5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【パイプ】オールドブリティッシュ3【クラシック】

1 :774mgさん:2006/08/31(木) 01:21:43 ID:udmQQq7c
ブライヤーパイプの原点であり、今は失われた、もしくはもう手に入らない古き良き
イギリス製のヴィンテージ物のパイプについて語ったり情報交換したりするスレです。

該当ブランド:
Dunhill (Patent-eraもしくは1960年代以前)
Barling (Pre-Tran、Trans 1968年以前)
Charatan (Lane eraもしくは1988年以前)
Sasieni (Family era 1979年以前)
Comoy's (Pre-Cadogan 1975年以前)
GBD、Loewe、BBB(Pre-Cadogan 1980年以前)
その他上記メジャーメーカーのセカンドブランド、
Astrey's、F&Tなどのショップブランドも可

○基本的にestate(中古)パイプを扱うことになります。
○e-bayが主な行動範囲になりそう。アイテムを貼りつけてあれこれ談義もよし。
○スモーカー、コレクター共に歓迎。一穴主義者には目の毒です。
○実用的なスレであると同時に非常にペダンティックなスレでもあります。長文大歓迎。
○パイプ自慢大歓迎。どんどん貼りつけるべし。うぷろだは自前でお願いします 。
○中古パイプに関連した話題であれば、一応製造国を問わず面倒をみます。
○イギリス製以外で盛り上がるようだったらスレ分化で対応します

202 :774mgさん:2006/09/07(木) 13:53:17 ID:B3G2mx3h
http://cgi.ebay.com/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&item=170026624839&fromMakeTrack=true
これ、お奨め!
超格安!

203 :774mgさん:2006/09/07(木) 14:16:04 ID:K6obymPC
>>202
ああ、なるほどリプレイスステムなのね。
でもそーゆーの気にならん人は直ちに飛べ!

204 :774mgさん:2006/09/07(木) 14:25:04 ID:mct317YS
お言葉に甘えて良いんでしょうか?

205 :774mgさん:2006/09/07(木) 14:36:08 ID:B3G2mx3h
>>204
どうぞ、どうぞ。
この価格でpatentだし、このクラッギーなブラストは魅力です。
シェイプもクラッシックなダブリン・シェイプ・・・。
言う事なしです。

206 :774mgさん:2006/09/07(木) 14:58:04 ID:mct317YS
>>205
自分もエージェントなんですよ、業界最安値なんですがヤッパ、レスがだるい
んで間に合えば僥倖です。

207 :774mgさん:2006/09/07(木) 15:00:10 ID:mct317YS
この板のおかげで泥沼にハマリマシタ!

208 :774mgさん:2006/09/07(木) 15:12:55 ID:B3G2mx3h
>>206
でも、エージェント一本だと何かと不便ではありませんか?
そこで・・・。

【義務】パイプとタバコの海外通販 vol.2【上等】の
359あたりを参照してみて下さい。
もっと泥沼にハマルこと請け合いデス!(笑)。


209 :774mgさん:2006/09/07(木) 15:15:06 ID:+grIvxlZ
ヤフオクでCOMOY'S(ひげなしでCが大きめ) LONDON PRIDE #551げとー
「3インレイC」ロゴなので60年代でしょうか
今日届いたのですがなんと未使用の新品でした
マウスピースは若干黄ばみがありましたが正直笑いが止まりません

おまけに無銘のおもちゃみたいなパイプがついてきて2本で1200円でした

210 :774mgさん:2006/09/07(木) 17:22:02 ID:/aTnkX9L
パイプが届きましたが、ボウルの中はふわふわしたカビだかホコリだかがついてるし、
全体的に薄汚れてるしで寝食を忘れてこれから綺麗にしたいと思います…。





…なんでしょうこの期待感高揚感は?(笑)
嫌な趣味だと思いますよ本当に。古パイプのレストアって…。

211 :774mgさん:2006/09/07(木) 18:27:26 ID:IdIOR4Fp
>>208
おーお買い得でしたねー
London PrideはComoyのラインナップの中でも何故か地味で不人気なシリーズ
なのですが、Dunhill Rootとあらゆる意味でタメを張れるパイプですよん。
インレイCロゴでMADE IN LONDON(円)+ENGLANDでしたら大体50後半〜60年中期だと思います。
London Prideの未使用品はebayでもほとんど出ませんから貴重ですよー


>>210
嫌な趣味ワールドへようこそ(笑)
その高揚感は新品パイプだけ買っていると分からないのですよね。
MPまっ黄っ黄、ボウルホコリだらけのebayの写真を見ただけで
レストア後の姿が想像できるようになるともう後戻りはできません


212 :774mgさん:2006/09/07(木) 19:51:46 ID:/aTnkX9L
>>211
いやいや本当です。
これを終えた後にうまい煙草が吸えるのかと思うとつい張り切ってしまいますね。

とりあえずステムの中を掃除して表面を水研ぎして磨いて一休み。
ボウルを塩漬けにしてあるのでアルコールが乾くまでしばし待機。

あーー。面倒くせーーー(笑)

213 :774mgさん:2006/09/07(木) 21:36:35 ID:9LDgKjU5
>197

おろ?こんなのがあったんですねえ。これは気が付きませんでした。
これは非常にありがたい情報です。トンクスです。これ見てちょっと
思ったのは思いのほか古くてビックリしたのや古そうと思ってたら
実はそうでもなかったというのも結構あります。実に助かります。

>Centennial

鯛一匹<サンマ数匹男なんで見送りです(^^;

kaywoodieの魅力というのはもともとドラッグストア・パイプなのに吸ってみると
ビックリの美味さというところが魅力だと思っています。だからあんまりプレミア
パイプって興味はないんですよね。もちろん湯水のようにザブザブと金を使える
なら考えますけどねw。

214 :774mgさん:2006/09/07(木) 21:47:16 ID:9LDgKjU5
>198

あたしはまだ初心者同然と思ってますから、そこまでゴーマンに
なれんとですw。

せいぜいここにいる皆さんの影から古いの最高!!だのoldwoodie
最強!!とかいってサッと隠れるのがせいぜいですw。

そんなわけでparkerも最高!!

>202

parkerの戦中物ですか?おまけにSUPER BRUYEREですね。
確かに買いですね。これは以前ここでも書いてありましたけど
dunhillの工房の隣でお互いにブライヤーを融通しながら作って
いたものですね。実質dunhillのparkerという奴じゃないでしょうか?
多分これならBuyitNowで即決でも損しませんよ。最初は買う気は
しませんでしたけど、そのうち欲しくなったらBuyitNowでかっさらう
かもしれませんw。

善は急げですよ。

215 :774mgさん:2006/09/07(木) 22:01:37 ID:9LDgKjU5
>211

>MPまっ黄っ黄、ボウルホコリだらけのebayの写真を見ただけで
>レストア後の姿が想像できるようになるともう後戻りはできません

で、そのあと吸ったら目ん玉飛び出るほど驚いて新品を買う気を
完全になくして、以前は月に1,2本程度しか買わなかったのに、気が
付いたら月に20〜30本買うようになって、月にカードの請求が10万を
越すようになって、気が付くとまだレストア前のパイプがごろごろしてて
テレビ見るのや読書をするのを完全に忘れてPCの前に座りっぱなしで
気が付いたら独り言で「おわーすげーこんなパイプがでてる!!。」だの
「うわーハンサムなパイプだなー。」なんてことを言っていて今日も寝不足
でレストアして・・・

ま、こんな泥沼にはまっていくわけですよw。

止めといたほうが良いってばw。

216 :774mgさん:2006/09/07(木) 22:13:10 ID:B3G2mx3h
売れましたな・・・。

217 :774mgさん:2006/09/07(木) 22:17:34 ID:9LDgKjU5
そうみたいですね。やっぱり目ざとい人はいるもんです。

218 :774mgさん:2006/09/07(木) 22:19:21 ID:mct317YS
買いました。
ご厚情多謝。
今度お会いするチャンスがあれば改めて御礼します。

219 :774mgさん:2006/09/07(木) 22:28:11 ID:B3G2mx3h
>>218
おめでとう〜!
あれはいいパイプですよ〜。
見るからに美味そうなパイプです。
可愛がってあげてください。

220 :774mgさん:2006/09/07(木) 22:46:31 ID:/aTnkX9L
もう今日はパイプの掃除おしまい。
二度目の塩漬けをかけたけど一向に綺麗になる気がしない…。
厳しいわー。

>>213
えーと、今掃除してるのが古いYell-Boleなんですが、一つはステムにも黄色○の4桁(3008B)
もうひとつはステムに王冠とimperialのロゴの入った4桁(3167)ですた。
特に2つ目の方のロゴは見た事ないので結構古そうなヨカーンです。プロペラロゴよりも古い
ものなのでしょうかね?(しかし汚いしボウルトップがちょっと焦げてるのが心配)


※「オールドパイプ:ビフォー/アフター選手権」とか誰かやりませんか?(冗談)
レストア前とレストア後の写真を並べて「俺はこれだけ綺麗にした」というを競う争い(笑)




221 :774mgさん:2006/09/07(木) 22:53:06 ID:70Cl2i9a
Briar BluesのMikeさんより荷物が届きました―

Comoys Grand Slam Canada Patent #111 Liverpool (unsomoked)
Royal Falcon (made by comoy) #364 Bullcap (unsomoked)
Hardcastle Jack'O London #45 Dublin (unsomoked)
BBB Ultonia $401 Saddle Bull

