5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

変電・き電スレッド

1 :名無しでGO!:2006/04/26(水) 21:14:22 ID:61bz8ohz0
変電・き電に関する話題を語り合いましょう。

保護連動のありかたや、電車線構造など、ご自由に。

電路、変電スレッド
http://piza2.2ch.net/train/kako/1001/10013/1001325856.html


2 :名無しでGO!:2006/04/26(水) 21:17:39 ID:Z9rJEOgW0
チミの意図もよく解らんね、漏れには。今日は比較的ヒマだから、ヒマ潰しにはもってこいだがな。
チミは管理人共が鉄研系かそうでないか知りたい訳だる?

3 :名無しでGO!:2006/04/26(水) 21:24:54 ID:61bz8ohz0
>>1で紹介しているスレッドでは、変電所の保護連動のありかた(特に64Pの
故障鎖錠)をめぐって激しい議論が闘わされたわけですが、その後鉄道電気
技術教会誌の平成14年11月号で、JR東日本・JR西日本・営団・東武・京阪
の変電所保護連動の違いが紹介されています

JR西と東で結構違うのは、東電工と大電工の違いが発端になっている
んでしょうかね?

4 :名無しでGO!:2006/04/26(水) 22:19:01 ID:ZHqhcCm10
>>2
誤爆してやんの。バカだね。

5 :電気屋の卵:2006/04/26(水) 22:39:09 ID:H9EoFGRIO
意外に鉄道の電気関係ってマニアにはブラックボックスな所が多くないか?


6 :名無しでGO!:2006/04/26(水) 23:51:18 ID:kBg7Ocbr0
イパーン人は中に入れないからな
新幹線の変電所と浜松工場見学したときは
見所ありすぎて挙動不審で同僚に鉄ヲタで
あることがバレてないかと必死におさえた

7 :|∀゚):2006/04/27(木) 01:28:19 ID:lPTrCOFy0
>>6
新高塚?

8 :名無しでGO!:2006/04/27(木) 01:47:51 ID:4RkroP/aO


9 :RON ◆HaDDLKrJK6 :2006/04/27(木) 14:05:18 ID:/Ub23OqY0
新幹線の交流き電線の25000V対応の碍子の長さの
威圧感がたまんねぇ〜


10 :名無しでGO!:2006/04/27(木) 18:32:28 ID:rzHKHwCL0
>>6
俺もそうだからな、見学会とか行くとソレっぽいヤシすぐにわかるぞ。

11 :名無しでGO!:2006/04/27(木) 22:14:22 ID:cPUT2jar0
>>5
まあそれでも、独自にかなり調べてる人もいるなあ。

日本のデッドセクション
http://deadsection.image.coocan.jp/

わざわざ敦賀まで取材に行く行動力には感心してしまう。

12 :電気屋の卵:2006/04/27(木) 22:25:16 ID:AJTO4uhwO
確に俺なんかそうだし。
鉄道の電気関連のサイトってそこしか知らないのは俺だけか?


13 :名無しでGO!:2006/04/28(金) 19:16:12 ID:7Dv4pTfl0
変人・奇人スレッドにみえた。

14 :名無しでGO!:2006/04/28(金) 20:49:17 ID:RAvV7+FD0
>>13
き電・変電スレッドにしなかったのはたぶんスレ立てぬしも思ったんだろうな

15 :名無しでGO!:2006/04/28(金) 23:47:46 ID:kglB4bDx0
でも実際に変電には変わり者が多いとか

16 :名無しでGO!:2006/04/29(土) 04:02:25 ID:TE49MBxyO
スレタイは『スカドンのき電・変電コーナー』とすべきだった

17 :名無しでGO!:2006/04/29(土) 14:55:08 ID:+muJFn4N0
以下,熱心に書いては居ますが,どうも伝説的「常識」がまだかなり混じってる様で,
饋電・変電パワーで修正をお願いします.鉄ヲタ本の解説は実態と外れてるものがありますね.

鉄ヲタとWikipedia
ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/train/1134788836/326n
交流電化
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%A4%E6%B5%81%E9%9B%BB%E5%8C%96
AT饋電
http://ja.wikipedia.org/wiki/AT%E9%A5%8B%E9%9B%BB%E6%96%B9%E5%BC%8F
BT饋電
http://ja.wikipedia.org/wiki/BT%E9%A5%8B%E9%9B%BB%E6%96%B9%E5%BC%8F

18 :名無しでGO!:2006/04/29(土) 21:48:31 ID:YRxYORxe0
>>17

とりあえず、BTセクションがあったからパンタ間の特高引き通しができなかった、というのがNGかな。
問題の本質はそっちではなくて、上下別き電だったから、ということでしょう

19 :名無しでGO!:2006/04/29(土) 22:22:58 ID:OwYFMAbw0
直流電化のとこ見たがかなり手抜きだなw

20 :名無しでGO!:2006/04/30(日) 14:08:18 ID:gPbKHIO00
>>17
ちょっと手を加えてみた。
本当はもっと詳しく書けるが、本来なら詳細はサイトを開いて
紹介すべきであろうから記述量は増やしていない。
気になった用語の修正ぐらいかな。
(例:磨耗→摩耗)

21 :名無しでGO!:2006/05/01(月) 16:27:06 ID:F8kz9HmZ0
富山ライトレールにはBBTセクションがあるとか。

22 :名無しでGO!:2006/05/01(月) 16:47:17 ID:EV8KMmb+O
電圧降下に悩む線区に救世主が!スレはもうないの?w

23 :名無しでGO!:2006/05/01(月) 18:10:27 ID:CMHZ6mXD0
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi?bbs=train&key=../dat9/1052304957&ls=50
がまだ残っているが、63で壊れている。
まだ取り出せる名作AAをご紹介しておく。

き電マン    
      △/
    <●  
      □
     / \

24 :名無しでGO!:2006/05/01(月) 18:11:45 ID:CMHZ6mXD0
1500を目指して充電中の き電マン

△  
●\ 
□∧     ::::::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄ ̄|  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 口 口  |:::::::::::/ ̄ ̄ ̄\::::::::::::
 口 口  |::::::::/       ヽ::::::::::::::
 口 口  | ̄┌┐l ̄l .| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
 口 口  | | ̄ ̄ ̄| |      | | ̄ ̄
 口 口  | |      | |      | |           


25 :名無しでGO!:2006/05/01(月) 18:12:42 ID:CMHZ6mXD0
        b  <グッジョブ!!
     △/
.    d ●
     □
     / \

26 :愛娘き電ちゃんと星空を眺めるき電マン。:2006/05/01(月) 18:14:38 ID:CMHZ6mXD0
                ★‥゚・。・。・.. /・。゚・。・ ★                     ★
                    * /。・。・・゚・。                 ★    ★
                    / *:。・。・。・゚       ★          .☆
                 |/  。・・゚....・。・   ★
               −★−  ・。。・。・゚..・。゚゚・。・                    ★・
           ★    |  ・*。・。・。・..。・。・゚・。・..        ☆
                    ・。゚゚★。・。・゚..*。・・・。。★            ☆
                           ★∴゚・。・。・。・
             ☆      .・゜..*・。・。・。・。・。・゚..。       ★
           ★           ★..。・゚..・。゚・。・゚.・  .
                          。...・。・。・゚★。・。・。・   ★  .
                           ..。*。・。・・。・。・。・。        .    ★
               ☆        .・゜..*・。・。・。・。・。・゚..。 . ★

                               △
                  ヽ▲ノ         /● 
                 .   只          へ□
      ‐''"´'''"""''"`''""`"""''''''"´'''"""''"`''""""'''"''''''"`"""''''``'‐

27 :ジャイアントき電ロボ:2006/05/01(月) 18:16:26 ID:CMHZ6mXD0
「ジャイアントき電ロボ」
      △
      ▽
      |
      ●
      |
    / ●\
    □ |  □
  /   □   \
 ●    / \    ●
    /   \
   □     □
   |     |
   ●     ●
   |     |
  △       △   I←き電マン (比較)

28 :名無しでGO!:2006/05/01(月) 23:40:37 ID:1+YzbfaU0
やっぱ変人が多いみたいだな。

29 :名無しでGO!:2006/05/02(火) 02:33:26 ID:yvctt+t50
ホモあげ

30 :名無しでGO!:2006/05/02(火) 16:36:46 ID:JS0xTqsX0
めいてつエムザと聞いて
「めいてつティーザ」もあるに違いない!と思った香具師は挙手

31 :名無しでGO!:2006/05/02(火) 17:44:38 ID:jHEPBPoR0
>>27
一瞬本当のき電系統図に見えたw

32 :名無しでGO!:2006/05/02(火) 19:36:07 ID:2XhDJFEn0
>>30
わかりにくすぎます

33 :名無しでGO!:2006/05/02(火) 20:07:31 ID:sErraPmL0
どこかで「5EでGO!」とか使っている人いなかったけ?

34 :名無しでGO!:2006/05/04(木) 19:53:51 ID:KtOwElwh0
>>33

いたなあ。それにしても、5Eで隣接変電所を落さない会社があるのには驚いた。

35 :名無しでGO!:2006/05/07(日) 15:55:57 ID:l/ppPdoc0
あんまり盛り上がらないですねえ。やはり、変電の話などは面白くない
ネタなんですかね。

36 :名無しでGO!:2006/05/07(日) 20:44:02 ID:KZ2kgAZ/0
>>35

面白い面白くないという次元じゃなくて、
変電というか、電気の話自体が鉄道板にしては高級な部類に入るため、
理解できない人が多いって事よ。

概念自体が理解できないから、文章のどこにポイントや落ちがあるのか、
それを見極めることすら出来ない。


このスレを覗くだけでも、普通の鉄ヲタとは違う学力があるということ。

37 :名無しでGO!:2006/05/07(日) 21:11:44 ID:Sxm8GVbS0
てか、現役orOB限定だろ。ここ。

38 :名無しでGO!:2006/05/07(日) 23:13:29 ID:Nmi0HIqj0
>>36
加えて断路器などの特性規格名だけを使って関係者以外をシャットアウト
しようとするカキコがあるから、寄り付きにくくなってる.
遮断特性名だけが出てきたらすかさずその機能を解説したらどうかな(w

39 :名無しでGO!:2006/05/07(日) 23:35:56 ID:CGxhGaU40
>>37
非鉄電気系&鉄オタの人も居るかと

40 :名無しでGO!:2006/05/08(月) 21:50:20 ID:bba7NL4V0
うむ

41 :名無しでGO!:2006/05/09(火) 21:32:41 ID:MmjHlwyQ0
>>38
是非おながいしまつ

42 :|∀゚):2006/05/09(火) 22:01:54 ID:kFimj66d0
ホモあげ

43 :名無しでGO!:2006/05/10(水) 09:20:54 ID:9r17rQ6A0
鉄道直流変電所用主要機器
52:交流遮断機(R:受電、G:整流器用変圧器一次、HP:高配一次側など)
89:断路機(上記のほかF:き電、P・N:整流器二次側)
54:直流高速度遮断機(F・P、T:連絡用)
50:高速度過電流継電器(交流用のほかき電線故障選択装置など)
51:過電流継電器(受電・整流器・高配など)
32:逆流検出継電器
64:地絡検出継電器(高配・き電など)
67:地絡方向継電器(高配に使用、64の動作と組み合わせることが多い)







44 :名無しでGO!:2006/05/10(水) 21:57:08 ID:LlyZZZwS0
最近電機系で話題になったのは外房線大網駅で
あぼーんがあった時ですかね・・・

45 :名無しでGO!:2006/05/10(水) 22:54:05 ID:2RkC3mGz0
昨日の朝ラッシュに見事にあたった常磐快速線金町−馬橋間き電停止。
全車パン下げして1編成ずつチェックしてったけど、事故車判明せず。

46 :元メーカー電力屋:2006/05/11(木) 22:51:00 ID:OND37hm+0
>>43
67は64(軽故障)と組み合わせる(重故障)以外の方法は見た事ないす。(電車でも一般企業でも、海外でも
組み合わせない場合ってあるのかな?

47 :名無しでGO!:2006/05/13(土) 17:23:36 ID:6Jzcc9XP0

    ageるか・・・
△  
●\ 
□∧     ::::::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄ ̄|  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 口 口  |:::::::::::/ ̄ ̄ ̄\::::::::::::
 口 口  |::::::::/       ヽ::::::::::::::
 口 口  | ̄┌┐l ̄l .| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
 口 口  | | ̄ ̄ ̄| |      | | ̄ ̄
 口 口  | |      | |      | |    

48 :名無しでGO!:2006/05/14(日) 01:27:24 ID:M70zjSJD0
直流1500Vの路線で、変電所の碍子の上の方に細長いパイプみたいなのが
配置してある所(例:東急田園都市線つきみ野・阪急千里線山田)があるけど、
あれはバスバーそれともガス絶縁(SF6)でもしてるの?

49 :名無しでGO!:2006/05/15(月) 21:49:28 ID:6wVo3BBa0
>>45
常磐は過負荷だそうで…。

50 :名無しでGO!:2006/05/15(月) 21:56:13 ID:x5tUi2wn0
>>49
103系をE231系に置き換えて、消費電力は減ったはずなんだけどな。

51 :名無しでGO!:2006/05/15(月) 22:02:42 ID:MOyYjCDV0
インバータ車は力率が低いから、電流は抵抗性御車よりも多く流れる。
つまり、皮相電力は抵抗制御<インバータなわけだ。


52 :名無しでGO!:2006/05/15(月) 22:04:51 ID:6wx/+hUy0
直流区間に「力率」はねぇべぇ〜!

53 :|∀゚):2006/05/15(月) 22:10:26 ID:+Ld78U0Q0
ブラック商会変き郎

54 :名無しでGO!:2006/05/15(月) 22:38:06 ID:x5tUi2wn0
今まで抵抗制御車しか面倒を見てなかった直流変電所に回生電力が逆流してきた場合は
何か問題があるのだろうか。

55 :|∀゚):2006/05/15(月) 22:39:57 ID:+Ld78U0Q0
家のトイレが逆流したときを想定すればわかりやすいじゃないかな

56 :名無しでGO!:2006/05/15(月) 22:48:17 ID:6wx/+hUy0
>>54
回生失効するだけで無問題.∵シリコン整流器は逆流を許さないから.
力行率から考えて「103系の47%の電力で『走ってます』」というのはウソくさいなぁ.>E231系

奥羽本線板谷峠付近では,2組の水銀整流器のうちの1組を
電力回生用として逆流ゲートにつなぎ変えたことがある.

回転変流機で整流していた旧碓氷峠アプト式時代の変電所は最初から回生可能だった.

57 :名無しでGO!:2006/05/15(月) 23:44:37 ID:Wdm/bGP60
>>54

50Fが回生車対応でなかったら誤検知するけど、さすがにそんな間抜けなことは
ないと思う。


58 :現役ウテシ:2006/05/15(月) 23:55:36 ID:49WQv7Cs0
この間、フルノッチ入れて起動したら50F飛んじまったよ。

2年前に変電所を増強したのに_| ̄|○

59 :名無しでGO!:2006/05/16(火) 00:10:58 ID:i+NWeETq0
>>58

なんか最近、あちこちでそういう話を聞くねえ....

60 :名無しでGO!:2006/05/16(火) 09:25:40 ID:h4XP/BsR0
>>54
回生電力として戻ってきた場合、他の回線に回るか
回り切らない場合(車両がいない時)、回生インバータ
設備を備えている変電所だったら高配設備に供給する
ことが可能です。
>>56
逆流したら32(重故障)でトリップ・鎖錠します。
>>58
いきなりフルノッチ入れたら凾h(50F)が
作動するのは当然です。突発的電流を検出するわけ
ですから。瞬時でもいいので一段入れてからフルに
入れれば誤動作はないようです。50Fは刄sーク
電流を検出して飛ばしに掛かる装置ですから

61 :名無しでGO!:2006/05/16(火) 13:07:05 ID:eWa19N3TO
>>58>>60
ELならともかく、ECだったら車両側に限流回路入ってないかい?

62 :名無しでGO!:2006/05/16(火) 15:46:26 ID:0zSnitn/0
保守品でもらってきた碍子とかトランス載せたら怒られそうだ

63 :名無しでGO!:2006/05/16(火) 17:50:54 ID:gng3ryNE0
>>60
>>61
電車だというの忘れてた。

古い車両の制御器は使ってはいるものの、
自動的に制御回路の繋ぎかえを行うから、
ELみたいな事はない。

64 :鉄道変電所入門者:2006/05/16(火) 20:42:34 ID:2Z7MdcbY0
64P=51G(特高引き込み部CTの戻りに付いてる香具師)
とうちの変電所ではなっているんですけど、鉄道ではどこでも
こうなってるの?何で、64になるのか理解できまへん

65 :名無しでGO!:2006/05/16(火) 22:37:41 ID:QECaOBv60
>>52
kVAはWじゃないことを思い出して。

例えば750V定格のモーターが150kW電力を消費しているとき、
直流モーターなら750Vの電圧がかかっている状態なら電流は200Aだけど、
三相誘導モーターで力率0.8だったらどうなる?

66 :名無しでGO!:2006/05/16(火) 23:05:56 ID:iOa53ytJ0
>>65
三相誘導モーターの部分の力率が0.8でも,
それはインバータから後ろの話なので,
コンバータへの入力はあくまでも力率1
(直流だとそもそも位相差が無いし)

>>56
回生率も考えて,使った電力的には47%ですって
事じゃないのかなー?
力行時の消費電力が47%はちょっと無理な気がする.

67 :名無しでGO!:2006/05/16(火) 23:38:03 ID:i+NWeETq0
>>66
抵抗制御車は、抵抗が抜けるまで大量の電力を熱に変換しているからね。
回生制動も考えたら47%はいくでしょう。

#300系→N700でも、東京→大阪で30%ぐらいは電力量を削減しているはず

68 :名無しでGO!:2006/05/17(水) 01:08:18 ID:F3WlD+em0
>>66
前半その通り.TNX!

後半,回生制動を使っても,そう都合良く他列車が加速してないから,回生失効する
割合が高く,その分効率は落ちるはず,という話.
深夜を走るSRCは285ベースながら回生電力を消費してくれる時間帯じゃないから
だと思うが,発電制動仕様になってるはず.

>>67   抵抗損は絶対値としては大きいが,列車の消費エネルギー全体としては極めて少ないのに驚く.
私鉄が早くから抵抗起動ながら,高速域からの回生制動車を主流にしていたのは,それを知ってのこと.
並列フルステップ40km/h,最高速度120km/h運転としてエネルギー比でみると,速度2乗比例だから
3^2=9倍.抵抗損は直並列制御で半分だから,最高速度のエネルギーに対して1/18に過ぎない.

だから高速領域からの回生制動を有効にできれば非常に有効で,残り1/18の抵抗損の回収に
当時高価だった電機子チョッパーは採用しなかった.(201は高速域で回生制動しきれず抵抗を挿入して
辻褄を合わしている).そういう意味で抵抗損の割合は以外に小さいんです.

駅間2分として,加速時間が約45秒とすると,VVVFでは低速時の電力消費は小さいから実質30秒として
残り90秒は惰性走行で電力消費があまりなく,それが単位給電区間内に何本いるかを考えると
最良条件はなかなか得られず,結構回生失効するのではなかろうか?その分は効率が落ちるだろうという疑問

69 :名無しでGO!:2006/05/17(水) 06:36:17 ID:BNDEM3Hp0
>>68

論点があちこち飛んでるが....現実に走行している列車を見ると、殆どOVR動作せずに
回生ブレーキが有効に動作してるので、回生が効かない場合はそんなにない。

70 :名無しでGO!:2006/05/17(水) 06:41:26 ID:ZhYWJfuiO
>>63
なので、起動時にフルノッチ入れてき電保護が動作しちゃうのは電力か車両の
設計(設定)ミスがあるんかな、と思った次第。
旧国鉄で省エネ車として201系を投入したときは変電所を増強して、限流値は
3割くらい引き上げてるんですよね。
もしかすると、常磐線のE231系も103系より最大電流は大きかったりして。

71 :名無しでGO!:2006/05/17(水) 11:13:48 ID:6AC9whVH0
>>64
64Rの間違えではないでしょうか
直流変電所の場合、大抵は(会社にもよるが)51GRと64R
を使用しており、64Pは直流地絡検出として使用しています。
64Pにも1段・軽故障と2段・重故障があります。
現在は51GR(無方向性)を採用することが多く、
64Rは旧式継電器に見られる記号です。
ちなみに「64」は過電圧継電器
    「51」は過電流継電器です。
特に社内送電線を設置している場合は64Rを採用している
場合も多く、67を併せて使用しています。

72 :名無しでGO!:2006/05/17(水) 13:03:01 ID:2d+WztSs0
E231の47%は、重量とか、MT比とかも考慮してあるんじゃ?


