5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

▲▲▲▲東府中駅準特急停車運動!第四部▲▲▲▲

1 :名無し野電車区:2006/11/27(月) 23:35:20 ID:LhQhUyrS
京王線東府中駅に準特急を停めろ!
なんで分倍河原に停まって東府中が通過なんだ、ふざけんな!

↓前々々スレ
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/rail/1056074933/
↓前々スレ
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/rail/1127549131/
↓前スレ
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/rail/1156487465/

2 :名無し野電車区:2006/11/27(月) 23:40:17 ID:pPk1dX39
第三部がまだ落ちてもねえのに立ててんじゃねえよ!

3 :名無し野電車区:2006/11/27(月) 23:50:08 ID:RFIsmdcK
>>2
じゃあ藻前あのスレageてみろって。

4 :名無し野電車区:2006/11/28(火) 00:20:55 ID:9nfgpC/3



















5 :名無し野電車区:2006/11/28(火) 00:24:21 ID:q9Qo7n9l
■■□■■■■□■■■■□■■■■■■■■■■□■■■■■■■■
■■□□□□■■□■■■□■■□□□□□■■■□■■■■■■■■
■■□■■□■■□■■■□■■■■■■□■■■□■■■■■■■■
■□■■■□■■■■■□■■■■■■□■■■■□■■■■■■■■
■□■■■□■■■■■□■■■■■■□■■■■□■■■□■■■■
■■■■■□■■■■■□■■■■■□■■■■■□■■■□■■■■
■■■■□■■■■■□■■■■■■□□■■■■□■■□■■■■■
■■■■□■■■■■□■■■■■□■■□■■■□■■□■■■■■
■■■□■■■■■□■■■■■□■■■■□■■□■□■■■■■■
■■□■■■■■□■■■■■□■■■■■■■■□□■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■□■■■■■□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■□□■■■■■□■■■■■■■□□□□□□□□□□□□■■
■■□□■■■■■□□□□□□■■■■■■■■■■■■■□□■■
■□□■■□■■■□■■■■□■■■■■■■■■■■■□□■■■
■■□■□□■■□□□■■□□■■■■■■■■■■■□□■■■■
■■■□□■■□□■□□□□■■■■■■■■■■■□□■■■■■
■■□□■■■■■■■□□■■■■■■■■■■■□□■■■■■■
■■□■■■□■■■□□□□■■■■■■■■■■□■■■■■■■
■□□□□□□■■□□■■□□■■■■■■■■■□■■■■■■■
■■■■□■■■□□■■■■□□■■■■■■■■□■■■■■■■
■■□■□■□■■■■□□■■■■■■■■■■■□■■■■■■■
■■□■□■□■■■■■□□■■■■■■■■■■□■■■■■■■
■□□■□■□■■■■■■■■■■■■■■■■■□■■■■■■■
■□■■□■■■■□□□■■■■■■■■■■■■□■■■■■■■
■■■■□■■■■■■□□□■■■■■■■■■■□■■■■■■■
■■■■□■■■■■■■■□□■■■■■■□□□□■■■■■■■


6 :名無し野電車区:2006/11/28(火) 00:27:36 ID:q9Qo7n9l
糞糞糞▼■■▼糞糞糞糞糞糞▼■■▼▼▼▼■■▼糞糞糞
糞糞糞■■■糞糞▼▼糞糞糞▼■■■■■■■■■▼糞糞
糞▼▼■■▼糞▼■■▼糞▼■■▼▼▼▼▼■■■糞糞糞
▼■■■■▼▼■■▼糞糞▼■■■糞糞糞▼■■▼糞糞糞
▼■■■■▼▼■▼糞糞▼■■▼■▼糞▼■■■糞糞糞糞
糞▼■■■■■■▼糞▼■■▼▼■■▼■■■▼糞糞糞糞
糞糞▼■■■■▼▼糞▼■▼糞糞▼■■■■▼糞糞糞糞糞
糞糞糞▼■■▼▼■▼糞▼糞糞糞糞▼■■■糞糞糞糞糞糞
糞糞糞▼■■糞糞■■▼糞糞糞糞糞▼■■▼▼糞糞糞糞糞
▼▼▼■■■▼■■■■▼糞糞▼▼■■■■■▼糞糞糞糞
■■■■■■■■▼■■▼▼■■■■▼■■■■■■▼▼
■■▼▼▼■■糞糞▼▼■■■■▼▼糞糞▼■■■■■▼
▼▼▼糞糞■■糞▼▼▼■■■▼▼■▼▼▼▼■■■■▼
糞■■■▼■■▼■■▼■■▼糞▼■■■■▼▼▼▼▼糞
糞■■■▼■■▼■■▼▼▼糞糞▼■■■■■■▼糞糞糞
糞■■■▼■■糞▼■■糞糞糞糞糞▼▼■■■■▼糞糞糞
▼■■■糞■■糞▼■■▼糞糞▼糞糞糞▼■■▼糞糞糞糞
▼■■■糞■■糞糞■■▼糞▼■■▼▼▼糞糞糞糞糞糞糞
▼■■▼糞■■糞糞■■▼糞▼■■■■■▼▼糞糞糞糞糞
▼■■▼糞■■糞糞▼▼糞糞▼■■■■■■■■▼▼糞糞
▼■■▼糞■■糞糞糞糞糞糞糞▼▼■■■■■■■▼糞糞
糞糞糞糞糞■■糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞▼■■■■■▼糞糞
糞糞糞糞糞■■糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞▼▼▼▼糞糞糞

7 :名無し野電車区:2006/11/28(火) 20:44:59 ID:2g2nS68q
必死に荒らしてるのは分倍河原厨か?

8 :名無し野電車区:2006/11/28(火) 21:17:22 ID:s8sjcY5b
            -ー=-‐ 、__
          , r '"三三ゞ,iiiiiiiiiiiヽ,
          l三三三三三l,iiiiiiiiiiii ' ,
         /三三三ニ=ー-'`=ニiiiiiiiiiiil
        /三ニ'"       `ヾiiiiiiii|
        /三ニ'           'liiiiii|
       ,l三iii|,r=-、.,_   _,、-=-、|iiiiil
       l三iiiil .,r-ir、_" :;"_ィrj',> |iiiiiil>>1ちょっとあなた!糞スレ立てないでよ!
       |三iii|    ̄~  :;  ̄"  iiiiiiil     蛆虫氏になさい!
       ,|三iiiil,    , :: ,    liiiiiill
       l三iiiiiil,    ` ' `    ,|iiiiiiii|
      /三iiiiiiiil、  ー- -,ー   イiiiiiiiiill
      /三三iiiiiiiiゝ、  ̄  /|iiiiiiiiiiiil
     /三三三iiiiiii| `ー- ' " ,liiiiiiiiiiii|
    -/三三三三iiノ        lriiiiiiiiiil
/  ̄ 7三三三三il         lliii  il
    /三三二ニ           |li
     三三二


9 :名無し野電車区:2006/11/28(火) 22:15:03 ID:frY+WNgh
躁躁躁躁躁■■▼躁躁躁躁躁躁▼■▼躁躁躁躁躁躁躁躁躁
躁躁躁躁▼■■躁躁躁躁躁躁躁■■▼躁躁躁躁躁躁躁躁躁
躁躁躁▼■■▼躁躁躁躁躁躁▼■■▼▼▼▼■■▼躁躁躁
躁躁躁■■■躁躁▼▼躁躁躁▼■■■■■■■■■▼躁躁
躁▼▼■■▼躁▼■■▼躁▼■■▼▼▼▼▼■■■躁躁躁
▼■■■■▼▼■■▼躁躁▼■■■躁躁躁▼■■▼躁躁躁
▼■■■■▼▼■▼躁躁▼■■▼■▼躁▼■■■躁躁躁躁
躁▼■■■■■■▼躁▼■■▼▼■■▼■■■▼躁躁躁躁
躁躁▼■■■■▼▼躁▼■▼躁躁▼■■■■▼躁躁躁躁躁
躁躁躁▼■■▼▼■▼躁▼躁躁躁躁▼■■■躁躁躁躁躁躁
躁躁躁▼■■躁躁■■▼躁躁躁躁躁▼■■▼▼躁躁躁躁躁
▼▼▼■■■▼■■■■▼躁躁▼▼■■■■■▼躁躁躁躁
■■■■■■■■▼■■▼▼■■■■▼■■■■■■▼▼
■■▼▼▼■■躁躁▼▼■■■■▼▼躁躁▼■■■■■▼
▼▼▼躁躁■■躁▼▼▼■■■▼▼■▼▼▼▼■■■■▼
躁■■■▼■■▼■■▼■■▼躁▼■■■■▼▼▼▼▼躁
躁■■■▼■■▼■■▼▼▼躁躁▼■■■■■■▼躁躁躁
躁■■■▼■■躁▼■■躁躁躁躁躁▼▼■■■■▼躁躁躁
▼■■■躁■■躁▼■■▼躁躁▼躁躁躁▼■■▼躁躁躁躁
▼■■■躁■■躁躁■■▼躁▼■■▼▼▼躁躁躁躁躁躁躁
▼■■▼躁■■躁躁■■▼躁▼■■■■■▼▼躁躁躁躁躁
▼■■▼躁■■躁躁▼▼躁躁▼■■■■■■■■▼▼躁躁
▼■■▼躁■■躁躁躁躁躁躁躁▼▼■■■■■■■▼躁躁
躁躁躁躁躁■■躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁▼■■■■■▼躁躁
躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁

10 :名無し野電車区:2006/11/28(火) 22:15:53 ID:frY+WNgh
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■■■■■■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■■■■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼▼▼■■▼▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■▼▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


11 :名無し野電車区:2006/11/28(火) 22:20:03 ID:frY+WNgh
□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□□□□□□□■□□
□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□■□□
□□■■■■■■□■□□■■■■□■■■■□□□■□□□□□■□□
□□□□■□□□□□■□□□■□■□□□□■□□■□□□□□■□□
□□□□■□□□□□□□□□■■□□□□□□■□■□□□□□■□□
□□□■■■■■■□□□□■■□□□□□□□■□■□■□□□■□□
□□■□■□□□□■□□□■■□□□□□□□■□■■□□□□■□□
□■□□■□□□□□■□■□■□□□□□□■□□□□□□□□■□□
□■□□■□□□□□■□■□■□□□□□□■□□□□□□□□■□□
□■□□■□□□□□■□□□■□□□□□■□□□□□□□□■□□□
□□■■□□□■■■□□□□■□□□■■□□□□□□■■■□□□□

12 :名無し野電車区:2006/11/29(水) 11:26:33 ID:Yxw0RdwY
>>1
「東 戸 塚 駅 利 用 者 は 勝 ち 組」 級 と 同 類 の 馬 鹿 は 首 吊 っ て 死 ね よ !
>>7>>1




13 :名無し野電車区:2006/11/29(水) 12:09:32 ID:Lb0wIL8G
めんどいからマジレスすると分倍河原の方が東腐厨より使えるし客も多いので終了

14 :名無し野電車区:2006/11/29(水) 12:32:20 ID:9V5riUvW
>>13
しかも、わずかながら東府中の方が新宿に近い。

・利用は分倍河原の方が多い
・乗換え路線の規模は南武線>>>>>>>>競馬場線
・新宿からの距離は分倍河原>東府中

これだけ条件が違っていて分倍河原と東府中が同じ扱いだったらそれこそ理不尽だ。
準特急が東府中に停車するなら、代わりに急行は通過で、
さらに昼間の準特急はすべて相模原線直通になるだろう。

15 :名無し野電車区:2006/11/29(水) 13:11:42 ID:/VKxM/S9
嫌なら引っ越せ
それが出来ないなら黙って乗ってろ
東府中なんてど田舎に駅があるだけでもありがたいと思えよ

16 :名無し野電車区:2006/11/30(木) 12:51:25 ID:zbn6VLfa
>>15
東府中は勤務先です。
引っ越しても解決しません。
東府中のようなド田舎に住みたくありません。

17 :調布在住:2006/11/30(木) 14:52:29 ID:6pq8fGq7
調布以西の田舎は、全駅停車でOK@特急・準特

18 :新宿在住:2006/11/30(木) 18:18:14 ID:zbn6VLfa
京王線は廃止すべき。

19 :名無し野電車区:2006/11/30(木) 19:05:35 ID:kCwC4sB0
東府中に準特急停めろ、
ってアホまるだしです。
停めてほしけりゃ、駅からダイブすればいいじゃん。

20 :名無し野電車区:2006/11/30(木) 19:59:11 ID:YXmw8l9b
東東東東東■■▼東東東東東東▼■▼東東東東東東東東東
東東東東▼■■東東東東東東東■■▼東東東東東東東東東
東東東▼■■▼東東東東東東▼■■▼▼▼▼■■▼東東東
東東東■■■東東▼▼東東東▼■■■■■■■■■▼東東
東▼▼■■▼東▼■■▼東▼■■▼▼▼▼▼■■■東東東
▼■■■■▼▼■■▼東東▼■■■東東東▼■■▼東東東
▼■■■■▼▼■▼東東▼■■▼■▼東▼■■■東東東東
東▼■■■■■■▼東▼■■▼▼■■▼■■■▼東東東東
東東▼■■■■▼▼東▼■▼東東▼■■■■▼東東東東東
東東東▼■■▼▼■▼東▼東東東東▼■■■東東東東東東
東東東▼■■東東■■▼東東東東東▼■■▼▼東東東東東
▼▼▼■■■▼■■■■▼東東▼▼■■■■■▼東東東東
■■■■■■■■▼■■▼▼■■■■▼■■■■■■▼▼
■■▼▼▼■■東東▼▼■■■■▼▼東東▼■■■■■▼
▼▼▼東東■■東▼▼▼■■■▼▼■▼▼▼▼■■■■▼
東■■■▼■■▼■■▼■■▼東▼■■■■▼▼▼▼▼東
東■■■▼■■▼■■▼▼▼東東▼■■■■■■▼東東東
東■■■▼■■東▼■■東東東東東▼▼■■■■▼東東東
▼■■■東■■東▼■■▼東東▼東東東▼■■▼東東東東
▼■■■東■■東東■■▼東▼■■▼▼▼東東東東東東東
▼■■▼東■■東東■■▼東▼■■■■■▼▼東東東東東
▼■■▼東■■東東▼▼東東▼■■■■■■■■▼▼東東
▼■■▼東■■東東東東東東東▼▼■■■■■■■▼東東
東東東東東■■東東東東東東東東東東▼■■■■■▼東東
東東東東東東東東東東東東東東東東東東東東東東東東東東

21 :名無し野電車区:2006/11/30(木) 20:00:23 ID:YXmw8l9b
腐腐腐腐腐■■▼腐腐腐腐腐腐▼■▼腐腐腐腐腐腐腐腐腐
腐腐腐腐▼■■腐腐腐腐腐腐腐■■▼腐腐腐腐腐腐腐腐腐
腐腐腐▼■■▼腐腐腐腐腐腐▼■■▼▼▼▼■■▼腐腐腐
腐腐腐■■■腐腐▼▼腐腐腐▼■■■■■■■■■▼腐腐
腐▼▼■■▼腐▼■■▼腐▼■■▼▼▼▼▼■■■腐腐腐
▼■■■■▼▼■■▼腐腐▼■■■腐腐腐▼■■▼腐腐腐
▼■■■■▼▼■▼腐腐▼■■▼■▼腐▼■■■腐腐腐腐
腐▼■■■■■■▼腐▼■■▼▼■■▼■■■▼腐腐腐腐
腐腐▼■■■■▼▼腐▼■▼腐腐▼■■■■▼腐腐腐腐腐
腐腐腐▼■■▼▼■▼腐▼腐腐腐腐▼■■■腐腐腐腐腐腐
腐腐腐▼■■腐腐■■▼腐腐腐腐腐▼■■▼▼腐腐腐腐腐
▼▼▼■■■▼■■■■▼腐腐▼▼■■■■■▼腐腐腐腐
■■■■■■■■▼■■▼▼■■■■▼■■■■■■▼▼
■■▼▼▼■■腐腐▼▼■■■■▼▼腐腐▼■■■■■▼
▼▼▼腐腐■■腐▼▼▼■■■▼▼■▼▼▼▼■■■■▼
腐■■■▼■■▼■■▼■■▼腐▼■■■■▼▼▼▼▼腐
腐■■■▼■■▼■■▼▼▼腐腐▼■■■■■■▼腐腐腐
腐■■■▼■■腐▼■■腐腐腐腐腐▼▼■■■■▼腐腐腐
▼■■■腐■■腐▼■■▼腐腐▼腐腐腐▼■■▼腐腐腐腐
▼■■■腐■■腐腐■■▼腐▼■■▼▼▼腐腐腐腐腐腐腐
▼■■▼腐■■腐腐■■▼腐▼■■■■■▼▼腐腐腐腐腐
▼■■▼腐■■腐腐▼▼腐腐▼■■■■■■■■▼▼腐腐
▼■■▼腐■■腐腐腐腐腐腐腐▼▼■■■■■■■▼腐腐
腐腐腐腐腐■■腐腐腐腐腐腐腐腐腐腐▼■■■■■▼腐腐
腐腐腐腐腐腐腐腐腐腐腐腐腐腐腐腐腐腐腐腐腐腐腐腐腐腐

