5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【魔術】魔術結社G∴I∴K∴O∴ 12th【カバラ】

1 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 22:57:38 ID:oE6pQleK0
 ∧∧
..(*゚∀゚)アヒャヒャ 西洋魔術について語るのじゃ
魔術結社G∴I∴K∴O∴の歴史
【魔術】魔術結社G∴I∴K∴O∴【カバラ】 1〜10
http://hobby3.2ch.net/occult/dat9/1041515279.dat
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0402/20/1053517316.html
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1065364533/
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1077531126/
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1088177006/
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1092598117/
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1110614985/
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1119071565/
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1129477846/
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1142936263/

前スレ
【魔術】魔術結社G∴I∴K∴O∴ 11rd【カバラ】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1150804060/l50

2 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 22:59:56 ID:UZLLp2k2O
2か3ゲット

3 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 23:07:38 ID:+CFWx0CJ0
3卓ロース

4 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 23:15:50 ID:UZLLp2k2O
ここはエノクの話もおk?
国書から出てる高等エノク魔術実践教本について話したいんだけど?詳しい人いないかな?

5 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 23:29:12 ID:dyDEdTvl0
おお、やっとrdがなおったぞぅ

6 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 00:17:38 ID:m5yJiv1d0
    /\_/\.┌f^f^f^f^f^f^f^f^f^┐
   /  。  。ヽ.| ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~│   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |__*_∀__| |.    ∧∧    |  < 新スレおめでとうだよ♪
   ノ/|( i] リi]`レヾ.    (゚∀゚*)   |   \__________
   `ヽゝ"ワ"ノ/l,n  アヒャヒャヒャ  |  
    / (^~ ̄ ̄∃_ア__n_______| 
    〈  `´ --r──--'              
    }、     i           
   /__,.ヘーァ-イ          アヒャヒャヒャヒャヒャヒャ
   Y、.,___ / /                 
    |  i `ー'i´           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
   |  |  |      ∧∧   | わらわからもおめでとうじゃ。
   |  |  |    ヽ(゚∀゚*)  <  アヒャーリしようぞ。  
   |  |  |     (   )〜  \__________ 
   |__|__|       U U       
   〈` ‐"ヽ ‐"ヽ  


7 :R.v.L.:2006/08/24(木) 01:53:28 ID:SHrEhpNU0
 例によって、「 7 」ゲット!

 アリガット〜!

 >「高等・・・」

 うーん、あれは僕も読みかけですが、
後書きを先に読んだ結果として結論は
あの本だけ読んでもさっぱり理解できん。
彼の著作の他のも読まないと駄目らしい。

 国書さん、ガンバ〜。

8 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 09:57:49 ID:s0IBd0NN0
魔術結社G∴I∴K∴O∴の位階 Ver.18

****首領団****                  
10=1 Ipsissimus        フラター名なし        
                    ∧∧
9=2  Magus          (*゚∀゚)アヒャヒャ   <i..iノリノ))))┃>
8=3  Magistri Tempri     アヒャの弟君 、 `ノl !_゚ ヮ゚ノl! アゥ〜

====内陣====
7=4  Adeptus Exemptus   謎の混沌魔術解説者、謎の萌術理論家、謎のゲイ魔術師
6=5  Adeptus Major     謎のポップカルトサタニスト、謎の黒瓜解説者
5=6  Adeptus Minor     謎のIOS出張員、謎のカバラ解説者、謎のアニオタ魔術師

----外陣----
4=7  Philosophus      ソロール・シモネッタ、UNChOの三首領 、(*゚∀゚)帽子アヒャ、
3=8  Practicus       アヒャクサンドル・アヒャクリウス、赤い手帳のバアル
2=9  Theoricus       日光聖堂猿軍団&A∵P∵E∵団員
1=10 Zelator        ゴーマン実践派魔術師、アンチ国書、魔法剣士、修行者

・・・・初参入門・・・・
0=0  Probationer      その他一般住人&ROM団員


9 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 10:26:50 ID:T6GTuv7p0
良い数字を頂きました。
新スレッド、おめでとうございます。
ますますの発展と進化を。

10 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 17:49:24 ID:Lz3vXzw00
新スレ祝い
http://www.youtube.com/watch?v=Pikh5u6IN6c&mode=related&search=

11 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 21:43:52 ID:rtbP/6vk0
                     , 、
                        / ,. i
                   _ __ / /」 !_____
  |ヽ、             l 、‐..‐ァ ,.‐┐r..‐.‐ァ' ノ
   \\ ,. ∧m∧     \ヽ:;' /:::::::l. l:::;. '/
      メトE(,,゚Д゚)       ; '、:::::::::! ' / YHVH−
       ヽ` ⊂)        / /ヽヽ/,. !
    ()  /  ノ        / /:::; ',、<:! l
     ゝイノ t_)        ,' /// \゙│
                ゝ- '´     ゝ'


12 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 22:15:45 ID:1pW2L/Gc0
次は南面して(ってことは正面向き?)ADNIを頼む

13 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 23:02:16 ID:vUVhOCJq0
.   :         ,へ、        /^i     ..:::..
.     ∧      | \〉`ヽ-―ー--< 〈\ |     ::
    <  '7    7   , -- 、, --- 、  ヽ
     レt-!   /  /  \、i, ,ノ    ヽ  ヽ
       !    |  (-=・=-  -=・=-  )  | ADNI
       !   /  <  / ▼ ヽ   >   、
         ! く彡彡   _/\_   ミミミ ヽ
        ,.!-ヽ<            ミミ彳ヘ
        ',.と ヽ>ッ .. ... ,,_,,-,-,,:n/
.          ` !、  ./  ゙' -∠ィ^'゙    ゙ヽ、
           `.7 .,‐^- 、  ゙ヽ、    i
   ..::..      ノ   ι、r'     ヽ、,._ノ
.     ::       ,∠..,,_     ゙         >   .:.
          ` ''! ゙ヽ.,, _ _     , イ   ...:: ::...
                ヽ、  ヽ、  ̄  ,ノ    :: ::
               ゙ ' ' ゙   ゙ ' '


14 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 23:26:50 ID:SHrEhpNU0
>>10 さんきゅ!

 NOKKOの着てたジャンパーの背中のマークは・・・まさか、freemason が、、、。

 そして、なによりも80年代古きよき時代のenagy を思い出した。
いまは幸田来未(変換マンドクセー) のエロカワなんて騒がれてるけど、
Ann Lewis の比じゃないということに最近気づかされたばっかりだ。

 バブルのおかげで、今の30歳代は苦労してるよな。
ある年代にこんな傾向があるって考えていたんだけど、
たまたま同じこと考えてる後輩にあって、今の20代は何考えてるのかわからないと言ったら、
2系統あるんすよ、と。

 もう、あんな時代(平成景気)は2度と来ないって周りの意見だし、
前スレでも出た戦争や外交の話とシンクロするかのように、
母が、そして自分までも、やっぱ戦わなきゃ駄目かと、
まだ戦後60年くらいしか経ってないのに言い出すしまつ。

 人口密度が高まると、ストレスやフラストレーションがたまるのか?とも考えた。
「もし世界が100人の村だったら」なんて本がでるのももしやとも。

 それでも戦争したくない、なんとかしたいっ!


15 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 00:20:57 ID:dmizKz890
>>14
なんかテンションがもう全然違うよね。
やっぱNOKKOは最高だし、こういう「存在だけでなにかを悟らせる」感が
いまあんまりなくってね。
時代がというより、NOKKOが、ということかもしれないけどね。

むきだしの魔術だとおもうよ。

16 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 01:05:44 ID:Vu5WrEn10
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『惑星が12個に増えたと
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        思ったらいつのまにか8個に減っていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    「セラムンどうなる」だとか「星占いどうなる」だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


17 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 07:09:40 ID:rZPQmUJh0
結局、冥王星は除外ということで決着か。

18 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 10:24:58 ID:13Ta9EbO0
金星  「あれさ、グランドクロス?おまえ参加する?」
木星  「うぃ」
火星  「参加」
地球  「一応いまんとこ」
海王星「あー・・・あれなぁ・・俺公転周期微妙にあわねぇんだよなぁ・・・」
水星  「マジ?」
天王星「周期なげーと大変なんだよなぁ」
土星  「だよな、そっちどーよ?」
冥王星「いや、おれ・・・」
金星  「どしたん?」
冥王星「その、おれ・・・無理なんだ・・・」
海王星「なんで?周期だいじょぶっしょ?」
冥王星「そうじゃなくて・・・」
水星  「なになになに、まさか自転がらみ?あらあらあらきてんじゃねーこれ、うはww」
冥王星「はは・・・そうじゃないよ。そうじゃなくて・・・俺やめるんだ」
木星  「うん?」
冥王星「……惑星・・・止めるんだ」
一同  「…」


19 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 16:03:58 ID:K+cKPuNg0
>>18
全米が泣いた

20 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 08:11:58 ID:P8/dOGqV0
ハレディによると、冥王星は生命の木ではダートに照応するという。
ダートは沈んで隠れてしまった・・・ってとこ?

21 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 09:58:41 ID:FyYjtG9Q0

魔術的にはこれで辻褄が合う。
占星学より、魔術の方が正しかった訳だ。


22 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 12:46:53 ID:iOozdmtJ0
ばかだなぁ

23 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 13:07:34 ID:j2N+jGRq0
無理に照応させることはないと思う。
そんなことを言ったら、人類の活動圏が太陽系の外に広がったらどうなるんだ?

24 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 13:37:43 ID:WvkJMwZq0
基本的にフラクタルだからどこまで広がろうと問題はないんじゃないの?

25 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 16:26:45 ID:j2N+jGRq0
老師は七惑星派だったもよう

26 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 00:03:22 ID:GMHX8m1e0
ケテルは原動天、コクマーは恒星天。

ところで『カバラ心理学』読んだ香具師いますか?

27 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 01:16:21 ID:NWKB7PjR0
>>26
アレは高いから古本屋に入ってからでいいや
先々月に出た『世界秘儀事典』5800円も古書で3400円で買えたし

28 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 06:32:14 ID:9w2oPAda0
天王星はぎりぎり肉眼で見えるっていうけどなー
古代に観測されてたっていうし
それに見えないから、術や儀式は土星まで使うので完成してるから、と言っても、
宇宙哲学というか、天王星や海王星やほかの星ってどんな意味があるんだろう、
って考えるのは別なんじゃね

29 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 07:41:25 ID:QPhQ8mEL0
太陽系の中ですら、まだまだ謎が多いってわけだよなあ。
冥王星の外にも、もっと大きな天体がある可能性があるわけだろ。
天文学の進歩によって、今後どう変わるかわからん。
 
その点、七惑星オンリーの伝統派になっとけば、今後どのような発見やアカデミズムの基準変更があっても影響はないw

30 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 08:03:25 ID:MHytW9qd0
>>29
太陽系の中に〜もっと大きな天体がある可能性があるわけだろ

100%ない。
あったら、他の惑星軌道への影響により、計算上からとっくに発見されてる。
冥王星の存在提唱と発見もそれによるものなんだが・・・・
七惑星オンリー派は、精度を8割に留めてるに過ぎないと思うけどね。


31 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 09:29:29 ID:QPhQ8mEL0
>>30
冥王星や2003UB313より、でかいという意味w
木星よりでかいのがあってたまるかw

今回の騒動は、ユゴス星のミ・ゴウの陰謀だという噂もあるw

32 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 09:42:13 ID:QPhQ8mEL0
当初、カイバーベルト天体の惑星型天体は、海王星軌道の外側付近ぐらい
までだろうと思われていたが、最近になって太陽-冥王星間のおよそ3倍に
も及ぶ大規模なものと分かったそうだ。まだまだ謎は多いw



33 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 09:46:04 ID:QPhQ8mEL0
つーか、カバラの生命の木は天動説に基づいた体系なわけだから。
天動説にはトランスサターンは無いわけだし。
無理して地動説と歩調合せる必要もないんじゃね?
 
客観的には地動説が正しいのだろうが、主観的、意識的、心理的には人間は
天動説に従っている。だから、カバラや占星術は天動説で良い。
これが伝統派の言い分の1つかと。

34 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 09:56:44 ID:MHytW9qd0
>>31
だから、冥王星並みでも外に惑星が存在したら、同時に他の惑星の軌道計算も
合わなくなるので、とっくに存在は明らかになってるか、少なくとも提唱されてる。
つまり、太陽系内に新たな惑星が存在する可能性はゼロって事だ。
惑星定義のこれ以上の変更は未来永劫ない。

今回の冥王星降格で各セフィロトに余剰なく惑星が納まる事になり
その整合さが証明された訳だ。自分も冥王星を他の惑星と同格にする
象徴定義には、魔術的にも天文学的にも違和感を感じていたクチなので
なんかスッキリした気分だね。
つまり、分かる人は初めから分かってるって事だな。


35 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 10:02:45 ID:QPhQ8mEL0
>>34
をいをい、カバラの都合にあわせて太陽系が形決めてるわきゃねーだろ。
太陽系とカバラ、どっちの歴史が古いか、落ち着いて考えてみ。

ちなみに学者達は可能性を否定してないよ。
2003UB313が冥王星より大きいことが分かったのも、去年のことだ。
ぐぐってみ。



36 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 10:07:29 ID:MHytW9qd0
>>35
どっちの歴史が古いかじゃなくて、両者はピタリと照応してると
言ってるんだよ。
センスのない人間だな。

37 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 10:10:56 ID:QPhQ8mEL0
あと、「魔術」や「占星術」と「象徴定義」は関係あるが。
「天文学」と「象徴定義」は無関係だ。
勘違いしないようにw

38 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 10:16:56 ID:QPhQ8mEL0
科学の定義が、えーかげんな奴って多いんだよなあw
老師が七惑星の体系を支持してるのも、自然科学との折り合いがつかない
以上、別個に考えた方が良いということからきてるんだろ。

強引に自然科学と結び付けようとすると、「トンデモ科学」になるぞ。
自然科学たる「天文学」と、俺たちの「占星術」や「魔術」とは別に考える。
このほうが良いセンスと思うがどうよ?

例えば、ここ読んでみ。けっこう有名だから知ってるかもしれんが。
ttp://www5e.biglobe.ne.jp/~occultyo/anti3.htm

39 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 10:57:29 ID:MHytW9qd0
>>37
自然科学と折り合いが付かないと断じるのは、単に魔術と科学双方への理解の
甘さゆえとも思うけどね。
今回の降格劇でも、以前からそれを惑星と定義するのは不適当だと主張する
論者は数多くいた。繰り返すが、自分も魔術&天文学双方の観点から
非常な違和感を感じてたクチだ。
魔術と科学の不整合論は、特に後者の一時的な理論を真に受けて
早合点してるケースが多い。現実空間と照応しない魔術など何の意味もないし
知識不足からテキトーに割り切ろうとする姿勢こそ、最も懸念すべきものだな。
もし、不整合があったら「あーやっぱり別物か」じゃなくて
「どちらかに間違いがあるのでは?」と考えるのが、健全なセンスなんだよ。


40 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 11:21:47 ID:sQQ48no/0
>>38
もっともだと思う。
でも、樹というのは万物の整理棚なわけでしょ。
ならば、天王星と海王星は、樹のどのキャビネットに入るかを考察するのも一つの作業だと思うけどね。

でもまあ、「天王星のタリズマン」とか、「海王星の召喚のヘキサグラム」なんてやられたら、ややこしくなりそう。
同時に面白そうだけど。

>>39
いや、魔術と自然科学は土台からして、根本的に考え方も方法論も異なるよ。
詳しくは>>38のリンク先みて。
自分も分けて考えるべきだと思う。

冥王星を惑星からはずす理由と、樹との不整合は、まったく別の次元の問題だよ。
たまたま結果が似てただけ。


41 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 11:26:16 ID:Rod1aaLA0
物理的に宇宙は十進法に都合よく出来ていて、心理的には十進法は色々と収まりが良い。

42 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 11:27:03 ID:QPhQ8mEL0
>>40
 天王星と海王星を天文学上の実在の星としてではなく、シンボルとして
捉えるのなら、生命の木との照応の考察も意味あると思う。
 自然科学の実在の惑星と占星術のシンボルとしての惑星。
 これを混同しなければねw

43 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 11:33:02 ID:QPhQ8mEL0
 まあ、天動説を採用するからこそ、太陽と月を、水星や金星と同系列に
おけるわけよw
 天文学に従うなら、太陽や月を水星や金星と一緒くたにするのは無茶だ
わな。

 カバラの照応は、あくまでシンボルとしての天体。
 ゆえに主観に基づいた天動説でよいわけよ。
 
 なお、セフィラに照応するのは、惑星ではなく天の階層だ。
 例えば、イエソドは「月の領域」すなわち「月天」だ。
 これを忘れてる香具師も多い。
 それゆえに、ケテルは原動天であり、コクマーは恒星天。
 これで、10の数字とピッタリ合致する。
 以上。

44 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 11:33:13 ID:DxoZwhpz0
セフィロトと惑星、タロットとパス、それぞれ別個の歴史を歩み歴史的、資料的に
何ら関連性が無いのに、なぜか不思議と後世で別個のそれぞれが符合、照応するべくして
照応しているというのを自分は結構体験や瞑想から信憑性があると思う。
論理的には説明のつかない又はできない主観ではあるけど、魔術とかやってると
それぞれ因果関係の無い別個の事象がなぜか結びついちゃうようなシンクロニシティというものに
頻繁に出くわすけど、これが何故起きるのかを論理的に説明しろと言われてもできないし、
たた起きるとだけしか言えないよな。

45 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 11:49:20 ID:MHytW9qd0
>>44
ようやく魔術師の意見が聞けた感じだな。
現実空間に実在する万物は必ずシンクロするものだし、そこに
不整合があるなら、どちらかが間違ってるって事だ。

いかなる新技術、新概念も、まず発見があって理論は後から付いて来るのが恒例で
実は理論から新技術が生み出されたケースはない。
魔術はそれら「真実」を感じ取れる最良の手段かもしれないな。


46 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 11:49:20 ID:QPhQ8mEL0
>>44
そんなの魔術やってる香具師はみんな知ってるだろ。

要するに、強引に自然科学の天文学と結びつける必要はないってわけ。
強引にそれをやって、トンデモ科学にはまるのもどうよってね。

やたら科学科学と連呼するのも、科学へのコンプレックスの現れなんじゃねえの?
シンクロニシティにしたって、最新の臨床心理学では、相手にもされてないってのが現状だしなw

魔術師にとっては、作業が成功すれば、それでいいわけで。
必要以上に自然科学にこだわる必要もなし。
 

47 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 11:54:19 ID:Rod1aaLA0
まぁ、照応図を作ろうとする情熱は、アレな奴の定番とも云える「相関図」についてのそれと大差なかったりもする。

48 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 11:56:36 ID:MHytW9qd0
>>46
強引に結び付いてるんじゃなくて、魔術の実践と科学理論の変遷で
自然に結び付いて来るケースをただ指摘してるだけなんがな・・・

一番感情的になってるのは君だと思うのだけど。
何故、そういう皮肉めいたレスばかりするんだ?
そういう冷笑的な理論展開をカッコイイと思ってるなら、大きな間違いだ。
自意識過剰タイプだろう。


49 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 12:02:14 ID:Rod1aaLA0
>>45
>現実空間に実在する万物は必ずシンクロするものだし、

「万物」が「実在する」「現実空間」とはこの場合「どこ」ですか?

50 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 12:02:53 ID:MHytW9qd0
>>47
アレな奴と大差ないのはテメーだ。いい加減にしろ


51 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 12:05:36 ID:Rod1aaLA0
>>50
はて、何故「テメー」呼ばわりされるのでしょうか。

52 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 12:06:31 ID:oA7URY/10
>>48
そうかな?
感情的になってるのは、君の方じゃん。
無知や間違いを指摘されてるのも君の方だし(みてて気の毒なくらい)。

53 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 12:09:21 ID:oA7URY/10
自分も「天文学上の惑星とシンボルとしての惑星を混同するな」、「セフィラに対応するのは惑星ではなく、その領域」
この大原則を忘れてたから、人のこといえないけどさ。
これと同じ誤解を>>48がやってたのは、あきらかだしね(ヤレヤレ

54 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 12:14:50 ID:QPhQ8mEL0
まあ、諸君、もちつけ。
>>48が、魔術と天文学を混同させたトンデモ科学を発明しようとしてる
んじゃなく、魔術の実践上で良く起こる不思議な一致、合致、(最新の
心理学者が何を言おうと)シンクロニシティがあり、それがたまたま今
回の天文学者達の論争に見られた。
そう言ってるだけなら、漏れも別に反対はしないよ。

要するに論点が噛み合ってなかった。
それでいいじゃん。

もちつくべし。

55 :セト:2006/08/27(日) 12:16:20 ID:szYgz6w/O
目を抜き口を紡ぎ空を見る
海は火となり空を焼く彼の者路を示し合わせん
案内早し道は長し先はあれど後は無し
崖を背にただ歩むのみ果ては無限終わり無し
闇に光に空は無くすべて崩れたり

56 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 12:22:31 ID:DxoZwhpz0
そもそも儀式とは物理的に隔絶されているはずの物質や事象に影響を与える魔術自体が
様々な経験をする前の人にとってトンデモなんだよな。

57 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 12:25:00 ID:QPhQ8mEL0
>>56
同感だよ。
魔術師は科学者のような実証主義者ではなく、あくまで経験主義者だからな。

58 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 12:37:06 ID:SmPUPjVz0
         /\_/\      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         /  。  。ヽ    < 姉様、これってやっぱ
         |__*_∀__|      |  ユゴス星のミ=ゴーの陰謀?
        ノ/|( i] リi]`レヾ     \__________
        `ヽゝ"ワ"ノ   
        〈/ ヽ\ノ/\   
        ./ / `||´ | \ 
        (__/|.___」ヽζ)  アヒャヒャヒャヒャヒャヒャ
       ゙-"/i__、,__!          アザトースのみぞ知るじゃ。
      i'`i___//.l   l !        ∧∧  
      ` - -' .|_i/.      .ヽ(゚∀゚*)  
         〈`|_|          ( . )〜
          〈` ‐"ヽ         U U 


59 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 12:39:01 ID:qFex0wXq0
たとえば北極の穴を探し求めたナチスとか。
象徴思考と自然科学的検証をごっちゃにすると、どっちも使い物にならなくなる。
世界にはただ一つの真実がある、あってくれなくては不安になる人が、よく陥る罠だね。

60 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 12:39:29 ID:Rod1aaLA0
いや、ブラック・シャンバラーの影響でしょうw

61 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 12:42:14 ID:Rod1aaLA0
>>49への答えがないなぁ。まぁ、いいや。


62 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 12:50:39 ID:qFex0wXq0
>>41
それって数学的に論証できる?
おれは指が両手で10本だったから、くらいにしか思えないけど。
それも最初は5進法だったと思うよ。
この話、興味深いので誰かなんか知ってたらプリーズ

63 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 12:59:51 ID:Rod1aaLA0
>>62
文系がうろ覚えで適当に書いただけなんですが、前半は物理理論の記述の様式としては何故か、十進法が最も都合が良い、という意味です。

後半には特に根拠はありません。
十進法は或る意味、「1,2,3,…たくさん」の「たくさん」を封印することで成立しているので、自然発生的だとか、生得的な何かに由来する様式だというのはナンセンスですね。
でも、生まれた時からそれを宛がわれて来た現代の人間にとってはどうでしょう…。

64 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 13:04:41 ID:FxdPNqLu0
>56の日本語が理解できん。

65 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 13:58:51 ID:OKcC7l7R0
>>63
物理理論の記述は代数で行われるので10進法だろうが6進法だろうが関係ないよ。
桁が大きな数を表す時に日常使い慣れている10進法を使うだけ。

>>45
> いかなる新技術、新概念も、まず発見があって理論は後から付いて来るのが恒例で
> 実は理論から新技術が生み出されたケースはない。

新概念はまず発見ありき、なのはまあ正しいと思う。
しかし、そこから出来上がった理論から新技術が生み出される事は山程ある。
半導体は量子力学の完成なしには発展できなかった。

新発見が新概念となり固まった理論となるまでにどれだけ沢山の人の労力と知恵が必要なのか、
そしてそこまで労力をかけて固まった理論がどれだけ広い範囲で応用可能になるか、
考えた事はあるかい?もしも興味があれば科学史の本を読んでごらんよ。

発見は種に過ぎない。種に水をやり肥料をやり陽の光を浴びさせ雑草や害虫を駆除しながら
苦労して育てる事によって初めて食べられる実が収穫できる。
理論を徒に軽視するのは、まるで種さえ見つければ食糧問題は全てOKというような
極端な考えに見えるよ。

66 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 14:05:18 ID:Rod1aaLA0
>>65
そうなのですか。
ある物理学者の本に、特定の進法でないと上手く行かない理論がある、とあったので、それがその世界の常識なのだと思っていました。

67 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 16:17:22 ID:OKcC7l7R0
>>66
> ある物理学者の本に、特定の進法でないと上手く行かない理論がある、

それがどういう理論なのか判らないから何とも言えないけど、
群論であれば、ある群を表示する時に特定の進法を使うのが便利、
という事は確かにあると思う。

計算時に特定の進法を使わねばならないのなら、
代数による取り扱いが成り立たなくなるから、
それは理論がおかしいと思う。

例えば、コンピュータ上で数値解析をする時は、コンピュータ内では二進法、
結果を表示する時には10進法を使っている。
それが、人間とコンピュータにとって使いやすい表示形式だから。

68 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 17:48:14 ID:ZgiRSQTQ0
     /\_/\ 惑星をシンボルとして
    /  。  。ヽ 木に照応させるの?
    |__*_∀__|         あゥー、木が先にあって、
  . ノ/|( i] リi]`レ       ∧ ∧   太陽系がそれに従うの?
    ヽゝ"ワ"ノ       .RR´⌒AC     アヒャヒャ、
     :'゙ヽVノ/ ̄ ̄ ̄ ̄/./i ノリノ)))〉     実証主義か経験主義か?
    / , i゙ノソ .MAGI. // /ノ!| ゚ ヮ゚ノ/ ̄ ̄ ̄ ̄/. .∧∧   
 __.(...ニつ/____/___(...⊃_/ Earth  /_.(゚∀゚*)
     \    ))\.       \/Simulator/   ∪ ̄∪


69 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 18:21:06 ID:fa8j0hBC0
>>67
なるほど。
それは一般向けの本だったので具体的な式などは挙げられてはいなかった様に思いますが、
ミチオ・カクの本だったので、多分、超弦理論に関連してのことではないかと思います。

70 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 18:33:39 ID:ZgiRSQTQ0
     /\_/\  仮に人類が3つ目だったら?
    /  。  。ヽ  
    |__*_∀__|      あゥー、そして指が6本あったら?
  . ノ/|( i] リi]`レ       ∧ ∧   
    ヽゝ"ワ"ノ       .RR´⌒AC  アヒャヒャ、コンピュターは3進法で
     :'゙ヽVノ/ ̄ ̄ ̄ ̄/./i ノリノ)))〉  結果表示は12進法じゃろうて。
    / , i゙ノソ .MAGI. // /ノ!| ゚ ヮ゚ノ/ ̄ ̄ ̄ ̄/. .∧∧   
 __.(...ニつ/____/___(...⊃_/ Earth  /_.(゚∀゚*)
     \    ))\.       \/Simulator/   ∪ ̄∪


71 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 20:32:43 ID:OKcC7l7R0
>>70
コンピュータが2進法なのは信号のON/OFFで全ての情報を扱う為。
例え人間が3つ目でも論理的にも最もシンプルな2進法を捨てる理由は全くない。

阿呆な事を書いてアヒャ様AAの権威を貶めないようにw

72 :71:2006/08/27(日) 20:39:15 ID:OKcC7l7R0
ちなみに脳細胞も2進法で情報を記録している。
2進法のようなシンプルな方法は自然界でも使われる位
実装しやすいのだ。

73 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 20:59:52 ID:KWwImGMS0
  .,ィ'^i^ト,、
  /y'´⌒ ヽ
 i[》《]i、ノ,))〉 ナツハ スレノ オテイレガ タイヘンデス
  |!|(i#゚ヮ゚ノ!
  ○={=}〇,
  ん|i__i|.\, ', ´
  `(~/け~(((.@)wwwwwww


74 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 21:04:01 ID:ZgiRSQTQ0
     /\_/\  じゃあ人類が右脳・左脳のほかに中央脳があったら?
    /  。  。ヽ  脳細胞も3進法で情報伝達してたら?
    |__*_∀__|      あゥー、そして顔が3面、腕が6本あったら?
  . ノ/|( i] リi]`レ       ∧ ∧   
    ヽゝ"ワ"ノ       .RR´⌒AC  アヒャヒャ、もはや意味不明の
     :'゙ヽVノ/ ̄ ̄ ̄ ̄/./i ノリノ)))〉  阿修羅族じゃな。
    / , i゙ノソ .MAGI. // /ノ!| ゚ ヮ゚ノ/ ̄ ̄ ̄ ̄/. .∧∧   
 __.(...ニつ/____/___(...⊃_/ Earth  /_.(゚∀゚*)
     \    ))\.       \/Simulator/   ∪ ̄∪


75 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 21:18:49 ID:RDis2oXN0
     /\_/\  使い手がどうあれ、ONとOFの二進法が、メカでは
    /  。  。ヽ  効率いいよね♪
    |__*_∀__|      あゥー、棘皮動物は体組織が5角形からなるよー
  . ノ/|( i] リi]`レ       ∧ ∧   
    ヽゝ"ワ"ノ       .RR´⌒AC  アヒャヒャ、コンピュターは2進法で
     :'゙ヽVノ/ ̄ ̄ ̄ ̄/./i ノリノ)))〉  結果表示はX進法のほうが、
    / , i゙ノソ .MAGI. // /ノ!| ゚ ヮ゚ノ/ ̄ ̄ ̄ ̄/. .∧∧  まだ有りうるの。
 __.(...ニつ/____/___(...⊃_/ Earth  /_.(゚∀゚*)
     \    ))\.       \/Simulator/   ∪ ̄∪


76 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 21:41:48 ID:9w2oPAda0
とりあえず天王星や海王星やTNOを生命の樹に配当するなら、恒星領域のコクマーか、
天上の三つ組そのものも内包したりする土星のビナーでいいの?

77 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 00:21:47 ID:vhRb5S6w0

      /\_/\
      /  。  。ヽ     2進法に10進法・・・・
      |__*_∀__|   ,‐、   アゥ〜ちゃんは何進法がいい?
      ノ/|( i] リi]`レ”//
      ヽゝ"ワ"ノ、o',i´)
      /  ヽ\ノ, ' , ' `、
     〈  〈 , ‐, ' , 'i`、_ノ
     ヽ/ ヽ   |__i      
      / ヽ ノ / `、     .__ ,、    
     l // l!___/\      ヽ,ALiヽ   アゥ〜は、お兄様が一番いいの
     ヾ__ノ/  \ \     ,.' -─-ヽ      今夜もハァハァして欲しいの
      /  /゙    |_i    <i..iノリノ))))>
      /  /.    |_|     | !、゚ ー゚ノ|l!  
     ./`、/     〈` ‐"ヽ   ノ,<,f_、><ノリ   
    〈`、〈       ̄ ̄     くノl[__]_〉
     ヽ_)               し'し'  


78 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 01:25:45 ID:iuXZ8y1d0
え〜と、
自称カバラに精通してるという(ホントかよ?)、
サイエンスエンターティナーのあすかあきおセンセーの御説によると
太陽の反対側の地球とほぼ同じ位置に「ヤハウェ」なる質量ゼロの惑星があって、
NASAももうじき発表するとかゆって写真まで出してなかったっけ?
アレどうなったの? まだ発表されてないの?w
それにもうじき木星の大赤点が新惑星ケツアルコアトルを吐きだすんだよね

さいきんムーよんでないからみんなのように最新科学の話題に疎くてさ〜w
いや、もちろん徹底的にふざけて書いてるんだけどね
宇宙は平和だなー



79 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 01:43:19 ID:QwP2sPJl0
   __ ,、
    `ヽ,ALiヽ
     ,.' -─-ヽ.
   .<i..iノリノ))))┃>
    `ノl !_゚ ヮ゚ノl!つ∫∫  ウセロ、ボケドモ!
    ( (i/wkつノ┃グツグツ
    `/ / !_i_〉l 〈≡≡≡≡〉
    く_/_,ルノノ / >>77  ヾ
   ||ニニニニ||(____,,)
   ||      ||ヾ;从;从;;从ノ


80 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 08:25:53 ID:aaCtFw6m0
肉眼肉眼っていうけど、月やせいぜい宵や明けの金星くらいまでなら、あ、光ってる、って感じだけど、
木星土星あたりなんかじーっと観測して専門家がやっと分かるって感じじゃない。
だいたい普通寝てるし。
それだったらちょっとした望遠鏡で分かる天王星海王星だってそういう物が認識されるようになった、
認識出来る文明になった、ってのも意味があるんじゃないの。
地動説で言ったって惑星は惑星なんだし。
望遠鏡じゃないと見えない木星のたくさんの衛星や土星の輪だって実に神話的で意味ありげ。


81 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 08:49:27 ID:aaCtFw6m0
個人的には降格騒動は星の影響力として、定義の変更ということで社会的心理的には変わってくる面もあるだろうが、実質的には変わらないと思う。
発端が冥王星が小さいとか新惑星の方が大きいということだったが、元々カロンと連星なのが一つに見誤られてて大き目に見られていて惑星とされてた。
星の力としては連星の状態で発揮してるだろうし、カロンと単純に直径合わせただけでも他の新天体と比べて最大。
今回のは恣意的な冥王星隠しの意味合いがあると思う。土星までで閉じられてた時代よりはましだろうけど。

82 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 10:31:34 ID:vhRb5S6w0

     /\_/\    そういえば、C言語では16進法と8進法も使われてるよね。
    /  。  。ヽ   姉さま。
    |__*_∀__|      アゥー      アヒャヒャヒャ
  . ノ/|( i] リi]`レ       ∧ ∧  16bitバソコンでは16進法、8bitパソコンでは 
    ヽゝ"ワ"ノ       .RR´⌒AC   8進法が処理速度的に適していたからじゃろう。
     :'゙ヽVノ/ ̄ ̄ ̄ ̄/./i ノリノ)))〉   いろいろあるものじゃな。
    / , i゙ノソ .MAGI. // /ノ!| ゚ ヮ゚ノ/ ̄ ̄ ̄ ̄/. .∧∧   
 __.(...ニつ/____/___(...⊃_/ Earth  /_.(゚∀゚*)
     \    ))\.       \/Simulator/   ∪ ̄∪


83 :80:2006/08/28(月) 12:45:18 ID:aaCtFw6m0
地動説→天動説

84 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 12:55:44 ID:iuXZ8y1d0
天動説に地動説ねえ…
八犬伝で忠の玉を持った剣士は犬山道節。

85 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 14:56:12 ID:f7D2kyG40
病気を治せる魔術師はいませんか?難病で現代医学じゃ治らんとですorz

86 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 18:21:00 ID:LTQzIvWc0
>>85
治せる、と主張する人は既知外か詐欺師ですのでご注意を。

87 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 20:38:20 ID:bhjOophD0
すべての男女はカモである。

88 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 21:08:38 ID:Le9/wcjR0
                              / ̄/
                            /  /
                           /~   /
   __ ,、                    /~    〈
    `ヽ,ALiヽ,   アゥー、ニエロニエロ  __ノニニニ k___ 煮すぎると
     ,.' -─-ヽ.              /。  。  丶  まずくなるよ。
   .<i..iノリノ))))┃>            |_∀__*__|
    `ノl !_゚ ヮ゚ノl!つ∫∫   .      .ノi´[iリ [i )| ヽ   アヒャヒャ、
    ( (i/wkつノ┃グツグツ         .人"ワ "〈 /´/ヽ 味見するのじゃ。
    `/ / !_i_〉l 〈≡≡≡≡〉    .  〈/ ヽ\,'-、-、_,〈)ノ    ∧∧
    く_/_,ルノノ / >>カモヾ      .  ( ' 《'_ラ, __!., `、'   ヽ(゚∀゚*) 
   ||ニニニニ||(____,,)  . ,-ー- .,_ `~|./|.|'.__|ノY~ヽ  . (   )〜
   ||      ||ヾ;从;从;;从ノ   .; (⌒''-ニ,;(_`〈` ‐"y`-"ヽ . ∪∪ 
                     ヽつ     ̄  ̄~  ̄ ̄

89 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 21:13:02 ID:LTQzIvWc0
>>88
弟君の帽子ほしいな

90 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 21:31:02 ID:vhRb5S6w0
   __ ,、
    `ヽ,ALiヽ
     ,.' -─-ヽ.
   .<i..iノリノ))))┃>
    `ノl !_゚ ヮ゚ノl!つ   味見なら、アゥーがお兄さまにしてもらいたいの
    ( (i/wkつノ┃
    `/ / !_i_〉l
    く_/_,ルノノ 

91 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 21:33:06 ID:vhRb5S6w0

アヒャの弟くん = アゥーのお兄さま


92 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 00:27:12 ID:XWM7SLA70
>>78
ジョセフ・スミスがカバラを知っていたことは、専門家の間では定説らすい。

93 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 01:12:49 ID:vv+XXnMK0
>>81
実は冥王星の詳細をこの本で始めて知ったw
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4334033415/250-2019341-0462666?v=glance&n=465392

94 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 01:15:26 ID:vv+XXnMK0
朝日新聞で絶賛されてたんで読んだんだけど、昨日勝谷のブログで紹介されてたので
思い出したw

95 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 08:14:56 ID:sjWq8NKR0
  ,ィ'^i^ト,、. 
 /y'´⌒ ヽ    
i[》《]iノノ))〉)...and later Madimi grew into a tall lady...
  |!|(*^ -^ノ!
  {(lつ旦O
  とんソ_i|) 


96 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 15:04:00 ID:bL830skB0
Madiniじゃね?

97 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 15:33:00 ID:Hgmmu1lm0
>>96
>>95じゃないけど・・・

Madimi john dee の検索結果 約 450 件
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=Madimi+john+dee&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=
Madini john dee の検索結果 約 70 件
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=Madini+john+dee&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

98 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 16:07:56 ID:4pCsI4hd0
ディー日記見る限りは"Madini"なんだけどねー。
ttp://historical.library.cornell.edu/cgi-bin/witch/docviewer?did=039&seq=84&frames=0&view=100

何で>>97みたいな差が出てくるんだろ?

99 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 16:12:43 ID:bL830skB0
そんな時こそゲマトリアですよ

100 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 20:30:36 ID:e9xqKtlk0
>98

同じ本でMadimi表記があるわけですよ。
ttp://historical.library.cornell.edu/cgi-bin/witch/docviewer?did=039&seq=&view=100&frames=0&pagenum=110
肉筆原稿のmとnが判別しにくいんでしょうな。

101 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 21:07:12 ID:yyvbOB7H0
>>92
ジョセフ・スミスって誰?
魔術師?

102 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 21:59:44 ID:I86+9vVV0
>>101
よく駅前で外人二人一組で勧誘してる某耶蘇教系カルトの教祖だよ
斉藤由貴とあすかあきおが信者なことで有名
コーヒー飲めなくて悶々するらしいぞw

103 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 22:03:35 ID:I86+9vVV0
悶々教の魅力は一夫多妻制ぐらいなもんだが
さすがに最近それは認められてないみたい

104 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 15:21:49 ID:SANoTbbp0
>>70
カンブリア紀から現在まで様々な数の目を持った生命体が誕生してるけど結局左右二つという形に収まっているし
多指症は珍しい症例ではないけど人間の指の数は10本から増減していない
多分三つ目で六本指の人類というのもどっかにいたんだろうけど効率が悪くて淘汰されたんだろうね

こう考えると宇宙人というのも案外それほど突飛な姿はしていないのかもしれん

105 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 16:50:56 ID:gE4QfSn00
つ「魔法を知りたければ科学を知れ」

106 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 19:59:24 ID:B1kcAhAR0
LBPRなど、魔術の方位って真東なら真東じゃないといけないの?
部屋の壁が45度区分で東と東南の境あたりの向きなんだが、
部屋の壁に対して斜めに儀式やることになっちゃう。
壁になんかかけたりすることもあるみたいだし、まずいですか?

107 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 20:15:19 ID:wcnJlHx80
>>106
ホントの方角よりも部屋の形の方が儀式実行者の心には重要。
こっちは東、と決めた壁面を東側にして行えばOK。

(全く方角が違っていても、儀式部屋の一面を
 光の入る方角としての「象徴的東」として設定する事は多い。)

108 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 21:18:07 ID:wXpVcoxI0
そういや、奇門遁甲とか気学みたいな方位学って、西洋魔術にはあんま聞かないよな。

109 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 21:40:41 ID:ZrK18lVW0
>>107
実際の方角全く関係ないというのもちょっと
壁に対して斜めなのはそんなにやばかったですか
実はかなりそれで続けてる

110 :107:2006/08/31(木) 23:00:26 ID:+cQLERFO0
>>109
ヤバいって程でもないけど・・・

実際問題として四大旗とかセットしにくいし、
完全に45°ならまだしも中途半端に斜めの壁だと視覚的に
『四方』っていう感じになりにくいので・・・

完全に方角が違うのがイヤなら東に一番近くて儀式を行いやすい壁面を
東面にすれば良いと思うよ。

111 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 09:30:06 ID:9SqSqNs/0
儀式部屋みたいな図みてて、部屋の壁との整合性が気になったんだけど、
そこまで壁重視でいいとは思わなかった。
本によっては東の方角を調べて、みたいなことも書いたのもあったけど

他の方はどうされてますか?
あと、儀式場専用の部屋じゃない限り、家具なんかに邪魔されて結局部屋全体は使えませんよね。
部屋の空いたとこ使ってますけど、他のひとはどうされてるんだろう

112 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 11:40:27 ID:vyMqzfyD0
                               /l、
                              (゚、 。 7
                               l、 ~ヽ
                               じしf_, )ノ


113 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 20:44:48 ID:LFqqjiwW0
       /\./\_/\     
       /  。  。  。ヽ   >>111   
      |__*_∀__*__∀_|    こうするといいよ。
      ノi´[iリ [i ( i] リi]`レヾ 方角なんか関係なくなる・
       人"ワ". "ワ"ノ  
        〈/ ヽ\ノ/\     アヒャヒャヒャ
        ./ / `||´ | \  人間が真似をするには、
        (__/|.___」ヽζ)  ちとばかし練習がいるがの。
       ゙-"/i__、,__!       
      i'`i___//.l   l !        ∧∧∧
      ` - -' .|_i/.       ヽ(゚∀゚*∀゚)ノ
         〈`|_|          (    )〜
          〈` ‐"ヽ          U U

114 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 21:03:56 ID:9SqSqNs/0
そんな手間のかかるAA改変してくれなくても。実際どうしてるか教えてくださいよ

115 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 11:23:24 ID:6feWM9Vi0
真東、って書いてる本もあるから自分は実際の方位に合わせてやってる。
でもちゃんと部屋は東西南北に合ってるから、
ズレは考えたことないなー。
この微妙にズレてるケース、
東西南北が部屋の対角線に来てるケース、
のように紛らわしい場合はどうなんだろ。たしかに悩むね。



116 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 13:32:41 ID:J6LW9XzQ0
やっとみつけてきたぞ。
アルマデルの3章15節だ。

汝、
実際の東に向かい行うべし。
また、偽の東に向かい行うべし。

さすれば汝に真実の東の知恵がもたらされるであろう。

117 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 17:45:43 ID:qRsykvcf0
アストラル界での作業やほんとに方角が分からないときはともかく、
通常は実際の方角重視するのかと思ってた。
日拝でも太陽の方を向くし、真東・真西を通る春分・秋分の日が重要視されたりしてるから。
初心者だからよく分からないけど。
部屋を神殿にするときはずれがあると困るだろうな。

118 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 20:29:02 ID:hl2ImIZd0
>>113
アシュラマンは、方位を気にしないのですか?

