5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

前世っていう概念、成り立たないんですが

1 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 02:17:54 ID:o/p+onez0
よくテレビとか道端の占い師とかが「あなたの前世はヨーロッパの〜」とか「あなたの前世は江戸の〜」とか言うじゃない。
たまに牛だったり羊だったり犬だったり。
「人間は人間にしか生まれ変わらない」とすると、確率的に人口の多いアフリカ大陸・中国・インド辺りに人々の前世は集中するはず。
何故ヨーロッパ等の西洋国が出てくるのか? 
日本人の白人コンプレックスから来るものなのか?

「人間以外の前世もあり得る」とすると、確率的に蟻やハエや蚊などの昆虫が圧倒的多数になるはず。
何故そのような昆虫が前世である確率が少ないのか? 
命は平等じゃないのか?
どの生物が前世の範囲内で、どれが範囲外なのか、どこに線が引かれている?


まぁようは「前世」の概念は成り立たない、ウソだって事だ。
「俺の前世は〜」とか言ってるDQNども、勘違いだから諦めろ。テレビに毒されすぎ。


2 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 02:19:41 ID:UZZOr6Jn0
2get

3 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 02:26:42 ID:2nwyIQEnO
転生にも波があるとか。

今世界で相対的に見て裕福な日本人の俺が絶頂期だとすると、
これから下降してアフリカ人→ライオン→犬→あひる→蛙→かぶとむし→蝿となって、
またかぶとむし→蛙→あひる…と昇っていくとゆう。


とまぁマジレスしたわけだが、
感銘受けたやつは俺を教祖と呼んでくれてもいい。

4 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 02:40:46 ID:o/p+onez0
>>3
「下降」と言うが、命の上下関係の基準は何だ?
裕福というのは経済状況や生活水準を基準にしていると思うが、金が無くても心が裕福だと言う概念もある。
裕福さとは人間が勝手に決めているものだ、「輪廻転生」というスピリチュアルな概念には当てはまるはずが無い。
加えて、何故犬があひるより高くて、あひるがカエルより高いんだ?
人間にとっての好ましさで決めた基準だろう。
サソリや毒グモはどうなる。小さくて気持悪いが強く、自分より大きな生物も容易く殺せる。


5 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 02:56:49 ID:2nwyIQEnO
心の中の






幸せ度数だ

6 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 03:17:57 ID:581HqeNZ0
下らん思い込みを主張したいだけで いちいちスレ立てんなボケ

7 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 03:23:43 ID:o/p+onez0
>>5
動物は幸せや不幸せという概念無しに生きていく事ができる。

>>6
前世という概念が思い込みだろう? お前もぼったくり占い師に騙されて前世を信じ込んでるクチか?w


8 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 03:44:03 ID:2nwyIQEnO
自分自身に意見することになるが、そもそも昆虫に感情なんてないだろ。

昆虫が血が巡ってるだけで生き物と呼べるんなら、地球の方がよっぽど生き物。

あぁ、来世は惑星がいいなぁ…

9 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 03:46:29 ID:Cc7d9pi1O
>>1お前の前世みえるよ。お前は人間に踏みつぶされた蟻だよ。

10 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 03:48:08 ID:2nwyIQEnO
>>9
おれ踏んだかも…

11 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 03:49:48 ID:zugNG2Mg0
魂はくっついたり離れたりするって考えれば?

12 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 03:50:23 ID:c84tPcLE0
仏教徒なんだけどたしかに輪廻転生は納得できん。
辻褄が合わない。
それ以外はきわめて論理的なんだけど。

13 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 03:51:11 ID:fXQflO8X0
>>10
いや俺が巣の穴に洗剤入れて殺した蟻かも・・・

14 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 03:53:09 ID:o/p+onez0
>>8
昆虫を生き物として見ないのか? 一応「生き物」の定義は生物学を参考にしているつもりだが。
地球が生き物というのはともかくとして、確かに、プランクトンやバクテリアまでも生き物として扱うと
前世が肉眼で確認できるほどの生き物である確率がまずとんでもなく低くなるな。
そこにまた「前世」論の矛盾があるワケだ。

>>9
その確率は高い。お前も地球のどこか違うところで踏み潰された蟻である確率もまた高い。


15 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 03:54:33 ID:Xx1k7LxWO
>>11
どういう事??(´・ω・`)

16 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 03:54:46 ID:o/p+onez0
>>10
お前も例外では無いぞ、この元アリめ

>>11
それは、「小さな魂がくっついて大きな魂になる」とかそういう理屈か?


