5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part35

1 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 09:49:29 ID:TwBISATp0
***********************************************
ありえない場所、もう会えない人、今ではない時間、
幼い頃の不思議な記憶、見えるはずのないもの。
そんな、怖くはなくても奇妙な経験を書き込むスレッドです。
***********************************************
◆煽りは放置。点数つけもやめよう。
◆論評もほどほどに。
◆気のせい、勘違い等の根拠の無い一行レスは控えましょう。
◆適当な改行・空行を挟んで読みやすい文章を心がけましょう。
 また、長文はまとめてから一気にコピペ推奨。
◆夢ネタは専用スレへ
 「夢」で検索すればその種のスレが山ほど出てくる。
◆金縛り・幽霊はなるべく別スレで。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

前スレ 不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part34
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1152547293/
まとめサイトI
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Tachibana/7672/enigma/index2.htm
まとめサイトII
http://ahoseek.s8.xrea.com/enigma/

727 :本当にあった怖い名無し:2006/10/09(月) 21:36:22 ID:dv8O63Er0
現実でありえそうなのだと

枝が当たって留め金がはずれ
落ちた拍子にまたはまった

めったにない偶然だな

728 :本当にあった怖い名無し:2006/10/09(月) 21:49:56 ID:GmdHOgclO
体験した、というか継続中の不思議。

俺の友人にAという奴がいる。
ある日Aに用があったので、自宅に電話した。
「〇〇(←Aの名字ではない)です」
番号を間違えたのか、知らないお婆さんが電話に出た。とりあえず謝って電話を切り、改めてAの家にかけ直す。
「はい、〇〇です」
再びお婆さんが出る。
三度、今度は電話帳を見ながら電話を掛ける。
「〇〇です」
ちなみにAの家族はA本人、両親、妹だけでお婆さんは居ない。
仕方が無いので、用は直接Aの家に行って済ませた。もちろんその時もお婆さんなど居なかった。

後日、単に俺が番号を間違えただけかも知れないので、Aの電話番号を携帯の電話帳に登録した。
またAに用ができ、今度は携帯から掛けた。
「Aです」
今度は通じたので用を済ます。
しかし、伝え忘れたことがあった為、再びAに電話。
「〇〇です」

Aの番号はそれからもたまにお婆さんに繋がる。

729 :本当にあった怖い名無し:2006/10/09(月) 21:57:24 ID:MCHJRMo+0
お婆さんの輪だよ

730 :本当にあった怖い名無し:2006/10/09(月) 21:57:38 ID:GmdHOgclO
>>728
追記
Aの家では、A一家が越して来る前にAの叔父が亡くなっていたらしい。
Aの部屋にはお札が貼ってあった。
Aの家は二階が立ち入り禁止で、なぜか階段は外にしかない。

別の友人も謎のお婆さんに繋がったことがある。これまた携帯の履歴から。

Aのお婆さんは健在だが、他県におりしばらく会っていないとのこと。もちろんAの家に来たこともない。

731 :本当にあった怖い名無し:2006/10/09(月) 23:36:29 ID:XTNteSFoO
>>726,>>728
久々に面白い話が続くな。

732 :本当にあった怖い名無し:2006/10/10(火) 01:27:54 ID:9P+sh6of0
私自身が直接体験したわけではないですけど不思議な話。
私が小学2年生頃のことです。
友達の家で遊んでいて、とても楽しくていつもより帰りが遅くなりました。
帰宅すると母が「さっき一度帰ってきた?」とよくわからないことを。
話を聞いてみると、玄関のドアが開く音がして「ただいまー」と
私の声がしたもののいつまでたっても部屋に入ってこないので
不審に思ったとのこと。母の空耳かと思いましたが、
その時家には兄もいて、兄も全く同じものを聞いていて
「今○○帰ってきたよね?」「ドアの音もしてたよね」なんて
二人で話してたそうです。
私はその頃丁度帰らなきゃ、でも帰りたくない、でも帰らないと、と
葛藤してたので、気持ちだけ先に帰ってしまったのでしょうか。

733 :本当にあった怖い名無し:2006/10/10(火) 11:02:31 ID:mWUVdZBD0
>>728
(((;゚Д゚)))ひぃ・・・「不可解」というより「ほんのり」な話じゃないか!