みな素晴らしい愛らしいパイプばかりです。今回からBriar Bluesオリジナルの
パイプソックが各パイプに付属してましたw

んで今早速BBB Ultoniaに火を入れてるんですが、BBB、すんごくいいパイプですなコレ。
年代はおそらく1950年代だと思うのですが、とにかく最初に印象に残ったのがドローのスムーズさ。
ホイッスルするとかしないとかの問題じゃなく、ボウルからの吸気がよどみなくスムーズに流れているのが目で見えるよう(大げさか)。
味はComoyに結構似ている感じで、オーバートーンははっきりした甘味が支配しているのですが、その裏に非常に落ちついた、
苦味ばしった(実際に苦いわけではなく)コクのある煙草の味が流れる感じ。ドライネスとクールネスも際立っています。

露骨にイングリッシュミクスチャ向けのコンフィギュレーションでかなり好みかも。

マイナス点はステムで、悪くはないんですがDunhillやComoyと比べるとやや厚くて咥えにくいかな。
ダークで落ちついた味が好きな方、スムースなスモーキングエクスペリエンスを追い求める方にオススメです。

他の三本は、unsmokedのまま取っておきたいという欲望に打ち勝つことができたらまたレビューしまつw

222 :774mgさん:2006/09/07(木) 22:58:22 ID:9LDgKjU5
kaywoodie担当の私めは、実はparker担当であったりします。

parkerはなぜかdunhillの陰に隠れてかわいそうなパイプですが
実は喫味はおっとどっこいの素晴らしさがあります。もっと脚光を
浴びていいと思うんですけどね〜。なぜか人気がそれほどないん
です。おそらくその理由のひとつとしてとしてモデルによって出来、
不出来の差が激しいからではないでしょうか?。

例えば古いsuper bruyereはロゴをかくすと殆どdunhillと区別が付か
ないものがあるといいますけど、その他のモデルは初心者用のエントリー
モデルのようなものだったりします。またそれほどモデルも多くないのが
parkerの特徴ですね。ま、もともとがdunhillのセカンド・ラインから出発した
モデルなんで多いわけがないんですが。

喫味は何度か書きましたけどシステム・パイプでないのになぜか
フィルター付きの様に雑味が不思議にとれます。そのかわり出て
欲しいところの甘みや煙草感はドーンと出てきます。

もっとみんなでparkerに目を付けてあげましょう。

223 :774mgさん:2006/09/08(金) 00:22:08 ID:3udmrh+U
Comoy's担当です。

まだ吸ってないけどいちおうRoyal Falconのセカンドブランド・クオリティをチェック。
・フィニッシュはローコントラスト・ダークレッド。Comoy得意のハイコントラストステインではないが、まろやかで美しいステイン。
・ステムはハンドカット・バルカナイト。これはファーストと同じ一級品。素晴らしい出来。Slender Bite Mouthpiece。
・フィルターはなし。
・フィラー(パテ埋め)はかなり大きな2mmx4mmぐらいのがボウルに二個、シャンクに二個。フィラーはほとんど目立たない色。
・カット、フィットは一級品。エアストリーム、アラインも一級品。マウスピースのリップから容易にボウル底がのぞけます。

まだBriar Bluesに4本在庫しています。40ドルは激安というわけではないけど、
このぐらいの値段でパテ埋めがあってもいいから手ごろな美しいクラシックシェイプのいいパイプが欲しい、という方はドーゾー

224 :774mgさん:2006/09/08(金) 01:39:21 ID:3udmrh+U
Hardcastle逝ってみました。

このパイプはおそらくParker-Hardcastle吸収前の製品で、ジャコー・ロンドン(Jack O' London)は
当時の中級スムースグレード。
ステムがかなり厚いモールドなのを除けば、カット、シェイプ、エンジニアリング、フィニッシュと一級品の
パイプです。

気になる味のほうですが、徹底的に甘いパイプですな。甘くてやわらかでまろやかな味わい。
コクとか香り立ちはあまりないけれど、このまろやかな優しい甘さが十分一つのキャラクターに
なっている感じ。旨いです。この味がこのメーカーの特徴だとすると、かなりキャラ立ってますね。

Dunhillに買収されてParker-Hardcastleになる前と後の見分け方ですが、まだあまり資料が
集まっていません。Dunhillは自社の製品には皆MADE IN LONDON ENGLANDの刻印を
売っていたので、このパイプのようにBRITISH MADEの刻印はオリジナルファーム製だと思っていますが。

225 :774mgさん:2006/09/08(金) 07:43:12 ID:XA6/N4zL
>>222
parkerとdunhillは吸った感じ同じ様な味の傾向なのでしょうか?

226 :774mgさん:2006/09/08(金) 07:51:09 ID:dn8qequF
>224

おお、Hardcastle逝ってみましたか。

なんかよさげですね。自分が持っているのは恐らくparkerに
吸収された後のものだったんでしょう。全部でたしか3つくらい
あったはずですが、この3つで懲りました。これらは別にどうと
いうこともないエントリーモデルのパイプでしたね。カットは
さすがに腐ってもdunhill系列のparkerだけあってエッジが
立ってなかなか美しいんですが、全体的に安っぽいというか
木目なども特筆するようなところは何もありませんでしたね。

多分parkerと同じでモデル名と年代で差が出てきてしまうような
感じなのかなと想像します。

こういう情報は非常に有益ですね。最終的にはある程度のメーカー
でこのメーカーならこのモデルを買え、この年代の中のものが
できればお勧めなんてことがデータ化できるといいですね。

しかしJack O' Londonか・・・。名前がすでにカッコいいもんなw。


227 :774mgさん:2006/09/08(金) 08:08:56 ID:dn8qequF
>225

あのですね。実は古いダンヒルを試したのはこの前のオフ会が
初めてで、オフ会の状況はゴミゴミとしたところで雑談しながら
パイプを試すわけで、恐らく正確な判断は出来ないと思います。
でもSーFさんに試してみたいんでぜひお願いしたいと言って
たんで、このときはdunhillとparkerの違いを見つけるぞと意気
込んでいたので多少の違いはわかると思います。

まずdunhillの喫味ですが、あのときのことを思い出してみると
全体的に上品な感じがしましたね。parkerとは確かに違ったような
感じに思います。parkerは煙草の旨み甘みが出るところはよく
出るんですが、印象として非常に高いところと低いところ、つまり
雑味がでるところをカットしているような感じがします。フィルター
付きではないのに驚異的に煙草の雑味がなくなります。ところが
parkerはその点ナチュラルというか、そういうこともなく上から下まで
きれいに出るような感じもしますね。s−fさんも実際parkerを喫って
もらったら「非常にマイルドですね。」との言葉を頂きました。
あの状況下ではなかなか正確な判断を下すのは難しいんですが
この印象は確かに自分も同じ感想を持ちます。

あのときのdunhillはよくも悪くも(雑味もふくめた形で)素直という印象
でした。何も足さない何も引かない、そういう印象でした。美味いかどうか
というのはあの状況下では判断できません。それは恐らくs-fさんにとって
のparkerも同じでしょう。自分がdunhillをいくつか持っていてそれを試して
いれば問題ないんですけどね。サンマ数匹男の悲しさでいまだに果たせ
ないでいるわけですorz

でも同じ煙草を吸って喫煙途中で変えたとき同じ煙草、同じ傘下のメーカー
でもずいぶん違う味がするもんだなあと言う印象は持ったことは確かです。
誰か両方試したことがある人はいないかな?

228 :774mgさん:2006/09/08(金) 08:24:11 ID:XA6/N4zL
>>227
ありがとうございます。
それぞれ味が違うんですね。勉強になります。やはりキュアリングとかの違いなのでしょうか?

そういう話しを聞くとDunhillって欲しくなるよなー。
でもお高くて到底手が出ません。いつかはきっと、と思ってるんですが
安パイプに興味がいってるので相当先になりそうです。

229 :774mgさん:2006/09/08(金) 08:30:54 ID:dn8qequF
>220

ちょっと遅レスですが。

>ステムに王冠とimperialのロゴの入った4桁(3167)ですた。

恐らくそれはスタンウェルとkaywoodieが共同で作ったパイプでしょう。

冗談ですけどw。

そのロゴは見たことないですねえ。どういうロゴなんだろうなあ。実物を
見てみたいです。

ところで現在レストアをまっているパイプでやはりプロペラ・ロゴ(笑)の
yello-boleでシェィプ・ナンバー無しの通常テノンがあるんですよ。>197
でも書いてありましたが、シェイプナンバー無しの通常テノンのモデルの
喫味はdunhillとsasieniに匹敵すると書いてありました。kaywoodieの
年代判別法をそのままyello-boleに当てはめるのは少々疑問があるところ
ですが、もしそれが出来るなら多分このパイプは非常にお買い得だったかも
しれません。

yello-boleはほんとにお買い得ですね。多少木目が良くないという程度で
kaywoodieと同じブライヤー(つまり100年越えというもの)で作ってある
わけですから。喫味は悪いはずがありません。おまけに強力に安い。
以前黄色ステムに4ケタロゴのもので校長先生のところのサイトにも
出てたものとほぼ同じものが約$10で入手できましたし。

