5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ほんのりと怖い話スレ その33

1 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 19:35:18 ID:tpHzs45a0
実体験に基づく話が多く、意外と“シャレにならない”より怖い話もあったり・・・
ガイシュツ・都市伝説、何でもOK!
ほんのりマターリヒヤーリと……

前スレ
ほんのりと怖い話スレ その32
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1154061843/l50


過去ログ倉庫
http://www.geocities.jp/g6thh
過去スレは >>2-

◆お願いです◆ 最重要事項
長文を何回かに分けて投稿する場合は、メモ帳などに全部書いてから一気に投稿して下さい。
携帯からの方もそれなりに配慮をお願いします。

それではあなたのお話を聞かせてくださいませ…


2 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 19:35:52 ID:tpHzs45a0
ほんのりと怖い話スレ
http://curry.2ch.net/occult/kako/987/987296535.html
ほんのりと怖い話スレ、その2〜〜
http://piza2.2ch.net/occult/kako/993/993172851.html
ほんのりと恐い話スレ、その3〜〜
http://piza2.2ch.net/occult/kako/997/997665026.html
ほんのりと怖い話スレ、その4〜〜
http://curry.2ch.net/occult/kako/1011/10117/1011757878.html
ほんのりと恐い話スレ、その5〜〜
http://curry.2ch.net/occult/kako/1016/10163/1016348927.html
ほんのりと怖い話スレ、その6〜〜
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1025561998/
ほんのりと怖い話スレ、その7〜〜
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1031831925/
ほんのりと怖い話スレ、その8〜〜
http://hobby2.2ch.net/occult/kako/1038/10389/1038937955.html
ほんのりと怖い話スレ、その9
http://hobby2.2ch.net/occult/kako/1043/10436/1043651685.html
ほんのりと怖い話スレ、その10
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1045420974/


3 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 19:36:23 ID:tpHzs45a0
ほんのりと怖い話スレ、その11
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1047570631/
ほんのりと怖い話スレ、その12
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1050253293/
ほんのりと怖い話スレ その13
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/occult/1053501524/
ほんのりと怖い話スレ その14
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/occult/1056957585/
ほんのりと怖い話スレ その15
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1057597762/
ほんのり怖い話スレ その16
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1067324241/
ほんのり怖い話スレ その17
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1078677186/
ほんのりと怖い話スレ その18
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1085122310/
ほんのりと怖い話スレ その19
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1090583433/
ほんのりと怖い話スレ その20
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1094722465/


4 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 19:37:22 ID:tpHzs45a0
ほんのりと怖い話スレ その21
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1100413793/
ほんのりと怖い話スレ その22
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1107247698/
ほんのりと怖い話スレ その23
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1111581535/
ほんのりと怖い話スレ その24
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1117822828/
ほんのりと怖い話スレ その25
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1125652298/
ほんのりと怖い話スレ その26
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1131075160/
ほんのりと怖い話スレ その27
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1135250027/
ほんのりと怖い話スレ その28
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1140698477/
ほんのりと怖い話スレ その29
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1144409401/
ほんのりと怖い話スレ その30
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1147672160/
ほんのりと怖い話スレ その31
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1151222761/l50


5 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 19:54:26 ID:cPJmUB0h0
わーお

6 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 20:32:18 ID:yAZfNlXkO
ひゃー

7 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 20:39:38 ID:LuektkbNO
昨日彼氏と喧嘩して『死ね!』って言っちゃった。
さっき謝ろうと思って携帯を手にとったら、時計が彼氏の誕生日の0時になっていた。
なんで…?
まだ彼氏とは連絡が取れません。
こんなレス書いてる場合じゃないんだけど。


8 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 20:54:24 ID:pmG3gc5JO
この前の嵐の真夜中にテレビがついたりきえたりしていた。寝ぼけていて気が回らなかったが放送終了してる時間帯のはずなのに砂嵐じゃなかった気がする

9 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 21:10:17 ID:yAZfNlXkO
999

10 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 21:34:49 ID:QSCgaskr0
昨夜、友達とその彼女と3Pをしたw 
いきなりフェラされた・・・
すごく上手ですぐにイカされた・・・
おまけに飲んでるし・・・
今度ヤル時は中出ししてくれと言われた
妊娠の心配は無いだろうけど・・・

ハマりそうな自分がほんのり怖い



11 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 00:39:25 ID:2QTtbNUz0
夜道で車を走らせていると前方に老婆が歩いているのが見える。
こんな時間になぜ老婆が一人で?
ふと疑問に思いながらも、そのまま老婆を追いぬいて車は走りつづける。
しばらく走った後、ふとバックミラーを覗くと車の背後から何かがものすごいスピードで接近してくる。
それはなんと、先ほどの老婆であった。
猛スピードで走る老婆はたちまち車に追いついた。
運転手がハザードを焚いて車を左に寄せると
老婆は追い抜きざまに左手をあげて、次のコーナーへ加速していった・・・

12 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 00:48:44 ID:1azffFfS0
>>11
つ http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1156063737/

13 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 00:56:49 ID:DyQhy9HWO
自分が高校生だった時の話。
その日、朝起きてみると汗びっしょりだった。多分、今見た悪夢のせいだ。
悪夢の内容はというと、俺が何故か親友のTを殺す内容だった。
叫んで逃げ回るTを、俺は獣の様に吠えながら執拗に追い回す。
そして、後ろからとびかかって首を締め付け、Tがぐったりした所で目が覚めた。
シャワーを浴びて学校に行くと、Tが思いつめた顔をして机に座っていた。顔色が悪い。
俺が気になって問い掛けてもはぐらかされるばかり、とうとう俺は何かあるんじゃないか、と今朝の夢の内容を話した。
すると、Tは急に顔をあげてこっちを見た。
「あっ、お前だったか」
俺はTの一言に驚き、Tに聞いてみた。
「どういう意味?」
Tはふたたび視線を机に落とすと、低い声で呟いた。
「知ってるか……?誰かが誰かを夢の中で殺した時、殺された方の誰かは自分がそいつに殺される夢を見るんだぞ……」

一応、実話。

14 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 00:58:38 ID:O7b/2V770
>>10
死ぬ程洒落にならない怖い結果になってしまへ

15 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 01:33:55 ID:/VeS3IPR0
一軒家に住んでるんだけど、開けておいた窓が
いつの間にか閉じたりしている。
(外出する前は戸締まりしていたのに、かえってくると開いてる時も)


ど田舎なんで回りに民家もなく、うちの奴らも俺の部屋には入らないのに…

16 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 01:44:23 ID:/VeS3IPR0
一軒家に住んでるんだけど、開けておいた窓が
いつの間にか閉じたりしている。
(外出する前は戸締まりしていたのに、かえってくると開いてる時も)


ど田舎なんで回りに民家もなく、うちの奴らも俺の部屋には入らないのに…

17 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 01:48:12 ID:K7xQIQog0
文章力かなりヒクいのですが。


9年間の入退院をくりかえしていた母が死んで家から棺が出された日の夜中、2Fの自室でくつろいでたら、
明かりもついてない1Fのリビングからとたとたと忙しそうな足音がした。
風呂場からキッチンにかけての間を何度も何度も往復していた。
兄と私以外は皆葬儀場にお泊りしていたので、兄かな?と思ったが、
成人前の男子にしては足音が軽い。気になったので2Fからドアを開けてのぞいてみたが真っ暗で誰もいない。
仕方なくまたくつろいでいると、またも1Fから足音がしばらく止まず。
数分後(?)、やっとおさまったなぁと思ったら、今度はクローゼットの開く音が。
反射的に、即クローゼットの方を見たが、当然誰もおらず、兄はとっくに寝ている。

その後は特に現実ではこれといった事は無かった。こんだけ。
特に怖くもないつまらん話ですが実話なので、怖い話会議などでいつか話そうと思ってます

18 :17:2006/08/25(金) 02:13:37 ID:K7xQIQog0
↑ちなみにクローゼットは開いていました。連投失礼

ちなみに母は昔は良く夢に出てきました。
最初は「母は死んだヒト」とは思わせないくらい、反抗期も忘れて楽しく遊んでいたのですが(夢からさめてやっと「ああ、母は死んだんだったな」と思い出す)、
ある日の夢母は少し雰囲気違っていて、元からやや恐怖を感じていたのですが、
なるべく普通の会話を心がけました。母は「お母さん一人本当にさみしい」と何度か言っていました。「おじいちゃん(死去)は一緒じゃないの?」と聞くと
母は「おじいちゃんはいないよ」と言いました。その後も何か二人で会話をしました。
途中いきなり母が「一緒におじいちゃんの所行こう」としきりに言いだし、さっきまでおじいちゃんはもういないっていってたじゃねぇ〜かと心の中でつっこみつつ、
怖くなってきたので「行かない」と拒絶したのですが母は
「なんできてくれないの!!私本当にさみしいんだっていってるでしょ!!お母さんのいうこと聞きなさい!!!」
って発狂しだして私の腕をつかみどこかに連れて行こうとしています。
「おまえよりアンタの兄貴のほうが愛してたんだ!!おまえは最近母さんのこと全然相手にしてくれなかったじゃん!!ダメ娘!!!うまなきゃよかった!!(ほぼ絶叫」
母よ寂しかったのだなすまん・・・いやそこまで言うか?等と内心大ショックをうけながらもなんとか逃れてきました。
母のそばに、「何か」がいたような覚えが…。女ではないことは確か。人間かもわからない。人形かもしんない。
長くてごめんなさい

19 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 02:19:20 ID:mLqamRzs0
本当、そこまで言うかw

母は成仏できたのかな。
お墓に行ってみると良いかもしれませんね。

20 :17:2006/08/25(金) 02:24:55 ID:K7xQIQog0
そして数日後母は出てこなかったのですが、次出てきたときは父も一緒でした。
父は誰か女の人(年相応)といちゃついており、私がややムカついていると、母がとなりにやってきてずーっと見ています。
今度は恐怖感など微塵も感じられませんでした。
何でコイツ・・・いや母はこんなに冷静に見ていられるんだ!?
「ねえ母さん、いいの?!」と聞くと「いいよ。しょうがないよ」と言い、振り返りもせずにどこかへ去っていってしまい、
それ以来母はその後2年間全く夢に出てきませんでした。チョット寂しいです。

しかし出たのだった。2年後に。
朝起きたら壁一面に「てぃるてぃるてぃるてぃるてぃる」と描かれており、意味が分からなかったので「怖いよ〜〜!!」と泣いていると
母が私の目の前にドアップで現れ、「あ、それ死の言葉らしいよ」と言ったので「ふーん。」とかえしたところで目が覚めました。
その日は母の命日7日前…これはあんまり関係無かったですね。エイプリルフール近かったので嘘でも言いに来たんでしょうか

終りです。長くつたない文章最後まで読んで下さった方ありがとうございました

21 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 02:30:55 ID:e4WluFWx0
>>11
ちょwwwカッコイイwww(;´Д`)ハァハァ

22 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 03:10:58 ID:g5Ze247o0
>>17-18
ちょw母ひでえwww
でもちょっと簡単に想像できるところがorz

そういや、うちの母親も3年前に亡くなったんだが
その日付けが祖母(ママンのママン)の誕生日で、気付いた時びっくりしたな。
かなり甘えん坊の母親で、
よく祖母のところに遊びに行ってた人だったんだが。

23 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 04:42:07 ID:r1pVmnUD0
ほんのりでも怖くもないが。

昨年父が亡くなって迎えた今年の初盆。
実家では醤油、あのキ○コーマンの卓上瓶の醤油が悪くなってた。
それでも母は平気で料理にかけ回して使っていた。

なんだよこれ 腐ってんじゃんよカーチャン
と言いかけてふと気付いた。
妹も嫁に行き、実家はほぼ母独り暮らしになっている。
母以外だれも醤油を使わないし、悪くなっていようと
料理の味付け自体が間違っていようとそれを指摘する人もいない。

俺は何も言えずに料理を食べるしかなかった。
久しぶりに、俺のために腕によりをかけたそのマズい料理を、
腐った醤油で。

24 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 05:04:01 ID:sd7FuCkr0
>>10
亀レスだが気になったんだよな

フェラしたのは誰?
中田氏してくれって言ったの誰?
妊娠の心配は無い???

もしかして友達…

25 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 07:35:53 ID:9515FwJn0
    ____           /、       \
 ゝ/_______ヽ       /.ノ─ 、       ヽ
 / | / ─ 、─ 、|      ●- ´   \      ヽ
 | __|─|  / | ヽ  |     __| 二二    i       i
 (   U─ oー ´ヽ    (__  ──   |        !
  ヽ   , ──┘ノ      ( _       !      /
   \ ( _,ヘ_//  /)_   \    /     /
   / |/\//^\/ヽ ∋  _  6━━━━━━、
  / |      、   / ̄  ( )`|  \       ヽ

 「ホンヤクコンニャクでオナニーしたら」
                       ____
    ゝ ───- 、         / - 、‐ 、    \
   / _____ヽ       / -| (・|・) |- 、  U ヽ
  / |  ノ ─ 、‐ 、 |      /  `-●‐ ′  \   ヽ
  ! __|─|  //|ヾ  |       i 二 __|  二 U   i   i
  (    U ‐ o-U  l       _| ─ (__   ─   |   !
   |  /⌒ヽ__U___)/)  (__)    (_       |   /
   ヽ、ヽ ___ /ノ(⊃ )  |  ヽ            /  /
  /^\/\ノ\/ ̄/   ヽ  ` ━━6━━━━┥

 「チンポが喋りだしたって?」



26 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 11:43:21 ID:25Rw5c4U0
>>23ギガワロスww

27 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 11:55:21 ID:ylGQxu8J0
>>23
ほんのり泣けた
かーちゃん大事にしてね

28 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 13:35:24 ID:/o+wT11fO
>>23
お腹大丈夫?腹も母ちゃんもお大事に

29 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 16:52:15 ID:ezKLVyuK0
【UMA】朝鮮にもチュパカブラがいるらしい

「怪物」のしわざ? ヤギ襲撃事件相次ぐ /莞島
 全羅南道莞島郡センイル島で正体不明の野獣にヤギが襲われるという事件が相次いで発生している。

 この島の住民によると、この野獣の襲撃は1年前から始まり、これまでの被害はヤギだけで20匹以上におよんでいる。
最初の襲撃はヨンチュル里から始まったが、最近はユチョン里やクムゴク里など白雲山(海抜383メートル)の山すそ全域にまで広がり、
ほとんど毎日のようにヤギが殺されているという。

 今月22日にヤギを殺されたソソン里のチョン・ピョンギュンさん(55)は「朝、ヤギがいるはずの野原に行ってみたら、
頭だけを残したまま骨までなくなっていた」とし、「骨まで食べているところをみると、普通の野獣ではなく、何かの怪物に違いない」と話した。

 「その日はほかの家のヤギも食べられ、次の日ももう1匹襲われた。通報していない家まで合わせれば犠牲になったヤギはかなりの数におよぶ」と話した。
住民らは一晩に2〜3匹を食べていることから、この“怪物”は1匹ではないと推測している。

 センイル面のキム・ギルホ農水産担当は「問題の野獣を見た人はなく、専門家はイノシシである可能性が高いとみている」とし、
「住民が襲われる可能性もあることから、夜の外出はひかえるよう呼びかけている」と話した。

 センイル島には464世帯916人が暮らしており、48世帯が計900匹程度のヤギを育てている。

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2364811/detail

30 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 16:53:22 ID:9515FwJn0
繁殖させなきゃな・・・・・・・・・・・・・


チュパカブラを

31 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 17:03:02 ID:BRcd2/Yc0
先日友人3人と大阪のあるホテルに泊まった時の話。

けっこうよく泊まるいいホテルなんだけども、
その日はお盆だったせいか予約がとれず、仕方なくいつもより
1つ上のグレードの部屋に泊まった。食事も部屋もバスルームも豪華で、
みんなで「ちょっと高いけどよかったね!」と就寝。

翌日チェックアウト前に真ん中のベッドに寝てた友人が
どうしても買い物に行きたいと言って出て行った。
チェックアウトまではまだ3時間ほどあったので私と残された友人は
そのままゴロゴロしてた。
友人は一番窓際のベッドで、私は壁側。(真ん中に1個ベッドがあいてる状態)
そのうち友人の寝息が聞こえ出したので、私も寝ることにした。

ふとおかしな感覚で目を覚ますと、体が動かない。
カーテンがしまってるので部屋は真っ暗状態。
あー金縛りだ、と思って解こうとするが、何度試みても解けない。
グワングワンと耳鳴りがしだしたのでやばい!と思い必死で友人の名前を呼んだ。
その瞬間、
ぶわっとカーテンがめくれあがって、窓にさかさまにはりついてる女が見えた。
なんと表現したらいいのか、黒っぽい棒人間のような。
ヘタレなので、窓側に近い友人を助けなくては!と思いつつ気絶。

なんか文章にすると怖くないんだけど、あまり耐性がないのですごく怖かった…
ちなみに窓が都市部向きの部屋でした。(いつもは海側)

32 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 17:41:06 ID:5ld2+18m0
>>31
前半いらなくね?

33 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 23:49:44 ID:CoQBFZLGO


34 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 01:43:00 ID:97TQnywz0
誰も書かない.....
1乙。

35 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 09:17:22 ID:685j1tmr0
1ウォツ!

36 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 13:26:52 ID:RsKbYiS30
リア厨のときの体験なんだが、
直接幽霊を見たわけではないし別の要因があったのかもしれない。

中2の夏休みだったと思う。
その年に所属してた美術部他全ての文化部の廃部が決定した。
大半の仲間は運動部に振り分けられたんだけど、
運動が苦手な俺は死んでも運動部なんて行きたくないんで、
友人と一緒に学年主任に抗議して何とか卒業まで美術部に残った。

そんな経緯で夏休み中も友人と二人で学校に出てきて部活してた。
その日も部活として風景画のスケッチをしていた。
場所は廃部前に使っていた四階の美術室ではなく、
その下の階の一年教室と二年教室の中間にある多目的教室を割り当てられていた。
朝10時ころから窓の外の高架線や体育館をスケッチしていたのだが・・・。

正午に近い時間だったと思う。
その日は曇っていて薄暗かったので教室の電気をつけていたのだが、
それが突然消えた。
あれ?っと思って友人とスイッチをいじるがまったくつかない。
停電か?と思って二階の職員室にいってみたところ、
電気のついた職員室で宿直の中年の先生一人がテレビを見ていた。
きっと三階のブレーカーが落ちただけだろうと、そう思い込むことにした。
しかし、三階にいるのは俺と友人だけで電気も多目的のしかつけていない。

違和感は募るばかりであったが、それでもスケッチを続けることにした。
電気が未だつかない薄暗い教室で会話もないまま弁当を片付けた。
1時ころになってパシパシと音が鳴って蛍光灯がついた。
俺たちは明かりが復活したことに安堵したが、
異変はまだ終わったわけではなかった。

(続く)

37 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 13:58:06 ID:6yoon0i90
ワッフルワッフル




あれ?違う?( ゚Д゚ )

38 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 14:02:40 ID:ykAGCrm10
>>37
確かに>>1には
◆お願いです◆ 最重要事項
長文を何回かに分けて投稿する場合は、メモ帳などに全部書いてから一気に投稿して下さい。
携帯からの方もそれなりに配慮をお願いします。
って、書いてあるが過疎ってる事だしマッタリ持とうジャマイカ
ガンガレ>>36

39 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 14:06:41 ID:685j1tmr0
>>36
ガンガレ。
気になって仕事ができん。

40 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 14:28:38 ID:oIgq4DA20
【韓国】 恐怖…ヤギと犬を食べた怪物 正体はイノシシ

 人里離れた島の村に毎夜、ヤギを残忍に噛みちぎって住民たちを恐怖に陥れていた怪物(?)が
イノシシだったと判明した。

 莞島郡は25日、「軍公務員、全南密猟監視団、専門猟師などで調査チームを構成して、
怪物出現騒動のあった地域で現地確認を繰り広げた結果、イノシシであったことを確認した」
としながら、「これから専門猟師がイノシシ掃討作戦を行う」と明らかにした。

 全南密猟監視団のカン・インソ・チーム長は「ヤギが死んだ近くにイノシシの足跡と、墓地を
なめ尽くして行った痕跡が残っている」とし、「よくイノシシは草食動物だと思っているが、食べ物が
なくなれば、雑食性に変わって、動物も捉えて食う」と説明した。

 カン・チーム長は「最近、谷城郡でもリンゴの木につないでおいた犬をイノシシが襲撃、頭部だけ
残して食べてしまったこともあった」と紹介した。

 ある住民は「4-5年前から昆布養殖に転換し、さつまいもと、とうもろこしなどを植えなくなり、
イノシシが食べるものがなくなった」として、「たびたび子どもと一緒に移動するイノシシが目撃
された」と話した。

 調査チーム長のチョン・ワンベ莞島郡企画予算室長は、「イノシシだと正体が明らかになり、
住民たちが有害小獣駆除申請をしてくれば、専門猟師を動員して、駆除作戦を行う計画だ」と
明らかにした。

 一方、同島住民たちは、1年前から実体の分からない山獣の襲撃を受けて、熱心に育てた
ヤギ20匹余りが犠牲になり、最近になっては毎夜、1頭以上が死んでいっているが、痕跡がなくて、
怪物だとして恐怖に震えていた。

ソース:韓国速報
http://www.worldtimes.co.jp/kansok/kan/soc/060826-4.html

41 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 14:30:45 ID:9oDu8qUK0
この前ほんとうにあった怖い話スペシャルをみてたら、雷がきて停電した。
電灯がちかちかしはじめて、テレビの画面が一瞬ザーっと砂嵐になって、そして停電。
霊の仕業じゃないか!?
と思ったが、幼馴染みの叫ぶ声が聞こえたので、ただの停電かと安心した。
よかったよかった。

42 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 14:36:18 ID:/rj86r6N0
規約をよく読んでなくて申し訳ない・・・orz
36の続き

明かりが再びついたことで安心した俺たちは、
さっきまでことは気にしない方向で昨日のテレビとか成績とかの話に花を咲かせていた。
不気味な違和感などさっさと忘れたかった。
この階には二人しかいないんで、話に夢中になっていたんだと思う。
俺はエキサイトすると声が大きくなるんで、
友人に言われるまでその音に気付かなかった。

コツ、コツ、コツ・・・・。

口を閉じて耳を澄ませば、確かに廊下のほうから足音が聞こえる。
声でかくて下の先生が様子を見に来たんだ!やべ!っと思った。
俺たちは廊下に背を向けてスケッチしながら騒いでいたんで、
その足音の強弱で先生の接近を感知しようとしていた。
注意されるのを覚悟で緊張して耳を澄ませていた。
硬い革靴のようなもので廊下を歩く音が響く。
ただそこに、何か違和感というか引っかかりがあった。

職員室にいた先生はジャージにスニーカーではなかったか?
いや、きっと別の先生が学校に来たんだ。
何故、足音は近付きもせず、遠ざかりもせず一定なのだろう?
俺は音痴だし、きっと気のせいだ。
何で足音がずっと続いているのだろう?
そんなに長い廊下じゃないのに・・・。

足音はずっと聞こえている。
しかし、いつまでたっても窓に映る引き戸のガラス窓には通行人が映らない。

(続く)

43 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 14:44:11 ID:knxMyWSC0
36続き

じわりじわりと恐怖感が背骨を登っていく。
ずっと黙っていた友人が「廊下に出て正体を確かめよう」と言った。
少しパニックになりかけていた俺は同意の返事ができなかった。

ガラッ。

引き戸を開ける音に足音がかき消される。
「何もいない。足音も聞こえなくなった・・・。」
友人の言葉に振り返れば、確かにもう足音は聞こえない。
恐る恐る引き戸から顔だけを出して、右の一年教室側と左の二年教室を交互に見やる。
何もいなくて安心したが、薄気味悪さは消えない。
部活の予定時間は午後3時までだ。早く時間が過ぎれば言いと思った。
スケッチが完成に近付いたころ、異変は再び起こった。

ギ、ギギィ・・・、ガタン、ガタッ。

木と鉄パイプでできた椅子が引きずられるような音がした。
今度は左隣の2年1組教室からだ。誰かが忘れ物を取りに来た?
いや違う。今度はまったく足音がなかったし、引き戸を開ける音もなかった。
再び起こった異変に友人と顔を見合わせる。今度は俺も友人について隣の教室をのぞきに行った。
薄暗い教室を引き戸のガラス窓越しに覗き込む。
椅子は全て机に納まっている。やはり薄気味悪い。
思い切って教室に入ってみた。そして手近な椅子を引いてみる。

ガタッ、ギギィー・・・。

やはりさっきの音は椅子を引いた音だ、と俺たちは確信した。

(次で最後)

44 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 14:45:11 ID:knxMyWSC0
これ以上俺たちは学校にいるのが嫌になった。
多目的教室に戻り、さっさとスケッチブックやペンケースを片付ける。

コツ、コツ、コツ・・・・。
ガタッ、ガタッ、ギギィーッ!

職員室の先生に挨拶もそこそこに学校から逃げ帰った。
家に帰って今日停電がなかったか?と弟に聞いたが、やはり、停電なんてないと返事が返ってきた。
それ以降、たびたびこのポルターガイストもどきは起こったが、音だけで実害はなかった。

長々と語らせてもらって申し訳ない。また、規約をよく読まなくて申し訳なかった。
>>38に言われて気付いた。有難うございます。

45 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 14:47:41 ID:9oDu8qUK0
>>43
屁理屈言わせてもらうが、
>>42が36の続きで43も36の続きって、どっちを見ればいいんだよ。

46 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 14:55:23 ID:LFdNgFxH0
>>45すまん。
>>36の流れの話と言う意味合いで入れていたが、言葉が足りなかった。

47 :2/1:2006/08/26(土) 15:17:30 ID:685j1tmr0
今さっきの話。

仕事の集中力が切れた。しかも>>36の投下もなかなか無いからダメ元で、
上司(S係長)に「S係長ってオカルト体験とかしたことないんすかー?」
と聞いてみた。
いつもなら『おーまーえーはー・・・仕事しろっ!』
と、言われるはずが、上司の顔が一瞬曇った。

そして声を控えめに話してくれた。

「馬鹿にされると思ったから話してなかったんだけどよー・・・
一昨日支店に行ったじゃん俺。
遅くなるから戻ってこないつもりだったんだけど、
どーしても残してった仕事が気になって、23時半頃戻って来たんだよね。
で、しばらく仕事片付けてたのよ・・・そしたら1時過ぎたくらいにさ・・・
あそこの・・・部屋のドアのノブを捻る音がするんだよ・・・っ」

と、興奮気味に話す上司。

普段、会社のビルには必ず警備員が居るのだが、
その日時間帯が遅かった為、静まり返るビルに居たのはS係長たった一人。

48 :2/2:2006/08/26(土) 15:18:14 ID:685j1tmr0

ウチの会社のビルには地下1階にボイラー室がある。
そこは”出る”と有名らしい。
しかし、自分・S係長が仕事をする部署は4階にあり、
その晩上司が居たのも4階。


「俺本気でビビってさ、捻る音がした瞬間バッってドアの方振り向いて、もうガン見だよね。
しかもさ、確実に何度も捻る音はしたし、鍵が閉まってるワケぢゃないんだけど・・・
入って来ないんだよね・・・そん時、”人じゃねぇ・・・”って思ったわ。
しょうがねぇから見に行ったよ・・・でもやっぱ誰も居ないんだよね。
いや、これは流石に帰らなきゃマズイ・・・って思った・・・」

すぐさま帰ろうとエレベーターに乗る時、S係長は有る異変に気づいてしまった。
向かって右が、自分が4階まで上がってきたエレベーター。
S係長一人きりなので勿論4階に有るまま。

『左が・・・2階に有ったずなのに・・・4階に上がってきてる・・・・』


その後かなりテンパったらしく、とにかく必死で走ったそうだ。
歓楽街まで来たところで酔っ払いを見つけて安堵したとか。

と、必死で話をまとめてたら>>36の話は完結してたかw


49 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 15:18:57 ID:685j1tmr0
ページ数を間違えてるところが本当のオカルト・・・orz

50 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 18:13:26 ID:xiJeQknYO
昔オカルト版で見たやつで、親子で、娘が嫁に嫁ぐ前日に一緒に温泉に行って霊を見るという話があったと思うけど詳細分かる人いませんか?探してるのですがなくて。

51 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 18:26:19 ID:74zbHBpI0
>>50
キミには「スレ違い」という言葉を贈ろう

52 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 19:23:58 ID:pF2Favba0
現在進行の話

先月会社が引越をした。
引越し先はとりわけ普通のビル。ただ1Fには以前パン屋があったが、倒産して夜逃げがあったらしい。
夜逃げした店長の両親も、借金取りに会社を押さえられた後、忽然と姿を消したそうだ。
社長が「あのパン屋の主人な、このビルで首吊ったんだってよ」とか冗談を言っていた。

が、どうもあのビルに「何か」がいる。ビルというより職場に。
残業で一人で残ってたりすると、人が椅子に腰掛ける「ギィッ」と軋む音。
床を歩く音。空になったコーヒーの缶を置く音…
そして鍵を閉め、出ていこうとしていると中に人影が見えることがある。もちろん誰もいるはずがない。
そして不審なまでの管理人のマメさ。
このビル以外にも数件管理しているはずなのに、
毎日様子を伺いにやってきては、差し入れやビル前の掃除、果ては仕事の手伝いまでもしてくれている。
非常にありがたいのだが、最近「何かを見張っている」ような気がして仕方が無い。
うちのとこは終業が毎晩11時近くにまでなるのだが、管理人さんは絶対にウチらが仕事を終わるまで帰宅しないのだ。
そしてやたらと「調子はどうですか」と職場全体が見える位置まで入り、去っていく。
やはり何かあるのだろうか…?

53 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 19:40:13 ID:+1fShGNOO
先週引っ越した友達の新居がすごい。もう、なんていうかテンパッてる。
ていうかもうハネ満いってる。
駅徒歩五分、日当たりよし、1LDKで家賃三万ってだけですでに怪しい。
しかも女二人で朝まで飲んだのに便座があがってる事数回、いつのまにか
扉が開いてる事数回、三階なのに窓には外から手形が。(窓ははめごろし)
ベランダから足音聞こえるわ、最上階なのに上から走り回る足音きこえるわ、
テレビは急につくわ、お酒いつのまにかあいてるわ、家鳴りなんて数えきれず。
寝たらたぶん金縛りにあってたんでしょうけど。
帰りぎわにはお隣さんにかわいそうな目で見られたし・・・
はぁ・・・

54 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 20:00:08 ID:Fl64EAK30
うわぁぁぁぁ

55 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 20:21:30 ID:+f6UEfiwO
>53
あ、ゴメン。それオレ。

56 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 20:23:17 ID:ZDWcUg/w0
>>53
えらいリアルだなw

57 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 20:26:24 ID:15dZb07W0
>>53
えらい構ってちゃんな幽霊だな。

58 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 20:51:12 ID:cvFxLFUcO
д=)ダッテ ナニシテモ コワガッテクレナインダモン

59 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 21:02:57 ID:V+L5kQfcO
>>44
規約なんか、ないよ
テンプレは神の言葉じゃないからな

60 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 21:41:30 ID:9rcgoYDk0
>>53
そういうときにさ、その幽霊さんに「あのね、あなたがどこの誰かは知んないけどね、そういうことするの、あまり感心しないな。」って、言い聞かせるとどうなるのかな。
その幽霊さんの性格によるのかな。もし、そーいうのがあればの話だけど。

61 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 22:46:41 ID:9rcgoYDk0
何気に色っぽい幽霊さん
http://www.youtube.com/watch?v=jxvuSCKW_Os

62 :>>53です:2006/08/27(日) 02:11:11 ID:CF6Iq9AWO
今日は電気が消えたそうです。
「クーラーとまってくそ暑いっての!どなってやったらすぐ直ったけど」
あんたが一番オカルトだよ・・・そんな二十歳の夜。

63 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 02:14:13 ID:RrDTnvKC0
  、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人___,
  _)                                    (_
  _) ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |! (_
  _)  cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・ (_
  )                                    (
  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
  .,'::;':::::::::::::::::::::;':::::::;':::::;';:::::::::::';:::';::::::::::::::::::::';::::';::::',`'''ー;;ァ
  .,':::;!:::::::::::::::::::::i:::::::ハ::::;':ハ:::::::::;';::ハ:::::;:::::;::::::::i:::::';::::',`7;;;;/
  ,'::::;::::::::::::::::!::::ハ::::;' .i::;' i::!;::::::::!.i:! !:;!:i::::;!::::::::!::i::',\V;;;;!',
  !::::;:::::::::::::::::';:;'r';:::!''''i:ト、i:!.';:::::;' リrレリ''!:/!::::::;';:;!:::!\;;;;;;i::i
 ,':::::i:::::::::::::::::|レ' (;;;;)` リ .i:::/ .' (;;;;)レ'`リ::/::リ::::|;';::|`'"!:!
 i::::::;:::::::::::::::::i', 、__,   レ'  、__, /i:/::::'::::::i`、;'  .リ
 |::::::!:::::::::::::::::!.',  ""゙゙~     ,   ~゙゙"" 'ソ:::::::::::::|', '、、
 !!::::i::::::::::::::::::! ,!       j      ,.イ::::::::::::::::!',  ';';,
 !|::::;::::::::::::::::::トi、     ,.、_,.、   -'゙,/::::::::::::::::::ト,'、 ';;;;、
 'i:::::!::::::::::::::::::!i;;`-、    ~ ̄~   ,.ィ':::::::::::;::::::::i:| '、ヽ,.';;;'!
  i:::;!::::::::::i:::::::リ;;;;;;;! `ヽ、    _,..ィ'";;;i::i:::::::::::!:!:::!:リ `、:;';;;;!
 .,!:;'|i::::::::::i:::::::|;;;;_,,|   `''ー''" .|;;;;;;;レ|:::::::::::リ::::!:i   .〉;;;',
. ,'リ:::i|::::::::::|:::::::!'" ソ        i`、‐-リ::::::::::::::;!:|',',  /;;;;/`,
/ノハ::';、;:::;:::i';:::ハ',', '、 ' 、    , '、 )\レ'!:::::::/.リ ',', ''"V レ、'

64 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 03:56:10 ID:Oei3AMY20
>>61
吹いたww

65 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 04:26:06 ID:wB4m9deX0
うちの母が二十歳過ぎくらいの時に友達と一緒に遊び半分で
銀座の占い師にみてもらったら
「あなたは今の彼氏と死別、別の人と28才で結婚する」
と言われて、当時つき合ってる男性がいたので不吉に思い、
占いや霊なんか信じていなかった母だけど別の占い師に
みてもらったら、やはり「今つき合っている人とは不幸な別れ方をする、28で別の男性と結婚」
と同じことを言われてちょっと怖くなったらしい。
それから、心配した叔母(私の大叔母)に知り合いの占い師に
みてもらったらどうか?と勧められてみてもらったら
これまた同じく
「今つき合っている男性がいるなら死に別れる、20代後半で違う人と結婚して子供を2人授かる」
と言われたらしい。
実際、当時何年かつき合っていた男性はバイクで事故死、
27の時にうちの父と知り合い翌年28才で結婚、私と妹が生まれる。
いまだに母は占いとか信じてないけど、これだけは不思議だと今でも言っている。

66 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 04:40:48 ID:EJXDfN2PO
ほう…

67 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 04:52:31 ID:XLPz4mnmO
数年前に会社の仲間とカラオケに行った。そこそこ盛り上がってて、俺が歌ってる時にバックコーラスを促すつもりで皆の方にマイクを向けた。
そしたら、一人がマイクをサッと取って歌いだした。
歌い終わったヤツが
「最後まで歌わないなら最初から曲入れるなよ」

思わず
「ゴメン」
他の皆は分かってたみたいで
( ゚д゚)ポカーン
してた。

68 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 05:34:49 ID:QzlPjVo90
>>65
それ、不思議どころの騒ぎじゃねえんじゃないの。
それぞれの三種の占いのメソッドは何なの?

69 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 06:00:56 ID:fLnZy8UDO
>>68
手相ならありそう。
他はむずいよね。

70 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 06:05:47 ID:BjWd4eBl0
国語辞典が羽ばたいた。


71 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 08:04:25 ID:1UQ7GbFR0
>>68
有り得ないけどね・・

72 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 15:05:38 ID:gS5WB3KKO
私の心霊(?)体験。
怖いくないけど、ビビった話。

小学生だった頃の夏休みの昼下がり。
親と姉は仕事で不在。
私は一人でTVを観ていた。
昼下がりに観る番組は、決まって「ごきげ〇よう」だった。(主婦みたいな小学生…orz)
丁度お盆辺りだったので、ゲストは怖い話をしていた。
確か、あさりどの人が話してたと思う。
内容は、横断歩道を歩いてたら、向かいから来た人が、人間ではなく幽霊だと直感で感じ、その人とすれ違う時に「どうしてわかった?」と、耳元で囁かれた…というもの。

小学生だった私はビビりつつ観ていた。
その話の直後、番組はCMに入った。
安堵しつつ、ライ〇ン製品のCMを観る。

ふと何気なく、TV画面から視線を外そうとした時、その画面から白っぽいモヤのような、西洋の女の子の横顔(肩ぐらいまで)がスーッと出てきた。

一気に心拍数が上がる。
焦った私は、部屋をそのままに近所の知り合いの家に逃げ込んだ。
ガタブルしながら、知り合いのおばちゃんに、その出来事を伝えた。
あとで家に戻ると、特に何も変化は無かった。

こんな体験は後にも先にもこれっきりです。

73 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 15:13:23 ID:gS5WB3KKO
ダラダラと長い文でスマソ。

それにしても、何故、話の内容と全く関係ない女の子が見えたのか…。

それ以来、ごきげ〇ようを観ると、この体験を思い出します。

74 : ◆vrM3Tms9zA :2006/08/27(日) 15:20:45 ID:UdoMcPwn0
ここ最近ずっと仕事が忙しくて今のプロジェクトチームは夏休みも取れていない
今週から最終電車帰りは当たり前で、徹夜ももちろんだ
そんな切羽詰まった中で、今日も出勤なわけだが新人と連絡が取れない
一人でたくさん仕事抱えてた奴なんだが不安だ
朝から何度電話しても出ない
どうしよう

75 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 15:43:56 ID:wbfSYoNG0
>>74
新人さんは独り住まいなのか?
管理人か実家に連絡ってのは大袈裟かな。


76 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 16:15:23 ID:CV5nBPOL0
2年前体を壊して実家に戻った。
ものすごい神経過敏になっていて、正直おかしかった。
心配した母が「お祓いさん」に行ったらしい。
お祓いさんが言うには、私には3年前から寂しい女の子の霊がついているらしい。
2年経てば離れていきますよ、とのことだった。
現在、ものすごい勢いで回復に向かってる。去年とは比べ物にならない。
何か憑いてたのかもしれないけど、気づけないってのも怖い・・・

77 : ◆vrM3Tms9zA :2006/08/27(日) 16:20:52 ID:UdoMcPwn0
>>75
実家住まいのはず
上司も心配してきてるっぽい
心配だ、彼も、酷だが仕事の進捗も。

スレチなんで結果だけ後日報告します
じゃ仕事に戻りますので。

78 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 16:42:11 ID:hLoT+c0d0
某板より転載

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 20:00:31 ID:???0
めったに乗らない電車で女子高生の一群と遭遇

女学生「めっちゃ怖い話し聞いた」
その他「何?」
女学生「一人暮らしのうちのおばあちゃんに電話がかかてってきて
    出てみたら『お母さん?俺やけど・・・・』って言って
    おばあちゃんが『ヨシカズか?』って聞いたら『うん』って・・・
    ・・・・でもな・・・・ヨシカズおじさんって去年、交通事故で死んでるねん」
その他「えぇ〜!!怖いーーー!!!それで?」
女学生「『・・・俺、事故起こして・・・・』って言うから、おばあちゃん泣いてしもて
     『もう、事故の事は気にせんでいいから、成仏して・・・・』言ったんやて」
その他「うっわー、怖い〜」
     「せつないーーー」
     「ほんまにあるんやなぁー、そんな話」


79 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 17:45:58 ID:4Ef1sczJ0
>>78
よりによってそんな有名なの持ってこなくても、
初めて見て感動したんだね・・・

80 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 17:54:43 ID:6duJzBud0
>>71
普通はね、まあ、そうだろうな。
でも、もしや、と思わせるところが、このスレタイなんだろうな。
テレビと同じく。

81 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 19:38:22 ID:9X6KZANUO
オレオレ詐欺かと思った…

82 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 19:42:52 ID:JL4sLJKg0
>>81
理解できていないぞ。もう一度読んでみ。

83 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 20:15:49 ID:u0xpmVQX0
>>79
( ´,_ゝ`)なに通ぶってるn(ry

84 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 20:21:24 ID:JL4sLJKg0
通じゃなくても、知ってるくらい有名なコピペなんだがな

85 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 20:28:24 ID:r8RzPjC70
m9(^Д^)プ
m9(^Д^)ギ
m9(^Д^)ャ
m9(^Д^)|
m9(^Д^)ッ


86 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 21:21:01 ID:9hC9JeIj0
>>83>>78
プギャプギャ━━━m9(^Д^≡^Д^)9m━━━━!!!!!!!!

87 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 22:30:28 ID:LG+vVKDw0
すっかり帰りが遅くなってしまった。
空には大きな三日月が出ている。
街灯の下にさしかかると、コオロギの声がいちだんと強くなる。
十字路を越えたところに赤いポストがある。
ポストの向こうには古い電信柱。
再び街灯の下へさしかかる。
十字路の先で夜空を見上げると・・・
次の瞬間、私が大声で悲鳴を上げたのはいうまでもない。

88 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 22:32:57 ID:m8mQc3e20
        (⌒─-⌒)
        ((´・ω・`))
〔ノ二二,___ ・  |  ・ __,二二ヽ〕
 |:::::::::::::::::::::::::::ヽ    /::::::::::::::::::::::::::/
  〉::::::::: :::::::::::::〉 ・ 〈:::::::::::::: ::::::::〈    バッ
 |:::::::::::::::::::::::::/     ヽ::::::::::::::::::::::/
  〔:::::::::::::::::::::/  ノ■ヽ ヽ::::::::::::::::::|
  ヽ:::::::::::::::::/ /:::: :::\ ):::::::::::::::::::ゝ
  ノ:::::::::::::::::::| |_〜─〜-| |〜〜〜/


89 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 23:50:04 ID:b7oq+/u40
弟の話。東京で一人暮らししてた弟が交通事故でけがをした。田舎で治療して東京に
戻ったのだが後遺症か体調が良く無い。俺や親父は仕事を辞めてかえってこい、と
言ったのだが結構いい外資に勤めていたせいか本人は帰りたく無い、と。家の中が
結構ぎくしゃくしだしたとき突然弟から電話で「帰るから引っ越しの手配しにきて
くれ」とのこと。俺が急遽上京してうちに連れ帰ったんだがなんで急にそんな気に
なったのか尋ねたら弟曰く、「あの日、朝早くに目が覚めたらベッドサイドに侍が
立ってて田舎の方を指差して消えたんだよ。ご先祖様に迎えにこられちゃ帰らない
訳にいかないだろ?」だと。そういやその前の日当たりにおふくろが仏壇長いこと
拝んでたっけ。

90 :校正ヌンジャ:2006/08/28(月) 00:10:17 ID:fUBZRkjy0
俺の弟の体験です。

東京で一人暮らししてた弟が交通事故でけがをした。
田舎で治療して東京に戻ったのだが、後遺症か体調が良く無い。
俺や親父は仕事を辞めてかえってこいと言ったのだが、結構いい外資に勤めていたせいか本人は帰りたく無いと言う。
家の中が結構ぎくしゃくしだしたとき突然弟から電話で「帰るから引っ越しの手配しにきてくれ」とのこと。
俺が急遽上京してうちに連れ帰ったんだが、なんで急にそんな気になったのか尋ねたら弟曰く
「あの日、朝早くに目が覚めたらベッドサイドに侍が立ってて田舎の方を指差して消えたんだよ。
 ご先祖様に迎えにこられちゃ帰らない訳にいかないだろ?」
だと。そういやその前の日当たりにおふくろが仏壇長いこと拝んでたっけ。


91 :1:2006/08/28(月) 00:35:25 ID:isTFzW+T0
数年前の学生時代、私は生活が苦しくて自給1400円のパブでバイトをしました
その時の常連で、間宮さん(偽名34 歳)という男性がいました。
間宮さんは非常に温厚でまじめ(らしい)で34歳という年齢にもかかわらず
女性と殆ど縁がなく仕事だけできてしまった方です。
彼は、店には殆ど、毎日くるようになり店のスタッフやママも彼を愛称マーちゃんと呼ぶようになりました。
ともかく彼はやさしいので、店のスタッフの男だろうが女だろうがみんなにも
飲み物を勧めたり、どんな話でも笑って聞いたりギャグを言ったりしていたので
あからさまに嫌な客もいる中で彼が来ると安心するといった存在でした。

そんなマーちゃんのお目当ては恵子さんでした。
恵子さんは離婚していて子供が2人いました。

恵子さんの元夫は横暴で、激しいやきもちや焼きで暴力が絶えず、相当精神的に参って
逃げるように別居、やっと昨年協議離婚に至ったという話もよく本人から聞かされました。
最近になって、居場所を突き止められ、恵子さんが「逃げたい・・怖い」という
ことを漏らしていました。もちろん、毎晩マーちゃんと一緒に帰る姿なんぞを目撃されたら
殺される・・そんな恐怖に怯えていました。

92 :2:2006/08/28(月) 00:40:23 ID:isTFzW+T0
そんな中でも恵子さんとマーちゃんがやっと入籍しお店でお祝いをしました。
そして私も卒業もマジカになりパブを辞め、普通のOLとして働くようになりました。

しかし、その年の秋、新聞を見ると・・・・・私は悲鳴を上げました・・・
恵子さん・・の本名が新聞に出ているではありませんか・・
しかも死亡記事・・・あの恵子さん???まさか??!山中で事故死。遺体で発見って・・
まさか・・まさか・・・
私はピンときました・・事故死を装ってあの凶暴な元夫が殺したのだろう・・
夫婦喧嘩で背骨を折られ暫く入院したこともあると言ってたし、とにかく異常な人間です。
それに、あんな場所に落ちるわけがない・・これは間違いない

マーちゃんと連絡を取ると、彼は相当ショックで落ち込んでおり食事もろくに
取れないという状態でした。
それでも私の顔を見ると無理に元気そうにして車を走らせました。
「マーちゃん・・・警察に電話するね。事故死は変。事件で捜査してもらう。あの男に
決まってるし。どう考えても」
「そうだね。頼む」
車はどんどん深い森に入り、ひっそりとした廃棄場近くの森に来ました。そしてエンジン音が止まりました
(まさか、ここで自殺したいの??道ずれだけは嫌ぁぁあああ)
心臓の動悸が高まり、マーちゃんを落ち着かせようといきなり笑い話をしたり必死でした・・
20分くらいその静まった森に車を止めて二人で他愛ない話をして
「とにかく変な気は起こさず帰ろう」という説得で、なんとか町に戻りました

93 :3:2006/08/28(月) 00:43:15 ID:isTFzW+T0
それからマーちゃんから何回か連絡はあったのですが、(また変な気を起こして
道ずれにでもされたら・・)という恐怖もあって
「忙しくて会えなくてごめんねぇ。頑張ってよ。今、警察も事件で捜査してくれてる」
という内容のことを言って会うのを断りました。

実際、私もなれない仕事に疲れて、朝の新聞にも目を通さないという毎日でした。
たまに息抜きに、バイトしていたそこの店にカラオケしに行くことはありました。


年が明けて冬、店のママから電話がありました。
「それはそうと、とうとう、捕まったねぇ。あの男が。私もなんだか怪しいと思ってたよ」

94 :4:2006/08/28(月) 00:50:14 ID:isTFzW+T0
「あの男捕まって当然でしょう。あんな異常者、別れて良かったけど
まさか、そこまで執念深く追跡してたとは・・マーちゃんが可哀想だね」








「はぁ???捕まったのは間宮だよ。」

翌日、保険金目的の殺人だと知った時は、足ががくがく震えショックで会社を休みました。

95 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 01:08:21 ID:h2nFKnUH0
>>91-94 GJ!
>「マーちゃん・・・警察に電話するね。
>車はどんどん深い森に入り

この辺り、洒落になってない気が・・・・

96 :4:2006/08/28(月) 01:19:54 ID:isTFzW+T0
>>95
レスありがとうございます。実はマーちゃんが人気のない林道をくねくね入り、
廃棄場(すいません焼却場だったかも)に着いた時、死にそうに怖かったですね。。
ここで、叫ぼうがふたりで死んでもこんな山の中誰も来ないですから

97 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 01:43:19 ID:vOjmEAhf0
>>91-94
その恵子さん、あまりにも悲しすぎ。涙;;;

98 :4:2006/08/28(月) 01:56:33 ID:isTFzW+T0
恵子さんには娘さんがふたりいました。ひとりは高校を卒業して大阪に就職
が決まって家を出た時に入籍したのは知っています。
恵子さんは、まだ37歳という若さでした。。下の娘さんは元夫が引き取ったようです。
あまり話しの上手な人ではなかったけど
「卒業したら、ちゃんと昼の仕事だけはまじめにやらんとあかんよ。
若い子がいつまでも水商売してたらあかん」
とぽつっと言ってました。


あの時、変だな・・と思ったのは恵子さんの死んだ状況をマーちゃんがよく知って
いたのです・・顔が紫に変色してだの、腫れ上がって誰だかわからないだの・・

99 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 02:02:45 ID:vOjmEAhf0
非運な人って、どこまで非運なんだろうね。
神さまってのは、そもそもいないか、めちゃくちゃ気まぐれで不公平なんかな。
恵子さんって、少しはいいことあったんだろうか。

100 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 02:06:42 ID:DFwzJueA0
下の娘が心配

101 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 02:10:33 ID:yvOtnER30
>>96
志村〜!名前欄名前欄

なんか火サスにあるような話だのぅ。しかしGJ、ほんのりさせていただきました。
ところで恵子さんには子供が二人いたと言うことでしたが、その子供らはその後
どうなったか知りませんかね。
保険金目当ての殺人を犯すような人間を父と呼ばなければならなかった子供達に
とっては悪夢のような体験だったろうね。虎馬になってなければよいが。

102 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 02:11:29 ID:yvOtnER30
ロリってなかたヾ(゚д゚;) スマソ

103 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 02:19:28 ID:isTFzW+T0
すいません番号がそのままついてましたね^^;;
普段はとても活発な人でした。夜の商売してるとは思えないほど地域活動や
何かスポーツの団体でも選手で活躍してたみたいですね。
ただ男運のなかった人ですね。娘さんたちが大きかったので少しは救われましたが
子供たちは、そのままマーちゃんの愛称で呼び慕ってようです。

その後は知らないんです・・・悲しいかな。本名だけは知ってたけど・・
恵子さんは高知の出身だったですがいつも大阪弁でしゃべってましたねぇ・

104 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 02:36:16 ID:vOjmEAhf0
かなり、心がイタい話でした。恵子さんの冥福を祈りたいデス。
次、生まれるときは、もちっといいコトあるようにね・・・。

105 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 05:19:28 ID:IYJsm7rvO
昨日の晩、ねーちゃんが青い顔で「私の部屋がタバコ臭い」と泣きついてきた。
言っとくと、うちの家族は誰もタバコ吸わないし、最近は来客もなかった。しかもねーちゃんアロマ好きで、いつも部屋で甘い系の匂いさせてるのね。
でもってクーラーつけてるから窓は閉めてる。風呂あがりだから外の臭いが髪や服についてるわけでもない。普通に考えてありえない。
はじめは「気のせいじゃね?」って相手しなかったんだけど、異様なまでに怯えてるし、あんまりしつこく食い下がるんで、一応俺も見に行ったんよ。
したら、マジで臭えの。つうか加齢臭?パチ屋帰りのオッサンの臭い。俺が思わず「クサっ!」っつったら、ねーちゃん本泣き。
俺も下男の話思い出してゾッとして、そっこー家捜しした。もう本気で調べた。天井裏も確認した。異常はなかった。そうしてる間に臭いは消えてた。
気味が悪いんで両親に話そうっつったら、なんでかえらい勢いで拒否られた。
それでもねーちゃんは部屋にいるのやだっつって、適当理由つけて両親の部屋に行ったんだけど、夜中にこっそりベランダで誰かと電話してた。

106 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 05:24:13 ID:IYJsm7rvO
なんか連投規制ひっかかった。ごめん、これで終わり。

両親の部屋は俺の部屋の真下で、俺たまたま窓開けてたから、ちょっと声張ると会話丸聞こえになるんだ。だから聞くともなしに聞いてたんだけど、
普段聞いたことないような声で「絶対あいつの臭いだ」とか「何回でも死ねばいい」とか言ってて、最後呪文みたいに「キモいキモいキモい…」って、ナニソレ?
あんたの人生に一体何があったんだ、ねーちゃん。とりあえず俺がビビって眠れない。

107 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 08:02:08 ID:IOoEu0Ok0
キモいストーカーに付き纏われていたか、
ねーちゃんが誰かをいじめてたか、
のどちらかで、何らかの理由でそいつが死んでねーちゃんに
とりついた、んでない?