73 :名無しでGO!:2006/05/17(水) 14:06:09 ID:qwNv2QYh0
このWikiの「BT饋電法結線図」は間違ってませんか!?
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:BT-Feeding.jpg

久保田博氏の著書2冊ではこの図の通りなのですが,列車が直接給電区間に突入すると
帰線電流が吸い上げトランスを励磁してBTセクションにその鉄心飽和電圧が掛かって
一旦アークが飛ぶと止まらなくなるのは有り得る回路になってます.
それは下記記事中の架線溶断事故とBT饋電の欠点評価そのものです.
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/BT%E9%A5%8B%E9%9B%BB%E6%96%B9%E5%BC%8F#.E5.95.8F.E9.A1.8C.E7.82.B9.E3.81.A8.E7.8F.BE.E7.8A.B6

変電所の帰線側接続をBT帰線だけでなくレールにも接続すれば解決するんで,
この配線を1本落としてると思うのですが如何でしょう.

記事指摘の溶断事故時は?久保田氏が国鉄の現場幹部だったんでこれで施工したことがなかったか気になります.

74 :名無しでGO!:2006/05/17(水) 15:14:15 ID:F3WlD+em0
>>72
列車単位の話なので,総武中央緩行の103系10連と209/E231の10連同士の比較と思われ.
すなわち6M4Tと,4M6T.

最大運動エネルギー=(1/2)質量・速度^2 なもんで,これをモータから供給.
質量と最高速度で決まってしまい,MT比は関係ないんですけどね.

省エネは軽量化が一番効いていて,回生電力分はそれに次ぐとか

75 :名無しでGO!:2006/05/17(水) 16:15:51 ID:2d+WztSs0
>>74
歯車装置の伝達ロスはどれくらい?

まぁ、M車が減れば一応軽くなるけどw

76 :名無しでGO!:2006/05/17(水) 19:35:41 ID:5YL4Cu3B0
>>71
単結確認したら、64Rの間違いでした。(受電引き込みケーブルの分割形CTについている)
電圧RYなのに何で、CTに使用しているんだろうと思った訳です。
因みに社内送電線の送りブスにはGPT三次に64Hがあり、それと送電フィーダに67が組んでありますね。
(シーケンスを読んでないので、分かりませんが)
単なる51G的な使い方なのかどうかはちゃんと見てみます。

77 :名無しでGO!:2006/05/18(木) 19:53:59 ID:VxRfp7ZAO
>>74
103系のノッチ特性見ると、30km/hくらいまで抵抗が入る。
電気ブレーキの負荷も全部熱になるから、トータル消費電力はかなりなもの。
あの抵抗器のファン熱で実感してると思うけど。

78 :名無しでGO!:2006/05/18(木) 20:29:52 ID:gt0Myjg70
再閉路ってのは鉄道変電所独特の仕様ですか?

79 :名無しでGO!:2006/05/18(木) 21:34:15 ID:b9XxSp/10
>>77
それはマクロで見れば良いんです.(103系なら36km/h以上で確実に起動抵抗は抜けるでしょう.)
最高速度の運動エネルギー(1/2)MV^2は電力から与えられたもので,
それに起動抵抗損=1/18が加わって,最低限(1+1/18)のエネルギーが消費される.

VVVF車や電機子チョッパー車はこのうち(1/18)の電力損失がなくて済む.(意外に小さいでしょ)

減速時には,この最高速度のエネルギーの大部分が基本的に熱になるのが103など抵抗制御車.
その運動エネルギーを架線を通じて他列車に使ってもらえる部分があるのが回生制動車.

このほかは誤差要因として回路損とか暖房・照明とか,走行抵抗に,回転部の感性能率,「ギヤ損」が
あるわけですが,電車にはトルコン効率70%とかいう大損失はありませんから結構正確なメノコ計算ができてしまいます.

80 :名無しでGO!:2006/05/18(木) 21:55:59 ID:b9XxSp/10
>>79
やったー!エラーです。
× 感性能率
○ 慣性能率:イナーシャ:
  (回転加速度運動での、加速トルクとの比例定数。加速度運動での質量に対応)

81 :名無しでGO!:2006/05/18(木) 22:58:01 ID:zaIVP81H0
>>79
そ。
> 減速時には,この最高速度のエネルギーの大部分が基本的に熱になるのが
> 103など抵抗制御車.
この熱と踏面ブレーキの発熱分が無駄なエネルギーに相当するんで、トータル
消費電力ってデカイんじゃないかなー、って思った。
E231の加速性能測定データがサイバネ論文にあったけど、VVVF車って起動時
の電流は少なくて、25km/hくらいまで速度比例で電流値が上がっていくんだけど
実際のき電系で見てもそういう特性なのかな。

82 :名無しでGO!:2006/05/18(木) 23:45:59 ID:SB8YUYRo0
>>81
そ。
「仕事率=力×速度」 なもんで、
定加速をやれば電力入力∝パンタ電流∝速度になる。(概ねVVVF領域)
定電力領域(CVVF領域中のスベリ増部)なら定電力領域で電流ほぼ一定。
それを越えると電流が速度反比例。
というのが基本形で,直流モータそっくり。

粘着力が低速ほど大きいんで,その補正をやって最大加速を得る設定だと、
当然影響して高速ほど電力を下げているから特性形が変わってくる。

83 :名無しでGO!:2006/05/18(木) 23:52:04 ID:b9XxSp/10
>>82 > 当然影響して高速ほど電力を下げているから特性形が変わってくる。

その書き方だとROMさんに誤解を生ずる。
電力を高速側で速度比例よりも下げている。だなぁ。VVVF領域なら電力は間違いなく上げてる(w


84 :名無しでGO!:2006/05/18(木) 23:53:28 ID:M+sOiodX0
つまり、VVVF車でも発電ブレーキだとほとんど消費電力は減らないってことでいいのか?

85 :名無しでGO!:2006/05/18(木) 23:59:33 ID:px/OpIkJ0
>>79

抵抗が抜けるのは32km/hでは?

86 :名無しでGO!:2006/05/19(金) 00:00:51 ID:5Tbpnmqo0
>>83
スマソ。その意味。

87 :名無しでGO!:2006/05/19(金) 10:05:38 ID:8aIbQ5cI0
スレ違いと書かれるのに100ウォン

88 :名無しでGO!:2006/05/19(金) 12:15:06 ID:HQhoFOd6O
戻そう。
>>78
一般の配電系でも多いです。
迂回系を生かすのに再閉路動作で遮断部分を移していって、最終的に事故部位を
切り離します。
鉄道の配電は線路に沿って線で構成してるので、形態は違いますが。
き電・配電の送り出し方向切り換えと似てるかな。

89 :名無しでGO!:2006/05/19(金) 12:15:51 ID:HQhoFOd6O
戻そう。
>>78
一般の配電系でも多いです。
迂回系を生かすのに再閉路動作で遮断部分を移していって、最終的に事故部位を
切り離します。
鉄道の配電は線路に沿って線で構成してるので、形態は違いますが。
き電・配電の送り出し方向切り換えと似てるかな。

90 :名無しでGO!:2006/05/19(金) 12:18:26 ID:HQhoFOd6O
携帯で書き込んだらリトライしてかぶった。スマソ

91 :名無しでGO!:2006/05/19(金) 12:57:53 ID:Tg+rvLZVO
>>27
ジャイアントき電ロボの●や△の横に機器番号を書いてみたくなる俺がイル。

92 :名無しでGO!:2006/05/19(金) 16:13:26 ID:8aIbQ5cI0
誘導機積んだ車輌が増えてるけど変電所の高調波対策ってどうやっての
直並列のリアクトルでカバーできるの?素人電気屋の知識だけど

93 :名無しでGO!:2006/05/19(金) 22:08:58 ID:0Nqlq4ip0
>>92
東は自営電力系があるから朝ラッシュのときの高調波はかなり高いよな。
5次と11次で30%くらい乗ってんじゃないか?

94 :名無しでGO!:2006/05/19(金) 22:20:27 ID:nqdUJqsj0
同じ容量の12相全波整流器なら高調波対策は必要ないと思う
他社との組み合わせや容量の異なる整流器や6相半波整流器と
の並列運転だと歪が生じ易いのでリアクトルが必要になる


95 :名無しでGO!:2006/05/19(金) 22:46:47 ID:X+T2AE8K0
>>92
前から気になっているんだけど、新幹線とか交流電化区間だと、信号電源を
SHTとトロリー電源で2重化してるよね。あれって、高調波とか大丈夫なのかな。


>>94
そじゃなくて、VVVF車とかが、たとえばユニットカットして運転するような場合って
相当な高調波が乗ってくると思われるけど、そのへんのEMCってどうよ、って話。

96 :名無しでGO!:2006/05/19(金) 23:23:33 ID:0Nqlq4ip0
>>95
特高レベルで乗ってるから取るとこ変えてもあんま変わらん。>信号電源高調波
インバータの交流成分がき電系に逆流してくるような主回路を積んでるような車は
走らせてもらえんと思うが。
き電線の長さと電源高調波の波長が近くなって共振する問題は聞いた事がある。

97 :名無しでGO!:2006/05/20(土) 00:22:07 ID:Ql3E1v9/0
車両の構造の話が多くなってきているなwj

98 :名無しでGO!:2006/05/20(土) 06:20:56 ID:22lZdy8d0
スレの方向性と違う、自分の得意なジャンルに流れを持っていこうとしてるレスが
あるんかな。
現役がガンガン書き込めば自然と流れができると思うが。

99 :名無しでGO!:2006/05/20(土) 08:56:01 ID:UGVpsyMc0
技術系スレに出現する例の粘着君だろうな過去のパターンと酷似

100 :名無しでGO!:2006/05/20(土) 13:03:42 ID:lyuBQq6p0
>>95 > そじゃなくて、VVVF車とかが、たとえばユニットカットして運転するような場合って

ゲートタイミングをずらして平滑化する方法は車両単位だけじゃなく,列車単位でもやられてるんですか?(質問)


101 :名無しでGO!:2006/05/21(日) 01:46:35 ID:BFp9kjhD0
>>78
家で停電した場合に,2度短時間停電して復旧する動作をすることがあるが,それだと思う!

配電線が事故で停電した後,区分点毎に順次投入していって,事故区間を投入するとまた落ちるんで,
今度は事故区間を除いて投入していくから正常区間は2度短時間停電となる.
ループにしてるんで,事故区間の次の区間は他から給電する.
 事故った区間は直るまで待って貰う.2度目の停電が長いのは事故区間に繋がってるってことだ.

102 :名無しでGO!:2006/05/21(日) 10:14:46 ID:fPKUvqcp0
再閉路だと5分くらいで事故箇所切り離せるらしいが。

103 :101:2006/05/21(日) 11:56:24 ID:BFp9kjhD0
>>102
それは101の方法で事故個所を捜してそれ以外を通電させるから.
40年余昔から使われている方式で停電範囲を局限して復旧が早くなった.
鉄道の方式は知らないが,似たようなものだろう.
信号高圧線は2系統の自動切り替えで基本的に無停電が増えている.

104 :101:2006/05/21(日) 12:13:20 ID:BFp9kjhD0
>>103  補足
再接続コマンドはリモコン.わざわざ出掛けなくて良いから事故個所切り離しが早い.
柱上に両側から3本ずつ高圧線の繋がってる箱が
その区分スイッチで,制御線が外から見えないから配電線そのものを
コマンド線に使ってると思う.

電力搬送通信は昔から電力会社の十八番.山奥の水力発電所から消費地までの
ン100kmの通信を担っていて,一般電話普及前は変電所から搬送電話で
病休連絡なんてやってたもんだ.

105 :名無しでGO!:2006/05/21(日) 14:06:55 ID:fPKUvqcp0
>>103
信号高圧は線が二重系でも変電所切り替えがしょっちゅうあるから瞬停は多いが。
事故停電も二重系より送電方向切り替えで運転継続って方が多い。
駅で取ってる買電が一番安定してる地域が多かったりする。

106 :名無しでGO!:2006/05/21(日) 16:37:01 ID:Phac6UDn0
>>105 > 駅で取ってる買電が一番安定してる地域が多かったりする。

東京だとそうだね.
九州でモーター式タイマーを目覚ましにしたらしょっちゅう遅刻で
夜中に停電してるらしかった。
長期出張で改めて東京の凄さを知った。

信号スレだと、信号は低圧にしてから2重系の切替をやっていて、
瞬停滞策は取られてるらしい



107 :名無しでGO!:2006/05/24(水) 05:53:17 ID:s2+zXzH60
>>106
瞬停滞策ではなく停電対策
常用側の信号高圧が停電すると
信号機が一旦消える



108 :名無しでGO!:2006/05/24(水) 06:37:21 ID:cLcH5yLLO
ACレベルで瞬断すると軌道回路をリセットするから、運行時間帯にあるとちと面倒。
特に電子連動は自動進路制御系が混乱する。
でも、修正作業をしたことはないんで安定供給されてるんだなあ。
夜間の計画停電のあとに修正しないで、パニクってる扱い者がたまにいるがw

109 :名無しでGO!:2006/05/24(水) 20:04:37 ID:t5F+cGGx0
鉄道変電所作っているメーカーって、
日立、東芝、三菱、富士、明電の五社でオケ?

それぞれ特徴を挙げよ

110 :|∀゚):2006/05/25(木) 01:59:19 ID:0ge2vOKb0
日立…ゲイソル
東芝…奴隷
三菱…ウィーアー
富士…ウンコターレ
明電…磯

111 :名無しでGO!:2006/05/27(土) 11:55:46 ID:78n5v7TNO
日立は見積もりが来ない

112 :名無しでGO!:2006/05/27(土) 18:47:11 ID:Y1Q0V5VA0
俺の記憶では京成と京王は富士を採用しているな、見た。
小田急の唐木田でも見た。
東急・・・・・・・
京王・・・・・・・富士
京急・・・・・・・
西部・・・・・・・
小田急・・・・・富士
東武・・・・・・・
京成・・・・・・・富士
相鉄・・・・・・・
こんなとこだな、各社採用状況としては。
あとはどんな感じ?

113 :sage:2006/05/28(日) 16:17:22 ID:MjUiTyLJ0
高圧タップ切替式の具体的構造を教えて下さい.
仮に,起動電圧がフルパワーの1/10という場合に,
低圧タップなら2次巻線の1/10のタップに接続すれば良いわけですが,
高圧タップでは,フルパワーの10倍巻いた1次巻線に接続するのでしょうか?
それとも特別高圧の単巻き変圧器が別にあって,このタップを切替え,
その後に降圧用の変圧器を持つのでしょうか?
この辺りの説明はどの解説でも避けていて見つかりません.
若干スレ違いは承知ですが,このスレなら分かる方が居られそうなので.

114 :名無しでGO!:2006/05/29(月) 22:48:27 ID:SPfFdpay0
>>113
主語が無いので合ってるかどうか分かんないけど、ED71やEF70などの
電気機関車の主回路の話であれば、後者の単巻変圧器にタップを立てて
降圧調整した電源を主変圧器の一次側につなぐ方法。
「電車と電気機関車」(岩波書店 絶版 古本有り)に解説有り。
高圧タップ方式は制御部の絶縁や接点の離隔の関係で大形になって
しまうので、1960年前後の一時期しか使われなかった。
(前著の刊行当時としては新技術のひとつであった)
電圧が高いのでタップの接点を直にオン−オフするとアークで接点が
荒れるため、タップを切り替える都度、限流抵抗と接触器による回路
の接続・開放を必要としていた。

115 :sage:2006/05/30(火) 22:16:47 ID:+E1HgZhQ0
>>114
ありがとう!やっぱりそうですか!
電車は全部低圧制御ですが,機関車の
高圧タップについては権威ある「解説」を文字通り理解すると,1個のトランスで
前者のような制御をしてるとしか採れないんですが,
 実際に製品として構成しようとするとそれでは無理が出てきて,
2:1〜3:1くらいの単巻き変圧器で電圧調整をしてから,
走行電圧まで下げて整流する構造にしないと無理ではないかと感じてました.

750Vのモータだと√(20/0.75):1=5:1〜3:1程度だと特別高圧ではなく高圧になり,
単巻き変圧器としてもまだ有利な範囲で使えて扱いが楽になる訳で,
この辺りの処理は実際どういう設定だったんでしょうね.
単巻き変圧器入力20kVに対して最大10kVを越えては効率と特高絶縁でかなり間抜け(w

116 :名無しでGO!:2006/06/02(金) 06:44:21 ID:9+ttglqaO
買電の場合、受電部の遮断器類の後に契約電力計が入ってるけど、電気代の精算って
どういう形でやってるんでしょうか?
家庭みたく基本契約料+従量制ではなく、工場みたいに基本使用料+超過分従量制に
近いんじゃないかと思うんですが。
いずれにしてもピーク電力値で固定分は決まっちゃうので、変電設備って単純に
カネの許す範囲で大容量にしておく、って訳にはいかないんですよね。

117 : :2006/06/02(金) 09:59:33 ID:BD09CxVw0
>>116
× > 家庭みたく基本契約料+従量制ではなく、工場みたいに基本使用料+超過分従量制に
細かいけど,どっちも
○ > 基本契約料+従量制+超過分従量制 という形だと思うが。  単価が違うだけ。 鉄道だけ契約形式が違うの??
工場にはピーク電力計が付いてて一定時間越えれば契約増を求められる。定額は農業用電力や街灯など極限られている。
季節により契約料を変えるとか,それに対応して増加・新設分の単価を高くしたり,様々対応していた。

それと,回生電力を返しても積算電力計の逆転防止機構に引っかかり,
電力契約からも1銭にもならなかったから他列車が使ってくれる見込みの少ない
区間が多い国鉄は回生制動に非常に消極的だった。

電力会社からみれば,電力消費の少ない時間帯には電力を返されても一定熱出力の原発がボトムで
熱のまま空気中に逃がすしかないから必死に蓄熱式で夜間電力消費を勧めて居り,
金を返してまで受け取りたくない。

売電出来るようになってからは,送受で電力単価が違うので,
方向を分けて送受電量を計測しているから鉄道でも同様だろう。

118 :|∀゚):2006/06/03(土) 15:57:52 ID:sv94BTGe0
体で払っているんですよ…

119 :名無しでGO!:2006/06/05(月) 18:17:00 ID:WEu1/UGj0
age

120 :名無しでGO!:2006/06/07(水) 19:07:57 ID:RlPT1vH/0
age

121 :名無しでGO!:2006/06/07(水) 22:29:28 ID:sEhGZAuT0
つーか、電車の基本的な構造が分かりません。

〔電車の電気の流れ〕
発電所→送電線→変電所→架線→パンタグラフ→抵抗器→制御装置→モーター→車輪→線路→土

何でカルダン車は2両1ユニットなの?
何で路面電車はつり掛けばかりなの?
何でVVVFインバータは段階的な音がするの?
何で直流電源は磁気観測所に影響するの?
何で雨で濡れた電車に触れても感電しないの?
何で交流は2万ボルトにしなければならないの?
VVVFインバータの誘導障害って何?

電車の電気回路は難しすぎる。気動車やSLなら簡単な構造なのに。
気動車なら廃車になった自動車を改造して造る事できるよ。

122 :名無しでGO!:2006/06/07(水) 23:21:56 ID:/GFi9NO40
土に還ったらまずい。
水道管やガス管に穴が開く。

123 :名無しでGO!:2006/06/08(木) 05:44:18 ID:WXql6bs20
〔電車の電気の流れ〕
発電所→送電線→変電所→き電線→トロリ線→パンタグラフ→制御装置(抵抗器含む)→モーター→車輪→線路→帰線→変電所

修正してみた

124 :名無しでGO!:2006/06/08(木) 09:54:54 ID:mrj4DIVO0
発電所→送電線→変電所→き電線→トロリ線→パンタグラフ→制御装置(抵抗器含む)→モーター
発電所←送電線←変電所←______帰線→車輪____←制御装置(抵抗器含む)←モーター

これであってますか?

125 :名無しでGO!:2006/06/08(木) 18:37:12 ID:dPxEZ/z90
>>124
間違いじゃないとおもうけど
車両がパンタグラフ→制御装置(抵抗器含む)→モーター と細かく書いてあるのに
送電線→変電所→き電線とは大まかだな
開閉器、遮断器、変圧器、整流器とかも書いてくれよ。

126 :名無しでGO!:2006/06/08(木) 18:43:57 ID:dPxEZ/z90
>>121
何でカルダン車は2両1ユニットなの? >最近の車両はそうでもないよ
何で路面電車はつり掛けばかりなの? >最近の車両はそうでもないと思うよ
何でVVVFインバータは段階的な音がするの? >段階的な音がするものばかりじゃないよ
何で直流電源は磁気観測所に影響するの? >しらん
何で雨で濡れた電車に触れても感電しないの? >だれか答えてやってくれ
何で交流は2万ボルトにしなければならないの? >新幹線は公称2万5千ボルト(送り出し3万ボルト)
VVVFインバータの誘導障害って何? >主に信号通信設備への悪影響



127 :名無しでGO!:2006/06/08(木) 21:58:21 ID:WXql6bs20
何で雨で濡れた電車に触れても感電しないの?>ボディーとレールとホームは同電位(電圧差が0V)。
鳥が電線に止まっても感電しないのと同じ原理。

128 :名無しでGO!:2006/06/08(木) 22:31:47 ID:Tg35OCjL0
俺も質問君になろう
Nゲージの電車はつりかけ式?カルダン式?
トヨタのプリウスはVVVFインバーター?それともDDM?
電化区間の線路の上に鉄の棒を横に置いたらどうなる?(交流・直流供に)
架線の下に長時間SL(火入り)を停めておいても架線は熱で傷まないの?

