5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

物を少しだけかっこつけて表現してみようか

1 :名無し職人:2005/07/29(金) 02:20:46

汝は偽りの題目と真実を見抜く目を要求し
運を味方とした者は勝利し、見かけの偽りの言葉を深く信じた者は俯く。

勝者は解放感に身を委ね、敗者は憤りを向ける先も無く、
ただひたすら鬱にいる。


                         --------アダルトビデオ

2 :名無し職人:2005/07/29(金) 02:25:19
ニダーニダー

3 :名無し職人:2005/07/29(金) 02:25:32

新雪のように無垢な職暦 舞い散る木の葉よりも自由
   可能性は黄金のように煌き 時間は宇宙のごとく有り余る

                                         ----ニート

4 :名無し職人:2005/07/29(金) 02:27:53
その構造はハリー・ポッターのみが知る
・・・魔法ビン

5 :名無し職人:2005/07/29(金) 02:29:03


6 :名無し職人:2005/07/29(金) 02:31:14

体はプラスチックでできている
血潮は電気で 心は集積回路
幾たびの校了を越えて不敗
ただ一度の故障は無く
ただ一度の点検も無し
使い手はここに独り
薄暗い部屋で文字を打つ
ならば我が生涯に意味は不要ず
その体はきっと無限の文字で出来ていた




ワープロ

7 :名無し職人:2005/07/29(金) 02:40:02
我、意思に反し溢れ出る白濁を止めるすべを知らず

                            ----早漏

8 :早漏 ◆QuickmanHM :2005/07/29(金) 02:42:57
…俺!?

9 :名無し職人:2005/07/29(金) 02:43:59
恐怖●この話の真相●迷宮
 
ある日、私は森に迷ってしまった。
夜になりお腹も減ってきた。
そんな中、一軒のお店を見つけた。
「ここはとあるレストラン」
変な名前の店だ。
私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。
・・・なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
私は苦情を言った。
店長:「すいません作り直します。御代も結構です。」
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
私は店をでる。
しばらくして、私は気づいてしまった・・・
ここはとあるレストラン・・・
人気メニューは・・・ナポリタン・・・





10 :名無し職人:2005/07/29(金) 02:48:15

なぜ居るのか。なぜ知っているのか。
なぜしょっぱいと言ったのか。何に気付いたのか。
謎と思われ恐怖をそそり、人々を意味のない文章の虜にする。

――――――――ナポリタン

11 :名無し職人:2005/07/29(金) 02:53:07

表皮の中に眠る古の光、眠れるその力を
地上にもたらせ! 包茎手術!

12 :名無し職人:2005/07/29(金) 02:55:28

貞潔を守り、未来のために幾重もの犠牲の上に成り立つもの



童貞

13 :名無し職人:2005/07/29(金) 03:04:37

決して前に出てはならぬ
我ら忍んで 闇に生きる
立ち入るものを暗殺し 続くこの道守りぬかん
決して前に出てはならぬ
この掟 破りし者
刃に裂かれ 死が待つのみ

                 ――――――鼻毛

14 :名無し職人:2005/07/29(金) 03:06:19
乙女を愚弄する痴漢あり
若者、見かねてそれを仲裁す
乙女は白磁の器を若者に捧げ
若者は乙女に赤心の愛を捧ぐ

――――――――「電車男」

15 :名無し職人:2005/07/29(金) 03:12:21

その白き姿、赤き道を纏いて
人々の源となる。
誤りし男
その白き欲望を放つ事もあり

数々の弟子を従えて
今、青き宇宙へと飛び立つ
 


16 :名無し職人:2005/07/29(金) 03:18:17
過去の栄光、堕落、褐色の荒野の如く静寂な死の世界









                           -----ハゲ

17 :名無し職人:2005/07/29(金) 03:20:57

この果てしなく続く荒野に花を咲かせるんだ
                  育毛剤

18 :名無し職人:2005/07/29(金) 03:29:55

彼を知らぬものは誰もいない
しかし彼を知るものも誰もいない
常に速さを追求し、
自らを神と称し、
蟹と共に現れる





              ────超絶魔界波動残酷冷徹戦士闇暗殺丸百二十世

19 :名無し職人:2005/07/29(金) 03:33:31

広すぎる世界ともう一つの世界。
前者と違って限りのない新世界。
その世界にもある、狭くて広い国家。
鉄道網のようなフィールドの中のセントラルステーション。
我々のいる都市。電子都市とでも言うのだろうか、変わり続ける様はまさに都市。
今日、また一人、いま、書き込みというトークシステムで1人、住民が増える…