108 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 08:02:56 ID:BClgWn2o0
たぶんストーカーだな
忍び込んでハァハァやってたんじゃねーの?
つほうしる

109 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 10:36:21 ID:3vvplvlR0
違うな。イジメてた子が自殺したんだよ。自殺したのは世間的に言う所謂ヲタクファッションの人だな。
そんで自殺したのをお姉さんは見てるよ。
これははっきりではないけど、お姉さんと後二人、その自殺見てると思う。
力弱いからこれくらいしかわからんけど、お姉さんの自業自得だね。
あ、お姉さんには憑いてないから安心していいよ。ただ、その子はイジメられてた人達の間をさまよってるよ。
近いうちにまたお姉さんとこに来ると思うよ。

110 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 12:14:29 ID:tPYcPFPX0
先日、家を出たらそこに物凄いよぼよぼのおばあさんが居た。
腰も曲がってるし転びそうだったから手を貸し階段に座らせた。
それでどこに行きたいのか、名前はと尋ねた。
うちの方を指差しうちではない名前を答えた。
近くにそんな家あったかなと思い調べにそこを一瞬離れた。

戻ったら居なかった。周りをかなり探したけど居なかった。
顔に大きなあざがあるよぼよぼのおばあさん。


という話を父に聞いた。うちの前で起きた事だし、体験した直後に話を聞いたもんだから相当に怖かった。
ガクブル

111 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 14:47:56 ID:dKj/xTs70
>>91
ゴメンすぐオチ分かったよ・・・

112 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 14:49:34 ID:PsAevQzy0
己が心中の醜さを知れ。


113 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 03:49:04 ID:QygMkGSvO
きっと校正さんが>>91を短く面白くまとめてくれる

114 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 08:02:25 ID:f2FL/1Zf0
洗剤も凶器!?新聞拡張員の裏技
http://www.tanteifile.com/tamashii/index2.html

115 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 09:38:15 ID:NR21c6ql0
>>114
昔から、インテリが書いてヤクザが売る、と言われているけど、今は、ある種のヤクザが書いて、別種なヤクザが売る、というとこか。

116 :1/5:2006/08/29(火) 11:13:17 ID:dhHYImXi0
自分はこの夏、海で監視活動をしていました。


浜にはたくさんの海の家が並んでいて、
その真ん中に僕たちの待機する場所がありました。

つい先日、監視業務が終了し、
遊泳者もほとんどいなくなったので、
泳ぎのうまい女の子(A)とトレーニングをしにいくことになりました。

トレーニングの内容は、
待機場所から、海に向かって左(グーフィー)端の海の家まで走って行き、
そこから海に入り泳いで待機場所まで戻り、
グーフィー側に並ぶ海の家の真ん中まで走って行って、
待機場所まで走って戻ってくるというものでした。

117 :2/5:2006/08/29(火) 11:14:31 ID:dhHYImXi0
トレーニングを開始して、
最初の走るところまでは同じペースでついていったのですが、
海に入って泳ぐとなるとAは圧倒的に早く、
どんどん離されていきました。

けっこう長い距離だったので、
僕は全力ではなかったにしても、
それなりに懸命に泳いでいました。


半分くらい泳いだところでしょうか。
「○○(←Aが僕を呼ぶときの名前)、助けて」
というような声を聞いたような気がしました。

(実際には、頭の中に響いた、というか、
そんな感じがしたという程度で、
『聞こえた』言葉も記憶が定かではないです。
ただ、名前は確かに『聞こえた』と思います)

118 :3/5:2006/08/29(火) 11:15:32 ID:dhHYImXi0
そこは××という店の前付近で、
他の場所に比べ深くなっているところなので、
もしかしたら、という思いがあって、
僕は泳ぎながら頭をあげて、周囲を見渡しました。

しかし、Aの姿はもちろん、他の誰の姿も見当たりません。
やっぱり気のせいだったのだ、と思いそのまま泳ぎ続けました。

泳ぎ終わり、陸に上がると、
すでに最後の走りも終わったAが待っており、
僕は、少しほっとしながら、最後の走りを終えました。

119 :4/5:2006/08/29(火) 11:16:16 ID:dhHYImXi0
「おつかれー」
とタイムを言いながら僕を迎えてくれるA。

しばらくして、息を整えながらいる僕にAが、
「××前で、誰かの手が足に触れた気がして、
周りを見たけど誰もいなかったの!」
と言いました。

僕がドキッとしながらも、
「木の枝とかだったんじゃないのー」
と言うと、
「違う、ちゃんと手の感触だったもん。
○○早いなー、と思ったんだけど違ったー」
と答えるA。

そしてAは
「××前って、昔女の子が亡くなったとこだよね」
と続けました。
僕は
「そうなんだー」
と言うだけで、
なぜかさきほど自分に起こったことを言う気にはならず、
その会話を終わらせました。

120 :4/5:2006/08/29(火) 11:17:01 ID:dhHYImXi0
手が触れたと思ったのは、Aの勘違いだったのかもしれないし、
声が『聞こえた』のは僕の思い過ごしだったのかもしれない。

だけど、この2つが××の店の前付近、
という共通性があるってことが、
僕にとってほんのり怖い体験でした。



わかりにくい上に、長文失礼しました。

121 :116:2006/08/29(火) 11:19:31 ID:dhHYImXi0
>>120は『4/5』じゃなくて、『5/5』でした。
スイマセン。。。

122 :1/2:2006/08/29(火) 13:16:58 ID:PtWzePs00
子供のころに体験した話。

私はH県の中でも結構田舎にある地域に住んでいました。不便ではあったのですが田舎なら田舎なりに虫捕まえたり探検したりで楽しかったことを覚えています。
そんなこんなでいつものように友達3人(名前はA.B.C.とします)と遊んでいたのですが、その日は暇で暇でしょうがなかった。
ゲームも飽き、いつもの探検場所も一通り探索してしまい、何もすることなく無駄な時間が流れてボーっとTVを見ていたときAが、「おい、○○(私のあだ名)。あの場所いかへんか?」と、言ってきました。
あの場所というのは私の家から目と鼻の先にある小さな山の中腹ぐらいにある場所で私もちょっとだけ探検に行ったことがあったのですが、野犬が出たりしていて危ないからと親に酷く怒られたときから近づいていない場所でした。
正直いってあの場所は苦手でした。ひっつきむしが大量にあったり廃車も捨ててあったし、何より当時犬嫌いだった私にとって親に言われたからは地獄に行くようなものでした。
そんな理由で勿論私は嫌がりましたが、他の友達は乗り気になってしまったので仕方なく付いていきました。

そしてしばらく、と言っても5分ぐらいですが例の場所につきました。運良くひっつきむしは時期が違うのか全く無く、楽々と進んで行くことができました。
そしてどんどん奥に進み私も行ったことが無い所まで来ました。また少し歩いて進むと目の前に大きな門が現れました。
「よーし。着いた着いた。前はここまででやめたからなぁ。」とAが言いました。どうやらAはこの門の前まで来たことがあるようです。
門の横に猛犬注意!の看板が倒れていたのを見た時点で帰りたかった私ですが、Aは門の横の金網にある小さな穴を通り、来いよー!と誘ってきます。
B.Cも穴を通ってしまったので結局私も穴を通り先へ進みました。

123 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 13:43:56 ID:rQ5CdmYT0
おしまい。

124 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 13:46:24 ID:S/FpK41e0
>>123氏ね

125 :2/2規制くらったスンマセンorz:2006/08/29(火) 14:02:05 ID:PtWzePs00
少し進むと広場のようなところに着きました。その時は工事現場にある看板に似た物を見つけたので工事現場だと思っていました。
そしてとりあえずみんなで探索をすることにしました。でも探索すればするほどよくわからないものばかりあります。
檻のようなものが周辺に何個か転がっていたり、斧?のようなものが転がっていたり…。そんな中、しばらくしてCの呼ぶ声に皆が振り向きました。
「おーい!!!!こっちになんか古い小屋あるで!!電柱もあるしなんかええもんあるかもー!!」とCのところに行き指差す方を見ると、確かに古ぼけた小屋のようなものがありました。
私たちは大きな発見に喜び、その小屋に行こうと思いましたが、小屋は10mほど上に上ったところに位置していて少し斜面を登らなければ駄目でした。
しかし登る道がみつかりません。多分年月が経つうちに崩れたりしたんだと思います。結局、また皆で登る道を探そうということになりました。
もう一度散らばった後にふと古ぼけた小屋のほうを見ると、ぽかんと開いた窓の奥になにやら旗のようなものが見えました。一番近くにいたBに尋ねてみると、「あれ…日本の国旗ちゃうか?」と言いました。
「は?似とるけど違うやん」
「いや、この前じいちゃんの部屋はいったらあれと同じ旗見てん。聞いたら昔の日本の国旗やでって言っとった。」
「でもなんであんなとこにかけてあるん?てかいつからよ?」
「んなもんわからん。でもあの小屋相当古そうやしなぁ…」
とBが言った時、急に小屋からガタン!と音がして窓から紙が何枚かヒラヒラ飛んできました。急に音がしたので皆ビックリしてうわああああああ!!!と一目散にその場から離れました。
しばらくして落ち着いた後飛んできた紙を拾うことにしました。その紙にはなにやらカタカナで何か文字が書いてありましたが、埃とかで読むことが出来ませんでした。
しかしそこからみんなのテンションガタ落ち。探索するという気分ではなくなっていました。小屋に誰かいるんじゃないかという不安もあり私達は逃げるようにその広場から立ち去り、それぞれの家に帰りました。

126 :3/3 :2006/08/29(火) 14:03:38 ID:PtWzePs00
その後しばらく経って、もしかしたらあの紙はアメリカ軍が戦争終結を知らせる紙だったんじゃないかと思いました。教科書で見たやつと似ていたし…。
でも何であんなところにあったのかは謎でした。しかも何枚かやたらと綺麗なままの紙があったのも気になります。いろいろ考えましたが結局分からずじまいでした。
なんやかんやであの後あの場所に近づくことはなくなりました。親に怒られたのもありますが、私含めあのメンバーの中であの嫌な雰囲気の場所に行こうというやつはいませんでした。

以上子供のころの体験でした。ほんのりどころか全く怖い話ではなくなってしまった感がありますが、当時は怖かったんですww
長文、駄文すみませんでした。文才無いのに長い文書くんじゃなかったorz

てか3レス構成にしてたのに名前欄間違ってるよorz

127 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 14:19:54 ID:Y27TO8np0
献血センターの実態

 ∧_∧   / ̄
 ( ・∀・)< 血が足りません〜人を救うためにあなたの血を分けてくださいお願いします〜
 ( 偽善 )  \_
 | | | 
__(__)_)___
 ( _)_)
 | | |  
 ( 事実 )  / ̄
 ( 。A。)< お前らの汚い血で金が儲かるんだよwさっさとこいや!200ml?ぺっ!ジュース目当てかよw
  ∨ ̄∨   \_迷惑だからくるんじゃねーよ!ここは簡易エイズ調査所じゃねーんだよw菓子そんなに食うなよ豚野郎
           いい人ぶった偽善野郎が今日もご来店wありがとうございますw

128 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 14:31:28 ID:/ZAOAc2+0
献血もうかるのか?

129 :1/2:2006/08/29(火) 15:02:49 ID:sEAl0QV70
どっかで読んだ話。
うろ覚えだが怖かったので投下する。
長文なんで嫌いな奴はスルーしてくれ。

アメリカではUFOの目撃例が多く宇宙人に遭遇したと言い出す人間も後を絶たない。
そんな事件に触発されてか、ある女の子(9歳)が
宇宙人に会ったと家族に訴えた。
話を聞くと、家族が寝静まった頃、
宇宙人は彼女の部屋へやってくると言うのだ。毎晩のように。
もちろん家族は彼女の話を真剣に受け止めなかった。
家には何者かが侵入したような跡も無い。
多感な年頃、テレビなどに影響されたのだろう。
夢でも見たのだと言い聞かせ放っておいた。
しかし、しばらくして彼女は宇宙人に異物を埋められたと
泣き喚き自ら性器を傷つけた。
思い込みが酷くなり自傷に至ってしまったと判断した家族は流石に心配し
病院へ連れて行き医師と話し合った結果、彼女を短期入院させることにした。
それでも彼女の話によると病室まで毎晩宇宙人は来るらしい。
周囲が困り果てた、そんな折にこの事件に転機が訪れる。



130 :2/2:2006/08/29(火) 15:05:07 ID:sEAl0QV70
誰も信じてくれない、
このままでは宇宙人にいつか殺されてしまうかもしれない。
彼女は段々と危機感を感じてきていた。
最初は怖くてたまらなかったが、
追い詰められ始めた状況を悟り彼女は行動に出たのだ。
こっそりナースセンターへ忍んで、
ペン立てからカッターナイフを盗む。
それを枕の下へ隠して夜を待った。
深夜、看護婦の巡回を避けていつも宇宙人はやってくる。
今夜もそれは現れた。
鈍い銀色を放つ不自然なサイズの頭部、無情な瞳、
人間の大人と同じくらいの大きな身体。
いつものように宇宙人は怯える彼女がいるベットへ近付いて。
と、そこで彼女は意を決してカッターを取り出し
宇宙人の首元を勢いよく切りつけた。
予期しなかった反撃に宇宙人は短く呻いて切られた首を手で押さえながら
ふらふらと病室を出て行った。
それを見届けて彼女はナースコールで看護婦を呼んだ。
「また宇宙人が現れたの!カッターで切ったら逃げたわ!お願い、すぐ来て!」

改行規制引っかかった。スマン続く


131 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 15:07:24 ID:CVFoHtk00
続くのかよっw
wktkしながら待ってるね

132 :3/2:2006/08/29(火) 15:07:26 ID:sEAl0QV70
ラスト

医師から話を聞いていた夜勤の看護婦は半信半疑で彼女のもとへ駆けつけた。
泣き叫ぶ彼女を落ち着かせようと病室の電気をつけると
ベッドには血が飛び散っている。
よく見れば点々と床から廊下へ続く血痕。
慌てて看護婦は警察を呼んだ。
不審者が出たとの通報を受け、病院の周囲を見回っていた警察は
人気の無い暗がりに停めてある車を見つける。
その中でぐったりとしている男性。
ドアを開ければ男性はすでに絶命しており、傍らには血のついた
宇宙人のマスクが転がっていた。
この男性は彼女の父親だった。
彼は毎晩宇宙人のマスクを被り娘に性的虐待を行っていたのだ。
家族は真実を知り、彼女の将来への影響を考えて
父親を病死ということにしてひっそりと葬式を挙げた。
彼女は真実を知らぬまま、今も元気に暮らしている。


133 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 15:12:07 ID:UiZI8btR0
>>125
>なんかええもんあるかもー!!

子供ながらにこの発想・・・関西人って( ・ω・)
この辺がほんのり

134 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 15:25:20 ID:8niaBkxH0
秘密の場所にはお宝があるもんだ。
関西関係ない。

135 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 17:49:33 ID:0OA4kH170
昔聞いた怪談。
ある若い男が電車から降りたとき、後姿の美しい女性が目に止まった。
男は女性の顔を見てみたいと思い、彼女のあとをつけた。
(当時はストーカー行為という言葉もなく、悪い事をしているという自覚もなかったのだろう)
ところが、女性の足がはやくなかなか追いつけない。
歩いているうちに女性はアパートの一室へ入ってしまった。
男は未練がましく覗き窓から中の様子を覗いてみようとしたが、
部屋全体が赤く見えるだけだった。
落胆した男が帰ろうとすると、アパートの住人らしき男性が通りかかったので
「このアパートにはものすごい美人が住んでますね」と聞いてみた。
「ああ…あの人ねえ。一つだけ欠点があって、目玉が真っ赤なんだよね」

136 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 17:52:00 ID:+q6s4JMr0
>>135
その話、覗くのは鍵穴じゃなかったか?

137 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 20:46:02 ID:YKTbnyJG0
>>129-132
>どっかで読んだ話。

「超怖い話」だね

138 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 22:48:49 ID:NQn+/NJ20
祖母の家に泊まりに行った夜、テレビのある部屋で一人本を読んでいると突然ビデオデッキに
入っていたビデオが巻き戻されはじめた。
触っても居ないのに何でだと思ったが、機械にはうといのでそういう設定もあるのかもしれんと
思いほおって置いてまた本を読み始めた。
すると数時間後、今度はそのビデオが早送りされ始めた。
時間を見ると丑三つ時。
黙って寝る事にした。

139 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 00:14:36 ID:k5x3bUtiO
俺が子供の頃の話だけど…。

実家のトイレの壁に、血でつけたみたいな手形が昔からあるのよ。
で、小さいときお袋になんでこんなとこに手形があるのか聞いてみたんだよね。
そしたら、親父が浮気して、それを問い詰めたら逆ギレされて、血が出るまで殴られた。
悔しいからトイレの扉の上の方の壁に、わざわざ台を使って手形をつけた。
ってことを言ってた。

俺には超優しい親父がそんな奴だったってことも、わざわざ血の手形なんかつけて、それを幼い子供ににこにこしながら話すお袋もほんのり怖かった。

140 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 00:49:46 ID:0mGpOXWoO
母が高校生の時の話。
文化祭の準備の為、教室で居残り作業をしていた。夕方になっても終わる目処がつかないので、帰りが遅くなる旨を家族に知らせようと、友人A子と共に校内の公衆電話へと向かった。
しかし同じ目的の生徒が列をなしていて、なかなか順番が回ってきそうにない。堪え性のないA子に促され、校外の公衆電話まで行くことになった。
そこは霊園の脇にひとつだけぽつんとある電話ボックスで、気味が悪く、普段なら絶対に使いたくはないのだが、息抜きがしたかったのと、A子も一緒だという心強さで同意した。
道すがら、どちらが先に電話をかけるかジャンケンをし、母が勝った。着いてみると先客がいた。背広姿の細身の男性が、ボックスの中で何やら悲壮な様子で話している。
「嫌だなあ、時間かかりそう」と思いながらも、仕方がないので少し離れた場所で待つことにした。手持ち不沙汰に世間話を振ると、A子は怪訝な顔をした。
「何?早くかけなよ」
「でも・・・人がいるから」
「ああ、あの人?あなたにも見えるんだ。こっちの人じゃないから気にしなくていいよ」
そう言うとA子は何食わぬ様子でさっさとボックスに入り、電話をかけた。男性の姿はもうなかった。母は半泣きで学校に戻り、20分並んで電話をしたそうだ。

141 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 02:03:09 ID:IMpWBfxl0
>>140 お母さんかわいい!

142 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 02:21:24 ID:u5wZLsR10
そんなんやったら俺も学校に戻って列の最後につくよ。

143 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 04:09:32 ID:blxBVX8lO
俺ならA子に電話してもらうけどなwwwwwww

144 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 06:27:38 ID:IMpWBfxl0
お母さんもA子もなんか好きなキャラだなぁ。
二人とも幸せな人生を送ってればいいな。
和んだ(´∀`)

145 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 09:50:21 ID:OSMJRurL0
A子強し

146 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 10:19:16 ID:jM2++vLcO
>>127
はやく学校を卒業せんか。

147 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 12:52:56 ID:H2XWD57p0
何年か前の話。
うちの実家はマンションで角部屋。 玄関を入ってすぐ横に自分の部屋がある
夜寝ていたら なぜだか突然「悪いヤツがくるっ」と感じて(自分の声が聞えて)目が覚めた
なんだろって思ったその瞬間 ドアをガンガン叩く音が。 
かなり大きな音をたて 叩くだけじゃなくてドアを開けようとしてる様子
怖くてベッドから出れず 音が止むのを布団にくるまったまま
ガクブルして待ってたんだけど その時なんだか知らないけど
ドアを開けようとしてるのは複数(2、3人くらい)の男だと感じた。
しばらくすると音が止んで そいつらは入れないのであきらめて帰ったみたいだった
時間にして3分〜5分くらいかな 

次の日両親に聞いてもそんな音は聞いておらず
強盗なのかおばけなのか夢なのかも分からず
恐ろしく怖いものって事だけは分かったんんだけど なんだったんだアレ


148 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 18:13:26 ID:32VbQduT0
闇に隠れてコスル。俺たちゃオナニー人間なのさ。
人には決して見せられぬ、獣のようなこの行為。

  |三| /  |  |ヨE|
 ー十‐ \ ノ\ |日j と や り た ー い !
_____________  _____
 へ   ,へ             V
/ 八 / 八                          へ  .へ
|`7  `|`7  `ー-、       ,r'三TT三ヽ,         .八 |__八. |
V.|   |/       >、   トv≦癶≧v1       「 ̄ヽ,ト|  ノ7
  |      ノ(⌒ー'\| ̄~^ハl fiニニjヽレ'ー―-、_  トiへ V  |/
  \.   彡  |ゝへ.     \'='=彳/     ,コ V|  `ー-ラ'
   ヽ ̄   | |  \    ヽ { /      厂 ヽ. |    /
    \   V    ヽ.___}____.人   V   ノ
      `ヽ  ヽ ,.べ    (    )  ノ   ̄ヽ   /
        \_)'’  \  (     )/      `ー'’

暗い青春吹き飛ばせー! しこ! しこ! どぴゅ! オナニー人間ジャラララーン♪

149 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 21:54:37 ID:I9LKOp1cO
>>91

150 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 00:03:33 ID:I62E9NxF0
なぜかいま韓国では、
バス運転手に殴る蹴るの暴行が流行ってるらしいよ。

だから運転席には透明の扉が設置されてる。
でもバスの運転手に限った話でもなく、流行すたりの問題でもない。
暴力が日常になってるだけ。
飲み屋のガラスが割れる大喧嘩も、
地下鉄職員が白線の内側を歩いている乗客を棒で殴るのも、
血まみれのシャツで歩いているのを見かけるのも、韓国ならでは。
ソウル(韓国)と北京、上海、アモイ(中国)との旅行や出張でも比較になるが、
地下鉄やバスの乗車マナー、繁華街での暴力や治安、
タクシー運転手の接客や運転は、中国の方がかなりマシに感じた。

韓国は反日だから怖いのではなく、短気衝動的暴力的な国民性なので、常に気を使う。
地下鉄の乗降で押したり押されたりは中国でも日常茶飯事だが、
マナーが悪いのがマナーなので、それはお互い様で気にする人はいない。
そこから殴り合いに発展するかどうかが、中国と韓国の違い。
ほんと韓国は怖い国だね。っていうか怖い国民だね。

151 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 00:06:17 ID:aO2W5uWeO
自転車でこけて擦り剥いたら乳首取れた。泣いた。

152 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 00:09:04 ID:s7oZcgtN0
>>151
どういう状況???ちょっと見せて。

153 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 00:37:15 ID:DiMhTRt50
>>151
うp!うp!

154 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 04:12:38 ID:xb60vP2p0
家族の話

父親の実家は寺。
小学生のとき、夏は家族で泊まりに行って休みを楽しんでた。
ある時、妹が熱を出して爺ちゃんの家に来れなくなった。
妹は親父と留守番、俺はお袋と寺へ行った。
寺に着くと、禿げの爺さんが笑顔で迎えてくれた。
俺は思いっきり遊んで、夕飯をたらふく食ってお袋と一緒にテレビを見てた。
本堂からは爺さんの読経が聞こえる。
小さい頃から聞いてたので、別に怖くは無い。
でも、読経を聞く事に集中しすぎてて、電話が突然鳴った時に死ぬほどビックリした。
電話に出ると、妹だった。

「どしたん?熱、だいじょぶなんか?」
「兄ちゃん?」
「うん、俺よ」
「母さんは?」
「おるよ」

「ねえ、何で母さん泣いとったん?」

妹が言うには、熱が下がったと言うために電話をかけたらしい。
俺が取った電話の前に一度、寺に電話をしていた。
そしてその妹の電話に出た女は、泣いていた。

かけ間違えたのかもしれない。
もしかしたら、そうではないのかも。

155 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 04:41:18 ID:bi5trzDt0
ヒント リダイヤルしたかどうか

156 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 09:05:12 ID:p7o1vCz/O
ヒント:逆オレオレ

157 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 09:40:00 ID:SKXayF3n0
ヒント:妹は風邪をこじらせ既に…母はそのことで泣いていた。

158 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 10:02:27 ID:Pv3Z3rOv0
ヒント:風邪じゃなくて実は白血病であと半年の命

159 :1/2:2006/08/31(木) 11:55:54 ID:Pud31u5m0
ここって実体験カキコしていいんだよね。
ちょっと私の経験した出来事を。かれこれ4年前の話だけど。
長いから2つに分けます

私はバイク乗りだ。いや、だった。事故る前までは...。
以前SEをしていたころ、場所的に公共の移動手段では行き難い場所での
作業が発生していた(電車80分徒歩30分)のでバイクで行っていた(50分)でつく。
毎日0:00近辺に終了するのでバイクを使っていた部分もあるのだが。
その日もバイクで通勤し深夜1:00に帰宅。風呂に入り即就寝した。
朝方なのだが、妙な感覚で目が覚めた。いや目は覚めていないが周囲が見えた。
ちゃんと自分の視点で周囲が見えた。いつもの自分の部屋である事が確認できていた。
その時は寝ぼけているのかそれを不思議とも思わず、何の気なしに受け入れていたが、
ふと足元を見ると日本人形位の女の子が立っていた。顔は覚えていないのだが、
髪の長さは胸くらいまであって、赤い花柄の和服を着ていた。
その女の子が「トコトコッ」って感じで私の体の上を歩き右肩をポンポンとたたいた。
その瞬間私はガバッと起きた。夢?妙にリアルであったが、夢ということで肩付け、
支度をし、バイクにまたがり仕事へ。
その日は妙にすんなり仕事が終わり、19:00くらいには仕事が終りすぐに帰宅する事にした。
いつものようにバイクで帰宅したのだが、その途中で事故にあった。
右車線にいた車が左のわき道に入ろうと急に右車線から左折してきたのだ。
先の交差点が赤だったため、減速途中で速度はそれほど出ていなかったが
私は見事に巻き込まれ、バイクは大破。私は右肩亜脱臼、腱断絶の重症を負った。
入院決定。


160 :2/2:2006/08/31(木) 11:57:32 ID:Pud31u5m0
事故自体は受け入れるしかなく、既に朝方の夢など忘れていたため、自己嫌悪に
陥る程度の事だったのだが、友人が見舞いに来てくれたときにふとその事を
思い出し話をした。その友人は俗にいう見える人だったのだが、普段そんなそぶりは
見せず、滅多に人にも言わない人間だ。
その友人が「お前が電車通勤してなくてよかったよ。電車に乗ってたら他の人も
巻き込んでたしな。」と言った。
どういう事??と聞いてみると、私はその日必ず事故によって右肩を怪我をさせられた。
それもあの日本人形の様な女の子によって...。バイクだったから一人で済んだと。
つまりはそういうレベルのモノに憑かれたらしい。どんなに気をつけても無駄な事があると思い知った。

そしてこの話は後日談だあるのだが、

161 :160:2006/08/31(木) 11:58:14 ID:Pud31u5m0
ごめん。それはまた今度と書くのを忘れた。

162 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 12:04:06 ID:eLp+DP720
たのむ 書いてくれ・・・

163 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 12:09:36 ID:wzYpKBkO0
>>159-160
怖ぇぇえ、洒落になってないよ。
何でそんなのに取り憑かれたんだよ、
日本人形コワス(((((( ;゚ Д ゚ )))))ガクガクブルブル

164 :sage:2006/08/31(木) 12:28:13 ID:P3w/260AO
昔 住んでた借家での事。階段下の 収納に使ってない電話 入れてたんだけど、たま〜に 線つないでないのに 受話器から プープーと 音がしてた・・・
その頃は 怖いとか思わなかったけど、今考えると ガクブル

165 :160:2006/08/31(木) 12:54:15 ID:Pud31u5m0
>>163
何でそんなのが憑いたかはわからんっす。友人もなんでかね?って言ってた。
ただ今回書き込んだ事よりも、その1年後 現在より3年前に起こった出来事が
強烈すぎて...。
それからいろいろ経験するようになってしまいました...。

166 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 12:54:20 ID:iyTqIEzo0
昨日の夜9時10時あたりなんだが、怖いというより不思議な体験。
オレは疲れてうとうとしてたんだ。FF3しながら。
夢うつつになりながらもガルーダと戦ってた。
もう意識が飛びそうになったときに、なぜか田代が悲しい目をしてオレを見ていた。
オレは、どうしたんだろう…とか思いながらも、何も言わずに田代をみていた。
すると、田代は「オレはもうダメだ…間違えた…」と切なそうに言った。
「まぁ、確かに間違えたわな。一度ならず2度もやっちゃだめだよ。一生懸命フォローしてた志村さんに失礼だ」
田代に全く偉そうな事言える立場でも年でもないんで思うだけにした。
すると、闇の中からチャとかチョとかが変に耳に付く訛りで「田代!田代!ちゃんと亡命しろ!」っていう言葉が聞こえた。
厳密には「チャシロ、チャシロ、チョントボウメイシュロ!」って感じ。
声は最初遠くから聞こえ、どんどん近づいてくる。
田代はその声を聞くと青ざめてふるえてた。
まるで歌うように何度も、ガレージで声を出したような残響と若干のドップラー効果も加味されて不気味な響でせまってきた。
その声が耳元で聞こえるほど近くになると、田代に闇がからみついた。
田代は恐怖に駆られ懇願するように叫んだ。
「すいませんすいません。僕は日本がいいんです。ちゃんと服役します!行きたくない、行きたくないんだあんなとこ!ごめんなさい志村さん助けて!助けて!助けて!」と闇に引きずられるように消えていった。
田代の声は届かなかったのだろう、合唱するよう「ちゃんと亡命しろ!」と変な訛りが入った声は止まず、耳元で脳みその中で反響するように何度も何度も響いた。
田代は「すいません、ごめんなさい、助けて!」と叫びながら闇に引きずられるように消えていく。
闇に包まれ遠くなっていくごとにつれて声は小さくなり、ついに静寂が訪れた。
けど、まだ響いているような感覚が残った。

そこではっと目が覚めた。
現実では懲役が出ていたワケだから亡命したわけじゃないんだが、これはなんの暗示だろうか…
DSを見ると、ガルーダに全滅させられたキャラクタが悲しい音楽につつまれていた。ハニーフラッシュ

167 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 12:58:30 ID:E5SB83u+0
トリビア乙

168 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 13:36:26 ID:zSxK8Hz00
ほんのり怖い?心霊写真
ttp://cocoa.gazo-ch.net/bbs/33/img/200605/789950.jpg

169 :1/4:2006/08/31(木) 15:49:09 ID:wfTyb4mb0
3〜4年前の話
バイト先の後輩が無断欠勤で連絡もつかない(圏外)
勤務は終わったんだけど仲の良かった俺は心配だったから定期的に電話をかけていた
やはり圏外だったが何度目かでようやくつながるなり

「キー!!キーィキキー!」

という機械っぽい音が受話器からずっと聞こえていたが
電波悪いのかな?混線??
と思いつつ「どうしたんだよ?風邪?」などと問いかけるが返事がない・・・諦めてかけなおそうとすると
もの凄く低い声で犬が唸るように

「あ"ぁあ"あぁぁぁぁ うう"うぅぅぅぅ」

と聞こえてきた
でも人間の声のように聞こえたし恐怖心は全くないってか
「あ〜ぁ・・・またやってんのか(´Д`;)心配してやったのに」と思った(後輩は薬物好きでネタが入ると服用してた)
キマってて話にならん・・・と思って電話を切った

170 :2/4:2006/08/31(木) 15:49:45 ID:wfTyb4mb0
数日後、バイト先で後輩と対面
会うなり「すいませんでした!!」と謝られ
「サボるぐらいハマってんじゃねーよ」(今までサボる事はなかった)
と説教するが・・・どうにもこっちの話がわかってない様子

いや俺がこのまえ休んだのは・・・・・・・

その日は・・・急にお婆さんが亡くなった日だという
気が動転してバイト入ってる事も連絡も忘れちゃって・・・と説明する後輩

「でもあの日、電話で変だったじゃん?」と聞くと
「え?電話なんかしました??」
「したよ、しかもでたじゃん」と問い詰めると
病院で電源切って翌朝までそれに気づかなかったと言う

んーこれがホントに電波の混線ってやつ???と思っていたら
後輩が話を続け・・・

171 :3/4:2006/08/31(木) 15:50:16 ID:wfTyb4mb0
「病院から帰ってきて家族全員で居間にいるとインタホーンが鳴るんですよぉ」
で、見に行くけど誰もいない。で、また数分したら鳴る→確認。1時間ぐらいそれの繰り返し

異様な空間だったそうだが後輩は気が強いから、そのうちに
「外で見張ってるよ」と言って玄関先でタバコを吸ってたらしい

「ピンポーン」

後輩が見張っているその前でインターホンは鳴ったという
もちろんインターホン周辺には誰の姿もない・・・それ以降は鳴る事はなかったそうだが
家族の間では「お婆ちゃんが忘れ物でも取りに来たんだね」と怖がるどころかしんみりしてたらしい

後輩は前述の通り、気が強く婆ちゃんっ子だったから
少し怖かったが、その日は婆ちゃんの部屋で寝ることにしたんだという・・・と、そこで後輩の顔色が変る

「電話したの何時ぐらいっすか?」
俺は携帯を取り出して履歴を見た、24:00ぐらいだった

後輩はもう絶句で細かに震えだす
「その日、婆ちゃんの夢見て目が覚めたんですよ。そしたら金縛りにあってパキパキ金属音がしてて・・・変な唸り声が」
「体動かせなくて時計だけずっと見てたんですけど、それが・・・24:00ぐらいっす」その後、後輩はいつのまにか寝ていたらしい

後輩の電話を見せてもらうが俺からの着信履歴はなかった
(ちなみに「金属音うんぬん」電話の内容は後輩には詳しく話していなかった)

172 :4/4:2006/08/31(木) 15:51:11 ID:wfTyb4mb0
そのまた後日の話、後輩が物凄い顔で話してきた
「昨日・・・また飯食ってる時にインタホーンが何度も鳴ったんですよ」
母親や妹も俺の電話の件や金縛りなどの話を聞いてナイーブになってて
それはもうパニック状態だったらしいが、何度か鳴った後・・・やはり気の強い後輩が確かめに行くことに

さすがに後輩もかなり怖かったらしいが
思い切って玄関のドアを開けるとそこには・・・・・・・

満面の笑みで親父が立っていたらしいwww


てかこれ書いてる時に物が勝手に落ちてちと怖かった('A`)

173 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 15:54:08 ID:x3i6PTa80
>>172
ナイーブじゃなくてナーバスになってたんだと思うよ。

174 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 15:56:56 ID:SKXayF3n0
>>173
ほんのりと和んだw

175 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 17:04:37 ID:nLy5ZQJS0
俺は自慢じゃないけど、小学校の時からかなりの人気者だったよ。

何かよく分からねぇけど俺の一言でみんな大爆笑する。 
例えば、俺がトイレでウンコしてると、
みんなが必ず集まって来てくれて、上から雑巾とか投げてくるから、
俺が「やめろ!」って言うと、みんな大爆笑。

あと、下駄箱のクツがなぜかなくなっちゃった時に、
みんなが「○○早く来いよ〜」って言うから、
俺が「クツがない!」って言うと、みんな大爆笑。

そんな俺はもちろん女子にも人気があったよ。
俺をテーマにしたゲームもたくさんあったよ。
その中でも特に人気があったゲームっていうのは、
俺が触ろうとすると、みんなが俺を避けるというゲームだ。

俺はアイドルだったんだよ。

176 :160:2006/08/31(木) 17:06:26 ID:Pud31u5m0
さて続きを書きますかね。ちなみにネタじゃないっす。
ネタだったらどんなによいか...

1/3
あの事故から1年後の5月。やはり客先での作業が入っていた。
今回も電車では不便なところだったので懲りもせずバイク通勤をしていた。
やはり朝方(というよりは未明に近い)に事は起こった。
前回と同じように見えているのだ。そのときは横向きになって寝ていた(左手上)私の
足元あたりに日本人形のような女の子が立っていた。前回と同じくトコトコと歩き、
まずは左足の膝。そして私の後ろに回り腰の辺りをポンポンとたたく。
既に左膝をたたかれた時点で、「やばい!起きねば」と思ったのだが、体は言うことを利かない。
金縛り??夢だから???と思っているうちに腰をたたかれた(実感あり)。
気配がスッと消えて「がばっ」と起きた。
前回の記憶が一気に思い出され、そして友人の言葉を反芻していた。
「お前が電車通勤してなくてよかったよ。電車に乗ってたら他の人も巻き込んでたしな。」
バイクで行くかどうか悩んだが、時間的余裕と他人を巻き込むのもな〜...という思いから
バイクにまたがった。その日は自分でも相当安全運転に勤めたと思う。が...
やっぱり事故った。交差点の右直事故である。ちなみに当方は直進。信号青。
何故??という思いと「やっぱり」と瞬時に思った。かなりぶっ飛んだらしく。
交差点中央で事故ったにもかかわらず。私は交差点の先の横断歩道の上でのたうちまわっていた。

177 :160:2006/08/31(木) 17:07:46 ID:Pud31u5m0
2/3
バイクは大破。おまけに事故相手の自動車も全損。私は左膝前十字靭帯断絶、半月版損傷、第3腰椎圧迫骨折。
ただ事故の割には軽症?だったのが幸いだった。

入院中、例の友人が見舞いに来た。友人は私の顔を見るなりすぐ「お払いいけ。女の子そこにいるぞ」
どこ?って感じだったが、友人に指差された場所をみて分かった。部屋の角なのだが、
姿が見えるわけではないのだが、異様に辛気臭いというかそこだけ暗い。影が出来ているとかではない、
その場所が光を吸い込んでいるといった印象だった。ただ他者はみえないらしい。

存在を知ってしまった恐怖はとても大きく、自分ひとりでは全く対処ができない存在に怯えつつ、
入院生活をすごし(その間無害)退院の日が翌日という日の夜、
暗い病室、私は目を閉じている...。やっぱり外の景色が見えている。
目の前に女の子が ふと 現れた。驚きはなかった、どこかで心の準備が出来ていたんだと思う。もしくは慣れ。
一言「痛かった?」と。それも楽しそうに興味深々といった感じで聞いてきた。
「当たり前じゃ!」と本来なら言っているところだが、「うん」としかいえなかった。
「また今度あそぼうね」と言って女の子は消えた。
そこで目が覚め言葉の意味を考えた。彼女の遊びは過激すぎる。今度少女が現れたときは
もっていかれるなと。

178 :160:2006/08/31(木) 17:08:33 ID:Pud31u5m0
3/3
そして退院し即お払い(護摩行)にいったのだが、お払いも終わり帰る間際住職?に呼び止められた。
私は「はい?」といって振り返り 以下やり取り。
住職「あなた最近不思議な出来事がありましたか?」
私「(内心:でなきゃこんなとこ来んわ!)はあ」
住職「ちょっと見ていただきたいものがあるのですが」
私「はあ」
住職「どうぞこちらへ」
私「・・・」
住職についていくと祭壇?といっていいのか分からんが、その部屋には人形がずら〜っと並んでいた。
心底恐怖したが、そこにあの日本人形のような少女をみつけた。というよりも
目線を持っていかれた。
住職「何故だか分かりませんが あなたをここへ連れてきたくなったんです」
さらに心底恐怖した。その人形はいつからあるか分からないという。
供養はこれから(決められた日にちがあるらしい)。手を合わせたら憑いてきそうなのでやめた。
もうこりごりだと思ったが、どうやら目覚めたらしく(友人のお墨付き)いろいろ見るようになってしまった。

179 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 17:15:45 ID:TUNeJpwi0
>>176-178
乙!
だがほんのりじゃないYO(((((((∩;TдT))))))


180 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 17:18:50 ID:heeCkEYF0
>>176>>178
乙!だが既にスレ違いの領域!ほんのりどころではないっす!

・・・ところで事故の責任はどちらに?

181 :160:2006/08/31(木) 17:32:21 ID:Pud31u5m0
両方とも過失割合 9:1 私が 1 の過失。
だから医療費とかの出費は無しです。

182 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 17:49:36 ID:ASA0Ej7BO
>>160>>176-178
どう見てもこちら向きです本当に(ry

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?141
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1156868933/

183 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 18:10:32 ID:ukhXh2vS0
>160
乙です。

でもさ、洒落怖ってネタ臭いのが多い(今は見てないから違ってたらゴメン)から、
ある意味このスレっぽい話だよなー。

書いてる人が無理しない分、すげーリアリティがあって無茶苦茶怖い話がたまにあるよな。

184 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 18:26:22 ID:ojCBKVqu0
>>160 乙!待ってたよー

遊びかぁ・・・なんか途中までは、注意を促してくれてる?もしかしていい奴?
なんて気もしたけど、これで納得。

無邪気な悪意ほど怖いものはないねぇ。早くお払いしたほうがいいよ。

最近の洒落怖は雰囲気悪いから(特に夏休みに入ってから)
こっちでよかったと思う。

続報を待つ!

185 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 18:58:15 ID:VVYbND6R0
私は不動産業を経営する傍ら少し変わった相談も乗りまして、これは先日のことです。


そうですか。以前あなたの御自宅でなにか?ああ・・・すいませんっ、いえ、ただ気になって・・・。
火事でご家族を。つらいでしょう・・・ああ・・・すいません。ええ・・・。そうですか・・・。
息子さんは少し、イタズラ好きだったでしょう?少し手に余すようでしたね。ほんとに素敵なご家族
ですね。息子さんも元気いっぱいで、うらやましいばかりですよ。といっても私には妻も子供もいませんけど
広いですねーー、うらやましいですよ。・・・っと、すいませんね、話に戻りましょうか。
息子さんここから出られずに亡くなったんですね・・・・・。確かに・・・・ここは締まりが堅いですね。
誠に残念です、、しかしそれからでしょ?この部屋の中から助けを呼ぶ声が聞こえてきたのは?
辛いですが伺ってよろしいでしょうか?あっ、すいません、いただきます。火事の原因というのは・・・
          ・ 
          ・
          ・
・・・そうですかお母さん気を落とさずに・・・、大丈夫・・・息子さんは私に任せて 。
息子さんはお父さんを怒らせてばかりだって・・・お父さん・・・・。そんなに悔やまないで・・・・。
息子さん・・・。さきほどから叩いてますね・・・・。まだあの時を生きているのでしょう・・・・。 
・・・・・。お父さん ・・・。

もう大丈夫・・・・。息子さんは私が引き取りますね。安らかに逝けるように。


余談ですが、その後息子さんは私の部屋にいます。元気いっぱいのイタズラっこです。ただ、、
押入れに入ってはあの時をまだ繰り返します。トラウマはなかなか消えないのでしょうね。



息子の声にも気づいて

186 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 20:26:06 ID:xonraMKe0
そういえば子供のとき道端にあった盛り塩をナメクジ退治用と勘違いしてたんだけど
なんか近所に多いんだよね盛り塩とか竹の先に白い紙がついたような結界みたいなの
とか鬼門除去?って書かれた石とか・・・・・
いま考えるとほんのり

187 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 20:47:42 ID:DUkcRo7LO
自分霊感とか一切なくって、心霊体験とかしたことない。
ずっとそう思ってた。

だが、思い出した…小学校に上がる前の話。
心霊体験ではないかもしれないが、本当に起こった事。
なんで今まで忘れてたのかが不思議。

家の近くに森みたいなとこがあって、近所のガキどうしでよく遊んでたんだが
ある日突然、奥のデカい木の下に人形が置かれてた。
黒いドレスみたいのを着た黒髪の人形。
頭が大きくてみつあみのおさげ。
はっきり覚えてるんだけど、顔はあんまり可愛くなくて
ちょうどこっちを向いて座らせるように置かれてた。

今思うと悪質ないたずらなんだと思うが、幼心にむちゃくちゃ怖かったのを覚えてる。

呪いの人形とか言われるようになって、
ガキの間でいろんな噂話が飛び交うようになった。(目が光るとか、しゃべるとか)

ある時ガキのグループで集まって、人形を見に行った。
目が光るとこを確かめる、とかそんな理由だったと思う。

怖くてそばには近寄れないが、少し離れてみんなで見てた。

そしたら突然一人が金切り声で「(目が)動いた!」って叫んだから
全員、一目散に死ぬ気で逃げた。

188 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 20:50:45 ID:DUkcRo7LO
みんなが逃げてきたところで、人数を数えたら一人足りない。

ガキグループの中で一番年上のY君がいなかった。
Y君はその時ちょうどサッカーで足を骨折していて、松葉杖をついていた。

そのY君を置いてきてしまったことに気付いてみんなが焦った。
ヤバイと思ったけど、引き返す勇気はない。

その時、崖の上の方(上には畑があった)から松葉杖をついて、必死にこっちに向かってくるY君が見えた。

なんでそんなところにいるのかわからなかったが、確かにY君だった。
「あっ!Y君だ!」とみんなが叫んだ。
その瞬間に崖の上のY君がスッと消えた。マジでいきなり。
Y君はすぐそばにいた。
マジで瞬間移動したみたいだった。

え!?と思ってさっきまでY君のいた崖の上を見たが、誰もいない。

「Y君どうしたの!?」と思って話しかけるが、
Y君は俺たちが言ってることがさっぱりわからないみたいで、何も覚えてないし崖の上には行ってない、と言った。

しかも、Y君は初めから松葉杖は持ってきてなかった。


これ本当の話なんだけど…今ガキグループの人が何してるかしらないけど
もう一度集まって話したい。あれは何だったのか?
人形はあれからどうなったんだろう…

こんな記憶思い出すんじゃなかったよorz

189 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 21:55:03 ID:I8xohXi9O
盛塩は客寄せなんだな

理由はググってちょ!

190 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 21:56:02 ID:xonraMKe0
>>189普通の民家の北東の角においてあったような気がするが?

191 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 22:53:59 ID:oxv7Ja7QO
>>175
(´;ω;`)ウッ

192 :いわく物件:2006/08/31(木) 23:37:42 ID:R23zbrcz0
会社のT先輩から聞いたいわく物件の話です。

T先輩は10年前ほどの学生時代、本当に見るからに貧乏で汚い学生だったそうです。
んで、丸の内線沿いの駅のそばに何かものすごく安い物件を見つけて
大喜びで住んだそうです。彼は学校がない日はアルバイトの鬼と化してたので
朝早く出て行って夜、寝れればよいので、幽霊とか泥棒とか入っても気がつかないんじゃないかと。。

で、そこに住み始めてだんだん人づきあいが悪くなり 気のせいかT先輩は痩せていったんですね。
「お前、学校来てる?最近ぜ-んぜん見かけないし。コンパも付き合い悪いし
そういや顔色悪いな。危ないものに手を出してるとか(笑)」
「いや、悪い悪いバイトが殆ど入っちゃってさ。顔色悪いのは睡眠不足さっ!!」

バイトが終わって帰る深夜0時。風呂に入り寝るという繰り返しの中で どうもそのころから
変な夢を見るのです。
それは、フローリングの床から妙な臭いとともに
グニャリグニャリした白のような黄色のような黒い塊が動いてるというのです。
当然、体は身動きが取れず硬直した体で闇の中で かすかに開いた目で動きを見つめると
何やら、それは塊りではなく細かい何かがびっしり集団で動いてるようだと、、、

そこで夢は途切れ金縛りから開放され時計を見ると決まって午前3〜4時の間

193 :いわく物件:2006/08/31(木) 23:42:53 ID:R23zbrcz0
それからT先輩の体から異臭がするようになったのです。(本人曰く)
洗っても洗っても臭い。臭いが取れない。服を洗剤まみれにして洗ってみたり
強力濃縮液体タイプを使ったりしたが駄目みたいでした。
ところが、他人には臭わないので不思議でした。
そして殆ど、毎晩のようにうなされる日々でついには朝、まともに起きられなくなり
友人からも遠のき・・・ バイトも突然クビになり学校も休みがちになり…
(何か変だ・・俺は狂った)と思い込むまでになりました。

そして、グニャリグニャリして蠢(うごめ)く塊り。うすうすあの物体が何であるかわかってきました。
そのころの彼はもはや、「魂の抜け殻のような薄気味の悪い男」と変貌し、仲間も
完全に遠ざかっていました。

(何がいけないんだろう?完全に俺が狂ってる。お前ら笑ってるだろ。俺が臭いからか?)
そんなT先輩でしたが、学校から留年を言い渡されのと、突然の彼の父親の死で
突然、学校を断念して郷里に帰る羽目となりそのアパートと決別することになりました。

出て行くとき、大家さんに思い切って聞いてみた。
「もう、郷里に帰ることになったので何も驚かないのでひとつ聞いていいですか?
あの部屋って、、、何かありませんでしたか?」

194 :大家さん:2006/08/31(木) 23:56:22 ID:5KHjhzRq0
              ,. ‐'' ̄ "' -、   ,. ‐'' ̄ "'' -、
             /        ヽ/          ヽ
                l          l             l
            l         l          l
         ,. ‐'' ̄ "'' 、    ,,. --‐┴─-- 、     / ̄ "'' -、
       /      ,.-‐''"´           \ _/        ヽ
      l       /                   ヽ          l
       l     /  ●                l          l
      ヽ    l       (_人__ノ         ● ヽ         /  そんな事聞かれても
       ,,>-‐|   ´´     |   /       , , ,. ‐'' ̄ "' -、/      ウチ ポン・デ・ライオンやし
      /    l        ヽ_/           /          ゙ヽ
     l     ` 、               l            l
      l       ,. ‐'' ̄ "' -、   ,. ‐'' ̄ "'' -、            l
       l,     /         ヽ /        ヽ,         /
       ヽ、,,  l            l          l,,,___,,,/
         "'''l            l             l
              ヽ          /ヽ        /
             ヽ,___,,,/  ヽ,,___,,,/
                   /     |
                /       |

195 :いわく物件:2006/09/01(金) 00:00:48 ID:R23zbrcz0
すると人のよさそうな大家さんが突然、ハッとした表情でぇ険しい顔になり
暫く無言のあと
「どなたかに聞いたんですか?もう昔のことですし。それ以上は言えません」とだけ答えた。

いてもたっても居られなくなったT先輩は片付いて荷物だけになった自分の部屋へもう一度
入り押入れを覗くと、奥に今まで気にはしなかったが大きな黄ばんだ白い紙を
剥がした。するとどうだろう?
見たこともない赤い張り紙がびっしり貼ってあったと。(短冊状の)見たこともないような
意味不明な漢字の文字がびっしり書いてあったと言う。


例の夢に出てくる…グニャリグニャリして蠢(うごめ)く塊り…

お分かりだと思いますがあれは間違いなく「蛆虫」だと思います。

196 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 00:21:05 ID:QcKrIbA80
>>192
( ;:^ิu;^ิ).......集団蛆虫キモス

197 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 00:26:08 ID:vg9pjUta0
>>195
(((((( ;゚ Д ゚ )))))
そこで誰か亡くなって長い間放置され、蛆満載になったってことか……?