でも悲しいかなkaywoodieと違ってデータが殆どないんですよね。自分の
感覚ではkaywoodieの年代判別方法に準じるところがあるかなと思って
いるんですが、なにせ殆どデータがないんでねえ。

ちなみに余談ですがなぜyello-boleの名前の由来ですがkaywoodieの
パイプと違ってボウル内を蜂蜜でコートしているらしいです。その見た目
からyello-boleとなっているようです。

230 :774mgさん:2006/09/08(金) 08:33:35 ID:dn8qequF
>228

確かにキュアリングの違いはあるかもしれません。

たしかdunhillはオイル・キュアリングでparkerはエアー・キュアリング
の違いがあるということでしたね。

231 :774mgさん:2006/09/08(金) 08:36:13 ID:dn8qequF
>227

あ、訂正します

>付きではないのに驚異的に煙草の雑味がなくなります。ところが
>parkerはその点ナチュラルというか、そういうこともなく上から下まで
>きれいに出るような感じもしますね。

ではなく・・・

>付きではないのに驚異的に煙草の雑味がなくなります。ところが
>dunhillはその点ナチュラルというか、そういうこともなく上から下まで
>きれいに出るような感じもしますね。

232 :774mgさん:2006/09/08(金) 08:43:16 ID:dn8qequF
>229

うーん俺は焦りすぎか?訂正します。

>>197 でも書いてありましたが、シェイプナンバー無しの
>通常テノンのモデルの喫味はdunhillとsasieniに匹敵すると
>書いてありました。

これを・・・

>197のサイトでも書いてありましたが、kaywoodieのシェイプナンバー無し
>の通常テノンのモデルの喫味はdunhillとsasieniに匹敵すると書いてありました。

でよろしくです。

ちなみに今日はお仕事お休みなんでうだうだパイプを吸いながらレストアに
精を出すつもりです。

233 :774mgさん:2006/09/08(金) 09:52:29 ID:dn8qequF
今久しぶりにこの前三尼買ったんでこの前のフルベントkaywoodieで
試してます。

あれえ?こんな煙草だったけ?

ガンガンに甘くてなおかつスパイシーで上品で非常に美味いですよ。
ぺリクがはいると若干明るさが増すというかVAだけのブレンドより
べた付き感がなくなり、からっとした味わいになるんですが、その特徴
もよく出てますね。

>173でもやっぱりVA+ぺリクだったし日頃自分がのんでいる煙草の
LNFもやっぱりVA+ぺリク、今回の三尼もやっぱりVA+ぺリク。
もしかしたらkaywoodieってVA+ぺリクと抜群の相性を見せるパイプ
なのかもしれませんな。少なくても今回の三尼は今までの三尼
イメージから完全に別物でしたね。当然美味いほうに変わったわけ
ですが。だいたいこんなに甘い煙草だったっけ?

恐らく今日の天候が初秋の空で気温もやや低めということも影響している
のかもしれませんけど。おかげで嘘っ?!ってほどジュースが出るわけ
ですがw。ドライでクール。鳥の声を聞きながらの三尼は非常に贅沢です。

234 :774mgさん:2006/09/08(金) 09:53:15 ID:dn8qequF
あ、いけね。あげちゃった。

すんまそーん m(_ _)m

235 :774mgさん:2006/09/08(金) 10:51:07 ID:MXr53zpv
>>226
Hardcastleはオリジナルファーム限定なのかもしれませんが、かなりいいですね。
カットは吸収後はエッジが立っているとのことでしたが、自分のはややボウルトップ
のエッジなどが柔らかく、このへんも違うのかな、と。
特徴的だったのは火皿保護剤で、ざらついた独特の保護剤がインナーリムまで
塗布されていました。上でも書きましたがとにかくまろやかな味で、自分の持っている
パイプの中でもマイルドさはピカイチです。ちょっと興味がわいてきたので
Original Hardcastleについて今後いろいろ調べてみようかと思います。
ちなみにジャコー・ロンドン(Jack O' London)のグレード名は、以前は独立した
メーカーで、オリジナルHardcastleに吸収されたブランドの名前と同じです。
当時Hardcastleは元Jack O' Londonの工場(後年Dunhillに吸収される工場)で
パイプを製作していたとのことです。工場名を取ったのかいにしえの消えたブランド名
を取ったのかはわかりませんが。


>>233
そのレビュー、自分がDrinkless Thornで吸ったdunbarの印象と非常に近いですね。
4digit woodieとVA+Periqueの相性は最高なのかも?

236 :774mgさん:2006/09/08(金) 10:52:33 ID:zJv4cMxl
コーチョー先生のサイトあっぷしとるで。

237 :774mgさん:2006/09/08(金) 11:02:41 ID:MXr53zpv
>>236
アリガd。
Bertram'sのパネルカッコイイですな。
このメーカーには前から興味があったんだけどebayでもほとんど出てきませんね。

238 :774mgさん:2006/09/08(金) 11:11:36 ID:zJv4cMxl
うん、出てこん。前にfinepipesで見かけたりもしたが。何故がパネルばかり見る気がするバートラム。
好みのシェイプが出たらほすいな。なんて思ってると何時までたっても手に入らん。

239 :774mgさん:2006/09/08(金) 13:34:01 ID:dn8qequF
校長先生のサイトでkaywoodieもアップされとりますな。
1930年代の4ケタthornとブルですが。後者の方はびっくり
のブルでしたね。

初期型のdrinklessでしょうけど(恐らく1928〜1931年製)
こんなものもあったんだという資料的な価値もでかいですね。
多分これなんかは後年なんでも鑑定団のようなところで
鑑定されると結構価値が付くんじゃないかなあ。年代も
古いですしね。

校長先生は正直kaywoodie飽きたとのことですが、もともとが
ドラッグストア・パイプですから、いくら喫味が良くても見た目が
それほどでもないし、実用一点張りみたいなんで飽きが来る
要素があるんでしょうねえ。

ほんとにいい意味でも悪い意味でもアメリカン・パイプという
気がしますね。

校長先生がkaywoodieから撤退というのはちょっと残念ですが。



240 :774mgさん:2006/09/08(金) 15:47:01 ID:d3ESwhdf
Comoy Grand Slam #157Barrel到着〜
いやー覚悟はしていたけどハードなコンディションでしたw

とりあえず塩抱かせた後チャンバー内をリーミング
焦げがあったのでそれも一緒に削り落としてペーパーがけしたら
一部ボウル壁が薄くなったもののなんとか満足のいく状態になりました。
ステムの変色はかなり強烈で完全には戻せませんでしたがシェイプの保持を優先ってことで。
一番きつかったのがGrand Slamシステム特有の煙道の空洞。
当然のようにアルミフィルターは無く、その広い空間に分厚いヤニの層がべったりと…
竹串とモール大量消費してなんとか綺麗にしました。
掃除だけで時間切れになってしまったので喫煙は明日。楽しみだー!

どうも以前の所有者は扱いに気を遣わない人だったらしく
シャンクに極小の欠けがあるほか、ボウルトップにはかなり深いノックマークがついてます。
ただ、さすがというかサンドビットや埋めは皆無。
グレインは普通ですが小振りで愛嬌のあるシェイプです。
COMOY'S はヒゲなし書体で、生産地表記は円形スタンプの下に"ENGLAND"
なのでYOBの判別法に倣うと1950年代初期・中期〜1960年代中期かと思いますが
COMOY'S の"C"がほかの文字と同じサイズなのが珍しいかも?

241 :774mgさん:2006/09/08(金) 16:52:21 ID:XA6/N4zL
>>229
Yello-Boleのフィルターですが、多分外れると思います。ネジ式なんですね。これ。
例の校長先生のところにあるのとほぼ同じ形状(ステム側にアルミの補強あり)ですので。

ただ、「思います」ってのはもうヤニで完全に固着してしまってるので
ちょっと位ねじってもうんともすんとも言わないのです…(あるある)
ヤニで固着したフィルターはどうやって緩めるんでしょうかね?

とりあえず塩漬け×2をしてボウル内を掃除、煙道も掃除して表面磨いてはいおしまい。
片方はやけにステムがきついし片方はやけに緩いのでしばらく放置しておきます。

ただ状態があまりよろしくなくて、ボウルトップが焦げてたり、表面に細かい傷が多かったり
歴戦を勝ち残ってきたパイプ、という感じが致します。はい。

Yello-BoleのDatingについては夜にでも少し書いてみます。
分かってる限りの事ですので不明点もおおいんですが。

242 :774mgさん:2006/09/08(金) 17:32:23 ID:MXr53zpv
>>240
乙〜
フィルターなしのGrand Slamがハードに使用されると確かに煙道の中は大変な
ことになりそうですな。乙デスタ。

ステインの具合やスタンプからはおそらく60年代のものと思われますが、
実はComoyのP.O.S等のスタンプは言うほどアテにはならないそうです。
自分もCanada Patent付きなのにMADE IN LONDON ENGLANDのGSを持っていますし。
一番確実なのはカタログやプライスリストでの記述と、パテントナンバーとその
有効期限を逆算してのdatingですが、Pat. NoなしGrand Slamのdatingは少々厳しい
ものがあります。(とはいえGrand SlamはCadogan買収以前にラインからドロップして
Mk-2となっているので安心といえば安心ですが)スタンプによるdatingは目安程度と
考えておくと精神衛生上良いと思いますw

