの母親はエリカが幼いときに夫と別れ、親子二人で暮らしていた。
エリカの母親は浅野に「一年経ったんだからもうあの子のことは気にしないで」と言うが、
浅野は理不尽に奪われた妻と子供のことを簡単に忘れることはできない。
ある日浅野のもとに記者がやってくる。加害少年のことを記事にしようと調べてるといい、
少年の本名、顔写真、そしてわずか一年少しで少年院から出て、
浅野の住む町の隣町に住んで父親のやっている外車の中古販売店で働いていることを教える。
記者を追い返すものの気になって少年を見に行く浅野。母親は彼が幼いときに家出、父親は暴力的だという。
葛藤をしながら、事件後に思わず買ったナイフを手に、浅野は家で、そして少年にギリギリまで近づきながら悩む。



87 :2/2:2006/08/08(火) 01:05:19 ID:JYCVXU8z0
池脇の兄は妹がずっと浅野のことを好きだと気付いており、浅野にそれを告げる。
二人は徐々にだが距離を縮めるが、浅野は時折少年を見に行き、またナイフを手に一人葛藤を続ける。
池脇と二人で、エリカの母の故郷を訪ねる浅野。エリカも子供時代、母に連れられてよく来た町だという。
かつてエリカが感じた海の町の風を浴びる浅野。

また少年の店に行く浅野。車の中を見せてもらい、少年を助手席におびきよせる。
そしてついにナイフを手に少年に襲い掛かる。抵抗する少年にナイフは落とされるが、さらに首を絞めにかかる。
締め上げられて苦悶の表情を浮かべる少年。必死で締め続けるが、ふっと手を離し、そのまま浅野は立ち去った。

自分の町に帰ると、行きつけの店に友人たちや池脇、池脇兄が集まって楽しそうにしていた。
彼らは浅野を待っている。浅野と池脇は知らないが、池脇兄の発案で二人をくっつけちゃおうサプライズ宴会なのだ。
楽しそうに笑っている池脇を、店の外からじっと見つめる浅野。

=========
復讐は行われず、少年が妻を殺した理由も不明、少年が浅野を被害者の夫と認識したかも不明。
主人公の周囲の人々はみな善良な人たちで(おせっかいが多いが)、劇中の空気は優しい。
それだけに理由のはっきりしない理不尽な殺人がやけに現実感があり、
最後の浅野−友人たちの対比はなんともいえない隔絶感があった。

88 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 01:08:01 ID:mlcTN9gHO
(・ω・`)…ツライ

89 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 01:22:18 ID:DvINf9nLO
>86-87乙
千鶴が少年に殺人を依頼し(ry
みたいに考えてしまったよ

90 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 01:43:23 ID:JYCVXU8z0
ちなみにDVDにインタビュー特典映像があるのだが、
少年役の某人物が「バカとブスは東大に(ry)」ドラマの撮影期間だったようで、
劇中とはまったく異なる雰囲気だったw

91 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 02:36:17 ID:mlcTN9gHO
ウェンツの相方か
青春アミーゴラスか

92 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 04:06:20 ID:wyzZHcty0
この季節になると思い出す、
子供のころ見せられた、戦争の悲惨さを訴えるアニメ映画
タイトルはちょっと不明です。

8月6日が誕生日のちよちゃんはその前日、お母さんに質問する。
「わたしは何時ごろ生まれたのー?」
「そうね、朝の8時15分くらいだったわよ」
翌朝、時計とにらめっこしながらその時をわくわくしてまつちよちゃん。
そして8時15分。
「ちよちゃん6つになりました〜わ〜いわ〜い」
おおはしゃぎで庭をかけまわるちよちゃんとそれを優しく見つめる母。

直後閃光と轟音。
吹き飛ばされた家屋の下敷きになって血だらけになり、息も絶え絶えになりながら
「ちよ…ちゃん…6つ…に…なりまし…た…」
絶命。

93 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 04:08:45 ID:F3+f92HvO
>>92
ぎょえー救いがなさすぎ

94 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 05:17:22 ID:mlcTN9gHO
ちよちゃんと聞くと天才を思い出す俺

95 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 07:07:43 ID:xe3jpnPFO
道徳かなんかの本に載ってた話。
超うる覚えだから細かな設定は気にしないで欲しい。

ある港町に住む少年は
偶然水をせき止めるボロボロの防波堤に開いた穴から水が漏れているのを発見する。
今にも壊れそうな防波堤、人を呼ぶ時間はない。
街の人を救うために少年は穴を自分の体で塞ぎ防波堤を支えた。
水が浸水していくなか意識が朦朧していく少年。
今穴から出れば助かるかもしれない。
少年は葛藤するが家族を思い浮かべとどまった。

翌日水はもうすっかり退き、防波堤は無事に建っている。
そして防波堤の様子を見に来た街の人間が凍死した少年を発見する。
少年は街を守った安堵で笑顔でいきたえていた。
だが何も知らない町人は
「死ぬまでそんなところで遊ぶとは・・」
と少年の死を滑稽に扱う。
少年の行動は誰にも知られなかったが、
空の上にはいつまでも街を見守っている彼がいるだろう、でエンド。

やりきれねぇ・・

96 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 07:13:55 ID:xe3jpnPFO
ちなみにその防波堤っていうのがどういう構造なのか全くわからん。
防波堤っていう言葉じゃなかったような気もする。すいません。
あと道徳じゃなくて宗教誌だったと思う。

97 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 07:45:41 ID:8hk3K43+0
>だが何も知らない町人は
>「死ぬまでそんなところで遊ぶとは・・」
>と少年の死を滑稽に扱う。
思わずワロタw
嵐が去った後の防波堤点検するような人間が、
この状態でそんな勘違いするわきゃないw
広末のウィルスといい、この話といい強引すぎると笑えるなw

98 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 07:53:19 ID:cQ9abT4f0
>>97
いや、一目見て事態を全て悟り、自分の普段の点検の悪さがこの事故を招いたと判断。
だけど、責任を取りたくないので、とっさに少年をDQNにしたてあげたと解釈すれば、後味悪く辻褄が合う。

99 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 08:51:56 ID:OeliUVxZ0
つか、道徳の話って後味悪いの多いよな。
喧嘩した女子小学生がそのまま仲直りすることもなく終わってしまう話なんて、一体何を伝えたかったのか。

100 :1/3:2006/08/08(火) 09:00:59 ID:spqC1rBp0
有名な漫画だから知ってるかもしれんが
内藤泰弘『トライガン』



主人公は家族同然だった女性を殺した男を見つけ出して殺す旅に出ている。
それでもって、その男は主人公に最高の苦しみを与えるために、主人公の故郷に刺客を送った。

主人公の性格は温厚でいつも笑顔を絶やさず故郷の人々みんなを愛していた。
それに答えるように人々は彼を同じように愛していた。
そんな大切な人々を守るために主人公は急ぎ足で故郷へ戻った。

彼を迎えたのは公園の中でボール遊びをする子供たち、
にこやかにベビーカーを転がしながら散歩する夫婦。
いつも通りの光景に主人公は安心した。




101 :1/3:2006/08/08(火) 09:02:15 ID:spqC1rBp0
だが次の瞬間人々は、繰り糸が切られた人形のように
頭、手首、腕、腰、腿、脛、足首
など各個のパーツにばらばらになって地面に落ちた。
そしたら鉄糸を持った怪しげな人形繰りのおじさん(以下おじさん)が出てきて
「ようこそパペットショウへ」
とかいいながら人形を使って主人公に攻撃をしかけてきた。

その攻撃法というのが、
たとえば主人公が民家に逃げ込むと、
にこやかに家族が食事を行っているが次の瞬間、笑顔のまま全員が銃口を向けてきたりと
えげつないものばかり。

それでもって、この人形は故郷にいた人々の体を使って作られたもので
彼らは生きながらにして腑分けし、人形にしたとおじさんが告げた。
そのことに絶望して主人公は半狂乱しながら鬼のように銃を振るった。



102 :3/3:2006/08/08(火) 09:04:08 ID:spqC1rBp0
すまん
>>101は2/3

やっとのことで追い詰められて倒れこむおじさん。
あとは主人公が引き金を引くだけとなった。そこでおじさんは問いかけた
「私を殺しますか?」
だが主人公は、
「殺さない。俺はあんたの親父がくれたパンの味をおぼえている」
と答えた。
実は何十年も昔の子供の頃、おじさんと主人公は友達だった。
だがおじさんは記憶を封じ込めていたため、主人公が誰かまったくわからなかった。

--------------------------------------------------------------------
ここは断片的な回想シーンからの予想だが、
おじさんは恋人を病でなくしてしまった。
生き返らせようとしてその恋人の死体を人形にし、
人形繰りをマスターすることで彼女を生き返らせようとしたのかもしれない。
その人知を超えた技を修得するために記憶を封じ込めたおじさん。
手法は違うがまるでシャーマンキングのファウスト。
--------------------------------------------------------------------

死を感じたおじさんは恋人の人形を思い出し、持ち込んだ人形ケースの山に駆け寄る。
そこで脇役キャラがなんかしでかして、建物が崩壊しておじさんが落下していった。
だが主人公が間一髪で鉄糸を握って助ける。
そこでおじさんの記憶が蘇り、
「あなたはまさか・・・」
といったところで自分の真横を落ちていく恋人の人形をみつけ、
後を追うためにおじさんは人形を使って主人公の手を刺し
自ら落ちて死んで、終わり。


わかりづらくてすまん。

103 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 09:29:47 ID:mjiFWAi90
シャーマンキングのファウストがわからんので余計に混乱してしもうた。

104 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 09:51:24 ID:Hd7TA6+RO
トライガンを読めば、殺すために旅をしているわけじゃないのは
分かると思うんだが
主人公は、味方からさえも罵倒されるくらいの、絶対不殺なわけだが

105 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 09:56:01 ID:WHX5Pgr50
【D】の「ファンタスティックサイレント」の2話が後味悪かった。
重度の病気で外に出ることの出来ない主人公の少女。
少女をを受け持つ医者に、「お薬飲む代わりにお外になってるリンゴが欲しい。」とせがむ。
仕方が無いなぁと、医者は彼女に絵本を渡し、外へ出る。

* * *

少女は絵本に出てくる「貴族」に憧れていた。
首の襟巻きがあれば、きっと幸せになれるに違いない。そう信じていた。
ふと、シャンプーハットが貴族の襟巻きに形が似てることに気付き、
早速首につけてみる。
その途端、光が少女を包み、病気が消えてしまった。
そのまま元気になって外を歩いていくと、人だらけの場所に辿り着く。
人々はいっせいに少女を見つめ
「おい、みてみろよ」
「あの襟巻きが貴族の証!」と、大騒ぎ。
そのまま王様のイスに座りパレードが始まり、楽しく幸せな時間・・・

ふと、気がつけば辺りは真っ暗で誰も居ない。
突然、空から光とともに人が降りてきた。
「さぁ、こっちだよ」
突然の事にためらうが、結局手をつなぎ空へ昇る少女。

* * *

「こんなに取れた。喜ぶだろうな」とリンゴの入ったカゴを抱える医者。
家のドアを開けるが「ん・・?なにか変だぞ・・・?」

そこには、ベッドの上で幸せそうな顔で死んでいる少女の姿があった。終。


死んでいた時、シャンプーハットすら付けていなかった事が後味悪いというか切ないというか。

106 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 10:10:39 ID:spqC1rBp0
>>103
シャーマンキングのファウストは、
強盗に殺された恋人のエリザを生き返らせるために
骨を媒介に人の形に肉付けをして生者のように動かす
死体蘇生術を研究してた男です

>>104
素で間違えました。



107 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 10:17:57 ID:IrWSPU6rO
後味悪いっつーか切ない話だな
せめて幸せだったのが少女にとって救いだといい

108 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 10:21:33 ID:AI6c2JH40
>95
遅レスだがオランダの実話が元になってる話ですね
実話の方は少年も死なないし、記念碑が建ってるくらい英雄だったはず

109 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 10:29:19 ID:LCMBsBUj0
トライガンはたまに友人が買った雑誌で読むくらいだったけど、
そのたまたま読んだ回で鬱になった記憶がある。

敵方の結構位の高そうな幹部に、精神操作か何かで他者の体を操れる奴が居る。
その幹部が、何らかの事情で兵士みたいな一群に囲まれるんだけど、
その撃退法が
『精神操作で全員を操って、護送車みたいなトラックのコンテナに兵士全員を詰め込む』
と言うもの。
当然コンテナの容積は、取り囲んでる奴らが全員は入れるほど広くない。
操られてるのは体だけなので意識はある。
もう人が満杯でギチギチになっているコンテナに、「やめてくれええ!」と泣き叫びながら、
ボキボキと骨を折りつつ強引に入っていく兵士達。
ギシギシと軋むコンテナ、その下のほうについてるバブルか何かが弾け飛んで、
大量の血がドバーっと…。

こういう死に方はしたくないな…と思ったよ。

110 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 10:47:45 ID:DvINf9nLO
シャーマンキングで1番後味が悪いのは終わり方ですよ><
一時はかなりの人気があったのに消化不良のまま打ち切り('A`)

111 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 10:50:10 ID:b0osT81t0
Hi、素敵な顔文字をありがとう。HAHAHA!
荒れの臭いがしてきたのでもう黙ってくれたまえ。


112 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 12:39:00 ID:cXdOoaDK0
今日のテレ東の昼の映画は半端無く後味悪そうだな・・・

113 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 12:44:29 ID:LJkvFFJ8O
キノの旅は後悪話が多いよね

114 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 13:20:02 ID:PvAhxIBy0
>>87
浅野が、理不尽に妻子を奪われてものすごい葛藤に苦しみ続けている真っ最中での、
池脇兄、その周辺の、「二人をくっつけちゃえー☆」な親切さって、絶望的な温度差だな・・・。

>>105
シャンプーハットつけて死んでたら、はたから見ると「幸せになれたんだね・・・」じゃなくて
思わずプッと笑える光景になってたと思う。それで後味が悪いのかと思ってたので安心した。

115 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 15:10:39 ID:9a6eX6OO0
「BASARA」という漫画の外伝「MADARA」が後味悪かった

一旦滅びた後に王制となった日本で、お姫さまの銀子は
家来の柿人に淡い恋心を抱いていた。それは柿人も同じだったが、
自分はあくまでも家来だからとその思いを口にする事はなかった。
やがて成長した銀子は政略結婚させられる。
柿人は王に使えねばならないからと一緒にはこず、離れ離れになった。
嫁いだ先で銀子は結婚相手に愛され、幸せな日々を送る。
だが夫が王に対し謀反を起こしたという事で、王の軍隊に攻め入られ火をかけられる。
夫と共に逃げ惑う銀子。
その時、剣の達人となった柿人が現れ、夫を斬り殺した。

夫を愛していた銀子は実家に戻された後も泣き暮らす日々。
火による後遺症で、銀子は歩けない体となった。
ある夜に王が銀子の寝所に入ってくる。
「こんなに美しくなると知っていたなら嫁になぞ出さなかったのに…」
そうつぶやきながら王は実の娘である銀子を犯した。
やがて銀子は懐妊した。柿人は、死んだ夫のものかもしれませんねと言う。
銀子は叫ぶ。夫は銀子がまだ幼い少女だからと、
大人になるまでは待とうと銀子に触れた事などなかったと。
子供は生まれてすぐに死んだが、銀子は信じなかった。
あの子はミノタウロスだ、閉じ込めてしまわないと害をなすと言う。
柿人は代わりの子供を拾ってくる。
その子供は銀子の扱いによりかなり屈折した性格に育ち、本編のメインキャラとなる。

銀子の夫を殺すために火の中に入ってきた際に、柿人は背中全体にまだらの火傷を負った。
夜になると銀子は柿人を脱がし、その火傷を傷つける。
夫を殺し、銀子を殺してくない、なにをしても怒りもしない柿人をなじりながら。
そして自分を抱けと柿人に言うが、柿人もまた火傷の後遺症で男として機能する事は出来なかった。

本編は主人公たちが邪知暴虐の王を倒そうとする話(他にも色々あるが)なんだが、
その影響で城が崩れる中、幼き日に柿人とすごした日々を銀子が思い出して終わり。

116 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 15:13:47 ID:mlcTN9gHO
>>109
(´・ω・`)バルブ

117 :109:2006/08/08(火) 15:47:55 ID:LCMBsBUj0
(*ノノ)キャ

118 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 16:00:22 ID:nJQxLdlsO
>>115
銀子と国王の間に出来た子供、殺されていたの?
以下自分の解釈↓

柿人は銀子に「(子供を)殺して」と言われたものの、
どうしても殺せず、人に預けた(隠した)。
しかし夢遊病患者のように傷ついた足で「あの子はどこ」
と探す銀子の姿を見て、いたたまれなくなり子供を返す。

銀子は完全に狂っている訳ではなく、
時には子供を愛おしく思うシーンもある。
しかし、銀子には子供が国王と同じ怪物に見える。
(襲われるシーンでは国王は狂牛、
銀子は壊れた人形として描かれている)

その子供に「あなたこそが本物の王」「あなたは蒼の王なのよ」
と教え込む反面、自分が母であることは隠し続け、
時に残酷な程冷たくあたる。

子供は銀子を姉として慕い続け、
成長した後は、銀子の為なら何でもしようと考える様になる。

119 :続き:2006/08/08(火) 16:03:29 ID:nJQxLdlsO
銀子は完全に子供を支配していた様に見える(飴と鞭)。

最後はその子供に柿人を倒され、
自分も殺されそうになる(銀子が挑発した)。
しかし子供は銀子を殺す事なく立ち去り、
銀子は車椅子の上から動かぬまま、
崩れ落ちる城と運命を共にする。

子供に殺されたかった(誰でも良かった?)銀子は
柿人を呼びながら涙を流す。

銀子の持っていた時計が潰れている様が描かれて、
銀子が死んだ事を暗示して、このエピソードは終わる。

後味の悪さは残るが、
最後に子供は柿人に認められたし
仲間がいる事も再確認出来た。

外伝ではなかなか幸せそうにしているので
子供だけでも吹っ切ることが出来たのは
良かったと思う。

120 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 16:10:50 ID:nJQxLdlsO
ちなみに子供は柿人に「(剣について)あなたは技のみ」
「心技体が揃っていない」と言われ続けていた。

最後に柿人と戦うシーンで「技のみでも倒す」(うろ覚え)
と言ったが、柿人は「今のあなたは心技体
揃っているではないか」と言われる。

柿人は既に自分の死を覚悟していたようだった。

個人的には外伝の「KATANA」も後味悪かった様な…。

121 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 16:22:28 ID:mlcTN9gHO
作者と出版社カモン

122 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 16:24:39 ID:nJQxLdlsO
田村なんちゃら
小学館
少女漫画です

たしかこのスレでも名前があがっていたよ
いじめられっこの話で

123 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 16:28:48 ID:sFHBTpP+0
出勤途中男性が木の下で落雷、意識不明

 8日午前6時25分ごろ、東京都板橋区赤塚5丁目の区立赤塚溜池公園の木に落雷が
あり、木の下を歩いていた同区に住む会社員の男性(63)が倒れた。男性は落雷で
意識不明の重体。

 警視庁高島平署などによると、男性は出勤途中で、高さ約30メートルの木の下を通
過中に木に雷が落ちた。当時、雨が降っており、公園内では数人が雨宿りをしていたと
いう。東京消防庁によると、男性の衣服には焦げたような跡があった。

 板橋区によると、落雷があった木は表皮が裂け、近くのトイレの屋根瓦が数枚割れたという。

 気象庁は同日午前5時すぎ、東京23区に雷注意報を出していた。

[2006年8月8日14時13分]

ははは…うちの真ん前じゃん 気づかなかったw

124 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 16:31:15 ID:mlcTN9gHO
>>122
Oh〜yeah!アリガトー

125 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 16:39:47 ID:nJQxLdlsO
田村由美でした

ごみん

126 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 16:43:15 ID:IGfnFVH60
子どもは死産だったはず。
後のメインキャラ(蒼の王)となる子どもは柿人どこかから調達してきた。

ちなみに最後の銀子モノローグで、子どもの頃に柿人と一緒に食べた、
王宮の庭になっていた無花果の事を思い出し、
「花を咲かせず実をならす…私と同じね」とか言ってたのが
後味悪いと言うかせつなかった。


127 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 17:18:00 ID:mjiFWAi90
MADARA、BASARAっていうから田島昭宇のかと思った

128 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 17:25:49 ID:LCMBsBUj0
>>127
過去スレに出てたなソレ
最後皆殺しで後味悪いとか何とか。

129 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 17:34:40 ID:R4tF/Zq+0
久しぶりに来てみたら、自分の作った後味の悪い話発表スレから
自分の知ってる後味の悪い物語発表スレになったの?

130 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 17:42:04 ID:izO6V/N0O
何か問題でも?

131 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 18:23:40 ID:T+/7yc+f0
>自分の作った後味の悪い話発表スレ
「俺の作った都市伝説聞いて聞いて!」みたいな頭悪そうなスレになりそうだからこのままでいい。

132 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 18:42:54 ID:R4tF/Zq+0
>>130
いやいや、そういうことならスレに合わせた話をするまでです。ということで以前あったニュース

無免許でバイクを運転してたDQNがスピード出し過ぎでカーブですっ転び、
対向車線にはみ出して対向車に轢かれてあぼーん。
対向車のドライバーは(当然?)無傷でお咎めもなかったようだが、
翌年の命日に線香をあげさせてくれとDQNの家を訪ねていったら、
息子の仇! とDQNの親に刺し殺されてしまいましたとさ。

133 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 18:51:50 ID:kv10KD2K0
>>132
後味悪い話だが流石にそれでは悪いようには感じないぞ・・・

134 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 20:35:43 ID:mlcTN9gHO
後味が悪いというより
たんに頭が悪い家族の話だな

135 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 20:37:36 ID:JYCVXU8z0
>>114
そうだね。
ただ浅野の内心はそんなにハッキリ描かれないし、
ぱっと見、表面上は温度差ないんだ。浅野も下がりすぎず、周囲も盛り上がりすぎてない。
全体の空気は穏やか。

でもその分、浅野の内に秘めた怒りとか葛藤とか、妻の思い出とかが描かれると
ほんとその温度差を実感するよ。

136 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 20:51:21 ID:uZnd+MRR0
>>115,118,126
本当の子供は生きてるよ。
1巻から出てる盲目の占い師いたよね。
更紗の側にいた長髪のキャラ。
あれが本当の銀子の子供。

137 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 21:39:39 ID:t58gWSE20
>>136
それは銀子の兄なわけだが。



138 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 21:43:02 ID:Iqn8R3v00
削除人が後味悪い

http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1154923350/80

139 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 22:19:37 ID:b0osT81t0
>>118
犯されるシーンは直接的な表現じゃないのかー。
勃起もさせられねえやつが性をネタにするな糞が、と思った


140 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 22:34:08 ID:nJQxLdlsO
>>139
少女漫画だし

というか盲目の占い師→預言者みたいな役割のナギだっけ
ナギが銀子の兄とか全然知らなかった

個人的に後味悪いのは、長期連載の割に
あまり破綻させずに話を終わらせたのに、
最終巻に「ヒロインとヒーローは前世で恋人同士」
みたいな短いエピソードを載せたところ

一気に萎えた。蛇足だろ!って
普通に日本人の高校生だったし

作者の絵はバタ臭いから余計微妙に感じた

141 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 22:34:14 ID:7U3kVX860
>>92
「いかりじぞう」かな
俺も小1のとき見たっきりだがあのラストは今でもおぼえてる

142 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 22:36:47 ID:nJQxLdlsO
↑なんて言うか、割と男でも楽しめる話だったのに
最後の最後で少女漫画の王道に走る必要は無いだろ…
と後味悪かった

作者にとっては絶対載せたいエピソードだったらしいが

143 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 22:42:56 ID:iy4vSRRA0
バサラはいろんなところであらすじ読むたび本編も読みたくなるんだが
あの絵が生理的にダメ。

144 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 22:47:21 ID:DmeD8F8i0
ttp://www.geocities.jp/at5476/2/316.html
誰かこれの意味わかる?

145 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 22:52:40 ID:7XvqgpnIO
母親が死体をどうにかしてたんじゃね?


146 :本当に合った怖い名無し:2006/08/08(火) 23:00:34 ID:10sewI8I0
今日の高校野球でちらっと見た試合。
8回表の攻撃の時点で6-4で先攻チームが2点リードしていた。

その回守備に付いていた後攻チームのキャプテンが、
捕球の際味方と交錯して負傷して退場してしまった。
後攻チームのマネージャーは泣きそうだし、交錯した選手も辛そうだし、
あーあ切ねえな……と思って見てたら、先攻チームの応援席で
薄笑いを浮かべて見ている先攻チームの高校の生徒が映った。

147 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 23:12:10 ID:DjKTIqfgO
別に問題ないし後味も悪くない


148 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 23:20:30 ID:izO6V/N0O
マネージャーとか選手の表情なんて
応援席からは見えないし、
勝ってる!って浮かれてる最中じゃ
まぁ仕方ないとは思うけどなぁ。

149 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 23:36:14 ID:tN96YoFG0
>>144
お前わざとやってるだろwwwwww

150 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 23:52:29 ID:obXjOSrn0
>>146
別に普通のことじゃん。
お前さんは高校野球を美化しすぎじゃね?

151 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 00:13:14 ID:+PhtnnyY0
>>146
救護の医者かなんかの二人組の
「うはw出番あったよwwテレビ写ってるよね?俺らww」
的な薄ら笑いが激しくむかついたな

152 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 00:18:39 ID:K3qPsBTf0 ?2BP(21)
>146
キャプテンが怪我した松代は延長サヨナラ勝ちしたよ。
よかったよかった。

153 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 00:32:24 ID:EaQGYc9EO
>>144
わからん奴は読解力がなさ杉って事になる。

154 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 00:41:40 ID:9NjAozco0
野球で思い出したが、「新約巨人の星 花形」という漫画が少年マガジンで始まったらしいね。
舞台を現代に置き換えて新しいストーリーにしているらしいが、
なぜ飛雄馬じゃなくて花形が主人公なのかについて編集部は
「今の中高生には、貧しさからはい上がる飛雄馬より、恵まれた環境にある花形のほうがリアリティーがある」
と話したとか。
恵まれた環境に育った主人公がどん底から這い上がるキャラを叩きのめす姿が浮かんで…
なんだかなあ、って思ったよ。

155 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 00:47:14 ID:Z5KuiM6h0
すこし前に「トライガン」の話が出ていたけど、私もアニメ版を書いてみる。
主人公のヴァッシュは凄腕のガンマンだけど、決して人を殺さない主義。どんな悪人でも。
そしてまたそれを貫けるだけの自己保身能力を備えている。
それでも体じゅう傷だらけ。
彼は以前ひとつの町を消し去った原因と思われていて人間災害認定され、
保険会社からふたりの女性社員が派遣されて、監視することになる。

最初は敵対する組織の一員だったがやがては互いに友情を抱くようになる牧師がいるんだけど
ヴァッシュの殺さずという考えに共感してしまい、
敵との一騎打ちで相手にとどめを刺すことができず、逆に致命傷を与えられてしまう。
その前の晩、彼は保険屋の片割れの女の子(とても性格のいい子)とついに両思いになって一夜を共にしたばかり。
その子のことを思いながら、教会の中で息絶える。

アニメ版のラスボスはヴァッシュの兄で、彼らは実は人間ではなく人工生命体。
人間を見下して滅ぼそうとしている兄は、
幼い頃ヴァッシュがだれよりも敬愛していたレムという女性やそのほかの大勢の仲間を死に至らしめた。
(彼の殺さず主義も、このレムの影響)
ヴァッシュのせいと見なされていた町消失事件も、もとはといえば兄がしむけたこと。
これまでヴァッシュの周りで起こった悲惨な人死にも、兄の差し金で部下がやったこと。
ヴァッシュはラストの一騎打ちで勝利するも、気を失った兄にとどめは刺さず
肩に担いで連れ帰ろうとするところでEND。

この兄さん、気がついたらまた遠慮無く殺しまくるんだろうなーと思った。
ヴァッシュがなにがなんでも殺さない主義を貫くのはいいんだけど
それがどうにも、すっきりするどころかもやもやする話だった。
そこまでする「殺さず」ってなに?という感じだった。





156 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 00:50:48 ID:hxfmei5i0
手足切り落として転がしておけば遠慮なく殺しまくるとか無理じゃね?

157 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 01:09:04 ID:JDubZwKNO
>>151
ちょうどチャンネル変えたら事故ってたからみた
ジーンズの看護婦がニコニコしてたのは抗議きたろうな

158 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 01:42:25 ID:bhL9kVZj0
メンヘルサロンやメンタルヘルスの被害者スレは後味悪い。

あんたらどれだけ自分が立派な人やねん・・・

159 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 01:42:33 ID:IxqSUQNUO
笑ってたのは不謹慎だけどちょっと安心したのもある
右手怪我したっぽいキャプテンが転がったまま長い時間動かないから
何かとんでもないことになってるのかと思った

160 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 02:04:19 ID:W2v2Su5C0
貧しさと言えば、週刊少年サンデー連載「ハヤテのごとく」の主人公の両親のエピソードが後味悪い。

主人公のハヤテは年齢を偽って自転車便のバイトをしている。
と、いうのも父は「もっと自分にふさわしい仕事がある」といって定職につかず、母はギャンブル狂い。
なので、ハヤテが生活費と学費を稼がなくてはならなかったのだ。
だが、クリスマスの日、彼は突如クビを言い渡される。
彼の両親が仕事場に来て、両親が年齢詐称を暴露したのだ。そして、今月の給料は両親の手に渡したと言う。
あわてて自宅に戻ると、両親の姿はなく、パチスロで使い果たされて、残金12円だけになった給料袋が転がっていた。
これでは、年を越せないと絶望するハヤテ。
と、窓のところにクリスマスプレゼントと書かれた封筒が貼り付けてあった。
「あの親が、まさか」と、ハヤテは思いつつも封筒を開ける。
そこにあったのは、一億五千万円の借用書。ギャンブルで多額の借金を背負った両親は、息子を借金のかたに売って夜逃げしたのだった。
折悪しく、借金取りの男たちがハヤテの臓器を回収しに、押しかけてきた。
なんとか逃げ出すハヤテであったが、クリスマスイヴに、一人行く当てもなく所持金12円で彷徨う羽目に。

その後、色々あって住む所と仕事を見つけて、借金はヒロインのお嬢様の所に付け替えられたけど(借金自体は残っている)
両親はそのまま行方不明。
後にハヤテが復学しようとした際、彼が稼いで納めていた学費も勝手に引き出して持ち逃げしていたことが判明する。

161 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 02:14:19 ID:WXVedKOOO
胸糞悪いと後味悪いは違うと思うんだけど

162 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 03:02:56 ID:9NjAozco0
>>160の話だけ読むとすごく胸糞悪そうに思えるけど、
基本はギャグ漫画なので全然悲愴な物語じゃないよ。
パロディが散りばめられて、学園コメディありの、ラブコメっぽい話ありーので
とても主人公がそんな境遇にあるとは思えないから。

163 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 03:14:20 ID:WXVedKOOO
うん、で、結局後味悪くはないよね

164 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 03:16:46 ID:5pDeXf/TO
>>161
胸糞悪いと後味悪いのどっちに感じるは個人の感覚だと思うー

165 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 03:31:49 ID:g+8kFgTM0
というか後味悪いの中に胸糞悪いも含まれるだろ。

>聞いた後に何となく嫌な気分になったり、
>切なくてやりきれない夜をすごしてしまったり、
>不安に駆られたり、体中がむず痒くなるような話を語り合うスレです。

だし。
最近やたら「胸糞悪いだろ?」と文句つけてくる奴が多いが、
覚え立ての言葉を使いだけの夏厨は>>1をよく読め

166 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 03:40:40 ID:vaGnUZ9p0
ていうかギャグ漫画の前フリでいちいち後味悪くならんでも


167 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 03:53:59 ID:ZrDz/lsk0
後味悪いってのは後ってついてるぐらいだし、漫画でもラストとか、それ以降でてこなくなるキャラの話とかだけにしてほしいな。
前フリじゃ確かにただ胸糞悪いって思われても仕方ないんじゃん?

168 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 04:12:31 ID:0KA0pEVO0
4月 俺、服イケてるし人寄ってくるだろうな
5月 あらあら、大学デビューの奴らが群れちゃってイタタタw
6月 話す相手いないし、ヒゲでも触るか・・・。
7月 過去問って何?範囲ってどこ?
8月 夏だけど美白な俺
9月 朝2ch 昼2ch 夜2ch 夢の中でも2ch
10月 「あ・・・久しぶり・・・えぇっと、ごめん・・・なに君なんだっけ?」
11月 イメチェンしたのに誰もつっこんでくれねーよ
12月 クリスマスなんかで騒いでられるかって 
1月 ショップと美容院以外から年賀状こねーよ
2月 抱き枕とか、買ってみる
3月 鬱だ氏のう

169 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 04:26:04 ID:DxZ5YYGoO
>>144
わからん

170 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 05:31:13 ID:MklAJ1ynO
>>ハヤテ
充分後味悪いと思ったがな。
主人公すげーやりきれねぇ。
結局両親がどうなったか書かれてないのも後味悪スだし。
てゆーかギャグ漫画の前フリとかそういうの関係なくね?
エピソードとして後味悪ければなんでもいいと思う。
胸糞かどうかは別としてだけど。


>>167
わけわからん
後味悪いってラストらへん限定の言葉なのか?
初めて知ったぞw

171 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 05:34:43 ID:1Xm3WnIZO
よしわかった。さんせー。だからもう来ないで

172 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 06:10:56 ID:JDubZwKNO
ヽ(・з・)ノ
ここからは何事も無かったかのように違う話題でハッスル

173 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 07:03:12 ID:wXyFQ9hp0
>>170
大辞泉より。
******************************
あと‐あじ〔‐あぢ〕【後味】

1 飲食のあと、口の中に残る味。あとくち。

2 物事が済んだあとに残る感じや気分。「事件は解決したが、―が悪い」

******************************

以上を見るに、「全て終わってみて」からというニュアンスが
含まれているような気がする。

まあハヤテの話は

クリスマスプレゼント(・∀・)
  →借用書かよ・゚・(ノД`)・゚・

というブラック系ではあるが、むしろ「笑うトコ」だと思うので、無理矢理
後味悪く受け止めるべきシーンではないような気がするよ。


174 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 07:13:07 ID:IUOCkixrO
↑しつこい

175 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 07:31:32 ID:vaGnUZ9p0
>>173
ちょっと遅かったが、乙。

176 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 07:53:24 ID:hLbbn5n20
>>168
・゚・(ノД`)・゚・

177 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 08:01:02 ID:rKVoZdb6O
>>144
多分、今まで死体を片付けてたのは母だったって意味じゃないかな

178 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 08:21:27 ID:krS9l+Oi0
>>177
なるほど・・・
やっとわかった・・・

179 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 08:23:51 ID:UJ9fJJqOO
たぶん死ぬ

180 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 08:32:07 ID:s8Bry6+QO
デスノートも結構後味悪い
主人公は己れの正義を武器に世界を変えようとしたけど、道を間違えて殺人鬼になって
あんなわけのわからん小僧にやられるなんて

181 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 08:49:47 ID:ER70x3o30
>>178
元ネタの小説読めばハッキリ分かるんだけどな。

182 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 09:50:50 ID:pcyJcIU/0
>>167
じゃあ「まほらば」のヒロイン梢ちゃんの両親の話で。
多重人格という設定があり、作中ではギャグにしか使われていなかったが、その原因が鬱な出来事の
せいであろうという予想は前々からなされており、最終回近くになって遂に判明。

梢は幼い頃、両親と母親の祖父(梢の曽祖父)と一緒に、曽祖父の家で暮らしていた。
両親の仲は悪く、曽祖父が梢をかばい、可愛がっていたが、10年前、その曽祖父が死去。
葬式の日、曽祖父に恩のあった男・灰原が尋ねていくと、葬式の当日だというのに
喧嘩をする梢の両親と、涙をこぼす梢の姿がある。それが恩人の孫娘夫婦とひ孫
であるとは気付かなかった灰原だが、数ヵ月後になってその事に思い当たり、
胸騒ぎを覚えてすぐさま曽祖父の家を訪れた。
夜、まだ早い時間だというのにその家は灯かりもともさず静まり返り、玄関には鍵も掛かっていない。
恐る恐る入っていくと、お菓子の袋の散乱する真っ暗な部屋の中、げっそりとやつれ、
目の虚ろな梢の姿を発見する。よく見れば、体のあちこちには虐待されたと思しきアザまであった。
灰原がなんとか聞き出したところでは、両親は葬式のしばらくあとの夜、ケンカをして
二人揃って家を出て行き、それっきり帰ってこないという・・・。

で、話はここまで、以降梢の両親は10年経っても戻ってくることはなく、
なぜ家を出て行ったのか、なぜ梢だけを残していったのか、どこへ行ったのか、
今何をしているのか、虐待は本当にあったのかといったことは一切不明のまま連載は終了。
物語自体はハッピーエンドなのだが・・・。
この家には古井戸があるため、実はそこに沈んでいるのではという説もあるw

183 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 10:52:28 ID:Pi1mvzRf0
子供のころにみてすごく辛かった話
いじめられっこの少年がいる。毎日ガキ大将にボコボコにされて家に帰ってくる。
少年には色とりどりのカラフルな洗濯バサミを集める趣味があった。
そしてそれをすごく大切にしていた。
その思いが通じてか、洗濯バサミたちに心が宿る。
少年の為に何か助けになってやりたいと思う洗濯バサミたち。
そんなある日、少年が犬に襲われる。洗濯バサミたちは、
ここぞとばかりに飛び出して、犬を撃退。
少年は驚き、洗濯バサミに感謝した。
その後も、少年を守るために外敵と戦う洗濯バサミたち。
だが、彼らが守れば守るほど、次第に傲慢になっていく少年。
こいつら(洗濯バサミ)がいれば自分に逆らうやつはいなくなる、そう考え始めたのだ。
少年の心の変化に動揺する洗濯バサミたち。
そして、ある日少年はガキ大将に喧嘩を売る。そして、洗濯バサミたちにこいつらを倒せと
命令した。だが異変は起った。無反応の洗濯バサミたち。
少年はいつも以上に、ガキ大将にボコボコにされる。箱の中で少年の泣き声を聞きながら、
洗濯バサミたちは、少年に何度も、何度も謝罪をしていた。

夕暮れを傷だらけになりながら歩く少年、ふと横をみると川が流れている。
洗濯バサミの入った箱を、(嘘つき、役立たず)と罵倒しながら、投げ捨ててしまった。

川を流されていく洗濯バサミたちは、これから自分たちはどうなるのだろうと、呆然
としながら、遠ざかる少年をみていた。

おわり

NHKでみてトラウマになったなぁ

184 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 10:59:45 ID:CgwDzLpd0
>>183
少年は自分の過ちに気付いて洗濯バサミに謝りました、そして洗濯バサミともっと仲良くなりました…
子供向けならこの方がいいのにね。
しかし洗濯バサミがどうやって戦ったのかが見てみたいなw

185 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 11:09:41 ID:lma48/qr0
>>184
めでたしめでたし…ではそこで終わってしまうだろう、記憶にも残らない。


186 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 11:14:37 ID:wx4Lzg1o0
やっぱ挟んでつねるんでない?

187 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 11:36:22 ID:cWdWPMeC0
乳首を挟んで別の洗濯バサミにひっぱってもらうんだろう

188 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 11:42:13 ID:wXyFQ9hp0
>>187
そういえば昔ダウンタウンが乳首相撲やってて
なんか甲本ヒロトが一緒になってやってた記憶があるのだが
夢だった気もするしモヤモヤする

189 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 11:53:36 ID:vaGnUZ9p0
竜ちゃんなら耐えられそうだな


190 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 12:00:46 ID:3ZVrg+ZQ0
>>188
ソース無いけど、それ夢じゃないよ。

191 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 13:52:40 ID:ZrDz/lsk0
>>181
スレチかも知れないけど、そのタイトル分かるかな?

192 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 14:39:06 ID:yWhO89Af0
昔見て、いやーな気持ちになった海外ドラマ。
主人公の年増女の夫は、冴えない個人医者。医院で働いているのも、若い看護婦がひとりだけ。
所帯じみた夫を軽蔑する主人公は、もう何年も金持ちのカコイイ軍人と浮気をしていた。
だが良い結婚の決まった軍人は、さっそく主人公に別れ話を持ちかける。
おたおたする主人公に、軍人は彼女が欲しがっていた超高級なミンクのコートを、
手切れ金としてプレゼント。軍人をあきらめ、そのコートを一生手放すまいと誓う主人公。
だが不相応な高級品を、このまま家に持ち帰っては怪しまれる。
そこで主人公は一計を案じる。コートをいったん質屋に入れ、名前を書かずに
借用書を作ってもらう。夫には、それを拾ったとウソをついて、品物を受け取りに行く。
どうせ誰のだか解らないし、高額だが何が手に入るかお楽しみ、と持ちかけるのだ。
バカな夫はきっとダマされる。ミンクのコートなら自動的に夫は着ないから、
自然な流れで自分のものになる。ほくそえむ主人公。だが計画を実行してみると、
夫は自分が質屋に引き出しに行くという。女では嘗められるからと言われ、従わざるを得ない。
翌日、心待ちにしていた夫からの連絡が入る。物は受け取って、医院にあるという。
お前のためのものだったよ、と言われ、大喜びで飛んでいく主人公。
だが渡されたのは、コートとは比べ物にならない、小さな毛皮のえりまき。
本物の毛皮だ、お前は運がいいと夫。主人公は、抗議ができない。
質屋がごまかしたのだ! でも証明の手だてがない……絶望して帰ろうとする主人公に、
看護婦が声をかける。今から昼休みなので、一緒に出ましょうとにこやかな笑顔。
だが近づいてくる外出姿の看護婦を見て、主人公は息を飲む。
夫がバカで愚鈍で、自分の言いなりと思っていたのは間違いだった。
いい気持ちで若い軍人と過ごし、夫を軽蔑していた時間、夫も自分など
相手にしていなかったのだ。夫はコートを受け取って思ったのだろう。
あんなバカで愚鈍な妻は、簡単にごまかせると。
主人公の目の前に、看護婦は勝ち誇って立っていた。
あの美しいミンクのコートに身を包んで。

193 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 14:43:53 ID:JDubZwKNO
愚かな主人公がギャフンな目にあってスッキリしたが

194 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 14:44:38 ID:v/Jvejpk0
>>192
あれ?気分爽快w

195 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 14:45:59 ID:26sxoS8L0
>>192
いや〜、なんかスカッっとしたわw
…あれ?

196 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 14:46:23 ID:cJh5e00d0
>>192
見た事あるんだけど題名が思い出せねえ!

197 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 14:48:05 ID:hLbbn5n20
聖者の贈り物か

198 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 14:57:21 ID:JDubZwKNO
愚者の質入れ物
かもしれん

199 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 14:58:33 ID:ER70x3o30
>>191
新潮社から出てる「七つの怖い扉」という本に収録されてる
阿刀田高の短編。タイトルは「迷路」。

200 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 15:01:19 ID:fYW4ZmQq0
(´・ω・`) やあ
君たちには、ある日突然ちんこが超高速回転する呪いをかけた。
だが安心してもらいたい。

http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/rail/1154341828/
 ↑
このスレに
おっぱいとおしりのどちらが好きかを書き込めば呪いは解ける。

ただし「両方好き」と書き込んだ者は呪いが解けないので気を付けてくれ

201 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 17:40:39 ID:ZrDz/lsk0
>>199
有難う。買ってみるわ

202 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 17:52:17 ID:X2Z6uNJf0
俺の持ち物にはシャーペンの一本にまで皆が「輝け」と書いてくれた
書道で書いた書初めには、クラスで一番可愛い女子が家からわざわざ筆ペンを持ってきて
俺の名前の上にハートマークとともに「シャイニング!」と書いてくれた。
その習慣は三年間で学年中に広がり、三年の頃には見知らぬ下級生までもが
「あ、輝いてる人だ」などと指差してくるようになった。

そして青春の日々はあっという間に終わり、
俺は卒業式の今日、家に帰って卒業アルバムを見ている。
懐かしく思い出す青春の日々、輝いていた思い出、
かけがえのない仲間たちによる寄せ書きコーナー。
そこには三年間付き合った、いつもの文字が、一人ひとりの筆跡で並んでいる。

「Shine! Shine! Shine! Shine! Shine! Shine! Shine! Shine!
Shine! Shine! Shine! Shine! Shine! Shine! Shine! しね!」

203 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 18:08:15 ID:pcyJcIU/0
元はコナンだっけ?