ところで最近の俺のほんのりをひとつ。
うちのアパートは小さくてボロいので隣の家の音とかよく聞こえる。
六畳一間で、一人暮らし向け。
この間寝惚けてる時に、隣の部屋のドアをノックする音が聞こえてきた。
子供の声で「ただいま、ただいま」と言っている。
隣、親子連れだっけー? と、俺は布団の中で不思議に思っていた。
すると子供は何故か俺の部屋のドアをノックしはじめた。
「ただいま、ただいま」間違えてるぞ、と思ったが、依然として寝惚けていた俺は
諦めるまでスルーするつもりだった。
子供は次に、さっきとは反対隣の部屋のドアをノックして呼びかけることにしたようだ。
その声が遠ざかった頃、俺はふと我に帰り、それが夜中の二時すぎであることに気づいた。
夢だと思ったけどちょっと怖くなったので、電気をつけて煙草を吸った。
この時は意識がはっきりしてた。
するとドアの外を、サンダル履きの子供のような軽い足音がぱたぱたぱた、と駆け去っていった。
全戸ノックし終えて、諦めて出てくみたいにね。
そこではじめてぞぞーっとした。

198 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 00:33:47 ID:Ph9DmqOq0
今日体験した話です・・・。


部活の話し合いをやっていて、Rさん(仮名)が意見しているときに

「う〜・・・・う〜・・・・・」

とかいう呻き声(男声)がRさんのほうから聴こえて来まして・・・
幻聴かな、と気にしないようにして、意見を聞いていました。

しばらく他の人が話して、またRさんの意見を聞いた時、
Rさんの意見が微妙に趣旨とは違うものだったので、
そんな事どうでもいいじゃん、下らない・・・とか思っていたら、耳元で

「俺もそう思った」

って声が聴こえたんですよ!!
私の後ろはすぐ壁で、私のとなりも女友達だけだったんですよ。
だから、そんなところで低い男声が聞こえるはずないし・・・。
あれ、って思った瞬間 体調が悪くなってしまいまして・・・。
トイレ逝って吐きました。

Rさんには何か憑いているのでしょうか・・・?
というか寧ろ通っている学校にたくさん至りするんですけどね。

199 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 00:50:14 ID:dcmiFNaxO
>>194
ワロタw

200 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 01:59:50 ID:Qu5QDxr8O
Rさんズレた子なんだ

201 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 02:33:23 ID:UbPYRAWP0
       ,.    【呪いをカナブン】
.._      /
  \ __,!     このコピペに死にます。
    〕-`ー;、   他の場所をコピペで無駄です。
  」`;{ヾ ̄.} l'_
  _/~| \l }=、
   <ヽ/ `i/  \._
    _) `"

202 :1/2:2006/09/01(金) 03:56:37 ID:J7DdMND3O
俺が体験した山でのことを書く。
三年前まで俺はよく仕事の休みの日には山登りをしていた。
昔から自然が好きで自然と触れ合っていると癒されるし山を登りきった後の爽快感といったら言葉に表せないものがあった。
といっても山について専門的な知識もなく登山家とは言い難い只のにわか登山者だった。
その日は新しい山を登る予定だった。元々その山を登るきっかけは
友人に誘われ川遊びに出かけた際にこの先登山コースと書かれた古い木の看板を見つけたのが原因だった。
その日から今度の休みはその山を登ろうと決めていた。
それでいよいよ登ることになった訳だがこの山についての情報は一切ない。調べたものといえば
その山の地方の天気予報ぐらい。今までも登る山の情報は調べた事がない。
何というか何も知らない方がモチベーションが上がったし自分が若いせいかどんな困難にあおうとも乗り切れるという変な自信があった。
そしていよいよ登山開始。登山自体は順調だったが途中途中の山の頂上までの経過看板を見るに思った以上に標高は高かった。
登ることに夢中になっており気付いたら既に夕焼けになっており夕日が沈みかかっていた。
俺はその時初めてしまったと思った。引き時を間違えたのだ。このままでは頂上に着くにしても引き返すにしても夜になってしまう。
悩んだ末前に進むことにした。ここまで来たら頂上までの方が引き返すより近いし頂上なら1日過ごすにしても過ごしやすいと思ったから。
こうゆう時は変に動くよりその場で夜が明けるのを待った方がいいんだろうが俺にはとてもじゃないがそんな度胸はなかった。
それでも頂上まではまだゆうに2時間はかかる。
やがて日が沈み周りは真っ暗になった。

203 :2/2:2006/09/01(金) 04:41:15 ID:J7DdMND3O
俺は予め用意していた懐中電灯を点けた。周りは不気味な程に静かだ。虫の音だけが聞こえる。
俺は懐中電灯で足元を照らし続け慎重にそれでも足早に細い山道を登り続けた。
怖い怖い怖い。早く頂上に着きたい。もしも女の人の叫び声が聞こえたらなどと下らない妄想を頭に巡らせていた。
だいぶ登った。頂上まであと1時間以内には着くだろう。心に少し余裕が出てきた。
そんな時だ。目の前の細い山道の足元を照らしている懐中電灯の光の中に2本の細い足が映った。
子供の足のようだ。下駄をはいている。俺はその時点でそれが生きている人間ではないことはわかった。
当たり前だ。こんな山道に。夜の山に。下駄をはいた子供がいる訳がない。
俺は心の中で止めろ止めろと叫んでいたがその2本足の上の先には何があるのかという
好奇心?に負けてしまい懐中電灯の光の先を上に向ける。
光の中には小さな男の子が映っていた。坊主頭にボロボロのハッピみたいなものを着た男の子。目がない。目ん玉がない。
キレイに両目の目ん玉だけがくり抜かれている。目ん玉のない目で俺をじっと見つめている。
俺はいつの間にか膝をついていた。逃げなきゃ。ヤバイ。これはヤバイ。体が動かない。声が出ない。金縛りだ。
悲しきかなこの時俺は生まれて始めて初金縛りにあった。
男の子は俺に近づいてくる。目ん玉のない目で俺の顔を覗きこんでくる。
俺の目の前に男の子の顔がある。その距離は30cmもない。は顔を背けたいが動かすことができない。
俺と男の子がずっと顔を見つめ合わせたままどれぐらい時がたっただろうか。
俺自身は何十分にも感じたが実際は数分くらいだろう。
すると男の子の口が動いた。ニターと笑いだした…と思ったら突然、口を大きくカパッと開いた。そこで俺は気を失った。
すまん思ったより長くなっている。次で終わりにする。まあこんな夜中だし誰も読んでないと思うが…。

204 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 04:53:57 ID:Qu5QDxr8O
いるんだな、これが

205 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 04:57:55 ID:x1f5K7Ct0
ナカーマ(*´∀`)人(´A`;)

206 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 05:00:25 ID:0S0EUstMO
五時

207 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 05:05:06 ID:Qu5QDxr8O
あいつおせえええええええ!!!!!!!

208 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 05:05:14 ID:LKumjnLi0
>>203
目玉親父が近くにいた、とか言うなよ。


209 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 05:10:37 ID:Ysf4HjH30
なんかずいぶん人居るなw
>>202、コピペでもいいから山怖にも書いておくれ。

210 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 05:11:51 ID:Qu5QDxr8O
もしそんなオチだったら今うんこして穴切れたらしく痛痒い

211 :今度こそ3/3:2006/09/01(金) 05:37:01 ID:J7DdMND3O
どれぐらい時がたっただろうか…。気がつくと周りがぼんやり明るくなり始めていた。
本格的に意識を取り戻した俺は転げるように山を降り始めた。
もはや頂上なんてどうでもいい。一刻も早く山を降りたい。それだけだった。
流石にバテて時折少しの休憩をとりながらも無事山を降りることができた。
周りはすっかり夜は明けていたが曇り空でどんよりとしていた。
コンクリートで舗装された道に出てようやく心に安堵が訪れた。その時だ。
「カランッ」
俺は気にせず歩く。するとまた後ろから
「カランカランッ」
幸いにも体は動く。俺はボロボロの体に鞭をうちまた走りだした。
するとすぐ後ろから
「カランカランカラン!!」
明らかに何者かが追いかけてくる。その何者かというのはもちろんわかっていた。
半泣きになりながら(いやたぶん泣いてたと思う)やっとの思いで車にたどりつく。
これでエンジンがかからなかったらどうしようと思ったが幸いにもエンジンはかかった。
逃げるがてらに最後に山の登山道の入り口を見てギョッとした。
その下駄をはいた男の子を始め10人ぐらいの目ん玉のない子供達がじっとこっちを見つめていた。
終わり。
それ以後は山を一度も登っていない。


212 :202:2006/09/01(金) 05:40:28 ID:J7DdMND3O
うわ!誰も人いないと思ったが結構いるな。
いざ体験を文章にするのって難しいな。思ったよりかなり時間がかかってしまった。
人いないと思ったから途切れ途切れになってすまん。今度から投下する時は予め書き貯めてから投下するよ。

213 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 07:01:18 ID:LKumjnLi0
>>212
いや、面白かったぞ。
ただ、あれだな、残念なのは、なぜ、そんなに恐がったのかだな。
そんなチャンスはめったにないのだから、話してみるなり、触ってみるなり、してみればよかったんじゃないのか。
そんなに悪い奴じゃなさそうだし、遊び相手がほしかったんだと思うがな。

214 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 07:11:17 ID:C0g3tjeB0
流石に目が無い子供に凝視されたら泣くぞ?

215 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 08:37:07 ID:NCxFZqqmO
俺は泣く自信がある!
そして…登山する体力が無くてよかったと思ってる

まぁ霊感がないからなぁ

216 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 09:54:01 ID:RJG11bz00
>>215
君のコメントにほんのりウケタw

217 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 10:19:12 ID:v7tfooqD0
その山では過去になにがあったんだろうね。
その後調べた?
山の名前言ってくれたら調べてもいいけど、
さすがにまずいか。

218 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 10:38:21 ID:orQiSX8zO
その山に住んでるガキの幽霊が逆に助けてくれたんじゃないのかな
夜の山は予想より遥かに寒く冷え込むし、
何があるか見えなくて道を逸れてしまうかもしれない
そんな状況で夜中に頂上まで登るのはほんとに危ない
でとりあえずその場で留まらせようと気絶させた、と

てか山道の真っ只中で気絶してて無事だったってことは
誰かが介抱してくれたとしか思えないけどなぁ

219 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 10:52:46 ID:sET1HVfl0
昨夜の話なんだが。
PS2の「かまいたちの夜3」を中古で買ってきたんだ。
色々とやっていたら遊ぶのが遅くなって、始めたのは午前1時すぎくらいかな。

このゲームって怖がらせる演出として、コントローラーがブルブル震える機能があるんだが、
ゲーム内でガラスが割れる音とともにブルブル震えだして止まらなくなったんだ…。
ゲーム自体も操作出来なくなって、仕方ないからリセット押したのだが、
コントローラーはまだ手の中で震えっぱなし…

この辺でちょっと怖くなって、アワアワしながら主電源切ったんだが、
それでもコントローラーの振動は止まらない。
あ、無線コントローラーだった…流石に電池抜いたら止まった。

このときPS2本体の下にHDDレコーダーがあるんだが、
それの時計が午前2時ちょうどで…

それから朝まで寝れなかった…orz

220 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 11:51:50 ID:QgPRIZfm0
>>219
同じゲームを持っている俺に対する脅しか?(((;゚Д゚))ガクガクブルブル

221 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 11:54:49 ID:DhxBQFSr0
かまいたち3自体は、ほんのりというよりも、
後味の悪い出来だったな。

222 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 12:41:49 ID:YOSROTnS0
目が無いと言うか、真っ黒な穴みたいな霊はあまり良く無いらしいと聞いた覚えが有る、無事で何より>203殿

223 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 13:18:35 ID:dKxd/z+O0
>>185
> 息子さんここから出られずに亡くなったんですね・・・・・。確かに・・・・ここは締まりが堅いですね。

...を読んで「あれっ?息子は死産?」と一瞬でも思った自分がほんのり怖い。

224 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 13:44:00 ID:jq3bMpZH0
ちょw

225 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 15:57:37 ID:xOc2CPi0O
書いていい?
さっき銀行のATMの列に並んでたんだけど、その近くに
ドアがあったんだよ。それには鏡が備え付けられてたんだけどさ。
列に並びながら俺が何の気なしに鏡を見てみたら俺が写ってないんだよ。
もちろん俺と一緒に並んでる人達はちゃんと写ってんだけどね。
一瞬何が起こってんのかわかんなくて一秒くらい頭がフリーズしたあと
「あれ?俺鏡に写ってなくね?」って。気付いた途端全身に鳥肌が
ぶわーっと立って見間違いかと思って何度も見直したんだけど
やっぱり写ってない……

226 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 15:59:19 ID:xOc2CPi0O
なんだこりゃ!?と思ったとき、鏡に写る店の出入り口を出ていく
スーツ姿の男が見えたんだけど、自動ドアが開いた瞬間にそいつが
こっちを見て鏡の中で俺と目が合ったんだ。その途端そいつが
ニヤ〜っと、すごい意地の悪そうな嫌な笑顔を顔中に浮かべてさ。
何だと思って振り返るとそいつが居ない。ていうか自動ドアが開いてない。
で、おもむろに前を向くと鏡に俺がちゃんと写っていた……と。
この一連の流れは一分以内の事だったんだけど、俺こんな変な現象に
遭遇したのは初めてだったからすげービビッちまった。
ちなみにその銀行は秋葉原の東京○菱UFJ銀行ね。

227 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 16:01:59 ID:tOEFge4Y0
とりあえず身辺整理をしといた方がいいんジャマイカ
エロ本とかエロDVDとかエロ画像は俺にクレ

228 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 16:12:34 ID:eCZ8AM1V0
あ、怖い話じゃねーやwwwwまぁーいっか

俺は今 まで数え切れないほどの女ドモとやりまくったなぁwwww
まんま んを俺の肉棒が破壊していくwwww女ドモの悲鳴は快感そのものだったwwww
そんで 、ある日ちょっと性欲なくなった時過去の女のことを考えてみた。5年前の夏だったかなw
突然あめが降ってきやがって、そこのへんの店で雨宿りしてたときにソイツに会ったんだ。
やはり俺は女がほっとかないのだろうwwwww俺はソイツといい感じになり2ヶ月後には付き合ってたwww
それが俺の最初の女だがなwwwwwwwwwアイツと付き合って1年経ったアイツがなんか楽しそうじゃない・・・。
オレと 居るとつまらんの???言っても首を横に振るし・・・わけわかんねーからwwwww
オレずっと仕事もしてなかったし・・・・お前を幸せにできるかって言われたらわからねーよ?
アイツ泣き出しやがってwwwwwもう無理だってwwwwアイツずっと隠してたんだな。持病をwwwww
オレとすごしてきた日々幸せだったってwwwwwww
オレ愛を初めて感じたねwwwwwあのときが一番良かったかもな・・・・・
Hもしてねーのによwwwwwこんなんありかよwwwwww
許してだってさwwwwwアホか?!じゃあやらせろって話で!!!
あれまあれまとアイツ具合悪くなってさwwwクタバリヤガッタwwwwwwww
煙草すってるとかっこいい。俺の煙草姿(?)で女はイチコロwwwwwwあした??いいよwww会ってやるwww



         俺は女に不足しねーなwwwwwwwwwwwww

229 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 16:15:11 ID:INEt5aJm0
数年前、私は友達と4人でA県内にある心霊スポット巡りをしていました。
その内の一つ海岸沿いにあるKという場所に行ったのですが、辺りは
松の木だらけで昼間でも殆ど人気が無く、夜になると真っ暗で殆ど周りが見えない。
たまに松の木に無数のワラ人形が刺さっているそんな場所。
深夜2時過ぎに到着。心霊スポット巡りには丁度良い時間。
車でその付近一帯をぐるっと回ってみる事に。
本当に真っ暗で何も見えない。遠くから波の音が聞こえてくるだけ。不気味過ぎ。
後部座席に乗っていた私は何となくふと窓を見た。車の横で何かが動いていた。
よく見てみると、デニムパンツが走っていた。
昔エドウィンか何かのCMでデニムパンツだけ走ってるやつあったじゃない。
あんな感じに走っていた。
一緒にいた友達は気付いていなかった。運転していた友達は道が分からなく
なってしまい、心霊スポットどころじゃない状態。他の2人は「お腹減ったから
後でファミレス行かない?」等と呑気な会話をしていた為、この事について私は何も
言わないでおいた
この時、何が一番怖かったかというと一方通行をずっと逆走していた方向音痴な友達。
しまいには歩道を車で走っていた。
二度とこいつの運転する車には乗りたくないと思った。

230 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 16:26:51 ID:6Peg6iRU0
>>228
hydeの身長は156まで読んだ

231 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 16:40:06 ID:eCZ8AM1V0
あれは暑い夏の日だった

おれが小さいころだったかな
 トウジ、そこの公園で毎日のように遊んでいた。あっという間に暗くなった
かあさんに怒られると思って家に帰ったんだ。「ただいま」と
 ウチには誰もいないのか??しばらくすると声がした「おかえり」
えらく甲高い声。かあさん晩飯まだ?っと二階にいるかあさんに言った
 サッキから「おかえりなさい 開けちゃ駄目」と声する
理解できぬまま二階へ向かったんだ。かあさん?どこ?
 ン?香水臭い・・・。「おかえりなさい下に居なさいほら」と声が聞こえた
なにしてるんだろう?かあさんの声はこのクローゼットの中から確かに聞こえる。
 ダメだ。わかっていたがオレはそのクローゼットを開けようとした
さいあくだ・・・。その時気づいてしまったクローゼットから黒い髪がはみ出ている。
 メチャクチャに乱れている。母さんの髪は短い・・・。
異常だとすぐに分かった。でも開けたくて開けたくてたまらなかった。 
 誘惑に耐えられずにオレは開けてしまった
 
    あの時あけてなければ

 
   「 お か え り な さ い 」
   
  
    あれは暑い夏の日だった

232 :1/3:2006/09/01(金) 16:55:33 ID:TucXZ3Te0
ども160です。そういえばバイクを降りた理由書いてなかった。
確かに2度のバイク事故が原因といえば原因なんだけど。
どうにも文書が下手ですまん。あと長文ですまん。

今から3年前の12月、事故ってすぐには手術が出来なくて(患部の腫れ、稼動域がどうとか言ってた)、半年ほどあけてから手術をしますとの事だった。
その頃は事故の記憶も薄れ、手術日が決まりやっと歩行もマシになると喜んでいた。
私は手術後のリハビリが終わったら思う存分バイクに乗ろうと思っていたので、
やっぱり手術後のリハビリは大変なので自分を奮い立たせる為にバイクが必要だと
安易に思い込み、バイクを購入するつもりでなじみのバイク屋に行った。
かなり親身に付き合ってくれてるバイク屋だ。初めてバイクもそこで購入した。
わくわく気分だった。事故の後遺症で腰痛と膝痛があったが、そんなのお構い無しに
新しいバイクと出会う事が至極の喜びだった。
バイク屋に着き、オヤジと雑談した後、バイクを物色しようとしたところ、1台修理中のバイクが目に留まった。
オヤジ曰く「乗ってた本人は死んじまった。親御さんがせめてもの形見として残したい。」
と親御さんに言われたので直しているとの事。そのバイクはRZ350
部品があまりそろわなかったが、エンジンはOKで走る状態にはなったと言っていた。
「明日ちょっと走らせようと思ってるんだ。その辺ぐるっとだけどね。形見のバイクだし
もし壊したりしたら大変だからさ。」とも。
ただある事が気がかりだった。座席後部にあの時病院で見た暗闇に似た影が薄くぼんやりだが見えていた。
変な事を言ってオヤジの気分を害したりしたくは無かったし、まだその頃は自分が
見える人になっているなんて自覚も無かったから、気のせいだとし言うのをやめた。
ただ気がかりは気がかりだから「明日見に来てもいいかな?。」と言って、「ん?いいよ。」と
やり取りをし次の日確認することにした。まだ影が見えるようならオヤジを止めようと。
影の存在が気になり、自分のバイクを物色する事をすっかり忘れていた。


233 :2/3:2006/09/01(金) 16:56:35 ID:TucXZ3Te0
就寝時ぼんやりと考えていた、バイクの事、影の事。
私はいつの間にか寝ていたようだ。そして悪夢は帰ってきた。
目を閉じているのに自分の部屋が見えた。夢と現実の中間点にいる気分。
そして女の子はまたやってきた。日本人形のような女の子。
少女が言う「またあの乗り物のるの?じゃあまた遊べるね」無邪気に言ったのが印象的だった。
そして「明日はおじちゃんと遊んでもらう」誰?おじちゃん??俺も30越えてるしおじちゃんといえば
おじちゃんだが...。ハッっとし飛び起きた。時間は6:30。
いても立ってもいられなくなり、バイク屋に電話した。オヤジは起きており、電話をしたの訳
私が事故った時に見た夢?の出来事を話した。そして今日あのバイクに乗るはやめるようにと。
オヤジは「夢みたんだよバイクに乗って俺が死んじまう夢、乗ってたのはあのバイクなんだ。
それで目が覚めたんだよ。今日バイクに乗るのはやめとくわ気味悪い。」
私はほっとした。私は行く予定だったバイク屋に行かず、例の友人と会う約束をし相談をすることにした。
友人は会うなり「またお前のそばに来ちゃったみたいだね。悪気がないだけ厄介だ」と言った。
何故私のそばに来てしまうかそれは分からないと言う。本体はとっくに供養(お払いを受けたとこ)されているはずだ。
今朝のあの言葉が引っかかる「またあの乗り物のるの?じゃあまた遊べるね」それと「おじちゃんと遊んでもらう」...
友人が言うにはもうバイクに乗るのはやめろと言われた。言葉の意味からすると、女の子は
私がバイクに乗るのを待っているらしい。そして私は遊ばれてしまう(事故ね)のは確実だ。

友人と別れ、やっぱり気にかかるのでバイク屋に行くことにした。
オヤジはいなかった。バイトの人が「店長、バイクの下敷きになっていま病院行ってますよ。」
倒れたのはあのRZ350。スタンドで固定されているにもかかわらず倒れてきたらしい。
幸い怪我は軽く、足首を捻挫しただけらしい。ただ歩ける状態ではなくタクシーで病院に行ったとの事。

234 :3/3:2006/09/01(金) 16:57:27 ID:TucXZ3Te0
オヤジの状態を聞いて安心はしたが、結果として巻き込んでしまった気がして仕方がなかった。
自分ひとりならまだしも...。
少女の言葉が頭をめぐる「またあの乗り物のるの?じゃあまた遊べるね」...。私はバイクを降りる決意をし、
またバイクにかかわるのを一切やめた。バイクがどうのこうのでは無く、私がバイクに乗るとそれに
かかわる人たちまで巻き込む気がしてならないからだ。

これが私がバイクをおりた理由。

235 :202:2006/09/01(金) 17:27:36 ID:J7DdMND3O
俺はあれを今まで悪夢としてしか捉えてなかったけど
みんなの話を聞いてるともしかしたらいい霊だったんかね?
確かにあの後は霊障とかも何もなかった訳だが。
まあ今となっちゃ調べようもないしやっぱ調べたくもないが
どうせならいいふうに捉えてみることにするよ。ありがとう。


236 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 17:31:04 ID:h2AE4mAO0
>>232
相変わらず怖いな…
バイクやめてから何も変わったことは無いのかい?

237 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 17:31:53 ID:J7DdMND3O
ところで俺も160氏の話を楽しく読ませて頂いたんだが
一つ質問なんだがバイクから降りた今はもう日本人形は見なくなったの?

238 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 17:32:54 ID:QRavomBe0
>>232
再び乙

・・・なんというか・・・ただ怖いですね。
子供の無邪気さと、得体の知れない恐怖とがミックスしているという・・・


239 :160:2006/09/01(金) 17:52:16 ID:TucXZ3Te0
>>236>>237
その後2度程遭ました。バイクに関連せず...。しかしながら体を叩かれるわけではなく、
なんとなーく来てるみたいです。
少女とは関連はしない(そう思っているだけかもしれないけど)ことでは恐怖というか
不可思議+恐怖みたいな経験は両手で数え切れないくらいの数は経験しましたよ。
実は昨日(正確には本日の1:00頃)もありましたし。

240 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 18:12:37 ID:NCxFZqqmO
kwsk

ドキドキ!

241 :160:2006/09/01(金) 18:29:43 ID:TucXZ3Te0
>>240 昨日の話?ぜんぜん怖くないよ。ただ少なくとも普通の出来事ではないと
思うけど。とりあえず

私は1匹の猫と暮らしている。
その猫を仮にタマとする本来は全く違う名前なわけだが。
私はコーポの1Fに住んでおり、猫額ほどの庭もついている。
そこには外猫もたびたび来てはうちのタマと遊んで(格闘?)いかれる。

夜、さてそろそろ寝るかというタイミングでタマが唸り出した。「どした?」と声をかけると
庭につながる窓に向い「うにゃうにゃ(開けろ)」言うのだ。
さては窓の外に外猫が来ており、警戒モードなのだろうと思い、とりあえずカーテンを
開けて確かめようとした...。その時「ガシャン!」と音がした。陶器が割れるような音だ。
泥棒?と思ってカーテンに手をかけると...。とんでもないどす黒い気配があった。
タマも「シャー!」「グルルル」とうなっている。
思い切ってカーテンを開けるとそこには...真っ黒いもやがびっしりと窓に張り付いていた。
ただあの事件以来、色々な防御手段も身に付けていたので部屋には入ってこれない様子。
そのままほっといて害はなさそうなので、カーテンを閉めてベットにもぐりこみ寝た。
慣れとは怖いものだ。ただ、タマはずーっと警戒モードで一晩中うるさかった。
朝起きると...。私の顔は傷だらけ。タマが引っかいたらしい。

その顔で今日も会社に来ている。女子社員の視線が痛い...。

あんまり怖くないでしょ。

242 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 19:54:56 ID:J7DdMND3O
>>239
質問答えてくれてサンクス。バイクがなくても160氏の元に来るのか…。160氏が気に入りられているんだろうか。
うーん怖い存在ではあるんだが日本人形が少し可愛らしく思えてきたw

243 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 20:02:35 ID:Y9asSUdG0
>>228は必死になって考えたんだろうな
でも、みんなにヌルーされて・・・

気を落とすなよ、イ`!!


















縦読み乙

244 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 20:11:29 ID:4ZjHxusl0
>>241
十分恐いっすよ(((; ゚Д゚)))

245 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 20:22:20 ID:d0rtcXqo0
>>241
話も怖いけど、猫に顔中引っかかれて目を覚まさない痛覚の無さも怖い。
猫の爪って、引っかかれるとかなり痛いですよね?
一度、病院で痛覚異常が無いか検査してもらった方が…

246 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 22:32:20 ID:KE/T4INJ0
160さん、その日本人形のような女の子、すっごく怖いです・・・
山岸さんの漫画に出てきそう・・・
お祓いしてるのに祓いきれないのかな?


247 :160:2006/09/01(金) 22:57:14 ID:RuPipJKz0
>>245
私寝てしまうと殆ど目を覚まさないです.
おきてれば痛みを感じますよ。多少鈍いみたいですけど...。

>>246
御祓いって気休め?って感じですかね。
できれば避けて通りたいし経験したくない事ですが、昔ほどの恐怖はないです。
害があるのはほんの一部なんで。
今は害というか、危険というか黒いというか、そういった存在は分かるように
なってきました。そういうのが近づいてきてる時はしっぽまいて逃げます。
232〜234でも書いてますけど、防御策ができてきてるので。


248 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 23:06:59 ID:11uCUIim0
差し支えないのでしたら、その防御策を、詳しく教えてください。

249 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 23:13:29 ID:C0g3tjeB0
そういえばどっかで読んだ除霊方法うろ覚えだが・・・

まず部屋の四隅に塩を盛る
部屋の中央に栓を開けた酒を置いとく
できれば一日は部屋を密閉しておく
そしたらそのお酒と塩を川に流す
そのお酒と塩は絶対に飲んじゃいけないそうです

まあバルサンだと思って一回やってみては?

250 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 23:32:11 ID:KE/T4INJ0
>>247
御祓いって気休めなんですか・・・orz
ホント気をつけてくださいね。
その女の子が早く成仏しますように・・・

251 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 23:53:17 ID:QcKrIbA80
霊体ってのは臭いものが嫌いなんだよ
例えば、ドラキュラ伯爵が嫌いなニンニク。
だから霊が近寄ってくるのを防ぐのに最も効果的なのは腋臭餅や足臭、
それが無ければ日中至る所でプップッップップ屁をこいていれば良いと思うね。





ほんのりと臭い話になってしまいましたね。

252 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 23:53:17 ID:11uCUIim0
>>249
d! 効きそうですね。

253 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 23:54:44 ID:C0g3tjeB0
生きてる人もよってこないと思う

254 :160:2006/09/02(土) 00:02:01 ID:0YWFJrkh0
私の防御策は友人から教わった方法が殆どです。
精神的なものと物質的なものですね。精神的なものに関しては
宗教とかそういったものではなく、気の持ちよう。でもそういったものに
目覚めてしまった人が感覚的に分かるものなので説明は難しいです。
物質的なものはお酒と水を5:5の割合のものに塩を混ぜ、それを
天日で蒸発させ、残った塩を部屋にまきます。
でもって掃き掃除。掃除機でも良いです。
塩をまいた時に30分程度経ってから掃き掃除してください。
塩とお酒でお清め、悪いものは水に流す。太陽の力の借りるといった具合です。

255 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 00:33:27 ID:8J59kfDM0
>>254
こちらも、d!
この方法は、生きてる人もよって来られますねw

256 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 00:33:34 ID:mb5pfunY0
やっぱり塩とお酒が効くようですねw

257 :253と256:2006/09/02(土) 00:35:06 ID:mb5pfunY0
っていうか今二回にわたって書き込み時間がシンクロしたオカルト

258 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 01:05:15 ID:8J59kfDM0
おおっ!?

259 :160:2006/09/02(土) 01:09:03 ID:0YWFJrkh0
あっ書くの忘れたです。
254の方法ですが、例の女の子には一切効果ありませんでした。
精神的な方法もです。
除霊、浄霊ではなく邪気退散とかそんな感じですかね。
本人に悪気が無いと全く効果なしです。無邪気ですからね...。
怨みとか憎しみとかでなく、遊びなんでしょうね。
かれこれ2年前ですけど、前日にお塩でお掃除したんですが、
普通に目の前に現れました。「まだあの乗り物乗らないの?」って。
絶対乗らない!

260 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 01:54:38 ID:8J59kfDM0
>>259
そう言えば、大人の怨霊より子供の霊の方が、払うのが難しいと聞いたことが。
子供には道理が通じないから説得できないとか。
大変なモノに気に入られてしまいましたね。

261 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 02:02:50 ID:fk+qQYO9O
答えありがとうございます

ただ…ほんのり怖い話しではないですね


リアルに怖い


淡々と160氏もある意味怖いけど…

262 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 10:02:05 ID:NpSWI8cy0
160氏乙。
いやー、めっちゃ怖い。
そういえば子供って動くものが好きだよね。
自動車とか電車とか。
そんな乗り物系の絵本を見た気がするし。
その子は間違いなくバイクがお気に入りなんだね…ウワア

263 :1/3:2006/09/02(土) 11:22:46 ID:cuHrSlaE0
長い上にあんまり怖くないですが。

田舎の高校生だった私は、15キロほどの自転車通学をしていた。
そしてその途中、川沿いの林の中を走る道がとても嫌いだった。
うっそうと繁る木々は昼間でも陽の光をさえぎり、3キロほど民家もない。
あるのは墓地と廃屋、廃村跡。なんでもハンセン氏病の患者を隔離していた村だったらしい。
その薄暗いな村落跡地の林の奥にはなぜか養豚場があるが、普段人の気配はしない。
夜ともなれば真っ暗闇で、部活に打ち込んでいた私は9時、10時にそこを通ることも珍しくなかった。

異変に気付いたのは高校1年生の9月頃だった。
いつものように、すっかり日の落ちた帰り道。相変わらず暗い林の中を少しペースを上げて走り抜けようとする。
うるさいほど、虫の声。蛙の鳴き声も。
墓地の前にさしかかる。
墓石の数は10にも満たないような小さな墓地。
左側に墓地、右側は木を挟んですぐ川だ。
その日に限り横目でちら、と墓地を見た瞬間、
虫の声がぴたりと止んだ。

聞こえるのはただ川の流れる音だけ。
全身が総毛立つのを感じながら、ペダルを力一杯踏み込む。
物音を立ててしまうと何かが追いかけてくるような気がして、
叫ぶこともできず、振り向きもせず、あえぐように全力で自転車を走らせた。
しばらく走ると道は曲がり、川から離れていく。
気がつくと、また虫の声はにぎやかに響いていた。


264 :2/3:2006/09/02(土) 11:23:24 ID:cuHrSlaE0
結論から言えば、他には何事も起きなかった。

さすがに次の日はそこを通ることがためらわれ、別の道を通ることにした。だが田舎の悲しさ、30分以上余分に時間がかかってしまう。
恐怖と通学時間を計りにかけ、私は結局同じ道を通ることを決めた。

そして、次の日も。
そのまた次の日も。
墓地の前にさしかかると、必ず虫の声が止んだ。
だけどそれだけ。他に何があるわけでもなく、いつしか私は不思議がることも忘れていった。
冬になれば虫の声はどこにもなくなる。2年目の秋。相変わらず墓地の静寂は続いていたが、私は何も感じず通学を続けていた。

そして高校3年の秋。
9月の始めに来た大きな台風。私の集落も大雨に見舞われ、特に川沿いでは土砂崩れが何カ所にも渡っていた。
あの墓地も地滑りに襲われ、墓石もいくつか流されてしまったらしい。
台風が去ってすぐ重機が入り、道周辺は早いペースで修復されていった。
墓地も、真新しい墓石が立てられ、私は再び同じ道で通学を始めた。
ちょうど秋も深まり、虫の声がうるさい季節。
図書館に残っていた私がいつもの林を通る頃、周囲は暗闇。
そういえば、と私は唐突に思い出した。
あの「静かな墓地」の前を夜通るのは久しぶりかもしれないな

265 :3/3:2006/09/02(土) 11:23:55 ID:cuHrSlaE0
木々の間をくぐり、すっかり整備された墓地の前へ。
意識しているせいか、虫の声がとてもうるさく感じる。
真新しい墓石は夜目にもしっかり見える。
虫の声は変わらずうるさい。
おかしいな?そんな風に思いながらも自転車を進ませる。
虫の声は変わらずうるさい。

何の変化もなく、私は林を抜けて家へ向かった。
なんだ、何事もなかったな・・・
墓が流されて・・・
私ははっと気がついた。
やはり、あそこには何かがいたんだ・・・!

私は、急に猛烈な恐怖に襲われ、2年ぶりに全身総毛立った。
あそこにいた「何か」はどこにいってしまったのだろうか?

266 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 11:35:04 ID:MZtSyRLg0
虫が嫌うような土壌物質が押し流されただけかもしれんけどね。

267 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 14:42:20 ID:k45PU+FD0
出来るだけ短くまとめます。
しかし、長文を書くのは初めてなので
至らない所もあると思います。すみません。


俺の母方の実家は和歌山県の山間にあります。
その村には綺麗な川が流れていて、よく祖父と釣りに行きました。
森の傍に流れていて、上流に行くと
百葉箱のような祠?かなんかも見えます。
祖父は鮎の友釣り、俺はセムシで雑魚釣りが定番でした。笑

その川なんですが、本当に人がいないのです。
地元の人は近付くことを毛嫌っている、そんな感じです。
本当に綺麗な川なのに、と不思議でなりませんでした。

そして思い出しました。
母が「少し変な話があるので、川の上流には行かないこと」
と何度も言っていたことを。

「そこに行けば何かが分かる!」
そう思い、祖父と釣りに行った際にこっそり上流へ向かおうとしました。
しかし、祖父に見つかり、止められました。
「気になるものがあるのだろう。
何でも教えてやる、だから上流には行くな!」と。

そこで俺は祖父に
「なぜこの川に人は来ないの?」と聞くと、
少し渋りながらも語ってくれました。
その理由となっている伝承を。

268 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 14:44:27 ID:k45PU+FD0
―昔、和歌山には鉄砲を巧みに操る「さいが」と呼ばれる人々がいた。
ある時、この地に「さいが」が数人訪れてきた。
彼らは「織田から逃げているのだ。助けてくれ。」と言い、宿と食を求めた。
人々は「見つかればこの村も織田に攻められる」と、拒否した。
すると、「さいが」は布の袋を取り出しこう言った。
「これは織田によって殺された者達の怨念そのものだ。
もし拒否するならば、厄災がこの村を襲うぞ。良いのか。」
人々は恐怖したが、真偽不明な怨念と織田軍のどちらが怖い。

結局「さいが」の要求は飲まなかった。
人々は「さいが」は別の村へまた放浪するだろう、と考えた。

しかし、違った。


269 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 14:45:43 ID:k45PU+FD0
「さいが」の者達が去ってから後、
例の川で人が溺れ死ぬ、魚が大量に死ぬ、川から腐臭が漂う。
田に水を引くと、稲は枯れ蛙一匹いなくなる。
川の水を飲めば何日も寝込んでしまう。そういったことが続いた。

おかしい、そう思った人々は川を調べた。

そして見つけた。河原に漂っている。
「さいが」の者たちの醜い亡骸。
数体あった亡骸の口には全て「そがれた鼻」がいくつか入っていた。
しかし亡骸に鼻はついている。ならばこの鼻は?
なぜ「さいが」の亡骸がここに?去ったのではなかったのか?
どうやって死んだのか?まさか自害したのか?

常ではないことが続き村人達は恐怖した。
見計らったかのように疫病も流行り、村を離れる者も出てきた。
「このままではこの村は無くなってしまう」
残った村人達は高名なお坊さんに村を見てもらった。

「あらゆる所に不浄な信仰心、怨念、穢れた魂が渦巻いている。
それらは複雑に絡み合い、更に禍々しい物へ変容し始めている。
このまま時を経れば、この地に人は近付けなくなるだろう。
まだこの地に根付いてはいない、祠を建てて奉ること。
祠を建てたら、そこには絶対に近付かないこと。
もし近付いたりしたら、ほぼ確実に引かれる。」
お坊さんはそう言った。

人々は言われた通りに河原に祠を建て、「さいが」の者達の
亡骸を再度丁寧に弔い、奉った。
すると、川に起きていた異変は止まり、
疫病も少しずつであるが最後には無くなったという―


270 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 14:47:09 ID:k45PU+FD0
と、祖父が語ってくれました。
少し抜けてる所があると思うけど、
出来るだけ語ってくれたことをそのまま書きました。

何この変な昔話?って感じですよね。すみません。
怖くないだろゴルァ!ですよね。ごめんなさい。
どうせネタだろ?そう思われても仕方ないです。

それでも聞いた俺は気味の悪さに半泣きになりました。

「これがこの村に伝わる話。ほとんどの人は親から聞かされて、
川に近付くな、と言われるんだ。
確かに今も祠はあるが、絶対に近付くなよ。」

最後に祖父は付け加え、そのまま寝てしまいました。

それからも変わらず、祖父母とは仲良くしましたし、
不気味ではあったけど川にも釣りに行きました。

今は祖父も祖母もあっちの世界に行ってしまったので、
もうあの村に行くこともないんですけど、
思い出すたびに不気味です。

恐らく、「さいが」=雑賀衆 「織田」=織田信長
だと思うのですが、そがれた鼻などは何のことかさっぱりです。

歴史関係のスレに書き込もうと思ったのですが、
伝承が本当かどうか分からないし、
ほんのり怖い?のでこのスレに書き込みました。

どなたか歴史に詳しい方がいましたら
この伝承について考えて頂きたいです。お願いします。

271 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 17:20:08 ID:VR+H6dNV0
面白かったよ

272 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 17:28:00 ID:gpaPu9Au0
>>267
逆怨みなんて酷いな。
祟るんなら織田だろうに・・・

273 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 17:45:40 ID:f6ThqsI40
一昨年、ラジオで聞いた話。
稲川淳二がゲストで来てて、せっかくだから怖い話をということで
話してた。うる覚えです。

稲川淳二があるテレビの取材で移動の際にスタッフの一人が、用事が
あるから後から行くよーっていうことになったんだって。
で、他のスタッフと稲川淳二で目的地に向かってたんだけど、遅れる
スタッフから
「犬鳴トンネルを通ったら半分の時間でいけるからそこから行きます」
って連絡が来て、みんなで集合場所で待ってたんだって。
でも着いてもおかしくないぐらいの時間まで待っても来ないから
稲川淳二含めた数名で迎えに行こうてことになって犬鳴トンネルに
向かったわけ。犬鳴トンネルまで1本道で、とうとうトンネルまで
行ったけどスタッフの車には会わなかった。
トンネル出口で待ってても一向に出てくる気配もないしトンネルの中に
入ってみようってことになったんだけど、そのトンネル、車一台分しか
通れないぐらいの小ささだったから歩いて入ることに。
明かりはライターぐらいしかなくて、途中何かに躓きながらも進んで
行ったら何かある。
よーく見てみたら遅れてくる予定だったスタッフの車。しかも車一台分
しか通れないような小さなトンネルなのに逆さまになって。スタッフは
無事かと中を見たら、なんと人間の下半身しかない!
大変だ!と警察を呼んで調べると、上半身がどうも車のあたりで
見つからない。
で、結局上半身が見つかったのはスタッフの車からトンネルの出口の
中間あたり。

…つまり、トンネルの中で躓いたものは…

という話。ちょうど車運転してたときだったから怖かったーヨ。


274 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 18:09:12 ID:fpr+ewlL0
>>270
時代的に、本願寺と織田勢が敵対していたのはご存知のとおりだと思いますが
雑賀衆はその時代に傭兵国家みたいな感じで、織田勢と本願寺勢との間を行ったりきたりしてたみたい
で、本格的に雑賀衆が本願寺側について織田勢と戦ったのが、1577〜1582年の間、3度の紀州攻めがあったらしい
その戦いがあったのが紀ノ川とその一帯だから270さんの釣りしてた川っていうのは、紀ノ川の支流とかかな?


275 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 18:39:50 ID:TVFLdGcqO
>>273
その話が事実ならばニュースになってるね

276 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 18:48:17 ID:UKxY+qG90
稲川淳二の怖い話って・・・・
話の内容よりも、話してる稲川淳二が怖い・・・・

277 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 19:25:57 ID:MZtSyRLg0
>>276
まあ、芸だから。

278 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 19:50:45 ID:JgDKp6360
>>270
その祠に近づいてしまったかも知れない
川の真ん中みたいなところで、小高くなってる祠?

279 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 20:58:13 ID:4ZF+R+ei0
雑賀衆っていやあ、本願寺についた雑賀衆が織田勢に処刑されたって伝承が残っている町で、
お化けが出るとか言われていたため池の底をさらってみたら、
戦国時代の人骨がうじゃうじゃ出てきたって話なかったっけ?

280 :267:2006/09/02(土) 22:11:18 ID:djEyBWw/0
ID違うかもしれないけど、267です。
>>274
紀州攻めは雑賀について調べたときに知りました。
しかし祖父母の家は紀の川から少し離れた、
言うなれば紀南なんですよね。
そんなに離れた距離を移動したのでしょうか…。
最後の望みだったのかもしれませんね。
>>278
いえ、祠自体は見たことないのです。
百葉箱みたいな祠(?)なら川岸に草に囲まれポツン、と建ってます。
もし紀の川以南の山間の支流で祠を見たのなら可能性が高いのでは。
何度も言いますが、貴方の近付いた祠が例の祠かは分かりません。
>>279
秋葉山でしたっけ?それと関係しているのでしょうか。

今日、思い立って図書館に少し調べに行きました。
年代は忘れましたが、織田の雑賀襲撃以前に
織田が一向一揆を鎮圧した際に死者の「鼻」をそぎ落とし集めた、
という記録が残っているそうなのですが…。
本にはそれ以上は書かれていませんでした。
どなたか詳しく知っている方はいませんか?


281 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 23:51:04 ID:aa8eeWHPO
首持って戦場歩くと嵩張るから鼻だけ持ってったんじゃね。
浅井方の山崎も若い頃に鼻切り取られたらしい…って『センゴク』作者の創作か?

まあ、>>267の話だと雑賀が持ってんのは織田方の鼻だろうけどな。
死体物色して鼻取り返す…無いとは言い切れんが、負け戦の最中にそんな余裕があったとは考えづらい

282 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 01:09:33 ID:nzJR+rfpO
最近、怖い話がマイブームで洒落コワの過去ログなんかあさってます。
私にも多少、不思議な経験があるのでとりあえず三点程投下します。
文才ないんでヨロすく。
長いかも。

283 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 01:11:58 ID:nzJR+rfpO
一話目。
消防か厨房の時の話。

家に「ただいま〜」と帰って来た。
「おかえり〜」と家の中から声がした。
「お母さんー?」と声をかけながら、台所・浴室・居間まで一通り目を通す。
家には誰も居なかった。

284 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 01:16:56 ID:nzJR+rfpO
二話目。
社会人なりたての頃。

山岸涼子作「私の人形は良い人形」(だったかな?)というのがあるんだけど、
当時の私はその本が怖くて怖くてしかたなかった。
好きな作家だったので手放すことは考えてなかったけど
目につく所には置きたくなかったので紙袋に入れてベッドの下に置いた。

その日の夜からだった。
ベッドで寝てるとカリカリと鼠の噛るような音がするようになった。
電気をつけると音が止む。
気のせいかなと思いつつ、そんなことが何日も続き、
そのうち洒落にならないくらいはっきりとその音が聞こえるようになった。
古い家ではなかったし、これは鼠じゃないなと思っていた。
心あたりはあった。
そうあの本。
私は心の中で「ぞんざいに扱ってごめんなさい」と謝り元の本棚に戻した。
不思議と音はしなくなった。

なんでカリカリがその本のせいかと思ったか
知りたい人は本読んで下さい。

285 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 01:24:04 ID:nzJR+rfpO
三話目。

私は某有線放送に勤めていた。
夕方5時〜夜11時まで地域限定でリクエストを含めた音楽を流し続けていた。
3〜5分の曲を一々入れ替えねば曲が途切れてしまうのでトイレに行くにも気を使う。
そんな仕事を二人一組でやっていた。

ある時、相棒のTさんが「トイレ行ってくる」と言った。
私も行きたい所だったが業務上そうゆうわけにいかない。
彼女の次に行くことにした。
所が暫らくたってもTさんは動く気配がない。

私「Tさんトイレ行かないの?」
Tさん「行かないよ。行っていいよ。」
私「あれ?トイレ行ってくるって言ったじゃん。」
Tさん「言ってないって。」

私もそそっかしいんで聞き違い?と思いつつトイレを済まして戻った。

私「本当に言ってないの?」
Tさん「………私もさー聞いたんだよね。声を。頭の後ろで…」

でぇーーーっっっ!!その後はプチパニックですよ。
私はTさんの後ろに居たので声は私とTさんの間でしたことになる。
しかしTさんは何を言ってるかまではわからなかったそうだ。

しかしTさんはとんでもないことを言いだした。

286 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 01:29:43 ID:nzJR+rfpO
三話目。続き。

Tさん「私の友達でさノイローゼになって飛び降りた子がいるんだ」

事務所の道をはさんだ向かいに
プロ野球団も抱えていた某有名大型スーパーがあり、そこから飛び降りたらしい。

Tさん「確か今日みたいな日だったと思う風がなんとなく生暖かったのを覚えてる。
墓参り行ってないからなぁ。」
私「命日ってこと?Tさんにあいたかったんじゃん?
こんな近くで仕事してりゃー出てくるよ。コワ〜(笑泣」


Tさん「母親と二人で○○(某スーパー)の最上階で食事してたらしいんだけど…

『トイレ行ってくる』

って言ったのを最後にそのまま飛び降りちゃったらしいよ」

287 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 01:34:27 ID:gKHOkNh70
1話目はほんのり怖くて良かった
3話目のTさん「確か今日みたいな日だったと思う風がなんとなく生暖かったのを覚えてる。」で、萎えた

288 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 01:34:39 ID:nzJR+rfpO
終わりーす。

私の空耳、勘違いは否定出来ませんが全部実際にあったことです。

289 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 01:37:37 ID:zl98y7+xO
http://s.freepe.com/std.cgi?id=fear3story3&pn=36

290 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 01:45:32 ID:nzJR+rfpO
>>287
>一話目
うれしい?です。

三話目もホントなんだけどあまりにうまく出来すぎて
当時の私も怖さより不思議さが先にたちました。
真夏じゃなくて6月か9月がそんな季節だった。

他の子に話したらTさんに担がれてんじゃないかとか
某スーパーで自殺者が出たなんて聞いたことないし嘘呼ばわりされた。

しかしあの声は確かに聞いたんだよなぁ。

291 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 01:56:17 ID:fCZAG5TS0
確かに「風がなんとなく生暖かった」ってのはよくあるフレーズで萎えるね
でも、ほんのりスレ的にはいい話だと思うよ
これらが自分の身に起きてたらかなり怖いかも
>>290さんこれからも色々体験してお話を投下してくださいね ナンチテ

292 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 02:54:23 ID:0rQAXsAQ0
>>288
乙!
1話目の体験、自分にもある。
声がした部屋まではっきりしているのに、
その部屋どころか家中に母はおらず、
しばらくしたら買い物から帰って来た。

293 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 02:59:59 ID:BSq8jooGO
>>273
ラジオかー
稲川のしゃべりを聞き取れる奴って尊敬に値するわ

294 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 03:33:35 ID:YtmWrJKK0
近所のお寺の境内というより、むしろ公園の中にお堂が有るような
小さい住職もいないような寺の前に公園が有り、
2歳の子供をよく遊びに連れて行くのだが、
なぜか、俺と息子二人だけなのに、片言で
お兄ちゃんすごーい     (おにいちゃんなんてこの公園にはいませんよお
おともだちいっぱいいっぱい (いや、だから俺とお前だけだってここにいるのは

嫁がこわがるといかんので、黙っているが、ひっこししたら話してやろう。

295 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 04:02:41 ID:BSq8jooGO
水子だったら笑えるな

296 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 04:47:57 ID:fTjj2sRL0
先日会社のSという同僚が亡くなった。というより殺された。俺自身Sとさほど付き合いはなかったのだが、

Sと仲の良い同僚の話ではSは生前相当に怯えていたらしい。話によると、ある日突然Sの元にS自身のデス

ビデオ?らしき物が送られてきて、ベットの上で腹にナイフ、頭に斧が突き刺さりベットの上で横たわるSの無残

な姿が克明に描かれていて、その死んでる場所がSの部屋とまったく同じだったという。そのビデオが送られて

以降Sの携帯電話や、カード等もSの意思とは関係なく何者かによって解約されたりしていたという話だ。

俺自身恐いと思うことは、上に書いた話は聞いた話なので、真偽の程はわからないが、Sの死がまったくもって、

報道されないことだ。実際にSの遺体を発見した上司は数日間半狂乱で、その上司が見た現場と同僚がパソコン

で見たビデオの状態は同じだったと言うのだ。仮にビデオの話が嘘だとしてもこれだけ猟奇的な殺人が何の報道も

されないというのは、世の中にはこれ以上の凶悪犯罪が溢れているということなのだろうか?恐ろしい世の中だ。

後日談として第一発見者の上司は休職。ビデオを見たという同僚は行方不明というか失踪した。

今現在この話は会社でタブーとなり、誰一人として話さない。

長文スレ汚しでスマソ

297 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 04:55:03 ID:1QvklQQq0
今現在はタブーなんだけど先日の話なんだね

298 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 05:05:00 ID:yhrU9U6X0
よくありがちなネタっぽいですね。
又聞きだったりするところとかも。


299 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 09:31:12 ID:bQs9CLHTO
いや、練ったんじゃないか?
それらしき画像がぅpされてるの、実況かなんかでみたけど
よく、本人死んだのに誰が見てて伝えてるんだ?ってツッコミ入るから伝聞系なんだろし
仕込みからのネタなんだろけど
死んだヤツと書き込んでるヤツが、お互いオカ板住人なのにしらなかった?
で、死んだヤツが以前オカ板に書き込んでるのを知らずに書き込んだ?
どうかなぁ、アリかなぁ?