自分も先日届いたRoyalをサイトにアップしておきますた〜。

243 :774mgさん:2006/09/08(金) 18:34:11 ID:dn8qequF
>241

>Yello-BoleのDatingについては夜にでも少し書いてみます。
>分かってる限りの事ですので不明点もおおいんですが。

おわーありがたい。データが少ないんで困っていたところ
なんですよね。よろしくです。

244 :774mgさん:2006/09/08(金) 23:47:44 ID:XA6/N4zL
Yello-BoleのDatingについてです。
概ね確認出来た事を先にまとめます。未確認情報は後で
追記しておきます。

Yello-Boleは1932年頃からKaywoodieのセカンドラインとして
立ち上げられます。年が経つにつれてその傾向は強くなるようです。

1930年代からのグレードは主に以下の4種類です。
Premier
Imperial
Standard
Carburetor(1936年から)

1932年からYello-Circleロゴが採用されたとされてます。
それ以前はプロペラロゴというのが使われていた時期があります。

またKBBクローバーロゴは1950年頃まで使われてます。これが
Kaywoodieと大きく違う点です。なのでebayで「KBB Yello-Bole」と
書かれていても戦前のものとは限りません。気をつけましょう。

戦前のもので一番判別の材料になりそうなのは"CURED WITH REAL HONEY"
の文字です。この表記があるのは1938年頃までだそうです。
*Yello-Boleのパイプはブレークインがしやすい様にボウルの中に
蜂蜜が塗られており、その手法は"HoneyCure"と呼ばれております。
たまにボウルの底に砂糖水を塗るとか蜂蜜を塗るという話しを聞きますが
実際に企業に採用されていた手法だったんですね。

40年代以降はほぼKaywoodieのセカンドラインとして機能してるみたいです。
(正直よく調べてないのでわかりません。)

245 :774mgさん:2006/09/08(金) 23:49:12 ID:XA6/N4zL
以下は未確認情報です。先の情報に比べると曖昧で精度に欠けるので
参考程度に読んでみて下さい。何かのヒントになればと思います。


Kaywoodieの4桁ナンバーは、年代ごとにこの様な違いが
あるそうです。

1930-33年:シャンク裏に"Aged Briar"の表記
1934年:シャンク裏に"Grecian Briar"の表記
1935-36年:シャンク裏に"ALGERIAN BRIAR"の表記
1937年:シャンク裏に”Imported Briar"の表記

自分が今持ってるYello-Boleの裏にはそれぞれ"VIRGIN BRUYERE"
"REAL BRUYERE"と書かれております。
KaywoodieとYello-Boleは同じラインのものを使っており、
したがってスタンプも同じではないかと推測が出来ます。

"VIRGIN BRUYERE"の方が例の王冠ロゴなのでこちらの方が古いと
仮定すると、1930年代始めのものには"VIRGIN BRUYERE"の表記があり、
31-33年のどこかに"REAL BRUYERE"の表記が入るのでは、と推測が
出来ます。


※ただ、そうなってくると疑問なのはYello-Boleなのに1932年以前の
製品が存在する、という事に…。
仮定が間違ってるのか。それとも1932年以前にYello-Boleは存在するのか。
多分このDatingに乗ってこない「セカンドラインではないYello-Bole」
ってのが1932年以前にあったんじゃないかなー、と自分は思ってるんですが。

patentの内容とか調べてみるとヒントがつかめるのかもしれません。
HoneyCureなのかショベルタイプのフィルターがパテントだったのかは
分からないのですが。

という事で書きっぱなしで一度締めます。失礼致しました。


246 :774mgさん:2006/09/09(土) 00:02:16 ID:0TdGi4hK
>>244-245
詳細なdatingガイド、おつかれさまです。
自分はyellow boleは全然わからないのですが、パテントは番号さえ分かれば以下のページ
http://patft.uspto.gov/netahtml/PTO/search-adv.htm
で検索できますよ。
select yearsのプルダウンを"1790to present"にして、Queryの欄に検索内容を書いてserchで
ヒットしたものがリストされます。書式はパテントナンバーで検索するなら
PN/123456
のように書きます。そのほか、考案者の名前(IN)や出願年月日(APD)などでも検索できます。
ちなみにこの当時のアメリカの特許は、出願日(許諾日ではないことに注意)から17年間有効です。

ちなみに↑のデータベースは古いパテントだとデータがOCRでコンピュータテキスト化されていないので(画像のみ)
閲覧にはQuick Timeがブラウザのプラグインとしてインストールされている必要がアリマス

247 :774mgさん:2006/09/09(土) 08:36:33 ID:M2MRPPcd
>244-245

どうもお疲れ様です。大変勉強になりました。

>KaywoodieとYello-Boleは同じラインのものを使っており、
>したがってスタンプも同じではないかと推測が出来ます。

自分もそう思います。シェイプナンバーも確かkaywoodieに
準拠していたと思います。

あとどこのメーカーでもそうなんですけどDatingの情報に
差があって混乱の元になっていることがありますね。特に
kaywoodieは情報はあっても不確かなことが多くて判断に
迷うことがあります。

例えば4ケタwoodieについてですが、自分の情報では1936年
以前と確認しています。またこれは実際の1936年のカタログには
2桁記載になっています。しかし手元にある現在レストア待ちの
4ケタ物の#5169がありますが、Imported Briarとの記載があります。
これは1937年とのことですが、そうなると情報に食い違いがあります。

また自分の情報では1931〜1930年代中頃までは例のフィルター付きの
物しか作られていなかったといいます。ところが今吸っている通常テノン
のsupergrainですがナンバーが5186bというナンバーで>197で紹介
されているサイトの情報では4ケタの51〜は1931-1938製だといいます。
ところがこの頃は通常テノンは作られていなかったはずなんです。
実際カタログでも通常テノンを持つモデルは発表されていないんですが。

そのほかクローバーの位置なども実は出回っている情報は結構
不確かです。もしかするとこの4桁、3桁のナンバーも実は結構
曖昧なんじゃないかと思っています。

おそらくyello-boleも同じことでしょう。kaywoodieでもこの有様なんです
から、そのセカンド・ラインであるyello-boleもむべなるかなといったところ
でしょう。恐らくkaywoodie系列のDatingは戦前、戦後であるとか1936年
前後くらいの精度しかないんじゃないかと思いますね。

自分の中で現在、結論らしきものは特定の情報のみを準拠せずにロゴの
位置やナンバーの桁数、フィルターの穴の数、フィルターの刻印の有り無し
またそれ以外の上記のような情報から総合的に判断して、それでも1936年
前後という曖昧なところに決着するのではないかと思っています。恐らくそれ
でも他のメーカーのようにDatingは不可能といわれているところから比べると
ずいぶんマシなんじゃないかと思いますね。

248 :774mgさん:2006/09/09(土) 09:05:13 ID:fRdT6oOX
そうですね。
私は基本的に197にあるサイトでの情報で見ていましたが、
ebayなどで色々ブツを見ているとオヤ?と云う物が幾つかありました。

2桁ナンバーはイコール39年以降という事さえ言いきれない?
20年代の2桁もあるが、それは37年のカタログで見るナンバーと一致しない?





249 :774mgさん:2006/09/09(土) 14:22:02 ID:TpcPodaS
>>247
そうです。書き忘れましたがシェイプナンバーはKaywoodieと同じものが
使用されてます。

また4桁→2桁に切り替わるのは1938年の筈です。Flame Grainが導入されると同時に
2桁に切り替わったので、4桁のFlame Grainは存在しない、という事らしいです。
(ただその後1940年〜41年頃まで一部4桁が使用されているらしいんですよねww)
なのでお持ちのパイプは1937年辺りでは?と思います。

31年以前のDatingについては、例外も多く存在するし確定されてない、というのが
正直なところなのでしょう。恐らく1931年以前にSuper Grainは存在したのでしょう。

他にも4桁の"31"で始まるものは1920年代末のRelief Grainらしいんですが、Relief Grainの
項目を見ると、この件については全く触れられてません。
なのでこの辺は「現在ある情報よりも手元のパイプを信じる」べきではないか、と思います。

>>248
2桁ナンバーは上の通り38年以降になると思います。
もしも20年代の2桁ナンバーでしたらKBBクローバーロゴが入ってると思われます。
(KBBクローバーは1936年で使われなくなる。)

この様に複数の情報を総合的に判断していけば、古いか新しいかはある程度判別がつくのでは
と思ってます。

250 :774mgさん:2006/09/09(土) 14:52:13 ID:t/tWb3HB
しかし、そう考えるとdunhillのyear codeっていうのは不思議ですね。
alfred自身が考案したものか、スタッフが考案したものかは分かりませんが
「製作年代を特定する」という意味ではこれ程明確な記号は無いのですから・・・。
それが、現在でも「collectible」な価値の源にもなっているのでしょう。
パイプ本体の魅力もさることながら、この「製作年代が特定できる」というのは
大きなアドバンテージであると思われます。
ウ〜ン、商売、上手いな〜、dunhill。




251 :774mgさん:2006/09/09(土) 15:05:16 ID:t/tWb3HB
逆に何故、他のメーカーはこうした仕組みをつくらなかったんでしょうね。
ブライヤー・パイプが50年先、100年先にまで現役で働いている、もしくは
コレクティングされる、とは想像もしなかったのでしょうか。