204 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 18:24:06 ID:LN/z+Xol0
>>202
逝ってヨシ!!
並の古典だな。

さっさと光軍くか、夏休みが終わるまでROMってろ。

205 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 18:26:26 ID:+fonQelU0


その頃>>202は「終わらない夏休み」を読んでいた

206 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 18:59:02 ID:H/sH6YLPO
今日の日本昔ばなしはごんぎつねだよ。

207 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 19:14:41 ID:g+8kFgTM0
>>962
手帳に「お祖母ちゃんが死んではいけない・・・」と
書いてあるから、その時点ですでに自殺する気持があったはず。

「死んではいけない」というお祖母ちゃんは、
「バレエ以外の道で生きる」という選択肢の実例で、
バレエ以外の道は「逃げよ」という
お母さんとは(実生活でも)対立してる。
でも千花にとっては生きること=バレエという感じになってるから、
その意識の無いお祖母ちゃんに手を握られて
思わず「もう一度バレエ踊りたい」と言ってしまった時に、
本格的に自殺するのが決まっちゃったんだと思うな。
バレエ以外の道にすすんで「死んではいけない」という
お祖母ちゃんの気持には応えられず、
バレエでプロになる以外の人生は無いという
千恵子の意志に沿い続ける方を選択しちゃったというか。

208 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 19:29:52 ID:5QL3zIF30
>>207
あれだよね
えー、テレプシコーラ。

209 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 19:30:06 ID:hLbpEicm0
>>207
誤爆?

山岸凉子のテレプシコーラだね。
あれは今鬱展開だ。

210 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 20:44:17 ID:ctymVPpm0
>>207
テレプシコーラって美味しそうな名前だよね。

211 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 20:44:18 ID:vaGnUZ9p0
超ロングパスだな

212 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 21:55:12 ID:N8TGC7ZK0
今日の仰天ニュース
前半は風呂場に閉じ込められた日本人の女子高生が親父を毛嫌いする話で、
後半は韓国人の女子高生が親父を助けるために自分の肝臓を提供する話。
明らかな印象操作で、日本の若者は韓国を見習えって番組の編成だった。

213 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 22:29:23 ID:+rI0cU2PO
考えすぎじゃない?

214 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 22:35:08 ID:ZrDz/lsk0
>>213
「ネットうよ」の存在を覚えた方が良い

215 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 22:41:04 ID:UCdUGF4a0
>>212
露骨だな

216 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 22:59:37 ID:vaGnUZ9p0
>>212
まあ、そのくらいはやるだろうな。
先日の、反核映画を作った米国の14歳少年への賛美も怖かったよ。
おおげさでもなんでもなく、北朝鮮の報道かと思ってしまった。


217 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 23:01:56 ID:1Xm3WnIZO
>>214
いやらしい抑えつけ方だね。何の根拠で全否定?

218 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 23:11:31 ID:nViV0luy0
つーか、アレに印象操作されるバカなら何言っても無駄だろ。

219 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 23:22:54 ID:ZrDz/lsk0
>>217
>>212
>明らかな印象操作で、日本の若者は韓国を見習えって番組の編成だった。
コレは全否定とは言わないのか?

220 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 23:27:30 ID:7x61dR4r0
コンビニで立ち読みした季節物の怖い話本のある1話。

万引きで補導された女子高生が自宅で
留守番してたら基地外ピアノ調律師に

「美しいピアノの音色を出すには美しい環境が必要でお前のような不良娘は(ry

って理由で腕をぶった切られるお話なんだけども、
そのラストがもう…

外出から帰ってくる両親、娘の部屋に。
親「いるんでしょ?空けなさい」
娘「おかあさん・・・あたし・・・もう・・・ドアがあけられないの・・・」

('A`)ヨムンジャナカッタ…

221 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 23:33:03 ID:z0iM9AtvO
>220
この薄汚いシンデレラめ!!

222 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 00:28:37 ID:PyeYAkW4O
>219
「悪い朝鮮人と良い日本人」な企画が一つもない事が全てを物語っています。

223 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 00:40:02 ID:+n7aJ9g/0
>>219
うーん、手放しで賛成かどうかは別として、それは>>212さんが番組を見ての感想、
印象ではないのかなあ。
これで納得いただけないようなら別の意図がおありなのだろうからもういいです。
日本ですまん。


224 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 00:52:06 ID:9ocR4mnE0
5年前に亀田父と、三男を見た。

三男はふつ〜のいい子だったけど、
亀田父は、当時からサイアク。

有名なプロボクサーに握手を求めた三男に
そのプロボクサーがいる目の前で

「こんなんと握手なんかすな!!
こんなクソと握手なんかしたら
お前の価値が下がるやろ!」

三男シューンとして退散。
それを聞いていたプロボクサーはムッとしてたけど、
バカ亀田父は当時からDQNで有名だったから
結局プロボクサーも相手にしてなかったよ。

225 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 01:10:20 ID:NkzrO95KO
>>206 ごんぎつね見たよ。やっぱり後味
ワルーだったけど、最後に流れた尾崎豊
風味の歌で笑っちゃった‥。

226 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 01:33:54 ID:hGASZe9T0
>>225
最後って言うと、
♪クマの子見ていた隠れんぼ〜
お尻を出した子一等賞〜
ってやつだろうか

227 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 01:42:46 ID:11JKWw6U0
>>144
わからん

228 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 01:45:09 ID:NkzrO95KO
>>226 今日のは一時間SPでED曲が違って
たんだ。尾崎豊っぽい曲でハスキーボイ
スの女の人が歌ってた。

229 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 02:30:38 ID:7m677+kg0
>>222
じゃあ「悪い欧米人と良い日本人」な企画はあんの?

230 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 02:47:33 ID:UHCuhPFRO
なにを食い下がってるのか知らんが。

欧米人を叩くニュースは流れる、流せるわな。
んで、叩きがタブーな国があるのはいくらなんでも認めるよね?
まあそういうことでは。

231 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 03:44:08 ID:wys9wO4RO
>>230
認めるよね?って言われても・・。

232 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 04:13:34 ID:uEAV8aB+0
褒め殺しと思っておけばいいんじゃない?w

233 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 07:33:03 ID:+n7aJ9g/0
>>231
違うとでも? はっきり言おうや。なんかいやらしいレスだなあ


234 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 08:12:35 ID:QRNm++u2O
凶悪犯罪:アメリカ、ヨーロッパ
お笑い、珍場面:アジア、アフリカ
感動:日本以外のアジア
こんな感じじゃないか?
日本の感動話をあまりやらないのは他の番組でもよくやってるからだと思うが

235 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 08:31:02 ID:tm+emXeI0
>>220
それ、何年か前のアワーズという雑誌の読みきり漫画で読んだ…。
ものすごい鬱になったの覚えてる。
そのコワイ本てのは漫画を集めた話なのかな?ちょっと気になった。

その漫画を読んだ時期ぐらいに、同じ作者か分からないけれど
やはり鬱になる漫画が載っていたのを覚えてる。
ストーリーの細かい所はうろ覚えだけど、確か片田舎にあるお約束というか
ある妖怪?元は人間?のようなモノがでるのだが、それを見ても声を
かけてはいけないというもの。そのモノはなんとも不気味な風貌で
顔の部分が丸く空洞(といっても、あちら側が見えるわけではなくて、くぼんでる?)
というもの。その絵がなんとも、気持ち悪い。
主人公は、幼少の頃祖母とそれに遭遇するが、「声を出しちゃあかん」といわれ
その時は事なきを得るが、数年後に知り合い(いじめられっ子?)がその姿に
なった様を見てしまい、声(というか「ヒッ」て感じの悲鳴だが)をあげてしまう。
それで、最後の〆は「きっと自分もああなるだろう」みたいな〆で終わってた
ような気がする。

「声をかけた」わけではなくて「悲鳴」もアウトかよっっと、その気持ち悪い絵と
(しかも、上手かった)共に後味悪かった('A`)

236 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 09:12:11 ID:hARfE29W0
>>225 葛城ユキ?て人の歌だったと思う。
「ボヘミアン」歌ってた人だ。
あれを尾崎豊っぽいと表現するんだなーと驚いた。
強いて言うならアンルイスっぽいと思うんだが…

237 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 09:24:45 ID:rnxg0lpE0
レディコミで見たやつ

ガリガリでほぼ死に掛けの老人を看病する美しい黒髪の女性。
その看病の様子を皆が誉めるが、女性はそれどころではない。
こいつに死なれたら困るとガクブルしながら意識不明の老人の手を握る。

老人視点で回想がはじまる。
教授として大学に勤めつづけ、気付けば独身のまま定年の近づいた老人。
彼は何十歳も年の離れた生徒の女性に恋をしてしまう。
女性は黒髪色白の美しいいかにも日本女性といったタイプの人で、
老人は彼女に愛を告白した。拒絶されると思ったが女性はあっさりと結婚を承諾した。
貧乏暮らしで金への執着の強い彼女は、老人の金だけが目当てで、
すぐに彼女は以前の面影など消えうせ、けばけばしい化粧まみれの顔になり
髪は金に染め抜かれ、老人の金で買ったブランド物の服に身を包んだ。
そして男と浮気し、老人に暴力を奮うようになった。
だが老人はけして抗議などせずに、それに耐え続けた。
きっといつかは彼女も自分の愛をわかってくれるはずだと。

彼女が男の家に泊まって帰ってこない日も老人は彼女の事を思い続ける。
老いた身では若い男のように女性を満足させられないし、当然の事だよなと落ち込む。
ある日、女性は老人を地下室に閉じ込めた。餓死させる気だった。
老人が行方不明になった事を大学の者たちは心配したが、女は知らないふりを続けた。
閉じ込められた老人は、女性が自分を殺すために閉じ込めた事を知りながらも、
それでも思い出すのは美しい女性の姿と彼女への溢れるばかりの愛だけだった。
ガリガリに痩せこけていき意識が朦朧としながらも、
久しく機能しなかった彼の男性器が彼女への熱い重いで膨らみ続けた。


238 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 09:26:29 ID:rnxg0lpE0
女性もまた、夢を見る。体はガリガリなのに男性器だけは逞しく起立した老人に犯される夢を。
それはひどく禍禍しく、同時に甘美な夢で、女性はエクスタシーのあまり憔悴していく。
これは死にかけた事によって増幅された、老人の自分への思いにより生まれた生霊のようなものだと女性は悟る。
調べて見ると、この手の生霊のようなものは本人が死ぬとより強まるという。
今ですらあまりの快感に取り殺されてしまいそうなのに、そうなったらヤバイと女性は焦る。
やっと老人を発見したというふりをして、閉じ込めていたガリガリの老人を病院に届けたのだった。

世間体のためにまた清楚な姿に戻り、老人の看護を続ける女性。
老人が死んで、より強くなった念に取り殺されるわけにはいかないとそれこそ必死で看病する。
だが何十日も放置していたわけで、やはり老人に回復の兆しはあまりない。
焦る女性の後ろに、屹立した男性器を見せるガリガリの老人の思念が立っている。
今にも女性を襲おうと待ち構えている。だが女性はその姿に気付いていない。
突然、老人が目を開いた。容態が回復したのだった。
自分が死なない事に安堵した女性は涙を流して微笑んだ。
その笑顔を見て老人も微笑み、女性の背後の生霊は消え去っていった。


女はが改心の涙を流したと思って、老人の生霊は消え去るっぽいんだが、
この女は単に自分の命が惜しいだけだし、お前は殺されそうになったんだぞーと思うと後味悪かった。

239 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 10:20:08 ID:DOBnAeHX0
>>237-238
面白い。モヤモヤが残ってイイ!



                   不覚にもオッキしたwww

240 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 10:23:44 ID:49r/t6ny0
レディコミって言われなくてもこりゃ気付くな

241 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 10:55:00 ID:zTMuo9mNO
>数十日も放置

これで生き残るとはなんともタフガイな爺さんだ
あと『偶然発見した』
で済まされるのもレディコミクオリティ

242 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 11:04:08 ID:rzad4u6jO
>>237-238
怖さもあるんだけど、あらすじの説明がすごくうまい。
長文にも関わらず読んじゃった。
綺麗にまとまってて読んだことの無い人にも分かりやすく書いてくれてるね。
たまに説明下手な人いて途中で読むのやめちゃうんだよね(´・ω・`)

243 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 11:21:00 ID:We+E0mP/O
そういうことって、別に言わなくてもいいことでは…
あなたが全部読もうが、
途中で挫折しようが知ったことではないし。

244 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 11:21:55 ID:W72+ghFw0
>>237-238
呪みつるさんですね。あの独特の絵柄と話があいまって怖さ倍増

私はZコーラの話が好きだったな
地方に飛ばされた女性が子供の頃の体験を基に大ヒット商品
Zコーラを開発したけど、原料は実は人間なんですよ・・・・・

と自分を飛ばした上司に告白(上司は今までZコーラ飲みまくり)
して退社。ざまあみろ!で後味スッキリだからスレ違いw

コーラの原料は髪の毛で女性はウソは言っていないw
でもZコーラは子供の頃に飲んだコーラの味には及ばない
子供の頃に飲んだコーラにはやっぱり・・・・・・・・でラスト

245 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 11:56:44 ID:5vh64W1k0
>>243
だね。まあ文章力や気遣いはあったほうがいいけどさ。
たった4行の甘えたレスに不快にさせられることもあるわけだから。


246 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 12:14:06 ID:1TfNdeSi0
昨日見たDVDの『富豪刑事』(ファーストシーズン)が後味が悪かったので。

深田恭子扮する主人公の刑事の所轄内で男の子の誘拐事件が起こる。
男の子の家は小さな町工場で、従業員の給料を身代金にあててなんとか用意する。しかし、金はまんまと犯人に持ち去られてしまう。
そして、これに味を占めた犯人から再び、身代金要求の電話がくる。
二度目の犯行時の逃走の際、犯人は橋の上から現金が入った鞄を落とそうとする。
が、鞄が重すぎて老朽化した橋の手すりが耐え切れず折れてしまい、犯人はそのまま落下して死亡してしまう。
同時刻、パトロール中の婦警達が、林の方へ駆けて行く男の子の姿を見つける。
慌てて追いかけると林の中で廃屋を発見する。男の子はそこに閉じ込められていた。
男の子を開放し「君はずっとここにいた?」と聞く婦警。男の子は頷き、婦警は首をかしげる。
その後、深田の推理で犯人と男の子の父親がグルだったことが暴かれる。(犯人は工場の元従業員だった)
「あなたは、犯人が邪魔になったから手すりに細工をして殺したのです」という深田に「でも僕はずっとあなた達と一緒に居たじゃないか!」と反論する父親。
その時「別にあんたがやったとは言ってない」と、寺島進扮するヤクザ刑事が男の子を連れてやってくる。
廃屋に隠し通路を発見したのだ。「子供に殺しを手伝わせるなんて」とヤクザ刑事に詰め寄られる父親。
途端、父親は「違う太郎(男の子の仮名)は関係ない!太郎はやっていない!」泣き崩れる。そんな父親を見下ろして、男の子は悲しそうに「パパ……」と呟く。


247 :つづき:2006/08/10(木) 12:15:54 ID:1TfNdeSi0
その夜、事件の顛末を深田は祖父(夏八木勲)に話す。
「町工場は倒産ぎりぎりまで借金を抱えていて、これまでも悪質な脱税や無理な借り入れを何度も行っていていたそうです。
今回ももし誘拐事件が起こり身代金が必要になれば、銀行の返済や従業員の給料もしばらく待ってもらえると考えたようです。
でも、だからって自分の子供まで巻き込むなんて……」
「そうかのう。お前の話を聞く限り、その男はその場しのぎで脱税したり狂言誘拐をしたりして、器の小さな小心者だと見える。
とてもじゃないが、共犯者を口封じに抹殺だなんて大胆な事ができるタイプじゃあない。」
「じゃあ、太郎君がお父さんをかばうために、手すりに細工をして犯人を殺したのですか」
「ああ、こんなことがバレたら自分は一流中学に進学できないからな」
 次の瞬間、微笑む男の子の顔の下半分だけが映る。
 驚いた深田恭子の顔のアップで終。


248 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 13:11:36 ID:wys9wO4RO
>>233
じゃあ言うけど、なんてゆーかさ、
そうゆう風に自信満々に力説する人が多いよね。
2ちゃんで「朝鮮人は〜かの国は〜」って言ってる人には。
そこがなんだかな〜といつも思う。

今さらレスするのはまた後味悪いかな。

249 :222:2006/08/10(木) 13:14:01 ID:PyeYAkW4O
>229
日本社会における朝鮮人と欧米人の位置付けや歴史を無視した、いわゆる詭弁ですね。「一見関係ありそうで関係ない話を始める」

250 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 13:20:53 ID:uYh+TUdY0
>>244
それを言うなら「呪みちる」でないかい?

251 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 13:21:55 ID:7dtRUuhkO
ていうか一人の人間の行いで国民全員を括られても困る

252 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 13:30:43 ID:5vh64W1k0
>>248
ハン版行ったら? 理解力がないというわけではなく、わかってやっていると見えるので。
向こうなら詳しい人もいるしさ。
とにかくもう荒らさないでください。


253 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 13:44:28 ID:wys9wO4RO
>>252
荒してスマンかった

254 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 13:49:23 ID:9esZT+Aq0
>>248
そっち系と縁が深そうだね

255 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 13:59:03 ID:xHv4B38M0
前半の風呂場に閉じ込められた女子高生の話だけ昨日見たけど、
別に女の子がお父さんを毛嫌いしている、
なんて描写はなかった気が。

ただ単に、お父さんに裸を見られるのを嫌がっただけでしょ。
思春期の女の子なら同然だと思うが。

256 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 14:00:30 ID:O0POxH2l0
>>220
>>235
作者は高港基資ですね。
「絶対音感調律師」「顔をみるな」がそれぞれタイトルだと思います。


257 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 14:32:00 ID:/NtckeEw0
中国の「ココシリ(可可西里)」(←地名)という映画

チベットガゼル?の密猟者を追う、チベット人の有志が無償で行っているパトロール隊の話
パトロール隊は、密猟者の集団を発見してつかまえるんだけど、
その時に捕まえたのは密猟者の本隊?ではなくて、農業だけでは食べていけないチベットの農民。

密猟のボスを捕まえるために、パトロール隊は更に跡を追うのだが、隊員の一人が肺水腫?(高山病の最終形態)にかかったため、補給を兼ねてひとり(仮にAとする)が一度村まで戻ることになる。
Aは病院代と補給物品の購入費を隊長に求めるが、隊長は金がないのでやむなく押収したチベットガゼルの毛皮を渡して、金に換えろという。
Aが出発したのち、長引くパトロールから食料が足りなくなってしまう。
隊長は、連行していた密猟者の農民たちを解放し、食料がないので自分たちで帰れという(一番近い道路までで100q)
農民たちを残してパトロール隊は追跡を続けるが、今度はパトロール隊の車も1台トラブルを起こしてしまう
Aが戻ってくるのを待て、と言って追跡を続ける隊長

そのころ、無事村に着き、病人も病院へ預けたAは、
補給品を満載して砂漠地帯を走っていたが、車がスタックしてしまう
とりあえず、荷台から荷物を降ろすA。
しかし、荷物を持って二・三歩歩いたところで流砂に足をとられてしまう
Aは流砂から逃れようとするが、体はどんどん沈むばかり。
やがてAはすべて砂にのみこまれ、スタックした車と荷物だけが残る

密猟者を追う隊長も車が使えなくなり、不毛地帯を歩いていると、密猟者農民らしき集団をみつける
「あいつら、山から出ることができたんだ」みたいな事を言って近寄る隊長
しかし、近づくと彼らは隊長に銃を向けている。
「これがオレたちのボスだ」という農民。
「おまえを捕まえにきた」と密猟者に囲まれながらボスに言う隊長
そして、隊長がボスを殴った瞬間、密猟者の一人が隊長に向かって発砲する
ボスは息のあった隊長にとどめをさして、去っていく

で、村では隊長の遺体を囲んで号泣
「現在では、パトロール隊は有志のものから公営?になり、チベットガゼルは○万頭にふえました」
とかいうような説明で終わり


258 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 14:33:40 ID:/NtckeEw0
長くてすまなかった
日本で公開したか分からないんだけど、中国で見たから細部があいまいで、うまくまとめられなかったかもしれん
映画っていうか、ドキュメント風なんで仕方ないかもしれないが、なんか凄くもやもやしました
ちなみに実話らしい

さらに余談だが、北京オリンピックのマスコット(黄)はチベットガゼルをイメージ

259 :220:2006/08/10(木) 15:15:49 ID:3rlxQHgC0
>>235
>>256
おお、その作者さんです。

ググってみたらこの本ですね。
ttp://www.shonengahosha.co.jp/special/index_kyofu.html

その話以外にもオチがイヤンな感じの作品が何作かあって
怖いというか鬱になりました・・・

260 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 15:22:56 ID:tH4NAzkI0
>>246-247
このスレに出る他の作品に比べたら後味の悪さは薄いけど、
ガッツが犯行を確認されて真顔でOK牧場って返事したり
しげるミッチーが犯罪中に拳銃構えながら愛のメモリー熱唱したりとおちゃらけた締め方が多い分、
その回のみの後味の悪さが悪目立ちしてるよね。
だからストーリーそのものの後味の悪さに、
笑おうと思ってたら期待を裏切られた!っていう肩透かしが加わって
二重の後味の悪さを感じる。

261 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 15:47:31 ID:bQiGMuzr0
コンビニにて

バイト「客が亀田のポスターのことでブツブツ言ってきたんスけど・・・」
店長「あ?どんな奴だよ?」
バイト「あいつっス。あのデブのユニ男っスよ。いつもジャージのポケットから直接小銭出すやつっスよ」
店長「ああ、あの在日とか創価とかブツブツ言ってるキチガイか・・・」
バイト「そうっす。あいつ本部に報告してくれとか言ってんスけど」
店長「は?俺が?バカじゃねえのwww俺が本部からキチガイと思われるじゃねえかwww」
バイト「そうっすよねー^^」

262 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 16:52:26 ID:M12zQrEP0
>>261
ジャージの男きもい
店長、店員もきもい

後味はわからん

263 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 17:59:50 ID:tm+emXeI0
>>256
235を書き込んだものです( ´Д`)そう、そんなタイトルだったorz
作者名も分かってすっきりです、感謝感謝。
なるほど恐怖雑誌を出したのがアワーズを発刊してる所だったのですね。
ひっそり探してまたあの後味の悪さを感じてみようか…。

264 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 18:39:17 ID:lWd4esJv0
>>260
>笑おうと思ってたら期待を裏切られた!っていう肩透かしが加わって
> 二重の後味の悪さを感じる。

コレすごく解る!「トリック」とかもたまにあるよね。
なんつーか、次はどんなお遊びもってくるのかなぁとwktkしつつ見てるだけに
ブツッと切られて終わっちゃうと何だかね。

ちなみに初めの「富豪刑事」の最終話はしげる&ミッチーが愛のメモリー大盤振る舞い
とか、すごく凝った豪華なラストだたのに「富豪刑事デラックス」では
特に最終話らしくないフツーの終わり方だったのが後味悪かった。
なんか急場しのぎのやっつけ仕事って感じで。

265 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 19:11:20 ID:uYh+TUdY0
いつでも続編を作れるようにって配慮では?

266 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 19:45:21 ID:vDskDTOd0
>>261
その書き込みの意図をよくわかるように説明しろ
それとも誤爆か?

267 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 21:02:34 ID:CRERrwHiO
>>266フツーに釣りだと

268 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 21:29:05 ID:ExXySza60
>>266
全然違うかもしれんが、生活板で以下のようなレスがあった。
↓に対するカコイイレスを書いたつもりで、誤爆したんじゃまいか?


280 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2006/08/10(木) 14:08:36 ID:pS3N95bi
サンクスは亀田のポスターが貼ってあり、精算時にバイトの店員に

俺「不愉快なポスターが入り口にあり、嫌でも目に入るのでなんとかなりませんかね?」
バ「ポスターって何のでしょうか?」
俺「八百長チャンピオン亀田のポスターです」
バ「あー、アレですか、やっぱり腹が立ちますよね、申し訳ありません。僕だけでも他に二件苦情があったんですけど上から貼るように言われてますので」
俺「じゃあ客からのクレームがあったと報告してもらえますか?」
バ「あー、そういえばそうでした!ぜひ報告させていただきます」


この店員が今までクレームを報告してなかったのは置いといて、おまえらもサンクス行ったらポスターの苦情言えよ

269 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 23:18:22 ID:5vh64W1k0
>>261
そのコピペを作ったやつの
「亀田を批判するやつキモい、在日、創価を批判するやつもキモい」ってことにしたい
という意図で、お里が知れるという見方もあるかもね

まあ構ってくんだったんだろうが

270 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 00:27:55 ID:PyHUbCFUO
マイフレンドフォーエバーという、エイズの男の子との友情を描いた映画。
自分は号泣しました。
簡単なあらすじは、
輸血でエイズになった男の子と、内向的な男の子が友達になる。
お互い友達がいなかったからすぐに仲良くなる。
ある日新聞かなにかで、エイズの完全治療薬が出来たという記事を見て、
その薬をもらいに行こうとエイズの子を誘い家を抜け出す。
いかだ(?)か何かで川を下ったり、船に乗ったり、ネーチャン達と遊んだり、
野宿したりと、ちょっとした冒険をして友情も深まる。
色々あって、治療薬もガセネタとわかり、ガックリして帰るが、
エイズの子は無理が祟ってそのまま入院、数日後に死んでしまう。
そのエイズの子のお母さんが、落ち込む男の子を抱き寄せて、
「あの子はあなたのおかげでかけがえの無い経験をした。いい友達ができて幸せだった。」
うろ覚えだけど、このシーンでかなり泣ける。

でも良く考えたら、無理につれださなければ、もっと長生きできたんでは?
その少年の善意が、エイズの子の命を縮めたのかもと思ったら後味悪くなりました。
でもエイズの子は幸せだったと思いたいです。
長文ごめんなさい。

271 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 00:41:38 ID:wqT4eYCSO
うわ
感動なのか…なあ???

272 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 00:51:53 ID:/V8zW43R0
>>270
世界の中心で愛を叫ぶもそんな感じじゃなかったっけ。
あっちはどうせ死ぬんだから寿命を縮めることになってでも
せめて夢をかなえてから死なせてやろう
みたいなスタンスだったような気がするけど
>>270もそんな感じで考えると少しは後味悪くならないかも…

273 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 01:04:36 ID:fIDOmltl0
とってもいいお母さんに感動した。
実際は「ウヒョー楽になったぜー」と思いつつも「あなたのせいで愛する息子が
ウボァァァー」と金をせびるか、もしくは国会議員になって、エイズとまったく関係ない
自衛隊批判などをはじめる。


274 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 01:04:39 ID:691YTZbQ0
>>270
その冒険に行かなければ1年も2年も長生きできたというならともかく、
1週間とか1ヶ月くらいならベッドに寝たきりで過ごすより
友人と楽しい思い出を作った方が病気の男の子にとっても幸せだったと思いたい。

275 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 01:06:05 ID:tPefawOvO
>>270主演のエイズにかかって無い方の子は、凄い美少年で、
人気もあって将来が期待されてた子なのに、麻薬に手出して、顔も劣化して、
最終的にはちっぽけな犯罪で逮捕されてしまった。
しかも同時期にこの子と同じように美少年で将来期待されてた子達は、
みんな同じように麻薬とかに手出して顔も劣化して落ち目に…

後味悪い

276 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 01:09:35 ID:DfAQOSegO
マコーレーカルキンとかETの妹とかな

277 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 01:10:23 ID:T9INr1ca0
ETの妹は大逆転したじゃん

278 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 01:14:45 ID:QDz9zf5hO
SAWという映画だな
後味苦すぎる

279 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 01:19:58 ID:fIDOmltl0
>>276
>ETの妹
メスもいるのかとおもた

280 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 01:21:18 ID:tPefawOvO
>>276
>>270の子はブラッド・レンフロって言う子で
http://www.geocities.com/Hollywood/Makeup/5455/renfro/renfro17_2.jpg
http://www.latimes.com/media/photo/2005-12/21098956.jpg

あとはエドワード・ファーロングとか

281 :1/2:2006/08/11(金) 01:40:56 ID:p8C4/qEj0
>270 の話の中のお母さんは優しいよ…。

酷いな、と思ったお母さんの事を思い出してしまったので書く。

昔、お昼のワイドショーの中のコーナーで「行方不明」の人を探す、というのがあった。
行方不明といってもいなくなった理由がまったくわからない訳ではなく、配偶者が不倫相手と
家出や駆け落ちしてしまって今二人が相手がどこにいるかわからない。居場所を見つけたい。
というのがほとんど。で、その相手が見つかったら探していた相手と対面の様子を放映。
その対面の様子でとても後味悪くて未だに覚えているのを一つ。

若いお母さんが不倫相手と家出して数ヶ月。旦那が奥さんを探して欲しいと出演。
で、放映から数週間後に奥さんが見つかって子供と旦那さんと対面する事になった。
どこかのホテルの一室が対面用に用意されて、その若いお母さんがソファに座っていた。

旦那さんとはしこりがあるからと言うことで、まずは子供達だけと会うことになった。
子供は三人いて、お母さんのいる部屋に司会者に連れられて入ってきた。
そのうちの二人がお母さんを見つけて駆け寄って号泣。お母さんもごめんね、とその
二人を抱き寄せて涙、涙。三人姉妹の真ん中の女の子は小学校低学年くらい。
その子はお母さんに近づかずに、涙を拭いながら黙って立ってる。
司会の男性に「お母さんだよ、ほら、待ってたんだよね? なぜ行かないの?
お母さんたよ?」といわれて、おずおずとお母さんに近づいた。


282 :2/2:2006/08/11(金) 01:41:46 ID:p8C4/qEj0

お母さんに触れるくらいの所まで行っても、女の子二人を抱き締めていたお母さんは
その子を無視して女の子二人を抱き締めたまま、その子を見ようともしない。
司会者に「お母さん、ほら、もう一人お嬢さんがいますよ。一緒に抱き締めてあげましょうよ」
と言われてお母さんは顔を上げて、とても険しい顔になって、
「あんたはお父さんが好きなんでしょ! お父さんといなさいよ!」と女の子に怒鳴った。

女の子はさっと二三歩退いて、静かに涙を拭った。司会者が
「お母さん! なんでそんな酷いことをいうの! 同じ子供じゃないの、同じように
抱き締めてあげなさいよ、ほら」と涙を拭っている女の子をお母さんに押しやるようにした。
そしたら、お母さんは押しやられた子供を払いのけるようにして言った。

「この子はお父さんが好きなんだもの。この子はお母さんはいらないの。そうでしょ?」
「お母さん、それはあんまりでしょう! ほら、あなたの子供ですよ!」
司会者とお母さんが言い争う中、黙って涙を拭っていた女の子は泣き出した。
司会者が「ほら、みなさいお母さん、泣き出しちゃいましたよ! こんなに泣いてますよ!」

お母さんも酷いけど、司会者の、なんというか、うまく言えないけど…言えないんだけど……。

とにかく見ていて苦しくなった

283 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 01:44:02 ID:DfAQOSegO
そんな母親は糞食らえだな

284 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 01:45:25 ID:UD+DA5750
>>270
今日偶然その映画について友人と話したから驚いた。
その母親は歴代映画史上で一番良い人だったな。

>>281-282
それは…嘘だろうって言いたくなるぐらいだな。よく放送したな…
ワイドショーだから生か?司会者がみのっぽい

285 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 02:07:08 ID:R8P9ixtMO
>>280
エドワード・ファーロングって2004年の9月だったか酔っ払ってスーパーのロブスターを逃がそうとして捕まらなかったっけ?
何か自然保護の名目で騒いだとか、昔カップ麺のCMに出てた時の動画が見たいとか友達が言ったんでググッたらその記事が出た覚えがw

286 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 04:29:52 ID:PyHUbCFUO
>>270です。
>>280
そこまで劣化したとは。
この映画でレンフロのファンになったので、さらに後味悪くなりました。
たしかエイズの役の子は、ジュラシックパークでてた子だったはず。
この子はどうなったんだろ。

287 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 04:35:46 ID:wuxX6lD5O
ブラッド・レンフロまったく見なくなったなぁ…って思ってたら、そんなことになってたのか!!
>>280のリンク先、見れなかったからイメージ検索したら、まぁヒドイヘアスタイル!!!
残念だなぁ…。
オスメント君も違う方向ヘいってしまうんだろうか…。
何の根拠もないが、ハリーポッター役の子は大丈夫な気がする。

288 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 05:28:07 ID:WGD4xcaw0
>>280
うわ、まじで後味÷...

289 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 05:34:40 ID:c9v5DS330
>>287
ハリーの親はエリートの金持ちだよね。ケンブリッジだっけ。
息子には
「これはとても人気のある作品だから。君も人気が出るかもしれない。
けれど君の力で売れたわけではないんだよよ。勘違いはダメ」
と言い聞かせたと記事で読んだ。
他の子役はだいたいドキュソ家庭だからね。子供の金にたかって生きている。
もしくは七光り。

290 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 06:00:47 ID:k5OSjds60
>>289
大変分別のある人だなあ。

DQN親も、ちったあ見習わなきゃ。

291 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 06:13:40 ID:uKw0lyUQ0
日本でもいるな<子供売れっ子、親DQN
宮沢りえとか安達由美とか。

292 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 06:18:21 ID:fIDOmltl0
もう一歩分別があれば、子役などさせるべきではなかったが。
でもきちんとしつけていらっしゃる


293 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 06:41:15 ID:U7Ayd1YFO
ハリー役のダニエル・ラドクリフの両親は舞台の脚本家だか演出家だかじゃなかったっけ

294 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 07:47:51 ID:GxAFDo2HO
映画より>>275>>280の方が後味悪い

295 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 08:43:45 ID:mIFYSp300
明治か大正ぐらいの日本で、ロングヘアーでマントを纏ったイケメン吸血鬼が暗躍する。
いつものように通りすがりの女に襲いかかり血を吸い尽くして殺した帰り、
金髪碧眼の幼女が泣きながら歩いているところに出くわす。
幼女の口ぶりから、異人の血を受け継いだがために捨てられたようだった。
吸血鬼は幼女を拾って帰る。腹が減った時の非常食用に。
だが拾って三日で後悔した。幼女はとにかくしゃべりまくり姦しいのだ。
それでも見捨てなかったのは、幼女が同じ異形のものだからかもしれない。

日に当たると吸血鬼は死んでしまう。
なので青い空を見た事のない吸血鬼に幼女は空の話を聞かせる。
どんな色かと訊ねる吸血鬼に幼女は、自分の青い瞳を見せた。
「私がおじさんの空になってあげる」

非常食として生かしたまま20年がすぎた。
吸血鬼は変わらない姿のままだが、幼女は大人の女性へと育った。
ある日、男たちが女性を輪姦しようと襲いかかってきた。
助けようと無我夢中で駆けより、吸血鬼が覚えているのは
二人の男の喉笛を噛みちぎったところまで。
一人は逃げてしまい、噂が広まりもうその街にはいられなくなった。
吸血鬼と女性は廃屋となった教会に移り住む事になった。
恐ろしいのは十字架などではなく信仰心だと吸血鬼は語る。

何百と空の話を聞き、平穏な日々がすぎていく。
小さな町で、家畜すら襲えず吸血鬼は飢えを抱えていた。
だが長い月日の中でもう女性を非常食だと思う事はなくなっていた。
金の髪を白髪に変えながらもなお青い瞳を持つ女性は空を語り、
あなたにもあのキレイな空が見えればいいのにと、吸血鬼に言う。
「いいや私はもう空を手に入れた」

老いた女性は病であっさりと死んだ。だが吸血鬼は涙など流さなかった。
女性がどこにいるのか知っているから。真昼に教会の扉を開き、吸血鬼は空を見上げる。
「ああこれがあの青か」

296 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 08:56:02 ID:c9v5DS330
青い目は劣性遺伝だから日本人と外人の組み合わせでは生まれないよね
と言いつつ、>>295の話は綺麗な話だと思った。

297 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 08:57:30 ID:h0IF9dPl0
良い話だけど後味悪くはないな

298 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 09:05:16 ID:aBk7WfS00
>>280
変わりすぎwゴールデンボーイって映画でしか見たことないけど、
こんな事になってるなんて後味悪い

299 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 09:08:17 ID:ArvSrC8mO
296
そうなりやすいというだけであって、生まれないなんてわけはない。

300 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 09:12:30 ID:fAAfjr7w0
普通にええ話や

301 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 09:25:13 ID:WGD4xcaw0
>>295
良い話や(´Д⊂
出典教えて

302 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 09:57:22 ID:O5IFR7bhO
>>295
三原ミツカズの「beautiful people」だね。

303 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 11:48:13 ID:IpdZqIP90
>>270
レンフロが内向的なのは母親の暴力のせいだっけ?
母親に殴られてる姿を見つけたエイズの子のお母さんが止めに入って
「今度あの子に酷い事をしたら・・・・・・・・殺すわよ」って言い放つシーンでグッときた。
憎しみや怒りの勢いで言ってる風ではなく、胸が張り裂けそうな思いで言ってる感じ。
近い将来、いなくなってしまう息子を愛している母と、逆に息子をないがしろに
しているレンフロ母の対比が凄く出ている名シーン。

304 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 13:42:31 ID:Nuc5CNeN0
>282

はしこり

305 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 13:52:11 ID:aTEPGR/dO
子を利用する母親の話が出てるから投下。
昔、ウッチャンナンチャンの番組で、幼児が兄弟二人だけで制限時間内に電車に乗って目的地まで往復できたら百万円って企画があった。途中で買い物をしたりといくつか条件もあって、3回までならモニターを見ている母親に携帯から相談できた。
んでその母親がやたらDQN率が高かった。我が子の初めてのお使いをテレビ局に売って金儲けしようとして、自分の思い通りにいかないと叱る、責める。
家に帰ったら『なんで教えた通りにちゃんとできないの』って説教しそうだなあって思った。
あと同番組内で赤ちゃんのハイハイ障害物リレーみたいなのもあって親が必死で呼ぶんだけど辿り着けずに転んで泣いたりして可哀想だった。まだろくに口もきけない頃から親の私欲のために使われるなんてね…

306 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 14:11:51 ID:Fa+fQh6Z0
〜炎のチャレンジャー これが出来たら百万円〜 だったっけ。

307 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 15:05:46 ID:jSWP8AkiO
まあたいていの親は私利私欲のために子供作るんだがな

308 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 15:14:52 ID:fIDOmltl0
かなり恥度の高い中二病が決まりましたねー


309 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 15:15:20 ID:PyHUbCFUO
>>303
そんなシーンあったね。
とにかくエイズの子の母はいいカアチャンだった。
レンフロがまた幸薄そうな美少年っぷりだった。
レンフロ繋がりで後味悪いと言えば、スリーパーズも最悪だった。


310 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 15:42:35 ID:vsIXw1Fe0
>309

スリーパーズのラストは後味悪いけど好きだ。
細かい所は覚えてないんだが…

なんか、すげーせつない。


311 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 15:54:18 ID:R+2qs+Ee0
>>309
>>1

312 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 16:05:39 ID:DfAQOSegO
ジーパーズクリーパーズ(ヒューマンキャッチャー1)
のラストと勘違いしてた('A`)

313 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 16:19:28 ID:nebU30hG0
>>312
ヒューマンキャッチャーなんてダサいネーミングつけた広報の奴らは
氏んだ方いいと思うよな。
ヒューマンキャッチャー2が出る前年にキング原作の「ドリームキャッチャー」
が出たのにあやかってつけたんだろうが、心底馬鹿なことをと思ったよ。

314 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 16:47:36 ID:PyHUbCFUO
ごめん。文章下手だからおおまかなあらすじだけ。
詳しい人いたら補足頼みます。
スリーパーズ。
何の知識もなく豪華キャストってのが魅力で見て鬱になった映画です。
ニューヨークのスラム街で育つ4人の少年。
ある日いたずら心からホットドックの屋台をかっさらって
あやまって地下鉄の階段に落とし、人に怪我を負わしてしまう。
その罪で4人は少年院行きになる。
その少年院で4人は毎晩のように看守にレイプされ心に傷を負うが、
誰にも言わないように4人だけの秘密にしようと約束して出所の日を向かえる。
このレイプの直接の描写はないんだけど、少年達の泣き声とか叫び声がもう、悲惨でトラウマになりそうだった。
何年か後、4人のうち一人は新聞記者(ジェイソンパトリック)、一人は検察官(少年時代レンフロ、成人ブラピ)、
後の二人は過去の影響か、チンピラになる。
ある日チンピラ二人が入った店に、偶然にも昔レイプされた看守(ケビンベーコン)がいた。
二人は怒りを抑えきれず、ベーコン射殺。二人は逮捕される。
その事件を知った後の二人は、裁判で二人を無罪にしようと計画する。
色々あって、二人を無罪にでき、少年院での出来事もばれて他の看守にも復讐できたんだけど、
結局その4人は幸せな人生は送れず、
チンピラ二人のどっちかなんかは足を洗うことなくチンピラ仲間に殺されちゃう。

最後、少年時代の4人が楽しそうに踊ってるシーンが切なかったです。
ごめんよぉ。文章下手で上手く伝わらないね。

315 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 16:57:54 ID:cdhr+7e80
>>314
乙。何となく粗筋は分ったよ。
近いうちに借りに行こうかな

316 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 17:10:34 ID:JZuimo/TO
>>314
懐かしい…
補足するよ。屋台は誤って落としたんじゃなくて、
「落としかけて屋台の主人に持たせ、身動きできなくして笑おう」
という、結構残酷なものだった。
予想外に屋台が重く、子供には支えきれなくて落としてしまった。

ブラピは「確実に勝てる裁判を落とした」ってんで辞職したんだっけ。

317 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 17:24:02 ID:LqjEjU3+O
乃南アサ 「坂の上の家」

主人公は、気のいい若夫婦が経営するレストランの、アルバイトの女子大生。
その店には、いつも閉店間際にやってきてはダラダラと長居する、大変迷惑な家族客がおる。
家族仲は傍目にも冷えきっており、その4人のあいだにはおよそ家族らしい会話もなく
彼らは食事の最中も黙ったまま、本ばかり読んでいるのだ。
その家族のことを、主人公はいつしか陰で「悪魔の家族」と呼ぶようになる。

ある日街を歩いていた主人公は、「悪魔の家族」の長男(中学生くらい)が
同級生からイジメを受けている現場を目撃し、さらに次男(小学校低学年)が
遊び相手もおらずデパートの階段に座り、スナック菓子を
つまらなそうに食べているところを見る。
『あんなに幼い彼らが、私よりもずっと年をとった疲れた目をしている・・・』
と、主人公は何となしに嫌な気持ちになる。
また、その街では最近不審火事件が相次いでいるらしく、オーナー夫婦も不安そうな面持ち。


318 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 17:26:38 ID:LqjEjU3+O
数日後、昼間のレストランに、数人の主婦を連れた「悪魔の家族」の妻が来店する。
彼女たちの話から、悪魔妻は学校の教師をしているらしいこと、
また「悪魔の家族」が、店からも見える坂の上に建つ、立派な新築の家に
住んでいることなどがわかる。
素敵な先生然として主婦達に子育てのアドバイスをする悪魔妻に、主人公やオーナー夫婦は
『実の息子たちの無言のSOSにも気付かないで何が素敵なおかあさん先生だ!』
と憤る。



319 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 17:28:39 ID:LqjEjU3+O
それから幾日かたったある晩。閉店間際に、最近では家族ばらばらに到着するようになった
「悪魔の家族」が来店するが、次男がなかなか現れない。
遅れてやっと到着した次男はめずらしく晴れ晴れした表情で、長男に
「ばっちり大成功だよ、お兄ちゃんっ!」と声をかけ、長男も
「よくやったな、上出来だぞ」と返事をする。
初めて彼らの家族らしい会話を見た主人公は驚きを隠せない。
「早く注文して食べちゃいなさいよ」という悪魔妻に、
「いっらないよっ」
「僕も、いらない」
と返す子供達。
「あらそう。じゃ早く家に帰って、お風呂入って・・・」
悪魔妻が言い終わらないうちに、兄弟は顔を見合わせくすくす笑いだす。
つられて笑顔になりながら悪魔妻が窓の外を見ると、坂の上から煙が上がっている。

「・・・おい、あれ、俺たちの家からじゃないか」悪魔父が茫然とつぶやく。

「ぼく、ちゃんと火、つけられたよっ」
「ああ、何度も練習したもんな」
兄弟は笑いながらしゃべり続ける。
「これでぼくたち、冒険旅行に出られるよね?」
「ああ。でもお前は無理だぞ、刑務所に入れられるんだからな。冒険旅行は僕1人で行くんだ」
「え?なんで?お兄ちゃんがやろうって言ったんじゃないかっ!」
「僕、知らない。」
「ずるいよっ!」

主人公の目に、悪魔夫妻が坂の上に向かって駆け出す様子が、
スローモーションのように映った・・・

おしまい

320 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 17:34:01 ID:mIFYSp300
教師は自分の子供にはどう接すればいいかわからないらしい。
なのでグレる事が多いそうな。教師のノウハウを生かしてめちゃくちゃ立派な子に育つ場合もあるが。
定時制高校に通ってるんだけど、両親が教師やってるとか、
大学教授だとか校長だとかって奴が結構いる。

321 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 18:00:01 ID:PyHUbCFUO
>>306
補足ありがd
裁判には、アル中の弁護士(ダスティンホフマン)を利用したり、
牧師(デニーロ)に嘘の証言させたりと、
彼等を取り巻く人達の心の変化も見れる。
しかも事実に基づいたってテロップが流れたような・・・。

322 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 18:01:12 ID:PyHUbCFUO
×>>306
>>316

323 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 18:32:11 ID:xve9KT+hO
教師の偏見はやめてね。

324 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 18:54:01 ID:BEibCY4q0
>>314
俺もその映画を見たことあるんだが
ホットドック屋の親父は故郷から家族を呼ぼうとしてがんばってたんだよな

325 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 19:06:30 ID:U7Ayd1YFO
>>324
スリーパーズは全体の粗筋を読むだけでも後味悪いんだけど、
屋台の親父とか、協力してくれる牧師(デ・ニーロ)とか、ブラピの元彼女とか、脇役との
ちょっとしたエピソードや会話も、かなりやり切れない気持にさせられるな。

326 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 21:02:46 ID:116vN2JM0
スリーパーズは原作本を買ったんだが、
少年院時代のレイプシーンの悲惨さに読むのをやめてしまった。
映画は見たけど、4人で最後にお祝いするシーンが何か物悲しかった。
牧師が裁判所で宣誓するときに、聖書とみせかけて実は白鯨だったという
エピソードは好きだったなあ。

327 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 21:26:12 ID:mIFYSp300
るろうに剣心の安慈和尚のエピソードが後味悪かった。
明治が舞台で、明治政府を滅ぼそうとする「十本刀」という集団が
主人公と敵対するんだが、安慈はそのうちの一人で目の下に黒メイクを施した坊さん。

安慈はかつて小さな村の和尚をやっており、
戊辰戦争で親を亡くした子供たちの世話をしていた。
心優しい安慈を子供たちは慕っているが、安慈は優しすぎて子供を叱るのが下手。
「和尚様は顔がやさしいんだから、もっと本気で怒らないとわかんないよ」
と一番年長の少女は言う。
ある日突然、廃仏毀釈により寺を解体すると村長から言い渡された。
それだけではなく村から出て行けという。
年長の少女の親は戊辰戦争の際に幕府側に味方していた。
その娘がいるために村は政府の恩恵を受け入れられないのだという。
一度は皆その通告に落ち込んだが「引越し先はどこにするかい?」との安慈の言葉に
子供たちは元気を取り戻し、口々に候補地を挙げていった。

滝に修行に行っていた安慈は轟音に気付く。それは寺が火をかけられ燃え盛る音だった。
子供たちは中にいるはずだと駆け寄ろうとしたところ、何者かに殴られ気を失った。
それは村長の指しがねだった。もたもたしている邪魔者たちを始末しようとしたのだった。
「幼くして辛い目にあってきたあの子たちにどうか幸を」と、安慈は昏睡しながら仏に祈る。
一命を取り留めた安慈が目覚めると、目の前には焼け焦げ崩れた寺の跡があった。
焦げた仏像のもとには、寄り添うような黒焦げの小さな死体が幾つも連なっていた。
救いを求めるように伸ばされたままの黒い腕には、年長の少女がつけていた腕輪がつけられていた。
安慈はその手を握り、手についた死体の炭を目の下に塗りつけた。
「和尚様は顔が優しいんだから」かつてそう言われた面影はなくなった。
手始めに村長たちを殺し、子供たちの位牌を抱えつつも破壊僧を名乗りながら、
やがて同じように明治政府に恨みを持つ者に出会い十本刀になった。

主人公たちの戦闘に敗北した後、安慈は政府への復讐計画は間違っていたと感じ、出頭した。
政府は、他の十本刀に行なった交渉と同様に、
有能な安慈に刑を与えない代わりに部下にならないかと持ちかけたが、
安慈はそれを断り、28年間にも及ぶ刑務所生活を送る道を選んだ。

328 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 22:33:46 ID:c9v5DS330
>>327
どこが後味悪いの?
立派でいさぎのいい男でした。じゃないの?