22 :名無し野電車区:2006/11/30(木) 20:01:20 ID:YXmw8l9b
厨厨厨厨厨■■▼厨厨厨厨厨厨▼■▼厨厨厨厨厨厨厨厨厨
厨厨厨厨▼■■厨厨厨厨厨厨厨■■▼厨厨厨厨厨厨厨厨厨
厨厨厨▼■■▼厨厨厨厨厨厨▼■■▼▼▼▼■■▼厨厨厨
厨厨厨■■■厨厨▼▼厨厨厨▼■■■■■■■■■▼厨厨
厨▼▼■■▼厨▼■■▼厨▼■■▼▼▼▼▼■■■厨厨厨
▼■■■■▼▼■■▼厨厨▼■■■厨厨厨▼■■▼厨厨厨
▼■■■■▼▼■▼厨厨▼■■▼■▼厨▼■■■厨厨厨厨
厨▼■■■■■■▼厨▼■■▼▼■■▼■■■▼厨厨厨厨
厨厨▼■■■■▼▼厨▼■▼厨厨▼■■■■▼厨厨厨厨厨
厨厨厨▼■■▼▼■▼厨▼厨厨厨厨▼■■■厨厨厨厨厨厨
厨厨厨▼■■厨厨■■▼厨厨厨厨厨▼■■▼▼厨厨厨厨厨
▼▼▼■■■▼■■■■▼厨厨▼▼■■■■■▼厨厨厨厨
■■■■■■■■▼■■▼▼■■■■▼■■■■■■▼▼
■■▼▼▼■■厨厨▼▼■■■■▼▼厨厨▼■■■■■▼
▼▼▼厨厨■■厨▼▼▼■■■▼▼■▼▼▼▼■■■■▼
厨■■■▼■■▼■■▼■■▼厨▼■■■■▼▼▼▼▼厨
厨■■■▼■■▼■■▼▼▼厨厨▼■■■■■■▼厨厨厨
厨■■■▼■■厨▼■■厨厨厨厨厨▼▼■■■■▼厨厨厨
▼■■■厨■■厨▼■■▼厨厨▼厨厨厨▼■■▼厨厨厨厨
▼■■■厨■■厨厨■■▼厨▼■■▼▼▼厨厨厨厨厨厨厨
▼■■▼厨■■厨厨■■▼厨▼■■■■■▼▼厨厨厨厨厨
▼■■▼厨■■厨厨▼▼厨厨▼■■■■■■■■▼▼厨厨
▼■■▼厨■■厨厨厨厨厨厨厨▼▼■■■■■■■▼厨厨
厨厨厨厨厨■■厨厨厨厨厨厨厨厨厨厨▼■■■■■▼厨厨
厨厨厨厨厨厨厨厨厨厨厨厨厨厨厨厨厨厨厨厨厨厨厨厨厨厨


23 :名無し野電車区:2006/11/30(木) 20:02:02 ID:YXmw8l9b
廃廃廃廃廃■■▼廃廃廃廃廃廃▼■▼廃廃廃廃廃廃廃廃廃
廃廃廃廃▼■■廃廃廃廃廃廃廃■■▼廃廃廃廃廃廃廃廃廃
廃廃廃▼■■▼廃廃廃廃廃廃▼■■▼▼▼▼■■▼廃廃廃
廃廃廃■■■廃廃▼▼廃廃廃▼■■■■■■■■■▼廃廃
廃▼▼■■▼廃▼■■▼廃▼■■▼▼▼▼▼■■■廃廃廃
▼■■■■▼▼■■▼廃廃▼■■■廃廃廃▼■■▼廃廃廃
▼■■■■▼▼■▼廃廃▼■■▼■▼廃▼■■■廃廃廃廃
廃▼■■■■■■▼廃▼■■▼▼■■▼■■■▼廃廃廃廃
廃廃▼■■■■▼▼廃▼■▼廃廃▼■■■■▼廃廃廃廃廃
廃廃廃▼■■▼▼■▼廃▼廃廃廃廃▼■■■廃廃廃廃廃廃
廃廃廃▼■■廃廃■■▼廃廃廃廃廃▼■■▼▼廃廃廃廃廃
▼▼▼■■■▼■■■■▼廃廃▼▼■■■■■▼廃廃廃廃
■■■■■■■■▼■■▼▼■■■■▼■■■■■■▼▼
■■▼▼▼■■廃廃▼▼■■■■▼▼廃廃▼■■■■■▼
▼▼▼廃廃■■廃▼▼▼■■■▼▼■▼▼▼▼■■■■▼
廃■■■▼■■▼■■▼■■▼廃▼■■■■▼▼▼▼▼廃
廃■■■▼■■▼■■▼▼▼廃廃▼■■■■■■▼廃廃廃
廃■■■▼■■廃▼■■廃廃廃廃廃▼▼■■■■▼廃廃廃
▼■■■廃■■廃▼■■▼廃廃▼廃廃廃▼■■▼廃廃廃廃
▼■■■廃■■廃廃■■▼廃▼■■▼▼▼廃廃廃廃廃廃廃
▼■■▼廃■■廃廃■■▼廃▼■■■■■▼▼廃廃廃廃廃
▼■■▼廃■■廃廃▼▼廃廃▼■■■■■■■■▼▼廃廃
▼■■▼廃■■廃廃廃廃廃廃廃▼▼■■■■■■■▼廃廃
廃廃廃廃廃■■廃廃廃廃廃廃廃廃廃廃▼■■■■■▼廃廃
廃廃廃廃廃廃廃廃廃廃廃廃廃廃廃廃廃廃廃廃廃廃廃廃廃廃


24 :名無し野電車区:2006/11/30(木) 20:02:57 ID:YXmw8l9b
駅駅駅駅駅■■▼駅駅駅駅駅駅▼■▼駅駅駅駅駅駅駅駅駅
駅駅駅駅▼■■駅駅駅駅駅駅駅■■▼駅駅駅駅駅駅駅駅駅
駅駅駅▼■■▼駅駅駅駅駅駅▼■■▼▼▼▼■■▼駅駅駅
駅駅駅■■■駅駅▼▼駅駅駅▼■■■■■■■■■▼駅駅
駅▼▼■■▼駅▼■■▼駅▼■■▼▼▼▼▼■■■駅駅駅
▼■■■■▼▼■■▼駅駅▼■■■駅駅駅▼■■▼駅駅駅
▼■■■■▼▼■▼駅駅▼■■▼■▼駅▼■■■駅駅駅駅
駅▼■■■■■■▼駅▼■■▼▼■■▼■■■▼駅駅駅駅
駅駅▼■■■■▼▼駅▼■▼駅駅▼■■■■▼駅駅駅駅駅
駅駅駅▼■■▼▼■▼駅▼駅駅駅駅▼■■■駅駅駅駅駅駅
駅駅駅▼■■駅駅■■▼駅駅駅駅駅▼■■▼▼駅駅駅駅駅
▼▼▼■■■▼■■■■▼駅駅▼▼■■■■■▼駅駅駅駅
■■■■■■■■▼■■▼▼■■■■▼■■■■■■▼▼
■■▼▼▼■■駅駅▼▼■■■■▼▼駅駅▼■■■■■▼
▼▼▼駅駅■■駅▼▼▼■■■▼▼■▼▼▼▼■■■■▼
駅■■■▼■■▼■■▼■■▼駅▼■■■■▼▼▼▼▼駅
駅■■■▼■■▼■■▼▼▼駅駅▼■■■■■■▼駅駅駅
駅■■■▼■■駅▼■■駅駅駅駅駅▼▼■■■■▼駅駅駅
▼■■■駅■■駅▼■■▼駅駅▼駅駅駅▼■■▼駅駅駅駅
▼■■■駅■■駅駅■■▼駅▼■■▼▼▼駅駅駅駅駅駅駅
▼■■▼駅■■駅駅■■▼駅▼■■■■■▼▼駅駅駅駅駅
▼■■▼駅■■駅駅▼▼駅駅▼■■■■■■■■▼▼駅駅
▼■■▼駅■■駅駅駅駅駅駅駅▼▼■■■■■■■▼駅駅
駅駅駅駅駅■■駅駅駅駅駅駅駅駅駅駅▼■■■■■▼駅駅
駅駅駅駅駅駅駅駅駅駅駅駅駅駅駅駅駅駅駅駅駅駅駅駅駅駅

25 :池沼 ◆/V9AG7mP0U :2006/11/30(木) 20:04:38 ID:zbn6VLfa
>>19
ホント馬鹿杉だよな。スレタイ見た瞬間失笑した。
前に急行に乗った時、府中で降りたつもりが東府中だったのでムカツイテ競馬場線に乗った。
ぶっちゃけ準特急は、東府中なんかに停めるより、
相模原線直通にして多魔境に停車すべき!!!!!!!!!!!!11111

26 :名無し野電車区:2006/11/30(木) 23:05:52 ID:p48MMDY6
>>1の池沼は都立松沢病院逝きwww
お前の家に間もなく迎えに来るからwww
お前は一生出られないだろうwww


27 :名無し野電車区:2006/12/01(金) 14:09:25 ID:TepdrSya
>>18
ウホッ

28 :名無し野電車区:2006/12/02(土) 01:54:48 ID:11N+3z79
>>1
なんで準特急なの?
特急も停車した方が便利ぢゃね?
もっとも漏れは東府中に優等が停車するのは願い下げだが。

29 :名無し野電車区:2006/12/04(月) 00:50:48 ID:/M1TUeqd
東府中は全列車停車でいいよ。

30 :名無し野電車区:2006/12/04(月) 10:21:41 ID:fpdlkF6G
26の指摘なんだけど、普通に急行や通勤快速乗ってると、
都立松沢病院にはいけないんだよなあ(^^

八幡山って都立松沢病院の代名詞だよね、他にこれといってないもん。
そういう意味ではインパクトあるよ。でも、快速と各停しか停まらない。

31 :名無し野電車区:2006/12/04(月) 18:28:23 ID:Ze4dFPZ5
>>30
何も電車で迎えに来るとは,言ってないじゃん。
鬼の首でも取ったかのような書き込みして,藻前池沼まるだしだぞ。
しかも,糞スレ上げるんじゃねぇ!
糞でもして寝ろ,この池沼。


32 :名無し野電車区:2006/12/04(月) 21:21:31 ID:xkxIFDv8
東京都立松沢病院
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東京都立松沢病院(東京都世田谷区上北沢)は、1368床を持つ日本最大・最古の精神科病院。
外来数は1日約370名と少なく、入院患者数が多いため、内科・外科・脳神経外科・歯科などを併設して持っている。
成年者の治療が主であり、未成年者の場合は、都立梅ヶ丘病院を利用する。

1879年(明治)12年7月に当時の東京府上野に建てられた東京府癲狂院(てんきょういん)をその起源とする。
その後幾度か移転を繰り返し、1919年(大正8年)11月7日に現在の地に移転し、東京府松沢病院になった。
1943年(昭和18年)7月の都制開始とともに現在の名称になる。

東京都の精神科応急入院指定病院。
なお、診断基準にはICD10を採用している。

33 :名無し野電車区:2006/12/04(月) 21:26:23 ID:xkxIFDv8
八幡山駅  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

八幡山駅(はちまんやまえき)は、東京都杉並区上高井戸一丁目にある京王電鉄京王線の駅である。
駅周辺は杉並区と世田谷区の区境が入り組んでおり、世田谷区八幡山三丁目、上北沢二・四丁目と南烏山一丁目が錯綜している。
駅構造
外側の通過線(本線)2線を含む島式ホーム1面4線を持つ高架駅。退避可能であり、平日朝ラッシュ時間帯に実際に退避が行われている。
元々は島式1面と相対式1面構成であったが、北側のホームは使わなくなり、現在は通過線としてしか利用されていない。
南側の通過線は後で追加されたものである。
また、八王子方面に電留線がある。2006年5月時点では運用がないが、八幡山止まりの列車を折り返すのに利用されていた。
この駅は笹塚〜調布間の複々線工事で環状八号線の横断の問題などもあり、早めに着工され、電留線や相対ホーム、通過線などが設置されたが、計画が中止になったためそのままになったが2003年ごろ北側ホームは壊された。

駅周辺
周辺は住宅地。なお、次の駅である上北沢駅とは600m、芦花公園駅とは700mしか離れていない。

歴史
1913年4月15日 松沢駅として開業。
1937年9月1日 八幡山駅に改称。
1970年7月10日 高架駅となる。
2001年3月27日 - ダイヤ改正により快速停車駅となる。

駅名の由来
現在の駅名である「八幡山」という駅名は、駅の東南側にある八幡宮(八幡宮がある山)からとられた。


34 :名無し野電車区:2006/12/06(水) 15:13:36 ID:Q/6ZMMCb
ちゅうバス

35 :名無し野電車区:2006/12/08(金) 19:40:16 ID:8GqMDT56
鉄道の話題はどうでもいいから、早く朝日杯FSの傾向を書き込んでくれないかな。

36 :名無し野電車区:2006/12/08(金) 20:14:25 ID:kphA884i
>>35
今年はすんなり逝かなさそうな感じだね。漏れは鳴尾記念の予想も見たい。


37 :名無し野電車区:2006/12/08(金) 21:18:06 ID:eSqgOaMI
ナリタブライアン以降、朝日杯の勝ち馬はクラシックを勝てていない。

38 :名無し野電車区:2006/12/08(金) 21:51:08 ID:g5mdIwSp
朝日杯で下克上が起きる条件

昔の感覚だと、新馬を勝ってそのまま朝日杯でも通用……
というケースはいくらでもありそうに思えるのだが、最近はなかなかそういうケースはない。
エイシンプレストンが新馬勝ちの直後勝ったケースと、メジロベイリーが未勝利勝ちから連勝を飾ったくらいである。
ついでに言うと、前走500万下に出ていた馬の朝日杯連対も、昨年と96年の2回しかない。
この4回をまとめると、96年、99年、00年、05年ということになる。

96年は500万下を勝ったばかりのクリスザブレイヴが1番人気で、3番人気もOP勝ちのないアサカホマレだった。
99年は1〜3番人気の前走レースがデイリー杯と東スポ杯だったのだが、デイリー杯は6,2,3番人気の決着で1番人気マチカネランは8着。
東スポ杯は4,5,1番人気の決着で、1番人気3着だったマチカネホクシンが朝日杯でまだ3番人気に粘っている状況だった。
00年は1番人気タガノテイオーの前走・東スポ杯が3,6,1番人気の決着で、1番人気3着のウインラディウスが朝日杯でまだ3番人気という、
99年に似た状況。カク地馬が上位人気に入っている点も似ていた。
また2番人気エイシンスペンサーは前走500万下勝ちで、こちらは96年に似ている。
昨年は前走条件戦ではないものの、重賞未勝利(OP特別勝ちはあった)のジャリスコライトが1番人気で、少し96年に似た面がある。

つまり、重賞未勝利の馬が1番人気になったり、
ステップレースが人気通りに決まらない=主役の交代が激しいという混沌とした状況のときこそ、
新馬・未勝利・500万下から一気に通用するケースが望める(ただし1番人気になる馬はなぜか大敗する)という傾向にあるわけだ。
では、今年はどうか。重賞未勝利馬が1番人気ということはなさそうで、デイリー杯と東スポ杯が比較的順当な結果。
上記の状況とは逆なわけで、それだけに馬券は重賞組からだけピックアップすればいいのではないかと考える。