129 :名無しでGO!:2006/06/08(木) 23:15:12 ID:+PtrPimK0
いちいち面倒だから答えないけど、これだけ。

>電化区間の線路の上に鉄の棒を横に置いたらどうなる?(交流・直流供に)
電化だろうが、非電化だろうが、感電もショートも脱線もしないけど、列車往来妨害で捕まる。やめとくように。



そういえば、20年くらい前に馬鹿どもが信号線ぶった切ったテロ事件あったよね?あれ犯人捕まったっけ?

130 :名無しでGO!:2006/06/08(木) 23:19:47 ID:mrj4DIVO0
>>121
>何で直流電源は磁気観測所に影響するの?

中学校の理科の時間に習うだろ。
導線に電流を流したら近くの方位磁石が動くだろ?
流す向きを逆にしたら方位磁石の動く向きも変わるだろ?
毎秒50〜60回も流れる向きが変わったら方位磁石はそのままになるだろ?

地磁気ってのは地球上にもともと存在する磁気で、
それを観測する時にどっかで直流電流が大量に流れていたら観測が狂ってくる

131 :名無しでGO!:2006/06/08(木) 23:20:34 ID:mrj4DIVO0
>>128
>Nゲージの電車はつりかけ式?カルダン式?
どちらでもない。台車へのモーターの置き方と車軸とのつなぎ方はどっちって聞かれても
そもそも台車にモーターが搭載されていない。

>トヨタのプリウスはVVVFインバーター?それともDDM?
VVVFインバーターだったと思うがDDMではないと思う。
VVVFインバーターはモーターの制御のしかた
DDMはモーターと車軸のつなぎ方の方式の一つでモーターの軸が車軸になってるタイプ
そもそも今日本を走ってるDDMの車両は全てVVVFインバーター制御である。

>電化区間の線路の上に鉄の棒を横に置いたらどうなる?(交流・直流供に)
電化・非電化に関わらず、軌道回路のある区間で左右のレールを短絡したらどうなるかくらいわかるやろ?

>架線の下に長時間SL(火入り)を停めておいても架線は熱で傷まないの?
熱で痛む前にすすが付いて汚れてしまうと思う。
炎天下では金属でできた架線自体がかなりの高温になるが、
SLの煙ってそんなに熱いの?

132 :名無しでGO!:2006/06/09(金) 00:08:32 ID:XWhtox8o0
交流電化が始まった頃、架線についた煤が原因で集電不良を起こし
パンタが破損する事故があったそうな。

133 :名無しでGO!:2006/06/09(金) 17:46:57 ID:KXpBSimY0
>>132
炭素は電気を通すのになぜ集電不良に?
カーボンすり板はどうなる?

134 :名無しでGO!:2006/06/09(金) 18:48:12 ID:XWhtox8o0
http://piza2.2ch.net/train/kako/1002/10028/1002876745.html
ここの448のレスくらいしかヒットしなかったんだが
たしか鉄道雑誌で読んだことがある

135 :名無しでGO!:2006/06/09(金) 20:05:35 ID:ug72ngcG0
煤は結晶じゃないから導体じゃないんじゃ?

136 :名無しでGO!:2006/06/11(日) 09:59:59 ID:ORDzrBal0
>架線の下に長時間SL(火入り)を停めておいても架線は熱で傷まないの?
架線より碍子やFRPセクションが煤でトリップしやすくなる。
数ヶ月に1回の碍子清掃あり

137 :名無しでGO!:2006/06/13(火) 22:06:29 ID:52t8Kv6X0
 架線の保守作業時、実際に停電しているかの確認はどのように行われている
のでしょうか?

 架線に近づけたら、電気の流れているときは反応するような器具があるとか?

138 :|∀゚):2006/06/13(火) 22:12:12 ID:Jt0lSl300
検便・雪隠

139 :名無しでGO!:2006/06/13(火) 22:29:48 ID:Xa9hJBmW0
電力指令へ停電の依頼・確認そして検電器による停電確認そして接地。

140 :名無しでGO!:2006/06/13(火) 22:33:16 ID:Xa9hJBmW0
こんなもんかな
http://www.hasegawa-elec.co.jp/seihin.htm

141 :名無しでGO!:2006/06/13(火) 23:19:28 ID:f2ra3UEN0
電線メーカの人間で、手の甲で触るってのがいた。
手のひらだと電流で筋収縮して線を握っちゃうんで、手の甲で触れる。
線が活きてるとバァンって跳ね返るので分かるとか。
線が活きてるのが確認できる代わりに自分が死にそうだが。

142 :|∀゚):2006/06/13(火) 23:33:15 ID:vYN4aE950
>>141
それ漏れも聞いたことある。

143 :名無しでGO!:2006/06/16(金) 20:49:08 ID:YA6Ipt/xO
単相3線を指の腹で計ってたオヤジがいた。
その話を聞いてた人が「接続間違えて6.6kかかってたら笑えるな」って。

144 :名無しでGO!:2006/06/17(土) 22:10:30 ID:zY8RLVwP0
本日落雷で購入電源停電した
27R動作・中故障
52G1.2.3・HP1.2・H1.2トリップ
54P1.2.3.・F1〜11開放


145 :|∀゚):2006/06/17(土) 22:15:33 ID:DqvIL9Ps0
都会の線区ですな。

146 :名無しでGO!:2006/06/18(日) 13:32:20 ID:8RifW4c50
保守age

147 :名無しでGO!:2006/06/18(日) 14:28:01 ID:UyGiK+yn0
>>141
これ君が書いたの?

何で架線に止まってる鳥は感電しないの?
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/rail/1143910587/274

148 :141:2006/06/19(月) 22:02:52 ID:aWb7/0rj0
>>147
そのスレの存在知らなかったです。

149 :名無しでGO!:2006/06/21(水) 06:52:49 ID:X3OwJ6/cO
昇圧

150 :137:2006/06/22(木) 22:18:49 ID:EMy/q2d20
レスありがとうございました。「検電器」があるのですね。

151 :名無しでGO!:2006/06/24(土) 21:11:09 ID:fD5EucqF0
そういえば、>>23のき電マン、最近全然見ませんね。

過去スレで「盗電マン」というのがいたけど、まさか盗電マンに・・・・・・

152 :名無しでGO!:2006/06/25(日) 09:37:57 ID:0bI+cQo50
夜間作業で接地を外し忘れてやっちまった
作業終了して確認したはずだったのだが
89を投入し52を入れた途端、重故障
51GR動作。受電二次側の接地(変圧器一次で
取っていた)を外し忘れたためだった。瞬時でも
器具は焼損。設備は154kvの受電設備
幸い大事には至らなく、始末書を書くことに・・・

153 :名無しでGO!:2006/06/25(日) 11:34:23 ID:W/eWHfHR0
>>152
焼損したのが接地危惧で良かったね。人じゃなくて。
始末書で済む様な安全対策を徹底する必要がある。

154 :名無しでGO!:2006/06/25(日) 14:13:12 ID:nr1TcVt20
現業区によっては、戻し作業も全部チェックリストに起こすようにしてるな。
配線・ブレーカ投入・活線測定・モニタ確認とかの手順一つ一つ。
3日くらい前に提出して、漏れてる部分ツッコミ入れられて、直して当日の
再確認。
事前作業と事後作業の確認に気をとられて、本来の作業をミスったことも
あったりするが。

155 :名無しでGO!:2006/06/28(水) 17:24:41 ID:bT2yiY/R0
ちょいと質問。
直流区間、アルミき電線の圧縮端子(羽子板)のボルト締結部のところで、
白い粉が噴いて接触抵抗が大きくなるのです。

正常値で5〜15マイクロオーム位らしいのですが
50〜2000マイクロオーム位になります。
ばらして接触面を磨くと細かい凹凸が出来てしまい
30〜100マイクロオーム位になります。

検査する上でばらす必要があったのですが、
良かった物(10マイクロ)まで60マイクロに上がってしまいました。

この白い粉は何なのでしょう?
何か良い解決策は無いですか?

156 :名無しでGO!:2006/06/28(水) 19:28:37 ID:t3DRtihf0
>155
フレッティングの可能性は?

157 :名無しでGO!:2006/06/29(木) 08:47:08 ID:6thfgg4w0
>156
レス、ありがと。

M24のボルト2本で締め付けてあって
テンションも掛かっていない場所でも
微小すり動作が生じてしまうのでしょうか?

158 :名無しでGO!:2006/06/30(金) 00:06:10 ID:wi28KxRj0
>157

正確には鉄道総研に調べてもらわないといけないと思うけど、粉を吹いて
いる、というのでフレッティングかなあと。ワイヤロープですらフレッティング
でやられることがあるんだから、羽子板で起きてもおかしくはないと思います。


159 :155:2006/07/01(土) 03:37:59 ID:/hSuMod+0
>>158
サンクス

160 :名無しでGO!:2006/07/03(月) 19:13:13 ID:K7stUV6C0
あげ

161 :名無しでGO!:2006/07/06(木) 17:15:56 ID:/+3Zd3NS0
age

162 :名無しでGO!:2006/07/08(土) 11:37:20 ID:2UaNpnKd0
来年から倒壊で、電気システムの仕事をするのですが、薄給激務でっか?

163 :名無しでGO!:2006/07/08(土) 20:04:28 ID:4B5tjloP0
>>162
かわいそうに

164 :名無しでGO!:2006/07/09(日) 10:05:29 ID:T95mtvdV0
>>152
ノ∀`) アチャー

接地照合札は使わんの?


165 :名無しでGO!:2006/07/09(日) 10:07:29 ID:T95mtvdV0
IDが地絡電圧

166 :名無しでGO!:2006/07/10(月) 14:09:11 ID:wEQUsWsJ0
>>162
希望はある

167 :名無しでGO!:2006/07/11(火) 02:37:02 ID:CkwU8k5l0
常時力行が可能な交交セクションがあるのは日本だけなのだろうか?
大変画期的なシステムだと思うが。

168 :名無しでGO!:2006/07/11(火) 09:20:23 ID:TUJw96Ee0
>>164
札は付けてたけど器具の取り付け場所を誰か
替えたらしい。多分、点検で邪魔だったから
他の場所に付け替えたんだと思われ。
変圧器(PT)一次で取っていた接地が整流
器用遮断機の一次側に移動していたもん・・・
まぁ〜やっちまったことはしゃーないか!

169 :名無しでGO!:2006/07/11(火) 23:13:57 ID:5s4LYodc0
>167
常時力行可能とは言え、多くの運転士が衝撃防止のためにノッチ戻ししてる
けどね。

今となってはメリットは回生側の方が大きいと思う。

170 :名無しでGO!:2006/07/14(金) 23:20:02 ID:VOZGd5L60
age

171 :名無しでGO!:2006/07/18(火) 20:10:53 ID:RVoWWsem0
線路際って、どういう変電設備を作っていたんだ?

172 :名無しでGO!:2006/07/18(火) 21:14:42 ID:NMOGRiUl0
>>171
房総の方へ行くとある整流ポストってヤツかな?
名前の通り、整流器とHSCBがあるだけの設備。


173 :名無しでGO!:2006/07/21(金) 17:43:09 ID:C0onFi9W0
>>172
整流ポストにHSCBは無いが…?
整流器と連絡遮断器(という名の通信装置)はあるけどね。

174 :名無しでGO!:2006/07/22(土) 09:46:02 ID:YvLDezGX0
いや俺が点検に行った設備では整流器2次側に
HSCBが付いていたよ。一緒に点検したんだ
から間違いない。


175 :名無しでGO!:2006/07/24(月) 21:38:40 ID:RLSknu0O0
age

176 :名無しでGO!:2006/07/27(木) 20:58:53 ID:3Xxii9rh0
age

177 :名無しでGO!:2006/07/28(金) 23:13:11 ID:tLtUIPWP0
ME盤嫌い。


178 :名無しでGO!:2006/07/30(日) 11:47:28 ID:4CSWfdRqO
96動作age

179 :名無しでGO!:2006/07/30(日) 12:06:03 ID:h9cxSOBR0
大阪環状線201系6M2T用に
変電所を増強するらしいが
どこに変電所があるの??

180 :名無しでGO!:2006/07/31(月) 19:14:56 ID:lWNuAFnV0
大阪市内

181 :名無しでGO!:2006/07/31(月) 19:35:27 ID:I5thpPYA0
>>179
自分で探せよ。
大阪環状線なら、高架下に変電所がある場合は、黒く太いケーブルが
高架上に立ち上がってき電線に接続されている場所があるはずだ。

182 :名無しでGO!:2006/07/31(月) 20:54:49 ID:jS5crEfI0
大阪・京橋・玉造・天王寺・西九条とあとどこだっけ。安治川口もあるな。

183 :名無しでGO!:2006/07/31(月) 22:14:45 ID:XcZyr3kx0
敷地が狭くて工事が大変そうなところばかりだな。

184 :名無しでGO!:2006/08/02(水) 12:07:13 ID:FCDP/wmi0
保全

185 :名無しでGO!:2006/08/05(土) 02:17:06 ID:MhEgdUTT0
age

186 :名無しでGO!:2006/08/08(火) 00:32:47 ID:HozwHZ9w0
age

187 :名無しでGO!:2006/08/08(火) 21:35:41 ID:a9Aig93m0
新京成っていつだったか変電所増やしたけどなんで?

188 :名無しでGO!:2006/08/08(火) 22:34:30 ID:0OI8jVvc0
>>187
関係あるかどうか分からんけど。
http://www.koseki.t.u-tokyo.ac.jp/report2005/096-101.pdf

189 :名無しでGO!:2006/08/11(金) 16:03:51 ID:E6MGX8Ye0
 

190 :名無しでGO!:2006/08/12(土) 12:54:32 ID:q5yYhh0D0
>190


191 :名無しでGO!:2006/08/12(土) 19:05:40 ID:mq5J/mAWO
落雷&受電停電…

192 :名無しでGO!:2006/08/14(月) 14:56:46 ID:VIPJ3gun0
>>188
スゴイ!ことを実行中なんでつね (・∀・)

193 :名無しでGO!:2006/08/14(月) 23:15:33 ID:UYC3esU30
「いつだったか」変電所容量を増やした方の話は、カルダン車のランカーブ
に合わせたダイヤ改正で、全カルダン車がフルノッチ使用出来るようにした時
だったと思ったけどな。800形とか、古い方のは限流値増で、モーターの発熱が
一杯だとか、工場見学の時に聞いた。
これ以上の増設は不経済だから、回生電流の有効活用とか考えてるんだろうね。

ここって純電気ブレーキ始め、VVVFの先頭切ってる三菱と一番密接なユーザー
でもあるし。

194 :名無しでGO!:2006/08/15(火) 02:53:08 ID:D1nEb0ud0
>>193
ところが新車は大馬鹿な親会社のせいで東洋VVVFだったりするorz

195 :名無しでGO!:2006/08/17(木) 00:02:29 ID:r7lIVW/t0
>>155 遅くなりまして。
アルミですので 酸化=錆=さび ますyo


196 :名無しでGO!:2006/08/17(木) 22:31:57 ID:yoe7SnV+0
>>195 >>155
白い粉は水酸化アルミじゃないの?
アルミは元々導電性の酸化膜に覆われていて、
アルミ単体じゃ空気中に存在できない

197 :155:2006/08/18(金) 06:31:32 ID:9tkWc6F60
>>195 196
レ、スサンクス

とりあえず解決策として

角材に紙やすりを巻きつけ、
粉が無くなり、腐食による凸凹が無くなるまで磨く。
やすりは400番から600番、1000番と順次目を細かいものにして行く
最後にショウアルゴンを塗布する。

という方法で良くなりました。
が、時間が掛かりすぎ。
施工単価上げてもらわないと割りにあわね〜

198 :名無しでGO!:2006/08/18(金) 17:31:34 ID:L1jMDQi30
関係者様に質問
き電や走り装置関係の文献を読んでると
故障の時「トリップ」と言う言葉が良く出てくるけどあれはどういう意味ですか?

199 :名無しでGO!:2006/08/18(金) 17:58:44 ID:xtJypEli0
>>198
鉄道電気で「トリップ」とは開放、遮断を意味します。
例えば、き電関係で故障が起きたとすると司令所は
○○変電所、50F動作、54Fトリップ、再閉路失敗、再トリップ
と関係区所に連絡します。
き電線故障選択装置が動作して高速度遮断機が遮断、再投入するも故障継続
で再度遮断したという意味です。
トリップ=遮断で考えてください

200 :名無しでGO!:2006/08/18(金) 20:39:14 ID:L1jMDQi30
なるほど
ありがとうございました

201 :名無しでGO!:2006/08/19(土) 21:25:32 ID:dolENLQI0
受電地絡発生。51GR動作
52R、52G、HPトリップ

202 :名無しでGO!:2006/08/20(日) 02:17:55 ID:SPoRz6l20
 まあブレーカーが飛ぶということだな。

203 :名無しでGO!:2006/08/20(日) 10:41:35 ID:EJ8+11L50
>>201
そのシーケンス在り得るの?
内部・外部故障の判別はしない?
52G:解りません、できれば説明よろ。
HPは高速度遮断機のこと?だとしたら受電地絡で飛ばす必要ある?

当方、非鉄電力屋で鉄道はシロートです。

204 :名無しでGO!:2006/08/20(日) 14:25:23 ID:8dQP7c560
ある私鉄会社での保護シーケンス上ではなっています
故障判別はありません。また、方向性継電器でもありません。
52Gとはこの会社では整流器用特高交流遮断機として用いています。
連動で54P(整流器二次側用直流高速度遮断機)も飛びます。
HPは52HP(高配Tr一次側用)で特高交流遮断機です。
連動で52H(高配Tr二次側用高圧真空遮断機)も飛びます。

205 :名無しでGO!:2006/08/20(日) 14:53:29 ID:177HKlREO
き電のタイ断路器って使うことありますか?

206 :名無しでGO!:2006/08/20(日) 15:38:28 ID:RkWn+ztE0
京成初代AE・3400・3600では4M2Tで使うと制御機がフラッシュオーバー?を起こすらしいけど、
変電所に影響はでるのか?

207 :名無しでGO!:2006/08/20(日) 23:32:44 ID:GbFv8xFa0
>>196
 スマン、そこまで?
説明しなければ、>>196流石
化学専攻ですね?

208 :名無しでGO!:2006/08/21(月) 01:05:42 ID:0Ey9nqrS0
>>206
「フラッシュオーバー」というのは、コンミテータ表面に沿う放電短絡現象を指し、
モータとしては重故障でアウトなんだけど、制御器のフラッシュオーバーとは??
新幹線最後の直巻きモーター車400系で起こりやすいんだとか。

209 :名無しでGO!:2006/08/21(月) 17:21:57 ID:vxpvQLrX0
>>208
じゃ電動機の方かな。

その京成車は複巻電動機だったり。

210 :名無しでGO!:2006/08/21(月) 23:32:26 ID:B866TJPx0
基本的には車両のVCBがトリップして、き電系には影響しないようにしてんじゃないの?

211 :名無しでGO!:2006/08/24(木) 17:16:37 ID:E4exHjnl0
DS定位変更

212 :名無しでGO!:2006/08/24(木) 17:58:06 ID:C/BVZ2S+O
電動式断路器のブレードで蛇が潰れてた

213 :名無しでGO!:2006/08/24(木) 19:50:47 ID:VuYX8JzY0
>>210
その保護協調は実際にはほとんど取れていないのだ。

214 :名無しでGO!:2006/08/24(木) 23:14:51 ID:xg1NzhFU0
>213
そもそも、VCBなんて積めないから、高速度断流器なんてものを使ってる
からなあ....

車両事故で断流器で切れなかった場合、変電所の50Fが飛ばなかった場合は
BFが切れるのを祈るか、破損覚悟でパン下げしか方法が無いというのが
なんとも....

215 :名無しでGO!:2006/08/26(土) 20:57:55 ID:arwrjbRq0
>214
50Fがなんらかの故障で飛ばなくてもHSCBが
自断で飛んでくれる。(HSCBにも50Fのような
検知する限流コイルがついている)

216 :名無しでGO!:2006/08/27(日) 23:26:07 ID:qs1BtrVF0
メンテ

217 :名無しでGO!:2006/08/29(火) 11:24:18 ID:9T758YIt0
ホシュ

218 :名無しでGO!:2006/08/31(木) 01:08:36 ID:5NnRhbrs0
何も話題が無いね

219 :名無しでGO!:2006/08/31(木) 08:57:56 ID:MKxfzp//0
き電マン      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      △/ <  誰か呼びましたか?
    <●    \_______
      □
     / \



220 :名無しでGO!:2006/09/01(金) 14:04:22 ID:UCr5yIAE0
はーい

221 :名無しでGO!:2006/09/01(金) 18:29:12 ID:PR0bVaMyO
暇だから5Eを操作していい?

222 :名無しでGO!:2006/09/02(土) 12:16:55 ID:xHwQDv7+0
受電部で何かやって「系切換機能試験してました」とか?