300 :骨皮ほねお:2006/09/03(日) 13:44:18 ID:jtevEgKk0
昨日の夜中、正確には今日の深夜3時の出来事。
俺の家は都市部から離れたド田舎の一軒家で嫁、子供の3人暮らし。当たり前だが
この時間、俺達は川の字になって熟睡してたんだ。すると「・・・ポーン」
って音でまず、俺が目が覚めた。何の音だろうと思って布団の上でボ〜としてると
「ピンポーン!」と真っ暗な部屋の中でドアチャイムが鳴り響いた!
携帯の時計を確認すると、AM3:10頃。横で寝てる嫁を見ると
嫁もチャイムの音に気づいたらしく、不安そうに俺の顔を凝視していた。
どうしようか。。。誰だ、この時間に・・と思ってると、また「ピンポーン!!」
俺は覚悟を決めて立ち上がると玄関に行きドアスコープを覗いた。
ドアから庭をはさみ門扉までは、約10メートルその門扉前に家の中を窺うように
3人の中年男が立っていた。
(なんだ、人間か・・)と思い、俺はホッとしたが、男たちの手に持ってる物に
驚愕した!
男たちは金属バット、鉄パイプみたいなのを持っていた。これはおかしい!と思った瞬間
「ピンポーン!ピンポーン!ピンポーン!」とチャイムを連打してきやがった。
俺も嫁もパニックになって、とりあえずインターホンの受話器を取ってみた。
俺「・・・なにか」
男「・・・集金です」
俺「は・・・?」
男「集金です。開けてください」
俺「何時だと思ってるんですか?明日にして下さい」
男「開けろっていってんだ!!!!!」

301 :骨皮ほねお2:2006/09/03(日) 13:45:39 ID:jtevEgKk0
俺は受話器を置くと、たぶん0.5秒くらい考えたと思う。ある計画が思いついた。瞬間、嫁に
「俺が外に行ったらすぐに鍵をかけて警察に電話しろ!」
と言った。
「警察が来るまで待っておこう」
と嫁は言ったが、この田舎には通報してから警官が駆けつけてくるまで
10分以上かかるという伝説があるw
「言うとおりにしろ!」
と俺は一喝すると、服を脱いで全裸になった。そして、洗濯物から嫁のパンツを見つけて穿いた。
嫁はこんな俺を見てさらに怯えてる。
玄関に行くと電気を付けて、スコープを覗くと男たちは門扉を乗り越えようとしてる!
俺は玄関にある、フルフェイスヘルメットを被ると、武器を探した・・・がロクな物がない!
唯一あるのは、5月に嫁が実家から持って帰って来て置いてある2メートルほどの鯉のぼりだった。
もう考えてる暇はない!俺はそれを手に持って靴をはいた「全裸+パンティー+ヘルメット+鯉のぼり+革靴」
という姿になり息を整えた。インターホンの受話器を置いてから、ここまで1分もかかってないと思う。
スーと息を吐いて玄関ドアを勢いよくバン!!と開けると俺は
「きょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!」
と奇声を上げて男たちに突進していった!!
男たちはドアが開いた瞬間に、男が奇声を上げてこっちに突っ込んで来るのを見て、一瞬動きが止まったが
俺の変な姿を見て、怯えの表情を見せたかと思うと我先に逃げ出した。
俺は「計画が成功した」と頭で冷静に考えながらも、行動と思考回路の大半は狂人と同じだったと思う。
俺は全力疾走でまず目の前の一番強そうな男に追いつき、鯉のぼりで背中をフルスイングした!
「ぎゃあああ」と男はもがきながら倒れた。
それを見て俺は他の男を捜した。一人は見あたらなかったが、もう一人鉄パイプ野郎ががこっちを見て動きを止めてる。
多分仲間が、やられて冷静になったのだろう。攻撃態勢を整えている感じだった。

302 :骨皮ほねお3:2006/09/03(日) 13:47:33 ID:jtevEgKk0
俺は頭の片隅でヤバいと思ったが、もう一方ではアドレナリン出まくりだったので、鉄パイプ野郎に
突進しながら
「ひめねさあああああん!しんじゃ〜〜〜〜タ〜〜〜〜〜〜〜〜〜あああああああああ!!!!」
と何故か、ナウシカのセリフを叫んだ!その声を聞いて鉄パイプは野郎は怯えた表情になったので、俺は
「レンコンキッーーーーク!!!」と意味不明の言葉を叫びながら、鯉のぼりを投げつけた。
鉄パイプ野郎が鯉のぼりを避けた瞬間、俺はそいつにタックルして馬乗りになった。
しかし、この30年間人を殴った事の無い俺はどうしていいかわからないし、拳で人を殴るのが嫌だったので
地面にある土を鉄パイプ野郎の口にねじ込んで、ヘルメットで頭突きをしまくった。
「やめてくれ!」
と男が言った気がしたが、土で何言ってるかわからない
ガツンガツンと頭突きを繰り返してると、背中に痛みが走った。振り返ると消えていたバット野郎が俺の背中を叩こうとしていた!
このへんで俺はかなり冷静に戻っていたので、その月夜の下のバット男を見た瞬間に怖くなって、逃げる体勢をとってしまった。
バット男はそれを察知したのかニヤリと笑って、もう一度バットを振り下ろしてきた!しかしバットはヘルメットに直撃しただけだった
かなりの衝撃はあったが、俺は勇気をふりしぼり
「ううううううわあああああああああああああああ」
と叫びながら飛び掛っていった。その時にやっとパトカーのサイレン音が鳴り響いてきた。男たちもそれに気づいたらしく、バット男は
俺を振り払い、他の2人も闇夜に慌てるように消えていった・・・・

303 :骨皮ほねお4:2006/09/03(日) 13:48:03 ID:jtevEgKk0
俺は助かったーと思いペタリとしゃがみこんで、股間をみた。
「ああ、これは俺のお気に入りのパンツだ」と訳わからん事を考えながら、ハッと気づいた!警察にこの姿を見れるのはマズイとw
あわてて、家に戻った俺は嫁の泣き顔に迎えられた。

あれから数時間、事情徴収がおわって一休みして帰ってきたよ。全身アザと擦り傷だらけになった俺を見て
嫁は「格好悪かったけど、カッコよかった」と笑ってくれた。

ちなみに3人組は「集金です強盗」らしいw年寄りとかは「集金です」といわれると夜中関係なくドアを開けてしまうらしく、
そこへ押し入って強盗を働くとの事。はやく捕まってほしいが、あの姿の事を警察に言われるのは恥ずかしいな〜


304 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 14:07:01 ID:CRbkxkZI0
>>303 治安の悪い田舎住まいも怖いね。
    相手はバットや鉄パイプ持ってるのに全裸は無防備すぎ。

305 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 14:14:20 ID:fXSWJWcY0
己が肉体こそ最強の武器と言うことだな。

306 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 14:15:08 ID:ozcvZhJ8O
かなりワロタw

307 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 14:15:45 ID:/evwa6TmO
無事で本当に良かったな
一歩間違えば全国ニュースのトップを飾っていたかもしれないと思うと((゚д゚;)))

308 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 14:30:05 ID:nKRR+I9g0
ヘルメットを被ったままで大声を出すとヘルメットの中で自分の声
がすんごい響くんだよね。

309 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 14:37:44 ID:hv15EgN+0
真夜中に集金というのはおかしな話だな
でも借金の取立てとかは時間を選ばないんだろうねえ
むかし借金取りが借金人に嫌がらせしてたんじゃないかと思われる出来事があった
田舎のある集合住宅に住んでいた時、夜の11時ごろから途中で寝てしまったので分からないが
たぶん明け方まで定期的に一回車のクラクションを鳴らされた事があった
パー・・・・10分位経過してからまたパーという具合に
車は死角で見えなかったし、集合住宅が数棟あって何処の誰を対象にしたか不明だったが
まあ、その日の晩だけだったんだけどね

310 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 15:05:51 ID:rlrmUeP80
動きまわってるうちに嫁のパンツから
>>300の具がはみ出してしまっていたのではないかと
気になっている|д゚)

311 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 15:13:38 ID:AFkIo1Et0
ちんこたった

312 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 17:07:28 ID:ntBgUdFc0
【韓国】大爆笑!韓国映画「グエムル(化け物)」は日本アニメの完全な盗作だった!
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=ttalk&nid=413308


★★★韓国映画「グエムル」と日本アニメの恐るべき類似点★★★

■「機動警察パトレイバー 廃棄物13号」(2002年)
1.米軍が秘密裏に作った生物兵器が逃げ出す
2.反米の描写がある
3.下水溝を舞台にしたパニック作品
4.騒動の末、火炎放射器で焼かれて死ぬ
■「グエムル」(2006年)
1.米軍の汚染物質による突然変異で怪物が現れる
2.反米の描写がある
3.下水溝を舞台にしたパニック作品
4.騒動の末、火炎瓶で焼かれて死ぬ(とどめは鉄パイプ)

313 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 17:11:00 ID:UJGFZUwB0
>>300
まぢこぇぇんですけど・・・
続きまだ?
もしや終わりなどと言う事は・・・

314 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 17:12:00 ID:UJGFZUwB0
>>313
ぁゎゎ・・・またやってもたorz

315 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 22:51:52 ID:TktQeskw0
アドレナリン出まくりってより
横チン出まくりだったんだろうょ

316 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 23:06:33 ID:UuF/lv+V0
あけちゃったら、家族も危険にさらすのになあ。

317 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 23:10:54 ID:Mz+51Gmg0
誰か要約してほかの板にコピペするんだ

318 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 23:35:37 ID:OT3jEOSxO
レンコンキックに腹筋をやられたww
つか蹴りじゃないしwwww

319 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 23:49:09 ID:mTAN//9W0
トンファーキックと同じ種類のものだな

320 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 23:58:00 ID:wXzagw3YO
すごいな!ニューヒーロー誕生だ!
ヘルメット+パンティー+革靴+鯉のぼりってw警察に見られてたらお前の方が確実に捕まってたな

321 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 00:11:29 ID:OHq/DUoK0
俺が今住んでるアパートなんだが、たまに部屋の中に30cmくらいの茶髪の髪の毛が落ちている時がある。
もちろん漏れのでは無いし、部屋に女性来るなんて事もないw
まぁ外出先とかで服に付いて来た可能性もあるが、毎回同じような髪の毛が服に付く可能性は低いんじゃないだろうか?

で、一昨日の話なんだが、夜中に不意に目が覚めた。俺は普段壁の方を向いて寝ているんだが、背後に人がいるような気がした。
寝ぼけているんだ、と思いたかったが、視界の隅の方で何かが動いているような気がする。
最初恐かったが、思い切って振り向いて確かめようと思った。でも体が動かない、寝返りができない。
視界の隅のそれは、机の方から漏れの方に向かって来ているような気がした。
滅茶苦茶恐くなった俺は頭の中でお経を唱えていたんだが、しばらくしたらその気配が消えて体も動くようになった。
起き上がって見た部屋の中は、勿論寝る前と何も変わった所はなかった。
全て「気がする」だけだし、体が動かなかったのはノンレム睡眠状態だったせいかもしれない。
でも、翌朝俺は机の所に落ちている一本の髪の毛を見つけた。あの長い髪の毛を…。

引越しを考えるべきかなw


322 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 00:14:46 ID:YBx/XcY60
                  ___
                 ./    \
                 .|\___/.|
              .   |        | <とうとう私を怒らせてしまったな
                __!\___/ノ!__
         ,,.ィ'''フ''''=、r'"~ ヽ□□  /i,, `ヽr''"`ヽ、ヽ、
       ,r'"´ ノ"    )=、 ̄ ̄,,..ィ'"´i       ヽ、
       (       ノ  ´ ̄ `Y"´            i
         )     __,,..         レ      _,,,,、       j、、
      r''ヽ. ,.ィ'''i"        J   ,,.ィ'"~  `'ヲ''ー-、ノ、 ヽ、
     / ,,.イ')'"  人        ,,l、        ノt   ) `ヽヽ
    /   /   / `ゝ、       人       ,,イ  jt、 ヽ    i
   f ,   ノ   /、   `ー--;::-ニ"_,ゝ=---‐''"    ノ ヽ、 ヽ  t、、
   )'  f   ノ ヽ、 r  、 f"   `i´ ̄` Y  `ヽ /   ゝ-,ヲ'''   )
.   ( ,.ィ''ーr"~    ヽj  ミi      !    j'   | /       ,r"    ft
   ノ、,ノ   ヽ,     `i  、〉、.__,人,___,..イ、,i" j''       (   ,ノ j
  ( t、    l      i  ヽf     Y    ,j,.  ,/      ) ,.イ´ ノ
  fヽ ヽ、   l      l ヽ、    .|   ノ ,. /     ,.イ '"ノ   ノ
  t i   l、.  t      l  、j`ー‐‐'`ー="レ' j'     // / ,/
  ヽ、 i、   i      l  ヽ  -ニ-  ノ  l     /,,,,ノ ,ィ/
    ヽ、`i  `i、     l   `i     /  ,l    /-,=、ヽv
′   ヽ ヽ、 'i,     人______ /   ノヽ   ノ''"Y,..ト-、
      `i、,,..=,i、   / ヽ、   .∞   /=ィ''i'i''j"  .`=(i-/、
       ヽ ,f`i-、   /   ヽ      /.`ー=''''"t.___  (,,ノ=、
       r-l =f,,ノゝ-''`=''フ  i、:' " ゛ ` ,i' :.    .l、  `ー=''=t_,i

323 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 00:15:58 ID:MMjuxAYu0
大ゴキブリの触角だな

324 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 01:29:23 ID:YBx/XcY60
>>300-303の勇姿
                 ./ ̄ ̄ ̄\
                 .|\___/.|
              .   |        |
                __!\___/ノ!__
         ,,.ィ'''フ''''=、r'"~ ヽ□□  /i,, `ヽr''"`ヽ、ヽ、
       ,r'"´ ノ"    )=、 ̄ ̄,,..ィ'"´i       ヽ、    (◎)
       (       ノ  ´ ̄ `Y"´            i // ______
         )     __,,..         レ      _,,,,、      //ー|)◎))3333Ξ<
      r''ヽ. ,.ィ'''i"        J   ,,.ィ'"~  `'ヲ''ー//、    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     / ,,.イ')'"  人        ,,l、        ノt// `ヽヽ
    /   /   / `ゝ、       人       ,,イ// ヽ    i
   f ,   ノ   /、   `ー--;::-ニ"_,ゝ=---‐''."//ノヽ、 ヽ  t、、
   )'  f   ノ ヽ、 r  、 f"   `i´ ̄` Y ///   ゝ-,ヲ'''   )
.   ( ,.ィ''ーr"~    ヽj  ミi      !    //| /       ,r"    ft
   ノ、,ノ   ヽ,     `i  、〉、.__,人,__.//i" .j''       (   ,ノ j
  ( t、    l      i  ヽf     Y//,j,.  ,/      ) ,.イ´ ノ
  fヽ ヽ、   l      l ヽ、   // ノ ,. /     ,.イ '"ノ   ノ
  t i   l、.  t      l  、j` .//'ー="レ' j'     // / ,/
  ヽ、 i、   i      l  .//-ニ-  ノ  l     /,,,,ノ ,ィ/
    ヽ、`i  `i、     l. //     /  ,l    /-,=、ヽv
′   ヽ ヽ、 'i,     //_____ /   ノヽ   ノ''"Y,
      `i、,,..=,i、 . // 、   .∞   /=ィ''i'i''j"  .`=(i-/、
       ヽ ,f`i-⌒//   ヽ      /.`ー=''''"t.___  (,,ノ=、
       ノl =f,, ヽノ      i、:' " ゛ ` ,i' :.    .l、  `ー=''=t_,i
      ヽ ヽ ヽ.ノ

325 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 01:43:12 ID:Ug/eh/DX0
うっとうしいからもういいよ

326 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 01:56:01 ID:MMjuxAYu0
かっけー

327 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 02:08:45 ID:UAcOQXnb0
heroーだ!


328 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 07:32:57 ID:wa0n3JYi0
ニューヒーローかっこいいなw
アメリカンコミックみたいだww

329 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 09:14:24 ID:v1y449lk0
┌────┬────┬────┬────┬────┐
|パンチ  .| 机に花瓶. |水ぶっかけ|万引命令....| 背中に紙 .|
├────┼────┼────┼────┼────┤いじめビンゴだよ!
|性暴力  |言葉責め|悪戯電話..|パシリ  ..|恐喝    |
├────┼────┼────┼────┼────┤〇…経験 ●…未経験
|女「キモイ」...|キック   .| 無視   |死亡扱い . | プロレス技. |
├────┼────┼────┼────┼────┤〇●〇●〇
|悪口    |強制告白....|全裸命令....|平手打ち .|下剤飲料|〇〇●〇〇
├────┼────┼────┼────┼────┤〇〇〇●●
|背中が的..|親が溜息....|隠される......|閉じ込め. . |妹も被害...|〇●●〇●
└────┴────┴────┴────┴────┘〇〇〇〇〇 
                                      やったー2列そろった!

330 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 09:49:49 ID:mwFTZ+wjO
今日の話
私はキャバやってて日にちの感覚がまったくないわかるのは週末位
で今日の夜中に夢をみた
知らない屋根裏みたいなとこに居てずっと天井をみてたら上から何かがふってきた目を凝らすと子供でサラサラの髪をおかっぱにしててこっちを睨んでる
一瞬びっくりしたけどなぜかその子ファイティングポーズ取ってるのねw
とりあえず自分の近くに座らせて少し話してたらいきなり口を大きくクワッて開けた食われるって言うか何か出てくる見たいな恐怖感が襲ってきてとっさにその子の口を手で押さえちゃったんです
その子はびっくりした顔してたからあわてて謝ってなだめてその後はふつうの子供みたいに一緒に遊んだりしてたんですけどなんだか急に悲しそうな顔するんです「どうしたの?」って聞いたら俯いちゃってしばらくの沈黙の後
「ありがとわすれないでね」
そこで目が覚めました起きてすぐは体が動かなくて生まれて初めて金縛りにあいました
そこで携帯がなった途端部屋の空気が変わって金縛りが解けたなんだか無性に夢の子が言った事が気になって携帯のカレンダーを見ると9月4日私の死んだ子の月命日でした…
てっきり今日は2日位だと思ってて…
そういえば小さい頃の私と彼に似ていたような…

331 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 09:54:15 ID:mwFTZ+wjO
続き
女性のみなさんへ
死産でも中絶でもきちんとお参りに行ってあげてください
自分の小さい頃はどうでしたか?一人ぼっちでお墓になんていれないでしょう
寂しがってますよ
今お参り帰りの電車で打ってます
文を書くって難しいですね(´Д`;)

ダメなママでごめんね
早くお金貯めて資格取って立派な保母さんになるから見ててね


332 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 10:34:35 ID:JWXB1rSY0
昨日の夜中。今日の午前2時くらい。
金縛りというよりは、押さえられてるに近い感覚が僕を襲いました。
それは、何か全身をテープかなにかで、ベッドに貼り付けにされてるようなそんな感覚。
寝苦しさに目を覚ました僕はそのことに気づきあせりました。
体は動かない、正確には動かすことが出来ない。
言い知れぬ恐怖に目を開けると目の前に黒い何かが見えた気がしました。
あまりの恐怖に目をぎゅっと瞑り、経文を唱えました。
するとそのとき、僕の長い襟足を何かが引っ張るのです。
うつ伏せで寝ていた僕は体が押さえつけられた状態で頭を引っ張られるという非常に苦しい体制になりました。
経文を口に出して唱えようと思った瞬間にドサッという音がしました。
数秒して、変な空気がなくなり、体も動くようになったので、起き上がり辺りを見回して驚きました。

僕の枕元には、全然違う場所に置いてあった、牛のぬいぐるみがありました。

昨日の出来事は牛さんの仕業なのでしょうか?それとも何か別モノの仕業だったのでしょうか?
今となっては確かめる術もありません。

333 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 10:35:21 ID:RVBB2qDlO
>>330-331
お子さんは流産か死産?それとも堕胎?
近所の保育園に、元お水で堕胎二回経験済みの保母さんがいたけど、近所の人やその保育園に通う園児の保護者が、『そんな子供を軽んじる人のいる所に子供預けられん』って詰め寄せたんだか署名だかして、噂とストレスに耐えかねて辞めたらしい。
自分は辞めた後にその保育園に子供の入園手続きをしたんで『こんな人がいたなんて怖いわね〜』と近所の主婦に聞いて初めて真相を知ったんだが、
正直先に聞いてたら別の保育園に申請変えてたかもしれん。
子供になんかあってからじゃ遅いからな。

いつも思うんだが、そんな近所のオバチャン連中の噂話ルートの出所がオカルト。
なんであんたらそんなに他人の事情に詳しいんだと。

334 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 10:57:01 ID:j0sVV1Ty0
>>332
寝てるとき、これエンドレスで流せばいいよ
ttp://www.youtube.com/watch?v=tuJxcSFRmvc


335 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 11:09:35 ID:RVBB2qDlO
連投スマソ。
今日はうちの地域の可燃ゴミの収集日だったんで朝出しに行ったんだが、
ネットの中で何かがガサガサ動いてた。
てっきり近所の猫やカラスが入り込んでるんだと思って、ネットを捲って手前の袋一個をずらしてみたが何もいない。

そこで目に入ったのが、奥の方の袋に詰められたぬいぐるみやら人形やら。
その中の何体かが向き的にじっとこっちを見てる気がして、すぐに袋を置いて立ち去った。
暑いのに鳥肌たったし。


336 :160.:2006/09/04(月) 11:44:44 ID:wAv7+vTL0
こちらのスレッドに書き込みをしようかと思ったきっかけの出来事です。
以前からぼちぼちとは見ていたんだけど、この出来事だったら関わってはいるけど、
自分自身の経験じゃないから...。先に自分自身の出来事を書きました。
ではきっかけの出来事です。↓


つい10日程前の出来事。私はSEはSEなのだがPMも兼任している。
今現在進行中のプロジェクトなのだが、つい2週間程前までは地獄進行だった。
ご存知の方もいると思うが地獄進行中は、会社に来なくなる人が数人でる。
今回もその例に漏れず2人ほど(ちなみに20名程のプロジェクトです)フェードアウトした。
地獄進行が終わり一段落ついた頃、私はそのフェードアウトした2名の家に行く事になった。
両方とも正社員なので今後どうするかを聞かねばならず、無断欠勤なので処分もある旨を
伝えなければならなかった。損な役回りだ。幸い2名が近い地域に住んでいるのが幸いだった。
仮にA君とB君としよう。予め電話連絡は入れておいた。
A君と落ち合い駅前のベローチェにて面談。猛省しており会社に戻りたいこと等を聞いた。
私は別に責めるつもりなど更々無く、適当な病院いって腰痛とかの診断書を書いてもらえば
処分等はまず身に降りかからない事を教えた。我ながらいい加減な上司である。
A君にこれからB君のところに行く旨を伝え別れB君宅へ向かう。

337 :160:2006/09/04(月) 11:45:49 ID:wAv7+vTL0
その2
B君のアパートに着き部屋の前に立ったとき、本能的に「やばい」と感じた、何かいる。
チャイムを鳴らそうとしたと同時にドアが開いた。B君が出てきたのである。
「よう、よくわかったな」と一声かけると、「ええ。ここではなんですから外で話しませんか。」
二人で近くのファミレスへ行き面談。会社的に説明をしこれからの事を話した。
しばらく話すとB君が奇妙な事を言い始めるのである。「いや、部屋を空けられないんですよ。」
「見張ってないと何するか分からないし」 こいつ何言ってんだ?とも思ったが、B君の部屋の前に
立った時の感覚は尋常じゃなかった。しかしこちらから問い質しても的を得ない答えばかり。
しかしB君自身からは嫌な感覚を感じない。恐らくは部屋付か通りすがりだろうと思った。
私はB君に「これ巻いて掃除してみ」と例の塩(259参照)を渡した。ちなみに私は塩を常に持ち歩いている。
塩についての説明は長くなるし、巻いて掃除することの説明も省いた。とりあえずやってみろと。
その翌々日B君は会社に出社した。私に話があるとの事だったので、人前では...との事だったので
昼休みに昼食がてら聞くことにした。彼の表情は面談の時とは比べ物にならないくらい明るいものだった。
私との面談を終えてすぐに掃除をしたらしい。塩を巻いて数分後みるみる部屋の感じが変わっていくのが
分かったと言う。B君はトイレに行ってその後掃き掃除をしようと考え、トイレで用を足し戻ると、
巻いたはずの塩が部屋の1箇所に集まっていたと言う。そんな馬鹿なと呆然としていると、なにやら音がした。
人の声の様でもあり、泣き声の様にも聞こえたという。このまま突っ立っていてもどうにもならんと思ったB君は
塩を塵取りで取り、即捨てた(以外に豪胆)。部屋の音は止み静かになったと言ってた。

338 :160:2006/09/04(月) 11:47:37 ID:wAv7+vTL0
その3
ところでB君は「見張ってないと何するか分からないし」と面談時に言っていた。それは?と聞くと...。
表情がわずかにこわばり「男がね...立ってるんですよ。」「そいつが勝手に冷蔵庫開けたり、散らかしたりすんです」
今はいなくなったらしい。でも見張ってないと何かをしでかし部屋を出れなかったという。
面談の後も布団がぐちゃぐちゃにされていたらしい。
そしてB君は「あっ!」と声を上げた。「塩が集まってたところ男がいつも立ってた場所だ。」
その後二人で無言で食事をした...。食事の間鳥肌立ちっぱなしであった。

B君は引越しを考えていると言う。物件を探すときは必ず私に部屋を見てほしいとも言っていた。
その時は私の友人も一緒に連れて行こうと思っている。彼の方が確実だから。

以上です。

339 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 12:15:35 ID:q5rcxl330
ちょっとだけ おじょじょ ってした

340 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 12:27:45 ID:Up+0MRxE0
つか160さんの体験談はちっとも「ほんのり」じゃねえよ(((((゚Д゚;)))))

341 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 13:41:26 ID:KwXoqhzX0
>>331
これからもし授かったりすることがあったら、大事にしてやって
ほしい。それが一番の供養かなぁと。
夢かも知れないし霊的な何かかも知れないけど、子供さんと会えて
よかったね。

>>333
場を読まないレスにもほどがあるよ……ちょっと体育館裏来い。


342 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 14:04:30 ID:rOr5ihpf0
>>333
>>元お水で堕胎二回経験済みの保母さんがいたけど
って言ってるということは333がオバチャン連中の噂話を信じちゃってるってことだよね?
それで>子供になんかあってからじゃ遅いからな なんて思ってるんだとしたら
333がオバチャン連中の噂話がオカルトとか言うのは変じゃない?なんか矛盾してるような…

343 :160:2006/09/04(月) 14:26:34 ID:wAv7+vTL0
それではあんまり怖くない話。ほんのり?かな??
私が2度目の事故にて、腰にギブスを巻いて退院し一人では不自由だから実家に帰ったときの話。
退院して4日程経った日の夜。居間でごろごろしていると、不意にうちのばあ様が目の前に現れた。
ばあ様は施設病院にて療養中。ここにいるはずは無い。でも恐怖とかも全く無い(肉親だしね)
そして電話が鳴った。「ばあさん逝っちゃったな」と思い、両親に「たぶんばあさん病院から」と
言ってしまった。電話はやはり病院からでばあ様が死んだ事を告げる電話だった。

通夜から本葬にかけての夜、私は線香番をしていたが、ウトウトしていたらしい。
夢か現実か分からんがじい様(15年前に他界)の声で「ほれ、線香消えるぞ」と声がした。
見ると線香が燃え尽きようとしていた。即別の線香を立てたのは言うまでもない。

怖いと言うより不思議な出来事。

344 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 15:01:18 ID:Bu2auTcGO
>>343
おばあさん元気そうでよかったね。

>>333はお水で堕胎=危険人物っていう思考回路自体が意味不明だがな。堕胎してるからって子供嫌いとも限るまいに。

345 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 15:23:29 ID:oTpOwe2t0
>>333
君はデリカシーがない人だな。
きっと、夕飯にカレーが出た日に下痢の話をするような奴に違いない。

>>331
短編でもいいから、夏目漱石とか読んだら、文章がうまくなるよ。

最近の作家は文が美しくない!

346 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 15:26:18 ID:5NWrLqYE0
空調整備会社の鎌倉支部で働いてます。5年かな。
写真撮ったらオーブで埋め尽くされたりする。
トンネルを写真に撮ったら灰色の小さい目が写ったりw

そんな鎌倉で1つだけ俺が実際に見た話。

首切りやぐらって名所があるのよ。洞窟みたいなところに何かを奉ってるの。
追い詰められた人たちがそこで自害したとか言うんだけど。
そこも色々あるらしいけど、俺が体験したのはそこに行く途中の道。

市道と一方通行の出口が交差してる三叉路があって、
その交差点の向こう側に電話ボックスがあんの。
…そこ、絶対女の人がいるんだよね。いつ通っても。
現場に行くために通る。いる。修理し終え、帰る。いる。


347 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 16:24:05 ID:nq6RPLv30
>>333はデリカシーに欠けるけど、言いたい事は何となく分かるな。
「お水で堕胎=危険人物」は勿論無いけど。
2回堕胎した罪悪感を持ってるかも知れない人が
毎日子供に囲まれて仕事してたら、もしかしてノイローゼに、とかさ。
逆に凄く子供を大事に見てくれるかも知れんし
実際なにをするって訳でもないだろうけど
小さい子の親はつまらん事でも心配なんだろうな、と勝手に思った。


うちのかーちゃんは死産が2回で水子が3人だけど
全然供養はしてない模様。お葬式はしたみたいだけど。
位牌もないみたい…、ちとカワイソウ。
でも「あの子らが無事生まれてたらあんたはこの世におらん」っていわれるから
何も言えん。

348 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 16:34:38 ID:4SBvbczz0
>>333は別に悪くないでしょう。
保母さんの過去にこういう感情を抱く人もいるって教えてくれたんだから、
330は就職したら絶対に過去を話さないこと。
これで良いのでは。

小さい子供を持つ母親ってのは神経過敏なもんだし、貴方の過去を同情的に
見てくれる人も見てくれない人もいるってこと。

349 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 17:03:51 ID:uiDqrxdVO
たった今起きた出来事

ついさっき、携帯に見覚えのない電話番号からの着信があった
メールを見ていた途中(つまり携帯を片手に持ち画面を注視している状態)だったのですぐさま反応してまず電話に出ようとしたのだが、ワンコールで切れてしまった
イタズラかな、と思いつつもコールバックでその番号にかけてみたのだが…

「おかけになった電話番号は現在使われておりません。番号をよくお確かめになって……」

……いったい、今の電話はどこの誰がどうやってかけたんだろう

ちなみに頭4ケタは
0188

でした

350 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 17:16:17 ID:Et1ICGldO
確か自由に番号偽装出来る機械があるよ
一応、国内では使用付加だけど

351 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 17:45:06 ID:uodWAjK5O
>>349

001=アメリカ(国際電話)の間違い電話。

352 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 18:03:21 ID:N8G23CJV0
>>347
水子は元々供養しない。水子供養だの祟りだのは、近年に金儲けのためにでっちあげられたもの。
元々日本では生後六日までの子は神の子とされ、それまでに亡くなった子は
神のもとに戻って次に生まれる機会を待つ。成仏するわけじゃないから供養するのは筋違い。

353 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 18:19:39 ID:bwZiqOxz0
久本「戸部ちゃんは処女?」
戸部「処女じゃないです」
久本「今彼氏いるの?」
戸部「今はいません」
久本「じゃあ一人でしてるんだw」
戸部「え、いや…」
久本「いいじゃん、みんなやってることなんだから。オナニーは悪いことじゃないよ。戸部ちゃんもオナニーしてるんでしょ」
戸部「うーん…することもありますけど…」
久本「みんなー戸部ちゃんはオナニーしまくりですよーーw」
戸部「しまくりじゃないですー」

354 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 19:01:47 ID:hRZ+/m0v0
>333は立派に異常だろ……
堕胎=犯罪、てのは、見合い結婚でそのままダラダラと
産み続けるのが当たり前なオバチャン思考そのままなのかね。
怖すぎる。

355 :346:2006/09/04(月) 19:55:56 ID:5NWrLqYE0
しかも1人じゃない。3人。
普通に電話ボックスの中に立ってる奴、そいつを挟むように2人。
普通狭いに決まってるんだけど、不思議と見ててもそう思わない。
そんなことより、チラと見ただけで向かって左の奴と絶対に目が合うこと。
それが本当に不気味。

何度も見る内に怖くなって、失礼とは思いながらも
地元民(と思わしき)オッサンにあれはなんなのか、と聞いてみた。

オッサン「あー、あれ見ちゃったの?あっはっはw
     噂というか、私も見えるんだけど、良くないものらしい。
     見えるんなら近寄らない方が身のためだと思うよ。
     まぁ、気味が悪くて無理だろうな。」

想像できてたけど…良くないものって(つД`;)
もう本当に怖かった。ってか今も怖い。そこ通るんだよ。
その話聞いて以来極力見ないようにはするんだけど、
なぜか見てしまう。怖いもの見たさかなぁ…。

皆さんも鎌倉に来た際はぜひどうぞ。
運が良ければ(?)見えると思いますよ。

356 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 19:57:58 ID:yiH5NUTu0
堕胎=犯罪 堕胎者は保母云々
その論議はスレ違いの悪寒
みんな反応しすぎ

357 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 20:04:09 ID:mwFTZ+wjO
>>330です
なんだか私の投稿のせいで荒れてしまい申し訳ないです
私の場合は婚約者がDVだったため腹部を殴られるなどしていて婚約解消後に妊娠発覚
生理だと思っていたものは不正出血でおろすというより後処理でしたが…
結果として親の都合で一つの命を消してしまったことに代わりはありません


358 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 20:24:19 ID:jiKjKtXNO
>>349
0188は秋田県秋田市です。

359 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 20:32:59 ID:Z2sMzVsv0
家のうしろには土木会社の2階建ての倉庫があります。
夜中になるとそこからギシギシと音がするのです。
時折「アオー」と泣き声が聞こえてきます。

360 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 21:06:31 ID:BMrBiuRn0
社長と事務員の密会だよ

361 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 21:18:42 ID:xZ5vZiH/0
>>330
ちゃんと331で反省してるんだから、つまらんレスはスルーしていいよ。

362 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 21:45:08 ID:uXEILm8CO
>>357
まぁなんだ。




大変だったんですね(´・ω・`)

363 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 22:03:08 ID:22ItpbhJ0
腹を殴るような婚約者と別れて良かったね。
女を殴る(しかも妊娠してる女)奴なんてEなもんじゃねぇと思う
すまん煽ってるわけじゃないが
>元お水で堕胎二回経験済みの保母さんがいたけど
ってこれって肉親でもなかなか解りづらいことだと思うよな。
そんな事、ふつうあちこちに言うか?
それを近所のオババが知ってるっつうのは噂話にオヒレがついてるよな気がする

364 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 22:04:01 ID:hOiEEhFc0
洒落こわから誘導されてきました
あっちにレスした内容のコピペ(添削した部分もありますが)です

新学期といえば必ず前学期と比べて物凄く変わる人とかいるじゃないですか
で、うちの学校は今日から新学期なんだけど
同じクラスの女が異常なぐらいに変わってたの
髪とか伸びに伸びて顔も見えないぐらいになってるし他の女子とかとロクに話さなくなってものすごく暗い
んで、やたらそいつの周りにナメクジが出るんですよ、こんな晴れた日なのに
そのせいかたった一日でそいつは「なめくじ女」って言われて嫌われて避けられるようになったの

その後5限目だったかな、席替えで隣の席になっちゃって
あんまりキモいもんだから「気持ち悪い」って小声で呟いたら
そいつが、ガッてこっちに向きなおして「あなたも呪われれば良いのよ!」って叫び出してさ
授業は中断、クラスで会議みたいになっておれが怒られました・・orz

で、問題はその辺りから何かなめくじが寄ってくる感じなんですよ
机の中になめくじが居たり天井からいきなり降ってきたりでめちゃくちゃビビる
それどころかさっき家でカレー食ってたら中からなめくじ出てきてもうめちゃくちゃ鬱になってきました
今も窓の外に何匹かくっついてるんだけど、これって呪いなのかな?
だとしたらものすごく怖いというか気持ち悪いんだけど・・・・

自分にとっては結構きてるんだけど、他の人にとってはやっぱり怖くないみたいです(´・ω・`)

365 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 22:08:40 ID:22ItpbhJ0
なめくじ創作は死に洒落へいってくれ

366 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 22:10:49 ID:YBx/XcY60
むしろこっちに書いてくれ

自作都市伝説二章、世界に広まれ、皆のネタ
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1154161099/

367 :364:2006/09/04(月) 22:17:19 ID:hOiEEhFc0
あ、ちょうど削っちゃったけど実体験で更には現在進行中です(´・ω・`)
こっちから来ました↓
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?141
ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1156868933/520-

368 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 22:17:48 ID:aYxOCJzq0
>>364
>オカルトか微妙な話なので叩かれるかもしれんけど、ちょっとマジ怖いので一つ・・・実体験、現在進行中です

この一文が抜けてるから創作と思われたみたいよ
なめくじの呪いってなんか笑えるけど自分の身に起きると考えるとちと怖いね
得に食べてるモノからナメクジが出てくると思うとガクブル
まぁGの呪いよりはマシだと思って塩でもまいてがんばってね

369 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 22:19:49 ID:22ItpbhJ0
なめくじの話はすまんが、うそ臭すぎて受け入れられん。。
自作都市伝説へでも逝ってくれよ・・

370 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 22:20:32 ID:iH60Cgl90
なめくじうp

371 :668:2006/09/04(月) 22:20:39 ID:hOiEEhFc0
>>368
あい、うかつでした・・・・・
とりあえず食べた物全部吐き出しておいたけど寄生虫と聞いてちょっとガクブル
今日は塩を撒いて様子見、明日ちょっと本人に問いただして見まつ

372 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 22:22:53 ID:l3yVXeXA0
「うずまき」という映画を思い出した。

373 :364:2006/09/04(月) 22:24:28 ID:hOiEEhFc0
名前欄ミス もうだめぽ('A`)
そろそろ親父がPC使うのでレス不可です
なめくじ画像は向こうにも張ったけどこれです、連投スマソ(´・ω・`)
ttp://up2.viploader.net/pic2/src/viploaderf84448.jpg

374 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 22:29:56 ID:j0sVV1Ty0
こりゃ普通のナメクジだな。
俺はてっきり山ナメクジの大群にでも襲われてると思ったが。
どんなもんか知らんなら、イメググって心の準備しとけ

375 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 22:36:20 ID:YBx/XcY60
口あけて寝るなよ・・・

376 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 22:40:50 ID:vQruJTNN0
>364
こちらへどうぞ
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/comic/1156296560/

377 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 23:19:39 ID:MTlZ1L/j0
伊藤潤二の「なめくじ少女」を思い出した

378 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 23:31:57 ID:iH60Cgl90
忍玉乱太郎のなめくじペットにしてる奴を思い出した

379 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 23:45:08 ID:ahkgvcBT0
口の端が切れて、予想外の出血した。

380 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 23:45:59 ID:47vFndW00
大サービスだな

381 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 23:59:49 ID:ahkgvcBT0
>>380
「うまいこと言った」なんて思ってないよな?

382 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 00:13:56 ID:PaRR0GLj0

  /\___/\
/        ::\
|           :|
|   ノ   ヽ、   :|   
| (●), 、 (●)、.:::|
\ ,,ノ(、_, )ヽ、,, ::/
/`ー `ニニ´一''´ \

383 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 00:30:30 ID:d2YNQRAL0
>364
園芸板の住民が、マジレスしてやる。
皿にビールを入れて、庭に置いとけ。
窓より、ビールの方に行く筈。

後是。
ttp://www.vector.co.jp/soft/win95/amuse/se151084.html


384 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 05:33:20 ID:vvQPnPIM0
年賀状

差出人不明の年賀状が初めて届いたのは高1の時だった
オレの一年の出来事をベスト10方式で書かれた年賀状
一見面白い年賀状だと思ったのだがよく読むと
誰にも話してない恥ずかしい事まで詳細に記載されている…
この年賀状は3年間かかさず届いた… 怖かった…








385 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 05:34:49 ID:ttnESFYr0
>>384いろんな意味で怖いな

386 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 07:01:35 ID:0eZcPB4/0
ネタだな。

387 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 09:35:28 ID:qweq23ZVO
お前が男ならネタ確定
イイ女ならストーカーの可能性も有るが、消費税以下だな

388 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 10:11:57 ID:7JRtIFRfO
消費税以下の意味がよく分からんのだが

389 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 10:16:03 ID:kh/tgCnG0
丁度その時期に精神的なストレスを抱えていて、
夢遊病みたな状態で自分が書いたものを、
自分宛てに送ったんじゃないの?
精神的ストレスでそういう行動をするのかはシラネケド

390 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 10:31:24 ID:mD+dk2v2O
遊び心のあるお母さんじゃないか

391 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 12:09:59 ID:ne0vNUMT0
兄ちゃんや姉ちゃんの可能性もあるぞ

392 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 12:27:31 ID:TgYbP4Sc0
これは中学3年の時の修学旅行での話。
こんなとこに書いたらいかんような気もするので、伏字ありまくりだけど、勘弁してね。
N県の某所にある資料館での出来事。
そこには所謂、追悼施設のようなものがあって、そこへ見学に行った。
もちろん学年全員で。
で、自主制作の追悼映画のようなものがその資料館のビデオブース?のようなとこで見れた。
それは映画館をちっちゃくしたようなブースで30席くらいしかない場所。
他の生徒はどんどん奥の方に進んでいくのだけれど、少し何かを感じた僕はなんとなくそのブースに入って真ん中の方の席に座った。
そのブースは入り口を入ってすぐのとこにあったので、僕だけが置いてけぼりにされたような状態。
そこで、15分程度のその映画をみた。
映画が終りエンドロールが流れ、室内が薄暗く光始めたときに、ふと変なことに気づいた。
始まったときには僕しかいなかったそのブースに他にも人がいるのである。途中で入ってきた気配もなかったのに。
不思議に思い周りを見回して驚いた。
そこはその映画の中に出てきたような死にかけで血が出まくりでグロイゾンビのような風体になっている人々で溢れていた。
ビビってその場にしゃがんで震えていると、その人々は知らない間に消えていた。
そのままそのブースを飛び出し、友達のところに行きました。その後は何もなく、無事に家に帰ることが出来ました。


後になって知ったのですが、その日はちょうど追悼の日でした。
家に帰ってから、そのことを知った僕は黙祷をせずにはいられませんでした。

393 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 13:26:14 ID:69CW0O8aO
小学校の遠足の時
ウザイ女子4人組に自分達が座ろうとしていた場所を横からとられた
渋々別の場所で昼食を取った

帰りになり、そのとられた場所の前を通った
巨大なムカデが数匹いた(一匹はプレスされてた)

不幸中の幸いとはこのことかと実感した

394 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 14:45:28 ID:n4pebnD60
小3くらいの頃、地元の祭りで明らかにあっちの人が
やってる金魚掬いをやった。
綺麗だけれど少し大きな鯉がいて、
「それ取れたら10万やるよ」とか言われたの。
そこで友達のタケと協力して、掬うやつ(?)の縁に乗っけて
そいつ取って器に入れたんだわw

そんで「おっちゃん取ったよ!!」って言ったら、
「あぁ?!お前らセコいことしただろ?!」とか怒鳴られて
タケは鯉ぶつけられて俺は顔殴られた。
怖くて逃げた。 おしまい。


395 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 17:55:50 ID:81kqfrF/O
>>388
5%以下ってことじゃ?

396 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 17:56:30 ID:vvQPnPIM0
幻覚

久し振りに友人Aに会った
Aは友人Bの所に泊まった時の事を話してくれた
Bは昔薬物にハマって無茶ばっかしてたんだけど
今は真面目になったらしい
ただBは頭が猫で身体が金魚の幻覚を見るそうだ
自分以外は見えないけど自分が触れた液体には
いつもアイツが泳いでるそうだ
Bは今までの悪行のツケを払ってる様なもの
医者にも気にしないように言われてるらしい
Bはまだ薬の後遺症が残ってるんだとおどけて言った
Aは寝る前に風呂を借りて洗面所で歯を磨いていると
代わりにBが風呂に入ったすぐに風呂から水面を
叩くような音がするのでAはBに声をかけると
Bは今夜は楽しかったからアイツが喜んで跳ねてるだけ
気にするなと笑いながら言った
Aも笑いながら喜んでもらってよかったと答えたそうだ
Aは昔のBから立ち直りつつあると思ったそうだ


その話を聞いてオレは幻覚の跳ねた音は普通聞こえない
と思ったがAには何も言わなかった…

397 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 18:04:55 ID:rHqL73EuO
夜海で治療をしていた時の話。
海でバシャバシャ泳いでると100m先ぐらいから同じ音が。僕と同じ患者かな?女の子だったらいいななんて思ってた。
同じような事がしばらく続いたある日。いつものように泳いでたらまた100m先ぐらいから音が。
その時少し疑問が浮かんだ。いつもあの人僕より遅く来てるのに僕が上がるころにはいつの間にかいなくなってるな。
まあさほど気にはせずまた別の日に泳いでるとまた向こうからいつものようにバシャバシャと水の音が。
でもその日は少し違った。僕が上がろうとするとまたいつの間にか向こうの音も消えたから
あの人帰ったのかな?と向こうを見ると今日はまだ海の中にいる。
あれ?今日はまだ海の中にいるや。でも泳がずに何してんだろう?ボーっと立っている。月明かりの下、人であることはわかるが男か女かわからない。
よく見ると正面を向いている。こっちを見ている…?すると向こうの人が手招きをしている。
気味が悪かったので気付かなかった事にしてその日は帰った。次の日から3日間謎の高熱にうなされた。悪夢を見た。
悪夢の内容は3日間とも赤い水の中で防空頭巾を被った女の子が笑いながら足を引っ張ってきて僕が溺れ死ぬ夢。
3日目の朝、目を覚ますと耳元で
「何で来てくれなかったの?」
それ以来は僕はそこには行かないようにしている

398 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 19:14:23 ID:7O0BxkXZ0
>>397
ほんのりじゃなく十分コワス
もし手招きにつられて行ってたら (((( ;゚Д゚)))ガクルブル


399 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 19:16:25 ID:4kx/VW7N0
えー、これはあたしが学生の頃の話なんですがね。
夏も終わりかけた、8月の下旬くらいだったかなぁ。
当時の仲間と一緒に、車でもって逗子の海に行ったんだ。
泳いだり日焼けしたり可愛い女の子に声かけたりなんかしてねぇ、へへへ
さんざんぱら遊んで日も暮れてきたってんで「おいそろそろ帰るか」「おーそうだな」
夏の楽しい思い出を残して、元来た海岸沿いの道をまた引き返すわけだ。
あたしは後部座席で夕日に染まる海をこう見てたんだなぁ。
海岸てのは面白いもんで、人がたーくさんいる所もあれば人気のまーたくない所もある。
ちょうどその、人気のない海岸にさしかかったところなんですがねぇ、
ごつごつした岩場があって人がだーーれもいない。
と、思って見てたんですがね。。。ん?誰かいる。
ごつごつした岩場を独りの女の人が、ゆーたゆーたゆーたゆーた歩いてる。
遠くからなんで詳しくは見えないんですがね、これがどーーも様子が変なんだ。
黒くて長ーい髪にこれまた黒いワンピース。それが重そーーに揺れてる。
あたしピーンときた。彼女全身ずぶ濡れだ!って。
他にだーれもいない海岸。全身ずぶ濡れで今にも倒れそうに歩く女。
「おい見ろよあの女!」「うわ全身濡れてないか?!」
こりゃ自殺でもはかったのか、なーんてこと言いながらどきどきして見てたんですよ。
ちょうどその時、対向車線から大きなバスがやってきましてねぇ、視界が遮られたんだ。
バスが過ぎ去ってもう一度パッと見る・・・・
もうだーーれもいない。だーーれもいない海岸。
夏の海、そこには色んな思いが秘めれれてるんでしょうねぇ。。

400 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 19:46:19 ID:ye4Oh7lwO
寝ていたら金縛りに遭った。
やだなぁと思ってたら何者が覆いかぶさってきた
首絞めてくる&なんかブツブツ言ってるから結構怖い
しかし私は寝呆けてたのか、なぜかその人をぎゅーって抱き締めた
人も金縛りも消えた


401 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 20:22:15 ID:xJhms5140
これは私が数年前に韓国に行ったときの話ですが、
ソウルの中心部で深夜知人と酒を飲んでいたんです。
そろそろ宴もたけなわってことでタクシーに乗って、
宿泊している韓国の親戚の家に戻ろうと思っていたのですが、
なぜかタクシーは親戚の家とは逆方向に走り出しました。
こちらが「方向間違ってますよ」って言っても完全スルー。
暫くすると私らを乗せた車はソウル郊外の山の中に入っていきました。
流石にまずいと思い降ろすように言いましたが聞く耳をもちません。
山の中腹まで来た辺りでタクシーは停まりました。
そして周りを見渡すとほかに何台もタクシーが停まっています。
そして停まっていたタクシーから数人の人たちが出てきて私の乗っているタクシーに近づいてきました。
「これはヤバイ」と思い知人とともに銭も払わずタクシーを降りて逃げました。
後ろから追ってきているようですが、車の通れないような細い道を逃げ、何とか撒きました。
後に親戚に聞くと、どうやら悪徳タクシーの運転手が乗客に暴行したり強盗を働く目的で
よく山などの人気の無いところに連れ込むことがあるそうです。

平和ボケした我々にぽん人にとってとても怖い話でした「

402 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 20:37:10 ID:7O0BxkXZ0
>>400
さりげなく400ゲト
ぢゃなくて、いつの話?

403 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 20:40:01 ID:N6uyn6i5O
普段、うちの母は心霊とかは認めないと言うより気にしない人なんですが、12年前に私の父方、つまり旦那の母親が亡くなってから1ヶ月後。
その日は珍しく朝4時に目覚め、台所に出てお茶を飲んだあと、リビングに出たら
普通にテレビの前に死んだばあちゃんが座って、いつもと変わらずお茶を飲んでいたそうです。
そしてこっちを見てニコニコしながら母の名前を呼んだそうです。
呆然としながら台所に戻り、またリビングを覗いたらもう居なかったらしい。
この話だけは今でも、本当にばあちゃんが出たんだよ!って話してきます。

ついでに、5年前に母の父親が亡くなった時も、夢かわからないけど見たそうです。
こないだ、父方のじいちゃんが死んだばかりだから、またいつ出てくるのかな〜と言ってました。

404 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 20:45:30 ID:vKiXFGs40
>>401
「宴もたけなわ」って「終わり近く」って意味じゃないぞ
他で使って恥かく前に、正しい意味を調べておけ

405 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 20:54:43 ID:TwbeTWsC0
本当に、そろそろ宴もたけなわってところで帰っていったら、ちょっと感じ悪い人になってしまうな。

406 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 21:18:45 ID:tW/EmyCY0
どこかの板のどこかのスレで読んで記憶に残っている話。

アジアの某国に卒業旅行に行きました。
友人と屋台を見つけて、そこで屋台の食べ物を食べてみる事にしました。
ちょっとすっぱいスープのようなものが出てきて美味しいと言い合いながら食べました。
屋台には可愛い犬がいました。
隣に現地の人らしい人がいて、その人は私たちより先に食べ終わって出て行きました。
屋台の主人はその食べ終わった皿をそのまま犬の前に置きました。
犬はその皿をきれいに舐めました。

新しい客が来て、屋台の主人は犬が舐めた皿にそのままスープを入れて客に出しました。
客は平気でスープを食べ始めました。
私たちはあわててお金を払ってその屋台から離れて思いっきり吐きました。

407 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 21:41:04 ID:FAaDHqVQO
よかった!スープになる犬はいなかったんだ!