39 :名無し野電車区:2006/12/08(金) 21:54:31 ID:g5mdIwSp
第58回朝日杯FS(GI、10日、中山11R)

安定性でオースミダイドウが一歩リード。不安をあげればレース間隔か
今週のメーンは「第58回阪神ジュベナイルフィリーズ」(12月3日、阪神、GI、芝1600メートル)。
直線距離延長で、今まで以上に潜在能力が問われそうなコースでの戦いだが、それだけに来春を占う意味でも大事な1戦となる。

◆レースの性格◆
東西のエリート候補が中山に集結。「第58回朝日杯フューチュリティS」(10日、中山、GI、芝1600メートル)は、
来春のクラシックに向ける登竜門となっており、各馬の走りは先を占う意味でも注目の一戦となる。

◆傾向◆
 この5年間は連続して1分33秒台の決着(14、16年はレコード)で高速化が進んでいる。
1番人気馬は〔1〕〔2〕〔2〕(3)(3)着、平均配当は単勝860円、枠連1680円、馬連2120円。
実績面を見ると、連対キャリアは2〜8戦で勝ち鞍は全10頭が2勝以上。
さらに全馬に着外経験はなく、9頭は連対率66%以上で、残る1頭も3着以内率75%と、安定性の高さは潜在能力を示している。
距離は全馬が芝1600メートル以上を経験、うち9頭にV歴があった。
また、連対馬の前走は8頭が1着で、残る2頭は2、5着。
主力ローテーションは中3週以内で、連対過半数6頭を占めている。

40 :名無し野電車区:2006/12/08(金) 21:56:12 ID:g5mdIwSp
11R 朝日杯フューチュリティS
5回中山4日目(12月10日) 芝1600メートル(右) 2歳オープン、混合、指定、牡・牝、馬齢 
発走15:25 本賞金: 6000、 2400、 1500、 900、 600万円
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手 調教師
1 1 ジャングルテクノ 牡2 55.0 四位洋文 大久保龍志
2 2 ゴールドアグリ 牡2 55.0 安藤勝己 戸田博文
2 3 ドリームジャーニー 牡2 55.0 蛯名正義 池江泰寿
3 4 マイネルレーニア 牡2 55.0 松岡正海 西園正都
3 5 マイネルサニベル 牡2 55.0 田中勝春 高橋義博
4 6 アロマンシェス 牡2 55.0 勝浦正樹 本間忍 
4 7 フライングアップル 牡2 55.0 北村宏司 藤沢和雄
5 8 アドマイヤホクト 牡2 55.0 横山典弘 古賀史生
5 9 ローレルゲレイロ 牡2 55.0 本田優  昆貢  
6 10 エーシンビーエル 牡2 55.0 幸英明  湯窪幸雄
6 11 オースミダイドウ 牡2 55.0 O・ペリエ  中尾正 
7 12 マイネルシーガル 牡2 55.0 後藤浩輝 国枝栄 
7 13 コアレスレーサー 牡2 55.0 柴田善臣 成島英春
8 14 アドマイヤヘッド 牡2 55.0 岩田康誠 友道康夫
8 15 マイネルフォーグ 牡2 55.0 内田博幸 宮徹

41 :名無し野電車区:2006/12/08(金) 21:57:27 ID:g5mdIwSp
11R 鳴尾記念
3回阪神3日目(12月9日)芝1800メートル(右) 3歳上オープン、国、特指、別定 
発走15:45 本賞金: 4100、 1600、 1000、 620、 410万円
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手 調教師
1 1 アルビレオ 牡6 56.0 秋山真一郎 白井寿昭
1 2 サンバレンティン 牡5 56.0 佐藤哲三 佐々木晶三
2 3 サクラメガワンダー 牡3 55.0 O・ペリエ  友道康夫
2 4 ホッコーソレソレー 牡4 56.0 安藤勝己 浜田光正
3 5 ラッセルバローズ 牡3 55.0 熊沢重文 中竹和也
3 6 アサカディフィート セ8 57.0 小牧太  鶴留明雄
4 7 キョウワスプレンダ 牡5 56.0 太宰啓介 吉岡八郎
4 8 ブライトトゥモロー 牡4 56.0 モンテリーゾ 石坂正 
5 9 ヴィータローザ 牡6 57.0 上村洋行 橋口弘次郎
5 10 マルカシェンク 牡3 55.0 吉田稔  瀬戸口勉
6 11 セフティーエンペラ セ7 56.0 長谷川浩大 小野幸治
6 12 ローエングリン 牡7 59.0 田中勝春 伊藤正徳
7 13 シルクタイガー 牡4 56.0 本田優  昆貢  
7 14 オースミグラスワン 牡4 56.0 四位洋文 安藤正敏
8 15 メイショウオウテ 牡4 56.0 藤田伸二 伊藤雄二
8 16 サンレイジャスパー 牝4 54.0 幸英明  高橋成忠
8 17 グロリアスウィーク 牡3 55.0 岩田康誠 音無秀孝

42 :名無し野電車区:2006/12/08(金) 22:01:23 ID:g5mdIwSp
■鳴尾記念の展望
このレースのポイントは
・本賞金によって斤量を決めている
・新設阪神コース1800m
・雨の予報
・差しが多いメンバー構成
斤量は賞金で決められているため、実力とは関係ないかたちで斤量差がつくことがあるので注意が必要。
新設1800mは先週行われていないのでよくわからないが、長目のスタートからの直線を考えると京都1800m、東京1800mの似ているかもしれない。
ハイペースになりやすいコースともいえる。コーナーが大きいのでなるべく内を走りたい。
なかなかのメンバーが揃ったんじゃないでしょうか、勢いがある上がり馬やG1でも出走したが結果が残せなかった馬達の争いといったところです。
今や競馬界の松坂世代(レベルが高いといった意味で)になりつつある現3歳世代も気になるところです。
大きくわけるとオープン特別と1600万を好走した上がり馬、毎日王冠を好走した上位勢力に分けれると思います。
ホッコーソレソレ、アサカデフィート、メイショウオウテ、ブライトテュモロー、サンバレンティンなどが前者、
サクラメガワンダー、マルカシェンク、ローエングリン、オースミグラスワンが後者です。
どちらを重視するか? もちろん毎日王冠組の方がレベルがたかったと思います。
毎日王冠のレベルはG2でも最上位のものだったと思います。それでもアサカデフィートあたりは気になります。
前走、前々走ともにぬるい流れで追い込む強いレースでした。
毎日王冠組の評価はどうかと言うと、スンナリ考えると
マルカシェンク>サクラメガワンダー>オースミグラスワン>ローエングリン(斤量面が…)です。
普通なら◎マルカシェンクです。菊花賞は距離が合わないし、前走は厳しいペースで追走ができませんでした。
1800mのここでは追走もしやすいし力が出せるはずです。しかし、ここは思い切ってローエングリンを評価したい。
59キロを考えると毎日王冠の他馬との着差は大きいものです。けどローエングリンには展開面で有利そうです。
追い込み馬が多い中、先行、ちょい差しができるのは良いです。スローでも差しを覚えた今折り合いはつきます。
馬込みの内にいれて、コーナーで内々をまわれば一発あると思います。

43 :名無し野電車区:2006/12/08(金) 22:25:50 ID:g5mdIwSp
■2006 朝日杯フューチュリティステークス 過去10年のデータ
数値は(着別度数) 勝率 連対率 複勝率
●朝日杯フューチュリティステークス/人気データ
1番人気(3-4-2-1)
2番人気(3-2-1-4)
3番人気(0-1-1-8)
4番人気(2-0-2-6)
5番人気(0-1-1-8)
6番人気(0-1-0-9)
7〜9番人気(1-1-2-26)
10番人気以下(1-0-1-62)
●朝日杯フューチュリティステークス/馬連・3連複
(1着人気-2着人気-3着人気)
1996年/6330円(2-8-7)
1997年/870円(1-6-2)
1998年/620円(1-2-4)
1999年/1620円(4-1-3)
2000年/8860円(10-1-4)
2001年/760円(1-2-9)
2002年/4810円・9620円(8-1-5)
2003年/990円・6090円(4-1-10)
2004年/1530円・1560円(2-3-1)
2005年/2500円・1680円(2-5-1)
●朝日杯フューチュリティステークス/単勝オッズ
1.0〜3.9倍(4-5-2-1)
  :
30.0〜49.9倍(1-0-1-20)
50.0〜99.9倍(0-0-0-22)
100倍以上(0-0-0-26)

※1・2番人気は堅実。特に単勝3.9倍以内だと連対率75%となる。
10番人気以下はほとんど期待できない。人気薄で狙えるのは単勝40倍台までか。

44 :名無し野電車区:2006/12/08(金) 22:29:59 ID:g5mdIwSp
■2006 朝日杯フューチュリティステークス 過去10年のデータ
数値は(着別度数) 勝率 連対率 複勝率
●朝日杯フューチュリティステークス/所属データ
美浦(2-4-4-56) 3.0% 9.1% 15.2%
栗東(8-5-5-67) 9.4% 15.3% 21.2%
地方(0-1-1-1)
※明らかに栗東(関西馬)が優勢。4番人気以内だと(6-3-3-8)と特に良い。
美浦(関東馬)は人気になった馬が好走し、7番人気以下は(0-0-2-40)と苦戦している。

●朝日杯フューチュリティステークス/枠データ
1枠(3-1-2-12)  2枠(1-0-2-15)  3枠(1-1-1-17)  4枠(1-2-2-15)
5枠(2-3-0-14)  6枠(2-1-0-17)  7枠(0-1-3-16)  8枠(0-1-0-18)

●朝日杯フューチュリティステークス/馬番データ
1番(3-0-0-7)2番(0-1-2-7)3番(1-0-2-6)4番(0-0-1-9)
5番(1-1-1-7)6番(0-0-0-10)7番(1-1-1-7)8番(1-2-0-7)
9番(0-1-0-9)10番(1-2-0-6)11番(1-0-0-9)12番(1-0-0-9)
13番(0-0-2-8)14番(0-1-1-8)15番(0-1-0-7)16番(0-0-0-8)
大外(0-0-0-10)
※コース的に内枠有利、外枠不利。データでもその傾向が出ている。大外は割引きが必要。


45 :名無し野電車区:2006/12/08(金) 22:34:08 ID:g5mdIwSp
■2006 朝日杯フューチュリティステークス 過去10年のデータ
数値は(着別度数) 勝率 連対率 複勝率
●朝日杯フューチュリティステークス/馬番データ
1番(3-0-0-7)  2番(0-1-2-7)  3番(1-0-2-6)  4番(0-0-1-9)
5番(1-1-1-7)  6番(0-0-0-10)  7番(1-1-1-7)  8番(1-2-0-7)
9番(0-1-0-9)  10番(1-2-0-6)  11番(1-0-0-9)  12番(1-0-0-9)
13番(0-0-2-8) 14番(0-1-1-8)  15番(0-1-0-7)  16番(0-0-0-8)
大外(0-0-0-10)
※コース的に内枠有利、外枠不利。データでもその傾向が出ている。大外は割引きが必要。

●朝日杯フューチュリティステークス/脚質データ
逃げ(0-3-0-9)
先行(7-3-6-19)
差し(3-4-0-55)
追込み(0-0-4-40)
※先行・差しでの決着が多く、追い込みは3着までで届いていない。

●朝日杯フューチュリティステークス/生月データ
1月(0-0-0-5)
2月(1-1-1-28)
3月(2-6-5-31)
4月(4-3-4-45)
5月(3-0-0-15)
※1・2月生まれが不振。

46 :名無し野電車区:2006/12/08(金) 22:36:18 ID:g5mdIwSp
■2006 朝日杯フューチュリティステークス 過去10年のデータ
数値は(着別度数) 勝率 連対率 複勝率
●朝日杯フューチュリティステークス/前走データ
重賞(6-7-5-52) 8.6% 18.6% 25.7%
├東京スポーツ杯2歳S(2-2-2-15)
├京王杯・京成杯(4-0-2-21)
└デイリー杯2歳S(0-3-1-7)
OP特別(2-0-3-23) 7.1% 7.1% 17.9%
500万下(0-2-2-38) 0% 4.8% 9.5%
未勝利・新馬(2-0-0-10) 16.7% 16.7% 16.7%

●朝日杯フューチュリティステークス/前走着順別データ
・前走オープン
1着(7-6-3-26)
2着(0-1-3-17)
3着(0-0-1-9)
4着(0-0-0-6)
5着(1-0-0-6)
6着以下(0-0-1-12)
・前走500万・新馬・未勝利
1着(2-2-2-39)
2着以下(0-0-0-9)

●朝日杯フューチュリティステークス/前走着差データ
勝ち0.0秒(0-0-0-13) 0% 0% 0%
負け1.0秒以上(0-0-1-22) 0% 0% 4.4%
※ステップは重賞からが多い。近年は東スポ杯・京王杯組の好走が多い。
前走着順は重賞で連対、それ以外は1着が連対する条件。(例外2004年1着マイネルレコルトは出遅れで5着)
前走勝ち馬は特注としたいが、0.0秒差の僅差で勝っていた馬は不振なので注意したい。
もちろん、大敗馬は軽視して良さそう。

47 :名無し野電車区:2006/12/08(金) 22:37:33 ID:g5mdIwSp
■2006 朝日杯フューチュリティステークス 過去10年のデータ
数値は(着別度数) 勝率 連対率 複勝率
●朝日杯フューチュリティステークス/前走人気別データ
・前走オープン
1番人気(6-2-4-21)
2番人気(0-2-2-13)
3番人気(1-1-1-11)
4番人気(1-0-0-5)
5番人気(0-1-1-8)
6番人気以下(0-1-0-18)
・前走500万・新馬・未勝利
1番人気(1-2-0-21)
2番人気(1-0-0-9)
3番人気以下(0-0-2-18)
※前走オープンで1番人気だった馬は良い成績。6番人気以下は不振。
500万・新馬・未勝利の場合は3番人気以下は軽視。

●朝日杯フューチュリティステークス/前走距離データ
1200m以下(0-0-0-17) 0% 0% 0%
●朝日杯フューチュリティステークス/前走馬場データ
前走芝(10-8-10-110)
前走ダート(0-2-0-14)
●朝日杯フューチュリティステークス/間隔データ
連闘・中1週(1-0-0-18)
中2週(3-4-3-43)
中3週(6-0-3-30)
中4週〜中8週(0-4-4-22)
中9週〜半年(0-2-0-11)
半年以上(0-0-0-0)
※前走距離1200m以下は軽視。前走馬場はダートだとやはり苦戦傾向。
間隔は連闘・中1週は割引き。

48 :名無し野電車区:2006/12/08(金) 22:41:13 ID:g5mdIwSp
■中山競馬場芝1600mコースデータ
2006朝日杯フューチュリティステークスの参考に。
集計期間 2001/01/05 〜 2006/12/03
※数値の見方
項目(着別度数) 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率

☆騎手☆
ペリエ  12- 4- 0- 27/ 43 27.9% 37.2% 37.2% 160 71
横山典弘 29- 17- 22-102/170 17.1% 27.1% 40.0% 84 75
内田博幸 2- 8- 2- 25/ 37 5.4% 27.0% 32.4% 62 97
四位洋文 3- 4- 3- 16/ 26 11.5% 26.9% 38.5% 95 93
蛯名正義 28- 24- 17-124/193 14.5% 26.9% 35.8% 69 73
柴田善臣 26- 36- 28-149/239 10.9% 25.9% 37.7% 99 102
安藤勝己 3- 5- 6- 18/ 39 9.4% 25.0% 43.8% 45 116
後藤浩輝 28- 18- 15-140/201 13.9% 22.9% 30.3% 88 81
田中勝春 23- 22- 13-163/221 10.4% 20.4% 26.2% 61 64
北村宏司 12- 15- 11-121/159 7.5% 17.0% 23.9% 43 55
勝浦正樹 4- 8- 6-124/142 2.8% 8.5% 12.7% 18 43
幸英明  0- 1- 1- 14/ 16 0.0% 6.3% 12.5% 0 50
松岡正海 2- 1- 4- 45/ 52 3.8% 5.8% 13.5% 18 69
<騎乗10回以下>
岩田康誠 2- 1- 1- 5/ 9 22.2% 33.3% 44.4% 104 104
本田優  0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