329 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 22:38:31 ID:nebU30hG0
>>327
後味悪い話にするなら、最後の四行はいらなかったな。
どうせ、その後の事は原作嫁よ(愛蔵版も出た事だし)ってことになるしな。

330 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 22:46:21 ID:mIFYSp300
>>328-329
その後のエピソードとかはなく、刑務所入って終わり。
元はといえば子供たちを惨殺された被害者なのに
こんな結末になったのが後味悪かった

331 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 22:59:50 ID:g26QzZu90
むしろアレは作者の顔がオカルトだったなあ……。悪夢のようなご面相だった。

332 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 23:11:45 ID:Y8fdZOwx0
漫画家の顔やプライベートは興味ないなあ。
作品が面白ければそれでいい。
プライベートで姫、王子と呼んでたって構わないさ。

333 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 23:50:42 ID:HNKQqJwG0
さっきフジでやってたドラマの後味が悪い・・・

鬱展開になるのは薄々気づいたけど。

334 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 23:52:01 ID:cdhr+7e80
エロ同人誌の後味悪い話はNG?

335 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 23:56:43 ID:N9kTykrGO
おけ

336 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 00:23:07 ID:bTje0EFr0
許可が下りたので投下。
一応後味の悪い話って事なのでセクロスシーンは省略します。
微妙な説明になりますが・・・OTL

その同人誌はオリジナルで主人公は高校生くらいの女の子(以降A)。
Aは男の家でセクロスを済ました後、暫く男に寄り添っていた。
すると男は「いつまでいるの?」と。Aは少し寂しさを感じながらも男の部屋から出て繁華街へ出向いて新しい男を探す。
そこでまた男を見つけてセクロスをすると相手の男はシャワーを浴びながら「今日はホテル代で手持ちギリギリなんだ。だから・・・」
そう男が言っているのをベットの上で寝転がりながら聞いているA。ふと見上げるとAと男のセクロスで
オナヌーしてる可愛らしい天使?(輪と羽がある)が浮かんでいた。悲鳴を上げるA。
そこで場面は変わりマンガ喫茶。Aは執拗に話しかけてくる天使?の問いかけを全てスルー。
やっとマンガ喫茶を出て自宅に。鍵で家を開けようとするがあかない。天使は「自分の家なのに何で開かないの?ドアノブ壊れてるの?」など。
それもスルーして家の窓から侵入して自室へと向かう。リビングでは両親と弟が笑いながらテレビを見ている。
家に侵入したAに気づいた弟が「アイツが家に入ってるよ」と両親に言う。
すると母親は「わざわざ鍵を変えたのに図々しいわね。」と言って何故か一家爆笑。
それも無視してAは自室に。そこでまた色々と問いかけてくる天使にAはキレて「お前何者なんだよ、幽霊かよ」などと
罵声を浴びせて怯む天使。そしてAはベットに入り眠ろうとする。すると天使がAを覆うように一緒に寝る。
むくりと起き上がりAは「何でアンタは私しか見れなくて、触れるの?幽霊じゃない?」と問いかける。
天使は「わからないかな?」と意味深な答えを。その後Aは「アンタ、私と男のセクロス見てオナヌーしてたでしょ?」
とそのまま天使とセクロス。

337 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 00:23:49 ID:bTje0EFr0
翌朝、天使の姿は消えていてAは病院の椅子に座っている。
医者「四ヶ月ですね、これから大変になりますが・・・やっぱり・・・」
A「一人で育てます」
医者「そうですか・・・」
Aは病院を出て、ヒマワリの咲く病院の玄関に立ち「名前・・・考えなきゃ」と呟く。

場面は変わり、天国っぽいところにあの天使が居る。
誰かに「君の名前が決まったよ」と言われ喜んで自分の名前が書いてある紙を受け取る。
その紙を見て「ひまわり・・・変な名前っ」とクスリと笑ってエンド。

私の説明が下手糞なせいでよく分らないと思うけど恐らくAは将来生まれる自分の子供とセクロス・・・
そしてあの天使は自分がAの子供になるということが分っていた(っぽい描写がある)
見終わった後、何か微妙な気持ちになた。

338 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 00:39:12 ID:aFQbuqdo0
>>323
なんか反応が過敏だな

339 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 00:43:48 ID:PkJHabvN0
>>336-337
ああ、それか

よく考えればたしかに微妙に気持ちだよな

340 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 00:45:34 ID:nBK6yIbWO
>>333
ようカス、元気かい。>>1読めよ。

341 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 00:55:20 ID:1+vttTLu0
>>339
なんつうかこう・・・
よく考えるに足る代物ではない気がするのだが。

342 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 01:08:31 ID:PkJHabvN0
>>341
すまんね
エロ同人はそんな考えずに見て抜くんだ
でも「よく考える」のは間違いだったな
あらためてスマン

343 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 01:30:28 ID:bTje0EFr0
エロ同人誌って大体が後味悪い。
前に見た苺はトラウマになったぜ(´・ω・`)

344 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 01:48:10 ID:AgJty2L80
>>336-337
父親は不明、母親は無職の女子高生、身内からは総スカン。

クスリと笑ってる場合じゃねーよひまわり。

345 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 02:00:03 ID:aFQbuqdo0
>>344
後ろ髪の長いガキに育てば同情心も失せるさ。


346 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 03:07:08 ID:EVoevfetO
じゃ漢字は「緋魔倭璃」で

347 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 03:36:42 ID:Sz6uS8a3O
>>343
そのトラウマになったという苺(タイトルだよね?もしかして苺の絵?)をKWSK

348 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 05:59:49 ID:6d/+5x6p0
>>343
いちごMAX%のことかな?

349 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 08:17:39 ID:qxyvgElE0
るろうに剣心で後味悪いのは宗次郎編

米問屋の親父がよその女と浮気して生まれた宗次郎は、
父亡き後は親子ほど年の離れた兄たちに使用人代わりにこき使われる日々。
幼い身で自分の体ほどある米俵を一人で運ぶよう言われ、
できなければ家の中にすら入れられず、冬の寒い中を米倉ですごす事も珍しくなかった。
兄たちは事あるごとに宗次郎に折檻を加え、宗次郎はいつも傷だらけだった。
だがどんな目にあってもいつも宗次郎は微笑んでいた。
ある夜に米倉の中で宗次郎は何者かの悲鳴を聞く。
駆けつけると、全身包帯まみれの男が警官たちを斬り殺していた。
男は目撃者である宗次郎も殺そうとして、やめた。
「死ぬのがそんなに嬉しいか?」
命の危険が迫ろうという時なのに、何故か宗次郎は笑っていた。
声を出して笑い出す宗次郎に、男は生かす代わりに包帯と食い物を持って来いと言った。

米倉に男を匿う宗次郎。男は志々雄と名乗る。
政府に言われ維新のための暗殺を請け負っていたが、
あまりに裏の事情を知りすぎたために維新後に斬られて火をつけられたという。

いつものように兄たちにボコボコにされた宗次郎。だが宗次郎は笑顔のままだ。
この家にきた頃は殴られたらよく泣いた。だが泣き声が耳障りだとより怒りを注ぐだけだった。
だから自然と、なにがあっても笑うようになった。志々雄に刃を向けられた時も自然と笑ってしまったという。
「この家の本当の子じゃないから仕方ないよね」
そう言う宗次郎に志々雄は生まれは関係ないという。
「お前が弱いのが悪いんだ。所詮この世は弱肉強食。強ければ生き弱ければ死ぬ」
志々雄は脇差を宗次郎に渡した。米倉の宿代代わりだという。
要するに家の者を斬ってこればおkという事。
宗次郎は床下に脇差を隠し、どうするべきか思案する。
考えた末に、殴られてもこれだけ痛いのだから斬られたらもっと痛い、
人を斬り殺すなんてだめだ、志々雄に脇差を返そうと思う。



350 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 08:18:54 ID:9e/g2q+N0
いちご100%の同人誌はハードなレイプものばかりで後味悪いのが多いな。

351 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 08:18:56 ID:qxyvgElE0
その頃兄たちは、買い置きの包帯が大量に消えている事に気づく。
殴られた宗次郎がいつものように使ったかと思ったが、それにしては半端無い量が消えている。
そういえば殺人犯がこの辺りに逃げてきたとの情報があった。
宗次郎が匿ったのだと察し、激昂した兄たちは宗次郎を殴りつける。
「どうせここには殺人犯がいるし、ガキが一人死んだっておかしくない」
兄は刀を取り出し宗次郎を襲う。助けを叫びながら宗次郎は床下に逃げ込む。
刀を手に震えていると、兄が後を追ってきた。宗次郎は絶叫しながら兄を斬り殺し、
他の兄や姉や義母たちをも殺していった。

雨の中死体に囲まれて立ち尽くす宗次郎に向かい志々雄は、
「泣いているのか」と聞く。宗次郎は笑顔で振りかえり、いいえと答えた。
笑いながらも確かに涙を流していたのに。

主人公の「お前は間違っている」攻撃によって宗次郎は改心するんだが、
戦った後に「お前は間違っている」と言うならともかく、
敵わない相手だからと「間違ってる間違ってる」と戦いの最中に精神攻撃して
相手のトラウマを引きずり出して勝ちを奪うという主人公の戦法が後味悪かった。

http://www.youtube.com/watch?v=sNKKLVNc__Q
アニメ版

352 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 08:42:28 ID:vMKC3I7O0
>>351
こんな神アニメだったるろ剣がこの後のオリジナル展開で
低視聴率による打ち切りになったことが後味悪い。

353 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 09:54:27 ID:SgHqqa/70
>主人公の「お前は間違っている」攻撃によって宗次郎は改心するんだが、
>戦った後に「お前は間違っている」と言うならともかく、
>敵わない相手だからと「間違ってる間違ってる」と戦いの最中に精神攻撃して
>相手のトラウマを引きずり出して勝ちを奪うという主人公の戦法が後味悪かった。
激しくワロタw

354 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 11:16:18 ID:wAFnq0wj0
>>352
しかもその後出たOAVで主人公とヒロインが
梅毒らしき病気で死んでしまうのが更に後味悪い

355 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 12:08:09 ID:Iu0jj1mA0
何それ?という人の為に言っておくと、「星霜編」の事な。
ググってそれでも分からなければ、ここに質問しにこい。

356 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 12:21:10 ID:UyH4QQahO
無駄に偉そうでワロタW

357 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 12:40:34 ID:sAMNpNzWO
そーだ、宗次郎だ!
名前と詳細なエピソードがいまいち思い出せなくて投下をためらってたからすっきりしたーありがと

358 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 13:20:11 ID:ttP6cUbI0
「星霜編」

主人公の剣心が使っていた飛天御剣流は、最強の剣法である反面
恵まれた体躯と強靭な肉体が必要な剣術。
しかし剣心は女みたいな優男にもかかわらず習得し、数々の激戦を
繰り返した結果、最終的には御剣流を使えなくなる。

剣心の頬には大きな十字傷があり、それぞれ一本づつ、過去に
殺めてしまった元妻と元妻の婚約者に付けられたもの。
強い思いを込めて付けられえた傷は、その想いが晴れない限り消えることが
ないと言われており、剣心は自分の罪は消えていないと考えている。

359 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 13:21:59 ID:ttP6cUbI0
そんな原作最終回から数年後、ヒロインと夫婦になって一子をもうけたが
家に留まることなく、日本全国津々浦々を人助けの旅に出ていた剣心。
その放浪の末に梅毒にかかる。
(一説によると病人の傷口から膿を吸い出したことが原因とか言われてた)
家庭を顧みない父に反発して息子は家出。

妻は静かに暮らして欲しいと願うが、元維新志士で影で日本を救った
英雄を政府がほおって置くわけはなく、日清戦争へ送り込む。
「人を殺すため」ではなく「人を救うため」ならと、大陸へ渡ることを決意する剣心。

この時点で剣心は全身を病に蝕まれて体は紫に爛れている。
過去に幕府の殺し屋として大勢の人を殺した贖罪として、人助けを続け、
また過去の罪に苦しみ続ける剣心を想い、少しでも苦しみを共有したいと
大陸への出発前に感染する覚悟でセックルをする。

360 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 13:24:52 ID:ttP6cUbI0
そんなこんなで剣心を乗せた船は出港するが、嵐で沈没。
大陸に流れ着いたときには脳にまで菌が進行して、まともに喋れない
生きる屍状態になる。
かつての盟友である佐之助に助けられて、ほんの少し体力回復した後に
日本行きの密航船にて帰国。
未だに意識がはっきりしてるかどうかわからない状態でフラフラと妻の
待つ家へと歩き出す。
妻は妻で出発前の夜に梅毒に感染しており、こちらも末期状態。
ニュータイプのごとき直感で剣心が帰ってくることを感じ取り、往来へと歩き出す。
互いの姿を確認しフラフラしながら熱く抱擁。

川沿いで剣心を膝枕しながら出会った頃の思い出を語り、黄昏る二人。
視線を落とすと、剣心は眠るようにして息を引き取っていた。
そして彼の頬から十字傷が消えていることに気付くヒロイン。
「やっと・・・消えたね・・」と微笑みながらヒロインも事切れてEND

361 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 13:33:31 ID:fgk15/Li0
よくあんなん作れたよなあ
製作者は基地害か、それともひねくれもんなのか


362 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 13:36:01 ID:WoEQG6uJ0
うわー原作台無しなんじゃそら

363 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 13:38:15 ID:iMmndZYk0
結局こういうひどい死に方をしないと剣心の罪は消えなかったって事?
しかしヒロイン、一児の母が心中みたいなことしちゃいかんな。

364 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 14:08:31 ID:NR9RzsfwO
いやこれ確か和月監修とかじゃなかったっけ?
本人エヴァオタだから劇場版エヴァみたいに皆アボンで終わらせたかったんだけど
人気が出過ぎてそんな鬱ENDは編集からストップがかかった
だからOVAで出来て、嬉しい、とても気に入っているとか何とか本人がコメントしてた気がする

365 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 14:08:44 ID:ttP6cUbI0
× 幕府の殺し屋として
○ 維新派の殺し屋として

なんてーか、純文学気取りで作った「綺麗な死に方」を求めて作ったら
迷走しちゃいましたって作品だね。
ギャグ要素ゼロで、ヒロインなんか性格変わりすぎ感が否めないところが
別作品ぽさを出している一端だと思う。

366 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 14:12:06 ID:qxyvgElE0
エエエエエ
なにそれすげー話だな。
精巣編って見た事なかったから、剣心の過去編だと今まで思ってた。

367 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 14:44:51 ID:WG+Bhn5l0
漫画(出典不明)より

小学生の私と弟母親の3人暮らし。
父親は腕のいい職人だった。だけど女作って家族を置いたままどこかへ行っちゃったのね
残された母親は私たちを育てるため、女手一つでがんばってくれた

私たちは貧乏で身なりが汚かったので、よく苛められたわ。
そんなある時、家庭訪問をやることになって先生が我家にも来ることになったの。
私は母親に「恥ずかしいから先生に来てもらうのイヤだ」って言ったの。そしたら、ひどく叱られたわ。
「貧乏なんてちっとも恥ずかしくないんだよ。そんな情けないことを言うなんて、もううちの子じゃない」って。
「だってお母さん、うちは先生に出すお菓子も買えないよ」
「大丈夫よ、そんなこと子供が気にしなくても」「どうするの?」
「お母さんはね、こう見えてもおはぎを作らせるとうまいんだ。おばあちゃんから習ったんだから!」
「ほんと?」「ほんとうさ!先生には、とびっきりおいしい手作りのおはぎをこしらえて出すから安心しな」

家庭訪問の前夜から、母親は小豆を水に浸し、次の日は朝早くから煮込んでいた。
私と弟はわくわくしながらそばで見ていたの。
出来上がったおはぎをみんなで味見したら、それはもうとても甘くておいしかった。
あのときの味は今でも忘れないわ。絶対に先生も喜んでくれる、そう信じていた。

ところが、先生は出されたおはぎに手をつけなかったのね。
帰り際に母親が言った。「先生。手作りですけどお嫌いでなかったら、どうぞお召し上がりになってください」
「いえ、せっかくですが、今おなかがいっぱいなのでもらって帰ります。」
先生はそう言って紙に包んでカバンの中にしまったわ。
それから1時間後。私は土手下の草むらで遊んでいて、投げ捨てられているおはぎを発見した。
紙包みからはみ出したおはぎが無残に散らばっていたわ。
それが私の母が作ったおはぎということは、包んである紙を見てわかった。
どうして先生が捨てたのかいろいろ考えた。考えながら涙が流れてとまらなかったわ。

母が作ったおはぎが悪いんじゃない。
捨てた先生が悪いんじゃない。
貧乏が悪いんだ。

368 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 15:03:01 ID:sBa8GrAeO
かなり適当だが苺100%の同人投下する。あやふやな部分もあるから知ってる人居たら補足頼みます。
一応成人向けの同人なので注意を。

主人公の家に毎日送られてくるビデオテープ。それは近ごろ行方不明になった東城、さつき、西野が大勢の男に監禁レイープされてるAV?だった。
そのプレイがとてもハード(排泄管理とか)で三人とも人格崩壊。狂ったって表現が丁度善い。
そんなビデオテープを毎日主人公は無表情で見つめる。
場面が変わって何故か主人公は三人が監禁レイープされている場所でレイープされてる三人を見ている。
実は主人公が監禁レイープのビデオを撮っていた。それを関係者が確認みたいな感じで主人公宅に送っていた。

こんな感じだったような…読みおわった後気分が悪くなって暫らく同人読めなかったよ。表紙がポップで可愛いのに内容とのギャップがきつすぎた。
殆どがレイープだからその表現を抜いたらかなり短くなった…目の滑る文章すまん。他にも後味の悪い同人知ってるから許可と暇さえあれば投下する。


369 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 15:08:06 ID:jdIIit320
るろうに剣心星霜編、ラストシーンだけならようつべにあった
ttp://www.youtube.com/watch?v=hxrquTz0_TI

370 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 15:13:23 ID:xFH91e/p0
>>367
人生交差点じゃね

371 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 15:25:08 ID:M1F9207s0
>>367
これか。
ttp://uboa.up.seesaa.net/image/vip136609.jpg
ttp://tuch.blog66.fc2.com/blog-entry-166.html

372 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 15:35:39 ID:qxyvgElE0
>>368
他スレで紹介されてた774保管庫(エログロ解体レイプ系の漫画サイト)を思い出した。

373 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 15:36:01 ID:MS5s4EKmO
同人は何か違う気がせんでもないが…
う〜む

374 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 15:49:59 ID:QGqD+b380
同人は既存のキャラを性欲発散のツールにしただけの物が嫌になるほど多いから
後味悪くなっても仕方ないつかなんつーか。
そういうのが多すぎて、同人一般の印象がそうなってるのが後味悪いけどな。

真面目に作品研究したり、ジュースについて論じてみたり、旅行記があったり、
普通に面白い本もあるのに、マスコミはエロ本とコスプレと逝っちゃってる人
しか放映しないんだよな。

375 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 16:59:10 ID:uuwuALQK0
>>358-359
マジかよorz
ショックでかすぎ……

>>373
俺の持ってる同人もほぼ全てが鬱エンドだしなあ。
確かに何か違うような希ガス。
まあでも、明確なスレ違いってわけでもないし本人が書きたいならいいか……

376 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 19:14:38 ID:WA1k6ykO0
由貴香織里『ルードヴィッヒ革命』より「赤頭巾」

このマンガはグリム童話のブラックパロディで、ヴィジュアル系サディストで巨乳好きの
ルードヴィッヒ(ルーイ)王子が、お供のヴィルヘルムを引き連れて理想の花嫁探しの旅を
するというお話。(レベルEのバカ王子とクラフトみたいな感じ)

さて、王子やヴィルが子供だった頃のお話。
バカ正直で人のいいヴィルは、いつも王子に振り回されて散々な目にあっていた。
そのヴィルをバカにすることなく、優しく慰める愛らしい少女がいた。名前はリゼッテ。
王子はリゼッテとヴィルが仲良くすることを面白く思っていないようだ。
不器用な表現しか出来ない王子をリゼッテは嗤う。

ある日、リゼッテは母から祖母の家への使いを頼まれる。
ケーキにワインと珍しく豪勢な品に首を傾げつつ、リゼッテは昔一度行ったきりの
森の奥の祖母の家へ向かった。
途中の道標が何者かに細工されたの気付かず、彼女は森の奥へ奥へと分け入っていった。
そして彼女は、焼け落ちた家と焼死体を発見する。

恐れおののくリゼッテの耳にオオカミの遠吠えが聞こえた。
すぐ側の大きな木の上からオオカミが彼女を見下ろしていた。オオカミは言う。
「お前と祖母は、森の生贄として捧げられたのだ。お前の両親がお前たちを
売り渡したのだ…」
リゼッテは家に駆け戻った。

377 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 19:15:50 ID:WA1k6ykO0
その頃、リゼッテの両親は裏の小屋で見つけた金貨で、沢山のご馳走を用意して
彼女の帰りを待っていた。
「遅いな。まさか隣村の兄妹(ヘンゼル・グレーテル)に焼き殺されたという
老婆の家の方へ行ってしまったのでは…」(身寄りがないのでずっと放置されている)
そこへ帰ってきたリゼッテは、テーブルの上のご馳走と金貨をみて
本当に売られたのだと信じてしまい、斧で両親を惨殺した。

悲鳴を聞きつけて駆けつけ愕然とするヴィルヘルムに、
頭から返り血を浴びたリゼッテは毒づく。
「ヴィルヘルムに優しかったのは、王子の側近で利用価値があるからだ。
使用人仲間はヴィルの人の良さを利用しているだけで、影では馬鹿にしている。
そんなことも知らない善人ぶりにイラつく。私が両親を殺したことも訴え出るんだろう」
そんなことはさせないとリゼッテは斧をふりあげた。

王子がヴィルを助けに入るが、その下りはそう後味悪くないので割愛。少女マンガだし。
(王子は他人が愚直なヴィルを利用するのが気に食わないようだ。
それくらいだったら正面からバカにしてこき使いたい)

しかし当然、金貨や狼の仕掛けは王子が行ったものだった。
逃げ出したリゼッテはその後、人殺しの快感が忘れられず暗殺者になったという…

378 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 19:30:15 ID:MS5s4EKmO
殺された両親(・ω・`)カワウソス


379 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 19:32:44 ID:qxyvgElE0
リゼッテが異様にロリ可愛かった事だけは覚えていた

380 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 19:36:19 ID:WA1k6ykO0
>>379
スナイパー赤頭巾のボンテージの方が好きだなーw

381 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 23:55:28 ID:1+vttTLu0
>>377
>しかし当然、金貨や狼の仕掛けは王子が行ったものだった。
王子なんでこんなことを・・・

382 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 01:15:59 ID:34/y3ooN0
>>381
ヴィルを独占したかったからでは、
シリーズではずっと王子の世話役として付いて回ってるし。

この話、そういうコンセプトだと但し書きがあるけど、
王子だけが何やっても何のお咎めもナシなのが後味悪い。

383 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 01:18:30 ID:epmFVQzB0
読んでないけど女の本性を暴いてわからせるためじゃないの?

384 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 01:33:32 ID:e82icdh20
>>381
リゼッテに
「あんた本当はヴィルが好きなんでしょ、でも彼は私に惚れてるのよpgr」
って言われたからじゃなかったっけ

385 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 01:44:25 ID:IzOki2f+0
ホモの嫉妬は醜いというお話

386 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 02:04:17 ID:2cnQEhM70
でもない

387 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 02:27:35 ID:OG79UEJiO
プラトニックチェーンっていう、ファミ痛かなんかの雑誌で連載してる小話の一つが後味悪い。

ある所にカップルがいた。そのカップルは女性の方から別れを告げ、終わった。
しかし別れた日を境に、男は「おわらないぞ わかれないぞ おわらないぞ わかれないぞ おわ…」
と女性に付きまとうようになった。
しかし女性は冷静で、何回か被害届けを出し、ついに裁判所から半径300m以内に近付いてはいけないという禁止命令が出された。
お陰で男は近付いては来ないが、引きこもった男はメールや電話、FAXなどで
「おわらないぞ わかれないぞ おわらないぞ わかれないぞ おわら…」と毎日送ってくるようになった。
番号を変えてもすぐに突き止められ、しまいには外出先のデパートや駅にも電話がくる。
ついには禁止命令を破り、男は女性の目の前に現れた。
「終わらないぞ!別れないぞ!」
男はその日の夜に自殺した。

388 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 02:29:23 ID:OG79UEJiO
女性はそれで終わるかと思っていたが、ある日友達と電話していると、
「おわらないぞ わかれないぞ」と聞こえてきた。
またある時は窓の外から、ある時は道を歩いているときにも「おわらないぞ わかれないぞ」と聞こえてくる。
始め女性は精神的なものによる幻聴かと思っていたが、新たな彼氏とのデート中にも聞こえ、
彼氏にも「今なんか変な声がしなかった?」と言われる。
女性はやっぱり幻聴ではなかったのだ! とある探偵(みたいなもの)に調査を依頼する。
すると原因はカラスだとわかった。
男が生前数千羽のカラスを調教し、自殺する前に街に放ったのだ。
「おわらないぞ わかれないぞ」という言葉を刷り込んで……


389 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 02:39:26 ID:epmFVQzB0
しつこすぎて後味悪いというよりウザい

390 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 02:59:10 ID:/e72br3rO
>>372
ちょっと亀だがそのスレと774保管庫とやらをkwsk

391 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 03:06:46 ID:nCxLmwJEO
うぜーwww
まあ霊とかじゃなくてカラスで良かった

392 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 03:37:48 ID:OS04Xe1v0
ウザイけど引っ越せば解決だ

393 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 03:55:05 ID:c+ljxtu20
他の人にも迷惑だから、カラス駆除で。
あと、女も変なのをその気にさすなと軽く注意

394 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 05:53:12 ID:xp+YUceQ0
>>314
ミスティックリバーも似てるな。
ある日、主人公ら三人の子供が路上でボール遊びしていた。
しかしボールを側溝の中に落としてしまい、遊ぶ手段をなくした三人は
今度はとあるイタズラに没頭するが、それを通りがかりの警官に見つかり、
うち一人が連れ去られる。

しかしその警官は実は警官ではなくショタコンレイプ犯で
連れ去られた主人公は小屋で連日レイプされる

・・・というか、個人的にだけど、
少年がオッサンにレイプされるという展開はハァハァもんなんだよな。

>>326
>少年院時代のレイプシーンの悲惨さに読むのをやめてしまった。

詳しく

395 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 06:04:28 ID:OT4Qjub6O
>>394おまえが後味悪いんだよデブスで口が臭い腐女子が
詳しい内容が知りたいならぐぐれよクソブス

396 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 06:19:42 ID:LeheRDr/O
>>395
不要な暴言は抜きなよ
過剰反応だ
ただ395が掘られたトラウマがあって…なら後味悪いな

397 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 08:18:10 ID:epmFVQzB0
まあ、釣りだろうな

398 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 08:21:03 ID:g6a0MerZ0
これは、どこかのスレにあった話。
かなり前にみたカキコだったから正確には覚えていませんが。

Aさんは細々とイラストサイトを運営していた。
しかし、ある日拍手ツールから「Bさんの絵を無転するなふじこ!」と
いうコメントが来た。調べてみるとそのBさんはAさんの絵を
無断転載していたらしく先日きたコメントはBの信者だったみたいだ。
Bのサイトはホト数が多く知名度も高いらしい。
Aはいつも絵の下あたりに自分のサインを書いてあったのだが
Bはそのサインを丁寧に消してまで自分のサイトに転載していたらしい。
その他にも自分(B)が転載した事をバレないよう、色々と
隠蔽工作をしていた。(詳しく書いてあったがかなりすごかった)
しかも、Bは無断転載について「転載されました」発言。
つまりBは嘘をついていた。しかし信者達は信じ、Aのサイトに
突撃しつづけた。Aはもう疲れサイトを閉鎖してしまった。

Aさんがあまりにも可哀相すぎる。

399 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 08:40:45 ID:Kw6xVaooO
>>398
元ネタのAサイトが無くなってBはどうなったのだろうね

400 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 09:07:19 ID:kbbgUiZ5O
>398
同人板でそんな話を読んだ気がする…
酷すぎてねつ造話かと思った。

401 :五位鷺 ◆Emjcf.lfLU :2006/08/13(日) 09:35:06 ID:oMW6ka3NO
同人女は怖い。
同人板見ても分かるように、頭が気の毒な人間の率が異様に高いから苦手な世界だ。


魔法使いサリーより

ある日、サリーの周りで不信な出来事がおこる。細部は覚えてないが、サリーの髪がいきなり伸びてしまうとか、家のテーブルにお花が溢れるなどの事だった。
おばあさんの魔法使い(実のばあさんかはしらん)と、原因の究明をするサリー。
すると一連の出来事はある女の子の魔法使いエミリー(名前忘れたので適当)と分かる。
エミリーはいたずらが大好き。魔法を使って次々といたずらを仕掛ける。やがてサリーの友人にまで危害が加えられる(たしか頭が3つになったり)。
魔法の国で魔法を悪事に使用するのは最大の御法度。
エミリーに下される制裁は、エミリー自体を消滅させることだった。
サリーとおばあさんはやがてエミリーを捕まえ、おばあさんが一筋の涙を流すと、エミリーは笑顔で手を振りながら消えていった。
…というもの

いたずらの過程はかなりのコメディタッチで書かれていてあまり不安感を煽るものでもなく(大変そうであるが)、エミリーも明るい感じのいたずらっ子に作中では書かれていた。
最後にエミリーは何か諭されるでもなく改心するわけでもなくいたずらの理由が語られるでもなく消されてしまうのが、コメディタッチとシリアスタッチの落差が激しくて幼い自分には衝撃的だった。


402 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 10:38:11 ID:NAnaIYDfO
頭が3つになるのはちょっと…

403 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 10:52:08 ID:rGtNNssZ0
頭が3つというより、三つ子が合体したんじゃないだろうか?
憶えてないのでいい加減な意見だが

404 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 10:53:11 ID:Kw6xVaooO
たぶんサリンの友人(よっちゃん?)
の弟(三つ子)が合体させられたのでは?

405 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 10:57:59 ID:PnZIikZU0
>>394
うわキモ!これが腐女子って奴か。
氏ねばいいのに。

406 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 10:59:08 ID:R+6xhZqgO
アッー!

407 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 11:09:17 ID:ZMNBrlNe0
>>404
ソマン吹いた

408 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 11:29:16 ID:uQ+dBgbZ0
>>398
雰囲気で、前に読んだマンガ思い出した。
主人公は中学生か高校生の、フツーにイラスト好きな女の子。
ある時「紫苑」というペンネームで雑誌に投稿し、本に載る。
それはもう嬉しくて、ますます張り切る主人公だが、その頃から
ストーカーに狙われるようになる。おびえる主人公。
ストーカー行為は次第にひどくなり、命まで狙っているらしい事に気付く。
そして遂に追いつめられ、ナイフを突きつけられる。泣きながら訳を訊くと、
主人公とは別に「紫苑」を名乗る有名な常連投稿者がいるという。
ストーカー男はその人の熱狂的なファンだった。その人の絵を見ていると幸せだった。
だが、同じ「紫苑」を名乗る投稿者が現れた。しかも男の言わせるとひどいヘタクソ。
男は編集部にもぐりこんで、主人公の住所と名前を調べたらしい。
「紫苑の名を汚すな。お前に紫苑を名乗る権利はない!」
遠ざかる意識の中で、ただイラストが好きだっただけの主人公は訴え続ける。
「そんな…紫苑なんて、よくあるペンネームじゃないの…」



409 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 11:37:44 ID:pPGP9T9s0
実に恐ろしきは過ぎたる事なり、って所か

410 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 11:45:48 ID:IIjSLTJGO
またシオンか!

411 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 11:53:08 ID:XJfLtJiJ0
>>390
スレはトラウマスレ オカ板内で検索すると出る
774保管庫はぐぐると出てくる

412 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 12:09:30 ID:q59ACqHz0
後味悪いというか現在進行で味の悪いコミケ3日目(その1)

302 名前:カタログ片手に名無しさん[sage] 投稿日:06/08/13 10:58 ID:???
おい!路駐してるヤツ!犬放置かよ!
死にかけてるぞ!w

309 名前:カタログ片手に名無しさん[sage] 投稿日:06/08/13(日) 10:59 ID:???
>>302
誰か助けてやってくださいwwwwww
犬畜生でも命なんです

335 名前:カタログ片手に名無しさん[sage] 投稿日:06/08/13(日) 11:02 ID:???
>>302
窓をぶち破れ

413 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 12:10:46 ID:q59ACqHz0
現在進行味の悪いコミケ3日目(その2)

740 名前:カタログ片手に名無しさん 本日のレス 投稿日:06/08/13 10:40 ???
子供大丈夫か・・・ぐったりしてるぞ

741 名前:カタログ片手に名無しさん 本日のレス 投稿日:06/08/13 10:41 ???
>740
マジで?助けてあげなよ

746 名前:カタログ片手に名無しさん 本日のレス 投稿日:06/08/13 10:42 ???
>>741
親がまがりなりにもいるのに
俺が声かけていいものか
っていうか声かけたら間違いなく通報される顔だから

747 名前:カタログ片手に名無しさん 本日のレス 投稿日:06/08/13 10:42 ???
>741
子供逃げてー

748 名前:カタログ片手に名無しさん 本日のレス 投稿日:06/08/13 10:43 ???
>>740
マジでやばそうなら、お前の外見どうこう気にせずちゃんと助けるんだ。
死人がでたらシャレにならんぞwwwww

414 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 12:15:57 ID:q59ACqHz0
現在味の悪いコミケ3日目(その3)

850 名前:カタログ片手に名無しさん[sage] 投稿日:06/08/13(日) 12:10 ID:???
前の奴の尻からブリュッ!プピー・・・って音がして嫌な予感・・・
そしたら案の定、ジーパンの裾から茶色い液体が
オエエエエ

855 名前:カタログ片手に名無しさん[] 投稿日:06/08/13(日) 12:11 ID:LoC3TEM6
>>850
それもすかして青いTシャツ+赤スニーカー?

861 名前:カタログ片手に名無しさん[sage] 投稿日:06/08/13(日) 12:10 ID:???
>>855
ビンゴ



まったくビッグサイトは地獄だぜェフゥハァハァーーーーーー

415 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 12:51:54 ID:qfKnIBtJ0
ビッグサイトは実にクールだ

416 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 12:54:42 ID:zgb/c0lLO
>>405
いや、その人は単にがちホモじゃ?

417 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 15:06:16 ID:otTmP4L3O
腐女子だろ

418 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 15:39:12 ID:XJfLtJiJ0
自身はホモで、かつ801にも萌える完全なる存在かもしれない

419 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 16:44:48 ID:Cuq0aA/40
男色が嗜みと言われる時代もあった訳で…

420 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 16:46:48 ID:c+ljxtu20
>>419
はいはいしたり顔したり顔


421 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 17:00:52 ID:WEgCad9p0
最近の同人、コミケ、ホモ関連のレスは全部腐女子だろ。
コミケ直後で興奮してるのはわかるがちょっとウザイ。少しは自重してくれ。

422 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 17:05:23 ID:/QzL8qVWO
駄目だコリャ

423 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 17:14:29 ID:X/iG6xFR0
ガイシュツかも試練が、素人が作った短編映画を紹介するという番組で、
「怪獣迷子」って題名の特撮モノが後味が悪かった。

少年が、ある日草むらで小さい奇妙な物を見つける。
どうも何か生き物の子供らしい。興味津々の少年はそれを家に持って帰る。
その生き物は奇怪な外見だったが、一緒にテレビを見たり遊んだりして
日を重ねるにつれ、少年とそれは次第に仲良くなっていく。
そうして平和に暮らしていくうちに、ある日急に大きな怪獣が少年の街を襲う。
怪獣は何かを探しているらしく、街はどんどん壊されていく。
少年は、その探しているものが自分と仲良くしている生き物ではないかと思い、怪獣に向けてそれを差し出す。
案の定怪獣はその生き物の母親で、自分の子供を見つけようとやってきていたようだ。
安心して帰っていこうとする母親怪獣。
そこで唐突に、ウルトラマンのような正義の味方的なヒーローが飛んできて、
街をボロボロにした怪獣を母子もろともあっという間に火を吹きかけやっつける。
悪者を始末して街のみんなは大喜び。ヒーローも誇らしげ。
そして最後のカットは、地に落ち炎に包まれて燃えていく、自分の友達だった子供怪獣を呆然とながめる少年。

424 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 17:36:58 ID:xp+YUceQ0
>>418
ホモじゃないです。両刀使いですよ。。。
勿論本命(彼女)は女の子ですが。

男の子はたまに食べるおつまみみたいなもので。

425 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 17:37:37 ID:xp+YUceQ0
↑アンカーミス。

>>416

426 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 17:52:35 ID:D+NZR87G0
ほんとかにゃー

427 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 17:54:32 ID:J6+LxYxxO
>>423
俺もそれ見た、デジスタだろ
確か樋口しんじが推してたよな

428 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 18:04:12 ID:m1PZkE+30
手塚治虫の短編連作集「鳥人大系」
このマンガそのものはおもしろくて大好きだけど、個々のエピソードに後味悪いのが多い。
全体的に諷刺とかブラックジョークを利かせているから当然だけど。
おおまかな内容は、鳥類の知能が進化して地球の支配者になっていき、
人類は退化して彼らの奴隷になりやがて滅びてしまう世界でのいろいろな出来事。

個人的には↓のエピソードが忘れられない。

・まだ鳥がすっかり支配者になる前。
目の見えない老人が1羽のリズという名の鳥をかわいがっていた。
リズも老人が好きで、その美しいさえずりで彼の心を慰めていた。
ところが現実は、あたり一帯の人間はすでに鳥たちによって殲滅されていて、リズも仲間に、なぜ人間をかくまうのか、さっさと始末しろと責められる。
やむなく鳴き声で老人を誘導し、崖から転落させるリズ。
そしてリズの頼みで仲間たちが一斉にさえずる。
その声を聞きながら、自分は幸せ者だと死んでいく老人。

・鳥類が外見もかなり進化して、人間のように文明生活を送っている時代。
モッズ警部はある日妻が秘密クラブに所属していることを知る。
いまでは食肉部族の鳥もそうではない鳥も共存しているが、このクラブは食肉の本能を忘れられない者たちが、
非合法で入手した卵を孵して雛を殺して食べたり、雛鳥のキャンプを襲って子供たちを捕食するのが目的のもの。
妻のことで脅され、警部も雛鳥を口にすることを強要されるが、しだいに本能に負けていき、キャンプ襲撃に加わったりする。
結局最後には妻の裏切りにあって殺され、その肉はなんと総理大臣が食べている。

・唐突にいろいろな種族の宇宙人たちの会議の場面。
かつて、あまりにも愚かな地球の支配種族にあきれた宇宙人たちが、鳥の知能を進化させる物質を含んだ餌を投下した。
それによって今や鳥類が地球の支配種族にとってかわったが、その行為の愚かしさは前の人類と何ら変わることがない。
よって、こんどはゴキブリを進化させ、次の支配種とすべきである、とゴキブリにそっくりな宇宙人が主張するところでEND

このマンガが最初から「ゴキブリ大系」じゃなくてよかったけど。


429 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 19:03:51 ID:Kw6xVaooO
聖闘士聖衣大系
を思い出した

430 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 21:11:08 ID:/liZRJPU0
スーパー内の飲食店で親子連れを見た。両親と小学生の子供が二人。
料理を待っている間、子供は仲良さそうにしりとりをしていた。
弟が答え煮詰まったら、さりげなく兄がヒントをあげて遊んでいた。
遊んでいると言っても周りに迷惑にならない大きさの声でよく躾られていた。
両親も時々参加して、とても微笑ましかった。

飲食店を出ると、別の親子連れを見た。両親と小学生の子供が二人。家族構成は同じ。
違うのは兄とおぼしき男の子の足が悪かったことだ。
杖が変わっていたから怪我ではないと思う。障害で自力で歩けないような感じだった。
両親と妹は兄を放置して三人でさっさと歩いていく。
兄は必死で追いかけているが親は振り返ることもない。
母親は妹に盛んに話しかけて妹の言う通りに立ち止まっている。
兄が「お母さん、お母さーん」と呼んでも返事をしない。
妹のために立ち止まった両親にやっと追いついても一瞥もくれない。

同じ四人家族なのに、あまりにも異なる家族に目を逸らしたくなるほど後味悪かった。

431 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 21:12:20 ID:X1NOKljd0
youtubeで色々見ていたらるろうに剣心のOVAが見つかって
中に>>358-360の話があったので貼っておく。
(一番下のが45分とかなり長い)

http://www.youtube.com/watch?v=7JTOguyZ4QY
http://www.youtube.com/watch?v=-oQBj_Sol9s
http://www.youtube.com/watch?v=FoearV1uq84
http://www.youtube.com/watch?v=muoHpUVx7YQ
http://www.youtube.com/watch?v=vRvvEX3GEHo



432 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 21:23:37 ID:HUstv2Yr0
リア消のころ「日本のこわい話」「日本の残酷な話」とかのシリーズで呼んだ話

昔とある村で洪水が起こり何件もの家が流された。
ある男は流されながらも、幼い息子をやっとのことで抱きかかえ岸へ泳ごうとした
その途中で自分の老母もまた流されているのを見つける
息子と老母の二人を抱えては岸へ泳ぎ着くまでに全員溺れてしまう。
だからといって息子を岸に届けてからでは、老母を助けるのに間に合わない
考えた末に男はあっさり息子の手を離し、老母を助けて岸にたどり着いた

自力で助かった妻に事の次第を話すと、妻は何故息子を見捨てて
老い先短い老母を助けたのかと男を詰る。
それに対して、子供はまた作ればいい。老いた親への孝行こそ大切だと宥める男
その夜男の夢に観音様が現れ親孝行を褒める。
そしてその孝行によって息子も下流で助けられた事を伝える。めでたしめでたし

当時は水子(幼い子供も含む)は死んでもすぐに生まれ変わると考えられてたなんて
知らなかったのもあるけど釈然としない気分になった。
息子トラウマになるだろうな



433 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 22:16:45 ID:Kw6xVaooO
老婆が
「(;・з・)わしはいいから孫を助けるんじゃぁぁ」
と言って

結局老婆は仏に助けられてた
ならよかったのにな

434 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 23:45:51 ID:c80p7mfKO
>>286

エイズの役の子はジョゼフ・マゼロだったかな。
その子は何年か後にサイモン・バーチって映画で主人公やってたよ。

マイ・フレンド・フォーエバーが好きならこの映画もおすすめかもしれない。

この映画は主人公の母親の死因が後味が悪いというか辛い。

435 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 00:26:32 ID:DUosf7RLO
>>433
いい話になって後味ヨスww

436 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 00:36:42 ID:y6z+BKK00
状況が、どちらを選んでも悲劇になるからなあ。息子は辛かったよね。
現代では一般的には子供を選んだほうがほめられるかもしれないけど、それが
絶対の正解と言い切ってしまうのも問題だし。

なんにしろハッピーエンドでよかた。

437 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 01:07:25 ID:7HZoUqRWO
のちの貴乃花である

438 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 01:12:45 ID:TRXe53Rj0
洋画の「ブロークダウン・パレス」は背筋が凍る。眠れなくなるかも。
クレア・デーンズ、ケイト・ベッキンセール主演の刑務所モノです。

439 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 01:18:22 ID:kHgv8rTd0
ある日、私は森に迷ってしまった。
夜になりお腹も減ってきた。
そんな中、一軒のお店を見つけた。
「ここはとあるレストラン」
変な名前の店だ。
私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。
……なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
私は苦情を言った。
店長:「すいません作り直します。御代も結構です。」
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
私は店をでる。
しばらくして、私は気づいてしまった……
ここはとあるレストラン……
人気メニューは……ナポリタン……



440 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 01:20:00 ID:nfM49Gd+0
もうナポリタンはおなかいっぱい。ウザ。

441 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 01:44:13 ID:y6z+BKK00
>>439
古い意味なしコピペ、「面白いぞー」と思って書いたんだねーw



442 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 02:32:30 ID:a10nzgjyO
>>439
全く意味がわからない

443 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 02:35:01 ID:e0b3ugFpO
このナポリタンって時々見るけど
初めにわざとまずいのを出す→作り直し要求→結果一人で二度注文
で、注文回数の多いメニュー=人気メニューと言い張る店長が後味悪いって意味?