408 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 22:00:06 ID:hbl0ZBgoO
ぽしんたん(犬のスープ)は精がつくらしいですよ旦那。
どうですあちらの方は。
最近ごぶさたなんじゃ?奥さんも若いんでしょ。
まだまだ、がんばらなくちゃね。

409 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 22:01:46 ID:81kqfrF/O
ついさっきの出来事なんだけど、昼間マニキュアを買ったことを思い出して、早速塗ろうと軽くワクワクしながら蓋開けたのね。

したら、長い髪の毛が数本出てきた。多分腰くらいのロングだったらこんくらいって感じの長さ。
ハケの部分かな?とも思ったけどそれにしちゃ長すぎ。
自分はショートだから自分の毛でもない。
そもそも今開けたんだから入るわけないだろうし。
作業してる人のが紛れこんだのかな?ありうるの?

高かったしもったいないから塗ったけど。

410 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 22:04:10 ID:3HJDAlm+0
>397
「夜海で治療」って意味がわかんないです……

411 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 22:08:13 ID:46UvQ+TC0
>>410
アトピー性皮膚炎なんじゃない?
海水が効くらしいけどすっごい痛いんだって

412 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 22:28:41 ID:xJhms5140
>>404-405
マジで?中締めって意味だとばかり思ってたwww
恥かくとこでした、トンクス!

413 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 23:58:55 ID:0A1c4hiP0
>>400
その霊はどっかで
「人間のとこに行ったら金縛りにあったー!」
とか言ってるかもね。

414 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 00:44:29 ID:dkE9Xff50
>>400
金縛りにあってるのに
抱きしめたの?
じゃあ金縛りじゃないじゃん

415 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 00:46:40 ID:dkE9Xff50
ログ読むのめんどくさ
最近で怖いのアンカーしてくれないかな…

416 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 00:54:33 ID:dT06+99x0
 これは,自分が学生時代の夏に,友達と一緒に,同級生(T君)の部屋へ押しかけ
騒いだ時の話です。
 その日は,熱帯夜だったことと,恐い話が嫌いな部屋主Tを,”からかおう”との
話になったため,怪談を皆で話し始めたのですが・・・・・・
 突然,Tが「お前等,俺が”見える事”を知ってるくせに,こんな話をして!
おかげで,寄って来ただろう。こら!服の中に手を入れるな。」などと喚きな
がら悶え始めたので,怪談を一時中断して,「T,芝居するなよ!」と言った
ところ,Tから「じゃ触ってみろよ!」と言われたので,しぶしぶTの胸を触
ろうとして手を伸ばしたところ・・・・・・
 胸から10センチぐらいの所で,空気の壁みたいなモノに触れました!
 もちろん,”コレは何だ!”と思い,今度はTの全身を触ってみたのですが,
ソレは,彼の体全体を包むように存在していました・・・・・
 何だったんだろう,アレは??
 なお,それに触れた時,軽い静電気に触ったような軽いビリビリ感が手に
走りました。


417 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 01:14:08 ID:5B/PsJHQ0
>>415


418 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 01:15:31 ID:99xPydaq0
>>412
言葉:「宴もたけなわ」ではありますが、そろそろこのあたりで「中締め」を……
意味:「盛り上がってるところ」で悪いんですが、そろそろ「お開き」にしたいので……

宴もたけなわ「ですから」終わりにしましょうって言わないだろ?


カキコの内容から見て社会人だよな?
よかったな、そういうセリフを言うような責任ある立場じゃなくて。
いや、イヤミじゃなくて本心からそう思う。

419 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 01:52:55 ID:86dr/LSa0
>>416
ちんこも触ったの?

420 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 06:51:50 ID:/juDD1Z4O
>>419
ねえ、そこ重要なの?

421 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 10:02:12 ID:pyRlKhxl0
朝起きたら業者が俺の家の下からジィーっと見てて
母親が台所で血だらけでたおれていたから「今日、弁当いらない」って言って
学校行ったら先生刺されてて友達とかみんな大爆笑してるから俺もみんなに合わせて適当に笑って
昼に早退したら胎児とかいっぱい落ちてて踏んじゃって靴がすげー汚れた
家についたら母親がスゲー冷たくなってるから暖房つけてやって
冷凍のピザ食べようと思ったら父親が冷凍庫に入ってて、たまらずに笑った。友達にメールで教えたら凄いうけた
隣の家に忍び込んでやっと歩けるようになったくらいのガキ盗んできてマンションの屋上から落として何秒で落ちるか計って理科の宿題終わり
そろそろ寝ようとおもったらガキの家族が騒いでるからガキの死体放り込んで大爆笑
眠れないから妹でカツラとか骨で武器とか作って遊んでた、そしたら朝になって
ちょっと臭い母親に「弁当いらない」って言ってから学校に行った
業者はその日死んだマンションの住人を精肉所へ運んで行った

422 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 10:05:40 ID:RgsfeP5HO
>>421
今朝見た夢か?

423 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 10:10:23 ID:FsKSmVuX0
>399
淳ちゃん乙ってなもんですよ、ええ。

424 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 10:11:46 ID:ITLpBEsbO
>>422
421は有名すぎるコピペ

425 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 11:15:22 ID:Qe8zwKni0
「やっと宴もたけなわとなったので
それでは僕が三本締めで締めの挨拶をしたいと思います。
ヨーシャシャシャン
皆さん本日はこれでおひらきとさせて頂きます」



426 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 12:35:37 ID:9r1T1uAGO
宴もたけなわの話長くなる?
終わったら教えて

427 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 13:03:23 ID:A1m6OVnV0
昔々のことです。

農家では今年の豊作を祝って祭が盛大に行われ、庄屋の座敷では
宴が催されました。
長く農作業に身を尽くしてきた小作人たちもこの日ばかりは、
飲めや歌えの大騒ぎ。
宴も最高潮を迎えたとき、一人の若者が立ち上がりました。

「やっと宴もたけなわとなったので、
それでは僕が三本締めで締めの挨拶をしたいと思います。 」

座敷は水をうったように静まり返りました。


数日後、宴から帰らない息子を心配した家族が探したところ、
息子は竹やぶから縄でぶら下がってor(ry


428 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 13:15:59 ID:whm4MC2o0
視界に入った箪笥を見て思いました。
足の小指を箪笥の角でぶつけるんじゃないかなーと。
案の定ぶつけてしまい痛い思いをしました。

目に映った段差を見て思いました。
躓いてこけるんじゃないかなーと。
案の定こけてしまい怪我を負いました。

通りがかった交差点を見て思ってしまいました。
轢かれて大怪我をするんじゃないのかなーと。
案の定タクシーに轢かれて病院に運ばれました。

さっき病棟の屋上で思いました。
フェンス外れて落ちて死ぬんじゃないのかなと。
フェンスの前にいる看護婦さんに「こっちまで歩いてみましょう。」と言われました。
怖かったので、断りました。

僕はこの後何を思うのでしょうか?

429 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 13:38:28 ID:EMkmt3pJ0
中学入ってすぐの頃、クラスのリーダー格に声をかけられた
「お前はもっと輝く必要があるよな。なあ輝けよお前」
なんだかよく分からないが特に反対する理由もないので「そうだね」と答えた
リーダー格男は「よし!」とばかりの笑みを浮かべクラスの輪の中に消えていった

その日からそいつの友達が「輝け!」「シャイニングだ!」
「シャイン!」だの声をかけてくるようになった。
やがてその奇妙な習慣はクラス中に広がり
俺はクラスの皆に輝け輝け言われるようになった。
それまで引っ込み思案で友人も少なかった俺は照れくさくも嬉しかった

ついに学級会で「○○君は輝いたほうがいいと思います」というネタ半分議案が出され
そして全員賛成で可決されるにまでなった。
担任は「まあ、お前がいいんならいいんじゃないの」と、はにかんだように笑っていた
この先生は孤立気味だった俺のことをずっと気にかけてくれていたんだ。
そしてクラスの皆がそれに答えた。なんてやさしいクラスだろう。なんていいクラスだろう。

俺の持ち物にはシャーペンの一本にまで皆が「輝け」と書いてくれた
書道で書いた書初めには、クラスで一番可愛い女子が家からわざわざ筆ペンを持ってきて
俺の名前の上にハートマークとともに「シャイニング!」と書いてくれた。
その習慣は三年間で学年中に広がり、三年の頃には見知らぬ下級生までもが
「あ、輝いてる人だ」などと指差してくるようになった。

そして青春の日々はあっという間に終わり、 俺は卒業式の今日、家に帰って卒業アルバムを見ている。
懐かしく思い出す青春の日々、輝いていた思い出。
かけがえのない仲間たちによる寄せ書きコーナー。
そこには三年間付き合った、いつもの文字が、一人ひとりの筆跡で並んでいる。

「Shine! Shine! Shine! Shine! Shine! Shine! Shine! Shine!
Shine! Shine! Shine! Shine! Shine! Shine! Shine! しね!」

430 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 13:46:03 ID:oKkf+Bh20
今日、7年ぶりに地上に出てきたけど寒いし雨なのな、取りあえず鳴くか。
シネシネシネシネシネシネシネシネシネシネシネシネシネシネシネシネシネシネシネシネシネシネ..............................

431 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 14:20:47 ID:UY9DOVSrO
>>428
いい女と結婚したいと思えばいいじゃないか!




例えば…


あびる優とか

432 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 14:28:39 ID:e1O720620
若い女がドライブ中ガソリンスタンドに寄った。
いつも通りお札を数枚出すが、突然店員が形相を変えて怒り出す。
店員「オイ!こんな偽札使いやがって!バレないとでも思ったか!」
女「何言ってるんですか!どう見ても本物じゃないですか!」
店員「うるさい!この女め、警察に突き出してやる!」
そう言うと店員は彼女の手を激しく引っ張り、事務所へと連れて行った。

女「いい加減にしてください!」
店員「本当にすみませんでした…。



ところで、後部座席のシートの陰に身を潜めていた男性は
お知り合いですか…?」

433 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 14:29:54 ID:dkE9Xff50
>>428
無駄なカキコしたなと思うのでは?

434 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 15:19:47 ID:3aHRCWre0
http://www.youtube.com/watch?v=iEgyNqA-bT0

既出?だったらごめん

435 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 16:00:16 ID:Qe8zwKni0
いいよ。すごい有名だけどね。

436 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 16:46:05 ID:FRygp0TLO
>>432
色んなパターンあるけど、それ見たの初めて
読む度助けてくれたお店の人に感激してうるっとする

437 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 16:48:14 ID:8d7P8O7u0
宅間事件のすぐ後に、池田小学校にある内容の電話が
殺到したのをご存知だろうか。
その内容は、以下のようなものである。

「子供が7人殺されたんですよね?それなら、定員分補充
される筈ですよね!?うちの子供は入れられないんですか?」

国立である池田小学校には、定員がある。その定員が減ったから、
我が子を入れられないか、というものである。

この話を聞いた時、事件の一報を聞いたときよりも寒気が走った。

438 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 17:32:09 ID:rq8d+hS10
↑似た様なジョークあるよね。

有名進学校にTEL。「もしもし!おたくの生徒さんが川で溺れてます!このままでは助からないので、
ウチの子を欠員に入れてください!」
「遅かったですね。その生徒を突き落としたご両親がすでに見えておられます。」

439 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 17:46:30 ID:6WoRGzny0
>>432
女「えっ!見えてしまったんですか?!」
店員「?」
女「あの幽霊、自分が見えた人に憑くみたいなんです。」
店員「!」
女「連れてきてしまってごめんなさい。見えてくれてありがとう。早く見えるお客さんが来てくれるといいですね。」

申し訳なさそうしながら女が車を発車させた時にチラッと見た後部座席には
もう男の姿はなかった。

440 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 18:12:20 ID:2w+ppz+V0
いやん。そんなのいやん。

441 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 18:23:58 ID:vBwow+fa0
中学生の頃、あるマンガを探していて
普段は行ったことのない
親父一人しか居なくて、一目で店内を見渡せるような
小さな本屋に入った。
ドア開けた途端、親父が寄って来て
「何買うの!?」と尋ねた。
「…○○○○の…12巻…」と言ったら
親父自ら棚を見て「あーないねー。」と追い払われた。

なんか「売り物に触るな」とか「カバンを持った客お断り」とか
謎の張り紙がいっぱい貼ってあって怖かった。

442 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 18:29:36 ID:D+GE2et+0
親父のやり方は極端だけど、厨房の万引きのせいで
売上が激減した事でもあるんじゃね?

443 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 19:26:20 ID:+Rlh8JmpO
私の作る味噌汁は絶対甘くなる
砂糖とかの甘さでなく、野菜を煮込みまくったときの甘さみたいな…
試しに彼氏宅で普段の材料使わせてもらって同じように作ったのに甘くなってた
周りの知人たちにはすべて味見させてみたが不思議だ

444 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 19:31:22 ID:U11Q+80G0
糖尿?

445 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 20:58:09 ID:FF+NC/h40
>>441
カバンを持った客お断りって店は時々あるよ
万引きでも防ぐためなのかね

446 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 22:55:48 ID:AzA9ESajO
>>426
終わったよ。


447 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 23:31:49 ID:X1hRE0sn0
>>429
めっちゃこわいんだが(((((( ;゜Д゜)))))ガクガクブルブル

448 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 04:38:33 ID:e+w1e35xO
>>429はしねとシャインをかけてて、実はいじめられてたってこと?

449 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 04:51:08 ID:ok1FDW1OO
ある日夜中にゲームをしていると自分の部屋のドアを叩くノック音。
僕「誰?」
?「お母さんよ。いつまで起きてるの?4時までには寝なさいね」
それは紛れもなく母さんの声だった。適当に相槌をうつ。時間を見ると深夜2時。
その後すぐに寝た。次の日。また夜中にゲームをしているとまたノック音。
僕「誰?」
?「お姉ちゃんよ。いつまで起きてるの?4時までには寝た方がいいわよ」
姉ちゃんの声だ。適当に相槌をうつ。時間は深夜2時。その後すぐに寝た。
次の日。お姉ちゃんに何で4時までなのか聞いてみた。お姉ちゃんそんな事言ってないと言う。
お母さんにも聞いた。お母さんもそんな事言ってないと言う。
不思議に思いながらその日も夜中にゲームをやっているとノック音。
僕「誰?」
?「お父さんだ。いいか?4時までには寝ろ!」
相槌をうつ。時間を見るとまた夜中2時…。その後すぐに寝た。次の日お父さんに聞いてみたが知らないと言う。
もう家族はいない。次は誰が来るのだろう?僕は気味が悪くなりそれ以来夜中2時までには寝るようにした。

450 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 05:02:57 ID:ok1FDW1OO
それから2週間後。新作のゲームが発売し僕はそれに夢中になりいつの間にか夜中になってしまっていた。
気付いた時には遅かった。コンコン。ノック音。時計を見ると深夜2時。
僕「だ、誰!?」
?「・・・。」
返事がない。僕は危険を感じすぐに寝ようとした。…寝れない。なんで?なんで?いつもなら寝れたのに。
ゲームに夢中になったせいか目が冴えているのかはたまた何かの力が働いているのか…。
そして遂に4時…。4時になってしまった…。
するとドアがゆっくりと開いた…。そこには


島木譲二がいた。
譲二「う〜ん!チンチラポッポ!譲二ショック!誰がたこ焼きやねん!」
僕はその後約一時間に渡る譲二一人ネタショーを見せつけられた。
それ以来僕はもう夜更かしをしていない。もうあんな思いは二度とごめんだ。

451 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 05:20:27 ID:9om+pySXO
なにそれ
どこのローカルネタ?

452 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 09:20:09 ID:yLnJJn6p0
>>441
通勤途中にあるSHOP99が、近くの中学校を名指しして、
「〜中の生徒による万引きが多いので父兄同伴で無いと入店禁止」
の様な張り紙をしていた。
しばらくして学校名は消してあったが、中学生全般にまで制限が広がっていた。

>>450
典型的な蛇足パターンだね。>>449で止めておけばまぁまぁだったのに

453 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 11:40:07 ID:qwsxblLp0
ここ沈みすぎじゃね?探すの苦労したよ。

454 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 12:05:12 ID:PakfoFit0
>>453
壷インスコ汁

455 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 13:35:07 ID:B0OwnD0SO
霊感ナッシングな自分の体験
夢の中で交通安全の看板に追い回される
当時消防だったが帰り道をとにかく追い掛けてくる
そしてつかまり「お前は今日呪われてるぞ、傘132本集めろ、気を付けろ」といわれる
そして翌日、チャリで飛び出し車に跳ねられる、チャリは大破したが無傷
あの交通安全の看板はなんだったんだろう

もう一つ、寝てたらかなしばりに会い何者かに抱きつかれた
明日部活あんのにうぜーと思いつつ何者かの指をかんだ
凄く冷たい指だったな、

456 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 14:48:01 ID:yxV8Ofnp0
母ちゃんに聞いた話なんだけど俺のじいちゃんが昔霊に取り憑かれたことがあったそうな。
じいちゃんがよく行く道は自殺する人や事故で死ぬ人が多い道でそこで憑かれたんだとか。
それからの爺ちゃんはなんかよくわからないことを言い出したり頻繁に墓に行きたい、墓に行きたいと言い出すようになった。
行きたがってた墓は全く家とは関係の無い人の墓なんだけど。
困った婆ちゃんとかは寺の和尚さんに見てもらったんだって。
そして御札をもらってこれを飲ませろとか言われたらしい。
水に溶かしてじいちゃんに飲ませようとしたけど嫌がって飲もうとしなかった。
だから味噌汁に溶かしてなんとか飲ませたらしい。
それで元の爺ちゃんに戻った。
爺ちゃんは今でも家で暮らしてるけど俺の周りにはこういう霊的な話が全く無いから俺が唯一話せる話かな。
うろ覚えであれだけど。

457 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 15:33:28 ID:yQOEGccXO
六年前になるんだけど近くに地元で有名な廃屋があるんだが
車の免許取り立てだった当時よく皆でそこにいった。
その時は俺が運転するワゴンで六人で廃屋へ。
運転中「うー」と言う耳鳴りのような唸り声のような音がしていて気分が悪かった。
引き返そうかなんて考えたが折角六人集まってるんだし行く事にした。
文書くのが下手だから大分省略するけど廃屋につき俺は先頭から二番目で縦一列に並んで入っていく。
何回も来ていたので慣れたもので一人が真新しいデジカメで写真をとったりしながらわいわい進んでいた。
その頃には耳鳴りは頭痛も伴い正直探索どころでない。
すると突然俺の後ろの奴が叫んだ為皆驚いてダッシュで引き返し始めた。
だが叫んだ奴がふざけているのか皆が走っているのに歩いてる。
パニックだった俺はそいつを抜かして先に出た。
少し皆に遅れて、叫んだ奴が出てくる。涙目で走りながら。
俺が「お前ふざけて歩くなよ、でも放っていってごめんな」と言うとそいつが
「いや、俺ずっと足押さえられてて走れなかったんだよ」と言った。
正直嘘だろと思ったがそいつの泣きそうな顔と頭痛で信じざるを得なかった。
とにかく帰ろうと言う事になって車の中で写真とっていた奴がデジカメでさっきとったやつ見ようと言ったが怖くて断った。
デジカメのやつの家について一息つきさっきの写真を見るとやっぱり写っていた。
何が写っていたか口にすると今だに怖いので言えないけれど
俺が始めてみた心霊写真。
はっきり写りすぎて今でも思い出してしまう。


458 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 18:05:02 ID:eKSJZaMy0
後輩が、チェーンメールが来て恐い。マジ恐いと言ってきた。
いまどきチェンメで恐いなんてどれだけ純なんだよお前、と思ってそれを見せてもらう。
以下その文面(うろ覚えでスマン)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
た〜らこ〜た〜らこ〜た〜っぷ〜り〜た〜らこ〜
た〜らこたら〜こた〜っぷりた〜らこ〜がやってく〜る
た〜らこた〜らこ〜つ〜ぶつ〜ぶた〜ら〜こ
た〜らこたら〜こつぶつぶた〜らこ〜がやってく〜る

このメールを5日以内に15人に送らないと、
1週間後にたらこがやってきます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−


こええぇぇ!!

459 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 18:05:28 ID:HY12BF/yO
今朝3時に部屋に帰って部屋でテレビをボャーと見ていたら、「ただいま〜」って女が部屋に入って来てベットに服のまんま倒れ込む様に寝た。
仕方なく服を脱がせて、身体中触りまくり一発抜いた後一緒に寝た。

朝起きたら俺の全財産と共に居なくなってました。
警察に届けて良いのかなぁ・・・・。

460 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 18:14:18 ID:ZDYjIH5TO
写真位撮っておけばよかったのに

461 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 18:19:04 ID:lQlx6a4Y0
>>458

食え!全部食え!w

462 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 18:29:32 ID:cNdsAWjgO
>>459
中出ししたの?

463 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 19:24:50 ID:dbCVMOKRO
二十歳の誕生日まであと一週間くらいって時の話。
それまで金縛りってもんを体験したことなかったんだが、あの時期何故か毎晩金縛りにあった…
自分は横向いて寝る事が多いんだが、わき腹に誰かが覆い被さっているような感じだった
感触から『絶対人だ、これ!』と思ったんだが恐ろしくて目を開けられない
多い日は一晩に三回とか金縛りにあった

そんな日が続いたが、誕生日を迎えた途端嘘みたいに無くなった
以来一度もない
なんだったんだ?



まあ一番痛かったのは 恐怖のあまり、しばらく姉に一緒に寝て貰ってた自分…二十歳になるのになw

464 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 19:26:19 ID:1DQqZQph0
>>463
一緒に寝るための、姉の策謀>金縛り

465 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 19:37:27 ID:f5nune0DO
やらないか

466 :sage:2006/09/07(木) 19:49:14 ID:dbCVMOKRO
>>464
それはそれで怖いなw
当時姉と二人で住んでたんだが、姉が夜勤なんかでいない夜はマジで寝るのが怖かった
そん時飼ってたインコ(人がカゴの前を通ると『出してくれ』と騒ぐ)が、夜中決まった時間に騒ぎ出す…当然その部屋に人はいない
てな事が頻発する時期もあった
今は一人で住んでるが、やっばなんかいんのかな…?


467 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 20:08:24 ID:eqrGyRMJO
自分、あと一週間ぐらいで二十歳になる…orz
金縛りには注意だな。

468 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 20:09:55 ID:yZVsR8q70
ご先祖様じゃねーの?

469 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 21:30:20 ID:HY12BF/yO
俺はご先祖様

470 :田舎 ◆QRFWxIoZaU :2006/09/07(木) 21:45:52 ID:K12lmOrl0
俺の通ってた小学校は集団登校が義務付けられてたんだ

六年の時、俺の班は大体7〜8人で、全部同じマンション。そこに4年生にM君ってのがいた
M君はスゲーおとなしくて、口数も少なかった。
両親も健在で、いつもニコニコしてた。
ある日、学校から帰宅し、何気に窓から外を見ると
全裸になり踊り狂うM君が居た。マジでビビったので、一瞬顔を引っ込めたんだ。


471 :田舎 ◆QRFWxIoZaU :2006/09/07(木) 21:50:38 ID:K12lmOrl0
続き

何かの間違いかと思い、もっかい顔をだす。やはりM君は踊り狂っていた。声も出さずに。
しばらく見ていると、ピタッと足を止め、駐車場の真ん中で小便をしだした。
小便をしている最中、ずっと真っ直ぐ前を見て、微動だにしない。
出し終えると、小便で出来た水溜まりの上を飛び跳ねていた。



472 :田舎 ◆QRFWxIoZaU :2006/09/07(木) 21:59:14 ID:K12lmOrl0
続き

俺は恐怖と不思議さで、その光景から目を離せずにいた。
少し離れた位置には、M君の服がきちんと畳まれ、重ねられている。
異様なまでの静けさの中、小便溜まりのぴちゃぴちゃという音だけが響く。
やがて、M君の母親が、
「Mから離れろ!離れろ!」と叫びながら走って来た。
ボロボロ泣きながら、M君を引きずっていく母親。
連れ去られながら、M君の首が、機械のような動きで、5階から見おろす俺を見た。目があった。
瞬間的に金縛りのようになり、目を反らせない。
M君はニヤリと笑い、そのまま連れ去られた。

473 :田舎 ◆QRFWxIoZaU :2006/09/07(木) 22:07:16 ID:K12lmOrl0
得も知れない恐怖で、しばらくそのまま立ち尽くす俺。
ふと我に返ると、顔を出していた窓の縁に、小さな水溜まりが出来ていた。
自覚もなく、俺は目が腫れ上がるほど涙を流していた。

親にも言えず、その日は寝られなかった。次の日は学校だ、当然M君も一緒。

次の日、M君はいつものように、うつむき加減に歩く。まるで何もなかったかのように。

あれから、俺には霊を認識出来るようになった。
が、あの時のM君に何が起こっていたのか、知る術はもうない。

以上、実話。駄文、長文スマソ

474 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 22:35:51 ID:tqN1Lh3uO
『Sと俺』
俺の友人Sはものすごく霊感が強い。
強すぎて幽霊か人間かの区別が付かない時もあるくらいだ。
逆に俺はまったく霊感がない。
そんな二人である日、
富士の樹海へと行った。
目的はこういうところに幽霊がいるのかをSに調べてもらうためだ。
少し歩くとSが立ち止まり、
一点を指差しながら言った。
「大変だ!首吊り死体だ!」
俺には見えなかった。
Sにそれを伝えると、
「幽霊なのか、実物じゃなくて良かったよ。」
そういう問題じゃないだろと言ったら、Sは笑いながら
「悪い悪い。まあよくよく考えてみたら幽霊に決まってるよな。」
ん?
「実物の死体が5、6人でみんなこっちを見ながら吊るさっているわけないもんな。」
……!?



もしみんなに気に入ってもらえたら、続編を書き込むよ。

475 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 22:41:18 ID:uJW0zdvt0
>>474
続きよろ

476 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 22:48:19 ID:8Vv2ya6s0
どうでもいい
いちいち聞きなさんな

477 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 23:14:50 ID:kQhfrKiE0
師匠シリーズの後釜を狙ってるのか・・?

478 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 00:51:12 ID:eOoVZZ6YO
10年前の夏・樹海にキャンプに生きました
(方位磁針が使える地域)
2泊3日で行ったけど見たのは枯れた花束と
木からぶら下がってて途中で切れてるロープ3本だけでした
他の仲間3人は「ブランコの音がする」
「かすかに人の声が聞こえた」
「視線を感じて寝られない」
等と言ってましたが、普通に爆睡できました

ビックリしたのは樹海の枯木が燃え易かった事かなぁ〜
一晩でテント周辺の枯木をあらかた燃やしてしまった

479 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 04:05:07 ID:d/6h8B00O
まだ高校生の頃。

うちの学校はやたら鏡が多いトコだった。
ある日、友人と喋りながら歩いてると、ふと視線を感じ、
足を止めて近くにあった備え付けの鏡を見た。

一面、緑。

何の事はない。校舎の周りにある木々の葉が映っていただけ。
でも……何か変。
もう一回凝視して……判った。
俺、映ってない!!

と、気付いた途端、
鏡の中からボフッと凄い勢いで風(?)が吹いてきたから、驚いて目を閉じた。
……目を開けたら、普通に鏡に自分の顔が映ってた。

鏡が映したくなくなるほど、そんなに、醜くはないと思うけど……orz


480 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 06:02:02 ID:pc2hoh3C0
>>479
怖くね!?
俺なんかそういうわけわかんない現象に恐怖を感じる

481 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 07:10:58 ID:PWbonYqEO
>>475>>476>>477
サンクス。後釜は狙っていないよ。あんまり恐くはないし。

『Sと俺』
霊感が強いSとまったくない俺は
近所でまあまあ有名なラーメン屋に行った。
そしてカウンターに座って少しして、
いきなりSが「帰ろう」と言いだした。
訳もわからず店を出た。
Sが言った。
「調理場に人が立っていたんだ。顔から判断すると東南アジア系かな。誰もそれに気付かないところを見るとあれは幽霊だった。」
…幽霊ぐらい場所によっていたりいなかったりするだろ、ラーメンの味に関係あるのかと聞いた。
「一人や二人じゃないんだよ!数十、いや百はいたかもしれない。
しかも何でみんな東南アジア系なのか…、それが不気味すぎて逃げたんだ!」
…一瞬そのラーメン屋の売りの『複雑で濃厚な独特のスープ』という言葉が思い浮かんだ。

482 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 07:24:40 ID:hek+1GzIO
…出汁?

483 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 09:47:16 ID:y0MWsz0t0
>>481
町のラーメン屋の調理場に100人・・・うーむ・・・

484 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 10:11:54 ID:PWbonYqEO
>>482>>483
うん、ダシ。あと百人はやりすぎた。だが後悔はしていない…。

『Sと俺』
ある日の夕方、
霊感が強いSとまったくない俺が道を歩いていた。
とある家の前を通り過ぎた後Sが言った。
「さっきの家、葬式してたじゃん。
それで何人か弔問客がいたんだが、
一人喪服じゃなく私服の中年の男が立っていたんだよ。
誰も気付いていないとこを見るとあれは幽霊だな。
故人の親友か元恋人ってとこかな。」
俺にはその中年の男は見えてたが、
葬式は見たおぼえはない。

485 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 12:07:13 ID:e/Xc8Tbn0
先日、上京してる幼馴染みKと一緒に故郷に帰ったとき。
俺たちの住む地区から歩いて15分ほどの地区にいる友達が
「今日、祭りだから来いよ。てか神輿担いで。人足りなくてさー」
なんて電話してきた。久しぶりに会えるし、承諾して、夜Kと
そいつの地区へ向かった。7時くらいだったのであたりはそれなりに
暗かった。そのとき、Kが「うわ」と小さく声をあげた。
「あそこ、人がいっぱいいる」Kが言うとおり、道の離れたところに
ある外灯が辛うじて照らせる範囲に、数十人ほどの人影があった。
近付くと、何かを担いでいるのが見えた。神輿かと思って目をこらしたが
友達の姿も知っている人の姿もない。違う地区の神輿だと判断して
通り過ぎた。集会場に着くと、ちょうど友達が神輿を担ぐ準備をしていた。
「ここに来るとき違う地区の神輿に会った」と友達に言うと、近くにいた
オッサンが「今日祭りやるのはうちの地区だけだぞ?」と口を挟む。
そのとき、言葉少なくなっていたKが俺の腕を掴んだ。
「あれ、神輿じゃないだろ。だいたい、提灯に明かりも灯さず祭りするか?
でかい、丸い桶みたいなの担いでた」
俺は人の方ばかり見ていて担がれた物体は注視していなかったのだが、
Kが言うには、昔の棺桶のようなものだったらしい。
俺達が何の行列に出くわしたのか、いまだに謎。

486 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 13:36:05 ID:y0hoErRlO
>>484
そのSって子は霊感があるって言って周りの気を引きたいってだけじゃ?
リストカッターとか邪気眼ぽい。

487 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 14:27:47 ID:d/6h8B00O
>>480

本人的には「怖い」より寧ろ、
「何で!?」
のが強かった。
見きれてく(?)友人は映ってんのに、ど真ん中の俺は映ってないんだから。

誰か似たような事経験した事ないか?


488 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 17:52:48 ID:dPAiRkh70
>>484
怖くはないけど単純におもしろかった。
オチがあって。

489 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 22:04:34 ID:PWbonYqEO
『俺とS』
霊感が強いSとまったくない俺は
ある日、
この前とは違う近所のラーメン屋に行った。
やっぱりトンコツを使うから豚の幽霊がいるか
っとSに聞くと、
「豚の幽霊はいないが、
さっきからゴキブリの幽霊がそこらを何匹もうろついている。
やはりこういうところだとたくさんゴキブリが殺されているんだろうなー。」
…すまん、俺にも見えている。

490 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 23:23:54 ID:v+PiV0hX0
見えるんじゃなくて、変な電波出してる子じゃね?


491 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 00:14:30 ID:zjDuxeOJ0
>>429
最後の「しね!」があるせいで萎えた。台無し

492 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 00:26:44 ID:yPgBJxwf0
バックへのミドルパスだね。そういう突っ込みは早いうちにやっとかないと・・

493 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 00:28:19 ID:j28lOiip0
『俺とS』シリーズは洒落怖に行くと歓迎されると思うのだがどうだろう?
師匠シリーズも洒落怖であれだけのファンをつけたんだ。

494 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 00:31:15 ID:+BhbUZAn0
>>489
このスレに合ってて漏れは好きだな。
続きよろ。

495 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 02:10:22 ID:4xscvcER0
向こうだと叩かれるな。たぶん

496 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 03:58:36 ID:qqoNqANg0
洒落怖はスレを追っかけるものじゃない
まとめサイトを読むものだ、と思っている。

向こうの雰囲気が好きなら書き込むのもアリだろうけど。

497 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 06:46:12 ID:voy24ZQA0
見えない俺がSの解説を聞いてハイおしまい、ってパターンで早くも秋田
きっと君にぴったりのスレがどこかにあるはずさ!

498 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 07:39:14 ID:+pNqzWKX0
そういうなら、このスレに合った話って奴を聞かせてくれ

499 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 08:02:55 ID:u7lfRRYs0
せっかく書いてくれてんだから、あんまり文句言いなさんな
嫌ならスルーすりゃいいんだし


500 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 08:06:38 ID:s+Y+hz9zO
500GET

501 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 08:14:43 ID:Lk9yJYtl0
何事の置いても、自分本位で、スルー出来ない方が居るのがオカルトだ・・・
ストレス溜まらんのか?

502 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 08:23:54 ID:aFI4T1SMO
インターネッツ匿名掲示板でストレスなんぞ溜まらんだろ
ひねくれたレスを額面通り受け取ったらいかんよ

503 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 08:38:40 ID:IPBR+kmZ0
匿名掲示板って言葉使う人って最近インターネット始めた人なの?
「匿名掲示板」って初心者臭がただよってるよね

504 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 08:47:30 ID:mYylA5Zb0
こういう言葉一つに過剰に反応するのが初心者だろう

505 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 08:49:54 ID:aFI4T1SMO
フフ

506 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 13:50:11 ID:lQQxH4R10
(´・∀・`)ヘヘヘ

507 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 13:55:41 ID:neZQROgU0
(。∀゜)アヒャヒャヒャハハヒャ

508 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 15:46:50 ID:BNkFwf0A0
 
        ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ      
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)     
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /|^| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|     ノ     | |  |   \| |             |
ヽ    /     `ー'´     | |            |
 |    |   l||l 从人 l||l   | |     VAIO     |
 ヽ    ---一ー_~、⌒)、⌒)^),|_|              |
  ヽ _____,ノ|____|_|____________|


509 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 17:04:37 ID:TIP+NYWoO
別に霊とかじゃないがつい先週目の前で人が跳ねられた
状況はこんな感じ
俺は電車通学で家から駅まで自転車を使ってる
帰宅しようと駅から出て駐輪場に
するといつもの場所に自転車がなく盗まれたと思い徒歩で帰る事に
しばらく歩いていると後ろからブレーキ音がした
何かと振り返るとドンっと言う音と共に人が飛んだ
地面に落ちて1回半は回転した様に見えた
自分は状況が理解できなかった
跳ねられた人は動かないし頭部から出血してるみたいだった
運転手が出てきて駆け寄って何か言ってるみたいだった
自分は怖くなって逃げるように帰ろうとして前を見ると自分の自転車があったから
乗り捨てられてたんだと思って乗って帰った
家に帰って地方ニュースを見てると事故の話をしてた
案の定被害者は死んでた


510 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 17:07:54 ID:neZQROgU0
>>509それは大変でしたね
でもすれ違いなので

目の前で見た人の死の瞬間教えてください9die
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1154191500/

でお願いします

511 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 17:11:36 ID:TIP+NYWoO
あぁスレ違いだと思うが
その道路で1ヶ月に1回は事故起きてるんだよな
見通しのいい直線なのにな
中央分離帯乗り越えて正面衝突とかな
なんか居るんかね?

512 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 20:08:26 ID:+BhbUZAn0
そういう場所ってあるよね。

513 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 20:13:41 ID:tEjhT/PQ0
場所書いて。近寄らんようにするから。

514 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 20:17:59 ID:TIP+NYWoO
岡山なら書くよ

515 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 21:23:46 ID:yPgBJxwf0
うーん、先ほどの「俺S」さんとも若干内容がだぶるし、話の背景がちょっとヤバいとこもあるんだけど、書いてみても良いでしょうか?

516 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 21:36:48 ID:qdDPizu6O
黙って書き込みなさい。

517 :515-1:2006/09/09(土) 22:06:29 ID:yPgBJxwf0
>>516ありがとう。背中を押されたので書き込んでみます。

僕の家からそんなに離れていない場所に、動物の皮をなめして太鼓や三味線を製作したり、剥製なども手懸けることを生業とする
方々の工房が十数件ばかり密集している地域があります(予め申し上げておきますが、いわゆる「差○階級層」の人たちじゃありません。
皆さん現在では一般人と何ら変わりのない生活を送っている人々です)。
太鼓なんかは牛の革がよく用いられますが、三味線の素材には今も昔も犬や猫(しかも体重2`くらいまでの若年モノ)が重宝がられている
みたいですね。
国内の動物愛護意識がある程度向上した今でこそ、素材は予め加工されている輸入物に頼るお店が殆どなのですが、そうした観念の
希薄だった高度成長期以前は、近所で飼われていた犬や猫を失敬してちゃっかり材料にしてしまう…といった荒技もその町近辺では半ば
公然と行われていたそうです。

かつてこの界隈では、別に石に躓いた訳でも無いのにいきなり足許がよろめいたり、足がじわりと重くなったりする歩行者が続出しておりました。
僕も高校の頃、通学路の途中でもあったためにほぼ毎日その一帯の歩道を通っておりましたが、確かに毎回とはいかないまでも、踝に何かが
まとわりついているような感覚に陥ってしまい歩みが鈍った覚えがあります。不思議なことに、その町を抜けるとそうした妙な感覚は嘘のように
消えてしまいましたが・・・。

518 :515-2:2006/09/09(土) 22:09:10 ID:yPgBJxwf0
で、一度「そっち方面のセンス」が敏鋭な友人と一緒にこの近辺を歩いた時のこと。例の感覚に襲われるや否や、その友人が
私の足許を凝視してこう呟きました。
「歩きにくいだろ。だって今、お前の足にたくさんの犬猫がじゃれついてるんだよ・・・」

(((( ;゚Д゚)))状態の僕を尻目に、お寺さんの息子でもある彼は涼しい顔で言いました。
「ただ寂しがってるだけだ、悪さとかはしないから安心しな。けどどうしても気になるんなら、今度からシューズに粗塩でも
振りかけといた方がいいね。そうすりゃ少しはマシに歩けるよ。しかしこの仔たちもよっぽど人間が恋しいんだろうなあ、
遠い昔にその人間の手で命を絶たれたってのにさ・・・」

2chでこの手のカキコをすれば、そういった生業の人間の出自はどーたらこーたら・・・という妙な話になりがちですけど、
僕自身はこうした職業の人たちを揶揄する気持ちは全くありません。前述の通り今では真っ当な手段で原材料を仕入れて
いる方々ですし、何よりも彼らは立派な特殊技能職者なのですから。


以上です。駄文、失礼しました。

519 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 22:11:26 ID:IPBR+kmZ0
質量を持った呪い・・・!

520 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 22:13:50 ID:6kUlUu4CO
なんか その子達健気でカワイソス。°・(>_<)・°。
てか 職人達呪われろ

521 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 22:21:09 ID:+fHCXV+Q0
感情論でしか物事を捉えられない>>520こそ呪われろ。
……と思う。

522 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 22:59:40 ID:FaCG11Ia0
俺とSシリーズの落ちは
俺が実は幽霊だったというところに落ち着くはずだ。

523 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 23:20:36 ID:DQ/5igH30
読んだら洗脳されるぶんしょうってあるんですか?


524 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 23:44:55 ID:ESEgRY/B0
数時間前の話。

母が帰宅した時、庭のほうに誰かがいたらしい。
出窓の向こうに隠れていて顔は見えなかったが
若い女性で、ミニスカに素足に裸足だったらしい。

怖くなったんで弟を呼んでもう一度見たら
誰もいなくなっていたらしい

見間違いでは?と思いつつ
普段鍵とかきちんとかけてないし、
夜になってもカーテン閉めてなかったし(周り、塀と看板のおかげで
わざわざ奥に入ってこない限りのぞかれることもない)
防犯の面で心配になってきた((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル

裸足だったというのも頭のおかしい人?って感じだし
幽霊より生きている人間だったほうがよっぽど((((((;゚Д゚))))))

しかし弟は、こんなことがあっても泥棒に入られることはないと
鍵閉めちゃんとしようという気にはならんらしい

525 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 00:22:04 ID:qm4DoHgN0
>>521
感情は人間の一番強い脳の働きだよ。>>520は思ったことを言っただけだ。
だがどちらも”呪い”は無闇に言葉にしないほうがいい。結局は自分に還ってくる物だから。


526 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 00:47:37 ID:hb9YBXDi0
ええいっ呪い返し!

527 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 01:05:20 ID:5IJxDQBfO
アニおたキモい

528 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 02:33:46 ID:8mJQauHAO
>>514
513じゃないんですが教えて欲しいです。
岡山なんで…

529 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 10:54:21 ID:2jXRUhQbO
>>528
植松駅から高速の入口位まで片側2車線の道路
なんかこの前も事故あったみたいだね
軽四が中央分離帯乗り越えて大型トラックに正面衝突
軽四の助手席に座ってた女性が亡くなったそうだよ

530 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 11:45:34 ID:zrH94FSvO
『Sと俺』を作った者だが。
たしかに1パターンなのはすまん、できるだけ改善したい。
っと言っても俺には師匠シリーズの人ほどの文才は無いので時間はかかるだろうが。

『Sと俺』
飲み会の帰り、
霊感が強いSとまったくない俺は、
とある神社の中を近道していた。
するとコーン、コーンっと音がする。
Sとその音がする方へと向かうと、
一人の女性が丑の刻参りをしていた。
今夜は月が明るいのでその姿はよく見えた。
知らない女の人の写真が貼ってあるワラ人形に「死ね、死ね」と叫びながら釘を打ち込んでいた。
俺たちはびびって逃げ出した。
神社からある程度離れたところで一息つくと、
Sがこう言った。
「あの女…やべ〜。」
そりゃあ今時丑の刻参りなんかやってりゃあ…。
「違うよ、あの丑の刻参りをしていた女の背中に何人もの別の女が丑の刻参りみたいに釘を打ち込んでいたんだよ。
自分が恨んでいる数倍恨まれているんだよ、しかも死人に!」


531 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 12:11:51 ID:hUek2KpfO
お前の行くべき板を探してあげたい

532 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 12:19:58 ID:UpKvX6bD0
同人板に行ったらいいと思う

533 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 14:26:43 ID:XGs8uD84O
創作文芸に行け

534 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 15:23:29 ID:qKrRFrvFO
創作文芸はなかなかの辛口だから
スキルを上げるにはちょうどいいかもな

535 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 15:44:39 ID:mYH22TtG0
創文板は、作家志望が他の作家志望を叩き、足をひっぱりあう、
ある種の地獄みたいなもんだぞ?w
ま、地獄とオカルトは相性がいいから、少し勉強してきてもいいかもなw

536 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 16:08:22 ID:1bq5K4yz0
>530
生活版で発見。何がしたいんだ。
日常生活で体験した不思議なこと 四回目
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1147858751/

 730 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2006/09/10(日) 15:40:19 ID:PJNhahI7
 飲み会の帰り、
 霊感が強いSとまったくない俺は、
 とある神社の中を近道していた。
 するとコーン、コーンっと音がする。

 以下略

537 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 17:16:19 ID:zrH94FSvO
『Sと俺』を作った者だが。
すまん、たしかにつまらないな。
だからもう辞める。
ただ俺は生活板に書き込んだおぼえはないぞ、
本当に。

538 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 18:30:29 ID:R0J+sQrc0
気にしなさんな
自分でネタ投下もしないくせに、文句しか言えないヤツラさ・・・。


539 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 18:54:49 ID:0J8ytc4kO
この程度の叩かれ方で辞めるんなら始めから書くなよ


次期待してるよ!

540 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 19:11:04 ID:m8Ms8eFk0
>>537
オレも結構好きやぞ。今後も期待!

541 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 19:17:33 ID:DCgIOlpoO
と言うか、まだ叩きにすら至ってない様な気もするんだけど・・・。
修業を終えたらまたおいで。おまいはやれば出来る子だ!

542 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 19:20:09 ID:wI/1ZJHW0
>>537
ほんのり怖いからOKじゃん。
気にせず次よろ(*^ー゚)b グッジョブ!!

543 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 19:26:59 ID:vCY/417f0
ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/homealone/1109491883/

鎌倉付近でひとり暮らしを考えていたんだが、
↑のスレの897見てめちゃ怖くなった。
鎌倉が舞台の恐怖話って多いよね…?

544 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 19:38:53 ID:s6GadJz10
>>543
何かあったらこちらまで

一人暮らしの怖い話・・・Replay
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1154087622/

545 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 20:16:20 ID:8mJQauHAO
528です
>>529
即レスありがとうございました。
どう見ても通勤路の一部です本当に(ry
orz

546 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 21:49:58 ID:ged4XePm0
友人に見える人が2人いる。
数年前、そいつら+私+他1名 で、4対4のコンパに行った。
店に入ってちょっとして、うわぁ、って思った。冷房効きすぎ。寒い。
一応長袖持って行ってて羽織ったけど、歯の根が合わないくらい寒い。
ついにお腹がグルグル鳴り始めて…音ありでおならをしてしまったorz

次の瞬間、寒さが和らいだ。

寒さが和らいだというより、ハズカシさで全身が熱いんだなと思っていたが、後から聞かされてびっくり。
実は席の周りをぐるりと囲まれていたらしい。
が、私のおならで一気にそれらの気配が消し飛んだんだと。
放屁直後、テーブルの下でやたら親指を立ててGJ!してきたのはそういうことだったのか。

でもね、キミタチ以外みんな見えていないから、私ただのへコキ女になっちゃったよ…

547 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 22:01:37 ID:NS9+wuUJ0
>>546
や〜い屁コキ女

と、言うのは冗談で予想外の出来事にさすがの人外もビックリして退散って事か
ある意味びっくりするほどユートピアだな GJ!!でした。


548 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 22:02:22 ID:2jXRUhQbO
>>545
うはwwww通勤路でしたかwww
まぁ気をつけて下さいね
あの範囲で少なくとも2人は亡くなってますから

549 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 22:06:24 ID:2jXRUhQbO
失礼3人だったね

550 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 22:12:34 ID:oidQ7+rK0
>>546
というか、合コン(だよね?)の席なら、
そういうのはトイレでしようよ。。。

あなたの、男4人の前でできる度胸に惚れ惚れします。

551 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 22:13:47 ID:/cB8kpaA0
【社会】2chにグロ画像を投稿、殺人で逮捕★12
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news7/1157806804/

 大手掲示板、2ちゃんねるにグロ画像のアドレスの投稿者を殺人容疑で逮捕。

 6日午前10時23分、石川県金沢市に住む、中村太郎さん(19)が自室で心臓麻痺が原因で死亡しているのが発見された。

 調べによると、中村さんは大手掲示板の2ちゃんねるを閲覧しながらマスターベーションを行っている最中に、同掲示板に投稿されていたグロ画像へのアドレスををを誤って開き、それを見てショック死した模様。

 中村さんは元々心臓が弱く月2回病院に通院しており、今回のショック死はマスターベーション中に興奮して心臓に負担が掛かっているところに、グロ画像を見てしまい心臓に負担が掛かりすぎたのが死因となった。

 この事件を事故ではなく殺人事件だと主張する遺族の訴えを受け、石川県金沢中署はグロ画像のアドレスの投稿者を無差別殺人の容疑者として捜査を開始し8日午後10時42分、

山口県下関市に住む男性(26)を殺人容疑で逮捕した。

 逮捕された男性は「遊び半分でやった。まさか人が死ぬとは思わなかった。」と、殺意を否定している。

552 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 22:41:23 ID:5IJxDQBfO
>>550
わざとしたとは書いてないようだし、わざと屁をしたのだと決めて書き込みを
するあなたは臭いお。

553 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 22:42:04 ID:ged4XePm0
>550
カバン持って、席を立とうと足に力を入れた瞬間、括約筋が緩んで出ちまったんだい!   orz

つーか、マジ今まで体験したことのない急降下だった
そこまで苦しかったのに、出ちゃった後、グルグルも止んだし下痢もしなかったんだよね…

554 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 22:46:30 ID:i/K+KyAV0
霊は臭いものが嫌いだからね。あなたはえらい。
霊が近寄ってくるのを阻止する一番の手段は「屁」です。
ですから、朝から晩まで至る所で「プップップッップ」オナラをしていれば
呼ばれることはないです。合掌。

555 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 23:36:53 ID:IL2PwKbj0
6、7年前の会社の寮での話

寮の2階には空き部屋があった
ある暑い夏の夜、同僚と2人でそこの板の間に寝ることにした
同僚は入ってすぐのリビング、俺は奥の洋室にした

うとうとし始めたら金縛りにあい、声も出せず目も開けられずにもがいていた
すると複数の小さい手が俺の体を撫で始めた
見えないけどそういう感覚があった
頭から足先までナデナデナデナデ・・・・・

恐怖のどん底になって必死に逃げようとも体が言うことを利かない
ほんの2、3分のことだったと思うがすごく長く感じた
やっとの思いで金縛りから開放されて同僚をたたき起こした

「つい今しがた金縛りにあった!小さい手がいっぱい俺の体を触ってきたよ!」
血相を変えてしゃべる俺に言った同僚の言葉がさらに恐怖に陥れた
「ああ、さっきリビングから洋間のほうへ子供が走る足音がしたけどそれやったんやな」
「!!!!!!!」
「なんか苦しそうにしてたから大丈夫かーって声かけようとしたけど全然体が動かんかった
あれが金縛りっちゅうやつか。初めて経験したわ」

ここは出る!!!
すぐに自分の部屋に戻りました
その部屋では2度と寝てません

556 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 01:34:44 ID:USo0Zfou0
冬、予備校の帰りがかなり遅くなり、誰もいない夜道を歩いていた。
前方に赤いランドセルの小さい女の子が歩いてた。
なんでこんな時間に一人歩いてるんだろうと思い近づいたら、
「きーらーきーらーひーかーるー・・・♪」
と、その子が口ずさんでいるのが聞こえた。手には金の折り紙で作った星を持っていた。
かなり気味が悪いので、私はその子を追いぬいた。
後ろでエンドレスで「きらきらぼし」を歌い続けているのが聞こえていたが
ある時ふっとその歌が止んだ。
と思ったら突然ダダダダダっ!と全速力でこちらに走ってくる音が聞こえた。
その子は私に追いつくや横でぴたっと止まり、「ねえ」と言った。
内心くぁwせdrftgyふじこlp;っていた私だが、なにも答えられず前を見て歩くしか無かった。
そしてまた「きーらーきーらー・・・」と
歌いながら、私と並んで歩き続けた・・・。


あの子幽霊だったんだろうか。幽霊じゃなかったら、おうちまで送ってあげればよかったなあ。
なんかわかんないけど怖過ぎてなにも対応できなかった・・・。

557 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 01:39:40 ID:E8SgYDlO0
並んで歩き続けて、最後はどうやって別れたの?