734 :本当にあった怖い名無し:2006/10/10(火) 12:26:57 ID:rM06Z6kq0
>>732 コピペ  

735 :本当にあった怖い名無し:2006/10/10(火) 15:45:21 ID:0Z0h7aOH0
>>728は普通にNTTの不具合じゃないのか?
ウチの近所もなるゾーンがあるんだが、市外局番からかけると目的の家
市外局番なしだと、別の家にかかる

736 :本当にあった怖い名無し:2006/10/10(火) 17:51:40 ID:i7y/ZXtQ0
電話の交換機システムは全自動になってからも、
別の場所に繋いだりと結構不具合多いよ。

737 :本当にあった怖い名無し:2006/10/10(火) 22:51:51 ID:HVENlnTe0
携帯にしろ家電にしろ、ソフトウェアで動いてるものは何が起こっても不思議はない。
人が作ってんだもの。それも死して屍拾うものなしな状況で。


738 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 00:30:17 ID:OGSYPlwW0
>>730
そんだけお婆ちゃんに電話が繋がると、不思議というより不便だな。
お婆ちゃんは「間違いです」とか言うのかな?
それより、2階が立入禁止の家のほうが不思議。
どんな家なんだよ。
しゃがんで入る、っていうオチではないよね?

739 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 00:57:11 ID:K2oIA4x30
>738
2階は地縛霊のそのお婆ちゃんが陣取ってるんでしょ。
誰も入らない2階にある、存在しないはずの黒電話に
繋がってしまう話だと読んだんだが。

740 :730:2006/10/11(水) 01:35:28 ID:7OpS1DFBO
お婆さんの対応は割と普通だよ。多分生身の人間。つかそうじゃなきゃ怖くて二度と電話掛けれない。

Aの家の二階が封印されている理由は不明。教えてくれなかった。
因みにA宅の二階に行くには玄関を出てから横付けされた階段を使う。下から見た限りでは南京錠が掛かってた。なお、屋内に階段は無し。

あと関係無いけど一時期Aの祖父母が失踪したという噂があった。後にデマと判明したらしいけど。



741 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 01:46:54 ID:RW/4ePBl0
座敷牢ってヤツか?普通は地下だけどな。

742 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 01:56:30 ID:7OpS1DFBO
ついでに俺の付近の別の噂とかも書いておくよ。
・四十年周期の火事
俺が通ってた小学校は四十年周期で火災にみまわれる。去年が四十年目で、学校と役場、消防署が合同訓練を行った。
しかし、付近住民には知らされておらず、突如鳴り響いたサイレンで周辺の人たちは軽くパニック状態だった。直接被害は無いもののまたもや火災関連のトラブルが起こった。
・消えた鶏
同じく小学校の話。飼育していた鶏六羽が一晩のうちに消失した。その日付近で鳥の骨が見つかった。

まあ、単なる偶然とか脱走だと思うが。

743 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 02:38:25 ID:0nt7Bk800
>>741
それは地下牢

744 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 03:54:37 ID:WIZnLlo50
俺が高校入試の年ときの話。
この年はとことん家族に不幸が振り落ちてきた。もう、ドッサリと。
何か我が家に憑いているんじゃないかと思うくらい。

俺の不幸
・その年の始め、まず階段から落ちた。
・父親の過失で俺のかけていたメガネが割れてしまい、左目を怪我した。
・父親の親父さんのところへ里帰りをしようと思うと、急に風邪を引いたりした。
・結局その年は家族の中で俺だけ里帰りができず、その年に祖父は亡くなった。
・足のつめを怪我してしまい、学校生活最後の体育祭に出られなかった。
・中間、期末などのテストシーズンにほぼ決まって体調を崩す。
・腰痛、喘息、インフルエンザ、中耳炎などの病気のフルコースを半年で味わう。
・受験シーズン手前、体調不良で入院。その入院で心臓病が発覚。受験どころではなくなる。
・最終的に高校受験を失敗した。

弟の不幸
・運動会に二人とも欠席。次男は怪我で、三男は喘息の発作で入院。
・野球チームに入っていたものの、小学生という若さで次男が肘を壊す。
・三男、喘息から肺炎に悪化。入院生活が続く。

父親の不幸
・年の初めに会社からリストラを宣告される。
・バイトに就くも、持病の心臓病が悪化して休みがちになる。
・ついに入院。80kgあった体重がわずか2週間で63kgまで落ちる。

745 :744 の続き:2006/10/11(水) 03:55:41 ID:WIZnLlo50
母親の不幸
・明るいのがとりえの母親が、家族の不幸続きでノイローゼになる。
・リュウマチに悩まされ、病院通いを余儀なくされる。
・家計のやりくりが、やりくりできなくなる。