119 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 21:01:15 ID:wg5wmWOQ0
"It is unlikely that your temple/bedroom is built directly along an East/West axis,
so true East probably lies in a corner somewhere. If so, the best bet is just to
take the wall which lies closest to the East as East and keep things simple."
"In fact "magical East" does not necessarily coinside with magnetic East at all."
Rodney Orpheus, _ABRAHADABRA_ Ch. 2 (Red Wheel/Weiser, 2005).

120 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 01:02:19 ID:Sm25G+Xx0
スマソ、>>119にTypoがあったので修正。

(誤)"In fact "magical East" does not necessarily coinside with magnetic East at all."
(正)"In fact "magical East" does not necessarily coincide with magnetic East at all."


121 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 12:18:12 ID:wsH2hami0
やはり

ちゃんと東西ぴったり合った部屋ってのはありそうもないことで、
東が部屋のカドかそこらにくることが多い、か。
けっこうよくある悩みだったんだな。



122 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 21:05:33 ID:9qGFJQVK0
>>113
腕も八本あったほうがいいんじゃないですか?

123 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 21:23:17 ID:3HwlSe2B0
>>119
まさにそのものずばりな記述ですね。
ありがとうございます。
対角線がぴったり東西ラインな時なんかはピラミッドぽく利用できないかとは思いますが。


124 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 02:07:45 ID:SLXvBVvB0
>>123
オルフェウスでいいなら、最初から自分で決めれ

125 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 08:46:05 ID:ITc/odaR0
>>122
それではタコになってしまふ。

126 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 11:21:39 ID:p9YEw33v0
 彡 /' ̄ ̄ ̄`ヽ       
  "/ __《_》_|      アヒャ♪
   ヽ(____>
   ∠i i 川 川ゝ
    ヽiリ゚ ヮ゚ノijへつ
     √ ヽ_  .|  
    /│    ヽ丿 ))               
   /  \    |つ  
  /    ヽ__ノ    
 く        │    
  ヾ=====┘   
    し  し     

127 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 11:24:34 ID:+kzUr2St0
>>124
ってどういう意味?119にもなんか問題あるってこと?

128 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 12:29:17 ID:SLXvBVvB0
>>127
なんでもない。忘れてくれ。

129 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 12:50:41 ID:+kzUr2St0
オルフェウス以外では、IOSなんかだとまた違った理論ややり方があるということなのだろうか。

現実には部屋より方位重視するなら、ついたてで四方仕切って場所作るしかないんだろうな。
それか四大旗等飾り物はスタンドに付けてそれを四方に配置する。
それらと部屋そのものとのズレが視覚的に問題になるから、大まかな方位で我慢するということなのかもしれないけど。

130 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 13:19:03 ID:WOljFWBI0
科学と魔術の差は定量データ化できるかの差であって、進歩のアプローチ方法自体は同じなのよね。
観測し仮説を立て実験し体系化する。
結局相手はどちらも自然の力であるから、科学はいつか魔術も飲み込むんだろうなぁ。
……そこまで人間が生きてればだけど。

131 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 14:17:44 ID:SLXvBVvB0
>>129
象徴思考が自然科学の代用品でしかないのであれば、魔術の命脈などとっくに断たれとる。
MAGICKAL EASTが大まかな方位で我慢する、という消極的なものでしかないのであれば、
そもそも部屋の向きで悩んだり外人の発言で得心したりすること自体バカらしい。

魔術にはOntoligicalな面があるし、現代においてはほぼそこにしか意義しかない。
Magickal Ontologyにおいては、Magickal EastはMagnetic Eastの代替品などでは断じてないのだよ。

Aim of religion, Method of scienceとは、第一義に科学哲学との関わりにおけるOntologicalな宣誓であり、
ビーカーと望遠鏡で悪魔召喚って話じゃ全くないのだよ。


とまぁおれは思うよ。

132 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 14:48:57 ID:+kzUr2St0
科学じゃないのだから自然の東は関係ない、ってそこまで言われてもなんだかモニュる……
四季の移り変わりや太陽の運行のサイクルに自分を合わせてみたり、自然は重視するものだと思ってたけど。
でも魔術では方位は大まかに考えるからその範囲でいいよ、って言う方が分かりやすい。
131まで行くと過激な考えのように思えるけど、これはスタンダードな考えなんですか?



133 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 14:51:55 ID:mWpFj5X30
>>129
IOSの実行儀式を幾つか見た事があるが、
部屋の壁に対して斜めにセッティングした儀式は
見た事が無いよ。
いつも「東はあっち。だからこの壁が適当かな。」
みたいな感じでセッティングしてたよ。

134 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 15:03:46 ID:+kzUr2St0
>>133
なるほど。サンクス

135 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 15:09:03 ID:mWpFj5X30
>>132
じゃあ、LPBRも太陽の動きに合わせてみる?
東は太陽が出る方角、西は太陽が沈む方角だね、魔術的には。

北緯60°位の場所で実践する場合だと、夏至の頃は

我が左手やや前方にラファエル
我が右手にミカエル、
我が左手やや後方にガブリエル
我が左手にウリエル

とやって左手に殆ど重なる3つの五芒星と右手に1つの五芒星
および左の3人の大天使と右の1人の大天使をイメージする、
ってのはどう?

もっと北、北緯70°だと冬至の頃は太陽が出ないから

我が右手にラファエル
我が右手にミカエル、
我が右手にガブリエル
我が左手にウリエル

とやって右手に完全に重なる3つの五芒星と左手に1つの五芒星、
および右手にジェットストリームアタック状態の3人の大天使と
右の1人の大天使をイメージする、とかね。

季節感があって良いかもしれないね。

136 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 15:18:09 ID:+kzUr2St0
えー
そういうツッコミ方されても……
日拝や四季の儀式は実際の自然を重視してる例として挙げただけで。

実際やるときは133みたいな感じなんだなというのは分かってきました。


137 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 15:34:09 ID:SLXvBVvB0
>>132

じゃ東ってなんだ?と考え始めると、天動説の東と地動説の東とでは、すでに全く違う概念でしょ。
科学においてこそ「自然の東」などというアプリオリな概念に存在の余地はないのだよ。
オルフェウスも参入したクロウリーの思想は、地球上の東西南北を離脱して
太陽中心にみた4ケルビム宮を「方位」として採用したりもしている。
そもそもクロウリ−のいうMagickal Eastとはボレスキンだったりもする笑

あらゆるアプリオリな命題を排除しつつ、普遍なるものを暫定的にでも追求するとなると。
哲学的に問いつめてここまでくると究極的には、
自分で決めるということ、その一点のみが重要になってくる。
マグネティックな東と一致してもいい。してなくてもいい。悩むな、委ねるな、自分の意志で決めろ、
これがあらゆる儀式に先立つ、Magickal Eastの同定という概念だよ。

過激に思えるかもしれんが、魔術とはそもそも過激なものだ。科学もそうだ。
スタンダードな魔術を希求する気持ちも分かるが、じゃスタンダードってなに?とまた振り出しに戻ることも可能。
実はこの継続する問いこそが、Method of scienceであり、魔術と科学が共有することができる態度であると思う。
表面上は、全く正反対の振る舞いをしていても、過激にOntologicalな視点からは、同根の態度だ。

まぁ、とんち効かせろよオラ、工夫しろゴルァ、ていいたいだけなんだけどね。

138 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 15:42:56 ID:mWpFj5X30
>>136
いや、だからさ、魔術で想定している仮定を現実とガチガチに合わせようとすると
どこかで破綻するんだよ。
そこを適当に合わせて良しとするか、>>131のように作業仮説と割り切って考えるかは
魔術に対する考え方の違いの問題。クロウリーなんかは後者だと思う。

どっちが主流か?だって?そんなの知るか?貴方が決める問題・・・
というような事を>>124は言いたかったんじゃまいか、と漏れは思う。

139 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 15:49:40 ID:SLXvBVvB0
>>132
たしかに儀式魔術ってぐわーと男っぽく頭でっかちになって、変態的に「自然」から乖離していくノリがあるね。
そのへんウィッチクラフトは、東つったら東、春つったら春、なにいってんの?このハーブ煎じて飲めば?
ていう女の子ぽいイメージ。ウィッチのカブンに鞍替えしようかなおれ、、、

140 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 16:08:29 ID:vBqq17YF0
そりゃ東はずーっと行ったら宇宙にいくか緯度だと一周して元に戻るけどさ。
うーん、魔術ってけっこう天動説的世界観で見たままを重視するんじゃなかったっけ
難しいこと言っても、南や西寄りの壁をあえて東にしたりはしないんでしょ。
適当な壁を東にするというのは住宅事情で選べない苦肉の作であって、
元々向きはあってるのに越したことはないんだろうと思う。


141 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 16:10:31 ID:vBqq17YF0
そういや南半球の魔術とかも逆にするとかややこしかったなぁ。
今のとこ関係ないから考えないようにしてるけど。

142 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 16:21:02 ID:+kzUr2St0
いろいろ知らなかった話が聞けて良かった。

143 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 16:35:41 ID:SLXvBVvB0
>>140

天動説的な世界観でみたままを重視する、つまり象徴的な東としてなら、
ボレスキンの方角でも一番明るい光が指してくる壁面でもよくね?
だって中途半端じゃん。あえて科学的にも政治的にも正しくない東がどっちの方向か悩むなんて。

難しいこといってあえて西を東といってみたりすることだって、人間にはできるのだ。
その前提がないと、どんな魔術も疑似科学以上に創造的なものにはなり得ん。

すっごい磁場に敏感な人なら、「明るい」方向よりも「磁力の流れ」を基準にするのが可能だろうけど。
こんどそうなると、でっかいPCとかがあって強い電磁波がでてる方向が象徴的な北や南、として扱えるかも知れんね。
オシリス神話よりも北欧神話に合いそうなイメージ。

144 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 17:36:41 ID:/c6PV5ab0
こおゆう話になると
「じゃあ北極点や南極点、宇宙空間ではどーすんの?」って疑問出てくるベw
思い込みの問題でもあるんだから細部にこだわり過ぎてもしゃーねーって
自信持って思い込んでヤレば良


145 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 17:38:33 ID:/c6PV5ab0
あ、マジで考えるなよ
将来、北極点や南極点、宇宙空間で儀式する予定の椰子だけ真剣に悩めやw

146 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 18:13:13 ID:mWpFj5X30
>>140
> 難しいこと言っても、南や西寄りの壁をあえて東にしたりはしないんでしょ。

する場合もある。

例えばGDの儀式のようなゴテゴテとした大道具が立ち並び多数の司官が動き回る
儀式では物理的に「東西」の方角に余裕が無いと儀式が実行不可能なので、
あえて実際の方角よりは儀式を行える配置を選ぶ事もある。

積極的に無視する場合については>>143が言及しているから敢えて述べない。

147 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 18:34:19 ID:SLXvBVvB0
儀式とはある種の演劇、神楽だということを忘れてはいかん。
「田吾作は昇る朝日に向かって走り出したのじゃ・・・」
というシーンでは、舞台装置と演出家が規定する最もドラマティックな東に向かって
田吾作が駈けていくからこそ、観るもの演じるものの胸にぐっとくる。
照明がビカーと光って朝日を表現し、逆光のなかに消えていく田吾作、、、
「いや東ってほんとはこっちだしwwww」などといってて舞台の中途半端な方向に走って
それで感動的な瞬間を生み出せるか、てことだよな。



148 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 20:35:43 ID:UpCLgIpR0
     /\_/\    姉様、カバラ十字って、  
    /  。  。ヽ     錠剤みたいなお菓子?
    |__*_∀__| /ヽ   
   ノ/|( i] リi]`レヾ” )ノ      __ ,、 アゥー   
   `ヽゝ"ワ"ノ/´フ        ヽ,ALiヽ,       アヒャヒャ、それは 
   〈/ ヽ\ノ/ _/          ,.' -─-ヽ   かばやのジューシーじゃ。
 _ / / `||´ |  _      <i..iノリノ)))) >       .∧∧
\   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \     `ノl !_゚ ヮ゚ノl!つ       .(*゚∀゚)ノ
 ||\            \  .___( (i/wk ノ___  .___〜(   ) ___
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄  ||\ . ̄ ̄ ̄   \ ||\ . ̄ ̄ ̄   \
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||              ||     .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

149 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 21:29:27 ID:xvuoqo6T0
田吾作ワロス

150 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 05:58:18 ID:VkJahXH+0
>>148
唐沢俊一氏は「カバラ焼肉のタレ」と

151 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 09:01:16 ID:KAgaw8WN0
>>147
> 「いや東ってほんとはこっちだしwwww」などといってて舞台の中途半端な方向に走って
> それで感動的な瞬間を生み出せるか、てことだよな。

いや、それはそれで違う感動があると思うが・・・観客を踏み越えて客席を斜めに突っ走って行くとか・・・
そういうメタな要素を魔術儀式に取り入れる奴はいないかな?
魔術儀式ってベタベタな話ばっかりなんで。

クロウリーも文章はネタ満載だが儀式はマジだしなあ・・・
ベタベタなのを真面目にやるのが儀式だ、と言われればそうなんだが・・・

152 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 09:05:06 ID:+ELlTLi90
ご神体とか光を意味するものを象徴的に東とする、って遺跡とか寺院とかにあるんだろうな
というか、儀式中に動きにくいから、という理由で方位の設定変えてるとか思わなんだ。

153 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 11:10:59 ID:p7KQNeG10
   /l、
   (゚、 。`フ ごはんも、なでなでも、だっこも、うれしかった
   」  "ヽ
  ()ιし(~)〜


   /l、
   ( ゚、 。 フ でももう、いかなくちゃだめなの
   」  "ヽ
  ()ιし(~)〜

   /l、
   ("゚. 。 フ ずーっと、だいすき、いっぱい、だいすき
   」  "ヽ
  ()ιし(~)〜

154 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 14:26:11 ID:RlGWFc5r0
>>>151
そもそも大衆劇、前衛劇は都市文明の進化とともに生まれたもので、
古代の神聖劇とはベクトルが全く逆
でも現代の魔術が儀式の主題や手法においてそれらを全く無視するのは不可能だろうし、
その時代感覚からクロウリーの演劇的<苦行パフォーマンス的な志向も
ケイオスの爆音ビカビカ感覚麻痺儀式なども必然的に生まれてきたものだろう。

じゃ古式ゆかしいGD,メーソン系はどうすればいいの?
教会と同じくミサなどオーソドクススタイルを継承していけばいいのと、
演劇的要素は例えばスーパー歌舞伎みたいに神話的主題を新しい演出で
再話し続けることだって充分意義あることだ。

シェークスピアもあれば寺山もあっていい。
あれ?儀式の話だっけ演劇の話だっけ?

155 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 14:43:06 ID:RlGWFc5r0
>>154
自分で書いててちょっと変なのはわかってるw
儀式魔術はもともと術者の感覚変容を最優先する、演劇ジャンルでいえばハプニング、パフォーマンスにあたるものだ。
でもそれらについても意匠は常に必要だし、それは時代とは切り離せないものだよね。
神話の再話に加え、象徴の再象徴化ともいうべき要素が、儀式魔術/神聖劇の重要な生命力のひとつ、とかもいえる。
まーおいらなんとなくケイオス系だから特にそゆこと考えるだけなんだけどね。

156 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 15:18:50 ID:ojjpwNEm0
書いてることはためになって面白いんだけど、
147みたいなのはケムに巻いてるようでどうも。
元々の設定をどうとるか、って話しなんだから途中で違う方向に行くってのは
別の話でたとえになってないと思う。
やはりあれこれ都合があって変えることはあっても、結局実際の東が使えればそれを使うわけで、
重要視されてるってことなんだろう。
日拝なんかも自然の方向感覚を養うって側面もあるでしょう。

157 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 17:19:32 ID:RlGWFc5r0

魔術師の思考が「そっちが東だから」そっちに向く、で止まってると
宇宙空間といわなくても、たとえば3Dグラフィック神殿で儀式を執行する時に説得力ある指針が立てられない。
それが原因で魔術が滅んだりしたら、先達たちに申し訳ないじゃないか笑
「なぜ」と「いかに」を考え続けるのは大切だよ。

でもまぁ、東むいたほうがいいよね。KHEM巻き失礼しました。

158 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 19:00:20 ID:RlGWFc5r0
>>156

ちと言葉足らずでした。

>>147の比喩において、魔術師は田吾作であると同時に舞台監督でもあります。
「監督、朝日どっちに仕込みます?」て時に、おれだったら
1に視覚効果、2に運営的利便、34がなくて5が方角(そういう企画であれば)
で決めるけどな、という話。

劇場(儀式空間)はひとつの小宇宙。
劇場の外が夜だろうが地下だろうがおかまいなく、
舞台上では象徴としての朝日が自由自在に昇降可能だ。
そしてそこで起きるドラマ、情動、意識の変容こそが芝居(儀式)の目的。
そう考えるとおれにとっては地磁気の方向はかなり優先順位の低いファクターだ。

もちろん野外特設ステージで実際の朝日をつかった演出、は最高にスペクタクル。


159 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 21:04:14 ID:QiWD5ABN0
     /\_/\    魔術の劇場って、
    /  。  。ヽ     モンスターが怒って暴れること?
    |__*_∀__| /ヽ   
   ノ/|( i] リi]`レヾ” )ノ      __ ,、 アゥー   
   `ヽゝ"ワ"ノ/´フ        ヽ,ALiヽ,       アヒャヒャ、それは 
   〈/ ヽ\ノ/ _/          ,.' -─-ヽ       魔獣の激情じゃ。
 _ / / `||´ |  _      <i..iノリノ)))) >       .∧∧
\   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \     `ノl !_゚ ヮ゚ノl!つ       .(*゚∀゚)ノ
 ||\            \  .___( (i/wk ノ___  .___〜(   ) ___
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄  ||\ . ̄ ̄ ̄   \ ||\ . ̄ ̄ ̄   \
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||              ||     .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

160 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 22:55:55 ID:tEGq4dXQ0
スレ違い御免

>>153
いくな、いつまでもずっと一緒だ

161 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 00:33:50 ID:cc6iUcE30
古書店で3000円切ってたんで『カバラー心理学』買って読んだら
ちょっと最初の方のニューエイジ臭のするあたりが嫌だったが
思ったよりも面白く読めて良かった。
値段のわりには初心者向きで分かりやすさが良いかも


162 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 04:56:43 ID:uCARaJnI0
地磁気は方角の第一条件じゃないだろ
羅針盤以前から方角はあるんだから
自転する地球という自然的条件から生まれたカテゴリーだと思う
まーどっちにしろ「東」というのは自然それ自体の中には存在しない
自然の中で生き,生かされている俺たちの経験の中にこそある
背景にある自然的条件に自覚的であるかぎり
能動的に東を設定するのもいいんじゃないかと思うよ
宇宙船で生活する人にとっては条件がぜんぜん違うから
われわれの知る方角は用済みになってしまうかも,と想像

163 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 06:20:59 ID:qR71MaPf0
>>162

なるほど。
東というのは、樹の枝振りとか日に褪せた壁の感じとか、
風景のなかにしみ込んだ「あっちの方向」でもあるんだよな。
街中で暮らしていると風景にしみ込んだ方角を感じることが少なくなる。
都市というのはむしろ積極的にそういう自然の方角とか時間とかを消去する装置でもあるから
0から自然(の描き割り)を描き起こす場として劇場やメディア空間が発達したのかもね。


164 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 07:19:29 ID:ll8CTXnU0
『カバラー心理学』って、実践者向けのこともたくさん書かれてるらしい。
実践者といっても、魔術修行者のことではないだろうけどなw

165 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 07:20:25 ID:ll8CTXnU0
>>148
ひさびさに吹きましたw

166 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 08:41:55 ID:nVWBDbuM0
なんだろうなぁ
いつまで議論続けても仕方ないんだが(実践面で適当に方角決めていいってことになってるわけだから)、
ここで言われてる理屈付けが違和感あるんだよなぁ。
起源は別として、北半球中緯度で発達した大地は平らな天動説な世界観だから、
磁北と真北も大まかに一致して、太陽の昇る東ってことでいいわけじゃん。
でその世界観の中で魔術をやるわけでしょ。
東というのは自然にはない、って言ったって今更何言ってるんだと思う。

167 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 14:02:59 ID:qR71MaPf0
君は誇りをもって天動説的ランドスケープにたち、確信を込めて堂々と東を宣言すればよろしい。
それがMagickal Eastってもんでしょ

168 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 22:02:47 ID:R3WHz8fv0
ちなみに南半球の人の場合、ミカエルは北にいて、
周回の方向も逆回りなんだろうなぁ。

169 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 22:04:01 ID:R3WHz8fv0
しもた。あげてもうた。

170 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 21:04:34 ID:2t17ladp0
>>159
カバヤのジューシーの後では、ぜんぜんいまいちだなw

171 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 00:46:37 ID:xpihCICf0
http://www.mukuge.net/

コリア系市民宣言   高槻むくげの会

大日本帝国による朝鮮植民地支配は36年間に及び、日本国による在日韓国・朝鮮人支配は55年にも及んでいる。ついに歴史は2000年を刻み始めたが、しかし、日本国による「歴史の清算」は行なわれなかった。
それどころか、戦後の日本は帝国主義思想を捨て民主主義の道を歩んだはずなのに、アジアにとっては今日なお大きな「脅威」になっている。依然としてその「国体」は変わっていないのだ。
在日韓国・朝鮮人には変わらない過酷な差別と同化による支配を続け、人間としての尊厳を踏みにじっている。この所業は人類への冒とくだ。日本は21世紀の歴史上にも植民地支配に次ぐ新たな汚点を残すことになった。

http://www.mukuge.net/sengen.htm


これが在日コリアンなのよ。現実を見てくれ。


172 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 08:47:04 ID:YM0IJsLX0
魔術武器そろえるのムズイー
ダガーって通販の何千、何万の買うしかないの?
とりあえず日用品で代替してみた。黄赤青黒を一色づつ塗りたくるのって有りだろうか。

173 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 08:48:15 ID:YM0IJsLX0
>>168
オーストラリアではそうするって国書のコラムかなんかで読んだ気が。

174 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 17:04:23 ID:FAnnqxKd0
>>172
安いダガー買って(3000円くらいから)、
柄の部分を外して紙粘土や固まると硬化するパテを使って加工すりゃ安くできる
高額な商品を買い揃えるのも結構だが
まず何でも自分で工夫できないかどうか考えて試行錯誤する積極性が魔術には必要

175 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 18:42:18 ID:YM0IJsLX0
数千円のダガーっていうのが通販だと材質ダブルエッジ420?なんて書いてあって
鋼鉄かどうかも分かりゃしない。てか数千円って高いよ。
失敗したときのために何本か欲しいし。片刃OKならいいのにな〜

176 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 19:55:41 ID:JeHaoNou0
そろそろ真正アヒャ様の予感。

177 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 20:10:53 ID:JeHaoNou0
ところで英語ができない人は魔術師になるのは、すごく不利ときいたけど、やはりそう思います?

178 :謎のゲイ魔術師:2006/09/08(金) 20:17:35 ID:W67ce2Vo0
>>177
使える資料が限られてくるからねぇ。
日本語で読める魔術書も増えたから、不利とまでは言わないけれど、
有利でないのは確かですね。
因みに、私はゲイポルノ小説をテキストにして勉強したので、
妙な単語やスラングをやたらと覚えてしまいましたw

179 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 23:08:22 ID:YM0IJsLX0
海外サイトブラウザで翻訳するだけでもなかなか
日本のサイトや訳書で見ないようなのも公開されてるような。
ええ、トウシロにはゲップです。

180 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 03:49:23 ID:8Ujdkg4q0
本物の魔術師は2Chなんか見ないと思うが・・・

181 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 05:40:56 ID:D9vmYYk20
>>180が思い浮かべる「本物の魔術師」とやらは、
人里はなれた山中にある塔に篭っていたりするのだろうか?

182 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 07:23:32 ID:vbsCkrgJ0
見てないふりをしながら、実はこっそり見てる。
で、たまに文体変えて書き込む。
そんなとこだろw

183 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 07:46:47 ID:NPcUaoE20
魔術師も高齢化してる割に(90年以降の若人があまり集まらなかったから)
2ちゃんや萌え等の若者向けメディアに興味を示す人が多いからね。アヒャさまもそのクチだし。
こういうのって社会的疎外感の表れの一種のようだけど、
魔術界に何故かサヨが多いのは、同世代の社会的地位ある人への
嫉妬と劣等感のせいかもしれないな。



184 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 08:50:12 ID:vbsCkrgJ0
萌え等の若者向けメディアなんて80年代からあったよ。ラムちゃんみたいにね。萌えという言葉がなかっただけで。
若いころからオタだったんでしょ。その証拠に放してみると古いアニメに異常に詳しいw
ウヨ、サヨは親父世代への反発と流行りだよ。ウヨの世代に反発した若造がサヨになる。そのサヨが親父になると、若造が反発してウヨになる。
あの世代の人たちは、本質的に今のウヨ坊とベクトルが違うだけで、基本的に同じw

結論
年配の魔術師も若造の魔術師も同じw


185 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 09:16:13 ID:vbsCkrgJ0
>>177
英語ができても修行しない人より、英語ができなくても修行する人のほうが有利だよ。
当たり前な答えですまんが。
それでも語学力はあるに越したことはない。

ちなみに英語は君が思ってるほど難しくはないと思うよ。

186 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 09:16:15 ID:NPcUaoE20
若い頃オタクなのは良いけど、歳を取ったらフツー興味をなくすでしょ。
「どの時代の若者も同じ」ならいいけど、
アナタの結論「年配の魔術師も若造の魔術師も同じ」イコール
未だに若者と同一嗜好を持つオヤジはやばいですよ。wで済む問題じゃない。
大人になりきれないと言うか、そこら辺の疎外感、社会への劣等感が
彼らをサヨ思考(反日擁韓)に向かわせる一因じゃないか? とこう分析するね。



187 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 09:18:27 ID:vbsCkrgJ0
>>186
君はオタクのことを何も知らんのだよ。
ラムちゃんの存在に気づかない時点で、話しにならん。
ゆえに、君との議論は不可能だ。
さよなら。

188 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 09:23:03 ID:NPcUaoE20
勝利宣言で逃げるとは、自分の分析はかなり的を射ていたという事か?
魔術界に多いサヨは、やっぱり日本社会を潜在的に敵視していて(劣等感、疎外感から)
その反動で愛国嫌韓の若者を嫌悪してるって事?

189 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 09:26:44 ID:vbsCkrgJ0
>>187
君は社会のことも政治のことも何も知らないのだよ。
いまの浅はかなウヨブームを愛国心と混同する時点で話しにならん。

君は経済のことも政治のことも歴史のことも何も知らないのだよ。
嫌韓みたいな感情に流されてる時点で話しにならん。

ゆえに、君との議論は不可能だ。
さよなら。



190 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 09:39:37 ID:rBfnSo9m0
>>189
>いまの浅はかなウヨブームを愛国心と混同する時点で話しにならん。

この部分には禿同。
気合いの入った民族派右翼の人って、ネットウヨクを軽蔑してる人多いよね。
本物の右翼は韓国政府は批判するけど、差別にははっきりと反対してるよね。
ミサイル騒動のとき、挑戦学校を自発的にパトロールしたり。

191 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 09:43:41 ID:kcA9Sn8l0
老師って教授かなんかじゃねーの。元魔術師?のダゴンさまは作家としてはそれなりだし、
社会的地位の上みりゃきりないが、そもそも十分成功者ではなかろうか。

192 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 09:44:01 ID:vbsCkrgJ0
>>190
政治の話しは、スレは伸びるが、お互い不愉快になるだけで得られるものは何もない。
ま、俺もしょうしょう煽りっぽくなっちまって反省してる。

>>188よ、スマソ。

伝統的メーソンは政治の話しは禁止だというし。
俺も政治ネタは打ち止めだ。

193 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 09:46:27 ID:DqKWrosy0
>>190
あれは朝鮮人の在日右翼だから当然
あいつらは右翼を危険なものとレッテルを張るために活動している

194 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 09:47:57 ID:vbsCkrgJ0
>>191
しかし彼、立川流は捨ててないようですなw

195 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 09:53:34 ID:vbsCkrgJ0
>>193
それはデマだってw
民族派右翼に在日の人もいることはいるが、やはりほとんどは日本人だ。
ちょっと気の効いた右翼ジャーナリズムの本には、たいてい書いてある。

と、結局おせっかいw

196 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 09:56:17 ID:kcA9Sn8l0
そもそも金がなきゃあそこまで魔術(あとオタ趣味もそうだというが)はやれないよ。
というわけで183なんかは前提から間違ってると思う。
(後のレスだと社会的心理的劣等感ってことになって言い方かわってくるけど)
魔術界の年配の人を社会的地位で云々言えるほどステイタスのある若者もそうそういないんじゃない。
結局、それを言うと、社会的地位が低い自分に返って来るだろうし。

197 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 09:59:32 ID:vbsCkrgJ0
なんやかんや言って、魔術って金かかるよなw
本代だけで馬鹿にならんw

198 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 10:12:21 ID:vbsCkrgJ0
金と暇は、永遠のはかない希望だよなw

東洋の運命学(占い)の研究者は、「賭博も占えないで、何が未来予知か」って言って、株式占や競馬占を研究してる人は結構多い。
西洋占星術でも、株式占に手をだしてる人もいるよな。
魔術では、あんまこういう話しは聞かん。
でも無いことも無いw

199 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 10:24:47 ID:nn/r9Kq90
>>198
>無いことも無いw
「カバラ馬券術」の類いですなw

200 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 10:24:49 ID:NPcUaoE20
>>196
社会的地位の低さを問題にしてるのではなく、その不遇を社会に転嫁して
反日と擁韓、擁在日で憂さ晴らしする人達を批判してるんだよ。
論点がずれてる。

>>195
勝共連合とかで調べてみな。
右翼に在日韓国人が多いのは事実。全体の2〜3割は占めている。
マスコミの面前でオウム大幹部を殺害したのも、右翼団体の在日だったよね。

そして、南北朝鮮の融和に伴い、これまでにない意図に染まってる面は否めない。



201 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 10:29:19 ID:vbsCkrgJ0
>>200
勝共連合を民族派右翼の代表とすること自体、相当かなりムチャクチャだがw

1億歩譲って、まあいいとしようw
それぐらい知ってるよ。
つまり、7〜8割が日本人なんじゃねーかw

と、結局お節介w

202 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 10:34:36 ID:nn/r9Kq90
なにやら政治意識の高いヒトが一人でさかんに難しいことを書き込んでるようだけど(皮肉
できれば、このスレでしか読めない魔術のことが読みたいなあ…

203 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 10:34:41 ID:vbsCkrgJ0
>南北朝鮮の融和に伴い、これまでにない意図に染まってる面は否めない。

あのなあ。
あれでも韓国は日本に対しても金大中時代から、急速に対日融和になってるんだよ。
ちょっと前まで、日本語の歌や映画ですら禁止されてたんだからな。
反日プロパガンダも軍独裁政権時代に比べれば、比較にならんほど穏やかになってるんだ。

浅はかなウヨブーム、嫌韓ブームに踊らされないように、冷静になれ。

204 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 10:36:10 ID:vbsCkrgJ0
>>202
その通りだ。
スマソ。

今度こそお節介は打ち止めにする。

205 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 10:37:48 ID:nn/r9Kq90
漏れなんか徹底的に利己的だから
ウヨや嫌韓問題を考える暇あったら修行しるぞw

206 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 10:40:12 ID:NPcUaoE20
>>201
右翼の大物が誰かも知らないみたいだね
>>203
根本から間違ってる。

207 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 10:42:27 ID:vbsCkrgJ0
>>205
同意。

>>206
もうやめようぜ。
手取り足取り基本から教えてやってもいいんだが、ここは政治スレじゃないからな。

208 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 10:44:43 ID:NPcUaoE20
皮肉で捨て台詞する人は感情的になってる証拠


209 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 10:48:43 ID:kcA9Sn8l0
>>200
ああ、やはりそうレスしますか。というかあなたの論って破綻してるとおもんだよ。
全部ただの決め付けでしょう?
先にいったとおり、年配の魔術師が同世代の中で特に社会的地位が低くて不遇だとも思えないし。
「若者文化に興味を示す」のは「疎外感が有るせい」
だから、
「サヨ的」なのは「疎外感がある」から。
そして
「疎外感」があるのは「社会的地位が低くて不遇だと思ってるから」。
年配の魔術師が疎外感持ってるとか自分を不遇だと思ってるとかなんで分かるのよ。

さらに言えば、それが今度は186では、
「若者文化に興味を示したりしてて大人になりきれない」から「疎外感や劣等感をもっている」
ということになっている。
これって同語反復だよね。



210 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 10:50:38 ID:YZ5JXvRz0
>>206
情報源がネットだけだから、恥をかくんだよ。
君の中じゃ、民族派右翼とエセ右翼と旧右翼がちゃんぽんじゃん。

>>208
感情的なのは、誰がみても君。



211 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 11:05:41 ID:NPcUaoE20
>>209
社会的地位が低くて不遇(特に年配になるとその意識は強くなる)

疎外感劣等感がある

自分が認められなかった日本社会を敵視し、敵の敵である韓国と在日に理解を寄せる 

萌えやオタクの空想的趣味(年配同士で言えない趣味)に興味を持つ

少々紋切り型だけど筋道は通ってる理論だと思いますが・・・
どこに破綻があるのか逆に尋ねたい。


212 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 11:06:05 ID:bh1xu/Sx0
つーかさ、人がヲタやサヨやウヨになる理由なんて、人それぞれでしょ。
「疎外感」だかなんだか知らないが、そんなもんにあてはまってる椰子がいたとしても、それが全部ってわけもないだろ。
金持ちや成功者やボンボンや友人の多い社交的な奴でも、サヨになるときはなるし、ウヨになるときはなる。


213 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 11:12:02 ID:vbsCkrgJ0
>>213
その手のステロな考察は聞き飽きたよ。
現実というやつは、はるかに巨大で複雑なもんだ。
たいていは自分の思い込みを越えてるもんだ。

ところで、魔術師というのは視野を広く持ったほうがよいのだろうか?
あるいは、専門的に視野が狭くなっても、一つのことに集中したほうがよいのだろうか?

214 :213:2006/09/09(土) 11:12:58 ID:vbsCkrgJ0
213 ×
 ↓
211 ○

215 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 11:14:25 ID:kcA9Sn8l0
>>211
>社会的地位が低くて不遇(特に年配になるとその意識は強くなる)

>疎外感劣等感がある
だからこれが
・社会的地位が高いか低いか分からない(おそらくそこそこ高いと思われる)
・それを不遇だと思ってるかどうは分からないし、疎外感劣等感があるとも分からない、
と思うのだが。
ちなみに、184では「地位や疎外感劣等感によるものではない」という反論がされてるわけだが、
対して、186では、
「若者文化に興味を示したりしてて大人になりきれない」から「疎外感や劣等感をもっている」
ということになっている。
このように、
同語反復になってるから破綻してると言ってるんだが。

216 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 11:16:18 ID:vbsCkrgJ0
ちなみに俺は視野を広くすることと狭くすることは一長一短だと思うが、やはり一点集中型のほうが、大成すると思う。

217 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 11:33:52 ID:mmzLwo900
前から思ってたんだけど、いまのネトウヨの流行ってどこか変だよ。
「君が代は歌いたい人と歌ってもいいという人が歌えばいい。嫌だと言う人に無理強いするのは、どうよ?」
「靖国はあってもいいし、尊重もすべきだ。でも、権力と結びつくのはよくない。」
「他民族に支配された民族に、その民族を恨むなってほうが無理。インドを近代化させたのはイギリスだけど、植民地にしてくれて有難うなんて言ってるインド人、みたことない」
って言っただけで、サヨク認定だもんなあ。
自分、日の丸も君が代も歌うし、天皇制支持だし、靖国にお参りすることもたびたびなんだけどね。

カバラってバランスの哲学なんでしょ?
なのに、魔術師にネトウヨがいるのには萎え。

218 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 11:34:37 ID:NPcUaoE20
>>215
いや、
>>184
>ウヨの世代に反発した若造がサヨになる。そのサヨが親父になると若造が反発してウヨになる。

上の世代への反発でその世代の思想が形成される、なんて理屈は
それこそ反論に価しないのでスルーせざる得ない。

219 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 11:36:56 ID:zrASo3bZ0
左翼空手があまり無いように(全く無いわけではない)、左翼オカルティズムもあまり無いような気がする。
個人の問題ではなく、流派のカラーの話。

220 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 11:37:44 ID:kcA9Sn8l0
>>218
スルーも何も186はそれだけで矛盾してるんだけど。なにかはぐらかしにかかってるね

221 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 11:38:27 ID:avgh3TFN0
>>211
>自分が認められなかった日本社会を敵視し、敵の敵である韓国と在日に理解を寄せる 

要は自分を認めなかった日本社会への敵視が、敵の敵であるとされる韓国と在日に理解を導く
そしてそれはけっして一部の特殊な例ではなくほとんどがそうでマジョリティだと暗黙に言ってると
思うが、それはそれで仮説としていいけどそれを証明する大量の観測データを載せなきゃ。主観データじゃダメ。
それにここはそういう証明スレじゃないし。

222 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 11:40:15 ID:zrASo3bZ0
ちなみに、ネット右翼と呼ばれる層は「『君が代』を歌え」と言っているのではなく、「我々は「断固として『君が代』を歌うことを拒否するぞ」とか言っている人々を嫌悪しているのだと思うが。

223 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 11:41:35 ID:vbsCkrgJ0
>>217
いや、樹は右翼も左翼も内包してるんだよ。
ハレヴィが考察してるよ。
つまり、これまでメディアが左よりだったために、それを修正しようと大きな反作用が合った。
二本の柱のせめぎあいとも言える。
この調整を取る過程で、振り子が反対方向に跳ね上がりすぎた。
そしてクリポトが一時的に生じる。
不毛な他民族への憎悪や、革新勢力への非生産的な憎悪はこうして生まれる。


224 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 11:43:15 ID:vbsCkrgJ0
>>222
嫌悪するだけなら、かまわんと思うがねw

225 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 11:44:03 ID:NPcUaoE20
>>217
左翼の主張を意図的にやわらげてる時点でお里が知れるってもんだ。

ちなみに、アナタが人を殴ったとして、その被害者に責められるのは許すとしても
こいつは連続殺人犯だ、レ○プ犯だ、家族もみな極悪人だ!、人の内臓を食らってる
とまで言われたら、どうしますか?
アナタの言うとおり、バランスは重視すべきです。


226 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 11:48:15 ID:kcA9Sn8l0
>>225
あなたが言っても説得力ないよ。こういう話題をしたいだけなら他へ行って

227 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 11:48:29 ID:vbsCkrgJ0
>>223
つまり、緊張のバランスってのは、ウヨやサヨが駄目というよりは、ウヨに偏りすぎたらサヨで中和し、サヨに偏りすぎたらウヨで中和する。
中和剤が過剰になったら、それを抑える。



228 :227:2006/09/09(土) 11:50:01 ID:vbsCkrgJ0
またやっちまった、スマソ。
>>223 ×
 ↓
>>217

229 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 11:52:12 ID:avgh3TFN0
>>217
フォーチュンの語るかバラは>>223の言うようなシーソーや、やじろべぇのような動的バランス。
バランスといってもその動的バランスと力の均衡による静止、静的バランスもある。

230 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 11:52:49 ID:vbsCkrgJ0
>>225
彼は自分の意見を言ってるだけでしょーがw
その人の主張を早くも曲解し、さっそく「サヨク」のレッテル張りかいな。

231 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 11:54:32 ID:NPcUaoE20
>>221
同じ姿勢で、ネットウヨ=引き篭もり&ニート
とする見方にも疑問を示してもらいたい。

>>211の理論は、少なくともそれよりは納得いくものじゃないか?
(不遇な者がその社会を敵視し、敵の敵である民族を擁護するという見方をする方が自然)


232 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 11:55:09 ID:vbsCkrgJ0
政治ネタは盛り上がるんだけどね。
でも、魔術の話しができなくなるのは難だよな。

233 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 11:59:59 ID:NPcUaoE20
>>232
日本魔術界に何故か多い、左寄りの年配者についての会話ですよ。

魔術がメンタルなものである以上、どうしてもその人の政治的思想の影響も
見過ごせないからね‥


234 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 12:00:54 ID:avgh3TFN0
とりあえず天国にスレを立ててみた。
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/heaven4vip/1157770693/
前も政治話題でブーストしてたから、魔術とからみのない話になるならこっちでやってみる事を
考えてみてはどうだろうか?