252 :774mgさん:2006/09/09(土) 15:39:06 ID:0TdGi4hK
Dunhillのyear codeはコレクターのために採用されたものではありません。

Dunhillは、ボウルのクラックなどの破損に対して1年の保証期間を設定していました。(期間内一回限り)
不具合が起こると交換で対応され、交換されたことを示すスタンプを刻印されて顧客に渡されたそうです。
つまり、あのyear codeはパイプが保証期間内にあるかどうか、お店が判断するために打たれていたわけです。

当時Charatanなどの他のメーカーは、保証期間を設定せず、自社のパイプで不具合が出た場合年数に関係なく
保証サービスを行なっていたそうですから、これは当時のDunhillのプアなギャランティー・システムの歴とした
証拠となってしまっております(笑)

253 :774mgさん:2006/09/09(土) 15:43:43 ID:0TdGi4hK
Dunhillのyear codeは製作された年代を示すためのものではなく、保証期間がスタートしたことを
示すためのものだったわけですから、製作され刻印を打たれた後、何らかの理由でファクトリーに留め置かれたり、
店から戻ってきたパイプなどは、再出荷される前に出荷時の年度を示す刻印を再スタンプされました。

これがyear codeを複数持つDunhillが存在する理由です。
最初のものが製作年度、以降のものが出荷年度というわけです。

254 :774mgさん:2006/09/09(土) 16:06:43 ID:t/tWb3HB
なるほどyear codeは保障の為にあったのですね〜。
(不勉強でした!)
といっても、それが「製作年代」と「無関係に存在」したわけではありませんね。
コレクションの助けになるように採用されたわけではないとしても、それを現在の
コレクターが利用していることには変わりはありません。



255 :774mgさん:2006/09/09(土) 16:29:01 ID:M2MRPPcd
ややこしいですよね。ほんと・・・。

>20年代の2桁

なんかあるらしいですね・・・。まったく何を信じればよいのやら・・・。

>また4桁→2桁に切り替わるのは1938年の筈です。Flame Grainが導入されると同時に
>2桁に切り替わったので、4桁のFlame Grainは存在しない、という事らしいです。

自分の情報ではFlameGrainの導入は1937年ですね。これのソースはクリスの
サイトでみた広告です。

一年違いぐらいと思うかもしれませんが結構こういう細かいところがあやふやなんで
結構???と思うことがありますよね。また>248さんも指摘してますが20年代の2桁
も存在するらしいんですよね。

>1920年代末のRelief Grain

自分の情報では1920年代にRelief Grainが存在するというのはそもそも???なんです。
というのは1920年代ではまだラインが完全に確立されているわけではなくて、広告でも
まだstandardのdrinklessかsuper grainぐらいしかなく、シェル仕上げはあるにはあるんです
がそれは各ラインの仕上げでThornというのがあって、それがシェルの役割をになってました。
正式にRelief Grainが広告に登場するのはずっと戦後になってから1947年のことです。
これもソースはクリスのページの広告からです。ちなみに$7.50でした。

例のサイトの情報とkaywoodieの広告とクリスのページの情報と微妙に差異がありますね。

>KBBクローバーは1936年で使われなくなる

今手元にRock Amberaという例のKBB入りロゴありのスティンガー付きパイプがあります。
シェイプナンバーは#7603です。

ところがこれが発売されたのが1931-1938年ということになっています。
これはこの前紹介されたサイトでの情報です。ということは38年までは
現時点ではKBBクローバーが確認できるということなんだと思います。

おそらくこれはかく出自のみの情報を判断するのではなく各情報を総合的に
判断していかなければならないと思います。自分はまず手持ちのパイプを
第一に証拠として考え、その後にkaywoodieの広告を中心に、そのあとに
各サイトでの情報で考えるべきだと思います。それでも上下2,3年の違いは
あるんじゃないですかね。

現在はそんな感じですね・・・。

256 :774mgさん:2006/09/09(土) 16:29:24 ID:0TdGi4hK
やはりメーカーというものは、その時その時で、いかにお客を満足させることのできる製品を作れるか、
以下に質を高めるかというところに注力するわけで、まさか今作っているパイプが50年先にビンテージ物として
売買されたりするかなんてことは考えないのだと思います。

この辺はパイプに限ったことではなく、他のビンテージコレクションの対象になるアイテムでも同じでしょうね。
ジーンズとかアロハシャツ、ライター、時計etc etc...
年代特定がハッキリと可能なブランドというのはそう多くはないと思います。
そういう意味でやはりDunhillというのは面白いですね。

逆にパイプコレクションという趣味が確立した現代においては、明らかにビンテージコレクションとなった場合の
自分のパイプのdatingを意識した作家もいますね。
Dunhill風year codeをブランドスタート時から採用していたBill Ashton Taylorのブランド、Ashtonがその典型だと思います。

257 :774mgさん:2006/09/09(土) 16:50:59 ID:t/tWb3HB
まあ、Ashtonの場合は典型的な「ダンヒル・スクール」ですから・・・。
オイル・キュアリングを始めとして、一つの「ビジネス・モデル」として
dunhillを観察しているところはありますね。


258 :774mgさん:2006/09/09(土) 18:51:12 ID:0TdGi4hK
初心者スレの>>469さんに
http://www.vintagebriars.com/catalog/item/3466776/3312836.htm
このあたりを禿しく薦めたい俺がイル

259 :774mgさん:2006/09/09(土) 19:01:34 ID:t/tWb3HB
ウン、いいね、これ。
パイプ用の袋もついてるのね。
イイワ〜!

260 :774mgさん:2006/09/09(土) 19:54:57 ID:M2MRPPcd
今日はkaywoodieはお休みしてレストアが同じくたまっている
parkerを試しています。

ブツはやはりSuperBruyereの#120、ストレートのプリンスに
近いものです。大きさは@と書いてあるんで一番小さなもんだと
思います。これはレディースパイプのようにステムが長く特に
繊細なシェイプになっています。比較的parkerでは珍しい種類
ではないかと思います。

さてレストアして試喫ですが・・・。煙草は三尼です。

とりあえずステムが長いんでクールでドライにはなりますね。
でもやっぱりあんまりボウルが小さいと煙草が辛くなるし
なんか煙草の焦げた匂いが・・・。慎重に吸っているんで
ボウルはあんまり熱くはないんですけど・・・。

うーんこれほど三尼の良さが出ないのも珍しいですね。
この前のフルベント4ケタwoodieが良すぎたのかもしれま
せんが、それでもトホホといいたくなるような喫味。
kaywoodieにも同じようなサイズ同じようなサイズのものが
ありませんがここまでは酷くないですね。形は非常に
良いんですけどねえ・・・。

個人的に三尼は難しい煙草だと思っています。パイプを
選ぶところがあるんじゃないかと。三尼だけで評価を決める
のは問題があるかもしれませんが、parkerのSuperBruyere
で今まで外れたことがないのでちょっとガッカリですね。

261 :774mgさん:2006/09/09(土) 21:35:44 ID:TpcPodaS
>>255
> 自分の情報ではFlameGrainの導入は1937年ですね。これのソースはクリスの
> サイトでみた広告です。

すんません。調べてみたところ1937年でした。>Flame Grain
お詫びして訂正致します。

あと、1920年代のRelief Grainについては、もう少し時間を下さい。
また追ってレポ致します。

20年代の2桁については、1926年にKB&BがReiss-Premier Pipe Companyに買収された際に
2年間程使用されたものみたいです。
その後シェイプ等の拡大の為に4桁ナンバーが使用されたとの事なのですが。

なーんかまとめて書いていたらこんがらがってきました…。
難しいですね。本当に。

※ひとつ質問なのですがプロペラロゴのY-BはPremierグレードですか?それともImperialグレードですか?


262 :774mgさん:2006/09/09(土) 22:11:00 ID:M2MRPPcd
>ひとつ質問なのですがプロペラロゴのY-BはPremierグレードですか?
>それともImperialグレードですか?

いや正直Y-Bは殆どお手上げです。個人的には直感的にプロペラ・ロゴは
後年まで使われている気がしたんで、1950年くらいまであってもおかしくない
と思いました。でもそのグレードになるとほんと???ですね。

多分サイトを作っている人たちも確信は持ってないんじゃないかな?
と思います。ちなみに自分の情報の殆どはkaywoodieの広告とクリスの
ページにあるCOLLECTOR'S GUIDE TO KAYWOODIE PIPESをもとに
しています。あとはS.M. Frankのサイトに書いてあるkaywoodieの歴史
ですかね?

>261さんは結構自分と違う情報をおもちですけど、ソースはどこを
もとにしていますか?