17 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 03:55:17 ID:Cc7d9pi1O
うわ〜大変だ〜

18 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 03:55:26 ID:2nwyIQEnO
過去に踏まれた蟻の数だけニートがいる

19 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 04:00:50 ID:o/p+onez0
>>12
俺は仏教徒では無いが、同感だ。仏教は他の宗教にあるような神話等のファンタジー色が他に比べ少なく
哲学的な方向に傾倒した宗教だと個人的には思っている(そしてそこが魅力的でもある、と)。
だから輪廻転生などのファンタジー・オカルト的な発想はどうかと思うんだ。


20 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 04:08:59 ID:jhZHaa2Y0
虫やらにもし転生しても一生は一瞬。
飛んで火にいる夏の虫は早く別のものに転生したいのかもな(冗談
それよか長い期間生きていられる時が印象に残るんじゃないだろか。
何百回とありに転生していてもそこまで長い時間で無いだろう。
とすると植物に転生したと言う話が無いとおかしい。
思考能力が極端に無い生物に転生したときの印象は薄い?わからんが。

不思議なのは種族繁栄、種には種を残そうとする本能がある。
その上、同種族以外を繁栄させてやろうという気があまり無い。
これの理由がわからん。もちろん意味も解からん。同情?同情なのか?
もしかしたら本能的に輪廻転生を知っているのかもしらん。
ちなみに俺は輪廻転生なんてあるとは思ってない。死んでみたらわかるかもな

21 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 04:36:11 ID:nRSlMW+RO
おいおい 誰が前世は過去と言ったんだ??

おまえの前世は未来かもよ

22 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 04:38:55 ID:2ptFu0+90
>確率的に人口の多いアフリカ大陸・中国・インド辺りに人々の前世は集中するはず。
同感だけど・・・・君が知ってる占い師の占った数の母数がわからん・・・

23 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 07:05:46 ID:lYybf3/F0
隈本確っていう霊能者は、転生の観念を認めていないようだけど。
http://piza.2ch.net/log2/psy/kako/960/960130661.html
一回こっきりの人間界での人生らしい。てことは(人間界での)前世も無いわけで。
いろんな人の本を読んでるけど、どれが本当なのか解らない…

24 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 07:24:13 ID:+t2rNO9v0
霊能者によって、霊界観が違うというのは定説らしいよ。
霊能者の数ほど霊に関する思想があると考えた方がいいかも?

25 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 07:26:05 ID:LBsCv5JdO
みんなが何を言っても、実際人間の前世は人間でしかありません。
魂の重みが全く違います

26 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 08:37:51 ID:jSdzlI3D0
>>1
お前の説こそ成り立たない。
単なる確率論だからな。

27 :自夜:2006/12/26(火) 10:09:38 ID:TvrcSo3A0
前世なんて飾りですよ。エロい人にはわからんのです。私のは百姓でした。

28 :1:2006/12/26(火) 13:22:13 ID:o/p+onez0
>>21
一般的な霊能者が認識しているのは過去としての前世だと捉えているが。
「あなたは○○だった」という過去形を使ったり、時代も江戸だったり中世だったり。
しかしその発想は興味深い。

>>22
テレビで見る霊能者は大抵面白そうな前世を言うじゃないか。
そして俺の周りの人間でも占い師に占ってもらったアフォが多数いるが、ほとんどが人間だった(羊と犬が一人ずついたかも)。
母数が何であれ、周りでここまで多くの人間が宝くじ並みの確率の前世をゲットしているのは既に異常だろう。
それとも俺が宝くじ並みの確率でそういう人間と出会っているのか?? そんな確率の低いものよりも「前世という概念はウソ」という説の方が説得力がある。

>>23
俺もそれに賛同する。いろんな人の本を読んでいても、それらの本を書いた人間は全員「人間」でしか無く、
死後の世界すら見た事ない人間ばかりだ。全員憶測だ。


29 :1:2006/12/26(火) 13:45:19 ID:o/p+onez0
>>24
つまり霊視観は事実無根であり、各霊能者の憶測に基づいたものでしか無いという訳だな。
それが定説なら安心なのだが、各霊能者は自分達の説が一番の事実だと信じているから腹立たしい。
そしてそれに騙されるDQNどもも腹立たしい。

>>25
その場合「前世は動物」と言った占い師は全てウソつきであると断言していると取るが、そうなのか?
そして確率論で見てアフリカ・インド・中国に集中しない点に関してはどうなんだ?
まさか「アフリカ人と日本人じゃ魂の重みが違う」とか言い出すんじゃないだろうなw

>>26
俺は「前世」論を否定する有力な証拠を挙げているだけだ。
この場合の「単なる確率論」に信憑性が無いというなら、
「テレビに出る沢山の人や街中の占い師に占ってもらっている人達はみんな宝くじ並みの運勢の持ち主」という事になるが。
「前世という概念はウソ」と「占いをしてもらう人の大半は宝くじ並みの運勢の持ち主」、
どちらが信憑性が高いかは明々白々。


30 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 13:50:20 ID:TmsGDjje0
命の絶対数が変化してるってことは
前世がなかったり、すっげぇいっぱい前世があったりするってこと?