別に後味悪くもないし面白くもないし、なんでコピペされるのかようわからん

444 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 02:42:38 ID:vu1cELxmO
意味はないの。いまさらなコピペだよ。もう構わないで。

445 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 02:51:25 ID:KNDLh1YhO
(・з・)意味のない文章さ

こんな古いのをいまさら貼って
スレの住人に色々議論させて楽しもうなんざ、
そうは問屋がおろさねぇ!

446 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 02:53:05 ID:rtR30Yo/0
あれっこれってここhateあるレストランでナポリの人をナポリタンに使ってたって事じゃなかったのか?
どっかのスレでそんなん読んだ

447 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 03:10:38 ID:LZuCwAmjO
ナポリタンの話はガイドラインでやれ

448 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 03:13:07 ID:whHY9gvpO
>>438氏ねばいいのに

449 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 04:01:40 ID:e0b3ugFpO
ガイドラインのスレ見てきた
そういうネタだったのか…反応してごめん

450 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 07:58:14 ID:Bc2kt5B7O
>>438続・氏ねばいいのに

451 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 09:06:19 ID:bi6l74ogO
ここの住人はガイシュツ上等だろ。
ナポリタンだろうが井戸の話だろうが
積極的に議論しようや。

452 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 09:31:15 ID:LXhZRjfcO
世にも奇妙な物語から

主人公のAは博識な事を自慢していて会社の同僚も知識が豊富と慕っていた。
ある日同僚との会話にズンドコベロンチョ(略してズンベロ)という言葉がでる。
今最も人気で常識だがAには分からなかった。
その場は適当に合わせて帰宅、辞書や雑誌を片っ端から読むが載っていない。
娘がテレビをみながらとズンベロだ喜ぶが駆け付ける前に終わってしまった。
出勤途中に車で「ズンベローズンベロはいりませんかー」と言っているが追いつけなかった。
デパートでズンベロ売っていませんかと訊くと店員に激怒された。
色々と模索するが結局分からない、そんな中上司に呼ばれる。
大きな計画をAに任す事になったと告げる上司に喜ぶA。
しかし計画書を見て凍りつく、「ズンベロ計画」と書いてあった。
放心状態で戻るA、同僚や部下は皆拍手しながら迎えてくれた。
Aは呟く「ズンドコベロンチョって何なんだ…」
皆がポカーンとした表情で終わり。


453 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 09:54:37 ID:y6z+BKK00
>>451
無関係な古いコピペ上等ってわけでは


454 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 10:20:32 ID:Hibhyok00
>>453
この話って意味分からんし後味悪いだろ。
あまりにも有名すぎるから叩かれてるだけじゃねえの?
それとここ何スレか見る限り、このスレがコピペおkって
知らない香具師もいるみたいだし。

455 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 10:23:50 ID:Hibhyok00
>>452
最後の呟きに対して、聞かれた人が
「それはあなたが決めなくちゃ」とかいうセリフで
終わるバージョンを見たことがある。
小説版だったかな。

456 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 10:24:54 ID:vu1cELxmO
なんでもかんでも後味悪いに入れるなよ。
>>439の馬鹿が自演してるの?

457 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 10:29:38 ID:mY+hVrO60
というかさ、何回もコピペされて飽きて
しかも出す度に毎回「検証しろよ^^」とかなんとかで荒れるんだから、まともな頭してる奴なら最初から取り扱わない>ナポリタン
もはやただの荒らしの手段と化してる

458 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 10:53:03 ID:dhlg2O710
「ぼくらの」というSF漫画
14人の中学生と小学生1人が未知の巨大ロボットに乗って怪獣と戦うという話。
ロボットは一度駆動するごとにパイロットの命を消費していく。
だからといってロボットに乗る事を拒否したら怪獣が暴れ回るだけだし、
しまいには「地球がポン」してしまうらしいので、死ぬ事を承知で子供たちは戦うざるを得ない。
勝利の判定は、怪獣たちの体のどこかにあるコアを潰す事。

子供たちが半分くらい死んだところで次にパイロットとなったのはマキ。
ボーイッシュな感じのマキにはもうすぐ弟が生まれる。
母にとってははじめて産む子供だ。マキは養子なのだった。
子供のできない夫妻に引き取られる前、マキはひどい虐待を受けていたらしい。
そんな自分をこの年まで育ててくれた義理の両親をマキは尊敬している。
また両親も、こんな年になってまで不妊治療を受けようと思ったのは
マキが励ましてくれたからだとマキに感謝していた。

マキは同じくロボと契約した者の一人であるウシロにあいにいく。
ウシロは妹のカナにしょっちゅう暴力を奮っている。
マキは自分の家庭の事情をウシロに話した上で言う。
「血の繋がりのないあたしの両親があたしを殴るのにどれだけ勇気がいると思う?
 あんたは血が繋がってるって事に安心してるからカナちゃんを平気で殴れるんだ」
自分は産まれてくる弟たちのためなら死ねる。
だからお前はカナちゃんのためにも、既に死んだ仲間たちや
これから死んで行く自分の命を無駄にせず、ちゃんと戦ってくれとマキは言う。



459 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 10:54:19 ID:dhlg2O710
弟が生まれるというその時になって召集がかかった。
ロボットのコックピットに転送されるマキたち。
皆が見守る中でマキはロボットを操作し、街を見渡すがなにかおかしい。
街の様子が微妙にだがいつもと違う。そして、見覚えのない戦闘機がロボットを攻撃してくる。
ここはどこだと叫ぶマキに、ナビゲーターのコエムシは「地球だ」と答える。
不思議に思いながらも戦闘を続け、戦況はこちらに有利に進んで行った。
マキは敵のコアを掴み出し、コアの装甲を剥がした。
コアの中はロボットのコックピットと同じような様子で、そして中には人間たちがいた。
敵の怪獣も、マキたちと同じように人間が操作しているロボットだったのだ。
この戦いは、並行世界同士の枝木の剪定のようなものだとコエムシは言う。

真の勝利判定は「コアを潰す事」ではなく「敵性地球人のパイロットを殺す事」。
前回までは敵性ロボットがマキ側の地球に来ていたが、今回はマキたちが攻めに行く側になったのだった。
相手は敵で、敵を倒さなければ自分たちの地球が滅ぶと知りながらもマキは人殺しを躊躇う。
だが、産まれてくる弟のためなら、ひどい親の血を受け継ぐ自分になら、
人を殺す事だってできるとマキは思い、コアを潰した。
元の地球に戻ったロボット。ロボットの目を通し、マキは弟が無事に生まれた事を確認後、死亡した。


マキのやった事は立派なんだが、義理の両親は
「実子ができるからって遠慮して家出でもしちゃったんじゃ」
と思ってまともに生活できなくなって生まれてきた弟もまともに育てられなくなったら……
と想像したらもう後味が悪くて悪くて

460 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 10:59:54 ID:5KkgoYGT0
http://www.youtube.com/watch?v=3cUCmJ4S_o8

461 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 11:41:46 ID:jWFkC2mM0
695 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2006/08/14(月) 06:21:31 ID:0RITdikM0
付き合い始めの頃の後輩と彼女。
二人の慣れないエッチの際、前戯はもちろん、挿入していても、彼女がどうしてもイケなかった。

「俺ばっかり気持ちよくなってゴメン…」と後輩がヘコんでいたら、
彼女は「ううん、イケないっていってもすっごい気持ちいいし、あなたが私を気持ちよくしようと頑張ってるのがすごく嬉しいから…」
とその度にかいがいしく後輩をフォローしていた。

その後も後輩はクンニをいっぱいしてあげたり、性感マッサージを勉強してその真似事をしたりと、色々試してみたが、やはり結果は変わらなかった。

そんな状態がしばらく続いた頃、
「きっと、イクことのできない私がいけないんだと思う。ひょっとしたら私はイクことのできない体質なのかも…」
と自分を責めだし、後輩の前でも真剣に悩むようになった。
後輩も、「いや、お前を気持ちよくさせられない、俺の努力が足りないんだ。つらい思いをさせてホントにゴメン。だから、自分を責めないでくれ…」
とフォローし、エッチがうまくいかなくても、二人の絆は深まっていたかに思えたある日、
後輩がラブホに備え付けのローターを何気なく彼女のクリに当てたら「何それぇぇぇすごいぃぃぃ」という絶叫と共にものの20秒で彼女はイッてしまったそうな。

462 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 12:05:52 ID:gPjXgU1O0
CSIマイアミのエピソード。

釣り上げられたサメの腹から銃で撃たれた痕がある人体の一部が出てきたため、
科学捜査班は捜査を始める。
さらに港に足を撃たれて失血死した少女の遺体が浮き輪に乗って漂着する。

捜査していくうちにわかったのは、
キューバからの亡命者を乗せた船が嵐にあい、
亡命者か密輸してきた麻薬かどちらかを捨てなければいけなかった船長が
亡命者を捨てることを選び、銃をむけて彼らに海に飛び込むよう脅した。
サメから出てきた人物はおそらくそれに反抗して殺された。
少女の方は足を撃たれただけだが、撃たれる前に喘息の薬を大量摂取していたため
死にいたったと思われる、そして撃った人物は近親者である。

そして少女の兄を見つけ真相を聞く。
船で事件が起こったとき、兄は落ちた銃を拾い妹と海に飛び込む。
妹を浮き輪に乗せて数時間漂流していると、沿岸警備艇がやってくるのを発見する。
アメリカの法律ではキューバ人は陸にさえ上がれば亡命できる。
海の上で発見されればキューバに強制送還されてしまう。
しかし、怪我人は病院に連れていかれて亡命できる。
自分はこのまま陸に泳いでいけるが妹の体力ではそれは無理。
妹を銃で撃とうか迷う兄に、妹は撃ってくれと言う。
覚悟を決めて撃ったのだが、警備艇は自分たちの方には来ないで針路を変えて行ってしまう。
その後船上で喘息の薬を大量に吸入していた妹は失血死してしまう。

兄といってもまだ少年、妹のことを思ってやったことが裏目に出てしまってかわいそうだった。

463 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 12:40:04 ID:TtnKlbS/0
海水につかる部分を撃っちゃあいかんよなぁ。
流れる水は出血激しくなるし、サメがよく来なかったもんだ。
せめて手とか。

464 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 12:57:22 ID:tzc/7ocuO
ゲームのロマサガ3で、ある村が怪物に狙われていた。怪物は村長に若い女を捧げるよう言ってきた。しばらくして、主人公がやってきた。村長の話を聞いて怪物のいる洞穴へ入った。すると村長はこともあろうに、巨大な岩で洞穴をふさいでしまった。

465 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 12:59:10 ID:tzc/7ocuO
仕方なしに主人公は奥に進んで怪物を倒して、村長の所へ向かった。そこでの村長の一言


「わたしが村長です」


何度聞いても


「わたしが村長です」


ゲームという特性を活かした後味の悪い話でした

466 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 12:59:22 ID:k2sE8bfh0
え、サメが来たんでしょ?

467 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 13:13:04 ID:gaKJTM8v0
村長の意思を尊重すべきだったということか?

468 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 13:24:43 ID:jWFkC2mM0
俺は村長が偽者なのかと思った。
>>464の文章は説明が少なすぎる典型的な>>4のパターンだな。
正直意味不明。

469 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 13:32:17 ID:g7aiD09R0
敵を倒して、プレイヤー的には謝罪の言葉なりなんなりが聞けるかと想い
村長の下に言ってみたら「わたしが村長です」を繰り返すだけだった。
ゲームのプログラミングの問題で、主人公たちを洞窟に閉じ込めることで
キャラとしての村長は使命を終えていたんだろうけど。
イベント終了後の行動パターンも作っとけよ!モヤモヤして後味が悪いわ!
ということじゃないかな?

470 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 13:37:58 ID:XUFPp8dZO
てゆーかなんで村長は主人公閉じ込めたの?
主人公は若い女で生贄にしようってことなんかな?
ロマサガ3やってないんでわからん

471 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 13:42:43 ID:KNDLh1YhO
(・з・)ストーリー的には

「怪物に生贄を要求され困り果てる村
偶然立ち寄った主人公は村長の依頼により洞窟へ怪物退治に向かう

しかしそれはタイミング良く村を訪れた流れ者の主人公を生贄にしようという村長の罠だった!

主人公は村長により洞窟へ閉じ込められてしまった

からくも怪物を退治した主人公は村へと帰還する
何か一言でも言わなけりゃ気がすまねぇ!

しかし再会した村長は自分がゲームキャラだという事を活かして
私は村長です...私は
と同じメッセージばかり話して責任逃れするのであった……
怒りに震える主人公!
怪物退治でEXPをゲットしたので、
そうでもないプレイヤー!

これからどうなるのか!?
これはクソゲーなのか!?

そろそろ塾の時間だし明日のこの時間にまた会おうぜ!!」

って事だろ


472 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 13:45:21 ID:xDOBpHRY0
ええと要するに、
「怪物は倒したけど、洞窟塞ぎやがってあのジジイ、
一度文句言わなきゃ気がすまん!!!」と思って村長の所に行ったのに、
会話すら発生しない。そらっとぼけられて終わり。てこと?

473 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 13:48:22 ID:KNDLh1YhO
(・з・)村長がわざとすっとぼけたのか

プログラムし忘れなのか

474 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 13:48:28 ID:Hibhyok00
ロマサガ系はフリーシナリオなせいか、
ある程度の矛盾は初めから諦めているようなフシがある。
上の話以外にも、イベントが終わるとその直後から、
何度話しかけても全く反応しなくなるNPCも多い。

475 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 14:50:41 ID:tE0i56kP0
>>466
>サメから出てきた人物はおそらくそれに反抗して殺された。

よく読め。
サメに食われた人と少女は別。

476 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 15:20:01 ID:65Z/yFPl0
その時、俺の指紋まみれの眼鏡が光った!

「このスレはいける!3時間程で書き込み数1000を達成できるだろう!」

とんちの効いたスレタイ、非の打ち所がない俺の書き込み。
思わず笑みがこぼれる・・・書籍化もあるかもしれない。
印税が入ったら、迷惑を掛けた両親を温泉にでも連れて行ってやろう。
そんな妄想に耽りながらリロードボタンを押す俺。


「ない!書き込みがまったくない!2getすらされてない!そんなバカな!」

俺の額に冷たい汗が流れる。
その時、薄暗い部屋のドアが突然開いた。
そこには見た事のないババアが鬼のような形相で立っていた。

「引き篭もりはお前かー!親に迷惑かけやがって!根性叩き直してやる!」

ババアの隣には母親が泣きながら立っていた・・・・

477 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 15:35:03 ID:vx2OaiFeO
中学生の音楽の授業で聞かされた歌
うる覚えで曲名すら忘れたが、教科書にも楽譜と歌詞が載ってるくらいの有名な曲


大きな青い目を持つとても美しい女がいた
ある男はその女に心奪われてしまう
男は女を思うと胸が張り裂けそうな気持ちになる
苦しくて苦しくて男はついに女に告白する
「あなたの美しい瞳を見ると私の身と心は焦がれて死にそうになる。どうか、私の妻になってほしい」
しかし女はどうしても男の誘いには応じることができなかった。
女は悩んだあげく男にこういった。
「ごめんなさい。あなたの申し出には答えらません。かわりに私の目を差し上げます。」
女はそう言うと自分の目をスプーンでえぐり男に渡した。


478 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 15:55:00 ID:a1DVb3dF0
>>477
後味悪いって言うかエェー(;゜д゜) って感じ
そんな歌学校で教えていいの?

479 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 17:00:25 ID:rq00rUxo0
昔、一年間地方の新聞社の編集の雑用係で雇われていたことがある。
ある日、電話が鳴ったときに、たまたま会議と取材で誰も電話を取る人が
おらず、私が出た。電話はいろんな人が掛けてくるので、普通は社員が
直接取る事になっていた。

電話をとったら、いきなり「子どもが殺された時の新聞を100部よこせ」
と電話の向こうの年配の男性に怒鳴られた。

名前を聞いても答えずに、ひたすら酒に酔ったように怒鳴り声でわめく。
「○月○日に○○で俺の子どもが殺された。殺人者がいると言うことを奴の近所の
奴らに知らせてる。そうじゃないと奴はまた殺人を起こす。俺の子どもが殺された
時の記事が載っている新聞をよこせ。奴の近所に貼ってやる。コピーは駄目だ。
うそ臭いから本物じゃないと駄目だ」
暫くして会議が終わって戻ってきた社員が電話をかわってくれた。

後で社員の人に聞いた話。
電話をしてきた男性の子どもは、交通事故で亡くなっていた。
その事故は目撃者もいて、明らかに子どもが不注意で飛び出したもの。
一ヶ月くらい前のその日の新聞を読んでみたら、確かにT字路のわき道から自転車で
飛び出してひかれて亡くなった小学生の記事が載ってた。轢いた人は30代の会社員。

この後、子どもの家族と轢いたほうの家族がどうなったか考えて後味悪かった。

480 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 17:09:37 ID:y3cRzAmPO
>367
島耕作だったはず。
亀でスマソ。

481 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 17:15:46 ID:+w+Crd3w0
>480
島さんじゃないよ。
同じ作者で人間交差点じゃなかった?
じゃなきゃハロー張りネズミ。

482 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 18:06:20 ID:65Z/yFPl0
中学時代のパソコンの授業でインターネットを使った時
みんなが自分の好きな漫画や野球のページを見てる時に
自分だけこれみよがしに2chにつないでAAとかを周りに見せてたこと
しかも「このページって何?」って聞かれた時に「ヤバイ奴らの集会所みたいなもん」とか答えたこと
さらに友達に2chへの行きかたを教えるためにヤフーで2chって検索させて
でてきたリンクをクリックして2chのトップページが表示された瞬間に
そいつの耳元で「Welcome to Underground」ってささやいたこと

483 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 18:07:15 ID:gmmEoypx0
>>480
自分は子供の時に読んだ「先生のつうしんぼ(宮川ひろ/作 )」か
「プゥ1等あげます(灰谷健次郎/作)」のどっちかの作中で、
先生が自身の子供時代の辛い体験として生徒に話してるのを覚えてる。
それではお茶受けは小さい羊羹だった。

この場面の荒筋としては、生徒がなにか用事で先生宅に行った時、
そのお宅から「お母さんなんか嫌いだ!ばかぁ」みたいな先生の声と同時に先生が飛び出してきて
びっくりした生徒が後を付いてくと河原でしょんぼり座る先生発見。
そばに行くと「あぁ○○君かぁ。…先生の相談にのってくれへんかなぁ」っつって
生徒が『大人なのに子供に相談って変な先生やな』〜

って流れでその家庭訪問の話をしたと覚えてる(でも20年以上前の記憶だけど)。
でもこれでは貧乏だけじゃなくて、B関係も臭わしてたような…。
もう本も持ってないしこの部分は記憶違いかな。

でもこの系統のエピソードって多いんだね、人間交差点にもあるのか。
一番古いのってどれなんだろうね?


484 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 18:16:41 ID:Hibhyok00
どうでもいいことかもしれんが、
2ちゃんねるだと「うろ覚え」よりも「うる覚え」のほうが多い気さえする。
もしかして、これも2ちゃん語なのか?

485 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 18:19:01 ID:gmmEoypx0
って連投ごめんなさい、483です。
家系の何かがあったと思ったんだけど、B関係じゃなくって
先生は私生児だったような気がする。それで母に怒りを持ってたような。

486 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 18:22:49 ID:65Z/yFPl0
冗談でふざけてたら、
友達というほど親しくはない同じクラスの奴が自殺してしまった。
罰ゲームで驚かすだけだったんだが、当時の国鉄にはねられて死んだ。
幸いその頃は監視カメラというものがなくてね。

もう時効だろ。

487 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 19:26:40 ID:fmnRhAwt0
>482
2ちゃんは今も昔もアンダーグラウンドって程ダークじゃないと思うよ。
もっとやばいサイトはいくらでもある。

>484
「うろ覚え」が正解だけど、「うる覚え」というのは日常で普通に間違えられている言葉。
2ちゃんではあえて使ってることの方が多いだろうけど、素で間違ってる奴もいるだろうね。
2ちゃんではわざわざ指摘しない方が良いけど、日常生活ではちゃんと訂正してやれ。

488 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 19:32:50 ID:K6tqSeJ70
487が後味悪いw

489 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 19:52:10 ID:d3+KwL2i0
>2ちゃんは今も昔もアンダーグラウンドって程ダークじゃないと思うよ。
>もっとやばいサイトはいくらでもある。

482のエピソードに追加したい名言

490 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 20:00:15 ID:cCkWfWqF0
生あたたかい気持ちになった。

491 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 20:17:57 ID:a34pKUQk0
>>261
いや、あれは反則なんじゃない?
おれの友達も彼女にロウタ使ったらものすごい痙攣とともに
イッたらしく、ローターに嫉妬覚えたみたいなこと言ってたよ。でそれからもう使うのやめたって。
そいつは巨チンだし指も長いしセックスは激しそうだしうまそうだが
そんな性獣みたいなのでもローターには勝てないんだから、まあ、しょうがないよ。
単純な振動機械なんだけどね。。


492 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 20:21:16 ID:a34pKUQk0

>>461
の間違い

493 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 20:24:04 ID:OQrzHaeTO
ここで話を。
ある日、いつでもOKですよ☆(笑)のメールがきました。
嬉しいですが沸きませんですので、駅前周辺のメールを送りました。
買い物とかならいいですということなので今日の予定わーと考えました。

そしたらそいつが。
私はあんなにも頑張っていたのに。
そいつが、そいつだけでひどいことを。
とてもひどいことをしたんです。
許せない。
全く許せません。皆さんならきっと怒ります。


494 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 20:43:08 ID:1T8ifNgn0
>>493
こわい こわいよー

495 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 21:07:46 ID:KNDLh1YhO
キチ害の登場か

496 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 21:30:21 ID:4uX7bqDh0
>>481
島だよ。
手元にある。

497 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 21:46:20 ID:59Tm2FjsO

       ☆
丶( ^ω^)/ \(^ω^ )/

498 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 21:56:44 ID:3XTNYBIL0
>>493
どこをタテ読み?

499 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 21:57:47 ID:c4zqva9K0
>>498
最後の三行の最後

500 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 22:04:16 ID:q4mAuXqn0
ヒィッ!
自転車部隊を持つ永世中立国!!

501 :1/2:2006/08/14(月) 22:43:07 ID:Px7J5z6X0
昔マイナーな雑誌で読んだ漫画。

昔、ある王国で、革命をたくらむ男がいた。
そこで、男は、王好みの女を妻として送り、
その女が王をたぶらかして贅沢や非道なことをさせて、
最後には王家をつぶす計画を立てる。

まずは、王好みの美女に育ちそうな少女を見つけ、
その少女を徹底的に教育することにした。
少女には革命のことは知らせないようにし、
男は父親代わりとなって少女を育てた。
おかげで少女は父親思いの子に成長した。
そして、少女が年頃になった頃、
男は王の妻として送ることを決意した。
少女がいなくなる寂しさをこらえながら送り出した。

少女は、男の期待どおり、
王をたぶらかし、堕落させた。
王は政治に心を向けなくなり、国は乱れた。
それと同時に、少女は国を乱した悪女といわれるようになった。
しかし、少女はそういう悪評には気にもとめずにいた。
この国がつぶれれば自分は男の元に戻れると信じていた。

502 :2/2:2006/08/14(月) 22:44:14 ID:Px7J5z6X0
国は荒れ、ついに革命が起こった。
男率いる革命軍が、ついに王を捕らえて処刑した。
少女も捕まり、男の前に引きずり出された。
少女は男に、「これですべてが終わったんですね。」とつぶやいた。
その言葉に唖然とした男。
革命のことを知らなければ男は少女をこっそり生かすことにしていたのだった。
しかし、自分のたくらみに気づかれてしまい、少女を生かすわけにいかなくなり、
男は処刑を命じた。
「お父様!」という悲痛のの叫びの後、
少女は首を切られてしまった。
そして少女は稀代の悪女として後世に語り継がれた。


503 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 22:49:48 ID:zGtdaZNx0
革命軍につかまった時点で「稀代の悪女」じゃ助けられないだろ
革命起こす前に逃がさなかった男のミスだな

504 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 23:19:31 ID:cDfblK/40
>>501-502
殷周革命か?
なんか酷似した話を昔読んだ記憶があるんだが。

505 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 00:16:49 ID:2irjeMXD0
>>477>>478
聖ルシアの伝説を基にした歌と見た。
その後眼球もらった男もキリスト教信者になって、奇跡が起こって眼球復活するから安心シレ。





まあその後ふたりとも殉教するんだけどなw

506 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 00:18:59 ID:XGssHpAP0
周王とダッキ(漢字忘れちゃったった...)?


507 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 00:52:36 ID:MyANG3+U0
>>501-502
殷周革命の話で見たな。
周公旦と妲己?

小説十八史略しか覚えてないが、そのあと女が首だけでケタケタ笑ってたとかいうエピソードもあった気がする

508 :その1:2006/08/15(火) 01:07:35 ID:porjKa7C0
『鬼が来た!(鬼子来了)』とゆう映画

第2次世界大戦末期、正月を間近に控えた中国の寒村。
「私」と名乗る人物がマーという青年に2つの麻袋を渡し、大晦日まで預かるよう脅迫する。
麻袋の中には花屋と名乗る日本兵と通訳が入れられていた。

当然村人は困る。「私」という人物は一向に花屋を引き取りに来ないし、
始末するにも誰も人殺しなんかしたくない。

一方で花屋は身の回りの世話をしてくれる村人たちに次第に心を開いていき、
感謝の念を抱くようになっていた。そこで、
「助けてくれたお礼を日本軍から進呈するように俺が掛け合おう」と提案する。
村人たちは花屋を連れて日本陸軍の元へ赴くことに。

花屋の上官である酒塚は、村人に囚われてしかも生きている花屋に大激怒。
しかし、約束どおりお礼として村人たちに穀物を進呈する。

509 :その2:2006/08/15(火) 01:08:22 ID:porjKa7C0
その夜、村人たちと日本陸軍を交えた宴会が開かれた。花屋が中国語で
「新年おめでとうございます!」的なことを言い、村人たちも大喜び。
しかし酒塚は花屋を腐敗分子と見なし、村人に花屋を殺すよう命じる。
村人は応じることができない。酒塚は疑惑を強める。
「今武器を用意しているのではないのか?
 そもそも花屋を村人に預けたのは?」
酔っ払った村人が馴れ馴れしく酒塚に声を掛ける。
「そんなに怖がらなくていい」

その時、村人の態度にぶち切れたのか何なのか、花屋が村人に攻撃を加える。
それをきっかけに日本軍が村全体を襲い、虐殺を繰り広げる。

最初に花屋を助けた青年の首がラストカット。

510 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 01:09:19 ID:7YrLJkEw0
501です。

書き忘れたけど、確か封神演義とか殷周革命をベースにした漫画だったと思う。
少女は妲己。革命した男の名前は忘れた。
(これ読んだ時、ジャンプで封神演義連載してた)
生首がケタケタ笑うのはなかったがな。
題名や作者は覚えてない。

殷周革命がベースの話って結構多いんだろうか。

511 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 01:31:45 ID:d6PetE6rO
自分的には映画『リリィ・シュシュのすべて』が最強に後味悪かったんだが...

いや、後味悪い通り越して鬱なった...

悔しいことに国語2な自分にはあの深すぎる話を文にできないorz


だれかエロい人文にしてはくれまいか...

512 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 01:34:19 ID:k/V6qn6n0
>>511
本当に国語力がないのが書き込みから丸分かりだな

513 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 01:37:30 ID:dzITr6op0
>>482
それ、実体験? だとしたらお前の勇気に涙が出そう
書くだけでも辛い過去だ


514 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 02:58:08 ID:gH1AWsg90
俺が高校の頃通ってた学校の近くに変な爺さんが住んでいた。
その爺さん、下校の時間になると校門から少し離れたところで、「持ってたら線香くれんか?くれたら飴玉をやるから」とか言ってくる。
で、毎日そう言って来るもんだから、いっぺん理科実験室から線香を持ってきて爺さんにやってみることにした。
そしたら、やたらかしこまって礼を言ってきて、安そうな飴玉をくれたので、まあおれも甘いもん欲しかったからなめてみた。
次の日その話を学校でしたら、みんな面白がって理科実験室から線香持ち出してその爺さんから飴を貰うのが流行りだした。
そのうち理科教師が線香の減り方を怪しみだして線香を鍵付きの棚にしまう様になって、その内にその流行はおさまった。
だけどその爺さんは毎日その場所にやってくる。
そんなある日、クラスの女子がその爺さんに「線香もって無い代わりにいい物見せてあげるから飴玉頂戴。」と言いながらパンツを脱いで爺さんに見せた。
そうしたら爺さんがその女子に飴玉を十個上げて、言った事は。
「線香の十倍いい物を拝めたから、お礼も十倍じゃ。」だって。


515 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 03:02:18 ID:KAEd7tlU0
>>514
伊集院聞いてただろ?

516 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 03:06:09 ID:gH1AWsg90
>>515
まあな

517 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 03:06:12 ID:L5QA7jwVO
>>509
中国では鬼は幽霊の意味だったと思う

あと途中まで
(´д`)なんで花屋が?
と思ってたら名字かよ

518 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 03:28:55 ID:j+6oadQDO
なっ…!?名字だったのか…。

519 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 03:36:20 ID:aEMjDM9c0
>508
昔、何かの本でよんだ紹介だと
コメディっぽい内容な感じだったが、
そんな鬱エンドだったのか・・・

520 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 03:36:41 ID:7RKKdA3BO
てか、話が釈然としないよな
なんで花屋と通訳が袋にいれられ
中国の田舎町に預けられたのか?
そもそも「私」と名乗るやつは誰なのか?
話の語り手?

てか、その映画はただ日本軍の残虐さを伝えたいだけなのか?
何か深いものがあるのか?


謎が謎を呼ぶミステリーだな

521 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 03:47:00 ID:WhhoLVCO0
>>520
完全な反日映画だよ。
タイトルから想像がつくと思うけどね。

今も「南京虐殺」を題材にした映画が作られているらしいが、いつまで続ける気なんだか。
自分たちが満州に残された日本人を虐殺したり、粛清という名の下に同胞の中国人を
何百万人も殺したことはなかったことにしてるんだけどね。中国という国、というよりも、
今の中国共産党の存在自体が疑問。後味悪いどころの話じゃない。

522 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 04:18:56 ID:GfQ9yTjMO
どこかで打った覚えもないのに、右足の外側に親指の爪大の茶色っぽいシミみたいな痣がぼつぼつできてくる
しかも間隔をあけて5、6箇所に、痛みもまったく無い
上で出たるろ剣OVAのごとく「すわ、性病か!?」とビビったが、よく考えなくても俺童貞だった
あーよかった

523 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 04:44:45 ID:L5QA7jwVO
童貞だからといって
変態性欲の末に性病にかかるやもしれん

汚物入れとか漁ってないでしょうねアンタ?

524 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 05:01:31 ID:BKEVHowUO
>>522
水虫かも
皮膚科いってらっしゃいな

525 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 05:19:24 ID:dum/YIZFO
>>523
何でそんなこと考えつくの?気味悪い人だな

526 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 05:37:33 ID:GfQ9yTjMO
>>524
痒くないから大丈夫
正確には足からふくらはぎの中程にかけてぼつぼつでている
痛くないし平気

527 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 05:45:34 ID:+EncaxQ50
>>526
水虫でも痒くないことはあるぞ。
気になるなら病院いっとけ

528 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 06:18:24 ID:L5QA7jwVO
>>525
昔サイコさん?とかいう精神異常者の本を立ち読みしてたら書いてたのさ

吐くかと思った

529 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 07:06:04 ID:GfQ9yTjMO
>>527
一度行ってみる

530 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 07:13:22 ID:+EncaxQ50
>>529
行くなら、過去の病気を医者にちゃんと話せよ。

俺は皮膚が荒れてきたので、大きめ病院に掛かったら、原因不明で追い返されたぞ。
んでバイト先の健康診断のときに来ていた、小さな医院の医者に観て貰ったんだが、
過去に小児喘息を患ったことがあると話したら、一発でアレルギーと見抜いてくれたぞ。
その医者がいう事には、その大病院の医者は無能な人だったらしいんだが。

531 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 07:28:08 ID:dzITr6op0
>>530の意見は貴重だったが、尻馬に乗って病気自慢を書き込んでいるそこの
あなた、書き込みボタンは押さなくて結構です。


532 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 07:57:16 ID:+EncaxQ50
>>531
スレ違いすぎた。
スマン

533 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 08:06:09 ID:dzITr6op0
>>532
あいや、あなたをどうこう言ってはおりません。こちらこそスマン


534 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 09:05:52 ID:HHIMXkCh0
>>514-516の流れで伊集院の話を思い出した。

小学生時代、伊集院少年は近所のお婆さんに声をかけられる
「ケンちゃん(本名:田中建)、おばちゃんの絵を描いてくれない?」
絵を描くことが好きだった伊集院少年は、暇だったこともあり応じる。
お婆ちゃんに完成した絵を渡すと、たいそう喜んでお駄賃をくれたそうな。

これに味をしめた伊集院は毎日お婆ちゃんの絵を描きに行って
お駄賃を貰うようになる。
友達に自慢げにその話をしたところ、友達も大勢お婆ちゃんの家に
押しかけて頼まれてもいないのに絵を描きお駄賃をせびるようになっていた。
それでも、お婆ちゃんも最初のうちは喜んでいた。
しかし、ガキどもの描く絵のクオリティも最終的には丸描いて
点を3個書く程度のいいかげんなものに変わっていく。
お婆ちゃんのお駄賃も100円から10円になったりしていた。
「んだよ!シケてんなババア!」といいながらも金をせびるガキたち。
ある日、突然お婆ちゃんが引っ越した。
お婆ちゃん家の壁には子供たちが描いた絵がたくさん貼られていた・・・

535 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 09:14:04 ID:LAgDMmwR0
後味悪いっつーより胸くそ悪い話だな。

536 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 09:17:01 ID:+EncaxQ50
下手なホラーよりも怖いよな

537 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 10:30:39 ID:1Bj0zORe0
子供の頃「吾輩は猫である」は、猫が主人公だから明るい話かと思っていたら
なんかシュールで、しかも最後は猫は酔っ払って溺れ死ぬなんてオチだから
なんともやりきれない気持ちになった。南無阿弥陀仏ありがたいって死ぬ猫って・・・

538 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 10:33:45 ID:wt440gaA0
>>486
詳しく

おれの学生時代の国語の教師
一風変わった教師だったんだが今思えば本当に頭がおかしかったのだろうと思う
いじめ問題が多発してニュースで連日のように報道していた頃
おれたちの学校でもいじめ問題が表面化して新聞に取りざたされた
たった一人の人間を中庭で数十人で取り囲みチャリで突撃だの殴ったり蹴ったり…
野次を含めると全校生徒360人足らずの三分の一は集まっていただろうと思う
もちろん止める奴もいたが、そういう正義感の熱い奴らもなあなあで止められる
そのうち生活指導の教師が止めに来て蜘蛛の子を散らしたように生徒が逃げる
教師陣も本当に必死だったのだろうと思う
しかし国語教師(女)だけは違った
イジメや部落問題でクラスを超えて意見を述べ合う意見交換会の場で、彼女は言った
「先生はほんとはあなたたちのことはどうだっていいんです
今さっき○○○さんがイジメにあっているという意見が出ましたが、先生達も本当に困っています
この学年は新聞にも取りざたされました 先生とっても恥ずかしいです
他の先生の言っていることは全部綺麗事です
イジメ問題でやかましくこうやって授業を潰して行うのも今だけです
○○○さんが転校するか卒業してくれれば問題は解決するんです
あなたたちさっさと卒業してください」

本音を出し合う意見交換会だったが、さすがにこいつは最悪だと思った
ちなみに彼女は受験年の最後の期末テスト中に(だったと思う)
よほど気分が良かったのか大声で歌を歌いだす教師だった

539 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 10:43:53 ID:zoIP8/+U0
>>538
いじめの部分は…まあ…おいといて。

その教師はひどすぎるな。

540 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 10:56:21 ID:1G1VjVom0
>>530
最後の一行が異様に後味悪いな。

>その医者がいう事には、その大病院の医者は無能な人だったらしいんだが。
自分の方がこんなに有能、と言うために、同業者の悪評を患者に言うなんて、
人としても専門職としても、信頼できる人じゃない。

541 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 11:01:06 ID:Nw1liY670
>>538
その先生はきっといじめられっ子に向けられた憎悪を
自分に移すためにわざと言ったんだよ。

生徒も教師も揃いも揃って狂ったいい学校ですね。

542 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 11:21:09 ID:P0AseAn00
>>538
その先生は言い方はあれだが結構いい先生だと思う。

543 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 11:23:17 ID:Y7Lim+y3O
>>538
半分くらいの先生が同意見だったと思う(何のソースもない俺の一意見です)
その女性教師が危ないのは本音を言ってしまったことだろうな

544 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 11:33:40 ID:wt440gaA0
>>541
そもそも憎悪なんてないんですよ
遊びの延長上で「イジメ」があるんです
いじめられっ子を目の前にして
「あなたが転校するか卒業してくれたら助かるのに」的な言葉はどうかと思いますよ
さらに恐ろしいことに、その中学校は地元で有名な幽霊スポット
どうも墓地だった場所に学校を建てたようで、場所によっては真夏でも鳥肌が立つほど寒かったり
真昼の授業中に首のない兵隊さんが廊下を歩いていたり(わたしはこれは見たことがないけれど)
見た人間の話によれば上半身のみの物体(?)が漂っていたり
と七不思議どころではない怪談話が山ほどある学校でした
全国ニュースや新聞沙汰になるような問題を起こした学校なのでドキュソなのは否めませんが
個人的にはこの環境がマイナス作用に働いたのでは?とも考えてしまいます

545 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 11:33:41 ID:5pDlrl2k0
いじめに加担してる奴が本音言う教師責める資格ないだろが。

546 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 11:39:02 ID:70OzMvLz0
>>538
言ってることはあながち間違いじゃないんだが・・・

547 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 11:41:07 ID:wt440gaA0
>>543
本音を言うべきではなかった その通りです
わたしの説明が悪いんですが
「わたしを憎みなさい」というニュアンスよりも被害者側を切り捨てる発言でした
そして彼女はその教師の発言から後に本当に転校してしまいました
期末テスト中に歌を披露してくださり、ある生徒が
「先生、テスト中なんで歌わないでください」と発言したら
その生徒はあとで呼び出されて「あなたはおかしい」と説教

548 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 11:52:09 ID:5pDlrl2k0
>>547
もう一度言う。
いじめに加担してるおまえが本音言う教師責める資格ないだろが。
くどくどと嫌な性格だな、おまえ。

549 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 11:52:27 ID:4BBIWtRa0
なんつーか必死で「この教師はおかしい」と後出しすればするほど、
wt440gaA0の行動が後味悪くなってくるぞ。

550 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 11:58:33 ID:YtmnzrW1O
教師も538も糞

551 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 12:00:39 ID:dzITr6op0
俺も参加すゆー。
地上有数の糞、wt440gaA0とその近しい者は苦しんで氏ぬ


552 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 12:00:38 ID:OuM3FSi40
転校した先で楽しくやっていけるようになってるんだったら
むしろ後味のいい話だな

553 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 12:22:01 ID:pA6jPdnQ0
「誰かが助けてくれるかも」と期待したり
「いじめに耐え続けて、いじめられた経験すらプラスにするんだ!」と変な考えを持つよりも
さっさと転校した方が本人のためだしその教師のやった事は正しい。
何十人の生徒たちがいじめを放置してるようなDQN学校じゃ
教師一人がどうにかしようとするのにも限界があるし、
この学校に見切りをつけるべきだと教えた教師は立派。

554 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 12:46:12 ID:X9LWN2uy0
なんだ?とりあえず>>538は屑野郎って事でFA?