COLLECTOR'S GUIDE TO KAYWOODIE PIPESの著者ロバート・W・
ストークス博士はkaywoodieは情報に混乱が見られ判断するのが
非常に難しいと書いています。個人的な感想でいえば戦前、戦後
くらいまでの判断はできますけど、このパイプは何年製だとはいえ
ないんじゃないかと思います。

ところで・・・

先ほどのparkerには懲りたんで、もうひとつレストアを済ましたyello-bole
のモデル名、シェイプ・ナンバーなし、通常テノンの小さいロバットを三尼で
試していますが。んーやっぱり美味い・・・。ちなみに指摘のあったCURED
WITH REAL HONEYの文字入りです。ということは恐らく戦前は確定で、
あとは細かい年代判定ですが、Y-Bの年代判定は情報が少なくて難しい
んですけど、シェイプナンバーとモデル名がないんで、もしかすると
想像以上に古いものかもしれませんね。

263 :774mgさん:2006/09/09(土) 22:37:07 ID:M2MRPPcd
先ほどちょっと気になったのでgrayfoxonline.comのモデル名
検索でRELIEF GRAINの年代を調べたんですが。やはり
ここでの情報でも1947から現在までということになっています。

以前書きましたけど戦前のシェル仕上げはTHORNという扱いで
あるにはあったんですけど、それはモデル名というよりdrinkless
の仕上げの違いというか1938年の広告にwalnat、suntanと共に
thornが載っているんですよね。このころはサンドブラストという
ことで製品になるものはまだなかったんじゃないかと思います。

ちなみにこのころのサンドブラストはなかなか深く処理されていて
dunhillを彷彿とさせるものがありますよね。kaywoodieのシェルは
現在でも魅力的な外観を誇ると思います。

喫味は別ですけどね。

264 :774mgさん:2006/09/09(土) 22:44:12 ID:t/tWb3HB
おっ、それではシェル好きな私にはコタエられませんな、と言って見るテスト。

265 :774mgさん:2006/09/09(土) 22:50:49 ID:M2MRPPcd
>264

こたえられないとおもいますよ。現在の仕上げはリング・グレイン中心
の仕上げですが。あて方がきついのか骨皮のみのギスギスした外観に
なっています。シェイプは太目が好きですけど、シェル好きでもあるんで
シェルの美しさには敏感なんですね。

やっぱり深くあてるほどシェルはいいですな。ブルなんかであまりにも
あてすぎて、外観が掘り立てのジャガイモみたいになっているのが
ありますけど、あれも味があっていいよなあ。


266 :774mgさん:2006/09/09(土) 22:55:01 ID:t/tWb3HB
そうですか〜!
少し注意して見てみることにします>kaywoodie。

267 :774mgさん:2006/09/10(日) 08:15:51 ID:hA7dYKpH
COMOY'S MONOGRAM MADE IN LONDON ENGLAND 1002届きました。
シェイプはサドルのビリアードで思ってた以上に小振り。全長も12cmちょっと
しかない。でもチャンバー径は1.8cmぐらい。しかし、きれいなパイプです。
ボウルの前方から後方やや上部に向かって鮮やかなコントラストでグレイン
が走ってます。
薄くカーボンが付いてましたが、きれいにクリーニングされており匂いも
しないので、ERINMORE FLAKEで一服。大きさからちょっと辛めになるかなぁ
と思いながら火を着けましたが、なかなかどうして、美味いパイプじゃない
ですか。全長が短い事もあって、ボウルから立ち上るタバコの香りを同時に
楽しめるのも良いですね。
この前入手した棒ロゴのものより大分若いパイプだと思いますが、喫味は断
然こちらの方が上です。私は7DaysSetみたいなきっちりしたローテは組んで
ませんが、少なくとも週1では喫いたくなる事でしょう。
このMONOGRAMってあまり見かけませんが、どう言ったモデルだったんでしょ
う?大きさから言って、当時の淑女向けモデルだったんでしょうかねぇ。。。

そうそうHardcastle、”まろやかな優しい甘さ”って言うの私のつぼっぽい
なぁ。これまでチェックした事なかったけど、ちょっと探してみようかな。

268 :774mgさん:2006/09/10(日) 09:56:11 ID:FV/OMG7r
parker担当の私が来ましたよ。

>Hardcastle

>235でも指摘されてましたがもしかするとHardcastleはオリジナル
ファーム限定かもしれません。これほど>224さんと評価が分かれるのも
珍しいんですが、それほど入手したHardcastleに感心するものがなかった
もんで。

実は今レストア待ちのパイプの一本にHardcastleがあるんですがこれも
全体的に(見た目が)安っぽくてあんまり気が進まなくて後回しになって
しまっています。ライン名はspecial de luxと凄いんですがね。なにが
スペシャルで何がデラックスなんだかと思ってしまいます。もしかすると
喫うと驚天動地の一本なのかも知れませんが、そこまでに至らないのが
悲しい。

閑話休題・・・

そんなわけで現在筆記体になってからのparkerのブリュイエールを
レストアしています。一応これは現在でもあるライン名でparkerの中
では最高ランクに位置するラインです。さすがに埋めはありませんが
元の持ち主がつけたらしき小さな傷は数箇所あります。あんまり期待は
してないんですが、なかなかカッコのいいローディーだったので購入
しました。さてどうなるか・・・。試喫レポは後ほど。

269 :774mgさん:2006/09/10(日) 11:30:19 ID:FV/OMG7r
>parkerのブリュイエール

うーん・・・甘みはそれなりに出てくるけど、やっぱりブライヤー
の質が良くないなあ。樹脂の匂いがしてくる。まあマシなほうだとは
思うけど・・・。kaywoodieや昔のparkerを味わった口では全然物足り
ないなあ。

やっぱり筆記体のparkerでは喫味の特徴まで違いますね。昔のSuoer
Bruyereだと樹脂の匂いはもちろん皆無だし、フィルター無しでも雑味が
取れるんで激ウマなんだけど、最近のparkerはよく言えばdunhillに
近い感じで、わりに上から下まできれいに出る感じはするけど、昔の
pipeが持っていた良さは皆無だな。まったく別物といってもいい感じ。

ルームノートまで別物で、あんなに甘く芳しい香りがした煙が
所謂煙草の煙になってしまっている。特別いい香りとも思わない。
臭くはないけど。ルームノートでもこれ程違うんだから吸って違う
のは当然かも。

50年代以降のブライヤーは基本的に何らかのキュアリングを施さないと
駄目なんじゃないかな?という気までしてくる。

ほんとに知ることは甘美な罪だと思う。昔はこの程度のパイプでも
美味いといって大喜びだったかもしれないけど、今じゃ全然納得できない。
ますます古パイプばかり選ぶことになるな・・・。

270 :774mgさん:2006/09/10(日) 13:54:26 ID:UVkycpve
>>267
Comoy's担当です。到着オメー

Monogramは60年代に導入された、レディース・パイプも兼ねたフェザーウェイトパイプのグレードです。
シェイプもfeatherweightシェイプとして専用のものが用意されていました。
今回はお気にいられたみたいでよかったです。個人的には古い(50年代以前?)のComoyは
それ以降のものより抑制的な喫味を持っている感じがするので、吸われているような着香系だと
マイナスに働いてしまっていたのかもしれませんね。Comoy'sに関しては味の好みによっては
何がなんでも古いものがいいというわけではないという好例かもしれません。

Hardcastleに関してはかなり情報が乏しく、正直お手上げ状態です。これはもうサンプルを
沢山試してこのスレで結論を出すしかないかもしれませんw

ちょっと気がついた点ですが、自分の持っているJack O'Londonはシェイプがいわゆるダンヒル・スクールの、
あのシャープでスラリとしていて男性的な特有の味というものが全くなく、いわゆるただのストレート・ダブリン
なのですがかなりコロっとした感じで、可愛らしい風格を持っています。リチャード・ハッカーが古いドラッグ
ストアの在庫からごっそり見つけ出した50年代Regencyの写真を見たことがあるんですが、その一連のシェイプも
みな一様に、Dunhill的な味わいからはずいぶんかけ離れていました。

Hardcastleは1947年にDunhillによって半買収状態になりますが、まだ当時はオリジナル・ファームでの
操業が続けられていました。そして1967年に完全に買収され、Parker-HardcastleとしてParker、Mastaと
合併されることになります。自分のパイプは1947〜1967年の、戦後吸収前の時代のものではないかと
考えています。

一応ebayとかでモノをチェックしているのですが、1967年以前の目星としてアヤシイと考えている点を列挙します。
ただしあくまで想像と勘にしたがってのものですので、正当性は全く保証できません。
・胴がすぼまった感じのHで、Hだけが大きく、アーチ状のHardcastleロゴ(後年はオールゴシックで大きさが全て同じ?)
・BRITISH MADEの刻印
・グリーンのストライプが二本縦に入ったブラックの箱(Hacker曰く、50年代にアメリカで非常によく見られたとのこと)

ちなみにモデル名・ライン名によるdatingは不可能かもしれません。1965年のプライスリストにある、たとえば自分の
Jack O;'Londonも、吸収後の1975年にもラインナップされています。また、現ParkerのJocky Clubは元はオリジナル・
Hardcastleのライン名でした。このように吸収後にはParkerとの間でかなりの融合があったと思われます。

271 :774mgさん:2006/09/10(日) 14:08:53 ID:UVkycpve
HARDCASTLE'S
BRITISH MADE
JACK O' LONDON
45

・胴がすぼまった感じのHで、Hだけが大きく、アーチ状のHardcastle'sロゴ
は、Hの右下から右端のsの下までラインが伸びております。

http://invalide.client.jp/pipe/pics/miscpic/jol1.jpg
http://invalide.client.jp/pipe/pics/miscpic/jol2.jpg

ご覧の通りボウルの肉厚がかなり厚いのですが、そのわりに軽量なのも特筆に価します。

272 :774mgさん:2006/09/10(日) 14:49:12 ID:UVkycpve
ちょっとスレ違いの話題なのですが、オールド・イングリッシュの歴史と少々関係があるのでこのスレに書かせていただきます。