―――――――――2ちゃんねる

20 :名無し職人:2005/07/29(金) 03:34:00
君を忘れない 曲がりくねった道を行く
  きっと想像した以上に
       騒がしい未来がぼくを待ってる

────ストーキングしていて取り押さえられた男の心中

21 :名無し職人:2005/07/29(金) 03:35:39
桜散る、青春の思い出夢の如し
そして歴史は繰り返される・・・








           ----再びハゲ

22 :名無し職人:2005/07/29(金) 03:36:30

その決意たる雄叫びは暗雲を切り裂き、何よりも響き渡る。
孤高のどとく我が道をいく足は止まる事を知らない。
故に誰も私に追い着く事は出来ない。私を惑わす事は出来ない。
この命、続く限り唯我独尊を貫いてみせよう。

                       ――オタク―――

23 :名無し職人:2005/07/29(金) 03:37:38
おっすオラとんでもない良スレ見つけちまっただ

24 :名無し職人:2005/07/29(金) 03:41:14
叫べ!
私の名前を!
讃えろ!
声、高らかに!
欲しろ!
原始の欲望を呼び起こし!
結束せよ!
今、心をひとつに!
総てが叶えられた時!
我、降臨せん!


おっぱい!


    ―おっぱいうpスレ

25 :名無し職人:2005/07/29(金) 03:42:18
久々に良スレらしきものを発見した
少し考えてみるか

26 :名無し職人:2005/07/29(金) 03:45:34
細部に渡りその知性と究極の美を追求した歴史的集大成
人々はその輝かしい創造物に歓喜し、そして涙する
いざ進め、続け、その道のりは険しくとも

                            ----良スレ

27 :名無し職人:2005/07/29(金) 03:47:25
その者の叫びは、世界の半数の魂の叫び。
腕を振る事にのみ費やせし時間は、いつしか世界の半数をも魅了し、虜にする。
そして、いつしかその名は、最高の愚者の群れに刻まれた。

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
 ⊂彡


28 :名無し職人:2005/07/29(金) 03:51:38
その控え目な所が皆の心を明るくするだろう。




(笑)

29 :名無し職人:2005/07/29(金) 03:52:59

しなやかながら力強いどこか誇らしげな成り立ちに妖艶なまでの艶やかさ、時としてその存在を左右さえする、生命の神秘を司るもの…
時に邪を退ける黄金の流れを、時に生命を授ける純白の天使達を…
そう、彼は神なのだ。
廃れた現世に癒しと裁きをもたらしに舞い降りた神。
「ちんこ」

30 :名無し職人:2005/07/29(金) 03:54:19

其はまさに太陽の化身
其処には一切の無駄はなく、ただ己が御身をさらすのみ
見ろ、命の最期を
聞け、苦しみの声を
光であるが故に、暗黒を渇望する其の姿を

       ― 禿

31 :名無し職人:2005/07/29(金) 03:56:16

深紅の涙 女神たちは苦痛にもだえ
新たな生命を迎える準備をはじめる
その宴は月に一度 不順な公衆浴場や野蛮な男たちの侵入から隔離された
神秘の七日間に行なわれた・・・

     ----生理

32 :名無し職人:2005/07/29(金) 03:57:07
小さく芽生えた新しき生命よ
我は汝を愛し、そして守り抜く
二度とは無きこの出会いは
暗黒の心に輝く希望の光







       ----ハゲの誓い


33 :名無し職人:2005/07/29(金) 03:59:35
未知との遭遇
禁断の行為
神聖なるあの場所へ
溢れでる高揚感
いざ突入




エネマグラ

34 :名無し職人:2005/07/29(金) 04:01:55
これが俺のオベリスクだ!!ワハハハハ!!