235 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 12:01:18 ID:kcA9Sn8l0
>>231
ネットウヨ≠ヒキコモリ、ニートでないのは承知しました。
でなんでそれであなたが他の魔術師をレッテル貼りや決め付け、推量で語ることや
スレ違いの話まですることとは関係ないけど。

>>211については>>215で批判しました。

236 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 12:01:21 ID:zrASo3bZ0
では、レーニソもマオ・ツォ・トソも、ある意味ではとてもオカルティックな人間だったのに、彼らの作った党にその気配が殆どないことについて。

237 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 12:02:23 ID:kcA9Sn8l0
×でなんでそれであなたが
○でそれは

238 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 12:04:25 ID:vbsCkrgJ0
>>233
まあ、気持ちは分かるがね。
だが、左よりの基準自体がよくわからん。
俺も(たぶん)>>217も別にサヨクのつもりはないのだが、なぜかよく「サヨク」のレッテルもらうw
ちなみに俺も天皇制支持者だ。

ここはお互い言いたいことはこらえて、魔術の話しに戻さんか?
これでも、俺も言いたいこと山ほど我慢してるのよw

239 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 12:06:47 ID:vbsCkrgJ0
>>236
共産主義者って、じつは結構オカルトにこけるぜ。

あと、ロシアは偉大なオカルティストを何人も生み出してる。

240 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 12:08:30 ID:zrASo3bZ0
>>239
『主義者』じゃなくて、党の話。
ロシアの土壌だとか、そういう話はこれには関係ない。

241 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 12:10:06 ID:vbsCkrgJ0
ちなみに俺はウスペンスキー好き。

242 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 12:10:49 ID:vbsCkrgJ0
>>240
なるほどね。
なら、納得。

243 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 12:11:33 ID:vbsCkrgJ0
そろそろアヒャ様の出番かなw

244 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 13:03:23 ID:3p0jYKex0
実践魔術講座の水杯のチャージって難しい。
魔術や魔術武器は他人にみられないのが基本だよね?
他人や家族にみられないように朝、外に水を捨てに行くって難しくない?

245 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 13:34:18 ID:vbsCkrgJ0
>>244
もちろん魔術に理解の無い人には見られないようにするのが基本だけど、
あんま神経質になる必要もないと思うよ。
むしろ神経質になりすぎて、それが雑念になってしまうほうが問題と思われ。
俺はそれくらいなら、気にしたことはないよ。

246 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 14:20:25 ID:eP0vz8N20
オジサンガタクサン・・・・・・
|
|
|⌒~ま
|)))〉〉
| . ゚ノリ
⊂). ||
|_|j〉ノ
|'ノ


247 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 17:11:42 ID:D9vmYYk20
あのザインがまたおいたしているみたい
ttp://news.ameba.jp/2006/09/do0909_3.html

248 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 18:21:49 ID:NPcUaoE20
現在はザイクスと名称を変更して、おそらく五元素にちなんだ
3個師団(火竜、水竜、風竜)と2個旅団(空竜、地竜)から構成される
竜軍団を立ち上げたそうな。

魔術の実践は、水竜師団で行ってるらしい・・・・



249 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 18:32:01 ID:3p0jYKex0
>>245
そんなもんかな。部屋に土入れたプランター構えてそこに流そうと思ったりした。

250 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 18:58:32 ID:vbsCkrgJ0
>>249
それもいいかも。
ついでにハーブ栽培もやるとか。

251 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 09:05:25 ID:+u7W/beV0
カバラの数字占いってあたるの?

252 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 09:22:45 ID:JNZUIiEl0
ていうかあれってカバラ?

253 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 10:06:22 ID:+u7W/beV0
ゲマトリアでしたっけ?
数字に深い意味や魔力があるという信仰ですよね。

254 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 12:20:55 ID:UpHKlfOH0
鳥の怪人だよね?>ゲマトリア
アヒャヒャそれはゲバコンドルじゃ
(AA省略)

255 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 14:28:41 ID:6Vbb3udc0
>>145
さて、どうしようか・・・

256 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 16:07:52 ID:UpHKlfOH0
>>255
なんだ、ひょっとして難局探検隊にでも入隊が決まったのか?w
いくら何でも、まだ極点で儀式やった魔術師はいねーと思うから
もしも行ってやったら魔術史に残る怪挙かも


257 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 16:51:15 ID:OxcxIsIo0
旗をたてるという行為が充分に儀式的

258 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 19:01:16 ID:lkPHOQN/0
ウリジナルで有名な韓国が遂に歌舞伎の起源は朝鮮半島にあると主張しだした。
確か神道の起源も朝鮮半島とか言っているんだよね。
西洋魔術がもっと社会的に認知される文化だったら、
やっぱり半島起源を主張していたんだろうな。

259 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 19:27:06 ID:LP9sE4ly0
数秘術ってカバラと関係ないじゃん、となぜか思ってたが、
ゲマトリアだからたしかにそこはそうだな

260 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 19:40:59 ID:QEZ8mnk90
韓国には韓国の見方があるのだから、いちいち反発する必要はない。
双方の歴史観を尊重するのが大人ってもんだぞ。
仮にトンデモ理論でも、それで韓国人を一くくりする必要もない。

それ以前にスレ違い。

261 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 20:38:54 ID:pb1fkoau0
>>260
尊重するのも良いかもしれんが、ある程度主張はしとかんといかんぞ。

一度外国へ出ると判るが、外国人の日本に対する認識なんてホントにいい加減。
勿論日本人が外国人を見る目も同様なんだが、お互い様とも言ってられない。
こういう何となく広まっている偏見って、結構国民感情ひいては外交関係にまで
響く事もあるからね。

相手を無闇に叩くのは論外だが、黙るのは相手の事を尊重する事にはならない。
相手の意見を認める事とは相手にも異なる意見の持ち主として認めてもらう事だ。
例え対立する意見であっても自分たちの意見をきちんと表明する事が、
相手に、そして周囲にも異なる意見を持っている事を明示する事になる。
その状態から、必要ならば、相手との話し合いに持って行けるようにするのが
本当の意味で相手を一人前の相手と認め尊重する事だ。

魔術ってのは、そういう意志と力のせめぎ合いを制御する方法でもある。
沈黙するだけで何もしないのは魔術師ではなく只の臆病者だ。

でも嫌韓オンリーの話題はハン板でやってね。>>258

262 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 21:46:19 ID:+u7W/beV0
そんなことより、今月の「ムー」のシジル魔術ってどう?

これも「ムー」ねただけど、琉球にカバラが伝来してたった本当ですか?

263 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 21:55:21 ID:lkPHOQN/0
ムーってまだあったんだ

264 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 22:29:29 ID:+u7W/beV0
なんだか、シジルを描いて鏡像つくって、忘れるって魔術でした。

265 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 22:55:28 ID:oEQC6/UP0
アヒャ様まだ?

266 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 22:59:54 ID:+u7W/beV0
古代日本にカバラが伝来していたという説唱えてる人もいたよね?

267 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 23:04:11 ID:py09Q6vK0
むしろ超能力文明に惹かれた
人間も力を高めて意識を共有できるようになれば
集合意識社会になって1個意識生命体みたいになるんかな

まるで地球幼年期の終わりだな

268 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 00:55:16 ID:FikXuvmt0
            ヽ( ・∀・∀・∀・)  ヌッヘッホー       
        ヽヽ(`Д´)`Д´)´)`Д´)´)ノ           アヒャヒャヒャヒャヒャ
        ヽ(`Д´)Д´) .∧_∧              わらわと一緒に
         ヽ(`Д´)Д´)/__*゚∀゚ヽ アネサマ、      ぱらいそさいくだ!!
         ヽ(`Д´)Д´)jル,,゚ー゚ノ∩ ホントニパライソ?  
        ヽ(・ω・)Д´)`Д´)(`Д´)ノ            .∧∧
         ヽ(`Д´)Д´)`Д´)´)ノ            .ヽ(゚∀゚*)ノ
          ヽ(`Д´)`Д´)*゚∀゚)/ アヒャヒャ        (  O )〜
            ヽ(ヽ(`Д´)´)ノ                ∪
          . ヽヽ(`Д´)`Д´)ノノ    
            ヽ(`Д´)ノ ・∀・)ノ  イイ!!    ∧ ∧   
 アヒャサマ、オラモ   ヽヽ(`Д´)´ノノ          .RR´⌒AC  >>267  
ツレテッテクダセー     ヽ(`Д´)ノ   ゴルァ!   /./i ノリノ)))〉  アゥー
 (´Д`)ノ    ._ヽ(`Д´)(`Д´)_       `ノl !_゚ ヮ゚ノl!つ  生物都市ぃー    
(    )     \   (`Д´)    \.     ( (i/wk ノ 
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  

269 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 01:08:16 ID:UrZ9vQ8M0
アヒャさまってやっぱりオヤジ・・・・・下手したら40代?
だからサヨってるのか?

270 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 01:16:08 ID:15QlIDGB0
だいたい魔術って若者文化じゃないから。

四十代は高齢化じゃないのさ。ようやく適齢期ね。

271 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 01:35:46 ID:JlveeoFP0
>>269
逆にいえば、君がウヨってるのも世代の雰囲気に依るところは大きい。
ウヨもサヨも、ほんとにガチガチで愚かしい連中はいつも極少数だよ。

272 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 03:44:58 ID:tVFJivQL0
エヴァンゲリオンが映画で完結編をやるとよ。
また「副読本」と称してオカルト書籍の売り上げが上がったりするのだろうか。
つーか、まだ完結していなかったの? 前回の劇場版は何だったの?
実写でこけまくりの庵野監督、これで駄目ならもう引退したほうが良いね。

273 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 03:52:24 ID:tVFJivQL0
>>269
コアな漫画ファンなら諸星大二郎くらい読んでいるだろ。
この業界の人間なら尚更。
昔のネタを知っているからといって年寄り扱いは良くない。
本人はまだ若いつもりなんだからな!

274 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 04:10:47 ID:ZfcpgqT30
>四十代は高齢化じゃないのさ。ようやく適齢期ね。
そろそろアブラメリンの年頃?ちゃんと子供は用意できた?

275 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 04:22:58 ID:ZfcpgqT30
>>273
この業界向けの諸星って何があったっけ?
オンゴロの仮面とかかなぁ。

276 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 05:16:10 ID:xLmFFE2F0
個人的には京極夏彦がこの業界でどのように評価されているかが気になる。

277 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 06:06:16 ID:ZfcpgqT30
京極堂は、フロイディアンだよな。
*妖怪は、神話と同様に人間の恐怖なりトラウマなりを具象化したものだ。
*トラウマのもとを、しっかり認識することで乗り越える。
てなノリを京極堂の謎解きに感じる。

278 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 07:29:20 ID:FikXuvmt0
                .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                .||   O   .|
       _  /\  _ ||_____|
       \\/\// ||   
       /二二二二\ ||    人間って、右翼と左翼の
       ノ/|( i] リi]`レヾ .||      2種類しかいないの?
       `ヽゝ"ワ"ノ、  ||            
       〈/ ヽ\,'-、-、_,ζ)       ∧∧  >>276 アヒャヒャ、 
        ( ' 《'_ラ, __!., `、'      ヽ(゚∀゚*)ノ   世の中に
   ,-ー- .,_ `~|./|.|'.__|ノY~ヽ       (  O )〜  不思議なことなど
   .; (⌒''-ニ,;(_`〈` ‐"y`-"ヽ      ∪   なにもないのじゃよ。
   ヽつ     ̄  ̄~  ̄ ̄

279 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 07:33:08 ID:FikXuvmt0
          /\_/\     
         /  。  。ヽ  姉様って40代?
         |__*_∀__|    
        ノ/|( i] リi]`レヾ    
        `ヽゝ"Д.ノ  . n  
        〈/ ヽ\ノ/ ヽ (_)   
        / / `||´ | V /      
        (_l⌒)__」、___ノ     アヒャヒャヒャ、   
         /i__、,__!          わらわは
      i'`i___//.ヽ ヽ ヽ    ∧∧  永遠の14歳
      ` - -'  .>  ) )  .ヽ(゚∀゚*)  美少女じゃ。   
           / ̄/ /    ( .  )  
          〈` ‐"ヽ-ヽ     U U

280 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 15:20:51 ID:LW8T/MVY0
>>276
読めば分かるが、小森健太朗が某書評で指摘しているように、
京極の小説に登場する中禅寺秋彦の語りにはウスペンスキーの思想が反映されている
京極自身も若い頃に『超宇宙論』を愛読していたらしいし、
ここはひとつ『ターシャム・オルガヌム』ばかりでなく、
少し前に完訳された『新しい宇宙像』(上下巻)も読んでみると良いのではと
そんなことを思った

あと最近文庫化された小森の『グルジェフの残影』も面白いのでお薦め

京極がフロイディアンなら、当然だけど遠回しにカバラとも通じるもんがあるといえるんでないかい


281 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 15:38:23 ID:LW8T/MVY0
>>280
ただ『超宇宙論』は翻訳に相当に問題があるようなので
完訳された『新しい宇宙像』を読んだ方がいいよ

京極は雑誌の『遊』を第1期から読んでた世代なので
松岡正剛や工作舎関係の方面の文化には精通してるでしょう
若い連中は知らんと思うから書き添えると
当時の『遊』や工作舎は、「あいつらは政治とセックスを扱わない」と
一部の左翼系から批判されてたり右寄りと思われてた連中で、
今にして思うと時代の雰囲気に流されないで文化を扱ってた良質な出版社だった

282 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 16:09:47 ID:JlveeoFP0
分野を問わず、翻訳のひどさってなかなか改善しないね。
健全な競争原理が働いてないというか。
信じられないような誤訳・駄訳が堂々と書店に並ぶのってどうなんよ。
出版業界のシステム自体に問題があるのでは。
詳しいことはわかりませんが。


283 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 20:08:09 ID:xLmFFE2F0
文化人類学者とか民俗学者に任せるならともかく、
翻訳者が殆ど英文学者ってのが失敗の元。
魔術書は「幻想文学」扱いということか。

284 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 20:18:36 ID:JlveeoFP0
ていうか、できないなら断れよ、と思う
できるかできないかは、自分でわかるでしょうに。
その本が好き、自分なりの読み方ある、背景のあれこれの知識。
上記3点を満たしていればできるし、満たしてなければできない。
それが最低条件で、そこから「優れた」翻訳へのせめぎあいが始まるのに
それすら満たしてない訳業に出会うと、
なぜ翻訳を引き受けたのか、頼んだのかがほんとわからなくて困惑する。

無能書のことだけど。


285 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 20:26:02 ID:LW8T/MVY0
ただ翻訳出版の難しさは複雑で
仮に、翻訳者が翻訳する本の内容についての専門知識があったとしても、
それを最も適当な日本語に表現するための、豊かな日本語表現能力がなければダメなのだよ

翻訳業界では(たとえば英語の場合)良い翻訳者の条件として、
英語に堪能であることももちろん重要だが
「それ以上に正しい日本語が読み書きできることが重要」といわれてる

もっと欲を言えば日本語に影響を与えた漢文などにも精通してることが望ましく
その意味で、生田耕作氏は(彼の場合は仏文だけど)
日本語、漢文、仏語が全て堪能たったから、ああいう格調高い訳文が可能だったわけですな
もう古い漢字にも精通した明治の文学者みたいな人は稀だし、
欲をいえばキリがないけど、自分が興味を持った書物の原典を読むための
語学力は獲得しておきたいものだなあ…




286 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 20:31:29 ID:LW8T/MVY0
だから読者の側も割りきって、翻訳書については
あくまでも「これは翻訳書である」という意識で向きあって、
本当にその本の内容に興味を持ったら、原書を取り寄せて読んでみるというような
学究的態度が望ましいのかもしれない

どっちにしても必要なのは、やる気と勉強ですな

287 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 20:41:10 ID:JlveeoFP0
>それを最も適当な日本語に表現するための、豊かな日本語表現能力がなければダメなのだよ

それすごいよくわかる。
昔の魔女家の本とか、訳も編集もヤバかったが、まず日本語としてヤバかった。
対象読者を中高生ぐらいまで引き下げるのは構わないが、中高生をなめきっていい加減な日本語を
謎で包んでいっちょあがり、て感じには辟易する。

ネットの普及で、翻訳のクオリティについても開かれた批判がダイレクトに交わされれば、
このあたりも変わって来るかも知れない。いや、変わらないか。


288 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 20:49:37 ID:NYpBLfyb0
すごく建設的な意見で、頼もしく思うけど、じゃあ、このスレから、
「俺が模範的な翻訳をみせてやる!」ってくらい、凄い人に登場
して欲しいな。
未訳のオカルト書とか翻訳して、その実力を誇ってくれる人、いな
いものかな?意見も大切だけど、そのくらいの気合いを示してくれ
る猛者がいたら、オカルト界のレベルもぐーんとアップする気がする。
でもまあ、趣味で翻訳する人なんて、いるわけないか・・・。
残念だけど、俺にはそんな実力はない・・・。

289 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 20:54:51 ID:JlveeoFP0
団内とかにあるけど、出ないんじゃない?
まぁ団内文書はそれはそれで、名訳とまで力いれてやらないかもだけど
少なくとも情熱と誠実さは遥かに勝るものも沢山あるでしょう

そう考えると、商業出版はまぁどうでもいいや、
という気持ちにもなってきた。

290 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 21:20:27 ID:uDrIYqTh0
「英語の本が読める」というのと、「翻訳ができる」というのは、難易度が全然違うんだよな。


291 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 21:22:16 ID:uDrIYqTh0
>>279
ここながらく美少女形態を取っておられませんな。

292 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 21:25:57 ID:NYpBLfyb0
そうだよね。読むだけなら、わかんない所を飛ばし読みし
たりするけど、翻訳だと、そんなことは出来ないだろうし。
それに、オカルトの本って、ラテン語の引用とか多くて、
どうにもわからないし・・・。
少し英語が出来るくらいじゃ、翻訳なんて手を出せない。
身の程を知るからこそ、他力本願しか出来ないっすよ。
誰か、凄いの訳してくれないかな、と。

293 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 23:50:46 ID:ZfcpgqT30
>誰か、凄いの訳してくれないかな、と。

あっしは訳さないけど、例えばどんな本?とか聞いてみる。

294 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 23:52:36 ID:rTgIzoVC0
村大工を全巻とか?

295 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 23:59:23 ID:ZfcpgqT30
>>京極がフロイディアンなら、当然だけど遠回しにカバラ
とも通じるもんがあるといえるんでないかい

一般人向けには合理主義でデプログラミングしているけど、
神官でもある本人の思いは違うところにあるんだろうな。

#しかし、ウスペンスキーか。読んだ記憶はあるけれど、
#グルジェフと区別できてねーな。

296 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 02:18:09 ID:6aXssKk20
国書の魔術書も結構、訳がテキトーだったよね・・・・
人(魔女の家)の事は言えないと思った・・・・
やっぱりオカルト全般は難しいよ

297 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 12:07:50 ID:uBOZX7kw0
高級オーディオとオカルティズムについて
ttp://www.teac.co.jp/av/esoteric/index.html

298 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 12:12:44 ID:ngQ65Phu0
魔術講座でラテン語と意味だけ書いてて、カタカナ読みふってないとこの音読がわかりません><

299 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 13:31:08 ID:WhFcLsjb0
>293

古典的なのを言えば、英語じゃないけどアグリッパのオカルト哲学
3部作とか、バーレットの術士とか、書名はみんな知ってるのに、日
本では読んだ人なんて少ないんじゃないかな。HPBの秘密教義も半
分しか訳されてないよね。あと、AOスペアなんて、名ばかり知られて、
どうもすごいオカルティストらしいけど、断片的な解説以外、日本じゃ
まともに紹介もされてないし。
それに、リガルディーやジョン・サイモンズのクロウリーの伝記も、読ん
でみたいけど、原書じゃ最初の5ページで挫折しそうだし。
そういうの、訳してくれる人なんて、いないものかな・・・。
商業出版の質がどうとか、批判する以前に、俺はせめてひどい訳でも
いいから、翻訳して欲しいと願ってしまうんだよね。
消極的な書き込みで申し訳ないけど。

300 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 14:38:16 ID:uBOZX7kw0
最低限、一般書籍と同レベルの翻訳・編集、
つまり書店に並んでおかしくない仕事を普通にしてくれれば、それ以上は望まない。

でも編集者が口出ししにくい領域でもあるんだろうね。
口出ししにくい雰囲気をつくってケムにまく訳者もいるだろうし。
業の深い問題だな。

301 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 15:28:54 ID:wPZD64wY0
>>300
そこでWeb出版ですよ。
一人で訳さないで何人かの有志が訳して、大勢の目を通してリファインしていけば
それなりのモノが出来る。

問題は編集者役だな。プロジェクトリーダ的な仕事が出来ないと役にたたん。

一般書籍と比べると利益が低い割に大変な仕事だから、
生活を犠牲にして翻訳の精度を上げるのは1人では無理。

教科書の翻訳みたいに数人の訳者で分担して
何人かの経験のある人間が監修する翻訳チームを
作らないと話にならない。

教科書レベルの書籍は専門家の翻訳チームが何年もかけて翻訳している。
魔術書にそのレベルを求めるならばとにかくマンパワーをかき集めないとね。

302 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 16:54:21 ID:DNh4ZSAU0
その前に「魔術書の深刻な誤訳を指摘して改めるスレ」かHPを作って、
既刊の魔術翻訳書の問題点をネットでだけでも公にする試みもいいかも

303 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 17:01:03 ID:DNh4ZSAU0
参考までに、以下はウスペンスキーの『超宇宙論』の誤訳を指摘している例です。
「好き」と「思い入れ」だけで翻訳して良いわけじゃないのが分かりますね
現在出版されている魔術書に似たような例がないことを祈ります
ttp://homepage1.nifty.com/pdo/linktyo.htm

304 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 17:01:49 ID:DNh4ZSAU0
参考までに、以下はウスペンスキーの『超宇宙論』の誤訳を指摘している例です。
「好き」と「思い入れ」だけで翻訳して良いわけじゃないのが分かりますね
現在出版されている魔術書に似たような例がないことを祈ります
ttp://homepage1.nifty.com/pdo/linktyo.htm

305 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 17:03:40 ID:ngQ65Phu0
訳書でなくても電子化してくれれば、web翻訳でもなんでも使えるのに。
スキャンしてソフトで翻訳したりしてる人っていないの

306 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 17:05:13 ID:DNh4ZSAU0
>>303>>304
2重カキコスマソ

307 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 17:09:11 ID:wPZD64wY0
>>302
第1歩としては良いんだが、それを翻訳の修正に反映させる戦略が無いとね・・・

翻訳の見直しは、下手をすると新しく翻訳をした方が良い位大変な作業になる事もある。
そして、例え翻訳者が直したいと思っても版を変えるのは出版社に
とってコストがかかる作業なので出来るだけやりたくないのだ。

そういう諸々の理由で酷い翻訳が絶版状態で残り、翻訳権を守る為に
新しい翻訳が出版されないという事も往々にしてある。

308 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 19:44:32 ID:uBOZX7kw0
>>304
これは、この著者にウスペンスキーに対してもこの分野に対しても「好き」という気持ちがないから、
こうなるんだと思うよ。歪んだ「思い入れ」はあるみたいだけど。

神秘語にしてしまうことで、編集者のつっこみを回避してるだけでしょ。
これに突っ込めなかった編集者もクソだけど、時代の限界もあったんだろうね。
工作社でもこうなんか。ちょっと愕然。好きな本いくつかあるんだけどな。
オカルト詐欺が成立した時代。こんなものはもう成立しない時代になった、
と信じたいところだが、割と最近でもこれに類する事例にお目にかかってるからなー
どれとはいわないけどw
出版業界が時代に取り残されている、というのは少なくとも一部ではその通り。



309 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 19:59:06 ID:DNh4ZSAU0
>>308
おそろしいことに『超宇宙論』の奥付見ると
この本の編集担当は翻訳者本人がやってるんですよ…
さすがに自分で自分にツッコミ入れるのは難しいだろうね

310 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 20:16:52 ID:uBOZX7kw0
>>309
がはは。そうきたか。セイゴー頼むよホント!!!
いい仕事もたくさんしてんだけどねー
ttp://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya.html

311 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 20:17:11 ID:Mi2FZr+M0
     /\_/\    姉様、ウスペンスキーって
    /  。  。ヽ     冬山のスポーツの?
    |__*_∀__| /ヽ   
   ノ/|( i] リi]`レヾ” )ノ      __ ,、 アゥー   
   `ヽゝ"ワ"ノ/´フ        ヽ,ALiヽ,       アヒャヒャヒャ、
   〈/ ヽ\ノ/ _/          ,.' -─-ヽ   それはアルペンスキーじゃ。
 _ / / `||´ |  _      <i..iノリノ)))) >       .∧∧
\   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \     `ノl !_゚ ヮ゚ノl!つ       .(*゚∀゚)ノ
 ||\            \  .___( (i/wk ノ___  .___〜(   ) ___
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄  ||\ . ̄ ̄ ̄   \ ||\ . ̄ ̄ ̄   \
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||              ||     .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||


312 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 20:45:01 ID:DNh4ZSAU0
>>310
経歴読むと『超宇宙論』の翻訳者って、当時工作舎で経理しながら、
「カバラやタロットやアストロロジー、魔法などの深秘の魂理学探求に余念がない」
ヒトらしいすね…
奥付の編集の部分に松岡正剛の名前なかったし、
彼ももう工作舎とも関係ないだろうけど、
さすがに、あれがいまだに本屋で売られ続けてるってのはどうかと思うよ

313 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 21:30:12 ID:1TbWCE4m0
     /\_/\    姉様、ウスペンスキーって
    /  。  。ヽ     ストレートよりロック、
    |__*_∀__| /ヽ    ロックより水割りってこと?
   ノ/|( i] リi]`レヾ” )ノ      __ ,、   
   `ヽゝ"ワ"ノ/´フ        ヽ,ALiヽ,       アヒャヒャヒャ、
   〈/ ヽ\ノ/ _/          ,.' -─-ヽ  それは 薄めが好きー じゃ。
 _ / / `||´ |  _      <i..iノリノ)))) >       .∧∧
\   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \     `ノl !_゚ ヮ゚ノl!つ       .(*゚∀゚)ノ
 ||\            \  .___( (i/wk ノ___  .___〜(   ) ___
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄  ||\ . ̄ ̄ ̄   \ ||\ . ̄ ̄ ̄   \
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||              ||     .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

314 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 21:37:18 ID:DNh4ZSAU0
>>298
↓ここの「読み方」を見れば分かる通り
ラテン語も基本はローマ字と同じような発音みたいよ
若干の違いはあるようだけど
ttp://members.aol.com/Naoto10/latin/abc.html

315 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 21:45:17 ID:Mi2FZr+M0
>>313
おみそれしやした。

グルジェフは黒瓜を「利口なヴァカ」と評したそうだが、黒瓜はグルジェフをどう思ったンだろ。

316 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 21:54:05 ID:uBOZX7kw0
>>315
ウホッ いい男

317 :謎のゲイ魔術師:2006/09/12(火) 22:05:16 ID:aGlsy1LS0
>>316
若い頃のクロウリーはお仲間にもそれなりに需要はあるけど、
年取ってからはそうでもない。
デブ専には物足りないし、マッチョ専からは大はずれ。

そういえば、「オカルティストは太る」というジンクス、本当だと思います?

318 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 22:16:16 ID:uBOZX7kw0
おれはスマートだが師匠は確かに太ってた。そして糖尿だった。

319 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 22:21:43 ID:DNh4ZSAU0
「クトゥルー神話を読み過ぎると太るぅー」
という噂を聞いたw

320 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 23:36:43 ID:IoOCXwzV0
デブ クロウリー、フォーチュン、ブラバッキー
小太り レヴィ、ウェストコット、ノウィッキ
ムキ メイザース、パピュス
ガリ イエイツ、アラン・ベネット
チビ リガルディー

321 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 00:55:17 ID:/vDBvCrU0
      /\_/\
      /  。  。ヽ    うぅ・・・いいけど、
      |__*_∀__|   ,‐、   今日は、せめて10回までにしようね?
      ノ/|( i] リi]`レ”//    アゥーちゃん
      ヽゝ"ワ"ノ、o',i´)
      /  ヽ\ノ, ' , ' `、
     〈  〈 , ‐, ' , 'i`、_ノ
     ヽ/ ヽ   |__i           アゥー お兄さまはいい男なの
      / ヽ ノ / `、     .__ ,、     今夜もハァハァしたいの・・
     l // l!___/\      ヽ,ALiヽ    
     ヾ__ノ/  \ \     ,.' -─-ヽ     
      /  /゙    |_i    <i..iノリノ))))>        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /  /.    |_|     | !、゚ ー゚ノ|l!    ∧∧  | アヒャヒャ、いつも激しすぎるのう
     ./`、/     〈` ‐"ヽ   ノ,<,f_、><ノリ  ヽ(゚∀゚*) < 何事も中庸が肝心ぞえ 
    〈`、〈       ̄ ̄     くノl[__]_〉   (   )〜 \_______
     ヽ_)               し'し'     U U

322 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 17:44:00 ID:wZonuRsy0
けど翻訳を、という前にその手の洋書自体が入手困難なんじゃ・・・。

323 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 20:00:31 ID:+ag2TGQe0
>>322
洋書店で注文するしか購入できなかった昔に比べれば
今は洋書もネットでも買えるようになって条件は格段に良くなってる
(古書も探せるし)
ダウンロードして読める魔術書もあるし
とりあえず入手できるのから読んでけばいいと思うよ

324 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 20:01:33 ID:3S4L4uvP0
蛇の道はヘビゆうてな、いくとこいけば手に入るもんなんよ。
ただしゼニは必要や。あと、外為の動静に気ぃ配らにゃあかんぜ。

325 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 20:43:09 ID:wGX/Sy4w0
>>314
ローマ字読みでいいんだ。よかった。thx

326 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 20:54:43 ID:wGX/Sy4w0
そうかラテン語だからローマ字なのか

327 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 21:16:00 ID:82vCUTHJ0
Rは巻き舌な!

328 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 05:17:53 ID:7V8DfncY0
>>325
Vは「う」  J は「い」 だから、完全にローマ字読みで良い訳ではないからね。

329 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 06:48:25 ID:f59oec+20
昔の山城新伍のベープマットのCMは嘘だったんですね。

330 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 07:46:43 ID:PBh1ozGr0
>>323
ありがと。探してみる。

>>324
ゼニが無いから、無料で読めるトコをググろうかと・・・。
ネット初心者なんでプロジェクトテンプルなども知ったのはここ最近・・・。



331 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 11:35:39 ID:8ydzLx930
>>330
前スレに出てた魔術書を拾えるとこをまとめて転載しとく
ttp://mysteria.com/pub/culture/magick/crowley/thelema/crowley/Equinox/
ttp://www.hermetic.com/crowley/
ttp://www.esotericarchives.com/
ttp://www.chaosmatrix.org/
ttp://www.sacred-texts.com/
ttp://athenaeum.asiya.org/
ttp://www.gutenberg.org/


332 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 16:12:24 ID:PBh1ozGr0
プロジェクトグーテンベルグの間違いだった。すまん。

>>331
ありがたい。

333 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 22:08:53 ID:ucx+rYNj0
ありがたいけどいちばん下のなんかはどこに魔術関連が置いて有るのですか
カテゴリで分かるかとおもったらファイル形態みたいだし

334 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 22:32:15 ID:8ydzLx930
そっから探すのが通なんだと前スレで書いてたよ
ザノーニとかあるそうだよ

335 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 22:32:28 ID:95FS8pRC0
一番下のは一般文学作品でパブリックドメインに入ったのがやまほど
収納されとるわけよ。そんななかから魔術関連を探すのが醍醐味なわけだ。
とりあえず欲しい作品あるいは作家の名前をサーチにかけるよろし。
Algernon Blackwood, Rider Haggard etc いろいろあるよ。




336 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 22:38:43 ID:8ydzLx930
まあ、上から6番目までに入ってるとこの魔術書だけでも読むには何年分もあるだろ
それ読んでるうちにまた新たにネットにうpされるのもあるだろし
焦んないで読めばいいさ

337 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 09:10:31 ID:wrntqcZk0
英文科ってラテン語かギリシア語必修じゃなかったっけ?

338 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 10:54:42 ID:wrntqcZk0
ヒトラー・ユーゲント出身のローマ法王がイスラムを敵に回したようで。
ヨハネ=パウロ2世の苦労が一瞬にして水泡に帰しましたね。

339 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 11:53:10 ID:R0/aU3lM0
水の泡になったのは、ヨハネ=パウロ2世どころかヨハネ23世からの努力がだよ・・・

現教皇、枢機卿時代に仏教の悪口も言ってたし。

なんでこんなのを教皇に選んだのやら。

340 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 12:07:13 ID:kLl/0eCJ0
>>335
一番したのはそういうとこなんだ。古典の書名や著者勉強するとこからだな。
上のから読んでいくか。

341 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 18:57:33 ID:6QsbjKyC0
老師の西洋魔物図鑑でルシファーに通じた天使がまだ神サイドにいるようだ、後の行動からするとガブリエルが怪しい、
と書いてあったけど、マホメットの前に現れて啓示したことなんかがそうなのかな。対抗勢力を作るためにとか。
おれはこういう問題はエホバ教内のゴタゴタだと思ってるけど、イスラム教はエホバ教の仮面を被りつつ、
東洋=南方民族系の霊的潮流を引く継ぐもの、って解釈もあるみたいだな。

342 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 19:40:34 ID:wrntqcZk0
宗教は大衆の阿片である

343 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 21:20:07 ID:CnRyq5to0
>>342
そう言い切ったマルクス主義が当に科学の皮を被った宗教以外の何物でもなかった、
という歴史的事実を鑑みるに、「人間は宗教的生き物である」とつくづく思うな。

344 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 21:29:11 ID:lagPDKCo0
阿片よりも女の子とアハ〜ンした方が楽しい

345 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 21:57:20 ID:wrntqcZk0
ベネディクト16世はイスラムを批判する前に韓国系キリスト教カルト「摂理」を批判しろよ。

346 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 22:00:32 ID:kFRtxqp70
阿片とアハーンこれ最強

347 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 22:06:44 ID:N/Ja61uK0
オシリスのアイオンの宗教もなかなか死なんな
一人一人が神になるのまだー

348 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 22:27:14 ID:/T07MGST0
ひとりひとりがカモになるのだ

349 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 22:51:31 ID:scwsssJ10
ケイト・ブッシュか

350 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 01:10:02 ID:Oyhg2SyP0
>>346
阿片、あへん、あへーーーーん、

      ∧∧     ∧∧     ∧∧    ∧∧    ∧∧    ∧∧     ∧∧
アヒャ━━(*゚∀゚)━━(,*゚∀)━━(  *゚)━━(   )━━(゚*  )━━(∀゚*,)━━(*゚∀゚)━━ン!!! 
     と  つ   /  つ     l  、)   と  |    ⊂ 〈   r 、  ⊃   と ⊂)
    〜(_,,つ   〜  〈     〜  )   /  〜  と  〜   ヽ、_ノ〜   〉  つ
       し'    (/"ヽ)    (,/し'     し"ヽ)    し'     (,/      .し'")


351 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 01:11:16 ID:Oyhg2SyP0
阿片とアハーンより、アヒャーーンこれ最強


352 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 02:37:11 ID:5VXdqtAX0
結論「大衆は宗教よりもアヒャーーンを求める」

353 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 21:23:38 ID:NBj33xsn0
O.T.O発行クロウリー直筆サイン入本
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f46548370



354 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 22:22:23 ID:5VXdqtAX0
誰かホムンクルスで「新造人間アヒャーーン」でも作(ry

355 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 23:26:17 ID:H2j33sEy0
>353
んー? 112? 161?

356 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 00:39:39 ID:KsxsdJO10
         ♀              ♂
       (   )   >>354     (   )
       |  |  アヒャヒャヒャ...   | |
       |  | ホムンクルス.も   | |
       |  | よいものじゃぞえ.| | フラスコの中って
       |  |           | |  狭くて暗くて
       /('リ))\          / ∧∧ ジメジメしてて
     / ) *゚ ∀゚ノ \      /  ('∀゜)\  落ち着くね。  
    / (⊂∪∪⊃  \   /  ∈ノ( ヘ ヘ  \
   (   ●●●●   )  (   ●●●●●   )

357 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 08:01:49 ID:4rDjSD/X0
ホムンクルス=小人ってイメージもジャパニメーションの所為で吹き飛んでしまった感がありますね。

358 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 09:04:03 ID:KsxsdJO10
>>353
すげえな。
よくこんなの出てきたなあ。
生田耕作先生の旧蔵書でもあるのか・・・
今の価格だったら貯金おろしてでも買いだが、これからつり上がるんだろうなあ。

359 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 10:18:50 ID:f6vv9w9L0
生田耕作が生きてる頃から息子が勝手に親父の蔵書持ちだして
東京の古書店に売ってたのはその筋では有名。
それを目の玉が飛び出るくらい高額で派手に売ってたO書店の店主が
気の毒なことにある夏モチを咽喉につめて孤独に死んじゃったのも有名な話。
身寄りのなかった店主が大量にかかえてた在庫の稀覯書は何処逝ったのかなあ…


360 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 22:29:29 ID:9DZm1Ve90
ttp://www.abebooks.com/

↑ここで探すと、同書の値段は500ドル。日本円で五万八千円から九千円ってとこ。
ヤフオクでの希望落札価格120,000円は、適正価格を知らない日本の購入者をちと
馬鹿にした、高すぎるものじゃないか!?
まあ、古書ってのは、状態によって価格はかなり差があるものだけど・・・。
12万円は高すぎると思う。
どうしても欲しい人は買うだろうけど、こんな価格で購入するより、海外の古書サイトで
探した方が、絶対にお買い得だと思うな。

361 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 22:34:19 ID:9DZm1Ve90
クロウリーのサイン本なんて、実はそんなに珍しいもんじゃないよ。
騙されて、高価で購入するのは馬鹿らしい。
海外の古書サイトを探せば、結構見つかるよ。

362 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 22:35:59 ID:Q4YaGb9X0
>360
オマエ不注意すぎ。
ABEで出ているやつは「サインがない」と明記してあるだろうが。
ヤフオクのやつのサインがホンモノだとすれば12万は無問題。

363 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 22:45:33 ID:9DZm1Ve90
そりゃ、サインに対して五万や六万を払いたい人には良いだろうさ。
そんなの、主観的な価値観だからね。
でも、サイン本ってのは、The Fun of the Fairに限られた訳じゃない
し、12万円を無問題と思うなら、あんた買えば?
俺なら、12万も払うなら、The Fun of the Fair以外のサイン本を探す
けどね。

364 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 23:18:05 ID:nKhQ2PeQ0
ABEで探してみたが、一番安い署名本が2000ドルでOTO発行の100部限定本。
日本円で23万。同本を2900ドルで売っている所もある。
12万で署名入ならかなり安いと思うが。

365 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 23:42:51 ID:KkZt0KnT0
重要なのはコンテンツってデジタル思考型の魔術師って少数派なのかな?

366 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 23:47:35 ID:f6vv9w9L0
オークションの偽造サイン詐欺でしこたま儲けて家買った奴の話を聞いてるんで、
まあ皆さん、悪い香具師に騙されないようにw


367 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 00:37:51 ID:9dGB0YGT0
     /\_/\    姉様、春秋分点って、
    /  。  。ヽ     キタキツネから感染する寄生虫?
    |__*_∀__| /ヽ   
   ノ/|( i] リi]`レヾ” )ノ      __ ,、 アゥー   
   `ヽゝ"ワ"ノ/´フ        ヽ,ALiヽ,     アヒャヒャ、
   〈/ ヽ\ノ/ _/          ,.' -─-ヽ     それはエキノコックスじゃ。
 _ / / `||´ |  _      <i..iノリノ)))) >       .∧∧
\   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \     `ノl !_゚ ヮ゚ノl!つ       .(*゚∀゚)ノ
 ||\            \  .___( (i/wk ノ___  .___〜(   ) ___
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄  ||\ . ̄ ̄ ̄   \ ||\ . ̄ ̄ ̄   \
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||              ||     .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

368 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 14:38:43 ID:ATTwj9hm0
だれか>353の件をラシュタルあたりにタレこんでみんか?

俺はそのためだけにレジスターする気が起きん。

369 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 11:04:00 ID:MQNtk4DT0
>364がいっていたOTO発行のサイン入100部限定本2000ドルが消えている。
昨日はあったが売れたのか?

370 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 11:44:27 ID:95L4HC5a0
>>369さんのID:MQNtk4DT0の末尾、
「DT0」を見て即座に、
「DQN Templi Orientis」の略ではないかと思った件についてw

371 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 11:58:44 ID:74zCxy170
>369
あの Thumbs Up! てのは本とも呼べん小冊子。
クロウリーのサイン本のなかでも最低クラスなんだがそれでも2000ドル。
メインワークのサイン本なら5000ドルオーバーだよ。


372 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 14:06:09 ID:HKYHTMla0
>>370
あながち間違っていないなw
特にクロウリー存命中は。

373 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 22:15:16 ID:7gKQPbDc0
黒瓜ファンか、生田ファンか、それが問題だw
生田耕作といえば、稀覯書マニアの生態小説の翻訳でも有名だよな。

374 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 00:00:20 ID:yZiqznVQ0
他人の買い物なんかどうでもいいっしょ
それより秋分儀式だ。

375 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 01:01:54 ID:9ZtRZ1qc0
>>367
秋分の日にエキノコックス。
ワラタ

376 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 07:55:49 ID:C3n1J0R40
素人の質問です。
夏至や冬至の儀式はないのですか?