(母親の父)お祖父さんの不幸
・電気工事店の経営者のものの、顧客リストを紛失。
・社員に渡す給料、その月の儲けを盗難にあう。結局帰ってこない。
・生涯初めてのぎっくり腰でしばらく働けなくなる。
・一時期工事関係の仕事が全く入ってこない。
・年契約していた会社が倒産。廃業の危機にさらされる。

この不幸の具合は今考えてもおかしい。絶対この年は何かがおかしかった。
家族のほとんどの人生がここで変わった。
ちなみにこの年、家計状況がドン底だった。
父親のリストラ、お祖父さんの売り上げの盗難。入院・通院のお金で。
ホント、ここで一家が途絶えるのかと思ったわ。

746 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 08:10:37 ID:Vp0fvCFhO
お婆さんにおたくは何番ですか?と聞けばよい。何度もあるなら恐らく混線。

747 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 12:42:35 ID:Z8izCk/p0
↑ そのとうり!

748 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 14:32:01 ID:Oa8MnHTq0
党利
刀利
東里
東リ
東理

749 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 15:12:50 ID:4c0xCf9C0
そしてお婆さんが答えた電話番号は、Aの番号ではなく、>>728の番号だったそうな。

750 :1/5:2006/10/11(水) 18:00:00 ID:sqRfS1Fk0
幼稚園の頃、祖父母の住む田舎に行った時に不思議な生物に会いました。
のんびりとした田舎町で、周りに住んでいる人全員が家族のように仲がよい場所なの

両親も心配せずに、私を一人で遊びに行かせていました。

ザリガニしか釣れないくらいの浅い川辺に、白詰草が咲いていたので
私は一人で母に教えてもらったばかりの花輪をつくっていました。
子供だったので、周囲も見ずに夢中で手元の花輪に集中していた時、
突然横から半透明の腕が伸びて、私の作っていた花輪をむしり取りました。

その人間(?)は薄い緑色の身体で透けていて、身体の向こう側の景色が
ぼやけて見えていました。
背丈は当時の私よりも少し大きいくらいだったので、幼稚園の年長か小学1年生ほど

体格だったと思います。
目も鼻も口も無くて、ただ、ゆらゆらと揺れる輪郭だけが人間の形をしていました。

751 :2/5:2006/10/11(水) 18:00:53 ID:sqRfS1Fk0
今から考えると、どう見ても人間ではなく、子供の無知の恐ろしさを痛感しますが
当時の私は恐がりもせずに、その緑色の人間に話しかけました。
何を言っても返事はないけれど、私は気にせずに一方的に話しかけ、
たくさん花輪を作ってはその人に渡していきました。

花輪作りに飽きた私が川に手を浸したり、川底にある綺麗な石を探したりして遊び始
めると
その人は川の中に足を入れて、両足をバタバタと動かして水しぶきを作りました。
半透明の足の動きと、水しぶきがとても綺麗で、私は何度もねだり、その行為を繰り
返してもらいました。

その人間に触れた感触は、水風船を触る感触に似ていると思います。
ブニブニと柔らかくて、触れた手は水を触っているようなのに、濡れない感覚です。

その後お腹が空いたので、私は祖父母の家に帰り友達ができたことを伝えましたが
両親も兄も信じてはくれませんでした。
「子供の空想話」 「この辺りには子供はいない、ましてや緑色の人間なんて」と笑
われ、
信じてもらえないことにショックを受けたのを覚えています。

752 :3/5:2006/10/11(水) 18:01:46 ID:sqRfS1Fk0
それから5日間くらい祖父母の家に滞在しましたが、その間は毎日、その緑色の人間
と遊んでいました。

次の日に帰る、ということを緑色の人間に伝えた時、私は寂しくて大泣きしました。
帰りたくない、と何度も私が言うと、その人は私の腕を掴み、
川の向こう側にある林に引っ張っていきました。
父と虫取りに来たことがある林で、それほど大きな面積ではなかったはずなのに
その時は歩いても歩いても、林を抜ける気配はありませんでした。

疲れてしまったし、段々と引っ張る腕が恐くなってきて私が泣くと、その人は手を離
してくれました。
声を聞いた覚えは無いのですが、当時はその人が「ごめんね」と謝ったような気がし
ました。

一番不思議なのは、その時に彼(なんとなく男の人だと思っていました)と一緒に遠
くへ行こうかな、と自分が思ったことです。
もう二度と父や母や兄に会えなくなるけど、いいや、と一瞬思いました。
なぜ遠くに行くのだとわかったのか、もう二度と家族に会えなくなるということがわ
かったのか、不思議ですが、確かにその時私はそう思いました。