223 :名無しでGO!:2006/09/03(日) 10:25:41 ID:efk2tXwP0
保守

224 :名無しでGO!:2006/09/04(月) 09:03:44 ID:y+WeG5irO
直接で運転中です。

225 :名無しでGO!:2006/09/05(火) 12:54:27 ID:0xmHXyjT0
sage

226 :名無しでGO!:2006/09/06(水) 20:07:32 ID:+109yvxb0
維持

227 :名無しでGO!:2006/09/08(金) 00:33:47 ID:Vc7OPr7x0
保守

228 :名無しでGO!:2006/09/08(金) 19:28:23 ID:GT+Qnnwv0
2ヶ年検査

229 :名無しでGO!:2006/09/09(土) 01:47:02 ID:695nF4ip0
ヒマそうなんで、WikiのBUG取り。
というか、斉藤雅男氏ら現場情報か、研究機関情報かという
違いがあって、研究機関の基本回路が正しく、現場からの回路は配線が1本足らないと
思うんだが、テコでも動かない。BT饋電結線図。記事中の後の図の方が絶対正しいよねぇ
小倉工場系の結線図じゃ吸い上げ変圧器が走行電流を阻止する位置がある。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/BT%E9%A5%8B%E9%9B%BB%E6%96%B9%E5%BC%8F#.E5.95.8F.E9.A1.8C.E7.82.B9.E3.81.A8.E7.8F.BE.E7.8A.B6
斉藤氏の信頼は絶大で流れとしては大いに参考になるんだが、
細かい点ではちょくちょくエラーが混じるんだよねー。

230 :名無しでGO!:2006/09/09(土) 07:02:25 ID:Wu3umjSJ0
>>229
全然話が見えない。
他人のBUGよりも自分の日本語を何とかしる。

231 :名無しでGO!:2006/09/09(土) 11:14:29 ID:nuF0Lc2I0
>230
多いよね、こういう人。頭の中で妄想したことが、整理されずに全部
流れ出してくるタイプ。人格障害かなんかなんでしょうね。

うちにも電話かけてきてわけのわからない話をする、クレーマーというか
なんというかが一人いるよ...

232 :名無しでGO!:2006/09/09(土) 12:27:43 ID:Kg7vGGVm0
BUG取りはソースリストをいじればすむこと。
(Wikiの記述変更手順を踏めばすむこと)
まあ、知識をひけらかす場が2ちゃんにしかない気の毒な人は生暖かく
放置しておいてあげてください。

233 :名無しでGO!:2006/09/09(土) 13:51:58 ID:xzX/sq0QO
変電=変人


234 :名無しでGO!:2006/09/09(土) 21:33:38 ID:k4TrgXqz0
質問というか探し物
ヨーロッパに3相交流でのき電方式がある(あった?)と聞いたことがあるけど
これって黒部のトロリーバスみたいに架線が2本走ってってパンタ2個で集電する
ようになっとるのかな?一目瞭然の画像どっかにありませんか?

235 :名無しでGO!:2006/09/09(土) 22:53:42 ID:Wu3umjSJ0
>>234
これか?
と思われるものは見たことがあるが…言葉では説明しがたい。
ある本にイラストが載っていた。うpするのは数日待ってね。

236 :名無しでGO!:2006/09/10(日) 01:05:25 ID:KhOU9JI10
>>234
こんなののことかな。

ユングフラウの登山鉄道。パンタが2個、横に並んでる。
ttp://www.geocities.jp/tabinosyasoukara/mountainrailway/42jb.jpg


237 :名無しでGO!:2006/09/10(日) 01:18:30 ID:Hb9B9Irc0
>>229
直上のこの配線図で重要な配線が1本欠けている。
http://ja.wikipedia.org/upload/b/bb/BT-Feeding.png
>>229のBTセクション詳細図ではそれが正しく描かれている。
http://ja.wikipedia.org/upload/5/5e/Bt_feed.gif

しかし、吸い上げ変圧器を過飽和型に設計して帰線がなくなる位置での電圧降下を
抑制すればノイズはヒドイだろうが走れ無くはない。
理論畑の著書では後者の結線図ばかりだが、
国鉄小倉工場系の著書では前者の1本足らない結線図となっていて、
実際にこれで施工したか、それでトラブルになったか、記録転写時に図から1本落ちたか、
何らかの事情があるのだろう。
実務関係からここを詰めないと、ごく少数でも存在するかもしれない前図を迂闊に削れない。

Wikiの鉄道関係執筆・とりまとめ者の誰かは、なぜか訂正されるのを極端に嫌って粘着したり、
Wikiスレの表題に気に入らないヤシの個人攻撃を入れるのを当然としたり、
正確適切なWeb辞典項目の集積よりも、私的感情と恣意を優先させているのではないかな。
 辞書としては余分なことを書いては訂正されて、ノートの指摘まで表に出して膨大化させてしまう。
信号スレでも訂正自体を非難していた様だが、余分なことを間違って書かなければ訂正されないだろうが。
「整理されずに全部流れ出して誇示した」が訂正されて平静を失って粘着。あまりに自己中。

238 :名無しでGO!:2006/09/10(日) 06:34:15 ID:44/6rwnA0
>>236
地上設備で交流架線が2本並んでるんだ
地下鉄なんかの設備だと思ってた。
単相交流のエアーセクションみたいな仕組みが延々続くと思えばいいのか

239 :名無しでGO!:2006/09/10(日) 10:17:51 ID:j8TeRsHV0
>>237
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/train/1157799184/l50
こちらでどうぞ。

240 :名無しでGO!:2006/09/10(日) 23:14:56 ID:KhOU9JI10
>>238
登山鉄道とは言っても、山の中をくりぬいたトンネルを登っていく感じ。
ほとんど地下鉄だよ。

241 :名無しでGO!:2006/09/12(火) 12:32:04 ID:jPmDAWX20
保守

242 :名無しでGO!:2006/09/13(水) 10:48:29 ID:4d1DPUlO0
sage

243 :名無しでGO!:2006/09/14(木) 10:33:03 ID:NjJUZPC/0
保守

244 :名無しでGO!:2006/09/14(木) 16:40:14 ID:hSd5IQ/x0
54IVあげ


245 :名無しでGO!:2006/09/14(木) 18:01:04 ID:F32Sh5h7O
ろ波器って必要?不要?

246 :名無しでGO!:2006/09/14(木) 22:19:50 ID:gE21687V0
>>245
必要!整流後の饋電線との間に入れるやつでしょ。
通信線と長距離を並行して配線しており、大電流だから尚更。
とんでもない高い電圧が誘導されることがある。
大した値段じゃないんだからケチる考えを起こすな!

247 :名無しでGO!:2006/09/14(木) 22:28:49 ID:PG/O07+g0
>>254
信号屋ですが高調波は抑えてほしいっす。
朝ラッシュで直流変電所の負荷が重くなる時間帯になると、電源監視の
異常誤検知やら信号電球断芯誤検出やらUPSの入力電圧異常やら・・・

248 :名無しでGO!:2006/09/14(木) 23:23:02 ID:ceU9zKoL0
学生時代にFFT(高速度フーリエ変換)で6600V引き込みの高調波解析したことがあるが
工場なんかの操業時間に集中して奇数調派がMAXになるようだった
電車もVVVFの起動時がノイズ発生の一番の原因じゃないかな
あと朝一番の操車場でのエアコン起動時もノイズ大発生だろうな
冬季の暖房効かすために電車がヒーターガンガン入れて
朝に電車区のき電線が切れるという現象もあったようだ

249 :名無しでGO!:2006/09/15(金) 12:35:00 ID:WRHWofG3O
某メーカー側は直列リアクトルだけでも支障ないと…

250 :名無しでGO!:2006/09/15(金) 15:12:40 ID:uet1BQKo0
>>249
売る方はそう言うが、客観的事実は>>247 が指摘するような現象がある。
走らせるには支障なくても誘導障害低減には必要ということだ。

むしろ標準回路のリアクトル+共振短絡フィルターだけでは足らんのではという疑問はある。
短絡フィルターのインピーダンスを電車線より遙かに低くはできないと思うから。
線路に高調波を流さないためには短絡フィルターの後にもう1段リアクトルと短絡コンデンサは欲しいなぁ。

251 :名無しでGO!:2006/09/17(日) 00:29:19 ID:TYdbtBKi0
>>249

濾波器は必要、直列リアクトルは不要、の間違いではないか?

252 :名無しでGO!:2006/09/17(日) 01:34:09 ID:jQu46qkU0
>>251
直列リアクトルがあるから、高調波周波数に合わせた直列共振回路で構成される濾波器が
有効になるわけで、リアクトルこそなくせない。

濾波器の共振周波数で短絡されるといっても、電車線のインピーダンスは
短絡同然に低いから、高調波が電車線に流れない様にするには
もう1段リアクトルとコンデンサーが欲しいなぁ!と。

253 :名無しでGO!:2006/09/17(日) 07:05:31 ID:VkXMdQGLO
今、ろ波器が故障中で停止してます。今のところ障害は出てません。

254 :名無しでGO!:2006/09/17(日) 17:26:59 ID:jQu46qkU0
>>253
直列リアクトルが生きてるとあり得るなぁ。
電鉄のフィルターは通信のとは違って並列負荷である電車線インピーダンスに比べて
高調波の導電度が大きい訳じゃないから、1個位取れても大丈夫な例が出るかもしれない。
(=従前あまり効いてない)

バランスの良い整流器だと高調波周波数成分が
3相全波「6相式」で6倍、12倍、18倍、24倍、30倍、36倍………6n倍
Y結線とΔ結線整流を重畳する「12相式」で12倍、24倍、36倍………12m倍
で電鉄のフィルターはこの24倍周波当たりまでをそれぞれCR直列共振回路で短絡を試みてる。
だもんで、その先にもう1個直列リアクトルが無いと電車線に高調波が漏れるのは当然で
1個ぐらいフィルターを外されても障害を起こすほどは増えない現場というのはあり得る。

255 :名無しでGO!:2006/09/18(月) 12:30:14 ID:eqQmlZJ20
>>128
 Nゲージは直角カルダンが有ったよ〜な希ガス

256 :名無しでGO!:2006/09/19(火) 00:50:33 ID:cmYQORsN0
>>255
直角ウォームギヤ!(w

257 :名無しでGO!:2006/09/19(火) 04:28:23 ID:rOlfETMl0
>>234
ファンで以前連載やってたよ>3相交流電化。
非常に良質な記事だったから一読されたし。

営業路線で実用化していたのはイタリア・スペインの国鉄と各地の登山鉄道。
現在でもスイス・ブラジルの登山鉄道で現役だね。
架線設備が複雑になり加減速が極数切り替えでしかできない構造的欠陥があるけど、
低速定速度で回生制動を常用する路線じゃそれなりに使える。

258 :名無しでGO!:2006/09/20(水) 00:38:04 ID:a9SsR2A+0
sage

259 :名無しでGO!:2006/09/20(水) 20:48:59 ID:DTtYkdqM0
浅間三相事件age

260 :名無しでGO!:2006/09/22(金) 01:10:07 ID:W9QTaieO0
保守

261 :名無しでGO!:2006/09/22(金) 21:12:23 ID:bo2R8pGJ0
>>259
なぜかそれを見て噴出してしまったorz

262 :名無しでGO!:2006/09/24(日) 07:35:32 ID:wki9ow2GO
ろ波器を撤去することになりました。

263 :名無しでGO!:2006/09/24(日) 11:21:52 ID:PPBAZQCy0
敦賀は無事直流になったのか?

264 :名無しでGO!:2006/09/24(日) 13:49:19 ID:QI5+tlU60
>>262
へ!害がないものは置いとけば〜?道端の地蔵でいいから、と思うけどね(w。

今後、高調波の悪影響が発見されたとき、フィルターから先:電車線側に
直列リアクトルを足すだけで済むはずが、
高調波短絡路を撤去してるとそれが効かなくなってしまう。

障害というのは、誘導電圧がある限界値を超えると突然現れるものだから、
場所により、無くても平気なところと、足らずに追加するところは出るんで、
素人目どころか設計設営側にとっても一見、わけわからんのやっかいなものだから、
基の部分の省略は影響範囲が広く不安で、無駄でも敢えて外さないんですけどね。

265 :名無しでGO!:2006/09/24(日) 17:17:23 ID:6NyNvuF80
メーカーが無くてもよいというんだったら、メーカーから念書取っておいても良いと思うけど…。

266 :名無しでGO!:2006/09/24(日) 22:33:46 ID:QI5+tlU60
>>265
で、もし後から障害が出たら、念書を盾に具体的に何をして貰うのよ?(w
直接責任を負わされるのは現場だから、数で大差が出るとか
余程の利点がないと判断は保守的になってしまう

267 :名無しでGO!:2006/09/25(月) 19:49:59 ID:aN6Nkzyp0
保守

268 :名無しでGO!:2006/09/26(火) 14:53:09 ID:Pt7m/UtW0
sage

269 :名無しでGO!:2006/09/27(水) 09:36:25 ID:rDHPaNSG0
ほしゅ

270 :名無しでGO!:2006/09/28(木) 10:06:32 ID:UiX0yCB00
sage

271 :名無しでGO!:2006/09/28(木) 19:53:31 ID:Ug3kRDGq0
>>209
複巻の方が過渡整流が悪いよ。国鉄が添加励磁式開発した動機も複巻がいやだから
だし。
補償巻線使ってるところが多いけどね>複巻採用会社

272 :名無しでGO!:2006/09/28(木) 19:57:17 ID:Ug3kRDGq0
>>214
鉄道では地上用設備と車体の方が目立ってる大手総合電機メーカーのカタログ品
に車載用が有って、それなりにHITしてるけどね。
東京都5300形なんかでも、三菱が主幹事だったのに、そこだけわざわざご指名で
使われてる。ちょうどあの時期の開発だな。
あの社が1両単位でMT1:1以下で"満足に"走れるVVVFを出し損ねてピンチだった頃。

273 :名無しでGO!:2006/09/28(木) 20:21:43 ID:+pdLmdZi0


  京葉線にき電マン参上!

    
      △/  それにしても
    <●    良いところに
      □     流れたな・・・
     / \

274 :名無しでGO!:2006/09/28(木) 21:04:10 ID:EeBzOYXq0
>>273
イクナイわバカモノ!

275 :名無しでGO!:2006/09/28(木) 22:04:38 ID:H8ODnWXq0
鍛冶橋SSって64PBだったんだろうか。普通なら、64Pが動作してあっという間に
全停電かつ故障鎖錠してくれるんだけどなあ。


しかしこうやって考えると、今から30年以上前に絶縁協調を完璧にとってた
幹線って偉大だわ。

276 :名無しでGO!:2006/09/28(木) 22:11:06 ID:KCXwbyfa0
>>273
おまいか、犯人は!
発生が始発直前だったので、電力担当が何かやらかした説が流れてる。(信号担当)
連動の配線が燃えてたら1週間は手信号だな。
ニュース映像ではリレーカバーがすすけてて、溶けたり破裂したりはしてなかったみたいだが。

277 :名無しでGO!:2006/09/28(木) 22:19:42 ID:4ocxz91jO
接地器具外し忘れか?

278 :名無しでGO!:2006/09/28(木) 22:38:23 ID:H8ODnWXq0
と思ったけど、64PBは構外故障でも故障検出するように作ってあるのか。
#構内と区別してあがる

>>276
電子連動2形みたいだったので、各地から予備品かきあつめればなんとか
なるのでは?問題は構内の信号ケーブルが無傷かどうかだな。

>>277
接地があったなら、50Fで即断するから火災にはならないと思うな。

279 :名無しでGO!:2006/09/29(金) 01:46:29 ID:MbfkeY4z0
どうすれば帰線電流が逆流するんだ?

 JR東日本によると、駅構内のポイントが焼けていた。
変電所近くの電線がショートして発生した異常な電流が、
地面や建物の壁に流れ、ポイントから信号ケーブルを
通じて地下1階の信号機器室へ流れ込み、
同室内でも火災が発生した可能性が高いという。
信号機器室から出る電流は通常24ボルトだが、
逆流した電流は1500ボルト前後あったとみられる
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060928-00000028-mai-soci

280 :名無しでGO!:2006/09/29(金) 09:18:22 ID:Fenvex9oO
HSCBが遮断不良?

281 :名無しでGO!:2006/09/29(金) 18:11:43 ID:alvS9Ecr0
帰線電流が逆流しなくても各接地系統から入り込む
可能性がある。実際、落雷は直接は変電所に落ち
なくても線路やき電線を介して入ることがある。
某変電所では落雷から接地系統を通り、整流器制御
リレー盤と保護リレー、整流器内の圧力継電器など
を焼損させた事例もある。どこから入るか分からない
のが電気ってこと?

282 :名無しでGO!:2006/09/29(金) 21:26:14 ID:LPJh88ox0
>>281
鉄道の話ではないが、近くへ落雷して洗濯機が壊れた事例で、電源ラインからではなく
アース線から入り込んだ事例が文献に紹介されていた覚えがある。

283 :名無しでGO!:2006/09/29(金) 22:22:45 ID:MbfkeY4z0
落雷による機器への被害は直撃によるものより誘導雷によるものが意外に多いな

284 :ネットワーク屋:2006/09/29(金) 22:48:45 ID:SwsMyo9I0
>>283
直撃食らったら機器焼損で一発昇天
誘導雷のほうが中途半端に弱いパーツだけ焼けるから
あちこち壊れる(T_T)

工場建屋間くらい地中管路の光入れてくれ

部外者立ち入りのためsage

285 :名無しでGO!:2006/09/30(土) 00:10:59 ID:bZ7INfVO0
>>282
避雷線→アース電流による接地電位上昇を嫌って信号だと連動・CTCは筐体を
接地してない。
外線との接続部分に入れた避雷素子はアース端子を相互につないで、機器を
通らずバイパスするようにしてるんだけど、うまく行かないことも多いな。
外部機器とは全部光ファイバで接続して、電気的に電源だけが外に出てる機器
があったけど、現場と接続してる機器は平気で、光で保護されているはずのブロ
ックだけが焼けたこともあった。

286 :名無しでGO!:2006/09/30(土) 14:14:35 ID:Jrckslqk0
つまりエネルギーも光で伝送すべき?

287 :名無しでGO!:2006/10/01(日) 17:33:06 ID:g3PD1F960
>>279
>信号機器室から出る電流は通常24ボルトだが、逆流した電流は1500ボルト前後あったとみられる。

毎日新聞は究極の馬鹿だな。

288 :名無しでGO!:2006/10/01(日) 19:23:01 ID:ABIW/b270
まあまあ、専門誌じゃないんだから、言わんとすることが伝わればそれでいいんだよ。

289 :名無しでGO!:2006/10/01(日) 19:45:43 ID:RUnvsMhF0
電圧と電流って小学校の理科で習わないか?

290 :名無しでGO!:2006/10/01(日) 22:15:27 ID:gGpAb06G0
京葉線スレより誘導されてきました

941 名前:名無し野電車区[sage] 投稿日:2006/09/30(土) 09:33:46 ID:+TMOI4R9
ミッキーマウスが電車を止めた!
ttp://www.geocities.jp/chikushigaoka21/index8f.html#densha

これちょっと興味深い。
地絡箇所を変電所構内か構外かを検出する新方式を開発したみたいだけど
このシステムが仇になって地絡保護できなかったんじゃ・・・。
変電所構外事故と誤検出してブレーカー(遮断器)が動作しなかった?

291 :名無しでGO!:2006/10/01(日) 23:09:03 ID:UZxZknWh0
「鉄道と電気技術」の最新号に東京駅の電力監視システムが紹介されてた。
当方信号のため、このシステムでどこらへんまで機械がやって、どのへんに
人間が介入するのか今ひとつわかんなかった。
ウチの職場では火事の前の日に配られてたんだけど、「おー、鍛冶橋や京葉
信通機器室がモニタ画面に出てるよー」程度で、「火事のときはどんなふうに
表示されたのかなあ」って感じ。

292 :名無しでGO!:2006/10/01(日) 23:15:42 ID:REbQ988s0
>291

最新号での注目は、大網変電所の火災原因でしょう。

ケーブルを安直に使いすぎだと思う今日この頃

293 :名無しでGO!:2006/10/02(月) 12:36:51 ID:NbJQsK8j0
hosyu

294 :名無しでGO!:2006/10/02(月) 12:48:06 ID:J5cDWSFjO
東芝

295 :名無しでGO!:2006/10/04(水) 12:36:38 ID:JYiQaENe0
保守

296 :名無しでGO!:2006/10/04(水) 12:38:18 ID:JYiQaENe0
日立

297 :名無しでGO!:2006/10/04(水) 20:36:27 ID:5/Gxt3bGO
事故概況来たけど…


なんていうか、これが直流き電の限界
なんだろうなあ

298 :名無しでGO!:2006/10/04(水) 21:01:35 ID:eVffJCPH0
例の超巨大トラブルか。

299 :名無しでGO!:2006/10/04(水) 21:32:36 ID:C471Nfns0
鉄道のき電は線路が設置されるから通常の電気系統とはかなり違った様相を呈するからなー。

き電系を非接地には出来ないから信号系を非接地系統にするしかないよなー。

300 :名無しでGO!:2006/10/04(水) 22:24:18 ID:eroJOo470
>299
そうなんだよな。今回の事故の場合、地下線からすぐ高架という特殊条件とは
言え、葛西SSの64Pまで飛んでるからなあ。

>き電系を非接地には出来ないから信号系を非接地系統にするしかないよなー。

もちろん信号は非接地で大地から十分絶縁されてるんだけど、これだけ
大電流が流れるとねえ..