377 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 10:54:01 ID:FHARifsB0
流派によって異なるのです。
やるとこもあればやらないとこもある。

378 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 15:56:29 ID:wzJf5nXHO
〉〉359

それなら、IOSのホームページにある。
それによると、春秋分点儀式は48時間以内に行わねばならず、夏至と冬至の儀礼は内陣のみがやっていたらしい。

同ホームページに冬至の個人儀式もある。


379 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 20:10:40 ID:hvMweCQu0
     /\_/\    姉様、秋分の日の儀式で
    /  。  。ヽ     なにかスキャンダル起こったの?
    |__*_∀__| /ヽ   
   ノ/|( i] リi]`レヾ” )ノ      __ ,、 アゥー   
   `ヽゝ"ワ"ノ/´フ        ヽ,ALiヽ,     アヒャヒャ、
   〈/ ヽ\ノ/ _/          ,.' -─-ヽ     それは醜聞の日じゃ。
 _ / / `||´ |  _      <i..iノリノ)))) >       .∧∧
\   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \     `ノl !_゚ ヮ゚ノl!つ       .(*゚∀゚)ノ
 ||\            \  .___( (i/wk ノ___  .___〜(   ) ___
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄  ||\ . ̄ ̄ ̄   \ ||\ . ̄ ̄ ̄   \
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||              ||     .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

380 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 11:36:25 ID:DAZr6CKN0
>>365
伝統と格式の世界ですから

381 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 11:46:38 ID:cOIhcwrI0
>>380
実存と具体の世界でもある

382 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 15:09:59 ID:T58m/8Lk0
48時間というのは、秋分なら当日の日没を起点にして?

383 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 20:50:21 ID:vG6Si3++O
>382

前後48時間以内だったと思う。

だから、今夜0時と受けとったが、、

ついでに拙僧は今日夕方済ませた。


384 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 21:54:18 ID:UljBju2r0
>>382
秋分点、即ち黄経180度に太陽が達した瞬間だろ。
ここ↓見て計算しる
http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyomi.vis.ne.jp/reki_doc/doc_0330.htm

385 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 22:16:18 ID:DbFHkPB40
暦だと23日の13時03分ですね

http://golden-ml.hp.infoseek.co.jp/papers/rituals/kirihari.htm
ここみて春分と夏至やったけど、悪い夢みたり、トラブル起こったりしてなんか嫌な感じ。
やっぱ欠陥ある?

386 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 22:40:53 ID:UljBju2r0
>>385
この程度のレベルの儀式が原因でトラブルとか起こる訳ないよ。
「生まれ無き者」だったら精神的に結構クル(1日に何度も出来ない位消耗する)けど、
それ以外なら普通は大した事は起こらない。

もしも儀式が原因だとしたら、魔術的象徴をもの凄く変に扱った、みたいな
ショボイ理由か、或いは潜在していた他の問題が出てきたか、
位しか思いつかない。

387 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 00:14:29 ID:3LvaHQ7w0
てかLINKまで貼って他人のせいみたいに言うなよな

388 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 01:34:40 ID:FYtXglz+0
>>379
座布団1まいw

389 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 09:43:23 ID:nKl3D7+K0
単純に四季儀式ってほんとにああいうものでもいいの?
実は凄い間違いみたいなのあったりしない?というのは初心者なので気になるところ
自分で儀式考えるときの参考にもなるし。

390 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 11:38:09 ID:b7bTsnS00
>>389
無い。というか簡略化され過ぎてて間違えようがない。
一番簡単な方法
LPBR-火と水の浄化聖別-春秋分に関する瞑想-LPBR
位なら誰にも間違えようがない。
(このレベルで変な事をやる人は魔術のセンスが0だと思った方が良い。)

それ以上の事をやろうとするならば相応の知識とセンスで
足りない所を埋めていかなければならないけど、
普通に色々な魔術本を読んで勉強しながら実践している人なら
大きな障害はないと思う。

391 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 12:02:20 ID:0GTM0UUj0
一から学ぶのにオススメの入門書ってある?

392 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 12:52:17 ID:eKy88gEO0
>>391
WEバトラーの著作は避けるべし。

393 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 13:28:07 ID:b7bTsnS00
>>391
W.E.バトラーの著作がベスト。

394 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 14:10:20 ID:Ihg7nFEz0
>>391
ということだそうです(笑)。何を学びたいかもう少し説明してみてはどうか。

395 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 16:03:37 ID:eKy88gEO0
本当の基礎の基礎から学びたいなら、Web上に良い資料がいくらでもあるのに。
殆どのサイトは更新が止まっているけど。
それを思うとウジュパ老師って本当に凄いよな。

396 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 16:12:27 ID:QLRXkp6Y0
>>365
ケイオス系にならいそう

397 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 16:35:25 ID:H90OZw/30
>>389

 初心者は間違いがあろうが無かろうがわからないんだから、
初めはそれに従うべし。

 そのうち、これだけは譲れんというのが出てきたら、
考えればいいこと。

 儀式を自分で構築できる人は、
すでに初心者ではありません。

 謙譲の美徳はすばらしいが、
おれにも儀式の構築の仕方教えて・・・ort


398 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 18:38:14 ID:oKJDH7tT0
地元のお寺さんの法要や教会の日曜ミサなど、結構無料でみれる儀式はたくさんある。
今時ラマダンにだって参加できる。
マジで参考になるぞ。参考というか、探しているものそのもの。
誤訳と誤解と衒学にまみれた翻訳本のほうが、町内のお寺さんの行事よりもリアリティがあるってんなら
その時点で自分の魔術のセンスをあきらめたほうがいいよ。


399 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 20:17:31 ID:b7bTsnS00
>>398
> 誤訳と誤解と衒学にまみれた翻訳本のほうが、町内のお寺さんの行事よりもリアリティがあるってんなら
> その時点で自分の魔術のセンスをあきらめたほうがいいよ。

魔術を5年位やっててもまだアホな事を言う奴へのアドバイスとしては最適だな。
特に「お前に魔術は向いてないから諦めろ」と引導を渡す前段階としてはw

でも右も左も判らない初心者にはちょっとキツイ台詞だと思うよ。
何がリアリティか?って事が判らないんだから。

400 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 21:13:00 ID:vMD7X57l0
日本でも誤訳と誤解と衒学なしに原書が読める奴なんて、実はほとんどいなかったりする。
他人の訳を批判するのは簡単だが、いざ「じゃあ、てめえが訳してみせろや」と言われるとまるでさっぱりw
どっかのコーヒーのCMみたいになw

黒瓜も「老子」や「易経」を誤訳と誤解と衒学だらけで解釈した。
メイザースもカバラ文献や古典魔術書を誤訳と誤解と衒学だらけで解釈した。
にも関わらず、彼らは天才だった。

要は、実践に基づいたリアリティを使いこなすセンスだろう。
それでカバーできるってこと。
そういう点では、身近な宗教の儀式はためになる。

401 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 21:18:22 ID:whVsZdd00
あと、地元や帰省先の田舎のお祭りに積極的に参加して
汗まみれで神輿をかついてドツき合うのもなかなか楽しいぞ
どんな田舎のしょぼくれた神社の祭りでも、
それなりに『秘儀』っぽい儀式を見ることができるからなー
祝祭空間の中に身を置いて、豊饒を祝うハレの雰囲気を直に肌で味わうのはいいもんだ


402 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 22:38:03 ID:b7bTsnS00
>>400-401
逝ってる事には同意。

ただ、「魔術におけるリアリティ」なんて
言葉で説明するには本一冊分以上の論議が必要な話を
いきなり初心者に理解しろ、というのは無理。

以下、「魔術におけるリアリティ」身につけ方のもの凄く大雑把な解説。

魔術修行ではモノの見方や感じ方を一から作り直すので
修行以前とはリアリティが異なる。

某入門書で、魔術修行者は寺や神社に逝かないように、
みたいな事を書いてある本があるけど、あれはあくまでも
本当に右も左も判らない初心者の段階での話。

赤ん坊が色々な事物を五感で感じ、気持ちよい事や嫌な事などを
経験したという記憶の積み重ねが通常のリアリティの基礎になっている。
それと同様に、魔術的な見方や感じ方が身に付いた後で、
出来るだけ色々な場所に逝って実際に体を動かして沢山の事を
しないと魔術的感性に基づいたリアリティは身に付かない。

早い話、本を読んで密室の中で魔術儀式を何万回繰り返しても
魔術の善し悪し見分けるようにはならない。(善し悪し以前に頭がおかしくなる。)
魔術におけるリアリティが判らないからだ。

生命の木をちょっとでも使えるようになってきたら、
「自分は初心者だから」みたいな妙な謙遜はゴミ箱に捨てて
色々な事を実際に魔術的視点から体験してみよう。

>>401みたいに色々なお祭りに参加するのも面白いよ。

403 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 23:55:32 ID:vMD7X57l0
そうだね。
同時に伝統的な知識を無視してもよくない。
知識は多ければ多いほど良いのは、魔術に限らず、あらゆる分野で言えること。
ケイオスの人たちも本格的な人と話すと、すごく博識だったりするw

ただ魔術は実践のための体系である以上、机上の空論で終わっちゃ本末転倒ってとこ。

神秘主義者の道を進むのも一つの理想だろうが、魔術師とは異なる道。

404 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 00:19:17 ID:CjZeyCHs0
>>403
グルジェフだっけ。魔術師、神秘家、あとふたつの道ってなんだっけ

405 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 00:22:14 ID:R+h+lDNF0
 寺や神社の祭式なんて、
魔術を始めたいなどという動機ができあがる以前に
さんざん見てきてるものだと思うが。

 まぁ、LRPのような一番簡便な儀式ですら、
書斎だけでは厳しいことはしっているが、
まさか、今から100年前のGDを探して入門しろってのはムチャだろ。

 まぁ、去年道祖神の移動を神主が儀式でなにやらやってるのを
見たのは勉強になった。
だから、書籍だけじゃなく、、、って理屈もわかる。

 師匠に就いて学べってってのは、真だとおもうか?
正直、どこの結社もいれてくれそうにも入れそうにも思えない。
どうすればいいと思う?


406 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 00:33:23 ID:CjZeyCHs0
上でもいわれているように、魔術的リアリティとは新たなまなこで世界を見つめ直すこと。
メーテルリンクの青い鳥は結局どこにいたか。
ここ以外のどこかにそれを探しているうちは、得心など得られんて。
それもまた必要な旅程ではあるが。

407 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 00:42:54 ID:CjZeyCHs0
師は必要な時に出会う。これは真。
これが信じられないなら、魔術には縁がなかったと悟って別の道へ邁進するが吉。

408 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 00:52:09 ID:R+h+lDNF0
>>405

 己心の外に法なしってことでしょうか?

 と、いうことで、
>>407 は、どこかの結社員である。、と自爆してるわけだが。

 で、師匠が何年もみつからず、
それでも諦め切れずに一派開いたヤツってどう思う?


409 :408:2006/09/25(月) 00:54:03 ID:R+h+lDNF0
>>405 ×
>>406

失礼。





410 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 01:10:15 ID:CjZeyCHs0
>>408
自爆もなにも、そんな大したものではないよ。まずその幻想を打ち破るべきじゃないかな。
一派開くのは多いに結構。最初のメーソンは誰が参入させた?

ぶっちゃけいえば、現代に於ける結社の意義とは深淵なる秘密の保護者でも超絶的な神秘体験でもない。
人間に想像できる最上の、というか理想的の「絆」を追求することだ。
子供の頃に「仲良しの誓い」を結んだことがあるか?
損得勘定を超えて、喧嘩しても疎遠になっても嫌われても、それでも繋がっている誰かがいるか?
そういうものごとが、結社の本質だよ。そしておれが思うに、魔術含めあらゆる神秘思想のいきつくところだ。

友を持ち、人間を愛し、この世界と関わりながら、その未来に参画しようという意志を持つ人に、
類は友を呼ぶ法則で、出会いが約束されるのだよ。

411 :408:2006/09/25(月) 01:18:20 ID:R+h+lDNF0
>>410

 気分を害されてしまったようで、
申し訳ない。

 若者らしい、素晴らしい意見が聞けた。
ありがとう。

 もはや、結論は結論は出た。

 日本の未来は、まぁまぁだと思う。


412 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 01:24:16 ID:CjZeyCHs0
>>411
別に気分は害してないけど。
おれが若者かどうかはさておき、衒学商売のツケはきちんと清算していかんとな。
未来に対する責任だよ。

413 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 03:27:43 ID:M9Mh1aJ60
>で、師匠が何年もみつからず、

違ってたら申し訳ないが、師匠になりそうな人が信頼できなかった
ってことじゃろうか?弟子になるんだったら、師匠の言うことは、
うだうだ考える前にまず言われた通りやってみる、という覚悟がい
るのだと思う。信頼できんかったら、確かに無理なんだが。

#なぜ、信頼できんかったんかな?

414 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 07:32:58 ID:jTpdA91s0
師匠にも選ぶ権利があることも忘れずにな。

415 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 07:53:11 ID:LyOYXYmk0
師と出会えないのは悲しいだけで済むが、邪師と出会ってしまうのは恐ろしい。
東洋の伝統的占いには、「選師占」というのがあるくらい。
弟子も師を見極めなければならない。

日本にも極端な例があるしな・・・

416 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 09:34:26 ID:jR+l+2Ug0
>>415
クロウリーみたいなややこしい師匠もいるし。

筋の良い弟子・・・おお、此奴は見所がある。俺様がアドバイスするだけでどんどん伸びていくな。
           あとは人格を鍛えてやるのも師匠の勤め。此奴の弱点を日々ネチネチと虐めてやるか。

筋の悪い弟子・・・何だ此奴は?!俺様が高度な冗談も交えて色々とヒントをくれてやってるのにちっとも
           理解しようとせんじゃないか。こんな受け身の奴じゃこれから先どうしようもないぞ。
           ちょっと無茶を言ったり金を搾り取ったりして、怒りによって此奴の自主性を目覚めさせてみるか。
           天災を与えて人を鍛えるのが神の役割なら人災を与えて人を鍛えるのが師匠の役割だ。
           それで俺様がイイ思いをしたとしても、それは天の配剤というもの。それが運命だ。

クロウリーは関わる事自体が災難になるような人ですが、
「人間としては最低だが魔術の師匠としては最高だった」
とヨークもリガルディも言ったそうな。

でも現代ではこんな師弟関係は成立しないでしょうねえ。

417 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 12:05:58 ID:dPBO6C1o0
前の話題だけど勉強したり自分で考えたりして、実際に密室で何万回も儀式やるのが魔術、でいいんじゃないかなぁ
結局それしかないのでは。
リアリティーがどうこうやいろんな体験しようって言われてもなぁ

418 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 12:09:49 ID:R+h+lDNF0
>>385

 上記の発言が勢いで見落とされてしまった。

 悪夢や

419 :418:2006/09/25(月) 12:15:55 ID:R+h+lDNF0
 失礼。
送信してしまった。(誤爆)

 悪夢やトラブルがおこるとのこと。

 どう思う?

 私見を述べれば、件のページを見たが何も無かったような気がする。
各方位のイメージが極端にゆがんでいなかったか。(誰か各方位の象徴一覧Up希望)
他の作業が原因ではないか。
まったくの気のせいか。
はたまた誰かが言っていたように、

 もし、継続的にあるようだったら、、、。


420 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 12:18:00 ID:jR+l+2Ug0
>>417
それだけだと結局「魔術=自己欺瞞」にしかならないよ。

「自己欺瞞で結構。それ以上は必要ない。」という事であれば
好きにしたら良いと思うけど。

421 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 12:28:07 ID:dPBO6C1o0
グルジェフ的な日常生活を覚醒するための修行としたり、禅の悟りを得た後山を降りて日常に戻るというのはそれはそれであるけど、
何が魔術かといえば、魔術の儀式や瞑想しかないのでは。
自己欺瞞という決め付けが引っかかるんだよなあ。
欺瞞もなにも所定の魔術をおこなって所定の効果がでる以上のことも以下のこともないわけで。

422 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 12:33:10 ID:CjZeyCHs0
悪夢程度を笑って流せないなら魔術なんぞ手を出すな
トラブル?起こって当たり前じゃねーか。なんにも起こらないことを目的に魔術などせんだろ。
気が狂ったり人死がでたり、最悪の自体はある程度覚悟の上でやれ。
嫌ならやるな。

423 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 12:41:59 ID:jR+l+2Ug0
>>421
所定の効果って何?
「所定の効果がでる以上のことも以下のこともない」
ってどうやって確認するの?

LPRBを例にとって説明していただければ幸い。

424 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 12:50:28 ID:CjZeyCHs0
>>421

所定の魔術を行って所定の効果がでる以上でも以下でもない、というのはある意味正論だと思うが、
魔術師という生き方は、ただそれだけ以上のものをも内包することだってあるだろう。
また「生まれなきもの」のような魔術は、その背景となる人生体験・人生哲学の深度がなければ全く不毛な戯言でしかない。

ケイオス流のシジルマジックや道教の呪符などは「ただそれだけ系」の最たるものだが、
それだって鍛錬はある。鍛錬あるところ、思想が生まれる。

要は、魔術からどんな「人生」を生み出すか、という視点を持てば、
儀式と瞑想だけでOKなんて話にはならんのではないか。そういう魔術人生も否定はしないが、
おれはそんなもんはご免被るね。

425 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 12:52:54 ID:dPBO6C1o0
そこに突っ込むのは話がズレると思うけど、
魔術は英語の家庭教師なんかにかいてあるみたいなことになればいいんじゃない。
団に入ってるなら先輩に聞いたりみてもらったりするのかなぁ

426 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 13:14:38 ID:jR+l+2Ug0
>>425
「英語の家庭教師なんかにかいてあるみたいなことになればいい」
そぉ?

あの本に書いてあることだって、所定とは言い難いとは思うけど。
天使が動き出したり、とか、幾何学的模様を見たり、とか
人によって違う、って書いてなかった?

団の先輩に聞いたって「オレの場合はこうだった」ということ位しか
答えてくれないよ。
特に高度な作業になればなるほど、個人差は大きいよ。
それが「所定の結果」だと、誰が判断できるの?

上で議論しているリアリティの問題って、まさにこういう問題なんだけど。

427 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 13:26:54 ID:dPBO6C1o0
そんなこと言い出したら独学でも団に入っても何もできなくなると思うけど。

なんかよくわからない議論だ。首つっこんですみません。

とりあえず密室で本読んで、魔術やってる人、ってイメージがあって、
それが何か感情的に嫌われていて、叩くためにいろんな話しを持ち出している、というような印象を持った。


428 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 13:30:07 ID:dPBO6C1o0
じゃあ話を戻って神社や寺に行って祭りみてたからといって>426のことがどうにかなるかいうとそれも言えないと思うけど。

429 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 13:52:58 ID:jR+l+2Ug0
>>428
やり方にもよるが、どうにかなる。

上にも書いたが、魔術的感性を得た後で、例えばお払いやお祭りなどの宗教的儀式を見てみると、
今までは感じられなかった、儀式中に得られた感覚と非常に近い印象を受ける時がある。

それは宗教儀式だけではなくて、例えば炎の揺らめきと暑さとか水の手触りとか、
そういった非常に感覚的な事も、元素霊の召喚の時に感じられた事が再度認識されたりする。

そういう、外界からの魔術的感覚を魔術の経験の記憶にフィードバックしていくと
自分の中に、ちょっとした思いこみなどでは簡単にブレない『実感』が出来てくる。
定期的に外界の情報を認識しなおせば、忘却による実感の『喪失』を防げる。
これが、自分自身の中の体験のリアリティの元となり、
作業の善し悪しを判断する上での材料になる。

こういう外界からの魔術的感覚について考えていくと、
自分の魔術的感性と外界との関連がぼんやり見えてくる。
例えば芸術作品にそういった感覚を表現するのはもっとも良くある
魔術的意志の表明の手段でもある。

(偉そうな事を書いているけど、神秘的な事は何も無いよ。
 ただ、言葉で表しにくく表面に出にくい感覚を扱える、というだけの話だ。)

それを>>424が言うように人生において応用するか、或いは己の儀式部屋の
中に留めておくかは、その人の考え方次第だと思う。

430 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 16:31:24 ID:R+h+lDNF0
>>421

>何が魔術かといえば、魔術の儀式や瞑想しかないのでは。
>自己欺瞞という決め付けが引っかかるんだよなあ。

 人は見つめる対象を見て初めて己を知る。
そんな言葉を聞いたことがあります。
 あとは、自分で決めます。
ときには、苦しい要求を突きつけられることもありますが。。。

>>429 サンクス

 今日、午前も午後もカメラつき携帯と水とタバコを持って
散歩に出かけました。
 テレビだけ見ていても、歩道のない狭い道を猛進するトラックの実感は確かに
わきませんでした。


431 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 18:21:10 ID:dzeYCn560
  ∧∧        
 (* ゚∀゚)  アヒャヒャヒャ          
 ノ  ̄) ̄)   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::
(  )ノ~)ノ .. __   ::::::::アヒャヒャ:::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ) ノ   |_自己欺瞞_|   .∧ ∧  . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::
 V     /:彡ミ゛ヽ;)ー、 ..(゚∀゚* )  . . .: : : :::::: ::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i  ∪∪.ノ . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l    V . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ 


432 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 21:07:27 ID:/Mp3pzy60
別に立場の違いって事でいいんじゃないか?
俗を切り捨てる禅宗と、俗を許容して取り込む密教が並立してるように

大体自己欺瞞なんて言ってたら切りが無いような気もする
魔術の象徴体系からして仮定された公理系のようなものなんだから
そもそも魔術自体欺瞞で、「その欺瞞を認識した上でどれだけ信じきれる」かが問われてくる
本人が信じきれていれば最終的には背景は個人的好みの問題にしかならないと思う

433 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 21:22:20 ID:3jzqO2vZ0
>何が魔術か

変化をもたらすことじゃないかと。自分にしろ、外界にしろ。
魔術をやることで変化があったのなら、その魔術ライフは有意義。

#変化はおそらく客観的に判断可能だよね?魔術名を決めるときとか、
#自分の意志の在り方を確認しているはずだから。

434 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 21:49:06 ID:CteoD0u50
>>432
それはそれで一つの考えだが、魔術の象徴体系を構成する公理の中には
実在のモノとか自然の法則とか作られた当時の時代精神とか
象徴の裏にある前提条件が沢山入っている。

で、例えば他者に影響力を及ぼしたい、などという場合は
そういう前提条件の部分が、欺瞞とは完全に言い切れない
他者も感じる共通の部分として大きな力を持ってくる。

そういう部分の有効性を考える上ではリアリティの問題は重要。

ラーメンで例えてみよう。

ラーメンの味が千差万別なのはラーメンの味に正解が無いから。
だから世の中には俺流ラーメンが沢山ある。
その中には行列の出来る旨いラーメンもあれば
客が怒り出す位不味いラーメンもある。

魔術は、同じように正解の無い『自分の統御』という課題に答えを見いだす
為に何代か続いた老舗のラーメン屋みたいなものだ。
伝統の味を守る人も居れば新しい味を求めて伝統から逸脱する人も居る。

「本人が信じきれていれば最終的には背景は個人的好みの問題にしかならない」
というのは、結局、自分好みのラーメンが作れればそれで良い、という事だと思う。
でも他人を感動させる旨いラーメンも作れなくはないと思うよ。

435 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 22:04:47 ID:0dQKPaX+0
もう何がなんだかわけがわからない。
元々の議論がいろんな話がごっちゃになってると思うし。
日常のあれこれをコレポンさせるのも魔術修行の一つだけど、それと神社や寺の儀式に親しむのが有益ってのとは別だし、
そうしないと魔術的リアリティ(というのもよく分からないし)が得られないとか、
そうしないと霊的知覚が発達しないとか、それは全部別の話でしょう。


436 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 22:35:26 ID:CteoD0u50
>>435
違うレベルの話ではあるが完全に別な話でもない。
簡単に分けると

個別性|実践レベル 初歩←           →ハイレベル
-----+========================
共通 | コレポン  霊的知覚
    |            魔術的リアリティ
    |
個性 |                      神社や寺の儀式に親しむ

みたいな感じかな?

コレポンと関連する瞑想、および霊的知覚の為の諸訓練(幻視など)が基礎にあって、
更に色々な経験値が貯まってくると、その人ならではの魔術的リアリティが確立してくる。
(人間は一人一人脳神経の発達が異なるので、違う人間が全く同じリアリティを持つ事はできない。)

そういう個別の魔術的リアリティを元に他の体系を眺めてみると、
個人的に応用面で色々と得るモノがある、という事じゃないかと思っている。

437 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 22:37:07 ID:JChiGPJD0
>>431
  ∧∧        
 (* ゚∀゚)  アヒャヒャヒャ          
 ノ  ̄) ̄)   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::
(  )ノ~)ノ .. __   ::::::::アヒャヒャ:::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ) ノ   |_自我インフレ_|   .∧ ∧  . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::
 V     /:彡ミ゛ヽ;)ー、 ..(゚∀゚* )  . . .: : : :::::: ::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i  ∪∪.ノ . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l    V . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ 

438 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 23:35:40 ID:3jzqO2vZ0
>>435

横から割り込んで混乱させたら申し訳ないが、、、

コレポンって、連想を利用していろいろ覚えたり、あれこれくっつける、
単なる頭の体操だと思ってないかい?

覚えることも重要だけれど、それらを結び付けている言語を通して認識
される以前の概念を理解することの方が重要。

さらに言うと、それを思索の結果として把握するのではなくて、見たり
聞いたりすることの延長線上で「知覚」できるようにするのが、諸兄の
言う魔術的リアリティを獲得することなんじゃろう。

ただ、そのためには事前に儀式や瞑想などで単純な象徴に触れてそれが
どんな感覚をもたらすかを体験しておくとわかりやすい。ということで
はないかと。

#ラーメンを語る前に、塩と胡椒ととんこつスープの味ぐらいは単独で
#味わって理解しておきたい。

439 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 23:39:29 ID:4lDAvOxm0
神仏を敬いこれを頼らず、など、スピリチュアリティの文化的側面を一切排除した地平にも、
「ああすればこうなる」の体系としての魔術、はあり得るだろう。が、しかし、
それは数学や諸々の自然科学とはやはり異質な、ひいき目にいって人文科学に類するものなので
文化的な側面や実践に伴う倫理の枠組みをのぞくと、まったく貧弱な骨組みしか残らんだろう。
そうやって抽出された「ああすればこうなる」のシステムも、歴史と人間心理の発達、すなわち「文化」と
切り離す事のできない「象徴」というものに依っているのだから、数学の定理のようにそれ自体を取り出すことはできない。
よしんばそれらしい「原理」を抽出したとしても、それは現実の世界とも実践者の人生ともなんら関わりを持たない、
つまり「毒にも薬にもならない」ものでしかない。

であるなら、人類にとって考証に値する魔術とは歴史と時代精神、人類の文明との関わりにおいて捉えるべきもの、といえ、
ゆえに、密室での儀式だけではなく、日々の世界へのまなざし、関わりこそが、必要不可欠であるといえるのではないか。

それぞれ別の話に切り出せるほど、魔術とは理路整然とした体系ではないのだよ。
日々刷新される人間なるものという概念、それが生み出す時代精神、文化、芸術表現、
それらが渾然一体となった大きな広がり全体のなかでしか、魔術的なるものは見えてこない。
のだと思うよ。

440 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 23:52:49 ID:4lDAvOxm0
マントラとは「音」なのか「意味」なのか。
純粋に音であるとすれば、密室で生まれたての赤ん坊が唱えても機能する。
が意味であるとすれば、その語句の背景や現在時点における術者の言語基盤、生活体験を伴わないと機能しない。
さぁ、どっちだと思う?

実践すればわかると思うが、それは音であり意味でもある。
なんでそんなへんてこなことになるかといえば、まぁ自分で考えて。

441 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 00:10:51 ID:K6tGcZdi0
>>438
判りにくい話を簡略にまとめていただきありがとうございます。
そういう事だと私も思います。

442 :436:2006/09/27(水) 00:16:08 ID:K6tGcZdi0
>>441の訂正
> 判りにくい話を簡略にまとめていただきありがとうございます。

(正)わかりにくい話を簡潔にまとめていただきありがとうございます。

443 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 08:08:08 ID:YAINa96v0
  ∧∧        
 (* ゚∀゚)  アヒャヒャヒャ          
 ノ  ̄) ̄)   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::
(  )ノ~)ノ .. __   ::::::::アヒャヒャ:::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ) ノ   |_疑似科学_|   .∧ ∧  . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::
 V     /:彡ミ゛ヽ;)ー、 ..(゚∀゚* )  . . .: : : :::::: ::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i  ∪∪.ノ . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l    V . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄

444 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 13:47:03 ID:VKLw7oBD0
なんだか釈然としないなぁ。
コレポンして自前の生命の木を発達させたりなんかが行法のうちなのは一応周知の事実なわけで、
一連の流れでの力説され具合になんだか違和感がある。
まあそういう当たり前のことを言ってるだけなんだから、お説ごもっとも、と聞いておけばいいのを、
おれなんかが変につっこんでも仕方ないけど。
でもやっぱり398−402の流れはよく分からない。

445 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 14:35:59 ID:MJWD9Hej0
周知の事実を力説されて妙な気分になったときは、
周知の事実とやらを疑ってみればいかがかね。
ちなみに >>444の2行目で言及してる周知の事実とやらがなにを指すのか、
コレポン?自前の生命の樹の発達?行法のうち?
具体的にどういうことを指すの?
なんでそれを周知の事実だと思ったの?

446 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 16:52:36 ID:ZoJymuze0
スマン、年寄りには「コレポン」という新しい言葉の意味合いが良くわからん。
ググってもなんか文体の意味が通じてこない…orz

「通信(ネト上にある文書での勉強)」という意味合いでOK?

447 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 16:58:09 ID:ZoJymuze0
事故解決できました。スレ汚しスマヌ。
「照応」の事なんですね。

448 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 17:37:32 ID:VKLw7oBD0
>>445
自分で自分の違和感をうまく説明できないのももどかしいが、
こういう揚げ足とりみたいな反論のされ方もなんだかなぁ、と思うことの一つ。
まあ、そもそも一連の議論がよく分からないと思ってる人間もいますよ、ということで。

449 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 17:44:59 ID:VKLw7oBD0
445のレスもよく意味が分からないんだよなぁ。まあそれでも言ってみるけど、
生命の木を情報整理ファイルとしてあらゆることを照応させてみよう、っていうのは
色んな本にかいてありますよね。>402で生命の木をちょっとでも使えるように〜と書いてあるので
402はそういうことを言ってるのだと思った。



450 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 17:53:00 ID:VKLw7oBD0
>コレポンして自前の生命の木を発達させたりなんかが行法のうちなのは一応周知の事実なわけで、

>ちなみに >>444の2行目で言及してる周知の事実とやらがなにを指すのか、
>コレポン?自前の生命の樹の発達?行法のうち?
>具体的にどういうことを指すの?
「生命の木を情報整理ファイルとしてあらゆることを照応させてみよう」
>なんでそれを周知の事実だと思ったの?
邦訳書や入門書によく書いてあるから

451 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 18:21:01 ID:MJWD9Hej0
>>450

で、君はその邦訳書や入門書に書いてある
「生命の木を情報整理ファイルとしてあらゆることを照応させてみよう」
とやらの行法によって、なにを達成したいのかね。


452 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 18:31:24 ID:YAINa96v0
  ∧∧        
 (* ゚∀゚)  アヒャヒャヒャ          
 ノ  ̄) ̄)   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::
(  )ノ~)ノ .. __   ::::::::アヒャヒャ:::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ) ノ   |あげ足とり|   .∧ ∧  . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::
 V     /:彡ミ゛ヽ;)ー、 ..(゚∀゚* )  . . .: : : :::::: ::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i  ∪∪.ノ . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l    V . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ 


453 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 18:33:43 ID:VKLw7oBD0
魔術をうまく使えるようになるためとか、意識や無意識をそういう風に教化することそのものが目的なのかな
自分では達成してないからよくわからんけど。
議論ででてきた魔術的リアリティという言葉でそういうことを指してるのだと思った。
それ以外の意味合いもあるんなら分からんけど。

ていうか質問を質問で返されるような議論はうんざりだ。ちなみにMJWD9Hej0さんは今までどのレスした人で、
おれにあれこれ質問して何をいいたいんですか?

454 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 18:53:49 ID:MJWD9Hej0
うんざりだときたか。
じゃやめだ。

455 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 19:33:24 ID:YAINa96v0
まずお互いが、自分が正しいと思うこと、答えだと思うことを最初にあきらかにしたらどうだろ?
きちんと整理して具体的にわかりやすくね。
それをせずに相手の言うことに突っ込みいれたり質問してたら、誰だってうんざり来ると思う。
「結局あなたは何がいいたいの?」ってね。

456 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 20:04:46 ID:7K8ideF10
流れとあんま関係無い文で悪いが、
クロウリー並の文章混ざっててワロタ。


457 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 20:14:45 ID:7K8ideF10
>VKLw7oBD0

横レスでスマンが、「生命の木を情報整理ファイルとしてあらゆることを照応」
では、魔術的リアリティは「体感」出来ないし、君の目的も達成出来ないと思う。
その作業は基礎知識を詰め込んでいる段階に過ぎないから。


458 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 20:26:36 ID:VKLw7oBD0
そうなの?だとすると>>402のこととか魔術的リアリティというのがなんのことなのか全く分からない
そうか、全く分からないものをどうも魔術に必要不可欠だ、とかそんな風に言われてるので引っかかるわけだな。

459 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 20:45:09 ID:7K8ideF10
多分>>402とは流派が違うと思うから、何ともいえないけど、
自分だと…「感覚」かな?
空気や雰囲気が変わる、とかって「感覚」を経験した事無いかな?
君がどの段階にいるかは解らないけど、LPRBだけでも1ヶ月、1年(ま、ここまでかかるとは思わないけど)と
積み重ねていけば、いつの日か「あれ?」って感じるようになると思うけど。
↑もち、イベージの訓練してないと、効果薄い。

まずは「実践」。
そこからのような気がする(机上だけじゃ「体感」は無理。


460 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 20:46:10 ID:/o50uNkS0
リアルリアリティ

461 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 20:47:03 ID:7K8ideF10
イベージって何だorz

○イメージ  なw

462 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 20:52:39 ID:VKLw7oBD0
>>459
それそれ。机上がだめ、実践や体感がどうの、というのが人やレスによってまちまちなんだよね、今の議論で。それがおかしい。
459はもっともだとおもうけど、今までの議論じゃ、それこそが魔術書読んで儀式だけじゃ駄目、と言われて否定されて、
極端ならレスだと団に入っても駄目で、神社や寺の儀式を見ないと、「体感」できない、とかそういう話になってる。
それはおかしいと思う。

463 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 20:59:22 ID:7K8ideF10
ま、皆それぞれ流派が違うからねw
「魔術」と言っても流れは1つじゃない。
そういう事よ。


464 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 21:03:20 ID:7K8ideF10
でも、>>402のは、
「良し悪しの判断が見分けるようにはならない」
ってだけで「体感出来ない」では無いような?

465 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 21:16:48 ID:iefx4QZs0
>>462

団に入るだけじゃだめ→自分で実践しないと意味がない
魔術書読んで儀式だけじゃだめ→生活に根ざした儀式を参考に
すると、もっとイメージが豊かに

ぐらいの意味なんじゃないかなぁ。

#魔術的リアリティを得る前の話と、得た後の話が混ざってる?

466 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 21:17:46 ID:7K8ideF10
多分、皆指摘してるのは、君の実践経験の薄さなんじゃないかな?
君の感覚が眠ったままだと、何をしようとそれを感じ取る事が出来ないからね。
その状態だと、団に入って儀式を経験しても、「何の劇をやってるのか?」って事になるし。

一番「体感」として、解りやすいのが神社や寺の儀式ではある。
一度お払いとか受けてみるといい。
自分の場合だと、空気や感覚から自然に涙が溢れてきたり…という現象も発生する。


467 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 21:21:49 ID:VKLw7oBD0
おれの実践経験の薄さが議題だったの?いつのまに?
なぜかレスによって微妙に論点がずれて行って、しかも当人たちはそれに気付いてないというか、
どうでもいいと思ってるって言うのもおれが釈然としないことの一つ。

468 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 21:27:34 ID:iefx4QZs0
>>467
君が、
>魔術的リアリティというのがなんのことなのか全く分からない
と言いきった時点からだと思うな。



469 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 21:31:22 ID:VKLw7oBD0
それまでのレスや議論はなんなの?

470 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 21:33:30 ID:7K8ideF10
ああ、引用してなかったから、解り難かったかな?

>人やレスによってまちまち
のレスが>>463
>極端ならレスだと団に入っても駄目で、神社や寺の儀式を見ないと、「体感」できない
>>466な。
ばらけてて申し訳無い。

471 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 21:35:06 ID:iefx4QZs0
>>467
>なぜかレスによって微妙に論点がずれて行って、しかも当人たちはそれに気付いてないというか、

何人かで入れ替わりたちかわり、色んなことをいっているからねぇ。
ただ、どれも「魔術的リアリティ(≒体感)」を話題にしようとして
いるのだと思うけど。


472 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 21:35:32 ID:7K8ideF10
>469
あのレスの人達はまだこの板には来てないんじゃないかな?
時間的にも人が集まるにはまだ早いし。

473 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 21:36:24 ID:YAINa96v0
このあたりで本物アヒャ様の予感。

474 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 21:38:42 ID:iefx4QZs0
>>469

体感を深める話と、それを得る話が混ざってたと思うな。

475 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 21:40:54 ID:/o50uNkS0
リアルリアリティというのがなんのことなのか全く分からない

476 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 21:42:52 ID:7K8ideF10
自分で自分のレスに突っ込むなよ!
…あ、釣られちまったなwww

477 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 21:43:26 ID:YAINa96v0
  ∧∧        
 (* ゚∀゚)  アヒャヒャヒャ          
 ノ  ̄) ̄)   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::
(  )ノ~)ノ .. __   ::::::::アヒャヒャ:::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ) ノ   |_同義反復_|   .∧ ∧  . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::
 V     /:彡ミ゛ヽ;)ー、 ..(゚∀゚* )  . . .: : : :::::: ::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i  ∪∪.ノ . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l    V . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄

478 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 21:57:28 ID:MJWD9Hej0
見えないものを感じとる能力、書いてないことを読みとる能力は
悲しいかなどうしたって魔術には必要。
なんでも言葉にできると思うのは傲慢だし、なんでも言葉にしてもらえると思うのは甘えだ。

479 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 22:17:39 ID:VKLw7oBD0
例えば426.429でいわれてることと、466で言われてることって、似てるようで違う。
おれはその違いが気になるけど、違いが気にならず、たぶんこういうことを言ってるんだろう、おれも同意見、みたいな感じで進むレスが大杉

480 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 22:28:08 ID:7K8ideF10
ああ、自分は>429のそれを解り易く砕いた感じに書いた事になるのかな?
あの文で理解出来て無かったら、もっと君に近い感じに書かないと解らないかな?と思って。

481 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 22:29:06 ID:7K8ideF10
あ、あと、アンカー付けてくれると優しいと思うのだがw

482 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 22:30:30 ID:VKLw7oBD0
分かりやすく噛み砕いた言い方?それは違うでしょう。あなたが言ってることは違うでしょう。

483 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 22:33:05 ID:MJWD9Hej0
魔術師同士の魔術談義なんて、本質的に「たぶんこういうことを言ってるんだろう」の応酬だと思うよ。
それの研ぎすまされた奴が霊的直感、以心伝心というやつだ。
それが君のもっともわからん魔術的リアリティというもののエッセンスじゃないかな。
言語は一種の病である、という神秘思想もありますよ。

でもまぁ風の短剣で草一本残さずギタギタに分析するのも、苦行としてはアリだろうな。

484 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 22:33:06 ID:7K8ideF10
確かにちょっとズレてるのは認める、スマン。

噛み砕いたのはここな。
>上にも書いたが、魔術的感性を得た後で、例えばお払いやお祭りなどの宗教的儀式を見てみると、
>今までは感じられなかった、儀式中に得られた感覚と非常に近い印象を受ける時がある。

>それは宗教儀式だけではなくて、例えば炎の揺らめきと暑さとか水の手触りとか、
>そういった非常に感覚的な事も、元素霊の召喚の時に感じられた事が再度認識されたりする。

485 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 22:33:11 ID:VKLw7oBD0
それに429の文章は426やそれ以前の流れの中のレス。加えて7K8ideF10さんは459みたいなことも言ってたわけで。
なぜ矛盾を感じないのか分からない。

486 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 22:35:06 ID:VKLw7oBD0
>>484
それは429のレスを噛み砕いた、とはいわないよね

487 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 22:44:58 ID:/o50uNkS0
お前の感じている感情は精神的疾患の一種だ。

488 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 22:51:13 ID:7K8ideF10
>>486
まぁ、自分の文章力がまだまだなのは自分でよく解ってるから、その点は申し訳なく思ってる。

>なぜ矛盾を感じないのか分からない。
自分は何故「矛盾」を感じるのかが解らない。
人の脳の構造とか感じ方は十人十色だし。

489 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 22:52:50 ID:VKLw7oBD0
>人の脳の構造とか感じ方は十人十色だし
それはそうだけど、実際429までのこととあなたの言うことは違うわけだし


490 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 22:58:51 ID:7K8ideF10
そりゃ違うよ!
自分は久々にここに来た人だしw
自分は「自分の経験を通して得たモノ」を出しただけ。
一つの例を上げてみた…と書けばいいのかな?

491 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 23:00:00 ID:VKLw7oBD0
429までのレスでは459みたいなとりあえず儀式やってようよ、みたいなのは否定されてるわけ。
その上で、「体感」?というのも自分で儀式やったり団でやったりするわけでは分かったことにはならなくて、
(なぜか)寺の儀式なんかをみて何かを感じなければ、分かることができないと429は言ってる。
459や466とは違うでしょ?




492 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 23:01:44 ID:/o50uNkS0
>自分は何故「矛盾」を感じるのかが解らない。
>人の脳の構造とか感じ方は十人十色だし。

「論理」を処理できる知能があれば、矛盾かどうかは皆、同じ結果

493 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 23:01:45 ID:VKLw7oBD0
>>490
いや開き直られても・・じゃあ延々単に違うことを話してたってことか

494 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 23:09:16 ID:8lKWiBcQ0
このカオスっぷりは……
要するにみんなケイオスをやれってことだなうん

495 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 23:10:55 ID:7K8ideF10
ってか、>VKLw7oBD0君は否定をを鵜呑みにしちゃってる訳?