31 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 14:01:45 ID:L4SYbombO
前世は誰だって精子だコノヤロッ

32 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 14:05:29 ID:WcYMHo73O
前世世界パラレルワールド説を採用すれば問題ない

33 :1:2006/12/26(火) 14:08:32 ID:o/p+onez0
>>30
知らん
しかし命の新規参入者もいるはずだから、その認識で間違ってはいないと思う

>>31
それは現世である

>>32
占い師はパラレルワールドを行ったり来たりしている訳だな
バックトゥザフューチャーも真っ青だ

34 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 14:10:23 ID:GpYgxbod0
前世があるなら大抵の生き物はウィルスか菌が前世だと思う

35 :自夜:2006/12/26(火) 14:12:40 ID:TvrcSo3A0
無視された〜(泣
せっかく真面目に自分の前世を告白したのにぃ〜

36 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 14:13:09 ID:60zH6heK0
前世ってロマンチックだよねー
人は死んでもオワリじゃないって、寂しがり屋さんが一所懸命
考えた理論だと思う

37 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 14:14:52 ID:MNq863rM0
結論 >>1の言う通り

38 :1:2006/12/26(火) 14:23:36 ID:o/p+onez0
>>34
そのとおり。
加えて「ウィルスは生物か生物では無いかのグレーゾーンなので、輪廻転生のサイクルに含まれるのか」
というのもまた考慮すべき点になってくる。

>>35
俺は脱ヲタを目指しているからガンダムネタには食いつかないようにと必死で自制しているのだ。
しかし百姓とはまたお前も例に漏れず強運の持ち主。っていうか騙されてる。

>>36
みんながみんなそれを認めればいいのに。


39 :自夜:2006/12/26(火) 14:33:24 ID:TvrcSo3A0
>>38 1さん
誰かに吹き込まれたなら騙されたってこともありうるでしょうが、現世の今までの
記憶と同等に記憶として前世がありますんで、多分騙されてはいないと思います。

40 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 14:34:21 ID:E7lJ3nQl0
大体、2,600年も前に釈迦が「輪廻転生など存在しない」と悟って
「来世のことを考えるより今を一生懸命生きることが大切だ」と説いたというのに、
今ごろまだ前世だ何だ言ってる奴ら、
自分たちがどれだけ恥ずかしいことをやってるかちょっとは考えろってんだよ。

41 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 14:36:37 ID:Kf+fuAWX0
私、前世は昆布だったと思う

42 :自夜:2006/12/26(火) 14:40:32 ID:TvrcSo3A0
>>40さん
私、仏教徒じゃないも〜ん

43 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 14:41:56 ID:1Xvu+Rx+0
>>39
最近お前色んなところに顔出し過ぎ
少しは自重しろよ
もしくは自分のスレ以外ではコテ外せや

44 :自夜:2006/12/26(火) 14:54:13 ID:TvrcSo3A0
>>43さん
やですよ。これでも地道な営業活動のつもりなんですから。

45 :1:2006/12/26(火) 15:08:18 ID:o/p+onez0
>>39
記憶というものの信憑性を疑ったことはないのか?
俺は小さい頃に親から聞いた話が今では実際の経験のように記憶に埋め込まれてるし、
酒を飲めばその晩の記憶をなくし、にも関わらず自ら犯した愚行のおかげで彼女に怒られるんだが。

>>40
釈迦カコイイ。でもその当時は今を一生懸命に生きなければいけない時代だったんだろう。
現代社会は平和ボケしていて、余計な事に頭がいきがちなんだろう。

>>41
悪くないと思う。その無難な感じが現世のお前の性格にも表れてるな、前世の名残か。

46 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 15:08:48 ID:fmAdrSHF0
>>44
逆効果。立派にうっとうしい。40代のおばさんは黙ってな。
 あんたの前世に興味ないわ!ぼけ! たかが、百姓ごときで、うざいよあんた。
単なる、一般市民じゃん。あほらし。記憶なんざ、知った事かあの世で語ってろ!