753 :4/5:2006/10/11(水) 18:02:37 ID:sqRfS1Fk0
その場所で座って少し休憩した後、今度は手を繋いで林を歩き始めました。
てっきり彼の住む「遠く」へ行くのだと思っていたのですが、林を抜けたらすぐ目の
前に祖父母の家がありました。

家は林や川に近い場所にあるわけではなく、林を抜けてすぐに家があるなんてことは
ありえませんでした。
庭で祖母と母が洗濯物を干していて、すぐに私に気がつき、近寄ってきました。
手を繋いでいたのに、いつのまにか彼はいなくなっていました。

次の日に家族で車に乗り、家へ帰る途中に、少し遠回りをしてもらって川辺の傍を
走ってもらいましたが、彼はいませんでした。

後から聞くと、私は一人で川辺で遊んでいて、近所の畑にいる農家の人が川辺を通る
度に見ていたので両親は心配していなかったそうです。

家に帰ってすぐにお絵かき帳にその時の絵を描き、両親も覚えているので
夢ではなかったと思います。



754 :5/5:2006/10/11(水) 18:03:09 ID:sqRfS1Fk0
祖父は数年前に亡くなり、祖母も先日他界しました。
家は売ってしまうそうです。
祖父母の荷物の整理のために、その家にしばらく泊まり、何度も川辺に行きましたが
もう彼には会えませんでした。
幼稚園の時以来、何度も何度も祖父母の家に帰省する度に川辺に行くのですが
彼はいませんでした。

ただ、荷物を整理している時に父が教えてくれたのですが、
祖父母は私の話を信じていてくれたそうです。
「●ちゃんは河童に会ったんだよ」と言っていたそうです。

良く絵で見る、頭にお皿を乗せた河童ではなかったし、水かきも甲羅もなかったけれ

なんとなく今は「ああ、私河童に会ったのかなぁ」と思っています。


長々と書き込んでしまい、すみませんでした。
以上です。


755 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 19:02:19 ID:eHmOCNn40
はんなり、いいね。

756 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 19:26:03 ID:dKE2ySkB0
>>744なんか近づいた周りの人までうつりそうな勢いの不幸だね。

>>750いいなぁ…。個人的には宇宙人だと思ったが。

757 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 20:21:48 ID:/GHXLbkv0
>>754
そんなあなたに

ちっちゃいおっさんvs緑の人 ラウンド2

をお勧め。

758 :スーパーリアル金太 ◆8mzYKF9Qkk :2006/10/11(水) 21:14:32 ID:Gpqx7G9W0
>>754
こういう話も聞けるので2ちゃんは止められん。

759 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 21:25:01 ID:UXyr+IyzO
いいねぇ〜
すぐ、光学迷彩とかプレデターとか思っちゃう自分が少しさみしい

760 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 22:28:24 ID:Y3Pnq0bd0
ほんといい話だなー書いてくれた人ありがとね

761 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 22:46:33 ID:KFd1WPU10
>>750
良い話だなー乙。

762 :754:2006/10/11(水) 23:00:13 ID:sqRfS1Fk0
家族以外に話したことのない経験だったので、こうして誰かに打ち明けることができて少し嬉しかったです。
読んでくださってありがとうございました。
もしかして、757さんの教えてくださったスレの緑の人だったのかもしれませんね。
とても不思議な体験だったけれど、素敵な友達でした。
ではロム専に戻ります。ありがとうございました。

763 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 23:32:25 ID:YsvhZhQv0
345 :本当にあった怖い名無し :2006/09/20(水) 22:45:27 ID:SjpmycL/0
二度目は数年がたち、小学4年位の時。
この日、自分は間違えて、何故か一日先の授業の用意をしてしまった。
当時の忘れ物の罰として、漢字の書き取りがあったのだが、新しい漢字ノートを
いきなり罰で使用することになり正直凹んだ。
結局、1限目と2限目は次の日もあったので大丈夫だったが、
丸一日分の忘れ物と言う事で30ページの書き取りを1週間で宿題と言われた。
昼休みに友人に「今日って○曜じゃなかったか?」と聞くと「なに言ってんだお前?」
と笑われた。