558 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 01:41:34 ID:USo0Zfou0
10メートルくらいかな、並んで一緒に歩いたんだけど
こわいから途中でわたしが横道に曲がったの。
その子はそのままずーっと歌いながら、まっすぐ歩いていったよ。

559 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 01:48:58 ID:ycio+Lvy0
>>554
だから、それをすると生きてる人も寄って来なくなるとあんなに…

560 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 05:30:58 ID:pOco5JB00
すごい雷&すごい雨・・・それなのに、外はすごく明るいんだよぉ〜
現在夜勤中・・・一人ぼっちでおっかないよぉ(T T)

561 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 05:49:27 ID:Ujqyc/t80
>>560さんの空模様のお話で、このあいだ祖母が亡くなった時のことを思い出しました。
文章能力かなり低いんですけど書かせて頂きます。

その日は学校に居たんですけど、お昼前から空模様がおかしかったんです。
快晴だったのに、いきなり暗くなって・・・それでも雨が来そうな暗さじゃなく
妙にオレンジと灰色の混ざったような色で、友人達と「こんな空、見たことないよねぇ」
とか言いながら結構「テポドン?」とか心配してました。

お昼過ぎに教務室に呼び出されて、祖母が亡くなった事をしらされ帰宅しました。
そしたら、空模様がおかしくなったのは祖母が息を引き取った頃で・・・
もちろん、祖母が空模様を変えて死を知らせたなんて何となく誇大妄想的な感じもしますが、
偶然とは考えられなくて・・・

562 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 07:56:02 ID:/wQ7Zb0u0
動物大好きで昔 大手ペットショップで働いていたときの話
朝晩で一人鍵を開けると暗がりでさっと動く陰があって
どきどきしながらみるとフェレットが脱走していた
なんだぁ しょうがないなぁと捕まえると

口が赤い
はっとして確認したら

うさぎが三匹まっぷたつになってて
何匹もいたハムスターが”一つ”になってた

その月でお店やめました

563 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 08:18:06 ID:Ng1Vtp6P0
>>562 解り難いわ。再説明して。

564 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 08:40:30 ID:e7GG0VzQO
ペットはペットである以前に「野生動物」なんだぜ!という
ガキでも知ってる事実にようやく気付き
己の思慮の浅さを心から恥じ、義務教育を受け直すため退職

三行にまとめるとこんな感じ

565 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 08:42:18 ID:+sv9Lg7V0
フェレがうさたんをちょんぎり
ハムたんをぐちゃぐちゃにした

てことじゃない?

どうでもいいけどうさたんは一匹じゃなくて一羽二羽と数えよう。

566 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 09:20:05 ID:vYr0vi440
>>565
>一匹じゃなくて一羽二羽と・・・
突込み所はそこかい?wwwww

567 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 09:51:58 ID:7+6XSFdJO
フェレットたん…。
必要な量だけ狩ればいいのに、
コーフンして狩りを楽しんじゃったのね…(´・ω・`)

568 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 11:36:43 ID:BQn9lLxl0
まっぷたつって・・・・縦切り?

フェレットすげぇぇぇw

569 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 12:55:05 ID:qrpj7yyQO
>>567
っていうか、溜め込んどこうと思ったんじゃないか?
飼育係が飯やってないとかで飢えてた悪寒

570 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 13:32:24 ID:la+ql/t+0
フェレットって肉食だったんだ
かわいいかおして

571 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 13:42:20 ID:l0s/LdOd0
ガンバの冒険見たことある人なら凶暴な生き物だってわかるよ
フェレットもイタチじゃん

572 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 14:14:30 ID:pgzjZrsB0

・今年51歳の中年男性
・身長178センチ
・痩せ型
・年齢の割りにフサフサ頭髪
・男子校出身
・美形ではないが親しみやすい顔(小学校の黄色い帽子が似合う童顔)

こんなスペックの父が年一程度で痴漢に遭うことが怖い。


573 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 14:44:25 ID:WtbeBZZs0
>>572
この世は絶対なにか間違っている。

574 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 15:59:47 ID:pZTcIE3/0
>>フェレット
妹が実家で大きいインコを飼っている。
で色々と飼育手引書を持っていて教えてもらったのだが、

フェレットは他のペットといっしょに飼ってはいけない

そうな。子犬なんかじゃ相手にならず、羽を広げると1mクラスの鳥類でもやばいそうで・・・
あいつ可愛いのになぁ・・・ガクブル

575 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 17:02:22 ID:I2wXfwoe0
・今年51歳の中年男性
・小学校の黄色い帽子が似合う童顔
この二つが気に成る・・・何となく。

576 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 17:21:11 ID:xItx+atq0
>>574
以前、どこかのスレにあったな。

室内用小型犬とフェレットを部屋に残して外出。
帰ってきたら犬が真っ赤になって倒れている。

ちょうどフェレットが犬の腸を食っていたところだった、とさ。

577 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 18:11:39 ID:5oiUkXOS0
気のせいだと思うんだけど・・・
洒落怖過去ログ倉庫で「お つ か れ」見てなんとなく思い出した。
自分>>76なんだけど、丁度体調が悪くなりだした頃から、
開いたペットボトルに水入れる→飲む→カラになったら洗ってまた水入れる→飲む を繰り返してる。
夜飲み残すと蓋開けっ放しなことがほとんど。
小さい頃親に「神様の水(なんか名前あったけど忘れた)以外は飲みきらなきゃだめ」って言われてたけど、
一人暮らしでずぼらになってて忘れたんだと思う。
なんでだめとか聞いたことなかったや。集まるのかな、やっぱり。
水溜めとくのやめよ・・・んで久々に神様の水貰ってこよ・・・

578 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 18:42:10 ID:tduTtvC40
>>577
飲みさしのペットボトルなんて誰でも普通にやってる。しかし変調など起こらない。
喪前が自分で書いているように気のせいだ。
じゃなかったら冷蔵庫に入れてなくて水が変質してるだけ。
もしくは洗いが足りなくて雑菌が繁殖してるだけ。

579 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 18:46:00 ID:DMxKedSj0
去年の夏、友達と東京近郊のプールに遊びに行ったんだけど、
そのとき超怖い体験をした。

なんだっけ?今どきどこのプールにも、大きいチューブみたいなやつで、
最後にプールに飛び込む滑り台みたいなやつがあるじゃん。
俺もそれで滑ろうと思って行列に並んでて、次が自分の番だと思ってしゃがんだら、
突然下のほうからギャーって言う叫び声が聞こえたんだ。
一体どうしたのかと思って下を見たら、膣から肛門にかけてパッカリ切れて、
そこから白い液がダラダラ出てる女の人がのたうち回ってた。
結局、その女の人は妊娠しちゃったらしい。

後で聞いたんだけど滑り台の出口あたりに下からペ○スが刺さって1cmくらい突き出てたらしい。
もし自分が先に滑っていたらと思うと今でもぞっとするよ・・・


580 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 18:53:46 ID:aN5UstslO
やらないか

581 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 19:58:51 ID:4MQAisS70
>>579
なんだかシュールだ。

582 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 20:00:35 ID:w7KR9NZL0
そんなの嘘だ思っていても胸と股間が膨らむ

583 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 20:28:00 ID:o5C1qw4c0
膣に刺さる前に足で思いきり蹴っ飛ばされそうw

584 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 22:19:17 ID:ttkWeBEa0
漏れ去年の夏、東京の友達の家に遊びに行ったとき、近くのプールに行ったんだ。
そこにはウォータースライダーがあって滑ったら出口付近で何かが挿さったんだ。
あれはいったい((((;゚Д゚)))ガクブル

585 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 22:55:27 ID:0UCcrLfg0
>>579
めっちゃマルチだなwどこに行っても見かけるぞ。
いいこと思いついた、とか思ってるんだろうなぁ・・・・

ほんのり

586 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 23:45:15 ID:JaY2kLwC0
http://sakura01.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1155738734/385

こんなスレにも恐怖は潜んでいた


587 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 15:33:56 ID:i0KKTNLw0
>160
ちょっと聞きたいんだけど。
もしかしてK病院に入院してた人?3年前の5月くらいだったか
記憶が曖昧だけど。


588 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 16:04:29 ID:4oCGGXp10
大阪人の特徴             朝鮮人の特徴
・あつかましい            ・あつかましい
・顔がでかい            ・顔がでかい
・感情の起伏が激しい       ・感情の起伏が激しい
・金に汚い               ・金に汚い
・暴力的                ・暴力的
・声が大きい              ・声が大きい
・地元に異常な誇りを持っている  ・自国に異常な誇りを持っている
・東京をライバル視している     ・日本をライバル視している
・東京の情の薄さを軽蔑する     ・日本の情の薄さを軽蔑する
・歩く速度が速い          ・歩く速度が速い
・派手好き、化粧が厚い       ・派手好き、化粧が厚い
・生まれつきヤクザ的性質を持ってる ・生まれつきヤクザ的性質を持ってる

589 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 16:45:15 ID:cS0o9i+g0
246 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2006/08/14(月) 21:57:01 ID:V7u0OIpk0
>>239

 紀子様の子供は男の子。名前は…、そうだな、悠仁様かな。。。
 名前のほうはちょっと自信ナイ。

590 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 16:55:54 ID:U48OWKWz0
なぁ、ウソだろ?
ネタだと言ってくれ…((゚Д゚;))

591 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 17:19:51 ID:GaWL/3xw0
神か神が出たのか
元スレどこ?

592 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 17:31:36 ID:Akl9x+ES0
174 名前:名無シネマさん :01/09/11 17:17 ID:gZsL0PH.
今夜、映画なんかよりもっと面白いことが起こるよ。
お楽しみに・・・(ワラ

175 名前:名無シネマさん :01/09/11 17:20 ID:bda779K6
>174
なになにおせーておせーて!!

176 名前:名無シネマさん :01/09/11 17:21 ID:gZsL0PH.
>175
ビル、飛行機とだけ言っておくよ・・・(ワラ

593 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 21:49:29 ID:ahs/dtpN0
>>590
ID検索したけど、そのIDでオカ板のレスはなかった。
ネタケテーイ!!


594 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 23:43:53 ID:t7wjH3J/0
>>589
それ、釣り。
初出は多分、これ。

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1158043675/288

288 :名無しさん@6周年:2006/09/12(火) 15:51:02 ID:yBT0gidP0
こんな書き込みがあった。

246 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/08/14(月) 21:57:01 ID:V7u0OIpk0
>>239

 紀子様の子供は男の子。名前は…、そうだな、悠仁様かな。。。
 名前のほうはちょっと自信ナイ。



595 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 02:52:44 ID:BVTxY5UW0
先日、友人とラーメンを食べに行った。
深夜3時まで営業している店を知っていたので、早速友達の車で
その店へ向かった。着いたのは深夜2時頃。
早速入ろうとドアを引いたが動かない。古い店なので自動ドア
ではなく手動の引きドアだったのだが、びくともしない。
「何してるんだよ」と友達が引いた。しかし、全く動かない。
二人で引いてみるが駄目だった。店の明かりは付いているのに。
「すみませーん」とドアを叩いたが反応がない。




596 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 02:53:25 ID:BVTxY5UW0
そのとき、友達が咄嗟に裏側に回って窓を覗いた。
俺も後を付いて行こうと思ったが、友達が「もう行こう」という。
「どうした?」と聞くが、足早に車に向かう友達。
そのときだった。携帯電話が鳴ったのでビックリしたが、一瞬で
切れた。携帯を見ると知らない番号から着信があった。こんな時
間にワン切り業者も大変だなと何気なく店の看板を見ると、さっ
きかかってきた番号と同じ番号が看板に書かれていた。
なぜ店から俺の携帯に?背筋がさーっとなるのがわかった。
俺はその場にいるのが嫌で車に飛び乗った。
しかし、車の中で友達は一言も話そうとしない。
何気なく友達の携帯を見たら、不在着信ありになっていた。
俺は何故か友達の携帯を開いて着信履歴を見てしまった。
すると、俺の携帯に着信があった同じ時間に同じ番号から
電話がかかっていた。
「おい!」と友達に話そうとしたら、友達は青白い顔で汗を
かいていた。「おまえ、さっき窓からなにを見た?」と俺が
問い詰めると「知らないほうが良い」と呟いた。
俺は友達の青ざめた顔を見て恐くなり、それ以上聞くのをや
めた。

次の日、ほかの友達と会ったのでラーメン屋の話をしたら、
「どこの店だ?」と聞いて来るので場所と店の名前を言った
ら笑いながら彼はこう言った

「オマエ嘘付くの下手だな。そこの店前に潰れて今は空き地だよ。」

597 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 03:07:35 ID:nqPlMs2p0
>>596
ほんのりじゃねぇよ!

598 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 03:15:13 ID:Ze3Bqemp0
>>596
友達は何をみたんだよおおおお

599 :596:2006/09/13(水) 03:30:43 ID:BVTxY5UW0
それから友達は鬱病みたいになってる。
ほかの人間に言っても信じてくれないし、俺自身夢を見ていた気もする。
今はきっと夢だったんだと脳内で補完したけど、あれから胃の調子が悪い
のでスッキリしたくてここに書き込もうと決意した。
もしかしたら、俺が行った店は潰れていなかったのかも知れないが、恐く
てあれから近づいていない。
あと、携帯の着信履歴が残っていなかったから本当に夢だったのかも。
それか、鬱病の友達が助けてくれと俺に夢で訴えたのかも知れない。

600 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 03:47:39 ID:h6ThyTpmO
架空の怪奇現象でっち上げてオカ板の奴ら釣ろうぜwwww
http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1158082622/




601 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 08:52:25 ID:Kh97BEixO
高校の時の修学旅行の日、朝早いから母さんに車で送ってもらった
森ん中に池に面する小さい坂道がある
池の上は墓だし、すぐ側に神社が2つもあって、夜とかチャリで帰ると結構怖いんだが
車の外見てると一輪車に乗りながら爆笑してるやつがいた
一月の朝四時に、しかも車の窓しめてんのに爆笑が聞こえてくる
母さんは頭のおかしい人じゃない?ってスルーしてたけど
結構急な坂なのに一輪車こげるなんて凄い脚力だ、あれは一体なんだったんだろう

602 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 08:59:26 ID:LDVwFFMbO
ん?
一輪車に乗って爆笑してる人じゃね?

603 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 10:09:17 ID:NTlzz6KtO
へー、いろんな職業があるんだな

604 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 13:17:16 ID:ugadv45gO
携帯からですが
恐いというより不思議な話

オレが19の時の話なんで7年前なんですが
彼女をバイクの後ろに乗せて実家のある仙台に帰ったのですが
行きは無泊で行きました
彼女と自分、どちらもバイトが3日しか休みがとれず実家に2泊したのですが
3日目の帰る日が大雪でした
5M先がやっと見えるくらいひどい雪でしたが
バイトがあるので無理矢理帰ることにしました

徐行〜30km/h程度で両足を下ろして恐る恐る進んでたのですが
(降り始め〜積もってる最中だったので凍ってなく走行は可能だった)
案の定、宮城県と福島県のちょうど県境あたりで転んでしまいました

605 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 13:24:07 ID:ugadv45gO
緩やかな左のカーブで後ろには大型のダンプカーが走っていました

バイクは対向車線に滑っていき自分と彼女は道路に放り投げられました

肘、膝に貼るカイロをしていたのと路面が雪だったのとで奇跡的に二人とも無傷でした
対向車もたまたま居なくて後ろのダンプは「危ないな」とでも思ってたのでしょう
車間距離を多めにとってくれてた様です

結局ムリと判断し近くのラブホテルへ泊まることに

ここまで長い状況説明でした

606 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 13:26:12 ID:fl3QGd570
立って北

607 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 13:32:15 ID:ugadv45gO
あとになってその事を思い出すと、どうしても辻褄があわない事があります

彼女と泊まったホテルの記憶がふたつあるのです

ひとつは山を降りた福島県側にあるホテルで高い建物に部屋が数十ある普通のホテル
狭い部屋で画が飾られていて面白半分に額の裏を見たらお札が貼ってあったのと
先程の事故で震える彼女の姿を鮮明に覚えています

もうひとつは山の中で転んだあとすぐそばのコテージが敷地内に点々とあるタイプのホテルで
こちらも画が飾られていて裏にはお札がありました
部屋の中の配置などもはっきり覚えています

608 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 13:39:06 ID:ugadv45gO
その2年後に違う彼女と仙台に帰ったことがあるので
その記憶と混同してるだけと思い込み数年忘れていたのですが
先日ここを見ていて ふと思い出し気になったので
紙に時系列表を書き出したところ
21歳の時は車で帰った上に行きも帰りも高速を使い宿泊はしていないのです

未だに不思議で仕方がないです


不要な状況説明が長くてすみません
どういう経緯でそこに至ったのか説明したくて…


609 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 13:51:38 ID:KfTYo/r40
>>604-608
つまり、ホテルに泊まったような気もするし、コテージに泊まったような気もする。
記憶が曖昧でどっちに泊まったのかよく思い出せない・・・ってことだよな。

よくある。気にすんな。

610 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 14:27:02 ID:fl3QGd570
最初に泊まったホテルで、コテージに泊まった夢を見たとかじゃないかな?
夢と現実がごっちゃになるってよくある話だよ。

611 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 14:28:15 ID:4w7gd1qL0
>>608
両方のホテルで、絵の裏にあるお札を発見した…
ほかに何かをした記憶はないのか? あるだろう、思い出すんだッ!

612 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 16:08:27 ID:ne5QJ0KhO
セックス?

613 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 16:57:43 ID:g4iqPRc70
性交以外に何がある!

614 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 17:33:57 ID:/NlsiWSlO
ホテルで男女がすることって他にないだろ
まぁ事故ったあとによろしく出来るかぁ?

615 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 17:46:08 ID:9HpUvTdFO
何年か前、彼氏と同棲中の部屋で寝ていた時の事です。
夜中に重苦しい感じがして目が覚め、体が動かないので
足でも乗っけられてるんだろうと思い目を開けましたが彼はこちらに背中を向けて寝ていました。
体は眠ってて脳だけ起きてるんだ、寝てれば治ると思い、よくある事なので目を閉じました。
ところが体が浮き上がるような不思議な感覚がしてまた起きると、
下に感覚の無い体を残したままもう一つの体が足元からふわりと浮いていきました。
意識は浮いている体に有りますがやはり自分では動かせません。

続きます。

616 :615:2006/09/13(水) 18:02:08 ID:9HpUvTdFO
急に恐くなり「助けて!押さえて!」と叫んだつもりが声は出ません。
でも何かを察したのか彼が数珠を着けた手(過去に霊障があったのでいつもしている)をまわし、
足も使って押さえてくれましたが、浮いている体を擦り抜け、体はそのまま動いていきます。
頭を中心に時計の針のように動き、壁にかけてある全身鏡に足先を向けて止まり、
そちらに引っ張られる感覚がしました。
鏡の中を見ると鴨居の下に黒いマントを羽織ったような影があり、写った所を見ても何もいません。

すみません続きます。

617 :615:2006/09/13(水) 18:14:07 ID:9HpUvTdFO
必死で「嫌!行かない!」と念じ続け、ふと気がつくと元通りに寝ていました。
体を押さえてくれたままだったので「有難う、もう平気。押さえてって聞こえたの?」と聞くと、
「うーとかあーとか唸って顔も動いてなかったけど、目が必死っぽかった」との事。
押さえる意図は無く、「大丈夫大丈夫」と言い聞かせていたそうですが、私には聞こえませんでした。
今も同じ部屋に住んでいますが、あれ以来金縛りは起きていません。夢だと思うようにしてます。
ある人には睡眠障害だと断言されましたがこんな症状って有るのかな。

618 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 18:15:29 ID:7TI8I1Ud0
きっと知的障害だよ

619 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 19:31:05 ID:cZPrb0C8O
そうだね

620 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 19:53:47 ID:/NlsiWSlO
>>618
全世界の知的障害者に謝れ
せめて誇大妄想とかにしろ

621 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 20:34:54 ID:ugadv45gO
>614
その通り

二人とも凍えるほど冷えていたのですが
別々に風呂に入り
そのあとに

自分は速度が出ていなかったことと二人とも無傷だったため、
そして楽観的な性格もあって迫ったんですが
彼女さんに拒否られました
デリカシーないww
何もせずに寝ましたよ

622 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 00:40:02 ID:KrectWP9O
拒否られるって言葉がアホみたいよ

623 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 00:46:31 ID:3GNnlUWd0
らめぇ

624 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 00:51:18 ID:DLuYMnxk0
学生時代の友人Kが最近「友達からメールの返事がこなくなった」
と言ってきたんだけど、いつも自分勝手なメールしてくるし
自分が結婚してるからってノロケてくるし友達の間でもKの評判は悪かった。
それで先月末から私が体調不良だったこともあり、
それを伝えているのにKからしつこく「なんで返事くれないの?」
という内容のメールがくるんで無視していたら
今度は携帯に電話が、速攻マナーにしたらメールも電話もこなくなったんだけど
今度は家に電話をかけてきて親が出て「病院に行ってます」(病院から帰ってきたとこだった)
って言ってもらったら「メールの返事も電話も出られないくらいなんですか?」
って言ったらしい。
それから電話も来なくなったんだけどKとは手紙のやり取りで
うちの住所は知っているけど家に呼んだことがなかったのに
カーナビに住所入れてうちの前まで来たらしく
「昨日パパ(旦那)に運転してもらって○○ちゃんの家を調べて近くまで行ったんだけど
赤っぽい屋根の家がそうかな?犬の鳴き声したし。
家の前でちょっと様子みてたら中から楽しそうな話声がしたんだけど
○○ちゃんもいたのかな?居留守使ってない?今度また行くね!○○ちゃん(家に)いたらいいな♪」
ってメールがきた!!
怖えぇーよ!!!!!!

625 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 01:44:07 ID:QNL1UpdAO
大変だな。

626 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 01:51:10 ID:QKhe4Vpf0
ここでいいのかわからんが書いてみる。
去年の3月くらいだったと思うが怖い経験をした。
俺の会社は製造業なんだが商品の半分くらいは外注に出してて、
その外注先が全て中小零細、家族でやってる自営ばっか。
で、毎日のように5〜6社が納品に来るんだけど、一社やばい所がある。
何がやばいかって言うと、納品に来る女の人がやばい。
歳は35くらいだけど、若く見えて結構どころかかなり綺麗な人。
その人については、俺が入社したときから、
「あの人霊感強いから怖いよ。気をつけな(笑)」なんて、
パートのおばさんに冗談半分で脅されてたんだけど、
実際にその怖い体験をするとは思わなかった。
その日、その人はいつものようにタウンエースで納品に来たので、
降ろし終わった商品を検品して受領書渡したんだけど、
なんかそわそわして落ち着かない感じだった。
で、冗談で「霊感でも働いちゃいました?(笑)」って聞いたら、
マジ顔で「来る途中で変なの乗っけちゃったのよ」だって。
えー?って感じで思わず車の方見たら、
後部の荷台にむちゃくちゃ高速で動いてる黒い物体がいるのよ。
「な、なんなんですかあれ?」って聞いたら、
「たぶん子供だと思うんだけど、4人くらい固まってるから分かんない」だって。
その時は、あまりにもはっきり見えたんで、
恐怖感より好奇心のほうが先に立ってしまい、
「へー、こういうことってあるんだ」って感じだった。
で、その人はそのままその黒いの乗っけて帰っちゃったんだけど、
後日詳しい話を聞いたら、子供を亡くしてしまった女の人を中心に、
何体かの子供の霊が重なって、あんな感じになってたということ。
他にもいろいろあるんだけど、今回はこれだけにしとくは。

627 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 01:52:36 ID:x8u5oydB0
ほんのりどころじゃ

628 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 03:16:50 ID:kZLl7hHn0
オカルト板で怖い話を読んでる時しか起きた事がないんだけど
時々ブラウザがおかしくなって、スクロールが止まらなくなったり
開いてるアプリケーションが次々強制終了していったりする。
なんだかわかんないけど怖いんだよ

629 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 05:00:05 ID:Ng5j65fh0
そうれはもうダメかもしらんね

630 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 06:35:12 ID:LwKgOhkz0
>>628
パソコン再インスト汁

631 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 06:58:48 ID:9ei2odBf0
>>626
なんかビジュアルが見えてしまtt(ry

632 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 09:44:08 ID:i3lfi9d+0
>>626
こここわー!!でももっと頼む(((;゚Д゚)))

633 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 11:52:19 ID:CSGbc6po0
>>626
その人独身?

634 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 18:20:10 ID:JhM8PafC0
2年ほど前、地下鉄H線を利用していた時のこと。
さほど込んでもいない車内だったんだけどボンヤリと
窓から何も見えない外を見てたら、うつりこみで
俺のすぐ後ろに女の人がいるのに気が付いた。

「もっと離れればいいのに変わった女だな…」くらいに
思ってそのまま見てたら下を向いてたその女が
ゆっくりと顔を持ち上げてきた。

その表情が普通じゃなくて目は上を向いて完全白目状態。
口も大きく開けて俺の肩に噛みつくんじゃないかって位。
窓越しに女の顔をみた瞬間「あっ殺される」って思ったら
その場から動けなくなった。

女と目をあわせない様に必死に目をつぶり歯をくいしばって
なんとか後ろを振り返ってそうっと目を開けてみた。
鼻がくっつきそうな位の位置に女の顔があった。
血の気がサーッて引く音が聞こえた。

そのまま気を失ったらしくて気が付いたら
ヤジ馬にかこまれて駅のベンチに座らされてた。
親切なオバサンが俺が突然バタンッと倒れて
ヒクヒクしてたのを周りの人が介抱してくれたって教えてくれた。

その時の事がトラウマになって今だにひとりでは
地下鉄に乗れないorz

635 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 18:31:20 ID:+E0j1oPx0
やっぱ生きてる人間が一番怖い

636 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 19:33:02 ID:SviE1eEI0
【韓国・本】「日本の太陽神は韓国女性」〜フィクション『天照大神』[09/14]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1158228330/l50

http://imgnews.naver.com/image/003/2006/09/14/2006-09-14T015600Z_01_NOOTR_NISIDSP_1_20060913172406951.jpg

天照大神は日本で最高位の神様である。著者のチェ・ユギョンさん(30歳)は日本の800万の神様のうち、
最高位であるこの神様が韓国女性だったと主張する。歴史的史実に作家の想像力を加えたフィクション
なので可能な仮定である。

天照大神は生前の日本の開国始祖である卑弥呼(149〜248) 女王であった。死んでから太陽神となった。
邪馬台国の女王で189年に約30国を統合し、日本皇室の母胎を作った女性である。 邪馬台国は約7万の
壕で出来た大国だった。当時の他の国は1000〜4000の壕の規模だった。
(中略)

卑弥呼に関する客観的な歴史記録は多くない。更には卑弥呼が本名なのかも確かではない。我が国から
渡った巫女で、首露王の娘という説もある。

チェさんは卑弥呼が天照神話のモデルという説に惹かれた。「インカ、マヤのような高度文明を持った国で
発達すると言われる太陽神が、当時韓半島よりも水準の低い邪馬台国で生じた事も変だが、それに女性?
天照大神のモデルが卑弥呼だったと言う斉藤の主張はこの質問に対する返事になるに十分だ」
と言うのである。

ロマンスに近いこの歴史小説を出版したチェさんは去年、初の長編『馬鹿ママ』で注目を集めた。
『馬鹿ママ』は来年の春にTVのミニシリーズとして放送される予定である。

1巻336P、2巻352P。各9800ウォン(ヨルメ出版社)

ソース:NAVER/ニューシース(韓国語)
http://news.naver.com/news/read.php?mode=LSS2D&office_id=003&article_id=0000179221

637 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 19:38:03 ID:KrectWP9O
>>624
これは怖い…

638 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 20:26:49 ID:fbK+uvzC0
>>636

/\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < ま〜た始まった
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|    \_______
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\

639 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 20:45:28 ID:zCN44queO
>>634
昔どっかの板で読んだ気がする
デジャブかな?

640 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 21:03:05 ID:woLD+dkg0
>>634
その女の人ってのは、他の人には見えてたのかな。生きてる人だったのかな。

641 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 21:05:38 ID:n//zaFVt0
中学生の時の話。

友達が「夜家の外から『シャン、シャン、』って、金属が鳴るみたいな音が聞こえてきて怖いのよね。」
って話してた。
気のせいじゃない?くらいに思ってて、実際そう言ったようなような気もする。

その日の夜、来た。

寝ようと思って布団に横になっていると窓の外から『シャン、シャン、』って聞き慣れない金属の音。
目をつぶっているのに、お坊さん(?)が持っているような
棒の先に輪っかがついた金属の棒が目に浮かんできて消えず。
2階の部屋なのに、窓の少し向こうでその棒で地面を突いて音を出しているように聞こえていた。
ベランダなんてないのに。

怖かったのは、次の日にはもっと窓のすぐ近くへと音が近づいてきていた事。
恐ろしくて外を確認する事なんてできなかったけど、部屋の中にまで入ってこなくて本当に良かった。

642 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 21:11:18 ID:OEzXuQly0
サンタさんだ!

643 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 21:14:17 ID:G4RYqvif0
もっとヒネれ

644 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 23:07:38 ID:LO4rQH+v0
>>641
うわ……

高校生のとき、それ何度か聴いたよ。
何の音かわかんなくて、でも夜にときどき聞こえる。
友達に何げなく言ったら、錫杖の音じゃない?って
さらりと言われた。錫杖って>641の言ってる棒の
ことだよね……??


645 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 23:31:11 ID:KrectWP9O
でも中学生は「のよね」って言わないし

646 :641:2006/09/15(金) 00:07:12 ID:Zr+geDvi0
>>645
もう10年以上前の話なので言い回しまで正確に記憶しているわけではありません。

>>644
錫杖、検索してみたのですが、形は似ているんですが
もっと長くて杖として使えそうな長さ、というか、杖のイメージです。
どうしてそういう感じ方をしたのかは分かりませんが。

647 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 00:12:05 ID:dQtnunNxO
そういや、なんでお坊さんって怖いイメージなのかな?有り難いのに…
簡単に浮幽霊なんかになったら俗物だよ。生臭坊主ってやつ。
浮幽霊って目的もなくフラフラしちゃって二ートじゃない。お坊さんが二ートはまずいよ。
そういう人はお坊さんの看板下ろして貰わないと。
なんか、納得できないものがある、お坊さんモノの怖い話。

648 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 00:21:30 ID:dFvMeXxx0
怖くも有り難くもないなあ、イメージとしては「税金も払わん利権者集団の一員」
現代の坊主そのものにはオカルト臭はまったく感じない。単なる自営のオヤジと印象変わらん。


649 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 00:21:35 ID:nEoF4Yhx0
>>647
純粋でよいねーw
看板下ろしたほうがよいお坊さんは
イパーイいるよw
お坊さんである前に人間だからね。

650 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 00:37:10 ID:dQtnunNxO
死んでなお職業の威光をかさに着るとはけしからんな。
生前は偉そうに経なんか読んでたのに自分ひとりでは成仏もできない三流の分際で。
袈裟を脱いでTシャツとジーパンに着替えてからじゃないと話にもならん。

651 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 01:53:37 ID:/A2xVVS/0
錫杖って元は蛇除けだって聞いたことあるけど

652 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 02:30:08 ID:+Tm92usZO
http://club.mini4wd.jp/img/photo/enomoto/diary/2006091500172805929.png

653 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 06:49:19 ID:016tC25H0
小学六年の夏、新聞のTV欄で「霊とエッチ!」
なんてのがあってウホッそいつは後腐れなくていいアイディア!
と当時思春期の門をくぐった自分は思ったわけ
で、まあ冗談みたいな気持ちで寝る時に
「ゆーれーさん来て下さい来て下さい」
って胸の中で念じてみたのね

コン コン、窓ガラスがノックされた

(!???)となる自分。
自分の部屋は二回の角部屋で、まあ屋根を伝えば人が立てないことはない
けどもちろんいまだかつてそんな経験はない

コンコン、コンコン、

音はベッドの頭を向けてる方向、同じ部屋の姉の机を挟んだ窓の方から聞こえる



654 :653:2006/09/15(金) 06:51:48 ID:016tC25H0
自分が迂闊に「何か」を呼んでしまったのは間違いない

(やべーやべーやべー!)と布団の中で大いに焦ったが、
もうエッチどころじゃない、早くお帰りいただきたい!
でも怖くて声も出せず身動きもとれず固まってた

そしたらまた、今度はベッドのすぐ右側の窓で

コンコン、コンコン

(亜sdfghjkl;絵rおp☆!!)

必死でナムアミダブツナムアミダブツ!ゴメンナサイカエッテクダサイ!!と念を送る。

カーテンが閉まってて良かった。どのくらいノックが続いていたのか
分からないが幸い(アレーいないなー)と言う感じで音は消えた。
速攻1階で風呂入ってる姉のとこまで飛んでった。
それ以来しばらく寝る直前に耳元で息吹き込まれたり
ささやかな不思議に逢う様になった。

あの時のゆーれーさん、マジでごめんなさい
あれから1干支回ったけどいまだに処女なのは呪いでしょうか



655 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 07:05:16 ID:b+wk7oMR0
 十  |    十  コ
| ̄ ̄7十‐┐  ̄匚 |
 フ  |  |  | |  L_    |     -┼─       -┼─
‐十  /  |  人____   |      レ--、  .    / -─
 」  /  」            ヽ_/   _ノ や つ  / ヽ_


656 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 09:32:46 ID:ib6n4mt70
>>653
男だとばかり思ってた

657 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 09:39:37 ID:j50+SAek0
>>653
来てくださいって呼んでおいて無視するのは
墓地で手招きするくらい失礼なことだ。
以後気をつけるように。

658 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 10:25:32 ID:kcH5TU+U0
と幽霊が申しております

659 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 10:35:54 ID:V7bzSeds0
>>658
(((;゚Д゚))ガクガクブルブル

660 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 11:11:34 ID:QKBvbOJaO
つい三日前の話。食事中の人は読まないで下さいね。
深夜に喉が渇いて目が覚めて、台所までお茶を飲みに行った。
台所は暗いけれど、なんとかやかんとグラスを見つけて、その場でお茶を飲んだ。
グラス半分位お茶が余ったので、残りは自分の部屋で飲むことにした。
部屋にもどって電気を点ける。すると、グラスの中に何かが浮いているのが見えた。

ゴキブリだった。体がバラバラになったヤツが浮いていた。

それから、なにかを飲むのが怖くなっています。

661 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 12:12:53 ID:H2v9wfo20
同じように、食事時の方はごめんなさい。

中学生の時、マグカップにコーヒーをいれ、クリープだったかブライトを
たっぷり入れてかきまわし、部屋に持って戻った。すっかり溶けている
色合いだったが、念のためもう一度かき回し、本を片手に飲み始めた。
んで、何度目かにカップに口をつけた時、不意にカフェオレ状態の
コーヒーの表面に、ぷっかりとカブトムシの幼虫としか思えないものが
浮かび上がってきた…。
丸まった身体に頭らしきくろっぽい部分もあったし、身体の節がきっちりでてる。
咄嗟にカップをぶん投げかけたが、さすがに思いとどまって机の上に置き、
自分は洗面所に走り込んだ。
一息ついてから、偶然のいたずらでアレはクリープだかブライトのかたまりに
違いないと思いつき、部屋に戻って恐る恐るカップを見たが何もない。カップを
流しに持っていって中味を空けてみたが、溶け残りらしいものもない。

多分、私が洗面所にいた間に溶けたんだろうと思うが、あの衝撃以来、
カブトムシの幼虫は大の苦手。コーヒーには牛乳入れるようになりました。
虫嫌いの人間に、神様どういう偶然なんですか…。

662 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 12:20:30 ID:MIbGX28c0
カブトムシの幼虫おいしいのにぃ

663 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 12:50:54 ID:DccnN3KQ0
カブトムシの幼虫を食べるアフリカの家族を日本に呼んで
刺身食べさせようとしたらギャーと叫んで逃げ回ったらしい(実話)

664 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 13:32:17 ID:4NxZSdf80
同じく食事中の人にはすまんけど、
そうめんの箱に白くてちっちゃい、2mmくらいの虫みたいのが沸いて入ってたことがあった。
親がまんま煮込んで食わされてあとで気づいた。
米びつには黒い虫がいてそれ炊いてたりとかね……。
台所に気を使ってない人は、よく気を付けるようにしないといかんよ。

665 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 14:11:26 ID:7jdmiYQg0
>>664
うちの嫁は小さなクモがいるぐらいでギャーギャー騒いで助けを求めてくる。すごくうっとうしいと
思っていたが、>>664を読んで、それはそれでありがたいことに気づいた。

ていうか、仕事サボって2ちゃんに嫁の文句を書き込んでいる自分が一番ダメ人間。

666 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 14:31:28 ID:BV5PPLIb0
>>641
それ私も聞いたことがある。
聞いた後近所で葬式出ませんか?

667 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 15:03:26 ID:Ly7yLkz10
人間は寝ている間に、生涯平均8匹ほど蜘蛛を食べてるんだって

668 :アシダカグモ:2006/09/15(金) 16:29:54 ID:gCstABaMO
フヒヒ。
ちょっと顔の上通らせていただきやすよ〜
カサカサカサ…

669 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 17:40:18 ID:Y8CeTzml0
明日、アースレッドを焚く。

670 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 17:44:28 ID:Y8CeTzml0
連投ごめん。
>664
唐辛子を素麺の箱に入れとけ。隅々に4本位。
米びつには、お茶用の子袋等、通気性の有る袋に、砕いた唐辛子を大量に詰めて、
3袋位、放り込んどけ。
後、米びつ先生とか使え。


671 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 18:02:46 ID:/DOQq/wbO
今田舎に住んでるんだけど、
息抜きに、週末ちょっと離れた町にレイトショー見に行くんよ。
その日も見て、2時過ぎに帰ってきたんだけど、帰り道360度見渡す限りたんぼの中の、農道通ってたらね。
割と道路中央に、汚い自転車が停めてあって車停めて自転車退かして、シートベルト絞めて発車しょうとしたら、10m先位に真っ暗の中道路端に、人影が見えるんだわ。


672 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 18:09:26 ID:tXoUGYYR0
+(0゚・∀・) + ワクテカ +

673 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 18:19:28 ID:drADluMU0
>>668
失敗して口の中に落ちてむしゃむしゃされておだぶつになるわけですね

674 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 18:24:24 ID:+dlGXgMA0
>>670
先生!!
まだ中身が入っている米びつ先生の中で虫が蠢いているのを発見したときはどうすればいいですか?
とりあえず念入りに米を研ぐことで対処してますが。

675 :マジ話だから期待すな:2006/09/15(金) 18:25:20 ID:/DOQq/wbO
671 の続き

時間も時間だし、周りに全く民家無いし
「また見ちゃたか〜」ってガクブルですよ。
Uターンしょうにも道幅狭いし、バックで引き返すには、3キロあるし。仕方なく真っ直ぐ行く事にしたんですよ。
勢いよく行くと、飛び出してきそうで…
「私は関係ないですよ」って感じで、ゆっくりと通りすぎる事にしたんですよ。でも、見ちゃいけないとわかっていても、馬鹿だからね…
ヘッドライトの光っているすみに照らされた人影は、恐らく霊では無い感じがするんですよ。

676 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 18:51:12 ID:aTnDVzr/0
>>675
>「また見ちゃたか〜」
そのとき見たものをkwsk

>恐らく霊では無い感じ
霊では無いないなら人って事なの?


677 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 18:53:47 ID:/DOQq/wbO
675の続き

何故かと言うと、激しく動いてるのは判るんですよ。でも2人いるというのは判る。でも
何をしてるのか分からない。
時間にして本当は30秒も無いのに、30分位に感じましたよ。
でも、車が近づくとはっきりとわかったよ。一人は60位のオバサンが、膝を就いて、胸の前に両手をあわせて号泣してた。
もう一人は、70過ぎの白髪のババァで白い着物を不利見出しながら、そのオバサンの前で右手で激しく十字を切るようなポーズをして、へんな呪文みたいの言ってた。


678 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 19:09:12 ID:j50+SAek0
心霊番組の撮影でもないのに夜中に道路で九字切りしてる人が普通の人とは思えないんだが

679 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 19:26:10 ID:/DOQq/wbO
677の続き

もうそのババァが、冬場なのに汗だくなんだわ。白い着物も汗が染みて背中湯気がでてて。それでも2人は、ライトに照らされてるのにも関わらず俺自身眼中無いわけ。
俺本当に恐くなって、アクセル踏んで逃げたよ。バックミラー見たらそのババァ車道に走って出てきて、俺の車に向かって、2人そろって、その十字を切るみたいなポースを何度もやりながら何か言ってた。
俺は家に帰って、自分の中で新興宗教の儀式をみたと決めつけて、その日は寝た。
次の日、夕方起きて、昨日の出来事をすっかり忘れて夕飯食べてたら母親が「今日の朝方に焼身自殺があったんだって」
「へぇー何処で?」
「○○地区のたんぼでだって、救急車や消防車来て、大変だったって」
うわっー 彼処じゃねぇか。
あえて誰が死んだかは聞かなかった。
あの2人は知らない人だったし、
知りたくもない。

このての変なババァには、よくからまれる。


680 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 21:01:32 ID:Czls2LD00
前にパン工場の池沼がパンにハナクソ練り込んでるのが発覚して、
全部回収したという話を見たことあるんだけど…

681 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 21:13:56 ID:dqCgxZBB0
昼にコンビニに弁当買いに行った帰り、
会社近くの民家の塀に張り紙がしてあるのを見つけた。

「うちの主人は愛人(S子)と私に毎日少しずつ毒を飲ませ、
弱らせて殺そうとしています 咲子」

チラシの裏に赤いマジックで殴り書きしてあり、誤字、書き直しだらけ。
赤いビニールテープで貼ってあった。
何?誰?何のため?と疑問爆発だったが、
なんだか生々しくて、触れたら呪われそうで怖かった。

夕方見たら無くなっていた。何なんだったんだろう。

682 :670:2006/09/15(金) 21:20:54 ID:NJgIQ+nT0
>674
確実に板違いなんで最後に。
古米は買わない。極端に安い米は買わない。10kg4000位からか。必要な分だけを買う。1人暮らしなら、2〜5kg位か。
米屋や、業務用スーパー等で買わない、(米屋は管理の緩い所が有る為)ジャスコとかで買う。文句も言えるしな。有る程度、対応してくれるだろ。

米櫃やその周りを清潔にし、米櫃に穴や、汚れが無いか確認を。櫃内で繁殖してたら、意味無いし。
清潔にした米櫃には、670で書いた方法で、十分いけると思う。
ジャスコとかの米売ってるコーナーの近くに、虫除けのん有る筈なんで参考に。

虫が居たら、又は居ると判るなら、目の大きい浅型ざる等で、研ぐ前に選別しれ。
後は米研ぎ用のボール使って、頑張ってくれ。

板違い、御免。

683 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 21:33:20 ID:tj4jWQHJ0
>>682
オマイの米に対する並々ならぬ愛情に乾杯!

684 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 22:38:24 ID:9Egxfu52O
>>680
実際は鼻クソどころじゃないよ、大手のパン工場

俺は学生のとき、少しバイトで入ったが、それ以来コンビニやスーパーで売ってる菓子パンや調理パンは絶対に食べない。
知り合いにも食べるなって言ってるよ。



685 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 22:46:49 ID:je9bUMGy0
>>684
kwsk頼む!!

686 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 22:51:33 ID:9Egxfu52O
>>685
菓子パン食えなくなるけどいいのか?(^_^;)

687 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 22:54:12 ID:Od326gQu0
>>686
+   +
  ∧_∧  +
 (0゚・∀・)   ワクワクテカテカ
 (0゚∪ ∪ +   ポイントクレクレ     
 と__)__) +


688 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 23:10:37 ID:dQtnunNxO
秘密なんてどこにでもあるさ。
おにぎりも弁当もスナック菓子も事情は似たようなもん

689 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 23:12:56 ID:IIrXu2ru0
>>686
聞きたい、聞きたい!!

690 :うききききき:2006/09/15(金) 23:16:25 ID:xreOiagKO
   開けられるものなら開けてみろ   
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/tanka/1157611729/l50

開けますか開けますか開けませんかどうなっても知りませんよそれでも開けますかびっくりするかもしれませんよいっしょうもののとらうまになるかもしれませんよそれでもあけますかあけますかあけますかあけませんかどうしますかあ な た は

691 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 23:22:43 ID:/6eLVZKJ0
>>690
騙されて
短歌板まで
飛ばされた

692 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 23:24:43 ID:g4jwKoXqO
>>691
2点

693 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 23:28:09 ID:9Egxfu52O
AAの意味がわかんないけど、取りあえず箇条書きで
1 ライン清掃を減したぶんはアルコール消毒
基本的にラインの流れ作業なので、ラインの清掃が必要ですが、メンドクサイので、焼く前はアルコールスプレーでピュッピュってパンにもラインにもアルコールかけまくり。
焼けばアルコール飛ぶから大丈夫

2 作ってる奴は…(ΘoΘ;)
24時間ライン、流れ作業なので、かなり劣悪な職場です。だから、働く人もそれなりです。目的も希望も無い人が多かった。
だから、衛生観念とかゼロ。グローブはめながらキンタマかきながら作る性病持ちとか、そんなんばっか

3 焼く前なら何でもあり(´A`)
「焼けば汚れは死ぬ」←これは管理者が言ってたことば。
月に一度位しか掃除しない床に落としたタネもコロッケも玉子も絶対捨てないから

4 働いてる奴がホント最悪
2とカブるんだか、池沼の方とかを安く働かせてます(受け入れてる)
気分の悪い日など、自分の唾を吐きかけながらパン作ってる方もいます。
しかし焼くので大丈夫です(^_^)v

以上は、東京、神奈川などに出荷してる大手パン工場でやってることだよ

694 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 23:37:26 ID:IIrXu2ru0
>>693
サンクス。

ほんのりどころじゃないね・・・・

695 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 23:47:53 ID:4NxZSdf80
大手のパン工場はそういう話聞くね……。定期的にチェックされても
日にちがわかってるから無問題だとか。

696 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 23:51:52 ID:3QIPC6+V0
雪印の粉ミルクも高温殺菌してるからだいじょうぶなはずだった
細菌は高温で死滅するが細菌がつくった毒は高温でも分解されない
焼けばいいなら毒キノコで食中毒になる人間はいない理屈

697 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 23:52:47 ID:j50+SAek0
韓国製の日本向けキムチなんてツバだのタンだの普通に入ってるじゃん
まあ やつらはわざとだけどなー
あと映画「アイリスへの手紙」(ロバート・デ・ニーロ主演)ではケーキ工場で働く
お姉さんがケーキ種に「カーッ! ペッッ!」ってタン吐いてた。
唐辛子に漬けたり焼いたりしちゃえば平気ってこった。

698 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 00:07:22 ID:FpZbwTKi0
「沈黙の戦艦」でもライバックの作ったスープに、クーデターを企てた中佐が「ぺッ!」と唾吐いてたなあ。
「熱加えれば無問題」とか思ったライバックが、あのままスープを加熱してみんなの食卓に並べてたらワロスw
いいかげんスレ違いだが

699 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 00:28:43 ID:EROWYNld0
現実怖スレかと思った

700 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 00:50:22 ID:+ZmjGLGC0
>>696
粉ミルクのは、ヒ素が混入されたんじゃなかったか?
ヒ素は高熱で無毒化されるのかな。

もしかして、この間の牛乳の食中毒事件か?

701 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 02:26:55 ID:IvthvqCGO
米櫃の中にいる虫、コクゾウムシってやつだよ。
米の中に卵を産みつけ、空いた穴に蓋をする。
見た目じゃ全くわからん。
発見したときには既にあなたの胃の中か消化したあと。
間違いなく食べちゃってます。

702 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 06:58:41 ID:UvG/YqrBO
ヒ素が加熱で無毒化できてたらカレー事件はなかったな

703 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 07:02:23 ID:HAq9lHnTO
さっき
コンクリ事件の事を携帯でググッてみたら
いきなりデータ処理画面になって電源が飛んだ
あれ?って思い再度挑戦したら
検索エラーが二回ほど…
ちょっと怖くなった

704 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 09:04:16 ID:PlCj2WuC0
>>700 そうそう。粉ミルクじゃなくて毒入り脱脂粉乳を原料にした低脂肪乳だった

705 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 12:42:09 ID:GHaGFK3Q0
>>703
>電源が飛んだ
パソコンの不具合だと思います。
パソコンに詳しい友人がいたらみてもらうといいですよ。

>検索エラーが二回ほど
モデムやルーターの電源を一度切って
10秒くらいしてからまた電源を入れてみては?

なんでもオカルトのせいにしちゃコワス((;゚Д゚)))ガクブル

706 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 13:04:09 ID:yoeMM32n0
(・∀・)ニヤニヤ

707 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 14:55:32 ID:se+UfWIYO
>>705
つ【ヒント:携帯】

708 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 15:29:42 ID:H3/kNw4NO
>>708

つau

709 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 15:50:51 ID:ab5/j0CJO
無限ループってこわくね?

710 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 16:34:20 ID:8pK/srFV0
>>705の読解力が無いのがオカルト

711 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 17:47:55 ID:zuJfxo7v0
怖い話ではないのでスレ違いかも知れないがオカルト体験をしたのでここに記す

つい30分前帰宅途中の路上。急に喉が渇いたので自販機で缶コーヒーを買った。
その自販機は実は当たりくじの付いたもので金額を表示するモニタに
4桁の数字がランダムに表示されぞろ目が出ればもう一本サービスというものだった。
最初7777と揃い「今日はついてるな」と思ったのだが甘かった。
そのくじはジュースを手に入れる度に抽選が開始される設定のようで
さらにぞろ目。またぞろ目。またまたぞろ目・・・・。
結局120円でその自販機の商品全24種を手に入れてしった。
持ち帰るのは無理なので途中でもの珍しさに見物に来てた保育園帰りの親子に
おすそ分けした。後で確率を計算したら単純に計算して今回の様な事が起きるのは
10の69乗分の1(1/1000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000)
だった。こんな天文学的強運が俺に備わっているならロト6を買っていれば良かったと後悔している。

712 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 17:55:56 ID:ss5kBkc0O
http://pr4.cgiboy.com/S/6494418/ ヲタクきもm9(^д^)プギャー

713 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 18:01:52 ID:fxs+jKHd0
>>711
缶ジュース24本で一生分の運を使ったなwww

714 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 18:02:34 ID:lk9CIVcQ0
かわいそうな人だ

715 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 18:05:34 ID:XQRcyCEb0
おれ今メンヘル女と付き合ってるけど予想以上に大変だよ。

夜中に突然メールで手首切っちゃった(笑)とか来るんだぜ。
んで傷の具合とか安否を尋ねると、
悲しいけどこれくらいじゃ死ねないんだよねとか、
別に死ぬのは私の勝手だと思うんだけど、とか返して来やがる。

716 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 18:06:32 ID:8yh0Uyh50
>>701
お米をとぐのに水を入れたら虫は浮いてくる。
虫ごと水を捨てる。また水を入れる。
軽くかき混ぜると浮いてくる。虫ごと流す。
これを繰り返してると米粒も妙に浮いてくる。
よくよく見たら外側残して中くり抜いて食ったんだな。
あれに卵が産み付けられてたのか。

浮いてくる米も怪しいから虫と一緒に捨ててたけど、
やっぱり少しは食べちゃってたろうな。
ま、炊いてしまえば死んじゃうけど。

717 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 18:07:59 ID:lk9CIVcQ0
>>715
精神科へGO!!!

718 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 18:14:15 ID:b6TwYCB0O
>>700粉ミルクにヒソは森●だよ。森●ヒソミルク事件。詳細は知らん。

719 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 18:16:55 ID:N/Vs2vtO0
>>716
昆虫は栄養価が高いです。
ttp://www.bekkoame.ne.jp/~s-uchi/musikui/theory/eiyo/eiyo.html
もりもり食べましょう。



オレハムリデスゴメンナサイ・・・・・


720 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 19:10:13 ID:8yh0Uyh50
>>719
ミネラル豊富で癌にも効く…
すげーなー!