555 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 12:50:02 ID:Z69ffLeZ0
まぁ実際、虐められてる人間を切り捨てたとしても、すぐに別の生け贄を子供は選び出すんだけどな。
もっと他人の痛みを分かる教育をしないとイカンよなぁ。

556 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 12:53:01 ID:mtYtNXFG0
いや、屑ではないだろw

その先生も大概おかしいが、言ってることは理解できる。
公的な場所で正論を言うとデムパ扱いされる、それがこの国クオリティ。

仮に苛めを止めさせようとしたって、とことん苛め荷担体質になってる
集団はどうしたって止められないだろう。
そんな集団に頭を悩ませるより、苦痛を感じてる人間が移動したほうが早い。


557 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 12:56:32 ID:mtYtNXFG0
>>555
一度苛める側に落ちちゃうと、そういう力関係の世界からずっと抜けられないだろうしな。

「みんな本当はいい子!」みたいな事を言い出さないだけマシだ。

558 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 13:21:47 ID:BPG+5Qiv0
実はここまで叩かれてる>>538がイジメられっ子本人だったりしたら
本当に後味悪いなと思ったw

559 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 13:27:41 ID:Z69ffLeZ0
>558
どこでも虐められるワケか;

560 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 13:52:53 ID:BPG+5Qiv0
被害者側を切り捨てるような発言って言ってるがその先生は
「あなたたちさっさと卒業してください」って全員にさっさと卒業しろって
言ってるんだから別に被害者だけを非難してるわけじゃないだろ。

561 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 14:10:56 ID:PFqUZUaE0
>>534

似たような話を国語の教材で読んだな。
ある小説家が子供たちが川魚を取っているところに出くわす。
煮付けにしたらうまそうだなと思った小説家、
「おじさんにそれ売ってくれないか」と持ちかける。
はじめは戸惑った顔だった子供たちも、思わぬ収入に大喜び。
しかし翌日から小説家は子供たちの魚の売り込みに悩まされるようになる。
「こんなに肥え太ったいい魚はめったに取れねえべ、な!?」
と魚を小説家の前に突き出し、買値を吊り上げようと粘る子供たち。
その執拗さに音を上げて、小説家はついつい買ってしまい、
魚ばかりのおかずの日々を送る・・・
そしてとうとう魚を買う金にも窮するようになってしまう。

と、ここまでは似た展開なんだが、さすがにここからは国語の教材。
その日も子供たちは魚を売り込みにやってくる。
男はその日、本当に全く金がなく、魚は買えないと子供たちに言う。
子供たちははじめは男が魚の値段を下げようとしているのかと疑うが、
やがて本当にないのだと分かると戸惑った顔を見合わせる。
やがて一人が「じゃあこの魚、おじさんにやるべ」
というとほかの子も「うん、やるべやるべ」と同調し、
みんな楽しそうに取ってきた魚を小説家に渡して去ってゆく。
そこで小説家は、はじめから魚をくれと言えば良かった、
買うなどといって、子供たちの心に商売っ気を吹き込んで汚したのは
自分だった、と反省する。

という感じで後味良しラストへ急展開する。

562 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 14:27:50 ID:q11rTLDt0
ただでくれるのがきれいな心かよ

563 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 16:16:43 ID:GfQ9yTjMO
話し変わるが、たった今
終わらない夏休みを見た。
もうだめだ…

564 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 16:30:47 ID:JavGToOg0
終わらない夏休みの画像が見れなかった
キモオタのつまらない妄想小説だった

おれが4歳か5歳ぐらいのとき
蜘蛛の巣にトンボがひっかかっていた
蜘蛛はさかさかとトンボの元へ走る
おれはトンボを助けてやろうと虫取り網で蜘蛛の巣ごとトンボを急いで捕獲
………トンボが千切れた

565 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 16:36:58 ID:YrFgx2JP0
でも、売り物として持って行ってた物を、
困っているのならあげようってすぐ切り替えられるのってきれいな心じゃん。
金持ちからは踏んだくろう、困ってるなら助けようってのは、
きれいって言うかナチャラルだなと思うよ。
私なら「ケッ、貧乏人が!」とか思っちゃいそうw

566 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 17:04:15 ID:m1tqzynA0
>>565
ナチャラルw

567 :丸ブリッジ豆腐:2006/08/15(火) 17:23:45 ID:AQH3BEUWO
↑みたいに、揚げ足とりばっかする奴が一番後味悪い。

568 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 17:28:34 ID:Z69ffLeZ0
でも>561の終わりは、買えねーって言われても処分に困るから、捨ててったのと同義じゃないかと思う俺は心が汚れていますか?

569 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 17:34:15 ID:8ORKYTRs0
ナチャラルを知らない夏厨発見

570 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 18:29:15 ID:I5jYm1lH0
子供の頃、捕まえたトンボの羽をむしろうとしたら、羽は千切れずに胴体が真っ二つに裂けた。後味悪かった。

571 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 18:42:02 ID:XwLTNBi30
ナチャラル の検索結果 約 708 件中 1 - 10 件目 (0.08 秒)

572 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 19:21:47 ID:pA6jPdnQ0
まず何故羽をむしろうとした

573 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 19:33:12 ID:5kOyGRvn0
バッタの足とかもぐのは幼少期のデフォでしょ

574 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 19:46:24 ID:/V6OJzCZ0
蝉を容赦なく踏み潰したことならあるな
すまんかった、蝉

575 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 20:02:51 ID:fQZYKjvcO
かたつむりを手に持って父におんぶしてもらっていた。かたつむりを落としてしまった私。
その直後、父がかたつむりを踏み潰した。
私号泣。父オロオロ。かたつむり昇天。
あんときのかたつむりすまんかった。父もすまんかった。

576 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 20:13:04 ID:C0QrdOE3O
遅れてしまいました。すみません。

なんと、あいつは、私はいつもあんなにも頑張っていたのに、自分はどうもしないというのです。

どうしてですか。皆さんお怒りでしょう。
けれど、私は、歯をくいしばって、憤怒しながらも、どうしてですかと聞きました。
にやにやしていました。

死ろしたい。



ということでした〜
嫌ですね。皆さん気を付けて。

577 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 20:16:20 ID:UYKYSUSxO
幼稚園の頃チョウをつかまえたんだけど、チョウの羽って粉っぽいのに
それを『汚れているから綺麗にしよう』と思って水道でチョウの羽を
洗ってやったら飛ばなくなった。
でも俺は『あの粉はピーターパンで見たティンカーベルの魔法の粉だ!』と思って、チョウは
ティンカーベルに魔法の粉をかけてもらってるとずっと信じてた

578 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 20:18:01 ID:dxW0/bn80
そうか、それは大変だったな。

579 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 20:18:41 ID:dxW0/bn80
うお、誤爆した。失礼

580 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 20:51:17 ID:1zZQm0XDO
私は無意味に蝉を砂場にうめまくってた

581 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 20:53:41 ID:C0QrdOE3O
皆さんどうお考えですか。

582 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 21:09:43 ID:pNgmIt4dO
子供のころ 井戸にイモリを数匹入れたんです・
直後に罰が当たりました、子供心にいゃーな感じでした

583 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 21:12:40 ID:sXqPxwDxO
。・.゚(PД`q。)゚・。蝉さんトンボさん蟻さん蝶さん蚓さん毛虫さん魚さんザリガニさん、そして無邪気な私達に惨殺された雀さんもどうみてもあなた達に罪はありません。本当にありがとうございました。

584 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 21:18:11 ID:pfs7bw7Q0
いくら幼い頃とはいえ雀は殺害対象外なんじゃねーの?

585 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 21:20:48 ID:SjSjLedP0
虫虐待の流れなので私の虫虐待話をひとつ

バッタの頭を掴んで引っ張ると
頭に内臓がくっついて胴体からズルっと抜けるんだ
それだけでもマジグロなんだけど
空になった胴体をそこらに置いてくとなぜかピョンと飛び跳ねるんさ
胴体カラなんだよ?
子供のころよく虫虐待をやってたんだが、それをみて我に返った
なんであんなことやったんだ・・・orz

586 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 21:22:18 ID:cT0Yggqh0
どん臭くてバッタも蝶もトンボもカエルも捕まえられなかった自分は、あれで良かったのかもと思った。
あ、アリはたまに踏んでたが。

587 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 21:23:30 ID:zoy8Au+50
なんかのマンガで読んだ話。
結構、ギャグっぽく描かれてるんだけど何故か後味悪く感じた。


中学生(高校生だったかも)の少女・マリアはある日神様からのお告げを聞く。
そのお告げの内容は「お前は神の子を腹に宿す」みたいなことだった。
しかし、マリアは処女で子供を産むのが嫌だったので、クラスメイトに頼んで処女をもらってもらうことにする。
そうすれば、処女懐胎ではなくなるので、神の子なんて産まれなくなるだろう、と考えていた。
しかし、いざSEXしようとすると突然天使が現れ、SEXを邪魔し、更に相手の男も気が狂ってしまう。
他にも何人かの男子と試してみたのだが、結局それの繰り返しだった。
数日後、自分の中に何かができたことを悟ったマリアは「これが私の運命なんだ」と受け入れる事にした。

588 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 21:30:09 ID:d8fNKdxB0
全然気味悪くないし後味も悪くないが。

589 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 21:38:56 ID:aocLsLby0
今、必死で続きを書いてて、
「全部書いてからうPしろやヽ(*`Д´)ノ」
の議論が再燃して後味悪ぅ、
という流れなんジャマイカ

590 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 21:50:16 ID:wwZQkLJ70
自分の意思が生かされず何者かの意思が強制される、ってのは気分が悪い話ではあるけどな
特に子供とか、死とかダイレクトに生命に関わる部分ではなおさら

591 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 22:13:18 ID:mfETtIa20
でもクラスメイトの男の子が可哀相だろう
おにゃのこの処女をもらえると思ったら突然現れたやつに精神崩壊させられて

592 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 22:48:07 ID:QQP4Aj6O0
アンディ・ウォーホルのドラキュラの処女みたいに
自分で突っ込みゃ良かったんかもね。

593 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 22:48:25 ID:uy81rwHlO
「アトムの最後」

子供は試験官で生まれるのが当たり前の未来。
主人公の丈夫が五歳の時、ジュリーという女の子と仲良くなる。
未来のおもちゃといえば銃やダイナマイト(本物)しかなく、絵が書きたいと嘆くジュリーに
丈夫は「首つりごっこをしよう」とジュリーに首をつらせる。
母親が駆け付けたがジュリーはぐったりしていた。
丈夫は悪びれずニヤニヤ笑うだけ。
その晩、ジュリーがいなくなったと大騒ぎになった。
丈夫もこっそり家を出て探していると、暗闇から突然影が現れ、驚いて銃で撃ってしまった。
それはジュリーの母親で、なんと彼女はロボットだった。

十年後、美しく成長したジュリーと丈夫は付き合うようになる。
丈夫は交際を認めてもらおうと両親に話をするが、許されなかった。
実は両親はロボットで、丈夫はロボットの娯楽のために殺し合いをさせられる決闘者だったのだ。
決闘の日、丈夫はジュリーを連れて博物館へ逃げ、50年前に作られたアトムを復活させる。

594 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 22:49:35 ID:uy81rwHlO
島へ逃げる三人。
「僕の時代には人間とロボットはうまくいっているように見えた。あれはごまかしだったのだろうかか?でも」
アトムは続ける。
「君達のように人間とロボットが心から愛し合っていれば心配ない」
そう、ジュリーもロボットだった。
詰め寄る丈夫を後に、アトムは追っ手を倒しに行く。
「あなたを本当に好きなの。どうしてロボットが人間を愛しちゃいけないの?」
と嘆くジュリーを丈夫は泣きながら撃ち殺す。
すると上空から追っ手の声がした。
「五歳の時遊んだジュリーは本当の人間だった。
首つりごっこでお前が殺したんだ。
母親はジュリーを行方不明として死体を埋め、身代わりのロボットを作った。
お前は人殺しだ!」
事実を知り銃を乱射するが丈夫は殺されてしまう。
空に「2055年」と大きく書かれたコマで完。

595 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 22:53:13 ID:uy81rwHlO
普通に読んでも後味悪いが、これがあのアトムの未来の話だという設定に更に鬱だった…

596 :1/3:2006/08/15(火) 22:56:59 ID:qqiyyOcR0
四角い曲がり角



 曲がり角が恐い、といつも思っていた。
 その曲がり角は僕の家の左側に位置していた。右側にも
曲がり角はあったのだが、何とも思わなかった。だからいつ
もは右側を通っていた。駅に向かうときも、パンを買いに行
くときも、どんなに遠回りでも、僕は右側の曲がり角を通っ
た。当たり前のように。でもどうしても左側を通りたくなるとき
がある。ハイライトが切れたとき、僕は左側の曲がり角を通
らなければならないという衝動にかられる。通りたいとすら
思う。右側の曲がり角の先にもタバコの自動販売機はある
が、左側の曲がり角の先にある自動販売機に行きたくなる。
何故かはわからない。ただ左側に行きたくなるのだ。あまり
の恐さに反吐を吐いたことが幾度となくある左側の曲がり
角に。
 何故、左側に行きたくなるのか? それよりも僕は何故左
側の曲がり角が恐いのか? 物心付いたときから恐いわけ
ではない。高校3年生の夜、家を出てふと左側の曲がり角
見たとき、その時から突然理由もなく恐くなってしまった。そ
の時以来、昼でも夜でもただひたすらに左側の曲がり角が
恐い。非道く恐い。このことを人に話すと決まって
「曲がり角が恐いなんて、ガキじゃあるまいし。曲がり角の
先に怪物でもいると思ってるんじゃないの。ハッハッハ」と
馬鹿にされる。
 確かに何かいるという感覚で恐いのかもしれない。何者
かに襲われるという感覚で恐いのかもしれない。だがこれ
だけはハッキリしている。見ることすらできないほど恐いの
だ。

597 :2/3:2006/08/15(火) 22:59:15 ID:qqiyyOcR0
 恐い、けど行きたい。恐いもの見たさ? そんな言葉では
片づけられないほど、日増しに恐さは増長し、それに比例
するように行きたい衝動は増していく。いっそ爆破してこの
世から左側の曲がり角を消してしまいたいと思うようになっ
た頃、僕は爆弾ではなくて、1丁の拳銃を買った。曲がり角
から出てくる怪物を撃ち殺すためではない。ただ安心が欲
しかった。爆破するなんて大それたことができない臆病な
僕には、北の国から流れ着いた出来損ないの拳銃がお似
合いだったのかもしれない。それで安心できるなら。しかし
本当の安心を与えてくれたのは拳銃ではなかった。拳銃
を売ってくれた彼が、片言の日本語で
「カミイルカ」
といっていたモノ。約1センチ四方の紙。ミシン目のある紙
だった。
 コンビに前で屯している御手洗いに聞いたところ、これは
LSDという名のドラッグで、粘膜から吸収させるのが最も
効くとの話だった。早速、舌の下に忍ばせ数分。何故か気
分が異常に高ぶり、その場にじっとしていられなくなり、ど
こかに飛び出したいという、居ても立ってもいられない状況、
心境に陥った。むやみにタバコを吸いまくり、落ち着かせよ
うとするも、頬は緩みっぱなし。柱に付いていた2センチほ
どの傷が異常に気になり、かといって触るわけでもなく、じ
っと見つめていた。その時、タバコが切れた。ホープが切れ
た。胸にこみ上げてくる衝動。左側の曲がり角の行きたい
衝動。今までにないほどの衝動が心臓を鷲掴みにし、同時
に足を斬りつけられたほどの痛みを伴った恐怖が脳味噌
の溝を高速で這いずり回り始めた。衝動と恐怖。ほんの数
ミリという差で衝動が勝った瞬間、僕は形振り構わず飛び
出した。家を飛び出し、右側の曲がり角に向かって唾を吐
きかけ、左側の曲がり角の方を見る。

598 :2.5/3:2006/08/15(火) 23:01:33 ID:qqiyyOcR0

 綺麗だった。

 あまりにも綺麗な四角い曲がり角が僕の目の前にあっ
た。御手洗いの話だと、LSDをやるとあらゆるものが曲が
って見えるという話だったが、現実は違った。恐ろしいほど
まっすぐに伸びる道。その先にはスラッと伸びた電柱。電
灯の光はオーラを放ち、その下には定規を当てて線を引
いたかのごとく、空間とクッキリ分けられた角。その向こう
側が見えなくとも四角いことがハッキリとわかる曲がり角
が僕の目の前にあった。あまりの綺麗さに忘れていたが、
その曲がり角はあの左側の曲がり角。見た瞬間、胃液が
こみ上げ、その場で反吐を撒き散らしてしまうほど恐かっ
た左の曲がり角。確かにそれが左の曲がり角だというこ
とを認識できる。だが恐くない。まったく恐くない。僕の心
には”行きたい”という衝動だけが、ポツンと残されていた。
 焦ることはなかった。恐怖はなかった。ただ行けばよか
った。それだけだった。ゆっくりと進んだ。近づくにつれ、
その角の美しさは増すばかりだった。しかし一刻も早く近
づきたいとは思わなかった。そこに行ければよかった。約
2メートルほどまで近づいたとき、曲がり角を曲がった先
の風景がいきなり僕に襲いかかった。何もない。ただひ
たすらにまっすぐ伸びている道。どこまでも続く道が目の
前に広がり、先には母親が立っていた。僕を無償の愛で
包み込んでくれんばかりに両手を広げ、立っていた。僕
は進めば良かった。ただまっすぐ進めばよかった。そし
て曲がり角はふいに訪れ、何の迷いもなく、僕は曲がり
角を左に曲がった。

599 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 23:01:37 ID:/gBZLQ8s0
>>555
>>他人の痛みを分かる
ちがう、ちがう、
「お前ら、うざい、あっち行け」と言えばいい。
だって、ほんとにうざいんだもん。
「おばさん、キモイ」とか、
「わたしだって、お前らなんか、うざくてきもいよ」と言いたいのだが
PTAが怖くて言えない。
「おばさんがキモイ」とか言っている、ブサメンよ、
おbさなんも「若くてもブサはブサ、おまけに頭悪い」とか思っている事を忘れずに。

600 :3/3:2006/08/15(火) 23:02:42 ID:qqiyyOcR0

 目の前には、醜い肉の塊。

 ナイフでメッタ刺しにされた腹からは血まみれの腸が
飛び出し、はみ出した胃からは消化しかけの米の塊が
ニラと混じって出ていた。唇に吸いかけのハイライトが
張り付いていた。
 確かに母親はいた。父は走っていた。僕は高校3年生
のとき、包丁を握りしめていた母を見たのを思い出した。
僕はこめかみに拳銃を押し当て、撃った。そして母と一
緒に寝た。小学校5年生以来のことだった。綺麗な星と
綺麗な四角い曲がり角が見えた。

601 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 23:09:15 ID:Jsqiz3j20
>>595
鉄腕アトムの最終巻はオムニバスみたいに色々な話が載ってるけど、
鬱じゃない話は1つもない。
アトムは正義の味方じゃないし。
あの頃の手塚は間違いなく狂ってた。

602 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 23:18:35 ID:vFLGqO1R0
>>601
kwsk

603 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 23:40:41 ID:zIfGtoG20
ミサイルの弾道を変えようとして、ミサイル爆発と共にあぼーんしか知らなかった。
>>694の方が考えさせられるオチだね。

604 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 23:41:16 ID:porjKa7C0
>>593
ありがとう、何で読んだか思い出せなくて気になってたから。
生まれてはじめて読んだまんがが確かこれなんだよ…。
幼稚園だか小学校低学年だかで。
でも、何か知らんけど私、
男の人はあんまりにもロボットばっかしの世界に絶望して
自殺したと解釈していた。

605 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 23:41:41 ID:zIfGtoG20
>>594でした…

606 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 23:55:30 ID:Jsqiz3j20
>>602
すまん、一度読んだだけでよく覚えてないんだ。
ただただ滅茶苦茶な話が幾つもあって終わった。
あまりに酷かったから二度は読まなかった。

>>603
ミサイル爆発の後の話もあって、
バッタの宇宙人に拾われて修理されて地球に戻って来るんだよ。
そしたらなぜか60年代の日本って酷い話もあった。

607 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 23:58:49 ID:dzITr6op0
なんか、今のブラックジャック偽者乱発を本人がやっちゃってた感じだな


608 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 00:01:09 ID:Jsqiz3j20
>>607
そんな感じ。
手塚は狂ってたと思う。
ILとか鳥人大系とか。


609 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 00:10:39 ID:y2VI7PBc0
アトム今昔物語というもの欝。

地球に行きたい人間になりたい?昆虫型宇宙人に巻き込まれなぜか昔(60年代?>60の話かな)
にタイムスリップ。昆虫宇宙人(姿かたちは女、服脱ぐと昆虫)はそこらの野原で小型化して
虫として幸せに暮らすことになったけど(そのついでに男が一人巻き込まれて小型したような)
アトムは昔だからエネルギーが無くて、最後はエネルギー切れで野原で野ざらし

時間が流れて博士がアトム作成。設計は完璧なはずなのに何故か動かない。
野ざらしアトムがいるからタイムパラドックスで動かないのだ。
それを知った昆虫宇宙人(長生き)は、アトムを爆破。
アトムは無事起動・・・

というオチだった。
昆虫宇宙人が気持ち悪かったのと、アトムの閉鎖ルートが怖かったのとで
しばらくTV見るのも嫌だった小学校時代・・・図書館で借りた本だったよ・・・。

610 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 00:10:55 ID:IL3jTWx80
元々エログロ・ホラーとか大好きみたいだし
ちょっとヒネた所があるだけだろ?

611 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 00:24:49 ID:9psi2KlsO
文章がわかりにくい

612 :593:2006/08/16(水) 00:37:32 ID:GRXOgeKOO
>>602
今手元にあるから特に後味悪いものを以下に。

「アトム二世」
あぼんしたはずのアトムから連絡が入る。
今は小さな原始星にいて早く帰りたいが、その星がどこか分からない。
政府はアトム二世を作るよう命じる。
しかも「人間そっくり」ではなく「人間そのもの」に。
当然二世は毎日テレビばかり見ている。
博士に金をせびり、好きあらば女をホテルに連れこむ。(二世には生殖器がついている)
抗争を目の前にしても「巻き込まれちゃ馬鹿馬鹿しい」
そんな二世に核兵器輸送の護衛という仕事がくるが、月給20万、年一億のボーナス、週休三日制等を要求。
なんとか行かせるものの、今度は行方不明。
二世は核兵器を壊してアトムの大量生産事業を起こし、世界各国に正義の味方を安く売って儲けていた。
裸の女を百人もかこって王様暮らしをしていたところを捕まり、
記者会見で「俺は正義の味方だからジタバタしないんだ」と無精髭面で言う。
(「イヨー性戯の味方ーっ」とうまいんだかうまくないんだかの記者の掛け声が入る)
博士が空を見上げアトムが戻ってくることを願うシーンで終わる。

613 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 00:40:31 ID:GRXOgeKOO
「アトム還る」
太陽に突っ込んであぼんしたアトムが宇宙人に復活、というか改造される。
(時間航行器を額に取りつけられる)
地球へ戻るがそこは大昔。
公害で滅びた人類の記憶を持つロボットと戦って勝つ。
(時間航行器をとめられたため)
実はそのロボットは現在のスフィンクスだったというオチ。


ちなみに「アトムの最後」は学生運動がはやり、漫画も暗くてニヒルなものが多く、それの影響を受けたと書いてある。

614 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 01:07:42 ID:SGwAWZdOO
(・з・)月給20万で年一億……
なんかせこい

615 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 01:16:26 ID:ug9Ei8m00
>614
まぁ当時は、大卒初任給が10万ぐらいの頃だしな。

616 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 01:27:22 ID:grvR4L5+0
手塚治虫つながりで思い出した「鳥人大系」の1エピソード。

鳥から進化した鳥人が地球の支配者となっている。
また、人間は知能があり鳥人と会話もできるが家畜・ペットとして扱われている。
ローマ時代っぽい舞台設定?(>>428さんのエピソード1つ目と2つ目の間の時代)

貴族の鳥人の間では、所有する人間達を闘わせてそれを見物する「闘群」という遊びが
流行っていた。ある貴族の青年Aは、隣の領地を治めている領主の息子に闘群を申し込まれる。
Aは妹と自分の家畜の中でリーダー格であるオスの人間Bにそのことを話す。
Aの妹は「Bは私のペットでもあるのだから、そんなことをさせたくない」と言うが、
Bは従順な家畜として「オマカセクダサイ、マケマセン」と答える。
しかし、Bは自分たちが祖先のように支配者に返り咲くチャンスを狙っており
今回の闘群は良いチャンスかもしれないと考えていた。
Bは隣の領地の人間達と事前に密通し、闘群の際に合流して隣の領地を鳥人から奪い
その後Aの領地も攻め取ろうという計画を立てて準備を始める。
その傍ら、同じ家畜であるメスの人間といい仲になったりする。

617 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 01:28:08 ID:grvR4L5+0
闘群が始まり、Bたち人間は計画通りに隣の領地を得る。
この勢いでAの領地に攻め込もうと進軍している途中、川が流れていたので
水を飲んで休憩することにする。
ところが、水を飲んだ人間達は苦しみだし死んでしまう。
苦しんでいるBの前にAの妹が現れ、Aが川に毒を流したことを伝える。
Aは隣の領地を自分のものにするために、計画に気付かないふりをしていた。
しかも密告したのはBの恋人であり、彼女は新しいペット(Bの子供)を身ごもっているという。
「メスは交尾がすめばオスには冷たいものよ」とか言ってAの妹は城に帰っていく。


手元にないので微妙に記憶違いがあるかも。
人間メスの裏切りがショックだった。
鳥人大系は後味の悪い話ばかりだったような気がする。

618 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 03:37:50 ID:W60WYawI0
>>611
うん、、アトム関係の話なんか全部よくわからん
共有してる前提が少ないからだろうか。

もしよかったらもっと解説よろ

619 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 04:26:58 ID:7JdaACjpO
>>511
俺も文ヘタだけど書いてみる。
リリィ・シュシュのすべて

主人公は市原隼人。
リリィ・シュシュってのはちょっと電波な教祖的な歌手で、普通の人は敬遠するけどハマる人はハマっちゃうみたいな教祖的歌手。
(エーテルがどうのこうのとか平気で言う奴)
市原はリリィ・シュシュのファン。
市原は親が再婚したり、虐められたりで何だかんだで世の中つまらなく感じていた。
中学に入ってからクラブに入って同学年の英太に似た奴(以後、偽英太)に出会う。
偽英太は何かを理由に虐められていく。
でもキレていじめっ子を倒す。
そこから偽英太は「自分は強い」みたいに考えるようになって、逆に今まで自分を虐めてた奴等を従えるようになっていき、調子に乗って市原までも虐めるようになっていく。
でも市原は抵抗せず、日々が続いていく。
ある日、市原はリリィ・シュシュのライブのチケットを手に入れ見に行く事になる。
ライブ会場に着くとそこには偽英太がいて、「おい、お前の方がいい席じゃん、替えろよ」だの言われる。
しかも、パシらされて、パシってる間に市原のチケットは捨てられる。
市原が帰って来た時には、偽英太は列の中にまみれていて近付けなくなっていた。
だけどライブは延期か中止かになって一時中断になる。
ザワザワしてる中、市原は後ろから偽英太をナイフで指す。
しかも、「ぉぃ、殺されてるぞ!!!!!」と、いかにも自分殺してませんといった風に言い、去って行く。
最後に、パソコンの画面に「自分の中がエーテルで満たされて行く」みたいな、色んな書き込みが成されていきEND

・・・さぁ修正の始まりだ。
知ってる方お願いします!!!!
あと、拙くてゴメン。


620 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 04:31:32 ID:mkzPlLGB0
まず、本物の英太ってのは説明すらされないほど有名人なのか? 俺はなんの
ことやら。
文章力じゃなく、伝えてくれようとしていない気がする。

621 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 04:38:42 ID:/sYNsgD0O
>>619
市原は確か偽英太を刺す前に
「リリィ・シュシュがいるぞー!」とその場にさも
リリィ本人がいるかのように叫び
その混乱に乗じて 刺す→逃げる って感じじゃなかったっけ?

622 :621:2006/08/16(水) 04:43:55 ID:/sYNsgD0O
>>620
現在の月9ドラマで伊東美咲が最初に好きになった相手役の
俳優の瑛太のことじゃないかと勝手に思っていたが…。
ただ実際に似てたかどうかは全く覚えてない。
違ってたらすいません。

623 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 08:27:49 ID:NZEfgpVe0
キングの「ライディング・ザ・ブレット」は後味悪かったなー。キシュツかもしれんが。

ある男が母親入院の知らせを受け、ヒッチハイクで母の病院へ向かうことに。
しかし真夜中、墓地の側で拾った車は、死神の運転する車だった。
死神は男に、お前の命か母親の命、どちらかを差し出せと迫る。
選べない時は二人とも命を貰う、と。
制限時間間際に男は叫んだ「母さんだ! 母さんを連れて行け!」

気が付くと男はあの墓地にいた。時間もまったく経っていない。あれは夢だったのか・・・。
その後母の病院に辿り着いた男を待っていたのは・・・・・・回復した母親だった。
母はその後、普通に天寿を全うしたと言えるくらいに長生きし、結局あれはただの夢だったのだろう。
だが・・・夢の中だったにしろ、自分は自分可愛さに、生死の境にあった母親の命を差し出してしまった、
その想いはその後一生つきまとうのだった。

624 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 08:31:01 ID:CvOJgvB60
急いでるはずなのにヒッチハイクは無いだろうって思った

625 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 08:54:17 ID:R95voSES0
アトムの話で思い出した。
ロボットコンテストのTV番組(NHKのロボコンではない)がイヤーな感じだった。

出場するのは身長50センチほどのリモコンで動く二足歩行ロボット。
パーツ剥き出しのロボットだけでなく、昔のアニメのロボットに似せたものや、
キグルミを着た可愛らしいロボットもいる。
操縦者(ロボットの製作者?)はほとんどがソッチ系の兄さんなのだが、
中にはお父さんと一緒に出場している小学生の女の子もいたりする。

最初は、徒競走やダンスコンテスト、障害物競争などから始まり、
ほのぼのとした夢のある感じの番組だった。
たぶんこれがこのコンテストのメインイベントだと思うのだが、
選抜された10体ぐらいのロボットが格闘技をやるコーナーになった。

高さ1メートルほどのリングで戦わせて、相手をKOするか、リングアウトさせたら勝つルール。
「別にあんなに高いところから落とさなくても・・・」と思いながら見ていたのだが、
倒されたロボットには、ショートしているようなCGと
「ビビッビリビリッ」という効果音が加えられていて、妙に痛々しい。
実際に落とされて壊れてしまうロボットもあったのだが、
それにも炎があがっているようなCGが加えられている。

そして最後に勝ち残った5体のロボットの優勝者を決めるコーナーになった。
何故かまた徒競走。しかし今度は地上5メートル幅10センチ程度の橋を走らせる。
もちろん落ちたら負けだし、確実に壊れてしまう。
案の定落ちたロボットには爆発するようなCGと効果音が加えられていた。

番組製作者も出場者もそういう演出なのは承知していたのだろうが、
何も知らずに見ていたほうにしてみると、口の中が苦くなるような番組だった。
自分は父親と見ていたのだが、アトムを見て育った世代の人には殊に堪えるようで、
いつもは饒舌な父が何も言わずにチャンネルを変えたのが、更に後味が悪かった。

626 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 09:00:32 ID:mkzPlLGB0
>>623
友達の弟(中学生)が、セーラームーン流行ってた頃、「殺人鬼が母親と亜美ちゃん
(主人公の少女5人のうち、最も人気があるとされたキャラ)のどちらかを殺すと
言ってきたら、迷わず母親を差し出すよー」と言ってたのを思い出した

いまごろ苦しんで氏んでいるといいなあ


627 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 10:47:28 ID:8Jwg/ZIOO
>>619
最初と最後しか書いてないからもう少し付け足すね。
偽瑛太は忍成ナントカっていう俳優で、金持ちの優等生の役。小学生のときはいじめられっ子で、中学に入学して好きだった女の子(転校して離れてた)と再会。
ちなみにリリィ・シュシュにはまったのもその子がきっかけで、剣道部で友達になった主人公・市原にリリィ・シュシュの存在を教えたのも忍成。
市原と忍成逹は不良高校生逹から奪った金で沖縄旅行に行く。そして死にかけたり旅人の死に立ち会ったりと、魂に触れる。
旅行から帰り、忍成は変わった。クラスの不良をぶっ飛ばして支配。援交してる同級生を握って金をゆすり、市原に回収に行かせる。
(この同級生は市原に淡い恋心的なものを抱いた後、↓の事件に苦しみを感じて自殺。)

628 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 10:49:24 ID:8Jwg/ZIOO
もともとクラスのギャル達から反感を得ていた“好きだった女の子”が合唱コンクールでの活躍でさらに憎まれているのを悟り、忍成は不良達を使ってレイプさせる。
レイプさせた廃屋は忍成の父(離婚、事業に失敗)の持ち物だった倉庫。計画の概要をよく知らず女の子を呼び出してきたのは市原で、市原もまた女の子に恋をしていたため泣き叫ぶ。もともと寡黙だった女の子は無気力になり、髪をそりおとしたニットキャップ頭で登校。
それから>>619の事件勃発。

629 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 10:51:30 ID:YQoqUISiO
>>1
鮫島事件

630 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 11:12:04 ID:Hurz0+kpO
亜美ちゃんが一番人気だった印象はあんまりないけど
大きなお友達にはそうだったのかなあ

631 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 11:34:30 ID:9rU94cn60
お盆だしなぁ。
実際に合ったけど、知り合いAから聞いた話ってのをしてみようか。
最初に言っとくけど、事実だけど、オチはないよ。そして、既出かもしれないけどね。


知り合いAは釣り好きで、よくO阪N港の釣りポイントに行ってたそうだ。
近いし、軽く行けるポイントで、結構O阪では皆に有名な港で、もちろん釣り人だけじゃなく、カップルや走り屋や色んな人達の
溜まる有名スポットなんだけども。
その年の正月も2日目には暇になって、ちょいと夜釣りにでも行こうって軽く思って、Aはそこへ行ったそうなんだな。
んで、糸を垂らして待ってたわけ。
そしたら、何か、引っ掛かったの。
魚じゃないのは長年の釣り人の感覚で解ったらしいから、チッとか思って引き上げたわけね。

そしたら、引き上げたそれ、Yシャツだったんだって。
しかも、一番目のボタン以外、全部止まってたって。
知り合いAはそれをジィッと見て。

―――あんた、中身は…?


思った瞬間、それを投げ捨てて道具片付けて、帰ったんだって。
帰りに一杯引っ掛けたいって思っても、正月2日で何所の行き付けのバーもやってなくて、イライラしながら自分の部屋じゃなく、
近所の実家に帰って、珍しく家族と一緒にご飯食べて、居間のコタツからいつまでも脱出せずに、酒飲んでゴロゴロ不貞寝してたんだって。

その年、その知り合いAが良い年だったかどうかは知らないけど、二度と正月に釣りには行かないって言ってたよ。

632 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 11:53:17 ID:fNjaI9NX0
>>630
大きいお友達にはどうか知らないけど、
小さい女の子には亜美が人気あったようだよ。
姪っ子達には一番人気だった。
人気なかったのが主人公ともう一人髪が黄色い子。
馬鹿っぽくて嫌だったらしい。

633 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 12:04:28 ID:VcxptdfXO
自分も小学生の時、亜美すきだったな。
美奈子は結構人気あったよ

634 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 12:04:37 ID:JfXCw/KQ0
>>631
色々沈められてるっていうからなぁ。

635 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 12:07:44 ID:pyWtuQoe0
セーラームーンで後味が悪いのはアニメ版のナルちゃんと敵のエピソード
カラオケでムーンライト伝説を歌うとそのシーンの映像が出てきて更に('A`)

主人公の友人のナルちゃんは明るい女の子。
主人公たちと敵対している男と知り合い、
傷を負ったその男を匿うようになる。
お約束で、二人の間に芽生える恋愛感情。
「一緒にチョコパフェ食べに行こうね」
男はチョコパフェなんて食べた事がないし、
チョコパフェがなにかすら知らないが嬉しそうなナルちゃんに向かい
「ああ 明日ちょこぱふぇを食べに行こう」と答える。

夜中、男が姿を消したことに気付くナルちゃん
パジャマ姿のままで男を捜して走り回っていると、
公園の片隅に血まみれでうずくまる男がいた。
ナルちゃんは自分のパジャマを破って止血しようとする。
「ちょこぱふぇ…食べられなくてごめんな」
チョコパフェがなにかも知らないのにナルちゃんのために謝る男。
やがて男は死に、消滅した。
ナルちゃんは血まみれのパジャマの切れ端を握って号泣した。

636 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 12:14:27 ID:0lAAJs6bO
既出だったらすみません。
テレビで昔みたんです。
ある夜、浮浪男が、通りでり物売りをしているばあさんにあう。
そのあやしげなばあさんから「不老不死の水」の入った小瓶を買う。
男は、半信半疑でその水を飲んだ後、毒を飲んでみる。結果、死なない。
よろこんだ男は、金持ち相手に、この水を売る商売で大儲け(水は飲んでも、どんどん湧き出るのでなくならない)
強欲な男は、貧乏な母が、不治の病の息子に飲ませてくれと必死に懇願するも、足蹴に。
男が大金持ちになったころ、水を売った金持ちたちから苦情がくるように。聞けば、死なないが、病気も治らないとのこと。
なんと、その水は、人はもちろん、その人のかかっている病気をも不老不死にする水だったのだ。病気を治すこともできず、死ぬこともできない。
男は、売った金持ちたちにさんざんなぐられ、暴力を受けつづけたと。


携帯から長文すみません

637 :>>619:2006/08/16(水) 12:33:00 ID:7JdaACjpO
>>622
そうそう、瑛太だったww
>>627
付け足してくれてサンキューな。
いやぁ、やっぱりよく覚えてないのに書き込むのは良くなかったなwww






と言う事によってせめて俺の存在が後味悪い、という事で勘弁してもらえないでしょうか。
次は覚えているのを文章力を持って書けるようにします。

638 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 12:37:42 ID:pyWtuQoe0
>>637
最後が余計だったな

639 :>>619:2006/08/16(水) 12:43:31 ID:7JdaACjpO
>>622
そうそう、瑛太だったww
>>627
付け足してくれてサンキューな。
いやぁ、やっぱりよく覚えてないのに書き込むのは良くなかったなwww


と言う事によってせめて俺の存在が後味悪い、という事で勘弁してもらえないでしょうか。
次は覚えているのを文章力を持って書けるようにします。

640 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 12:52:38 ID:ugHgsOeL0
わざわざ10分後に・・・後味スッキリ!

641 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 12:54:41 ID:ruaR2FCSO
結局、偽瑛太っていうのは俳優の瑛太に似ている別人っていう解釈でいいのか?
解りにくい表現はやめた方がいいよ

642 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 13:13:28 ID:mVnhNO3D0
>>636
週刊ストーリーランド?

643 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 13:37:19 ID:/5TgKygo0
>619補足
主人公はリリィシュシュのファンサイトをやっていてそこでリリィシュシュファンのハンドルネーム青猫と知り合う
ネット上で青猫と色々話し仲良くなっていきリリィシュシュのコンサートで初めて会うことに
青猫は自分の目印に青林檎を持っていくと言う
コンサート当日忍成にチケットを捨てられた主人公は「お前これ持ってろ」と忍成に青猫のメアドが書かれた青林檎を渡される
青猫は忍成だった(でも忍成は主人公がリリィシュシュファンサイトの管理人だという事を知らない)

リリィシュシュのすべては原作はananで連載してたんだが原作では青猫はファンサイトのアイドル的存在「ふゆ」に惚れて
ネットストーカーになる
コンサート当日青林檎を持たされて佇む主人公に声をかけてきた「ふゆ」は中年のネカマのおっさんだった
原作は他にもいじめられっこが居たり主人公の家庭の事情があったりもっと後味悪い


644 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 13:43:13 ID:UIDRqa7d0
・・・結局何を伝えたい映画/本なんだ、リリィ・シュシュのすべてってのは。

645 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 14:26:54 ID:TBDBZ8KQO
リリィシュシュのあらすじとか、忍成とか瑛太ってキャストで思い出したんだけど、
松田龍平主役の青い春って映画も後味悪かった。
誰かあらすじ書ける人いますか?

646 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 14:52:39 ID:+V42ZGAA0
最近やけに文章書くの下手な奴が多いな。

647 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 14:53:39 ID:NZEfgpVe0
タイトル忘れたが、とある短編小説

中世ヨーロッパのある小さな港町。町の男たちは一隻の帆船にみなで乗り込み、貿易を行っていた。
一度出かけると、半年以上戻ってこない長旅だ。
その年も、いつもと同じように女たちに見送られ、男たちは船に乗って出かけ、そしてそのまま帰ってこなかった。
嵐に遭ったのか海賊に皆殺しにされたのか、残された者はただ想像するしかなかった。

だが、十年以上が経ったある日、その村に憔悴しきった一人の男が訪れた。
それはあの日、あの船に乗って行った村の若者の一人であった。
当然村人は、男たちに何があったのかを聞きたがったが、男は疲れきっていて、
生返事しか返さない。まだ生きていた男の母親が、息子は疲れているのだから
一晩休ませてあげてくれ、聞きたいことがあるなら明日の朝にしてくれと村人に願い、
村人もそれを了承した。

翌朝早くから村人たちは男の家に押しかけてきたが、母親は、息子はまだ眠っている、
もう少し眠らせてやってくれと言って、家に入れようとしなかった。
村人たちは待ったが、男は一向に起きてこない。村人たちは遂に業を煮やし、
母親の制止を振り切って男の寝床へと押し入っていった。
そしてそこで彼らが見たものは、すでに事切れていた男の姿であった。
男たちにいったい何が起きたのか、母親にも話さないままで・・・。

648 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 15:28:32 ID:8Jwg/ZIOO
>>645
ある不良高校に、屋上の策をつかった伝統的な胆試しゲームがある。
策を掴んで外側の縁ギリギリに立ち、策から手を離している間に何回手を叩けるか、という“ベランダゲーム”。失敗すればもちろん校庭にまっ逆さま。しかし、勝てば学校を仕切る権利が与えられる。
松田龍平演じる主人公は8回という記録を打ち出した。しかし松田はゲームにも権利にも興味がなく、どうでも良かった。

649 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 15:29:23 ID:KfCbNWXd0
フレンチジョーク

砂漠で道に迷った黒人の青年、息も絶え絶えのところに魔法のランプを見つけた。
ランプをこすると魔人が現れ、三つだけ願いを叶えてやると言った。

黒人の青年:「まず水をたくさん飲ましてくれ。喉が渇いて死にそうだ。それから体の色が白くなりてえな、あとは女のあそこを毎日眺めて暮らしたい」

魔人:「よかろう」


ボンッ。
青年はパリのジョルジュサンク・ホテルのトイレのビデになっていた…

650 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 15:29:41 ID:8Jwg/ZIOO
高校3年生の彼らは不良なりに進路を考えなければならない。
仲間の一人(高岡蒼助)は進学しようと考えていたものの、ちょっとした小競り合いから学校のトイレの個室で仲間を刺して逮捕される。
高岡を慕っていたパシリの男(忍成)は連行されていく高岡を見て馬鹿馬鹿しく思い、仲間を抜けて単独、リーゼント頭のバリバリヤンキーに。
また、ある仲間の一人は野球部を引退し、甲子園への願いのこもった学ランを後輩に託してヤクザになる。
仲間がそうして離れていく中、ゲーム勝者として学校を統率しようとしない松田に、いつも隣にいた青木という仲間がキレて二人は決別してしまう。

651 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 15:31:05 ID:UIDRqa7d0
>>647
男が苦労した挙げ句、とりあえず我が家にはたどり着いた、弱り切っていても
母に一目会ってから死ぬことができてよかったな、とも言えるがな。

652 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 15:31:34 ID:8Jwg/ZIOO
翌日、いかつい頭と顔になった青木が登校。パシリを従え、逆らう者・ナメた態度の者を潰しては黒いスプレーで染めていく。松田は彼を止めず、遠くから眺めながらもマイペースに過ごす。
青木は思い出の屋上に向かってスプレーを吹き付けた。そして登校する生徒逹が見上げる中、一人であのゲームを始める。
松田の記録に挑む回になり、青木は策に手を伸ばすのをやめた。いちにーさんしーごろくしちはち…と呟きながら校庭に落ちていく青木。屋上に登ってきたものの間に合わなかった松田。
松田がフラフラと策から離れると、青木がスプレーで描いた黒い人型と松田の影が重なった。それは、松田が机にラクガキしたのと同じものだった。

653 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 15:33:25 ID:ug9Ei8m00
>649
教訓:願い事は限りなく詳細に、具体的に伝えるべし

654 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 15:38:58 ID:MNJVeUWq0
携帯厨ウザイ

655 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 15:42:12 ID:M5MUGn5c0
>>648
この部分を読んだだけで全身がムズムズする。
この手の話っつーのは年齢を選ぶんだろうな。
厨房工房が読めば共感もできるんだろうが、
大人になって見るとこっ恥ずかしくてたまらん。
後味悪いっつーか恥ずかしいな。

656 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 16:01:11 ID:VZVhG/SlO
↑禿同

657 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 16:07:50 ID:sh1eLWSv0
つい昨日のできごと
兄妹の紹介も含め親睦会ということで婚約者を実家で行うバーベキューに誘った
元々喋り好きで物怖じしない性格に加えてお酒もあり
最後には他の娘婿を押しのけてわたしの父と意気投合して酒を酌み交わしていた
心配していたのだけれどこの様子なら結婚式の日取りも順調に決められそうだな
「あのふたり、けっこう似てるよね」
わたしと母は顔を見合わせて笑いあった
夜も更けてきて彼は明日が早いのでうちには泊まらず家に帰ることに
もちろん送っていくのはわたし
車の中で気持ちよく酔っ払っている彼はニコニコとこう言った
「うちの会社でいい女がいるんだ。あいつはおれの全てを解ってくれている」

今日、別れのメールを打ちました。

658 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 16:10:50 ID:CvOJgvB60
>>657
とりあえず俺と付き合いませんか?

659 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 16:24:13 ID:TBDBZ8KQO
>>648
ありがとう。
その映画は、しばらく頭から離れなかったなぁ。
確か監督が覚醒剤かなんかで逮捕されて、
最新作の上映が延期になったりしたよね。

660 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 17:37:40 ID:ELig+l5Q0
何年も前にテレビで観た「素人投稿お笑いビデオ」という番組で、
ある小学生高学年くらいの姉妹のビデオなんだけど、
妹が部屋でテレビを観ているところを姉が来て、
脈絡もなくへらへら笑いながら殴りだして喧嘩になった。
そこへ母親が買い物から帰ってきて「またオマエか」と妹の方をネギで殴打し始めた。
うひゃうひゃ良いながら楽しそうに見物している姉。
ひととおり殴打したところで「なんでぶたれたか言ってみろ」と諭したところ、
妹が「ネギ」と答えた。母親が「違う! なんでぶたれたかって聞いてるんだ」と言ったら
「けっ…だからネギでぶったんじゃん」と答える妹。
ビデオはここで終わりなんだけど、ふだんからこうなんだろうな。と。
家庭崩壊の初期の様子なのに。なんか笑ってる場合じゃないゾと。

661 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 17:59:22 ID:63R1qsGb0
>>657
よく意味が分らんのだが

うちの会社のいい女=>>657てことではないのか?
それとも単に彼が酔っ払って、二股かけてたことを自分からゲロしたってこと?