次の日、今日こそはと思い、鞄の中は同じ内容のまま学校へ。
すると、何故か昨日と同じ内容の授業をやっている。
同じ事をやって、同じ奴が同じ間違いをして、同じ様に注意されてる。
疑問に思ったが、3限目になれば違う授業になるはず…と思っていると、
何故か3限目も昨日と同じ授業、昨日と同じ様に忘れ物で叱られ、
昨日と同じ様に30ページの書き取りを1週間でと言われた。
けど、新しく買ったばかりの漢字ノートには、昨日やった数ページ分の書き取りが
しっかりと残っていた。
休み時間に友人に「同じ事が昨日も無かったか?」と聞いてみたが
昨日と同じ様に「なに言ってんだお前?」と笑われ、
子供心に「あぁ、昨日あったことを変えることは出来ないんだな」とか思った。

結局一週間で新しい漢字ノートは埋め尽くされたが、あの日が何だったのかは不明。
誰に言っても信じてもらえないが、あの漢字ノートは現実に残っていたので
デジャヴとかでは無いはず…

764 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 00:46:10 ID:ujWIoUqAO
>>744
まあまあ。気にしないことよ。
あとでまとめて幸せが返ってくるよ。
運動会欠席が不幸っておもしろいねw
怪我病気続きは逆に、心臓病に気づかせようとしてたみたいで面白いけどな。

765 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 01:18:14 ID:0oM0Cv5G0
>>744,745
すっごい不幸だね・・・。
小説でもないくらいの不幸さ。

766 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 01:46:27 ID:TFIgY+Fd0
確かに不幸続きだね・・・
でもあんまり関連付けて考えすぎるの良くないのでは・・・
心臓病わかって良かったよ。
お父さんの体質の遺伝もあるのかもしれないけど。
・家計のやりくりが、やりくりできなくなる。
はちとワロタけどね



767 :鬼嫁14歳モバイル ◆14/eye/YP2 :2006/10/12(木) 03:09:55 ID:ro5glM0dO
不可解かって言うとそうでもないしね

768 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 07:22:47 ID:I4VL6kjx0
>>744
喘息は遺伝っぽいな

769 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 13:46:13 ID:Dc2ZQzAr0
>>759  プレデター にage!
     そ、そうだよ、きっと天使のプレデターだったんだよ!

770 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 14:19:47 ID:RqrFL7Fq0
数年前に起こった話。ありがちな話と思われるかも知れないけど。

朝、目覚ましテレビの今日のわんこを見て家を出る。電車に乗る
いつもの時刻のいつもの電車いつものラッシュ。
2つ目の駅で運よく座れたので、そのまま眠りに落ちた。
気がつくと乗換駅だったので急いで降り、乗り換えた。その時に駅の時計を
見ている。いつもの時刻。
乗り換えた電車で最寄り駅へ。ちなみに乗換駅から1駅。
最寄り駅に着いたとき唖然とした。時計はいつも自宅を出る時間を指していた。
確かに駅にいる人の数も少なかった。その日はちょっと得した気分になり朝マック
してみた

771 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 15:11:06 ID:cNgkg/Wc0
ここの住民は、「おしいれのぼうけん」っていう絵本読んだことあるか?
小さい時読んで、幼いながらにすごいオカルター心をくすぐられかなり興奮した記憶がある。
なんか自分が体験してるかのように話にのめり込んでた。

772 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 15:29:34 ID:KSvJYvFB0
>>771
読んだ読んだ。
実はあれ読んで以来ちょっと押し入れが苦手だ。

773 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 15:32:45 ID:ZWNf3Kvq0
>>771
読んだことはあるんだがなぜかタイトルしか覚えてないなぁ。
まぁきっと小さい頃だから単に忘れてるだけだろうがw

そういえば夏頃、暑い日だったか涼しい日だったかは覚えてないんだが
いつもどおり出勤するために朝食食べて、そろそろ出るかと思った時
窓の外見たらサイレン鳴らさないでゆっくり走る救急車と消防車(見回りか何かの)が居た。
いつも冬場になると夜にカンカン鳴らしながら火の用心してるんだが、今は夏だから
「あれ、珍しいなー」なんて思いながら家を出て自分の車に乗って出発したんだが。
今そこを通っていった救急車と消防車が忽然と居なくなってた。
自分の車は明らかにその2台よりスピード早いしどこか曲がればそのうち追いつくかと思ったんだが…。
大通りに出るまで気味悪いぐらいに他の車も人も居なかった。
まさか俺の家を通り過ぎた後にエラいスピード出して曲がって行ったわけでもないだろうに…w
ちょっと不思議な朝ですた。

774 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 16:03:51 ID:b52nKKRFO
>>773
はぁ?死ねよ

775 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 16:21:24 ID:jJJNgw7iO
?なんで?

776 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 16:22:59 ID:zDW56qsrO
簡単に死なんて言葉を使っちゃいけません!