47 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 15:10:58 ID:1Xvu+Rx+0
>>44
あなたは良い肯定派なのでいつか煽られて潰されそうな気がしてね。
確固たる自分を持ってるみたいだし大丈夫かな。
無駄な心配スマソ。

>>40
今の人生を楽しく感じられるなら前世という概念があってもいいのでは?

48 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 15:16:26 ID:le/eomkAO
そもそもこの話は魂という物が存在するかどうかというのを考えなければならんと思うのだが
1さん、どうでしょう

49 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 15:17:14 ID:Kf+fuAWX0
> 今の人生を楽しく感じられるなら前世という概念

前世があるなら、今生を律して過ごすことに意味を見つけやすいしね。
死んだら無、だと
何やってもいいじゃ〜〜んてなるし
極楽、天国なんてのもそう

50 :自夜:2006/12/26(火) 15:25:38 ID:TvrcSo3A0
>>46さん
貴方のような(私に言わせると)宣伝の協力者がいるので、私は嬉しい。

>>47さん
いやいや、どうも、ご心配おかけしまして。
自分の前世をネットで告白するにあたり、一応の覚悟はしたつもりですので、たぶん大丈夫でしょう。

51 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 15:29:14 ID:jH93wljy0
じゃあ間とってこうしようぜ

天国=人間へ生まれ変われる
地獄=ミジンコからスタート7段階で人へ
7度人として生まれ変われば神界へ


52 :40:2006/12/26(火) 15:47:32 ID:E7lJ3nQl0
>>45>>47
うん、遊びのツールくらいに使うなら罪もないと思う。

墓売り詐欺の婆さんに引っかかって大損するようなことがないようにはしたいがな。

53 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 15:51:39 ID:Jgk9y/s30
生まれ変わりがなんで地球限定の生物なんだろうって思ったことがある
火星の氷の中に生物の死体が凍ったままであるんじゃなかったっけ?
そう言われてるだけ?

54 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 15:59:40 ID:le/eomkAO
>>53
言われてすらねぇよ


55 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 16:16:39 ID:2NnzpgHNO
輪廻転生は死の恐怖を少しでも和らげる為の発想なんじゃね?
今まさに生涯を終えようとしてる老人に
「来世なんてねぇよ!」
って言うのもねぇ
来世があるなら前世もあるとしか言いようがない

56 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 16:23:39 ID:s+AfGWbU0
俺も前世は信じないが.

「人間は人間(または生物)にしか生まれ変わらない」という棄却されるべき仮説Aを論じるのに
「転生の確率はどの人間(または生物)に対しても同様に確からしい」という前提Bを無条件に採用してるところがちょっと。

あんまこだわってるとトリレンマになっちゃうけどな

57 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 17:00:43 ID:E7lJ3nQl0
>>55
死にゆくご老人に対しては
「あなたのおかげで私たちも素晴らしい人生が送れています。
 ありがとう、あとは私たちに任せて下さい。お疲れ様でした」
といって送り出す方が個人的には好きだな。

これなら前世などという胡散臭い概念を引っ張り出さなくとも良い。

58 :1:2006/12/26(火) 20:49:35 ID:o/p+onez0
>>53
火星の氷の中の生物は聞いた事はないが、こんな広い宇宙ならば他に生命は存在するだろう。
地球外生物も輪廻転生に含まれるのか、それもまた気になる。
宇宙には沢山の生命で満ち溢れている可能性があるというのに輪廻転生は地球上だけだと言い張るなら、
やはり人間は自己中心的で愚かだとしか言い様がないな。

>>55
俺もそう思う。天国・地獄の概念と似たようなものだな。
ならば来世の心配をするべきで、前世が何だった等は愚問。

>>56
「人間の前世は人間だけ」と言うアフォ占い師もいれば、
「前世はどんな生物でもあり得る」と言うアフォ占い師もいる。
両方の主張を斬ってみたのだ。
トリレンマとは何なのかさっぱりだ。

>>57
俺だったらそう言ってもらった方が気が安らぐ。「来世もあるよ」なんて言われたら
「はぁ? また生きなきゃいけねーの? だりぃぃぃぃ」って、死んでも死に切れなくなる。



59 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2006/12/26(火) 21:30:22 ID:h78U5lofO
宗教ってのは人間が造るものなのだから、人間の常識の範囲内の答えしかなくて当然。
人間様中心であって差し支えなし。人間の人間による人間のための宗教。それが宗教。
火星人の宗教は、火星人中心に成り立つであろう。
ま、火星人に宗教を持てる程の高いメンタリティがあるならの話だがなwwww