                                ――ちんこ

35 :名無し職人:2005/07/29(金) 04:04:10

鈍く黄金色に輝き、神々しいほどの半透明なボディー
原子結合の限界に挑むかのように変幻自在に姿を変え
あるときは最強の狙撃兵器と化する


                          -------輪ゴム

36 :名無し職人:2005/07/29(金) 04:05:16

太陽光を充分に浴びてその小さな一身に潜む持ち味を最大限に発揮するもの

                             -----干物

37 :名無し職人:2005/07/29(金) 04:08:31

その身で受け止め、水にて流す。穢れはここに消し去られる。

                                      ――トイレ

38 :名無し職人:2005/07/29(金) 04:13:09
良スレ認定印◎

39 :名無し職人:2005/07/29(金) 04:13:44

自らの全てを捨て、暗闇を打ち破るため散った英雄
人の道を捨て、自らの命を絶ち、己の信念を貫いた彼を、人々は愚か者と語る

残された混沌の世界に名を残した彼の者
混沌を棲み家とせしものには神であろう
英雄と愚か者
コインに標された神と悪魔
我等は彼を崇めよう
それが混沌に生きる者の道なのだから




         ―――田代

40 :名無し職人:2005/07/29(金) 04:20:40

その手に掴んだのは栄光か、幻か
一度(ひとたび)擦り始めればソレは一事の快楽へと誘(いざな)うであろう
しかし、白き紙を忘却の彼方へ置き忘れれば、その手はたちどころに汚れた物となるであろう

                             ――――オナニー

41 :名無し職人:2005/07/29(金) 04:23:33

無数の精強なる戦士達を、死地に送り込む。
一人の生存者も無い。
当然だ。彼らの道はあらかじめ失われていたのだから。
罪悪感と虚しさに打ちひしがれながら、この戦いが終わるのは何年後かと想い馳せる。
そうして己の不甲斐なさを嘆くのだ。
ああ、せめて彼らに生き残る道を示せたなら!



                    ――――オナニー終了

42 :名無し職人:2005/07/29(金) 04:31:02
いいねぇ〜

43 :名無し職人:2005/07/29(金) 05:27:39
良スレだけど伸びないと思った 考えるの難しい クオリティ高す

44 :名無し職人:2005/07/29(金) 06:29:00
周囲の白い目を一瞥もせず、その築き上げた独自の人生観が誘う光なき道を歩んでいく。隔離されたその世界で二度と戻らない大切な時間を踏みにじり、先の見えない不毛な毎日を惰性で生きるのみ。己のせいで傷だらけになっていく親のすねに気付く事もなく。




―――ニート

45 :名無し職人:2005/07/29(金) 07:54:18
そのような事、我輩に掛かればいと容易き事。
鬼が巣食うこの世に躍り出てみようではないか。

                      ―――こんとんじょのいこ

46 :名無し職人:2005/07/29(金) 07:56:59
いざ出陣!

     ―――射精

47 :名無し職人:2005/07/29(金) 09:20:17

進みを阻むもの。平和な世界に現れる静かな暴力。
何故にそんな事をするのか問いたいが、すればさらに破滅へ向かう。
する者の満足が行くまでは、我々はただ立ち尽くすのみ。
破滅まで…


――――――――荒らし

48 :名無し職人:2005/07/29(金) 12:05:27
ただわきめも触れず、我が道を突き進む。
食事、家族、恋人、友人、その全てを犠牲にしても手に入れたいものがある。
その姿、まこと山の如し。そのにおい、まこと夢の島の如し。



────────────コミケでの光景

49 :名無し職人:2005/07/29(金) 12:17:44

この広大な大地をしっかりと両足で踏みしめる。
さっきまでの苦痛も今はまるで幻の様…
このまま終わってしまってもいい。快楽と共に……





――――野糞。――

50 :名無し職人:2005/07/29(金) 12:29:24
跪け。渇望しろ。
我こそが価値也。

――――――――――――金銭

51 :名無し職人:2005/07/29(金) 12:39:23
次の獲物はどこだ。厨房を寄越せ。初心者を寄越せ。
魅惑の青い文字、ひとたび踏めば怒り狂う窓。
平和なブラウジングに突如訪れる死神。
その鋭い鎌の餌食になったものたち、死屍累々と再インストールディスクに手を伸ばすという・・・。