301 :電力区:2006/10/04(水) 22:47:24 ID:JfUgcpt20
楽しそうなスレ見つけたと思ったけど、みんな変電さんでつか?
電路一筋オヤジより

302 :名無しでGO!:2006/10/05(木) 19:13:12 ID:RiXdm4FH0
結構前だけど私鉄で束芝のHSVCBが爆発したという噂は本当ですか?

303 :名無しでGO!:2006/10/05(木) 22:57:38 ID:2gPfNpCD0
>>301
変態でつ

304 :名無しでGO!:2006/10/05(木) 23:24:11 ID:3g1aFXZl0
age

305 :名無しでGO!:2006/10/06(金) 01:33:48 ID:eDZl15eh0
>>302
どこの CB でも雷撃などで火は噴いてるんでないの?
その先に変な被害が広がらない設置かどうかの問題で。

306 :名無しでGO!:2006/10/06(金) 09:47:07 ID:NQ+l8Vw30
>>303
饋人・変人スレッド

307 :名無しでGO!:2006/10/08(日) 07:25:08 ID:lTW00wtT0
sage

308 :名無しでGO!:2006/10/08(日) 16:21:36 ID:imOu5wuZ0

  保守のため、き電マン参上!

    
      △/  京葉線の次は
    <●    どこに逝こうか・・・
      □     やっぱり首都圏かな?
     / \

309 :名無しでGO!:2006/10/08(日) 18:08:43 ID:FBQfsH2K0
>>300 >>299

事故電流の帰線が報道されてませんね。
高圧線のカラスは感電しないわけで、
どの線から信号系に高圧が加わり、接地:帰線はどうなったのか
詳しい事情は分かりませんか?
非接地の信号系の一体どこで高圧と混触して、
どこを帰線として電流が流れ破損・発火したのでしょう?

310 :名無しでGO!:2006/10/08(日) 20:46:56 ID:lf5F/Kw90
俺の知る情報として東京駅の対地電位はおかしいらしい
中央線のホームを山側の高架へ移設するときの大規模切替工事で
電車線の仮支線を山側の高架と移設前の下側で取ろうとしたら火花が出たらしい
予想もしないルートで電流が流れても不思議ではない

311 :名無しでGO!:2006/10/08(日) 20:51:33 ID:85hmIhH/0
>高圧線のカラスは感電しないわけで、
↑の事すら理解出来てないのに、

>どの線から信号系に高圧が加わり、接地:帰線はどうなったのか
>詳しい事情は分かりませんか?
>非接地の信号系の一体どこで高圧と混触して、
>どこを帰線として電流が流れ破損・発火したのでしょう?
なんて、知ったかでカキコされてもなぁ…
如何見ても、鉄ヲタの興味本位の質問です。本当に(ry

#つーか、信号通信社員スレでもマルチしてるやん…

312 :名無しでGO!:2006/10/08(日) 22:47:29 ID:P6Dkyhmq0
kVオーダーになると通常は電気的に導通しないところを流れることがあるからなあ。
新幹線の車両基地で、き電線にとまったカラスが羽根を広げたらビームに接触して、ビームの基礎
から大地に電流が流れて電位上昇を起こして、転てつ器か地上信号機から信号ケーブルに流出。
信号機器室の継電連動用のごついリレーをジャック板ごと砕いたって事故があった。

313 :名無しでGO!:2006/10/08(日) 22:58:19 ID:UAHWZPmM0
鉄道だと地中の配線が結構長かったりするから、
静電容量が大きくなって交流だと案外に流れるかも。

314 :名無しでGO!:2006/10/09(月) 20:19:46 ID:Q/2GRXSt0
>>312 > き電線にとまったカラスが羽根を広げたらビームに接触して、ビームの基礎から大地に電流が流れて

それは交流25kVが饋電電圧だからアーク放電地絡が起こり得るけど、DC1500Vだから???の訳よ。
低圧でしか使わないはずのFDのモータですら工程検査じゃ500V〜1000Vの絶縁抵抗計で
漏電チェックして出荷されてる訳で、トランスなど用途次第でAC1000Vや2000V耐圧試験は珍しくない。
だから、信号回路部と筐体間の絶縁が破れて火を噴くには、そこに少なくとも500Vをかなり超える
電位差を生じたということになる。

転轍機なら、その動力線は片線接地で0V、ケースはレールと同電位でレールに直接地絡だと
もろ1500Vだが、接地0Vと饋電−負電源間には抵抗分は無いのか?トンネル内だから排流
考慮で厳重な接地が取られていても、レールの電位がそんなに上がるだろうか??

また信号系は?インピーダンスボンドを介してると直結はないから結構高圧に耐えるはず。
信号配線が非接地方式だと尚更耐えやすい。それで発火というのは
漏電電圧のほとんどが信号配線−筐体間に掛かったということか??

そのへんのどうも釈然としない感覚が人為的原因説流通の背景になってしまう

315 :名無しでGO!:2006/10/09(月) 23:39:15 ID:zQr9VSbH0
>>309

北海道から九州まで事故概況がまわってるはず。葛西SSの64Pで舞浜SSの11H、
12Hまで飛んでたとは...

新木場折り返しの開始も含めて、事故規模の割には早い復旧だったと思う。

316 :名無しでGO!:2006/10/09(月) 23:48:45 ID:zQr9VSbH0
ところで事故概況にあった、「28K」って何?うちでは無いので。

317 :名無しでGO!:2006/10/10(火) 18:08:54 ID:EFbSR6OG0
>>316
「28」は鉄道変電所の記号で火災報知機を
意味しています。ちなみに当社では28Fと
して表示しています。「F」はファイアから
きているとか。「K」だと火災とか火事って
ことじゃないの

318 :名無しでGO!:2006/10/10(火) 21:29:07 ID:N8ZbxwWt0
事故概況ってどこで見られるの?

319 :名無しでGO!:2006/10/10(火) 22:26:14 ID:SfRk1j6G0
>317
いや、鍛SSでは28も何も出さずに、越SSで28Kを出したらしい。28Fは一般的
だけど、28Kって何なのかなと。

>318
JR全社と主要電設会社には既に行き渡っていると思われ。各社の事故担当に
聞いてみては?

320 :名無しでGO!:2006/10/12(木) 14:59:16 ID:Nll7xQVo0
sage

321 :名無しでGO!:2006/10/12(木) 21:15:02 ID:izNh6XMrO
タイ断路器投入

322 :今井真人 ◆f.EsLE9CIc :2006/10/12(木) 22:13:53 ID:kOKv+Aj+0
>>11物凄く参考になります。
お気に入り登録しました。

323 :名無しでGO!:2006/10/14(土) 21:54:47 ID:uXiKXYkM0
保守

324 :名無しでGO!:2006/10/15(日) 17:13:44 ID:HhXdlEx1O
暇だから碍子で灰皿作った。

325 :名無しでGO!:2006/10/16(月) 19:40:12 ID:068V6OWO0
sage

326 :名無しでGO!:2006/10/17(火) 14:26:55 ID:E+XQUwuY0
保守

327 :名無しでGO!:2006/10/17(火) 19:44:15 ID:J63IZEQp0
http://www.legendz.jp/

328 :名無しでGO!:2006/10/18(水) 17:53:30 ID:Rhlfe0zy0
sage

329 :名無しでGO!:2006/10/20(金) 22:53:42 ID:Gb8ohnFO0
き電マンはいずこに

330 :呼んだ?:2006/10/21(土) 00:24:24 ID:YZSGkKfu0
>>329
      △/
    <●  
      □
     / \


331 :名無しでGO!:2006/10/22(日) 01:13:14 ID:DDRxGUaS0
某所で電力管理システム作ってる俺が来ましたよっと。

>>112
どこの会社も、メーカーは混ぜてるよ。
まぁ偏りはあるけど。

>>144
27RでFまで飛ばしてるん?珍しいな。



332 :名無しでGO!:2006/10/22(日) 11:25:40 ID:N+1I46fe0
>>113
> 高圧タップでは,フルパワーの10倍巻いた1次巻線に接続するのでしょうか?
という説明図を載せてる本を多く見かけるがそれは間違い。
ごく少数派の「それとも………」が正しい。

大電力でのスムーズなタップ切り換えのためあれこれ涙ぐましい工夫があるが、
特別高圧側(単巻変圧器)での切り換えには無理があり使われなくなった。

実現可能性としては、単巻変圧器の負荷側を高圧の範囲に抑えれば可能だが、
変圧比1/4では単巻にする利点がかなり失われるから敢えて使わないのだろう。

中点タップ過飽和リアクトル式タップ切り換えなんて涙ぐましいのが始まりで、
磁気増幅器式位相制御とかは重たくてサイリスタに敵わなかったからすぐ引っ込んだし、
VVVF採用で直流側固定電圧・交直両用化と切替の要らない方式に落ち着いた。

333 :332:2006/10/22(日) 11:31:03 ID:N+1I46fe0
ありゃりゃ、えらく古いのにresしちゃった!ゴメン!取り消し!なぜかブラウザが途中で固まってたみたい

334 :名無しでGO!:2006/10/22(日) 20:20:40 ID:sRGAfMgq0
ちょっとスレ違いになるですが、教えてください。

VVVFの制御の場合で、コストダウンのため、1C8Mとか1C4Mとか
いう結線になっているようです。こいつらは、1つのコントローラの出力に、
4ヶのモーターがパラレルにぶらさがっているのでしょうか?
(どうもそうらしいですが・・・・)

で、そうすると、車輪径がちがう場合に、なにやら問題が発生する
ように思うのですが、実際は問題ないのでしょうか?
(車輪径がちがう→位相が異なる、かつ、ずれていくと思われるので
トルク変動やらが起きてしまうような気がしまつ)

335 :名無しでGO!:2006/10/22(日) 20:38:25 ID:N+1I46fe0
>>334 > 車輪径がちがう場合に、
は誘導モータのスベリで吸収します。
トルクはスベリに比例しますので、スベリの差が各モータの出力差になります。

同期電動機では回転数差を吸収するのが著しく困難なので、1対1のnCnMで作られます


336 :名無しでGO!:2006/10/22(日) 21:08:29 ID:sRGAfMgq0
>335
ありがとうございまつ

力行の場合それでよいかとおもいまつ。ただ、トルクの差のおかげで、
空転が発生し、車輪径が最後には一致してしまうのではないかと・・・
(これは間違い?)

それから、回生の場合の車輪径の違いの悪影響がわかりまんせ。
やはり力行と同じく、回生電力が異なるだけですむのでしょうか?



337 :名無しでGO!:2006/10/23(月) 00:21:37 ID:s9dypZYK0
>>336 > トルクの差のおかげで、空転が発生し、

空転すると粘着力が大幅に下がって逆効果なので、そうならないよう
1).粘着限界以下ギリギリの制御=応荷重制御(加速・減速とも)、
2).滑走防止にセラミック粉末吹きつけ(JR北130km/h〜140km/h特急や、機関車に採用)
3).空転軸を直ちに検知して、再粘着まで制動力遮断=アンチスキッド制御:空転防止制御
4).粘着力に速度依存性があるので、速度に合わせた加速・減速特性を設定
  (VVVF等、瞬時速度検出しているシステムの場合)
といった対策を採ってます。

モーターか発電機かは、電流でみると極性の正負、トルクでは加速か減速かの正負で
代数的に同じものですから、
車輪径の微妙な違いは誘導電動機ならスベリ=負荷アンバランスで吸収してくれます
      スレ違いにつき sage

338 :名無しでGO!:2006/10/23(月) 00:43:38 ID:9A9Y/N7Y0
ついでに。
1C多M車は、実際に車輪径管理がマンドクセなので、1C8Mに至っては徒花の
ごとく、はやりませんですた。

339 :名無しでGO!:2006/10/23(月) 01:22:50 ID:3X6P/OVX0
最近は再閉路は上の計算機に持ってくのが流行りなのかなぁ。

他業界だとほぼ盤で再閉路と聞くが。
# 電力会社だと盤で高速再閉路→トリップで給電指令からの再投入とか?

340 :334:2006/10/23(月) 23:07:12 ID:LaZcWRwR0
なるほど、なんとなくわかりまいた。
ヒマをみて、誘導電動機の勉強しまつ>334

341 :名無しでGO!:2006/10/23(月) 23:57:23 ID:s9dypZYK0
>>340
誘導電動機の教科書を読み込む場合、固定周波数を前提の解析になっていて、
VVVFの解析をほとんど載せてないから、それを焼き直して自前の解析をしてください。
例えば「スベリ率」は固定周波数前提ですから「スベリ周波数」での解析に焼き直すと
VVVF動作がよく見えて来るでしょう。
#解析を焼き直せるだけきちんと教科書を読み込むことが前提条件ですが、まぁ頑張って

342 :名無しでGO!:2006/10/24(火) 00:39:19 ID:ul0qwm8n0
まともな勉強するなら大学の電気工学科へ行くことを奨める
嘘を書いた本が多数見受けられるからな
直接実験室で数値解析すればその意味が分かる

343 :元電気工学科&電気科の341:2006/10/24(火) 01:03:55 ID:1pTUXErL0
社会人に「電気工学科」逝けいうてもねぇ(w  >342 >340
工高と大学の教科書を比べると、記述式の数学がかなり違い、工高の教科書の方が
分かり易く、授業じゃしつこいくらいレポートを求められて叩き込まれるが、
大学は分かろうが分かるまいが勝手に授業して定期試験で終わりだったから、
もし専門外の社会人なら、神田などに行って「電気機械」の工高の教科書と大学の教科書
を入手し順番に読み比べたらどうだろう。

その前に数学に慣れておくことと、「電気理論」(物理よりも主に回路計算)は必要とは思うが。
定時制工高だと月1万余の4年間だけど、高度の部分は教えずパスするから、顔繋ぎに使って教師に聞くとか。
(∵今の生徒に教えきれない。テキストには有ったが)

344 :名無しでGO!:2006/10/24(火) 01:23:49 ID:ul0qwm8n0
>>334はどうして社会人だと決め付けたのかな
もしかしてあなたの自演ですかw?
偏見で書かれても困るなw
高校でも勝手に授業して定期試験で終わりのところもあれば
大学でも丁寧に教えてくれると思うけどな

345 :名無しでGO!:2006/10/24(火) 01:53:00 ID:ul0qwm8n0
俺が奨めたのは真髄を極めるならってことで
質問君に対して書いたんだけどこれに食いつくとはw
行列の発展形のテンソルで誘導機解析なんてのも面白いと思うけど
工業高校レベルの数学力では無理なんだろうな
まあどこで学んでも教師が無能なら意味はないな

346 :名無しでGO!:2006/10/24(火) 01:59:31 ID:1pTUXErL0
>>344
どうして質問者を高校生以下と思ったのかな?(w

このスレだから社会人も学生・生徒もリタイヤ組も有り得るでしょう。
両方対象を前提にresするのが普通でしょ。

さらに、ここ20年余の「工」高の現状をご存じないらしい。
退学しないで卒業まで持ち込むのにえらい苦労をしてるというのに。
貧乏秀才集う40年以上前とは様変わりしていて。

#算数も忘れてる学生を主に相手にする大学は特に、生半可じゃ授業が成立しないから
中高レベルからの補習授業を組み込んでますね。
ただ、受験の選択のおかげで、必要な科目を履修せず入学する学生がいるから、
結構上位校でも基礎レベルを底上げする入学時補習をしてるとこもある様ですけど。
タテマエじゃ「自分で学ぶ力を付ける」とこだから、講義して、質問に逝かずそのままにする学生が悪い!
そうも言ってられなくなって、学校側から働きかけてるとこもありますね、茶髪とピアスはダメとか(w

347 :名無しでGO!:2006/10/24(火) 07:52:43 ID:mQqWWRNyO
ここにも学歴厨がいるのか。
しかもスレ違いのモータがネタ・・・
ま、メンテレス書く手間が省けるけど、ほどほどにな。

348 :名無しでGO!:2006/10/24(火) 12:33:36 ID:ehKcq/ddO
PCB多杉

349 :名無しでGO!:2006/10/24(火) 12:39:21 ID:ul0qwm8n0
車輌屋は地上設備のことを知ろうとしないし
電力・変電屋は車輌のことを知ろうとしない
でなければEF200が変電所トリップさせるなんて
間抜けなことが起きることはない。
少しは電力・変電屋も搭載増加してる誘導機(インバータ)
の特性くらい知っててもいいと思うがな。

350 :名無しでGO!:2006/10/24(火) 21:22:48 ID:XblL/QyQ0
>>349
そりゃそうだが、EF200の場合は戦犯はどう考えても車両屋だと思うよ。
電力側は勝手に重負荷の車両を持ち込まれてそのとばっちりを受けただけ。
インバータ制御車の特性を知っていたところで、従来設備ではどうしようもないだろ。

351 :名無しでGO!:2006/10/24(火) 23:00:31 ID:1pTUXErL0
>>347
??「学歴じゃない!きちんと学んだ学力・実力だ!」と読めるが?
どちら側も「高卒だからダメ」とは言ってないようだが??

いまオラホの現場で困ってるのが「教科書になかった」という新人たちの抵抗.
そんなもの現場が作っていくんだよ!と頭を切り換えさせるのにえらく苦労する.
だって教科書にない製品ばかり欲しがらせて作って売るのが電気屋だから(w
そのあたりは電子工学科出のヤシのほうが酷い.トホホの思い(w

物理出、数学出などの新人を促成教育で設計現場の戦力にするために、
自社テキストは使うが、一般的な基礎理論などは分かり易い工高の教科書を良く使う.
気取って行列表記だの状態変数論だのやっても物作りにはまるで意味がないからだ.

352 :334:2006/10/24(火) 23:30:40 ID:OTjvQFL40
なんだか、変な方向へ逝っているが

当方は、某大学の合成化学科をでて、
某情報通信メーカーの研究所勤務(だった)、半導体担当。
実のところ、弱電は、門前の小僧で結構わかる。デバイス構造もわかる。
でも、強電はよくわからんのよね〜。なんせ、系統だって勉強していないから

ともかく、電気(弱電)の基本はラプラス変換だよ

353 :名無しでGO!:2006/10/24(火) 23:45:06 ID:ul0qwm8n0
>>334
電気学会の出してる教科書を参考にするといいよ
ttps://www.iee.or.jp/cfml/OA/front/NonAuthenticate/bookpur/fbo_BookList.cfm?Kubun=1
社団法人電気学会
ttp://www.iee.or.jp/

354 :名無しでGO!:2006/10/24(火) 23:55:20 ID:31cAgrl00
>>352 > 当方は、某大学の合成化学科をでて、………ラプラス変換………

だったら工高教科書はお薦め。電気機械1&2。(高2直流機&高3交流機)。
本に記載がないのが過渡応答だから、よく分かってからラプラス変換適用で解析すれば
線形範囲の過渡応答がきれいに出て来る。(たしか大学用にも記載が無かった)

ラプラス変換は、メカ系:モータと駆動回路込みの運動方程式を解くくらいしか使う
機会がなかったなぁ(w
こちらは回路屋なもんで、負帰還関係はもっと簡易な方法だし。

355 :名無しでGO!:2006/10/25(水) 07:59:25 ID:IeCKsoRgO
実務でいちいち計算してんの?>ラプラス変換、過渡応答解析
今はMATLABやPSPISEが使い易くなって、ケーブル接続図や回路図を直でぶちこんで
過渡特性やFFTがワンタッチで出来るんで、機械任せにするようにしてるけど。

356 :名無しでGO!:2006/10/25(水) 08:58:05 ID:lv9L0mPG0
昔のまま時間が止まっているんだろ
この手のスレに粘着する人の特性でもある

357 :名無しでGO!:2006/10/25(水) 08:58:12 ID:G7p4NRTI0
>>355
トラブって手も足も出ないときとか、開発設計時などの基本解析など、
日常の繰り返しではない場合にのみ使うから、ほとんど使う機会がないよ(w
使うたびに参考書を読み直したりして

358 :名無しでGO!:2006/10/26(木) 02:25:29 ID:ZIkfJ7CP0
>>350 > ……… 従来設備ではどうしようもないだろ。

給電方法を工夫して、EF200でも落ちなくしたんだけど、地上変電設備の弱い区間のある
倒壊がもう何が何でもダメといって、量産車からは15ノッチ制限(25ノッチmax)で出力を抑えた!
これは高速域での牽引力に響き、その速度を低下させた。
倒壊の貨物に対する敵対意識はなぜか凄まじい。

でもね、1500Vで6000kWというと、抵抗R=V^2/P=0.375Ωが1500V線に
ぶら下がってるというのはスゴイ。負荷電流4000Aだ。
この状況からどうやって地洛を検出して遮断するんだ!と思ってしまった。
生半可な地洛じゃ遮断器は落ちないぞ。

359 :名無しでGO!:2006/10/26(木) 18:37:50 ID:Vp+vLpNr0
6000kVAの容量だと小規模の変電所分くらい
あるな

360 :名無しでGO!:2006/10/26(木) 20:20:04 ID:3v94fG890

  総員出動!現場は茅ヶ崎代官町!