60 :1:2006/12/26(火) 21:37:18 ID:o/p+onez0
>>59
それを21世紀にもなったこのご時世に大真面目に語るのがくだらんと俺は思うが(まぁ誰しもが思ってる事だろうが)。

>ま、火星人に宗教を持てる程の高いメンタリティがあるならの話だがなwwww
「火星人が宗教を持つ程の低いメンタリティがあるなら」の間違いだろう?w

61 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 21:38:46 ID:zOikiy19O
輪廻転生を信じるなら、魂はどこから来たんだ?
生まれ変わる魂は何時から輪廻転生をし始めるんだ?

62 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2006/12/26(火) 21:44:31 ID:h78U5lofO
>>60
と いうことは、精神性が高くなると宗教は必要なくなるとおっしゃる。
人間は宗教無しで、「死」という生物最大の恐怖を乗り越えられるでしょうか…。

63 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 21:45:49 ID:N3nNUVYi0
ばかっwwwwww来世も前世もねぇよwwwwwww
宗教なんて人を効率良く統率するための手段だし、神もその手段の一つwwwwwwww
人なんて只の複雑な機械みたいなもんだろwwwww
魂なんてねぇんだよwwwwお前ら釣られ過ぎwwwwwwww


と前世・来世否定派の俺が申(ry


64 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 21:47:31 ID:u0W4gOBH0
神はいつ頃誰が発明したんだろう。

65 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 21:50:07 ID:2ptFu0+90
輪廻にかんしては否定するが>>1の説明もどうかと思うな・・・・
第一インドや中国のある地域は確かに昔から人は多いけど
増え方が他の地域と違うし。
そして中国人の生まれ変わりがいてもおかしくないはずと言うが
そもそも>>1の考える中国人って?漢民族の先祖を指しているのか
現中国のある地域に以前あった国の人を指しているのかわからない。

66 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 21:52:15 ID:2ptFu0+90
>>64
そら宗教によって違うよな・・・・
そもそも日本人の言う神はGODと訳せないし簡単に「神云々」は語れない・・・・

67 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 22:03:11 ID:WcvSdYGr0
>>8
> そもそも昆虫に感情なんてないだろ。

昆虫を刺激する“蜘蛛の子を散らすように”逃げるだろう。
逃げる際にそれを促しているのが“感情”じゃないとしたら、意識だろう。
意識はあるだろう。「進化したい」という集合無意識もあるだろう。

動物も昆虫も教育システムはないんだぜ。なぜ伝えられる?

68 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 22:09:29 ID:u0W4gOBH0
>>66
じゃ、最初に宗教・信仰を発明したのは誰?とでも言い換えてもいいけど。

紛れもなく人類史上最大の天才だよな。
ま、答えのでない話だけどw

69 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 22:13:47 ID:2ptFu0+90
>>68
日本の場合自然的に発生したっぽいんだが・・・・(無学でごめん)
なんかはっきりした神様の概念が無くて
なんとなく「神々しさ」を見出しちゃうからね・・・・・不思議な石を見て神様に見立てたりw

70 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 22:16:33 ID:+q8UXL2y0
たぶんみんなが思ってる「輪廻転生」ってさ、魂を一塊のものとして考えてない?

俺は、魂は粒子の集まりで「前世」は無数に存在すると考えている。
死の際、もしくは転生の際にボロボロに砕けた魂が混ざり、現世の魂の雛型に成り、
そして肉体、人形、木、まぁ諸々あるが「からだ」の中にはいる。
そして成長するにつれ自我が形成されていくわけだが、「砕けて混ざった魂」に「完全に砕けきらなかった魂」があると、
それの記憶は記録の深層に沈んでいて、何らかの弾みにこれが浮上してくる。
これが「前世の記憶」

71 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 22:22:30 ID:N3nNUVYi0
>動物も昆虫も教育システムはないんだぜ。なぜ伝えられる?

設計図(DNA)にのってんだろ?
ただ、俺にも理解できないとこは有る、なんで次の子孫を残そうとするんだ?只のマニュアルな機械が…

72 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 22:25:15 ID:+q8UXL2y0
つまり人間は微小な生物の魂の塊なのだ。
赤血球白血球血小板細胞ミトコンドリア核
すべて等しく魂の粒子を持っている。
現世の「自我」とはそれらの総括的な意思として存在しているのであって、「個」ではなく「群」である。
まとめて「個」と称するならばあるいは適切か。
だから、人間の前世来世は人間、なのではなく、「群体A」の前世来世の可能性は無限にありうる。

73 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 22:27:35 ID:+q8UXL2y0
もしくは、原子核、素粒子、それよりも微小な物質こそ魂の元素なのではなかろうか?

