5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ゴロワーズ4本目

76 :68:2006/04/30(日) 00:52:58 ID:eVtR72mx
>>75 さんは35歳ですか?
1971年、私は合法的にタバコが吸えた年齢では……、むにゃむにゃ。
でも、そんなにじじいぢゃ、ないのだが。

また、ちょっと調子に乗って…。

タバコはゴロワーズ、ライターはロンソンのコメット、と決め込んで、もういろいろなコメットを集めていました。
イギリス製はもちろんですが、フランス製やドイツ製、アメリカ製もあったかな。
80年代に入るとロンソンは急速に品質が落ちて、それ以前のいいのは、全部しまっちゃいました。
ということもあって、フランスつながりでビックに走ったわけです。

それが、初めてフランスに行った頃(1975〜6年かな?)が、ヨーロッパ製使い捨てライターのブームが始まった頃。
日本では、ビックかクリケットくらいしか手に入いらなかったのが、もうさまざまなデザインの使い捨てライターがタバコ屋にあふれていました。
それで、滞在中はとにかくタバコ屋に足を運んじゃゴロワーズのいろいろなパッケージを買い、ついでにライターを買いあさりました。
また、その後は旅行代理店で添乗員をやっていた友人に、ヨーロッパに行ったらゴロワーズと変態使い捨てライターを、と頼んで、ずいぶん集めました。

しかし、80年代に入ると、もう変態使い捨てライターは加速度的に下火になっていきました。
今思うと、その動きと、ゴロワーズの動き、フランスのタバコ事情は連動していたように思います。
レジェールは、おそらく80年代前半に発売され、ブロンズは80年代終盤に登場、で、フランスでもアメリカタバコが主流になり始め、2000年代に入ると、カフェにも禁煙場所が登場したとか。

ゴロワーズもタバコ文化そのものも、もう絶滅危惧種なんだなあ。

失礼しました。(ちょっと備忘録だなこりゃ)

67 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)