※ペリエ騎手がとても良いデータです。朝日杯でも2003年メイショウボーラーで2着があります。
他の騎手もとても素晴らしい成績ですが、特に勝率が高い横山典騎手と複勝率の高い安藤勝騎手に注目です。
◎ペリエ…オースミダイドウ
◎横山典…アドマイヤホクト
◎安藤勝…ゴールドアグリ

49 :名無し野電車区:2006/12/08(金) 23:00:23 ID:g5mdIwSp
■中山競馬場芝1600mコースデータ
項目(着別度数) 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
☆種牡馬☆
Rahy       2- 1- 2- 6/ 11 18.2% 27.3% 45.5% 53 88
スペシャルウィーク7- 7- 6- 34/ 54 13.0% 25.9% 37.0% 80 108
サクラバクシンオー12- 11- 10- 95/128 9.4% 18.0% 25.8% 82 78
ステイゴールド  2- 0- 1- 11/ 14 14.3% 14.3% 21.4% 164 93
キングヘイロー  2- 1- 1- 21/ 25 8.0% 12.0% 16.0% 84 55
グラスワンダー  4- 1- 4- 42/ 51 7.8% 9.8% 17.6% 18 89
スターオブコジーン2- 2- 1- 42/ 47 4.3% 8.5% 10.6% 43 24
<出走10回以下>
アドマイヤコジーン0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
タニノギムレット 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
ジャングルポケット0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

※出走が少ないですがRahyがトップです。スペシャルウィークも相性が良さそうです。
新種牡馬はデータがほとんどありません。
◎Rahy…フライングアップル   ◎スペシャルウィーク…オースミダイドウ

50 :名無し野電車区:2006/12/08(金) 23:01:29 ID:g5mdIwSp
■中山競馬場芝1600mコースデータ
☆調教師☆
(美)藤沢和雄 25-14-15-44/98 25.5% 39.8% 55.1% 67 89
(美)古賀史生 1- 7- 1-24/33 3.0% 24.2% 27.3% 4 42
(美)成島英春 5- 1- 1-20/27 18.5% 22.2% 25.9% 60 74
(美)国枝栄  4- 8- 7-40/59 6.8% 20.3% 32.2% 65 97
(美)戸田博文 4- 2- 2-31/39 10.3% 15.4% 20.5% 90 53
(美)高橋義博 2- 1- 2-21/26 7.7% 11.5% 19.2% 71 86
(美)本間忍  0- 0- 2-12/14 0.0% 0.0% 14.3% 0 33
<10回以下>
(栗)宮徹   1- 1- 0- 6/ 8 12.5% 25.0% 25.0% 117 91
(栗)池江泰寿 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0% 134 36
(栗)中尾正  0- 1- 1- 5/ 7 0.0% 14.3% 28.6% 0 82
(栗)友道康夫 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
(栗)湯窪幸雄 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
(栗)西園正都 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
(栗)昆貢   0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
(美)大久保龍 なし

※調教師では藤沢和です。かなり凄いです。複勝率は50%を超えています。
◎藤沢和…フライングアップル

☆まとめ☆
鞍上ペリエ騎手でさらに魅力的なオースミダイドウ。藤沢和厩舎のフライングアップルが特注。

51 :名無し野電車区:2006/12/08(金) 23:02:35 ID:g5mdIwSp
第58回朝日フューチュリティ(GI)・予想
フサイチホウオー、ナムラマースなどのマイルよりも中長距離向き、あくまでもクラシックが目標という馬は例年同様回避。
それでも現時点の2歳馬としては強いメンバーが集まった。

 1番人気が予想されるのは、無傷の3連勝でデイリー杯を制したオースミダイドウ。
マイル戦のデイリー杯を制してはいるものの、この馬の体型を見ると父スペシャルウィークに似た胴長でスマートな体型。
いかにも中長距離向きといった感じがし、とても中山のマイル向きとは思えない。
正直なところ、ここにはでないでラジオNIKKEI賞に出て欲しかった気がする。
毎年デイリー杯の勝ち馬が出走してくると1番人気になることが多い。
 しかし、大体の馬がゴール前の坂が未経験で、過去にもメイショウボーラー、エイシンキャメロン、レジェンドハンター
などが先頭には立つものの坂を上がったところで差し馬にやられた。
または、ペールギュントやファストタテヤマのように、直線が短くて追い込んでも届かないケースもあった。
 オースミダイドウの場合は先行することもできるので直線が短いのは大丈夫そうだし、野路菊Sで坂を経験している。
その意味では,問題ないような気もするが、野路菊Sは例年のように阪神で開催されておらず、今年は中京で開催されていた。
まだこの馬はゴール前の坂を経験したことはないため、ゴール前で何かに捕まる可能性が高いのではないかと思われる。

52 :名無し野電車区:2006/12/08(金) 23:03:32 ID:g5mdIwSp
第58回朝日フューチュリティ(GI)・予想 <続き>

本命は東スポ杯で出遅れながらも、メンバー最速の脚で3着まで突っ込んできたドリームジャーニー。
デビュー戦以降毎回メンバー最速の末脚を使っていて、いい脚が長続きするというよりは追ってからの一瞬の瞬発力が最大の武器。
イメージとしては名前も似ているドリームパスポートのような馬に育ちそうな感じする。
前走の直線が長い府中よりは、芙蓉Sを勝った中山の舞台の方が、この馬の瞬発力を生かすには向いているのではないかと思う。
420Kg程度の馬体でトモはまだ甘い感じがするが、胸前のあたりはパワフルな印象がある。
小柄なだけに関西からの輸送による馬体減が一番のネックだが、今回で3回目の輸送となる。
当日の気配を確認する必要があるが、おそらくは特に問題無いでだろう。

ドリームジャーニーが馬体を減らして出るようであれば、本命はアドマイヤヘッドにしたい。
京王杯では出遅れ、絶望的な位置からメンバー最速の脚で5着まで突っ込んできただけに、
ゲートさえまともに出ていれば勝っていたように思われる。
札幌2歳Sでは好位からの競馬で好タイムの2着となっており、距離経験、坂経験とも問題なく、
札幌で負けたナムラマースがいないここでは、順調にゲートさえでればいい勝負になるだろう。
京王杯で同じような競馬をしたゴールドアグリは、あまり器用な競馬ができそうにないタイプのようなので、苦しい。
キングヘイロー産駒のローレルゲレイロも正直勝つまではちょっと厳しいかなという印象。ただ、ここに来ての調教の動き、馬体の充実ぶ

りは良いものがあるので、複勝ぐらいで買うにはいいかなという気はしているが。。。


53 :名無し野電車区:2006/12/08(金) 23:04:32 ID:g5mdIwSp
58th Asahi Hai Futurity Stakes(G1) preview
第58回朝日杯フューチュリティステークス(G1)プレビュー

The likely favorite in the Asahi Hai Futurity Stakes(G1) is Osumi Daido, an undefeated colt in 3 starts.
The Special Week colt had impressive wins in his first two starts by leading all the way,
and he showed a new dimension last time out when scoring a 1/2-length victory in the Daily Hai Nisai Stakes(G2) having raced

off the pace.
In the absence of Yutaka Take, who will ride in Hong Kong on that day,
French jockey Olivier Peslier will partner the colt for the first time.
The main opponents will be Keisei Hai Nisai Stakes(G2) winner Meiner Rainier, Meiner Segal coming off two-straight-wins,
Niigata Nisai Stakes(G3) winner Gold Aguli and Dream Journey, third in the Tokyo Sports Nisai Stakes(G3).

1番人気になりそうなのは3戦3勝のオースミダイドウだ。
デビュー戦と2戦目は逃げたが、前走のデイリー杯2歳Sでは差して勝っている。
主戦の武豊騎手が香港遠征のため、ペリエ騎手のテン乗りとなる。
相手は京成杯2歳Sの勝ち馬マイネルレーニア、2連勝のマイネルシーガル、新潟2歳Sを制したゴールドアグリ、
東京スポーツ杯2歳S3着のドリームジャーニーあたりだろう。

54 :名無し野電車区:2006/12/09(土) 09:01:00 ID:O8/hkAop
■2006 鳴尾記念 データ(過去6年)
鳴尾記念は今年から1800mへ距離短縮され、ハンデから別定に変更されます。
新しく出来た外回りコースを使用するので、紛れはあまりなさそうです。
ちなみに、1996年までは2500mのG2のハンデ戦、1997年から1999年までは6月開催で2000mの別定となる。
2000年から昨年までは12月に戻り、G3へ格下げ、ハンデ戦で行なわれていました。

数値は(着別度数) 勝率 連対率 複勝率

●鳴尾記念/人気データ
1番人気(2-2-1-1)
2番人気(0-0-1-5)
3番人気(1-0-0-5)
4〜6番人気(2-3-1-12)
7〜9番人気(0-1-1-16)
10番人気以下(1-0-2-32)

※ハンデ戦ですが1番人気は堅実。ただし、昨年は10番人気のメジロマントルが逃げ切って大荒れ。
今年からは別定戦、新しい広い外回りコース使用のため紛れはなそそうだが。

●鳴尾記念/馬齢データ
3歳(1-2-1-16) 5.0% 15.0% 20.0%
4歳(1-2-4-7) 7.1% 21.4% 50.0%
5歳(0-1-1-26) 0% 3.6% 7.1%
6歳(3-1-0-10) 21.4% 28.6% 28.6%
7歳以上(1-0-0-12) 7.7% 7.7% 7.7%

※高齢馬が苦戦。勝ったのは昨年のメジロマントルのみ。
また、5歳馬も不振傾向。

55 :名無し野電車区:2006/12/09(土) 09:02:44 ID:O8/hkAop
■2006 鳴尾記念 データ(過去6年)
数値は(着別度数) 勝率 連対率 複勝率
●鳴尾記念/所属データ
美浦(2-1-0-17) 10.0% 15.0% 15.0%
栗東(4-5-6-54) 5.8% 13.0% 21.7%

※連対回数は出走頭数の多い栗東(関西馬)が多い。橋口厩舎は(2-1-0-3)で3連対と好調。
美浦は3連対と頑張っているが、人気馬は裏切る傾向。

●鳴尾記念/馬体重データ
459kg以下(0-0-0-20)
460〜499kg(4-5-4-28)
500kg以上(2-1-2-23)

※459kg以下が苦戦。

●鳴尾記念/種牡馬データ
サンデーサイレンス系(2-4-2-18) 連対率23.1%

※サンデーサイレンスやフジキセキが良い成績。

56 :名無し野電車区:2006/12/09(土) 09:04:31 ID:O8/hkAop
数値は(着別度数) 勝率 連対率 複勝率
●鳴尾記念/前走データ
重賞(5-5-5-59) 6.8% 13.5% 20.3%
├G1(3-3-2-12)
| ├マイルCS(2-2-1-4)
| ├天皇賞秋(1-0-0-3)
| ├エリザベス女王杯(0-0-0-1)
| └JCD(0-0-0-1)
├G2(0-0-0-9)
└G3(2-2-3-38)
  └福島記念(2-0-0-20)
OP特別(0-0-0-9)
1600万下(1-1-1-2)
※前走は重賞で特にG1からの臨戦過程が良い成績。今年は距離短縮しているのでマイルCSからの馬に注目。

●鳴尾記念/前走着順別データ
1着(0-2-0-5)
2着(2-0-0-9)
3着(1-0-0-4)
4着(0-0-0-4)
5着(0-0-0-5)
6〜9着(1-2-5-16)
10着以下(2-2-1-27)
※前走10着以下からの巻き返しも多い。ただし、狙えるのは前走重賞のみ。

●鳴尾記念/間隔データ
連闘・中1週(0-1-3-20)
中2週(3-3-1-19)
中3週(2-0-0-9)
中4週〜中8週(1-1-2-21)
中9週以上(0-1-0-2)

57 :名無し野電車区:2006/12/09(土) 09:08:01 ID:O8/hkAop
鳴尾記念 オッズ分析■
ペリエ効果のサクラメガワンダーが人気しています。ちょっと危険と思います。
勝負気配は、佐藤哲がサンレイジャスパーを蹴って騎乗するサンバレンティン、そろそろ走り頃の実力馬オースミグラスワンです。
この2頭は実績の割りに人気落ちしており、狙い時と見ます。

枠番 馬番 馬名 単勝 複勝
1 1 アルビレオ 99.6 14.9 - 21.7
1 2 サンバレンティン 11.5 2.9 - 4.0
2 3 サクラメガワンダー 3.9 1.7 - 2.2
2 4 ホッコーソレソレー 6.4 1.6 - 2.0
3 5 ラッセルバローズ 33.8 6.9 - 9.9
3 6 アサカディフィート 20.0 4.8 - 6.8
4 7 キョウワスプレンダ 225.3 44.0 - 64.0
4 8 ブライトトゥモロー 9.7 4.3 - 6.0
5 9 ヴィータローザ 23.8 5.6 - 7.9
5 10 マルカシェンク 8.4 1.6 - 2.1
6 11 セフティーエンペラ 182.2 73.7 - 107.3
6 12 ローエングリン 11.9 3.0 - 4.2
7 13 シルクタイガー 35.3 12.2 - 17.7
7 14 オースミグラスワン 12.8 3.1 - 4.4
8 15 メイショウオウテ 20.1 8.3 - 11.9
8 16 サンレイジャスパー 11.4 4.7 - 6.7
8 17 グロリアスウィーク 14.0 6.1 - 8.7

58 :名無し野電車区:2006/12/09(土) 09:10:41 ID:O8/hkAop
エリカ賞・過去5年
01年 36.5-60.9-61.4-36.0(12.8-12.2-11.6-12.2)
1着 ヤマニンセラフィム(サンデーサイレンス×Danzig)2人 35.3-0.7
2着 ビワワールド(ブライアンズタイム×Caerleon)3人 35.5-0.5
3着 モビーディック(サンデーサイレンス×Nijinsky)1人 35.5-0.6

02年 37.3-63.1-59.9-34.9(12.1-11.6-11.4-11.9)
1着 アドマイヤグルーヴ(サンデーサイレンス×トニービン)1人 34.7-0.2
2着 テイエムガルチオー(サンダーガルチ×ダンシングブレーヴ)4人 34.8-0.3
3着 マッドゲイル(Gone West×Dance of Life)3人 35.2-0.1

03年 37.9-63.2-59.4-35.1(12.0-11.4-11.5-12.2)
1着 キングカメハメハ(Kingmambo×Last Tycoon)1人 34.6-0.5
2着 グレートベースン(ゴールデンフェザント×Law Society)5人 35.2-0.0
3着 ロードマーシャル(サンデーサイレンス×Sadler's Wells)3人 35.0-0.2

04年 36.8-62.6-59.9-35.9(11.7-11.7-12.0-12.2)
1着 トーセンマストロ(トワイニング×マルゼンスキー)6人 34.9-1.0
2着 アドマイヤコング(サンデーサイレンス×Sadler's Wells)2人 35.5-0.8
3着 セイウンビバーチェ(Precise End×Relaunch)3人 35.9-0.5
1番人気 5着 サムライハート(サンデーサイレンス)

05年 36.5-62.5-60.9-35.2(12.6-11.9-11.3-12.0)
1着 サクラメガワンダー(グラスワンダー×サンデーサイレンス)2人 35.0-0.2
2着 タマモサポート(タマモクロス×ジョリーズヘイロー)3人 35.2-0.2
3着 アドマイヤメイン(サンデーサイレンス×ヘクタープロテクター)1人 35.4-0.0

59 :名無し野電車区:2006/12/09(土) 09:25:53 ID:O8/hkAop
5回中山4日目(12月10日) 11R 朝日杯フューチュリティS

1【ジャングルテクノ】 ×
ここまでの走りでは頭が高く、推進力がない。
最初に比べると道中の走りもスムーズになったが、レース慣れの分掛かりも出てきた。
気性がちょっと気になるし、推進力がないのはマイナス。
まだここでどうこうという感じではない。
頭高いから坂は問題ないかもしれないが、時計が速いのもマイナス。

2【ゴールドアグリ】 ×
後ろから行く馬で、ここまでの走りを見る限り、スローであまり前と差が離れずに、尚且つラスト1Fが掛かる瞬発力レースがベスト。
伸びては来るんだが、展開の助けが必要な差し馬らしい差し馬。
そういう意味では広いコース向きで、新潟、東京より中山がいいわけがない。
毎回出遅れ気味で後方からになるので今回もそうなる可能性は高いし、今の馬場、過去の傾向からして後ろからになったら終わり。
上がりは掛かるから相対的に伸びてくるかもしれないが伸びても届かない。
前走で言えば、アドマイヤヘッドの方が外を回して早めに追い出してるのにハナ差先着しただけ。自身は内を通ったにも関わらず。
雨の影響があったのかはわからないが、アドマイヤヘッドとの比較から言っても今回の条件替わりでアドマイヤヘッドより先着する可能性は限りなく低い。