「魔術的リアリティ(≒体感)」の感じが解れば…と思ってこっちは書き込んだだけだよ。
議論がしたかっただけなら、スレ汚しスマンかったね。

496 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 23:17:30 ID:VKLw7oBD0
否定を鵜呑み?>459なんかはおれは同意なんです。だからこそ、>>402や426,429の否定はおかしいんじゃないか、と思って書き込んできたんです

497 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 23:18:54 ID:VKLw7oBD0
訂正
>>402や426,429の言ってることはおかしいんじゃないか、と思って書き込んできたんです

498 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 23:42:02 ID:MJWD9Hej0
>>494
HAIL ERIS!
やー惑星昇格って一大事なんだね

499 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 23:43:21 ID:7K8ideF10
>496
もしかしてアンカーしてる番号ズレてないよね?
難しく書くとその内容になるんだよ。
段階を経ていくと、その内容がおかしいとは思わなくなると思う。
ああ、こういう事だったんだって。

「自分が体験した事が真実」
これって魔術に共通した認識(だよね?)…だから、ある意味おかしくはないと思うってのが自分の見解。

後は>>402や426,429待ちかな?
当人達不在状態で書いてても、なんとも言えんw


500 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 23:46:42 ID:lOnjlEDG0
エリスにバケラッタ

501 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 23:49:41 ID:lOnjlEDG0
みんなgoogleアラートでエリス関係のNEWSを配信してもらうといいぞ

502 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 23:52:28 ID:VKLw7oBD0
>>499
なんだかなぁ。おそらくおれより断然知識も経験もある人らが、なんでつじつまの合わないこと言って平気なんだよ、て思う。
それも不満

503 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 23:57:33 ID:MJWD9Hej0
辻褄がぴっちりギチギチにあった世界のほうがお望みかい?

504 :本当にあった怖い名無し:2006/09/28(木) 00:06:55 ID:PLuyN4+w0
>>501
なにも来ない
ほんと?どういうこと?どこに載ってるの

505 :本当にあった怖い名無し:2006/09/28(木) 00:11:46 ID:dnMwPetk0
ここは2ch…。
真実も虚偽も混在する場所…って事じゃね?
自分は普通にnews洗ってるwけど今のところ話題無しw

506 :本当にあった怖い名無し:2006/09/28(木) 00:15:14 ID:dnMwPetk0
あ、ID変わったな。
元VKLw7oBD0だけど、そろそろ明日があるんでそろそろ落ちるわw
また機会があった時にまたノシ

507 :本当にあった怖い名無し:2006/09/28(木) 00:18:20 ID:YVQMROb60
VKLw7oBD0だったのはおれだけど・・・しょうもな
>>506みたいな人がいるのね、ここ

508 :本当にあった怖い名無し:2006/09/28(木) 00:18:54 ID:JtDF1x5X0
さて後半戦いこうか

509 :本当にあった怖い名無し:2006/09/28(木) 00:29:47 ID:dnMwPetk0
あ、ゴメ。素で間違ったw
元7K8ideF10なw

510 :本当にあった怖い名無し:2006/09/28(木) 00:29:59 ID:PLuyN4+w0
まさかエリスの話って9月15日ごろにエリスって名前がついたよ、ってニュースがあったが、そのことだったのか?

511 :本当にあった怖い名無し:2006/09/28(木) 00:34:45 ID:PLuyN4+w0
名前ついても矮惑星のままだろ。惑星昇格ってのはガセ?

512 :本当にあった怖い名無し:2006/09/28(木) 03:02:03 ID:/8ETzWaR0
生命の樹は使い勝手のいい道具ではあるが、それを通じて万物の照応が可能なのは、樹が「本当に」在るからだ、とも言えなくもない。
でも、そっちにばかり傾くと只のデムパ。そして、デムパを全く受信しない実践は只の記憶術。

513 :本当にあった怖い名無し:2006/09/28(木) 07:07:56 ID:cWMrt53L0
     /\_/\    姉様、エリスってだれ?
    /  。  。ヽ     
    |__*_∀__| /ヽ           アゥー
   ノ/|( i] リi]`レヾ” )ノ      __ ,、     アヒャヒャ、不和の女神じゃ。
   `ヽゝ"ワ"ノ/´フ        ヽ,ALiヽ,     アレスの妹で、戦争を
   〈/ ヽ\ノ/ _/          ,.' -─-ヽ   起こす神として恐れられておる。
 _ / / `||´ |  _      <i..iノリノ)))) >       .∧∧
\   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \     `ノl !_゚ ヮ゚ノl!つ       .(*゚∀゚)ノ
 ||\            \  .___( (i/wk ノ___  .___〜(   ) ___
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄  ||\ . ̄ ̄ ̄   \ ||\ . ̄ ̄ ̄   \
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||              ||     .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||


514 :本当にあった怖い名無し:2006/09/28(木) 09:44:29 ID:Avv0W21SO
あ、ものほんとうじょう…


515 :本当にあった怖い名無し:2006/09/28(木) 11:46:38 ID:UpJFsD4I0
>>511
エリスは矮惑星だよ。
このネーミングセンスは素晴らしいと思った。
後の占星術師達は、911とかを引き合いに出して「混乱の時代」とか言うんだろうな。

516 :本当にあった怖い名無し:2006/09/28(木) 13:06:24 ID:/1LugDar0
エリスといえば、実体験に基づいて書かれた森鴎外の「舞姫」。
帰国した主人公を追いかけて、
単身ドイツからやってきて大いに混乱させるキャラだった。
鴎外が>>513の逸話を念頭に入れてつけた名前だとしたらスゴイな
教訓:現地妻の処理は入念にすべし

517 :本当にあった怖い名無し:2006/09/28(木) 13:41:45 ID:w4J122wX0
魔術的リアリティーか・・・・
ここではどういう意味で使われてるんだろ・・・。
意図した所作の結果として「手ごたえ」があった時に感じる感慨の事だろうか?

レヴィが「カエサルは己の禿げを恥じたから暗殺された」って言う
一見脈絡のない関連の糸を「体感」することとか?

518 :本当にあった怖い名無し:2006/09/28(木) 15:15:17 ID:JtDF1x5X0
精霊、神々、天使、悪魔、想念、力流、アストラルイメージの臨場感
物事の象徴的な脈絡を読み取ること
夢、虫の知らせ、占いなどのシンクロニシティと相互的に関わること

とかじゃないかな

519 :本当にあった怖い名無し:2006/09/28(木) 19:43:44 ID:UpJFsD4I0
>>517
カエサルは薄毛ではあったが決して禿げでは無いぞ。

因みに、「ローマ人の物語」もいよいよ今年で完結ですね。
終盤はキリスト教史という面が中心になっているし、
それ以前の巻でもローマの宗教事情を扱っているので、
このスレ的にも良書なんじゃないかな?

520 :本当にあった怖い名無し:2006/09/28(木) 20:30:45 ID:/4mus5a/0
     /\_/\    姉様、じゃあフォボスとディモスは?
    /  。  。ヽ     
    |__*_∀__| /ヽ           アゥー
   ノ/|( i] リi]`レヾ” )ノ      __ ,、     アヒャヒャ、アレスの息子たちじゃ。
   `ヽゝ"ワ"ノ/´フ        ヽ,ALiヽ,     アレスの戦車を引く馬でもある。
   〈/ ヽ\ノ/ _/          ,.' -─-ヽ   恐怖と混乱を司る神でもある。
 _ / / `||´ |  _      <i..iノリノ)))) >       .∧∧
\   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \     `ノl !_゚ ヮ゚ノl!つ       .(*゚∀゚)ノ
 ||\            \  .___( (i/wk ノ___  .___〜(   ) ___
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄  ||\ . ̄ ̄ ̄   \ ||\ . ̄ ̄ ̄   \
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||              ||     .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||



521 :本当にあった怖い名無し:2006/09/28(木) 22:08:47 ID:IG90Bl1a0
>>501
俺も配信してもらってるけど、「エリス」と名の付く人物のスキャンダルやら犯罪やら
関係ないNEWSばっかで面倒くさくなりつつある

522 :本当にあった怖い名無し:2006/09/29(金) 19:34:35 ID:WKYrYalv0
「エリス」といえばブレット・イーストン・エリス。
『レス・ザン・ゼロ』や『アメリカン・サイコ』は映画にもなってたなー

523 :本当にあった怖い名無し:2006/09/29(金) 20:21:53 ID:2gXYNpEw0
>>513
インターネットはエリスの発明。

524 :402とか426とか429とかその他色々:2006/09/29(金) 20:23:53 ID:+0MmbqQq0
>>491
出張してたので返事が遅れてごめんなさい。

> 429までのレスでは459みたいなとりあえず儀式やってようよ、みたいなのは否定されてるわけ。

>>402で「魔術的な見方や感じ方が身に付いた後で」と書いてます。
儀式の実践を否定してはいません。

> その上で、「体感」?というのも自分で儀式やったり団でやったりするわけでは分かったことにはならなくて、

「わけでは」じゃなくて「だけでは」ですね?
>>424に「所定の結果」と書いてありますが、魔術は主観の世界なんで大抵は
「所定の結果」って何?という話になります。

だから主観の元になっている現実世界の事象の色々なものを、
魔術的視点から再度確認して体感した結果をより確固たるものに
成長させていきましょう、という事が言いたかったのです。

> (なぜか)寺の儀式なんかをみて何かを感じなければ、

お寺だけじゃないですよ。
>>429をきちんと読んでいただければ判ると思いますが、
「例えばお払いやお祭りなどの宗教的儀式」とあくまでも一例として書いていますし、
他にも「炎の揺らめきと暑さとか水の手触りとか」と別の例も挙げています。

魔術的視点から、世の中の森羅万象全てを出来るだけ体験しましょうよ、という話です。

自分で、本一冊位の論議が必要、と書いておきながら無理矢理話を進めてしまったので
誤解させるような書き方をしてしまったかもしれません。個人的には、>>438のようなレス
が帰って来たこともあり、自分が書いたこともそんなに的外れな事でもないのかな、と思っています。

>>459>>466、その他幾つかのレスも私としては同意できるものです。

525 :本当にあった怖い名無し:2006/09/29(金) 21:23:52 ID:ZD4Gaajb0
459でいいならそもそも402で儀式何万回やってても云々みたいなことを言わなきゃいいんじゃん
のらりくらりとまったく

526 :本当にあった怖い名無し:2006/09/29(金) 21:41:06 ID:cmDbwKOX0
さては何万回も儀式やっちゃった口だな

527 :本当にあった怖い名無し:2006/09/29(金) 21:45:50 ID:CSwgpPRF0
>>526
一日三回で、一年でも1095回。本当に何万回もやったなら尊敬するぞぃ。

528 :本当にあった怖い名無し:2006/09/29(金) 21:53:37 ID:F79zRPm+0
朝夕LBRPやったり毎日なにかしらやったら3回は決して多い回数でもないし、
10年20年やってれば普通に万は超えるな

529 :524:2006/09/29(金) 22:32:26 ID:+0MmbqQq0
>>525
>>402>>459に書いてある事のもうちょっとだけ先の段階について語ったつもり。
その感覚を確かなものにしていく為の方法です。
だから「魔術的な見方や感じ方が身に付いた後で」と書いたのです。

>>526
流石にそこまで暇人・・・もとい熱心じゃないです。
ただ最初は、入門書だけが頼りの独学で相談相手も居なかったので、
魔術と近い感覚のものが他に沢山ある、
という事を確信するまではちょっと時間がかかりましたよ。

頭は柔らかい方が良いですね。

530 :本当にあった怖い名無し:2006/09/29(金) 23:15:26 ID:2gXYNpEw0
          /\_/\  ┃        
         /  。  。ヽ ╋   やっぱLBRPは、  
         |__*_∀__|/ξi   基本だよね、姉様。
        ノ/|( i] リi]`レ∧r‐'    
        v!ト、 ~ lフ ノ/ /     アヒャヒャヒャ、
         /ヘゝiノト; _/       わらわを1万回描くのじゃ。
        / /Fi|. |       __∧__
     〔ァ_》//ゝ._/r|」      ..\.゚∀゚* /
          i__、,__!          |/\|
         l   l !
         | . i/
       〈`|_|
          〈` ‐f"(ヽ


531 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 01:18:24 ID:WKawcyMy0
>>530
これを思い出した
ttp://yuri.sakura.ne.jp/~mekimeki/profile.html

532 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 08:00:34 ID:osTtkkdN0
美しい国日本の魔術は十年一日

533 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 08:46:03 ID:VhuobzbQ0
>>531
デカラビアというより、パイラ星人だなw

534 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 11:56:00 ID:yFCpkvEd0
ニート=長期熟成アブラメリン魔術実践者

535 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 12:53:35 ID:ruuDjnej0
なにやら魔術教育再生の必要性を説かれている方がおりますな

536 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 15:27:01 ID:aJbQ3m9I0
亀田史郎とぴんからトリオ

537 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 16:31:07 ID:IjenhQdZ0
>>534
アブラメリンって、天使とコンタクトするのに
7歳の童子が必要じゃなかったっけ?明らかに
ニートには無理。


538 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 18:02:18 ID:scfXtRs50
前に魔女の家のアブラリメンの本よんだことあるけど、
天使の召喚法は具体的には書いてないよね?
祈りまくりながら隠遁してたら半年で自然にでてくるのかと思った。
あの方形って天使召喚せずに使ったらそんなにやばいの。
昔、素人が使っても安全なように作り変えたってのがよく紹介されてたけど、ああいうのもっと作ってよ。

539 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 18:18:00 ID:OgHBfLqtO
>>538

>ああいうのもっとつくってよ。

俺にいわれてもなぁ…。



540 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 18:46:34 ID:IjenhQdZ0
>>538
>昔、素人が使っても安全なように作り変えたっての

ちなみにそれ使えた???

541 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 19:16:15 ID:WW0GBqeO0
     /\_/\    姉様、アブラメリンって
    /  。  。ヽ     てんぷらに使う・・・
    |__*_∀__| /ヽ   
   ノ/|( i] リi]`レヾ” )ノ      __ ,、 アゥー   
   `ヽゝ"ワ"ノ/´フ        ヽ,ALiヽ,     アヒャヒャ、
   〈/ ヽ\ノ/ _/          ,.' -─-ヽ     それは油、みりん じゃ。
 _ / / `||´ |  _      <i..iノリノ)))) >       .∧∧
\   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \     `ノl !_゚ ヮ゚ノl!つ       .(*゚∀゚)ノ
 ||\            \  .___( (i/wk ノ___  .___〜(   ) ___
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄  ||\ . ̄ ̄ ̄   \ ||\ . ̄ ̄ ̄   \
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||              ||     .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||


542 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 19:24:51 ID:WW0GBqeO0
>>540
まじない程度。
英米でもお気軽なspellのハウツー本でも、よく見かける。
黒瓜も守護天使にあえあないまま、お気軽なお守りに作ってたらしいよ。

アブラメリンの噂は一人歩きして、爆弾みたいに思ってる人もいるようだがw

543 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 19:45:08 ID:FMYPGDxb0
マイバースデーのおまじない本を連想してしまった
ユリオカ超特Qが持ち歩いてるヤツ

544 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 19:54:28 ID:scfXtRs50
>>540
まともに使ってないんで分からない。鏡リュウジ(監修?)のMAYAの付録のやつは捨てちゃったし、
二見の黒魔術の秘法のも試してない。
>>541
海外ので作り変えたのはけっこう出てるんだ
クロウリーはそのままで使ってたん?

545 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 20:11:58 ID:WW0GBqeO0
>>544
漏れの見たspell本では紙に方形かいて、そのうえに蝋燭たてて神に祈れ、みたいなことが書いてあったな。
その後蝋燭の燃えカス包んで持ち歩けみたいなこと書いてあったな。

黒瓜は普通にお守りみたいにしてたらしい。
彼が作った「魔術書を集める」方形は本当にご利益があるという噂だw
某魔術書コレクターの宝らしいw

546 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 20:18:53 ID:scfXtRs50
へぇ
聖守護天使呼び出せた場合やそういう簡略版の考案の仕方やなんか解説した研究本ってあるのかな

547 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 20:28:06 ID:IjenhQdZ0
>>542

黒瓜でもそうだってことは、真言立川流のご本尊作りと
同じようなもんなんすかね?

#要するにそれに至る過程の経験が重要で、書かれてい
#るような神秘的な出来事は起きないってな話。

548 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 20:29:07 ID:7L2SiXVe0
亀田史郎氏が出すらしい

549 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 20:31:12 ID:ruuDjnej0
『カバラの魔法』という本が新刊で出たね

550 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 21:14:41 ID:WW0GBqeO0
>>549
題名に騙された香具師、どれくらいいるんだろw

551 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 21:44:12 ID:wZZXpsQB0
騙されるというか、カバラも適度に薄めて広まったほうがいいと思う
ルーンみたいに。古の文字と象徴の生き残る道はそこにあると思うんだけど

552 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 22:08:51 ID:ruuDjnej0
>>550
店頭で立ち読みした。
人文書よりも、占い&おまじないコーナーに置かれるべき本だと思った。

553 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 22:11:17 ID:scfXtRs50
ひょっとしてカバラ紐でてくる?

554 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 22:30:04 ID:ruuDjnej0
詳しく読んでないから分かんないけど、
なんかカバラの軽いお役立ち知恵コラム集って感じ
ttp://www2.shufunotomo.co.jp/webmado/detail.php3?isbn=4-07-252606-1

555 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 23:11:20 ID:Z+vpPmLQ0
>>554 
それ、書物占いって奴ですか?
軽いHowto本でしょうか。
なんかきになる。

556 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 23:19:34 ID:gRXloAiG0
>554
おそらくこれだな。
ttp://www.ghostvillage.com/library/2005/lib_winkler.shtml
おれは遠慮しとく。

557 :本当にあった怖い名無し:2006/10/01(日) 00:06:32 ID:WW0GBqeO0
>>555
書物占い&本日のお言葉な本。

558 :本当にあった怖い名無し:2006/10/01(日) 00:10:28 ID:kHttQK/e0
カバラを殺すのはカバラヲタ

559 :本当にあった怖い名無し:2006/10/01(日) 01:30:05 ID:cIII8Cd/0
ボクサーを殺すのは亀田史郎

560 :本当にあった怖い名無し:2006/10/01(日) 01:51:35 ID:Ft1O0SUn0
しつこい香具師が一人いるけど、亀田史郎はメディア魔術の分野だろ、スレ違い

561 :本当にあった怖い名無し:2006/10/01(日) 17:01:26 ID:n1XkLUKz0
クロウリーも『法の書』で書物占いしてたって本当かな。

562 :本当にあった怖い名無し:2006/10/01(日) 18:25:52 ID:UW2b3bpI0
法の書に付随してる文でそうあるけど
彼は法の書で書物占いをしたのが本当なら
本人の記述にそうあってもいいと思うけどね。

最近興味持った内容だから疎くてすまない。

563 :本当にあった怖い名無し:2006/10/01(日) 19:18:07 ID:kHttQK/e0
魔術日記に記録があるよ。
あったと思う。多分。

564 :本当にあった怖い名無し:2006/10/01(日) 19:36:43 ID:pGhyPM0E0
そうやってクロウリーが嘘書いて騙そうとしてたりして
老師の裸弁天の話はひどい。いいじゃないか、老師の本を資料に使う人がいたって


565 :本当にあった怖い名無し:2006/10/01(日) 19:41:40 ID:7cnZTY/30
裸弁天の真実には失望した。

566 :本当にあった怖い名無し:2006/10/01(日) 20:27:09 ID:o98Nboa/0
その件は亀田史郎氏が国書刊行会に提訴したらしい。
分からないのはそんなことで失望する椰子がいるということ。
素直に「引っ掛かって悔しい」と言えばいいのに。

567 :本当にあった怖い名無し:2006/10/01(日) 20:29:46 ID:pGhyPM0E0
悔しいっ・・・でも信じちゃう(フムフム

568 :本当にあった怖い名無し:2006/10/01(日) 21:51:38 ID:Ft1O0SUn0
>>566
亀田史郎は西洋魔術と無関係だと思うんだけどw
それともボクシングつながりでメイザースの霊でも憑依してるのが見えましたか?

569 :本当にあった怖い名無し:2006/10/01(日) 22:34:00 ID:n1XkLUKz0
黒瓜が日本について書いたもんに「天道」いうのがある。
日本にかこつけてえげれすを風刺したもんらしいがw

570 :本当にあった怖い名無し:2006/10/01(日) 23:30:19 ID:/VCOGM7F0
黄金の夜明け関係者の萌えキャラ化って、誰かがやりそうで誰もやっていないのな。

571 :本当にあった怖い名無し:2006/10/02(月) 00:07:18 ID:IM7nwbtw0
         /`' 、               / ヽ
          /   ヽ、,. -― ''""  ̄ ̄ ~゙゙゙ ''''ー  ヽ
       /                         |
       i       ○          ○   i
       l    *       \__/        |
       |              \/           |   アヒャーーーン
       |       ,.,,  ,.,,_   ___,,      i
       |   _,.. -‐"/ ̄/  /|  ̄ l ヽ_\~`"'ー、ノ
       ケフ" / /  ,.-'‐:;;;:.、 i   .i :;;;:.、ヾ\  \ヾ
      / /.l l l .// p,.:;;; | l  / p,:;;; | i ヽ  i.\
      ノ  | l l l Yヽ |:-'.;; | .i / |:-';; |  i イ゙i. リ
       `ヽ r、 丶l i`  `'''''''"  レ  `'''''''" |  イ/"
         \ ヽ  ヽ """  iー'ーi  """ /  '
          ヽ ヾ- ゝ    ._/   ./ _
         /''"" \Y.': ┌f^f^f^f^f^f^f^f^f^┐`"ヽ、
        ,ィ"   ,.ィ"/  ̄ヽ 久々の   (⌒ヽ丶,゛、
       /" ヾ,.-" 、 ! _ __}  萌え〜な   (  ) `丶、
      / /"     ヽ_,┤ 弟くんだよん  6_,ノ    ヽ

572 :本当にあった怖い名無し:2006/10/02(月) 00:19:14 ID:I1xalrWd0
>570
黒瓜のジャポニズムならあれよ、俳句が結構おもろい。
郭禮雅宗匠が英語で五七五やってくれるよ。

573 :572:2006/10/02(月) 00:20:14 ID:I1xalrWd0
>569の間違いね、失敬。

574 :本当にあった怖い名無し:2006/10/02(月) 01:38:21 ID:7XC2nGub0
>>570
801があったような気がする。

575 :本当にあった怖い名無し:2006/10/02(月) 12:17:31 ID:KTH+SYe40
>>565
金にもならない魔術書訳してくれてるんだから、それぐらいのオイタは笑って許してあげようよ。
それにしても、いつのネタだよそれ。

576 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 07:41:37 ID:NDxGp6H80
クロウリーの肉声テープを再生すると、何かが起こるという噂は本当ですか?

577 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 08:50:54 ID:RCG/7US40
>>576
CDで幾つか出てるよ。聴いてみたら?

578 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 11:18:46 ID:0Ugzcx4h0
>>576
>肉声テープを再生すると、何かが起こる
再生したらスピーカーから雑音まじりの音が出たよw
別にそれ以外何もなかったが

579 :577:2006/10/03(火) 11:58:08 ID:RCG/7US40
>>576のおかげで思い出した。

昔、今は無き中目黒のアノ店で買ったテープ、
黴生えてないかどうかチェックしてみようw

大丈夫そうならWAVに保存しとくか・・・

580 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 15:18:12 ID:/937v48d0
クロウリーの声ってなんか優しい感じがする
いいおじいちゃんだったのかも知れない。違うかも知れない。

581 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 16:57:17 ID:64QHFfR00
で、おれたちゃグレイマンを観にゃあかんのか?

582 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 19:08:30 ID:0Ugzcx4h0
>>581
いい歳こいていつまでもジャンプ読んでんじゃねえよw

583 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 21:23:32 ID:qTE+EAs30
>>579
ちゃんと再生でけた?

584 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 21:34:54 ID:SgtWVfVD0
>>582
知ってるお前もお前なんだぜ?w

585 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 21:37:12 ID:SgtWVfVD0
クロウリーのやさしい声に騙され迂闊に気を許すと・・・
目の前に現れたクロウリーに掘られる!!!

586 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 21:48:33 ID:K5djl48f0
クロウリーのホモは当時一種の知的遊びとして流行したのを
まねただけじゃないの?
本当にほもだったの??やだ><

587 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 21:51:14 ID:p6CH1+P+0
あ、クロウリーは受けだから掘られる心配ないっす。

そのときはアリスちゃんて呼んであげてね。本人よろこぶから。

588 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 21:53:55 ID:K5djl48f0
すっごい大きい体格だよね(^^;
お兄ちゃん怖くなってきたお><

所でタロットについて質問なんですけど
なんか魔術師の方ってスプレッド、ケルト十字が多くないですか?
というか周りの人殆どそう・・・

589 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 22:04:25 ID:0Ugzcx4h0
>>584
ああ、まったくだw

590 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 22:07:24 ID:qTE+EAs30
>>587
黒瓜は両刀だ。
パリ作業しらべれ。

591 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 22:09:57 ID:qTE+EAs30
          /\_/\
         /  。  。ヽ        
         |__*_∀__| /"")    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
        ノ/|( i] リi]`レ ヾ、/    <  おしりビィィィィィム!!
        `ヽゝ"ワ"ノ  /       \___________
       //,' ̄ ̄,' /
      / / `;;ー-' /
    と___ノ `;;ー-- ___〉
     ( (,. ( (__ 〈              ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ;) l  ヽ_ヽ `、        ∧∧  |  アヒャヒャヒャ
    ⊂ノ  ノ ノ-、, 〉       ( *゚∀)<  わらわもじゃ。
       /r'v`l/      〜(  )ヽ  |
      〈 〈 《 / 〉        ∪∪   |     
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

592 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 22:10:32 ID:aCaCnQeQ0
>>587
なんで断言できるんだよ
もしモーホーのサドが裏の顔だったらどうするんだよ?
鎖で繋がれてケツマンコ処女奪われちゃっても良いのか?

593 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 22:25:35 ID:20irgG2I0
>>592
佐渡ではあったが有卦でもあった。
過去世では女王様だったらしいよ。

594 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 22:29:00 ID:20irgG2I0
>>583
ご心配どうも。今取り込み中です。

クロウリーの音声はCD6枚組ボックス持ってるんで保存しなくても良いんですが、
リガルディの講義がくっついてるんで取りあえずWAV化します。
リガルディの講義はCD化された時に買い逃してしまったので。

595 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 22:51:38 ID:qTE+EAs30
  ./\_/\
  /  。  。ヽ 
  |__*_∀__|
  lYノノ/ノノノ、))
  <イ( l l )l>  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 <|)'|l、"(フノ|l  < エッチなのはいけないと思います!
  ,(ヨリ<>o<>リ']  \______________
  |ト‐!]-ム- i']l
  ヽ_ノv__l/ /
.  ノ[//‐─‐/_/、       .∧∧  アヒャヒャ
 ( /E|,   (フlヨ \      (*゚∀゚)
 ,-| El___lヨ /     /;;;iyi;;;;ヽ
└-\`^^^^^^´/     /し;;=;;;;Jj  

596 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 23:08:27 ID:IIhIyDrz0
ごめんなさい。今GDの事に書いてあるサイト読んでたら
カバラ十字は、ゴボウセイ小儀礼の最初にやるんさね。
そんなんしらなんだよ!ぼくの買った本かいてないもん!!!

597 :本当にあった怖い名無し:2006/10/04(水) 01:03:26 ID:AztGlZLq0


まだ、懲りずに妄想で遊んでたのか。
お前ら働けニートども。
そしてクビになれ社会人。
人の趣味にとやかく言ってわるいが、こんなことしてると分裂病になるよ。
突然恐慌状態になったり、衝動が起こったりするし。
お前ら責任とれよ。



598 :本当にあった怖い名無し:2006/10/04(水) 06:22:44 ID:Sc7uxoL80
そう言えばYouTubeに、中央の柱の行法ガイドがあるけど、
DVDかなんかで出ているんだろうか?

599 :本当にあった怖い名無し:2006/10/04(水) 12:17:33 ID:CINXxCXp0
>>597
健康な人はなりません。
ただ、元々メンタルな病気を持っている人は気を付けた方が良いね。

600 :本当にあった怖い名無し:2006/10/04(水) 12:29:03 ID:NqRyNuh40
>>598
くわしく

601 :本当にあった怖い名無し:2006/10/04(水) 14:21:46 ID:BvEqEj1A0
ヘブライ語の文字って醜いよね。
ハングルと良い勝負。

602 :本当にあった怖い名無し:2006/10/04(水) 15:51:23 ID:z6tV8h2b0
>>597
ニートに働け、社会人には首になれって、あなたも支離滅裂だね

603 :本当にあった怖い名無し:2006/10/04(水) 18:59:46 ID:Sc7uxoL80
>>600
同じのがgoogle videoにもあった。
http://video.google.com/videoplay?docid=2526398172342577094


604 :本当にあった怖い名無し:2006/10/04(水) 19:33:15 ID:ZEGbwXHz0
  ./\_/\
  /  。  。ヽ         >>603
  |__*_∀__|
  lYノノ/ノノノ、))
  <イ( l l )l>  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 <|)'|l、"(フノ|l  < エッチなのはいけないと思います!
  ,(ヨリ<>o<>リ']  \______________
  |ト‐!]-ム- i']l
  ヽ_ノv__l/ /
.  ノ[//‐─‐/_/、       .∧∧  アヒャヒャ
 ( /E|,   (フlヨ \     ..(*゚∀゚)
 ,-| El___lヨ /     /;;;iyi;;;;ヽ
└-\`^^^^^^´/     /し;;=;;;;Jj  

605 :本当にあった怖い名無し:2006/10/04(水) 19:37:04 ID:NqRyNuh40
thx。
なんか途中ちょっとHだったねw
しかし中央の柱の横からみた絵か図が見たいなぁ。
あといつものあの図版はなんか模式図っぽく見える

606 :本当にあった怖い名無し:2006/10/04(水) 23:39:13 ID:nEE1oNxv0
マート=エリスか、せっかくだがあり得ないな。
内容的にアンチG∴I∴K∴O∴と見られるblogが増えている件について諸兄らはどう思われるか。

607 :本当にあった怖い名無し:2006/10/04(水) 23:58:20 ID:l3NDlMes0
>>606
Blogも書いていてG∴I∴K∴O∴にも書き込んでいる
漏れのような輩ばっかりじゃね?

G∴I∴K∴O∴に統一見解などありえないから
当然G∴I∴K∴O∴団員だろ。

608 :本当にあった怖い名無し:2006/10/05(木) 00:10:48 ID:ahhC0ThG0
>>606
>内容的にアンチG∴I∴K∴O∴と見られるblog
参考までに、どんなのがあるんですか?

609 :本当にあった怖い名無し:2006/10/05(木) 00:20:10 ID:HHSkiqeJ0
ttp://ifuck21.at.infoseek.co.jp/060924.html
ttp://zoskia.blog49.fc2.com/

610 :本当にあった怖い名無し:2006/10/05(木) 00:26:48 ID:HHSkiqeJ0
ttp://d.hatena.ne.jp/Hocuspocus/

611 :本当にあった怖い名無し:2006/10/05(木) 01:09:38 ID:ahhC0ThG0
アンチも何も、全員このスレの常連じゃねえかよw

612 :本当にあった怖い名無し:2006/10/05(木) 01:51:13 ID:tR8eYC0U0
アンチな感じって大切だったりもするんだよね
魔術にはいかなるアプリオリもいらない、という潔い感じは、失うと恐いよ

613 :本当にあった怖い名無し:2006/10/05(木) 03:54:37 ID:ahhC0ThG0

批判的精神を失ったらオワリだもんな

614 :本当にあった怖い名無し:2006/10/05(木) 07:07:36 ID:IO5uzZsE0
>>605
いや、なんか微妙に改変されてるような気がするから、
オリジナルがあるなら入手できんかなぁと思ったわけ。
ビデオとかになってるんなら、コンテンツがあれだけ
ではないだろうし。

615 :本当にあった怖い名無し:2006/10/05(木) 07:47:44 ID:IO5uzZsE0
>>605
>しかし中央の柱の横からみた絵か図が見たいなぁ。

それって、3次元化するって話?RegardieのThe Golden
Dawnに、"The Tree of Life as Projected in a Solid
Sphere"なんて文書がある。それに基づいた図も、検索
したらでてくるんじゃないかな?


616 :本当にあった怖い名無し:2006/10/05(木) 11:01:16 ID:QntrcF2A0
あるんだ。
横からみたときにどんな感じで位置することになるかなぁって。
いつもの絵だと体表上の円みたいにおもえてくるから。
円でイメージしてもいいんかな

617 :本当にあった怖い名無し:2006/10/05(木) 11:22:30 ID:HHSkiqeJ0
>>616

>いつもの絵だと体表上の円みたいにおもえてくるから。
円でイメージしてもいいんかな

知らないけど俺はそれじゃやりにくい。
オッパイの写真だってイメージ中で3D化しないとやりにくい。



618 :本当にあった怖い名無し:2006/10/05(木) 13:59:04 ID:iz7djdaF0
団員と認めていただきありがとうございます。
3D化はそう意識せずとも、みんな自然にやってるんじゃないの?

619 :本当にあった怖い名無し:2006/10/05(木) 15:01:38 ID:IVhkCDBaO
>588

ん〜、GDのが複雑すぎんだよ。

また、あれ見たあとにワン・オラクルやスリー・カードてのもな。


620 :本当にあった怖い名無し:2006/10/05(木) 16:00:01 ID:IVhkCDBaO
昨日、新装版(?)「トートの書」が届きました。

氏によると、いきなり「トート…」なんか理解できたら天才だ、判る訳無かろう、だそうですが、ごもっとも。

前からこのスレで、

もっとも内容がむづかしい魔術書は?

という、問い掛けを考えていたのですが、
自分なら「トート…」と答えようというふうに考えていたものです。


621 :本当にあった怖い名無し:2006/10/05(木) 20:02:20 ID:YrnOS7wa0
透見が出来る人間は読んでみてください(少し長いけど理解していただけると信じてます)

作詞家 松本隆の件で知っていただきたいことがあります。
彼と息子、2人の娘達が8年前に、横浜・桜木町の交差点に私に会いに来ました。
彼はその場で山下達郎のアルバム「COZY」に提供したご自身の詞(月の光)の解説
(私宛に書かれた内容とのこと)と、これからデビューする女の子(宇多田ヒカル)、
また私の未来の一部を、私と彼の息子の前で披露して去っていきました。


私はその後の8年間、消えない局部の痛み・幻聴・不吉な声を聞いてきました。
後に彼の長女が言うには『リンチした』ということ。

魔法使いを自認する彼は、自らを『天の川』や『魔☆』と名乗るように、
その場で私の未来を現実に見せてくれました。私の未来を知り、家族を連れて無名の私に会いに来て、
残していった彼の言葉は「こいつはもう作れん」でした。

622 :本当にあった怖い名無し:2006/10/05(木) 20:03:40 ID:YrnOS7wa0

私が楽器を持つと、彼の家族が私に憑っかって、メチャクチャにしてしまうのです。
私は何故?彼等にそうされるのか理解できませんでした。

出会いから8年、はじめて彼の娘の声を感じてから10年、魔術(カバラ等)の存在を知らずに薬を
飲んでいた年月に、私が経験し、作り上げていったこと・未発表でまだ残っているものと、
自由に動かせる体をただ返して欲しいと考えています。

お願いしているのですが、返ってくるのは脅迫・体の痛みばかり。
長年にわたる彼等の行い。はじめの頃、私は幻聴の原因を調べるために病院へ通ったりしていました。

彼は、私宛に勝手なことを書いて(書かせて)いますが、どれもこれも自分のしてきたことの言い訳なのです。
山下達郎 宇多田ヒカル スガシカオ等が私宛にメッセージを送ってきても、私にとっては恨む気持ち以外
何もないのです。自由に身体が動かせないのと、私のアイデアを使っているわけですから。

その時代・時間に『在る』ものを知る事が出来、自分達の名前に置き換えて出す人物。




623 :本当にあった怖い名無し:2006/10/05(木) 20:04:59 ID:YrnOS7wa0

私の不幸は、自分の作品として完成させ、発表する前に彼等が会いに来たことです。
彼は最初に会った日、私を助けに来たよというポーズを取った。それに、わざわざ息子と2人の娘を私に会わせている。
でも彼等の行いを知った後には口封じの脅迫の声ばかり聞いています。

ご本人は山下達郎氏、また宇多田ヒカルさんは、次女の友達であり、
長女の方は幾人かのアーティスト(Monkey Magic,スガシカオ)をやはり共犯者にしていること。

私の作り話や思い込みだとお考えでしたら、一度私に会って彼に捕まった過去を視ていただけないでしょうか?
写真も撮られているので、魔術の材料か何かになっていると思われます。

松本隆氏、本人と話をしようと、彼の事務所に連絡をしたところ、感情的でも脅迫的でもない、数回の電話に対し、
彼は警察を使いました。

松本隆と彼の家族は、本来そこを通っていた人物を、ワキへ追いやり、その事実が明るみにならないように
作った本人が陽の当たる場所へ出れないように、家族ぐるみで私に嫌がらせを続けています。



624 :本当にあった怖い名無し:2006/10/05(木) 20:10:14 ID:YrnOS7wa0

その時代・時間に『在る』ものを知る事が出来、自分達の名前に置き換えて出す人物。

恥もたくさんかきましたが、今は良い勉強をしたと考えています。魔術も魔法もある部分信じられなかった自分がいるから。
私が許せないのは、それを材料にして自分達の盗みの言い訳に用いていること。

『在る』ものを盗んでしまう人達。

彼から教えられたことは、「思考を盗め」という言葉の彼の解釈と、世の中には自分自身気付きもせずに、
作詞や作曲をさせられている人達がいるということ。自分のアイデアが詰まった他人名義(宇多田ヒカル・
スガシカオ・山下達郎)になっている曲を聴かされる人間がいるということ。



625 :本当にあった怖い名無し:2006/10/05(木) 20:11:36 ID:YrnOS7wa0

彼から教えられたことは、「思考を盗め」という言葉の彼の解釈と、世の中には自分自身気付きもせずに、
作詞や作曲をさせられている人達がいるということ。自分のアイデアが詰まった他人名義(宇多田ヒカル・
スガシカオ・山下達郎)になっている曲を聴かされる人間がいるということ。

彼等のしたことは

『その人間の未来の作品を盗って他の人間に渡す』
『その人間を眠らせて他の人達の為に作らせる』      
『その人間を消すということに全力を傾ける』

一度盗まれる仕組みを体感すれば、彼が他人(私含め)のまわしで相撲を取り続けていることがお分かりになるかと思います。
魔術・呪術に通じた方、まして音楽に携わる人間であれば、彼の家族が度を超していることがおわかりになるかと思います。

私を育てた両親と、私の話に本気で向き合ってくれた姉と、私の姪が家族・身内が起こした事の記憶で
生涯悩まされたりしないように、毎日願っている。

私や私の友人、私の両親がこれ以上彼等の乗り物になって惨めな思いをすることがないように。



626 :本当にあった怖い名無し:2006/10/05(木) 21:32:11 ID:IO5uzZsE0
>もっとも内容がむづかしい魔術書は?

興味の在り方によって違うんじゃない?
ここにいる人でも「聖書」とかいう人は
いると思うけど。

627 :本当にあった怖い名無し:2006/10/05(木) 21:56:31 ID:CbkwvRv50
       ? ? ?       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
        /\_/\       |  難解な魔術書
       /  。  。ヽ     <   読むのも修行?
       |__*_∀__| /ヽ   \_______  
      ノ/| @ リ.@.レヾ” )ノ       アヒャヒャ  
      `ヽゝ"〜"ノ/フ    本当意味での「理解」など
      〈/ ヽ\,'-、-、/            あり得ぬのじゃ。
       ( ' 《'_ラ, __!., `、         ∧∧    多くは記憶と
  ,-ー- .,_ `~|./|.|'.__|ノY~ヽ       ヽ(゚∀゚*)      認識の
  .; (⌒''-ニ,;(_`〈` ‐"y`-"ヽ .  .   (   )〜    複合体じゃ。
  ヽつ                    U U


628 :本当にあった怖い名無し:2006/10/05(木) 22:05:15 ID:Yy4z3LTC0
あのさ、青狼団の本かって自由きままにやってきたんだけど(主に護符魔術
GD流っていうか、そういう術の流れやGDの視点で書いた術や修行の説明みたいなのがある
お勧めの書籍やサイト紹介して欲しいのですが。
小儀礼くらいしか解説してあるサイトがないー

629 :本当にあった怖い名無し:2006/10/05(木) 23:49:30 ID:lekwvoLx0
GD系をやりたいなら、黄金の夜明け魔術全書くらい買った方が良いと思うよ。
英語が出来るなら原書で。

630 :本当にあった怖い名無し:2006/10/06(金) 00:16:04 ID:88fGg5UD0
>>628
二見の青狼団のおれも好きなんだけど、まだ試せてない
実際どうやってました?

