5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【パイプ】オールドブリティッシュ4【クラシック】

454 :774mgさん:2006/11/16(木) 00:51:35 ID:CnvKN9yK
あ、それとレモン系?のスゴイ着香タバコの匂いがしみついていてとれなかった初期型Guildhallが
やっと喫煙可能なまでに回復しましたのでそのレポも。

っていうか賭けてもいいけどこのパイプ、購入してから前オーナーの手元を離れるまで、
一 回 も 掃 除 さ れ た こ と が な か っ た に 1 0 0 ガ バ ス 。
シャンク煙道にタールが詰まってるなんてヌルイことはなはだしいことがわかりました。
何故って、マウスピースのスリットにまでギッチリタールが詰まってるんだもん。
レストアに要したパイプクリーナーの本数は軽く100本を超えてると思います。

ちなみにスタンプは
GUILDHALL
203
G(サークル内)/ステムロゴ
というそっけないものです。P.O.Sがないのが謎なのですが、203はComoy'sのカタログにも載っている
オーバルシャンクビリヤードなので、身元は信頼できそうです。年代は3-Bar logoが導入される
1950年代以前ということしかわかりません。

ボウルクオリティはこれは初期型Everymanと打って変わって、いかにもセカンド然としたもので、
ボウルバックに三個の大きなパテ埋めが存在します。ステインはノンコントラストのおそらくプラムカラー。
グレインは坊主クロスですが、グレインが見えるところでは見事にうねった目の詰まったラインが見えます。
アルジェリアンですね。状態は微妙にトップオフされた形跡があるものの、ボウルに大した傷もなくなかなか良好です。

喫味のほうは、もうおなじみの典型的な戦前Comoy'sの味です。重い、重いよママン!
Smokers HavenのCognac Mixtureがなんややたら芳醇なヘヴィ・ラタキアに変貌しますた。
この重い味が、自分がComoy収集を止められない理由なんです。ドライさはそこそこ、クールさはさほどでもないですが
この喫味はやはりComoy'sを英国パイプの雄として一角を担わせるに相応しいと思います。個人的に。

というわけで、初期型Everyman、初期型Guildhallなどの戦中〜戦前のComoy'sセカンドは、はっきりいって
見かけたら買いですね。状態によってはぱっと見貧相なパイプに見えることもあるので、値段も廉いでしょう。
重い吸い味が好きな方、ラタキアジャンキーな方には断然オススメです。
ちなみに戦後では、ボウルクオリティ的には
Guildhall>Everyman
といった順に(価格的にも)なっているのですが、戦中、戦前に限っては、
Everyman>>>>>>>>>>超えられない壁>>>>>>>>>>>>>>Guildhall
という逆転現象が見られると思います。戦前のEverymanはほぼファーストクオリティといっても過言でない、
素晴らしいパイプですね。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)