3【ドリームジャーニー】 ○
瞬発力は間違いなくメンバー中一番で、坂も大歓迎だろう。
芙蓉S、東スポ杯2歳Sの坂の伸びは秀逸。
芙蓉Sのラスト3F 11.7-11.5-11.8
前走のラスト3F  11.7-11.3-11.3
前走の自身のラップは、推定で11.6-10.8-11.4(33.8)
芙蓉Sでもラスト2Fで10秒台、ラスト1Fは11秒台前半で走ってる。
坂で伸びるのも証明しているし、平坦でも伸びる事は証明していて、11.9-10.8-11.3(34.0)
しかも、前走は出遅れ&掛かって最速上がり。今回の条件が向かないわけがない。
問題は出遅れ癖と、ペースアップ。ほぼ間違いなく差し位置からの競馬になりそうなので、スムーズに来ても届かない可能性は高い。
が、差し位置になるので、ペースアップにもある程度対応できると推測はできる。

60 :名無し野電車区:2006/12/09(土) 09:27:26 ID:O8/hkAop
回中山4日目(12月10日) 11R 朝日杯フューチュリティS

4【マイネルレーニア】 ○
新馬戦はよくわからないが、未勝利、オープンと速い流れを自ら作って圧勝。
後続に脚を使わせたせいもあるが、持続質の流れで走れる事は証明した。
新潟2歳Sはま逆のスローとなり、末脚のある馬に屈したが、自身も長く脚を使って3着。前走は渋った馬場の中、番手から直線並びかけられると再度伸びる根性も見せた。
距離は全く問題ないだろう。例年の朝日杯の傾向に一番当てはまるのが同馬。
前に行けるし、例年の流れでも走れる証明はしているし、追ってからしぶとい。
内枠に入ってスンナリ先行できればチャンスあり。騎手は若干不安だが。

5【マイネルサニベル】 ×
1200mの差し馬。1400mでもう全然ダメみたい。ここではさすがに厳しいだろう。

6【アロマンシェス】 ○
トモが弱いから出遅れるし、これじゃダメだと思ってたら、3走前の芙蓉Sで馬体重を増やしてきて末脚に芯が通ってきた。
それでもまだまだ弱く、後ろからならここではいらないと思っていたが、前走が抜群のスタート。
いい脚も使えるし、坂は苦にしないので中山も問題ない。
父が渋った馬場得意だったので、それで前走も・・・
みたいなのはなくはないが、芙蓉Sでの末脚はドリジャニに次ぐ2番目だし、いちょうSでも3番目。
後方からだったのが災いしてのここまでの結果。
前走のように好スタート切れるかどうかは走ってみないとわからないが、実力の割には全く人気がない。
内枠の差し馬で狙いは立つ。速い流れは経験ないが、ダート走ってきているのでタフ経験はある。
ここは買ってみたいし、今後も追っていきたい。ザカリヤ産駒、要注意。

61 :名無し野電車区:2006/12/09(土) 09:28:49 ID:O8/hkAop
5回中山4日目(12月10日) 11R 朝日杯フューチュリティS

7【フライングアップル】 △
スローの上がり勝負向きなので今回の想定される流れは合わない。
これをこれまでのように前に行く形を取ると潰れる。
馬なりで差し位置から競馬できるならソツなく走ってくるのでチャンスはある。
強い馬ではなく、前走も含めて流れが向いただけ。

8【アドマイヤホクト】 ×
この馬もバクシンオー産駒らしくない。
そういう意味では、走り方を見る限りマイルもこなせそうな気もするし、センスもよさそう。
が、楽に道中走ってるにしては脚が一瞬しかなく、中山の短い直線も東京よりはいいと思うが、押し切れるまでの力が足りない気がする。ラスト1Fがここまで落ちると本番粘れない。
センスがある分マイルはこなせるが、やはりベストは1400mまでという感じ。

9【ローレルゲレイロ】 △
よくわからない馬だが、消耗戦でも上がり勝負でも対応できるのは現時点では強み。
現状は上がり勝負の方が良さそうで、後々は持続質の方がよくなるだろう。勝つ可能性を模索するな・・・上がり勝負の方がいいと思う。でももう一回言うけど、本質は持続質向き。
要するにまだ本質と現時点の身体能力が合ってないので、流れが向いて粘れてもG1の流れになると厳しそう。
ただ、メンバーの中で一番いい位置で競馬はできそうで、好位から進められるのは上記に挙げた点を差し引いても今回に限っては有利。
Hペース経験等は大きい。馬券圏内ありえる。

62 :名無し野電車区:2006/12/09(土) 09:30:06 ID:O8/hkAop
5回中山4日目(12月10日) 11R 朝日杯フューチュリティS

10【エーシンビーエル】 ×
短距離馬っぽい。
バクシンオー産駒らしくなく、スピードでガーっと行く馬ではなく、好位から進めて最後脚伸ばす。という競馬。
スタートも速いわけじゃなくて普通。
バクシンオーっぽさがないのでいい意味での掛かりの良さとか行きっぷりがないのはマイナスではないだろうか。

11【オースミダイドウ】 ○
完成度の高い馬で、前走差す競馬が出来た事はかなりプラス。
その前走は道中かかったりしていたので、ペースが速くなるであろう今回は好材料。
スムーズに好位〜差しで進められればそう簡単には崩れないのではないか。
鞍上も心強いし、特に問題はないと思う。
ただ、過去の走りを見る限り末脚に凄みはない。肩の出がまだまだで、ストライドが小さい。
何か違和感感じると思ってたら多分、これだけの馬体を持っていながらストライドが小さいからシックリこなかったんだと思う。
その印象は大事にしたい。
完成度が高いので消せないができれば消したい・・・。

12【マイネルシーガル】 △
いちょうS経由は去年のジャリスコライトがいたが、あの馬よりは勝つチャンスはありそう。
1400mでスピード経験して、マイルを経験して、という意味で。
だが、そうは言っても過去2走は後傾ラップ。ここで買える根拠はない。
前走、道中の不利をもろともせず勝ったのは評価できるが、こういう評価は去年とダブる。
あと、同馬はスタートがそこまで得意じゃないので、伸びてきても届かない所にいそう。
内枠はあまりよくない。中枠がベストで、上手く捌いてどうなるか?という所。

63 :名無し野電車区:2006/12/09(土) 09:31:10 ID:O8/hkAop
5回中山4日目(12月10日) 11R 朝日杯フューチュリティS

13【コアレスレーサー】 ×
2走前以前は前に行ってなんとなく走ってきた感じだったが、前走は出遅れたのもあって後方から。
直線は最後までしっかり走れてたし、上がりの掛かる展開を差す形がベスト。
とはいえ、後ろから行けば届くほどの力はまだないだろうし、前行けば鈍るだろうから、ここでは買えない。

14【アドマイヤヘッド】 △
デビューから2戦は内で上手く走れたのもあるのでまだコレといった力を示していない。
が、前走出遅れながら上がり最速を出したのは好材料。
横を向いた時にゲートが開いたらしく、気性的な問題ではない。
内で我慢して走れるのは本番に向けて有利だし、経験してるのも強み。
騎手の追い出しに反応してしっかりクビを使って走るので反応もなかなかいい。
内枠入れば面白い。ただ、最初にも言ったが本番走れる下地は示していない。

15【マイネルフォーグ】 △
デビュー戦でなんであんなに止まったのかがわからない。多分距離でしかないと思う。
距離が原因と考えると、2戦目と前走では前走の方が良さが出てたように思うし、1400mがベストなんじゃないかと思ってしまう。
前走が雨だったので判断が難しい。
不満は前走ラスト1Fが結構掛かったのに交わせなかった事。
直線長いのは向かなさそうで、中山はいいが坂がダメっぽい気もする。
ただ、流れは合うし前で進められるのは強み。坂がどうか・・・

64 :名無し野電車区:2006/12/09(土) 10:03:29 ID:O8/hkAop
【鳴尾記念】
鳴尾記念は再三時期が移ったり、斤量が変更になったりしているが、この時期の重賞でもっともポイントになるのは「年齢」だろう。
 過去20年間のうち、12月に行われたのは合計16回(残りは春シーズン)。
昨年は8歳のベテラン・メジロマントルが粘り込んだり、ここ3〜4年はキャリアに勝るベテラン組の成績がいいが、
16回のうち、約半分の7回まで「3歳馬」が勝っている。
これはごく自然な流れで、いま成長中の3歳馬はもうそろそろ古馬となり、歴戦のベテラン組にさまざまな点で追いついている。
あと1か月もしないうちに4歳馬になる。だが、斤量はまだ楽だ。侮りがたい渋いベテランは怖いが、軸になるのは3歳馬としたい。
 ペリエ騎手を配してきたサクラメガワンダーから入る。
今年は、皐月賞、ダービー、そして秋は天皇賞の路線。大きなカベに当たって相手が強力すぎたこともあるが、
ちょっと成長が止まり、馬体もさびしく明らかにスランプだった。それでも休み明けの毎日王冠1800mでは、ダイワメジャーと0.4秒差。
インに入ってしまった天皇賞・秋も差は1.1秒だけ。能力は示している。
 この中間、やっと体つきがしっかりしてきたのは好材料。攻め馬の動きにも力強さが加わってきた。
また、この馬、クラシックを展望して2000m以上を中心に使われてきたが、距離が2000m以上だとスタミナ切れのきらいがなくもない。
今回の1800mの方がずっと合っている可能性が大きい。大接戦で、魅力のある馬が多すぎるが、上昇度と、距離の適性に期待したい。
目下、勢いに乗っている上がり馬の4歳ホッコーソレソレー、同じく3歳のマルカシェンクなど、
どちらかと言えば斤量有利な若いグループを中心に考えたい。
ベテランの中では、いつも人気薄でも確実に伸びてくるアサカディフィートは軽視したくない。

65 :名無し野電車区:2006/12/09(土) 10:05:13 ID:O8/hkAop
鳴尾記念予想【◎サンバレンティン】
 先週の阪神JFで8枠から4、5着に入ったローブデコルテ、イクスキューズの鞍上はそれぞれ
「新コースになっても内有利は変わらない」(福永)、「やはり外枠は不利だよ」(藤田)というコメントを残していた。
形状の影響もあるだろうし、3〜4角のコーナー区間が長いすぎるために、馬場の内側の状態がいい場合は外を回る距離損が意外と大きいとは考えられるだろう。
実際に開幕週の外回りコースで4角外〜大外を通って連対できた馬はいなかった。
ここは典型的逃げ馬不在、先行馬も数えるほどなので、馬群が固まる競馬になれば外を回される馬、
内で閉じ込められる馬が不利になる可能性がある。
いかにロスを防いでスムーズな競馬をするかがポイントになるだろう。
 福島記念でも◎を打ったサンバレンティンを再度本命に推す。
意外と人気が伸びていないのでまだ妙味もありそうだし、この人気なら思い切ったイン差しを狙うこともできるだろう。
実績的には小回りコースで外から突っ込んでくるタイプだが、3走前には京都外回りを勝っているし、
6走前には4角最内を突く競馬で2着にも来ているので、馬群での競馬がダメということもないはず。
愚図ついた空模様だが、水分を含んだ馬場もマイナスにはならない。
 騎手込みの関東パッケージで遠征してくるローエングリンは本命まで考えていた馬。
枠順が外へ行ってしまったので一枚評価を下げるが、このメンバーで実績上位は明らか。
強力な逃げ馬不在だけにハナへ行ってくれれば面白いんだが。内枠を引いたサクラメガワンダーは翌日にも有力馬が控えるペリエ鞍上なのが微妙。
 オースミダイドウ鉄板なら◎は打てないところ。近2走よりメンバーが弱化する点はプラス。
 グロリアスウィークは阪神で行われたラジオたんぱ杯2歳Sで崩れている点、大外枠を引いてしまった点は懸念材料だが、新馬でメイショウサムソン、黄菊賞でアドマイヤメインを破っており、ハイレベルのきさらぎ賞4着(0.3秒差)、弥生賞2着(0.1秒差)。
実績は3歳トップクラスなのにキャラが地味で人気になりづらいという馬券的においしいタイプ。
休み明けから岩田を起用している辺りも臭く、仮に今回がダメでも近々馬券になりそう。

66 :名無し野電車区:2006/12/09(土) 10:06:41 ID:O8/hkAop
今日の予想
  ▼中山9R:3歳以上・1000万下
   印 枠 番 馬名        騎手   調教師
   ──────────────────────────────
   ◎ 3 6 タイキスピリッツ  北村宏司 藤沢和雄
   ○ 3 5 フィールドオアシス 後藤浩輝 池上昌弘
   ▲ 5 9 チョウカイキセキ  横山典弘 加藤和宏
   △ 4 8 モンヴェール    蛯名正義 畠山吉宏
   × 1 1 プリティローズ   勝浦正樹 内藤一雄

  ▼中山10R:黒松賞
   ◎ 1 1 シベリアンクラシカ 柴田善臣 手塚貴久
   ○ 5 6 ダイワエンパイア  後藤浩輝 松山康久
   ▲ 2 2 ニシノクイック   田辺裕信 上原博之
   △ 8 12 リキサンファイター 吉田隼人 奥平真治
   × 4 5 フロントダッシュ  横山典弘 昆貢  

  ▼中山11R:師走S
   ◎ 7 11 ラッキーブレイク  柴田善臣 音無秀孝
   ○ 2 2 マンオブパーサー  蛯名正義 大久保龍
   ▲ 4 4 エイシンセイテン  北村宏司 畠山吉宏
   △ 6 8 アンドゥオール   後藤浩輝 長浜博之
   × 5 7 サウンドザビーチ  勝浦正樹 藤原辰雄

  ▼中山12R:幕張特別
   ◎ 4 5 マチカネゲンジ   北村宏司 藤沢和雄
   ○ 6 9 アドマイヤセナ   柴田善臣 二ノ宮敬
   ▲ 7 10 プジュリ      横山典弘 清水利章
   △ 2 2 リキサンポイント  大西直宏 昆貢  
   × 7 11 ワンダードリーム  武士沢友 加賀武見


67 :名無し野電車区:2006/12/09(土) 10:07:44 ID:O8/hkAop
今日の予想
  ▼中京9R:3歳以上・500万下
   印 枠 番 馬名        騎手   調教師
   ──────────────────────────────
   ◎ 4 6 トラベルシチー   塚田祥雄 崎山博樹
   ○ 3 4 グランドタイガー  大野拓弥 松山康久
   ▲ 4 5 クリティカルライト 菊沢隆徳 藤岡健一
   △ 1 1 ナカヤマスナイパー 岩部純二 二ノ宮敬
   × 5 8 カイパーベルト   赤木高太 福永甲 
  ▼中京10R:つわぶき賞
   ◎ 4 7 ゼットカーク    小林徹弥 山内研二
   ○ 8 16 エミネンツァベルタ 赤木高太 瀬戸口勉
   ▲ 4 8 マイネルクラッチ  鮫島良太 安藤正敏
   △ 3 5 ロッキーノホウセキ 塚田祥雄 崎山博樹
   × 1 1 ビーチブリーズ   津村明秀 加用正 
  ▼中京11R:豊明特別
   ◎ 7 11 グランオマージュ  中舘英二 松田博資
   ○ 1 1 ナスノストローク  赤木高太 加用正 
   ▲ 3 3 マイネルバシリコス 松田大作 加用正 
   △ 2 2 カフェベネチアン  菊沢隆徳 松山康久
   × 8 13 アグネスラック   鮫島良太 長浜博之
  ▼中京12R:鳴海特別
   ◎ 8 16 オリオンオンサイト 鮫島良太 矢作芳人
   ○ 8 18 フルヴィクトリー  赤木高太 勢司和浩
   ▲ 7 14 コウエイマーブル  菊沢隆徳 川村禎彦
   △ 5 9 ダンスオールナイト 中舘英二 加藤征弘
   × 6 12 ブレイズワン    芹沢純一 西浦勝一