サイトは、IOSやOH、そこからリンクでいけるところでもけっこういろいろ書いてあると思う。
儀式以外のことなどとくに

631 :本当にあった怖い名無し:2006/10/06(金) 00:51:57 ID:iF+Wrxen0
>>616
今朝はなんか忘れてると思ってた。国書刊行会の現代魔術体系
「カバラ魔術の実践」に、生命の木そのものではなく三つの円
で自分自身を包む儀式・行法について述べている章があった
(3章)。

まだ、普通に本屋で見掛ける本なので、立ち読みでもされては
いかがだろうか。ただ、まさにそこの図が間違っているので注
意して読まれたし。

#すこし考えればわかる程度の間違いです。

632 :本当にあった怖い名無し:2006/10/06(金) 18:02:07 ID:dhhkmki00
>>628です。
>>629 やっぱりそれしかないですね。
少々高い気がしますが、魔術関係の書籍は軒並み高いので、覚悟きめます。
>>630 ネットで色々検索してGD系は避けて?自分なりに色々やってみたけども
軒並み成功している・・・のかなぁ。
分かりやすくてユング派的なものとしては、とっつき易かったです。
道具とかその他は悪魔召還スレと本、ネットを参考にして自作してます。
IOSや

633 :本当にあった怖い名無し:2006/10/06(金) 18:02:43 ID:dhhkmki00
途中できれました・・・
IOSやOHなんかは良く参考にさせてもらってますw

634 :本当にあった怖い名無し:2006/10/06(金) 19:12:58 ID:GOy5Bzv70
おまいら>>621->>625は完全無視ですか?
まあ無視する以外ねいだろうけどw

635 :本当にあった怖い名無し:2006/10/06(金) 23:35:36 ID:88fGg5UD0
>>632
二見のソロモン王の鍵は魔法円の五芒星が火の退去だったり、付録の魔法円が立つのがやっとくらい円が小さかったりしたけど、
気にならなかった?そのままやってるの?
あと成功歴やどんなことやってるのか詳しく

636 :本当にあった怖い名無し:2006/10/07(土) 00:03:54 ID:rAymbVnw0
>>635
魔方陣は確かに小さかったので拡大コピーをしたのを使っていましたが
初回だけで、後は銀、925の3.5Mチェーンをつかってます。結構これでもせまいですが
気に入っています。偶然フリーマーケットで入手した品です。
最近したので、成功していると思ったのは惑星霊、水と太陽にグレモリー、アンドレアルフス
シャックス、ブエルさんですかね。
水と太陽は視覚化してない絵が飛び込んできて・・・軽い興奮状態だったので
何を話ししたか曖昧ですが、余りにもお二方は人間が理解できる美しさを持ちながら
人間のそれを超えていました。
4柱の魔神様たちも普段は、姿見えるっていうか浮かんでくるだけですが、何となく違っていましたし
成功した時とそうでないときは、内容に大差ない場合でも何となく分かります。
今はGDの小儀礼とかで、某ベルベットルームぽい空間にトリップしたり・・・w
パスワーキングが専らです。コンボレは意味は理解しているのですが難しすぎます。
最近のお気に入りは、その日した事を日記付けというまで詳細ではないけど
簡潔にメモ帳にメモしてます。
某サイトで気回しとかのファイルを入手して呼吸法と気を使っての視覚化と呼んでいいか
分からない程稚拙な物ですが、かなり前からやっていたので、案外すんなりと取っ付けた様な気がします。

637 :本当にあった怖い名無し:2006/10/07(土) 00:07:46 ID:rAymbVnw0
>>635 
呪文についての細かい事やグリモアの解釈はそれなりに独自の考えいれたりしてやってます。
・・・パスワーキング面白いのですがVI○Aカードでやったら
不思議な迷路みたいな所に迷い込み、少し困りました。

638 :本当にあった怖い名無し:2006/10/07(土) 00:20:37 ID:VkHgP6yw0
メール欄にへんなのが・・・orz
先輩方、スレお借りしてすみません。

639 :本当にあった怖い名無し:2006/10/07(土) 05:50:57 ID:G8AGn14q0
結局iosとohか。つまんね。どっちもとっくに終わってるって。

640 :本当にあった怖い名無し:2006/10/07(土) 09:32:51 ID:e1g2NZ2u0
>>637
俺、ポケモンカードでやったよw
ピカチュウの群れがウジャウジャでてきて、気持ち悪いくらいだったw

641 :本当にあった怖い名無し:2006/10/07(土) 10:34:10 ID:QLlYKNYj0
>>640
ポケモン良いよね。
テレビとか映画とか動く映像が沢山あるから簡単に入っていける。

まだエレメンタル的力として動かしたことはないけど。割とやり易そうだ。

642 :本当にあった怖い名無し:2006/10/07(土) 18:10:58 ID:VZ/OVERp0
IMNさんは、良くまとめられていると思いますよ。
人柄もいいですし。

643 :本当にあった怖い名無し:2006/10/08(日) 00:37:01 ID:80OLA6IE0
IMNさんって実は個人なんですか?

644 :本当にあった怖い名無し:2006/10/08(日) 16:47:23 ID:NmLTU59L0
>>634
新手のあらしかと思った・・・

645 :本当にあった怖い名無し:2006/10/08(日) 17:14:17 ID:k+xg64PJ0
>>636>>637
すげー。LBPRで幻視も成功できてるんだ。いいなぁ。
水?と太陽の惑星霊、悪魔の喚起は二見の本のように鏡に視覚化したりしてやってるんですか?
パスワーキングも併用?
>&all
パスワーキングはどんな風にやってますか?図像をそのままイメージで大きくして入っていく感じ?
扉みたいに開けるの?

646 :本当にあった怖い名無し:2006/10/08(日) 20:31:09 ID:+6s1Elte0
 プリテヴィから、パスワーキングに逝ってきます。
   .     /\_/\                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   .    /  。  。ヽ               |  アヒャヒャ、
    .   |__*_∀__| /ヽ  . . ∧∧  . . |  足から入るとは
    __ノ/|( i] リi]`レヾ” )ノ.  ヽ(゚∀゚*)   <   縁起悪いぞえ 
    \ `ヽゝ"ワ"ノ/\     (   )〜  \_______
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  .    U U                 


647 :本当にあった怖い名無し:2006/10/08(日) 22:31:40 ID:cygPS9OR0
>>645
今は二見の本はあまり参考にしてないんで何とも形容しがたいんですが
惑星霊の場合は、二見の通りにやっていると思います。
その惑星霊の力のイメージカラーを視覚化して、護符に入れたりしているんですが
水星・太陽は入れる途中に視覚化したヴィジョンに割り込んできました。
魔神の喚起、召還はGDのLBRPを使ってやっているんですが
LBRP、あれって単純に防御の魔方陣ではなくて
場そのものを切り替えると思っています。上手く言えませんけど
高い、高次の場に、テンプルを変え術者の精神世界を象徴した空間を視覚化、幻視する技術だと思っていて
固有結界っていうんですかね。w自分の好ましい風景場所へテンプルを導いてます。
(決して幻視・視覚化しているのはUBWではありません。wwww)
ユング派なら成功率も上がりそうですよね。自分はユング派も肯定して、神悪魔もいるよ派なんですがw
まぁ、どっちにしても魔神はアストラルサイドに住まう者と思いますしねw
LBRPにパスワーキングも併用というよりはLBRPに含まれていると自分は解釈してます。
独自解釈ですが、自身が大きくなる=高い場所→高次の場所って解釈も出来ますし、なら最初から高次の場所
アストラルサイトに自身とテンプルを移送(LBRPないしパスワーキング)しても問題ないわけで。
パスワーキングはそれそのものでは、正規のものでなく、LBRPに組み込まれてこその、ソレだと思う訳で。

日課のパスワーキングは対象を拡大化してペガサスでつっこんでます。
ベルレフォーンではありません。
>住民の先輩方、ダメだし及びアドバイスなんかお願いしますorz

648 :本当にあった怖い名無し:2006/10/08(日) 23:34:57 ID:bxEjh0jT0
パスワーキングを日課って・・・
頻繁にやってはいけないって注意書きがあったでしょ?

649 :本当にあった怖い名無し:2006/10/08(日) 23:43:05 ID:ANR23Thf0
パスワーキングはヴィジョン試験があるから有効なんであって
自由妄想とは違うのよ。

650 :本当にあった怖い名無し:2006/10/09(月) 00:03:59 ID:u9oCh5/90
ちょ・・・え・・・>>647でございます。
>>648-649
いえ自分パスワーキングの事をしったのは某うの人のサイトでして
頻繁にやってはいけないとは知りませんでしたorz
肝に銘じておきます。
ところでその、ヴィジョン試験ってなんでございましょうか。
ぐぐってもそれっぽいサイトは見つけられず・・・

しかし毎日してはいけないというのは目からうろこでございます。
某ナニカみたいに脳みそに負担が・・・という事でしょうか。
仕事の休憩中とかに気分転換にさくっとナニカを妄想視覚化してやる分には
構わないですよね?さくっとトリップした後にストレッチしたら気分が良いので・・・

651 :本当にあった怖い名無し:2006/10/09(月) 06:16:12 ID:fcnApdGn0
   \      ___________     . /
    \   ./                \   /
     | \/        _           \/...|
     |  |        ,'´r==ミ、          |  |
     |  |   ,_ _ _   卯,iリノ)))〉 _ _ _       |  |    アヒャヒャ
  .._ |_| /   `."-|〉*゚∀゚ノl/    ヽ     |_|_..   わらわが
     |  | '"'⌒`~"'" ''|!/'i)卯iつゝ '''"ー"``    |  |   案内人じゃ。 
     |  |        ''y /x lヽ          |  |  
     |  |        l†/しソ†|          .|  |   >>650
     |  |        lノ   レ           .|  |    ノーウィッキの
   .._|/|      _ _ _ _ _ _ _ _     ...|\|_   『魂の旅路』は
  / ..|  |   _−_−_−_−_− _   |  |  \   精読したかえ?
     |  |/_/━ ━ ━ ━ ━ ━\_\|  |
   .._| /_/━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ \_\.|_
     /_/━  ━  ━  ━  ━  ━  ━ \_\

652 :本当にあった怖い名無し:2006/10/09(月) 07:05:45 ID:5cJ6xZJq0
週に1度でも多いくらい。

653 :本当にあった怖い名無し:2006/10/09(月) 07:13:23 ID:YwD1yw3k0
ヴィジョン試験って基本じゃん? ヘブル文字使うあれっしょ?

654 :本当にあった怖い名無し:2006/10/09(月) 10:17:48 ID:Eqo6qR+O0
こうなっちゃいかんというのをすべて体現しとるのお。
貴重な標本じゃわ。

655 :本当にあった怖い名無し:2006/10/09(月) 13:00:59 ID:Z/3/LhQB0
と、パスワーキングは毎日やるな、という言葉だけは定説とされてるけど、どうなんだろ。。。
「道行き」って言葉そのままの意味とは違うんだろうが、視覚化して瞑想するという意味ではLBPRそのほかの毎日やる儀式もパスワーキングのような。
タロット等の特殊な素材を題材に、幽体離脱みたいに完全に没入するような
ディープなやつは週一で、ってことくらいじゃないかと思ったり。(といっても647のパスワーキングはそのディープなやつみたいだが)
ノーウィッキの本からして、ビジネスマンが瞑目して仕事の構想練るのまで含めて、
あれもこれもパスワーキングって言ってるから、オナニーも毎日できなっちゃう(まあこれこそ週一でいいが)




656 :本当にあった怖い名無し:2006/10/09(月) 13:04:48 ID:Z/3/LhQB0
650のも居眠りしてちょっと明晰夢ってるのと変わらんと思うからリフレッシュと割り切る限りはおそらく悪影響はないんじゃない。

657 :本当にあった怖い名無し:2006/10/10(火) 01:13:37 ID:xAVwnxT+0
亀田史郎氏もないと言っていた。

658 :本当にあった怖い名無し:2006/10/10(火) 13:01:16 ID:7CrAK9430
某魔女は北の核実験も日本の責任というのだろうか?

659 :本当にあった怖い名無し:2006/10/10(火) 13:15:39 ID:9t8nDRu20
エリスのせいだな

660 :本当にあった怖い名無し:2006/10/10(火) 13:31:45 ID:7CrAK9430
やっぱり後付設定で「混乱の時代」とか言い出す占星術師が雨後の筍のように出てくるんだろうな。
人類の歴史はいつも混乱しているっての。

それはそうと、鏡リュウジ氏の冥王星関連のコメントにはガッカリだ。
まあ、天文学と占星術は完全に別の畑になっているけどな。

661 :本当にあった怖い名無し:2006/10/10(火) 13:51:29 ID:9t8nDRu20
このスレでもエリス命名で興奮してる人いたし、あたかも関わりがあるかのように見える程度には影響見えるかも。
そもそも分析的思考で考えることでもないし。

662 :本当にあった怖い名無し:2006/10/10(火) 19:53:12 ID:rdeQuVY00
ははははw>>650です。
>>651 只今注文いたしましたよ。
ははwなんかすごい変?な事してたみたいだw
まぁ今無事だし体も別に変調ないし、自覚があったらやヴぁいなんていうけども
・・・後の祭りw


663 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 00:05:27 ID:AEbb3S4m0
亀田史郎氏は自覚ないらしい。

664 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 13:21:14 ID:RJSmPozc0
なんで在日朝鮮人の話題が出てくるの?

665 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 14:05:18 ID:r8KteiLg0
さあねえ、「核爆発を魔術で何とかできるか?」とか話題にしたいんじゃない?

666 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 16:37:11 ID:AZvK0trR0
カルト宗教と同じく
オカルト界にも、結構在日コリアンが多いからじゃない?

667 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 18:14:35 ID:ijRBPXnL0
まあ実際多いとしても気にしないけどな
魔術さえできれば

668 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 20:19:54 ID:VS9U3LDs0
ここで魔術を教えてもらうということはできないのですか?
できないのであれば、どうすればいいのか助言をいただけますか?

669 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 20:45:29 ID:Gz8gzd4U0
 ∧..∧  アヒャヒャヒャ
ヘ(゚∀゚*ヘ)))))))))))))))))))))))))〜


670 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 21:07:52 ID:/V/Jsau10
>>668 
過去ログは読まれましたか?
読まれていないのなら、お読み下さい。
読まれた上での書き込みなら、過去ログを読み尚その内容を書き込んだのか
また、過去ログを読んだ感想を教えてください。
貴方の書き込みに、どうすればいいかとありますが
「何」の話でしょうか?

671 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 21:08:00 ID:r8KteiLg0
まず自分なりに考えて何か行動を起こさない奴は(本買うとか、ネットで調べるとか)
魔術には縁がなかったと思って諦めた方がいいんじゃね?
魔術修行ってのは、他の分野以上に学び手の「積極的姿勢」が必要だと思うけどね
こんなとこで教えてくれって頼むようではハナシになんねーしょw

672 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 21:08:07 ID:0rRHV2Sf0
>>668
まずは四拍呼吸とリラクゼーションの練習を1ヶ月やってみなさい。

673 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 01:29:51 ID:UyRQoloR0
亀田史郎氏に1ヶ月弟子入りしてみなさい。

674 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 05:35:51 ID:pPo87/8d0
>>666
確かに広い意味でのオカルト界には多い感じだけど
魔術界にそんな言うほど多いか?

675 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 06:55:43 ID:q/Qv856N0
隠秘学系にいろいろ参加した経験から言うと、確かに在日は多い感じがするな。

韓日のカルト事情を見れば分かる通り、コリアンには確かに
カルトを好む民族的性質があるな。
カルト国家北朝鮮も、朝鮮民族の性質がモロに出てしまった結果だろ。

魔術界にもそこそこいるのは事実だと思う。
韓国在日批判に眉をひそめる人がいるのもその関係かもしれん・・・

676 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 07:25:43 ID:YfGs8lmM0
つーか、帰家した人や混血いれると、どれほどの数いると思ってんの。
隠秘学系に限らず、たいていの業界にいるんでないの。
民族性が先天的だなんて新説、ナチスの優生学を除けば聞いたことねえよ。証明できたらノーベル生理学賞級の大発見だw
逆にそれを否定する人類学者の意見はたっぷりある。擬似科学批判の本みれ。

ま、好き嫌いは人の勝手だとは思うので、差別だーなんて批判はしないがな。
そういうのはハン板でやるべき。


677 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 07:29:26 ID:YfGs8lmM0
カルトが好きな民族性なのかどうかは、ようけ知らん。
でも日本人も人のこといえん。
戦前の日本もカルト的だったし、今も日本はカルトだらけ。

678 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 07:34:41 ID:YfGs8lmM0
って書くと、また差別ネタで荒れそうな予感。
スマソ。

ま、好き嫌い、差別に賛成反対は人それぞれでいいんでないの。
魔術の修行とは関係ないだろ。


679 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 08:06:10 ID:q/Qv856N0
なんでここまで反応するんだ・・・・

特にこれ
>戦前の日本もカルト的だったし
姜教授を始めとするコリアンが好んで使う論法だし(北朝鮮ネタで)
やっぱり・・・・

あと、自分の言いたい事をガーッと書いて、最後に冷静なフリして「もう止めようぜ」
と書き逃げするやり方は、いい加減やめような。

680 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 08:23:44 ID:q/Qv856N0
あと、民族的性質を否定するのは暴論だと思うぞ。「ラテン的」などの言葉がある通り
理論的裏付けがなくとも、それが存在するのは確か。
韓国のカルト乱立は認めてるようだが、日本のカルトは在日によるものが多い。
あの摂理や京都の犯罪カルトもいずれも教祖はコリアンだ。
(余談だがあのザインも、ワンダーライフというオカルト雑誌で
 信者を大量獲得しその礎を築いた大幹部は在日だという)

故に、北朝鮮はたまたま出来た異常国家ではなく、コリアン本来の性質が
露骨に顕在化されたものと見るのは、それほどトンデモ論ではない。


681 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 08:43:38 ID:pQLJRfGy0
反応する=脅かされてる気がする、ってことじゃない?

日本には、在日に仕切られてる業界って多いようだし

682 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 09:47:25 ID:fUoTlDR+0
うじゅーぱ師の「バイクで突っ込む」ネタ以来、「〜で突っ込む」人が増えたかなあ
本来はドアを通るもしくはヴェールをくぐる感じだが。
当人はヴァニラでの質疑応答で、バイクで突っ込むのがいいんですか?ときかれて、
きちんと由来をコレポンできるんならOKだと思うけどっていってたが、
自分のギャグには責任もとうぜ(w
あと、ただの妄想なのか意味のあるビジョンなのかを判別するためにヘブライ文字やサインを
投射して試験するわけだが、これも文字やサインに親しんで練習だわねえ。
まあ、魔術的オナニーを志す私にはどちらでもいいんだが(爆

683 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 11:09:05 ID:2f3Yi6TC0
>>680
いや、貴方のも充分暴論だから。
遺伝的な気質よりも教育と文化的環境の影響は大きいよ。
脳科学でも言語の違いによる脳の発達の違いとか報告されてるし。

もしも学生さんならば、いっぺん外国に一月位行ってみなよ。
ヨーロッパとか中東とかだと「文化がちがーーう!」みたいなところが沢山見つかるから。
その中で日本人の良い所も悪い所も見えてくるし、故郷への愛着も実感できる。

正直、いい加減さでは日本人も朝鮮人も大差無いよ。
50歩100歩の違いを誇る暇があったら、その差を更に広げるべく努力しろ、と言いたい。

色々な異文化にふれる事は、例えば魔術の万物照応論の見方にも大いに影響するから、
魔術修行の上でもお勧め。

684 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 11:22:21 ID:qBOIo88m0
ザインの小島も在日。

685 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 11:52:25 ID:mlYTZdrI0
やれやれ、またこの話題かよ、
ここで在日がどうのと言ってる連中は、
西欧の連中から見たら日・韓・中は全て「アジア的」と一つにくくられて
同じ黄色人種ってことで同一視されてることには全く気がつかないようだな。
そう思ってる連中にいくら「日本だけは違うぞ」って主張しても時間の無駄無駄無駄ァ!w

西欧の連中から見たら、我々が日本人だろうが韓国人だろうが、
そんなことは全くどうでもいいことなんだよ。
西欧の連中にとって我々は「なぜか西洋魔術を学ぶ奇特な東洋人」でしかない
その中で日本だ韓国だって言ってもしょうがねえべ?
同じ日本でもこだわり出したら、県同士でもずいぶん違うぞ
どこの村はどうだとか何だとか言いだしたらキリねえべ?
こういう論争は暇つぶしとスレ潰しにはなるが
なんら建設的な意見や発展的な結末は望めない
若いんだったら民族国家よりも個人の魔術アイデンティティ確立に努めろや


686 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 12:05:41 ID:XuxEZGIM0
>>685
それ在日の視点だよね

687 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 12:32:08 ID:2f3Yi6TC0
>>686
いや、だから外国へ行ってみろって。
同じ極東アジア文化圏って扱いだよ。
日本人や在日の方が寧ろ違いに拘る。

日本人から見ればドイツ人やフランス人やイタリア人はヨーロッパの人だけど、
ヨーロッパの連中に「お前等ヨーロッパの連中はみんな一緒」と言えば
「一緒にするな!」と激怒されるだろう。
でも彼らから見れば、アジア人の違いは、顔付きも文化も、余程慣れた人でないと全然判らない。

韓国・朝鮮人街がある都市だと違いを認識してくれるかもしれないけど、
それ以外は一括り。

688 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 12:42:40 ID:XuxEZGIM0
じゃ「イタ公と一緒にするな」と主張するドイツ人に時間の無駄無駄無駄ァ!w
ていってみろよ。
おまえ外国いったことないだろ?日本人か中国人かそれ以外、て認識が普通だよ。

689 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 12:48:05 ID:2f3Yi6TC0
>>688
時間の無駄、ってのは漏れが書いたんじゃないよ。
お前さんが言ってみたら?俺は無駄な事はしない。

日本人と中国人とそれ以外、ってのは韓国・朝鮮人の認識度が相対的に低いだけ。
そして、日本人と中国人とそれ以外の区別は、一般的なヨーロッパの連中には出来ない。
漏れはむこうでよく中国人に間違われたぞ。

690 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 12:50:06 ID:q/Qv856N0
アジアに関心のない西洋人の見方を例に挙げてどうするんだ(笑)

仮に、数年前祭りになったサリマヤ魔術とGD魔術を混同してる中高生を見たら
このスレ住人は必ずや諭したくなるだろうが、アナタの論法は
その中高生の見方こそが本当で、普遍である、と断定してるようなものだ。

「似て異なるもの」を強引に同一視して、その手前味噌を根拠にしてしまう
おなじみの論法も止めてくれ。

東洋への造詣が深いトインビーは、中国と日本を異なる文明と位置づけてるし
大英博物館も、中国と日本を別のカテゴリに分けている。
(コリア文化は、中国の一分野とされてるが)
今回の核実験の反応一つ取っても、日本人とコリアンの特に道徳的価値観の差違は
かなり深刻なものだよ。
(歴史問題で散々謝罪&特権要求してきた彼らが、国家と個人は関係ないと平然と開き直ってしまう)


691 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 12:55:02 ID:XuxEZGIM0
>>689
無駄無駄はあんたじゃないのか。失礼。
で、欧米からみれば糞味噌一緒なんだから、糞味噌なかよくやろうぜ、ていいたいの?
欧米人でも食通ならMISOとSHITの区別は重要なんだよ。
MISOもSHITを擁護する必要もないし、自らの品質を高め粗悪な類似品との区別を明確にするべきだろ?

692 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:06:18 ID:XuxEZGIM0
自分を味噌漬けだと勘違いしているホンタクは、哀れであるし危険でもある。
日本人の霊的自衛戦争ははじまっているし、止めることもできない。
良い悪いではなく、戦争とはそういうものだ。
もちろんおれは魔術をコリアンカルトから奪回するという戦線に参加する。
欧米の仲間達と連携してね。

693 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:07:15 ID:2f3Yi6TC0
>>690
では>>686が在日の視点ではない、という事は認めるんだね?
感心の無い人からは同列に見える位の違いしかない、という事は。

漏れは文化の違いを主張するのはいけないとは思っていないよ。
でも、人種の違いと文化の違いをごっちゃにして暴論を吐くのは変だ、と言ってるだけだ。
そういうのは、行き過ぎると意見の違う少数派を弾圧するファシズムになりかねない、
というのは歴史を勉強すれば判るよね。

漏れは、日本の外交戦略はもっと強気で行かねばならない、と外国から帰ってきて思ったよ。
でも、所謂「嫌韓」とか言ってる連中の味方をする気にはなれない。
無能な味方は有能な敵よりも遙かに厄介だからだ。

お前等、gdgd逝ってる暇があったら竹島に特攻して来い!
死んだら靖国に祭ってやる位の事はしてやるから、
まじめに将来を考える人達の邪魔をするな!と言いたい。l
(先進国では最早ナチスのような移民排斥はできないのだよ)

という訳でハン板の話題はハン板で。スレ汚しスマソ。

694 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:13:35 ID:YY/kCryM0
ヨーロッパでもアメリカでも、コリアンとその他のアジア人は区別されているよ。
Koreanが「黒人に対する差別用語」に指定されて事をご存じないのかな?

つーか、朝鮮の魔術事情ってどうなっているんだろう?
どうせ、「黄金の夜明け団はウリナラ期限ニダ」 <丶`∀´>
とかいってホルホルするというのが落ちなんだろうけど。

695 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:14:30 ID:YY/kCryM0
アレイスター・クロウリーは韓国人ニダ! くらいは平気で言うだろうな。

696 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:21:37 ID:q/Qv856N0
>>693
勝手に勘違いしてるようだけど、
民族的差違は、遺伝的な人種のみならず、その社会環境に拠る所が多い。
そして、ここで問題にしてるのは後者だ。

697 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:25:43 ID:YY/kCryM0
移民排斥は出来なくても、不法入国者排斥は出来るしやるべき。

698 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:26:14 ID:YY/kCryM0
ダイアン・フォーチュンは韓国人ニダ <丶`∀´>

699 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:26:37 ID:tL0gvA940
半島文化は究極のダブルスタンダード。

700 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:27:07 ID:YY/kCryM0
カバラはウリナラ半万年の文化ニダ <丶`∀´>

701 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:27:48 ID:mlYTZdrI0
>>690
「見方が変われば価値も意味も変わる」ってことが分かったろw
全地球的な大きな視野でモノを考えろって

で、もうウザいから嫌韓魔術師の目的と結論を聞いてやるよ
西洋魔術スレで嫌韓叫んで何がやりたいの?
誰々を在日認定して糾弾して、その先に何をしたいの?
在日魔術師を皆殺しにでもしたいのかなあ? ゆくゆくは戦争?

脳内妄想のうちはいいけど、実際にやるのは大変だよ〜
だいたい鬼畜米英の西洋魔術をありがたがって学んでる我々は、
敵国文化を崇めてるってだけでもう立派な反国家的反逆者だかんなw
戦前なら非国民として投獄されてるぜ

めんどくさいから最終目標を箇条書きで書いてくれよ
例 1国内の外国人皆殺し
  2世界征服
  3宇宙征服
ってな感じで分かりやすいようにな




702 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:28:01 ID:YY/kCryM0
ヨーガの起源はウリナラ これは本当に主張しているものな〜

703 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:29:27 ID:YY/kCryM0
mlYTZdrI0って会話の出来ない人なの?
被害妄想振りは「しゃべつニダ! <♯`Д´>」の人たちに似ているよね。

704 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:29:52 ID:q/Qv856N0
>>693
あと、自分の言いたい事をガーッと書いて、最後に冷静なフリして
「もう止めようぜ」「もう別スレで」
と書き逃げするやり方は、いい加減やめてくれと言ったはずだが・・・
(ならレスしなければいいのに・・・しかも長文でボソ)

705 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:35:05 ID:mlYTZdrI0
>>730
いいからお前の最終目的を書いてくれよ
さしたる目標も目的もないまま悪口いってるだけは不毛だぞ

漏れは魔術修行は好きだがつまんねえ差別議論はキライ

706 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:35:34 ID:q/Qv856N0
>>701
いや「オカルト界に在日が多い、魔術界にもそこそこいるかも」
の台詞に過剰反応してきたのは、擁韓派なんだが・・・
そして泥沼の論争に


707 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:36:32 ID:mlYTZdrI0
>>705>>705の打ちまつがいスマソ

708 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:36:55 ID:EjNXUmAW0
>>730に期待。

709 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:39:37 ID:mlYTZdrI0
オカルト界に在日が多いかどうかは漏れの関心外だな
詐欺カルトには腹が立つが、騙されるのは最終的には自己責任。
冷たい意見だけど
そういう罠にひっかからないのも試練の一つだろ
がんばって各人が克服しれ

710 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:40:11 ID:2f3Yi6TC0
>>694
Koreanがどういうものか判る位多い都市ではそうだろうね。

で、そういうところは単純で暴力的な排斥はしないで、
建前は平等にしておいて、裏で文化的にスマートな区別
というか棲み分けというか、表に出ない差別をする。

でもって、そういう障害を乗り越えて来たまともなヤツは使えるヤツとして
メインの文化に取り込むシステムも作っておく。こうすれば平等は建前として保たれる。
逆にサブカルやカウンターカルチャーの世界には移民系の人が
流れて行きやすいが、メインの文化に大きな害が無ければ
不平不満のガス抜きの場として放っておく。

日本の過去の在日政策も元々はそういう方向を目指していたんだろうが、
色々な政治的妥協によって現在の中途半端な形に至っている訳だ。

こういう移民対策を本気で考えるなら、そういう建前とガス抜きの両方を
上手く考えた枠組みを構築しないといけないんだよ。
今はリストラクチャリングの時期だから「摂理」とかにも、オウム以前には
考えられなかった程あっさりと警察の手が入る。

朝鮮人は○○だ、と書き込むだけじゃなくて、
飴と鞭のバランスを生命の木で考えて来るべき社会のモデルを考えてみた方が、
オカルト的にも有意義だと思うがね。

711 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:45:29 ID:YY/kCryM0
つまりクリフォトに堕ちている朝鮮民族に救いの手を差し伸べるべきなのですね。
主にゲブラー的作用によって。

712 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:49:13 ID:2f3Yi6TC0
>>704
ご期待に応えて抜本的対策を書いたよ。

713 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:49:23 ID:mlYTZdrI0
>>711
いや、「できる限り、なるべくつきあわない」というのも立派なつきあい方。
クリフォトに堕ちてそのまんまでいる奴はその状態が好きだからそこにいるんだよ
よって放置が最善。漏れは差別はキライだけど朝鮮擁護派でも何でもないから

714 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:51:32 ID:XuxEZGIM0
おれはチョンの魔術結社と魔術戦したいな。
だからチョン系の西洋魔術結社やカルトがいてもかまわん。正面から闘うのみだ。
排斥も民族浄化も目的ではない。そんなものは無理だし不毛だ。
ただ喧嘩ができないのはヤだね。敵の首領の妹との悲恋などのドラマも生まれないし。

715 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:54:37 ID:mlYTZdrI0
実現は難しくても「民族総動員で行われる呪術戦」ってのは興味深いね
国民全員で呪詛やったら、果たしてどのくらいの魔術効果があるのか

716 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:55:44 ID:kEmjuFS20
ハン板でやれ

717 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:57:22 ID:XuxEZGIM0
>>716
なんでだ?

718 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 14:01:31 ID:kEmjuFS20
ここを戦線とやらにされて魔術そのものの話ができなくなったら嫌だから

719 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 14:32:12 ID:q/Qv856N0
現実逃避は魔術師の悪い癖だな。
外に出ていろいろ見聞すれば、韓国と在日コリアンに変な幻想を抱く事もなくなるよ。


720 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 14:42:45 ID:YY/kCryM0
北が核実験やった直後の会見で歴史認識の話を持ち出す盧武鉉に比べたら、
まだまだここの魔術師達の現実認識は正常だと思うわけですよ。

721 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 15:37:51 ID:2f3Yi6TC0
>>719
そうそう、日本人も韓国人も色々な意味で大差無いって事がね。
いい加減さもカルト好きなところもあんまり変わらん。
(第2次大戦前は霊術とか新興宗教のブームだったし)

日本人である事を誇りたいなら先ず日々の努力ですよ。

722 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 15:40:06 ID:YY/kCryM0
>>721
日本人は「恥」というものを知っている。
その点だけでも、あの捏造民族と一緒にされるのは不愉快だな。

723 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 17:49:17 ID:kEmjuFS20
以上、この3人でお送りしています

724 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 18:17:29 ID:2f3Yi6TC0
>>722
不愉快ならがんがって「違い」を見せようぜ。
言葉よりは態度と成果で示すのが日本人じゃないか。

まずは、自分自身の力と信用を得る事。
それがあって初めて発言力というか言葉の重みが付いて来る。
魔術における言葉の力も同じだ。色々な力の裏付けがあって初めて言葉に意味が出てくる。

日本人がアメリカやヨーロッパで割合快く迎えられるのは、
今までの日本の先達が積み上げて来た信用の結果だ。
最終的には信用を得た者が勝つのが文明社会だ。

でも、昔の栄光の上に胡座をかいていたら、流れの速い今の時代だと
あっという間に転落するぞ。

繁栄した国が没落していくのはちょっと想像しにくいけど、幾つか実例はある。
アルゼンチンなんかは100年前は世界第2の経済大国だったのに、
今や発展途上国並に落ちぶれて、サッカー以外は馬鹿にされている。

在日の妙なカルト魔術団体の情報ならともかく、それ以外の事なら
己の能力を維持・発展させていく為の話をした方が、
この板にふさわしい話題だと思うよ。

725 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 19:06:32 ID:q/Qv856N0
>>724
先人の偉業に報いるべく、自己及び自己の属するこの日本社会を発展させる為に
韓国と在日コリアンの批判論を展開してるのだよ。
現代日本社会は、在日及びその支援者達(所謂サヨク)による情報操作で
理不尽なタブーに縛られており、コリアン達に大いに侵食されてしまってる。
その困難な現状を打破する為に、主に30代以下の若年市民が現在奮闘してる訳だ。

偽りの自己申告被害に基づく民族差別を盾に数々の不当な圧力と特権要求を繰り返す
彼ら在日コリアンの問題を解決すれば、それだけで日本社会の歪みは大きく是正され
更なる発展に結び付く。これは決して誇張ではない。
彼らはブラック系事業にも多く手を染め(パチンコ、サラ金など)、数年前の韓国民潭サイトには、
「消費者金融事業は従来の社会常識に囚われない在日同胞の不屈の精神の表れである」
などと厚顔無恥な事を誇らしく書いてる始末だ。彼らによる社会的弊害は想像以上に大きい。

今回の核実験でも、在日コリアン達は今まで散々歴史問題の罪とやらを
現代日本人に被せてきた癖に、祖国の罪過で自分達が批判される側になると
「国家と個人は関係ない、不当差別だ」などと開き直る。
時代を隔ててる日本人と違い、不正送金と各種資材搬出で祖国の核開発を最大限
援助してきた事実もある癖に、これで無関係などと放言するのは断じて許せるものではない。
更に、核ミサイルによる日本社会の不安などそっちのけで
「在日同胞への嫌がらせの方が心配」などと、あくまで利己的発言を繰り返す。
ここまで社会秩序に反する身勝手で傲慢な民族(移民)はそうそういないだろう。

これらの現実を無視して、偽りの安易なヒューマニズム論に逃げ込む姿勢こそが
現実逃避の最たるものであり、これは魔術的観点からも最も忌むべきものである。
この理不尽な現状を黙視し続けるならいずれ大禍を招いて、それこそ先人の偉業に
あぐらを掻いていた事になるだろう。私たちは、大きな決断の岐路に立ってるんだよ。




726 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 19:15:15 ID:ARFQRze90
ウザ過ぎる…
パスワーキング技法でも教えてくれよ。扉のように開けるっていうのはノブみたいなのつけてイメージしてもいいの。
黒白柱の間にイメージするときとしないときでは違いがあるの?

727 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 19:16:06 ID:Ky/rMiJQ0
あくまで俺の考えだけど、在日とかコリアンとかいっても
日本人にも、そいつらと大差ない連中が居るわけで。
消費者金融から金を借りてパチンコで消し飛ばす馬鹿な日本人も在日と一緒だと思う訳だが
いやはや、どうすれば全ての人を賢者にする事ができるのかね。
例えば、ビラまき等の人海戦術でもいいし、またこのスレを知る人や同じ思想を持つ人が
政治家等になり、様々な方法を持って意識改革をせまるとして、だ悪習は脱しがたいというし
先人達の偉業の影も拭い去らないといけないが、それも容易な事ではないだろう。
・・・ここで互いの思想を吐露しあっても切がないわけで。
具体的な行動を示して欲しいと思った。

728 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 19:19:43 ID:q/Qv856N0
>>726
いつも思うのだが、韓国在日擁護論の後にそう書かないのは何故だ?
擁韓論は黙認して、韓国在日批判の時だけウザい、魔術の話をしろとは
ずいぶん身勝手だな。

どっちが始めに長文を書いてるか、文章量が多いのはどっちか、
よく確認してくれ。


729 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 19:24:26 ID:Ky/rMiJQ0
>>728
傍から見て言わせてもらえば、下二行はどうでもいいと思う。
>>726
現代の魔術界において白黒柱はどこのテンプルの象徴として扱われていますか?
そもそもパスワーキングとは視覚化したカードないし対象の中に入り込む術でございまして
お察しください。

730 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 19:38:14 ID:q/Qv856N0
>>729
つまりレスの多さ云々ではなく、韓国と在日を批判する論調自体が目障りって事なのか。

冗談じゃないよ。
カルト宗教と同じく、魔術界にも在日とそのシンパが多いのは本当だったんだな。
だから衰退した訳だ。

731 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 19:48:13 ID:ARFQRze90
まあq/Qv856N0とYY/kCryM0のレスが2f3Yi6TC0より多いけどな
おまけにその手の話をする人がまず書き込んでアジってくるわけで。
うざがると在日認定。もうね。

>>729
わからん。タロットのパスワーキングなんかで柱を視覚化するって書いたりしてあるけど、
実際どういう意味あるのか分からないのに気付いた。タットワだとしないんだよな


732 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 19:55:44 ID:2f3Yi6TC0
>>730
スレ違いの話題だからクレームが多い、というだけの話。

単なる嫌韓話は2ちゃんのあちこちでみるからみんなお腹一杯なんだよ。
政治の話ならもっとふさわしい場所が沢山ある。
漏れもニュー速とかでは嫌韓話を書き込む事もあるが、
ここでその話をしたいとは思わない。
(外国でリアルに世界の宗教の半島起源を主張するヤツを見た事あるよ。
 みんな相手にしないでスルーしてたけど。)

在日カルトの話がしたいならもっと具体的な話を持ってきたら?

733 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 20:19:10 ID:Ky/rMiJQ0
>>730 違う。正しく伝わなくてすまん。
先に手をだしたとか、そういうのは子供の理屈で、それの延長線上のものが
現代の政治背景の裏にあるだろ。
互いの悪いところを批判しあうだけのけなしあいでは、何も進まないという事。
後俺が2chでこの手の話が嫌いなのは、スレは余り気にしないが
具体的な解決策もしくは行動等を具体的に示してないこと。
オカルト世界の人って俺が思うに区別意識ないし差別意識が
自覚の有無を問わずに大きいんだよ。それ自体は向上心の表れと取れるが
そこから先を示すのが賢者だろうといいたい。
同じあふぉならおどらにゃ損なんて事はない。

734 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 20:25:29 ID:J47Beytx0
俺も続きはハン板でやれに一票。
余計なコメントはもう書かん。

735 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 21:16:47 ID:q/Qv856N0
>>733
>具体的な解決策もしくは行動等を具体的に示してないこと
失礼ながら、少々乱暴な論法と感じざる得ない。

現在の段階での最良の具体的解決策は、韓国と在日コリアンの問題性を
より多くの人に認知してもらう、とこの一点に尽きる。
この前段階を軽んずるのは、ニオファイトの教義など意味ないから
アデプトの実技を教えろ、と言うに等しい。
あと、差別と批判を混同しては困る。
なら、具体的根拠に基づく韓国在日批判論者に、嫌韓のレッテルを貼り付けて
黙らせようとする人間こそが正にそれに相当するだろう。

アナタもコリアンの異常性に気付き、他の板ではそれに基づく意見を書き込んでる
と言う立場なら、たまに提示される韓国在日批判論に対して、
感情的な茶々を入れる事なく、むしろ積極的に賛同してそれに同調して欲しい。

様々な所で韓国在日批判論を展開して、より多くの市民に真実を知ってもらい
そして反日民族に対する自衛意識に目覚めてもらう事が、現在に置ける
最良の建設的解決策なんだよ。それがまっとうされれば
自ずと次の段階、より具体的な日本社会の改善策に進む事が出来る。


736 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 21:29:16 ID:/Xz4VzB30
例えば、それを知らせてどうなる?一時的なブームないし流行もどきになるんじゃないのか?
マスコミが実際韓国の実情を意図的に隠した偏向放送をしているよね。
インターネットで嫌韓風潮を出すと、一部の日本のネチズンが〜
或いは、悪の巨大掲示板2chが〜みたいな格好のエサになるよね。
リアルで、嫌韓の話とかするとサヨク・ウヨクとかなるよね。
上に上げた例は極端すぎるけども、間違ってはない。
認知してもらうとして、どうやってと問いかけでございます。
状況は刻一刻と日本の望まない状況に変化している。
その流れの中で、日本という国への忠義心をマスコミのエサにされるのは
とても、とても嫌なことだとは思わないかい?
貴方のいう事は正しい。が、正論だけできっちり割り切れるなら・・・とは思わないかい?
やるなら徹底して反撃の隙を与えず、立ち上がることすら出来なくなるまで
やりたいわけだが、その方法が分からないんだ。

ちなみに差別と区別の意味の違いは認識しているつもりだけども
別に前段階、基本を疎かにしても良いという考えではないよ。
ただ余りにも状況が悪すぎる事を憂いている一般人ですよ。




737 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 21:38:15 ID:q/Qv856N0
>>736
嘆く気持ちは十二分に理解できる。
しかし諦めてはならない。様々な所で、韓国と在日コリアンの問題性を
指摘し、説明し、そして書き込んで、より多くの人に目覚めてもらう
努力を怠ってはならないよ。

韓流は明らかに一過性のものだが、韓国在日批判は一度火が付けば
間違いなく恒常的なものと化す。多くの人間が韓国在日に眉を潜めており
世間話の中でたまにその話題が出ると大いに盛り上がるケースも顕著だ。

738 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 21:43:49 ID:kEmjuFS20
【カバラ】西洋魔術【GD】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1160656815/l50

勝手ながら暫定的にスレたててみました。
こちらのほーが良い方はよろしく

739 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 21:53:00 ID:NejW2Dms0
2 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2006/10/12(木) 21:42:09 ID:kEmjuFS20
魔術師の政治姿勢など政治談議をしたい方はこちらでお願いします

【魔術】魔術結社G∴I∴K∴O∴ 12th【カバラ】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1156341458/l50

>738
おまいさーどういうつもりな訳?