現在イギリスに残っている、もしくは新規操業したパイプブランドはほとんどがDunhillかCharatan系です。(Cadoganは除く)
列挙すると、

・Ashton (Bill Ashton Taylorは元Dunhillのプロダクトマネージャー)
・Ferndown (Les Woodは元Dunhillのシルバーワーク担当)
・James Upshall (創設者のColnel Barns、現在の製作担当B.JonesともにCharatan出身)
・Millville (親子のうち父のDennis MarshallはCharatanとBarlingでの実務経験あり)
そのほかWillmer、Invicta、Northern Briarなどがありますが、Charatanに影響を受けたフリーハンド系のメーカーが多く、
フレンチ・クラシックから続くブリティッシュ・トラディショナルの伝統を現在に伝えるメーカーは全滅といった感じもします。

ところが先日、先代がLoeweで修行したというメーカーを発見したので紹介させていただきます。
Blakemar Briars
http://www.blakemar.co.uk/
シェイプはトラディショナルなブリティッシュ・クラシックで非常に好みです。
創設者の子孫にあたるMike Billington氏がほぼ一人で製作しているよう。
サンドブラストグレードが存在しないので、Billington氏にメールを出して相談してみたところ、
2年前にブラスターを購入して現在ブラストのテクスチャを開発中とのこと。
数本開発中のサンドブラストを見せてもらったのですが、シャローながらなかなか
味のあるテクスチャなので、1本譲ってもらおうかと交渉中です。(Paypalで支払OKです)

ビンテージエステートもいいですが、たまにはこういう新品パイプも欲しくなります(笑)スレ違い失礼。

273 :774mgさん:2006/09/10(日) 15:46:22 ID:X7M3zrtM
大歓迎でしゅ。

274 :774mgさん :2006/09/10(日) 15:48:17 ID:X0C2OKh6
ああ、数年前に新宿のkでリミテッドのプリンス売ってたね。

275 :774mgさん:2006/09/10(日) 17:26:38 ID:UVkycpve
>>274
今もサイトで販売中のリミテッドエディションは、廃業した知り合いのメーカーが保有していた、サンクロードでターニングされた
ビンテージボウル(少なくともターニングされてから35年が経過)を使用し、FerndownのLes Woodの手でシルバーワークされた
ものみたいですね。なかなか端正なプリンスですな。

276 :774mgさん:2006/09/10(日) 17:31:56 ID:UVkycpve
そういえばMike Billington氏とメールでやりとりをしてるときにポロッと聞いたのですが、
Blakemar Briarでは、80年代にSasieniのパイプ用のボウル製作をしたことが
あったそうです。おそらくPost-Trans時代のJ.B.Russelのオーダーによるものと
思われますが。当時John Redman Ltdを介してBlakemarに60-70本の
ターニングの依頼が来たそうです。

可能だったらありし日のLoeweなどについてもお話覗えたら、などと考えてます。

277 :774mgさん:2006/09/10(日) 18:03:26 ID:FV/OMG7r
>271

parker担当の俺ですが。

一応はずれらしき点を上げておきます。

Hは恐らく変わりないでしょう。真ん中がすぼまったHですね。
恐らくロゴは変わりないかもしれません。ただし後年はオール
ゴシックで大きさが全て同じというのはそうかもしれません。
parker系はたしかにMade in Englandかもしれませんね。

あとひとつ気にになるのはparker系になるとシルバーバンド入り
が多くなるかもしれません。これは明らかにステムの抜き差しを
意識したもので、かえってそれが安っぽく見える原因の作りかも
しれませんね。

>271は正直美しいと思います。全然別もんですよ。佇まいから
して違いますね。

ところでJocky ClubはもともとHardcastleのライン名との事ですが
もしかすると合併吸収してまもなくしたら筆記体のparkerに変わった
のかもしれませんね。Jocky Clubは現在でもあるライン名ですが
以前は存在していませんでしたから。結構そうやっていくとparker
のデーターも整然としていきますね。断定は出来ませんけど
Hardcastleと吸収後のparkerもお勧めできないかもしれません。
以前から筆記体のparkerは駄目だよと言ってましたけど、これで
一応裏が取れたと言うことでしょうか。

278 :774mgさん:2006/09/10(日) 18:48:05 ID:0vTcD517
それにしても、ここと初質しかスレ延びないね。

279 :774mgさん:2006/09/10(日) 18:59:19 ID:UVkycpve
>>277
以下1965年(買収前)のHardcastleのプライスリストに載っていたライン名です。
この情報はPipepageにも未記載です。

Supergrain, Nut Bruyere, De Luxe, The Crown, Royal Windosr Sandhewn,
Old Bruyere, Jack O'London, Dental Briar, Dryconomy, Drawel, Phitu,
Telebriar, Camden, Lightweight, Argyle, Jocky Club, Scout

1975年の(買収後)広告には次のラインが一部記載されています。
Bruyere and Block Meerschaum, Jack O'London, Meerschaum Lined,
Drawel, Special Quality, Camden

そういえば、筆記体Parkerのあのフォントスタイルは、Parker-Hardcastleとなってから
会社名ロゴとして使用されるフォントと同一ですね。筆記体Parker=合併後と考えるのは
断定はできませんがそれなりに信憑性があるかも。

ebayを見ていても、>>277さんがおっしゃるように、付属ボックスにParker-Hardcastleのロゴが判別できる
後年の製品は、見ていてもあまりそそられませんね。Special De Luxeは今もebayに上がっていますが、
確かにシルバーバンドが安っぽい感じがします。

一回Fine Pipesにアップされていた、Dunhill資本が入る前の戦中Hardcastleのセットを見たことがあるの
ですが、実に素晴らしい作りの美しいパイプでした。それらのセットパイプは、戦時中エボナイトの入手難から
水牛角のステムを備えていましたが、まるで現代のPaolo Beckerが作る美しいクラシック・ハンドメイドの
ようでしたね。47年以前のHardcastleも、機会があったら是非挑戦してみたいです。

280 :774mgさん:2006/09/10(日) 19:22:41 ID:FV/OMG7r
多分最初にDunhill資本が入る前のものを買っていればHardcastle
の見方も変わったと思うんですけどね。最初が酷かったもんで
それで自分の印象の殆どが決まってしまったようです。

ただ買収前のJack O'Londonとかは非常によさそうでしたね。
毛嫌いせずに狙っていってみようかな?

それより個人的に気になるのは吸収前のJocky Clubが激しく気に
なるんだが・・・

281 :774mgさん:2006/09/10(日) 19:37:53 ID:UVkycpve
まだ写真残ってました
44年製Hardcastle
http://www.finepipes.com/images/English/Hardcastle44Smootha.jpg
http://www.finepipes.com/images/English/Hardcastle44Blasta.jpg

Jocky Clubはロワーグレードのラインだったので、あまり期待できないかもしれませんょ。
中級グレードの自分のJOLでさえモールドマウスピースでしたし。
あ、それと、Hardcastle独自のパテントで、涙滴型の変わったアルミフィルターがあるのですが、
これを備えたパイプはおそらくオリジナルHardcastle製と見て間違いないでしょう。

282 :774mgさん:2006/09/10(日) 21:11:43 ID:FV/OMG7r
>281

おおハンサムだな〜。これなら欲しいかも。

でもEbayででてくるかな?どうもスカを引いてしまってから
二の足が踏めなくなってるし。

283 :774mgさん :2006/09/11(月) 09:55:00 ID:O9HFXBSC
>>252
そうだったのか、知らなかった。
年代特定の容易な古いダンヒルばかり漁っていたけど、そういう事情があろうとは・・。
でもやっぱ旨いよ戦前のダンヒル、特にシェル。ジュースもほとんど出ないし喫煙後の乾燥も早い。
それに何より軽い。余分な脂は抜け切ってるって感じ。十本程所有していたけど、はずれなしだった。
でも、これからは皆さんの貴重なDatingを参考に、他のメーカーにも逝ってみるつもり。

284 :774mgさん:2006/09/11(月) 17:53:35 ID:AVVioXzv
Yello-Boleのバンブーシャンクが届きました。
ボウルの内側にイエローがうっすら残るpre-smoke conditionです。
ピカピカです。吸うのが勿体ない気がしますのでしばらく眺める事にします。

ちなみに裏の表記は
YELLO-BOLE(Yが大きく、下の棒が下まで伸びている)
HONEY CURED BRIAR
KBBクローバーロゴ付きです。イエローサークルは古いものに比べると細く、小さく
なっております。フィルターはショベルタイプですが小さいです。
1960年頃のKAYWOODIE MANDARINのセカンドモデルだろうと思います。

いくつかのサイトでKAYWOODIEやYELLO-BOLEのバンブーシャンクを見てたんですが
どれも「1930年代」と書かれているんですよね。そもそも1930年代に竹で継いだパイプって
作られてたのでしょうかね?仮に作られてたとしたらその竹はどこから手に入れたのでしょうか?