662 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 18:03:57 ID:ug9Ei8m00
>661
隣りに誰が居るかワカランほど酔っぱらっていたなら、隣が>657じゃないと思って、
酒の席の続きと思い込んだまま、>657のことを話していた可能性はないとは言い切れないな。

まぁとりあえず、>657、結婚してくれ。

663 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 18:52:51 ID:L8KXmtLi0
>>661-662

657が会社で知り合ったんじゃなかったら、
661の最後の行ってことになるよな…

切ないな


664 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 19:29:49 ID:nAIhDbRx0
二股とかじゃなくて、本人は(少なくともまだ)恋愛感情はないけど、
結婚するまでの色々な悩み等を相談してた親友みたいな相手がいただけかもよ。
>>657と喧嘩した日に慰めてもらったり、誕生日プレゼントには
何を渡すのがいいのか相談したり。

665 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 19:30:26 ID:tr7y6I6UO
亀すぎだけど
>>619 >>627 >>643

リリィネタありがとう!!あの映画は後味悪いだけではないってのもいいんだけどね
スレチすまそ↓

666 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 19:31:27 ID:C0kLElOK0
>>657のノリで二股ってのは考えにくいなあ。
まあなんともモヤモヤする話だね、多分ネタだろうけども。
(実話だとしたらかなり端折ってるね、メール一本ですんなり終わるワケないし)


667 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 19:42:46 ID:M5MUGn5c0
>>664
こういったレスをつける人は何を考えて書いてるんだろう。
バックグラウンドを推測してあーだこーだ言ったって意味ないだろう。

>いい女がいるんだ。あいつはおれの全てを解ってくれている
この時点でアウトだ。

668 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 19:48:44 ID:Hurz0+kpO
というか後味悪くないよね、結婚する前に分かってよかったじゃん
二股でなく勘違いで別れた方がよっぽど後味悪い

669 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 19:55:49 ID:nAIhDbRx0
>>667
ケチだなお前。それぐらい許せよ。

670 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 19:58:37 ID:HO0OhCOY0
映画板の鬱映画スレでは頻出だけど「奇跡の海」がかなりきた。
フォントリアー(「ダンサーインザダーク」「ドッグヴィル」)は
後味悪い映画ばかりだけど……。

671 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 21:44:04 ID:c7uYb0F6O
>>670
あらすじは・・?

672 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 22:15:34 ID:49ikNg/OO
>>670
氏ね

673 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 22:22:44 ID:RFXaVsvV0
>>670じゃないけど『奇跡の海』のあらすじ書いてみた。
かなり宗教色の強い話で、意味不明なとこが多かった。

舞台は、排他的な厳格なプロテスタントの海辺の街。
ベスは、油田で働くヤンと結婚する。
姉のドドやヤンの同僚は祝福するが、教会関係者は冷たい目を向ける。
ある日、油田で事故がある。
ベスは、神に、早くヤンを返して欲しいと祈るのだが、
帰ってきたヤンは全身麻痺の重症を負っていて
神は、願い通りにヤンを返してやったんだからこれからお前の愛が試されるのじゃ〜とか言う。
ベスとドドは献身的に看病するけど、ヤンは絶望して自殺しようとしたりする。
そして、ベスに愛人作って、その話を自分にしろとか無茶苦茶なことを言い出す。
(でも、ヤンは悪気があるわけじゃなくて、そうすることによって
自分とベスが愛し合えるとか思っちゃってる。)
神は、お前の愛の証を見せろ〜とか言う。
ベスは、ヤンの言うとおりにして、ついには娼婦になっちゃって
教会から追放されたあげく、精神病院に入れられてしまう。
(ヤンも同意する)

674 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 22:23:17 ID:RFXaVsvV0
ベスは、精神病院に向かう車から逃げるが、なぜか沖合の大型船に行って
そこで船長以下に滅多刺しにされて重症を負って病院にかつぎこまれる。
死ぬ間際に、ヤンの病状がまったく良くなってないと聞いて
自分が間違っていたんだと言い残してベスは死んでしまう。
だが、その後、ヤンは奇跡的に回復する。
でも、ベスは、教会を追放されているので葬式も埋葬もできないし地獄に堕ちるとか言われる。
ヤンはベスの死体を盗みだして油田から海葬する。
−おしまい−

登場人物の誰にも良いことないし、見た後気分最悪になること間違いなし。
そして、まったくもって個人的な感想ですが、
なにが後味悪いって、ヤン役の俳優さん(ステラン・ステルスガルド)が
パイレーツオブカリビアン2に顔にヒトデを貼り付けて出ていることだ。

675 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 22:29:59 ID:VueS2Woe0
>>587
亀ですが。
それは古屋兎丸の『天使のフェラチオ』とかそんなタイトルの漫画です。

676 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 22:35:53 ID:Gng8vIiA0
ニューシネマパラダイスの監督の別の作品、確か明日を夢見てとかいう映画。
映画技師のフリをした詐欺師の話。
この詐欺師になぜか惚れちゃう少女がいるんだけど、
この女の子は頭が弱くてそれをいいことにこの詐欺師は姦っちゃう。
結局この詐欺師は警察に捕まって刑務所に行くんだけど、
女の子はずっと刑務所の前かなんかで待ってる。
待ってる間女の子が頭が弱いことをいいことに色んな男がこの女の子を姦っちゃう。
そのせいで女の子は気が触れて精神病院逝き。
男が出たときには女の子は精神病院にいて、それで終わり。

ニューシネマの流れを汲む映画なんだけど、
後味悪すぎ。


677 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 23:02:04 ID:Xr7dM2oAO
>>676
その映画は一体何を訴えたいんだ…

678 :「神様ゲーム」 1/2:2006/08/16(水) 23:04:12 ID:puRr+7Aq0
講談社の「ミステリーランド」という、少年少女向けのラインの小説です。
(振りがなつきで小2〜)
既出だったらすみません。


主人公の芳雄は、誕生日を迎えたばかりの小学4年生。
彼の住む神降市で、連続して猫を殺害&切断する事件が発生する。
芳雄はクラスメイト数人と子ども探偵団を結成し、犯人探しに乗り出した。
そんな折、芳雄は転校生の鈴木と友達になるのだが、彼は
「実は自分は神様で、猫殺しの犯人も知っている」と言い出す。

猫殺しの犯人の名前、芳雄の好きなテレビ番組の先行き、芳雄の将来(30代前半で事故死)
それ以外にも、芳雄は実は両親の本当の子どもじゃなくて、誕生日も実は違う日なのだ等
余計な事まで教えてくれる。
(だから誕生ケーキのろうそくが、毎年1本だけ吹き消せずに残るのだ)
そのどれもが憂鬱な結果で、芳雄のトラウマになりまくり。
そして猫殺しの犯人は、確かに当たっていた。
鈴木=神様への信憑性を深めて行く芳雄。


子ども探偵団は町内の廃屋をアジトとして使用しているのだが、そこで芳雄の親友・英樹が殺されてしまう。
芳雄は神様(鈴木)に英樹を殺した者をたずね、犯人に天誅を下すように頼む。
神様はあっさり了解し、その結果、探偵団の一員でかねてから芳雄が憧れていた少女・ミチルが
みんなの目前、学校の時計台から落ちてきた時計の針に串刺しになって死んでしまう。

「彼女はアジトでエッチしている現場を見られてしまったから、英樹を殺害したんだ」と神様は告げる。
そしてエッチの相手が共犯者だと言う事も。
英樹の殺害現場の状況から芳雄は、事件直後にミチルの提案で現場に真っ先に駆けつけてきた
刑事である自分の父が共犯者だと推理する。

679 :「神様ゲーム」 2/2:2006/08/16(水) 23:05:03 ID:puRr+7Aq0
自分なりの結論に達した芳雄は、神様に最後のお願いとして、共犯者にも天罰を下す事を要求する。
その日は神様から聞いた、芳雄の本当の誕生日。
別の理由にかこつけて買ってもらったケーキにろうそくを立て、芳雄はそっとろうそくを吹き消す……
今までと違い、全部が消えた・・・と思いきや、その炎は流れ、目の前の真犯人の体に燃え移った。


全身を炎にまかれ、のたうつ芳雄の母親。

神様は間違えない。真犯人は母親だった。
そして自分が若くして事故死するのも本当なのだ。
さまざまな思いをはらみつつ、憂鬱に幕引き。

=終=


かなりはしょってるので真犯人が唐突ですが、それなりの伏線は張られています。
芳雄の好きな戦隊ヒーローの、ロボットの名前が「ネクロフィリア」や「ジェノサイド」だったり、
細かい所まで行き届いた、ちょっと嫌な雰囲気。

あらすじ化が下手なので、微妙に違うとかわかりにくかったらすみません。
自分の母親と憧れの女の子が出来てたら、やっぱりイヤだよなあ。
読んでしまった子どもも後味悪いですが、これどういう意味?と
聞かれた大人の方が後味悪そうだと思いました。

680 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 23:13:20 ID:Gng8vIiA0
>>677
よくわからね。
ただ裏ニューシネマパラダイスって感じの映画かも。
セットで見ると余計鬱になるけど。

681 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 23:25:41 ID:pyWtuQoe0
神様ゲームそのうち読む予定だからネタバレ見ないぞ見ないぞ!!

682 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 23:30:46 ID:hM4GZpB60
>>657
っていうか657=女なのに4行目に娘婿とか書いてあるから混乱した。なんとなく意味は分かったけど。
日本語ぐらい正しく使えよ。

683 :鬼虫1:2006/08/16(水) 23:36:36 ID:VueS2Woe0
柏木ハルコの『鬼虫』

昔、日本人が仏を拝みはじめた頃の時代が舞台。
海流の関係で島民が外界へ出ることのできない「鬼島」という島があった。
80人弱の一族が進んでいるとは到底言えないながらも力強い生活を送っていた。
米はなく麦を食べ、魚を銛で獲り、刃物はなまくら。山の神を崇めていた。
男女ともに上半身裸の半裸で生活し、女の男に負けない体躯を持つ者が多かった。

主人公トラゴ(女)は幼なじみのククリと夫婦になったが子供がまだできなかった。
二人が幼い頃、トラゴの姉が三人で海辺で遊んでいた際に沖へ流されて消息不明になる事故があった。
ある日、トラゴは漂流者が打ち上げられているのを見つける。
眉を落とし、着物を身につけた若い女だった。どことなく、トラゴの姉に似ていた。
トラゴはその女、マナメを匿う。島の長で絶対者である巫女クウロウ伯母が外部の者を不吉としていたからだった。
マナメはもちろんトラゴの行方不明の姉とは別人で、都から追われた女だった。
自分を「姉え」と慕うトラゴを利用し、トラゴと共に自分を匿うククリを誘惑しようとしたりする。

そんな中、島は地震、不作、火山噴火などの天変地異に次々に襲われ、島民はやがて来る冬を越すことを不安に思う。
クウロウ伯母の息子モモエはトラゴの匿うマナメの存在を偶然知り、
最初は不吉なものと恐れるが島の女にはない色香を持つマナメに誘惑されて彼女を匿うようになる。
味方を増やしたマナメはトラゴをうっとうしく思うようになり、どんどん傲慢に振舞った。
それでも姉の面影を持つマナメを憎むことができないトラゴ。
そしてついにモモエを始めとした若い男数人が、島の集落から離れたところに新たな集落を作る。
あるとき島に漂着した新たなる船はマナメのいた都の文明をもたらした。刀、米、そして、船そのもの。
マナメは船を作り、この島を脱出し都に戻ろうとたくらみ、造船技術を持つククリを集落に取り込む。
ククリはマナメに惹かれつつも誠実にトラゴを愛しており、島が滅びることを危惧していた。
マナメのためだけではなく、島民が助かるために船を作ることを選ぶ。

684 :鬼虫2:2006/08/16(水) 23:37:07 ID:VueS2Woe0
クウロウ伯母の集落では、自分の男たちを取られた女たちがマナメへの憎悪を募らせていた。
マナメを匿った罪をモモエによってすべて被せられたトラゴはひどい罰を受けさせられおり、
ククリも連れて行かれた今、他の女たち同様の思いを持ちつつあった。
そしてついに、トラゴたちはマナメの集落を襲撃する。
しかしそこでは集落内での殺し合いが起こっていた。
食べ物が減り、不信感が募った者たちが争いを起こしていたのだ。
そしてそこにいたマナメは、以前見たときよりはるかに太っていた。みな飢饉でやせ衰える中、ただ一人。
トラゴはマナメを追い詰め、ついに首に手をかける。
姉えじゃなくても、マナメと一緒に仲良く暮らしたかったとトラゴは泣いた。
それから、生き残った島民(当初の約半数)は船を完成させる。しかし数人は船の定員上、残らざるを得なかった。
トラゴは残ると言い、火山が噴火する中、船を海へと押し出した。
しかしクウロウ伯母がトラゴを船に乗せ、自分は降りた。この島の長だから、と言って。

それから五年後、トラゴたち十数人が再び船で鬼島を訪れた。
五年前、はるか対岸に見えた島に行き着いた鬼島島民たちだが、そこでは決して歓迎されることはなかった。
トラゴはククリとの間に設けた息子を連れ、島に上陸する。
火山灰に覆われてはいたが、緑が芽吹き始め、みな島がまた元に戻ろうとしていると感じた。
トラゴは洞窟の中に人の生活している痕跡を見つけた。そこには作りかけの船もあった。
停泊していた船で待っていた子供たちが叫んだ。「誰かが船を動かしている!」
大人たちが泳いで船に追いつき、侵入者を捕まえようとするが、侵入者は衣を脱ぎ捨て海へ逃げた。
残された衣は、かつてクウロウ伯母が着ていた巫女の衣だった。
そして、海岸へあがった全裸の女は、5年前に死んだはずのマナメだった。
悔しそうに舌打ちをするマナメ。その傍らには、トラゴの息子タロウがいた。
船に戻ったトラゴは青ざめる。息子がまだ島に残っている、そしてマナメがそこにいる。
マナメはタロウの手を取り、島の中へと消えていく。
侵入者によって碇を切られた船は島へ戻れず、そのまままた別の地へと流されていった。
そして、鬼島では女が一人の男児と交わり一族を成し、繁栄したという。

685 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 23:39:13 ID:/wRTa/N8O
小学生の息子の思い人と出来てる母親!?
これってホントに子供向けのお話しか!?

686 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 23:40:42 ID:VueS2Woe0
>>683の6行目、
>女の男に負けない体躯を持つ者が多かった。
訂正
>女も男に負けない体躯を持つ者が多かった。
です。

687 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 23:58:59 ID:T38qJ1e/0
>>681
このレスはネタバレを含んでいるのでご注意を



神様ゲーム、補足勝手に入れときます。

発売当初は「妻が焼死」というのが天誅で父が共犯説があったんだけど、はっきりと作者が否定。
で、気になるのは>>685の言ってる母親とミチルが出来てるってアリ?ってとこ。
ミチルの母親は働きに出ていて母の愛情に飢えている。
だから幼児返りして主人公の母親のお乳を吸う等の行為が
神様言うところの"エッチな行為"だった、という説があります。
これは作者も何も言ってないし実際のところは解りませんが…
ミステリーランドは"かつて"少年少女だった層も対象にしてるので神様ゲームはそっちがメインって事なんでしょう。

688 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 00:05:05 ID:LXHW/OedO
わかりにくい

689 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 02:20:12 ID:R99OOF9D0
本当にここ数日ワカンネ話が多すぎ…

690 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 03:21:53 ID:5+tMUFYJ0
もうちょっと分かりやすくお願いします

691 :フライド ◆KcHIckeNnY :2006/08/17(木) 03:28:24 ID:3Fkfs3tz0
わからん

692 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 04:08:48 ID:Tv4Lodk90
>>670、見てるー? あらすじを書かないだけでなく、「だけど・・・・・・。」でもったい
つけて締めるキモさ、センスのなさ。

お前は苦しんで、憎まれつつ氏ぬ。



693 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 05:13:22 ID:dYUaf8mYO
(・∀・)クールなシーンで、肉にまみれ慎む

694 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 06:37:40 ID:Hwh7T1DC0
>>692は基地外って事か

695 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 07:07:44 ID:2sGwKH5v0
>>681
多分、同タイトルの別の話。

696 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 08:02:30 ID:COlMwsVUO
>>693
ちょwww

697 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 10:24:42 ID:M7p99ht4O
>>694
次からはきちんとあらすじ書けよな馬鹿。
な、馬鹿。

698 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 10:58:43 ID:ZCTdXQIL0
わかりにくいか?
読解力がないだけじゃね?

699 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 11:34:03 ID:e8/21wzJO
神様の話は分かりやすいと思うけど。

700 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 11:35:22 ID:Y0Tu6qDr0
>>688-691は、どの話が分かりづらいのかすら書いてないしね。
頭で考えず字だけを追って、「わかりにくい」って言ってるんじゃないのか。

701 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 12:11:55 ID:824rqyO+0
>>657です
4行目の娘婿ってのは姉たちの旦那さん方のことです
職場恋愛ではありません
>>661の最後の行の通りですよ

702 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 13:02:07 ID:E3XfFsbE0
>>701
乙……。
結婚しようと思ってる相手が家族に馴染めそうだっていうの
すごく嬉しいことだったろうにね。
泣けるだけ泣いとけ。
今泣かないと、後で泣けなくなるから。
涙をふける頃には、新しい気持ちが生まれてるはずだよ。

703 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 14:46:55 ID:AwTKhDWp0
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060817-00000029-mai-int
ジョンベネちゃんの母親が亡くなってたなんて・・・
自分も一時期両親が犯人だと思ってたので後味悪い

704 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 15:18:04 ID:p6vBfsvB0
さすがお金持ちのお父さん。
凶行を知りつつも見逃していた奥さんがいなくなったことで、安心して身代わりを
用意したのですね。死人に口なし、と。

というのはどうだ

705 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 15:18:55 ID:8AurI+oX0
>>701
乙。
他人事だから言えるのかもしれないけど、結婚前にわかってよかったじゃないか
今はそう思えないかもしれないがね・・・

具体的な話が進んだり、ケコーンしてから判明したとかじゃ後味悪いなんてもんじゃないよ


706 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 15:51:11 ID:0gMZ/RV60
>>703
これなあ。
子供が殺されたのも後味悪いけど、
事件後の両親の扱いを考えると非常に酸っぱい気分になる。
美人の娘(6歳児)に嫉妬して母親が殺したとか
父親が性的虐待の末殺害したとか散々言われて、
職場も追われて家も引っ越すしかなくなって
警察には散々調べられて
でも数年経てば世間にすっかり忘れられて、
時折ワイドショーでネタに取り上げられてマイナス面だけ残る。

この夫婦の人生を思うとやりきれないな・・・

707 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 16:20:55 ID:L4e4jS2M0
鳥人戦隊ジェットマン・第47話「帝王トランザの栄光」のラスト。
とある精神病院でラディゲの攻撃で廃人になったトランザがいた。
全身を包帯で巻かれていて車椅子に座り、目が虚ろで涎を垂れ流していた。
それを見た医者のやりとり、
医者A:「あの患者、まだ身元が分からないのか?」
医者B:「ああ、ひどいもんだよ。脳神経がズタズタにやられてる、一生あのまんまだそうだ」
更にトランザが奥の部屋に入り、扉が閉まった時、突然トランザが
「うわあーっ! 助けてくれ! 許してくれ、許してくれーーーっ!!」とラディゲの影に怯えて絶叫して終わりという
本当に後味の悪いラストだ。見てない人は是非一度見てください。マジでビビるから。

708 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 16:35:45 ID:lhsCje+7O
>707
それ、後味悪いなんてもんじゃなくて、既にトラウマの域だよ。その前のラディゲとの「ラディゲ様と呼べ」「ラディゲ様」のやりとりも合わせて。
当時あれ見て恐くてマジ泣きしたもん。


709 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 16:41:03 ID:fvtdvOtS0
>>707ッ!
今からでも遅くない、人物紹介をつけるんだ!
急がないと叩かれるぞ!突然ラディゲとか言われてもサッパリわからん俺に!

710 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 16:48:48 ID:COlMwsVUO
さっぱりわからんが
トランザ=正義の味方
ラディケ=悪の帝王
か?
頑張って人類救ったのに誰にも知られず精神崩壊ED?
そりゃあ後味悪いわ

711 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 16:51:43 ID:0gMZ/RV60
逆じゃね?
帝王ってついてるからトランザが悪役で
ラディゲが正義の味方。
正義の味方が悪役を精神崩壊まで
追いつめたから後味悪いってことじゃないかな。

712 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 16:55:02 ID:DR2ZEzA90
いや、どっちも悪役。

713 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 16:56:22 ID:p6vBfsvB0
30分以上経ったが、本人からのレスはなしか・・・
こんなにも人に伝える意思というものがないのに、なんで書き込みしようと思うの
だろうか。


714 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 16:58:55 ID:DR2ZEzA90
まぁ、ググればすぐに出てくる話だしなぁ

715 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 16:59:37 ID:omKwX6wV0
>>703
ジョンベネん家周辺で同じ様な事件が何件かあって
犯人は同一人物じゃないかって少し前にTVでやってたね、こいつの事かな?

>>706
でもさ、生前からの習慣的な性的虐待の見られる古い痕も
あったんじゃなかったけ?
それで『犯人=家族説』があったのかと思ってた。
生前のもその変態狂師の仕業かな。
それか生前虐待が事実だとすると、殺人犯はこの狂師ってだけなんだろうか。

716 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 17:00:47 ID:M7p99ht4O
>>714
確かに。ただ、それはまた話が違うけどね。

717 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 17:09:54 ID:509zSm950
なら俺が書く
トランザもラディゲも悪役
悪の組織内の権力争いみたいなもの
もともとラディゲのほうが強く、いつも他の幹部に対して威張っていた
トランザはトランという少年形態だったがパワーアップして青年トランザに
ラディゲよりも強くなって「トランザ様と呼べ」「・・・トランザ様」みたいなことしてた
で、いろいろあって逆の立場になったトランザは>>707-708となった

ちなみにジェットマンは戦うトレンディードラマとも呼ばれ
赤の昔の恋人が敵の女幹部になってたり、黒→白→赤の三角関係があったり
最終回で黒がチンピラに刺されて死んじゃったりと子供番組とは思えない話だったりする

718 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 17:18:11 ID:509zSm950
ついでに思い出した
上で書いたラディゲだが記憶をなくして人間の姿で地球をさまよったことがある
そこで病気の少女と出会い、心の交流をもち、無くなっていなかった超能力で彼女の病気を治す
しかし、記憶を取り戻した後、この少女をあっさり殺してしまう
やさしさ=弱さで、自分の軟弱さを切り捨ててるようにも見えるが、特に説明はなし
小さいころ見てたらトラウマになってもおかしくないな

719 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 17:32:56 ID:COlMwsVUO
>>717
最終話って赤とヒロインの結婚式で、黒はそこに向かう途中で刺されたってやつ?

なぜかそこだけ記憶に残っているんだが

720 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 17:48:42 ID:IuanNNm20
>>706
>>715
しかも二歳ぐらい違う兄がいるんだよこの家。
ずうっと自分の両親が妹を殺したと世間に言われ続ける幼い男の子。
幸せになれるとはとても思えない。
無責任な人々の噂ってヒドイなあ。

721 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 17:56:37 ID:DMDIdoGO0
そんな噂好きな僕等・・・・・

722 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 18:03:35 ID:509zSm950
>>719
正解
「親友の結婚式なんだ」と花束買って式場に向かう途中、
捕まえた引ったくりに刺されてしまう
腹から血を流しながら式場に着き、ばれないようにベンチに座り
微笑みながら死んでいく
ちなみに後から出た総集編のビデオで、赤と白の間に生まれた子に黒の名前をつけている

723 :719:2006/08/17(木) 18:15:48 ID:COlMwsVUO
>>722
それだ。子供の頃に見てた。
なのに>>707-708がさっぱり記憶にない

724 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 18:28:04 ID:YtXDX0rC0
たった今読んだ少女漫画が('A`)

主人公の女の子はデートの後に家まで歩いて帰っていた。
いつもたむろしているDQNたちが、主人公に向かって空き缶を投げてきた。
だけどこういう風にちょっかいを出してくるのはいつもの事だし、
怒ったりして相手にわざわざ歯向かったり、道を引き返す事もなく、
いつものようにスルーして通り過ぎようとしたところ、いきなりDQNたちが襲いかかってきた。
まだ明るい時間帯でどこかから子供たちの笑い声がし、道を少し抜ければ人が歩いているような場所。
だがDQNたちに口を塞がれた主人公は悲鳴すらあげられないまま、建物の中に引きずられていった。
「彼氏のでも想像してろよ」ガクブルする主人公にそう言い、DQNはズボンを下した。

ボロボロの格好で帰宅する主人公。「あ…あ……」とうわ言をつぶやくだけ。
全てを察した両親は主人公を後部座席に乗せ、警察へと車を走らせる。
だが途中で主人公は言う。写真を撮られた。警察に行ったらばらまかれると。
泣き寝入りせざるを得ない。主人公は母と共に祖母の家で療養する事になった。
あの日から生理がこない。妊娠におびえながら、夏休みがすぎても家に帰れない主人公。
だがやがて生理が来た。登下校は両親の送り迎えだが、主人公はまた学校に通い始める。
そろそろ慣れて来たので大丈夫だろうと一人で下校したところにDQNが現れる。
「もっかいやらせろよ 一回やるたびに写真いちまい返すから」
主人公は写真を全て奪い取り、走り逃げる。そこで友人たちに遭遇した。
写真を見られてしまい、主人公が輪姦された事を友人たちに知られてしまった。
「フェラさせられたんなら噛み千切ればよかったのに」
泣きながら言う友人。主人公はフェラの感触を思い出して嘔吐。
翌日学校に行った主人公は、みんなが何かを噂しているのを聞く。
「もしかしてみんなにばらしたの!?」友人たちに詰め寄る主人公。
友人たちは言うわけないじゃんと悲しそうに言う。主人公が過敏になりすぎていただけだった。
自分は友人を疑うような人間なのかと主人公は自己嫌悪する。



725 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 18:33:20 ID:YtXDX0rC0
もしあの日、自分がなにか武器を持っていたら抵抗できていたのだろうか……
主人公はそう思い、もう二度とあんな事がないようにとカッターを持ち歩くようになった。
先生が主人公に用事を頼んできた。先生の吸う煙草の匂いに眩暈を感じる主人公。
この煙草はあの日DQNが吸っていたのと同じものだ。
廊下を通る生徒が缶を落とした。その音に、悪夢のはじまった瞬間を思い出す主人公。
あの日の出来事がフラッシュバックして、わけのわからない状態になった主人公は先生をカッターで斬りつけてしまう。
幸い大した怪我ではなかったが、主人公の両親が学校に呼び出された。
両親はひたすら頭を下げて許し乞い「どうか娘を許して下さい」と涙を流した。

最近の主人公の様子を不審に思っていた彼氏。傷害事件でそれは決定的なものとなった。
家にやってきて理由を聞く彼氏に、ためらいながらも主人公は全てを打ち明ける。
「なんで死んででも守らなかったんだ!!いくらでも抵抗できたはずだろう!」
彼氏は激昂する。ナイフをつきつけられて悲鳴すら上げられなかった主人公を彼氏は責め、そのまま走り去って行った。
やがて主人公は家族と共に引っ越した。

726 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 18:46:38 ID:gVgOUn250
>>715
ニュー速かどっかのスレでは
生前からの常習的な性的暴行があったという報道は
ガセだったというレスがあった。
嘘か本当かはわからん。

この事件はいろんな意味で後味が悪い。


727 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 19:14:18 ID:QkS04XTZO
>>725
それハッピーエンドだよ。
雑誌の方で読んだのかな?

728 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 19:24:14 ID:BPI34g4Q0
>>704
しかしロリコン殺人犯でしかも教師となると、刑務所行ったらリンチ決定みたいなもんだし、
どれだけ金を積まれたら引き受けるのかなと。

729 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 19:54:35 ID:COSYjex90
>>727
>831 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2006/04/06(木) 04:39:19 ID:0XTO+DTyO
>>>826
>あれ?その漫画持ってるけどハッピーエンドだよ。
>彼氏が反省して主人公の家に訪ねてくる。んで、両親には反対されるもまた付き合い出しすの。
>DQNへの制裁は無かったが。

これだな。
しかし彼氏が戻ってきてもハッピーエンドには思えん。
ヨリ戻したって傷は消えない。言われた言葉は忘れられない。

>「お前にも落ち度があったんだろう」「なんで死んででも抵抗しなかったんだ」
>友人は泣きながら「フェラされたんなら噛み千切ればよかったのに」と言う。
>「まだ処女じゃなかっただけよかったんだよ」と友人は言う。
こんなこと言う彼氏や友人と仲直りしたって、本音の部分じゃ信用できないと思う。

730 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 20:04:43 ID:11d5SQ7mO
>>725 ももちれいこ?とかいう人の問題提起シリーズだよね。『いたみ』だっけ?

同シリーズのストーカーの話が鬱エンドたまったなあ…
別れた彼氏がストーカー化して盗聴されたり盗撮のHP作られたりして学校行けなくなって、新しい彼氏や友達にまで嫌がらせが広がって…
最後はガス心中させられそうになって主人公がストーカーを刺したのがきっかけで嫌がらせ行為が警察に伝わって逮捕されるんだけど(主人公は正当防衛で釈放)すっかりトラウマになっていてストーカーの幻覚をみるようになってしまって
『もっと深く刺せば良かった』って泣き崩れながら終わり。

731 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 20:23:36 ID:fyBymbo20
「いたみ」は両親の反対を押し切ってカレと再び付き合いだす。
で、なんとか普通のカップルみたいにエッチしようと頑張るけれど
恐怖がよみがえってきて出来ない。
途中忘れたけど、カレは主人公とは違う、「男」という生き物だ。
もし主人公の気が済むなら割れたガラスで男性器を切ってもいいと言う。
そうなんだ、と主人公が思い直す。
最後は主人公をレイプした犯人が別の事件で捕まり、
起訴するか迷っていることを彼に言う。
カレは主人公が幸せになることが一番の復讐なんだからといって終わり

みたいじゃなかったっけ。
織田裕二のドラマに似てるなと思って印象的だった

732 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 20:25:50 ID:rZzksu7b0
>>720
そのお兄ちゃんもジョンベネとできてて、殺したのはお兄ちゃん説もあったよ。
ジョンベネが生前、コンテスト仲間に「父親と兄に性的虐待を受けてる」って告白してたんだとか。

この変態教師が犯人なら、なんで家族はあんなに非協力的だったんだろう。
無責任な噂をするのは確かに良くないけど、
あんなに意味不明な行動を取り続けてたら疑われても仕方ないような気がする。

733 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 22:12:48 ID:Qc++ZbV40
今やってるK-19も相当後味悪いよなぁ。

734 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 22:12:51 ID:k7VPGN540
ジョンベネちゃん事件、動きがあったね

735 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 22:28:04 ID:YD3sTJmA0
ジョンベネちゃんはお母さんがガンで数ヶ月前に亡くなってるんだよね。

お母さんはステージママで、コンテストでジョンベネちゃんを優勝させる
ために整形までさせていたというのが後味悪い。自分はアメリカのどこかの
州のミスコンテストで優勝してて、ジョンベネちゃんをミスアメリカにする
のが夢で必死だったとか。

まだ小さい子供なのに整形させられて、コンテストでセクシーな感じの表情や
ポーズをとらされているジョンベネちゃんの幼い姿がテレビで流れる度に後味悪い。
なんか可愛い子どもを見ているというより、幼児虐待を見ているみたいで。

736 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 22:36:48 ID:gscCUH1U0
>>735
禿同。
あの美少女コンテストの映像何度見ても気持ち悪い。

アメリカってさー、子供の裸を広告なんかに使ったりするのはダメ(男の子でもアウト)なのに
美少女コンテストとかいって年端もいかない子供に水着だのイブニングドレスだの着せて
セクシーポーズをとらせたりするのはOKなんだよね。ワケワカンネ('A`)

737 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 22:55:34 ID:11d5SQ7mO
あれのニュースでアナウンサーが『ジョンベネちゃんのお母ちゃん……ッブー』って自分の言い間違えに吹き出してたのもなかなか…

738 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 23:15:36 ID:omKwX6wV0
>>736
え?整形までさせてたの?まだ事件になる前の
『アメリカじゃ子供のミスコンでも凄い力の入れようなんですよ〜』つーTVで
上手く演技出来なかったジョンベネが、かーちゃんにこっぴどく叱られてんの見て
美少女も大変だな…と思ってて
その後変態殺人の被害者になってしまって更に「美人に生まれついて気の毒に…」
って思ってたのに、整形してたの子供なのに?


そんでまた、逮捕された容疑者がどう見てもおかまっぽいのがこれ又何とも後味悪い…。
なんかイメージのロリコン殺人者と違うつーか。頭は悪そうだけども。


739 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 23:36:24 ID:p6vBfsvB0
>>717
乙。ご本人じゃないんですよね?

しかし、>>707はこの書き込みが通用すると思ったのだと考えるとは怖いな。表面は
さほど問題ないように見えるが、深く静かに意思疎通能力が欠如している。
ゲーマーを越えたか



740 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 23:52:11 ID:sPLtq2wH0
やったな!>>707

741 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 00:09:41 ID:kY4bjxePO
流石>>707期待を裏切らないぜ!

742 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 00:09:49 ID:sicMGPAc0
>738
ブルーのカラーコンタクト入れて、髪もブロンド強調カラーリングして、
というのは聞いたけど、整形もしてたのかな・・・

子供のミスコンて、ミスユニバースとは対極だよね・・・


743 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 00:29:02 ID:sLdmb4400
なんかの投稿雑誌で読んだ話。
投稿雑誌っつても、エロ系ではないが。



投稿者は高校生の女の子でクリスマスに彼氏とデートをしたらしい。
ところが見に行くはずだった映画も食事をするはずだったレストランも客がいっぱいで入れなかった。
予定通り行かなかった彼氏はパニクってしまい、それを見て彼女は幻滅し彼氏と別れることになった。
で、その投稿した記事にも彼氏への悪口みたいなことが書いてあった。

更に、偶然か故意かは知らないが同じ雑誌にその彼氏からの投稿記事も載っていた。
なんでも、彼女といいクリスマスを過ごすために何日も前から計画を練ってたらしい。
前日にはわざわざ下見に行って、完璧なスケジュールのはずだった。
けれど、平日とクリスマスは人の多さが桁違いなので、スケジュール通りのデートができなくなってしまった。
とにかく、彼女に申し訳ない、とその投稿記事には書いてあった。


後味悪いと言うか、可哀想になった。
確かに彼氏もヘタレなんだけど。


744 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 00:34:09 ID:wq7aPC8w0
そこまで念入りに計画練っていたなら
レストランの予約くらい入れるだろうになぁ。

745 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 01:19:16 ID:U17sWB9z0
相手の年齢次第だな。
高校生同士のデートでディナーの予約まで求めたら可哀相だ。
幻滅する女子高生は何様なんだ。
お前が予約しろ。と思う。

しかし相手が大学生以上なら・・・冷めるのも仕方ない。
予約もしないで何が完璧なんだか。

746 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 01:38:53 ID:2e5jCtFG0
クリスマスに吉野屋行こうとしたら
吉野屋オフの2ちゃんねらのせいで入れなかったんだな。
可哀想に…。

747 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 02:02:47 ID:Asoruv+r0
>>733で出てきたK-19のあらすじをちょっと書いてみる。

K-19はソ連の最新鋭艦で、歴戦の艦長、副官(元艦長で人望あり)、乗組員と共に訓練航海へ出発する。
だが、K-19は訓練中に原子炉の事故に見舞われ、メルトダウンを起しそうになる。
原子炉の修理を行う為には放射能の充満している機関室に直接入らなくてはならない。
ここで、準備不足により艦内には放射能防護服はなく、科学防護服
(毒ガス等を防ぐもので、放射能にはほぼ無力)しか装備されていない事が発覚する。

危険を知りつつも、苦渋の選択で乗組員に修理を命じる艦長達。
祖国への思い、職務への誇りを胸に決死の修理作業を行う乗組員たち。

何人もの乗組員が重度の放射能汚染に犯されつつもなんとか修理は完了するが
艦内も放射能に汚染され、艦も速力が出せない為に帰投もままならない。
司令部に救援を乞うが、冷たい返事しか帰ってこない。

副官は近くを通りかかったアメリカ海軍に助けを求めようと主張するが、
司令部からの命令を尊重する艦長は首を縦に振らない。
(司令部は新鋭艦の機密を漏らしたくない為、アメリカとの接触を避けたい)

そして、修理ミスにより再度メルトダウンの危機が訪れる。

海上でメルトダウンを起こせば核ミサイルも誘爆し、アメリカ海軍も近隣の基地(確かアメリカ)も
巻き添えにしてしまう。
そうなれば全面核戦争を引き起こしてしまう。

748 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 02:04:00 ID:Asoruv+r0
被害を最小限にくい止める為に緊急潜行を命じる艦長。
悲観し、暴れた挙げ句に火災を引き起して焼け死ぬ乗組員も出る。
(この際、艦長は核ミサイルの誘爆を避ける為に消火装置を作動させろと命令する。
ガスによる消化なので、装置が働くとその場の乗員は皆死んでしまう)
結局は副官の強硬な反対により、手動での消火を行い、鎮火させた。

そして、あまりに部下を省みない艦長に対して司令室で反乱が起きる。
(副官の艦長時代の部下が政治局員=艦内で唯一艦長を解任できる と結託して起こした)
だが副官はそれを良しとせず、反乱を起こした部下を拘束し、副官としての務めを果たそうとする。
(副官としての務め=艦長に職務を全うさせる)
艦長を諭しつつ最善を尽くそうとする副官。それに応える艦長。

努力の甲斐あってなんとか再修理を終えるが、もう無理だと判断して艦長はアメリカ軍に助けを求めるよう指示する。
が、間一髪、ようやく友軍の原潜が救助に到着する。

だが、事故をアメリカ軍に知られたくない司令部は、貨物船に曳航させるのでそれが到着するまで
艦内待機しろと命令を出す。

艦長はこの命令に逆らい、独断で友軍の原潜に乗組員を移し、曳航させて帰頭する。

この後、時間は数十年後に飛び、墓地に集うかつての艦長、乗組員たち。
機関室で作業を行った乗組員はその後に全員死亡し、この墓地に眠っているのだ。

艦長の口からその後の顛末が語られる。

機関室で決死の作業を行い、全面核戦争を防いだ偉業を国家英雄として認めるように申請したが、
戦時ではないので認められなかったと。
だが、例え国家が認めなくとも、我々は彼らが確かに英雄だったと知っている。

749 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 02:09:29 ID:Asoruv+r0
見たばっかりだからあらすじ書いてみたけど、あんまり後味悪くないな。

多分、>>733のひとは国家に認められなかったって部分が後味悪いって
言ってるんだと思うが、そんなものが欲しくてやった事じゃないだろうし、
職務や誇りに殉ずるって辺りに感動したな、オレは。

750 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 02:22:54 ID:amPnsiCG0
出産を1ヵ月後に控えた妻が、とつぜん激しい腹痛を訴えて苦しみだした。
私は、慌てて妻を車に乗せ、救急病院へと向かった。
到着後、すぐに緊急手術が行われたが、容態は悪く
予断を許さない状況だ。

私は手術室の外で、ひたすら妻と、まだ見ぬ我が子の無事を
神に祈るしかなかった。

数時間後、手術中を示すランプが消え、医師が中から
満面の笑みをたたえて現れた。
「無事、手術は成功しました。お子さんも奥様も、元気ですよ。
さあ、中に入って言葉をかけてあげてください。」
私は流れる涙を拭くのも忘れ、医師の手を取り感謝の言葉を告げ、病室のドアを開けた。

中に入ると、血まみれになった、妻と子供の遺体がベッドの上に並んでいた。

その時、ドアから賑やかな大勢の笑い声とともに、クラッカーが打ち鳴らされた。



「エイプリル・フール!!」

751 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 02:28:41 ID:v9FkjGyFO
氏ねばいいのに

752 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 02:37:26 ID:c0caSVzb0
>>683-684
これ、スピリッツで連載してた頃から好きだったんだけど、
評判悪かったなあ。柏木ハルコスレでも不評だし。
原始の世界に外の世界から文明がやって来て
災いをもたらすってのがすごく日本的で、私にはツボだったのに。
文明や文化(女が綺麗とかね)を災いとして忌み嫌いながらも、
便利だから(綺麗だし)とまどうとか。
オカルト板の人で部落関係の話とか民俗学に興味ある人は
面白く読めるんじゃないだろうか。

753 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 03:22:07 ID:doU8/ZHo0
>>747-748
面白かった、乙。見に行こうかな

754 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 08:01:12 ID:ro0II7EdO
>753
K-19は今映画館で上映されているんじゃなくて、東京方面で昨日放映された洋画だと思うよ。私もだいぶ前に見たことあるし。
レンタルでどうぞ。

755 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 08:02:45 ID:i6XKpk3i0
既出上等とはいえ、さすがに>750は既出過ぎると思うんだが…

756 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 08:09:18 ID:bV/TS6OF0
後味っつーかブラックジョークだしな。
でもまあいいじゃないか。夏休みってことで初めて来た女子(中学1年生)が
キャーキャー怖がりながら見てくれているかもしれない。


757 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 08:35:55 ID:JJXdjA0o0
>>756
何その妄想?

758 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 09:36:24 ID:7nv/CAkk0
まぁ>>739あたりにはちょうどいい話だと思うがな
絶賛してんじゃねぇ?

759 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 10:15:03 ID:V+ljjpCQ0
ジョンベネちゃんは知らないけど、
日本でもまだ整形とかよくわかってない年齢の子供に無理やり
手術を受けさせるバカ親がけっこう居るみたいだ。
http://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline3358850.html
絶対本人の意思じゃないから虐待スレスレだし、
なにより親が子供の生まれたままの外見を愛してないってことだからなあ…

760 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 10:20:39 ID:ibgqCUa80
>>759
昨日だか一昨日だかにテレビでやってたな。
男の子の瞼を二重にしようとしている母親曰く、
「自分の一重瞼を二重にしたかった(けどできなかった)ので、
子どもは二重にしてあげる」だってさ。
手術に乗り気でない子どもを「クラスで人気者になれる」みたいに
説得したそうだよ。

761 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 10:25:00 ID:jQlqGP5B0
>>759
NOT FOUND

762 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 10:55:08 ID:v4worAR3O
>>758
その結論に至るつながりがわからんが。
私怨?

763 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 10:56:47 ID:bV/TS6OF0
>>757
すまん、突っ込みなのかキレているのか判別しづらい

キレてますか?

