5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

俺の妹は関羽3

58 :2/2:05/01/25 14:37:33
「おそそに先日そのような話をしたところ、『任せておけ』と言った翌日には・・・
 海外の高級ぶらんどの一点物だそうで、値も張るからと断ったのでござるが・・・明日にも届くとのこと」

なるほど、20日後に迫ったイベントに対する布石とも考えられるが、
妹が力の加減を覚えることで、俺やおそそに利益こそあれ、何の損害もあろうはずがない!
いいんじゃないか?お兄ちゃんは賛成だよ。そう言って俺は「それ」の描かれた紙切れに目を通した。

「本当でござるか!?ではさっそくおそそにお礼を言いに言ってくるでござるよ!」
ぱあっと顔を輝かせた妹は風のように家を飛び出した

・・・ふむ、なるほど。
やや楕円に近い円を描いたそれには綺麗な装飾がほどこされ、遊具というよりは工芸品に近い印象を受ける。
これは値が張るのも当然だ。妹のお小遣いでは2けたほど足りない金額が書かれている。
おそそには毎度お世話になるな。あいつは意にもかえさないんだろうが、やはり一度丁重にお礼に伺わなくては。


妹が蹴破った玄関からの涼しい風が吹く中、
「KENーKONーKEN」と銘打たれたその変わった名前の健康器具によって兄およびその付近の住民が
記録的な損害を被るのは間もなくのことである。まだ寒さも残るとある冬の日であった・・・。




・・・好きに使ってください。


335 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)