68 :名無し野電車区:2006/12/09(土) 10:08:49 ID:O8/hkAop
今日の予想
  ▼阪神9R:エリカ賞
   印 枠 番 馬名        騎手   調教師
   ──────────────────────────────
   ◎ 8 11 マルカハンニバル  福永祐一 瀬戸口勉
   ○ 7 10 ブラックオリーブ  安藤勝己 松田国英
   ▲ 7 9 フィールドウイナー 藤田伸二 山内研二
   △ 3 3 ダノンジュンコウ  佐藤哲三 佐々木晶
   × 1 1 ヴァルプリス    ペリエ  池江泰寿

  ▼阪神10R:オークランドレーシングクラブT
   ◎ 8 15 メテオグローリー  藤田伸二 藤沢和雄
   ○ 4 8 メイショウホウオウ 幸英明  高橋成忠
   ▲ 7 14 イアオニードル   岩田康誠 松田国英
   △ 3 5 アドマイヤスバル  秋山真一 中尾秀正
   × 1 2 メイショウシャフト 角田晃一 高橋成忠

  ★阪神11R:第59回鳴尾記念(G3)
   ◎ 8 17 グロリアスウィーク 岩田康誠 音無秀孝
   ○ 2 4 ホッコーソレソレー 安藤勝己 浜田光正
   ▲ 1 2 サンバレンティン  佐藤哲三 佐々木晶
   △ 8 15 メイショウオウテ  藤田伸二 伊藤雄二
   × 4 8 ブライトトゥモロー モンテリ 石坂正 

  ▼阪神12R:3歳以上・1000万下
   ◎ 7 10 サイキョウワールド 安藤勝己 坂口正大
   ○ 7 9 シルクゾディアック 上村洋行 加用正 
   ▲ 8 11 ニホンピログッデン 藤岡佑介 作田誠二
   △ 6 7 エイシンライトゥン ペリエ  森秀行 
   × 2 2 タムロスターディ  幸英明  西園正都

69 :名無し野電車区:2006/12/09(土) 10:55:25 ID:O8/hkAop
第59回鳴尾記念(GIII)
◎本命はサンバレンティン。
実績 ★★★★★★★   距離・コース ★★★★★★★
順調度 ★★★★★★★   時計 良・1.46.8
<コメント>
前走の福島記念(G3)では後方に控えて脚を溜め、直線に向くと大外から一気に差し切って重賞初勝利。
後続に1馬身半差を付ける強い内容で、いよいよ本格化の兆しを見せてきた。
今回の1800Mはすでに5勝している得意距離。阪神コースの長い直線も歓迎とあって、重賞2連勝となる可能性までありそうだ。

○対抗はマルカシェンク。
実績 ★★★★★★★   距離・コース ★★★★★★★
順調度 ★★★★★★★  時計 良・1.45.7
<コメント>
ダービー(G1)では0秒4差の4着、休養明けの毎日王冠(G2)でもダイワメジャーから0秒2差の4着に入るなど、ここでは地力が上。
前走のマイルチャンピオンS(G1)では案外な内容で12着に終わったが、2歳時にはドリームパスポートに完勝した実績を持つ当馬だけに、
巻き返しに期待がかかるところだ。

▲単穴はサンレイジャスパー。
実績 ★★★★★★★   距離・コース ★★★★★★★
順調度 ★★★★★★★  時計 良・1.46.5
<コメント>
前走のエリザベス女王杯(G1)では距離も長く7着に終わったが、G3では4走して2着3回、4着1回の実績。
今回は阪神コースの1800Mで行われるため、2ハロンの距離短縮となることは歓迎だし、ハンデも2キロ軽くなる。
ここは好勝負が期待できそうだ。
△抑えはヴィータローザ。△穴はアサカディフィート。

70 :名無し野電車区:2006/12/09(土) 10:56:49 ID:O8/hkAop
◇阪神11R・鳴尾記念

今年から外回り芝1800メートルの新コースで施行されるが、ここでは12月に芝2000メートルで行われた過去6回のレースで傾向を見たい。
1番人気は4連対とまずまずの成績を残しているが、2、3番人気が0、1連対と不振。代わりに6番人気以下から4頭が連に絡んでいる。
馬連は1240円、1510円、960円、5260円、680円、3万5040円。大荒れとなった昨年を除くと連対馬は7番人気以内。
比較的平穏に収まっている。
前走は重賞組10頭と1600万下組2頭。そこでの成績は1600万下組が1、3着に好走しているが、
重賞組は10頭中7頭が掲示板を外し、うち4頭は2けた着順。前←→戦の成績は気にする材料ではない。
関東馬VS関西馬は20頭と69頭で争い3対9で、連対率は15.0%と13.0%。
連対数で関西馬がリードしているが、率で関東馬が逆転している。
年齢別は3〜7歳上馬が3、3、1、4、1連対。世代間格差はない。
マルカシェンクは京都2歳Sでドリームパスポートをねじ伏せた実力馬。
菊花賞7着は距離が合わず、前走のマイルCS12着は出遅れて流れに乗れなかった。
G1→G3になり、得意の中距離戦なら末脚がさく裂する。

71 :名無し野電車区:2006/12/09(土) 10:59:26 ID:O8/hkAop
■鳴尾記念直前情報
1 アルビレオ
「デキ自体は特に変わってはいないが状態は維持している。ただ今回の1800メートルは微妙に長い感じがするけどね」
(小屋敷調教助手)

※持ち時計はそう劣らないが勝ち鞍はマイルまで。距離は微妙だ。

2 サンバレンティン
「前走は騎手が抜群に上手な騎乗をしてくれた。デキは悪くないし、ここでもと思うが相手は骨っぽくなっているからね。
今回は斤量が前走より1キロ重いし、得意の阪神と距離でそれをカバーできるようなら面白いけど」(佐々木晶三調教師)

※まだ一線級と戦ってどれだけやれるか未知な面はあるが、元々の期待は大きかった馬。得意の距離で重賞連覇も夢じゃなさそう。

3 サクラメガワンダー
「追い切りの動きから判断して今回が一番のデキ。叩き3走目で走り頃だし、阪神もいいと思う。
1800メートルも歓迎のクチだし期待したいね」(友道調教師)

※輸送距離が短いこともいいが2勝をあげた阪神コースも好材料。

4 ホッコーソレソレー
「とに角今は具合がいい。デキの良さなら太鼓判を押せるし、決め手勝負に持ち込めるようならこの相手でもやれると思うよ」
(浜田調教師)

※確実に力を付けてきている。ラストは必ず伸びてくる末脚は魅力アリ。

72 :名無し野電車区:2006/12/09(土) 11:01:06 ID:O8/hkAop
■鳴尾記念直前情報
5 ラッセルバローズ
「ここにきて馬が充実してきた。状態に関しては文句ないし、初のオープン相手でもそうヒケは取らないと思っている。
熊沢騎手も手応えを感じているみたいだしね」(中竹調教師)

※ここにきて気性面の成長が目立つ。距離も得意の1800メートルで格下と侮れない面も。

6 アサカディフィート
「8歳になるが益々元気。追い切りの動きも前走以上といえるし、前残りの競馬にならなければここでも」(鶴留調教師)

※休養明けの3走が全て崩れず。しかも3戦目にはオープン特別勝ちと勢いは盛ん。

7 キョウワスプレンダ
「ケイ古の感じは今一つ。近走の内容があまり芳しくないし、今回も強気な事は……」(吉岡調教師)

※休み明けの2走が案外。やや衰えが感じられ上位争いは疑問。

8 ブライトトゥモロー
「ここにきて順調に調教が積めるようになった。体質の強化が見られるからできたと思うんだ。
末脚の鋭さならここでもヒケは取らないし、期待は持っている」(杉山調教助手)

※準オープンを勝っての挑戦。しかしまだ奥がありそうで軽くは扱えない。問題は阪神が初コースになる点だけ。

9 ヴィータローザ
「前走は輸送があったにもかかわらず馬体が増えていたことが敗因。今回絞れていれば前走の二の舞はないと思う。馬場は問わないので雨は大丈夫」(橋口調教師)

※1キロ減は好材料。距離もOKで当日の馬体重次第。

73 :名無し野電車区:2006/12/09(土) 11:03:14 ID:O8/hkAop
■鳴尾記念直前情報
10 マルカシェンク
「ケイ古の感じは菊花賞の疲れが残っていた前走時より間違い無くいいと思う。
距離もこのくらいが理想だし、格好はつけてくれると思っている」(中野調教助手)

※休み明けのローテーションがややハードな点は気になるが、能力的に軽くは扱えない存在。

11 セフティーエンペラ
「動きは悪くはないけどこのところの競馬内容から特に強調できる材料も見当たらないので」(宮本調教助手)

※年齢的にも上がり目は望み薄。

12 ローエングリン
「7歳になるけど全く衰えは感じないからね。うまく前に壁を作って折り合ってレースができれば面白いと思う。
あとは59キロの斤量がどうかだろう」(中鉢調教助手)

※比較的阪神は相性がいい。この距離もいいし、末脚を生かせる外回りも歓迎か。

13 シルクタイガー
「ケイ古の感じは上々。中1週でも疲れはないし、相手は揃っているが持ち味の決め手を生かせる流れになれば」
(昆調教師)

※準オープンで好走。相手は厳しいが強烈な決め脚はバカにできない。

74 :名無し野電車区:2006/12/09(土) 11:09:04 ID:O8/hkAop
■鳴尾記念直前情報

14 オースミグラスワン
「このところの状態はずっといいんだが結果に結びつかない。ただ前走は雨が降ったうえに最内枠と悪い条件が重なったことも確か。
良馬場で競馬ができれば、とは思っているんだけどね」(佐藤調教助手)

※能力は間違い無く高い馬。好条件下で競馬ができれば勝ち負けも可能。

15 メイショウオウテ
「状態は変わりなく順調にきている。この距離は最適だと思うし、重賞とはいえ、もしかしたらといった感じが持てる組み合わせ。
その点を頼りに期待を」(笹田調教助手)

※レースキャリアが浅くまだ奥を見せていない部分がありそう。

16 サンレイジャスパー
「前走は調教をやりすぎたのが応えたかもしれない。今回は調整がうまくいっているし、結果も違って来ると思う」
(高橋成忠調教師)

※夏場からズッと走り続け、しかも堅実なレースをしてきたがさすがに疲れが心配。

17 グロリアスウィーク
「あまり調教は動かない方だが今日はよく動いたと思うよ。力も見劣らないと思うけど、何分久々になるからね」
(音無調教師)

※重賞で好走した力は認めても9か月振りの競馬でいきなりとなると? 一叩き後か。

75 :名無し野電車区:2006/12/09(土) 18:53:43 ID:O8/hkAop
■朝日杯フューチュリティステークスの事前展望

先週の阪神ジュベナイルフィリーズに続き、今週も中山競馬場で2歳馬によるGT・朝日杯フュ−チュリティステークスが行なわれる。
阪神JFに比べると、割と堅い決着の多いこのレースだが、今年も人気馬による決着となるのだろうか?
それでは、各馬に対する分析と展望をご覧いただきたい。

1番人気が予想されるのは、デイリー杯2歳Sを快勝したオースミダイドウ。
デビューから2戦は、非凡なスピードを武器に逃げ切り勝ちを収めたが、前走は先を見据えて、控える競馬を選択して勝利。
しかし、やや折り合いを欠くようなシーンが見られたので、今回は行くか控えるかも注目。
初経験となる中山の急坂に若干の不安を抱えているが、2歳の中で実力はトップレベルで、あっさり勝ってしまう可能性も十分ある。
あとは、未対戦のライバル馬との兼ね合い一つといったところか。
香港で騎乗の武豊騎手に替わり、今回はO.ぺリエ騎手が手綱を取る。
父はスペシャルウィークで、母の父はStorm Cat。
血統的に見ると、スピードタイプの母系に、父系からスタミナを受け継いでいるといった印象で、距離に関しては
マイル〜中距離がベターか。

それに対抗するのは、京王杯2歳Sを制したマイネルレーニア。
前走では、それまでの逃げる競馬から一転、好位からの競馬で快勝。
苦手とされた渋った馬場にも対応を見せ、安定した走りを見せている。能力は高いが、不安要素があるのも事実。
ここまでの競馬から1400ベストの印象があり、1戦しかしていないとはいえ、右回りへの対応、そして急坂
…課題は多いが、実力さえ出し切ればオースミダイドウ相手でも引かないものはありそうだし、上手く先行して粘り込みたいところ。
父はグラスワンダーで、母の父はサクラユタカオー。
父はこのレースの勝ち馬で、マイルから中距離を守備範囲にする産駒が多く、母系も同じような距離適性のタイプ,
マイルに関しては十分こなせる範囲と言えそう。

76 :名無し野電車区:2006/12/09(土) 18:54:46 ID:O8/hkAop
<続き>
同じくマイネル勢からはマイネルシーガルも出走。
デビューから2戦2勝で、前走のいちょうSでは、道中で致命的な不利がありながらも、見事に差し切り勝ち。
精神力の高さはかなりのもので、強敵相手でも一歩も引かないレースが期待できそう。
この馬も急坂や右回りに経験がないので、多少の不安を残しているが、どの馬も条件的には似たり寄ったりなので、さほど問題はない。
父はゼンノエルシドで、母の父はサンデーサイレンス。父はマイル路線で活躍した馬で、母系はスピード能力に優れた血統。
母の父がサンデーサイレンスなので、両親から受け継いだスピードに底力が加わったような印象を受ける。
現時点では、マイルがベストな条件と言って良さそう。

以上の3頭が人気の中心になりそうだが、デイリー杯組からは、2着のローレルゲレイロも出走。
先行して結果を出していた馬だが、前走は差す競馬で2着に入り、脚質に柔軟性が出た印象。
やや勝ち身に遅そうな面がある分、堅実で崩れない安定感が持ち味。
京王杯2着のマイネルフォーグは、前走では上手にレースを運び、展開もハマった印象。
鞍上に内田博幸騎手を迎えるのはプラスだが、1着までは?
4着のアドマイヤヘッドも、似たようなタイプ。
前走は差しが届かない馬場で敗れたが、ある程度前に行けるようなら、ここでも差のない競馬はできそう。
5着のゴールドアグリは、新潟2歳Sなどを見ても、追い込み一手で苦しそう。
タニノギムレット産駒で、先週のウオッカに続きたいところですが、展開面での助けが必要になりそうである。

東スポ杯2着から参戦のフライングアップルや、3着のドリームジャーニーなども面白そう。
フライングアップルは、ここまで連対率10割の安定感が魅力。
差す競馬も好位からの競馬も出来る自在性は魅力だが、勝ち切るまでは微妙な印象。
1着まであるなら、出遅れ・折り合いを欠くといったチグハグな競馬ながら、差のない3着まで来たドリームジャーニーの方か。
芙蓉Sで中山マイルでの勝利経験もあり、まともに走れば上位争いは可能。
また、500万勝ち組では大物感のあるアサクサキングス、アドマイヤホクトが楽しみ。
2歳GTにしては、割と堅く収まるGTだが、有力馬も揃っているので、案外人気の盲点になっている伏兵馬の台頭に気を付けたい。

77 :名無し野電車区:2006/12/09(土) 18:55:46 ID:O8/hkAop
■朝日杯フューチュリティS考察
<オースミダイドウに死角は?>
デビューから3戦とも圧倒的人気に応えてきたオースミダイドウ。
鞍上は3連勝のパートナー武豊騎手から乗り替りとなりますが、
こちらも世界の名手ペリエ騎手ということで、マイナス材料とはならないでしょう。

新馬戦は、短距離戦をスピードの違いで押し切り。
2戦目の野路菊Sは、好スタートからスローペースを楽に逃げ切り。
遅いペースにかかるそぶりを見せることもなく、完勝でした。
3戦目のデイリー杯2歳Sでは、先々で上のクラスで戦っていくことを考え、あえて馬群に入れ、控える競馬を陣営は試しました。
その結果、道中では長いこと折り合いを欠き、チグハグなレースぶり。完全な負けレースとを予感させました。
しかし、直線外へ持ち出されるときっちりと前を捕らえての勝利。最後はまだ余力もありました。
能力の高さはもはや疑いようはありません。

戦ってきた相手は、正直それほど強い相手とは言いがたいですが、デイリー杯で3着のマルカハンニバルは、重賞やOPで常に上位争い。
5着のマイネルソリストは、展開が向いたとはいえ、先週の阪神JFで圧倒的なパフォーマンスを見せたウオッカを負かしています。