モリモリハムリデスゴメンナサイ……


721 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 19:17:00 ID:QEy10rCF0
うちの隣町には、いわゆる「姥捨て山伝説」があって、それにからんで
七人みさきっぽい話がある。
「おっぴ」とか「すずぬん(七人)ばんつぁ(おばあさん)」って地元では言ってる。
すごく簡単にいってしまうと、
「その姥捨て山に捨てられた老女が、一人であの世に行くのはさみしいから、
その仲間を探してる。霧の出た夜に、その山の近くを通ると、連れて行かれる」
っていった話。

この山は、その他にも風穴(常に五℃前後の地下からの風が吹き出す穴)が無数に
あって、山の生態系がメチャクチャなことでも有名らしかった。たまにどこかの
大学の研究者なんかがきてた。
そして、この山は、地元では結構ゆうめいな肝試しスポットになってて、誰もが
中学生や高校生の夏休みに、一度は行ってみる場所なんだ。
俺も、高3の夏に、友達4人といった。



722 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 19:18:04 ID:QEy10rCF0
その「姥捨て山」は、500メートルくらいの小さな山で、頂上の近くまで車で入って
いける林道がとおっている。 だから俺たちも、友達の兄貴のゲンチャリに二個乗り
して、二台で林道の終点まで行った。
その先は、山道になってて、歩いて頂上までいけた。頂上には小さな祠がある。

もちろん街灯なんてないから、俺たちはそれぞれにマグライトやヘッドライトをもって
いったけど、あたりは真っ暗で、ほとんど自分の足元しか照らせないような状態だった。
夜の森なんて、どこでもそうだと思うけど、木が邪魔して、ほとんど光が通らない。

「やべぇ、夜来たのはじめてだけど、かなりこえーな」
「つーか、ほんとに出てもおかしくねーよな、『おっぴ』がさ」
「んだってさ(だけどね)、『おっぴ』とかばんつぁん(おばあさん)が山さ
捨てられたのって、もう江戸時代とか、そんくらい前だろ? そろそろ
成仏してんじゃねーのか?」
そんな、とりとめのない会話をしながら、俺たちは一列になって山道を進んでいった。
地面にむき出しになった植物の根に、何回か足をとられながら進んでいった。

頂上に着く前の道の脇に湧き水があって、俺らは、夏の夜の暑さと、山を登った
疲れもあって、その水をかわりばんこに飲んだ。
四人目の友達が水を飲み終わったとき、メンバーの中では一番やんちゃだった
Bが「おれの湧き水もわいてきた」といって、湧き水の泉に、立小便をはじめた。
今考えると、これがまずかったと思う。



723 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 19:21:15 ID:QEy10rCF0
その後、二十分くらいで頂上についた。 けっきょく怖い思いもせずに、頂上に
ついたわけで、俺らは少し拍子抜けしていた。
疲れただけで、たいして面白いこともなかったので、すぐに山を降りることにした。
あとは近所のファミレスにでもいくつもりだった。

山を下って、湧き水の泉を過ぎて、少し行ったところには沢山の風穴があった。
山道の中でも、そこだけは風穴から吹き出す冷気のせいで、すこしだけ肌寒かった。
でも、山道を歩いて、体がほてった俺たちには、気持ちのいい冷たさだった。
「お、涼しいな」そういいながら、俺たちは少し立ち止まって、風穴に近づいて
冷気にあたった。 そしてBは、小さなマンホールほどの大きさの風穴に右手を
突っ込んで「お〜、つめてー」というようなことを言っていた。


724 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 19:29:57 ID:QEy10rCF0
俺もBとは別の風穴から吹き出す冷気にあたっていた。
そのとき、俺の後ろから「ゴロ」っという音がして、続いてBの悲鳴が上がった。
驚いて振り向くと、Bは、右手を風穴に突っ込んだまま、尻餅をついて、もがいていた。
あとでわかったことなのだが、風穴の中で石が崩れて、Bの手首をつぶしていたんだ。

俺たちは、その場でどうにかしようと、Bの腕を引っ張ってみたが、Bが痛がるだけで、
結局どうしようもなく、俺とBがその場に残り、ほかの二人が、大人を呼びに行った。
最終的には消防までやってきて、やっとBの手は風穴から抜けた。
Bの手首は、関節の骨が砕けていて、かなりの重症だった。


725 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 19:31:21 ID:QEy10rCF0
俺たちは、その後こっぴどくしかられて、それぞれの家に帰った。
家に帰ってから、その夜のことを、親に話すと、その話を近くで聞いていたばあちゃんが
「○○(俺の名前)、庭さ出ろ」といった。
そして、俺が庭に出ると、ばあちゃんは、庭にあった、葉のふちに棘がある木の枝を切って、
その束で俺を叩いたんだ。 ばあちゃんは「しんどいけど、がまんしろ」といって、しばらく
俺を叩いた。

そのあと、ばあちゃんが俺に話してくれたのは、こんな話だった。
「痛くしてわるがったな。いまのはご不浄のはらいだがら。んでな、○○の行った山な、
あの山のな、『おっぴ』とか『ばんつぁ』の話はな、ほんとかどうか、ばあちゃんさは
わがんね。 んだけど、あの山さ、ばあちゃんくらいのばんちゃが捨てられてたのは、
ほんとの話なんだ。
ばあちゃんが子供くらいの時には、まだあったんだ。
んでな、そういうばんちゃが、なんにも食えなぐなって、水だけ飲んでたのがあの湧き水
なんだ。 んだがらな、○○の友達がやったごどはな、許さいねい(ゆるされない)ごど
なんだよ」



726 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 19:33:45 ID:QEy10rCF0
以上です。

727 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 19:38:27 ID:Bv3bQPbu0
>>711
設定次第だからなあ……。
単純に壊れてた可能性も高いが。

728 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 20:13:38 ID:HzEurJHg0
友達と旅行先で田舎道を車で走っていたときの事。
おじいさんが犬を連れてあぜ道を歩いていた。追い越すときに何気なく犬を見ると
やたら人間っぽい。友人と「あの犬、おかしい」と爆笑。
以前に人面魚というのがあったけど、あんな感じ。見たら確かに犬なんだけど
なぜか人間っぽい。

暫く走っていたら、壁にさびたブリキの看板が掛かっているような古びた
木造の商店があったのでおやつを買いに入ってみた。
「レトロだね」と友人と笑い会った。

そこにはやたらと人間っぽい猫がいた。再び友人と笑っていたら、猫が足元に
やたらと絡み付いて来た。見上げて必死に鳴く猫の姿を見ているうちに
なぜかなんとも言えない怖い気持ちになってきた。
店のおばあさんは乱暴にその猫を掴んで奥の部屋に放り込んで扉を閉めた。
猫がうるさく鳴く中、買い物を済ませて店を出た。猫は叫ぶように泣いていた。
友人も何か変な雰囲気を感じたのか、無言になった。

そのまま誰もいない田舎道を走っていたら、ぽつんと道の真ん中に犬がいた。
振り返るとまた、やたらと人間っぽい。友人と二人で硬直状態。
我に返って友人は黙って細いわき道にそれた。
そのわき道は田んぼの中の車一台がやっと通れるような道。

その道を走っていたら、なぜか犬が車に向かって走ってきた。
なぜかわからないけど友人と二人して非常に恐怖に襲われた。走ってくる犬が
人間の顔。友人はあぜ道を100キロ以上出して犬を振り切った。

人に話したら大抵笑われることが多いけど、怖かった。

729 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 21:50:37 ID:UZIiUhl60
>>721-726
興味深い話乙
どこのお話ですか?


730 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 22:08:12 ID:dFlj3I1J0
>>721-726
乙です。
>>726はばあちゃんがお祓いのようなことをやってくれたけど、
他の友達はどうだったの?Bが怪我をしただったの?(怪我しただけっていうのもヘンだけど)

731 :626:2006/09/17(日) 00:58:56 ID:1ikD0d5F0
>>633
独身ですね。結婚する?ってよく絡まれますw


>>626から少し経ってからの話。
新規商品の打ち合わせで例の人がいる下請け会社に行ったときのこと。
上司と俺で行ったんだけど、例の女の人に事務所に通されて、
ミッフィーのマグカップでお茶を出してくれたw
新規商品の話は社長さんとうちの上司で図面広げて話してたけど、
俺には分からんから隣に座ってるだけ。
1時間くらいで打ち合わせは終了。で、こっから俺の仕事。
下請けがしっかり商品の品質管理をしているかチェックする。
事務所から工場に行き、製造工程を確認して不良品が出ないようにしているかをチェック。
工場長の息子さんとやり取りしてチェック終了。
次に在庫管理の状況をチェック。工場からプレハブの倉庫へ移動。
これは例の女の人に説明を受けることになるんだが、もう倉庫に入った時点でおかしい。
壁にカッターかなんかで切ったような傷が無数にある。
3〜4本平行に入ったものから、不規則なものなど数え切れないくらいある。
「なんだこれ?」って思ったけど、例の人の説明が始まっちゃったんでそれを聞くことにする。
商品ごとに梱包の仕方から出荷まで一通り説明され、適当にやり取りしながら終了。
在庫管理は完璧だったんで特に問題なし。あえて壁の傷には突っ込まないことにする。
でも上司が突っ込んじゃった。「この壁の傷はなんですか?」
なんですか?って普通じゃねーの分かるんだから何でもいいじゃん、
とか思ったら例の人の話がはじまった。
「これはですね・・・前にやられちゃったんですよ」
「うちの裏山あるじゃないですか、あそこから来てたみたいなんですけどね・・・」
一応、真面目な仕事の話の一環だったんで、これ以上話さなかったけど、
こんなところに在庫を保管しててすみませんって感じで申し訳なさそうだった。
上司も聞いちゃってすみませんって顔してたけど。

732 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 01:12:22 ID:LW4BkR6k0
>>731
おもしろい人だなーwww
俺の周りにも欲しい人材だよ

733 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 01:15:51 ID:YWHn1INC0
つか、今まで飲んでた泉におしっこなんて普通の神経してたら
出来ないと思うが、Bって子はどんな育ち方したんだ

734 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 04:15:05 ID:FZ42jSsx0
>>725
ばんつぁ、甘いな。
どうせだったら手首じゃなくて、立ちションしたアフォのてぃんこ、潰すべきだったな。
二度とできないように。
やさしいんだな、感謝した方がいいな。
おれだったら、チョン切ってたぞ。

735 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 04:17:37 ID:qNimkB9y0
父が酔っ払ってソファで眠りこけていた
布団で寝ろーとせっついても動かないので放置
数十分後、私が風呂から上がって部屋に入ると
目を覚ましていたらしく「はー」と息を吐いて一言、
「今そこの人と一緒にね、行くとこだったんだー」


私には見えませんでしたが
真っ暗の座敷に何が居たんでしょうか…
(当然ながら無人でした)

たまに見えない人と会話したり色々お茶目な父です

736 :726:2006/09/17(日) 06:31:47 ID:n1iaFXwdO
レスくださった方サンクスです

東北日本海側の話です。
Bは…あんときは、俺も正直「おめ、なにしてんだ!」って思いました。言わなかったけど
あれから疎遠になり、ここ何年かは音信不通です

B以外のメンバーは、俺も含めて今のところなんともないから、俺の場合はうちのばんつぁんに感謝してます

737 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 09:16:07 ID:vqburKr20
おれもおめもあぎだうまれだ

738 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 12:39:18 ID:IP5E2VOoO
バンツァーJJ

739 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 21:18:18 ID:tU+4h1Ma0
ばんつぁんが脳内で吉田戦車の「嫌なヴァンツァー」に
置き換えられてしまった。

740 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 22:16:04 ID:pJMiLLaMO
ばんつぁードラグーン

741 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 22:29:06 ID:3oZvs0x80
フロントミッション2のクリアし辛さはオカルト

742 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 23:34:24 ID:FDI5VEUX0
フロントミッション2のあのいちいちロードがかかるうっとうしさはオカルト。
ON/OFFがあったらよかったのに。

743 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 23:52:51 ID:vqburKr20
蟲の話が出たついでだけどさ、夏場の腐乱死体は蛆がすごそうだよな
http://www.youtube.com/watch?v=uVkpn4w9NAg&mode=related&search=

744 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 02:21:00 ID:BOTjAf8h0
昔、大人たちが話してる横で聞いた話。微妙にうろ覚え。

隣に住んでいた友人には、ちょっと広い土地をもっている親戚のおじさんがいた。
その家の庭は木や雑草で鬱蒼としていて、草を掻き分けていくと土地の端っこのほうに古くて小さめの蔵のようなものがあった。
それは地主であるおじさんのずっと前の代から建っていたものだったが、放置されていて蔵の中に何があるのかは誰も知らずいた。

ある年、庭を一掃するためにその古い蔵の解体作業が行われることになった。
業者がやってきてパワーショベルが脆い蔵の壁を崩していくと、瓦礫の隙間から白蛇が大量に這い出てきた。
白蛇は縁起物であったから作業の手は少々緩まったが、結局蔵は完全に崩され、
あとには瓦礫の山と逃げ切れなかった何匹もの白蛇の死骸が残った。
その後、解体作業に携わった業者は次々と事故に遭って重症を負い、
地主であったおじさんは急に気が狂ったようになり、やがて発狂して亡くなったそうだ。

白蛇ってやっぱ不思議な生き物なんだな……

745 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 06:39:48 ID:kXM1IYla0
>>744それはきっと大蛇丸の仕業だ

746 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 11:15:30 ID:bqXBsypj0
岩国かな?

747 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 12:34:10 ID:pmAtYN9nO
靖国だな

748 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 21:30:32 ID:9pSVKx3T0
>>728
なんだか怖いよ。静かにぞくぞくする恐怖だよ。「喉切り農場」みたいな。

749 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 22:19:11 ID:R0eS1Cqx0
牛丼 危険すぎる 
ttp://up.nm78.com/data/up107800.jpg

750 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 23:29:44 ID:SATLPBBbO
>>749
工エエエ(´Д`)エエエ工

751 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 01:11:19 ID:juw8uOys0
>>749
    ∩___∩
    | ノ      ヽ
   /  ●   ● |   いやいやそれは無いって
   |    ( _●_)  ミ
  彡、    l∪l   l⌒三⌒)
  / __ ヽノ  、 ヽ |_ ノ
  (___)    ./ \_,ノ
  ○|       /

752 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 02:09:44 ID:3mnnjqWM0
>>749
こわいよ!すごくこわいよ!

753 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 03:15:45 ID:S8KnNsnB0
>>749
メガネっ娘 萌え〜♪

754 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 03:27:59 ID:YTEGsxle0
>>749
王様のレストランに出てた田口浩正って人に似てる

755 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 04:23:40 ID:QoiJHn86O
なんかの雑誌でみたんだけど夜中に右足の指で左足の指を数えると
(逆も可)指が1本多い時がある。
昔何回かやったら6本だった事が2回あったが誰か試してみてくれない?

756 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 05:03:55 ID:Rq/nQaJ30
うちの身内が居酒屋やってるんだけど、そこの常連さんが
亡くなった。前日までそこで飲んでたのに。

原因はわかんないけど、自殺か不審死。その人にはつきあってた
人がいたんだけど、相手の親に大反対されてて、しかもその親は
なにするかわかんないようなばばあ。しかも893系。

つきあってた人も、数日後には店にきて宴会。長年つきあってて、
来月からは一緒に住む用意もできてたような恋人がなくなったのに。
保険金がらみ?って言う噂も流れてる。

で、その居酒屋で働いてる人の話。

お通夜に行った夜、夢にその人がでてきて「本当に○○(店の名前)が
好きでした。姿・形を変えてもまたお店にいきます」と言ったらしい。

次の日店の前をお遍路さんが通った。お客さん・従業員全員が見た。
13年位そこの場所で店をやってるけど、一度もお遍路さんなんて
見たことないし、そんな人が通る場所でもないのに。

全員見てるから普通に人間だとおもうけど、それを聞いた時はゾっと
した。

前置き長いし、あんま怖くないね。へへ!スレ汚しごめんなさい。



757 :@:2006/09/19(火) 05:49:19 ID:brGbj3uo0
少し長くなりますが、数年前の体験談を書きたいと思います。


私の実家は雪国なのですが、盆地のせいで夏場は熱がこもり、夜はかなり暑くなります。
田舎な上にネットやゲームもない環境だったので、私は退屈していました。
時間は夜の10時を少し回ったころです。
家の周囲が水田ということもあり、開けた窓からは蛙の声がうるさいくらいに飛び込んできます。
熱気をおびた空気がまとわり付き、なんとも不快でした。
私は少しさっぱりしようと、その日何度目かになるシャワーを浴びることにしました。

風呂場に行き、電気のスイッチを押したのですが、反応がありません。
「切れたか?」
そう思った私は、替えの蛍光灯を取りに、外にある物置へ向かいました。
私の家の周りに街灯はなく、家から漏れてくる明かりだけがぼんやりと辺りを照らしています。
その明かりに向かって蛾か何かがにしきりに体当たりを繰り返す音が聞こえていました。
それ以外の音は蛙の声と自分の足音くらいで、私は妙に寂しい気分になり、
知らず知らずのうちに独り言を言っていました。
「無いなぁ・・・・・・こっちか?」
「これは・・・っと、違うしな。」
「うひゃぁっ、中学ん時のエロ本だ。こんなとこに隠してたのか、俺・・・。」
しばし、熟読。

758 :A:2006/09/19(火) 05:50:17 ID:brGbj3uo0
その他にも色々と懐かしい物が出てきて、当初の目的を忘れて私は物置を物色し始めました。
物置の小さな裸電球の下であれこれと探っているうちに、古びた木箱を見つけました。
それは相当奥まった場所に置いてあったため、厚い埃を被って、蜘蛛の巣まみれでした。
大きさは大体一辺30cmくらいでした。蓋の部分を少し横にずらしから開けるように細工がしてありました。
道具箱か何かかと思いましたが、持ち上げてみると軽く、振ってみても音はしません。
呪物として用いられる箱の話は知っていたので、もしかしたら良くない物が入っているかも知れない。
そういう恐れはありましたが、見たところその箱にお札や封印は張られていませんでしたし、危険な感じもしませんでした。

少し逡巡した後、私はその箱を開けました。

759 :B:2006/09/19(火) 05:50:54 ID:brGbj3uo0
中に入っていたのは、綺麗な毬でした。
絹か何かで作ってあるのか、手触りはすべすべと心地よく、夏場の熱気など知らないといわんばかりにひんやりとしていました。
椿を模したと思われる柄が赤を基調に編まれており、見た目もとても美しいものでした。
にも拘らず、私は恐怖と後悔に襲われていました。
理由は分かりません。
ただその毬を箱から出した瞬間、「触らなきゃよかった。」「どうしよう。」「怖い。」
それだけが頭を占めていました。
「ごめんなさい。」「ごめんなさい。」「ごめんなさい・・・。」
気付けば、何故か私は謝罪を繰り返していました。

760 :C:2006/09/19(火) 05:54:24 ID:brGbj3uo0
震える手で毬を箱に戻し、元あった場所に押し込んで、物置から逃げ出しました。
家に入ると、やっと現実に戻ってきた気がして、へたへたとその場に腰を下ろしました。
冷や汗で全身はぐっしょりと濡れ、Tシャツが気持ち悪く張り付いています。
「あんた、どうしたの?」
突然声をかけられ飛び上がらんばかりに驚き、声の主を確かめると、母でした。
怪訝そうに私を見ています。
「風呂の蛍光灯、切れてて・・・物置に、取りに行ってた。無かったけど・・・。」
「・・・・・・いちいち取りに行くの面倒だから、私の部屋のクローゼットに入っているわよ。」
「それ、先に言ってよ。」
「それじゃ、まず聞きなさいよ。私はエスパーじゃないんだから、あんたが何探してるかなんか分かるもんですか。」
それもそうだ、と頷きながら、私は居間に向かいました。
母と話したお陰で、大分落ち着きましたが、一人で風呂に入る気にはなれず、明るいところにいたかったのです。
たかだか毬一つで何を馬鹿な、と思うでしょうが、私は毬に恐怖と罪悪感を感じていました。

761 :D:2006/09/19(火) 05:55:39 ID:brGbj3uo0
居間には父がいました。
いつものように晩酌をしながら、笑いもしないでバラエティー番組を観ていました。
ちっとも楽しそうには見えませんが、本人曰く「楽しんでいる」そうです。
私は父の横に投げ遣りに腰を下ろし、一つ息を吐きました。
「もらうね。」
父に一声かけ、酒とおつまみに手を伸ばしました。
あまり欲しくも無かったのですが、何かしていなければ落ち着かなかったのです。
ポリポリと柿ピーを食べながら、酒を注ごうと徳利に手を伸ばしたとき、
父が私をじっと見ていることに気がつきました。
バラエティー番組を観ている時と同じ、無表情で。
「えっと・・・・・・食べちゃダメだった?」
無言のプレッシャーに負け、私は尋ねました。

「触ったのか?」
父は私の質問に答えず、聞いてきました。
毬のことだ。すぐに分かりました。
何故父が。頭が混乱して、私は何も言えませんでした。
「触ったのか?」
もう一度同じ質問をされ、私は力なく頷きました。
罪悪感や恐怖、後悔、色々な感情がごちゃ混ぜになって、涙が溢れそうでした。
「そうか。」
父は短くそう言い、クイッと酒を呷りました。
そして、ふぅっと強く息を吐き、話してくれました。

762 :E:2006/09/19(火) 05:56:32 ID:brGbj3uo0
「あの毬はな、俺のお祖母さん、つまりお前の曾祖母さんのものだ。どういうものであるかは俺も知らない。
 ある時、曾祖母さんが山に行って数日戻ってこなかった事があったらしい。探しても見つからずに、諦めかけた頃にふらっとあの毬を持って帰ってきたそうだ。
 何処に行っていたのか尋ねても『分からない』、毬に関しては『貰った』の一点張りだったらしい。
 見たなら分かるだろうが、相当いい物だ。貧しい時代にほいほいくれるわけが無いと曽祖父さんが問い詰めたそうだが、結局分からずじまいだ。」

「まぁ、綺麗な毬だからな。最初は渋ってた曽祖父さんもそのうち気に入って、結局捨てたりせずに持っていることにしたそうだ。
 家族には娘もいたんだが、曾祖母さんは決してその毬で遊びには使わせずに大切に奥の床の間に飾っていたらしい。」

「でも、奥の間で毬をつく音がするだとか、毬で遊ぶ子供の姿を見たとか、良くない話が出てきてな。
 曽祖父さんが厳重に封して蔵に仕舞ったらしい。毬を持ってきてから、曾祖母さんが体調を崩して臥せったって話もあるから、気味が悪かったんだろうな。」

「毬を仕舞ってからしばらくして、曾祖母さんが亡くなった。
 その後も悪いことが立て続けに起こって、あっという間に家は没落したらしい。
 まぁ、元々傾きかけていて、一時は持ち直したそうだがそれも力及ばず、今となっては一般家庭だ。
 ただ、曽祖父さんの言いつけを守って、あの毬は代々長男が管理しているんだ。」

私は父が語る話を黙って聞いていました。
蛙の声も、また流れ出した汗も気になりませんでした。
父は話を続けます。

「お祖父さんがそれを受け継いだ時、姉さん、つまり叔母さんがあの毬を見つけて触ったらしい。
 その時も今のお前と同じように怯えて『怒られた』『ごめんなさい』ってうわ言みたいに泣きながら繰り返してたよ。
 どうやら長男以外の人間が触ると、毬が怒るらしいな。
 結局、叔母さんも数日後にはケロッとしてたから、お前も大丈夫だ。安心しろ。」

そう言って、父はやっとニコッと笑いました。
その笑顔を見て、私は詰まっていた息をようやく吐き出すことでき、緊張で固まった身体をゆるゆるとほぐしました。

結局、毬についてはそれ以上聞けないまま、その日は就寝しました。

763 :F:2006/09/19(火) 05:59:34 ID:brGbj3uo0
あれから数年、私はどうしても毬のことが頭から離れずに色々と調べてみました。
呪物に関することをはじめとして、民話や伝説まで。
調べを進めていくうちにきっとこういうことかな、という仮説が出来上がり、
去年の帰省の時に確かめる意味を込めて、父に言いました。
何気なく、注意しなければ分からないような小さい声で、

「マヨヒガ」

この一言だけです。
父はニヤリと笑い、同じように一言、私に返しました。

「ワラシサマ」

どうやら、父は私と同じように毬について調べ、私と同じ結論に行き着いたようです。


---------------------------------------------------------------------------------

想像以上に長くなってしまいました。
拙文で読み辛い箇所もあると思いますが、ご容赦ください。

764 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 06:41:48 ID:L23wKPsr0
結局呪いの鞠だったのか?
効用がいまいちわからん

765 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 07:19:41 ID:anQcOTQF0
>>763
仮説の内容は?
「マヨヒガ」「ワラシサマ」の意味は?

766 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 07:23:56 ID:cqx7qvZUO
無駄に長い割にはクスリとも笑えねぇよ

767 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 07:26:35 ID:L23wKPsr0
うしおととら嫁

768 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 07:27:21 ID:VYrm2PUvO
マヨヒガって、うしおととらにでてきたやつ?
一つだけお土産もらえるっていう

769 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 07:32:42 ID:bDCnOouRO
>>765
遠野の座敷わらしの事だっぺ。

770 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 08:21:11 ID:RvwC16mb0
>>763
乙です。怖くはないけどなんかイイな、面白かった。
不思議だけど悪いものではないみたいでよかったね。
お父さんカコイイ。w



771 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 09:06:36 ID:EdWsWTr00
「迷い家」
山の中、こんなところになぜ!?って程、違和感ばりばりのお屋敷にいきあたる。
囲炉裏に火が焚かれてたり、食事の準備ができていたりするが
なぜか人の姿はない。

その家にあるものを持って帰ると不思議な現象にあうとか、報いを受けるとか
ケースはいろいろ。
また、何も手をつけずに帰ったところ、胸ポケットにきれいな紙人形が入っていたなど
逆におみやげを持たされることもあるようだ。

772 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 09:27:39 ID:Gw8UtB3HO
>>135

773 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 09:40:03 ID:3HxfFlfKO
家の中のものは飲み食いしちゃ駄目なんだよね。

774 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 09:44:44 ID:sDNjPCqwO
>>773
O-157がウヨウヨついているらしいな

775 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 10:06:51 ID:90JB7sip0
水も飲まないほうが良いのかな?
布団も借りてはダメ?

776 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 12:11:03 ID:xVgau4Pd0
古事記だっけ? 地獄のメシを食べたら現世に戻れなくなったというくだりが
あったと思うんだが、オカルト的な存在と食事をとるというのは
特別な意味があるらしい。

777 :763:2006/09/19(火) 12:31:05 ID:CAX1Uyto0
レスが遅れてしまい、申し訳ありません。

>>764
父の話を信じるならば、呪う類のものではないようです。
ただ、毬の望まない人間が触れると、怒り出す。
毬に関してはそれ以外は分かりませんでした。

>>765
「マヨヒガ」に関しては>>771さんの仰る通りです。
「ワラシサマ」は>>769さんのご推察どおり、座敷わらしのことではないかと思います。
私の仮説ですが、曾祖母は山に行った際、マヨヒガに入ったと考えています。
曾祖母が選んだのか、帰りに持たされたのかは分かりませんが、毬はそこで手に入れたのではないかと。
おそらく毬自体には人をどうこうする力はなく、
座敷わらしをその家に留める役割を果たすものではないでしょうか。
毬を触った私を叱ったのも、毬自身ではなくワラシサマだと考えています。
以上が伝説や遠野物語を調べて、私が辿り着いた推測です。

778 :763:2006/09/19(火) 12:40:35 ID:CAX1Uyto0
>>766
拙文、まことに申し訳ありません。

>>769,>>771
簡潔で的確なご説明、ありがとうございます。

>>770
ありがとうございます。私もあの時は父がやたら格好良く見えました。
普段はそら豆を詰まらせて死にかけるような父ですが・・・。

>>773,>>775
異界の食物を食べると言うことは、その異界の住人になるということを表すのだそうです。
>>776さんの仰る黄泉戸喫の話がその最たる例です。
布団に関しては分かりませんが、異界で生活するという以上、
何かしらの影響はあるのではないでしょうか。

779 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 12:53:39 ID:WuZd7YPIO
実に興味深い話だったし文も読みやすかったです
不思議な毬の或る家だけど他には奇怪なことなど無いのでしょうか?

780 :763:2006/09/19(火) 13:12:33 ID:CAX1Uyto0
>>779
ありがとうございます。
他に奇怪なことは思い返せばいくつかあります。
仕舞っていたはずの日本人形が階段の真ん中に現れたり、
壊したはずの物が次の日には直っていたり、
子供の頃に、兄が夜毎起きては誰かと喋っていたり、と。

こうして毬の出来事があってからだと、
ワラシサマと結び付けてしまいそうですが、
毬とは関係のない別件として考えたいです。
20年近く暮らしてきた我が家に、そんな異界の残滓が転がっていたことが個人的にかなり怖く、
これ以上の付随は結構です、というのが正直なところです。

781 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 14:07:02 ID:P3VLJ47AO
親父さんの話を一言一句覚えてるような書き方しないで
要約して書いてたらもう少し騙されてもよかったかな

782 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 14:20:37 ID:2pqiFx7Q0
>>756
ここはそんな「ほんのり」を書くスレですよ。読みやすかったです、GJ!でした。
他にもありましたらよろしく

>>757-763
ちょっと不思議な話ですね。
面白かったですよ、またお願いします。

783 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 14:23:21 ID:XIgp1HJYO
http://pr4.cgiboy.com/S/6494418/ ヲタキメェww

784 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 14:59:37 ID:vWlAoE9J0
アナルセックスに興味があったので彼女を拝み倒して
無茶をしないという条件で許してもらった

俺の計画ではこの3連休でゆっくりほぐし今週末に彼女の二つ目の処女を頂こうと思っていました。

一日目の連休初日の夜、時間をかけてアナルをほぐす事からはじめた。
ローションを買ってきてゆっくりと擦る様に彼女のアナルのしわを
ほぐしていく。最初の一日はまだ違和感があるらしくクリトリスをいじりながら
ゆっくりとほぐす。2時間くらいでローションと愛液で彼女のアナルはもうどろどろだった。

クパっとひろげるとアナルがしまりきらず、小さなOリングのような状態だった。
彼女はもうあえぎ疲れたのか、ぐったりしていてアナルを指で広げられるという
羞恥をともなう行為にも弱弱しくイヤァというくらいだった。

俺は悪戯心と助平心で彼女のアナルを広げて中を覗き込んでみた。

…?。  !!!

彼女のしわの伸びきったアナルの小さな穴から 覗 き 返 さ れ た !

俺は裏返った大声を上げて飛びのいて彼女も俺の声にびびったらしく

何々??という顔で俺を見ている。

寄生虫かと思ったけど、あれは(人かどうかわからないけど)哺乳類の瞳を持つ目だったと思う

それ以来彼女のアナルには指一本触れていません。

ほんのり怖かった3連休の初日の夜でした。

785 : ◆r7Y88Tobf2 :2006/09/19(火) 15:02:41 ID:+N8ZgQBIO
あれは大学進学のために、とある地方都市へと引っ越してきたばかりの頃でした。
一人暮らしにも慣れてきた夜のことです。

ふと目を覚ますと部屋の中に何者かの気配がするのです。
驚いて飛び起きようとしたのですが体が自由に動きません。。
怖くなった私は心の中でお経を唱え始めました。
『南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏・・・・・』
すると耳元で人の声が聞こえたんです。
「そんなもの効かないよ・・・」

私は宗教を信じていませんが、ただ怖かったんです。
私は思いつく限りのお経を唱えました
『南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経・・・・・』
『アーメン、アーメン・・・』
それでも、また聞こえてきたんです。
「そんなもの効かないよ・・・」

私はどうしていいのかパニックになりました。
『寿限無寿限無、五却のすり切れ、海砂利水魚の水行末・・・・・』
そう心の中で唱えた時でした。
断末魔のような叫びを残して気配が消えたのです。
体も自由に動くようになりました。

あとで分かった事なのですが、その部屋には落語家志望の人が住んでいたらしいんです。
しかし、どうしても覚えられない落語がありノイローゼになり自殺したそうです。

786 : ◆r7Y88Tobf2 :2006/09/19(火) 15:07:18 ID:+N8ZgQBIO
スマソ、誤爆(;´д`)

787 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 16:28:41 ID:c8e3ar5r0
>>785
ワロタw

788 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 20:14:02 ID:/S4W5Trq0
無茶をしないという条件で許してもらった。

絶対、無茶をする。止めてくれと言っても、ガンガン行きそうよな。
つーか、下手すりゃ、裂傷出来るし、中身出さんと、ゴム着けても、
男が病院行く羽目になる可能性も有るし、其処までしたいもんかねぇ・・・
あんまし、気持ち良いモンでもないよ。正直な所。

789 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 20:52:50 ID:9BrQAo500
アナルセックスの是非は、この際どうでもいいんじゃないか?w

790 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 21:56:44 ID:XvfCiIvg0
しょせんウンコの穴だしねぇ

791 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 22:00:29 ID:C6rfCesS0
>>790
×しょせんウンコの穴だしねぇ
○しょせんウンコが出る穴だしねぇ

792 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 23:04:40 ID:WISEXa640
細かいなあ
尻の穴の小さいやつだアッー!

793 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 00:46:43 ID:HTleFx6vO
素晴らしいIDですね

794 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 01:08:12 ID:imNyGfRK0
神IDキター!

795 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 03:07:04 ID:9dEkvJ5I0
キター!の次に来た俺様は2時間後ですかそうですか。

796 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 03:43:29 ID:P3MGnbHtO
良スレage

797 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 04:55:13 ID:1XJqCE68O
>>400

798 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 07:04:38 ID:ZXtJE9iW0
昨年の夏、本家で親父と叔母(親父の妹)と俺で我が家系の昔話をしていた。
どうやら自分も知らない遠縁の家で、異形ばかり生まれるトコがあったらしい。
亡くなったばあさんが、当時それを悲観して「なしてあんたなバゲモノばり生まれるべなぁ・・」とため息ついていたそうだ。
親父の言葉が妙に恐かった。「血が合わねえっつー事あるからな・・・・」
あるんですかね・・・。

799 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 08:37:38 ID:v5mTq9VO0
交通手段の発達していない時代だと
100キロ離れただけで、まず庶民同士の結婚の可能性は激減しちゃうからね

血が濃くなりすぎたのかも知れないね

800 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 08:56:58 ID:CgSb2l/oO
>>798
異形とは違うが昔はO×Bの夫婦間に生まれる子の中に
ごくまれに生まれてすぐ血液の全入れ換えをしないと
死んでしまう例があったと聞いた

ガセかもしれないけど血って大事だなと思ったよ

801 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 09:10:09 ID:WVrPywD10
>>800
それってRh(-)の母親がRh(+)の子供を産んだ時の話じゃないのかな?

ttp://www.hyogo.med.or.jp/hac/advice86.html

確かに血液型なんてわからない昔だと、最悪、「第2子以降はみんな
産まれてすぐ死んでしまう呪われた家系」ってことになっちゃっただろうな…

802 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 13:10:01 ID:SZg44RQw0
ほんのり〜の過去ログにあった話↓
『パチンコに出かけた男、パチンコをしているとどこからか女の声がする。
「帰れ…」と言ってるのだと気付いて気味が悪くなり早々に帰宅した。
すると、その数時間後にパチンコにトラックが突っ込んだ。
男があのままパチンコを続けていたら死んでいたかも…
あの女の声は助けてくれたのだろうか』
って話を探してる。
ほんのり〜の過去ログで読んだけど見つからない。(これは絶対記憶違いじゃない)
これの続きを聞いたことあるんで過去ログから引用して投下しようと思ったんだけど。
誰か知らない?

803 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 14:37:51 ID:Iaxrsk3p0
>>802
なんか自分も読んだ記憶がある
でも思い出せん

804 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 15:37:05 ID:eBT72pLZ0
ttp://www.geocities.jp/g6thh/1.htmlの597かな?

805 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 16:16:10 ID:f7KMi2UG0
>>802
それを探してどうしようと言うの!!

806 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 16:38:09 ID:7g9HMG4p0
>>805はなんですごい剣幕で怒ってんの?

807 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 16:47:14 ID:CLykOxtk0
あの日で精神的に不安定とか?

808 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 18:38:51 ID:l3XXh2sG0
>>805
その話の後日談を聞いたから引用つけて投下したいんだって。

809 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 18:47:47 ID:SZg44RQw0
そうそう、これだ。
ありがと>>804
気になって仕方なかった。

597 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ :2001/06/06(水) 22:08
ある夜、1人男性(妻子持ち)がパチンコをやってると、何処からか「キャー」という女の悲鳴が聞こえてきた。
しかし、周りを見渡しても悲鳴を上げたらしい女性の姿は無く、他の人達もまるで気にしていないみたいなので、その日は空耳かと思った。
だが、その後もたびたび悲鳴が聞こえてくるので、従業員や顔見知りの客にたずねたが、誰も悲鳴など聞いていないと言う。
ところが、1人の常連客にこの事を話すと、「以前、ある母親が家に子供を置いてパチンコをやってたら家が火事になって子供が焼死し、
その後母親も自殺したという事件があった」と言い、他に思い当たるような事件や事故は起きていない為、
「その悲鳴を上げているのは自殺した母親の幽霊ではないか?」と言ってきた。
それを聞いた男は怖くなったが、それでもこの店は結構稼げるので、通い続けた。
そんなある日の事、いつもの悲鳴ではなく、「早く帰りなさい!」という女の声が聞こえた。
彼は子供を焼死させた母親の話を思いだし、もしや妻や子供の身に何かあったのでは!?と思い、すぐさま家に駆け戻った。
しかし、家では何事も無く、妻は呑気にテレビを見ているし、子供はスヤスヤと寝ていた。
あれは何かの聞き間違いか?と思った彼だが、翌日、パチンコ店へ行くと、
昨夜、彼が去った直後に酔っ払い運転のトラックが店に突っ込んだらしく、ちょうど彼がいたあたりの台が大破していた。
もしあのままパチンコを続けていたら、良くても大怪我していたか、下手したら死んでいたに違いない。
あの声の女性は彼の命を救ったのだった。




810 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 18:49:40 ID:SZg44RQw0
で、ここからが俺の聞いた続きの話。

男はしばらく控えていたそのパチンコ店を訪れた。
店内は改装され、トラックが突っ込んだ場所も綺麗になっている。
そのまま台を選び座る、なんだか調子がいい。
少し覗くだけだったはずなのに男は没頭し打ち続けた。
どれくらい経ったか、微かな声が聞こえることに気付く。
耳を澄ませるとあの女性の声だと分かった。
ただ、前のような悲鳴や忠告とは違う沈んだ声音。
「…助けて」
背筋がぞくりと唸った。
その一言だけではっきりと理解した。
女性の声は見返りを求めているのだ。
確かに彼女のおかげで危機を回避できた。
礼は返さねばならない。
「助けて」
今度は耳元で囁くよう聞こえた。
男は急いでパチンコ店を出て、それからは二度と行っていないという。


引っ張ったわりにはたいしたことないか…すまん
成仏させて欲しいならまだしも、寂しいから一緒に居て欲しいとか
頼まれたら嫌だなぁとこれ聞いた当時思ったよ

811 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 18:56:24 ID:l3XXh2sG0
>>805
その話の後日談を聞いたから引用つけて投下したいんだって。

812 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 21:51:17 ID:cZWJgR+w0
>>781
良い性格してるなw

813 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 23:36:43 ID:qf/9y6Cq0
友人の話。

私の友人は飛蚊症に悩まされています。
いくつかの病院で検査を受けたのですが、
網膜にも脳にも異常はなく、原因は不明だったそうです。
大学に入ってからは比較的落ち着いていたのですが、
高校の時は酷く、頻繁に黒点や雲のようなものが視界に現れていたそうです。

そんな高校生のある日、文化祭の準備で遅くなった彼女は、暗い道を帰るのが怖く、
明るい繁華街を通って家路につきました。
繁華街を通り過ぎ、角を一つ曲がった所で、彼女の視界が薄い雲に覆われました。
曇った視界のままで歩くのは気持ちのいいものではないので、
その場でしばらく立ち止まり、視界が晴れるのを待つことにしたそうです。

814 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 23:37:30 ID:qf/9y6Cq0
時間にして5分ほど。視界を覆う薄雲は一向に晴れません。
これ以上時間を潰すのも嫌になり、彼女はまた歩みを始めました。
「あのぅ・・・・・・。」
遠慮がちにかけられた声に驚いて振り向くと、
そこには中年の女性が所在無げに立っていました。
女性はじぃっと彼女のことを凝視しています。
「・・・あなた、目に何か変なこと起こっていない?」
その女性は唐突に彼女に尋ねてきました。
女性の後ろには誰もいない手相占いの台があり、どうやらその女性は占い師のようです。
何で分かるんだろう・・・・・・。訝しみながらも彼女は素直に頷きました。
自分の飛蚊症に関して、何か分かるのなら教えて欲しい。
そんな藁にもすがる気持ちだったそうです。
占い師の女性は、ほぅっと一つ息を吐き、言いました。
「やっぱり。さっき、あなたが立ち止まってる時ね、
後ろからお婆さんが両手であなたの目を塞いでいるのが見えたんです。」
信じるかどうかはあなたが決めていいですけどね、と占い師は続けました。
もちろん彼女は誰かに両目を塞がれた感覚はありませんでした。
しかし、彼女は占い師のいうことを信じました。
というのも、彼女は子供の頃からそういうものが「見える」人間だったからです。
彼女は占い師にもっと詳しく教えてくれるように頼みました。
「私はただその光景が見えただけで、それが良いものか悪いものかの見当も付かないの。
 知りたいのなら、然るべき所に行って相談しなさい。」
占い師が教えてくれたことはそれだけだったそうです。

815 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 23:38:57 ID:qf/9y6Cq0
何故、自分を守ってくれるはずの守護霊が目を塞ぐのか。
私はそのせいで迷惑している。
すぐにそんなことは止めさせて欲しい。
彼女は怒りながらその霊能者に詰め寄ったそうです。
霊能者は彼女の憤りをなだめつつ、真剣な顔をしてこう返したそうです。

「止めさせるように言ってもいいんだがねぇ・・・・・・。そのお婆さんが目を覆ってくれなきゃ、
あんた、俺より幽霊見ちまうぞ。」


「幽霊ってさ、結構グロいのもいるのよ。事故死した姿のままとかね。
 あれをしょっちゅう見るのと比べりゃ、視界が少しままならないくらい、仕方がないよね。」

話を聞き終えた後、諦めたように笑いながら、彼女はそう言っていました。

816 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 23:42:09 ID:qf/9y6Cq0
一つ段落を飛ばしてしまいました。
>>814>>815の間に以下の文章が入ります。


次の日曜日、彼女は神社に行き、宮司にこれまでの経緯を話しました。
宮司は話を黙って最後まで聞いた後、一人の男性を連れてきました。
その男性は霊能者だと紹介されました。
宮司曰く、自分にはそういう力がないので、この人に代わりに見てもらうのだそうです。
彼はしばらく彼女を凝視した後、ポツリ、と言いました。
「そのお婆さんはなぁ、あんたの守護霊だ。」

817 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 23:55:15 ID:7B37U3ntO
出典は書かなくて良いのか?

818 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 00:06:45 ID:j1f/0JZs0
>>817
出展あるんですか?
私は友人から聞いた話を思い出してながら書いたんですが・・・。

819 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 00:19:55 ID:P5YoWfEW0
その占い師さんがいい人だねー
自分には分からない・できないことをちゃんと伝えて、できる範囲でアドバイスをあげてさ

820 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 00:58:49 ID:5OtF/HnXO
>>819
欽ちゃん乙

821 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 01:09:53 ID:ZbUuKZ630
>>810
その後日談が知りたい…

822 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 01:34:07 ID:+CfupvGIO
>>818

どこかで読んだと思って探したら、有りました。

怪談奇談 恐怖の百物語
というメルマガの2002年12月29日号です。


こっちの方がコンパクトな話になっているので、
伝聞で広まったのかもしれませんね。
あるいは、ご友人が本人かも。

823 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 11:28:24 ID:SaApBSVd0
>>784
父さん!!そんな所で何してるんですか!!?
は・・・はやく風呂に・・・

824 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 12:32:45 ID:/wz2GHOF0
>>823
鬼太郎乙

825 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 12:42:29 ID:sOIo2RJK0
シティーボーイズ乙

826 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 13:59:16 ID:njnRZhOB0
PINK板より転載です。

えっちな21禁さん :2006/09/21(木) 10:53:59 ID:G8ilHZWz0
かなり昔、中学生の頃なんだが。

台風が来る夜、ツレと学校に忍び込んだらいつのまにか施錠されて出れなくなった。
他にクラスの女子4人も閉じ込められた。
担任に電話して助け求めたんだけど酔ってて相手してくれず、
仕方無しに誰も居ない学校で一晩明かすことになった。
することもなくて体育館でボーっとしてると、女子の誰かがラジカセで音楽を流し、
女子共4人が体育館の舞台で踊りながらストリップ始めた。
それ見てたら楽しそうなので俺とツレの♂2人も一緒になって踊った。
俺とツレはパンツ一丁、女子共はブラとパンツで何かわけわからんけど踊った。

その勢いで外に出て騒いでたら徐々に雨が強くなってきて、
ビショ濡れになりながら全員残りの布切れ全部脱いで放り投げた。
「もしも明日が」を大声で歌いながら、その大雨が過ぎ去るまでさらに騒いだ。

そして次の朝、ツレが教室の窓から飛び降りて死んだ。


827 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 14:40:13 ID:SaApBSVd0
台風クラブ?

828 :818:2006/09/21(木) 14:49:35 ID:HPpZDcqT0
>>822
教えてくださってありがとうございました。
早速調べてみたいと思います。
時期的にも友人がそれを読んで私に話した可能性が強いみたいです。
私の調査不足でお手数をお掛けし、申し訳ありませんでした。

829 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 16:24:53 ID:9KHNHXbM0
悪かったよ。俺が!な。謝るよ。だから機嫌直してくれよ。
無視しなくても良いだろ。なんでも好きなもの頼んで良いから。
俺だって自転車で飛ばしてきたんだぜ。あまり急いだもんだから
途中の国道との交差点までは覚えているけどそこからこの店まで
どうやって来たのか記憶がないんだよ。着いた時には何故か自転
車には乗っていなかったけど、ともかく急いできた事は解かって
くれよ。コーヒーとデザートだけかい?食事しようよ。な。なん
とか返事しろよ。しかしこの店の店員まで俺の事、見えてないみ
たいに無視してるよ。水くらいもってこいよ。オイよせよ。こん
なとこで俺の写真なんか見て。照れるだろ。しかしなんでそんな
写真持ち歩いてんだよ?本人が見たことないような写真じゃないか。
そんな泣きそうな顔しなくても俺はここに来たじゃないか!
え? もう帰るの? まだ良いじゃないか。来たばかりだぜ。
なぁ、なぁ・・・・・俺が払うよ、なぁ、無視するなよぉ。
でも、俺、さっき気が付いたんだが、この店のドアやウィンドを
通りぬけられるんだぜ。凄いだろ!なぁ見てくれよ、凄いだろ!
なぁ無視するなよぉ・・・・

830 : ◆r7Y88Tobf2 :2006/09/21(木) 17:01:06 ID:TW+Ve+otO
車で帰宅していた時の話です。
山道を走っていると、どこからともなく聞こえてきたんです。
「気を付けて…」

私は慌てて車を止めました。
なんと目の前には崖崩れで道が塞がっているではないですか。
思わず声の主に手を合わせて感謝しました。

私は家族に電話をして状況を話していた時の事です。
そのときになって聞こえてきたんです。
「死ねばよかったのに」
それは電話口の女房の声でした。

831 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 17:03:25 ID:cq+9tTQU0
>>830
よくわからん

832 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 17:39:41 ID:VBDU6wyNO
>>831幽霊(?)が助けてくれた。
だけど妻には「死ねばよかったのに」っていわれた

833 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 17:52:16 ID:0vXUohhI0
>なんと目の前には崖崩れで道が塞がっているではないですか。
道はもうすでに塞がってるのに幽霊は何に気を付けてと言ってるの?
妻の仕打ちに対して?

834 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 18:04:32 ID:4EKX3b6I0
>>833
もしブレーキが遅れてたら土砂の山に突っ込んでqあせdrftになってたってことだろ

835 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 18:19:56 ID:161F4Q+j0
妻の「死ねばよかったのに」は「チッ」って舌打ちにしておけばもうちょっと現実味あったのに


836 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 18:44:00 ID:olK1zEHnO
マジレスするとツンデレ幽霊の改変

837 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 19:04:01 ID:gGu6CfXN0
「な、なによ・・・別に好きで助けたわけじゃなくて、たまたまそんな気分だったのよ・・・。か、感謝なんかしないでよね!!」

838 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 19:15:32 ID:sZ41QwLE0
全然怖くないのだが、俺が前のアパートに引っ越したとき隣の部屋からものすごい腐臭が漂ってくるんだわ。
アパートのベランダからちょっとその部屋のベランダが見えたとき、
よくあるベランダ用スリッパが10人分ぐらいあった。
まったく物音がしない隣室。
変な部屋に来ちまったな〜と思ってた。

何ヶ月か経つと、引越し屋ではなく清掃業者が部屋のものを持ち出しすごい勢いでリフォームを始めた。
で、よくあるガスとか水道の説明書をぶら下げた空き部屋状態になったはずの隣室。

なのに、夏の朝6時ごろ、網戸にして寝た俺が目を覚まし、網戸越しに布団の中から外を見ると、
空き部屋のはずの部屋とのベランダの仕切りの上から男の人の顔が俺を見ている。

まったくの無表情で見詰め合った。どうすりゃええんじゃ…?
とりあえずガラス戸を閉じてもう一度見たらいなくなってた。

心霊現象ではなさそうなんだが、ヤツはなんだったんだろう?
ウホッだったりアッー!ってな目にあいかけたのか?

839 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 19:27:31 ID:+CfupvGIO
>>838

あの充分コワいんですけど…
| д゜;)))

840 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 22:44:21 ID:1YUO9x5W0
ギガコワス((((;゚Д゚))))ガクガク

841 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 23:02:02 ID:3kiPBrN3O
中学の時の話…
鉢伏高原で中一のときに合宿があった。
俺たちの中学は隣の小学校と合わさって一つになるため親睦を深める為の合宿だ…。
その夜、友達四人と四つ角ってのをすることになった…。
俺はもちろん初めてで、どうするのかわからなかった。
言い出しっぺが説明してくれた。
図で書くと
A ←D ↓ ↑ B→ C
Aが壁伝いにBの肩を叩く
叩かれたBはCへ、CはDへ‥各自その時歩いていった場所に待機する
するといないはずのAの場所に誰かがいて永遠に続くと言う奴だ‥。
実際にしてみるとやはり続いた…。





追伸…部屋は暗くして真ん中に蝋燭を一本たててするべし…
俺等は蝋燭なかったからオレンジの豆電球でした。
その時はDがAの場所に行った時誰もいなかったのでA(元B)の場所まで歩いていって続いたらしい…。

842 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 23:02:31 ID:VgMCpfRUO
ペタコワス((((;゚д゚))))ガタガタ

843 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 23:07:42 ID:VgMCpfRUO
>>841
昔世にも奇妙な物語でやってたな
雪山の話だよな

844 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 23:11:01 ID:ZgBgGxLcO
>>841
マルチテラウザス

845 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 23:40:34 ID:nxVUsf4Q0
>>841
ん。山恐でも見たぞ。
何がしたい、そこの魚座w

846 : ◆r7Y88Tobf2 :2006/09/22(金) 00:08:35 ID:4tTw70QfO
まだ私が高校生だった何年か前の話です。
入学して数日が経ち、仲良くなった友達にイタズラをしてみました。
こんなメールを送ったんです。
「ワシはナマズ神だ。ワシの存在を同じクラスの物に伝えよ。さもなくばオマエは48時間以内に死ぬ」
他愛もないチェーンメールのつもりでした。

その朝、学校へ行くとみんなメールの話で騒いでいました。
「ホンマかいな〜」「そんなワケないやん」「ホンマかも知れへんで〜笑」
そんな会話が一日中飛びかっていたんです。

翌朝、調子に乗った私はクラスの全員にメールを送ったんです。
「私はナマズ神だ。私を信じないオマエは3分以内に死ぬ」

送信ボタンを押して、これを見たみんなの顔を想像していた時・・・突然部屋が揺れはじめたんです。
あの忌まわしい大震災でした。

数日後、仮設の校舎が建てられました。
登校した私は教室の中で、花束に囲まれて一人ぼっちで泣いてました。

847 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 00:14:09 ID:G2+npG9d0
いつの震災?