      △/
    <●  逝くぞ同志!
      □
     / \

361 :名無しでGO!:2006/10/26(木) 21:43:21 ID:5pM2tCsd0
架線に引っ掛けるのはたまにあるが、落っことすのは珍しいな。<東海道本線ショベルカー事故
電気設備にも被害出たん?

362 :名無しでGO!:2006/10/26(木) 22:09:52 ID:kGIk8VeM0
>>358
というか東海のき電設備が全般に弱めなんだと思う.
東海道新幹線も700系が加速度落としているのは有る意味ノッチ制限を
受けているようなものだし.
根本の問題として中部電力の送電網自体が弱いって言うのがあるかもしれない.
静岡の送電線問題がいまだに解決しないし.

363 :名無しでGO!:2006/10/27(金) 01:05:07 ID:P/tviTwQ0
>>362
> 静岡の送電線問題がいまだに解決しないし.
kwsk

> 根本の問題として中部電力の送電網自体が弱いって言うのがあるかもしれない.
佐久の周波数変換所で東西の電力融通を図っていて、電力の大幹線がSKS近くにあり、
たとえ中部電力が弱体だとしても、電力供給は困らないんじゃ?
最近の電力自由化では東電、関電、九電、東北などから買って差し支えない.

364 :名無しでGO!:2006/10/27(金) 21:09:57 ID:+MIgjRg0O
設備をごつくしたって買電の契約費用を考えればむやみに最大電力量は上げられないだろ。
鉄道事業は経済活動であって、趣味でやってんじゃないんだから。
そういう意味では東みたいに自営電力網を持ってるってのはいいよな。
いまどき1企業が発電所を作るなんてなかなか出来ないだろうから。

365 :名無しでGO!:2006/10/27(金) 23:00:41 ID:D1RRFmdE0
>>363
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/shizuoka/archive/news/2006/10/06/20061006ddlk22040072000c.html
↑もう何年もやっているが,未だに安倍川を越えられない.
これのおかげで中部電力清水周波数変換所(300MW)が完成しているにもかかわらず稼働出来ないという問題

366 :名無しでGO!:2006/10/28(土) 03:38:50 ID:NaejnwTd0
>>365
THNX!反対理由は?何でこじれたの?
こないだクレーン船が地絡させて東京大停電にした旧江戸川の50万ボルト送電線なんて
屋形船で通ると手の届きそうなくらい低いとこを4導体3相2回線で通ってる。
花見川だと4〜6回線だったり、千葉・東京人が鈍感すぎるのか??
堤防に「特高線注意」の大看板があるけど、あれは水路脇で良く見えるようにしないと。

367 :名無しでGO!:2006/10/28(土) 14:32:18 ID:uTT2ZeTE0
確か電磁波怖い論が原因だったかと思う。
中部電力は、水力発電の割合が高い関係で、実は冬の消費電力のそれほど無い時期に
需給が逼迫するという独特の特性があって、東京電力は夏のピークが逼迫するので、
本来はここの相互連携もっと欲しいところなんだけど。

ってスレ違い棚。

368 :名無しでGO!:2006/10/28(土) 15:04:37 ID:NaejnwTd0
>>364
EF66で走っても1200V以下に落ちるような饋電は改良するしかないでしょう。
銚子電鉄だと600V饋電が290Vに落ちるような地点を走ってるが、新型車ほど苦しい.
750Vまで下がらないと増強する必要は認めない!by倒壊、とか(w

投資資金の利息(鉄道債券5%〜8%余)を考えると新規発電所建設より
買電の方が安いのが従来だったが、
資本市場から超低利の資金を調達できれば自家発電という選択肢も有り得る.
そういう小回りが効く経営になっているかどうか.
コジェネ事業ブームで設備そのものは昔より楽に作れる時代になった.

MRI 診断の強力な磁場や、100kW以上の放送アンテナはどう考えてるんでしょうね?
脳の僅か2cmの傍で空中線電力1Wの送信をする携帯電話は怖くて絶対使わないでしょうね。
マイクアンプのふたを開けたら、2mくらい離れた携帯電波が飛び込んで、ジャジャジャジャと
妨害を受けたから特別高圧線の影響より半端じゃ無いはず。>367

#もろ変電・饋電スレの話題と思うけど(w

369 :名無しでGO!:2006/10/28(土) 15:57:57 ID:3T5DiwLb0
>>368
2ちゃんで主張しても何も変わらないので、早いトコ偉いさんになって検討委員会の
場かなんかで鉄道・電気事業者とプロ市民を説き伏せてくれ。

370 :名無しでGO!:2006/10/28(土) 23:46:32 ID:kqlIY7UV0
昇圧

371 :名無しでGO!:2006/10/29(日) 01:56:29 ID:B2U4Vebt0
>>369
恐怖感と狂信は理性じゃ説得できない。女子寮あたりの憑依霊パニックなんて
理性で結論を押しつけたってこじらせるだけだからやっかい。
悪霊との安全な付き合い方の相談に乗る方が余程良く効きます(w。

石綿公害も、水俣も、PCBも、原子力も「科学」を装って酷いことをやりっぱなし
だったから、またうそをついてると思われて、まず信頼関係を作る必要がある
けど、かなり難しいですね〜。

372 :名無しでGO!:2006/10/29(日) 10:29:33 ID:+/N8BYWB0
漏れも電灯線の電磁波が怖いといって、主幹ブレーカの直下に電磁接触機を入れ、
必要ない時は冷蔵庫以外を全停にできるシステムを頼まれたことがある。(一般
住宅で、ですよ!)

でもその人四六時中パソコン使ってるんだよね。

373 :名無しでGO!:2006/10/29(日) 11:00:43 ID:/Ytuv9Ab0
>>372
電線からの電磁波よりも、その人のデムパの方が怖いだろ。

374 :名無しでGO!:2006/10/29(日) 16:26:27 ID:Q4T5kszY0
>>373
ワロタ。


375 :名無しでGO!:2006/10/29(日) 22:28:25 ID:+/N8BYWB0
>>372
なんか頭のいい方らしい反応です。
もしかして2年半ほど前、ここじゃないかもしれないけど、
インバータ/コンバータの力率制御を解説してくださった
方ですか?

376 :名無しでGO!:2006/10/29(日) 23:30:58 ID:Sd7jUdAC0
>>362
新幹線に関しては先週リリース出てたね。

ttp://jr-central.co.jp/co.nsf/news/nws20061023-22423
東海道新幹線の電源設備増強について

(1)周波数変換変電所新設 … 1箇所(沼津)
(2)受電設備改良 … 1箇所(新磐田)
 自社新菊川から受電→中電から受電で強化
(3)電力補償装置新設 … 5箇所(清水、新菊川、安城、新枇杷島、栗東)
 栗東は、例の移転工事認可牛歩戦術で手が付かないんではw
(4)既設変電所の設備改良 … 3箇所(新横浜、鴨宮、大高)

H21春竣工だって。


377 :名無しでGO!:2006/10/29(日) 23:39:08 ID:GK5lIvzYO
>>375
レス番、間違ってない?
自分で自分にコメントしちゃってるぞ。>ID:+/N8BYWB0

378 :名無しでGO!:2006/10/30(月) 00:08:19 ID:9FtjgTDV0
>>376
さすがにN700系も加速度1.6km/h/sといったら車内からも暴動がおきかねなそうな気もしますので。

379 :名無しでGO!:2006/10/30(月) 00:30:49 ID:KV8tIkKg0
静止形FCは、2003年10月の品川開業後を睨んで、04年2月の綱島増強時から
稼働してるね。
ttp://www.toshiba.co.jp/tech/review/2004/11/59_11pdf/f02.pdf

N700の当初本数分程度は、以前からの改善でどうにかなるのかな?
当初、品川開業後に100系含めて増発する対応のはずが、これを繰り上げで無く
した分は楽になってるんでしょ?
同じ起動加速度で、300系〜の方が電流低いという話だったから。

380 :名無しでGO!:2006/10/30(月) 01:39:03 ID:VloQi8YX0
>>377
ご指摘のとおり>>373の間違えでした。

381 :名無しでGO!:2006/10/30(月) 21:42:07 ID:ZuK6zU7A0
 東海道新幹線の周波数変換変電設備、日本の周波数が2種類になってしまった
ため、余計な費用負担を強いられていますね。

 思うんですが、長野新幹線とかは50/60HZ両用の車両になっており、異周波の
実績がありますよね。東海道新幹線もこれから製造する車両は長野新幹線と同
じく50/60HZ両用にし、両用車が全車揃ったそろったところで周波数変換変電設
備を撤去し、富士川以西は60HZ、以東は50HZにした方がコストが安く抑えられ
るのでないでしょうか?

382 :通行人:2006/10/30(月) 22:08:31 ID:jf1BdwN40
はじめてカキコでつ。
東北線に701系に乗っていたら、田尻→瀬峰間でエアコンが数秒停止しました。
なぜ交流区間にデッドセクションがあるのでせうか?このスレのエロい方どうか教えて下さいまし≦(._.)≧


383 :名無しでGO!:2006/10/30(月) 22:14:16 ID:byU+SROi0
>>382
えーと、直流は−−−−−って感じですが、交流は〜〜〜〜〜〜って感じです。
でもって、タイミングがずれると、
A:〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
B:...〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
って感じになって、各タイミングでのAとBの電圧を比べると差があるので、AとBを繋げるとショートしてしまいます。
そこで、AとBの間にデッドセクションを作ってショートを防ぐ…って事だったと思います。
(まったく変電・き電に関係ない学部の大学院生なので間違っていたらごめんなさい)

384 :名無しでGO!:2006/10/30(月) 22:30:33 ID:g+lMu9zf0
デッドセクションなの?
エアーセクションの間違えじゃねえの?
と言ってみるテスト

385 :名無しでGO!:2006/10/30(月) 22:57:09 ID:dgrkUqKM0
>>381
長野新幹線は周波数両用ってだけで結構カネがかかっちゃったと思ったよ。
車両の電装品も日本製は実績がないからってシーメンスから買ったりしてたし。
今はインバータのコストが下がったから周波数変換所を設置するのも昔ほどの苦労は
ないらすい。(なので、超高圧送電には直流を使ってる。交流だと配線が長くなったとき
に定在波が発生して、部分的に異常な高電圧がかかるので。)

386 :名無しでGO!:2006/10/30(月) 23:05:59 ID:w7gdtYKM0
>>384
エアーセクションはBT饋電の吸い上げ変圧器用で、同相だが、短絡すると帰線電流を
吸い上げられなくなるので2〜3個設けて限流抵抗を挿入している。

デッドセクションは、供給電圧の位相が相互に90度違い、√2倍の電圧が掛かるので、
在来線ではデッドセクションにしているが、ここでは力行できないため、
新幹線ではエアーセクションを約1.5km間隔で設けて、列車の位置を検出し
断路器で接続先を自動切り替えをしている。

387 :382:2006/10/30(月) 23:12:15 ID:jf1BdwN40
え〜、、東北線(在来線)はエアーセクションて言うのでつか・・

388 :名無しでGO!:2006/10/30(月) 23:15:55 ID:w7gdtYKM0
>>385
周波数を変えたときのATC電源同期式SSB通信方式の基本波作成応答速度が
ネックになってると思う。
これがあるから長野の異周波セクションはフルスピードでは通過できず徐行してる。

これが無ければ、重い50Hz用トランスを積んで、60Hzでも冷却能力を保障するように
すれば、走る分には問題ないはず。
束の交流車両は、冷却や照明、冷房など周辺部の簡単な改造で60Hz区間で使えるはず。
酉とQの60Hz専用車はトランスの最高使用電圧が下がって使えない。

389 :名無しでGO!:2006/10/30(月) 23:16:22 ID:byU+SROi0
直流送電を用いる理由には3個ほどあって、

1.周波数が違う電力会社間の連係
 これは交流で連係するわけにはいかないので…
東京電力<->中部電力間 900MW

2.海底ケーブルを利用する場合
 これは、直流だと、電線が2本ですむことや、力率等の問題が無いことから、 ケーブルの利用効率が直流の方が高く、
 ケーブルのコストが高い、海底ケーブルの場合は直流の方が有利になるため
東北電力<->北海道電力間 600MW
四国電力<->関西電力間 1400MW

3.三角形の形成を防ぐため
 三角形を作ると位相の管理がややこしくなるので、直流化で位相の問題を解消する
中部電力<->北陸電力間 300MW
(四国電力<->関西電力間はこの理由も有る)

って事だったと思われる。

390 :名無しでGO!:2006/10/30(月) 23:19:07 ID:w7gdtYKM0
>>378
?初代0系の過速度は公称1.0km/h/sで、実際はそれより心持ち低かったが。

391 :名無しでGO!:2006/10/30(月) 23:20:54 ID:w7gdtYKM0
>>390
>>378
○ > ?初代0系の加速度は公称1.0km/h/sで、
× > ?初代0系の過速度は公称1.0km/h/sで、    スマソ);


392 :名無しでGO!:2006/10/30(月) 23:29:30 ID:g+lMu9zf0
交流の異位相デッドセクションのことだけはwikipediaに載ってないんだな
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%BB%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3#.E6.97.A5.E6.9C.AC.E3.81.AE.E4.B8.BB.E3.81.AA.E3.83.87.E3.83.83.E3.83.89.E3.82.BB.E3.82.AF.E3.82.B7.E3.83.A7.E3.83.B3.E8.A8.AD.E7.BD.AE.E7.AE.87.E6.89.80

393 :名無しでGO!:2006/10/30(月) 23:35:00 ID:byU+SROi0
>>390
加速度2.6km/h/sへの期待は社内でも相当あるらしいよ。
あれだけN700系は加速度アップというのを広報しているわけだし。
その加速度は山陽区間だけですとはいえないと思う。

394 :名無しでGO!:2006/10/31(火) 01:41:46 ID:MP0T15ut0
>>382 >>384
読め
http://deadsection.image.coocan.jp/dead_sec/dead_sec.htm

395 :名無しでGO!:2006/10/31(火) 01:57:17 ID:E/YJ2OLy0
>>392
この図なら、左端にデッドセクション、中央と右にBTセクション結線図。wikipedia の図(w
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Bt_feed.gif

396 :名無しでGO!:2006/10/31(火) 12:03:22 ID:MKtQUF+d0
>>390-391
訂正含めても何かを指摘したいのか、よく分からないんだけど…
100系から起動加速度は1.6km/h/sになっていて、300系の方が100系より(VVVF風に言う)
定トルク領域が高速まで続くから、中高速での加速度の落ち方が小さいという状況だよね。
100系は電流リミットで、中速域に加速を抑えてる領域が有るし。

700系は性能上2.0km/h/sになったが、東海道では1.6km/h/sに制限。

>>393
というか、今度は2.6km/h/s(東海道)って表現になってますよね。
東海道だけ上げるんかい?と読める書き方になってる。
どうなるか見ものでつ。
山陽区間の2.0km/h/sって時点で、なかなか迫力有りますからね。
山陽区間、姫路とかで、ポイント抜けて現示うpしたとたんに、フルノッチの新快速を凄い
勢いで抜いていく。加速中の近郊型電車をブッコ抜くように抜いてくんだもんw

397 :名無しでGO!:2006/10/31(火) 23:23:45 ID:qBV0JSjs0
>>396
東海道区間で700系が1.6km/hsになってるのは、ATC改修をしなかったから、では?

N700は逆に山陽区間がATC改修しない(電源が弱い問題もあるが)から、東海道
だけ2.6km/hsに上がる、と。

山陽の場合は地形上トンネルが多いというのが、やっぱり電源増強にはネック
になりますよね。

398 :名無しでGO!:2006/11/01(水) 22:39:25 ID:aYoOh27X0
>>389
 三角形とは何でしょうか?
 直流送電にした場合、開閉器の接点とかは交流に比べて傷みやすくなりませ
んか?直流なら電圧がゼロになる瞬間がないからと聞いたことがありますが・・・・・・


399 :名無しでGO!:2006/11/03(金) 00:57:30 ID:D9taNGU20
>>398
> 直流なら電圧がゼロになる瞬間がないからと聞いたことがありますが・・・・・・

ケーブルの絶縁材にコンデンサーとしての誘電体損を生じないからそれは有利な点。
架空線ならこれは問題にならないが、海底ケーブルの静電容量はかなり大きい。

400 :名無しでGO!:2006/11/03(金) 10:29:00 ID:pSecaHdf0
>>398
三角形って言うのはようするに文字道理三角形

ABCをそれぞれ繋いでしまうと,例えばAを変化させた時にA<->B A<->Cの関係が同時に変化してしまうから,
管理が偉くややこしくなってしまうという事です.

401 :名無しでGO!:2006/11/04(土) 18:19:02 ID:tBA79zCC0
保守

402 :398:2006/11/05(日) 20:58:04 ID:jsFtv9Gm0
>>399
 全くの素人ですみません。有利な点とは、交流のことでしょうか。
確か交流はコンデンサーを通るのですよね。海底ケーブルの静電容量が大きけれ
ば架空線と違って何か問題が出るのでしょうか?
 常磐線の取手以北が直流電化できないのは、直流だと電圧ゼロになる瞬間が
なく、+−が入替らないので磁気が強く、筑波の地磁気観測所に影響が出ると
のことだそうですが、これと同じ理屈でしょうか?

>>400
 これは電力会社間の電気の融通のことでしょうか?
 
 例えば四国電力←→関西電力←→中部電力の三角形のことでしょうか?

質問ばかりですみません。

403 :400:2006/11/05(日) 22:12:03 ID:HB2PSKdq0
>>402
そういった感じです.
日本の送電網は,

九州−中国−関西−−−北陸
      |  /\    /
      | /    \/
     四国     中部−東京−東北−北海道
って感じなので,関西・四国及び北陸・中部を切り離すと,三角形は一カ所も無くなります.
こういったことが出来るのも,日本が細長い国土の国だからこそですが….
なんかずれてそうだなー(汗)
鉄道のきでんではこの問題とはほぼ無縁ですが….

404 :名無しでGO!:2006/11/05(日) 23:36:36 ID:0VGYPAaZ0
>>402 > 有利な点とは、交流のことでしょうか。

逆、超高圧送電には直流が有利だから直流送電する.
(交流が有利なのに直流にする理由はないでしょ)
交流だとその周波数の電界変化で絶縁体分子が振動しエネルギー損失を生ずる(誘電体損)
コンデンサーとしての充電電流も大きく、その損失もある.
欠点としては、両端の交直相互変換が大変だから海底ケーブルなどでの利用に留まっている.


405 :名無しでGO!:2006/11/06(月) 00:09:51 ID:Fjvxjssy0
>>399
遮断しにくい点を言われてるのに、他の話を持って来ても。
現に普及を見ていないのは、変圧がマンドクセって理由だけで充分なんだろうけど、
>>404「交流が有利なのに直流にする理由はないでしょ」とか、普及してから
言えって感じのマンセーが続いてキモイ…


406 :名無しでGO!:2006/11/06(月) 00:34:52 ID:dRIriqwU0
>>405
トータルコストで直流送電が特殊用途にしか普及できないのは明らかなのに、
何をいきり立ってるの?
ケーブルの長距離送電自体は直流が有利だが、両端の交直相互変換の煩雑さで逆転.
架空線送電では用いられず、効用の大きい海底ケーブル送電に用いられている.
という記述は到底マンセーには読めないが(w

407 :400:2006/11/06(月) 00:41:35 ID:v7/m5qEO0
>>405
直流回路は消弧しにくいっていっても,交流でも特別高圧だとそう簡単には消弧出来ないし,
日常の遮断は交流回路を先に遮断すれば良いから,異常電流の遮断だけだから,
開閉頻度もそれ程多くない,から取り立てて問題になるほどでは無いはず.

恐らく,パンタグラフが離線した時のアークも交流の方が同一電圧なら切れやすいだろうけど,
如何せん電圧その他の条件が違いすぎて,解らないな.
そういえば,地磁気変電所対策の交流化の場合,低電圧での交流きでんにして,トランスを乗せず
直接コンバータに流し込んだ方が,車両コスト的には有利だと思うんだけど….
交流1060Vきでんとかはどうなのだろう.交流の良さはだいぶそがれるけど,
もともとあそこらは交流の利点を狙っているわけじゃないのだし.

408 :名無しでGO!:2006/11/06(月) 02:11:54 ID:aINmV+TA0
>>407
低電圧交流電化だと、変電所間隔を延ばせるだとかき電線を細くできるとかいうメリットが出てこない。

もともと交流電化って「僻地の電化」ってイメージだから、設備側のコスト重視で開発してるんでしょ。
常磐線だけ特別に…って言っても、すでに50Hzと60Hzが混在してて、その上「第3の方式」てのは経済的・政治的にも難しかったのでは?


409 :名無しでGO!:2006/11/06(月) 06:55:20 ID:IXBjkuLN0
>>406
>架空線送電では用いられず

そうでもないよ。紀伊半島の上を直流の架空送電線が通っている。

410 :名無しでGO!:2006/11/06(月) 12:06:00 ID:lXH+NsQD0
なにかで、直流送電の技術は、超電導送電のベースとして必要とか聞いた事が有るな。
無理やり電鉄業界にこじつけると、束のように自営発電所を持っている場合、遠方への
融通が楽になりそう。

遮断の問題は、やっぱ遮断器がより高価・高性能なものを要求されるのではないかな。
なんとなくだが、電圧が等しいとして、交流と同じ速度で切ろうとすると…

411 :名無しでGO!:2006/11/06(月) 17:50:44 ID:j3+ob5O0O
>407
常磐線にしか使えないような車両を新造しなきゃならないようでは全く低コストではないね。

412 :名無しでGO!:2006/11/06(月) 19:27:16 ID:r5q8Xjo30
>>407
コスト的に有利だとしたら、つくばエクスプレスがその方式を採用してないのは如何いう事?