これを相手にチグハグなレースぶりを考慮すると、横の比較もおそらく問題はないでしょう。
中山マイルは、外枠は有利とは言いがたいですが、内枠で包まれて揉まれるよりは、
スムーズにレースを運べる11番枠はむしろ恵まれた感があります。
4連勝でのGT制覇はチャンス十分でしょう。

78 :77<続き>:2006/12/09(土) 18:57:02 ID:O8/hkAop

相手の一番手はマイネルレーニア。
前走の京王杯2歳Sは、有力馬の自滅にも助けられた感はありますが、ダリア賞でマルカハンニバルをちぎったレースぶりは圧巻。
勝ち鞍は全て1400mですが、新潟2歳は距離のロスが多く、問題ないと思われます。
4番枠という好枠を生かしての先行力に期待します。
調教でも抜群の動きを披露しており、開幕2週目の馬場も味方をしてくれるでしょう。
オースミダイドウを抑えきるシーンも考えられます。

惑星はマイネルシーガル。
前走のいちょうSでは、落馬寸前の不利がありながらの差しきり勝ち。
類まれな勝負根性は類を見ませんが、相手が弱かったのも確か。
前走のレースが過剰に評価されるとすると、危険な人気馬かもしれません。
もしくは、相当な大物という可能性もありますが。
非常に評価が難しい馬です。

79 :昭ちゃんのG1はこう買う:2006/12/09(土) 18:58:05 ID:O8/hkAop
★折り合えばジャーニー/朝日杯FS

<昭ちゃんのG1はこう買う:朝日杯FS>
 コース経験のあるドリームジャーニーが狙い目です。
血統背景からはステイヤーですが、2戦目の芙蓉Sで見せた上がり34秒0の末脚から、現時点ではマイル戦がベストといえます。
前走の東スポ杯2歳Sでも中団から鋭く伸びて、半馬身差3着と力をみせました。スムーズに折り合えれば勝ち負けできます。
 対抗にはアドマイヤヘッドを抜てきします。
前走はスタートのロスがあって後方からの競馬を強いられましたが、発馬五分なら上位争い必至とみます。
抑える競馬で京王杯2歳Sを制したマイネルレーニアも怖い1頭です。
無傷の3連勝で大一番にコマを進めてきたオースミダイドウ、重賞を連続2着しているローレルゲレイロも圏内でしょう。
新馬、特別を連勝中のマイネルシーガル、決め手鋭いゴールドアグリを押さえます。
(日刊スポーツ評論家:大崎昭一)

80 :■朝日杯データ考察1 :2006/12/09(土) 19:21:08 ID:O8/hkAop
@ 枠順→外枠は不利と言えそう。

1枠 (3,1,2)
2枠 (1,0,2)
3枠 (1,1,1)
4枠 (1,2,2)
5枠 (2,3,0)
6枠 (2,1,0)
7枠 (0,1,3)
8枠 (0,1,0)

※7・8枠に関しては連対がわずか2回のみという寂しい結果。
中山マイルは外枠不利というのは、何となくイメージとしていたが、このレースでもそれが顕著に現れていると言って良さそう。
あとは、どこもさほど差はないが、1枠と5枠は比較的相性が良い。
人気の中心になるであろうオースミダイドウの6枠も、ひとまずはクリアと言える。

81 :■朝日杯データ考察2 :2006/12/09(土) 19:22:03 ID:O8/hkAop
A 前走→1着馬重視がセオリー
京王杯2歳S (4,0,2)
東スポ杯2歳S(2,2,2)
デイリー杯2歳S (0,3,1)
500万下 (0,2,2)
OP特別 (2,0,3)
その他 (2,3,0)
その他の内訳は、1着→【新馬戦・未勝利戦】2着→【札幌2歳S・地方】

※まずは、4勝をあげている京王杯2歳S組から。1着馬は7頭が出走して(3,0,0,4)と両極端な成績。
共通項としては、@それ以前に重賞勝ち、A無敗、のいずれかを満たしていたこと。
今年のマイネルレーニアは、どちらも満たしていないで、切り。
2着馬は、6頭が出走して(0,0,2,4)という成績。
3着以内に入った2頭は、どちらもデビュー以来連対率10割という成績だった。
今年のマイネルフォーグは、デビュー戦5着なので消す。
3着以下から巻き返したのは、マイネルレコルト(5着)ただ1頭。
この馬は重賞勝ち実績があったので、今年はゴールドアグリ以外の出走馬は全て消し。


82 :データ考察2続き:2006/12/09(土) 19:23:15 ID:O8/hkAop
続いて、東スポ杯からの出走馬。今年の出走はないが、1着馬は3頭が出走した(2,1,0,0)と完璧な成績。
フサイチホウオーの不出走が残念。
2着馬は6頭が出走して(0,1,1,4)という成績。
条件としては、@重賞勝ち実績、A連対率10割、が求められそうだが、今年のフライングアップルはAを満たすので、残す。
3着以下からの巻き返しは、マチカネホクシン(3着)のみ。
この馬はOP実績があったので、今年のドリームジャーニーは残す。

続いて、デイリー杯組。
1着馬はその間に他のレースを挟んだペールギュントを含めて(0,3,1,2)と、2着までが限界。
2着に入った3頭は、全て連対率10割だったので、今年のオースミダイドウは限りなく2着に近い存在と言える。
それ以外から3着以内に入ったのは、スターエルドラード(13着)のみ。
この馬は、重賞連対実績がありましたので、今年のローレルゲレイロは残しても良さそう。

次に、500万から参戦した馬は、4頭中全てが勝ち馬なので、コアレスレーサーは消す。
また、4頭中3頭が新馬・未勝利からの連勝で勝ち上がっており、もう1頭は重賞で3着の実績があった。
よって、今年はアドマイヤホクトのみを残す。

最後に、OP特別から参戦した馬は、5頭中全てが勝ち馬。
このため、今年のマイネルシーガル、マイネルサニベルは残しとなるが、全てマイル以上の距離からなので、後者のサニベルは消す。


83 :■朝日杯データ考察3:2006/12/09(土) 19:24:29 ID:O8/hkAop
B 東西別成績→関西馬が優勢

続いて、関東・関西馬による成績。関東馬が(2,4,4)に対して、関西馬が(8,5,5)で、地方馬が(0,1,1)という状況。先週の阪神JF以上に関東馬には不利な状況のようだが、マイネルシーガルなどが意地を見せられるか。

C 騎手→最多勝は福永だが…

現役で最多勝は福永騎手の3勝だが、今年は香港での騎乗のため、騎乗なし。
オースミダイドウに騎乗すれば、非常に頼もしいパートナーになったかもしれないが…
とりあえず、有力馬に騎乗する騎手について見てみると、

O.ぺリエ・オースミダイドウ (0,1,0,1)
後藤浩輝・マイネルシーガル (1,0,0,4)
安藤勝己・ゴールドアグリ (0,1,0,0)
蛯名正義・ドリームジャーニー (0,1,0,6)

となっている。

84 :■朝日杯データ考察4:2006/12/09(土) 19:25:36 ID:O8/hkAop

D血統→ノーザンダンサー系には注意

血統面による偏りはほとんどないが、ノーザンダンサー系が(4,2,4)と(3,4,3)のヘイルトゥリーズン系がやや優勢と言える。
これに続くのが(2,2,0)のミスプロ系。また、母系もノーザンダンサーの馬が強く、
父・母系どちらもノーザンダンサー系でない馬は、勝ち馬10頭中わずか2頭で、3着以内30頭で見ても7頭のみ。

E 馬体重→平均的な馬体重がベターか
勝ち馬の平均体重が469.2キロで、最高が486キロのグラスワンダー、最低が450キロのマイネルレコルトとアドマイヤコジーン。
3着以内の平均は約476.5キロとなっている。
426〜510キロと、さほど馬体重で大きな偏りはないようだが、小さすぎず大きすぎない馬が良いようだ。

以上を踏まえて、残ったのは
ゴールドアグリ、フライングアップル、ドリームジャーニー、オースミダイドウ、ローレルゲレイロ、
アドマイヤホクト、マイネルシーガルの7頭。

この中で軸にするなら、オースミダイドウが一番無難そうな感じである。
割と人気馬が多いので、もう少し点数を絞ってみた方がいいかもしれない。


85 :朝日杯消去法:2006/12/09(土) 19:49:32 ID:O8/hkAop

12/10 中山・朝日杯FS(G1)芝1600m 消去法データ

@ 前走で0.4秒以上勝利馬を除く、前走で芝の平場条件戦出走馬
A 前走、芝1400m以下の平場条件戦で4コーナー7番手以下馬
B 前走の条件戦で4番人気以下馬
C 2戦2勝馬を除く、前走で芝の非重賞戦を逃げ切り勝ちだった馬
D 2ヵ月半以上の休養馬を除き、前走でG3以下の1400m以下戦出走馬
E 前走、G3以下戦で2番人気以下かつ未連対馬(降着馬を除く)
F 当日1〜3番人気馬を除く、前走のダート戦で未連対馬
G 重賞連対経験馬を除き、前2走とも1200m戦出走馬
H 前走で1番人気勝利だった2勝馬を除く、前2走ともダート戦出走馬
I 前3走で4着以下2戦以上経験馬
J 前走で5馬身以上勝利馬を除く、キャリア1戦馬
K 前走、1200m以下戦出走のキャリア4戦以上馬
L 未経験馬を除く、芝未勝利馬
M 前走、未勝利戦で3番人気以下だった中2週以内馬
N 当日1〜3番人気馬・重賞3着以内経験馬・前走勝利馬を除く、連闘・中1週馬
O 連対率100%馬を除く、2ヵ月半以上の休養馬
P 前走で北海道戦出走か重賞0.4秒以上勝利だった馬を除く、2ヶ月半以上の休養馬

86 :朝日杯上位人気減点法,アタマ,穴馬:2006/12/09(土) 19:50:37 ID:O8/hkAop

●1〜3番人気減点データ
@ 前走、条件戦出走馬【0.0.0.4】
A 前々走で重賞勝利馬を除く、前走敗退馬【0.0.1.5】
B 当日3番人気の関東馬【0.1.0.5】

●1〜3番人気馬 1.3連単・馬単のアタマ
@前走で重賞勝利馬
前走で重賞勝ちを収めていた馬は【4.6.0.3】と好走必至。
なかでも、「3ヶ月以上の休養馬や前走が重・不良だった馬を除く、東京重賞勝利馬」に限れば【4.1.0.0.】

A前走、オープン・重賞の芝1800m戦出走馬
オープン・重賞の芝1800m戦からの臨戦馬も【3.3.3.1】と優秀。そして、「前走勝利馬」に限れば【3.3.1.0】。
さらに、「前走で4コーナー1〜2番手かつ0.2秒以上勝利馬」ならば【3.0.0.0】

●穴馬 
@ 馬番D以内馬
穴馬13頭のうち7頭が馬番D以内の内枠馬。「前走で4コーナー2〜5番手馬」が狙い目。

過去10年で1番人気馬が【3.4.2.1】と安定した成績を残しています。
そして馬連での万馬券もないように、大きな波乱は考えにくいレースです。基本は、人気を問わず関西馬が中心。
さらに、前走で重賞勝利馬の好走確率も高くなっています。そこに人気薄の内枠馬を絡めるのが的中の近道でしょう。


87 :朝日杯予想検討データ 傾向1:2006/12/09(土) 19:51:34 ID:O8/hkAop

《2006年 第58回朝日杯FS 予想検討データ》(過去10年から)

■人気
1番人気【3.4.2.1】連対率70%
2番人気【3.2.1.4】連対率50%
3番人気【0.1.1.8】連対率10%
4番人気【2.0.2.6】連対率20%

1番人気馬の活躍が目立ちます。過去10年で4着以下は1頭です。
また、1、2番人気馬のいずれかが連対しており、連軸としては1、2番人気馬は軽視できない傾向です。
3戦3勝のオースミダイドウが崩れた場合は、2番人気馬と同じくらいに、3番人気以降の馬にもチャンスがあるように思えます。

■連対馬の脚質
逃げ【0.3.0.9】連対率25%
先行【7.3.6.19】連対率29%
差し【3.4.0.55】連対率11%
追込【0.0.4.40】連対率0%
(※競走中止1頭)

中山のマイルコースは、旧阪神マイルコースと同様(それ以上かも?)に外枠が不利なコースです。
フルゲート16頭ですと、7、8枠は不利なようです。(近5年8枠から逃げたメイショウボーラーの1連対のみ)
よって、先行争いが激しくなりハイペースになりやすいようです。しかし、連対脚質では先行馬有利であり、
先週の阪神JFの外回りコース同様に、ある程度のポジションで競馬ができ、末脚もしっかりしている馬が良いと感じます。

88 :朝日杯予想検討データ 傾向2:2006/12/09(土) 19:52:46 ID:O8/hkAop

《2006年 第58回朝日杯FS 予想検討データ》(過去10年から)

■所属
関東馬【2.4.4.56】連対率9%
関西馬【8.5.5.67】連対率15%
地方馬【0.1.1.1】連対率33%

■キャリア
 2戦・・・3連対  3戦・・・5連対
 4戦・・・8連対  5戦・・・1連対
 6戦・・・2連対  7戦・・・1連対

3戦、4戦が活躍。
《参考》
−キャリア4戦の登録馬−
 コアレスレーサー、フライングアップル、プロミスフェアー、ローレルゲレイロ
−キャリア3戦の登録馬−
 アドマイヤヘッド、アポロダヴィンチ、エーシンビーエル、オースミダイドウ、
 ゴールドアグリ、ドリームジャーニー、マイネルフォーグ


89 :朝日杯予想検討データ 前走・実績・距離:2006/12/09(土) 19:53:51 ID:O8/hkAop
《2006年 第58回朝日杯FS 予想検討データ》(過去10年から)
■前走
・連対馬20頭中→17頭が前走で勝利。残り3頭中2頭も2着であり、前走での好走(連対)は必要な感じです。
 京王杯2歳S ・・・4連対
 東京スポーツ杯2歳S ・・・3連対
 デイリー杯2歳S ・・・3連対
 札幌2歳S ・・・2連対
 オープン特別 ・・・3連対(京都2歳S→2頭)
 500万クラス ・・・3連対
 新馬戦・未勝利 ・・・2連対馬
■実績
・連対馬20頭中→18頭が2勝以上のオープン馬。
・連対馬20頭中→デビュー戦勝ち馬は8頭。
《3勝馬》
 オースミダイドウ、マイネルレーニア
《2勝馬》
 アサクサキングス、アドマイヤホクト、エーシンビーエル、ゴールドアグリ、ジャングルテクノ、
 ドリームジャーニー、フライングアップル、マイネルサニベル、マイネルシーガル
《デビュー戦勝ち馬》
 アサクサキングス、アドマイヤヘッド、アドマイヤホクト、エーシンビーエル、オースミダイドウ、ゴールドアグリ、
 ディオスクロイ、ドリームジャーニー、マイネルサニベル、マイネルシーガル、ローレルゲレイロ
■距離
 前走芝1200mからの連対馬はゼロ。
 前走から距離短縮→9頭。  前走から距離延長→7頭。

90 :朝日杯予想検討データ2:2006/12/09(土) 21:06:24 ID:O8/hkAop

朝日杯連対馬 前走重賞組

●重賞組・・・13/20
H 8 1着マイネルマックス  京成杯3歳S(GV) 芝1400 1着/4人気
H 9 1着グラスワンダー   京成杯3歳S(GV) 芝1400 1着/1人気
    2着マイネルラヴ     東スポ杯(GV) 芝1800  2着/2人気
H10 1着アドマイヤコジーン 東スポ杯(GV) 芝1800 1着/1人気
    2着エイシンキャメロン デイリー杯(GU) 芝1400 1着/1人気
H11 2着レジェンドハンター デイリー杯(GU) 芝1400 1着/6人気
H12 2着タガノテイオー    東スポ杯(GV) 芝1800  1着/3人気
H14 2着サクラプレジデント 札幌2歳S(GV) 芝1800 1着/2人気
H15 1着コスモサンビーム  京王杯2歳S(GU) 芝1400 1着/1人気
    2着メイショウボーラー デイリー杯(GU) 芝1400  1着/1人気
H16 1着マイネルレコルト  京王杯2歳S(GU) 芝1400 5着/1人気
    2着ストーミーカフェ  札幌2歳S(GV) 芝1800  1着/5人気
H17 1着フサイチリシャール 東スポ杯(GV)  芝1800  1着/1人気