740 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 21:56:40 ID:kEmjuFS20
ハンネタはこの結社スレでお願いしたいなと。
魔術界の在日がどうのという話にふさわしく「結社」が入ったスレでもあるし。
魔術界を憂う方々はGIKOスレで語り合ってくれればいい

741 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 22:03:49 ID:uAi286vG0
>>737
本当にその問題をきちんと知って貰いたいなら話を切り出すTPOを考えろ。
それを弁えていないからみんなに叩かれるというのが理解できないのか?
口先だけじゃなくて本気で努力する気があるならな。

現状ではあんたみたいな、所謂「嫌韓厨」こそが、
話を更にややこしくして普通の人から真実を遠ざける
反日勢力そのものにしか見えん。

だから「竹島へ特攻して来い」と言いたくなるんだ。

742 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 22:10:19 ID:J47Beytx0
魔術師の政治姿勢など政治談議をしたい方はこちらでお願いします
【カバラ】西洋魔術【GD】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1160656815/l50




743 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 22:14:03 ID:46QI7Bfp0
何か最近、正論より理不尽だが現実を変える純粋な力とか、理想主義を現実主義で修正とか
議論するより具体的な行動とか、身の回りでゲブラーに針が振れてる現象が頻発してると思ったら、
このスレもゲブラーの影響下にあったのか。

744 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 22:14:55 ID:q/Qv856N0
>>741
変に大人ぶって日本人同士の内輪もめを意図的に演じないで
共に韓国&在日コリアン糾弾に協力してくれ。
頼む。
彼らをこれ以上のさばらせては駄目だ。今回の核実験への反応で
(核ミサイルに対する日本人の不安よりも、自分達への嫌がらせの方が心配などと放言する)
改めて彼らの身勝手さ、傲慢さ、救いようの無さが理解できただろう。


745 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 22:16:59 ID:J47Beytx0
>>744
頼むから続きはハン板でやってくれ。
頼む!!
魔術の話しの邪魔なんだよ。

746 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 22:17:31 ID:kEmjuFS20
別スレたてたから魔術の話はそこでできるよ

747 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 22:19:22 ID:kEmjuFS20
魔術の話といっても魔術界から在日とシンパを追い出そうって運動なんかはこのGIKOスレでお願いしますね

748 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 22:19:44 ID:J47Beytx0
嫌韓厨の乱入で崩壊したスレはいくつもあるが、ここも同じ運命をたどるのか。

749 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 22:21:11 ID:J47Beytx0
嫌韓厨の嫌われる理由は、まさにこれだよな。
ところかまわず、嫌韓ねたを持ち込むこと。

750 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 22:22:04 ID:q/Qv856N0
嫌韓というレッテル貼りは止めてほしい。

751 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 22:24:21 ID:NejW2Dms0
てかチェーンまがいなレスを見て、
貴君の身勝手さ、傲慢さ、救いようの無さが改めて理解できた。


752 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 22:24:52 ID:J47Beytx0
>>747
GIKOスレの古参(W)としても、お断りだね。

ハン板にゆくか、「魔術界から在日とシンパを追い出すスレ」でもたてろや。

753 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 22:26:20 ID:kEmjuFS20
ttp://ifuck21.at.infoseek.co.jp/060924.html
ttp://zoskia.blog49.fc2.com/
ttp://d.hatena.ne.jp/Hocuspocus/

で、この3人のうちだれが何を書いてるんだ?

754 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 22:27:37 ID:J47Beytx0
>>744
別に糾弾に反対はしねえよ。
ハン板にゆくか、「魔術界から在日とシンパを追い出すスレ」でもたてろ。
そこで存分にやれ。

755 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 22:28:41 ID:J47Beytx0
>>753
言わぬが花w
他にも結構、有名サイト管理者が、ここに来てるよw

756 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 22:29:21 ID:kEmjuFS20
それでこの体たらくなんですかね

757 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 22:30:34 ID:J47Beytx0
ここでの話題がGDMLに飛ぶことも稀にあるw

758 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 22:32:02 ID:tvhGBabV0
お前らそろそろ止めろ。
韓話が出たらスルーするか、別の話題に誘導すりゃいいだろ。
誘導できなきゃスルーでいいだろ。
変に触ってるから後腐れが出てきて、初心者の教えてクンがスレ立てたりするんだろ。


759 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 22:33:47 ID:kEmjuFS20
>>752
前に別スレ立てれば、という話になったら、初代スレの1も嫌韓だから追い出される筋合いはない、とかそういうレスがあったので、
さよか、と。というわけでこっちが別スレ立てました。


760 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 22:35:08 ID:J47Beytx0
>>758
禿同。

>>759
オーケー、そうしてくれ。

761 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 22:42:45 ID:sE67FZfT0
>>744
悪いけれど、朝鮮の人なんか相手に必死になるほど弱くはないのでね。
朝鮮の人の言動なんかに揺らされているのは、貴方が弱いからですよ。
基礎訓練こそを大切にして下さいね。

762 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 22:51:25 ID:YY/kCryM0
魔術界も世代交代してサヨクは減っていくと思うけど。
つーか、日本の魔術界ってもう40代以上は死んだも同然じゃん。

763 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 23:04:08 ID:J47Beytx0
修行をつんでる人
知識のある人
業績のある人

いずれかであれば、ウヨもサヨも関係なく俺は尊敬するね。

764 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 23:30:01 ID:q/Qv856N0
>>716
在日コリアンの問題性から目を背けて現実逃避する君の方こそ弱者だ。

765 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 23:37:16 ID:J47Beytx0
一部でキケロの新刊が話題になってたが、使えそうかね?
どうも、日本ではキケロ夫婦はあんま好かれてないみたいだがw

766 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 23:37:54 ID:mlYTZdrI0
ID:q/Qv856N0クンの純粋な愛国心は良く分かったし君の国を憂える気持ちには皆も充分に感動した!
しかし夜も遅いので、そろそろ病棟…いや、部隊へ戻ってくれたまへ
君ノ御両親モ心配シテヲラレルゾ


767 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 23:38:57 ID:J47Beytx0
ちなみに俺はセルフイニシエーションはノウイッキではなく、キケロの方式でやったw

768 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 23:41:16 ID:J47Beytx0
つーか、団のであれ、セルフであれ、イニシエーション受けてる奴って、ここにどれくらいいる?

769 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 23:47:12 ID:mlYTZdrI0
漏れはおまいらが無駄な議論に興じているついさっきまで、
最近知りあった女の子相手に性のイニシエーションをほどこしてきた所だがw
出すモノを思いっきり出した後は心地よい疲れに包まれて
なんでも許せるハッピーな気分になるねえ(はあと

諸君らもたまってる時はセックスでもしてスッキリしてからモノを考えるといいぞ


770 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 23:53:52 ID:mlYTZdrI0
今月はあと数回、オレ流の「獣の儀式」を予定している
そこで相手の女の子のクソが食えるかどうかが、もっかのところの漏れの課題だ
クロウリーがやったんだから、オレだって頑張るぜw

771 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 23:55:45 ID:mlYTZdrI0
ちなみに儀式でクソを食ったことのある椰子、ここにどれくらいいる?

772 :本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 00:03:34 ID:J47Beytx0
キケロの本は悪くない。
つーか使える。
「GDジャーナル」は業績です。

773 :本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 00:08:37 ID:2yJzkhGK0
そろそろアヒャ様の予感・・・

774 :本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 00:11:07 ID:2yJzkhGK0
>>772
キケロはGDの商標騒動で評判落としたんじゃなかったっけ?
GD系列では今でも新刊を精力的にだしてるし、その点では評価できると思われ。

でもタロットは、キケロのよりウォンの方が美しいと思う。
パスワーキングも、ウォンの方がしやすいし。

775 :本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 00:24:36 ID:2yJzkhGK0
>>765
Tarot Talismans: Invoke the Angels of Tarotのこと?
賛否両論に割れてたねw
いちおう密林で注文はした。

776 :本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 13:25:22 ID:8B3m45gL0
韓国が中国の伝統医学である「漢方(中医学)」を「韓医学」と名前を改め、世界文化遺産の認定申請の動きが出ている。
これに対して、中国内で猛反発が起き、対韓国感情が悪化しそうな雲行きだ。(矢板明夫)
 
 中国の華僑向け通信社・中国新聞社がこのほど、配信したもので、この記事を「広州日報」や「安徽日報」など多くの地方紙が転載。
インターネットの反応も大きく、13日現在、重複分を含めて、約30万以上もの中国語のサイトがこの記事を転載している。
 
 このような中国での関心の高さの背景には、中韓両国間で、ここ数年、伝統文化をめぐり繰り広げられてきた激しい“抗争”がある。
 
 昨年11月、中国で2000年以上の歴史を持つ「端午の節句」(旧暦5月5日)が、韓国によって「江陵端午祭」との名前で
ユネスコ(国連教育科学文化機関)の「世界無形文化遺産」に申請、選定された。当時の中国メディアは「強盗にあった気持ちだ」などと一斉に猛反発した。
 
 ユネスコの資料などによると、中国は現在、兵馬俑、故宮、万里の長城など33項目の世界文化遺産の認定を受けている。
旧正月や少林拳など約100項目は申請中だという。
 
 今回の記事では、「韓医学」と「漢方」の共通点や、世界文化遺産申請の具体的日程について触れていない。しかし、
端午の節句で悔しい思いをしただけに、中国人の警戒感は強い。「固有文化を守るため、徹底的に抗戦すべし」と言った勇ましい書き込みがネット上に殺到している。
 
 中国の民間文芸家協会副主席の白庚勝氏は中国新聞社に対し「中国の文明は韓国、日本、ベトナムなどの周辺国に大きな影響を与えてきた。
これらの国家と共有している文化も多い」と述べたうえで、「政府は世界文化遺産を申請する際、これらの国々が共有している文化を優先して申請すべきだ」と指摘している。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/23106/

これは本気で西洋魔術を韓国に広めるべきではないよね。
絶対に起源を捏造される。
しかし、ユネスコって審査とかしないの?

777 :本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 14:28:29 ID:7NUbano40
>>776
>これは本気で西洋魔術を韓国に広めるべきではないよね
誰が広めてんだ?そして誰がそれを禁止できるんだ?
絶対に勝ちたい喧嘩なら、口数は少なくすることだ。

778 :本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 21:52:59 ID:NcM84Unu0
パスワーキングは、エノキアンでしょ。
タットワも悪くはないが、次のステップに行ったほうが断然面白い。

779 :本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 21:54:28 ID:NcM84Unu0
>>775
紹介されてる手法自体は、そんなに目新しくない。
タロットの象徴体系をベースに添えたところがミソか?

780 :本当にあった怖い名無し:2006/10/14(土) 06:01:43 ID:Knz8qN2y0
ABLAHADABLAとTHE MAGICK OF THELEMAを翻訳してほすい。

781 :本当にあった怖い名無し:2006/10/14(土) 06:03:27 ID:Knz8qN2y0
>>778
トートでやってみた。
「魔術師」の手が動くまでしかいってませぬ。

782 :本当にあった怖い名無し:2006/10/14(土) 06:10:16 ID:Knz8qN2y0
>>774
キケロのタロットはいっちゃなんだが、絵が下手ですなw
ウォンのほうが上手い。だがキケロの「ウォンのGDタロットには欠陥がある」説にはもっともだとは思うがw

ウォンの「ユングのタロット」、欲すいと思ったときは絶版。

783 :本当にあった怖い名無し:2006/10/14(土) 09:56:36 ID:5JcyfE/X0
ソプラフィノあたりを使うのが一番正しいんだろうね。

784 :本当にあった怖い名無し:2006/10/14(土) 09:58:24 ID:abhWkRBP0
>>780
おまえがやれ

785 :本当にあった怖い名無し:2006/10/14(土) 23:22:48 ID:j5fVSm9m0
          /\_/\  普通の人から見れば
         /  。  。ヽ    やっぱ魔術って
         |__*_∀__|      こんなイメージだよね。
        ノ/|( i] リi]`レヾ    
        `ヽゝ"Д.ノ . . n    
        〈/ ヽ\ノ/ ヽ (_)    
        / / `||´ | V /
        (_l⌒)__」、___ノ
         /i__、,__!          
      i'`i___//.ヽ ヽ ヽ        アヒャヒャ、グリモワも
  __ ` - -'  .>  ) )___     ばかにはできぬぞえ。
  \ アヒャ/   / ̄/ /\ アヒャ/
    \/  〈` ‐"ヽ-ヽ \/    .∧∧
    /\         /\   .ヽ(゚∀゚*)./|\
   / アヒャ\____/ アヒャ\   ( .  )⌒⌒
    ̄ ̄ ̄ ̄\.アヒャ./ ̄ ̄ ̄ ̄    .U U
          \/

786 :本当にあった怖い名無し:2006/10/15(日) 00:15:54 ID:DaawYhpe0
>>775
タロットを用いたデカンの天使召喚(Invocation)
テレズマ・イメージなわけだが、面白そうではある。

787 :本当にあった怖い名無し:2006/10/15(日) 00:19:55 ID:DaawYhpe0
>>779
同意。『黄金の夜明け全書』を応用できる人からみれば、「何を今さら」かもしれない。
だがタロットのシンボルを応用してるところが、タロット好きには受けるかも。

788 :本当にあった怖い名無し:2006/10/15(日) 17:29:55 ID:Pqe79WBq0
>>789
GDの伝統と流儀に固執するなら、全書の応用でゆくしかないんでない?
キケロはよくやってると思うよ。

全書からの逸脱がどこまでゆるされると考えるのかわからぬが。
全書から離れすぎるとGDの流儀ではなくなるわけで。


789 :788:2006/10/15(日) 17:31:13 ID:Pqe79WBq0
失礼
>>789 ×
 ↓
>>787 ○

790 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 00:20:07 ID:ZqZo1LhD0
10月17日から18日までイベント開始! 
貴方の想いが何万倍にも増幅されます。
この機会を利用してぜひ貴方も幸せになってください。
※お金は一切かかりませんので御心配なく!


http://plaza.rakuten.co.jp/angelique111/diary/200610090000/

791 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 07:16:50 ID:cv3xhGrE0
『魔法入門』にはクロウリーの書物は初心者の指導に向かないとありましあたが、やはりそうなのでしょうか。
別のとこで書いたら「セレマイストの方に失礼」と怒られますた。

792 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 09:39:40 ID:X269QoXQ0
>>791
セレマイトですが・・・
クロウリーの本は誰がどう見ても初心者には向きません。本当にあ(ry

基本的にクロウリーは>>416の様な指導方針なので、
懇切丁寧に教えてあげようという態度が著書の中に微塵もありません。

例外は、クロウリーが初心者を意識して書いた
第四の書の第1部と第2部(邦訳「神秘主義と魔術」)
Magick without Tears.
Eight Lectures on Yoga.
位ですが、元々の性格がアレですので、普通の入門書をマスターしてから
読むのが無難だと思います。

793 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 14:03:59 ID:IV++nkT50
W・E・バトラーの著作も電波ゆんゆんな部分があって、
純粋な初心者にはお薦めできないと思う。
後々まで大きな影響が残るから、最初に触れる魔術書の
選定ってかなり重要だと思う。

794 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 16:16:37 ID:X269QoXQ0
>>793
大袈裟に書いてあるけど師匠のフォーチュン程電波ゆんゆんではないと思う。
彼が言ってる事は、良く読むと当たり前の事が多い。

現代の日本の魔術初心者が誤解するのはバトラーが読者として想定している
敬虔で保守的なキリスト教徒じゃないからでしょう。

バトラーは単に、本当の意味での「奉仕」がきちんと出来る人は素晴らしいから
魔術修行を通してそういう人になりなさい、という事を言ってるだけ
なんだと思ってます。

795 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 16:46:08 ID:IV++nkT50
フォーチュンに連なる者は皆電波ってことですね。

796 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 17:35:30 ID:xEd+IpAf0
人格優秀な人間になりたきゃ、
魔術じゃなくて、ありがたい伝統宗教でも学ぶんだな

>「セレマイストの方に失礼」と怒られて
易々と恐縮するようなキモのちいせえ野郎にクロウリー魔術はハナから無理。
>>791は、
まず最初に、ある程度自分の性格悪くしてから修行したほうがいいぞw
他人にはおいそれと左右されないような主体性を持つとかな。
でないと善意のゆんゆん電波に利用されるのが関の山だ

まとめると、
独創性や創意工夫の才能に自信がなくて、なおかつ主体性のない素直な奴はGD系魔術を。
倫理や道徳にこだわりがなくて、他人の話を聞かない身勝手で無神経な奴は
クロウリー系の魔術を学べばいいだろうということだな。
いや、もちろんワザと極論書いてるだけだからw



797 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 17:40:11 ID:xEd+IpAf0
あと、基本的に本よんで勉強とか大キライな奴は渾沌魔術がいんでね?


798 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 17:55:41 ID:/a31RiCG0
あと、基本的に本よんで勉強とか大キライな奴は体術がいんでね?

799 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 17:57:45 ID:X269QoXQ0
>>796
> 倫理や道徳にこだわりがなくて、他人の話を聞かない身勝手で無神経な奴は
> クロウリー系の魔術を学べばいいだろうということだな。

いや、良くないw

クロウリー系の団体では無神経で身勝手なヤツは要らないから余所行ってw
主体性と意欲のある風評良き人物のみ大歓迎致します。

800 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 18:32:22 ID:xEd+IpAf0
>>799
でもそれって、クロウリー系の団体にしてはずいぶん大人しすぎるねw
団体だから頭数をそろえないといけないのは分かるけど無害な羊ばっか入れてどーすんの?
民主的というか模範的というか社会的というか、常識的すぎじゃね?w
真にクロウリー的な魔術師は、既成の団のワクにおさまりきれずに孤立せざるを得ないわけだ
ひょっとしてセレマイトを名乗りながら儀式で糞も食ったことのない根性ナシで(ry

…と、まんどくさいけど冗談議論が盛り上るように書いてみる


801 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 18:37:10 ID:xEd+IpAf0
しかし実際問題として糞を食うのはキツいよなあ…
漏れは儀式の中に「聖なる浣腸」も入れてやってんだけど
糞を出された後のニオイが強烈で、あの興ざめ感をなんとかせんと…
他のセレマイトの皆さんはどうされてるんですか?

802 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 18:45:14 ID:xEd+IpAf0
で、いやがらせのためにもうちっと書くと、
漏れは浣腸液に問題があるんじゃねえかと思って
グリセリンやめて牛乳浣腸やってみたのよ(工夫がたいせつ)。
したら、普通の浣腸どころじゃねえ、とんでもなく名状しがたいニオイが充満してさw
思わず吐いちまった。もんのすんごい嘔吐。全身の毛穴からプラーナでまくり!
吐いた後ですごく気持ち良くなり、なおかつアンドルー・ワイルの「嘔吐ハイ」を思い出した
そこで「これだ!」と思って
「嘔吐」のパワーを利用した「嘔吐儀式」を考案したわけさ
みんなもやってみろとは言わんけど、嘔吐はなかなか気持ちがいいぜ

803 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 19:38:50 ID:ZJhDyUi40
>>800

> 団体だから頭数をそろえないといけないのは分かるけど無害な羊ばっか入れてどーすんの?

いいえw 数は要りませんw

馬鹿で身勝手な奴は要らない、というだけの話ですw
実際問題として、馬鹿で身勝手な志願者は積極的に排除しないと
団体としてやっていけません。

ホントに有能で主体性のある奴は団体の中でもそれなりに上手くやっていけます。
多少人付き合いが下手でも見所の有る奴は他のみんなが保護します。

無害な羊さん達は入っても勝手に辞めていくので別にどーでもイイのです。
無気力な羊さん達をイチイチ構ってあげる程みんな暇じゃありませんから。

804 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 19:49:41 ID:V9/1T9yX0
すべての男女はカモである

805 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 20:44:17 ID:erAJzo/G0
    |                |  
    |      ∩   アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ
__ノ      .| |         |  _     
| |        .| |          ./ )ノ\__ヽ   
ヽ二二 ヽ -―- | |        .//|\ノ(◎)  
_____/ /" ̄| ヽ∧_∧// .|      『TOTOの書』の
   /  /    / (_.゜∀゜.)  ̄ ̄\      盟約により、
   |  |/⌒゙ /      /       \     >>801-802
   .\ヽ__ノ__,,./。 ゚        .\     喚起されました。
     .\\::::::::::::::::: \\ ゚       \ 
   人.. .\\::::::::::::::::: \\       \  アヒャヒャ、イオUNChO!
  (__)  \\::::::::::::::::: \\       \     .∧∧
\(__)/  \\_:::::::::::_) )           .ヽ(゚∀゚*)
 ( ‘∀‘ )       ヽ-二二-―'           . (   )〜
トッテモ UNChO!!                   . U U

806 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 21:25:08 ID:xEd+IpAf0
ということで、>>803さんの懇切丁寧な回答からも明らかなように、
現在はたとえクロウリー系の団体といえども
団員にはある程度の社会性と協調性が必要なのは間違いないようですね(はあと

あえて書くと「クロウリー系の団体に入ったからといって、
       女を自由に犯したり、麻薬やりほーだい、ウンコ食い放題など、
       法を犯したり悪事の限りを尽くすのが許されるワケではない」
ということのようですよ(とりあえずは
これがタテマエなのか本音なのかは各人が実際に入って確かめてみることですね
でもまあ、
ワルいことがしたいヒトは魔術団体より暴力団体に入った方が早そうですねw




807 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 21:30:34 ID:IV++nkT50
ウンコを喰うって朝鮮民族の文化ですよね。
また連中が起源主張しそうですが、それはそのまま認めてあげたい気分です。

808 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 21:32:08 ID:xEd+IpAf0
次は「魔術のためなら法律を犯すことも厭わない」の是非論争でもしますか?
オレはバレなきゃ何やってもいいと思う程度に柔軟で寛容な法律観を持ってんだけど
みなさん結構モラリストなのかな、魔術やってんのに?w

809 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 21:34:49 ID:xEd+IpAf0
>>807
そうそう、糞食儀式はクロウリーのオリジナルかなと思ったら違うんだよね
「嘗糞」でググると出てくるのでこの機会に皆さんもお確かめください
韓国軍には糞尿で顔を洗って精神力を鍛える訓練があるそうです
日本の自衛隊にも見習ってほすい(ry

810 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 21:53:08 ID:erAJzo/G0
>>806
まあ、いちおう「団」なんだから、社会性と協調性がゼロだったら、成り立たんでしょうw

811 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 21:54:35 ID:erAJzo/G0
>>806
暴力団も、国の法を守らないだけで、自分らの掟はすごく厳格に守るよ。
これもある意味、魔術結社に似てるかもねw


812 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 22:10:48 ID:erAJzo/G0
UNChOネタが出たので、赤い手帳のバアルを喚起しておいたw
アヒャ様、スマソ。

813 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 22:14:04 ID:erAJzo/G0
>>791
漏れはバトラーは悪くないと思う。
黒瓜については、セレマの人に聞いてくれ。

ただ、本を鵜呑みにしたり、なんでもかんでもすぐに信じこんでしまう椰子は魔術師にはむかんと思う。

814 :803:2006/10/16(月) 22:28:51 ID:lMN0EDM00
>>806
補足しておきますが、セレマイトにとって必要な事はうんこ食う事じゃありませんw
(漏れは食った事はありませんw)

仮に儀式の中で「うんこ食え」と言われたとしても、
無批判に食ってしまえば其奴はその時点でセレマイト失格です。

己の意志とその行為を照らし合わせた上で、
自分にとって本当に必要な事を選択できる事が大事です。

きちんと判断した上で、うんこ食わずに団体を辞める事を選択するのも
セレマイトとして正しい行為です。
その判断が出来ない人はクロウリー系の団体には来ない方が良いでしょう。

815 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 22:44:29 ID:xEd+IpAf0
よかったな〜皆。
とりあえずはウンコ食えなくてもセレマイト面ができるらしいぞw

>>791
オレも入門書でバトラー読んだって悪くないと思う
どんな電波書いてようが、それを読む人間が強烈な主体性持って性格悪ければw
バトラー読んだってオレみたいに
「奉仕だァ?コノヤロウ、テメェが奉仕しやがれ!」って感想しか持てなかったりするからな
初心者にバトラー読むなってゆってるヒト、真面目すぎw
自分が素直で感化されやすいからって、他の全員もそうだとは限らないよん


816 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 22:52:14 ID:xEd+IpAf0
それと、やっぱクロウリー系の団体で嫌われるのは乱交性魔術の際のマナーでしょ
短小や包茎は仕方のないこととしても
清潔に性器を洗って恥垢を取っておくことは重要
(男のオレだって、さすがに恥垢まみれの包茎チンコしゃぶるのは多少抵抗あるぜい)
あと早漏は嫌われても仕方ないかもねー
早漏でも自分が射精した途端に相手への愛撫をヤメちゃう身勝手な奴は嫌われて当然
しつこいクンニで仲間の性器を愛撫してフォローするとか気配りが大切
何の世界でも同じだけど自分さえイケればそれでいいという奴はダメだ
羞恥心が邪魔して乱交ができない奴はハプニングバーで鍛えれ

……ってな感じかなあ

817 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 22:58:11 ID:xEd+IpAf0
書き忘れたけど口臭対策も重要課題なw
けっこー気になるし、気にする人も多いので乱交前には歯を良く磨こう


818 :803:2006/10/16(月) 23:01:40 ID:lMN0EDM00
>>816
今時大手のクロウリー系団体で乱交なんてしませんよ。
魔術的に殆ど意味がないから。

性魔術ってのはもっと精妙で美しいものです。

819 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 23:08:22 ID:xEd+IpAf0
>>818
大手はね…w

820 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 23:13:30 ID:erAJzo/G0
     /\_/\    姉様、大手って
    /  。  。ヽ     チェックメイト!!
    |__*_∀__| /ヽ   
   ノ/|( i] リi]`レヾ” )ノ      __ ,、 アゥー   
   `ヽゝ"ワ"ノ/´フ        ヽ,ALiヽ,     アヒャヒャ、
   〈/ ヽ\ノ/ _/          ,.' -─-ヽ     それは王手じゃ。
 _ / / `||´ |  _      <i..iノリノ)))) >       .∧∧
\   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \     `ノl !_゚ ヮ゚ノl!つ       .(*゚∀゚)ノ
 ||\            \  .___( (i/wk ノ___  .___〜(   ) ___
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄  ||\ . ̄ ̄ ̄   \ ||\ . ̄ ̄ ̄   \
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||              ||     .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

821 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 23:43:53 ID:f8d6m1E00
だれか簡保のトラブルの経緯しらない?

822 :本当にあった怖い名無し:2006/10/17(火) 00:01:36 ID:8sxJoZow0
簡保って、出る簡保?

823 :本当にあった怖い名無し:2006/10/17(火) 00:07:33 ID:8sxJoZow0
818>>

>性魔術ってのはもっと精妙で美しいものです。

更に妄想たくましくしちゃった童貞野郎は挙手してください。



824 :本当にあった怖い名無し:2006/10/17(火) 00:26:17 ID:DMMW5QAY0
「なんか苦労リー系団体ってつまんないのね
 言ってることが品行方正で常識的すぎて
 悪の華咲く淫靡で甘く危険な香りがぜんぜんしなくて超ガッカリ」
と思った性欲少年がほとんどなんじゃない?
妙な期待されるよりはマシと思うけど

825 :本当にあった怖い名無し:2006/10/17(火) 00:35:36 ID:KWDCQIEU0
いや、だから簡保の件。
βにたてついて失脚? 性魔術よかはるかに面白そう。


826 :本当にあった怖い名無し:2006/10/17(火) 00:39:40 ID:bVEE4yP00
          ,、    ,、      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 /\      ( ( __) )     |  だったらこの際、
/ /|ヽ\    /  。  。ヽ   <   悪魔崇拝に走ってみるのは
  .|  ヽ\   |__*_∀__|     |   どうかな、姉様。
  |    ヽ\ .ノ/|( i] リi]`レヾ    \___________
 .|      ヽ\`ヽゝ"Д.ノ . . n     
 | / ⌒ ヽ  〈/ ヽ\ノ/ ヽ (_)     アヒャヒャヒャ
 レ'        / / `||´ | V /   悪魔崇拝の前に
          (_l⌒)__」、___ノ   自分が悪魔になってる
           /i__、,__!            かもしれぬぞえ。
        i'`i___//.ヽ ヽ ヽ     . ↑_↑    
        ` - -'  .>  ) )    .ヽ(゚∀゚*)./|\   
             / ̄/ /      ( .  )⌒⌒  
            〈` ‐"ヽ-ヽ       U U     

827 :本当にあった怖い名無し:2006/10/17(火) 00:55:20 ID:DMMW5QAY0
まあ今夜は>>796からの流れで
クロウリー系団体とやらの情けなさや人畜無害ぶりを露呈できたことは収穫かなw
黙って平和にヨガでもやってろよ、根性ナシどもが

と、この流れに最もふさわしい憎まれ口利いて退散しときますね
付きあってくれてありがとう>>803さん、IDの前三桁が微妙で笑えました
それではおやすみなさい

828 :本当にあった怖い名無し:2006/10/17(火) 00:57:31 ID:DMMW5QAY0
>>818のIDの話ね、偶然だろうけどw

829 :本当にあった怖い名無し:2006/10/17(火) 03:10:21 ID:ApQ6gNYa0

五芒星大儀礼してコックリさんしてみたヒトっています?


830 :本当にあった怖い名無し:2006/10/17(火) 12:57:18 ID:h3NqK4JC0
グルジェフなら品行方正で常識的な人には異常行為やらせて、
異常行為やりたい人にはおとなしくさせとくんだろうな

831 :本当にあった怖い名無し:2006/10/17(火) 19:27:13 ID:U5nUxDCM0
ぶっちゃけ性魔術っていちいち物理的なことに拘る必要は無いんだよね?

832 :803:2006/10/17(火) 19:56:19 ID:nn2atkMT0
>>827
先に寝ちゃってたもんでレス遅れてすみません。

>IDの前三桁が微妙
ああ、そういやそうですね。でも気が付いても意味の無い無駄な偶然w

>>824
インターネットで殆どの情報が手に入る時代に30年以上前のアングライメージを
売りにしても意味が無いですからねえ。

少なくとも大手団体は社会の中でやっていかなくてはいけないから
イニシエーションのネタバレを避けつつ透明性を確保しなければならない訳で、
そうすると実体を伴わない怪しげなイメージは邪魔にしかならんのですよ。

そういや、L.M.DuQuetteも日本での講演会で「OTOはセックス団体じゃないよ」って言ってましたね。

>>825
Wikiに「8月にOTOを辞めた」って書いてあったけどそれ?
http://en.wikipedia.org/wiki/Gerald_del_Campo

良く知らないけど、彼のWebページを見たらOTOの方針とはちょっと方向性が違うみたいだから、
自分から抜けたんでないの?

833 :本当にあった怖い名無し:2006/10/17(火) 20:25:11 ID:EbPSIFrV0
         /\_/\      
        /  。  。ヽ     
        |__*_∀__| /ヽ  
       ノ/|( i] リi]`レヾ” )ノ   アヒャヒャ
       `ヽゝ"ワ"ノ/´フ    
       〈/ ヽ\,'-、-、/        
        ( ' 《'_ラ, __!., `、     ∧∧   
   ,-ー- .,_ `~|./|.|'.__|ノY~ヽ    (*゚∀゚)ノ    
   .; (⌒''-ニ,;(_`〈` ‐"y`-"ヽ 〜(ヽ∩∩   
   ヽつ

834 :本当にあった怖い名無し:2006/10/17(火) 20:40:59 ID:s3VLaHA90
  ,ィ'^i^ト,、. 
 /y'´⌒ ヽ 
i[》《]iノノ))〉)  Why don't you follow his brighter side?
  |!|(!´ヮ`ノ!  Enter the Trinity and win a game of chess.
  {(lつ旦O    Run across China without a guide
  とんソ_i|)   And climb up K2 without success.


835 :本当にあった怖い名無し:2006/10/17(火) 20:41:09 ID:1VlPykHe0
スクライングとアストラル投射って本当のところ、どこが違うのですか?

タロットのパスワークでアストラル投射できますか?

836 :本当にあった怖い名無し:2006/10/17(火) 20:53:55 ID:EbPSIFrV0
>>835
タロットやタットワでもアストラル体投射は可能。
パスワークでゆくのは原則スクライング。

実は両者に明確な境界線はない。
だが敢ていうなら、スクライングが二次元的で客観的なのに対し、アストラル体投射は三次元的で主観的。

837 :本当にあった怖い名無し:2006/10/18(水) 00:30:05 ID:o30+fzmG0
団体の性格と、その団体に所属している個人の性格は別個のものです。
なんてマジレスすることもないんだが。

838 :827:2006/10/18(水) 07:05:59 ID:Kk4c8TK50
>>832
ご丁寧に、わざわざレスして下さって恐縮です。
毎日見るほど暇じゃないんでお礼が遅れてすみません

>>837
すごく真面目なヒトみたいなので一応真意を説明しときますがw

この場合は>>791のように気が弱くて自我も薄そうな初心者の方たちが、
>>796からのエログロ漫才のような流れを読んで、
「魔術団体といっても千差万別で、まともなヒトもいれば狂ったヒトもいるんだな
 なんでも他人の言うことを盲信してへいへい聞いて従ってると
 どんでもない結果に(糞を食わされるなど)なることもあるわけだ
 これは注意してかからんといかんなあ
 まず、自立した“意志”や主体性を持たんと」
と思ってくれることが重要なんです。
入団条件に一定の年齢以上を設定してる団体もありますが
それは、魔術はまず「確固たる自己」を持ってから学ぶようにとの配慮もあるような気がします

まあ、今回の件で私が自分の経験上、「これだけは確か」だと自信を持って言えるのは
「牛乳浣腸は想像するよりもはるかに臭く、しかも部屋に匂いが残るから自宅ではやめとけ!」
ということですなw


839 :本当にあった怖い名無し:2006/10/18(水) 07:15:09 ID:ksG7RW7w0
黒瓜がK2初登頂に挑んで登山史に名を残しているのは本当らすい。


840 :本当にあった怖い名無し:2006/10/18(水) 14:34:21 ID:U+UJe3+40
なにをいまさら

841 :本当にあった怖い名無し:2006/10/18(水) 16:03:21 ID:SkF08TX40
裸弁天に感激したというのは20世紀最大の捏造

842 :本当にあった怖い名無し:2006/10/18(水) 18:14:37 ID:3p0UD3990
いまさらついでに。
アストラル界って本当のところ何なのだろう。
集合的無意識のようなもの?
霊界のような異次元世界?
あくまで哲学的な概念?
デンパだが有用な幻覚?

843 :本当にあった怖い名無し:2006/10/18(水) 18:43:35 ID:QPh29il/0
>>842
脳内世界

844 :本当にあった怖い名無し:2006/10/18(水) 19:37:25 ID:3p0UD3990
>>843
やっぱそうですか。
幻視体験みたいなものなのですね。

845 :本当にあった怖い名無し:2006/10/18(水) 19:39:00 ID:3qlGOZxM0
魔術師は氏んだらどこへ行くのでしょう

846 :本当にあった怖い名無し:2006/10/18(水) 20:44:19 ID:3p0UD3990
>>841
クロウリーの半生の自伝"Confessions"(Hill and Wang)のp227によると、
鎌倉の大仏さんは見てるらすい。江ノ島に行ったのも本当らしい。
彼はBenzaiという詩も書いてるので、見た可能性は否定できず。


847 :本当にあった怖い名無し:2006/10/18(水) 20:47:34 ID:3p0UD3990
以上は受け売りでふ。
"Confessions"を読んだ方、よかったら参照して教えて君です。


848 :本当にあった怖い名無し:2006/10/18(水) 21:50:12 ID:UTZdloJO0
>>621

あの夜にお会いしたのはあなたの長女と次女。10年後の現在は、自分の人生を生きるということが出来なかったことを腹立たしく思っています。あなたはご自身で書かれた詞の通りに、私の人生を運んだということですね。
「雨は斜めの点線、僕たちの未来を切り取っていたー」赤の他人に無理強いするのはあまりにも気安くないですか?

私に薦めて下さいました、柳田國男の「犠牲」、ガルシア・マルケスの「百年の孤独」は読み終えました。あなたの著書である「三日月姫」これから読ませていただきます。

― 追申 ―

出来うる限りの尊敬を込めて、魔☆にお尋ねします。
皆が共通の認識として理解できるのが「盗作」なら、誰かの作ったものを予見・複製し、利用することを何と呼びますか? ミューズの仕事? 守護天使の仕事?? 可愛い娘達の仕事? 妻の仕事?? 

849 :本当にあった怖い名無し:2006/10/18(水) 22:06:41 ID:UTZdloJO0
あなたと共にいたのは息子。(俺は酷い状態で書いている、文章が矛盾だらけだと思わせたいらしい。10年間の大半がこんな感じだ。あの夜からずっと)

かあさんどうして
育てたものまで
自分で壊さなきゃならない日が来るの

松本隆が未だにしがみついている音楽業界での地位は、この文章を書いている人間が犠牲になっているから。


850 :本当にあった怖い名無し:2006/10/18(水) 22:11:32 ID:UTZdloJO0
ここに書き込むと、スレッドの文章を進めるために彼等と彼等のお友達がノリノリでここにやってくるんだ。


851 :本当にあった怖い名無し:2006/10/18(水) 22:26:00 ID:UTZdloJO0
今回は地味に進むって。彼の娘との会話のキャッチボールをここに記していきたいけど、睡魔に襲われるために不可能らしい。

852 :本当にあった怖い名無し:2006/10/18(水) 22:44:40 ID:3p0UD3990
今さらな疑問。
『魔術 理論と実践』って本当に初心者向けなのだろうか?

853 :本当にあった怖い名無し:2006/10/18(水) 22:59:57 ID:gFm92jgB0
本物の東郷室長さんて、やっぱり迫力がちがいますね…

854 :本当にあった怖い名無し:2006/10/18(水) 23:04:26 ID:3p0UD3990
クロウリーは江ノ島の裸弁天を詣でたのは実話ということでOK?

855 :本当にあった怖い名無し:2006/10/19(木) 00:16:55 ID:u8oP7yhN0
       /\_/\  
      /  。  。ヽ
      |__*_∀__|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ノ/|( i] リi]`レヾ  |  じゃ、ぼくが江ノ島の
     〈 ヽゝ"ワ"ノ/  <   代わりをしまーす♪
     ヽ.  |` ´| 'ヽ,   \_________
      ヽ__△._△_i 〉
       〉 _ ,  i /
       〈 ̄ ▽ ̄i,,,)
       ヽ  i  .|     アヒャヒャヒャヒャ
        `、 l  /             
        . 〉 〉 .|       ∧∧    ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        / /  |     .ヽ(゚∀゚*)   < やめれ。 
       / /i |      (   )〜  \_____
      <  ' i i  〉      U U

856 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 00:16:32 ID:06NWTKnq0
http://32.xmbs.jp/ajt0/
とか
http://namiruni.m-0.jp/mixi/
とかどーなんよw


857 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 00:18:49 ID:rhon3u960
ガキの遊びは放置あるのみ

858 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 07:10:33 ID:kekVy6qq0
ところで無神論者は魔術師になれるのでしょうか?
「なんでもいいから、歴史のある古い宗教を信じるべき」
「無神論者が魔術するのは、山の存在を信じずして登山をするようなもので、矛盾している」
そういわれました。

859 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 07:13:14 ID:kekVy6qq0
>>856
下のほうは真面目だし一生懸命かと。

860 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 07:13:39 ID:UQ3WKxLs0
以下、なにがあろうとブロディー・イネスの引用禁止。

861 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 11:11:42 ID:TaFLMlHg0
>>858
魔術は人間がやるものであって神様がやるものじゃありません。
無神論で問題なし。

ただし、世の中の如何なるモノも信じない、という完全無神論者が目指す
魔術は相当難易度が高いと思われます。

「仏陀もビートルズも信じないが一万円札の価値は信じる」位の敬虔な信仰心
を持つ者ならば充分魔術は出来ると思います。

862 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 11:18:34 ID:TaFLMlHg0
>>858
あ、それと登山家が山に登るのは「そこに山が存在する」からであって、
「山の存在を信仰している」のが理由ではありません。

そういう微妙な所を誤魔化されないように、魔術関係者の話は
常に眉に唾を付けて聞く習慣を持ちましょう。

863 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 14:28:02 ID:h7hSV1is0
つまり胃雄は信じるなって事ですね。激しく同意。

864 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 16:22:14 ID:h9xTdlCp0
魔術なんてプラシーボ効果の延長みたいなモンだから
信仰心のカケラもない人間では難しいんでは?

865 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 17:22:47 ID:XWy+dGDT0
精神の扱い方次第じゃないの?
重要なのは信仰ではなくて想像力が如何に強いか、だと思うけど如何?

それから、「山の存在を信じずに云々」は大沼氏だったと記憶しているが、
間違っている?

866 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 17:50:51 ID:XWy+dGDT0
混沌系は無神論でも、うはwwwwwおkwwwwwwだったよね?

867 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 18:25:15 ID:swWH7Evy0
ケイオスと無神論はそれほどは関係ない。
神とかいないから、とかいっちゃうよオレうはwwwww
みたいなトーンはあるけどね。

無神論についてはバタイユの「無神学大全」3冊が極まり熱い。
岡本太郎も在籍したバタイユの秘密結社アセファルは、
なんとなく今の混沌系のグループにノリが似ているかも。
拳銃儀式とか。

868 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 19:32:32 ID:JRVVy/6i0
魔術という宗教を信じてるってことでいいじゃないか

869 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 19:56:25 ID:xeuXuqX40
>>858
「神の存在を信じる」と「宗教を信仰する」を別にして考えると
わかりやすいと思われ。
「神」という呼称に抵抗あるなら、「大宇宙」、「超越的存在」、
「混沌」、「法身仏」、「究極」、何でもいい。

宗教を信仰すると、そうした存在が把握しやすくなるという利点
があるかもな。


870 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 20:34:05 ID:xeuXuqX40
>>858
ちなみにクリポトの逆ケテルは、そのものずばりパチカル(無神論)だからな。
GD系では無神論者は厳しいだろう。

871 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 21:00:40 ID:XWy+dGDT0
私は阿羅羯磨(あらかつま)様に朝鮮人の死滅を毎日祈っていますよ。
まあ信仰というよりはブロディー・イネスの(ry

872 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 21:17:19 ID:xeuXuqX40
>>868
宗教の定義って難しいよなw

873 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 21:19:04 ID:xeuXuqX40
ちなみにウイッカンは自他ともに認める宗教なわけだが。

874 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 21:26:47 ID:+OBrAGJw0
>>870
GDはね。
「神との合一」っていうくらいだからねえ。

875 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 21:37:41 ID:lqD46MbZ0
         /\_/\            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        /  。  。ヽ  .  _    |  見て見て!!
        |__*_∀__|/ヽ.ノ\__ヽ .< 姉様、カミを見つけたよ。
       ノ/|( i] リi]`レ” )ノ\ノ(◎)  \_______
       `ヽゝ"ワ"ノヽ/
      , '´   y   / 
      / ヽ/ /⌒、   
     ./ /, / i  i    
    /  iヽi   .i  i        アヒャヒャヒャヒャヒャヒャ
    ヽu/ | ゙ー'(_  ヽ          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ノ  i  `‐'     ∧∧  <それは 紙 じゃ。
      /  /      . ヽ(゚∀゚*)   \_______
     (  ヽ          (   )〜  
     ヽ、___ヽ          ∪∪  


876 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 21:52:35 ID:JRVVy/6i0
871みたいに人の大量死を祈願するのは倫理的にどうなの?
いつのまに普通の魔術師でそゆのOKになったの?