413 :名無しでGO!:2006/11/06(月) 21:28:26 ID:yQakM7I/0
>>407

ラインオペレートにすると、直流回路の対地電圧が不定(不安定?)になるんじゃないかな。

扱うエネルギーのデカさと近くに一般人が多数存在することを考えると、安全面で問題ありそう。
やはり絶縁トランスを設けて、直流回路の片側を接地(帰線に接続)って事になるんじゃね?
どうせトランスを積まなきゃいけないなら、やっぱり高電圧送電って話で。

414 :名無しでGO!:2006/11/06(月) 21:38:25 ID:tXQVImNt0
>>408
勿論それはそうだけど,地磁気変電所対策だったら,半径30km圏内のみで,それ程距離が長いわけでは無いから,
そこのメリットは殺されても,それ程極端なデメリットには成らないかと思う.
変圧機が不要に成るから,車両コストは低減されるから路線によってはメリットに成るんじゃないかなー.

415 :名無しでGO!:2006/11/06(月) 22:08:23 ID:fIlU+k+k0
低圧交流電化なんて機器はデカくなるわ特殊方式を開発しなきゃならんわで
デメリットしか無い。トランスが不要になるというメリットは他のデメリットで
完全に無に帰してしまう。

416 :名無しでGO!:2006/11/06(月) 22:40:58 ID:y+PaENxS0
ここらで、給電屋と車両屋のせめぎあいが。

417 :402:2006/11/07(火) 01:01:56 ID:mQRDR72B0
>>403
 ご教示ありがとうございます。理解できました。

>>404
 ご教示ありがとうございます。超高圧送電には直流が有利なのですね。
但し両端の交直変換が大変だから、特殊な海底ケーブルくらいしか用いら
れないと。

>交流だとその周波数の電界変化で絶縁体分子が振動しエネルギー損失を生
>ずる(誘電体損)
 雨の日、高圧線の鉄塔の下を通ったら、「ジー」と音がしていますが、
これが絶縁体分子が振動している音なんでしょうか。

418 :名無しでGO!:2006/11/07(火) 01:05:08 ID:emyQn9GX0
>>409
阿南紀北直流幹線だね。紀伊水道を海底ケーブルで抜け、
由良開閉所から紀北変換所までは架空線だな。

419 :名無しでGO!:2006/11/07(火) 05:22:56 ID:+GHkaG310
>>417 > 雨の日、高圧線の鉄塔の下を通ったら、「ジー」と音がしていますが、

そいつは放電音(w


420 :名無しでGO!:2006/11/07(火) 08:17:45 ID:9OGPjWQd0
コロナ放電だな

421 :名無しでGO!:2006/11/08(水) 01:16:49 ID:4HrmVb4+0
>>414
低圧交流電化の実例は、東京臨海、ゆりかもめが3相交流を使ってるが、
車両では直流化して走ってる。
単相でこれをやるには、実効値1,650Vくらいの交流を架線に流し、整流して使う。
たしかにトランスは要らなくなりますね。

422 :417:2006/11/08(水) 21:56:10 ID:8pswrVh70
>>419
>>420
これは放電音で、絶縁体分子の振動の音ではないのですか・・・・・・
レスありがとうございました。

423 :名無しでGO!:2006/11/09(木) 18:24:47 ID:dq3q5Wqq0
sage

424 :名無しでGO!:2006/11/10(金) 16:55:30 ID:p8uBshsR0
>>422
分子が振動してもエネルギー放出がなければ損失は発生しないことに注意。
損失が大きいのは誘電体としての性質が良くないということ。
でも、損失ゼロの誘電体(絶縁体)は無いから、超高圧は分子を揺さぶらない直流でという話。

コロナ放電というのは絶縁体である空気の部分的な絶縁破壊でかなり大きな損失。
電線周りの電位勾配(電界)を小さくして放電を防ぐために、こないだクレーン船が地絡させた
幹線みたく1線を複数導体(事故現場は4本並列)で送電してる。

425 :名無しでGO!:2006/11/10(金) 18:50:42 ID:IL1lItxMO
交流き電だと電力回生のインバータが直流き電よりも高くつくんだよな

426 :名無しでGO!:2006/11/10(金) 20:50:55 ID:8cHK9BhB0
>>425
意味不明。
交流き電の場合、回生車が発生させた電力は変電所のき電用変圧器を
介して電力会社側に逆加圧されますが。

427 :名無しでGO!:2006/11/10(金) 21:39:57 ID:IL1lItxMO
>426
直流なら回生電力に位相も何も関係ないけど、交流き電だと
系統に同期しなきゃならんし矩形波で帰すわけにいかんから
直流電車よりもインバータのコストが上がるじゃん

428 :名無しでGO!:2006/11/10(金) 22:59:19 ID:k7NSrPTc0
有る電車が回生制動した電力で別の列車が力行する状況を考えた場合,

交流の場合,交流(モーター)->直流->交流(架線)->直流->交流(モーター)に成るから,
直流の交流(モーター)->直流->交流(モーター)に比べるとややこしくなるわけだな.

直流で電力系統にまで電力返す場合には,回生用インバータが欲しいけど,
交流だとそれを車両に乗せないといけないような物だからなー.

429 :名無しでGO!:2006/11/11(土) 00:03:39 ID:bIPmMdL40
>>426
最近信号スレで見ないね。
交流車用の回生回路は昔のELでも実装したことがあるけど、電力会社に返せるような
質の電気じゃなかったんで、電鉄系で消費するしかなかった。
交流電化区間にするようなところは走行列車も少ないので、わざわざ同期インバータ
を積んでも回生失効する可能性が高く、特高系で変電所間をつないで省エネに貢献
するのが主目的だった時期は結構長かった、っていうか、まだ新幹線も含めて電鉄系
で電力を融通しているほうが多いと思う。
最近の高周波PWMインバータだったら、そのまま電力会社に出せる質の電力を作れる
みたいだけど。

430 :名無しでGO!:2006/11/11(土) 01:49:27 ID:yFVeBGk10
電力授受が双方向性なもんで慣行的呼び方ですが、普通は
交流側を基準にして、直流化する変換装置をコンバータ、
直流を交流化する装置をインバータと呼んでます.

回生制動ではこれがひっくり返り、
インバーターの逆方向使用で一旦直流を作り、
(PWM)コンバーターの逆方向使用で交流架線に戻すのでややこしい(w

実質、どっちでも同じだろうと突っ込まれますと、「想定順方向」での呼称だと居直るしかないです
シリコンダイオードなど可逆性回路を構成できない整流素子では交流の回生制動ができません.
サイリスタや水銀整流器などゲート制御のできる素子なら接続をひっくり返して回生接続として
電力回生を実現しています.

431 :名無しでGO!:2006/11/11(土) 07:14:04 ID:LzlJOCxF0
>>429
>最近信号スレで見ないね。
これこそ意味不明だ。

回生電力の逆加圧の件はちょっとビミョーなところもあるので
深入りしないほうがいいかも。

432 :名無しでGO!:2006/11/11(土) 20:47:49 ID:9ieeVFjq0
>>425-426
車両とき電の話で噛み合ってないのはみんな分かってるんだろうけど、
このスレで唐突に車両のコストとか言われてもなぁ…

>>429
>交流車用の回生回路は昔のELでも実装したことがあるけど、電力会社に返せるような
>質の電気じゃなかったんで、電鉄系で消費するしかなかった。

純サイリスタブリッジの交流位相制御での話だろうね。
返せる質じゃないっていったって、電力会社の系統にぶら下がっていて、回生
で位相の質が下がるたびにぶった切る訳じゃないんだから。電鉄側で消費と回
生のバランスを取ろうが影響は変わらないんじゃないの?
モーターもの沢山持ってて使う一方の工場とかの電力消費者でも、位相を乱せ
ばメされるでしょ。
ED78とかホシュってた福島機関区の人と話したけど、しれっと、電力に返してる
から失効は無いと(見学の学生だった漏れらに)教えてくれた。力率が悪くな
ると契約電力の契約料に響いて来るんでないの。
JR九州は、位相制御世代の回生車のために変電所で補償してたけど、苦労してた
みたいね。電気車の科学に出てたレポートだと、九州電力とそこそこ良い力率
で契約してたからという風に読めた。

433 :名無しでGO!:2006/11/11(土) 20:53:43 ID:dnoC84tlO
力率というより高調波含有率じゃないの?

434 :名無しでGO!:2006/11/11(土) 22:00:32 ID:gSHykHve0
今ふと思ったけど,東海道新幹線の周波数変換所が有る部分って,
スコットトランスを使わなくても3相の消費量の平準化できるから,
交交セクションの数を削減できる?

435 :名無しでGO!:2006/11/11(土) 22:37:53 ID:p54C6+Bd0
>>434
電気的にはそうなのかもしれないが、
東海道新幹線は列車本数が多くてき電区間の区分を細かくしなければ
ならないからセクションを減らすことは出来ないぞ。

436 :名無しでGO!:2006/11/12(日) 11:33:20 ID:QuPSHNaz0
>>433 > 力率というより高調波含有率じゃないの?

サイリスターや水銀整流器による回生制動だと力率の問題が起こる.
PWMコンバータからの回生制動ならOKだが.

437 :名無しでGO!:2006/11/12(日) 18:40:16 ID:BqezL8ie0
>>433
それだと尚更、系統としてぶら下がってる限り、どこかでフィルターしない
と影響は出て行ってしまう。回生だろうが受電だろうが関係なく。
回生出来ないほど負荷側が(乱暴に言うと)「ノイジー」なら、余剰電力を
内部で消費とかいう問題ではないかと。
実際の所、大口電力契約上で問題になってくるのは力率でしょ。高調波以前の
問題として、位相をずらしちゃうとダメです。


438 :名無しでGO!:2006/11/13(月) 22:50:27 ID:SgpfmD7H0
age

439 :422:2006/11/14(火) 20:59:58 ID:S3j0vZ3J0
>>424
 ご教示感謝です。

440 :名無しでGO!:2006/11/15(水) 00:39:50 ID:QFJ34qiv0
世界初のIP信号システム導入 JR東日本

 JR東日本は7日、鉄道信号の制御に、インターネットなどで使われるIP(通信規約)技術を使ったシステムを来春から導入すると発表した。銅線を使い、
アナログ方式で制御していた信号システムを、光ケーブルによるデジタル制御に置き換える。IP技術を使った信号制御システムの導入は世界で初めて。

 JR東日本では平成16年度から、光ケーブルとIP技術を使った信号システムの開発に着手。実用化のメドが立ったことから、現場での運用試験に乗り出す。
来年春をめどに、約4億円を投じてJR武蔵野線・市川大野駅の鉄道信号を同システムに切り替え、運用状況などを見ながら首都圏の各駅に導入する方針。

 従来の鉄道信号は、信号機を制御する制御装置と、個々の信号機をそれぞれ銅線で結ぶ仕組みで、大量の配線が複雑に絡み合い、敷設やメンテナンスにも大きな
コストがかかっていた。

 新システムでは、ケーブルの本数を大幅に減らせるほか、通常の光コネクタで機器を接続することで従来の複雑な配線なども不要となり、メンテナンス費などコ
スト面での削減につながる。

 また、インターネットと同様に、個々の信号機に個別の番号を割り振って特定できるため、故障の際の復旧時間が短縮できるなどのメリットもあるとしている。

↑トラブル多発しそうな悪感。IP技術は先日のNTTの件をみれば明らかなようにまだ発展途上の技術。
それを絶対の信頼が要求される信号に早くも利用するとは・・・な。



441 :名無しでGO!:2006/11/15(水) 01:24:42 ID:10nyAQci0
>>440
そもそも、IPって確実に通信できる事を保証していないと言うか、考えていないからね。

故障の際の復旧時間が長いのは、間違いなくデジタル化が進んだからだし。
昔はリレーの音でどの辺りが故障しているか、ベテランなら簡単に分かったらしいね。

442 :名無しでGO!:2006/11/15(水) 20:39:48 ID:N/rNaVbp0
IPの不確実性より人間の配線工事のほうがよほど不確実ってだけのことだろ。

443 :名無しでGO!:2006/11/15(水) 21:07:51 ID:aVU6yujV0
>>441
原理的に「保障していない」のは正しいんだが、
システムが閉じていて、必要な帯域に対して十二分な帯域を
用意しておけば実用上はまったく問題ない。

>>442
同意。信号伝送系のIP化が進んで、「某線区の中央処理装置の
バックアップを別線区のと共有してコスト削減」とか考えて首都圏を
一体化したとたん、どっかで設定ミスってて、アドレス重複て全部
止まったり…。

444 :名無しでGO!:2006/11/16(木) 07:34:08 ID:5HMjTWDh0
アドレス重複程度でネットが全部止まるほど脆弱なのかIPってのはw

445 :名無しでGO!:2006/11/16(木) 07:52:17 ID:HI+LVvgJ0
部外者立ち入りなのでsage

>>443
アドレス重複よりループさせてネットワークダウンのほうがありえそう。

ってか制御系の領域で本気にIP化するんですかね<しR束
閉域でやり易いはずの工場プラントとかでも怖くてしていないところが
ボロボロあるのに・・・乗客はモルモットか?

446 :名無しでGO!:2006/11/16(木) 12:13:06 ID:yxNZ0f0mO
IP化は計測系統だけで十分です。

447 :名無しでGO!:2006/11/16(木) 14:34:41 ID:0rjCAUOz0
ED75(1号機整流器改造後)は回生制動出来るの?

448 :名無しでGO!:2006/11/16(木) 14:42:23 ID:cVJ6fX7j0
>>441-443
まあ、プロトコルレイヤーで保証しないからって、制御の分野でそのまま使う
(諦めて使えるところだけで使う)ってもんでもないしね>IP
人の命を乗っけてる分野で、基幹的な制御に使うというのは確かに聞かないけど。
この分野の話なんだから、ガチガチ側で作りこむんだろうな。
なにか「分かんな〜い」な事が起きれば、ひたすら「赤」サイドでロックとw
とりあえずお手並み拝見。

ネットワークの冗長化・多重化、スパンニングツリーを張りまくった挙句に「なんだか
通信が変?」とかなるのは、Etherの階層だよね。


449 :名無しでGO!:2006/11/17(金) 12:28:17 ID:dMt47DWi0
sage

450 :名無しでGO!:2006/11/19(日) 08:43:48 ID:G2wP5APo0
昇圧

451 :名無しでGO!:2006/11/19(日) 09:14:04 ID:lKS3P58r0
自動遮断

452 :名無しでGO!:2006/11/19(日) 10:39:51 ID:68BOdzHX0
キャパシタの話題は出た?

453 :名無しでGO!:2006/11/19(日) 13:32:05 ID:JwAV2tYo0
>>452
どれも出てないけど………VVVFインバータのC?力率改善の進相C?ATCのCボンドの話?

巻線を4分割したサイリスター制御方式での回生制動というのはたしかに安定して動くかどうかアヤシイね(w

454 :名無しでGO!:2006/11/19(日) 13:41:43 ID:RwLVfDlW0
回生電力蓄積の話ジャマイカ?
ここにきて電気二重層キャパシタの容量抜けとコストのバランス問題が表面化したやつ。
このスレでは話題になってないか。

455 :名無しでGO!:2006/11/19(日) 14:16:03 ID:JwAV2tYo0
>>454
「電気二重層キャパシタ」の鉄道での利用には、エネルギーが桁違いすぎて、回生なんてトテモトテモ!

いま、貨物用のアンチスキッド装置の蓄電電源として鉄道総研のプロトタイプがあるが、
これも直接に制御バルブを制御するんじゃなくて、メインバルブを制御する小バルブのソレノイドを
動かす小電力動作型.

回生電力蓄積用としてはまだまだ実用は難しいと思うが.
1セルあたり0.9Vとかも大電力用には辛い.

456 :名無しでGO!:2006/11/19(日) 14:54:54 ID:RwLVfDlW0
>>455
「スーパーキャパシタ」を知ってる世代には信じがたいが、だいぶカネをぶち込んでるみたいだぞ。
ttp://www.rtri.or.jp/rd/openpublic/rd44/rd4410/dev/page02.html
ttp://www.meidensha.co.jp/pages/tech35/essay/2005-01/index.html

457 :名無しでGO!:2006/11/19(日) 17:20:59 ID:JwAV2tYo0
>>456

> 電気二重層キャパシタは最大電流500Aを10秒間充放電可能な容量を持っています

あれだけの架体で「500Aを10秒間」というのが実態.
重要な研究課題ではあっても、まだまだバッテリーカーみたいには行かない.

458 :名無しでGO!:2006/11/19(日) 23:23:19 ID:4h7HPhdv0
>>445 >>448
このスレに近い話に持っていくとだ、
最近の電力管理システムは、大体計算機と遠制親局間は
EthernetとTCP/IPだぞ。

鉄道以外に目を向けると、各設備まで光のEthernet引っ張って
親局を省略するなんてのもある。
これも通信は全部TCP/IP。

459 :名無しでGO!:2006/11/19(日) 23:46:52 ID:RwLVfDlW0
>>458
信号はUDP/IPが多いお。
運行管理の中央はEther回線を二重系で張って制御系・マンマシン系・伝送系を結合してる。
同じパケットを複数の相手に投げたいことが多いからTCPよりUDPの方が向いてるのかな。
TCPは複数のシステムをモニタするときに使ってるくらいだな。

460 :458:2006/11/21(火) 00:51:34 ID:vxRSWsl80
>>459
親局アリだと、電力でも定周期情報ではUDPブロードキャスト使うこともあるね。
個人的にはあまり好きじゃないんだがねー。

ちなみに回線二重化は基本だw


461 :名無しでGO!:2006/11/22(水) 11:47:40 ID:GhiPA3t+0
sage

462 :名無しでGO!:2006/11/22(水) 20:48:47 ID:/Ze+PG8LO
>>460
あの二重化イーサ(Nexusもどき)は標準的とは思えんけどなー。
診断論理の基本形は分かりやすいけど、異常時の処理は不具合があるたびに付け足した
ようなのがたくさんあるような気がする。

463 :名無しでGO!:2006/11/24(金) 16:16:15 ID:RnCpgLsp0
sage

464 :名無しでGO!:2006/11/26(日) 01:09:18 ID:CJgKQe3H0
age

465 :名無しでGO!:2006/11/27(月) 22:49:16 ID:OkgKNYQb0

  武蔵野線にき電マン参上!

    
      △/
    <●   今日は変電所を
      □     あぼんぬしました。
     / \

466 :名無しでGO!:2006/11/30(木) 18:43:23 ID:DPXgymEV0
そろそろkwsk>危電マソ

467 :名無しでGO!:2006/12/02(土) 10:46:01 ID:EDWPQ1zS0
昇圧

468 :名無しでGO!:2006/12/02(土) 17:45:53 ID:vvtmnkn7O
51G

469 :名無しでGO!:2006/12/02(土) 18:23:26 ID:EWmyyJMdO







470 :名無しでGO!:2006/12/02(土) 20:02:11 ID:AOjGh4AN0
ラインアース

471 :名無しでGO!:2006/12/03(日) 01:46:07 ID:Q76owb/R0
>>468
1分後再閉路

472 :名無しでGO!:2006/12/03(日) 14:47:08 ID:YrdpQfeD0
一昨日、出張で川崎までいった。帰りに東海道のE231で川崎-新橋と
かぶりつきをやったんだが・・・
東海道の日中(正午すぎ)なので、回生付加がすくないだろう。とすると
空気ブレーキで停車していくんじゃないかな〜〜〜???という予想は
もろくもくずれた。品川・新橋もほぼ回生ブレーキのみで減速して
いくんだね。
田町電車区が近いから? それとも、電力回収装置がついている??
それとも、そんなもんなんか?