74 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 22:31:04 ID:u0W4gOBH0
>>71
一代限りだとシステムとして不経済だからな。

75 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 22:34:22 ID:+q8UXL2y0
>>61
その問いは、
現在存在する物質全ては何処からきたのかと問うことと一緒だろう

76 :1:2006/12/26(火) 22:38:57 ID:o/p+onez0
>>70
>>72
興味深いが、それもまた人間中心的な考えであるというのは否めない。
何故我々人間が集合体であって、微生物は我々の欠片にしかならないのか。
逆に人間の魂が集まって一つの微生物になる、というのもあり得るのではないか?

魂や生命について考える時は、我々人類の中に刷り込まれた生命のヒエラルキーを捨てなければならない。


77 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 22:43:02 ID:fGuZyLaeO
俺の前世はオナニーで死んだ精子のなかの一匹

78 :1:2006/12/26(火) 22:44:57 ID:o/p+onez0
>>71
太古の単細胞生物は分裂などにより自らの個体数を増やす事によって進化してきただろう?
分裂していき、そのうち単細胞生物同士でくっついて多細胞生物になり…… その過程があって今こうして我々人類や動物や植物がいる。
DNAが教育システムであるならば、「個体数を増やす」という太古から続くメカニズムもDNAに乗って現在の生命体にも残ってるんじゃないか。
性欲も交尾も勃起も全て、単細胞生物が分裂していったプロセスの延長線上なのだ。


79 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 22:47:20 ID:RYXmXZ0SO
もしかしたら知能・進化の高い動物以下(この基準も曖昧だが多分ほ乳類以下)が前世だったとしても霊能力者ははっきり分からないとか?

だから人間がほとんど「前世」として出てくるだろうし。
江戸時代の人が前世だったら今いる自分までの空白の期間が謎だもんな。

80 :1:2006/12/26(火) 22:47:30 ID:o/p+onez0
もっとも、「なんで最初の単細胞生物は分裂しようとしたの?」って聞かれたらお手上げだが。

81 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2006/12/26(火) 22:49:39 ID:h78U5lofO
生物、物理学と宗教ってのも関わり深そうだ。
まえAgganna-Suttaっての調べようとしたけど、よく解らんくて挫折した。
てゆーかAgganna-Suttaって何だ??だれか教えて…。

82 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 23:03:08 ID:+q8UXL2y0
>>76
進化の過程で集合し群体と成る事で互いに協力し合い、そして多細胞生物となった。
ならば単細胞生物の魂の欠片が単細胞生物もしくは多細胞生物を構成するに至るのは必然ではないだろうか?
塵も積もれば山となるが、そもそも積もらねば山にはならない。
進化するか停滞するか分離する(これもある意味で進化)かで魂の輪廻先が決まるのではなかろうか?

素粒子と同程度かそれらの構成物質に「魂」が入っていて、それらが結合し人ならば「人格」が構成される。
それ以外の生物無生物なら、それらの概念での「自我」が形成される。

そもそも我々が人間である以上、人間主観の考えでしか物事を計れないのだから、
その考えは矛盾する。

人を捨てれば別として、ね。

83 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 23:10:03 ID:u0W4gOBH0
>>82
それなら「魂の欠片」と遺伝子は同義ということになってしまう。
魂の存在意義が見いだせないな。

84 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 23:25:19 ID:+q8UXL2y0
>>83
遺伝子は肉体の組成式。

魂粒子は記憶、その他諸々の精神的作用を司る?
例をあげるとするなら、「暗闇は怖い」「火は便利だが怖い」などといった恐怖感の生成等。
生命の情報媒体、種を超越したインターフェイス。

85 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 23:29:35 ID:+q8UXL2y0
つまり、遺伝子は殻を作る。
魂粒子は、異種間を伝達しあい、それぞれの種の進化を促す物質。

ではないだろうか?

86 :本当にあった怖い名無し:2006/12/26(火) 23:50:58 ID:u0W4gOBH0
>>85
それすら遺伝子の範疇(RNAからDNAへ逆転写)だ。

おまいの話とはあべこべなるが、魂が存在するなら進化とは逆、
つまり肉体的世代交代を無視した個の永続性、生命の超安定を司るものではないか?