777 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 16:33:06 ID:cNgkg/Wc0
>>772-773
やはり読んでおられましたか。
僕も昔は夢に出てきたりしました。
読んだのは小1ぐらいの時だと思うんだけど、闇の中に謎の光が見えたり、押入れから開放されたところの挿絵など部分的に鮮明に覚えています。
そのころに学校で読んだ絵本は他にも挿絵をよく覚えています。なんか不思議な感じが・・

778 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 16:37:11 ID:beIXnb0NO
不気味なお婆さんと鼠が出てきたのは覚えてる。
園児の時だから15年前ぐらいか。

779 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 16:37:12 ID:cNgkg/Wc0
http://www.doshinsha.co.jp/longsaler/oshiire/oshiire-3.html 広末もか・

780 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 16:46:19 ID:cNgkg/Wc0
http://www.tarojiro.co.jp/freetalk/0201-1.html
暗がりが想像力をかきたてる。  か。

確かに、オカルトな世界に迷い込んでしまうような不思議な夢を見たとき、後で考えると誰かわからない全然知らない架空の少年が旅の仲間として普通にいたりするよなぁ

781 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 16:56:28 ID:cNgkg/Wc0
スレ違いですが、主人公が小学生ぐらいの少年で、不思議な世界・出来事に巻き込まれるような小説みたいなので、
オススメなのがあったら教えてください

782 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 17:13:54 ID:T4Rdfg3sO
・自宅の二階の床が透けて、真下の部屋にいる祖母が見える。
小学校に上がるまで、ほぼ毎日見ていた。
小学校に上がるとパタリと見えなくなった。

・小学校2年の時、いつもは行かない方にある友達の家に行った。
友達の家からエレクトーンの音が聞こえてきたから
「今はエレクトーンのお稽古中なんだな」と、一人で遊びに行こうとしたら
見覚えのない三人組の子達が『一緒に遊ぼう』と言うので
その子達が住むアパートで鬼ごっこをすることになった。
『じゃあAちゃんが鬼ね!』と、勝手に私が鬼にされ
「そこは普通ジャンケンで決めるだろう」と、ムッとしたまま10数え
三人組を探したが居ない。
二階の端っこの部屋に居ると思ってドアを開けたら何も無い。
と、いきなり背中を押されて転びながら部屋に入った。
ドアの死角に骸骨の標本が吊ってあり
この部屋に入れて怖がらせるつもりだったんだ、と思うと腹が立って三人組を探したが見付からず。
怒りがおさまらないので次の日仕返しをするためにアパートへ向かったが
昨日鬼ごっこをしたはずのアパートが無い。
両隣の家や近くの中学は確かにあるのにアパートだけ忽然と無くなっていた。

783 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 17:16:29 ID:DEwe0/STO
サンタクロースが空から飛んでくんのが見えた

784 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 17:25:31 ID:cNgkg/Wc0
そういえば。小3ぐらいの時、友達と二人で下校していると、白い車の窓から、
サングラスをした20代後半〜30代前半ぐらいの男が、もう誰が見てもわかるようにこちらに視線を送って顔を回しながらジロジロと見てきました。
怖くなって走って通り過ぎましたが、その後もその友達との間で何度か話題になりました。
今思えばショタコンだったのでしょうか?

785 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 17:27:27 ID:Hw82Q6gr0
ショタコンがショコタンに見えた

786 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 17:32:40 ID:jhEvMtPD0
( ^ω^)・・・

787 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 17:33:30 ID:BCmcCMlZ0
>>781
スレ違いどころか板違いなんですけど

788 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 17:45:23 ID:5UDO30NGO
親が運送業で軍手を毎日使う。バツイチ出戻りなので家事ゎ私の仕事。
軍手を洗濯して左右対にして束ねて親の部屋にしまうのですが、数が合わない…。左用が右用になってる。今でゎ右だけの軍手だけが十数個あまっている…何で?

789 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 17:48:03 ID:cNgkg/Wc0
>>787
すみませんでした、しかしながら「本@2ch」が私の低い捜索能力の下では発見に至ることが出来ませんでした。

790 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 17:51:24 ID:I8ldCqAm0
家の中で、家族の声で呼ばれることがあります。
私だけでなく、父も母も呼ばれることがあります。
だれも呼んでいないのに、普通に呼びかけられ、
返事をしても答えはないので、何の用事だろうと
わざわざ探さなくてはならない、でも本人は呼んでない、
とても面倒です。

791 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 18:29:37 ID:W7p+WT8b0
>>788
ちょっと待て、軍手って左右の区別あったか?
もしかして滑り止めつきのやつ?