877 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 21:56:56 ID:xeuXuqX40
>>876
また魔術と関係ない話しで荒れるから、スルーで行きましょう。

878 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 22:04:38 ID:xeuXuqX40
>>874
たしかにw
「神」とは言っても、ここでいうのは所謂「非人格神」なわけですな。
各セフィラに居る惑星的な人格神ではなく。

879 :858:2006/10/20(金) 22:16:33 ID:NJwWTjep0
皆様、ご意見ありがとうございます。
自分はGDの流派の人から>>858のような助言をされました。
神との合一を目指すから、神の存在は信じろ。ここまでは理解できたんです。
でもそのために宗教を信仰する必然性がわからず、質問を書き込みました。
皆様のご意見を参考に、もう少し考えてみます。


880 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 23:14:01 ID:n2Lj5Lfd0
>>878
各セフィラの「神名」は非人格神の各側面ですよ。
人格神に対応するのは大天使です。

881 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 23:52:49 ID:XCHJEiMb0
You must learn a bit of British Freemasonry to understand
the phrase "belief in God" in GD terminology. In this case God
means TGAOTU, to use a masonic word.
--------------------
  ,ィ'^i^ト,、. 
 /y'´⌒ ヽ 
i[》《]iノノ))〉) 
  |!|(!´ヮ`ノ! 
  {(lつ旦O   
  とんソ_i|)  


882 :本当にあった怖い名無し:2006/10/21(土) 00:32:26 ID:mhibQXry0
メーンソ憲章の根底は理神論だからな
GDは理性の究極層とまで昇華されたTGAOTUを
ふたたび大衆的(ポップな)エジプトロマネスクに還元したという意味では
紛れも無くポップカルチャーだったのだろう

883 :本当にあった怖い名無し:2006/10/21(土) 01:18:16 ID:fs7h8IXb0
>>876
南北朝鮮のように、核兵器を日本に撃ち込もうとするのは倫理的のどうなの?
早く祖国に帰ってね(はぁと)

884 :本当にあった怖い名無し:2006/10/21(土) 01:36:29 ID:UrKnmlSH0
汎神論でいいんじゃね?
たまにはスピノザ読もうぜ

885 :本当にあった怖い名無し:2006/10/21(土) 06:10:58 ID:WWIK7y7R0
>>882
アンダーソン憲章によると無神論者は原則、メーソンには入れないんでしたっけ?

886 :本当にあった怖い名無し:2006/10/21(土) 06:12:25 ID:WWIK7y7R0
個人的には漏れも汎神論が好きw

887 :本当にあった怖い名無し:2006/10/21(土) 07:59:37 ID:WWIK7y7R0
>>880
照応表でギリシャ神話やエジプト神話やインド神話の神格もふられてること言ってるんでしょう。
まあこれらも別の視点から見れば、非人格神の一側面かもしれませんけどね。

888 :本当にあった怖い名無し:2006/10/21(土) 11:53:10 ID:g0+I2utS0
無神論や唯物論呼ばわりされたこともあるスピノザ哲学
おれも好きだな

889 :本当にあった怖い名無し:2006/10/21(土) 22:59:50 ID:Mg5hSD300
どうしても神にこだわりたいみたいですね、
自分達家族がしてきたことを棚に上げて。
俺にとってはただの泥棒でしかなかったのに、
盗品を譲り受ける方はあなた方を神と感じるようだ。

判で押されたような教科書を持ってきて、数に訴え話をスライド
させているとことがところがいかにもエセなあなたらしいよ。

あなたが書かれてはまずいことは止めているつもりです。
あなたが俺にあって最初にしたことは自分のレーベルをたちあげたこと。



890 :虚言癖の龍騎士:2006/10/22(日) 01:18:47 ID:p0V3PuOq0
ってか絶対ここの住人って
聖龍騎士団の元団員混じってるよwwwwww
あっちがダメならこっちかよwwwww
落ち着かねえなwwww

新生聖龍騎士団
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1158298273/l50

891 :本当にあった怖い名無し:2006/10/22(日) 06:43:48 ID:SCUmLWiE0
         /\_/\      
         /  。  。ヽ    >>867
         |__*_∀__|    アセファルに
        〈/ ヽ\ノ/\     なってみたよ。
        ./ / `||´ | \   
        (__/|.___」ヽζ)    アヒャヒャヒャ
         ノ/|( i] リi]`レヾ   三頭身のわらわがなると
       ゙-"/ヽゝ"ワ"ノ      ジャミラか形天じゃな。
      i'`i___//.l   l !          
      ` - -' .|_i/.       ヽ∧∧ 
         〈`|_|          (゚∀゚*)〜  
          〈` ‐"ヽ         U U

892 :本当にあった怖い名無し:2006/10/22(日) 12:26:28 ID:MnzZegdC0
荒俣センセイ…

893 :本当にあった怖い名無し:2006/10/22(日) 14:28:15 ID:C2Cf4CFR0
>>889 馬鹿野郎読んでしまったじゃねーか

894 :本当にあった怖い名無し:2006/10/22(日) 17:42:54 ID:oiDGgoNN0
>>891
吹いた。
ニコちゃん大王ですな。

895 :本当にあった怖い名無し:2006/10/22(日) 22:34:04 ID:KR6Q/WFx0


896 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 05:44:28 ID:2E5qVVFq0
信仰を持つ人格と無神論の人格を別に作り出して観察してみれば面白いかもね。

897 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 07:23:02 ID:7BGESGKK0
芸術は魔術だ!!
魔術は芸術だ!!

アンドレ・ブルトン
サール・ペラダン

898 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 07:58:18 ID:xOr451og0
ロリとフタナリは消えれ

899 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 06:05:18 ID:3oZdQ9os0
↑というカキコがなされて以来、スレが止まってるのは
 漏れ以外のこのスレの住人が全てロリかフタナリだとでもいうのか!(驚

900 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 07:18:44 ID:7M188zpG0
占星術は魔術の一部門だと思ってました。
でも占星術の大家と呼ばれる人たちに話すと「馬鹿いうな」と怒られました。
「占星術は統計に基づいた科学だ、迷信と一緒にするな」

一方とある魔術師の方からはこう言われました。
「占星術はサイコセラピーの小道具。あるいはシンボルとしての体系。」
「魔術師は占星術のシンボルだけ学べば充分。深入りするな。」

本当のところ、占星術って魔術的にどうなんでしょ。

901 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 08:30:09 ID:igoGwdIu0
天文学の前段階。はっきり言って迷信。
象徴体系としては良く出来ている。

個人的意見としてはそんなところ。
同じような考えの人って結構いるんだね>>900

902 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 09:15:09 ID:rMBNKSrV0
>>900
「統計に基づいた科学」と仰る占星術の先生方には、
占星術が当たった事を証明する統計データを是非見せて下さい、
とお願いしたいです。

占星術が当たる事を統計学的手法で示した、という研究は山程ありますが、
全て後の検証作業で否定されていますので。
否定できない結果が出たらノーベル賞モノですよ。
一オカルトファンとしては是非ともやって欲しいものです。

903 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 10:29:46 ID:YwWzcO4s0
否定したのもサイコップでおかしなことやったと言うけど。

904 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 12:26:25 ID:3oZdQ9os0
上手くやると魔術と違って儲かって喰えるのが占星術。
そういう意味では魔術じゃないかもw

「まあでも占星術をスマターしとくと
 女の子と仲良くするきっかけがつかめてベリーグーよ!
 ナンパのコミュニケーションツールとしては2番目くらいにイイかな。
 1番目? そりゃなんつったって「手相」だよ。覚えとくと最高。
 なにしろ手相観を口実に女の子の手をさわり放題
 さりげなく手のひらのツボを押しながら
 女の子の手を至近距離からいじいじしまくり、じっと目を見つめて
 うよんうよんと秋波を送れば、あ〜ら不思議、
 気がついたら親密になってホテルで腰がダルくなるまでハメハメよ!」
…と、知り合いのナンパ師がゆってますた〜



905 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 17:20:12 ID:hlAQp7Ga0
>>899
気付くのが遅い!

906 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 17:54:21 ID:aB4rWtfRO
>>904
2番目くらいにィィ!って見えた

907 :謎のゲイ魔術師:2006/10/24(火) 19:17:49 ID:igoGwdIu0
>>904
確かに、学生時代に占星術の勉強をしているって事がばれた途端に
女がやたらと周囲に集まってくるようになった。
ちっとも嬉しくなかったけど。

908 :本当にあった怖い名無し:2006/10/25(水) 21:50:50 ID:2T6Urtkr0
少し頑張ってるみたいですね。松本隆さん。
仮に1000を超えても、また同じモノをのせれば目が覚めますか??
あなたは自分以外の人の命を軽くみすぎるよ。

「芸術は呪術だ」岡本太郎さんのあの特集番組は観ましたよ。

自分で書いている

「♪そんなことないやいやい」         とか
「♪そのほほなぐれるほど タフじゃない僕さ」 とかで

芸術を気取るのはもう止めようよ。

909 :本当にあった怖い名無し:2006/10/25(水) 21:55:12 ID:Q9pZ9xF+0
http://id8.fm-p.jp/51/36moe/

910 :本当にあった怖い名無し:2006/10/25(水) 23:26:46 ID:Q022XBXY0
>>900
広義の意味で言うなら、占星術も錬金術も魔術の一部だよ。
その大家とやらが無知なだけ。

911 :本当にあった怖い名無し:2006/10/26(木) 07:07:03 ID:k86uOcBAO
なげ

912 :本当にあった怖い名無し:2006/10/26(木) 21:17:53 ID:kUIxqDP00
魔術師は占いを学ぶ。
占い師は魔術を学ぶとは限らない。

そういうことでは?

913 :本当にあった怖い名無し:2006/10/27(金) 01:30:18 ID:2GmmT+HcO
〉〉902

僕がネットで読んだ記事によると、
科学によって占星術を否定しようとして
誕生時と黄道十二宮の関係を調べた
ところ逆に因果関係が認められたとか、

ソースキボンとか言わないでね。
2ちゃんねるで見たのかもしれないから。


914 :本当にあった怖い名無し:2006/10/27(金) 07:50:11 ID:Cdc5M/Sq0
>>913
サイコップが分裂する原因になったエピソードだよね。
ソースは「ユリイカ」の占星術特集の号だったと思う。

915 :914:2006/10/27(金) 07:54:27 ID:Cdc5M/Sq0
しかしそれはごくごく一部に偶然からたまたま因果関係っぽい一致があった。
という程度の話しで、後にそれを報告した学者が自分で否定しているそうだがw

心理占星術いうのは、占星術師達の苦肉の策なんだろうなあw

魔術師は象徴をおさえ、大雑把なホロスコープの作り方を知っておけば充分でしょう。

916 :本当にあった怖い名無し:2006/10/27(金) 10:24:42 ID:7EMKuBW40
いや、魔術師はサイドリアルで行くんだからトロピックをこけにしていいのよ。
おめーら赤道儀の極軸合わせたことねーだろって感じで。

917 :本当にあった怖い名無し:2006/10/27(金) 12:32:41 ID:/W3/AJRN0
目糞鼻くそ

918 :本当にあった怖い名無し:2006/10/27(金) 19:37:49 ID:Wmzx/uGpO
俺の糞

919 :本当にあった怖い名無し:2006/10/27(金) 20:05:43 ID:qnoaOAZN0
    |                |  
    |      ∩   アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ
__ノ      .| |         |  _     
| |        .| |          ./ )ノ\__ヽ   
ヽ二二 ヽ -―- | |        .//|\ノ(◎)  
_____/ /" ̄| ヽ∧_∧// .|      『TOTOの書』の
   /  /    / (_.゜∀゜.)  ̄ ̄\ 盟約により、キーワードを連呼した
   |  |/⌒゙ /      /       \     >>916-917
   .\ヽ__ノ__,,./。 ゚        .\     迎えに来ました。
     .\\::::::::::::::::: \\ ゚       \ 
   人.. .\\::::::::::::::::: \\       \  アヒャヒャ、イオUNChO!
  (__)  \\::::::::::::::::: \\       \     .∧∧
\(__)/  \\_:::::::::::_) )           .ヽ(゚∀゚*)
 ( ‘∀‘ )       ヽ-二二-―'           . (   )〜
トッテモ UNChO!!                   . U U


920 :本当にあった怖い名無し:2006/10/28(土) 00:44:28 ID:8ZYAH0p50
なんか藁カス話題だな〜
占星術でメシ喰ってる連中にとっては
占星術は科学ではなく「商売」。

商売なんだから、客に高額のカネを出させて納得させる説得力が必要で、
そのための格付けと権威付けに「占星術は科学だ」くらい言うだろ、営業トークでw
商売人の営業トークなんだからあんまり真に受けるなよ
この国には「占星術は科学」だと思い込む「信仰の自由」もあるんだろうしな。
それで信じて、いいコト言われて気分良くして
ひとときでもしあわせになれれば、それでいんじゃね? 「おまじない」なんだから

921 :本当にあった怖い名無し:2006/10/28(土) 01:31:59 ID:RaDUejvCO
だけどさ、惑星直列?だっけ?そんなんが起きた日には地球上の女が全員生理になるんだよね、たしか…
そう考えれば、あながちデタラメでもなさそうだが

922 :本当にあった怖い名無し:2006/10/28(土) 03:09:51 ID:8ZYAH0p50
>>921
その二極思考どうにかなんねーのか?
「科学じゃない=全くのデタラメ」なんて誰も言ってねえだろw

占星術は科学じゃなくても当たる時はちゃんと当たる(ように見えるときもある)
逆に言うと「全くのデタラメ」じゃないからこそ「商売」として成立してるんだよ
「全くのデタラメ」で「商売」をすると、それは単なる「詐欺」だっつうに

923 :本当にあった怖い名無し:2006/10/28(土) 03:13:52 ID:8ZYAH0p50
しかし細木某を見ても分かる通り、
予言が大きくハズれてものうのうと喰えてるわけだし
案外デタラメ言ってもハッタリかます根性太けりゃおKみたいだな

924 :本当にあった怖い名無し:2006/10/28(土) 04:22:06 ID:EiR/yrjI0
予言は外れるためにある
その予言に対しどう為すかだ
世界が このような原因で こうなった時 滅ぶ
ならば、原因に対処し そうならないようにすれば 滅びずに済む

平たく言えば最悪の状況にはこうなるというのが終末予言


925 :本当にあった怖い名無し:2006/10/28(土) 06:09:52 ID:qSsFzvte0
>>921
その情報のソースは?
あきらかにトンデモ理論だろ。

926 :本当にあった怖い名無し:2006/10/28(土) 07:49:46 ID:Re+rxyRv0
惑星直列もグランドクロスも占星術上の問題であって、惑星物理学的にはほとんど意味が無いらしい。

>>919
ンこネタが出るたびに召喚される赤い手帳のバアルですかw

927 :本当にあった怖い名無し:2006/10/28(土) 12:54:07 ID:uK+rnjLP0
よくわからんがほんと目糞鼻糞だよなー
魔術が実効力あるなら占星術もあるにきまってるじゃん
科学であって魔術ではない、と一部の占星術の人が言うのは滑稽としても

928 :本当にあった怖い名無し:2006/10/28(土) 15:07:55 ID:8ZYAH0p50
「漏れが修行してんのは魔術であって科学ではない」くらいの意識はあるぞw

929 :本当にあった怖い名無し:2006/10/28(土) 19:08:40 ID:3Qls24e10
広義の意味で言うなら、占星術も錬金術も魔術の一部。

930 :本当にあった怖い名無し:2006/10/28(土) 19:11:24 ID:3Qls24e10
でも魔術やるなら、占星術は基礎ぐらいは学んでおくべき。

931 :本当にあった怖い名無し:2006/10/28(土) 22:13:26 ID:8ZYAH0p50
きょうなにげにラジオ聞いてたら
六占星術は細木のオリジナルで本は累計6500万部も売れてんだと!(ギネス申請
6500万部って、日本の国民の約半分が買ってる計算になるべさ!
なんだかしらんけど売り上げだけは大したもんだと思った
日本って占星術大国だったんだなw

932 :謎のゲイ魔術師:2006/10/28(土) 23:06:09 ID:45bZ7b160
細木数子については↓がお薦め
ttp://www.nazotoki.com/obatyan.html

占星術大国というか、「自分探し」が好きな国民性なんだと思う。
もとからあった民族性というよりは、偏った教育の弊害って感じだけど。

あと、ギネスってイロモノだから。載ったからって自慢になるようなことではないよ。
子供の頃はもっと権威のあるものだと思っていたんだけどな、ギネス・・・

933 :本当にあった怖い名無し:2006/10/28(土) 23:07:03 ID:uK+rnjLP0
狭義の占星術じゃなく四柱推命の改悪じゃなかった
空亡を大殺界と称して誇張したりで伝統的な東洋占術からは評判悪い

934 :謎のゲイ魔術師:2006/10/29(日) 07:04:37 ID:GnsEarnJ0
ttp://2chart.fc2web.com/hosoki.html
細木数子の予言とその結果。

「外れた予言は忘れられる。
当たった事しか記憶に残らないから、
占いは当たると錯覚しているだけ」という典型ですな。

マスゴミが手の平返しをする時が楽しみなんだけど、
バックに893がいるから暫くは安泰か?
自分のパロディをやったドラマを潰したくらいだしな〜。
細木といい江原といい、こういうのが持て囃されるなんて世も末だよね。

935 :本当にあった怖い名無し:2006/10/29(日) 08:13:35 ID:NmHjN6jr0
ちょっと質問。
東洋の霊術は本に書かれない口伝秘伝があって、むしろそうしたものが重要でメインと聞きました。
西洋の魔術にも、そうゆうものがあるのでしょうか?
やはり団に入って師につかないと、口伝秘伝を得られないのでしょうか?

936 :本当にあった怖い名無し:2006/10/29(日) 09:52:57 ID:ZceUImkm0
>>935
基礎となる理論的な部分と儀式はほぼ公開されている。
個人的な、或いは団体内のノウハウとかそれに基づいた儀式とかは、
公開されているのもあるが、公開されていない事が多い。

イニシエーションの話と絡むので異論がある人が多いとは思うが、
そういう独自の儀式に至る思想、思考法、世界観、方法論、態度を
ひっくるめた「文化」は、内弟子になるとか団体に入るとかして、
それをやってる人に長期間接していないと判らない事が多い。
いわゆる「霊統」て奴は、そういう風に受け継がれてきた伝統だと思う。

937 :本当にあった怖い名無し:2006/10/29(日) 11:12:41 ID:415t+RN6O
>>879

 私は祈りを実践しないと電池切れのような症状を引き起こすので、
魔術はカバラ十字に象徴されるように、光を引き降ろす作業。
信仰は光をもう一度上へ返す作業と理論化し、
上から下へ、下から上へのサイクルという習慣を定着させるよう
努力しています。

 もともとは、「魔術に必要なのは分裂病的な妄想ではなく、信仰心だ。」
程度の意味だったのでしょうが、少しひねって受け取っています。


938 :本当にあった怖い名無し:2006/10/29(日) 15:36:35 ID:yLJfqjJ70
>>935
ていうか、キミ、もしかして
全ての叡知を、「文字情報を読むこと」だけで獲得したり会得できるとでも思ってるの?

文字読んだだけで全て分かった気になるのは錯覚。
退屈で地道な修行を長年続けないと体感できないこともある、
とだけは言っときましょ。後は自分で考えれ
文字や言語のコミュニケーションの限界は何によっておぎなえるのかを


939 :本当にあった怖い名無し:2006/10/29(日) 17:53:02 ID:TDFIY4Sa0
勝手に極論に曲解して受けとってずれた回答乙

940 :935:2006/10/29(日) 18:47:56 ID:NmHjN6jr0
>>938
>全ての叡知を、「文字情報を読むこと」だけで獲得したり会得できるとでも思ってるの?

もちろん思ってません。
本で読み、実践した個人的な経験のほかに、代々伝えられてきた口伝のようなものがあるのか? 
そういうことです。

東洋のある霊術家は、「書物だけでは駄目だ。自分の独りよがりな経験だけでも駄目だ。師について口伝を受けよ。さもなければ邪道に落ちる。」
そう言ってましたので。

941 :本当にあった怖い名無し:2006/10/29(日) 20:22:40 ID:yLJfqjJ70
>>939
わざわざ己の無知と狭量をさらけだす無駄なカキコ乙。
>>940
それが本当に分かっていれば言うことはありません
気休めかもしれませんが、本気になって求めれば道は開けるものなので頑張って下さい

とかく西洋の哲学や思想には言語至上主義というか
「全ては文字で表すことができる」のを前提に論を展開される嫌いがあり、
その妄執に沿って、西洋神秘主義に属するものは全て秘儀が書かれた文書なり本なりを
手に入れればそれでOKだと思っているような阿呆が時々見受けられるので
ちょっと気になってああいうレスをしました。
ある程度学習が進んで経験値を積んでから、その段階で初めて明かされて
そこで初めて理解できる秘儀というのもあるので、信頼できる師弟関係というのは洋の東西を問わず
重要であると思いますし、そういう師を探すのも試練の一つだと思います。
そしてもう一ついうと、秘儀は師が「秘儀を伝えてもいい」と判断しないと伝えてもらえません
修行ばかりでなく、
師に信頼されて秘儀を伝えられるような人間性も求められます(当然ですよね

942 :本当にあった怖い名無し:2006/10/29(日) 21:05:23 ID:HH00vhMr0
>>341
秘儀ってなに?
流派ごと、師匠ごとの門外不出の式次第のこと?


943 :本当にあった怖い名無し:2006/10/29(日) 21:11:53 ID:xzuxZvCn0
最高の書は外ではなくすでに内にいつもある。
紙の書はその衣にすぎない。
しかしその衣は必要な時期に出会う。

944 :本当にあった怖い名無し:2006/10/30(月) 11:02:19 ID:J7d3lAW80
秘儀てつまりイニシエーションのことでしょう。
INITIATION=秘儀参入という訳語の秘儀の部分だけ一人歩きしてるのでしょう。

なにか本に書かれていない、書くことの不可能な秘密の儀式なるものが存在するわけではなく、
イニシエーションとは体験であり、団、師、弟子の直接的な関係性のなかでしか無意味無効、
という意味なら理解できますが、

>>941の人はそれとはちょっと違った意味で秘儀という言葉を使用しているようですね。
でそれはなんじゃらほいと。

945 :本当にあった怖い名無し:2006/10/30(月) 17:23:12 ID:tY2nIiVkO
ってか>>938は魔術のことを何も知らないで聞いたんだろ?
アレだよ、奥義とか必殺技(笑)があると思ったんじゃない?

946 :本当にあった怖い名無し:2006/10/30(月) 17:25:21 ID:tY2nIiVkO
ごめ>>935だった

947 :謎のゲイ魔術師:2006/10/30(月) 18:38:17 ID:zpQtyf+E0
口伝秘伝といったって、魔術結社なんてそんなに歴史の古い存在じゃないものね。
>>935は幻想を抱きすぎだと思う。

948 :本当にあった怖い名無し:2006/10/30(月) 22:07:24 ID:qlQVCggJ0
>>947
「幻想を抱きすぎ」はちょっと話がズレてるんじゃないか?

>>935が明らかに西洋魔術をよく知らない人の書き込みである事は読めば
判るが、思いこみだけの事は書いてないと思うけど。

口伝・秘伝については東洋の呪術程歴史が無いかもしれないが、
歴史が浅くても浅いなりに蓄積はあるよ。
団体によって雰囲気とかは全然違うぞ。

949 :本当にあった怖い名無し:2006/10/30(月) 22:17:05 ID:90m4lWM1O
個人修行の中で培ったノウハウも
十分秘伝と言い得ると思う。
言葉で伝えられないから、象徴という形を
とっているのだし

勿論、各団体の秘伝もあることは、
フォーチュンやバトラーの著作をみても
明らか。
秋端氏も講座の初版を発行するにあたり、
公開する秘密は全体の十分の一程度がよい
というアドバイスを受けているとは
本人の談。
(しかし、各位階のカリキュラムをみると、
そうは見えない。)

同じく、同氏によるとSOLにも秘密が
存在することを語っているが、
その秘伝(のようなもの?)を受け継いで
いるかどうかについては黙したまま。

そのせいか、秘密結社に憬れた時期も
あったが、いままで出会った結社や団員が
あまりにもお粗末と感じ、今日にいたるまで
完璧な魔術団体には出会っていない。

敢えて言えば、現在はここが一番
住みよい上、情報量も多い。

950 :本当にあった怖い名無し:2006/10/30(月) 23:34:08 ID:J7d3lAW80
団独自の秘伝となるとどこまでも団の歴史と構成員が育むオリジナルの儀式、象徴体系、訓練法となるわけで
「ソースは?」に終始するGD原理主義者にはついてけないのでは。
GDの秘伝もあるにはあるだろうけど、ほとんどキケロとザレウスキーが書いちゃったでしょ。
SOLやIOSに流れている秘伝も、すでにSOL独自、IOS独自のものになってるだろうと推測する。
なぜなら、そうでない秘伝など殆ど意味がないと思うから。

951 :本当にあった怖い名無し:2006/10/30(月) 23:36:00 ID:vkn1MipC0
甘いねえ

952 :本当にあった怖い名無し:2006/10/30(月) 23:56:24 ID:J7d3lAW80
>>951
ちょっとこっそり教えてよ
さわりだけでも

953 :本当にあった怖い名無し:2006/10/31(火) 00:07:45 ID:cK8ZQkCY0
Somerset House

954 :本当にあった怖い名無し:2006/10/31(火) 00:10:21 ID:fNIANIMg0
なるほどそれはあり得る
とか書いてみるテスト

955 :本当にあった怖い名無し:2006/10/31(火) 07:20:27 ID:pdcM2dSL0
             /\_/\          
            /  。  。ヽ _/l_ 姉様にも
            |__*_∀__| ヽ   / 奥義・口伝・秘伝ってあるの?
           ノ/|( i] リi]`レヾ /,へl     
           `ヽゝ"ワ"ノ   //    アヒャヒャヒャ、もちろんじゃ。  
            /^ヽ\ノ/ヽ,  //      ここでのわらわの言動全てに
          / / `||´ ト、 //    ∧∧ 隠された深い意味があるのじゃ。
         〔ァ_》/ノ____l '《’(〕   (*゚∀゚)ノ      _     
            rl' i⌒、,⌒l//   〜(   )    /┃三三ミ
     l二二二二二二l  l l '|二二二二二U二二二《  ┃三三ミ
         (`ー-'./|_i i_l             '\┃三三ミ
         `'⌒~' |_| |_|                 ̄
             〈`‐' ノ〈`‐'ヽ

956 :本当にあった怖い名無し:2006/10/31(火) 14:59:23 ID:2LmzVc1CO
↑ 謹んで同意します。


957 :本当にあった怖い名無し:2006/10/31(火) 18:44:30 ID:/Zo3TevU0
そこで秘伝のタレ
「カバラ黄金の日々」ですよw

958 :本当にあった怖い名無し:2006/10/31(火) 19:52:17 ID:1BLTk43H0
>953
ジャッカルの日に出てきたあれか。

959 :本当にあった怖い名無し:2006/10/31(火) 20:35:40 ID:85Vg2vxo0
現代は魔術について、秘めたり隠したりすべきものは何一つないのかな?
これもまた極端な話しな希ガス。

960 :本当にあった怖い名無し:2006/10/31(火) 21:03:57 ID:fNIANIMg0
秘密、神秘、超越性の構造が変わったんだよ
無意識の発見(発明)によって道徳と狂気の構造が変わったのと同じ

961 :本当にあった怖い名無し:2006/11/01(水) 06:20:14 ID:q3hh4GIp0
失われたファンクって何?

962 :本当にあった怖い名無し:2006/11/01(水) 08:49:49 ID:SwYPYIrP0
岐阜県瑞浪市のいじめ自殺事件、加害者連中を呪殺してやりたいわ!
悪人を呪殺することに人生の全てを捧げても惜しくない気分よ!

963 :本当にあった怖い名無し:2006/11/01(水) 09:20:38 ID:P2IEz7ou0
なぁー質問していいかい?
魔術師ってのは独自のタロット理論つーかタロットの構想を持っているもんなの?


964 :本当にあった怖い名無し:2006/11/01(水) 18:09:08 ID:6i/WnEfKO
>>962うはぁーバカ


965 :本当にあった怖い名無し:2006/11/01(水) 19:17:10 ID:q3hh4GIp0
バカだとは思うが義憤を否定しようとは思わんし
敢えてそういう魔道に身を墜とす魔術師もいるだろう
DO WHAT THOU WILT

966 :本当にあった怖い名無し:2006/11/01(水) 21:46:18 ID:1NTzDf8Q0
>>935
もちろんある。
なぜ秘密にしなければならないかは、秘伝を伝えられた者にしか本当の意味では理解できないだろう。
だが、敢て書くならば、初心者に分不相応な知識を教えるのは危険ということ、団を現実的にも魔術的にも守るため、
神聖を冒涜しないため、師弟の継承のシステムを維持するため、その他おおくの理由がある。

だが秘伝とて、結局は誰かが発明するもの。
秘伝を知っていることを自慢するようなことは愚の骨頂。

時代の変化により、秘伝の壁がゆるくなってきているのも事実。
だがそれでも守られるべき秘密は、やはりある。

967 :本当にあった怖い名無し:2006/11/01(水) 23:03:59 ID:SwYPYIrP0
たとえ相手が悪人であっても魔術的攻撃を行うのは悪いカルマとなるって
私が持っている入門書に書いてあったわ。
でも凶悪犯罪者を罰する為にそれを分った上で呪いを実行したエピソードも紹介されていたわ。
誰かが引き受けなければならない汚れ仕事ってあると思うの。

968 :本当にあった怖い名無し:2006/11/02(木) 00:03:25 ID:q3hh4GIp0
悪人だから罰する、善人だから守る、
そんな魔術はいずれ行き詰まる。

悪だか善だかは知らん。
ぶちのめしたいからぶちのめす。
愛しているからまもる。

それでいいんじゃないの。魔術なんて。

969 :本当にあった怖い名無し:2006/11/02(木) 00:25:38 ID:0LBxBYKQ0
>>967
カルマなんて言い出した日には・・・。
例え団の規律を守る為であれダサイものはダサイ。

970 :本当にあった怖い名無し:2006/11/02(木) 00:50:37 ID:N50dhsZP0
>>969
カルマなんてあたりまえのことなんだが・・・
何故ダサいとなるんだ

971 :本当にあった怖い名無し:2006/11/02(木) 01:19:20 ID:5+IlU9990
奈須きのこの小説を読んでたんだけど昨日ちょうど魔術組織の秘伝の事が
書いてあるところにぶつかったのはえらいタイムリーだなと思ったわけだが。

972 :本当にあった怖い名無し:2006/11/02(木) 01:22:23 ID:BhC/0aZ90
またラノベ厨か

973 :本当にあった怖い名無し:2006/11/02(木) 11:19:41 ID:lcv9A+EX0
霊的覚醒以外の全ての魔術は黒魔術なんだった

974 :本当にあった怖い名無し:2006/11/02(木) 11:21:06 ID:lcv9A+EX0
>SwYPYIrP0
なんの入門書

975 :本当にあった怖い名無し:2006/11/02(木) 15:56:48 ID:5HE9Zdtg0
次スレ

【魔術】魔術結社G∴I∴K∴O∴ 13th【カバラ】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1162450533/l50

976 :本当にあった怖い名無し:2006/11/02(木) 15:58:42 ID:5HE9Zdtg0
>>973
黒瓜の黒魔術の定義ね。

977 :本当にあった怖い名無し:2006/11/03(金) 02:12:09 ID:c3CnJ7Sh0
>>976
違うよ。
目的の無い霊的覚醒なんて黒魔術そのものじゃん。

978 :本当にあった怖い名無し:2006/11/03(金) 05:06:41 ID:7x4jGT9r0
>>977到達が目的

979 :本当にあった怖い名無し:2006/11/03(金) 06:31:01 ID:W5EAOl3F0
                      __
            - - = = ≡≡≡.\  \
                - = = ≡≡.\次\
                   - = ≡≡\ス\
                      - = ≡\レ\
                          .- =\へ\           キコキコ・・・・・・
                             .-\G.\          .. /\_/\
                               .\O\         /  。  。ヽ
               ヤベーヨ      ゴルァ!!      .\!!\  アヒャヒャ  |__*_∀__|
                タイヤトレタヨ   .  ∬∬    ∧∧\     ..ノ/|( i] リi]`レヾ
                      - =ヽ (♯`Д)ノ - =(*゚∀゚)ノ - - = ≡ソヽゝ"ワ"ノ
         - = = ≡≡ ヽ(|||゚Д゚)ノ  /| ̄ ̄ ̄|──| ̄ ̄ ̄|───□( ヽ┐U
   ◎ミ  - - = ((((;";": ; | ̄ ̄ ̄|/- = ̄◎ ̄ - =  ̄◎ ̄ - = ≡◎−彡┘◎
         (((("ズザザ;"" ̄ ̄ ̄

980 :本当にあった怖い名無し:2006/11/03(金) 11:08:10 ID:c3CnJ7Sh0
>>978
何処に?
垂直方向でなければ黒魔術、というのがクロウリーの定義。

「神との合一」とか言っても、斜めとか横とか目指している人は黒魔術。

981 :本当にあった怖い名無し:2006/11/03(金) 11:11:50 ID:iAFoJ1Z00
目的や結果を求める心から解放された、純粋な意志の発露
ともクロウリーはいってるね。

982 :本当にあった怖い名無し:2006/11/03(金) 11:14:25 ID:7x4jGT9r0
>>980
上に

983 :本当にあった怖い名無し:2006/11/03(金) 12:28:55 ID:bbIxPt/q0
>c3CnJ7Sh0
よくわからんが、垂直方向に霊的覚醒するのが目的、ってことでおk?

984 :本当にあった怖い名無し:2006/11/03(金) 16:53:31 ID:p+Ymk/1y0
垂直線から逸脱すればアウトか。
途中でループして、またループして戻っても黒魔術なのかな。

985 :本当にあった怖い名無し:2006/11/03(金) 16:55:40 ID:p+Ymk/1y0
フォーチュンの意見では、純然たる白魔術や黒魔術はほとんどない。
魔術の大半は灰色である。
なんて言ってたよな。

986 :本当にあった怖い名無し:2006/11/03(金) 17:01:29 ID:MmAz5ogM0
>>985
白はあくまでも白だが、灰色と黒に明確な境界は無いって言っていたように記憶しているが・・・

987 :本当にあった怖い名無し:2006/11/03(金) 18:06:05 ID:hano/QX10
ちなみに、漏れの魔術は精液にまみれてかなりイカ臭いw

988 :本当にあった怖い名無し:2006/11/03(金) 21:54:21 ID:p+Ymk/1y0
性魔術はだしちゃいかんとちゃう?

989 :本当にあった怖い名無し:2006/11/03(金) 22:04:02 ID:hano/QX10
ばかもん、漏れがやってんのはしみったれた房中術じゃねえい!
実物の髑髏にスペルマとまん汁を豪快に塗りたくるんじゃあああ

く せ え よ   ま じ で   く せ え よ

990 :本当にあった怖い名無し:2006/11/03(金) 23:01:28 ID:c3CnJ7Sh0
>>983
覚醒だけじゃダメ。
ソレを行なわなければならない。
Do what thou wilt shall be the whole of the Law.

行う事をサボってる人間は同じ所に止まる事はできない。
(行う、とは魔術修行を行うことだけではない。)
心ならずとも動いてしまうので、やっぱり黒魔術になる。

垂直線に向かう、即ち「意志することを行う」こと。
これ以外は全て黒魔術。
『意志』とは勿論、>>981の書いているような純粋な己の存在の発露であり、
己の全存在を賭けた戦いへ向かう心でもある。

991 :本当にあった怖い名無し:2006/11/04(土) 09:20:24 ID:atehPCN30
       "ヾ ; "     ;;"ヾ;"〃  ";ヾ ;ヾ ;ヾ ; ;ヾ" ;ヾ" ;ヾ ;ヾ ;;ヾ ;../ ;ヾ  ;" ;
   "      ";ヾ ;ヾ ;;"ヾ ;ヾ;"ヾ;  " ;ヾ ;ヾ;_"  ; ;";ヾ ;;"ヾ ; ;"//  ;ヾヾ ;ヾ  ";"; ;;"ヾ ;
         " ヾ ;ヾ ヾヾ   ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;";ヾ ;ヾ ;"ヾ   ; ;"  ; ./;    "  ";. ; ;ヾ ;ヾ ;" ;
        ;"";""; " " ;_; " ";  ;"ヾ ;ヾ ;ヾ;"  "ヾ;";";ヾ ;";ヾ  ;ヾ ;;ヾ ;; "    "ヾ; ;";ヾ ;;"
______    _""       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    " "  ""."..
||.ア |    ,__.⊂⊃‡  |  次スレでもアヒャーリできますように……
||.ヒ |  /  ./\ ‡   \____________________
||.ヤ | /  ./'ノノル);‡ "     o〇         ||  |];;;"ヾ;ヾ;"
||地/_____/ルl ゚∀゚ノ†\   .∧∧        .  || ||  ];
||蔵 ||| || || || 〃~]つつ    (,,  ,) ナモナモ     | |   \]|“
||尊 ||| || || ||./_,〉〈 ゝii~   ⊂  ヾwwwjj从jwww| | |  ]||wwjwwjw"wwwwwww
|| ̄~| ̄ ̄ ̄|~~凸( ̄)凸 .(   )〜w从jwwj/ 人 /\]\jwjjrjwjjrj从jrjwjjrj从jrjwjjrj从
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::".:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::w从jwwjwjjrj从jwwjwjjrj从jrjwjjrj从jrjwjjrj从jrjwjjr


992 :本当にあった怖い名無し:2006/11/04(土) 09:22:26 ID:atehPCN30
次スレ

【魔術】魔術結社G∴I∴K∴O∴ 13th【カバラ】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1162450533/l50


993 :本当にあった怖い名無し:2006/11/05(日) 00:28:24 ID:fsr6RBLqO
埋め立てを

994 :本当にあった怖い名無し:2006/11/05(日) 00:52:33 ID:DHht9DQN0

                _, -‐‐‐- 、__, -、__
             , -‐'" ,-‐^‐‐''^‐' ,  :: "::'''‐、
           ./;;: ,, ,,j ヽ _,, ---- 、,,,_:' :'~''^-、
           /,;;;;;;/ ゝ-, ‐"    ヽ  ~^ヽ、::  〉
          /;;;;;;;;{,-、_/" , ^''ヽ/~,>ヘ, ', ; / \ノ )
          !;;;;;;;;;.{ ‐ | /,  ,// ヘヽ:::::::::':::::,  、 }
          .{;;;;;;;,ゞ /;/ / / ~/    ~~~~~;;:' !  、
          ヾ;;;;< /;;;;i / / /         ''! !  !
           ヾ,ト、,i;;ヘf / /,''‐!、,__        |,;; ;,}
           i λ、v/./ /;;,^ナ、:::    ,,‐‐‐‐、.|;;' :; |
           ヾυ ,' / /_;;;;;i"     /;;,"~ト、.ノ;;; :; | yolcam Ranglam dosig!
            ゜-/ / j  ,'     ヾ、;;;'ノ /!;;;;,,; !'
            , '"ノ/  /  !    ヽ    /.|;;;;;;;ヽ、
           (  /'  /!.  !  - _    / |;;;; '、| ' 、
            )/,; /! "、ノ   ‐   , ' "  |;;;, !|   '、
            ノ,;;;''ナ!"'‐/,_'‐ 、 _, - ' , ヘ,, -、|;;;; '、   ヽ
      ,ヘ‐f"'/,;;;'' /_! /  "'| | .|〜-' / /'|;;;;;, ',\  ヽ
   .,, ‐ ‐丶‐-/,;;;;;;' / ./、   .| | ~!~ ヽ < ,,- .|;;;;; : i、 \ ヽ
   /     "7,;;;;;;;;; !~メ、;;;;;,,,   ゝゝノ   ヽ {__ -|;;;;;; i ::.  \ '、
  i,,;;;;;,,    /,;;;;;;;;;' /ヽ、\ ''''''  〈 〈     ', ヘ,, {;;;;;; | :::    !、
  |;;;;;;;;;;,,   {,;;;;;;;;;|_ |  ゝ 1  _ \\ [~"‐'" i, ,i;;;;;;, ノ ::   ノ \
  /;;;;;;;;;;;''   ヾ;;;;;;;;;; 'レ ‐、 |、_/ ' ‐‐^ ~'‐' i    ノ;;'ノ''/:::::  .:: '   /


995 :本当にあった怖い名無し:2006/11/05(日) 07:01:02 ID:quOkwlJZO
・・・。

996 :本当にあった怖い名無し:2006/11/05(日) 07:04:44 ID:quOkwlJZO
・・・。

997 :本当にあった怖い名無し:2006/11/05(日) 07:05:38 ID:quOkwlJZO
・・・。

998 :本当にあった怖い名無し:2006/11/05(日) 07:06:32 ID:quOkwlJZO
・・・。

999 :本当にあった怖い名無し:2006/11/05(日) 07:08:52 ID:quOkwlJZO
・・・。

1000 :いつかのスレの>>710 ◆shissouy/U :2006/11/05(日) 07:09:48 ID:quOkwlJZO

マジで、このスレ魔力ありすぎ……。おまいらに栄光あれ……。

1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

347 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)