────────────────ウィルス

52 :名無し職人:2005/07/29(金) 13:26:44
永遠の純潔。約束された神性。
妖精の領域。未知の空。
それは童貞。

53 :名無し職人:2005/07/29(金) 13:31:55
其の者、香ばしく薫り
支離滅裂な言動を繰り返す
他者の迷惑省みず
己の欲望を満たす者也



我は夏厨也

54 :名無し職人:2005/07/29(金) 13:40:40

赤き光を放ち ただ無言で 己の使命を全うする
高速のレスポンス 心地よい音色がこだまする
手のひらに包まれたとき 至福の感情が覆い尽くす

                           ---マウス

55 :名無し職人:2005/07/29(金) 13:47:27
儚く散る気泡と共に得る快楽

アサヒッ スッパドラーィ

56 :名無し職人:2005/07/29(金) 14:24:51
良スレ

57 :名無し職人:2005/07/29(金) 14:34:12
古舘にパクられっぞぉ

58 :名無し職人:2005/07/29(金) 15:22:20
それ思ったw

59 :名無し職人:2005/07/29(金) 15:30:56
騒々しいが独特なぶつかり合う音
霞みゆく視界  その向こうに見える輝く光
銀色を放つケースの中のかわいい粒たち
           
           そう ここはパチンコ屋

60 :名無し職人:2005/07/29(金) 15:33:38

悪夢の拡大に立ち向かい真実へと誘う・・・
 描かれるは歴史を紡ぐ真実、死と向かい合いながら正義の名の下に、
  各地の戦士はこの聖書に愛を込める。
                              ―――――マンガ『嫌韓流』

61 :ジ黒:2005/07/29(金) 15:38:18
いにしえの時代から愛され 今なお人気は健在
まっ白なその肌 七変化可能な有能性
我ら永久に手放すマイ     
                コシヒカリ

62 :名無し職人:2005/07/29(金) 15:51:48

毎朝職人の手によって丹精こめて練り上げられ、焼き上げられるもの

                                  -----パン

63 :ジ黒:2005/07/29(金) 15:59:34
世の中の美人なら毎日使うと言っても過言ではない
もう手放せない! そんなリピーターばかり
赤ちゃんから大人まで 老若男女 保持率なんと1000%!!
 
       最強便利グッズ     カミソリ

                          

64 :名無し職人:2005/07/29(金) 16:05:03

独特なる己だけがもちえる身体能力
主 その凄まじき能力に身をそむけん

               -----ワキガ

65 :名無し職人:2005/07/29(金) 16:07:11
新鮮なる自然の恵みは
新たな新天地をめざして変化し
闇の中で時を経て芳醇な気体となり
そこはかとなく生まれいずるもの


                 -------屁

66 :名無し職人:2005/07/29(金) 16:09:34
ラブレヴォリューション21

               -----田舎のラブホ

67 :名無し職人:2005/07/29(金) 16:12:37

架空の人々の生き様を描き
己 もしくは他人を慰めるもの
真実とは異なるものでも それは重宝されるものである

                       -----同人誌

68 :名無し職人:2005/07/29(金) 16:13:38
http://sabusabu78.seesaa.net/

69 :名無し職人:2005/07/29(金) 17:41:43

俺はスナイパー。狙った獲物は外さない。
スコープごしに見る世界は全てが非現実的だ。そしてこれがやめられない。
なんでかって?それはスコープからみる世界は俺の股間を熱くさせる。
おっともう時間だ!今日の獲物が待っている。失敗するはずがねぇ。


タコが出来るほど練習したんだから…




そう俺タシーロ

70 :名無し職人:2005/07/29(金) 18:25:13
汝、その瞳でどこを見る
そのしなやかな体、小さな体に秘められた驚くべき能力
時には子供のように何かを追い求め、そして眠りにつく
そして今日もどこかで彼等を見るだろう


                              猫

71 :名無し職人:2005/07/29(金) 18:38:34
『任務は遂行する』『部下も守る』。
“両方”やらなくっちゃあならないってのが辛いところだな。
覚悟はいいか?オレはできてる
オレは『正しい』と思ったからやったんだ。
後悔はない…こんな世界とはいえオレは自分の『信じられる道』を歩いていたい!