848 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 00:23:58 ID:nEBhMm9v0
不謹慎すぎる>846

849 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 01:23:16 ID:5DTTFfTW0
>>846
こりゃ流石に不謹慎だな・・・。

850 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 03:32:57 ID:pPSc0S3kO
北朝鮮やらイラクやらアフガニスタンやらリビアなんかの独裁者の
面々が当時言ってたな
「アメリカの帝国主義に協力した者への神の怒りだ」って
あれ聞いた時と同じくらい腹たった

851 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 05:47:29 ID:/hpaGsFI0
>>846
へー1月に入学式があるんだ。へー。

852 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 06:37:09 ID:QzkAYcEG0
阪神・淡路大震災は午前5時46分発生だから違うんじゃね?
って言うか不謹慎な話にマジレスしても仕方ないんじゃないか。

853 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 07:29:15 ID:+miKFdQ4O
新潟の方じゃないの?

854 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 08:22:31 ID:g5X46fUZ0
アメリカで電車事故が起きた時、
救急車より早く駆けつけたのは弁護士どもだったらしい。
「鉄道会社を訴えましょう」と言って、けが人達に名刺を渡して回ったらしい。
訴訟社会アメリカ コワス

855 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 08:36:11 ID:QASTl2k+0
>>854
それの飛行機事故バージョン知ってる。
訴訟社会の中で増えすぎた弁護士に対する揶揄だとおも

856 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 12:14:58 ID:LEh0YbaG0
友達に聞いた話。

夜寝てたら金縛りにあって起きた。目が開いてたのかどうかは
わからないけど、その人横向きに寝てたから椅子が見えたんだって。
その椅子の下には犬が(チワワ)入れるくらいのスペースが
あるんだけど、そこに例えるなら呪怨の子供みたいに、顔も体も
真っ白の人が横向きに無表情でこっちをみて入ってたんだって。
金縛りがとけるまでずっと目があったままで、だんだんそれが
消えてったと同時に金縛りもとけたらしい。

想像のしようによっちゃー笑えるけど、ちょっと怖かった。


857 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 12:41:56 ID:xvowtUD6O
どう想像しても笑えないのだが……

858 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 13:13:36 ID:zGv+X+d2O
≫856
ダウンタウンの松本のしょうたやったんや!
だから笑えたんや!!

859 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 15:20:57 ID:coaULn1C0
美容院でエクステを付けて貰ったら白髪が混じっていた
美容師にそれを指摘したら「ごめんなさーい。白髪ですねえ」と軽い感じだった
もっとちゃんと処理した物を使っていると思っていたので気になって、
「これどこから仕入れてるんですか?」って聞いたら
「中国の奥地に成人まで髪を切らない部族がいて、そこから買ってるらしいんですけどぉー」
家に帰ってエクステを調べたら、白髪・枝毛・縮れ毛だらけだった
かなり高かったけど気持ち悪かったから一日で外しました…

860 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 15:44:10 ID:RBC4bQR20
エクステンションって人毛なのか…

861 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 16:29:36 ID:Qwv7DA3N0
どう考えてもコストに見合わないけどなあ>人毛

862 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 17:09:17 ID:coaULn1C0
>>861
疑うなら【エクステ 人毛】でググれ

863 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 17:23:51 ID:cH1e1Qx+0
うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああ

864 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 19:59:23 ID:I/IR+reV0
テレビでみたけど欧米のセレブの使ってるエクステは
インドの結婚前の処女の髪らしい。チャリティーが集めてオークションで
すごいお値段になるけど、セレブ達用だから全然おけなんだって。
やっぱりツヤが違うとか言ってたな〜。

865 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 20:38:19 ID:8H4l0TrL0
ちなみに欧米の身分証明書で髪の色がblackといえばインド人なんかの髪色を指す。
日本人の黒髪はBrownに分類される。

866 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 00:22:53 ID:fLHA7ocF0
お ま え ら ば か か ?

壮大なつりをやってんじゃねえよ!



867 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 01:47:08 ID:VX7L/z5QO
田舎ではよくあるのか、お盆の始めになると決まって閉めてある戸がひとりでに数十センチ開く。田舎に帰省してた親戚は皆あぁ先祖さんが帰ってきたと言って慣れた様子だった。
あと親戚が亡くなるとその身内の家だけが地震でもないのにドンッと揺れると聞いた事がある。ある一種の虫の知らせなのか、母方の祖母と祖父と従姉妹が病気で亡くなった時は親戚一同これで分かったらしい。

868 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 05:30:15 ID:CYWDhFYp0
>>865
髪はblackと書いて問題なかったけどな。
目はbrownと言うのは知ってるけど。

869 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 06:19:55 ID:nKR2bHxmO
高校時代の話

高3の最後の夏休みの吹奏楽の合宿で、毎年村の体育館を使って練習してたのだが、その年は体育館が使えなくてスキー場の食堂みたいな所で練習してたんだ。
みんなで合奏している最中妙に後ろから人の気配を感じてた。けど自分は誰かが見学に来ているんだなと思い、合奏を続けていた。
ふと誰が見に来ているんだと思って後ろを見ても誰も居ない。

また合奏中人の気配を感じて後ろを見ても誰も居ない。

後から友達に聞いたら友達も数人、合奏中に人の気配を感じていたらしい。

あんまし怖くなくてスマソ。

870 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 08:53:12 ID:AKI+tnOMO
合宿繋がりで、厨房の時一度四国の山の中に剣道部の合宿に行った。
民宿から体育館まで距離がだいぶあって確かバスで移動したんだけど、広くて綺麗な体育館だった。
日が暮れかけた頃、体育館の中二階って言うのかな。
人一人立てる位の応援席みたいなスペースがある。
そこに男の人がいた。面越しだし練習で意識も朦朧としてたが無性に怖くなって涙が出た。
汗と面で涙なんかわからないんだが脱力してしまって顧問にボコボコにされたがその後俺と同じ症状が続出。
皆その男を見たらしい。
何をされた訳でなく見つめただけで泣く程の恐怖を覚えさせる男。
今は記憶が退化してそいつの顔なんて思い出せないけど
帰りのバスで主将が「あいつ付いて来てる」と言った時は皆かなりのパニックで訳が分からなくなった。
そう言えば民宿から離れた風呂屋に行った帰りの山道でもそいつを見たので本当についてきてたんだろうな。
翌年から合宿の場所は変更された。

871 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 09:49:43 ID:nGRG9b4j0
koeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee!

872 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 10:55:30 ID:1K4s0ecR0
俺の友人の姉が昔、大手のカツラメーカーで植毛の仕事をしていた。
その仕事は髪の毛を一本一本、手作業で土台に植えていくという
手間の掛かる仕事だった。

髪の毛はインドから輸入してきた人毛で、大きな布の袋に何キロ入り
といった感じでごっそり入っていたそうだ。
その髪の毛を選別しながら一本一本植えていくのだが
ある時、彼女が袋に手を入れて髪の毛を取ろうとすると
大きな髪の毛の塊りがあったそうだ。

彼女は何だろうと思い、それを袋から出してみると
それは頭の皮が付いたままの人間の髪の毛一式だった。
たぶん死体からナイフで皮ごと剥ぎ取ってきたのではないかと
その職場で話題となったそうだ。



873 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 12:18:02 ID:XpI/Dk+50
ほんのりじゃない!それってほんのりじゃないから!((((((((((;゚Д゚)))))))))))ガクガクブルブル

874 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 12:42:45 ID:ZauF8Z180
ほんのりじゃない・・・(((;゚Д゚)))

875 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 13:38:33 ID:fLHA7ocF0
>>872
ヒント:インディアン

876 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 18:16:44 ID:rzxXXT0qO
>>869

それA県の高校でもあった。

よくある事なんだろうか?

877 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 18:40:14 ID:CTIWTmx80
こりゃ盗撮やね

878 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 22:22:17 ID:Ke1YL5H50
学生時代の話。

アパートの隣の部屋にちょっと変わった人がすんでいた。
しゃべったこともなく、学部も違ったので接点はまったくなかった。
気難しそうな人でいつも一人でいる感じだった。性別は男。

ある晩、アパートで2chをやっていたら、突然ドアをがんがん叩く
音が聞こえた。怪訝に思ってドアを開けると隣の住人が立っていて
大声で「今、すごい音がしませんでした?」と。
自分はびっくりしてしまい、「いえ…別に」というと凄い勢いでドア
を閉めて帰っていた。当然、そんな音は聞こえなかった。

そのころから、隣の住人の窓に意味不明な言葉を書き連ねた紙が
内側から貼られるようになった。

しばらくしてから、隣の住人はそこを出て行ってしまった。
大学も中退したらしい。


879 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 23:28:56 ID:s7dhE4R/O
>>878
グルグル渦巻きの例の紙だったりして
変な電波で…

880 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 23:46:51 ID:/fcmqngR0
どうでもいいが>>1が過去ログとしての機能を果たしてない件について
いや、しょうがないっちゃしょうがないけどな

881 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 00:31:49 ID:LGUg7eDN0
京都に旅行に行って、帰ってきたら9.11のニュースが流れていたから、5年前。

ひとりで、バス停でバス待ってたら、カップルの男が、話しかけてきた。
男、時刻表みれば分かる事をわざわざ私に聞いてきて、
どこから旅行に来ているか聞いてきたり、
聞いてもいないのに、
自分たちは、九州に行って600万だか、何百万取りに行き、
東京に行くんだ的なことを得意な感じでぺらぺら話し。
連れの、女は、俯いて黙っている。

私が乗るバスが来たのですぐに別れたけど。

なぁんか、話の内容が「???」ちょっと日本語不自由。

もしかして、北朝鮮の「日本人になりすましたヤツ」が、
日本語通じるか、私にテストしたのかなぁ?って密かに思ったが、

最近、「クリミナル...」?だったりしてって(((((( ;゚ Д ゚ )))))ガクガクブルブル

882 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 03:13:33 ID:4i9I8+1oO
高校のとき夜中の3時に友達に呼び出され近所の神社へ行ったことがある
後にも先にも夜遊びしたのはこれきりでチキンな俺たちは静かに話し込んでた
そのときは俺含め3人、神社へ続く階段の一番下に座ってた
田舎の冬だから星が綺麗で住宅も遠くて誰もいない
周りには街灯があり暗くはなくて神社の向かいには地元で使うような小さな公民館がある
4時近くなった頃、その公民館にぽつぽつと人が集まってきたんだ
車が何台か駐車場に入り、子供も大人も老人も何か話しながら公民館へ入っていく
そのうち俺たちに気付いたお婆さんが近寄ってきた
「寒くない?」
「あ…はい、大丈夫です」
「そう?風邪引かないようにね」
それだけ言葉交わして、帰れとか夜中に何してるとか言われないままそのお婆さんも公民館へ行っちゃった
集まった人たちは皆、公民館に消えてまた静かになった
朝方になり帰ったけど結局あの人たちは出てこなかったし何だったんだろう
今思えば不思議な光景なのにあのときはハッキリ見えてて何とも思わなかったが…公民館の電気はずっと点いてなかった気がする
真っ暗な公民館に入ってく人々
不思議だ

883 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 06:52:06 ID:wXpSpn66O
朝から携帯でスマソ

あんまり怖くない&スレチかもしれないけど
今久々にここ来たら蜘蛛とお米の話での体験談
俺が厨房の頃学校で山間合宿とか言うので山に2泊3日のキャンプあったんだ
まぁそこでキャンプの定番のカレー作りしてたんだわ
もちろん野外だから釜を自分らで作って飯盒使って…
飯盒の飯は一つで3人分位だったから4合くらいだと思う
カレー作りは問題無く上手くいき、後はルーを飯に懸けるだけ!!ってことで飯盒オープン☆










蜘蛛がいたよ
五百円より足入れても一、二周り小さいのがorz
しかも作り直す暇無いから蜘蛛いた周りの御飯抜いて食えと教師からの励まし…OTL

もちろん自分は食べましたよ('A`)
これにより蜘蛛が嫌いとかカレーライス食えないとかにならなかったからマシだと思った
ここ見てたら思い出したからカキコしました長文でチラ裏っぽくなった事を謝罪します

884 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 10:21:49 ID:qdiYbopn0
食うネタで思い出した話。

昔、奥さんにエスカルゴをだされて、「噛まずに殻ごと飲み込んで喉ごしを楽しむのよ」って
言われた男がいたそうな。毎日食べてたらどんどん体調が悪くなって、救急車呼んでくれって
奥さんに頼んだら、奥さんがエスカルゴの中身をとりだして見せたんだよ。中身はヒルでね。
叫び声も上げられないほど衰弱してたから逃げられずに、それから半年、生ヒル食わされて死んだんだって。
なんか遺体の腹を開いたら胃に穴空いてて、ヒルが胃の外側にびっしりくっついてたらしいよ。

だから、まあ、なんだ。なんでもちゃんと熱を通して、よく噛んで食べようってことだな。

885 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 12:50:01 ID:IesOrToS0
ヒルは胃酸で死んじゃうと思うんだけどねええ


886 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 12:59:55 ID:ip9ztNrA0
>>846
この話しで阪神大震災を思い出したけど
あの当時、高校生がいまのようにメールする時代かどうか
>>884
それは外国で起きた事件だよね
旦那が浮気して愛人との間に子供まで作り奥さんが子供
出来ない人だったから、恨みをはらそうとした実話
こわーい

887 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 13:08:29 ID:Wp6+NDoq0
>>886
まあ、生活板とか、この板で他のスレだとかにもいろいろ貼ってたみたいだから、話の内容自体は気にしない方がいいんでない?
生活板に貼られてたのは文章がまんま阪神大震災になってたけどな。

888 :884:2006/09/24(日) 13:23:31 ID:qdiYbopn0
>>885
胃に潰瘍があったから胃酸から逃げれたらしい。

889 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 13:39:58 ID:aj0hNBwL0
昨日からやり残した事があるんで泊まり込みで仕事してんだけど、
会社的には休みだから業者が来て壁紙の貼り替えをしてたんだ。
昼間からドヤドヤと職人が出入りして夕方まで賑やかだった。

その中の何人かが働き者で深夜になってもゴソゴソと奥の方で仕事をしてる。
聞き取れないがボソボソと話し声も聞こえてたんだ。
俺もだだっ広いフロアで一人寂しく仕事してたからちょっと心強かったのね。
「あぁ俺の他にも頑張ってる奴らがいる…」って。

それで夜中にコンビニ行ったついでに職人さん達にもと思って
缶コーヒーを買ってフロアの奥へ差し入れに行ったんだ。
そしたら誰もいないんだよ。職人なんてとっくに全員帰ってた。

思えば下に止まってた2〜3台のバンも無くなってるし
なにより職人ってきっちり5時には仕事あがっちゃうんだよね。
だけど一晩中「誰かが」イスをひいたりブラインドを上げ下げする音がしてた。

明け方になって俺がソファで寝る頃にやっと静かになったけど。
今、差し入れ損なった缶コーヒー飲みながら書きこんでマツ。

890 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 14:08:00 ID:iZnQ5D3Y0
死刑囚の短歌

強盗殺人 C・T(1950年 福岡刑務所で刑死)
爪たてて 母母母と 書いてみき ひとやに母を 恋いてやまねば

強盗殺人 山村義人(1953年 福岡刑務所で刑死)
牢壁に 母母母と 落書きの 文字も薄れて こは誰が書きし


891 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 15:12:59 ID:LUcGwdwfO
>>890
犯罪者でもどん底ではママンに縋りたくなるのかねぇ…

幸い前科はないがママンとはもう何年も絶縁状態だ…
獄中の人のほうが人間らしく感じて欝

892 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 17:17:10 ID:S0xWL76Q0
殺された人間にも、母は居るんだよな。

哀れと言うより、厚かましいと言う感想の方が先に来る。

893 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 18:53:47 ID:lqE5YuPn0
今、関西でタクシー運転手狩りが流行かしら?
怖いわ!

894 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 19:13:26 ID:TNFSlbmz0
kwsk

895 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 20:16:58 ID:DLJEWgdc0
話を割って済まない。

天然痘って、普通の注射なのに変な傷跡になっているのは何故?
BCGって、アレって回し打ちだったような・・・。大丈夫なの?
そしてやっぱり傷跡が大きく残るんだね。他の予防注射と違うね。
ツベルクリンを打っている時って、何故皮膚があんな風に盛り上がるのかな?

予防注射をしながら何か・・・何か・・・ 
これは・・何をされているのですか?

896 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 20:49:03 ID:uck2xK0SO
今は知らないけど昔偉人伝で見た内容だと別の病気の菌だったね
その病気になると天然痘にならないって噂を実験した話


897 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 20:59:24 ID:4GLlp8nz0
天然痘は今は、絶滅宣言されたから種痘はない。
あれは皮膚に「傷を作って」そこに菌を植える。
針で刺すんじゃないから傷は残る。
BCGも生ワクチンなので、体内で菌を増殖させる(適当な
言葉じゃないかも知れないが)BCGをした後、1ヵ月後くらいに
かなり腫れて、「化膿した」状態になる。
そりゃ、傷も残るわ。

30〜40代以上は、普通に予防注射の回し打ちをしてた。
C型肝炎なんて、わかってなかったし予防注射で病気に
感染するという知恵がなかった。

ツベルクリンは、皮膚と脂肪の間の皮内に薬液を注入する
盛り上がって「当たり前」あれができないと正しい判定はできない。

何をされてるか怖いのなら、調べればいいじゃん
ネットで検索すれば、すぐわかること。
長文すみません。

898 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 21:24:47 ID:Q2wsaUkq0
>>895
打たれる側の体質とか注射液・注射器の性質によって傷跡が変わるのはしょーがない。
でも、昔行われてた回し打ちは明らかに多数の被害者を出してる。
特定の地域の特定の年齢の人たちに肝炎が多いのは、学校の予防接種時などの回し打ちが原因だとか。
私の叔父も肝炎で肝移植、父も抗体陽性者、その他近所の同じ年代の人で肝炎の人の話結構聞くし・・・
うん、怖い。

899 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 22:35:24 ID:DLJEWgdc0
BCG
  (3X3)X2 ・・・・666 だったりして!!?

900 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 22:37:30 ID:kVxsOU760
今日昼間妙なじいさんから通りすがりにいきなり「あんた霊が憑いてるよ」っていわれた
まあそれだけなんだけど・・・いやだよなあ

901 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 22:38:14 ID:d8sL1Qiy0
思い出した。
はるかむかしの消防時代、一年生だったか二年生だったか。
インフルエンザの予防接種の時だったと思うが、
注射が怖くてクラス全員がびくびくの及び腰になってたときに担任が、
「早い方が注射針が鋭いから痛くありませんよ、後のほうになると針も磨り減るからね」」
とか言ってたな。
自分は確実に注射針を回し打ちした世代の人間なんだな。
今のところなんの病気の兆候もないが、肝炎の話題聞いてるとほんのり怖くなる。
これからさき、注射針回し打ちが原因の病気がでてこないとは限らないからな。



902 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 22:40:37 ID:fgm3GbMY0
全然怖い話じゃないんだけど、10年程前に住んでたマンションの近くにコンビニが出来たんだ。
酒も販売していたから毎日のようにコンビニに行ってた。

いつものように店員のおばちゃんが「いらっしゃいませ」と愛想良く挨拶してくる、そんなある日。
コンビニに入ると若いねえちゃんがレジで挨拶して、おばちゃんはしゃがんで弁当のコーナーにいた。
「ああ、消費期限の過ぎた弁当を仕分けしてるんだな」と思い傍を通るとなんだか様子が変なのです。
なにやらわけのわからないことをブツブツいいながら、居もしない右の人に右手でツッコミを入れているのです。
「見てはいけないものを見てしまった」と思った俺は、何事も無かったようにコンビニでレジを済ませ出て行った。
別の日、またわけのわからないことブツブツいいながら店内をうろついているのを見た。居もしない右の人に
ツッコミを入れながら・・・。他の店員はまったっく無視。そんな光景を数年間いくどどなくみた。

5年ほど前に引っ越してもうそのコンビニには行ってないけど、今でもそのおばちゃんは居るのだろうか?

全然怖くなくてスマン。なんかクスリでもやってたのかな

903 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 22:58:33 ID:qikagXU/0
ツッコミの練習だろ

904 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 23:10:22 ID:DLJEWgdc0
BCG
  (3X3)X2=18=6X3・・・666? あははは ?

905 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 23:25:40 ID:s2uaTs4f0
信じる、信じないはお任せするよ。

どこかで既出だけど、ttp://kowa-i.com/i/os.htm
この中の「おじゃま道草」読んでいたら、急に首から肩にかけて重苦しく痺れてきた。ヤバいと思い、
九字を切ったらなんとか元に戻った。ホッとしたのもつかの間、今度はおかんが「手がしびれて痛い、湿布くれ」
と言って俺の部屋に来た。薬塗りながら「なんだか急に手がおかしくなってさ…」と不思議がってたな。

一晩たったら治ったって言ってたから、まぁ偶然なんだろね。怖くなくてスマン。

906 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 00:54:27 ID:uKnMCIs20
おじゃまんが山田君って漫画あったよね

907 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 00:57:10 ID:SUkYxd7M0
>>905
自己暗示力の強いやつはなんでもないことで大騒ぎできて楽しそうだな

908 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 01:57:33 ID:DpzxCPgX0
>>906
「となりの山田くん」→「ののちゃん」って名前変わってに現在も赤日新聞で連載中

909 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 06:52:31 ID:PRrFJPpUO
なんで暗示にかかりやすい奴がそんな話見たがるんだろうな
俺なんかそんな話不愉快だから絶対みないぞ


こ、怖いんじゃないんだからね!

910 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 10:17:03 ID:bX/gq19a0
>>909
怖んデレ

911 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 10:33:48 ID:808VpFQHO
>>895
ベッキーの腕にも痕が…
ベッキーて何歳?
つか地域によってやった所とやらなかった所があるとか?

912 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 10:47:24 ID:XAe+2OLx0
>>905
オナニーしてたらおかんが まで読んだ

913 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 10:52:21 ID:NoBoG5oY0
>911
日本では1980年には廃止されてる。
外国は知らん

914 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 10:55:51 ID:Vn9trpEy0
BCGは小学校でやった。

1982年生まれ。跡もまだあるよ

915 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 11:06:57 ID:GbEaPc+R0
ロマティックが止まらない

916 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 11:10:12 ID:NoBoG5oY0
BCGは今でもやってる
中止になったのは種痘

917 :911:2006/09/25(月) 11:51:58 ID:808VpFQHO
BCGかー。ありがと。
何か止めたとか聞いた話が他のとごっちゃになってたかも。

918 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 14:57:49 ID:b2MLmDMf0
もうすぐ2歳の我が子もBCGは受けましたよ。
ツベルクリンは最後の世代になったけどね。

919 :160:2006/09/25(月) 16:57:10 ID:cBUqVV990
恐ろしく遅レス 160です >>587
そうですK病院ですっていうか誰? K病院ではそんな話例の友人以外に
してないんですけど。ほんのり怖い...。

あと部下Bが引越しをしました。引越し手伝ってきましたが、恐怖体験も
ついでにしてきました。背筋に冷たいものって感じですけど。
おいおい書きます。

920 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 17:29:55 ID:sOppb/AM0
>>915が不憫だ

921 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 18:56:12 ID:4m+hR3Ll0
ゆめのさあああああん!しんじゃ〜〜〜〜タ〜〜〜〜〜〜〜〜〜あああああああああ!!!!

922 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 18:57:25 ID:fz0J1E5p0
夜、一人で車運転して信号待ちしていたら、
窓をノックする音、横を見たらおじさんが立っていた
道を聞いてきた、マジビビった心臓に悪いのでもうやめて

923 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 19:10:33 ID:PMGcwepf0
丹波哲郎さん亡くなりましたね。御冥福をお祈り致します。

924 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 20:23:55 ID:hYD9IX1w0
>>923
ことあるごとに霊界から帰ってきそうだがな

ご冥福をお祈り致します

925 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 20:28:40 ID:zLPreml60
あるマンションに引っ越して1年くらい経った頃。
仕事柄深夜に帰宅することが多い俺は、妙なことに気が付いた。
最上階の端の部屋なんだが、いつも明かりがついているんだ。
その部屋の郵便受は「チラシ広告を入れないでください」と管理会社から目張りがされているのね。
「おかしいな?誰も居ない筈なのに何故部屋はいつも明かりがついているのだろう」とずっと思っていたある日。
マンションの管理組合の会合があって、俺は会計の担当をすることになった。
前任者から引継ぎがあって、そのときに尋ねたんだ。俺「あの最上階の端の部屋っていつも明かりがついてますけど
誰か居るんですか?」 前任者は顔を曇らせながらこういった「ああ、あの部屋ねぇ。あの部屋は夜明るくしないと
うるさくて夜眠れないんだよ」



926 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 20:51:31 ID:qYSP2FlJ0
>>925
うへぇ。しかし意外とスタンダードな回避法w

927 :メキョス普及委員会設立準備検討調査推進対策室事務手続き広報担当員:2006/09/26(火) 01:31:06 ID:H/86QWTK0
>>925

その部屋の蛍光灯とか切れたら誰が交換に行くんだろう…

                   メキョス


928 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 01:35:58 ID:H/+z4hE10
>>919
お前さん、ほんのりで済んでないから!!

で、>>587は誰なんだろう…?

929 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 02:55:51 ID:kIU6C/nsO
Oh, my goodness.

930 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 03:23:15 ID:46G+U5fL0
>>13
それはTに上手く脅かされただけだろw


931 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 06:57:37 ID:Ub8yD3Pe0
>>927

メキョスひろめるんじゃねぇぇぇぇぇwwww

932 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 08:25:01 ID:KHfzEvL30
一ヶ月前の書き込みにレスする>>930がほんのり

933 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 10:14:57 ID:zw+Te2c90
ほんのりさん

934 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 12:59:48 ID:MECx4oc40
野グソ野しょんべんしてる最中に、ケツの穴に蛇が入って内臓食いちぎられて
死亡した人がいる、という外国の話を叔母だか母だかにされて、
以来絶っっ対しないようになった。

男子の立ちションベンが羨ましかった。

935 :934:2006/09/26(火) 13:00:56 ID:MECx4oc40
すいませn誤爆

936 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 13:35:33 ID:D9UH77p60
>>934
それ都市伝説
ノグソをいましめるために、手を変え品を変えいろんなバージョンで
聞かされたもんです。ちなみにいちばん聞いたのが「ツアーのバスガ
イドさんが、旅行中したくなったけど恥ずかしいのでバスから離れて
草むらでしたらその穴かr(r

937 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 16:34:28 ID:zlLkF0JGO
むしろ何処の誤爆か激しく気になる件

938 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 16:38:01 ID:dJZ5u+3c0
でも穴に入り込む魚がいるから女性は貝殻ビキニ着用で入らなければならないという川があった気がする。
大昔にパラボラニュースというマンガに載ってた話で事実確認はしてないけど。

939 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 16:39:45 ID:zw+Te2c90
>>938
また民明書房か

940 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 18:06:02 ID:AZaIgM8v0
 >>938
 たしかソレはアマゾンの話だよな?アッチの魚で
そんな感じの魚がいるんだよ。男でもケガがある状態で川に入ると
その魚が血のニオイ嗅ぎ付けて襲って来るらしい。

941 :938:2006/09/26(火) 18:10:39 ID:/pqSRzyH0
>>940
そう、それ。
南米のどこかとしか覚えてなかったけど、アマゾンだったのかぁ。

942 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 18:13:24 ID:G1q6ESe40
カンディルじゃなかた?

943 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 18:18:52 ID:LHfkTn6W0
ナマズの一種だよね。
尿道に侵入するとヒレを立てて返しにするので
ひっぱり出せなくなる。
アマゾンではピラニアより恐れられている、だとか。

944 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 18:37:26 ID:0GQyFcIj0
アッー!

945 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 19:36:11 ID:XJFQonRGO
ウホ!

946 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 20:24:20 ID:YOZEoFen0
カンジルがお尻に入って、アァ、感じるぅ!

947 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 20:29:37 ID:c9J+xleW0
俺の学校で噂になったんだ、真夜中に柔道場でバタンバタンと稽古している音が聞こえるって。
面白そうと思った俺はB君を誘って本当かどうか確かめることにした。
ある日、学校に忍び込み柔道場へ行くとバタンバタンと本当に音がした。怖くなったが俺とB君は
恐る恐る柔道場に近づきこっそり中を覗いてみると、柔道部顧問のT先生が暗闇の中一人相手も
いないのに柔道をしている。一人柔道いや今風に言うとエア柔道をしていた。「おるぁ〜かかって
こいや〜」「まだまだじゃ〜」そんなことを叫びながらエア柔道をしていた。俺たちはそのまま立ち去り
このことを黙っていようとしたけど、つい喋って瞬く間に学校中に知れ渡ってしまった。T先生はノイローゼに
なったのかパタリと学校に来なくなり、1学期で退職してしまったのは後で聞いたことだった。




948 :サンタナ ◆H8yA7h3n0U :2006/09/26(火) 20:37:12 ID:7FPB5hWZ0
今を去ること十数年前の話だ。
毎年この時期になると思い出す。たしかあの夏も暑かった。

当時の僕は僧侶だった、といっても住職ではない。役僧と呼ばれる雇われの身であり、医者であればインターンと呼ばれる立場だった。
毎朝、まだ暗いうちから起き出して勤行の用意をし、夜は遅くまで参拝客の世話をする。
西国であれ四国であれ、およそ某かの番号のついている寺院の殆どがそうであるように、僕の職場は信者寺であり、半ば観光地と化していた。
檀家との付き合いといった煩わしさがない代りに、仕事内容は宗教上の戒律や因習よりもサービス業のそれであり、ひどく現実的な要素が勝っていた。
ボランティアでもないし労働法に基づいた職員でもない、修行の名を借りた業務から得る賃金は僅かなものだった。
親も同然、子も同然と言われる師弟関係は、一般社会の上下関係よりよほど堅固で、言いつけられた仕事を拒む権利はなかった。何も考えずに、ただ働いた。


949 :サンタナ ◆H8yA7h3n0U :2006/09/26(火) 20:39:46 ID:7FPB5hWZ0
同胞は、僕と同じ役僧が一人、住み込みの学生が二人の計三人。
この数は決して労働量に見合った数ではない。それでも大して苦に感じていなかったのは、若かったからだろうか、世間を知らなかったからだろうか。
特に仏道を成ぜんと志を明らかにしていたわけではないが、毎日が規則正しく、めまぐるしい速さで過ぎ去って行く生活に、心安さを感じていたことは事実だ。

もちろん、さぼれる時にはさぼった。
夏には参拝客の数がピークに達する。連日三百人を超える参拝客の相手は重労働だった。 
そんな時、僕が避難先に選んだのは本堂だった。夏の暑い盛りでもひんやりとしていて、昼寝には絶好の場所だった。
むろん、周囲には内緒で、だ。
僅かながら一息つける時間ができると、僕は香炉に抹香を盛ると告げて本堂に向かった。
香盛りは加行したての者の仕事であり、実際に僕がその役目を負っていたから、なにも怪しまれることはなかった。
手早く仕事を済ませ、本尊を奉ってある場所の裏側、俗に裏堂と呼ばれる、入り口からは死角になった場所に腰掛け、つかの間のまどろみを満喫する。
突然の闖入者に備えて身体を横にはしない。見つかればこっぴどく叱られることは目に見えている。
時間はせいぜい三十分といったところか。しかしその三十分は僕にとって何よりも貴重な三十分だった。


950 :947続き:2006/09/26(火) 20:40:21 ID:c9J+xleW0
夏休み入ってすぐ花火大会があり、俺とB君と同級生の女の子2人で見に行った帰り、「肝試ししようぜ」
とB君が言い「面白そう」「場所どこにする?」女の子もノリノリであった。俺は「学校にしねぇ、前噂になった
柔道場とかよくね?」と言うと皆「それいいね。行こう行こう」ということになり、また学校に忍び込んだ。
「あれだけ噂になったんだ、もう何も無いよな。」俺はそう思いながら柔道場に近づくと「・・・バタン・・・バタン」
音がする・・・。怖くなった俺たちだったが勇気を出し「2人はそこで待ってろ。B君と確かめてくる」と出したくも
無い勇気を振り絞り柔道場を覗き込むと居た、T先生だった。恐ろしくなり全員で学校から逃げようとすると、
「待て、何をしているんだ!!」声の方を見ると教頭先生だった。一部始終を教頭先生に話すと「またか・・・、
君たちはとりあえず帰りなさい。処分は後で決める」と言われ帰る事にした。当然後日全員呼び出され
大目玉を喰らった。一通り怒られた後「あの・・・T先生はどうなりました」と俺が教頭に聞くと「実は、夏休み
に入ってから毎日柔道場に来ていたんだ。警察沙汰にもなっていてね今はもう精神病棟に入院していると思う。」
なんだか気分が悪い夏休みになってしまった。



長文スマン、全然怖くないや。

951 :サンタナ ◆H8yA7h3n0U :2006/09/26(火) 20:41:07 ID:7FPB5hWZ0
一度だけ寝過ごしたことがある。それ以降は本堂での昼寝自体をしていないから、それが最初で最後だった。
その日はいつもに輪をかけて眠たかった。
例によって周囲に告げて本堂へ向かい、大急ぎで香盛りを済ませると、僕はその場にあぐらをかいて目を閉じた。
体が切実に休息を求めていた。少しだけ、少しだけ横になろうか。そんな考えが脳裏をよぎった。
痺れるような感覚が後頭部から全身に広がった。全身が遠のいて行くような快感に危ういものを感じながらも、その欲求に抗えなかった。
僕の意識は急速に薄れていった。


952 :サンタナ ◆H8yA7h3n0U :2006/09/26(火) 20:42:51 ID:7FPB5hWZ0
前の晩は夜更かしをしたのだと思う。
その頃、僕たちは少ない財布の中身を出し合って、月に1度か2度のペースで宴会を開いていた。
宴会といってもささやかなものだ。アルコールを嗜む者はいなかったし、近所の中華料理屋から、一人につき一品か二品出前を取って、卓を囲んで食事をするだけだ。
寺で供される食事は、食べ盛りの若者の空腹を満たすには、あまりに御粗末だった。それも修行のうちだったのだろうか。三度の食事は当然のごとく精進だった。
いや、はっきり精進料理と名前で呼べるような代物ではなかった。
参拝客に出した食事の残りであることが多く、時にはそれ自体がなかった。白飯だけは事欠かなかったものの、おかずに困って、沢庵のしっぽや味噌で食べたこともあった。
宴会は昼寝と同様に、僕らにとって必要不可欠だった。生臭が僧職にあるまじきという考えは僕らにはなかったし、おそらく師僧である住職にもなかったろうと思う。
げんに夕食時になると、庫裏から蛋白質の焦げるなんともいえない香ばしい香りが漂ってきものだ。
そして、僕らはたまにしか食べることのできない鶏のから揚げや海老のチリソースに舌鼓をうち、やがて腹がくちくなると、夜遅くまで語り明かすのが常だった。


953 :サンタナ ◆H8yA7h3n0U :2006/09/26(火) 20:44:56 ID:7FPB5hWZ0
鼻を抓まれる痛みに身をよじった。
振り払った手が空を切った。
まるで水の中でもがいているように、意思に反して四肢が緩慢にしか動かなかった。
男性の指だ、直感的に思った。
涙で滲む視界を通して、相手の姿を見極めようとしたその時だった。万力のように締め付けて動かなかった指が、煮えたぎる湯に投げ込んだ雪のように、跡形もなく緩んだ。
慌てて飛び起き、周囲を見回した。誰もいなかった。
周りには身を隠すものなどない。足早に立ち去る足音も、畳と足袋が擦れ合う微かな物音も聞こえなかった。
呆然と立ち尽くし、狐につままれたような気分で、ふと腕時計に視線を落とした。もう少しで夕方の勤行が始まる時間だった。
その指が誰のものなのか、考えている暇はなかった。
僕は慌てて本堂を飛び出した。

結局、僕がそのことについてゆっくり考える時間を得たのは、夜もとっぷりと暮れた頃だった。
過去帳に新しい永代供養の戒名を記入して、その日の仕事の締めくくりに、毎朝供える仏飯を回収して回る。
僕は本堂へ続く暗い廊下を歩きながら、思案に暮れた。

954 :サンタナ ◆H8yA7h3n0U :2006/09/26(火) 20:46:34 ID:7FPB5hWZ0
師僧ではない。
夕勤が始まるまでの数時間は、日課である昼寝の時間だ。現に今日も最後に現れて、読経の間中、気持良さそうに寝ていた。
もし師僧に見つかったら、鼻を抓まれるくらいでは済まないだろう。およそ僧侶らしからぬ直情径行と、特攻帰りが口癖の、口より先に手が出る凶状持ちだ。
その場で張り倒され、罵倒された上で、場合によっては師弟関係にまで及ぶかもしれない。
学生二人はどうだろう。二人とも加行を済ませていないから、夕の勤行には加わらない。従ってあの時間に割と時間があった。
その点、役僧の彼は時間的に無理だ。僕が慌てて空衣と袈裟に着替えに戻る途中で、丁度本堂へ向かう彼とすれ違った。
だとしたら、やはり学生か。僕は屈託のない笑顔で、一心に飯をかきこむ二人の様子を思い浮かべた。あの二人にそんな芸当ができるだろうか。

消去法で一人ずつ消していくと、ついには疑わしきがいなくなった。最後に残った可能性は、全てが錯覚だったというオチだ。
僕には無頼を気取り、周囲に対して無神経に振る舞う者がえてしてそうであるように、実は非常に気が弱いところがある。常に人の目を気にしながら、それを隠す為に素行を悪くしたりする。
要するに、さぼっているという後ろめたさと、起きなくてはという強迫観念が、僕にありもしない幻覚を齎したのではなかろうか。


955 :サンタナ ◆H8yA7h3n0U :2006/09/26(火) 20:48:38 ID:7FPB5hWZ0
しかし、本当にそうだろうか。
僕は鼻を抓まれた時の指の感覚を覚えている。指紋のざらつきまで感じた。焼けるように熱かった。
夢で済ませるには、あまりにも生々しい痛みだった。今一つ釈然としない思いを抱えながら、本堂の敷居を跨いだ。
鎧戸に閉ざされた空間は、電気灯篭の淡い光で照らされてはいても、なお暗かった。
僕は子供の頃から暗がりが苦手なのだが、この本堂だけは違った。それどころか、電気を消されて真っ暗になっていても、少しも恐いとは思わなかった。

僕は仏飯を盛った小皿を集めながら、ゆっくりと本堂の中を巡った。
そして裏堂の前を通りかかった時、ふと誰かの気配を感じた。
不思議と怖くはなかった。丁度目に入ったそれを見て、僕は胸をなでおろした。目の前の靄が晴れて、ようやく合点がいったような気がした。
僕が眠りこけていた場所の真正面には、金箔で飾られた一際大きい位牌と遺影が立てかけてあった。

ふと目があったような気がした。
先代の住職は写真の中で、悪戯が見つかった子供のようにわらっていた。


956 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 21:01:09 ID:Tw7KpWpdO
一昨日の実話。
今個室に入院中で眠る前には睡眠薬を飲み、耳栓をするのが当たり前なんだが…
えらく耳元で女の声がして目を覚まし、辺りを見回すが見回りの時間でも何でもない。
ドアも閉まっていた。
とりあえずまた眠りに落ち、翌朝隣が騒がしい事に気付いた。
そして数時間後には名札が変わっていた。
それとなくナースに訊いてみたら…
自分が声に起こされた時間に隣の女性が亡くなっていたそうだ。

957 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 21:06:18 ID:vDhwvXmTO
長文お疲れ様出した。

感想:普通に語れ。

以上

958 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 21:13:25 ID:TKQiMvhl0
長文お疲れ様出した。

感想:漏れは結構すき。

以上

959 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 21:16:09 ID:/V6QHe0cO
長文お疲れさまでした。

ちっとも怖くないね。

以上

960 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 21:16:21 ID:Oxy/23qw0
坊さんの端くれの僕ですが、たまにさぼって人目を盗んで昼寝しちゃいます。
あるときそうやってうとうとしていたら、誰かにこっぴどく鼻を抓まれて起こされました。
驚いて目を覚ましましたが、周りには誰もいません。
首を傾げながら、以下>>955の後半

……1〜2レスで済む話じゃね?
要点が十万億土の彼方にすっとんでるつーの。


961 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 21:21:04 ID:qceSL3bp0
いいと思うけどな。凝ってて。

962 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 21:23:18 ID:/V6QHe0cO
久々に読み応えがあったよ。
でも、掲示板むけじゃないな。

963 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 21:33:54 ID:KxHeitR+O
夢レスパトロールは何してやがる

964 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 21:58:49 ID:dUmZrjHM0
母親の実家が神岡町だったから、乗鞍岳エコーラインとスカイラインは、
毎年夏に帰省ついでにいろいろな手段で走ったなぁ。
小学生の頃は自家用車の助手席、中学生の頃は自転車でも走った。
高校生になって原付(スーパーカブ)で走ったし、中免取って二輪車でも走った。
大学生になって車の免許を取ってからは父ちゃんや母ちゃん、じいちゃんやばぁちゃん、
田舎の小学生だった従兄弟を乗っけて走ったりもしたけど、
じいちゃんの550cc軽自動車で4人乗ってスカイラインを登ったのが2002年。

なんか書き込んでて、久しぶりに飛騨に行きたくなった。
今度の3連休は、一人ドライブのついでに田舎に寄って、
じいちゃんとばぁちゃんを乗っけて、有峰の紅葉でも見に行こうかな。

965 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 22:11:36 ID:aJaHpI5g0

どこが怖いんだ?

966 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 22:14:13 ID:H/+z4hE10
怖さよりほのぼのした雰囲気をたのしんでみた。

じいちゃんばあちゃん孝行もたまにはよろしかろう。

967 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 22:43:03 ID:S4m+nFs90
>>948 〜 955 
つ ttp://gliblock.exblog.jp/i5/

>>957 しかたないよオリジナルじゃないもん。
せめて掲示板用にまとめようよ、わざわざコテなんだし。
芸が無い...

968 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 23:18:15 ID:TKQiMvhl0
スレも終わりかけているのに、話を投下。

8日前の話なんだが、地元の友達が遊びに来た。
そいつが俺の住んでるところに来るのは初めてだったから、
なんのかんのと観光したりして、俺のマンションに帰ったのが夜の21時。
友達を連れて3階奥の俺の部屋に向かう途中、
そいつが1階と2階の間にある踊り場で固まってた。

声をかけても、そいつは何も答えずに2階の廊下の奥をじっと見てる。
管理会社がいい加減なのか、1ヶ月くらい前から
2階の一番奥の廊下の蛍光灯が切れたままになってる。
元々明かりの少ない廊下だから、2階の奥はかなり暗い。
もう一回声をかけると、そいつがボソッと
「男がいる」
って答えた。
怖くなったので、近くのファミレスに避難。
詳しい話を聞くと、2階の廊下の奥に男が座っていて、
一番奥の部屋を無表情でじっと見ていたらしい。俺には見えなかった。
いつまでもファミレスに居座るわけにもいかないんで、
嫌々ながら戻ったが、そんな男はいなかった。
友人もホッとした様子で、予定通り3泊して帰っていった。
そいつが帰ったその日のうちに、俺は管理会社に連絡して、
廊下の蛍光灯を全て一新してもらった。交換されたのが一昨昨日。

昨日、俺の部屋の前の蛍光灯が切れた。

969 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 23:31:08 ID:Fds1a8N20
いやあぁぁぁぁぁぁ

970 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 01:28:42 ID:gYidNz1D0
こわっ!!!

971 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 01:37:27 ID:mX+j3x/x0
>>968
前に居る。。居るよッッッッッ

972 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 02:05:05 ID:YCgpDV1h0
シャレにならねぇぇぇぇ
怖すぎる。。。

973 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 02:49:24 ID:7e7u9knA0
怖すぎる。。。。

「青い三角定規」元メンバー 自殺か

 26日午後4時ごろ、埼玉県入間市豊岡の12階建てマンションで、男性住民が
「ドスン」という音を聞きつけ、敷地内の鉄製ポール(直径約10センチ、高さ約1.3
メートル)に男性がうつぶせの状態で胸から突き刺さっているのを発見した。

 男性は死亡しており、狭山署はマンションから飛び降り自殺を図ったとみている。

 免許証などからフォークグループ「青い三角定規」の元メンバーで無職、高田真理さん
(59)=同市=とみられる。

 高田さんは今月11日午後4時40分ごろ、市内の市道交差点をバイクで酒気帯び運転
していて、自転車の女性(48)をはね、頭の骨を折る重傷を負わせたとして、業務上過失
傷害と道交法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕。処分保留のまま釈放されていた。

 青い三角定規は、昭和40年代に「太陽がくれた季節」をヒットさせた。

ソース : SankeiWeb (09/26 21:25)
http://www.sankei.co.jp/news/060926/sha028.htm

974 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 06:45:26 ID:eWBxhOs1O
>>968
話の持っていき方が上手い・・・
つーか、コワッ

975 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 07:26:48 ID:nBJE+rCo0
次建てときますた。

ほんのりと怖い話スレ その34
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1159309298/

976 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 07:54:03 ID:b0ScjsEk0
ほんのりと次スレ乙

977 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 12:42:37 ID:kQMLMn0+O
 

978 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 14:31:42 ID:ZfzahC1nO
埋立

979 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 14:37:13 ID:baGAyTQS0
ほんのりっち

980 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 14:51:27 ID:u1d4VAkN0
君はなにをいま、見つめているの・・・・・




・・・・・・幽霊

981 :968:2006/09/27(水) 15:04:17 ID:bxJwDxiW0
機械的に埋め立てるのもなんなので、調子に乗ってもう一話投下。


霊道だかなんだか知らないが、俺のマンションはよく出る。
大学に入ってしばらく経ったある夜のことだ。
ベランダの方から「ドガッ!!」って何かがぶつかる音が聞こえた。
鳥かなんかがぶつかったか、と思いながら、カーテンを開けた。

鳥じゃなかった。手だった。

ベランダの縁、手すりの部分に巻きつくように手がかかってる。
ベランダの壁はコンクリだから、手の甲から手首にかけてしか見えない。
俺の部屋は3階。人がよじ登れる場所じゃない。
だが、不思議なもので、叫んだりはしなかった。

もし、何かしらの事情で生きている人間がぶら下がっていたら・・・。
放っておいたらそいつは確実に落ちる。逃げるのは確かめてからでも遅くない。
そんな考えが浮かんだからだろう。
俺はベランダに出て、ぶら下がっている奴を確かめてみることにした。
恐る恐る、手のかかっている部分から下を覗き込む。

982 :968:2006/09/27(水) 15:04:52 ID:bxJwDxiW0
結論から言うと、やっぱり人間じゃなかった。そもそも、ぶら下がっていなかった。
そいつは地面にしっかりと足を付けて、伸びた手だけが俺のベランダを掴んでいた。
ずっと下の方で見上げている顔と目があった。
ニヤニヤと笑っている気がした。

ここで限界が来た。
ありえない。ありえない。ありえない。
パニックになりながら、家を飛び出た。転がるように近くのファミレスに逃げ込む。
友達に電話し、助けを求めた。友達はすぐ来てくれた。
恐怖も薄らいできたので、友達と連れ立ってマンションに戻る。
外からベランダを見てみる。あいつはいない。
ホッとしながら部屋に戻った。
友人がいるのは心強い。俺は部屋のドアを開けた。
ふと違和感を感じて、自分の掴んでいるノブを見る。
暗い部屋の奥から伸びた手が、玄関のドアノブを掴んでいた。

あいつ、入ってきてる。

983 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 15:06:48 ID:vL1uGP/U0
悪魔の実の能力者だな

984 :968:2006/09/27(水) 15:08:27 ID:bxJwDxiW0
>>983
その手があったか!!

985 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 15:11:22 ID:UTEw9+iD0
+   +
  ∧_∧  +
 (0゚・∀・)   ワクワクテカテカ
 (0゚∪ ∪ +        
 と__)__) +


986 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 15:23:44 ID:kQMLMn0+O
今日の夜まとめて読も。

987 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 16:15:35 ID:q3FzHPAYO
俺の部屋にでもそんなことあったぞ
物音するからカーテン開けてみたら赤と青の
全身タイツの怪人がいたんでとりあえず握手してもらった
なんかネトネトしてた

988 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 16:52:10 ID:TfFKe8+i0
何年か前に家族で海水浴に出かけた時の事です。
初めての海にはしゃぐ息子を私はビデオで撮影していました。
しばらくして少し離れた波打ち際に人だかりができているのに気付きました。
人々の視線をカメラ越しに辿っていくとちょうど息子と同い年位の男の子が溺れています。
なぜあんな浅瀬で?と思いつつ撮影し続けました。
帰宅後、ビデオを編集していると問題のシーンにさしかかりました。
私はゾッとしました。
そこには男の子を引きずり込もうとする無数の手が写っていたのです。
次の瞬間私は家を飛び出しあの海水浴場へと車を走らせました。
海に着くとすぐに車を降り浅瀬に飛び込みます。
すぐにワラワラと無数の手が伸びてきましたが一匹ずつ倒し続けました。
倒しても倒してもキリがないほど出てくる手をもう数千匹は倒したでしょうか・・・
「そろそろいいかな・・・」
最後は全体攻撃魔法で一挙に方をつけると莫大な経験値が。
高らかに鳴り響くファンファーレはいつまでも鳴り止みませんでした。

989 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 16:56:48 ID:efMfKQbM0
>>982
続きまだー?

990 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 17:01:06 ID:VdLsZUWS0
>>982
自分だったらガチ失禁

160氏、次スレで待ってるよ〜

991 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 17:08:09 ID:x2jPa3w0O
>>988
んなことより、見つけた段階で子供助けてやれや。

992 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 17:08:44 ID:u1d4VAkN0
それでは、みなさん982を待ちながらユーレイの歌を。
サン、はい↓

993 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 17:14:36 ID:IxGq4TZk0
お化けの救急車〜♪

994 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 17:18:17 ID:x2jPa3w0O
>>993
おいっ、何やってんだよっ
違うだ…


お化けの救急車〜♪

995 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 17:21:33 ID:2P3ZjUH00
>>994
おいおい・・・なに一緒になって・・・


お化けの救急車〜♪

996 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 17:28:53 ID:lU0nA3/z0
>>995
おまえこそ何やってんだ!
いい加減まじめに・・・


お化けの救急車〜♪

997 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 17:32:24 ID:EKkV20T7O
いつでもまじめに

おばけの救急車〜♪

998 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 17:42:57 ID:wIeII0lh0
ここを埋めればいいのですね

お化けの救急車〜♪

999 :968:2006/09/27(水) 17:43:30 ID:bxJwDxiW0
すまん、客の応対をしていた…orz

俺は呆然とその手を見てた。
「閉めれ!!馬鹿!!」
友達の大声で我に返って、大急ぎで扉を閉める。
ノブが狂ったようにガチャガチャ動いた。
俺と友達は身体でドアを押さえつけながら、鍵をかけた。
しばらく叩いたり引っ掻いたりするような音が響いていたが、それも止んだ。
二人で顔を見合わせる。もう部屋に入る気にはならない。
友達が泊めてくれるらしいので、そいつの部屋に移動した。
1泊して、気分が落ち着いた。昼間って事もあるから、強気に出れる。
俺は部屋に戻ることにした。毒を食らわば皿までだ、と友達もついて来てくれた。

扉を開ける。部屋の中には誰もいなかった。
友達は一泊してくれるらしい。ありがたい。正直、一人で夜を過ごすのは無理だ。
結局、何も起きなかった。

ただ最近、気になることがある。
あんなことがあったから、無理矢理結びつけて考えてるだけだとは分かっている。
でも、不安は拭えない。
たとえば、換気扇のダクト。水道管の中。排水溝の奥。
そんな人の入れない隙間。
そこから、引っ掻くような音がする。
その音があの時ドアを引っ掻いていた音に聞こえて仕方ない。

もしかして、俺はあの手に囲まれて生活しているんだろうか。

1000 :本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 17:43:56 ID:nizrBKsFO
僕はマジメです!だからこうして…


オバケの救急車〜♪

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

408 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)