>>262
自分が見てたのはここのサイトです。
ttp://www.naspc.org/kay.html
あとはpipe.orgのDiscusstions ForumとかGray Fox Online Forumとかを
見たりして調べました。なので不確定要素が多いんですよね。
調べようにもアドレスを残してないから分からなくて。


あと、シャンクにもサークルロゴが入ってるYello-Boleのフィルターを外そうと思って
ペンチで無理矢理捻ってみたら折れてしまいました…(涙)
ねじ込み式のフィルターだったみたいですが。。
フィルターが取れたので吸ったら大変うまいと思います。。(負け惜しみ)

285 :774mgさん:2006/09/11(月) 19:03:40 ID:hrElOb6U
ほほう結構な珍品をご購入で。

1930年にバンブーシャンクってあったんですかね?
全然未確認の情報なんですけど最初にバンブーシャンクの
モデルを作ったのは実は木石だったという話をどこかで聞いた
ことがあったんですが・・・。なんか眉唾臭いですけど。

ただそれがホントなら間違いなく1960年代以降だと思うんですけど。

>naspc.org

や、ここは知りませんでしたね。ちょっと自分も見てみます。

pipe.orgのDiscusstions Forumは自分も見て見ましたけど、あくまで
参考程度でしたね。出所のわからない情報ですから。でも情報は
それなりに多くても微妙な差異があったりで、人によって情報がまちまち
で難しいですよね。どれほどDunhillのようにしっかりしたdatingができれば
どんなにいいかと思いますね。

ただ最近思うのは広告が登場してきた1935年以降から1940年以前と
1945年以降から1955年以前と言うのは飛躍的にパイプの数が出てる
ようですね。大体Ebayを見て年代特定をしてると同じような年代ばかり
に固まっているのがわかります。恐らくこのころと言うのはkaywoodieが
世界的な企業として業績の残したころで、一番従業員数も多く大量生産
でパイプを作っていたころではないかと言うことです。だからモデル数も
飛躍的に上がるしでてくるモデルも半端でない。かえって戦後以降は
kaywoodieも模索の時代でブリティッシュ-フレンチの流れからデニッシュ
の流れを打ち出しだしたりしてなんとか存続を図ろうとしたりしてます。
逆にこうなると本数も激減して、かえってoldwoodieのほうが本数が多い
という逆転現象があったりするようですね。

恐らくほんとのコレクターは1935年以降は屑パイプの扱いなんじゃないか
と思います。自分のようにkaywoodieの喫味に驚いたくちは逆にこの逆転
現象はありがたいものではありますね。

ちなみに自分は1950年代あたりまでは喫味が変わらないと書きましたけど
その根拠は戦前にkaywoodieは資源の乏しくなった良質のブライヤーを
膨大な資金力に物を言わせて買い占めたことにあります。恐らく1950年以降
に発売されたブライヤーを試すと、さほど喫味が落ちてないと確認できるのは
そのせいがあると思います。恐らく1950年ごろまでは買い占めたブライヤー
のストックがあったのではないかと想像します。

286 :774mgさん:2006/09/12(火) 02:50:33 ID:KrPQnOG1
>>283
Dunhillに比較的近い煙の質を持っているところではSasieni、
全く違った明るいキャラクターを体験してみたいなら戦前Kaywoodieがオススメ。

どちらもこのスレでいまだかつて(好みは別として)ネガティブな意見すら出たことがないスグレモノブランドです。

また、こんな安価なパイプがここまで!という驚きなら、Comoys/Sasieniのセカンドブランド。
いままでフツーのブランドだと思っていたのに!という驚きならBBBやGBD。
それぞれいろんな楽しみができるのが、オールドビンテージブリティッシュのよいところです。

287 :774mgさん:2006/09/12(火) 05:17:16 ID:8SC1kFrQ
昨日オフ会でもらったGBD初めて試しましたよ。まずはpipeくれた
カリスマ厨房さん(でしたっけ?まちがってたらごめんなさい)ありが
とうございます。なんかGBDって自分とは相性が悪かったんだか
なかなか入手できなかったんですね。

試したのが始めての煙草という状況だったんで正確な判断は出来ないと
おもうのですが、でもしっかりバルカン・ブレンド系の煙草で甘みがしっかり
してたんで、多分あれはパイプから来る甘みだと思います。

なぜか相性の良いメーカーと悪いメーカーというのがありますよね。
相性の良いところだとけっこう安い金額で嘘っ?!っていうパイプが
落ちたりするもんですが。

288 :774mgさん:2006/09/12(火) 11:22:58 ID:iQkiGPYx
BINで8点のgrosvenor出現。スバラシイ。
mr官よりは値付けが良心的かもしらんが、俺にゃムリじゃ。
とイジケつつポテチのようにからからになったFVFをプカァー。

289 :774mgさん:2006/09/12(火) 12:00:45 ID:yJrcO2oC
30年代バンブーってありますよシャンクにクローバーがあるのは新しいもんで
す。YELLO BOLEのEがなぜか大きいそしてシャンクになぜかCろごがずれてはいってます。

290 :774mgさん :2006/09/12(火) 15:35:37 ID:nMo2yESP
>>286
アリガトン。
迷宮に陥りそうな希ガス。

291 :774mgさん:2006/09/12(火) 16:01:48 ID:DoGHtuiz
レンジでチンして出荷しております。

292 :774mgさん:2006/09/12(火) 16:25:53 ID:nK5kIr/7
先日eBayで落札したGuildhall #331Cが本日無事到着しました。

ボウル内のカーボンがすごい量でしたが、ナイフでサクサク削れる良いカーボンでした。
異臭もなかったので一皮だけカーボンを残してボウル内清掃完了。

マウスピースはまっ黄色でしたので2000番の耐水ペーパーで水研ぎしました。
しかし半分ぐらい落としたところで、耐水ペーパーがなくなってしまい途中終了。とほ〜

現在ダンヒルのMM965を詰めて一服中ですが、旨いパイプですね〜、コレ。

293 :774mgさん:2006/09/12(火) 16:56:36 ID:iQkiGPYx
今、こびりついて取れないフィルターと戦っています。
何か上手い外し方はないでしょうか?
どうか皆様知恵をお貸し下さい。

294 :774mgさん:2006/09/12(火) 17:33:40 ID:mydGfK9q
>>293
ねじ込み式か差し込み式のアルミフィルターの固着のことでしたら、
ステムの端をサランラップ+輪ゴムなどで漏れないように止めてから、
ステムの内部をアルコールで満たして1日ほど放置してみてください
これを2−3回繰り返すと固着が柔らかくなると思います。

アルミのフィルターは無理に引き抜こうとすると折れる可能性が高いので、
決して無理はしないようにしてください。

295 :774mgさん:2006/09/12(火) 17:45:20 ID:iQkiGPYx
>>294
ありがとうございます。
アルコール?..エタノール?
まぁ、焦らずデスね(笑)

296 :774mgさん:2006/09/12(火) 18:17:06 ID:mydGfK9q
>>295
自分は薬局で売っている消毒用エタノールですが、スピリタスやウォトカなどの
度数の90%程度あるスピリットなどでも代用できると思います。
問題がなければとりあえずフィルター付きのまま吸いながら、ローテーションの
合間を見て漬け置きするといいんじゃないでしょうか。
抜くときには冷凍法を併用すると効果が高くなります。冷凍法については
YOBのessayのTIPS、「抜けないステムの抜き方」あたりを参考にしてください。

>>292
Guildhallいいでしょー?
ウチにも三本ほどありますが皆旨いです。
廉価ラインとは思えないほど美しいパイプですし、3-barロゴもカッコイイし、
シェイプもComoyのシェイプチャートにないやつまで多彩に揃っているので、
お手軽なコレクションの対象としても最適だと思います。

297 :774mgさん:2006/09/12(火) 18:45:14 ID:OvgaA+DH
>>296
冷凍法か。今ちょうど抜けなくて困ってるのが一本あるから試してみようかな。
ちなみに、仮に外れたとしてステムが慢性的にきつい場合はどうしたらよいのでしょうか?

…素朴な疑問なんだけどなんで冷凍すると抜けやすくなるんだろう?
パイプが熱いうちにステムを外すとステムルーズになるから良くない、ってのは
聞いた事があるんだけど、それとは全く逆のアプローチですよね?
それとは関係ないのかな?

298 :774mgさん:2006/09/12(火) 18:52:23 ID:mydGfK9q
>>297
http://invalide.client.jp/pipe/thread01.html
の72, 75, 86あたりを参考にしてみてください

299 :774mgさん:2006/09/12(火) 18:56:54 ID:mydGfK9q
定規はよく木製のほうがプラスチックより狂いがすくないと言われますよね
つまり、パイプもブライヤのボウルよりも、アクリルやエボナイトでできた
ステムのほうがはるかに熱膨張する度合いが大きいわけです。
ですから喫煙後すぐはテノンは膨張してキツくなり、
冷凍すれば収縮して外しやすくなるわけです。

慢性的にキツい場合でも、ほとんどが鉛筆の粉をテノンにこすり付ける方法で
改善されると思いますが、それでもダメな場合は別の方法があります。
鉛筆でダメだったらまた書き込んでみてください。

300 :774mgさん:2006/09/12(火) 19:06:27 ID:iQkiGPYx
ん?
ではアルミチューブが抜けない場合
冷凍は逆効果?

301 :774mgさん:2006/09/12(火) 19:22:35 ID:mydGfK9q
温度変化で膨張・収縮を繰り返すことで
固着部分の軟化を狙います。
実際に外すときには常温に戻してください。

エボナイトはプラスチックの中でもかなり熱膨張率係数が大きい素材みたいですね。

302 :774mgさん:2006/09/12(火) 19:34:01 ID:yJrcO2oC
過去レス、スゲー勉強になる!

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)