そういやちょっと前、軍手の左だけ道に落ちてるのはなぜ? みたいなスレがあったな。

792 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 18:33:06 ID:X4QySnoz0
そんなことよりなぜ”は”の所が”ゎ”なんだ?

793 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 18:33:54 ID:Hw82Q6gr0
最近のゎかものだからだろ

794 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 18:41:33 ID:ZluG/8hy0
バツイチ出戻りでゎを使うゎかものがオカルト

795 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 19:16:17 ID:AcRKg27C0
そんなんだから離婚されるんだよ

796 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 19:37:57 ID:x0egCSAu0
糞アマは2ちゃんに来るなよ。
黙ってmixiでもやってろ。

797 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 19:44:10 ID:sAUmOozR0
なにこの爽快な流れ

798 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 19:47:33 ID:Hw82Q6gr0
mixiは最近のゎかものが多いので字が読みにくい
+=←これで た と読ませるんだぜ?

799 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 20:12:06 ID:GwhTxTHtO
+= で「た」と読むのは初めて知ったよ。
ナニ と書いて「た」と読むのは知っていたが・・・

800 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 20:15:22 ID:M2ZIBDurO
なるほど、オナニーはオたーと読むのか

801 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 20:15:51 ID:Hw82Q6gr0
人によって違うからなぁ

802 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 20:42:25 ID:ujWIoUqAO
>>789
漫画・小説等
の中に、児童書板、SF・FT・ホラー板、一般書籍板などがありますが、本当に
ひどい質問だと思いました。

803 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 20:45:32 ID:kpODydFW0
なんか日本語がおかしいから外国の方では?

>>789
もしよければリンク張りましょうか?

804 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 20:59:38 ID:aD4bLP0v0
どせいさん思い出した

805 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 21:04:57 ID:Hw82Q6gr0
ぽえーん

806 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 21:05:21 ID:5UDO30NGO
軍手レスした者ですm(__)m手の内側の方に滑り止め付いてマス。淵が黄色の物と色違いで淵が青のもあるんですが、先週黄色、青を2対づつ洗濯したら黄色の右用が2個、左用が1個になってて青の左用が3個に増えてあまってました…

807 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 21:15:18 ID:cNgkg/Wc0
>>803
yes please.
I can't find it myself

808 :スーパーリアル金太 ◆8mzYKF9Qkk :2006/10/12(木) 22:26:06 ID:n07wo0k20
>>781
「くまのチロ吉物語 走れ!おく目号」

くまのチロ吉シリーズは全部で四部作です。
もっとも僕は最初の二巻しか読んでないけどw
上に紹介したのは二作目ですが、シリーズの中では
多分これがいちばん有名かと思います。
古い本なので大きな図書館とかでないと見つからないかも。

作者後書きにある、このお話を書いたきっかけが
早朝の浜辺で老婆が一人黙々とビニールゴミを焼いている。
「海亀がクラゲと間違えて飲み込んでしまうと
腹に詰まって死んでしまうのが哀れで」
という言葉に野放しにされる廃ビニール製品に怒りを覚えてと。
容器リサイクル法が可決されるのがこの三十年後だが。

せっかくだから僕がマジレスしとくね。

809 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 22:31:08 ID:cNgkg/Wc0
>>808
thnx for the serious response.

810 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 22:52:05 ID:Pqv+CVOh0
>>808
せっかくのいい話だが
ダイオキシンが発生するので良い子のみんなは
プラゴミに分別して出そうね。

811 :本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 00:23:48 ID:p40tlr6B0
>>781
山中恒 ゆうれいをつくる男・てんぐのいる村
自分でも読み直したいなあと思って調べたら絶版・・図書館で探してみて。

ゆうれいを…は幽霊がらみのミステリー
てんぐの…は山の中で昔の村にタイムスリップしちゃう話。


812 :本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 01:15:11 ID:d61HLWPH0
ついさっきコンビニに立ち読み兼買い物に行った。
コーヒーとか持ってレジに向かったら、『パンッ!!』てデカイ音が目の前辺りの
空間で鳴った。
えっ?と思い周りを見渡したら、店員も立ち読みの数人も俺の方を見てた。
レジで店員に今の何?って聞いたが「さぁ?」って感じ。

ラップ音ですかね?