764 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 10:57:02 ID:Ce8+SxxdO
>>760
なんだその馬鹿親は…

765 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 11:16:12 ID:loLgXduJ0
>>761
こっちならみれるかな
ttp://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/767673.html

766 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 11:17:46 ID:doU8/ZHo0
>>754
そうだったんだ。情報アリガト

767 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 11:18:03 ID:V+ljjpCQ0
>>761
ごめん
ttp://news.tbs.co.jp/20060816/headline/tbs_headline3358850.html
こっちだった

768 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 11:39:09 ID:z3J4yaQO0
>>765
((;゚Д゚)

769 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 11:58:50 ID:0cwjOanW0
>>765
脂肪吸引手術を自らの身体で実演した医師の方が衝撃だった…ぐええー
子供の整形話がぶっとんでしまったw

それにしても胸糞悪くなる話だな。美醜観なんて人それぞれだろうが。
母親は自分が一重だったから、と言ってるが
そんな一重でブサイクな自分を選んでくれた旦那はどうなるんだ。
旦那も、お前の愛が否定されてんのに気付けよ、バカ。

可哀相だが、コンプレックスだらけのブサイクな母親と
バカな父親との間に生まれてしまったのが、あの子供の運命だな。

770 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 12:01:23 ID:a1o/uq9f0
ジョンベネの整形疑惑とかは単に不細工の僻みのような気がするなあ
かなり幼児期の写真からしてあんな顔だったし、両親も整った顔立ちだし。


771 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 12:32:12 ID:kPiEsL9g0
そう言えば、整形というとメクジラ立てて全否定する人とかいるよね。
前に、美人ホステスの収入いくら、とかいう特集やってたバラエティで、
インタビューされたホステスが、顔には超自信あり、
みたいな発言してた。自分は顔が全てだと思ってるので、金もかけてると。
で、「自分で気に入らない顔だったらどうしてましたか」と訊かれて、
「もちろん整形しますね。ブスでいるなんて耐えられない」と返事。
「自分の顔に自信のない人は、どうしたら良いと思いますか」に対し、
「もう、どんどん整形すれば良いと思います。技術も上がってるし」と答えた。
そしたら、スタジオにいる芸能人の誰だったかが、ロレツも回らないくらいキレて、
「何てこと言うんだ。自分が美人だからって、ブスは耐えられない、
ブスは整形しろなんて、この女に言う権利はない。何様のつもりだ」と激昂した。
スタジオの他のひとも、うんうん、てな感じだったんだけど、
テレビ観てる身としてはちょっと疑問だった。
美人ホステスは訊かれた事に答えただけだし、真剣に容姿に悩みのある同性を
元気づけるために言ったんだろう。それに、道歩いてる人をとっ捕まえで、
「あんたブスね。整形しなさいよ」と言ってる訳でもない。
とはいえ、引っかかりを感じたのも確かなんだが。
番組も、テーマの掘り下げが未消化で終わった感じで、後味悪かった。

772 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 12:37:17 ID:3YLIFyp90
その番組を見ていないから空気はわからんが、それは整形に対してではなく、
ブスなんて耐えられない、という発言への怒りではないかな
質問に答えるだけとはいえ、必ずしも付け加えなくていい言葉だったわけだし

別にホステスを叩く気もないけどな。もっと怒られてもいい人が普通に賞賛され
ながら出ているのがテレビだし。


773 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 12:42:44 ID:DzDygZZ90
その手の番組を見ると「どうせヤラセだろ」
としか思えなくなった自分が後味悪い

774 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 13:31:11 ID:l594rLMXO
泣き虫セシリア

775 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 14:02:51 ID:1Cn0rDqH0
元が良ければ整形すれば垢抜ける。
元がブサだと整形しても並にしかなれない。
整形ってそんなもんだ。

>>773
同意。

776 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 14:20:11 ID:Li/w6RVy0
特捜戦隊デカレンジャー・Episode.11「プライド・スナイパー」

777 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 14:21:53 ID:zOjkvHGG0
>>724-725
死んでまで守るものじゃないと思うなぁ
守れない場合精神が死ぬ事もあるけど

個人的にはそんな内容なのに少女マンガなのが後味悪('A`)

778 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 14:30:56 ID:uYMnE/dL0
>>774の「泣き虫セシリア」
ZZガンダムのストーリー。
主人公達の戦艦(アーガマ)が月面都市に寄港、乗組員たちが月観光してると、
クルーの一人であるトーレスの幼馴染であるセシリアに再会する。
でもセシリアは敵船の艦長代行?に金で雇われており、アーガマのスパイを
命じられている。
※別にセシリアは敵軍所属ではなく、生活と金のため、月面で戦争が始まって
家族ともども巻き添えになるのが嫌でやっている。

なんだかんだで、アーガマ内に入るセシリアだが、事情をしらない敵軍の捕虜に
人質にされたりする。なんとか主人公たちに助けてもらうが、その足で敵船の
艦長代行に報告しにいく。
報酬として金の入ったトランクを貰い、トーレスを誘って一緒に逃げようと言う。
トーレスは「仲間を裏切れというのか?」というが、「アーガマの本当の寄港地は
教えてない、違う港を言ったからおk」と答えるセシリア。
「それじゃ、何の関係もない港の人が殺されるだろ!」とトーレス激怒。
トーレスに怒られ泣きながら月面から非難するセシリア。



779 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 14:33:46 ID:uYMnE/dL0
実際、セシリアがガセで言った港は破壊される。
非難船の中で、セシリアの父が「トランクの中に爆弾でもあったりしてww」
と何気なく言ってハッとなり、自分が利用されて友達を裏切ってたことに気付くセシリア。

今更ながら宇宙服を着て船外へ飛び出る「なるべく皆から離れなくちゃ・・・」
で、なんだかんだあって主人公と交戦中のモビルスーツ(ロボット)にしがみ付いて、
敵船近くにて、主人公の目の前で爆死。
トーレスは彼女の死を知らず「心が弱くてダメな奴だけど、しっかり生きろよ」的な
感じでスパイ行為とかを多少は許して今後を心配したまま。
主人公はトーレスに言うわけにもいかず軽くトラウマ?

ってな話。
自業自得なだけで後味悪いとは感じなかったなぁ

780 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 14:34:37 ID:eFK0nLn50
うちの親戚の伯母にも居るよ。
自分が一重で目がちっこくてコンプレックスだったもんで
孫娘(息子の子供で小学低学年)に「おばあちゃんが二重の整形代出してあげるから
二重にしなね」何度も言ってんの。
まだ手術もしてないし、実際に受けるとしてももっと成長してからだろうけど
普通どんなブサイコでも『かわいいねぇ』って言ってくれるであろう祖母から
相談もされてないのに「絶対整形したほうがいい」って言われてる孫カワイソス

勿論「そんな孫に『あんたは不細工だ』って言ってる様なもんだし
カワイソウだよ」って言った事あるけど伯母は考え曲げず。
孫は自画像を見せてくれたりするそうだけど、子供って
自分をお姫様っぽく描くんだろうけど「私はかわいくないから…」とかって
地味な絵らしい…。
傷ついてんじゃないの?それって…。

781 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 14:34:53 ID:f82tzxe5O
整形は自分の意志でやるものなのに…
それに体が成長しきる前の8歳で整形なんかすると、
その後の成長で整形した箇所が中途半端に崩れて、
さらに不自然で醜悪な顔になる危険がある。
加えて、細胞がもとの体に戻ろうと働きかけをするから、顔はどんどん崩れていく。
子供は新陳代謝が盛んだから、それが比較的短期間の間に起こる。
んて、さらに整形する、と。
「もとの顔」に戻ろうとする身体と整形のイタチごっこというわけ。
マイケル・ジャクソンが良い例。

自分は美の追究や自分に自身を持つために、整形を利用することは否定しない。
だが、上記のようなリスクを背負う覚悟もない奴は、
整形しないでほしいと思ってる。
8歳の子供にそんなの解るはずはないし、親もわかってなさそう。
きっと成長期に顔が歪んで子供が傷つくのだろうと予想…
これが一番後味悪いかも。

782 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 14:42:57 ID:Ce8+SxxdO
>>780
カワイソス(´・ω・`)

783 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 14:48:13 ID:kPiEsL9g0
やっぱりテレビで観たルポ。
茶パツ派手化粧、ヘソ出しの母親が、
生後3週間という息子が寝ているフトンに取材陣を案内する。
目の前で、市販の染色剤を使って息子の髪を染め始める。
まだ、完全に生えそろってもいないフワフワの髪。皮膚もみるからに柔らかそう。
「一番弱いクスリだから大丈夫ですよー。メッシュにしようと思ってプゲラー」
寝ていた赤ちゃん、薬が目に入ったか、皮膚に染みたかして泣き出す。
「ほらほら泣くなよ〜」取材陣無言。
何だったんだあれ。とめろよ、取材陣!

784 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 15:00:22 ID:+EFs1SWzO
レイプの少女漫画ってももち麗子の漫画だよね?
三文字シリーズの

785 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 15:01:54 ID:hYh5l8Yv0 ?2BP(21)
>>776
あらすじ書けや。

http://www.tv-asahi.co.jp/dekaren/story/0011/index.html

786 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 15:12:14 ID:usIBApUbO
>>780
すげえクソばばあだな。


787 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 15:17:48 ID:3YLIFyp90
>>785
あまりにもアレで釣りくさいからスルーしていたのだが、おまい親切だな


788 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 15:27:18 ID:4jtnvnSvO
>>780
無神経な親戚ってタチ悪いね。
私は幼少の頃から祖母に
「あんたは昔の時代に生まれてたら美人だったのにねえ。残念だ残念だ。」
と言われていた。もう泣いた。
実際もうほんと絵に描いたような糸目の瓜実顔。

でもこの前朝起きたら二重瞼になってた。

789 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 15:39:30 ID:a1o/uq9f0
容姿関連で思い出した

主人公は最近交際相手と結婚した。
そして、主人公の母も。相手は主人公よりも年下の、
元ホストで現俳優というかなりうさんくさい奴。
でも金目当てとかではなく、純粋に主人公の母親を愛しているようだった。
彼は思春期の頃に叔母に恋をし、それからかなり年上の人としか恋愛できなくなったらしい。
主人公の母親が付き合いでホストクラブに行ったのが出会ったきっかけ。
彼が「きれいですね」と誉めると、母は「私は美しくないわ」と答えたという。
普通おばさんは「もう年よ」などと返すものだが、母はまるで潔癖な少女のように
毅然としてそう答えた。その潔さに彼は惚れこんだ。

主人公は、母がいつも己の容姿を自嘲気味に語るのを気にしていた。
いかり肩で男顔の自分に比べれば、母はかなり美しい人なのに。
そういえば母は、キツイ性格なのに容姿に関してだけはいつも自分を誉めてきていた。
なんでだろうねと祖母に話す。

祖母は自分の容姿にコンプレックスがあった。
同級生の美しい少女にいつも笑いながらいやみを言われていた。
だから結婚して生まれた娘が可愛らしい容姿でとても嬉しかった。
ある日の事娘と歩いていたら、通りすがりの婦人が「可愛らしいお嬢さんですね」と誉めてきた。
娘はスカートを翻すようにクルリと周り、婦人に向かい得意そうな笑みを投げかけた。
その表情は、かつて自分を嘲笑った同級生の笑顔とひどく似ていた。
「ああこの子はこのままじゃだめになる そう思ったんだ」
祖母はそれからなにかにつけ娘の容姿を中傷するようになった。
「出っ歯がどんどん酷くなる」「ニキビが見苦しい」
やがて母は美しいのに自分の顔にコンプレックスを抱くようになった。
そして思った。自分に娘ができてもけして容姿の事で傷つけたりしないと。

主人公は思う。
母という者たちは、母であるよりも前に女であるのだと。

790 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 16:08:20 ID:AxM0iUqGO
さっきの茶髪のカーチャンの話で思い出したが…

昨日の話
金髪グラサンリーゼント父ちゃんと茶髪ロング髪汚い系カーチャンと娘二人
娘(まぁ普通)は六歳、三歳くらいだと思うが四人で病院売店のお菓子売場にたむろ
娘がこれがいい、あれがいいと親に逐一持ち込むが、
親二人もこっちがいいよと他のお菓子を手に取るほほえましい光景


ただ、父ちゃんもカーチャンも手にとったお菓子を元の場所にはけして戻さないんだよ
全て一番下の段に投げて戻してオシマイ
鈍い音をたててお菓子はどんどん下段に溜まって終いには床になだれ込む
父ちゃん「あ〜あ、崩れちゃった。アヒャ」
下の娘もその言葉をマネながら大笑い
しかもそれを片付けないまま家族逃走

この娘達にとってはそれが常識になっちゃうのかなって物悲しくなった

791 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 16:12:24 ID:YSH+hpTc0
>>775
並になれればそれでいいんだよ・・

792 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 16:13:27 ID:HzYVhwSe0
>>783
どうしようもないバカ親だね。
生後3週間の子によくそんなことする気になる。
大人だって初めてヘアカラーする人は少しは気にするだろうに。
そのままやらせてる取材陣もバカ。止めろ。


793 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 16:26:14 ID:/PqYQWLO0
>>790
俺、書店勤務なんだが児童書のコーナーなんかまさにこんな親子だらけだよ。
整理している時に、かなり若い母親と娘(母親20歳前半で娘は3歳ぐらいかな?)がやってきて棚から本を取り出して中身の確認をするんだが、お眼鏡に適わない本は全部平台の上にポイ捨て。
俺は別にいつものことだ、と思い整理を続けてたら娘の方が「お店の人お片付けしてるよー?」って言ったんだわ。
娘にこんなこと言われたら母親の方も少しは気使うかな?と思いきや、母親は「お片付けしてくれるから散らかしていいのよ」
まぁ、仕事だし別に文句を言うつもりはないんだけどねぇ・・、>>790も言うように子供にとってそれが普通になっていくってのは嫌だね。

794 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 16:32:53 ID:i9Hcna+T0
なーんか整形話ばっかだなー
家の家庭は珍しくとーちゃんが強かったんで
母親が整形しよっかなーって言ったら
「どんなに綺麗になろうが即離婚」と即答
私が綺麗になったら嬉しくないの?とよくあるセリフを言ったら
「綺麗になる前に家事をしろ」と即答(一切料理ができない)

親父いわく「外見で自信がつく?年とったら惨めなもんだな〜中身磨けや!」
乱暴な父だが正論かもなぁw

795 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 16:47:41 ID:mvW0msFAO
↑お前の親父かっけーなww

796 :554:2006/08/18(金) 17:20:36 ID:hTd9k58+0
>>789
読んだ覚えがあるのに思い出せない、よしながふみかな?

797 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 17:23:44 ID:fZ4MjIHL0
顔が劣等感になって苦しんでいるのなら、整形もありだと思う。
しかしそれよりは、親が人間は顔なんかじゃないという事をその生き方で示すべき。

798 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 17:26:47 ID:7A+v6y0eO
小学校の音楽発表会で毎年六年生が歌っていた歌。関西弁。知ってる人いたら嬉しい。
歌詞の内容

男の子がある女の子を好きになる。(小学生くらい?)
食べてしまいたいくらい好きなそうで。
そしてプロポーズ。『ぼくのお嫁さんになってください。』
しかし主人公は魚屋のため、ふられる。理由はその女の子は魚が苦手だから。
怒る主人公。『父ちゃんなんで僕が魚屋継がなあかんのや!』
けどなんやかんやで結婚の約束を果たす。それは、女の子は魚がダメでもえび、かに、たこは好きということを発見したからだ。
うまいえび、かに、たこずっと食べさしたるからな!!と指切りの約束。
しかしその次の日女の子はダンプに跳ねられて死亡。
最後は『だれや、だれやあの子殺したんだれや。あの子笑てる、写真のなかで。クソッ!!笑うな!!ぼくは悲しいねんぞ、ぼくは悔しいねんぞ、アホーゥ!!!!!!』
といった感じでおわる。八年も前やからうろ覚えですけど。
当時小学生だった私は毎年この歌が楽しみだったけど後味悪いなぁと思う。携帯&既出だったらスマソ

799 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 17:42:05 ID:qE2BNOLh0
ああ、それたしか実話が元じゃなかったか?
小〜中学校のとき、自分のクラスは歌ったこと無いがどっかのクラスが歌ってた。

800 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 17:49:36 ID:kPiEsL9g0
>>798
「チコタン」だとオモ。
ttp://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/chikotan.html

801 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 17:49:57 ID:We77Rvbq0
チコタンだね。
トラウマソングとして有名だ。
同作者の日曜日はもっとえぐい。
ttp://members.at.infoseek.co.jp/tipsy0/white/sunday.html

802 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 18:01:03 ID:7A+v6y0eO
サンクス!懐かしひです。
うちの学校だけだと思っていたからけっこう知ってる人がいておどろきです。
作者はなぜこんなトラウマソングばっかなんだろうか。
私も、実話をもとにしてるということは聞いたことがあります。

803 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 18:03:11 ID:JMBL2irlO
>>789>>796
よしながふみの「愛すべき娘たち」だね
あの作者はいい。

804 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 18:15:37 ID:fqocQvm60
>>801
全部鬱ソングじゃないか・・・・

「人殺しの子」

「人殺しの子」

「人殺しの子」

「 人 殺 し の 子 」

805 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 18:47:48 ID:RfjW0knY0
虐待整形話を蒸し返してスマソ

洒落怖のまとめにあった、女の子が欲しかった母親が息子のω潰して
事故の振りして性転換処置してもらう話

初めて読んで「これはつくりだろ」って思ってた矢先に、母親が
息子のアソコ切って逮捕っていう事件があって、正夢見たみたいで
暫く気分が悪かった

806 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 19:10:08 ID:We77Rvbq0
>>804
そのようだね。他の歌はこんなの。

赤いタンポポ→戦争孤児が殺される歌
オデコのこいつ→餓死する子供の歌
ぼくのたからもん→父子家庭の子供を軸に、父との関係、母の思いで、父の再婚を歌う
MIIKO→学校で苛められて親に虐待される子供の歌

見事に鬱ソングばかり。
そしてどれも合唱歌。

807 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 19:21:59 ID:Ce8+SxxdO
>どれも合唱歌
いちばん後味悪い

808 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 19:37:09 ID:kPiEsL9g0
うちらの小学校でも、音楽の授業の
レコード観賞の一端として聴いた。
音楽の先生が、
「最初にこにこして聴いてた生徒が、最後の方では
みんな涙ぼろぼろ流してるの見るのが楽しい」
と言ってたのも後味悪し。いや、いい先生だったんだけどね。

809 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 20:17:34 ID:YgpYoOcQ0
>>808
先生…いやたしかに楽しそうだけど口に出すなとww

810 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 20:39:33 ID:hYh5l8Yv0 ?2BP(21)
>807
子供の合唱が後味悪いと言うか鬱なのが、中島みゆきの「ふたりは」

「ごらんよ あれがつまり遊び女って奴さ
 声をかけてみなよ すぐについて来るぜ
 掃除が必要なのさ この街はいつでも
 人並みに生きてゆく働き者たちのためにあるのだから」

「ごらんよ子供たち ああなっちゃ終わりさ
 奔放な暮らしの末路を見るがいい
 近づくんじゃないよ病気かもしれない
 耳を貸すんじゃない呪いをかけられるよ」

「ごらんよ あれがつまりごろつきって奴さ
 話はホラばかり血筋はノラ犬並み
 掃除が必要なのさ この街はいつでも
 人並みに生きてゆく働き者たちのためにあるのだから」

こんな詞を子供の澄んだ声で歌われると最高に鬱。

811 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 20:43:05 ID:Ce8+SxxdO
そ…それは本当に合唱なのか…?
遊び女とかいいのか…?

812 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 20:45:10 ID:a1o/uq9f0
みゆたんは合唱歌も書いてたのか

813 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 21:11:55 ID:kPiEsL9g0
てか、どうしてコレのタイトルが「ふたりは」?

814 :810:2006/08/18(金) 21:23:06 ID:hYh5l8Yv0 ?2BP(21)
ああごめん。この歌は全てが合唱ではなくて、
中島みゆきと世良公則のデュエット部と、>810で書いた子供の合唱部がある。
街で迫害されている男女の事を歌った歌。
歌詞全文は以下のリンクを参照してくれ。
ttp://utahime.sukinano.net/words/01_orialbums/01_orialbums23.html#anchor571513

815 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 21:57:38 ID:piaP2/h70
>>814の「生きてゆくおまえ」も後味悪ー

816 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 22:10:55 ID:5AR+GRma0
美醜話で思い出してしまった。
お父さんが子供に
「お前、人間は顔じゃないぞ」
って言おうとして
「お前の顔は人間じゃないぞ」
と言ってしまうというジョーク。

817 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 22:12:49 ID:15DtwHO10
このスレの怖い話も傑作選とかにいくの?

818 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 22:40:31 ID:r/bbpjOt0
>789
「愛すべき娘たち」だよね。後味悪かった?
自分は、母親も結局は母親である前に不完全な女でしかない
の言葉に救われてしまったよ・・・。
生みの親だろうが育ての親だろうが完全な人間なんていないと
思えばどんなDQN親も納得だ

819 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 22:41:33 ID:bNqgwS830
米ニュージャージー州のハンター2人が狩りに出た。
1人が木から落ちてしまった。仰天した連れのハンターが携帯電話で『息がない』と緊急通報した。
救急隊のオペレーターが「落ち着いて。大丈夫。まず死んでるのか確かめなさい」と声をかける。
一瞬の静寂後、オペレーターの耳に1発の銃声。
続いて、

「死んでる。これからどうしたらいいの?」というハンターの声が響いた。

820 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 23:01:15 ID:3YLIFyp90
>>810
すばらしい教訓を含んだ歌だな。
義務教育の間は毎年歌わせるとともに、渋谷や池袋では駅前で流すべき。


821 :沖縄県失業率全国一:2006/08/19(土) 00:00:12 ID:MRsrXXeV0
ZZの後半はとにかく暗い。前半が明るかったキャラが不幸になったり強化人間
にされて犬死したり、2クールで終わらせとくべきだった。ジュドーが番組通じて
ジャンク屋を貫いて(戦争が終わったらガンダムはもらう約束)、頓珍漢な作戦で
とにかくジャンクばかりこさえるのが戦闘目的になって、Gガン的な話にしてほしかった。
Vといい、やっぱトミのガンダムは狂ってる。

822 :ウィンダリア1:2006/08/19(土) 00:10:30 ID:On/MsOOy0
昔見たアニメ、ウィンダリア。
うろ覚えの部分もあるので間違っていたらスマソ。

前提
・海の国と山の国は敵対している。
・しかし、海の国の王女と山の国の王子はロミジュリ状態の恋人同士
・この国では死ぬと魂は死者の船に乗る。死者の船の船員は生きている人間で
 高給を約束される代わりに何年も陸には帰ってこられない。
・贅沢な暮らしの為に自分の旦那を死者の船の船員にした女がいるが、孤独に
 耐えきれず、毎日港に通い夫の乗る遙か沖の海を行く死者の船に向け、早く
 帰ってきてと呼びかけている。

イズーとマーリンは、海の国の村で暮らす夫婦。
ある日、海の国を侵略しようと企む山の国が海の国の水門を開き水没させようとするが
水門が開いた事に気付いたイズーが素早く水門を閉じた事により一躍英雄となる。

この功績でイズーは海の国と山の国から英雄として誘いを受ける。この待遇にすっかり
有頂天となったイズーは一旗揚げて帰ってくるとマリーンが止めるのも聞かずに
山の国に行ってしまう。(ちなみに海の国の褒美は貝殻細工、山の国は金貨)
やがて山の国と海の国との間で本格的な戦争が起こる。それぞれの国の王子と王女も
互いの事に心を痛めながらも、立場上戦争に出陣。
その戦争でイズーは海の国の堤防の門を開き、海の国を水没させた事により山の国が
勝利。この戦争の最中に偶然であった王子と王女は海の国が負けた事により結ばれる事の
ない互いの未来に悲観し心中してしまう。



823 :ウィンダリア2:2006/08/19(土) 00:11:24 ID:On/MsOOy0
山の国の勝利で更なる英雄となり有頂天となるイズーはマリーンの事をすっかり忘れ
愛人(山の国のスパイ)と共に毎晩派手に豪遊するが、そのイズーの存在を邪魔に思う
山の国の指示により愛人に殺されそうになり命からがら逃げ出す。
そこでようやく自分の妻であるマリーンの事を思い出し、自分が本当に生きる場所は
マリーンの側でしかないと自分の家に帰るイズー。
戦争の為すっかり荒れ果てた自分の家に驚きながらも、自分を出迎えたマリーンの
無事を喜ぶイズー。しかし、マリーンは再会を喜びながらも別れを告げ海の方へと
向かう。その姿を慌てて追うイズーは彼女の身体が海を渡り死者の船の方に向かう
姿を見て、ようやく彼女が戦で死んでしまった事を悟る。

沖を行く彼女の魂が乗った死者の船に向かい、自分が船員になるからこっちに来いと
叫ぶイズー。しかし、その彼に向かい、任期が終了するまで船は絶対に寄港しない
という声に驚き振り向くと、そこにいたのは毎日夫に呼びかける為に港に通っていた
女が孤独に耐えきれずとうとう石になっていた姿だった。


結構ファンタジーな絵柄のアニメーションだっただけに、この救いようのない結末が
なんとなく後味が悪かった。

824 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 00:15:47 ID:c2Pt6HW50
「妻を田舎に放置し、都に酔って遊ぶ男が故郷に帰ると、
帰りを待ち続けていた女は幽霊or化け物になっていた」
ってエピは古典的なのかな。

825 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 00:20:42 ID:RRKbZLgS0
放置した相手がいつまでも自分を待っていると
何の疑問もなく思えるのがおめでたいよね。

826 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 00:26:50 ID:PsMZ0QOc0
山の国の王子はアホだな。
折角戦勝国になったんだから、
「王女は俺様が頂くぜー!」
とか言って妻にしちゃえば
(この2人に関しては)ハッピーエンドだったのに。

827 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 00:29:32 ID:R93ArS9r0
山岸涼子の「コスモス」

主人公は小学生の男の子。ごく普通の少年だが、喘息を患っている。
「今日は風が強いわねえ…大丈夫●●くん?」
こんな風の強い日は同調するように少年の胸の風も強くなる。
荒く苦しそうになっていく少年の呼吸。
車の免許を持っていない母は父に電話をかける。
「●●くんの発作が出てしまったの。病院まで連れて行って」
朦朧としている意識の中で母の声がかすかに聞こえた。
やがて父がやって来て少年を病院へ運んだ。

母は少年の自慢だ。きれいだし、料理が上手い。
いつも少年は母の手作りのお弁当をみんなに見せびらかしている。
クリスマスの日、少年は母のつくった七面鳥の料理をつまみぐいする。
だがとても不味い。失敗したわけではなく、子供向けの味付けではなかったのだ。
ごめんねと謝る母。そこに父から連絡が入る。今日は帰れないらしい。
母は泣きながら七面鳥を捨てる。少年には食べられないし、自分だけでは食べ切れないからと

お正月は親戚の家に行った。
楽しくすごす少年。一方、母は親族たちとなにか話していた。
浮気相手と正月もすごすようなあんな男とは別れなさい、そう親族たちは言う。
だが母は涙を浮かべながら、離婚だけはしないと親族たちに言った。
少年はその会話を聞いていない。

「そろそろ発作が出ないか心配だわ…近頃なかったし…大丈夫?●●くん」
ある日、母は心配そうな顔で少年に聞いてきた。
母のその顔を見ているうち、少年の胸にまた嵐が訪れる。
すぐに発作を起こし倒れる少年。母は電話へと走る。
「あなたまた●●くんが倒れたのよ 女と●●くんとどちらが大事なの 早く来て」
涙を流しながら母は受話器に向かい叫ぶ。
朦朧とした意識の中で少年は思う。
――僕の発作が起きた時だけパパはくる

828 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 00:33:20 ID:KBeTlB3N0
きついな

829 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 00:53:13 ID:52B2qevR0
>>826
そうだよな。

830 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 01:10:59 ID:9YUbZwjNO
コピペかと思うほどスマートに綺麗に後味悪いな

831 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 01:14:49 ID:7hjyZPE10
王子が嫁にしたいといっても、王様やら親族に反対されて、敵国王族は遺恨を断ち切るために
処刑やら投獄されるんジャネ?

832 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 01:19:09 ID:QO2rxDPM0
>>822
これ20年前のアニメだよね。印象強くて覚えてる

人は死ぬと幻想的な赤い蝶(魂?)になって、飛行船へと還っていく。
戦争で爆撃された村や、イズーが欲にくらんで水没させた母国の街から
無数の赤い蝶が飛び交う様はトラウマ・・
自国を裏切って大量殺人をした男が一人生き残って泣くラストはカタルシス0

マーリンがテトっぽい小動物を飼ってたり、一人乗り羽付ホバーがあったり
ジブリ臭い設定も後味悪いw

ストーリーの筋としては、鬱ラストで微妙だけど、音楽や演出や
いのまたむつみ画のファンタジーがなかなか美しかった。

833 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 01:21:56 ID:PsMZ0QOc0
>>831
三国志とかではよくあることだ。
それに、心中なんかするぐらいなら
それこそ死に物狂いで説得を試みるべきだった。

834 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 01:22:50 ID:UxRIzOp+0
>>798
チコたんは自分にとっては別種のトラウマソング……
小学生の頃、自分はコーラス部に所属していて、ある年の音楽界で歌ったのがそれだった。

ぶっちゃけ、この歌を悲しいとか名曲だとか思ったことは一度も無かった。
関西在住のため、歌詞が似非関西弁で書いてあるのが馬鹿っぽくて真剣に受け取れない。
ゲラとか、無理矢理流行言葉を盛り込んだ歌詞がさらに馬鹿っぽい。
小学生が、好きな子に振られた程度で落ち込みすぎるのがありえない。
ヒロインが死ぬというありきたりすぎる悲劇がツマンネ。
そしてそれを女の声で合唱されてもさっぱり凄みが出ない。

そしていざ舞台に立つと、最初から最後まで、クスクス時々爆笑に包まれ、
最後の主人公の叫びも笑われて終わった。

うちの母校の生徒にはトラウマソングと言うより、馬鹿ソングだったみたいだ。
素直に合唱歌らしい合唱歌を歌いたかった(´・ω・`)

835 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 01:26:22 ID:1MrWKddZ0
>>827
二回読んで意味わかった。重いな…

836 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 01:38:42 ID:V5qmgZH+0
>>834
ゲラは方言じゃないか?
流行語になった事があるのか?

チコタンは上手ければかなり高評価を受ける歌。
はじめの方はみんなクスクス笑うが、最後に向かうにつれ
どんどん子供たちの歌声が追い立てられるような鬼気迫るような物になって
小さい子たちは怖がって泣いてしまうぐらいの迫力をかもしだす。
俺も泣いた一人w 俺が小さい頃は地域の合唱コンクールの上位常連曲だった
歌詞のインパクトを抜きにしても、曲の難易度がやや高いのも高評価の理由の一つかもしれない。



837 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 01:39:42 ID:K7vohWrM0
SAW 【ネタバレ】

SAWシリーズは後味悪い。1のラストはゴードン(足切断して瀕死状態)とアダムが地下室に閉じ込められて
終わる。数ヶ月後2が公開。2の主人公(?)がキレた男に追われ部屋に逃げ込む。その部屋には
ミイラ化した2人の死体と切断された足があった。


838 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 01:43:03 ID:EXU4K50o0
>>837
ちょっと狙いすぎかな。
もうちょっと工夫すると皆釣れると思うよ!

ところであさがおの観察日記はちゃんと毎日付けないとだめだよ!

839 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 02:02:20 ID:xQjGRTvy0
ある精神病院の入院患者に、自分のことをナポレオンだと思い込んでいる男がいた。
なかなかの難病ではあったが、医者の治療が功を奏したのか、男の病状は快方に向かっていた。

医者「この入院でずいぶんと良くなってきたみたいだね。」
患者「ありがとうございます。みなさんのおかげです。」
医者「おめでとう、あなたは完治したようだから、昼にでも退院してもらっても結構です。」
患者「お世話になりました。さっそくジョゼフィーヌにも報告して喜んでもらおう。」

医者「これはいかん!あなたはまだ退院させるには早いようだ!」
患者「なぜです?せっかく家に帰れると喜んでいたのに。ああ、いとしのジョゼフィーヌに会いたい!」
医者「誰かきてくれ!この患者が暴れるといけない。地下の拘禁室に舌を噛まない様に放り込んでくれ!」

後日、その男の奥さんが男の見舞いに来たが、面会謝絶という事で会えなかった。

婦人「お医者様、夫はそんなに悪いのですか?」
医者「かなり、悪いですね。奥さんの名前はメアリーなのに、それすら間違える始末です。」
婦人「まあ、そうなんですか。私のことも分からないなんて・・・」
医者「長い目で付き合って行く事が大切ですな。」

婦人「すみません、そろそろ失礼します。愛犬のジョゼフィーヌに餌をあげなければいけないので…」

840 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 02:31:44 ID:gJBjtL0O0
>827
母親は代理ミュンヒハウゼンなんとかなのかな。
夫を愛人のところから呼び戻したい、
その為には息子が発作をおこせばいい、
息子は緊張状態にある母親から発作を示唆され、実際に発作をおこす。
母親( ゚Д゚)ウマー

841 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 02:32:38 ID:KkbnZ5B8O
>>827
母は夫に会いたいから、息子に毒か何か仕込んでたってこと?

842 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 03:04:30 ID:XImbQc7JO
>>800
チコタン懐かしいな〜。
歌詞見てみたらメロディーをくっきり覚えてるオレがいる。

当時はみんな楽しく歌ってたのに今見ると後味悪いね。

843 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 03:06:04 ID:HfaJdtPe0
>>841
いや、母親はただ言葉で心配してるだけ。
その言葉の裏の、発作が起きればいいのにという気持ちを
子供が感じ取って発作が起こる。

山岸凉子はこういう無意識の悪意を描くのがうまいなあと思う。

844 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 03:07:05 ID:I443HQy60
夏休みに入ってからあっちこっちでアメジョのコピペを盛んに見る。

>>841
それだったらまだいい。
少年は母の願望を察して自ら発作を起こしてんだろう。
だからやるせない。

発作を起こすっつーのは大げさだけど、
現実にも似たような話がごろごろしてると考えるとね。

845 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 03:46:57 ID:4uY4gQVyO
>>827
本当にやるせない話だ..

小説『夏の葬列』
山川万夫

戦争末期、主人公♂は疎開児童としてこの田舎町に来ていた。当時小学三年生。同じく疎開でこの町へ来ていたのは二歳年上のヒロ子さんだけだった。ヒロ子さんは弱虫な主人公をいつもかばい、彼のそばを離れなかった。
ある晴れた日、海岸で遊んできた帰りにふたりは畑の中を競争していた。
が、突然すさまじい炸裂音が響く。急速な爆音と激しい連続音。

『艦載機だあ!!隠れろ!!またやってくるぞう』
どこからともなく男の声が聞こえた。主人公は恐怖し、芋畑の中に倒れこんだ。ばらばらに走っていたためにヒロ子さんの姿がみつからない。

846 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 03:48:32 ID:4uY4gQVyO
人々の悲鳴の中、また男の声が聞こえた。
『おーい引っ込んでろそこの女の子、だめ、走っちゃだめ!!白い服は絶好の目標になるんだ、........おい!』
白い服─ヒロ子さんだ。主人公はヒロ子が撃たれて死んでしまうんだ、と絶望する。その突如第二撃がきてさっきの男が絶叫した。旋回する小型機の爆音のなか、はいつくばったまま恐怖で身動きのできない主人公の前に突然ヒロ子が現れた。無事だったようだ。
『今のうちに逃げるの!何してるの?早く!』
主人公の目にはヒロ子の服の白さが鮮やかに映っていた。そして狂ったように叫ぶ。
『よせ!一緒にいたら目立っちゃうじゃないか!!』

847 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 03:50:34 ID:4uY4gQVyO
『何を言っているの、助けにきたのよ!早く防空壕に......』主人公は夢中で全身の力でヒロ子を突き飛ばした。『...向こうへ行け!』

突き飛ばされたヒロ子があおむけに畑に倒れこんだ瞬間、連続した銃音が響きヒロ子の体がゴムまりのように跳ね上がった。ヒロ子は重傷で、男達が担架で彼女の家まで運んでいた時点で意識はなかった。翌日戦争は終わる。主人公はヒロ子のその後も聞かずにすぐにこの町を去った。



数十年後、大学を出、就職しサラリーマンになっていた主人公は出張帰りにこの懐かしい町を訪れている。そしてあの惨劇があった芋畑のどて道を葬列が進んでゆくのを発見する。黒縁の写真の中の顔は若い女だった。主人公はある予感をする。

848 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 04:49:25 ID:AJbFarQe0
最後はドラゴンスープレックスで女が殺されるんだよな


849 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 08:11:30 ID:zU9tWLV1O
>>839
思わず吹いた

850 :1/2:2006/08/19(土) 10:05:55 ID:aZF5Imeo0
再婚を繰り返す母には二人の実の息子と娘がいた。
母の再婚相手はいつもろくでない男ばかりで子供たちをいじめる。
それに離婚が近づくといつもは優しかった母までもがイライラのはけ口として子供を利用していた。

兄妹の兄は年上なので大人との付き合い方がわかっているが妹にはそれが上手くできない。
なので兄はいつも妹をかばって夫婦の罵詈雑言を受けていて、
「こんな妹なんていなければオレは苦労しなくていいのに」
と思うようになり、そのような、妹を見捨てる考えをしてしまう自分に嫌気が差していた。

一方妹のほうは、度重なる再婚と夫婦の虐めによって、知らず知らずのうち精神分裂症を来たしており、
「いつか自分が夫婦に殺されるのでは?」
「きっと小高い崖に自分をつれてきたら夫婦は躊躇なく自分を落とすのだろう」
などと考えるようになっていた。

そんな中、また母が再婚した。

新しい父親は口の厳しいひとだったが子供たちを虐めはしなかった。
その激しい口調に恐怖を覚えた妹は子供110番に電話する。
だが虐待の事実はないので相談所の人間は様子見ということで早々に帰ってしまった。

夫婦はこの一件で改心し、良い父親、良い母親になることを決意した。
そこで家族の親睦を深めようと夫婦と妹とで公園へ遊びに行くことになった。
そう、小高い崖のある公園に


851 :2/2:2006/08/19(土) 10:06:35 ID:aZF5Imeo0
車で公園につく。
夫婦は「展望台へ行こう」と誘ったが「眠いから」といって妹は車に残った。
たぬき寝入りをしながら妹はぶるぶると震えている。
「ついにこの日がきた、両親は相談所に電話した自分を殺す気なんだ」
そうして妹は音が出ないようにそっと車を出た。

一方、展望台にいる夫婦は、
「こんな綺麗な景色を娘(妹)にみせてあげたかった」
「今までとは違って優しく接しような」などと話し合っていた。
すると後ろから足音がする。
夫婦は、妹がこっそり脅かしに来ているのだろう、と顔を見合わせ、気づかないフリをしていた。


警察の事情聴取が始まる。
「あなたはご両親が展望台にいたときなにをしていましたか?」
「車の中でずっと寝ていました。目を覚ましたら二人がいないので崖の下を探したら二人が死んでいました」



852 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 10:39:37 ID:thk9T1ke0
>847
オチは?
葬列が若い娘ならヒロ子ではないしねぇ

853 :1/2:2006/08/19(土) 11:00:00 ID:Xn0C4Yn80
子供たち怒る起こる怒るという本はかなり後味悪かったと覚えてる。
あらすじ書きたいけど、あんまり覚えてない・・・でも短編集だった。
表題作のあらすじをちょっと・・・

主人公が引っ越してきた街には、牛男という連続殺人鬼がいた。
そんな中、主人公が仲良くなった学校の友達3人にあるゲームを持ちかけられる。
それは、牛男の次の出没場所をあてるというもの。
あたればその人にいくらかポイントがたまり、
最終的に一番ポイントの低かった人が
一番高かった人の言うことをひとつ聞かなくてはならない。


854 :2/2:2006/08/19(土) 11:00:33 ID:Xn0C4Yn80
主人公を含める4人の中で、なぜかどんどん出没場所のわかるAがいた。
その子は自分が「殺したい」と思った人間が牛男に殺されるのだという。
急に自分に自信が出てきたA。
ところがAは些細なことからゲームの参加者の友人を殺したいと思ってしまう。
怖くなったAは自分の思いを取り消した。
しかし心配になった主人公はAを連れて学校を飛び出してしまう。
その時近くで聞きなれた叫び声。
それは前にAが殺したいと思った友人だった。
友人は牛男に残酷な殺し方をされてしまう。
ゲームは終了し、一番ポイントの高かったA。
Aのお願いは、父親を殺してほしいというもの。
Aは父親から性虐待を受けていたのだ。
父親を殺しに向かうのだが、結局返り討ちにあって終わり?

この話にもっと続きがあったはずなのに、なかなか思い出せない。。。
でもみんな小学生なのだが、
主人公は妹と性的関係にあったり、
差別があったり、性的虐待があったり、殺し方の書き方もいやらしく、
全体的に気持ち悪かった。
物語もきちんと終わるものではなかったし、
後には釈然としない感じと、気持ち悪さだけが残った。


855 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 11:36:41 ID:Y4Ll8ORoO
>847
それ中学の国語の教科書に載ってた希ガス
結末思い出せずモヤモヤ

856 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 11:44:33 ID:L98iizhH0
後味の悪い話か・・・。「高瀬舟」とかどうだ?

857 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 12:13:24 ID:eIpR63UX0
>>855
写真には確かにヒロ子の面影がある。
葬列を見てた子供に聞くと、その女性には特に身体に怪我の後遺症もなかったらしい。
じゃあヒロ子ちゃんは死んでなかったんだ、
オレは殺してなかったヤッターと思って、その女性について更に詳しい話を聞いてしまった。

すると、実はその写真はヒロ子の母のもので、
一人娘が機銃で撃たれて亡くなってから気が狂ってしまった、
先日自殺したのだが、若い頃の写真しかなくて
それを葬式用の写真として使ったのだ、と判明する。

主人公は、
長年つきまとい続けた
罪悪感や痛みと決別するため、
けじめをつける意味で十何年ぶりかでこの町に来たのに、
皮肉な事にヒロ子の母の事まで知ってしまった。
あの夏を、二人の死を、痛みとともに繰り返し思い出すだろう。
もう逃げられはしないんだ…。との思いを抱えながら駅に向かう。

みたいな感じだったかと。

858 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 12:15:15 ID:9LdkcAK40
日本の純文学で後味悪いったら清兵衛と瓢箪だろう。
昔っからヲタは迫害されたんだな。

でももっと後味悪いのは尼のレビューだ。
清兵衛と瓢箪が入った短編集小僧の神様に
投稿しているレビュアーですごいのがいるw
何かこう見てはいけない失敗を見てしまったような気持ちになったw

859 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 12:28:02 ID:AJbFarQe0
アドレス(D)となっている部分を右クリック→コピー
書き込み欄に貼り付け

これをすると、皆さんが見やすい、常識的配慮のある紹介になる


860 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 12:35:54 ID:UxRIzOp+0
>>858のレビューを見に行って、その本に同時に収録されている
「城の崎にて」ってのが工房の頃、現国の教科書に載っていたのを思い出した。
作品自体は後味悪いものでもなんでもなくて、
夜中に提灯も点けずに出歩くのが趣味な主人公(著者本人?)の話。

その順回路の途中に崖がある。崖下に柚子畑があるらしく、
主人公が石を拾って投げ落とすと、ほんのり柚子の香りが漂ってくる。

自生してる柚子ならともかく、誰かが育ててるなら、石を投げて実を潰して喜ぶってタチ悪すぎ。
うろおぼえだけど「面白いから何個も石を投げた」って書いてあったような。
非常にむかむかした覚えがある。

861 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 12:46:32 ID:OqFFsf780
>>858
一般教養低くてよく分からないんで、ぐぐってみた。
「清兵衛と瓢箪」というのは、ひょうたんヲタの少年が、せっせと集めていたのに
父親や周りの人たちには価値が分からず手放させられたが
実は高値で売れるほどの逸品だった、少年には見る目が備わっていたのに・・・ってことでいいの?
よくある話だよね。たとえば何でも鑑定団とか見ていてもそんなの出てくる。
あまり後味わるくないな。
で、レビューはどのへんがやばかったのか教えて欲しい。


862 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 12:48:54 ID:4uY4gQVyO
>>527d!!かきこめなくなってしまい困っていた↓



主人公はこの女性の死因を男の子に聞く。
『このおばさんねぇ気がちがっちゃってたんだよ。一昨日川に飛び込んで自殺しちゃったんだ。』『失恋でもしたの?』
その質問に男の子はおかしそうに笑う。そしてこの女性は、写真は若い頃のものを使われているだけで、実際はもうおばさんなのだと説明した。うんと昔のものしか使える写真がなかったらしい。
男の子が言った。
『だってさ、あのおばさん、なにしろ戦争でね、一人きりの女の子がこの畑で機銃で撃たれて死んじゃってね、それからずっと気がちがっちゃってたんだもんさ。』




自分のかきこみ方が後味悪すぎる...すいません

863 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 12:49:46 ID:zU9tWLV1O
>>860
著者は柚子畑の持ち主にあやまれ

864 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 12:51:23 ID:4uY4gQVyO
>>857アンカーミス↓

865 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 13:43:04 ID:sl4mtIwK0
>>862
死ねや!!

866 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 13:52:26 ID:0F+P1pum0
>>850
なにその沙都子

867 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 14:09:28 ID:iq2EBcVVO
ひぐらしktkr

868 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 15:49:57 ID:0WV3UVZO0
携帯からならいちいちローマ字にするのは面倒でしょうに><

869 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 15:54:40 ID:m7Sork4iO
ひぐらしって…蝉関係で後味悪い話あるの?