                                  -----コンドームのおつかい

72 :名無し職人:2005/07/29(金) 18:55:58

蠢く影、それは時に獲物を待ち続ける
またある物は稲妻の如き速さで獲物を狩る
神出鬼没、奴等はどこから現れるか分からない
夜道には注意しろ、気づくとそこに奴は居る
今宵も人々は知らぬ間に、彼等の領域に顔を埋める
そして聞えるだろう叫び声が・・・

                        クモ

73 :すきやきっち ◆a2T922RdeA :2005/07/29(金) 19:49:12
栄光に向かって走る あの列車に乗って行こう
裸足のままで飛び出して あの列車に乗って行こう

           夜逃げ

(ブルーハーツのTRIN−TRAIN)

74 : あぼーん:あぼーん
あぼーん

75 :名無し職人:2005/07/29(金) 19:55:06

俺は仲間よりはいいものを与えられていない
でも仲間とは違い故意に殺されるわけではなく
人の役に立っている死んでいく仲間には申し訳なく思いつつ…


-----蚊取り線香を入れる豚の入れ物------

76 :名無し職人:2005/07/29(金) 19:58:23
嗚呼素晴らしき感動がそこにあったはずなのに
生きていくために磨り減った。まぁそういう事だろう



―携帯電話

77 :名無し職人:2005/07/29(金) 20:00:03
どんなにがんばって、膨らんだり大きくなったりしても
所詮、友人の尻に惹かれっぱなしの人生


―――座布団

78 :名無し職人:2005/07/29(金) 20:11:19
誰にも邪魔はさせない
俺は俺の時を刻むだけ
誰にも邪魔はさせない
俺にはそれしかできないから

−−−−メトロノーム

79 :名無し職人:2005/07/29(金) 20:19:48
俺に黙ってついてきな
そうすりゃアメちゃんあげるぜ



関西のおばちゃん

80 :名無し職人:2005/07/29(金) 20:59:20

何をそんなに恐れている
その勇気で君を癒すことが出来るのだ
さぁ、その1滴を落とす勇気を

                     目薬

81 : ◆VonaPe302U :2005/07/29(金) 21:03:12
聳え立つ赤き塔に人々は
思いを込めた便箋を投げ入れる
赤き塔の守護者はその封印を解き放ち
思いを胸に走り去る・・・、人々の思いを届ける為に。



───ポストと配達人───

82 :名無し職人:2005/07/29(金) 21:04:27

拭いきれぬ猜疑心。
目前の敵の微笑みに向き合い、その真意を考察する。
裏に隠された真の顔は悪魔か女王か。
恐怖と疑惑により震わされる手で敵に立ち向かう。
ああ神よ、どうか女王を我の手に…。

                            ―――ババ抜き

83 :名無し職人:2005/07/29(金) 21:09:02
みなさん素晴らしいです(素

84 : ◆VonaPe302U :2005/07/29(金) 21:11:54
バッカスに魅入られし者達がざわめく丑三つ時
街角にたたずむ男が今、アルコールに毒されし口をゆっくりと開き
獣のごとき咆哮と共に混沌と化した食物を消火ホースの如く
放物線を描きながら噴出する様は、まさしく和製マーライオンと呼ぶに相応しい光景である



───ゲロを吐く酔っ払い───

85 : ◆VonaPe302U :2005/07/29(金) 21:25:35
4畳半の和室に佇む男が一人
左手には女体の甘美なる世界を網羅した書物が一冊
右手にはギリシャ建築のオベリスクと見紛うほど怒張した己の魔羅が一本
止める者は誰も居ない、たとえ神の雷を以ってしても
欲望の権化と化した男を止める事は出来ない・・・。
そしておもむろに始まった反復行為、潮の満ち引きの如く、これぞ自然の摂理と言わんばかりの
摩擦行為を繰り返す、高鳴る鼓動と共に怒張の硬度もダイヤに匹敵せんばかりに。
昇り詰める事エヴェレストの如し、男の猛り狂った激情が今、間欠泉の様に噴出した