87 :本当にあった怖い名無し:2006/12/27(水) 00:11:48 ID:vLzyv52i0
>>69
わからんことはすべて神様のせいにしていったかもね。その蓄積。

いま(2006年12月27日)だって、わからないことは神の領域って言うじゃん。

88 :本当にあった怖い名無し:2006/12/27(水) 00:17:51 ID:98/oCWOT0
>>78>>80
なるほどな、でも俺はそのお手上げの中身が知りたいんだぜ?www
今となっちゃ、もう「それ」知る由もありませんが…
人の生きる意味って「それ」のことだろ?と勝手に解釈してみました。

89 :本当にあった怖い名無し:2006/12/27(水) 00:59:13 ID:vLzyv52i0
>>88
単細胞時代以来、延々と受け継がれてきた「生きる意志」ってやつのことですね。

物質はただ変化する(たとえば、石は風化する)だけなのに、
生き物は意志を持って進化したりする。

90 :本当にあった怖い名無し:2006/12/27(水) 01:09:47 ID:tyBsoqWj0
>>89
残念ながら、自分の意志で進化した生物はいない。
全くの偶然に基づく遺伝子の突然変異がたまたま環境に適していた場合のみ、
子孫を残しやすくてその形質が残っていくというだけの話だ。

91 :本当にあった怖い名無し:2006/12/27(水) 01:50:34 ID:ayFtEuqQ0
>>90
「生きる意思」も意志の範疇ならば
突然変異が迫害されつつも自決の道を選ばなかった事こそが意志においての進化ではなかろうか?
そもさん、遺伝子が自然に変質することこそおかしな事ではなかろうか?
今生きる多細胞生物全てが同一の単細胞生物から進化していったと考えると、なぜこれほどまでに分岐したのか?
突然変異?ならばなぜ突然変異が起きたのか?それは環境に対応した進化を遂げたからである。
ならばなぜ環境に対応した進化を遂げることが出来たのか?下手な鉄砲数打ちゃ当たる?否。
当たる前に絶滅する可能性はきわめて高い。極限環境には速やかに対応せねば即座に絶滅してしまう。
なればこそ、そこに「生きる意志」「困難に打ち勝つ意志」等が存在することは明白である。

そもそもハキリアリやハエトリソウ等の偶然や突然変異にしちゃあおかしな生物がいることは事実である。
なので進化には意志が加担しているものだと私は考える。

92 :90:2006/12/27(水) 02:10:05 ID:tyBsoqWj0
>>91
おいおい、シッチャカメッチャカだな。

なぜ突然変異が起きるかというと、単純なコピーミスや、
地中や宇宙由来の放射線が遺伝子を傷つける場合などがある。
それは全く偶然に起こるもので、
その結果がどう生物の体を変化させるか、できてみなければ分からない。

もちろん大部分の突然変異は、いわゆる「奇形」として葬られる。
しかし、その中でごく少数、
従来の多数派より環境に適応しやすい形質を(これも偶然)持ったものが、
より子孫を残しやすくなり、長い時間のうちに多数派となることがある
というだけの話だ。

そこに生物の意志は全く影響していない。

93 :本当にあった怖い名無し:2006/12/27(水) 04:59:23 ID:7Xlwc6anO
関係ないけど星新一のSSで最後の人類についての話があったなぁ。
タイトルは忘れたが。

最後の人類は(ずっとカプセルに入っていて)自分以外に人も何も見た事無いのに
地上に出て、自分が何をしなければならないか知っていた……

みたいな最後の一節が印象に残ってる。

94 :本当にあった怖い名無し:2006/12/27(水) 05:09:00 ID:iVX48ACU0
>>92
おいおい、そりゃ君の前世が昆虫が馬糞か何かだったからそう思うだけだろ
人間初心者が棒切れ振り回してるだけだよその理屈は

95 :本当にあった怖い名無し:2006/12/27(水) 11:28:47 ID:oD0FzNPD0
星新一の最後の人類は面白いよな。

人間は文明の進歩をしているのと同時に生き物として後進しているんだな

96 :本当にあった怖い名無し:2006/12/27(水) 12:47:26 ID:A5K++agn0
>>95
本能と文明は反比例、ってことね。

97 :本当にあった怖い名無し:2006/12/27(水) 15:57:48 ID:8+EwLqnX0
>>58
トリレンマって
ジレンマが2つの選択肢間の問題
トリレンマは3つの選択肢間の問題

モノ・ジ・トリ・・・・・・・です


98 :本当にあった怖い名無し:2006/12/27(水) 16:11:33 ID:T7VJ5oKI0
キリスト教は人類の最初はアダムとイブ、それを作ったものこそ神だって主張してるけど
たしかインドだと人類の姿をどんどん遡っていくと
獣になり、海の中の生物になり、何だかよくわからない生命体になり、で、一番最初のこれ以上遡れないようなもの、
これこそ未知の領域なので神が創ったものと考える、とかなんとか。
インド人は凄いと思うよ。


99 :本当にあった怖い名無し:2006/12/27(水) 16:51:05 ID:6yzwgXR/O
まぁ流れなんだろうけど、
前世の話は?