870 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 16:01:28 ID:cF6jBFtJ0
地上に出てもすぐ死んでしまうところ

871 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 16:26:10 ID:laC/KF3a0 ?2BP(21)
4年に1回しか起きないところ。

872 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 16:31:37 ID:V5qmgZH+0
>>853-854
ポイントの高いAと、性的虐待を受けていたのは別人。

殺された子を除いてゲームのメンバー
主人公 近親相姦の末に生まれたのでそっち方面の道徳観に欠け、妹と性的関係を持つ。
      両親の仲のせいで故郷では冷たい目で見られており、転校を機に妹との関係を絶とうとする
町井  牛男を自在に操る力を持つ というか町井の思念が具現化したものが牛男?
八尾  性的虐待受けている。父親の子供を妊娠している。
柴田  部落差別を受けてるっぽい そのためか圧倒的な力を持つ者に憧れ、牛男を探している。
塩野  ごく普通の少年。柴田を差別している

ゲームはみんなが罰ゲームを紙に書いてクジにして、
高ポイントの人と低ポイントの人の点数差がある程度に達したら
低ポイントの人がクジを引いてその罰ゲームを実行するというもの。
低ポイントの塩野は、父殺し依頼のクジを引いてしまう。
戸惑いながらも性的虐待の大まかな事情を薄々悟っていたBはその罰ゲームを実行する。
だが返り討ちにあい、瀕死の状況。八尾と柴田が立ち向かうも、かなわない。
そこに現れた牛男が父親を羽交い締めにした。
気付くと何故か、以前牛男が殺した担任の生首を手にしている主人公。
主人公は生首で繰り返し繰り返し父親を殴り、やがては殺した。
瀕死の塩野は同じく死にかけの柴田に今までの差別を謝る。
俺は怒るべき相手を間違えていたと。

Aと主人公は電車に乗って遠くに行く。ついた先には遊園地があった。
この世には罪も無いのに罰を受けている人がいる。そしてそれに蓋をして幸せに暮らす人々がいる。
怒って怒って怒り続けて、一度全てを殺して更地にしてやり直すべきだ、自分たちにはその力があると二人は語り合った。
要するに牛男の力を使って幸せな人々を皆殺しにしちまおうとところで終了


デビュー作から妹のレイプビデオが送られてくるとかいう話を書く人だから免疫はついてたがなにこの鬱展開って感じだった。
デビュー作はあんまり面白くなかったしエロゲー臭むんむんだから突き放して読めたけど
これは結構面白いし主人公にも感情移入できたのでなおさら('A`)

873 :五位鷺 ◆Emjcf.lfLU :2006/08/19(土) 16:53:40 ID:o3kcCtudO
少し前、ミスユニバースで二位になった日本人女性をワイドショーかなんかで特集していた。みんな知っていると思うが、とても綺麗で聡明そうな女性だ。
それでスタジオの菊川怜等が明るい話題としてその女性を持ち上げ、和やかな雰囲気で番組は進行。しかしスタジオに居た、弁護士だかのクソオヤジのコメントが凄かった。

「しかしミスユニバースの女性は大抵が晩年は不遇なんです」
「つまり外見ばかりよくて自惚れて、やはり中身がなくてはねえ…」
「長身の女性は美しくない」
「私ならば低身長のかわいらしい女性が好きですねえ」
「やはり女性は低身長(ry」

菊川怜達もさすがに「ちょwwおまwwww」とポカーンとなり、よい流れだったのに全てぶち壊し
空気嫁。


874 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 16:54:13 ID:7b28mJYUO
夜帰ってきてエレベーター乗ったら顔も見せない怪しい人がいてぶつかっても誤らないし気味悪いなと思った。後でぶつかったトコ見たら血がついてた。その後警官が来て殺人があったことを知った。

875 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 16:55:50 ID:7b28mJYUO
怪しい奴を見なかったかと聞かれたが面倒だったから知らないと言って帰した。その四日後にニュースで、犯人が逮捕されたとニュースでやっていてあぁ捕まったんか〜と犯人の写真見たらあの警官だった。

876 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 16:57:23 ID:AJbFarQe0
スレ違い


877 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 17:03:37 ID:bNINpW1g0
>873

>「つまり外見ばかりよくて自惚れて、やはり中身がなくてはねえ…」

弁護士地位にうぬぼれて、やはり中身がなくてはねえ・・・だ。
ほんとにクソオヤジだな。


878 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 17:04:30 ID:V5qmgZH+0
>>873
そのおっさんはよっぽどチビなのか?

879 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 17:23:41 ID:heyk0DDBO
自分の身体に自信がない男って女の身長や体格にこだわりがちだよな。
好みだろうとそうでなかろうと、そんなオヤジはミスユニバース達には相手にされないだろうし、されたとしても金を引っ張られるだけだろうよ。
女から見て選択肢にも入らないような男が好みうんぬんほざいてるのがうっとうしい。もちろん逆もあるけれど。

880 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 17:25:09 ID:92DrB6rD0
>873
>低身長のかわいらしい女性が好き
ココだけ激しく同意

881 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 17:28:57 ID:JZT2Ah8Y0
まあでもミスユニバースで二位になった人とか
パリコレ出てスーパーモデル目指したがあっと言う間に諦めて帰ってきちゃった人とか
実際性格に癖があって付き合いづらそうな人だよな。

882 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 17:31:45 ID:AJbFarQe0
ユニバースのことはわからないけど、女同士でも、ちょととチラシに載ったくらいでも
「元モデル」っていう肩書きがつくと、鼻にかける人は多いね



883 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 17:32:31 ID:3kshj6ao0
みのもんたもそのミスユニバースのニュースの時
コレ美人か?みたいなこと言ってたな。


884 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 17:47:54 ID:Q/uw1KFb0
モデルかなんか口説いて振られたとかのトラウマでもあるんじゃねーのw
そういう男って体格じゃなくてその雰囲気の読めなさがモテない原因だって気付かないんだよな。

885 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 17:49:40 ID:92DrB6rD0
コンベア設置した方が良いって。

886 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 17:50:06 ID:DOzVm9VD0
この準ミスになった人、ミスユニバースの民族衣装部門?みたいので
戦国武将の鎧をイメージしたとかいう、
下手糞なニンジャコスプレみたいな服着てたのがなんとも…
普通にキモノでいいじゃんよ…日本の「民族衣装」があんなんだと世界中に思われたかと思うとorz
本人の趣味なのか、なんかプロデュースした人がいるのか知らないけど。
…と、そこまで考えてから
「でも真っ当な和服が似合うようなはんなり美人て、ミスユニバースには選ばれないタイプの顔なんだよな」
と思ってなんかモヤモヤした。結局欧米人基準の「美人」だからなぁ。

887 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 17:50:11 ID:92DrB6rD0
誤爆;

888 :五位鷺 ◆Emjcf.lfLU :2006/08/19(土) 17:54:35 ID:o3kcCtudO
クソオヤジにしろもんたにしろ、努力してなおかつ結果を出した人を個人の好みで公共の電波にのせて貶すのは醜いな。鼻にかける奴も嫌だが
まあ自分も低身長の女の子は好きだ

余談だが、その番組の弁護士のあまりのプゲラ具合に実況を見たら「コンプレックスの塊のロリコンオヤジプギャー」な流れだった
女は男の隠しているコンプとかすぐに見抜くからね。

889 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 18:12:32 ID:57BxuwdJ0
>886
ニュースで見た時、自分もあの戦国武将風の衣装にウヘァとなったが、
公式サイトに乗っていた他の国の衣装を見ると、あの衣装が結構まともに
見えてくるよw

結局、顔立ち以外に衣装センスも欧米基準がポイントなんだろうなー

890 :2/2:2006/08/19(土) 19:29:38 ID:Xn0C4Yn80
>>872
ありがとう。
読んだのは最近なんだが、内容がなかなか思い出せなかった・・・
とにかく鬱だった記憶しかなくて、記憶が曖昧なままレスしてしまった。
結末を思い出せてよかった!

891 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 20:02:20 ID:NhfFWZPGO
>>875
音声だけ聞いた人乙。

892 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 20:57:35 ID:x4AorxDKO
糞コテも、人様に対してはずいぶんまっとうな態度を要求できるじゃないか。
道理がわかっていないわけではないんだな。人間まであと一歩だ。

893 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 21:02:53 ID:r8YYNd2L0
>>873
ワロタ

894 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 21:06:59 ID:kl5hppgb0
『夏の葬列』は、このスレの黎明期にも話題に上がってたね。中学の教科書にも掲載されてたからけっこう
認知度の高い作品だったんかな?作者さんは確か30歳半ばにして亡くなられてしまったとか…

895 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 00:08:47 ID:P/1N8wnL0
すごいぜ!! アメリカンジョーク
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1155688611/719-727

896 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 10:25:09 ID:b2GE2y4k0
『夏の葬列』は看護学校の文学の授業で読んだなぁ・・・
この作者さんの作品は後味が悪いのが多い。。

897 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 11:51:01 ID:dcmwKuDLO
>>896
じゃあ書けば?

898 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 12:57:01 ID:VIalPGTH0
>>752
柏木スレでは不評だったねw
前作の『花園メリーゴーランド』のエロさに対して、
『鬼虫』は常にいかつい女たちがおっぱい出してたからね。
その分あの外からやってきた、「着物を着た女」のエロさが際立つんだが。

899 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 13:02:03 ID:0ZRRZz/20
いまから70年前、あるポーランド人の家族が友人から聞いた、金持ちも貧乏人もいない理想郷ソ連を夢見て祖国を旅立った。
この家族に与えられた地はモスクワから150キロメートル離れた小さな街のボロ小屋一軒。
こちらにやってきた直後に一度垣間見たクレムリンとの違いに愕然とする。
それでも数年の間、厳しいながらも家族は一緒になって幸せだった。
しかし、その幸せも長くは続かなかった。1939年、祖国ポーランドにナチスが侵攻。
祖国への侵略にいてもたってもいられなかった父や3人の息子は断腸の思いでこれを見守ることしか出来なかった。


900 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 13:03:00 ID:0ZRRZz/20
医師を呼ぶ金もなし、葬儀屋を呼ぶ金もなし、母は家族の手によって庭に埋められた。
そして、更に翌年の1941年…ドイツ軍はバルバロッサ作戦を開始。
モスクワを目指して破竹の勢いで進軍してくる。ソ連軍はT−34の活躍もあり、互角以上に渡り合うが、
ドイツの優秀な将軍は戦力の差を知力で補い、やがて一家の住む地域にも暗雲が立ち込めた。
10月、まず、21歳の長男が兵隊にとられた。
だが、心配はしていなかった。まずは訓練機関があるはずだから。
家族は安心してモスクワの陸軍基地宛に手紙を出したのだが、5日後、長男死すの知らせが届く。
死亡理由はドイツ軍の空爆による圧死だったが、そのあまりにも不可解な死に一家は納得できなかった。
2週間後、今度は19歳の次男が兵隊にとられた。見れば街から殆どの青年が姿を消している。
1週間後、またもや戦死の知らせ…今度は機銃掃射によって殺されたらしい。
残った父と三男は恐怖に震えた。今度は自分が死ぬ番なのではないかと。三男はまだ16歳だった。
しかし、そんなあどけなさを残す若者にも戦争の魔の手が忍び寄る。
11月―――今度は街に齢15から17までの男子を徴兵するよう、政府から督促が来た。
これを悟った三男は逃げようとするが、スターリンの粛清を恐れた父は寝ているところを縛り上げ、役所に突き出した。
三男も帰ってこなかった。いよいよ自分の身が危うくなった父は1人荷物をまとめ出す。


901 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 13:05:38 ID:0ZRRZz/20
しかし、それも虚しく、45歳以上の壮年にも徴兵命令が下る。
シベリア鉄道を使い、逃げようと画策した父だったが、ソ連陸軍に見つかり、
殺されるくらいなら。と、陸軍本営に出頭するつもりだったと、嘘をつく。
父は訓練も無く、二等兵の階級を貰い、小銃を持たされいきなり東部戦線へと狩り出された。
銃を持ったこともない人間にどうやって戦えというのか―――
と、ぼやいていると、逞しい髭を生やした将校が、
「貴様らはこれから敵軍の戦車隊と一大決戦に臨んでもらう。
これは祖国の興亡を掛けた非常に大事な一戦だ。命を捨てる覚悟で挑んでもらう!!」
と、まくし立てた。当然、志願兵などいないものだから、辺りにはどよめきがおこった。
やがて、恐怖のあまり、逃げようとした数十人の男が機関銃によって殺された。
ソ連将校は、「お前たちもこうなりたくなかったら死地に生を求めるんだな。」
と、ほくそ笑み、こちらに機関銃の銃口を向けた。
大混乱を起こした数万のソ連兵は向かってくるドイツの2号戦車に向かって無謀な突撃を敢行した。
案の定、戦車相手にライフルしか持っていない歩兵が勝てるはずも無く、バタバタと倒れていく。
その光景を見て、父は思った。息子たちもこうやって上の軍人に殺されたのか―――と。

中学生の時先輩から聞いた話だけど、いくら作り話でも…人間で戦車隊の足止めをするって…
沖縄戦なんかより酷いやん…

902 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 13:08:03 ID:0ZRRZz/20
ああ、>>899>>900の間で母親があまりの苛酷な環境のために衰弱死してしまう。
を入れ忘れてた。

903 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 13:15:21 ID:+clE5/NbO
最後の人海戦術より子供を見殺しにした親父の方が気分悪い

904 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 13:31:48 ID:6pqsNRz+0
>>903
同意

その上、おめおめと自分だけ逃げようと…
作り話にしても気分悪いな

905 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 13:44:27 ID:6mhW/r110
このソ連の話って何が言いたいんだろうか?
家族をも崩壊させる共産主義はひどいってこと?
実際第二次世界大戦ではソ連軍の死者数が一番多い(当時の発表)わけだが、
こういうことがある程度はあったんだろうか?
その中にはおそらくスターリンによって粛清された人の数も入ってるんだろうけどね。


906 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 14:49:03 ID:oa0IYSMm0
>>899
>いてもたってもいられなかった父や3人の息子は断腸の思いでこれを見守ることしか出来なかった
いてもたってもいられてるな。


907 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 16:29:26 ID:/rW1tD5X0
>>819
3回読み返したが理解できない。

908 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 16:39:15 ID:IjEgbSkG0
>>901
2号戦車ねえ。
2号戦車って、機関砲しかのっかってない戦車で独ソ戦にはいったら、もう戦車としての価値がなかったやつですね。
確かにそれを止めるためなら、貴重な車両を投入するより、人間でとめようとするかもねw


909 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 16:51:16 ID:6pqsNRz+0
>>907
アメリカンジョーク

詳細はぐぐればわかるが、
「死んでいるのを確かめなさい」が、
英語で解釈すると「確実に死なせてください」の意にもとれる

910 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 17:13:51 ID:4Qdxg1MjO
栗山千明様の前でシュトゥルムティーガーの砲に頭を突っ込んだまま砲撃されたい

911 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 17:46:43 ID:az1K//0x0
大分前のドキュメンタリー。

樺太で暮らしていた北朝鮮の人がどうしても北朝鮮の年取った母親に会いたくなった。
北朝鮮からは樺太には二度と戻らない、という条件でなら北朝鮮に入国してもよい、
という連絡が来る。樺太には結婚したソ連人の妻と息子夫婦、小さな孫との幸せな
生活がある。でも、男性は年取った母親に会いたい。

結局男性は北朝鮮に戻ることにする。家族は大反対。でも、意思は覆らない。

北朝鮮に着き、男はまっすぐに母親の所に行く。母親は次男の世話になっている。次男は
「日本に行ってお前が裕福な生活をしていた時に、俺はここで苦労して母親と暮らしてきた」
と、戻ってきた兄に対して冷たい。母親は長男を歓待したいけれど、収入がなく
次男の家族の家で次男に世話になっている手前、次男に遠慮して長男に何もしてやれない。
せっかく来てくれた長男に、ゆっくり家に泊まって行けということも出来ない。
男はせっかく訪れた母と弟の住む家で自分の居場所がないことを寂しく思いながら、
早々と後にする。
男性は身寄りがなくなった日本人妻が収容されている施設で暮らすことになった。

テレビのドキュメンタリーのスタッフは日本人妻の取材に来て、偶然この男性に会った。
男は自分の身の上をスタッフに話しながら、スタッフに大事そうに写真を見せる。
樺太で息子夫婦、妻、孫に囲まれて幸せに暮らしていた頃の笑顔の写真。

もう寿命も短いだろう老人の男は若いスタッフに向かって泣き出す。
「私を樺太に連れて行ってください。家族に会いたい」

912 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 17:52:39 ID:oa0IYSMm0
>>911
そいつが自分をかわいそうだと思っているのが後味悪いな。
番組を見ていないが、もしスタッフもそういうスタンスで撮っていたら最悪だね。

どこにも本籍を置かず、常に楽なところに逃げながら被害者面。今の日本人を
地獄に陥れているやつらはどいつもこいつもそうなんだね。


913 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 17:57:12 ID:IjEgbSkG0
朝鮮ネタは荒れるからなあ。

914 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 18:09:30 ID:CZGBZQA1O
彼らが日本人の生活すべてを荒らしているからね。

915 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 18:27:25 ID:2lq11SyxO
>>92
ドリフみたいだな

916 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 19:09:26 ID:17emaxLfO
何年かまえにNH系の短編映画だと思う。

どっかの国の軍隊の話、二人の仲の良い兵隊がいた(ジョン、ボブと言うことにしよう)二人はパイロットだった、互いを兄弟のように思い常に一緒にいた。
ある戦いの日、その日はジョンの誕生日だった。
ボブはジョンに「二十歳のおめでとう今日はお祝いに君のために僕は二十機の飛行機を落とすよ。」ありがとうとにっこり微笑むボブ。
しかしその日の戦闘は激しく、敵部隊の基地に侵入しデータを盗む兵隊がやられてしまう、隊長が代わりにこの任務をボブにやるよう命じた。
 そんなことは知らず敵機を撃ちまくるジョン全てはボブのために。
 一方ボブは無事侵入したものの、脱出が困難で色々と方法を考えていた、そして考えだした方法が敵の飛行機を奪い基地に戻ると言うものであった。
 ボブからの連絡を受けた隊長は味方飛行機に無線を送る「ナンバー75の敵機は撃つなよボブが乗ってるんだ!」
 しかしこの日19機もの敵機を落としたジョンの機体はボロボロで無線はすでに壊れていた、今ジョンの頭にあるのは、(あと一機、あと、一機。)その時ジョンの目に映ったのは、こちらにむかって飛んでくる敵機。
 ジョンは「こいつで二十だ!」と当然のように撃ち落とした。
戦闘は勝利で終わった、しかし味方に笑顔は無い、一人を除いて。
「ボブ!どこだい、やったよ!君の年と同じ二十機落としたよ!ん?」ジョンは最後に自分が飛行機の周りに味方が集まっているのを見つける。
飛行機に近づいていくジョン、仲間達が泣いていることに気付く、「隊長、、、、どうしたんですか?」
 隊長は大粒の涙を流し「すまなかった、私が確認を・・とっていれば、、こ、こんなことには。。ううっ」
 その時ジョンはハッと気付いた、ボブ・・・・
 操縦席にいたのは、ボブだった。         後はその後国は負けたみたいなナレーションでしばらく話があって終わったと思う。

917 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 19:12:55 ID:17emaxLfO
すいません最初のあたりからジョンとボブが入れ替わってます スマソ

918 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 19:34:19 ID:YV34/FkO0
ちゃんとしたバージョンでもう一回貼り直せば?>ジョンとボブ

919 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 19:46:40 ID:+7MYrnd9O
のちのボブ・ディランとジョン・レノンである

920 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 20:00:08 ID:k0p/cHKzO
>909
国が違うせいか、こんな小咄で笑うアメリカ人が一番後味悪い

921 :1/2:2006/08/20(日) 20:48:15 ID:jlPh4aruO
上にも出てるプラトニックチェーンの話の一つ。ちょっと違ってるかも。文章下手でスマン。

あるところにAというサラリーマンがいた。
Aはいつも妻に良いように使われて、毎日「ウスノロ」と馬鹿にされていた。
そんなおり、居酒屋である男に出会った。
その男はロボットの研究をしていて、最近人の記憶から特定の人物のデータを抜き出し、
その人物と何から何まで同じロボットを作りだせる技術を開発したのだと言う。
そして男はAにその技術のモニターになってほしいと頼んだ。
男が言うには
「ちゃんと見返りだってある。完成させたロボットはテストが終わったらお前の好きなようにしていい。
例えば……嫌いな奴そっくりに作ってボコボコにぶっ壊すとかな。
あんた横暴な奥さんに困ってるんだろ?」
Aは自分の妻のことを知っている男に驚きつつも、その条件を飲んだ。
その後、男の研究室でデータを抜き出し、一週間後にまた会う約束をして別れた。

一週間後、男と再開したAはとある倉庫に連れてこられていた。
倉庫には窓が無く、壁には二十近い数の凶器がぶら下がってていた。
そして倉庫の真ん中には口にガムテープを貼られ、手足を縛られた状態の妻……にそっくりなロボットがいた。

922 :2/2:2006/08/20(日) 20:50:12 ID:jlPh4aruO

「今は眠っているが、もう少ししたら目覚める。
あと反応も限り無く人間に近づけてあるから紐を解けば抵抗するし、ガムテープを剥がせば大声をあげるかもしれない。
扱いには充分に気をつけろよ。」
そういって男は倉庫から出て扉を閉めた。
その後、Aは近くにあったゴルフクラブを取りロボットの近くに寄った。
「さぁどうやるかな。」と考えていると、ぱっとロボットが目を覚ました。
始めは周りの状況が理解できていなかったが、少しすると縛られていることを理解し、
怯えたような表情をAに向けた。
Aはそれを見ながら優越感に浸り、またここまでリアルに作った男の技術に感動していた。
が、一つ疑問がよぎった。
「いくらなんでもリアルすぎる。」
「よく見ればロボットにはしわどころか皮膚の下の血管まであるじゃないか。
そもそもおかしいことだらけだ。
せっかく作ったロボットを壊させる?分解すれば部品がまた使えるかもしれないじゃないか?
あの男が一人でこんな技術を?そんなのは無理だし、協力者がいるならそいつにモニターしてもらえば良い。
そうか、これは罠だ。
あの男は俺に妻を殺させる気だ。
その為に俺に嘘をつき、妻を誘拐してきた。」
「なんの為にこんなたちの悪い悪戯を仕掛けたのかわからないが、俺は引っ掛からないぞ。
今助けてやるからな。」
そう言って妻の口からガムテープを剥がす。
「なにやってんのよ!!!!
ぼーっとしてないでさっさと縄もほどきなさいよ!!!!
この……ウスノロ!!!!」
そう妻が怒鳴るのを聞いたAはゆっくりと右足と左足が妻の体を挟むように立つと、
妻の頭に向かってゴルフクラブを思いっきりスイングした。

倉庫の外に男の笑い声が響いていた。

923 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 21:23:25 ID:PKClXteQ0
すっきりするお話ですね

924 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 21:38:48 ID:iiARaDS0O
安孫子武丸の小説だったと思うけど、タイトル忘れた。

ある精神病院の若い医師が主人公。
医師として優秀な自分をよくわかっていて、治る見込みのない患者を相手に仕事として日々対応していた。
ある日同僚の医師に呼ばわる。
部屋にはどこかの(診察室のような)部屋と、一人の(医師のような)女性が写っているモニターがあるだけ。
何がしたくて呼んだのか尋ねると、同僚の医師は「とりあえず見ていて下さい」と言うだけ。
やがてモニターの中の部屋に一人の男性が入ってくる。
男性は医師で、自分の担当の患者について相談しているようだった。
相談内容は「担当の患者が自分が医師だと思い込んでいて、その症状の病名や治療方法」についてだった。
しばらく見ていても意味もわからず我慢できなくなった主人公は、同僚に何度もこの映像は何なのか尋ねるが、同僚はただ「わかりませんか?」と言うだけ。
しばらく見ていると同僚が「写ってるどちらかは患者です。あなたはわかりますか?」との事。
話を聞いている様子だと女性の診察に間違いはなく、主人公は女性が医師で男性が患者ではないかと思いはじめる。
それを同僚に伝えると、実は女性が患者だった。
「自分が医師だと思い込むだけではなく、その診察も間違っていないので、こちらも治療方法が難しく困っているのです」との事。
見るとモニターには必死に患者ではないと主張する女性と、優しく説明する男性が写っていた。
「ですから本人に、自分が写ったテープを見てもらえば少しは治療になるかと思いまして。」
意味がわからない主人公。
同僚は続ける。
「わかりませんか?あそこで必死に自分は患者ではないと主張するのはあなたですよ」


今までモニター越しに見てたのは自分だと気付いたのは、主人公と同じタイミング。
すげーと思ったけど、この女性の今後の治療がどうなるのか考えると後味悪かった。

925 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 21:44:21 ID:4+eWxw8Z0
>>916
一回の出撃で20機落とすなんて、どんなスーパーエースだよ、と思ってしまう。

926 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 22:16:25 ID:loYDfnVR0
>>924
似たようなやつを「世にも〜」でやってたね。


927 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 23:02:54 ID:u60h3D2H0
世にも不思議なアメージングストーリー

928 :1/2:2006/08/20(日) 23:07:19 ID:rhrjZ6tN0
WOWOWでやってるドラマ「コールドケース」
古い未解決事件を解決する女刑事のストーリーで、当時の流行ものの音楽とかが流れるのがウリ。
だがどれもこれも、被害者達がカワイソスすぎる話ばかり。
その中でも特に鬱な、第1シーズン第8話「蝶々」

被害者は幼い少女。母親と一緒に窓から落ちて死亡。母親は昏睡状態だったが3年後に目覚め、
捜査が再開される。
親子の部屋から走り去った黒人男性の目撃証言があり、親子を突き落とした犯人と思われていたが、
真相は全く違っていた。


929 :2/2:2006/08/20(日) 23:08:04 ID:rhrjZ6tN0
母は娘を愛情深く育てていたが、生活は貧しく、生活保護を受けていた。
だが保護監察官は卑怯な男で、娘に性的ないたずらをすることを黙認しないと、
母親が娘を虐待していると虚偽の報告をして母子を引き離すと脅迫した。
自分も押さない頃に性的虐待を受けていた母親は、精神的に追い詰められ、
次にその男が訪問する時を非常に恐れた。

ある晩、母子の家のノブががちゃがちゃと鳴り、ドアがどんどんと叩かれる。
パニックに陥った母親は、娘を抱いて窓から飛び降りた────

実は、そのドアを叩いたのは親子と親しくしていたピザ屋の黒人青年(目撃された男)で、
残り物のピザを貧しい親子に届に来ただげたった。

最終的に保護監察官は逮捕されるんだが、彼にいたずらされた多くの少女達が
面通しの時に涙を流しながら指をさす姿も痛々しかった。

930 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 00:47:50 ID:5YSh5TE90
NHK恐竜家族って人形のドラマ

最後は皆死ぬの

わーわーと思いましたよ、ええ、後味悪い

931 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 01:11:35 ID:0R4lusGr0
>>911
後味悪いっていうよりほんと自分勝手だなーって印象。

>>928-929
少女は死んで母親が生きてるってのが逆だったらまだましだったのにね

932 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 01:11:59 ID:cLRBECu70
>>916
前半でオチがわかった

ラストになってから「実はボブはこれこれこういうわけで〜」と説明したほうが
よかったのかもね。でも乙でした。

933 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 01:39:47 ID:NTigWmRn0
>>930
懐かしい。
恐竜家族って基本的にドタバタしたコメディだったのに、
最終回だけ異様に暗いんだよな。

環境破壊かなんかでもうすぐ自分達が死ぬことを悟りながら、
家族そろって暗い空を眺める最後にポカーンとしたのを覚えている。

934 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 02:14:12 ID:Y+pkWey90
恐竜家族、最終回の台詞書き起こしがあった
ttp://members.jcom.home.ne.jp/enjoy_english/dino.html
風刺色の強い話だな

935 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 02:29:42 ID:PEaV+yWkO
>>933
そうそう、最後のお父さんのセリフが
「いや大丈夫さ、こんなに繁栄した私達が滅びるわけないじゃないか。私達は恐竜なんだ、、そんな事あるわけないさ・・そんな事・・」

みたいな感じなんだよね。
切ない。

936 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 04:07:13 ID:zarxF81w0
NHKの深夜番組って地味に面白いのがおおいぜ。

937 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 07:45:02 ID:ODmhletf0
恐竜家族って、まず第一回目で現代の人間が恐竜の化石の中から食器を見つけるところから
始まるんだよな。

938 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 09:12:03 ID:3mZTLMHC0
DB連載中で見たブウ編の物語が後味悪かった。
地球人がブウによって8割くらい死んでいた時、DQN二人組がどうせ死ぬならと、マシンガンとバズーカを使って人間狩りをしていた。
一方で、ブウの悪行は修まろうとしていた。サタンの人情にブウの心が動かされたからだ。
しかし、サタンがブウと和解した直後、DQNがサタンを撃つ。
ブウは必死で感情をこらえてサタンに逃げるよう促し、邪悪の塊である、ガリブウを放出する。
力の半分以上をガリに奪われてしまったため、もとのデブの方はあっさりと負ける。
その後、話は進み、地球と地球人はブウによって全滅するが、DBによって復活する。
その時のべジータが頼んだ願いが、「天下一武道会があった日から死んだ人を生き返らせてくれ。
極悪人を除いて」だった。
この時、べジータはブウとサタンの一部始終を見て、DQNがとった行動を見ていたのだが、
バビディやダーブラは生き返らない。としか言っていない。つまり、DQNも生き返った可能性があるわけで、後味が悪い。

939 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 09:18:24 ID:Ep3DKJL50
>>938
避難してる老夫婦を射殺した二人組だな。
あのシーン、かなり胸糞悪かったよ。

940 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 11:26:27 ID:cLRBECu70
938ではないが、「サタン」というのは悪魔ではなくて、まあ善良なおっさんの名前だと
いうことだけわかっていればいいかと。

ほかにも突っ込みどころはあるが手がつけられん

941 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 12:18:01 ID:hAJoJrWBO
ドラゴンボール読んでない人には何のことかわからんだろうな

942 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 13:28:19 ID:zdGqpRIp0 ?2BP(21)
>940
善良かな?まあ憎めない人ではあるが。

943 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 13:50:38 ID:GRvRCYNg0
サタンは暴力に訴える世界で言葉による平和解決に臨もうとした人

944 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 13:59:05 ID:iHN+5ytA0
>>941
とりあえずブウとかサタンとかがなんなのかさっぱり

945 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 14:13:11 ID:Ep3DKJL50
>>944
○ブウ
悪の魔導師の手によってよみがえったデブな魔人。
無邪気に虐殺を繰り広げていたけど、色々あって情が芽生えてきた。
○サタン
ひょんなことからブウと行動をともにすることになったオッサンで、
世界一の武道家……となってはいるけど、実はドラゴンボール主役陣と
比べるとゴミレベルの実力。

946 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 14:13:39 ID:S51dzbf50
>>944
サタン
天下一武道会の現チャンピオンで、世界的スター。
でも戦闘能力?はヤムチャ(主人公チームで最弱)以下。

ブウ
無邪気でふとっちょな怪物。
邪悪な存在ではなく、無邪気に殺戮をしてたが、
サタンと仲良くなって、善良になりかける。



こんなかんじ

947 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 14:13:45 ID:GRvRCYNg0
>>944
ドラゴンボールは主人公の孫悟空が次々と現れる敵役を倒していくお話。
ブウは最後の敵役。こいつはとても強くて主人公や準主役などをほとんど殺してしまう。
主人公の孫が成長するまでヒーロー側はブウを野放しにするわけだが
これを格闘技の世界チャンピオンであるミスターサタンが解決しようとする。

なお主人公達は一般人からかけ離れた強さ(惑星一つを破壊できるくらい)なのに対して
サタンはあくまで一般人のチャンピオン。
その違いに周りの人は気づいてないがサタンにはわかっているので
ブウを言葉で懐柔しようとする。

948 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 14:16:50 ID:btomK1bi0
>>947
×惑星一つを破壊→○銀河系を破壊

セル編より。

949 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 14:21:44 ID:hAJoJrWBO
ちょw俺にアンカー来てたから、携帯から必死に説明打ってたらPCの皆はさすが速いな。
サンクス。

950 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 14:50:07 ID:j5pp4xF70
おまえら!
俺に答えさせろよ!!

951 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 15:00:49 ID:okJj51phO
ところでだ、ウーロンは神龍に、
「ギャルのパンティーおくれ!!」
と言ったわけだ。
ブルセラだね。さすが烏山センセ。

952 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 15:01:39 ID:A1MT5zABO
>>944にドラゴンボールを教えるスレはここですか?

953 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 15:27:05 ID:ESo8gdjqO
ドラゴンボールなんて、世界レベルで有名な漫画なのに…。
誰もが知ってて当たり前とは言わないけど、検索すりゃいくらでもヒットするだろうに…。

954 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 15:44:01 ID:be8QBa6QO
ヲタの傲慢さには呆れるばかり。
さっさと巣にお帰りください

955 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 15:46:54 ID:vdGyiIV/0
また次スレがたつ前に荒らして埋めようとしてるよ…
950、早めにお願い。

956 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 15:48:19 ID:9G4KpbDrO
うぜぇな

957 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 16:05:56 ID:crQVsaTmO
海外の(※1)アニメオタクのドラゴンボールやポケモン(※2)セーラームーン(※3)などの有名アニメ作品の評価が後味悪い

海外でのアニメ産業が日本市場と並ぶほど拡大した事に大いに貢献した上記の作品は
九十年代に作成され、現在まで放映中、再放送される人気作である
一般視聴者にアニメ=子供向けとの認識を一般化させた

海外オタクはアニメ作品をクールなアート作品で、大人が十分に楽しめるものだと認識しているが
一般の人の見解はアニメ=子供向けであり
アニメの価値を上記及び他子供向け作品が貶めていると考えている
従ってオタク達はポケモンの主人公はチャイルドモレスター(小児性愛者)であるとか
登場人物の虐殺SSをBBSに書き連ねたりと徹底的なアンチになる

等若いオタクは子供の頃にそれらの作品を観て育って
アニメにはまるきっかけだったんじゃないかと…


958 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 16:06:26 ID:qfMazkS90
結局ブロリーはイカれた野郎だってことなんだろ?
で、みんなはパイクーハンが好き。
一部にパンを好きな奴もいて…

栽培マン

959 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 16:07:03 ID:crQVsaTmO
(※1、アニメ=日本製アニメーション作品。他国のアニメーション作品とは区別される)

(※2、任天堂ゲームボーイ用ソフト。
野生のモンスターを捕まえ、野生モンスター、他のプレイヤー、ゲーム内のキャラクターとの戦闘に用いるために調教する話
及びそれを原作にしたアニメーション作品
正式な邦題はポケットモンスターだが英語圏では男性器を指す隠語のためPokmonと表記される)
(※3、高橋直子による原作少女漫画、及びアニメ作品
前世が月の国の女王である主人公と、その配下の少女達が現代日本で海兵となり悪と戦う話)

960 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 16:11:26 ID:Y1errZ0aO
相変わらず
社会主義と共産主義の違いが分からない人が多いな
共産主義の国がこの世界に出来たことは無いんだが

961 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 16:11:38 ID:m1YK5Iqf0
リアル鬼ごっこのストーリー。

西暦3000年の日本が舞台。だが、1000年後の癖して今の日本と生活様式はほとんど変わっていない。
唯一、覗いただけでその人の苗字がわかるというハイテクアイテム以外は、新幹線等の交通機関や生活様式を含めて現代と何一つ変わらない。
(作者の想像力が乏しくて、3000年後を想像し切れなかったものと思われる。)
舞台は最初は日本だったが、日本の王→天皇という想像がなされてしまう為に出版にあたり、正体不明の国となった。だけどどう見ても日本。佐藤だし。
で、この国の支配者である王様は気に入らないことが一つだけあったのだ。
生活の描写が「とにかく豪華」だけであり、どう豪華なのかが一切語られないほどに豪華な生活をしてる王様だが、自分と同じ苗字の『佐藤』が自分の国に500万人もいることがどうしても気に入らない。
そこで、王様は佐藤姓を減らすために23時から24時までの1時間、全国に王国の兵士を配備し、時間になったらその兵士は付近の「佐藤」を追いかけるという鬼ごっこを開始する。
ちなみに、捕まった佐藤は殺されます。
主人公は横浜の大学生の佐藤翼。父親と二人暮しで、生き別れの妹がいます。
その主人公が鬼ごっこ初日に一人の女の子と『偶然』道で出会います。
なんだかんだでその女の子も主人公の家族もみんな捕まって、最後に残ったのは主人公だけになります。
そして主人公が王様に「褒美をとらす」みたいな事をいわれて「お前の命だ!」とか言って王様殺して終り。

962 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 16:19:28 ID:cLRBECu70
>>954
ヲタに限らず、個人の心の病気だろうね。
前にも京極夏彦など、自分が読んだことあるものは全員既読であるべき、ってのが
いたじゃん。


963 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 16:25:59 ID:eGqO2Qns0
>>961
後味悪いか?糞つまらなすぎて後味悪いってこと?

964 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 16:27:30 ID:PBpIXx3J0
そういえば一般的な海外ヲタクの写真を見たことある。
ヲタクって世界共通なんだとわかった。
太り気味で眼鏡かけていて頭にバンダナ。
もっさり垢抜けない。
日本ヲタクと違ったのは、屈託がなくて明るそうなところくらいか。

965 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 16:41:52 ID:Ep3DKJL50
>>964
日本のオタを参考に、ファッションとしてわざとやってる風な人も
いるらしいよ。
屈託がないから、負のイメージはあまり無いんだよな。

966 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 16:43:10 ID:iHN+5ytA0
でも前に見た海外の記事だとオタクは麻薬漬けの人よりも下のランクに位置しているらしい。

967 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 16:45:17 ID:psrnHp5tO
>>963
それに加えて文法が恐ろしくめちゃくちゃなのに何故か多大な評価を受け、次作品が映画になることが後味悪い

968 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 16:48:35 ID:jzz+346l0
ものすごく亀レスなんだけど
>625

これ、TVチャンピオンだと思う。
確か女の子とかはロボットが落ちて泣いてた気がする。



969 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 16:49:26 ID:7rFho0em0
ジャンキーは無差別に迷惑だからなあ。

970 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 16:53:08 ID:crQVsaTmO
>>950が居ないようなので誰か宣言の後スレ立てして頂けないでしょうか

>>954-955
ごめんなさい

971 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 17:24:56 ID:jH2SXUqyO
>>959
※3が無性に気になる件

972 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 17:24:56 ID:QCSDGqtN0
立てたよ
後味の悪い話 その53
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1156148603/

973 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 17:29:44 ID:/KDBbpG0O
おつ

っω プルンプルン


974 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 17:49:38 ID:PniX2x5w0
殺人の教室という本が後味悪かった。
ホラー&ミステリー小説家達の短編物で
話が載っている作家は有名な方ばかりなので、中身が凄くよかったのだが、
一番最後の話の犯人役みたいなのが、
自作自演するフリーター。
まったくもって怖く無い。
なんでよりによって最後の話がこんなつまらない話なんだよと思った。

975 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 18:20:17 ID:OmAGVLmK0
>974
途中がつまらないと最後まで読んでもらえないから、とか?

976 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 18:24:11 ID:9G4KpbDrO
>>964
ペガサスソンホジーとか歌ってる奴のことかーー

977 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 20:26:31 ID:Ln27hjwb0
魔夜峰夫の短編
うろ覚えなので間違ってるかも

主人公はパスタが大好きな少年
ある日主人公は大蛇が人を飲み込んだ後側にあった草を食べて人間を消化しているのを目撃する
あの草には食べた物を消化するのを助ける効力があると思った少年は草を持ち帰り同じくパスタ好きの友人にパスタ大食いの勝負を挑む
限界が来た所で友人に余所見をさせてその隙に持ち帰った草を食べてパスタを消化させる作戦
振り返った友人が主人公を見ると主人公の座ってた椅子には人間の形をしたパスタの塊が載っていた
あの草は消化を助けるのではなく人間を溶かしてしまう草だった
主人公は限界以上にパスタを食べていたので人間型にパスタだけ残ったってオチ

その続編 今度は友人視点で話が進む
友人は主人公の所から人間を溶かしてしまう草を持ち帰る
エキスを抽出して香水瓶に詰め気に入らない人間が居ると草のエキスを吹きかけては消していたが
ある日母親に触ると母親が溶けてしまう
動揺してメイドにかけよると友人の息がかかっただけでメイドも溶けてしまう
草のエキスを扱ってたので友人の体質が人間を溶かす草に近いものになってしまい(ここら辺の説明詳しく覚えてない)
ラストは友人以外誰も居なくなってしまった世界で友人が絶叫して終わり

最初の話でパスタが人間型になって椅子に座ってた絵が不気味でしばらくトラウマだった
人間を溶かす草持って大食い勝負に挑む話って落語にもあったような気がする


978 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 20:38:04 ID:uIoNzz+G0
パンドラキンだね。
続編あったんだ。

979 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 20:40:24 ID:JG1qDZaK0
これか。

「そば清」
清さんという人物が大食いの賭けに負けるまいと、そば を食いまくる。
で、苦しくなってきたときに、旅先でうわばみ(蛇の化け物)が人間を飲み込んだ後、
草を舐めて膨らんでたお腹がへっこんでいった様子を見たことを思い出すんですな。
これは消化薬だと思い込んだ清さん、この草を常時携帯しておった。
さっそく取り出して飲んだのだが、実は人間の体を溶かす毒薬で-
-皆が気づいたときには、そばが着物を着てたっていう噺。
そばに関する噺は多いですね。
でもね、関西にいくと、食習慣の違いかねえ、同じ噺で もうどんに変わるんですよ。

980 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 21:28:40 ID:9G4KpbDrO
限界まで食ってたとはいえ人間の形で麺が残るのはおかしい


981 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 21:31:48 ID:DtSTvCg30
小咄にそんなつっこみ入れるのは不粋というものです。

982 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 21:40:52 ID:yaCgogcA0
台無し

983 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 21:51:15 ID:Cek/xCJ80
うわぁい、後味悪くなったー

984 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 21:53:49 ID:UNDEFzsLO
>>980は厨房決定。

985 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 21:54:39 ID:HmvGYew10
>977
初期の頃はそういうの多かったよね。
最近は西遊記やったりなんかして、もっと本編やれよって思う。

986 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 22:07:25 ID:UdUju7Ci0
↑乙
1000ゲッツ!!

987 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 22:08:32 ID:UdUju7Ci0
>>986
必死だな厨房!!

988 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 22:09:41 ID:UdUju7Ci0
>>987
売る精子ねえ!!

989 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 22:12:27 ID:UdUju7Ci0
>>←半角で打たないとだめだよ。
高校受験ちゃんと合格できるようにね。

990 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 22:16:03 ID:UdUju7Ci0
氏ね氏ね支援し得念新支援し年始ネイsネイsにえんしねしねいsねいsねいんしんしねいんsんしんしねいsねいsねn

991 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 22:16:59 ID:UdUju7Ci0
ついに気が狂ったか。

992 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 22:18:55 ID:UdUju7Ci0
 ̄了广卞冖¬天─E=≡ニン、匕_  ̄了广卞冖¬天─E=≡ニン、匕_
  ̄了广卞冖¬天─E=≡ニン、匕_ ̄了广卞冖¬天─E=≡ニン、匕_
   ̄了广卞冖¬天─E=≡ニン、匕_ ̄了广卞冖¬天─E=≡ニン、匕_


993 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 22:20:10 ID:UdUju7Ci0
  _匕∠ニ≡=E─天¬冖卞广了 ̄ _匕∠ニ≡=E─天¬冖卞广了 ̄
 _匕∠ニ≡=E─天¬冖卞广了 ̄_匕∠ニ≡=E─天¬冖卞广了 ̄
_匕∠ニ≡=E─天¬冖卞广了 ̄_匕∠ニ≡=E─天¬冖卞广了 ̄



 ̄了广卞冖¬天─E=≡ニン、匕_  ̄了广卞冖¬天─E=≡ニン、匕_
  ̄了广卞冖¬天─E=≡ニン、匕_ ̄了广卞冖¬天─E=≡ニン、匕_
   ̄了广卞冖¬天─E=≡ニン、匕_ ̄了广卞冖¬天─E=≡ニン、匕_



  _匕∠ニ≡=E─天¬冖卞广了 ̄ _匕∠ニ≡=E─天¬冖卞广了 ̄
 _匕∠ニ≡=E─天¬冖卞广了 ̄_匕∠ニ≡=E─天¬冖卞广了 ̄
_匕∠ニ≡=E─天¬冖卞广了 ̄_匕∠ニ≡=E─天¬冖卞广了 ̄

994 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 22:21:05 ID:UdUju7Ci0
     __
      |・|        .____, ──ー┬─┐______
  __|ロ|       .ノ──−||−−−└┬┴======.\_  ,.―――‐―┓
 [|ロ |||ニコニニニニニ|二コニニニ[||_⊆⊇  |_━__。。__。_・ ・ ゚ _| ゚ ̄  ,―――、┃
   ̄ ̄ ゚̄ ̄ ̄ ゚̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    `−’ | | ̄ |゚Ч ) ,|_ ̄〈 ̄ ̄―‐‐_` ̄ ̄  ┃
                         //  ./ .` ̄ ヽ、ヽ、      ̄ ̄――┛
                          //  ./        ヽ_)
                       //  ./
                      </ ./
                       .ヽ/
節子!それカラシニコフやないか!


995 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 22:23:44 ID:UdUju7Ci0
コピペ厨乙

996 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 22:24:21 ID:kOLEc3I20
ID:UdUju7Ci0

お前何がしたい

997 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 22:52:54 ID:slOMz6ckO


998 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 22:53:04 ID:a1QlZjZI0
埋めたいんだろ…

999 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 22:54:11 ID:a1QlZjZI0
これが1000ならおまえら一生童貞

1000 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 22:54:43 ID:a1QlZjZI0
(´・ω・`)

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

392 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)