───自慰───

86 : ◆VonaPe302U :2005/07/29(金) 21:33:32
下、下、下下下の下〜♪
陽の昇らんとする瞬間は己が寝所で高いびき
快楽を享受せり、快楽を享受せり
死せる者達には学び舎も
己の力量を試す紙上の試練も皆無!




───ゲゲゲの鬼太郎のテーマ───

87 : ◆VonaPe302U :2005/07/29(金) 21:46:38
銀河を駆ける騎士にのみ許された光の刃
その一閃は天を裂き、その一突きは岩を砕く
銀河に平和と正義をもたらす為に
万物に巡る気を操る騎士と共に、遠い昔、遥か彼方の銀河で・・・


───ライトセイバーとジェダイの騎士───

88 :名無し職人:2005/07/29(金) 21:48:58

現世の穢れを一身に背負い

魂を安楽の世界へと導く

君の存在は永遠に続くと思われた

やがて訪れるの死へのカウントダウン

懸命の延命処置

残された僅かな命

迫りくる恐怖

僕は、君無しでは生きていけない



         --------------- トイレットペーパー


89 :名無し職人:2005/07/29(金) 21:52:02
宿命を果たせず終わるのは嫌だっ!!!!!
僕は貴方の快楽に付き合うために産まれたんじゃない。
お願いだから僕を流さないで・・・・・・。

                          >>90の精子

90 :名無し職人:2005/07/29(金) 22:12:39
↑うるせーばか。

91 :名無し職人:2005/07/29(金) 22:15:52
このスレワロスwww

92 :名無し職人:2005/07/29(金) 22:22:54
おもしろいね、名スレに成長しそうだ。

93 :名無し職人:2005/07/29(金) 23:09:41

その者が紡ぎし言の葉は 人の心に響きしもの
どこかで聞いた子守唄 故にこの世を動かせり

―――オレンジレンジ

94 :うんぬん ◆DP6oZIpIMU :2005/07/29(金) 23:11:17
其は招かれざる訪問者なり。
我が最も信を置く最後の門番もついに力尽き・・・・





漏らしちゃった

95 :名無し職人:2005/07/29(金) 23:13:22

その一歩より伝説は始まる その様は炎のように輝き 日々の勢いは増していく
あるものは闇よりの奇跡と言い、またあるものは天地の祝福とたたえる
                               −ハローワーク−

96 :名無し職人:2005/07/29(金) 23:14:50

片手が全ての鍵となり ガラスの小窓に世界を見る
行かずともそこにある 存在だけはそこにある

----引きこもり

97 :名無し職人:2005/07/29(金) 23:17:23

あたかも飢えた蛇が己の尾を食すがごとく 自らの生きる糧を自らの体より生み出す者よ
汝は自らがかつて越えた一線をも忘れ去り 禁じられた連鎖をいつまで回すつもりなのだ
かつて汝には愛すべき同胞がいたであろう 彼らの日々平凡ながら幸福感にあふれる姿を
汝の意識に思い浮かばない日があったのか 今こそ彼らの、ニートの生く術を見習うんだ
全てが他からの供給に頼りきってしまった 理想の依存的社会の構築を目指すものよ ーーニートーー

98 :名無し職人:2005/07/29(金) 23:18:04
たまらない、その爽快感
柑橘系の清涼感
おまえといると全身の肌が潤ってくるようだ
時には刺激的に



−ビタミンC−

99 :名無し職人:2005/07/29(金) 23:23:00

世間とは異なる次元に目を向け 己が信念を貫く
   秋の葉咲き乱れる街を住処とし 華やかなる世界を愛する

                              ―――アニオタ

100 :名無し職人:2005/07/29(金) 23:24:20
書こうと思ったけどなんだか恥ずかしくなった

213 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)