※マイネルラヴ、マイネルレコルト以外は1着。この2頭も前々走は共に1着/1人気で勝利。
登録馬で該当するのは  オースミダイドウ、マイネルレーニア

91 :朝日杯予想検討データ2:2006/12/09(土) 21:07:04 ID:O8/hkAop
朝日杯連対馬 重賞以外の組

●OP組・・・2/20
H13 1着アドマイヤドン  京都2歳S 芝1800 1着/1人気
H14 1着エイシンチャンプ 京都2歳S 芝1800 1着/3人気

※勝って本番へが必須。該当する登録馬はマイネルサニベル、マイネルシーガル

●500万下組・・・2/20
H 8 2着オープニングテーマ  もちのき賞 ダ1400 1着/1人気
H17 2着スーパーホーネット  くるみ賞  芝1400 1着/1人気

※特別レースを1人気で勝つくらいでないとGT連対は厳しいか。

●新馬・未勝利組・・・2/20
H11 1着エイシンプレストン 新馬芝1600 1着/2人気
H12 1着メジロベイリー   未勝利芝1400 1着/1人気
H11 1人気レジェンドハンター 2.7倍
H12 1人気タガノテイオー   3.9倍

※圧倒的1人気がいない年は要注意ですかね。今年はオースミダイドウがいるので、厳しそうですが。

◆実績
2勝以上勝利・・・18/20
1勝馬は前走新馬・未勝利を勝ったエイシンとメジロのみ。

92 :朝日杯3着候補:2006/12/09(土) 21:07:53 ID:O8/hkAop
◆前走
●重賞組・・・5/10
H11 マチカネホクシン   東スポ杯(GV)  芝1800  3着/1人気
H12 ネイティヴダンサー  京王杯3歳S(GU) 芝1400  2着/1人気
H13 スターエルドラード  デイリー杯(GU)  芝1400 13着/2人気
H15 アポインテッドデイ  京王杯2歳S(GU) 芝1400  2着/5人気
H16 ペールギュント    東スポ杯(GV)   芝1800  2着/2人気

※基本は3着以内。大敗したスターエルドラードも前々走は、新潟2歳S(GV)芝1400 2着/1人気
と重賞で連対実績あり。該当する登録馬は  
アドマイヤヘッド、ゴールドアグリ、ドリームジャーニー、フライングアップル、マイネルフォーグ、ローレルゲレイロ

●OP組・・・3/10
H 9 フィガロ      京都3歳S 芝1800 1着/1人気
H14 テイエムリキサン  萩S     芝1800 1着/3人気
H17 ジャリスコライト  いちょうS  芝1600 1着/1人気

※1着が必須条件です。これは連対条件とも被りますね。

●500万下組・・・2/10
H 8 エアガッツ    きんもくせい特別 芝1600 1着/3人気 着差0.5
H10 バイオマスター  500万下      芝1400 1着/3人気 着差0.4

※500万下を勝ったばかりで3着までくるには、やはり圧勝くらいはしてないとダメみたい。残念ながら、登録馬で圧勝した馬はナシ。

93 :1〜3着全てにあてはまるデータ:2006/12/09(土) 21:08:27 ID:O8/hkAop

ここからは 1〜3着全てにあてはまるデータを

●2勝以上あげた馬・・・26/30
※1勝馬は前走新馬のエイシンプレストン、未勝利のメジロベイリー、
重賞連対実績のあるスターエルドラード、アポインテッドデイの4頭。

●前走芝1400〜1800・・・29/30
※例外は京都2歳S(OP)・芝2000からのエイシンチャンプのみ。

●前走、前々走と連続2着以内・・・25/30
※残り5頭の連を外さなかったレースは1人気で2着以内。

●3連勝以上で本番も連対した馬・・・3/7
※勝てたのはグラスワンダーのみ。
2着もエイシンキャメロン、メイショウボーラー
但し、3連勝以上もしながら本番で1人気になったのはグラスワンダーとメイショウボーラーのみなので、
オースミダイドウも1人気になれば、2着以内は確定か。

●2連勝中で本番も連対した馬・・・2/17
※勝てたのはアドマイヤドンのみ。2着もサクラプレジデントのみ
この2頭はともに本番で1人気。本番で1人気になれない馬は、2着以内すら危ういか。
ちなみに3着はフィガロ、バイオマスター、ジャリスコライトと3頭。


94 :名無し野電車区:2006/12/11(月) 20:48:43 ID:/6R7kETI
浮上

95 :鳴尾記念の回顧:2006/12/11(月) 22:03:48 ID:Vb6AxwlM
阪神競馬場では、新コースの1800Mに距離が変更となった鳴尾記念(GV)が行われました。

勝ったのは、1番人気のBサクラメガワンダー。
スタートはまずまずで、いつもより前の先行ポジションにつけます。
道中は3番手の内でジッと我慢し、ロスのない競馬で直線に向くと、快調に逃げるマルカシェンクをジワジワと追い詰めます。
残り200Mを切った辺りで先頭を奪うと、食い下がるマルカシェンクを抑えて優勝。
約1年ぶりの勝利を飾り、復活の狼煙を上げました。馬自身も強い競馬でしたが、ペリエ騎手の好騎乗も光ったレースでした。
上手く内の経済コースを通り、少し雨の影響を受けた馬場やペースを考慮して、早めのポジション取りも功を奏したと思います。
春先から不振に陥っていた実力馬が、ようやく復活したということで、来年が楽しみになりました。
どうやら、天皇賞ではなく、安田記念を目標にされるようですが、確かにそのくらいの距離が向いていそうです。

2着には逃げたIマルカシェンク。スタートはさほど良くありませんでしたが、吉田稔騎手が軽く気合をつけると、スッとハナへ。
そのまま後続を引き連れ、余裕の手応えで直線に向かいますが、好位につけたサクラメガワンダーに交わされてしまいます。
懸命に食い下がりますが、及びませんでした。意外にも逃げる展開になりましたが、上手くペースを落として逃げました。
先行馬でも33秒台の上がりを使っている(この馬も33.7秒)わけですから、後方から行ったのでは届かなかったでしょうし、
好騎乗と言っていいと思います。
前で競馬ができたことは、先々に繋がってくると思いますし、可能性が広がる競馬でした。
ただ、2歳時ほどのインパクトがないのも事実。
使い詰めで来ていて、疲労が気になりますし、一度来年へ向けて立て直すのも手だと思いますね。

96 :鳴尾記念の回顧<続き> :2006/12/11(月) 22:04:52 ID:Vb6AxwlM
3着はCホッコーソレソレー。
道中は中団で脚を溜め、直線で追撃を開始しようとしますが、やや前がゴチャついてしまい、外へ出します。
ようやくエンジンがかかった時には、上位2頭との差があり過ぎました。
最後の末脚はさすがというものがありましたが、少し位置取りが後ろだったことや、
直線で外へ持ち出すのに時間がかかったのが影響しました。
重賞でもやれるだけの素質があることはわかりましたし、次走以降に期待したいと思います。

出遅れたGブライトトゥモローは7着(同着)まで。
あの出遅れが最後まで響いた感じですね。外を通り過ぎたこともありますし、スムーズなら巻き返しは可能でしょう。
個人的に期待したHヴィータローザは14着。この馬も外を回しすぎ。
阪神の外回りコースは、まだ芝の状態が良いので、内をロスなく立ち回った馬が好走しやすいだけに、内容的には不満です。
まぁ、前に行ける脚質ではないので、苦しかったのもありますが…
Mオースミグラスワンは17着とシンガリ負け。直線で完全に行き場を無くしてしまいました。
極端に内の馬場が荒れ、外差しが決まるようなことにならなければ、直線で内に馬が殺到する分、
ゴチャゴチャに巻き込まれない先行馬有利な状況が続きそうです。

上位2頭は3歳ということで、今週も『強い3歳世代』を感じさせられる結果になりました。
勝ったサクラメガワンダーは、元々天皇賞3着などのアドマイヤムーンを破るほどの実力馬ですし、関西圏では崩れにくいようです。
まだ輸送競馬に不安は残りますが、来年以降が本当に楽しみになる競馬だったと思います。


97 :柏木集保 朝日杯展望 :2006/12/11(月) 22:08:03 ID:Vb6AxwlM
まだ大きく抜け出した馬はいない形の2歳牡馬の路線は、23日のラジオNIKKEI杯の方に、
どちらかといえばスケールで上回る馬が回った形でも、朝日杯組も粒ぞろい。差のない好カードだろう。
 直前の動きが特に目立ったのは、京王杯2歳Sを制したマイネルレーニアと、いちょうSを勝ったマイネルシーガル。
マイネルレーニアはこれまでの5戦は行って粘るだけの印象もなくはなかったが、追い切りでは気合が入って伸びが光った。
今回の組み合わせは意外に流れが落ち着く公算大。この馬の粘り腰には展開面でも注目したい。
 マイネルシーガルも一段とシャープになった。キャリアは2戦だけでも馬群は平気。極めて勝負強く、1600mもベストに近い。
追い比べの接戦になるほど良さが生きる。
 この2頭を強力な相手候補として、中心はオースミダイドウとした。
普通の3戦3勝の2歳馬のパターンは、同じような距離でポンポンと連勝するケースが多いが、この馬の3連勝の過程は中身が濃い。
速くも6日の1200mの新馬を圧勝したのは相手もそれなりのレベルで平凡だが、理想の3か月の再鍛錬を経て、2戦目の特別は1800m。
スローだったとはいえ上がり34.2秒でまとめて突き放し、早くもスケールと成長を示した。
 前走のGIIデイリー杯は、意識的にタメる形。先週のウオッカもそうだったが、行きたがる馬を少し強引に先を考えて控えるとき、
そうそう簡単に好結果を生むものではないが、オースミダイドウは期待に応えた。
かかり気味になって馬群にもまれ、スパッと抜け出すほどの完勝ではなかったものの、ゴール前は着差以上に楽だった。
異なる距離を、違う形のレース運びで3連勝は表れた数字よりずっと中身は濃い。
好位抜け出し可能だろう。ペリエ騎手は2歳戦ではあまり下げない。
前出の2頭本線に、勝負強いドリームジャーニーとアドマイヤホクト、アドマイヤヘッドがその次。

98 :柏木集保 朝日杯回顧 :2006/12/11(月) 22:10:08 ID:Vb6AxwlM
スタートで2馬身ぐらい出負けし、道中は離れた最後方を進んだドリームジャーニーが大外一気、鮮やかな追い込みを決めた。
先行馬崩れの追い込み競馬だったかというとそうではなく、2着のローレルゲレイロ以下6着マイネルシーガルまで
みんな先行して粘り込んだ馬ばかり。ドリームジャーニーの切れ味だけが光った一戦だった。
 今週の芝は中間の雨もあって、心持ち時計のかかるコンディションだったため、勝ち時計は1分34秒4。
過去5年はずっと1分33秒台の結果が続いてきたが、やや平凡な時計は仕方がない。
レースの流れは前半の半マイル46.8-後半が47.6秒。1000m通過は58.9秒にとどまるごく普通の平均ペース。

 最初からレースを先導しそうな快速型はいなかったから、横を見て確認しながら先手を取った
オースミダイドウのペリエ騎手の作戦は決して失敗でもない。
前回、あえて控える形を要求したあとだけに、このあとまた抑える戦法を再び覚えさせるのは大変だが、
ペリエ騎手にとくに指示はなかったのだろう。ただ、このペースで粘れなかったあたり、
テンションが高くなりすぎていたことを考慮しても、今回のオースミダイドウは案外。
改めてこのあとはまた差す形を覚えることになりそうだ。
 ローレルゲレイロは前回はオースミダイドウに差されたが、今度は逆にマークできる立場に変わって逆転。
一度は完全に勝ったかの態勢だったが、外に回ってロングスパートを決めたドリームジャーニーに一気に差されてしまった。
ローレルとオースミはだいたい同じような現時点でのレベルで、2度続けて接戦だった。
従って、評価の難しいこの朝日杯、奇しくもだいたい同じような時計だった11月のデイリー杯2歳Sのレベルがそのまま持ち込まれ、
そこに今回はうまくはまった形のドリームジャーニーと、フライングアップルの東京スポーツ杯2歳Sの2、3着馬がそっくり重なって、
上位1〜4着が形成されたともいえる。
まあ、そんな簡単な勢力図が成立するわけもないが、だいたいの現時点での2歳牡馬の勢力図を考える目安がほぼ明確になったとはいえる。


99 :長岡一也 競馬コラム :2006/12/11(月) 22:13:42 ID:Vb6AxwlM
ニュー阪神の外回りのマイル戦、桜花賞を行うこのコースを熟知しておかねばなりません。
阪神ジュベナイルFの勝者ウオッカと敗者アストンマーチャン、これがこのコースのひとつの典型を見せてくれました。
スピードで優るアストンマーチャン、速さだけでは乗り切ることの難しさを示し、ウオッカの大きな走法で外から追い込む脚、
タフなコースだということを示していました。
ラストスパートに入った2頭のフットワークを見ていて、そのことを強く印象づけられました。
このことは、桜花賞から、さらにはオークスをも展望するものではないか、そんな風にも考えられました。
わずか3戦目だったウオッカ。大きく伸びてきて、一瞬内にささり気味になったとき、素早く手前を替えてグイと勢いをつけた姿から、
この馬の素質の高さを見たのではないでしょうか。
 そしてもう一点、1分33秒1という時計。
これは、タフなコース、2歳の暮れという時期から考えれば優秀であり、優れた馬ならこれぐらいはという基準にしていいでしょう。
 さて、続く朝日杯フューチュリティS。
このマイル戦は、中山というコースの特性があまりにも特異なので、なかなか次につながりにくい面を持っています。
小回りで、3つのコーナー、さらに直線の急坂。特に、短い直線で求められるものに2歳のこの時期では厳しいものがあります。
ずば抜けた素質を持つ馬ならともかく、多くは、この時期での完成度が出ることが多いのは、
こういう理由からではないかと考えてきました。
能力が接近しているメンバー構成の場合にキャリアのあるものが優勝することが目につくと言ってもいいでしょう。
勝った馬には、その勝因がそこにあったか、コースの特性とつけ合わせて検証することが必要だし、
敗者については、その敗因をしっかり検証して先を見るということでしょう。

100 :ジャーニー軽く飛んだ!〜朝日杯FS:2006/12/11(月) 22:31:59 ID:Vb6AxwlM
小兵の切れ者が2歳馬の頂点に立った。「第58回朝日杯FS」が10日、中山競馬場で行われ、
2番人気ドリームジャーニーが最後方待機からごぼう抜き、直線一気の差し切りで頂点に立った。
蛯名正義騎手(37)は今年の初重賞勝ちが4年ぶりのG1制覇。池江泰寿師(37)は初重賞制覇がG1勝ちとなった。
父ステイゴールド譲り、416キロの小さな馬体が大外から猛然と追い込む。
まるでドリームジャーニーだけが違う競馬をしているような別次元の切れ味だ。
馬群ごとまとめてかわし、いち早く抜け出したローレルゲレイロもゴール前で測ったように抜き去った。
3角最後方から14頭ごぼう抜き。蛯名の左腕が高く上がった。
 「軽く飛んだね」。蛯名が笑った。上がりは断トツの34秒0。
2〜6着を4角5番手以内にいた馬が占める中、追い込んで上位に来たのはこの馬だけ。
しかも直線、手前を替えずにこの切れ味。蛯名がディープインパクトになぞらえたくなるのも分かる。
「あれだけの馬なんで“ディープみたい”とはなかなか言えないけど、本当に飛んでいるみたいだった」
 スタートでワンテンポ遅れ、向正面では逃げるオースミダイドウから16〜17馬身は離れていた。
だが蛯名の腹は決まっていた。「最後の決め手には自信があった。折り合えれば相当に切れる。位置取りは関係なかった」。
焦ってもおかしくなかった。蛯名は02年マイルCS(トウカイポイント)優勝を最後にG1で53連敗中。
しかも今年は重賞未勝利。動きたくなる気持ちをベテランは懸命に封じ込んだ。「
4年も勝っていないと焦りもなくなる。悪い時もあればいい時もある。一生懸命やっていればいいことがあると思っていた」(蛯名)

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)