473 :名無しでGO!:2006/12/03(日) 16:12:35 ID:VQdBgxLw0
>>472
複数の路線が並行して走っている電化区間では、
変電所の母線が各路線とも共用になっているので、
東海道の列車が発生させた回生電力は京浜東北や
山手でも利用されるんだよ。
「効かない回生ブレーキ」は、例えば深夜23:00過ぎの
山手線大崎〜渋谷間に乗れば体感できる。

474 :名無しでGO!:2006/12/05(火) 13:08:32 ID:YbJtne2/0
旧国鉄路線は、私鉄より上下一括き電に行くのが遅れたというか、事故遮断
のポリシーとかでしてなかったのを、JRになってからボチボチやり始めたと
かで。
真横を走ってるようでも、変電所との位置関係によっては、1500Vき電線を
行って帰ってする距離が長くて負荷にならないというケースはまま有った
らしいね。
素人の又聞き理解なので、変な事言ってるかもしれないが。

475 :名無しでGO!:2006/12/06(水) 19:14:01 ID:AHLNpAvaO
遠方→直接

476 :名無しでGO!:2006/12/06(水) 20:52:32 ID:r2mVxMhd0
>>474
上下一括化はJR西日本が取り組み始めたようだね。
上下タイき電に近いやり方だけど。

各民鉄の動向は…
名鉄・阪急がかなり前からやっている。
阪神は平成15年度に上下一括化。
神経性も平成16か17年度に上下一括化。
東急が一部区間で試験中(地下区間を除いて。もう本格採用しているかも)。
他はまだ上下分離き電だと思う。

477 :名無しでGO!:2006/12/06(水) 21:43:27 ID:LiXGzgFy0
そこでTPですよ。

478 :名無しでGO!:2006/12/06(水) 22:31:37 ID:Sq58VDgh0
>>476
ググってみたが、東急のHP、鉄道事業の「環境」ページがごっそり無くなってる。
サイトマップも直ってないのに…
上下一括き電、東急で検索した結果のキャッシュによると、
『上下一括き電方式の導入状況は、2002年度までに大井町線・池上線・東急多摩川
線の全線、東横線(渋谷駅〜奥沢変電所)、田園都市線(市ヶ尾変電所〜中央林
間駅)の45.3kmが終了しています。2003年度は東横線(奥沢変電所〜桜木町
駅)、目黒線(奥沢変電所〜武蔵小杉駅)の21.7kmにおいて導入し、2004年度
に田園都市線(高津変電所〜市が尾変電所)10kmを行い、地下区間を除く全線
(77km)で完了します。』
だそう。

子供の頃、学芸大学駅ホーム下り側端の架線鉄柱に、上下を連結する線が有るよう
に見えたので、さすが回生車率が多い東急だと思ってたのだが… あれは違った
のか?


479 :名無しでGO!:2006/12/07(木) 19:33:45 ID:C6e8cKdm0
>>477
TPが絡むと再閉路の順番とかがめんどくさくてのぉ…。
# 管理システム屋のボヤキ


480 :名無しでGO!:2006/12/07(木) 21:16:28 ID:t8bDHpUj0
アンパンマン

481 :名無しでGO!:2006/12/09(土) 10:03:30 ID:t7L94Ht70
いまさらかよ、と思ったのは私だけ?

http://www.asahi.com/national/update/1208/OSK200612080103.html
ほとんどは、大日コンクリート工業(名古屋)と日本コンクリート工業(東京)、
ヨシモトポール(同)の3社が製造し、大半が70年代前半から80年代後半
に作られていた。

482 :名無しでGO!:2006/12/09(土) 11:56:55 ID:/oSebbKQO
単純に安い海砂を使っていたということなんだろw

483 :名無しでGO!:2006/12/09(土) 12:09:33 ID:PmNdeLfQ0
>>440
でもプレスリリース見ると信号機自体への接続はスター型のように見える。
別の心線使うわけでしょ。

赤・青・黄のON/OFF情報をひとつの心線で送るだけかと。

ネットワーク信号システムというのだから、
せめて信号機を子局にしたループにでもなっているのかと思ったんだが。

484 :名無しでGO!:2006/12/09(土) 12:55:27 ID:Gpf5ukHG0
>>483
ネットワーク信号システムってのは、簡単に言えば
信号機・転轍機・軌道回路と連動装置をLANみたいに簡単に
接続できないかな〜 って発想。
そのプロトコルにIPを使うだけ。
なぜIPかと言うと「汎用技術がそこにあるから」。
IPを「駆使」しているわけでもないし、
>>440のような心配をするほどのものではない。


485 :名無しでGO!:2006/12/09(土) 13:26:27 ID:eKrV/z1Z0
>>483
実際には転てつ器や信号機の現場機器1機に対して1芯の光ファイバで情報を送れる。
転てつ器だったら転換指令と開通方向のほかに、モータ電流などの保守情報も1芯の
光ファイバでやり取りできる。
光素子が壊れたときのことを考えて2本引くみたいだけど。
昔の構想だとある程度の現場機器群をひとまとめにして、機器室〜器具箱をループで、
器具箱〜現場機器をスター状にするような話を聞いてたんだけど、今は多芯ケーブル
をPON親局で集線する方がコストが安くなったからか、システム構成を変えたみたい。

486 :名無しでGO!:2006/12/10(日) 09:57:01 ID:tudWbomy0
スレ違いだが....PONの原理から言って、潰れたONUがいると同じOLT配下の
通信が全滅する危険性があるんだけど、そのへんの検討は大丈夫なんだろうか..

487 :名無しでGO!:2006/12/10(日) 11:51:23 ID:/1HRrBSq0
>>486
たぶんアウチ。
で、いつも「汎用品の応用で低コスト」が「スペシャル品の開発」に変わっていく。

488 :名無しでGO!:2006/12/10(日) 13:46:30 ID:vnWXwT3wO
うちの会社も遠制導入してほしいな…

489 :名無しでGO!:2006/12/10(日) 19:42:30 ID:pSg9G6wO0
遠制無いって…どんなとこだろうか…。
各SSに運転員常駐しとんの?


490 :名無しでGO!:2006/12/10(日) 20:17:40 ID:vnWXwT3wO
1変電所だけ係員が常駐してます。休電の時は各SS有人制御になります。


491 :名無しでGO!:2006/12/10(日) 20:37:22 ID:tudWbomy0
>>490

念のために聞くけど、連しゃはあるんですよね....

492 :名無しでGO!:2006/12/10(日) 21:55:36 ID:vnWXwT3wO
もちろん連遮はあります。


493 :名無しでGO!:2006/12/10(日) 22:24:09 ID:pSg9G6wO0
>>490
ああ、送電定位なのか。

494 :名無しでGO!:2006/12/10(日) 22:35:38 ID:olUyH1aS0
おたくのコン柱は倒壊せーへん?
電力さんのは一部やばいらしいぞ


495 :名無しでGO!:2006/12/11(月) 00:04:51 ID:c4XRhaUu0
ヨウカンマン

496 :名無しでGO!:2006/12/11(月) 22:02:12 ID:vXBbhnO80
>>490変電所で寝泊まりしてるの?

想像するとかなしいなぁ…乙

497 :名無しでGO!:2006/12/12(火) 09:25:43 ID:pod6KqvMO
変電所に付帯した詰所で夜間当直時は寝泊りしてます。
一応風呂もトイレも台所も有ります。

498 :名無しでGO!:2006/12/12(火) 10:30:07 ID:7GrnbE7v0
京成の架線事故はセクション内停車との噂。


499 :名無しでGO!:2006/12/12(火) 11:14:19 ID:GwuiO9J50
酢快ライナーのセクション内停車です。ノッチ再投入時に「プッン・・・」
>478 東武も南栗橋〜日光、久喜〜館林間は「上下一括き電化」されたよ。
何か事故っても変電所間停電の時代だからね。片線運転は現実的ではない!?

500 :名無しでGO! ◆500/EseeIE :2006/12/12(火) 17:58:14 ID:sOA5E6eg0




             ↑前半
----------------------------------------------------------------------
          後半↓




501 :名無しでGO!:2006/12/12(火) 19:17:40 ID:MW5Avzvs0
スマン。
強電は門外漢なのだが興味だけはあるので、セクションとは何か、それの中で
停車するとなぜマズーなのか、回折してくれマイカ?

502 :名無しでGO!:2006/12/12(火) 19:42:20 ID:UULAX9jm0
>>501
架線の境目。別の変電所との境だと負荷電流の違い分を短絡したパンタを通じて
重負荷側へ大電流が流れ、パンタ焼損、架線溶断といった事故になるので、
そこでの停車を禁止して、停車禁止標識もある。中央線から………どこでも結構やっているエラー。

503 :名無しでGO!:2006/12/12(火) 22:15:07 ID:D0RSiFhb0
>>501
502氏の言うように変電所と変電所の間にある架線の境目。
直流変電所は両方向送りが基本だからどうしても切れ目が
必要になる。エアセクション・Y型セクション・ウッドセクション
などの種類が存在する。(知る限りでは)
両方向からの送電なのでどうしても電位差が生じてしまい、
スパークし易くなる。惰行での通過が基本で力行通過は架線や
セクションを傷めるので好ましくないとされている。
ようは停車しないように多少でも動いていればノッチを入れても
問題はないと思われる。先日の武蔵野線は車両が故障した原因を
調べないで再閉路したために起きた溶断事故らしい。

504 :名無しでGO!:2006/12/13(水) 00:23:08 ID:SYFEpAcN0
>>503
直流の場合は変電所直近に置くんじゃまいか?

 [Ass]       [Bss]       [Css]
   |        |  |        |
   |        |  |        |
   -----------  ------------
           ↑ここ


505 :名無しでGO!:2006/12/13(水) 01:22:57 ID:qn3k0rpS0
>>504
それに加えて変電所の中間にも必要ジャマイカと

 [Ass]       [Bss]        [Css]
   |         |  |         |
   |         |  |         |
   ----- ------  ------ ------
      ↑ここ        ↑ここ

506 :名無しでGO!:2006/12/13(水) 01:55:14 ID:bQn48veI0
>>504
並列饋電法の場合を言ってるんですよね。EF200導入で落ちなくするための。

だったら、直近のブスで同電位なんで、溶断する様な電流は流れないで済むのでは。
従前は>>505みたいな饋電が標準だったから、パンタが変電所間を短絡すると、
他列車の走行電流の負荷不均衡分がパンタを介して流れて溶断。
停まってても同じです。溶断電流は他列車のものを含む訳で。

507 :501:2006/12/13(水) 10:49:40 ID:CMUoRnG50
本来はセクションで絶縁されている変電所間を停車によってパンタでショート、
大電流が流れ接触抵抗の大きいパンタ-架線間で架線溶断ってことか。
解ったよ、ありまと。

508 :名無しでGO!:2006/12/13(水) 19:06:44 ID:KLDAIb4L0
誰か、き電系統図UPしてやれ。
ついでにSS,SP,SSPの単結図も。


SS,SP,SSPの単結図の方が重要かな?

509 :名無しでGO!:2006/12/13(水) 19:10:33 ID:KLDAIb4L0
ちなみに
SS=変電所
SP=き電区分所
SSP=補助き電区分所

直流・交流で結線全然違うから。

510 :名無しでGO!:2006/12/13(水) 19:58:26 ID:QbL4mMYI0
あの、丸まった色鉛筆の先ッぽい切れ方は
熱で、みょーんて伸びてテンションに耐えきれなくなって
プチって切れたんだ。
曲魔とか、刃城とかは気にするけどこの手はどうしようもない。。。

511 :名無しでGO!:2006/12/14(木) 09:33:04 ID:lY6EKVvq0
構内留置中に着雪(擦板に積もり)雪の重さでパンタ降下し、アークで断線した時は
ポワ〜ンと光って、飴のようにビョ〜ンと伸びて・・・「ブツン」←鉛筆状態。
不二家の「千歳飴」断線。

512 :名無しでGO!:2006/12/15(金) 00:32:07 ID:cxkTbQzF0
>506

>504の方式でも、bSSのセクションでパンオーバーしてれば駄目ですよ。

513 :名無しでGO!:2006/12/15(金) 04:50:33 ID:7AjmI7/Z0
http://uploader.onpuch.co.uk/img-box/img2006121504494666846.gif

直流き電系統図

514 :名無しでGO!:2006/12/15(金) 08:38:04 ID:Nd6rXccB0
遮断機が定位じゃないと解りにくい気がする.

き電区分所が常時繋がっていて,しかも事故時には
波及させないように成っていればこんな事故は(ムリムリ

515 :名無しでGO!:2006/12/15(金) 10:58:23 ID:z4hhF1010
私の所は投入が定位なので。

保守作業停電の時のみ開放。

516 :名無しでGO!:2006/12/15(金) 11:07:44 ID:xYguopiY0
私の所も投入定位(図中は)で、ダブルセクション方式。
夜間は遮断器開放の停電定位(トロリ盗むなよっ!)

517 :名無しでGO!:2006/12/15(金) 22:55:08 ID:7l/tydgOO
信号線3相化

518 :名無しでGO!:2006/12/16(土) 01:00:41 ID:BK0pe+hD0
き電マン永遠のライバル

ブラック商会変き郎


519 :名無しでGO!:2006/12/16(土) 10:16:29 ID:LHkw/nL10
偏軌?

520 :名無しでGO!:2006/12/16(土) 22:52:24 ID:Vw8Q9Oec0
>>512
直流饋電系統図 >>513 をみると、投入定位ならセクションが既に短絡されているから
この場合パンタがセクションを短絡しても溶断しないで済みそう。
並行改造済みの場合は大丈夫みたいですね。EF200のおかげで(w

521 :名無しでGO!:2006/12/16(土) 22:54:29 ID:Vw8Q9Oec0
>>520
× > 並行改造済みの場合は大丈夫みたいですね。EF200のおかげで(w
○ > 並行饋電改造済みの場合は大丈夫みたいですね。EF200のおかげで(w
スマソ!なぜか飛びました。

522 :名無しでGO!:2006/12/16(土) 23:15:19 ID:IgQFLRye0
>>520
無理です

523 :名無しでGO!:2006/12/17(日) 23:19:25 ID:Ne65kf+Q0
>>522
へ〜〜〜っ!そんな大電流なんだ!
スリ板はカーボン焼結合金で結構抵抗があるから主に短絡路に流れるはずと思ったんだが、
それでも架線が溶けるなんてスゴイですね。

524 :名無しでGO!:2006/12/17(日) 23:52:59 ID:4HFesh+T0
>>523
き電電流が4000Aとかなので。

このへんをよく理解していないと、均圧線の不備で循環電流が流れて架線
切ったりする。

525 :名無しでGO!:2006/12/18(月) 02:04:26 ID:BwzBfhtc0
架線ってさ、KAオーダーの電流流す物とは思えないほど細いよね。


526 :名無しでGO!:2006/12/18(月) 09:33:15 ID:/YeLgGJ60
>525
移動不可物体の「妙」です。停止状態で流れれば一発で断線します。


527 :名無しでGO!:2006/12/18(月) 12:16:34 ID:/YeLgGJ60
>526 移動不可× → 移動負荷○

528 :名無しでGO!:2006/12/18(月) 23:19:43 ID:WgSkora70
>>525

き電線が並列に接続されているし、露出しているから放熱もいいし、
移動負荷だから電流分布が常に変わるから、あの細さが実現できている。

529 :名無しでGO!:2006/12/19(火) 08:13:38 ID:pKaTS4eqO
直流の1500Vで数千Aとなると、遮断が大変そうだけど、どんな遮断器使ってるの?

530 :名無しでGO!:2006/12/19(火) 18:14:20 ID:K1Nwi9qK0
>>529
記号 54:直流高速度遮断機(HSCB)
独特の形状をしており、普段は投入後、保持コイル
によって投入状態を保っている。これを打ち消すような
励磁電流(事故・過電流)が引き外しコイルに流れると
保持力を失い、スプリングにより開放させる。そのとき
にスプリングの動作を利用してエアーを極間に吹き付け
上部にアークを誘導させる。
事故電流を遮断するのを目の前で見たことがあるけど
もの凄い音と光だったな。まるで雷が落ちたみたいに


531 :名無しでGO!:2006/12/19(火) 19:51:28 ID:M+Cm3kzA0
水抵抗器を使ったベルトーロ試験。

今は機械保持がデフォ。

532 :名無しでGO!:2006/12/19(火) 23:56:38 ID:2e65lBhN0
>>530-531
そこでHSVCB。
原理を聞くだけで複雑そうっつーかすぐ壊れそうw

533 :名無しでGO!:2006/12/20(水) 00:17:34 ID:l9O9Z/Lq0
>>531
え〜〜〜っ!いまだにベルトーロなんて生きてるんですか!!博物館じゃなく!

534 :名無しでGO!:2006/12/20(水) 06:47:34 ID:s9k3yxPFO
HSVCBは故障多いよ。HSCBみたいに頑丈じゃないから…。


535 :名無しでGO!:2006/12/20(水) 11:28:59 ID:Xqea2ZfC0
>530
物見遊山だが、激しく見てみたいぞ。
どっかに動画ないかな。

536 :名無しでGO!:2006/12/20(水) 12:35:48 ID:5P9eAsRsO
>535
断路器生切りなら動画あるけど

537 :名無しでGO!:2006/12/20(水) 12:42:40 ID:lqjfnueu0
>>536
アメリカのやつかな?

538 :名無しでGO!:2006/12/20(水) 17:46:47 ID:5P9eAsRsO
>537
そう

539 :名無しでGO!:2006/12/20(水) 17:51:45 ID:s9k3yxPFO
整流器の過負荷遮断なら実際に見たことあるよ。
きのこ雲みたいなのがアークシュートから出たよ。


540 :535:2006/12/20(水) 18:15:06 ID:Xqea2ZfC0
>536
どこかのサイト上でしょうか?
お教え頂けますでしょうか。

541 :名無しでGO!:2006/12/20(水) 20:25:29 ID:WpRoSOcE0
>>540
つ http://damsuki.com/upbbs2/nph-i.c/887.mpg
つ http://damsuki.com/upbbs2/nph-i.c/888.mpg

542 :名無しでGO!:2006/12/20(水) 20:59:46 ID:y+H2GVIq0
アークが切れない、ってどういうことか良くわかるね...

543 :名無しでGO!:2006/12/20(水) 22:05:48 ID:isyW2Z6J0
映像は、試験的なヤツで最後は別のCBで切ったのが解る。

544 :電気シロウト連合会:2006/12/21(木) 09:52:33 ID:bLXwA1Re0
>>541
電気独特の「ンー・・」という音が恐怖を増している

545 :535:2006/12/21(木) 21:26:39 ID:dRHfn7qW0
>541
すげ〜。ありがd。

546 :名無しでGO!:2006/12/21(木) 23:42:33 ID:vzyWDyQ/0
>>541
貴重な映像ありがd。

もしかして交直両用車にABBまたはVCBが付いてるのは、
こういう事が内部で起きるのを防ぐためなの?

547 :名無しでGO!:2006/12/22(金) 00:03:22 ID:QV2riB130
>>546
そういうことだね

548 :名無しでGO!:2006/12/22(金) 00:42:30 ID:/ylVacB50
映像の電圧はかなり高そう。碍子高などから見て少なくとも
66kv〜100kV以上ありそうな気がする。

架線はmax30kVだからあんな派手にはならずに済みそう。
エアーでドカーーン!と吹き飛ばす程度でしょ。

549 :名無しでGO!:2006/12/23(土) 08:22:45 ID:dkKuDNq9O
6,600Vでも断路器生切りは恐ろしいことになりますよ

550 :名無しでGO!:2006/12/23(土) 10:13:49 ID:lEsxW4hE0
開極スピードはお速めに!


551 :名無しでGO!:2006/12/23(土) 12:37:30 ID:dkKuDNq9O
断路器を誤って生切りしてアークを噴いたときは、慌てず再投入しましょう。

552 :名無しでGO!:2006/12/23(土) 15:15:10 ID:Ul/vd/OB0
>>551
蓬莱

553 :名無しでGO!:2006/12/24(日) 21:59:58 ID:A80zjtshO
54の整定って皆さんの変電所ではどの位の値ですか?


554 :名無しでGO!:2006/12/25(月) 01:26:31 ID:BtMosGg50
サードレール方式の鉄道で、サードがないピットから自走で出庫させるとき…

555 :名無しでGO!:2006/12/25(月) 15:13:19 ID:Aha4IuXQ0
☆555☆確変突入

556 :名無しでGO!:2006/12/25(月) 18:53:18 ID:eX6VRm2I0
>>553
6kA〜12kAですよ

557 :名無しでGO!:2006/12/25(月) 21:01:00 ID:uF7Vjoyj0
>>553
うちでは本線が9〜9.5kA、車庫線や支線では6〜8kA
整流器二次が9〜12kAかな

558 :名無しでGO!:2006/12/27(水) 07:54:10 ID:hNo8Av4I0
sage

559 :名無しでGO!:2006/12/27(水) 13:25:44 ID:3JLF4oDmO
31日、元旦は全変電所有人監視にするのはうちの会社だけ?

560 :名無しでGO!:2006/12/27(水) 15:52:35 ID:KWWPFteB0
工務系の仕事ってな年末年始は休めるの?
工事はしないんでしょう?事故とかおこったら呼び出しで対応するの?

561 :名無しでGO!:2006/12/27(水) 16:38:44 ID:UH4O1Imm0
電力指令が24時間体制で勤務してるから有人監視無用!
事故・障害は全て非情呼び出し・・・社員・協力会社に
酒気帯び出動はご法度(これじゃ誰も行けないが・・・??)

562 :名無しでGO!:2006/12/27(水) 18:48:39 ID:zFh/rTuyO
待機要員は自宅で酒ナシでおせちを食う。
まあ、輪番なんで1・2日の我慢だが。
詰め所で年越しソバ&お雑煮が恒例って会社も多いみたいだけど。

563 :名無しでGO!:2006/12/27(水) 18:51:56 ID:m/CMRYec0
この業界に盆正月は関係ないな。

564 :名無しでGO!:2006/12/28(木) 09:49:31 ID:Q8lBg1Gw0
20年前の正月は詰所で餅焼いて、少々御神酒を飲んで・・・待機していたものだ。



154 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)