813 :本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 01:22:40 ID:OKYF+1zh0
レンジの中でパン袋が弾けたんだろ
あれほど切れ目を入れとけと言ったのに新入りめが・・・

814 :本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 04:10:55 ID:KIU6kPPIO
レンジの中、にもう一票

815 :本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 05:29:05 ID:Io3S7Pe6O
じゃあ渋々、クモ膜下出血に一票

816 :本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 08:37:37 ID:b2fvrYHC0
おらぁ、パンツのゴム切れたに一票だな

817 :本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 08:46:17 ID:umY/yTkq0
コンビニのツルツル床と>>812の靴が密着し離れた瞬間に弾けるような音が出た

という伝説。

818 :本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 09:10:40 ID:shGwgIXk0


819 :本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 09:18:03 ID:shGwgIXk0
あ、ageちゃったスマソ。

漏れの近所のおばさんが(50歳代半ば位?)
赤い振袖をきてバス停に立っていた  コワイw

820 :本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 09:55:49 ID:nDny9vS+O



821 :本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 10:55:02 ID:Nk3kNJhf0
>>819
還暦迎えたんじゃないか?

822 :本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 11:11:27 ID:qHlG60aQ0
いや、それなら赤ずきんだろ?

823 :本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 11:37:23 ID:udzwSRw9O
保育所に通ってた頃の話
ある日友達数人が唐突に自分を取り囲んで
「妹おる?」と質問してきた。
「妹なんかおらへん」と答えると、
「ほら、みいや」「せやけど」と、コソコソもめてる。
気になって「なんなん?」と尋ねると
「あの子…」
友達のずずっと指差す方向を見ると、1才下のクラスの色帽子をかぶった子がジャングルジムで遊んでた。耳の辺りだけ三つ編みした髪の長い子。
なんや自分と同じ髪型だからそんな事いうのか…と呆れつつジャングルジムに近づいてその子の顔覗き込んだ。
と、自分がいた。そこまさに自分がいた。鏡を見るように。
呆然とする自分に友達数人が
「ほんまに妹違うん?」
「むちゃくちゃそっくりや」「あれ誰?」
「お引っ越ししてきた子やろか?」
等と口々に言う。
変な気持ちだった。自分に瓜二つの子が目の前にいる。

次の『午後遊び』の時間にみんなでその子を探したがいなかった。
それっきり……


自分にそっくりな子がいたそれだけの話。

ただ、この前里帰りした時母親にその話をしたらこんなことを言っていた。
「ははは、そう言えばお母ちゃんも、一時だけ保育所の送り迎えの時よう人まちがいされたわ。〇〇さん、〇〇さんて、しょっちゅう。目の前きてまで間違うんやもん。気持ち悪かったわ。
反対にお友達に『あんた、昨日ドコソコで声掛けたのに何で無視して行ったん?』ってソコに行ってないのに何回も言われたり。ソレ多分〇〇さんやわ。
〇〇さんてほんまにお母ちゃんによう似てたんやろなぁ。おうてみたかったわ。」

保育所に行ってた頃住んでた町は2年しかいなかった。同じ頃に母のそっくりさんと自分のそっくりさん。
もしかしてあの子と〇〇さんて……親子やったとか……?

824 :本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 12:16:19 ID:udzwSRw9O
猫婆と一部で命名されてるおばさんがいる。

猫婆は、我が家から橋と大道路を隔てた2〜3丁離れたところに何十匹もの猫と独りで住んでるという噂。

風変わりな人で時々サムエを着てたりボサボサな髪をしてたり大声で歌いながら自転車に乗ってたりする。

その猫婆に外出すると必ず遭遇する。

こちらは別に同じ時間に外出してないのに、朝出ようが昼出ようが、夜出ようが、はたまた真夜中にコンビニに行こうが、必ず猫婆に遭遇する。

近所の親戚も以前同じ事を言っていた。

別に何か害があったわけでも恐怖を感じるわけでもないが…

猫婆は実は5人位いるんじゃないかと最近想像するようになった。

825 :本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 15:11:33 ID:tEWWjAYo0
13日の金曜日キター

826 :本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 16:38:44 ID:udzwSRw9O
今、デパートの中です。
やはりと言うか…。


あんな書き込みしたものの今日は見かけないな、帰りあたりで遭遇するんだろうな……
などと考えながら駅に行った。

そして久々に電車に乗ったのだが、乗り込んで座ろうとしたら……


いた。


ギャグかと思った。


猫婆が座っていた。


すでに座っていたのだから、明らかにココより前の駅で乗っていた事になる。


予想外の場所での遭遇だったので笑いそうになった。
でも猫婆と知り合いにはなりたくないので目立たないように必死に堪えた。

いったい猫婆は何人いるんだ!!!

312 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)