100 :本当にあった怖い名無し:2006/12/27(水) 18:57:44 ID:sP99DCnL0
さんまは占い師に前世が「カマイタチ」と言われたくらいだから
いかにこの手の人間が不勉強でペテン的な事をやっているかよくわかる。

本気で江原とか信じるアホが多いのは、死とか無というものから目をそらしてきた
近代国家の特徴なのかな。。。

101 :本当にあった怖い名無し:2006/12/27(水) 21:56:26 ID:ayFtEuqQ0
お前等さ、死から目ぇ逸らしてるとかさ、
無から目を逸らしてるとか言ってるけどさ、
それこそ前世から目を離してるに過ぎないと思うぜ。

ハッキリ言って見るもの今までに判る物新しいものを信じないという奴のせいで我々は遅れてきたんだ。
キリスト教の地動説の強制排除、現代の学会のお偉方の頭の固さとかな。

今、誰かが真剣に肯定であれ否定であれ幽霊とかの研究に必死に取り組んでるんだからさ、
俺等の目的は妄信的に現在の科学だけを信じるんじゃなくて、暖かく見守ることも必要だと思う。

確かにインチキ術師とかイカサマ術師がいるのは明白ではあるが、
その中に少しぐらい本物がいたっていいとおもうんだ。
それこそ突然変異とか、ね。

102 :本当にあった怖い名無し:2006/12/27(水) 21:59:11 ID:ayFtEuqQ0
×ハッキリ言って見るもの今までに判る物新しいものを信じないという奴のせいで我々は遅れてきたんだ。

○ハッキリ言って、目に見えるもの、今までにわかる物しか信じない、
 新しいものは絶対に信じないという奴のせいで我々は遅れてきたと思うんだ。


103 :本当にあった怖い名無し:2006/12/27(水) 23:08:45 ID:T7VJ5oKI0
地動説の強制排除は例えが違うような・・・・
だって地動説を唱えるだけの科学的な理由があるのに排除されたんだから
同列に扱うのもどうかと。

とはいえイギリスなんかでは霊を科学の力で考えていたりするから
どんな結果が出るのか楽しみではあるけど。

104 :本当にあった怖い名無し:2006/12/28(木) 01:26:31 ID:qw7M6h+MO
また科学野郎だ!
いい加減科学から考えを離したらどうだい? 君のような奴等に騙され続けたんだ。

105 :本当にあった怖い名無し:2006/12/28(木) 01:46:05 ID:wCV7NATiO
我思う故に我あり これに尽きる しかしインド人のさ
0という数字の発見はスゴくね?宗教ってのは商売だったり
死ぬ人、残された人の為の救いの概念だろうよ 日本人と
インディアンはこれに当てはまりにくいと思う 自然に神を
見出せる少ない人種だ

106 :本当にあった怖い名無し:2006/12/28(木) 07:00:55 ID:s4R8MgvJO
霊も神も前世も信じて無い俺には確かな確証がなきゃ何も信じれませんがな…
まぁ、信じようとも思いませんがwww
これがゆとりの成せる業ですか?www 教科書にだって前世が有るとか、神が居るなんて載って無いのになwww
只信じていただけだろ?人の作り話に釣られ過ぎなんではないの?www


107 :本当にあった怖い名無し:2006/12/28(木) 07:08:24 ID:o/nvBBUU0
>>105
>しかしインド人のさ0という数字の発見はスゴくね?

そのゼロ(無)を信仰にまで昇華させた釈迦もスゴス

108 :本当にあった怖い名無し:2006/12/28(木) 09:09:48 ID:KM8jIOsM0
>>101>>104
お前みたいなヤツが地動説を否定したんだろうな。

109 :本当にあった怖い名無し:2006/12/28(木) 09:14:11 ID:dQ6sAXmoO
前世来世は人間以外も有り、ってんならほとんどの奴は線虫になる。

110 :本当にあった怖い名無し:2006/12/28(木) 09:24:44 ID:wKofeLXx0
>>109
菌だと思うよ


37 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)